あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年9月21日



努力なしに生きるということ



 神秘家のゲリー・ボーネルさんは、これからの時代は、努力なしに生きていく人と、努力して苦労しながら生きていく人に分かれていくと言っていました。
 こうした2極化に分かれていくという考え方は、ダリル・アンカがチャネリングしているバシャールが言っていることを思い出させます。
 バシャールは、今は同じ列車に乗っていても、ある駅からポジティブな世界とネガティブな世界に向かう列車に分かれると言っています。
 なるほど、そう言われれば、誰だってポジティブな世界に向かう列車に乗りたいと思うはずです。
 ゲリーさんは、ポジティブな世界に住むことを、努力なしに生きていくと表現したのだろうと思います。

 私は、この「努力なしに生きていく」という意味が、いまいちイメージが掴めていませんでした。
 そんな私が日常で体験したささいな出来事に中に、これがそうかも、と思うことがあったので、今回はそんな話題を紹介したいと思います。

 長い前置きで申し訳ありませんが、私がアルバイトで体験した出来事です。
 コンピューターの心臓部はCPU(中央演算装置)と言われていますが、PC(パーソナルコンピュター)のCPUはインテルやAMDがほぼ独占状態ですが、ワンチップマイコンと言われる工業機器などに搭載されるCPUは、様々なメーカーが生産しています。
 私は日立製のワンチップマイコンを使った機器のソフトウェアを書く仕事をしていました。
 私が社会に出た頃は、初めて一般向けのPC(特に日本電気が有名)が発売された頃でした。PCの黎明期にあたり、構造も単純で機能も限られていました。
 しかし、その後のデジタル技術の進歩は凄まじいものでした。
 その様をちょっとユニークな視点から指摘すると、当初、私が扱ったワンチップマイコンのマニュアル(取扱い説明書)の本の厚さは2〜3cmほどでした。
 それゆえ、気合いを入れて数日読み込むと、そのCPUのだいたいの機能は把握できました。しかし、今のCPUのマニュアル本の厚さは7cmにも達します。しかも小さな文字となってしまい、紙面いっぱいに並んだ文字を観ているだけで、読む気力が失せてしまいます。これは、ここ数十年の間にワンチップマイコンの機能が飛躍的に増したことを表しています。もちろんそのスピードも当初のものと比較して100倍を超えています。
 私の時代は本となったマニュアルを読み込むことが当たり前で、それゆえボロボロになったマニュアル本を見て、仕事をやっている感を感じたものでした。
 しかし今の技術者は、PDFとなったマニュアルをPC上で読むのが当たり前となっています。PDFの検索機能を使い、探したい項目をさっさっさと調べていく姿を見ていて、私は自分の時代が終わったと、しみじみと感じました。
 もう技術の第一線で自分が活躍する時代は過ぎたと妙に納得したのです。
 ところが、そんな私のようなロートルに仕事の依頼が来るのです。不思議に思って、なんで私に? と聞いたことがありました。その答えは、「人手がないんです」でした。
 なるほど、そうかもしれません。
 今の若い人は、華やかで、かつ億万長者も夢じゃない、ITの方の行くに決まっています。
 私がやっているような、泥臭くて、地味で、暗いイメージの仕事は見向きもされないというのは、大いに納得です。
 前置きが長くなりました。
 本題に入ります。
 私はCPUが思った動きをしないことに苦しんでいました。
 「このままでは納期に間に合わない」という思いが、頭を駆け巡りました。
 CPUに組み込まれた膨大な機能を上手く使えていないことは確かですが、その原因がわからず、悶々としていました。
 そんな私のところに、(技術の)マネージャーのAさんが声を掛けてきたのです。
 Aさんは、ハードウェアのプロで、敏腕で知られた人です。職場内で超忙しい人で、分刻みで行動しているような人です。
 そんな忙しいAさんの方から声を掛けてきたことが驚きだったのですが、私は行き詰っている状況を説明しました。するとAさんは、7cmの分厚いマニュアルをペラペラとめくって調べながら、私に思いもかけないアドバイスをくれたのです。
 私は、まさかそんな・・・、と思ったのですが、Aさんのアドバイス通りにやってみたら、CPUは見事に動いたのです。私は、「この人は、ほんとにすげーな・・・」と改めて感服してしまいました。
 そして、私の中で「これで納期に間に合う・・・」という安ど感が広がっていきました。

 スピリチュアル的な視点から言えば、意図の力を使って何かを実現する、あるいは自分の(霊的な)ガイドに今の苦境を乗り越えられるようにお願い(お祈り)するといったことがあります。
 私はどちらもしていません。
 私が苦しんでいたら、向こうから助け舟が来て、さっと助けてくれたのです。
 これって、努力なしに生きていける「流れ」かなと思ってしまいます。

