あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年4月5日



『新型コロナウイルスへの霊性と統合』から



 先週の金曜日、私はいつものアルバイト先に行くべく電車に乗ったのですが、なんと私が乗った車両にいたのは、私一人だけでした。
 前日まで、マスクをした乗客がけっこういたのに、その日は異様なほどの人の少なさでした。
 都内で1つの車両に乗客が自分一人だけなんて、これまで経験したことはなかったんじゃないか……などと考えながら出社したのですが、そこで社員の方から告げられた話にもっと驚くことになりました。
 「会社が(原則として)自宅勤務になりました」と告げられたのです。
 うすうすあり得るだろうとは思ってはいたのですが、兆候もなかったので面喰ってしまいました。社員の方も、突然告げられたと言っていました。
 「原則として」というのは、会社が完全閉鎖になったのではなく、社員は基本は自宅勤務だけれども、交代で会社に出社するというのです。その社員も方は、来週は2日ほど出社すると言われていました。
 会社の方針として、私のような外注(アルバイト)はどうするのですかと聞いたら、本人の判断に任せますというのです。
 そういえば4月1日の新年度の日に、全社員に対して「自分の生命(健康)と家族の健康を最優先にしてほしい、会社はその次でよい」といった社長のアナウンスがありました。
 私のような外注も、自分の判断で会社に来る、来ないを決めてほしいというのです。
 私は考え込んでしまいました。
 状況次第でどうなるかわかりませんが(今後完全閉鎖もありうる)、仮に来週、会社に行って仕事ができたとしても、もしそこで感染者がでれば、私は濃厚接触者として2週間の自宅待機をさせられることになります。そうしたリスクを冒してまでも、仕事をする価値はあるのか……。特に私は自宅待機であっても給料の保証がある社員ではなく、仕事が無くなれば切られる、しがないアルバイトの身です。

 どうやら新型コロナ騒動で、私は細々と繋いでいた生活の糧を失ったようです。
 私は個人では、社会は新型コロナに対して過剰反応していると思っていますが、結果としてこの騒動が社会の経済活動に甚大な影響を及ぼしていることは間違いありません。
 収入のあてが無くなった以上、生活費の高い首都圏を去る時が来たかもしれないと考え始めています。ロックダウンという物騒な話もありますし……。

 今回は、並木良和さんの新刊『新型コロナウイルスへの霊性と統合』(並木良和、矢作直樹著、青林堂)から紹介したいと思います。
 最初に紹介するのは、並木さんが今回の新型コロナウイルスを人工的に造られたものだと言っていることです。
 そのまま人工物だと断定しているわけではありませんが、以下の記述を見ると並木さんが人工物だと見做していることは明らかです。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p13〜p14から抜粋開始>・・・

並木 (中略)コウモリを売って食べちゃったって話しは別にしても、コウモリに付着させたっていうのは確かでしょう。媒体としてコウモリを使っている。とにかく、今回の一件において特筆すべきは、もちろん今までもあったことではありますが皆の認識の中で、ウイルスが自然に発生したものではなく、もしかしたら人工的なものなんじゃないだろうか……という憶測が出てきていることで、これまで以上に、皆が真実に気づき始めてきている、ということです。単なる都市伝説などではなく、真実なんだろうなって気付き始めている人も沢山いるわけです。
 この動きって実はいいことなのです。

矢作 いいことですよね。皆が鋭くなって、嘘が隠せなくなっていくということです。

並木 そうです、そうです。今までは「そんなわけないじゃん」で終わっていたのが、今はそうではなく、真実かもしれないと、一旦受け入れて吟味してみようという在り方は、これから益々大切になってきますから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは今回の新型コロナに関し、毎日メディアは、人々の不安や恐怖を煽るように伝えていると指摘しています。そしてこれは「ある種の作戦」だというのです。
 それに対抗する為に、私たちは新型コロナで死ぬのではなく、寿命が来た人が新型コロナを利用して死を選択するという視点が必要だと訴えています。
 つまり私たちの死に対する逆転の発想です。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p19〜p26から抜粋開始>・・・

