あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2019年9月9日



オプションの話



 経済ジャーナリストの浅井隆さんの本で、『10万円を10年で10億円にする方法』(第二海援隊)という人目を惹きそうな題名の本があります。
 今年の8月に出版された本で、私はこの本が出ていたことは知っていました。
 しかし買って読もうという気にはなりませんでした。
 それは、10万円を10億円にする為には、オプションしかなく、私はそうした相場の世界には向かないと思っていたからです。
 投資(投機)には、精神的なタフさが要求されることが少なくありません。
 膨らみ続ける含み損に、投げてしまいたい欲求に必死で耐えたり、時には身を切る思いで損切りしなければならないこともあります。
 端的に言えば、私はそうした人間的な胆力がないということです。
 ところが最近、そうした観点からではなく、別の視点から相場を見てもいいのではないかと考えを変えつつあります。
 その点は後述します。

 オプションと聞いて、知っているという人は少ないと思います。
 株をやった経験がある人でも、知らない人が少なくありません。
 オプションとはデリバティブ(金融派生商品)の一つで、他に先物、金利スワップがあります。
 浅井さんが本で提唱しているのは、日経平均先物に連動するオプションのことです。
 ここでオプションの詳しい説明はしませんが、きわめてざっくり言うと、オプションにはコールとプットの2つがあって、それぞれ買ったり売ったりすることができます。以下のメカニズムだと憶えていただければと思います。

・コールの買い...日経平均株価が上昇すれば上がる。

・プットの買い...日経平均株価が下降すれば上がる。

 オプションの特徴的なところは、短期間に値段が数十倍になったり、時として数百倍になったりすることです。直近の最高は東日本大震災のときで、1300倍になったといいます。
 『10万円を10年で10億円にする方法』から、オプションが暴騰した直近の例を紹介します。

・2003年...コールで575倍(バブル崩壊後の歴史的大底から上昇)
・2008年...プットで1000倍(リーマンショック)
・2011年...プットで1300倍(東日本大震災)
・2012年...コールで335倍(金融緩和)
・2014年...コールで549倍(黒田バズーカ)
・2018年...プットで640倍(VIXショック)

 浅井さんが提唱しているのは、こうした相場の大変動(数百倍)を狙うのではなく、10倍程度動くのは頻繁にあるので、コツコツとそうした相場を拾って複利でお金を増やしていこうというものです。
 10万円を元手にして、10回に分けて分散投資し、3年で10倍程度を狙う作戦だそうです。
 複利の凄いところは、ある時点から目も眩むような数字になることです。
 仮にコンスタントに1年に元手を3倍に増やせたとすると、複利では59049倍(3の10乗)となるので、10万円が10年で59億円となる計算です。
 投資では勝ち続けることなど不可能です。負けもあるので、10億円という数字になったのでしょう。

 計算上はそうなりますが、これはリアルなのでしょうか。
 私は大昔になりますが、オプションを実際にやったことがあります。その時に証券会社の人から聞いたのは、通常の相場(大荒れでなく普通の時)でオプションの買いで勝てる人は1割、オプションの売りで勝つ人が9割だということです。
 つまり、オプションの買いで利益を出す為には、上記に挙げた例のように相場が大きく動くタイミングをピンポイントで予測する必要があります。
 事前に相場が大きく動くのをピンポイントで予測するなんて、プロでもない一般ピープルに出来ることなのでしょうか。

 今回は、『10万円を10年で10億円にする方法』から相場師マーク・ファーバー氏の記述を紹介したいと思います。
 世の中には、相場をピタリと当てる凄腕のプロがいるという実例です。


