あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2019年11月16日



サアラさんと並木さんが語るアセンション



 アセンションと聞いて、賞味期限のすぎた昔の話題と捉える方は多いと思います。
 かくいう私自身も、すっかりスルーしていた話題です。
 しかし、この話題に触れないわけにはいかないと思い、記事にしたいと思います。

 2012年12月にアセンションが起こる(かも)とスピリチュアル好きの人々の間で騒がれていた時期、私はゲリースクールに通ってきたこともあり、神秘家ゲリーさんのアセンションの話に影響を受けていました。
 ゲリーさんは、人々のアカシックリーディングを行っていて、未来において、ある共通した神秘体験をする人々がたくさんいることを発見します。そうした現象を追及するうちに、アセンション(次元上昇)という体験を人類がすることに気付いたといいます。
 ゲリーさんは当初、人類全体がアセンションする集団アセンションが起こる可能性を述べていました。しかし、人類がアセンションするのに充分な葛藤のリリースを行っていない為、集団アセンションは無くなり、個々人でアセンションする道しか無くなったと述べるに至りました。

 この時点で、私はアセンションという現象は個々人に限られると判断し、アセンション自体に興味を失いました。
 その代わりに、バシャールが言っているような、地球の振動数の上昇に伴う変化を人類は体験するという立場を取るようになりました。

 しかしここにきて、並木良和さんがアセンションを語っていることを知り、さらにその内容がサアラさんが言っていたことと酷似していることに気づき、考えを改める必要があるかもしれないと思い始めています。

 今回は、サアラさんと並木さんが語っているアセンションを紹介したいと思います。
 アセンションと聞いて、興味を失っている方は多いと思います。それゆえ、興味が残されている方のみ読んでいただければと思います。
 また私自身が、ここで紹介する内容が事実だと確信しているわけではありません。それゆえ、あくまでも参考情報として捉えていただければと思います。

 まず最初は、『ほら起きて! 目醒まし時計が鳴っているよ』(並木良和著、風雲舎)、から並木良和さんのアセンションに関する概略のようなものを紹介します。


 ・・・<『ほら起きて! 目醒まし時計が鳴っているよ』、p96〜p99から抜粋開始>・・・

 大転換期のビッグウェーブ

 今この地球はアセンションと呼ばれる時代に入っています。
 アセンションは「次元上昇」と訳されます。その特徴を簡単にいうと、「統合」です。これまで分離してバラバラだった状態を調和させ、ふたたび「源(根本創造主)」へ戻るプロセスです。アセンションのひとつ前の動きを「ディセンション」と呼びますが、その特徴は「分離」でした。「源」を離れ、四方八方へと自由に飛び立ち、分離という体験を楽しみました。源からすれば、「一つ」である状態から無数に分かれ、それぞれが様々な経験を通して成長し、それを持ってまた源に戻って来ることで、「おお、お前はこんな体験をしてきたのか」「こんなこともか!」と、さらに自分をパワーアップすることができるのです。
 すでに触れたように、「アセンションが起こる」と一部で騒がれた2012年12月21日は、とくに目に見える変化は起こりませんでしたが、あの日の意味するところは、本格的なアセンションの流れのスタートでした。
 統合と分離−−−この二つはまったく相反する概念です。流れがガラツと変わったのです。言い換えれば、この宇宙の流れが、分離から統合へと向かって大きなシフトを起こしているのです。
 僕たちはこれまで長い眠りについていましたが、いま多くの魂たちが、もういい加減に目を醒まして宇宙意識に還ることに同意しました。その結果、アセンションという流れが生まれたのです。もともと宇宙のすべてはつながっていますから、地球が次元上昇することは、宇宙全体の上昇を意味します。宇宙全体が一斉に波動を上げて統合に向かっています。地球の次元が上がることで、宇宙全体がそれに合わせてシフトしていく。地球だけの問題ではなく、宇宙レベルでとてつもなく大きな変化が起きているわけです。アセンションはいわば宇宙レベルのお祭りです。アセンションは、源に戻るという循環の一つです。大きな視点で観れば、遅かれ早かれ皆上がっていきます。サイは投げられたのです。
 アセンションの前のディセンションのサイクルでは、次元を下降させました。ディセンションは源から遠ざかり、切り放されるような状態です。それぞれが各自の持ち場で様々な体験を楽しんだのです。
 その特徴は「分離」です。人々の魂は何千年もの間、無力感や孤独感を味わい、経験し、宇宙的な観点からいえば、楽しんできました。ところが分離という振り子がこれ以上無理というところまで振り幅を拡大し、ついに極限まで達しました。分離を味わいつくしたのです。その結果、人々の魂は、「これ以上の分離はたくさんだ、もういい加減うんざりした」とその終焉を求め、統合という宇宙意識への回帰に向かおうと決めたのです。
 アセンションは、宇宙における自然なサイクルの一つです。宇宙は常に下降するディセンションと、上昇するアセンションを交互にくり返しています。ディセンション→アセンション→ディセンション→アセンションという道筋をくり返すのです。ディセンションあってのアセンションです。どちらも鎖の輪のように結びついている一対のものです。アセンションもディセンションも宇宙的な自然の循環ですから、何も特別なことではありません。
 その周期はほぼ2万6千年。アセンションで約1万3千年、ディセンションで約1万3千年、合計で約2万6千年です。つまりアセンション→ディセンションの循環は宇宙の自然なサイクルに組み込まれている動きで、進化のためのサイクルです。これは人間が決めたのではなく、創造主・神が創ったものです。
 1万3千年の新たなアセンションのサイクルに入った今、「分離」から「統合」に向かいはじめています。統合に向かうとは、人々の魂がすべてとつながっていることを思い出すことです。他人を抹殺したり、陥れたり、他人から奪ったり、搾取したりするのは分離の時代の産物でした。その歴史が終わりを迎えます。誰をも犯さないという在り方に変わっていきます。
 これから人々は、自分たちにすべての力があることを思い出すことになります。そのことに気づけば、もう誰の手を借りる必要もありません。統率してくれるリーダーも必要ありません。誰もが自分本来の持つ力で、いわゆる権力者側のごまかしを看破できるようになります。すでにそうなりつつあります。権力者も画策しづらくなっています。真実に目醒めるエネルギーが潮のように満ちてきているからです。その中で、人々の魂は本当の意味で目を醒ましていくことになるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、『アセンションの超しくみ』(サアラ著、ヒカルランド)からサアラさんが語るアセンションを紹介します。


