2018年

[トップページ]

リンダ・モートン・ハウ氏が語るペルーのポータル

サイキック達が語る地球と月の起源

リンダ・モートン・ハウ氏が警告するポールシフト

『エイリアンインタビュー』(さらばエアル編)

『エイリアンインタビュー』(生物進化編)

『エイリアンインタビュー』(宇宙と魂の創世編)

『エイリアンインタビュー』(宗教編)

ハイジャンプ作戦

『エイリアンインタビュー』

サアラさんが語る「輪廻」

サアラさんが語る「転生」

『SKY PEOPLE』(2)

『SKY PEOPLE』

未来人が語るDNAの3重螺旋構造

米中貿易戦争の背景

私の未来人判別法

タイムマシンとリニア中央新幹線

kan(カン)さんの話

平行現実の話

肌荒れ、シミ、色黒の本当の原因とは・・・

奇跡のEV

松果体の成長に伴う頭痛について

二日酔いの特効薬

都市伝説でみる北朝鮮問題

洞窟オジさん

怖い中国食品

意識の進化と身長

サアラさんの子育て

リンダ・モートン・ハウ氏が語るペルーのポータル...2018年8月8日

 前々回、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから『リンダ・モートン・ハウ氏が警告するポールシフト』の記事を書きました。
 今回は、その第2弾です。
 最近のヤスさんのメルマガには、私の好きな分野の記事が載っており、さらに紹介したくなりました。
 今回は、リンダ・モートン・ハウ氏が語るペルーのポータルに関する記事です。

 ポータルについては、当HPの訪問者にとっては珍しいものではないと思います。
 当HPでは何回も取り上げたテーマでもあります。
 当HPの2017年10月14日の記事『スターピープルはあなたのそばにいる(1)』では、アーディ・クラーク女史がポータルを求めて旅行した話を紹介しました。
 その部分を抜粋して紹介します。


 「あなたのお話はとても興味深いものですね。ずいぶん前に私が会ったハワイの男性が、マウイ島の滝の近くにポータルがあると言っていました。彼はそこを通して何度も旅をしてきたそうです。私は彼に案内してもらってその場所に行き、2、3日間キャンプをしてまで待っていたんですけど、ポータルが開くことは一度もありませんでした」
 「先ほど言いましたように、しかるべき時にしかるべき場所にいなければいけないんです。ポータルは世界中にあります」


 10年ほど前ですが、私は当時のゲリースクールの仲間とイタリアのトリノ郊外にあるダマヌールの視察旅行に行ったことがあります。
 ダマヌールは、覚者アルベルト・アウラウディ(故人)が創立したコミュニティです。ワインを造ったり、牛を育てたりと自給自足的な活動など様々なことを行っていますが、その中の一つが、神秘的な分野の研究です。
 彼らは、タイムマシンを作ったと主張していたのですが、そのタイムマシンのテクノロジーをアトランティスの人々から教わったと言っていました。
 当然最初はタイムマシンを持っていなかったのですから、どうやって過去のアトランティスに行ったかというと、自然発生するポータルを利用したというのです。そうしてアトランティス人からタイムマシンのテクノロジーを聞き出し、タイムマシンを少しずつ改良を加えながら完成させたと言っていました。

 私は去年11月、サアラさんのハワイ・リトリートに参加しました。
 その時に、アーディ・クラーク女史のハワイのポータルの話を思い出し、直接サアラさんにハワイのポータルについて質問しました。
 すると、サアラさんは、我々が宿泊しているホテルのすぐそばの岬の名を挙げ、そこにポータルがあると教えてくれたのです。
 さすがにその場所をここに書いてしまうのはまずいと思うので書けませんが、人が住んでいる近くの場所だったので意外な気がしました。
 おそらくその場所も、自然発生したポータルだろうと思います。

 これから紹介するペルーのポータルは、異星人によって人工的に作られたポータルです。
 ネタもとは、前々回の記事と同じく2018年3月にリンダ・モートン・ハウ氏が公開したユーチューブのようです。
 まずヤスさんの7月27日のメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<7月27日のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

ジェリー・ウィルスという人物について

・2007年に私はジェリー・ウィルスという人物と知り合いになった。彼はペルーとボリビアでツアーを行っているスピリチュアリストだ。非常に興味深い人物で、現在の宇宙の起源とスターゲイトに関する重要な情報をもたらしてくれるので、紹介する。

・ジェリー・ウィルスは1953年に孤児として生まれた。ケンタッキー州の廃屋に捨てられていたが、偶然そこを通りがかった家族に助けられ、そこの養子となり育てられた。その家族はケンタッキーの農場経営者だった。

・8歳のとき、近くの野原に円盤が現れた。すると、テレパシーで声が聞こえて来た。それによると、今度自分たちの仲間に会うことになるという。

・すると、ちょうど一年後、やはり同じような円盤が現れ、中から人間と同じような生物が現れた。それはベージュの髪をした長身の男性で名前を「ザウ」と名乗った。「ザウ」は、地球から12光年ほど離れた「タルセティー」という太陽系からやって来たという。そして、人類の起源は地球ではなく、他の惑星であると告げた。その理由は、地球はもっと進んだ異星人の生物学的な実験場で、あらゆることが行われているからだといった。そしてこのような情報は、これからさまざまなソースから出てくることになるという。

・その後、1998年11月にジェリー・ウィルスが結婚するときに実に奇妙な体験をした。それは、ペルー、チチカカ湖の近くにある謎の古代遺跡、「ヘイユマルカ」にかかわることだった。

謎の遺跡、「ヘイユマルカ」

・ジェリー・ウィルスは理由は分からないがずっとペルーのことが頭から離れず、結局、ペルーとボリビアのスピリチュアルなツアーを企画する仕事に就いた。そして、ペドロという名の「ヘイユマルカ」周辺の部属のシャーマンが彼のメンターになった。

・1998年11月、ジェリー・ウィルスは結婚した。そのハネムーンの場所として、彼のメンターのいる「ヘイユマルカ」に行った。そのときジェリーにはもうひとつの大きな目的があった。

・「ヘイユマルカ」だが、ここは本当に謎の古代遺跡とされている。「ヘイユマルカ」は巨大な岩だが、そこには扉のように見える巨大な四角形のくぼみと、さらにそのくぼみには、やはりドアのように見える高さ180センチ、幅150センチくらいの四角いくぼみがある。

・「ヘイユマルカ」の周辺に住む現地の部族は、この小さな扉からインカ帝国時代の服装をした背の高い男がいきなり現れ、またその扉のようなくぼみに消えるのを何度も目撃している。そのため、現地の人々は「ヘイユマルカ」を恐怖しており、ここに立ち入ることはまずない。

「ヘイユマルカ」のビデオはユーチューブで見ることができる。ぜひ見るとよいだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=kZIRwP6fDBk

「ヘイユマルカ」の扉の開け方

・そのような「ヘイユマルカ」だが、なんとジェリーのメンターでシャーマンのペドロはこの扉の開け方を知っているという。ペドロは英語を理解しないが、コミュニケーションにはさほど問題を感じなかった。

・小さな扉を開けるには、それぞれ異なる三つの旋律を正確に唱えなければならないという。扉の前にしゃがんで額を扉にくっつけて三つの旋律を唱えると、突然と扉の中に吸い込まれるのだということだ。

・1998年11月11日、午後11時にジェリーはこれを試して見ることにした。彼に妻は少し離れた場所から見ていた。

・教えられた通り、三つの旋律を唱えると後ろから崖から落ちるような感じで、「ヘイユマルカ」の中にジェリーは吸い込まれた。圧力で息ができないほど高速で自分は落ちて行った。すると、周辺には銀河系が広がり、それをいくつも通過した。ジェリーはなにかのバブルのようなものに入っている感じがした。

・すると、次の瞬間、ある部屋の中に自分はいた。そこはすべてが白く、なにもない部屋だった。すると、男の声が聞こえて来た。「おまえはなにものだ」。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 開かずの扉を開けるときに、「開けゴマ!」という合言葉を言うのは、こうした事実から発生したものかもしれません。
 続きとして、ヤスさんの8月3日のメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<8月3日のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

巨大なスクリーンのなかの黒い空間

・この男は、巨大な透明のバブルのようなスクリーンの前にすわっていた。スクリーンには、黒い空間のなかに多くの光がちりばめられている光景が映っていた。その黒い空間の端には、ピンク色のレールのようなものが多数おかれていた。

・その男は随分と驚いた様子で、「おまえはどこからきた」と再度聞いてきた。私はペルーの「ヘイユマルカ」にいると答えた。するとその男は驚いた様子で、「おまえは地球からきたのか?」という「そうだ」というと、やはり男は驚いた様子で、目の前のスクリーンに映し出されてる黒い空間を指さした。「あそこに映っているのは、おまえの出身惑星である地球がある宇宙全体だ」という。

・私はこの男がなにを言っているのかまったく分からなかった。するとまた男が、こんなことを言った。「あなたがいまいる場所は、あなたの宇宙とは異なる宇宙だ。あなたがやってきた宇宙はあれだ」と言い、目の前の巨大スクリーンに映っている黒い空間を指さした。

・私がどういうことなのか分からないでいると、その男は続けた。「我々は自分たちの宇宙の構造を探るため、小さな宇宙を生成する実験をしていた。素粒子を高速で衝突させる実験だった。

・すると、極小のような点だったところから宇宙は拡大し、それが止まらなくなってしまった」。私はさらに、「黒い空間の端にあるピンク色のレールはなんなのか」と質問した。すると男は、「あれはあなたがやってきた宇宙の拡大を防止するためのストッパーだ。あれがないと、あなたの宇宙の拡大は止まらなくなる」という。

・私は、「でもビッグバンが起こって宇宙が生成したのは200億年くらい前だが、そんな過去に実験したというのか」と問うと、男は「あなたの宇宙の時間とこちらの宇宙の時間は根本的に異なっている。そちらの200億年はこちらの30年だ。我々は30年前に実験を開始した」という。そして、「実験を開始してしばらくすると、地球も含めて宇宙の全域で生命が誕生し、それが勝手に進化しているのを見て大変に驚いた」という。

スターゲイトのポータル

・そして、「その後、我々はさまざまな惑星の生命を調査するために、その惑星に瞬間移動できるポータルを設置した。地球もそうした惑星のひとつで、地球上にはいくつかのポータルがある」という。

・明らかにペルーの「ヘイユマルカ」もそうしたポータルのひとつである。

入れ子の宇宙とホログラフィックユニバース

・これがジェリー・ウィリスが取材で私に話してくれた体験だ。極めて興味深い。ジェリー・ウィリスがいまでも「ヘイユマルカ」のツアーを行っている。

・この体験が真実だとすれば、宇宙はロシアのマトリョーシカのように入れ子の構造になっているということだ。つまり、我々の宇宙は別な宇宙に包含されており、さらにその宇宙ももっと大きな宇宙に包含されているという構造だ。我々の宇宙は、ジェリー・ウィリスの体験にもあるように、誰かの試験官の実験結果なのかもしれない。

・このような話は奇想天外に聞こえるかもしれないが、そうでもない。1990年にある科学ジャーナリストがこうした宇宙の入れ子構造を理論化した「投影された宇宙 ホログラフィック・ユニバースへの招待」という本を書き評判になった。この本は、我々の宇宙は誰かが生成したホログラムの一部であり、さらにその宇宙ももっと大きなホログラムの一部である可能性について詳しく語っている。

・残念ながら著者のマイケル・タルボットは白血病で亡くなってしまったが、私は生前に彼にインタビューしたことがある。すると彼は、自分はUFOにアブダクトされた経験があり、この本に書かれている宇宙のホログラムの入れ子構造は、実はこのときに地球外生物から、宇宙の真実として教えられたことだという。

・いまでは宇宙物理学が、この可能性について言及するようになっている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 宇宙がロシアのマトリョーシカのように入れ子の構造になっているというのは、ゲリーさんも言っていた気がします。

 私は、ポータルは存在すると思っていますし、宇宙が入れ子構造になっている可能性もあると思っています。
 しかしジェリー・ウィリス氏が私達の宇宙が200億年前に誕生したという話を、別宇宙の存在がを肯定的に受け取ったことに疑問を感じています。
 この宇宙広しといえども、宇宙がわずか200億年前に誕生したと言っているのは、今の地球人だけではないかと思っているからです。
 別宇宙の存在は、単に宇宙によって時間の進み方が違うという点だけを認めただけという見方もあるかもしれません。だとすると、数字にこだわるのは意味がないのかもしれません。
 訪問者の方々は、どのように思われるでしょうか。

 * * * * *

 ↑の記事の私の疑問に対し、ヤスさん本人から掲示板に回答をしていただきました。
 紹介します。

★ 疑問にお答えいたします。 NEW / ヤス 引用

本山さんこんにちは。ヤスです。いつも私のメルマガの記事を紹介していただき、ありがとうございます。今回取り上げていただいた私の記事に対する疑問にお答えさせてください。

本山さんが書いている通り、「別宇宙の存在は、単に宇宙によって時間の進み方が違うという点だけを認めただけ」です。ジェリー・ウィルスはインタビューで、「われわれの宇宙では何十億年もの時間が、あちらの宇宙では20年から30年くらいの時間しかたっていない」と言い、後でハウが解説でこの「何十億年」というのを「200億年くらい」と言い換えて表現しています。この講演は宇宙の誕生の時間を問題にしたものではないので、こちらの宇宙の時間の流れとあちらの宇宙のそれとがいかにに異なっているのか強調する意味で「200億年」と仮に表現したまでだと思います。

全部英語ですが、以下がリンクです。

https://www.youtube.com/watch?v=4FbD_ojWWXw&t=3112s

ではまた。



サイキック達が語る地球と月の起源...2018年8月1日

 現在の私達の科学では、太陽系の誕生は46億年前ということになっています。
 太陽系の形成は、超新星爆発の衝撃波によって引き起こされたという説が最近有力なようです。きっかけは別として、太陽を含め、惑星も近傍にただよっていた物質が重力によって集まり、しだいに大きくなって太陽および惑星群が造られたというのが一般的な見方のようです。
 つまり太陽も惑星も46億年まえの同時期に誕生したという説明になっています。
 これに対し、ドランヴァロさんのように霊能力を持った人や、木内鶴彦さんのように臨死体験をした人は、こうした科学の説明とは全く違ったことを言っています。
 (蛇足ですが、『エイリアンインタビュー』のエアルは私達の太陽は、200兆年前からあったと言っています)

 今回は地球と月の起源に関して、そうしたサイキック達の話を取り上げたいと思いますが、こうしたことは以前の記事で断片的に紹介してきました。
 それゆえ一部は、以前の記事と内容が重複することを、お断りしておきます。

 まず地球の起源について、『フラワーオブライフ(T)』(ドランヴァロ・メルキゼデク著、ナチュラルスピリット)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『フラワーオブライフ(T)』、p131〜p132から抜粋開始>・・・

 ティアマトそして二ビル

 これらの例外的で信じがたい情報(もっと他にもあるのですが)よりもさらに詳しくシュメール人が知っていたのは、アダムとイヴ以前の人類の歴史の始まりについての物語です。彼らはずっとずっとはるか遠い昔まで遡った話をしています。物語は地球がまだとても若かった時代、何十億年も昔に始まります。そのころ、地球は「ティアマト」と呼ばれる大きな惑星で、火星と木星の間にあって太陽のまわりを公転していました。古代の地球は大きな月を持っていて、彼らの記述では、いつか未来においてその月は惑星になるとされていました。
 その記録によれば、私たちの太陽系には、今ではぼんやりとしか認識されていない、もう1つの惑星がありました。バビロニア人はこの惑星を「マルドゥク」と呼んでいたので、この名前が一般的になりましたが、シュメール人には「ニビル」で通っていました。それは他の惑星よりも大きい、地球とは逆行して公転している巨大な惑星でした。その他の惑星はいずれにしても軌道面を一定方向にまわっていましたが、ニビルは違う方向へ動き、他の惑星に近づくとき火星と木星の軌道の上を通過するのでした。
 シュメール人たちは、ニビルはこの太陽系を3600年ごとに通過し、それがやって来る時は一大事だったと語っています。そのあとニビルは外惑星からずっと離れたところまで遠ざかり、やがて視界から消え去るのです。ときに、たぶんNASAはすでにこの惑星を発見しているでしょう。少なくともその可能性はかなり高いと言えます。NASAは2つの人工衛星によって、太陽から途方もなく離れたところに存在している惑星を見つけたのです。それは確かにそこに存在していて、シュメール人はそのことを何千年も昔から知っていたのです! そして記録によれば、運命がもたらしたある軌道上、ニビルは1つの惑星に近づきすぎて、その衛星の1つがティアマト(私たちの地球)にぶつかり、その半分ほどを削り取っていきました−−−星を真っ二つに引き裂いたのです。シュメールの記録では、このティアマトが砕けたときその大きな塊の1つが大きな月と一緒に軌道からはじき飛ばされ、金星と火星の間の軌道に乗って、いま私たちが地球として知っているものになったというのです。他の塊は何百万個にも砕け散って、シュメールの記録では打ち砕かれし腕輪と呼ばれる、火星と木星の間にある小惑星帯になりました。この記述は天文学者たちを驚嘆させました。肉眼では見られないのに、一体どうして小惑星帯のことを知っていたのでしょう?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドランヴァロさんによると、何十億年の昔に巨大惑星ニビルの接近によって、当時火星と木星の間の起動を回っていた惑星ティアマトが真っ二つに引き裂かれ、細かく砕け散った破片はその軌道上に散乱して小惑星帯となった。大きな塊の一つが軌道上を離れ、現在の金星と火星の間まで飛ばされ、現在の地球になったといいます。
 そして現在の月は、ティアマトの周りを周っていた衛星であったといいます。

 こうした地球の起源が昔の惑星が破裂した破片であるという見解は、サアラさんも同じです。
 『覚醒への道』(サアラ著、徳間書店)から紹介させていただきます。


 ・・・<『覚醒への道』、p36から抜粋開始>・・・

 もともと地球は「ティアマト」という女性性の大きな惑星でしたが、あるとき火星と激突してしまいました。粉砕されたティアマトのかけらは、塵となって宇宙に飛び散りましたが、その中で最も大きなかけらがティアマトの探求しようとしていた「母性」というテーマを受け継ぎ、自分の意志で自転し始め、太陽系の仲間に追いつこうとしました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このようにドランヴァロさんとサアラさんは、昔の惑星ティアマトが破壊され、その大きな破片が現在の地球になったという説では同じです。
 違うのは、ドランヴァロさんが惑星ティアマトの破壊は、巨大惑星ニビルの接近によるものであったと言っているのに対し、サアラさんは火星によるものであったと言っている点です。
 私は、ドランヴァロさんの説の方に説得力を感じます。
 惑星が近づくことによって重力の作用で破壊されるとすると、大きな惑星が小さな惑星を破壊するのが道理だと思うのです。
 火星は地球より小さな惑星です。
 火星の半径は地球の半分強といった程度で、重さになると10分の1です。
 その火星が、今の地球より大きかったティアマトを破壊するというのは、理屈に合わない気がするのです。さらにそれほどの太陽系の歴史に残るような大事件が起こったとするなら、火星に衝撃の痕跡があっていいはずなのに、そうした話は聞いたことがありません。
 もちろんこれは素人考えですが。

 次に、臨死体験をして月の起源を見てきたという木内鶴彦さんの話を、『木内鶴彦の超驚異的な超宇宙』(木内鶴彦、ヒカルランド)から紹介します。


 ・・・<『木内鶴彦の超驚異的な超宇宙』、p66〜p73から抜粋開始>・・・

 私は星の観測を専門にやっているので、どうしても月の存在が気になります。というのも、月の成立にはいろいろな説があって、太陽系ができたときに地球の兄弟星として一緒にできたという説や、地球から分離して生まれたという説、惑星が地球の引力に引き寄せられて月になったという説などがあって、いまだにどれが正しいのか結論が出ていないのです。
 ですから、22歳の臨死体験のときも私は過去に戻って月の存在を確認しましたが、かつての地球には月がなかったのです。月がない時代、地球の大陸は今よりずっと大きく、海は今の地球の3分の1くらいしかありませんでした。そして、その頃の人類は高度な文明を築いていたのです。
 ところが今から1万5000年前に巨大彗星が太陽に近づくという恐ろしいことが起きました。巨大彗星の内部には圧力によって結晶化された大量の水や氷がたくわえられていました。それが太陽の熱で一気に溶かされたために、莫大な水蒸気が発生したのです。
 地球の軌道がそこに近づいたとき、気化した水蒸気は地球の引力に引っ張られ、大量の水分が地上に降り注ぐことになりました。地上の多くは海の中に沈み、高度な文明も滅びてしまいました。アトランティス大陸の消失やノアの大洪水などの伝承が残っているのも、このときの洪水が物語として伝えられているからでしょう。
 そして軽くなった巨大彗星は軽石のような塊となり、地球の重力に引っ張られて地球の周りを周回する衛星になった−−−それが月の正体です。
 月ができたのは今から1万5000年ほど前で、月ができたことによって地球の環境は激変し、大洪水によって多くの生命が滅び、地球の3分の2は海で覆われました。そして、月の重力によって地軸が傾き、地球の1日は25時間から24時間になったと考えられます。

 ・・・(中略)・・・

 地球の生物の体内時計が25時間なのは月の引力がなかったから

 もともとの地球には月はなかったという私の説はなかなか信じてもらえませんでした。そこで私はいくつか証明する手がかりを示すようにしています。
 例えば動物が持っている体内時計がその一つです。太陽が昇ってきて沈み、また昇るまでの周期を1日といいます。時間でいえば24時間です。
 しかし、人間も含め、地球上のすべての生き物が持っている体内時計はみな25時間です。なぜでしょうか? そこで私はもし月が存在せず、地球が月の引力の影響を受けなかったら、1日は何時問になるのかを計算してみました。するとちょうど25時間になりました。
 これは生き物が持っている体内時計と見事に一致します。
 このことから、地球の1日は長らく25時間だったのではないかと推測できます。
 また地球上で、月の通り道にあたる白道(太陽の通り道は赤道)上に砂漠が点在しているのも偶然とはいえません。月の軌道上では、大量の水が降り注いだに違いありません。石や岩は細かく砕け、山は平坦になり、木々はなくなって、砂漠になってしまいました。だから月の軌道上に転々と大洪水の跡の砂漠が点在しているわけです。
 さらに決定的な事実があります。地球上に存在した巨大な恐竜たちの存在です。もし地球が今と同じ質量を持っていたとしたら、重力は質量に比例しますから、あの巨大な恐竜たちは自らの重量によって歩くこともままならなかったはずです。
 ティラノサウルスを例にとると、今の地球の重力なら時速15キロで歩くのが精いっぱいだったでしょう。ところが、さまざまな検証からティラノサウルスは時速60キロ以上の速度で移動し、獲物を仕留めていたといわれています。
 なぜあれだけの巨体で、そんなスピードが出せたのでしょうか。それは地球の質量が今よりずっと軽かったからです。なぜ地球の質量は軽かったのか。そしてなぜ今は質量は重くなって、昔より重力が増えてしまったのか。
 その原因が何だったのかというと、地球上で海が増えたことしか考えられません。つまり月の出現による大洪水によって、地球の3分の2は海になってしまい、その分の水の質量が、地球を重くした原因になったのです。
 そこで私は月が失っただろう水分量と地球の質量から計算して、地球で増えた水分量を計算してみました。するとこれも見事に一致しました。大洪水の犯人は月であり、その月は今から1万5000年前に突如として現れたのです。
 なぜそれが1万5000年前だとわかったのかというと、臨死体験の中で私はその当時天体観測をしていた人の体に入り込むことによって星空を観察していたからです。
 星というのは動かないように見えますが、それぞれに固有運動を持っています。ですから過去と現在の星図を比べてみると、同じ星座でも少し形が異なっているわけですが、私は月ができたときの北斗七星の形を見て覚えていました。
 北斗七星の形も時代によって変わり、それぞれの星座も固有運動をしているので、その周期性から何年頃だったかと調べれば年代がわかるのです。それが1万5000年前。つまり、巨大彗星が地球に接近し、地球の環境を大きく変化させたのは、意外にもそれほど古い時代のことではなかったのです。
 実際、アポロ計画で持ち帰った月の岩石を年代測定したら地球よりも古かったことからも、地球と同時にできたのではないことは確かです。そして、そのときの洪水で地球の陸地の海岸線が2000メートルほど上がり、人々の生活が一変しました。
 洪水以前の地球では、人々は現在よりも2000メートル低い場所で生活していたのが、洪水の後2000メートルという高地生活をするようになった。その結果、当時の人々と比べて寿命が極端に短くなったようです。ようするに、現在の人が短命になった最大の原因は、太古の昔に比べると一種の高山病のような状態で生活をしているからです。
 月が誕生する前、人間の身長は男性が3メートルぐらい、女性が2メートル50センチぐらいで寿命は大体300歳ぐらいだった。それが、月が地球の周りを回ることによるストレスで寿命が短くなり、身長もだんだん低くなっていったわけです。
 それと、月のない時代、女性の生理は1年に1回の現象でした。ところが、月が回るようになってから、月の潮汐(ちょうせき)運動に振り回されて、ほぼ1ヶ月の1回の周期になった。だから、今の女性は体にものすごいストレスがかかるわけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 木内鶴彦さんは、月は地球近傍に来た彗星が、地球に大量の水をもたらすと同時に、地球の重力に捕えられ月となったと言っています。
 それもわずか今から1万5千年前というのですから、極めて最近の話です。
 先に紹介したドランヴァロさんは、月はティアマトの衛星が地球を回る衛星となったと言っていました。
 (再度素人ながら)私は、木内さんの地球上の生物の体内時計が25時間であるという証拠に説得力を感じます。
 以下は、当HPの2014年7月20日の記事「木内鶴彦さんが臨死体験で見た太陽系の生成と月の起源」から、私が体験した話を抜粋します。


 ・・・<『木内鶴彦さんが臨死体験で見た太陽系の生成と月の起源』から抜粋開始>・・・

 月が地球の重力に捕らえられる1万5000年前には、地球の1日は25時間であったという話は、生命の体内時計が25時間となっていることから説明できます。
 こんな実験をした人がいます。
 時間を全く気にせず、自分の寝たい時間に寝て、起きたい時間に起きるということをやってみたら、毎日起きる時間が1時間ずつずれていったというのです。つまり1日の周期が25時間となり、1日に1時間ずつシフトしていったというのです。
 これと似たことを多くの人が体感していることではないかと思います。
 朝、なんとなく寝足りないような感覚です。充分な睡眠時間を取っているにもかかわらず、もう少し寝たいような感覚です。
 数日間の休みが取れて、朝は何時に起きてもよいとなったときに、少しづつ起きる時間が遅くなっていったという経験をされた方もいると思います。私は仕事を止めた6年前に経験しました。
 もし仮に体内時計が23時間だったら、自然と朝1時間づつ早く目が覚めるようになったのかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 木内鶴彦さんのように、月は宇宙空間を飛んでいた彗星が地球の重力によって捕えられたと言っているのは、他にもいるようです。
 浅川嘉富氏が『龍蛇族探究の原点【イカの線刻石】』という本を出しているようです。
 この本は、巨大彗星の月から膨大な氷と水が地球にもたらされ、地球で大洪水が起こったとして木内さんと全く同じことを言っているようです。
 また『灼熱の小惑星』で、高橋実氏が天体M仮説として、もし天体Mが地球に超接近したら、互いの重力が干渉し、天体Mの熱水が氷殻を突き破って噴出するといいます。
 (これらの情報は、『木内鶴彦さんが臨死体験で見た太陽系の生成と月の起源』のp68に載っています。ちなみに私は、両書とも読んでいません)。

 今回の記事をまとめると、地球が惑星ティアマトが破壊されてその一番大きな破片が地球になったという点で、ドランヴァロさんとサアラさんは一致しています。
 しかしティアマトを破壊した相手がドランヴァロさんはニビルと言い、サアラさんは火星と言っている点で違います。
 木内さんは、月は衛星が地球の重力に捕えられたものと言い、ドランヴァロさんはティアマトの破壊の際に地球に付いてきたと言っている点で違います。
 このように、サイキックによって同じことを言っていたり、違っていたりしています。
 もちろん私は自分の見解を主張するつもりはありません。
 当然ながら、どの説を信じる信じないかは、読まれた方々の判断です。



リンダ・モートン・ハウ氏が警告するポールシフト...2018年7月25日

 今回は、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから、UFOや地球外生物などの分野で著名なリンダ・モートン・ハウ氏が警告するポールシフトの情報をお送りします。
 これは、ヤスさんのメルマガ7月13日号、7月20日号の2週に渡って掲載されたもので、7月4日にアップロードされたリンダ・モートン・ハウ氏のユーチューブの映像の内容の要約とのことです。
 公開されたプレゼンテーションそのものは2015年に行われたということなので、少し古い情報ですが、ヤスさんは重要な情報なので掲載することにしたと言われています。

 メルマガの記事を抜粋する前に、言葉の定義をはっきりさせておきたいと思います。
 ポールシフトとは地球の磁極の移動という意味で使う場合が多いようです。北極がS極(ですから方位磁石はN極が北を指します)で南極がN極の磁場を構成していますが、その軸がずれたり、時としてN極とS極が逆転するということも意味しています。
 それに対し、地軸の移動を意味する場合もあります。当HPでは地軸の移動の意味でのポールシフトの記事を何度が掲載しています。
 今回紹介するリンダ・モートン・ハウ氏の記事では、磁極の反転という意味でポールシフトという言葉が使われています。


 ・・・<7月13日のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

2013年7月の情報提供とポールシフト

・2013年7月に、ユタ州のヒル空軍基地に勤務するエンジニアから連絡があった。ある地球物理学者が私にコンタクトしたいということだった。この地球物理学者と連絡を取って見たところ、地球の磁場の変化から見て、地球の極が転換するポールシフトが近いのではないかという。これは主要メディアなどで広く報道されるべきだと主張した。

・この情報提供者は国防総省で働いているという。いま国防総省は国家の安全保障上の脅威として、イエローストーンのスーパー火山の噴火、シアトルからバンクーバーに広がるカスカディアンサブダクションゾーンの活動による巨大地震、そしてポールシフトの発生をもっとも警戒しているという。

・この情報を得てから私は調査を開始し、多くの科学者と会った。そして、ポールシフトの可能性を確信するようになった。

2011年から続くブーン音

・ところで、2011年ころからだが、世界中で奇妙なブーン音が聞こえるようになっている。空いっぱいに広がる巨大な音だ。それは、ヨハネの黙示録にある世界の終焉の予兆であるトランペット音ではないかと恐れられている。私にコンタクトしてきた国防総省の地球物理学者によると、国防総省ではこの音こそ、ポールシフトが近いことの予兆として理解しているという。

・古い岩石に見つかる磁石の磁性方向の変化から見て、46億年の地球史でポールシフトは何度も起こっていることが確認できる。しかしそれは、周期的な現象ではない。発生する周期のようなものはない。前回のポールシフトは、約78万6000年前に起こっている。

・ポールシフトが起こる前兆現象として、磁場の弱まりと磁極の移動がある。過去の事例と同じように、いま磁極の移動は激しくなり、また磁場も極端に弱まっている。これはポールシフトが起こる前兆現象だと思われる。

・磁場の弱まりは、2014年に打ち上げられた欧州宇宙センターの3つの人工衛星が計測したデータからもはっきりしている。インド洋の一部だけは磁場が強くなっているが、特に西半球の磁場の弱まりの程度は大きい。

地球の内核の変化

・ポールシフトの原因として考えられるのは、地球の内核の変化である。地球にはコアとも呼ばれる核が存在するが、その中心にあるのが内核である。内核は堅い鉄の固まりで、月の直径の3分の2ほどの大きさだ。この極性が変化すると考えられている。

・内核は回転しており、その速度は地球の自転速度よりも速い。内核は、融解した鉄である液体の外核が覆っている。その回転の方向は内核とは逆である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 続けて、7月20日のヤスさんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<7月20日のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

地球の内核の変化

・内核は回転しており、その速度は地球の自転速度よりも速い。内核の外側には液体の外核があり、さらにそれはマントルで覆われている。地表はその上にある。これが地球の構造だ。そしてはっきりした理由は分からないが、内核は地球とは逆方向に自転している。この自転方向の違いが、地球に磁場が生じる原因である。

・そして最近発見されたことだが、内核にはさらに内核があることが分かった。これも内核とは逆方向に自転している。

・これがいま分かっている地球の内部構造だが、地球とは異なる方向に回転している内核と、さらにその反対方向に回転している内々核が地球に磁場ができる原因であることは間違いないにしても、磁場の極が反転するポールシフトの原因はまだ分かっていない。

・だが、次のことが分かった。磁場の原因である内核と内々核の原子は、磁場の極の方向に並んでいる。それが時間とともに並ぶ方向に変化が生じ、一定の臨界点に達すると、すべての原子が並ぶ方向が逆転するのである。これが起こると磁場の極の逆転現象、つまりポールシフトが発生する。

・もっとも新しい調査では、76万8000年前のポールシフトでは、それが100年以内の期間で起こっていることが分かった。つまり、磁場がどんどん弱まり、それが臨界点に達すると一気にポールシフトが起こるということだ。現在、磁場が急速に弱まっているが、これはポールシフトが近いことの兆候である。

・しかし、100年以内の期間といってもそれがいつ起こるのか予想がつかない。10年後に起こるかもしれないし、20年後かもしれない。ただ、ポールシフトが起こると地球上の生物に大きな影響を与えることは間違いない。

・2014年に発見された76万8000年前の前回のポールシフトのときの記録を見ると、これが起こる前の約6000年前から磁場は次第に弱まっていたことが分かった。さらに、最後の2000年には磁場が実質的にゼロになる期間もあった。このゼロ磁場の期間を生物がどうやってサバイバルするのかも大きな問題となる。過去200年間で地球の磁場はすでに15%減少し、その程度はどんどん大きくなっている。

ゼロ磁場とポールシフトの影響

・すでにこのゼロ磁場に向かう時期にいる。地球の磁場の存在によって、危険な太陽風やガンマ線、そしてさまざまな宇宙線から生物が守られているため、生物は生存できる。もし磁場がゼロになってしまうと、これらの危険な宇宙線が地球に降り注ぐので、生存できなくなる可能性が高い。

・最近、ゼロ磁場に向かうポールシフトの前の磁極の状態をシミュレーションしたところ、地磁気の流れが大きく撹乱され、混乱していることが発見された。

・過去のポールシフトや、その直前の極端な磁場の弱まりの時期を調査したところ、生物が全滅することはなかった。しかし、多くの生物種に甚大な影響があったことは間違いない。だが、具体的にどのような影響があるのかはまだはっきりとは分かっていない。

・2013年に私にコンタクトしてきた地球物理学者は、ポールシフトの時期が比較的に近い未来に迫っているのに、一切主要メディアで報道されないことに疑念を感じている。彼によると、各国の政府は降り注ぐ危険な宇宙線から身を守るために巨大な地下施設を建設している可能性があるという。この施設ができあがったところで、政府は国民に警告するのではないかとしていた。

アブダクティーが見せられたこと

・私は過去40年近く、エイリアンに誘拐されたというアブダクティーを多数インタビューしてきた。これらの人々の多くは、エイリアンからポールシフトが迫っていることを告げられ、その光景も見せられた。

・また、1989年から1994年という特定の期間に集中しているが、拉致された宇宙船のなかで、小さな透明のチューブのような入れ物に入れられた多くの人体を見せられた人々が非常に多い。エイリアンによると、肉体は魂の入れ物でしかなく、これらの肉体は生存することがもうできなくなっている。そのため、魂を古い肉体から取り出し、新しい肉体に移し替えているのだという。彼らによると、これらの人間はいまの地球で生存していることがどうしても必要だということだった。

・また私は次のような証言も得た。1983年から84年にかけてのことだが、私はアメリカの情報機関が実施している「プロジェクト・シグマ」というものがあるのを知った。これは地球外生物とコンタクトするためのプロジェクトで、それに成功していた。1983年に私はこのプロジェクトの公式のブリーフィング・ペーパーを見せてもらったので、このプロジェクトは実際に存在していると思う。

・1983年、私はこの「プロジェクト・シグマ」で地球外生物と実際にコンタクトしている人の証言を得た。このとき、アメリカの小さな町でダムが決壊した。「プロジェクト・シグマ」が調査したところ、この原因は「トール・ブロンド」と呼ばれる地球外生物の仕業であったことが判明した。

・「プロジェクト・シグマ」のこれまでの調査から、「トール・ブロンド」がなにかを行うとき、正当な理由がかならずあることが分かっている。したがってこのダムの決壊にも理由があるはずだと考え、この人物は「トール・ブロンド」に説明を求めた。すると「トール・ブロンド」は、この脳の処理の限界を越えるほどの大量の情報を送ってきた。

・それが人類が地球に存在している理由から、未来の状況まであらゆる情報が圧縮されていた。どうも人類は実験動物として彼らによって人工的に作られた存在のようだった。そして、こうした情報のなかには、近い未来に起こるポールシフトの警告もあった。

・また同じ時期、ワシントン州のスポケーン市に住む保安官がアブダクトされ、この人物からも証言を得ることができた。地球外生物に拉致されたとき、宇宙船の窓からある光景を見せられたという。それは、地球外生物と人類との戦争の光景だった。また、我々ひとりひとりが、なにかのラインのようなものでつながっている光景も見せられた。

リンダ・モートン・ハウの解釈

・私はこうした多くの調査から得られた証言をもとにポールシフトの問題を考えたとき、ある結論を得た。それは数々のアブダクティーの証言から見て、地球外生物のある種族は我々にポールシフトを警告し、人類になんらかの救いの手を差し伸べている可能性が高いということだ。

・だが、救いの対象になるのは我々の肉体ではない。人類の魂のほうである。なぜなら、アブダクティーの証言を総合すると、現在のホモ・サピエンスとしての人類の身体は滅び、ポールシフトによってより進化した物理的な身体に置き換えられるからだ。それはネアンデルタール人が滅び、ホモ・サピエンスに入れ替わったと同じプロセスだ。ポールシフトはこの引き金であろう。そして地球外生物は、我々の魂をこの新しい進化型の入れ物にスムーズ入れる手助けをしているように思えてならない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんによれば、リンダ・モートン・ハウ氏は「過去40年近く、綿密な取材と調査でアブダクションなど地球外生物との接近遭遇や、UFOに関連した事件を報道し、なおかつテレビ界のアカデミー賞であるエミー賞の受賞経験もあるこの分野ではもっとも信頼された調査ジャーナリスト」だといいます。
 それゆえ、相当にぶっ飛んだ内容でも無視できないとのことです。

 リンダ・モートン・ハウ氏は、危険な宇宙線を防いでいた磁場がゼロになることにより、生物が危険に曝されると警告しています。
 当HPで過去に掲載した記事では、磁極が弱まることにより、地軸が移動する危険性を指摘してきました。
 これは神秘家のドランヴァロ・メルキゼデクさんが言っていることで、地殻の下にあるマントルの下に岩石層があり、それを磁場が支えているといいます。磁場がゼロになることにより岩石層が液状化し、その上に乗っているマントルと地殻がズルッとすべる形で移動してしまうというのです。つまり地球自体は動いていないのですが、岩石層の上に乗っている部分だけが移動するというのです。計算すると、今の磁極の北極点がロシアのモスクワあたりに来るといいます。17度ずれる計算ですが、これはエドガー・ケイシーが言っているロシア側に16度という数字と極めて近い数値だといいます。こうした現象をポール・ワンダリングといいます。
 もしこれが起こったら、人類存亡の危機となるでしょう。

 私達の今のタイムラインで、近い将来にポール・ワンダリングが起こる可能性があるのか私にはなんとも言えません。
 21世紀半ば、ないし22世紀から来たという未来人(と私が思った人物)も、こうした現象を伝えていません。しかし無数のタイムラインの中でポール・ワンダリングが起こって、人類が滅亡した世界があるのかもしれません。そうした世界からは、タイムマシンを使って私達の世界に来れないのですから、そうした証言がないだけという推察もできそうです。

 地球の磁場が年々弱まっているのは事実なのですから、私達のタイムラインにおいて、そう遠くない将来にポールシフト(磁極の反転または地軸の移動)が起きる可能性はあるのかもしれません。



『エイリアンインタビュー』(さらばエアル編)...2018年7月18日

 これまで『エイリアンインタビュー』の記事をいくつか書いてきましたが、今回はその締めくくり編です(と言いつつ、また書くかもしれませんが)。
 『エイリアンインタビュー』の記事を読まれていない方は、まずそちらを読んでいただければと思います。用語の解説もそちらを参照していただければと思います。

 今回の記事は、情報というよりも物語です。
 私は1947年7月のロズウェルのUFO墜落は実際に起こったことであり、3体のETのうち、1体が生き残って米軍のインタビューを受けたという話は真実だと思っています(米軍は公式には観測気球の回収と発表)。
 今回紹介するのは、映画としてはありそうですが、本当にこんなことがあるんだと感心してしまう物語です。
 すでに『エイリアンインタビュー』を読まれた方は結末を知っておられるので、『エイリアンインタビュー』を読まれていない方に読んでいただければと思います。

 まず簡単に、事の概略をお話しします。
 今から8266年前、ドメインの遠征隊(一個大隊、3000名)がパキスタンとアフガニスタンの国境近くのヒマラヤ山脈に、基地を建設します。
 ドメインは気付いていなかったのですが、すでに火星に「旧帝国」の基地があり、その「旧帝国」の奇襲を受けてドメイン遠征隊は全滅します。
 その頃、地球は「旧帝国」によって、魂(エアルはIS−BEと呼ぶ)の捨て場であり、流刑地となっていました。
 その為、命を落としたドメイン遠征隊の3000名の魂は、ホモ・サピエンスの身体に輪廻する魂の監獄システムに捕らえられてしまいます。
 ドメインは、遠征隊3000名の魂を探しますが、なかなか見付けることができないでいました。
 今回の記事は、こうしたことを前提として読んでいただければと思います。

 次のエアルのインタビュー内容は、米軍を震撼とさせたようです。エアルの魂(IS−BE)が24時間以内に、彼女のドールボディ(身体)から立ち去ると明言したからです。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p163〜p165から抜粋開始>・・・

 第十三章
 未来のレッスン
 (マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 この記録もまた自明であると思います。私はエアルの正確なコミュニケーションを可能な限り、忠実に伝えました。エアルがこのインタビューの中で言ったことの軍事的な含みの可能性について私の上官たちはとても警戒しました。

 (インタビューの公式記録文書)
 機密
 合衆国陸軍航空隊公式記録文書
 ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊件名:エイリアンインタビュー、1947年7月31日、
 第一セッション


 真実は政治的、宗教的、または経済的な便宜の祭壇の上で生贅にされるべきではないというのが私の個人的な信念である。ドメインの士官、パイロットとエンジニアとしてドメインにとってのより大きな視点から見た利益とドメインの所有物を守ることが私の義務である。しかしながら、我々は自分たちが気づいていない勢力から自分たちを守ることはできない。

 地球が他の文明から隔離されていることが、現時点で私があなたとたくさんの題目について話し合うことを妨げている。安全保障と外交儀礼が、私がドメインの計画と活動について最も一般的で大まかな発言以上のことを明らかにすることを妨げている。しかしながら、私はあなたにとって有用であるかもしれない情報をいくつかあなたに与えることができる。

 私はすぐに「宇宙ステーション」での私に割り当てられた任務に戻らなければならない。ドメイン軍の士官、パイロットとエンジニアとしての私の義務の要件と制限を考えれば、私はあなたに論理的に与えても良いと感じた助力はできるだけ与えた。そのため私は、IS−BEとして次の24時間以内に地球から立ち去る。

(編集者の注釈:下記の複数の段落はマチルダがエアルとのインタビューに関して速記者に伝えた個人的な解説のようである。)

 これが意味するのは、エアルは彼女の「ドール」を私たちの元に置いて行くということです。なぜなら、彼女の宇宙船は修復できない程損傷しているからです。我々はその身体を好きなように検査し、解剖し、研究することができます。彼女にとってそれはもうこれ以上役に立たないものであり、さらに彼女は他の使える体をすぐに入手できるため、それに対して愛着のフィーリングも持っていません。

 しかし、エアルは体の中には地球の科学者たちにとって有用であるテクノロジーはないと勧告しています。この体のテクノロジーは単純ではあっても、それはあらゆる側面において、現時点で我々が持つ分析と模倣能力が計算できるものをはるかに超えています。その体は生物的でも、機械的でもありませんが、どのような地球型の惑星でも見つけることのできない材質と、古代のテクノロジーによる独特な制作物です。

 エアルが以前言及したように、ドメインの至る所ではとても厳格で独特な社会的、経済的、文化的な階級の階層があり、それは数千年間の間変化がなく、破られていない状態のままです。IS−BEの士官に割り当てられる体の種類と機能は、他のあらゆる軍事的な階級章と同じように一人ひとりのIS−BEの地位、階級、寿命、訓練のレベル、指揮のレベル、人事記録と獲得した称賛に値する勲功賞に従って、明確に変化します。

 エアルによって使われている体は、彼女の地位と階級の士官、パイロットとエンジニアのために特定に設計されています。墜落の中で破壊されてしまった彼女の同僚たちは同じ地位、または階級のものではなく、より下位の地位のものでした。そのため、それらの体の外見、特徴、構成と機能は特殊化されたものであり、彼らの任務の必要性に制限されていました。

 墜落の中で体が破損してしまった下級士官たちは自分たちの体から去り、宇宙ステーションでの彼らの任務に復帰しています。彼らの体が被った損傷は、彼らがより下位の士官たちであるというのが主な理由でした。彼らは部分的に生物的な体を使っており、そのためそれらは彼女のものよりもはるかに耐久性がなく、回復力もありませんでした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次のインタビューで、米軍はマチルダ氏に奇妙な要請を行います。
 エアルがこれまで行ってきた数々のインタビューの内容に対して、真実であることの証明としてエアルにサイン(署名)するようにマチルダ氏に要請してきたのです。
 たしかに地球上ではサインは裁判でも証拠として認められるように法的拘束力を持ちます。しかし、それはあくまでも地球上のことであって、私達とは全く違う社会の法体系を持つであろうETに、サインを求める行為は理解に苦しみます。
 しかしその後に米軍が起こしたことを考えると、エアルにサインを求めるという行為は、エアルをその場に引き留める策略だったという可能性が高そうです。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p171〜p177から抜粋開始>・・・

 第十四章
 エアルがインタビューの記録文書を審査する

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 私が前回のエアルとのインタビューを速記者に詳述するのを終えてから程なくして、私は基地の司令官のオフィスに緊急に呼び出されました。私は4人の重武装をした憲兵に護衛されました。私が到着した時、会議用のテーブルとイスが並べられた、大きな間に合わせのオフィスの中で座るように言われました。オフィスの中には私が様々な時に「ギャラリー」の中で見た数人の高官たちがいました。何人かは有名人であったため私は彼らに見覚えがありました。

 私はその男たちに紹介され、その中には以下の人たちが含まれていました:

 陸軍航空隊長官のシミングトン、ネイサン・トワイニング将軍、ジミー・ドゥーリットル将軍、バンデンブルグ将軍とノルスタッド将軍。

 大変驚いたことに、オフィスの中にはチャールズ・リンドバーグもいました。シミングトン長官はミスター・リンドバーグは合衆国空軍の幕僚長のコンサルタントとしてそこにいるのだと私に説明しました。部屋には他にも数人の男たちが居合せており、彼らは紹介されませんでした。彼らは士官たちの個人的な補佐官であるか、どこかの諜報機関のエージェントだったと私は推測します。

 長官や将軍たちからだけでなく、世界的に有名なミスター・リンドバーグやドゥーリットル将軍のような人たちからも突然これだけの注意を向けられたことは、他人の目を通して見ると私のエアルの「通訳者」としての役割がどれだけ非常に重要であるかということを私に気づかせました。それまでは私はこれについては末梢的な形でしか気づいていませんでした。これは、自分がこの驚くべき状況の詳細にあまりにも夢中になっていたからだと私は推測します。突然、私は自分の役割の大きさを理解し始めました。この会議にこの男たちが居合せたのは、部分的にはこの事実に自分の注意をひきつける意図があったのだと私は思います!

 長官は私に緊張しないように指示しました。私は何かを責められるのではないと彼は言いました。彼は私に、彼らが準備した質問のリストにそのエイリアンは答える意思があると思うか、と私に聞きました。彼らはエアル、空飛ぶ円盤、ドメインとインタビューの記録文書の中でエアルが暴露した他の多くの題目について、さらにたくさんの詳細を発見することを切望している、ということを彼は説明しました。もちろん彼らが主に興味を持っていたのは軍事的な安全保障と空飛ぶ円盤の構造に関する質問でした。

 エアルは質問に答えることに関して彼女の考え方を変えていないことを私は強く確信している、なぜなら彼女にギャラリーの男たちの意図を信頼させるような変化は何も起きていないからです、と私は彼らに言いました。私は彼女がもう既に話す気があり、論じる許可があるものはもう既にすべて伝えた、ということを繰り返しました。

 それにもかかわらず、彼らは私が再びエアルに彼女が質問に答えるかどうか聞くように主張しました。そしてもし、答えがまだ「いいえ」である場合、彼女に私のインタビューの「翻訳」の記録文書の写しを読む気があるのかどうかを私が聞くのでした。彼らが知りたかったのは、私たちのインタビューに関する私の理解と翻訳が正しいかどうかをエアルが立証するかどうかでした。

 エアルは英語をとても流陽に読むことができたため、エアルが記録文書を読み、書面で正しいかどうか立証する間、彼ら自身がそれを観察することを許されるだろうかと長官が聞きました。彼らは、彼女に記録文書の写しに「翻訳」が正しいかどうかを書き、記録文書の中で正しくないものは全て記録してほしかったのです。もちろん私には命令に従うしか選択はありませんでした。そして私は長官が求めたとおりにしました。

 私はサインをするためのページがある記録文書の写しを与えられ、それをエアルに見せるのでした。私はまた、エアルが審査を終えた後、記録文書の中の翻訳の全ては彼女によって補正された形で全て正しいと証言するため、表紙にもサインするようにエアルに要請せよと命令されました。

 約1時間後に将軍たちと(ミスター・リンドバーグも含まれると私は推測します)他の者たちを含むギャラリーのメンバーたちがギャラリー室のガラスを通して見ている中で、私は指示されたとおりに、エアルに渡すための記録文書の写しとサインするページを持ってインタビュー室に入りました。

 私は自分のいつもの椅子に行き、エアルから向かって4、5フィートに座りました。私は記録文書の封筒をエアルに提示し、テレパシーを通して長官から受け取った指示をエアルに伝えました。エアルは私を見て、封筒を受け取らずに見ました。

 エアルは「もしあなたがそれらを読み、あなたの判断でそれらが正確であるのであれば、私にそれらを審査する必要はない。その翻訳は正しい。あなたは忠実に私たちのコミュニケーションの記録を伝達したということをあなたの司令官に伝えて良い」と言いました。私は自分がそれを読み、それは私が記録文書のタイピストに伝えたことの全ての正確な記録です、とエアルに保証しました。

 「それではあなたは表紙にサインするでしょうか?」と私は聞きました。
 「いいえ。私はしない」とエアルは言いました。

 「なぜしないか聞いてもよろしいでしょうか?」と私は言いました。彼女がそのような簡単なことをやる気がない理由について、私は少し混乱していました。

 「もしあなたの司令官が、自分の職員が彼に正直で正確な報告をすることを信頼できないのであれば、ページに書かれた私のサインが彼にどれほどの信用を与えるのか? 彼が自分の忠実な職員を信頼しないのであれば、なぜ彼はドメインの士官によってページにつけられたインクの印を信頼するのか?」

 私はそれに対してなんと言えばいいのか分かりませんでした。私はエアルの理屈には反論できなかったし、彼女に無理やり文書にサインするようにすることもできませんでした。私は1分ほど自分の椅子に座って次にどうすればいいのか思いをめぐらしました。私はエアルにお礼を言い、自分の上官に次の指示を聞きに行かなければならないと伝えました。私は記録文書の封筒を自分の制服のジャケットの内側にある胸ポケットに入れて、椅子から立ち上がり始めました。

 その瞬間、ギャラリー室からのドアが勢いよく開かれたのです! 5人の重武装の憲兵が部屋の中に殺到しました! 白い研究所のコートを着た男が、彼らのすぐ後ろについてきました。彼は表面にたくさんのダイヤルのついた箱型の機械を乗せた小さなカートを押していました。

 私が反応できる前に憲兵の二人がエアルを掴み、私たちが一緒にインタビューを始めた最初の日から彼女が座っていた厚い詰め物をした椅子にしっかりと押さえつけました。他の二人の憲兵が私の肩を掴み、私の椅子に押し戻し、私をそこに押さえつけました。もう一人の憲兵はエアルの真正面に立ち、彼女の頭から6インチも離れないところから彼女に直接ライフルを向けました。

 研究所のコートを着た男は素早くカートをエアルの椅子の後ろに押して行きました。彼は手際よくエアルの頭の上に円形のヘッドバンドを乗せ、カートの上の機械に振り向きました。突然彼は「クリア」という言葉を叫びました。

 エアルを抑えていた兵士たちが彼女を離しました。その瞬間、私はエアルの体が硬直し、震えるのを見ました。これは15〜20秒間続きました。機械の技師は機械のつまみを回し、エアルの体は再び椅子に倒れこみました。数秒後、彼は再びつまみを回し、エアルの体は前回と同じように硬直しました。彼はこのプロセスをあと数回繰り返しました。

 私は自分の椅子の中に座って、その間ずっと憲兵たちに押さえつけられていました。そして私は何が起きているのかを理解することができませんでした。私は起きていることによって、怯えており、動けなくなっていたのです。私はそれを信じることができませんでした!

 数分後、白い研究所のコートを着た数人の他の男たちが部屋に入ってきました。彼らは手短に今や無気力に椅子の中に倒れこんでいるエアルを検査しました。彼らはお互いにいくつかの言葉をつぶやきました。男の一人がギャラリーの窓に向かって手を振りました。すぐに移動ベッドが二人の係員によって押されてきました。この男たちはエアルのぐったりした体を移動ベッドに持ち上げ、彼女の胸を横切るようにストラップで固定し、それを部屋から押し出して行きました。

 私はすぐに憲兵たちによってインタビュー室の外にエスコートされ、直接自分の部屋に連れていかれ、そこで憲兵がドアの外で守衛についたまま、私は自分の部屋の中に閉じ込められました。

 約30分が過ぎた後、私の部屋のドアにノックがありました。私がそれを開いた時、トワイニング将軍が白い研究所のコートを着た機械の技師と一緒に入ってきました。将軍はその男を私にウイルコックス医師として紹介しました。彼は私に、彼と医者に同行するように求めました。私たちは部屋から出て、その後に憲兵たちが続きました。施設の中を何回か曲がりながら通り抜けた後、エアルが移動ベッドの上で動かされた小さな部屋に入りました。

 将軍は、エアルとドメインは合衆国にとって甚大な軍事的脅威としてみなされていると私に言いました。エアルは、彼女がインタビューの中でそうすると言ったようにここから去って自分の基地に戻ることができないようにするために、「動けない状態」にされたのでした。エアルに、彼女が基地で過ごした間に観察したものを報告するのを許すことは、国家安全に対する甚大な危険をもたらすということでした。そのためこれを阻止するために断固たる行動が必要であると決定されたのでした。

 将軍はなぜこれが必要なのかを私は理解しているかどうか聞きました。私は理解していると言いましたが、それが少しでも必要であるとは全く同意しなかったし、インタビュー室の中でのエアルと私への「奇襲攻撃」にも確実に同意しませんでした! しかしながら、私はこれについては将軍に何も言いませんでした。なぜなら私が抗議したら私とエアルに何が起きるかとても怖かったからです。

 ウイルコックス医師は、私に移動ベッドに近づき、エアルの横に立つように求めました。エアルはベッドの上で完全に静止して動かない状態で横たわっていました。私は彼女が生きているのか死んでいるのかを見分けることはできませんでした。ベッドの向こう側には、彼らもまた医者であると私が推測した白い研究所のコートを着た数人の他の男たちが立っていました。彼らは二つの測定機器をエアルの頭、腕と胸につなげていました。私は自分の外科医の看護師としての訓練から、それらの機器の一つは脳の中の電気活動を検知するために使われる脳電図機械であると見分けがつきました。もう一つの機器は普通の病室にある生存兆候モニターであり、エアルが生物的な体を持っていないためそれは役に立たないということを私は知っていました。

 ウイルコックス医師は、軍の当局者たちに状況を見極め、エアルをどうするのかを決めるための時間を与えるために、彼女を十分に長い間抑える試みとして連続的に「軽い」電気ショックをエアルに施したのだと私に説明しました。

 彼は私に、エアルとテレパシーを通してコミュニケーションを試みるように求めました。

 私は数分間の間それを試しましたが、エアルからどのようなコミュニケーションも感じることができませんでした。私はエアルがもはや体の中にいるのかどうかすら感じることはできませんでした。

 「あなたは彼女を殺してしまったのだと思います」と私は医師に言いました。

 ウイルコックス医師は、エアルを彼らの監視下に置いたままにし、再びエアルとコミュニケーションを取ることを試みるために後ほどが戻ってくるように求められると私に言いました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、エアルが帰ってしまうことを恐れた米軍は、強引にエアルに電気ショックを与え、捉えようとします。
 しかしエアルは死んでしまったかのように、マチルダ氏の問いかけに答えなくなってしまいました。
 その後、マチルダ氏は米軍によって尋問を受けます。
 さらに嘘発見器にかけられ、最後は(自白用の)薬物を投与され、再び嘘発見器にかけられたのです。

 私は本の題名は忘れてしまったのですが、ロズウェルのUFO墜落で1体だけETが生き延びていたが、それもしばらくすると死んでしまったという記述を読んだ記憶があります。
 どうやらETは死んだのではなく、米軍によって「殺された」といったほうがより真実に近いようです。

 マチルダ氏によると、米軍はエアルからUFOの原理と安全保障に関する情報を得たかったようです。
 それにしてもこうした米軍の一連の行動には、貧弱な人間性というか、情けなくなるメンタリティを感じざるを得ません。
 自分達のほしい情報を得るために、いかなる手段を用いても構わないということでしょう。

 突飛な話と思われるかもしれませんが、私は311のとき旅行に来ていたドイツ人家族を助けた日本人の話を思い出しました。
 大地震で交通網がストップしてしまい途方に暮れていたドイツ人家族を、見知らぬ日本人が自宅に泊め、その後ドイツに帰れるように尽力した話です。お互いに言葉もわからぬ間柄でしたが、ドイツ人にとっては命の恩人となった物語でした。のちにドイツ人は、夕食に出してくれた日本酒が、とても美味しかったというエピソードを語っていました。
 こうした話は日本人であれば、当たり前となっていますが、ETでも同じだと思うのです。
 エアルは地球観測に為に飛んでいたUFOに雷が落ちて墜落するという不慮の事故に遭ったのです。
 そうして生き延びたのですから、311のドイツ人と同じように助けるべき存在です。
 エアルを安全な場所に確保し、無事にエアルの星に送りとどけるか、母船に戻れるように尽力してあげるべきだと思うのです。
 (米軍には絶対にできないと思いますが)そうした行動を取る選択肢もあったはずなのです。
 ET達は、今回の米軍の行動を、人類の精神性の低さと捉えるのは間違いありません。こうした点を克服しない限り、人類がETと正式に交流するなんて有り得ないと思うのです。
 エアルはそうした米軍の心底を見抜いていたのでしょう。エアルは、最後まで米軍の質問に答えることはありませんでした。

 話を戻したいと思います。
 さて、マチルダ氏とエアルは永遠の別れになってしまったのでしょうか。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p183〜p186から抜粋開始>・・・

 第十六章
 エアル立ち去る

 (マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 エアルがウイルコックス医師によって「活動不能」にされた後も、私はさらに3週間、ほとんど自分の部屋に監禁されている状態で基地に残りました。一日に一回私は、エアルがウイルコックス医師と私が思うに他の者たちによって常に監視されている状態でベッドの上で横たわっていた部屋まで護衛されました。私が部屋に行くたびに、私は再びエアルとコミュニケーションを試みるように求められました。毎回反応はありませんでした。これは私をとても悲しませました。日々が過ぎるにつれ私はどんどんとエアルが、それがその状態を表現する正しい言葉かどうか分かりませんが、「死んだ」ということを確信し、苦悩していきました。

 毎日私は自分のエアルとのインタビューの記録文書を読み返し、どうにかしてエアルとコミュニケーションを再開するために、私に何かを思い出させたり、助けたりしてくれるかもしれない手がかりを探しました。私は未だにエアルがサインするように求められた記録文書の写しが入っている封筒を所持していました。今日に至るまで私はなぜ誰も私にそれらを返還するように求めなかったのかは理解できません。あの興奮の中で記録文書の写しがあることを忘れてしまったのだと推測します。私はそれらを返還することを申し出ることはしませんでした。私は基地に滞在していた間、それらを自分のベッドのマットレスの下に隠していました。そして、それ以降ずっと持ち続けてきました。あなたがこれらの記録文書を見ることになる最初の人です。

 エアルの体は生物的でなかったため、医者たちはそれが動かない限り、体が生きているか死んでいるかを検知することはできませんでした。もちろん私はエアルがIS−BEとして意識的に体を動かしていなければ、体は動かないということを知っていました。

 私はこれをウイルコックス医師に説明しました。私は何回も彼に説明しました。毎回彼は私にどことなく人を見下したような微笑みを見せ、私の腕を軽く叩き、もう一度試したことについて私にお礼を言いました。

 3週目の終りに私はウイルコックス医師によって、この状況に対処できるより良い設備を持った、より大きな、より安全な軍事医療施設にエアルが動かされることが軍によって決められたため、私の貢献はもう必要ないと言われました。彼はその施設がどこに位置しているのかについては何も言いませんでした。

 それが私が最後にエアルのドール・ボディを見た時です。

 次の日、私はトワイニング将軍がサインした指令書を受け取りました。指令には、私が合衆国軍に対する軍務を完了し、正式にそれ以上の任務から放免され、名誉除隊と寛大な軍人恩給を受け取ることになると書かれていました。私はまた、軍によって移転され、適切な書類とともに新しい身元を与えられるとのことでした。

 私は指令書と一緒に、読んでサインするように指示された文書を受け取りました。それは機密保持誓約でした。その文書の言葉遣いは「法律用語」でいっぱいでしたが、私が自分の軍隊での勤務の間、見て、聞き、または体験したどのようなことも、誰にも決して話してはいけない−−さもなければアメリカ合衆国に対する反逆行為として死刑で罰っする−−という点はとてもはっきりとしていました!

