あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2024年6月19日



物質文明の終わり



 2025年7月問題に関し、私はタカさんの動画をよく拝聴させていただきました。
 色々と勉強になったのですが、以下の動画は特に印象に残るものでした。

    

 タカさんは、物質文明の極致の一つである大阪の街を歩きながら、人々が営々と築いてきたものが、大津波によって無残にも破壊されてしまう理不尽を天に訴えます。
 そこで、天の声を聴くことになります。


 この動画の1分30秒あたりから、文字起こししたのが以下です。

 ・・・<タカさんの動画から、抜粋開始>・・・

 この時代の東京に生活し、東京という都市を体験できたことは、ローマ帝国全盛期のローマ市民になれたこと以上に神の恩寵かもしれません。

 というのも私たちの有史、つまりこの「第四の世界」において、この東京こそが、物質文明の極致というふうに言えるからです。

 ・・・(略)・・・

 「これだけ日本人が一所懸命に働いて、心血を注いで作りあげた物質的繁栄と富の蓄積を、神様は容赦なく破壊してしまうのか!?」という考えが頭をよぎったからです。

 ここに大津波が来て、なにもかも更地に変えてしまうのか。
 これだけのものを破壊してしまうのか。
 到底想像したくない、信じたくない話です。
 あってはならない許しがたいことです。
 かりに神の計画だとしても、あまりにも無常で無慈悲です。

 私は思わず、「無慈悲といえば、あまりにも無慈悲じゃないですか!?」というふうに大阪の都心部を歩きながら天に向かって抗議しました。
 するとしばらくして、はっきりとしたインスピレーションがやってきました。

 「このような物質的な繁栄と富は、しょせんは儚いものであることを理解して、そのようなものに過度に執着したりすることがないように。これから起きることは、そのことを人間に分からせるためでもあるんですよ」

 私は天に向かって「黙れ!」と声を出して、もう二度と食べられないかもしれないと思って、難波の大盛りの店に行きました(笑)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやらタカさんは、天の声を聴く能力があるようです。

 もう一つ、動画を紹介したいと思います。
 物質文明の極致は、東京や大阪だけではありません。
 物質文明と表裏一体なのは、「お金」の存在です。
 その意味で、イギリスのロンドンは、東京や大阪よりもより物質文明そのものを体現しているといえるでしょう。
 ガイアの法則によって、地球の中心文明がイギリスから日本に移動してくること。
 そして、次の文明は精神文明であるということが語られています。

 実際のロンドンの街を歩いた人のリアルな体験は、とても興味深いです。


    

 *この記事は、トップページ掲載終了後、「未接種の部屋」に移動します。

 (2024年6月19日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

雑談を3つほど



○中東に展開していた米空母アイゼンハワーが攻撃を受け、損傷!?

 私は最近、「ここみちゃんネル」のしょうさんの動画を観ているのですが、先日、中東に派遣されている米空母アイゼンハワーがイエメンのフーシ派によって攻撃され、損傷したと興奮気味に語られていました。
 たしかに、しょうさんが興奮するのは無理もないことで、第二次世界大戦以来、世界一の軍事力を誇るアメリカ軍の象徴的存在である空母が攻撃を受けて損傷するなんてことは一度も無かったのです。
 これが事実だとすると、アメリカの威信は地に落ちることになります。
 なんだかんだ言っても、アメリカは腐っても鯛(失礼!)で、最終的にはケンカ(軍事力)が強いものが勝つというのが国際関係の基本でした。
 そのアメリカの空母を軍事の弱小国であるイエメンの武装組織が攻撃して損傷させたとなると、これまでアメリカが軍事力をチラつかせて黙らせてきた国々が、いよいよ黙らなくなる可能性が高くなります。

 しょうさんによると、フーシ派は米空母の弱点を見つけたといいます。
 通常は、空母に向かって飛んでくるミサイルやドローンは、自動迎撃システムで撃ち落とすのですが、唯一、そのシステムが働かないタイミングがあります。
 それが自軍の航空機が空母を離発着するときです。
 自動迎撃システムをオフにしないと、空母を離発着する自軍の航空機を攻撃してしまいます。
 その離発着する絶妙なタイミングで空母を攻撃すると、自動迎撃システムが働かないので、ミサイルが空母に到達できるといいます。
 なるほどなあ、と思いますが、しょうさんはこんな情報をどこから得たのでしょうか(しょうさんは情報源を絶対に明かしません)。

