あなたは2001年1月1日の開始から

アクセスカウンター

人目の訪問者です。






最終更新日:2018年11月7日



地球製UFOの開発史



 たしかプレアデス星人とコンタクトしているというスイスのビリー・マイヤー氏の情報だったと思いますが、地球上で観測されるUFOのほとんどは、地球製だと言っていました。
 UFOだからET(地球外知的生命体)が乗っていると思いたくなりますが、実際は地球で作られたものと聞いてしまうと、ちょっとがっかりしたような気分になります。
 私が学生時代だったので、もうだいぶ昔の話ですが、当時アメリカで石油ビジネスで成功したという落合信彦氏という作家がいました。
 その落合信彦氏の本で、ナチスのUFOの話が載っていた記憶があります。
 実際、CIAの公式文書の中に、第二次世界大戦時のナチスで、(当時のCIAにとっては正体不明の)円盤型の飛行物体が多数つくられていたという記録があるそうです。

 これから紹介する本は、そうした地球製UFOの開発秘話ともいえるもので、さらに最新の情報も載ったものです。
 原書は、『Secret Space Programs & Extraterrestrial Alliances』(Dr.マイケル・E・サラ著)で、これを「ヤスの備忘録」のヤスさんが監訳したものが、『ありえない世界』(ヒカルランド)です。
 私はこの本を読んで、衝撃を受けました。
 その衝撃の度合いは、『エイリアンインタビュー』以上でした。
 それゆえ、これを私のHPでいつか紹介したいと思っていたのですが、本の情報が詳細すぎて、うまくコンパクトにサイトに載せるのが難しいということがありました。
 実際のところ、第二次世界大戦終了後にアメリカが南極で行った「ハイジャンプ作戦」を載せるのが、せいいっぱいというところでした。
 ところが、ヤスさんの『いま国際情勢《大激動の奥底》で本当に起きていること』(高島康司著、ヒカルランド)を読んでいて、ヤスさんがこの本の内容を実にコンパクトに紹介されていることを知りました。
 さすがヤスさんは、物書きのプロだと感心しました。
 そこで今回は、ヤスさんの本から『Secret Space Programs & Extraterrestrial Alliances』の内容を紹介したいと思います。

 これらの情報は、日本ではまず見ないものです。
 日本で目にする宇宙関連の報道といえば、スペースシャトルや宇宙ステーションぐらいで、日本人宇宙飛行士が話題になる程度です。こうしたものが今の人類の科学の最先端だと信じ込まされています。
 ですから、マイケル・サラ博士の本を読んだら、腰を抜かすほどの驚きがあるはずです。実際のところ私は、よくこんな情報が表に出てきたなと、本当に驚きました。

 では前置きはこれくらいにして、まず私達が知らされていない事実があることを示す文章を引用します。


 ・・・<『ありえない世界【SSP:秘密宇宙計画】のすべて』、p11〜p12から抜粋開始>・・・

 秘密宇宙計画:これが今私たちが知って受け入れるべき宇宙の重大な事実!

 1985年6月11日の大統領日記にレーガン大統領は驚くべきことを記している。

 トップレベルの宇宙科学者5人と昼食。彼らの話に引き込まれた。宇宙はまさに最後のフロンティアだ。天文学等で分かってきていることはまるでSFのようだが事実なのだ。わが国のスペースシャトルは宇宙飛行士300人に地球を周回させるだけのキャパシティーがあると分かった。

