あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年2月21日



奇跡のEV



 昨年9月、日産は電気自動車(EV)リーフのフルモデルチェンジを発表しました。
 これにより、1回の充電での走行距離は、280kmから400kmと1.4倍にも伸びたといいます(実走行距離だと、150〜160kmから200〜210kmぐらいとのこと)。
 一般のガソリン車だと、リッター20km/リットルとして、60リットル入るとすると、ガソリンを満タンにした走行距離は、単純計算で600kmとなります。
 日産リーフの性能はそこまでは及ばないものの、かなり近づいてきた感があります。
 EVの大きな問題は、充電時間の長さにあります。
 新型リーフは、80%充電に掛かる時間は40分だといいます。これは、ガソリン車にガソリンスタンドで給油する時間に比べてしまうと長すぎるように感じますが、夜間に自宅で充電する使い方であれば解決できそうです。ちなみに新型リーフは、メーカーオプションの普通充電器があり、これだと約8時間で充電できるそうです。
 新型リーフは、我々一般庶民にもかなり”実用的”という印象を与えた気がします(価格も300万円台と、EVが初めて登場した時に比べて、だいぶ安くなってきました)。

 しかし消費者は、わがままです。
 1回の充電の走行距離は、400kmを超える500km台がほしいところです。
 また車好きの人にとっては、加速性能は大事です。これもフェラーリを超えるものがあれば文句ないでしょう。最高速度も時速170kmなら、言うことないでしょう。
 さらにわがままを言うなら、燃費です。
 一般的なガソリン車の燃費をリッター20kmとします。その1リッターを発電に回して走行したとして、その3倍の燃費なら誰しも納得するでしょう。
 こうした”奇跡の性能”とも思えるEVがあったら、誰しも乗ってみたいと思うのではないでしょうか。
 もし、本当にそんな夢のようなEVがあればですが・・・。

 今回は、『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』(船瀬俊介著、成甲書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p220〜p228から抜粋開始>・・・

 EV開発について−−無知の悲劇、臆病の喜劇

 私は、一貫して電気自動車(EV)開発を訴え続けてきた。
 一連の著作でも、その必要性を熱く論じてきた。
 日本の言論人として、ただ一人、EV導入をアピールし続けてきた、と自負する。
 EV関連の著作数でも私の右に出る者はいない。
 私は不思議でならない。日本経済を大きく飛躍させたはずの唯一無二のEV技術だ。
 その開発の必要性について−−。
 なぜ……メディアは沈黙を保つのか? 業界は躊躇したのか? 政界は口をつぐむのか?
 世間はEVに無知なのか? 消費者は「EVを作れ!」と声をあげないのか?
 結論からいえば−−無知の悲劇、臆病の喜劇−−なのである。
 私が電気自動車(EV)の可能性に衝撃を受けた”事件”がある。
 それが”IZA(イザ)”の登場である。そのときの感動は忘れ難い。
 この”IZA”こそ、”幻のEV”として知る人ぞ知る名車である。
 開発したのは、たった一人の青年エンジニア。その名は清水浩。1947年生まれ。東北大学大学院卒(工学博士)。現・慶応大学教授だ。
 彼こそは、”電気自動車の父”の称号が相応(ふさわ)しい。
 彼こそは、天才だ。世界に誇る日本の頭脳である。
 彼は、過去30年間で、なんと10車種ものEVを開発し、路上走行が可能な実用車として世に問うたのである。
 しかし”ヒロシ・シミズ”の名をメディアは、ほとんど黙殺して今日に至る。
 なぜ、メディアは、学界は、天才を黙殺し続けたのか?
 −−無知で、臆病だったから。
 ただ、それだけである。

