あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年10月17日



動画:妄想戦争「DSのワクチン3年計画のシナリオ解読」



 シノケンさんの動画です。
 3部構成で、それぞれ YouTube での前置きと、ランブルでの本編があります。

@ 妄想戦争:「闇側のシナリオ入手」

 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=eZ6_vLx3CT4

 ランブル
https://rumble.com/vnpx6v-363.html?mref=hnqyz&mc=dimb1


A 妄想戦争! 闇のパンフを読み解け その2

 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=70MOWC9Vhdg

 ランブル
https://rumble.com/vnremr-363.html?mref=hnqyz&mc=dimb1


B 妄想戦争! 闇のパンフを読み解け その3

 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=A0Vj7ZHSXww

 ランブル
https://rumble.com/vnt727-39993343.html?mref=hnqyz&mc=dimb1


(2021年10月17日)


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

動画「コロアンティーナの大冒険」



 「沖縄おばば」さんの動画で紹介されていました。
 1回目打って、また打った人に、「なんでまたうってるの?」と聞きたくなりますね。

https://www.youtube.com/watch?v=KlyFdsxyDB4&t=0s


(2021年10月16日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

『炭が地球を救う』から



 新型コロナワクチンを打ってしまった人の排毒に「炭」が良いという話があったので、『炭が地球を救う』(岩熊裕明・上部一馬著、ヒカルランド)を読んでみました。
 とても興味深い内容でした。
 私が知らなかったことの一つに、炭はヨーロッパでは100年以上前から医薬として使われていたということです。私の中では炭は和のイメージが強かったので、ヨーロッパで古くから使われていたというのは意外でした。
 一般的な炭の効用と供に、少し抜粋してみます。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p183〜p186から抜粋開始>・・・

 V.竹炭が慢性病を駆逐、人間の健康を護る!!

 炭はヨーロッパで100年以上前から医薬として使われていた!

 さて、いよいよ炭の効用を明かす。この頁では、現実的な話をしよう。
 今日、炭が配合された商品としては、石鹸や消臭剤、浄水器のろ過材である活性炭、部屋の隅に置かれる備長炭、そして田んぼや畑、植木などの土壌改良剤などが知られるところだ。筆者は、炭の効用を知ったのは十数年ほど前のこと。
 日本薬局方に50年以上前、記載される『薬用炭』をオリゴマンナンで包み、健康食品として売り出されたのを取材したのが最初だった。この開発者こそ一流化学メーカーの開発部長を務め、今日の『人工透析膜等』を開発した故青柳重郎工学博士だった。
 ここで知ったのは、この『薬用炭』こそ解毒に最もふさわしい素材であることだ。ヨーロッパでは、何と100年以上の歴史を持っていることを知った。
 仮に農薬や睡眠薬などを誤って飲んだ場合、あるいはこれらを飲んで服毒自殺した場合、緊急救命医療に多く処方されるのがこの『薬用炭』であることだ。
 これを飲ませ、胃の中に入った農薬などの化学物質を吸着排毒した後に胃を洗浄することがわかった。
 つまり、『薬用炭』とは有害物質である残留農薬、食品に含まれる環境ホルモンや毒物・毒素、食品添加物、抗生物質、覚せい剤、抗ガン剤、下剤、水銀、ヒ素などを吸着、排毒できる効能効果を備え、医科向けの医薬品であったわけだ。
 『薬用炭』がなぜ、化学物質の吸着力が高いかと言えば、この炭は800度の高温で焼かれる。この高熱で炭の中の不純物がガスとなって放出、その跡に無数の極小の孔ができる。その壁面はもともと様々な物質と結合する力が強い炭素なので、薬用炭はさらに吸着力が高い。煙草のフィルターや冷蔵庫の消臭剤に活性炭が使われるのはこうした理由による。
 むろんのこと、腸内からこうした有害物質が除去されれば、腸壁が正常化し、腸が元々備えている機能が蘇生する。
 その機能とはタンパク質や脂肪などの各種栄養素を見分け、膵臓から肝臓に指令を出し、消化酵素を分泌、消化吸収を高めたり、発ガン物質や有害物質を分解、排泄したりする。また、ビタミン・ミネラルなども合成、高コレステロールの低下作用や適正体重のコントロール作用まである。
 また、腸内に入った物質を吸収してよいものか、それとも排泄した方がよいのか判別する能力をも備えている。これが“腸は第2の脳”と称されるゆえんだ。
 さらには腸管に70%集まるとされる免疫細胞が細菌やウイルスの侵入など、外敵から体内を守る作用も有しているのだ。
 近年、大腸ガンが男女とも増加傾向だが、前出の青柳重郎工学博士は、「腸壁が残留農薬や防腐剤、着色料などの食品添加物、抗生物質やホルモン剤、様々な医薬品などの化学物質で破壊され、腸内が悪玉菌の温床になってしまい、免疫力が低下していることが大きな原因である」と指摘されていた。
 したがって、現在猛威を振るっているコロナウイルスであっても、免疫機能が正常化していれば、感染及び発症を阻止することができる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『炭が地球を救う』は、岩熊裕明氏(通称、くまちゃん)が開発した竹から炭を作る「環炭くん」という機器が紹介されていて、それがとても優れ物のようです。
 テレビでは、芸能人が炭作りの挑戦する企画が時々流されていますが、2日間寝ずに火元の番をするなど、かなり大変だということが伝わってきます。
 ところが岩熊氏が作った「環炭くん」は、自燃式(電気や化石燃料を使わない)なので燃焼による有害物質が発生しない上に、乾燥させた竹を入れて後はマッチで火をつければ半日から1日で勝手に出来上がるのだそうです。
 つまり有難いことに炭焼きの熟練の技は必要なく、竹炭とともに竹酢液なども自動的に採取してくれるというのです。