 当時のNASAのスペースシャトル計画ではシャトル1機の収容可能人数は最大11人で、宇宙飛行用シャトルは当時5機しか建造されていなかった。たとえ5機すべてに11人を乗せたとしても、300人が地球を周るのは不可能だ。レーガンが『The Reagan Diaries(レーガン日記)』の出版で公にしたこの文章は驚くべきことを含意していると言わなければならない。NASAのスペースシャトル計画とはまったく別の計画−−数百人の宇宙飛行士が地球を周回できる計画−−が存在することを彼が知らされたということだ。
 しかもレーガンは、公にされていない300人の宇宙飛行士が、期限をもうけることなく地球を周回し続けられることも明かしている。これが意味するのは、地球を回っている宇宙ステーションが1つかあるいはそれ以上あるということだ。その宇宙ステーションはNASAのスカイラブ宇宙ステーションよりはるかに大きくなければならない。なぜなら、スカイラブが配備された6年間(1973〜79)の間、そこに同時に収容できる人数は3人だけだったからである。限られた予算と既知の宇宙空間推進テクノロジーしか持たず、文民が管轄するNASAには、レーガンが語ったことを1985年に実現するのは不可能だ。だがNASAが関与していないとするなら第2のスペースシャトル計画の背後にいたのは誰なのか? 容易に推測できるのは、軍あるいは企業の秘密の宇宙計画だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 軍の秘密の宇宙計画があるとすれば、その予算はどこから来ているのでしょうか。


 ・・・<『いま国際情勢《大激動の奥底》で本当に起きていること』、p134〜p141から抜粋開始>・・・

 実はアメリカには長い間、使途不明金があるのです。シンシア・マッキニーという下院議員が、軍事委員会での公聴会で追及しています。2001年度だけでペンタゴンの使途不明金は2兆3000億ドルです。アメリカの国家予算が2兆6000億ドルです。国家予算並みの使途不明金があるのです。その追及に対し、当時のラムズフェルド国防長官が「ペンタゴンの官僚の責任だ。私にもわからない」と答えています。国家予算並みの使途不明金というのは、累積でしょうけれども、そのカネがどこに行ったかよくわからない。スティーブン・グリア博士の証言からも、組織についてのことが大分明らかになってきました。
 ただ、コーリー・グッドが言ったのは、もっとびっくりすることでした。秘密宇宙プログラムが存在しており、3つの組織でできていると言うのです。
 1つはソーラー・ワーデンという組織です。ソーラー・ワーデンとは何かというと、太陽系の監視人といって、太陽系の監視部隊です。もともとはアメリカ海軍に所属する巨大な部隊でした。1980年代のレーガン政権のときにでき上がった軍隊です。そんなバカなと思うかもしれません。そこに、いろいろな証言者が出てきたのです。この間、出てきたのはウィリアム・トンプキンズという人でした。「私は実はグラマン社の秘密宇宙船設計チームにいた。ソーラー・ワーデンは私が設計しました」と言って設計図を並べるのです。1980年代にはソーラー・ワーデンという宇宙艦隊規模の宇宙船ができ上がっていました。
 その反重力エンジンは、どこでどう開発されたのか。ドイツです。ドイツには1918年に設立されたブリル協会という神秘学の協会があって、ナチスと緊張関係にありりました。ブリル協会は独自の神秘主義の思想を持っていて、アーリア人はアトランティス人の末裔であるということを証明するために、チベットに探検隊を送ります。アトランティス人はチベット人とまじり合ってヨーロッパに来ていると彼らは信じていたのです。チベットに送った探検隊は、膨大な文書額を押収して帰ってきます。その文書の中に、UFOの反重力エンジンの設計図があったというのです。
 当時のブリル協会の人たちは、現代の我々の科学の概念ではない、神秘学に基づく科学の概念を持っていました。人間の想念によって物質が動くという考え方です。客観的な世界を切り離すのではなくで、人間の想念を1つのエネルギーとして加えた科学の概念をもとに、彼らは持ち帰った古代チベット語を解読して、反重力エンジンをつくってみたのです。ところが、できなかった。水銀を高速回転させると、反重力効果が生まれるらしいのですが、実際に水銀を高速回転させると、形態変化を起こして金になった。金がつくれるけれども、反重力効果が失われる。

 ブリル協会の反動カテクノロジーは異星人から教えられたもの!?

