あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2023年1月31日



陰謀論者ではなく、陰謀解説者の杉田穂高さんの動画



 杉田さんの切れ味鋭い解説です。


この世の恐ろしい世界全編.wmv from 杉田穂高 on Vimeo.



(2023年1月31日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

地下からの救出


 私が心待ちにしていた本、『この惑星をいつも見守る 心優しき地球外生命体たち』(エレナ・ダナーン著、佐野美代子訳、ヒカルランド)が届きました。
 私は、夢中になって読んでしまいました。
 今回は、本の中から私が印象深かった部分を抜粋して紹介させていただこうと思います。

 ただし、いきなり抜粋したら、見慣れない横文字などがたくさん出てきて読まれる方が混乱されるかもしれません。そこで、用語の注釈を事前に示したいと思います。厳密な定義ではなく、私が理解した簡単な注釈です。

 紹介するのは、エレナ・ダナーン女史がソーハンに連れられて銀河連合の科学軌道ステーションで体験した内容です。
 地上では、数年前からアライアンスがDSの地下軍事基地を攻撃して、囚われた子供たちを救出しているという話がありました。
 救出された子供たちは強い身体的、精神的なトラウマを抱えているので、メドベッドで治療されているという話が流れていました。
 エレナ女史が目撃したのは、救出された人間とグレイのハイブリッドの子供たちです。
 人間の子供であれば、治療して地球で育てられますが、ハイブリッドの子供たちは、別の星で育てなければならないといいます。容姿が人間からはかけ離れているので、やむを得ない措置なんだろうと思います(人類はまだそうしたレベルに達していないので)。

 その銀河連合の科学軌道ステーションで、エレナ女史はハイブリッドの子供(ガイアという名の少女)と印象的な出会いをします。その話は、私にとっても印象深いものでした。

 ではまず、用語の解説です。

ヒューマノイド
 人間型の知的生命体。他にグレイ、レプティリアン、ドラコニアン、昆虫型など宇宙にはたくさんタイプの知的生命体がいるようです。

ハイブリッド
 異なる種を交配させて生まれた生命体。ここで登場する子供たちは、人間とグレイの交配種。

テラ...地球

テラン..地球人(人類)

エレナ女史の友人
 銀河連合の科学軌道ステーションでエレナ女史を案内したマイラは、シリウスBの女性医学博士。夫はジェイカー。ヴァルネックも友人。

銀河連合
 今回、地球を解放する為にネガティブETと戦ったポジティブグループ。他に、5種族評議会、アンドロメダ評議会などがあるようです。
 ちなみに銀河連合と銀河間連合は別物のようで、銀河連合のさらに上位組織が銀河間連合のようです。

地球に巣くっていたネガティブET
 ネブ族、シカール族、マイトラ族など。ダークフリートもネガティブなグループ。

エマザー、エガロス
 エマザーはくじら座タウ星から来た背の高い青白いトールホワイト。グレイの遺伝子を持つが人間の姿をしており、非常に美しくエレガント。5種族評議会の1つ。
 『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』には2つのエガロス族が紹介されていますが、ここに登場するエガロスは、ダロン(メイッサ)・エガロス族だと思われます。銀河連合と協力していると書かれているので。
 やはり5種族評議会の1つ。

トラッカー装置
 トラッカーは「追跡」という意味ですが、ここでは追跡機能だけでなく、人体を保護する機能を持った装置のようです。

フリル
 P231からフリルに関する記述を抜粋してみます。

 「フリルは、生命全体、ボイド、惑星の岩石、星の気体において、有効な原動力であり生命力なのです。それは目に見えなくても、私たちの周り、ここかしこにあることを知っていますし、私はその働きを見ることができます。源からのもっともすばらしい贈り物です」

 これを読むと、私がフリルにもっとも近いものとして思い浮かぶのはプラーナです。この説明は金星人ヴァル・ソーが行ったものですが、ヴァル・ソーが言うフリルがプラーナかどうかはわかりません。

