あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年7月18日



『エイリアンインタビュー』(さらばエアル編)


 これまで『エイリアンインタビュー』の記事をいくつか書いてきましたが、今回はその締めくくり編です(と言いつつ、また書くかもしれませんが)。
 『エイリアンインタビュー』の記事を読まれていない方は、まずそちらを読んでいただければと思います。用語の解説もそちらを参照していただければと思います。

 今回の記事は、情報というよりも物語です。
 私は1947年7月のロズウェルのUFO墜落は実際に起こったことであり、3体のETのうち、1体が生き残って米軍のインタビューを受けたという話は真実だと思っています(米軍は公式には観測気球の回収と発表)。
 今回紹介するのは、映画としてはありそうですが、本当にこんなことがあるんだと感心してしまう物語です。
 すでに『エイリアンインタビュー』を読まれた方は結末を知っておられるので、『エイリアンインタビュー』を読まれていない方に読んでいただければと思います。

 まず簡単に、事の概略をお話しします。
 今から8266年前、ドメインの遠征隊(一個大隊、3000名)がパキスタンとアフガニスタンの国境近くのヒマラヤ山脈に、基地を建設します。
 ドメインは気付いていなかったのですが、すでに火星に「旧帝国」の基地があり、その「旧帝国」の奇襲を受けてドメイン遠征隊は全滅します。
 その頃、地球は「旧帝国」によって、魂(エアルはIS−BEと呼ぶ)の捨て場であり、流刑地となっていました。
 その為、命を落としたドメイン遠征隊の3000名の魂は、ホモ・サピエンスの身体に輪廻する魂の監獄システムに捕らえられてしまいます。
 ドメインは、遠征隊3000名の魂を探しますが、なかなか見付けることができないでいました。
 今回の記事は、こうしたことを前提として読んでいただければと思います。

 次のエアルのインタビュー内容は、米軍を震撼とさせたようです。エアルの魂(IS−BE)が24時間以内に、彼女のドールボディ(身体)から立ち去ると明言したからです。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p163〜p165から抜粋開始>・・・

 第十三章
 未来のレッスン
 (マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 この記録もまた自明であると思います。私はエアルの正確なコミュニケーションを可能な限り、忠実に伝えました。エアルがこのインタビューの中で言ったことの軍事的な含みの可能性について私の上官たちはとても警戒しました。

 (インタビューの公式記録文書)
 機密
 合衆国陸軍航空隊公式記録文書
 ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊件名:エイリアンインタビュー、1947年7月31日、
 第一セッション


 真実は政治的、宗教的、または経済的な便宜の祭壇の上で生贅にされるべきではないというのが私の個人的な信念である。ドメインの士官、パイロットとエンジニアとしてドメインにとってのより大きな視点から見た利益とドメインの所有物を守ることが私の義務である。しかしながら、我々は自分たちが気づいていない勢力から自分たちを守ることはできない。

 地球が他の文明から隔離されていることが、現時点で私があなたとたくさんの題目について話し合うことを妨げている。安全保障と外交儀礼が、私がドメインの計画と活動について最も一般的で大まかな発言以上のことを明らかにすることを妨げている。しかしながら、私はあなたにとって有用であるかもしれない情報をいくつかあなたに与えることができる。

 私はすぐに「宇宙ステーション」での私に割り当てられた任務に戻らなければならない。ドメイン軍の士官、パイロットとエンジニアとしての私の義務の要件と制限を考えれば、私はあなたに論理的に与えても良いと感じた助力はできるだけ与えた。そのため私は、IS−BEとして次の24時間以内に地球から立ち去る。

(編集者の注釈:下記の複数の段落はマチルダがエアルとのインタビューに関して速記者に伝えた個人的な解説のようである。)

 これが意味するのは、エアルは彼女の「ドール」を私たちの元に置いて行くということです。なぜなら、彼女の宇宙船は修復できない程損傷しているからです。我々はその身体を好きなように検査し、解剖し、研究することができます。彼女にとってそれはもうこれ以上役に立たないものであり、さらに彼女は他の使える体をすぐに入手できるため、それに対して愛着のフィーリングも持っていません。

