あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2017年10月14日



『スターピープルはあなたのそばにいる』(1)



 私の好きな分野の一つに、地球外知的生命体(以下ET)との遭遇記があります。
 以前、ドロレス・キャノン女史の本を紹介したことがありました。
 ドロレス・キャノン女史は、催眠術を用いて、被験者の隠れた記憶を掘り起こします。被験者は顕在意識では、鷲や鹿のような動物と遭ったと思っているのですが、催眠術をかけて深い記憶を呼び起こしてみると、実はETと遭遇していたというものでした。
 ドロレス・キャノン女史は、こうした隠された記憶を遮蔽記憶と呼んでいます。私の推察ですが、ET側が単に秘密にしたいという動機もあるとは思いますが、ETと遭遇したことによる大きな精神的ショックを和らげる意味合いもあると思います。

 今回紹介するのは、『スターピープルはあなたのそばにいる』(アーディ・S・クラーク著、益子祐司訳、明窓出版)です。
 アーディ・クラーク氏は元大学教授という肩書の女性で、大学退職後にフィールドワークとして、ET体験記を集めている人のようです。
 興味深いのは、クラーク女史が取材するのは、決まって北米インディアンだということです。
 その体験談はかなりの数にのぼるようで、現代の物資文明にどっぷり浸かった人々と違い、やはりインディアンは、かなりスピリチュアル的な存在なのだという強い印象を受けました。
 クラーク女史で特徴的なのは、取材には必ずテープレコーダー使い、取材の会話を録音することです。ですから本の内容は、取材に至る道程と会話の内容です。
 もちろんクラーク女史の意見も述べていますが、非常に短いです。
 これにより、読者は会話の内容から真偽を判断することになります。なるほど、こういうスタンスもあるんだと感心しました。
 会話の内容を忠実に再現するというのは、やはり科学者としてトレーニングを積んできた人ならではという気がします。科学者は、実際に起こったこと(実験結果)を一番大事にします。そうした会話の記録をコツコツ積み上げるという努力は、科学者の習性そのものです。

 たくさんのET体験記の中から私が特に印象の残ったものを、紹介していきたいと思っています。
 今回は、クラーク女史がカナダにあるライティング・オン・ストーン州立公園に車で向かう途中で立ち寄った場所で、不思議なインディアンの男性と出会うところから始まります。


 ・・・<『スターピープルはあなたのそばにいる(上)』、p15〜p34から抜粋開始>・・・

 第1章 宇宙のハイウェイ旅行

 カナダのアルバータ州にあるライティング・オン・ストーン州立公園は、モンタナ州とカナダの境界付近に位置しています。そこは、北米の大平原地帯に残る最大のロックアートの保存地域でもあり、紀元前9000年にもさかのぼる50以上ものペトログリフ(岩石線画)や何千もの芸術作品がみられます。同公園にある象形文字とペトログリフは共に儀式性と伝記性を兼ね備えており、そこに描かれているのは、羽毛飾り、頭飾り、日輪模様などに加え、狩りの成功、英雄的な戦い、敗れた敵陣などの様子も刻まれています。ブラックフィート族の伝説では、絵画や絵文字は精霊の世界を描いたものであるとされています。この遺跡のことを最初に私に教えてくれたのは、ブラックフィート族の大学院生で、彼はこの一帯でしばしば起こっている珍しい出来事について話してくれました。彼によると、かつてここにある時空のポータルに入り込んでしまった人がいて、時間を過去にさかのぼり、白人がやってくる前の時代のブラックフィート・インディアンの村を見たという逸話があるそうです。またこのエリアでは、頻繁にUFOの目撃報告も寄せられています。この章では、トムという男性が、この地域に存在するという”宇宙のハイウェイ”へのポータルについて体験したことを語ってくれています。

