あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2017年7月25日



これから商品相場はくるか



 当HPの6月19日の記事「投資に関する話」で、私は銀(ぎん)に投資するきっかけとなった話を書きました。
 ここ何年も投資していなかったのですが、夢ワークを行うようになり、銀に投資するように促されたからです。
 当HPはスピ系の話が多いので、こうした話に抵抗がない訪問者の方も多いかもしれません。
 しかし世間一般的な見方からすると、大切なお金を、夢がきっかけでつぎ込むなんて、ありえないことでしょう。
 おそらく一般常識を備えた大阪の人は、私にこう言うでしょう。

 「夢で大事な金を市場に投げ込むなんて、あんた、アホちゃいまっか」

 まあ、そう言われても否定しません。
 ただ、一般的に氾濫している当たらない相場予想を聞くより、むしろ斬新で新しいのではないかと私は思っています。
 銀に投資したことにより、私はこれまでスルーしていた相場に関する情報に敏感になり、ついつい追ってしまうようになりました。
 今回は、そうした情報をいつくか紹介したいと思います。
 当HPを読まれる方のほとんどは、銀に投資されていないと思います。それゆえ興味のない話題かもしれません。投資に興味のある方のみ、読んでいただければと思います。


ゲリー・ボーネルさんは、2017末に1バーレル125$と予言

 当HPの1月15日の記事「ゲリーさんの2017年予言」で、ゲリーさんが今年末の原油を1バーレル125$と予言していると紹介しました。
 さらにゲリーさんは、5月頃にOPECの決断で原油が上がると言っていました。
 実際はどうなったかというと、年初の50ドル台から現在は45ドル近辺です。5月に上がらなかったし、むしろ値を下げています。
 私は125$という数字を聞いたとき、「まずない数字だな」と感じました。
 理由は2つあります。
 1つは、石油にはまだ及ばないものの、天然ガスがシェアを伸ばしているからです。石油より環境に良いことと、大規模LNG(液化天然ガス)技術の進歩があります。天然ガスが、世界のエネルギー市場でこれからシェアを伸ばしていくのは確実と見られています。
 もう一つは、シェールオイルの開発です。
 原油の値段が高くなってくると、眠っていたシェールオイル抗が生産を再開します。採算が取れるようになったシェールオイルが一斉に市場に出てくるようになり、これが価格の重しとなります。
 これらは、ファンダメンタルズからの分析ですが、でも実際の相場は、こうした要因だけでは動きません。
 若林栄四氏が言うように、相場は相場の意思で動くらしいのです。
 ですから、125$があり得ないという思い込みで、痛い思いをする可能性もあります。相場なんだから、なんでもありうると捉えていたほうが良さそうです。

 今回、年初に行われたゲリーさんの2017年予言のメモを読み返していて、なかなか興味深い点が見つかりました。
 それらを紹介したいと思います。
 ゲリーさんは、夏の選挙で安倍首相は負けるが、首の皮一枚でつながると言っていました。
 私はこの話を奇妙な思いで聞いていました。なぜなら今年の夏に国政選挙は予定されていなかったからです。衆議院で絶対安定多数を確保する自民党が、解散総選挙に打って出る理由がありません。
 今年の夏に行われた選挙といえば、東京都議会選挙です。
 そこで小池百合子都知事が有する都民ファーストが圧勝するとともに、自民党は歴史的な大惨敗を喫しました。
 私が気づいたのは、ゲリーさんはこれをアカシャで見たのではないかということです。
 アメリカ人のゲリーさんは、日本で今年、国政選挙が行われないことなど知らなったと思います。ただアカシャでは、自民党が惨敗している姿が見えたのではないかと思うのです。しかしあくまでも地方選挙なので、安倍内閣には直接的な影響はありません。それをゲリーさんは、「首の皮一枚でつながる」と表現したのではないかと思うのです。
 そうした観点から見ると、(ゲリーさんには失礼な言い方かもしれませんが)今年のゲリーさんのアカシャ予言は、けっこう的を得ているかもしれないと感じたのです。
 例えば、北朝鮮がハワイ、アラスカ、西海岸を脅すという予言があります。
 これは北朝鮮がICBMの発射実験を行ったことで、現実化しました。米ジョンズ・ホプキンズ大学によれば、北朝鮮のICBMはすでに単発の核弾頭を搭載できる可能性があり、2030年には複数の核弾頭を搭載できるようになるだろうと予測しています。これを受けて、ハワイ州は核攻撃に備えた緊急時対応計画を準備中と発表しています。
 またアメリカは干ばつ、ヨーロッパは洪水に襲われるという予言は、的中したと言ってよいでしょう(アメリカの干ばつ被害は2018年にさらにひどいものになると言っています)。

http://earthreview.net/extreme-heat-wave-hits-us-southwest-in-june/

 その他にもいろいろあるのですが、一番の関心は、秋に起こるであろうという中国の経済崩壊です。
 さて、どうなるでしょうか。


回復してきた世界最大の資源商社グレンコアの株価

 しばらく前ですが、ドイツ銀行の経営破たんから世界恐慌に至るのではないかと危惧された時期がありました。
 ドイツ銀行の株価は、2016年秋、10ユーロ台という倒産必死のラインまで下落していました。しかもドイツ政府は、国としてドイツ銀行を救済する意思はないと明言していたのです。
 そのドイツ銀行ですが、いまだに株価は低迷していますが、倒産には至っていません。
 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガによれば、中国資本がドイツ銀行に入り、救済した可能性があるということです。
 そういえば、ドイツは急速に中国に接近していましたし、その可能性はありそうです。
 メルケル首相が、世界恐慌の引き金となりかねないドイツ銀行を救済しないと言えたのは、そうした背景があったのかもしれません。