 しかし、エアルは体の中には地球の科学者たちにとって有用であるテクノロジーはないと勧告しています。この体のテクノロジーは単純ではあっても、それはあらゆる側面において、現時点で我々が持つ分析と模倣能力が計算できるものをはるかに超えています。その体は生物的でも、機械的でもありませんが、どのような地球型の惑星でも見つけることのできない材質と、古代のテクノロジーによる独特な制作物です。

 エアルが以前言及したように、ドメインの至る所ではとても厳格で独特な社会的、経済的、文化的な階級の階層があり、それは数千年間の間変化がなく、破られていない状態のままです。IS−BEの士官に割り当てられる体の種類と機能は、他のあらゆる軍事的な階級章と同じように一人ひとりのIS−BEの地位、階級、寿命、訓練のレベル、指揮のレベル、人事記録と獲得した称賛に値する勲功賞に従って、明確に変化します。

 エアルによって使われている体は、彼女の地位と階級の士官、パイロットとエンジニアのために特定に設計されています。墜落の中で破壊されてしまった彼女の同僚たちは同じ地位、または階級のものではなく、より下位の地位のものでした。そのため、それらの体の外見、特徴、構成と機能は特殊化されたものであり、彼らの任務の必要性に制限されていました。

 墜落の中で体が破損してしまった下級士官たちは自分たちの体から去り、宇宙ステーションでの彼らの任務に復帰しています。彼らの体が被った損傷は、彼らがより下位の士官たちであるというのが主な理由でした。彼らは部分的に生物的な体を使っており、そのためそれらは彼女のものよりもはるかに耐久性がなく、回復力もありませんでした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次のインタビューで、米軍はマチルダ氏に奇妙な要請を行います。
 エアルがこれまで行ってきた数々のインタビューの内容に対して、真実であることの証明としてエアルにサイン(署名)するようにマチルダ氏に要請してきたのです。
 たしかに地球上ではサインは裁判でも証拠として認められるように法的拘束力を持ちます。しかし、それはあくまでも地球上のことであって、私達とは全く違う社会の法体系を持つであろうETに、サインを求める行為は理解に苦しみます。
 しかしその後に米軍が起こしたことを考えると、エアルにサインを求めるという行為は、エアルをその場に引き留める策略だったという可能性が高そうです。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p171〜p177から抜粋開始>・・・

 第十四章
 エアルがインタビューの記録文書を審査する

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 私が前回のエアルとのインタビューを速記者に詳述するのを終えてから程なくして、私は基地の司令官のオフィスに緊急に呼び出されました。私は4人の重武装をした憲兵に護衛されました。私が到着した時、会議用のテーブルとイスが並べられた、大きな間に合わせのオフィスの中で座るように言われました。オフィスの中には私が様々な時に「ギャラリー」の中で見た数人の高官たちがいました。何人かは有名人であったため私は彼らに見覚えがありました。

 私はその男たちに紹介され、その中には以下の人たちが含まれていました:

 陸軍航空隊長官のシミングトン、ネイサン・トワイニング将軍、ジミー・ドゥーリットル将軍、バンデンブルグ将軍とノルスタッド将軍。

 大変驚いたことに、オフィスの中にはチャールズ・リンドバーグもいました。シミングトン長官はミスター・リンドバーグは合衆国空軍の幕僚長のコンサルタントとしてそこにいるのだと私に説明しました。部屋には他にも数人の男たちが居合せており、彼らは紹介されませんでした。彼らは士官たちの個人的な補佐官であるか、どこかの諜報機関のエージェントだったと私は推測します。

 長官や将軍たちからだけでなく、世界的に有名なミスター・リンドバーグやドゥーリットル将軍のような人たちからも突然これだけの注意を向けられたことは、他人の目を通して見ると私のエアルの「通訳者」としての役割がどれだけ非常に重要であるかということを私に気づかせました。それまでは私はこれについては末梢的な形でしか気づいていませんでした。これは、自分がこの驚くべき状況の詳細にあまりにも夢中になっていたからだと私は推測します。突然、私は自分の役割の大きさを理解し始めました。この会議にこの男たちが居合せたのは、部分的にはこの事実に自分の注意をひきつける意図があったのだと私は思います!

