あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年9月19日



結局のところ、人は自分の道は自分で決めるということ



 当HPの以前の記事で、会社の職域接種で同調圧力が凄くて悩んでいる知人のことを紹介したことがありました。
 その知人からワクチンの2回目接種を終えたというメールが来ました。
 覚悟はしていたのですが、やはり、なんとも言えない無力感に襲われました。私はサアラさんのように、「人間の選別が始まっている」といった、割り切ったドライな気持ちになれない性分だということが改めてわかりました。それは波動が低いからだと言われれば、その通りでしょうと受け入れます。

 私は今回の新型コロナワクチンに関して決めていたことがあります。
 ワクチンに関して相談を受けたら答えるけれども、聞かれてもいないのに、自分から「ワクチン打たない方がいいよ」と、わざわざ人に言うことはしないことです。
 理由は、そんなことをすればかえって反発をくらうだけで、逆効果になりかねないと思ったのです。
 それに、結局のところ人は自分がやりたいようにするのだから、余計なおせっかいはしない方がいいだろうと思ったのです。
 逆に相談を受けたら、自分にできるだけのことはしようと思っていました。
 ただしこれは私のやり方で、人それぞれにやり方があるのですから、私のやり方が正しいと言っているわけではありません。

 知人から最初に相談されたとき、私はこれまで集めたワクチンに関する様々な情報を送り、「ワクチンは打たない方がいいよ」、とアドバイスしました。
 それで知人は、一度は思い止まってくれました。
 しかし、会社の中での同調圧力が凄いらしく、「もう耐えられない」と再びメールが来ました。
 そこで私は、メールで以下のポイントを伝えました。

@ 会社と自分の命のどちらが大切かを考えてみること。

A ワクチンを打ったら最後、二度と元の身体に戻れないということ。

B ワクチンを打った直後、たくさんの人が亡くなっているので、打つ前に家族に迷惑をかけないように遺書を書いておくこと。

C 打つ前に医者に、下記の書類にサインをしてもらうこと。
 この書類は、ワクチンを打って副反応が出た場合に、打った医者に保障してもらうというものです。





 知人は、私のメールを見ていったんは思い止まったのですが、それでも打つことにしました。
 同調圧力に耐えられず、精神的なストレスで胃潰瘍になったそうです。精神的な重圧で睡眠不足になってしまい、冷静に考えられなくなってしまったといいます。そして、とうとう耐えられず打ってしまったそうです。

 ワクチン1回目で目に障害が出たそうです。
 それで眼科に行ったけど、異常なしと言われたそうです。
 おそらく原因は脳だと言われたそうです。

 ワクチン2回目は、打った直後に気を失ったそうです。
 その時になって初めて、命より職場とるなんてどうかしていたと、やっと目が覚めたといいます。
 昨日は、40度近い熱が出たそうです。

 Cの書類に医者はサインをしてくれなかったそうです。
 サインせずに、さっさと注射されてしまったといいます。
 私がCの書類を提案したのは、この書類にサインしなければ打たないという明確な意志を示してほしかったからです。医者は新型コロナワクチンのことを良く知っているはずです。知っていれば、サインなどできるはずがないからです。
 なぜ、「サインして頂けなければ、打ちません!」と言えなかったのだろうと、残念でなりません。
 ただし知人は、散々悩んで決めたことなので、打ったこと自体は後悔していないと言われていました。

 以上が、ことの顛末です。
 結局のところ、人は自分の道は自分で決めるということでしょう。

 以下は、ワクチンを打った人がブルートゥースで識別できるという記事です(大摩邇(おおまに)さんのサイトに載っていました)。

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/fdfff047c34d69afe76cdbb8e5d459c4

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/97a6e566a70e2305d695f4e2f367211c


(2021年9月19日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

雑談を3つほど



日本の人口は3分の1に?