 いつもであれば、ここでは「環炭くん」や、竹炭がいかに健康や土壌改良に良いかといった話を紹介するのですが、今回はちょっと別の視点にスポットを当ててみたいと思います。
 それは、岩熊裕明氏の学生時代のエピソードがとても面白かったのです。
 出来た製品よりも、それを作った人物に興味が湧いたので、今回はその視点から紹介したいと思います。

 では、岩熊氏の学生時代のエピソードを紹介させていただきたいと思います。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p45〜p52から抜粋開始>・・・

 V.一度決めたら翻意しない!

 高校に入学、あまりにも汚いトイレを掃除したら、柔道部からリンチを受けた!

 一度決めたら翻意しないというのが“くまちゃん”の真骨頂だ。それは、小学校時代にまで遡る。長男で弱虫、さらにいじめられっ子だった。女の子にまで虐められ、泣いて帰ったこともあった。なぜかサボテンの花に惹かれ、盆栽の収集に熱中したこともその一つ。それが高じた中高時代にはさらにエスカレート、今度は蘭の美しさに心を奪われ、盆栽集めに熱中、まさに“ボンサイ”が花開いた。
 ところが、進学した柔道で全国に名高い久留米市の名門校に通って間もない頃、部室側のトイレがあまりにも汚かったことに気がついた。床にはタバコの吸い殻が散乱、掃除などされたこともないあり様だった。
 今日では、高校生で喫煙が見つかったら、停学処分を食らう。まさに無法者が巣くう高校だったわけだ。
 こんな校舎で過ごしたくはない。“くまちゃん”は、翌朝5時の始発に乗って、校舎に一番乗り。汚いトイレをキレイにしてしまった。
 ところが、1時限目が終わった休み時間に柔道部負が現れた。「放課後、柔道部室に来るように!」とのことだった。
 何だろうと思って行ってみれば、部員総出で殴る、蹴るのリンチが待っていた。“くまちゃん”はボコボコにされ、顔面は腫れあがり、血みどろ。
 トイレをキレイにしたことで恨まれる筋合いはなかったが、相手はゴリラと大して変わらない柔道部員である。トイレでタバコを吸い、荒れ放題にしても学校から何も言われないことへの変なプライドが伝統となっていたのだ。
 “くまちゃん”が生まれたのは昭和26年のこと。戦争で負けて6年しかたっていない。この世代は、全共闘世代の名残がある。いまだに強度のコンプレックス、貧しさに劣等感を抱いているのが少なくない。
 今日のように、テレビゲームやファミコンがあるわけでもない。遊びと言えば、町のゴロツキとの喧嘩、あるいは気に食わない奴がいたら、ぶん殴るのが当たり前の風潮だった。ましてや、今日のように女の子と手を繋いでいようものなら、校舎裏で鉄拳制裁が待っている。これが当たり前の世界だった。
 娯楽などあろうはずがない。ただ、鬱屈した心情を喧嘩で相手をやりこめることで解消することが唯一の慰めだったのかもしれない。

 全国大会で負けたことがない柔道部の猛者を大外刈りで跳ね飛ばした!

