あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年6月16日



新型コロナワクチンに関して科学的なデータを見たい方へ



 いよいよ来週21日から、日本で全国的に新型コロナワクチン職域接種と大学生を対象にした接種が始まります。
 打とうか、打たないか迷っておられる方は多いのではないでしょうか。
 そういう方は、もう少し新型コロナワクチンに関して科学的なデータを見たいと思われているかもしれません。
 そういう方に参考になるサイトです。

https://note.com/info_shinkoro/n/n8e88da9471ac


(2021年6月16日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』から



 私事ですが、東京に出る機会があり、長野に引っ越す前に住んでいたアパートの近くを歩いていたら、クリニックの前に人が並んでいました。
 行列というほどのものではないのですが、クリニックの玄関が開かれており、そこに椅子を出して人々が並んでいました。私は、「いよいよ始まったなあ・・・」という思いがしました。
 もちろん新型コロナのワクチン接種です。
 また、ある人たちの会話が耳に飛び込んできました。
 盗み聴くつもりはなかったのですが、けっこう大声で話されていたので会話の内容がよくわかりました。
 「自分が罹るのより、人にうつすのが嫌なんだよね〜」と言っていた会話から察するに、ワクチンを接種した男性が、その思いを語っていたようです。
 これは本音かもしれません。
 相手のことを気遣う日本人は、自分が罹るのを防ぐというのはもちろんですが、「人にうつしたら悪い」という気持ちが自然に芽生えるのだろうと思います。
 そうなると、職域接種の先駆けとして始まったANAやJALでは、社員のほぼ全員が打つことになるのかと思ったりします。客室乗務員は接客業なので、率先してワクチンを打つように言われるでしょうし、打たないと言えば客室乗務員を外されると考えるかもしれません。
 建前は、打つ打たないは個人の判断と言いつつ、「みんな打つんだから」という無言の同調圧力と、打たないと職場で不利な立場になるかもという不安は、大きいと思います。
 日本人はただでさえ同調圧力に弱いのに、職場で多数が打つとなったとき、「私は打ちません!」と毅然と言える人がどれだけいるでしょうか。
 私のように家族のいない人間ならプレッシャーはないですが、家族を養っていかなければならない勤め人であれば、「断れば最悪クビになるかもしれない」という思いが廻ったら、「しょうがない、打つしかないか・・・」となっても仕方ないかもしれません
 内心は、「治験が終わっていないワクチンは危険かも・・・」という思いがあっても、打たざるを得ないと考える人がこれから大勢でてくると思うと、なんとも切ない気持ちになります。
 職域接種は、半強制的な側面を持つと言えるでしょう。

 前述のワクチンを打ったらしい男性は、「次は(6月)27日」と言っていました。
 ファイザー社のワクチンは1回目と2回目の間を3週間開けるらしいので、その男性が受けた第1回目は6月6日と推定されます。
 私は、ワクチンを受けた人の体内にスパイクタンパク質が生成されるのは2週間後だと、どこかで読んだ記憶があり、仮にこの人物と接しても今のところ大丈夫だと、(不埒なことを)考えてしまいました。

 今回は、『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』(ベンジャミン・フルフォード著、宝島社)から抜粋して紹介させていただきます。
 宝島社という怪しげな出版社なので、多くの日本人の認知度は低いかもしれませんが、私はベンジャミン・フルフォード氏の著書には、真実が多分に含まれていると思っています。
 この記事は、「しょうがない、打つしかないか・・・」と思っておられる方々に読んでいただけたらと思っています。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p17〜p22から抜粋開始>・・・

