あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年10月18日



チャネリングによるNESARA



 以前、当HPでNESARAについて記事を書いたことがあります。
 NESARAに関する詳しい内容はそちらを見ていただき、今回はチャネリングによって、NESARAがどのように評価されているかを紹介させていただこうと思います。

 今回も『世界を変えるNESARAの謎』(ケイ・ミズモリ著、明窓出版)から引用させていただきますが、著者のケイ・ミズモリさんは、主に科学系のジャーナリスト、つまりサイエンスライターだと私は理解しています。そういう科学系の人が、一般には怪しいと思われているチャネリングについて言及しているのが面白いと思ったのです。
 この本において、ケイ・ミズモリ氏はNESARAに関して様々な取材を行っているのですが、結果としてNESARAが本物なのかどうか、結論が出ませんでした。
 つまりケイ・ミズモリ氏としては、NESARAは本物だという可能性を感じるが、その確証がない。しかし否定する証拠もない、といったところです。
 ところが最近ネットでは、NESARAの最初の提唱者であるシャイニ・グッドウィン氏を、寄付金詐欺だとする記事が登場しているのです。おそらくシャイニ・グッドウィン氏を詐欺師だと誹謗中傷することによって、NESARAは偽物だと人々に信じ込ませたいのでしょう。
 詐欺というのは、人を騙してお金を巻き上げることです。
 お金を巻き上げず、真実を語っていない場合は、嘘つきとかほら吹きと表現すべきでしょう。
 シャイニ・グッドウィン氏は、情報提供の活動資金として寄付金を募っていました。
 これは全くの合法です。
 そしてもちろんNESARAの真偽はわからないのですから、嘘つきとかほら吹きとも言えません。それを詐欺というのは、意図的な誹謗中傷と言われても仕方ないと思います。

 これから引用する文中に、NESARAインスティテュートという言葉が出てきますが、これはNESARAには2つの流れがあることを示しています。
 NESARAの最初の提唱者であるシャイニ・グッドウィン氏の流れが一つと、NESARA法をアメリカ議会に提出し、承認されるようにアメリカ政府機関及び政治家達に働きかける運動を呼びかけているNESARAインスティテュートがあります。
 NESARAインスティテュートは、ハーベイ・バーナード博士という人物が創設したものだそうです。
 興味深い話があります。
 ハーベイ・バーナード博士は、1960年代に元FRB議長のグリーンスパン氏が提唱した金本位制について学んでいたところ、経済を不安定化する背景として、ローンの計算式があると発見します。そして独自のローンの方程式を作り出します。
 そして、この方程式に基づいた新経済システムを考えだし、それをNESARA法案として採用してもらうべく、政治家や政府関係者に働きかける運動を始めたというのです。
 それゆえハーベイ・バーナード博士が考案したNESARAは博士独自のもので、シャイニ・グッドウィン氏とは関係ありません。バーナード博士は後にシャイニ・グッドウィン氏の提唱するNESARAを知り、その内容があまりに似ているので驚くことになるのです。
 ただし全く同じというわけではなく、ケイ・ミズモリ氏によれば、バーナード博士の提唱するNESARAは、シャイニ・グッドウィン氏より穏やかで人々により受け入れやすいものとなっているそうです。

 さて、ではそのNESARAを、チャネリングでは、どのように評価しているのでしょうか。
 本から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p154〜p159から抜粋開始>・・・

 【チャネリング情報の内容

 どのような相手がチャネリングを通じてNESARA情報をもたらすのか?
 主だった相手は、シリウス星、プレアデス星、銀河連盟などの宇宙存在である。その中でも地球に縁の深いサナンダ・クマラや聖ジャーメインは登場頻度が高い。サナンダ・クマラは2000年前にはイエス・キリストとして肉体を持って現れた存在であり、同じく聖ジャーメインはサンジェルマン伯爵として歴史に登場した存在と言われている。
 そして、NESARAがアメリカ及び世界で採用されるよう背後でサポートを行っている、最も重要な存在が聖ジャーメインであるという。現実世界で起ころうとしている変化に対して、宇宙存在がサポートを行っているということ自体、一般には受け入れがたいことかもしれないが、彼らが我々人間の潜在意識に働きかけ、NESARAが受け入れられる状況を整えているようであり、数多くのチャネラー達がNESARAの存在を口にするのも、その影響と言えるかもしれない。
 では、聖ジャーメイン、サナンダ・クマラ、銀河連盟などから、NESARAに関してどのような情報が与えられているのか、概略を紹介しよう。

