2021年

[トップページ]

日本政府の財政破綻の可能性とその対処法

「引き寄せの法則」から「最適化」へ

ドックベストという歯科治療

雑談を3つほど

並木良和さんのアセンションQ&A

『炭が地球を救う』から

200万円を5年で50億円にするという話

『私が見た未来 完全版』から

『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』から

結局のところ、人は自分の道は自分で決めるということ

雑談を3つほど

中国発の金融危機について

自民党総裁選について

『国家破産ベネズエラ突撃取材』から

『一神教の終わり』から

『コロナワクチンの恐ろしさ』から

ベネゼエラで暮らした女性の手記A

ベネゼエラで暮らした女性の手記@

金融危機と食糧危機の気配?

バーゼル3で起こる(かもしれない)金価格の大変動

新型コロナワクチンの主役は?

私の対策

新型コロナワクチンの本当のシナリオ

麻生グループによる葬儀会社の株の大量取得

ワクチンに関する悲喜こもごも

新型コロナワクチンに関する雑談

『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』から

新型コロナとワクチンキャンペーン

金融大変動のシナリオ

夢ワーク

『アフター・コロナの未来ビジョン』から

「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから

ワクチンに関するメルマガの紹介です

ジョン・デソーザ捜査官の霊聴能力

『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』から

ガンの三大療法を彷彿とさせるワクチン接種

デクラスを待ちわびている人に

オートファジー

デクラスの行方

日本の水道に関すること

たまには雑談でも

ポールシフトについて

アメリカでこれまで起こったことと、これからの展望

『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』から

ネサラに関するおとぎ話

デクラス(機密解除)の予告編の動画

注目の大統領就任式

トランプ大統領再選後に起きること

いよいよ反撃開始!(その2)

いよいよ反撃開始!

日本政府の財政破綻の可能性とその対処法...2021年11月20日

 当HPは2001年1月1日から始めたので、もう20年になります。
 よく続けてこられたものだと我ながら感心してしまいます。
 始めた当初は1日のヒット件数が1件〜3件といった具合で、全くプレッシャーが無かったのですが、徐々に訪問者の数が増えてゆき、更新しないと訪問者の方々の無言のプレッシャーを感じ始めるようになり、止めるに止めれなくなってしまいました。
 もちろん当初は、これほど長く続けるつもりはなかったのですが、20年続いたということは、魂の計画の一部なのかもと思い始めています。

 HPを始めた頃にも、金(キン)の話題を書いていたのですが、その記事を見た訪問者の方からメールをいただいたことがあります。。
 その方は、金1kgのインゴットを2つ買われたそうです。
 買われた値段は、金1kgで110万円台だったと記憶しています。今から見ると信じがたいほど安い値段ですが、1999年頃に1gで900円台があり(NY金で1オンス250ドル台がありました)、日本で金1kgが90万円台で買える時代があったのです。
 それが180万円ほどに上がったので、1つは利益確定の為に売ったと言われていました。110万円台で買ったものを180万円で売ったのですから、70万円近い利益となります。たしかに悪くない話です。
 その際に私は、残ったもう一つの金は売らないで、長く保管されることを推奨しておきました。
 その後、その方から連絡はありませんが、もうすでに売られてしまったのでしょうか。もし売られてなかったら、現在は金は1kgで750万円ぐらいですから、7倍近くに達しています。
 このように金は、時間の経過に伴い必ず上昇する性質を持っています。
 もちろん相場の世界ですから日々の変動があり、数年単位の視点で見れば上下動しますが、長期でみると必ず上がります。その理由は単純で、紙幣の価値が時と伴に下がるからです。
 金の値段を決めるのはアメリカの市場なので、日本ではそれに円ドル為替の要素も加わります。ちなみに金が安かった1999年頃は1ドル113円だったので、今の為替水準とあまり変わらなかったようです。
 このように、円もドルも紙幣なので時代の流れと供に徐々に価値を減らしてゆき、長期で見れば金は逆相関の関係で上がる傾向となります。
 つまり金は、数か月や2〜3年の投資で稼ぐという点においては向いていませんが、価値を減らさない長期(最低でも5年以上)の貯蓄としては向いていることになります(もちろん現物です)。

 さて、その金ですが、最近上昇傾向です。
 これは(あくまでも私の意見ですが)アメリカの10月のCPI(消費者物価指数)が6.2%の上昇と高いインフレ傾向となり、その分の金の上昇と見ています。
 アメリカのCPIは、怪しい人為的な操作が行われているという指摘もあります。例えば指標の牛肉の値段が上がると豚肉に入れ替えたり、次に豚肉が上がると鶏肉に入れ替えたりといった具合です。
 ですから、実態は6.2%よりもっと高いのではないかと思っています。
 そのインフレ傾向ですが、原油の値段がしばらくは下がりそうにないことと、新型コロナによるサプライチェーンの影響もあって、当面続くのではないかと思われます。
 そうなると、インフレに伴う金の上昇は続くことになります。

 こうした世相を反映してのことでしょうか、庶民の間で金の売り買いが活発になっている気がします。
 貴金属を扱う日本マテリアルという会社があり、その支店が山梨県の甲府にあり、私が住んでいる長野県から一番近いということで先日行ってきました。
 地方都市での貴金属を扱う支店で人が込み合うなんて想像もできなかったのですが、私が訪れたとき、すでに先客がいました。
 私の手続きをしている間にもお客さんが何人も来る始末で、ソーシャルディスタンスで店に2名以上入れないこともあって、店の外に人が並んでいました。
 こんな田舎(失礼!)の貴金属を扱う店で、行列ができるなんて想像もしていませんでした。金が上がってきたので、売ろうというのでしょうか、それとも買おうというのでしょうか。その両方かもしれません。
 蛇足ですが、金1kgを売ろうと思っている方に、効果的な節税方法があります。
 副島隆彦氏の本に載っていた方法です。
 日本マテリアルという会社は、金1kgを100gの金10個に分割するサービスを行っています。金を売却すると、その売却益に課税されますが、年に50万円の非課税枠があります。
 ですから、仮に金1kgを100万円で買って、750万円で売る場合は、差し引き650万円から50万円の非課税枠を引いた600万円に税金が掛かります。
 さらに、金を買って5年以上持っていた場合は、その半分の300万円が課税枠となります。
 売却益は他の収入との合算で課税額が決まるので、人によりけりですが、副島氏によると売却益の3割程度が税金になるそうです。
 1kgを一気に売ればかなりの税金が来ますが、1kgを10分割して、100gづつ毎年こまめに売れば非課税枠があるので、かなり節税になります。
 以下、計算式です。

 <所有期間が5年以下>
 譲渡所得額 = 売却金額 − 取得金額 − 控除金額50万円

 <所有期間が5年超>
 譲渡所得額 = (売却金額 − 取得金額 − 控除金額50万円)÷2

 金1kgを100g10個に分割する手数料として18万7千円(税込)掛かりますが、1kgを一気に売った場合に掛かる税金よりずっと安くなるのでお得です。

 さて、本題に入りたいと思います。
 吉田繁治さんが、「日本政府」の財政破綻の可能性に言及しています。
 ここで強調しておきたいのは、「日本」という国の破綻ではなく、「日本政府」の破綻です。政治家や官僚は、自分たちの失政を国民に押し付けたいという魂胆があるのでしょうか、「日本」が破綻するという表現をします。
 日本の国民と日本政府は別物です。
 国民は銀行に預けた預貯金を通して政府が発行した国債を買っているのであり、あくまでも貸し手です。借り手は政府です。その国民からお金を借りた政府が、行き詰って破綻する可能性があるということです。
 ただし、そうなった場合は尻拭いを国民がさせられることは必定です。
 先日、矢野康治財務事務次官が文芸春秋で、「このままでは国家財政は破綻する」と政府のバラマキ政策を批判して、政府から猛烈にバッシングされました。
 政府にとって財政破産を起こすなどということは、絶対に国民に知ってほしくないし、思ってもほしくないことです。
 これに関し、吉田繁治さんは以下のように言っています。

 矢野 財務省事務次官は、文藝春秋(11月号)で、コロナに対して、200兆円規模の、財政バラマキになった場合の、財政破産の懸念をいったのです。(注)タイタニックへの例えは拙劣です。財政の危機は、ある日突然ではなく、金利上昇の傾向から、6か月や1年前には見える危機だからです。

 ここで重要な指摘があります。
 政府が破綻するきっかけは、金利の上昇だということです。
 金利の上昇が政府の破綻になるのは、簡単な計算ですぐにわかります。
 吉田さんが、米国の短期金利(FF金利)の3%への上昇があった場合のケースを簡潔に説明されているので、その部分を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1194から抜粋開始>・・・

米国の、短期金利の3%への上昇があれば、金融負債がGDPの300%の、世界金融は、すさまじいことになります。

■6.米国の利上げの、日本への影響

まず日本へ影響から。
日銀が政府の破産を避けるため、金利を必死に0%に抑えても、米国の長期金利が5%に上がれば、大挙して、「円売り/ドル買い」が起こり円は暴落します。

金利0%のマネーで5%の米国債を買えば、5%の金利に円安の利益が加わるからです。仮に円が20%(22円)下がると、米国債の円キャリーの利益は25%です。5倍のレバレッジで米国債を買えば、250%(3.5倍/年)の利益です。

生じる巨大な円売りに対し、日銀は円金利0%を維持できなくなります。円金利も3%くらいに上げないと、国内では利益が0%の円の流出は止まりません。

円金利が3%に向かって上がる過程で、1200兆円の既発国債の流通価格が下がって行きます。3%になると、平均残存期間が8年の国債価格は、以下のように下がります。

1200兆円×(1+現在の金利0%×8年)÷(1+期待金利3%×8年)=1200兆円×1÷1.24=968兆円の評価額

含み損失1200-968=232兆円

・500兆円の国債をもつ日銀は100兆円の含み損をかかえ、
・他の金融機関(GPIF、都銀、地銀、生損保)が132兆円の含み損です。これが、2022年春以降、一挙に生じます。

この含み損は、日銀と日本の金融機関のほぼ全部を、債務超過にします。金融機関は、相手銀行が債務超過になると、融資と借り入れ取引ができません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 先進国においては、3%程度の金利が正常な状態を言われていた時代がありました。
 しかし、日本政府は1200兆円という膨大な量の借金(国債)を抱えている為に、3%に金利が上がると、今の100兆円規模の国家予算が組めなくなります。当然ながら新規の国債発行ができなくなり、既発国債の利払いや償還ができなくなります。これが政府の財政破綻です。
 ただし吉田繁治さんは、必ずそうなると言っているわけではなく、FRBが短期金利(FFレート)を3%に上げるかどうかに掛かっているといいます。
 つまり、日本政府の生殺与奪の権利をFRBが握っているということです。

 しかし、今アメリカではオイルショックに匹敵するかもしれない強烈なインフレが起こり始めており、金利を上げないという選択がいつまでできるのか、と思ってしまいます。

 こうした吉田さんの解説に対し、私たち一般庶民はどのような対処ができるのかといった質問がメルマガの購読者から吉田さんに寄せられたようです。
 それに対する吉田さんの回答があり、今回はそれを紹介させていただきたいと思います。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1195から抜粋開始>・・・

【1質問:三重県Uさん】
私、かなり以前からいつか破綻する日が来るであろうと思っておりました。インフレと円安にそなえ 金の他に住友金属鉱山と商社4社の株を買って、持続しております(少しですけど)。

株全般が暴落する時は、一時的には下がるでしょうが、配当も良いので持続をしようと思うのですが、いかがなものでしょうか?

【回答】
金は、金融商品ですから、当然、短期の利益が目的の先物売りや、ETFの大口の売りで、下がるときもあります。しかし、現物金の生産は4300トン付近で一定であり、増資される株のようには増えません(裏づけの金なしのETFのみが、証券として増えることはできます。金ETFには、金の裏付けがあるものと、ないものがあります)

金の需要は、2010年以降ずっと、中国、ロシアを含む新興国の中央銀行のドルに代わる準備マネーとしての買いが強く、増える傾向です。長期傾向は、上昇です。

目先では、金利が上がる気配の米ドルが強いため、金の買いは増えてはいませんが、遅くとも数年内には、1980年の暴騰を再現すると見ています。現在のビットコインの上昇に似たものです。ビットコインは、その投資家からは、デジタルゴールドとされています。

円の金利が3%に向かって上がった時を想定すると、金融機関からの、国債の売りが大きく増え、金利の上昇から株式の期待益回り(1÷PER)が上がる株価は、下がります(PERは下がります)。

・日経平均の、次期純益予想に対する株価(=PER)は現在14.18倍であり、
・株への期待利回りである、株式益回りは「1÷14.18=7.05%」です。

株に対し、投資家集合は、7.05%/年の益回りを期待しているということです(21年11月18日)。
https://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx/

この期待益回りは、国債の金利(現在は0%)+株価下落のリスク率7.05%に分解できます。

国債の金利(長期金利)が、3%に向かって上がると、株の期待益回りも、「長期金利3%+リスク率7.5%=10.5%」に上がります。

この益回りの逆数のPER(次期予想純益×PER=株価)は、「1÷10.5%=9.5倍」に下がります。

日経平均の均衡価格は、「9.5倍÷14.18倍=0.67」・・・つまり33%下がる傾向が出るでしょう。

なお個別株については、それぞれの純益期待と配当が異なるので、代表的な225社の日経平均と、若干、違った動きになります。
しかし、60%の価格部分くらいは、日経平均を追います。

下がった株を買うと、その後上がるかどうかについて、一般的な判定はできません。金利の上昇が下落に転じるときを待たないといけないからです。インフレで上がった金利は、普通、2年は続くでしょう。

金利を上げる、国債の売りの超過は株の売りを生じさせ、行き場を失った現金(金融商品の売却代金)は金に向かって金価格を上げると見ています。


 ・・・(中略)・・・


【3:質問】
<スタグフレーションに向かっている世界>に書かれている通り、現在、世間的には、投資といえば米国株一択という感じですが、来年あたり、大暴落が来そうな漠然とした不安があります。

本号の、「インフレ→米国利上げ→(米国および日本株安と)円安→日本政府と金融機関の破綻」という説明から、現実味を帯びてきました。

ただあと半年?くらいは、現在のバブルに乗っかろうと思っております。いざ逃げるとなると、我々個人としては、先生の言う通り金融資産を売り金現物にしておけばいいのですが、いくつか疑問があります。

資産防衛先はゴールドのみでしょうか。不動産、特に都内の条件の良い物件等なら価値は永続しそうに見えますが、億単位の資金が必要、素人では物件を判断できない等難しそうです。

【3:回答】
小口でも買えるゴールドが一番でしょう。日本の不動産は、人口減、高齢化が基礎にあるので、金融的に1年上がることがあっても、5年単位では、下がる傾向が強いでしょう。

金ETFでもいいのですが、ペーパーゴールドのETFは、万一、発行会社が破産すれば、株と同じように紙きれになります。その点を、留意してください。

金現物は、現金と同じように保管に難しさがありますが、盗難の不安がある方は、金の商社が提供している現物預かりか、大手銀行の貸金庫(手数料が必要)を使えばいいでしょう。

岸田政権は、20年くらい続いた、住宅ローン控除をなくす目論見です。1.2%のローン金利で1.0%住宅ローン控除があると、金利は0.2%でした。ローン控除の停止があると、住宅価格が下がる要素になります。

【4:質問】
仮想通貨はどうでしょうか。ゴールドは、中華ないし中東文化圏には絶対の信頼がありますが、世界的に若者はゴールドよりも仮想通貨に興味を持っていますし、仮想通貨関係の市場はどんどん拡大・活性化し、仮想通貨で支払いできる会社も増えています。

仮想通貨は、実体・裏付けのない電子情報に過ぎないと思っておりましたが、ゴールドもそれ自体は装飾以外に実用的用途がないし、将来性では仮想通貨は無視できないのではないかと思います。

それに価値があると信じる人が多ければ価値が生じてしまうもので。銘柄としてはやはりビットコインと、拡張性が高い(らしい)二番手のイーサイアムまでですが。

【4回答】
仮想通貨では、価格の基礎を予想する材料が、集合知が大きく変化し、浮動的な人気でしかありません。このため、買って、長期で利益を出すことは難しい。人気が、金に対するより、気まぐれだからです。短期の、投機的な金融商品と思っています。

【5:質問】
外貨預金はどうでしょうか。低コストのFXでも良さそうですが、混乱状況下ではちょっと信頼性が低そうなので。米ドル、ユーロとスイスフランあたりに分散?

【5:回答】
現在は、米国インフレ(6.2%:10月)による、ドル金利の上昇期待から、世界からドル買いが増えてドルは上がり、ドル買い(=円売り)が増えた円は、下がっています(1ドル114.3円:需要が弱い日本経済のため、1ドル=120円の、円安になるという人もいます)。

ただし今回のドルの強さは、米国経済の実力からきたものではなく、逆に、経済の弱さ(インフレ)の表れとしてのドル金利上昇の気配からです。

米国の株価(特にナスダック:予想PERが33倍と高い)とともにドルが下がるときの外貨では、スイスフランが最強でしょう。

【6:質問】
金について、一つお聞きしたいことがあります。

WGCのレポートによると、2020年は金供給4,700トンに対して、需要は3,700トンしかありませんでした。OTCと在庫に回っていると説明していますが、これだけで、1,000トンにもなるのでしょうか?どこか別の所に流れているように感じています。この件について吉田さんの見解を教えていただけませんでしょうか?