 長官は私に緊張しないように指示しました。私は何かを責められるのではないと彼は言いました。彼は私に、彼らが準備した質問のリストにそのエイリアンは答える意思があると思うか、と私に聞きました。彼らはエアル、空飛ぶ円盤、ドメインとインタビューの記録文書の中でエアルが暴露した他の多くの題目について、さらにたくさんの詳細を発見することを切望している、ということを彼は説明しました。もちろん彼らが主に興味を持っていたのは軍事的な安全保障と空飛ぶ円盤の構造に関する質問でした。

 エアルは質問に答えることに関して彼女の考え方を変えていないことを私は強く確信している、なぜなら彼女にギャラリーの男たちの意図を信頼させるような変化は何も起きていないからです、と私は彼らに言いました。私は彼女がもう既に話す気があり、論じる許可があるものはもう既にすべて伝えた、ということを繰り返しました。

 それにもかかわらず、彼らは私が再びエアルに彼女が質問に答えるかどうか聞くように主張しました。そしてもし、答えがまだ「いいえ」である場合、彼女に私のインタビューの「翻訳」の記録文書の写しを読む気があるのかどうかを私が聞くのでした。彼らが知りたかったのは、私たちのインタビューに関する私の理解と翻訳が正しいかどうかをエアルが立証するかどうかでした。

 エアルは英語をとても流陽に読むことができたため、エアルが記録文書を読み、書面で正しいかどうか立証する間、彼ら自身がそれを観察することを許されるだろうかと長官が聞きました。彼らは、彼女に記録文書の写しに「翻訳」が正しいかどうかを書き、記録文書の中で正しくないものは全て記録してほしかったのです。もちろん私には命令に従うしか選択はありませんでした。そして私は長官が求めたとおりにしました。

 私はサインをするためのページがある記録文書の写しを与えられ、それをエアルに見せるのでした。私はまた、エアルが審査を終えた後、記録文書の中の翻訳の全ては彼女によって補正された形で全て正しいと証言するため、表紙にもサインするようにエアルに要請せよと命令されました。

 約1時間後に将軍たちと(ミスター・リンドバーグも含まれると私は推測します)他の者たちを含むギャラリーのメンバーたちがギャラリー室のガラスを通して見ている中で、私は指示されたとおりに、エアルに渡すための記録文書の写しとサインするページを持ってインタビュー室に入りました。

 私は自分のいつもの椅子に行き、エアルから向かって4、5フィートに座りました。私は記録文書の封筒をエアルに提示し、テレパシーを通して長官から受け取った指示をエアルに伝えました。エアルは私を見て、封筒を受け取らずに見ました。

 エアルは「もしあなたがそれらを読み、あなたの判断でそれらが正確であるのであれば、私にそれらを審査する必要はない。その翻訳は正しい。あなたは忠実に私たちのコミュニケーションの記録を伝達したということをあなたの司令官に伝えて良い」と言いました。私は自分がそれを読み、それは私が記録文書のタイピストに伝えたことの全ての正確な記録です、とエアルに保証しました。

 「それではあなたは表紙にサインするでしょうか?」と私は聞きました。
 「いいえ。私はしない」とエアルは言いました。

 「なぜしないか聞いてもよろしいでしょうか?」と私は言いました。彼女がそのような簡単なことをやる気がない理由について、私は少し混乱していました。

 「もしあなたの司令官が、自分の職員が彼に正直で正確な報告をすることを信頼できないのであれば、ページに書かれた私のサインが彼にどれほどの信用を与えるのか? 彼が自分の忠実な職員を信頼しないのであれば、なぜ彼はドメインの士官によってページにつけられたインクの印を信頼するのか?」

 私はそれに対してなんと言えばいいのか分かりませんでした。私はエアルの理屈には反論できなかったし、彼女に無理やり文書にサインするようにすることもできませんでした。私は1分ほど自分の椅子に座って次にどうすればいいのか思いをめぐらしました。私はエアルにお礼を言い、自分の上官に次の指示を聞きに行かなければならないと伝えました。私は記録文書の封筒を自分の制服のジャケットの内側にある胸ポケットに入れて、椅子から立ち上がり始めました。

