あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2021年5月4日



新型コロナのワクチンに関する動画の紹介です



 当HPの掲示板に、ひねもすさんから新型コロナのワクチンに関する動画が紹介されていました。
 最初にワクチンの専門家へのインタビューがあるのですが、専門用語が出てきて理解しにくいのです。そこで番組では、それをフットボールの試合に例えて実に解りやすく解説しています。
 当HPの訪問者の方々であれば、積極的にワクチンを打とうという方は少ないと思います。
 でも、じゃあなんでワクチンを打ってはいけないかを誰かに説明しようとなると、意外と難しかったりします。
 でも、この動画の例えを使えば、人は納得し易いかもしれません。

 必見の動画です。

https://t.co/HFomvZGQrP?amp=1

(2021年5月4日)

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

ワクチンに関するメルマガの紹介です



 今や、テレビのニュース報道でワクチンが語られない日はないといっていいくらいです。
 すでに高齢者の接種は始まり、一般の人々も打つか打たないか決断を迫られる日が近づいてきました。
 当HPの掲示板でもワクチンが話題になっており、人々が強い関心を持っておられることが伺えます。
 そんな折、私のところにダイレクト出版が発信するメルマガが送られてきました。
 ある青年がワクチンに対する不安から、自らいろいろ調べてみたようなのです。
 私は、この「自ら調べる」という姿勢が大事だと思うのです。
 なぜなら、人は聞いた話は右から左に流してしまいがちですが、自分で調べて得た知識には納得するからです。
 非常によくまとまったレポートで、ワクチンに関し、打とうか打たないか迷っておられる方に、ご一読をお勧めします。


 ・・・<丹羽 庸(にわ よう)ルネサンス編集部メルマガから抜粋開始>・・・

 こんにちは。

 ダイレクト出版政経部門の丹羽です。
 3回目の緊急事態宣言が始まりました。
 去年の春頃に始まり、ついに「コロナ禍」も1年以上続いていることになりますね。

 ここで、あなたもきっと関心を持っているのが、「ワクチン」ではないでしょうか?
 「打って大丈夫なのか」
 「そもそも効果があるのか」
 いろいろと不安に感じてらっしゃるかと思います。
 私もそんな一人です。

 親しい親族や友人に高齢者や医療従事者がいるので、この話題についてはどうしても敏感になってしまいます。

 しかし、この先ずっと不安を抱えて生活するのは嫌なので、ワクチンについて手に入れられる情報の範囲で調べてみることにしました。
 一般に公開されている資料だけを見ても、なかなか「ニュースで聞いた話と違う」 と思うことがあったので、今日は、3つのポイントに絞ってあなたにその情報をお伝えできたらと思います。

 ※ワクチンをめぐっては本当に様々な情報がありますので、今回は厚生労働省の資料や報道されている情報を元にお伝えしたいと思います。

==

@長期的なデータがないので10年後どうなるかわからない
 これは前提なのですが、m-RNAワクチンというのは、今まで人間には打ったことがない種類のものです。
 その仕組みについては首相官邸のYoutubeにわかりやすい動画が載っていますが、

https://www.youtube.com/watch?v=f_lOgMCYnbo

 簡単にいってしまうと、

@ウイルスの「設計図」を注射することで、人体にウイルスの一部を作らせる

Aそのウイルスの一部と人の免疫が戦い、抗体ができる

 ということのようです。

 今まで人間に使ったことのないワクチンですから、打った人が3年後、5年後、10年後にどうなるか、一切の情報がありません。
 これが、多くの人が不安に感じている理由だと思います。
 このワクチンに関しては、危険性を主張する声も一定数あります。
 代表的な例を挙げると昨年の12月に、ファイザーの元研究員であり、責任者の立場にあった2名がワクチンの研究と承認を停止する嘆願書をEUに提出したと報じられました。

https://2020news.de/en/dr-wodarg-and-dr-yeadon-request-a-stop-of-all-corona-vaccination-studies-and-call-for-co-signing-the-petition/
(英語のサイトです。)

 それは、以下の4つの理由からです。

・実験用の猫が全て死んだため
・女性の不妊を引き起こす可能性があるため
・70%の人がアレルギー反応を起こす可能性があるため
・研究期間が短すぎ、長期的な副作用を推定できないため

 これに対しては、他の研究者やファイザーの広報担当者などから「女性の不妊を引き起こす可能性は確認できていない」など、反論の声もありました。
 しかし、先ほどお伝えした通り、ワクチンの長期的な影響は一切検証されていませんので、「絶対に安全だ!」と言い切る方がむしろ危ないのではないでしょうか。

==

A感染予防効果がない!?