 マリア・オルシックというブリル協会のリーダーである霊媒がいます。神秘主義の協会ですから、霊媒がたくさんいるのです。その中のマリア・オルシックという強力な霊媒が、このテクノロジーそのものを生み出した異星人とコンタクトをとりました。レプタリアンという爬虫類型の種族にコンタクトをとったのです。そのレプタリアンと同盟関係ができ上がって、彼らから反重力エンジンのつくり方を教えてもらった。それで原初的な反重力エンジンができた。初期型のUFOができて、初めて地球外に飛び出すことに成功したのが1920年代の初めです。月の裏側は、地球外生物のいろんな種族が、お互いに緊張関係を持ちながらも共生していたらしいのです。そこで、彼らは月に小さな基地をつくった。
 ブリル協会の持つテクノロジーは、さらに進化して、火星に行けるぐらいのUFOの技術になりました。ここまで来ると、皆さんはウワッとびっくりされるかもしれませんね。コーリー・グッドが言ったままに報告します。そこへナチスがやってきて、これを利用させろと迫ります。ブリル協会は抵抗します。しかし、解散するか、テク
ノロジーをこちらによこすかのどちらかだと暴力的に脅されて、泣く泣くテクノロジーを出す。その結果、ナチベルと言われるナチス型のUFOができ上がったのです。
 ナチス型のUFOが実際に存在したという情報は、すごくたくさんあります。当時のCIAの公文書にも、わけのわからない円盤形の飛行物体が多数つくられているといった感じのものがたくさん出てきます。
 この後、1945年の敗戦でナチスが崩壊します。ナチスはなぜUFOを兵器として使わなかったかというと、兵器として使えるほど大量生産できなかったかららしいのです。機数がかなり限られていた。これを管理していたブリル協会は、全部南極の地下に持っていって隠します。
 1946年になると、今度は連合軍がハイジャンプ作戦を開始します。空母とか機動部隊を南極に送るのです。ハイジャンプ作戦の中身は南極の探検ということになっていますが、それにしてはフルの戦闘部隊を全部送っています。
 送ってどうなったか。ハイジャンプ作戦の司令官が手記を残しています。「我々が見たこともない高速の飛行物体が複数あらわれて、攻撃された。我々には歯が立たない」という手記で、我々はそれを読むことができます。このようにして、ドイツ出身のテクノロジーができ上がったのです。
 このドイツの出身のテクノロジーが戦後どうなったか。ナチスの残党及びブリル協会は、ある限界にぶち当たります。マンパワー(労働力)がない。そこで、アメリカを引き込もうとしました。アメリカ政府にこの情報を示したところ、物すごい拒否反応に遭います。次に、アメリカの軍事企業、ロッキードやグラマンにアプローチしました。このぐらいのテクノロジーがあるぞということを見せたら、彼らはワッとなびいてきたのです。彼らには自分たちの知っている初期型のテクノロジーだけ与えて、協力関係になった。これが秘密宇宙プログラムの始まりです。
 現在、ブリル協会出身のグループは、先端テクノロジーを持った別組織、ダークフリートになっています。彼らが何をしているかはわかりません。大抵は地球外、太陽系外にいる。
 このブリル協会の協力を受けて、マンパワーを提供したアメリカの軍事企業は、彼らは彼らで反重力テクノロジーをどんどん発達させて、UFOをつくり出します。それがICC(惑星企業間連合体)という組織になっています。
 もう1つ、1980年代にソーラー・ワーデン(太陽の監視人)というアメリカ海軍系列の組織がアメリカ・レーガン政権のもとにでき上がったとき、今度は国連を介して、国連の主要国にテクノロジーを公開しました。その結果、ギャラクティック国家連合という別の組織になります。
 最後に、ロシアと中国でBRICs諸国を中心とした、地球同盟という別な組織もできました。それらの組織が、お互いに関係なく、勝手にアジェンダで活動しているのです。コーリー・グッドは「私はソーラー・ワーデンの一員だった。かなりのことを知る立場にあった」とカミングアウトします。
 今、なぜコーリー・グッドが出てきたのかというと、ソーラー・ワーデン、ダークフリート、地球同盟、ICC(惑星間企業連合体)といったそれぞれ全ての組織が、これだけ進んだ巨大な先端テクノロジーを持っていながら人類に秘密にしておくのは絶対おかしい。全面的に公開すべきだと主張する連中が離脱しているのです。離脱したグループが、今度は秘密宇宙プログラム同盟という別組織(SSPアライアンス)をつくっている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ETやUFOに興味のある方に、マイケル・サラ博士の本を推薦したいと思います。
 私はこうした情報に接するうちに、テレビ等で放映される宇宙人関連の番組に全く興味を失ってしまいました。実際に起きていることは、一般的な日本人の常識からすれば、全くの別の世界の出来事のように映ってしまうでしょう。


