あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年7月31日



ベネゼエラで暮らした女性の手記@


 今から3年ほど前だったと記憶していますが、私は経済ジャーナリスト・浅井隆さんのベネゼエラの現状を報告するセミナーに参加しました。
 日本ではほとんど知られていなかったのですが、当時ベネゼエラが悲惨な状況に陥っているということで、浅井さんが調査し、それを報告するセミナーが開かれたのです。
 ネットから引用します。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65689

 「1999年に大統領に就任した元軍人のウゴ・チャベス前大統領と、2013年のチャベスの死後に後を継いだニコラス・マドゥロ現大統領の20年にわたる社会主義の失敗と腐敗、政権の徹底した反米政策と国内の圧政、さらには原油価格の急落が同国の社会と経済をボロボロにした」

 経済政策の失敗と原油価格の急落により経済破綻を起こしたのですが、それにより268万パーセントという、ちょっと想像もつかないハイパーインフレが起き、国民生活が破綻したのです。
 上記ネットの記事でも言っていますが、268万パーセントのインフレが起きると、100円で買えた物が、最終的に268万円になったということです。
 これでは国民がこつこつ貯めた預貯金は無価値となり、年金生活をしていた人は生活の基盤が無くなります。
 これがもたらしたものは、治安の悪化です。
 殺人、略奪が横行し、社会全体が地獄の様相を呈したということです。
 平和で安全は国に住む日本人の感覚で言えば、インフレが起きて物の値段が上がり、給料が増えなければ、生活が苦しくなるという程度でしょう。それゆえ、生きる為にごみ箱を漁るか、略奪するしかないなんて、想像するのは難しいかもしれません。

 私は、これから日本でも金融危機や食糧危機を起きるかもしれないといった記事を書いてきました。
 もちろんベネザエラで起きたことが、そのまま日本で起きるとは思いませんが、最悪を想定することと、実際に起きたことから、どんな危険があるか知ることは意味があると思っています。

 今回は、ベネゼエラで38年を過ごし、地獄から逃れて日本に帰ってきた画家の小谷孝子さんという方の手記を紹介したいと思います。
 この手記は、浅井さんのセミナーで参加者に、「ぜひ読んでほしい」ということで、参加者に配られたものです。
 浅井さんは元新聞記者で、昔の新聞記者の気質をもった現場主義の人なので、なんとしてもベネゼエラの現地取材をするぞと意気込んでいました。
 ところがベネゼエラに渡ったら、命の保証がないと知り、現地取材を諦めたそうです。
 カメラのような高価な機材を持った外国人がベネゼエラに入ったら、強盗の格好の餌食になります。物を取られるだけならまだましですが、強盗は銃を持っていて、普通に銃殺して物を奪うのです。
 それぐらい、生きるか死ぬかといった地獄の様相を呈しているということです。
 手記は分量が多いので、2回に分けて掲載したいと思います。


 ・・・<小谷孝子さんの手記から抜粋開始@>・・・

 ベネズエラの薔薇(幸せだったのを知らなかった日々)

 小谷孝子

 もし神様がこの世で一番美しい国を作ったとしたら、それはベネズエラかもしれない。様々な色姿をした熱帯魚やサンゴの宝庫の透き通るカリブ海、雪を被るアンデス山脈、世界最古のギアナ高地、雄大な自然に恵まれた常夏の国、空を舞う色とりどりの鳥や咲き誇る熱帯の花、甘いアロマの南国果物や新鮮な魚が取れて、おおらかでいつも笑顔の絶えない、人懐っこい人々が住む天国のような国。
 だから創造の神はすべてを与えず、試練も与えたと、今言われている。大混乱が20年近くも続く世界でも最も危険な国の一つ、ベネズエラに38年住んだが、命の危険の圧迫感に耐え切れず、2016年春一時帰国した。
 2年半以上が経った今、このまま平和な日本に居残りたいという気持ちが、心の隅を占領し始めている。娘が母親に対し、時に冷たいのは、私が第二の祖国になった国を捨てたという思いがあり、父親を置いてきぼりにしたという、わだかまりがあるからだろう。娘のことは後ろ髪をひかれる思いだったが、食物、薬がなくて病気になっても死ぬしかない国では生きていけない。親にもらった命。物や金のためにそう簡単に殺されてたまるものか。生き残れ。そんな思いで戻ってきた。