 次に、やはり多くの人が直面する、お金の話題です。
 今の世で、お金の問題は避けて通れません。「努力なしに生きていける」というのが本当なら、お金で苦労することは無いはずです。
 お金の面で私が体験した銀にまつわる話です。
 この話は以前の記事にも書きましたが、再度紹介させていただきます。

@3年ほど前ですが、私は夢ワークに取り組んでいました。ある日、夢に男性が出てきて、私に、「銀を買え」と言ってきたのです。私は金(キン)ではなく銀というのが不思議で、「銀ですか?」と男性に確認しました。すると男性は、「銀だ」と答えたのです。
 夢ワークに取り組んでいた時に見た夢だったので、私はさっそく銀を買うことにしました。しかし、どのくらいの金額を買ったらいいのかわからず、考え込んでいました。

Aすると翌日の夢で、男性から「3分の1、買え」と言われたのです。
 そこで私は、投資に回せる資金の内、3分の1で銀を買うことにしました。その3分の1をさらに2つに分けて、半分で銀の現物を買い、残りの半分を証拠金として銀の先物を買いました。

B銀に投資したのはいいのですが、その後、銀はこれといった上昇もせず、かつ暴落もせず、いわいる鳴かず飛ばずの状態がずっと続いていました。

Cそんな中、新型コロナ騒動が起きたのです。
 その影響で私はアルバイトを失い、生活費をどうするかというリアルな問題に直面しました。そこで、銀の先物を処分して、証拠金を引き上げ、それを当面の生活費に充てることにしたのです。

D「よし、先物を売ろう!」と心に決めた瞬間、下を向いて道を歩いていた私の目に、銀色にキラキラと輝く直径1cmほどの星形のペンダントが飛び込んできたのです。私は、「あっ!」と思ったのですが、銀色にキラキラ輝くものを見せられた意味が瞬時にわかりました。「これから銀は暴騰するから、銀の先物を売るのは止めなさい」、という合図だと思ったのです。そこで先物は売らず、しばらく様子を見ることにしました。

E銀色に輝くペンダントを見たのは、梅雨の真っただ中の6月18日でした。6月18日以降の銀のチャートを見て下さい(1分単位でなく、1週間単位にして見て下さい)。

https://www.pwalker.jp/silver.htm

 それまで1オンス18ドル前後だったのに、いきなり26〜28ドルに暴騰したのです。

 私は、鳥肌が立つ思いでした。
 この銀の暴騰のおかげで、私は当面の生活費の心配から解放されたのです。

 この@〜Eの流れを見る限り、私は何の努力もしていません。ただ単に夢ワークと(霊的な)ガイドの指示通りに動いただけです。
 これも、「努力なしに生きていける」という流れに見えます。

 私は、今回の銀の件で根拠の無い自信が少しできた気がします。
 今後、お金に困った時があったら、どこからかお金が降ってくるんじゃないかとすら思えてきます。

 ゲリーさんは、「努力なしに生きていける」人は、必要な場所に適切なタイミングで居るようになると言っていました。
 例えば巨大地震がそうです。
 もし魂の計画として巨大地震を体験すると決まっているのであれば、必然的に地震が起こる時期に、その場所に居るようになるというわけです。しかし、そうした災害(危機)を体験しない計画であれば、不思議とそういう場所と時期を避けるようになるというわけです。「努力なしに生きていける」人は意識していなくても、そうした状況になるというのです。
 ですから引っ越しするという人生のイベントは、けっこう大きな意味を持つことが多いかもしれません。

 私の体験です。
 私が住んでいる東京のアパートの隣は空室になっていました。
 そこに、シングルマザーと思われる住人が引っ越してきました。そこで改めて気づいたことは、隣の住民の生活音(子供の声など)が筒抜けという安普請の造りだったということです。窓を閉めていても、隣の会話の内容がわかるくらい、声がダダ漏れで聞こえてきます。私は試しにマンションに住む知人に聞いてみたのですが、居住用のマンションの場合、隣の生活音が聞こえないように防音の配慮がなされた造りになっているそうです。知人は、長年住んでいても隣の生活音が気になったことはないと言われていました。
 私が住んでいるアパートは、建築費をけちったのでしょうか(一応鉄骨造りなのですが)。