 知人から聞いたのですが、これから日本の人口は3分の1に減ると言っている人たちがいるそうです。
 知人はその話を聞いて、ショックを受けたそうです。
 原因はもちろん、新型コロナワクチンがその本領を発揮して、数年以内に大量の接種者が亡くなるという話です。たしかに人口が3分の1というのはたいへんショッキングな話で、その根拠は何かと思って私なりに調べてみました。実は、私自身も日本の人口はこれから激減すると思っていたのですが、私の試算は、3分の2程度に減る可能性があるというものでした。
 具体的には、今の日本の人口1億2500万人が、最終的に9000万人程度に減る可能性があると思っていました。人口が3分の1になるというのは、4000万人程度まで減るということになります。そこまで急激に人口が減ってしまった場合、産業やインフラが維持できなくなり、国として存続の危機となりかねません。
 まず注目したのは、8月13日のNHKのニュースで、菅総理が10月初旬までに国民の8割に新型コロナワクチンを2回接種できる体制を構築していると述べたことです。
 国民の8割に2回打たせるということが、DS(ディープステート)から菅総理に課されたノルマなのでしょうか。たしかにワクチンを打った国民の大半が数年以内に亡くなったとすると、人口が3分の1に減るというのは、ありえる話です。
 「木村正治のデイリーコラム」さんの9月10日付けの記事に以下の記述があります。

 「日月神示では日本人は3分の1にまで減る」

 『日月神示』は以前、私の記事でも取り上げたことがあります。
 『日月神示』がいう「大峠」の時期を探ったものです。その記事の一部を紹介させていただきます。

 ・・・<「本山よろず屋本舗」、2015年5月17日の記事から抜粋開始>・・・

A「日月神示が示す大峠の時期について」

 日月神示では、大峠の時期を「子の歳真中にして前後十年が正念場」と述べています。
 中矢伸一氏はこの子の歳を2008年としました。しかし私は次の12年後の2020年ではないかと考えています。2020年だとすると、大峠の時期は2015年〜2025年ということになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 私はこの記事を書いた当時、『日月神示』が言う「大峠」とは、天変地異のことだと考えていました。
 しかし、今になっては、これは新型コロナワクチンによる日本人への攻撃を言っていたと考えればしっくりきます。新型コロナが世界で騒がれ始めたのが2019年末であり、ワクチンが人々に本格的に打たれ始めたのは2020年です。『日月神示』の「大峠」の時期とぴったりです。
 さて、その『日月神示』で日本の人口が3分の1になると木村正治氏は言っているわけですが、一概にそうとも言い切れないようです。
 『「魂の叡智」 日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』(中矢伸一著、徳間書店)から抜粋してみます。


 ・・・<『「魂の叡智」 日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』、p358から抜粋開始>・・・

 どのくらいの数が救われるか

 では、実際にどれくらいの数の人間が救われることになるのだろうか。
 日月神示には、「何もかも三分の一になる」といった言葉で示されているが、これから大変動を乗り越えて残される人間の数が「三分の一」であることを表していると、そのまま捉えるのは少々楽観的すぎるようだ。
 『松の巻』第二帖には、次のように示されている。

 「神の国を、足の踏むところないまでに汚してしもうているが、それで神力は出ぬぞ。臣民なくなるぞ。残る臣民三分難しいぞ。三分と思えども、二分であるぞ」

 ここでは、「三分」という言葉を三%の意味で使っていると見るべきだろう。つまり、「残る臣民のかずは、三%と思えども二%であるぞ」という意味である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『日月神示』の解釈においては第一人者といわれる中矢氏がそう言っているわけですが、日本の人口が3%になってしまったら、もはや国としては存続できないでしょう。
 日本国消滅です。
 私は、「三分」を3%と見做すのはやり過ぎで、アバウトな3割と見做すべきではないかと思います。
 さらに、中矢氏によれば『日月神示』に「三分」という言葉は盛んに出てくるそうですから、大まかな表現と考えることもできるのではないかと思います。

