あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年4月10日



ガンの三大療法を彷彿とさせるワクチン接種



 今年の2月初旬、私は悲報を聞くことになりました。
 同じテニス仲間として20年以上も付き合いのあったメンバーが、亡くなったという知らせでした。
 彼は私より10歳年下で、ここ数年は体調が良くないとのことで、テニスや飲み会にも参加しなくなっていたので気になっていました。
 私が聞いていたのは、体調が良くないらしいということだけでした。
 それゆえ、突然病死したと聞いて本当に驚いたのです。
 奥様によると悪性の食道ガンだったそうですが、本人はあえてテニス仲間に病名は告げなかったそうです。
 奥様の、「本人は、元気になって、またテニスや飲み会に参加するんだということを励みに頑張ったのだと思います」の言葉に、なんともいえない切ない思いがしました。
 背もすらっと高く、運動神経も良いうえにイケメンだった彼としては、我々に弱った姿を見せたくなかったのかもしれません。
 私の頭に廻った思いは、「もし私にガンだと言ってくれれば、私はガンの三大療法だけは絶対受けないようにと言っただろうな……」でした。彼は、日本人がガンになれば、ほとんどの人が受けるガンの三大療法(抗ガン剤、切除手術、放射線)を受けて亡くなったのです。
 私は、ガンの三大療法である抗ガン剤、切除手術、放射線は、殺人医療そのものだと考えています(注1)。
 ガンで亡くなるのではなく、「ガン治療」で亡くなるのです。

 これは有名な話なのでご存じの方も多いと思いますが、繰り返します。
 岡山大学医学部附属病院の医師が1年間のガン患者のカルテを精査した結果、ガンで亡くなった患者のうち、実に8割がガン以外の原因で亡くなっていたことを発見します。その大半が肺炎、院内感染、多臓器不全などなどです。これは実は抗ガン剤の重大副作用として、「医薬品添付文書」に列記されたものだといいます。
 つまりガンで亡くなったのではなく、ガン治療の副作用(副反応)で亡くなっていたのです。
 この医師はそれを論文にまとめて学長に提出したところ、「こんな事実が公になったら、大変なことになる!」と一喝され、目の前でそのレポートは破り捨てられたといいます。この論文のコピーはとられておらず、人々に見られることもなく消え去ってしまいました。
 船瀬俊介氏が、日本で毎年25万人余りが「ガン治療」によって殺されているという主張はこれによります。
 日本で年間31万人がガンで亡くなっており、その約8割にあたる25万人がガン治療によって亡くなっているとする論拠になっています。

 ガンの三大療法は、医学界や製薬業界にとってドル箱です。
 今から10年以上前の数字ですが、医療全体ではなくガン医療だけに限っても、年間15兆円の巨大産業です。これは10年以上前の数字ですから、今はもっと大きいはずです。
 欧米では、ガンの三大療法は効果がない見做されるようになり、どんどん代替医療に切り替わっているといいます。その結果、ガンによる死亡率はどんどん減っているといいます。一方日本では2人に1人はガンに罹る時代となり、ガンによる死亡率は、逆に右肩上がりに増え続けています。

 実は、ガンは100%治癒する療法が今から80年前に確立していたという話があります。
 今回は、その内容をお知らせしたいと思います。
 『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』(ベンジャミン・フルフォード著、ランダムハウス講談社)から抜粋して紹介させていただきます。

 (注1)ガンの三大療法のうち、切除手術だけは例外があります。ガンのステージが進み、もはや切除するしかない症例があるとのことです。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』、p111〜p120から抜粋開始>・・・