並木 今回のウイルスっていうのも、不安や恐怖を吸収することで増殖して、強くなっています。しかも、こうやって毎日メディアが煽るように伝えていますから。でも、これって、ある種の作戦なんですよ。1日中テレビで報道しているのと同時に、ウイルスの写真を常に見せつけているでしょう。

矢作 科学者が冷静に、論理的にわからないことはわからないと言うことが逆効果になっている面がありますね。

並木 そうです、そうです。科学者の先生が言っていることだし、正しい事になってしまいますよね。

矢作 自分も一応その業界にいたので、なかなか言いにくいのだけど。まあ本当は過度に心配しないでほしいと言いたいところです。

並木 今こそ、もういい加減目を醒まそう、自分軸に立ち返り冷静になろう、という意識が本当に大切になってきます。
 例えば、それは違うって言われるかもしれませんが、最近よく言っている事なんですけど、毎年のようにインフルエンザが流行りますけど、インフルエンザが大流行する時って1000万人以上が患ってるんですよ。

矢作 一昨年シーズンは3千3百人が亡くなっています。

並木 そうした事実を鑑みたとき、何を今さら騒いでいるんですか? っていう話になっちゃうわけですよ。

矢作 科学者の論理的思考が、逆に100%答を出していれば、それはそれで納得ができるんですけど、当然わからない事が多いので。

並木 未知の物に対する恐怖も大きいですよね。

矢作 そういう恐怖を煽ることになる。このウイルスとの闘いという視点では、亡くなった人の人生を思い遣ることの重要性が説かれています。しかし、もっと危ないのはこの不安の増幅により経済活動が委縮して多くの会社が倒産し、非正規社員が首をくくる、という事態に陥ることです。

並木 そうそう。深刻なことなのです、大変なことなのですよって。だからマスクを奪い合って殴り合いにまで発展するんです。つまり、パニックになっちゃってるんですよね。

矢作 殴ったのはどうも外国人。

並木 外国人でも同じ人間同志じゃないですか。

人間は寿命までは死なないその覚悟が大事

矢作 今回の子供たち、私は幼少児はあまり患らないんじゃないかと見てるんです。

並木 確かに割合で言ったら、少ないと思います。重症化しづらいと言えるかも知れませんね。

矢作 大枠として政府のせいにせずに、自分達の心構えで乗り切ろうと訴えたいのですね。死ぬ時は死ぬのだって。

並木 えぇ、今回のことに限らず、その覚悟を決めるっていうのはとても大事なことですよね。今の世の中、いつ何時、何が原因で死ぬかわからないわですから。

矢作 交通事故で死ぬかもしれないし。

並木 ですよね。例えばですけど、まかり間違って、気がおかしくなって誰かがミサイルのボタンを押したら、それで一貫の終わりってことだって、あり得ないわけではないですから。

矢作 それを言わないで安心、なんて無理だと思うのです。不確定要素が大きいから。

並木 本当の安心はその覚悟から生まれるんですよね。

矢作 それを強く持つことです。

並木 寿命まで死なないと知ることがとても大切な事です。いつも言っていることですが、寿命でなければ、頭をナタで割られたって死なないんですよ。言い方を変えると、例えば、コロナで亡くなったと言うとき、真実から言えば、寿命を迎えたときに、コロナを患っていたということになるのですね。つまり、コロナ「で」亡くなったわけではないのです。飛行機事故「で」亡くなったのではなく、寿命を迎えたときに事故を起こした飛行機に乗っていて、肉体を離れた、というのが真実なんです。今のところはまだ、肉体が損傷を受けるなどの何か事が起きないと、僕たちは肉体をぬけることはできないので外的要因を利用することが必要なのです。