 この米空母アイゼンハワーが攻撃されるというニュースは、一時ネットを駆け巡ったのですが、沈静化しました。
 米国政府が、「空母アイゼンハワーに対するいかなる攻撃も行われていない」と声明を発表したことと、「衛星画像で紅海の米空母アイゼンハワーの健在を確認」したというニュースが流れたからです。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/03d81c1f396a5fff10e73098ab3747100499a787

 上記記事の一部を引用します。

 「5月31日のフーシ派による空母攻撃の発表以降にインターネットの各SNS上では様々な噂話が流れ、空母が損傷したかのような流言飛語が飛び交っていましたが(過去の関係無い船の火災事故の画像やゲームの動画が多数UPされてしまう)、6月2日の衛星画像を見る限り噂話は全て事実ではなく空母は無傷のようです」

 ネットではしょうさんのことを、陰謀論者と攻撃する投稿がありました。

 これに関して、真実はどうなのかと思っていたのですが、ベンジャミン・フルフォード氏の6月10日のメルマガに以下の記述が載っていました。


 ・・・<『ベンジャミン・フルフォード氏の6月10日のメルマガ』から抜粋開始>・・・

さらに5月31日、イエメンの親イラン武装組織:フーシ派が「米海軍の空母ドワイト・D・アイゼンハワーとその他の軍艦を攻撃した」と発表している。これについて、アメリカ政府は「空母アイゼンハワーに対するいかなる攻撃も行われていない」とフーシ派の攻撃そのものを否定しているが、CIA筋によると「沈没はしていないが、損傷が酷く、廃船になった…」という。

フーシ派の機関紙:アルマシラ(almasirah)は、今回のアイゼンハワーへの攻撃は「海におけるアメリカの軍事支配の終わり」を意味すると述べ、これは「アメリカ帝国にとっての重大な地政学的崩壊」だと言い放っている。

https://english.almasirah.net.ye/post/40374/US-Fails-to-Hide-the-Slap-Yemen-s-Attack-on-the-Eisenhower-Echoes-Worldwide

いずれにせよ、これでアメリカ政府は「空母アイゼンハワーによる攻撃」という脅しのカードを世界に対して使えなくなった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ベンジャミン・フルフォード氏の情報源は、米空母アイゼンハワーがフーシ派によって攻撃され損傷したというは事実だとしています。
 しかし以下のような報道もあります。
 フーシ派が攻撃したと主張した数日後に、米空母アイゼンハワーと伊空母カヴールが合同演習を実施したというのです。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/d71ed28eb072146f54df599962e4a34870168986

 上記記事では、米空母アイゼンハワーは無傷だと主張しています。
 ただし私は、こうしたメインメディアの報道を鵜呑みにしてはいけないと思っています。
 新型コロナ報道で、メインメディアは公然と嘘をつくということを私たちは学びました。

 もし、米空母アイゼンハワーが攻撃を受け損傷したことが事実であれば、世界は大きく動くと思うのです。
 戦後79年続いた、“世界一の軍事力を持つアメリカ”という神話が崩れ去ることになるからです。そうなると、今後、国際関係において、これまでの常識では考えられないことが起きることが予想されます。
 真実は、時間が掛かることはあっても、必ず明らかになるといいます。

 米空母アイゼンハワーが今後、どこに向かうかが注目されます。
 再びイエメン沖でフーシ派の攻撃射程内の海上で睨みを効かすのか、それとも修理(または廃船)の為にアメリカに向かうのか(空母アイゼンハワーの母港は、アメリカのバージニア州のノーフォーク海軍基地)。
 これからの情報を追っていきたいと思っています。



