あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年12月9日



スピリチュアルの話題を3つほど


 今回は、「ヤスの備忘録」のヤスさんとサアラさんのメルマガと、私自身のスピリチュアルの話題を合わせて3つほど紹介したいと思います。


クレイグ・ハミルトン・パーカーのメッセージ

 当HPでよく紹介させてもらっている「ヤスの備忘録」のヤスさんメルマガを今回も紹介させていただきます。
 以前、ヤスさんのメルマガからアメリカの中間選挙に対するクレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言を紹介させていただいたことがあります。
 クレイグ・ハミルトン・パーカー氏はトランプ大統領の共和党が予想外の勝利を収めると予言しましたが、結果は上院では共和党は過半数を維持したものの、下院では民主党に過半数を奪還されました。
 事前の予想では民主党の大きな躍進を言われていたので、共和党側は善戦して大負けしなかったというのが妥当な評価だといえます。
 そうなると、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の中間選挙に対する予言は、当たらなかったと言ってよさそうです。
 今回は、そんな予言ではなく、スピリチュアルなメッセージです。
 興味深い内容でしたので、紹介させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんの第514回メルマガから抜粋開始>・・・

クレイグ・ハミルトン・パーカーのメッセージ

それでは今回最後のテーマを書く。このメルマガで何度も紹介しているサイキックにクレイグ・ハミルトン・パーカーがいる。以前は広告宣伝会社の経営者だったというユニークな背景を持つサイキックだ。毎年ユーチューブで公開される予言の的中率は、7割を越える。

そうしたクレイグ・ハミルトン・パーカーだが、ユーチューブで公開されている内容は予言だけではない。多くのスピリチュアルなメッセージも公開しており、ファンが多い。今回はそうしたもののひとつを紹介する。

●守護霊の真実

・ネットなどを見ると、自分の人生を導いてくれる守護霊に関する膨大な情報であふれている。自分の守護霊とどのようにコンタクトし、メッセージをもらうかといった情報だ。

・しかし、そうした情報のほとんどは完全に間違っており、ただ人々の勝手なイマジネーションを語ったものばかりである。そこに真実はない。

・守護霊とコンタクトしていると称する人々は、「自分の守護霊はアトランティス人」だとか「ネイティブアメリカンの賢者」だとかさまざまなことを言うが、実を言うとそれには意味があまりない。彼らのファンタジーにしか過ぎないことがほとんどだ。

・しかし、シルバーバーチのように本当に守護霊とコンタクトができていると思われる例もある。なぜなら、守護霊が自分の存在を示すためのはっきりした証拠を残しているからだ。

・私にも守護霊がおり、彼らと日常的にコンタクトしている。それらは、ネイティブアメリカンの賢者であり、もう一人はピエロだ。特にピエロは私が大勢の観客の前でプレゼンしているときに現れる。そして、観客をひきつけるジョークのネタをくれるのだ。

・だが、知っておかなければならないことは、こうした守護霊がどれほど我々が認知可能な人物として現れても、それは彼らの真の姿ではまったくないということだ。霊魂はエネルギーのような存在で、どんな形にも変身することが可能だからだ。我々が認識やすい形象で現れる。

●守護霊とのコンタクトの方法

・では守護霊との正しいコンタクトの方法はなんだろうか?どのようにすると、我々は守護霊ときちんとコンタクトできるのだろうか?多くの人はこのように問うに違いない。

・事実は守護霊はあなたが一生懸命になにかに集中して活動しているときには、かならず背後にいるのである。だから、特に彼らの存在に気づく必要はない。

・だが、それでも守護霊とコンタクトしたい場合、ひとつの方法は静かな部屋にいて、心を澄ますことである。そうすると、頭のなかに明らかに自分のものとは異なる考えがうかぶ。これを送っているのが守護霊なのである。

・もちろん、もっと深く彼らとつながるためには、深い瞑想が必要になる。このビデオでは十分に語ることができないが、深い瞑想ではしっかりとつながることができる。

・もうひとつの方法は夢である。明晰夢を見ると、そのなかにメッセージが隠されていることがある。

・このように、守護霊とのコンタクトはとてもシンプルなものだ。だが知っておかねばならないことは、我々の意識そのものが守護霊だということだ。心を落ちつけ、純粋な意識になると明晰な判断が沸いてくる。それが守護霊からのメッセージだ。

以上である。

守護霊とのコンタクトの方法のビデオだったので見て見たが、とてもシンプルな内容だった。よく筆者もあるテーマを考え続けていると、まったく感情を伴わない明晰な判断が、これは間違いなく正しいという直感とともに、いきなり沸いてくることがある。それは、「間違いなくこうなる」という近い将来の出来事の予見みたいなものもそうだ。もしかしたらパーカーはこのようなことを言っているのかもしれない。読者の方々にはこうした体験はあるだろうか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