 「レッド・ピル」と「クールエイド」

 「自分は赤い錠剤を飲んだよ」
 最近、欧米の市民層では、そんな“隠語”をやり取りする人が増えた。映画好きならピンとこよう。そう1999年に世界的に大ヒットしたSF大作『マトリックス』の有名な冒頭シーン、キアヌ・リーブスが演じた主人公のネオは、世界の真実を知りたければ、「赤い錠剤(レッド・ピル)」、このまま平穏無事な日常生活を続けたいならば「青い錠剤(ブルー・ピル)」、そのどちらを飲むのか選択を迫られて赤い錠剤を飲んだ。つまり「レッド・ピル」とは「世界の黒幕」が存在し、彼らによって「世界の富の99%が収奪されている」という現実を知り、その支配から「目覚めた」人たちを指す隠語となっているのだ。さしずめ、本書を手に取った読者もその一人であろうし、本書もまた「赤い錠剤」の一つといっていい。
 同様に、よく使われるもう一つの隠語が「クールエイド(C00LAID)」だ。アメリカでよく飲まれる甘くて派手な色の粉ジュースのことだが、1978年、カルト教団「人民寺院(ピープル・テンプル)」が信者の集団殺害に使ったことでも知られる。捜査当局の手が伸びそうになるや、教組のジム・ジョーンズは信者たちに青酸カリ入りのクールエイドを与え、教組に妄信する信者たちは喜んで、その毒薬を飲み干した。
 ここでいう「C00LAID DRINKER(クールエイドを飲んだ人)」とは、新型コロナワクチンを接種した人を指す。コロナワクチンは自分たちを“殺す毒薬”、それを自ら打つのは「自殺行為」というわけだ。
 本稿のテーマであるグレート・リセットとは、赤い錠剤を飲んで「闇の支配者」と「世界の真実」に気づいた人にクールエイドというワクチンを接種する“陰謀”といっていい。
 グレート・リセットの用語自体は、世界経済フォーラム(WEF)、通称「ダボス会議」を運営するクラウス・シュワブが2020年半ばに提唱した「アフターコロナにおける経済、政治、社会の変革」のことだ。日本でも2020年10月に『グレートリセットダボス会議で語られるアフターコロナの世界』(クラウス・シュワブほか著/日経ナショナルジオグラフィック社)が刊行されるなど、昨今、耳にする機会が増えている。
 しかし、それは所詮、表向きの話だ。
 このグレート・リセットの目的は、クールエイド=ワクチン接種にある。アフターコロナの世界とは、要するに、みながクールエイドを飲んだ世界のことなのである。

 ワクチン接種の危険性

 私は著書やメールマガジンでも発信してきたが、新型コロナワクチンは、正真正銘、「クールエイド=毒薬」で間違いない。その証拠となる情報が、2021年1月下旬、ロシア当局筋となるFSB(ロシア連邦保安庁)から届けられた。1月下旬といえば、米ファイザー社がわずか9カ月という異例のスピードで「9割の高い効果を持つ夢の新型コロナワクチン」の開発に成功し、全世界で承認合戦とワクチン争奪戦が過熱していた時期に当たる。日本でも翌2月、副作用などの責任をメーカーに求めない特例処置でファイザー製のワクチンを認可。補正予算1455億円で約4500万人分を確保し、接種を開始した。5月下旬時点では医療従事者を中心にすでに約550万人が接種し、接種数を伸ばしている。ロシア当局筋からの情報は、世界規模で始まったワクチン接種の危険性を指摘したもので、2つの「ワクチン接種による脳の改変技術」を指摘していた。
 一つ目はペンタゴン(米国防総省)の実例であった。2005年、混乱するイラク情勢の解決のために、おそらくペンタゴン擁するDARPA(国防高等研究計画局)の研究チームの開発だと思うが、「VMAT2」と呼ばれる遺伝子に関する人格改変技術が記されていた。宗教においては、どうやら狂信的な信者ほど行動が活性化する傾向があるらしく、この活性化を促すVMAT2遺伝子を阻害するワクチンを与えれば、死をも恐れず自爆テロを繰り返すムシャヒディン(聖戦士)はいなくなり、イラクやアフガンなどの中東支配も円滑に進むだろうという内容だった。ロシア当局筋は、すでにアメリカ軍は中東全域で「やっている」と指摘している。
 さらにロシア筋は、具体的なワクチンにウイルスを入れて、脳の意識構造を変えるゲノム編集の技術として、「CRISPR」を伝えてきた。このCRISPRの技術を使えば、脳内に快楽物質が分泌され、そのレセプター(受容体)の活性化によって強い多幸感が生まれる。麻薬やドラッグといった依存性の高い薬物を使わず、脳内に多幸感を与える「幸せ回路」を人為的に作り出すわけだ。結果、どんなに悲惨な目に遭おうとも、たとえばブラック企業でこき使われようとも、「幸せ回路」のおかげで常にハッピーとなる。薬物依存者が、肉体的にも精神的にもボロボロになり、ホームレスになっても薄ら笑いを浮かべるのと同様、悲惨な状況に対応できる「奴隷」を作り出す技術なのである。
 もうおわかりだろう。
 インチキパンデミックで恐怖心を煽り、そしてワクチン接種へと促しているのは、CRISPRによる「幸せ回路」を内蔵した「新奴隷」の大量生産にあり、その新奴隷を使った新たな世界支配体制を「グレート・リセット」と呼んでいるのだ。

