あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2017年9月23日



洗脳について



 洗脳というと、タレントの辺見マリさんが、拝み屋に洗脳されて5億円を騙し取られた事件を思い浮かべる方は多いと思います。辺見さんの件は、「しくじり先生」というテレビ番組で放映されて大きな話題になったそうです。芸能界では、辺見さん以外にも被害に遭った有名人は多いようです。

 ここでは『週刊SPA』(9/19・9/26合併号)に興味深い洗脳の例が載っていたので、紹介させていただこうと思います。
 私は芸能界に疎いので知らなかったのですが、女優の山口もえさんの元夫でIT会社を経営していた尾関茂雄氏が被害に遭った話です。

 尾関氏はITバブル華やかなりし2000年代初頭にIT会社を立ち上げて成功し、その会社を売却して3億円もの資産を手に入れたといいます。
 そして2005年には女優の山口もえさんと結婚して、世間の注目を大いに集めたそうです、
 しかし沖縄のNPO法人(クーピーファッションアートグループ)が尾関氏に接触するようになってから、尾関氏の運命は大きく狂い始めます。
 クーピーは尾関氏に対し、「沖縄は琉球王朝がなくなって以来、奴隷状態にある。自立するためには自前の産業が必要だ」と猛烈にアピールし、沖縄で農場経営をしてほしいと頼みます。尾関氏はこれを受け、沖縄本島北部のやんばるの森で、農場経営に乗り出します。この時点では、尾関氏は沖縄に自前の産業をと、理想に燃えていたようです。
 しかし、事態は暗転します。
 以下『週刊SPA』から引用します。


 ・・・<『週刊SPA』(9/19・9/26合併号)、p24〜p25から抜粋開始>・・・

 だがクーピーの実態は尾関が当初考えていたようなものとは異なり、代表に服従を強いる異様な組織だった。メンバーは代表の求めに応じてさまざまな無理難題をこなさなくてはならない。体裁こそNPOだが、実態は代表を”教祖”とするカルト団体も同然だったのだ。尾関も徐々にこの教祖に逆らうことができなくなる。いわば、洗脳状態だ。
 「教祖の求めに応じて自分の財産や知人から借りたお金をつぎ込むようになりました。最終的にその額は6億円に上ります。さらに東京の仲問を次々と沖縄に誘ってはクーピーの活動に参加させました。気味悪がってその後音信不通になる人もいましたが、なかにはすごいよかったとのめり込んで、数十億もの財産をむしり取られてしまった人もいます。私はお金持ちを引っ張り込む役回りをさせられていたのです」
 ’05年に伴侶となった山口もえも、そんな尾関に対して不安を口にするようになっていったという。
 「私の噂を彼女の事務所が気にしたのでしょう。幕末に坂本龍馬が何の仕事をしていたかと答えられないでしょう。同じだよとなだめていましたが、事務所にすれば沢尻エリカの夫だった高城剛さんと同じ所属タレントの『困った夫』です」
 人生を暗転させたのは’11年の逮捕。
 「舞台となったバーはIT長者のたまり場として知られていた。許可なく女性に接客させていたとされましたが、この店は07年にクーピーのメンバーらが押しかけ実質的に乗っ取ってから、私は名義上のオーナーになっていただけ。店はクーピーの代表の娘婿に任せっきり。警察にそのことを説明したらいったんはお咎めなしとなったのです。ところが娘婿から『みんなを守るためにあなたがやったことにしてほしい』と言われてあらためて出頭したのです」
 逮捕は大々的に報道され、夫婦関係は破綻。金融機関からの融資がストップしたため企業経営もままならなくなった。残されたのは沖縄での活動だけだったが、その2年後にはクーピーからも追放されてしまう。
 偶然にも代表やその家族が私たちから集めたお金でどんな生活をしているか知ってしまい洗脳が解け始めたのです。不動産を買い漁り、派手な車や服で贅沢三昧をしていた。それを口にし始めたところ、私はマンションの一室に監禁されました。ドアに開いた穴から食事だけ与えられ外に出してもらえず、般若心経を写経し続けた。会話の相手は天井に張りついたヤモリだけ。監禁が40日間に及んで頭がおかしくなったのか、最後は『ここから出せ!』と喚き散らしていたようです……」
 沖縄を追われた尾関はすべてを失った。残った財産はごくわずか。それから1年間、実家にひきこもる生活を続けた。実はクーピーに関わったことで、転落をたどったのは尾関だけではない。代表に上納金を支払うよう求められ、ノルマを達成できなければグループ内で罵声を浴びせられ、暴力を振るわれたメンバーもいた。なかには経営していた会社を乗っ取られ、会社のお金を不正に引き出されたとしで民事裁判で争っている経営者もいる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 洗脳が解けた尾関氏は、今はなんとその洗脳のきっかけとなった農場の再建に取り組んでいます。
 尾関氏の言葉です。

