あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2020年1月12日



吉田繁治さんの太陽光発電の話



 私は吉田繁治さんのメルマガや著作で経済・金融の勉強をしているのですが、今週号の吉田さんのメルマガはいつもの経済・金融の話題ではなく、太陽光発電に関するものでした。
 その内容がとても興味深かったので、今回はそれを紹介させていただこうと思います。

 吉田さんは、2020年代は、「第二次情報化時代」になるといいます。吉田さんの説明を抜粋します。

 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

「2020年代のからの第二次情報化時代」は、同じ所得で、より多くの商品やサービスが買える、世界の経済がはじめて直面するデフレ型の実質成長の時代でしょう。(注)1995年のWindows95が第一次情報化時代、2020年からの、いずれ通信速度100倍の5GをともなうiPhoneからが第二次情報化時代でしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は1995年の第一次情報化時代が始まる前に、自分が1年間に情報に対してどのくらいの費用を払っているか計算したことがあります。
 その頃、私は浅井隆さんの経済の勉強会に入っていたこともあり、その年会費が数万円掛かっていました。またその他の経済セミナーなどにも盛んに参加していましたし、経済・金融に関する本や雑誌などもたくさん購入していました。それらを合算すると、1年に30万円以上払っていたことがわかり、えっ! となったことがあります。
 しかし個人にPCが普及するようになり、インターネットが使えるようになると、その費用がだいぶ安くなった感があります。いまでは実際にセミナーに参加しなくても、かなり充実した内容がYouTubeで見られるようになりました。
 もちろんインターネットの情報のうち、9割はフェイクだという話もあります。
 しかし逆に考えれば、1割の真実がほぼ無料に近い値段で手に入るという見方もできます。要は、情報の質を見抜けるかどうかでしょう。
 情報化時代とは、それ以前とは比べ物にならないくらいに安価に情報が手に入る時代だと言えます。
 吉田さんは2020年代は、情報化時代と同じように、エネルギーもまたどんどん安価になっていくというのです。
 大変、興味深い話です。

 これから吉田さんのメルマガから抜粋していきますが、その前に用語についてお断りをしておきたいと思います。
 一般的に太陽光や風力発電による電気を、「再生エネルギー」と表現しています。
 しかし吉田さんは、再生エネルギーという表現は間違っているといいます。正しくは、「自然エネルギー」だそうです。
 その理由は、

『熱力学での「エントロピーの法則」により、いったん放射されたエネルギーは、別のエネルギーや物資に形を変えるだけで、再生しないからです。化石燃料と原子力に対立させ、「自然エネルギー」というべきでしょう』

 とのことで、これから抜粋する吉田さんの記事では、すべて自然エネルギーとなっています。

 ではまず、現状の発電コストがどうなっているかという話題です。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○現状の電力コスト

新春号第二弾です。日本では知られていないことですが、太陽光と風力の発電設備が急速に安くなって広がり、世界の電力は無料に近いコストに向かっています。

【太陽光発電のコストは、福島原発以降の8年で驚くくらい低下した】
福島第一の事故の2011年には、太陽光発電の1KW時のコストは30円くらいで、化石燃料の発電の約2倍でした(日本)。(注)1KW時は、100Wの電気器具を10時間使ったときの電力です。

2019年には、もっとも安い国(サウジ)では、7.5分の1の4円に下がっています。1KW時に換算した「土地費用+パネル・配電設備+メンテナンス費」が4円です。太陽光発電の全部の費用を、発電量の1KW時で割ったものが、このコストです。

いちばん新しい入札では、更に1/2の1.78セント(アブダビ:1.95円:設備完了が2019年6月)。このプロジェクトに日本のマルベニは2.66セントで、日揮と三井物産は2.78〜2.85セント/1KW時で国際入札しています。「1KW時の電気代が2円から3円」というのが、新しい世界水準であり、現在の、わが国の家庭用電力費(30円/1KW時)の約十分の1です。