 これまでの地球の社会は、一握りの裕福な権力者達によって好きなように動かされていて、決して健全なものではなかった。マスコミもコントロールされ、大衆には真実が伝えられず、貧富の格差や戦争など、故意に生み出されてきた。しかし、一部の権力者達によって行われてきた悪事は、近い将来すべて暴かれるようになる。そして、NESARAが公布され、社会が改善されれば、大衆の生括水準が上昇することになる。NESARAは、いずれ我々が採用することになる宇宙の法である。ただ、権力にしがみつく者達によって、NESARA公布は妨害されてきており、公布の予定が延びている。しかし、我々の意識が成熟した時、NESARAは確実に公布・実現されることになる。

 簡単にまとめると、このような情報を多くのチャネラーが受け取っている。これは、グッドウィン氏とは関係のない複数の情報源からもたらされている。
 具体的には、シリウス星の宇宙存在とのチャネリングで有名なアメリカ人、シェルダン・ナイドル氏が、2002年後半あたりから、近く経済システムの大変革が起こるという情報を受け取ってきた。そして、2003年2月頃から、ついに、NESARAという固有名詞を登場させて、近く公布されるというメッセージを伝え続けている。
 チャネラー、ナンシー・アート氏も、サナンダ・クマラ、聖ジャーメイン、銀河連盟などからメッセージを受け取っており、NESARA公布が近いことを伝えている。
 アリ&アバ両氏のチャネリングでは、やはりサナンダ・クマラや聖ジャーメインからNESARAに関して先述のような内容が紹介されており、音声でも公開されている。
 もっと他にも紹介してみよう。

 【筆者の知人による瞑想体験

 日本人の筆者の知人にも、瞑想中に聖ジャーメインに出会った人々がいる。その知人の一人は、聖ジャーメインの存在ばかりか、NESARAに関してもほとんど予備知識がない者であった。その体験は、NESARAとはどのようなものであるのか、簡単に説明したのちに得たものであった。
 まず、瞑想中にNESARAに関して意識を向けると、中世ヨーロッパ風の服装をして、口髭を生やした聖ジャーメインが現れたという。そこで、NESARAの発表はいつなのか質問をした。
 すると、聖ジャーメインは意味ありげに微笑み、「汝らに任せる」とだけ返事をして、ふんだんに祝福の波動を浴びせたという。
 さらに、NESARAの詳細を問うてみると、次のようなメッセージを受け取ったという。

 「NESARA法が存在し、私が関与しているのは事実である。
 しかし、3次元の紙にかかれた法律にすぎず、万能ではないため、強権発動する意思はない。
 真のNESARAは宇宙の法であり、皆さんの意識シフトによりおのずから達成される。
 私はそれをサポートする努力を惜しまない」

 因みに、聖ジャーメインはNESARAの詳細に関しては、なかなか語ろうとしなかったという。第一章でNESARAがアメリカ市民にもたらす主な変化(恩恵)を列記したが、そのような具体的な内容を聖ジャーメイン達にはまだ確認を取れていない。
 もちろん、チャネリング相手はまったく見えない存在であり、雲を掴むような話である。しかし、もともとのNESARA情報の発生源とはまったく関連の無いところで、数多くのNESARA情報が伝えられている。そのため、グッドウィン氏のように現実世界からのリーク情報として知った者だけでなく、精神世界に関心を持つ人々にとっても、NESARAはもはや非常にポピュラーな関心事となっているのだ。チャネリング情報の正当性はまったく保証できないものであるが、世界各地で、異なる複数の情報源から同時期にNESARA情報が広まっている事実は無視できないものである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらに続きます。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p162〜p166から抜粋開始>・・・

 次に紹介するチャネリング情報は、レディー・カディナと名乗る宇宙存在がレヴェレンド・K・シモンズ氏にもたらしたものである。レディー・カディナは5万年前から地球を見守ってきており、アルファー・ケンタウリから肉体を伴わずにやって来ているという。そして、彼女の役目は、我々に歴史と潜在能力に対する深い理解を与え、我々の地球に対する意識変革を助けることにあるという。
 左記は、2002年12月8日に行われたチャネリングを筆者がまとめたものである。グッドウィン氏の主張を確認するために、憲法に基づいた税制・貨幣制度に関してレディー・カディナに質問を行ったものである。