 以前、あるビジネスマンに教えてもらったのですが、「嘘の三八(さんぱち)」という言葉があるそうです。
 例えば、あるプロジェクトのプレゼンを行っている人に、「そのプロジェクトの成功率はどれくらいか?」と質問が飛んだとき、もし具体的に考えていなければ、とっさに「80%ぐらいです」と答えることがあるといいます。「8」という数字は言い易い数字で、80%という数字が返ってきたら、おそらく成功率は50〜60%ぐらいと考えるべきだと言っていました。
 また、「3」も同じで、「そのプロジェクトが失敗する確率はどれくらいか?」という質問に、「30%」という数字が返ってきたら、40〜50%の確率で失敗すると見做すべきだと言っていました。
 私はこの話に妙に感心してしまいました。3とか8とういう数字は何も考えていないときに、とっさに出てくる数字だということがわかります。
 もちろん『日月神示』を下ろした霊的存在が、いい加減な数字を言う存在と言っているわけではなく、「三分」というのは正確な数字を言っているのではなく、アバウトな表現だという解釈もあるだろうと思うのです。

 これは私の希望的観測と言われるかもしれませんが、動物実験で全滅だったからといって、新型コロナワクチンを打った人が全員亡くなるということはないだろうと思っています。
 動物実験に使われる動物は檻の中という極めてストレスフルな環境にいて、しかも薬その他の治療も受けられません。太陽の光を浴び、適度な運動と添加物の少ない健康的な食事をしていれば、そのうち科学の進歩により新たな治療法が見つかるかもしれません。それまで松葉茶とかで症状を抑えることができれば、助かる命はあるだろうと思うのです。

 以下は、新型コロナワクチンを打った後に、色々やばい話を知ってしまい、大いに怒りと不安を感じているであろう人の様子です。
 ワクチンを勧めた人に、詰め寄っています。

https://video.fc2.com/content/20210910z6gYu7PM

 「騙されてワクチンを接種してしまった・・・」という割り切れない思いが伝わってきます。

 以下は、『報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!vol.87』に載っていた画像です。
 拝借させていただきました(すみません)。





 こうした状況になっても新型コロナワクチンを打つという人がいるのですから、信じがたいことです。


中国バブル崩壊の予兆!?

 中国の不動産開発大手の恒大集団が9月20日期限の利払いができない見込みで、倒産の危機にあるというニュースが流れました。
 日本円で33兆円もの巨額の負債を抱えているとのことで、倒産となったら影響は大きいと思われます。
 私が気になったのは、中国政府が、民間企業のことなので支援をしないと言っていることです。もしそれが本当なら、中国の不動産バブルがついに崩壊を始める可能性もあるかもしれません。ただし、本当にバブル崩壊となるか、持ち堪えるかは、いまのところ不明です。

 前回の記事『中国発の金融危機について』で、若林栄四氏の、中国共産党のレジティマシー(正当性)の為にも、土地バブルの崩壊を避けることは中国共産党にとって至上命題だという話を紹介しました。
 これに関し、マドモアゼル・愛さん(女性のような名ですが、おじさんです)という方が動画を挙げています。

https://www.youtube.com/watch?v=G6nWWQbVvgY

 私が注目したのは、マドモアゼル・愛さんは中国共産党は、意図的に土地バブルの崩壊を狙っていると言っていることです。
 たしかにバブルを未来永劫続けることはできないのですから、いつか崩壊させなければなりません。
 それが今ということでしょうか。
 マドモアゼル・愛さんによると、土地バブルの崩壊によって、中国共産党は土地資産を持っている資産家の富を根こそぎ取り上げ、それで中国共産党の延命を計るつもりだといいます。
 はたして、そう上手くいくのでしょうか。
 土地バブルの崩壊で、巨額の損失を抱えた数千万の資産家の怒りが中国共産党に向くというのは当然ありえます。それが中国共産党の崩壊に繋がるシナリオは、私はリアルに感じます。
 そうなった場合、心配されるのが、せっぱ詰まった中国共産党が他国に戦争を仕掛けることです。
 経済政策の失敗により国内に溜まった不満をそらす為、他国に戦争を仕掛けるという例は人類の歴史にたくさんあったといいます。数千万の資産家の怒りが中国共産党に向き、政権転覆の危機を迎えたとき、台湾や尖閣諸島に中国軍が攻め込むという事態が起こるかもしれません。