【6:回答】
WGCの資料を見ると、2020年のQ3とQ4に、それぞれ400トン以上の黒字(生産-需要)が生じていますね。

この時期は、紐づけのある金先物の裏付けの金が不足して期日に受け渡せなくなっていた時でした。限月には、ドルの現金が支払われていたのです。

このとき先物証券を売っているブリオンバンクが、在庫を買い入れたのかもしれません。その時点では、買い取り先が決定していないので、余剰として記録されたのでしょう。あくまで推測です。

他に考えられるのは、2020年11月の、米大統領選挙の前の中国の、米国債売りによる買いです。特に、中国の金の買いは、記録されないことがあると推測しています。特にタックスヘイブンの口座から金現物を買ったときは、記録がなくなります。

紐づけのある金先物の、証券会社からの、投資家への売りの増加は、金買いの増加になりますが、これは「投資家の金需要」ではないので記録されません。いずれにせよ買った主体がいます。

実際に1000トンも余れば、金価格は暴落するからです。2020年8月は、金価格が上がっていた時期です。21年のQ3にも、367トンの現物の余剰が生じていますね。どこかが、金在庫にしたのです。

金を売買するブリオンバンクの金の買いは、売る商品の仕入れであり、証券会社の株の買いと同じで、需要とはされないからです。実際には、需要ですが・・・

【7:質問】
10年以上前から日本の財政破綻に向けて準備していた64歳の歯科医です。円高、インフレに備えて来てなかなか破綻しないので疲れて来ました。

国債の金利ですが、日銀が満期まで保有していれば名目金利だけを政府が払えばいいので、この低金利なら政府はどうって事ないのではないでしょうか。それとも、国債の簿価が下がって、日銀のバランスシートが赤字になり、何かどえらいことが、起こるんでしょうか。

日銀券の信用が落ちれば、私の貯めた虎の子の現貯金は、パーになるんでしょうか。単なるハイパーあおり本ではない数字の分析に敬服いたします。

【7:回答】
政府側は、新発国債の金利が上がっても、価格は下がる既発国債の金利は0%で同じなので、支払いは0%です。毎年、200兆円分の、満期がきて借り換える国債の金利は、上がっていきます。

問題は、平均金利0%の既発国債1200兆円を買っている、日銀、銀行、生損保、GPI、海外金融機関(約10%)です。

日本の金利が3%に上がると、国債の所有者に250兆円くらいの含み損失が出て、日銀をふくむ金融機関の全部が、債務超過になります。金利の上昇は、国債の買い手の、金融機関の損になります。

実際は、金利が上がる気配が濃厚になれば、金融機関は損をするのはイヤなので、手持ちの国債を市場に出します。このため、国債価格の下落(=金利の上昇)には、拍車がかかります。

日銀が国債の時価評価で債務超過になると、円の国際的な信用が落ち、外為市場では、アジア通貨危機(1997年)のときのタイの通貨のように、円売りの嵐になり、円は大きく下がるでしょう。

事実、ヘッジファンドには、このときの円先物売りを、巨大な利益のチャンスと見て、今から、狙っているところも多いのです。youtubeで人気があるダン高橋もその1人です。

なお、日銀が債務超過になれば、政府が出資するので大丈夫という話があります。

ところがその政府の出資金は、政府が国債を発行して日銀に売ったものです。これはタコが足を食えば、太って延命できるという、お馬鹿さんの論と同じです。全く効果はないのです。

預金封鎖が行われるかどうか不明ですが、インフレを抑えるといいう名目で、個人預金では、1日1回の引き出し額の制限(15万円等)はあるでしょう。1か月に、間隔をおいて5回引き出せば75万円です。

政府は、預金封鎖はできないと考えています。政権は選挙で決まります。国民が資産を失う預金封鎖をした政権の人気は急落し、政権交替になるからです。企業預金の封鎖はありません。支払いがされないと、200万社が連鎖倒産になるからです。

ポピュリズムが決める世界の政権はお金を増やすことはできても、減らすことはできません。共産党独裁の中国ですら、です。

財政が破産したときは、ドルやユーロに対する預金の円の価値が大きく下がりますから、円預金を残す人は価値の下落を、戦後の英国ポンド(1ポンド1000円→70年で152円)のように甘受することになります。

【8.質問】
大西つねき氏のYouTubeチャンネル、いま220兆円を配らなければいけない理由:大西つねきからの緊急告知と、拡散のお願い
https://www.youtube.com/watch?v=dawE3Kjgmbg

MMTについての、吉田さんの考察と真っ向から対立するような内容です。意見を頂ければ、幸いです。

【8:回答】MMTへの反論は、長い文章の回答になります

れいわ新選組の、大西つねき氏のyoutube、今、見ました。
これは、無期限国債に変える「政府通貨発行論」です。
MMTではありませんが、MMTに近い。

でも財務省、安倍氏、高市氏、岸田氏よりは、よく考えています。根拠はあります。

ただし、返済の期限がない無期限国債を増加させた時の、将来の大きな円安とインフレへの見方は、誤っています。

利払いはあっても、返済期限のない無期限国債(コンソル債という)は、戦後の英国がGDPの2倍の戦時国債の資金繰り償還のために、低金利で発行しました。これは、返済の満期が、つぎつぎに来る戦時国債を、デフォルトさせないための、借り換え債でした。

・第二次世界大戦のあとインド等の植民地(賃金を低くして一次産品を生産した東インド会社の富(英国に属する)を生んでいた)を失った英国のGDP(=世帯所得+企業所得+減価償却費)の、
・インフレ率を引いた実質の成長はなかったので、
・コンソル債発行の結果は、長期でのポンド下落でした。

「戦後の1ポンド1000円→800円→200円→152円(現在)」です。

英国民1人1万ポンドの所得の価値は、円との相対レートでは、現在は、1/6の166万円に下がっています。これが、70年間の英国病の結果です。

戦前の英国経済(1人当たり所得)は、世界1でした。
1989年のバブル期の、日本人の平均賃金が世界1のスイスと並んでいたことと同じです(現在は21位、韓国以下)

原因は、実質GDPが減った英国政府が、
・GDPの200%の負債をかかえた財政を破産させないために、
・返済がなく、しかし金利も低い、コンソル債を発行したからです。

コンソル債は、金利のつかない政府紙幣と同じものです。
この金利は、ゼロの政府紙幣の発行になると、0%です。

インフレで実質金利がマイナスの英国ポンドは、外為市場で売り超を続け、ポンドの、他の通貨に対する相対価値が、1/6に下がったのです。(注)実質金利=名目金利率(3%)−期待インフレ率(7%など)

1ポンドは、名目上、1ポンドのままですが、円と比べた実質価値(購買力)は1/6に下がったのです。

日銀が、全量の円国債1200兆円を買い取る方向に進むと、
国債発行と政府紙幣発行は、事実上、同じになります。

既発国債のマネタイゼーション(=現金化)を日銀が行うことになるからです。

これから10年の長期では、
・政府紙幣発行の増加率以上の、実質GDPの成長率がなければ、
・英国のコンソル債と同じような結果を生みます。

「国債のようには返済が要らないという意味で負債ではない政府紙幣」は、何を根拠に発行するかと言えば、国民からの、政府の財政信用という心理的な価値があることです。

通貨信用とは、政府の財政の信用であり、それは、国債を金融機関が買う価格で、示されます。B/Sでは、以下になります。

(注)江戸時代には、商人からの信用がなく藩札が発行できない大名もいました。商人は大名に食品、衣類、武器などの商品を売って、藩札(政府紙幣)を受け取るからです。その商人が大名が作る藩札を信用しなかったのです。江戸幕府(征夷大将軍)は、米国のような地域大名の連邦(ワシントン州)でした。

      資産                負債
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国民の、政府の財政への信用 1200兆円  政府紙幣 1200兆円
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

国民の、政府財政への信用とは、日本のGDP(世帯所得+企業所得)が増え、政府の税収も将来にわたって増え続けるだろうという期待があるときの信用です。

実質GDPが今後も増えず、物価だけが上がる経済では、国民の、政府の財政への信用は、年々、劣っていきます。

これが、コンソル債の英国で現れた経済現象です。

英国民は、1ポンドの価値の継続を信用していたかもしれない。

しかし米国、日本、欧州は、英国ポンドの価値の下落(=諸外国より高いインフレ率の経済=英国病)を認識していたのです。

これが、1945年の1ポンド1000円が、長期ですが、150円台に下がったという形で現れました。

「れいわ新選組」の大西氏は、約70年前の、英国が行ったコンソル債の発行と同じことを言っています。これが、当方の見解です。

日本でも、政府紙幣を発行していた時代がありました。

・江戸時代の幕府と藩が発行した藩札(インフレの要素)、
・金の含有量を減らし続けていた小判(インフレの要素)、
・明治初期の西南戦争(内戦)の戦費のために発行した、太政官札です(インフレの要素)。

江戸時代では、代表的な物価だった米価高騰による飢饉(または子供の間引き)が起こっていました。

物価の高騰とは、通貨の信用(=通貨の価値=1万円札での、国内と海外商品の、購買力)の低下です。

西南戦争の太政官札の明治初期には、コメが3倍上がり、物価が3倍になりました(円のドルとの交換レートも1/3に低下)。

このままでは、国家が破産すると考えた政府は、明治15年に、ロスチャイルド家からの負債を1億円(現在の1兆円に相当)の資本で日銀を作りました。

金本位と同じである銀本位の1円(現在の1万円に相当)を発行して、市中に4800万両あった太政官札を30年かけて吸収し、太政官札による明治初期の持続的なインフレを松方正義日銀総裁が終わらせたのです(日銀が行ったデフレ政策=需要を減らし、太政官札で3倍に上がった物価上昇をとめる明治新政府の政策)。

「物価上昇=インフレ込みの名目所得の増加』になるので、借入金(または株式の発行)で設備投資をして、会社の利益を増やす資本主義では、物価上昇0%をデフレ経済として嫌います。

1000億円の借り入れがあっても、年平均で5%物価が上がれば、10年後には、その負債の価値は、「1.05の10乗=1.6・・・1/1.6=625億円」に減るからです。375億円は、実質的には返済されたことになるのです。

借り入れ金利が3%なら、その3%を引いた、「1.02の10乗=1.21・・・1/1.21=826億円」に実質的には減ります。名目金額の負債は1000億円のままでも、1年に5%上がった物価(=企業売上になる)で換算すれば、実質負債は826億円です。

以上が、借入金の投資で大きくなる資本主義で、「負債を減らさないデフレは悪」と言われる理由です。インフレにならないと、政府負債と企業負債の名目金額は同じであっても、実質価値が減らないからです。

ケインズはこれを貨幣錯覚と呼びました。1ポンドは、常に1ポンドの価値もつと人々は考える。したがって、5%のインフレのときも、4%賃金が上がると喜ぶ。政府は、国債を発行して財政を拡大してインフレ策をとるべきである・・・(ケインズ)

インフレは、経済学的には資産を上げ、金融負債の実質額を減らすので「見えない課税」と言われます。預金金利0%で、物価が5%上がれば、1年後には1000万円の銀行預金は、「1000÷1.05=952万円」の商品購買力に減ります。全部の預金(世帯の平均預金2000万円)に、5%課税されたことと同じです。

一方で、預金より多くの負債のある個人は、金利1%の住宅ローンで買った住宅が、仮に先行き1年5%上がると、1年4%は、自動的に負債が減ったことになりますね(住宅資産の増加)。

アベノミクスの異次元緩和は、インフレを2%にして見えない課税として、「政府負債1200兆円×2%=24兆円/年」の実質増税をし、「1200兆円÷24兆円=50年」で、国債(政府負債)を償還する試みでした。

しかし日本では、高齢化人口30%のため、5300万の合計世帯需要は増えないので、物価は、9年間、消費税(3%+2%)分しか上がらず失敗しました。65歳以上の2人世帯は、商品購入額が、40代や50代の子供のある世帯に比べて、約60%に減ります。

このため、コロナ後には、MMTともに「国債の増発=日銀によるマネタイゼーション論(国債の政府紙幣化の論=自民の高市早苗=れいわ新選組)」が出てきたのです。

以上のように考えています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本政府の財政破綻というのは、多くの日本人にとって「とんでもない」ことであり、全くの想定外のことだと思います。
 しかし、世界では全然珍しいことではありません。
 当HPで何回か取り上げたベネズエラは現在破綻中ですし、アルゼンチンは何度も破綻しています。超大国だったソ連もあっけなく破綻しました。
 日本でも戦後に預金封鎖が行われたことからも、今後も無いとは言えません。
 しかし、政府が破綻すれば国民生活は塗炭の苦しみに襲われるのは避けることはできません。
 私はそれでも、今の日本政府が破綻することはけっして悪いことではないのではないか、と考えています。
 新型コロナワクチンによって国民を大量殺戮するような政府に、何の正当性もないというのが私の立場です。
 いったん今の政府を破綻させ、国民の安心と安全を本当に守るような政府を新たにつくりあげることが、長い目で見たら日本の為という気がします。



「引き寄せの法則」から「最適化」へ...2021年11月14日

 12月22日の冬至まであと1ヶ月ちょっととなり、並木良和さんが言う「目醒め」の道を目指すかどうかの締め切りの日が近づいてきました。
 この日までに目醒めるというのではなく、目醒めの道を歩むか、そうでないか決断する日ということです。
 私の勝手な印象ですが、目醒めの道を歩もうと決断する人は、日本人の1〜2割ではないかと思っています。
 そして、この目醒めの道を歩む人には、素敵なことが待っているそうなのです。
 それが並木さんが言う「最適化」です。
 いきなり「最適化」と言われても、なんのこっちゃ? となってしまうので、まず「引き寄せの法則」から入ろうと思います。

 スピリチュアルに興味がある方なら、「引き寄せの法則」を知らない人はいないと思います。
 日本で紹介されたのは2007年に出版された『ザ・シークレット』(角川書店)が最初だったといいます。ちょうどその頃、私はゲリースクールの一期生となった時期でもあり、仲間と「引き寄せの法則」について語ったことを憶えています。
 もちろん私も「引き寄せの法則」が世に知られるようになった当初から、興味を持っていました。
 本当なのかどうか自分でも試してみたいと思いつつも、結局トライすることはありませんでした。今、私の手元には『ザ・シークレット』のDVDがあり、それなりに興味深く観たのですが、何もすることはなく、宝の持ち腐れになっています。

 私達が一番叶えたい願望と問われれば、億万長者になりたいという人が多いのではないでしょうか。
 もちろん私も、お金はほしいと思っています。
 お金があれば、日本中をキャラバンで旅したいし、事業を起こしてみたいし、完全リサイクルシステムの江戸時代型のコミュニティを作ってみたいと色々夢があります。
 しかしその願いを叶える為に、「引き寄せの法則」を使って資金を作ろうという気力が湧かないのです。
 思えば、私は若い頃から欲が無かった(薄かった)と言えるかもしれません。
 私が若かった昭和の時代は、若者(男性)はかっこいいスポーツカーをほしがったものです。
 かっこいいスポーツカーの隣には美女がいるというマーケティングに見事に乗せられたと言えるかもしれませんが、「かっこいい車=美女」という刷り込みをされた世代でした。若い頃はスポースカーで、社会に出て成功したらベンツに乗るというのが定番でした。
 つまり、人生の成功パターンとして車が刷り込まれた時代だったと言えます。
 しかしそれでも私は、車に興味が無かったし、ほしいとも思いませんでした。私の高校時代の同級生で東大に入った人がいるのですが、彼が「ベツンに乗りたい」と言ったとき、私は「なんで?」と思った思い出があります。
 一般的に成功の証として認められているのは、東大に代表される一流大学を出て高級官僚になるか、一部上場の大企業に入って出世の階段を登ることですが、じゃあ自分がそれを目指すかとなると話は別です。
 学校を卒業してとりあえず働かないと飯が食えないので私も就職したのですが、しばらく勤めて、どうもサラリーマンは性に合わないと、さっさと辞めてしまいました。
 その後はアルバイトで食いつなぐ、今でいうプータローになりました。
 当時はプータローという言葉すらなく、私はプータローの先駆けだったと言えるかもしもしれません(最近はプータローという言葉は死語らしく、ニートというらしいです。でもニートは働く意思が無い人を指すので、これにはあたりません)。
 アルバイトですから、その日暮らし的な生活でビンボーですが、会社勤めをして肉体的にも精神的にも締め付けられるよりは、ずっと私の性に合っていました。
 そんな私ですから、スピリチュアルには興味があるので「引き寄せの法則」のDVDを喜んで観るのですが、内容を知ったことに満足してしまい、じゃあ何か願望を実現しようかというところまでに至らないのです(というか、さしたる願望は無かった)。

 でも私がこの時代と、この日本という場所を選んで生まれてきたのは、きっと意味があると思っています。
 恥ずかしながら、この歳になってやっとそれがわかってきた気がしています。
 それは、人類にとって未曾有のこの大変革期を体験してみたいということです。
 サアラさんのスクールに入ったときに言われた言葉を今でもよく憶えています。
 サアラさんは、私達スクール生に、「あなた方は、金持ちになる為に生まれてきたわけではありません」と語っていました。
 この言葉に私は深く頷く思いでした。
 魂には、その人生で体験すべきテーマがあり、必然的にそのテーマに沿うように人生が流れていくのだと思います。

 私はお金には縁のない人生でしたが、逆に、並木良和さんが言う「目醒め」には、大変な興味がありますし、「目醒め」るための努力を惜しまない気持ちはあります。
 でも並木さんによると、どうもその努力すらいらないようです。
 それが並木さんが言う「最適化」です。
 並木さんは、「最適化」を以下のように簡潔に述べています。

 「こうなりたい」「○○を手に入れたい」というような目標も願いもなく、それを祈ることさえしないのに、身のまわりのことが「最適な状態」でナチュラルに叶えられていくのです。これが「最適化」です。
 ある意味では、それはたしかに「引き寄せ」られたものですが、「引き寄せの法則」とはまったく違う意識によって、もたらされるものです。

 「引き寄せの法則」も「最適化」も宇宙の法則だといいます。
 傍から見ると願望が実現していくので、同じものに見えますが、これら2つは根本的に違うものだといいます。

 まず、「引き寄せの法則」とは何だったのかという話題から入りたいと思います。
 『「最適化」の世界』(並木良和著、きずな出版)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p35〜p38から抜粋開始>・・・

 引き寄せの法則とは何だったのか

 「引き寄せの法則」は、「偉大なる秘密」として、何世紀にもわたって一般の人たちには隠されてきたものだと、『ザ・シークレット』には書かれています。

 この「秘密」は、代々伝えられる中、人々に熱望され、隠され、失われ、盗まれ、莫大なお金で買われたこともありました。
 歴史上最も著名な人々は、何世紀も前から存在していたこの『秘密』を理解していたのです。プラトン、ガリレオ、ベートーベン、エディソン、カーネギー、アインシュタイン等の発明家、理論家、科学者、偉大な思想家達です。」
 (ロンダ・バーン著『ザ・シークレット』角川書店、2007年刊、裏表紙より)

 時代や地域、人によって、その法則は断片的に受け継がれていたというわけです。
 では、そのとき、「最適化」は存在していなかったのでしょうか。
 「宇宙の法則」は、宇宙の存在とともに、そこにあるものです。
 「引き寄せの法則」も、「最適化」も、「宇宙の法則」そのものですから、人類の歴史とともに、あるいは、それ以前から、それらはいつも、そこにありました。
 つまり、「引き寄せの法則」を使う人たちがいたとしたら、「最適化」もまた発動されていた、ということが言えます。
 「引き寄せの法則」のマスターたちが、じつは「最適化」されていたというのは、そういうことです。
 マスターたちは、『ザ・シークレット』の中では、「引き寄せの法則」という角度から話していますが、じつは彼らは皆、「最適化」のゾーンにいる人たちです。
 「引寄せの法則」は、言葉としても、とてもわかりやすいものだったので、それが一人歩きして、「マスター=引き寄せの達人」のように括(くく)られてしまったということだと思います。
 これまでの時代で、「最適化」のゾーンにいた人たちをあげれば、『ザ・シークレット』に登場する人たちをはじめ、仏陀やイエス・キリストにまでも遡(さかのぼ)ることができます。
 そうしたマスターたちによって、大切な意識の在り方が説かれ、「宇宙の法則」は受け継がれていったわけです。
 「引き寄せの法則」も、その例外ではなかったのですが、「思えば引き寄せられるんでしょう?」というような、自分に都合のいい解釈をして、もともとの法則とはズレていったということがあります。
 じつは、「引き寄せの法則」によって、「うまくいった」「成功できた」という人がいる一方で、「少しも役に立たなかった」「いまだに何も引き寄せられていない」という人も多く存在しています。
 それが本当に「宇宙の法則」であるなら、例外なく、願いは叶えられていいはずでしょう。けれども、そう、うまくはいかなかったのです。
 たとえ引き寄せられたとしでも、僕のように、何か違和感のようなものを感じて、疲れてしまったり、その法則を使おうとして病気になったり、という人もいたわけです。
 「引き寄せの法則」は、どうして、うまくいかなかったのか−−−。
 本章では、それについて検証してみたいと思います。
 それをすることによって、「最適化」との違いがわかり、もしも「いまの自分」が悶々としているとしたら、その理由も自ずとわかるはずです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「引き寄せの法則」に興味を持ち、試してみた方もおられると思います。
 しかし意外とうまくいかなかった、ということが多かったのではないでしょうか。実際、私の周りで「引き寄せの法則」でうまくいったという話を全く聞いたことがありません。
 神秘家のゲリー・ボーネルさんは、「引き寄せの法則」がうまく機能しない理由として、「葛藤」を挙げていました。あなたの中の葛藤が、実現化を阻んでいるといいます。
 それは、そうなのでしょう。
 しかし肝心なことは、なぜ葛藤が生れたのかということです。
 これに関し、並木さんは回答を出しています。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p39〜p42から抜粋開始>・・・