虫の話

 私は、東京から長野県の茅野に引っ越す際に決めたことがあります。
 それは、虫と共存するということです(好きになるということではありません)。
 東京のような大都会に住むのであれば、虫の害に悩まされることは少ないと思います(ゴキブリ以外は)。一方、田舎であれば家の中にどんどん虫が入ってくるでしょうから、虫を「無視」するわけにはいきません(面白くないけど、座布団1枚!)。
 私は、家の中に入ってきた虫をできるだけ殺さないように、外に出すことにしようと決めたのです。
 虫が好きという人は少数派で、多くの人は好きではないか、そこそこ平気といった具合ではないでしょうか。
 私は九州にいた幼少期はカブトムシやクワガタを捕って遊んでいたのですが、蜘蛛が嫌いでした。でも今回、田舎に住む以上、たとえ蜘蛛であっても殺さずに外に出そうと決めたのです。

 まず第一に、その蜘蛛が我が家のトイレの天井に巣を作りました。
 けっこう大きい蜘蛛だったので、「ああ、この蜘蛛はここでは生活できないだろうな……」と思ったのです。
 昔のポットン便所なら、ハエなどの虫が大量に集まってきたでしょうが、今は水洗の時代です。また昔と違って部屋の密閉性が高く、迷い込んでくる虫はあまりいません。
 トイレの蜘蛛を発見してから1週間ほど経ったあと、ちょっと驚くことがありました。
 いつもはトイレの天井の巣にいるその蜘蛛が、私がドアを開けるとちょうど私の目線の高さに居たのです。目の前に突然、天井から垂れ下がった蜘蛛が現れる形になり、びっくりしてしまいました。
 その蜘蛛は私の至近距離にいるにもかかわらず、逃げようともせず、じっとしています。
 私はその瞬間、蜘蛛の気持ちがわかった気がしたのです。
 「ここでは食べていけません! 外に出して下さい!」
 と言っているように感じたのです。
 そこで、コップで蜘蛛を捕えて、窓から外に出しました(もちろん蜘蛛は全く逃げる素振りもありませんでした)。
 私が一つ学んだことは、こちらが敵意を示さなければ、虫は攻撃してこないどころか、人間に従順になるということです。
 これが次の蜂事件に繋がります。

 ある日、部屋の天井灯が壊れ、電気屋さんに来てもらったことがありました。
 その電気屋さん、部屋に入るなり、「蜂に刺された!」と声を上げたのです。なんと私の家の玄関ドア近くに蜂の巣が3つもあるというのです。
 玄関ドアの近くに蜂の巣があるというのは大問題ですが、それが3つもあるというのは尋常ではありません。
 電気屋さんに言われて確認したのですが、本当に蜂の巣が3つありました。
 しかもその一つは、私の玄関ドアから1mしか離れていなかったのです。
 私は、これはやばいことになったと思いました。
 業者に頼んで、蜂の巣を駆除することも考えました。
 もしスズメ蜂だったら、業者に頼んで駆除してもらうしかありません。刺されたら命にかかわるからです。しかし、その蜂は比較的小さく、刺されても痛いだけで、命にかかわることはなさそうです。
 そして、ここで蜘蛛の件を思い出しました。
 こちらが敵意を示さなければ、虫は攻撃してこないと思いだしたのです。
 そこで、この考えが正しいか、この蜂で試すことにしました。

 最初は小さかった蜂の巣は、どんどん大きくなっていきました。
 そして巣の周りはたくさんの働き蜂がうごめくようになっていきました。私は蜂が近くにいたら、できるだけ早い動きはしないことと、近くに来た蜂を手で払う動作をしないようにしました。
 数か月そうした状態が続いたのですが、私が攻撃してこないと蜂は納得したようで、何度もニアミスしたことがあったのですが大丈夫でした。
 蜂たちは、家の住人が私であることを受け入れたかのようでした。
 そうこうするうちに秋の台風シーズンが来て、玄関ドア近くの蜂の巣は台風の強烈な風で壁から落ちてしまいました。
 落ちた蜂の巣を見てみると、中に蜂は一匹もいません。
 どうやら、巣を見限ってどこかに行ってしまったようです。
 私は記念に、その蜂の巣をとっておくことにしました。
 これが次の女王蜂事件に繋がります。