 ボコボコにされた新入生の“くまちゃん”は、翌朝これを学校に訴えた。暴行に加わった柔道部員はすかさず注意された。
 しかし、このことで“くまちゃん”への暴行、嫌がらせに火がついた。
 授業の合間には、必ず柔道部員が現れ、校舎裏に呼び出された。そこで、顔一寸まで接近したゴリラに襟元を締めあげられ、数発、殴られた。
 同級生や教員は、仕返しが怖いので知らないふりを決め込んだ。
 相手は全国でも名が知れた単細胞の柔道部員だ。誰にも注意されないことから英雄気取りで傲慢、やりたい放題となった。こんな日々が毎日続き、勉強どころではなかった。
 ある日のこと、体育の授業で柔道をやることになった。これまで全国大会で一度も負けたことがない柔道部員Nが待ち構えていた。
 ここで“くまちゃん”の相手に、よりによってこのNが指名された。もちろん、自分たちの“聖域”に踏み込んできた新入生に制裁を加えるためだ。
 畳に上がり、Nは自信満々、両手を高々と上げ、威嚇してきた。
 何しろ、全国大会では一度も負けたことがない猛者が相手だ。
 “くまちゃん”は、こわごわ、オズオズと相手に近づいた。誰もが“くまちゃん”が投げ飛ばされると思った。緊張が走った。
 転瞬、Nの奥襟をギュッと掴んだ“くまちゃん”は、腰を入れ全身の力を込め、投げ飛ばした。
 ズッシーン! Nの身体が宙に舞い、畳にもんどり打った。
 「一本!」大外刈りが決まった。
 教員は手を上げ、“くまちゃん”の勝利を告げた。
 難なく決着がついた。これを見ていた生徒たちから大拍手が沸き起こったことは言うまでもない。柔道部員Nは油断したのだろうが、大外刈りの大技をくらい、下を向いてバツが悪そうだ。

 実をいうとクマちゃんは、小さい頃から体が弱く中学時代も部活はやらなかったものの、長距離以外のスポーツは万能、垂直飛び1メートル以上、立ち幅跳び3メートル以上の記録を持ち運動神経抜群の少年だったのだ。
 特に相撲は誰にも負けたことがなかった。このことが全校に知れわたり、“くまちゃん”にも柔道部からの誘いがあったが、これを断った。当然ながら、柔道部員の嫌がらせが一切消えた。