 ベネズエラの薔薇

 サッカーの応援団の女の子たちが、両手に持って振る細紐のボンボンのようで、大きさはバレーボール程。よく見ると、何百ものオレンジ系の赤い花びらで成り立っていて、その各花に4.5センチメートルの細長い黄色い雌蕊(めしべ)が付いている。両手でそおーっと抱えないと、さかさまになどしたら、さらさらと花びらがこぼれ落ちてしまう。
 そして普通の花のようには咲かないのだ。4月になると、木の枝の分かれた部分や幹に小さな蕾を付け始める。日毎どんどん膨らんでゆき5、6日経つと野球ボールぐらいの大きさに成長し、少しずつピンクがかった赤い花びらが開いてくる。
 すると日が昇る頃、リスが蜜を吸いにやって来て、まるで赤いカーペットを敷きしめたように、花ビラだけを地面に残していく。だから花が咲きそうになると、リスの家族が来る前にパジャマのまま庭に飛んでいき、花の下部に両手を添えてゆっくりと回しもぎ取る。水を差した底の浅い器に飾っておくと、3日間女王になった気分で楽しめる。でも4日目には、茶色い塊のように萎びて、見る影もなくなってしまう。
 この花を初めて見たのは大統領官邸を見学した時だった。絢爛豪華な装飾が施された応接間。客用寝室、庭園等を拝見し、案内された大広間の細長い晩餐テーブルに、間隔を置いて活けられていた。花の名前を聞くと“山の薔薇”、または“ベネズエラの薔薇”だという。咲く場所と種類によって違うらしいが、私は“ベネズエラの薔薇”という名前が気に入っている。
 何年かが過ぎ、近くを散歩している時だった。垣根越しの大きな木の根元に赤い大きなものが2、3ぶら下がっている。何だろうとよく見ると、忘れもしないあの花だった。無我夢中でその家のベルを押し、花を見せてもらえないだろうかと頼んだ。ケーキやクッキーを焼いては持って行き、その家人と仲良くなり、とうとう苗木をもらうことに成功した。
 今では大木になって毎年4月になると、2、30の大きな赤い花をつける。花が終わると20センチメートルほどの長い緑色の鞘が育ち、やがて茶色になり硬い四角い種を5、6個落とす。ほとんど根付くことがなかったが、何度もトライした結果、やっと10本程の根付けに成功し、特別の友に分けた。昨年はカラカス日本人学校に3鉢寄贈した。花が咲いたら呼んでくださいと頼んである。私がこの世を去った後も見事な花をつけて、日本からやってくる子供たちや先生方を楽しませると思うと愉快だ。
 花の時期に、お祝いや見舞事があるとこの花を差し上げるのだが、ベネズエラ人でさえ知っている人は殆どおらず、皆仰天してその話で持ちきりになる。
 この花がベネズエラの大変な時代に私が残り留まっていた理由の一つだった、と言っても過言ではない。