 昨年の夏、私は自分の住むモンタナ州南西部からライティング・オン・ストーン州立公園まで足を延ばしてみることにしました。これまでも、異世界へつながるポータルが存在するといわれる複数の場所を訪れてきましたが、自分の目と鼻の先にある場所にも同様のポータルが存在するとの話は、とりわけ興味をそそるものでした。その一帯の景観はまさに目を見張るばかりでした。公園へ向かう途中、私はある場所で車を停めて、回転草や野生のラズベリーの茂みの中へ1メートル半ほど足を踏み入れて、魅惑的な人跡未踏の風景を写真に収めました。そして州西部に原生するインディアン・ペイントブラシを撮影しようと立ち止まった時、地面に露出した巨石の背後から1人の男性が突然、現れました。
 「私の祖母がよくサラダ用にインディアン・ペイントブラシの花を摘んでいましたよ。でも食べられるのは花の部分だけで、根っ子や葉っぱには強い毒性があるんです」そう彼は言いました。私は背後の道路のほうへゆっくりと後退しながら、ポケットに手を入れて、熊よけスプレーの小さな容器を探し、指先に小型テープレコーダーが触れた際に録音ボタンを押しました。
 「おどかすつもりはなかったんです」彼はそう言いながら、私と距離をとりました。そして巨石にもたれかかって、谷間のほうに目を向けました。彼は183センチ以上はありそうな長身で、その広い肩幅が体にフィットしたTシャツの半袖を上に引っ張っていて、筋骨たくましい体格が見て取れました。黒髪は二つ編みにされて胸元まで垂れ下がり、眉毛を薄く分けている5センチほどの傷痕は、ブロンズ色の肌に際立っていました。ロデオ大会での優勝を記念したベルトのバックルが陽射しにきらめき、過ぎ去りし日の栄光を物語っていました。
 「大丈夫ですよ」私は自分の車のほうへ身をひるがえしながら言いました。「いきなり現れたので驚いただけです。自分一人だと思っていたんです。他に車を見かけなかったので」
 「私の小型トラックはあそこの林の中に停めてあるんです。道路からは見えない場所です」彼はそう言って、自分の背後にある巨石の向こう側を指さしました。「コーヒーを入れていたところだったんです。あなたもご一緒にいかがですか?」彼はそう申し出てきました。
 「ありがとう。でも遠慮させてもらいます。ごめんなさい、キャンプ中だって知らなくて」
 「ここは偉大な精霊のいるキャンプ地なんです。私はただ有難く使わせてもらっているだけです。夜にここから渓谷を眺めるのが好きなんですよ。ここは聖なる場所です。ここにいるととても平穏な気持ちになれます。今ではこういう場所はこの世界にも多くはなくなりました」
 「とても静けさを感じるところですね」私は言いました。
 「このルートを通る人はそんなにいないんです。ここしばらくの間でも、あなただけです。私がここで過ごす時はたいてい一人きりですけど、誰かと一緒でもぜんぜん構わないんです」
 「私はライティング・オン・ストーン州立公園へ向かっている途中だったんです」私はそう説明しながらも、なぜこの見知らぬ人に自分の状況を説明しているのか、少し不思議な気持ちでいました。
 「ちょっと写真を撮りに立ち寄っただけなんです。なので、そろそろ車に戻ります。あなたがここでキャンプをしていることにはまったく気づいていませんでした」
 「どうぞ、コーヒーでも飲んでいってください。びっくりさせてしまったことへのせめてものお詫びです。それに、もう長いこと人と話したりしていなかったので」
 私はためらいましたが、彼の申し出に従っている自分がいました。「そうですね、それなら喜んで」
 私は彼が平たい岩に置いたコールマン製のカセットコンロからススの染みのついたコーヒーポットをつまみ上げるのを眺めていました。そしておもてなしの心を持ったこの見知らぬ男性を写真に撮ろうとすると、彼はポットを掲げてニッコリ笑ってみせました。
 「ブタンガスのコンロなんかでコーヒーを沸かしているところを私の祖父が見たら、お墓の下でおちおち寝てられなくなってしまうでしょうね」彼は私のコップにブラックコーヒーを注ぎながら言いました。「すみません、あいにくクリームはなくて。ところで、私のことはトムと呼んでください」彼は握手の手を差し伸べながら言いました。「私は純血のインディアンですが、保留地には住んでいないんです。イラクでの湾岸戦争から戻ってきて以来、あちこちをさまよっていました。戦争を経験した後は、自分の居場所を見つけるのが難しくなってしまったんです」