 後で分かったことですが、私は連邦政府の証人保護プログラムに入れられました。ただしそれは、私が政府によって政府から守られるというものでした。言い換えれば、私は黙っている限り生きていられるということでした! 次の朝、私は小さな軍の輸送機に乗せられ、ある移転先に飛ばされました。様々な場所で短い期間滞在しては行ったり来たりした後、私は最終的にモンタナ州グラスゴーにあるフォートペック近辺に落ち着きました。

 私が輸送機に乗るようにスケジュールされていた日の前の夜、私がベッドの中で横になり、この事件の全てを熟考し、エアルと私に何が起きたのかについて思い巡らしていたら、私は突然エアルの「声」を聞きました。私は自分のベッドの中で直立して座り、寝室用のランプの光を入れました! 私は数秒間の間、部屋の中を必死に見回しました。その時、私はそれがIS−BEとしてのエアルだということに気づきました。もちろん彼女の体は私と一緒にその部屋の中にはありませんでした、またそうである必要もありませんでした。

 彼女は「こんにちは!」と言いました。彼女の思考の口調は簡素で友好的でした。それは間違いなくエアルでした。私はそれについてほんの少しも疑いはありませんでした!

 私は「エアル? あなたはまだここにいるの?」と考えました。彼女は「ここ」にはいるが、地球の体の中にはいないと答えました。インタビュー室で医者と憲兵たちが私たちを襲撃した時、彼女はドメインの基地にある自分の持ち場に戻ったのでした。彼女は、私が健康で無傷の状態で解放されるということを知覚することができて喜んでいました。

 私は彼女が彼らからどのように逃げたのかを不思議に思いました。彼らがショック・マシーンによってエアルにけがを負わせたかもしれないと心配していました。エアルは、ショックが施される前に体から去ることができ、体の中を流れる電流をかわすことができたと言いました。彼女は、自分は安全で自分のことは心配しなくても良いということを私に知らせたかったのです。控えめに言っても私はとても安心しました!

 私は再び彼女に会うことはできるだろうか? と私はエアルに聞きました。エアルは、私たちは二人ともIS−BEであると私を元気づけました。私たちは肉体ではない。今や彼女が私の時空の中の位置を見つけたため、私たちはこれからも常にコミュニケーションを取ることができるのでした。エアルは私に幸福を祈り、私の彼女とのコミュニケーションは当面は終わりました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで、『エイリアンインタビュー』の中の1947年時点の記事は終了します。
 次に紹介するのは、マチルダ氏が編集者(ローレンスR・スペンサー)に宛てた手紙です。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p187〜p188から抜粋開始>・・・

ミセス・マックエルロイからの追伸

編集者の注釈:私がミセス・マックコルロイから受け取った封筒の中には、手紙の原文、記録文書と他の説明文と一緒に「私は最後に読んで」と記された封筒が入っており、その中には以下のメッセージが入っていました。これがそのメッセージです:

 この封筒の中の他の文書は、1947年に起きたことに関しては、話の終りです。しかし、政府が私を最後の移転先に定住させた数か月後、私はエアルとのコミュニケーションを定期的に続けました。

 ロズウェルでの墜落からもう少しでちょうど40年になります。あれ以来私にとってはっきりとしたのは、私がエアルとテレパシーを通してコミュニケーションを取ることができたのには一つの理由があります:私は失われた大隊の3000人の人員の一人なのです。現時点では、ドメインのアヌンナキ派遣団と彼らの「生命の樹」探知装置の使用により地球での失われた大隊の人員は全員見つかりました。

 エアルとのコミュニケーションを通して、私は過去8000年間地球で過ごした様々な転生の記憶の一部を回復することができました。これらの記憶のほとんどは、遠い昔から起きてきた出来事に比べたら特段重要ではありませんが、私のIS−BEとしての自覚と能力を取り戻すために必要な踏み石でした。

 私はまた、ドメイン遠征軍での自分の転生をおぼろげにところどころ思い出すことができます。私はそこでも看護師でした。大抵の場合、私は昔から繰り返し、繰り返し、繰り返し看護師でした。私が看護師であることにこだわり続けるのは、それが私にとって馴染みのあるものだからです。そして私は人間、それから特に、手が晴乳類よりも虫のように見える体を持っているドメインにいる生物的な存在たちの種族の一員たちを助ける仕事が楽しいからです。そしてドールボディですらたまには修復が必要です。

 私が自分の過去を思い出せば思い出すほど、自分の人生の残りは未来にあるということに気づきます。永遠とは過去の中だけにあるのではありません。永遠とは未来にあるのです。現時点では私はまだ完全にドメインに復帰することはできません。我々が「旧帝国」のバリアを無効にすることができるまで、地球と呼ばれる生きた地獄の中で私は他のIS−BEたちと同じように永遠の禁固刑の判決を受けています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なんとマチルダ氏の魂は、ドメイン遠征隊3000名のうちの一人だったのです。
 なぜエアルがマチルダ氏にだけ(テレパシーで)話しかけ、様々な情報を伝えてきたか、わかった気がします。



『エイリアンインタビュー』(生物進化編)...2018年7月11日

 これまで『エイリアンインタビュー』の記事をいくつか書いてきましたが、今回はその続編です。
 『エイリアンインタビュー』の記事を読まれていない方は、まずそちらを読んでいただければと思います。用語の解説もそちらを参照していただければと思います。
 私にとって『エイリアンインタビュー』は衝撃でしたが、特に科学の分野で印象的だった生物の進化について紹介したいと思います。

 私達の科学が語るところでは、太陽系は46億年前に誕生し、地球において生命といわれるものが誕生したのは、それから6億年後の40億年前だと言われています。
 私達の科学が語る生命誕生から進化の基本的な概念は以下のようなものでしょう。

 太陽光、雷、放射線などのエネルギーによって、原始大気中のメタンやアンモニア、CO2などの無機物が、原始の海に溶け込み生命の材料となった。そうした材料が海底の熱水や隕石などのエネルギーを得て有機物が造られた。そして有機物から単細胞ができ、それが集まって多細胞生物になり、地球の環境の変化に合わせて自然淘汰を繰り返しながら進化をつづけ、現在の姿に至った。

 こうした考えの背景にあるのは、生命は自然の「偶然」が生んだという思想です。
 今の科学は、私達の物理世界である3次元世界で完結していることを大前提としています。それゆえ、多次元(霊的世界を含めた高次元)世界の関与を認めていませんから、地球に生命がいかに発生したかということを説明する際に、「偶然の産物」という答えしか無かったのだろうと思うのです。
 エアルは、(20世紀半ば頃の)地球の科学は物質の宗教だと言っていますが、それは、私達の科学が生命というものを、物質面からのみ説明していていることから明らかです。

 では、『エイリアンインタビュー』では、生命の誕生をいかに説明しているのでしょうか。
 抜粋して引用させていただきます。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p135から抜粋開始>・・・

 進化論は、全ての生命体に命を吹き込み、動機を与えるエネルギーの源は存在しないと思い込んでいる。それは生命のない物体、または化学物質の混合体が突然「生き生き」としたり、偶然、または自然に動き始めたりすると仮定している。または、もしかしたら化学物質の集まりに放電が起きたら、魔法のように自立して動くことができる存在を発生させるのだと。

 これが真実であるという証拠は全くない、なぜなら、単純にそれは真実ではないからだ。ある暗い嵐の夜に小説を書いたIS−BEの空想を除いて、フランケンシュタイン博士は、実際には襲撃する怪物として死体を生き返らせたことはない。

 西洋の科学者は誰一人として立ち止まって、この生命を吹き込む作業をしたのは誰なのか、何なのか、どこで起きたのか、いつ起きたのか、またはどのようにして起きたのか、を熟考していない。生命のない物体、または細胞組織に命を吹き込むために必要な生命力の源としてのスピリットに関する完全な無知、否定、または無認識が、西洋の医学の失敗の唯一の原因である。

 さらに、進化は偶然に起きるものではない。それには多量のテクノロジーが必要であり、IS−BEたちの注意深い管理のもとで操作されなければならない。とても単純な例は、家畜の改良、または犬の育種で見ることができる。しかし、人型の生物有機体が自然にそれ以前の猿のような形から進化したという考え方は間違っている。現代の人間の形をした体がこの惑星上で進化したという考え方を立証する物質的な証拠は絶対に発掘されないだろう。

 その理由は単純である:人間の体が、はるかおぼろげな昔の原始的な相互作用する化学物質の集まりから自然に進化したという見解は、あなたが人類の本当の起源を思い出すのを防ぐために記憶喪失オペレーションによって吹き込まれたあなたを眠りに誘う嘘でしかない。実際には人間型の体は宇宙の至る所で様々な形で何兆年もの間存在してきた。

 ・・・<引用終了>・・・


 では、エアルは生命はどのように誕生したと言っているのでしょうか。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p136〜p141から抜粋開始>・・・

 ドメインの士官、パイロットとエンジニアとして私は常にとても実用的な視点を取らなければならない。私が哲学的な教義や美辞麗句を自分の作戦行動のマニュアルとして使ってしまったら、私は効果的であることも自分の任務を達成することもできない。そのため、私たちの歴史に関する考察は、IS−BEたちが地球に到達するはるか前、また「旧帝国」が支配権を得るはるか前に起きた実際の出来事に基づいている。

 私はこの歴史の一部を個人的な体験から話すことができる。何十億年も前、この銀河系から遠く離れた銀河で、私はとても大きな生物研究所の一員だった。それは、「アルカディア・リジェネレーション・カンンパニー(理想郷再生会社)」と呼ばれていた。私は多数の技術者のスタッフと一緒に働く生体工学のエンジニアだった。我々のビジネスは生命体が住んでいない惑星のために新しい生命体を作成し、供給することだった。その領域では当時、何百万もの生息可能な惑星を持つ何百万もの星系があった。

 当時、他にも多くの生物研究所会社があった。それら一つひとつは、生命体を生息させる惑星の「クラス」によって様々な種類の生命体を生産することに特化していた。長い時間をかけて、これらの研究所は様々な銀河の至る所で膨大な種族の力タログを開発した。基本的な遺伝的構成要素の大部分は、全ての生命の種に共通している。そのため彼らの仕事のほとんどは、様々な惑星クラスに居住するのに適した生命体の変種を作成するために、基本的な遺伝子の原型を操作し、改造することに関係していた。

 「アルカディア・りジェネレーション・カンパニー」は森林に覆われた地域の哺乳類と熱帯地方の鳥に特化していた。我々の営業部は、全宇宙の様々な惑星の政府と無所属の購入者と契約を交渉した。技術者たちは様々な天候、大気と陸地の密度と科学物質の含有量に適合できる動物たちを創造した。さらに我々は、ある惑星上で既に生きている他の会社によって開発された生物有機体と、我々の見本を融合するために代金を支払われた。

 これをするために我々のスタッフは生命体を創造する他の会社とコミュニケーションを取っていた。関連したプロジェクトをコーディネートする協会を通して、業界の見本市や出版物、また他の多様な情報が提供された。

 想像できるように、我々の研究は惑星の調査を行うために相当量の星間移動を必要としていた。この時、私は自分のパイロットとしての技能を学んだ。集められたデータは巨大なコンピュータのデータベースに蓄積され、生物工学のエンジニアによって評価された。

 コンピュータとは、人工的な「脳」、または複雑な計算機として機能する電子機器である。それは情報を保存し、計算をし、問題を解決し、機械的な機能を実行する能力を持っている。宇宙の殆どの銀河の中では一般的に、一つの惑星、または惑星系の全ての日常業務の管理、機械的な業務とメンテナンス作業を運営するために、とても大きなコンピュータが使われている。

 集められた調査データに基づいて新しい生物のデザインと芸術的な完成予想図が描かれた。一部のデザインは、最も高い入札者に売られた。他の生命体は我々のクライアントの特別注文に合わせて創造された。

 そのデザインと技術仕様書は様々な問題を解決するために、一連の細胞工学、化学工学と機械工学のエンジニアたちの組み立てラインに伝えられた。全ての構成要素を、実用にたえて機能し、さらに外見的にも美的な完成品に統合することが彼らの仕事であった。

 これらの生物のプロトタイプが生産され、人工的に作られた環境の中でテストされた。欠点が洗い出され、改良され、最終的に新しい生命体は、最終的なテストのために実際の惑星の環境に持ち込まれる前に生命力、またはスピリチュアルなエネルギーを「授けられた」、または「吹き込まれた」のだ。

 新しい生命体が持ち込まれた後、我々はこれらの生物有機体が惑星の環境と先住の生命体と相互作用するのを監視した。相いれない有機体の間の相互作用による衝突は、我々と他の会社の間の交渉を通して解決された。交渉は大抵、我々の生命体、または彼らの生命体、または両方の生命体をさらに改良することを必要とする妥協に終わった。これはあなたたちが「優生学」と呼んでいる科学、または技術の一部である。

 いくつかの事例では、惑星の環境に変化が施されたが、これ頻繁こ起きることではない。なぜなら、惑星を作成することは、一つの生命体に変化を施すよりもはるかに複雑だからである。

 偶然の一致で、私が以前アルカディア・リジェネレーション・カニパ二ーで一緒に働いていた友人のエンジニアは−−私が会社から去ってから長い時間たった後−−つい最近会社が契約したプロジェクトの一つは、銀河系のこの領域の中での戦争がこの宇宙領域の惑星の殆どの生命体を壊滅させた後に、地球に補充するための生命体を供給することであった。これは約7000万年前のことだったはずである。

 何十億という多様な種族を維持できる生態学的に相互作用する環境を持つように惑星を改良するのに必要な技術は、測り知れない事業であった。銀河系のほとんどあらゆるバイオテクノロジー会社呼から専門分野のコンサルタントがプロジェクトを支援すために呼び寄せられた。

 今あなたが地球で見ることができるのは、後に残されていった膨大な多様性の生命体である。あなたたちの科学者たちは誤った「進化論」が、ここにある全ての生命体の存在を説明できるものと信じている。真実はこの惑星とこの宇宙の中の他のあらゆる惑星上の生命体は我々のような会社によって創造されたというものだ。

 他にどうやってこの惑星の陸地と海にいる何百万という完全に分岐し、関係のない種族の生命を説明するのか? あなたは他にどうやって、あらゆる生命体を特徴づけるスピリチュアルな生気の源を説明するのか? それが「神」のもたらしたものである、と言うことはあまりにおおまかである。あらゆるIS−BEはたくさんの時間と場所でたくさんの名前と顔を持っている。あらゆるIS−BEは神である。彼らが物理的な物体の中に居住する時、彼らは生命の源である。

 例えば、何百万と言う種の虫が存在している。これらの種の約35万個が甲虫である。地球にはどんな時にも1億種に至るほどの生命体が存在するかもしれない。さらに地球で生きている生命体よりも絶滅した種の方が何倍も多い。これらのいくつかは化石、または地球の地質学的な記録の中で再発見されるだろう。

 現在の地球の生命体の「進化論」は、生物学的な多様性の現象を考慮していない。自然淘汰による進化はSFである。IS−BEによって遺伝的な構成要素が操作されなければ、地球の教科書が示唆しているように、一つの種が偶発的に、またはランダムに他の種に進化することはない。

 IS−BEによる介入の単純な例は、地球での種の品種改良である。過去数百年の中で、数百種の犬の品種や数百種類の鳩、また数ダースの種類の鯉が、たった一つの原初の品種から始まって、わずか数年の中で「進化」させられた。IS−BEによる積極的な介入がなければ、生物的有機体は滅多に変化しない。

 「カモノハシ」のような動物を開発するには、ビーバーの体をアヒルのくちばしと組み合わせ、卵を産む哺乳類を作らねばならず、これにはたくさんのとても賢い工学技術が必要だった。これは間違いなく、どこかの裕福なクライアントが贈り物、または面白い気晴らしとして「特注品」を発注したのだろう。どこかのバイオテクノロジー会社の研究所がそれを自己繁殖する生命体の状態にするまで何年もそれに取り組んでいたのだと私は確信している!

 どのような生命体であれ、その創造が何らかの原始的な泥から形作られた、偶然の一致で起きた化学物質の相互作用の結果であるという発想はばからしいどころの話ではない! 実際に地球のいくつかの有機体、例えばプロテオ・バクテリアは主に、「星タイプ3クラスC」惑星のためにデザインされた生物分類で言う「門」の改良である。その惑星は言い換えれば、ドメインの表記で、この銀河系のオリオン座のベルトの中にある複数の惑星のような、嫌気性の大気を持ち、非常に熱い青い巨星に最も近い惑星である。

 生命体を創造するという作業は、その分野を専門としているIS−BEたちにとってとても複雑で非常に技術的な作業である。自分の記憶を消去されている地球の生物学者にとって、遺伝子異常は非常に不可解なものである。残念ながら「旧帝国」による偽りの記憶の植え込みは、地球の科学者たちが明らかな異常を観察するのを妨げている。

 ・・・<引用終了>・・・


 私達の科学は原始の海の物質のスープが熱や隕石などのエネルギーによって「偶然」によって集まり、生物の基となったと説明していますが、このようにエアルは、こうした理論を完全に否定してみせました。
 生物は(エアルがIS−BEと呼ぶ)魂によって、今から74兆年前から造られ始めたといいます。
 これだけでも驚きですが、さらに有性生殖と、生命を維持する為に他の生物を食べるという(自然界でいう食物連鎖)もまた、造られたものであるというのです。
 私達にとって食と性というのは、人生の中で大きな部分を占める関心事です。この2つもまた原初に宇宙には存在しておらず、ET達によって創造されたという話には圧倒されます。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p141〜p144から抜粋開始>・・・

 生物的有機体で最も大きな技術的な難題は、自己繁殖、または有性生殖の発明であった。それは他の生物に破壊され、食べられてしまった生物の交換品を常に製造しなければならない問題の解決策として発明された。惑星の政府は交換の動物を買い続けたくはなかった。

 その発想は何兆年も前に、バイオテクノロジー産業の中で争っていた様々な既得権益の間の論争を解決するために開催された会議の結果として考案された。この悪名高い「ユーミ・クルム委員会」は生物の生産をコーディネートする責任を負っていた。

 委員会の特定のメンバーが戦略的に買収されたか謀殺された後、我々が今、「食物連鎖」と呼んでいる生物学的な現象をもたらした協定を起草するために、妥協点が見い出された。

 ある生物がエネルギー源として他の生命体の体を食べなければならないという発想は、生物工学ビジネスの中で最も大きな会社の一つが解決策として提案したのだった。彼らは虫と顕花植物を創造することを専門としていた。

 この二つの間のつながりは明らかである。ほとんど全ての顕花植物は、繁殖するために虫との共生関係を必要としている。その理由は明らかである:虫と花は両方とも同じ会社に創造されたからだ。残念なことにこの同じ会社には寄生虫とバクテリアを創造する部門もあった。

 その会社の名前を英語に大雑把に翻訳すると「バグ・アンド・ブロッサム(虫と花)」である。彼らは、自分たちが創造していた寄生性の生物の唯一の有効な用途が、有機物質の分解であるという事実を正当化したかったのだ。当時、そのような生命体のマーケットはとても制限されていた。

 自分たちのビジネスを拡大させるために彼らは大きなPR会社と多大な影響力を持つ政治的支援団体を雇い、生命体は他の生命体を餌にするべきであるという理念を美化させた。彼らは宣伝企画として使うための「科学理論」をでっち上げた。その理論は、全ての生き物はエネルギー源として「食物」が必要であるというものだった。それ以前は、製造されていた生命体はどれも外からのエネルギーを必要としていなかった。動物は他の動物を食べ物としては食べなかった。そうではなく、太陽光、鉱物、または植物質しか摂取しなかった。

 もちろん、「バグ・アンド・ブロッサム」は肉食動物のデザインと製造のビジネスに参入した。やがて、あまりにもたくさんの動物が食べ物として食べられていたため、それらを補充するという問題がとても困難なものになった。「バグ・アンド・ブロッサム」は、戦略的に配置した高い地位への賄賂の助けで、他の会社が生命体を補充する基準として「有性生殖」を使い始めるべきであるという解決策を提案した。もちろん「バグ・アンド・ブロッサム」は有性生殖の青写真を作成した最初の会社だった。

 案の定、自己再生する動物のための刺激反応交配、細胞分裂と前もってプログラムされた成長パターンを埋め込むために必要な生体工学製法の特許ライセンスもまた「バグ・アンド・ブロッサム」が所有していた。

 次の数百万年間を通して、他のバイオテクノロジー会社がこれらのプログラムを購入しなければならないという法案が可決された。これらは全ての現存する生命体の細胞の設計に刷り込まなけれならないとされた。このような不格好で非実用的な発想を機能させようとすることは他のバイオテクノロジー会社にとってとても費用のかかる事業になってしまった。

 これは結果として業界全体の腐敗と破綻をもたらした。最終的に「食べ物とセックス」の発想は、「バグ・アンド・ブロッサム」も含めたバイオテクノロジー業界を完全に崩壊させた。製造された生命体のためのマーケットが消えたことにより、その業界全体が徐々に消えていった。その結果として、ある種が絶滅するとそれらを交換する方法がない、なぜなら新しい生命体を創造するテクノロジーが失われてしまったからだ。明らかに、このテクノロジーはどれも地球では全く知られていたことがないし、恐らく知られることもないだろう。

 ここから遠く離れたいくつかの惑星には、生体工学の製法を記録したコンピュータファイルがまだある。どこかで研究所やコンピュータが存在している可能性はある。しかしそれらを使って何かをやってる者は誰もいない。したがって、ドメインにとって減少傾向にある地球に残された生物を守るのがなぜそれほど重要なのをあなたは理解できるはずだ。

 「有性生殖」テクノロジーの背後にあった中心概念は、「周期的刺激反応発生器」と呼ばれる化学物質的/電気的な相互作用の発明であった。これはプログラムされた遺伝的メカニズムであり、一見自然に繰り返し生殖衝動を引き起こす。その同じ技術は後に、ホモ・サピエンスも含む生物的な肉体に適応され、応用された。

 特にホモ・サピエンス型の肉体で生殖過程の中で使われるもう一つの重要なメカニズムは、肉体に「化学物質的−−電気的な引き金」メカニズムを植え込むことである。IS−BEたちを人間の肉体、また他のあらゆる種類の「肉体」の中に居住するように引き寄せる「引き金」とは、「美的な痛み」を使ってIS−BEを引き寄せる、人工的に刷り込まれた電子波の利用である。

 自由であり続けるIS−BEたちを捕えるために使われる物も含まれる宇宙の全てのトラップは、美の電子波の「餌を付けられている」。美の波長によって引き起こされる感覚は他のあらゆる感覚よりIS−BEにとって魅力的である。苦痛と美の電子波が組み合わされた時、それはIS−BEが肉体の中で「動きが取れない」原因となる。

 家畜や他の哺乳類のような、より劣っている生命体のために使われている「生殖再生の引き金」は臭い腺から放たれた化学物質がテストステロン、またはエストロゲンによって刺激された生殖的化学電気衝動と組み合わさることによって誘発される。

 これらはまた栄養素のレベルと相互に作用し、食料源が与えられないとその生命体がより頻繁に生殖する原因となる。飢餓は、今の有機体が生き残ることに失敗しても、未来の世代を通して生存を永続させる方法として生殖活動を促す。これらの基本的な原理は、全ての生命の種の間中に適用されている。

 ・・・<引用終了>・・・


 以前、地球が魂の監獄として機能していたというエアルの記事と、それに極めて近いサアラさんの記事を紹介したことがありました。
 今回のテーマである地球の生物に関しても、サアラさんはエアルに近いことを主張されていますので紹介したいと思います。

 ・・・<『「魂」の本当の目的』、p146〜p147から抜粋開始>・・・

 地球が特別な惑星であるもう一つの理由

 皆さんにとって地球はただの大地かもしれませんが、すべての惑星や恒星はそれぞれに個性豊かな性質を持っています。そしてそれぞれに意識があって意志を持って生まれてきています。
 その中で特に地球は、強い意志を持ち、豊かな創造性を持って「母性」というテーマに取り組んでいる女性性の惑星です。彼女は圧倒的な受容性を持って、多くの生命を受け入れ、産み出し、そして育ててきました。
 実はこんなにも多くの種の生命が共存している惑星は、他には見ることができないほどです。これだけ多くの生命がつながり合い、エネルギー交流をし合っているからこそ、たくさんの生命がここに存在することができ、またたくさんの経験を互いに提供し合って、成長を促し合うことができます。このような状態になるまでには、たくさんの地球外生命がここにやってきて、それぞれが自分たちの惑星やエリア、シップなどから生命を持ち込んで、新たな生命の実験を繰り返し行っていました。
 今残っている昆虫、両生類、動物、植物は全て宇宙から持ち込まれたものの子孫です。

 ・・・<引用終了>・・・


 ゲリースクールで、ゲリーさんは私達の意識と繋がった地球独自の想念帯があると言っていました(アカシックレコードと言い換えてもいいかもしれません)。
 さらに生物ごとに、その生物の意識と繋がっている想念帯があると言っていました。もしその生物が絶滅すると、その想念帯も消滅してしまうのだそうです。
 サアラさんは、それを意識のグリッドと表現してます。
 サアラさんの説明によると、意識のグリッドはWEB状に広がるエネルギーのネットワークであり、そのお蔭で、それぞれの生命体が地球とつながり生命活動が維持されているといいます。
 そしてそうした意識のグリッドは地球が提供しているものであり、地球で生きているあらゆる動植物は、地球から提供された意識グリッドがなければ生存できないといいます。
 地球が生命の母であるという表現は、見事に核心を突いたものであるようです。



『エイリアンインタビュー』(宇宙と魂の創世編)...2018年6月16日

 今回の記事は、『エイリアンインタビュー』の続編の続編です。
 これまで、2つの記事を書いてきました。

 『エイリアンインタビュー』

 『エイリアンインタビュー』(宗教編)

 『エイリアンインタビュー』には、他に使われていない独特の用語があります。
 今回の記事で用語の解説はしませんので、『エイリアンインタビュー』の記事を読まれていない方は、まずそちらを読んでいただければと思います。

 今回は、宇宙と魂の創世に関して記事を書きたいと思っています。
 私は小さい頃から、宇宙の成り立ちや、仕組みに強い関心を抱いてきました。
 自分という存在の意味や、何処から来て、何処へ行くのだろうといった素朴な疑問を持っていました。そうしたものは、人間であれば、誰しも人生の中でふと考える瞬間があるのだろうと思います。
 そうした疑問を周りの誰かに聞いても明確な答えが返ってくるとは思えなかったし、物理学を学んだところで、答えを教えてくれるわけでもありません。
 私は大学で物理学を専攻したのですが、当時の物理学科主任の老教授はこんなことを言っていました。
 「私は自然の仕組みを知りたいと思い、物理学を専攻しました。しかし学んでみてわかったことは、自然の仕組みは、ますますわからなくなったということでした」
 禅問答のような言葉ですが、少なくとも言えることは、現在の人類の科学では宇宙の成り立ちや仕組みに対して、明確な答えを持っていないということです。
 今の科学の定説になっている宇宙の年齢と大きさは、以下です。

・宇宙は138億年前のビッグバンにより始まった。

・ビッグバンが138億年前に始まったので、その範囲の光しか人類は観測できない。それゆえ大きさは、観測可能な138億光年となるが、おそらくそれよりずっと大きいと思われる。

 このように宇宙について、年齢と大きさの仮説があるだけです。宇宙を包括的に理解できるような理論は、全く提供されていないというのが現状です。

 『エイリアンインタビュー』のエアルは、こうした宇宙に関して、彼らなりの答えを語っています。
 それが真実かどうかという問題はありますが、私はエアルのそうした話に魅了されてしまいました。
 そして、エアルの語った宇宙の成り立ちや仕組みは、私がゲリースクールで学んだこととオーバーラップすることが多々あったのです。

 ゲリースクールで教わった宇宙の創生について簡単に説明します。
 ある時、「創造主」によって、この宇宙が創造され、同時に魂(ソウル)も創造されたといいます。
 そして創造の直後に、原初の進化する意識体も創造され、宇宙の営みと共に進化を始めました。
 ゲリーさんは、人間を構成するのは以下の3つであるといいます。

・肉体
・進化する意識体
・魂(ソウル)

 宇宙創生の時に創造された魂は、一つ一つがユニークな存在であり、同じものは二つとしてありません。私達の魂は宇宙に一つしか存在しないものとして、非常に貴重で価値あるものだといいます。そして魂を創造した「創造主」であっても、もはや破壊できない存在だといいます。
 つまり、魂は意識の進化は別として、形態上の変化をすることはなく、宇宙創生の瞬間から永遠の命を持った存在であるということです。
 逆に、進化する意識体は、形態も意識も進化する存在です。ゲリーさんは人間に宿るまで進化した意識体をダイヤードと呼び、人間の肉体を形成する役割を担っていると言っています。母親の子宮の中でダイヤードによって肉体がある程度形成されると、魂が宿り、この世にオギャーと生まれる瞬間を迎えるといいます。
 では魂が宿らなくなった人間はどうなるのでしょうか。
 ゲリーさんは、植物人間のようになると言っています。死んでいるわけではないのですが、ただベッドに横になり眠りつづけるだけの状態になるというのです。
 人間として生き生きと活動たらしめているのは、魂だということです。

 私は、宇宙の創世に関してゲリーさんに次のような質問をしました。
 宇宙が創造された瞬間があるということは、「始まり」があったということになる。「始まり」があったということは、「終わり」があるということではないか。
 だとすると、この宇宙も(気の遠くなるような長い年月が掛かるとしても)、いつか終わりを迎える瞬間があるのではないか。
 この私の問いに対し、ゲリーさんは「始まり」があるということは「終わり」があるというのは確かであると答えました。
 しかしこの宇宙に終わりが来るかどうかは、明言を避けたと記憶しています。

 当時、私が宇宙に終わりがあると考えたのは、生命は必ず「生」と「死」を繰り返すという宇宙の法則があると思っていたからです。栄枯盛衰は世の習いであるように、生者必滅はあらゆる生命に通じる真理だと思っていました。
 人間のような有機生命体はもちろん、惑星も恒星も意識がある生命体だとすれば、銀河も、それを含めた宇宙全体も一つの生命体であり、そうであるなら、いつか死を迎える瞬間があるはずだと考えたのです。

 しかし、ここである矛盾に突き当たります。
 魂は永遠の不老不死の存在だという点です。先に魂を創造した「創造主」ですら破壊できない存在だと述べました。
 そうだとすると、宇宙は死を迎えるのに、魂だけは生と死のサイクルの外にいることになります。
 私はこうした矛盾を抱えたまま、今日に至っていました。

 『エイリアンインタビュー』には、これに対する解答が載っていたのです。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p79から抜粋開始>・・・

 物質的な宇宙そのものは、多くの他の独自の宇宙の集合と融合によって形成されている。これら一つひとつの宇宙は、あるIS−BEまたはIS−BEのグループによって創造された。これらの幻想の宇宙の衝突が混同し、合体し、凝固し、皆が相互に同意して創造した宇宙を形成した。エネルギーと形は創造できるが、破壊することはできないと同意されているため、この創造的なプロセスが続くことによって、物質的にはほとんど無限の大きさを持った永遠に拡大する宇宙を形成した。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 エアルによると、宇宙を創造したのは、IS−BEまたはIS−BEのグループだといいます。
 そして、私にとって重要だったのは、「エネルギーと形は創造できるが、破壊することはできない」という一文です。
 エアルは「形」と言っていますが、物質ということでしょう。
 つまり、エネルギーと物質の間で形態の変化は起こるが、破壊すること(無にすること)はできないという意味です。
 数式は苦手という方でも、以下のアインシュタインの有名な式は一度は見たことがあると思います。

 E=MC^2

 これは、物質とエネルギーの変換式ということもできます。
 「M」に相当する物質の質量が、「E」というエネルギーに変換されるということを意味しています(核爆弾は、それを応用したものです)。

 つまり、エネルギーと物質の間で形態の変化は起こるが、存在そのものは無くなることはないということです。
 これは、宇宙の永遠を語っていることと同じであると私には思えるのです。
 魂が永遠であるように、宇宙もまた永遠ではないだろうか・・・。
 先に紹介したように、地球の科学では宇宙の年齢は138億年となっています。太陽は46億歳だそうです。それに対しエアルは、宇宙の年齢は少なくとも4千兆年以上であり、太陽は200兆年燃え続けてきたと言っています。この大きなギャップをどう解釈したらいいのでしょうか。
 私には、この差は、地球より圧倒的に科学が進んだドメインと、現在の地球の科学力の差のように思えるのです。

 さらに『エイリアンインタビュー』から抜粋します。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p78から抜粋開始>・・・

 エアルは、IS−BEたちは宇宙が始まる前からいたのだということを説明しました。彼らが「不死」と呼ばれる理由は、「スピリット」は生まれたわけではなく、死ぬこともできないからであり、その代わり自分で設定した「在る−これになる」という感覚に基づいて存在しているからです。彼女は全てのスピリットは同じではない、ということを入念に説明しました。一人ひとりがその独自性、力、認識と能力において完全に独自です。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 エアルは、魂(エアルの言葉でいえばIS−BE)は、宇宙創生の前からいたと言っています。
 たしかに宇宙創生の前にいた存在だからこそ、宇宙を創生できたといえそうです。ゲリースクールでは、魂は宇宙創生と同時に創造されたと聞いたような記憶があるのですが、私の理解が間違っているかもしれません(ゲリースクールの方で知っている方がいたら、教えて下さい)。
 興味深いのは、エアルもゲリーさんも、個々の魂は宇宙で二つとない独自の存在だと言っていることです。

 しかし魂の本当に凄さは、エネルギーと形(物質)を創造することができる能力を持っていることでしょう。そして一度創造されたものは、永遠に存在するといいます。
 個々の魂が宇宙に唯一のユニークな存在であるから価値があるという点はそうだと思いますが、魂の最大の魅力というか能力は、エネルギーと物質を創造する能力を持つことではないかと私は思うのです。
 エアルの言うことを真実だと受け入れれば、魂が永遠であると同時に、創造された宇宙もまた永遠だということになります。
 だとすれば、私は長年温めてきた矛盾を解消することができそうです。


 最後に、魂が入る乗り物について考えたことを書いてみようと思います。
 エアルはこの物理世界で活動するために、ドールボディと呼ばれる「人形」のようなものを使っています。身長120cmの華奢で細長い身体で、グレイのような顔をしているようです。
 これは人間の肉体のような有機体ではなく、人工的に作られたものだといいます。それゆえ壊れた部品を交換することにより、半永久的に使用可能だといいます。
 それに比べて、人間の寿命はわずか(エアルによれば)60年〜150年です。
 しかもエアルは過去の記憶を失うことはなく保持していますが、人間は生まれ変わるたびに、過去の記憶を失ってしまいます。
 さらに、エアルは自分の「人形」に意図的に入ったり、出たりすることができます。
 人間でこれができる人は、体外離脱ができる人で、サイキックと呼ばれています(これが出来る人は、人類の中でも本当に少ないです)。
 この大きな自由度の違いは、充分に驚いてよいと思います。
 ドールボディの使い勝手の良さを聞けば、はたして私達人類は、今の肉体で満足していいのかと思ってしまいます。
 でもグレイのようなドールボディに入ることは、ほとんどの人類は嫌だと思うかもしれません。まして美的感覚に鋭い女性は特にそうかもしれません。
 「あんな姿になるなんて、絶対無理!」と拒否されそうです。

 さらにドールボディと人間の肉体の注目すべき違いは、食料と有性生殖です。
 エアルの使っているドールボディは、食料も水も必要ありません。そもそもエアルのドールボディには、口がありません。食べた食料を消化する内臓器官もありません。
 また人工的に作られたものですから、動植物のように子孫を残す必要もありません。当然、生殖器もありません。

 私はふと、今の私達にとって、食べることと性が人生に占める割合はどのくらいだろうかと考えました。
 もし、あなたはなぜ働くのですかと聞かれたら、「食べる為」と答える人は多いと思います。1日8時間労働を目安にすると、人生の3分の1は働くことに費やしていることになります。さらに3分の1は、睡眠です。
 そうなると残りの3分の1をいかに有効に使うかという話になってきます。
 そして性は、この短い人生の中で、大きな関心事です。
 素敵な異性を得る為に、人が費やすエネルギーは、いかほどのものでしょうか。若い男性が素敵な彼女を得るために学業や仕事を頑張ったり、スポーツジムで引き締まった身体作りをするのはよくあることです。男性が化粧することは、最近は珍しくなくなりました。また女性が美しくなりたいと、ダイエットや化粧に打ち込む真剣さは、男の理解を超えるものがあります。
 美味しいものを食べるのが大好きという人は多いに違いありません。また素敵なイケメンの彼氏や、素敵な彼女を作るのが当面の目標だという人も多いに違いありません。
 私達が食と性に費やすエネルギーは、思った以上に大きいのかもしれません。

 同じ魂の乗り物でありながら、エアルのドールボディと、ホモサピエンスという肉体の違いは圧倒的です。
 もちろんどちらを選ぶかは魂の選択ですが、私達人類にはドールボディという選択肢が与えられていないという事実は知っておく必要があると思います。



『エイリアンインタビュー』(宗教編)...2018年6月6日

 今回の記事は、『エイリアンインタビュー』の続編です。
 『エイリアンインタビュー』の記事を読まれていない方は、まずそちらを読んでいただければと思います。用語の解説もそちらを参照していただければと思います。

 『エイリアンインタビュー』は、私にとって衝撃でした。
 今までたくさんのチャネリング本を読んできましたが、正直なところ、あれは何だったんだという気分になりました。
 人類が今、大きな変革期に直面しているというなら、どうして地球がET達によって魂の流刑地として扱われていたという事実を言わないのでしょうか。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんは、魂の目的は創造の観察だと言いました。サアラさんは、魂の目的は創造の可能性を追及することだと言っています。
 こうした魂の目的を果たすには、魂の能力を自由に発揮できる環境が必要です。
 しかし前世の記憶が消去され、催眠療法で刷り込みを行って人間に生まれ変わらせる輪廻という魂のリサイクルシステムでは、魂はその能力を発揮できないか、大きく制限されてしまいます。
 まさに魂の監獄です。
 人類の新たな目覚めを言うなら、こうしたシステムが存在することを伝え、いかにしてこうしたシステムを打破するか。そして魂本来の力をいかに発揮すべきかという視点で語るべきだと思うのです。
 しかしながら私が知る限りでは、こうした魂の監獄システムを指摘したのは、サアラさんと『エイリアンインタビュー』だけです。
 今にして思えば、多くのチャネリング本は、一番大事な議論がすっぽり抜けていて、それで上辺だけの人類の変容を語っていたように思えてしまうのです。

 『エイリアンインタビュー』は、魂の流刑地といったことだけでなく、様々なことを学べる本です。
 これから折りを見て、『エイリアンインタビュー』で私が学んだことを記事にしていこうと思っています。
 今回は、宗教に関してです。

 エアルは、魂の監獄システムを作る際に、宗教が重要な役割を果たしたと言っています。
 魂を監獄に入れておく為には、生まれ変わりという概念を取り去る必要があります。魂が生まれ変わるという事実に気付けば、なぜ前世の記憶が無いのか疑問に思うはずです。すると、自分達が前世の記憶を消されていて、輪廻というサイクルの中に魂が閉じ込められている事実に気づきかねません。
 監獄システムにとって都合が良いのは、魂が永遠であることを否定すること。もっと都合がよいのは、生まれ変わりを否定すること。さらに都合がよいのは、宇宙の多次元世界を否定することです。つまり、この宇宙には3次元の物理次元しかなく、あの世といったものは存在しないことにしてしまうのが一番都合がよいことになります。

 私は前々から不思議でならないことがありました。
 私のこれまでの人生で出会った人のうち、ある一定の割合で、霊的世界を強烈に否定する人がいました。
 その人の前で、うっかりあの世の話でもしようものなら、怒りだしたりします。あるいは露骨に不愉快そうな顔をして、「俺はそんな世界、信じないんですよ」と言ったりします。
 信じる信じないはその人の自由なので、私にとってはどちらでもよいことです。
 不思議なのは、その人の生理的な反応です。そんなものを信じるのは、愚か者の極みといった感情剥き出しの拒絶反応をする人が珍しくないのです。
 そういう人の常套文句は、「科学的でない」です。
 今の人類の科学は、3次元を超えた多次元宇宙の存在を理論化できていません(ただし最先端の量子力学では多次元宇宙を理論化するものがあると聞きましたが、詳しいことは私は知りません)。ですから、(一応は)あの世を証明する科学はありません。それはそうなのですが、あの世を否定する理論もないのです。
 ですから科学的と言うなら、「肯定も否定もできない」という立場が正解です。
 しかしそういう人は、感情剥き出しで否定するのです。
 それが私にとって、長年の謎でした。
 その謎が『エイリアンインタビュー』で解けた気がしたのです。
 死んだ魂は地球の電子バリアーで捕らえられ、数億ボルトの電流で生前の記憶を消されてしまうといいます。そして催眠療法で暗示を与えられ、また人間に生まれ変わらせられるといいます。
 その催眠療法こそ、「あの世は存在しない」という暗示だと思うのです。心の深層部分の奥底にそうした暗示を埋め込まれた人間は、あの世の話題になると、生理的な拒絶反応に襲われるようになってしまうのではないかと思うのです。
 つまり、あの世を感情的に否定する人は、エアルのいう「旧帝国」の番人による洗脳の度合いが、人一倍激しい人ということなるのだろうと思うのです(あくまでも感情的に否定する人で、理路整然と否定する人は違うかもしれません)。

 催眠療法は生まれる前に行うものですが、生まれた後に行うのが宗教です。
 宗教によって「神」を規定し、「神」こそは唯一の至高の存在で永遠の命があると教えるのです。
 こうした「神」を規定することで、私達一人一人の魂が永遠の命を持つという事実を否定します。
 私はキリスト教についてあまり知らないのですが、カトリックの信者だったマックエルロイ女史は、エアルから魂は永遠と聞いて衝撃を受けたという事実から、キリスト教は魂の永遠を否定している(あるいは積極的に肯定していない)のだとわかりました。
 また、キリスト教は善行を積めば天国に行けると言っているので、あの世自体は否定していないことがわかります。しかし、生まれ変わりは否定しているようで、ずっと天国で暮らすことになっているようです。
 サアラさんが指摘していますが、天国と地獄といった概念を持った魂は、幽界でインターセプトしやすくなるといいます(魂の監獄システムに捕まってしまうこと)。
 キリスト教の信者は全世界で20億人というのですから、こうした宗教の力は絶大です。

 ゲリースクールにいる時に聞いた話ですが、初期の聖書には、イエスの生まれ変わりが克明に記されていたそうです。それが後の時代に、すっぽりと削除されたそうです。これは生まれ変わりを否定したい「旧帝国」の番人のオペレーションでしょう。

 前置きが長くなりました。
 高校の世界史の教科書で、古代エジプトに関する記述です。


 ・・・<高校の世界史の教科書から抜粋開始>・・・

 前14世紀には、アメンホテプ4世(イクナートン)が、従来の神々崇拝を禁じ、アトン一神の信仰を強制し、テル=エル=アマルナに遷都した。この改革は王の死によって終わったが、一時的にもせよ、古い伝統を破り、エジプトにはめずらしい写実的な美術をうんだことが注目される。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これは高校の教科書には必ず出てくるので、世界史の大きな出来事であったという認識は歴史学者の間でも共通しているのだと思います。
 エアルによると、「旧帝国」の番人達によって宗教は魂の監獄システムを維持するものとして利用されていたといいます。
 古代エジプトではアモン信仰の神官達がその役目を担っていました。当時は多神教でアモンの神々と一般の人々を仲介するのが神官達でした。彼らは神々は不老不死の崇高な存在であるとして、一般の人々の魂の不老不死を否定することに成功していたといいます。
 そうした教えを覆す役割を背負ったのは、イクナートンだったといいます。
 イクナートンは偶像・多神崇拝のアモン信仰を否定して、太陽円盤に象徴される唯一神アトンを神とするアトン信仰を人々に強制しました、
 その様子を『偉人たち』(徳間書店)から抜粋します。
 文中でイクナートンはアクナトンとなっています。

 ・・・<『偉人たち』、p137〜p138から抜粋開始>・・・

 地球の全歴史を通じて、《グッドリー・カンパニー》すなわち崇高な魂たちの集団は、無限なる父の意思に基づいた偉大な計画を成就させるために、群をなして転生を続けてきていた。そして、新しい都での統治を開始したアクナトンの周囲には、彼とともに、この世界に巣くっていた誤った教えを一掃し、世界の大改造という巨大事業を促進すべく、当時の地球に存在した最も偉大な魂たちが集合していた。
 アクナトンは、「ラーであり太陽である王」と呼ばれたが、それは、彼が、この惑星を救済するために他の世界からやって来ていた魂の一団のリーダーであったことを、如実に物語る称号だった!

 ・・・(中略)・・・

 アモン神の祭司たちは、激しい屈辱を味わっていた。彼らの神殿は汚され、偶像は破壊され、宝物庫は空っぽになっていた。エジプトの富も他国からの富も、テーベではなくアケトアトンに流れ込んだ。邪悪な祭司たちと彼らの教義は滅びつつあり、彼らの悪影響は、新しい夜明けによってほとんど排除されていた。ただし、完全にではなく、ほとんどである。なぜならば、アクナトンが亡くなる直前アモン信仰はその醜い姿を不死鳥のように蘇らせ、人類の進歩のもう一つのサイクルを生き続けるに十分な生気を取り戻すに至ったのである!
 アクナトンとアトン(唯一神)信者たちは、一部の学者たちが指摘しているように、太陽そのものを崇拝したわけでは決してない。一つひとつの魂が太陽からの一本の光線のようであり、その天体は、神の愛(熱)と叡知(光)を象徴していた。それは、創造の霊の世界の中にある、目に見える物理的なシンボルだった。
 ここで、アトンという言葉から「アトーンメソト(訳注=腰罪、神との和解、または神人合一)」という言葉が派生した、という事実を明記しておくべきであろう。また、アモン(アメソ、アムン)という言葉からは「アーメン(訳注=しかり、よろしい)」および「アメンドメント(訳注=改心、修正)」が派生した。アトン信仰は、信者たちに、神のあらゆる創造物との調和と、それを通じた神自身との一体化を促すものだった。一方、アモン信仰は、信者たちに常に「しかり、よろしい」と言わせる、つまり、誤った教えによって人々を改心させ、コントロールしようとするものだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで少し脱線します。
 ゲリースクールに通った人なら誰でも知っていることですが、イクナートンはゲリーさんの転生です。
 そしてゲリースクール第一期生の中に、アモンの神官であり、イクナートンを暗殺した記憶(転生)を持つ人(女性)がいたのです。
 ゲリーさんは授業中に、その人に向かって、「よくもあの時、殺してくれたな」と言っていました。これはもちろん冗談です。笑いながら言っていました。
 過去生で殺したり、殺されたりは頻繁にあることなので、恨みを持っているわけではありません。
 偶然ですが、私は最近その方と話す機会がありました。その時、イクナートン暗殺のことを聞いたら、「当時は、もう殺すしかないと思い込んでいた」と言われていました。
 世の中に偶然はないと言いますが、自分(ゲリー)を殺した魂が時代を超えて、自分(ゲリー)が開いた学校に入学するのですから、やはりめぐり合わせは面白いと思います。

 では『エイリアンインタビュー』から抜粋して紹介します。
 古代エジプトにおいて、「旧帝国」から任命された神官達が、人々に生まれ変わりと魂の永遠を否定する宗教を布教していました。
 これに対して、そうした教えを打破しようとするオペレーションが試みられます。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p95〜p98から抜粋開始>・・・

 このエピソードの全ては「旧帝国」の行政官たちによって任命されたエジプトの神々に対する攻撃と反乱として画策された。この戦争には人類に埋め込まれた、注意をたくさんの「神々」とそれを「管理」していた神官たちが要求した迷信的な儀式、崇拝に意識を集中させた偽の文明の要素から人類が解放されるのを援助する意図があった。それら全ては「旧帝国」による、地球のIS−BEたちに対する自分たちの犯罪行為を隠すための精神操作の一部である。

 神官という地位、または看守たちは、個人とは生物的な体でしかなく不死のスピリチュアルな存在ではないという観念を強めるために役に立った。個人にはアイデンティティーはない。個人には過去生はない。個人には力はない。神々のみが力を持っている。そして神々とは神官たちの企みであり、彼らが人と、人が仕える神々との間を仲裁する。従わないと永遠に続くスピリチュアルな罰で脅す神官たちの命令に対して人は奴隷である。

 全ての囚人が記憶喪失者であり、神官たち自身が囚人である牢獄惑星で他に何を期待することができるのか? ドメイン勢力による地球への介入は、未だに機能し続けている「旧帝国」のマインドコントロール・オペレーションのために完全に成功はしていない。

 宗教的な征服を通して「旧帝国」勢力とドメインの間に戦争が行われた。紀元前1500年とおよそ紀元前1200年の間にドメイン勢力は、個人の不死のスピリチュアルな存在という概念を地球の複数の影響力のある存在たちに教えることを試みた。

 そのうちの一つの事例は、その概念のとても悲劇的な誤解、誤訳と誤用という結果をもたらした。その観念は歪められ、皆がIS−BEであるという真実の代わりに、IS−BEは一人しかいないことを意味するというように適用された! 明らかにこれは酷い理解力の無さであり、自分自身の力に対して責任を負うことに対して完全に不本意であったということである。

 「旧帝国」の神官たちは、個人の不死という概念を、全能なIS−BEは一人しかおらず、他の誰もIS−BEでないし、それになることも許されないという観念にうまく変造することができた。明らかにこれは「旧帝国」の記憶喪失オペレーションの仕業である。

 この改ざんされた考えを、自分の人生に対して責任を負いたくない者たちに教えるのは簡単である。奴隷とはそのような存在である。創造、存在と自分の思考と行動に対する個人的な説明責任に関する責任を他人にとらせる選択をする限り、その者は奴隷である。

 その結果、一つの一神教的な「神」の概念がもたらされ、多くの自らを預言者と称した者たち、例えばユダヤ人の奴隷たちの指導者モーゼ、によって布教された。モーゼはファラオ・アメンホテプ三世と彼の息子イクナートン、イクナートンの妻ネフェルティティ、それからイクナートンの息子ツタンカーメンの王室の中で育った。

 地球の特定の存在たちに、彼ら自身がIS−BEであるという真実を教えるという試みは、エジプトではアモンの神官たちとして知られている「蛇の兄弟たち」と呼ばれる「旧帝国」の密教的カルトによって創造された架空の、隠喩的で、擬人化された大勢の神々を打倒する計画の一部だった。彼らは「旧帝国」内部ではるか古代から存在する秘密社会だった。

 ファラオイクナートンはあまり賢い存在ではなかった、また自分を美化するという個人的な野心に大きく影響されていた。彼は個人のスピリチュアルな存在という概念を改ざんし、その概念を太陽神アテンに体現させた。彼の惨めな人生はすぐに終わらされた。彼は「旧帝国」勢力の利益を代表していたアモン、または未だにキリスト教徒たちが言う「アーメン」、の二人の神官マヤとパレネフェルの手によって暗殺された。

 「唯一神」という観念はヘブライ人の指導者モーゼにより、彼がエジプトにいた間に不朽のものにされた。彼は、自分の人々であると選んだユダヤの奴隷たちと一緒にエジプトを去った。彼らが砂漠を横断している時に、モーゼはシナイ山の近くで「旧帝国」の工作員に止められた。モーゼは催眠暗示とIS−BEを捕縛するために「旧帝国」が頻繁に使う技術的、感覚的幻覚の使用を通して、この工作員が「その」唯一神であると信じるようにだまされた。その時から、モーゼの言葉を暗黙のうちに信頼していたユダヤの奴隷たちは、彼らが「ヤハウェ」と呼ぶ一つの神を崇拝してきた。

 「ヤハウェ」という名前は「匿名」という意味である。なぜならモーゼと「協力した」IS−BEは実際の名前、または自分の身元を特定する、または記憶喪失/牢獄オペレーションの隠ぺいを暴いてしまうようなものは使えなかったからである。この秘密裏の記憶喪失/催眠術/監獄システムが絶対にやりたくないことは、地球のIS−BEたちに自分たちを公然と明らかにすることである。彼らは、それが囚人たちの記憶を回復させてしまうと感じている。

 これが、宇宙文明の工作員と人間の間の物理的な遭遇のあらゆる痕跡がとても入念に隠され、偽装され、隠蔽され、否定するか、誤った方向に向かわせられる理由である。

 この「旧帝国」の工作員は砂漠の山の頂上でモーゼと接触し、「十の催眠暗示」を彼に言い渡した。これらの命令はとても強硬な言葉で表現されており、IS−BEを操作者の意思に対して完全に従属的にさせる。これらの催眠暗示は未だに効果があり、何千年後も何百万というIS−BEたちの思考パターンに影響を与えている。

 ついでだが、我々は後に、このいわゆる「ヤハウェ」は旧約聖書の文書を書き、プログラムし、暗号化したということを突き止めた。それを文字通り、または解読された状態で読めば、それを読んだ者たちにさらに大量の偽情報を与える。

 最終的にヴェーダの讃美歌集は、ほとんど全ての東洋の宗教の源になり、仏陀、老子、ゾロアスターと他の哲学者たちに共通する思想の哲学的な源であった。これらの哲学の啓蒙的な影響がやがて「旧帝国」の宗教の残忍な偶像崇拝に取って代わり、優しさと思いやりの真の起源であった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 エアルのイクナートン評は散々です。
 イクナートンは、「旧帝国」の番人の宗教に対抗したドメイン側の攻勢を担っていました。しかし魂の永遠を説くはずが、太陽に象徴される唯一神アトンを神とするアトン信仰に向かってしまいました。その後モーゼによって、一神教が確立され、それが現代の宗教に色濃く反映されています。
 唯一神アトンを導入したために、それが後に一神教の確立に利用されたというのは皮肉な話です。一神教により、絶対的で永遠不変な「神」の存在が強調され、それが魂の不老不死を否定するかっこうの材料となったわけです(今のキリスト教では、父と子(イエス)と聖霊の3つが一体のものとされ、これが永遠不滅の存在である「神」を体現しているようです)。
 明らかに失敗のオペレーションでした。
 エアルの酷評も頷けるものがあります。