 ベネズエラ苦悩の時代

 反対運動デモ

 生きるための基本である食料品や薬が手に入らず、病気になっても医者にもかかれず、強盗に襲われ誘拐され、殺されても殺され損の国で、生きて行くことはできない。
 ましてや人間としての人権を拒否され、平和と自由が脅かされるとき、人の親として、どうして黙っておられるものか、外国人であるからと沈黙することはできない。
 今まで多くのデモに参加したが、「戻ってこなかったら、ベネズエラのために死んだと思ってくれ」という言葉を母親に残し、発砲弾に倒れた若者。偶然通りかかっただけで連行され、拷問を受けた青年。脱いだシャツで頭をしばり、上半身裸でスクラムを組みデモ隊の先頭を行く、まだ幼さの残る学生たち。自分の生まれた国を守る覚悟を決めた若者たちの、その真剣なまなざしを、私は忘れることができない。
 もし自分の子なら私は黙って送り出しだだろうか。無事戻ってくれと、祈るほかはなかったに違いない。“聞け、わだつみの声”にある最後の便りを残した特攻隊の若者たちのように、自国の平和のために純粋な命を捧げた少年たち。彼らを涙で見送った日本の母親たちと同じ思いを、今ベネズエラの母たちもしている。
 「世界の旗の日」というベネズエラに住む外国人や、戦後ヨーロッパから自由や仕事を求め移民してきた人やその子孫が、各国の旗を掲げ集まった日があった。
 大使館からのメールには、いつもデモに近寄らないようとあり、迷ったがどこに住んでいても、その国の平和と自由のために声をあげるべきだと、行く決心をした。知り合いの日本人に集まってもらうよう声をかけ、白いシーツを裂いて絵の具で赤丸を描き、夫が裏山から切りだした細い竹にホッチキスで止めて、即席の日の丸を作った。
 集まった20人近くの日本人と旗を掲げアルタミラ広場に到着すると、すでに各国の旗をもって集合していた人たちが駆けつけ、日本までが応援しに来てくれたと、喜び抱きしめてくれた。日の丸をもって歩くという経験が初めての皆は、とても感動していた。
 私はベネズエラ人ではないので、大統領選には投票できない。と言って国の運命を決める大統領罷免選挙に、家で腕を組んでいるわけにはいかない。魔法瓶に日本茶を入れ、投票場で列を組んでいる人たちに配った。
 ただ配ったのではない。投票は秘密だから自分の意見を言えないので、首から“Toma TeSIto”と書いた紙をぶら下げ、Toma(どうぞ)、Tecito(少しのお茶)、“お茶をどうぞ、罷免選挙にどうか同意してください”と、CiとSiを掛けて(Si=Yes)と暗黙に促した。

 

 男という動物は、なぜちやほやされると調子に乗って、見合わないことでも引き受けようとするのだろうか。夫が市会議員選挙に出馬すると言い出した。
 頼まれると、物理的、経済的能力も考えず引き受ける。地元の会合で専門の都市計画、環境保護、建築設計について意見を問われると、嬉々として図面を曳き、役に立つことを喜んだ。実現する可能性があるのならいいが、何をしてもすべてがだめになる国では、時間の無駄だった。しないよりはいいのだろうが、結果は火を見るより明らかで、それまで数えきれないほど幻滅感を味わっていた私は、協力する気力さえも失っていた。
 しかし自分の国の再建のため、希望と夢で燃えていた夫は立候補を決心した。止めても聞かない。仕方なく私もあちこち歩いてビラを配り、投票を頼んで回った。投票結果は4位に入ったということだったが、正確な数は結局分からずじまいだった。
 反対はしていたが、チャべスが大統領に当選すると、夫は政府の仕事が増えると読み違え、事務所を拡大し投資を重ねたが、何をしてもうまくいかず焦り始めた。
 2004年大統領寵免選挙にサインしたが、その署名リストが政府の手に渡ってからは四方八方から囲まれ、成す事、すること全て潰され仕事が一切入らなくなった。もがけばもがくほど締めつけられる、綱の中にいたのである。完了した仕事も支払ってもらえず、逆に不遂行と起訴されこともある。玄関に貼られた、裁判所からの出頭命令を見た時の驚愕!
 役人が来るかもしれないので、しばらく外で時間をつぶせという夫の命令。
 スーパーの中をうろうろした時の動揺と情けなさ。
 新聞に夫婦名指しで訴訟されたのを、知人から知らされた時の驚き。
 すべてが金を巻き上げようという、相手側の陰謀だと後で知ったが、最初は理由がわからず、弁護士をつけたり再投資したり、10年近く踏ん張ったが、結局事務所を畳まざる得なかった。
 ラテン人は、今日を楽しく生きるという気持ちが大きいのだろうか、熱帯の風土に育った気質だろうか。人にもよるが、日本やアメリカのように子供の教育、将来の為貯蓄するという考えがあまりない。亭主も、金が入れば外食や旅行に使う人だった。私は貯金通帳にゼロがいくつもないと安心できないが、夫はモノを買うことが投資であり、財産であるという考えで、いつもそれがけんかのタネになった。
 絵が少しつつ売れるようになると、夫は喜んでそれワインだ、レストランだと祝ってくれた。今私の住む町の漁師も昔、宵越しの金はもたぬと酒を飲んだと聞いたが、同じ感覚だったのだろう。仕事が上手くいかず自信を無くしてその裏返しに、恰好を付けていたのかもしれない。一言、もう駄目だ、助けてくれと言えば、胸を叩いて、私に任しておけと言ったのに。
 しかしじわじわと悪化する国情に不安になって、絵が売れると、夫には黙ってドルに換え貯金し始めた。それが今私の生活を支えている。
 私も親の遺産を貰って、いい気になっていたのだろう。
 夫婦そろって経済に疎く、土地を買い、残った金は現地の金に換え大損をした。傾き始めた良人の会社を救おうと、請われるまま援助してきたが、共食いになる寸前のところで気が付いた。夫を助けよう、信じようと自分に言い聞かせて、現実を見て見ないふりをし、気を張って生きてきたが、とうとう私の中で何かがプツンと切れてしまった。
 夫はやさしい人で、とてもいい父親だった。しかし家族に良い暮らしをさせようと、目先のことに気を取られて、肝心の舵先を見失ってしまった。
 なんとか夫婦の危機を乗り切ろうと、心理療法にも通ってもみたが、話は聞いてもらっても、結局は自分が解決するほかないと気が付いた。
 年を取ると子供にもどるというが、何十年も一緒に暮らしていても、根本が違う差が開いて行くのは、仕方がなかったのだろう。永いベネズエラでの混乱の生活に押しつぶされ、精神的に追い詰められ、くたくたになっていたのかもしれない。
 もういい、日本へ帰ろうと思った。行きつくとこまで来て、やっと決心がついた。でも、帰国が実現するまで、さらに何年も待たなければならなかった。
 若い頃は、どこの国の食べ物にしろ文化習慣にしろ、ごく自然に受け止めてこられたが、今45年ぶりに生まれた国で生活しはじめ、再び日本人に戻りつつあるとき、言葉、四季、文化習慣、食物すべてが自分を育てきたと再認識している。