 街のチンピラに駅のトイレの裏口に連れられ、恐喝を受け続けた

 これ以後も“くまちゃん”は相変わらず、毎朝5時に始発に乗って校舎へ一番乗りし、まず汚れたトイレと、自分の教室をきれいに掃除し、廊下をモップで拭いた。
 それが終わる頃、2人目の生徒が登校、教室内を一緒に掃除した。
 しかし、これをよく思わない、悪党不良生徒が“くまちゃん”に嫌がらせを続けた。あろうことか今度は卒業生の柔道OBや、町のチンピラを集め、さらなる嫌がらせを仕組んできた。
 最も危険な場所は、西鉄久留米駅の改札口手前のトイレだった。
 ここで3〜4人のチンピラが待ち伏せしていた。トイレの裏口に連れていかれ、「金を貸してくれ」と恐喝を繰り返すようになった。
 これを見ている住民や通勤客は関わりたくないので、見て見ぬふりをし、誰一人助けてくれる人はいなかった。
 さすがに困り果てていた頃、学校で体育祭があり、“くまちゃん”は、応援団長に指名された。
 応援団長は、首にぶら下げた笛を吹き、この鳴り響く笛の元に皆が一致団結する。“よーし、シメシメ”くまちゃんは一計を企てた。
 案の定、改札口のトイレの側からチンピラが出てきて、“くまちゃん”を取り囲んだ。この転瞬、力一杯息を吸い、笛を思いっきり吹き鳴らした。
 この笛の轟きに驚愕したチンピラは、一目散に逃げ散らばった。虚勢を張るチンピラだが、警察には弱いのだ。
 この効果は絶大、で2度と“くまちゃん”の前に現れることがなくなった。
 1年が終わり、2年生の進学クラスに進級した頃は、いじめはほとんどなくなった。2年生になってからは、校舎の周りの花壇や校庭があまりにも殺風景だったので、花が大好きな“くまちゃん”は、放課後花壇づくりに挑戦した。
 石を集めて花壇を作った。花が咲き出し少しは花壇らしく見えてきた。これを毎日校舎の3階から見ていた3年生の女子たちが、「花壇作りも1人では大変ね」と言って、1人、2人と手伝ってくれるようになった。
 “くまちゃん”は身長が175センチあり、体重が50キログラム台だったこともあり、たちまち“くまちゃん”の親衛隊ができた。
 この3年生が卒業する頃には、校舎の周りにはかなりの手作り花壇が完成。新しくできた花壇で育った花々が咲き乱れ、3年生の親衛隊の卒業を祝い、門出を祝ってくれた。こうして“くまちゃん”が学校を卒業する頃には学校中の全ての花壇も完成、入学した時とは見違えるほど学校内をきれいにすることができた。
 この3年間は、“くまちゃん”の勲章となった。
 “くまちゃん”の一度決めたら翻意しない根性は、この頃から醸成されていたのかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、その後です。
 九州の福岡で裕福な家庭に育った岩熊氏は、成人してから父親の会社を引き継ぎます。
 社員1000人の会社ともなれば、取引先の接待で料亭やバー通いとなり、連日酒浸りで朝帰りも普通。それに欧米食で体重は30kgオーバーの90kgにもなります。
 体調を崩して医者に行くと、「心臓弁膜症、高血圧・高血糖症、肝機能障害、ストレス性障害合併症で余命数か月!」の診断を受けます。
 その会社で15年間頑張りましたが、奮闘むなしく倒産させてしまいます。

 再起を期して、岩熊氏はお寺様のお告げを聞きます。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p102〜p104から抜粋開始>・・・

 お寺様は、「四国の大洲というところに行きなさい」と告げた

 言霊の世界から話が大きく脱線したものだ。かつてこのような、花とも会話できる能力を備えた“くまちゃん”だったが、今は、完全に惟悸しきった。
 お寺様のお告げを再現しよう。
 「会社が倒産したお陰であなたは様々なストレスから解放され、その尊い命は助かりました」
 お寺様は天を仰ぎながら、告げた。
 「会社の倒産と引き換えに助けてもらった大切な尊い命を、あなたは今後、どのように使ってゆくのですか?」
 お寺様は真剣なお顔で尋ねられた。
 「地球環境改善と人間の健康に最も必要な『炭』に懸けたい」と訴え、これまで研究してきた『炭』への情熱を明かした。
 「それなら、あなたは九州を離れ、四国へ行きなさい。四国は愛媛県にしなさい。そこには大洲というところがあるので、そこへ行きなさい」
 何と、これまで住み慣れた福岡を離れ、四国の大洲という、それまで聞いたことのない土地に移転せよというのだ。
 さらにお寺様は、厳しいことを告げてきた。
 「あなたの命は会社の倒産以外、他には助かる道はありませんでした。ただし、その命が助かったのには理由があり、今後あなたにしかできない大きな使命があるということです。あなたがその大切な使命を果たすためには、まずあなた自身が心から健康になることです。あなたが本当に長生きして、本気でそのことをやり遂げる気持ちがあるのなら、四国へは1円のお金や物も決して持って行ってはいけません。
 なぜなら、あなたはおいしい物やお酒が大好きですから、お金があるとすぐにそれらを買ってしまい、また体を壊して命をなくすのが目に見えているからです。
 それともう1つ、神様はあなたが健康を取り戻すまではそれらが一切買えないように、当分の間は最低限のお金しか与えられませんからその覚悟で生活してください」と告げたのだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 お告げにより、岩熊氏は福岡から四国に渡り生活を開始します。
 岩熊氏の苦難の人生の始まりです。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p58〜p62から抜粋開始>・・・

