2018年

[トップページ]

サアラさんの子育て

サアラさんの子育て...2018年1月4日

 正月に田舎に戻り、親族と過ごされた方は多いと思います。
 私も正月は、(父母は亡くなっているのですが)、数年ぶりに兄の家に行き、語らいました。そこで九州で過ごした幼少期の話になり、兄が先月、九州の幼馴染みと会ったというのです。
 その幼馴染みは、現在(東京に近い)横浜に住んでいるとのことで、数年に一回は会っているそうです。

 話は、その幼馴染みの社会的な価値観の話になりました。
 兄によれば、その幼馴染みは、典型的な「東大病」だといいます。
 「東大病」というのは、我々兄弟の造語です。それは、人生において最大の価値は、東大を頂点とする有名大学に進学し、立身出世することだと信じている人のことをいいます。
 面白いことに、田中角栄のように小学校しか出ていないのに総理大臣になった例がありますが、そうした例はあまり評価しないのです。あくまでも、日本で知られた東大や京大のような旧帝大や、早稲田、慶応といった高偏差値の大学に入ることに、異常な価値を見出しているのです。
 普通に考えれば、大学は4年間であり、社会に出て働く期間のほうが圧倒的に長く、大学卒業はスタートラインにすぎません。社会で揉まれて、様々な経験をして、知力、胆力、人間性を高めていくわけで、そうした積み重ねがその人間を形成してゆきます。そして、どういう仕事をしたか、どういう人間的な成長をしたかというのが問われていくことになります。
 しかし「東大病」の人は、どの大学を出たかというのが最大の関心事であり、一番の価値基準なのです。人間性より、東大出であれば「すごい人」となり、無名大学や大学を出ていないとなると、「たいしたことない人」と見下します。
 傍からみていて、滑稽ですらありますが、この価値観は骨の髄まで染み込んでいるのです。

 時代背景もあったのかもしれません。
 私が幼少期に過ごした時期は、日本の高度経済成長期でした。
 頑張れば報われる時代でした。
 辺鄙な田舎に暮らす人々にとって、日本の中心である東京で一旗揚げるのが人生にとって最高のものとされたのです。それを叶える唯一の道は、猛烈に勉強して東大のような名の知れた大学に入ることでした。
 当然ながら、亡くなった私の両親も全く同じ価値観でした。我々兄弟は、その価値観を強烈に植えつけられて育ったのです。
 冒頭の幼馴染みは、田舎では特異な存在ではなく、村全体の価値観がそうだったのです。
 今から考えると、「集団洗脳」という文字が浮かんできます。
 「東大病」の人は、なぜ自分が東大を至上のものと捉えているのか、疑問にすら思わないでしょう。

 私は別に立身出世を否定しているわけではありません。自分が持っている価値観が、果たして人生の経験から得られたものなのか、それとも成長する過程で周りの人々(特に両親)から植えつけられたものなのかを、一度よく検証する必要があると考えているのです。

 「東大病」の両親に育てられた私にとって、サアラさんの子育ての話は実に新鮮でした。
 今回は、『「あの世」の本当のしくみ』(サアラ著、大和出版)から、サアラさんの子育ての様子を紹介していこうと思います。
 まず、社会的な価値観に関するサアラさんの見解から紹介します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p184〜p186から抜粋開始>・・・

 自分の価値観は自分で作る

 常識を疑うのはとでも大切なことだと思います。
 社会的地位があったほうがいいとか、それを求めるべきとか一流大学に行かないと成功できないとか。カルマの話と同じで、信じてきたことを「本当にそうなのだろうか」と一度疑ってみる必要があります。
 やはり、こんなことに時間を費やしているのは苦しいとか、毎日の生活が楽しくないと思ったら、自分が優先していることを疑ってみて、優先順位を変えてみることも必要かもしれません。
 自分独自の価値観や優先順位を、自分で築き上げていくということが大事だと思います。そのためには自分の経験を大切にすることです。
 その経験が社会で認められなかったり、評価されないようなものでも、それを苦い思い出にしてしまわないこと、自分にとっては、とても大切な経験だと認識して、自分独自の価値観を構築していくことが大事だと思います。
 そうすると人からの評価をあまり気にしないで済むようになります。
 人からどう思われるか、そこがネックになって不自由な思いをしている人がすごく多いと思います。そこを気にしなくなるには、明確な価値基準をもつことが必要です。そうでないと、人の評価がないとやっていけず、人と依存し合う人生になってしまいます。自分がうまくいかないのを、父や母のせいにするようなことにもなります。
 私の生徒さんの中で高卒の人がいるのですが、なぜ大学に行かなかったかという質問をすごく受けると言っていました。
 本人としては、単純に行く理由がなかっただけなのに、「ダメじゃないか」的なニュアンスで聞かれると、明確な答えを自分がもってないことにちょっとショックを受けるというのです。そして、「なぜ行かなかったのだろう」とすごく考えてしまうらしいです。でも私は「行く理由がないのに大金をかけて、4年間の時間を浪費して、行く必要はないんじゃないの?」と言ったのです。
 行く理由がないのは、大学に行かない立派な理由です。
 せっかく自分でいろいろ考えた後に決断したことなのに、その後、人に意見を言われて、自信をなくしてしまうケースが多いようです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 それでは、サアラさんの子育ての話に入りたいと思います。
 サアラさんは、実にユニークな方法で子育てをしたようです。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p216〜p218から抜粋開始>・・・