 ここでわかったのは、一神教の隠された意図です。
 繰り返しますが、「神」のみが唯一至高の存在で永遠の命を持つと規定することで、魂が永遠の命を持つという事実を否定(または無視)することができます。それが、人生は一回で、生まれ変わりはないとすることに繋がっているようです。
 一神教の宗教は、そうした教えを人々に刷り込む役割があったようなのです。

 では東洋の宗教はどうでしょうか。
 エアルによると、8200年前にドメイン勢力によってもたらされたヴェーダ賛歌集の教えが東洋の宗教の哲学的な土台になったといいます。
 仏教には、輪廻転生の教えも残っています。
 日本では、その仏教も外来宗教です。仏教の前には神道の元になった土着の教えがあったのだろうと思います。日本では八百万(やおろずの)神々という言葉が残っているように一神教でないことは確かです。
 これは古代エジプトのアモン信仰のような多神教という意味では同じであっても、神官達がやったように「神」を永遠不滅の存在として祭り上げるといったことはありませんでした。
 日本では、自然の中に神聖が宿っているとして、畏敬の念を持つという素朴な教えがそのまま残っている気がします。
 宗教の定義とは、教祖と聖典の2つが揃っていることだと聞いたことがあります。
 キリスト教でいえばイエスと聖書であり、イスラム教ではマホメットとコーランです。
 ところが神道には、その両方がないのです。ですから神道を宗教というのは間違いです。そうした古代の神道に、もしかすると、ドメイン勢力が残したヴェーダの教えの一部が反映されていたのかもしれません。



ハイジャンプ作戦...2018年5月30日

 『戦国自衛隊』と聞いて、知っていると思った方は多いかもしれません。
 SF作家の半村良氏の作品で、私の学生時代に流行ったものなので、もうだいぶ昔の話です。当時すぐに映画化されましたが、その後リメイクされたので、耳にした方も多いかもしれません。
 ストーリーは、海上自衛隊員30名が演習中に、装備まるごと戦国時代にタイムスリップしたというものです。演習中だったので、たっぷりの武器弾薬を備えていました。時は戦国の世なので、次第に大名間の戦闘に巻き込まれていきます。
 武器といえば槍と刀で、火縄銃がやっと出てきた時代ですから、当初は自衛隊は圧倒的な快進撃をみせます。しかし次第に武器弾薬が無くなり、最後は味方と思っていた大名の裏切りに遭い、全員討ち死にします。
 タイムスリップした戦国時代には、織田信長がいませんでした。
 自衛隊の隊長は、自分達がタイムスリップした理由は、織田信長の役割を背負わされたことを死ぬ間際に気づくというものです。

 この『戦国自衛隊』が人気となった理由は、最新兵器を備えた自衛隊が、戦国時代の軍勢と戦ったらどうなるかという興味をそそられることをテーマにしたからだと思います。
 映画でも、自衛隊と戦国の軍勢が戦うシーンが圧巻でした。

 『戦国自衛隊』はもちろんSFですが、現代のSF映画では、宇宙人のUFOが地球を攻撃して、各国の軍隊がそれを迎え撃つというのは、いまやありふれたシーンとなっています。
 でもこれがSFでなく、実際にUFOと現代の軍隊が戦ったとしたら、ちょっと興味が湧かないでしょうか。
 しかもそれが第二次世界大戦後で、世界最強を誇るアメリカの軍隊だったとしたら、さらに興味が湧かないでしょうか。

 これが本当にあったようなのです。
 抜粋文に出てきますが、最初に米軍の陣容を列記してみます。

・人員4000名
・ヘリコプター6機
・マーティンPBM飛行艇6隻
・飛行艇用補給船2隻
・航空機14機
・支援艦13隻
・空母『フィリピン・シー』

 率いるのは、リチャード・バード少将です。
 第二次世界大戦時のヨーロッパ戦線は、1945年5月、ナチスドイツの無条件降伏によって終わりを告げます。しかしその後、アメリカはナチスの残党が南極に基地を作り、逃れたことを察知します。
 「ハイジャンプ作戦」とは、その南極の基地を破壊し、ナチスの残党を一掃することを目的に行われた作戦です。

 『戦国自衛隊』は30名でしたが、それとは比較にならない大規模な軍隊です。なにしろ空母まであるのですから。相手方UFOも一機ではなく、複数機です。
 さて、どうなったでしょうか。
 『ありえない世界』(Dr.マイケル・E・サラ著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『ありえない世界』、p169〜p176から抜粋開始>・・・

 ハイジャンプ作戦とナチス&ET連合の遭遇

 ナチスの南極基地を突きとめ、占領あるいは破壊することを目的に1946年から47年にかけて海軍の遠征隊が南極地域へ派遣された。隊を率いたのはリチャード・バード少将だった。この遠征は「ハイジャンプ」作戦と名づけられ、隊の構成は「人員4700人、ヘリコプター6機、マーティンPBM飛行艇6隻、飛行艇用補給船2隻、航空機14機、支援艦13隻、空母『フィリピン・シー』」。バードは機密命令と機密ではない命令の両方を受けた。海軍の司令官にとっては通常のことである。一般人に伝えられた機密ではない遠征目的は、将来の基地建設に適した場所を見つけるための探査、測量といった主として科学的なものだった。
 一方、提督チェスター・ニミッツからバードに下された機密指令は以下の通りだった。

・寒帯での人員訓練および物資のテスト
・南極大陸において可能な限りアメリカの主権を固め、拡大すること
・南極に基地を作り維持する可能性の判断と、可能な基地用地の調査
・氷上に航空基地を作り維持する技術の開発(のちグリーンランドでも応用できる技術になるよう留意する)
・南極地域での水路学、地理学、地質学、気象学、電磁気状態に関する既存の知識の拡充

 科学的な調査という目的は機密の目的を隠すためのカバーだった。バードの艦隊の任務は科学的なものなどではなく、艦隊の規模からも分かる通り敵に対する軍事派遣だった。

 1946年から47年にかけては、南極へ大規模な軍事遠征を行なう最初のチャンスだった。日本が降伏したのが1945年9月2日[ミズーリ号上で降伏文書に調印した日]。12月に始まる南極の夏に向けて海軍がその年のうちに必要な軍事情報を入手し、計画を立て、大規模な遠征準備をするには時間が足りなかった。そのためアメリカは遠征に1年待たなければならなかったのだ。
 大戦終了直後のこの時期−−冷戦の緊張が高まり、一方で兵員や艦船の就役解除が行なわれていたこの時期−−にこのような大艦隊が南極へ送られたのは奇妙なことに思われる。したがってこの遠征の目的は戦争自体によっては解決されなかった問題に対処することだったと考えるのが妥当だろう。とりわけ地下基地を含む各地の基地に隠れていたナチスの残党に対処することが。というわけで、バードの機密任務は南極にあるナチスの基地を突きとめ、占領あるいは破壊することだった。
 皮肉なことに、バードはリッチャーのシュバーベンラント南極遠征隊が1938年12月17日に出発する前に主賓としてドイツに招待されていた。

 1938年のドイツ遠征隊出発以前に存在した南極上空からの写真は、唯一1933年にリチャード・E・バードが撮ったものだけだった。バードはドイツ極地調査協会の招待を受けてハンブルクにドイツ遠征隊を訪問した。同協会の仕事は遠征隊の隊員を集めて訓練することだった。協会はバードに遠征隊に加わるよう要請し、準備の現場へも案内したがバードはこの申し出を断って帰国し、ルーズベルト大統領の求めに従って南極での軍務の指揮を執った。だがその任務は第二次大戦勃発により1年で終わった。

 前述したように、バードは1939年7月8日にルーズベルト大統領から西半球に属する南極のすべてのナチ基地の位置を突きとめ、攻略すべしとの命令を受けていた。戦後の1946年にあらためて南極へ向かったバードは翌年の47年、ドイツが1938年のシュバーベンラント遠征の間に−−あるいはその後に−−作った、もしくは「発見した」基地を探し出し、占領あるいは排除しようとしていた。アメリカ海軍のこうした動きに立ち向かうナチスの南極基地にはそれ以前の9年間の猶予期間があった。
 バードの予定任務期間は6カ月だった。にもかかわらず、それはたったの8週間で終わりを告げた。理由は、チリの新聞によると「トラブルに遭遇」し「多くの惨事があった」からだった。もし任務の目標がナチ基地の位置を突きとめて根絶することだったとしたら、この記事と任務の早期の打ち切りが示唆するのはアメリカ海軍の惨めな失敗とアメリカへの激しい警告である。
 1991年にソ連が崩壊したのち、KGB(ソ連の国家保安委員会)はかつての機密文書を公開した。その文書の中にはバードが率いた謎の多い南極遠征の一部を明らかにするものもあった。南極への68特別部隊(公式名称は「ハイジャンプ」作戦)に関して1947年にヨシフ・スターリンが命じた秘密情報部の報告をロシアは2006年に初めて公開した。アメリカに潜り込んだソ連スパイが集めたその情報によると、アメリカ海軍の遠征隊は秘密のナチ基地を1つかそれ以上発見してそれを破壊した。その間、遠征隊は謎めいたUFOの1部隊に遭遇して攻撃を受け、数隻の艦船とかなりの数の航空機を破壊された。実際、「ハイジャンプ」作戦は先に挙げたチリの新聞が書いているように「多くの人的損害」をこうむったのだ。この報告はソ連の秘密情報部員に流された偽情報の可能性もあるが、むしろ米海軍部隊と南極付近にいた未知のUFO部隊が戦ったという史上初の出来事を明らかにしたと解するほうが適切だろう。

 ソ連情報部の報告書には「ハイジャンプ」作戦に従事した米海軍の2人の兵士の未公開証言が含まれている。ネットマガジン『ニュー・ドーン』で最近フランク・ジョセフは2人の証言の詳細な分析を行なった。米艦「ブラウンソン」に乗っていた無線技士ジョン・P・シュツェーバッハはUFOが深い海から突然現れたと証言している。

 1947年1月17日午前7時、操舵室の左舷側にいた私ともう1人の乗組員は数分にわたって明るい光を観測しました。それは通常では考えられないスピードで約45度の方向へ昇っていきました。(中略)光の正体は分かりませんでした。我々のレーダーは直線で250マイルまでしか捉えられないからです。

 ソ連情報部の報告によると、その後数週間UFOが米海軍小艦隊近くに飛来し、小艦隊が攻撃すると報復に出て手ひどい損害を与えた。飛行艇パイロットのジョン・セイヤーソン中尉はこう語った。

 それはものすごいスピードで水面から垂直に飛び出しました。まるで悪魔に追いかけられてでもいるようでした。そして船のマストとマストの間をとんでもないスピードで通り抜け、それが起こした乱気流のせいで無線のアンテナが前後に揺れました。カリタックから数秒後に飛び立った航空機(マーティン飛行艇)はその物体から出た見たことのない種類の光線に襲われ、たちまち我々の飛行艇の近くに墜落しました。(中略)10マイル離れた場所では魚雷艇「マドックス」が燃え上がり、沈んでいきました。海面から飛び出したこの物体の攻撃を見た私は、肝をつぶしたという以外に言葉が見つかりませんでした。

 引用されたこのセイヤーソンの話には1つ大きな問題がある。米海軍には「マドックス(Maddox)」という名の魚雷艇が存在したことはないのだ。ロシアの文書でセイヤーソンが挙げたのは駆逐艦「マードック(Murdoch)」のことではないだろうか。だが「マードック」という名の駆逐艦は1947年には就航していなかった。その代わり「マドックス」(DD−731)という駆逐艦があったが、それは「ハイジャンプ」作戦では使われていない。実は、米艦「マドックス」は1964年のトンキン湾事件[ベトナム戦争時に「マドックス」などが北ベトナムの魚雷艇の攻撃を受けた事件]で攻撃された駆逐艦だ。
 フランク・ジョセフによると、「マドックス」は「魚雷艇か、あるいは魚雷を積載した駆逐艦」だった。ジョセフはさらに、ソ連の報告書が言うところの「マドックス」に起きたかもしれないことについて次のように述べる。

 「マドックス」が敵の攻撃で沈められたのは事実だがそれは5年前の話で、連合軍がシチリアを攻めているときにドイツの急降下爆撃機でやられたのだ。当時「マドックス」の名前(DD−168、DD−622、DD−731)の米駆逐艦が少なくとも3隻あり、いずれも同時期に使われていた。海軍が公式の政策を混乱させようとするときには、艦船の名前をわざと違えたり、艦船の活動の歴史を書き換えたりすることがあるのはよく知られている。(中略)したがってソ連のスパイが「マドックス」と書いたのは、公式の歴史を海軍が歪曲した結果かもしれない。

 ジョセフが正しいとするなら、「ハイジャンプ」作戦で「マドックス」が破壊されたのを隠蔽するために海軍が公式記録を書き換えた可能性は十分あり得る。別の説は、1947年のソ連の報告書にはアメリカがでっち上げた偽情報が含まれているというものだ。アメリカの情報コミュニティーに知られているソ連スパイを通じてソビエト政権に伝えた、と。ありそうな話にも思えるが、「ハイジャンプ」作戦が行なわれた当時アメリカとソ連はまだ連合国であり、南大西洋にあるナチスの秘密基地を見つけて破壊することは共通の関心事だった。
 1947年3月5日のチリの新聞は「ハイジャンプ」作戦を早期に終えたバードへのインタビューを掲載しているが、その記事は実際に軍事的敗北があり、南極に新たな脅威が生まれていることを示唆している。

 バード提督は今日、アメリカ合衆国は敵対的地域に対してただちに防衛手段を講じる必要があると言明した。提督はさらに、恐怖をあおりたくはないが、新たな戦争が発生した場合には米本土は北極南極間を信じがたいスピードで移動できる飛行物体の攻撃を受けるだろう、と述べた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アメリカ海軍は、ハイジャンプ作戦により大損害を被ったようです。
 当時、世界最強と謳われた米軍が大敗北を喫したとは発表できなかったからでしょうか、ハイジャンプ作戦は公式には南極の大規模調査とされました。

 バード提督は、アメリカ軍の戦闘能力を遥かに凌駕するUFOの戦闘能力を真剣に恐れたようです。
 しかしその後、南極のUFOとアメリカ軍が戦闘することはありませんでした。
 これには説明が必要なようです。
 『ありえない世界』によると、南極に出現したUFOの所有者は、ナチスドイツではなかったのです。
 ドイツの秘密結社である、ブリル、トゥーレ、ブラック・サンは1930年代にはUFOの開発に成功していたようです。技術開発の為にETの協力を得たことなどが、『ありえない世界』に詳しく載っています。
 こうした秘密結社は、UFO開発の為に、当時の政権であったナチスドイツと協力関係にあったといいます。秘密結社はドイツの敗戦を見越していたのでしょうか、南極に基地を築き移動します。協力関係にあったナチスドイツの一部もまた南極に移動します。
 アメリカ軍は、こうした事情を察知していなかったようです。
 ナチスの敗残兵を掃討するぐらいの認識しかなかったのかもしれません。それゆえ突然現れたUFOに肝を潰すことになったわけです。
 秘密結社側からすれば、自衛の為にアメリカ軍に反撃せざるを得なかったのでしょう。
 秘密結社というぐらいですから、彼らは自分たちの存在を秘密にしていなければなりません。彼らがアメリカと表だって戦闘状態に入るのを望むはずがありません。
 これが、その後UFOとアメリカが戦闘しなかった理由だと思われます。



『エイリアンインタビュー』...2018年5月23日

 UFOにあまり関心がない方でも、ロズウェルと聞けば、そういえばどこかで聞いたことがあると思われるのではないでしょうか。
 1947年7月8日、アメリカのニューメキシコ州にあるロズウェル陸軍航空基地で広報官を務めていたウォルター・ハウト中尉は、基地付近の牧場に円盤(UFO)が墜落し、その機体の残骸を回収したと発表しました。
 すぐにマスコミ報道が過熱したのですが、その後、軍は「回収したのは円盤ではなく、気象観測用の気球だった」と訂正しました。
 これにより、公式にはUFOの墜落ではなかったということになりましたが、1980年前後にUFO研究家によって検証本が出されるなど、再度関心を集めることがあったそうです。

 『エイリアンインタビュー』は、当時ロズウェルで墜落したのは本物のUFOであったことを示唆する本です。
 墜落したUFOには3体のET(地球外知的生命体)が乗っていて、2体はすでに死亡していましたが、1体は意識がある上に、怪我すらしていない状態だったといいます。
 UFOの残骸を回収したのは、合衆国陸軍航空隊のロズウェル陸軍飛行場に配属された第509爆撃大隊で、マチルダ・オードネル・マックエルロイは、派遣された隊の中で唯一の女性でした。マックエルロイ女史は、看護師であり、怪我を負ったETの看護を行う役目を担っていました。
 生き残った1体のETは、身長が120cmほどで、非常に痩せた体型で筋肉とよべるようなものがありませんでした。口も鼻も耳もなく、生殖器もなかったのです。
 口がないのですから、人間のように食物で栄養を摂ることはしませんし、言葉を発して相手とコミュニケーションをすることもしません。
 さらに臓器もなく、生物として必須の細胞で構成された生命体とは言えないものでした。
 つまり私達の概念では、生物とは言えないものでした。

 その口がないETは、マックエルロイ女史にテレパシーでコミュニケーションを取ってきたのです。マックエルロイ女史は、それ以降、軍によってETとのコミュニケーションを取る任務を与えられます。

 マックエルロイ女史は、そのETをエアル(Airl)と呼び、女性と認識します。生殖器がないのですから厳密には性別はないはずですが、ETが自らを女性と言った上に、マックエルロイ女史は、エアルに女性的な存在感と様子を感じとったのです。
 エアルは、マックエルロイ女史以外にはコミュニケーションしようとしませんでした。そのコミュニケーションも、お互いに共通した言語がなかった為に、初歩的なコミュニケーションに留まっていました。
 これを解決する為、エアルに英語を教えることになります。
 言語の単語やシンボルは正確な概念や意味を持っており、定義された用語に対する共通の理解を得ることで深いコミュニケーションがとれると期待されたのです。
 エアルは、英語を学ぶことを了承します。
 最初に、アメリカの19世紀の開拓時代に使われた子供用の英語の教材がエアルに与えられました。マックエルロイ女史は、エアルの英語の教師となったのです。
 そしてエアルは驚異的なスピードで英語を学びます。
 マックエルロイ女史が帰宅した後も、エアルは本を読み続けます。眠ることもせず、24時間すべてを学習に費やすことができたのです。
 英語の学習が終わると、ブリタニカ百科事典を読み始めます。百科事典には、絵や写真がたくさんあり、これがエアルの理解の助けになったようです。さらに、天文学、金属学、工学、数学の専門書や様々な技術マニュアルまで読みこなしていきます。さらにフィクションの本や小説、詩と文学の古典まで読み始めます。
 エアルに好きな本は何かと聞いたところ、「不思議の国のアリス」「ドン・キホーテ」「千夜一夜物語」だと答えたといいます。
 この時点で読破した本は数百冊に上りました。
 そして、エアルがUFOの墜落現場で「保護」されてから16日目には、エアルはマックエルロイ女史にテレパシーで次のように伝えてきたのです。

 「これで私は話す準備ができた」

 以下、エアルとマックエルロイ女史の会話の記録です。
 文中にドメインという言葉が出てきますが、これはエアルの故郷であり、エアルが属する宇宙世界の社会体制も含めた概念のようです。マックエルロイ女史は、ドメイン(統治領域)は、惑星、太陽系、星団を超えた膨大な銀河を意味していると言っています。
 またギャラリーという言葉が出てきますが、これはエアルとマックエルロイ女史のテレパシーによるコミュニケーションをじっと観察している軍の観察者のことを指します。彼らは、彼らが作成した質問リストにエアルが答えることを要請しますが、エアルは拒否します。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p68〜p72から抜粋開始>・・・

合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊
件名:エイリアンインタビュー、1947年7月24日、
第一セッション

「エアル、あなたは何が言いたいの?」と私は聞きました。

 私は数千年の間、宇宙のこの領域においてドメイン遠征軍の一員であり続けてきた。しかし、紀元前5965年から私は地球人とは個人的に親密なコンタクトを取ったことはない。ドメインの領域の中の惑星の住人と交流するのは私の第一の職務ではない。私は士官であり、パイロットであり、エンジニアであり、実行する任務がたくさんある。しかしながら、私はドメインの中の347個の他の言語を流暢に話せるが、私はあなたの英語の言語と接触したことはない。

 私が話すことのできた最後の地球の言語は、ヴェーダ賛歌が書かれたサンスクリットの言語だった。当時、私はヒマラヤ山脈に位置していたドメインの基地の喪失を調査するように送られた調査団の一員だった。一個大隊全体の士官、パイロット、通信員と管理担当官が消えて基地は破壊されたのだった。

 数百万年前に、私はドメインの調査、データ評価とプログラム開発部門の士官として訓練を受け、任務に就いた。私はそのテクノロジーの経験があったため捜索隊の一人として地球に送られた。私の職務の一つは当時隣接するエリアに居住していた人間の住民を尋問することだった。その地域の人たちの多くが「ヴィマーナ」または宇宙船を目撃したと報告した。

 様々な証拠、証言、観察と特定の証拠の欠如を理論的に検討することによって、私はこの太陽系の中に私たちが全く気付いていなかった「旧帝国」の宇宙船、またうまく隠された「旧帝国」の施設があるという発見に自分の隊を導いた。

 あなたと私は、私が個人的にあなたの言語に接触したことがなかったために、あなたの言語でコミュニケーションを取ることができなかった。しかし今や、あなたが私に与えてくれた本と資料を私がスキャンしたため、その情報はこの領域の私たちの宇宙ステーションに送られ、通信士官がコンピュータを通して処理した。それは私の言語に翻訳され、それを使って私が考えることのできる文脈で、私に再び送り返されてきた。そして私たちのコンピュータに保存されていた英語に関する情報と地球の文明に関するドメインの記録を受け取った。

 今や私は、あなたにとってとても大きな価値があると感じている特定の情報をあなたに与える準備ができた。私はあなたに真実を伝える。もちろん真実は他のあらゆる真実と相対的なものだが、私はできるだけ誠実に、また正確に私の観点からの真実を、自分自身と自分の種族の誠実さの境界の中で、私が仕え、それを保持し、守ると誓った組織に対する責務に違反せずに、あなたに伝えたい。

 「OK」と私は考えた。「あなたは今度はギャラリーからの質問に答えてくれるだろうか?」

 いいえ。私は質問には答えない。私は人類を構成している不死のスピリチュアルな存在たちの幸福にとって有益であり、また地球の無数の生命体と環境の生存を促進すると思う情報を与える。なぜなら私の使命の一部は地球の保存を確保することだからだ。

 個人的に私は、全ての感覚のある存在たちは不死のスピリチュアルな存在であるという信念を持っている。これには人間も含まれている。正確性と単純さのために、私は自分の造語を使う:
「IS−BE(イズ・ビー)」。なぜなら不死の存在の第一の性質は彼らが時間の無い「IS(存在する)」という状態の中で生き、彼らの存在の唯一の理由は彼らが「BE(そうなる)」ということを決めるからである。

 社会の中で彼らの地位がどれだけ低いものであれ、全てのIS−BEは、私自身が他人から受けたいと思う敬意と待遇に値する。地球の一人ひとりの人間は、彼らがこの事実に気付いていようがいなかろうが、IS−BEで在り続ける。

(マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 私はこの会話を決して忘れません。彼女の口調は事実を在りのまま述べる、感情のないものでした。しかし初めて私はエアルの中に温かくて本物の「パーソナリティー」の存在を感じました。彼女の不死のスピリチュアルな存在に関する言及は、真っ暗な部屋に照らされる光のように私の心を撃ちました。私はそれ以前、人間が不死の存在であることができるなど考えもしませんでした。

 私はその地位、またはその力は神なる父とその息子、また神霊だけのものだと思っていました。そして私は敬虔なカトリックであり、主であるイエスとローマ法王の言葉に服従しているため、女性が不死のスピリチュアルな存在であると考えたこともありませんでした−−聖母マリアですらそうではありません。けれどもエアルがその思考を考えた時、私は初めて、彼女が個人的に不死のスピリチュアルな存在であり、私たち全員がそうであるということを鮮明に知覚しました!

 エアルは、私がこの概念について混乱しているのを感じていると言いました。彼女は、私もまた不死のスピリチュアルな存在であるということを私に証明すると言いました。彼女は「自分の肉体の上にいなさい!」と言いました。瞬時に私は自分が自分の肉体の「外」にいて、天井から私の肉体の頭の上を見下ろしていることに気付きました! 私は、自分の肉体の隣で椅子に座っているエアルの体を含めた自分の周りの部屋を見渡すことができました。すぐに私は「自分」が肉体ではないという、単純だがショッキングな現実に気付きました。

 その瞬間、黒いヴェールが持ち上げられ、私の人生で初めて、また過去のとても長い時間の中で初めて、私は「自分の魂」ではなく「私」は「自己」−−スピリチュアルな存在であるということに気付きました。これは説明できない閃きでしたが、私がそれ以前に体験したのを思い出すことができない喜びと安心で私を満たすものでした。「不死」の部分については、私は彼女の意味を理解することができません。なぜなら私は常に自分が不死ではない、と教えられてきました−−スピリットかもしれませんが確実に不死ではありません!

 ちょっとした時間の後−−どれだけ長かったかは確信がありません−−私がこの概念についてより良い理解を得たかどうかエアルが聞きました。突然私は再び自分の体の中に戻っており、私は声をあげてこう言いました、「はい、私はあなたが何を言いたいか分かります!」

 私はその体験によってとてもびっくりさせられていたため、椅子から立ち上がって数分間部屋の中を歩き回らなければなりませんでした。私は、水を飲んでトイレに行かなければいけないと言い訳をして、そうしました。私は休憩室の中で鏡の中の「自分」を見ました。私はトイレを使い、化粧を直し、制服を正しました。10分か15分後には私はもうちょっと「普通」に戻った感じがして、インタビュー室に戻りました。

 その後、私は自分が単にエアルの翻訳者ではないと感じました。私は自分が「同族のスピリット」であるかのように感じました。私は自分が安全で、これまで持ったことのあるどのような友人や家族とも同じだけ近い、信頼できる友人か家族と一緒に家にいるかのように感じました。エアルは私が「個人的な不死」の概念に対し混乱していることを感じ、それを理解しました。彼女は私にこれを説明することによって、私との最初のレッスンを始めました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 当初は、エアルの英語の教師であったマックエルロイ女史は、こうしてエアルから様々な情報を教えてもらう生徒になったのです。
 エアルが作った造語の「IS−BE」ですが、これは私達が魂(ソウル)と考えているものではないかと思います。不死であり永遠の存在である意識体であれば、魂以外にないと私は考えます。本では魂という表現をしていませんが、エアルの身体は人工物のアンドロイドであり、私は、それにエアルという意識体の魂が乗っているというイメージで捉えました。
 では、エアルから教えられた貴重な情報の数々から、地球に転生したIS−BEがどのような境遇に陥っていたかを紹介します。


 ・・・<『エイリアンインタビュー』、p77〜p88から抜粋開始>・・・

合衆国陸軍航空隊公式記録文書
ロズウェル陸軍飛行場、第509爆撃大隊
件名:エイリアンインタビュー、1947年7月25日、
第一セッション

 ・・・(中略)・・・

 物質的な宇宙が形成される前は、様々な宇宙は固体ではなく完全に幻想だった膨大な時期があった。宇宙は魔法使いの意思に従って現れたり消えたりする魔法の幻の宇宙だったと言うこともできる。あらゆる場合、この「魔法使い」は一人、または複数のIS−BEだった。地球のIS−BEの多くは、未だにその時期のぼんやりとしたイメージを思い出すことができる。魔法、妖術、魔力、お伽噺話と神話が、とても大雑把な言葉使いではあるが、これらのことを物語っている。

 一人ひとりのIS−BEが物質的な宇宙に入ったのは、彼らが自分の「故郷」である宇宙を失った時である。つまり、あるIS−BEの「故郷」である宇宙が物質的な宇宙に飲み込まれた時、またはそのIS−BEが他のIS−BEと一緒に物質的な宇宙を創造するか、征服しようとした時である。

 地球では、あるIS−BEがいつ物質的な宇宙に入ったかを突き止めることが難しいのには二つの理由がある: 1)地球のIS−BEたちの記憶は消去されている。そして2)IS−BEの物質的な宇宙への到着、または侵略は異なる時間に起きたものである。60兆年前の者もいれば、たった3兆年前の者たちもいる。時々数百万年に一度という短い期間の中である領域、または惑星がその領域に入ってきた別のグループのIS−BEたちに占領されることがある。

 時々、彼らは他のIS−BEたちを奴隷として捕える。彼らは単調な、または手作業の仕事−−特に地球のような重い重力の惑星で鉱石を掘ること−−をするために肉体の中に住むことを強要される。

 エアルは、彼女が時折地球を訪問することも含まれていた生物学的調査団のパイロットになった時から6億2500万年以上の間、ドメインの遠征軍の一員であると言いました。彼女はそこでのキャリアの全てを思い出すことができ、それ以前のはるか昔の時間も思い出すことができます。

 彼女は、地球の科学者たちは、物質の年齢を図るための正確な測定システムを持っていないと私に言いました。彼らは有機的、または炭素基の物質のような特定の原料はとても速く劣化するため、物質は劣化するものだと決めつけている。木や骨の年齢の測定に基づいて石の年齢を測定するのは正確ではない。これは根本的な過ちである。事実上物質は劣化しない。それは破壊することはできない。物質の形は変えることができるが、それは本当の意味で破壊されることはない。

 ドメインは約80兆年前に宇宙を旅行するテクノロジーを開発してから、宇宙のこの領域にある銀河群を定期的に調査してきた。地球の外観の変化に関する検査は、山脈地帯が上昇しては下がり、大陸は位置を変え、惑星の極はシフトし、氷冠は現れては消え、海は現れては消え、川、谷と渓谷は変わるということを明らかにしている。全ての場合、物質そのものは同じである。それは常に同じ砂である。全ての形と物質は基本的に同じ原料で作られており、それは決して劣化しない。


 (マチルダ・オードネル・マックエルロイの個人記録)

 (何兆年も経た文明が、技術的、また精神的にどれだけ進化したものになるのかを私は想像し始めることすらできません! 私たちの国がわずか150年前に比べてどれだけ進化したかを考えてみてください。たった数世代前まで移動手段は徒歩、乗馬、または船によるもので、読書は蝋燭の光の下で行われ、暖房と料理は暖炉の上で行われ、室内には配管工事は全くされていませんでした!)


 (インタビューの公式記録文書)

 エアルはドメインのIS−BE士官の能力を私に説明してくれました。そして彼女は−−テレパシーを通して−−小惑星帯に駐屯しているドメインの通信士官と連絡を取ることによって、その能力の一つを私に実演しました。小惑星帯は、火星と木星の間にかつて存在していた惑星が分裂した何千もの残骸によって構成されています。それは外から私たちの銀河系の中心に向かって移動している宇宙船にとって、優れた低重力の出発点として機能しています。

 彼女はこの士官に、ドメインの「ファイル」に保存されている情報から地球の歴史に関するものを調べるように要請しました。彼女はこの通信士官にこの情報をエアルに「フィード(入力)」するように要求しました。通信士官はすぐにこの要請に応じました。ドメインのファイルに保存されている情報に基づいて、エアルは私に短い概観、または「歴史のレッスン」を与えることができました。これがドメインが観察した地球の歴史についてエアルが私に教えたことです:

 ドメインの遠征軍が天の川銀河系に最初に入ったのは、とても最近−−わずか1万年前くらい−−のことだと彼女は教えてくれました。彼らの最初の行動は「オールド・エンパイア(旧帝国)」(これは正式な名前ではなくドメイン勢力が征服した文明につけたニックネームです)の本拠である、この銀河系と隣接する宇宙空間の中央政府の所在地であった惑星を征服することでした。これらの惑星は北斗七星の尻尾にある複数の星系の中に位置しています。彼女はそれらの星の厳密な名前は述べませんでした。

 それから約1500年後、ドメインはこの銀河系の中心とさらにその先に通じる侵略経路に自分たちの勢力のための基地を設置し始めました。約8200年前にドメインの勢力は地球で現在のパキスタンとアフガニスタンの国境近くにあるヒマラヤ山脈に基地を建設しました。この基地はドメイン遠征軍の一個大隊のためのもので、それには約3000の構成員が含まれていました。

 彼らは山の頂上の下、というよりはその内側に基地を建設しました。その部隊の宇宙船と隊員を収容できる十分に大きな区域を作るために山の頂上に穴が開けられ、中身は空洞にされました。それから、山の内側から「フォース・スクリーン(エネルギーでできた画面)」に偽りの映像を投影することによって、基地を隠すための山の頂上の電気的な幻影が作り出されました。それによって宇宙船はフォース・スクリーンを通って出入りすることはできるけれども・ホモ・サピエンスには見られないままであることができました。

 彼らがそこに落ち着いた直後、基地は「旧帝国軍」の残党により奇襲攻撃を受けました。ドメインに知られていない形で「旧帝国」によって運営された火星の秘密地下基地がとても長い間存在していたのでした。ドメインの基地は火星の基地からの軍事攻撃により全滅させられ、ドメイン遠征軍のIS−BEたちは囚われてしまいました。

 ドメインがこのように大きな部隊の士官と乗組員を失ったことに対してとても動揺したのは想像できると思います。そのためドメインは、彼らを探すために地球に他のチームを送り込みました。これらのチームもまた攻撃されました。囚われたドメイン軍のIS−BEたちは地球に送られてきた他の全てのIS−BEと同じ方法で処理されました。彼らは全員記憶喪失にされ、自分の記憶の代わりに偽りの映像と催眠暗示を与えられ、生物的な体の中に居住するように地球に送られました。彼らは未だに今日の人類の人口の一部です。

 失われたクルーに関するとても粘り強い、また広範囲に及ぶ調査の結果、ドメインは「旧帝国」が非常に広範囲に及んだ、とても慎重に隠された作戦基地を銀河系のこの一帯で何百万年も運営してきたことを発見しました。正確にどれだけ長くかは誰も知りません。最終的に「旧帝国軍」とドメインの宇宙船は太陽系の宇宙空間で交戦しました。

 エアルによると「旧帝国軍」とドメインの間で長期戦が西暦1235年まで続き、この時ドメイン軍はついにこの領域の「旧帝国軍の最後の宇宙船を破壊しました。この期間に、ドメイン遠征軍もまた自軍の船をたくさん失いました。約1000年後、西暦1914年の春に偶然に「旧帝国」の基地が発見された。オーストリアの大公の肉体がドメイン遠征軍の士官によって「乗っ取られた」時にそれは発見された。この士官は小惑星帯に駐留しており、定期的な偵察任務のために地球に送られたのだった。

 この「乗っ取り」の目的は、この肉体を「変装」として使い、それを通して人間社会に潜入し、地球で現在起きている出来事についての情報を収集するためであった。その士官はIS−BEとして大公の肉体の中に住んでいた存在よりも大きな力を持っていたため、単純にその存在を「押し」出してその肉体のコントロールを乗っ取ったのだった。

 しかしこの士官は、ハブスブルグ家が国の中で抗争をしていた各派閥によってどれだけ憎まれていたかに気付いていなかった。そのため彼はボスニアの学生によって大公の肉体が暗殺された時、油断していた。その士官、またはIS−BEは肉体が突然暗殺者によって銃撃された時、そこから「叩き出された」。そのIS−BEは方向感覚を失ってしまい、不意に「記憶喪失バリア」の一つを突き抜けてしまい、捕えられた。

 最終的にドメインは、地球も含む銀河系のこの端っこの中にいる全てのIS−BEたちをコントロールしている「電子バリア」によって宇宙の広範囲が監視されているということを発見した。その電子バリアはIS−BEを感知し、彼らがこの領域から去るのを防ぐように設計されている。

 もしIS−BEがこのバリアを通り抜けようとすると、一種の「電子の網」の中にそのIS−BEを「捕まえる」。その結果、捕えられたIS−BEはIS−BEの記憶を消去するとても激しい「洗脳」治療を施される。このプロセスは途方もない電気ショックを使用する。
 地球の精神科医が「電気ショック療法」を使って「患者」のパーソナリティと記憶を消去し、彼らをより「協調性のある人」に変えるのと同じように。

 地球ではこの「治療」は数百ボルトの電気しか使わない。しかし、IS−BEに対して使われる「旧帝国」のオペレーションで使われる電流は数十億ボルトの規模である! このとてつもないショックはIS−BEの記憶の全てを完全に消去する。その記憶消去はたった一つの転生、または一つの肉体のものだけではない。それはほとんど無限に近い過去から蓄積された記憶の全てとIS−BEのアイデンティティーの全てを消去する!

 そのショックはIS−BEが自分が誰であるか、どこから来たのか、自分の知識や技術、過去の記憶とスピリチュアルな存在として機能する能力を思い出すのが不可能になるように意図されている。彼らは打ちのめされ、頭を使わないロボットのような自主性のない存在になる。

 ショックの後、一連の後催眠暗示を使うことによって、一人ひとりのIS−BEに偽の記憶と偽の時間(に対する見当識)が組み込まれる。これには肉体が死んだ後、同じようなショックと催眠術が、繰り返し、繰り返し、繰り返し、永遠に続けることができるようにするために、基地に「帰還」する命令も含まれている。その催眠暗示はまた、その「患者」に思い出すことを忘れるように命じる。

 この士官の体験からドメインが学んだのは、「旧帝国」が地球をとても長い時間−−どれだけ長いかは知られていない−−もしかしたら数百万年間牢獄惑星として使っていたということである。

 つまりIS−BEの肉体が死ぬ時、彼らは肉体から去る。彼らは「バリア」によって感知され、捕えられ、催眠暗示で「光に戻る」ように「命令」される。「天国」と「あの世」という概念は催眠暗示の一部である−−このメカニズムの全てを機能させている欺まんの一部である。

 たった今生きた人生の記憶を消すためにIS−BEがショックを与えられ、催眠術を掛けられた後、IS−BEはすぐに催眠状態の中で、まるで彼らが新しい肉体の中に居住するという秘密の使命を持っているかのように地球に「帰って報告する」ように「命令」される。一人ひとりのIS−BEは彼らが地球にいるのは特別な目的があるからだと教えられる。しかし、もちろん牢獄の中にいることに目的などない−−少なくとも囚人にはない。

 地球送りを宣告された、望ましくないIS−BEは「旧帝国」によって「アンタッチャブル(カースト制の最下層民)」に分類された。これには「旧帝国」が改心させたり、抑制したりするにはあまりにも凶暴な犯罪者、それから性的な変質者や生産性のある仕事をやる気がない存在たちのような他の犯罪者と判断したあらゆる者が含まれていた。

 「アンタッチャブル」なIS−BEの分類にはまた、多種多様の「政治犯」も含まれている。これには非従順な「自由な発想」を持った者たち、または「旧帝国」の中の様々な惑星で政府に対して問題を起こす「革命家たち」と見なされたIS−BEも含まれている。もちろん「旧帝国」に対して過去に軍事行動を起こした記録のある者もまた全員地球に送られる。

 「アンタッチャブル」のリストには、芸術家、画家、歌手、音楽家、作家、役者とあらゆる種類の上演者たちが含まれている。この理由のため地球の一人当たりの芸術家の割合は「旧帝国」の中の他のどの惑星よりも多い。

 「アンタッチャブル」にはまた、インテリ、発明家とほとんどあらゆる分野の天才たちが含まれている。「旧帝国」が価値があると見なしているものははるか昔、過去数兆年の中でもう既に発明されたり、創造されたりしているため、彼らにはもはやそのようなものにはこれ以上使い道がない。これにはまた、従順なロボットのような市民で構成された社会では必要とされていない腕の立つマネージャーも含まれている。

 「旧帝国」の階級制度の中で、税金を払う労働者として頭を使わない、経済的、政治的、また宗教的な奴隷状態に服従する気がない、またはそうすることができない者は誰であれ「アンタッチャブル」であり、記憶消去と地球での永遠に続く禁固刑の判決を下される。

 その最終結果として、IS−BEは自分が誰であるか、どこから来たのか、自分がどこにいるのかを思い出すことができないため、脱出することができない。彼らは自分が、本当の自分以外の誰かまたは何かであり、ある時代にどこかにいると考えるように催眠術を掛けられる。

 オーストリアの大公の肉体の中に居た時に「暗殺」されたドメインの士官もまた、「旧帝国」軍に捕らえられた。この特定の士官は他のほとんどのIS−BEと比べてとてもパワーの高いIS−BEであったため、火星の表面の下にある秘密の「旧帝国」基地に連れ去られた。彼らは、彼を特別な電子独房に入れて、そこに捕えていた。

 幸いにもこのドメインの士官は、27年間の監禁の後、その地下基地から脱出することができた。彼は「旧帝国」の基地から脱出した時、すぐに小惑星帯にある彼の基地に戻った。彼の司令官は、この士官が提供した基地の座標へ宇宙巡洋戦艦を派遣し、その基地を完全に破壊するように命令した。この「旧帝国」基地は火星の赤道から数百マイル北にあるシドニア地域に位置していた。

 「旧帝国」の軍事基地は破壊されたが、残念なことにIS−BEバリア、電気ショック/記憶喪失/催眠術装置を構築している膨大な機械のほとんどは、今現在でも未だ発見されていない他の場所で機能し続けている。この「マインドコントロール刑務所」オペレーションの主要基地、または司令部はこれまで見つかっていない。そのためこの基地、または複数の基地の影響力はまだ効力がある。

 「旧帝国」の宇宙軍が破壊されてから、他の惑星系が自分たちの「アンタッチャブル」のIS−BEをこの銀河系のあらゆる場所、また近くの他の銀河から地球に連れてくるのを活発に阻止するものが誰も残っていないということをドメインは観察してきた。そのため地球は、宇宙のこの領域の全てにとっての宇宙的なゴミ捨て場となった。

 これは部分的に、この地球のIS−BEの住民たちの種族、文化、言語、道徳率、宗教的と政治的影響力のとても異常なごちや混ぜ状態を説明する。地球にある異種の文化の数と種類は、普通の惑星では極めて異常である。「太陽タイプ12、クラス7」の惑星の殆どには、もしヒューマノイドの肉体タイプまたは種族がそこに居住していたとしても、たった一種類が居住している。

 さらに、地球の古代文明のほとんどが、また地球での出来事の多くが「旧帝国」基地の秘密の催眠術オペレーションにとても大きく影響されてきた。これまで、このオペレーションがどこで、どのように、また誰によって運営されているかを正確に解明した者はいない。なぜならそれは、バリアやトラップによってとても堅く守られているからである。

 さらに、銀河系のこの端で、IS−BEバリアを作り上げている広大な古代からある電子機器のネットワークを発見し、破壊する作戦行動は行われていない。これが行われるまで我々は「旧帝国」の牢獄惑星における電気ショック・オペレーション、催眠術と遠隔の思考操作を防いだり止めたりすることはできない。

 もちろんドメイン遠征軍の乗組員は皆、今や「旧帝国」のトラップに感知され、捕まることを防ぐために、この太陽系の中で行動している間は常にこの現象を意識し続けている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 前々回の『サアラさんが語る「転生」』、前回の『サアラさんが語る「輪廻」』で、地球は魂の流刑地と化していたというサアラさんの主張を紹介しました。
 私がサアラさんのスクールでこの話を聞いたときは、あくまでも可能性の一つとして聞いていました。ですが、『エイリアンインタビュー』を読んで、エアルの教えとピッタリ同じなので、震撼としてしまいました。私は、全く関係がない人の情報が一致した場合は、信ぴょう性が高いと考えています。

 これを読まれて、絶望感を感じた方もおられるかもしれません。
 しかし、絶望する必要は全くないと考えます。
 なぜなら、こうした魂の流刑地としてのシステムは、どんどん取り払われているからです。『エイリアンインタビュー』の舞台となった1900年代半ばの状況と、今は相当に違ってきているようです。
 前回、前々回の記事を思い出していただきたいのですが、魂を拘束するシステムは、どんどん破壊されています。
 再び『「あの世」の本当のしくみ』から抜粋します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p106から抜粋開始>・・・

 でも、今は宇宙から干渉が入り、幽界をなくそうという活動がアインソフによって進められてきました。
 地球が流刑地としての役目を終えたとき、すでに幽界を機能させている装置を見つけ出し、取り壊しの作業に取りかかり始めましたが、思ったよりも手の込んだことになっていたために、完全に撤去することができませんでした。でも、3年ほど前から再びアインソフによって作業が進められ、一番大きな装置がやっと撤去された段階です。
 その装置の一部は火星に付いていました。一番大きな装置はかなり離れたところに付いていたようですが、報告を受けていないのでどこにあったかはわかりませんが、無効な状態にはなっています。あとは、小さい装置が地球上にもたくさんあって、それはまだ残っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんは、小さい装置が残っていると言っていますが、それもどんどん取り払われているのかもしれません。
 その理由ですが、5月初旬にサアラさんの情報会があり、その会に参加された方から聞いたのですが、サアラさんは、これから亡くなる方は幽界ではなく、アストラル界に行けるようになったと言われたそうです。
 とはいえ天国や地獄といったことを頑なに信じている方は、そうした刷り込まれた観念から自由になる努力は必要だと思われます。



サアラさんが語る「輪廻」...2018年5月16日

 前回の記事「サアラさんが語る「転生」」で、亡くなった人の魂は、「転生」という過程においては、アストラル界に行くというサアラさんの説を紹介しました。
 亡くなった後、魂があちらの世界でガイドの導きにより、その人の一生を振り返ったり、(必要であれば)魂のリハビリを受けて、次の転生に臨むというのは、たくさんのスピリチュアルの本で語られています。
 また、臨死体験をした人が、走馬灯のようにそれまで体験した人生のシーンを見せられるというのは、よく聞く話です。ですから私は、こうしたことが死後の世界で一般的に体験することなのだろうと思っていました。
 ところがサアラさんは、これまでの地球では、多くの魂がそうした体験をさせてもらえなかったと言います。
 もしそれが事実であれば、由々しき事態だと言えるのではないでしょうか。
 サアラさんによれば、多くの魂は亡くなった後、「幽界」でインターセプトされ、そこにずっと留まるか、あるいは「幽界」の番人によって、魂のリハビリを受けることもなく、すぐさま人間の肉体に宿らされることになります。
 人生の記憶は、「幽界」の番人によって魂の奥深く押し込められ、浮かび上がってこられなくなるといいます。それゆえ私たちは、前世の記憶がなくなっているのだというのです。
 これをサアラさんは、「輪廻」と呼んでいます。
 なぜ、そうなってしまうのか。
 それは、この地球が魂の流刑地であったからだといいます。
 前世の記憶が無くなれば、自分が本来何処から来た存在で、どのような役目を背負っていたか思い出せません。このため、ひたすら地上と幽界を往復することになり、この地球という監獄にずっと押し込められたままになってしまいます。
 では、『「あの世」の本当のしくみ』(大和出版)から、地球に幽界がどのようにして誕生したかという話から紹介します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p37〜p38から抜粋開始>・・・

 そして、ある時代に、宇宙ですごい勢いで所有を増やしていった巨大な勢力があり、地球人が知らない間に、地球がそこの所有地になっていて、しかも中心となるエリアに対してこちらは辺境の地であり、囚人を送り込む流刑地のように使われていたときがあったのです。
 地球に流されてきた囚人の魂が、死後に本当に還るべき世界に行けないように、そして元のエリアに再び生まれてこられないように、「幽界」という亡くなった人たちがとらわれてしまう罠のような世界を作り出すための装置が設置されて、そこと現実の地球を行ったり来たりすることしかできないようにされました。
 この状態は約1万数千年前から徐々に始まり、地球の流刑地としての役割がやっと解除されたのは、2300年ほど前のことです。
 そのとき、すぐさま「地球人を救わなければ」ということで、お釈迦様が地球に生まれてきました。イエスキリストも同じ使命をもって生まれてきた人です。
 彼らをはじめとしたさまざまなスピリチュアル・リーダーたちの働きがあったものの、地球人の魂やこの世での生き方には、地球が流刑地だった時代に行われたことの影響が、今なお色濃く残っています。
 地球人は、いまだに幽界に閉じ込められたような状態になっていて、魂の自由が失われてしまっているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんによれば、仏陀は「転生」と「輪廻」を明確に区別していたといいます。
 人々に「輪廻」のサイクルから抜け出すように説き、それを「解脱」と言ったといいます。イエスキリストも同じ使命を持っていたとは初耳でした。
 もしこれが事実だとすると、どうして世界中でこれほどたくさんの仏教とキリスト教の信者がいるか、説明できそうな気がします。
 人々の深層意識の中に、仏陀とイエスが人々の根本的な苦しみから救ってくれるという期待があるからかもしれません。

 サアラさんは、人々が「輪廻」している証拠として、前世の記憶がないことをあげていました。
 さらに、最近よく聞く、性同一障害も「輪廻」が原因だといいます。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p122〜p123から抜粋開始>・・・

 今、性同一性障害の問題を抱えた人が多いですね。
 それも、輪廻が引き起こしている問題のひとつなのです。
 何度も女性として生まれてきた後に突然男性として生まれてくると、男性であることが受け入れられないとか、そういう問題が出てくるわけです。
 ちゃんと転生していれば、つまり魂がマスターソウルに還ってそこから生まれることができていれば、女性だった魂も、厳選した情報だけをもって生まれてくることができます。それなら、「自分が男でなければならない理由」も自覚して生まれてくるので、そういう問題はいっさい起きないのです。
 でも、ここで輪廻を繰り返して「女、女、女……」と人生をやって、突然アクシデントのように男に生まれ変わると、どうしていいかわからないのです。
 本来は、生まれてくるときに自分で性別も選択できるはずなのですが、転生の場合のようにちゃんと魂をリセットして生まれてくることができないので、「お腹の中で10ヶ月女のつもりで過ごしていたのに、出てきたら突然男の扱いをされた」とか、そういったことが起きるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p126〜p127から抜粋開始>・・・

 なぜ私たちには魂の記憶がないのか?

 魂の記憶がない。
 幽界と地球の間を行き来して、マスターソウルの元へ還れない。
 輪廻における前世の記憶をクリアにすることができないので、性同一性障害などの弊害が出ている。
 これらはすべて、輪廻が地球人にもたらしている問題です。
 では、輪廻している人たちはなぜ魂の記憶がないのかというと、昔の地球人は、魂の状態で幽界の管理者に虐待を受けて、記憶を消されていたのです。
 幽界は流刑地で、彼らを追放した文明社会が、罪人が元の場所に戻ってこないように作った所なので、そこでコントロールしやすいように洗脳を受けて、魂がもっていた情報が深層部分に押しやられ、思い出せないようにされているのです。
 そこではアストラル界で行われているような死後のリハビリもないし、マスターソウルで魂をリニューアルすることもできません。
 そのため、ずっと同じ衣をまとっていると擦り切れてしまうように、魂が劣化してしまうのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、「幽界」についての詳しい説明を見てみましょう。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p96〜p101から抜粋開始>・・・

 なぜ地球人だけが幽界に行くのか?

 幽界は、アストラル界の一番低い領域(低層)にある世界です。
 地球人が亡くなるとすぐに行く所で、地球人特有のものです。他の天体で亡くなった魂には、幽界という世界はありません。
 では、なぜ地球人だけが幽界に行くことになったのでしょうか。
 それは第1章でお話ししたように、2300年ほど前まで、地球がある巨大文明によって流刑地として使われていた時代があったからです。
 地球は、まるで「宇宙のごみ捨て場」のようになっていたのです。
 その文明社会の支配層にとって、地球は「理解力も好奇心も向上心もない人たちや、その社会で極悪非道とされることを犯した人たちを捨てる場所」でした。
 といっても流刑に処された全員がそんな人たちだったわけではなく、逆に、あまりにも優秀すぎて妬みを買い罪を着せられた人たちや、その社会の支配者たちにとって利益をもたらさない、公平な社会のために役立つしくみを提案したり、テクノロジーを開発したりした人たちもいました。
 要するに、送り込まれてきた囚人たちは、大きく二分されます。彼らの社会で厄介者とされる、手の施しようがない人たちと、ものすごく優秀な人たちの両極です。
 そして、いずれにしてもその文明からは厄介者と思われている彼らの魂が、彼らのいる場所に再び戻れない(転生できない)しくみ「幽界」が作られました。
 その結果、地球人は、肉体を失うと幽界に行ってそのままそこに閉じ込められるか、幽界からまた生まれ変わって、地球と幽界の間を行ったり来たりするか、どちらかの選択肢しかない、そういう時代が長く続きました。
 今の地球はもはや流刑地でなくなっていて、本来還るべきマスターソウルへの道筋も用意されているのですが、それでもまだ多くの人が、亡くなるとそのまま幽界にとどまってしまいます。
 幽界は、地球の上空や宇宙にあるのではなく、すぐそこにあります。
 死んだあとで私たちが渡ると思っている三途の川や、天国や地獄も幽界にあるものなので、やはりすぐそこにあります。
 生まれる前に、空の上からこちらを見ていた記憶がある人などもいますが、それは実は幽界で見た光景で、「空から見ているようなビジョン」を見せられていたにすぎないのです。
 上とか下とかいう認識は、この物理的な肉体から離れるとずいぶん違うのです。目で見ているわけではないので、高い所に上がらないですぐそばにいても、見下ろしているような視界で見ることはできます。前からも後ろからも天井の上からも机の下からも、全方向から見ることができるのと同じです。

 死んだら地獄に行くと思っていれば、地獄に行く

 地球人はこの幽界へ、生きていたときの価値観や概念をそのまま引きずってもっていきます。寝ているときの夢と同じような状態で、それをもっとリアルにした世界と思っていただいていいでしょう。
 寝て夢を見ているとき、たとえば火事の場面なら熟いと感じるし、おいしいものを食べたらおいしいと感じていますね。それと同じようなことが起きています。
 生きているときに地獄があると思っていた人は、そこで地獄の光景を見ます。夢とは違ってもう死んでいますから、その状態から目覚めることはできません。ですから、死ぬ前にどんな情報をもっていくかということがすごく大事なのです。
 どんな人生だったとしても、死んだ後に人生を振り返るプロセスが必ずあります。
 でも、幽界で人生の振り返りをする場合は、ほとんどの人は強烈にジャッジされると思います。それは自分自身の意識がそうだからです。
 生きている間ずっと評価社会にいたので、亡くなった後も自分を評価します。そのときにいろいろな登場人物を自分の想念が作り出して、たとえば自分が創った神様に裁かれたりするわけです。
 ですから天国と地獄というのも、地球にいる私たちの概念をそのままそこにもっていって現実化しているようなものです。
 死んだら地獄へ行くと思っていれば地獄に行き、自分は幽霊になると思っていれば幽霊になります。
 幽界に一度入ると、自分の意志ではなかなか抜けられません。次に抜けるのは、幽界の管理者に指示されて、輪廻のためにお母さんのお腹に入るときです。
 しかし、マスターソウルの領域にあり、リハビリもしてくれるアストラル界とは違って、幽界では魂の中の情報をいっさい整理できません。ですから魂は地球的な概念をもったままで再び地球に生まれてきます。
 どんな経験をしたいかという計画を自分で立てることも、あまりできません。マスターソウルから来たときの計画をまだ果たせないままなので、それ以前の人生と同じようなことを繰り返します。そして、死ぬとまた幽界に戻ってくるのです。
 このように、延々と繰り返される輪廻のしくみによって、地球人はマスターソウルに還れず、幽界に閉じ込められたような形になっているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここまで読まれてきた方は、暗〜い気持ちになられたかもしれません。
 そこで次に、輪廻のしくみから抜け出す方法を紹介します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p104〜p106から抜粋開始>・・・

 輪廻のしくみから抜け出す方法

 現状として地球人が死後にたどるべき最善のルートは、「幽界をすり抜け→アストラル界でリハビリ・研修→マスターソウルに戻って次の可能性を模索→地球以外の惑星やエリアに生まれる。もしくは新しい次元の地球に生まれる」というものです。この場合は次にどこに生まれたとしでも「転生」といわれます。
 でも現実には、地球人は死後、ごく稀なケース以外は、いまだに輪廻コースを選択してしまいます。
 輪廻を繰り返している人の一番の特徴として挙げられることは、魂の記憶がないことです。
 一方、転生した人には魂の記憶がちゃんとあります。自分が宇宙の中で何者であるのか、何のためにそこに生まれてきたのかを知っています。そうでなければ意地悪ゲームのような話で、変だと思いませんか?
 ですから、地球人以外の生命たちは、どの世界から何をしにきたか、どんな才能があるか、たとえば自分はエンジニアなのか芸術家なのか、そういうことも全部わかって生まれます。
 地球人も、最初に来たときはみんな知っていたはずですが、何度も輪廻して魂がすっかり劣化してしまったために、痴呆症のように忘れてしまうのです。
 そして、死んで幽界に行くと、自分が創り出した裁く存在(閤魔様や神様)、天国、地獄などのトラップに引っかかってしまう人がほとんどです。
 以前は幽界のトラップが強力で、それこそハエ取り紙のようにくっついてしまって出られないような状態でした。
 たとえば、地球に何かの探索にきた地球外生命たちも、以前は幽界にはまってしまって、仲間の所に還れなくなることがたくさんありました。さらに、その彼らを助けにきた地球外生命が還れなくなる例も非常に多かったのです。
 でも、今は宇宙から干渉が入り、幽界をなくそうという活動がアインソフによって進められてきました。
 地球が流刑地としての役目を終えたとき、すでに幽界を機能させている装置を見つけ出し、取り壊しの作業に取りかかり始めましたが、思ったよりも手の込んだことになっていたために、完全に撤去することができませんでした。でも、3年ほど前から再びアインソフによって作業が進められ、一番大きな装置がやっと撤去された段階です。
 その装置の一部は火星に付いていました。一番大きな装置はかなり離れたところに付いていたようですが、報告を受けていないのでどこにあったかはわかりませんが、無効な状態にはなっています。あとは、小さい装置が地球上にもたくさんあって、それはまだ残っています。
 幽界がいつ消滅するかまだはっきりとは言えませんが、おそらく2030年頃からでしょう。今の時点で幽界は完全に消えてはいませんが、通り抜けていく方法はすでにあります。まずは、生きでいる間に大きく価値観を変え、すり込まれてきた偏った概念を捨てておくことが最も重要です。そして、「死んだら地獄に行く」とか「死んだら自分も幽霊になる」などと考えることはやめることです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんは、魂が幽界に留まってしまうのは、「自分が創り出した裁く存在(閤魔様や神様)、天国、地獄などのトラップに引っかかってしまう」からだといいます。
 だとすると、宗教をやっている人は厳しいかもしれません。宗教をやっている人は、天国、地獄の存在を頑なに信じているからです。
 その点でいえば、私は何の宗教も信じていないのが幸いだったかなと思ったりします。ただ、この社会で生きていく中で刷り込まれた価値観は、手放すのは容易でないのかもしれません。
 ゲリースクールに通っていたとき、ゲリーさんが口を酸っぱくして、「ジャッジするな」と言っていた言葉を思い出しました。

 次回は、いよいよ『エイリアンインタビュー』を紹介します。



サアラさんが語る「転生」...2018年5月9日

はじめに

 先日、私は訪問者の方から、ある本を紹介していただきました。
 『エイリアンインタビュー』(マチルダ・オードネル・マックエルロイ著)という本です。
 この本が題材にしたのは、(世界的に知られている)1947年7月8日、アメリカのニューメキシコ州ロズウェルに墜落したUFO事件です。墜落現場から3体のETが発見され、2体はすでに死亡していたのですが、1体は生きていました。
 これはその生きていたETとの会話、つまり第三種接近遭遇の内容の本です。私はこうした本の紹介があったとき、できるだけ読むようにしています。それは、(霊的な)ガイドのような存在から、それに関する記事を書くように促す力があった可能性もあるからです。
 とはいえ、私はこうしたETに関する本はかなりの数、目を通してきたつもりです。それゆえ正直なところ、あまり期待していませんでした。
 ところが、アマゾンから届いた本を読んで震撼としてしまいました。
 この情報は、現代人にとって必要な情報で、もしかすると私に記事にするような力が働いたのかもしれないと(手前勝手ながら)、考えてしまいました。
 では、さっそく記事にすればいいのではないか言われそうですが、そのまま引用していいのかと躊躇しました。
 その理由ですが、ネットで探した、この本の書評の一部を紹介させていただきます。

 ・・・<ネットで探した書評から抜粋開始>・・・

この本、大変な本です!