 ベネズエラ人の毎日

 冷蔵庫が空っぽだ。スーパーへ行くとものすごい行列。中に入っても棚はガラガラ、欲しいものは何もない。慌てて他のスーパーへ飛んで行っても同じか、もっとひどい。洗濯をしようとすると水が出ない。洗濯石鹸が手に入らないと、固形石鹸を削って使う。水があっても、停電だと冷水でシャワーも浴びることになる。何か作ろうと思っても、消費期限のとっくに切れたパスタが半分しかないし、おまけにプロパンが切れている。ガス会社に毎日のように電話しても、何ヶ月も持ってこない。道でプロパンを積んだトラックを、見かける度に追いかけるが空だと言う。おまけに法外な金を出さなければ、回してもらえない。しかたなく腹をすかしたまま寝てしまう。そんな生活を想像できますか。
 今べネズラ人は、毎日そうやって生きているのです。
 2014年頃から食料や洗剤やシャンプー、トイレットペーパー等が姿を消し始めた。何かおかしいと気が付いて、必要でなくても購入する癖がついた。でも食料品はあまり買い置きができないので、どうしても並ばなければならない。
 身分証明書の番号で、政府が値段を抑えている基礎食品(粉、米、パスタ、砂糖、ミルク等)を買える日が決まっている。早朝から並ぶ人のビニール袋を見て、何があるか検討をつけ必要なら並び、そうでなければ他のスーパーまで走る。自分の番が来ても手に入らないことを承知で、長蛇の列に並ぶ。目の前でなくなったこともあるし、前の人が制限以上を手にした砂糖や米を、悔しそうに手放したのを、ありがたく頂戴したこともある。

 ウンベルトがスーパーで見た話。

 小麦粉がある! と電話で知らされウンベルトはスーパーへ走った。最後の2袋を中年女性がつかんでいた。一人当たり2袋だからそれはいい。一足遅く来た若い女が一つ分けて欲しいと頼んだ。中年女が断ると、女は粉を奪い袋を引き破り、“自分もないけどお前もない”と叫び小麦粉を相手にぶっかけた。頭から真っ白になったその女性は“見てくれ”とでもいうように、そのまま平然と支払いの列に並んだ。
 スーパーの棚に何か並べられると、皆必死で走って行く。そしてものすごい取り合いが始まる。粉ミルクをつかんだとき、後ろから来た人に床になぎ倒され、ハイヒールで踏みつぶされた若い女性をウンベルトは救った。