【発電所の発電コストと小売価格】
既存の発電では、「設備費+燃料費+管理費」の、(1)原発の発電コストの平均は10.1円/1KW時、(2)天然ガスが13.7円、(3)石炭が12.3円です(1KW時:2014年:日本の事例)。

家庭用には、電気の高速道路である送電線を通るので、1000円くらいの基本料金を抜いた、従量部分での1KW時は19円〜30円で販売されています。他の商品と逆に、使用量が増えると単価も上がります。発電所が、ピーク電力のために余剰能力をもたねばならないことが根拠でしょう。

「基本料金+従量料金×使用量(KW時)」が、われわれが支払う電気代です。「KW」は発電能力を示し「KW時」は使用電力の量です。

使用量の契約で決まる基本料金は、家庭では280円(10Aの契約)〜1716円(60Aの契約)です。契約使用量が多いほど、基本料は高くなります。使った従量部分の料金は多いほど高くなり、1か月120KW時未満が19.88円、120KW時〜300KW時が26.48円、300KW時以上が30.57円です(東電:2019年)。

2人以上の世帯で、426KW時/月が平均です。料金では8000円から1万円が平均ですが、2万円(年間24万円)を超える世帯も多い。広い住宅で冷暖房を完備させると4万円/月以上でしょう。自宅の電気料は知らない人が多い。当方も自宅の電気代には無知でした。

カナダや米国の家庭用電気代は、日本の1/2です。ドイツ、デンマークは、日本より高く1.5倍くらいです(2016年)。日本の電気代は、世界のおよそ真ん中です。中国では、日本の約1/3と安い。なお中国の平均所得も1/3です。インターネットのWiFi通信と同じように、必需のサービス商品である電気代にも10%の消費税がかかっています。政府はこうした面で「抜け目」がない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 いまや世界水準では、太陽光発電の1kw時の電力コスト(売る値段ではなく、発電するのに掛かる費用)は2〜3円だといいます。
 日本では、2018年で18円とのことで、かなり世界に出遅れている感があります。それでも311が起きた2011年で30円だったというのですから、安くなってきていることは事実です。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○30円とされていた太陽光発電のコストは、2012年から急低下

【太陽光発電のコスト要素】
太陽光発電のコストは、「使う面積の土地代いれた設備費+メンテナンス費」で構成されます。太陽光と風力には、燃料費(限界費用)はない。

農業人口(209万人:65%が65歳以上:2015年)の、年々確実に進む高齢化から増えている「耕作放棄地(全国42万ha::2015年)」に太陽光パネルを設置してはどうでしょう。作物の代わりに、電力を生産する畑です。全国で846万戸の空き家(2018年:13.5%)と同じように、今の耕作放棄地が農地に戻ることはなく、増える一方だからです。

【発電の限界費用はゼロ】
清掃・除草・機器のメンテナンス費はかかりますが、燃料費は要らない。風力発電も燃料費が無料です。米国やカナダをバスで走ると、車窓から、山の稜線にたくさんの風車がゆっくり回っているのが見えます。日本では稀な風景です。水力発電が豊富なカナダでも、風力が発電量の6%を占めています。2025年までに20%に高める計画です。日本では桁の違う0.7%です。太陽光も6.5%と少ない(2018年)

日本では太陽発電のコストは、2007年が1KW時46円、11年は30円付近でした。2018年は18円です。1KWの電力を、1時間使った費用がこれです。日本は、日照時間の問題で、1.7倍くらいコストが高い。

日本以外の、2018年1月31日の、IRENA(国際再生可能エネルギー機関)の報告では、太陽光発電の世界平均のコストは73%低下し、23%になっています。約1/5です。「LCOE(均等化発電コスト)」では、10セント/1KW時です(2018年)。円で11円、風力が6セント、水力は5セント、バイオマスと地熱は7セントという(2017年)