 連邦政府による所得税が適用された際、それはあくまでも一時的な課税法を想定していたと心に留めて置いてください。それがIRS(米国国税庁)を通じたものであれ、クレジットカードによるものであれ、住宅ローンであれ、人々に重税を課すと、個人の力が十分に現れなくなり、忙しく遣り繰りに追われることになります。NESARAが行うことは、所得税を廃止し、新品商品購入時に限った消費税を採用し、クレジットカードによる負債を免除します。コストの10%を超える利子は度が過ぎています。最終的には、コストの2〜3倍も支払わねばならなくなります。NESARAはアメリカ国民に個人の力を取り戻させ、自由を与えることで、この時期、この惑星に存在することの意味にフォーカスさせるでしょう。またNESARAは、この時期アメリカ国内で何が起こってきたのか、自問できるような精神的な場を生み出します。
 政府は非常に恐ろしい数多くのテクノロジーを持っており、あたかも国民や彼らにとって何が最良であるのかを心得ているかのように、常に自分達の地位を守る術を持っています。この時期の担当ソウル(魂)は、アトランティスを沈めたテクノロジーに責任のあるソウル(魂)と同じです。我々が Full Disclosure Act (完全情報開示法)と呼ぶものは、黄金時代と呼ばれた時期の古代文明の英知を引き出します。キリスト教徒には主イエスの言葉を思い出せるでしょうが、法律の精神に対して法律の言葉に従う状況がみられました。これは憲法の精神にも関係してきます。権力者達は扉を閉ざして、人々が通り抜けられないようにしました。
 今こそ、人々に力が戻される時です。人々の声が今一度聞き届けられねばなりません。そして、NESARAがそれを可能とし、人々を解放し、今一度自分達の声が反映されるでしょう。NESARA施行のために完全なる情報開示が行われるまで、あと数年要するでしょう。これはこの時間における判断に基づいた、我々の意見です。ご存じのように、預言とはこのようなもので、人間の行いに基づいて変わってきます。
 人間の努力のいかなる側面にも精神性は適用されねばなりません。教育者は瞑想を行って受け取り、そして、得られることに基づいて行動することが肝心です。そして、これは様々な分野に関わる政治家達にも適用されます。
 個人が自分達のコミュニティーに責任を持ち、意思表示を起こすようになって初めてNESARAはやってくるでしょう。

 続いて紹介するのは、2002年12月16日に行われたもので、今触れた内容をさらに解説し、具体例を紹介したものである。

 無借金になるという件ですが、極めて高利子を課すクレジットカードや住宅ローンに関して特に言及しています。高利子故に、個人が借金返済に対してあまりにも重荷を背負うと、支払いは永遠に続き、何倍もの金額を支払う羽目になります。この種の負債を背負うと、あまりの重荷から個人は、自己の精神的な道にフォーカスできなくなってしまいます。もちろん、お金はあなたが生活を維持するために必要なものを購入するために存在しつづけるでしょう。しかし、金融機関の財源のためにではなく、むしろあなた方自身の特定の要求を満たすために使えるようになるでしょう。
 また、時が経てば、物々交換制度が再来するでしょう。これは変化の段階で現れてきます。多くのライトウーカー達は既にサービスの交換を行っています。例えば、本を読んであげる代わりにマッサージをする。y有機栽培で野菜を育てている人が、本を読んでもらう代償として野菜を与えるなど。
 次の段階は、アメリカ人や他の国の人々によって始められますが、もっと質素なライフスタイルに戻ることになります。既に人々は田舎に戻りつつあります。これは危険からの逃避からではなく、生活の簡素化の方法から選択されるべきです。
 あなた方はまったく原始的なライフスタイルには決して戻れません。シカゴにはノース・ショア・バンクと呼ばれる銀行があり、個人の財務に関して学べるコースがあります。受講者達がクラスを終了すると、コミュニティーの再建や起業を助けるためにローンが組まれます。これは保護期間のもとに行われています。個人は一人ほったらかしにされるのではなく、ガイダンスが与えられます。それで、かつてスラム化していた地区が再生しています。

 【シャイ二・グッドウィン氏は真実を詰っているのか?