 航続546km! 幻のEV”IZA”衝撃デビュー

 ”IZA”の衝撃を、まず私は「地球にやさしく生きる方法」(三一新書、1993年刊)で報告した。書き出しはこうだ。

 「……最高速度時速176km、ワンチャージ548km、夢の電気自動車はすべてに、画期的技術を導入」「世界最高性能の電気自動車、颯爽と登場−−」

 1991年、”IZA”実車モデルの走行テストは、茨城・つくば市にあった日本自動車研究所のテストコースで行われた。車体は、まだ濃い灰色で、なんのマークも入っていない。ゆっくり走りだした流麗なボディからは、ほとんど音はしない。耳を澄ますと、ウィーンという軽いモーター音が聞こえるだけだ。
 不気味なほど無音のまま、試走車は150……160kmと急速にスピードを増していく、ものすごい加速力だ。
 こうして、計測機はみるまに最高速度176km/hを表示した。さらに、一充電の航続距離548kmも立証された。いずれもEVとして、ケタはずれの世界最高記録であった。
 テストコースのかたわらで、力強く握手を交わした二人の男がいた。
 開発者の清水浩氏(当時44歳)と、製造メーカー、R&D社長の小野昌朗氏(同45歳)。
 この”IZA”の超高性能が、いかに驚異的かは現在のEVにくらべても、よくわかる。
 日本の市販EV,日産”リーフ”は最新モデルで、ようやく航続距離400kmを達成したばかりだ。前モデルは200kmだった。走行距離を2倍と飛躍的に向上させた日産技術陣の功は多とすべきであろう。
 しかし、それでも”IZA”が26年前に達成した548kmには遠く及ばない。

 世界”EVの父”清水浩氏の功績を称える

 清水氏は当時、国立環境研究所の一研究負だった。
 その彼が、たった一人で”IZA”を構想し、計算し、設計図を描き、そして完成させたのだ。私はその”IZA”の誕生秘話を『近未来車EV戦略』(三一書房)にまとめた。そのオビには、興奮と希望をこめて、こう記した。
 「地球時代−−。ガソリン車は、もはや”過去の遺物”。環境危機(エコ・クライシス)を救う切り札。いま21世紀に向け、近未来EVワールドが開く」
 とにかく”IZA”は、なにからなにまで革命的だった。

■航続距離548km:これを達成したバッテリーは、ニッケル・カドミウム電池だ。その容量は現代のリチウム・イオン電池の3分の1強。それで、このレンジ(距離)は驚異的だ。
 「リチウム電池にすれば、一充電で約1200km、東京から岡山まで時速100kmで走りますね」
 清水氏は平然と言った。

■最高速度176km:これも当時、世界最速。その達成には、さまざまな考案、工夫、発明がこめられていた。

■ダイレクト・ドライブ:”IZA”はモーターを車載していない。車輪に内蔵している。つまり、四つの車輪がモーターなのだ。車軸を車体に固定することで、モーター(車輪)が高速回転する。
 このメリットは、従来の自動車に不可欠だった駆動部分(トランスミッション)が、一切不要となることだ。
 すなわち、部品が半減し、製造コスト・重量とも激減することを意味する。

■ホイール・イン・モーター:清水氏は、車輪にモーターを内蔵するという奇想天外なアイデアを、いとも簡単に実現化してしまった。さらに、希土類とコバルトの合金で強力な永久磁石を製造し、超高性能モーターまで完成させた。

■DC(直流)モーター:EVで懸念するのが電磁波被害だ。しかし、”IZA”が採用したのは直流モーター。これで、電磁波発生を極限まで抑えた。その加速力は、フェラーリなど既成のスポーツカーをもしのぐ。

■回生ブレーキ:ブレーキをかけると、その制動エネルギーでモーターが”発電”し、バッテリーに充電される。

■空気抵抗:”IZA”の空気抵抗係数(Cd)は0.19。これがいかに驚異的かは、旧来のガソリン自動車が0.45〜0.5であることからもわかる。ガソリン車はエンジン冷却用に空気取り入れ口(ラジエター・グリル)が必要だ。だから完全な流線型デザインは不可能。しかし、EVの”IZA”なら流麗なフォルムで、それが可能となった。

 走行距離ガソリン事の3倍の驚異!

 ここで”IZA”の決定的な超高性能を記さねばならない。
 ”IZA”の車格は、トヨタ”マークU”と同タイプだ。しかし”IZA”はガソリン1リットルを発電に回して走行したと換算すると65km走る。
 ”マークU”など普通車はせいぜい20kmだ。他方”IZA”のリッター当たり走行距離は65km。ガソリン車の3倍強だ。
 つまり、自動車輸送にかかる石油総量は約3分の1ですむ。つまり、3分の2の石油が”不要”となるのだ!