 私も自己紹介をし、大学院での教え子の一人からライティング・オン・ストーン州立公園のことを聞いてやってきた旨を説明しました。
 「いまは退職して自由の身になったので、ようやく訪問する機会が持てたんです」
 「こんな人里離れた田舎町でモンタナ州立大学の教授と出くわすなんて、誰が想像できたでしょう」
 彼はそう言いながら、信じられないといったそぶりで首を振りました。
 「これは運命に遠いありません。偉大な精霊からの”しるし”でしょう」
 「私は退職した教授です」私はそう訂正しました。「でも、もし”しるし”だとしたら、良いものであることを願いましょう」
 「きっとそうだと思います」彼は言いました。
 「私は自由になった立場を活かして、モンタナの田舎道を車で移動しながら、この一帯にまつわるさまざまな話について調べているんです。かねてから、このあたりに起きている出来事に関心を抱いていたんです」
 彼は私の言葉にうなずきましたが、それから5、6分のあいだ沈黙したままでした。私はコーヒーを飲み干して、コップをコンロの近くの岩の上に戻しました。ようやく彼がロを開きました。
 「ライティング・オン・ストーン州立公園は、精霊にかかわる重要な場所です。この周辺一帯が神聖な領域なんです。ここに古くからある文化はこの大地と密接に関わり合いながら築かれてきました。ここの地形は今でも、由緒ある文化の一部を成しているんです」
 「あなたは何かを執り行っている聖職者なんですか?」
 「ある程度のことは学びましたが、何かを執り行う聖職者ではありません。私はまだ答えを探しているんです」
 私はこの見知らぬ男性を注意深く観察しました。彼にとっての探求は何らかの理由があって、早々には終わらないものではないかと私には感じられました。
 「コーヒー、ご馳走さまでした。私はそろそろ行きますので、キャンプの用意を進めてください」
 「教えてください、クラーク博士。あなたはUFOを信じますか?」
 その質問を耳にして、私の足が止まりました。「なぜそんな質問を?」
 「あなたはモンタナの田舎道を移動しながら、ここにまつわるさまざまな話について調べているとおっしゃっていました。私はあなたが、ここへやってくるUFOのことを聞いてきたのだろうと思いました。ここは遠い昔からいる人たちが往来する場所です。ここは宇宙のハイウェイの旅を可能にする場所なんです」
 「遠い昔からいる人たちというのは誰のことですか?」
 「ここを訪れている精霊やスターピープルの話は数多くあります。ここは彼らと接するために人々が訪れる場所なんです」
 「それが、あなたがここにいる理由なんですか?」
 「私がここに来る理由はたくさんあります」
 「私が聞いた話では、このあたりにはポータルがあって、そこを通り抜けると別の時空に旅することができるそうですが、そのような場所をあなたはご存知ですか?」
 「そのようなポータルは存在します。いつも開いているわけではありません。しかるべき時にしかるべき場所にいる必要があるんです」そうトムは答えました。
 「いつ開くのか、あなたは何か手がかりを知っているんですか? 一定のパターンがあるんですか?」
 「私が知り得る限りでは、パターンはありません。変則的に発生しています。私はUFOを見るためにここに来ています。現れることもあれば、現れないこともあります。彼らは宇宙のハイウェイを旅しているんです。いつの日かポータルが出現したら、私はその中へ入っていくつもりです」
 「ここであなたはUFOを見たことがあるんですか?」私は尋ねました。
 「ええ、ときどき彼らは眼下に見える谷間に着陸します。ただここに立ち寄るためだけにやって来ることもあります」
 「立ち寄るというのはどういう意味ですか?」
 「スタートラベラーたちがここに立ち寄って私に会うためにです」
 「彼らはどんな外見をしているんですか?」
 「私と同様ですが、あまりインディアンっぽくはありません」彼は笑って言いました。インディアンに似ている人たちもいますけど」