 「今の日本は、私のように一度失敗した人たちには、なかなかやり直しがきかない社会。だからそんな人たちが集い日本を変えていくきっかけになるような場にしたいと思っています。ひどい目に遭いましたが、ITベンチャーの経営者を続けるよりも、よっぽど濃い人生を歩んでいると感じています。何年かかってもこの農場を形にします」


 * * *


 個人が洗脳され多額のお金を巻き上げられるというのは、傍から見ていて非常にわかりやすいものです。
 しかし、対象が個人ではなく、広く一般庶民だったらどうでしょうか。例えば、これが権威と権力を持つ公的な機関が行っていたら、一般の人々は自分達が洗脳されているというのは夢にも思わないはずです。
 実のところ、その方が一個人を狙った洗脳より、よほど悪質だと私は思います。
 今の多くの日本人は、病気になったらどうするでしょうか。
 おそらく、

・病院に行って治してもらう
・薬を飲んで治す

 という行動を(疑いもなく)とると思います。

 私はすべての医療行為や薬を否定しているわけではありませんが、現代医療の9割は無駄であるというロバート・メンデルソン博士の意見に同意する立場です。
 ロバート・メンデルソン博士は、現代医療のうち1割に当たる緊急の救急医療は人々の役に立っているが、残りの9割は、無益どころか有害であると説いています。
 無益どころか有害である理由は、現代医療が病気を治す治療を行うのではなく、病気の症状を抑える対症療法だからです。
 ですから、本当は病院に行って病気を治すのではなく、”病院で処方された薬で症状を抑える”ということをしているのです。
 病気を治さないのですから、いつまでたっても病気は治りません。延々と薬を飲み続けることになります。
 今回は、その一例として降圧剤を取り上げたいと思います。
 なぜ降圧剤かというと、私の兄が何年も前から医者から降圧剤を飲むように勧められてきたからです。
 そのたびに私は、「降圧剤は絶対に飲んではいけない!」と訴えるはめになりました。これが功を奏したのかわかりませんが、幸いなことに兄は今のところ降圧剤を飲んでいないようです。

 血圧は、昔は年齢プラス90が適切だと言われていたそうです。
 歳を取ると身体が柔軟性を失います。当然血管も若い頃に比べれば硬くなってきます。それでも毛細血管の隅々まで血液を送る必要上、心臓はより強い力で血液を送り出すようになります。ですから年齢と伴に、血圧が上がるのは自然なことです(逆に年齢と伴に血圧が上がらないのは、むしろ生命にとって危険な状態だと言えます)。
 ところが医学会は、130以上を高血圧だと断定してしまったのです。
 そうなると40歳以上の多くの人は、降圧剤を処方されて飲まざるを得なくなりました。
 その結果、日本人の血圧は下がったが、ガンと認知症が多発するようになったというのです。

 これは中部大学の武田邦彦教授が記事を書いておられます(メルマガで紹介されたので読まれた方は多いと思います)。

http://www.mag2.com/p/news/263513/3

 このメルマガの記事を読んで私が思ったのは、こうした暴露記事が、もうタブーではなくなったのかもしれない、ということです。
 武田教授はテレビでも有名人で、色々な番組に出演していて、私も何度か観たことがあります。そんな有名人が、病院や薬の批判を堂々としていれば、マスコミから干されるのが必定だと思っていたのです。もちろん武田教授には何らかの圧力があると思いますが、こうしたことを堂々と言える社会に変化しつつあるのかも、と考えたりしています。
 サアラさんが、水瓶座の時代は隠されてきた真実が表に出るようになると言っていましたが、その現象の一つかもしれません。