 自分にとっての成功
 自分にとっての幸せを考える

 「マスター(master)」という言葉は、「主人」「集団の責任者」として使われますが、「習得する」「自分のものにする」という意味もあります。
 「引き寄せの法則」つまり宇宙の法則を習得した人たちが「マスター」で、前でもお話しした通り、その人たちの名前をあげるなら、イエス・キリストや仏陀にまでも遡れるわけです。
 まさに「特別な方たち」ですが、これからは、もっと普通の人たちが「マスター」になります。そう、誰もがマスターになれる時代がやってきているのです。
 「引き寄せの法則」は「思えば叶う」という、そのわかりやすさで一気に広まっていきました。
 けれども、それを誰もが使いこなせたかというと、そうではなかったのではないでしょうか。
 「引き寄せの法則」は、多くの人たちがうまくいかなかったはずなんです。
 願うことで引き寄せることができる−−−ということを、本当に理解できた人は、わずかだったと思います。
 では、なぜ「引き寄せの法則」はうまくいかなかったのかと言えば、引き寄せたいと願った「思い」や「夢」「目標」が、本来の自分のそれとは一致していなかった、ということに、その理由の一つがあります。
 たとえば「成功したい」という願いがあるとき、その「成功」とは何でしょうか?
 たとえば「結婚したい」という願いがあるとき、その結婚とは何でしょうか?
 「成功」とは、「お金持ちになること」だという人もいれば、「有名になること」だという人もいるでしょう。「会社を大きくすること」だという人もいれば、「社会的な影響を与えること」だという人もいるかもしれません。
 けれども、ここでもう一度、それを考えたときに、果たして、その「成功」とは、本当に自分が望んでいることだったのでしょうか?
 もしかしたら、その「成功」とは、「一般的に、そう思われていること」だったのではありませんか? 誰かに教えられたことである可能性もあります。それこそ著名な人たちが言ったり書いたりしてきたことをなぞって、「それこそが成功なんだ」と思い込んでしまったということはなかったでしょうか?
 あなたにとっての「成功」とは何でしょうか?
 あなたが「本当に望んでいたこと」とは何でしょうか?
 ある経営者で、40歳を過ぎて起業し、短期間でその会社を上場させた方がいました。それこそ、彼のいた業界では時代の寵児(ちょうじ)のようにもてはやされましたが、数年後には倒産の危機に陥ります。
 彼は、自分の仕事が好きでした。でも、いつのまにか、その好きだった仕事は、自分のものではなく、株主たちのもののようになっていたのです。少なくとも、そんな不自由を、彼は感じたのでしょう。
 「こんなことを望んでいたわけではなかったのに」と、あるとき漏(も)らした言葉が印象的でした。
 まさに、これこそが「引き寄せの法則」の盲点です。
 傍(はた)から見れば、一度は彼は「成功」を引き寄せたのかもしれません。でも、もともとの「望み」がそれではなかったとき、本当の意味で、その成功を自分のものにすることはできません。
 自分の本来の望みとは、ズレていたからです。
 自分とズレた状態で引き寄せようとしでも、それはうまくいかないのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、本当に自分の望んだものでないと実現しないといいます。
 言い方を換えると、魂が望んだ(魂の計画)に沿った望みでないと実現しないということです。なぜなら本来の魂の望みと違った願望を実現しようとしたら、そこに「葛藤」が生じるからです。ゲリーさんは、実現化を邪魔する葛藤を指摘しましたが、その葛藤を生み出す元となったのは魂の計画とのずれだったと言えそうです。

 だとしたら、私達は本来の自分の望み(魂が望むこと)とは何かを知る必要があります。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p43〜p53から抜粋開始>・・・

 「こうあるべき」という概念にしばられてしまうとき

 「成功」と一口に言っても、何をもって成功というかは、人それぞれ違います。
 誰かにとっての「成功」を自分に持ってきても、それはうまくいくはずがないのです。
 そこに「引き寄せの法則」の無理がありました。
 「最適化」というのは、成功か失敗かということからははずれたところにあります。
 そこには、ただ「経験」があるだけです。
 「会社が倒産する」とか「病気になる」「大切なものを失う」ということが人生に起きると、それを「失敗」のように感じることがありますが、僕たちの人生には「失敗」というものはありません。ただ、「それを経験した」というだけのことです。
 それを理解することが大切です。
 僕たちは、この地球に、経験をするために生まれてきました。
 成功するために、ここにいるわけではないんです。
 お金をたくさん稼ぐためでも、パートナーを得るためでもない。
 結婚して子どもを生むためでもない。
 家を持つためでもなければ、家族団らんを楽しむためでもない。
 それらのことは、すべて「経験」の一つに過ぎないのです。
 それを人生の目的として捉(とら)えてしまうと、無理が出てきます。
 「成功」とはこういうものだ、「幸せ」とはこういうものだという、刷り込みのようなものがあって、それに「右へ倣(なら)え」で考えてしまうと、自分にはないものが目につきます。
 「お金もない自分」「家族もない自分」を意識することで、「価値がない」「力がない」と思い込み、ふさぎ込んでいくことになります。
 でも、時代は変わっています。
 一昔前のモデルといえば、とにかく痩せていなければいけないということがあったようですが、いまでは痩せすぎたらいけないそうです。
 これまでの「こうであるべき」「こうであるはず」という価値観、概念があった時代が、終わるときを迎えています。
 その「こうであるべき」ということが、多くの人が「引き寄せ」ようとしたものだったのです。
 それは「地の時代」の遺産のようなものでした。

 あなたの望みは、なぜ叶えられなかったのか

 「引き寄せの法則」を意識的に使うとき、まず自分が「それを望んでいること」が大前程にありました。
 繰り返しお話ししているように、その望みが、本来の自分のものであるなら、それは間違いなく引き寄せられ、つまりは「最適化」されていきます。
 「引き寄せの法則」がうまくいかなかったのには、その大前提が成立していなかったからです。
 自分自身が、心の底から望んでいたことではなく、誰かが望んだこと、誰かが「それがベストなんだ」と言ったことを「自分のもの」と勘違いして、ズレを生んだわけです。
 それがなぜ、よくないことなのかと言えば、自分のその思いによって支配されてしまうからです。
 「あれが欲しい」「これが欲しい」という欲や要望に支配される、のまれてしまう、というのは、やはり不幸と言わざるを得ません。
 せめて、その望みが自分から生まれたものならまだしも、自分以外の人の望みであった場合には、まさしく、その誰かに支配されているわけです。
 たとえば、結婚ということ一つをとってみても、
 「私は結婚したいんです。
 喉から手が出るほど、人生のパートナーを求めているんです」
 という人でも、よくよく話を聞いてみると、それを本当に望んでいるのは、本人の母親や父親だったりすることが多いのです。
 「早く孫が欲しい」
 「子どもがいい年して結婚しないのは世間体が悪い」
 そんな理由から、娘や息子に結婚することを望んでしまうのです。
 そして、その娘や息子は、それに応えようとして結婚を望む、というわけです。
 親の望みが、いつのまにか自分の望みにすり替わっています。
 それでは、望みは叶えられることはなく、引き寄せられないのは、当然の摂理です。
 では、それによって引き寄せることができず、不幸だったかと言えば、そうとは限りません。
 自分では「引き寄せの法則」を使って引き寄せようとしたにもかかわらず、それが叶えられなかったのは、あなたが本当に望んでいたことではなかったからかもしれないからです。
 ある意味では、それこそが「最適化」の結果だということもあります。
 「引き寄せの法則」も最適化も宇宙の法則で、それは、厳然たる真実として、常に機能してきました。
 つまり「最適化」は、ずっと前から、あなたに起こっていたということもできます。
 ではなぜ今「最適化」なのかと言えば、それを僕たちが意識できるようになるのが今だからなのです。
 「引き寄せの法則」がうまくいかないことが、不幸なのではありません。
 自分以外の誰かに支配されることが、不幸なのです。
 人は誰もが、自分の人生を体験するために生まれてきました。
 誰のものでもない自分の人生です。
 けれども、これまでの地球では、人によっては、それを楽しむのに窮屈(きゅうくつ)なところがありました。
 多様性より、型にはまっていることがよいとされていたからです。
 所有することが豊かさだと信じられていたからです。
 そういう時代に生きにくさを感じた人たちは、「引き寄せの法則」を使おうとしでも、無理が出て、うまくいかないということが多かったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なるほど、これで「引き寄せの法則」がうまくいかなかった理由がつかめた気がします。
 では、どうしたらいいのでしょうか。
 自分はツイていないと感じる人は多いと思います。
 しかし視点を換えて、そうした人生を選んだのは、実は私自身であると認識することだといいます。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p54〜p62から抜粋開始>・・・

 自分が選択して生まれてきたことを意識する

 「自分はツイていない」
 「自分ばかりが損している」
 と思うときに、その原因を「こんな家に生まれたからだ」「会社が悪いからだ」「政府が悪いからだ」というように、自分以外の人や何かのせいにしてしまうことがあります。
 そうしてしまうのは、「いまの人生を自分で選択して生まれてきたのだ」という意識がないからです。
 けれども僕たちは、すべてを自分で選択して、この地球に生まれています。
 自分はどの国に生まれるのか、どの両親のもとに生まれるのか、ということも、もちろん自分で選んできたのです。
 これがスピリチュアルな真実です。
 まずは、この視点をしっかりと持つことがとても大切です。
 「自分が選んだことだ」ということがわからないと、「なんで自分が、この場所にいるのか」がわからなくなってしまうことがあります。
 とくに、環境的につらいことが重なると、その思いが強くなり、結果として、自分以外の誰かを責めることになるわけです。
 今ここにいるのは、あなたが、この状況を体験するためです。
 それを体験したいと思ったから、あなたは、ここに、自ら選んで生まれてきています。この意識が持てないと、「間違って産み落とされただけ」という気分がぬぐえません。
 「こんなところに、生まれたくて生まれたんじゃない!」と思うのです。
 でも、そう思っているうちは、自分とのつながりから離れていくばかりです。
 自分とつながっていない人は、自分の力を発揮することができません。
 本当の人生を生きることもできません。
 そして、ますます「自分はツイていない」「自分ばかりが損をしている」という状況から抜け出せなくなってしまうのです。
 すると、ますます、それを人のせいにします。
 自分が進学できないのも、結婚できないのも、親のせいにしたりします。会社で認められないのを上司のせいにしたり、給料が安いのを会社のせいにしたりします。病気になったり、災害にあったりすれば、運命のせいにします。
 文句を言うばかりの人生です。
 「そんな人生でもしかたがない」と思えるならば、それでもいいんです。
 でも、「こんなんじゃイヤだ」と思うから、文句が出るのでしょう。
 そうだとしたら、もう、そのやり方を変えませんか?
 人のせいにしているうちは、意識が自分から離れています。
 その意識を、自分に戻すのです。
 「いま起こっていることは。すべて自分が選択したもの」
 と、意識することです。
 それだけで、自分に力を取り戻すことができます。
 力を取り戻せば、いま見えている景色も変わるはずです。
 いま病気だという人は、そのために働けなかったり、夢をあきらめなければならなくなったり、ということがあるかもしれません。
 そのときに、病気になったことを恨んでも、気持ちは落ち込むばかりです。
 「人のせい」にするということには、「自分のせい」も含まれます。
 いま起きていることの原因を自分を含む「誰か」に設定して、その責任を押しつけてしまうのです。
 でも、誰のせいでもない。すべては、自分が選んできたことなのです。

 なぜ、この人生を自分は体験しているのか

 「いまの人生は、すべて自分が選んできたこと。
 そうだとしたら、それはやっぱり自分のせいなのではありませんか?
 やっぱり私はツイてない。そういうことなんですよね?」
 人生がうまくいかないとき、自分の人生を不運続きだと思うとき、そんなふうに言う人がいますが、その考え方は極端すぎます。
 人生を客観的に見たときに、いいときもあれば、いいとは言いがたいときもあります。
 でも、それは、人生に起こる出来事に、自分の視点を通して、ポジティブだ、ネガティプだと判断している状態にすぎません。
 僕たちは、この人生で起こることを体験するために、ここに生まれてきています。
 日本では2020年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大は言うまでもなく、この数年でその他の自然災害、人的被害、そこから波及した、さまざまな「大変なこと」がこの世界を取り巻いています。
 「なんで、こんなときに生まれてきちやったんだろう」と思っている人もいるかもしれませんが、スピリチュアルの視点からすれば、僕たちは、この時期に起こることを知って、生まれてきているのです。
 たとえば、2021年1月1日に東京で生まれた子どもは、自分の親が誰で、親たちの環境や境遇はどういうものかを知って、その日を選んで生まれています。自分の生まれた場所で何が起きるのか、ということも知っています。
 「なにも、こんな大変なときに生まれてこなくても」と思うかもしれませんが、その子は、その大変さを体験したくで、生まれてきているのです。
 言い方を換えるなら、この時期を選ばなければならなかったわけでもないのに、さらには東京という場所でなくてもよかったのに、あえて、それを選んで生まれてきたのです。
 ある意味で、とてもチャレンジャーな魂です。
 僕はよく、人生をテーマパークのアトラクションにたとえるのですが、なにもお化け屋敷に入って怖い思いをしたり、ジェットコースターに乗って、手に汗にぎるような体験をしなくてもいいじやないかという人もいるでしょう。でも、お化け屋敷やジェットコースターの列に並ぶ人たちは、それをしたくて、列に並んでいるのです。
 「どうせなら1回転より2回転、3回転のほうが面白いよね」というのが、いまの時代を選んで生まれた人たちの共通点かもしれません。
 「こんなつらい思いをするために生まれてきたはずがない」
 という人もいるでしょう。
 でも、スピリチュアルの真実は、それほどのつらい思いを体験するために、あなたは生まれてきて、まさに今、それを体験している真っ最中、とも言えます。
 なぜ、そんな体験がしたかったのかと言えば、地球に生まれる前には、そうした体験がなかったからです。
 生まれる前の世界では、僕たちは「完全な存在」でした。
 支配もコントロールもない世界、比較や嫉妬のない世界で、ありとあらゆる欲からも解放された存在として、そこにいたのです。
 だから、「ちょっと地球に行って、『嫉妬』ってどんなものか見てこようかな」と思ったのです。「『成功』って、どんなものか見てこよう」と思った人もいれば、「『その後の挫折(ざせつ)』を味わいたい」と思った人もいたのです。
 そうして僕たちは、地球での体験を果たして、この人生を終えることになります。
 「こんなにつらい人生はなかった」という人も、終わったときには、それこそお化け屋敷の外に出たような気持ちで、「でも、面白かったね」となるのです。
 繰り返して言うなら、僕たちは、この人生で起こることを、ある程度、知って、生まれてきました。つまり、それに向けて準備もしてきています。
 あなたの人生には、いろいろなことが起きているでしょう。
 それこそ、いまほど苦しかったことはないという人もいるはずです。
 でも、あなたには、その準備ができているのです。
 その苦しい体験を越えられるだけの力をもって、ここに来ています。
 らくらく乗り越えられる、ということではありません。それを克服するのは、そんなに簡単ではないでしょう。その大変さを体験しに来ているからです。
 でも、突然にそれを体験させられているのではなく、もともとのあなたにとっては「想定内」のことだということを知ってください。
 だから、あなたは、だいじょうぶなのです。
 同じように、あなたのまわりの人たちも、だいじょうぶです。
 人生で起きることは、誰のせいでもありません。
 そうなることを知って、それを体験するために、僕たちは生まれてきた。それがわかれば、誰かを責める必要がないこともわかるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 つまり、人生で起こる不幸なことも含めて、私たちはそれを体験する為に生まれてきたということになります。
 そうだとすると、「不幸」と思っていたことが、本当に不幸なことなのか、ということになります。
 その起こった出来事を、ネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるかを選ぶのは本人が決めることだと気づきます。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p63〜p67から抜粋開始>・・・

 自分の体験をどう感じて、どう捉えるか

 誰かを責めているうちは、「引き寄せの法則」はうまく起動しないのです。
 あなたのまわりに、うまくいかないことを人のせいにして、いつも文句ばかり言っている人がいたら、つい、「それはよくないよ」と言いたくなるでしょう。
 なんとか、その人に変わってもらいたいと考えるかもしれません。
 僕は、みなさんに目醒めのタイミングをお知らせするために、この地球に来たと思っているのですが、僕の仕事は、お知らせするまで、と思っています。
 お知らせして、その人が目醒めるかどうかにはタッチしません。それは、みなさんが自分で決めることだからです。
 こんな言い方をすると突き放されたように感じる人もいるかもしれませんが、そうではありません。
 それを選ぶのは、僕も含めて、他人がとやかく言うことではないと心から思っています。誰だって、自分の人生の方向性を無理矢理決められるのはイヤなのではないでしょうか?
 人生で大切なのは、いまを楽しむことです。
 「楽しむ」というと、面白おかしく過ごすことだと思うかもしれませんが、それは少し違います。言葉を換えるなら、「味わう」のほうがいいかもしれません。
 自分の人生に起こることを、味わいつくしてこそ、ここに生まれてきた意味があります。
 なにか悪いことが起こると、それをなんとか、いいことに変えないといけないような気持ちになります。それが、自分ではどうしようもないことだと思えば、誰かのせいにするしかない、ということが起きてきます。
 でも、いいことも悪いことも、全部を体験しに来ていることを思えば、そんな必要はないでしょう。
 何がいい悪いではなく、それを自分がどう感じ、どう捉えるか。それによって、「あなたにとっての人生」が変わっていきます。
 そう考えると、自分を変えることはいつだってできる、ということに気づかれるのではないでしょうか。
 たとえば何か事柄が起きていたとしても、その事柄をどういうふうに見るのか。その見方は、いくらでも変えられるはずです。
 病気をしたことをネガティブに捉えて、不運だと嘆(なげ)く人もいれば、病気をしたからこそ体験できたことに目を向けて、ポジティブにそれを乗り越えていく人もいます。
 不況で会社が倒産したら、失業したことを恨む人もいれば、「転職のチャンス!」と思う人もいるわけです。
 同じ事柄でも、ネガティブな見方と、ポジティブな見方があるわけです。
 どちらの見方を選ぶかは、自分次第です。
 自分に起きたことについて、自分自身を不甲斐(ふがい)なく思ったり、誰か人のせいにしたりするのは、ネガティブな見方です。
 それに対して、「これを体験することができた」「ここから学べることができた」というように考えられるのが、ポジティブな見方です。
 いままでは、もしかしたらネガティブな見方になりがちだったのが、それをポジティブな見方に変えられたら、そこから先は、それまでとはまったく違う流れをつくっていくことだってできます。
 ところで、ついネガティブな見方をしてしまいたくなるようなことというのは、人生に起こりがちです。自分自身が病気になったり、仕事で失敗したり、思いがけない人との別れがあったときには、誰かのせいにしたくなるものです。自分だけでなく、自分の家族や親しい関係の人たちにトラブルが起こるときも同様です。
 そのときこそ、自分の人生の見方、捉え方に気づき、変えていけるチャンスです。
 そのためのメッセージとして、そうしたことが起こっているということもできます。
 それに気づいて、ポジティブに受けとることができたら、それこそ、人生が変わっていきます。「最適化」が発動するわけです。
 残念ながら、それに気づける人は、そう多くはありません。
 自分ではどうしようもないことが起こったときというのは、つらいものです。
 誰かのせいにできるなら、そのほうが簡単で、一時(いっとき)はラクなんです。
 でも、それでは、本当の意味では、何も変わらないし、救われることも、乗り越えることもできません。
 ただただ、文句を言うだけの人生が続いていくだけです。
 あなたは、それでいいのですか? ということなんです。
 「引き寄せの法則」で引き寄せられる人は、「思い」と自分自身が一致している人です。
 自分の人生を人まかせにしているうちは、それができていないのです。だから「引き寄せ」も、うまくいかなかったのです。
 それさえわかれば、今この瞬間から、「最適化」が始まります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今までネガティブに捉えてきたことを、ポジティブに捉えることができた!
 よしこれで、「最適化」が始まるぞ!、と思ったらそう単純でもないようです。
 この世界は3次元である以上、そこに「行動」を伴う必要があるといいます。では、どんな行動をすればいいのでしょうか。
 それは、直感に従った行動だと言います。


 ・・・<『「最適化」の世界』、p68〜p71から抜粋開始>・・・

 義務ではなく、直感にしたがって行動する

 「思い」と自分自身が一致していれば、引き寄せようとしなくても、「引き寄せの法則」が勝手に働きます。
 そうなると、もう、願わずして叶うのです。
 祈ることも、望むことも必要ない−−−「最適化」が始まるわけです。
 そして、「最適化」が始まると、じつは、あなたは少し忙しくなります。
 「もう祈ることもしなくていいのに、どうして忙しくなるのか?」
 と思われるかもしれませんが、最適化されるというのは、宇宙とつながることです。
 宇宙とつながると、いろいろな情報やインスピレーションが降りてくるようになります。
 その降りてきた情報に対して、肉体を持っている僕たちは、行動を起こしていく必要があります。
 なぜなら、肉体を持っているというのは、必ず行動を伴うということでもあるからです。
 宇宙からのメッセージは、ふとしたビジョンや体感で受けとることができます。
 自分が感じたことを、行動と一致させていく−−−「最適化」には、そのプロセスも含まれています。
 行動しなければ、「最適化」には至らないわけです。
 「祈ることさえしなくていい」というのは、「何もしなくていい」ということではありません。ただボーッと待っているだけでは、「引き寄せ」も「最適化」もありません。
 もっと簡単に言うと、「最適化」されると、「自分が次にどうすればいいか」ということが明確にわかっている状態になります。
 「あ、いまは寝ていよう」
 「あ、いまは起きて行動しよう」
 「あ、いま掃除しよう」
 「あ、いま、あの人に電話してみよう」
 「あ、いま、あそこに行ってみよう」
 というように、「今すべきこと」がクリアになっていきます。
 「すべきこと」という言い方は、適当ではありません。
 「べき」には、「義務」の意味が含まれているからです。
 義務ではなく、自分が取るとよい行動というのが、明確に自分でわかるのです。
 あとは、そのわかっていることをするだけです。
 「やるといいっていうのはわかっているんだけど、面倒なんだよね」というのでは、思いと行動が一致していません。
 行動に一致させることで、必要な展開が起きていきます。
 たとえば、「あ、あそこに行ってみよう」とピンと来て、つまりメッセージを受けとって、その通りに行動してみると、「こういう人に会いたかったんだよね」という人に出会ったり、「この情報を聞きたかったんだ」という情報をつかむことになったりします。
 「自分の感覚にしたがって、行動してみて本当によかった」
 そう思えるようになるのです。これこそが、「最適化」です。
 自分に思い、願いや望みがあっても、そのために今何をすればいいのかわからない、ということがあるでしょう。
 「情報はどこに行けば得られるか」
 それを引き寄せられるのが、「引き寄せの法則」です。
 これまでにも、メッセージを受けとっていたことがあったかもしれませんが、行動できなかったことが引き寄せられなかった理由です。
 だからといって何でも動けばいいということでもありません。いまは動かないほうがよいと感じて動かなかったことがよい結果につながった、ということもあります。
 「行動しないこと」も含んで、いま何をするのかを決めていくことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 冒頭で述べたことの繰り返しになりますが、「最適化」は、「目醒め」の道を志した人にしか訪れません。
 目醒めるということは、今までの自分を変えるということです。その覚悟があって初めて、自分の周りの変化が訪れるということでしょう。
 もし自分が変わることなしに、周りが都合のよいように変化してくることを期待するのは、さすがに虫のいい話です。

