あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2019年5月25日



私の「無」放射能生活



 今回の記事は、2019年4月8日の「今、そこにある危機」の第2弾です。
 「今、そこにある危機」の中で私は、数年前から頭の毛が頭皮ごと剥がれてしまう症状に悩まされていると書きました。
 髪が部分的にごっそり抜け、円形脱毛症が3つもあるという有様になってしまいました。
 その後、驚くべき変化があったので報告します。
 体内に放射能を摂り入れないようにしたら、その症状がピタリと無くなったのです。
 症状が無くなったどころか、少しずつ新たに髪の毛が生えてくるようになりました。さらに、その髪の毛は以前と比べて太く黒くなり、本来はこんな髪の毛だったのかと感心しています。
 徐々に髪に生命力が出てきた感じです。
 原因は放射能だったのです。
 ついに長年の謎が解けたという思いでした。
 この記事を読まれている訪問者の方々の中で、髪の毛が抜ける症状に悩まされている方もおられるかもしれません。若い女性で、薄毛に悩まれている方が多いと聞いたことがあります。そういう方は、放射能の影響を考慮されてみてはどうでしょうか。
 女性の場合、放射能の汚染源は乳製品の可能性が高いと思います。
 福島第一原子力発電所(以下、フクイチ)近くの農場で生産された牛乳は、ほとんどヨーグルトやチーズといった乳製品に加工されるといいます。乳製品を毎日食べている女性は多いはずです。そうした方は、例えば北海道の農場で育てられた牛から作られたヨーグルトやチーズに替えてみて下さい。あるいは、ちょっとお高めで知られる「成城石井」で売っている外国産のチーズを替えてみるという手があります。私はチーズが放射能の汚染源かどうか確かめる為に、ヨーロッパ産のチーズを毎日食べるようにしています。ついでに言うと、「成城石井」で売っているオランダ産のゴーダチーズは、300gで540円と、日本産よりも安いぐらいの価格なので、試しやすいと思います。

 これから私が考えた放射能に関する話をしていきますが、私が実際に体験したもの以外は、私の推測となります。
 推測ですから、「これは、お前の勝手な妄想だ!」と決め付けていただいてもいっこうに構いません。
 そもそも私が記事を書くのは情報の提供が目的で、読んだ方がその情報をどのように使うかは全く関知しない方針です。実際のところ、この記事の内容を読んだ方の多くは、私の誇大妄想と思われるでしょう。しかし中には、直感でビビッと来る方もおられるかもしれません。私は、そうした方の為に記事を書いていこうと思っています。

 最近、フクイチの放射能のニュースを聞くことは、めっきり少なくなくなりました。
 まるで放射能の問題など無くなったかのようです。
 しかし事実をおさらいすると、けっしてそんなことはないことがわかります。
 1986年に起こったチェルノブイリの原発事故は、1週間で石棺に成功して収束しました。それにも関わらず、30年以上経った今でも半径30km圏内は立ち入り禁止となっています。
 フクイチは、8年経った今でも3基の原子炉に近づくことさえできず、放射能がダダ漏れ状態です。東京電力の廃炉計画は2050年代です。これから30年以上も、こうした放射能ダダ漏れ状態が続きます。当時、人類最大の放射能汚染と言われたチェルノブイリを、遥かに凌駕する規模の汚染が続いているのです。私達の生活に関係ないことなど有り得ない話です。
 安倍首相はオリンピックほしさに、フクイチはアンダーコントロール(管理下)であると世界に向かって宣言しました。原子炉に近づくことさえできず、放射能がダダ漏れ状態を、アンダーコントロールとは言いません。私は、安倍首相は世界に大嘘をついた日本の政治家として、長らく歴史に名を残すだろうと思っています。