 さて、以上に紹介したことから、一つ興味深い情報が含まれていたのにお気付きになったであろう。それは、クレジットカードや住宅ローンによる負債を免除するということを、チャネリングでも触れていた点である。NESARAインスティテュートのバーナード博士は、NESARAによって実現される項目として、そのようなことは含めていない。つまり、グッドウィン氏こそが唯一語ってきた内容であり、それをチャネリング情報で確認したことになるのだ。
 もちろん、これが唯一、グッドウィン氏の主張を支持する訳ではない。筆者自身の銀行への取材から、既に金本位制への移行に向けて諸銀行が対応を進めているという可能性が存在する。NESARAが秘密裏に議会で承認を受けたという情報は、唯一グッドウィン氏によってもたらされた。それを念頭に、既に変化が現れ始めているということになると、グッドウィン氏の主張にも現実味があるのかもしれない。というのも、NESARAインスティテュートでは、まだ議会に法案として提出すらしていない状況のため、現在、既に変化が起こり始めているということは、納得のいかないことであるからだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらに続きます。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p168〜p169から抜粋開始>・・・

 【NESARA施行は2007年?

 次に紹介するのは、2003年7月26日にスティーブ・ロザー氏が「ザ・グループ」と名乗る相手にチャネリングした時のものである。

 NESARAのコンセプトに関してですが、それは非常に素晴らしいものですが、まだ施行の時期には到っていません。この時期のあなた方が、即座に恩恵を受けることは無いでしょう。もしあなたが今、固唾を飲んでNESARAを待ち望んでいるとしたら、失望することになるでしょう。繰り返し申し上げましたが、現在の状況は人間が自ら生み出したもので、それが自ら実行できなくさせています。この時期にNESARAを施行させると、ある人々には富をもたらし、またある人々にとっては不満をもたらし、混乱を生み出します。
 株式市場が低迷を続けることは事実で、アメリカが金本位制に立ち返る必要があることも事実ですが、NESARAはこの時期の答えであるとは感じません。現在の様々な政治体制の崩壊と陰謀の一掃が起こって初めてNESARAは実現します。この惑星に光が安全に留まるようになって初めて実現することで、2007年になるでしょう。その時、NESARAという偉大なる法が施行されるでしょう。

 これまでのチャネリング情報で、筆者にとって興味深いと思われたのは次のことであった。

@NESARAが公布されるには時期尚早である。

A現在の政治体制の崩壊と陰謀の一掃が起こって初めてNESARAは実現する。

BNESARAが公布される時期は2007年頃になる。

 NESARAとディスクロージャーは切っても切れない関係にあるだろう。NESARAが実現されている社会を想像すれば、現実とのギャップが存在する。そのギャップが存在する理由は、ディスクロージャー(情報開示)が不十分なために、我々一般市民が盲目・無知であることにある。少しでも早く現在の政治体制の腐敗と陰謀の存在を知り、それに終止符を打つことが必要条件だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『世界を変えるNESARAの謎』が出版されたのは2004年です。
 その頃は、世界でNESARA熱が高まっていました。世界各地でNESARA実行を迫るデモが行われていました(日本では聞いたことがありませんが)。
 上記のチャネリングにあるように、NESARAを熱望していた人々は、2007年に期待していたのかもしれません。
 しかし、起こらなかった・・・。
 そうしてNESARAは、人々の記憶から忘れ去られてしまったのでしょうか。

 私は、(私の中の願望であることは間違いないですが)、NESARAが実行されることに大いに期待している一人です。
 そのNESARA実行のキーを握るのが、トランプ大統領だと思っています。
 私が、今回のアメリカ大統領選挙に強い関心を持っているのは、それが理由です。バイデン氏が勝つと、NESARAは永久に葬り去られるかもしれません。
 トランプ大統領が勝ち、2期目に入って2〜3年後に、まずアメリカで大きな金融改革が実行されると見ています。それが世界に波及し、日本にも及んでくると見ています。その大きな金融改革こそ、NESARAに準拠したものであることを願っています。

 いよいよ2週間後に迫った大統領選挙ですが、興味深い YouTube がありましたので、興味のある方はご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=mOifjA3cZW4

https://www.youtube.com/watch?v=Eoq2qrDwfxY


(2020年10月18日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。