矢作 ひとつのきっかけですよね。

並木 そうそう、きっかけです(笑)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、今回のウイルスは不安や恐怖を吸収することで増殖すると言っていますが、そうした不安や恐怖は、伝染すると言っています。
 ここはグッとこらえて冷静になる、というのが大事なようです。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p28〜p29から抜粋開始>・・・

並木 潜在的に強い恐怖をいだいている人は3割。得体の知れない不安を感じている人は8割。これって伝染するのですよ。いま、全国の分布図みたいなものが出るでしょう。
 え? これうちの方にも広まってる来るんじゃないの? みたいな……。とにかく色々な思惑や作為的な意志のもと、今回の件はコントロールされながら進んでいっていますよね。

矢作 恐怖の中に、強い恐怖を頂いている人が、8割の中の3割 恐怖を感じていない人は、逆に2割しかいない。実際に仕事無くなっちゃったり、会社無くなってしまった人、いますからね。

並木 どうしても、目の前の出来事に一喜一憂し、翻弄されてしまうのが、僕たち人間なのですが、今大切なのは、現実に走り込みそうになるのを、グッとこらえて、先ずは出来ることを通してリラックスし、次の一手を考える……
 難しいのは承知で言うのですが、そうした余裕を持つことが、今本当に求められています。恐怖は恐怖を、不安は不安を呼ぶことを、もう一度、頭に入れておいていただけたらと思います。慌てない、騒がない……大丈夫ですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 スピリチュアルの世界では、水素原子1個にも意識があると言っています。
 ですから、並木さんがウイルスにも意識があると言っているのは、スピリチュアルの観点から当然かもしれません。
 並木さんは、今回の新型コロナウイルス自体が不安と恐怖に満ちていると言っています。それゆえ、強い不安と恐怖を持っている人に感染するということでしょう。
 それゆえ、私たちが平和な気持ちでウイルスに話しかけてあげられるようになると、この騒動はすばやく沈静化するといいます。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p34〜p38から抜粋開始>・・・

矢作 意識が腸内細菌、今ようやく腸内細菌の大事さが言われてきているんだけど。腸って脳の出店みたいなものなので、我々の意識が腸内の環境を変える、整えるという理解でよろしいですね?

並木 もちろんです、もちろんです。確かに影響します。「上」は腸は小宇宙だ、と云っています。
 腸内細菌によらず、腸内に関わる細胞もすべて意識を持っているそうです。微生物も含めて。これらが日々、腸内という小宇宙の中で、出現したり、消滅したりしているんですって。そして、その腸内のバランスを決めるのが、僕たちの意識だそうです。

矢作 恐怖とかネガティブな意識を持っていると、いわゆる悪玉菌というのが増えてしまう。

並木 そうです、そうです。わかりやすく言うと。

矢作 女性で言うと、医学的にいうとホルモンの関係だと言われてるんですけど、便秘気味の人が多いって。女性は便秘が悪い物だと思って、便秘を改善する薬がけっこう売れているのですよね。程度によると思いますけど、私は悪い事だと思ってなくて。必要があってそうなっているのだから。
 体調が、自分の心持がよければ、便秘ってネガティブなものと捉えなくていいと思うのですけど。そこらあたり神様何か言っていますか?

並木 つまり、便秘ってことにフォーカスが行ってしまっているんですよね。僕たちの意識は、焦点を当てたものを拡大する作用があるので、それを意識し続ける限り、ずっと問題としてとどまってしまうわけです。もちろん、女性と男性とでは臓器の位置も働きも違いますので、一括りには出来ませんが、だからと言って、それを問題として見てしまうと、女性共通の問題のようになってしまって、なにか解決しなきゃいけないことがあるかのように、がっちり結晶化してしまうのです。
 でも、問題として捉えなくなったときに、身体は自然にバランスを取るように、本来の健康を取り戻していくわけです。薬を使ってはいけないよ、と言ってるのではなく、問題視する意識から離れることで、そのバランスが腸内細菌に影響するよう、意識の使い方には十分に気をつけなさい、ということなんですね。