 玄関ドアの蜂の巣が落ちてから数日後の朝、窓を開けようとすると窓の網戸に大きな蜂(3〜4cm)がいて、ぎょっとなってしまいました。
 よく観ると、女王蜂のようです。
 もしかすると、私が拾った蜂の巣の女王蜂だったのかもしれません。
 網戸に張り付いて歩いていて、まるで「部屋の中に入れて!」と言っているような気がしました。
 とはいえ、こんな大きな蜂ですから、網戸はもちろん窓の隙間を通るはずもなく、私は安心していました。
 ところが別の部屋に行って戻ってきた瞬間、私はわが目を疑うことになりました。
 その大きな女王蜂が部屋の中にいたのです。
 誓っていいますが、そんな大きな蜂が外から部屋の中に入る隙間はありません。
 もちろん、窓は開けていませんでした。数ミリの小さい虫なら、窓やドアの隙間を通れますが、数センチの巨大な女王蜂なのです。

 この女王蜂は、瞬間的な空間移動ができるんじゃないか……、と私は思ってしまいました。
 とはいえ、蜂の超能力の話などの前に、私はやることがありました。
 いくら蜂と共存するといっても、部屋の中に蜂の巣を作らせるわけにはいきません。
 私は、その女王蜂をコップを使って捕まえて、外に出しました。
 その後、私はしばらく虫の超能力について考え込んでしまいました。
 もし虫には人間がまだ把握していない未知の超能力があると言われたら、私は「そう思います!」と答えると思います。

 ごく最近の話ですが、またしてもトイレの天井に蜘蛛が巣を作りました(前回よりは一回り小さい蜘蛛)。
 私は、今度はその蜘蛛に話しかけることにしました。
 「君い〜、ここでは君の生活は成り立たないよ〜」
 とにかく、トイレの密閉性が高く、中に餌となる虫が入り込む余地がほとんどないのです。
 するとやはり数日後、朝トイレに入ろうとした私の目の前にその蜘蛛は天井から糸を垂らして現れました。
 私には、「ここでは食べていけない。外に出して〜」と言っているように見えました。
 そこでまたコップに入れて外に出しました。
 「新天地で頑張ってね〜」と声を掛けながら。

 私が嫌いな蜘蛛でも大事に扱うようになったのは、きっかけがありました。
 ゲリースクールの同級生から聞いた話ですが、彼は部屋の中に迷い込んだ蜘蛛に向かって、「さあ、おいで」と優しく語りかけ、手の平をさしのべたそうです。するとその蜘蛛は、自ら彼の手の平に乗ってきたそうです。
 私は、まだまだ彼のレベルには達していないと思っています。



令和の米騒動?

 「令和の米騒動」が始まる兆候かもしれない、という話です。
 私が住んでいる長野県茅野のアパートの前は、普通に田んぼがあり、米作りをしています。
 それゆえ、近所のスーパーで米が不足するのは、都会のスーパーよりずっと後だろうと思っていました。
 しかし先日、スーパーに行って、驚きました。
 スーパーの米の棚に、「一家族2つまで」といった購入制限の張り紙がしてあったのです。
 以前スーパーに行ったときは、特定の銘柄が無くなっていて、どうやら米不足の兆候が出始めたと思っていたのですが、今回は無くなった銘柄が2〜3と増えていました。
 後日、教えてもらったのですが、昨年夏の異常高温で、日本一の米どころの新潟で記録的な不作になったことが原因のようです。
 都会のスーパーでは、まだ購入制限は行われていないようです。

 不足し始めたのは米だけではないようです。
 以下、「ここみちゃんネル」さんの情報を元にお伝えします。

 日本の太平洋側の海の温度が高く、魚の回遊路が変わったようで、魚が捕れなくなってきているそうです。
 また温度が高いので、「海苔」が育たなくなっているそうです。
 米不足に加えて海苔不足で、ネットでは、弁当屋の定番の「海苔弁」がそのうち無くなるといった話が出ています。

