あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年7月12日



信用創造という詐欺システム



 私は今、世界的な金融システムの大変革が起こるのではないかと考えています。
 現在の金融システムは行き詰まり、崩壊の危機にあるという話はよく聞きます。現在の金融システムが持続不可能なのは、天文学的な規模に膨らんだ借金(日本円で2京7200兆円:2019年)にあるともいいます。もはや返済不能に陥った世界中の中央銀行や金融機関、企業の負債は金融時限爆弾として、崩壊の時期が刻一刻と迫っているといいます。
 しかしそうした話を聞く度に、私がいつも思うことがあります。
 「現在の金融システムが崩壊するのはわかった。じゃあ、次の金融システムはどうなるの?」
 と、いうことです。
 「崩壊が迫っている!」と騒ぐ人は多いですが、次の金融システムはどうなると答えてくれる人は皆無に近いと感じています。
 そんななか、若林栄四氏は、「金本位制(きんほんいせい)で再生するしかない」と言っています。
 この金本位制は、次の新たな金融システムを考える際に大きなヒントになる気がします。

 今回の記事は、崩壊の危機に瀕しているという現在の金融システムについてです。
 現在の金融システムの本質を一言でいうと、「信用創造」だと言えます。
 その「信用創造」の中にこそ、なぜ崩壊するのかという答えが秘められていると考えています。

 では、今回も『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』(船瀬俊介著、成甲書房)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p43〜p50から抜粋開始>・・・

 「信用創造」、銀行のペテン
 “空気”を貸してカネを盗る

 銀行はどうして儲かっているのか?

 長い間、不思議だった。
 銀行は、どうして儲かっているのだろう?
 どの銀行も駅前一等地に、豪華なビルで、そびえている。
 一流銀行の支店長などは、年収、ン千万円と聞く。
 どうして、銀行はあんなに儲かっているのだろう?
 どうして銀行員は、あんなに高給なのか?
 不思議だった。
 物書きのわたしの主な収入源は、原稿料である。
 400字1枚の原稿を書いて、ン千円もらえれば、ありがたい。
 昔から「ペンは一本、箸は二本」と言われてきた。物書きで食っていくのは難儀だ……というたとえである。
 そんな、物書きの世界から見ると、銀行員などは別世界である。
 これは他の職場の労働者から見ても同じだろう。
 ラーメン屋の親父は、1日100杯以上のラーメンを汗水流してこさえて、やっとこさの生活が成り立っている。
 原稿も書かず、ラーメンも作らず、それでいて銀行員はリッチなのだ。
 いったい、どうしてだろう? 不思議だった。
 銀行の利益は、顧客が預けた預金を企業などに貸し付け、その利子で成り立つ……。
 こう学校で教わった。なるほど、他人から預かったお金を、回して、金を儲けているのか?
 しかし、それにつけても昨今の低金利である。
 年利1〜2%……で貸し付けて、いったい利益が出るのか?
 ひとごとながら、心配になる……。
 それでも、銀行が潰れたという話は最近聞かない。
 実に不思議だ……。

 “空気”を貸してカネ、土地を奪う

 「それは『信用創造』があるからですよ」
 わたしが主宰する船瀬塾、塾生のTさん(52歳)の話は、驚くべきものだった。まず、「信用創造」という言葉自体が初耳だった。
 「ボクも2年くらい前に、初めて知って呆然(ぼうぜん)としました」
 一流企業のサラリーマンTさんも、それまでまったく知らなかった。
 思わず、身を乗り出して聞き耳を立てる。
 「そりゃ、いったい何だい?」
 Tさんは、素っ頓狂な声をあげた。
 「エッ、エエー! 船瀬先生も知らなかったんですか?」
 「あたりまえだ。オレだって、知らないことはあるよ」
 それから、彼が話す内容は、まさに耳を疑うものだった。
 「銀行には、預金がありますよね」
 「そうだ。銀行は、それを貸して儲けてるんだろ?」
 「それが違うんですよ。わかりやすくいえば、たとえば1億円の預金残高があれば、100億円、貸し出せる」
 「100倍じゃないか! そりゃおかしいだろ。残り99億円は、いったいどこから降ってきたんだ?」
 「まあ……、空中から生まれたようなものですよ」
 「なんだとぉ。それじゃあ“空気”を貸してるのと同じじゃねぇか」
 「はやくいえば、そうです。“空気”を貸して、利子と返済金を受け取っている」
 「オイオイ、そりゃあ、詐欺じゃあねぇか!」
 「そうですよね。詐欺ですよ。だけど、それは合法なんです」
 呆れて、声も出ない。
 Tさんも首を振りながら続ける。
 「たとえば、住宅ローンが返済不能となりますよね」
 「すると、担保の土地と家を銀行に取られちまう」
 「そう。“空気”を貸して、土地と家……つまり、実体価値を手に入れる」
 「……そりゃ、立派な犯罪だよ……(絶句)」
 「だけど、合法なんです。資本主義は、それで成り立っている」
 「なら、資本主義が、詐欺システムなんだ」
 「そういうことになりますね……」