 隣の生活音が聞こえるということは、こちらの生活音も隣に聞こえるということです。
 私は隣の住人に配慮して、なるべく生活音を出さないようにせざるを得ませんでした。以前は、夜遅くでもテレビを観ていられたのですが、そうもいかなくなりました。どうも家に帰っても、リラックスできないのです。私は、ここを出るタイミングが来たのかなあ、と考えるようになりました。
 そのタイミングで新型コロナ騒動が起こったのです。
 その影響でアルバイトを失い、生活費の安い田舎に引っ越すのは必然となりました。これも人生の流れかもと思っています。

 そこで田舎の物件を探しに行ったのですが、ある物件の内見が終わり、駅に向かって歩いていたときのことです。道で小さな2〜3歳くらいの子供を散歩させていた若いお母さんがいたのですが、突然その子供が私に向かって、思いっきり大きな声で「こんにちは!」と叫んだのです。びっくりして見たら、驚かせて御免なさいと私に頭を下げているお母さんの姿がありました。
 その時は気づかなかったのですが、これも「しるし」かもしれないと頭に閃きました。私が引っ越しする時期を迎えていること、そして私が訪れた地が引っ越し先として適切であることを知らせてくれたのではないかと思ったのです。
 その後、物件をいくつか内見して、以下の2つの有力候補に絞りました。

@ 駅に徒歩7〜8分と近く、一軒家なのに賃料が安い。一軒家なので、隣の生活音に悩むことは無さそうだ。しかし古い木造家屋で、すきま風が入ってきて、冬の厳しい寒さは辛いかもしれない。街中にあり、周りは家ばかりで自然は少ない。

A 駅に徒歩40分と遠いが、高台にあり周りの眺望が良い。軽量鉄骨のコンドミニアムタイプで、造りはしっかりしていて、すきま風に悩むことはなさそう。賃料はそれほど安くない。
 部屋はとてもきれいで、トイレはボタンが付いたタイプだし、浴槽は広く設備は文句なし。

 私が田舎に住む目的の一つは、生活費を抑えることだったので、@を選ぶことにしました。
 (以前の記事にも書きましたが)すると@の物件の大家さんが、新型コロナの感染者が増えている東京から来るということで心配になり、私にPCR検査を受けるように言ってきたわけです。
 私はPCR検査はウソ検査という立場ですので、その時点で、この話は無かったことにしてほしいと不動産屋さんに告げました。
 それでAを選んだのです。

 それから数日後のことです。
 今年の夏は大雨の被害が多かったですが、テレビを見ていた私は、速報としてテロップで流れたニュースに目が留まりました。私が引っ越す予定の地で、大雨の災害警報が出ていたのです。私は物件を案内してくれた不動産屋さんが、「この辺は水害の危険があるんですよ・・・」と言っていたことを思い出しました。駅近くの川が流れている一帯は低地で、過去に浸水被害があったと話していました。まさに@の物件がそうだったのです。
 幸いその時は浸水被害は無かったのですが、これからは台風や大雨の規模が一回り大きくなることが予想され、@は避けるべき物件だったのです。
 Aの物件を借りる際にもPCR検査を受けろと言われるのかと思ったのですが、コロナのコの字もなく、事務処理もスムーズに流れて借りることができました。
 やはり私は、「流れ」の中にいるのではないかという気がしてきました。
 つまり、本来住むべき場所に自動的に導かれている感じなのです。

 これは日常の些細な出来事で、気のせいと言われても仕方ないのですが、最近、望んだことが実現するスピードが増してきている気がするのです。
 例えば、私は新型コロナは詐欺という立場ですので、平気で飲み会などを行っています(自粛する気ゼロ)。
 そろそろ飲み会したいなあ、と思っていると、そのタイミングで知人からメールが来るということが普通に起きるのです。

 またトラブルを自然と避けるような流れに乗っているという体験もあります。
 飲み会の帰りの電車で、酔いも手伝い眠気に勝てず、寝てしまったことがありました(若い頃は、終点まで寝過ごしたことがあります)。
 そして、ハッとなって起きた瞬間、降りる駅に着いてドアが開いたのです。私はホームを歩きながら、そのあまりのタイミングの良さに驚いていました。
 人によっては、顕在意識は眠っていても、潜在意識は起きているから、自分が降りる駅で目を覚ますのは、そうした潜在意識によって説明できると言われるかもしれません。
 でも若い頃の私は乗り過ごしていたのです。
 やはり、今の「流れ」があるのではないかと思ってしまいます。

 いろいろ体験はありますが、はたしてゲリーさんが言う「努力なしに生きていく人」に私がなっているかというと、そこまでいってないんじゃないかという気もします。
 でも、日頃の生活の中で見過ごしてしまうような「しるし」に注意して、それに従っていると、自然と流れができ、「努力なしに生きていく」に近い体験ができるような気がします。


(2020年9月21日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。