 こうした暴露記事が、「病院に行って治してもらう」「薬を飲んで治す」という一般庶民に掛けられた洗脳を解くきっかけになるかもしれません。

 特に不調もないのに、高血圧だと診断されて降圧剤を飲むようになった女性の実例を紹介します。
 『薬剤師は薬を飲まない』(宇多川久美子著、廣済堂出版)から引用させていただきます。

 ・・・<『薬剤師は薬を飲まない』、p18〜p21から抜粋開始>・・・

 ■「薬を飲んで体調が悪くなった」

 内臓脂肪型肥満に、高血糖・高血圧・脂質異常(高脂血症)のうち二つ以上を合併した状態を指すメタボリック症候群。メタボという通称で、すっかりおなじみになっている言葉ですね。
 かつて私が白衣を着ていた頃、メタボ診断で引っかかり、血圧を下げる薬を日常的に服用されている患者さんがおられました。
 窓口でいつもと同じお薬をお渡しするときに、私は一言「お薬を飲んでいて、変わったことはありませんか?」と聞きました。するとその患者さんは「この薬を飲むようになってから、身体がだるくてしかたないんだよ。朝はなかなか起きられないし、午前中はほとんど仕事にならない……」と漏らしたのです。
 話によれば、この方は収縮期血圧が160mmHgあり、メタボ診断が基準とする130をオーバーしているため、基準値になるよう薬を服用するようになったとのこと。とはいえ、本人は血圧が160あったときには、これといった不調を感じていなかったというのです。
 血圧の薬を飲めば、血圧は下がり、血圧が下がれば、確実に血流も落ちます。
 この方の血圧が160であるということは、もしかすると血圧を上げ、血流をよくしなければならない理由があったからなのかもしれません。
 仮に、この患者さんの身体が血流をよくするために、血圧を上げているのだとしたら、薬を飲んで血圧を下げ、血流が弱くなったことで、不具合が生じても何ら不思議はありまんせん。
 「健康のためにと薬を飲み始めたのに、却って調子が悪くなっちゃった気がするんだけど、それでも飲んだほうがいいのかな?」。患者さんお問いかけに、私は「次回、先生に今の状態をお話しして、お薬についてご相談されてはいかがですか」と答えました。後日、薬局にやってきたその患者さんに「薬のこと、先生は何とおっしゃっていましたか?」と聞くと「『飲みたくないなら飲まなくてもいいけど、命の保障はないよ』と言われちゃった。そんなふうに言われたら、いくらだるくても飲むしかないよね……」という言葉が返ってきたのです。
 薬剤師の仕事は、医師が出した処方せんの通りに薬を調剤することです。患者さんの様子を聞き、たとえ「薬を飲むことで生活の質が低下している」「この方にとっては飲まないほうが好ましいのでは」と感じても、自分の判断で勝手に薬を減らしたり、出さなかったりすることはできないのです。
 そもそも高血圧症というのは、生活習慣病。ある日いきなり血圧がグンと上がるわけではありません。偏食や運動不足や過度のストレスなど、日常の不摂生が5年、10年という歳月をかけて蓄積されていく中で、徐々に血圧が上がり、たとえば130だったものが160になってしまうのです。
 5年、10年かけて上がった血圧を、薬は2〜3日で一気に下げてしまいます。それは見事な切れ味なのですが、そんな魔法のような作用を起こすということは、血圧とは別な場所で、確実に違うことが起こっているということなのです。
 血圧にだけ着目すれば「下がってよかった」ということになります。
 けれど、人間の身体というのは、さまざまな器官のさまざまな働きによって成り立っているもの。身体全体で考えると、単に血圧を下げただけで「よかった」ということには必ずしもならないのです。

 ・・・<引用終了>・・・


 降圧剤を飲むと体調が悪くなるので医者に相談すると、「(飲まないと)命の保証はない」と医者は答えたそうです。
 こんなことが言えるのは、医学会が血圧160は高血圧で130が正常と勝手に決めた効果です。
 血圧が160あると命の保証がないというのは医学知識がない私には理解不能で、医者の脅しにしか聞こえません。とはいえ、一般庶民が医者にこんなことを言われれば、震え上がってしまい、降圧剤を飲み続けるしかありません。