実際に読んでしまうと、かなり辛い真実を突きつけられます。

 ・・・(中略)・・・

この他にも宇宙の本当の様相やその仕組み、歴史などが多く語られています。
生命の発祥やその意味、そして科学の嘘と幻想が明かされ、宇宙においての地球のスタンスとはどういう位置づけであるかも詳細に語れているのです。

あまりにもショッキングなその内容は「覚悟して読むべき」で、それを真実として受け止めるか、拒否するかは自分自身で決めてほしいと思います。

様々なスピリチュアルな本などとは、一線を画す弩級の情報である事は確かで、現在地球上で手に入る情報の中で最も貴重な情報であると言っても過言ではないでしょう。

この本を読んだ後は、自分のすべき事がハッキリする人と、絶望する人に分かれるのではないでしょうか・・なぜなら、我々地球人類が今まで信じて来た物事のことごとくがデタラメだったかもしれないと言う事実に直面するからです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この書評は、ちょっと大げさだと感じた方は多いかもしれません。
 「本当に、それだけびっくりするような内容なの?」と思われた方が多いと思います。私に言えることは、少なくとも私は、この書評は大げさとは感じませんでした。

 それだけに、この本をダイレクトに引用すると、読んだ方々は絶望感に浸ってしまうかもしれないという思いが湧いてきたのです。
 きちんとした背景を書いてから、記事にすべきだと考えるようになりました。

 私がこの本を読んで、思ったことは2つあります。
 一つは、私がサアラさんのスクールや本で習った、転生輪廻の話を裏付ける内容だったことです。今回のように、全く違った情報源から同じ話が出てきた場合は、信ぴょう性が高いと私は考えています。
 もう一つは、『エイリアンインタビュー』の舞台となった20世紀半ばの時代と、今はかなり様相が違ってきているということです。
 きちんとした背景を書けば、絶望感だけでなく、希望すら湧いてくるのではないかと考えたのです。

 そこでまず、サアラさんの説く、転生輪廻の話から始めたいと思います。
 そうした点をはっきり示さないと、絶望感だけが先行する可能性があるからです。


サアラさんが説く「転生」

 よく「転生輪廻」という言い方をします。
 「転生」と「輪廻」の両方とも魂の生まれ変わりのことを言っているのだろうと、ほとんどの方は思っていると思います。
 ところがサアラさんは、「転生」と「輪廻」は、全く違うものであると主張しています。
 その一番の違いは、死んだ魂が行く場所です。

 「転生」...アストラル界
 「輪廻」...幽界

 では死んだとき、なぜ魂によって行く先が違ってくるのか大変気になります。
 それをサアラさんの本『「あの世」の本当のしくみ』(大和出版)から引用しようと思ったのですが、すでにネットにその情報が載っていますので、そのサイトを紹介することにします。

https://ameblo.jp/aoiwasi-k135/entry-12348597861.html


 ここでは、「転生」の場合に行くアストラル界の様子について抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p82〜p94から抜粋開始>・・・

 地球人のためのアストラル界がある

 第1章で少しふれたように、地球人の魂は非常に特殊な環境におかれてきました。
 「幽界」と地球の間で輪廻するしかなく、「アストラル界からマスターソウルへ還り、また宇宙のあちこちに転生していく」という、本来のチャンスを望めない時代が長く続いたのです。
 幸い、今は幽界を経てマスターソウルに還れる道筋も用意されています。
 ただ、地球人に関しては、地球独特の概念でずっと洗脳されて続けているので、それをニュートラルに戻す必要があります。死んだ後も、傷ついた経験をなかなか手放せない魂も多いのです。
 そのために地球人専用のアストラル界があり、そこにリハビリなどを行う施設があります。
 アストラル界はみなさんにとってかなり興味深い世界だと思います。
 一見すると、地球とそう変わらないように見えます。植物が生えていたり公園や建物があったり、先に亡くなった見覚えのある人たちがいたりして、世界観としてはそんなに変わらないのです。
 なぜかというと、地球人が恐怖にかられて「家に帰りたい!」とならないように、そういうふうに作ってあるのです。そこに所有という概念はいっさいなく、死んでそこに行った人は当然何ももっていないのですが、リハビリセンターに入るとみんないろいろなことを言い出します。
 老人が亡くなってリハビリセンターに入ると「私の入れ歯がない」とか「メガネがない」とか、「通帳がない」「財布がないからどこも行けない」などと言って慌てます。
 センターでリハビリを行ったり、日常的な面倒を見てくれる人たちは、みな地球で生きた経験がある人たちです。彼らは奉仕者としてそこでの活動をサポートしています。
 彼らは不安に駆られている人たちに対して常に優しく声をかけます。
 「大丈夫ですよ。あなたの歯があるか確認してください」「ある!」
 「眼鏡がない……」「見えていないのですか?」「あ、見えています」
 とか、そんなやりとりがあります。
 実際は歯もあるし目も見えています。アストラル世界にやってくると、よほど意味があって、重篤な病気を患ってきた人たち以外は、このように肉体的な状態が若返ります。
 もちろん人は死ぬときには、物質的には何ももっていけませんから、当然アストラル世界には手ぶらで到着します。しかし、苦しんだりせずに亡くなった方たちはとくに自分が死んだことを実感できないために、まだ生きていたときの概念で物事を考えようとしてしまいます。
 ですから、財布や、大切にしてきた物がないと非常に不安になってしまいます。しかし、ここにはお金もないし、職業もなく、すべては自分の自由な選択によって、自由に得たり与えたりすることができます。
 死者たちは、アストラル世界でのそうした経験を経て、物に依存したり、共依存の人間関係を作ってきたクセがひとつずつなくなっていきます。

 地球に帰りたがる死者たち

 一番興味深いのは、この世界に来た死者たちが、一度は元のあまり幸福ではなかったはずの地球社会に帰りたいと思うことです。そう思うきっかけになる一番の要因は劣等感です。
 アストラル世界の奉仕者たちは、全員非常に優秀で、私たち地球人とまったく同じ姿をしているので、死者たちは無意識のうちに自分と比較します。そして、自分は何もかもやってもらわなければならない立場であることをみじめに思ったり、奉仕者たちと比較して明らかに自分は劣っていると感じてしまうようです。
 地球社会は評価社会です。そこで、高く評価されたり、人より優れていることを求めてきた人たちが、突然自分には何も理解できず、アストラル世界の概念にうまくなじめていない自分を感じ始めると、いたたまれなくなるようです。
 とくに地球でもそれなりの地位をもっていたような優秀な人たちは、プライドが高いので、ここでの衝撃は一層強くなるようです。地球にいたときは地位や名声があって、人から賞賛され、みんなの面倒を見たりしていた自分が、いきなりリハビリセンターに入って、自分が信じできた概念が嘘やまやかしだったと知るとショックなのは当然でしょう。
 精神的にも、肉体的にも圧倒的なタフさをもち、どの人のニーズにも明確に応える姿勢や、感情的になることなく常に冷静で中立な態度でいることができる奉仕者たちに猛烈な嫉妬心をかき立てられる人たちも少なくはありません。
 そこからがもう大変で、自分の担当のスタッフに意地悪をするようになったり、中には思いあまってリハビリセンターを脱走しようとする人もいます。今までは活躍していた自分が無力で、人のお世話にならなければいけないことに耐えられず、脱走するのです。
 そういう人は元々優秀な人なので、奉仕者たちがアストラルから幽界へ新たに魂を迎えにいく頻度やタイミングを観察して、綿密に計画を立てます。それに紛れて脱出したりします。幽界から再び地球に行きたいからです。でも、死者はもう地球には戻れません。
 奉仕者たちは死者が紛れ込んでいることに気づいていて、死者自身がもう戻れないということを自分で確かめた時点で、再びアストラル世界に連れ戻します。死者は怒って「俺を誰だと思ってるんだ!」と怒鳴ったりします。
 一方アストラルの奉仕者たちは、どんなときにもすべての死者たちに寄り添う気持ちをもって対応してくれます。とくに最初に対応してくれる奉仕者は、何度も地球に生まれて生活した経験をもつ奉仕者たちですから、地球人として亡くなった人たちの気持ちをよく理解しています。かといって感情的に同情することなく、死者たちの成長と理解を信じて対応してくれます。
 アストラルではどんな人も公平に扱います。生きているときに特別扱いされてきた人が、最初にアストラル界に入って、一列に並んだベッドで休んでくださいと指示されたりすると、「特別室はないのか」などと言ってしまうのは、ちょっと悲しい感じがしますね。
 地球で権威や名誉などを得て、評価を得て、それに執着していた人たちはアストラル世界の公平な対応になかなか慣れることができず、地球的な価値観をいつまでも引きずってしまうケースもあります。そうなると、リハビリに時間がかかります。
 生きているうちにそういう執着を捨てられると一番いいですね。

 アストラル界での穏やかで幸せな生活

 アストラル界では、亡くなった地球人も、リハビリセンターで世話をしているスタッフたちも、アストラルボディーをもって生活しています。
 地球上で使っていた肉体とほぼ一緒です。
 肉体が著しく損傷を受けていたらアストラルボディーもそのままの状態なので、リハビリセンターに行く前に治療施設に入って、病気を治し、傷を消されて、「この人生でなぜそのような経験をする必要があったのか」という意味を十分に理解できるようにします。
 もちろん痛みはすぐになくなるし、必要のなくなった傷は瞬時に消えますが、そこにいるのは地球上にいるような医者ではありません。
 アストラルボディーは、地球上に生きていたときの肉体とは次元が違う体です。時間の経過も地球よりもゆっくりです。
 たとえば10代で亡くなったら、アストラルボディーもそのときのままです。年をとってから亡くなった人もそのままですが、それ以上老化が進んだり、病気になったりすることはありません。
 がんが進行していた人は元の健全な細胞に戻ります。入れ歯になった人も、アストラルボディーになったときは歯があります。
 たとえば鏡に映っている自分の姿を見れば、地球人でも「今日は顔色がいいな」とか「暗い顔をしているな」とか変化を感じると思いますが、それと同じように、地球人として鏡を見ていたときよりも、顔の造作は元のままですが、ワントーン明るくなって元気そうな顔になっていると思います。でも、誰の顔かわからないなどということはなく、自分が見慣れた顔と体です。服もちゃんと着ています。
 リハビリの段階を卒業すると、自立してこの世界で自由に生活することになります。そのための研修期間が始まります。
 アストラル世界にはお金は存在しません。今の地球では、みなお金のために我慢することも多くあります。嫌な仕事でも辞められなかったり、疲れていても休むことができなかったり、あまり収入が得られなければ、必要な物やほしいものを手に入れることも、行きたい所に行ったり、参加したいことに参加することも適いません。
 別の言い方をすれば、お金は便利でもあり、大概のことはお金で何とかすることができます。
 ですから、地球では多くのことを決定づけているのはお金なので、お金のない生活に慣れるのにも時間がかかります。
 アストラル世界には、コンビニエンスストアのようにあちこちにレクリエーション施設のようなものがあります。アストラル界で生活していく上で自分が必要だと思うものは、そこで何でも手に入れることができます。家も支給されます。ひとりでもいいし、誰かと住むこともできます。
 そちらの世界に行ったらものを食べる必要がないのでキッチンも必要ありませんが、食べることができないわけではありませんから、食べたい人は食べることも可能ですし、料理をしたい人は、キッチンを完備した家を手に入れることも可能です。
 先述の通り病気は治ります。100歳で死んでシワがある人はシワがあるままですが、もし本人に美容へのこだわりがあってシワをなくしたいなら、それも可能だと思います。でも、その世界でリハビリを受けた後は、もう外見的な執着がなくなっているので、そういう気になりません。
 生活そのものが違っていて、全員が、そこにいるすべての人と受け入れ合っているので、敵対する人も、自分を否定する人も、攻撃する人も、ジャッジする人もいないのですごく穏やかな生活です。
 穏やかになるだけで人のシワは減りますよね。リハビリが終わった人たちは、全員すごく幸せなのです。

 これが再び生まれるための教育だ

 リハビリセンターのゴールは、アストラル界でみんなと円満に普通に生活できるようになることです。
 そこから先は本格的な教育が始まります。教育内容は多岐に渡っていますので、自分の興味のあることを選択できる部分もありますし、必修科目のように全員が受ける必要があるものもあります。
 選択できる教育は技術や知識を得るためのものです。たとえば、魂がずっと音楽家をやっていた人は音楽ができます。楽器が必要であれば、レクリエーションセンターのような所へ行けば、完全にカスタマイズされた自分の楽器をもらうことができます。
 だんだんと好奇心がわいてくるので、この世界はどうなっているのかとか、この世界でも自分がみんなの役に立つにはどうしたらいいだろうという意識が出てきます。そういうことが始まると、リハビリは卒業して、みんなと一緒に普通に生活することができます。
 それまでに、アストラル界のいろいろな施設やしくみを学ぶための見学会などもあります。
 この段階に入ったときの一番のメリットは、きちんとした教育を受けられるということです。
 そして純粋な魂に戻っていくと、今度はまったく新しい可能性をもって地球以外でもさまざまな世界に転生していく可能性が出てきます。
 そうするにあたって、スピリチュアルな教育を受けながら、宇宙のしくみや、自分はそもそも何を探究していた魂なのかを、明確に思い出すということが大切です。
 アストラル界でも、アストラルボディーのまわりに魂があるのは変わりません。
 アストラル界では、魂の中の情報をある程度整理するわけです。
 地球人は、古い魂のまま何回も輪廻しているので、魂の中で多くの情報が未整理なままグチャグチャになっているわけですが、それを自分自身で整理するための勉強なので、誰か教師が教えるのではなく、アストラル界のストレスのない生活をしながら、さまざまな形で考えるチャンスがもたらされ、ゆっくりと自分自身を振り返ることで、自ら気づくのです。
 自主的に、散歩をしたり、瞑想をしたり、芸術活動などの創造的な活動をすることによって、自分の中からわきあがる情報や記憶を整理してゆきます。
 最初に来たときに浮上したコンプレックスや根深い被害者意識は、固い殻のようになって自分で手放すことが難しいので、リハビリセンターではそのような表層の殻のような部分を取り去ることを手伝ってくれます。
 そのとき、「自分がもっていたのは、地球ならではの利害関係に基づく被害者意識であり、霊的にはまったく被害を受けていなかった」ということに気づきます。
 自分の経験を語る相手がほしいときは、話を聞く専門家がいて、うまく記憶を整理することをサポートしてくれます。
 一方的に何か教わるとか、何かを覚えるとかではなく、自分が何者だったのかを思い出していくためのサポートをしてくれるのがここでの教育です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんが語る「転生」とは、死んだ後、魂がアストラル界に行くことです。そして、アストラル界のリハビリセンターで魂を癒し、再度転生するための準備をするといいます。
 ここまでの話であれば、「そんなことはもう知っている」と思った方は多いと思います。
 でも、サアラさんは、これまでの地球では、多くの魂は「転生」させてもらえなかった。幽界で捉えられて癒しも与えられず、強制的に人間に生まれ変わる「輪廻」が行われたと言っています。
 もしそれが本当だとすると、かなりショッキングなことだと感じる方は多いと思います。

 次回は、サアラさんが語る「輪廻」について記事を書く予定です。



『SKY PEOPLE』(2)...2018年5月2日

 去年の秋、私はサアラさんが主催するハワイ・リトリートに参加しました。
 その際に、男性としてはちょっと羨ましいと思われる体験をしました。
 リトリートに応募した参加者は15名で、サアラさんを含めたスタッフの方が3名で計18名でした。
 その中で男性は3名のみでした。スタッフの男性が一人で、ご夫婦で参加された方が1組で、あとは私だけです。
 つまり、一般の参加者で実質的な男は私一人だけだったのです。
 私はここ何年にも渡り、スピ系のセミナーやスクール、ワークショップに参加してきたので、周りを女性に囲まれるという状況には慣れているつもりでした(スピ系の集まりは、通常であれば圧倒的に女性の方が多いです)。
 さらに私は、元々話ベタだし、自分から積極的に人に話かけるタイプではありません。
 15名の参加者のなかで、知っているのはサアラさんのスクールで一緒だった女性一人だけでした。その女性も、スクール時代にはほとんど話したこともなかった上に、ご夫婦で参加されていました。
 さすがに今回は、孤独な旅になるだろうと思いました。
 スクールで一緒だった男性の仲間がいれば、色々と会話も弾むだろうと思ったのですが(別に友達を作る為に参加したわけでないのですから)、これは仕方ないと覚悟しました。

 ここで脱線しますが、長年スピ系のイベントに参加した印象として、そうしたスピのイベントに参加する女性にはある特徴があると考えるようになりました。
 それは、ある種、独特の雰囲気を持った女性が多いということです。
 ゲリースクール時代の仲間は、そうした女性を”魔女”と呼んでいました。私は、さすがに魔女呼ばわりは可哀相だと思っているのですが、内面に深い何かを持っていると感じさせる女性が多いのは確かだと思います。

 さて、孤独なはずのハワイツワーをスタートした私でしたが、実際はまるで逆でした。
 なんと女性の方から、私に色々と話しかけてくれるのです、初対面なのに・・・。
 私は面食らいました。
 たった7泊8日の旅でしたが、これまでの旅ではありえないぐらい、色々な女性とたくさんの会話をしました。7泊8日の間に、女性と10年分の会話をしたような感じです。
 私は最初、男一人で参加した私に、気を使って女性が話しかけてくれたのだと思いました。実際に大半はそうだと思いますが、そのうち違う要素もあったのではと考えるようになったのです。

 それは、旅に出る女性は、心の底でちょっとしたロマンスのようなものを期待する気持ちがあったのではないかということです。
 しかし今回はリトリートなので、観光旅行ではありません。
 でも、旅の中で、ちょっとした異性との交流を期待する気持ちもあったのではないかと感じたのです。
 今回のハワイツワーでは、可哀相なことに、私という歳のいった、うらぶれおじさんしかいません。ツワーに参加した女性には、残念ながら選択肢がなかったのです。観光旅行ができるなら、外での出会いもあったでしょうが、私たちは朝から晩までワークでした(最終日のみ自由時間がありましたが)。
 もちろんそうした気持ちを持った女性は全体で見れば一部だと思いますが、それがあったので、私のようなさえないオヤジにも、声を掛けてくれたのだと思うのです。
 そうでなければ、私が女性から頻繁に話しかけられるはずがありません(もし、仮にわたしが若くてイケメン男性だったらどんな展開になったか、ちょっと興味があるのですが・・・)。
 こうした旅でロマンスを求める女性の気持ちは、旅が終わると、その時点で見事に終了します。
 実際のところ、私が今でもメールのやり取りがあるのは、ハワイツワーに参加された私のHPの訪問者の方一人だけです。

 とはいえ、本当に貴重な体験をさせていただきました。
 ハワイツワーの間、私に話しかけていただいた女性の方々に、この場を借りて感謝申し上げます。

 さて、本題に入ります。
 前回『SKY PEOPLE』では、アーディ・クラーク女史が、メソアメリカの旅で自らUFO体験をした話を紹介しました。
 記事は、素敵な旅という主旨で選ばせていただきました。
 今回もまた素敵な旅という主旨で、主人公アーディ・S・クラーク女史が旅の中で体験したちょっとしたロマンスを紹介しようと思います。
 ロマンスといっても相手は91歳のお爺ちゃんです。
 でもこのお爺ちゃんは、40歳も若く見えるそうです。50代相当ということであれば、充分にロマンスが楽しめそうです。
 では今回も『SKY PEOPLE』(アーディ・S・クラーク著、ヒカルランド)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『SKY PEOPLE』、p307〜p319から抜粋開始>・・・

 太古からスターマンとマヤ人は友人だった!?

 光を放つ球体(オーブ)や生き物が、突然どこからともなく現れたという話は、いまや目新しいものではない。旅の間にもこのような報告をたくさん受けた。こうした出来事のほとんどは、UFOの出現に呼応するように起こっている。
 光を放つオーブは、先住民にはとてもなじみ深いものだ。光を放つオーブがUFOに変化したという報告はたびたびされている。アメリカ先住民の遭遇体験において、光を放つオーブが宇宙人に姿を変えたという報告も珍しくはない。儀式の間に光り輝くオーブが現れ、ダンスを踊っていたという話もある。ホピ族の踊り手が踊っていると、しばしばオーブがやって来て、チラチラ光るそうだ。チェロキー族の村では、古代から光を放つ球体が目撃されてきた。伝説によると、光は愛する夫や息子を見守る、戦士の妻や母親だという。アマゾンのシュアール族には、祖先が夜空に輝く白や青の光となって訪れるという伝説がある。シュアール族は祖先、UFO、それに自分たちを区別せず、この3つは同じものと認識する。結局のところ、あらゆるものは自分自身だということだ。
 ここでは、ロドリーゴという名の年老いたザポテク族の先住民が登場し、ザポテク族の老人たちのもとを訪れた光を放つオーブの話を語ってくれる。

 かつて賢者が生きていた時代があった

 サン・クリストパルでの4日目、ベニートと私は朝早くオアハカシティに向けて出発した。その有名な町までは9時間かかり、長く困難な道のりだった。この町はゲリラ組織ザパティスタの反乱とその暴力的な反政府運動で知られている。ある夜、オアハカシティの小さなブティックホテルの中庭で座っていると、1人の老人が私の隣のベンチに座った。彼はこのホテルで整備員をしている。「セニョーラ、あなたをここ数日お見かけしていますが、何日お泊まりになるのですか」
 「10日ぐらいの予定です」
 「この美しい町に長く滞在して楽しまれるのは素晴らしいことです。整備員は白髪の混じるまっすぐな黒髪をひっつめて、小さなポニーテールに結っている。その浅黒い、いかつい顔を見ていると、1950年代の西部劇のスターが思い出された。その俳優の名前がどうしても思い出せないまま、私はその老人をまじまじと見つめていた。ホテルに滞在中、何度もその老人を見かけていた。ホテルの男性従業員の制服であるダークブルーのジャンプスーツを着ていなかったら、ホテルのオーナーだと思っただろう。彼はホテル経営のあらゆる面に関与しているように見えたが、他の客に、自分は庭師だと言っているのを耳にしたことがある。「このホテルを選んでいただき、ありがとうございます。小さなホテルですが、サービスには誇りを持っています。何かご用がありましたら、何なりとロドリーゴにお申しつけください」
 「このホテルをとても気に入りましたわ。部屋は快適だし、食事も素晴らしい。私はこの町が、そして古代遺跡が大好きなんです。あと、チョコレートもね」。私はチョコレートという単語を強調して言った。チョコレートという言葉を出したとき、老人の顔にほほ笑みが広がった。
 「そう、チョコレート。ここはチョコレートの町です」
 「町じゅうチョコレートのにおいがしますね。何とも誘惑的だわ」老人は膝をぴしゃりと叩き、声を立てて笑うと、首を振りながら言った。「まったくです。ご婦人方はチョコレートがお好きだ」。
 「私も例外ではありません」と私は答えた。彼はほほ笑み、特別な秘密を共有しているかのようにウインクした。
 「あなたの目的は、古代遺跡ですか。それともチョコレート?」彼はからかうように尋ねた。
 「古代遺跡を見に釆ました」それと、スターピープルやスカイゴッドの伝説について人々から話を聞くために、もちろん、チョコレートも魅力的ですけど」
 「ああ、スターピープル。私もいろいろ体験を持っています。お聞きしてよろしいかな。これまでどこへ行かれましたか」とロドリーゴ。
 「モンテ・アルバン遺跡に2日間、ミトウラ遺跡とヤグール遺跡に1日ずつです。トゥーレの木も見に行ったわ。それに、近郊の村もいくつか訪問しました」
 「ほとんどの旅行者は、ただ来て去っていくだけで、何も見ません。心を開けば、この土地にパワーがあるのがわかるはずです」
 「この町にはスピリチュアルなパワーを感じます。どこへ行っても」
 「興味深いですな。また後ほどお話ししましょう」そう言うと、彼は立ち上がって歩き去った。
 私はウエーターの注意を引くと、ボトル入りの水を注文し、ホテルの広場の隅にあるテーブルに移動した。そして、じゅうたんを敷き詰めたような芝生のエリアで、老人が枯れた花や葉を取り除くのを見ていた。その仕事を終えると、彼は私のテーブルへやって来た。
 「明日、もしご都合がよろしければ、オアハカシティで一番美味しいチョコレートを売っている店へお連れしたいのですが」
 「ありがとう。ぜひご一緒させてください」
 「それと、今夜私と夕食を共にしてくださるなら、スタートラベラーの話ができますが」とロドリーゴ。「7時にお迎えにうかがってよろしいですか」
 「7時なら大丈夫です」
 7時きっかりに、部屋のドアがノックされた。ドアを開けると、ロドリーゴが黒のドレスパンツに白い半袖のシャツという姿で立っていた。この町の男性の一般的な礼装だ。髪は理髪店に行ってきたばかりのようだ。「カサ・オアハカ・レストランで食事をされたことはありますか」と彼は尋ねた。
 「いいえ。まだ機会がなくて」
 「よかった。プライバシーが守れるように、ルーフトップのテーブルを予約しておきました。サント・ドミンゴ教会の素晴らしい眺めを楽しめますよ。きっと喜んでいただけると思います。ゆっくりお話しもできるでしょう」
 レストランまでの数ブロックの道を、私たちは腕を組んで歩いた。町は物売りやあらゆる年齢の人々で活気に満ちていた。私たちが道を歩いていくと、女性はうなずき、男性は軽く頭を下げた。歩道にいるすべての人が、子供たちでさえ、脇へ寄って道を空けた。私の連れを知らない人はなく、みなが敬意を抱いているのがわかった。「まるで王様と一緒にいるみたいだわ」と私は言った。
 ロドリーゴはほほ笑んで、ささやいた。「スパニアード(管理人注:スペイン人)がやって来る前なら、あなたの言われるとおりだったかもしれませんが、今では私は一介の庶民ですよ」
 「そんなこと、信じられないわ」と私は言ったが、ロドリーゴは何も言わなかった。
 屋上の西側にただ1つ配置されたテーブルに着き、ロドリーゴが料理を注文している間、私は素晴らしい眺めを楽しんだ。
 「お気に入れば幸いですが、セニョーラ。ここのスペシャリティは5皿コースのディナーでしてな、今夜の肉料理について詳しく尋ねて、それを2人分頼みました」
 「それで結構ですわ。あなたにお任せします。ところでロドリーゴ、お伺いしてもいいかしら。あなたはいったいおいくつなんでしょう」。ちょうどウエーターが、チリパウダーとライムで味付けしたバッタ(チャプリン)のから揚げが入った小さなボウルを持ってきたので、彼はちょっと待ってから答えた。
 「91歳の誕生日を迎えました」そう言って、ボウルを取り上げて私に食用の昆虫を差し出した。私はスプーン1杯分を自分の皿に取り、1匹つまんでロに入れた。「オアハカシティでは誰もが知っていることですが、チャプリンを食べたら、その人は必ずここへ戻ってくることになります」。彼はほほ笑みながら言った。「私は今とても後ろめたく思っています。下心があってチャプリンを注文したのですよ。ザポテク族は、チャプリンを食べた人はオアハカシティに戻ってくると言います。それは運命なのです」。彼はグラスを手に取り、私に向けて掲げた。「今夜のように、素晴らしいアメリカーノと何度もディナーをご一緒できますように、乾杯!」そう言うと、彼は私にウインクした。この瞬間、彼は後ろめたくなど思ってなどいないと感づいたが、口には出さなかった。その代わり、遭遇体験を話してくれるよう話題を変えた。
 「あなたのことを教えていただいていたのでしたね。お年をお伺いして」
 「ああ、そうでした。私は91歳ですが、もう少し生きて、伝説になりたいと思っています」そう言って、にっこり笑う。「私は屈強で、健康です」。私は向かいに座っている男性を見た。彼の物腰を見ていると、少なくとも40歳は若く見える。自称ザポテク・インディアンの彼は、少し訛(なま)りのある英語を話した。
 「長生きの秘訣は何ですか」と私は尋ねた。
 「酒は土曜日の夜しか飲みません。毎日果物を食べます。薬はザポテク族が決めた薬草しか使いません。毎日仕事で数キロ歩きます。若い女性とダンスをします。ときには口説くこともあります」。私は彼がさりげなく口説いているのだと思い、心の中でほほ笑んだ。
 「ダンスと口説きの練習をたくさん積んでこられたのでしょうね」
 「そのとおり。しかし、結婚は一度もしていません。私はホテルと、私を育ててくれた人々に人生を捧げているのです」
 「どうぞ、あなたのことを話してください」
 「12歳のとき、母親を亡くしました」と彼は話を始めた。「父親はすぐに別の女性を見つけました。悲しんでいる暇もありませんでした。母親の葬式がすんだ翌日に、父はその女性と結婚したのです。私は不幸でした。とても悲しかった。父親の新しい妻は、私の存在を快く思っていませんでした。弟が2人いて、その女性は弟たちのことは可愛がっていましたが、私は違ったのです。私は母の遠縁に当たる、ホテルのオーナーを頻りました。彼は私に居場所を与えてくれました。私は自室と、おいしい食べ物と、小遣いも少々与えられました。今私は、この谷で暮らす人々の中で一番の金持ちになりました。まだ賢者が存在していた時代に育つことができて、私は幸運でした。今ではみんな死んでしまいましたが、彼らは私の教師でした。彼らは昔ながらのやり方を教えてくれ、私は良い生徒でした。私は祖先について、すべてを知りたいと思ったのです。賢者が生きていた時代に生まれて私は幸運でした」

 スターピープルは私たちの祖先です

 「賢者たちから、スターピープルの話を聞きましたか」と私は尋ねた。
 「私が子供のころは、スタートラベラーはこの地を、まさにこの場所を歩いていたのです。長老たちは彼らとコミュニケーションをとっていました」
 「そのことについて、詳しく話していただけますか」
 「あなたは空に現れるオーブを見たことがありますか」
 「ええ、あります」
 「私たちは、オーブは祖先だと考えます」とロドリーゴ。「祖先は夜の空に、光を放つ球体として姿を現します。ときには青だったり、うす紫だったりしますが、いつも光っています。あなたも夜空を見上げたとき、オーブを見ることがあれば、それは祖先があなたとコミュニケーションをとろうとしているのです」
 「オーブとUFOの違いは何ですか」と私は尋ねた。
 「違いはありません。ときにオーブは空飛ぶ宇宙船になります。ときには人間の姿になります。彼らの使命によって変わるのです」
 「どんな使命なのでしょう」
 「かつては私たちの支援者であり、教師でした。彼らは偉大な謎に関する、すべての知誠を持っていました。今はただ観察者として、あるいは薬草を集めるために来ています。私たちが薬草として使っている植物の多くは、スタートラベラーが私たちを助けるために植えたものなのです。植物は、彼らの星よりここの方がよく育ったのです」
 「あなたはスタートラベラーとコミュニケーションをとったことがおありなのですか」
 「若いころはありました。まだ昔の長老たちが生きていた時代です。昔の長老は彼らと友達でした。儀式の最中に、彼らが空から降りてきたものです。だが、彼らとコミュニケーションをとらなくなって、もうずいぶんになります。彼らは私たちが歩んでいるやり方に、ひどく失望したのではないかと思います」。彼は話を中断した。ウエートレスがアニシードで味付けしたブラックビーンのスープを持ってきたのだ。「山の中に洞窟があります。彼らは今もそこに来ているという者もいます。そこで休んで、昔のように山を歩きまわっているそうです。私は見たことはありませんが。私はもう山へは行きません。昔の長老たちがいなくなってからは行っていないのです」
 「ザポテク族はよその星からやって来たと信じておられるのですか」と私は尋ねた。
 「いいえ、セニョーラ。私たちは洞窟から出てきました。私たちは岩の種族なのです。ウエーターがチキンモーレ(モーレはカレーのようなメキシコ料理)を持ってきたので、彼はふたたび話を止めた。「このレストランのチキンモーレは、オアハカで一番うまいですよ」とロドリーゴ。「チアパス州にはたくさんのモーレがありますが、ブラックモーレが一番です」
 「何が入っているのですか」と私。
 「30種類ほどの材料が入っています。全部は知りませんが、何種類かの唐辛子と、チョコレート、シナモン、トマティロ、クローブ、ナッツ類が入っています」
 「とてもおいしいわ」
 「では、私の選択は正しかったのですね」
 「ええ、素晴らしい選択でしたわ」。私たちは黙って食べたが、しばらくしてロドリーゴが話を続けた。
 「スタートラベラーは空からやって来ます。私たちは宇宙では友人同士なのです。彼らは私たちを助け、私たちは彼らを助けます。昔の長老が言うには、彼らの中には人間の女性と結婚した者もいて、女性を彼らの星へ連れていったそうです。といっても、女性も彼らと一緒に行くことを望んだのです。嫌々連れていかれたわけではありません。スターピープルは地球には定任しませんでした。訪問者だったのです。私たちが彼らを祖先と呼ぶのは、私たちより前からいるからです。親戚ではありません。祖先なのです。彼らの文明は私たちのものより古くからあります。彼らは私たちより多くの知識を持っています。だから、私たちは彼らを敬っているのです」
 「確認させていただきますが、祖先ではあるけれど、親戚ではないと言われるのですね」
 「そうです。彼らを祖先と呼ぶのは、彼らの文明の方が古いからです。結局のところ、私たちはみなつながっているのです。宇宙のすべてのものはつながっています。植物、木々、水、星々、それに地球の人々やよその星の人々もつながっているのです」
 「スターマンと結婚した女性がどうなったか、ご存じありませんか。彼女たちは地球に戻ってきたのでしょうか。子供は連れてきましたか」
 「私が聞いたのはマヤの女性を妻にしたスターマンの話ですが、彼女たちは戻ってきませんでした」
 「スターマンは、モンテ・アルバンのような古代都市の建設を助けたと思われますか」
 彼は首を振った。「ザポテクにやって来たスターマンは、建設者ではありません。彼らは科学者です。世界のさまざまな文明を救うために、宇宙を放浪しながら、植物や薬を探していたのです。だからセニョーラ、違うのです。ザポテク族とミステク族は、自分たちの力で偉大な都市を築きました。言葉や都市の多様性を見てください。1つ1つ違うでしょう。もしスターマンの助けを借りてこれらの都市を建設したのなら、スターマンの種族が何十もあったことになります。そんなことはありえません」
 「あなたが最後にオーブを見たのはいつでしたか」と私は尋ねた。
 ウエーターがホットチョコレートとバラの花びらの香りがするアイスクリームを持ってきて、彼の話をさえぎった。ウエーターが行ってしまうと、ロドリーゴは話を続けた。「オーブはほとんど毎晩やって来ます。ただ見ようと思えば見えるのです。大部分の人にとって、オーブは目に見えません。内なる目、開いた心を持っていないからです。でもあなたなら、見ようとすれば見えると思います。あなたは正しい心をお持ちですから」
 その夜私たちは長居をし、ホットチョコレートを2杯飲みながらおたがいの人生について語り合った。それから、ホテルまでゆっくり歩いて戻った。ロドリーゴは私の手を取り、でこぼこの石畳の道を注意深く導いてくれた。そして、ときどき立ち止まっては空を見上げた。オーブを探していたのだろうが、その夜は現れなかった。翌朝、私はドアをノックする音で目覚めた。若いホテルの従業員が、葬式に飾る花かと思うような大きなバラの花束を入れた花瓶と、これまで見たこともないほど大きなチョコレートの箱を私に手渡した。「ロドリーゴからです」と彼は言った。私は付いていたカードを読んだ。「私があと40歳若かったらどんなにいいでしょう。今となっては来世に期待するしかありません」。メッセージを読んで、私はほほ笑んだ。やっぱりロドリーゴはまだ女を口説いているのだ。
 お昼にチェックアウトするとき、ホテルのマネジャーにロドリーゴのことを尋ねると、重病のお兄さんを見舞うため、よその村へ行ったと教えてくれた。お兄さんに薬を持っていったのだ。「ロドリーゴは、お見送りできないことをよくお詫びしてくれ、でもセニョーラはまたすぐ戻ってこられるだろうから、その日を楽しみにしていると申しておりました」とマネジャーは言った。私はほほ笑み、バラの花束とチョコレートの箱を持ってホテルから出て、ベニートが待つバンに乗りこんだ。
 2年後、私はオアハカシティを再訪した。ホテルにチェックインして、ロドリーゴのことを尋ねると、彼はまだホテルで働いているという。そして私は2週間、ロドリーゴのゲストとしてホテルで過ごした。彼は毎晩7時きっかりに現れて、私をディナーに連れていってくれた。旅の最終日、私は彼が庭師ではなく、ホテルのオーナーだと知った。私が最後にオアハカシティを訪れてから6カ月後、ロドリーゴが眠っている間に亡くなったという知らせを受けた。94歳の誕生日は越したが、予定の年齢にはあと少し足りなかった。彼は最も信頼する従業員に遺言を残していて、私はこれから一生このホテルに、無料でオールインクルーシブ待遇を受けられるそうだ。葬式の日、新しいオーナーは私を脇へ呼んで言った。「セニョーラ、あなたはロドリーゴに強い印象を与えたようですよ。あなたとは来世で再会するだろうと言っていました」。私はあれからそのホテルにも、オアハカシティにも一度も行っていない。ロドリーゴがいないあの町は、もう同じ町ではないだろうから。

 私は夜空を見上げるたび、ロドリーゴのことを思う。死ぬことは怖くないと彼は言っていた。「死んだら祖先たちに迎えられ、もう一度賢者たちと一緒に過ごせるのです。誰にも悲しんでほしくありません。本当の家族と一緒に暮らせるのですから」

 ・・・<抜粋終了>・・・



『SKY PEOPLE』...2018年4月29日

 ゴールデンウィークが始まり、本格的に行楽シーズンが始まりました。
 旅行に出掛けられる訪問者の方々も多いと思います。

 そんな旅行で、思いがけないイベントが起きたりしますが、それも旅の醍醐味です。例えばスピ好きな私であれば、ちょっとした神秘体験があると嬉しくなります。
 2011年に私は、屋久島に行きました。
 すでに『屋久島、激旅日記』として記事に書いたのですが、ちょっとした旅のイベントの例として再度紹介させていただきます。

 屋久島に着いた私は、志戸子(しとこ)ガジュマル園に行くツワーに参加しました。
 ガジュマル園の木の前で、案内人さんが解説を始めたとき、私は大きなエネルギーの放射を放つ存在が、すぐ傍にいることを感じました。
 それは身体が熱いと感じるくらいのエネルギーを放射していたのです。
 もちろん私はそのとき、そのエネルギー体の正体など何もわかりません。ただ、圧倒的なパワーを感じていました。
 案内人さんのガジュマルの木に関する説明が終わったので、私はそのガジュマルの木の写真を撮りました。
 すると、傍にいたエネルギー体がすっと消えたのです。
 私は、「あれっ?」と思ったのですが、用が済んだとばかりに消えてしまったのです。その時の思いを今でも憶えているのですが、ちょっと寂しくなってしまいました。
 下が、そのときのガジュマルの木です。





 中央のやや上に光点が見えますが、もちろん写真を撮ったときには、そんな光点はありませんでした。
 旅の最終日に私は、宮之浦にある屋久島環境文化村センターで屋久島を紹介した映画を観ました。その映画の最初のシーンが出る直前に、あざやかな光の光点がスクリーンの中心に現れたのが印象的でした。
 ちょうど、私が撮ったガジュマルの木の映像と同じだったのです。

 これは私の勝手な解釈ですが、私はガジュマルの木の前で、屋久島の精霊に会ったのではないかと思うのです。
 その精霊は、屋久島が聖なる場所であることを、私のHPを通じて人々に伝えたかったのではないかと思ったのです。
 精霊は私が精霊のエネルギーを感じとれることもわかっていて、写真に光点を出すというパフォーマンスをしてみせたのではないかと思ったのです。
 もちろん、これは私の勝手な解釈かもしれませんが。
 どちらにしろ、私にとってガジュマルの木の光点は、ちょっとした旅のイベントとして記憶に残るものになりました。


 さて、本題に入ります。
 以前、『スターピープルはあなたのそばにいる』でアーディ・S・クラーク氏の記事を載せたことがあります。
 アーディ・クラーク氏はアメリカの先住民族の血を引く人で、モンタナ州立大学名誉教授という肩書を持った女性です。
 引退後は、先住民族のUFO体験を収集するというユニークな活動をしています。
 アーディ・クラーク氏は、高校生のとき、19世紀の探検家であるジョン・ロイド・ステイーブンスとフレデリック・ギャザウッドのメソアメリカ探検記に魅了されます(メソアメリカとは、メキシコを含め、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルの国々を指しています)。
 そして、自分もいつか彼らの足跡を追ってメソアメリカを探検するという夢を持ちます。
 そのアーディ・クラーク氏が、メソアメリカを旅して、先住民のUFO体験を集めた本が『SKY PEOPLE』(アーディ・S・クラーク著、ヒカルランド)です。
 今回は、この本から私が印象に残った話を紹介しようと思います。

 これまでアーディ・クラーク氏の本から紹介したのは、UFO体験として私が興味深いと思った話でした。
 しかし今回は、少し趣向を変えたいと思います。
 旅の体験として、素敵だなと思った話を紹介しようと思います。
 アーディ・クラーク氏は、先住民のUFO体験を収集する旅に出たのですが、なんと本人がUFO体験をしてしまったのです。
 旅のイベントとして、本当に最高だったと思います。
 では、アーディ・クラーク氏が、ホンジュラスで自ら体験した話です。


 ・・・<『SKY PEOPLE』、p134〜p148から抜粋開始>・・・

 マヤ人の祖先は宇宙船に乗ってやって来た

 1841年以前、コパン遺跡はほとんど人に知られていなかった。この年、ジョン・ロイド・スティーブンズとフレデリック・キャザウッドは『中米・チアパス・ユカタンの旅』を出版した。2人は13日間滞在し、スティーブンズは遺跡を切り開き、キャザウッドは古代の建造物を絵に措いた。2週間後、スティーブンズはグアテマラに向けて出発した。キャザウッドはひとり遺跡に残って、巨大な古代都市を紙に記録する作業を続けた。コパンに出発する前、スティーブンズはマヤ都市が建つ土地を、地元の農民から50ドルで購入した。当時スティーブンズはすべての権利を買い取ったと思ったが、どうやら農民は、遺跡の発掘と記録を続ける権利を売っただけだったらしい。どちらにせよ、農民は良い取引をしたと思ったようだ。なぜなら地元の住民とカトリックの神父は、そこは超常現象が起こり、奇妙な石や異教の偶像がゴロゴロしている「邪悪な場所」だと考えていたからだ。
 20世紀になると、コパンを訪れる旅行者はほとんどいなくなった。しかし1968年、スイスの作家エーリッヒ・フォン・デ二ケンが『未来の記憶』という本を出版し、アメリカ合衆国とヨーロッパでベストセラーになった。フォン・デ二ケンは、マヤ都市コパンのステラ(彫刻の施された背の高い石柱)には宇宙帽をかぶった古代宇宙飛行士の姿が彫られていると主張した。彼は現代の人類が地球に住むよりはるか昔に宇宙船が着陸し、異星人の飛行士がマヤ人に天文学と建築術を教えたと論じた。そして、異星人はマヤ人が都市を建設するのを助け、マヤ文明の支配者は地球外生命体の末裔だと考えた。
 ここでは、私自身がコパンで体験した、第1種と第3種の接近遭遇を紹介する。(「接近遭遇」とは空飛ぶ円盤とそれに類するものの目撃・接触を指す。大きく分けて3段階あり、第1種は空飛ぶ円盤を至近距離から目撃すること、第2種は空飛ぶ円盤が周囲に何らかの影響をおよぽすこと、第3種は空飛ぶ円盤の搭乗員と接触することである)。

 マヤ人の祖先は宇宙に暮らしている!?

 ホンジュラスのコパンに滞在して1週間が過ぎたとき、ホテルの客室係がこっそり訪ねてきて、「あなたは先住民だそうですね」と言った。私は目の前に立つ女性を見た。彼女は目が合うのを避け、うつむいてエプロンの縁をいじっている。コパンの町は狭いので、うわさは人から人へとまたたく間に広がる。それで、ホテルに数日滞在すると、町の多くの住民は、会ったことがない人でも、私を知っているのだ。
 「ええ」と私は答えた。「合衆国在住のインディへナよ」
 彼女は私の答えを聞いて、うなずいた。背の低い、ずんぐりした体型の中年女性で、ホテルのオーナーが決めたマヤ風の制服を身に着けている。太陽にさらされた顔を三つ編みにした黒い髪が縁どっていた。モンタナを出てから、彼女のような女性を何百人も見てきた。低賃金でこき使われ、おそらく彼女の稼ぎが家族の唯一の収入源なのだ。
 「夜に遺跡に行くと、祖先に会えるかもしれません」と彼女は言った。「村の司祭は、あなたはインディへナに違いない、そうでなければ祖先は現れないだろうと言いました」。私は彼女の告白に衝撃を受けたが、あまり驚いたように見えないよう努めながら、黙って彼女の話に耳を傾けた。「祖先たちが姿を現すのは夜だけです」と彼女はスペイン語で言った。「これまで祖先を見た者は先住民だけです」
 「祖先とは誰のことですか」と尋ねると、彼女は困惑した様子だったので、こう続けた。「祖先とは……霊ですか」
 「祖先は、神です。いろんな姿で現れます」
 「詳しく説明してもらえますか」
 「空からやって来ることもあれば、ジャングルからやって来ることもあります。光として現れることもあります。私がこんなことを言うのは、あなたがインディヘナで、重要な女性だからです。あなたは賢明な女性です。村の司祭が、あなたがやって来ると言っていたのです」
 「座ってください」と私は言って、自分が座っていたベッドに彼女が座れるスペースを作ったが、彼女は立ったまま話を続けた。
 「1週間前、あなたがやって来ると村の司祭が言いました。あなたがやって来たら、村は豊かになると言ったのです。あなたは良い目的のためにここへやって来るのだから、私たちはあなたに祖先の秘密を教えなければならないと。村の秘密を教えるのに、司祭が外部の人間を選んだのは初めてのことです」そう言いうと、彼女は出口へ向かいドアを開けた。
 「待ってください」と私は言った。「村の司祭が、私がやって来ると言ったとは、どういうことですか。カトリックの司祭のことですか」
 「いいえ、違います」と彼女は言った。「私は山奥の村の出です。コパン遺跡からそんなに遠くありませんが、そこへ行くのはとても大変です。村にはカトリックの司祭はいません」。そう言うと、窓のカーテンを開けて中庭を見渡した。「シャーマンと言った方がいいかもしれません。コパンの住民はほとんどがカトリック教徒ですが、私たちは今も村の古いやり方を守っています。司祭はビジョンを見たのです。インディへナの女性が北からやって来ると。親切で賢明な女性だと言いました。彼女はここの人々をとても愛するので、神様が旅行者をたくさん来させてくださるだろう。それで、私たちはふたたび繁栄するだろう。旅行者が増えるだろうと」
 「あなたの村の司祭は、その女性は私のことだと言われるのですか」と私は尋ねた。
 「村人はみんなそう信じています。コパンにいる私の親戚にも、そう信じている者がいます。あなたはインディへナの女性です。あなたは北からやって来ました。そして、子供たちにプレゼントを配り、ウエーターにチップを与えています。あなたは心根の優しい人です。みんなそう言っています。あなたは合衆国では有名な人だと、私の上司が言っていました」。話を聞いているうち、私はだんだん居心地が悪くなってきた。
 「私は有名人ではありません」と私は言った。「教師をしています。大学の教授です」
 「今夜、真夜中に出かける支度をしてください。弟のテオドロがお迎えに来て、あなたを古代都市へ案内します。もしあなたが神から遣わされた女性なら、そこで祖先を見ることになるでしょう」
 「今夜遺跡へ連れていってもらうのに、弟さんにいくらお払いすればいいかしら」と私は尋ねた。
 彼女は首を振り、「お金はいりません」と答えた。そのとき、どう答えていいものか判断に迷った。彼女は私の答えを待っている。沈黙が続き、気まずい空気が流れた。
 「わかったわ、テオドロを待っています」と私は言った。
 「真夜中を少し回ったころ、お迎えにあがります」
 中庭を見るとウエーターがいたので、私の部屋まで氷を持ってきてくれるよう頼んだ。私はエアコンの効いたスペースに戻ると、スティーブンズの本を取り出し、コパンについて書かれたページを読み直した。午後は遺跡についての感想や、メモしたことをコンピュータに入力して過ごしたが、村の司祭の予言の件が頭から離れなかった。先住民の世界に存在するシャーマンの能力については十分承知していたので、客室係の女性の言葉を軽く聞き流すわけにはいかなかった。スティーブンズの記述に没頭しようとしたが、いつしか眠ってしまったようだ。部屋の外から大声が聞こえて、びっくりして目が覚めた。小さな子供を3人連れた家族が隣の部屋にチェックインしていた。私は急いでシャワーを浴びると、ジーンズをはき、タンクトップの上に長袖のシャツをはおった。そして、スーツケースの前ポケットのファスナーを開け、カウボーイブーツを取り出した。友人のジャンから、カウボーイブーツは家に置いていった方がいいと言われたが、その夜は持ってきてよかったと思った。

 正体不明の小さな光は宇宙からやって来た祖先の霊だった

 シャツの袖をロールアップにし、湿った髪をまとめて髪留めで固定すると、私は夜気の中へ出ていった。中庭のそばの屋根のないテーブルで夕食をとることに決めて、中庭を見まわした。白いカウボーイハットをかぶり、凝った装飾のウェスタンブーツを履いたしゃれた身なりの一人客の男性がこちらを見てほほ笑んだ。私のカウボーイブーツに目を留めている。
 「ほら、見てよ。ジャン」。私はメニューに目を通しながら、心の中でささやいた。ポロ・スダツド(チキンとポテトをトマトソースで煮た料理)のディナーを終えると、私は散歩に出かけることにした。席から立ち上がると、あのハンサムな男性が近づいてきて、おじぎをし、私の手にキスをした。
 「ホアキン・ルチオと申します。どうぞお見知りおきを、セニョーラ」
 「お会いできてうれしいですわ」
 彼はほほ笑んで、私のカウボーイブーツを指さした。「カウボーイブーツを履いた女性はあまり見かけません。ホンジュラスでは珍しい」
 「私が住んでいるモンタナでは、それほど珍しくはありません」と私は答えた。
 「ああ、モンタナ。知っていますよ。麗しのモンタナ。カウボーイとインディアンの国ですね」
 「モンタナへ行かれたことがおありですか?」一緒に外へ歩いて行きながら、私は尋ねた。
 「行ったことはありませんが、写真を見たことがあります。15年ばかり前に、モンタナからコパンへやって来た男がいました。ジョニーと呼ばれていました。彼は村に住み、遺跡の研究をしていました。村を立ち去るとき、彼は地元の人々に家財道具をすべて分け与えました。村人たちは、今でも彼のことを話しています。この村の伝説になっているのですよ。彼を友人と呼ぶことができて、光栄に思っています」
 「名字は何と言いましたか」と私は尋ねた。
 「ジョニーという名前しか知りません。僕は『モンタナのジョニー』と呼んでいました。ホアキンはパルケ・セントラルまで私に同行し、おじぎをして、いとまを告げた。私は地元のピザ店に立ち寄り、ペットボトルの水を1本買った。そこにはマヤタン・バイリンガルスクールの英語を話す教師が5、6人集まり、1人の教師の誕生日を祝っていた。彼ら以外に客はいなかった。遺跡への入り口として、この町は外国人を歓迎し、彼らが町にもたらすドルを期待するようになっていた。他に旅行者がほとんどいないのは明らかだが、シャーマンが見たビジョンのつじつま合わせのように名指しされるのは重荷だ。そのときもまだ私は、あの予言に心を悩ませていた。結局は住民を落胆させることになるのではないだろうか。この期待をどう扱えばいいのだろう。1時間ほどぶらついてからホテルに向かった。辺りにはスパイスの効いた肉と、焼きたてのトルティーヤのにおいが漂っていた。谷の方から、ひんやりしたそよ風が吹いている。日中のうだるような暑さが去り、風が心地よかった。私は部屋へ戻り、日誌を書いた。
 真夜中に、テオドロがドアをノックした。ドアを開けると、彼は4本の金歯を光らせてほほ笑んだ。旅の間、男女を問わず、金歯を入れた人をよく見かけた。古代マヤでは金歯は富の象徴だったが、それは今日も同様のようだ。だが、村一番の金持ちは、おそらく歯医者だろう。
 「ついてきてください」とテオドロは言った。彼はランタンと懐中電灯を携帯していた。腰にはマチェート(管理人注:大きめのナイフのようなもの)が下がっている。少し歩くと町から出て、遺跡へ続く道になる。夜になると辺りは真っ暗だ。町から遠ざかるにつれて、夜は騒々しくなっていった。夜行性の鳥が木々の間をバタバタと飛びまわり、ジャングルの底から聞こえるブンブンという虫の声が夜の空気に共鳴し、薄気味悪さがつのる。テオドロは隠れた通り道を先導していく。私たちはジャングルの茂みの中の通り道を、かがんだり這ったりしながら進んでいった。ジャングルの奥に入ると、道が開けた。テオドロは立ち止まってランタンを灯し、私に懐中電灯を手渡した。道は狭い。川から流れてくる水音が低く聞こえる。スティーブンスとキャザウッドも、ガイドがマチェートで切り開く道を進みながら川の浅瀬を渡ったことを思い出したが、そのとき何かが私の頬をかすったために、2人組の冒険家のことは頭から飛んでしまった。突然、左手に2つの赤い目が輝いているのが目に入った。テオドロが「ジャガー」だとささやいた。近づいていくと、ジャガーは身を翻して森の中へ消えた。テオドロは、ジャガーとの遭遇はめったにないことで、吉兆だと言った。
 暗闇の中、前方にかすかな光が見えた。近づいていくと、それは紫色に輝く光だった。最初は誰かが前にいるのかと思ったが、その光はいくつかの小さな光の球に分かれていったので、ランタンではない。
 「あの光が祖先です」。テオドロが周囲を見まわしながらスペイン語でささやいた。私は故郷の儀式に現れた正体不明の光のことを考えていた。老人たちは、あの光は祖先の霊だと言っていた。
 テオドロは、私たちの他に誰もいないことを確認すると、私を先導して、広場の中央にある神殿の階段を上っていった。そこは漆黒の闇だった。彼はランタンの灯りを消すと、階段に座ってくつろぐように後ろにもたれた。
 「ここで待ちましょう」と彼は小さな声で言った。私も同じように後ろにもたれ、天を見上げた。頭上には、4分の1ほど欠けた月が浮かんでいる。日中の耐えがたい白熱が神秘的な暗黒に姿を変え、その中に何百万もの小さな星がまたたいていた。このきらめく宝石の下に、夜の動物たちが生息している。空ではコウモリが空を旋回したり、急降下したりし、その下には名も知らぬ生き物たちが、古代の建物の間をチョロチョロと動きまわっている。それから3時間ほど、2人とも黙ったまま座っていた。

