あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年11月28日



引っ越しにまつわる雑談



 今回は、私の引っ越しにまつわる雑談をしたいと思います。
 情報をシェアするものではないので、ご興味のない方はスルーしていただければと思います。

 先月の20日から今日まで1ヶ月ちょっと間、私は引っ越し作業に忙殺され、現在の世の中の動きにすっかり疎くなってしまいました。
 この期間、2度ほど東京に出る機会があったので、ホテルのWiFiでメールは受信できたのですが、なにしろ読む暇がありません。
 すっかり浦島太郎となってしまったのですが、ここにきて落ち着いてきたので、これまで受信したメールを読み始めたところです。

 田舎の、のんびりさからなのか、ネットの開通は申し込んでから3週間から1ヶ月掛かると言われました。
 3週間経っても、なんの音沙汰もないので電話してみたら、家主さんの工事の許可取りは終わったけれど、家屋が複雑な造りで調査に時間が掛かり、工事まで早くても1ヶ月半は掛かるというのです。
 ダメだぁ、こりゃあ・・・、となり、まだしばらくの間、HPの更新はできないだろうと思っていました。
 すると、茅野市に住んでいる知り合いと会ったとき、「使っていないWiFiルーターがあるので、貸しますよ」と言ってくれたのです。
 そんなわけで、有難いことに私はネット環境に復活することができたのです。
 1ヶ月も自宅にネット環境が無かったので、ネットに繋がった瞬間は、ちょっと感動してしまいました(笑)(ただ原因は不明ですが、メールの受信はできるのに、送信サーバーに繋がらないというエラーメッセージが出て、メールの送信はできない状況です。どなたかわかる方がいたら教えていただければ幸いです)。

 やはりネットが無いと、情報から隔離されてしまいます(特に私は、日本のテレビや新聞といった大手メディアは見る価値が無いという立場です)。
 私の情報源は、ネットと本、雑誌ですが、近くに大型書店がありません。これから大きな本屋を探して行ってみようと思っていますが、こうした点でやはり東京は便利です。

 話題は変わりますが、東京で茅野市の話題をすると、間違いなく言われたのが、「冬は寒いでしょう」です。
 何年か前ですが、八ヶ岳周辺で物件を探していたとき、私は不動産屋さんに必ず聞くことがありました。
 それは、「冬は寒いですか」です。
 すると八ヶ岳の不動産屋さんからは、「たしかに寒いですが、慣れますよ」と言われました。数年もすれば身体が寒さに慣れてしまうというのです。
 ところが茅野市の不動産屋さんは違いました。
 「寒いですよ〜」とか「朝起きたとき、口の周りが凍っていました」と言われるのです。
 同じことを、洗濯機の設置をお願いした地元のおじさんにも言われました。
 私がどこの生まれか聞かれたので、九州ですと答えると、「九州の生まれでしたら、(ここの寒さは)厳しいかもしれませんね〜」と言われてしまいました。
 な〜に、慣れますよ、といった、人の気持ちを軽くするようなことを全然言ってくれないのです。
 地元の飲み屋のマスターに聞いたのですが、諏訪湖が全面凍って歩いて渡れることを「御神渡り」というらしいですが、その寒波が来たときに茅野市で−14℃を記録したそうです。
 −14℃は半端ありません。
 私はその話を聞いてビビッてしまい、ひょっとするとこの冬は凍死することはないにしても、寒さで身体をやられてしまうんじゃないかと思ってしまいました。
 そうした厳しい寒さにもかかわらず、私が不思議に思ったことがありました。
 私が住んでいるところは駅から離れた高台にあり、斜面に軽量鉄骨で建てた建物もあります。私が借りたアパートもそうで、そうした建物は床下が鉄骨むき出しの吹き抜けとなっているのです。これじゃあ、冬になったら、床から冷気が上がってきて寒さが倍加してしまいます。
 ところが先日、ポストに不動産屋さんからのチラシが入っていて、こんなことが書かれていたのです。


 床下が解放されており、寒さ・凍結の原因ともなっております。
 そこで、床下の閉鎖工事を今週末から実施致したくご案内いたします・・・


 そして実際に、壁を作る為の基礎工事が始まったのです。
 私が借りたアパートは築30年を超えており、その間ずっと床下は解放されていたのです。
 私は不思議な感覚に襲われました。
 HPの更新は無理と思っていたら、知人からWiFiルーターを借りることが出来たり、冬の寒さを心配していたら、床下閉鎖の工事が始まったり、やっぱりこうしたことは偶然じゃないんだと思えてきます。人をサポートするエネルギーが集まって来てくれる感じです。

 あと、東京の生活との違いを感じたので、それを紹介させていただきます。
 まず、標高が高いと気温が低くなるのは当然ですが、水を沸騰させる沸点も低くなります。
 私が住んでいるところの標高は900メートル弱といったところですが、このくらいの標高でも沸点の違いを感じました。
 沸騰させたはずのお茶が、妙にぬるいのです。
 東京ではアツアツのお茶をフーフーして飲んでいたのに、熱いと感じないのです。
 料理でも、沸騰させたはずなのに、なんとなく「ぬるく」感じます。あと、風呂場のシャワーの設定温度を42℃にしているのですが、実際はもっと低く感じます(ただしこれは、設備の問題かもしれません)。
 標高が高い分、こうした肌寒さは仕方ないのですが、逆に澄んだ水と空気は、すばらしいと感じました。
 ネットで調べてみると、茅野市の水道は「標高1500mにある蓼科第二水源から取水した水道原水を市内の水道水として供給」とあり、水の清涼さは保証付きです。
 東京では1週間もすると、台所のシンクは、うっすらと茶色い汚れが目立つのですが、こちらのシンクは2週間経って、少し汚れが浮き出てくる程度です。
 また、空気も澄んでいて、ほこりっぽさを感じません。
 私は毎日、窓を開けて部屋に風を通しているのですが、ほこりが溜まるという感覚がしないのです。
 東京から引っ越すとき、家具の裏に溜まったほこりと格闘したのですが、ここから引っ越しても、東京ほどのほこりは溜まっていないじゃないかと思えてきます。

