あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年8月19日



サアラさんが語る巨大帝国の末路



 私たちは、宇宙で起こっていることを何も知らされていません。
 世界中のほとんどの国の政府は、地球外知的生命体(ET)の存在を公式に認めていないのですから、当然といえば当然の話です。
 私が知る限りでは、ロシア政府のみ(非公式かもしれませんが)ETの存在を認める方向にあるようです。
 インターネットが発達した現在で、こうした情報の遮断がいまだに行われていることの方が驚きです。各国の政府は、私達の税金で運営されているのですから、私達が情報公開を訴えれば可能だと思うのですが、そうした動きがないことも不思議です(ディスクロージャープロジェクトなどで、巧妙にガス抜きされているということでしょうか)。

 そうした現状なので、私にとってジェームズ・ギリランド氏やサアラさんがもたらしてくれる宇宙に関する情報は貴重です。
 今回は、『覚醒への道』(サアラ著、徳間書店)から、宇宙の巨大帝国に関する話題を紹介したいと思います。
 映画『スターウォーズ』は、宇宙の銀河帝国に、反乱同盟軍(新共和国軍)が戦いを挑むという設定です。私が神秘家のゲリー・ボーネルさんに聞いたところでは、これは古代の宇宙で実際にあった戦争を元にした映画だということでした。つまり遠い過去の、はるか彼方の宇宙の物語というわけです。
 しかし『覚醒への道』を読むと、地球もまた帝国軍の支配下にあった時期もあり、かつそれは最近のことであったとなっています。
 これは、私にとって大変興味深い話です。

 サアラさんによれば、地球はレムリア時代に本格的に植民がなされ、ニビル人(アヌンナキ)、プレアデス人、シリウス人などがコロニーを造ったそうです。
 ですからレムリア人という人種がいたわけではなく、様々なET達が同時期に地球に移り住んだということです。
 そこで彼らは、様々な生命体の実験を行い、地球で生息できる植物などを開発したといいます。その期間は長く、2万6千年に及び、地球の歳差運動の周期を経験したのはレムリア文明だけだと言われているそうです。
 そのレムリア文明は、地球のポールシフトが原因で大陸が海に沈み終焉したといいます。
 その後に起こったのがアトランティス文明で、このアトランティス文明の社会の仕組みが、現在の私達の社会構造の規範となったそうです。
 レムリア文明は非常に精神性が高い文明で、「所有」という概念がなかったそうです。
 しかしアトランティス文明では、所有という概念が登場し、人々は物質的な豊かさを求めて、より多くの栄誉や名誉を求めるようになります。そうした状況が長く続くと、貧富や教養(精神性)の差が拡大し、治安が悪化し、暴動が多発するようになったそうです。
 そうした時期に、再び地球の大規模な地殻変動が起き、この文明も海の底に沈んでいったといいます。

 そしてその後、地球は宇宙の帝国が支配する時期を迎えたといいます。
 では『覚醒への道』から抜粋して紹介します。


 ・・・<『覚醒への道』、p84〜p86から抜粋開始>・・・

 植民地時代/全宇宙の3分の2を支配下に治めた巨大帝国

 このように地球には最初のレムリア時代があり、その後アトランティス時代があり、次に迎えたのがいわゆる植民地時代です。
 前述の巨大帝国に支配され、植民地にされていた時代です。
 巨大帝国は宇宙の端にある天の川銀河にも手を伸ばして征服しました。
 それまでは、宇宙からたくさんの勇者たちがここに降りてきたとしても、地球はどこかの植民地だったわけではありませんでした。最初のリラ人たちはあえて所有という概念を持ちませんでしたが、宇宙で所有という概念が生まれて、そこからどんどん流行していくわけです。そうすると、この惑星も自分のもの、このエリアも自分のものとして管理していこうとする行為が始まります。
 そうなると、あちこちに自分の所有する領土を広めようとする勢力が興ります。
 そして、より価値のある領土を求めて旅をするための科学技術が飛躍的に発達するのもこの時代です。
 しかし、一方では当然のことながら価値ある領土を奪い合うための戦争が起き始めます。この時代にはすでに宇宙の次元はさらに降下していたので、第8世界(注1)の戦いとは違います。
 戦闘のためのたくさんの武器が開発され、ときには時空間を歪めてしまうようなことさえ起こりました。
 そのような中で特に所有欲の強い勢力が現れます。彼らのモチベーションはただただ自分たちの領土を広げ、全宇宙を手中に収めることでした。その先のことなど何も考えてはいなかったのですね。彼らは最終的に全宇宙の3分の2弱の領域を自分の支配下に収めました。