 さらに大豆の価格が上がっているようで、醤油が2割上がったそうです。
 味噌もこれから上がることが予想されます。
 味噌の備蓄としてお勧めなのが、「仕込み味噌」です。
 2年前は20kgが8千円ぐらいで買えたのですが、今年は1万円になっていました。

 また、梅が不作です。
 私は毎年、梅雨の時期に梅干し作りをしているのですが、去年は10kgで8千円ぐらいだったのですが、今年は1万円になっていました(味噌と同じで2割高)。

 あと、人間には必須ということで、塩の備蓄もしています。
 理由はわかりませんが、私が愛用しているモンゴル岩塩「モンゴル秘境の甘い岩塩」の値段が、3年前と比べて5倍程度に跳ね上がっています。
 そこで、業務用のモンゴル岩塩20kgを8千円で購入しました。
 不思議と、ヒマラヤ岩塩は上がっていないように見えます。

 去年は、鶏卵が不足し、値段がどんどん上がっていきました。
 今年は、鶏卵に加えて鶏肉が不足するようです。
 日本の鶏肉輸入相手国の1位はブラジルですが(7割)、そのブラジル南部で大洪水が起こり、鶏肉の生産が大幅に落ち込むことが確実になっているそうです。
 またネットで、資源・食糧問題研究所の柴田代表の言葉として、「南部は鶏だけでなく、鶏の飼料も生産しているため、影響は大きい。価格は上がらざるを得ない」とありました。
 となると、日本で生産している鶏肉にも大きく影響してきます。
 焼き鳥屋は、存亡の危機を迎えるかもしれません。

 またブラジルというと、コーヒーやオレンジですが、すでにコーヒーやオレンジは品不足が顕在化しているそうです。

 再び米の話に戻りますが、私はワイドショーで米不足の報道はないか観てみました。
 すると、農水省は、「令和の米騒動にはならない」と言っていることがわかりました。
 私は、テレビの報道を一切信用していません。
 mRNAワクチンで国民を騙し続けたのは、政府・行政とマスコミです。
 農水省がわざわざ大丈夫と言っているのですから、本当は危ないのではないか、と考えてしまいます。
 政府の備蓄米は100万トンと言われていますが、これは緊急時に学校などの公共施設に回されるでしょうから、頼りは180万トンと言われる民間備蓄です(「ここみちゃんネル」さんより)。
 日本の米の年間消費量は約800万トンです。
 180万トンは、約2.7ヶ月分の相当します。
 ですから、今年の米が平年並みだったら、新米が登場する秋には米不足は解消することになります。
 しかし、今年の夏が去年のように猛暑だったら、大いに危なくなります。
 「のぶみチャンネル」さんで、今年の夏は去年を上回るほどの猛暑になると言っている子供がいて、気になります。
 今は6月中旬ですが、すでに日本の各所で30℃を超える真夏日を迎えています。どうも、猛暑となる気配が濃厚です(長期予報でも、今年の夏は暑いとなっています)。

 今年が昨年並みの猛暑となってしまうと、秋から米不足が深刻化することになります。
 農水省は、平成の米騒動のようにはならないと言っていますが、それは今年、米が平年並みに収穫できることが前提です。
 しかし、今年、平年並みに収穫できる保証はあるのでしょうか。

https://www.fnn.jp/articles/-/712500

 私たちにできることは、米が買える今のうちに買っておいて備蓄しておくことです(長期保存できる真空パックがお勧めです)。
 もうすでにかなり値段が上がっているので、買うのを躊躇するかもしれません。
 しかし品物があるうちが“華”です。
 スーパーの棚から姿を消したら、もう買えないのですから。

 「ここみちゃんネル」さんは凄腕のプレッパーですから、食料だけでなく、あらゆる生活用品を備蓄しているそうです。
 私も最悪のケースを想定して、トイレットペーパーやテッシュはもちろんのこと、歯ブラシ、洗剤などの生活用品も備蓄しようと思っています。


 (2024年6月15日)





未接種の部屋(6月4日更新)

よろず屋寸話録(2024年)

よろず屋寸話録(2023年)

よろず屋寸話録(2022年)

よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー

.



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。