 ワクチン推奨を続けるビル・ゲイツ

 その視点でみれば先進国ほどワクチン接種が加速していることに気づくだろう。グレート・リセットは着々と進んでいる。ここが、今までの「陰謀」とは違う点なのだ。
 「闇の支配者」と呼ばれてきた世界の黒幕たちは、幾度もウイルス兵器を人為的にばらまき、ワクチンによる「人種間引き」を換り返してきた。1983年から広がったHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は黒人種と男性同性愛者を狙い撃ちにして間引きを図ったものだった。2002年には「増えすぎた中国人」を狙ってSARS(重症性呼吸器不全ウイルス)、12年にはアラブ人をターゲットにMERS(中東呼吸器不全ウイルス)といった生物兵器をばらまいた。また、今回の新型コロナを使ったインチキパンデミックを仕掛けた黒幕の一人ビル・ゲイツは、自身のビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じてアフリカやインドなどで児童にワクチン接種を“強要”してきた。ゲイツ財団が推奨するワクチンには、動物の不妊治療薬がアジュバント(補助剤)として使われるものもある。接種すれば、女性なら不妊化し、男性なら精子欠乏症になると医学者や医学ジャーナリストが、その危険性を何度も指摘してきた。
 彼らの指摘も当然だろう。家畜が勝手に殖えないよう「去勢」されるようなものだからだ。白人エリートたちの有色人種や貧困層を見る目は「家畜のほうがまだマシ」というくらいの差別意識がある。1988年、エリザベス女王の配偶者であったフィリップ殿下は「私が死んだらウイルスとなって地球の人口を抑制したい」と真顔で語っている。2000年に「我々の新しいワクチンは人類を13億人以上減らすだろう」と高らかに宣言したビル・ゲイツは、このフィリップ殿下と思想的に似ている。
 ゲイツ財団によるアフリカでのワクチン接種を推奨しているのがユネスコであり、その初代総帥ジュリアン・ハクスリーに至っては「農作物は生産管理して不必要な苗は間引きする。それをどうして人類に当てはめてはなぜいけないのか」と言い放ち、「貧乏人は子共をつくりすぎるので、病院や薬を与えず、失業させて減らすべき」とすら述べている。ちなみにハクスリー家は大英帝国屈指の「科学者一族」で世界的な文化人を数多く輩出している。
 このように「世界の黒幕」によるワクチン計画は、白人エリート層による「劣等種」の断種や間引きを目的としてきたのである。
 ところが今回のグレート・リセット計画では、先進国の一般市民へと明らかにターゲットの中心が変更になっている。もちろん全人類を狙った計画ではあろうが、アフリカではコロナワクチン接種を拒否する国が相次いでおり、南米諸国でも接種は低調で、日本のワクチン接種も遅い。ワクチン接種を大急ぎで進めたのは主に欧米諸国で、明らかに欧米人の「品種改良=新奴隷化」を優先目的としている。