 さらに清水氏は素晴らしい事実を語ってくれた。
 「日本の乗用車やトラックなど、すべてのガソリン車をEVに切り替えても、発電量を10%増やすだけでいいのです}(清水氏)
 これは、発電所を現在より10%増設しなければならない、ということではない。
 「夜間電力は余っています。だから、それをEV充電に回せば、発電所の増設は1基も必要ありません」(同)
 あなたは、耳を疑い、眼を疑うだろう。
 それだけではない。ホイール・イン・モーターのダイレクト・ドライブ(DD)方式にしたため、従来のガソリン車に不可欠だった駆動系(トランスミッション)が、スッポリ要らなくなった。
 ガソリン車の場合、エンジンの回転は……クランク・シャフト → ギヤ → クラッチ → プロペラ・シャフト → ディファレンシャル・ギア → 車輪……と、複雑な駆動システムを経て、ようやく車輪の回転運動となる。その間に、エネルギーはロスし、さらに車体重量は増す。とうぜん、製造コストも増す。
 それが、DD方式のEVなら、すべて不要となる。

 つまり、EVの部品数はガソリン車の約半分となる。それは、重さ、コスト、価格も半減する……ことを意味する。むろん、替わりに電池が搭載されるが、その低価格化、軽量化で、さらにEVは身近なものになるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 冒頭で、私は消費者のわがままとして、”夢のような”性能のEVを述べました。
 1回の充電の航続距離は、548km。しかも当時の”IZA”に積まれていたニッケル・カドミウム電池は、現在のリチウム電池の3分の1のキャパシティしかなかったといいます。今のリチウム電池を採用したとすれば、1200km走るというのですから驚異的です。さらに加速性能は現在のスポーツタイプのガソリン車を凌ぐうえに、最高速度は176kmを記録したといいます。
 しかも驚くのは、”IZA”の性能試験が行われたのが1991年であったということです。
 今から27年も前に、日産の新型リーフの性能を遥かに凌駕するEVが、すでに開発されていたのです。

 ここまで読まれた訪問者の方は、不思議な思いに包まれるに違いありません。
 「では、なぜ、それが量産化されなかったの・・・?」

 もちろん理由があるのです。
 そして、その理由を聞いて、あっけに取られるに違いありません。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p228〜p231から抜粋開始>・・・

 「”IZA”は性能が良すぎて作れません」(日産)

 私は”IZA”の登場に興奮し、天才・清水氏との出会いに感激した。
 ”IZA”が普及すれば、日本は長年の不況から脱出することができる。
 清水イズムのEVを大量生産すれば、不況克服どころか、雇用確保で人々は豊かになり、日本は世界に冠たるEV大国として、地球経済と技術の発展に貢献できる。
 そう信じた私は、取材をかねて日本の各自動車メーカーにアタックした。
 まず、日産。自動車部門の責任者の方に、私は熱く語りかけた。
 「技術の日産が”IZA”を作れば、トヨタも追い越せますよ。世界トップのEVメーカーになれますよ!」
 私の意気込みに対して、彼は、ためらいがちに口を開いた。
 「……無理です。日産では”IZA”は作れません」
 「エーッ!? どうしてですか?」
 私は、思わず、大声を出していた。それに対する日産の答えは、耳を疑うものだった。
 「”IZA”は……”IZA”は、余りにも……」
 「余りにも、なんですか!」
 「……性能が良すぎます」
 私は、思わず、のけぞりそうになった。
 「性能が、良すぎて作れない……!?」
 こんな台詞(せりふ)は、初めて聞いた。呆れて天を仰いだ。日産を見限り、マツダを直撃した。
 「マツダが”IZA”を作れば、世界のEVメーカーになれますよ」
 「……いや、わが社一社では無理です。もはや、これは国策ですから……」
 日本は、いつから社会主義国家になったんだ! と、怒鳴り返してやりたくなった。
 ホンダの回答は、さらにひどかった。
 応対に出たのは女性の広報部長だった。
 「”IZA”を作ってください」と懇願すると……。
 「”IZA”って、何ですか?」
 広報部長で、このていたらく。
 私は、思わず説教していた。
 「本田宗一郎さんが草場の陰で泣いてますよ。彼が生きていたなら自転車フッ飛ばして、見に行ったでしょう。好奇心と行動力こそ、HONDAイズムでしょう」
 これに対して女性広報部長は「ハア……」とキョトン。

