あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年6月20日



チャネラーについて



 先月、私はkanさんのクンルンの最初のクラス(「序」、「破」、「急」の3つのクラスのうちの「序」)に参加してきました。
 そこでゲリースクール時代に同期だったEさんに偶然会ったのです。私としても、まさかEさんがクンルンをやっているとは思っていなかったので、驚きました。
 Eさんとは、ゲリースクール時代に、一緒にイタリアのダマヌールのツワーに参加した仲です。ダマヌールでは、タイムマシンに乗って過去に行ってきた女性の体験談を、英語が堪能なEさんの通訳で聞くという貴重な思い出があります。
 そうした昔の懐かしい話とともに、私のETの最新情報であるブルー・エイビアンズの話などで、とても盛り上がってしまいました。
 そこでちょっと面白いことがあったので、紹介したいと思います。

 セミナーの休み時間に、Eさんと私はセミナー会場の廊下で夢中で話し込んでいました。
 Eさんにとってブルー・エイビアンズの話はツボだったらしく、大変興味を持たれたようです。
 その話に夢中になっていた2人の間に、いきなりkanさんが、休憩室のドアを開けて、ヌッと現れたのです。私はいきなり現れた大男に、熊みたいだなと思ってしまいました。
 すると、なにを思ったのか、Eさんがいきなり私をkanさんに紹介したのです。
 「ゲリースクールで同級生だった本山さんです」
 紹介されてしまったので、私はkanさんに向かって、
 「本山と申します。伯井さんの元でクンルンを始めました」
 と自己紹介しました。
 すると、kanさんは私に向かって一言、
 「kanです」
 と言うと、すっと行ってしまいました。

 その後、Eさんが確信したような顔で言います。
 「kanさんは、僕たちの話を聞いていたと思いますよ」
 思わず私は、えっ? となりました。
 なぜなら、kanさんの居た休憩室のドアは閉まっていたので、廊下の話声など聞こえるはずがないからです(私達は大声ではなく、普通に会話していました)。
 Eさんによると、kanさんの能力を持ってすれば、遠く離れた人の会話など簡単に聞けるというのです。

 後日、私はEさんの言葉の意味を考えて、kanさんが2人の会話を聞いていたというのは本当かもしれないと思うようになりました。
 というのも、Eさんがあまりにブルー・エイビアンズの話に惹かれていたからです。Eさんはブルー・エイビアンズの話は、真実であると直感されたのかもしれません。
 それゆえ、話にのめり込むEさんをkanさんは心配したのではないかと思ったのです。
 kanさんからすると、
 「E君、そんなくだらない話に夢中になってはいかんよ」
 という意味で、私達の会話を中断させたのではないかと思ったのです。
 もちろんこれは、私の勝手な解釈です。
 真相はkanさんのみが知ることですが、kanさんがあの場に現れたのは偶然ではなく、何らかのメッセージをEさんに伝えたかったからだと私は思っています。

 話が最初から脱線しました。
 今回の話は、チャネラーです。
 まず最初に断っておきたいのですが、私は個々のチャネラーについて語りたいわけではありません。
 私は、チャネラーをされている方の商売を邪魔したいわけではないのです。私の個人的な体験を述べさせてもらいますが、あくまでもチャネラーという職業に関して意見を述べたいと思っています。

 私は、数年前まであるチャネラーのセッションを定期的に受けていました。
 それを止めるきっかけとなったのは、サアラさんの言葉です。
 サアラさんは、チャネラーに言われたことで人生の選択をする危険性を訴えていました。赤の他人のチャネラーに、自分の大事な人生の選択を委(ゆだ)ねていいのかと問われた時、私は、はっとなったのです。
 霊能力を持ったチャネラーに心酔してしまうと、チャネラーの言うことが絶対になり、人生の大きな岐路に立ったとき、チャネラーに言われた通りの選択をしてしまいかねません。
 もしチャネラーがポジティブな存在で、クライアントの将来を親身に思ってくれるなら、それはよきアドバイスになるかもしれません。
 しかし、もしチャネラーがネガティブな存在で、クライアントをお金を貢がせるように洗脳しようとしていたら、これは恐ろしいことになると気付いたのです。

 もう一つ、私がチャネリング・セッションを止めた理由があります。
 私はゲリースクール卒業後、私のスピリチュアルのトレーニングの為に、チャネラーから色々なアドバイスを受け実践してきました。
 しかし5,6年経った頃のことです。自分がスピリチュアル的に全く進歩していないことに、ふと気付く瞬間があり、愕然としたのです。
 スピリチュアル的な何か気づきを得たとか、(本来は求めてはいけないのかもしれませんが)霊的能力が増したいったことは全く起きていないことに気づいたのです。
 チャネラーからのアドバイスを自分なりに努力して実践してきたはずなのに、何の成果も上がっていないのです。私は何をやっていたのだろうと考え込んでしまいました。
 スピのトレーニングを5〜6年やったぐらいで、成果などでるものではないという厳しい意見もあるかもしれません。
 しかし私はゲリースクールの2年間で、大きな手ごたえを感じていました。チャネラーのアドバイスを受けるようになってから、手ごたえゼロどころか、むしろ後退した感じさえあったのです。
 私が全く進歩しなかった理由として考えられることは、