【太陽光発電の未来】
太陽光は、2020年までにコストが半減し、5セント(5.5円)/1KW時に、陸上風力も5セント(5.5円)/1KW時に下がるという。太陽光は、2011年の1KW時30円から5.5分の1に下がったのです。

世界の先端の、太陽光の電力費は、冒頭に書いたように、中東で2セント/1KW時です。中東では日照時間が長いからです。

90年代は、シャープが先行してはいました。2010年代には低価格のパネルが中国で量産され、世界に販売されています(生産量の「学習効果」)。現在は、前述したように、1KW時が2セント(約2円)以下のものが現れています。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/12/news025.html

●2020年には、太陽光と風力発電については、土地代を入れて3セント以下の発電コストが主流になると予測し、化石燃料の発電コストを下回るという試算がされています。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/22/news045.html

【世界ではすでに原発を上回った、太陽光と風力の発電能力】
2019年には、世界の太陽光の発電能力は、すでに原子力(399GW:ギガワット)を上回って511GWです。世界の風力発電も600GWになっています。ただし適切な晴れの日や、風のある日ばかりではなく、太陽光では雨、曇りもあるので、実際の発電量は、下回ります。

【発電能力と発電量】
日本の太陽光発電協会JPEAによると、1KWの発電能力あたりの、天候を考慮に入れた、日本の平均での年間発電量は1000KW時/年です。畳1枚より一回り大きなパネルで最大が「40V×9アンペア=360W」の発電量です。住宅では5枚から10枚で足ります。パネル1枚の値段は、17000円くらいです。5枚で85000円、10枚で17万円と安い(設置の工事費、配線、変電装置は別です)。

事例はパネルの生産量が年間9GW(ギガワット:90億W)で世界1のジンコソーラー社のものです。中国メーカーです。米国のNYSEに上場しています。

内陸部に砂漠も多い中国は、太陽光の発電の世界シェアが72.8%で、世界1の太陽光発電国になっています(2018年)。パネル生産では中国メーカーが1位から6位を独占しています。

太陽エネルギーの、電気への変換効率は、現在はまだ19%程度ですが、約2倍の35.8%の高効率パネルは開発されています(シャープ)。2030年までには、40%まで高まるという。こうなると、日本も雨の降らない中東並みの発電コスト、1KW時が2円〜3円に下がります。現在の家庭用電力の10/1〜1/15です。ほぼ無料といっていいでしょう。


【発電能力と、実際の発電量】
日本の1年の昼は、1日7時間平均として、年間2500時間程度でしょう。その時間で、1年に1000時間分の1KW時(100V・10アンペア)が発電できます(これが1000KW時/年)。

晴れる日が多いカリフォルニアの約半分です。稀にしか雨が降らない中東やチリの1/3でしょうか。同じ設備費でも、発電コストは上がります。中東で1KW時のコストが2円なら、変換効率19%では日本では6円でしょう。

国産パネルメーカーで最大の発電量は、東芝の1204KW時/年です。京セラが1034KW時/年。日照の異なる地域と、太陽に向かう設置の角度で異なります。雪の日は0%、雨の日は10%、曇りの日は30%〜80%に発電量が低下します。

【パネルの寿命と設置住宅数】
発電パネルの耐久性は20年から30年、業務用は30年以上の稼働とされます。モジュールの多結晶シリコンは、設置後5年で2.3%から2.8%、発電能力が劣化していくとされています。

住宅用では237万戸分、わが国の「戸建て住宅2859万戸」の8.3%に設置されているだけです(2017年)。

【FITという、余剰電力買い取り制】
「FIT(Feed In Traffic:余剰電力買い取り制度)」と呼ばれる、晴れの日の余った発電を、電力会社や住宅メーカーが買いとる制度の期間は、設置後10年です。

2009年に始まった、1KW時の電力で47円という高い買い取り価格(FIT)は、2019年に終わりました(約200万戸)。10年を過ぎた「卒FIT」のあとの、今後の買い取り価格は、1KW時が8円〜11円前後に落ちますが、使用量がピークの電力不足を補うため、買い取りの制度は続きます。