 ついに祖先が空からやって来た

 私がうとうとしていたとき、それは起こった。「来ましたよ」とテオドロがささやいた。そして、私は見た。小さな光の球が、古代の広場のあちこちでチラチラまたたき、前へ後ろへと楽しげにダンスを踊っている。目の前で繰り広げられる光景にくぎづけになって座っていると、楽しげなダンスの輪から抜け出した1つの光が、私の前にやって来た。他の光は、テオドロの後ろで編隊を組んで浮かんでいる。光の球たちは少しの間そこに留まり、そして夜の闇に姿を消した。「あなたはわれわれの仲間だ」とテオドロが言った。
 私はロもきけずに座って、たった今見たばかりの光景のことを考えていた。ぼんやりと考えに沈んでいる間に夜が明け、朝の光が広場に降りそそいだ。すると突然、頭上に大きな円形の、車輪のような宇宙船が回転しながら現れた。言葉を発することもできずに見ていると、事輪状の物体は回転しながら東の空へ消えていき、そこへサフラン色のコロナに包まれた太陽が昇ってきた。私は目を細めて太陽の方向を見やったが、もう宇宙船の姿はなかった。朝霧が晴れ、古代都市が姿を現した。だが、回転しながら飛んでいた車輪状の物体は、すでに跡形もなかった。光の球が現れた地点の上空に留まっていたのは、ほんの一瞬にすぎなかった。テオドロの方を見ると、彼はもう帰ろうと言った。私はひたすら彼の後に従い、ジャングルの中を来た道をたどって戻った。気持ちはたかぶっていて、さっき目の前で起こったことが信じられない思いだった。
 「テオドロ、あなたも宇宙船を、UFOを見た?」と私は尋ねた。
 「ええ、祖先が空からやって来ましたね。もうずいぶん長い間来ていなかったんですよ。あなたには祖先を呼び戻すパワーがあると、司祭は言っていました」
 「テオドロ、私にはパワーなんてないわ。ただの大学教授よ」
 「司祭は、あなたの訪問によってバランスが回復すると言っていました。北から女性がやって来る。私心がなく、親切で善良な女性だと。まさしくあなたのことです」
 「シャーマンが予言した女性が私だなんて、とても思えないわ」と私は言った。
 「いいえ、あなたです。そうでなければ、祖先がやって来るはずがありません」
 テオドロは私に、真夜中にもう一度遺跡に行ってみたいかと尋ねた。私があと1時間でこの町を離れると告げると、彼は驚いた顔をした。私は、運転手が迎えに来るのだと説明した。コパン遺跡に帰りつくと、テオドロは頭を下げ、私の手を握って言った。「ありがとう、セニョーラ。あなたのおかげで祖先が戻ってきました。これで私の村はふたたび栄えるでしょう」
 私は1人でホテルに戻った。すでに暑くなっていた。太陽が怪獣になり、空を飲みこもうとしているところを想像した。空には雲1つなく、照りつける日差しに体中の汗腺から汗が噴き出した。部屋に閉じこもり、シャワーを浴びて、先ほど見たことを書き留めておきたかったが、ホテルに着くと、ホアキンが近づいてきた。黒のジャケットにカウボーイハットを身に着けた彼が上着の前を開けると、モンタナ州立大学のボブキャットのTシャツが現れた。
 「あなたに敬意を表して、これを着てきました、セニョーラ」と彼は言った。「モンタナのジョニーのことをお話ししたのを覚えていますか? 彼は帰るとき、服を地元の人々に与えたと言いましたね。僕にはこのTシャツをくれたんです。あなたはモンタナ大学から来られたと伺っていたので、これを着てきました」私は訂正しなかった。モンタナ州立大学をモンタナ大学と言われるのはこれが初めてではない。アメフトチームのキャッツとグリズリーズは認めないだろうが、この2つの大学は州外ではしょっちゅう混同される(モンタナ大学のフットボールチームの名称がグリズリーズで、モンタナ州立大学がキャッツ)。
 「私の家にも似たようなTシャツがあるわ」。ホテルのフロントの前を通りながら、私は言った。
 「ところで、セニョーラ、あなたの運転手が待っていますよ」彼は白いカウボーイハットとジーンズを身に着けた男性に、こっちへ来いと身ぶりで示した。運転手は、これまで見たことがないほど白い歯を見せて、にっこりほほ笑んだ。まっすぐな黒い髪が、糊のきいた白い半袖シャツの襟にかかっている。紹介されると、彼は軽く頭を下げた。シナモンのにおいがした。「マテオ・ウェルタ・リオスです。彼はホンジュラスとグアテマラで最高の運転手兼ガイドです。僕は彼なら安心して妹を任せられます。母だって任せます。グアテマラでは、あなたの面倒をよく見てくれるでしょう。実を言うと、彼はホンジュラス生まれなんですが、今はグアテマラに住んでいます。完壁な英語を話しますし、とても賢明です。ドクトーラ(管理人注:博士の意味)、あなたと同じように」。私は手を差し伸べ、今後2週間私のガイド、教師、運転手を務めてくれる男性に挨拶した。彼もEメールと電話で前もって選んでいた。
 「お会いできてうれしいわ、マテオ」。そう言うと、彼は軽くおじぎをした。想像していた人とは感じが違う。耳の辺りに白髪が混じっていることを除けば、彼はうんと若く見えるが、考古学と歴史学で修士号を取得しており、ジョン・F・ケネディが大統領に選出された年に生まれたという。修士号を持っているため、グアテマラで中学校の校長と教師の職に就いている。夏の間と休日は、副収入を得るために旅行客の運転手をしているのだ。すでに結婚している2人の子供と、まだ大学生の2人の子供がいて、今年じゅうに孫が生まれるらしい。白いカウボーイハットとウェスタンブーツを身に着けていて、身長は180センチ近くある。肩幅が広いため、白い半袖シャツにしわが寄って、インテリというより現役のカウボーイに見えた。私が彼を選んだのは、スティーブンズとキャザウッド、それに彼らのグアテマラとホンジュラスへの旅に関する知識があることと、何度もUFOとの遭遇体験があるからだ。電話で話したあと、何度かEメールのやりとりをして、彼が私の探検にとって最高の運転手だと判断した。彼は私の同伴者になることを、大変喜んでいた。
 「大変光栄に思っています、ドクトーラ」
 私はちょっと失礼して、急いで自分の部屋へ行き、最後まで残していた荷物をまとめた。もう一度部屋を見まわして確認すると、荷物を押してホテルのフロントへ向かった。そして手元に残ったレンピラ紙幣(ホンジュラスの通貨)にアメリカドル20ドルを足して封筒に入れ、客室係に渡してくれるよう頼んだ。マテオのあとを追って車に乗ろうと振り向くと、ホアキンが腕を差し伸べてきて、私を自分に引き寄せ両頻にキスをした。
 「今度来られるとき、あなたは最高の待遇を受けることになるでしょう」
 「ありがとう、ホアキン。きっと来させていただくわ」もう一度辺りを見まわすと、客室係が大きなヤシの木の陰に半分身を隠してこちらを見ているのが目に入った。彼女は私を見てうなずき、ほほ笑んだ。私は手を振った。ホテルを出ると、道の向かいの建物の入り口にテオドロが立っていた。私はちょっと立ち止まり、それから車に乗りこんだ。車が出発すると、テオドロは「あなたは私たちの仲間です」とスペイン語で叫んだ。私はレバーを回して窓を開け、「いろいろありがとう」とスペイン語で呼びかけた。彼に届いたようだ。私は近いうちにこの町に戻ってこようと思った。
 町の境界線を越えると、マテオは軽い調子で、「昨夜UFOを見ましたか、セニョーラ」と尋ねた。「今朝テレビでUFOが現れたと言っていましたよ。上空に現れて、コパンの方角へ消えていったそうです」

 私はマテオの質問には答えなかった。コパンでテオドロとともに味わった遭遇体験の余韻に浸っていたかった。そのときは、UFOに対する自分の考えは、胸の内に秘めておいた方がいいと思ったのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 先住民のUFO体験を収集する旅が、自らUFO体験をしてしまったという素敵な話です。

 近日中に第2談をアップしようと思っています。



未来人が語るDNAの3重螺旋構造...2018年4月18日

 これまで3回ほど、未来人の YouTube 映像に関する記事を書いてきましたが、今回で4回目です。
 一番の問題は、その YouTube 映像が本当の未来人なのか、それともイタズラによる”なりすまし”なのかということです。
 これに関しては、私なりの判断基準を設けてチェックしてきました。ただしそれが正しいかどうかは、訪問者の方々に判断していただくしかありません。
 また本当の未来人だったとしても無数のパラレルワールドが存在し、少しずつ違う世界があることが悩ましいところです。私達の世界線で起こらなかったイベントを語る未来人もいますが、それ以外はかなり近いイベントが起こったりしています。それゆえ、一つ違ったからといって簡単に切り捨てることはできません。微妙に違う世界線であれば、かなりの部分は重なっていると見なすことができるからです。
 できるだけ私達が住んでいる世界線に近いパラレルワールドから来た未来人を見つけるのが鍵になりそうです。

 これから書く記事は、私が本当の未来人であろうと判断した YouTube 映像 による情報を元にしたものです。
 ですから、お話し程度に読んでいただければと思います。

 一昔前、スピリチュアルの分野で盛んにアセンションが話題になりました。
 アセンションとは、次元上昇のことだそうです。私達の世界を3次元とするなら、人類が4次元ないし5次元の世界に上昇するというものでした。
 私もアセンションに興味を持った一人です。
 色々調べているうちに、私はチャネラーのダリル・アンカ氏がチャネルしているバシャールの言っていることが、一番リアルに聞こえました。
 それは、地球の振動数が上がることにより、現在の第3密度の世界から第4密度の世界に移行するというものです(注1)。アセンションは次元上昇なので、これはアセンションではありません。あくまでも物理次元の中での、振動数の上昇を意味します。
 しかもそれには、数百年の年月が掛かるといいます。

 アセンションによって、いきなりユートピアのような世界に行けると期待した人もいたかもしれません。
 ただし、集団アセンションはなくなったけれども、個人のアセンションはあるのかもしれません。アセンション(次元上昇)した人は、この世界から居なくなってしまいます。私達は彼らが何処に行ったかわかりませんので、単に認識できないだけかもしれません。
 とにかく言えることは、大多数の人類は、今の現実の延長線上の世界に生きていくことになるのだろうということです。

 繰り返しますが、私は、今起こっていることは、バシャールがいうように、第3密度の世界から第4密度の世界への移行だと思っています。
 地球の振動数が上がることにより、人類もまた自らの肉体の振動数を上げる必要があると考えます。地球の環境が変わってきているのですから、そこで暮らす動植物もまたその環境の変化に対応する必要があるからです。
 私は、その変化の一つがDNAに表れていると考えています。

 2005年初刊の古い本ですが、環境の変化がDNAの変化をもたらすというドランヴァロ・メルキゼデクさんの説を紹介します。
 以下、『フラワー・オブ・ライフ(U)』(ナチュラルスピリット)から抜粋します。


 ・・・<『フラワー・オブ・ライフ(U)』、p326〜p327から抜粋開始>・・・

 ヒトの突然変異の歴史と現在

 NASAでのルネッサンスは、人類の体内で起こっていることの鏡です。私たち人類のDNAの奥深くで、まったく新たな変化が進行しているのです。世界中でヒトのDNAに遺伝的な変化が現われています。科学者の多くが突然変異と呼ぶような現象がすでに起こっており、好むと好まざるとにかかわらず、少なくとも3つの新しい種族が今まさに地上に誕生しつつあるようなのです。その3つの種族はそれぞれにまったく異なり、これからの人類に必要な部分を満たしています。大いなる変化は私たちの内部で確実に起こりはじめていますが、ほとんどの人が気づいていません。その変化は今はまだ声を上げていませんが、新生児一人ひとりの産声とともに、次第に大きくなっていくでしょう。

 血液型にみられるDNAの変化

 DNAの変化は滅多に起こりませんが、確かにあります。もっとも多く記録されているものにヒトの血液型に関する変化があります。ヒトの血液型は、その黎明期から比較的最近までたった1種類だけしかありませんでした。皮膚の色が黒、黄、赤、白、茶、いずれでも血液型はみな同じだったのです。人類全員の血管には等しくO型の血が流れ、すべての人が動物を殺して食糧にしていました。それは今からわずか1万5000年前に巨大彗星がアトランティス沖に衝突する時まで、ずっと普遍的だったのです。
 そこでどうなったのでしょう? アトランティスにかぎらず、世界中ほとんどの地域で、人は獲物を追って移動する狩猟生活をやめ、定住的な農耕生活を始めたのです。その結果、食生活が変わりました。それまで体内に取り入れたことのなかった野菜や穀物を、あれこれ組み合わせて摂るようになりました。体はそうした食糧の変化に突然変異で対応し、新しい血液型、A型を作ったのです。DNAの変化は、血液型だけでなく、新しい食物を消化吸収するための胃酸や酵素群の分泌、その他さまざまな機能に及びました。科学者によっては、この突然変異は気候の変化も影響しているといいます。
 ヒトの血液は、時の流れのなかでさらに二回変化しました。どちらも食べ物やおそらく気候の変化に適応したものと見られ、それによってB型とAB型が生まれました。現時点ではヒトの血液型は4種類ですが、将来もずっとこのままなのでしょうか? 20世紀の終わりには、地球上どこでも誰でも、世界中の食材を手にすることが可能になりました。人類はいまやはじめて世界中のものが食べられるようになったのです。文明社会の中央市場に行けば、あらゆる地域から運ばれてきた多彩な食料品をほしいだけ買うことができます。メキシコ産パパイヤ、カリフォルニア産アヴォカド、ギリシャ産オリーブ、ロシア産ウォッカなど、数えればきりがありません。そしてアメリカ国内のたいていの都市で、中華料理、メキシコ料理、イタリア料理、日本料理、アメリカ料理、ドイツ料理などを味わうことができます。この前例のない種々ごちゃまぜの食生活に適応して、新しい血液型が出現するとは考えられないでしょうか。
 DNAの変化は、食べ物や気候など、とりたてて害のない変化によっても生じることがわかっています。今日の地球上の変化は、どんな人の尺度からしても度肝をぬかれるようなものです。その変化はヒトの遺伝子を反応させずにおかないほど大きく、人類が反応しないはずはないでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドランヴァロさんは、DNAを変化させた実例として、インディゴ・チルドレンや、ジャンクフードやHIVに免疫を持った子供達を紹介していますが、その辺は長くなるので割愛します。

 私は、もし世界が第3密度から第4密度に移行しているなら、人類のDNAがそれに対応して変化するのは必然だと思っています。
 それが、DNAの2重螺旋から3重螺旋への移行ではないかと考えているのです。
 以前クンルン(注2)のマックス・クリスチャンセン氏が、DNAの3重螺旋構造を持つと紹介した記事(『3重螺旋のDNAを持つ人』2017年12月29日)がありますが、その部分を再度掲載します。


 ・・・<『クンルンネイゴン』、p84〜p85から抜粋開始>・・・

 マックスさんにはDNAが3本あるという噂を耳にしたのですが……。普通人間のDNAは2本ですよね? 3本あるというのは、どうやって分かったのですか?

 はい、3本あるんです。テキサス州ダラスにある軍事施設に招待されたことがあるんです。UCLAの科学者、香港から来た科学者、アメリカ人や日本人の医者、生物物理学者のもとでいろいろなテストを受けたんです。MRIの機械にかけられて、脳の写真を2万枚くらい撮られました。テストには「心臓を止めることができるか」という項目もありました。私は心臓を止めることができたのですが、彼らは死んだのかと思って、慌てて私を機械から出しました。「怖いからもうしないでください」と言われてしまって(笑)。その機械の中は磁気エネルギーが強く、自分のエネルギーもいつもより高まっていました。それで機械の外にいる医者にエネルギーを送ってみたんです。そうしたら数日後、その医者は昏睡状態の患者の声が聞こえるようになったそうです。
 また、別の科学者は私の血液を採ってDNA鑑定をしたんです。その実験結果を見て、彼は「信じられない、この結果は受け入れられません」と言いました。なぜかと言うと、DNAというのは炭素で構成されているはずなのに、私のDNAは珪素という元素から構成され始めていると分かったからです。そしてDNAも3本であることが判明しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、すでに3重螺旋構造のDNAを持つ人間が現れています。

 前置きが長くなりました。
 ここから、やっとやっと未来人の話題になります。
 この3重螺旋のDNAについて、『私の未来人判別法』の記事で紹介した2138年の京都からきた未来人が興味深いことを言っています。
 以下、列記します。


 ・・・<YouTubeの2138年の京都から来た未来人より抜粋開始>・・・

・この時代から3重螺旋のDNAを持つ人が増えてくる。3重螺旋のDNAを持つ人は、150〜170歳まで生きると言われている。

・120歳でも70歳ぐらいに見える。日本人でもこれから増えてくる。普通の人は115歳が限度。

・2138年では、150人に一人ぐらい3重螺旋のDNAを持つ人がいる。

・2005年あたりから、3重螺旋に引き上げられたので、これからどんどん増える。
 <以下、3重螺旋の人の特徴>
  ・ウイルスに強い
  ・寿命が長い
  ・老化が遅くなる
  ・記憶容量が増える
  ・3重螺旋同士の簡易的意思疎通
  ・訓練次第で近くの物を動かせる
  ・犯罪者がゼロに近い

 ・・・<終了>・・・


 マックス・クリスチャンセン氏の例が示すようにDNAの3重螺旋構造を持つ人間が存在することは、科学的に検証されています。
 しかし、どうすれば2重螺旋の人間が3重螺旋になれるのかということを研究した資料を見たことがありません。
 チャネリングで書かれたスピリチュアルの本を読むと、そうした概念が断片的に書かれていることがあります。
 一応、そうした断片情報を読んで私が理解したところを書いてみると、まず人類の平均が7.6万〜8万回/秒の細胞の微細振動数を上げる必要があります。
 これが徐々に上がることにより、あるレベルを超えたところでDNAの3重螺旋への変換が起こるのだろうと想像しています。
 では、細胞の微細振動を上げるには、どうしたらよいのでしょうか。
 バシャールであれば、わくわくすることをするといったことを言うのでしょうが、そうした精神的なことは、他の本を読んでいただければと思います。
 ここでは、物理的なことに触れたいと思います。
 まず一番大事なことは、汚染された食べ物を摂らないということだと思います。現代の日本は、汚染というレベルを超えて、人体に非常に危険な化学物質が大量に食べ物に混入されています。
 食品添加物がその典型です。
 もちろんすべての食品添加物がそうだといえませんが、食品添加物の中には極めて毒性の強いものが含まれています。それ以外にも界面活性剤たっぷりの洗剤や、石鹸やシャンプーなどから体内に入る経費毒もあります。
 こうした毒物が、細胞の振動数を上げるのを妨げる大きな要因になっていると思うのです。
 最低限そうした毒物を避けたとして、さらに何か方法がないか考えました。
 するとやはり、実際に3重螺旋を持つマックス・クリスチャンセン氏のことが頭に浮かんできました。
 マックス・クリスチャンセン氏はクンルンの伝承者です。
 クンルンを実践すると、短期間で大きな変容をもたらす可能性があります。私はクンルンを始めてまだ3ヶ月ちょっとなので偉そうなことは言えませんが、大きな可能性を感じています。
 安易な発想だと言われそうですが、クンルンを実践すると、kanさんのゴールド・ドラゴンボディ(注3)とまではいかなくても、変容を起こす可能性は高くなると思えるのです。
 このようにDNAの3重螺旋構造を目指すのであれば、クンルンはとても有効な手段になるのではないかと(私は勝手に)思っています。


 興味深いのは、未来人は2重螺旋の人間の寿命は長くて115歳と言っていることです。
 先日、北海道足寄町の112歳の野中正造(まさぞう)さんが、ギネスに世界最高齢の男性として認定されたというニュースが流れました。
 このあたりが2重螺旋の限界ということでしょうか。

 未来人によれば、西暦2138年で3重螺旋の人は150人に一人だといいます。
 意外と少ない気がしますが、徐々に増えていくのでしょう。やはり今は過渡期であり、移行する期間は、数百年、数千年に渡るのだろうと思います。
 3重螺旋の人の寿命は150〜170歳とのことですが、これが4重螺旋、5重螺旋と増えていくのだろうと思います。そしてそれに伴い、寿命はさらに長くなっていくのだろうと思います。
 そしていつか人類は、古代の伝承にあるように、1000歳を超える寿命を持つようになっていくのだろうと思います。

 現在の日本人の平均寿命は、男性80歳、女性87歳だそうです。
 もし人生80年では短すぎる、倍の150〜160歳ぐらいまで生きてみたいと思う方は、DNAを3重螺旋にすることを検討されてみてはいかがでしょうか。



(注1)
 第3密度は6万〜15万回/秒(人類の平均は7.6万〜8万回/秒)、第4密度は18万〜25万回/秒。

(注2)
 中国の崑崙(クンルン or こんろん)山脈に伝わる再覚醒のための特殊技法。

(注3)
 ゴールド・ドラゴンボディとは、クンルンを極めると到達するあるレベルのようですが、私には詳細はわかりません。



米中貿易戦争の背景...2018年4月8日

 4月6日付けの『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガで、米中貿易戦争の背景が語られていました。
 大変秀逸な記事だと思ったので、今回はそれを紹介したいと思います。

 事前準備として、最近の北朝鮮をめぐる情勢について解説します。
 去年、北朝鮮はさかんにミサイルを発射や核実験を行い、たびたび国連安保理が開かれ、制裁が決議されました。
 ある解説者は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)氏は、世界中から避難を浴び制裁を受けても、けっして核開発を止めることはないだろうと言っていました。
 その理由ですが、イラクのフセイン大統領とリビアのカダフィ大佐の末路を見ているからだといいます。
 イラク戦争を行ったアメリカのブッシュ大統領は、悪の枢軸として、イラン、イラク、北朝鮮を指定しました。この中でイラクのフセイン政権は、米軍の直接武力介入により崩壊しました。フセイン大統領は逃亡しましたが、発見され裁判の後に処刑されました。
 またリビアは、アラブの春による混乱の中、北大西洋条約機構(NATO)に軍事介入され、カダフィ大佐は拘束された後、殺害されました。
 イラクもリビアも、どちらも核を持っていなかった為に、欧米による直接武力攻撃を受けて崩壊したと金正恩氏は理解しているはずである。
 それゆえ、世界からいかなる制裁や避難を受けようとも、北朝鮮が核開発を止めることはない、という解説です。

 しかし、今年に入り、事態は急変しています。
 北朝鮮は、ピタリと弾道ミサイルと核実験を止めました。そして4月末には朝鮮半島の南北首脳会談が予定され、5月には史上初のアメリカと北朝鮮による首脳会談が予定されています。
 上記の解説者が言っていることと、真反対の動きとなっています。

 その理由ですが、私はイラクのフセイン大統領とリビアのカダフィ大佐の背景と、北朝鮮の背景は違うからだと見ています。
 イラク戦争が起こる前、フセイン大統領は原油の決済を米ドルからユーロに替えました。リビアのカダフィ大佐は、原油の決済を金(キン)に裏付けられたディナール建てにすることを計画していました。
 どちらも、米ドルによる決済を否定したのです。

 日本が中東諸国から原油を買い付ける場合、円は受け取ってくれませんから、まず円で米ドルを買います。その米ドルで代金を払います。
 これは、原油だけに限りません。
 他国が日本の工業製品を買おうとしたら、その国の通貨を米ドルに交換します。その米ドルで日本の企業に代金を支払うのです。
 このように、あらゆる輸出入の決済を米ドルで行っています。
 それゆえ世界で貿易額が膨らめば膨らむほど、米ドルの需要が増します。輸入代金として受け取った米ドルを貯め込んでいると、その国の通貨は米ドルに対して高くなってしまいます。そうなると輸出に不利になるので、米ドルで米国債を買うことになります。
 これがアメリカが、膨大な借金をしても破綻しなかったカラクリといえます。
 アメリカは借金証書としての米国債をどんどん発行しても、世界で貿易の需要がある限り、米国債を買ってくれる国が登場してくれます。
 こうした米ドルの基軸通貨体制が維持されている限り、アメリカは安泰です。

 ところが、イラクのフセイン大統領とリビアのカダフィ大佐は、この米ドルの基軸通貨体制に反旗を翻したのです。これが欧米から直接の武力攻撃を受けた背景だといえます。

 北朝鮮は、原油を輸出していませんし、そもそも北朝鮮の経済力は世界から見ても微々たるものです。
 イラクやリビアとは、背景が全く違います。
 では、イラクやリビアのように米ドルの基軸通貨体制に反旗を翻す国はもう出てこないのでしょうか。
 こうしたことを前提として、ヤスさんのメルマガを読んでいただきたいと思います。

 今、アメリカのトランプ政権は、中国に対し貿易戦争を仕掛けています。


 ・・・<『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガ(第479回)から抜粋開始>・・・

▼上海原油先物取引所と貿易戦争

それでは今回のメインテーマを書く。上海原油先物取引所の開設と高関税による貿易戦争との関係である。

中国とアメリカの貿易戦争がエスカレートしている。トランプ政権が中国産の鉄鋼とアルミニウムに25%の高関税の適用を発表すると、中国政府はすぐさま豚肉やワインを中心に米国から輸入される128品目に対して最大25%の関税を導入した。中国は、自国の利益を守り、米国の追加関税による損失を埋めるための措置だとしている。

すると米政府は3日、知的財産権侵害を理由に通商法301条に基づき高関税を課す中国製品のリスト案を公表した。米消費者への影響を最小限にとどめようとしながらも、ハイテク分野を中心に約500億ドル(約5兆3300億円)相当の製品が対象にされた。

3日に公表された知財制裁関税の対象リストには、中国が「中国製造2025(メイド・イン・チャイナ2025)」と名付けた戦略の下で支援する先端分野の製品が含まれている。

●貿易戦争の背後にあるもの

このように、トランプによるアルミニウムと鉄鋼への高関税の適用が発表になってから、まずは中国とアメリカの間で懸念されていた高関税の報復の連鎖が始まる気配が濃厚になっている。

アメリカの高関税適用の動機は、後を立たない中国による知的財産権の侵害がある。この状況にしびれを切らしたアメリカが、高関税の導入に踏み切ったことが理由のひとつになっていることは間違いない。

だが、これがもっとも重要な理由かといえばそうではない。もし中国の知的財産権侵害が高関税導入の理由だとするなら、知的財産権の分野で中国が大幅に妥協し、これまでとは異なる強い姿勢で侵害を対処する方向が示された段階で、トランプ政権は高関税の導入を中止することだろう。

しかし、始まりつつある高関税の報復の連鎖を見ると、事態はそんなに単純なものではない。第476回の記事でも述べたように、軍事力ではロシアが優勢になっているとの懸念から、国防産業の基盤強化のため、アメリカ国内の製造業を再構築しなければならないという安全保障上の認識があることは間違いない。また、国防産業が海外の輸入製品に対する依存度が高いのは問題だとする懸念もある。こうした懸念の払拭に必要な処置として、今回の高関税の導入が行われた。

そうであれば、高関税の適用はアルミニウムや鉄鋼などの製品に限定されることはない。半導体などのITを含む幅広い分野に拡大される可能性が高い。今回発表された中国のハイテク製品の高関税は、こうした動きの一環だろう。

だが、アメリカによる高関税適用の背後には、これ以外にもうひとつ重要な背景が存在していると見た方がよい。それは、上海における人民元決済の原油先物取引所の運営開始である。

●上海石油先物取引

3月26日、長いあいだ待たれていたドル建てではなく、人民元建ての石油先物取引が開始された。取引は上海先物取引所の一部分である上海国際エネルギー取引所で行われる。取引は「SC1809」と呼ばれる。取引価格だが、始値をバレルあたり416元(約66ドル)としている。

この取引には、中国や海外の投資家が参加できる。すでに150以上の国内ブローカー、また「中国海洋石油総公司」や「中国石油天然気集団公司」、さらに「中国石油化工総公司」の子会社のような国有石油会社が登録している。また、「JPモーガン」や「バンク・フィナンシャル」、「ストレーツ・フィナンシャル・サービシス」などの海外の金融機関、そして国内ブローカーの香港の子会社など、約10社の外国勢も取引登録をしている。

●ドル基軸通貨体制

この上海先物取引開始の目的は、価格を中国の製油業者が取引している原油に可能な限り近づけ、ドルをベースにした「WTI」や「ブレント」などの国際的な価格指標から支配力を奪い取ることにある。

周知のように、アメリカの覇権の基礎になっているのは基軸通貨がドルであるという事実である。自由貿易で各国に開放した米国市場には世界のあらゆる地域から製品は輸出されてくるが、ドルが基軸通貨であるため代金はすべてドルで支払われる。

一方各国は、自国通貨の上昇を嫌い、受け取った代金をドルのままアメリカ国内の市場に再投資せざるを得ない。ドルを自国の通貨に両替すると、その通貨価値は上昇し、輸出にとって極めて不利になるからだ。

ドルが基軸通貨であれば、ドルは自動的にアメリカに還流してくる。このシステムが存在している限り、米政府の財政赤字は国債の販売を通して補填されるので、覇権国としての経済力の基礎が築かれる。

●ペトロドルの合意

そして、ドルの基軸通貨制を支えているのは、ペトロドルの合意である。ニクソン政権最末期の1974年、変動相場制に移行したドルの価値を安定させるために、キッシンジャー国務長官はサウジアラビアと以下の3点で合意した。

1.サウジアラビアが世界に販売する原油の決済通貨はドルを使用すること。

2.代金として受け取ったドルは、アメリカのドル建て資産へと再投資すること。

3.見返りに、アメリカはサウジアラビアに最先端の兵器を供与する。

ベトナム戦争の戦費負担、そしてオイルショックの影響でドルの価値は低落し、高いインフレに苦しんでいたアメリカにとってこの合意は、ドルの価値を安定させ、国内のインフラを抑止する効果が期待された。

それだけではない。石油はエネルギー源なので世界でもっとも重要な戦略物資である。そして、世界最大の産油国であるサウジアラビアの決済通貨がドルであることで、その他の商品の決済通貨も必然的にドルが選択される構造ができた。

●ドル基軸通貨体制のゆらぎ

しかし、人民元建ての石油取引が始まるとこの状況は一変する可能性がある。

まず、人民元建ての原油先物取引が可能になると、アメリカの経済制裁下にあるロシアやイラン、さらに反米のベネズエラや、イランとの関係の強い原油輸出国は、人民元建てで世界最大の中国市場に向けて原油輸出が可能となる。

さらに、中国から人民元で受け取った輸出代金は、上海の市場で金地金で受け取ることもできることになっている。この結果、ドルの使用を回避したい国々は人民元決済を選択することで、ドルベースの金融システムに依存する必要性もなくなる。

この影響力は大きい。世界最大の石油輸入国である中国の決済通貨が人民元になるのだ。サウジアラビアをはじめ多くの国々は、石油を上海石油先物取引所で売り、この結果、ここの価格が世界の石油価格の基準となるに違いない。

そしてそれとともに、中国の旺盛な輸入が背景となり、他の商品にも人民元決済の波は拡大することは間違いないはずだ。そしてその結果、アメリカの覇権の基礎であるドルの基軸通貨体制も揺らいでくる。そして、国際秩序の基本的な形成者の位置に中国が就く可能性が高くなるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした事情で、私は上海石油先物取引が開設される3月26日に注目していました。
 しかし米ドルの明らかな下落は起きなかった上に、不思議なことに円高が進みました。
 日本のマスコミで、上海石油先物取引の開設が報道されたのも観た記憶がありません。

 これはアメリカにケンカを売ることになる上海石油先物取引の開設を、中国政府が自国のマスコミにも報道してほしくなかったという事情があるようです。
 中国政府は、アメリカにいきなりケンカを売るような行為を、できるだけ緩和したいと思っているようです。
 以下、さらに抜粋します。


 ・・・<『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガ(第479回)から抜粋開始>・・・

●ひっそりと行われた先物取引

これは、現在の国際秩序を大きく変化させる事態である。ただごとではない。しかし、こうした状況に突然となるかといえばそうではない。国際的な基軸通貨を人民元にする動きは、中国政府の設定した比較的にゆっくりとしたペースで、それも水面下で進むようだ。

今回の上海石油先物取引所も、大きな公式の発表もなくひっそりと行われた。日本の主要メディアでほとんど報道されていないのもこれが理由だろう。ロイターのような国際的なメディアでも、複数の中国の金融機関に取材してやっと明らかになったようだ。ということでは、これはほとんど発表されていないも同然だ。

また、上海石油取引(SC1809)でいきなり人民元が使われるのかといえば必ずしもそうではない。新華社の記事によると、上海先物市場では取引価格の表示は人民元であるものの、しばらくの間、決済通貨はドルになり、人民元ではないとしている。さらに、これからはドルのみならず、ユーロや円など他の通貨による決済も可能になるとしている。

そして人民元による決済だが、年内にも徐々に始まる見込みだとしている。すると、中国最大の石油の輸入先であるアフリカのアンゴラ、そしてロシアが人民元建てで石油を売る最初の国々になる見込みだ。

しかし、新華社によると、たとえ人民元建ての決済が可能になったとしても、すぐに取引量が一気に増えるとは考えにくいとしている。その理由は、人民元建て決済が行われるためには、これが国際的な石油会社やトレーダーたちの支持が必要になるからである。

石油の決済通貨が人民元になるためには、売りたいときに売ることができ、買いたいときに買えるだけの十分な取引量が市場になければならない。人民元建て決済が始まった当初は、この条件を十分に充足できるほどの取引量は期待できない可能性が高い。そのため、当初はトレーダーの支持が得られないので、人民元建ての石油先物取引は、かなり低調なところからスタートするのではないかとしている。

および国家が為替を通じて金融および商品市場に介入するとの観点から、彼らが参加するかどうかは疑問視されている。

●高関税の背景にある人民元建て石油先物取引

このように、新華社の記事で、今回開始された人民元建ての石油取引の影響力を小さく抑えるような報道がなされている。ドル基軸通貨体制を揺るがすような存在になるというようなニュアンスは、記事にはまったく見られない。日常のニュースのように小さな記事でひっそりと報じている。

ちなみに新華社は、中国国営の通信社だ。記事や社説には、中国政府の意向が強く反映していると見ることができる。

このように見ると、大々的な公式発表を行わないというスタイルや、この影響力をなるべく小さく報道するという新華社の記事は、この取引が将来的にはドルの基軸通貨体制を本格的に揺るがす可能性が大きいので、それが開始された事実をあまり大きく報道してもらいたくないようだ。

しかしこのまま行くと、ある程度時間はかかると思うが、近い将来上海先物取引所の人民元建て価格が石油の国際基準になることは、中国が世界最大の石油輸入国であるという事実を前提にすると、間違いないと見た方がよいだろう。そしてそれに伴い、基軸通貨はドルではなく次第に人民元へと動いて行く流れにあることも事実だろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした背景を前提とすると、トランプ政権が突然中国に貿易戦争を仕掛けた理由が浮かび上がってきます。


 ・・・<『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガ(第479回)から抜粋開始>・・・

このような視点から、トランプ政権が中国に課した高関税を見ると、これは単に知的財産権を巡る中国の態度変更を狙ったものではないことが分かる。今回発動された高関税は、最終的にはドル基軸通貨体制の挑戦するであろう中国を、政治的にも、経済的にも封じ込める動きの第一歩であろう。

もちろん、高関税の導入は中国から同様の報復がある。これはアメリカ経済にも打撃があることは間違いない。だがドル基軸通貨体制を擁護し、アメリカの覇権の強化を狙うトランプ政権からすると、高度な保護関税によって中国を封じ込める方が、米経済の景気よりもはるかに優先順位が高いと見ているはずだ。

前回の記事に書いたように、元スパイのセルゲイ・スクリパリの神経ガス攻撃がひとつのスイッチとなり、ロシアを悪魔化する追い込みが始まった。ロシア軍が報告しているように、これからシリアで反政府勢力による自作自演の化学兵器による攻撃が行われ、これをシリア政府軍とそれを支援しているロシア軍の仕業と決めつけ、これを口実にアメリカ軍はシリア政府軍の支配地域を空爆する可能性がある。

もしそのときロシア軍に死傷者が出ると、アメリカとロシアの軍事衝突の危険性が高まる。しかしこれこそ、ロシアを軍事的に追い込み、叩くための理想的なシナリオなのだ。

これと同じような意味で、人民元建て上海石油取引所の開設は、アメリカが中国を追い込み封じ込めるためのスイッチのような役割を果たしたのかもしれない。その最初の動きが、トランプ政権による中国を対象にした保護関税の適用であった。ということでは、いま始まったばかりの高関税の報復合戦は、中国封じ込め策のほんの初期の段階のものだろう。軍産複合体に完全に取り込まれた格好のトランプ政権は、次にはもっと過激な行動に出てくる可能性が高い。

世界はいま危険水域に徐々に突入しつつあるのかもしれない。目が離せない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした背景を前提とすれば、突然アメリカが中国に貿易戦争を仕掛けた理由も納得できそうです。
 トランプ大統領は、中国製品への関税を口にするたびに、話し合いの用意があることを付け加えています。
 それは、「人民元での原油決済を止めてくれ。止めてくれれば貿易戦争を取り下げる」という本音があるのではないかと思うのです。



私の未来人判別法...2018年4月1日

 私はこのところ、未来から来たという人の YouTube にすっかり嵌ってしまいました。
 またか、と思われた方には申し訳なく思いますが、今回もまた未来人に関する記事です。

 私が未来人に惹かれるのは、これまでフォローしてきたサイキックの未来予言が、あまり当たらないというのが背景にあります。
 私と同じように、サイキックの未来予言は当たらないなあという印象を持たれている訪問者の方は多いのではないでしょうか。
 私達の平行現実に近い未来人をフォローする方が、より正確な未来に対する予見を得られるのではないかという気がするのです。

 YouTubeの量が多いので、全て観たわけではありませんが、色々と観ていて気付いたことがあります。
 それは、意外とイタズラ(なりすまし)投稿ではないかと思われるものが多いことです。
 最初にお断りしておきたいのですが、私がイタズラではないかと思ったのは、あくまでも私の見方によればということです。ですから、私の判断が正しいと主張する気はなく、あくまでも参考程度にしていただければと思います。

 では、最初に平行現実から話題を始めたいと思います。
 以前の記事にも書きましたが、平行現実、平行宇宙、平行世界、パラレルワールドなどと色々な呼ばれ方をしていますが、今回は世界線、タイムラインなどと横文字を含めて表現したいと思います。
 無数のパラレルワールドが存在するという事実がなかったら、タイムマシンの話に出てくる、「親殺しのパラドックス」に陥ってしまいます。『バック・ツウ・ザ・フューチャー』は、自分の父親と母親が結婚してくれないと、自分の存在が無くなってしまうというSFコメディでした。また映画『ターミネーター』は、未来で世界を支配したAIが、反乱軍のリーダーを過去に殺人ロボットを送り込んで抹殺しようというストーリーでした。
 どちらもパラレルワールドが存在しないという前提で書かれたストーリーです。
 もし、パラレルワールドが存在しなかったら、タイムマシンで過去に行くことは、極めて危険なことになります。未来人の干渉による過去のちょっとした変化が、未来を大きく変えてしまう可能性があるからです。ですから、仮にタイムマシンが開発されたとしても、過去に飛ぶことは禁止せざるを得ないはずです。
 私は、パラレルワールドの存在こそ、タイムマシンで未来人が現代にやってくる前提になっていると気付きました。

 問題は、無数のパラレルワールドがあるので、(未来人が語る)未来に起きる出来事が私達のタイムラインと違ってくることです。ですから、いかに私達のタイムラインに近いものを見つけるかが鍵です。

 整理すると、YouTubeを見分ける作業は主に以下の2つでしょう。

・イタズラ(なりすまし)投稿を省く

・私達のタイムラインに近いものを見つける

 イタズラ投稿だと私が思う例を挙げます。
 2062年から来た未来人は、2062年の男女比は、男1女4だと言っています。
 私には、これは全くの荒唐無稽に聞こえます。たかだか50数年先の人類の男女の人口比が、これほど開くのは考えられません。遺伝子の異常が起き、種が滅亡に瀕している状態でない限り、あり得ない話だと私は思うのです。
 むしろこういう事を言ってくれると、イタズラ投稿だとすぐわかるので有難いと言えるかもしれません。

 さらに私が色々なYouTubeの映像を見てわかったことがあります。
 あるYouTubeでは、タイムマシンの技術が公表されるのは2028年だといいます。そして別のYouTubeでは、タイムマシンが実用化されるのは2050年代だといいます。
 これを前提とするなら、2050年以前の未来人は、イタズラ投稿の可能性が高いと思われます(これは、2138年の京都から来たという未来人が言っていることです)。
 ただし、未来の意識が現代の自分に乗り移ってきたという例は、この限りではありません。あくまでも、肉体を持ったままタイムマシンで未来から現代に飛んできたという未来人の話です。
 そして、タイムマシンが実用化されても、当初は極秘事項となっているようです。これがどのくらいの期間か想像するしかありませんが、100年だとして、2050年〜2150年の未来人は、政府の極秘プロジェクトで来たような特殊な人達ではないかと思うのです。つまりこの期間は、未来の一般人が、ふらっと現代に遊びに来て、2チャンネルに投稿しているという設定は、イタズラの可能性が高いと考えます。
 こういったフィルターを掛けると、未来人YouTubeは、かなり数を絞れます。

 以下は、私が信ぴょう性が高いと感じた未来人YouTubeです。
 もちろん本当の未来人だという証拠を示すことはできません。あくまでも私が、「本当の未来人っぽい」と感じたものを選びました。


@【未来人】2071年から未来人がやってきた

https://www.youtube.com/watch?v=R5dE-_bT2Cw

 これは以前の記事ですでに紹介しました。
 2071年の日本からやってきたK氏です。K氏はCIRO(内閣官房の内部組織)の所属だといいます。ある任務を遂行するために、現代に来たといいます。
 私はK氏のタイムラインが、私達のタイムラインに最も近いと考えています。


A2058年から来た未来人の予言が具体的すぎる件

https://www.youtube.com/watch?v=gKmPqHzKV_c

 2058年の日本からやってきた原田(仮名)氏です。原田氏は、公安庁から派遣されたといいますが、その仕事は機密事項だといいます。
 私達のタイムラインとの違いが興味深いので、紹介させていただきました。


B【タイムトラベルday1】2138年の京都からこちらの時代に来ました 未来のことと日本人に伝えたいことがあります

https://www.youtube.com/watch?v=b42azlRQ78o

https://www.youtube.com/watch?v=_jo3FHPUGHU

https://www.youtube.com/watch?v=SVLuxXgV3ds

 この未来人は、外国人重犯罪捜査と極秘捜査のプロだといいます。今回は2回目で、とある人物の家庭への介入と、その人物の幼少期に細工をするという任務だそうです。
 この未来人のタイムラインも私達のタイムラインと多少違いがあります。


C2064年からの未来人の予想。日本や世界の将来を見た!

https://www.youtube.com/watch?v=ts8MWz30fho

 この未来人は、1981年生まれの32歳だそうです。
 このプロフィールを見る限り全然未来人ではないのですが、内容に惹かれてしまいます。
 もちろん真偽のほどはわかりませんが、気になったので貼っておきました。



 上記、未来人に関して、いくつかトピックを拾ってみます。

 今後の人類にとって最大の歴史的イベントとなると、やはり第三次世界大戦(以後WW3)でしょう。
 そこで、@、A、Bのタイムラインの未来人が、WW3についてどのように述べているか検討してみます。

 まず@は起きなかったと言っています。
 AとBは起きたと言っています。
 私は、この違いは、アメリカ合衆国の大統領の違いではないかと考えています。
 といっても、@とBにはオバマ氏の次のアメリカ大統領に関する記述はありません。唯一あるのがAのヒラリー・クリントン氏です。
 ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏は、大統領選が行われる前から、ヒラリー氏はWW3を起こす為に選ばれる大統領だと言っていました。
 ところが、私達のタイムラインでは、ドナルド・トランプ氏が大統領になりました。
 明らかに私達のタイムラインでは、大統領選において、WW3を起こしたい勢力が負けたということです。
 そこで私は現在、私達のタイムラインではWW3は起きない可能性が高いと考えています。しかし、@はWW3が起きなかったかわりに、冷戦が起こったと言っています。その影響で、なんと日本では徴兵が行われ、1年間の兵役があったといいます。
 世界の主要な国々が直接戦争するようなことは起きなかったけれども、地域限定で絶え間ない戦争が起こっていたようです。
 Aでは、WW3では核兵器が使われ、核の惨禍は凄惨を極めるという表現があります。人類にとってはWW3を起こさないことが幸福なんだろうと思いますが、それでもこれから(東京オリンピックの後ぐらいから)戦争モードになっていくことは避けられないのかもしれません。

 次に私が興味深いと思ったのは、未来の物価です。
 Aは2058年ですが、少年ジャンプの値段が1500円だといいます。
 ネットで調べると、今は255円らしいです。250円で計算すると、物価は今から40年後には6倍になっていることになります。
 @は2071年ですが、タバコが3000円だと言っています。
 ネットで調べると、今は440円〜460円のようです。450円として計算すると、6.6倍になります。
 どうやら物価は、6倍ぐらいになっているという印象です。
 よく物価の指標として使われる金(キン)ですが、今から40年ほど前、変動相場制になった1977年の金は1g1355円だそうです。
 現在は、1g4948円(3月30日、田中貴金属)とのことで、3.6倍になっています。
 金価格から類推すると、40年前から今までの物価上昇を3.6倍とすれば、今後40年の物価上昇は6倍を超えることになりそうで、明らかにデフレの時代は終わり、インフレの時代になっていると考えられます。

 さらに、@とBの投稿が2015年、Aが2013年です。
 これは、今が時代の転換期になっているからではないかと私は考えています。
 サアラさんは、2017年に魚座の時代から水瓶座の時代に移行したと言っていました。現在に住む私達は気付きにくいですが、未来から見ると、今こそ時代の転換期だったと言えるのかもしれません。
 だからこそ、@、A、Bのような政府の密命を帯びたプロジェクトが、今の時代に行われているのではないかという気がします。

 未来人に関しては話題が尽きません。
 今回は、これくらいにしておこうと思います。



タイムマシンとリニア中央新幹線...2018年3月25日

はじめに

 当HPを初めて訪問された方は、タイムマシンとリニア中央新幹線が何の関係があるんだと思われたに違いありません。
 一見すると何の関係もないように思われるのですが、私の中では大いに結びつくイベントなのです。
 今回は、そんな話を紹介したいと思います。


ダマヌールの人々によるタイムマシンの開発秘話

 2008年の夏、私はゲリースクールの同級生5人で、イタリアのトリノ郊外にあるダマヌールというコミュニティを訪問していました。
 ダマヌールに関して詳しい話はネットで検索していただきたいのですが、オベルト・アイラウディという覚者が創始者として始めた神秘的なコミュニティです。
 「神秘的な」と表現したのは、彼らの活動が一般的な常識を遥かに超えるものがあったからです。
 その一つが、地下70メートルまで掘り進んで建てた地下神殿です。
 複数の人間達が世間に知られないように、ひっそりと地下を掘り、そこに怪しげな神殿を建てているとなったら、警察は怪しみます。
 今の日本でいえば、テロ活動の危険性ありというところでしょうか。
 そこでイタリア警察が踏み込んだのです。するとそこに、素晴らしい地下神殿があったのです。
 その素晴らしさに、取り壊すのはあまりに惜しいとなり、ダマヌールとイタリア警察で取り決めが行われました。
 地下神殿の存続を許すかわりに、世界に対して情報公開をするというものでした。
 私達5人がダマヌールを訪問することができたのは、ダマヌールが情報公開をした為でした。世界中から、ツワーを組んで、ダマヌールを見学できるようになったのです。
 そのダマヌールの人たちが、できれば秘密にしておきたかったのが、タイムマシンの存在です。

 私はダマヌールを見学する前に、タイムマシンについて聞いていました。
 ダマヌールに行く前は、正直なところ半信半疑でした。
 しかし、実際にダマヌールに行き、タイムマシンの実機を見学し、そして実際に時間旅行をした人の話を聞いて、これは嘘ではないと考えるようになったのです。

 ダマヌールの人たちが私達に説明してくれたタイムマシンの開発秘話を、私の(少々曖昧な)記憶から紹介してみたいと思います。
 オベルト・アイラウディ(通称ファルコ)氏は、サイキック能力があり、自然発生する時空の歪みを検知できたようです。
 彼らは、その時空の歪みを利用してチームを組み、アトランティス文明が開化していた過去に飛んだのです。そこでタイムマシンの原理を教えてもらい、現代に帰ってから、タイムマシン開発に取り組んだそうです。
 最初の頃のタイムマシンは、有機物しか送れなかったそうです。
 ですから、タイムトラベラーは、裸のまま過去の時代に放り込まれることになります。また、歯の治療に使った金属は送れなかった為、過去に行ったら、食べ物を咀嚼するのに困ったというエピソードを聞きました。
 そんな状況なので、タイムトラベラーに選ばれた人は、裸でも生きられるように、サバイバルの訓練を半年も掛けて行ったそうです。
 当時の彼らが過去にタイムトラベルする目的は、アトランティスのような高度な過去の文明から、科学技術を吸収することでした。
 こうして徐々に改良を行い、私がダマヌールを見学した(2008年)頃には、彼らのタイムマシンは、有機物と同時に無機物も送れるようになったそうです。
 以下は、ダマヌールで私達が見学した部屋の一室に置かれたタイムマシンと、装置の一部です。
 アトランティス文明は銅の文化だったと聞いたことがあるのですが、ダマヌールの人達が作るものは銅製のものが多かった気がします。


        

 左が、私達が見学したタイムマシンです。地下神殿の一室ですが、おそらく旧式のものだと思われます。その右が、タイムマシンの駆動装置の一部です。その右の人物がダマヌールの創始者のオベルト・アイラウディ(通称ファルコ)氏です。その右がダマヌールで私達の案内役をやっていただいたフェニーチェ・フェルチェ氏です。



 当HPの2018年3月8日の記事「平行現実の話」で紹介したYouTube「【未来人】2071年から未来人がやってきた」で、未来人は、タイムマシンの原理に関して以下のように言っています。

 「タイムマシンは人間を原子レベルまで分解して、こちらで再構築する」

 この説明は、私がダマヌールで受けたタイムマシンの原理と同じでした。それゆえ、私は唸ってしまったのです。

 別の未来人のYouTubeの映像を見ると、タイムマシンは1990年代に作られたと言っているものがありました。
 私は、この時、ダマヌールを思い出したのです。
 1990年代は、ダマヌールの人々がタイムマシンを開発していた時期とぴったり合うように思えます。
 おそらくこの時期は、各国政府の秘密の研究でも、タイムマシンは実用化されていなかったのではないかと想像しています。
 未来人がいう1990年代のタイムマシンこそ、ダマヌールの人々が開発していたタイムマシンを指すのではないかと私は思っています。


リニア中央新幹線の行く末

 さて、上記「【未来人】2071年から未来人がやってきた」で、私はこれが今の私たちのタイムライン(平行現実)に一番近い気がすると言いました。
 イタズラ投稿ではないことを確かめる為、以下の2点に注目していると言いました。

・安倍政権は2020年までに終了し、次の首相は石破茂氏になること。

・来年の5月1日から始まる新年号が、安始(あんし)になること。

 安倍政権に関して、面白い動きが出てきています。
 今年秋の自民党総裁選挙は、これまで安倍首相の続投という空気でしたが、今やマスコミはモリカケ報道一色となっています。自民党内からは、安倍政権のままでは次の参議院選挙が戦えないという声が上がってきているといいます。
 そんな中、額田派では竹下亘氏が新会長となりましたが、竹下氏は石破氏に近く、秋の総裁選で石破氏を推すのではないかと噂されているそうです。
 これは、注目したいところです。

 もう一つ、大いに気になった点があります。
 それは、この未来人がリニア新幹線は失敗に終わると言っていることです。
 今、はからずも大手建設業者の談合事件で注目を集めているリニア中央新幹線ですが、品川と名古屋間の開通が2027年の予定です。品川と大阪間は2045年開通の予定です。総工費は当初は7兆7千億円でしたが、現在は9兆2千億円に増えています。
 当初から、難工事が指摘されていました。
 未来人が言うには、工事費は膨れに膨れ、最終的には30兆円に達し、しかもコストが高く不便で需要がなかったといいます。さらに人体に有害な影響を与えることが判明したといいます。
 私はこれを聞いて、「ああ、やっぱり!」と思ったのです。
 船瀬俊介氏は、リニアは危険な乗り物だと訴えています。
 以下、船瀬氏の言葉です。

 「戦慄するのは乗客の電磁波被曝。なんと「安全基準」の1万〜4万倍も浴びるのだ。知れば乗客はゼロとなる」

 JR東海が採用するリニアモーターカーは、超電導磁気浮上リニアモーター推進システムと呼ばれるものだそうです。車両の超電導磁石が高速で通過すると地上から浮上し、抵抗を限りなく少なくすることで、超高速運転を可能にしています。
 車体が浮くぐらいの磁場が発生するのですから、それが乗客にどのような健康被害があるか当然検証済みと思いたいのですが、どうなっているのでしょうか。
 電磁場を金属の箱で遮蔽することは可能ですが、磁場がゼロになると、人間は記憶が無くなると言う人がいます。
 それが神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんです。
 ドランヴァロさんのワークの日本でのファシリテーター(促進者)が3名おられるのですが、そのうちの一人に横河サラさんという人がいます。
 私は横河さんのメルマガを取っているのですが、そのメルマガの一つから抜粋して紹介します。


 ・・・<横河サラさんの2018年2月20日のメルマガから抜粋開始>・・・

ドランヴァロ(以下、D):地球でポールシフトが起きる時、それは驚くべきものとなります。
というのは、それは急速に始まり、すぐに終わるからなんです。

ポールシフトが終わった時に何が起きるかについては、時間をかけて調べたい人もいるでしょう。それはとてつもなく大きな出来事ですからね。

14日間、最長21日間と言っている研究グループもありますが、つまり2〜3週間の間にいくつかのことが起きるでしょう。

ひとつめは、人間の記憶が消去されてしまうことがあります。

これはロシアで起きたことからも明らかです。

ロシアが初めて宇宙に人間を送り込んだ時のことですが、宇宙に2週間滞在した後、最初の宇宙飛行士の記憶が完全に消えてしまったのです。

彼は自分の名前もわからず、ドアの取っ手が何をするためのものだかも、何もかもわからなくなっていました。

そのために、もう一人宇宙飛行士を送り込んで、彼を連れ戻さなければなりませんでした。

今ではロシアは、彼は治療不可能な精神障害になっていること、彼の記憶が飛んでしまっていることを発表しています。

最初の宇宙飛行士を連れ戻しに行った宇宙飛行士にも同じことが起きたため、この原因は宇宙にあることを彼らは悟りました。

地球から長い距離を離れると、磁気フィールドが非常に弱くなり、人体において磁気が持つ役割を果たせなくなります。

記憶は本来磁気的なものであり、記憶は人体に流れる地球の微弱な磁気フィールドの中に保たれています。

ですから、今ではロシアでも米国でもどこでも、宇宙飛行士たちは地球の磁気フィールドに近づける小さな機器をベルトに付けて、記憶を保つことを可能にしています。

ですから、これは一大事なんです。

各国の政府はこの問題を知っていますが、彼らがどのように対処するのか、私にはわかりません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 つまり磁場がゼロになってしまうと、人間は記憶を無くす危険性があるということです。
 リニア中央新幹線内で、磁場をゼロに遮蔽することは技術的には可能かもしれませんが、そうしてしまうと人間の記憶が破壊される可能性があります。
 やはり、リニア車内でも、地球磁場に近い状態に保つ必要がありそうですが、そんな技術は確立されているのでしょうか。
 そういった難題を残したまま、新幹線建設に見切り発車した可能性が高い気がします。

 私は未来人が言う「人体に有害な影響を与えることが判明」というのは、安全基準の1万〜4万倍とも言われる電磁波のことではないかと睨んでいるのです。

 2071年の未来人の検証として、今後リニア中央新幹線の工事がどのように進んでいくかを見ることは有効だと思います。
 今後、工事費は雪ダルマ式に膨れていくか、健康被害が話題に上るようになるのか要注目です。
 未来人が言うには、リニア中央新幹線は一応は完成するようです。しかし人々が利用しなかったため、JR東海は破産するといいます。
 そして国がそれを補てんせざるを得なかった為、国は破産しかけるといいます。
 品川〜名古屋開通は2027年ということで9年先ですが、私は注目していこうと思っています。



kan(カン)さんの話...2018年3月21日

 昨年の11月、私はサアラさんのハワイ・リトリートに参加しました。
 そのハワイ・リトリートに参加する直前に、腰の異様な痛みに襲われました。奇妙なことに、私はそれまで腰に持病があったわけでもなく、また腰に負担を掛ける作業をしたわけでもなかったのです。
 まず私の知り合いが腰の猛烈な痛みに襲われ、その痛みが嘘のように引いた後、今度は私を襲ってきたのです。
 その強い腰の痛みは、私がこれまで経験したことのないものでした。
 このままではハワイに行けなくなると危機感を覚えた私は、藁にもすがる思いで、小林健さんの「携帯型量子波発生器」を腰に当ててみました。
 すると、奇妙なことに、痛い部分が移動していくのです。新たに痛くなった部分に「携帯型量子波発生器」の光を当てると、また移動するのです。
 小林健さんは、病気の9割が憑依によると言っていましたが、まさにそんな感じでした(ただし9割という数字は私は高すぎると思っていますが)。

 断定はできませんが、この私の腰の痛みは憑依だとしましょう。
 そうであるなら、私にとってサアラさんのハワイ・リトリートに参加することは、私の人生で重要な意味を持つことになると考えました(それだけ妨害する価値があったということになるからです)。
 今にして思えば、それはハワイ・リトリートに一緒に参加されたスタッフのKさんから、貴重な情報を得られたことではないかと思っています。
 その一つが、神秘家kanさんの情報でした。

 日本にクンルンネイゴンを広めたkanさんは、今でこそワークショップに参加するのが難しいほどの超人気ですが、KさんがVOICEで初めて会ったときのkanさんは、普通の整体の先生という感じだったといいます。
 ところが、kanさんがクンルンネイゴンを始めると、わずか4〜5年で劇的に変貌していったといいます。
 Kさんがkanさんから直接聞いた話では、「普通のスピリチュアルのワークが徒歩だとするなら、クンルンは新幹線だ」とのことです。

 「新幹線ですと〜!、これはやらないわけにはいかない・・・」、と私が思ったのは言うまでもありません。

 日本にクンルンネイゴンを伝えたのは、マックス・クリスチャンセンという人です。
 そのマックス氏の本『クンルンネイゴン』(VOICE)に、マックス氏のワークに参加したクリス・ティトルという人物が前文を載せています。
 クリス・ティトル氏が、マックス氏のワークに初めて参加したときの話で、その部分を抜粋します。


 ・・・<『クンルンネイゴン』、p7〜p9から抜粋開始>・・・

 禅仏教には美しいシンプルさがありましたが、結果を体感するには長い時間の実践が必要であるため、しばらくすると、スピリチュアルな実践を行うというよりは罰を受けているように思えてきました。私はより動的なものを求めていたのです。
 クンダリーニヨガの勉強を通じて、クンダリーニのエネルギーを上昇させるということを学びました。自分の体内に隠れた力の源があり、それを解放することでさまざまなエネルギーセンターを開くことができる、という考え方はとても魅力的でした。
 しかし、クンダリーニヨガでさえ、マスターするには時間がかかるという難点がありました。ひとつの脊椎が活性化するのに1年、全てが開くためには33年かかるということです。私はより短時間で効果を実感できるものを求めていました。

 ・・・(中略)・・・

 マックスによると、クンルンを実践した人は至福のエネルギーと磁気のエネルギーが高まり、その結果震えたり、激しく笑ったり、泣いたり、異言(意味不明な言葉)を話したり、柵や木に磁石のようにすいよせられたりするそうです。また、自らのエネルギーセンターを開き、覚醒するためには、このシンプルな行を実践するだけでいい、とも話してくれました(彼は「再覚醒」という言葉を好んで使います)。
 私は強い関心を持ちました。クンルンを1時間実践すると、その他の行を100年間実践したことに相当する、と言われたとき、次回の講座に参加することを固く決意しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 なるほど、クンルンなら1時間で100年分ですか・・・。
 新幹線なんてものじゃなくて、徒歩とロケット砲弾並みの差がありそうです。

 ではクンルンネイゴンって何? と聞かれたとき、私は説明できない自分に気づきました。
 『クンルンネイゴン』の本の帯に、こう書いてあります。

 呼吸法でもない
 気功法でもない
 瞑想法でもない
 再覚醒のための特殊技法を完全解説!!