 「目醒め」の道を歩むか、これまでと同じ道に留まるかは本人が決めることです。
 でも、「目醒め」の道を志せば、素敵な変化が期待できそうです。



ドックベストという歯科治療...2021年11月14日

 私たちは虫歯になったら歯医者に行って、虫歯となった箇所を削り取ってもらい、そこに金属やセラミックなどを埋め込むという治療を受けることが当たり前だと思ってきました。
 もし虫歯が歯の神経(歯髄『しずい』)に達していたら、神経を殺して、そこに金属やセラミックの被せ物をしてきました。
 いったん神経を取ってしった歯は、切り取られ生命力を失った枯れ木と同じで、あとは朽ち果てていくしかありません。神経を取ってしまっているので、歯に栄養を補給したり、歯を修復する力が無くなってしまうからです。問題は、朽ち果ててしまうまで、何年もつかということでしょう。
 私が今回経験したように、神経を取った歯に細菌が繁殖した場合、悪化した部分を削りだし、膿が溜まった部分を取り除く根管治療を行うことになります。もし、それが修復不可能な場合は、ついに抜歯です。
 こうして多くの日本人は、歯を失ってきました。

 若い頃にはなかなか気づきにくいことですが、歯は健康な生活をおくるには極めて重要です。
 私は、年を重ねてやっと歯の重要性に気づくことができました。いまや私の歯の3分の1は神経が取られ、他も金属やセラミックが入っていない歯はほとんど無くなってしまったので、気づくのが遅すぎたようです。それでも、抜歯した歯は無いので、まだましな方かもしれません。
 今回、歯医者に行って「虫歯があります。治療しましょう」と言われた時、私は思わず「もし虫歯になった所が神経に達していたら、神経を殺すのですか?」と聞きました。すると「そうです」と言われました。
 私はすでに神経を取った歯は諦めるしかないけれども、神経を取っていない歯をなんとか守る方法がないか調べてみようと思うに至りました。

 話は少し逸れますが、歯の治療を取り巻く現状は、他の病気の現状と本質的に同じではないかと思うのです。
 例えば癌です。
 癌が発見されると、医者は抗癌剤、手術、放射線治療のどれを選択するか迫ります。
 この3つの治療以外の選択肢を患者に知らせることはありません。(信じがたいことですが)医者は、癌は治らないと言います。つまり自然治癒することはないという立場です。それゆえ、これら3つのどれかを選んでください(あるいは医者が決める)というわけです。歯も虫歯になると、自然治癒することはないという点で同じです。
 そして患者は、(私に言わせれば殺人医療である)3大治療を選び、免疫力を失って徐々に衰弱し死への階段を歩むことになります。
 ちょうど、歯が少しづつ削り取られ、いずれ神経に達して神経を殺され、歯としての死を意味する抜歯への道を歩むことと同じです。
 癌は治らない、虫歯は治らないという医者の主張が、彼らの治療を正当化する根拠となっています。
 これは本当でしょうか。
 以下は、「たかし」さんのLINEの記事です。
 興味のある方は、タイトルの【癌についてPart1】、【癌についてPart2】を読んでみて下さい。

https://timeline.line.me/user/_dSu0RPMpdkvRwngDlepR_QFVAPnsr78i4HBNKWw

 たかしさんは、この方法で身内の癌の100%を治したそうです。
 癌は治るのです。たとえステージ4であってもです。
 しかし医者は、癌は治らないと言います。
 人間には自然治癒力が備わっています。なぜ治らないと言えるのか、納得できない思いがするのは私だけでしょうか(ちなみに船瀬俊介さんによると、日本の医学部は人間が本来持つ自然治癒力について全く教えないそうです)。

 人々を騙すという点においては、新型コロナワクチンも同様です。
 政府とマスコミが一体となって、人々に新型コロナは恐ろしいと刷り込み、ワクチンを接種する方向に導きました。
 PCRという90%の偽陽性が出る検査を使い、巧みにパンデミックを演出したのです(PCRは水でもコーラでも陽性が出る代物です)。
 その試みは大成功し、いまや国民の8割近くが1回の接種を受け、7割が2回接種を受けました。個人の選択という体裁を取りつつも、恐怖で扇動した上にワクチンパスポートという脅しでさらに接種を加速させました。
 私から言わせれば、これは政府による毒ワクチンによる国民のジェノサイド(大量殺戮)です。
 時間は掛かっても、真実は必ず明るみに出ます。
 その時に、政府は国民にどのように申し開きするのでしょうか。

 話しが逸れました、歯の話題に戻ります。
 今回は、歯を削らないドックベストという治療法を紹介したいと思います。
 最初に、いかに日本の歯科治療がヨーロッパに対して遅れているかという話題を『名医は虫歯を削らない』(小峰一雄著、竹書房)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『名医は虫歯を削らない』、p68〜p69から抜粋開始>・・・

 虫歯を予防すると評価される外国、虫歯を削ると評価される日本

 予防歯科に対する考えは、日本よりもヨーロッパ諸国のほうがはるかに進んでいます。基本的にこれらの地域では、患者さんの虫歯を予防できれば報酬が得られ、虫歯ができて削らなければならなくなると報酬が減らされてしまうという保険システムを導入しているため、歯科医は治療よりも予防に真剣に取り組んでいます。

 一方、日本は歯を削ることで報酬が得られるシステムなので、ちょっとした虫歯でもすぐに削ってしまいます。それどころか、実は虫歯ではない歯が削られている可能性があります。というのも、今まで述べてきたように、虫歯は表面から進行するとは限らないため、ぱっと目で見ただけでは虫歯かどうか、正確には判断しにくく、もしかしたら色素沈着しているだけかもしれませんし、表面が溶けたあと再石灰化して治った痕かもしれません。
 それなのに、表面をカリカリッと引っかき、「汚れが取れないから虫歯」と決めつけられ、有無を言わさず削られてしまうことが多々あります。中には、一部の心ない歯医者が、虫歯でないと分かっているのに報酬を得るため削っているという報告もあり、結果的に虫歯でない歯を削られている人は10人に9人とも言われています。そして第2章で述べたように、歯を削ってしまったら、そこから虫歯になったり、歯が壊れてしまうリスクは非常に高いのです。
 しかし歯医者の職務は、患者さんの健康と命を守ることです。そろそろ日本も削らないと報酬が得られない保険制度から、予防中心の保険制度に変えていかなければ、医療費がかさむだけでなく、日本中が病人だらけになってしまうことを私は真剣に危倶しています。

 ちなみにヨーロッパでは、日本人のように治療痕だらけの歯は非常に珍しいそうで、ある日本人がスイスの歯医者に行ったところ、その治療跡の多きに驚き、院内の歯医者全員が集められて興味深く観察されたといいます。それだけ日本の歯科事情は遅れているということかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では本題のドックベスト治療法に関して紹介させていただきます。


 ・・・<『名医は虫歯を削らない』、p72〜p78から抜粋開始>・・・

 これまで述べてきたように、虫歯は削る以外に選択肢はありませんでした。しかし、歯科技術や歯科医療機器は大きく進化し、虫歯の状態がより詳しく分かるようになったほか、削らずに虫歯を治せる技術も次々登場しています。ここからは、この削らずに虫歯を治す最新治療についてご紹介します。
 ここで特に私が注目しているのが、自然治癒力を活かし、削らずに虫歯を治すドックベスト療法です。

 自然治癒を促すドックペスト療法

 冒頭で述べたように、虫歯は条件が整えば自然に治ります。しかしそのためには、虫歯にできるだけ触れないようにしながら、前の章で述べた「象牙質の液体移送システム」(管理人注1)が逆流しないような食事や生活を心がけなければならず、すぐに治るわけでもありません。そのため特に痛みが強い場合、「削ってでもいいから、すぐにでも痛みを取り除いてほしい」と思われるのも当然です。
 しかし歯を削らない主義の私は長い間、削らずに虫歯を治せる方法を探し続けてきました。「小峰式予防歯科プログラム」は長い目でみれば虫歯・歯周病予防や虫歯の炎症、さらには体の健康に大変有効ですが、すでにできてしまった虫歯を治すには長い時間がかかります。そんなとき、ついに歯を削らずに、虫歯を治せる治療法に出会うことができました。それが、今からご紹介する「ドックベスト療法」です。

 ドックベスト療法とは、アメリカで開発されたもので、ドックベストセメントという薬を使います。成分には、殺菌作用のある銅2%と鉄1%、そして複数のミネラルが含まれており、虫歯の穴に詰めることで、虫歯菌を死滅させ、歯の再石灰化を促してくれるのです。治療時間はわずか10分、フタで密閉して新たな菌の侵入を防げれば、徐々に痛みも消え、気づかないうちに虫歯も治っているという、まさに夢のような虫歯治療法です。

 ・・・(中略)・・・

 虫歯菌を除菌して再石灰化を促進する

 実はこのドックベストセメント自体は、19世紀後半にすでに登場していました。その前身は「カッパーセメント(銅セメント)」と呼ばれるもので、現在でもご年配の方の口の中に、カッパーセメントを使用したと思われる治療痕を見ることがあります。歯にかぶせてある金属の冠を外し、中に赤いセメントが詰めてあれば、それがカッパーセメントです。
 このカッパーセメントで治療された痕を見て、歯科医のドック・ホリディ(Doc Holliday:John Henry Holliday)氏はあることに気づきます。それは「このセメントでかぶせた金冠の下には虫歯ができていない」という事実です。そこでメカニズムを研究したところ、このセメントに含まれるカツパー(銅)の抗菌作用が働いているということが分かりました。そこでドック・ホリデイは、この作用を虫歯治療や予防に役立てられないかと考え、銅の含有量を増やすなど研究を重ねました。しかし虫歯が再発しないことは、歯医者にとって利益にならないことです。そのため、この事実は隠蔽されてしまったのです。

 その後、再び世に登場したのが、新型のセメント、ドックベストセメントです。アメリカ人歯科医師のティム・フレイザー(Tim Frazer)博士が、カツパーセメントとコーパライトという象牙細管封鎖液を組み合わせると、虫歯が再石灰化されることを発見し、「ドックベストセメント」と名付けました。このセメントを虫歯の患部に塗布すると、虫歯菌に感染した部分を除菌しつつ、歯の主成分であるミネラル成分を補充し、再石灰化を促進します。これらの成分には、薬剤的要素はほとんどありませんので、まさに自然治癒力を活かした治療法と言っていいでしょう。
 なお、ドックベストセメントの主な成分は以下になります。

●酸化亜鉛73%
●酸化マグネシウム6%
●ビスマス5%
●シリカ4%
●酸化鉄3%
●銅2%
●塩化銀1%

 これらはみんなミネラル成分で、これにカルシウムとリンが加われば歯の成分になります。つまりドックベストセメントとは、歯が再石灰化するための栄養素の塊なのです。

 治療時間は約10分、治療の痛みもほとんどなし

 ではドックベスト療法について、具体的に説明しましょう。用意するのは、ドックベストセメントの粉末とコーパライト溶剤だけ。歯科クリニックに必ずあるタービンやエンジンは一切不要です。
 まず虫歯の穴をきれいに洗ったあと、ドックベストセメント粉末とコーパライト溶剤を混ぜ合わせたペーストを虫歯の穴の中に塗り付けます。するとドックベストセメント内にある銅と鉄のイオンが歯の中を通っている象牙細管(無数の管)の中に浸透し、虫歯菌が死滅して無菌状態になります。続いてドックベストセメント粉末とコーパライト溶剤を練った粘度の高いものを穴に詰めて5分ほど待ち、固まったらかぶせものなどでフタをして治療は終わりです。その時間は、わずか10分程度といったところでしょう。
 これで虫歯の痛みはなくなり、進行も止まりますが、虫歯が消えてなくなったわけではありません。菌のない密封された状態で、1〜2年間、じっくり時間をかけて再石灰化するのを待つのです。この間、特に痛みが出るなどの異常がなければ、虫歯は治ったと考えていいでしょう。以前は1〜2年後にフタを取り、再石灰化したか確認してから仕上げのかぶせものをしていましたが、成功率が90%以上となった今は、再石灰化することを前提に治療を行っていますので、実質治療は1回で終わらせることが多くなりました。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注1)「象牙質の液体移送システム」
 アメリカのラルフ・スタイマン博士の実験で、ネズミのお腹に放射性同位元素を注射したところ、わずか6分で歯の象牙細管エナメル象牙質に達し、それから1時間で歯の表面に染みだしてきました。このように、体内にある物質は歯に浸み出してくるし、逆に口の中の物質が歯の表面を溶かすこともなく体内に流れ込みます。これを「象牙質の液体移送システム」というそうです。


 歯を削る従来の治療法に慣れた私たちからすると、ドックベスト療法は夢の治療法に見えます。
 ただし万能ではありません。
 ドックベスト療法にも、メリット、デメリットがあります。


 ・・・<『名医は虫歯を削らない』、p82〜p85から抜粋開始>・・・

 実は保険診療より安く済む治療費

 ドックベスト療法には次のようなメリットがあります。

メリット
@治療が短時間で終わる
A成功率が高い(90%以上)
B治療の痛みがほとんどない
C通院回数が少ないため、トータルでの治療費が安い
D歯を削らなくてよい

 前述のようにドックベスト療法の治療時間はわずか10分程度。ほとんど痛みがなく、歯を削らなくていいというのは、大変大きなメリットです。費用面では、現在のところ保険診療対象外のため、1回の治療費は高く感じるかもしれません。しかし何度も通院する必要がないため、結果的に治療費も安く済むと考えられます。
 さらに言うと、もし今まで通りの保険治療、つまり歯を削る治療を受けていたら、いずれ神経を抜き、歯を抜くことになるかもしれません。結果としてインプラントや入れ歯を入れることになった場合、1つの虫歯から始まった歯の治療費は、総額で何十万円になることでしょう。そう考えたら、たとえ1回の費用が多少高額だったとしても、削らないことで歯の寿命が長くなり、最終的には保険診療よりずっと安く済むことになります。

 ドックベスト療法のデメリットとは?

 一方で、残念ながらデメリットもあります。歯の神経の炎症がひどく痛みがある場合、ドックベスト療法では痛みをすぐに取り除くことができないため、やはり虫歯の原因を除去する必要があります(なお、私のクリニックでは、即座に炎症を抑え、痛みを取り除くレーザー治療を導入しています)。
 また、日本では施術を行っているところが少ないため、正しい技術をきちんと習得できていない歯医者がいるというのも現状です。特に問題となるのは、歯を削らない治療にも拘わらず、削ってしまう歯医者がいる、ということです。私は現在、技術を習得していただくための講習会を行っていますので、もしドックベスト療法を受けられる病院をお探しの場合、講習会に参加されている歯医者に行かれることをおすすめします。(巻末リスト参照)(管理人注2)
 そのほか、以前はドックベストが外れやすかったり、セメントの色が赤く前歯に施術すると目立ってしまうなどの問題もありましたが、これらは改良を重ね、改善することができました。その結果、今では成功率は90%以上と、ほとんどの場合、成功すると言っていいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注2)
 「巻末リスト」は割愛します。
 この本が発売されたのは2016年で、今から5年前なので情報が古くなっていることもありますが、小峰医師が指摘しているように、ドックベスト療法と謳っているにもかかわらず、歯を削ってしまう歯医者もいるようです(ネットで確認)。


 では、そもそもなぜ虫歯になるのか。
 小峰医師は虫歯は砂糖が原因で、歯周病は糖質の摂り過ぎが原因だと言います。
 これに関しては色々紹介したい記事があるのですが、長くなってしまうので別の機会にしたいと思います。
 ここでは簡単に、ある歯科医師が行った実験を紹介したいと思います。
 『歯医者さんが書いた「歯は治療するな」』(武田貢著、健康人新書)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『歯医者さんが書いた「歯は治療するな」』、p96〜p97から抜粋開始>・・・

 歯医者が自分の子に歯磨きをさせなかった結果……

 結局、砂糖を多く含むお菓子類を食べないようにすれば、虫歯になる確率は大幅に下がります。
 ある歯医者が、自分の子ども4人にある実験をしました。
 小学校卒業まで、まったく歯磨きをさせなかったのです。
 その結果、どうなったでしょうか?
 驚くべきことに、虫歯はできなかったのです。なぜなら、砂糖の入っているお菓子をほとんど食べさせなかったからです(『子どものむし歯予防は食生活がすべて』黒沢誠人・幕内秀夫著/風涛社)。
 当院でも、子どもに虫歯ができると、「歯を磨かなかったから」と親が子どもを叱る姿を見かけます。
 そんなとき、私はお母さん、お父さんに次のように言います。
 「アフリカにいるゾウやシマウマは歯磨きをしなくても虫歯にはなりません。しかし、動物園にいる動物は虫歯になります。なぜでしょう?」
 答えは、動物園の動物はお客さんがお菓子をあげるから、です。

 どうしても甘いものの間食がやめられないという人に提案したいのは、間食をするなら時間を決めて食べる、ということです。そして、食べた後は、食べ物のカスが口の中に残らないように、必ず歯磨きをすることです。
 そうしない限り、いくら虫歯の治療をしても、また虫歯になります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 歯をなるべく残したいという私の記事を読まれた訪問者の方から、東京の人形町にあるT歯科医院を紹介していただきました。
 その歯科医院のサイトを見てみると、できる限り歯を残すというT医師の診療方針が載っていました。
 これこそ私が望んでいたことです。
 そこで、(これまでかかっていた歯医者から)場合によっては神経を殺すと言われた歯を実際に診てもらおうと思い、T医師の診断を受けることにしました。
 私が住んでいる長野県から東京の人形町まで、ドアツードアだと片道5時間掛かりました(ビンボーゆえ特急料金を節約し、各駅で行った為)。
 往復10時間かけて行ったのですが、その甲斐はあったようです。
 T医師は私の虫歯を診た瞬間、「たしかに虫歯といえば虫歯だけど、治療するには当たらないよ」と言い、「はい、経過観察!」と即断したのです。治療が必要なほど進行しておらず、今は特に何もすることはないというのです。
 少し不安になった私は、「今は痛みを感じませんが、もし痛くなったらどうなりますか?」と聞きました。
 すると、「今まで痛くならなかったのでしょう。これからも痛くなりませんよ〜」とのこと。
 意味不明な理由ですが、そうなのかもしれません。
 いやはや、場合によっては神経を取るといったこれまでの歯医者と、T医師との違いは凄いなと思いました。

 私は自分では、歯はボロボロというイメージをもっていました。
 しかしT医師は私の歯を診て、「ほう、一応全部そろっているんだね……」と感心したような口ぶりでした。
 私のような還暦を過ぎた年齢なら、1本2本は歯が無いという状態が普通なのかもしれません。また、「親からもらった丈夫な歯をしている」と、これまでの人生で言われたことのないことを言われました。
 神経をとった歯が何本もあるのに、1本も抜歯した歯がなかったことが珍しかったようです。
 T医師によれば、神経を取った歯はもって30年ぐらいとのこと。そういえば、私が初めて歯の神経を取ったのは学生時代なので、40年以上前です。
 そういえば、この前行った歯の根管治療で、いったん歯を抜いて埋め戻すというウルトラな治療を行ったときのことです。
 2週間後の経過観察で診断してもらったとき、先生が、「歯が全然グラグラしていない。2週間目だと、まだ多少はグラグラしているんだけれど…、(回復が)早いですよ!」と感心していました。
 私の歯は長年の歯科医院通いによってボロボロにされたけれども、歯を支える土台は案外しっかりしているのかもしれません。
 でもこれは、添加物ゼロの食生活や、チャガティー、ごぼう茶などが回復を早めたのだろうと私は思っています。

 T医師はとにかく強烈な個性を持つ先生で、小声でぼそぼそと、かつ早口で喋りまくるので、私は3分の2ほどしか理解できませんでした。
 延々と喋りまくる間隙を突いて、ドックベストについて聞いてみました。するとT医師は、ドックベストを採用していないことはわかりました。T医師は骨のような細胞がある組織は再生するが、歯や目のような細胞ではない組織は再生しないといいます。それゆえ虫歯は治らないという立場で、その点では虫歯は自然治癒するという小峰医師とは見解が違うことがわかりました。
 ただ、歯を残すという点に関しては信用がおける歯医者だということは確かだと思います。
 それゆえ、今後、抜歯するという段階を迎えた歯が出てきたときには、とりあえずT医師に相談してみようと思っています。
 T医師に迷惑がかかってはいけないので、ここにT医師のサイトのURLは貼りません。
 訪問者の方々の中で知りたいという方がおられましたら、私にメールで連絡をいただければ、お知らせするようにします。



雑談を3つほど...2021年10月29日

 トランプ氏の今後の動向、アセンションの追加記事、それと私の歯科体験などの雑談です。
 雑談なので、結論を出すのではなく、気ままに思いめぐらせたことを書いています。
 お時間のある方は、暇つぶしにどうぞ。


トランプ氏の復活はあるの、ないの?