サアラさんのローソクのワーク

 以前、サアラさんのメルマガを紹介したことがありました。
 今回は、私がこれから取り入れていこうと思っているローソクのワークを紹介させていただきます。


 ・・・<サアラさんのメルマガから抜粋開始>・・・

本日は、超感覚を研ぎ澄ます「ローソクの凝視」についてお話します。

ローソクの炎をじっと見つめるというシンプルでありながら、至難の業でもあるワークです。

なるべく暗い部屋で、かしこまる必要はありませんが、背筋を伸ばして座ります。

椅子でもいいし、座禅やヨガ用の座布団みたいなものを使ってもかまいません。

その状態で、ひたすらローソクの炎を凝視します。

特に時間を測る必要はありませんが、本当に集中して見つめるなら、

最初のうちは3分も続けられません。

3分もたたないうちに雑念がよぎってくるのです。

炎だけにフォーカスし、他には何も考えない状態で見つめるのは至難の業です。

実際にローソクの炎を使わなくても、

頭の中にローソクをイメージして炎を見つめるという方法もあります。

これもかなり困難なワークで、本当にフォーカスしていないと炎はすぐに消えてしまいます。

本当のローソクの炎を10分見つめ、次に目を閉じて、

イマジネーションのローソクの炎を見つめるというコンビネーションのワークもあります。

ローソクのワークを続けていると、超感覚が磨かれます。

「なんとなくこうなるような気がする」と思ったら、本当に実現化し、

思ったどおりにものごとが進むようになります。

そのレベルまで到達すると、一種のサイキックなパワーを身につけた状態になります。

トランプのゲームでも、「この人が次に出すのはあのカード」ということも

見通せるようになるかもしれません。

初対面の人でもだいだいどんな人か分かるようになってきます。

ぜひ、やってみてくださいね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ローソクのワークで、私はある体験があります。
 すでに一度記事に書いたかもしれません。
 ゲリースクールの課題の一つに、インディアンの儀式であるビジョン・クエストを行うというものがありました。これは若者が成人になるときに行う儀式だと説明を受けました。
 成人を迎えたインディアンの若者は一人で荒野に出て、適当な場所を見つけて一晩を寝ずに過ごします。そこで、目に見えない存在(聖霊)から啓示(ビジョン)を受け取るというものです。
 もちろん今の日本人が荒野に出ることはできないので、家の中で一角を確保して、そこで寝ずに一晩過ごすことになります。
 夜明けを間近に控えた頃ですが、私はじっとしていても能がないと思い、部屋を暗くしてローソクを立て、その炎をじっと眺めることにしました。
 かなり長い時間、眺めていましたが、退屈になったので、あることをしてみようと考えました。
 心に中で聖霊に呼び掛け、何か印となるものを見せてほしいと頼んだのです。
 すると次の瞬間、突然ローソクの炎が乱れ、上下左右に激しく動いたかと思うとふっと消えたのです。
 私は茫然としてしまいました。
 いったい、何が起こったの・・・、という感じでした。
 消えたローソクを見ると、ローソクが芯だけ残して無くなっており、燃え尽きたということがわかりました。

 あれっ、単に燃え尽きただけなの? と思ったのですが、それにしてはタイミングが絶妙すぎます。
 はたしてこれは単なる偶然だったのか、それとも聖霊からの働きかけだったのか、いまだに私にとっては謎です。


究極の方法!?

 エピソード1

 もうだいぶ前ですが、私がアカシック・リーダーの若月佑輝郎(わかつきうきろう)さんのセミナーに出たときの話です。
 若月さんは、「映画などで(スピリチュアル)マスターが死んだとき、身体が忽然と消えるというシーンがありますが、あれは本当のことです」と言われていました。私はこの言葉がとても印象的で、今でもリアルに憶えています。
 私はそれについて考えると、映画『スターウォーズ』で、マスターヨーダが死んだときのシーンを思いだしてしまいます。そういえば、最新作の『スターウォーズ/最後のジェダイ』でも、映画の最後で、マスターとなったルーク・スカイウォーカーが死を迎えたとき、身体が消えたごとく身を包んでいたローブが風に煽られて飛んでいくシーンがありました。