 その瞬間、ギャラリー室からのドアが勢いよく開かれたのです! 5人の重武装の憲兵が部屋の中に殺到しました! 白い研究所のコートを着た男が、彼らのすぐ後ろについてきました。彼は表面にたくさんのダイヤルのついた箱型の機械を乗せた小さなカートを押していました。

 私が反応できる前に憲兵の二人がエアルを掴み、私たちが一緒にインタビューを始めた最初の日から彼女が座っていた厚い詰め物をした椅子にしっかりと押さえつけました。他の二人の憲兵が私の肩を掴み、私の椅子に押し戻し、私をそこに押さえつけました。もう一人の憲兵はエアルの真正面に立ち、彼女の頭から6インチも離れないところから彼女に直接ライフルを向けました。

 研究所のコートを着た男は素早くカートをエアルの椅子の後ろに押して行きました。彼は手際よくエアルの頭の上に円形のヘッドバンドを乗せ、カートの上の機械に振り向きました。突然彼は「クリア」という言葉を叫びました。

 エアルを抑えていた兵士たちが彼女を離しました。その瞬間、私はエアルの体が硬直し、震えるのを見ました。これは15〜20秒間続きました。機械の技師は機械のつまみを回し、エアルの体は再び椅子に倒れこみました。数秒後、彼は再びつまみを回し、エアルの体は前回と同じように硬直しました。彼はこのプロセスをあと数回繰り返しました。

 私は自分の椅子の中に座って、その間ずっと憲兵たちに押さえつけられていました。そして私は何が起きているのかを理解することができませんでした。私は起きていることによって、怯えており、動けなくなっていたのです。私はそれを信じることができませんでした!

 数分後、白い研究所のコートを着た数人の他の男たちが部屋に入ってきました。彼らは手短に今や無気力に椅子の中に倒れこんでいるエアルを検査しました。彼らはお互いにいくつかの言葉をつぶやきました。男の一人がギャラリーの窓に向かって手を振りました。すぐに移動ベッドが二人の係員によって押されてきました。この男たちはエアルのぐったりした体を移動ベッドに持ち上げ、彼女の胸を横切るようにストラップで固定し、それを部屋から押し出して行きました。

 私はすぐに憲兵たちによってインタビュー室の外にエスコートされ、直接自分の部屋に連れていかれ、そこで憲兵がドアの外で守衛についたまま、私は自分の部屋の中に閉じ込められました。

 約30分が過ぎた後、私の部屋のドアにノックがありました。私がそれを開いた時、トワイニング将軍が白い研究所のコートを着た機械の技師と一緒に入ってきました。将軍はその男を私にウイルコックス医師として紹介しました。彼は私に、彼と医者に同行するように求めました。私たちは部屋から出て、その後に憲兵たちが続きました。施設の中を何回か曲がりながら通り抜けた後、エアルが移動ベッドの上で動かされた小さな部屋に入りました。

 将軍は、エアルとドメインは合衆国にとって甚大な軍事的脅威としてみなされていると私に言いました。エアルは、彼女がインタビューの中でそうすると言ったようにここから去って自分の基地に戻ることができないようにするために、「動けない状態」にされたのでした。エアルに、彼女が基地で過ごした間に観察したものを報告するのを許すことは、国家安全に対する甚大な危険をもたらすということでした。そのためこれを阻止するために断固たる行動が必要であると決定されたのでした。

 将軍はなぜこれが必要なのかを私は理解しているかどうか聞きました。私は理解していると言いましたが、それが少しでも必要であるとは全く同意しなかったし、インタビュー室の中でのエアルと私への「奇襲攻撃」にも確実に同意しませんでした! しかしながら、私はこれについては将軍に何も言いませんでした。なぜなら私が抗議したら私とエアルに何が起きるかとても怖かったからです。