 目覚めた人間の意識を再び「リセット」

 冒頭で「赤い錠剤を飲んだ」という隠語を紹介した。
 私自身でいえば「レッド・ピル」を飲んだのは9・11(2001年)が自作自演のテロと知った後の2000年代半ば以降だが、2016年、ドナルド・トランプ米大統嶺の誕生を後押しした「Qアノン」の存在、エプスタイン事件の発覚、さらに、今回のインチキパンデミックによって「赤い錠剤を飲んだ」人々の数は、先進国において恐るべきスピードで広まった。
 体感でいえば真実に目覚め、世界の黒幕による「支配」の実態に気づいた、あるいは疑い出した先進国の市民は、全体の3割から4割に達している気がする。
 黒幕による世界の支配構造は、アメリカを筆頭とした先進国が世界中から「富」をかき集め、その先進国の大企業や金融機関を裏から乗っ取り、政権中枢を握ることで成り立つ。その「真実」に気づいた人間の増加で「揺らいできた」のだ。そのためにレッド・ピルを飲んだ人間を、再び従順で穏やかでどんな過酷な労働でも笑顔で幸せに感じる「奴隷」に戻す。目覚めた人の意識を再びリセットする必要が出てきた。
 先進国に住む人ほど、「豊かで楽しい生活に戻りたいなら素直にワクチン接種をしろ」という誘導に弱い。そこを突かれているのだ。
 いずれにせよ、新型コロナワクチン接種に誘導する政権は、すべて「グレート・リセット」に加担しているといっていい。
 今後、ワクチン接種が事実上、義務化されるなり、当たり前になった頃、CRISPR技術を使った「新奴隷化ワクチン」へと切り替わっていくだろう。そして「Qアノン? あんなのデタラメさ」「世界の黒幕? まだそんな陰謀論を信じてるのか?」と言い出す人間が自然と増えていくのだ。
 先進国は「家畜」として徹底的に「品種改良」されてきた人々の国家といっていい。過酷な労働に耐え、厳しい法律を守り、どんな命令にも従う人種ゆえに先進国になった。その意味で「新奴隷化ワクチン」との相性は抜群であり、すぐに適応していくだろう。
 それでも接種に反対する人には「クールエイド」を与える。元ファイザーの役員は新型コロナワクチンのアジュバントに「BSEプリオンを混入している」と証言している。BSEは狂牛病と呼ばれるように、脳がスポンジ状に萎縮する。真実に目覚めた人を痴呆症にして何も考えられないように「処理」することすら考えているのだ。
 今、何が起こっているのか。その答えは「グレート・リセット」なのだ。あまりにもおぞましく、かつてないほどのエゲツなさをまとった陰謀である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、ワクチンのビジネスモデルです。
 日本では毎年インフルエンザに2000万人もの人が罹りますが(内、死亡者は1万人)、毎年2000万人もの感染者を生み出す、(見事な)ビジネスモデルがあったようなのです。
 私は知りませんでしたので、大変興味深い内容でした。
 ワクチンは、以下のようなループを辿るようです。

@ワクチンは弱毒化した「抗原」を打つことにより、体内に抗体を作る。これにより、ウイルスに感染しても、無自覚だったり、重症化を緩和する。

Aしかしウイルスには感染する。これにより、症状が緩和された感染者を野に放ち、感染爆発を起こす。

B多くの人が感染するが、ワクチンを打った人は無自覚だったり、重症化を緩和するのを目の当たりにするので、次の年は多くの人が率先してワクチンを打つようになる(@へ戻る)。

 つまりワクチンを打つと、スプレッダー(ウイルスを撒き散らす人)になり、どんどん感染者を広げることになるというわけです。
 冒頭で、人にうつしたくないからワクチンを打った人を紹介しましたが、真実はワクチンを打ったから人にうつすようになるということです。
 全く皮肉な話です。
 そしてそれは、今回の新型コロナウイルスのワクチンにも当てはまります。
 菅政権は、ワクチンの大規模接種をすることにより、(これまでは見せかけでしたが)本物のパンデミックを引き起こそうとしているといいます。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p80〜p82から抜粋開始>・・・