 この記事は、投稿した直後に新たな情報が入ってきたので書き直しました。

 書き直す前の記事のメインは、サイモン・パークス氏の動画でした。
 その動画の中でサイモン・パークス氏は、トランプ氏は職務に復帰すると言っています。ただしその期間は長くは続かず、120日程度だと述べています。職務を退いた後、ある人物を後任として推薦し、トランプ氏は主要アドバイザーの立場になると言っていました。
 私は、トランプ氏の復活を願っている一人として、(またしても実現しないかもしれないと思いながらも)このサイモン・パークス氏の言葉を信じたい気持ちがありました。
 しかし、そのサイモン・パークス氏がどうも怪しいのではないかという情報が入ってきたのです。
 もしそうだとすると、前回の記事の内容とは180度違う展開となってしまいます。
 以下の「沖縄おばば」さんの動画の、3分20秒あたりです。

https://www.youtube.com/watch?v=_yn07wMepRU

 サイモン・パークス氏は、「自分はQのスポークスマン」と言っているらしいのですが、Qは「誰も自分のスポークスマンには成れない。そういう人がいたらフェイク」と言っているとのことです。

 うーん、そうなのですか・・・。
 Qやホワイトハットといわれる人々が、一般人にある程度の秘密を事前に漏らすということはあると思います。その理由の一つは、実際に起こる大事件に多くの人々がショックを受けて混乱するのを緩和することです。
 しかし、「Qのスポークスマン」というのは、さすがに無いと私は思います。
 Qは、SNSなどを通じて人々に広く情報をもたらしてきたのであって、情報を特定の個人を経由させる必要はないと思うからです。
 どうやらサイモン・パークス氏がもたらす情報は、DSの工作員による陽動作戦の可能性が出てきたようです。サイモン・パークス氏自身は、本当にQからの情報だと思い込んでいるのかもしれませんが。

 ベンジャミン・フルフォード氏によれば、トランプ氏が米政界に復活するのにネックとなっているのは、自身がオペレーションワープスピードで開発した新型コロナワクチンにこだわっているからだといいます。新型コロナワクチンに対する執着を止めれば、米政界に復帰させるという案まであるそうです。
 しかし、トランプ氏自身は、相変わらず新型コロナワクチンにご執心のようです。

https://note.com/akaihiguma/n/n5de87c9c9a45

 書き直す前の記事で、サイキックの吉野奏美さんがトランプ氏の復活はない、とブログに書かれていたことを紹介しましたが、今となってはそうなる可能性は高い気がします。
 私自身もそうでしたが、当HPの訪問者の方々の多くがトランプ氏の復活を期待されていると思うので、こうした記事を書くと納得されないと思いますが、仕方ありません。
 ただし、事態は流動的でしょうから、何かの事情でトランプ氏を担ぎ出さざるを得ないかもしれませんし、トランプ氏が突然、ワクチンへのこだわりを捨てるということもあるかもしれないので、絶対ということではありません。

 海軍出身で、米軍に特別な情報源を持つと思われるジーン・デコード氏が、新型コロナワクチンは人類のDNAをグレードアップさせるものだと言っている記事を紹介したことがありました。新型コロナワクチンを打つことによって多くの犠牲者が出るが、生き残った人間はETによって改変されたDNAを本来の姿に取り戻すというのです。そしてスーパー人間になって、DSに立ち向かう兵士になるといいます。
 つまりDS側のDNA改変の試みを逆用するというのです。
 私は新型コロナワクチンが人間のDNAを改変するというところまでは理解できますが、スーパー兵士になるという話になると、さすがに荒唐無稽に聞こえます。DNAがグレードワップしたら体力、能力が増すことはわかりますが、軍事訓練を全く受けていない一般人が兵士になるというのは疑問に思います。
 参考までに、新型コロナワクチンがDNAのグレードアップをもたらすというサイトを貼り付けておきます。

https://ameblo.jp/atlantis77/entry-12679684500.html

 トランプ氏は、新型コロナワクチンがDNAをグレードアップさせるものであるから、推進したということでしょうか。しかしそうだとしても、注射を打つ一般人はそういったことを知らされていません。新型コロナの予防になると聞いて打っているだけです。騙し討ちと同じで、個人の自由意思と権利を無視した行いは、許されるものではないと思います。

 書き直す前の記事で、私はトランプ氏がダークサイドに堕ちたという竹下氏の記事は真実に近いとは思わないと述べました。
 今でもダークサイドに堕ちたというのは、さすがに言い過ぎだと思っています。
 私の印象は、トランプ氏は背後にいるQや米軍の思惑を外れ、あらぬ方向に迷走してしまった、というところです。
 以下の「日本や世界や宇宙の動向」さんのサイトに、竹下氏の記事が載っています。
 興味のある方は読んでみて下さい。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52069519.html

 ところで話は変わりますが、上の「沖縄おばば」さんの動画にフリン将軍が、世界経済なんちゃら(金融危機)に対して準備をしなければならないと言っています(1分14秒あたり)。

 これは本当に起こると私は思います。
 世界金融危機をきっかけに、アメリカ市民は今のバイデン政権に不満が爆発するでしょうし、そこから政界の大変革が可能になっていくのではないかと思うのです。


アセンション雑考

 当HPの2019年11月16日の記事「サアラさんと並木さんが語るアセンション」で、サアラさんと並木さんの語るアセンションが非常に似ているということを話題にしました。。
 並木さんは、アセンションによってこの宇宙の全フィールドがブラックホールに吸い込まれ、反対側にあるホワイトホールから吐き出されて、新たな宇宙を形成するとしています。
 サアラさんは表現が少し違いますが、12の銀河連邦が一瞬のうちにセントラルに吸い込まれ、一瞬のうちにまったく違った宇宙を展開するとしています。
 並木さんはブラックホールを抜けるのに24〜72時間掛かると言い、サアラさんは一瞬と表現しているので、微妙な違いはありますが、宇宙があるポイントに吸い込まれて、吐き出されて違う宇宙を形成するといった概念はとてもよく似ています。
 このように、別の人が一つの説を唱えてるので、信憑性が増しているように感じられるのは私だけでしょうか。

 ちなみに、吉野奏美(かなみ)さんは、地球の内部はすでに5次元にアセンションしていて、地表は3次元もままだといいます。
 これから地表も5次元に上昇するので、私達も5次元に波動を上げないと住むことはできなくなると言っています。

https://ameblo.jp/angelique22/entry-12704583119.html

 吉野さんは、サアラさんや並木さんのように、あるポイントに宇宙が吸い込まれるといった概念を述べておられないので、アセンションの説としては違うような印象を受けます。
 しかし、吉野さんの説は宇宙があるポイントに吸い込まれるとった概念を述べていないだけで、サアラさんや並木さんの説と矛盾するということではないと思っています。

 並木さんは、宇宙が吸い込まれるといった点に関し、以下のように述べていました。

 「いま、地球をはじめ、ほかの惑星や天体も皆、地軸がある一定方向に傾き始めています。その理由は、ブラックホールに向けて吸い込まれつつあるからなんです」

 これに関し、私はロシアのアレクセイ・デミートリエフ博士が発表した太陽系の異変の話を思い出しました。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから引用させていただいたのですが、再度引用します。


 ・・・<ヤスさんのブログから抜粋開始>・・・

 NASAの研究者の画期的な論文

 12月24日、NASAの研究者は著名なネイチャー誌に論文を発表し、現在太陽圏の縁を飛行しているボイジャー1号と2号が送信したデータの分析結果から見て、いま太陽系は強い磁場をもつ星間雲に突入しつつあるとした。

 ところで、ロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士は銀河系の軌道上にある太陽系がエネルギーの強い星間雲の中に突入しつつあり、それが太陽系全体が温暖化しつつある原因であるとしていた。以前に書いた記事だが、再度引用する。

 現在、太陽系の惑星すべてのエネルギーが高まってる状態にあるといわれている。「2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉 ローレンス E.ジョセフ 著 」、ならびにロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が発表した論文「PLANETOPHYSICAL STATE OF THE EARTH AND LIFE」などによると、以下のような現象が太陽系内の惑星で観察されているという。

 大気の増加
 火星では大気の厚みが増し、NASAの予想よりも約2倍濃くなっている。このため、1997年にはマースオブザーバーのバックアップ機の一つが厚い大気に阻まれクラッシュした。さらに、これと同様のことが木星、天王星、海王星でも起きている。

また、火星の北極に存在が確認されている氷の塊が早いスピードで溶けている。温暖化現象は火星でも発生している。

 増大する惑星の明るさ
金星の明るさは増大している。木星のエネルギーは明らかに増加しており、木星の月のイオと木星を結ぶイオン化した放射能のチューブが見えるようになった。天王星と海王星の明るさも増大している。

 惑星を取り巻く磁場の変化
 木星の磁場の強さは2倍になっており、天王星や海王星でも磁場の同じような増大が見られる。

 ポールシフト
 天王星と海王星でポールシフトが起きた。ボイジャー2号が二つの惑星を通過したときの計測では、北極と南極が地軸に対して約50度ほどずれていた。

 こうした変化は、2億6千万年の周期で天の川銀河を蛇行しながら公転している太陽系が、天の川銀河が宇宙の塵が集積してエネルギーレベルの高い地帯へと進入し、そのため膨大なプラズマエネルギーが太陽圏に進入していることによると考えられている。これは以前にこのブログで紹介したシベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が詳しい。博士は次のように言う。

 「太陽活動が盛んになっているのは、星間のエネルギー雲のなかへ移動するにつれて、われわれが経験している物質、エネルギー、情報の流れが増加しており、それがじかに反映された結果なのだ。太陽には新たな要求が課せられており、われわれはこうした要求が地球におよぼす衝撃を経験しているのだ。」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 デミートリエフ博士は、こうした太陽系の異変は、太陽系が強い磁場をもつ星間雲に突入したからだとしています。
 私が気になったのは、天王星と海王星がポールシフトを起こし、地軸がずれたということです。強い星間エネルギー雲に入ったのだから、気温や磁場が変動することは理解できますが、さらに地軸までずれるというのは、やはり並木さんが指摘しているように太陽系全体が、ある方向を向き始めているのが原因ではないかという気がしてきます。

 天王星と海王星は太陽系の中では、外惑星の中でも外側に位置しています。
 まず、太陽系の外側から地軸がずれはじめ、だんだんそれより内側の惑星も地軸が傾くようになるのかもしれません。

 このように、天王星と海王星のポールシフトは、私にはサアラさんと並木さんのアセンション説を支持しているように見えてしまいます。


歯の根管治療体験

 最近私は、歯の治療の為に週1で東京に通っています。
 長野に住んでいるのだから、地元の長野の歯医者に行けばいいのではないかと指摘されそうですが、地元に知り合いゼロの私は、評判の良い歯医者の情報がありません。
 やはり、評判のわからない地元の歯医者に行くのは勇気がいります。
 というわけで、これまでお世話になった東京の歯医者に行くのが得策と思い、ドアツードアだと片道4時間以上掛かりますが東京の歯医者に通うことにしました。
 今年の春頃から大臼歯(一番奥の歯)が痛むようになったのですが、その頃は東京に新型コロナの緊急事態宣言が出ていて、東京に行きにくい雰囲気がありました。
 もちろん私は、新型コロナは詐欺だと思っているので関係ないのですが、電車の中ではマスク、店に入るときはアルコール消毒と検温など、めんどくさくて行く気が無くなるのです。
 それでも8月になると、歯はかなり痛むようになり、そうも言っておられなくなりました。
 そこで東京の行きつけの歯医者に行って診てもらったら、ショックなことを言われてしまいました。
 神経(歯髄)を抜いた歯だったのですが、歯の根元が細菌に侵されて炎症を起こしているといいます。こうした歯を治療するのは、専用のマイクロスコープを使った特殊な歯医者でないと治療できないというのです。そこで、(歯医者からの紹介できないと治療できないという)、根管治療を行う専門医を紹介されました。
 ただし、こうした根管治療の専門医は大変人気で、予約しても1ヶ月待たされるというのです。
 さっそく、その専門医に電話してみると、さらにがっかりすることになりました。
 なんと、2ヶ月待ちだというのです(超人気のようです)。
 さらに当然のごとく保険は利かず、全部実費になるといいます。
 もらったパンフレットに、大臼歯の根管治療代として11万円とあり、ゲッ! となってしまいました。無職で収入ゼロの人間に、いきなり11万円は辛い・・・。
 歯の痛みはどんどん増すのに、2ヶ月も待つのかと思ったのですが、それでも歯を抜くことなく残すことができれば御の字かもと思いました。
 動物は、歯が無くなると急速に体力を落として衰弱すると聞いたことがあります。
 これは当然ながら人間にも当てはまると思います。
 私の(亡くなった)父は、今の私と同じくらいの年齢から歯を失くしはじめ、最後は下の前歯一本しかありませんでした。そして歯が無くなり始めると同時に、急速に老けていったのです。
 11万円でも歯が残せたらいい、歯が残る恩恵はお金では買えないかもしれない・・・、と思ったのです。

 さて、その根管治療の専門医に行ってきました。
 先生が言うには、2つの選択があると言います。
 一つは特殊マイクロスコープを使って歯を削りながら治療する従来の方法で、数回の施術が必要とのこと。この場合、歯を残せる確率は70〜80%だそうです。
 もう一つは、いったん歯を歯茎から抜いてしまって、その歯を治療して、元の位置に埋め戻す方法です。
 私はその話を聞いたとき、「抜いて、また戻すなんて、そんな神業があるのか・・・」と思ってしまいました。
 そしてこの方法だと、(私の場合)90%の確率で成功するというのです。
 しかも1回の施術で済むといいます。
 ムムッ、90%とな・・・。
 私は歯を残こすことを一番優先すべきだと思い、この方法をとることにしました。

 麻酔をして歯を抜くのですが、麻酔をしているので痛みはありません。
 歯を抜いた穴には膿が溜まっていましたが、歯が無いので簡単に膿を吸い出すことができました。
 そして、抜いた歯ですが、急いで治療しないと10分以上経つと元に戻らなくなるそうです。
 大急ぎで抜いた歯の治療を行い元に戻すので、全体で30分ほどの時間しか掛かりませんでした。

 施術後、先生に「やはり麻酔が切れてから食事をした方がいいですか?」と聞いたら、先生は、

 「いえ、むしろ麻酔が効いているうちに食事しないと食事できないかもしれません」

 と言われました。
 えっ? と思ったのですが、その意味を知ることになります。
 麻酔が切れると、かなり痛むのです。
 特に、食事で患部に食べ物があたると、飛び上がるほど痛いのです。
 また、まれにせっかく挿した歯がずり落ちてくることがあり、その場合は元に押し込めるように丸いガーゼの塊を3つほどわたされました。
 試しにそのガーゼを患部に押し当ててみると、これが死ぬほど痛いのです。
 ちょっと当てただけで激痛が走り、ガーゼには血が染みていました。
 無理・・・、と諦めました。

 先生によると、1週間はグラグラしていて固まることはないそうです。
 1週間ほどで固まり、2週間後に経過を診る為に来院してほしいと言われました。
 そのように、1週間(特に最初の3日間)はとにかく痛かったのですが、2週目に入ったところで、ようやく痛みも和らぎ普通に食事できるぐらいに回復しました。
 来週、先生に診てもらってオーケーがでたら、その土台に被せ物を作ることになります。

 どうやら、大臼歯は幸いなことに抜かずに済みそうです。
 しかし、他に数々の問題を指摘されました。さらに根管治療が必要な歯が1本と、あと神経を抜いてない歯で虫歯が2本あると言われてしまいました。

 嗚呼・・・。



並木良和さんのアセンションQ&A...2021年10月23日

 訪問者の方々はアセンションという言葉を聞いて、どのような感情が湧くでしょうか。
 私は、アセンションと聞くと、妙に心がざわつく感覚が起こります。
 それゆえ、神秘家ゲリー・ボーネルさんの著書でアセンションという言葉を初めて知ったとき、強く惹かれるものがありました。
 残念ながら、ゲリーさんによれば人類が一斉にアセンションするイベントは無くなり、個人でアセンションするしかなくなったそうです。
 それを聞いて、私はがっかりしてしまい、しばらくアセンションのことを忘れていました。
 しかし並木良和さんが登場して、アセンションをついて語り始めたので、再び強い関心が湧いてきました。

 当初、並木さんはアセンションは2022年〜2032年のどこかで起こると言っていましたが、今は2037〜38年頃と言っています。
 しかも、そのアセンションにエントリーする人類は10億人だと言っています。
 エントリーの意味は、今世でアセンションすると決意したということです。
 そのエントリーにも締切があって、2021年の冬至までということなので、もうあとちょっとで締め切りの期日を迎えます。
 エントリーですから、あくまでも入学試験で、エントリーしたからといって合格するとは限らないようです。
 私は、はっきりとした過去生の記憶はないのですが、1万3千年前のアトランティス文明の滅亡のおいて、アセンションできなかった魂ではないかという気がしています。
 それゆえ、「今度こそ!」、という思いが強いのではないかと思うのです。

 並木さんが言っている10億人という数字で、ふと気づくことがありました。
 今回の新型コロナ騒動において、ワクチンを打たなかった人々の多くが、この10億人に含まれるのではないかと思ったのです。
 新型コロナワクチンは人口削減の為の毒薬ですから、打てば死の危険に晒されます。
 アセンションをする前に死んでしまったら、元も子もありません。
 ですからアセンションを決意した魂は、必然的にワクチンを打たないと決めるか、(本人は意識していなくても)ワクチンを打たなくてもよい状況に身を置くのではないかと思ったのです。
 現在の地球の人口は78億7500万人です(2021年8月31日)。
 10億人は、12.7%にあたります。
 日本の人口は1億2512万人(2021年10月1日)で、そのうち新型コロナのワクチンを打った人は9620万3522人(2021年10月20日)で、ワクチンを一度も打っていない人は2892万人です。
 2892万人は、日本全体の23%に相当します。
 このワクチンを打たない23%の人々と、並木さんが言うアセンションを決意した10億人の人々と、相当にオーバーラップしているのではないかと私は思ったのです。
 この23%の人々は、今後それほど減らないのではないかと思います。
 打たないと決めた人は、政府がいかにキャンペーンを張ろうとも、打たないと思うのです。
 それゆえ政府は、緊急事態宣言を取り下げ、今後は2回打った人にブースターの3回目を打つように方向転換をしたように思うのです。

 では、アセンションを決意した人かどうか、どこでわかるかです。
 もちろん、すでにアセンションの情報を知り、「私はアセンションする!」と思った人は、そうでしょう。
 しかし世界の10億人の中には、それまでの人生で、アセンションという言葉すら聞いたこともない人もいるに違いありません。
 しかし10億人の中でアセンションすると決めた魂を持つ人は、アセンションという言葉を聞いたとき、「心の機微に触れる何か」を感じるに違いありません。
 つまり一つの目安として、アセンションと聞いて何かを感じる人は、エントリーしたいと思って忌まれた魂の可能性が高い気がするのです。
 新型コロナワクチンに対し、反ワクチンの立場をとる内海聡医師は、アセンションのことを揶揄して、「アホンション」と言っています。
 エントリーしたいと思って生まれた魂は、アホンションと聞いて大いに頷くことはないだろうと思うのです。

 今回は、並木良和さんのアセンションQ&Aを『別冊アネモネ 1冊まるごと並木良和』(ビオ・マガジン)から紹介させていただきます。


 ・・・<『別冊アネモネ 1冊まるごと並木良和』、p46〜p50から抜粋開始>・・・

 <Q1> 目醒めとアセンションの違いは?