 ウイルコックス医師は、私に移動ベッドに近づき、エアルの横に立つように求めました。エアルはベッドの上で完全に静止して動かない状態で横たわっていました。私は彼女が生きているのか死んでいるのかを見分けることはできませんでした。ベッドの向こう側には、彼らもまた医者であると私が推測した白い研究所のコートを着た数人の他の男たちが立っていました。彼らは二つの測定機器をエアルの頭、腕と胸につなげていました。私は自分の外科医の看護師としての訓練から、それらの機器の一つは脳の中の電気活動を検知するために使われる脳電図機械であると見分けがつきました。もう一つの機器は普通の病室にある生存兆候モニターであり、エアルが生物的な体を持っていないためそれは役に立たないということを私は知っていました。

 ウイルコックス医師は、軍の当局者たちに状況を見極め、エアルをどうするのかを決めるための時間を与えるために、彼女を十分に長い間抑える試みとして連続的に「軽い」電気ショックをエアルに施したのだと私に説明しました。

 彼は私に、エアルとテレパシーを通してコミュニケーションを試みるように求めました。

 私は数分間の間それを試しましたが、エアルからどのようなコミュニケーションも感じることができませんでした。私はエアルがもはや体の中にいるのかどうかすら感じることはできませんでした。

 「あなたは彼女を殺してしまったのだと思います」と私は医師に言いました。

 ウイルコックス医師は、エアルを彼らの監視下に置いたままにし、再びエアルとコミュニケーションを取ることを試みるために後ほどが戻ってくるように求められると私に言いました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、エアルが帰ってしまうことを恐れた米軍は、強引にエアルに電気ショックを与え、捉えようとします。
 しかしエアルは死んでしまったかのように、マチルダ氏の問いかけに答えなくなってしまいました。
 その後、マチルダ氏は米軍によって尋問を受けます。
 さらに嘘発見器にかけられ、最後は(自白用の)薬物を投与され、再び嘘発見器にかけられたのです。

 私は本の題名は忘れてしまったのですが、ロズウェルのUFO墜落で1体だけETが生き延びていたが、それもしばらくすると死んでしまったという記述を読んだ記憶があります。
 どうやらETは死んだのではなく、米軍によって「殺された」といったほうがより真実に近いようです。

 マチルダ氏によると、米軍はエアルからUFOの原理と安全保障に関する情報を得たかったようです。
 それにしてもこうした米軍の一連の行動には、貧弱な人間性というか、情けなくなるメンタリティを感じざるを得ません。
 自分達のほしい情報を得るために、いかなる手段を用いても構わないということでしょう。

 突飛な話と思われるかもしれませんが、私は311のとき旅行に来ていたドイツ人家族を助けた日本人の話を思い出しました。
 大地震で交通網がストップしてしまい途方に暮れていたドイツ人家族を、見知らぬ日本人が自宅に泊め、その後ドイツに帰れるように尽力した話です。お互いに言葉もわからぬ間柄でしたが、ドイツ人にとっては命の恩人となった物語でした。のちにドイツ人は、夕食に出してくれた日本酒が、とても美味しかったというエピソードを語っていました。
 こうした話は日本人であれば、当たり前となっていますが、ETでも同じだと思うのです。
 エアルは地球観測に為に飛んでいたUFOに雷が落ちて墜落するという不慮の事故に遭ったのです。
 そうして生き延びたのですから、311のドイツ人と同じように助けるべき存在です。
 エアルを安全な場所に確保し、無事にエアルの星に送りとどけるか、母船に戻れるように尽力してあげるべきだと思うのです。
 (米軍には絶対にできないと思いますが)そうした行動を取る選択肢もあったはずなのです。
 ET達は、今回の米軍の行動を、人類の精神性の低さと捉えるのは間違いありません。こうした点を克服しない限り、人類がETと正式に交流するなんて有り得ないと思うのです。
 エアルはそうした米軍の心底を見抜いていたのでしょう。エアルは、最後まで米軍の質問に答えることはありませんでした。

 話を戻したいと思います。
 さて、マチルダ氏とエアルは永遠の別れになってしまったのでしょうか。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p183〜p186から抜粋開始>・・・

