2021年

[トップページ]

ジョン・デソーザ捜査官の霊聴能力

『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』から

ガンの三大療法を彷彿とさせるワクチン接種

デクラスを待ちわびている人に

オートファジー

デクラスの行方

日本の水道に関すること

たまには雑談でも

ポールシフトについて

アメリカでこれまで起こったことと、これからの展望

『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』から

ネサラに関するおとぎ話

デクラス(機密解除)の予告編の動画

注目の大統領就任式

トランプ大統領再選後に起きること

いよいよ反撃開始!(その2)

いよいよ反撃開始!

ジョン・デソーザ捜査官の霊聴能力...2021年4月27日

 今回は、前回に引き続きジョン・デソーザ元FBI捜査官の話を紹介したいと思います。
 前回同様、『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』(高野誠鮮、ジョン・デソーザ著、VOICE)から抜粋して紹介させていただきます。

 デソーザ氏は10歳のとき、グレイタイプのETに危うくアブダクションされそうになったのですが、その体験以降に霊聴能力が発達したといいます。
 まずその話から抜粋させていただきます。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p80〜p83から抜粋開始>・・・

 エイリアンとのコンタクト体験で開花した能力

 アブダクション未遂事件以降、霊聴能力が発達

 エイリアンとのコンタクト体験のある人は、その後、ある種の才能が開花する。
 これは、前回のVol.1の本でもお伝えしたことですが、10歳の時にアブダクション未遂に終わったこの私も、実は、ある才能が開花していたのです。
 こうしたことが起きる理由は、エイリアンたちの仕業なのか、それとも彼らでさえもコントロールできない何か不思議な力が働くことでそうなるのかなど、はっきりしたことはわかりません。
 それでも、「コンタクティ(エイリアンからのコンタクトを受けた人)」と呼ばれる人たちは、それぞれ、コンタクト後に、何らかの才能や能力が発動するようになるのは確かなのです。

 ここでは、私が授かったある能力のお話をしてみたいと思います。
 まず、私のアブダクション未遂事件を簡単におさらいしておきたいと思います。
 ある夜、グレイタイプのエイリアンが2人、私の部屋にやってきて、深夜までベッドで寝つけなかった私の身体を天井まで持ち上げ、私の身体を家の外にすり抜けさせようとしたのです。
 けれども、私が寝つけずに意識があるままだったせいか(その瞬間に私は金縛り状態にされていました)、私の額が天井にぶつかると(エイリアンたちの身体は天井をすり抜けていましたが)、私は身体ごとベッドの上にドスン!と落ちてしまい、エイリアンのダブダクションは失敗した、という経験でした。

 このようにして、なんとか私はアブダクションされることを免れたわけですが、以降、私は明晰夢を見たり、予言的な夢やビジョンを見たりする不思議な能力が発達してきたのです。
 中でも、もっとも際立って発達した能力が「聴こえるはずのない声を聴く」という「霊聴能力」です、これは、いわいる精神的な病気で聴こえる「幻聴」とは違う種類のものです。
 幻聴の場合は、頭の中に響いてくる声が混乱した声だったり、ささやき声だったり、ネガティブなノイズである場合が多いと言えるでしょう。
 一方で、霊聴の場合は、何か威厳を持った声が天から響いてくるような感じだったり、頭の後ろから声が聴こえてきたり、ハートに響いてくる、いわいる“大いなる声”と呼べるような声なのです。

 その声は大きくはっきりとした声で、指示を与えてきたりもします。
 また、その声の質は、自分自身の声とも似ていたりしますが、当然ですが、自分がしゃべっているわけではありません。
 さらには、似たような体験をしている人の多くのケースを調べても、その声は必ず本人を助けたり、サポートをしたりする際に聴こえてくる声でもあるのです。
 ただし、その声は、いつも短いフレーズであり、単純な言葉でしか情報を与えてきません。そこで、本人がそれらの情報に気づかない場合は、追加で映像なども見せてくることもあります。

 それでは、私に起きた「霊聴能力」の3つの現象をここでご紹介しましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、その3つの現象を引用させていただきます。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p84〜p101から抜粋開始>・・・

 @父親が彼の親友のハーヴィであったという事実

 これは、私のアブダクション未遂事件の少し後の10歳くらいの頃の出来事です。
 私の父親は、刑務所で囚人たちを矯正する仕事に携わっていました。
 そんな私の父は、彼の親友であるハーヴィーという男性について、いつも私に話をしてくれていました。
 ハーヴィーはお酒が大好きな人だそうで、父親もそうだったことから、いつも2人は仕事の後はお酒を飲み歩いていたようです。
 また、やんちゃなハーヴィーはケンカにも強く、「ハーヴィーは、こんな技を使うんだよ!」、とハーヴィーが格闘するときの技なども、私に身振り手振りでジェスチャーなどをしながら、見せてくれていました。

 そんなハーヴィーに、いつしか私も興味を持つようになり、父からハーヴィーとの冒険話を聞くたびに、「ハーヴィーに会いたい!」と言うようになりました。
 でも、父はなぜかいつも、「彼は、酔っ払いだからダメだよ! 危ないよ(笑)」と言って、絶対に会わせてくれなかったのです。

 さて、そんなある日、父親はハーヴィーのせいであるケンカに巻き込まれてしまったそうで、「4人の男たちからボコボコにされてしまった」、と言って傷だらけになって自宅に戻って来ました。
 ケンカに巻き込まれた父親は、「今後は、もうハーヴィーとは会わないよ!」と宣言したので、私は子ども心に、「ハーヴィーに一度だけでも会ってみたかったのに……」と寂しく思ったのを覚えています。

 しばらく経ったある日、ふと自宅の窓の外を見ると、道行く1人の女性が3人の男たちに強盗に遭っているのを目撃しました。
 すると、その様子に気づいた父親が急いで外へ飛び出すと、1人を3人の男たちを相手に飛び掛かり、彼らを次々と退治しながら、その女性を助けているのです。
 その光景を唖然としつつ見ていた私ですが、ふとその時気づいたのは、父が話していたハーヴィーの格闘の“技”を同じように父親が行っていた、ということです。私は息を飲んでワクワクしながら、そんな勇敢な父の姿を見ていました。

 その時、頭の後ろで大きな声が聴こえてきたのです。
 「彼がその人だよ!」と。
 その声に驚きつつも、意味がわからなかった私に、さらにもう一度、一段と大きくなった声が響いてきました。
 「彼がその人だよ!」と。
 私は、その声がどこから響いてくるのかを確かめようと、あたりをきょろきょろと見回しました。
 すると再度、さらに大きくなった声がもう一度響いてきたかと思うと同時に、これまで父親が話してくれていたハーヴィとのエピソードが私の中になだれ込んできたのです。

 それは、ある日、アパートの住人のおばあさんが、悪い大家にアパートを追い出されそうになっていた時のこと。それを知ったハーヴィと父親が、2人でFBIの捜査官を装い、その大家を懲らしめておばあさんをアパートから追い出さないようにした、という出来事。
 また、4人の男たちを相手にハーヴィと父親がケンカをした、という出来事。
 でも、そんなビジョンの中にいたのは、父親1人だけであり、ハーヴィはいなかったのです。

 そうなんです。
 なんと、父親がハーヴィそのものだったのです。
 その声が聴こえて来なければ、私はこのことに気づかずに育ったでしょう。
 その時、陰のスーパーヒーローである父親を誇らしく思ったのは、言うまでもありません。
 それが私にとっての初めての霊聴体験でした。


 A息子の足を救ってくれた声

 また、こんな出来事にも遭いました。
 家族でワシントンD.C.に行った時のこと。
 街でショッピングをして、5歳と3歳の息子たち2人には新しい靴を買った後、早速、その靴を履いた息子たちと共に、地下のエスカレーターの上を家族で移動していました。そのエスカレーターは、数階分の高さで、800メートルも続くほど長いエスカレーターでした。

 当日、そのエスカレーターにはほとんど人がおらず、周囲には私たち家族しかいませんでした。
 腕白な5歳の長男は、1人でどんどん先に進んで下へ降りて行き、いつの間にか、私たちとの距離はすでに80メートルくらいも離れてしまいました。
 距離が離れすぎたことを心配した私は、「こっちへ戻っておいで!」と声をかけました。
 すると、かなり下の方にいた長男はそこからまったく動かず、不安そうな顔でこちらを向き、「僕、動けないんだよ!」と叫んできたのです。

 その瞬間、頭の後ろで声が聴こえてきました。
 「今すぐ、動きなさい!」と。
 突然のその声に驚き、緊急性を感じた私は、一目散で息子の所まで駆け下りていきました。
 すると、目を見開き恐怖に脅えながら私を見つめる息子その小さな靴の足元が、エスカレーターの階段部分に今にも巻き込まれそうになっています。
 私は必死で息子の足をエスカレーターから引っ張ろうとしましたが、ビクともしません。
 大の男が全体重をかけて力を振り絞っても、階段の歯の部分に食い込んだ靴はいっこうに抜けません。それどころか、さらに靴はじわじわとエスカレーターの中に飲み込まれていっています。

 ついに、息子も恐怖で叫び声を上げはじめ、私も、パニック状態に陥りました。
 その時、その声が再び響いてきました。
 「靴ひもをほどきなさい!」と。
 私はとっさに息子の靴ひもをほどきました。焦っていた私は、靴ひものことなどには、なったく気が回らなかったのです。あわててすぐに靴ひもをほどくと、息子の足は靴から一瞬でするりと抜けました。その瞬間、靴と破れた息子の白い靴下は、そのままエスカレーターの中に巻き込まれていったのです。

 ありがたいことに、息子の足は無傷でした。
 片足は靴を履いたままで、もう片足は裸足になったままでショック状態になっていた息子を抱きしめると、“大いなる声”に感謝するしかありませんでした。

 Bカルトスに狙われた命を救ってくれた声

 では、最後に1つ、怖いエピソードをご紹介いたします。
 FBIでは捜査に役立てるために、各捜査官が外部に情報提供者と呼ばれる人脈を持つことを勧めています。そこで、私もカルトスというある男性を情報提供者にすることにしました。
 アラブ系のカルトスとは、イスラム教の教会であるモスクでコミュニティ活動の一環で出会い意気投合すると、まるで親友のように仲の良い関係になりました。エネルギッシュで人懐っこく、おしゃべり好きな彼とは、いつも、トルココーヒーを飲みながら、世間話に花を咲かせていたものです。
 人脈も幅広い彼は、まさに情報提供者にはぴったりだったのです。
 実は、本来なら外国人の彼は、情報提供者になるにはCIAや国務省の身元チェックが必要でしたが、私はまだ彼の身元チェックはすべて終えていませんでした。
 彼を正式に情報提供者として雇うためには、公式に彼がテロリストや犯罪者でない、ということを調べる必要があったのですが、外国人の彼は調査にかなりの時間がかかっていたのです。

 それでも、彼は友人でもあったので、身元調査期間中でも普通に会っていました。
 私はときどき、彼の事務所を訪問することもありました。でも、彼のオフィスは、部屋の中にデスクが幾つかあるだけのガランとした部屋であり、何をしているのわからないような殺風景なオフィスでした。
 ただし、その部屋の奥には別の部屋があるようで、そこでは、何かが行われている、というような雰囲気が漂っていました。また、部屋の壁はミラーようになっていて、奥の部屋からも表の様子が見える、というような作りになっていました。

 さて、そんな彼のオフィスを訪れていたある日にその出来事は起きました。
 彼と談話中に、彼の携帯に電話がかかってきたことから、話をするために彼は部屋の奥に引っ込んだのです。
 そこで、しばらくの間、手持ち無沙汰になった私は、ぶらぶらしながら部屋の中を探索することにしたのです。

 ふと見ると、彼のデスクの上には、政治家と撮った彼の写真が飾られています。
 私はこっそりと、デスクの引き出しの中も開けてみました、すると、儀式に使うような豪華な民族調のナイフが入っているのを発見しました。
 オフィスという場所にふさわしくないものに驚きましたが、さらに驚いたのは、なんと、もう一つ、血がこびりついたナイフも出てきたのです。

 その時、彼がこちらの部屋に戻ってくる気配がしたので、私はあわててそれらを先の場所に戻しました。
 でも、そんなことには意味がなかったのです、何しろ、彼は鏡の壁の向こうから、私の行動の一部始終を見ていたのですから。
 とにかく、その日は家に戻り、胸がざわついた私は彼の調査以来を催促しましたが、結果はまだ時間がかかるようでした。

 翌週、彼のところに行く用事があったので、再度、彼のオフィスを訪問することになりました。
 オフィスに到着して、ガラスのドアを開けようとした瞬間に、突然“その声”が背後から響いてきたのです、
 「入ってはダメだ!」と。
 私は、その声を最初は無視しようとしました。やはり、超自然的な力はついつい無視したくなるのです。

 そして再度、オフィスに入ろうとしたのですが、その同じ声はまた響いてきます。
 すると、私の足はフリーズしたようになってしまい、身体が硬直して前へ一歩も進めません。
 ガラスのドアの向こうでは、カルトスが部屋の奥にいるのが見えました。

 身体が動かなくなった私は、もしや、自分が突然、脳梗塞でも起こしてしまったのかと思い、カルトスに向かって大声で叫びました。
 「カルトス! ちょっと寄ろうと思ったけれど、今日は帰るよ! また来週、来るからね!」
 彼は、私が先日こっそりと盗み見をしていたデスクのところにいました。そして、彼の方もすかさず大声で叫んできました。
 「何言っているんだよ! もう、そこまで来ているんだから、ちょっと入っておいでよ! ちょっとだけでいいから、副大統領と撮った写真があるから見せるよ!」
 そこで私は、仕方なく一歩踏み出そうとしました。でも、まったく足は動きません。
 その瞬間、「入っては、ダメだ!」という大きな声がもう一度響いてきました。
 それと同時に、あるビジョンが私の中に流れ込んできたのです。それは、私が引き出しの中で見た、あの血のついたナイフで警察官を刺し殺している映像でした。
 「ごめん! やっぱり今日はやめるよ!」
 パニックになって叫ぶ私に、「1分でいいから! 本当に、1分でいいから!」と彼も執拗に叫び声を上げます。
 その時、オフィスの中の彼が片手を背中に回していて、その手にはあの同じ血のついたナイフを持っている姿が鏡の壁に映りこんでいるのに気づきました。

 驚愕した私は、「ごめん! 帰るよ!」と声を振り絞り、足を一歩後ろに下げた途端に、足が突然動くようになったのです。わたしはその場から一目散で駆け出すと、全速力で家に戻ったのです。

 数日後に、やっと彼の身元チェックの報告書が上がってきました。
 すると、彼は旧ソ連時代のロシアにおいて、何人もの警察官を殺しているというレポートが上がっていました。殺人方法は、やはりナイフを使ったものでした。

 私は彼のオフィスに戻ってみることにしました。
 すると、そこはもうもぬけの空になっていました。空っぽになった部屋は、きれいに消毒もされて、指紋1つ残っていません。
 完全に姿をくらましてしまった彼とは、その後、もう二度と会うことはありませんでした。また、彼のことを指名手配するほどの情報も残っておらず、なすすべもありませんでした。

 とにかく、本来なら、私は彼にナイフで殺されて命を落とすはずだったこの日、あの“大いなる声”に命を救われたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 “大いなる声”に関するデソーザ氏の解釈です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p101〜p102から抜粋開始>・・・

 “大いなる声”とは、神の領域にある自分自身の声

 当時はまだ、このような霊的能力は自分でも完全に受け入れられなかった私でしたが、度重なる霊的体験を通して、自分でも次第に意識を改めるようになりました。
 そして、「この能力に真剣に向き合い、この能力を開発していこう」、と思えるようになったのです。
 では、このような“大いなる声”はどこからくるのでしょうか?
 同じような現象を体験する人は、「エイリアンの声」だと言う人もいれば、「神」「天使」「キリスト」など様々な意見があります。
 でも私は、自分の体験や調査結果から判断すると、その声はやはり、神の領域にいる「自分自身の声」だと思うのです。
 では、自分自身ということは、「ハイヤーセルフ」と呼ばれる存在ではないのか、と言う人もいるのですが、私は、ハイヤーセルフよりももっと偉大な、永遠性の中にある自分自身、という存在ではないかと考えます。
 “大いなる声”は、自分自身の声がありながらも、自分を超えた“大いなる源”から無条件の愛とサポートを届けてくれるのです。

 これからも私は、偶然によって授かり開花したこの能力に感謝しながら、自分の人生に、この世界にこの能力を活用していきたいと思っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 デソーザ氏の3つ目の体験と似ているかどうかは別にして、私が体験したことを紹介したいと思います。
 この話は、だいぶ前に記事にしたことがあったかもしれません。
 私が(東京の西の)八王子に住んでいた時、(東京の北東の)足立区にある実家に荷物を届ける用がありました。
 ダンボール数個分で、届けるには2つの選択肢がありました。
 一つは、宅配業者に頼むことです。梱包したり住所書きなどの手間と運送料が掛かります。
 もう一つは、車に積んで自分で運転して実家まで持っていくことです。
 時間が掛かりますが一気に運べて、すっきりするので、この際、車で運んでしまおうと考えました。
 難点は、首都高を通ることでした。
 私は免許取り立ての頃、首都高で怖い思いをしたことがあって、首都高が苦手でした。東名や中央道などの高速道路から首都高に流れ込んだ車は、スピードを落とさずにビュンビュン飛ばします。さらに首都高は曲がりくねって見通しが悪い上に、侵入道路が至るところにあり、慣れていないとかなり怖いところです。
 それでも下の一般道を通ると大渋滞に巻き込まれるのは必死なので、私にとって鬼門ですが、通らざるを得ないのです。
 よし、車で行こうと決めて荷物を車に運ぼうとした途端、なんとも言えない、いやな感覚が襲ってきたのです。
 デソーザ氏のように、声ではっきり言ってくれればいいのですが、身体全体に感じる嫌な感覚です。私は、これはもしかしたら何かの「しるし」かもしれないと思い、じゃあやっぱり宅配にしようと考えると、その嫌な感じは嘘のように消えました。
 でも、めんどっちぃから、やっぱり車で行こうと決めて荷物を運ぼうとすると、また嫌な感じに襲われたのです。
 このパターンを3回ほど繰り返して、私は納得しました。
 これは「しるし」に違いないと。
 そこで宅配業者に頼むことにしました。
 翌日だったか、翌々日だったかは忘れましたが、定食屋で新聞を読んでいた私は、首都高で事故があり、男性が亡くなったという記事に目が釘付けとなりました。
 まさに当日、私が通ろうとした首都高の途中だったのです。
 私は感覚で、もし私が「しるし」を無視して車で行ったら、自分が事故に遭っていたと確信したのです。なぜか、そうに違いないと、心の奥底で捉えている感覚がしました。
 私はデソーザ氏のように声が聴こえるわけではないので、絶対にそうだと主張はできません。
 しかし、こうしたことは私だけでなく、誰でも人生で一度くらいは経験したことがあることではないでしょうか。

 そうした「しるし」といった話を、全く信じない人もいます。
 でも、「しるし」はあるかもと感じておられる人にとっては、災難を避ける実に良い羅針盤になりそうです。



『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』から...2021年4月18日

 今回は、『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』(ジョン・デソーザ、高野誠鮮(じょうせん)著、VOICE)から、私が面白いと思った記事を3つほど紹介させていただきます。
 ジョン・デソーザ氏は元FBI捜査官で、以前の当HPの記事「『真実はここにある!』から(2020年12月14日)」で紹介したことがあります。
 『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』は、ジョン・デソーザ氏の第二弾の本です(ちなみに前々回の記事で映画『Above Majestic』を紹介しましたが、ジョン・デソーザ氏はここにも登場しています)。
 この本は、住職でもある高野誠鮮(じょうせん)氏とジョン・デソーザ氏の対談本です。

 まず最初に紹介するのは、新型コロナに関する記事です。
 当HPの訪問者の方々は、「アングロサクソン・ミッション」という動画をご存じの方が多いと思います。
 これは、ビル・ライアンという人物が2010年に投稿したもので、すでにその時点で今回の新型コロナ騒動とワクチン接種が計画されていたというものです。
 参考までに、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから、その簡単な紹介文を引用させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ第637回から抜粋開始>・・・

すべてが計画されていることを匂わす情報

一方、確かに今回の新型コロナウイルスのパンデミックからワクチン接種に至る流れが、かなり以前にすでに計画されたものであることを匂わす情報もあることは事実である。昨年の2月と3月に書いた第577回と第581回の記事でも紹介したが、2010年頃に新型コロナウイルスのパンデミックと、それが引き起こす社会変化を予告しているような情報があった。

ひとつは、2010年の動画で公開されていた「アングロサクソン・ミッション」である。これは、匿名のイギリス人の内部告発者の証言を公開したものだ。この人物はイギリス軍の出身で、2010年にはロンドンの金融センターである「シティ・オブ・ロンドン」で金融機関の高い地位にいた。内部の支配エリートの会合で見聞きした内容の証言である。それには、彼らは未来に次のような計画をしているという。

・まず生物兵器で中国を攻撃する。それはインフルエンザに似たウイルスで、中国人が標的になるように遺伝子的に操作されたものだ。それは山火事のように一気に広まり、膨大な数の中国人に感染する。この会議の出席者はこれを、「中国は風邪を引く」と表現していた。そして笑っていた。

・次に起こるのは、感染の世界的な拡大、つまりパンデミックである。これは中国の復讐なのか、それともウイルスの拡大がコントロールできなくなったものなのかは分からない。その後、第3次世界大戦が始まり、50%の人口が死ぬ。

新型コロナウイルスのパンデミックは、人口削減計画の出発点になる出来事だという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以下が、その動画です。

・日本語翻訳【アングロサクソンミッション】2010/2/16 bill ryan【ビルライアン】
https://www.youtube.com/watch?v=cndxGvuHGY4


 私が知らなかったのは、新型コロナは「アングロサクソン・ミッション」だけでなく、40年前の小説でも登場していたという事実です。
 その小説の著者は、アメリカのベストセラー作家、ディーン・クーンツという人です。
 これが偶然なのかという話題とともに、アメリカ大統領選挙の話も含めて引用させていただきます。
 ただし、この対談は今年の1月初旬だったとのことで、アメリカ大統領選挙に関しては、その時点での状況での会話となります。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p106〜p116から抜粋開始>・・・

 「新型コロナウイルス」は、40前の小説で予言されていた!?

高野 さて次に、昨年から世界中に広がりパンデミックを巻き起こしている、「新型コロナウイルス感染症」についてのことも聞いてみたいと思います。私は、ある政府筋から、「現在のこの状態が収束するのはあと3年くらいかかる」という意見を聞いているのですが、いかがでしょうか?

 また、このコロナウイルスが世界中で蔓延することが小説の中で予言されていたのをご存じですか? 今から約40年前の1981年にベストセラー作家、*ディーン・クーンツがアメリカで出版した『*闇の眼(The Eyes of Darkness)』(光文社文庫)という小説があるのですが、その小説の中で「2020年に中国の武漢から、“武漢400”というウイルスが広がり、世界中でパンデミックが起きる」という記述があるのです。

 もう少し詳しく説明すると、日本では1990年にこの小説の翻訳本が発売されましたが、当初は、「ウイルスは、ソ連からアメリカに持ち出された」ということになっていました。ところが、1996年に、著者自身が内容を改訂して「中国・武漢から持ち出されたウイルス」という設定に変更されて復刊されていたのです。これについて何かご存じですか? なぜ小説の中のことがこの現実の世界で起きているのか、ということについて私は疑問に思ったので、著者に連絡を取ってみたところ、「たまたま偶然だ」という返事が戻ってきたのですが、この件に関して、どのようにお考えですか?

 *ディーン・クーンツ
 アメリカ人作家。SFからホラー、ミステリー、サスペンスなどジャンルをミックスさせた手法が人気のベストセラー作家、小説家としての顔を持つだけではなく、詩の制作や児童向け書籍の執筆、映画の脚本なども手がける。

 *闇の眼
 邦訳された初版本では、事件の舞台はソ連であり、撒かれたウイルスの名前も「ゴーリキー400」となっているが、ヨーロッパで出版された時点では、舞台は中国に変更されており、武漢からウイルスが撒かれたことになっている。

ジョン まず、その小説については、名前は聞いたことはありますが、読んだことはありません。でも、著者の返答にあるような偶然などでは決してないと思われます。もしかして、その小説を中国共産党の誰かが読んで、同じようなことを実行した可能性もありますね。また、こういった現象が起きるのは、まず、このような情報は現実の世界で起きる前にエーテル世界に存在しているのですが、それらがタイムラインを超えてこの現実で現象化した、という考え方もあり得ると思います。

 たとえば、エンパス(共感力の強い人)など敏感な能力がある人は、エーテル次元にあるものを感知することができます。もしかして、この小説の作家にもそのような能力があったのかもしれません。このような現象については、前回のVol.1の本でもご紹介した「インディゴ・チルドレン」のケースも同じです。9・11が起きる前にアメリカの子どもたちが、事前に9・11が起きることを察知して絵に描いたり、両親や周囲の人にそのことを話したりしていた、という現象が多発していたケースですね。

高野 はい、そのエピソードは拝見しました。どちらにしても、小説の中のストーリーが、本当に起きた。ということに関しては偶然ではない、と思われるわけですね。

ジョン そう思いますよ。また、「このコロナの状況があと3年続く」という情報については、その政府筋の方がどなたかはわかりませんが、その情報がどこまで信頼できるかどうかについても不明だと思います。今後、日本では新たな政権が成立する可能性もありますからね。とにかく、コロナに対する私の見解は、「このパンデミックは、カバールと中国共産党によってアメリカ、そして全世界の経済システムをダウンさせる目的で行われたもの」ということです。すでにアメリカでは、武漢ウイルスを開発した罪に問われて、中国人を含むアメリカ人の科学者が数名逮捕されています。

高野 そのようですね。他にも、カナダの「病原体レベル4(病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスにあたる)」を扱うウイルスの生物研究所に勤めていた中国人研究者も、その研究所からウイルスを盗み出したという罪で国外退去させられましたね。

ジョン はい。このパンデミックを起こした罪に対する制裁は、裏ではきちんとはじまっています。

 アメリカの大統領選挙の行方について

高野 そういえば今、アメリカの「FDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)」は、このコロナを予防するためのワクチン対策として、副作用の強いワクチンの導入や、効きそうもないワクチンの認可をしているようです。もともと、FDAはそこまで信用が置ける機関ではなかったのですが、ここ最近は、さらに信用できない組織になったような気がします。遺伝子組み換え種子の世界シェアの90%を持つグローバル企業、「モンサント社(現在はバイエル社に吸収)」とのつながりの関係などもあるのかもしれませんが、これは、どういうことなのでしょうか?

ジョン 基本的にアメリカのFDAは、大手の製薬会社の“犬”のような存在ですよ。それに、FDAだけでなく他の政府機関もすべて同じような状況で、グローバル企業に皆支配されていますからね。これまでも、大手の製薬会社は効きもしない薬をアメリカの国民に売りつけてきましたからね。でも、トランプ大統領になって初めて、これまで癒着のあった政府機関と大手企業間の人事を断ち切って一新したり、利害関係のある旧プロジェクトを一掃したりしたのです。だからこそ今、彼らはトランプを引きずり降ろそうとしているわけです。

高野 なるほど、今、大統領選が終わって、不正選挙の問題も発覚して混乱が続いていますが、この状況をどのように見ていますか?

ジョン そうですね。個人的には、トランプの再選を願っています(対談時は2021年1月上旬)。

高野 そうなんですね。

ジョン なぜなら、バイデン候補が大統領になる、ということは、アメリカが中国に乗っ取られることを意味するからです。現在、中国が粛々とアメリカを侵攻しつつありますが、そのための手段として、中国共産党はバイデンを大統領候補に立てて、アメリカを乗っ取ろうとしてきました。けれども、アメリカ軍と一部の情報機関が彼らの企みに気づいて、この試みをなんとか覆そうとしているのです。今回の不正選挙について、もし、最高裁までがトランプを裏切るようなことがあれば、もはや、国家の安全保障問題にまで発展するでしょう。とにかく裁判という形であれ他の形であれ、トランプには勝利してほしいのですが……。

高野 なるほど。実は、私の知っているある有名なサイキックが、「次のアメリカの大統領は任期が4年持たない」、と言っています。もっと説明すると、「アメリカの次期大統領は、着任しても4年の間に死亡するか、事故に巻き込まれるなどの理由で、任期期間中に命を落とす」、という予言です。そういう意味において、トランプは大丈夫でしょうか? それに、彼は軍産複合体に立ち向かえるのでしょうか?

ジョン その予言については、私はよくわかりません。でも、軍産複合体の件については、お答えできます。まず、現在のトランプは、米軍をしっかり自分の味方につけています。それは。トランプ政権だったこの4年間の動きを見ていればわかります。かつて、オバマが大統領だった時代には、米軍の組織は完全にカバールにより破壊されて腐敗し、いわゆる軍産複合体になっていました。何しろオバマは、中国共産党のエージェントでしたからね。しかし、トランプ政権になってからは、予算をかけて軍の組織を再構築したので、米軍は再び力を取り戻し、中国、ロシアも近寄れないほど世界一強い軍になったのです。

高野 それが本当なら心強いのですが……。でも、すでにトランプも新政権への移行を認めていますよね?

ジョン はい、トランプは「新政権への移行」には同意していますが、「バイデンへの移行」とは言ってはいないのです。

高野 なるほど(笑)。となると、トランプはまだ抵抗しているのでしょうか。

ジョン “抵抗”と言うより、自分から世界に対して誤解を招かせるようなそぶりを見せていますね。それに、アメリカでは民主党側も、そこまでバイデンのことを切望しているようにも見えません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、ディープステート(カバール)の由来についての話題です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p168〜p176から抜粋開始>・・・

 カバールのルーツはバビロニアの時代にあり

高野 ではここで、改めての質問になるのですが、カバールとは一体どのような存在ですか? 国境や人種を超えた存在ですか? 秘密結社のように組織に入る、入らない、みたいなものですか? また、カバールの起源は、世界史の中でいつ頃からはじまったのでしょうか?

ジョン はい、おっしゃるようにカバールとは人種と国境を超えた組織であり、いくつかの血統から成る存在です。また同時に、秘密結社のような組織でもあると言えるでしょう。その起源は、紀元前19世紀頃からオリエント地方ではじまったバビロニア帝国の時代に端を発すると言えるでしょう。歴史的には、初めて「政治」と「軍隊」が民衆の上に権力を持つようになった時期です。当時の国家神だったマルドゥクは太陽神・英雄神でありながら同時にルシファー、いわゆる悪魔的存在でもあり、キリスト誕生前の約千年間にわたってバビロニアの国を統治してきたのです。

高野 当時の神は、悪魔的存在でもあったのですね?

ジョン はい。さらには、彼らの帝国は、金(キン)を崇め奉っていたことから、「黄金王国」とも呼ばれています。この時代から、現在のカバールの13の血統のルーツは世界中に散らばり、以降、世界史の中でありとあらゆる国家を支配してきました。そんな彼らこそ、歴史上においてはエジプトでピラミッドを建造した存在であり、また、第一次世界大戦、第二次世界大戦など戦争の発端にもなった存在たちでもあるのです。現在では銀行家として経済力で世界を支配しています。13のファミリーにはロックフェラー家、アスター家、ロスチャイルド家、中国ならドラゴンファミリー(李家)などがいます。彼らは、途方もない繁殖力で世界中にどんどん家族を増やしながら権力も広げてきたのです。

高野 なるほど。でも、そんな世界中に散らばり権力を持つカバールですが、「もう地球はあと数十年しかもたない」、という説もあります。つまり、環境破壊から起きる食料不足やエネルギー、資源の観点から見た場合、10年後の2030年くらいには、地球があと3つくらいは必要だともいわれています。そうなってくると、カバールたちも生きていけないのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

 また、今の時代は機密情報などもリークされたり、どんどん開示されるようになってきたりしていますね。そうなると、今後はカバールたちのコントロールも利かなくなってくるのではないでしょうか。彼らの方も、これまでのように世界を思うがままに支配できないのではないですか?

 「地球温暖化」や「資源不足」はカバールのプロパガンダ

ジョン そうですね。まず、将来的に地球の資源は足りなくなってくる、また、人口過多で食料不足になるのではないかという説については、私はその心配はないと思っています。今後、さらに各分野のテクノロジーも進化することで、人類はその恩恵を受けながら、きちんとサバイバルしていけると思います。実際に、これまでもそうでしたからね。「将来は食料不足になる」「地球は資源不足になる」というような情報を流布するのがまさにカバールの戦略です。不安や恐怖をあおる方が私たちをコントロールしやすいですからね。
 同様に、「フリーエネルギーは存在しない」「自然治癒はないので、私たちが売る薬を買いなさい」、というのも彼らのプロパガンダです。ですから、地球上の資源や食料が不足することで、カバールたちの支配力が低下するのでは、ということは、まずありえないと思います。もちろん、もし、私たちが彼らの所有している資源をすべて取り上げれば、彼らの支配力はなくなってしまうでしょうけれど。

高野 そうですか。地球が将来的に問題なく存続できるのなら、もちろん、そうあってほしいですけれどね。

ジョン はい、きっと大丈夫です。ただし、本来なら、すでにフリーエネルギーも自由に使えていたはずなのです。ご存じのように、1930年代には、あのニコラ・テスラがすでにフリーエネルギーを発明し、その供給方法も明らかにしていました。けれども、カバールやエジソン、そしてFBIまでもが束になってテスラの研究を破壊し、テスラを殺したのです。彼の技術さえあれば、今頃私たちは、すでにフリーエネルギーを手にして、より良い生活ができたはずです。当時の権力者の1人でもあったエジソンは、カバールのメンバーでもあったのですよ。

 とにかく、カバールはあらゆる分野でプロパガンダを発信しています。地球温暖化、気候変動を流布するのも、すべて彼らが人類を管理するための戦略です。人類の支配こそが彼らの究極の目的ですからね。そして、この計画についても悪いエイリアンたちと結託して事を進めています。レプティリアン系エイリアンとカバール側の人間が握手をしている有名な写真も残っていますよね。*1954年に二者の間で交わされた条約の合意とは、「これよりカバール側は定期的に、人間の身体をあなた方に捧げます。でも、その交換条件として、エイリアン・テクノロジーを提供してください」というものです。
 そして、実際にこの合意がなされて以降、アメリカやヨーロッパなどの西洋世界では行方不明者が大幅に増えはじめたのです。まるで、その合意を遂行しているかのように。たとえば、FBIの調査と統計によれば、アメリカでは毎年、3万5千人が行方不明になっています。そのどれもが、ただ忽然と消える人たちであり、家出をしたとか、殺人などの事件に巻き込まれたという形跡はないのです。そんな行方不明者たちは、エイリアンにアブダクトされたかもしれないのです。

 一方でエイリアン側も、ロズウエル事件などを通して、エイリアンの死体や生きたエイリアン、また、彼らのテクノロジーやさまざまなアイテムなどをカバール側に提供してきました。そして、彼らから得た数々のテクノロジーは国家間の紛争などに使われてきましたが、その1つが*9・11にも使われたものです。

 *9・11に使用されたエイリアン・テクノロジー
 2001年の9・11で使用されたのは、「ブルービーム・テクノロジー」という空中などに大きなスケールでホログラムを映し出せるテクノロジー。貿易センタービルの倒壊は実際にはビル内からの爆発によるもので、空から突撃したように見える航空機の映像はホログラムだったといわれている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、これから起こるディスクロージャーに関する話題です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p186〜p189から抜粋開始>・・・

 ディスクロージャーは良いエイリアン、悪いエイリアンによる2タイプが起きる

高野 いわゆるUFOやエイリアンに関するディスクロージャーはどうでしょう? ディスクロージャーの日は近づいていますか?

