あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2017年8月16日



日本のビールにGMO(遺伝子組み換え作物)は使われていないのだろうか



 ネットで調べてみると、2015年11月に、『生活クラブ生協や市民グループで構成される「たねと食と人@フォーラム」が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーに出した公開質問状の回答をホームページで公開した』とあります。

http://healthpress.jp/2016/03/ng-1.html

 それによると、ビール各社がGMOを使い始めたのは2015年2〜3月のようです。当初は、清涼飲料水や発泡酒、第三のビールなどに使われていたようです。
 よって、この時点ではビールには使われていませんでした。
 しかしながら、上記のサイトの著者である郡司和夫氏は、以下のように述べています。

 「GMOが拡大に比例して、GMOへの不安も世界各地で高まっている。ともかく、このままでは日本のビールにも、いつGMOのコーンやスターチを使い出すかわからない」

 発泡酒や第三のビールにGMOが使われていることが人々に広く知られるようになったのは、2015年12月9日放送のテレビ東京系列のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)という経済番組でした。
 放送では、大手ビールメーカーは、ビールにはGMOを使用していないと回答しています。
 それゆえ、私はこの報道を観て、少々高くてもビールを飲んでいれば大丈夫だと思っていました。ビール党の私にとって、ビールにGMOが含まれるか、含まれないかは重大な問題です。
 しかし、以下の「ショージ・サエキのブログ」を読んで、大いに不安になってきました。

https://ameblo.jp/jam512412/entry-12156558298.html

 ショージ・サエキ氏の主張は、最近はビールの原材料欄にコーン・スターチが記載されているということです。
 スターチはトウモロコシから抽出したでん粉で、冒頭で紹介した郡司和夫氏によれば、国内で消費されるトウモロコシの84%が米国から輸入され、米国産のトウモロコシの93%がGMOだといいます。
 つまり日本で消費されるトウモロコシの約8割はGMOだということです。

 大手ビールメーカーは、今でも残り2割の非遺伝子組み換えコーンで、ビールを造ってくれているのでしょうか・・・。

 私はビールの原材料名を昔からチェックしていたわけではありません。
 しかし、ショージ・サエキ氏が言うように、最近になってビールの原材料名の欄に、「コーン・スターチ」が記載されたとなれば、由々しき事です。
 ビールにGMOを使う場合には、原材料名に記載しなければならず、「コーン・スターチ」と書かなければならないからです。
 とはいえ、昔から「コーン・スターチ」と記載されていたとしても、それがGMO由来のものでないなら何の問題もありません。
 問題の本質は、GMO由来のものかどうかです。
 ショージ・サエキ氏は大手ビールメーカーが、ビールにGMOを使っていると断言しています。
 しかし、その証拠は示していません。
 ですから、あくまでもショージ・サエキ氏の憶測でしかありません。
 周囲の状況から、こうだろうと推測したにすぎません。

 証拠がないのですから、私は断定できません。ただ、その可能性を感じているだけです。

 ビールを飲まない方には何の関係もない話ですが、人よりビールを多く飲む私にとっては重大な関心事です。
 私はさっそく、いつもビールを買うスーパーに行って、ビールの原材料名を見てみました。
 すると、ショージ・サエキ氏が指摘するように、原材料名に「コーン・スターチ」と確かに記載されています。
 「コーン・スターチ」と記載されていないのは、やはり「一番搾り」「モルツ」「エビス」などです。
 私は困ったことになりました。
 私はこれまでA社のスーパードライという銘柄を飲んでいました。
 これは私がスーパードライが好きだからではなく、アルミ缶を避けるために瓶ビールにしたからです。
 今は一般のスーパーには、瓶ビールというと、A社のスーパードライしか置いていないのが現状です。
 私は家の近くの他のスーパーや酒屋に行って、キリンの一番搾りの瓶ビールがないか探しました。でも1件もありませんでした。
 仕方なく、キリンのハートランドを買うことにしました。
 容量は500mlと大瓶(633ml)に比べれば少なくなりますが、背に腹は代えられません。

 これを読まれている方は、なぜ私がGMOに、ここまでこだわるのか不思議に思われるかもしれません。
 理由があるのです。

 ここ2〜3ヶ月のことですが、私は朝起きたとき、身体の変調に悩まされるようになったのです。
 身体がずっしりと重く、時として内臓に鈍痛が走ったりします。夏の猛暑で体調を崩すことはありがちですが、それとは違った症状です。
 私は自炊をしていますが、もし新たな食材を使うようになって不調になったのなら原因の特定は簡単です。
 しかしこのところ新たな食材は使っていないのに、強い不調を感じるようになったのです。これは、今まで口にしてきたものの中に、何か毒性のものが加わったと考える方が自然です。
 私は無添加生活をしているので、わずかな添加物にも敏感に反応する身体になっています。添加物には、リトマス試験紙のように反応してしまうのです。
 当然GMOなど何年も口にしていないはずですから、GMOのような毒性が強いものが入ってきたらすぐにわかるはずです。
 そんなおり、ショージ・サエキ氏のサイトを読んで、ピンとくるものがあったのです。ひょっとしたら、私の体調不良の原因は、ビールにGMOが含まれるようになったからではないか・・・。