 私は、自分の3人の子供を育てるときにこんなことをしていました。
 「お母さんの営業時間は夜8時まで」と決めて、そう宣言したのです。子供たちは最初は何のことかわからなかったようですが、お風呂に入れて歯磨きもさせて、子供がいつでも寝られる状態にして、その時間になると、営業時間の終了を知らせるために「蛍の光」を歌って、子供を自分の部屋に入れ、自分も部屋に入りました。
 そうすると、子供は解放感いっぱいになって、やりたい放題でした。朝起きると冷蔵庫のドアが全開になっていたり、しまってあったジュースが全部飲み干されていたこともありました。
 それでもめげずに続けると、子供たちもだんだんわかってきます。
 ジュースの飲みすぎはお腹をこわすとか、お母さんがいつもこれをやっではいけないと言っていたのは、やったら痛い思いをするからなんだなとか、子供なりに理解してそれぞれ落ち着いていきました。
 寝てしまう子は寝てしまうし、起きている子は勝手に静かにお絵描きしたりして、時間を過ごすようになります。下の子は普段は兄に貸してもらえないおもちゃで思う存分遊んだりと、それぞれが自由な時間を楽しんでいたようです。
 子供は、疲れていれば、起きていろと言っても絶対に寝ます。寝かしつけは親にとってもすごくストレスになりますし、必要ないのではと思います。
 誰かがお腹が痛いときや、ケガしたときなどは「お母さん」が復活しますが、それ以外は「どうぞご自由に」でした。
 もちろん最初は忍耐が必要です。
 ある朝起きたら、床一面が米だらけになっていたこともありました。子供たちが米びつのバーを押して中身を全部ザーツと出し、それをお玉ですくってふりまいたり、やりたい放題楽しんだ後だったのです。
 そんな状態ではお弁当を作るどころではないので、「全員今日は休み! 一緒にこれを片づける!」と号令をかけて、みんなで片づけました。
 そんなふうにフレキシブルに対応して、母親と子供、お互いの人としての領域を意識させる生活を続けた結果、みんな枠にはまらない、とんでもない子になりました。でも、自分で人生を考える子になりました。私自身も、親の義務としてイヤイヤ何かをすることはなく、楽しみながら子育てができたと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、そうして育ったサアラさんの子供たちは、どのような人生の選択をしたのでしょうか。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p186〜p189から抜粋開始>・・・