ジョン 個人的には、ディスクロージャーの日は近づいているとは思えないですね。何しろカバールは、人類が良いエイリアンとコンタクトをすることだけは妨げたいと思っていますから。でも今後、ディスクロージャーが行われるのなら、2種類の違うタイプのものが起きるでしょう。まず1つは、良いエイリアンによるものです。この場合は、国のリーダーや政府関係者などに対してのコンタクトが行われるのではなく、一般民衆に対して直接ディスクロージャーが行われるでしょう。それがいつ、どのような形で行われるのか、ということまではわかりません。

 もう1つのディスクロージャーは、カバールと悪いエイリアンが組んで行うニセモノのディスクロージャーです。これは「エイリアンが地球を侵略する」、というようなシナリオで行われるはずで、彼らはこのための準備もすでに行っているようです。いわゆる「TICTAC」の一件なども、この作戦の一部ですね。この件では、アメリカ政府が「未確認飛行物体であることを正式に認めた」という表明だったわけですから。

 ちなみに、昨年の9月には日本の防衛省がアメリカとUFO関連の情報共有をするという「アクション・プラン」を発表しましたが、これは結局、「TICTAC]の一件を受けての動きなのです。つまりこれも、私たちの心理を操作する計画なのです。彼らは、フェイクを演出した事件に続いて、このようなプランを発表しているわけなので。ということで、今後、もしディスクロージャーが起きた場合、2種類のディスクロージャーのうち、それはどちらのものなのか、ということを自分自身の眼で見極めないといけません。

高野 そうですね。フェイクな情報に惑わされないような視点を持つことが大切ですね。私は学生時代に防衛大臣の秘書をバイトでやっていたことがあるので、そのような政府の事情はそれなりによくわかっているつもりです。でも、どちらにしても、ディスクロージャーが起きると、社会が混乱すると思うのですがいかがでしょうか?

ジョン そうですね。でも今後は、政府などの中央政権的な力が弱くなり、一般市民が自立して、自分たちで自らの社会を統治する、というような世の中が訪れると私は思っています。

高野 なるほど、古い秩序が崩れて、新しい秩序が生まれるわけですね。かつて私は、国連に呼ばれて「人類の未来とUFO」という非公開の会議に出たことがありますが、そこで危倶されていたのは、「情報が開示されることによって起きる混乱などに対して、世界の秩序をどう保てばいいのか」という課題でした。となると、個人レベルで解決できるような問題ではないと思うのですがいかがですか?

ジョン そうですね。でも私は、ディスクロージャーによりパニックが起きる、というよりも、もし、それがフェイクなディスクロージャーではないものなら、さまざまな新たな技術が公開されることで、人々の生活は、より向上していくと思うのです。たとえば、フリーエネルギーや、すぐにヒーリングが起きるような「メッド・ベッド」と呼ばれる医療機器など。だから、そんなに心配はしていません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジョン・デソーザ氏が言う、良いエイリアンによるディスクロージャーこそ、「デクラス」のことだと思います。
 デクラスは、ネットやテレビ、ラジオなどあらゆる媒体を介して行われるもので、デソーザ氏が言う、「国のリーダーや政府関係者などに対してのコンタクトが行われるのではなく、一般民衆に対して」行うということと合致します。
 残念ながらデソーザ氏は、デクラスが行われる日が「近づいているとは思えない」と述べていますが、私は辛抱強く待とうと思っています。



ガンの三大療法を彷彿とさせるワクチン接種...2021年4月10日

 今年の2月初旬、私は悲報を聞くことになりました。
 同じテニス仲間として20年以上も付き合いのあったメンバーが、亡くなったという知らせでした。
 彼は私より10歳年下で、ここ数年は体調が良くないとのことで、テニスや飲み会にも参加しなくなっていたので気になっていました。
 私が聞いていたのは、体調が良くないらしいということだけでした。
 それゆえ、突然病死したと聞いて本当に驚いたのです。
 奥様によると悪性の食道ガンだったそうですが、本人はあえてテニス仲間に病名は告げなかったそうです。
 奥様の、「本人は、元気になって、またテニスや飲み会に参加するんだということを励みに頑張ったのだと思います」の言葉に、なんともいえない切ない思いがしました。
 背もすらっと高く、運動神経も良いうえにイケメンだった彼としては、我々に弱った姿を見せたくなかったのかもしれません。
 私の頭に廻った思いは、「もし私にガンだと言ってくれれば、私はガンの三大療法だけは絶対受けないようにと言っただろうな……」でした。彼は、日本人がガンになれば、ほとんどの人が受けるガンの三大療法(抗ガン剤、切除手術、放射線)を受けて亡くなったのです。
 私は、ガンの三大療法である抗ガン剤、切除手術、放射線は、殺人医療そのものだと考えています(注1)。
 ガンで亡くなるのではなく、「ガン治療」で亡くなるのです。

 これは有名な話なのでご存じの方も多いと思いますが、繰り返します。
 岡山大学医学部附属病院の医師が1年間のガン患者のカルテを精査した結果、ガンで亡くなった患者のうち、実に8割がガン以外の原因で亡くなっていたことを発見します。その大半が肺炎、院内感染、多臓器不全などなどです。これは実は抗ガン剤の重大副作用として、「医薬品添付文書」に列記されたものだといいます。
 つまりガンで亡くなったのではなく、ガン治療の副作用(副反応)で亡くなっていたのです。
 この医師はそれを論文にまとめて学長に提出したところ、「こんな事実が公になったら、大変なことになる!」と一喝され、目の前でそのレポートは破り捨てられたといいます。この論文のコピーはとられておらず、人々に見られることもなく消え去ってしまいました。
 船瀬俊介氏が、日本で毎年25万人余りが「ガン治療」によって殺されているという主張はこれによります。
 日本で年間31万人がガンで亡くなっており、その約8割にあたる25万人がガン治療によって亡くなっているとする論拠になっています。

 ガンの三大療法は、医学界や製薬業界にとってドル箱です。
 今から10年以上前の数字ですが、医療全体ではなくガン医療だけに限っても、年間15兆円の巨大産業です。これは10年以上前の数字ですから、今はもっと大きいはずです。
 欧米では、ガンの三大療法は効果がない見做されるようになり、どんどん代替医療に切り替わっているといいます。その結果、ガンによる死亡率はどんどん減っているといいます。一方日本では2人に1人はガンに罹る時代となり、ガンによる死亡率は、逆に右肩上がりに増え続けています。

 実は、ガンは100%治癒する療法が今から80年前に確立していたという話があります。
 今回は、その内容をお知らせしたいと思います。
 『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』(ベンジャミン・フルフォード著、ランダムハウス講談社)から抜粋して紹介させていただきます。

 (注1)ガンの三大療法のうち、切除手術だけは例外があります。ガンのステージが進み、もはや切除するしかない症例があるとのことです。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』、p111〜p120から抜粋開始>・・・

 すべての病気が完治するライフ博士の技術

 科学技術は発達しているのに、病気は減ることがない。それどころか増えているのが現実だ。現代の医療は、本当に治すためにあるのかと首を傾げたくなる。たくさんのよい治療が止められているからである。
 20世紀前半、ウイルス性のすべての病気を治す方法を考えた学者がいる。その名はロイヤル・レイモンド・ライフ。20世紀前半、20年かけて電磁波を使った治療方法を開発した。これが普及していれば、何十億人が救われたことだろう。解禁されれば、これからでも確実に人類の幸せにつながるはずである。
 治療する方法も顕微鏡と電磁波を使う、実に簡単なものだった。彼の臨床実験の結果は1930年代まで科学雑誌や医学雑誌などにデータとともに発表され、効果が立証されていた。普通なら大変なお金持ちで、有名人になるはずである。ところが、そのすぐ後、立ち消えになった。情報が封印されたのだ。
 それどころか、どこからか悪評を流され、今では詐欺師呼ばわりされているありさまだ。実際、「ウィキペディア」を見ると、「ニセ科学」の分類に入れられ、「理論がでたらめ」「効かない」などと紹介されている。しかし、証拠を一つも挙げていない。紹介記事の情報源として列記している本や論文をきちんと読んでいないのだ。
 革新的なアイディアを持つ発明家は、いつの時代も笑われるものである。特に最初はそうだ。パスツールは細菌が病気を引き起こすと主張して、学会からも世間からもバカにされた。エックス線を発見したドイツのレントゲンも最初はそうだった。「身体の中が見えるわけないだろう」「大嘘つき」と。
 ライフも例外ではない。彼はお医者さんや看護婦に、手術の道具を消毒するように言い聞かせていた。最初はみんなに「何だ、お前は」と不審がられた。神経質なのか、変な信仰に取りつかれているのかと思われたのだ。ほかの天才たちと同様に、ライフの説いていたことは今、当たり前になっているのだが。

 ウイルスも見える高性能の光学顕微鏡

 ライフはもともと理工学会社に勤めていて、顕微鏡の研究開発をしていた。それが、1920年代の大不況のときに失業した。お金持ちの運転手の仕事を見つけてやっているうちに、そのお金持ちを説得して自分の研究に出資してもらえるようになった。そうして開発したのが、論理的に不可能だと言われていた光学顕微鏡である。
 不可能というのは、光学理論では光の分子(フォトン)より小さいものは見えないとされているからだ。だから、光学顕微鏡には限界がある。当時、顕微鏡の拡大率は3千倍程度だったが、彼がつくったのは6万倍。理屈を超える精度だった。写真も残っている。
 彼の時代には、電子顕微鏡の初期型がすでに出回っていた。しかし、これを使うと、見ている対象が死んでしまうという欠点があった。電磁波が飛ぶからである。そのため、生きている細胞や細菌、ウイルスなどを見ることができない。しかも、倍率はライフが開発したものを超えてはいなかった。
 ライフは電子顕微鏡の欠陥を研究するうち、一つの発見をした。光にはいろいろな周波数があることだった。光には人間に見えるものと見えないものがあるし、化学作用を引き起こす紫外線や、熟を発生させる赤外線など、さまざま。すべての分子や細胞には、それぞれに響く周波数があると考えた。違う周波数を持つ2つの光を合体させ、必ず人間が見えるものを開発したのである。画像が確かなことは、電子顕微鏡でも裏付けられている。
 ライフの気づきは画期的なことだった。しかし、6万倍の光学顕微鏡は市場に出るときになって、妨害を受ける。電子顕微鏡を開発していたRCAというメーカーが許さなかった。自社の顕微鏡を世界の研究所に売ろうと考えていたこの会社に、精度の高い光学顕微鏡の誕生は厄介に映ったのだ。
 ライフはこコラ・テスラやトーマス・ブラウン同様、途中までは認められた。それも国民的に高い評価を得て、発明で14の賞を受賞している。彼の発明した技術は、今も飛行機や光学製品、電子機器、化学製品で使われている。彼ら天才たちに共通するのは、みんな独学によること。今の科学は細分化されすぎ、ほかの知識が見えなくなっている。それに対し、彼らは広く考えることができたのだ。
 わたしは実際に、ライフの顕微鏡をのぞいたことがある。最後につくった器械が、イギリスの科学博物館に残っているのだ。彼の顕微鏡で見えた75パーセントの物質は、ほかの顕微鏡では見えないものだった。

 ガン細胞だけを殺すことができる周波数の発見

 ライフにとってこの発明は、病気を治療しようとする新たな研究領域を開くものになった。彼は顕微鏡でガンを研究し始めたのだ。
 自分でつくった光学顕微鏡でガン細胞をのぞくうち、ウイルスがガンを引き起こしていることに気づいた。今もこれを否定している人がいるが、その当時は誰も考えていなかった。彼が理解したのは、すべての細菌は化学物質でできていて、それぞれが破壊される特有の周波数を持っているという事実である。
 これは、先ほども例に挙げたが、オペラ歌手がある音域で歌うとガラスが割れるのと同じ原理である。ライフはそれぞれの物質に害を及ぼす周波数を探していく。そうしてさまざまな周波数を送る実験を繰り返して、小児麻痺やインフルエンザなどを治療する方法を見つけた。連日の徹夜の末、最終的にはガン細胞を殺す周波数があることも知る。
 周波数の違いによって、エネルギーはさまざまな形に変化する。
 たとえば短波ラジオの周波数を変えていくと、受信する局が変わる。周波数をさらに上げていくと、長波ラジオがある。その延長線上に光がある。……と言っても、わたしたちが見える光は限られていて、エックス線やガンマ線など見えない光が無数に存在する。電波も光も、物質も、すべてはエネルギーでできていて、それぞれの周波数が違うだけなのだ。
 音も光と同じように、人間にわかるものとわからないものがある。これも周波数の違いによる。わたしたちに聞こえない高い音が、小さなネズミには聞こえる。逆にゾウは、わたしたちに聞こえない低い音を出している。最近まで知られていなかったことだが、ゾウにも言語がある。単純な会話だが、「あっちで水を探そう」とか「こっちでバナナを食べよう」などと、お互いにしゃべっているのだ。

 軍に悪用された殺人周波数兵器

 この原理を利用して、兵器を開発した男がいる。フランスのウラジミール・ゴヴロー博士は、人を殺す周波数を見つけ、本来禁止されている兵器をつくろうとした。
 きっかけは、彼が軍事ロボットの研究所に勤務していたとき、みんな気分が悪くなり、吐き気を催した。しかし、どの研究員もその理由がわからなかった。
 「一体、何がおれたちを苦しめているのだろう」
 あるときゴヴローは、ある窓が開いているときにみんなの体調が悪くなることに気づいた。その窓の下には機械があった。最初はその機械から排出ガスでも出ているのではないかと思ったが、調べると何も出ていない。やがて、機械から出ている音であることがわかる。その昔は、1秒に7サイクルの周波数を持っていた。機械から出る音と建物の構造が重なり合って、偶然にこの周波数が生まれていた。
 ゴヴローは、この気づきから研究を始め、人間を死に至らしめるという恐ろしい音を開発するに至った。
 この原理は、われわれも身近に経験しているはずである。わかりやすい例を挙げれば、黒板を爪で引っかいたとき、「キーッ」という嫌な音がする。誰もが鳥肌が立って、耳をふさぎたくなるだろう。
 イギリスでは、デパートの入り口に若者にしか聞こえない高くて不快な周波数の音を流している例がある。若い人たちがたむろするのを防ぐためだ。音の周波数を応用した兵器は、こうした装置の延長線上にある。
 この兵器を用いるときの問題点は、敵に向けて発信するとき、自分たちも周波数を浴びてしまうことである。ゴヴローはロボット工学が専門だったから、ロボットを遠隔操作して、そこから殺人周波数を発信しようと考えていた。その後軍事機密になったが、今も存在しているはずである。
 ナチス時代のドイツでは、アドルフ・ヒトラーが演説するとき、人には聞こえない周波数をスピーカーから発信していたと言われている。それには人の怒りをかき立てる効果があったそうだ。
 また、ときどきクジラが陸に打ち上げられるニュースが報道される。これはアメリカ海軍のソナー(超音波探知器)から逃げようとするのが原因だと、最近わかってきた。
 あらゆる生き物には、それぞれに苦しむ音や死に至る音が存在する。ある特定の病原菌だけを殺す周波数を見つけ、医療に役立てることは可能なはずである。

 医療・製薬利権による徹底的な妨害工作

 ガン細胞を殺す周波数を見つけたライフは、臨床を試みた。
 1934年、カリフォルニア大学が特別研究チームをつくり、末期ガンの患者をライフの元へ送った。90日間もつかどうかが心配された患者たちだったが、90日経過した時点で86.5パーセントの人が治っていた。そして、残り13.5パーセントの人も次の4週間で治った。つまり100パーセントの末期ガン患者が生き残ったのである。
 ライフは毒を飲ませてばい菌を殺すのではなく、そのばい菌だけが死ぬ周波数を身体に発信して治療した。しかも、すべての患者を治すことができた。これは人類にとって大きな発見である。それゆえ、大きなパーティーが開かれた。しかし、この後状況は暗転した。薬に頼らない医療に対する製薬利権側の反発があったからである。
 当時、モリス・フィッシュベインという男がいて、アメリカ医師会の株を買い占めて幅を利かせていた。薬草でガンを治す方法を見つけたヘリー・ホックスウェイという技術者に特許を売るよう迫った。拒んだホックスウェイは15ヶ月の間に125回も逮捕された。明らかな嫌がらせである。毎回無罪にはなったが、これでは精神が参る。
 フィッシュベインはライフにも近づき、周波数装置の独占権を得ようとした。断ったライフの研究所にはやがて、泥棒が入った。写真や顕微鏡の部品、映像や文書などが何度にもわたり少しずつなくなった。彼の顕微鏡は非常に複雑で、4682個の部品からできていたが、一部でも欠けたら使い物にならない。
 次に、ニュージャージー州のバーネット研究所がライフの研究を発表する前に火事になった。彼の研究が本物だと宣言するつもりだったが、準備が無に帰した。
 最悪だったのは、警察が彼の50年間の研究成果をすべて押収したことだ。これはまったくの違法行為だ。おまけに、彼の治療機械をつくった医療機器メーカーは、どこも訴訟を起こされてしまった。彼の研究を支持する勤務医や研究所の技術者は、みんなクビになった。そして、これとは逆に、彼の研究を無視する医者や研究者には、お金がたくさん回るようになったのだ。
 この背景には、病気をめぐる大きな利権がある。特にガンは、医療産業にとってドル箱だ。健康にするために診ているのではない。ライフが生きていた1905年、ガンで死んだアメリカ人は20人に1人だったが、今は3人に1人。技術の進歩とは裏腹に、確実に増え続けている。
 ガン患者1人当たりの平均治療費は3千万円だが、ガン治療に従事する人は、ガン患者よりも多いと言われる。製薬会社にとって、1回の治療でガン細胞が死滅するのでは困ってしまう。彼らの理想は、凄く高い薬を一生買ってくれることである。これを実現するため、日々さまざまな画策をしているのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なぜ日本人は、ガンの三大療法という死刑台に、何の疑いもなく大金を持って列をして並び続けるのか。私には謎でしかありません。
 私には、一番大切な命と、命の次に大切と言われる大金を、わざわざ差し出しにいっているようにしか見えないのです。
 そこには、やはり日本人のマスコミや行政が流す情報に対する圧倒的な信頼感があるということでしょう。
 以前の記事で触れましたが、日本人のマスコミ(新聞、雑誌)に対する信頼度は世界の国々でぶっちぎりの1位です(ちなみにテレビへの信頼度は、フィリピン、中国についで3位。2010年の全国世論調査。堤未果氏の著書より)。
 こうした日本人のマスコミや行政に対する圧倒的な信頼感はどこからもたらされるのか、私には本当に理由がわからないのです。

 今回の新型コロナに関してもガンの三大療法と全く現象が起きています。
 新型コロナに関してマスコミや行政の言うことを信用している日本人は、9割に達すると言う人もいます。おそらく、それに近い数字でしょう。これほど完璧に洗脳されている状態を、空恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか。
 いよいよ、この4月から一般の高齢者に対する新型コロナのワクチン接種が始まります。
 たくさんの人々が接種することでしょう。
 私には、これもガンの三大療法と同じように、死刑台の列に並んでいるようにしか見えないのです。
 ガン治療よる副作用で毎年亡くなる25万人を、大量殺戮(ジェノサイド)と言うこともできます。しかし新型コロナのワクチン接種による被害は、それを軽く凌駕する可能性があります。

 ガンの三大療法は効果がないどころか、人体に極めて強いダメージを与えることは、現場で働いている医者が一番よく知っています。
 『ガンで死んだら110番』(船瀬俊介著、五月書房)から抜粋します。

 ・・・<『ガンで死んだら110番』、p217から抜粋開始>・・・

 ●抗ガン剤拒否の医者! 271名中270名

 抗ガン剤は正常細胞を先に殺す−−これでは患者は死ぬのがあたりまえ。
 「乳ガンの患者さんのガンと正常な細胞に、それぞれ抗ガン剤を10%に薄めたものを滴下したら、いい細胞が先に死んでいく。ガン細胞は死なない。抗ガン剤はいい細胞を先に殺す。だから多くの人はその副作用で死んでいく。医者は“善意の殺人”をしているんです」これは『塩の道くらぶ』(2004年9月2日)に載った寺山心一翁さんの体験談。
 彼は20年ほど前に腎臓ガンになり、抗ガン剤治療に苦しんだ体験を持つ。「私は、この数年間ずっと出会った医者たちに『あなたがガンになったとき、抗ガン剤の注射をしますか?』と聞いています。いま271名ですが、1人を除いた全員が『自分は使わない』と言っています。「だけど、これを止めちゃうと病院が成り立っていかないから……」。恐ろしいことだと思いませんか。医者は『自分自身には使わない』ものを『病院の経営のために使う』と言うんです(寺山さん)
 ちなみに2006年4月、厚労省は抗ガン剤の「専門医制度」をスタート。“ガン治療の司令塔”とする−−という。これら「専門医」が、自らには抗ガン剤断固拒否なのは、いうまでもない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 同じように、新型コロナに関しても現場の当事者が、一番よく知っているはずです。
 先月下旬、午後9時までの営業時間短縮を求めてられているさなか、厚労省の23人が深夜0時近くまで大人数の宴会を開いていたことが発覚し、問題となりました。
 新型コロナの正体に関し、厚労省の職員であれば、知らないはずがありません。
 もし新型コロナが本当に深刻なものであるならば、厚労省の職員がこんなことをするはずがありません。
 彼らは、新型コロナがこれまでの季節性の普通のインフルエンザ程度であることをよく知っているということでしょう。
 その理由が示すのが、以下の厚生労働省のサイトです。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000615582.pdf

 ここで、厚労省は、新型コロナを以下のように定義づけしました。

「新型コロナウイルスについて、感染症法第6条第23項第11号の規定により政令で定める四種病原体等に追加する」
 「四種病原体」とはインフルエンザのことで、厚労省は、新型コロナ=インフルエンザと見なしているということです。
 普通のインフルエンザであるならば、深夜0時まで宴会をしていてもどうということもありません。アルコ−ルはもちろん、マスクを外して会話をする場面もあったといいます。
 つまり彼らは、新型コロナがどの程度のものか、身をもって国民に教えてくれたとも言えるのです。

 ところで最近、新型コロナの治療薬としてアビガンやデムレシビルといった怪しげな名前をマスコミは一切取り上げなくなりました(注2)。
 まるで、ワクチンが唯一の解決策だと言わんばかりです。
 これは明らかに裏があるとしか思えません。新型コロナ騒動をねつ造した当初の計画から、国民にワクチンを打たせることが最終目標だったとしか思えないのです。

 このところ行政は、「巷の噂を信じないで下さい。政府の言うことが正しいのです」と言っていらしいです。
 おそらく巷の噂とは、当HPの記事のようなものを指しているのだろうと思います。
 しかし、私から見るとコメディでしかありません。
 ガンの三大療法で散々国民を騙してきた行政やマスコミが、ここにきて突然改心し、真に国民の命と健康を考えて行動するようになったと信じられるでしょうか。

 私は、新型コロナワクチンの接種が大量殺戮をもたらす可能性があると言いました。
 当HPの訪問者の方々でも、「まさか、そんな……」と思う方が多いと思います。
 そう思う方は、ぜひご自分で調べてみてください。ネットには、たくさんの情報があります。自分自身で調べないと、人は考えを改めることはまずありません。
 特にお勧めなのは、「In Deep」さんのサイトです。
 大量殺戮というのは、けっして荒唐無稽な話ではないと理解されることと思います。


(注2)私、はアビガンやデムレシビルを勧めているわけではありません。むしろビタミンDの方がはるかに効果があるのではないかと思っています。でもただのインフルエンザなのですから、罹っても1週間も安静にすればいいだけでしょう。



デクラスを待ちわびている人に...2021年4月4日

 今年の1月頃にデクラス(秘密情報の開示)が行われると聞き、それからずっと待っているのですが、もう4月に入ってしまいました。
 3ヶ月近くも、「今日にも起こるかも…」と期待して待ち続けてきたのですが、未だに行われていません。
 アライアンスの計画ではもうとっくに行われているはずなので、何か不測の事態が起こっているのは間違いないようです。
 佐野美代子さんは、軍事作戦が当初の予定より遅れているのが原因だと言っていますが、私はその説明には納得し難いものがあります。
 今どのような軍事作戦を行っているかなど、(相手にばれてしまうので)発表できるはずもないことはわかりきったことです。ですから、そういったことは、発表する内容に最初から含まれていないと思うのです。
 発表されるのは、これまで隠されてきた人類の本当の歴史、ETに関する情報、DSがこれまで実際に行ってきた悪事、夢のようなテクノロジー、昨年末の米大統領選の不正などだと思います。それらを発表したとしても、現在行っている軍事作戦に支障をきたすとは思えません。
 そもそも何も知らない人類に初めて開示する情報ですから、概略的なものならざるを得ず、現場の進行中の軍事作戦に触れる必要もありません。

 軍事作戦の遅延だけではなく、やはり何かが起こってデクラスが遅れていると考えるのが自然だと思えます。
 ある人は、人類にとって最適なタイミングを計っていると言いますが、私はその考えにも疑問があります。石川信一郎さん動画でアライアンスが言っていましたが、すでに人類はデクラスを受け入れる準備ができていると思うのです。
 遅れれば遅れるほど、事態を悪化させるように私には見えます。

 真偽のほどはわかりませんが、今のところ可能性が高そうに思えるのが、吉野奏美(かなみ)さんの説明です。吉野さんは、最大の障害は取り除かれたので、4月の第2週〜3週に動きがありそうだと言われていて、私も大いに期待しているところです(ただし、この動きがデクラスとは言われていませんが)。

 今回紹介するのは、デクラスで発表されるであろう内容の一部を先取りしたと思われるものです。

 それが映画、『Above Majestic』です。

 この映画は、特にETに関する情報が満載です。
 進行役はデイビッド・ウィルコック氏で、コーリー・グッド氏をはじめ、SSP(秘密宇宙計画)のウイッスルブローワー(不正を密告する人)がたくさん証言しています。
 発表されたのは2018年10月で、いまから2年半ほど前なので最新ではありませんが、初めてこの情報に接する人なら、驚愕の情報と映るはずです。
 私は初めてコーリー・グッド氏の情報に触れたとき、とても興奮したことを今でも憶えています。
 私が映画『Above Majestic』を知ったのは、東京のヒカルランドで行われた横河サラさんのセミナーでした。もしDVDが発売されていればすぐに購入したのですが、なぜか発売されておらず、そのうち観ようと思っているうちに忘れてしまいました。
 今になってデクラスのことを考えているうちに、『Above Majestic』のことを思い出し、デクラスの予行演習のつもりで観ることにしました。
 無料で観る方法もあるようですが、私は iTunes のソフトをPCにインストールし、1000円ちょっとの金額で『Above Majestic(字幕版)』を購入して観てみました。

 すでに『ありえない世界』(Dr.マイケル・E・サラ著、ヒカルランド)を読まれていたり、デイビッド・ウィルコック氏のガイアTVを追っていたという方には目新しいものではないと思いますが、こういう世界を全く知らなかった方は驚かれると思います。

 今回は『Above Majestic』の推薦ですが、映画を観る前の予行演習として、『ありえない世界』の中から、人類が初めて月面に降り立ったという話になっているアポロ11号の記事を抜粋して紹介させていただきます。
 公式の発表しか聞いたことのない方には、驚きだろうと思います。


 ・・・<『ありえない世界』、p343〜p355から抜粋開始>・・・

 ブリル協会/ナチスSSの秘密の「月面作戦司令部」(LOC)の存在を傍証するアポロ宇宙飛行士たち他

 アポロ11号の月面着陸の中継のときに2分間の中断があった。NASAは、2機のテレビカメラのうち1機がオーバーヒートして受信できなかったと説明した。しかし複数の情報源によると、そのときアームストロングとオルドリン[月面着陸した2人の宇宙飛行士]は彼らを注視している何かを見たのだという。『トップシークレット』の著者ティモシー・グッドは、アポロ11号からヒューストンのNASAの宇宙センターへ送ったVHF(超短波)信号をアマチュア無線家たちが受信し、NASAが中継を遮断した2分間のメッセージを傍受していたと書く。

 宇宙飛行管制センター:どうしましたか? アポロ11号、こちら管制センター。

 アポロ11号:巨大な生き物がいます……とんでもなく巨大な……何てことだ。信じられない。別の宇宙船が向こうにいます。クレーターの反対側の縁に……並んで……我々を見ています。

 アマチュア無線家が傍受した内容はメディアには取り上げられなかったが、1975年にそれを裏づける予期せぬ出来事が起きた。アポロ月計画で通信システム開発に携わり、すでにNASAを退職していた通信エンジニアのモーリス・シャトレインが著書を出版したのだ。彼はその著書『Our Cosmic Ancestors(宇宙の私たちの祖先)』でこう書いている。

 アームストロングが梯子を下りて月面に降り立つ直前、 2機のUFOが頭上に停止していた。バズ・オルドリンはその写真を数枚撮った。その写真の一部が『モダン・ピープル』 誌の1975年6月号に載った。

 1979年にシャトレインはこう言っている。 「アームストロングがクレーターの向こう側に2機のUFOを見たことをNASAはメディアにも一般の人々にも隠し通した。 NASAの職員はみんなこのことを知っていたが、今に至るまで誰も口にしてこなかった」。驚くべきことにシャトレインはさらにこうも言っている。

 アポロ計画でもジェミ二計画でも、距離を置いて、ときに非常に近くを、異星人の宇宙船−−空飛ぶ円盤でもUFOでもいいが−−が後をついてきた。そのたびに飛行士は管制センターに伝えたが、管制センターはこれを極秘にするように命じた。

 アポロ11号の月面着陸時に通信が2分間中断したのは、アームストロングが見たものをNASAが隠蔽しようとしたためだったのだろうか? アポロ計画でUFOを見るのはよくあることだったのだろうか?
 バズ・オルドリンはマスコミのインタビューで、月へ向かう途中1機のUFOに実際に観察されていた、とたびたび語っている。彼によると、アポロ11号の飛行士たちは機中から目撃しているものをヒューストンに報告する際、UFOという言葉は使わないようにし、代わりにサターンV打上げロケットの位置を尋ねたという。アポロ11号はUFOに尾行されていたというオルドリンの言葉は、UFOが月面着陸を実際に見ており、これをアームストロングが無線でNASAに報告した結果中継が中断されたとする考え方に信憑性を与える。オルドリンの言葉はまた、1機かそれ以上の未知の宇宙船がアポロ11号の月着陸を見ていたというシャトレインの著書の内容も裏づける。
 クレーターの向こう側にいる巨大な2機の宇宙船をアームストロングが目?したことを証拠立てる別の情報もある。ティモシー・グッドによると、その当時モスクワ大学の数学教授だった物理学者ウラジミール・アズハズハはこう述べている。

 「ニール・アームストロングは、月着陸船の近くで大きな2つの謎の物体が着陸後の彼らを見ている、と管制センターに伝えた。しかし彼のメッセージが一般に知られることはなかった。NASAが削除したからである」

 未知の宇宙船がすでに月にいたことと、NASAがアポロ計画を最終的に終結させたこととの間にはどんな関係があるのか? NASAのシンポジウムでのある教授とアームストロングのやり取りにそのヒントがある。

 教授:アポロ11号には実際に何が起きたのですか?

 アームストロング:信じられませんでした。……もちろんその可能性があることは分かっていました。……実を言うと、私たちは近づかないよう警告を受けていたのです。宇宙基地か月面都市があったのは間違いありません。

 教授:「近づかないよう警告を受けていた」とはどういうことですか?

 アームストロング:詳しいことは言えません。確かなのは、彼らの宇宙船は大きさにおいてもテクノロジーにおいても私たちのものよりはるかに優れていたということです。なんとも、大変な大きなでした。そして、威嚇的でした……そう、あれは間違いなく宇宙基地です。

 教授:しかしNASAはアポロ11号の後もアポロ計画を続行しましたね。

 アームストロング:もちろんです。NASAは当時あの計画に全力を注いでいました。だから世間をパニックに陥れるリスクを冒すわけにはいかなかったのです。

 真実はどうなのか? ニール・アームストロングは実際に月で未知の大きな宇宙船を見たのか? そしてそれが現れたことは、二度と月へは来るなというNASAへの警告だったのか?
 アームストロングが死んだ今となっては、1969年7月のあの日にいったい何があったのかを彼の口から聞くことはできない。もしかしたらNASAはいつの日か公式に発表するつもりかもしれない。あるいはもうすでにバズ・オルドリンが出演した映画でそれを行なっているのかもしれない。映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』にちょっとだけ出演することで、オルドリンは自分とアームストロングが見た真実を明かしている。映画では月着陸後に通信が途絶えた21分の間に、アームストロングとオルドリンは近くにある遺棄された宇宙船に向かう。そこでオルドリンは秘密作戦の無線でNASAに報告をする。

 バズ・オルドリン:信じられないかもしれませんが、何かが見えます……

 NASA秘密作戦技術者:他にも誰かいるとうことだね?

 パズ・オルドリン:そうです。我々以外に誰かがいます。

 それではアームストロングとオルドリンは最初の月着陸のときに何を見たのか? そしてNASAはなぜ近づくなと警告したのか?