 第十六章
 エアル立ち去る

 (マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 エアルがウイルコックス医師によって「活動不能」にされた後も、私はさらに3週間、ほとんど自分の部屋に監禁されている状態で基地に残りました。一日に一回私は、エアルがウイルコックス医師と私が思うに他の者たちによって常に監視されている状態でベッドの上で横たわっていた部屋まで護衛されました。私が部屋に行くたびに、私は再びエアルとコミュニケーションを試みるように求められました。毎回反応はありませんでした。これは私をとても悲しませました。日々が過ぎるにつれ私はどんどんとエアルが、それがその状態を表現する正しい言葉かどうか分かりませんが、「死んだ」ということを確信し、苦悩していきました。

 毎日私は自分のエアルとのインタビューの記録文書を読み返し、どうにかしてエアルとコミュニケーションを再開するために、私に何かを思い出させたり、助けたりしてくれるかもしれない手がかりを探しました。私は未だにエアルがサインするように求められた記録文書の写しが入っている封筒を所持していました。今日に至るまで私はなぜ誰も私にそれらを返還するように求めなかったのかは理解できません。あの興奮の中で記録文書の写しがあることを忘れてしまったのだと推測します。私はそれらを返還することを申し出ることはしませんでした。私は基地に滞在していた間、それらを自分のベッドのマットレスの下に隠していました。そして、それ以降ずっと持ち続けてきました。あなたがこれらの記録文書を見ることになる最初の人です。

 エアルの体は生物的でなかったため、医者たちはそれが動かない限り、体が生きているか死んでいるかを検知することはできませんでした。もちろん私はエアルがIS−BEとして意識的に体を動かしていなければ、体は動かないということを知っていました。

 私はこれをウイルコックス医師に説明しました。私は何回も彼に説明しました。毎回彼は私にどことなく人を見下したような微笑みを見せ、私の腕を軽く叩き、もう一度試したことについて私にお礼を言いました。

 3週目の終りに私はウイルコックス医師によって、この状況に対処できるより良い設備を持った、より大きな、より安全な軍事医療施設にエアルが動かされることが軍によって決められたため、私の貢献はもう必要ないと言われました。彼はその施設がどこに位置しているのかについては何も言いませんでした。

 それが私が最後にエアルのドール・ボディを見た時です。

 次の日、私はトワイニング将軍がサインした指令書を受け取りました。指令には、私が合衆国軍に対する軍務を完了し、正式にそれ以上の任務から放免され、名誉除隊と寛大な軍人恩給を受け取ることになると書かれていました。私はまた、軍によって移転され、適切な書類とともに新しい身元を与えられるとのことでした。

 私は指令書と一緒に、読んでサインするように指示された文書を受け取りました。それは機密保持誓約でした。その文書の言葉遣いは「法律用語」でいっぱいでしたが、私が自分の軍隊での勤務の間、見て、聞き、または体験したどのようなことも、誰にも決して話してはいけない−−さもなければアメリカ合衆国に対する反逆行為として死刑で罰っする−−という点はとてもはっきりとしていました!

 後で分かったことですが、私は連邦政府の証人保護プログラムに入れられました。ただしそれは、私が政府によって政府から守られるというものでした。言い換えれば、私は黙っている限り生きていられるということでした! 次の朝、私は小さな軍の輸送機に乗せられ、ある移転先に飛ばされました。様々な場所で短い期間滞在しては行ったり来たりした後、私は最終的にモンタナ州グラスゴーにあるフォートペック近辺に落ち着きました。

 私が輸送機に乗るようにスケジュールされていた日の前の夜、私がベッドの中で横になり、この事件の全てを熟考し、エアルと私に何が起きたのかについて思い巡らしていたら、私は突然エアルの「声」を聞きました。私は自分のベッドの中で直立して座り、寝室用のランプの光を入れました! 私は数秒間の間、部屋の中を必死に見回しました。その時、私はそれがIS−BEとしてのエアルだということに気づきました。もちろん彼女の体は私と一緒にその部屋の中にはありませんでした、またそうである必要もありませんでした。

 彼女は「こんにちは!」と言いました。彼女の思考の口調は簡素で友好的でした。それは間違いなくエアルでした。私はそれについてほんの少しも疑いはありませんでした!