 そのドイツ銀行と同じように世界恐慌の引き金になりかねないと噂されていたのが、スイスの資源商社グレンコア社の倒産危機です。
 グレンコア社が倒産すると、抱えていた大量のディリバティブにより、世界的な金融危機が起こると懸念されていました。
 グレンコア社は2011年5月にロンドン市場に上場され、598ペンスの初値をつけました。しかし2015年9月に85.97ペンスまで下がり、倒産が懸念されたのです。
 しかしそのグレンコア社の株価ですが、このところ上昇の気配があります。

https://www.bloomberg.co.jp/quote/GLEN:LN

 そのグレンコア社の株価のチャートをみると、上場から最低値の85.97ペンスをつけるまで、商品価格の指標となるCRB指数と見事に連動していました。
 まるで瓜二つの動きです。
 それが2016年の末ごろからCRB指数は低迷しているのに、グレンコア社の株価だけ上昇し始めたのです。
 商品の値段は動いていないのに、グレンコア社の株価だけ上昇するということは、世界の投資家が、商品に目を向け始めた証拠ではないかという気がしています。


商品価格の上昇を予想したゴールドマン・サックス

 世界の投資家が商品に目を向け始めた理由の一つと思えるのが、ゴールドマン・サックスの予想です。
 『トランプの破壊経済がはじまる』(塚原健二著、集英社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『トランプの破壊経済がはじまる』、p156〜p157から抜粋開始>・・・

 2016年11月22日、ブルームバーグはゴールドマン・サックスが4年超ぶりに、商品の組み入れを「ニュートラル」から「オーバーウェート」とするよう推奨したと報じました。
 私は、「原油価格のことはゴールドマンに聞け!」と以前から指摘しています。
 ゴールドマン・サックス出身者が政府高官に多いため、得がたい情報をより早く得られるからだとか、エネルギーデリバティブ部門で世界トップの売買高を誇るためマーケットを自在にコントロールできるからだとか、いろいろ噂になることはありますが、いずれも推測の域を出ていません。ただ特にWTI原油価格に関しては、ゴールドマンの予想の過去の的中率はずば抜けており、相場の転換点を予測できる極めて少ない証券会社です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


ウェブボットが予測するビットコイン

 ウェブボットとは、アメリカ人のクリフ・ハイという人物が開発したネット上に飛び交う人々の言語から感情値を読み取り、それで未来を予測するシステムです。
 これまであまり注目されてこなかったのですが、今年に入り、ウェブボットが予測するビットコイン価格が見事に的中しているとして、特にアメリカで注目されているそうです。
 当HPでもヤスさんのメルマガから、何回か紹介したことがありました。
 参考までに、今年3月のクリフ・ハイ氏の予測の記事を紹介します。

https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-will-triple-gold-in-2018-silver-achieves-parity-with-gold-clif-highjp


 これまでウェブボットはかなり正確にビットコイン価格を当ててきました。しかし、ヤスさんが指摘するように、これからも当てられるという保証はありません。
 あくまでも参考程度にされることをお勧めします。

 私は、ウェブボットが正確にビットコイン価格を当てられたのは、ビットコイン市場が操作されていなかったからではないかと考えています。
 ビットコイン市場は、株式や為替、商品取引市場に比べたら非常に小さいために、意図的な操作がこれまで行われてこなかった。それゆえ、人々の感情値がダイレクトに反映される結果になったのではと考えています。
 金や銀の相場は、先物市場を通じて、不当に歪められてきました。
 特に金は、ドルの反通貨としての性格を持ち、ドルの価値を維持するために実際の価値より、かなり低く抑えられてきたと考えます(FRBは金を目の敵にしてきた歴史があります)。
 それが、ウェブボットがビットコインの上昇を当てられたのに、銀の価格が低迷している原因ではないかという気がしています。


次の世界的な金融危機

 市場は一時的に歪められても、未来永劫歪められ続けることはできません。
 必ず、実勢価格に戻る時がきます。
 これまでゲリーさんだけでなく、ジョセフ・ティテル氏も金や銀の価格高騰を予言してきました。しかし実際は低迷したままです。彼らには未来に高騰する金や銀の姿が見えているのでしょうが、現実は市場を歪める巨大なパワーが勝っているということでしょう。
 しかし次に人類を襲う金融危機は、通貨の危機だと私は考えています。
 2008年のリーマン危機は、金融機関の膨大な負債が原因でした。それを国の中央銀行が肩代わりすることで、世界的な金融恐慌を防ぐことに成功しました。
 紙幣を刷る権利(これをシーニュリッジ特権と言います)を持つ者が、紙幣の増刷によって危機の先送りを行ったのです。
 しかし今度来る金融危機は、その紙幣そのものの危機となります。
 膨大に刷られた紙幣が、価値を減らしていくのです。
 膨大に刷ったのですから、価値を減らすのは当然です。そして、その危機を回避する方策はありません。お金を刷って危機を先送りするという手段が使えないからです。
 そうした事態になったとき、人々の選択は限られています。
 国の管理下になく、増刷できないビットコインのような仮想通貨や、金や銀の実物資産が注目される理由がここにあります。
 私は、その時期はそう遠くないと考えています。


(2017年7月25日)





よろず屋寸話録
(2017年)

よろず屋寸話録
(2016年)

よろず屋寸話録
(2015年)

よろず屋寸話録
(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録
(2013年

よろず屋寸話録
(2012年)

よろず屋寸話録
(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録
(2010年)

よろず屋寸話録
(2009年)

よろず屋寸話録
(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録
(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録
(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録
(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録
(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題
(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題
(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2017年)

訪問者の投稿欄(2016年)


訪問者の投稿欄(2015年)


掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。