 ドイツの月基地アルファが月面作戦司令部に

 第4章でコーリー・グッドの驚くべき話に触れた。ナチスドイツは南アメリカと南極で極秘の宇宙計画を実行していたブリル協会の支援を受けて月に人員を送り、月基地を建設したというものである。グッドの話を裏づけるのがウラジーミル・チェルツィスキーだ。

 ドイツ人はおそらく1942年には月に行っていた。使ったのはミーテ型とシュリーバー型の外気圏ロケット・ソーサー。ミーテ・ロケット・ソーサーはさしわたし15m×50m。シュリーバー・パルター・タービン機は惑星間移動ができるよう設計されていて、直径60m、高さ45m、乗員スペースは10階まであった。

 第二次大戦が終わる前にブリル協会とナチスSSは最初の月基地を建設したとグッドは言うが、チェルツィスキーはその話を裏づける。

 着陸の初日からドイツ人たちは地下にトンネルを掘り始め、大戦が終わるまでには月にナチスの小さな調査研究基地ができていた。

 さらに驚愕させられるのは、ブリル協会/ナチスSSはタキオン装置を使っていたということだ。第5章で、恒星間移動のために開発された葉巻型の巨大なアンドロメダ・デバイスがタキオン装置を使って時間ドライブを行なっていたことを明らかにした。チェルツィスキーは、これらのタキオン装置は小型の宇宙船にも使われていたと言う。「1944年以降、ハウニブ1および2型のフリーエネルギー使用機が人や資材、そして最初のロボットを月基地の建設現場へ運んでいた」
 チェルツィスキーはさらに、これより10年以上のちの最初のアメリカとソ連の合同秘密宇宙計画の月着陸の際に何が起きたかを述べる。
 ロシア人とアメリカ人が50年代初めにひそかに月に降り立ったとき、彼らは最初の夜をナチス地下基地の客として過ごした。60年代にはロシア・アメリカの大規模な共同基地が月に建設され、今では4万人が住んでいるという噂がある。

 チェルツィスキーの信じられないような話と同様のことをコーリー・グッドも述べている。グッドによると、アメリカとソ連が到着する前に月にはすでにブリル協会/ナチスSSの鉤十字型の大きな基地があった。グッドによると、その基地は1950年代初めに締結された秘密協定の結果、基本的にアメリカに引き渡された。

 この基地は、彼らとアメリカの間に画期的な協定が結ばれた1950年代初めにも建設が行なわれていました。この協定のおかげで彼らは「産業力」を利用できるようになったのです。彼らが大戦中ヨーロッパで戦争しなければならなかったのはこの「産業力」のせいでした。今や自分たちの思いのままになった「産業カ」(まもなく「軍産複合体」と呼ばれるようになります)を使って彼らは大規模な基地を築き、それがさまざまなレベルの「釣鐘型」や地上構造になりました。それらは以前にあった地上構造の周囲に作られ、今私たちはこれを「月面作戦司令部」(LOC)と呼んでいます。

 「月面作戦司令部」と呼ばれる秘密の月基地のことを最初に語ったのはランディー・クラーマー(別名キャプテン・ゲイ)である。彼は1987年から2007年にかけての20年間、グッドと同じように秘密宇宙計画で働いたという。クラーマーによると、彼は「ムーンシャドー作戦」と呼ばれる子どもを対象とした秘密のスーパーソルジャー計画の訓練を終えたあと、「月面作戦司令部」での任務を命じられた。2014年4月に行なわれたインタビューで彼はこう述べている。

 夜中に型どおりの手順を踏んで連れ出され、「月面作戦司令部」へ行きました。そして小さな宿舎−−大学の寮か何かのような−−のある区域に到着しました。(中略)1人ずつ待機場所へ連れていかれましたが、そこには小部屋が並んでいて、中ではさまざまな軍服を着た多くの役人がせっせと書類仕事をしていました。(中略)書類に書かれている内容や契約書について説明を受け、それぞれの記入箇所に頭文字でサインしました。

 コーリー・グッドもやはり「月面作戦司令部」(LOC)に連れていかれ、20年間の軍務期間中の契約書−−つまり守秘義務契約書−−にサインしたことを2015年3月に明らかにしている。1987年に17歳だったグッドは、偶然クラーマーと同じ時期にLOCの任務に就いたことになる。クラーマーはさらに次のように語る。

 前もって告げられたのは、守秘義務契約書にサインし20年間地球の外で軍務に就くこと、地球で何が起きているかは知ることができないこと、任務を終えた時点で「年齢復帰」し、記憶が「白紙状態」になって元の時間に戻ること、などでした。また、この非常に重要な任務を行なうことによって元に戻ったあとは楽な暮らしができる、とも言われました。(中略)約21年任務を務めました。1986年、16歳のときに短期間の任務に就かされ、そのあとLOCの施設へ送られました。そこでは身体能力が高められました。(中略)17歳でSSPに配属され、そこから本格的な任務が始まりました。

 南極と月面はさまざまな宇宙計画と異星人の「中立地帯」となっている

 中立地帯であるという意味で月は南極に似ていると初めて語ったのはランディー・クラーマーで、2014年4月のことだった。彼によれば、さまざまな宇宙計画および異星人の訪問者が月を利用することができる。

 南極と同じく月でもいろいろな国や人が、ここは自分の土地だ、と言うことができます。そしてみんながそれぞれの主張や地域を尊重します。その土地に慣れ親しんでそこをずっと基地にしている宇宙人がたくさんいます。月の裏側の中立地帯では、互いの関係が良かろうと悪かろうと攻撃しあうことはありません。どんな理由があろうとも、そのために契約や協定が結ばれているのです。

 月面の中立性が守られている背景には、激しい戦いも含む長い歴史があるとクラーマーは説明する。

 みんながそれを尊重するようになるまで長い時間がかかったようです。私が知ったところでは、月の裏側では何度か戦争があリ、それがあまりにも非惨だったために誰もがもう戦争はごめんだと考えるようになったのです。ここは誰にとっても中立的な空間で、各自したいことをすることができます。しかし戦うことだけはしてはならないのです。そうしなければ、誰かに、あるいは何かに、すべてを奪われてしまうからです。それは暗黙の了解事項だったと思います。そこにいる者、そこにあるもの、そこに私たちがいること、その組み合わせはとても興味深いです。私が見たものや私自身についていろいろ言われていますが、私はすべてを知っているわけではなく、知っているのは説明された事柄だけです。
 私が月面作戦司令部について知っているのはそのくらいです。

 グッドも2015年5月のインタビューで、月が南極と同じように複数の地域に分割されていると語っている。

 月は南極と同じように何十もの大使館ゾーンに分割されていて、関係の良くない地球外グループと古代離脱人類グループ同士が共存しています。最悪の敵同士がほんの数キロしか離れていない場所に基地を持っていますが、何千年ものあいだ争いはありません。月は外交区域なので戦いは認められていないのです。外交区域は高い敬意を払われていて、他のグループが侵入することはありません。

 グッドはアポロ11号の宇宙飛行士に月を離れるよう警告したのが誰なのかについて推測する。

 アポロがこういう外交区域(月面の大部分を占めています)のどれかに着陸したとすれば、そこがどんなグループの区域であったとしても、立ち去って二度と戻ってこないよう断固要求されただろうと思います。

 クラーマーとグッドの証言から分かるのは、月は多くの異星人グループの古くからの出先基地であり、また月に基地を建設したナチス時代の秘密宇宙計画の出先基地でもあることだ。アポロ計画が1972年に不意に中止になった理由を、これらのグループのうちの1つあるいはそれ以上の主権を侵書したためと考えられないことはない。以後40年以上のあいだ−−中国か2013年に無人の「玉兎号」を着陸させたことを除けば−−NASAも他の国も月面着陸を試みていない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ちなみに『Above Majestic』の中に、宇宙船が月面作戦司令部」(LOC)に着陸する様子がCGで再現されています。

 最後になりますが、人類とETが熾烈な戦闘を行っていたという興味深い動画がありましたので、紹介させていただきます。
 最初の動画ですが、前半はステーブン・チュア氏の経歴の紹介のようなもので、ETに関する話は後半になります(6分頃から)。

・ステーブン・チュア氏のインタビュー 2
https://www.youtube.com/watch?v=bUxif-WapFc


 宇宙人との戦闘が具体的に語られています。

・ステーブン・チュア氏のインタビュー 3
https://www.youtube.com/watch?v=QJgYtMc8LVc



オートファジー...2021年3月27日

 「オートファジー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
 私は知りませんでした。
 東京から長野に引っ越した私は、東京でやらなかった新しい試みを色々試そうと思っています。
 その一つが若返りです。
 東京にいるうちに様々な理論に出会ったのですが、いざ実践となるとなかなか思うように行かないこともありました。
 私は以前、定期的に断食をしていました。
 目的は、身体に溜まった毒素を排出することで、より健康になることでした。
 ですが、断食はたしかに毒素排出の効果は抜群なのですが、体の負担も半端ではありません。歳を取ると、そう簡単に断食をやろうという気力が無くなります。
 また、水だけで何も食べないのですから、食べたいという欲求を我慢するのは、拷問に耐えるというのは言い過ぎまでも、強い意志の力が必要です。
 もっと楽な方法はないかと思っていました。
 断食と同じ効果がありながら、断食よりずっと楽な方法はないかと思っていたのですが、そこで出会ったのがオートファジーだったのです。
 オートファジーを簡単に言うと、身体にある一定時間食物を入れないと、危険を感じた身体が体内の不要なタンパク質や古くなったタンパク質を分解し、それらをもとに新たなタンパク質を造る機能です。
 また生命活動のエネルギー源を生み出す細胞内のミトコンドリアも、新しく造り変えるといいます。つまり、オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みというわけです。
 古くなった細胞を新しく造り変えるのですから、まさしく若返りです。
 そして、ここが一番のツボなのですが、その一定時間というのが16時間だということです。
 現代の日本では、1日3食が当たり前です。
 1日に3食を食べてしまうと、食物を体内に入れる間隔が16時間を超えることはまずはありません。
 1日きっかり決まった時間に3食食べることが健康の秘訣と信じていたのに、皮肉なことに、実はそれが老化の原因だったということになります。
 こんなことを書くと、「本当かぁ?」と思われる方が大勢いると思います。
 しかしオートファジーというのは、よく巷に流れる怪しげな健康理論とは一味違うようです。オートファジー理論を提唱した束京工業大学の大隈良典教授は、2016年にこのオートファジー理論でノーベル生理学・医学賞を受賞したというのですから、単なる怪しげな理論と捨てるのはもったいないと思います。
 では、『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚(あつし))著、アスコム)から抜粋して引用させていただきます。
 著者の青木厚氏は医学博士という肩書の持ち主で、埼玉県にクリニックを開業し、実際に患者を診ている人なので、ある程度の信頼はおけると思います。

 最初に、本の「はじめに」から引用させていただきます。
 これで、オートファジーの概要が掴めると思います。


 ・・・<『「空腹」こそ最強のクスリ』、p11〜p28から抜粋開始>・・・

 はじめに

 「1日3食」「食ぺすぎ」が、疲れやすい体を作る

 みなさん、こんにちは。青木厚です。

 私は内分泌代謝(ないぶんぴたいしゃ)や糖尿病を専門とする医師です。
 大学病院などでの勤務を経て、2015年、さいたま市にクリニックを開設し、その間ずっと、風邪をひかれた方から生活習慣病の方まで、数多くの患者さんの体と向き合ってきました。
 この本では、そんな私が、さまざまな経験を踏まえて考え出した「究極の食事法」をご紹介します。
 さて、みなさんの中に、

 「食べると、すぐに眠くなってしまう」
 「最近、胃腸が弱っている気がする」
 「疲れやすくなった」
 「何もする気が起きなくなったり、やたらイライラしたり、気分の変化が激しい」

 こうした症状に悩まされている人はいませんか?

 加齢による体力の低下、運動不足など、原因はいろいろと考えられますが、もしかしたらそれらの症状は、「食べすぎ」(特に糖質の摂りすぎ)からきているかもしれません。

 このように言うと、

 「自分は1日3度、規則正しく食事をしている」
 「そんなにたくさん食べているつもりはない」

 と、思う人もいるでしょう。
 しかし、詳しいことは本文中でお話ししますが、1日3食というのは、それだけで「食ぺすぎ」になってしまう可能性があります。

 成人が日に必要とするカロリーは、1800〜2200キロカロリー前後といわれています。

 一方で、現代人、特に外食が多い人の食事はどうしても高カロリーになりがちです。
 ハンバーガーとポテトフライ、ドリンクのセットだけで、1000キロカロリーは軽く超えますし、ファミレスに行けば、800〜1000キロカロリー程度のメニューがたくさん並んでいます。
 つまり、1日3度食事をとることで、本来必要な量の1.5〜2倍のカロリーを摂取してしまう……というのは、十分にありうることなのです。

 高血圧、老化、生活習慣病……。肥満は百害あって一利なし!

 食ぺすぎは、さまざまな体の不調を招きます。
 まず、内臓の疲れ。
 胃腸や肝臓は、私たちが食べたものを、何時間もかけて消化しますが、本来処理できる量を超える食べものが、ひっきりなしに運ばれてくると、内臓は休みなくフル回転で働き続けなければならず、疲弊します。

 その結果、内臓の働きが低下し、栄養素をきちんと吸収できない、老廃物を排出できない、免疫力が低下するなど、さまざまな問題が生じてしまうのです。

 また、食ぺすぎは、肥満を招きます。

 私たちが食事によって摂った糖質や脂質の一部は、脳や筋肉、内臓などが働くためのエネルギーとして使われますが、余った分は筋肉や肝臓に蓄えられ、それでもおさまりきらなかった分は中性脂肪として、脂肪細胞に蓄えられます。
 つまり、消費するエネルギー以上に食べると、それだけ脂肪が増えてしまうのです。

 つきすぎた脂肪、とくに内臓脂肪からは、悪玉ホルモンが分泌され、血糖値の上昇、高血圧、血栓形成などを招きます。
 また悪玉ホルモンは慢性炎症状態を引き起こし、がんを発症する場合もあります。

 ほかにも、食べすぎには「体を錆びさせる活性酸素を増やす」といったデメリットがあります。

 食べすぎは、疲れやだるさの原因となるだけでなく、糖尿病や高脂血症(こうしけっしょう)などの動脈硬化性疾患(どうみゃくこうかせいしっかん)、脳出血や脳梗塞(のうこうそく)、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)、そしてがんの原因ともなるのです。

 さまざまな病気の温床となる「糖質の摂りすぎ」

 しかも、現代日本人の食事は、特に糖(糖質)が多くなりがちです。

 成人が1日に必要とする糖質は、170gといわれています。
 茶碗一杯のご飯(白米)に含まれる糖質は50g程度ですから、ご飯を1日3杯食べれば、それだけでほぼ、本来必要な糖質は摂取できてしまいます。
 つまり、1日3杯のご飯に加えて、デザートなどを食べれば、それだけで糖質過多になるのです。
 加えて、今、スーパーで売っている加工食品や総菜の原材料名を見ると、ほんどすべての食品に糖質が含まれています。
 一品一品に含まれる糖質は少しずつでも、それらは気づかないうちに、「糖質過多」の状態にしてしまいます。

 そして糖質の摂りすぎもまた、さまざまな体の不調を招きます。
 糖質には、「中性脂肪に変わりやすい」という特徴があり、肥満の原因となるだけでなく、肝臓に異常に脂肪がたまる「脂肪肝」の原因ともなります。
 脂肪肝は、放置しておくと、肝硬変や肝臓がんを引き起こすおそれがあります。

 しかし、糖質の摂りすぎによる最大の問題は、「糖質が、血糖値(血液中のグルコース〈ブドウ糖〉の濃度)を急上昇させる」点にあります。
 血糖値が上がると、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌されます。
 インスリンは、全身の細胞にブドウ糖を送り込む作用により、血糖値を下げる働きをしますが、血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌され、今度は血糖値が急激に下がってしまいます。
 こうした、ジェットコースターのような血糖値の乱高下は、「食後すぐ眠くなる」「だるくなる」「イライラする」などの症状をもたらします。

 さらに、糖質の摂りすぎによって血糖値が高い状態が続くと、

 @細胞が徐々にインスリンを受けつけなくなる。
 Aすい臓が頑張って、もっとインスリンを分泌しようとする。
 Bすい臓が疲弊する。

 といったことが起こるようになり、すい臓でのインスリン分泌量が低下する「2型糖尿病」の発症につながります。

 糖尿病になると、血糖値が下がらないため、全身の血管がダメージを受け、網膜症(もうまくしょう)、腎症(じんしょう)、心筋梗塞や脳梗塞、認知症、がんといった病気にかかるリスクが高まってしまいます。

 血糖値が下がり、脂肪が分解され、細胞が生まれ変わる方法がある

 では、こうした、食べすぎや糖質の摂りすぎによるさまざまな害から体を守るには、いったいどうしたらよいのでしょう。

 「食事のカロリー数を減らす」「糖質を減らす」など、さまざまな方法が考えられますが、この本で私がおすすめしたいのは、

 「ものを食べない時間(空腹の時間)を作る」

 というものです。

 「空腹」というと、お腹がぺコペコで辛いというイメージがあるかもしれませんが、この本でいう「空腹」とは、「ものを食べない状態」を指していると捉えてください。

 空腹の時間を作ると、まず内臓がしっかりと休むことができ、血糖値も徐々に下がります。
 また、最後にものを食べてから10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなるため、脂肪が分解されエネルギーとして使われるようになり、16時間を超えると、体に備わっている「オートファジー」という仕組みが働くようになります。

 オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」というもので、細胞が飢餓(きが)状態や低酸素状態に陥(おちい)ると、活発化するといわれています。

 体の不調や老化は、細胞が古くなったり壊れたりすることによって生じます。
 特に、細胞内のミトコンドリア(呼吸を行いエネルギーを作り出す重要な器官)が古くなると、細胞にとって必要なエネルギーが減り、活性酸素が増えるといわれています。
 オートファジーによって、古くなったり壊れたりした細胞が内側から新しく生まれ変われば、病気を遠ざけ、老化の進行を食い止めることができるのです。

 つまり、空腹の時間を作ることで、

 ・内臓の疲れがとれて内臓機能が高まり、免疫力もアップする。
 ・血糖値が下がり、インスリンの適切な分泌が促され、血管障害が改善される。
 ・脂肪が分解され、肥満が引き起こすさまざまな問題が改善される。
 ・細胞が生まれ変わり、体の不調や老化の進行が改善される。

 といったさまざまな「体のリセット効果」が期待できます。
 まさに、「空服は最高のクスリ」なのです。

 しかも、難しく面倒なカロリー計算はいっさい必要ありません。
 空腹の時間以外は、何を食ぺていただいてもかまいませんし、空腹の時間中であっても、どうしてもお腹が空いた場合は、ナッツ類などであれば、いくら食べていただいてもかまいません。

 オートファジーを働かせるためには、連続して16時間以上の空腹の時間が必要ですが、睡眠時間をうまく組み込めば、無理なく実行することができるでしょう。できれば毎日続けていただくのが理想的ですが、週1回、週末だけ実行していただくだけでも、リセット効果は得られるはずです。

 半日断食が、体の不調や病気、老化を遠ざけてくれる

 もちろん、私も日ごろから、空腹の時間を作っています。
 ちなみに私のタイムスケジュールは、以下の通りです。

 【平日】
 朝7時に起床し、軽めの朝食をとり(ゆで卵1つと生野菜程度)、夜21時頃、普通に夕食をとる。
 その間はものを食べない。
 ただし、お腹が空いて仕事に支障をきたしそうな場合は、ナッツ類を食べる。

 【休日(土日のどちらか1日)】
 起きた後、朝食や昼食は食べず、夕食のみ食べる。

 このように、私は、平日は14〜16時間、休日に24時間の空腹の時間を作り、体をリセットさせています。
 「14〜16時間の空腹」と聞くと、「大変そう」と思われるかもしれません。でも、たとえば朝食だけ抜いて、昼と夜は普通に食べる。起きている時間の半分だけがんばる半日断食、それだけで実行できてしまいます。

 なお、私がこの8時間食事術を始め、空腹というクスリを手に入れたのは、舌がんになったのがきっかけでした。

 かつての私は、もちろん職業柄、それなりに食事の内容に気を使ってはいました。
 ただ、日々の生活の中で、やはり知らず知らずのうちに「食べすぎ」「糖質の摂りすぎ」に陥っていたのでしょう。
 いつの間にか、お腹に内臓脂肪がついてちょっとしたメタボリック体型となり、2010年、40歳のときに、舌がんにかかっていることがわかったのです。
 がん自体は手術によって無事取り除くことができましたが、同じような生活を続けていたら、またがんを再発してしまうおそれがあります。
 そこで私は、さまざまな書籍や論文を読み漁り、糖尿病をはじめとする、生活習慣病の患者さんたちの治療を通して得た経験や知識なども踏まえて、「どのような食事の仕方であれば、もっとも無理なく、ストレスなく、病気を遠ざけることができるか」を真剣に考えました。
 その結果、たどりついたのが、「空腹」の力を活用する方法だったのです。

 それまでの食生活がしみついていたため、初めのうちは空腹の時間中にナッツ類をかなり食べてしまいましたが、やがて体が慣れ、4か月後には内臓脂肪によるポッコリお腹が解消。
 最大で78センチだったウエストは70センチとなり、今もその状態が続いています。

 さらに、体が軽くなり、疲れにくくなり、がんが再発する気配もありません。

 繰り返しになりますが、空腹の時間を作るだけで、食べすぎや糖質の摂りすぎによる弊害をリセットしてくれます。
 カロリー計算など、難しいこと、面倒なことを考えなくても、内臓の疲れがとれ、血糖値が下がり、脂肪が落ち、細胞が生まれ変わり、さまざまな体の不調や病気、老化を遠ざけることができます。

 みなさんもぜひ、「空腹」という最高のクスリによって、病気知らず、疲れ知らず、老化知らずの体を手に入れてください。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、やや詳しい内容を引用させていただきます。


 ・・・<『「空腹」こそ最強のクスリ』、p81〜p88から抜粋開始>・・・

 睡眠時間8時間+8時間=半日断食で、効果を最大限に享受できる!

 では、具体的にはどのくらい空腹の時間を作ればいいのか。

 現在、世の中には「断食」に関する情報が、いろいろと出回っています。
 それぞれ、断食の時間や断食中に食べてもいいものなどが異なっており、「いったい、どれを信じたらいいのか」と思われる方もいるでしょう。

 私はこれまで、一人の医師として、「断食」に関するさまざまな論文を読み、また血糖値のコントロールに苦しんでいる糖尿病の患者さんたちの治療にあたってきました。

 さらに、自分自身でも「断食」を実践し、効果を注意深く観察し、どうすれば「空腹」の効果を最大限に享受できるかを考えてきました。
 そして、たどりついたのが「16時間以上、空腹の時間を作ると、最大の効果が得られる」という結論でした。つまり、起きている時間の半分、半日の断食でできるのです。
 「16時間は長い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠時間とうまく組み合わせることで、無理なく実行していただけるはずです。

 たとえば、「1日8時間眠っている」という方であれば、あと8時間、「週末はいつも、10〜12時間くらい寝てしまう」という方であれば、あと4〜6時間食べずに過ごせば、ものを食べずに16時間すごすことができます。

 いかがでしよう。この半日断食なら、なんとか実行できそうな気がしませんか?

 もちろん、「いきなり16時間は難しい」「平日は難しい」という方は、まずはできる範囲で始めていただいてかまいませんし、週末だけチャレンジしてもかまいません。

 「空腹」が人本来の生命力を引き出す。
 最新研究でわかった「オートファジー」という奇跡

 さて、私が「16時間」にこだわるのには、理由があります。

 まず、最後にものを食べて10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われるようになります。
 そして、16時間たつと、今度は体の中で「オートファジー」が機能し始めるのです。

 ここで、「オートファジー」というあまりなじみのない、でも非常に重要な言葉について、簡単にお話ししましょう。

 私たちの体は、約60兆もの細胞でできており、細胞は主に、タンパク質で作られています。
 日々の生活の中で、古くなったり壊れたりしたタンパク質の多くは体外に排出されますが、排出しきれなかったものは細胞内にたまっていき、細胞を衰えさせ、さまざまな体の不調や病気の原因となります。

 一方で、私たちはふだん、食べたものから栄養を摂取し、必要なタンパク質を作っています。

 ところが、なんらかの原因で栄養が入ってこなくなると、体は生存するために、なんとか「体内にあるもの」でタンパク質を作ろうとします。
 そこで、古くなったり壊れたりした、細胞内のタンパク質を集め、分解し、それらをもとに、新しいタンパク質を作るのです。

 なお、各細胞の中には、「ミトコンドリア」という小器官が、数多く(1個の細胞に数百から数千個)存在しています。
 ミトコンドリアは酸素呼吸を行っており、食べものから取り出した栄養と、呼吸によって得た酸素を使って、「ATP」(アデノシン三リン酸)という、細胞の活動に必要なエネルギーを作り出します。
 新しく元気なミトコンドリアが細胞内にたくさんあればあるほど、たくさんのエネルギーを得られ、人は若々しく、健康でいられるのですが、オートファジーによって、このミトコンドリアも新たに生まれ変わります。

 つまり、オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みであるといえます。

 細胞が生まれ変われば、体にとって不要なものや老廃物が一掃され、細胞や組織、器官の機能が活性化し、病気になりにくく若々しい体になるのです。
 さらにオートファジーには細胞内に侵入した病原菌を分解・浄化する機能もあり、健康であるために欠かすことのできない仕組みなのです。

 空腹が、細胞の生まれ変わりのスイッチになる

 ただ、オートファジーには、ある特徴があります。
 食べものによって得られた栄養が十分にある状態では、オートファジーはあまり働かないのです。
 なぜならオートファジーは、体や細胞が強いストレスを受けた際にも生き残れるよう、体内に組み込まれたシステムであり、細胞が飢餓状態になったときや低酸素状態になったときにこそ、働きが活発化するからです。

 具体的には、最後にものを食べてから16時間ほど経過しなければ、オートファジーは活発化しません。
 つまり、空腰の時間を作らない限り、オートファジーによって細胞を生まれ変わらせることはできないのです。

 逆に、たとえ週に一度でも、睡眠時間に加えて何時間か「ものを食べない時間」を作れば、「内臓を休める」「脂肪を減らす」「血液の状態を改善する」といった効果に加え、オートファジーによる細胞の生まれ変わり効果を享受することができるのです。

 なお、2016年には、束京工業大学の大隈良典(おおすみよしのり)栄誉教授が、オートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
 オートファジーは今、世界中の注目を集めているといえるでしょう。

 「空腹」は、1日3食の習慣や食べすぎが体に与えたダメージをリセットし、体を内側から蘇らせてくれます。
 まさに、空腹こそが最強のクスリなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、もう数十年の間、1日2食を続けています。
 これは1日3食が食べ過ぎという考えからきたものではなく、朝は食欲が湧かないからです。若いころは、健康に関する知識もなく、意欲もありませんでした。
 また朝食を抜くことで、朝食を作る時間と食べる時間を減らして、睡眠時間を少しでも増やしたいという思いもありました。
 私が朝食を食べないと言うと、よく聞かれたのは、「午前中に腹が減らないの?」、「午前中は力が出ないでしょう」、ということでした。
 身体にそれに慣れてしまったからなのか、どちらもありませんでした。
 むしろ朝食を食べると、なんとなく体調が悪いと感じられたのです。

 そんな私が『「空腹」こそ最強のクスリ』を読んで思ったのは、「おしかった!」でした。
 夜の8時〜9時頃に夕食を摂り、次の日は朝食を抜くので食事をするのは昼の12時となります。すると食べない時間がちょうど15時間ぐらいで16時間にちょっと足りません。つまり青木医師がいう「オートファジー」が働く16時間に届かない微妙なタイミングを、数十年も続けていたことになるのです。
 だから、こんなに老けてしまったのか……、と思ってしまいました。

 そこで私は一念発起し、オートファジーが働く16時間以上空ける食事法にトライすることにしました。
 1日1食です。
 ただし、数十年続けた食生活をいきなり変えるのは体調的にも精神的も負担が大きいと考え、これまでの1日2食と1日1食を交互に行うようにしました。
 今日、1日1食にトライしたら、次の日は1日2食にして、その次の日は1日1食にトライ、といった具合です。
 数か月はこうしたパターンで続けてみようと思っています。
 身体がそれに慣れてきたら、いよいよ毎日1日1食にチャレンジしようと考えています。

 こうした1日1食生活を1週間ほど続けていますが、人生で初めて日常の生活で空腹を味わう体験になりました。
 断食との大きな違いは、精神的に非常に楽なことです。
 断食では、どんなにお腹がグュ〜と鳴っても、「食べることができない!」というプレッシャーがありました。これはかなりの精神的重圧です。でも今回は、辛くなったらナッツを食べればいいわけだし、それになんといっても、あと数時間我慢すれば食べられるという絶対的な安心感があります。
 これは大変な違いです。

 わずか1週間ですが、ウエストが明らかに細くなりました。ズボンを履いてわかりました。
 鏡を見て、「オートファジー」が効いて若返ったという風貌の変化はまだありませんが、数か月続けてみて結果を評価しようと思っています。


 最後に蛇足情報です。
 私は、食糧備蓄を始めたところです。
 もう世界では、食糧不足が起きており、じきに日本でも多くの人が気づくようになると思っています。
 ところが、日本ですでに食糧不足の兆候が現れているという人がいます。

https://www.youtube.com/watch?v=N5aGQs60dDw

 日本では食糧危機が起こっても餓死者が続出するという事態にはならないと思います。
 おそらく食品の値段が跳ね上がり、人々を苦しめるようになるとだろうと考えています。

 私は当初、1日2食を前提として食糧備蓄をしていました。
 でも1日1食なら、今の備蓄量でも充分にいけるかなあ、と考えているところです。



デクラスの行方...2021年3月19日

 以前の記事で、私は世界緊急放送によりデクラス(秘密の開示)が、3月21日までにあるのではないかと予想してると書きました。
 そのデクラスですが、その3月21日にあと2日と迫った今日(19日)まで行われていません。
 私と同じように、デクラスを待ちわびておられる方も多いと思いますが、残念ながらいまだ実現していません。

 これに関し、ある訪問者の方から私に、

「ワシントンメッセージの送り主(アースアライアンス)が、何故デクラス実行の指示が何度も撤回されているのかわからないと述べていましたが、その理由を明記したブログを発見しました」

 との情報が寄せられました。
 大いに気になるブログですが、その前に、これまでの状況を説明させていただきます。

 ワシントンメッセージとは、YouTube でトランプ氏に関する情報を発信されている石川新一朗さんの元に届く、ワシントンからとされるメールのことです。
 石川さんは、動画でこのワシントンメッセージを一字一句違わぬように朗読されています。

 当HPを読まれている方は、ご存じだと思いますが、昨年12月から石川さんの元にワシントンからとするメッセージが届くようになり、石川さんに日付が書かれた封書が3通託されました。
 封書に書かれた日付が来たら、開封し、石川さんの動画で人々に向けて発信してほしいという依頼でした。
 1通目はネサラ/ゲサラに関するもので、当HPでその内容を紹介させていただきました。

 2通目ですが、すでにデクラスが行われ、人々に予備知識があった上で告知する内容だったようですが、デクラスが遅れている為、そのまま開示されました。
 内容は、銀河法典に関することです。
 トランプ氏の背後にいる勢力として、地球上ではアースアライアンス(地球連合)と呼ばれる人々がおり、さらにその背後でポジティブなET達の連合であるギャクラクシーアライアンス(銀河連邦)が応援しているといいます。
 そのギャクラクシーアライアンスのゴーサインのもとに、デクラスが始まる段取りが出来ているのですが、どういうわけかゴーサインが来ないといいます。
 アースアライアンスの人も、その理由がわからないと言っているのです。

 こうした話が石川さんの動画が流れたのですが、トランプ氏を支持する人たちの大半は、「はぁ?、なんのこっちゃ……」となったと思います。
 レプティリアンやドラコニアンはどこかで聞いたことがあったとしても、キメラ、アルコンというのがいて、人間の恐怖の感情をエネルギー源にしているとか、北欧系の風貌のプレアデス星人が地球人との仲介役をしていると聞いて、ああ、そうですかとすんなり納得する人はほとんどいないと思います。
 こうしたETに関する話を受け入れるには、ETに興味があり事前に基礎知識を得た人でないと無理があります。初めて聞いた人には、別世界の話のように聞こえてしまうでしょう。
 なんといっても、トランプ氏を支持する人々は、デクラスによってDSの悪行が白日の下に晒され、トランプ氏がいつ戻ってくるのかというのが最大の関心事です。
 ですから、デクラスによってトランプ氏の背後にいる勢力がいかなるものかを事前に知る必要があったのだと思います。

 さて前置きが長くなりました。
 デクラスが遅れている理由について書かれたブログを紹介させていただきます。
 私は正直なところ、このブログの真偽はわかりません。ですから、読まれた方々でご判断いただければと思います。

 吉野奏美(かなみ)さんの『夢をかなえる魔法のブログ』で、このブログを教えていただいた方によると、プレアデスの存在と20年以上前からコンタクトしている日本人女性とのことです
 かなみさんの記事によると、DSを操っていたネガティブETであるレプティリアンの技術がここ数か月で飛躍的に進歩し、地球の司令官の肉体を乗っ取りコントロールしているといいます。
 この地球の司令官は、銀河連合の指示を地球連合に伝える重要な位置を占める役割だといいます。
 すでに銀河連合からデクラスを行うように指示(ゴーサイン)が出ていた(3月13日)のですが、この憑依された地球の司令官は、地球連合には、「数日以内にデクラスを行う」とだけ告げて、結局ゴーサインを出さなかったといいます。
 以下、興味のある方は以下のブログの記事を読んでみて下さい。


@3次元の最終戦争
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12662663439.html

A3次元の最終戦争 2
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12662866273.html

B3次元の最終戦争 3
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663063227.html

C3次元の最終戦争 4
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663247032.html

D3次元の最終戦争 5
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663443092.html

E3次元の最終戦争 6
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663756830.html

F3次元の最終戦争 7
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663854925.html

G3次元の最終戦争 8
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664076886.html

H3次元の最終戦争 9
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664240069.html


 かなみさんはCで、以下のように言われています。

 「もうすでにバイデンとかトランプとか言っているレベルではないのです」

 そして、

 「とにかく私達が出来ることは多次元的な存在なんだと1人1人が認識して再び自分の才能を取り戻すことです。そうすれば、この話が本当かどうか議論することもありません」

 と言われています。
 ETに関する話なので、私達一般人には検証する手段がありません。
 一人一人の直観で、真偽を判断していただければと思います。



  デクラスの行方(その2)...2021年4月4日に追加

 以前の記事「デクラスの行方」で、デクラス(秘密情報の開示)が遅れている原因かもしれないということで、吉野奏美(かなみ)さんのブログを取り上げさせていただきました。
 私は、吉野奏美さんがどういう活動をされてきたのか知りたいと思い、吉野さんの本(本だと思ったら漫画だったのですが)、『霊感体質かなみのけっこう不思議な日常』シリーズを取り寄せて読んでみました。
 全10巻のうち、現在7巻まで読みました。
 読んだ結果ですが、吉野さんの霊感能力は本物ではないかと思うに至りました。
 本では、吉野さんと様々な霊的存在との会話が載っているのですが、私がそこで感じたのは、実にリアルで、実際に霊的存在と会話しているとしか思えないということでした。

 それゆえ、吉野さんがデクラスが遅れている原因として、レプティリアンが地球司令官に憑依して指示系統が寸断され、アースアライアンスにデクラスの指示が出なかったという話は、私は確信はないものの、本当の可能性があると思っています。
 もちろん、訪問者の方々は私の勝手な感想を信じる必要はなく、ご自身の直観で判断して下さい。

 その吉野さんのブログに、その後の展開が載っています。

@地球は解放される
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664649422.html

A4次元、光の勝利!!
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664854719.html

B4次元、光の勝利 2
https://ameblo.jp/angelique22/

C4次元、光の勝利 3
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665243407.html

D4次元、光の勝利 4
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665434037.html

E宇宙評議会の判断
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665723442.html


 タイトルでわかるように、憑依したレプティリアンは排除され、来月中にもデクラスは行われるのではないかということです。
 Bでは、吉野さんが「天照大神ねーさん」から聞いた話として、「4月2週目から3週目に動きがある」とのことです。
 デクラスとは言っていませんが、何らかの動きがあるかもしれないので、私は注目していこうと思っています。



日本の水道に関すること...2021年3月14日

 前回の記事で、人間(に限らず生命)にとって、水は空気の次に不可欠なものだと書きました。
 私達の日本において、その水が危険な状況になりつつあるという記事を今回は紹介したいと思います。
 今はそんな言い方をしないかもしれませんが、日本では「水と安全はタダ」という言葉がありました。蛇口をひねれば、常に飲める水が出てくるのは当たり前で、その有難みを感じる日本人はほとんどいないということを表しています。
 しかし、水道の水が飲める国は、世界で15ヶ国しかないと聞けば、あれっと思う日本人もいると思います。アジアでは、日本とアラブ首長国連邦の2ヶ国のみと聞けば、なおさらです。
 日本では、その水道普及率が97.9%というのですから、改めて思うことは、日本は水に関して実に恵まれているということです。
 その日本の水が、極めて危険な状況にさらされていると聞いて、驚く人は多いと思います。
 なぜなら、そうした事実を日本人に周知さられないように巧妙に隠されたからです。
 水道法の改正案が衆議院で可決した2018年7月、多くの日本人の注目を集めていたのは、オウム真理教の死刑執行のニュースでした。
 それゆえ、日本人にとって命のインフラともいえる重要な水に関する法案が可決したことを知る日本人は、少数派です。

 今回は『株式会社アメリカの日本解体計画』(堤未果著、経営科学出版)と、『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)から抜粋して紹介します。
 私は、堤未果(つつみ みか)さんは、普段はジャーナリストとして個人の感情をあまり出さない人だと思っていました。その堤さんが、オウム真理教の死刑執行を煙幕として日本人に知られないように水の法案が可決したことに、「強い怒りを感じずにはいられません」と強い言葉を述べられています。

 まず全体像の概略として、『株式会社アメリカの日本解体計画』から紹介させていただきます。


 ・・・<『株式会社アメリカの日本解体計画』、p113〜p115から抜粋開始>・・・

 日本の水を狙う企業はどんな形で入りこむのか

 水道ビジネスでは世界トップのフランスのヴェオリア・ウォーター(注:フランスの多国籍総合環境サービス会社ヴェオリア・エンバイロメントの水処理事業部門会社。世界で合わせて9万5千人の従業員を抱え、66の国で水事業を展開する。スエズ、テムズ・ウォーターと並ぶ世界三大水処理企業の一つ)が中心になって日本に進出してきています。
 先ほどお話ししたように、ここでもまずチェックすべきは政界と業界の間の「回転ドア」です。
 水道の運営権売却の規制緩和を決める会議メンバーに、ヴェオリア・ウォー夕一社の社員が、ちゃっかりと入っていました。
 その結果、さらなる規制緩和が進められ、2018年12月の水道法改正によって、自治体が所有したまま、水道運営権を企業が買えるようになった上に自然災害など緊急時の供給は自治体の責任という、まさに企業にとってリスクゼロの、一番おいしい投資商品となってしまったのです。
 02年に日本法人を設立したヴェオリア・ウォーターは、その後地方の下水道管理の受注を増やしながら、ずっとこの法改正を待っていました。
 水道法が改正された18年と言えば、西日本豪雨があった年です。
 あの時、西日本と北海道を中心に、広範囲で河川の氾濫や堤防の決壊による浸水、土砂災害が相次ぎ、土砂崩れや浸水による被害が起きたことを覚えているでしょうか?
 豪雨の後の被災地を襲ったのが、連日37度を超える猛暑と水不足でした。
 多くの家が断水し、トイレの水を流せず、お風呂に入れず、水も飲めずに熱中症で亡くなる人まで出る中で、ツイッターにこんな言葉が書きこまれたのを今も覚えています。
 「水なしでは、生きられない」
 岡山県真備町が水没した映像が全国に流れていたあの時期(7月)に、水道法改正案が衆議院で可決したことに、私は同じ日本人として、今も強い怒りを感じずにはいられません。