 半月に一度里に下り、1000円で卵、納豆、豆腐などを購入する

 “くまちゃん”の家族(子供たち)にとっては、とても厳しい毎日の生活だった。生きていくために最低限必要な米と野菜は自分たちで作らねばならなかった。
 “くまちゃん”は述懐する。「生活費は月2000円しか使えなかったので、月に2回、山を下り、1回の買い物に1000円だけ持ってゆくことにしたのです。
 買い物は、必ず玉子の安売り日に88円の玉子を2パック購入、次に99円の牛乳を1パック買います。そして、納豆3個48を3パック、豆腐1丁29円を2丁、もやし1袋19円を2袋、コンニャク1丁28円を3丁、100グラム20円台の鶏肉の胸身を約1キロ買うのです。
 これで、両手に一杯の買い物ができますが、必ず1000円以内で収めるのがコツです。後は一切の無駄使いをしない。そうすると、残りの15日は最低1000円以上の買い物ができ非常に楽になったのです」
 とはいえ、山に入れば春は山菜、秋にはキノコ、栗、アケビ、木の実などが無数に採れた。親切な里の人たちがやって来ては足りない野菜やみかん、柿、栗などの果物などを差し入れてくれた。嬉しかったのは、猟で捕れたイノシシやアナグマ、ハクビシン等の肉を持ってきてくれた。その時、これら獲物の解体も教わった。1匹丸ごと戴くこともあり、自分で解体できるようになった。
 もはや、サバイバルの達人に変身した。
 ど貧乏だったが、病んだ身体は仙人生活で蘇り、心は大自然の中で解放され、自由なのびのびとした生活を送れた。
 それもこれも、“竹炭で地球環境を救う”という、大きな志があったからだ。
 また、“くまちゃん”の家族を暖かく見守ってくれる村人の気持ちが有り難かった。ど貧乏で打ちひしがれそうになったこともあったが、村人の想いがそれを救ってくれた。

 「本当は奥さんに逃げられたんヤロ!」と詮索された

 ところが思いがけない事件が勃発した。村人の間で、“くまちゃん”に妻がいないことに様々な詮索が始まったのだ。

 「岩熊さん、もう奥さんとは別れたんヤロ! 今まで都会で裕福な生活をして、こげな山奥で不便な生活をするのがわかっていて、付いて来る人なんか誰もおらんがネ」と言われた。
 「いえいえ、3年たったら必ず帰って来ますから」“くまちゃん”は必死に弁解した。
 半年後には、「岩熊さん本当のことを言いなさいヤ、奥さんには逃げられたんヤロ」と疑問が呈された。
 1年が過ぎる頃には、「もう皆わかっとるケン、たいがい観念して白状しなさいヤ」となった。
 「あんたを見ていると不憫やから、正直に白状したら、ちょうど旦那さんが亡くなって、帰ってきた美人の女性がいるんヨ。気にいらんかったら、皆で次の人をすぐに世話するケン」という始末だった。
 くまちゃんは、「イエイ工。これは本当のことですよ!」と何度も何度も断り続けるのだったが、全く誰も信用してくれない。
 ところが、その前出の若い未亡人が本当に御在所山にやってきた。トレーニングウエアに身を包み、目鼻立ちの整ったスレンダーな女性だった。思わずドキドキ。生唾をゴクリ。久しぶりに若い女性の肢体を見た“くまちゃん”なのだ。あろうことか4、5回飲み込んでしまった。
 そんなことがあって3年が過ぎた。ようやく妻久子が無事に帰ってくることになった。部落の寄り合いに妻と一緒に出席。「長い間、主人や子供たちがお世話になり大変ご迷惑をおかけしました」と久子は深々と頭をさげ、お礼を述べた。
 「本当に3年で帰って来られたんやね!」
 村人は、誰一人として“くまちゃん”の言うことを信じていなかったことがわかった。実は、この3年間とは、天の声で【あなたは命を助けて戴いたお礼に、お寺に籠り、3年間の写経の修行をし、ご恩返しを済ませなければなりません。肱川町へは、その後で行くように】と告げられていた約束の期間だったのだ。
 果たして、この天の声とは何者だったのか。
 それを聞いた久子は、「それでは、“炭で地球を救う”と誓った主人の夢を叶えるのが遅くなるので、主人の代わりに私がお寺で3年間の修行をします」と申し出てくれたのだ。
 そのお寺に入って3年間の修行が終わって、久子は肱川町にやってきたのだった。ああ、何ということか。今時、このような夫婦がいるだろうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ホントですよねえ、今時こんな夫婦がいるんでしょうか・・・。
 奥さんが戻り、いよいよこれからとなるのですが、岩熊氏はいろいろと失敗を重ねてしまいます。
 奥さんが戻っても、やっぱり家族4人の生活費は月2000円という極貧生活が続きます。
 光が見え始めたので、肱川町に移住してから8年後のことです。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p70〜p75から抜粋開始>・・・

 T.炭工房株式会社『夢大地』を創立できた

 『竹炭』で動物が元気になるなら、人間が元気にならないわけがない!