 以上です。
 では、抜粋させていただきます。


 ・・・<『この惑星をいつも見守る 心優しき地球外生命体たち』、p71〜p83から抜粋開始>・・・

 2020年10月のある夜、私はソーハンと一緒に、銀河連合の科学軌道ステーションに行きました。彼はそこで、救出したハイブリッドの子供たちを、太陽系外の目的地に派遣するミッション・コーディネーターの仕事をしていました。そこには、幼児から青年まで、さまざまな年齢の子供たちがいました。米軍と銀河連合の秘密部隊によって結成された地球同盟は、地下深部軍事基地の大掃除を行っていましたが、彼らはその生存者だったのです。この「ストーム」作戦は、しばらくの間、容赦なく続けられてきました。もちろん、ソーハンがその出来事についてよく知っていることは明らかでした。でも、私は彼に、あえて多くを尋ねませんでした。なぜなら、地下深くで起きている恐ろしい狂気の沙汰について、真相を聞く心の準備ができていなかったからです。彼の言う通り、真実を語ることを阻むのは、極秘として封印されているからではなく、その真実の性質そのものが語りがたいものであることがあるのです。私はソーハンの後を追って、天井の高い円形のホールに向かいました。そこには、感情が揺さぶられるような驚くべき光景が広がっていました。私は自分の目を疑いました。現実とは思えない光景です。左側の通路から、子供たちが出てきて、ゆっくりと静かに列をなして行進していたのです。ステーションの職員に誘導されて、彼らは、ホールの反対側のどこかの滑走路につながる大きなエアロックに向かって歩いていました。この子供たちは、人間とグレイのハイブリッドで、奇妙な姿をしていました。薬物を使用しているか、催眠状態にあるように見えました。彼らはとても落ち着いた様子でした……。ソーハンが言うには、彼らは、転送中にパニックにならないよう薬物を投与されているとのことです。この状況を目の当たりにして、私は不安になっていました。これまでに、さまざまな異星人に出会ってきて、なかには、非常に変わった奇妙な外見の存在もいました。しかし、今回、人間の子供でもある彼らを見ていると、胸にこたえるものがありました。

 ソーハンの説明によると、この子供たちはケンタウリ星系のメトン(管理人注)という惑星に避難させられ、そこで新しい家族の養子になることが決まっているとのことでした。子供たちの移送を担当する職員の中に、友人であるマイラとその夫のジェイカーがいることに気づき、私はうれしく思いました。マイラは、温かい歓迎をもって私のところに来てくれました。私たちは、大きな親しみを込めてハグし合いました。この力強くて生き生きとしたアシュケラ人(シリウスB)の女性は、私が子供の頃から知っている人です。彼女は、当時、私を救ってくれたクルーの一員だったのです。マイラは医学博士で、宇宙船の中で、私のインプラント装置を除去しようとしてくれた人でした。彼女は、ソーハンの親友でもあり(ヴァルネックはそれについて物申したいようですが)、長年にわたり、私とも強い友情の絆を結んでいました。私が14歳のとき、彼女がビームで宇宙船から自宅の寝室に戻してくれたのですが、それ以来、私たちは友情を育んできたのです(このエピソードにつては拙著『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』に記載しています)。マイラは、私と同じくくらいの体格で、ストレートの金髪は肩くらいの長さです。顔は三角形で頬骨が高く、長いまつげで、大きくてつり上がったグリーンの瞳をしています。ソーハンは忙しいので、仕事が終わるまで、私はしばらくマイラのところにいさせてもらうことにしました。彼が立ち去るのを見送った後、私は銀河連合の科学者たちとエアロックに向かってゆっくり歩く、薬を投与された奇妙なハイブリッドの子供たちの列の中で、ふと取り残されたような気持ちになりました。突然、奇妙な世界へ突き落されたような気持ちになり、背筋が凍る思いがしました。子供たちは強い存在感とオーラを放っていました。これは、人間や異星人の子供のそばでは一度も感じたことのない感覚でした。


    
    (p73から抜粋)
    マイラとジェイカーが、ハイブリッドの子供たちをケンタウルス座アルファ星行きのシャトルに送り出しているところ


 そして、マイラに連れられて、その列を通り過ぎたとき、私は、はっきりと認識しました。グレイに関係するさまざまなレベルの異種交配が行われていることを。彼らは全員、白い光沢のあるスーツを着て、大きな目、細いあご、すらりとしたシルエットが共通点でした。また、興味深いことに、エアロックに並んでいる子供たちは、白人系の遺伝子を持つ子が圧倒的に多いのですが、中にはアフリカ系やアジア系も見受けられます。私は茫然としていました。マイラの手が私の肘を優しく引いて通路に導くのを感じ、異様な雰囲気に包まれたホールを後にしました。