 預金準備率0.8%、125倍も荒稼ぎ!

 長生きはするものだ……という。
 しかし、68歳になるまで、そんなペテンシステムが存在することすら、知らなかった。
 「当たり前ですよ。新聞、テレビは一切触れない。大学の経済学部でも教えない。それどころか、当の銀行員ですら、その仕組みは、ほとんど知らない」
 Tさんは続ける。
 つまり“空気”を貸して、カネを盗る。
 “無”から“有”を生じさせる。
 まさに、マジック(魔法)というより、ペテン……究極のサギ犯罪である。
 銀行が一等地に建つはずである。
 銀行員がリッチなはずだ。
 Tさんによれば、貸出の基礎となるのが預金準備率という。
 Tさんの調べによると、「現在の預金準備率は0.8%です。だから、預金残高の125倍、貸し出せる」
 100億円の頭金がある銀行なら、その125倍の1兆2500億円まで、自由に貸し付けることができる。
 つまり、手元資金の100倍以上の価値を、労せずして手にする。
 フクラシ粉で、パンを100倍にふくらますようなものだ。
 「だから、銀行は、なかなか預金の引き出しに応じないでしょう。使用目的とか、いちいち聞いてくる。預金残高が減るからですよ」
 フクラシ粉の“パン種”を死守しているわけだ。

 キツネが木の葉で人を騙すのと同じ

 これが、銀行という金融業の錬金術……というより犯罪手口なのだ。
 大学の経済学部で、「信用創造」を教えないのも当然だ。
 銀行業界の正体が、実はサギ業界だった……という驚愕(きょうがく)の事実がバレてしまうからだ。
 マスコミも、そのマジックに触れることはタブー中のタブーだ。
 資本主義システムが、驚天動地のサギ犯罪システムであったことがすっかり明るみに出てしまう。
 これには、あきれた……。
 「子どもだまし」−−−という言葉がある。
 人類とは、ここまで無知でオロカな存在なのか……。
 しかし人々は、この現代社会最大タブー、「信用創造」の存在に気づき始めている。
 「……大西つねきさんという方が、『信用創造』を真っ向から批判しています。彼は、フェア党という政党を作って立候補してまで、訴え続けています。『私が総理大臣ならこうする』という著書がありますよ」(Tさん)
 この言葉には、勇気づけられた。
 熱血の同志が、他にも、やはりいたのだ。
 経歴をみると1964年生まれ、JPモルガンやバンカース・トラスト銀行などを経た金融のスペシャリスト。彼はこう主張している。
 「……資本主義は我々を幸せにするだろうか?」「格差はなぜ拡大するのか?」「日本人は300兆円以上、ただ働き?」「我々は何のために生き、死ぬのか?」
 彼は、ブログで「信用創造」を“ネズミ講サギ”と告発し、その「総元締めは、現代金融制度だった」と一刀両断している。
 「信用創造」とは……?
 「何もないところから、お金を作り出す仕組みのことです。もしかしたら、皆さんは、キツネにつままれたような気分かもしれません。何なんだ、その手品のようなシステムは!? でも、これが今のお金の発行の仕組みなんです」(大西氏)
 キツネは、人を化かすとき、木の葉をおカネに変える、という。
 まさに、同じたぶらかしの呪術を銀行は、日々、行っているのである。
 Tさんは、最後に皮肉な笑いとともにつぶやいた。
 「……これが、ロスチャイルドがつくった金融システムの正体ですよ」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大西つねきさんは、「信用創造」を“ネズミ講サギ”と告発しています。
 そのシステムを作ったのが、ロスチャイルトだといいます。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p50〜p56から抜粋開始>・・・