 ・・・<『アセンションの超しくみ』、p203〜p205から抜粋開始>・・・

 12の銀河連邦すべてがアセンションする!

 今回、地球を含む宇宙のアセンションは、ひとつの意識がアセンションしたり、ひとつの魂のグループがアセンションしたりする場合とはまったく違います。
 7つのすべてのフィールド(管理人注)が、セントラルを通過することになります。これは宇宙的には12のエリアを持つ12の銀河連邦すべてがアセンションすることであり、いい換えると、3〜8個くらいの銀河を含むエリアが144個集まった巨大宇宙が、すべて一瞬のうちにセントラルに吸い込まれ、一瞬のうちにまったく違った7つのフィールドを展開し始めるということになります。
 これは、宇宙創成以来一度もこの宇宙が経験したことのない、宇宙全体のチャレンジなのです。

 コントロールゲームを続けたい権力者や宇宙人は、今必死です!

 かつてこの宇宙がまるで爆発を起こしたかのように、猛烈なスピードで7つのフィールドを展開しながら広がっていったのと真逆の現象がすでに始まっています。そのため、地球や太陽系、天の川銀河に限らず、すべての星や銀河、意識、存在は大きな影響を受けています。
 その中で、地球人だけが蚊帳の外のような状態で事の真相を知らされていないのです。ですから、当然宇宙の中で地球人は、今不調和に存在しています。他の宇宙人たちのほとんどはすでに準備万端の状態で地球を見守っていますが、中には、このまま地球人とともに4次元的な権力ゲームを継続することを望んでいる宇宙人もいて、彼らは何とか地球のアセンションを阻止しようと、地球に直接的に干渉してきたりもしています。
 どのような形で干渉してきているかという例を挙げると、たとえば地球の優秀な学者や研究者たちは、すべての人がより豊かに、そして健康に、ストレスのない調和の取れた生活を営むために必要なさまざまなことを研究し、すばらしい成果を挙げています。
 フリーエネルギーに関する発明や技術、癌やHIVなどの病気を治す画期的な方法などを含む、まったく副作用のない医療や、すべての人が抱える社会生活におけるストレスを削減するためのシステムなど、それらはさまざまな分野に及びますが、どれも実践されることはほとんどなく消えてしまいます。それはなぜでしょうか。
 皆さんが何とかしなければ、あるいは何かよい方法がないものかと考えるような環境問題、エネルギー問題、医療問題、経済問題などに対する対策はすでに発見され、発明され、開発され、商品化する準備も万端に整っていたものがたくさんあります。
 それらが皆さんの社会に活用されないのは、権力を用いたコントロールゲームを非常に好む地球人や宇宙人たちが、このような開発を必死で食い止めているためです。その手段を選ばないやり方を見れば、彼らがいかに必死かを物語っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注)
 サアラさんによれば、7つのフィールドと次元は、以下ような関係になっているそうです。12次元がゼロポイントと呼ばれるもので、さらにその上にのセントラル(空)13次元があり、今回はそこに144もの銀河団が一斉に吸い込まれるアセンションが起きるといいます。
 地球、及び人類は、3次元から第2フィールドの半物質次元である5次元に向かっているといいます。