 しかし、国民はこの動きに全く気がつきませんでした。
 何故なら他のニュースに気を取られていたからです。
 覚えていますか?
 あの日、日本中のワイドショーが朝からずっと、「オウム真理教の死刑執行のニュース」を流していたことを。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 水道事業を公営化から民営化することが、なぜ悪いのかと思われる方も多いかもしれません。
 民間企業のノウハウを取り入れることにより、競争原理によって価格は下がり質は向上すると説明されているからです。
 世界ではすでに、水道事業を民間に解放している国が多々あります。そうした国で何か起こったかを知れば、競争原理によって価格は下がり質は上がるということが幻想であることがわかります。
 少し長くなりますが、『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)から一気に抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『日本が売られる』、p14〜p33から抜粋開始>・・・

 水が売られる

 「平成30年7月豪雨」がもたらしたもの
 2018年7月。
 西日本と北海道を中心に、日本を記録的豪雨が襲った。
 広範囲での浸水、水道管は破裂し工場は爆発、学校や公共施設も水没し、雨で地盤が緩み家屋には土砂が流れ込む。自衛隊や消防隊がボートやヘリコプターで懸命に救助するも、豪雨災害としては平成で最悪の、200人を超える死者を出したのだった。
 豪雨の後の被災地に、さらに過酷な二次災害がやってくる。
 連日37度を超える猛暑と水不足だ。
 20万戸以上が断水し、トイレが流せない、お風呂に入れない、家の中に溜まった泥をかき出したスコップも洗えない。猛烈な暑さの中、水が飲めずに熱中症で死亡する人も出た。
 愛媛県宇和島市吉田町の住民の1人は、ツイッターにこう書き込んだ。
 「もうダメだ。水なしでは生きられない」
 日本には「水と安全はタダ」という言葉がある。
 水道普及率は97.9(2015年度)、憲法第25条の生存権で守られた、国民にとって何よりも貴い「命のインフラ」だ。
 21億人(世界人口の10人中3人)が安全な飲み水を手に入れられず、45億人(10人中6人)が安全に管理されたトイレを使えないこの世界で、貧乏金持ち関係なく、いつでもどこでも蛇口をひねれば、綺麗に浄水された水が24時間出てきて飲める恵まれた国はそう多くない(ユニセフ+WHO、2017年データ)。
 国土交通省が発表している水道水が飲める地域は、アジアでは日本とアラブ首長国連邦の2ヵ国のみ、その他はドイツ、オーストリア、アイルランド、スウェーデン(ストックホルムのみ)、アイスランド、フィンランド、ニュージーランド、オーストラリア(シドニーのみ)、クロアチア、スロベニア、南アフリカ、モザンビーク、レソトの15ヵ国(196ヵ国中)だ。
 それがなければ生きられない、命のインフラ「水道」は、同時に巨大な金塊でもある。
 ビジネスにすると、唸(うな)るように儲かるからだ。
 1995年8月。当時世界銀行副総裁だったイスマイル・セラゲルディン氏はこう言った。「20世紀は石油を奪い合う戦争だった。21世紀は水をめぐる戦争になるだろう」
 そして、その言葉は現実になる。

 「4000億ドル市場の水ビジネスに投資せよ」

 水道民営化は1980年代、「新自由主義の父」と呼ばれた、シカゴ大学のミルトン・フリードマン教授から始まった。
 まず南米で導入され、次にフリードマン教授の愛弟子であるサッチャー元首相がイギリスに導入、90年代には世界銀行やIMFなどの国際金融機関が水道民営化を債務国への融資条件に入れ、その波は北米から欧州諸国、南米、アジア、アフリカと、先進国と途上国の両方にみるみる拡大してゆく。
 〈民間企業のノウハウを活かし、効率の良い運営と安価な水道料金を!〉
 耳に心地よいスローガンと共に導入された水道民営化は、どんな現実をもたらしたのか。
 公営から企業運営になった途端、水は「値札のついた商品」になる。
 「採算度外視でも国民に安全な水を供給する」ことを目的とする公営水道と違い、運営権を手に入れた民間企業がまず最初にやることは、料金の改定だ。
 世界の事例を見てみると、民営化後の水道料金は、ボリビアが2年で35%、南アフリカが4年で140%、オーストラリアが4年で200%、フランスは24年で265%、イギリスは25年で300%上昇している。
 高騰した水道料金が払えずに、南アフリカでは1000万人が、イギリスでは数百万人が水道を止められ、フィリピンでは水企業群(仏スエズ社、米べクテル社、英ユナイテッド・ユーティリティーズ社、三菱商事)によって、水道代が払えない人に市民が水を分けることも禁じられた。
 民営化して米資本のべクテル社に運営を委託したボリビアの例を見てみよう。
 採算の取れない貧困地区の水道管工事は一切行われず、月収の4分の1にもなる水道料金を払えない住民が井戸を掘ると、「水源が同じだから勝手にとるな」と、ベクテル社が井戸使用料を請求してくる。
 困った住民が水を求めて公園に行くと、先回りしたべクテル社が水飲み場の蛇口を使用禁止にし、最終手段で彼らがバケツに雨水を溜めると、今度は一杯ごとに数セント(数円)徴収するという徹底ぶりだった。
 株式会社の最大の役目は、株主に投資した分の見返りを手渡すことだ。
 与えられた使命を全力でこなすべクテル社に対する、株主たちの信頼は厚い。
 追いつめられ汚れた川の水を飲んだ住民が感染症でバタバタ死亡する間も、運営権を持つべクテル社の役員や株主への報酬は、止まることなく確実に支払われていた。

 水は21世紀の超優良投資商品

 世界中のどこでやっても、じゃぶじゃぶ儲かる水道ビジネスは、「開発経済学」の概念を全く新しいものに上書きしてゆく。
 開発とはもはや「そこに住む人々の生活向上と地域発展のため」ではなく、「貴重な資源に市場価値をつけ、それをいかに効率よく使うか」という投資家優先の考え方になっていった。
 世界銀行やアジア開発銀行(ADB)、アフリカ開発銀行などの多国間開発銀行とIMFは、財政危機の途上国を「救済する」融資の条件に、必ず水道、電気、ガスなどの公共インフラ民営化を要求する。
 断ればIMFはその国を容赦なくブラックリストに載せるため、途上国側に選択肢はない。
 国際金貸しカルテルの親玉であるIMFのブラックリストに載せられたら最後、援助国の政府や金融機関は、もうその国に援助をしなくなるからだ。
 この手法により、水の民営化は南米やアフリカ、アジアの国々に広がっていった。前述したボリビアや、90年代の韓国、最近では金融危機でIMFに支援を要請したギリシャも同様だ。
 多国間開発銀行は財源不足の水道を抱える国に対し、まず公共水道事業の一部を民間企業に委託させ、それから水道の所有権や運営権を企業に売却できるよう法改正させる。
 その際、国民が疑問を持たないよう「民営化こそが解決策だ」という全国キャンペーンを展開させることも忘れない。
 彼らは水道だけでなく、「医療」「農業」「教育」の民営化を世界各地に広げるべく、尽力し続けている。
 世界銀行の評価セクションには、この手法を使われた多くの国が、水の水質や安定供給に対し大きな不満を表明しているというデータが届いていた。だがそうした当事者たちの声が問題になることはなかった。同行の「民間開発戦略」の中心はあくまでも「投資家のための環境改善策」(民営化、競争、規制緩和、〈企業の〉所有権強化)であり、そちらの方がはるかに優先順位が上なのだ。

 「水がタダの時代は終わった」〜世界水会議〜

 1996年、水道民営化を推進する国際シンクタンク「世界水会議」がフランスに設立される。
 会長は世界3大水企業の一つである、仏ヴェオリア社の子会社社長のルイ・フォション氏だ。
 現在世界の3大水企業は、水男爵と呼ばれる仏のヴェオリア社とスエズ社、英のテムズ・ウォーター社の3社だが、世界水会議が3年に一度開催する「世界水フォーラム」には、彼らを筆頭に世界銀行やIMF、アジア開発銀行に大手グローバル水道企業、各種投資家などが集まり、いかに世界に水ビジネス市場を広げてゆくかを話し合う。
 2000年に行われた第二回世界水会議では、水道ビジネスにかかったコストは、全てその地域の消費者から回収すべきだとする「フルコスト・プライシング」という新ビジョンが打ち出された。
 なにせ水ビジネスは世銀元副総裁の言うように、石油よりも巨大な金脈、21世紀の超優良投資商品なのだ。
 多くの国際協定もまた、国境を越えた水ビジネスを精力的に推進している。
 例えばNAFTA(北米自由貿易協定)は締結国に対し、フェアな競争を維持するという名目で、商業用水源利用における国内企業優遇政策を禁止した。さらに3国間での大規模な水の輸出入によって環境被害が発生しても、企業側には輸出量削減や輸出停止などの措置は一切課されない。
 水企業と投資家たちは確信していた。
 飲み水がタダの時代は終わった。そして、これはまだまだ序の口なのだ。
 グローバル食品メーカー最大手のネスレ社が行った調査によると、「2025年までに地球の3分の1の人々が新鮮な水にアクセスできなくなり、2050年までには、地球は壊滅的な水不足に陥る」という。
 水という「商品」につけられる値段は、ますます釣り上げられていくだろう。
 2018年7月の経産省のデータによると、2015年に84兆円だった世界の水ビジネス市場は、2020年には100兆円を超えると予測されている。

 「もう嫌だ、再公営化する!」すると莫大な請求書が……

 世界の水道民営化に関する調査機関PSIRU(公共サービス国際研究所)のデータによると、2000年から2015年の間に、世界37ヵ国235都市が、一度民営化した水道事業を、再び公営に戻している。
 主な理由は、@水道料金高騰、A財政の透明性欠如、B公営が民間企業を監督する難しさ、C劣悪な運営、D過度な人員削減によるサービス低下、などだ。
 民営化推進派はこんな風に言う。
 「やってみなければ、わからないじゃないか。うまくいかなければ、また国営に戻せばいい」
 だが一旦民間に渡したものを取り返すのは、そう簡単ではない。
 契約打ち切りで予定していた利益が得られなくなる企業側も、黙っていないからだ。
 全米の水道事業の24%が民営化されている貧困大国アメリカでは、1998年に水道を民営化したジョージア州アトランタ市が、〈水道管から泥水が噴出する〉〈蛇口から茶色い水が出てくる〉などの苦情が多発したため、5年後の2003年に再び市営に戻すことを決定し、痛い目に遭っている。企業に売った水道事業の株式を全部買い戻すためにかかった莫大な費用が、全て税金として市民の肩にのしかかったのだ。
 同じく再公営化を申し出たインディアナ州は、ヴェオリア社と結んだ契約期間がまだ10年間残っていたため、2900万ドル(約29億円)の違約金を支払わされている。
 ボリビアのコチャバンバ市が40年の契約期間を途中解除した際、米べクテル社に支払った金額は2500万ドル(約25億円)だ。それだけあればボリビアで2万5000人の教師を新しく雇い、貧困家庭12万世帯に水道を引くことができる。
 結局、公共水道民間委託のツケを最初から最後まで払わされたのは、ボリビアの納税者だった。
 再公営化のために一度結んだ契約を解除する際、得られるはずの利益を侵害したとして、企業側から訴えられるケースも少なくない。
 国内18の水道事業を民営化し、その後バクテリア検出や供給不備などのトラブルで半数を国営に戻したアルゼンチン政府は、再国営化の際、契約していた9企業のうち6社から提訴された。
 この手の裁判は「企業利益に損害を与えたかどうか」が判断基準になるため、政府側は圧倒的に不利になる。
 裁判は全てアルゼンチン政府が敗訴、賠償額は6社のうち米資本のアジュリー社だけで、1億6500万ドル(約165億円)だった。
 だが、そこまで巨額の賠償金を支払ってでも水道を公営に戻したいという国は後を絶たず、1990年代から本格化した水の民営化は、その後2005年頃をピークに減り始める。
 そんな中、世界の流れと逆行し、今になって水道民営化を高らかに叫び出した国が、ここ日本だった。

 世界が水道再公営化に向かう中、日本は民営化をスタート

 高度成長期に作った日本全国の水道管は、現在約1割が耐用年数を超えている。
 だが修理しようにも、肝心の都道府県の財政は火の車、人件費もギリギリまで減らし、給水人ロ5000人以下の自治体では職員が1人か2人、技能者に至ってはなんと「ゼロ」だ。
 事業の9割は黒字経営だが、人口5万人を切る自治体では赤字になっている。
 本来国民の命に関わる水道は、憲法第25条の適用で国が責任を取る分野だが、残念ながら我が国の政府にその気はなかった。
 代わりに打ち出されたのは、世銀や多国間開発銀行、投資家たちが推進する手法、日本の水道を企業に売り渡す「民営化」だ。
 実は日本の水道は、全国に「民営化」「規制緩和」というキーワードを流行らせた小泉政権下で、当時経済産業大臣だった竹中平蔵氏の主導により、すでに業務の大半を民間に委託できるよう法律が変えられている。
 だが外国人投資家たちには、大きな不満があった。
 台風や豪雨や地震などしょっちゅう自然災害が起きる日本では、その度に全国で老朽化した水道管が壊れ、莫大な復旧費用がかかるのだ。
 世界最大の水ビジネス企業である仏ヴェオリア社の日本法人が、広島市と埼玉県の下水処理場、福岡県大牟田市と熊本県荒尾市での運営権など一部を手に入れているものの、この投資リスクのせいで、なかなか日本全国の水道への本格的な外資参入が進まない。
 「30兆円規模の巨大資産」を前に、投資家たちはフラストレーションを募らせていた。
 外資が日本の水道を買いやすくするためには、企業にとってのリスクを減らし、確実にリターンが見込めるよう、政府がチェンジを起こさねばならない。
 2011年3月11日。東日本大震災当日に、民主党政権は公共施設の運営権を民間に渡し、民間企業が水道料金を決めて徴収できるよう、PFI法改正案を閣議決定する。自治体が水道を所有したまま、運営だけ民間企業に委託するという「コンセッション方式」の導入だ。
 災害時に破損した水道管の修理などは自治体と企業で折半し、利益は企業のものになる。
 結果が出たのはそれから1年後の2012年3月、ついに外国企業が単独で日本の水道事業を運営する初のケースが現れた。
 仏ヴェオリア社の日本法人が、松山市の浄水場運営権を手に入れたのだ。契約期間5年、ついた値札は12億9654万円だった。民営化推進派はこの契約を、いつものフレーズで礼賛(らいさん)した。
 〈公共サービスを民間企業に任せることで、無駄がなくなり水道料金は下がり、サービスの質は上がるだろう〉
 だがここに、見落としてはならない事実が一つある。複数の電力会社が一つの送電網を共有して電気を流す電力と違い、1本の水道管がつなぐ水道は、1地域につき1社独占になる。つまり水道というインフラには、利用者を引きつけるためにサービスの質や価格の安さで勝負しなければと民間企業に思わせるための〈競争〉が存在しないのだ。

 「日本の水道バーゲンセール」のお知らせ

 売りたいものがある時に、お客様へのセール告知は欠かせない。
 2013年4月当時の麻生太郎副総理は、米国ワシントンにあるシンクタンク「戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies)」の席でこう発言した
 「世界中ほとんどの国では、プライベートの会社が水道を運営しておられますが、日本では自治省以外では、この水道を扱うことができません。
 しかし水道料金の回収が99.9%というようなシステムを持っている国は、日本の水道会社以外にありませんけれども、この水道は全て国営もしくは市営、町営でできていて、こういったものを全て……民営化します」
 国際交渉の場でもなんでもない、他国の民間シンクタンク主催のイベントで、副総理がこんな重大なこと(水道バーゲンセールのお知らせ)を宣言するのは論外だろう。
 映像には「民営化します」という力強い発言が出た瞬間、隣に座っていたマイケル・グリーン氏が、興奮したのか思わず手元の水を飲む姿が映っている。
 麻生副総理は口だけでなく、行動する人間だ。
 日本政府は同じ月に、早速EU(欧州連合)と経済連携協定の交渉を開始した。
 この協定には、公共事業に外資が一気に参入できる仕掛けが理め込まれている。
 日本が持つ宝の山へのパスポートとなる日欧EPA(経済連携協定)に、ヴェオリア社幹部と投資家たちが胸をときめかせたことは言うまでもない。

 大阪市では「水を企業に委ねてええの?」

 麻生副総理による水道バーゲンセール告知の2日前、「公共インフラの運営権を民間企業に売却しましょう」と日本政府に提案していた、もう1人のキーパーソンがいた。
 小泉政権で日本の水道を最初に民営化した立役者であり、今は安倍政権の産業競争力会議メンバーである、竹中平蔵民間議員(注:議員といつても選挙で選ばれるのではなく総理が指名。現在各分野の規制緩和法案骨子は彼らによって作られている)だ。
 竹中氏はこの時、2012年に橋下徹市長(当時)が「水道民営化構想」を掲げていた大阪市を、優良事例として紹介した。
 「競争がサービスの質を上げ、水道料金を下げ、それが市民に還元される!」
 橋下市長は水道民営化のメリットを繰り返し強調し、2014年4月に水道事業の運営権(30年)を、市が全額出資する民間企業に2300億円で売る方針を発表する。
 だがシビアな大阪人たちは瞬時に算盤(そろばん)を弾き、この提案に眉をひそめた。
 その提案があった年、大阪の水道事業は103億円の利益を上げていたからだ。
 長期間かけて少しずつ返済する債務はあるが、経営は黒字。2003年の高度浄化処理システム導入以降は品質の良い美味しい水が安く供給できている、優良自治体なのだ。
 なぜわざわざ民営化するのか?
 2300億円?
 最初は100%市の出資でも、5年後からは民間も出資できるというのがどうもキナ臭い。
 「大阪が水道民営化の実験場にされる」と警戒した平松邦夫前大阪市長は、「大災害が起きた時、ライフラインの復旧が公営でなく民営だと国の支援を受けられる保障がない。水道は民営化すべきでない」と強く反対、「生命の源、水を営利企業にゆだねてええの?」と題して市内で緊急集会を開き、市民にパブリックコメントの提出を呼びかける。
 結局、民間企業が運営することで水道料金が上がるリスクや、企業側のコスト削減による水質悪化などの懸念が出され、大阪市の水道民営化法案は市議会で否決された。
 後任の吉村洋文市長が2017年3月に再度民営化を提案したが、市議会は納得せず、再び廃案にされている。
 同じように市の条例を改正し水道を民営化しようとした奈良市も、やはり市議会が承認していない。
 民営化推進派は腰を上げた。仕方ない、自治体がぶうぶう言うならば、与党が多数を持つ国政から、一つ後押してやるとするか。
 竹中平蔵氏や麻生太郎副総理の主導で法改正がどんどん進められ、その間マスコミは行儀よく沈黙していた。

 民営化を渋る自治体の鼻先にニンジンをぶらさげよ

 2018年5月、企業に公共水道の運営権を持たせるPFI法を促進する法律が可決する。
 まずは自治体が水道民営化しやすいよう、企業に運営権を売った自治体は、地方債の元本一括繰り上げ返済の際、利息が最大全額免除されるようにした。
 日本の自治体はどこも財政難だ。借金返済軽減という特典がついてくるなら、今後は積極的に水道民営化を選ぶだろう。その際自治体と企業がスピーディに契約できるよう、今までの面倒なステップもなくし、ごく簡単な手続きだけでOKにする。
 「水道料金」は、厚労省の許可がなくても、届けさえ出せば企業が変更できるようにした。
 実は日本の水道が電気と同じ「原価総括方式」であることは、あまり知られていない。
 水道設備の更新費用のみならず、株主や役員への報酬、法人税や内部留保なども全て「水道料金」に上乗せできる。人口が年々減っているのに、今もダム建設が止まらず水道料金が上がり続けるのはこのためだ(電気料金は2020年で総括原価方式を廃止予定)。
 料金については自治体が「上限を設定できる」ことになっているが、これについては企業側が心配する必要はないだろう。水道はその地域を1社が独占できるため、値上げ交渉では企業が圧倒的に有利になるからだ。
 設備投資の回収や維持費など、あれこれ理由をつけて値上げの正当性を訴えれば、他に選択肢のない自治体はノーと言えなくなる。
 口うるさい議会の反対で足を引っ張られた大阪市の二の舞にならぬよう、「上下水道や公共施設の運営権を民間に売る際は、地方議会の承認不要」という特例もしっかりと法律に盛り込まれた。これで水道の運営権を売買する際、議会は手出しできなくなる。
 ウォール街の投資家たちは大満足だった。
 日本の水道運営権は、巨額の手数料が動く優良投資商品になるだろう。
 何よりも素晴らしいのは、災害時に水道管が壊れた場合の修復も、国民への水の安定供給も、どちらも運営する企業でなく、自治体が責任を負うことになったことだ。
 日本の法律では、電気やガスは「電気事業法」「ガス事業法」という法律のおかげで、ガスや電気の安定供給の責任はしっかり事業者に課せられている。
 だが水道だけは「水道事業法」が存在しないのだ。それをいいことに今回の法改正では、その責任は事業者から自治体につけ替えられた。
 これなら企業は自然災害大国日本で、リスクを負わず、自社の利益だけを追求すればいい。
 国政が水道民営化を後押しするこの法案の可決から1ヵ月後の2018年6月。大阪市は市内全域の水道メーター検針・計量審査と水道料金徴収業務を、仏ヴェオリア社の日本法人に委託した。宮城県も2020年から、県内の上下水道運営権を民間企業に渡す方針だ。
 静岡県浜松市は、2017年に国内初の下水道長期運営権を仏ヴェオリア社に売却し、20年の契約を結んでいる。熊本県合志(こうし)市、栃木県小山市も後に続いた。
 今後この動きは、全国でスピーディに広がってゆくだろう。

 オウム真理教の死刑でかき消された「水道民営化法案」

 水道を所有したまま運営権だけ企業に売る自治体が増え始めたら、いよいよ次のステップだ。
 複数の自治体の水道を一つにまとめ、水ビジネスを大規模化する。さらに水道料金に関する部分を、「公正妥当な料金」から「健全な経営のための公正な料金」と書き換えて、企業の利益を保障するための値段設定ができるようにした。これで自治体のつけた料金上限を超えた値上げをしても、企業側は「健全な経営のため」だと言って正当化できるようになる。
 2018年7月5日。水道民営化を含む「水道法改正案」は、委員会で9時間、本会議ではわずか2日の審議を経て、衆議院本会議で可決された。
 だが大半の国民は、この重大な法律に全く気づかなかった。
 本来なら新聞の一面にデカデカと乗り、テレビで大きく取り上げられるはずのこのニュースが、紙面のどこにもなかったからだ。
 日本中のマスコミは足並みを揃えたように、オウム真理教の麻原彰晃と幹部7人死刑執行の話題を一斉に流し、日本人のライフラインである水道が売られることへの危険について、取り上げることはなかった。
 この法案の最終採決は秋の臨時国会以降になるが、すでに6月の大阪府北部地震で起きた水道管破損を理由に、「民間のノウハウが必要」というロジックが展開されている。

 2018年7月上旬、西日本は未曽有の豪雨災害に見舞われた。
 近畿や四国などで記録的な大雨が降り、200人を超える犠牲者と甚大な住宅被害を出したこの災害で総理の外遊がキャンセルされると、代わりにEUのトゥスク大統領とユンケル欧州委員長が来日し、日欧EPAが正式に署名された。
 麻生副総理が米国で誇らしげに語った「水道料金回収率99.9%」を持つ日本の水道事業、30兆円の価値を持つ「日本の資産」への入り口が、音を立てて開いてゆく瞬間だった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ベンジャミン・フルフォード氏は、前々から安倍前首相以上に麻生副総理を強く非難していました。
 それは、日本の水道事業を外資に売り渡した張本人こそ麻生副総理だと見做しているからだと思います。



たまには雑談でも...2021年3月7日

 今回の記事は、情報の提供ではありません。
 サイモン・パークスさんも一時期は忙しく情報の発信はありませんでしたが、再び発信されており、ネットでは色々な情報が飛び交っています。
 3月12日に新型コロナに関する発表があるとか、3月15日に新たな金融システム(QFS)での為替交換が可能になるとか、3月20日にトランプ氏が19代共和国大統領に就任するとかいったことです。
 でもDS側のディスインフォメーションもあるでしょうし、軍事作戦が遅れているとのことなので、こうした日付を鵜呑みにするわけにもいきません。
 私自身も、3月21日までにデクラス(秘密情報の開示)があることを期待していますが、気長に待とうと思っています。そう遠くない日に、必ず何か起こるはずだと信じていますので。
 そんなわけで、今回は一休みといった感じで、私の雑談を4つほど書いてみました。
 情報ではないので、時間があるという方は暇つぶしに読んでみて下さい。


春の暖かさを感じるようになってきました

 東京から長野県茅野(ちの)市に引っ越した去年の11月初旬、私は茅野駅近くの飲み屋にいました。
 そこで東京から茅野に引っ越したばかりの私に、地元のお客さんがポツリと、「しかしまあ、冬の時期に茅野に引っ越すとはねぇ・・・」といった、あきれたのか感心したのかわからないような言い方をされました。そしてこの言葉が、忘れられないものとなりました。
 諏訪湖が全面的に凍り、歩いて諏訪湖を渡れる現象を御神渡り(おみわたり) といい、このとき茅野市で、−14℃を記録したと以前の記事に書きました。
 今年の冬で私が茅野で体験した最低温度は−9℃でした(今年の冬は御神渡りはありませんでした)。
 私は、毎朝起きたときに温度計をチェックする習慣がついたのですが、室内で一番低かった温度は、−4.2℃でした。
 朝、暖かい布団から出るときの温度が−4℃というのを想像してみて下さい。
 かなりのものです。
 私は、周りから散々脅されたので、寒さに対抗する為にあらゆる手段を取ることにしました。
 リビングにカーペットを敷いたのですが、コタツの下のエリアにはカーペットの下にさらに断熱シートを敷きました。これは優れモノで、断熱シートを敷く前はコタツがなかなか温まらなかったのですが、断熱シートを敷いたらすぐに温まるようになりました。
 しかし一番の問題は寝室です。
 寒さで充分な睡眠が取れないと体調を崩すのは目に見えています。
 私は秘密兵器を導入することにしました。
 テントです。
 1〜2人用で室内で使う保温用テントがあるのです(タスミ暖房テント ファブリック 値段は6千円台)。
 このテントは、重宝しました。
 室内の気温に比べて、テント内は4〜5℃ほど暖かい感じです。
 さらに耐え難い寒さの日は、ストーブの温風をテント内に送り込みます。
 円柱状のフレキシブルなダクトで、ストーブの前に置いて温風をテント内に引き込むのです(本宏製作所 省エネ温風パイプ だんらん ST アイボリー 値段は2千円弱)。
 これは、普段は八ヶ岳に住んでいて、冬になると都会の実家で過ごされるという訪問者の方に教えてもらいました。その方はストーブの温風をコタツに引き込むようにされていましたが、これをテント内に引き込むと効果は抜群でした。どんなに寒い日でも、ぬくぬくと寝られます。
 ただし、やっぱり朝は寒いです。
 私は、あえてアンカはしませんでした。持ってはいるのですが、、アンカをしてしまうと身体がそれに甘えてしまい、身体を温める機能が弱まると聞いたからです。

 3月に入り、暖かい日が多くなりました。
 今年の冬ほど、温度計を見たことはありません。毎日気温をチェックするのが日課となってしまいました。

 さて、茅野市の冬を過ごした私の体験から言えることは、「茅野市で冬を過ごすべきではない!」です。
 去年の夏、物件探しで茅野を訪れた時は、その過ごしやすさに感動したものです。
 でも冬を過ごして、「もう茅野で冬を過ごすのは御免だ!」という気分になってしまいました。
 アパートを借りてしまった以上、すぐに引き払う選択肢はありません。
 なにしろ、春、夏、秋は本当に過ごしやすいのです。

 では冬はどうするか。
 現在思案中です。
 お金があれば、冬の間は沖縄にでもアパートを借りて住むという手もありそうです。
 でも、ビンボーな私にそんな余裕はありません。
 しかし、湯治で長期間住むという人もいると聞きます。
 お金が無くても、冬の間だけ暖かい地方(最悪、東京でもいい)に住むという手段を、これから真剣に考えていこうと思っています。


田舎に染まったのか・・・

 昔、私の若い頃、太田裕美さんの歌の歌詞に、「都会の色に染まって・・・」というフレーズがありました。
 今や遠距離の新幹線通勤も珍しくなく、東京から沖縄や北海道まで飛行機で2時間で行けるので、無理をすれば日帰り可能です。田舎に住んでいる若者でも、都会は気軽に遊びに行ける場所となり、都会の色に染まるという言葉は、もはや死語なのかもしれません。
 今回の話は、私は田舎に染まったのか、という話題です。

 東京に住んでいる時から、私は添加物を摂らない無添加生活をしていました。
 それゆえ、自炊が基本です。
 しかし用事があって外出しているときは、弁当を作るほどの気力はないので外食していました。
 私は中華チェーンの王将の餃子が好きで、外食せざるを得ないときで近くに王将があれば、必ずといっていいほど行っていました。
 長野県の茅野市に引っ越した当初、ああ、いよいよ王将の餃子ともお別れだなと思っていたのですが、車で走っていて王将の店を見掛けて驚きました。道沿いを走ってみると、スシローやかっぱ寿司もあるし、デニーズもあります。イオンやニトリ、ドンキホーテまであったのです。
 うーん、ここは田舎と言えるのか・・・、と思ったのですが、もちろんそうした店は主要幹線道路沿いにしかなく、一歩逸れれば、田舎そのものの広々とした風景が広がっています。

 私は早速、王将に入り餃子を注文しました。
 すると、あまり美味しいとは感じられなかったのです。東京の八王子の王将で食べた餃子は美味かったのに、変だなと思ったのでした。チェーン店といえども、店ごとに微妙に味付けが違うのだと納得することにしました。
 先月ですが、私は久々に東京に用事ができて出掛けました。
 私は八王子の王将に入り、念願の餃子を味わうことにしました。
 すると、あまり美味しくないのです。
 味は以前と変わっていないと思うのですが、東京に住んでいた頃と違い、美味しいと感じられなくなったようです。
 私の体は、もしかしたら田舎に染まったのか・・・、と思ったのでした。
 八王子に私のお気に入りの小さな中華料理屋があって、そこのラーメンと餃子が絶品だと思っていました。その店にも入り、ラーメンと餃子を頼んだのですが、同じく美味しいと感じられないのです。味は変わっていないと思うのですが、私の感じ方が変わってしまったようです。
 さらに私は、スシローよりはちょっと高級そうな八王子の回転寿司店にも行ってみました。ネタはスシローよりは良いので、美味しいだろうと思ったのですが、あまり美味しいとは感じられないのです。
 うう、どういうことなんだろうと思いました。
 たまたま、体調が悪かったのか、それとも歳をとって味の嗜好が変わってしまったのか。
 でも東京から引っ越して4ヶ月しか経っていないので、それほど変わるのかなあ、と思いました。でも、その土地の気候風土に強い影響を受けるのは間違いないとは思うのですが。

 引っ越し後、家の片付けに追われていた当初は、自炊する暇がなく外食していました。
 私が住んでいるところは、茅野市の駅前の繁華街からは遠いのですが、それでも歩いていける距離にソバ屋とラーメン屋があります。
 そのラーメン屋は地元でも超有名店らしく、いついっても行列ができています。
 こんなド田舎で行列ができるのですから、相当なものです。
 私も一度は味わうべきと思い、行列に並びました。
 その店で一番人気のラーメンを頼んだのですが、あまり美味しいとは思いませんでした。茅野の知り合いは、「絶品のラーメン」と言っていたのですが。
 スープが私が好きではない家系だったせいかもしれませんが、あまり美味しいとは感じませんでした。さらに麺が硬く、噛みづらいのです。でも行列に並んだ人たちは、コシがある麺だというのでしょうね。
 うーん、どうやら私は、田舎に染まったというより、体質が変わりつつあるのかと考えました。
 ソバ屋にも行ったのですが、そのソバ店のキャチフレーズが、なんと「東京ソバ」なのです。関西風の薄いツユではなく、東京風の濃いツユを期待したのですが、たしかに色は濃い色をしていましたが、味は薄いのです。私はこれも美味しいとは感じられませんでした。
 これなら、東京の立川駅校内にある立ち食いソバの方が美味しいと思います。ちなみに立川駅の立ち食いソバの清流ソバと奥多摩ソバは、ツウの間で評判らしいです。
 訪問者の方々も立川駅に寄る機会があったら、駅の立ち食いソバをどうぞ。立ち食いなので安いですし。


無添加生活あるある

 無添加生活をしていると必ず体験することがあります。
 それが、外食した後に、気持ち悪くなることが度々起きることです。
 特に、安い居酒屋チェーン店で飲んだ翌日などは、気持ち悪くて1日中寝込むことさえありした(二日酔いではありません)。
 その理由ですが、おつまみに頼んだ料理に、スーパーで売られている惣菜などに使われるものより強い防腐剤や着色剤などが添加されているのではないかと想像しています。
 そんな私にとって鬼門となっているのが、カレーです。
 立ち食いソバ屋のカレーですら、そうです。食べた直後はいいのですが、1〜2時間後から気持ち悪くなり始め、それが2時間ぐらい続きます。去年までアルバイトをしていた職場の食堂のカレーなどは、てきめんでした。
 私はあまりに気持ち悪くなるので、当初は添加物だけでなく、カレーの原料となるスパイスのどれかが、本質的に私の体質に合わないのかもしれないと考えていました。
 そこで茅野に引っ越してから、ふと、カレーをスパイスから作ってみると、添加物が原因かどうかはっきりすると思ったのです(当然ながら市販のカレールーは添加物が入っているので使えません)。
 私はさっそく、カレーのスパイスを買いに行くことにしました。
 カルダモン、クミン、シナモン、コリアンダー、ターメリック、ナツメグ、各種ペッパー類、などなどです。
 それらを適当に配合し、コクを出す為にスパイスを乾煎りしたり、隠し味としてコーヒーを入れたり工夫しながらカレーを作ってみました。
 すると食べた後に、全然気持ち悪くならないのです。
 ああ、やっぱり添加物が原因だったとわかりました。
 味は、カレー専門店には及ばないですが、立ち食いソバ屋のカレー並みではないかと思っています。私なりに、けっこういける味だと思っています(改善点は多々ありますが)。

 さらに茅野に来て憶えた料理にパスタがあります。
 これもカレーと同様に市販のパスタソースには添加物が入っているので、使えません。
 有機のパスタに、有機のトマトピューレ(プラス有機のトマトケチャップ)を使っています。有機というと値段が高いというイメージがあると思いますが、近所のスーパーで有機のトマトピューレが、1缶(240g、約3人分)99円で売っていました。
 ニンニクを刻みバターで炒めてから、野菜やキノコなどの具材を入れるという手順をちゃんと踏むと、けっこう美味しいパスタができることがわかりました。
 たしかにお店のパスタよりは味は落ちると思いますが、それでも自分ではけっこう美味しいと思っています。
 これを読まれている訪問者の方々の中には、「本当に美味しいの?」と思われる方もおられると思います。そういう方は、有機のパスタに、有機のトマトピューレを使って、実際に調理されてみてはと思います。
 意外といける味、と思われるのではないかと思います。


災害時の水に関すること

 人間の生存にとって重要なものの順番は、それが無くなれば、どれくらいの時間で生命が絶たれるかでわかります。
 以下、その表です。

・空気 ... 数分
・水  ... 数日
・食糧 ... 数か月

 人間にとって一番大切なのは空気で、海女さんなら10分以上かもしれませんが、通常なら数分で命の危機となります。また空気が絶たれると、命を取り留めても、脳に深刻な後遺症が残る可能性もあります。しかし空気は当然のごとく普通にあるので、その有難みを感じろと言われても、ちょっと無理かもしれません。
 次は水ですが、これも個人差があると思いますが、全く水分が吸収されなくなると、数日で亡くなると言われています。つまり災害が起こったとき、一番気にかけるべきは水の確保です。
 食糧は、これも個人差が大きく、神秘家のゲリー・ボーネルさんは、2ヶ月の断食を行ったこともあるそうです。かなり前ですが、3週間ぐらい小舟で海で漂流していた男性が救出された報道がありました。その男性は、食べる物は無く、船に溜まった雨水などで乾きを癒したそうですが、救出された後、「人間って意外と死なないものだなあ」という感想を言っていました。
 私も以前は1週間ほど断食をやった経験がありますが、人間は食べなくても案外平気だと実感しました。それだけに、水の大切さを改めて感じます。そういえば、太平洋戦争で南方の戦線で弾薬も食糧も尽きた元日本兵の感想で、水が無くなることが一番苦しかったと言っていたことを記憶しています。