 「どのくらいの頻度でここへやってきているんですか?」
 「以前はよく私は祖父と一緒にここに来ていました。祖父は精神性の高い人でした。彼をヒーラーと呼ぶ人たちもいました。スターマンたちは彼に会いにきていたんです。その頃私はまだ幼い子供で、彼らが訪問しているあいだ、しばしば寝入ってしまいました。私にとって彼らの来訪は普通のことだったんです。他に何も知る由もありませんでした」彼は小型トラックのほうへ向かい、キャンプ用の折り畳み椅子を二脚とり出してきて、その一脚を地面に立てて私に座るように促しました。そしてもう一脚を隣に立てて自分が座りました。
 「ここ最近、UFOを見たりスターマンたちに会ったりはしましたか?」私は尋ねました。
 「ええ、ここと同じような場所は世界中に存在するんです。ペルーにもあるので、いつかそこに行ってみたいなと思っています。それからメキシコとボリビアにもあります。アラスカにもです。他に5、6カ所ありますが、たいていは隠されています。宇宙のハイウェイの旅の経験者だけがそれらの存在を知っているんです。イラクにも存在します。私の部隊がその近くに配置された時、私は偶然にそれに出くわしました。そこで私はスタートラベラーに命を救われたんです」
 「お話の内容が私にはよく把握できていませんが、イラクでスタートラベラーがどんなふうにあなたの命を救ったんですか? あなたはどうやってそこのポータルを見つけたんでしょうか?」
 「アメリカ同時多発テロ事件が起きた時、私はとても怒りを覚えていました。当時ロサンゼルスに住んでいた私は、仕事を辞めて軍隊に入りました。そのとき私は30歳の独り身で、人生の方向性もはっきり定まっていませんでした。私は自国のために何かをしたかったんです。友人たちからは頭がおかしくなったと思われましたが、私は当時の大統領とその取り巻き連中の世論操作の術中にまんまとはまって、自国は戦争状態にあると信じ込んでいました。それらが全て自作自演のプロパガンダだったことなど全く知る由もありませんでした」
 私は彼のこの説明に対しては何も尋ねませんでした。彼と同じように大量破壊兵器の噂話にミスリードされて信じ込んでしまったという退役軍人たちの言葉を聞いていたからです。
 「そしてイラクに行ったということなんですね」
 「2、3カ月後にはもうイラクにいました。私の部隊が到着した時は、戦闘開始から2、3週間が経過していました。我々は即座に砂漠地帯の町に送られました。そこでサダム・フセインの所在が確認されたとの知らせが届いたからです。現場に到着すると、奇襲攻撃の態勢が整えられていました。私が廃嘘の建物の陰に身を潜めていると、突然に頭上から一斉砲撃を受けました。私は身を守ろうとした際に、廃嘘の建物の廊下でつまずいて転んでしまいました。その刹那、床から砂が渦を巻くように舞い上がって、目の前にトンネルが開いたんです。私がその通路に入っていくと、人間のような姿をした存在が出迎えてくれて、私を安全な方へ導いてくれることを身振りで伝えてきました。私は彼に従って、細長いトンネルを先へ進んでいきました。トンネルを抜けると、そこは球技場の12倍はあろうかと思えるほどの広い空間があり、その中央に宇宙船が停まっていました。そこの環境は素晴らしいものでした。砂漠はうだるような暑さでしたが、トンネルの中は涼しく快適で、空気も爽やかでした。ようするに、私はトンネルの中に入り、そこにいた存在に付いてくるように言われ、安全な場所へと導かれたんです」
 「それは、相手があなたを戦場から別の場所へ移動するように促したということですか?」
 「はい。彼は私を自宅まで送り届けたいと申し出てくれました。私は救済者である彼に対して、自分は部隊に戻らなければいけないと告げました。脱走とみなされてしまうからです」
 「それに対する彼の反応はどうでしたか?」
 「彼はなぜ私が自ら危険な場所へ戻ろうとしているのか理解できませんでしたが、私の意思を尊重してくれました。去り際に彼は、私の気が変わった場合に備えて、翌日の同じ時間に戻って来て私を待っていると言ってくれました」
 「あなたは考え直したんですか?」