 私は「エアル? あなたはまだここにいるの?」と考えました。彼女は「ここ」にはいるが、地球の体の中にはいないと答えました。インタビュー室で医者と憲兵たちが私たちを襲撃した時、彼女はドメインの基地にある自分の持ち場に戻ったのでした。彼女は、私が健康で無傷の状態で解放されるということを知覚することができて喜んでいました。

 私は彼女が彼らからどのように逃げたのかを不思議に思いました。彼らがショック・マシーンによってエアルにけがを負わせたかもしれないと心配していました。エアルは、ショックが施される前に体から去ることができ、体の中を流れる電流をかわすことができたと言いました。彼女は、自分は安全で自分のことは心配しなくても良いということを私に知らせたかったのです。控えめに言っても私はとても安心しました!

 私は再び彼女に会うことはできるだろうか? と私はエアルに聞きました。エアルは、私たちは二人ともIS−BEであると私を元気づけました。私たちは肉体ではない。今や彼女が私の時空の中の位置を見つけたため、私たちはこれからも常にコミュニケーションを取ることができるのでした。エアルは私に幸福を祈り、私の彼女とのコミュニケーションは当面は終わりました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで、『エイリアンインタビュー』の中の1947年時点の記事は終了します。
 次に紹介するのは、マチルダ氏が編集者(ローレンスR・スペンサー)に宛てた手紙です。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p187〜p188から抜粋開始>・・・

ミセス・マックエルロイからの追伸

編集者の注釈:私がミセス・マックコルロイから受け取った封筒の中には、手紙の原文、記録文書と他の説明文と一緒に「私は最後に読んで」と記された封筒が入っており、その中には以下のメッセージが入っていました。これがそのメッセージです:

 この封筒の中の他の文書は、1947年に起きたことに関しては、話の終りです。しかし、政府が私を最後の移転先に定住させた数か月後、私はエアルとのコミュニケーションを定期的に続けました。

 ロズウェルでの墜落からもう少しでちょうど40年になります。あれ以来私にとってはっきりとしたのは、私がエアルとテレパシーを通してコミュニケーションを取ることができたのには一つの理由があります:私は失われた大隊の3000人の人員の一人なのです。現時点では、ドメインのアヌンナキ派遣団と彼らの「生命の樹」探知装置の使用により地球での失われた大隊の人員は全員見つかりました。

 エアルとのコミュニケーションを通して、私は過去8000年間地球で過ごした様々な転生の記憶の一部を回復することができました。これらの記憶のほとんどは、遠い昔から起きてきた出来事に比べたら特段重要ではありませんが、私のIS−BEとしての自覚と能力を取り戻すために必要な踏み石でした。

 私はまた、ドメイン遠征軍での自分の転生をおぼろげにところどころ思い出すことができます。私はそこでも看護師でした。大抵の場合、私は昔から繰り返し、繰り返し、繰り返し看護師でした。私が看護師であることにこだわり続けるのは、それが私にとって馴染みのあるものだからです。そして私は人間、それから特に、手が晴乳類よりも虫のように見える体を持っているドメインにいる生物的な存在たちの種族の一員たちを助ける仕事が楽しいからです。そしてドールボディですらたまには修復が必要です。

 私が自分の過去を思い出せば思い出すほど、自分の人生の残りは未来にあるということに気づきます。永遠とは過去の中だけにあるのではありません。永遠とは未来にあるのです。現時点では私はまだ完全にドメインに復帰することはできません。我々が「旧帝国」のバリアを無効にすることができるまで、地球と呼ばれる生きた地獄の中で私は他のIS−BEたちと同じように永遠の禁固刑の判決を受けています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なんとマチルダ氏の魂は、ドメイン遠征隊3000名のうちの一人だったのです。
 なぜエアルがマチルダ氏にだけ(テレパシーで)話しかけ、様々な情報を伝えてきたか、わかった気がします。


(2018年7月18日)





よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。