 キーワードはストロンチウムと内部被曝です。
 聞きなれたセシウムではありません。
 原子炉事故により、様々な放射性核種が出ましたが、放射性セシウムはその放射性核種の1つに過ぎません。また放射性セシウムは電磁波(ガンマ線)の外部被曝であり、ある意味で一過性ですが、放射性ストロンチウムはベータ線(高速の電子の流れ)であり体内に入った場合(内部被曝)、その深刻さは桁違いと言われています(注1)。そうした理由により、放射性ストロンチウムの毒性は放射性セシウムの数百倍と言われています。
 ストロンチウムはセシウムよりはるかに水に溶けやすく、フクイチ近辺から地下水脈を通じて、広く拡散していると言われています(現在進行形です)。
 それゆえフクイチがある東北の南部と関東圏にある食品メーカーで作られる加工食品の中には、地下水を汚染源として放射性ストロンチウムが含まれている可能性があります。
 ただしこれはロシアンルーレットだと私は思います。
 地表からは、地下水がどのように混ざり合っているか全くわかりません。安全なものも多いと思いますが、汚染されているものがないとは言い切れないのです。
 また関東圏の水源の汚染もあると思います。
 前回の記事「今、そこにある危機」で紹介した水道水のセシウムの汚染状況ですが、一番高い数値で、2017年9月の東京都葛飾区のセシウムの濃度値571.84Bq/kg(ベクレル/kg)でした。
 通常、飲料水の安全基準として10Bq/kgと言われているので、この数値は異常に高いものです。
 農林水産省の見解として、ストロンチウムの濃度を測定しないのは、セシウムの濃度の10分の1程度と見積もっているからだといいます。
 かりに農林水産省の見解が正しく、セシウムの10分の1程度の量だとしても、その毒性がセシウムの数百倍であったら、気休めにもなりません。
 私は水源が放射性ストロンチウムに汚染されているのは確実とみています。
 そうでないと、J天堂大学のS医師が指摘したように、関東圏の住民の2人に1人が放射性ストロンチウムに汚染されているという事実が説明できないと思うからです。
 政府はセシウムは基準値を設け検査もしているのに、ストロンチウムに関しては基準値すら設けようとしません。セシウムの数百倍の毒性があるのに基準値すら設けないというのは、異常としか言いようがありません。
 この理由として当初政府は、ストロンチウムの検査は3週間以上も掛かると言い訳していたそうです。しかしアメリカのスリーエム社が1週間でできる検査方法を開発したにもかかわらず、実施しようとしません(注2)。私は政府は、実際はストロンチウムの数値を握っていると思っています。しかし発表できないのだろうと思います。発表すれば、来年の東京オリンピックは100%中止に追い込まれるでしょう。さらに東北南部や関東圏に住んでいる人はパニックになって、大混乱に陥りかねません。首都機能もマヒするかもしれません。発表できないのが実情だと推測しています。
 先日、鳩山元首相が、海外のマスコミで東京オリンピックのことを「放射能オリンピック」と報道していると指摘して、話題になりました。こんなことは日本のマスコミは一言も言いません。日本のマスコミは、北朝鮮並みの報道管制が敷かれているようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000077-dal-ent

 広島、長崎原爆のとき、放射能を浴びた住民の多くから髪の毛が抜けたという報告がありました。
 では、関東圏の人々がなぜ同じ報告をしていないのでしょうか。
 これは私の推測です。
 一つは原爆のように短い時間に大量に被曝したケースと、日々の飲食から徐々に被曝していったケースでは、症状が違ってくる可能性があります。当然ながら関東圏の被曝はゆっくりとしたものなので、抜け毛や薄毛といった程度のものではないかと想像しています。徐々に抜けていくので、気づきにくいのではないでしょうか。
 それともう一つは、戦前の人々は、無添加の食事をしていたからだと睨んでいます。戦前の時代には、添加物はありませんでした(あるいは非常に少なかった)。それゆえ、体内に毒物が取り込まれた際に、健全な防御反応が起きたのだと思います。
 ところが現代人は、恐ろしい量の危険な添加物を日々摂り続けています。それで毒物が体内に入ってきても、マヒしてしまって正常な反応ができなくなってしまっているのではないかと考えています。
 症状は軽くても、毒物が身体に入っている事実は変えようがありません。そうした場合、体調が悪いと思って病院で検査したら、突然医者から「あなたは白血病です」とか、「あなたはガンです」と言われるのではないかと思うのです。
 水泳の池江璃花子さんや歌手の岡本孝子さんの白血病は、そうした可能性があるように思えます。
 特に池江璃花子さんはオリンピックでメダルが期待されているような超一流のアスリートです。当然ながら食事には注意を払っていたはずです。それだけに白血病の宣告は、ショックだったに違いありません。
 抗がん剤の治療など行わず、食事を「無」放射能なものに替えるだけで、元々体力があるのですから、劇的に回復する可能性があると思うと本当に残念です。