 地震などで電気が止まったとき、マンションに住んでいる人は水道も止まります。
 311のときの私の経験ですが、計画停電があった時、蛇口をひねったら水が出てこないので、あれっと思ったのです。マンションの屋上の水槽タンクに電気で水を汲み上げて溜めるので、電気が止まると水も止まることにやっと気づいたのです。今から考えると、あまりに危機意識が薄かったようです。
 用事があったので、そのまま出かけてしまったのですが、数時間後に家に帰ってきて、蛇口から水が勢いよく流れ出ていて慌てて止めました。蛇口を閉めわすれた代償を払うことになりました。覚悟はしていたのですが、その月の水道料金は、いつもの月の3倍近いものでした。

 巨大地震が起こると、救援物資が長期間届かないことが想定されます。
 そこで私は、最悪を想定して川や池の水を飲める方法を取ることにしました。携帯浄水ボトルも買いましたが、発展途上国で水を確保してきた実績のある水質浄化剤(粉末)があることを知って買いました。
 日本ポリグルという会社のレスキューセットです。

http://www.poly-glu.com/poly-glu_rescue.html

 濁った水にこの粉末を入れると、濁り成分と粉末が結合して沈殿するのです。
 ただしこれは飲料水ではなく、生活用水確保の為のものですが、粉末で浄化した後に煮沸して殺菌するか、携帯浄水ボトルでさらに浄化すれば飲めると思います。生きるか死ぬかという瀬戸際だったら、貴重な水になりそうです。

 私は今は、東京から長野県に引っ越したので、災害時の水の心配は大幅に軽減されました。
 直接、市役所の水道課に電話して聞いてみたのです。
 すると、私の住んでいる地区は、電気で地下水を汲み上げ、ため池に溜めているそうです。
 それを高低差の圧力で供給しているので、停電でも急に水道が止まることはないといいます(加圧ポンプは使っていない。加圧ホンプは関東平野のように平らな所は必要)。
 ただし、汲み上げ用のポンプは電気を使っているので、停電が長く続くと水の供給はできなくなるといいます(ため池が空になる)。
 目標は、停電後も12時間程度は水道の供給を続けることだそうです。

 つまり、停電しても数時間は水道が止まることがなく、それから水をタンクに溜めても充分に間に合うことになります。
 また、かりに長期間電気が止まっても湧き水があります。
 私は、自分が住んでいる地区の近くに飲める湧き水がないか探しました。すると、少し遠いが歩いても行ける距離に飲める湧き水があることがわかりました。これなら、車のガソリンが尽きても、飲料水は確保できます。
 東京のような大都会に住んでいては、こうした恩恵を受ける事が無かったことを考えると、田舎は不便ですがメリットもあるというところでしょう。

 ちなみに話は飛びますが、ガスも停電時に使えることがわかりました。
 都市ガスでも一部は停電でも使えるようです。私のところは当然プロパンですが、ガス会社に電話して聞いてみたら、停電時でも使っているガスの容量は計測できるとのことで、ガスコンロであれば使えるという返事でした。
 都市ガスもそうですが、風呂給湯器はプロパンでも100V電源が必要なので使えません。
 当然、石油ファンヒーターも使えません。
 もし冬に災害が起こり電気が止まったりしたら、茅野では命に関わります。
 私は、災害用に石油ストーブを買いました。

 * * * * *


 改めて、私に「茅野に住んで良かったかね?」と聞かれたとします。
 私の答えは、「良かったと思います。冬以外は・・・」です。
 ネサラ/ゲサラが起こったら、2拠点住まいも十分可能かもしれません。
 そんなことを言うと、「夢みたいなことを言うんじゃない!」と怒られそうです。
 とはいえ、春、夏、秋と茅野に住んで、冬だけ地方(最悪東京でも可)に住むというのは、私にとってあこがれの生活となりそうです。
 佐野美代子さんのDVD「ザ・シークレット」を見直して、願望実現にトライしてみようかと考えているところです。



ポールシフトについて...2021年3月1日

 もうだいぶ前ですが、私は地球のポールシフトについて記事をいくつか書きました。
 今回は、そのポールシフトについて再び触れてみたいと思います。
 ポールシフトは、地軸の異動と磁極の移動の二つの意味で使われていますが、今回はより深刻な影響を人類にもたらす地軸の移動についてです。
 地軸の移動について警告を発していた神秘家のメルキゼデク・ドランヴァロさんの名は、このところすっかり聞かなくなりました。
 ですが私は、ドランヴァロさんの警告を今でもはっきりと憶えていて、それについて簡単に説明したいと思います。
 地球の磁場が年々弱くなっていることは周知の事実ですが、ドランヴァロさんによると、この磁場の弱まりが地軸の移動であるポールシフトを引き起こすといいます。
 地球の表面を覆っている部分が地殻で、その下がマントルです。そのマントルの下に岩盤層があり、これが接着剤のような働きをしていて地球の中心核と接着しているといいます。ところが磁場がゼロになると、岩盤層の結晶体が液状化するといいます。これにより、地殻とマントルが核に対してずるっと滑る現象が起こるといいます。これをポールワンダリングというそうです。ちょうどゆで卵が、中身に対して殻がずるっと動くようなイメージです。
 現在すでに、徐々にポールワンダリングが起こっていて、今後その動きが加速するといいます。
 科学者はこのことを知っているのですが、人々には秘密にされているそうです(なぜ秘密にするのか、理由は私にはわかりません)。

 ドランヴァロさんによると、母なる地球(マザーアース)の意思によるが、アトランティス大陸が一夜で海の底に沈んだように一気にポールワンダリングが起こると、地上では破滅的な巨大地震が起こるといいます。1万3千年前に起こったこのポールシフトは、わずか20時間で起こっており、文字通り1夜にしてアトランティスは消滅したといいます。今回もそうなると、人類は滅亡の危機に晒されます。
 しかし母なる地球はたいへん慈悲深いようで、一気に起こるのはなく、極めてゆっくりと起きているようです(今のところはですが)。
 アメリカの予言者ジョセフ・ティテル氏によれば、2011年から地球の軸がずれはじめていて、現在、地軸は毎年3%づつずれているが、この動きは年々加速していくと言っています(注)。
 3%が何に対してなのか私にはよくわからないのですが、だんだん加速していくというニュアンスはわかります。
 以下の動画の5分30秒頃です。

https://www.youtube.com/watch?v=poskbiateoo

 知りたいのは、地軸の移動がどの方向に起こるのかです。
 これに対しドランヴァロさんは、北極圏にあった地軸がロシアの首都モスクワの方向に向かって17度ずれると言っていました(エドガー・ケイシーもロシア側に16度動くと予言しているそうです)。
 地球が太陽の周りを公転するときの軌道面を黄道面といいますが、地軸がその黄道面の垂直軸に対し、約23.5度傾いていることは知られています。
 おそらく、この23.5度の傾きは変わらずに、地殻とマントルがずるっと回転するのだと思います。
 モスクワの方向に地軸が移動するとなると、どうなるか調べてみました。
 地球儀を持たれている方は、実際に糸を使って測ってみるといいと思います。日本の首都である東京と北極点の間の距離に比べて、東京とモスクワの距離の比率を私が測ってみたら、1.2倍ぐらいでした。つまり、地軸の移動により、日本は北極点から遠ざかることになります。これは赤道に近づくことになるので、温暖化をもたらすことが予想されます。
 ヨーロッパはモスクワに近いので、寒冷化が予想されます。そういえば中東に雪が積もったというニュースが以前流れていましたが、地軸の移動と符合していて興味深いです。

 DS(ディープステート)が広めたプロパガンダに、人類文明によって排出された二酸化炭素によって、地球が温暖化しているというものがありました。
 私は地球は温暖化どころか、寒冷化に向かっていると考えています(ミニ氷河期)。
 しかし面白いことに、地軸の移動により、日本は温暖化しているのではないかと思えます。ミニ氷河期による気候変動の速度より、地軸の移動の方がずっと速いと考えられるからです。地球の悠久の歴史から見れば、気象の変化は数百年、数千年が普通で、今回は数十年でミニ氷河期になるとしても、地軸の移動はそれよりもはるかに短期間で起こると予想されるからです。

 こうした地軸の移動が事実ならば、これから地球に何が起こるか、ある程度予想できます。
 まず人工ではない自然由来の地震や火山の噴火が今後どんどん増えていくし、大型化するでしょう。
 さらに、一律に寒くなるとか暑くなると断定できない、大きな気候変動が起きるでしょう。今の傾向を見ると、暑いところはより暑くなり、寒いところはより寒くなるといった2極化が加速するような気がします。
 もしかすると、今年の日本の夏は、耐え難い暑さになるかもしれません。

 ここで、2月26日の『日本や世界や宇宙の動向』さんのサイトに載った、「サナンダからのメッセージ」の記事から、ポールシフトに関する部分を拝借して、紹介させていただきたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52062267.html


 ・・・<2月26日の『日本や世界や宇宙の動向』さんのサイトからポールシフトに関する部分の抜粋開始>・・・

さて、私は少し前に今の文明は2つの点で過去の文明とは異なると説明しましたが、これまでも文明が終わるときには必ず地球がひっくり返り地球に大激変が起きたのですが、それでも生き残ったものたちがたくさんいたため、彼らは地球上で再び子孫を作り繁栄していきました。

しかし今回は違います。今回、地球で起こる大激変はあまりにも強烈であり、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。もう一度繰り返します。今回のポールシフトはあまりにも強烈であるため、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。
もう一つの異なる点は、今回は母なる地球の周波数が5次元へと大きく上昇します。たとえ母なる地球の地軸がゆっくり傾いたとしても、3次元のままでいると、5次元の周波数の中では生き残ることができません。
そのため、我々は我々の母船を避難場所としてあなた方に提供したいのです。これまでも数千個もの惑星が3次元から、悪魔が生きていけない5次元に次元上昇して行きましたが、その都度に我々は惑星の住民らを我々の母船に避難させ救済してきました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サナンダという霊的存在は、今回もアトランティス同様の激烈なポールシフトが起こるといいます。
 しかし未来は私たちの集合意識によって変わってきます。
 未来は選べるからです。
 例えば、DSの暗黒の支配を終わらせようとするトランプ元大統領の大改革が成功したとすれば、慈悲深い母なるマザーアース(地球)は、地軸をゆっくり傾けてくれるかもしれません。そうすれば、多くの人類は生き延びて、迫りくる自然災害に対処できるでしょう。
 サナンダは、今回は地球が5次元に次元上昇するので、3次元のままの周波数の人間は生き延びられないと言っています。しかし、地軸がゆっくり傾くならば、人類に時間が与えられることにより、こうした情報が広く共有され、より多くの人類が5次元へと移行できるはずです。

 最後に、当面、私達にできることです。
 こうした気候変動が起きた際に、私達が広く影響を受けると考えられるのが食糧危機です。
 地震などの災害による備えも必要ですが、災害が起きなくても食糧危機は間違いなく起きるだろうと私は思っています。気候変動により、従来の作物を育てる環境が変わってしまうからです。
 日本の食糧自給率は37%と言われていますから、空恐ろしく感じます。
 当面、私達にできることは、食糧備蓄だろうと思います。
 食糧備蓄に関しては大きなテーマなので、また別の機会に記事にしたいと思います。

 以下の動画はポールシフトとは関係ないですが、食糧危機が起きるので1年分ほどの食糧を備蓄すべきだという動画です。なるほどと思いました。私も少しづつ食糧の備蓄を始めています。

https://www.youtube.com/watch?v=Q9x5tMPY45M


(注)ジョセフ・ティテル氏の予言ですが、2017年に行った予言では、ポールシフトは2024年まではおきない、2028年に起きる可能性が高いと言っています。
 2021年の最新動画では毎年3%づつ地軸がずれると言っているので、予言が変わったのでしょう。

http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-735.html?sp



アメリカでこれまで起こったことと、これからの展望...2021年2月21日

 アメリカでこれまで起こったことを、吉田繁治さんが「思い入れと形容詞を無くして、あっさり」と書いています。
 思い入れと形容詞を無くすということは、書き手の感情をぐっと抑えて、淡々と事実だけを追うことだと思います。こうした個人の感情を入れずに事実だけを述べて経緯を再確認することは、大事なことだと思います。
 吉田さんの文章で感心するのは、文章を書きあげた後に、形容詞を抜いていく作業をされることです。これにより冷徹な(いえ科学的な)客観性のある、記事になるのだろうと思います。

 ただし、これから紹介する吉田さんの記事には、吉田さん個人も意見も入っており、それに関しては後半に私がコメントしています。

 では吉田さんの最新メルマガ(2月17日)号から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(Vol.1139)』から抜粋開始>・・・

■10.トランプの戦略の想定

思い入れと形容詞を無くして、あっさり書きます。
以下の〈1〉〜(12)です(21年2月14日時点のものです)。

(1)前提:軍のトランプ支援:
5年前、2016年の大統領選挙のとき、州知事と上院議員の経験がない素人の不動産業、トランプが当選できたのは、軍による選挙運動の支援による支援があったからだった。

当時は、圧倒的にヒラリーが優位とされ、メディアの全部が、そう見ていた。
トランプの登場は米国と世界にショックを与えた。ビジネス界で有名でも、なぜ政界では素人のトランプが当選できたのかという疑問は抱かないだろうか。

強力な組織の後押しがない限り、大統領には当選できない。不利を自覚していたバイデンが、組織的な不正投票(約1000万票:ピーター・ナバロのレポートから推計)を使った理由がこれである。

米国での軍の社会的なポジションは、江戸時代の武士階級のように高い。わが国の(敗戦と憲法のため今も日影の存在である)自衛隊からは類推できない。ワシントンDCに行けば、米国を防衛する軍のステータスの、社会的な高さは、一目で分かる。

現在、米国の物流センターには、軍のロジスティクスから、退役軍人の所長も多い。CIA長官から国務長官にもなる(ポンペオ前国務長官:トランプの熱烈な支持者:2024年大統領候補)。

日本では、元自衛隊員が外務大臣や首相になることは、可能ではあっても考えられない。しかし米国では、マッカーサーの部下だったアイゼンハウアーは陸軍、ケネディは海兵隊だった。

(2)軍の派閥:
米軍(ペンタゴン)とCIAには派閥があり一枚岩ではない。2000年代のブッシュの、軍産共同体(ネオコン)に組みしない裏の軍組織がある。(注)日本の戦前の軍にも、派閥はあった。自民党にも、野党にも派閥がある。徒党を組むのは人間の性(さが)です。

CIA、FBIの中には現役・退役を含んで、反政府の地下ネットワークであるQが形成されてきた。表の軍組織の軍産共同体は、DS派だった(クリントン、ブッシュ、オバマの3代:24年)。

Qの周辺団体であるQアノンは(=匿名のQという意味)、退役軍人と政治家志望者による匿名の拡散的なフォロワーであろう。これは、Q本体のネットワークではない。

Qアノンの分派もいろいろあり、それぞれが、荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論を振りまいている。「ワシントン情報」として発表していたある日本人(管理人注)も、これである。

Qは反ワシントン政府だから、ワシントン情報とはいわないはずである。Qが誤解されるのは、陽動作戦をとっているQアノンの、見えない複数の存在のためであろう(この項は推測)

1月6日に、自分のラップトップ(確か3台)を、潜入した特殊部隊 に捕獲された下院議長のペロシが狂乱し、意味がない弾劾裁判を誘導した理由は、関与と指示をしたANTIFAの暴力の犯罪がメールとファイルから分かるからである。

(3)茶番の裁判:
弾劾裁判は、トランプ側弁護人が、民主党のペロシ、Kハリス、ウォーレン議員を含み、議会乱入の暴力を働いたANTIFAを含んで301人もの宣誓証言を求めたため、告発が藪蛇になる民主党側は泡を食って、短期採決に入り、否決された(CNNはこれを報じない)。

(4)5年前:
軍の一派は、2016年に、冷戦後の経済グローバリズムとして、中国CCP、DSからの腐敗が激しく、イランやISISとも癒着していたオバマ政権への、クーデタを計画していた。報道がなくても、スパイ的な諜報と、指示を受けた軍事行動をする軍には簡単に、オバマの影の行動が分かる。

ケネディ暗殺と9.11の政府報告に疑念をもっていたトランプが、2016年11月選挙の準備をしていたとき、軍の中核メンバーから紹介を受け、このクーデタ計画を知った。

自分が大統領になれば、DSを壊滅させる政策を推進することをトランプは約束し、軍に合体した(2015年頃か?)。軍のクーデタは国民と海外からの反発を招くからである。

合意が成立し、2016年に予定されていたクーデタは延期され、軍の組織は、トランプの選挙を応援した。

幸運にも、ヒラリーの油断(素人には勝てるという自信過剰)から、トランプが票を得て大統領に就任した。

DSを壊滅する軍の計画は、2017年から2020年のトランプ戦略に委任された。(注)オバマとヒラリーは、当然、軍の隠れた計画は知らない。

〔大統領選挙での組織的不正の予想〕
2017年から、オバマ元大統領とクリントン夫妻がヘッドになって、フランクフルトとローマにもあったドミニオンも巻きこんだ、2020大統領選挙の組織的な不正が計画された。指令を出していたオバマ財団の事務所は、ワシントンDC.にある。

オバマ元大統領は、バイデンのあと、夫人のミシェルを大統領にする計画をもっていた。

大統領になったトランプは、軍人の報酬を厚くして軍のトランプ支持を高め、クリントン、ブッシュ、オバマの軍産共同体が行っていた戦争と、海外派兵からは撤収し、4年間、戦争をしなかった。

一方で、中国CCPの年々高度化した軍事力への対抗と2020年のため、ハイテク装備の、宇宙軍を作った。宇宙軍は、米国と世界各地で、秘密裏だがすでに、見えない空中で活躍している。

(5)2018年大統領令:
2020年大統領選挙の不正は、2年前の2018年から、トランプ側から予想されていた。トランプは、海外からの選挙関与を「反逆罪」とする2018年大統領令を出して罠をしかけた。

米国の政治では、少額でも海外からの献金があるか、または情報の支援を受けると、反逆罪でアウトになる。

トランプは、民主党に組織的な不正選挙を実行させ、平和的な憲法で裁くことができる「反逆罪」を完成させた。

(6)1.20就任式:
1月20日の就任式も、不正選挙による当選という反逆罪の完成のために行わせた。就任式は、海外からの不正選挙干渉の、国家反逆罪の実行を、国民に見せる儀式だった。

(7)議事堂と、WHの包囲:
就任式を実行させるため、議事堂とホワイトハウス(WH)は、「テロからの護衛」という逆のことを言って、5000人(最高時は5万人)の軍に包囲させた。

(注)最短でも3月半ばまで続く。一説では、封鎖は永遠に、ともされている。包囲されているバイデンは、なぜか、2021年11月まで続けると述べた。陰から、トランプの指示を受けているのか。

大地下の捜索のために、軍は、鉄板と鉄条網で議事堂とホワイトハウスを包囲した(最高刑が死刑の、別の犯罪にかかった児童の保護)。1月27日から、各地で襲撃が行われ、2週間で終わった(2月6日)。軍による、地下道襲撃の都市では、大規模な停電が起こっている。
https://poweroutage.us/

ワシントンDCの地下からも、多数の児童が保護され、窓を黒く目張りした大型バスで病院に運ばれた(住民が撮ったスマホ動画)。現在、肉体的、精神的な治療を受けている。西海岸、フロリダでの児童保護も行われた。その間は、停電だった。

行方不明の児童・幼児(3歳〜17歳)は、1年に約76万5000人と多い(FBI情報)。累計ではなく、1年である。(CNNも、目立たせないためか、小さく報道してはいる)。「Qアノン」が動画で示していたことは、事実だった。(注)ただし、CNNの報道は、7万6500人の桁間違いではないだろうかとも思える。ともかく多すぎる。事実なら、言葉がない。

(9)軍による包囲の理由:
厚い鉄板と鉄条網での包囲と、約1メートル間隔での軍人の配置は、国民に、16キロ四方の特別区のDCは、もう米国政府ではないと知らせるためだろう(理由の推測)。1月20日に、平和的に(ここが重要)、軍のクーデタが完成した。

3月〜5月には、1月末からの暫定政権(たぶんクリストファー・ミラー将軍)を終わり、法的には無効だった、不正選挙の再選挙をし、圧倒的にトランプを勝たせる。反逆罪に加担したDS派を一掃する予定であるという(弾劾裁判終結後の、トランプスピーチからの読み)。当初は3月4日だったが、児童の保護のため、5月まで伸びたのだろう(推測)

民主党議員には、国家反逆罪で告発される恐怖をもっている人がいる。本人には、不正選挙と犯罪の自覚はあるからだ。

代表的なものは、ラスベガスのマフィア&麻薬一家のペロシ。麻薬と賄賂のハリス、そして麻薬、ウクライナとCCPからの賄賂、児童**、子女**という犯罪家族のバイデンが、実の娘の自筆日記(FBIが公開した)も含む、多くの証拠で明らかになっている。

不正選挙の自覚があるバイデンが大統領(仮?)を続けているのは、不思議である。民主党の知事・市長が、麻薬を合法化する理由は、連邦議会の民主党議員が、麻薬の流通に関与しているからであろう。

国民の目に、逮捕が分かりにくくなるのは、米国に「封印告訴状」の制度があるからだ。逮捕まで当局からは開示されない。米国では軍も逮捕ができる。

米国では逮捕されても、軍からは、記者発表はない。FBIは発表することがある。今回、20万件という大量の訴状が、封をされて保留されている。令状がなくても、米国では逮捕ができる(日本は令状がないと逮捕はできない)。

(10)戒厳令:
1月6日(上下院合同議会:選挙人の決定日)のトランプには、戒厳令という方法はあった。しかしそれは、表面に現れる戦略としては採らなかった。

国民向けには、一貫して、民主党の不正選挙とトランプへの国民の支持を訴え、憲法を守る方法をとった。この結果生じたのが、バイデン政府と軍政の二重政府。これは国民の目に見えない水面下であろう。

不正選挙を表向きの理由にスーチーを追放したミャンマーのように、戒厳令下の軍政でトランプが大統領を奪還すれば、容易ではある。しかしそれでは、軍が立てた大統領になる。民主主義国の、国民が選んだ大統領という正統性は失われる。

また、クーデタで大統領になれば、世界からの非難により、再びDS派の残党を勢いづかせる。民主党が国民の支持を回復し、勢力を得るかもしれない。最悪である。

トランプの選択肢には、フリン将軍、リンウッド弁護士などがトランプに強く奨めた戒厳令とクーデタは、なかった。フリン将軍は、これを保守派のラジオで述べているが、「最後には、賭けのワインはトランプ側」と笑って述べた。

Qアノンが言う軍のデクラスと戒厳令の計画は退けられた。メディアは、このときの議論を、トランプ陣営に生じた不和や裏切りと報じた。メディアは、議論を不和や裏切りと報道したい。トランプ側の崩れと報じたいからである。

(11)憲法に従う:
トランプは、迂遠で手間がかかるが、平和的な、国際金融資本とDSの、児童**を含む犯罪に対する法の執行と、裁判での不正選挙の証明という手段をとった。結審した22の訴訟のうち、トランプ側が15(68%)で勝訴したことが、2月10日に明らかになった。

CNNはこれを報じていない。ワシントンに100人の特派員がいても、高度な駆け引きの英語が要る取材は皆無、CNN、APなどの外信を翻訳するだけの日本の新聞も同じである。朝日は、名うての左派、NYタイムズと提携している。

(12)弾劾裁判:
トランプ弾劾裁判は、民主党の自作自演の、茶番だった。逆に、トランプ側弁護士から民主党幹部の副大統領ハリス、ウォーレン議員、下院議長のペロシによるANTIFAへの暴力扇動が明らかにされた。

弾劾が否決された直後のトランプは述べた。「偉大な米国のため、皆さんと一緒にやるべきことが多い。数か月、不思議な道を行く。しばらく(soon)すれば戻って来る」(同日のスピーチ)。このSoonはいつのことか? 3月か? 5月か?

(1)から(12)が、事実から論理で紡(つむ)いだシナリオです。

【後記】
あなたの考えは、どんなものでしょう? できれば、下の、定型アンケートを送ってください。今後の、記述の参考のためです。

行方不明だったアリバマのジャック・マーは数か月ぶりに現れましたが、CCPから資産を没収されました。アリババの株主であるソフトバンクの孫正義の退任と何か関係があるのか。

アマゾンのジェフ・ベゾスも謎の退任。CNNとABCのCEOも今年中に、退任します。フェイスブックのザッカーバーグ(ロックフェラーの孫という評判)も、自社株を売って現金化しています。イタリアの内閣は崩壊。表でも、不思議なことが多い。まさか、地震は人工ではないでしょう。しかし、神奈川県、静岡県まで伸びた大規模停電は不思議です。東京では、なぜか、帝国ホテルと周辺だけだったという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文で(管理人注)とした部分に触れます。
 おそらく吉田さんは、「ワシントン情報」として発表している日本人は、石川新一郎さんのことを言っているのだと思います。吉田さんは、「荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論を振りまいている」との見方をしていますが、私の意見は違います。
 吉田さんは、「Qは反ワシントン政府だから、ワシントン情報とはいわないはず」とその理由を述べていますが、これは理由になっていません。
 一つは、石川さんのところに届く「ワシントン情報」を提供している存在は、自分達のことをQでもなければホワイトハットでもないと言っているからです。Qだというのは、吉田さんの誤解です。彼らは、自分たちはNSAの一部で、今回の大変革のスケジュール管理をしている者だと言っています(12月31日のワシントンからの16回目のメッセージ動画を参照)。
 もう一つは、この存在が石川さんに最初に情報を送ってきたのは、2020年12月14日でした。
 このときは、トランプ氏は現職大統領としてワシントンで指揮ををとっていたのであり、米政権の中枢はワシントンにあったのです。そのトランプさんの元で、一緒に活動しているとして「ワシントン情報」と称したのでしょう。2021年1月20日からは、トランプさんはフロリダの「マール・ア・ラーゴ」に移ったわけですが、わざわざ名称を変える必要もないので、そのまま「ワシントン情報」としているだけだと思われます。
 吉田さんは、「荒唐無稽なところを50%は含む」と言っているので、どの部分が荒唐無稽なのか吉田さんに聞いてみたいところです。
 どちらにしろ、デクラス(秘密情報の開示)が起きれば、すべてが明らかになると思います。

 上記引用記事の(9)で、吉田さんは1月20日に軍のクーデターが完成したと述べています。
 私は違う解釈をします。
 サイモン・パークス氏が言っていたことですが、トランプ氏やその背後にいる米軍を中心とした勢力がどうしても避けたいのは、トランプ氏が軍のクーデターによって政権を握ったと後世の歴史家に書かれてしまうことです。
 軍事力ではなく、あくまでも民主的な法による権力の移譲でなければならなかったのです。そうでなければ、憲法を順守するというトランプ氏の言葉に反してしまうからです。
 これが、たとえ不正選挙であっても、バイデン氏が一応形だけは株式会社USAの第46代大統領として就任することを認めた理由だったと思います(ただし、大統領としての実質的権限はない)。
 また、大統領令を乱発するバイデン政権がいかにひどいかを、米国民を含め世界の人々に明らかにするという理由もあったと思います。

 では、なぜバイデン氏は実質的な大統領としての権限がなく、一時的に米軍に権力が移譲されたのか、という問題が起きます。その法的根拠は何か、です。
 これに関して、石川さんの2021年2月19日の動画で、次のように述べています。

 トランプ大統領(当時)は、2019年に大統領権限移行法ともいうべき法案を成立させていたといいます。
 施行日は2020年3月。
 この条文の中身については、政権移行が行われたとしても、政権移行後なんらかのリクエストがあれば、大統領の執行権は持続できる、という主旨だといいます。
 そのなんらかのリクエストとは、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉があった場合」です。
 2ヶ月後なので、1月20日の離任から2ヶ月後の3月20日までとなります。
 つまり、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉」があったと認定されれば、トランプ氏は9月30日までの任期で復帰できる、となります。
 つまり、トランプ氏は、法律に則って大統領に復帰できる法的根拠があることになります。

 キーは、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉」があったと認定されるかどうかです。
 アメリカの主要メディアや日本の大手マスコミは、トランプ氏側が起こしたたくさんの不正選挙の裁判は、ことごとく敗訴になったと大嘘をついてきました。
 実際は、22の裁判で15勝7敗と6割8分の勝率を誇っています(アメリカの裁判所は全部が腐っていたわけではなかったということです)。残りの25の裁判でも、同様の結果が予想されます。
 しかし一番の問題は、連邦最高裁で外国の干渉による不正選挙だったと認められるかどうかです。
 これに関しては、パウエル弁護士が、来週にも最高裁の判決が出るという趣旨のことを述べているそうです。

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c3677660ed205741704f602bba10a448

 トランプ氏側は、この判決を待っているのではないかと思うのです。
 ここで勝つことにより、トランプ氏が今年の9月までの暫定大統領に就任する法的根拠が整います。

 これに関してですが、石川さんにワシントンからメッセージが届いたので、文字起こしをしました。


 ・・・<『石川さんの2021年2月21日の動画』の文字起こし開始>・・・

 2月19日の動画で、石川様がお伝えした内容は、真実です。
 トランプ大統領は、1月20日に軍に政権を一時的に移譲しました。
 その内容は、2月19日の動画で、石川様の説明どおり大統領選挙に外国勢力の干渉があった場合、その期間は60日間、一時的に軍に政権を移譲することになっています。
 ですから3月20日ではなく、21日まで時間はあります。
 今の新大統領と言われる人間は、正式に認定されていないので、エアフォースワンに乗れませんし、核のボタンの随行者も近くにいません。
 さて現状は、次に述べるとおりです。
 まずは、お金の話をしましょう。
 金融システムは量子コンピューターが、正式に稼働をしました。
 それにより、いつでもゲサラ法を発動できるようになっています。
 各国に資金解除をいつでも要請し、瞬時に解除できるようになっています。
 すでに各国の配り終わった資金は、こちらの指示で解除すればよい状態です。
 まずは政府の債務、つまり国の借金と言われるものが、すべて無くなります。
 その後の資金の分配方法は、どのようにするかは国により異なります。
 日本は3月中に、ゲセラを行うでしょう。
 皆様は心配されるでしょうが、日本政府が勝手に資金を隠したり、自分達政治家が使ったりはできません。
 そのように組み込まれていますので、ご安心下さい。
 我々は日本人を信頼し、大好きですが、日本政府やそこに関係する人々を全く信用していません。
 その前提でシステムは、作っていますので、安心して下さい。
 おそらく日本は、まず宣言後、1年以内に一時金を渡され、その後、ベーシックインカムの制度から、のちに正式な富の分配がなされるでしょう。
 これらの個々人に配られる資金は、皆様の本来の生まれた由来を思い出す時間を作る為です。
 精神性を高め、次の次元に上がってくれることを心から願います。
 次に今ワシントンになぜ多くの兵士がいたのか、そしているのかお話ししましょう。
 国会議事堂の最近の写真やホワイトハウスを上空から見られる方は、何が起きているのかわかるでしょう。
 議事堂の裏の方には、その地下部分を軍隊が掘った形跡が残っています。
 ブッシュ大統領の時に、命じて造らせた地下基地をトランプがホワイトハウスを去ってから掘り出し、ディープステートが今まで行ってきた所業を壊滅させました。
 そこには、いまだに多くの子供たちがいて、最後のアメリカにおけるディープステートの悪魔の巣を掘り起こしました。
 それらの状況をどうしても観てみたいといったトランプ氏やメラニア婦人は、途中から涙で最後までそれらの記録映像を観れなかったそうです。同時に怒りに震えていました。
 我々の持っているある機械により、世界中の地下基地がわかり、それらの一掃作戦は昨年10月にはいったん終わっていました。
 あと残りのわずかな世界中のおぞましいこれらの基地を壊滅させているところです。
 アメリカだけで子供の誘拐組織の主要な人間の逮捕は、1千人を超えています。
 もちろん前回お伝えしたように、日本にもありましたが、壊滅しています。
 我々の最優先は、これらの誘拐され地下に幽閉されていた子供たちをできるだけ助けることです。
 デクラスによりこれらのおぞましい所業が発表されるでしょう。
 その最後の作戦が終わるまでカウントダウンできるあと一歩まできています。
 これらに関わった軍の関係者の皆様には、感謝しかありません。
 さらに現状は、地球のほとんどすべての国々がゲサラ法を順守する方向に向かっています。
 全能の神は地球全体を光の存在に満たしたいようですので、2月16日にデクラスをする予定であったのを少し移動しました。
 もう少しで地球上が愛と光と平和に包まれだします。
 それは初めにお伝えした軍に政権移譲した日から60日以内に発動されます。
 いよいよ嵐がやってくる時期が近いです。
 皆様の存在が唯一無二の存在であり、自分自身が光であることを、どうか思い出して下さい。
 地球は宇宙すべての存在が気にかけてくれています。
 彼らは愛と友情をもって暖かく見守ってくれています。
 最後まで聞いてくれて有難うございます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんのように、石川さんの情報を、「荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論」と断じることは個人の自由です。
 石川さんの情報が本物かどうかは、3月21日までのアメリカの動向を見ていれば結論が出ると思います。



『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』から...2021年2月13日

 今、ホットな話題となっているアメリカの政治情勢ですが、私もなかなか始まらない緊急放送を待ちわびている一人です。
 吉田繁治さんは、最新のメルマガで、今アメリカでは軍事作戦が進行中であり、敵に手の内を見せるわけにいかないので、軍政がほぼ終わる3月4日まで、デクラス(秘密情報の開示)はないのではないかと言っていました。
 その部分を抜粋していみます。

 ・・・<『吉田繁治さんのVol.1137』のメルマガから抜粋開始>・・・

トランプ側は、鉄板の塀の中の議員(一説では共和党議員を含む67%)を、いつでも逮捕できるので、余裕をもっています。他方、DS側は必死に見えます。

トランプ側は、国民に「議会の酷(ひどい)い現状」を見せているのでしょう。米国は、1月20日から約20日間、不思議なパラレル・ワールドです。

◎トランプは、「軍事作戦は、事前に言うことはできない」としています。相手の反撃や逃亡もあるからです(バイデン側の少数の軍と衝突する内戦の恐れあり)。敵を油断させておかねばならない。軍の国家機密の解除があるのは、作戦が成就したあとでしょう。

まず地下洞の、児童の保護と末端の逮捕からです。これがスムーズに進んでいるので、国家機密の解除は、当分、ないでしょう。事実上の軍政の期限である、3月4日まででしょうか(議会の慣習)。児童の保護は、ほぼ終わったようです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 しばらくデクラス(秘密情報の開示)はない可能性があるので、今回の記事は一息ついて、佐野美代子さんの新刊本から、私が特に興味深く感じた部分を紹介させていただこうと思います。
 『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』(佐野美代子著、ヴォイス)の中で、佐野さんは3人の方のインタビューをされていますが、佐野さん自身一番面白いと感じたのがジーン・コーセンセイ(仮名)という人だそうです。
 私も3名の中で、一番ジーン・コーセンセイ氏のインタビューに惹かれました。
 今回は、そのジーン・コーセンセイ氏のインタビューの中から、私が特に面白いと思った3つの話題を紹介させていただきます。
 まず最初は、トランプ氏のアライアンス側とDS(ディープステート/カバール)の闘いが、いつ始まったのかという話題です。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p94〜p105から抜粋開始>・・・

 アライアンスの活動は20世紀初頭からはじまっていた

美代子 カバールが長年世界を支配してきたわけですが、アライアンス側がカバールを倒す計画は、いつ頃からはじまったのですか? たとえば、ケネディ大統領の暗殺は1963年ですが、その頃からカバールを倒す計画があったのでしょうか? というのも、あの暗殺の前後からアライアンス側が綿密な計画を立てはじめたような気がするのですが。

ジーン アライアンス側の活動は、正確に言えば1903年からはじまりました。これは壮大な計画です。ご存じのようにカバールには、世界中の人を奴隷にしたり、人口を削減したりする大きなアジェンダがあったので、それに対抗するためにはじまったのです。

美代子 そんなに前からだったとは、知りませんでした!