 真実は「言ってはいけない」「触れてはいけない」

 ここまで指摘されても、銀行家などは怒り、居直るだろう。
 「……何が悪い。詐欺など言いがかりだ。『信用創造』は法で認められた制度だ。“空気”を貸しているなど、でたらめだ。われわれは、日銀から資金を借り受け、それを貸し付けているのだ。当然、われわれは、日銀に金利を払っておる」
 さあ、ここで登場した日銀つまり日本銀行が、クセモノなのである。
 “かれら”は、その「信用創造」というサギ犯罪は、日銀(中央銀行)もグルである……と白状している。
 そもそも中央銀行とは、いったい何だろう?
 「……国家や一定の地域の金融システムの中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策もつかさどるために『通貨の番人』とも呼ばれる」(Wikipediaより)
 これでも、漠然としている。
 「……その国や地域で通貨として利用される銀行券(通貨、貨幣)を発行する『発券銀行』である。市中銀行に対しては、預金を受け入れるとともに、最後の貸し手として資金を貸し出す『銀行の銀行』であり、国の預金を受け入れることで政府の資金を管理する『政府の銀行』という立場を保つ」(同)
 ここまで読んでも、肝心の「信用創造」という用語はいっさい出てこない。
 さらに、解説を読む。
 「……中央銀行は、金融政策を通じて、物価の安定に対して責任を負っている。また金融に関して独自の判断をする、という位置づけで、政府から独立した存在である、ことが求められている」
 「各国の中央銀行総裁と財務大臣が、一堂に会して経済・金融問題について話し合う財務大臣・中央銀行総裁会議が、G7、G10、G20として定期的に開催されている」
 ついに、「信用創造」という単語は、いっさい出ずじまいだ。
 それは、「言ってはいけない」「触れてはいけない」……暗黙のタブーなのだ。