日本では現在、太陽光の発電コストは、14円〜16円です(2019年)。何ごとでも、コスト低下には遅れるグループの国に属するのが日本です。太陽光発電の平均コストが、平均的な土地込みで5円に下がるときが日本にもくれば、「FIT」も5円くらいに下がるでしょう。発電コスト5円の家庭で使う以上の余剰電力については、10年間は実質ゼロ円での発電になるでしょう。

戸建て住宅の屋根は、持ち主にとってはスペースの追加コストはゼロです。太陽光発電で利益が出ます。日本でも2円は無理にしても、現在の電気料の約1/6の「5円/1KW時」で発電できる時代は確実だからです。自然エネルギー研究所は、2030年の、わが国の太陽光発発電の総コストの平均を、5.2円/1KW時としています(2018年は15円くらいです)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 家庭で発電するのであれば、必ずついてくる問題が「蓄電」です。
 蓄電とは発電した電気を貯めることです。
 太陽光発電をしている家庭では、電力会社に売電はしていても、バッテリーで蓄電している家庭は少ないようです(3%程度)。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○蓄電のコストは、2020年から2030年にかけて急低下していく

自然エネルギーの、分散型発電の問題だった蓄電コストも、大量の電池を使う電気自動車(EV)の開発から、急速に低下しています。家庭用の蓄電装置の、現在のコストは、1KW時当たり15.4万円の設備代です。家庭用の5.6KW時の電池は87万円であり、まだ安いとは言えません(1KW時の使用で5.6時間:日本のパナソニック)

ただし、2010年には11万円/1KW時だった電気自動車用(EV)の電池は、2016年には、3万円/1KW時に低下しています(家庭用の1/3)。6年で1/4に下がったのです。2020年以降、電気自動用(EV)に量産されると、2025年には、これが4倍の蓄電密度になるとされています。
https://pps-net.org/column/48493

【EVのテスラが先行している】
EV専業の「テスラ・モーターズ」は、リチウムイオン専門のプロジェクトチームをパナソニックと創設し、家庭用の高性能蓄電を「パワーウォール」として低価格販売します。10kW時のタイプであり、42万円前後(1kW時あたり4.2万円)で10年保証。 このクラスの、高性能の低価格の蓄電池は、まだ日本にはない。日本では少ないテスラは、カナダの都市では、たくさん走っていました(円安のため輸入価格が高い:1000万円台)。
https://kakaku.com/item/K0000625966/

【今後、66%低下】
定置型の蓄電池は、2017年から2030年の間にコストが最大66%低下すると予想されています。大きな鉛電池から、小型で蓄電容量が多いリチウムイオンやフロー電池になっていくからです。
(注)フロー電池は、2種類の化学物質を溶解させた液体を系内に蓄え、膜で隔てた形をとる化学電池。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22116490R11C17A0000000/

【自然エネルギー発電には、平準化のための蓄電が必須】
太陽光や風力発電では、発電量が100%から0%まで変動します。蓄電池は変動を平準化し、家庭・オフィス・店舗・小規模な工場で余剰のときも売電せず、自己使用できるようになります。長距離の送電線の高いコストを無効にするのが、分散型の蓄電池です。

太陽光発電の設備と蓄電の低価格化は、2020年からも同時進行します。電力会社の売上を守るための規制は、日本政府も、まさかできないでしょう。電力会社も、発電、送電コストの低下に向かい、進むことを迫られるのです。