 地球はその中でも最後のほうに植民地化されたのですが、天の川銀河は宇宙の中心部からすると辺境といえる場所にあるため、なかなか手をつけられなかったのです。
 地球には圧倒的な創造性を持ち、彼女はあらゆる資源を創造してきたことも彼らは知りました。そして、多くの生命を育んできたこともこの惑星の未来の可能性を予感させるポイントではありましたが、その勢力は発展に関心があったわけではなく、支配することに関心があったので、地球の可能性にはあまり関心がありませんでした。
 むしろこの惑星は短期的なサイクルで地殻変動が起き、重力が重く、発展性が乏しいと判断されました。
 最初に目をつけられたのが火星です。火星のコンディションは、彼らにとっては非常に使い勝手がいいということで、太陽系の中でも早いうちから彼らのさまざまな施設ができ始めました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は『エイリアンインタビュー』(注2)で、「旧帝国」の基地が火星にあり、エアルが属するドメインの先遣隊3000名が「旧帝国」の火星の基地からの攻撃で全滅した話を思い出しました。
 サアラさんの話は、エアルの話と一致しています。
 ここで脱線して、エアルが属するドメインが、地球をどのように見ているかということを紹介したいと思います。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p98〜p99から抜粋開始>・・・

 さらに地球は本質的に非常に不安定な惑星である。どのような持続可能な文明にとってもそれは定住したり、永続的に居住したりするには適していない。それが牢獄惑星として使われている理由の一部でもある。様々な単純で説得力のある理由のために他には誰も此処に住むことを本気で検討するものはいない:

1)地球の大陸の陸塊は表面の下にある溶岩の海の上に浮いており、それは陸塊がひび割れ、崩壊し、漂流し続ける原因となっている。

2)コアの液体的な性質のため、この惑星の大部分は火山性であり、地震と火山爆発の被害にさらされる。

3)この惑星の磁極は約2万年毎に劇的に移動する。これは津波と気候変動によって、程度の差はあるが、荒廃をもたらす原因となる。

4)地球はこの銀河系の中心と他のあらゆる重要な銀河的文明から遠く離れている。この孤立がそれを銀河系間を移動する間の「補給基地」または出発点としての使用以外には不向きにしている。月と小惑星の方がこの目的にはるかに向いている。なぜならそれらの場所には大きな重力がない。

5)地球はとても重力が重い惑星であり、土壌は重金属であり、大気はとても濃い。これがそれを航行目的には危険なものにしている。私の宇宙船のテクノロジーと私のパイロットとしての豊富な専門技術にもかかわらず、飛行事故の結果、私がこの部屋にいる事実がこれらのことを証明している。

6)ドメインの広大な範囲、また我々が未来に要求するであろう領域は言うまでもなく、天の川銀河の中だけで地球のような(太陽タイプ12クラス7)惑星は約600億個ある。我々の資源を無理に使って、地球の定期的な偵察よりも多くのことをするのは困難である。ここに資源を投資しても目前の利益はないのだから尚更そうである。

7)地球の存在たちのほとんどが自分がIS−BEであるということを知覚していないし、どのような種類であってもスピリットが存在するということも知覚していない。他の多くの存在たちはこれを知覚しているが、殆ど全員がIS−BEとしての自分に対する理解が制限されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんは、「旧帝国」は地球の可能性にはあまり関心がなかったと言っていましたが、その「旧帝国」を駆逐したドメインもまた、同じように地球を見ていたことがわかります。
 このように、「旧帝国」を地球から駆逐したドメインもまた、「旧帝国」と同じように所有の価値観を持っていたようです。
 ドメインは地球を植民地とする気がなく、(サアラさんによれば)2300年前に地球は魂(IS−BE)の魂の牢獄という役割を終えたといいます。
 さらにサアラさんによれば、絶対的な支配者がいなくなった地球は、最近まで5〜6種類のET達の派遣争いの場になっていたそうです。