 M・ロスチャイルドの至言「通貨発行権を我に与えよ」

 さらに、この「解説」からは、重大な真実が抜け落ちている。
 つまり、故意に“隠されている”。
 それは、先進諸国の中央銀行は例外なく民間企業、つまり−−株式会社である−−という事実だ。
 あなたは日銀は、公共機関だと、ずっと思ってきたはずだ。
 「国家機関だから、当然、政府や裁判所などと同様に、公共組織だろう」
 99%の国民は、いまだそう思っているはずだ。
 なぜなら、ニュースでは、日銀は黒田東彦(はるひこ)総裁が仕切っている……ことになっている。
 しかし、正確にいえば、日本銀行は、株式会社日本銀行であり、黒田氏の正式の肩書きは、黒田代表取締役社長なのだ。
 だから、ニュースは正確に「株式会社日本銀行の黒田社長……」と、呼ばなければならない。
 日銀広報は、そっけなく、こう記述している。
 「日本銀行は、特別の法律(日本銀行法)により設立された認可法人です。日銀は株式会社ではないので株主総会もありません」(要約)
 これは、ウソである。
 株主総会も、株主公開の義務も負わない“特殊な株式会社”なのである。
 しかし、そんなことは、メディアは一切報道しない。政府も一切もらさない。
 わたしの手元に一冊の大部の本がある。
 『民間が所有する中央銀行』(ユースタス・マリンズ著、面影橋出版)
 著者ユースタス・マリンズは、知る人ぞ知るジャーナリストである。
 世界の“闇の勢力”の実態を暴き続けてきた勇気の人である。
 わたしは、彼を大先達の著述家として尊敬してやまない。
 歴史の闇を、彼ほど克明に鋭く、暴き続けてきた人物は、世界広しといえども他にいない。
 世界の歴史学者たちは、彼の著作群の前に、顔色をなくし、ひれ伏すであろう。
 さて−−−。
 彼の衝撃著作『民間が所有する中央銀行』……。
 このタイトルだけでは、何のことか分からない人もいるだろう。
 歴史的に有名な言葉がある。
 「……通貨発行権を我に与えよ。さすれば、法律などだれが作ろうと構わぬ」
 これは、世界最大の超財閥、初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの台詞(せりふ)だ。
 つまり、ここでロスチャイルド一族は、「通貨発行権を掌握することこそ、国家を支配することである」と明言しているのだ。
 ここでいう通貨とは、紙幣のことである。
 つまりは、“紙切れ”である。
 その紙切れに通貨の模様を印刷すれば、それは、貨幣という価値を持つ。
 掛かる経費は、印刷コストだけ。それで、紙切れが、有価物に“化ける”のだ。
 まさに、気の遠くなる奇跡の“錬金術”である。
 なんの価値もないその“紙切れ”を国家や国民や企業に、担保を取って貸し付ける。
 これこそが、「信用創造」の目の眩(くら)む魔法なのだ。
 初代ロスチャイルドは、こうも宣言している。
 「……わが財力は、いかなる奸智(かんち)や権力をしても、打ち払えぬほどの威力を獲得するであろう。その時機まで、存在を隠していなければならない」
 これは1773年の「マイヤー・ロスチャイルド世界革命行動計画」25項目中の一文である。
 彼は、この極秘戦略で“かれら(フリーメイソン)”以外の人類を「ゴイム(獣)」と呼び捨てにしている。
 つまり“かれら”にとって、人類とは、騙し脅して、死ぬまで労働搾取する“家畜”にすぎないのだ。
 ときに初代ロスチャイルド、30歳。莫大な資金力を背景に12人のブレインを招集し、人類支配「計画」を策定したのだ。その第一歩が中央銀行の乗っ取りだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「信用創造」のおかげで、100億円持っている銀行は、1兆2500億円貸し付けることができます。
 持っていない分のお金を貸し付けるということは、無から有を生み出すことになるわけで、それゆえに「創造」されたお金です。
 「信用創造」の対極にあるのが、金本位制(きんほんいせい)です。
 金本位制では、その国が所持している金(キン)の量で刷れるお金の上限が決まってしまう為、勝手にお金を増やすことができません。なぜなら、要求があれば、お札と金(キン)の交換に応じなければならないからです。
 現在の金融システムの問題点の一つが、この「信用創造」だといえます。

 もう一つの問題点は、お金を発行する権利が、その国の行政機関にあるのではなく、一部の民間の超大富豪達にあることです。
 1万円を1枚刷る原価(印刷、紙代)は、19円だそうです。
 100ドルの印刷代は、3セントだと聞きました。
 紙幣に印刷された額と印刷代との差額を得ることを、シニョリッジ特権といいます。これは通貨発行権を持っていた中世の封建領主の特権から来た言葉だそうです。
 通貨の発行を行い、それを政府に国債を発行させて貸し出すことにより、政府から金利を取ることができます。ここにも「信用創造」と同じように、無から有を生み出す錬金術があります。
 こうした特権を国が有するのではなく、一部の特定の民間人が持っていて、その国の国民が汗水垂らして生み出した莫大な富を吸い上げているというのは、いかにも奇怪なことです。
 その中央銀行のアメリカのFRBが、ついにトランプ大統領によって国有化されたという話があります(事実なら驚くべきことです)。
 新たな金融システムが起動しているかもしれないという気がしています。

 私は今の詐欺的な金融システムが崩壊するのは必然だと思っていますが、問題は次に来る新たな金融システムがどういうものか、ということです。個人的には、それはGESARA/NESARAではないかと思っています(あくまでも個人的意見です)。
 GESARA(ゲサラ)の先頭の「G」はグローバルの頭文字で、NESARA(ネサラ)の先頭の「N]はナショナルの頭文字で、両者は世界か国かという違いだけで同じものです(今後はNESARAで統一)。
 そんなわけで、私は最近、NESARAの勉強をしています。
 現在の金融システムが崩壊の危機に瀕した原因の一つとして、通貨発行量の上限が撤廃されたことはすでに述べました。それが天文学的な負債(借金)を生み出す元となりました。
 第二次世界大戦の終わりに近づいた1944年に制定されたブレトンウッズ体制は、ドルの金本位制でした。戦後、円は1ドル360円で間接的に、金(キン)と結びついていました。
 しかし1971年のニクソンショックにより、ドルは金本位制で無くなり、その国が所持する金の量と無関係に刷ることにできる不換紙幣(フィアットマネー)となりました。これが際限のない、お札の印刷を招く元凶となったといえます。