 ・・・<『10万円を10年で10億円にする方法』、p146〜p156から抜粋開始>・・・

 ブラックマンデー当日、ダウ工業株30種平均(ニーヨークダウ)は506ドル、率にして22.6%という破壊的な下落を経験している。これは、大恐慌のきっかけとなった1929年のブラックサーズデー(暗黒の木曜日)の下落率12.8%をはるかに凌ぐ。オプションのプットを売っていた投資家が絶望したことは、想像に難くない。前出のバロンズ誌は、悲劇の中でも明るい点があったとして次のように論じている−−−「証券会社のビルの窓は開かないように設計されていたため、昔のように株価暴落で身投げする人もいなかった」(同前)。
 さて、このブラックマンデーを事前に予期した人物がいる。それは当時、米投資銀行ドレクセル・バーナム・ランバートの香港支社でCEO(最高経営責任者)を務めていた人物で、名前はマーク・ファーバー。ファーバー氏は、株価が暴落する直前に、「株式を手仕舞え」と顧客に通達していた。現在はタイに拠点を構えるファーバー氏はスイスのチューリッヒ生まれで、1978年から香港に移住し、1990年2月までドレクセル・バーナム・ランバートで仕事をしている。
 ブラックマンデーで脚光を浴びたファーバー氏は、1989年にも偉大な予言を残した。同年12月15日、「No joy in the Land of the Rising Sun」(日出ずる国が危険)と題し、なんと日経平均のプットオプション(買い)を推奨(Sell Japanese stocks and buy long term puts on the Nikkei Index.)したのである。
 とはいえ、当時の私がファーバー氏の助言を聞いたとしても、プットオプションを買っていたかどうかはわからない。当時の日本は完全に浮かれていたし、実際に日経平均株価もファーバー氏の助言から2週間後の大納会(12月29日)には過去最高値の3万8957円(ザラ場最高値)を付けている。もし、プットオプションを買っていれば、後悔の念を抱いたまま年越しを迎えていたに違いない。「皆は浮かれているのに、何で俺は下落の方向に賭けたのだ」と。
 「ジェット機で言うと、1万メートルぐらいまで上がって巡航速度に入り、当分降りない。モスクワまで行くのかロンドンまで行くのかわからないが、雲も見えないし揺れもないし順調に行く」(毎日新聞ホームページ)−−−これは1989年12月中旬に臨時増刊号として発売された『週刊エコノミスト』における識者座談会で、日本興業銀行の副頭取であった黒沢洋氏が日本経済の見通しを語ったものだ。
 また、同じ席上でのちに日銀総裁となる福井俊彦氏(当時は日銀理事)も次のように見通しを語っている−−−「一言でいえば、景気は引き続き絶好調を維持している。しかも世界から要請されている内需主導型というパターンを崩さないで、いい状況を維持しているということだろう。いい状態を続けている根底にあるものは、日本の経済体質が非常に強くなったということだと思う」(同前)。
 今から見ると二人の発言は笑い話に聞こえるが、あのトレンドの中にいた人々はほとんど全員がそう思っていたのだ。しかも、「日経平均は10万円に達する」といった言説まで飛び交っていた。
 しかし、1990年に入って私は後悔していただろう。「何でプットを買っておかなかったの」だと。そう、最終的にファーバー氏の予想は的中した。
 同氏の先見性は極めて高い。日本のバブルが崩壊した1990年には、「日経平均株価が8000円まで下がらないとバブル崩壊は終焉しない」と予告し、実際に日経平均株価は相当時間はかかったが、2003年4月に8000円割れを記録している。すると一転して、「(日本の株式市場に)世紀の買い場が到来した」と述べた。
 1990年6月に独立し、投資顧問会社マークファーバー・リミテッドを立ち上げたファーバー氏の予想は鋭さを増して行く。1996年10月21日には、「香港の難問」と題し同エリアの不動産バブルの終焉を予言した。実際に香港の不動産価格は、1997年のアジア通貨危機をきっかけに6年におよぶ趨勢的な下落に直面し、価格は3分の1にまで下がっている。世の中を常に斜めから見ているファーバー氏に、メディアが付けた異名は「終末博士」(Dr. Doom)。
 同氏は現在、年初の恒例となっているバロンズ誌のラウンド・テーブル(今年1年を著名人が占う円卓会議)のメンバーを務め、世界の投資家が関心を寄せ続けている。ちなみに、同氏の基本的な戦略は”逆張り”だ。
 近年のファーバー氏の予想も興味深い。同氏はかねてから、リーマン・ショック後も世界全体で債務が増えていることに着目しており、現状の景気回復は偽りであると喝破してきた。そして、リーマン・ショックは次なる危機の前段に過ぎなかった可能性があるとし、2008年よりも大きな危機が来ることが心配だと打ち明けている。一方、世界中の政府と中央銀行がなり振り構わぬ姿勢で金融市場を支えているため景気サイクルが長期化しているとも分析しており、破局の到来が予想よりも遅くなる可能性もかねてから指摘してきた。
 2018年1月に世界的な株安が起きた直後には、月次書簡(2018年2月1日付)で、宴の終焉ではないと予想した上で、2000年近く前に活躍したローマの歴史家ワレリウス・マクシムスの言葉を引用し、宴の終焉が遅れれば遅れるほど、かえって次に来る危機の規模が大きくなりかねないと述べている−−−「神の怒りが天罰として下されるのには長い時間がかかる。しかし、長い時間がかかればかかるほど罰は過酷なものになる」。
 また、現在が政治的にも金融環境的にも歴史的な不安定期にあるとし、過剰債務などの問題が暴力的な変化を生むと見通した。
 ファーバー氏は米国の長期金利が下落に転じた1981年を起点として、2016〜2018年までを「大資産インフレの時代」だと位置づけており、現在はその最終局面にあると論じている。ただし、意外にも2019年3月時点で米国株は向こう12〜18カ月は暴騰も暴落もないレンジ相場に入ると予想した。これは、当局の金融市場へのなり振り構わぬ支援が景気サイクルを長期化させていることを考慮している。私も世界の株式市場の現状はほぼ間違いなく天井圏にあると考えており、資産バブルの崩壊は時間の問題だと見ている。
 私の予想では、2020年〜2021年(早ければ2019年後半の可能性もあるが)が危険だ。同期間内に米国を筆頭に世界の株式市場は、急激かつ趨勢的な下落局面に突入すると踏んでいる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで余談ですが、浅井さんが世界的な資産バブル崩壊の時期を来年春以降と言っているのは、マーク・ファーバー氏の見解が元になっているのかもしれません。
 そして浅井さんが、「早ければ2019年後半の可能性もある」と言っている部分は、吉田繁治さんの予測を参考にしている可能性があります。
 私は吉田繁治さんの本やメルマガで経済・金融の勉強をしているのですが、その吉田さんは、中国のバブル崩壊が早ければ2019年末にも起こりうると前々から言っています。
 ただしこれは私の勝手な推測です。