【日本の問題は、政府】
世界の電力が無料化に向かうなかで、日本だけが、1W時15円〜30円の高い電力費を維持はできません。政府が目的をでっち上げ、電力価格の維持を行うなら、日本の産業は、50%の収入が補助金の農業のように一層没落します。政府の産業保護は、却って産業を衰退させ、国民が負担する価格を高くするからです。関税、通貨安、補助金で保護された産業は、長期では衰退するというのが産業の真理です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 太陽光発電で付いてくる問題は、環境破壊です。
 森林を切り開いて太陽光パネルを貼ることで景観を破壊する上に、川に土砂が流れ込んで魚が死滅したという事例もありました。ただしそれは、メガソーラーと言われる大規模開発を行う業者の話です。メガソーラーに関しては、今後は行政による適切な規制が望まれます(現在はメガソーラーに関して、規制がほぼない状態だそうです)。
 森林を切り開くのではなく、吉田さんが指摘するように、耕作放棄地を利用するというのはアイデアだと思います。
 今後、技術革新が進み太陽光発電の能力アップと同時に設置費用も安くなれば、個々の家庭で屋根に太陽光パネルを貼って発電するというのは、リアルな選択になると思います。

 テレビ東京の『たけしのニッポンの見方』という番組があるのですが、そこで、香川県丸亀市の普通の住宅街で、ほぼ自給自足の生活をしている秋山さんが紹介されていました。
 私はこの番組に感銘を受けて、録画したものを今でも時々観ています。
 秋山さんは、元々陶芸家だったのですが、今は時々入る大工仕事で月5万円ほどを稼いで生活しています。
 家は、もらってきた廃材で自分で造ったものです。廃材利用なので、総建築費は70万ほどだったそうです。
 すごいなと思ったのは、トイレの内装・配管も自分でやったことです。
 廃材なので見た目は廃屋ですが、居間が20畳の4LDKで、むしろ普通の一軒家より広いくらいです。実は、こうした大工の腕前が見込まれて、大工仕事の依頼がくるようになったそうです。
 薪を使って調理や風呂を焚いているので、ガス代は掛かりません。
 水は自宅の土地で自ら4日かけて掘った井戸から供給しています。それゆえ水道局との契約はなく、飲み水以外は水道代も掛かりません。
 米は3千平方メートルの田んぼで自ら作りますし、野菜は自宅の庭に10種類ほど育てています。
 醤油も自家製です。さらに、7羽のにわとりを飼っていて卵から自家製マヨネーズを作ります。その他、豆板醤や七味など30種類の調味料はすべて自家製です。おそらく買わなければならない調味料は、塩ぐらいでしょう。
 電気は、もらってきた太陽光パネルを屋根に貼って、料金が掛からない上に、電力会社に売電して収入を得ています(月平均1万円)。
 魚は週に1回、近くの水産会社の特売市で新鮮な魚を大量に買い付けます(取材日には4ケース)。もちろん格安の値段で、大きなサバが500円、スズキが600円など市場の半額以下です。それを買ってすぐ下処理をして、自宅の大きな冷蔵庫(3台)に保管して、毎日少しづつ解凍して食べます。
 それゆえ、食卓は月5万円の収入ではありえないほど豊かです。
 取材のあった日のディナーは、キスの天ぷら、スズキのあら煮、しめ鯖とスズキの刺身など10品が並んでいました。取材スタッフが、「僕が来たから、たくさん作ってくれたのですか?」と聞いたら、秋山さんは、「必然的にたくさんできます。魚が入ったときには」と答えていました。
 このように水道光熱費は、ほぼゼロで、食費も魚以外はほぼゼロです。
 さらに驚くのは、秋山さんがワンボックスカーを所有していることです。
 ディーゼルエンジンの車を天ぷら油で走るように改造したといいます。その天ぷら油は、知り合いのお寿司屋さんの使用済みをただでもらってきて、家でろ過して使っています。それゆえ車の燃料代はゼロです。
 とどめの驚きは、結婚して子供が3人いるということです。

 月5万円で、家族5人が豊かに暮らせるのです!

 2020年代は、秋山さんのような生き方の選択が充分にあるのかもしれません。

 私は今後の人生を、田舎に引っ越して過ごすことを考えています。
 そんな私は、秋山さんとまではいかなくても、それに少しでも近い生活にトライしてみたいと考えています。


(2020年1月12日)





よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。