・チャネラーはネガティブな存在だった。

・チャネラーに、そもそも私を進歩させる能力などなかったか、そんな気もなかった。

 のどちらかか、あるいは両方です。
 こうしたことにより、私はチャネリング・セッションを止める決意をしました。
 もし、チャネラーがネガティブな存在であったら、セッションを続けることは無駄というレベルを超えて、極めて有害です。洗脳されてしまうので、大変危険だと言えます。

 話はEさんに戻ります。
 私がチャネリング・セッションを止めたことをEさんに告げると、Eさんから大変興味深い話が聞けたのです。
 以前、Eさんはご夫婦でチャネリング・セッションを受けていました。それも合計して3人のチャネラーを受けていたというのですから、経験という意味では私の大先輩です。
 そして、そのチャネラーから人生を狂わされるような、とてもひどい目に遭ったというのです。
 その内容を私は聞きましたが、個人情報なので、具体的な内容はEさんの了解がないので書くことはできません。とにかく、おぞましい体験だったとだけ言っておきます。
 Eさんご夫婦はそのおかげで、数年間耐え難い苦しみを味わったそうです。

 私がEさんに、私は何年もチャネリング・セッションを受けたのだけど何の進歩もなかったと言ったとき、Eさんは私に向かって、
 「本山さんは、まだいいですよ。僕たちは実害があったんです」
 と言っていました。
 私の害は、スピ的に進歩しないということでした。でもEさんご夫婦が受けた実害は、そんなものではなかったのです。

 さらに私が、
 「そういえばkanさんは、今の世で聖者として知られている人の99%は偽者(聖者ではない)だと言っていましたよね」
 と私が言った時、Eさんは、
 「チャネラーに関しては、99%どころか、99.99%が偽者だと僕は思っています」
 と言いました。
 Eさんが受けた被害を見れば、そう言いたくなる気持ちはよくわかります。

 チャネラーにひどい目に遭ったEさんは、Eさんなりのチャネラーを見抜く方法を教えてくれました。
 セッションで、クライアントを不自然に褒めるチャネラーは間違いなく偽者だそうです。さらに、クライアントが将来の夢が実現するか聞いたとき、その場で簡単に実現すると答えるようなチャネラーは、絶対に信用してはいけないと言っていました。
 そういうチャネラーは、ネガティブな存在で、そういうことを言うことで、クライアントを心酔させて洗脳しようとしているからだといいます。

 私は、kanさんのクンルンの「序」のセミナーを受けた一週間後、今度はナチュラルスピリット主催のkanさんのWS(ワークショップ)に参加しました。
 そこでkanさんは、スピリット(霊的存在)からの言葉に惑わされてはいけないということを言っていました。
 kanさんは、
 「彼(霊的スピリット)らは、株なんか詳しいですよ。どの株が上がるかなんて実によく知ってますよ」
 と言って、会場を笑わせていました。
 人は、この手の儲け話に本当に弱いと思います。上がる株を知っているなら、教えてほしいと思う人はたくさんいるはずです。
 Eさんも、チャネラーの言っていることは、実によく当たると言っていました。
 当たるので、私達はつい信用してしまうのです。そうして徐々に捕り込まれていきます。

 私は、本田健さんがサイババについて書いた本を思い出しました。
 もうだいぶ昔の話です。
 本田健さんは、サイババが存命のとき、取材するためにインドまで行きました。
 その本田健さんのサイババ評を紹介しようと思います。

 本田健さんは、サイババが世に知られるようになった初期の頃、ビブーティという白い灰を空間から物質化したり、アクセサリーなどの宝石を物質化する能力はあっただろうと言っています。
 サイババの聖者としての存在とともに、そうした超常現象で世界中からサイババのもとに人が集まってくるようになります。
 すると、大勢の前で、サイババは常に超常現象をショーとして見せなくてはならなくなりました。
 サイババも人の子ですから、いつもベストコンディションではありません。増えていくニーズに応えるために、ビブーティと宝石の物質化を手品で行うようになっていきます。
 ところがサイババが歳を取るにつれて、上手く手品ができなくなっていきます。
 本田健さんが取材したサイババの側近は、手品がばれるんじゃないかとヒヤヒヤして見ていたと証言したそうです。