 何年か前、雑誌に八ヶ岳に関する記事を寄稿している地元の事情通という方の話を聞いたことがあります。その方によると、八ヶ岳の西と東で、気候が全然違うんだそうです。
 その事情通の方は八ヶ岳の西側の原村に住んでいるのですが、原村は空気が乾燥していて、カラッとしています。東側はその逆で、湿気が多くジメッとした感じなんだそうです(ちなみに茅野市は原村の西側です)。
 東側は小海線が走っていて、甲斐小泉、甲斐大泉、清里という駅が並んでいるのですが、スピリチュアルで人気の滝沢泰平さんが住んでいるエリアでもあります。
 数年前にその滝沢泰平さんのセミナーに参加したことがあり、駅から会場(滝沢泰平さん自慢のドームハウス)まで車で送迎してもらったのですが、その時の霧の凄さに驚いてしまいました。こんな霧の中で、よく車の運転ができるなと感心した記憶があります。
 事情通の方によると、東側は清里など観光エリアを中心に別荘地がたくさん出来たが、湿気がひどく家屋の痛みが速いということで、今は寂れていく流れになっているそうです。
 逆に、西の原村は人気だそうです。
 茅野の知り合いに原村のことを聞いたのですが、「原村は人気ですよ」と言われていました。
 実際、私も原村のホテルに泊まったことがあるのですが、その時、「ああ、ここ、良いところだなあ」と思った記憶があります。
 その時、原村の不動産屋に立ち寄り、「よい物件があったら紹介してもらえませんか」と切り出したところ、「東京から、そう言ってくる人が本当に多いんですよね・・・」と、いかにも聞き飽きたといった顔をされてしまいました。もちろんその後、物件を紹介してくれることもなく、けんもほろろといった扱いでした。
 実際には人気の原村といえども高齢化して人口は減りつつあり、空家は増えているのですが、地元の人は都会から来る人を警戒して、家を貸したがらないそうです。
 原村の下(南)側に富士見があるのですが、原村とは逆に富士見は移住者にとても住みやすい場所なんだそうです。小淵沢の物件を見ているとき、富士見の物件も見てみたのですが、不動産屋さんによると、富士見は地元の人間より、移住者の方が多いぐらいなので、住みやすい処だと言っていました。
 ただ富士見は標高が茅野より高く、普通に1000mを超える物件ばかりで、さすがにここは寒すぎて無理だろうと止めました。

 次に、田舎に住むとなると、どうしても気になる人間関係に触れたいと思います。
 パワースポットとして人気の高い八ヶ岳に住みたいと、千葉県から八ヶ岳に家を買って、移り住んだ女性がいます(私はこの女性と一度だけ話したことがあり、面識があります)。ところがご近所とトラブルになり、周りじゅうから嫌がらせを受けるようになったそうです。現在、東京の実家に避難しているそうです(八ヶ岳の物件はどうするのでしょうか)。
 田舎に移住する際に、やっぱり問題になってくるのが人間関係だという話はよく聞きます。
 茅野の知り合いの方は、茅野に住んで2年になるので、人間関係について問題がないか聞いてみました。
 すると返ってきた答えは、「人間関係を作っていないので、問題ない」というものでした。
 そういえば以前、彼は、何か月も人としゃべらなくても平気と言っていました。
 茅野市は人口5万人の地方の中核都市で、街中のアパートに住む限り、人間関係は気にしないでいいようです。私も東京では、隣さんとは会えば挨拶をするぐらいで、交流はありませんでした。
 やはり問題は、一戸建てを買って永住する場合だと思います。
 限界集落に数件といったところでは、近所付き合いをしないというわけにはいかないだろうと思います。
 もし人間関係でトラブルになることを避けたいというのであれば、原野を切り開いて住むか、街中の物件に住んで、隣人とは適当な距離感で暮らすというところでしょう。
 実は私は、原野を切り開いて一人で住むという道を模索しようと思っています。
 土地を探す為に車を買いましたし、小型車両建設機械の免許も取りました。

 最後に、移住した初日に地元の飲み屋のマスターにした質問の話題です。
 私はズバリ、「茅野ってどんなところですか?」と聞いてみました。
 一瞬考えたマスターは、「何にも無いところ」と答えたのです。
 この意味は、遊ぶところが何も無い、ということだと思います。もちろん新宿歌舞伎町のような歓楽街はありません。私が今まで発見した限りでは、パチンコ屋が1件、スナックやパブが数件といったところです。飲食店はけっこうあるのですが、水商売という意味で遊ぶところは、都会に比べれば圧倒的に少ないようです。遊びたい盛りの若者が、東京や大阪のような大都会に出たがるのは、わかる気がします。
 結局のところ、何を求めるかということになると思います。
 茅野の知り合いの方は、以前、「茅野は、いいところ」だと言っていると聞いていたので、本人に直接聞いてみました。「茅野の何がいいんですか」、と聞いたところ、「やっぱり気候風土」という答えでした。
 清涼な水と空気。それに何より私が気に入っているのは、湿気が少なくカラッとしているところです。
 東京の夏の暑さは、湿気がある分、私には耐え難いものでした。
 夏から秋にかけて茅野で物件を探しているとき、私が感じたのは、「ここは、いいところだなあ」ということだったのです。
 ただし、これから始まる冬の厳しい寒さを体験して同じことが言えるかどうかは、定かでないのですが。


(2020年11月28日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。