 「目醒め」とは、アセンションそのものではありません。目を醒ましていくプロセスの延長線上に、アセンションという“イベント”が待っています。「目を醒ます=アセンションへのパスポートを得る」こと。
 アセンションするかどうかを決めるのは、自らの自由意志。決めたら、「パスポートを手に入れます!」と、自分の明確な意志を表すことがとても大切です。
 地球は、2012年、人類より先にアセンションへのスタートを切っています。今後、僕たちの住む世界が5次元に安定すると、その次元から下がることはもうありません。そして、まだまだ先へと上昇していきます。
 それは、シリウスもプレアデスも宇宙自体もそう。「この次元まで行けば完了」というのはなく、それぞれが上昇し続けることで、全宇宙は進化のプロセスを遂げているのです。
 アセンション自体は、小学生から中学生へ進級するようなものですから、身構える必要はありませんが、進級するには学力の目安があるように、それ相応の準備は必要になります。


 <Q2> 今回のアセンションは、いままでとどこが違う?

 地球もほかの惑星も、何度もアセンションのプロセスを経験してきましたが、今回だけは特別です。
 なぜなら、全宇宙の「フィールド」が、大転換を起こすからです。
 フィールドには、5次元、6次元、7次元…という全次元、他の惑星、銀河も含まれます。
 フィールドを、ゲームボードにたとえてみましょう。僕たちは、宇宙が用意したゲームボードで、さまざまな体験をしてきました。ただ、もうボードのコマを全部体験し尽くしたのです。そのため、宇宙はいったん、いま展開中のゲームボードを閉じ、まったく新しいボード、つまりフィールドを作り出そうとしています。
 それが、今回のアセンション。
 なぜ宇宙がそう決めたかというと、宇宙には発展・拡大・進歩というDNAが刻まれているから。さらに発展拡大していくためには、宇宙に新たな体験が必要なのです。
 いままで起きてきた惑星レベルでのアセンションも、もちろん全宇宙に影響しましたが、この規模は初です。前代未聞ですから、高次の存在たちも当然、未体験。なので、彼らも完全には把握できていません。
 全宇宙が関わる今回のアセンションを止めてしまっているのが、僕たち地球人頬です。ほかの宇宙の種族たちは、次の宇宙フィールドに向けて、すでに準備OK。みんな地球が進化するのを待っている状態です。
 だから、「とっとと、準備を完了していただけますか?」と、僕たちは高次の存在たちから注目されているんですね。とっとと、とっとと、って(笑)。
 そもそも、僕たち地球人は、いろいろな宇宙存在のハイブリッドですから、ものすごいポテンシャルを含んでいます。
 たとえば、1999年にカナダのある地域に隕石が落ちて、地軸がずれることにより人類滅亡の危険性があったときも、人類の集合意識は自らの判断によって、土地の磁力を消すことで回避させました。そのような多くの壊滅的な予言の流れを、人類はすべて回避してきたのです。つまり、滅亡ではなく生きたままさらに進化することを、いつの時代も自分たちで決断してきたということです。
 今回の特殊なこの時期に、アセンションすると決めてきた人は、約10億人です。その代表が14万4千人で、目醒める可能性をもった人たちに影響を与え、人類の意識を引き上げていきます。14万4千人の目醒めは、いまの時点で達成できるといってよいでしょう。
 今回のアセンションでは、レムリアやアトランティスの黄金期以上の波動を実現させようとしています。つまり、6次元以上。6次元意識へ移行できると、Jr.アセンデッドマスターとなります。


 <Q3> アセンションのまさにそのとき、地球や宇宙はどうなる?

 いよいよアセンションを迎えるのが2037、38年頃。そのとき、いま宇宙で展開されている全フィールドがトンネルのような、ブラックホールのようなゲートに、吸いこまれていきます。
 ブラックホールを抜ける期間は、地球時間に換算すると、24〜72時間ほど。その間は、誰も意識を保つことができません。
 そして、吸い込まれたあとにホワイトホールのようなゲートを抜けると、そこでは新たなフィールドが展開されているでしょう。
 いま、地球をはじめ、ほかの惑星や天体も皆、地軸がある一定方向に傾き始めています。その理由は、ブラックホールに向けて吸い込まれつつあるからなんです。
 このブラックホールのようなゲートには、天の川銀河だけでなくほかの銀河も、また高次の存在たちも、目醒めを選択した人も眠りを選択した人も、もれなく皆、全宇宙すべてが吸い込まれます。
 そして、アセンションすると決めた人たちは、ホワイトホールを抜けて新しい地球に転生することになります。この場合の転生とは、目が覚めたら新しい地球に存在するという意味です。
 新生地球がどんな環境なのか、誰にもわかりません。もしかしたら、空の色が七色かもしれないですよね。それまでの記憶は、部分的には残るでしょう。
 眠りを選択した人たちは、いまの地球と似たような物理次元の惑星に移行します。
 このエキサイティングな宇宙あげてのお祭り時代に、アセンションに向けて準備をすることは、たとえアセンションが起こらなくても、人生の質を向上させるうえでとても役立ちます。なぜなら、自分の可能性にもっと気づき、自分自身を輝かせることになるのですから。ですから、ぜひこのプロセスを楽しんでください!


 <Q4> 過去、地球がトライしたアセンションはどんなふうだった?

 惑星単位でのアセンションのプロセスは、この地球でもこれまで4回ありました。今回が5度めのチャンスです。
 僕は、過去世を含め、2回ほど地球のアセンションのプロセスを経験しました。そのひとつが、約1万3千年前に終わりを迎えたレムリア時代です。
 当時、僕は、沈没から逃れるために、レムリア人たちを連れて地下都市へと移動しました。そこへ入るために、レムリア人たちは急速にアセンションする必要があったのですが、それは大きなチャレンジでした。結果、移動したレムリア人は全員アセンションを遂げ、いまなお地下都市で生きています。
 そうして地底でアセンションした一部の人たちを除き、レムリアもアトランティスも、アセンションのプロセスは失敗に終わりました。そのため、大洪水や地殻変動によってリセットがかかり、最初からやり直すことになったのです。
 レムリアもアトランティスも、黄金期には5〜6次元意識を保っていましたが、沈むときには波動が下がっていました。それが、沈没のいちばんの原因です。とはいえ、波動を落とすことすらも、自由意志。あの文明に生きた存在の多くは、もっと眠りを体験することを選んだのです。
 その後、釈迦やイエスなど高次の存在たちが地球に飛来して、高波動をアンカリングしたことにより、僕たちの意識も確実に変わり始めました。


 <Q5> アセンションを意図していたのに、その前に亡くなった魂のゆくえは?

 今回アセンションすると決めているのに、その時期を迎える前に肉体を維持できなくなった場合、一度、肉体を脱いだ後、すぐに新しい肉体をもち、続きをします。実際、いまもすでにたくさんの意識たちが、そのようにして転生しています。
 また、宇宙には、肉体をもってアセンションすることを望む多くの存在がいるため、ウォークインされる人も増えるでしょう。いわば、ボディをシェアするのですね。それは、おたがいの魂の計画を阻害しないことを条件に、魂レベルでの契約がなされた場合にのみ起こります。


 2021年の冬至にゲートが閉じたあと、アセンションまでの間にはどんな変化が待っている?

 <個人 自醒めを選択した人>

 目醒めにまっしぐらに進んでいき、自分の意識が反転した意識状態へ移行するようになるでしょう。現実とは確実に自分の意識の反映であることに、体感が伴うようになるのです。
 そして、ポジティブな方向性や可能性に意識を向け続けることで、願わなくても願いがかなっていく、引き寄せを超えた「最適化」へと移行していきます。
 また、自分自身を大切にするようになり、調和や平和、愛を反映する現実を創造するでしょう。思考の世界から感性の世界へ移行するので、アーティスティックに自分を表現する人が増えていきます。

 <個人 眠りを選択した人>

 眠りの意識そのものになるので、“目醍め”に意識が向かなくなります。ゲートをくぐる前は、目醒めに関心があったとしても、ゲートが閉じたら目醒めの方向には戻らないのです。そして、これまでの地球経験と同じように、山あり谷ありの人生ドラマを体験していくでしょう。

 <経済>

 2023年頃になると、経済システムは目に見えて変化するでしょう。
 お金という形は変わらず存在しますが、5次元意識になるにつれて、価値観が変化します。お金がすべてという意識から、なくても生きていけるという意識へ。2028年頃には、物々交換のようなシステムを試験的に導入する地域が出てくるかもしれません。
 最終的には、眠りのシステムから生み出されたお金はなくなります。

 <地球への対応>

 人類の意識が変わり、「地球もひとつの生命体」ととらえるようになるため、自然と共生することがベースとなり、環境へのアプローチが変化します。
 たとえば、自然が多い場所へ移住する人が増えたり、ホテルなどの施設も自然にそって造られるようになるでしょう。

 <国>

 政治家という一人のリーダーが国を引率する構図は崩れます。そして、コミュニティがどんどん増えていくでしょう。そこでは、代表者がいたとしても、一人ひとりがリーダーとなります。

 <皇室や王室>

 日本の皇室は、そのシステムには変更があったとしても、天皇や皇室そのものは残るでしょう。世界をみると、現時点では口外できない部分が多いですが、ロイヤルファミリーの存続は難しい可能性もあります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、エントリーを決めたはいいが、これから何をしたらいいかよくわからないという方もおられるかもしれません(実は私もそうですが)。
 そんな人に役立つかもしれない記事を紹介させていただきます。

 『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』(the Planet form Nebula 著、ダイヤモンド社)から引用させていただきます。


 ・・・<『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』、p51〜p58から抜粋開始>・・・

 2023年、二極化する未来に向けて、私たちができること

 「目覚め」か「眠り」を選択

アイシス 今はエゴにハンドルを握らせて、いろいろなところに頭をぶつけて苦しんでいる人も多いけど、こんなことももう卒業よ。

ネプラ 卒業ってどういうこと?

アイシス 2023年の終わりまでに、私たちそれぞれが「目覚めて生きる」のか、「眠ったままでいる」かを選択するの。
 「目覚め」を選択したら、装着したエゴのギアを外して海底から海面に浮上するの。もう視界が狭い海底に沈まなくてもいいのよ。
 軽やかな自分になったら、抵抗の少ない海面で、不安や恐れもなく、楽しいリアリティを体験することができるようになるの。でもそのためには、今まで装着していた重たいギアを手放す必要があるってわけ。

 ちなみに、バシャールが、今、地球史上はじめて、極めて重要なタイミングを迎えていると言っている。
 現在の私たちは「目覚め」か「眠り」かを選択するために、「3次元密度」から「4次元密度」の間を通っている最中で、これが針の目と呼ばれるタイミングだそうだ。
 4次元密度の世界は、この世界と一致するエネルギーしか機能できなくなる。
 つまり、パソコンのOSをアップグレードして、新型システムで生きていく決心をするのか、旧型のまま生きるのかを選ぶタイミングなんだ。
 余分なものを手放し、「針の目」を抜けるために、2023年いっぱいまでは環境が激変したり、つらい経験をしたり、落ち込みを経験する人も多いらしい。

 「手放し」に必票な5つのステップ

アイシス 「針の目」は、ちがう次元へ抜けるトンネルのような、通路のようなものなの。
 「針の目」を抜けると、「目覚めて生きる選択をした人」と、「眠ったまま生きる選択をした人」のリアリティに分岐していくようになるわ。
 でも、2つだけの世界ではなく、複数の「目覚めて生きる世界」と「眠って生きる世界」に分かれていくようになるのよ。
 パシャールも言っているように、私たちが「針の目」を抜けるタイミングは2023年だから、今から自分の内面を見つめて、「不要な考え」を手放して、「自分らしい自分」になっておく必要があるの。
 それは、「向こう側の世界」に何を持っていくかによって、それが強調されて実現されることになるから。
 たとえば、「陰謀説」を信じる人は、陰謀説が本当になる世界を体験するようになるし、喜びとワクワクの世界を信じる人は、本当に喜びいっぱいのワクワクする世界を体験することになるのよ。

ネプラ あっ、それで「『自分ではないエネルギー』を手放しなさい」って言っているわけか!

アイシス そう。そして、この「手放し」にはバシャールも言っている、次の5つのステップが必要になるの。

@ すべてを赦す
A 自分を赦す
B 過去の自分を断ち切る
C 未来の自分にリンクする
H この4つを実践して、今ここをワクワクで生きる

 この5つのステップを経過すると、古いエネルギーを手放して身軽な自分になることができるのよ。
 古いエネルギーを手放して身軽な自分になるには、自分に誠実な「自分軸」で内観し“必要のないエネルギー”を見つけて手放していくことが重要なの。

 「ネガティブな信念」があなたに執着している!?

ネプラ 言うのは簡単なんだけど、やるとなると大変じゃない?

アイシス それはまったくの思い込みよ。あなたが変化しようとしたとたん、ネガティブな思いがどんどん湧いて出てくるでしょ?
 それは、「ネガティブな信念」そのものが、あなたに変わってもらいたくないからなの。
 たとえば、やってみたいことがあっても、自分の実力じゃまだ無理だと思って、挑戦する前にあきらめてしまうこともあるわよね。それはネガティブな信念があなたが変わってしまわないように仕向けているからなのよ。
 ネガティブな信念にとって、「手放し」って、「死」を意味しているの。「自我の死に値する」って思い込んでいるからよ。
 たとえば、本当は孤独が嫌なのに、一歩踏み出すのが怖かったりすることってあるでしょう?
 それは、ネガティブな信念が「もしも新しい自分になっちゃったら、古い自分が消えちゃう」と考えているから、「変化したら今よりもっとひどい状態になるよ」と私たちを脅して、新しい自分になるのを食い止めようとするの。
 人間って、「変化」を嫌って、「現状維持」に安心するでしょ?
 それってネガティブな信念が、「君が変わったら怖いことになるぞ」ってすり込みをしているからなの。でも、これみんなウソよ。もちろん、このウソを本気にしたら本当になっちゃうんだけどね。
 「ネガティブな信念」はあなたに執着しているエネルギーなの。
 あなたなしでは生きられないって、エネルギー自体が思っているのよ。だからあなたに変わってほしくないの。

 「あってもなくてもよし」の状態がベスト

ネプラ じゃあネガティブな信念を完全に手放せばいいってことだよね?

アイシス まあそうなんだけど、実際にはネガティブな信念を捨ててしまうことは不可能なの。なぜなら「存在しているもの」を「存在しなくすること」は不可能だから。
 それよりも「あってもなくてもよし」の状態にして、それを選ばないでいればいいっで感じ。
 嫌なやつはいるし嫌な仕事もある。不安もあるし、恐怖もある。だけどそれを見続けないことはできるでしょ?
 ようは、おいしい食事がいっぱい並ぶバイキングに出かけて、食べたくない食事はお皿に取らなければいいの。


ネプラ なるほど。「手放し」の意味がようやくわかった気がするよ!
 体験したくないエネルギーに集中しないってことだね。

アイシス そういうことよ。

ネプラ ちなみに、この「針の目」のタイミングでみんな手放しして、アセンションできるの?

アイシス そういうわけではないわ。「アセンション」はみんなに平等に与られている機会なの。でも、それを選ぶかどうかはあなたたち次第。
 さっきバイキングの話をしたでしょ? それと同じで、今世で目覚めること、つまりアセンションを選ばない選択をする人もいるの。「眠り」を選択する人たちはいっぱいいるわ。
 でも、それは別に悪いことじゃないの。次の機会でもいいわけだし、あなたたちには選択の自由があるからね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アイシスは「「眠り」を選択する人たちはいっぱいいるわ」と言っていますが、世界人口78億人の内の68億人が眠りを選択している計算だと、10人中8〜9人が眠りを選択していることになります。
 ということは、「目覚め」を選択した人は10人中、1人か2人だけです。
 そして、この10人中、1人〜2人の人々は、日本でワクチンを打たなかった23%とかなり重なっているように私には思えるのです。



『炭が地球を救う』から...2021年10月16日

 新型コロナワクチンを打ってしまった人の排毒に「炭」が良いという話があったので、『炭が地球を救う』(岩熊裕明・上部一馬著、ヒカルランド)を読んでみました。
 とても興味深い内容でした。
 私が知らなかったことの一つに、炭はヨーロッパでは100年以上前から医薬として使われていたということです。私の中では炭は和のイメージが強かったので、ヨーロッパで古くから使われていたというのは意外でした。
 一般的な炭の効用と供に、少し抜粋してみます。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p183〜p186から抜粋開始>・・・

 V.竹炭が慢性病を駆逐、人間の健康を護る!!

 炭はヨーロッパで100年以上前から医薬として使われていた!

 さて、いよいよ炭の効用を明かす。この頁では、現実的な話をしよう。
 今日、炭が配合された商品としては、石鹸や消臭剤、浄水器のろ過材である活性炭、部屋の隅に置かれる備長炭、そして田んぼや畑、植木などの土壌改良剤などが知られるところだ。筆者は、炭の効用を知ったのは十数年ほど前のこと。
 日本薬局方に50年以上前、記載される『薬用炭』をオリゴマンナンで包み、健康食品として売り出されたのを取材したのが最初だった。この開発者こそ一流化学メーカーの開発部長を務め、今日の『人工透析膜等』を開発した故青柳重郎工学博士だった。
 ここで知ったのは、この『薬用炭』こそ解毒に最もふさわしい素材であることだ。ヨーロッパでは、何と100年以上の歴史を持っていることを知った。
 仮に農薬や睡眠薬などを誤って飲んだ場合、あるいはこれらを飲んで服毒自殺した場合、緊急救命医療に多く処方されるのがこの『薬用炭』であることだ。
 これを飲ませ、胃の中に入った農薬などの化学物質を吸着排毒した後に胃を洗浄することがわかった。
 つまり、『薬用炭』とは有害物質である残留農薬、食品に含まれる環境ホルモンや毒物・毒素、食品添加物、抗生物質、覚せい剤、抗ガン剤、下剤、水銀、ヒ素などを吸着、排毒できる効能効果を備え、医科向けの医薬品であったわけだ。
 『薬用炭』がなぜ、化学物質の吸着力が高いかと言えば、この炭は800度の高温で焼かれる。この高熱で炭の中の不純物がガスとなって放出、その跡に無数の極小の孔ができる。その壁面はもともと様々な物質と結合する力が強い炭素なので、薬用炭はさらに吸着力が高い。煙草のフィルターや冷蔵庫の消臭剤に活性炭が使われるのはこうした理由による。
 むろんのこと、腸内からこうした有害物質が除去されれば、腸壁が正常化し、腸が元々備えている機能が蘇生する。
 その機能とはタンパク質や脂肪などの各種栄養素を見分け、膵臓から肝臓に指令を出し、消化酵素を分泌、消化吸収を高めたり、発ガン物質や有害物質を分解、排泄したりする。また、ビタミン・ミネラルなども合成、高コレステロールの低下作用や適正体重のコントロール作用まである。
 また、腸内に入った物質を吸収してよいものか、それとも排泄した方がよいのか判別する能力をも備えている。これが“腸は第2の脳”と称されるゆえんだ。
 さらには腸管に70%集まるとされる免疫細胞が細菌やウイルスの侵入など、外敵から体内を守る作用も有しているのだ。
 近年、大腸ガンが男女とも増加傾向だが、前出の青柳重郎工学博士は、「腸壁が残留農薬や防腐剤、着色料などの食品添加物、抗生物質やホルモン剤、様々な医薬品などの化学物質で破壊され、腸内が悪玉菌の温床になってしまい、免疫力が低下していることが大きな原因である」と指摘されていた。
 したがって、現在猛威を振るっているコロナウイルスであっても、免疫機能が正常化していれば、感染及び発症を阻止することができる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『炭が地球を救う』は、岩熊裕明氏(通称、くまちゃん)が開発した竹から炭を作る「環炭くん」という機器が紹介されていて、それがとても優れ物のようです。
 テレビでは、芸能人が炭作りの挑戦する企画が時々流されていますが、2日間寝ずに火元の番をするなど、かなり大変だということが伝わってきます。
 ところが岩熊氏が作った「環炭くん」は、自燃式(電気や化石燃料を使わない)なので燃焼による有害物質が発生しない上に、乾燥させた竹を入れて後はマッチで火をつければ半日から1日で勝手に出来上がるのだそうです。
 つまり有難いことに炭焼きの熟練の技は必要なく、竹炭とともに竹酢液なども自動的に採取してくれるというのです。

 いつもであれば、ここでは「環炭くん」や、竹炭がいかに健康や土壌改良に良いかといった話を紹介するのですが、今回はちょっと別の視点にスポットを当ててみたいと思います。
 それは、岩熊裕明氏の学生時代のエピソードがとても面白かったのです。
 出来た製品よりも、それを作った人物に興味が湧いたので、今回はその視点から紹介したいと思います。

 では、岩熊氏の学生時代のエピソードを紹介させていただきたいと思います。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p45〜p52から抜粋開始>・・・

 V.一度決めたら翻意しない!