 すべての病気が完治するライフ博士の技術

 科学技術は発達しているのに、病気は減ることがない。それどころか増えているのが現実だ。現代の医療は、本当に治すためにあるのかと首を傾げたくなる。たくさんのよい治療が止められているからである。
 20世紀前半、ウイルス性のすべての病気を治す方法を考えた学者がいる。その名はロイヤル・レイモンド・ライフ。20世紀前半、20年かけて電磁波を使った治療方法を開発した。これが普及していれば、何十億人が救われたことだろう。解禁されれば、これからでも確実に人類の幸せにつながるはずである。
 治療する方法も顕微鏡と電磁波を使う、実に簡単なものだった。彼の臨床実験の結果は1930年代まで科学雑誌や医学雑誌などにデータとともに発表され、効果が立証されていた。普通なら大変なお金持ちで、有名人になるはずである。ところが、そのすぐ後、立ち消えになった。情報が封印されたのだ。
 それどころか、どこからか悪評を流され、今では詐欺師呼ばわりされているありさまだ。実際、「ウィキペディア」を見ると、「ニセ科学」の分類に入れられ、「理論がでたらめ」「効かない」などと紹介されている。しかし、証拠を一つも挙げていない。紹介記事の情報源として列記している本や論文をきちんと読んでいないのだ。
 革新的なアイディアを持つ発明家は、いつの時代も笑われるものである。特に最初はそうだ。パスツールは細菌が病気を引き起こすと主張して、学会からも世間からもバカにされた。エックス線を発見したドイツのレントゲンも最初はそうだった。「身体の中が見えるわけないだろう」「大嘘つき」と。
 ライフも例外ではない。彼はお医者さんや看護婦に、手術の道具を消毒するように言い聞かせていた。最初はみんなに「何だ、お前は」と不審がられた。神経質なのか、変な信仰に取りつかれているのかと思われたのだ。ほかの天才たちと同様に、ライフの説いていたことは今、当たり前になっているのだが。

 ウイルスも見える高性能の光学顕微鏡

 ライフはもともと理工学会社に勤めていて、顕微鏡の研究開発をしていた。それが、1920年代の大不況のときに失業した。お金持ちの運転手の仕事を見つけてやっているうちに、そのお金持ちを説得して自分の研究に出資してもらえるようになった。そうして開発したのが、論理的に不可能だと言われていた光学顕微鏡である。
 不可能というのは、光学理論では光の分子(フォトン)より小さいものは見えないとされているからだ。だから、光学顕微鏡には限界がある。当時、顕微鏡の拡大率は3千倍程度だったが、彼がつくったのは6万倍。理屈を超える精度だった。写真も残っている。
 彼の時代には、電子顕微鏡の初期型がすでに出回っていた。しかし、これを使うと、見ている対象が死んでしまうという欠点があった。電磁波が飛ぶからである。そのため、生きている細胞や細菌、ウイルスなどを見ることができない。しかも、倍率はライフが開発したものを超えてはいなかった。
 ライフは電子顕微鏡の欠陥を研究するうち、一つの発見をした。光にはいろいろな周波数があることだった。光には人間に見えるものと見えないものがあるし、化学作用を引き起こす紫外線や、熟を発生させる赤外線など、さまざま。すべての分子や細胞には、それぞれに響く周波数があると考えた。違う周波数を持つ2つの光を合体させ、必ず人間が見えるものを開発したのである。画像が確かなことは、電子顕微鏡でも裏付けられている。
 ライフの気づきは画期的なことだった。しかし、6万倍の光学顕微鏡は市場に出るときになって、妨害を受ける。電子顕微鏡を開発していたRCAというメーカーが許さなかった。自社の顕微鏡を世界の研究所に売ろうと考えていたこの会社に、精度の高い光学顕微鏡の誕生は厄介に映ったのだ。
 ライフはこコラ・テスラやトーマス・ブラウン同様、途中までは認められた。それも国民的に高い評価を得て、発明で14の賞を受賞している。彼の発明した技術は、今も飛行機や光学製品、電子機器、化学製品で使われている。彼ら天才たちに共通するのは、みんな独学によること。今の科学は細分化されすぎ、ほかの知識が見えなくなっている。それに対し、彼らは広く考えることができたのだ。
 わたしは実際に、ライフの顕微鏡をのぞいたことがある。最後につくった器械が、イギリスの科学博物館に残っているのだ。彼の顕微鏡で見えた75パーセントの物質は、ほかの顕微鏡では見えないものだった。