 そもそも私のようにクンルンを始めて2ヶ月ちょっとの人間がクンルンを説明するなんて、おこがましい話です。
 マックス氏は、日本でkanさんと伯井由紀さんの2名にクンルンネイゴンを伝授しました。私は伯井さんから、クンルンを教わっています。
 その伯井さんも、「クンルンを説明するのは難しい」と言われていました。
 ネットで検索すると、「道教に伝わる再覚醒のための実践法」と紹介されていました。今の私はそれを引用するぐらいしかできません。

 クンルンを説明するのは難しいので、この記事では、kanさん本『時空を超えて生きる』(ナチュラルスピリット)からkanさんのスピリチュアルな体験を紹介してみたいと思います。
 まず、kanさんの幼少期の体験を紹介します。


 ・・・<『時空を超えて生きる』、p16〜p18から抜粋開始>・・・

 子ども時代の不思議な体験

 どちらかといえば、不思議な子どもだったと思います。
 岩手の漁村に生まれ、あたりまえのように船を見て育ちました。海に浮かぶ船は、ときおり奇妙な見え方をしました。普通の船に混ざって、ネガフィルムのように背景が黒く見える船があったのです。どういうことだろう? 観察を続けるうちにわかっていったのは、背景の黒い船がきまって帰ってこないことでした。遭難する船だけが他と違って見えたのです。
 そうとわかれば、子ども心にも止めたくなるものです。「子どもが何を言っているんだ」と最初は相手にもされませんでしたが、しだいに「あの子が止める船が帰ってこない」となり、最終的には、まるでお伺いを立てるかのように、船長が私のところに来るようになりました。
 故郷には、豊かな海が広がるその一方で、豊かな山もありました。うっそうとした森があり、森の中には神社があって、その裏手にはけっこうな樹齢の巨木がありました。私は一人でよくそこに行っては、巨木にのぼって遊んでいました。
 小学二年生のときです。いつものように遊んでいたら、なんと木から落ちてしまいました。落ちた先には倒れた木の根元があり、鋭利に尖ったそこに背中が刺さって、動けば痛い、動かなければなんとか耐えられるという状況に……。
 そのまま三晩が過ぎました。ふだんからその神社を訪れる人はめったにいなかったので、このままではマズいと思いました。そのときです。「フルヤ」という名前の木の精霊が現れ、まずどうすれば身体を解放できるかを教えてくれました。言われたとおりに身体をずらして自由になると、次は応急処置のしかたを教えてくれました。下山してからは、教えてもらったやり方を自分なりにやっているうちに、医者にかかることなく傷は癒えていきました。
 幼い子どもの四日間の不在に、家族は何も言いませんでした。比較的、各自マイペースな家庭でしたが、留守のあいだ、家族が本当はどうやって過ごしていたかはわかりません。
 精霊のフルヤはもう一つアドバイスをくれました。「船の話はあまり吹聴するな」です。それ以降、その話は船乗りとのあいだだけで交わすようになりました。
 家族にはこうした不思議な力はなかったと思います。私自身も小学校の高学年になり、身体が成長するにつれ、その力は影を潜めていきました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次にkanさんが、クンルンネイゴンを始めて、身体が透明になっていったという話を紹介します。


 ・・・<『時空を超えて生きる』、p1〜p4から抜粋開始>・・・

 2008年のある夕方のことでした。下北沢のカフェでくつろいでいたら、すぐそばの席から、女子高生のキャーッと叫ぶ声が聞こえてきました。何が起こったのだろうと振り返ると、店内の全員がこちらを見ています。ふと手元を見ると、自分の手が見えません。
 コーヒーカップだけが浮いていて、それを持っているはずの手が見えないのです。「おお!」と思った瞬間、コーヒーカップは床に落ち、その拍子に目に入った自分の身体はあちこちが透けていて……・なんと、肉体がところどころ消えていました。たしかにこれでは注目を浴びてもしかたがないと、自分でも笑ってしまいました。

    *

 ちょうど同じ時期のこと。ワークショップを終えて帰ろうと電車に乗り込み、ドア付近に立ちました。車体がガタンッと大きく揺れたので、とっさに手をついたら、ガラスをすり抜けてしまいました。社内騒然です。腕はすーっと引き抜けましたが、ガラスはゆがんだままでした。ニュースにならなかったのが不思議なくらいの出来事でした。

    *

 タクシーに乗っていたら、カーブにさしかかったところで車体が大きく傾き、天井端のアシストグリップを強く握ると、あろうことかグリップがふにゃ〜と変形してしまいました。私の大きな身体を支え切れなかったのでしょう。それにしても、バキッと折れるならまだしも、変形するなんて……。固いはずの物質がふにゃ〜とゆがむという現象が頻繁に起こりはじめたころでした。

    *

 はじめてテレポーテーションを体験したのは、それから間もなくです。
 冬真っ盛りのその日、東京は小春日和の気持ちのいいお天気でした。Tシャツとスウェットパンツ姿で明治神宮へ行き、芝生でくつろいでいると、突然、目の前に渦が現れました。それまでにも体験したことのある、それは美しい渦です。いつもはただ眺めているだけのこの中に、ふと入ってみようと思いました。次の瞬間、気がつくと、冷たくて真っ暗なところにいました。
 痛いほどの冷たさに、ここは氷の中か、と思いました。息ができなくて、あわててかき分け頭上に出ると、あたりは一面の銀世界。一瞬で北国に来たことがわかりました。
 とりあえず戻ろうと、渦に入る感覚をよみがえらせようにも、そもそも渦が現れてくれません。そのうちズブズブと身体が雪の中に沈みはじめ、こんなことをしているあいだに日が暮れてしまうと歩き出したら、一軒の民家にたどり着きました。そこは青森でした。結局、そのお宅には二晩お世話になりました。その間、友人に電話をして、明治神宮に置いてきた荷物を送ってもらい、電車に乗って帰途に着きました。なんとも奇天烈な体験でした。

    *

 はじめて海外へとテレポーテーションをしたのは、まだ行き先を特定できないときでした。高次の「祈り」に似た感覚で渦を呼び起こし、そこを通じて出た先は、天山(てんしゃん)山脈(中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区からキルギス共和国にかけて東西に走る山脈)でした。聖山であるそこは、守られた場所です。テレポーテーションの練習の段階でここに出たことには意味があるのでしょう。その後、別の聖山に出たときには、僧侶の方々が察知して出迎えてくれたこともありました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 kanさんが初めて東京の明治神宮から青森にテレポーテーションした話を、私はKさんからじっくり伺いました。Kさんは直接kanさんからその話を聞いたと思われ、リアル感は、本で読むよりずっとありました。
 kanさんのスピリチュアル体験は、他にも色々あるのですが、今回はこのくらいにしておこうと思います。


 念の為に書いておきたいのですが、私はスピリチュアルの進歩と、サイキック能力がイコールだとは思っていません。
 以前にも書きましたが、伯井さんはスピリチュアル的に進歩していくと、付随的にサイキック能力が高まっていくと言われていました。
 ただし、必ずしもその逆が成り立つわけではないとのことです。
 つまりサイキック能力が高いからといって、スピリチュアル的に進歩しているわけではないということです。
 ある種のテクニックを使えば、私のような凡人でも、サイキック能力を身に付けることが可能だといいます。また生まれつき霊的体質の人もいるようです。もちろん霊的体質だからといって、スピリチュアル的に進歩しているわけではありません。

 今回kanさんのスピリチュアルな体験を紹介したのは、私自身がスピリチュアルな体験に少々興味があったからに過ぎないことをお断りしておきたいと思います。



平行現実の話...2018年3月8日

 私たちは、自分の住む世界は1つであり、この世界に似た無数の世界が存在するなんて、通常は考えたこともありません。
 しかし、スピリチュアルの分野でマスター(先生、師)と呼ばれる方々は、そうした世界が存在すると教えてきました。
 そうした世界は、平行現実、平行宇宙、平行世界、パラレルワールドなどと様々な呼ばれ方をしていますが、ここでは平行現実という言葉を使いたいと思います。
 私が初めて平行現実のことを聞いたのは、神秘家ゲリー・ボーネルさんが主催するゲリースクールでした。
 自分がいる平行現実の他に、類似した無数の世界があり、そちらの世界にも自分が存在すると聞いて、奇異な感じがしました。
 「はあ…、そんなものですか〜」
 といった感じで、実感が湧かないというのが本音でした。
 そうした平行現実の一つを自分が選択して体験していると言われても、ピンと来ないのは無理もないと思います。ネットサーフィンであれば、自分が様々なサイトを渡り歩いていることを実感できますが、平行現実を渡り歩いているという実感がないからです。
 私はゲリースクール卒業後に、サアラさんのスクールにも行きましたが、そこでも平行現実の存在を教えられました。
 実感はないが、どうやらそうした平行現実なるものが存在するらしい……、と考えるようになりました。

 平行現実に関して一番多くの説明をしているのが、米国人のダリル・アンカ氏がチャネリングしているバシャールだと思います。
 そこで、まずバシャールの平行現実に関する説明を紹介したいと思います。
 『BASHAR 2017』(VOICE刊)から、抜粋して紹介します。これは喜多見氏と、バシャールの会話形式となっています。
 時間の概念に続いて、平行現実の概念が述べられています。


 ・・・<『BASHAR 2017』、p113〜p123から抜粋開始>・・・

喜多見

そうなんだ・・・。

 私たち人間は、たぶん、時間に対して「知覚のゆがみ」があって、過去、現在、未来と時間が直線上に進んでいくと認識しているわけですが、実際の時間は、どのように存在しているのでしょうか?

バシヤール

 「時間」というのは、皆さんの意識が「毎秒、何十億という並行現実を通過する」ために起きてくる「副作用」です。

 別の言い方をすると、時間は、フイルム映像です。

 映写機にフィルムをかけます。

 フィルム上の映像は、ひとコマひとコマ同時に存在していますが、フィルムの進行方向が一方向しかないので、時間は過去から未来へ一方向でしか進まないように見えます。

 フィルムには、すべての映像のコマが「同時に存在している」のですが、皆さんが特定の順番でフィルムに光を当てていくので、(直線的に一方向に進む)「時間という幻想」が創られていきます。

喜多見

 「時間は、今この瞬間しかない」と、スピの世界では昔から言われてきました。

 その「今という瞬間」がたくさんの断片となって、ダーツとつながっている、という感じですか?

 その一個一個の断片のなかに、未来も過去も畳み込まれているというニュアンスなのでしょうか?

バシャール

 はい、そうです。

 未来も過去も「別バージョンの今」です。

 その「別バージョンの今」に、「自分がどのように関わるか」によって、過去だったり未来だったりと思えるだけです。

 過去や、未来と言うときは、「今という瞬間」から、「別の今」(未来や過去)とどういう関係を持つかということです。
〔※さらに言えば、今というこの瞬間に、過去をどう位置づけるか、未来をどう思い描くかで、過去も未来も変化し、変えうる〕

 自分の意識が拡大していけば、時間の流れという「連続性が(瞬間瞬間に)分断してくる」という体験が増えてきます。
 それは言ってみれば、1本のフィルムをひとコマずつに切って、それぞれの「順番を変えてみる」ということと同じです。

 よりたくさんシンクロニシティを体験するようになってくると、人生が魔法のような人生になってきます。

 これは自分の意識が拡大し、フィルムのコマの順番が変わったので、今までと同じように時間と空間を体験しなくなってきたということです。


 ・・・(中略)・・・


喜多見

 なるほど。

 タイムマシンが可能か不可能かという話もよく話題になりますが(親殺しのパラドックス等)、タイムマシンというのも、そうした個別の瞬間のコマが同時に存在する構造を利用して、ジャンプしているのでしょうか?

バシャール

 ある種、そうとも言えるかもしれませんが、タイムマシンは皆さんのSF映画のなかに出てくるような形で機能するわけでは、ありません。

 ひとつの時間のコマから別の時間のコマにジャンプするということは、「ひとつの現実」から「別の現実にジャンプ」しているということです。

 では、少し例をあげます。

 あなたが10歳だと思ってください。
 あなたの写真をカメラで撮ります。
 そして、その「10歳の写真」をテーブルの上に置きます。
 そして、成長して30歳になりました。「30歳の自分」の写真を撮ります。

 そして、その30歳の写真を、10歳の写真の隣に置きます。

 30歳のあなたが、「よし、タイムマシンを開発するぞ」と言います。

 タイムマシンに乗って、10歳の自分に会いに行こうと、タイムマシンを起動させ、10歳の自分のところに来ると、10歳の自分が見えます。

 10歳の自分と出会ったので、証拠写真として、ふたりの2ショットを撮ります。
 「30歳の自分と10歳の自分が並んでいる写真」です。

 そして、その写真をまたテーブルの上に置きます。

 ここで写真は全部で、「10歳のあなたのシングルショット」、「30歳のあなたのシングルショット」、「30歳のあなたと10歳のあなたが並ぶツーショット」の3枚になります。

 でも、そのときになにに最初に気がつくでしょう?

 この3つの写真を見てすぐに気がつくことは、これらの3つの写真は、実は、「同時に存在していた」ということです。

 10歳のシングルショットには、「30歳のあなたが10歳のあなたの隣に立っていなかっただけ」で、30歳のあなたが存在していないわけではなかったということです。

 (30歳のあなたは隣に立っていなかったので)10歳のシングルショットが撮れています。

 そして「30歳のときにあなたが出会った10歳のあなた」は、「シングルショットを撮った10歳のあなた」とは「違うあなた」だということです。

 つまり、「自分の過去を変えたのではない」のです。

 それは「別の並行現実にいる10歳バージョンのあなた」という「歴史」を訪問しただけであって、「30歳で訪ねた10歳のあなた」は、「本当に10歳だった頃のあなた」とは「違うバージョンの10歳のあなた」です(親殺しのパラドックスを否定)。

喜多見

 おっしゃっているのは、タイムマシンは時間旅行マシンではなく、「次元旅行マシン」だと?

バシャール

 そうです。

 あるいは「並行現実シフティングマシン」と呼んだほうがよいかもしれません。

喜多見

 なるほど、ありがとうございます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 親殺しのパラドックスとは、タイムマシンに乗って過去に戻り、自分の祖先を殺したら、自分が生まれてこないことになり、矛盾するということです。
 昔、『バック・ツウ・ザ・フューチャー』というSF映画がヒットしたことがありました。これは主人公が過去に戻り、両親を結婚させようとするものでした。結婚してくれないと、自分が存在できなくなるので、必死に画策するのをコメディタッチで描き、大人気となりました。
 並行現実の存在は、そうした矛盾が起きないことを示しています。
 タイムマシンに乗って過去に行き、自分の両親に会ったとしても、それは無数にある並行現実の一つでしかありません。それゆえ、その世界で両親が結婚しなかったとしても、それは自分のいる世界とは別なものなので、自分が住んでいる世界で、自分の存在が無くなることはないということです。

 ゲリーさんから教わった、並行現実について補足します。
 並行現実は無数にありますが、隣合った並行現実ほど、似ているといます。つまり隣合った並行現実は、自分のいる世界とほとんど同じで、少し違う程度です。しかしさらにもう一つ隣の並行現実となると、その違いがやや大きくなります。そして自分の並行現実と離れれば離れるほど、その違いが大きくなるといいます。こうして並行現実の中には、人類にとってユートピアのような世界がある一方、第三次世界大戦が起きて、人類が滅亡しているものもあるといいます。
 ゲリーさんによると、スピリチュアル的に成長し、(覚醒の一歩手前の)自己覚知(じこかくち)というレベルに達すると、自分がいる並行現実と両隣の並行現実が統合されるといいます。覚醒にまで達すると、すべての並行現実が統合されるといいます。私はこの「統合」という意味の解釈を考え込んでしまいました。どう理解したらいいのでしょうか。
 そこで私の勝手な解釈ですが、統合とは、知覚できるという意味だと考えました。つまり自己覚知すれば、両隣の2つの並行現実を知覚でき、覚醒すればすべての並行現実を知覚できるようになるのではないかと考えたのです(この考えは違うかもしれません。どなたか真実を知っている方がおられましたら、教えていただけると幸いです)。

 私は並行現実は実感できないと言いましたが、並行現実が存在するとしか思えない事件が、世界各地で起きているといいます。
 一例を挙げます。
 去年(2017年)3月、北海道で偽10000円硬貨を使ってコンビニで買い物をした男性が逮捕されました。
 コンビニの店員は10000円記念硬貨と思って受け取り、つり銭を渡したといいます。その後、店のオーナーが気づき警察に通報したといいます。
 不思議なのは、その10000円硬貨には、昭和65年という刻印がされていたことです。私たちの世界では、昭和は64年で終わりです。それから平成になるので、昭和65年は存在しないはずです。
 しかも、この10000円硬貨を詳しく調べたところ、10000円の価値を超える貴重な金属材料が使われていたといいます。
 ですから、単なる通貨偽造事件とは思えないものがあったのです。
 (詳しい内容は以下のサイトを見て下さい)

http://tocana.jp/2017/03/post_12640_entry.html

 これは、昭和65年まであった平行現実の世界の住民が、なんらかの理由で私たちの世界に紛れ込んでしまったと解釈できるかもしれません。
 自然現象としての時空の歪みが起こり、運悪くそれに巻き込まれて、違う土地、違う時代に飛んでしまうという話はよく聞きます。このケースは、私たちの世界とは微妙に違う、平行現実の世界があることの証左かもしれません。

 無数の平行現実があるなら、科学技術の進んだ未来の平行現実の世界から、私たちの世界にタイムマシンを使って飛んでくるというケースもあってもおかしくないはずです。
 私は、2chにそうした未来人の訪問のケースがたくさん投稿されているのを知って驚きました。もちろんすべてが、本当の未来人ではないかもしれません。小説家、あるいは放送作家の卵が、腕を磨くために未来人のふりをして、ストーリーをねつ造した例があると思います。
 でも私には、すべてが捏造とは思えない、リアルなものもあったのです。

 色々見ていてわかったのは、未来人がこの世界を訪問するにしても、色々なパターンがあるということです。

・タイムマシンに乗って、肉体を持ったままこの世界を訪れる。

・未来から、現代のネットにアクセスして情報を伝える。

・同じ人間のなかで、未来の意識が今の意識に宿り、未来の情報を伝える。

 これらが、(他にもあるかもしれませんが)私が知ったパターンです。

 では、私がリアルと感じた中から2つほど紹介したいと思います。
 私たちの世界に近い平行現実の世界から来た未来人の情報を聞けば、比較的高い確率で未来の出来事がわかるのではないかと思い、そうした平行現実の世界がないか探してみました。
 まず私が面白いと思ったのは、未来から、現代のネットにアクセスして情報を伝えた以下の例です。

https://www.youtube.com/watch?v=P5lnUkPEOGI

 この未来人は、2019年5月9日に東京直下の大地震が起きると警告するために情報を伝えているといいます。
 公開は2015年5月25日となっています。
 私が感心したのは、この時点でオバマ大統領の次の大統領は、ドナルド・トランプ氏だと言っていることです。当時は、トランプ氏は共和党の全くの泡沫候補で、トランプ氏が大統領になるなんて、ほとんどの人が思っていませんでした。
 さらに、公開された5月の次の月(6月)の7日に、東京都知事が辞任すると言っています。
 実際は、当時の桝添要一都知事が辞任を申し出たのは15日で、議会で承認されたのが21日でした。未来人の言うことと、日にちが微妙に違うのが興味深いです。
 やはり、私たちの世界と微妙に違う平行現実の世界から来た未来人ではないかという気がします。
 残念なのは、安倍首相の次の首相が谷垣禎一氏だと言っていることです。
 谷垣氏は、自民党総裁まで務めた人物なので、健康であれば次期首相の目はあったかもしれません。しかし2016年7月、趣味の自転車で事故を起こし、1年2ヶ月もの入院生活を余儀なくされました。そうして、去年秋には政界引退を発表しました。もちろん健康を取り戻し政界に復帰する可能性もあるかもしれませんが、激務の総理職が務まるとは考えにくいと思います。
 さらに平成は35年まで続くと言っています。
 私たちの世界では、来年4月30日に平成天皇の退位が決っており、平成は31年で終了します。
 この点からも、私たちの世界とは、ちょっと離れた平行現実の未来人かなと思ってしまいます。

 次に私が面白いと思ったのが、以下の例です。

https://www.youtube.com/watch?v=R5dE-_bT2Cw

 これは、タイムマシンを使って直接私たちの世界に来た例です。
 公開は2015年12月12日です。
 この未来人は、東京オリンピックと平昌(ピョンチャン)オリンピックは開催されると言っています。実際、平昌オリンピックは、無事開催されました。
 さらに、2015年5月の時点で、ロシアの空爆と地上部隊でISISは壊滅すると言っています。ISISの壊滅がはっきりしたのは、2016年の夏です。すでに2015年12月には、ロシアのISISに対する本格的な攻撃が始まっていたので、予想はできたことですが、一応目安にはなる気がします。
 私がリアルと感じたのは、安倍首相の次は石○氏だと言っていることです。
 石○氏とは、ポスト安倍の筆頭ともいえる石破茂氏のことでしょう。もちろん岸田文雄氏や野田聖子氏などのライバルもいますが、現時点では次期総理に一番近いと言えるのではないでしょうか。安倍首相は、2020年までに退陣すると言っています。
 さらに興味深いのは、平成の次は安始(あんし)だと言っていることです。
 年号は、半年前頃に発表されるという話があります。
 そうだとすると、今年の秋頃に発表されるはずです。それがはたして安始なのか、注目したいと思っています。

 こうした未来人の投稿は、とにかく量が多く、一人では見きれません。
 どなたか、この私たちの世界にもっと近い平行現実の未来人の投稿があったなら、教えていただけると幸いです。



肌荒れ、シミ、色黒の本当の原因とは・・・...2018年3月1日

 私は男なので、化粧をしたことがありません。
 と書いて、ふと若い頃、仲間とテニス合宿に行った時、夜の宴会の罰ゲームで化粧されてしまったことを思いだしました。
 これが、けっこう皆に受けたのです。
 こうした快感が忘れられず、女装趣味に走る男性もいるのかもしれません。ただ、私は”その気”はなかったようで、化粧に全く興味が湧きませんでした。
 おそらく、あれが私の人生で、最初で最後の化粧だったのだろう……。
 と書いて、ふと、そういえば死化粧するかもしれない、と頭に閃きました。
 いやいや、家族のいない私は、間違いなくどこかで野垂れ死にするはずで、おそらく無縁仏として葬られるはずです。

 そんな状況ですから、私は、化粧(又は化粧品)に関しては、全くのノーマークでした。
 それゆえ『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』(船瀬俊介著、成甲書房)で、化粧品で日本の多くの女性が被害に遭っているという記事を読んで、まだまだ私の知らないことが多いと改めて思いました。
 前回に続き、今回も『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』(船瀬俊介著、成甲書房)から抜粋して紹介します。

 昭和52年(1977年)、大阪で化粧品を使っていた人の顔にしみができる黒皮症(こくひしょう)で、患者18名が大手化粧品メーカーに対し、総額1億7700万円の訴訟を起こしたそうです。
 当時、日本消費者連盟(日消連)のスタッフだった船瀬俊介氏は、被害者の会である「大阪化粧品公害被害者の会」のメンバーの方々と実際に会ったそうです。
 そして、想像以上の被害に絶句したといいます。その顔は異変しているだけでなく、ケロイド状に凸凹に変形している方もおられたといいます。

 そこで、日消連は『化粧品被害110番』という電話相談窓口を開設したところ、全国から数多くの被害者の声が殺到したそうです。
 「美しくなるはずの化粧品で、どうして、こんなに被害が発生するのかと疑問に思い」、化粧品被害を考えるシンポジウムを開催したといいます。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p59〜p65から抜粋開始>・・・

 登壇したのは同志社大学工学部、西岡一教授、大阪大学医学部、皮膚科部長、田代実博士……など。
 そこで、衝撃事実が判明した。
 化粧品成分は、ほとんどが皮膚にとって異物、刺激物、そして毒物である……というショッキングな事実だった。
 とくに、西岡教授は『化粧品毒性テーブル』という印刷物で、化粧品の有害性に警鐘を鳴らしておられた。化粧品類の成分一覧表に各々の毒性を列記したもので、まさに”化粧品”とは、皮膚毒物のエッセンスであることが、一目瞭然だった。
 では、どうして全国の女性たちは、こんな”毒のエキス”を顔に毎日塗りたくっているのか? そこで、私は書店におもむき、棚にある女性雑誌20冊余りを、すべて買い求めた。
 事務所に持ち帰り、全広告ページを切り取り、化粧品「広告内容」をチェックした。

 「肌荒れ」「色黒」「ニキビ」「小じわ」「老化」を”防ぐ”……!?

 さらに仰天、絶句した。
 次のような化粧品の「効能」表現に満ちていたからだ。

▼「肌荒れ」を防ぐ。▼「シミ」を防ぐ。▼「色黒」を防ぐ。▼「ニキビ」を防ぐ。▼「サメ肌」を防ぐ。▼「たるみ」を防ぐ。▼「小じわ」を防ぐ。▼「肌の老化」を防ぐ。▼「肌に栄養」を与える。▼「肌をすこやか」に……などなど。

 なるほど、これだけの”効能”があるなら、女性たちは、いくら金を払っても購入して、顔に塗り続けるのも、とうぜんだ。
 「本当にこれだけの”効能”があるのか?」
 田代実教授(前出)に質問してみた。
 すると、田代先生は、苦笑いしながら「全部、逆ですよ」と、あっさりおっしゃった。
 「逆……と、いいますと?」
 「『防ぐ』のではなく『原因』になるんですよ……」
 「エーッ……!?」
 「化粧品を顔に塗るから『肌荒れ』『色黒』『シミ』『ニキビ』『たるみ』『小じわ』『老化』の原因になるのです」
 「『肌に栄養を与える』とか……?」
 「肌は栄養分を吸収しません。だから『栄養クリーム』というのも、誤りです。これだけ、皮膚障害が出るのだから『すこやかに』など、ありえません」
 つまり、女性雑誌に満載されていた化粧品の”効能”表現は、すべてウソだったのである。

 クリーム、乳液、化粧水で、「肌荒れ』になるメカニズム

 では、なぜ、これだけ皮膚障害が起きるのか?
 そのメカニズムも、田代教授は、ていねいに説明してくれた。
 まず、その前に、化粧品類を二つに大別しなければならない。
 化粧品には2種類ある。「メイク化粧品」と「基礎化粧品」だ。
 前者は「メイクアップ用」だ。「化粧」とは、文字通り「化けて」「粧(よそお)う」と書く。
 だから、本来は、「メイクアップ用品」なのだ。
 ところが、化粧品メーカーは「基礎化粧品」なる商品も販売している。
 かれらは、これらを別名「スキンケア」化粧品として販売している。
 「基礎化粧品」は、クリーム、乳液、化粧水のたぐいだ。
 そして「メイク化粧品」とは、口紅、頬紅、眉墨、ファンデーションなどである。
 田代教授が、問題にするのが前者「基礎化粧品」。これらは「スキンケア」をうたっているが、じつは「スキンダメージ」になっている、という。
 まず、「クリーム、乳液、化粧水で”お手入れ”するほど肌は荒れます」(田代教授)
 世の女性たちは、この教授の一言に大ショックのはずだ。
 「肌荒れ」を防ぐ−−と信じて顔に塗ってきた基礎化粧品が、じつは「肌荒れ」の原因だった……とは!
 その「肌荒れ」が起きるメカニズムも、明解である。
 「……肌は表皮と真皮(しんぴ)と皮下組織の三層に分かれます。さらに表皮の最上層は角質層となっており、保護層(バリアゾーン)が形成されています。これが『皮脂膜(ひしまく)』です。皮脂膜は、皮脂腺から分泌された皮脂と、汗腺から分泌された水分とが乳化して角質最上層を覆っています。
 『皮脂膜』の働きは二つあります。一つは、外部から異物の侵入を防ぐ。皮膚に水をたらすと弾いて水滴になりますね。これは、皮脂膜が水を弾いて、侵入を防いでいるからです。もう一つは、表皮からの水分の蒸発を防ぐためです。だから、皮膚はしっとりと、みずみずしさを保てるのです。皮脂膜が破壊されると、水分がどんどん蒸発して、つっぱり、カサつきます。これが『肌荒れ』です」(同教授)
 −−−ナルホド……。人間の体とは、じつによくできている。
 では、なぜ、クリーム、乳液、化粧水の”お手入れ”で「肌荒れ」になるのだろう?
 「……化粧品の正体は、油と水を練り合わせたものです。水分が多くなると、クリームは乳液になり、さらに多くなると化粧水になります。この油と水を混ぜ合わせるとき、必ず合成界面活性剤が必要になります。これは、合成洗剤の仲間です。つまり、油を溶かす作用がある。クリーム、乳液、化粧水を顔に塗ると、この合成界面活性剤が、皮膚の保護層「皮脂膜」を溶かし、破壊してしまうのです。これが『肌荒れ』になる第一段階です」

 塗るほど「つっぱる」「カサつく」「粉をふく」……累積性皮膚炎

 さらに、毎日、毎日、これら基礎化粧品を顔に塗り続けていると、どうなるか。
 化粧品は油と水を混ぜたものだ。だからスキンケアとは顔に外からアブラを塗る行為なのである。
 外から毎日アバラを供給していると、だんだん、皮脂腺からのアブラ(皮脂)の分泌が衰えていく。これは『廃用性委縮』……使わなければ衰える……という生命の基本原理だ。
 「顔を洗って、素肌のままでいると、顔がつっぱって、カサつくようになります。これが『肌荒れ』の第二段階です」(同教授)
 −−−つまり、日本中の女性が毎日行っているクリーム、乳液などの”お手入れ”は、けっきょく、余計なアブラを毎日、肌に塗り込むために、皮脂腺の分泌を衰えさせ、ぎゃくに「つっぱる」「カサつく」などの「肌荒れ」をつくっているのだ。
 「……つまり、”お手入れ”が、じつは肌のすこやかさの源である『皮脂膜』を破壊しているのです。男性は、顔を洗ったあと、つっぱりません。しかし、毎日”お手入れ”をしている女性は、例外なく顔だけが、つっぱり、カサつき、粉をふくようになります。さらに皮脂の分泌が衰え保護層の『皮脂膜』が破壊されているため、その他の有害な化粧品成分……合成保存料、殺菌料、酸化防止剤、合成香料、タール系色素……などの刺激を受け、接触性皮膚炎、アレルギー皮膚炎、発疹……などで肌のトラブルを起こすようになるのです。これが、化粧品による第三段階の害で、これが『累積性皮膚炎』です。その結果、小ジワ、たるみ、肌の老化も進みます」(同教授)
 −−−まさに、スキンケアの正体は、スキンダメージだった。
 この真実に気づかず、今も、日本中の女性たちがCMや美容部員たちの”洗脳”にのせられ、せっせと”お手荒らし”をくり返している。
 資生堂やポーラ、ドモホルンリンクルなどで”お手入れ”を欠かさない女性たちは、ここまで読んでも信じられないだろう。
 なぜなら、これらのメーカー広告は「しっとり、うるおいの素肌がよみがえります」とCMしているからだ。なら、お顔を洗ったあと、なにもつけないで”素肌”のままでいてごらんなさい。たちまち、パリパリにつっぱって、カサつくはず。そして、がまんしていると、顔が粉をふいて、ヒビ割れそうに辛くなる……。
 これが、田代教授のいう慢性の肌荒れ……『累積性皮膚炎』だ。
 あなたの首から下の、クリーム、乳液、化粧水を塗らなかった部分は、素肌でも、しっとりなにも起こらないはず。お手入れした部分だけ、カサつく、つっぱる。まさに、その正体は”お手荒らし”そのものだった……。眼が覚めただろうか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 美しくなるために使っているのに、醜くさせられているというのは、悲劇というべきか喜劇というべきでしょうか。

 気になるのは、化粧品を取り締まるべき行政の対応です。
 化粧品がそれほど危険なものであるなら、私達は、当然ながら政府(行政)が規制に動くと考えてしまいます。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p67〜p68から抜粋開始>・・・

 では、化粧品を取り締まる側の政府は、どうか?
 これもまた情けない……を通り越して、犯罪的である。
 私は、クリーム、乳液、化粧水など基礎化粧品の”効能”に堂々とサギ表現があふれていることに、驚いた。
 これらは、化粧品・医薬品の虚偽表示を取り締まる薬事法違反(66条)であり、不当表示を取り締まる景品表示法(4条)違反、ならびに刑法、詐欺罪(246条)に違反している。つまり、犯罪行為そのものだ。それを、白昼堂々と、それもテレビ、新聞、雑誌を使ってやってのけている”蛮勇”に呆れ返った。
 しかし、化粧品会社による堂々たるサギ犯罪も、なんと、政府の”お墨付き”があったのだ。それが厚生省(当時)の「薬務局長通知」。そこには、化粧品の「効能効果」について「以下の通り」と「効能書き」が明記されていた。
 「化粧品の『効能』は次の通り……肌荒れ、色黒、ニキビ、サメ肌、小ジワ、たるみ、老化を防ぐ、栄養を与える……云々」。この”お墨付き”が、全国都道府県に通知されていたことに、あぜん呆然とした。つまり、化粧品の犯罪表示を取り締まる立場の監督官庁が、率先して”詐欺表示”を推奨支援していたのだ……。官業の癒着ここに、きわまれり。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやら、行政を頼ってはいけないようです。
 では、民間の医者はどうしているのでしょうか。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p66〜p67から抜粋開始>・・・

 化粧品が売れないと皮膚科医の半分はオマンマ食い上げ

 では−−。医者はどうだろう?
 私は、化粧品がスキンケアではなく、スキンダメージ商品でしかない、ことを明快に解説してくださった田代教授の勇気に、心から感謝している。
 また、『化粧品毒性テーブル』で、成分毒性を公表した西岡一博士にも敬意を表する。
 さて、その他のほとんどの医者たちは、まさに情けない……の一言だ。
 化粧品公害が世間を騒がせていたとき、東京都消費者センターが、『化粧品問題を考える』公開シンポジウムを開催した。
 そのとき、私は消費者側として参加したのだが、日本美容皮膚科学会から安田利顕(りけん)博士が登壇した。
 彼は『美容のヒフ科学』という専門書をまとめたほどの、まさに学界の重鎮だった。
 その彼が登壇して、苦渋に満ちた表情で、こう言ったのだ。
 「……化粧品が売れなくなったら、皮膚科医の半分は、オマンマの食い上げでございます」
 壇上の傍らにいた私は、あっけにとられて、その横顔を見上げた。
 つまり、日本中の消費者が、せっせと化粧品を顔に塗ってくれるおかげで、皮膚トラブルが絶えず、皮膚科医も食っていける……と、皮膚科学会のトップが公言したのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 政府(行政)に続いて、医者も頼りにしてはいけないようです。
 では、化粧品メーカーに期待するのは、どうでしょうか。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p68〜p72から抜粋開始>・・・

 化粧品業界ヒットマンが私の命を付け狙った

 私は『あぶない化粧品』シリーズにとどまらず、独立してからも化粧品告発の手をゆるめなかった。『どうしても化粧したいあなたに』(正・続・続々)、『買ってはいけない化粧品』(正・続・続々)……と、メーカー、商品も実名を挙げて、ペンで徹底追及してきた。英国から来た女性ジャーナリストは、私を「あなたはまちがいなく、世界でもっとも多く化粧品批判の本を書いた方です」と絶賛してくれた。
 これは後で聞いた話だが、大手化粧品会社S社の退任した役員の証言によれば、告発のペンをゆるめない私に業を煮やした同社は、なんとピストルを持ったヤクザをヒットマンに雇い、私の帰宅を待ち伏せしていたそうだ。たまたま当日は不在だったので、命拾い(?)したわけだが、それだけ、私が化粧品業界にとって(不都合な真実)を書き続けた、ということだろう。
 しかし、私はもともと企業社会を否定する気は、まったくない。
 それどころか、消費者、国民のために優良な企業に育って欲しいと、心より切に願っている。
 化粧品業界を厳しく批判してきたのも、かれらが不当・誇大・虚偽表示で消費者をだますという詐欺犯罪(刑法246条違反)を、堂々と行ってきたからだ。
 その犯罪規模は、年間約2兆円……!
 それを、取り締まる行政も、チェックすべきマスコミも、そして警鐘を鳴らすべき皮膚科学会も、全て、この化粧品犯罪ネットワークに組み込まれていたからだ。
 業界が、黙らせるため私の命を付け狙ったのも、当然かもしれない。
 幸いなことに、殺されることなく、今も私は命ながらえている。

 「ほとんど水ですから、ぜったい安全です!」

 私の孤軍奮闘のせいかどうかは、わからないが、「黒皮症」の続発や世論の動向に、化粧品業界も敏感に反応した。まず、最も「黒皮症」の元凶とされた殺菌剤・防腐剤のたぐいを、穏やかな成分に切りかえた。毒性、刺激性の強い成分をこっそり抜き始めた。
 こうして、危ない成分を先を争って抜いたおかげで、「黒皮症」など、かつてのような深刻な化粧品被害は激減した。これは、われわれ消費者運動の成果だと自負している。
 しかし、殺菌剤、防腐剤、酸化防止剤、香料、タール系色素……など、どんどん抜いていくと、化粧品は限りなく”水”に近づいていった。つまり、原価も数十円から数円と、限りなくゼロ円に近づいていったのである。
 そして、メーカー社員も言うのである。
 「ほとんど水ですから、ぜったい安全です!」
 これは、あらたなコメディの始まりとも、いうべきだろう。
 さらに、私の『あぶない化粧品』以来の一連告発キャンペーンで、さすがに「肌荒れ、色黒、ニキビ、サメ肌、小ジワ、たるみ、老化を防ぐ……」などのロコツな直接的なサギ表現は、なりを潜めた。しかし、ほとんど”水”を数千円〜一万円で消費者に売り付けるには、新たな詐欺テクニックが必要となる。
 だから、化粧品メーカーの手口は、さらに巧妙になっている。
 「眼の下のくすみ、クマを取り除き、アイメイクなしでもハリのある日ヂカラ」(「SK−U」の”効能”CM)
 まさに、「言いたい放題」である。田代教授が言ったように、これら生理的効果は、化粧品にはない。肌のくすみ、クマなど顔色を改善するのは、正しい食事、休養、そして精神のハリである。
 「シミ、乾燥小ジワ、ニキビ、毛穴……肌の悩みに的を絞って……」(「クリニーク」公式ホームページ)
 これは「シミ、乾燥小ジワ、ニキビ……」に効果がある、と言っているのと同じだ。
 薬事法(66条)は、「明示的、暗示的を問わず、虚偽の効能、効果を広告・記述・流布してはならない」と禁止している。だから、これらCM表現も明らかに薬事法違反だ。
 クリニークは「ブランド名」自体が”クリニック”をうたい、医療的効能があるかのように誤認させる。だから、商品名そのものも、薬事法違反として、取り締まられるべきだ。
 「SK−U」も「肌年齢診断」などの販促キャンペーンを行っている。これは、暗示的に「SK−U」は「肌の老化を防ぐ」と言っているのだ。だから、同様に薬事法違反である。
 また、花王、資生堂など大手各社は「美白化粧品」の販売に血道をあげている。
 「美白」という効能表現は、「美しく」「白くなる」と宣伝しており、これも明らかに薬事法違反である。化粧品に「白くなる」つまり「メラニンを抑制する」効果はない。
 ところが、それに果敢にチャレンジした無謀な化粧品が登場した。
 それが、カネボウ「美白化粧品」である。つまり、化粧品のなかにメラニン色素を抑制する化学物質”ロドデノール”を配合した。はやくいえば、化粧品に”漂白剤”を入れた。
 人間の顔を”洗濯物”なみに考えたのである。
 その結果は、もうご存じの通り。顔に塗った女性の顔が白斑状に脱色したのだ。
 いわゆる、皮膚科でいう”シロナマズ”患者が続出した。
 「顔に脱色剤を塗れば、白くなるだろう」……という浅知恵が生み出した悲喜劇である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 政府(行政)、医者に比べれば、化粧品メーカーの対応は、まだましと言えるかもしれません。
 化粧品から、それなりに危険な成分をこっそり抜き始めたからです。
 それで、限りなく「水」に近くなったといいます。たしかにコメディです。成分がほとんど水ですから、原価も数円というのも納得できます。でも、はたして、それ(ほとんど水)を数千円〜1万円も出して買って、顔に塗る意味があるのかと思ってしまいます。

 ここまで読んで絶望的になった女性もおられるかもしれません。
 そんな女性に、船瀬氏からのアドバイスです。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p72から抜粋開始>・・・

 かさねていうが「スキンケア」は「スキンダメージ」……。
 女性陣にいっておきたい。お手入れ化粧品、つまり基礎化粧品は、すぐおやめなさい。
 やめて素肌にもどったら、一時つっぱってつらい。けど、ガマンしなさい。
 それが、あなたの高いお金と、時間をかけて、セッセと行った”お手入れ”の結果なのです。
 わたしは、化粧品をすべて否定する気はない。
 きれいになりたかったら、お酒落をしたかったら、メイクアップ化粧品のみにすること。
 それも顔全体にべったり塗るファンデは、やめなさい。
 基礎化粧品と同じ累積性皮膚炎の害が現れます。
 おすすめは、ポイント・メイク。それ以外は、顔に塗るのはさけることです。
 真の美しさ、すこやかさは、少食、菜食などナチュラルな食生活、長息、筋トレなどの自己トレーニングから生まれるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ネットで調べると、ポイント・メイクとは、口紅、アイシャドウ、マスカラ、ネイルなどをいうようです。
 なるほど、それなら肌へのダメージは最小限に抑えられそうです。



奇跡のEV...2018年2月21日

 昨年9月、日産は電気自動車(EV)リーフのフルモデルチェンジを発表しました。
 これにより、1回の充電での走行距離は、280kmから400kmと1.4倍にも伸びたといいます(実走行距離だと、150〜160kmから200〜210kmぐらいとのこと)。
 一般のガソリン車だと、満タンで400キロ以上確実に走れるように設計してあるといいます。日産リーフの性能はそこまでは及ばないものの、かなり近づいてきた感があります。
 EVの大きな問題は、充電時間の長さにあります。
 新型リーフは、80%充電に掛かる時間は40分だといいます。これは、ガソリン車にガソリンスタンドで給油する時間に比べてしまうと長すぎるように感じますが、夜間に自宅で充電する使い方であれば解決できそうです。ちなみに新型リーフは、メーカーオプションの普通充電器があり、これだと約8時間で充電できるそうです。
 新型リーフは、我々一般庶民にもかなり”実用的”という印象を与えた気がします(価格も300万円台と、EVが初めて登場した時に比べて、だいぶ安くなってきました)。

 しかし消費者は、わがままです。
 1回の充電の走行距離は、400kmを超える500km台がほしいところです。
 また車好きの人にとっては、加速性能は大事です。これもフェラーリを超えるものがあれば文句ないでしょう。最高速度も時速170kmなら、言うことないでしょう。
 さらにわがままを言うなら、燃費です。
 一般的なガソリン車の燃費をリッター20kmとします。その1リッターを発電に回して走行したとして、その3倍の燃費なら誰しも納得するでしょう。
 こうした”奇跡の性能”とも思えるEVがあったら、誰しも乗ってみたいと思うのではないでしょうか。
 もし、本当にそんな夢のようなEVがあればですが・・・。

 今回は、『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』(船瀬俊介著、成甲書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p220〜p228から抜粋開始>・・・

 EV開発について−−無知の悲劇、臆病の喜劇

 私は、一貫して電気自動車(EV)開発を訴え続けてきた。
 一連の著作でも、その必要性を熱く論じてきた。
 日本の言論人として、ただ一人、EV導入をアピールし続けてきた、と自負する。
 EV関連の著作数でも私の右に出る者はいない。
 私は不思議でならない。日本経済を大きく飛躍させたはずの唯一無二のEV技術だ。
 その開発の必要性について−−。
 なぜ……メディアは沈黙を保つのか? 業界は躊躇したのか? 政界は口をつぐむのか?
 世間はEVに無知なのか? 消費者は「EVを作れ!」と声をあげないのか?
 結論からいえば−−無知の悲劇、臆病の喜劇−−なのである。
 私が電気自動車(EV)の可能性に衝撃を受けた”事件”がある。
 それが”IZA(イザ)”の登場である。そのときの感動は忘れ難い。
 この”IZA”こそ、”幻のEV”として知る人ぞ知る名車である。
 開発したのは、たった一人の青年エンジニア。その名は清水浩。1947年生まれ。東北大学大学院卒(工学博士)。現・慶応大学教授だ。
 彼こそは、”電気自動車の父”の称号が相応(ふさわ)しい。
 彼こそは、天才だ。世界に誇る日本の頭脳である。
 彼は、過去30年間で、なんと10車種ものEVを開発し、路上走行が可能な実用車として世に問うたのである。
 しかし”ヒロシ・シミズ”の名をメディアは、ほとんど黙殺して今日に至る。
 なぜ、メディアは、学界は、天才を黙殺し続けたのか?
 −−無知で、臆病だったから。
 ただ、それだけである。

 航続546km! 幻のEV”IZA”衝撃デビュー

 ”IZA”の衝撃を、まず私は「地球にやさしく生きる方法」(三一新書、1993年刊)で報告した。書き出しはこうだ。

 「……最高速度時速176km、ワンチャージ548km、夢の電気自動車はすべてに、画期的技術を導入」「世界最高性能の電気自動車、颯爽と登場−−」

 1991年、”IZA”実車モデルの走行テストは、茨城・つくば市にあった日本自動車研究所のテストコースで行われた。車体は、まだ濃い灰色で、なんのマークも入っていない。ゆっくり走りだした流麗なボディからは、ほとんど音はしない。耳を澄ますと、ウィーンという軽いモーター音が聞こえるだけだ。
 不気味なほど無音のまま、試走車は150……160kmと急速にスピードを増していく、ものすごい加速力だ。
 こうして、計測機はみるまに最高速度176km/hを表示した。さらに、一充電の航続距離548kmも立証された。いずれもEVとして、ケタはずれの世界最高記録であった。
 テストコースのかたわらで、力強く握手を交わした二人の男がいた。
 開発者の清水浩氏(当時44歳)と、製造メーカー、R&D社長の小野昌朗氏(同45歳)。
 この”IZA”の超高性能が、いかに驚異的かは現在のEVにくらべても、よくわかる。
 日本の市販EV,日産”リーフ”は最新モデルで、ようやく航続距離400kmを達成したばかりだ。前モデルは200kmだった。走行距離を2倍と飛躍的に向上させた日産技術陣の功は多とすべきであろう。
 しかし、それでも”IZA”が26年前に達成した548kmには遠く及ばない。

 世界”EVの父”清水浩氏の功績を称える

 清水氏は当時、国立環境研究所の一研究負だった。
 その彼が、たった一人で”IZA”を構想し、計算し、設計図を描き、そして完成させたのだ。私はその”IZA”の誕生秘話を『近未来車EV戦略』(三一書房)にまとめた。そのオビには、興奮と希望をこめて、こう記した。
 「地球時代−−。ガソリン車は、もはや”過去の遺物”。環境危機(エコ・クライシス)を救う切り札。いま21世紀に向け、近未来EVワールドが開く」
 とにかく”IZA”は、なにからなにまで革命的だった。

■航続距離548km:これを達成したバッテリーは、ニッケル・カドミウム電池だ。その容量は現代のリチウム・イオン電池の3分の1強。それで、このレンジ(距離)は驚異的だ。
 「リチウム電池にすれば、一充電で約1200km、東京から岡山まで時速100kmで走りますね」
 清水氏は平然と言った。

■最高速度176km:これも当時、世界最速。その達成には、さまざまな考案、工夫、発明がこめられていた。

■ダイレクト・ドライブ:”IZA”はモーターを車載していない。車輪に内蔵している。つまり、四つの車輪がモーターなのだ。車軸を車体に固定することで、モーター(車輪)が高速回転する。
 このメリットは、従来の自動車に不可欠だった駆動部分(トランスミッション)が、一切不要となることだ。
 すなわち、部品が半減し、製造コスト・重量とも激減することを意味する。

■ホイール・イン・モーター:清水氏は、車輪にモーターを内蔵するという奇想天外なアイデアを、いとも簡単に実現化してしまった。さらに、希土類とコバルトの合金で強力な永久磁石を製造し、超高性能モーターまで完成させた。

■DC(直流)モーター:EVで懸念するのが電磁波被害だ。しかし、”IZA”が採用したのは直流モーター。これで、電磁波発生を極限まで抑えた。その加速力は、フェラーリなど既成のスポーツカーをもしのぐ。

■回生ブレーキ:ブレーキをかけると、その制動エネルギーでモーターが”発電”し、バッテリーに充電される。

■空気抵抗:”IZA”の空気抵抗係数(Cd)は0.19。これがいかに驚異的かは、旧来のガソリン自動車が0.45〜0.5であることからもわかる。ガソリン車はエンジン冷却用に空気取り入れ口(ラジエター・グリル)が必要だ。だから完全な流線型デザインは不可能。しかし、EVの”IZA”なら流麗なフォルムで、それが可能となった。

 走行距離ガソリン車の3倍の驚異!

 ここで”IZA”の決定的な超高性能を記さねばならない。
 ”IZA”の車格は、トヨタ”マークU”と同タイプだ。しかし”IZA”はガソリン1リットルを発電に回して走行したと換算すると65km走る。
 ”マークU”など普通車はせいぜい20kmだ。他方”IZA”のリッター当たり走行距離は65km。ガソリン車の3倍強だ。
 つまり、自動車輸送にかかる石油総量は約3分の1ですむ。つまり、3分の2の石油が”不要”となるのだ!