 では再度、宇多川久美子氏に登場していただき、船瀬俊介さんとの対談を紹介させていただきます。
 『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』(宇多川久美子×船瀬俊介著、ヒカルランド)から引用します。


 ・・・<『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』、p70〜p75から抜粋開始>・・・

 薬の3つのワナ?@副作用、A薬剤耐性、B薬物依存

−−− 降圧剤はいったん飲むとやめられなくなると言われていますね。

船瀬 薬は全部そうですよ。

宇多川 治すものじゃなくで抑えるものだから、一生抑え続けなければいけない。笑顔で「一生のお薬ですよ。一緒に頑張りましょうね」と言いながらお薬を渡すと、患者さんもにっこり笑って「そうねえ。よろしくね」と言って、手を握って、一生来てもらえるように、うまくうまくやっていた自分が、今思うと本当に怖いです。
 気づけたからよかったんですけど、その組織の中に組み込まれていると、昔はそれが当たり前だと思っていたし、いいことをしていると思っていました。

船瀬 薬には3つのワナがあるんです。
 1つは、副作用です。主作用ばかり言って副作用を一切言わない。薬を飲むと体中の臓器が毒物反射するわけだから、「胃が荒れる」、「下痢をする」、「発疹が出る」、「熟が出る」、「呼吸困難になる」。だけど、降圧剤の場合は「血圧が下がった」ということだけを取り出して、効果があったと言うわけだ。
 連中は、逆に副作用が出たほうがありがたいんだ。胃が荒れたら胃腸薬、下痢したら下痢止め、発疹が出たら発疹薬、熱が出たら解熱剤と、また儲かる。チェーンリアクション(連鎖反応)だよ。副作用は無限大に副作用を呼ぶ。
 2つ目は、「薬剤耐性」です。薬剤に対して体が抵抗力を持って、一定の量では効かなくなってしまうので2倍に増量する。また効かなくなると、さらに3倍、4倍と増やす。製薬メーカーは万々歳、大喜びで極楽、患者は地獄。
 TV番組「たけしの本当は怖い家庭の医学」で、便秘薬を飲んでいた若い女性の話をやっていたけど、いくら飲んでも出なくて糞詰まりになって、最後はトイレで1瓶飲んで絶命してしまった。薬剤耐性で、量がどんどん増えてしまったわけです。
 3番目の悲劇は、薬物依存です。薬を飲んでいる状態が正常になってしまって調子がいい。ところが薬が切れると、体がバランスを欠いて地獄の苦しみ。だから、また薬を飲む。覚醒剤と同じです。禁断症状というのは、傾いた状態を体が正常と勘違いしているわけで、薬を飲まないと苦しみが襲ってくる。これもメーカーは極楽、患者は地獄だ。
 これら3つの薬物療法の落とし穴について、誰も知らないトリプルトラップがある。こんなことは学校で教えない。

宇多川 自分でお薬を出していたときにすごく不思議だと思ったのは、副作用が出たとしても、それは先生のせいじゃないから、そこに上乗せする薬を出せるんですね。患者さんも医療機関側が悪いなんて思わないし、お薬の量がどんどん増えていってしまうことに何の抵抗もないし、すごく無防備なんです。
 例えば医療ミスみたいなことがあったとしでも、よくなるまで無料でやります、なんて絶対言わない。大工さんだったら、家を建てて雨漏りしたら、こちらの責任だということで無料で直してくれるのに、医療費を患者さんからもらって、また次の薬を出すという構造になっている。それを患者さんもおかしいと思わなくて、「ありがとうございます」と言うんです。

船瀬 「薬で病気を治す」という迷信、迷妄、誤解、誤認……・この呪縛から解き放たれないといけない。病気を治すのは、あなたの中にある自然治癒力です。しかし、「薬が病気を治す」と思い込んでいる人には、100回言ってもわからない。