 食費2000円。靴も長靴も買えない。衣類はポロポロ、こうしたど貧乏生活を続けた。住まいとなった御在所山の奥地で“くまちゃん”は竹を焼き続けた。
 里の村人の間でも、「自分のことを“くまちゃん”と呼ぶ変わった御仁が山の奥の院で『竹炭』を造っている!」との噂を知らない人はいなくなった。
 ある日、牛馬を飼っている酪農家が『竹炭』を買い求めにきた。理由を聞くと、「牛や馬が弱ったら、『竹炭』を食べさせると元気になる」ということだった。
 また、隣町の西予市では数年前から『イノシシの里』作りに着手、ここでも『竹炭』を食べさせており、「牧場では排泄物の臭いが少なく、肉質の霜降りが見事で味も評判がいい」という。
 また、池で観賞用の鯉を飼っている人も、「『竹炭』を食べる鯉は元気で虫がつかない」とのこと。さらには犬や猫などのペットフードにも『竹炭』入りが増えてきた。
 その理由は、「排泄物の臭いが軽減、部屋で飼うペットを元気にするため」ということがわかった。
 動物が元気になるなら、人間が元気にならないわけがない。
 この『竹炭』を食に応用することで、新しい食文化を構築できるのではないか。やがて超高齢化社会がやってくる。高齢者の福祉施設や入院施設の食に『竹炭』を生かすことで、新しい食産業を興せるのではないだろうか。
 “くまちゃん”の『竹炭』への想い入れは、願望から確信に変わった。

 「えひめ産業振興財団」が“くまちゃん”の事業計画を認可、給付金が下りた

 もうそろそろ神様のお許しが出るかもしれないと思っていた。ちょうど8年過ぎた頃、男性が人やってきた。“くまちゃん”と同年輩そう。
 『竹炭』を知りたいとのことだった。
 その男性と昼から話し始め、夜が更けるまで話し合った。
 お茶の代わりに、「山水以外に飲み物を買ったことがないので水で、すみません」と山水を出した。
 別れ際、「肱川に越して来て8年、一度くらいはコーラでも買って飲みたいものですねェ」“くまちゃん”は、遠い空でも見つめるよう呟いた。
 次の日になった。
 また、この男性がやってきた。なんと、コーラを買ってきてくれたのだった。
 「どうぞ飲んでみて」
 遠慮なく栓を切って、1口、2口、3口飲んだ。
 「ああぁうまい!」
 “くまちゃん”は叫んだ。実に9年ぶりにコーラが喉を流れた瞬間だった。
 男性は、「全く驚いた! あなたの仙人生活は本当だったのですね! あなたをこんなところで眠らせておくわけにはいかない」
 次に“くまちゃん”に重大なことを男性は告げた。
 「ぜひ松山に出て活動してほしい。お金がなければ助成金を申請すればいい。明日にでも『えひめ産業振興財団』へ一緒に行こう」と言い出した。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この後、岩熊氏は『えひめ産業振興財団』に助成金の申請をするのですが、これがまた一筋の縄ではいかないのです。
 その後の様子が気になる方は、本を読んでみて下さい。

 いろいろあって岩熊氏は、『竹炭』製品の会社、「夢大地」を創業します。
 その「夢大地」が開発した『竹炭』製品が、「伊勢神宮外宮奉納品」として許可され、人々の注目を集めることとなります。

 * * * * *

 私は早速、炭を試してみることにしました。
 岩熊氏の炭は、出版社のヒカルランドで買えるようです。

https://hikarulandpark.jp/shopbrand/002/X/

 で画面左側の「商品を検索で探す」の欄で、「竹のささやき」と入力してください。

 「竹のささやき」を注文してみました。
 体調が変化するかどうか試してみるつもりです。

 以下は、岩熊氏の会社「夢大地」のサイトです。

https://yumedaichi.jp/about/charcoalmachine/


(2021年10月16日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。