 さらに清水氏は素晴らしい事実を語ってくれた。
 「日本の乗用車やトラックなど、すべてのガソリン車をEVに切り替えても、発電量を10%増やすだけでいいのです}(清水氏)
 これは、発電所を現在より10%増設しなければならない、ということではない。
 「夜間電力は余っています。だから、それをEV充電に回せば、発電所の増設は1基も必要ありません」(同)
 あなたは、耳を疑い、眼を疑うだろう。
 それだけではない。ホイール・イン・モーターのダイレクト・ドライブ(DD)方式にしたため、従来のガソリン車に不可欠だった駆動系(トランスミッション)が、スッポリ要らなくなった。
 ガソリン車の場合、エンジンの回転は……クランク・シャフト → ギヤ → クラッチ → プロペラ・シャフト → ディファレンシャル・ギア → 車輪……と、複雑な駆動システムを経て、ようやく車輪の回転運動となる。その間に、エネルギーはロスし、さらに車体重量は増す。とうぜん、製造コストも増す。
 それが、DD方式のEVなら、すべて不要となる。

 つまり、EVの部品数はガソリン車の約半分となる。それは、重さ、コスト、価格も半減する……ことを意味する。むろん、替わりに電池が搭載されるが、その低価格化、軽量化で、さらにEVは身近なものになるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 冒頭で、私は消費者のわがままとして、”夢のような”性能のEVを述べました。
 1回の充電の航続距離は、548km。しかも当時の”IZA”に積まれていたニッケル・カドミウム電池は、現在のリチウム電池の3分の1のキャパシティしかなかったといいます。今のリチウム電池を採用したとすれば、1200km走るというのですから驚異的です。さらに加速性能は現在のスポーツタイプのガソリン車を凌ぐうえに、最高速度は176kmを記録したといいます。
 しかも驚くのは、”IZA”の性能試験が行われたのが1991年であったということです。
 今から27年も前に、日産の新型リーフの性能を遥かに凌駕するEVが、すでに開発されていたのです。

 ここまで読まれた訪問者の方は、不思議な思いに包まれるに違いありません。
 「では、なぜ、それが量産化されなかったの・・・?」

 もちろん理由があるのです。
 そして、その理由を聞いて、あっけに取られるに違いありません。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p228〜p231から抜粋開始>・・・

 「”IZA”は性能が良すぎて作れません」(日産)

 私は”IZA”の登場に興奮し、天才・清水氏との出会いに感激した。
 ”IZA”が普及すれば、日本は長年の不況から脱出することができる。
 清水イズムのEVを大量生産すれば、不況克服どころか、雇用確保で人々は豊かになり、日本は世界に冠たるEV大国として、地球経済と技術の発展に貢献できる。
 そう信じた私は、取材をかねて日本の各自動車メーカーにアタックした。
 まず、日産。自動車部門の責任者の方に、私は熱く語りかけた。
 「技術の日産が”IZA”を作れば、トヨタも追い越せますよ。世界トップのEVメーカーになれますよ!」
 私の意気込みに対して、彼は、ためらいがちに口を開いた。
 「……無理です。日産では”IZA”は作れません」
 「エーッ!? どうしてですか?」
 私は、思わず、大声を出していた。それに対する日産の答えは、耳を疑うものだった。
 「”IZA”は……”IZA”は、余りにも……」
 「余りにも、なんですか!」
 「……性能が良すぎます」
 私は、思わず、のけぞりそうになった。
 「性能が、良すぎて作れない……!?」
 こんな台詞(せりふ)は、初めて聞いた。呆れて天を仰いだ。日産を見限り、マツダを直撃した。
 「マツダが”IZA”を作れば、世界のEVメーカーになれますよ」
 「……いや、わが社一社では無理です。もはや、これは国策ですから……」
 日本は、いつから社会主義国家になったんだ! と、怒鳴り返してやりたくなった。
 ホンダの回答は、さらにひどかった。
 応対に出たのは女性の広報部長だった。
 「”IZA”を作ってください」と懇願すると……。
 「”IZA”って、何ですか?」
 広報部長で、このていたらく。
 私は、思わず説教していた。
 「本田宗一郎さんが草場の陰で泣いてますよ。彼が生きていたなら自転車フッ飛ばして、見に行ったでしょう。好奇心と行動力こそ、HONDAイズムでしょう」
 これに対して女性広報部長は「ハア……」とキョトン。

 最悪は、トヨタであった。EV開発について取材を改めてFAXで申し込む。
 わざわざ、名古屋本社から環境部長氏が上京して取材に応対してくれた。
 隣には若い男性社員。ズバリ、トヨタの電気自動車の開発状況を尋ねる。
 すると、部長氏は、隣に振り向き、
 「おい、どうなってるんだ?」
 若い社員がパンフをひっくり返して、「ああ、これですね」と示した写真に眼がテンになった。
 ブリキのおもちゃのような不格好な写真。
 一充電当たりのレンジ(走行距離)を訊く。
 すると、部長氏、「レンジとは……? はあ、走行距離ですか。おい、どうなってるんだ」。
 社員が資料を見つつ、「60kmですね」に、アゼン。
 「たった、60kmですか!?」
 「ですから、30km先は行けんちゆうことですな。戻れんようになりますからナァ、ワッハハハ」(部長)
 私は、笑う気も失せて社員に尋ねた。
 「バッテリーは何ですか?」
 「……鉛ですね……」
 私はついにプチ切れた。30年も時代遅れの鉛電池。つまり、トヨタは初めからEVを開発する気はゼロ。ただアリバイ的に”おもちゃ”を作っているのだ。
 「鉛ですかッ! 天下のトヨタが鉛とは。わかりました。もう、取材の意味もありません。失礼します!」と、決然と席を蹴って、東京支社を出た。
 あとには、鳩に豆鉄砲の二人が残った……。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 ”IZA”の量産化に踏み切らなかった理由ですが、日産は性能が良すぎるから。マツダは国策に反する。ホンダは、”IZA”の存在すら知らなかった。トヨタはアリバイ的に、鉛電池のEVでお茶を濁す・・・。
 どれもまともな感覚をした人なら、理由として成立しないとわかると思います。
 その真意を船瀬氏は、外部の圧力と推理しています。


 ・・・<『船瀬俊介の「書かずに死ねるか!」』、p231〜p236から抜粋開始>・・・

 EVを叩き潰した真犯人は、ロックフェラー財閥

 以上−−が、日本のEVをめぐる顛末(てんまつ)である。
 ここで、読者のあなたも、「だれが電気自動車を殺したか?」−−その犯人像が見えてきたはずである。
 そう……地球を支配する”闇の勢力”ロックフェラー財閥である。
 別名、”石油王”。そのかれらが、自動車輸送用の石油消費量を3分の1に激減させるEVの登場と存在を許すわけがない。
 日産、マツダ、ホンダ、トヨタなどの逡巡(しゅんじゅん)、躊躇(ちゅうちょ)の根底にも、ロックフェラー財閥への恐怖がある。
 メディアや経済界が”IZA”を黙殺した理由も同じだ。
 私は、その後、『疾(はし)れ! 電気自動車』(築地書館)を執筆、出版した。そのとき、取材した清水浩さんは、淡々と言った。
 「売れないと思いますよ。世間に関心はないですからね」
 もはや、達観の境地にあるように見えた。そのとおり。初版も売り切れなかった。”IZA”が幻で終わった最大の理由は、一般大衆の無知、無関心にあった、というわけだ。
 清水さん自身も、国立環境研究所を追われるように辞めている。
 「あまりに性能の長すぎるEVを作った」ためであることは、いうまでもない。
 彼は、幸いに慶応大学に教授として招脾(しょうへい)され、さらなる天才の華を次々に咲かせ続けている。世界最高性能の各種EV実用モデルを矢継ぎ早に発表。私は、改めて、その情熱と才能に舌を巻き、感嘆している。
 以下は、拙著『THE GREEN TECHONOLOGY』(彩流社)に掲載した。
 ”ルシオール”は、前後2シートのコミュータEV。加速性能は、ベンツをしのぐと専門家を驚嘆させている。太陽電池パネルを装着すれば、ソーラーカーに一変する。
 ”KAZ”は8人乗りの本格的な世界初のリムジン。ハリウッド映画に登場しそうな豪華さだ。最高速度は時速310kmと、他の追随を許さない。
 天才・清水イズムの集大成が”Eliica:エリーカ”だ″。
 8輪のダイレクト・ドライブ方式。圧倒的なインパクトの外観。そして、イタリアの周回コースで時速370.3kmを達成。直線コースなら、時速400kmは確実なウルトラEVだ。
 ”エリーカ”は同タイプのガソリン車の4倍もの燃費効率を誇る。
 もはや、あらゆる面でガソリン車はEVに完敗しているのだ。
 しかし、天下のトヨタは、燃料電池車を選択する、という致命的な迷走を続けてきた。
 清水さんは苦笑混じりに語った。
 「水素がなければ、ただのハコです」
 自動車にとってインフラが生命線だ。子どもでもわかる。電気インフラは、日本全国、僻地にまで完備している。水素インフラはゼロである。
 設置コストを比較すると、EV用・急速充電の電気スタンドは約200万円。ガソリンスタンド約2000万円、そして、水素スタンドは2億円……。
 燃料電池車に明日はないことは、赤子でもわかる。
 トヨタを愚行に迷走、暴走させたのも、かの”闇の勢力”の暗躍と圧力であろう。

 世界が激変! ガソリン車等販売禁止、EVシフト

 今ごろになって、去る2017年8月4日、トヨタはEV開発のためマツダとの資本提携を突然発表した。
 あまりに遅すぎる対応と言わざるを得ない。
 私の手元には『誰が電気自動車を殺したか?』というドキュメンタリー映画がある(2009年製作)。
 サブタイトルは「市場から電気自動車が消えた!」。
 「……過去、大きな注目を集めた電気自動車。カリフォルニア州は1996年から電気自動車の導入政策を進めたのだが、ある時期から、電気自動車が街から消えてしまった。果たして、誰かの陰謀なのか?」(同解説より)
 そこには、トム・ハンクスやメル・ギブソンなど、名だたるハリウッド・スターも出演し、EVを圧殺した陰謀を告発している。
 画面に登場するのは、GMが開発したEV”EV1”。高性能EVとして世界的な注目を集めていたにもかかわらず、忽然と消えてしまった……。数千台が強制的に回収されスクラップにされたという。むろん、石油利権が暗躍して、EVを抹殺したことは、言うまでもない。
 では−−。
 2017年になって、どうして、トヨタは慌ててEV開発に、急ハンドルを切ったのか?
 その理由は、世界各国の急速なガソリン車離れだ。むろん、ディーゼル車も例外ではない。2016年2月、ノルウェーなど北欧から始まったガソリン車やディーゼル車販売禁止の動きは、急激に世界中に拡大している(237ページの一覧表参照)。
 それに、深刻な大気汚染に悩む中国も追随し、もはや誰にも止められない巨大潮流(メガトレンド)となっている。
 ノルウェー政府は「2025年に、すべてのガソリン・ディーゼル車を販売禁止とする」と公表。ついで、オランダ、2025年、スウェーデン、ドイツ、インドが2030年、フランス、イギリスが2040年より販売禁止を決定。そこには、”プリウス”のようなプラグ・イン・ハイブリッド車も含まれる。さらに中国も2018年からの規制を打ち出した。この動きに”後進国”アメリカも、慌てて2018年、規制の方針を打ち出したのだ。
 そして日本は、またもや蚊帳(かや)の外。世界の動きから、大きく取り残されている。
 世界各国が、ようやくゼロ・エミッション(排気ゼロ)のEVにシフトを始めたことは、喜ばしいことだ。
 しかし、余りにも遅すぎる……。
 天才・清水浩氏が、スーパーEV”IZA”を世に問うてから、すでに30年近くの年月が空しく過ぎている。
 声を嗄(か)らし、足を棒にして、著書で、講演で、EV普及を訴え続けてきた私にとって、うれしさよりも、空しさがこみあげる。
 この失われた30年の責任の一端は、一般大衆にもある。
 知ろうとしなかった、動こうとしなかった、あなたたちにも、非はあるのだ。
 未来のために、今度こそ、とりわけ若い人たちに、EV加速と普及に立ち上がってほしい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 現在日本は、7四半期連続でプラス成長らしいです。
 庶民の実感としては、「いざなぎ景気超え」と言われても、実感が湧かないというのが本音だと思います。
 まあ、それはいいとして、こうした好景気は、円安を背景とした自動車メーカーが牽引役となっているのは事実です。
 私達は、自動車産業のような民間企業の活力が日本経済の牽引力になっていると言われてきました。トヨタ、日産、ホンダ、マツダはすべて民間企業です。そんな民間の大手自動車メーカーに、高性能のEVを開発する自由が与えられていなかったことは、充分に驚いていい話だと思います。



松果体の成長に伴う頭痛について...2018年2月14日

 2月9日の「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガに、興味深い記事がありました。
 スイス人UFOコンタクティーのビリー・マイヤー氏が、ETであるプレジャリアン(プレアデス星人)のプターから聞いた、松果体と超能力に関する話です。
 プターによれば、現代人は松果体が委縮してしまい、数ミリの大きさしかないといいます。
 松果体が本来の大きさを取り戻し、活性化していれば、当たり前のように(私たちが超能力と呼んでいる)能力が使えるようになるというのです。
 ではヤスさんのメルマガから、抜粋して引用させていただきます。


 ・・・<ヤスさんの2月9日のメルマガから抜粋開始>・・・

いまマイヤーはプレジャリアンの老人であるプターと呼ばれる人物と、毎週のように交信している。今回はこの交信記録の興味深さを物語る話を掲載することにした。

超常現象は存在しない

それは、2007年8月にビリー・マイヤーの支援団体、FIGUの会報に収録された交信記録の内容だ。このメルマガでは、何年も前にこれを一度紹介したことがあるが、再度掲載する。これは、「霊の声が聞こえたり、未来の出来事を予言したり、また遠隔透視したりという超能力や超常現象とはどのようなものなのか」という問いに対する答えだ。その内容を要約した。プレジャリアンの答えには驚かされる。

「超常現象や超能力と呼ばれるものは存在しない。現代の物理学では、自然には4つの力が存在することが確認されている。それらは、1)重力、2)電磁力、3)核の強い力、4)核の弱い力の4つである。現代科学は、これらの4つの力でビッグバンから太陽系の運動まで、すべての物理現象を説明する。

だが、自然の力はこれだけではない。実は全部で7つ存在しているが、人類は残りの3つをまだ発見していない。科学が発達するとこれから発見されるはずなので、我々はこれを具体的に話すことは許されていない。

この、いまだに発見されていない力のひとつは精神力である。電波や紫外線などが目に見えないと同じ意味でそれは明白に存在してはいるが、人間の目には見えない力だ。それは、人間の精神活動から発せられる微細粒子のエネルギー波の力である。

人間の感情、思考、思いなどの精神活動は、すべて微細粒子のエネルギー波である。これには特定の周波数が存在する。現代科学はまだこの微細粒子を発見できていないため、人間の精神活動の物理的な側面は理解されていない。最先端科学がやっとこれを計測しはじめたのというのが現状だ。

脳内には、この微細粒子を外部へと発信し、また精神的な微細粒子を受信する器官が備わっている。それが松果体だ。松果体は、体内時計を調整する器官として知られているが、松果体にはそれをはるかに越えた機能がある。それが、精神活動の微細粒子を発信し、また受信する機能だ。

ところで、電磁波や電波、それに紫外線などにいつも囲まれながら人間は生活しているが、それらが目に見えないのでそれらの存在が分からないのと同じように、人間はあらゆる精神活動から発せられる微細粒子の海のなかで生きている。それらのなかには、死者の霊が発する微細粒子も含まれている。人間はそれらの実在を感じ取ることができないので、存在しないものと思って生活しているだけだ。

もし人間がこうした微細粒子を敏感に感じ取ることができたのならば、人間は外部から入ってくるあらゆる感情、想念、思い、思考のエネルギー波に翻弄され、人格の統一を維持することは不可能になる。

このような状況から人間を保護し、人格の統一性を維持するために脳が作り出した機能こそ、意識である。

他方、近代合理主義の世界観が発展する以前では、人間の松果体は現代人よりも豊かに発達していた。彼らの松果体は3センチほどの大きさがあったのに、現代の人間の松果体は、合理的な思考のために直感を抑圧したために萎縮してしまい、数ミリメートルの大きさしかもっていない。

松果体のこのような発達の違いのため、数百年前の人間は豊かな直観力に恵まれ、霊との交信、人の気持ちや感情の理解、人の気配を感じることははるかに容易であった。また、微細粒子の動きを探ることで、未来に起こる出来事を予知することも、さほど問題なくできていた。

一方、現代人にも生まれつき松果体が発達しており、霊感と直観力に恵まれた個人は存在する。彼らのなかには、その能力を利用して金を稼ぐことに専念する人々がいる。だが、そのようなことはすべきではない。なぜなら、これは特殊な能力ではなく、脳に内在した松果体の機能にすぎないからだ。

ところで、人間の精神活動が客観的な世界を生成するというのは事実である。メンタルの活動によってこそ、世界は生成される。それが微細粒子の機能である。

しかしながら、客観的な世界を生成しているのは意識ではない。意識は脳の内部で起こっていることをモニターする機能にしか過ぎない。実際に客観的な世界を生成しているのは、思考、感情、思いなどの精神活動が発している微細粒子の波である。

これが実際の状況である。これは、人間の脳に内在した松果体の自然な機能なので、超能力とか超常現象とか呼ばれるような特殊な能力ではない。我々から見ると、超能力や超常現象は存在しないのだ。」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以前、当HPでピネアルマジスタを紹介したことがありました。
 ピネアルマジスタとは、松果体を活性化する装置です(残念ながら、現在は販売終了となっています(管理人注))。
 私はしばらくピネアルマジスタを掛けていたのですが、アルバイトが忙しくなり止めていました。習慣化していたものを止めると、逆にやらないことが習慣化してしまいます。
 そのアルバイトも一段落したので、ピネアルマジスタを再開しようかと考えたのですが、その点で気になることがありました。
 私は、伯井由紀さんのもとでクンルンネイゴンを始めたのですが、伯井さんからこんな話を聞きました。
 スピ的に進歩する(というか本来の自分に戻る)と、自然に霊的な能力が身に付くといいます。しかし現在、チャネラーと呼ばれるサイキックの大半は、テクニックで霊的能力を身に付けた人々だそうです。
 スピ的に進歩することでサイキック能力は付随的に付いてくるものなのに、スピの進化を伴わず、テクニックだけでサイキック能力を得てしまったわけです。
 それは、ある意味で危険なことだといいます。
 宝くじで高額な金額を手にした人が人生を狂わせてしまうことが往々にあるように、分不相応なサイキック能力で、身を滅ぼしてしまう可能性があるからです。
 それゆえ、ピネアルマジスタで霊的な能力を開花させることに、躊躇するものがありました。
 しかし、そもそもピネアルマジスタという情報を得ても、手にした人と、手にしない人がいます。これは単なる偶然とは思えません。
 ピネアルマジスタという情報を得ても、手にしなかった(購入しなかった)人は、その人の魂の計画に必要でなかったり、時期がきていなかったり、手にすると危険なものだったと思えるのです。その人が手にしていけない物であれば、(霊的な)ガイドが、購入しないように働きかけるはずです。
 逆に手にした人は、必要だから手元に届いたと考えることができます。
 ですから、時間が取れるようになった私は、再開するタイミングを迎えているのではないかと思ったのです。

 私は時々、HPの訪問者の方から質問を受けることがあります。
 ピネアルマジスタを購入されたある質問者(Mさんとします)が、こんな質問をされてきました。
 Mさんは、購入してから2か月ほど使用して、神秘体験を頻繁にするようになったそうです。それと伴に、徐々に額の強いツッパリ感と頭の膨張感が起こるようになり、耐えかねて使用をやめてしまわれたそうです。そして、その後は身についた能力も徐々に衰えてしまったといいます。
 そんな経緯があり、Mさんはピネアルマジスタを再開するか悩んでおられるとのことです。Mさんの質問は、私のピネアルマジスタに対する見解を聞かせてほしいというものでした。

 まず私のピネアルマジスタの体験は、Mさんと多少の違いがあります。
 ピネアルマジスタを掛けることによって、額の強いツッパリ感と頭の膨張感が起こるのは同じです。しかしMさんはそれが1日中起こり耐えがたいものだったそうですが、私も場合は瞬間で終わるのです。ただし1日に何度も起こったりします。ですから私にとって額の強いツッパリ感と頭の膨張感はむしろ心地良いもので、効果が実感できて手ごたえを感じるものでした。

 ではなぜ、Mさんと私に違いが生じたのでしょうか。
 これは私の憶測の一つですが、食生活の違いの可能性があります。
 MさんもMSM(メチルサルフォニルメタン)で、松果体の浄化を行われたそうですが、日々の食事は一般的な人と同じだったそうです。
 私は、今の平均的な日本人の食事では、松果体が委縮して、その機能を失うと考えています。
 現代人の松果体の平均的な大きさは、わずか直径9mmだといいます。
 プレジャリアンのプターは、近代合理主義の世界観が発展する以前の人類の松果体は、直径3cmあったと言っています。
 ピネアルマジスタを販売していた会社の社長さんのセミナーを YouTube で観たことがあるのですが、そこでも古代縄文人の松果体の大きさは直径3cmだったと言っていました。
 プターは、現代人の松果体は、

 「合理的な思考のために直感を抑圧したために萎縮してしまい、数ミリメートルの大きさしかもっていない」

 と述べていますが、私はさらにもう一つの重大な理由があると考えています。
 それは、現代人の食生活は化学合成物質に汚染されていて、それが松果体を委縮させている大きな原因になっているということです。
 それゆえ私は、ピネアルマジスタと並行して無添加生活を始めたのです。

 これは、食事はもちろん、経皮毒と言われる皮膚を通して侵入する化学物質を遮断するものです。
 ある産婦人科の医師は、助産師さんから、「最近の若い人の羊水は汚い」と言われたそうです。ドブのような臭いがしたり、シャンプーの匂いがするそうです。
 シャンプーや、洗剤などは洗い流すので、体内に侵入しないと思われている方は多いかもしれません。しかしそれらは接触することにより、皮膚から体内に取り込まれていくのです。
 現代人の松果体は、特にフッ素や水銀で汚染されているといいます(フッ素は歯磨き粉や歯医者での治療で、水銀はマグロなどの大型魚に多く含まれています)。
 そこで私は、シャンプーを止め、歯磨き粉、台所洗剤、洗濯洗剤等々はすべて安全と思われるものに替えました。
 こうした行為が、Mさんと私の違いを生んだのではないかと推測したのです。
 つまりMさんは、ピネアルマジスタでアクセルを踏み、日々の食事でブレーキを踏むということになっていたのかもしれません。松果体が石灰化して小さく委縮している状態で、大きくなろうしてストレスが生じたのではないかと考えたのです。

 これは私の推測ですが、そうでない可能性もあります。
 松果体が大きくなる(活性化)する際に、頭のツッパリ感と頭の膨張感を強く感じる人と、私のようにあまり感じない人がいるのかもしれません。
 以前、ゲリースクール同級生のOさんの話を紹介しました。
 「松果体浄化大作戦(その3)」(2013年12月19日)から抜粋します。


 ・・・<「松果体浄化大作戦(その3)」から抜粋開始>・・・

 Oさんは、ある時から頭痛に悩まされるようになりました。
 それで町の病院に行ったのですが、頭痛の原因がさっぱりわからないそうです。匙を投げたその病院から、大学病院に行って精密検査を受けるように言われたそうです。
 大学病院に行ってもなかなか原因がわからなかったそうですが、色々検査してやっと原因がわかったといいます。
 その原因が、なんと松果体が大きくなっているということだったそうです。
 大学側から、「松果体が大きくなることに対処する手段はありません。治療不能です」と言われたそうです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 Oさんは、病院に行かなければならないほど、強い頭痛を感じていました。
 これはMさんと同じ症状だと思われます。
 OさんやMさんは、松果体が大きくなる際に強い頭痛を感じたけれども、私は体質的に感じなかったという可能性も否定できません。

 最後の可能性は、実は私はピネアルマジスタを掛けていたけれども、効果があまりなく、松果体はさほど大きく(活性化)していなかった為に、頭痛をあまり感じなかったという見方です。
 ただ、当時受けていたサイキックのセッションでは、私の松果体はラグビーボールのような形をしていて、その長径は3cmに達していると言われていました(ただしサイキックがそう言っているだけで、実際にCTスキャンで調べたわけではないので断定できません)。

 かりにサイキックの言うことが正しく、当時の私の松果体が長径3cmに達していたとしても、確実に言えることは、今はもう、ずいぶん小さくなっているということです。。
 ピネアルマジスタを止めてしまったために、私の松果体は委縮してしまったに違いありません。

 私はこれからピネアルマジスタを再開しようと思っています。
 それで、前回と同じように、軽いツッパリ感程度で済むのか、あるいはMさんのように強いツッパリ感と膨張感が起こるのか、じっくり観察しようと思っています。

 多くの訪問者の方々は、無添加生活は理想だけれども、無理だと思われるでしょう。
 実際のところ、実行するとなると大変です。
 外食はアウトで、すべて自炊しなければなりません。お金も掛かります。しかしやった身で言えば、最初は大変ですが、慣れればむしろ楽です。
 ピネアルマジスタで、耐え難い額の強いツッパリ感と頭の膨張感を感じられている方は、食事を替えるということを検討されてみてはと思います。


(管理人注)
 ピネアルマジスタをネットで検索していて、驚くべき記事を見つけました。
 ヤフオクにピネアルマジスタが出品されたそうですが、なんと60万円(!)という高額で落札されたというのです。
 私は当時、定価の12万円前後で買ったと記憶していますが、それが中古で5倍の値段を付けたというのですから驚きです。
 しかも出品者は、「しばらく使ってみたのですが、何の効果も感じられませんでしたので出品します」と言っているにもかかわらずです。

http://yahooauctionwatch.livedoor.biz/archives/52293214.html

 私は落札された方に、効果が必ずしも保証されていないにもかかわらず、60万円もの大金を出してもよいという理由を聞いてみたい気がしました。



二日酔いの特効薬...2018年2月9日

 私のような酒好きにとって、二日酔いは人生の伴侶のようなものです。
 飲み会などで酒を飲んでいるときは、ノリノリになってしまい、もう一杯いこうとなるのですが、当然ながら飲み過ぎであることは頭の片隅でわかっています。
 でもその場の楽しさと、身体が次の一杯を要求するので、その誘惑に負けてしまうのです。
 結果として、翌日はヘビーな二日酔いになります。起き上がることもできず、一日中布団で唸ることになります。
 猛烈な頭痛に耐えながら、「もうあんなに飲むのは止そう・・・」と後悔することになります。

 こんなことを、私は人生で何十回してきたでしょうか。
 いや、数十回どころか百回を楽に越えているかもしれません。
 しかし二日酔いで辛い思いをしたにも関わらず、また飲み会があるとヒョイヒョイ出掛けてしまうのです。

 昔、刑務所に入った人間を描いた「掘の中の懲りない面々」という小説がありましたが、私は何度も二日酔いになってしまう、懲りない面々の一人でしょう。

 ところがです。
 二日酔いを防ぐ、特効薬があったのです。
 私のような重度の二日酔いを経験された方々には、信じられないかもしれません。
 でもこれは事実です。
 なにしろ、私自身が体験したのですから。

 ことの発端は、去年11月に参加したサアラさんのハワイ・リトリートです。
 参加者15名のうち、夫婦でこられた1組以外は全員女性でした。他にスタッフの方が3名で、そのスタッフのうち女性が2名で、男性が1名でした。
 すると2名1組でツインの部屋を借りることになるので、私は必然的に男性スタッフのKさんと、リトリートの間中ずっと同室となりました。
 おかげでKさんから、スピリチュアルに関することや、その他の有益な情報を教えてもらうことができたのです。
 その一つが、深酒したにも関わらず二日酔いにならない方法でした。

 方法は信じがたいほど、単純です。
 深酒した後、寝る前に大量の水を飲むのです。

 私はスタッフのKさんと同室となった特権で、サアラさんと同じコテージで寝泊まりすることになりました。
 その中で、サアラさん、スタッフのYさん(女性)、Kさん、私の4人で深夜まで酒を飲む1日がありました。
 私はハワイの現地のビールを飲んでいたのですが、サアラさんも酒豪のようで、次々と「これ美味しいのよ〜」と言いながらワインのボトルを開けていくのです。おかげで私は、ビールだけでなく、ワインも相当な量を飲むことになりました。

 そして大いに深酒した私は、頭の隅で、「明日もワークがあるけど、こりゃあ間違いなく二日酔いだな・・・」と腹をくくっていました。
 するとKさんが、「本山さん、水を死ぬほど飲んだ方がいいですよ」と言ってきたのです。
 そうすれば、二日酔いにならないというのです。私は内心、「嘘でしょ、そんな簡単な方法で二日酔いにならないなんて。そんな上手い方法があんのかな〜」という疑いを持ちました。
 でも誠実なKさんが嘘をつくとは思えません。
 多少は二日酔いの苦しみを軽減できるかもしれないと思い、(ハワイサイズの)ペットボトル1本分を飲みました。
 Kさんは、「僕はもう1本飲みます」と、ペットボトル2本分の水を飲んでいました。

 奇跡が起こったのは、次の翌朝です。
 頭痛が全くしないのです。
 あれだけ深酒したのですから、爽快な朝とはいきませんでしたが、頭痛ゼロの二日酔いなんて初めての体験でした。たしかに体は、前日大量の酒を飲んだ余韻があったのですが、頭痛もなく普通に起き、普通に体を動かせたのです。
 通常であれば、二日酔いの頭痛に耐えながら、朝の支度をするはずだったのに・・・。

 そういえば、昨夜、サアラさんはワインを飲みながら、同時に水を飲んでいたのを思い出しました。私は、なんで酒を飲みながら、水を飲むのだろうと不思議だったのですが、Kさんと同じことをされていたわけです。

 これによりハワイから日本に帰った後、私は二日酔いによる頭痛の苦しみから解放されることになりました。
 ただし深酒すると、それ相応に身体に負担を掛けるのは事実です。身体は大量のアルコールを処理しなければなりません。しかし、寝る前に大量を水を飲むことで、翌日の重度の頭痛から解放されるのは間違いありません。
 こうしたことは、すでに世の多くの酒飲みの人々は知っているのかもしれません。でも私は全く知りませんでした。

 なぜ、大量の水が二日酔いの頭痛の特効薬となるのか。
 私はそのメカニズムを知りたいと思っていました。
 それを教えてくれたのが、以下の本です。


・『なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?』(ユージェル・アイデミール著、ヒカルランド)

・『病気を治す飲水法』(バトマンゲリジ著、中央アート出版社)


 まず『なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?』から、その部分を引用させていただきます。


 ・・・<『なぜ《塩と水》だけであらゆる病気が癒え、若返るのか!?』、p335〜p337から抜粋開始>・・・

 アルコール依存症に対する塩水の活用法−−−二日酔いは水不足!

 アルコールは体内のバソプレッシン(ADH)と呼ばれるホルモンの生成を抑制します。バソプレッシンは、水を体の中にとどめる働きを持つ抗利尿ホルモンです。アルコールを飲むと頻繁にお手洗いに行きたくなる理由は、ここにあります。そのため「アルコールは体内の水を吸収してしまう」と言われているのです。もはや水を体内にとどめておくホルモンが生成されないのですから。アルコールが原因であるこの水不足は頭痛をもたらします。”酒の飲み過ぎ”によって表れるこの頭痛は体の水不足を訴える脳のサインなのです。アルコール摂取後の頭痛を防ぎたいのであれば、飲酒中および飲酒後に、たくさんの水を飲む必要があります。アルコールが体内の水を外に排出してしまうと、当然のことながら喉の渇きが生じます。そのため、アルコールを飲めば飲むほど喉が渇くのです。
 水不足とは生物の生命を脅かす危険要因であるため、人間はストレスを感じます。アルコールを飲むと人が攻撃的になるのは、このためなのです。ストレスが続くと脳はエンドルフィンを生成します。これは体が生み出す一種のモルヒネです。エンドルフィンは特に怪我を負った生物が自己修復および自己防衛をやめてしまわないよう、生存するために戦うカを保つために脳が生成する大切なホルモンです。とりわけ生死をさまようような状況下において生物の抵抗力は、このホルモンによってコントロールされます。
 これこそアルコールを常に飲んでいると、依存しやすくなる仕組みなのです。アルコールがストレスを生み出すと、ストレスはエンドルフィンの生成を増やします。そして、このエンドルフィンは一定量を超えると依存をもたらすのです。つまりアルコールへの依存というよりは、むしろ自らの体が生成したホルモンへの依存が生じているのです。
 アルコール依存症を克服するための最適かつ最短の方法は塩水療法です。塩水療法は体内の水およびエネルギー不足を解消するとともに、体をストレスから解放し、無駄なエンドルフィン生成を妨げます。そのため体はアルコールを欲しなくなります。アルコール依存症患者は、アルコールや、アルコールがもたらす病気と手を切りたいのであれば、すぐに塩水療法を試してみるべきです。塩水療法実践後、しばらくすると体がアルコールを拒みはじめます。するとアルコール摂取は、その人にとって楽しみではなく苦痛へと変化するのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 著者のユージェル・アイデミール氏は、医者とか科学者ではありません。
 独自に塩水療法を研究した民間人のようです。アイデミール氏が参考にしたのが、イラン人の医学博士バトマンゲリジ氏です。
 バトマンゲリジ氏は、胃潰瘍の患者をコップ2杯の水で治したのをきっかけに、3000人もの患者を水と塩だけで治したといいます。その著書(『病気を治す飲水法』)は全米で100万部を突破する大ベストセラーとなり、飲水療法ブームを起こしたといいます。
 せっかくなので、『病気を治す飲水法』からも抜粋させていただきます。


 ・・・<『病気を治す飲水法』、p102〜p104から抜粋開始>・・・

 アルコール

 アルコールには下垂体のバソプレッシン分泌を抑える作用がある。血中にバソプレッシンが不足すれば、脳細胞を含む全身に水不足が及ぶ。今まで些細で制御しやすかった水不足が、敏感な脳細胞に深刻な早魅を起こす。この事態に対処するために、依存性のエンドルフィンを含む、各種ホルモンがさらに分泌される。

 このように、長期間アルコールを飲み続けていると、体内エンドルフィンに依存する傾向が出てきて、エンドルフィンの分泌にいっそう拍車がかかる。女性は、出産と月経に応じるためにエンドルフィンを増産する傾向があるので、男よりもアルコールに依存しやすい。男性が7年かかるところを、女性は約3年でアルコール依存症になる。

 図10と図11(管理人注:図はカット)は、慢性水不足がいかに慢性疲労を起こすかを示したものである。カフェイン飲料やアルコールを水の代用にするためにこのようなことが起きるのだ。バソプレッシン受容体は神経内水路に水を満たし続ける役である。神経に水が不足すれば、仕事をする力と意欲が低化して当然である。

 アルコールやカフェインの常用が起こす深刻な水不足では、神経に水を緊急に送り込むために、血管を集める必要が出てくる。神経細胞からはヒスタミンも解放される。これがある段階で炎症を起こし、修復できなくなるほど神経系が壊される。この局所の現象が各種神経疾患の名で呼ばれている。多発性硬化症(MS)もその一つである。その予防と治療は明らかである。ジョン・クナの手紙(113ページ:管理人注:次に引用します)を見ていただきたい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記、(管理人注)で、113ページは英語表記で、それを和訳したのが以下です。


 ・・・<『病気を治す飲水法』、p114から抜粋開始>・・・

1995年10月20日
拝啓 バドマンゲリジ博士

 多発性硬化症の者です。史上最大の健康上の発見(カフェインをとらず、薬味として塩を少し加え、毎日水を2リットル飲む)を4週間試しました。信じがたい結果にぞくぞくしています。数年間ひどい腫れに悩まされていましたが、2週間以内に、9割方腫れが引きました。

 MS患者の一人として、カフェインと砂糖の起こす上下変動からも解放されて、大変うれしく思っています。カフェインを飲んだ後の減退感がなくなりました。前には、日中にひどい疲労感を覚えるあの上下変動に縛られていましたが、今はそのサイクルから解放されました。前よりも落ち着き、心配がなくなり、生産的になっています。物事全般を楽観視できるようになり、自分にも他の人にも心を配れるようになり、体の自然なリズムに注意が行き届くようになりました。

 本当に、先生の発見のおかげで、人生の大部分を取りもどすことができました。
                                  敬具

                              ジョン・クナ

追伸:自分の発見したことに興味を持つ方には、誰にでも、喜んでお話しましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、ユージェル・アイデミール氏の推薦する塩水療法を実践してみることにしました。



都市伝説でみる北朝鮮問題...2018年2月9日

 都市伝説というのは、出所不明の「怪文書」やネットに出回る怪しげな情報群などを言うそうです。
 そして都市伝説と呼ばれる所以は、真実が確認されていないが、あたかも真実のように語られる話ということになるでしょうか。
 今回は、そんな都市伝説の一つを取り上げたいと思います。
 本の題名はずばり、『平成日本「都市伝説」大全』(宝島社)です。
 この中で私は、ベンジャミン・フルフォード氏の北朝鮮に関わる話題を面白く読みました。
 フルフォード氏によると、北朝鮮の核ミサイル問題は、2017年9月の時点で終わっているというのです。今年の春にアメリカは北朝鮮を武力攻撃するという副島隆彦氏の主張の一方で、「すでに終わった」という話は新鮮でした。

 では去年の9月に北朝鮮で何があったのでしょうか。
 一つは、アメリカの戦略爆撃機「B−1B」2機と、それを護衛する戦闘機「F−15C」など合わせて7機が北朝鮮の領空に侵入したにもかかわらず、北朝鮮が何の反応も示さなかった出来事がありました。
 北朝鮮がなぜ、「B−1B」を迎撃しようとしなかったのは謎とされています。

https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20170929-00076328/

 もう一つは、北朝鮮で6回目の核実験後に大規模崩落が起こり、200人が死亡したとされる出来事がありました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000113459.html

 この2つの出来事を踏まえて、以下のフルフォード氏の記事を読んでみて下さい。


 ・・・<『平成日本「都市伝説」大全』、p32〜p35から抜粋開始>・・・

 北朝鮮の核ミサイル問題は2017年9月の時点で終わっている

 すでに北朝鮮の核問題は終わっている。
 じつは2017年9月中旬、アメリカによる攻撃で片がついていたのだ。
 その証拠を日本のテレビ局が報じている。
 「北朝鮮6回目の核実験後に大規模崩落200人死亡か」(テレ朝 news・17年10月31日付)である。
 ニュースでは、6回目の核実験ら1週間後の9月10日頃、豊渓里(プンゲリ)という核実験場の地下坑道で大規模崩落が起こり、多数の死傷が出たというものである。
 ペンタゴン筋からの情報によれば「米軍爆撃機」による攻撃と断言していた。
 その証拠となるのが米軍最高の戦略撃機である「B−1B]2機である。じつは9月23日、グアムのアンダーセン空軍基地から半島に向けて飛び立ち、北朝鮮の軍事境界線を突破して近辺を飛行しているのだ。先の情報筋によれば、この前後、B−1Bは、そのまま北朝鮮領空に入って各施設近辺に威嚇の爆撃をしたというのである。事実、この日(9月23日)、この近辺で2度にわたる地震が計測されている。1度目は米軍の爆撃、2度目はそれにともなう大規模崩落であったと考えられる。中国の地震局は、即座に「爆発よるもの」と発表しているのがなによりの証拠だろう。この9月23日の被害を、あえて「9月10日」と変えて日本のメディアにリークした。日本のメディアも9月10日なのか、23日なのか、北朝鮮で裏付けは取れない。だからこそ1カ月が過ぎた10月31日の報道になったのである。
 北朝鮮が核ミサイルを騒ぎ立ててきたのは、米軍との交渉のためだ。それに対してアメリカの返答は「威嚇爆撃」。これ以上、騒げば本気で叩き潰す、だ。ゆえに、この攻撃で北朝鮮の核攻撃能力は封じられた。核ミサイルの「危機」は、17年9月の時点で終わっていたわけだ。

 すでに戦いは「終わっていた」米朝

 そもそも北朝鮮の核ミサイル問題がクローズアップされたのは、17年5月14日、アメリカ本土を射程内に捉えた「火星」型新シリーズのミサイルが登場したことが原因だった。火星型は、これまでのミサイルと違い核弾頭搭載能力を持ち、なおかつアメリカ本土に届く、いわゆるICBM(大陸間弾道ミサイル)だった。しかも北朝鮮は、国営放送を通じてアメリカの都市を核攻撃するCGまでつくって挑発すれば、国民の生命と安全に義務を持つドナルド・トランプ大統領は動かざるをえなくなる。
 こうして17年夏以降、度重なる北朝鮮による核実験とミサイル発射は大騒ぎになった。とりわけ日本では、Jアラートが鳴り響き、政府は慌てて「イージス・アショア」という1セット800億円以上するミサイル防衛システムを購入することになった。それでも足りないとばかりにTHAAD(終末高高度型防衛ミサイル)まで導入しようとしている。
 一方のアメリカも最新鋭のF35を在日米軍基地に緊急配備、空母打撃艦隊を半島に展開、「いつ攻撃するのか」に注目が集まっていたが、なんのことはない。すでに戦いは終わっていたのである。
 核弾頭を載せなければ、ICBMはただの爆弾でしかない。もはや、軍事的脅威はなくなっているのだ。
 それでもトランプが「茶番劇」を続けているのは、なんてことはない。北の危機を煽って世界中にアメリカ製の武器を売るため「セールス」をするためにすぎない。トランプの言う「ロケットマン」は「ロケットによる武器のセールスマン」という意味でもあるのだ。
 一方の北朝鮮にすれば、かつて「悪の枢軸」と名指しされたリビア、イラクが崩壊した以上、次は「自分たちだ」と怯えてパニックを起こしてきた。それで核カードを振りかざして米軍と交渉したいとアピールしてきただけのこと。アメリカは世界に向けて、北朝鮮はアメリカに向けて「茶番劇」をやってきたわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これが事実だとしても、フルフォード氏が、「すでに北朝鮮による核ミサイル問題は終了」というのは早計だという気がします。
 なぜなら、アメリカからの威嚇爆撃があったとしても、依然として北朝鮮にはアメリカ本土まで到達するICBMがあり、数年以内に核弾頭に小型化に成功し、アメリカを攻撃できる体制が整うという指摘は残っているからです。
 それに対するフルフォード氏の答えが以下です。


 ・・・<『平成日本「都市伝説」大全』、p35〜p37から抜粋開始>・・・

 ウクライナから北朝鮮に流れたICBM技術

 北朝鮮の核開発はナチスが協力してきた。
 事実、米フォーチュン誌が03年5月12日号にて、その実態の一部を報じている。
 1994年、北朝鮮とアメリカ・クリントン政権は北の核開発放棄と引き替えに、総額2億ドルの軽水炉2基を提供することで合意する。このプランを主導したのが、ドナルド・ラムズフェルド元国務長官なのだ。ラムズフェルドは、軽水炉を設計と建設した企業の唯一のアメリカ人役員だった。その企業はスイス・チューリッヒを本拠とするABB社。もともとは北欧の原発大国だったスウェーデンの原子力発電会社が母体となった総合重工業企業で、当然プルトニウム濃縮技術を持っている。
 ようするに94年の合意とは、北朝鮮に極秘にプルトニウム濃縮技術を提供するのが真の目的で、その証拠を隠蔽すべくラズムフェルドは、ABBの原子力部門をアメリカのウエスチングハウス(WH)に売却、それらを「手土産」にして01年ジョージ・H・ブッシュ政権の国務長官(管理人注)となる。
 核兵器開発でもっともハードルが高いのは、プルトニウム濃縮である。00年に軽水炉が完成してから、わずか5年で北朝鮮は核開発に成功しているのがなによりの証拠だろう。
 ICBMも同様である。
 イギリスのシンクタンク「国際戦略研究所」(IISS)のマイケル・エレマンは、去年8月、北朝鮮のミサイル技術が急速に発展した理由を「ウクライナ、もしくはロシアから高性能ロケットエンジンを入手したからだ」と指摘した。しかも、「この数年内のことだろう」とまで断言しているのだ。これにロシア当局も即座に「ウクライナのユージュマシュ社」と応じている。
 ユージュマシュ社は旧ソ連時代、ICBMの製造を一手に引き受け、現在では、そのICBMを改装して「ドニエプル」という格安の打ち上げロケット事業も行っている。ユージュマシュ社は、ソ連解体を主導したパパ・ブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)つまり、ナチス勢力の傘下企業なのである。事実、ユージュマシュ社のロケットエンジンは、米軍需企業に提供。現在、アメリカの打ち上げ用ロケットは、すべてユージュマシュ提供のロケットエンジン技術を使っているほどで、00年に登場したロッキード・マーティンのアトラス型が有名であろう。ようするに北朝鮮のミサイルとアメリカのロケットは父親(ユージュマシュ)が一緒の「異母兄弟」なのである。
 マイケル・エレマンが言う「数年内」で思い出すのが14年のウクライナ内戦だ。ウクライナ内戦もまた、ナチス勢力による悪あがきとわかっている。私の知人であるロシア人ジャーナリストが、内戦当時の現地に潜していた。そこで彼はアメリカ国務省(もちろんナチス勢力)が、現地で金をばらまき、人を集めてドラッグと武器を提供していた実態を目の当たりにする。なんてことはない、完全な「やらせ」であったのだ。
 ナチス勢力による茶番である以上、この混乱を利用してウクライナから北朝鮮にロケットエンジンを極秘に輸出するこは難しくはない。ユージュマシュ社は「現在、ロケットエンジンの製造は行っていない。予備のエンジンを持っているのはロシア」と言い訳するが、ロケット打ち上げ事業用のドニエプルがあるのだ。ドニエプルの打ち上げ費用は30億円。北朝鮮にすれば10基買っても300億円、自国で開発することを思えば安い買い物となる。
 従来の北朝鮮のミサイルは短距離型のスカッドを改装していたが、ドニエプルの第一段ロケットがあれば、簡単にICBM化が可能となる。ロシア当局によれば北に流出したロケットは「10基から多くて20基」という。17年11日月27日に打ち上げたミサイルで、ほぼ打ち尽くした可能性も高いぐらいなのだ。

 (管理人注)
 ラムズフェルド氏が就いたのは、国務長官ではなく国防長官です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最近、日本で流れる北朝鮮のニュースは、ピョンチャンオリンピックに関するものが多くなりました。
 もしフルフォード氏が言うことが本当なら、なぜ北朝鮮がここにきて融和ムードになったかわかる気がします。アメリカの威嚇爆撃で、これ以上の核実験やICBMの発射実験ができなくなったこと。さらに、ウクライナから購入したミサイルの在庫が無くなった可能性もあります。
 だとすれば、ピョンチャンオリンピックに参加することで融和ムードを演出し、アメリカとの新たな対話路線を模索するしかありません。

 もちろんこれは、フルフォード氏が主張していることで、真実かどうかはわかりません。
 これを読まれている方は、面白い読み物として楽しんでいただければと思います。

 次に、今後の北朝鮮に関する話題を紹介しようと思います。
 当HPの2017年11月4日の記事「ゲリーさんの予言の続きと、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言」で紹介したクレイグ氏の北朝鮮に関する予言を、再度掲載します。

 ・・・<クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2018年予言>・・・

・キム・ジョンウンの体制は国内のクーデターで崩壊する。それは2017年末か、2018年1月に起こるはずだ。経済制裁はまったく有効ではない。アメリカは北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。しかしキム・ジョンウンが死亡するわけではない。姿をくらまし、中国に亡命する。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2018年はすでに2月になっているので、時期としてはこの予言は成就しませんでした。
 しかし、完全に外れたとは言い切れないものがあるようです。
 ウエブボットのクリフ・ハイ氏の2018年予言に北朝鮮に関するものがあり、クレイグ氏の予言とかなり近いものがあるのです。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから引用します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(1月5日号)から抜粋開始>・・・

・北朝鮮では大きな動きがある。それはアメリカに先駆けて中国が北朝鮮に対して行動を起こすからだ。中国は北朝鮮とアメリカが中国の頭ごなしに挑発しあっている現状を受け入れているわけではない。それというのも、北朝鮮で有事があれば、中国に何百万人もの難民が北朝鮮から押し寄せることは目に見えているからだ。

・だから中国は、外交、経済、軍事のあらゆる方法を駆使して、現在の北朝鮮指導部が脅威とならない水準に管理することだろう。アメリカが先制攻撃する前に、中国の方が早く動くはずだ。これは今年の3月から4月くらいに起こると思われる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に同じく「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから、Qアノンの北朝鮮に関する情報を紹介します。
 Qアノンですが、日本でいえば2チャンネルのようなオタク系掲示板で「8Chan」といわれるものがあり、ここに投稿している人物のニックネームです。
 このQアノンはトランプ政権の内部関係者としか思われないとのことで、米エネルギー省の国家最高機密アクセス権限であるQクリアランスを持つという意味で、Qアノンと呼ばれるようになったそうです。
 今アメリカのネットユーザーの間で、このQアノンが大評判になっているそうです。
 Qアノンの投稿は質問形式になっている上、難解な記号のような表現をすることも多く、これを解読したというサイトがいくつもあるそうです。
 1月7日のQアノンを投稿を、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(1月12日号)から抜粋開始>・・・

北朝鮮攻撃は間近?

1月7日、Qアノンとザックは北朝鮮に関して次の情報をリークしてきた。

・北朝鮮のキム・ジョンウン体制は近いうちに崩壊させられる。すでに米中ではこの方向で合意ができている。実際に手を下すのは中国である。

・しかし、これは戦争にはならない。1月7日、フロリダ州のケープ・カナベラルから、スペースX社が開発したファルコン9が打ち上げられた。搭載されているのは、国防省のズーマと呼ばれる謎の衛星である。この衛星は北朝鮮の攻撃用衛星だ。電磁パルスによってミサイルを中心とした攻撃システムを機能停止にするEMP兵器だ。

・中国はこの衛星による攻撃と連動してキム・ジョンウン体制の崩壊に向けて動く。

・中国はアメリカと協力する条件として、アメリカに亡命中の中国の不動産王、マイルス・クワーク(本名、郭文貴)の引き渡しを要求した。クワークは、1990年代から中国共産党中枢と関係があり、大規模な汚職の実態を体験してきた。いまはユーチューブを通して、中国共産党の激しい批判を展開している。こうしたクワークの活動に共産党は反発し、引き渡しを要求している。

・北朝鮮は、キム・ジョンウンが統治しているわけではない。CIAのあるセクションが作った国家だ。トランプ政権はクワークを引き渡して中国と協力し、CIAのセクションもろとも葬り去る計画だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 去年の9月にアメリカの戦略爆撃機「B−1B」が北朝鮮領空に侵入したにもかかわらず、何も反撃できなかったのは、北朝鮮の攻撃システムを機能停止にするEMP兵器が運用されていたとなれば、辻褄が合う気がします。
 それを確かめるための「B−1B」の領空侵犯だった可能性もあります。
 そのEMP兵器の有効性が確かめられたので、1月7日にファルコン9を打ち上げ、本格運用に入ったという見方もできます。

 さて、どうなるでしょうか。
 都市伝説ですから、「信じる信じないはあなた次第」です・・・。



洞窟オジさん...2018年1月25日

 去年の11月、サアラさんのハワイリトリートに行ったとき、同行者のメンバーから面白い本があると教えてもらったのが、『洞窟オジさん』(加村一馬著、小学館文庫)でした。
 日本に帰ってきて、慌ただしい日々ですっかり忘れていたのですが、数週間してふと、そういえばそんな本を紹介してもらったなあと思い出したのです。
 早速、アマゾンで取り寄せて読んでみました。
 すると面白くて、夢中になってしまい、あっという間に読んでしまいました。
 ネットで検索すると、ドラマ化され2015年にBSで放送されたことがわかりました。
 このドラマは、第70回文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門で優勝賞受賞とあります。たぶん、当時はけっこう話題になったのだと思いますが、世間に疎い私は知りませんでした。

 今回は、この『洞窟オジさん』を紹介したいと思います。
 受賞するほど話題になったのですから、多くの方はすでにご存じだと思いますが、知らなかった方は読んでみて下さい。

 一応、主人公の加村一馬(かむらかずま)さんについて簡単に紹介します。
 昭和21年に群馬県に生まれ、13歳の時に両親の度重なる折檻に耐えかねて家出します。まず廃坑となった足尾銅山の洞穴で暮らしますが、その後、新潟、福島などの山を渡り歩き、43年間を一人で過ごします。食糧は山で採れる果実、山菜、野生のウサギやイノシシなどです。
 ネットでは、加村さんのことを、「平成最強ホームレス」などと形容していました。
 なるほど、都会のホームレスは人が捨てた物やもらった物を食べています。でも加村さんは、自らサイバイバルで、自然から摂ったもので命を繋げていたのですから、最強というのも納得できます。

 『洞窟オジさん』から、私が心に残ったエピソードを抜粋して紹介します。
 まず最初は、家出する加村少年を悲しい顔で見送った愛犬シロとのエピソードです。


 ・・・<『洞窟オジさん』、p20〜p28から抜粋開始>・・・

 「こんな家、出て行ってやる! もう、父ちゃんも母ちゃんも顔を見たくない!」
 夏の終わりのある日のことだった。その朝、いつものように親父もお袋も仕事に出かけていった。きょうだいたちも学校に行き、家には誰もいなかった。10時頃だったと思う。台所に置いてあった竹と藤のつるで編んだ籠を覗くと、さつま芋を乾燥させた干し芋がいっぱい入っていた。それを丸ごと通学カバンに詰め込んだ。4合瓶入りのしょうゆ、紙袋に入った塩1袋、鉈(なた)と小刀のようなナイフ、砥ぎ石、大きな500本入りのマッチも押し込んだ。そして大きなスコップを手に、Yシャツの上に学生服、ジャンパーを羽織って家を出た。
 そのときだ。2番目の兄が数年前にもらってきた犬のシロが悲しそうな目をして鳴いた。おれは一緒に連れていきたかった。シロは誰からも相手にされなかったおれの唯一の友達だったんだ。シロがいれば心強いとも思った。でも、2番目の兄はおれにいつも優しくしてくれた。連れていくわけにはいかなかった。
 「シロ、元気でな」
 そう声をかけるのが精いっぱいだった。いざ覚悟を決めると、こんな家には二度と戻らない。死んでも戻るもんか。のたれ死んでもいい! こんな家にいるよりはましだ! そんな思いがどんどん強くなっていた。

 ・・・(中略)・・・

 愛犬シロ

 家を出たおれは、国鉄が走る線路まで一目散に走った。近所の人にも誰にも見つかりたくなかった。
 おれの家族が「渡良瀬(わたらせ)鉄道}と呼んでいた国鉄足尾線を線路伝いにどこまでも歩いた。行くあてなんかない。それでも、どこまでもどこまでも休みなく歩き続けた。
 どうしよう、どこへ行こう。誰にも会いたくない。会って連れ戻されたらまた怒られる。殴られる。棒で叩かれる。墓石に縛り付けられる……。
 そうだ、足尾銅山に行こう! この線路伝いにひたすら北へ北へと進めば足尾銅山につながっている。小学校の社会科で足尾銅山のことを習ってから、1度は行ってみたいと思っていた場所だ。それに足尾銅山はほとんど廃鉱となり、人の目も少ないという。足尾銅山まで行けば、きっと誰にも見つからないはずだ。
 歩いている途中、見つけた山柿を採っては食べ、日が落ちてもまだ歩き続けた。途中、さすがにくたびれて線路脇に腰を下ろし、何かにもたれて寝た。生まれて初めての野宿だった。
 家を出て2日目のこと。ひたすら足尾銅山に向かって歩き続けていたときだった。遠くから、突然、「ワンワン」と犬の鳴き声が聞こえてきた。聞き覚えのある鳴き声だった。後ろを振り返ると、おれの目にシロの姿が飛び込んできた!
 2番目の兄が、赤ちゃんだった秋田犬の雑種をどこかでもらってきたときから、おれがいちばんかわいがっていた。兄の犬だったけどおれにいちばん懐(なつ)いていた。
 賢い犬だったから、おれが戻らないことを心配して、においをたどって追いかけて来てくれたのか? でもまさか、あんなに太いロープで犬小屋につながれていたのに……。ロープは噛み切ったんだろうか? それも、1日遅れで? そんなに速く走れるものなのか? いや間違いない、シロだ!
 うれしかった。本当にうれしかった。死んでもいいと思って歩き続けてきたおれだけど、シロと一緒に人目につかない場所で暮らしたいと思うようになった。おれはシロを抱き寄せて「おれとおまえはいつも一緒だ」と言いながら、ボロボロと泣いた。
 それから何日歩いただろうか。途中、腹が減ったら干し芋を食べた。シロにもずいぶん食べさせた。欲しがるだけ与えた。たぶんおれよりもたくさん食べたんじゃないかな。
 シロが合流してから、おれたちは一睡もしなかった。おそらく4日か5日は歩き続けたと思う。のどが渇いても飲み物を買うお金はない。道ばたで小川を見つければ、駆けて行ってのどを潤した。線路と平行に走る道には、ハイキングにでも行くのだろうか、何組かの家族連れや登山者風の人がいた。だけど学生服に通学カバンをかけ、犬を連れて線路伝いに歩いているおれが、まさか家出しているとは誰も思わなかったようだ。誰からも声をかけられることはなかった。

 足尾銅山

 目の前に足尾銅山の光景が広がったとき、おれの胸は躍った。
 足尾銅山はその当時、どの山も岩肌がむき出しだった。あちこちに鉱山の採掘跡がポコポコと残っていた。見たことのない景色だった。あたりに民家はほとんどない。ひとつの山に登ってみた。山の下の方に集落がわずかに見えるだけだった。でもその山には住めるような洞窟はなかった。誰からも見つからず、飲み水が手に入りやすい場所となると、そう簡単には見つからない。
 山を越え、傾斜のきつい岩山をよつんばいになって登った。岩で両手の指は擦り切れ、血だらけになった。なだらかな場所では持ってきたスコップを杖代わりにしたけど、足がパンパンに腫れて痛くて歩けない。シロも舌を出してゼイゼイと息が荒れていた。
 いくつの山と川を越えたのか、今となっては覚えていない。もうあたりが暗くなった頃にやっとの思いで見つけたのが、ある山の中腹付近にある鉱山跡だった。
 「ここだ!」
 おれたちは中に入った。3mほどの間口を入ってみると、入り口付近は風が入ってきて寒かった。恐る恐る5mほど奥に進んだ。洞窟は入り口よりも奥の方が暖かかった。かといって、いちばん奥まで入ってしまうのはさすがに怖かった。おれたちはそこに腰を下ろした。
 山の夜は静まり返っていた。洞窟の奥の方からポトッポトッという不気味な音が聞こえてくる。おれの心臓がドクンドクンと鳴る音が洞窟内に響き渡る。怖かった。でもシロがいたから、寂しくはなかった。
 何はともあれ、今夜の寝場所を見つけたことで安心し、おれはその場にへたり込んだ。シロが膝に乗ってきた。おれはシロを抱きかかえていつの間にか眠りに落ちた。次の日、シロに顔をペロペロとなめられ、くすぐったくて目が覚めた。もしシロがいなければ、丸一昼夜、いや、もっと寝ていたかもしれない。そのくらい、おれは疲れ切っていた。
 シロはお腹を空かせていた。干し芋を与えると喜んで、バクバクと食べた。シロには欲しがるだけ与えた。だから、おれは1枚だけ。カバンいっぱいに詰め込んできたとはいえ、干し芋は貴重な食料だった。
 食べ終わるとすぐ、”家”作りを始めることにした。やはり洞窟にじかに寝るのでは寒い。それにこれからどんどん寒くなるだろう。シロだってかわいそうだ。ただ、このときはまだ、ここにそんなに長く住むとは思っていなかった。ここなら誰にも見つからないだろうから雪が降るまでくらいはいようかな。その程度にしか頭になかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうして愛犬シロと洞窟で暮らすようになったのですが、問題は食糧です。
 カタツムリ、ネズミ、ヘビなどを食べますが、それでも2〜3日なにも食べられない日もざらにあります。愛犬シロは、骨が浮くほどに痩せてしまいました。
 そんなある日、シロがウサギを咥えて戻ってきたのです。
 ここで加村少年は、狩りをすることを覚えます。落とし穴を作って、イノシシを捕獲することに成功します。こうして自然の中で生きていく術を覚えていったのですが、愛犬シロが突然死んでしまいます。
 愛犬シロのおかげで、一人で生きていく孤独に耐えられたのですが、そのシロがいなくなってしまいました。
 シロと暮らした洞穴に居ると、淋しさに耐えられなくなった加村少年は、洞窟を出る決心をします。
 こうして、新潟、群馬、福島、山梨の山の中を転々とする生活が始まります。

 次に加村少年が、初めて人から温かく接してもらった体験を紹介します。


 ・・・<『洞窟オジさん』、p62〜p68から抜粋開始>・・・

 黒い食べ物

 山を歩き回っては、ほら穴を作って寝る−−そんな生活がどのくらい続いたのか、どれだけ歩いたのかおれにもわからなかった。
 そんなある日、おれがほら穴の中にいると、近くに人影が見えた。枯れ木を集めに来ていた田舎のおじさんとおばさんの夫婦だった。人に会ったのは、ハンターを除けば家出してから初めてのことだ。おれはふたりに声をかけられた。おじさんとおばさんはおれの顔を覗きこむようにして、こう話しかけた。
 「あんちゃん、どっから来た?」
 「群馬の方です」
 「えっ、今なんて言った? ここは新潟だぞ」
 おじさんとおばさんはとても驚いていた。
 「あんちゃん、腹は減ってないか」とおじさんは心配そうに言った。おれはコクリとうなずいた。すると、おばさんが何やら黒い三角形の見たこともない食べ物を差し出した。
 なんだろう、これは? おれは、その黒いものがおっかなくて、食べないでじっと見ていた。そしたら、おばさんが、それを手でふたつに割って、ひと口食べた。
 「大丈夫だよ。おにぎりだよ」
 そのおにぎりとやらを手にすると不思議な感触だった。とにかくひと口、食ってみた。本当にうまかった。
 白米だ! それも、梅干しが入ってる! 生まれて初めて食べる味だった。なぜかわからないけど、涙がこぼれてきた。
 こんなに親切にされたことなんて初めてだった。おれはお礼に枯れ木を集めるのを手伝い、それをおじさんたちの家まで届けた。それがきっかけで、おれはおじさん、おばさんと仲良くなったんだ。
 おれは枯れ木がなくなる頃を見計らって、おじさんちに集めては届けるようになった。そしたら、何度目かのとき、おじさんは見たこともない赤い紙きれをおれにくれた。「これなんですか?」と聞くおれに、おじさんは「百円札だ。大事にとっとけよ」と言った。
 でも、おれ、お金をもらっても、使ったことないから使い方がわからない。200〜300円もらったときに、お金より食べ物がほしいと言ってみた。おばさんは喜んで台所からおにぎりや餅を持ってきてくれた。
 しばらくして、いつものように枯れ木を集めて届けに行くと、おじさんが家に上がれと言う。おれは一瞬耳を疑った。においだってひどいはずだし、学生服はボロボロ。こんなおれに、遠慮しないで家に上がれと言う。どうしていいかわからず突っ立っているおれの手を、おばさんが引っぱってくれた。
 それだけじゃない。風呂に入れとまで言ってきた。おじさんもおばさんもニコニコしておれを見つめてる。「風呂が汚れるけど、いいんですか?」と言うおれに、おじさんは「かまわん、気にするな」と答えてくれた。
 数年ぶりの風呂だった。自分の体に湯をかける。そして湯船に入る。ああ、これが風呂だ。なんて気持ちいいんだ。おれがそろそろ来る頃じゃないかと沸かしておいてくれたようだ。体が温まってくると、体中にへばりついていたあかがお湯に浮き始めた。透明だったお湯はあっという間に白くにごって、風呂の底か見えなくなるほどだった。
 「背中流すよ」
 おじさんとおばさんが入ってきた。おれは背中を向けて風呂の椅子に座り、ボロボロ泣いていた。
 30分かもっと長い時間だったか、おれは髪の毛も足の裏も、何度も何度も体中をゴシゴシとこすって数年分のあかを落とした。こすっても、最初は石鹸が泡立たなかった。2度目も泡立たなかった。3度目くらいから、やっと泡立つようになった。あかだらけじゃない、臭くないおれに久しぶりに戻った。