 では、私がどのように「無」放射能生活を実践したか紹介していきます。
 以前の記事「今、そこにある危機」と重複する部分があることを、ご了承ください。

 基本は、関東圏の食品工場で生産された飲食物は、できる限り食べないようにしました。
 加工食品は、元々無添加生活をしていたので、ほとんど買いません。

 主食の米は、九州産の自然栽培の玄米です。外食する場合は、米の産地がわからないものは食べません。フクイチ近くで生産された米は政府が備蓄米として買い上げ、それを社員食堂や学校給食など、大量に米を消費する施設に安く卸しているといいます。
 それゆえ外食で米を食べる際は、「うちは魚沼産のコシヒカリしか使わない」といったこだわりの店に限るようにしています。
 さらに政府の備蓄米以外の米は、米を原料とした餅やせんべいなどの加工食品になるというので、米の加工食品は全く食べません。

 肉も、必ず産地を見ます。
 産地が書いてないバラ肉などは買いません。肉はあまり食べないのですが、これまで買ったのはオーストラリア産の牛肉と、青森県産の鳥肉です。ちなみにイオンで売っていた抗生物質や遺伝子組み替えの飼料を与えていないオージービーフは、値段は国産より安いので驚きました。ただ、ちょっと固くて食べにくいという難点がありました。

 魚は、貝や海藻を含めて国内産は買いません。外食の際は、産地が外国とわかれば食べますが、わからないと食べません。家で食べる際は、オランダ産のアジ、ロシア産のサケ、ノルウェー産のサバなどを選びます(安いですし)。アメリカ産のホッケは、太平洋全体に汚染が広がって、ハワイやアメリカ西海岸でもフクイチのセシウムが検出されているというので、なるべく食べないようにしています。

 ビールはアイルランド産の黒ビールと、ドイツ産のビール(ラーデベルガー)を飲んでいます。このラーデベルガーは、ビールの本場ドイツで一番飲まれているとのことで、買ってみました。個人的な好みですが、ドイツのビールは小麦の味が強く、私はあっさりしたアメリカ産のバドワイザーの方が好きです。
 日本酒は兵庫県産、焼酎は九州産です。

 野菜ですが、私は野菜はストロンチウムの汚染は少ないのではないかと(確たる理由はないのに勝手に)思っています。それで野菜に関しては、いまのところ産地で選んでいません。
 しいて言えば理屈は、ストロンチウムは主に地下水が汚染源だと睨んでいるからです。
 野菜は、基本的に天然の雨で育っている(地下水ではない)から大丈夫だと考えるのは大甘でしょうか。今のところ野菜に関しては対策をしていませんが、今後情報が入れば方針を変えるかもしれません(ある方は、野菜を重曹入りの水で洗っているそうです)。

 大いに悩んでいるのが、動物系の骨でとるスープや、小魚や鰹節、昆布でとった出汁です。
 ストロンチウムはカルシウムと似た構造を持っているので、骨に付着しやすいといいます。それゆえストロンチウムを警告する人は、豚骨ラーメンは食べてはいけないと言っています。
 しかし骨に吸着しやすく容易に離れないのなら、出汁をとっても流れ出さないのではないかという気もするのです(セシウムは流れ出すでしょうが)。
 こんなことを言うと、自分に都合の良いように解釈し過ぎと怒られそうです。どなたか、情報を持っている方がいたら、教えていただけると幸いです。
 そんなわけで、今のところ蕎麦やうどんの汁に関しては対策を取っていません。


 結局のところ、政府がストロンチウムの濃度を発表しないので、こうした極端な方法を取らざるを得ませんでした。
 政府がストロンチウムの基準値を決め、きちんと検査を行って安全とされたものであれば食べられます。しかしそうした数値が全くないので、東北南部と関東圏で生産された食品を基本的に排除せざるを得なかったのです。