 ガン細胞だけを殺すことができる周波数の発見

 ライフにとってこの発明は、病気を治療しようとする新たな研究領域を開くものになった。彼は顕微鏡でガンを研究し始めたのだ。
 自分でつくった光学顕微鏡でガン細胞をのぞくうち、ウイルスがガンを引き起こしていることに気づいた。今もこれを否定している人がいるが、その当時は誰も考えていなかった。彼が理解したのは、すべての細菌は化学物質でできていて、それぞれが破壊される特有の周波数を持っているという事実である。
 これは、先ほども例に挙げたが、オペラ歌手がある音域で歌うとガラスが割れるのと同じ原理である。ライフはそれぞれの物質に害を及ぼす周波数を探していく。そうしてさまざまな周波数を送る実験を繰り返して、小児麻痺やインフルエンザなどを治療する方法を見つけた。連日の徹夜の末、最終的にはガン細胞を殺す周波数があることも知る。
 周波数の違いによって、エネルギーはさまざまな形に変化する。
 たとえば短波ラジオの周波数を変えていくと、受信する局が変わる。周波数をさらに上げていくと、長波ラジオがある。その延長線上に光がある。……と言っても、わたしたちが見える光は限られていて、エックス線やガンマ線など見えない光が無数に存在する。電波も光も、物質も、すべてはエネルギーでできていて、それぞれの周波数が違うだけなのだ。
 音も光と同じように、人間にわかるものとわからないものがある。これも周波数の違いによる。わたしたちに聞こえない高い音が、小さなネズミには聞こえる。逆にゾウは、わたしたちに聞こえない低い音を出している。最近まで知られていなかったことだが、ゾウにも言語がある。単純な会話だが、「あっちで水を探そう」とか「こっちでバナナを食べよう」などと、お互いにしゃべっているのだ。

 軍に悪用された殺人周波数兵器

 この原理を利用して、兵器を開発した男がいる。フランスのウラジミール・ゴヴロー博士は、人を殺す周波数を見つけ、本来禁止されている兵器をつくろうとした。
 きっかけは、彼が軍事ロボットの研究所に勤務していたとき、みんな気分が悪くなり、吐き気を催した。しかし、どの研究員もその理由がわからなかった。
 「一体、何がおれたちを苦しめているのだろう」
 あるときゴヴローは、ある窓が開いているときにみんなの体調が悪くなることに気づいた。その窓の下には機械があった。最初はその機械から排出ガスでも出ているのではないかと思ったが、調べると何も出ていない。やがて、機械から出ている音であることがわかる。その昔は、1秒に7サイクルの周波数を持っていた。機械から出る音と建物の構造が重なり合って、偶然にこの周波数が生まれていた。
 ゴヴローは、この気づきから研究を始め、人間を死に至らしめるという恐ろしい音を開発するに至った。
 この原理は、われわれも身近に経験しているはずである。わかりやすい例を挙げれば、黒板を爪で引っかいたとき、「キーッ」という嫌な音がする。誰もが鳥肌が立って、耳をふさぎたくなるだろう。
 イギリスでは、デパートの入り口に若者にしか聞こえない高くて不快な周波数の音を流している例がある。若い人たちがたむろするのを防ぐためだ。音の周波数を応用した兵器は、こうした装置の延長線上にある。
 この兵器を用いるときの問題点は、敵に向けて発信するとき、自分たちも周波数を浴びてしまうことである。ゴヴローはロボット工学が専門だったから、ロボットを遠隔操作して、そこから殺人周波数を発信しようと考えていた。その後軍事機密になったが、今も存在しているはずである。
 ナチス時代のドイツでは、アドルフ・ヒトラーが演説するとき、人には聞こえない周波数をスピーカーから発信していたと言われている。それには人の怒りをかき立てる効果があったそうだ。
 また、ときどきクジラが陸に打ち上げられるニュースが報道される。これはアメリカ海軍のソナー(超音波探知器)から逃げようとするのが原因だと、最近わかってきた。
 あらゆる生き物には、それぞれに苦しむ音や死に至る音が存在する。ある特定の病原菌だけを殺す周波数を見つけ、医療に役立てることは可能なはずである。