 「私の心は揺れました」そう言いながら彼はかがみこんで、左右の足元の問にある小石を拾いました。
 「そのとき私は、イラクの片田舎の町で宇宙のハイウェイのポータルに自分が足を踏み人れていたことが分かっていました。でもそれは私にとって驚くことではありませんでした。ポータルはどこもわびしい所にあるからです」
 「宇宙のハイウェイについてあなたがご存知のことを教えていただけますか?」
 「本当のことです。それらは世界中に存在する神聖な場所なんです。そこはしばしば宇宙のハイウェイへの入り口として利用されてきましたが、幾世紀もの時を経て、そこに住む人たちが居住場所を変えたり、あるいは滅ぼされたりする中で、人々の記憶から忘れ去られてしまったんです。それらは目に見えない”空の道路のネットワーク”のようなもので、銀河を越えて別の世界へとつながっているんです。マヤ民族はこれらのポータルの存在を知っていました。インカ民族もです。北米インディアンの部族の多くも知っていました。UFOはそこを通してここに来ています。ここから去っていく時も同様です。ハイウェイがなければ、あのような遠い距離をあれほどの短時間で移動するのは不可能です」
 「あなたのお話はとても興味深いものですね。ずいぶん前に私が会ったハワイの男性が、マウイ島の滝の近くにポータルがあると言っていました。彼はそこを通して何度も旅をしてきたそうです。私は彼に案内してもらってその場所に行き、2、3日間キャンプをしてまで待っていたんですけど、ポータルが開くことは一度もありませんでした」
 「先ほど言いましたように、しかるべき時にしかるべき場所にいなければいけないんです。ポータルは世界中にあります。ナバホ国にもあります。チンル層の近くです。アーカンソー州やウエストバージニア州にもあります。ネバダ州にあるエリア51の名で知られている場所の近くにも3カ所あり、ニューメキシコ州のダルシィにも一カ所あります。モンタナ州のリビングストンにも一つあると聞いています。あなたはそれについて聞いたことがありますか?」
 「いいえ」
 「宇宙のハイウェイを移動する際は、時間の経過というものはありません。目的地を心に思えば、あっという間にそこに到着しています」
 「あなたは全てのポータルを訪れているんですか?」
 「そのうちの幾つかだけです」
 「私をそこへ連れていってもらうことはできますか?」
 「ポータルが開く時にあなたが私と一緒にいれば可能ですが、いつ開くのかを知る手立てはないんです。ただ開く時に開くんです。たとえば私がボーズマンに寄ってあなたを車に乗せるといったふうにはいかないんです。それに、あなたが戻ってこられる保証もありません」
 「それはどういう意味ですか? 私は戻れなくなるかもしれないんですか?」
 「ポータルが閉じてしまうこともあるので、入った場所へは戻れない可能性があるんです」
 「あなたがイラクで会った異星人についてですが、どんな外見をしていましたか?」私は尋ねました。
 「あなたや私と同様です。彼らは私たちなんです。彼らは地球にやってきて私たちの中に紛れます。私はイラクから帰還後に、彼らの内の一人と1年間一緒に旅をしていました。モンタナ州、ワイオミング州、サウスダコタ州、ノースダコタ州をくまなくヒッチハイクで回りました。数カ所の保留地では同胞の部族民に招き入れられて、一緒に儀式に参加しました。そこにいた誰もが彼がスタートラベラーであることを分かっていましたが、彼は我々が彼の素性を公にしたりはしないと知っていました」
 「なぜスタートラベラーたちはここへやってきているんですか?」私は尋ねました。
 「かつては地球は彼らの母星だったんですが、彼らは他の星々へと移住していったんです。ときどき彼らはただ立ち寄るためにここを訪れています。彼らによれば、居住可能な星は何百もあるそうです。別の住み家を探して出かけて行った者たちは、宇宙のハイウェイの旅行者となり、私たちのもとにまた戻ってくるんです。彼らはいつも私たちに紛れて暮らしています。違いに気づく人は誰もいません」
 「あなたから見て、何か違いは感じられますか?」私は尋ねました。