 ここで風評被害に関して一言です。
 こうした記事を書くと、必ず風評被害だという指摘が起きてくるはずです。
 風評被害だと指摘する為には、以下の2点が前提となります。

@ 政府が放射性ストロンチウムの安全基準を定める。

A その基準対し、実際に食品の検査をして安全性を発表する。

 Aの安全性が確認された食品に対し、私が「危険だ」と言ったら、それを風評被害と言います。
 しかし政府は、放射性ストロンチウムに対し、@もAも行っていません。
 つまり風評被害かどうかの判定基準が存在しないのです。それゆえ風評被害かどうかなど、議論すらできません。
 私は、本当に政府に放射性ストロンチウムの安全基準を設定してもらい、個々の食品の残留量を測定して発表してほしいと願っています。
 そうなれば、どれが安全でどれが危険かわかるので、消費者としてはこれほど安心なことはありません。
 というか、これこそ国民の安心・安全を守る政府の一番大事な仕事ではないでしょうか。
 ロシアンルーレットなど、したくはないのです。

 最後に生命の基本ともいえる水についての話題です。
 水の放射能汚染を避ける便利な方法があります。
 それは家庭で蒸留水を作る方法です。
 私はディディミ(8〜10万円)という機器を使っていますが、台湾製で3万円で買える機器があります。蒸留水精製器は掃除が大変だと言われていますが、掃除をしなくてもよい裏技があるので、お教えします。
 蒸留水精製器とコンセントタイマー(千円〜2千円)を併用します。
 蒸留水を作る際に、なべ底に深さ1cm程度の残り水が残る程度の時間にコンセントタイマーをセットします。
 自動的に電源が切れたら、蒸留水精製器の本体のなべ底に溜まった水はそのまま放置します。次に使う時に、その残り水を捨てるようにします。そうすると、残り水が、なべ底にカルシウムなどの老廃物が固形化するのを防いでくれるのです。こうすると掃除をしなくても済むようになります。
 私はこの方法で、もう何年も蒸留水精製器の掃除をしていません。
 水は生活の中で大量に使います。
 家族がいたら、家族全員分の料理をペットボトルで賄うと費用が高くつきます。
 安い台湾製の蒸留水精製器を使えば、初期投資だけで済みます。ランニングコストの電気代は、たいしたことはありません。

 こうしたことを実践するのは、慣れれば別ですが、最初は大変かもしれません。
 しかし、ことは命に関わる問題です。
 この記事を読んでビビッときた方、抜け毛、薄毛に悩んでいる方は一度試してみられてはと思います。

 * * *

 先日、電車に乗って帰宅するところで、小学生の低学年と思われる、あどけない女の子3人が乗り込んできて無邪気に遊んでいました。
 私はそれを見ていて、ふと、「こんな子たちが食べる給食に、放射性物質を入れたらいかんだろう!」という思いが湧きあがってきました。
 彼女たちは、次の日本の未来そのものです。
 太平洋戦争のとき、わずか一銭五輪の葉書で召集された日本人は、南方の島々で玉砕を命じられました。弾薬が尽きたとき、日本刀を振りかざして敵陣に突っ込むことを強要されたのです(降伏するという手段もあったのに)。機関銃を構えている敵陣に突っ込むことは、死ねということと同じです。
 今の日本政府も、当時とメンタリティが同じではないかという気がします。
 ただし標語が違います。
 当時は、「天皇陛下、万歳!」でした。
 今は、「食べて応援!」でしょうか。


(注1)
 原爆の材料であるプルトニウムやウランなども放射能核種です。アルファ線(ヘリウム原子核)を放射します。
 ストロンチウムも含めてこうした核種がフクイチから放出された可能性は高いはずなのに、それに対する調査、研究が行政によって全く行われていないという事実は、何を物語るのでしょうか。

(注2)
 放射性ストロンチウムに関しては、以下のサイトが参考になります。

http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4cee.html


(2019年5月25日)





よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。