 高校に入学、あまりにも汚いトイレを掃除したら、柔道部からリンチを受けた!

 一度決めたら翻意しないというのが“くまちゃん”の真骨頂だ。それは、小学校時代にまで遡る。長男で弱虫、さらにいじめられっ子だった。女の子にまで虐められ、泣いて帰ったこともあった。なぜかサボテンの花に惹かれ、盆栽の収集に熱中したこともその一つ。それが高じた中高時代にはさらにエスカレート、今度は蘭の美しさに心を奪われ、盆栽集めに熱中、まさに“ボンサイ”が花開いた。
 ところが、進学した柔道で全国に名高い久留米市の名門校に通って間もない頃、部室側のトイレがあまりにも汚かったことに気がついた。床にはタバコの吸い殻が散乱、掃除などされたこともないあり様だった。
 今日では、高校生で喫煙が見つかったら、停学処分を食らう。まさに無法者が巣くう高校だったわけだ。
 こんな校舎で過ごしたくはない。“くまちゃん”は、翌朝5時の始発に乗って、校舎に一番乗り。汚いトイレをキレイにしてしまった。
 ところが、1時限目が終わった休み時間に柔道部負が現れた。「放課後、柔道部室に来るように!」とのことだった。
 何だろうと思って行ってみれば、部員総出で殴る、蹴るのリンチが待っていた。“くまちゃん”はボコボコにされ、顔面は腫れあがり、血みどろ。
 トイレをキレイにしたことで恨まれる筋合いはなかったが、相手はゴリラと大して変わらない柔道部員である。トイレでタバコを吸い、荒れ放題にしても学校から何も言われないことへの変なプライドが伝統となっていたのだ。
 “くまちゃん”が生まれたのは昭和26年のこと。戦争で負けて6年しかたっていない。この世代は、全共闘世代の名残がある。いまだに強度のコンプレックス、貧しさに劣等感を抱いているのが少なくない。
 今日のように、テレビゲームやファミコンがあるわけでもない。遊びと言えば、町のゴロツキとの喧嘩、あるいは気に食わない奴がいたら、ぶん殴るのが当たり前の風潮だった。ましてや、今日のように女の子と手を繋いでいようものなら、校舎裏で鉄拳制裁が待っている。これが当たり前の世界だった。
 娯楽などあろうはずがない。ただ、鬱屈した心情を喧嘩で相手をやりこめることで解消することが唯一の慰めだったのかもしれない。

 全国大会で負けたことがない柔道部の猛者を大外刈りで跳ね飛ばした!

 ボコボコにされた新入生の“くまちゃん”は、翌朝これを学校に訴えた。暴行に加わった柔道部員はすかさず注意された。
 しかし、このことで“くまちゃん”への暴行、嫌がらせに火がついた。
 授業の合間には、必ず柔道部員が現れ、校舎裏に呼び出された。そこで、顔一寸まで接近したゴリラに襟元を締めあげられ、数発、殴られた。
 同級生や教員は、仕返しが怖いので知らないふりを決め込んだ。
 相手は全国でも名が知れた単細胞の柔道部員だ。誰にも注意されないことから英雄気取りで傲慢、やりたい放題となった。こんな日々が毎日続き、勉強どころではなかった。
 ある日のこと、体育の授業で柔道をやることになった。これまで全国大会で一度も負けたことがない柔道部員Nが待ち構えていた。
 ここで“くまちゃん”の相手に、よりによってこのNが指名された。もちろん、自分たちの“聖域”に踏み込んできた新入生に制裁を加えるためだ。
 畳に上がり、Nは自信満々、両手を高々と上げ、威嚇してきた。
 何しろ、全国大会では一度も負けたことがない猛者が相手だ。
 “くまちゃん”は、こわごわ、オズオズと相手に近づいた。誰もが“くまちゃん”が投げ飛ばされると思った。緊張が走った。
 転瞬、Nの奥襟をギュッと掴んだ“くまちゃん”は、腰を入れ全身の力を込め、投げ飛ばした。
 ズッシーン! Nの身体が宙に舞い、畳にもんどり打った。
 「一本!」大外刈りが決まった。
 教員は手を上げ、“くまちゃん”の勝利を告げた。
 難なく決着がついた。これを見ていた生徒たちから大拍手が沸き起こったことは言うまでもない。柔道部員Nは油断したのだろうが、大外刈りの大技をくらい、下を向いてバツが悪そうだ。

 実をいうとクマちゃんは、小さい頃から体が弱く中学時代も部活はやらなかったものの、長距離以外のスポーツは万能、垂直飛び1メートル以上、立ち幅跳び3メートル以上の記録を持ち運動神経抜群の少年だったのだ。
 特に相撲は誰にも負けたことがなかった。このことが全校に知れわたり、“くまちゃん”にも柔道部からの誘いがあったが、これを断った。当然ながら、柔道部員の嫌がらせが一切消えた。

 街のチンピラに駅のトイレの裏口に連れられ、恐喝を受け続けた

 これ以後も“くまちゃん”は相変わらず、毎朝5時に始発に乗って校舎へ一番乗りし、まず汚れたトイレと、自分の教室をきれいに掃除し、廊下をモップで拭いた。
 それが終わる頃、2人目の生徒が登校、教室内を一緒に掃除した。
 しかし、これをよく思わない、悪党不良生徒が“くまちゃん”に嫌がらせを続けた。あろうことか今度は卒業生の柔道OBや、町のチンピラを集め、さらなる嫌がらせを仕組んできた。
 最も危険な場所は、西鉄久留米駅の改札口手前のトイレだった。
 ここで3〜4人のチンピラが待ち伏せしていた。トイレの裏口に連れていかれ、「金を貸してくれ」と恐喝を繰り返すようになった。
 これを見ている住民や通勤客は関わりたくないので、見て見ぬふりをし、誰一人助けてくれる人はいなかった。
 さすがに困り果てていた頃、学校で体育祭があり、“くまちゃん”は、応援団長に指名された。
 応援団長は、首にぶら下げた笛を吹き、この鳴り響く笛の元に皆が一致団結する。“よーし、シメシメ”くまちゃんは一計を企てた。
 案の定、改札口のトイレの側からチンピラが出てきて、“くまちゃん”を取り囲んだ。この転瞬、力一杯息を吸い、笛を思いっきり吹き鳴らした。
 この笛の轟きに驚愕したチンピラは、一目散に逃げ散らばった。虚勢を張るチンピラだが、警察には弱いのだ。
 この効果は絶大、で2度と“くまちゃん”の前に現れることがなくなった。
 1年が終わり、2年生の進学クラスに進級した頃は、いじめはほとんどなくなった。2年生になってからは、校舎の周りの花壇や校庭があまりにも殺風景だったので、花が大好きな“くまちゃん”は、放課後花壇づくりに挑戦した。
 石を集めて花壇を作った。花が咲き出し少しは花壇らしく見えてきた。これを毎日校舎の3階から見ていた3年生の女子たちが、「花壇作りも1人では大変ね」と言って、1人、2人と手伝ってくれるようになった。
 “くまちゃん”は身長が175センチあり、体重が50キログラム台だったこともあり、たちまち“くまちゃん”の親衛隊ができた。
 この3年生が卒業する頃には、校舎の周りにはかなりの手作り花壇が完成。新しくできた花壇で育った花々が咲き乱れ、3年生の親衛隊の卒業を祝い、門出を祝ってくれた。こうして“くまちゃん”が学校を卒業する頃には学校中の全ての花壇も完成、入学した時とは見違えるほど学校内をきれいにすることができた。
 この3年間は、“くまちゃん”の勲章となった。
 “くまちゃん”の一度決めたら翻意しない根性は、この頃から醸成されていたのかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、その後です。
 九州の福岡で裕福な家庭に育った岩熊氏は、成人してから父親の会社を引き継ぎます。
 社員1000人の会社ともなれば、取引先の接待で料亭やバー通いとなり、連日酒浸りで朝帰りも普通。それに欧米食で体重は30kgオーバーの90kgにもなります。
 体調を崩して医者に行くと、「心臓弁膜症、高血圧・高血糖症、肝機能障害、ストレス性障害合併症で余命数か月!」の診断を受けます。
 その会社で15年間頑張りましたが、奮闘むなしく倒産させてしまいます。

 再起を期して、岩熊氏はお寺様のお告げを聞きます。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p102〜p104から抜粋開始>・・・

 お寺様は、「四国の大洲というところに行きなさい」と告げた

 言霊の世界から話が大きく脱線したものだ。かつてこのような、花とも会話できる能力を備えた“くまちゃん”だったが、今は、完全に惟悸しきった。
 お寺様のお告げを再現しよう。
 「会社が倒産したお陰であなたは様々なストレスから解放され、その尊い命は助かりました」
 お寺様は天を仰ぎながら、告げた。
 「会社の倒産と引き換えに助けてもらった大切な尊い命を、あなたは今後、どのように使ってゆくのですか?」
 お寺様は真剣なお顔で尋ねられた。
 「地球環境改善と人間の健康に最も必要な『炭』に懸けたい」と訴え、これまで研究してきた『炭』への情熱を明かした。
 「それなら、あなたは九州を離れ、四国へ行きなさい。四国は愛媛県にしなさい。そこには大洲というところがあるので、そこへ行きなさい」
 何と、これまで住み慣れた福岡を離れ、四国の大洲という、それまで聞いたことのない土地に移転せよというのだ。
 さらにお寺様は、厳しいことを告げてきた。
 「あなたの命は会社の倒産以外、他には助かる道はありませんでした。ただし、その命が助かったのには理由があり、今後あなたにしかできない大きな使命があるということです。あなたがその大切な使命を果たすためには、まずあなた自身が心から健康になることです。あなたが本当に長生きして、本気でそのことをやり遂げる気持ちがあるのなら、四国へは1円のお金や物も決して持って行ってはいけません。
 なぜなら、あなたはおいしい物やお酒が大好きですから、お金があるとすぐにそれらを買ってしまい、また体を壊して命をなくすのが目に見えているからです。
 それともう1つ、神様はあなたが健康を取り戻すまではそれらが一切買えないように、当分の間は最低限のお金しか与えられませんからその覚悟で生活してください」と告げたのだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 お告げにより、岩熊氏は福岡から四国に渡り生活を開始します。
 岩熊氏の苦難の人生の始まりです。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p58〜p62から抜粋開始>・・・

 半月に一度里に下り、1000円で卵、納豆、豆腐などを購入する

 “くまちゃん”の家族(子供たち)にとっては、とても厳しい毎日の生活だった。生きていくために最低限必要な米と野菜は自分たちで作らねばならなかった。
 “くまちゃん”は述懐する。「生活費は月2000円しか使えなかったので、月に2回、山を下り、1回の買い物に1000円だけ持ってゆくことにしたのです。
 買い物は、必ず玉子の安売り日に88円の玉子を2パック購入、次に99円の牛乳を1パック買います。そして、納豆3個48を3パック、豆腐1丁29円を2丁、もやし1袋19円を2袋、コンニャク1丁28円を3丁、100グラム20円台の鶏肉の胸身を約1キロ買うのです。
 これで、両手に一杯の買い物ができますが、必ず1000円以内で収めるのがコツです。後は一切の無駄使いをしない。そうすると、残りの15日は最低1000円以上の買い物ができ非常に楽になったのです」
 とはいえ、山に入れば春は山菜、秋にはキノコ、栗、アケビ、木の実などが無数に採れた。親切な里の人たちがやって来ては足りない野菜やみかん、柿、栗などの果物などを差し入れてくれた。嬉しかったのは、猟で捕れたイノシシやアナグマ、ハクビシン等の肉を持ってきてくれた。その時、これら獲物の解体も教わった。1匹丸ごと戴くこともあり、自分で解体できるようになった。
 もはや、サバイバルの達人に変身した。
 ど貧乏だったが、病んだ身体は仙人生活で蘇り、心は大自然の中で解放され、自由なのびのびとした生活を送れた。
 それもこれも、“竹炭で地球環境を救う”という、大きな志があったからだ。
 また、“くまちゃん”の家族を暖かく見守ってくれる村人の気持ちが有り難かった。ど貧乏で打ちひしがれそうになったこともあったが、村人の想いがそれを救ってくれた。

 「本当は奥さんに逃げられたんヤロ!」と詮索された

 ところが思いがけない事件が勃発した。村人の間で、“くまちゃん”に妻がいないことに様々な詮索が始まったのだ。

 「岩熊さん、もう奥さんとは別れたんヤロ! 今まで都会で裕福な生活をして、こげな山奥で不便な生活をするのがわかっていて、付いて来る人なんか誰もおらんがネ」と言われた。
 「いえいえ、3年たったら必ず帰って来ますから」“くまちゃん”は必死に弁解した。
 半年後には、「岩熊さん本当のことを言いなさいヤ、奥さんには逃げられたんヤロ」と疑問が呈された。
 1年が過ぎる頃には、「もう皆わかっとるケン、たいがい観念して白状しなさいヤ」となった。
 「あんたを見ていると不憫やから、正直に白状したら、ちょうど旦那さんが亡くなって、帰ってきた美人の女性がいるんヨ。気にいらんかったら、皆で次の人をすぐに世話するケン」という始末だった。
 くまちゃんは、「イエイ工。これは本当のことですよ!」と何度も何度も断り続けるのだったが、全く誰も信用してくれない。
 ところが、その前出の若い未亡人が本当に御在所山にやってきた。トレーニングウエアに身を包み、目鼻立ちの整ったスレンダーな女性だった。思わずドキドキ。生唾をゴクリ。久しぶりに若い女性の肢体を見た“くまちゃん”なのだ。あろうことか4、5回飲み込んでしまった。
 そんなことがあって3年が過ぎた。ようやく妻久子が無事に帰ってくることになった。部落の寄り合いに妻と一緒に出席。「長い間、主人や子供たちがお世話になり大変ご迷惑をおかけしました」と久子は深々と頭をさげ、お礼を述べた。
 「本当に3年で帰って来られたんやね!」
 村人は、誰一人として“くまちゃん”の言うことを信じていなかったことがわかった。実は、この3年間とは、天の声で【あなたは命を助けて戴いたお礼に、お寺に籠り、3年間の写経の修行をし、ご恩返しを済ませなければなりません。肱川町へは、その後で行くように】と告げられていた約束の期間だったのだ。
 果たして、この天の声とは何者だったのか。
 それを聞いた久子は、「それでは、“炭で地球を救う”と誓った主人の夢を叶えるのが遅くなるので、主人の代わりに私がお寺で3年間の修行をします」と申し出てくれたのだ。
 そのお寺に入って3年間の修行が終わって、久子は肱川町にやってきたのだった。ああ、何ということか。今時、このような夫婦がいるだろうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ホントですよねえ、今時こんな夫婦がいるんでしょうか・・・。
 奥さんが戻り、いよいよこれからとなるのですが、岩熊氏はいろいろと失敗を重ねてしまいます。
 奥さんが戻っても、やっぱり家族4人の生活費は月2000円という極貧生活が続きます。
 光が見え始めたので、肱川町に移住してから8年後のことです。


 ・・・<『炭が地球を救う』、p70〜p75から抜粋開始>・・・

 T.炭工房株式会社『夢大地』を創立できた

 『竹炭』で動物が元気になるなら、人間が元気にならないわけがない!

 食費2000円。靴も長靴も買えない。衣類はポロポロ、こうしたど貧乏生活を続けた。住まいとなった御在所山の奥地で“くまちゃん”は竹を焼き続けた。
 里の村人の間でも、「自分のことを“くまちゃん”と呼ぶ変わった御仁が山の奥の院で『竹炭』を造っている!」との噂を知らない人はいなくなった。
 ある日、牛馬を飼っている酪農家が『竹炭』を買い求めにきた。理由を聞くと、「牛や馬が弱ったら、『竹炭』を食べさせると元気になる」ということだった。
 また、隣町の西予市では数年前から『イノシシの里』作りに着手、ここでも『竹炭』を食べさせており、「牧場では排泄物の臭いが少なく、肉質の霜降りが見事で味も評判がいい」という。
 また、池で観賞用の鯉を飼っている人も、「『竹炭』を食べる鯉は元気で虫がつかない」とのこと。さらには犬や猫などのペットフードにも『竹炭』入りが増えてきた。
 その理由は、「排泄物の臭いが軽減、部屋で飼うペットを元気にするため」ということがわかった。
 動物が元気になるなら、人間が元気にならないわけがない。
 この『竹炭』を食に応用することで、新しい食文化を構築できるのではないか。やがて超高齢化社会がやってくる。高齢者の福祉施設や入院施設の食に『竹炭』を生かすことで、新しい食産業を興せるのではないだろうか。
 “くまちゃん”の『竹炭』への想い入れは、願望から確信に変わった。

 「えひめ産業振興財団」が“くまちゃん”の事業計画を認可、給付金が下りた

 もうそろそろ神様のお許しが出るかもしれないと思っていた。ちょうど8年過ぎた頃、男性が人やってきた。“くまちゃん”と同年輩そう。
 『竹炭』を知りたいとのことだった。
 その男性と昼から話し始め、夜が更けるまで話し合った。
 お茶の代わりに、「山水以外に飲み物を買ったことがないので水で、すみません」と山水を出した。
 別れ際、「肱川に越して来て8年、一度くらいはコーラでも買って飲みたいものですねェ」“くまちゃん”は、遠い空でも見つめるよう呟いた。
 次の日になった。
 また、この男性がやってきた。なんと、コーラを買ってきてくれたのだった。
 「どうぞ飲んでみて」
 遠慮なく栓を切って、1口、2口、3口飲んだ。
 「ああぁうまい!」
 “くまちゃん”は叫んだ。実に9年ぶりにコーラが喉を流れた瞬間だった。
 男性は、「全く驚いた! あなたの仙人生活は本当だったのですね! あなたをこんなところで眠らせておくわけにはいかない」
 次に“くまちゃん”に重大なことを男性は告げた。
 「ぜひ松山に出て活動してほしい。お金がなければ助成金を申請すればいい。明日にでも『えひめ産業振興財団』へ一緒に行こう」と言い出した。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この後、岩熊氏は『えひめ産業振興財団』に助成金の申請をするのですが、これがまた一筋の縄ではいかないのです。
 その後の様子が気になる方は、本を読んでみて下さい。

 いろいろあって岩熊氏は、『竹炭』製品の会社、「夢大地」を創業します。
 その「夢大地」が開発した『竹炭』製品が、「伊勢神宮外宮奉納品」として許可され、人々の注目を集めることとなります。