 「さあ、あなたを面白い人に紹介しましょう」
 と、彼女は言いました。
 並んで歩きながら、私はいくつか質問をしました。
 「この子供たちは皆、地下深部軍事基地から来たの?」
 「ええ、全員そうよ。地球同盟に救出されたの」
 と、マイラは答えました。
 「地球同盟? なぜ、テラ同盟ではないの? それは何なの?」
 「地球同盟と呼ばれるのは、地球上で作られた同盟だからよ。シカールやネブの占領に対抗するために、テラの国家と私たちの軍の間で作ったの。地球同盟とは、地球軍と銀河連合の一部の惑星部隊で構成された特殊同盟部隊のことよ」
 「銀河連合軍の兵士が、米軍と一緒に戦っていることは、ソーハンから聞いているわ」
 「そう、それが地球同盟。タアル、メトン、シロシなど、テラの大気と重力条件に適応したヒューマノイド種族がいるのよ」
 「アヘルはいないの?」
 「アヘルの体質はテラの条件に合わないの。彼らは宇宙戦には長(た)けているわ。だから、アヘルがこの星系で、地球外の軍事作戦を指揮している。彼らはそのための能力を持っているわ」
 「なるほど」
 「地球同盟は、この惑星の地下で、非常によく、非常に懸命に働いているの。1年ほど前から、多くの作戦が進行中なのよ。タアル人はもっとも優秀な種族よ。なぜなら、彼らはあなたの種族ともっとも近い共通ゲノムを持っているから。現在も行われているこれらの作戦は、テラの地下を浄化し、囚人を解放するためのものなの。囚人たちは毎日解放されているわ。私たちは、あらゆる面から戦っている。あなた方の諜報機関もそう。腐敗した古い諜報機関ではなく、新しい諜報機関のことね。地球同盟での、地球軍の仕事は奴隷売買の網を一掃することよ。私たちの仕事は、あなた方に援軍を提供すること。敵は、単純な思考1つで、あなたたちを殺すことができる存在なの。でも、これに立ち向かうための技術をあなたたちは持っていない。だから、私たちはあなた方を支援し、トンネルや宇宙で戦っているの。非常に困難な仕事よ。私たちの多くが死んでいるし、あなた方の多くも死んで、そして敵の多くも死んでいる。私たちは殺しが好きではないわ。でも、ほかに選択肢がないときはそうするしかない。現在、ほとんどの地下基地間の通信は遮断されているの。解放された人間の囚人は、本来の居場所であるテラに戻るけれど、ハイブリッドは私たちの宇宙船で面倒をみなければいけないわ」
 「救出された成人のハイブリッドもいる?」
 「ええ、テラの年齢で、40歳くらいまでのあらゆる年齢のハイブリッドがいるわ。人身売買や実験には健康な人間のほうがいいし、若くて性能の良いものが求められるの。子供だけじゃないわ。大人の標本が入ったポッドの数が少なければ、もっと研究が必要だし、あなた方の恒星系の外から、十分な設備の整った施設に直送されてしまう。なかには、私たちが考えているような普通の生活に戻れないようなレベルの遺伝子改造を施された人もいるの。これらの人々はポッドに入れられて、どのように扱われるのか、私は知らない。もし彼らが生きられないのなら、私たちは彼らの命を終わらせて、彼らに魂が割り当てられている場合は、その魂を解放するの。そのほうがいい場合もあるから。若い人たちの場合は、トラッカー装置を外して、生命維持装置を外して、筋肉を活性化させるのよ」
 「全員がトラッカーをつけているのでしょう」
 「もちろん、そうよ」
 と、マイラは答えました。
 「医療ポッドの中にいるとき、まだ意識がないうちにインプラント装置を取り除いてしまうの。トラッカー装置は、信号の発信機になっているだけではない。ほとんどの場合、覚醒機能を維持して、臓器を生かすための健康モニターにもなっているのよ。だから、これらの装置を取り外すことが、必ずしも良いアイデアとは言えないわ。まずは、それぞれの装置について、あらゆる可能性を検討する必要がある。どうすれば取り外せるのか、なぜ取り外す必要があるのか、もし取り外すなら、どうやって彼らを安定した状態にさせるのか、どうやって安全な状態に再調整できるのか……。だから、大変な仕事なのよ」
 「成人の場合はどうなの? 同じプロトコルを使っているの?」
 「成人の標本には、より注意が必要よ。彼らは長い間、静止状態にあったから、生命体がすでに完全に形成されてしまっているの。ここではそのための設備はないし、すでに対処するには手一杯の状態。ハイブリッドは、まず軍事ステーションに到着して、その後、ゲノムに応じてほかの軌道上のステーションにある医療施設に送られるの」
 「あなたたちが使っているテクノロジーについて詳しく教えてほしいわ」