 そこでA社のビールを止め、原材料名に「麦芽・ホップ」としか書いていない、キリンのハートランドに替えてみたわけです。
 結果は劇的でした。
 朝起きたとき、爽快でした。これほど違うのかと感心しました。

 もちろん、これはあくまでも私の個人的な感覚です。
 私はA社の営業妨害をしたいとは思わないし、私の個人的な体調の変化のみで、GMOが入っていると断定できるはずもありません。
 ただ私が原材料名に「コーン・スターチ」と書いていないビールに替えてから、体調が大きく改善したのも事実です。

 ここで改めて、GMOの危険性を訴えたいと思います。
 GMO先進国のアメリカで、何か起こったかを、『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』(船瀬俊介著、イースト・プレス)から抜粋して紹介します。

 ・・・<『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』、p251〜p252から抜粋開始>・・・

 「アメリカ人の健康度は、先進17カ国中で最低−−」
 つい先日、こんな報道がありました(『東京新聞』2013年1月10日)。全米科学アカデミーによるショッキングな”報告書”です。
 彼らは「平均余命も、女性が16位、男性が17位ときわめて短い」と嘆きます。
 その原因として挙げられているのが、肥満や糖尿病といった生活習慣病、高カロリーの食習慣。その他、銃犯罪、車社会、薬物依存なども指摘されています。
 「米国民一人あたりの医療費は、欧州各国、カナダ、オーストラリア、日本などに比べて高いが、50歳までに死亡する人の割合は、男女とも米国がもっとも高かった」(同紙)
 これが、世界に冠たる”超大国”アメリカ国民の悲しい現実なのです。

 アメリカは遺伝子組み換えでも”超先進国”です。
 ところが本書で警告したように、この人工食品が米国民に強制されて約10年で「多重慢性疾患の患者数は2倍近くに急増している」のです。
 急性アレルギー患者数も、わずか5年間で2倍です。子どもたちのぜんそく、自閉症、肥満、糖尿病、消化器障害、小児ガンも急増、多発しています。
 遺伝子組み換え作物の代表「キング・コーン」は実験マウスの多くに巨大腫瘍を発生させました。同様に、遺伝子組み換え大豆などにも同じような毒性があるでしょう。米国人は、それらを使用した加工食品や、飼料として使われた食肉を大量に食べつづけているのです。
 その結果が、先進国で最低の悲惨な健康状態というわけです。

 そして、そのアメリカのあとを追っているのが、わが日本です。
 こんな愚かな、恐ろしい前例を真似して、どうするのですか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 参考までに、引用文中の実験マウスの巨大腫瘍は以下のサイトで見ることができます。

http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-227.html


 『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』が発売されたのは2013年です。
 少し古い情報で、その後、微妙ですが情勢が変わってきているようです。

http://beautybody-hakata.com/%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E7%89%A9%E9%96%A2%E9%80%A3/%E6%97%A5%E6%9C%AC%EF%BC%93%E5%A4%A7%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E7%99%BA%E6%B3%A1%E9%85%92%E3%81%AB%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%8F%9B%E3%81%88%E4%BD%9C%E7%89%A9%E4%BD%BF.html

 モンサント社がほぼ独占しているGMOのコーンですが、アメリカ国内で順調にシェアを伸ばし、2014年には93%を占めるようになったとのことです。
 ところが翌年(2015年)は92%と、初めてシェアを減らしたというのです。
 これはアメリカ人の健康志向によるものだと分析されているようです。
 今では、さらにアメリカ人の健康志向は高まっている可能性があります。

 この情報は、私の日本のビールに対する疑念をさらに深める結果となりました。
 アメリカで健康志向が高まり、GMOコーンが売れなくなったため、日本の大手ビールメーカーにさらに多く輸入するよう圧力をかけた可能性があります。
 それで、日本の大手ビールメーカーは、それまでは発泡酒や第三のビールにしか使っていなかったGMOコーンを、ビールにも使うようになったのではないか・・・。

 もし大手ビールメーカーが、「当社は、ビールにはGMOを使っていません」と宣言してくれれば、単なる私の杞憂で終わります。
 あるいは、開き直って、「ビールにもGMOを使っています」と発表してくれれば、なおスッキリします。
 なんらかの発表があればなあ、と願っています。

 あるいは、誰か実情をご存じの方がおられましたら、(私にこっそりと)教えていただけたら嬉しいです。


(2017年8月16日)





よろず屋寸話録
(2017年)

よろず屋寸話録
(2016年)

よろず屋寸話録
(2015年)

よろず屋寸話録
(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録
(2013年

よろず屋寸話録
(2012年)

よろず屋寸話録
(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録
(2010年)

よろず屋寸話録
(2009年)

よろず屋寸話録
(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録
(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録
(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録
(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録
(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題
(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題
(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2017年)

訪問者の投稿欄(2016年)


訪問者の投稿欄(2015年)


掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。