 「やっぱりこれでよかった」−−選択の顛末

 私の一番下の息子も、大学に行きませんでした。それどころか、彼は何の計らいか、小学校から大学まである一貫教育の私立に入っていたのですが、中学2年のときに彼の意志で学校をやめました。
 最近になるまで相当悩んだのだと思いますが、最近は「自分にとってはよかった」という言い方になってきました。
 前は、親の目線から見ると他人へのやっかみも含めて、強がって「行かなくてよかった」と言っているところがありましたが。
 学生をやっていれば気楽だし、同じ年代の子どもたちといつも一緒にいて単純に楽しいわけです。でも、その仲間に入ることを、誘われでもあえてしなかった。
 彼は中学生のとき、学校でけっこう人気者で、クラスのまとめ役などもしていたようなので、彼が退学すると決めたときは、先生や周囲の友達のほうがショックを受けて、みんなに引き留められました。
 でも、本人は言い出したら聞かない子で、私はもちろん説得しませんでしたが、いろいろな人に説得されても変えなかったのです。
 でも、その息子が、学校をやめた後にいろいろなことを言い始めたのです。
 「進学しなかったことを後悔しないのか」と聞いたとき、息子との間でこんな会話がありました。
 「後悔しているに決まってる。それでいいんだよ」
 「なんで?」
 「後悔できるくらい自分が成長したっていうことだからさ」
 「それならそのまま成長を続けて、後悔を後悔じゃない人生にするしかないよね」
 「そうなんだよ。だからこれからが大事なんだ」
 そんなことが言えるようになったのだな、と思いました。
 それでもやはり悶々とした時期が続いていたようです。
 進学しないで社会に出ると、早いうちから年齢関係なく社会人とつきあうわけです。
 最初のうちはそれがつまらなかったりするのですが、彼は「絶対に特定の企業に就職はしない。正社員にはならない」と言うので、理由を聞いたら「俺は奴隷になるために生まれてきたわけじゃない」と言いました。
 「だけど金がほしいからアルバイトはする、バイトは勉強のためにする」と。
 それで、ひとつの会社にアルバイトで入って、そこで最大限力を発揮してアルバイトなのに年の半分以上中国に勤務して現地採用まで任されたりして、そこの会社でこれ以上学ぶことがないとなるとまたやめて、まったく異業種の次の企業に行く。そういうことを繰り返して、今までやってきました。
 そして今28歳になって、また少し変わってきました。
 「大卒で一流企業に入って、お給料はいいけれど毎日同じタスクを片づけるだけの仕事をやっている人より、考えでみたら自分のほうが人間関係が面白い」と思えてきたようで、それからは「自分にとっては」やっぱりこれでよかった、という言い方をするようになりました。
 苦しくても、一歩一歩自分で自分の価値観を築き上げるプロセスから逃げてはいけないと思います。適当なところで判断してしまわずに、人間は一生涯かけて成長し続けなければならないと考えて、長期的に考えてほしいです。
 たとえば高学歴ではないとか、ちゃんとした企業に就職できていないとか、そういうところで本当に損しているかどうかは、長い目で見ないとわかりません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 息子さんは、結局大学へは行きませんでした。
 では、サアラさんの娘さんはどうでしょうか。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p190〜p191から抜粋開始>・・・

 自分の経験を大切にする本当の意味

 一方、娘は30歳になってから復学しました。
 娘は大学院に途中まで行ったのですが、世界で誰もやったことのない研究題材に取り組もうとして、すごく注目を浴びてしまったのです。もちろん抜擢してくださる先生や大切に育てようとしてくださる先生方もいたのですが、その反面ものすごく叩かれ、やっかまれました。
 「昨日も一昨日も一睡もしていない」と泣きながら電話がかかってきたこともあります。
 それでとうとう体がボロボロになって、実家に帰ってきたのですが、その翌日が311でした。そのとき、自分のもってきた価値観を改めて考えて、「自分がこんなに時間も体力もギリギリのところで精力を傾けないとできない研究は、人ひとり救うこともできない」というのがそのときの結論だったそうです。
 それから普通の企業に正社員として就職したりすると、ある程度仕事ができるので、どこへ行っても便利に使われてボロボロになるのを繰り返して、正社員になるのはもうやめたと言い、30歳になって「自分は社会の不適合者だ」と言うようになりました。
 「無理すればできないことはないけれど、今までの経験から、それをやろうとすると体が壊れるのでもうあきらめる。私はどう考えても研究者向きだ」と言って、30になって大学院に戻りました。
 人間は、長い時間をかけで一つひとつ経験して、そのプロセスを踏まないと価値基準は確立できません。
 ですから、あわてて大学へ行ったり就職する必要もないし、何とか食いつなぐぐらいのことはできるかもしれないので、所有概念や勝ち負けから自由になるためにも、ちょっと自分に時間を与えてあげることが必要ではないでしょうか。
 社会は「早く、早く」と急(せ)かしますが、そこをこらえて時間をかけて、いろいろ体験しながら、じっくり自分を成長させてあげることが大事だと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの文章を読んで、もし私が「東大病」の両親でなく、サアラさんのような子育てをされたら、どうなっただろうかと考えました。
 私は「東大病」の両親の価値観を、学生の頃までは持っていました。それゆえ(同年代のほとんどの人々がそうであるように)少しでも偏差値の高い大学を目指しました。
 しかし社会に出て、そうした価値観が通用しないことを肌で味わい、やっと、そうした価値観から解放されたのです。社会は厳しい実力の世界です。実力がなければ、高学歴など笑いの種にしかなりません。
 もし私がサアラさん流の育て方をされたら、おそらく今の価値観を確立するのは、今よりずっと若い頃になっただろうと思います。

 最後に学歴偏重の社会が、いままさに崩れつつあるという記事を紹介します。

http://toyokeizai.net/articles/-/201432

 思えば、日本中に「東大病」を生んだ社会というのは、古き良き(?)時代だったと言えるのかもしれません。



[トップページ] このページの先頭へ