 「再生タンクというものがあって、それには、生命維持のための特殊なジェルが詰められているわ。これには、ホログラム細胞再生という機能があって、その人の遺伝子コードを使って、傷ついた細胞を治癒するの。体をスキャンして、以前の健康な細胞を取り出し、傷ついた細胞と置き換えることができる。数時間で手足を再生することができるのよ。そして、医療用ポッドもあるわ。テラで『メドベッド』と呼ばれているものよ。これには、ホログラム技術が使われていて、結晶プラズマフィールドや、フリル、音の周波数が動力源となっている。ハイブリッド化した種族に応じて、異なる機器を使用しているの。救出されたハイブリッドは、主にグレイとの交配種で、彼らの生理機能をより安定させ、生命維持しやすい状態に再度バランスをとるために、異なるテクノロジーが必要なの。そうすることで、彼らは生き残ることができる。生命維持のためのジェルに酸素分子をゆっくり注入して、準備ができたらジェルを体外に排出して、肺と呼吸システムを作動させるの。彼らにとっては苦痛を感じるものだけど、比較的短時間で終わるわ。もっと大変なのは、その後。休眠状態から意識を取り戻すと、容赦なく意識がはっきりするから、彼らはパニック状態に陥るの。自分がどこにいるのか、自分が誰なのか、私たちが誰なのか、まったくわからないのよ。視力がある人の場合、捕らわれている間、グレイしか見たことがない。だから、初めて人間を見たとき、恐怖を感じてしまうの。自分たちに何が起こっているのかわかっていないの。だから、目を覚ますと、すぐに医療ポッドに入れて、マインドを落ち着かせる周波数で満たすのよ。この周波数の波を通して、データを転送しながら、まず、彼らに話し方を教えるの。脳の学習機能を初めて活性化させる体験は被験者によっても異なるけれど、言語習得には数日かかる。あとは、声帯の活性化も必要よ。耳も、目も、鼻も、まったく新しい環境にさらされるの。彼らにとっては、大きなトラウマになるし、私たちにとっても大変な仕事よ。話すこと、呼吸すること、そして落ち着くことができるようになったら、歩き方を教えるわ。筋肉に薬物を注入し、周波数のテクノロジーを使って、反射機能を活性化させるの。そうすると、歩けるようになる。けれども長いプロセスよ。私たちは、1人ひとりの生体システムが対応できるように、それぞれのニーズに合わせて提供しているの。この科学ステーションでは、多くの作業員がヒューマノイドだから、彼らが私たちを怖がってしまうのが難点ね。信頼してもらえるマインドになってもらう必要があるわ。彼らの見た目は、エマザーやエガロスに似ているから、自然とそちらに親しみを覚えるみたい。この任務は簡単にできることではないわ。だけど、エマザーとエガロスは、本当に子供の扱いがうまいのよ。だから、私たちの部隊には、エガロスの科学者もいる。能力がある人が必要だからね。とはいえ、誰もが子供たちとのコンタクトに参加できるわけではないの。せっかくの努力が台無しになりかねないから。そして、子供たちが社会性を身につける準備ができて、ヒューマノイドを怖がらなくなったら、投入プログラムの一環として、ステーションのいくつかのセクションに投入するのよ。私たちと一緒に食事をしたり、遊んだりして、社会性を身につけることを学ぶの。社会性を身につける段階で効果が確認されたら、あとはもう大丈夫」
 「言語といっても、どの言語を教えるの?」
 「銀河連合で、外交語として一般的に使われているタアミ語を教えているわ」
 「ここに連れてこられるときは、子供も大人もみんなポッドに入れられているの?」
 「そうよ。ネブは、テラのディープ・ステートから地下施設を割り当てられているけど、そこに成人の標本は保管しないわ。彼らが機能する状態になったら、すぐに、彼らを働かせる場所や、売るべき場所に送り込むの」
 「売るですって?」
 「ネブは、すでにこの銀河中に、征服した世界の人員で構成した軍隊をいくつも作っているの。彼らはテラでも同じことを行っているわ。ハイブリッドや、拉致された多くのテランは、労働力として、最高の買い手に売られている。ネブ、シカール、ダークフリートとの間では、膨大な量の取引が行われているわ。テラでの人身売買は複雑なのよ。この活動を銀河の規模に置き換えると……」
 「なぜハイブリッドなの? 奴隷貿易のためなら、なぜ人間を使わないの?」
 「ハイブリッドのほうが、価値があるからよ。ハイブリッドは魅力的な存在なの。なぜなら、最初から相容れない2つの種を交配させる場合、魂を強制的に肉体に入れることになるから。肉体を得る際に、自然のプロセスを経ていない魂なら、彼らが完全にコントロールできるの。そうして、暴力もなく、ゆっくりと世界の人口を入れ替えていくの。その地域住民は、知らないところで自分たちが侵略されているということに気づいてもいない。誰にも宣戦布告することなく、ゆっくりと、コソコソ行われている卑劣な計画なの。銀河連合にさえも気づかれないようにね。彼らは、そうやって自分たちを繁殖させているのよ」
 「このハイブリッドの魂は、どのソウルマトリックスから来ているの? グレイ? それとも人間?」
 「両方だけど、場合によるわ。魂を持たず、ただの人工生命体もいるの。でも、ハイブリッドが非常に貴重である理由はもう1つあるのよ……」