 話を戻すと、マーク・ファーバー氏のような先見性があれば、10年で10万円を10億円というのも可能かもしれません。
 しかし、一般ピープルでは、どうでしょうか・・・。

 以前にも記事にしたことがあるのですが、(もうだいぶ前のことですが)恐慌に関する本を出して注目された松藤民輔氏(故人)が立ち上げた、「牛の宮(うしのみや)」という投資情報を提供する会社がありました。
 私は「牛の宮」が週に一回発行する「牛の宮ウィークリー」という投資レポートの購読者の一人でした。
 この「牛の宮」ですが、恐慌になるタイミングを予測することで、プットの買いを知らせるという特別なサービスを行っていました。
 それを信じてプットを買い続け、3千万円をすった会員がいました。他にも損失を出した人がいたと思います。
 松藤氏は後に、訴訟を起こされる破目になったのです。

 私は当時、貧乏で(今も同じような状況ですが)投資情報のレポートを読むくらいがせいぜいで、実際に投資するお金がありませんでした。それが結果として幸いしたと言えます。もしその時に、あぶく銭があったら、プットの買いでスッカラカンになっていたでしょう。

 「牛の宮」の教訓は、いまはすっかり人々の記憶から消えてしまったようです。
 浅井さんの本がけっこう売れているということは、これから起きるであろう相場の大暴落時に、プットの買いで大儲けを夢見る投資家がたくさんいるということでしょう。

 次に紹介するのは、いま民主化運動でニュースに流れない日はない香港についてです。
 その香港が、世界金融恐慌の発火点になる可能性があるらしいのです。私はそうした事実を全く知らなかったので新鮮でした。
 香港の金融危機が、本国の中国に伝播するというブラックスワンの可能性もあるのかもしれません。