矢作 コロナウイルスの話ともつながりますよね、すべての物に意識があるっていうことで考えないといけない、つてことですね。

並木 コロナウイルスだって意識があるわけですから。
 上がおもしろいことを云って来ています。書くべきかどうかわからないんですけど、とにかく、お伝えしますね。
 コロナウイルスも意識を持っている。故にこのコロナウイルス意識とコミュニューケションを取る事で、活動を、沈静化させることもできると云うんですね。
 僕たちが今、腸内細菌が我々に及ぼす影響っていう話をしてますけど、ウイルスの方にも僕たちの意識が影響するんですって。
 不安や恐れがウイルスを増幅させ、強化させてしまうことになるって話をしましたが、言い方を換えると、このウイルス自体が不安と恐怖に満ちているんですって。だから、僕たちがウイルスに話しかけてあげること、例えば、「不安にならなくていいよ」「怖がらなくていいよ」って、僕たちが平和な気持ちで話しかけてあげることが大切なのです。不安な気持ちにかられながら「落ち着きなさい、大丈夫よ」って言っても、その不安は共振して増幅していくだけです。安定した安らかな気持ちで、「落ち着いて、大丈夫だから」って本当に多くの人が話しかけることができるようになったら、この事態はすばやく沈静化するって云うんですよね。
 ただ、この考え方ややり方を受け入れる人がどれだけいるか、っていう話ですけど。

矢作 大事なメッセージだと思いますす、ガンと一緒ですね。

並木 そうですよね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、新型コロナウイルス騒動から離れた話題です。
 私が歴史好きなので、掲載させていただきました。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p81〜p85から抜粋開始>・・・

歴史の真実は改まされている! 殺された坂本竜馬は別人だった

矢作 (笑)クリエイティブですね〜、当人はびっくりしちゃう。坂本龍馬を殺した人って今、まだ言っちゃいけないって、言ってこられます?

並木 龍馬を殺した人ですか? あぁ……それに関してはもう少し先になりますかね(笑)。

矢作 一言で言うと、グラバーを始めとした、ロスチャイルドの手先が指図しているように見えるんです。

並木 組織ですからね。組織は確かに関わっていますので。ロスチャイルド……そうですね。でも、その一派のように感じます。

矢作 要はだから、適当に動いてくれて。用済みになったからという理解でいいわけですよね?

並木 近江屋で亡くなってるようには僕にはまったく視えないんですよね。いわゆるトンデモ本みたいなのあるじゃないですか。そのトンデモ本に、これが本当の坂本龍馬だ! って写真が載っていたんですよ。あるとき、それを弟に「見てみ、坂本龍馬の写真だって」って、見せられたことがあったんです。
 以前、クライアントさんの中に歴史にすごい傾倒している人がいて、歴史の真実が知りたいと、セッションのときに、様々な質問をされたんですね。「坂本龍馬っていう人はどういう人となりなんでしょうか? どうなって……と(笑)。それで霊視するじゃないですか。で当然、あの歴史の教科書に出てくる彼が視えるんだろうと思いきや、一度も視えたことがなかったんですよ。坂本龍馬にアクセスしているにもかかわらず、歴史でいわれている人と全然違うし、この人誰だろう? と思ってて。そしたら、そのトンデモ本に載っていた、坂本龍馬だとされる人物が、正に霊視で視ていたその人そのものだったのです。あっ! と驚いて。しかも、その写真は、日本で写っているんじゃなく、海外で写っていたんです。ってことは、あの教科書に載っていた人は誰なのか……海外に行っているってことは、近江屋で殺されたんではないのか……と頭が「?」になりましたが(笑)、それ以上は探りませんでした。

矢作 言い換えると、ロスチャイルドの下の人たちが、日本を近代化って名目で世界に組み入れる時、いろんなことやったじゃないですか。皇太子を変えてしまったとか。孝明天皇を毒殺してしまったとか。そういうことで大仕掛けだったので。場合によっては、彼らにとって生き残っていたら具合の悪い人を殺してる部分はあるのかな?