 医療・製薬利権による徹底的な妨害工作

 ガン細胞を殺す周波数を見つけたライフは、臨床を試みた。
 1934年、カリフォルニア大学が特別研究チームをつくり、末期ガンの患者をライフの元へ送った。90日間もつかどうかが心配された患者たちだったが、90日経過した時点で86.5パーセントの人が治っていた。そして、残り13.5パーセントの人も次の4週間で治った。つまり100パーセントの末期ガン患者が生き残ったのである。
 ライフは毒を飲ませてばい菌を殺すのではなく、そのばい菌だけが死ぬ周波数を身体に発信して治療した。しかも、すべての患者を治すことができた。これは人類にとって大きな発見である。それゆえ、大きなパーティーが開かれた。しかし、この後状況は暗転した。薬に頼らない医療に対する製薬利権側の反発があったからである。
 当時、モリス・フィッシュベインという男がいて、アメリカ医師会の株を買い占めて幅を利かせていた。薬草でガンを治す方法を見つけたヘリー・ホックスウェイという技術者に特許を売るよう迫った。拒んだホックスウェイは15ヶ月の間に125回も逮捕された。明らかな嫌がらせである。毎回無罪にはなったが、これでは精神が参る。
 フィッシュベインはライフにも近づき、周波数装置の独占権を得ようとした。断ったライフの研究所にはやがて、泥棒が入った。写真や顕微鏡の部品、映像や文書などが何度にもわたり少しずつなくなった。彼の顕微鏡は非常に複雑で、4682個の部品からできていたが、一部でも欠けたら使い物にならない。
 次に、ニュージャージー州のバーネット研究所がライフの研究を発表する前に火事になった。彼の研究が本物だと宣言するつもりだったが、準備が無に帰した。
 最悪だったのは、警察が彼の50年間の研究成果をすべて押収したことだ。これはまったくの違法行為だ。おまけに、彼の治療機械をつくった医療機器メーカーは、どこも訴訟を起こされてしまった。彼の研究を支持する勤務医や研究所の技術者は、みんなクビになった。そして、これとは逆に、彼の研究を無視する医者や研究者には、お金がたくさん回るようになったのだ。
 この背景には、病気をめぐる大きな利権がある。特にガンは、医療産業にとってドル箱だ。健康にするために診ているのではない。ライフが生きていた1905年、ガンで死んだアメリカ人は20人に1人だったが、今は3人に1人。技術の進歩とは裏腹に、確実に増え続けている。
 ガン患者1人当たりの平均治療費は3千万円だが、ガン治療に従事する人は、ガン患者よりも多いと言われる。製薬会社にとって、1回の治療でガン細胞が死滅するのでは困ってしまう。彼らの理想は、凄く高い薬を一生買ってくれることである。これを実現するため、日々さまざまな画策をしているのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なぜ日本人は、ガンの三大療法という死刑台に、何の疑いもなく大金を持って列をして並び続けるのか。私には謎でしかありません。
 私には、一番大切な命と、命の次に大切と言われる大金を、わざわざ差し出しにいっているようにしか見えないのです。
 そこには、やはり日本人のマスコミや行政が流す情報に対する圧倒的な信頼感があるということでしょう。
 以前の記事で触れましたが、日本人のマスコミ(新聞、雑誌)に対する信頼度は世界の国々でぶっちぎりの1位です(ちなみにテレビへの信頼度は、フィリピン、中国についで3位。2010年の全国世論調査。堤未果氏の著書より)。
 こうした日本人のマスコミや行政に対する圧倒的な信頼感はどこからもたらされるのか、私には本当に理由がわからないのです。

 今回の新型コロナに関してもガンの三大療法と全く現象が起きています。
 新型コロナに関してマスコミや行政の言うことを信用している日本人は、9割に達すると言う人もいます。おそらく、それに近い数字でしょう。これほど完璧に洗脳されている状態を、空恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか。
 いよいよ、この4月から一般の高齢者に対する新型コロナのワクチン接種が始まります。
 たくさんの人々が接種することでしょう。
 私には、これもガンの三大療法と同じように、死刑台の列に並んでいるようにしか見えないのです。
 ガン治療よる副作用で毎年亡くなる25万人を、大量殺戮(ジェノサイド)と言うこともできます。しかし新型コロナのワクチン接種による被害は、それを軽く凌駕する可能性があります。

 ガンの三大療法は効果がないどころか、人体に極めて強いダメージを与えることは、現場で働いている医者が一番よく知っています。
 『ガンで死んだら110番』(船瀬俊介著、五月書房)から抜粋します。