 ・・・<『10万円を10年で10億円にする方法』、p164〜p168から抜粋開始>・・・

 発火点その一:香港は史上最大の金融時限爆弾

 過去10年間の債務増加トレンドに、もっとも貢献したのが中国だ。中国と香港ではこの10年で企業セクターの債務が爆発的な伸びを示しており、BISの推計では中国のそれは2018年末時点で対GDP比151.6%、香港は驚異の219.4%となっている。また、中国と香港では家計セクターの債務も増えてきており、中国のそれは2018年末時点で対GDP比52.6%、香港は72.2%だ。とりわけ香港の民間債務(企業と家計)は、同時点で、291.6%とまさに危機的な水準に位置している。
 米テキサス州ダラスに本拠を置くヘッジファンド、へイマン・キャピタル・マネジメントのカイル・バスは近年、香港発の金融危機に警鐘を鳴らしている。同氏によると、香港の銀行システムのレバレッジ率は、GRP(域内総生産)のほぼ900%と「世界で最も高い」(2019年6月13日付ヤフー・ファイナンス)。同氏はまた、米ウォールストリート・ジャーナル(2019年4月25日付)で香港ドルの米ドル・ペッグ崩壊に賭けていると明かしている。ちなみに、このバス氏はかつて米サブプライム・バブルを予期して、莫大な収益を上げた人物として有名だ。
 余談だが、米ブルームバーグ(2019年3月12日付)によると、このほど通貨オプション市場において1米ドル=8香港ドルで売買するオプション契約が成立した。香港ドルのペッグ制が崩壊するという「ブラックスワン事象」(事前にほとんど予想できず、起きた時の衝撃が大きい事象)に備えた契約を結ぶ市場関係者が出てきていると報じている。これは、香港ドルは世界最長の通貨ペッグを採用しており、今までの35年間1米ドル=7.7〜7.9香港ドルという極めて狭い範囲で取引されているが、一部の投資家が香港ドルのファー・プット(権利行使価格が遠いプット。オプションのプレミアムが安い)を購入したということだ。
 仮にこうしたシナリオが実現すれば、2015年のチャイナ・ショック(人民元ショック)をはるかに凌ぐ衝撃が世界にもたらされるであろう。香港ドルの下落はすぐさま人民元にも波及し、中国政府は厳格な資本規制の導入を迫られるかもしれない。カイル・バスは、前出のウォールストリート・ジャーナルでこう断じている−−−「香港は現在、史上最大の時限爆弾の一つとなっている」。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はここ数年、コンスタントに宝くじを買ってきました。
 当初こそ、3000円が連続して当たったりしたのですが、ここ数年はさっぱりで、3000円買って300円を受け取るパターンに嵌っています。
 そしてなにより気づいたのは、私は宝くじを買っても全然ワクワクしないことです。
 宝くじが好きな人によれば、当たったかもしれないと期待してハラハラドキドキしながら当選番号と照合するのが楽しみなんだそうです。
 私は、そのハラハラドキドキ感が全くありません。
 当選番号を照合するのが面倒臭いので、いつも封を切らずにおいて、宝くじ売り場で確認してもらいます。そして淡々と300円を受け取ってきました。
 バシャール風に言わせると、ワクワクすることをやるべきです。
 その意味で、私は宝くじに向いていないのだと思います。
 この記事の冒頭で私は投資に向いていないと書きましたが、最近そうでもないかもと考え始めています。
 というのも、このところチャートの勉強をしているのですが、新しい発見があったりすると、ワクワクする自分に気づいたのです。ワクワクするというのは、自分に向いている証拠ではないかと考えたのです。
 これは私が投資の才能があるということではなく(才能はたぶん無いと思います)、投資に向いてないとは言えないかもしれないということです。

 そこで、ふと頭に閃いたのは、これまで宝くじにつぎ込んできた分でオプションを買ってみたらどうだろうかということです。
 宝くじには、年に数回、1回3000円程度を投入してきました。
 結果として1年に1万円を超える金額になります。その宝くじを買わない代わりに、同じ額でオプションを買ってみるのも面白いと思ったのです。
 相場の大変動を予測する為には、チャート分析だけでなく、経済や金融の最新情報が必要です。さらにそうした情報を元にした、的確な判断が求められます。ある意味で知的なゲームのようなものです。
 3000円の宝くじは私にとって無感動でした。
 しかし3000円でオプションを買えば、何より、ワクワクすることは間違いありません。
 結果として負けたとしても、ワクワクした分だけ自分にとって意味があったと納得できそうです。

 当然ですが、私はオプションを訪問者の方々に勧めているわけではありません。
 ただのうらぶれおじさんが、密かな楽しみを見つけたかもしれないと悦に入っているだけの話です。


(2019年9月9日)





よろず屋寸話録(2019年)

よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。