ジーン その頃から世の中がおかしいと気づきはじめた人が出てきたのです。その1人が、ハワード・ヒューズです。ご存じですか?

美代子 はい、知っています。

ジーン ハワードは、アメリカで最初の億万長者であり、石油王でした。彼は産業化が進む中で、政府との契約を結ぼうとしていましたが、どうしても上手くいきません。彼の製品の方が優れている上に安価なのにもかかわらず、契約を獲得しようとしても、なぜだか他の会社が契約を勝ち取るのです。そのことに理解に苦しんだ彼は、あることを思いつきました。彼は独身でハンサム、かつ裕福だったので、ガールフレンドにハリウッドの美女がたくさんいたのです。そこで、彼女たちを競合相手に向けてハニートラップ(色仕掛けによる諜報活動)の罠を仕掛けたのです。すると、しばらくしたある日、ガールフレンドのAさんが偵察から戻ってきました。Aさんは、ハワードと競合関係にあるお金持ちの男性と恋に落ち、2年間の付き合いを経て、結婚する話にまで事は進んでいました。

 悪魔的儀式を撮影して帰ったフィアンセの女スパイ

美代子 すごいですね。2年間という長期間に及ぶ、ニートラップの一大プロジェクトですね。

ジーン はい(笑)。すると、この男性はAさんのことを信頼していたので、自分が参加する悪魔的な儀式の場に彼女を一緒に連れて行ったのです。すると、その儀式には産業界の大物が大勢揃っていたのです。彼女は、スパイが用いる極小の録画用カメラを持ってその場に臨みました。

美代子 映画の『アイズ・ワイド・シャット(Eyes Wide Shut)』のような世界ですね。それに、そんなに前から、そのような高性能のカメラがあったのですか?

ジーン はい。そういう進んだテクノロジーは当時からあったのですよ。単に私たちに公開されていなかっただけです。たとえば、コンピュータ業界は、ここ20〜30年間で目に見えるほどの大きな進化を遂げていますよね。一方で、航空業界などは一見、何も進化していないように見えます。でも、何も進化していないように見えている、ということは、逆に新しいテクノロジーは公開されていなくて、誰かがそれを陰で独り占めしている、ということなのです。

美代子 それは言えますね!

ジーン さて、話を戻しましょう。そのAさんは儀式から戻ってくると早速、ハワードにこっそり自分が撮影してきた動画や画像を見せました。すると、ハワードはその内容の怖ろしさにパニックに陥ったのです。以降彼は、華やかな社交生活からすっかり遠ざかることになりました。同時に、あのような怖ろしいことをなんとかやめたい、と決意して信頼できる人と手を組むことにしたのです。その相手というのが、あのトランプの父親と祖父だったのです。また、彼らはニコラ・テスラとも付き合いがありました。

美代子 なるほど。ニコラ・テスラとトランプ家の人々がカバールを倒す計画があったというのは聞いたことがあます。

 闘いには周到な準備が必要だと学んだアライアンス

ジーン ちなみに、ラジオを発明したのはグリエルモ・マルコーニ(イタリアの発明家・起業家)といわれていますが、実はニコラ・テスラの発明です。電球もトマス・エジソンといわれていますが、ニコラ・テスラです。ジェネレーター(発電機)や交流送電もそうですし、あの時代に特許がある発明は、ほとんどがニコラ・テスラの発明なのです。また、反重力やフリーエネルギーに関するテスラのアイディアは、すでに1890年から1900年代の初めには、人類が月に行くための研究にも使われていました。そんなニコラ・テスラは、トランプ家と懇意にしていたのです。

 彼らはこの時、カバールの力が各産業の分野だけでなくマフィアにまで浸透し、あらゆる権力の上に支配を及ぼしていることに気づいたのです。そんな彼らに勝つためには綿密な計画が必要であり、本当に勝てる確信がなければ強敵との闘いには臨めない、ということも学んだのです。

 まず、彼らはジョン・F・ケネディと手を組みましたが、当時の彼らには、まだケネディを暗殺から守る術も、彼の弟のロバートも守れるだけの力もなく失敗に終わりました。そこから時間をかけて、レーガンを大統領にしましたが、まだまだ大統領の命を守る力は十分ではありませんでした(1981年にレーガン大統領は銃撃を受ける暗殺未遂事件に遭遇)。とにかく、大統領が完全に安全であることを確認できないと、カバールを倒す計画は実行できないことがわかったのです。

美代子 裏ではそんな計画がはじまっていたのですね。

ジーン はい。そこから彼らは、サテライトや監視などのテクノロジーに加えて、世界中のすべての情報をカバーする技術を手にしました。たとえば、「〇〇を暗殺する」いう情報が出てくると、その情報をすぐにモニターできのです。そして、その事が起きる前に対策が立てられるです。

 実はドナルド・トランプという人は、生まれた時から大統領になるように仕込まれてきました。アライアンス側のトップは、ずいぶん前から彼にアプローチをしてきたのですが、その計画を嗅ぎつけたカバールが、その計画を壊そうとアライアンス関係者の乗っていた飛行機を墜落させたこともあります。けれどもある時、とうとう「今、行動しないと、カバールが世界を完全に支配してしまう!」という時期がやってきたのです。

 ヒラリー政権になると核戦争が計画されていた

美代子 それは、どのようなことだったのですか?

ジーン ヒラリー・クリントンが2016年の大統領選に勝った暁には核戦争を起こす、ということがわかったのです。CIAは独自の核を装備した潜水艦や、核弾頭を積んだ潜水艦を所有していますが、その核弾頭には、自国ではない国の偽物の署名がついています。つまり、イギリス製、フランス製、イタリア製、韓国製、中国製などの署名がついているのです。これがどういうことかと言うと、たとえその核をCIAが使用したとしても、署名のある国のせいにできるのです。カバールはこれによって、すべての国を戦争に巻き込む計画でした。

 そしてそのために、「MKウルトラ(1950年代からはじまったCIAが行った人間の洗脳実験のコードネーム)」に参加した人たちが世界中に散らばっていたのです。そして、核爆発が起きたら、彼らはすぐに暴動を起こせる準備もできていました。一般の人々はすでに建設されていた強制収容所に収容されることにもなっていました。もちろん、本人たちは地下に逃げ込みすべてが終われば地上に出てくる、というシナリオです。そこで、アライアンス側は「もうこれ以上、待てない!」とトランプを説得したのす。

美代子 そうでしょうね。ヒラリーが大統領になって核戦争を起こすという計画や、全米にあるスーパー・マーケットのチェーンの「ウォルマート」が閉鎖された跡地が「フィーマキャンプ(FEMA camp)」という強制収容所に作り替えられていた話もありましたからね。また、街で暴動や乱射、放火をしているのは、MKウルトラで洗脳された人だとも聞いています。でも、トランプが大統領になった頃からQも登場してきて、流れ的にもアライアンスが勝っていると感じられるようになってきましたね。

 掲示板サイトで質問だけを問いかけていたQ

ジーン はい。でも、多くの人はご存じないでしょうが、Qが最初に登場したのは2014年です。最初はネットの「4chan(4チャンネル:英語圈に向けた掲示板サイト)」に登場してきて、毎日、いろいろな質問をしていました。彼らは、常に質問だけを書き込んでいたのです。私は彼らからの質問を見た時に、「このような質問をする人はそれが誰であれ、きっとすごい情報を持っている人だ」とわかりました。

美代子 2014年からなのですか? どんな質問をしていたのですか?

ジーン たとえば、「人類が初めて月に行ったのはいつ? 1904年? それとも1969年?」「その際には、反重力のテクノロジーを使った?」「反重力は1894年からあった?」「ダークフリートとは何?」など、本当にわずかな人しか答えを知らないような質問を書き込んでいましたね。他にも、月や火星にある基地の名前なども質問していました。また、タイタニツク号が沈没した件についても、「沈没したのはタイタニツク号? オリンピック号ではないの?」などからはじまり、「沈没の原因は氷山に当たったから?」「魚雷とか潜水艦だったのでは?」など、普通なら知らないようなことを質問していたので驚きました。

 しばらくすると、そのような投稿はなくなりましたが、2017年に再びQは登場しました。トランプ大統領が政権を握ると、今度は、「4chan」だけでなく、「8chan(8チャンネル:アメリカ向けの画像掲示板。現在は「8kun」変更)」に登場します。時間を経てQの情報は、より複雑で洗練されたものになりはじめ、以前のように質問を繰り返すだけではなく、次第に動画や写真なども掲載されるようになってきたのです。

美代子 Qの歴史を教えていただき、ありがとうござす。そういえば、タイタニツク号の沈没に関しては、確か、連邦準備制度が制定されることと関係があったのですよね。

ジーン はい、そうです。タイタニツク号に乗っていたジェイコブ・アスター(実業家・陸軍軍人)他、大富豪の数名は、連邦準備制度が設立されることに反対でした。そこで、タイタニツク号が建造されている間、タイタニック号と見間違えるほど瓜二つのオリンピック号が造船所に運ばれてきたのです。そして、オリンピック号の船体にタイタニック号という名の溶接がされました。実は、もともとオリンピック号の船の後ろ側は破壊されていたのですが、船内の設備などは、すべて新しいものに変えられました。その上で、JPモルガンはタイタニツク号に保険をかけて、その船が沈んだら大金が入るようにしておいたのです。そして、彼らは処女航海に連邦準備制度に反対していた富豪たちを招待したのです。

美代子 その直前に、JPモルガンは乗船をドタキャンしていたので、その話はやはり本当なのですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 数年前のベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに、上記引用文とシンクロする話がありました。
 ヒラリー大統領が誕生すれば第三次世界大戦は避けられないと危機感を抱いた米軍(アライアンス)は、(最後の手段として)クーデターを計画していたといいます。
 そこで、DSを倒すという彼らの計画にトランプ氏が共鳴し、大統領選に出てくれる約束をしてくれたそうです。それでクーデターを思いとどまったといいます。
 これが事実だとすれば、2016年の大統領選挙こそ、人類にとって分水嶺だったことになります。
 今はその仕上げをしているというところでしょうか。

 1月20日の大統領就任式の前、軍事的方法しか手段が無くなったトランプ氏に対し、今後の展開はトランプ氏が米軍をコントロールできるかが鍵といったユーチューバーが何人かいました。実際には、米軍(アライアンス)がトランプ氏をバックアップして大統領として推したわけで、そうした心配は杞憂だったことになります。

 では次に、9.11に関する話題を紹介したいと思います。
 当HPの2020年12月14日の記事「『真実はここにある!』から」に、FBI捜査官だったジョン・デソーザ氏がツインタワーの残骸を調べても、飛び込んだはずの飛行機の破片が全く見つからなかったという話が載っていました。
 その理由をジーン・コーセンセイ氏が述べています。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p138〜p143から抜粋開始>・・・

 ツインタワーに突撃する旅客機は「ブルービームテクノロジー」で演出

ジーン ええ。また、特殊部隊が殺害したオサマ・ビン・ラディンについてですが、公式に発表された時点で、すでに死後2年が経過していました。当然ですが、彼は9.11でタワーを攻?した本人ではないですし、世界貿易センタービルのツインタワーに突?した飛行機も実際には存在していません。それに、ペンタゴン(国防総省)のように、この地球上で最も外部の攻?から厳重に守られている施設をどのようにしたらアタックできるのでしょうか? ペンタゴンには民間旅客機の羽が当たった跡もないですしね。

美代子 本当に、この一連の9.11に関しては、子どもでもインチキとわかる事件でしたね。

ジーン ツインタワーのビルが倒壊する時のスピードも速すぎますしね。というのも、旅客機のエンジンが爆発する時の温度と、ビルのスティール(鋼鉄)が溶ける温度は違うのです。また、旅客機はアルミニウムで、ツインタワーの方はスティールとコンクリートでできていますからね。硬度もまったく違います。

 私は個人的に複数の人から、直接、この日に起きたことを聞いていますが、そのうちの1つにはこんなエピソードがあります。その当日の朝、ツインタワーに掃除に来ていたある男性が、朝のコーヒーを飲んでいたら、地下で何か爆発が起きたような揺れが起きたのがわかり、その振動でコーヒーカップが倒れたそうです。そこで、あわてて何が起きたのかと地下に駆け降りてドアノブを触ったら、手に大やけどを負ってしまった、とのことです。そこで、急いで911(警察・消防・救急につながる緊急時電話番号)に電話をしようとしていたら、今度は続いて上階で爆発が聞こえたといいます。

 また、別の人の話ですが、その人はその日の朝、ツインタワーのすぐ隣のビルにあるカフェでコーヒーを飲んでいたそうですが、飛行機が近くに飛んできたような音も振動もまったくなかった、と証言しています。つまり、飛行機は上空に飛んでいなかったのです。あの日、皆がTVで見た飛行機はCG(コンピュータグラフィック)のイメージとホログラムを合わせたものです。いわゆる、「ブルービーム」というテクノロジーを使ったものです。空などに大きなスケールでホログラムを映し出せるテクノロジーです。

美代子 「プロジェクトブルービーム」ですね。かなり本物に見えますね。でも、あの動画をスローモーションにして見れば、本物の飛行機でないことはわかりますよね,

ジーン はい。動画の種類によっては、ビルの反対側に旅客機の頭部が突き出しているものもあります。要は、旅客機がビルを貫通しているのですが、そんなことは実際には不可能なのです。

美代子 それに、3機目としてペンシルベニア州のピッツバーグ郊外のシャンクスヴィルに墜落した旅客機も残骸がなかったですよね。ペンタゴンに激突したのは小型ミサイルみたいでしたけれど。

ジーン 過去において、NYのエンパイア・ステート・ビルディングにも飛行機が衝突したことがありますが、このビルは今でも倒壊していません。マレーシアにもツインタワーと同じような高層ビルがあり、同様に飛行機が衝突したことがありますが、その事故ではビルは何日間も燃え続けたのに、ビル自体は今でもきちんと建ったままです。

 乗客たちの多くは地下で生きている

美代子 9.11に関して、旅客機の乗客が家族に電話をかけていますが、あの高度からは携帯はつながらないので、すでに別の場所に連れて行かれていた乗客たちは、そこから電話をかけたのでしょう。それにしても、9.11の時の旅客機や失踪したマレーシア航空機の乗客たちが、結局、どこへ消えてしまったのかが気になっていたのですが、どうでしょうか。多分、米軍の地下基地へ連れて行かれたのですよね? 乗客たちが無事ならいいのですが……。

ジーン 彼らは生きていて、すでに多くの人が地下基地から救出されていますよ。

美代子 本当ですか!? よかった! では、乗客たちは殺されてはいないのですね?

ジーン 全員は殺されてはいないです。でも、生存できている人たちも、心身共に傷を負っていますから、彼らを癒すのには相当時間がかかるでしょう。

美代子 そうでしょうね……。彼らにしてみれば、なんて怖ろしい体験だったのでしょうか。それに、世の中の人が真実を知らずに、自分たちが地下で生き延びてきたことに気づいてもらえていないのですから。地下から「助けて!」と叫びたかったでしょうね。

ジーン 本当にそうですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、私自身が大いに興味があるETに関する話題です。
 私達の目に見えるのはアライアンスとDSの闘いですが、私は、その上にはポジティブとネガティブのET達の闘いがあると思っていました。
 そうしたET達の話が語られていて、面白いです。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p111〜p117から抜粋開始>・・・

 神に罰せられた邪悪なエイリアン

美代子 そうなのですね! そんな体験が今の活動に対する強い動機につながるわけですね。でも、レプティリアンの中には善良な部類のエイリアンもいますよね?

ジーン はい。当然ですが、エイリアンは光と闇と両方に存在しています。たとえば、爬虫類系のレプティリアンは闇の側ですが、「ドラコニアン(爬虫類系の特徴を持つが龍族系のエイリアン)」の場合は、すべてが悪魔的な存在であるとは限りません。ドラコニアンの世界にはカースト制が敷かれていて、インドはそれを真似して、自分たちの社会にもカースト制を作りました。

 また、ドラコニアンの中には180メートル前後の巨人もいますが、ドラコニアンの中でもアルファ・ドラコニアンと呼ばれる存在は、3.6メートルくらいの低身長です。彼らは人間の子どもを食べたがるような邪悪な存在です。さらには、多くのドラコニアンは自由に飛び回ることができますが、アルファ・ドラコニアンは飛べません。彼らは支配欲が強く傲慢な存在だったことから、神に罰せられて多くの能力を失ったのです。

美代子 神様は邪悪なエイリアンたちに対して、そのような制裁を加えているのですね。

 カバール側のエイリアンVSアライアンス側のエイリアン

ジーン はい。また、多くの人がご存じの「グレイ」という種族がいますね。基本的に、彼らはクローンから成る存在です。頭は大きくヒップは小さいです。クローンなので、人間のように子どもを子宮から産むことはできません。グレイはもともと、私たちのようなヒューマノイドと昆虫型の存在からの掛け合わせのハイブリッドです。背が低くて真っ黒の目、大きな頭で細いヒップ、というのが彼らの特徴ですね。また、「メイトリー」と呼ばれる存在もいて、他の種族よりもテクノロジー的に進化していますが、邪悪な存在です。さらには、「ドルサイ」という種族もいます。彼らも進んだテクノロジーを所有していますが、悪意に満ちていて残酷です。他にもたくさんのエイリアンがいますが、これらが代表的な闇側のエイリアンですね。
 あとは、「ラプター」という存在もいます。彼らはもともと地球にいた種族ですが、闇の側から光の側に変わりました。なせかというと、彼らが未来を透視したときに、光の側に変わらないと自分たちが存続できないことを知ったからです。もともと彼らは、人間を食べるようなダークな種族でしたが、今ではそういう行為はやめて人間の味方になりました。銀河にはすべてを統括する「銀河連盟」もありますね。連盟には5つの評議会がありますが、そのうちの1つには人類を助ける「アンドロメダ評議会」があります。人類の方もすでに宇宙へ出て行っていますが、すでに宇宙を旅した人が人類を助けるために、これらの悪魔的種族と闘っています。

美代子 その他、人類の味方には「プレアディアン(プレアデス人で美を愛し平和を好む)」「アークトゥリアン(アークトゥルス出身で青い肌が特徴、精神性が高い)や「ノルディック(ヒューマノイド系に近く金髪、白い肌、青い目の存在)」などがいますよね。

ジーン はい、ノルディック、アークトゥリアンなどは、ドラコニアンよりもはるかに進化しています。また、レプティリアンの中にも、アルファ・ドラコニアンによりすべてを破壊されたので、地球で人類を助けているグループもいます。彼らはパラレルユニバースから来ていて、自分たちを破滅に追い込んだアルファ・ドラコニアンが嫌いなので、彼らを地球から追放したいのです。こんな感じで、今、たくさんの種族が人類をサポートしています。彼らの助けがないと、私たちは到底、カバールとは対抗できません。

 人類は奴隷として5億人だけ残しておく

美代子 たくさんの存在がいて心強いです。このあたりの情報には私も興味がありました。ちなみに、地球外の存在たちは、いつ頃から人類をサポートしているのですか?

ジーン ナチスがグレイやドラコと条約を締結していたことを考慮すると、すでに1930年頃から地球外のテクノロジーは人類に提供されていたようです。第2次世界大戦以降、ナチスはドラコニアンのサポートを行っていましたが、彼らは技術提供を受けたお返しに、ドラコニアンが銀河系を侵略するための「ダークフリート(ドラコニアンをサポートするためにナチスが運営する闇の艦隊)」を贈りました。その見返りにナチス側は、さらに新たなテクノロジーを入手しています。1946〜1947年の「ハイジャンプ作戦」でナチスが米軍に勝てたのは、その時にもらったテクノロジーがあったからです。

美代子 表向きの戦争ではナチスはアメリカに負けたわけですが、実際には裏の戦争では彼らは勝っていたのですね。

ジーン そうとも言えますね。また、彼らはアメリカに来た時点で名前を変えていますが、あのブッシュ家で言えば、パパブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)の父親であるプレスコット・ブッシュはナチスの一員でした。実は、ヒットラーは南極に逃亡しましたが、他のナチスのトップの多くは南米に行きました。アメリカに来たナチスには、「MKウルトラ」プログラムのグリーン博士とか、強制収容所で人体実験をしてきたジョセフ・メングラーなどがいましたね。

美代子 こういったナチスのトップは、人間と宇宙人のハイブリッドだったりするのですか?

ジーン カバールを構成する13家のファミリーのうち、ナチスはそのトップ5のうちの1つです。そのナチスを動かしているのは、「ケインの血族」といわれていて、アルファ・ドラコニアンの血が流れているファミリーであり、そのほとんどがもともとは人間ではありません。

美代子 やはり、そうなんですね。秘密結社の洗脳から解かれたアリゾナ・ワイルダーの証言などにも、実際に政治家や王族たちがシェイプシフト(姿形を変えること)をしたような話などもありますしね。

ジーン はい。とにかく、カバールは人類を奴隷として使うために、全人類から5億人だけを残して後は殺す計画にしていました。それこそ、まさにネガティブなエイリアンのアジェンダですね。

美代子 そのために戦争、人工地震やハリケーン、ケムトレイル、遺伝子組み換え、パンデミックやワクチン、5G、暴動、森林火災などを起こすアジェンダがあったわけですから。許しがたいです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 第二次世界大戦当時、ナチスがETの協力を得てUFOを作ったという話は、『ありえない世界』(Dr.マイケル・E・サラ著、ヒカルランド)に詳しい経緯が載っていますので、興味のある方は読んでみて下さい。
 その本を元に、以前、当HPで第二次世界大戦直後に、南極でアメリカ軍とUFO軍が戦った「ハイジャンプ作戦」の様子を紹介したことがありました。

 上記引用文で、エピソードを思い出したので紹介させていただきます。
 コーリー・グッド氏がニューヨークの地下で、キッシンジャー氏の導きで会合を持ったETは、アルファ・ドラコニアンだったという話を記憶しています。身長が3.6メートルというので、たしかその位だったと思います。怪物のような風貌だけでなく、強力な思念エネルギーを送ってきて、コーリー・グッド氏は、あんな怖い思いは二度としたくないと言っていたという話です。

 あと、ネガティブからポジティブに変わったラプターですが、どこで読んだ話か忘れたのですが、微笑ましいエピソードがあります。
 ラプターは、人間と同じくらいの身長で、小型の恐竜のような風貌をしているそうです。ラプトルのような感じかもしれません。
 そのラプターが、映画『ナイトミュージアム2』に友情出演していたらしいです。この映画は、博物館で夜になると、人間や動物の展示物が命を吹き込まれて動き出すという映画なのですが、ラプターは古代の恐竜が動き出すというシーンに出演したらしいです。
 もちろんノーメイクです。
 さそがしリアル感があっただろうと思います。



ネサラに関するおとぎ話...2021年2月5日

 2月3日、石川新一郎さんにワシントンから届いたとされる3通の封筒のうち、1通目が開封され中身が開示されました。

https://www.youtube.com/watch?v=iBqV8ZKeT_U

 もちろん、本当にワシントンからなの? という疑問をもたれた方もおられると思いますが、ここでは一応、トランプ前大統領の傍で、これからの大改革のスケジュール管理をしていたNSAの一部の職員による情報開示であるということを前提として話を進めたいと思います。
 なお、2通目は3月に、3通目は5月に開示されるとのことです。

 動画では、1通目の開示の前にワシントンから前説のようなメッセージが石川さんに届き、それを読まれているので、その文字起こしから紹介します。
 ()内は私の注釈です。


 ・・・<石川さんの動画「ワシントンメッセージそして第1回目の封筒開封です」の文字起こし開始>・・・

 我々はこれから始まることに関して、貴方(石川さんのこと)を通じてなるべく多くの方に、概略を耳に入れておいてほしいと思い、今回重要なポイントのみ公開することに致しました。
 ある程度公開しても安全な時期にきたということ、今後の動きにDSが邪魔できないこと、これらが前提条件であり、それらが整ったということです。
 まず初めの内容は、デクラスつまり秘密情報開示が行われます。
 それは世界200の国以上に放送される予定で、世界中のできるだけあらゆる人々に視聴していただきたいと思います。
 その内容は、デクラスで発表されるので、それをご視聴下さい。
 さらに、ほぼデクラスと同時に行われる予定ですが、ゲセラ法を次に発表します。
 今までの市場(地上?)を根底から変えるシステムで、それは経済のみではなく、立法、司法を含めあらゆる政府や公共機関が本来のそこに住む人々の為のものになります。
 我々は量子コンピューターを使い、誰もハッキングできない金融システムを取り入れました。
 そして紙幣は金(キン)本位制に立ち返ります。
 地球上にある金、銀、銅、プラチナなどの埋蔵量を試算した中で、本来の地球資産を計算し、とても多くの資産が人類のものであること。それらを前提にして莫大な資産が解放されるでしょう。そして、このゲセラに則っとり新たな地球の歴史が始まります。
 そして中央銀行の役割も近い未来に終わるでしょう。
 今回はこのゲサラの20項目の基本情報を公開します。
 今回の内容はアメリカのゲサラ法ですが、これを基本として、順守して各国がそれぞれのネサラをアメリカの次にそれぞれ発表します。
 日本ももちろん今月、来月の早い時期に日本としてのネサラ法を発表するはずです。
 日本はおそらくベーシックインカムのシステムから取り入れていくと思います。
 それにより、120日以内に議会選挙を確立し、決定しなければならないのが条件ですので、問題のある議員を再選できないようにすることは、選挙権を持っている皆様の仕事です。
 ゲセラに関しては、皆様はどこかで勉強されたと思いますが、正式にこれが発表されることをここでお伝えします。
 ゲサラは人類の持つ本来の根源的な自由を尊重する国でなければ発動できません。
 つまり、社会主義国家である共産国や全体主義国家、独裁国家はこの枠組みには入れません。
 これから始まることは、大いなる神の意志に基づいたものです。
 何度も何度も挫けずに諦めずに機会を伺い、やっとここまでたどり着きました。
 あやうくオバマ、ヒラリーの辞令で内戦や核戦争、NWOによる人口削減が始まるところでしたが、回避できました。
 オバマは現役の大統領であったときに、広島に行き、原爆による悲惨な状況を見たはずです。
 彼の心には、次のフレーズが心に響かなかったのでしょう。
 「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」
 それでは、今月のどこか近いうちに皆でトランプ大統領にお会いしましょう。
 そして来月以降には、ジュニアの名前が取れたジョン・F・ケネディに会うことができるでしょう。
 今後、今まで亡くなっていたと思われていた多くの人々が表に現れます。

 地球のアライアンスより。

 ・・・<終了>・・・


 当HPを昔から読まれている訪問者の方はご存じだと思いますが、、私はゲサラ/ネサラに興味があり、何年も前から少しづつ勉強していました。
 ケイ・ミズモリ氏の著書『世界を変えるNESARAの謎』(明窓出版)や、ネサラに詳しい人のセミナーや動画などで、知見を得ていました。
 ただしそれらが正しい情報かはわかりません。
 ゲサラ/ネサラに関しては、世に出てきた当初から秘密にされ、その詳細は隠されてきたからです。
 ですから、これから話す私の話は、あくまでも「おとぎ話」として聞いていただければと思います。

 まず前提として、そもそも日本がネセラ法を採用するのかという問題があります。
 私が聞いた話では、2018年11月30日〜12月1日にアルゼンチンのブエノスアイレスが行われたG20会議において、当時の首相、安倍晋三氏が日本がネセラ法に参加する調印をしたそうです(あくまでも未確認)。
 これが事実なら、日本は(建前は)共産主義国家、全体主義ではないので、世界で200余の国が参加するネセラ法を施行する国の一員となります。

 上記のメッセージには、私が知らなかったことが色々ありました。
 まず、日本のネセラ法ではベーシックインカムが導入されるという話です。
 日本でベーシックインカムを提唱したのは、私の記憶では竹中平蔵氏が最初です。竹中平蔵氏は、どうみてもDS(ディープステート)側の人間にしか見えないのですが、竹中氏は政府中枢で議論されているベーシックインカムの話を聞いて情報を流したということでしょうか。
 しかし竹中氏が言っているような一人月7万円という数字はないと思います。都会に住んでいれば、7万円は家賃で消えてしまいます。具多的な数字を聞いた記憶はありますが、ここでは書かないことにします。おそらく、現在の生活保護にレベルよりずっと多い額になると思います。

 あと、トランプ元大統領が今月中に登場するという話なので、3月4日にトランプ氏がアメリカ共和国の第19代大統領として暫定的に就任するというスケジュールは変わっていないのかもしれません。実際には、ネサラ宣言後120日以内に選挙が行われるので、そこで改めてトランプ氏が大統領、ジョン・F・ケネディ氏が副大統領候補として立候補するのでしょう。

 では、石川さんが発表したアメリカのネサラ法の20項目の文字起こしです。


 ・・・<石川さんの動画「ワシントンメッセージそして第1回目の封筒開封です」の文字起こし開始>・・・

1.違法な銀行および政府による活動に由来する全てのクレジットカード、抵当、銀行債務の取り消し。
 多くはこれを“ヨベル/大赦”、あるいは安全な債務免除と呼んでいる。

2.所得税の廃止。

3.国税庁の廃止。国税庁の被用者は米国財務省の国内売上税部門に異動する。

4.政府の歳入となる日常不可欠ではない新品のみ課される一律17%の売上税の創設。言葉を変えれば、食料品と薬には課税されない。また中古住宅のような中古品には課税されない。

5.お年寄りの社会保障給付の増額。

6.法廷と司法の憲法への回帰。

7.改変された称号および貴族階級の元来の状態への復帰。

8.GESERAの公式発布後、120日以内の大統領および議会選挙の創設。
 暫定政府は非常事態を収拾し、憲法に則った法制下に復帰する。

9.選挙の監視と特定の圧力団体による非合法な選挙活動の防止。

10.金、銀、プラチナといった貴金属に資産担保された米国虹色通貨の創設。
 フランクリン・ルーズベルトによって1933年に開始された米国の破産様態の終結。

11.米国運輸局による家畜資産債権としての米国出生証明記録の売買の禁止。

12.憲法に則った米国財務銀行システムの開始。

13.連邦準備銀行制度の廃止。
 連邦準備銀行発行の紙幣が金融システムから完全に排除されるまでの一年間は、移行期間に限って連邦準備銀行制度は米国財務省の補助的手段として運営される。

14.金融上のプライバシーの回復。

15.憲法の下でのすべての裁判官と弁護士の保持。

16.世界各地における米国軍隊の侵略的活動の中止。

17.世界全体における平和の達成。

18.人道目的のために集積された莫大な額に昇る前代未聞の資産の放出。

19.安全保障上の理由という見せかけの理由によって公開を制限された六千以上にのぼる特許技術の利用可能な状態での公開。
 これらの技術にはフリーエネルギー機器、反重力技術、音波治療機器などが含まれる。

20.現在および将来にわたる地球上でのあらゆる核兵器の廃絶。

 ・・・<終了>・・・


 これはあくまでもアメリカ国内で実施されるネサラ法です。
 それゆえ、憲法も違う日本では、この通りになるわけではないと思います。ただし、「ネサラ法に準拠」ということなので、非常に似た形になるのだと思います。

 この20項目について、少しコメントしたいと思います。
 (1)ですが、これはあくまでも銀行債務の取り消しです。例えば、友人知人に借りたお金がチャラになるわけではありません。また、銀行だけか、消費者金融やカード会社などのノンバンクはどうなるのかという話が湧いてきそうですが、詳しいことはわかりません。ただし学生ローンは、アメリカでどんどんチャラになっているそうなので、日本でも期待できるかもしれません。
 (2)はアメリカの特殊な事情があるようです。
 アメリカの憲法では所得税は禁止されているそうです。これまでアメリカ人は知らずに所得税を取られていましたが、それは実は憲法違反であったといいます。
 (2)〜(4)でわかることは、アメリカでは、所得税も含めあらゆる税を廃止し、17%の売上税のみとなるということです。
 ケイ・ミズモリ氏の著書『世界を変えるNESARAの謎』では、14%となっていました。
 これは「BBニュース」さんも言っていましたが、ネサラが提唱された20年前ほどの状況が、今では少し変化しているということでしょう。
 さて、日本ではどうなるでしょうか。
 所得税はもちろん、相続税、譲渡税、不動産取得税、自動車税、酒税、タバコ税、ガソリン税などたくさんありますが、アメリカと同じようにすべてを廃止して売上税のみとなるでしょうか。政府には、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 (10)は、金本位制のドルを新たに発行するということでしょう。
 これをトランプドルという人もいます。気になるのは、現在の旧ドルと新ドルとの交換比率です。最悪、交換しない踏み倒しが起きると想定もできますが、私はトランプ氏はそんなことはしないと思っています。1対1かどうかはわかりませんが、貿易の決済通貨として旧ドルを貯めこんでいる世界各国の政府が納得するものとなるだろうと思っています。
 私が非常に気になるのは、金本位制を支える金(キン)の価格です。
 公式にはこれまで採掘された世界の金の総量は19万トン(国際基準プール約4杯分)となっていますが、私はそんなに少ないはずがないと思っています。
 50万トン〜100万トンの間の数字ではないかと思っています。
 というのも、表に出てきていない(流通経路に乗っていない)莫大な量の金があると思っているからです。
 例えば、アジアの古い王族が所有する金などです。
 そのアジアの王族の金が、今回の世界的な金融リセットに協力する為に放出されたという話があります。私は、これは事実ではないかと思っています。
 そうでなければ、今の時点で新ドルは金本位制にするといったことは言えないはずだからです。
 吉田繁治さんは、新ドルを金本位制にする為には、アメリカはこれから3万トンの金を貯めこむ必要があると言っています。それゆえ、アメリカはこれから数年かけて金を調達する必要があるので、これから金は低い価格に抑えられるのではないかと言っています。これは、公式なアメリカの金の保有量が8134トンという前提に立っているからです。すでにアメリカは、3万トンを超える金を保有しているならば、いまさら金を集める必要はありません。

 世界各国の中には、金の保有量が少なく、その国に通貨を金本位制にできないケースもあります。
 それゆえ、その国のあらゆる資産を金の価格に置き換えて、通貨の発行量を決めると言われています。(この話は以前にもしましたが)その国が持つ地下資源(貴金属、レアメタル、石油、天然ガス等々)や、農地、その他の天然資源(水、観光資源など)などの資産。さらに優秀な工業製品を生み出す生産能力や、農業技術なども計算に入れます。
 すでに、こうしたトータルな資源を金の価格に置き換える計算式は出来ているという話です。
 そうして割り出した価格に倍率(数十倍〜100倍)を掛けた金額までの通貨の発行を認めることになります。
 こうすれば、今のような何の価値にも裏付けられていない不換紙幣(フィアット・マネー)でなく、その国の資産に基づいた紙幣となり、きちんとした裏付けのあるお金となります。
 こうした作業を行えば、世界各国の為替レートは現在のものとは全然違うものとなります。
 これがRV(リバリュエーション)と呼ばれる通貨評価替えです。

 予想されていることは、ドル、ユーロ、スイスフラン、円、カナダドル、オースラリアドルといった貿易の決済通貨として使われていたものは、その価値を減らすことになります。なぜなら、その国の資産以上に発行されていたからです。
 逆に、内戦やその他の諸事情で、その国の資産よりはるかに低く評価されていた通貨の価値は上がることになります。
 その代表格が、イラクのディナール、ベトナムのドン、インドネシアのルピアだと言われています。ただし私は投資を勧めているわけではありません。これらの国がRV/GCRを期に新たな通貨を発行し、旧通貨と交換しないというリスクもあるからです。さらにイラクディナールに関しては、詐欺がありました。ネットで調べれば、すぐに出てきます。あるいは偽札をつかまされるリスクもあります。それゆえ、どうしても投資したいという方は、自己責任でお願いします。