 ワクチン接種でもウイルスに感染

 「このまま新型コロナワクチンの接種が加速すれば、間違いなくパンデミック・フルー(感染爆発)で万単位どころではない死者が出ることでしょう」
 そう証言したのは都内在住の内科医である。このコロナ禍、勤務医である彼は疲れ切った表情でワクチン接種の危険性を語った。
 新型コロナ患者を診てきた彼は、いわゆる“新型”コロナウイルスは「耐性型に変異したインフルエンザウイルスか、従来のコロナウイルスではないか」と指摘する。タミフルが開発された1990年代以降、インフルエンザにも次々と耐性型変異株が現れ、その意味で抗インフルエンザ薬が効かず、それで重症化する患者がいること。また、新型コロナを「指定感染症」に指定して殺人ウイルスとして扱うことで人員とベッド数が足りないのが「問題」なだけであり、指定感染症から解除しても「アルコール消毒とうがい、マスクをすれば従来のインフルエンザ並みの被害と死者数程度に落ち着くのではないか」(注)。これが現場の医師の実感なのだという。
 それゆえに「今のワクチン接種方法は最悪」と強い警鐘を鳴らす。
 なぜなら毎年2000万人以上が感染し、1万人前後が死亡するインフルエンザを感染爆発させているのがインフルエンザの「ワクチン接種者」だからである。
 実はインフルエンザのワクチン接種とは、インフルエンザ患者を全国規模で拡大させるのが目的なのだ。これを医療業界がひた隠す「悪魔のワクチンビジネス」と呼ぶ。
 そもそもワクチンとは遺伝子操作などで弱毒化した抗原を意味する。それによって体内に「抗体」をつくり、感染しても無自覚症状にしたり、重症化を緩和したりする。しかし、ワクチンを接種してもウイルスには普通に感染するのが疫病学の“いろはのい”なのだ。症状の緩和された感染者を野に放ち、意図的な感染爆発を引き起こし、医療ビジネスにつなげてきたのが「インフルエンザワクチン」というわけだ。そのシステムは以下となる。
 インフルエンザは罹患すると40度前後の熟が数日続く。それがワクチンを打っていれば症状が大幅に緩和、微熱で収まる。当たり前だが、病院の待合室には、職場や学校を病欠扱いにするための診断書が必要とあって、インフル患者がたくさん集まる。しかも待合室には体力のない高齢者や持病を持つ人が常在している。そこにインフル患者がワクチンを打ちにくれば、現在のコロナ禍のようにアルコール消毒やマスクをしなかったこともあり、高い確率で感染してしまうのだ。だが、感染したところでワクチン効果によって症状は大幅に緩和され、多少、体調が悪い程度で済む。
 こうしてワクチン接種者は日常生活を続け、いわゆる「濃厚接触」を繰り返す。これが、ワクチン接種者が「スーパースプレッダー」となって毎年インフルを大流行させてきた構図となる。
 もうおわかりだろう。
 毎年2000万人が感染したインフルの構図を悪用して、新型コロナワクチン接種によって菅政権は、かつてない規模での「コロナパンデミック」を引き起こすつもりなのだ。