 「逆に私からあなたに質問させてください。あなたはこれまでに、逆境に面しても穏やかな表情を保ち、常に思いやりの気持ちを持ち、どんな状況の中にも良いところを見出そうとする人に会ったことはありますか?」
 「もちろん、そういう人に2、3人は会っています」
 「それならたぶんあなたもスタートラベラーに会っていますよ」
 「では、人間たちを誘拐して、実験を施しているとされる存在についてはどうですか? 彼らもまた私たちなんでしょうか?」
 「広大な宇宙には数多くの種族が存在しているんです、クラーク博士。彼らもまた宇宙のハイウェイの旅人です。彼らを制御することはできません。地球を訪れている種族の中には異なった行動プランを持っている者たちもいるんです」
 「つまり、宇宙には地球人以外にも、残酷な行為をしかねない種族が存在するということですね?」
 「私がこれまで出会ったスタートラベラーたちによれば、その通りです」
 「あなたのお祖父さんもこのハイウェイについてはご存知だったんですか?」
 「ええ。祖父は何度も旅行をしました。私は8歳の時に一緒に旅に連れていってもらいました。彼の存在がなければ、私はイラクで自分の身に起きたことを決して理解することはできなかったでしょう」
 「あなたが北米の大平原を一緒に旅した人とは、どこで出会ったんですか」
 「ここで出会いました。彼は宇宙のハイウェイを旅してやってきたんです。その時も私はまさに今いるこの場所でキャンプをしていました。私は最初から彼がスターマンであることが分かっていました。彼はここで一泊して翌日から2人で旅を開始したんです」
 「なぜ彼はあなたを旅の友に選んだんですか?」
 「たぶん私が彼の素性を尋ねなかったからでしょう。私には本当のことが分かっていて、彼を受け入れていたからなんでしょうね、きっと」
 私は自分の腕時計に目をやりました。すでに太陽は西に傾きかけていました。私はカナダとの国境近くのスウィートグラスにあるグロッカ・モサ・インのチェックインに遅れたくはありませんでした。
 「私の話はあなたを何か不快な気持ちにさせてしまったでしょうか? 私が頭のいかれた人間ではないことは保証します。どこにでもいる普通のインディアンですが、オープンマインドと受容的な気持ちを持ち合わせています」
 「いえいえ、あなたが頭のおかしな人だとは思っていません。ただグロッカ・モサ・インを予約しているので、午後6時までにチェックインしないと取り消されてしまうんです。今思えば前払いにしておけばよかったんですけど、6時までなら十分に間に合うと思っていたんです」
 「それでしたら、どうぞ今宵はここのキャンプで過ごしていってください。ちゃんと私があなたをガードします。何も危ない日には遭わせません。おそらく彼らは今晩やってくるでしょう。それに私が作る直火ハンバーグは絶品ですよ。就寝の際はキャンピングカーのベッドを使ってください。あるいは星空の下で私と並んでお休みになっても構いません。私の寝袋をお使いください。もともと私は毛布にくるまって寝るほうが好きなんです。それから明日のことですが、旅は道ずれとお考えでしたら、一緒に公園までお供しますよ。それに、まだ誰にも話していない秘密の数々をあなたに打ち明けたいんです。そのお返しに、一緒に旅行させてもらえればいいなって思っています。信頼できると感じる人には滅多に出会えないので」
 私はトムの申し出を受け入れることにし、2人で深夜の2時まで語り合っていました。
 午前0時に差し掛かった頃に、幾つかのUFOが現れました。最初に私が目にしたのは、大きな白い光の球でした。そして数秒もしない内に、その大きな球から数個の小さめの球が飛び出してきました。小さめの球は肉眼でも分かる円形の宇宙船の形となり、それから数分間にわたって、さまざまな形の編隊を組んで飛び回りました。私がこれまで目にしてきたいかなる飛行機のパイロットも成し得ない操縦技術で、やがて夜空をジグザグに飛び交いながら、どこへともなく散っていき、大きな光の球も私たちの視界から消え去りました。私はただ驚異の念に打たれながら見入ってしまっていました。そのあと2時間のあいだ、トムと私は自分たちが目にしたものについて語り合っていたのです。