 話が脱線しました。
 「旧帝国」がどのように崩壊していったかという話を紹介します。


 ・・・<『覚醒への道』、p98〜p100から抜粋開始>・・・

 巨大帝国が崩壊した原因は?

 地球では、国をよくするためや将来の保障のために税金を払うのは当たり前という感覚があるかもしれませんが、国の目標がより多くを得ることで、より多く得たものを分配する対象が上層部だけだとしたら、私たちは吸い取られる一方ですから、どこまで行っても貧富の差が縮まることはありません。
 ただし、この世界、この巨大帝国があった世界は、科学技術などは地球よりもずっと進んでいました。それは、こんなに遠く離れた地球にまで罪人を送り込んできたことでもわかります。
 もう一つは、地球のように閉ざされた世界ではなく宇宙に大きく門戸を開いていましたから、他の宇宙文明とも長い間戦争を繰り返していました。
 でも、多くを得るというモチベーションにブレがなかったので、どんどん勢力を強めていく時代が長く続いていましたが、そういった意味では、あらゆる分野で科学技術の水準が高かったことは想像できるでしょう。
 ではこの巨大帝国はなぜ衰退したのでしょうか。
 我々は、わかりやすい表現として帝国と呼んだりしますが、実際は国ではありません。それが衰退するきっかけになったのはいったい何だったのか。彼らは恐ろしいほど純粋に所有欲を追求した結果、宇宙の約3分の2弱くらいまでを所有しました。
 そうなったとき、ふと気づくともう戦う相手がいませんでした。今までの文化の中心は戦争で、教育や科学技術や社会的な組織のすべては戦うためのものだったので、何も役に立たなくなります。そこで大きく方向性を変えなければならなくなったときに、すでに持っていたものをどう分配するかという方向に、必然的に切り替わりました。
 そうなると身内同士の戦いになります。
 しばらくは確かにこのような状態が続きましたが、これでは終わりのない戦いを繰り返すだけで、興奮するような喜びは得られないことに気づきます。しかも得られるものは限られているので、リーダーシップをとってきた人たちのモチベーションが急速に下がりました。
 そこでこれまで彼らに従っていた人たちがようやく戦わなくて済むようになり、好き勝手なことをし始めました。一つの方向にまとまっていたものがバラバラになっていきました。ただでさえ広大な範囲を支配していたので目が届かず、その勢力からはみ出しがちだった人たちが連合軍を作り、この大きな帝国を解体し始めるのです。そんなことが起きて巨大帝国は滅びていきました。

 ですから巨大帝国が崩囁した大きな原因は目的を見失ったことです。
 人は目的を見失うと弱くなりますが、人の集合体である国家や組織も同じだとわかります。この頃多くできた連合軍も、一貫したポリシーがなく結束力がないので、しょっちゅう仲間割れしています。
 その中で一致団結していた連合軍があっという間に大きくなって巨大帝国にとってかわるような大きな勢力となります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私の想像ですが、サアラさんが言う「一致団結していた連合軍」がエアルの属するドメインで、彼らが「旧帝国」を打ち負かしたのは、軍事力で勝ったというより、「旧帝国」が内部崩壊していったからというのが真実に近いのではないかと思います。


(注1)
 サアラさんによれば、第8世界とは、私達が属している物理世界に比べれば半物理世界だといいます。潜在的な戦いに対する欲求が作りだした世界で、ひたすら戦い続けるだけの世界だといいます。

(注2)
 『エイリアンインタビュー』が初耳だという方は、当HPの記事『エイリアンインタビュー』を参照してください。


(2018年8月19日)





よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。