 ・・・<『ガンで死んだら110番』、p217から抜粋開始>・・・

 ●抗ガン剤拒否の医者! 271名中270名

 抗ガン剤は正常細胞を先に殺す−−これでは患者は死ぬのがあたりまえ。
 「乳ガンの患者さんのガンと正常な細胞に、それぞれ抗ガン剤を10%に薄めたものを滴下したら、いい細胞が先に死んでいく。ガン細胞は死なない。抗ガン剤はいい細胞を先に殺す。だから多くの人はその副作用で死んでいく。医者は“善意の殺人”をしているんです」これは『塩の道くらぶ』(2004年9月2日)に載った寺山心一翁さんの体験談。
 彼は20年ほど前に腎臓ガンになり、抗ガン剤治療に苦しんだ体験を持つ。「私は、この数年間ずっと出会った医者たちに『あなたがガンになったとき、抗ガン剤の注射をしますか?』と聞いています。いま271名ですが、1人を除いた全員が『自分は使わない』と言っています。「だけど、これを止めちゃうと病院が成り立っていかないから……」。恐ろしいことだと思いませんか。医者は『自分自身には使わない』ものを『病院の経営のために使う』と言うんです(寺山さん)
 ちなみに2006年4月、厚労省は抗ガン剤の「専門医制度」をスタート。“ガン治療の司令塔”とする−−という。これら「専門医」が、自らには抗ガン剤断固拒否なのは、いうまでもない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 同じように、新型コロナに関しても現場の当事者が、一番よく知っているはずです。
 先月下旬、午後9時までの営業時間短縮を求めてられているさなか、厚労省の23人が深夜0時近くまで大人数の宴会を開いていたことが発覚し、問題となりました。
 新型コロナの正体に関し、厚労省の職員であれば、知らないはずがありません。
 もし新型コロナが本当に深刻なものであるならば、厚労省の職員がこんなことをするはずがありません。
 彼らは、新型コロナがこれまでの季節性の普通のインフルエンザ程度であることをよく知っているということでしょう。
 その理由が示すのが、以下の厚生労働省のサイトです。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000615582.pdf

 ここで、厚労省は、新型コロナを以下のように定義づけしました。

「新型コロナウイルスについて、感染症法第6条第23項第11号の規定により政令で定める四種病原体等に追加する」
 「四種病原体」とはインフルエンザのことで、厚労省は、新型コロナ=インフルエンザと見なしているということです。
 普通のインフルエンザであるならば、深夜0時まで宴会をしていてもどうということもありません。アルコ−ルはもちろん、マスクを外して会話をする場面もあったといいます。
 つまり彼らは、新型コロナがどの程度のものか、身をもって国民に教えてくれたとも言えるのです。

 ところで最近、新型コロナの治療薬としてアビガンやデムレシビルといった怪しげな名前をマスコミは一切取り上げなくなりました(注2)。
 まるで、ワクチンが唯一の解決策だと言わんばかりです。
 これは明らかに裏があるとしか思えません。新型コロナ騒動をねつ造した当初の計画から、国民にワクチンを打たせることが最終目標だったとしか思えないのです。

 このところ行政は、「巷の噂を信じないで下さい。政府の言うことが正しいのです」と言っていらしいです。
 おそらく巷の噂とは、当HPの記事のようなものを指しているのだろうと思います。
 しかし、私から見るとコメディでしかありません。
 ガンの三大療法で散々国民を騙してきた行政やマスコミが、ここにきて突然改心し、真に国民の命と健康を考えて行動するようになったと信じられるでしょうか。

 私は、新型コロナワクチンの接種が大量殺戮をもたらす可能性があると言いました。
 当HPの訪問者の方々でも、「まさか、そんな……」と思う方が多いと思います。
 そう思う方は、ぜひご自分で調べてみてください。ネットには、たくさんの情報があります。自分自身で調べないと、人は考えを改めることはまずありません。
 特にお勧めなのは、「In Deep」さんのサイトです。
 大量殺戮というのは、けっして荒唐無稽な話ではないと理解されることと思います。


(注2)私、はアビガンやデムレシビルを勧めているわけではありません。むしろビタミンDの方がはるかに効果があるのではないかと思っています。でもただのインフルエンザなのですから、罹っても1週間も安静にすればいいだけでしょう。


(2021年4月10日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。