 翌日、私たちはライティング・オン・ストーン州立公園に車で向かいました。途中でサンバーストのラスト・チャンス・カフェに寄って、夕食を摂り、それからトムのいとこの家に行って、3人でポットのお湯を3回沸かすほどたくさんのブラックコーヒーを飲みながら、おしゃべりを楽しみました。その晩遅く、私はグロッカ・モサ・インにチェックインして寝床に就きましたが、睡眠は断続的になってしまいました。夢の中で何度もUFOを見ていたからです。
 翌日に私は帰宅の途につき、途中でトムを彼のキャンプ場で降ろしました。別れ際に私は、自分は本を書いていて、前の晩までの私たちの会話を密かに録音していたことを正直に話し、彼の体験談を本に掲載させてもらいたい旨を告げました。
 「あなたが私の話を録音していたことは知っていましたよ」彼は大きな笑みを浮かべて言いました。
 「どうして分かったんですか?」
 「スターピープルが私にそう言っていたんです。あなたが帰宅する前に私に話してくれるかどうか確認するために黙っていたんです。私の直感の通りでした。あなたは尊敬に値する人物です」
 私が彼の同意なしに録音してしまったことを謝ろうとすると、彼は両手を上げて私を制しました。
 「いいんですよ。でも私の話を載せる際には仮名にしておいてください。私はスタートラベラーたちを守りたいんです。それからどうか、ここの場所も伏せておいてください。秘密にしておきたいんです」
 「安心して任せておいてください」私は言いました。
 トムは両腕を広げ私を引き寄せてハグをしながら、私が2人の会話を録音したことで自分は決して気分を害していないと再び念をおしてくれました。そして彼は私の車のところまで付き添って、道に出るまで立ったまま見送ってくれていました。彼のもとから離れていく車中で私は、トムは自分の人生においていつまでも縁の切れない存在になるだろうと感じていました。

 あの運命的な出会い以降、私はトムと何度も会っています。彼ほど思いやりがあって優しい男性を私は知りません。私たちはとても仲良しになりましたが、時おり私は、彼は本当は誰なのだろうと疑問に思うことがあります。彼のことを、帰る故郷のない放浪のインディアンだと思っている私がいると同時に、自分はスタートラベラーの一人に会ったのだと思っている私もいます。いつの日か、私は彼に尋ねてみようと思っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今後も私の印象に残った記事を紹介していこうと思います。


(2017年10月14日)





よろず屋寸話録
(2017年)

よろず屋寸話録
(2016年)

よろず屋寸話録
(2015年)

よろず屋寸話録
(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録
(2013年

よろず屋寸話録
(2012年)

よろず屋寸話録
(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録
(2010年)

よろず屋寸話録
(2009年)

よろず屋寸話録
(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録
(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録
(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録
(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録
(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題
(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題
(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2017年)

訪問者の投稿欄(2016年)


訪問者の投稿欄(2015年)


掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。