 NESARAは金本位制です。
 ただし、(私が勉強したところによれば)その国が所有する金の量で通貨の発行量が決まるのではなく、その国全体の資産の量を金の価格に反映し、その(例えば)100倍の量の通貨を発行してもよいということらしいです。
 その国の資産というのは、原油や天然ガスなどのエネルギー資源、金や銀、レアメタルなどの鉱物資源はもちろん、環境資源も含まれます。砂漠で何もない土地もあれば、アマゾンのような豊かな森林資源もあります。またただの山林と、豊かな農産物を産出する農地も同じ評価とはいきません。さらに、日本人のように、勤勉で高品質な工業製品を生み出す生産性の高い人的資源も評価の対象となるようです。
 こうしたあらゆる資源を金(キン)の価格にいったん置き換え、その額の(例えば)100倍までの通貨を発行できるというシステムのようです。
 そうなると(私の頭には)二つのことが浮かんできます。
 一つは、世界中の国々が金本位制を採用することになると、金(キン)の価格は、上昇というレベルを超えて、暴騰することになるだろうということです。
 もう一つは、「金利」という概念が無くなるということです。NESARAシステムであれば、インフレは起こりようがありません。これまでのように、通貨の価値が時間と伴に下がっていくということが起こらないからです。
 今の銀行は、金利の低い長期の債権(国債など)を買い入れ、金利の高い短期の貸し出し(企業や個人に貸し出すローン)との金利差によって利益を得るビジネスモデルでした。
 金利が無くなることによって、長短金利の差を取るというビジネスモデルが成り立たなくなります。そうなると、銀行は投資によって利益を出すというシステムになるのだろうと思います。

 このようにNESARAを起こす為には、その国のトータルの資源の評価を正しく行わなければなりません。
 それがRVと呼ばれるもののようです。
 RV(リバリュエーション)とは、通貨の評価替えという意味らしいです。
 現在は、その国の資源に対し異常に低い評価となっている国があり、その国の通貨を再評価する作業を行っているらしいです。
 すでにクウェートのディナールと、ジンバブエのドルでRVが行われたといいます。これから世界のすべての国で、RVが行われるのかもしれません。

 NESARAが起こる時期ですが、私は2025年あたりに設定されているのではないかと想像しています。
 以前、日本の銀行をターゲットにしたBIS規制というものがありました。
 自己資本比率が8%に満たない銀行は、国際業務ができないという規制です。これと似ているのですが、現在はバーゼル3という規制があるといいます。
 これは自己資本比率が8%に満たない銀行は、銀行業務から撤退させるというものらしいです。銀行業務から撤退というのは倒産を意味しますから、銀行にとっては死活問題です。
 ですから銀行は今、必死になって自己資本比率が8%を超えるようにがんばっているらしいのです。
 銀行預金は、預ける私たちからすると資産ですが、銀行からは負債です。逆に、私たちが銀行から借りたら借金(負債)ですが、銀行からすると資産です。
 自己資本比率とは、全体の貸し出しに対する資産の割り合いなので、銀行は今、貸し出しという資産を増やさざるをえない状況です。
 ですから、今は銀行からは、とてもお金を借りやすいという話を聞きました。

 このバーゼル3ですが、私はNESARAと何らかの関係があると思っています。
 バーゼル3によって、銀行の財務体質を改善させ、NESARA後の新たな金融システムに生き残れるようにする為でしょうか。
 バーゼル3が施行されるのが2025年だといいます。
 そういえば、日本の新札が発行されるのが2024年ですが、こうした動きと連動しているのかもしれません。


(2020年7月12日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。