 さて気になるのは、新ドルと金の関係です。
 いかなる設定がされるのでしょうか(もう決まっていると思いますが)。
 1971年8月のニクソン・ショックによりブレトン・ウッズ体制が終了しましたが、それまでは1トロイオンス(約31g)が、35ドルでした。現在は1トロイオンス、1800ドル前後です。
 私の勝手な予想ですが、現在の価値の5〜10倍にはなるのではないかと思っています(もっと上がるという人もいます)。
 リンウッド弁護士は、「いまは金、銀、不動産に投資するいい機会」と言っていましたが、ひょっとするとリンウッド弁護士は、新ドル下の金価格を知っているのかもしれません。

 私が楽しみでならないのが(19)です。
 これまでDSによって封印されていた夢のような技術が公開されるといいます。
 特に私が注目しているので、メドベッドです。
 あらゆる病気が治るだけなく、若返りが可能だといいます。
 以下は、メドベッドを紹介した動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=3XMGIctrE24

 この動画では50歳若返ると言っていますが、私が聞いたのは30歳若返るという話です。
 50歳でも30歳でも、若返るというのは魅力です。
 このメドベッドはすでに日本に到着していて、表に登場するのを待っているという話もあります。

 いろいろ書いてきましたが、おとぎ話にお付き合いいただき、ありがとうございました。



デクラス(機密解除)の予告編の動画...2021年1月28日

 今日(1月28日)の昼のNHKニュースで、菅総理とアメリカのバイデン大統領が電話会談を行ったと報道していました。
 日本政府も大手マスコミも、当然のようにバイデン氏がアメリカの大統領であるとして行動しています。
 しかし私は、もうしばらくすればバイデン氏にはアメリカ政府を動かす実権はなく、現在は軍事政権となっていることを認めざるを得ない状況になると思っています。
 その一つの表われとなるのが、デクラス(機密解除)です。
 早ければ2月、遅くても4月までにはアメリカでデクラス(機密解除)が行われると思っています。

 そのデクラスに関して、吉田繁治さんから予告編の動画があるというメルマガが来たので、今回はそれを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「ソ連崩壊に類似する、米国のトランプ革命」(1月25日)から抜粋開始>・・・

■1. 2017年1月の就任以来、
トランプは次々に、世界の大統領と首相を屈服させてきた

以下は、主流派メディアが、全く、報じてこなかったことです。

【国際的な指導者たち】
2017年1月の大統領就任以来、2020年9月までの3年8か月、
トランプは、次々に、
・世界の大統領と首相、
・宗教的指導者、
・多国籍企業のCEO、R家の金融エージェントを、屈服させています。

トランプの武器は、NSA(国家安全保障局)にファイルされた「機密情報と動画」でした。武力は使わず、世界の多くのトップが犯してきた「死刑に相当する重大犯罪の数々」を暴き、犯行が映ったDVDを相手に渡すことによって、でした。

多くの犯罪を行ってきた、世界のトップたちは、抵抗することなく屈服したのです。トランプは、物理的な戦争ではなく、犯罪情報を使いました。欧州の宗教的指導、王家と貴族、政治家、国際金融資本、多国籍企業のCEOたちです。

相手が、その内容を公開することができない重大な犯罪であるため、主流派メディアは、それを知ることなく、報じることはできなかたのです。任期中の約3年で、トランプに反抗する世界の政治的トップは消えました。

この間トランプは13回の暗殺未遂を受けたという。ドルの通貨システムに手を付けたリンカーンと、FRBではなく政府通貨を作ったケネディは、暗殺されています。理由は、R家の通貨発行利益を阻害するからです。

犯罪の中身は、「この世のものと思えない、おぞましいもの」でした。全部が、世界で100万人(米国内で80万人:平均年齢13歳)とされる児童誘拐と、麻薬的な医薬(アドレノクロム)に絡むものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0

以下の3つの動画に概要が収録されています。Qアノニマスの組織(時機が来るまで名前を明かさない匿名のQの意味)が編集したものでしょう。

本稿では、今後、順次、世界にショックを与えないため、ゆっくりと時間をとって、暫定軍事政権下で行われる「デクラス(DE-CLAS:機密解除)」の概要を示すものです。2021年1月まで、21年間密かに、しかし、綿密に実行のタイムライン(時間割)が準備されてきた戦略です。

なおこれと同じ詳細情報は、NSA(国家安全保障局)が、公式のファィルとしてもっています(20万ページの極秘ファイル)。

極右の暴力集団という汚名を、主流派メディアが着せていてQアノンは、政府のNSA(国家安全保障局)の別動隊であったことも、明らかにされると考えています。

以下の3の動画です(それぞれ30分×3本)
多くの人が、「信じられないというショック」を受けるでしょう。

心の準備ができていない人は、2月からの、軍事暫定政権からの、公式なデクラスを待ってください。

この3本は予告編にあたるものす。
日本語の字幕がついています。

これを見て、「認知の不協和」、つまり、これは真実だったかもしれない、しかし真実とは思えないという心理の分裂を起こさように・・・(老婆心)

▼トランプの機密行動のビデオレター(2017年〜2020年6月)
「世界では、隠された、何かが起こっている。それは、メディアから得るのではなく、自分の目で見るしかない」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37778143
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783260
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783312

いずれも、「Youtubeとツイッターが検閲してデリートした情報」を、逆に歓迎している日本の『にこにこ動画』です。『にこにこ動画』は当方、国会の委員会中継と、将棋の棋戦を見るとき使っていました。

(注)21年2月半ばからは、GAFAMのCEOが逮捕・資産没収を受け、Youtubeとツイッターの検閲も解除されないと、通信法違反になるでしょう。

繰り返しますが、心の準備ができていない人は、暫定政府の「デクラス」を待ってください。

過去、「陰謀論」として切り捨てられてきたことが、実は、架空の想像、小説、映画ではなく、真実であったことも明らかになるでしょう。要は、歴代の元大統領の、重大犯罪です。

◎すべてのデクラス(de-classification:機密開示のビデオレター):約1時間30分
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37150263

R家、宗教的指導者、西欧の王室と貴族、政治的リーダー、多国籍企業のCEOの、積年の、児童**にからむ悪事を暴いたものです。

以上が、全部のデクラスの、予告された概要です。NSA(国家安全保障局)のファイルは20万ページという。これらが、2020大統領選挙の不正の後を待って、公開が計画されていたものの全貌です。

トランプが、あちこちから、13回の暗殺未遂を受けてきた理由もわかります。DSの奥の院にとって、「とんでもない野郎、現実になった英国MI6の007=ジェームズ・ボンド)」だったのです。

スウェーデンの傑作映画、『ミレニアム:ドラゴン・タツーの女』にも似ていますが、作家・脚本家の想像力が及ばないくらい、現実の犯罪は深さと規模が壮大でした。

エプスタイン島が富裕者、政治家、王族、GAFAMのメガIT長者の、犯罪の巣窟であったこともわかります。

【国内のDS派(影の国家組織)】
元大統領、副大統領を筆頭にして、米国内に巣くったDS派(政治家、上級官僚、知事、市長、判事)を一掃する機会にしたのが、トランプ側が2018年から予想していた「2020大統領選挙での大規模な組織的不正」でした。

トランプ側は、これに罠をしかけ、自ら進んで罠にかかってくるのを待っていたのです。DS派(8000人)は、賄賂性のお金もからんで、海外の政治的リーダーとおなじ、極悪な罪を犯していたからです。

2021年1月20日からの、NSA(国家安全保障局)のファイルの「DE-CLAS(デクラス:機密解除)」は、現在、水面下で行われています。

感想はあえて書きません。続けて見れば、約4時間。一生懸命に見過ぎると疲れます。しかし、見ておくと、2021年3月からの、世界で展開される大きなことがわかるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんが紹介した4本の動画のリンクを貼っておきます。
 前半の3つが、トランプ氏が世界のトップをいかにして屈服させていったかという動画です。おのおの30分程度です。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37778143
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783260
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783312

 以下が、すべてのデクラス(de-classification:機密開示のビデオレター)で、約1時間30分です。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37150263


 私も4本の動画を観てみました。
 念の為に言っておきますが、これはアメリカ政府が予告編として発表したものではありません。アメリカの一市民が作った(吉田さんはQグループが作ったと推測されている)動画を、吉田さんがデクラスの予告編のようだということで取り上げたものです。
 その内容が真実かどうかは、訪問者の方々で判断して下さい。

 上記のメルマガでは、吉田さんが動画の内容に関し確信したような書き方をされていますが、その後のメルマガで、吉田さんは内容の50%ぐらいが真実だというような感想が書かれていました。
 上記では、「感想はあえて書きません」と言っていますが、感想が書かれている部分を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「ソ連崩壊に類似する、米国のトランプ革命」(1月26日)から抜粋開始>・・・

材料を提供した理由は、2017年1月からの、第一期就任のあとの、トランプの、メディアが報じていないことから、外交の現代史の水面下になっていると思われる活動(約50%)の、動機と理由の説明になると考えたからです。

トランプ自身は、これに対し、「自分は、Qアノンはよく知らない(=すこしは知っている)。ただし、自分を好きではいてくれるようだ」と述べています。これは、当然の態度でしょう。

【方法論】
当方は、
(1)その内容の全体を、信じているわけではなく、
(2)カルト的空想と判断できる事項も、相当に混じっていると判断
しています。この判断は、「直観」によるものです。

 ・・・(中略)・・・

■1.全体を通じて:大統領としての4年のトランプの活動

【4つのビデオレター】
神話の世界観風の「悪」と「善」の西欧弁証法的な、対立の戦いであり、トランプが悪を撲滅し、世界に善もたらすために、戦ってきたというストリーには、行き過ぎがあると考えます。現実は、善と悪のミックスジュースです。

◎トランプが、信仰に厚い人であることは、彼のスピーチから伺えます。しかし絶対善(神)、絶対悪(悪魔)は、この世にはなく、相対的なもの(程度の問題)と考えています。

(1)ストリーに出てきた、宗教的指導者(バチカン法王庁)、世界の大統領(元職と候補)、首相、多国籍企業、メガIT(GAFAM)のCEO、R家の金融エージェント(ジョージソロスなど)が、絶対悪の存在とは判断しません(直観)。

(2)他方、トランプが絶対善とも、思わない。
この図式的な対立は、劇画的であり、単純化した神話に見えます(判断)。以降で、具体的に述べます。

▼【1-1:サウジのアルワリードの悪事(多くの児童**)】
ドバイとアブダビに行ったとき、「確かに、この風土と巨大な富が重なると、なんでも起こりうる、起こしえる。」と直感しました。

緑化した砂漠に立つ人工的な建物が途方もなく、石油エネルギーの富も、想像を絶するものでした。

アルワリードの多くの悪事は、あったと判断します。しかし、児童**までのものかはわからない(判断の材料不足)。

オバマとアルワリードの関係も、わからない。あと付けの筋が通っている(児童**を受けたため→自分が児童**するようになった)ように見えるので、かえって劇画的であり、真実かどうか判断できません。(証拠となる機密情報の開示があれば別です)。

オバマが出生地の秘密から、大統領の資格を欠いていたこと、は事実です。また、彼が上級官僚のDSを強化したことも、事実です。

彼の、ロシアとの関係を暴いた「ロシアゲート」も、訴状が出されていて、これは事実でしょう。

バイデンの、ウクライナと中国疑惑(反逆罪)も、ハンター・バイデン(子息)が司法取引に応じ、父バイデンとカマラ・ハリスの関与も自白しています。バイデンとハリスは、すでに、公職につく資格はありません。

失脚したアルワリードに代わった、ビン・サルマン王子(現国王)が、トランプの支援に回ったのは本当でしょう。ただし、株主としてのメガIT(GAFAM)への圧力は、真偽を疑っています。

彼は、国営のサウジアラコム(石油会社)を上場しましたが、株価時価総額はメガIT(GAFAM5社)に並ぶ、180兆円です。王家があれこれに利用できる、巨大マネーがあります(テロ組織との関係及びマネー・ロンダリングが実証されなければという条件付き)。

▼【1-2:イスラエルのネタニヤフ首相】
ネタニヤフ首相が人**の常習者であるというストリーは、DVDがなく検証ができない。多くの、他の犯罪にかかわってきたでしょうが、人**の常習者であるということを、トランプが暴いて、直接交渉したというのは、事実ではないと判断しています。

アメリカ大使館は、エルサレムに移転しました。そのことでイスラエルがトランプのコントロール化にあるというのは、事実とはいえない。トランプはイスラエルから、2016年の選挙資金の提供を受けています。

トランプが中東和平を図ったということは、歴史的な事実です。

テロ組織のISIS対し、オバマが裏で資金提供していたということは、判断ができまません。一緒に写った写真は、画像加工に見えました。こんな写真は、撮るわけがないからです。

▼【1-3:バチカン法王庁の悪事と悪魔崇拝】
イルミナティが、児童**に「部分的」にかかわっていたことは、事実と判断しています。ただし、教皇は全体的な指揮者ではないでしょう。法王庁の裏には、R家があります。

R家は、ロンドンのシティ(大英銀行がある狭い一角:行ったことがあります)で、大英銀行をコントロールしています(事実)。約200年、ワシントンDC(コロンビア特別区)の株は、間接的にR家がもっています。

トランプのバチカン法王庁との会合は事実ですが、このとき、児童**のDVDで屈服させたというのも、絶対悪と絶対善を対立させた、劇画的なフィクションに思えます(直観)。事後に、2人で並んで写ったという写真も、捏造ができます。

法王庁の9人が、なぜか、同時に「コロナにかかって死亡した」という発表がありました。9人とも、コロナが死因であるとするのは、確率的に無理があります。死亡は事実でしょうが、原因はフィクションでしょう。なお、法王庁の一帯が停電したというのは事実です。

R家の当主は、1月15日に死亡しました。

イタリア政府の高官が、ソフト会社レオナルド(世界7位)を通じて、法王庁から、フランクフルトに投票の偽造データとソフトを送り、フランクフルト(米国大使館のCIA)経由で、集計機ドミニオンの捜査を行って、結果を捏造したことの証拠は、挙がってます。大統領を含む政府高官は逮捕され、司法取引と裁判が進行中です。

中国の習近平が、トランプの軍門に下ったというのは、根拠がないように思っています。(注)まさに今、中国では、路線対立からの内部闘争が起こっているようです。
?
▼【軍人の性格】
なお、ペンタゴンの軍人には、Qアノンを信じて行動している人が多いという情報もあります。軍人は、悪と善を峻別しないと、攻撃ができないからです。

日本の2.26事件(中下級軍人の蜂起)をみてもわかるでしょう。これは昭和天皇が反乱軍だといって、収めたのです。三島由紀夫は、2.26を、憂国の情からのものとしました。私兵の小さな「盾の会」を組織し、市谷の自衛隊に蜂起を促しましたが、叶わず自死しました。

▼【1-4:量子暗号による、金準備の新ドル仮想通貨】
量子暗号は、すでに開発されています。いつ、ドルが、ステーブル型の仮想通貨と紙幣に代わるのか、その時期は、まだ不明です。

その前に、米国財務省が、金(金ETFでもOK)を約3万トンを安く買い集めなければ、金準備通貨には、なりません。現在、米国がもつ金は、FRBの約8133トンでしかない(IMFの公式は発表:2020年) 日銀は765トンです。

最近、日銀のドル調達のため80トンを、140兆円の外貨準備をもつ財務省に売却しています(金市場は通っていません)。目的は謎ですが、日銀に、何かの理由で早急にドルが必要だったことは事実でしょう。

米国が、2万2000トン余の金を、市場に出さない銀行間のOTCで密かに買い集めるには、数年かかるでしょう。

ただし、デジタルゴールドである金ETFの、FRBと財務省間の市場を通さない発行と購入でも、準備通貨になりえます。金市場を通さないのは、市場の価格への影響を弱めるためです。

その間は、市場では金ETF(SPDRのETF発行額は1268トン:シェア33%)を、R家系の投資銀行(例:ゴールドマン)に売らせ、金の相場を下げるでしょう。1年に500〜800トン分のETFを売れば、金相場は、約20%は下がります(2013年の事例)。

一方で、金ETFと金現物を、財務省が買い集めるので、現物市場は枯渇して高騰するでしょう(1980年の事例アリ:約4倍)。

▼【1-5:重力エネルギーやUFO】
これは、実用化していないと判断します。量子暗号とは違い、空想でしょう。

■2.全体のまとめ

4つビデオレターでのデクラス(機密解除)の予告編の全体で、ビデオ時間で50%は事実、50%は劇画的な空想(イマジネーション)と判断しました(1月26日時点)。「勇み足」が目につきます。

これが、私の判断です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんがあえて自身の感想を述べられたので、私も感想を述べたいと思います。
 吉田さんは50%が事実で、残りの50%は空想だと述べておられますが、私は、残りの50%もほぼ事実だろうと思っています。
 ただし繰り返しますが、真偽は訪問者の方々で判断していただければと思います。

 1月20日の大統領就任式ですが、私は何かが起きると期待したのですが、結果は波乱もなく無事に終了しました。
 ただし、異様なライブ映像(生中継)だったことは確かで、ネットで大いに話題になっています。
 20日当日の天気は曇天だったのに映像は快晴だったこと、さらに昼に行われたはずなのに、西日が差し込み時間的合わないこと。
 また、放映途中でハンター・バイデン氏の言葉で「司法取り引き」といった音声が挿入されていること。極めつきは黒人の牧師が、「ドミニオン・パワー、ハレルヤ!(ドミニオン・パワー万歳!)」と叫んだことでしょう。
 まずライブではなく、録画だったことは間違いないと思います。
 しかし私は考え込んでしまいました。
 録画であったなら、なぜ「ドミニオン・パワー万歳!」の部分をカットしなかったのか・・・。
 それに関する吉田さんの感想を紹介します。

 「不正選挙が問題になった、まさにあの場で、「ドミニオン・パワー万歳!」と叫ぶわけがない。意識して牧師がいったのなら、「国民の皆さん、どうか、この儀式が嘘だとわかってくれ!」という叫びでしょう」

 そして、こうも言われています。

 「うがった見方かもしませんが、CNNもトランプの軍門に下り、「録画であり、偽ものと誰にもわかる中継映像を流して、CNNの今の苦しい立場がわかる人は、どうか、あちこちに穴のある映像で、わかってください」と伝えたのかもしれません」

 この吉田さんの推理で私の疑問も氷解しました。
 ツイッターやフェイスブックがトランプ氏のアカウントを削除したもの、ひょっとすると出来レースかもしれません。
 もうすでに主要メディアもトランプ氏の軍門に下っていて、トランプ氏を攻撃しているように見せているだけではないかということです。
 目的は、まだまだ世界の人々が目覚めていないからです。
 バイデン政権が一見発足したように見せているのも、同じ目的ではないかという気がします。
 バイデン氏が矢継ぎ早に出した大統領令によって、この政権がいかにアメリカ市民にとって害があるかということを広く知ってもらうためではないかということです。
 もちろんアメリカ市民だけでなく、世界中の人々に知ってもらう必要があったのだと思います。特に日本では、まだ90%以上の人が眠ったままです。

 以下は、JB政権の正当性、デクラスに関するサイキックの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=8l5uE9GpczE&feature=youtu.be



注目の大統領就任式...2021年1月20日

 いよいよ注目のアメリカ大統領就任式が行われます。
 日本時間の1月21日午前1時30分から、NHKがその様子を放映するようです(私はさっそく録画することにしました)。
 私は、CGで作成された偽映像でない限り、何かが起きるのではないかと大いに注目しています。
 今回も、吉田繁治さんのメルマガ(1月20日号)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「英連邦海事法下だった、米国の独立宣言」から抜粋開始>・・・

【19日のセレモニー】
CNNでは、バイデン就任の前夜祭のセレモニーが、バリケードと鉄条網に囲まれたなかで、普通のときは2万人はいる聴衆が無人まま、セキュリティ・ガードに護衛され、夫婦2人とカマラ・ハリスが立ち、行われた式典の様子を映しました(寂寥の風景:劇)。

「バイデンが大統領に、ハリス就任した」とのコメントイ入りです。会場では、黒人看護師という人の国家が歌われただけでした。(昨日からCNNを10時間録画しています。情報戦の検証のためです)。

正式の就任式(宣誓就任)は、1月20日(明日)、参加が可能な状態にあれば、歴代の大統領夫婦と閣僚が出席して執行される予定です(トランプはフロリダにいて、欠席します)。

日本時間では、明日の1月21日です。現在の大統領は、明日までは、トランプであり、政府は、トランプがいる場所です。



【トランプの、お別れのスピーチ】
一方で、トランプは、これとほぼ同時刻に、「合衆国へのお別れのスピーチ」を行いました。バイデン大統領の名前はありません。主流派メディアは放映していません。右派の、@RSBNETのyoutubeに、原画が見つかりました(約20分のスピーチ)。消されていないままです。AIには、このスピーチの意味がわからないのでしょう。
(注)演説の内容は、大統領令に匹敵します。

https://www.youtube.com/watch?v=oIbLtumN__U


一見すれば、トランプが大統領を降りる、「米国よ、さようなら」のスピーチに見え、確かにそう聞こえます。ところが、これにも、ダブル・ミーニング(二重の意味)があります。

・言葉の表では、「合衆国」の大統領から降りること、
・裏では、「新共和国」の大統領になることです(新共和国の選挙は21年5月でしょう)

合衆国を終え、新共和国にすることは、日本でいえば内閣の宣言で平成から令和になったことに、対比できます。英国では、英国の上位の法をもつEUからの離脱です。3つとも平和裏に行われました。

【日本の仕組みと米国の違い】
日本では、天皇は長子が引きつぐため、令和天皇になっても、日本国は同じです。しかし大統領制(憲法に従う民主的な、実質国王)の米国では、合衆国(いわば平成=EU離脱前の英国)を終えて、新共和国(令和=EU離脱後の英国)になると、国家(体制)が変わります。

実は、トランプは、DSと左派による、組織的な不正が予想されていた選挙の1か月前、「共和国」への移行を仕掛け、不正選挙の実行を待っていたのでしょう。

意味がないように見える「共和国」が、一体何の意味をもつか、当方には、不明でした。今から思えば、深いところに、伏線があったのです。

1月19日に、「合衆国よさようなら」と、4年間の困難と業績を挙げ、内閣のスタッフには感謝のスピーチをするトランプの背後の、星条旗を見てください。金色の縁取りがされています。普通の星条旗ではない。ここに深い意味があります。

【金色の縁取りの星条旗】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米国の法廷や連邦政府の建物のなかに飾られている、アメリカ国旗に金色の縁取りがあるのに気付いたことはないだろうか。連邦政府が建てた学校のなかにある国旗や、アメリカ兵の制服にも同じ金の縁取りがついている。

「旗に関する国際法」では、星条旗の金の縁取りは、合衆国50州が、英国海事法と、アメリカの統一商事法典の管轄下にあることを示していている((注)戦前の日本海軍の、旭日の旗と類似)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97

トランプの背景にある、二旗の星条旗の、金の縁取りは、法律上のシンボルです。実は、法的には宗主国の英連邦の一員(エリザベス女王)を脱してはいなかった。
?
合衆国の裁判所や政府のビル、学校や兵士が、英国海事法と統一商事法典の下に置かれているという印です。これは、英国の軍事法であり商事法です。米国の慣習法であるコモン・ローや憲法に基づくものではないのです。(「The David Icke Guide to  the global conspiracy (and how to end it):以上「国家」というものへの勉強。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプが「わかる人にはわかるだろう」として、旧合衆国におさらばをした、という事実です。

トランプは、米国を、2020年10の大統領令で、法的には英連邦だった「合衆国」を、「共和国」に移行させていたのです。

【英国のEU離脱と全く同じ】
これは、英国がその上の国家機構だったEU(欧州連合)から20年12月末に離脱したことと同じです。EUの方は、英国の法の上位にありました。

英国は、EUの法から離脱したのです。これがブレグジットの真の意味です。万世一系とされる島国の日本では、想像しにくい仕組みのものが「法的な国家」です。例えば中国にすれば、台湾は独立国でなく、中国の領土であり、その地図には、今も台湾省と書かれています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%9C%81

現在の英国は、米国を攻める力はない。その気もないので、トランプの独立宣言を、黙って受け入れました。

仮に、台湾が中国に向かい独立宣言をすれば、間違いなく台・中戦争になります。このため、台湾は「時機」が来るまではアイマイにしているのでしょう

ところが、ポンペオ国務長官は、不正選挙の騒動のなかで、民主国台湾の独立を認め、国連に加入させようとしています。アイマイな態度の日本はどうするでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97
を、消えないうちに見てください。

抄訳は、(意味があるときなら)後日送ります。

【主流派メディア】
CNNは、このスピーチの意味を解いていないふりをしています。

金の縁取りがある星条旗は、米国は高価な国だということでない。エリザベス女王を戴く英連邦の一員であることを示すのです。CNN、政府職委員、ジャーナリスト、法曹関係者など、一定の歴史の知識(米国独立戦争の真相への洞察)のあるひとたちが、知らないはずはない(と思っていますが・・・)。

【ギリギリまでの囮作戦:フリン将軍】
なお、トランプが、1月20日(日本時間21日)のギリギリまで、囮作戦をとる理由が、これで、氷解しました。

オバマは、退任のとき(2016年12月)、オバマ・ゲートの自分を含む政治犯の多くに、罪を赦免する恩赦を与えていました。

このため、2016年1月以降4年間の新たな犯罪でないと、トランプ側が、法的な逮捕ができなかったのです。これが、トランプが幾度も、負けたフリの罠をしかけ、明白な証拠残る犯罪を実行させて、1月20日まで待った理由です。深い戦略です。

どこかで、間違えているでしょうか。感想を待ちます。

【これからの予測】
たぶん、1月21日からは、新共和国の50州が、戒厳令下の軍事政権移行し、国家機密解除と大量逮捕(国家反逆罪のバイデンを含む約1万2000人)のあと、21年3月か5月が、新共和国の選挙でしょう。

なお、約2か月はかかる選挙の不正票の数え直しから、最高裁が不正選挙を認定し、3月にトランプが再任される可能性もあります。
国民は、しばらくは安全な家に閉じこもり、じっと待つことです。

(海辺の*****温泉;S.Y.)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (注)上記のURLで間違いがあります。
 ポンペオ国務長官が台湾を独立させようとしているURLですが、旭日の旗の部分と同じなっています。単純なミスだと思いますが、吉田さんから訂正が来たら直します。


 ネットの情報から、この吉田さんのメルマガ記事を補足します。
 ネットのどなたの情報かは、たくさんあったので忘れてしまったことをご了承下さい。
 アメリカは、1871年にシティ・オブ・ロンドンに帰属する株式会社となったといいます。つまり株式会社USAです。これを吉田さんは、アメリカは「法的には宗主国の英連邦の一員」になったと説明しています。それにより、アメリカ国民から徴収した税金の一部が毎年イギリスに流れていたという話もあります。
 金(キン)の縁取りをされたアメリカ国旗が、株式会社であることを示唆しているそうです(共和国の星条旗には、金の縁取りがない)。
 トランプ大統領がその株式会社USAを廃止(倒産)し、2020年10月1日から新共和国として再スタートしたといいます。
 1月20日のバイデン氏の大統領就任式はキャンセルされ、一時的な軍事政権の始まりが宣言されるといいます。そして、11月3日の投票の再集計(不正投票分を取り除く)が行われ、トランプ大統領が圧倒的に勝利していたことが証明されて、3月4日に新共和国の暫定大統領に就任するといいます(副大統領はフリン将軍)。
 その後(5月頃?)、改めて大統領選挙が行われ、不正のない選挙で選ばれたトランプ大統領が、新共和国の第19代大統領として就任するといいます(副大統領はケネディJr.)。
 これまでなら第46代大統領となるはずですが、それは株式会社USAの大統領であり、18代まで共和国であったことから、トランプ氏は第19代大統領となるわけです。

 さて、このシナリオは実現するのでしょうか。
 まずは、大統領就任式に注目しようと思っています。



トランプ大統領再選後に起きること...2021年1月13日

 日本の主要メディアは、次期大統領はバイデン氏だと決めつけて報道しているので、私がトランプ大統領再選と言うと、「こいつの気はたしかか」と思われるでしょう。
 しかし私の中では、大統領選の勝負はすでに決着していて、今はトランプ政権の2期目はどんな政策をとるのかということに関心が移っています。

 前回の記事で、石川新一郎さんの動画から、1月11日から20日の間はデクラス(秘密解除)の緊急放送はないという情報を紹介しました。
 最新(1月13日)の石川新一郎さんの動画に、それについてさらに情報がありましたので、紹介させていただきます。
 文字起こしではなく、内容の概略です。

「ワシントンタイムの14日、午前0時以降、緊急放送があります。
 ワシントンタイムの14日、午前0時に始まるのではなく、それ以降です。
 それは秘密解除(デクラス)の発表ではありません。
 この緊急放送は、世界中にではなく、アメリカ合衆国全体と、もしかすると世界の主要都市へのメッセージも入るかもしれません。
 このメッセージは11日からの活動の説明と大統領令発動の説明をします。
 皆様は平静を保っていただき、見守って下さい。
 秘密解除(デクラス)は大統領就任後、数日以内には世界中に緊急放送が行われます」

 アメリカ在住の人には、緊急放送があるようです。
 トランプ大統領は、1月11日に反乱法を発令しました。また大統領令とは、大統領令13848のことだと思われます。
 まず反乱法ですが、ネットの記事を引用させていただきます。

 ・・・<ネットから抜粋開始>・・・

 「反乱法」は、大統領が州の状況について連邦法の執行が不可能と判断した場合や、市民の権利が脅かされているとみなした場合、州知事の承認は不要だと定めているのだ。

 この法律は1807年に制定された。大統領に対し、「インディアンの敵対的襲撃」への防御として、国民軍の出動命令を認めるものだった。その後、国内の騒乱対応や市民権を守る目的でも連邦軍を活用できるよう、権限が拡大された。

 1878年に可決した別の法律では、国内における連邦軍の出動には議会の承認が必要だと定められている。ただ、テキサス大学で法律を教えるロバート・チェズニー教授はBBCに、大統領が連邦軍を派遣するには反乱法で規定されている法的権限で十分だと述べた。

 現在の状況では、大統領は州の承認を求めることなく軍を出動させる法的権限をもち得ると、広く受け止められている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大統領令13848は、以下のような内容だそうです。

「大統領令13848は、アメリカの選挙で外国の干渉が発生した場合に、特定の制裁を課す命令のこと。
 外国の干渉の対象者は、外国政府、外国人の代理人、及び代理人として行動する人も含む。
 罰則的には、財産没収、資金の凍結など考えられている。
 また特に悪質的な場合には、事前通知なしで命令ができる」

 すでに要人の逮捕は始まっているようです。
 未確認情報ですが、イタリアの首相、バチカンの法王などがネットで挙げられています。

 今回も吉田繁治さんのメルマガを紹介させていただきます。
 トランプ政権の2期目にどんな政策をとるか、ということがわかります。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「Declass とRed fiveの発令」から抜粋開始>・・・

「格差が巨大になった暗い世界」→「皆が活躍する世界」。金融システムの基盤において、200年の、R家の国際金融資本による、隠然とした支配から、トランプ革命によって開放されるからです。

●トランプは「国家反乱法」に署名し、即日発効しました。期日は日本時間の1月11日でした(米国は10日am 0:00)。前稿で述べた通りでした。

「国家反乱法」は、
・海外からの米国への干渉と不正な関与、
・国内での反乱的な行為があった者や団体を、
米軍が令状なしで軍事裁判にかけ、処罰を加えるものです。

米軍の行動は、軍事機密なので、FBI(国内警察)とは違い、要人であっても逮捕は秘密裏に行われます。リークすれば刑事罰ですが、幸いトランプ側弁護人の、神を信じる熱血漢リンウッド(Linwood)氏が、部分的に、そのとき活動に差しさわりのない人を、あげてくれています。

以前はツイッターでした。検閲とアカウントの永久削除からParlerへ移りました。しかしそこもAmazonによって凍結されました。その間隙を縫って投稿されたものです。

それと、米国国家情報局(NSA)&アースライン(管理人注1)の、ごく一部の機密が解除され、当局のリークの許可が出た情報です。

とりわけこの30年、意識的にフェイク情報を流し続けるメディアは、これらの情報を、提供されていません。仮に提供されても、政府機関の情報であっても、「嘘つきと詐欺師が揃ったトランプ側」のものとして、根拠のないフェイクとして無視してきました。ブーメランとも言います。

相手に投げたつもりのブーメランが、刃になって、世界の主要30社の、リベラルという根拠のないフェイクを喧伝(けんでん)する大手メディアに(まだその意識はなく)突き刺さっています。

中国CCP(管理人注2)からの接待旅行、好ましからぬ饗応、および、資本の支配と、背任になる賄賂の名簿はあがっていますから、早晩、おそらく1月20日までに、軍によって、反乱罪の容疑で逮捕されます。

トランプサイド(T側)とのフェイク合戦は、T側の完全勝利で、終わったのです。メデイア側にはまだその認識がなく、今日も、似非(えせ)論理と、ソフィストのレトリックで粉飾したフェイク・ニュースを流し続けるでしょう。

しかしもう終わったのです。日本のメディアは、海外情報は主に買っていますから、反乱罪にはならないかも知れませんが、特派員の記事は該当します。フェイクのペンは、国民の意識への剣だからです。

我那覇さんを見習って精神の洗脳を受けたら、どうでしょう。彼女は、逮捕され暖房のない牢獄にいる周庭さんとともにスターです。

健全な精神にしか、正しい知識と技術は宿らない。源流をたどればR家の基金・奨学金をもらい、米国で教育を受けた日本人教授の大学教育で欠如してしまったことです。

明治時代前の教育は、考え方と精神教育の倫理学(正しい道筋)でした。それ以降の経済・金融学の知識教育の内容は、陰に隠れることが綱領のR家に支配されています。

利益には無害の、文学・芸術学は違います。
事実に基づく科学も違います。
薬学と医学には偏向があるでしょう。
評価基準をあいまいにできるノーベル賞と、音楽賞も歪んでいます。

このためR家のことを調べて書くと「陰謀論」とされるのです。思わず熱くなりました。奨学金を貰わなかった僻(ひが)みだけが原因です(笑)。元に戻します。お茶を飲みます。

「レッド・ファイブ」のコード名で呼ばれる、一網打尽の戦略は、開始されました。対象(いずれも複数)は、元大統領と候補、最高裁・高裁の判事、長官、上下両院の議員、閣僚、DS側の上級政府職員(約8000人か)です。加えて約30社のメディア幹部、宗教関係者、司法関係者、知事、市長。

票集計機ドミニオンにも関与していた、バチカンのローマ法王(イルミナティ:数千の罪)、西欧の王族、イタリア大統領、ハリウッドの有名俳優と女優、IT富裕者など、多岐にわたります。ジュリアン・アサンジがハッキングしたWIKIリークスの名簿も、証拠です。

米国で、1年に80万人とされてきた、法と倫理に反する破廉恥罪の児童&幼児**と、****や****(エプスタイン島)の名簿・ビデオ・生きている証言もあるからです。

合計で、1万2000人余。米国の超有名人で、該当しない人を探すのが難しい。人間は、場面で、多面的な仮面を被ることできますが、精神の芯が怪しい花の腐臭を放っていたのです。

それがWIKIリークスとエプスタイン島の名簿です。
床と蔵までをあけた米国の大掃除の革命です。

軍事裁判所があるグアンタナモは、トランプが今日の日に備えて、2倍の、2万2000人に拡張されています(2018年)。

2年前に、1万2000人を軍事裁判にかける、レッド・ファイブが想定されていました。富裕者の資産と預金は、搾取と脱税の不正所得として、新国家に没収されるでしょう。

2020大統領選挙は、トランプが、2年前から仕掛けた誘蛾灯でした。大小の害虫たちが集まり、仕掛けた罠にかかったのです。

トランプの戦略は、裁判と議会では世論を喚起することでした。
フェイクメディアとDS(1万2000人)は、自分たちで墓穴を掘ったのです。今日もまだ、気が付いていないでしょう。精神と倫理が歪んでいるからです。「嘘つきトランプ」とすれば、その戦略は読めない。

1万2000人の軍による、逮捕のピークは、1月16日土曜日(NY時間)です。日本では、日曜日早朝です。

逃亡するDS側に知らせないため、レッド・ファイブのDECLASS(検挙)は機密開示がされず、逆に、負けを認めたかともとれるダブル・ミーニングの言葉が出されたのです。