 ワクチン接種後にウイルスをまき散らす

 先の医師が続ける。
 「インフルのワクチンを打った人は周囲で寝込む人を見て『ああ、ワクチン打っていてよかった』と次の年も打ちに来ますし、感染して寝込んだ人は『来年は絶対打とう』となる。目の前で被害が出るから、インフルのワクチンは儲かってきたのです。まあ、病院も営利企業ですし、インフルの場合、発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば、確実に治ることもあって、それに加担してきたわけです」
 問題は、この新型コロナが抗インフルエンザ薬に耐性を持っている(効果がない)ところにある。
 この医師によればワクチンに対する正しい医学知識がないために、ワクチン接種をした高齢者の多くが「これでマスクや消毒をしなくてすむ。昔のように生活できる」と喜び、なかには「ようやく風俗に行ける、旅行に行ける」と言い出すという。事実、ワクチン接種が始まってから感染を恐れて近づかなかった病院に再びたむろするようになった。そこで高い確率で新型コロナに感染し、ワクチン効果で無自覚症状となったままウイルスを周辺にまき散らすようになっているという。暇とお金を持て余す高齢者を優先して接種すれば、誰がどう考えてもそうなる。つまり、わかってやっているのだ。
 本来、ワクチン接種は医療関係者と警察などの現場関係者に限定するか、全国民に一斉にやるかの2つが基本。今の日本、いや、菅政権のやり方は、インフルエンザ同様に、意図的なパンデミックを引き起こすのが目的といっても過言ではない。
 2月中旬から始まったワクチン接種は、5月下旬現在、約550万に拡大した。ウイルスに感染したワクチン接種者が全国で同時多発的に動き回れば、いうまでもないが、接種が間に合わず体力の衰えた高齢者を中心に「10万人単位の死者が出る」という指摘も否定はできない。考えてみれば、2020年1月以降に拡大した「コロナ禍」は、あくまでもメディアと政府の演出で生まれていた。いわばバーチャル(仮想)だった。「インチキパンデミック」とされるのも当然であろう。事実、読者の多くもコロナで生死をさまよった知人や家族はいないだろうし、道ばたで咳き込みながら倒れる人も見たことはないだろう。むしろ、コロナ禍前のほうが体調の悪い人をよく見かけたぐらいなはずだ。
 コロナ禍と言いながら「コロナ被害者」は存在しなかったのだ。存在していたとする被害は、菅政権が主導して騒ぎ立てていたにすぎない。
 しかし、国民の多くはコロナ禍の恐怖を前に、あらゆる国家統制を受け入れるだろう。すべての個人情報を国家の管理に委ねることにも応じてしまうのだ。
 とはいえ信用できない菅政権に大切な個人情報の恣意的な運用を反対する人たちもいよう。残念ながら、そんな良識ある人すら黙らせる陰謀もまた、進行している。仕込みはすでに終わっている。
 −−東京オリンピック爆破テロ計画、である。

(注)2021年2月から法的位置付けが指定感染症から、「新型インフルエンザ等感染症」に変更された。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に出てきた「東京オリンピック爆破テロ計画」が気になる方もおられると思うので、その部分を抜粋します。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p84から抜粋開始>・・・

 さて、そのベクテルだが、東京湾アクアラインの建設にも参加。すでに東京湾にはベクテルがつくった地下核実験施設があり、いつでも関東大震災を引き起こせる状態にあるといわれる。イルミナティカードや大友克洋のマンガ『AKIRA』で、東京オリンピック開催時に巨大爆破が起こる「予言」は、それに基づいているといわれる。
 とはいえ東京や首都圏を壊滅させかねないために今回の東京オリンピックでは、もう少しライトなテロとなるといわれている。
 それが南関東ガス田である。オリンピック中心会場のあるお台場湾岸エリアは地下からガスが噴出しやすい。2007年には、渋谷まで延びていたこのガスが、温泉施設に滞留して3人が死亡する爆発事故が起こっている。ガス処理施設を悪用すれば、比較的簡単に湾岸のオリンピック会場を爆破できるという。
 表向き、ベクテルはオリンピック会場建設にはかかわっていないが、日本の建設会社を数多く支配下に持っている。すでに会場各所にはガス爆発装置が設置されており、あとは菅政権が「許可」するだけでイルミナティカードと『AKIRA』の予言は成就する。
 世界が注目する東京オリンピックで、会場が次々と爆破炎上する−−。その衝撃は、一夜にして世界を激変させよう。おそらく菅政権は「中国」「北朝鮮」のテロや攻撃と宣言するはずで、そうして国内を「戦時体制」へと移行させ、企業、国民すべてを国家の管理下に置き、独裁権の確立を狙っている。
 まさに「悪魔の政権」。それが菅政権の正体なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本当に東京オリンピックで爆破計画があるのか、私にはわかりませんが、間違いなく言えることがあります。
 陰謀は人々に知られていなければこそ陰謀であって、人々が知ってしまえば陰謀で無くなります。つまり実行できなくなります。
 多くの人々が知ってしまえば、菅政権はゴーサインを出せなくなります。
 それゆえ多くの人が、「東京オリンピックで爆破テロが計画されてるなんて話があるらしい・・・」と意識するだけで、実行されなくなります。


(2021年6月14日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。