 私たちは、居住エリアと思われる場所に到着しました。草木が生い茂るホールでは、ステーションの職員と一緒に、子供たちが下層のプラットフォームで遊んでいる姿が見えました。
 「ハイブリッドの中には、特別な力を持つ者がいるの」
 と、マイラは続けました。
 「そして、これは、すべての人種の未来を垣間見ているようなもので、意識の進化のメカニズムの理解につながるとも言えるわ」
 マイラが、ヘミサイクルで遊んでいる子供たちに手を振ると、2人の男の子が、私に挨拶(あいさつ)しに来てくれました。マイラの息子で、長男のダラムと、次男のコリジェンです。そして、彼らの妹として新しく養子にされるガイアという少女に、私は紹介されました。12歳くらいの少女でした。彼女は、新しい母親になるマイラに呼ばれて、私のほうに歩いてきました。彼女の姿を見て、私は突然動けなくなり……うろたえてしまいました。私はまだ、異星人のハイブリッドの子供と直接コンタクトしたことがありませんでした。彼女が近づいてくるにつれて、彼女のエネルギーフィールドが、私のエネルギーフィールドに接触してくるのを感じました。マイラが「ハイブリッドの中には、特別な力を持つ者がいる」と言った意味を、このとき理解しました。彼女のエネルギーフィールドは、この年頃の子供にしては、異常に強力なものだったからです。ガイアは、長い黒いまつげにスカイブルーの大きな目をしていました。彼女は、その大きな目を通して、私の中をダイレクトに探ってきました。まさに私の魂を彼女の魂で見ていたのです。
 「彼女は喋らないわ。テレパシーでコミュニケーションをとるだけよ。動かないで、彼女のすることに任せて」
 と、マイラは言いました。
 奇妙な少女は、グレイの遺伝子の特徴である細長い4本指の手を持ち上げて、私の手の上に置きました。この冷たい感触に、私は全身を震わせました。冷たい血液、これもグレイの特徴です。異星人とのハイブリッドの子供に触れられたことのある人ならわかるでしょう……。彼女が私のマインドを読むと、突然、私のこれまでの人生が、目の前でスクロールされました。彼女は、私を知るために私のことを探っていました。これは彼女流のコンタクトの方法でした。私は身動きがとれなくなり、その一方で深く感動していました。すべてを終えると、ガイアは手をひっこめて、不思議な笑みを浮かべながら首を横に振り、ほかの子供たちのところへ走っていきました。自己紹介は完了したのです。彼女は、私について知るべきことをすべて知ったのです。名前だけでなく、私の本質、私が本当は何者なのかを。驚きで何も言えませんでした。時の流れが止まったかのように動けなくなっていました……。その衝撃は、私の存在のコアに触れるもので、とても言葉では言い表せないものでした。
 「この子はとても特別な子なの」
 マイラはそう言いました。
 「通常、ある種のハイブリッドは何らかの超能力を持っているけれど、この子には、めったにない強い力を感じたの。だから、この子を養子にしたいと思ったのよ。私は、彼女の遺伝子をロシアの母親までさかのぼったけれど、残念ながら、その母親は亡くなっていたわ。男系の祖先はソリプシ・ラー族よ。たとえ母親が生きていたとしても、ガイアとこの子たちは、テラの社会や物の考え方、生活の仕方には適合しないでしょうね。この子たちは常に危険にさらされ、特別な医療フォローアップも必要なの。彼らが生存できるとしたら、銀河連合の世界しかないのよ」
 マイラの息子たちと遊ぶガイアの姿を見ながら、私は、この貴重な瞬間を決して忘れまいと思いました。この出来事は、畏敬の念と共に、私の人生に深く刻み込まれました。


    
    (p84から抜粋)
    マイラの養子になったハイブリッドの子供、ガイア

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (管理人注)
 宇宙人エイコンの子供を産み、ケンタウルス座の惑星メトンに4ヶ月滞在したというエリザベス・クラーラーの本『光速の壁を超えて』があります。
 今回のハイブリッドの子供たちが行くのは、おそらく其処だと思います。

 以下は、本の紹介動画です。




(2023年1月28日)





よろず屋寸話録(2023年)

よろず屋寸話録(2022年)

よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー

.



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。