例えば、トランプが最後のスピ─チ使ったseamless transition: つなぎ目のない政権移行、またはスムーズな移行。

トランプからバイデンヘという、主語がない。
移行という言葉も、移譲(ゆずる)でなく微妙です。
トランプは、政権を降りるといったことは一度もありません。

12月の記者会見での、礼を欠いた執拗なCNNの質問に対し、「選挙に不正がなければ、当然、降りるよ」と言ったことは一度だけあります(20年12月初旬だったか)。翌日のメディアは、「トランプが負けを認めた」でした。

お送りした<フェイク・ニュースの構造>で、分析した通りのものです。メディアは、トランプの罠にかかり、フェイクを上塗りしました。
今日のCNNも続けています。
自分で、Hellに行く。

軍による逮捕と、軍事法廷は、警察(FBI)・検察と公開裁判とは違い、秘密です。許可のない政府(軍も政府です)の、機密漏洩は刑事罰を受けます。

オバマ、ヒラリー、R家のエ─ジェントのジョージ・ソロスが軍に逮捕されていてもまだ機密にされている理由がこれです。

トランプは、1月6日の議会前の演説で、
・オバマはどこだ?
・ヒラリーはどこにいる?
とおどけていました。
意味は伝わったでしょうか。

戦後は、戦争はないことになっていて、軍事裁判もない日本の警察・検察の逮捕と裁判と180度違います。徴兵制は1973年に終わり、今は職業軍人の時代です。

武装した外交官&警察が、ペンタゴンです。米国では、戦争は外交の延長線上であり、日常的です。戦後もおよそ毎年、地域戦争をしてきたのです。

米国には戦後はない。
今回のような革命があります。

1月19日から、略語は奇妙な響きで、嘘のようなコード名「ネサラ・ゲサラ法」の大統領令が出されます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(1)『NESARA』 National Economic Security and Recovery Act 
(国家 経済安全保障改革法)
(2)『GESARA』 Global Economic Security and Recovery Act
(地球経済 安全保障改革法)


就任式前の1月19日には、バイデンとカマラ・ハリスは逮捕済みです。その日から、120日間(4か月)は大統領不在でなく、
・暫定大統領に現役のドナルド・ダックではないトランプが、
・副大統領には、米軍のマイケル・フリン将軍が就任します。

この4か月に、20万ページに及ぶ機密書類が開示されます。
国民には、1週間×4時間?の放映が必要なビデオ(作成済み)で、
革命の内容と理由が示されます。

21年5月には、大統領選挙と、上下両院選挙が実施されます。

「トランプ党(MAGA:Make America Great Again:アメリカを再び偉大に)」からは、大統領にトランプ、副大統領にはこの戦略作りに加担したJFK・ジュニアが立ちます。ケネディのような歓呼と圧倒的大差で選ばれるでしょう。対抗馬はないかもしれません。

上下両院再選挙です。MAGAが最大多数を占めることは確実でしょう。

トランプは20年9月に準備していた国名;アメリカ共和国を宣言します。日本はそれから東京五輪、どこまでものどかでお馬鹿さん。
新生アメリカ共和国にふさわしい憲法案が作られ、審議と投票が行われます。

(1)クレジットカード、住宅融資などの債務は、銀行および政府の(法貨を作ってきた)不法行為によるものである。ゼロにリセットされる。これは、連邦準備銀行(FRB)による最夢だった、債務の免除である。
所得税は廃止される。(注)負債免除の明細には条件が付く。

(2)歳入庁(IRS)の廃止。IRSの職員は、米国財務省の売上税分野に転職する。政府の税には、14%の付加価値税(消費税)のみが課される。食品、医薬品、中古品には売り上げ税は課税されない。
※生活必需品でないアイテムのみに14%が課税される。

(3)高齢者への年金支払いの増加させる。

(4)裁判、および法的事項は、憲法へ回帰する
(新憲法で違憲になる法は廃止)。

(5)貴族称号に関する修正憲法の復帰。数十万の外国勢力(中国CCPの支配下にある米国人は、市民権を失う。他の国に追放され、生涯再入国ができなくなる。それらの人々の数百万の大学卒業の学位は価値のない紙切れになる。

(6)NESARA宣言の後120日以内での大統領、および国会議員選挙の実施。
(7)選挙監視員の選出と特定の利益グループによる不法な選挙活動の防止。

(8)新しい米国財務省による金・銀・プラチナなどの貴金属の準備資産がある通貨(ステープル型仮想通貨)の発行
((注)旧ドルと、トランプ・ドルの交換比率は不明)
1933年の、フランクリン・ルーズベルトから始まった米国の破産状態の終了。
(注)対外純債務1000兆は消却される。日本は対外純資産360兆円の損害か。
中国は破産し、CCP党員100名の名義の1200兆円のスイス預金は、不正マネーとして凍結。

(9)米国人の出生証明記録の、米国運輸省証券としての販売の禁止。

(10)憲法に沿った米国財務省銀行システムの創設。

・連邦準備システム(FRS)の廃止。
・移行期間中には、連邦準備銀行(FRB)は、米国財務省の監視の下に一年間だけ、旧通貨の回収と廃止のための運用を許される。
(あとはFRBを、財務省が吸収合併)
・金融に関するプライバシーの回復。
(匿名預金か:税は消費税で所得税はなくなるから可能になる。タックスヘイブンマネーの米国回帰:推計1000兆円)。

(11)全ての判事と、検察官の憲法準拠のための再訓練(再教育)。

(12)世界的な軍事攻撃行動の中止(世界が同時に不戦宣言)。

(13)世界平和の確立。

(14)人間性確保の為の膨大な金額の資金の放出(貧困層救済)。

(15)国家安全保障の名目のもとに国民から隠蔽されていた6000件以上のフリーエネルギー装置、反重力装置、音響ヒーリング機械を含む特許の解放。

(16)地球上の現在、および将来のすべての核兵器を排除する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・以上、夢幻とも思える世界が5月の米国です。日本はどうすべきか。一緒に考え政府に提案しましょう。
政治家、官僚、R家の学説仕込みの学者は、頭脳がマヒするでしょう。

宗教、哲学、数学、工学、理学、医学のみが活きます。米国民の生活は豊かになります。日本が2位。
R家の欧州は没落、中国は破産です。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注1)アースラインとなっていますが、アースアライアンスのことだと思います。これは「BBニュース」さんに情報を提供している組織の名前です。

(管理人注2)中国CCPとは、中国共産党のことです。


 紹介させていただいた吉田さんの記事を補足します。
 所得税、相続税が無くなり、14%の消費税(付加価値税)に一本化されるとなっていますが、「BBニュース」さんによれば、消費税は17%になるそうです。
 NESARAを提唱したシャイニ・グッドウィン氏と、NESARAインスティテュートという組織があり、そこで消費税は14%〜と提唱されていました。ただし、課税対象外をどうするかという細かい問題があり、その項目次第では22%まで検討する必要があるとされていました。
 また国民から隠蔽されていた6000件以上のパテントの公開ですが、今では12000に達するそうです。

 吉田さんは、中国は破産すると言われていますが、破産後の中国に対し石川新一郎さんの情報源から情報があります。
 中国は、内部から崩壊してゆき、最後はいくつかの国に分裂していくといいます。おそらく今の軍管区にそった国境線になると思われます。巨大国家、中華人民共和国の崩壊です。
 石川新一郎さんの情報源から紹介します。

「中国人民は敵でなく、共産党が的です。
 そこに暮らす人々は、人間の尊厳を奪う共産国家を捨てることになるでしょう。
 今、中国共産国家は、少し時間は掛かるが、自ら破滅に向かっています。
 内部から間違いなく破滅に向かっているプロローグの音楽が聞こえています。
 近い将来、巨大な国家が崩壊し、いくつもの国々に分かれるのを見るのも近いでしょう」

 ただし国の分裂はすぐに起こるというものではなく、何年も先のことのようです。



いよいよ反撃開始!(その2)...2021年1月11日

 アメリカ大統領選に関する吉田繁治さんのメルマガがどんどん送られてきます。
 様々なソースから最新情報が矢継ぎ早に出てくるからです。
 もちろんこうしたことは日本の主要メディアでは報道されません。今日(1月11日)の昼のNHKのニュースで、ペロシ下院議長が、トランプ大統領の弾劾を図るという報道をしていました。相変わらずトランプ大統領に不利な報道しか流さない、偏向報道を繰り返しています。NHKはバイデン氏が次期大統領と決めているのですから、あと任期が9日しかない大統領を弾劾するペロシ下院議長の行動が、常軌を逸しているということすら気がつかないのでしょうか。

 今回は前回の記事、「いよいよ反撃開始!」の第2弾で、吉田繁治さんのメルマガから、1月9日の全部と1月10日の一部を紹介させていただきます。
 引用させていただく吉田さんのメルマガで紹介されている「石川新一郎さん」ですが、ワシントンからの情報を YouTube で流している人です。
 吉田さんは、この情報は「どこから判断しても、ホンモノです(当方の判断)」と言われていますが、私も同感です。私は石川さんの動画の文字起こしをして文章を検討してみましたが、私もこれは本当にワシントンでトランプ大統領の近くで働いている組織からの情報提供に違いないと判断しました。
 その組織は、自分たちはNSAの一部で、Qアノンでもないしホワイトハットでもないと言っています。トランプ大統領の再選と再選後のタイムライン(スケジュール)を管理する仕事をしているとのことで、仕事の性質上、ワシントンの他の部署からの情報が集まる場所とのことです。
 この組織が石川さんに未来の日付が書かれ封がされた3通の茶封筒を届け、封筒に書かれた日付が来たら開封し、YouTube で情報を流してほしいと言っています。その日付ですが、トランプ大統領再選(1月20日)の後、3ヶ月程度の範囲だそうです。
 私は、その封筒の一つがRV/GCRであると睨んでいるのですが、これに関しては改めて記事を書きたいと思っています。

 石川さんとともに、私がホンモノだと思っているのが、「BBニュース」さんです。吉田さんもホンモノだと思っているようです。
 「BBニュース」さんは、RV/GCRに関して詳しく解説されているので、いずれ紹介させていただきたいと思っています。

 では、吉田繁治さんのメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年1月9日:ついに最終的な結末へ」から掲載開始>・・・

世界中の主流派メディアは、「****の勝利」を喧伝(けんでん)し、米議会が、トランプに対して弾劾をする可能性があると伝えています。
世界のトランプ支持者は、今、気落ちしているでしょう。メディア情報に囲まれているからです。

当方も、2020年10月までは、トランプと****に対して、中立的であると書いてきました(それ以前のメールマガジン)。しかし、11月4日からは、ひどい不正選挙と、DSの奥の院(国際金融資本家:R家=今は中国がメインランド)は、米国民主党を押していると知り、考えが逆転しました。

トランプの不動産事業破産のとき、R家からキッシンジャーを通じて助けられたときから、トランプとはなんらかのつながりがあるとも考えていたからです。しかしR家の方法は、200年、ポートフォリオ戦略です。

敗戦側と勝つ側の両方に投資して、未来の確率的なリスクをヘッジする。DSと米国民主党側には、トランプ個人よりはるかに多くのマネーが、ジョージ・ソロスと他の多くのエージェントから提供されています。

当方が読んでいた、トランプと弁護団のツイッターは、メディアのDS側から、1月8日以降永久閉鎖されています。トランプと弁護団は検閲のないParlerを使っていますが情報内容と購読数は十分ではない。「石川しんいちろうさん」という人がいます。

トランプの最側近のスタッフチーム(ゴルフ場のキャディに変装した天才的IT技術者も含む:いつもトランプに影のように同行)は、石川さんに5分くらいの日本語にしたメッセージを約20回送り続け、具体名をぼかした短いメッセ─ジを、石川さんがYoutubeで読んでいます。

どこから判断しても、ホンモノです(当方の判断)。このメッセージの通りに、12月から1月初旬の事態は、進展したからです。若干、言葉のナマリと癖がありますが、石川さんの表情は、晴れ晴れとしています。
https://www.youtube.com/watch?v=cSC6_MAAsI8

ツイッターやParlerは、敵方にも読まれるので、日本に対しては、立場の分からない石川さんを使ったものと思われます(石川さんに対して失礼な言い方をお詫びします)。

その目的は、根拠がないかもしれないとも思わせる、戦争のとき使う陽動作戦です(目的は、敵の情報の攪乱)。その上で、ほんとうのことを分かる人達には伝える。

トランプの情報戦略は、裏を読む必要がある高度なものです(メディアは攪乱されるでしょう)。石川さんの、youtubeをほぼリアルタイムで見ている人は今、75,861人です(1月9日:午前11:45)。

ここへきて、ついに具体名が出ました(!)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ケネディ・ジュニアは、生きています。
・エプスタインは終身刑ですが、生きています。
多くの証言をしました。
・CIA長官のジーナ・ハスペルも生きています(フランクフルト、*****集計機のサーバーをめぐる、軍とCIAの銃撃戦で拘束され、司法取引の証言をした女性長官)。
彼女も、多くの証言をしました。

われわれは、1月17日中(日本時間)に、(沼への)レッドファイブ(掃討作戦)を実行すると決定しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(注1)CIA長官は、海外からの賄賂と関与の全容について多くを知る立場です。
(注2)DS派の主要人物の、米軍による逮捕と軍事裁判のことです。メディアも含まれるでしょう。国家反逆罪になるでしょう。このために、ワシントンのWHから、テキサス州の軍事基地に、内閣と核のボタンを移動したのです。

どうでしょうか・・・フェイク情報なら、遅くとも実行の1月17日には分かります。さすがに、これはメディアも報じるでしょう。蓋をするには大きすぎます。

1月20日は、(たぶん)トランプ大統領が二期目にはいるからです。大統領候補****と副大統領候補***は、反逆罪容疑で捕まりますから。法的な資格を失います。

(注)Tの公式の就任日は、国家の異常事態として、ごたごた、混乱、または極左の暴動を治めるまで延期されるかもしれせん(大統領令)。

いよいよ、かねて申し上げていたことが、決定しました。昨年12月までは1月30日がレッドファイブの実行日だったようです。1月6日の、暴動議会とDS派の「最後のあがき」をトランプが見て早まりました。

ここまでお伝えします。1月9日に更新した<フェイクニュースの構造>と合わせてお読みください。

【後記】
トランプの戦略の深さには、舌を巻きます。誰が作戦参謀か? 新内閣で副大統領に就任というケネディ・ジュニアか。1999年の、自分死ぬ大掛かりな飛行機事故を演出(仮想)したくらいです。そのケネディなら、この戦略を作れるでしょう。20年、地下に雌伏していたからです。

 ・・・<掲載終了>・・・


 上記の文の中で、レッドファイブ(RED5)と出てきますが、一体なんぞやと思われた読者の方も多いと思います。
 「フリーマンこと長谷川」さんの YouTube から、引用させていただきます。

(RED1)トランプ大統領のツイート削除(「家に帰ろう」の削除で反乱法要件成立)

(RED2)中央通信の停電(まだ起きていない)

(RED3)ペロシ議長かペンス副大統領はトランプ側のスパイ(おそらくペンス副大統領がスパイで敵の内部に潜入成功)

(RED4)軍事行動、2021年1月7日から10日目(2021年1月17日)に民兵(2021年1月17日に行動を起こすと宣言してる)の鎮圧を理由に最初の海兵隊(トランプ側)が中心地に入る。

(RED5)国家軍事センター(反乱法か戒厳令の発令)

(RED6)国防長官指示(軍隊によるディープステートの逮捕)

 これによると(RED5)は、反乱法か戒厳令の発令ですが、すでに別の人の YouTube によると、トランプ大統領が反乱法を発布したという情報があります(あくまでも未確認ですが)。
 また、今日(1月11日)の日本時間の午後2時に、(RED6)の発令条件が整うという情報もあります(これも未確認)。

 では、もう一つの吉田さんのメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年1月11日:ついに最終的な結末へ(2)」から抜粋開始>・・・

ある読者の方から、前号で挙げた人(石川氏:I氏)を信用してはいけないとい思う、というアドバイスをいただきました。確かにそうです。

当方、I氏を信用したのではあません。見るからに怪しげ(Iさん、失礼をお許しください!)です。カタカナ語の発音も、例えば、ディナー(夕食)がデナーであり、英語の原文が読めるとは思えないこともありました。I氏を信用したのではないのです。I氏の情報が、NSAからの意図的なリークであると確信したからです(敵を攪乱する陽動作戦も混じっているかもしれません)。

この日本語情報は、NSA(米国国家情報局)の誰かが、外交文書の扱いの秘密情報を、意図して、リークしたものと知ったからです。トランプ側(=1月20日までは政府側)の意図であるため、告発されません。

外交の秘密文書を漏らすのは、特に米国では、即刻、機密漏洩罪で、告発されることがあります。例えば、トランプとの、機密を約束した電話会談(約1時間)を、5分に切り貼りして(都合悪い部分を消す偏向を加えて)、ワシントン・ポスト(左派:内容に更に偏向を加えた記事を報道)にリークした、ラッフェンスベルガー州務長官は、即日にトランプ側から告訴されています。

トランプが、まだ、一般からは「クオリティペーパー」とされているCNN、NYタイムズ、ワシントン・ポストに、ナマの情報を提供しない理由は、4年間、偏向報道され続けたからです。この、国民からの評価も、来週末にThe END.でしょうか。

米国・英国のクオリティペーパーは、とりわけトランプ報道に関しては、ひどいものでした。私も、2020年10月まで、この言葉は変だなと思う瞬間はあっても、大筋で、誤魔化されていました。長年の購読に対して、賠償請求したいくらいです(子供じみているので、やりませんが)。

<フェイクニュースの構造分析>が成果です。
その点では、素材を提供してくれて、ありがとうございます。

I氏は、日本語のできるホワイトハウスの情報スタッフが、「テストのため」、試しに送ったとき、
「自分の意見は入れず、1語1語を正確に読んで、日本に知らせてくれた」、つまり陰謀論という偏向の意見を入れるメディアとは違うと、I氏のyoutubeの観察で知り、
短文の日本語にしたリーク情報の送り先として選んだということでした。

この情報の真実性を裏打ちするのは、以下に挙げる、BBニュースです。BBさんは、国家情報局(NSA)の担当と連絡をとり、許された部分のNSA文書の情報開示をしています。

NSA情報は、外交文書になり、当然、国家の一級の機密文書です。
トランプは、合同議会の前後に、この情報も開示するとしていたのでしょう。

NSA文書を、まだトランプ側が機密にしているのは、敵方に、情報を知られないためです(外交や戦争では、情報戦があります)。

トランプは、「(わかる人にだけわかるように)意図して、ダブルミーニングの謎めかした言葉」で、ツイッターで知らせていました。弁護団とともに、そのアカウントは、永久閉鎖されました(1月8日)。

ツイッターも、その検閲からDS側であることがわかります。いまGoogle、youtube、ツイッター、Facebookで検閲が激しい。当方のWEBにも来ました。その記事は自主削除しました。今、米国メディアは中国や北朝鮮と、おなじです。ひどい状況です。戦前の体制翼賛会が、80年経って、ひとめぐりし、蘇っています。NHKのニュース解説が特にひどい(60%くらい)。民法では今日、日曜日の、NEWSショー。

確認しましたが、下のBBさんのYoutubeは、まだ消されていません(1月10日:午前10:05)。当方が情報のソースを明かさないことがあるのは、書くと迷惑をかける機密文書にあたるかもしれないと思ったときです。

聞くのに、30分かかります。原文は、政府文書であり、法律用語が混じった難しい英語です。しかしかなり正確に、意味が分かるよう、AI翻訳されています。

意図して開示された、この少ないNSAの情報に、GPSブレスレットや1月1日デルタフォース(米国地特殊部隊)の、ウクライナの****邸宅襲撃の押収証拠品(書くのは躊躇します)などは出ています。

DS側は、1月1日から、主要な人が、軍に監視され、包囲されています。

「1月20日まで、米軍のトランプ裏切り」がないかぎり、DS派の主要人物が、逮捕されるでしょう。一部の裏切りは想定できます。主流派は揺るがないと思っています(希望)。

****次期大統領と、ヒラリー、オバマは、GPSブレスレットで、軍に、行動(携帯のようにその発言や相談もか?)を監視されています。

外せば分かり、即時逮捕なので、外せません。****だけは「支持派の国民に健在と見せる」スピーチを出しています。この人(小狸)も、苦境であっても発言する役者です。

80歳なった、若作りのペロシ下院議長(上院院内総務のロムニー(狸)とともにDS派議会の巨頭の1人:ラッコに見えます)が、ヒステリックに、
(1)議会への動乱誘発剤で「トランプ弾劾(議会は動いていません)」、(2)「副大統領と閣僚による解任(ペンスは断りました)」と叫んでいるのは、
グアンタナモ(この語も検閲か?)を恐れているからでしょう。

CNNも、ペロシと同期して、日に日にヒステリック度が上がってきました。CEOが、危なくなってきたからでしょう。真の犯人には犯罪の自覚が一番あるはずです。何が何でも、1月15日までに、トランプを解任しなければならない。

トランプが仮に、「正当な選挙で負けていれば」、任期は1月20日までです。その前の解任の意味は、ない。
犯罪的な選挙という自覚があるから、トランプを怖がるのです(論理)。

DS側は、どんな無理な手段を使っても、その前に解任し、大統領令を出させないように、しなければならない。論理的には「不正選挙ではないというのがでっち上げの嘘だ」という「自覚」があるからです。

トランプ側のレッドファイブの計画は、テキサス州から着々と進んでいるようです。ギリギリまで追い詰められたのは、DS側でしょう。

トランプが軍の基地にいるのは、ANTIFAやCCPの政府機関のスパイからも容易に予想される身辺テロ(本人+夫人+スタッフ)を避けるためです。追い詰められたからでは、ありません。 もし見るなら、早く見てください。消えるかも知れません。本稿を送る理由が、これです。

(BBニュース:米国家情報局(NSA)の情報)
https://www.youtube.com/watch?v=kGDy_ZV9XUE&t=20s

BBニュースさん・・・相済みません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今、吉田繁治さんの今日(1月11日)のメルマガが送られてきました。
 内容を読んで、掲載が必要と思ったら掲載します。

 最後に追加の情報です。
 ネットでは、トランプ大統領の緊急放送があるのではないかと噂になっていますが、石川さんのワシントンの情報源は以下のように言っています。

「1月11日から20日の間はレクラス(秘密解除)の緊急放送はありません。
その間に、アメリカ国民へのメッセージがトランプ大統領が大統領令に対しての説明が行われます。
レクラス(秘密解除)は1月20日の新共和国の初代大統領にトランプが就任してから数日以内に行われるでしょう。
 つまり1月20日は就任式のみです」

 イギリスの水晶玉占いのルイーズ・ジョーンズさんの2021年1月3日の YouTube で、今回のアメリカで起こったことが見事に予言されているようで興味深いです。

https://www.youtube.com/watch?v=8oQase3o6-0



いよいよ反撃開始!...2021年1月8日

 以前の記事でお伝えしたように、米大統領選において、私は1月6日のワシントンでの上下院の合同議会に期待していました。
 テッド・クルーズ上院議員らに代表される共和党の議員よって、激戦州の選挙人票に異議が唱えられて無効となり、下院による決選投票に持ち込まれるとみていました。
 しかし、結果はご存じのように、(議事堂への乱入騒ぎがありましたが)すんなり選挙人票が認められ、議会は正式にバイデン氏を次期大統領と決定しました。
 まだまだ私は修行が足りないようです。
 しかし、(驚かれるかもしれませんが)私は、いまだにトランプ氏が再選されることは(ほぼ)間違いないと思っています。
 こういうことを書くと、(吉田繁治さんによれば)日本人の90%の人からは、妄想の陰謀論と見られるらしいです。
 当HPの訪問者の中で、どのくらいの方々が、私が妄想を抱いていると思われているでしょうか。

 及川幸久さんの最新動画では、これまでトランプ陣営が行ってきた(裁判所への訴えなどの)試みが、ことごとく却下され、失敗してきたと表現されてきました。
 しかし、私はこれはトランプ陣営は、最初からわかっていて行ってきたシナリオだったのではないかと思い始めています。トランプ陣営のリン・ウッド弁護士によれば、11月3日の投票から2ヶ月間、あらゆる犯罪を明るみに出す為に行ってきたといいます。これは沼の底の大鰐(おおわに)をあぶり出す為と、米国民(いや全世界の人々)に、アメリカの司法と議会、及び大手マスコミが、いかに腐敗しているかをわからせる意味合いがあったのだろうと思います。

 これからトランプ大統領の反撃が始まると思います。
 例えばですが反乱法の発令により、これから大量逮捕が始まると思います。
 反乱法に関しては、及川幸久さんが非常に興味深い考察をされていて、感心しました。
 1月6日のワシントンでの上下院の合同議会に、アンティファ(日本の大手マスコミはトランプ支持者と報道)による議会乱入が起こりました。その後、トランプ大統領は、暴力をせず平和裏に自宅に帰るようにといったツイートを行いました。
 ところがツイッター社とフェイスブックは、即座にトランプ大統領のアカウントを停止し、この大人しく家に帰るように促したトランプ大統領のツイートを削除したのです(ツイッター社は12時間、フェイスブックは24時間)。これは私には異様としか映りませんでしたが、及川幸久さんによって謎が解けました。
 反乱法を適用する条件として、反乱を起こしている集団に、大人しく家に帰るよう文章でアナウンスする必要があるというのです。
 それゆえ反乱法の発令を極端に恐れるツイッター社とフェイスブックが、トランプ大統領のアカウント停止という前代未聞の強硬措置に出たわけです。
 しかし、すでに全米に発信してしまったのですから、後の祭りでしょう。
 これでトランプ大統領が反乱法を発令する条件が整いました。
 もう数日以内に、全世界があっと驚く大物たちの大量逮捕がアメリカで始まると思われます。

 今回もまた、吉田繁治さんのメルマガを掲載させていただきます。
 その中で、吉田さんは特定のワードの部分を「****」と置き換えて、書かれています。
 これは日本でもネットの検閲が物凄く厳しくなっているからです。「バイデン」「ドミニオン」といったワードを使うと、検閲に引っかかって、メルマガが送れなくなる可能性があるのです。
 私の方で、直そうかと思ったのですが、今回の大統領選挙に注目している方なら、すぐにわかる単語なのでやめました。
 では、1月8日付けの吉田繁治さんのメルマガです。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年 1月 8日:【合同議会の顛末(原因と結果)】」から掲載開始>・・・

本稿も、TVや新聞だけを見ている人には、妄想の陰謀論に見えるはずです(90%以上)。ついに頭がおかしくなったかと言われるかもしれません。(読者からのメールにありました。90%が「そんな馬鹿な」と言うらしい。)でも、当方の家人も同じです。夫婦でも、分かっていない。安心してください。家人は、ともかくトランプ嫌い。女癖が悪く、今の夫人が美しいからでしょうか。

理由は、編集と用語が検閲された、歪んだ情報しか得ていないからです。編集者に、歪めるという意識があれば、まだましです。歪んでないと思っているから始末におえない(CNN)。まぁ、頭が悪いのでしょう。人の言葉の裏が読めない。その発言の理由です。

<支配する民主主義の完成は、エスタブリッシュメントや既得権益、名前の権威を守るための、メディアの歪んだ報道よって行われると、誰かが言っていました(記憶の引用:メディア論のエドワード・バーネイズ)。>

歪むとは、真実を、歪んだ色眼鏡で見て、捻じ曲げて伝えることです。このため、真実を書くと、歪んだ陰謀論に見える。陰謀論という概念は、200年絶えず陰謀を行ってきた、本家、R家から来ています。R家のことを調べて書くと、陰謀論と、高名な学者に言わせたのです。しかし、大きな歴史的事件は、ほぼ全部が陰謀です。

報道の真実という概念は、本当は難しいものです。人間も、生活は質素なR家も、いろんな面をもつからです。場面で多面的になる自分を考えればわかるでしょう? どの自分が真実か、分かりますか?

現在の欧米の、報道の歪みの根源には、トランプが戦ったR家系列の資本があります。主流メディアの多くが、資本をたどるとR家。民主社会の支配のためです。

CNNは、トランプに消えてもらわねば、都合が悪い。世界の支配が完成しないからです。なお日本の海外報道の歪みは、ロイター、BBC、NBC、ABC、共同に頼っているからです(記事を買うだけ、調査取材は、入り込めず、ほぼゼロ)。

(とても失礼な言葉ですが)、標準偏差(≒偏差値)の1.5シグマである90%の読者は、書いてあることの内容が、あまり読めない。

記事の価値の判定を、既存の社名と、権威に頼るからです。芥川賞をもらうと、本が10倍、ときに100倍は売れることの意味も同じです。骨董が、年代や名前で高くなることと同じです。ベートーベン、ドストエフスキー、村上春樹にも、好き嫌いは別の次元ですが、駄作も多い。

ひらがなや和語で書くと、本当は、アイマイで難しい(伊勢物語)。しかし内容ではなく、見た目はやさしい。漢語や専門用語が、概念がはっきりしているので、定義を知っていれば、本当はやさしい(漢文)。

科学の本は、数字と事実と論理(ルール)があるので本当はやさしい。将棋で、小学生の天才が出るのでわかるでしょう? 小説ではムリなことです。ルールがないからです。

経済なら日経新聞、WSJ、FT、本なら岩波、リベラルは朝日、NYタイムズ、CNN、ワシントン・ポスト、保守は読売やFOXというような、ステレオタイプの分類が、権威に頼ることです。それらに書いてあることは真実、スポーツ新聞や夕刊フジ、日刊現代は嘘になるのです。

実際に深く読むと、芸能誌も、題材がちがうだけで、クオリティの差はない。二流の学者は、権威者の階級に弱い人でもあります(一流の人は時の権威に対抗します)。その人たちは、子供と話せない。子供に嫌われる。子供や犬は力がないので、人を見ぬきます(仮面は見抜けず騙されますが)。攻撃を受けると、死ぬからです。

TVを見て音を消し、何を話しているか当てる訓練をすると、人を見抜けるようになっていくでしょう(体験から)。表情と身振りに、本当のことが現れるからです。これも経験です。天才的な張本など、スイングを1振り見て、欠点と長所を見抜くでしょう。ゴルフスウィングでも同じです。



1時間単位で、新しい情報が(他の情報とつなげる思考で)分かってきました。今回は、決定的なものになるでしょう。時間を待たず、お知らせしたいので、書きます。

1月6日の、上下両院合同議会を見とどけたトランプ大統領は、エアーフォース1で、ミレニア夫人と、テキサスの軍の基地に移動しました。身の危険を感じて、逃げたのではない。

「軍」を使う、戦略的な移動です。しかし、戒厳令ではない。

待遇を上げて厚遇したからか、ペンタゴン主流派は、トランプの応援隊です。今回も、ペロシ下院議長と、狸のマコーネル院内総務の、出動要請を断っています。

今回の情報で、****次期大統領への業務引継ぎを、なぜペンタゴンが断ったか(12月半ば)、分かりました。

外交と軍事は、連邦国家の米国大統領の専権です(内政は州)。ペンタゴンが引き継がないのは、次期大統領として認めないという意味です。

20年11月にフランクフルトの*****集計機のサーバーを、CIAと銃撃戦をしてCIA長官(今も姿が見えない不思議さ)とともに、捕獲・押収したデルタフォース(米軍の特殊部隊)が、原油と天然ガスが出るウクライの海岸の、次期大統領****の施設を襲撃しました(1月1日〜)。ウクライナのガス事業、中国CCPがもつ石油、エネルギー事業は、賄賂の巣窟という(陰謀論の解析をした名著の馬淵睦夫氏)。

中国製の大量の兵器、数万発の銃報弾、もっとも強い麻薬(**タール)、手錠、壁の*体の痕跡、金塊(40億ドル相当:420億円)を押収したという。犯罪、誘拐、マネーロンダリング、****行為の巣窟だったようです。*****島に似ています。

三親等以内がマネーロンダリングや海外からの賄賂で、国家反逆罪になると、大統領と大統領候補も、失職します(法の規定)。

1月20日前の、来週(余裕をもてば、たぶん12日か13日)、 ****次期大統領は、軍から逮捕され、グアンタナモ送りでしょう。副大統領候補の***も、*国からの賄賂があるので、同時でしょう。

両方が国家反逆罪になると、1月20日に落選したことになっている、トランプ&ペンスが繰り上がると思っています。(注)ペンスは辞任します。

合同議会の議長(プレジデント)を務めたペンスは、裏切ってはいなかったようです(まだ10%程度は不明)。合同議会で、海外からの賄賂、******島の名簿、証言、写真がある議員たちが、重要な議会での不正審議という国家反逆罪を犯す紛れのない証拠を集めるために審議させたのです。これが1月6日の合同会議の顛末。

結果は、トランプにはどうでもよかった。国家反逆罪を、実況中継のTVで見た国民の前で、実行させるためものだったからです。

情報はLinwood弁護士。1月6日には、トランプと一緒にツイッターが閉鎖され、検閲のないParlorに移り、活発に書いています(文面は超元気)。大統領の発信を封殺するのですから、ツイッターも名うての犯罪者。安倍元首相や、菅首相のツイッターに登録を全部消すことが考えられますか? CNNと同じように、DS側である証拠でしょう。
https://parler.com/profile/LinwoodW/posts

世界中で如何にメディアが、異常なことになっているかの証拠です。

ジョージア州の上院議員選挙でも、10%未満になったころ、不自然に逆転しましたが(私があっと叫んだ時間です:前々号)、このとき、*****集計機のアルゴリズム、消去と票の盛り込みがあったと、ほぼ分かっています(数万票:あとで監査)。これも、いずれ逆転するでしょう。しかしこれは、もう一本の草のように小さいのです。

*****集計機のアルゴリズムは、不正を見えにくくするため、最終結果で3%未満の差になるものです。ところが、スキャンしていない残票の有効数は、機械には分からない。最後に票数が減ったり、急に増えます(お粗末な機械)。

今回も、同じ機械を使っています。ジョージア州知事と州務長官は、「大統領選挙での集計の小さなミスはあっても、不正はなかった」と何回も述べていて、プログラムの修正は、1か月の短期では行えなかったからです。(注)ドミニオン社の社員は、全員、行方不明です。コロラドと、カナダのオフィスはもぬけの殻。実は中国で作っていたようです。
?
「不正があったと、認めたほうがいい」と州務長官に、双方の弁護士付きで、トランプが機密を約束した電話をしたのは、親心からでした。不正は、証拠があがっているからです。不正をやった人は自覚があります。

「それは違います、大統領」と嘘を言った録音のメモリをワシントン・ポストに渡して、犯罪の確定証拠をわざわざ残した州務長官は、どこまでも愚鈍(国家反逆罪の成立)。リンウッド弁護士が、これを述べています。*国から迂回して、D社から賄賂をもらった証拠が、州知事と、州務長官も国家反逆罪になります。

正副大統領候補、上下両院議員(100人?)、州知事、州務長官が、国家反逆罪でグアンタナモの法廷にいくという事態です。トランプが、テキサスの軍基地に、エアーフォース1で行った理由が、これです。すでに、海外からの賄賂とマネーロンダリングのオバマとヒラリーもグアンタナモにいるという。

戦略的に、2か月泳がせ「犯罪の完成」を待ったのですから、トランプも人が悪い。

なお、次期大統領の目がなくなった****は、FBIが、6か月前にFBIが捜査しても隠していた息子の犯罪から、自分では12月にこれが分かっていて、12月22日に、恩赦を求めてトランプに会ったとされます(未確認)

まぁ・・・劇的な展開。推理小説の10倍以上の面白さか。スパイのハリウッド映画でも、見たことがない。どうか、深刻にならず、楽しんでください。DSにあやつられ、反DSのトランプに嵌(は)められた馬鹿どもたちと思えばいい。

可能なら、たった1人で、敵だらけのアメリカで戦っている我那覇真子さんをyoutubeで見て、メールを送り支援してください。彼女は、日本が生んだ、ほんものの海外特派員でしょう。見ていると、涙が出ます。身の危険はいとわない。香港の周庭さん、テニスの大坂なおみにも似ています。自分が恥ずかしくなります。
https://twitter.com/ganaha_masako?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 ・・・<掲載終了>・・・


 佐野美代子さんの YouTube も大いに参考になるので貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=ThP2guPO-bA



[トップページ] このページの先頭へ