・第1フィールド(4次元)...3次元に感覚を加えた次元
・第2フィールド(5次元)...半物質次元
・第3フィールド(6次元)...人間が夢を見ているときの意識世界
・第4フィールド(7,8次元).イマジネーションの世界
・第5フィールド(9次元)...シンボルの世界
・第6フィールド(10次元)..最初の意識世界
・第7フィールド(11次元)..エネルギー空間


 さらに抜粋します。
 『アセンションの超しくみ』は、初版が2011年1月です。つまり、騒がれた2012年12月より2年近く前に、こうした情報が流れていたことに驚いてしまいます。


 ・・・<『アセンションの超しくみ』、p228〜p231から抜粋開始>・・・

 物理次元では何も起こらない2012−−−しかし、次元推移は起こっている!!

 さて、皆さんが、2012年12月22日にわくわくしながら何かのイベントを待っているとしたら、少しがっかりするかもしれません。実はその日は、物理的な次元においては何も起きません。今すでに始まっている天変地異的な現象は、その日突然にエスカレートするわけでもありません。
 ただ、このあたりに確実にセントラルという新しい次元への扉が開き、誰もが気がつかないような瞬間に吸い込まれ、新しい次元の扉から吐き出されるのです。
 人間はそこを通過したことが認識できません。しかし、脳が高次の意識の指示の下に機能できなければ、そこを通過することは不可能です。ある朝起きるといつもと変わらない一日が始まる人と、夢で見たような、あるいは、イメージどおりの世界に推移している人に分かれるでしょう。
 前者の場合は、そのまま寿命が尽きるのを待って死に、転生のサイクルに戻ります。
 そして後者の場合、次元間の巨大なポータルを何重にも通過しています。その間、肉体は深く眠り、カー・ボディーが高次の意識を反映させて、肉体を高い周波数に引き上げます。このとき高次の意識の中に、すでに新しい地球の情報が記憶として刻まれているので、ここに周波数を合わせます。
 さて、これと同様に、地球には地球のカー・ボディーに当たるものがあります。地球は何度も訓練して、自分の進化した姿をすでに知っていて、そこへ地球のカー・ボディーを推移させると自動的にセントラルを通過して、新しい次元と重なり合うのです。
 これは、三位一体の法則を使った次元推移なのです。
 つまり「空」から発生したカー・ボディーを構成する素粒子が「ゼロポイント」であり、カーが形成する肉体は、「反射ポイント」です。ここで必要な経験が終了すると、ゼロポイントは「空」を通過して新たなフィールドに出現します。そのとき反射は一度ゼロポイントに統合して、再び反射として現れます。

 ですから、この先どんなカタストロフィーが起きたとしても、地球が破壊されることはありません。そして一連のカタストロフィーを通過した後は、考えられないほど穏やかで静かな夜明けを迎えます。
 そこであなたが目覚めたとき、今まで見たこともない地球の姿を見ることができるよう心から祈っています。
 そしてそこにいるあなたは、今まで見たこともない生き物や植物に出会い、息を呑むほどに美しい光景の中にいる輝く自分の姿に、何よりも驚くでしょう。
 実際のアセンションの瞬間は、瞬きするほどの時間にも及ばないほどに短いのです。あなたがある朝目覚めたら、すべてが変化していた。そして、夢か現実かよくわからないうちに、はじめの何日かを過ごすでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、並木さんが語ったアセンションの説明を追加します。
 これまで発売された並木さんの本には、詳しいアセンションに関する記述はありません。そこで今年3月の並木さんのWSのDVD、『目醒めて生きるための意識統合』のDisc1から、私が箇条書きに書き落としたものを紹介します。
 読んだ方に、できるだけ内容が正確に伝わるように、文体は私のフィーリングで変えてあります。