−−− ある時期から医薬分業ということが言われて、病院と薬局は分けられていますね。

宇多川 基本的に同じ経営はありえないことになっているんです。

船瀬 あれは舞台裏を見せないためです。2つに分けると、いかにもダブルチェックで薬が処方されているように思える。何のことはない、裏でつるんでいるんだ。
 とにかく教育からやり直さなければダメだ。約200年にわたってロックフェラーとロスチャイルドは、「薬が病気を治す」、「病院が病気を治す」と、義務教育、医学教育で繰り返し洗脳してきたんだ。

宇多川 私は今「薬を使わない薬剤師」というキャッチコピーで活動しているんですけど、すごく不思議がられて、「えっ、薬を使わなかったら、何で治すんですか」と必ず聞かれる。そのときには「あなたが自分で治るんです」と言うんです。すると、またキョトンとする。
 ヒポクラテスが言っているように、あなたの中には100人の名医がいて、お医者さんがしていることは、その名医の手助けにすぎないのに、多くの人は、病気を自分で治しているという感覚を持っていない。

船瀬 犬ネコのほうが、まだまともだよ。病気になったら、「食うな」、「動くな」、「寝てろ」。そうすれば治るということを知っている。

宇多川 野生に戻れば、そうですよね。動物は、食べないで横たわって治すんですものね。

船瀬 人間ほど病気をする動物は地球上にいない。何で病気になるのか、医者に行って薬を飲むからだ。医者に行かない、薬を飲まない、食い間違わない、そうすると病気にならないんだ。

宇多川 でも、私たちのすっかり洗脳された頭では、そんな簡単なことで治るわけがない、それだったら病院が要らないじゃないか、薬が要らないじゃないかと思ってしまう。野生の動物は、病院も薬もない中で、しっかり種をつないでいるのに。

船瀬 マインドコントロールだよ。僕は「自分の頭で考えてみろ」と言うんだ。結論から言えば、実に簡単、「食うな」、「動くな」、「寝てろ」、これで治る。食べないと、体の排毒力と免疫力が急激に伸びて、自然治癒力を加速する。
 今度、『やってみました! 1日1食』(三五館)という本を書いた。僕は1日1食で朝昼食ってないけど、全然調子いい。空腹感は幸福感で、それが大事なんだ。すると、長寿遺伝子がオンになる。
 67歳のビートたけしも、75歳の千葉真一も、69歳のタモリも1日1食。みんな年とらないし、若いし、元気でメタボじゃない。

 ・・・<引用終了>・・・


 この『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』が出版されたのは、今から3年前の2014年12月です。ですからビートたけしさん、千葉真一さん、タモリさんの年齢は、上記のものに3つほど加える必要があります。
 ビートたけしさん、タモリさんはテレビで時々見かけることがあります。お二人とも今では70歳を超えているわけですが、元気そうです。

 最後に降圧剤のオチを一つ。
 医者からさんざん降圧剤を勧められていた兄ですが、私が「医者は、なんと言って降圧剤を勧めるの?」と聞いたのです。
 すると、兄が言うには「(医者は)そろそろ(年齢的に)いいんじゃないか…」と言っているというのです。
 この言葉に、私は医者なりのジレンマを感じました。
 医者だから降圧剤が健康を良くするどころか悪くすることを熟知していると思います。これまでは130以上は高血圧だから、降圧剤を処方すると堂々と言ってこれました。
 しかし今はネットもあり、人々は真実を知り始めています。降圧剤が健康を害するというのは、知る人は知っていることであり、降圧剤が健康に良いと言ってしまうと嘘になります。
 とはいえ医者の立場として、一生飲み続けることになる降圧剤は、ぜひとも患者に飲んでほしい(売り上げを上げる為に)。
 そこで、今の日本人はある程度の年齢になると、降圧剤を飲むようになっている。だから年齢が上がったのだから、そろそろいいんじゃないか・・・、という微妙な言い方をせざるを得なかったのではないかと思うのです。


(2017年9月23日)





よろず屋寸話録
(2017年)

よろず屋寸話録
(2016年)

よろず屋寸話録
(2015年)

よろず屋寸話録
(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録
(2013年

よろず屋寸話録
(2012年)

よろず屋寸話録
(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録
(2010年)

よろず屋寸話録
(2009年)

よろず屋寸話録
(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録
(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録
(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録
(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録
(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題
(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題
(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2017年)

訪問者の投稿欄(2016年)


訪問者の投稿欄(2015年)


掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。