(追記)
 この記事を書いた後、「沖縄おばば」さんの動画を観ていたら、恒大集団の倒産危機に続いて「カントリーガーデン」という会社が倒産の危機にあり、その負債額は恒大集団以上だと言っていました。さらに、中国共産党は、マカオ、香港のカジノ産業に手を入れるとも言っていました。これが事実なら、中国共産党は本気でバブル潰しを始めたのかもしれないと思えてきます。


食糧危機の予感

 当HPでは、以前にも食糧危機が来るといった記事を書きました。
 しかし、そうした記事を書いてもピンと来る方は少ないかもしれません。
 なぜなら、スーパーには相変わらず食料品が豊富にあり、豆腐のような一部の大豆製品に多少の値上がりが見られるものの、大きな変化は感じられないからです。
 ちなみに、直近の各国のCPI(消費者物価指数)を見てみます。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1181から抜粋開始>・・・

いつも世界を見渡す英エコノミスト誌での、世界のインフレは以下です。世界1高齢化した人口構造から、世帯の需要が弱い日本以外では、インフレへの初期傾向が見えます(2021年夏)。

マネーサプライは増えても世帯の預金と、企業では休業の経費払いの借り入れになり、外出禁止が需要を減らしているので、消費者物価上昇は穏やかです。日本だけがマイナスです。ユーロは、日本より酷いマイナス物価でしたが、21年春のアジアのサププライチェーン・ショックから3.0%に上がっています。

米国    5.4%(7月)
中国     0.8%
日本    -0.3%
英国     2.0%
カナダ    3.7%
ユーロ    3.0%
豪州     3.8%
香港     3.8%
インド    5.3%
パキスタン 18.4%
インドネシア 1.6%
マレーシア  2.2%
https://www.economist.com/economic-and-financial-indicators/2018/03/20/economic-and-financial-indicators

日本では輸入物価が前年比で27%上がり、コンテナ料金は、昨年比で6.6倍に上がっていますが、企業物価(卸売価格)は5.6%上昇したものの、小売物価は需要の弱さから-0.3%です(21年7月全国:総合CPI)。

輸入物価の上昇は、ごく一部しか転嫁されていません。
CPIの上昇には約3か月から6か月のタイムラグがあるでしょう。

物価上昇で先行しているのが、米国です。ユーロの3.0%は、マイナス物価(-0.3%)だった2020年に対しては、3.3ポイント上がっています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の表が示すように、日本以外(特にアメリカ)は、大きな物価上昇(インフレ)が起きているのですが、日本だけがマイナス(−0.3%)です。物価が下がっているのですから、インフレの実感が無いのも当然です。
 しかしこれは、日本特有の需要の弱さがあります。
 その原因は、この20年間の日本人の実質平均給与が、減り続けていることです。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1181から抜粋開始>・・・

■9.20年のディスインフレで「冷えカエル」になった日本

以上が、普通の世帯需要なら物価が上がる20年間の円安の中でも、ディスインフレだった日本の物価が、5%台に上がったときの日銀、政府、銀行の同時破産になるのです。

このイマジネーションがないのは、20年のディスインフレとゼロ金利により、意識が「冷えカエル」になっているからです。20年は、国民の意識を固定するのに十分な長さです。日銀は、これを「物価が上がらないとの記憶効果」としています。実際は、そうでない。働く人の平均給与が1994年から3%減って(433万円:2018年)、需要が減ったため、物価が上がらないのです。米国・欧州では約2倍に上がっています。
(厚労省:1989年から2018年の平均給与)
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-02.html