 近所で起きた強盗・殺人事件

 “何でも運搬屋”の痩せて男前の中年男・ミゲルはやさしくて話好きな人で、小型トラックで、時々家具や大きな絵を運んでもらった。学歴はなかったが政治や経済、社会によく通じていた。アメリカに入国できないと言っていたから、若い頃思想的に目をつけられていたのかもしれない。放送会社で働いていた娘が金持ちに見初められ、結婚しマイアミに住んでいて、玉の輿に乗ったと自慢していた。自宅を改良したキオスクで、新聞やお菓子などを売っていたが、数年前店に強盗が押し入り、抵抗した彼はピストルで撃たれ殺された。
 ミゲルの家のすぐそばの、新築した家に越してきた家族が4人組に襲われ、妻と幼い娘が夫と息子の目の前で強姦された。散歩しながらその家の前を通った時、楽しそうに子供と遊ぶ家族を何度も見たことがあった。逃げるようにアメリカへ行ってしまったその家族は、どんな思いで生きているのだろう。
 すぐ近くの屋敷で一人住まいをしていた老歯医者が、夜中押し入った強盗に殺された。前妻や息子たちを知っていたので信じられなかった。つい先日町内に住む老人が、娘の住むイギリスへ移住するため、ペンキ塗りを頼んだ男に襲われ、殺されたとラジオで報道していた。
 ウンベルトの親戚の息子はバイクを奪われて撃たれた。一人息子を殺された母親は悲しみのあまり自殺した。そんなことは毎日起きていて、有名人や金持ちでなければニュースにもならず、新聞にも載らない。
 先日、79歳の女性が自宅で死体で発見されたと新聞で報じていた。彼女はいつも一緒にプールで泳いでいた人だ。息子はベネズエラで初めてオリンピックで銅メダルを取った有名な水泳選手で、スポーツキャスターとしても人気者だった。息子の自慢話をいつもしていたが、それがあだになって、金欲しさの雇った庭師に殺されたという。
 今まで殆どなかったことだが、この数年、同じ町内に住む人の被害が増えている。夜中に強盗に入られて猿ぐつわをはめられたまま、一晩明かした隣人家族。金目の物を全て車ごと持って行かれ、恐ろしさのあまり、数か月自宅に戻ってこなかった。家族に会いに外国から帰国した日に襲われ、パスポートや現金一切取られた知人等、あげたらきりがない。
 知り合いのお手伝いさんは、政府にとても批判的だったが、大勢の子を抱え亭主に捨てられると、食料を配布する政府側に乗り移った。笑顔で機関銃を抱えている写真をネットで見た時は目を疑った。食料や医薬品を貰うにも、政府の電子カードが必要で、政府支持者を優遇するものと批判されているが、子供がひもじい思いをしたり、慢性病や癌患者の家族が生きるか死ぬかというなら、私も同じことをしたかもしれない。だから彼女を責めることは出来ない。
 終戦直後、電話ボックスの中で上等な着物を着た母親と子供が飢え死にした、という話を昔読んだことがある。後で花束を供えるぐらいなら、なぜ誰も助けなかったのかと、厳しく批評をしていた。それに物乞いをしてでも、子供と生きていくのが本当の母親であろう。戦時中闇の食料を拒んで、餓死したという日本の判事の記事もあったが、そんな人は今いるだろうか。
 知りあいのホテル主は、客がいなくなり経営が生き詰まり、自ら命を絶ってしまったし、難病にかかり薬がなくて絶望のあまり、家族を道連れにした人もいる。また窮地に追い込まれ、生き延びるため、飢えた動物のようになった人も沢山見た。
 私自身は、今まで運がよかったというのか、コソ泥に入られたり、スリに財布や携帯を盗まれた以外は、あまり恐ろしい思いをしたことがない。犬もいるし庭師が離れに住んでいるので、家に入りにくいのは確かだ。だからと言って安心はできない。高台にある我が家は石垣で囲ってあるが、登ろうと思えば私でも登れる。外見を壊すのが嫌でずっと拒否してきたが、とうとう金網の柵に有刺鉄線を張り巡らした。それでもまだ怖くて、さらに高圧電流の流れる鉄線を取り付けた。金がそういうことばかりに出ていく。 そして一人の時は部屋の内から鍵をかけ、常に携帯を傍に仕事をし、夜は2階の寝室の鉄の扉に2重の鍵を掛けて寝た。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 Aに続きます。


(2021年7月31日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。