(2018年11月7日)





よろず屋寸話録(2018年)

よろず屋寸話録(2017年)

よろず屋寸話録(2016年)

よろず屋寸話録(2015年)

よろず屋寸話録(2014年)

セミナー及びその他の活動報告

よろず屋寸話録(2013年

よろず屋寸話録(2012年)

よろず屋寸話録(2011年)

友達のお勧めセッション

よろず屋寸話録(2010年)

よろず屋寸話録(2009年)

よろず屋寸話録(2008年)

訪問者のページ(3)

よろず屋瓦版
(2006〜2009年)

よろず屋寸話録(2007年)

訪問者のページ(2)

よろず屋瓦版
(2004年、5年)

よろず屋寸話録(2006年)

sky walker さんの話

よろず屋瓦版
(2001〜2003年)

よろず屋寸話録(2005年)

原子爆弾被爆体験記(2)

よろず屋寸話録(2003、4年)

原子爆弾被爆体験記

過去に起こったこと

ミニ瓦版

食べ物の話

イラク戦争

気候変動の文明史

時事問題(2003、4年)

訪問者のメールから

これから起こること

時事問題(2001、2年)

これまで紹介した写真

お気に入りいろいろ

自作詰め将棋道場

我が家のお宝紹介
(戦時国債展覧会)

お気に入りリンク集

ひまっこコーナー



訪問者の投稿欄(2018年)

訪問者の投稿欄(過去ログ)



掲示板



ちょっと笑える話

コーヒーブレイク

肩の凝らない軽い話題です。短いのでお茶でも飲みながらどうぞ。

とってもだじゃれな話

はっきり言って、しょうもない話です。

ヘリオット先生と
愉快な仲間たち

獣医ヘリオット先生のユーモアあふれる寓話集のリーダース・ダイジェストです。

エッセイあれこれ

日々の生活の中で感じたことを書いたエッセイです。

バイタリティーあふれる台湾

驚異的な経済発展をとげる台湾の秘密

もてすぎた男の悲劇

あなたはこれほどひどい思いをしても女性にもてたいと思うでしょうか。

中国人の日本人観

中国で空前の大ヒットとなったテレビドキュメントとは。

死中に活を求める

関ヶ原の合戦での島津軍1500騎のとった意外な行動。

若き青年達に贈る言葉

富士電機チャリンコクラブの若き青年達に送る心暖まる(?)メッセージ。


精神世界

私の前世体験や、様々な本や資料を通して精神世界を考えています。

私の考え方

精神世界に対する個人的意見。

私の前世探検

私が体験した前世への調査、想い、甦った記憶。

精神世界・個人の話編

増太郎以外の過去生

ゲリーさんの個人セッション

アカシックレコードによる過去生の検証

精神世界入門

入門編レポート

精神世界中級編

ハッチ判事のあの世探索

ソウルメイト

魂の伴侶とは。


経済あれこ

特にアメリカと日本の関係から経済問題を取り上げています。

むしられ続ける日本

いつまで日本はアメリカへ上納金を払い続けるつもりなのか。

米国民の貧しい生活

90年代、経済的繁栄を謳歌した米国民の生活は。


神秘的な話

神秘的と題したのは、チャネリングや宇宙人との会見録等からの情報だからです。

宇宙の友人達

マイカの物語

宇宙の友人達

オスカー・マゴッチ氏の体験

宇宙の友人達

バズ・アンドリュース物語

第三密度から第四密度へ

21世紀はどんな世紀になるのだろうか。


超健康的貧乏食生活

久司マクロビオティックを話題の中心として健康を考えます。

本当にあったすごい話

アメリカで一番有名な日本人は誰だろうか。

食べ物で顔が変わる!?

現代の食生活を続けると、こんな顔になる!?


私の推薦図書

私の推薦図書

私が今まで読んだ本の中で、感銘を受けた本を紹介しています。