 調べてみて、意外だったことは、なんと、このワクチン「感染予防」の効果は確認されていないそうです。
 これはもう、厚生労働省がはっきりと書いています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html

 つまり、ワクチンを打っても、ウイルスが体の中を出入りするのを防ぐことができないということ。
 言い換えると、「人に移したら悪いからワクチンを打つ」というのは誤りだということらしいのです。
 ワクチンを打っても打たなくても、「マスクはして、3密は避けてください」とのことで、このワクチンが効果を持つのは症状の「発症」や「重症化」に限られるというのです...

 ここで私は、とても「変だな」と感じました。
 私のような「若者」に分類される20代の人にとっては、発症してもほとんどが軽症で、重症化のリスクはほぼ報告されていません。
 厚生労働省のこちらの資料を見るとよくわかります。

https://www.mhlw.go.jp/content/000749530.pdf

 1〜4月のデータで、わずか0.8%程度。
 死亡者に至っては、ほぼゼロです。
 0.8%の確率で重症化、そして死亡はゼロ。
 検査を受けていない陽性の人も多いはずですから、この確率はもっと下がるでしょう。

 私は、「この時点で、ワクチン打つ意味あるのか...?」と思ってしまいました。
 (変異株については重症化率が高いと言われていますが、今のところ国内のデータが十分に集まっていないため、まだ不明瞭です。)

==

B国内の死亡例について

 3月のはじめ、ワクチン接種した60代の女性がくも膜下出血で亡くなるというニュースがありました。
 「副反応による死亡、国内1例目か?」ということで話題になったのであなたもご存知かもしれません。

 さて、この方についてはワクチンによる死亡だと証明できない、という結論になったのですが、実はすでにワクチンの接種により死亡した可能性がある人が、10人もいることをご存知ですか?
 ワクチンの副反応については、厚生労働省の厚生科学審議会というところが、定期的に調査・報告を行っています。
 ちょうど4月23日に行われており、その資料はこちらからご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18196.html

 これによると、これまでにワクチンによって死亡した可能性のある人は10名にのぼるそうです。
 死因は、入浴中にお風呂で溺死、くも膜下出血、心肺停止、などで、その多くは高齢の方ですが、中には26歳・女性の看護師の方もいたそうです。
 気になるのが、この10名の方が「本当にワクチンによって死亡したのか?」ということですが、資料の一部をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000772190.pdf

 10名中10名が、「情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できない」という結論になっています。
 一言で言ってしまえば、「よくわかりません」ということ。
 これでは、ワクチンが本当に安全なのか、判断することもできないな、と感じます。

==

 さて、ここまで3つのポイントに絞って、ワクチンについて自分なりに重要だと思ったことをお伝えしてきました。
 もちろんこれは一個人が調べたものにものに過ぎませんし、このメルマガに書いたことをあなたに押し付ける気持ちは一切ありません。
 厚生労働省は、今回のワクチンはメリットとリスクをよく考えて、自分の判断で打つ / 打たないを決めるものだと言っています。
 (例え医療従事者であっても、他人に強制されることはないと明記しています。)

 私はこのワクチンに関して不安な気持ちが本当に大きかったので、実はこの1ヶ月ほどずっと調べていました。
 厚生労働省の資料にはほぼ目を通しましたし、お医者さんの発信されている情報や、海外のニュース、そしてファイザー社の論文まで素人なりに読んで理解したつもりです。
 本当はもう少しお伝えしたいこともあるのですが、どうしても長くなってしまいますので、今日はこのくらいにしようと思います。

 今回の内容が少しでもあなたのお役に立てばこんなに嬉しいことはありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 当HPの掲示板にも書きましたが、私が今回の新型コロナのワクチンの情報を集める中で一番衝撃を受けたのが、mRNAワクチンの猫の実験で、接種から2年後にすべて死亡したという事実です。
 これは、ファイザーの元研究者が発表したものです。
 世の中には様々な理論がありますが、私にとってこの情報だけで十分でした。
 もちろん、打つ打たないは個人の判断ですので、ご自分で決めていただければと思います。
 参考までに、サイトを一つ紹介しておきます。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=274928

(2021年5月2日)





よろず屋寸話録(2021年)

よろず屋寸話録(2020年)

よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。