 戦死した息子

 風呂からあがると籠の中にズボンとシャツ、厚手のセーターが入っていた。白いパンツも靴下もある。おまけにジャンパーまで。
 「それ、着てちょうだい。たぶん合うと思うんだけど」
 おばさんにそう言われ、着てみるぴったりだった。戦争で亡くなったおじさんたちの子供さんの服だった。
 「ちょっとここに座れ。髪切ってやるよ」
 おじさんがハサミ、を持ち出し、さっぱりと髪を切ってくれた。
 おじさんとおばさんは、おれには何も聞かなかった。代わりに自分たちの話を聞かせてくれた。子供が太平洋戦争で戦死したこと、今は夫婦ふたりきりでひっそりと暮らしていること……。
 「ここにずっといてもいいんだよ」
 おじさんが、真顔でそう言ってくれた。それから夕飯を一緒に食べた。数年ぶりに茶わんと箸で食べるご飯だった。あったかい自飯に味噌汁もある。肉も焼き物も野菜のおひたしも。こんな豪華な食事は、生まれて初めてだった。おいしくて、おいしくて、ありがたくて、ありがたくて。おれは泣きながら食べた。
 その夜はおじさんたちの言葉に甘えて泊まった。温かい布団で寝た。ほら穴の”枯れ草布団”とは、ぜんぜん違う。ほのかな石鹸の香りが心地いいフワフワの布団だった。こんな布団に寝るのも生まれて初めてだった。うちではきょうだいみんなが、狭い部屋に汚いせんべい布団を敷き詰めてごろごろと寝ていた。おじさんとおばさんの気持ちがうれしくて、一晩中、眠れなかった。
 次の日、おれはおじさんの手伝いをした。畑の草むしりや野菜の手入れ、もちろん山に入って枯れ木も集めてきた。
 2日目の夜も、やっぱり眠れなかった。ウトウトしては目が覚める。このままここにいると、どうなるんだろう。でもこんなに優しいおじさんたちの世話になるのは申し訳ないな、やっぱり人に甘えちゃいけないな……。
 いろんな考えが頭をよぎった。そんな日々が何日か続いた。近所の人たちは、おじさんの家に突然やって来たおれのことが、「あの子は誰なんだ?」と気になって仕方ないようだった。
 これ以上ここにいると、おじさんたちに迷惑をかけるのではないかと思った。
 「やっぱり、山に帰ります」と言うおれを、おじさんとおばさんは、「どうして、そんなこと言うんだい?」「行くところがないんだろ?」と引き止めてくれた。
 でも、「ここで暮らします」とは言えなかった。
 結局、おじさんとおばさんにきちんと礼を言って、おれは山に戻ることにした。
 「いつでも帰っておいでよ」
 ふたりはこれも持っていけ、あれも持っていけと、大きなリュックにいろんなものを詰めてくれた。リュックには着替えのズボンが2本、シャツとパンツの替えが3枚ずつ、セーターに靴下。靴は最初おじさんのを渡されたけど、おれの足が小さくてブカブカだったから、結局、おばさんの履いていた運動靴になった。でっかいおにぎり、塩、しょうゆ、餅、お菓子までもらった。
 家を出て数年で、世の中が変わっていたことをおれは塩としょうゆで知った。家を出るときは紙袋入りだった塩が、ビニール袋に変わり、しょうゆの入れ物はぴんではなく、プラスチックになっていた。
 「便利だろ? これならぴんと違って落としても割れないから」
 おばさんがそう教えてくれた。親切にしてくれた夫婦に何度も何度も頭を下げて、おれは山に戻った。おじさんとおばさんは、いつまでも手を振っていた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 人間の優しさに触れ、涙した加村少年ですが、少しずつ人間社会との接点を持っていきます。
 次に紹介するエピソードは、加村少年が初めてお金を稼ぐようになった体験です。
 水が飲みたくて山を下りた加村少年は、農道で山菜を売っているおばちゃんを見つけます。車の乗った人、ハイキングに来た人、観光客らしき人が、道端で売っている山菜を買っていくのです。
 それを見た加村少年は、「おれも売ろう!」と考えます。
 なにしろ山に関しては、熟知しているのですから、どんな山菜がどこに生えているかよく知っています。あっという間に籠にいっぱいになった山菜を、加村少年は駐車場で売ることにしました。
 そしてお金を稼いだ加村少年は、そのお金を使うという体験をします。


 ・・・<『洞窟オジさん』、p76〜p83から抜粋開始>・・・

 ここで売ろう。おれは落ちていた段ボールを拾い、それを広げて山菜を並べた。周りにも売っている人たちがいた。みんな値段を書いた紙を出している。
 車を運転してきたおじさんのひとりに声をかけた。
 「すみません、山菜を売りたいんですけど、なんて書いていいかわからないので、書いてもらえますか」
 その運転手はちょっと変な顔をしながらも「”ひと山300円”でいいんじゃないの」と言って、太いペンで書いてくれた。
 きのこや山菜は飛ぶように売れた。おれはものの値段なんてわからなかったから、タラの芽もきのこもワラビも、どれもこれも「ひと山300円」。すべて売り切ると、それでも今思えば数千円にはなっただろう。たくさんのお札や小銭が手に入ることに気をよくして、毎日山菜やきのこを採っては売る生活が始まった。「ひと山300円」と書かれた紙はずっと使い続けた。
 他の小屋の人は、さすがに雨の日には休んでいた。でも、おれは雨の日も売った。雨の日の方がありがたかったくらいだ。そんな日こそ、ニョキニョキ新しい山菜やきのこが生えてきて、よく採れたからな。

 ジジババの花

 お金もどんどん貯まった。でも、おれにはお金の価値もわからなければ、使うあてもない。宝の持ちぐされだったけど、まあ、そのうち役に立つときもあるさと、ちゃんとリュックにしまっておいた……。
 そんなある日のことだ。いつものように山できのこや山菜を採って広げて売っていたら、お客のおじさんに聞かれた。
 「このへんにジジババはないか」
 「ジジババ?」
 そのときはそれがなんだかわからなかった。どうやら蘭の花らしかった。おじさんは「これがジジババの花だ」ときれいな赤い花を見せてくれた。おれは「あっ、この花はシロが死んだとき、墓に植えた花だ」と思い出した。
 おじさんは「普通は白い花をつけるんだけど、その中に赤い花が咲くのがあるんだよ。何千本に1本しかない珍しいものだけどね」と言った。
 でも、おれは、野生のならしょっちゅう見ていたんだ。
 「赤い花ならいっぱいあるよ。山に咲いてた」
 「じゃあ、採ってきてくれないか。採ってきてくれたら金はいくらでもやるよ」
 次の日、おじさんと約束した赤いジジババを根っこごと採って、おじさんに売った。信じられないような顔をして、感激してたな。
 「すごい! この花を欲しい人はいくらでも出すから、もっと採ってきてくれ」
 何回かおじさんに頼まれてジジババを採った。20株くらい採ったんじゃないかな。1株1万5000円で買ってくれた。最初にお金をもらったときは、あまりにも多い札束にびっくりした。なんでこんないっぱいくれるんだろうって。
 山でまた採ってたら、この花をたまたま採りに来ていた別の男の人に会った。その人からもジジババは咲いてないかって聞かれた。ちょうどおれが背負っていた籠にはいっぱい入っていた。
 「それはどこに持って行くんだい?」
 「知り合いが買いに来るんだ」
 「いくらで売ってるの?」
 「1株1万5000円」
 「え!? たった1万5000円!? 馬鹿だなあ、おまえ、おれだったら3倍以上出すぞ」
 もう仰天だった。1万5000円でも驚いたのに、3倍もだぞ。
 「おまえ、だまされてるぞ」
 その人の言葉を聞いて、もうあのおじさんに売る気がしなくなった。そこで、籠の中のジジババはその男の人に売った。たしか1株で4万円くらいくれたと思う。その人がもっと欲しいって言うから、今度はその人に売る約束をした。次の日、約束の場所に行くと、おにぎりを持ってきてくれていた。別の日には弁当を持ってきてくれた。そのときのおれには、お金よりそっちの方がうれしかった。その人はおれのことを「チビ、チビ」と言ってかわいがってくれた。
 おれはその赤いジジババのために、朝早く起きて山中を歩き回った。たしかにそうたくさんは咲いていなかった。そのうち見当たらなくなってしまった。
 もうここにいてもしょうがない。そのとき、おれはそう思った。それに、その当時住んでいたほら穴のすぐそばまで、山歩きを楽しむ人が入って来るようになっていた。どこかまた別の場所に行こう。そう決意したのは、福島で数回冬を迎えた頃だった。

 札束

 山を下りるといっても、町に出るつもりはなかった。おれはまた山を越え、ひたすら歩き続けた。おれはもっと遠くに行きたかった。新しい山で暮らしてみたかった。
 途中、山歩きの人たちとすれ違うこともあったが、おれは山の奥へ奥へと進んでいった。ある山を越えると、いきなりコンクリートの道に出くわした。ときどきでっかいタイヤの、見たこともない車が通り過ぎる。かなり広い道だった。おれはその道沿いをしばらく歩いた。どのくらい歩いただろうか。日が落ち始めていた。車がたくさん停まっている、広い空き地がいきなり現れた。でも、山菜を売っていた駐車場とは、どこか違っていた。何か店のような家があった。おれはそこを覗いてみた。
 そこはドライブインという場所だった。だけどあのときは、そこが何をする場所なのかもよくわからなかった。ただ、みんなが車から降りて、おいしそうな物を買って、食べたり飲んだりしているのが気になった。
 おれも何か食べたい……。お金はある。ただ、どうやって使うのかがわからない。しばらくはかの人が買い物をしている様子をながめていた。でも、どのお札がどのくらいの価値なのか、さっぱりわからない。おれはとにかく買ってみることにした。
 袋入り、箱入りのお菓子が店の棚にたくさん並んでいた。どれがどんな味なのかもわからない。箱にはいろいろ書いてあるけれど、字が読めない。
 その中から、赤い箱のお菓子を買ってみることにした。どのお金を渡せばいいんだろうと迷っていると、おばさんが「どうしたいんだい?」と声をかけてくれた。ジャンパーのポケットから、おれはお金を取り出し1枚のお札を手渡した。財布なんて持っていない。山菜やきのこ、ジジババを売って貯めたお金は、お札は藤のつるで束ねて、小銭はポケットにそのまま入れてあった。
 「ありがとうございます」
 店のおばさんがそう言うので、おれはお菓子を持って出ようとした。すると、「お客さん!」と呼び止められた。だめなのか? このお金じゃ買えないのか、それとも足りなかったんだろうか。おれは何か悪いことをしたのだろうか……。
 「お客さんおつりです!」
 おばさんが追いかけてきた。何枚ものお札と持ちきれない小銭を手渡された。
 「これ、もらっていいんですか?」
 おれがそう言うと、おばさんは変な顔をしていた。びっくりした。たった1枚しかお札を出していないのに、何枚もの札や小銭が増えて戻って来たのだから。今思うと、あのときおれは1万円札を出して、何百円かのお菓子を買ったのだろう。でも、そんなことは、その頃のおれにはわからない。
 おつりでもらったお札は、持っていたお金と一緒に束ね直した。革が停まっている場所の脇でそれをしていたら、そばを通る人がじろじろ見ていった。おれはそんなことも気にしないで、お札を種類ごとに分けて束ね直した。束は全部を合わせると、片手でつかめないはどの厚さになっていた。札束がどんどん厚くなっていくことが、妙にうれしかった。
 腹ぺこだったおれは、今度は食堂に入った。入り口で何を食べるか決めなければいけなかった。いろんなものがあったけど、おじさんがうまそうに食べている見たこともない黄色い食べ物があった。「同じものをください」と言った。それはカレーという食べ物だった。ひとロ食べたらびっくりした。おいしいけど、すごく辛いんだ。ヒーヒー言いながらおれは水を何杯も飲んだ。カレーには、じゃがいもや人参に混じって豚肉まで入っていた。とてもうまかった。でも肉だけは別。おれが山で捕って食べているイノシシやウサギの肉の方が遥かにうまかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 札束の価値も知らない少年は、おつりをもらうことも知りませんでした。
 1枚しか払っていないのに、品物をもらった上に、さらにたくさんの札が返ってきて、とまどう姿が微笑ましいです。
 もちろん、山の中の生活には危険がありました。
 次に紹介するのは、加村少年が危うく熊に食べられそうになった体験です。


 ・・・<『洞窟オジさん』、p94〜p97から抜粋開始>・・・

 そんなある日”事件”は起こった。おれがきのこを採っていたときだ。太陽が真上にある頃だったから、真っ昼間だったと思う。
 竹やぶでゴソゴソ、ガサガサと音がする。そして、音が少しずつ近づいてきた。なんだろう。山の生活の勘で、それがただならない音だとわかった。近くに何かとんでもなくでかい獣がいる。音の方を見ると、黒くてでっかいやつがでんと立っていた。牛かな? 首のあたりが白かったから、おれほ最初牛を思い浮かべた。いや、こんな場所に牛がいるわけがない。じゃあ、なんだ?
 黒いやつは、2本足で立ってジーッとこっちを見たまま動かない。
 怖くなって後ずさりしたら、そいつは突然、よっんはいになった。そのときだ。竹をなぎ倒しながら、ザザザーッとすごい勢いで、やつはおれに向かって走り出して来たんだ。
 熊だ!
 「グワーーーーッ!」
 怖かった。必死で逃げた。でも、すごい速さで追いかけてくる。山の斜面を駆け上がって逃げたら、いつのまにか熊との距離が縮まってしまった。
 今度は斜面を飛ぶように駆け下りた。体重の重い熊は斜面を下るのが苦手なようで、少し距離が開いた。でも、まだ追いかけてくる。追いつかれたら食い殺される。こんなところで死にたくない! 熊に食い殺されるなんていやだ!
 熊との距離が開いたのを確かめながら、おれはとっさに木を探した。これだ! やや太めの枝ぶりのいい木を見つけるや、必死によじ登った。
 木の下に来た熊は、爪を立てて木を揺らした。そしてついに登り始り始めてきた。
 「フーフーフーフ!」
 熊の激しい息遣いさえ聞こえる。熊は口から泡を噴き出しながらよじ登って来た。おれはさらに、木の上へ上へと逃げた。高さ5mほど登ったところで、太めの枝に足をかけ、おれは逆さまになってコウモリのように木にぶら下がった。背中のリュックが開き、バラバラと荷物が下に落ちる。でも、熊はそれに見向きもしない。狙いはやっぱりおれらしい。熊は勢いをつけて登って来る。
 おれは木にぶら下がりながら鉈を握りしめ、熊が上がってくるのを待った。
 熊の手がちょうどおれの頭のあたりまで届いたときだ。
 「エイッ!」
 おれほ熊の手を目がけて鉈を思いっ切り振り下ろした。その瞬間、熊の手首が宙を舞った。
 「グオーッ!」
 すごいうめき声を上げて、熊は真っ逆さまに落ちた。熊はすぐに起き上がり、追いかけてきたのと同じくらいの勢いで、山の奥の方へと逃げていった。
 助かった……心臓がドクンドクンと高鳴っているのがわかった。しばらく木の枝に腰をかけて、おれはボーッとしていた。
 下に下りてみると、おれがぶった切った熊の手が落ちていた。でかい! おれの手の倍ほどの大きさがあった。おまけに長く、鋭い爪。熊は獲物を襲うとき爪が飛び出すと開いていたが、本当だった。こんなので引っかかれたらひとたまりもない! おれは鳥肌が立った。すぐにここから離れなければ! おれは急いでその山を越えた

 ・・・<抜粋終了>・・・


 加村さんは、57歳のとき、43年間の洞窟生活から社会復帰します。
 最初は仕事が長続きせず、色々な職を転々としますが、最後は障害者支援施設に落ち着きます。

 本を読んでいて、私は気になったことがありました。
 私は無添加生活をしているので、今の日本の食がいかにたくさんの(かつ危険なものも多い)添加物に汚染されているか身に染みて知っています。

 加村さんが13歳まで過ごした時代は、日本の食は添加物にほとんど汚染されていませんでした。
 それから加村さんは43年間を自然の物を食べて過ごしてきたので、子供の頃からと合わせて57年間、添加物と無縁の食生活をしてきた稀有な人となりました。
 それが社会復帰が進むと伴に、現代人と同じ食生活になっていったわけです。
 私は本を読み進むうちに、加村さんは何を食べているだろうと気になってきました。
 本の260ページに、社会復帰した加村さんの食の一端が書いてありました。
 それによると、昼ごはんとして食パンとハム、それに缶コーヒーとあります。食パン、ハム、缶コーヒーは、無添加生活をしている私なら、絶対に手を出さないものです。
 普通の現代人は、生まれた時から食に添加物を入った物を食べているので、ある程度免疫があると思うのです(ただしこれは全くの個人的意見ですが)。例えば、毒性のものを効率的に体外に排出する機能が備わっていると思うのです。
 しかし加村さんは、生まれた時から食品添加物に無縁の純粋培養されたような存在です。
 いきなり、現代人の食べている物と同じものを食べて、大丈夫なのだろうかと心配になったのです。

 ところが、やはりというか、加村さんは病気になります。
 突然倒れ、救急車で病院に運ばれます。心筋梗塞と診断され、緊急手術を受けたのです。
 もちろん加村さんの心筋梗塞の原因が、食生活だとは断定できません。しかし、その可能性は高いように私には思われるのです。

 『洞窟オジさん』は、ある意味で私を勇気付けてくれました。
 人間は、たとえ一人ぼっちでも、豊かな自然があれば生きていけると実証してくれたからです。
 私の今後の人生で、最悪のコースはホームレスでしょう。でも都会でホームレスになるくらいなら、加村さんのように、山に掘っ立て小屋でも建てて暮らそうかなと考えているところです。



怖い中国食品...2018年1月18日

 1日1食の健康法で何冊も本を出している船瀬俊介さんは、「すり胡麻」が大好物だといいます。
 すり胡麻には白と黒がありますが、船瀬さんは黒がお勧めだそうです。例えばラーメン屋に行っても、持参した「マイすり胡麻」をたっぷり掛けて食べるんだそうです。それも、麺が見えなくなるくらいの量だそうです。
 その船瀬さんは、60代にも関わらず、ふさふさで真っ黒な髪の毛をされています。
 船瀬さんが学生時代の同窓会に出たとき、すっかり頭が禿げあがった同級生が船瀬さんのふさふさで黒々とした髪を見て、「よう、染まっちょるのう」と感心したそうです。
 すると船瀬さんは、「これは地毛たい!(←博多弁)」と答えて、同級生が、地毛の上に染めていないことに驚いたといいます。

 私はこの話を聞いて、すっかり薄くなった私の髪にも効果があるに違いないと思って試してみることにしました。
 船瀬さんは、コンビニでも売っている1パック100円の黒のすり胡麻を買っているといいます。たしかにコンビニでもスーパーでも、だいたい1パック100円前後で売っていました。私は、安いし、効果もあると信じて、大量買いして毎日たっぷり食べることにしました。

 しかし船瀬さんの髪には効果があったかもしれないのですが、私の髪には反対の作用を及ぼしたようです。
 相変わらず髪は薄くなっていく一方の上に、数ミリ単位で頭皮が髪ごと剥がれるようになってきたのです。この現象は、以前の記事にも書いたのですが、床屋さんが「こんなの見たことない」と驚いていました。
 おかげで私の頭は、まだらハゲの状態となってしまったのです。
 それでも私は、黒のすり胡麻は髪に効果があると信じていて、こんなことを何年も続けていました。
 頭皮が剥がれる現象は、何らかの毒物を体外に出しているのは確かですが、その原因は謎のままでした。
 そんなおり、『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』(奥野修司、徳田大樹著、講談社文庫)を読んで、仰天することになったのです。
 この本で、学校給食に携わる栄養士や調理員にアンケートをとったところ、「本当は給食に使いたくない」、あるいは「これだけは自分の子供に食べさせたくない」中国食材として、以下のものが挙げられていました。

 アサリ、鶏肉・鶏レバー、マッシュルーム、胡麻、ひじき、生姜、苺(イチゴ)、山菜ミックス、竹の子、フルーツ缶、味噌、蜂蜜、タルタルソース、トマトジュース・トマトピューレ、餃子

 なんと、胡麻が4番目に来ているのです!
 私は、自分が食べている胡麻が中国産であることは薄々気づいていました。
 中国産でなければ、1パック100円なんて値段はあり得ないことです。胡麻のままであれば原材料名の欄に原産地を書かなければなりませんが、すり胡麻にしてしまうと加工品なので書く必要がなくなります。
 私は、栄養士や調理員のような食のプロが、中国産の胡麻を列記していることに、ショックを受けました。
 思わず、「ウッソー、何年も食べてきたじゃん・・・」と唸ってしまいました。
 私が速攻で、中国産の胡麻を止めたのは言うまでもありません。
 同じ外国産ですが、有機のものに替えました。
 そして、その効果はすぐに現れました。頭皮が剥がれる現象が急速に治まっていったのです。まだ完全ではありませんが、何年にも渡って蓄積した毒物なので、外に出すのに時間が掛かるのだろうと思っています。

 中国での土壌汚染は、相当なものです。
 以下は、『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』から抜粋して紹介します。

・2010年、武漢大学の環境法の専門家が、「中国の耕作面積の2割、2000万ヘクタールが汚染されている」と警告。

・中国環境保護部が「中国の土壌汚染の状況は相当に深刻であり、毎年食糧1200万トンが重金属で汚染されている」、「華南地域では耕地の半数がカドミウム、ヒ素、水銀などの有害重金属や石油系有機物で汚染されている」と指摘。

・中国では生活排水の9割以上、工業排水の3分の1以上が未処理で河川に流されていて、とりわけ深刻なのは南部、それも長江と黄河の下流という報告がある。

 結果として、日本の土壌汚染の基準値と比べて、水銀は244倍、鉛は352倍、ヒ素は1495倍、カドミウムでも4.2倍と、比較にならないほど高い数値が検出されたといいます。

 そりゃあ、私の頭もハゲるよなあ、というところでしょう。
 それにしても、なぜ船瀬さんは大丈夫なのでしょうか。
 まあ、あの人は顔も怖いし、鉄人なのでしょう。

 今回は、上記アンケートの一番最初に出ていた中国産アサリの話題を紹介します。
 スーパーの鮮魚コーナーに行けば、普通に置いてある中国産アサリですが、恐ろしい実態があるようです。


 ・・・<『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』、p207〜p211から抜粋開始>・・・

 日本の食料庫・山東省

 JETRO(日本貿易振興機構)の「山東省概況」(2016年3月改訂)によれば、中国・山東省の面積は15.71万平方キロメートルとある。この一省だけで日本の面横の約4割だ。人口は9879万人。中国でも広東省に次いで多くの人が暮らしている。
 日本にとって、中国は水産加工物の最大の輸入先である。2011年には全輸入量の2割近くを輸入していた。その傾向は現在も変わっていない。なかでも、山東省は「日本の食料庫」と呼んでも過言ではない。
 「山東省統計年鑑」によると2014年の山東省の輸出額は約1450億ドルに上る。そのうち、日本向けの額は約160億ドルで、1割強の11.1%を占める。
 「山東省は野菜の一大産地であり、海産物の漁獲量も豊富なんです。日本へ輸出される中国食品の多くは、山東省で作られたものですよ」
 林氏によれば、食品基地としての山東省は、日本にとってきわめて重要だという。それゆえに、中国猛毒食品の生産現場を訪ねるこの旅で、絶対に外すことのできない地域だった。我々は、山東省でも日本と縁の深い青島市から取材をスタートすることにした。
 青島といえば、「青島ビール」が有名だ。青島を選んだ理由は、山東省でも沿岸地域の水質汚染がひどくなっていると聞いていたからである。では「青島ビール」もその水を使っているのかと青くなったが、「青島ビール」やミネラルウオーターは、山の上のほうにある綺麗な水を使用していると聞いてほっとした。

 中国産アサリから除草剤の成分が検出されるワケ

 日本人にとって、アサリはなじみの深い食品である。「アサリの酒蒸し」や「ボンゴレビアンコ」など、飲食店でアサリを使ったメニューを見かけることも多い。潮干狩りで獲れるアサリも多くが中国産のアサリを撒いたものだし、安価な飲食店で出されるアサリはほぼ中国から輸入されたものである。
 アサリの輸入量は、2004年がピークで約5万2000トン。その後増減を繰り返し、2012年は約3万5000トンだった。このうち中国産アサリは67.9%と、実に7割近くを占める。
 厚生労働省が発表している「輸入食品違反事例」(平成24年度)を見ると、水産物や水産加工物で最も違反件数が多いのがこのアサリだった。品目も「活きアサリ」や「殻付きアサリ」など複数にわたるのだが、その中に「レトルト殺菌アサリ」というのがあって、殺菌されたはずのアサリから「プロメトリン」と呼ばれる除草剤が検出されている。
 なんでアサリから農薬が? と思われるかもしれない。除草剤などが検出される原因として、農作物を育てる過程において、大量の農薬を散布した結果、それが河川に流出して海まで流れ、近海に生息する貝類を汚染するからだ−−と、一般的には説明されているが、青島で拾ったタクシー運転手は意外なことを語った。
 「除草剤は海に直接まくんだよ」
 「ええ? うそでしょ」
 「藻が繁殖すると、魚介類を獲りづらくなったり、養殖しているひじきやノリに悪影響が出るからだよ。除草剤をまけば、じゃまな藻をすぐ取り除くことができるんだ」
 実に腑に落ちる説明だった。中国ならあり得ない話ではない。畑から流れてくる農薬と、海へ直接まく除草剤。こうして中国の海は、人を寄せつけないほど汚染されていくのだろう。
 青島はアサリの一大産地として有名である。また、革製品の加工場のような化学薬品を使う工場も多い。こうした工場からの排水によって、青島近海の汚染が深刻な状況にあることは識者からも聞いていたので、まずは青島沿岸部の工場地帯へと足を運んだ。
 居並ぶ巨大な工場から白や灰色の煙が昇っていた。どの工場も川沿いに建設されており、排水を流しやすいようにしてある。
 工場を見ながら川の土手を歩くと、鼻をつくような臭いがした。川の水は真っ黒だった。近くで見ると、墨汁を薄めたような黒さだ。
 土手にいた地元住民に話を聞いたが、彼女はため息をつきながら言った。
 「ここも20年前はきれいな川だったわよ。だって、あたしが子供の頃は川で泳いでいたくらいだから。でも化学工場が増えて、空気も悪くなって、水もドス黒くなってしまったのよ。こういう排水が海に流れ出して、エビとかアサリの養殖場へ流れ込んでいるのよ」
 驚いたことに、川の水だけでなく、川岸の土まで黒くなっていた。もともとは黒い土ではなく、茶色い土だったという。ここを見ただけで、青島の水質汚染や土壌汚染は、想像していた以上に深刻なことがわかる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 養殖している海に直接除草剤を撒くなんて、日本人の感性ではあり得ないことだと思います。
 さて、いよいよアサリ工場への潜入取材です。


 ・・・<『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』、p211〜p216から抜粋開始>・・・

 ヘドロアサリの恐怖

 地元のタクシー運転手の案内で、アサリの加工場を見せてもらえることになった。アサリで商売をしたがっている日本人(我々のこと)がいると説明してもらったら、すんなりとOKが出たのだ。
 向かったのは青島市城陽区にあるアサリの加工場。そこの総経理(社長)が、運転手の親戚だという。
 青島の中心部から40分ほど車を走らせると、目当ての加工場に到着した。運転手が親戚の社長としばらく談笑したあと、上機嫌で加工場の中へ案内してくれた。
 8月初旬だったため、朝から蒸し暑く、この日も気温は30度を超えていた。10人以上の従業員がいたが、暑さからなのか、皆、上半身は裸で、下半身は半パンにサンダル姿だ。
 その加工場は養殖場も経営しており、獲ったアサリを加工して出荷している。
 「さっき養殖場からアサリが届いたよ」
 社長が指を差した先には、大きな網に入ったアサリが、トラックの荷台に積まれていた。もちろん日本のように冷蔵車などない。炎天下にさらされながら、養殖場から常温の状態で運ばれてきたのだ。荷台には、作業着を着て白い長靴を履いた男性がスコップを持って立っており、トラックが加工場の敷地に入ると、彼らはアサリの網をほどいた。
 「スコップで選別機にアサリを入れて、商品にならないアサリをまず省くのさ」
 裸の従業員が長さ2メートルのほどの選別機を指差した。小舟のような形をしていて、中央にアサリを入れると、モーター音が鳴り響いて両脇からアサリが落ちてくる。
 「落ちてくるのは使い物にならないアサリだよ」
 男性に促されて、選別機の近くに行った瞬間、強烈な腐臭が鼻を刺した。腐ったような異臭のほかに、ガソリンのような臭いも混じっている。林氏も同じことを感じたようで、従業員に訊いてみたが、選別機にガソリンは使っていないと笑われた。
 この臭いのせいで、とても選別機のそばにはいられなかった。吐き気を催してきて、とても耐えられないのだ。もしかするとガソリンのような臭いは、ヘドロが原因かもしれない。我々は逃げ込むように加工場の中へ入った。そこはアサリを茹でる場所だった。
 「火を通さないと、アサリが悪くなるから」
 社長はそう言って笑っていたが、日本人の感覚からすると、すでに加工場へ運んできた時点で、アサリは腐っているような異臭を放っていたのだから、火を通しても同じではないかと思う。
 アサリを茹でる釜を見せてもらうと、底には生臭くて真っ黒な液体が溜まっていた。
 「その釜でアサリを茹でてから、トラックで港まで運ぶんだ。ここのアサリは、日本へも輸出している。いつも日本と取引があるわけではないけど、バイヤーがやってきて『日本へ送る分が足りないから、アサリを分けてくれ』って注文しにくるのさ」
 従業員の一人は得意そうに言った。
 とにかく嗅いだことのないニオイに苛(さいな)まれ、我々は逃げるようにしてアサリ加工場を出ると、思いっきり外の空気を吸った。海のそばだから磯の香りがしたが、すぐそばでアサリの腐臭が漂っていることを思い出すと、いくら吸い込んでも爽快な気分にはなれなかった。

 ヘドロアサリを食べた結果……

 青島中心街の一角に、飲食店が立ち並ぶ通りがあり、運転手は我々をそこの店に案内してくれた。
 「さっきもらったアサリを調理してもらおう」
 運転手は加工場の総経理から、アサリを2キロほどお土産にもらったらしい。それを料理してみんなで食べようと言うのだが、聞いた我々は目を合わせた。
 「あれ、食べられるのかなあ・・・」
 林氏は全身で拒絶反応を示している。
 ほどなくして大皿にのったアサリの酒蒸しが出てきた。
 お酒の香りとニンニクの香りに混じって、やはりあのとき唄いだヘドロのような臭いがする。たしかにあの工場のアサリだ。
 運転手は「遠慮せずにどうぞ」と微笑んだが、林氏は無言でクビを振った。そうなると、食べるのは自分しかいない。覚悟を決めて口に入れたが、やはり強烈な臭いが鼻をつく。
 アサリは砂抜きもされておらず、口の中でジャリジャリと音がした。その上、周期的に吐き気を誘うような油臭さが襲ってくるのだから、もはや食べ物を食べている気分ではない。といって、吐き出すわけにもいかず、思案した末に、頼んでおいた中国ビール「雪花」と一緒に胃の中へ流し込むことにした。このビールはアルコール度数が3%程度で飲みやすく中国でも最大手のブランドだ。
 中国人運転手はニコニコとうなずきながら、茹でたシャコ貝を美味しそうにほおばっている。
 大変だったのはその夜だった。当然のようにお腹をこわしたのである。考えられる原因は一つしかない。あのアサリである。
 「輸入食品違反事例」で摘発される食品の中で、多くみられる違反理由が「大腸菌群」である。しかし、加熱処理されたものを食べたのだから、「大腸菌群」とは考えられない。あのアサリは、30度を超える炎天下に放置されていたのだから、腐敗していたのだろう。それとも汚染物質でも含んでいたのだろうか。真偽がわからないまま、私は一晩中下痢でのたうちまわった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 黒胡麻は白髪に良いと言われています。
 たしかにそうかもしれません。汚染されていなければ・・・。
 そうした噂を安易に信じて、中国産食材の危険性を調べもしないで食べ続けた私は、まだらハゲという報いを受けました。
 軽率な行動がもたらしたもので、全くの自業自得です。

 鏡でハゲた頭を見ながら、「これって回復するかなあ・・・」とぼやく日々です。



意識の進化と身長...2018年1月10日

 2009年に公開され、世界中で大ヒットしたジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』ですが、舞台となった衛星パンドラに住むナヴィという先住民は、人間の体型と比較して大きく違う点が2つありました。
 一つは肌の色が青いこと、もう一つは人間の倍ほどの身長があったことです。
 先住民ナヴィの身長が大きいのは、衛星パンドラが地球よりも小さく、重力が弱い衛星という設定だったと考えられます。ナヴィだけでなく、動物も巨大で、特に主人公ジェイク・サリーが最後に乗ったのは、翼幅が25メートルという巨大怪鳥でした。
 一般に、惑星(衛星)の重力が弱ければ、そこに生息する動物や植物は巨大化し、重力が強ければ小さくなると考えられています。
 地球でも、恐竜が全盛期の頃は、今の地球より重力が弱かったという説がありますが、私はそうだと思っています。

 では動物の大きさはすべて重力が決定するかというと、スピリチュアルの世界では、意識の進化も身長を決定する重要な要因であると説明する人がいます。
 それが、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんです。
 『フラワー・オブ・ライフ 第1巻』(ドランヴァロ・メルキゼデク著、ナチュラルスピリット)から抜粋して紹介します。
 ドランヴァロさんが、アトランティス人トートから聞いた話として紹介されています。


 ・・・<『フラワー・オブ・ライフ 第1巻』、p181から抜粋開始>・・・

 人間の意識の5段階と染色体上の差異

 トートによると、ここ地球には5つの異なった人間の意識レベルが存在するそうです。それぞれDNAが異なり、肉体もまったく異なるため、現実への認識の仕方も異なっています。どの意識レベルも、いかにして生命の表現方法を完全に新しく変換するかを学んで地球を永遠に離れるという第5レベルに行き着くまで、意識レベルを順次成長して進んでいくようになっています。
 それぞれの意識レベルの目に見える主な差異は、その背の高さです。第1レベルの人々、は約1.2〜1.8メートル、現在の私たちの段階である第2レベルは約1.5〜2メートル、これから私たちが向かいつつある第3レベルは約3〜5メートルです。第4レベルの存在は約9〜11メートルで、最終的な第5レベルは約15〜18メートルです。最後の2つは、私たちにはまだまだ先の話です。
 ちょっと妙なたとえに聞こえるかもしれませんが、私たちは顕微鏡レベルの卵子から始まって生まれ落ちるまでにどんどん大きくなっていったわけですよね? ならば私たちは「成人」になるまで、どんどん背が高くなり続けていくわけです。この説に従えば、人間の大人は成長パターンの終着点ではないことになります。私たちは、15〜18メートルくらいになるまで、DNAの成長段階を経ていくのです。ヘブライの大天使であるメタトロンは人間がもてる完璧さを具現している存在ですが、彼の身長は約17メートルもあります! 「創世記」の第6章で、この地球には巨人が住んでいたことが書いてあったのを憶えていますか? シュメールの記録によれば、彼らの身長は3〜5メートルほどだったといいます。3歳児と10歳児では意識レベルが異なることがわかっていますが、それはまず身長によって判断されます。
 トートによれば、どの意識レベルも異なったDNAを持っているそうです。もっとも明らかな差は染色体数にあります。この説に従うなら、私たちはいま第2レベルにあって、染色体数は44+2です。第1レベルの例は、オーストラリアのある部族の染色体数が42+2だというものです。私たちがこれから移行しっつある第3レベルでは、みんな46+2の染色体を持ちます。その次の2つのレベルは、48+2と50+2になります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 旧約聖書の「創世記」に身長3〜5メートルの巨人の話が出てくるそうですが、私は聖書に出てくる神々とは、アヌンナキのことではないかと思っていて、アヌンナキも巨人ではなかったと想像しています(ただし「創世記」に出ていく巨人がアヌンナキかどうかは不明です)。

 そこでアヌンナキのことが書かれた『人類創世記イナンナバイブル』(愛知ソニア著、ともはつよし社)にアヌンナキの身長が書いてないか見てみました。
 『人類創世記イナンナバイブル』から、アヌンナキについて書かれた部分を抜粋します。


 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル』、p42〜p43から抜粋開始>・・・

 二ビル星人の肌の色と寿命

 ニビル星人の姿は人間よりもかなり大柄であったが、身体の作りはほとんど同じだった。肌の色はブルー系統が基本であったが、地球人の肌も微妙に色が違うようにさまざまなブルーの色のスペクトルから成っていた。その神秘に満ちたブルーの肌は、決して絵の具の青のようなべっとりとしたブルーではなく、内側から輝くようなトルコ色の海を感じさせる透明感がある深いブルーだった。
 地球にも太古の昔からブルーの存在たちの伝説は残されている。地球人は彼らのようなブルーの肌をもつ異星人とずっと昔から遭遇していたのだ。例えば、インド神話に登場するクリシュナ神の肌の色はブルーである。クリシュナもニビル星人と同じように、そのルーツがプレアデスにあるからだ。彼らがブルーの肌をしているのは、体内の銅成分を増加させ、銀河の中心から降り注ぐ宇宙線塵から身を守るためだった。彼らの身体には、人間でいえば経絡のエネルギーのようにブルーのエネルギーが走っていた。
 アヌの血を受け継ぐ生粋のニビル星人の寿命は、人間からすると気が遠くなるほど長い。そもそもニビル星人は、ざらに100シャル(ニビルの1年である1シャルは、地球年では3600年に相当する)は生き永らえることができる。とくにアヌとその妃アンツのような純粋なプレアデスの血を引く者には、永遠に近い命が与えられている。彼らの純粋な血を引き継いだイナンナの寿命も人間には測り知れないほど長い。だが、人間たちの寿命は短くプログラムされていた。それは、永久に近い命を持つ彼らの存在を気づかせないためでもあった。ニビル星人は、永遠に愛の営みを楽しみ、愛し愛されることに命を賭けていたのだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 残念ながらアヌンナキの身長は、「かなり大柄」としか書いてなく、具体的な身長の記述は見つけられませんでした(もし本を持っている方で、具体的な身長について書いてある部分を知っているという方は、知らせて下さると有難いです)。
 興味深いのは、アヌンナキが肌の色がブルーだったという話です。
 私は『人類創世記イナンナバイブル』を読んでいたとき、そういえば「アバター」に登場した先住民ナヴィの肌もブルーだったことを思い出しました。もしかしたら、映画「アバター」の制作者は、アヌンナキの肌をイメージしたのかもしれないと思ったのです。

 次に紹介するのは、『「あの世」の本当のしくみ』(サアラ、池川明著、大和出版)です。
 ここでサアラさんは、アヌンナキの具体的な身長を述べています。
 ニビル星人が地球に来るようになった経緯も含めて引用します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p22〜p26から抜粋開始>・・・

 なぜ彼らは地球にやってきたのか?

 私たちの祖先となった地球人類を生み出した宇宙人とは、ニビル星人です。
 ニビル星には、地球人と似たような宇宙人がいるのです。
 まず、彼らの歴史について少しお話しします。
 かつて彼らには、「ここにあるすべては、すべての人のもの」という価値観で生きていた、穏やかな時代がありました。そういう社会では奪い合いも争いも起きませんし、家に鍵をかける必要もありません。
 また、原初のニビル星人たちは酸素呼吸ではなかったようですが、徐々に酸素呼吸をする体に進化していきました。
 酸素呼吸をするようになってからの時代には、政治的な不安要素が次々と生まれてきました。そして、他の惑星や文明と同様に、「所有」という概念が入り込んだとたん、いろいろなもののバランスが崩れ、絶え間ない争いや社会不和が起きるようになったのです。
 でも実は、魂レベルで見ると、そういうプロセスを経験することも必要です。そのために、すべての宇宙人はそういうアンバランスな状態を作りたくなるのです。
 これは元々の魂の性質や、魂が目指しているものと関わってきますが、それについては第2章で詳しくお話します。
 さて、不安定な社会を作ろうとする宇宙人の例に漏れず、ニビル星にも、非常に治安が悪く、リーダーが立っても2ヶ月ほどでクーデターが繰り返されるような時期がありました。環境面でも、大気汚染などで今の地球以上に劣悪になっていました。
 しかし、やがて政権を握ったアヌ(アヌンナキ)という名の王様は、非常に優秀でバランスのいい人でした。アヌ王の時代はかなり長く続き、当時非常に困難になっていた飲み水の確保などをはじめ、環境を整備しようということになりました。
 それに役立つものとして、金が大量に必要だということがわかったのですが、金がたくさん取れる星、それが地球でした。
 それでニビル星人が地球にやってきたといわれています。

 こうして地球人は生まれた

 とにもかくにも、彼らは地球に生きる道があるのではないかと考えました。本当は移住も考えていました。
 実は、この一族は、このとき初めて地球に来たわけではありません。もっと前の時代に地球に来ていて、レムリア文明を作った一員だったのです。レムリア文明は宇宙のいろいろな種が協力し合って作った文明で、レムリア大陸の上に築かれていました。
 レムリア大陸にはニビル星の人たちもいましたが、肉体的な適応性があまりなかったため、「エデン」と名づけられた囲いのあるエリアの中だけで生活し、そんなに長くとどまってはいませんでした。当時、彼らは酸素呼吸できない種だったからです。
 それから長い時を経て、彼らは進化して酸素呼吸ができるようになり、適応性ができたので再び地球にやってきたわけです。しかし、自転の時間がニビルの自転の時間とあまりに違い、重力も強かったためにうまく適応できませんでした。
 彼らは非常に体が大きかったのです。
 エジプトで発見された巨人像は、ニビル星人が自分たちの姿を写したものです。
 7,8メートルの高さがありますが、自分たちの等身大のサイズですから、作るのも難しくはありませんでした。自動草の車体と同じぐらいの大きさの頭蓋骨も、最近発掘されていますが、7,8メートルの人たちの骸骨はちょうどそのくらいです。
 このように、ニビル人たちは体が大きく、地球にあまり適応性が高くないので、自分たちがそこで働くには限界がありました。
 そこで、「もう少し適応性の高いボディーをもった生き物を作ろう」ということになって、彼らが作ったのが地球人です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サアラさんは、アヌンナキの身長は7〜8メートルだったといいます。
 ドランヴァロさんの見地から言えば、アヌンナキは意識レベルが現在の地球人より一つ上の、第3レベルだったのではないかと推測されます。
 ドランヴァロさんは、第3レベルは3〜5メートルだと言っています。私は、それが7〜8メートルなのは、重力が地球よりも弱いであろうニビル星の影響ではないかと推測しています。

 サアラさんも触れていますが、最近巨人の骨が発掘されているといいますが、参考までにネットで調べたURLを貼っておきます。

http://karapaia.com/archives/52219665.html


 もう一つ興味深いのは、サアラさんが、「エジプトで発見された巨人像は、ニビル星人が自分たちの姿を写したもの」と語っていることです。
 ネットで拝借した、エジプトのアブ・シンベル神殿の画像を貼り付けておきます。





 ドランヴァロさんは、上記の像は立ち上がれば18メートルにもなり、第5意識レベルの像だといいます。
 エジプトには、様々な意識レベルの像が掘られており、それは実際にその身長の種族が存在したことだというのです。
 再度『フラワー・オブ・ライフ 第1巻』から抜粋します。


 ・・・<『フラワー・オブ・ライフ 第1巻』、p185から抜粋開始>・・・

 エジプトの人々はこれらの像をなんとなく造ったのではありません−−彼らはどんなものも、絶対あやふやに造ったりはしませんでした。どの石にも傷一つありません。私が知るかぎり、無意識に造られたものは何一つ存在せず、ことごとく理由と目的があったのです。そしてそれらは通常、数多くの現実レベルに基づいて創り上げられました。たとえば『エメラルド・タブレット』は100のレベルの意識に基づいて書かれています。ですからあなたがどういう人かによって、他の人とはまったく違う理解をするのです。もし意識の変化を通過したら、その後で『エメラルド・タブレット』をもう一度読んでみてください。それが同じ本だとは信じられないでしょう。なぜならあなたの理解のレベルによって、語りかけてくる内容が全然異なるからです。
 次は地球の存在がさまざまな意識レベルを通過しているところを表現しています図(4−14)。この写真には、17メートルの背たけをもつ巨大な存在と、その足元に私たちくらいの身長の像がたたずんでいるのが見えます。これは王と女王です。考古学者たちはこれをどう解釈していいのか持てあましたあげく、王は女王よりも重要だったので、それゆえ女王を小さくしたのだと言っています。しかし、そういうことはまったく関係ありません。かつてエジプトに生きた王やファラオは、みな5つの意識レベルを象徴する5つの名前を持っていたのです。
 いく人かの王や女王は人民をスピリチュアルな世界へ導いていくために、違う意識レベルの間を変換することができました。エジプトには古代の円形家屋が存在しています。私自身は見ることはできませんでしたが、有名な考古学者アハメツド・ファイエドからこれに関していろいろな話を開いたので、古代の円形家屋は本当にあったことを知りました。それは大昔のアイとタイアの家だったのです(もちろん現在は使用されていませんが)。その円形家屋は真ん中が壁で遮られています。そしてその一方から反対側へは、いったん外へ出て家をぐるっと回り、反対側の入口から入る以外に行く方法はありません。これはなんだかアトランティスのウーダル島のところで聞いたような話だと思いませんか?
 家の片側の壁に描かれているのは、角ばったスカートをはき、ひげを生やしてさまざまなエジプト風の手回り品を携えた、いかにもエジプト人らしいアイの姿です。ここではアイはごく普通の身長のように見えます。ところが、反対側の壁にあるアイの絵は、背たけが4.6メートルくらいもあります。この2つは非常に異なった姿に見えますが、顔が同じだということはわかります。彼は高次レベルの種族がそうであるように、巨大で後ろへぐいっと伸びたような頭蓋骨をしています(少し後でお見せします)。これら2つのアイの肖像は、彼が意識を変えることで、異なった2つの認識レベルの間を行き来できたということを表わしているのです。



図(4−14)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は次の人類の進化レベルにおいて、現在のDNAの2重螺旋構造が、3重螺旋構造になると考えていますが、ドランヴァロさんによると、染色体の数も現在の44+2から、46+2になるといいます。
 そして、その進化は非常に速いスピードで進み、あと数百年もすれば、新たな人類が誕生している可能性もあると私は考えています。



サアラさんの子育て...2018年1月4日

 正月に田舎に戻り、親族と過ごされた方は多いと思います。
 私も正月は、(父母は亡くなっているのですが)、数年ぶりに兄の家に行き、語らいました。そこで九州で過ごした幼少期の話になり、兄が先月、九州の幼馴染みと会ったというのです。
 その幼馴染みは、現在(東京に近い)横浜に住んでいるとのことで、数年に一回は会っているそうです。

 話は、その幼馴染みの社会的な価値観の話になりました。
 兄によれば、その幼馴染みは、典型的な「東大病」だといいます。
 「東大病」というのは、我々兄弟の造語です。それは、人生において最大の価値は、東大を頂点とする有名大学に進学し、立身出世することだと信じている人のことをいいます。
 面白いことに、田中角栄のように小学校しか出ていないのに総理大臣になった例がありますが、そうした例はあまり評価しないのです。あくまでも、日本で知られた東大や京大のような旧帝大や、早稲田、慶応といった高偏差値の大学に入ることに、異常な価値を見出しているのです。
 普通に考えれば、大学は4年間であり、社会に出て働く期間のほうが圧倒的に長く、大学卒業はスタートラインにすぎません。社会で揉まれて、様々な経験をして、知力、胆力、人間性を高めていくわけで、そうした積み重ねがその人間を形成してゆきます。そして、どういう仕事をしたか、どういう人間的な成長をしたかというのが問われていくことになります。
 しかし「東大病」の人は、どの大学を出たかというのが最大の関心事であり、一番の価値基準なのです。人間性より、東大出であれば「すごい人」となり、無名大学や大学を出ていないとなると、「たいしたことない人」と見下します。
 傍からみていて、滑稽ですらありますが、この価値観は骨の髄まで染み込んでいるのです。

 時代背景もあったのかもしれません。
 私が幼少期に過ごした時期は、日本の高度経済成長期でした。
 頑張れば報われる時代でした。
 辺鄙な田舎に暮らす人々にとって、日本の中心である東京で一旗揚げるのが人生にとって最高のものとされたのです。それを叶える唯一の道は、猛烈に勉強して東大のような名の知れた大学に入ることでした。
 当然ながら、亡くなった私の両親も全く同じ価値観でした。我々兄弟は、その価値観を強烈に植えつけられて育ったのです。
 冒頭の幼馴染みは、田舎では特異な存在ではなく、村全体の価値観がそうだったのです。
 今から考えると、「集団洗脳」という文字が浮かんできます。
 「東大病」の人は、なぜ自分が東大を至上のものと捉えているのか、疑問にすら思わないでしょう。

 私は別に立身出世を否定しているわけではありません。自分が持っている価値観が、果たして人生の経験から得られたものなのか、それとも成長する過程で周りの人々(特に両親)から植えつけられたものなのかを、一度よく検証する必要があると考えているのです。

 「東大病」の両親に育てられた私にとって、サアラさんの子育ての話は実に新鮮でした。
 今回は、『「あの世」の本当のしくみ』(サアラ著、大和出版)から、サアラさんの子育ての様子を紹介していこうと思います。
 まず、社会的な価値観に関するサアラさんの見解から紹介します。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p184〜p186から抜粋開始>・・・

 自分の価値観は自分で作る

 常識を疑うのはとでも大切なことだと思います。
 社会的地位があったほうがいいとか、それを求めるべきとか一流大学に行かないと成功できないとか。カルマの話と同じで、信じてきたことを「本当にそうなのだろうか」と一度疑ってみる必要があります。
 やはり、こんなことに時間を費やしているのは苦しいとか、毎日の生活が楽しくないと思ったら、自分が優先していることを疑ってみて、優先順位を変えてみることも必要かもしれません。
 自分独自の価値観や優先順位を、自分で築き上げていくということが大事だと思います。そのためには自分の経験を大切にすることです。
 その経験が社会で認められなかったり、評価されないようなものでも、それを苦い思い出にしてしまわないこと、自分にとっては、とても大切な経験だと認識して、自分独自の価値観を構築していくことが大事だと思います。
 そうすると人からの評価をあまり気にしないで済むようになります。
 人からどう思われるか、そこがネックになって不自由な思いをしている人がすごく多いと思います。そこを気にしなくなるには、明確な価値基準をもつことが必要です。そうでないと、人の評価がないとやっていけず、人と依存し合う人生になってしまいます。自分がうまくいかないのを、父や母のせいにするようなことにもなります。
 私の生徒さんの中で高卒の人がいるのですが、なぜ大学に行かなかったかという質問をすごく受けると言っていました。
 本人としては、単純に行く理由がなかっただけなのに、「ダメじゃないか」的なニュアンスで聞かれると、明確な答えを自分がもってないことにちょっとショックを受けるというのです。そして、「なぜ行かなかったのだろう」とすごく考えてしまうらしいです。でも私は「行く理由がないのに大金をかけて、4年間の時間を浪費して、行く必要はないんじゃないの?」と言ったのです。
 行く理由がないのは、大学に行かない立派な理由です。
 せっかく自分でいろいろ考えた後に決断したことなのに、その後、人に意見を言われて、自信をなくしてしまうケースが多いようです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 それでは、サアラさんの子育ての話に入りたいと思います。
 サアラさんは、実にユニークな方法で子育てをしたようです。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p216〜p218から抜粋開始>・・・

 私は、自分の3人の子供を育てるときにこんなことをしていました。
 「お母さんの営業時間は夜8時まで」と決めて、そう宣言したのです。子供たちは最初は何のことかわからなかったようですが、お風呂に入れて歯磨きもさせて、子供がいつでも寝られる状態にして、その時間になると、営業時間の終了を知らせるために「蛍の光」を歌って、子供を自分の部屋に入れ、自分も部屋に入りました。
 そうすると、子供は解放感いっぱいになって、やりたい放題でした。朝起きると冷蔵庫のドアが全開になっていたり、しまってあったジュースが全部飲み干されていたこともありました。
 それでもめげずに続けると、子供たちもだんだんわかってきます。
 ジュースの飲みすぎはお腹をこわすとか、お母さんがいつもこれをやっではいけないと言っていたのは、やったら痛い思いをするからなんだなとか、子供なりに理解してそれぞれ落ち着いていきました。
 寝てしまう子は寝てしまうし、起きている子は勝手に静かにお絵描きしたりして、時間を過ごすようになります。下の子は普段は兄に貸してもらえないおもちゃで思う存分遊んだりと、それぞれが自由な時間を楽しんでいたようです。
 子供は、疲れていれば、起きていろと言っても絶対に寝ます。寝かしつけは親にとってもすごくストレスになりますし、必要ないのではと思います。
 誰かがお腹が痛いときや、ケガしたときなどは「お母さん」が復活しますが、それ以外は「どうぞご自由に」でした。
 もちろん最初は忍耐が必要です。
 ある朝起きたら、床一面が米だらけになっていたこともありました。子供たちが米びつのバーを押して中身を全部ザーツと出し、それをお玉ですくってふりまいたり、やりたい放題楽しんだ後だったのです。
 そんな状態ではお弁当を作るどころではないので、「全員今日は休み! 一緒にこれを片づける!」と号令をかけて、みんなで片づけました。
 そんなふうにフレキシブルに対応して、母親と子供、お互いの人としての領域を意識させる生活を続けた結果、みんな枠にはまらない、とんでもない子になりました。でも、自分で人生を考える子になりました。私自身も、親の義務としてイヤイヤ何かをすることはなく、楽しみながら子育てができたと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、そうして育ったサアラさんの子供たちは、どのような人生の選択をしたのでしょうか。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p186〜p189から抜粋開始>・・・

 「やっぱりこれでよかった」−−選択の顛末

 私の一番下の息子も、大学に行きませんでした。それどころか、彼は何の計らいか、小学校から大学まである一貫教育の私立に入っていたのですが、中学2年のときに彼の意志で学校をやめました。
 最近になるまで相当悩んだのだと思いますが、最近は「自分にとってはよかった」という言い方になってきました。
 前は、親の目線から見ると他人へのやっかみも含めて、強がって「行かなくてよかった」と言っているところがありましたが。
 学生をやっていれば気楽だし、同じ年代の子どもたちといつも一緒にいて単純に楽しいわけです。でも、その仲間に入ることを、誘われでもあえてしなかった。
 彼は中学生のとき、学校でけっこう人気者で、クラスのまとめ役などもしていたようなので、彼が退学すると決めたときは、先生や周囲の友達のほうがショックを受けて、みんなに引き留められました。
 でも、本人は言い出したら聞かない子で、私はもちろん説得しませんでしたが、いろいろな人に説得されても変えなかったのです。
 でも、その息子が、学校をやめた後にいろいろなことを言い始めたのです。
 「進学しなかったことを後悔しないのか」と聞いたとき、息子との間でこんな会話がありました。
 「後悔しているに決まってる。それでいいんだよ」
 「なんで?」
 「後悔できるくらい自分が成長したっていうことだからさ」
 「それならそのまま成長を続けて、後悔を後悔じゃない人生にするしかないよね」
 「そうなんだよ。だからこれからが大事なんだ」
 そんなことが言えるようになったのだな、と思いました。
 それでもやはり悶々とした時期が続いていたようです。
 進学しないで社会に出ると、早いうちから年齢関係なく社会人とつきあうわけです。
 最初のうちはそれがつまらなかったりするのですが、彼は「絶対に特定の企業に就職はしない。正社員にはならない」と言うので、理由を聞いたら「俺は奴隷になるために生まれてきたわけじゃない」と言いました。
 「だけど金がほしいからアルバイトはする、バイトは勉強のためにする」と。
 それで、ひとつの会社にアルバイトで入って、そこで最大限力を発揮してアルバイトなのに年の半分以上中国に勤務して現地採用まで任されたりして、そこの会社でこれ以上学ぶことがないとなるとまたやめて、まったく異業種の次の企業に行く。そういうことを繰り返して、今までやってきました。
 そして今28歳になって、また少し変わってきました。
 「大卒で一流企業に入って、お給料はいいけれど毎日同じタスクを片づけるだけの仕事をやっている人より、考えでみたら自分のほうが人間関係が面白い」と思えてきたようで、それからは「自分にとっては」やっぱりこれでよかった、という言い方をするようになりました。
 苦しくても、一歩一歩自分で自分の価値観を築き上げるプロセスから逃げてはいけないと思います。適当なところで判断してしまわずに、人間は一生涯かけて成長し続けなければならないと考えて、長期的に考えてほしいです。
 たとえば高学歴ではないとか、ちゃんとした企業に就職できていないとか、そういうところで本当に損しているかどうかは、長い目で見ないとわかりません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 息子さんは、結局大学へは行きませんでした。
 では、サアラさんの娘さんはどうでしょうか。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p190〜p191から抜粋開始>・・・

 自分の経験を大切にする本当の意味

 一方、娘は30歳になってから復学しました。
 娘は大学院に途中まで行ったのですが、世界で誰もやったことのない研究題材に取り組もうとして、すごく注目を浴びてしまったのです。もちろん抜擢してくださる先生や大切に育てようとしてくださる先生方もいたのですが、その反面ものすごく叩かれ、やっかまれました。
 「昨日も一昨日も一睡もしていない」と泣きながら電話がかかってきたこともあります。
 それでとうとう体がボロボロになって、実家に帰ってきたのですが、その翌日が311でした。そのとき、自分のもってきた価値観を改めて考えて、「自分がこんなに時間も体力もギリギリのところで精力を傾けないとできない研究は、人ひとり救うこともできない」というのがそのときの結論だったそうです。
 それから普通の企業に正社員として就職したりすると、ある程度仕事ができるので、どこへ行っても便利に使われてボロボロになるのを繰り返して、正社員になるのはもうやめたと言い、30歳になって「自分は社会の不適合者だ」と言うようになりました。
 「無理すればできないことはないけれど、今までの経験から、それをやろうとすると体が壊れるのでもうあきらめる。私はどう考えても研究者向きだ」と言って、30になって大学院に戻りました。
 人間は、長い時間をかけで一つひとつ経験して、そのプロセスを踏まないと価値基準は確立できません。
 ですから、あわてて大学へ行ったり就職する必要もないし、何とか食いつなぐぐらいのことはできるかもしれないので、所有概念や勝ち負けから自由になるためにも、ちょっと自分に時間を与えてあげることが必要ではないでしょうか。
 社会は「早く、早く」と急(せ)かしますが、そこをこらえて時間をかけて、いろいろ体験しながら、じっくり自分を成長させてあげることが大事だと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの文章を読んで、もし私が「東大病」の両親でなく、サアラさんのような子育てをされたら、どうなっただろうかと考えました。
 私は「東大病」の両親の価値観を、学生の頃までは持っていました。それゆえ(同年代のほとんどの人々がそうであるように)少しでも偏差値の高い大学を目指しました。
 しかし社会に出て、そうした価値観が通用しないことを肌で味わい、やっと、そうした価値観から解放されたのです。社会は厳しい実力の世界です。実力がなければ、高学歴など笑いの種にしかなりません。
 もし私がサアラさん流の育て方をされたら、おそらく今の価値観を確立するのは、今よりずっと若い頃になっただろうと思います。

 最後に学歴偏重の社会が、いままさに崩れつつあるという記事を紹介します。

http://toyokeizai.net/articles/-/201432

 思えば、日本中に「東大病」を生んだ社会というのは、古き良き(?)時代だったと言えるのかもしれません。



[トップページ] このページの先頭へ