 最悪は、トヨタであった。EV開発について取材を改めてFAXで申し込む。
 わざわざ、名古屋本社から環境部長氏が上京して取材に応対してくれた。
 隣には若い男性社員。ズバリ、トヨタの電気自動車の開発状況を尋ねる。
 すると、部長氏は、隣に振り向き、
 「おい、どうなってるんだ?」
 若い社員がパンフをひっくり返して、「ああ、これですね」と示した写真に眼がテンになった。
 ブリキのおもちゃのような不格好な写真。
 一充電当たりのレンジ(走行距離)を訊く。
 すると、部長氏、「レンジとは……? はあ、走行距離ですか。おい、どうなってるんだ」。
 社員が資料を見つつ、「60kmですね」に、アゼン。
 「たった、60kmですか!?」
 「ですから、30km先は行けんちゆうことですな。戻れんようになりますからナァ、ワッハハハ」(部長)
 私は、笑う気も失せて社員に尋ねた。
 「バッテリーは何ですか?」
 「……鉛ですね……」
 私はついにプチ切れた。30年も時代遅れの鉛電池。つまり、トヨタは初めからEVを開発する気はゼロ。ただアリバイ的に”おもちゃ”を作っているのだ。
 「鉛ですかッ! 天下のトヨタが鉛とは。わかりました。もう、取材の意味もありません。失礼します!」と、決然と席を蹴って、東京支社を出た。
 あとには、鳩に豆鉄砲の二人が残った……。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 ”IZA”の量産化に踏み切らなかった理由ですが、日産は性能が良すぎるから。マスダは国策に反する。ホンダは、”IZA”の存在すら知らなかった。トヨタはアリバイ的に、鉛電池のEVでお茶を濁す・・・。
 どれもまともな感覚をした人なら、理由として成立しないとわかると思います。
 その真意を船瀬氏は、外部の圧力と推理しています。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p231〜p236から抜粋開始>・・・

 EVを叩き潰した真犯人は、ロックフェラー財閥

 以上−−が、日本のEVをめぐる顛末(てんまつ)である。
 ここで、読者のあなたも、「だれが電気自動車を殺したか?」−−その犯人像が見えてきたはずである。
 そう……地球を支配する”闇の勢力”ロックフェラー財閥である。
 別名、”石油王”。そのかれらが、自動車輸送用の石油消費量を3分の1に激減させるEVの登場と存在を許すわけがない。
 日産、マツダ、ホンダ、トヨタなどの逡巡(しゅんじゅん)、躊躇(ちゅうちょ)の根底にも、ロックフェラー財閥への恐怖がある。
 メディアや経済界が”IZA”を黙殺した理由も同じだ。
 私は、その後、『疾(はし)れ! 電気自動車』(築地書館)を執筆、出版した。そのとき、取材した清水浩さんは、淡々と言った。
 「売れないと思いますよ。世間に関心はないですからね」
 もはや、達観の境地にあるように見えた。そのとおり。初版も売り切れなかった。”IZA”が幻で終わった最大の理由は、一般大衆の無知、無関心にあった、というわけだ。
 清水さん自身も、国立環境研究所を追われるように辞めている。
 「あまりに性能の長すぎるEVを作った」ためであることは、いうまでもない。
 彼は、幸いに慶応大学に教授として招脾(しょうへい)され、さらなる天才の華を次々に咲かせ続けている。世界最高性能の各種EV実用モデルを矢継ぎ早に発表。私は、改めて、その情熱と才能に舌を巻き、感嘆している。
 以下は、拙著『THE GREEN TECHONOLOGY』(彩流社)に掲載した。
 ”ルシオール”は、前後2シートのコミュータEV。加速性能は、ベンツをしのぐと専門家を驚嘆させている。太陽電池パネルを装着すれば、ソーラーカーに一変する。
 ”KAZ”は8人乗りの本格的な世界初のリムジン。ハリウッド映画に登場しそうな豪華さだ。最高速度は時速310kmと、他の追随を許さない。
 天才・清水イズムの集大成が”Eliica:エリーカ”だ″。
 8輪のダイレクト・ドライブ方式。圧倒的なインパクトの外観。そして、イタリアの周回コースで時速370.3kmを達成。直線コースなら、時速400kmは確実なウルトラEVだ。
 ”エリーカ”は同タイプのガソリン車の4倍もの燃費効率を誇る。
 もはや、あらゆる面でガソリン車はEVに完敗しているのだ。
 しかし、天下のトヨタは、燃料電池車を選択する、という致命的な迷走を続けてきた。
 清水さんは苦笑混じりに語った。
 「水素がなければ、ただのハコです」
 自動車にとってインフラが生命線だ。子どもでもわかる。電気インフラは、日本全国、僻地にまで完備している。水素インフラはゼロである。
 設置コストを比較すると、EV用・急速充電の電気スタンドは約200万円。ガソリンスタンド約2000万円、そして、水素スタンドは2億円……。
 燃料電池車に明日はないことは、赤子でもわかる。
 トヨタを愚行に迷走、暴走させたのも、かの”闇の勢力”の暗躍と圧力であろう。