 エピソード2

 今から数年前ですが、母が亡くなった時、私は兄と今後の人生についてシリアスな会話をしました。
 その中で一番話題になったのは、私の死後のことでした。
 兄は結婚して家族がいます。兄が亡くなっても、ちゃんと葬式を出してくれる家族がいます。しかし私は独身の身で、死んでも誰も気づいてくれない可能性は高いのです。もちろん老人ホームに入っていればそうした心配はないのですが、年金もなく貧乏な私が老人ホームに入ることなど無理な話です。
 そうだとすると、私は今や社会問題となっている孤独死を迎える可能性は、限りなく高いといえます。
 その際に、私の死体の処理を誰がするのかという問題が起きてきます。
 私は誰にも迷惑が掛からない方法で死にたいと思っているのですが、こればかりはどうしたらいいか答えがみつかりません。
 兄は私に、「(お前は)誰に死体を処理を任せるつもりなんだ」と聞いてきました。
 困った私は、「行政でしょう」と答えるしかありませんでした。
 すると兄は、孤独死した場合は、警察が身元を調べて親族に連絡してくると言っていました。そうなると、兄の家族に迷惑を掛けることになってしまいます。
 行政が無縁仏として葬ってくれれば有難いのですが、私は解決策を見いだせずにいました。


 エピソード3

 先日、知り合いの方が私をヒーリングルームに呼んでくれました。
 そこで知り合いの知人の方も同席されていて、その知人の方はドランヴァロさんのATIHのWS(ワークショップ)に参加したと言われていました。
 ATIHのWSは、ハートの聖なる空間に入ることを目指すものです。さらにハートの聖なる空間の中の、さらに小さな空間である「タイニィスペース」に入ることを目指します。
 私がATIHのWSに出た様子を書いた記事があるので、興味のある方は読んでみて下さい。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_9.htm#info_900

 私は思わずその方に、「タイニィスペースに入れましたか?」と聞いてみました。ぶしつけな質問ですが、やはり興味があります。
 その方の答えは、イエスでした。
 私は次に、ドランヴァロさんが「タイニィスペース」から4次元に移行する方法(ファイナルステップ)を公開したことを知っていますか、と聞いてみました。
 すると、その方は知らないですと言われていました。

 ドランヴァロさんが(一時的にしろ)公開したこの方法は、まさしくアセンションする方法です。
 太陽系が局所恒星間雲という高エネルギープラズマ帯に突入し、原子・分子の振動数が上がり、今の第3密度から第4密度に移行しつつあるという見解に私は同意していますが、これは基本振動数の上昇であり、次元上昇を意味するアセンションではありません(アセンションとは物理次元の3次元から非物理次元の4次元に移行することを意味すると考えます)。
 ドランヴァロさんが公開したのは、「タイニィスペース」から4次元に移行する方法です。
 私はドランヴァロさんが動画(英語)で発表したこの方法を知りたいと思い、ATIHの日本でのファシリテーターの一人である海部仁美(あまべひとみ)さんのセミナーに出ました。そこで海部さんがドランヴァロさんの言葉を逐一翻訳したのをノートに書きとめたのです。
 ただし、この方法を一回使ってしまうと、もう二度とこの世界には戻れなくなるといいます。それゆえに、取扱いは厳重注意です。ATIHを受けた参加者の多くがこの方法に興味を示さなかったのは、家族を置き去りにして、二度と戻れない道を選ぼうという気持ちがなかったからだと思います。
 私はその時からある疑問を抱いていました。
 それはこの方法で4次元に移行した場合、今の肉体はどうなってしまうのだろうということです。
 忽然と消えるのでしょうか、それとも一般的な死と同じように、魂の抜け殻となった身体が残されるのでしょうか。
 ATIHのWSでは、「自分の身体を4次元へと持っていく」と表現していました。これを素直に解釈すると、忽然と消えると考えてよさそうに思えます。でも、はっきりとそう言われたわけではありません。
 疑問をかかえたまま、今に至っていました。

 ところがATIHの話が出たので、それを思い返しているうちに、上記(エピソード1)のことが頭に閃いたのです。
 もしかすると、ドランヴァロさんが伝授したこの方法だと、やはり3次元の肉体は忽然と消えるのではないか。
 つまり、

 マスター達はアセンションする方法を知っていて、死の直前、この方法で4次元に移行していたのではないか!

 若月さんが言ったことと、映画『スターウォーズ』、そしてドランヴァロさんのアセンションする方法が、私の頭の中で見事に一つに繋がったのでした。

 こうなると、上記(エピソード2)も繋がってきます。
 私は、もちろんマスターではありません。ただのスピリチュアル好きの、うらぶれおじさんです。
 でもアセンションする方法は知っています。
 そしてATIHに参加して、たしかに「タイニィスペース」に入ったという感触は持っています。
 ドランヴァロさんが提唱した方法が本当なのか、あるいは本当だとしても、私が再度「タイニィスペース」に入れるかという問題はあります。
 しかし試してみる価値はありそうです。
 ドランヴァロさんの方法でアセンションすることにより、兄やその家族に私の孤独死の迷惑を掛けずにすむかもしれません。
 いやあ、私は究極の方法を見つけたかもしれませんよ、アハハハハ・・・。


(2018年12月9日)





よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。