所得が減ってきた日本で物価が上がり、金利が上がって、国債価格と円が暴落することは、毛ほども想像ができない。経済学は、過去は解釈しますが、未来は予想をしません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 30年間も土地の値段が上がり続ければ、土地は永久に下がらないという土地神話が生まれます。
 同じように、20年間も物価が下がり続けたのですから、これからも物価は上がることはないという感覚になってしまうのは仕方ないのかもしれません。
 しかし、今後は日本でも直実にインフレが進行していくでしょう(私は間違いないと確信しています)。
 特に気になるのは、コンテナ料金が昨年比で6.6倍にもなっていることです。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1179から抜粋開始>・・・

【サプライチェーンの分断】
2011年の東日本大震災(工場の震災)のときとおなじ、「部品と生産のサプライチェーンの分断」が国際的に起こっています。

トヨタと自動車会社の減産がこれです(2021年9月40%減産:トヨタ)。世界中のメーカーが、トヨタと同じようにアジアの工場の、休業の影響を受けています。

ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン・・・食品、衣料、部品、機械、家電、AV、木製品、化学製品。世界の工場に広がったジャストインタイムの仕組みは、サプライチェーンの障害に脆弱です。日本の家電やAVの多くは、中国での製造であり、日本と世界に輸出されています(三角貿易)。

 ・・・(中略)・・・

【コンテナ便の料金が6.6倍に高騰した】
サプライチェーンの物流は国際コンテナ便に依存します。料金は、2020年の1月は2420ドルでしたが、2021年の1月は5250ドル(58万円:へと3倍に上がっています。21年7月は更に上がっていて1万3630ドルです(150万円:20年1月の5.6倍の料金:上海〜NY:EAST BOUND:20ftの標準コンテナ)。上海からNYまで25万円というのが、通り相場の常識でしたが、今はその5.6倍です。

2020年1月2420ドル→7月2760ドル→12月4100ドル
2021年1月5250ドル→7月1万3630ドル・・・・
http://www.jpmac.or.jp/relation/trend_graph/26_2_1.pdf

当初、コロナによる一時的な上昇かと思っていました。しかし2021年7月には5.6倍に上がり、下がる気配がない。世界のコンテナ便の料金が同じ傾向です。(注)原油のタンカー便は上がっていません。洋上備蓄が多くなっているためです。

【コンテナ便の高騰】
なぜ商品や部品を混載するコンテナ便の、非常な高騰が続いているのか。国内物流、出荷港、そして船舶に、コロナでの低操業と休業が増え、便が足りなくなったからです。NYのコンテナ港(NJ州セコーカス)には運ばれないコンテナが山積みです。2020年の11月から現在まで、9か月続いています。船会社の利益は、上がった。しかし運航する便数は減った。国際物流費の、異常な高騰は、2022年の、世界の物価上昇(製造物価の上昇)を先行して示しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 コンテナ費の異常な高騰は、コロナ騒動が続く限り収まることはないでしょう。
 ですから、食糧だけでなくあらゆる生活物資の値段が上がることが予想されます。しかし、食料価格の高騰は私たちの生活にダイレクトに影響してきます。
 アメリカとオーストラリアでは、トラック運転手の組合がワクチンパスポートに反対してストを起こしました。コンテナは海外との物流ですが、トラックは国内の流通を担っています。アメリカで高いインフレ率となっているのは、単に天候不順による穀物の不足だけでなく、こうした国内のサプライチェーンが壊れかけている為でもあります。
 日本でも、いよいよワクチンパスポートの導入が色濃くなってきました。
 これが国内サプライチェーンに影響を与えるかもしれず、ワクチンパスポートという悪質極まりない政策は止めてほしいと願わざるを得ません。


(2021年9月18日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。