並木 結局、坂本龍馬は小間使いみたいになってしまったのです。いいように使われる、手先として使われるというように。とにもかくにも、近江屋で殺された人は。少なくとも坂本龍馬といわれていた人ではありません。

矢作 それくらい。あそこの歴史の動かすところって大掛かりで。ロスチャイルド当主もメンバーの一人であるイルミナティって決して明るいだけじゃなくて。

並木 そうなんですよね……歴史って、違う目で視ていくと習ってきたものと全然違う事が多いです。「宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島の戦いで、佐々木小次郎はどうやって殺されたの?」って聞かれたことがありました。「え!? 宮本武蔵には殺されていませんよ、彼に倒されたのではありません」「でも亡くなりましたよね?」「えぇ、亡くなりました。この戦いは確かに起っていますし、勝負では佐々木小次郎が負けていますが、そこで宮本武蔵は斬ってはいません。逆に、逃してるんですね。その後、佐々木小次郎がそこから逃げ出した時に、宮本武蔵の一派と言って良いのか……彼らに殺されてるんですね」。というやり取りがありましたが、とにかく宮本武蔵が殺したわけではない。そんなふうに、歴史で聞いているのと違うじゃない、つていうのがいっぱいありますよね。年号も違ってますし。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、まとめのような部分を紹介させていただきます。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p103〜p106から抜粋開始>・・・

並木 そうなのです。そこから如何に抜けていくかってことなんですよね。もちろん僕たち日本人にも集合意識は存在し、ネガティブな囚われから抜けていく必要性がありますよね。つまり、どの国にも大なり小なり、課題があるということです。

矢作 なんとか善悪ってくびきから離れて。極端に言えば、自分が今こうやって生きているのが幸せっていう気持ちを全員が持てば、また変わっちゃう世の中になるじゃないですか。

並木 本当にそうですよね。変化するときは、一瞬にして変わります。本来の変化というものは、指を鳴らすように簡単でスピーディーなものなのです。

矢作 一瞬ですよね。まさに空海が言った即身成仏ですよね。

並木 本当に、そこに尽きます。今回の本は、そういう意味で、すごく大事なメッセージになると思います。先程もお話したように出し方、表現の仕方の工夫は必要ですが、僕は少し厳しく受け取られるような内容でも、今という時期にお伝えすること自体は良いと思います。
 誰もが冷静になって俯瞰してみればわかることなのに、恐怖に取り巻かれていると、盲目的になにも見えなくなってしまいます。こういう催眠状態から一瞬でもハッと目を醒ますきっかけになれば、この本を出版する意味がありますよね。
 いつもお話していることですが、「1人が変わることって、とてもとても大きなこと」なんですよ。僕たちは極端に言うと嘘に塗り固められて来てしまったので、嘘から脱却することができなければ、真実の自己に戻ることなんてできないわけです。
 つまり、違う角度からの目醒めですよね。だからこそ、僕は協力させていただいてるんですね。
 結局、僕がお話していることって、行き着く先は同じなのです。ただそれを違う角度から、折に触れて、お話させていただいているだけなのです。歴史的に、あるいは世間一般には、こう言われているから……という受け止め方ではなく、一回冷静になって真実に向き合ってみようという意識を持ってみませんか? という呼びかけなのですね! そうすると、あれ……その解釈を取り入れないと矛盾する……おかしい……、など、あれ!? という瞬間が目醒めのきっかけになったりするんですよね。

矢作 なぜ? のところを、最初にはっきり見せておかないと。オタクになっては困りますね。

並木 もちろんです。ただ、やみくもにやれば良いのではなく、やはり明確な意図を持って、表現の仕方など、工夫することは大切ですよね。大切なのは、知識ではなく、「気づき」ですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 結局のところ、私たちは催眠状態に陥っていて、そこから目醒めることに尽きるということのようです。


(2020年4月5日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。