 世界が激変! ガソリン車等販売禁止、EVシフト

 今ごろになって、去る2017年8月4日、トヨタはEV開発のためマツダとの資本提携を突然発表した。
 あまりに遅すぎる対応と言わざるを得ない。
 私の手元には『誰が電気自動車を殺したか?』というドキュメンタリー映画がある(2009年製作)。
 サブタイトルは「市場から電気自動車が消えた!」。
 「……過去、大きな注目を集めた電気自動車。カリフォルニア州は1996年から電気自動車の導入政策を進めたのだが、ある時期から、電気自動車が街から消えてしまった。果たして、誰かの陰謀なのか?」(同解説より)
 そこには、トム・ハンクスやメル・ギブソンなど、名だたるハリウッド・スターも出演し、EVを圧殺した陰謀を告発している。
 画面に登場するのは、GMが開発したEV”EV1”。高性能EVとして世界的な注目を集めていたにもかかわらず、忽然と消えてしまった……。数千台が強制的に回収されスクラップにされたという。むろん、石油利権が暗躍して、EVを抹殺したことは、言うまでもない。
 では−−。
 2017年になって、どうして、トヨタは慌ててEV開発に、急ハンドルを切ったのか?
 その理由は、世界各国の急速なガソリン車離れだ。むろん、ディーゼル車も例外ではない。2016年2月、ノルウェーなど北欧から始まったガソリン車やディーゼル車販売禁止の動きは、急激に世界中に拡大している(237ページの一覧表参照)。
 それに、深刻な大気汚染に悩む中国も追随し、もはや誰にも止められない巨大潮流(メガトレンド)となっている。
 ノルウェー政府は「2025年に、すべてのガソリン・ディーゼル車を販売禁止とする」と公表。ついで、オランダ、2025年、スウェーデン、ドイツ、インドが2030年、フランス、イギリスが2040年より販売禁止を決定。そこには、”プリウス”のようなプラグ・イン・ハイブリッド車も含まれる。さらに中国も2018年からの規制を打ち出した。この動きに”後進国”アメリカも、慌てて2018年、規制の方針を打ち出したのだ。
 そして日本は、またもや蚊帳(かや)の外。世界の動きから、大きく取り残されている。
 世界各国が、ようやくゼロ・エミッション(排気ゼロ)のEVにシフトを始めたことは、喜ばしいことだ。
 しかし、余りにも遅すぎる……。
 天才・清水浩氏が、スーパーEV”IZA”を世に問うてから、すでに30年近くの年月が空しく過ぎている。
 声を嗄(か)らし、足を棒にして、著書で、講演で、EV普及を訴え続けてきた私にとって、うれしさよりも、空しさがこみあげる。
 この失われた30年の責任の一端は、一般大衆にもある。
 知ろうとしなかった、動こうとしなかった、あなたたちにも、非はあるのだ。
 未来のために、今度こそ、とりわけ若い人たちに、EV加速と普及に立ち上がってほしい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 現在日本は、7四半期連続でプラス成長らしいです。
 庶民の実感としては、「いざなぎ景気超え」と言われても、実感が湧かないというのが本音だと思います。
 まあ、それはいいとして、こうした好景気は、円安を背景とした自動車メーカーが牽引役となっているのは事実です。
 私達は、自動車産業のような民間企業の活力が日本経済の牽引力になっていると言われてきました。トヨタ、日産、ホンダ、マツダはすべて民間企業です。そんな民間の大手自動車メーカーに、高性能のEVを開発する自由が与えられていなかったことは、充分に驚いていい話だと思います。


(2018年2月21日)





よろず屋寸話録
(2018年)

よろず屋寸話録
(2017年)

よろず屋寸話録
(2016年)

よろず屋寸話録
(2015年)

よろず屋寸話録
(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録
(2013年

よろず屋寸話録
(2012年)

よろず屋寸話録
(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録
(2010年)

よろず屋寸話録
(2009年)

よろず屋寸話録
(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録
(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録
(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録
(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録
(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題
(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題
(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。