 ・・・<『目醒めて生きるための意識統合』Disk1(00:50:00〜01:02:00)から抜粋開始>・・・

・地球上において大きな変動となるか、小さな変動になるかは、2020年の春分から8月(あるいは2021年の冬至)までのゲートが閉じるまで、どれだけの人々の意識が変わるか次第です。

・世界中で受難のようなものを体験することになります。ただし自然災害をネガティブと捉えてはいけません。これにより火事場の馬鹿力を発揮するようになり、これはアセンションには大事なことです。

・アセンション(シフト)が起きます。2022年〜2032年のどこかで起こるでしょう。時期は、人々の意識次第で決まります。

・ブラックホールをイメージして下さい。ブラックホールは質量が高くて、近隣の惑星、星雲などを吸い込んでしまいます。

・ブラックホールの反対側には、ホワイトホールがあると言われています。ホワイトホールがないケースもありますが、私達のフィールド(3、4,5次元〜)は、そこに吸い込まれ、ホワイトホールに出現します。

・そこに私たちのフィールド(3、4,5次元〜)が吸い込まれて、いったん閉じる。これはブラックホールという、トンネルを抜けるとも言えます。そして反対側に新たな次元を展開することになります。

・これは一瞬閉じるということで、無になるという事です。これは、この宇宙の創造主が決めたことです。

・宇宙は、進化、向上、前進、拡大というものを核に持っています。私たちの宇宙は、もう充分に体験しつくしたので、これ以上の成長は望めないのです。

・創造主は、成長しないものには興味を失います。それゆえ新しいフィールドでまたゲームを始めようとしていています。

・こうした話をすると、夢物語とか、常識外れでイッテしまった人だと思われるでしょう。しかし目を醒ましていくと、その流れが歴然とわかるようになります。私(並木)には、その時期が近づいているのが、ひしひしと分かります。

・これは宇宙史上まだ起きたことがないことです。3次元から4次元といった次元上昇はありましたが、全く別の宇宙を造りだすということは、誰も経験したことがありません。それゆえ、高次の存在ですら、全貌がわからないのです。

・ゲートをくぐった先には、新たな新生地球が生まれます。もちろんそこには、今の宇宙と同じくフィールド(3、4,5次元〜)があります。

・目を醒ますと決めている、あるいは目を醒ますことを前提でこのゲートをくぐった人には、シフトのチャンスがあります。

・眠りを選択しゲートをくぐり抜けた人は、新生地球には行きません。向こうの世界にも、今の地球と似たような世界があり、そこへ行くことになります。

・万全な人は、新生地球に行きます。要するに、その人がどこに同調するかで行く世界が決まります。

・2021年を過ぎると、目覚めた人と眠ったままを選択した人では、波動が違い過ぎて一緒にいることはできなくなります(管理人注:友達関係などは解消されるという意味)。

・ゲートをくぐっている瞬間は眠っています。全員、世界中の意識体は、ゲートをくぐっていると意識できません。

・これは宇宙のフェスティバル(お祭り)だと言えます。それゆえ、高次の存在が興奮しています。

 <新生地球では>

・色鮮やか(空の色も変わっているかも)

・緑は、ものすごく豊か。

・伝説だと思っていた動物が徘徊しているかも。例えば、ユニコーンやフェニックス(不死鳥)など。

・新生地球に行けた人は、最初は夢だと思うかもしれません。しかし何日経っても、頬をつねっても、変わらないので、これが現実だと受け入れるようになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんはセントラルと言い、並木さんはブラックホールをイメージして下さいと言っていますが、私たちの宇宙が吸い込まれて、反対側に新たに宇宙が創造されるという点では同じです。
 サアラさんと並木さんの大きな違いを一つ上げるなら、並木さんは来年(2020年)春分の日から、8月(最終的には2021年の冬至)までにアセンションのゲートが閉じてしまうと言っていることです。
 これに関しては、いずれ記事を書きたいと思っています。

 さらにUFOコンタクティーのジェームズ・ギリランドさんがアセンションについて何か言っていないか調べました。
 DVD『コンタクト・ハズ・ビガン』の33分頃に、以下のようなギリランドさんの発言がありました。

 ・・・<DVD『コンタクト・ハズ・ビガン』の33分頃から抜粋開始>・・・

 この惑星で体験できる最高の宇宙船とは、私達自身の肉体であり、自らの波動を上げることができれば、この肉体を抜け出して、別の次元と空間を実際に体験することも可能です。
 誰もが内にその可能性を秘めていて、いわいるアセンションの時に、肉体を伴っていくこともできるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやらギリランドさんも、アセンションという宇宙的イベントが起こることは認めているようです。


(2019年11月16日)





よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。