 私は、それでもサイババは聖者であったと思っています。
 しかし人々は、超常現象に目を奪われてしまい、常に期待するようになります。サイババは人々の期待に応えざるを得なかったのです。
 なぜなら(これはゲリーさんも言っていたことですが)サイババは、多くの信者を必要としていたからです。
 私は超常現象(霊的現象)を、スピリチュアルの本質と混同してはいけないと思っています。伯井さんは、スピリチュアルの進歩に伴い、付随的に霊能力が付いてくると言っていました。あくまでもスピリチュアルの進歩が先で、サイキック能力は付随するものでしかありません。どちらに本質的な価値があるかは、言うまでもないことです。
 Eさんは、チャネラーの言うことは本当によく当たると言っていました。kanさんは、(霊的な)スピリットは上がる株をよく知っていると言って、会場を笑わせました。
 そうした本質とは外れた霊現象に、人々は非常い嵌りやすいということを、知っておくのは大事だと思うのです。
 チャネラーに心酔し、のめり込んで行く心理も同じだと思うのです。

 最後にチャネラーとクンルンのエピソードを3つ紹介したいと思います。
 まず私の体験からです。
 数年前ですが、私はkanさんに興味があって、奈良で開催されるkanさんのセミナーに申し込みました。
 すでに参加費も払い、初めてのkanさんのセミナーに行く気満々でした。
 すると、それまで日程の決まっていなかったチャネラーのセッションが、ちょうどkanさんのセミナー当日に入ったと連絡が来たのです。
 悩みましたが、kanさんのセミナーは知り合いに譲って、私はチャネリングセッションに選びました。
 それまでチャネラーは、私の都合と被らないようにセッションの日程を決めていると言っていました。事実8年にも及ぶそのセッションで、日程が被ることは一回しかありませんでした。
 それが、kanさんのセミナーだったのです。

 2つ目は、私の知り合いのNさんの体験です。
 Nさんは、友達のSさんにクンルンをやった方がいいというメッセージを伝えた夢を見たそうです。
 そこでNさんは、Sさんに夢で見たクンルンの話を伝えます。
 この夢には何か意味がありそうだということで、Sさんはチャネラーに、Nさんの夢のことを聞いたそうです。
 するとチャネラーから、「クンルンなんて、とんでもない!」的な勢いで否定されてしまったそうです。

 3つ目は、Eさんの奥さんであるHさんの体験です。
 Hさんがkanさんのセミナーに行き始めた頃の話です。それまで受けていたチャネラーに、kanさんのセミナーに出たことを話したそうです。
 するとそのチャネラーは、またしても「クンルンなんて、とんでもない!」的な反応をして、さらにkanさんとの絆を断ち切る呪(まじな)いまでしたそうです。
 よくわけもわからず、そんな呪いまでされたHさんですが、後で冷静になって考えると、とんでもないことをされたと深く後悔します。
 悩んだHさんは、そのことをkanさんに直接聞いたそうです。
 するとkanさんは、
 「そんなことで絆なんか切れないから、心配することないよ」
 と言ってくれたそうです。
 それを聞いて、Hさんは思わず涙ぐんだそうです。

 最初の私のエピソードですが、私をクンルンに行かせない為のチャネラーの工作だと思います。
 なぜ、チャネラーはクンルンを目の仇のように嫌うのか。
 私の推測です。
 それは、クンルンをするとスピリチュアル的に進歩することをチャネラー自身が一番よく知っているからではないかと思ったのです。
 スピ的に進歩するということは、幻想の世界から真実が見えるようになることだと私は思っています。この3次元の物理世界のベースとなっている高い次元の原理を体感するようになるのだと思うのです。
 真理が見えてくるようになると、洗脳されている人は洗脳が解けていきます。
 すると、チャネラーのもとを去って行ってしまうのでしょう。チャネラーを必要としなくなるからです。これはチャネラーにとっては、顧客を失う危機です。
 これが、チャネラーがクライアントにクンルンをさせない動機ではないかと私は考えています。

 ここまで私は偉そうなことを書いてきましたが、かくいう私こそ、数年前までチャネラーに心酔して洗脳された一人です。
 目が覚めてわかったことは、チャネラーの人を洗脳する巧妙なビジネスモデルです。
 人は、超常現象などの霊能力に本当に弱いようで、簡単に騙されてしまいます。当たるチャネラーに出会うと、「このチャネラーは凄い!」と思って、簡単に心酔してしまいます。そうして捕り込まれていくのです。

 当然ながら、私とEさんの体験はチャネラー数人のものであり、すべてのチャネラーに当て嵌まるものではありません。
 中には、クライアントの質問に真実のみを伝えようとする真摯なチャネラーもいるのかもしれません。
 ですから、あくまでも狭い範囲での私達の体験を語っていることを、お断りしておきます。
 最後に、ネガティブなチャネラーの特徴をまとめてみました。

・不自然にクライアントを褒める。
 真実は時として耳が痛いものですが、成長するためには必要です。褒められて、ふあっと良い気分になって、ついそのチャネラーの言うことを信じてしまいます。

・クライアントの夢が実現すると、大盤振る舞いする。
 例えば、近い将来、億単位の宝くじが当たるとか、年下でイケメンの素敵な彼氏が出来るといったようなことです。自分以外のクライアントにも、こうした夢の大盤振る舞いするチャネラーがいたら、大いに気をつけた方がいいです。

 私は自戒を込めて、こうしたことを人々に知ってほしいと思っています。


(2018年6月20日)





よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。