 * * * * *

 私は早速、炭を試してみることにしました。
 岩熊氏の炭は、出版社のヒカルランドで買えるようです。

https://hikarulandpark.jp/shopbrand/002/X/

 で画面左側の「商品を検索で探す」の欄で、「竹のささやき」と入力してください。

 「竹のささやき」を注文してみました。
 体調が変化するかどうか試してみるつもりです。

 以下は、岩熊氏の会社「夢大地」のサイトです。

https://yumedaichi.jp/about/charcoalmachine/



200万円を5年で50億円にするという話...2021年10月9日

 経済ジャーナリスト浅井隆さんが主宰する「経済トレンドレポート」というレポートを私はとっているのですが、そこに「200万円を5年で50億円にする方法」という記事が載っていました。
 なかなか刺激的なタイトルですが、私はタイトルだけを見て、「ああ、これはオプションを使う方法だ」とピンときました。
 数年に一度の相場の大変動をとらえて、オプションで一攫千金を狙ういつもの方法だろうと思ったのですが、レポートを読んでみると、そうではないことがわかってきました。
 たしかにオプションを使うのですが、数年に一度ではなく、年に数回は発生するであろう大きめの相場の変動を捉えて、その都度30%〜2倍くらいの利益を積み重ねるというものです。それをコツコツと5年続けて、200万円を元手に50億円を稼ごうという話でした。
 私は、相場の大変動を直前で捉えるのは至難の業なので、オプション投資は宝くじのようなものだと思っていました。オプションでコンスタントに利益を上げるのは難しく、投資の手法としては使えないと諦めていたのです。それゆえ、コツコツ稼ぐという発想が無かった分、今回の記事はとても新鮮でした。

 今回は、その手法をお知らせしたいと思います。
 今から4年前の当HPの2017年9月12日の記事『吉田繁治さんのシステム取引』で、複利の凄さを示すエピソードとして、豊富秀吉の逸話を紹介しました。
 その部分を紹介させていただきます。

 ・・・<『吉田繁治さんのシステム取引』から抜粋開始>・・・

 豊臣秀吉が、仕事を与えた曽呂利新左衛門(そろりしんざえもん)に報酬は何がいいか聞いたところ、初日に1粒の米から始まり、翌日にその倍の米がほしいと言ったのです。つまり、翌日には、常に前日にもらった米粒の2倍の米粒をくれと言うわけです(これを1ヶ月(管理人注1)続けてほしいと言ったのです)。
 1日目は1粒、2日目は2粒、3日目は4粒、4日目は8粒・・・といった具合です。
 秀吉が本当にそれでよいか念を押したところ、曽呂利新左衛門はそれでよいといいます。
 実際に計算してみるとわかりますが、3週間目(21日目)には、100万粒を超える量になります。
 茶碗1杯で、およそ3200粒だといわれますから、328杯分です。翌日は200万粒です。米俵1俵(60kg)で266万粒とのことですから、22日以降は1日に米俵1俵の2倍、4倍、8倍となっていきます。
 ここに至り、さすがの秀吉も、勘弁してくれと根を上げたという話です。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注1)引用元は100日ですが、1ヶ月だったようです。


 これは国内の逸話ですが、海外にもあります。
「経済トレンドレポート」から抜粋させていただきます。


 ・・・<『経済トレンドレポート』第801号から抜粋開始>・・・

 実は、海外にも同じような逸話が残されている。インドのシリムという王様は、チェスを発明したという顧問のシザ・ベン・ダヒルにその功績こ対する褒美を与えようと考えた。王様は、チェス盤の64マスすべてに金貨を置きそれを彼に与えようというのだが、シザはこの申し出を断って別の褒美が欲しいと願い出る。「第1のマスに小麦一粒、第二2マスには2粒、そして第3のマスに4粒、第4のマスに8粒、というように64のマス日全てに置いて、それをいただきたく存じます」−−王様はこの“謙虚”な申し出に感心して召使いに小麦の袋を取りに行かせ、望み通りの段取りで小麦を数えるように命じたという。
 その後の王様の焦り様は、まさに秀吉のそれと同じだったことだろう。いや、曽呂利新左衛門は1カ月(30日)間だから200俵で済んでいるが、シザの場合64マスもあるためそのすごさは比べ物にならない。実際に計算してみるとよくわかる。
 初めのうちは1粒、2位、4位、8粒、16位……と、まあ大したことはないように見える。しかし、盤面の半分、32マス目にしてすでに曽呂利新左衛門の約4倍の800俵あまりになり、50マス目にはいよいよ2億俵を超えることになる。最後の64マス目に至っては、922京3372兆368億5477万5808粒、米俵にして3兆俵超えだ。実際には各マスを合わせた「全てのマス日」をもらうわけで、給計は1844京6744兆737億955万1615粒、小麦1億粒を1トンとするとざっと2000億トンとなる。2019年現在の世界の小麦生産量は約7.7億トンというから、260年近くも世界の小麦を独占できる計算だ。こうなると、もはや強欲というより何をどうしたいのかすらよくわからない話だ。
 これらの逸話は、現代において「複利のカ」の偉大さを例えるときに使われる。ある時点を境にして、爆発的な増殖カを示す複利の効用を、アインシュタインは「人類最大の発明」と評した。その最大の肝は、何と言っても「利子が利子を生む」という点に尽きる。もしこれが単利なら、「カネが利子を生む」だけに留まるわけだが、複利の場合、もらった利子にも利子がつき、ネズミ算式に増えていくわけで、仮に増加幅がそれほどなくとも時間が大きな力を与えてくれるのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、いよいよその手口の紹介ですが、オプションなるものがどういうものかがわかっていないと理解が進みません。おそらく、これを読まれている訪問者の方々のほとんどがオプションを知らないと思います。
 そこで、そういう方にも読んでいただけるように工夫を凝らします。
 以下のことだけ知っていただければと思います。

・コールの買い...日経平均が上がると利益が出る。

・プットの買い...日経平均が下がると利益が出る

 「コールとかプットって、何ぞや?」と思われる方も、とりあえずこれだけ理解していれば、わかるように説明したいと思います。


 ・・・<『経済トレンドレポート』第801号から抜粋開始>・・・

 投資で「複利の力」を使うと……

 さて、ここで投資の話に移ろう。もし、投資の世界にも「複利の力」を借りて爆発的な収益を生む方法がある、と言ったら、あなたならどう考えるだろうか? 「そんなの、ありえない」「ちょっとおもしろそう?」−−様々な感想が思い浮かぶに違いない。実は最近、ある面白い実験を行ない、非常に興味深い結果を得ることができた。それによると、「200万円を5年で50億円にする」という夢のようなことすらできるというものだ。まさに「秀吉もビックリ!」の投資法である。
 その方法とは「日経平均オプション」を使った投資で、ある統計的なアプローチに基づいて相対的に勝率が高い作戦を取引ルールに定め、それをコツコツと繰り返すという方法だ。どんなルールなのか。ある意味、非常に重大な種明かしをしてしまうが、実は「日経平均が4連敗したら、コール買い出動する」という、非常にシンプルなものだ。
 実は、日経平均4連敗は統計的に有意と判断できる傾向がある。日経が4日連続で下げた後には5日目で反騰する確率が相対的に高いのだ。詳細は割愛するが、これが2連敗でも5連敗でもなく“4連敗”というところが「ミソ」である。平たい青葉で言えば、「比較的、狙い通りに勝ちやすい」ということなのだ。
 こうした局面に組み合わせるのが、比較的収益力が大きい「コールオプション」だ。日経平均オプション取引には4つの手口がある。「コール」と「プット」それぞれを「買い建て」「売り建て」するというものだ。「コールの買い」とは、買ったのちに日経平均が上昇すると利益が得られるというもので、「日経4連敗後の反騰」を狙うにはうってつけというわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 種明かしは、日経平均が4連敗(4日連続して下げた)後に、コールを買うというものです。
 実際に『経済トレンドレポート』が行った結果を示します。


@ 6月21日に953円安の28010円で引け、4連敗が確定。

 翌日22日に大幅反発の2884円(終値)となり、コールが上昇。
 21日に53円近辺だったコールが、夜間取引で90〜95円に上昇。

A 7月1日に28707円で引け、4連敗が確定。

 翌日2日は28783円(終値)となり、小幅上昇。
 利益機会とはならず。

B 7月9日に178円安の27940円安で引け、4連敗が確定。

 翌12日には629円高の28569円まで反発。
 52円のコールが、深夜に80円を付けた。

 C 7月19日、20日に264円安となり、4連敗、5連敗となった。
 翌21日は50円高と小幅な上昇にとどまったが、取引時間中に値動き幅があったことで、20円のコールが30円を付けた。

 この結果を『経済トレンドレポート』では以下のように総括しています。


 ・・・<『経済トレンドレポート』第801号から抜粋開始>・・・

 どうだろうか。相場状況に恵まれたこともあるが、約2ヵ月で4回のケースが発生し、そのうち3回は収益獲得、1回は利益は取れなかったがトントンか小さい損失で済んでいる。4回のうち3回は収益獲得でき、30%から2倍という利幅を確保したというのだから、この結果は非常に興味深い。
 オプション投資において、「コール」や「プット」の買い建ては数十倍から数百倍という爆発的な利益を得られる可能性があるものの、実はその収益機会は非常に限られている。統計的に見れば2、3年に1回程度、しかも「歴史的」レベルの暴落や暴騰に絡むため、相場を読んで狙い撃ちするのは相当に難易度が高いのだ。
 しかし、上述の「4連敗後のコール買い」は、期待できる利幅こそ大雑把に見積もって平均で30%程度と低め(と言っても他の投資に比べればかなり高い)であるものの、収益機会は比較的頻度が多く、組み甲斐があるものだ。さすがに、今回のように2ヵ月で4回などというのはできすぎだが、平均すれば年に6回程度は「日経4連敗」の発生を期待できるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、この手法で200万円を5年で50億円にするには、どうするかとなります。


 ・・・<『経済トレンドレポート』第802号から抜粋開始>・・・

 シミュレーシヨンでみる複利の実際

 さて、ここで前回からご紹介しているこの投資法のもつポテンシャルを感じていただくために、あえて極端な、あるいは壮大ともいえるシミュレーションをしてみよう。
 もし仮りに、この投資法で1回あたり30%の収益が手堅く取れ、年6回収益機会が到来するとして、5年間この投資を繰り返すとどうなるか、ということだ。軍資金200万円を用意すれば、最初の1回を勝ち取って60万円の利益となる。ソコソコいい利益額とお感じになるかもしれないが、そこで満足していてはいけない。前号の曽呂利新左衛門よろしく「複利の力」を最大限に働かせてみるのだ。
 収益機会は、年6回×5年=30回となる。30%の利益は、言い換えれば元本を1.3倍にするということだ。そして、米粒が倍々になるのと同じように元本と得られた利益を丸ごと再投資し続けると次のようになる。

 元本×1.3×1.3×……………×1.3(1.3を30回かける)=元本×1.3の30乗=元本の約2620倍

 元本が200万円なら、その約2620倍で52.4億円だ。本稿のタイトル通り「200万円が5年で50億円になる」というわけだ(ただし、取引にかかる税金や手数料、オプションの市場規模などは一旦、度外視している)。何とも夢のある話ではないか!
 もちろん、これを額面通りに実行して「50億を手に入れよう!」と言いたいのではない。このシミュレーションでは30連勝が前提になっているが、確率的に見てまったく現実的ではないし、最後の方は10億円単位を一つのポジションに投資することになるが、実際にはそういうポジションを取ることは非常に難しい。
 しかしながら、これをタダの荒唐無稽な数字のお遊びと片付けてしまうのは残念な発想である。あくまでも、この投資法のすご味、威力というものを知っていただくためのレトリックとしてとらえていただきたい。
 数百万円を50億円にするのは非現実的でも、億超えにすることは夢でもなんでもなく、やり方次第では十分に手が届くだろうと私はみている。何年か真剣に相場を見ていれば当然のごとく相場観が養われて来るし、そうなれば相場つきを見極めて少ない収益機会でもより高い利幅を狙えるようにもなるだろう。
 また、獲得した利益をうまくプールするなど資金管理を工夫すれば、より手堅く運用を続けることもできるだろう。そうしてじっくり取り組んでいれば、数年に1回のオプション投資のビッグチャンスにも遭遇し、数百倍の利益を獲得することも可能となってくる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 200万円が50億円ですから、いやはやなんとも景気の良い話です。
 もちろん、相場で全部勝つというのは不可能なので、あくまでも机上の空論ですが、発想自体は面白いと感じました。
 今回の『経済トレンドレポート』はもちろん宣伝用に書かれたもので、浅井さんが主宰する「オプション研究会」に入会しませんか、というお誘いの為の記事です。
 今の時期はキャンペーン期間中で入会金無料とのことですが、その年会費に驚かされます。
 なんと、年会費は101万8510円だそうです。

 こんな値段を払って入会する人がいること自体、私には驚きですが、実際にいるんでしょうね。
 世の中には、お金を持っている人がいるんだなあ、と改めて思います。
 あるいは、「どうせオプションで、ン億単位の金を稼ぐのだから、100万円なんて軽いもんさ・・・」という感じでしょうか。

 私はもちろん入会しません(というか、入会するお金がありません)。
 ただ、オプションで少ない利益をコツコツ積み上げるという発想には感心しました
 このレポートがきっかけになって、私は過去30年間の日経平均の動きを眺めてみました。
 昔は日経平均の30年間のデータ自体が入手困難でしたが、今はネットでタダで入手できます(有難いことです)。
 そのデータをもとにコンピューターでプログラムし、ローソク足(管理人注2)のチャートを表示して眺めていて、あることに気づきました。
 上記@〜Cの例で、日経平均が4連敗の後にコールを買うという手法より、よりスマートな方法があることにです。
 通常、株価の上昇時にはローソク足の変動が少なく、地道に着実に上がっていきますが、逆に下がるときは、一気に下がることが多いです。
 これは株に投資する人間の恐怖心理の影響だと思われます。
 いったん下がり始めると、恐怖心に襲われてパニック的に売ってしまうということが多いからだと思います。
 上記@〜Cの例のうち、4連敗を喫した2回は、4ヶ日目に標準偏差の2σ(シグマ)を値を突き抜けて下がっていたのです。1σに入る確率は68%、2σに入る確率は95%です。
 つまり、2σを突き抜けた場合、95%の確率で反発するということです。
 実際のところ、2σを下ヒゲ(管理人注3)で突き抜けた2つのケースでは、翌日から大幅な反発が起こっています。
 ですから、4連敗後という手法より、2σより下がったらコールを買うという方が理に適っているのではないかと思ったのです。
 ただし、物事はそう単純ではなく、95%ではなく残りの5%の方向に行ってしまうこともあります。
 岸田総理が誕生した9月末に、日経平均は8連続下落(8連敗)となりました。
 当然ながら、2σのラインを突き抜けて下落した後、反発することなく下落を続けました。
 しかし、私はその下落のローソク足を見ていて、ある特徴に気づきました。長い下ヒゲがなく、一本調子に下がっていたのです。
 それゆえ、2σにローソク足の解析を加味すれば、上手く運用できるかもしれないと考えています。

 興味が湧いたので、これから色々調べてみようと思っています。
 これでシステムトレードが作れるかもしれない・・・。

 (管理人注2)ローソク足
 日経平均の1日の始まり値、高値、低値、終わり値の4つの値を元に、ローソクのような図形ができます。この形から、相場の上げ下げの力関係を解析することができます。

 (管理人注3)下ヒゲ
 長い下ヒゲが出た場合、相場が下がったら買ってやろうという強力な層がいることを示します。よって、これ以上、下がる可能性は低いとみることができます。



『私が見た未来 完全版』から...2021年10月4日

 今年の6月ですが、訪問者の方から、たつき諒(りょう)さんという漫画家さんの復刻版が出るので予約注文したという話を教えてもらいました。
 なんでも、たつき諒さんは予知夢を見る人とのことで、その予知夢を漫画として発表して話題になったそうです。
 復刻版が出るくらいですから、(一部のマニアだけかもしれませんが)根強い人気のある人なのだろうと思いました。
 さっそくネットで調べてみて、驚くことになりました。
 復刻版の元となった『私が見た未来』の中古本が、ヤフオクでなんと9万〜20万円で落札されていたのです(発売当時の値段は1000円前後ぐらいだと思います)。
 そして、その予言のほとんど(というか全部)は的中しているというのです。
 預言が成就したものとして、ロックグループのクイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーさんの死亡、ダイアナ妃の死亡、阪神・淡路大震災、東日本大震災、新型コロナウイルスなどがあるといいます。
 まだ実現していない予言は、富士山の噴火と神奈川県の大津波の2つだけだといいます。
 たつき諒さんの予言が成就する時期にはプラス15年というジンクスがあるらしく、最初(1991年8月20日)に富士山噴火の予知夢を見て15年経った2006年には起きなかった。そこでさらに15年プラスした2021年の8月20日、富士山が噴火するかもと話題になったそうです。
 ただし富士山噴火に関しては、たつき諒さんは数回予知夢を見ていて、これに関しては後述します。
 たつき諒さんの『私が見た未来』については、以下のサイトが参考になります。

https://oyakudachi2525.com/2021/04/07/watashigamitamirai/

 さてその復刻版の出版ですが、すんなりとはいかなかったようです。
 たつき諒さんは、「不思議探偵社」というサイトから情報を発信しているとのことでしたが、そのたつき諒さんは実は「なりすまし」であったことが発覚したそうです。
 出版社も当初それに気づかず、そうしたゴタゴタがあって出版が遅れたのです。
 そして改めて10月に出版ということになり、先日無事に我が家に届いた次第です。

 それを読んで、私はまた驚くことになりました。
 そして、その内容は私だけでなく、たくさんの人々にも知ってもらいたいと思い、記事を書いています。

 まず、富士山噴火について触れます。
 たつき諒さんの予知夢は、夢で見た日付と、それが実際に起こる日時と深く関係しているようです。
 例えば、フレディ・マーキュリーさんの死亡ですが、フレディさんが亡くなったのは1991年11月24日です。
 たつき諒さんがフレディさんが亡くなる予知夢を見たのは2回あって、1976年11月24日と1986年11月28日です。
 このように、たつき諒さんが見た予知夢の日付が実際にフレディさんが亡くなった11月と同じなのです。さらに、1回目の予知夢は1976年11月24日ですから、ちょうど15年後の同じ日付にフレディさんは亡くなっています。それゆえ、たつき諒さんが富士山噴火の予知夢を見た日付に、15年を2回足した2021年8月20日が危ないのではないかと話題になったわけです。
 では、15年を3回足した2036年はどうでしょうか。
 この2036年に関しては、実に興味深い記事があるので紹介したいと思います。
 サイキックの吉野奏美さんが富士山噴火を予知しているのが、ぴったり2036年なのです。

https://ameblo.jp/angelique22/entry-12687839213.html

 吉野奏美さんによれば、宇宙の量子コンピューターに未来起こる予想が記されており、それによれば富士山の噴火は現時点では2036年に予定されているといいます。
 ただし、あくまでも予定であり、未来のことなので今後変更されることもありうるとのことです。
 ちなみに『私が見た未来 完全版』によれば、たつき諒さん自身は富士山は噴火するのではなく、「噴火=世界恐慌やパンデミックなどでパニックになる」と解釈されておられるようです。この解釈は、夢診断によるものだそうです。
 これには、夢ワークをしている私としては一言あります。
 夢診断の本は、あまたありますが、その解釈は本の著者自身だけに通用するもので、すべての人に当て嵌まるものではありません。むしろそうした解釈を参考にしてしまうと先入観が入ってしまい、夢の正確な解釈を誤ってしまうと私は考えています。それゆえ私は、そうした夢診断の本は一切読まないようにしています。
 夢を見た本人がどう感じたかが大事であって、他人の解釈はいらないというのが私の立場です。
 たつき諒さんに怒られるかもしれませんが、私はたつき諒さんが見た富士山の大噴火の夢は、そのまま大噴火ではないかと考えています。

 さて、ここから今回の記事のクライマックスに入ります。
 たつき諒さんが『私が見た未来 完全版』を出版した理由がこれです。
 ずばり、2025年7月に日本の南方に位置するフィリピン海で自然の大変動が起きる予知夢です。
 たつき諒さんの夢では、「日本列島の南に位置する太平洋の水が盛り上がる」映像だったといいます。「海底がボコンと破裂(噴火)」し、海面上に巨大な津波が発生します。その津波は四方八方に広がり、太平洋周辺諸国に大津波が押し寄せたといいます。
 巨大地震というわけではなく、海底でマグマが噴出して爆発し、巨大津波を発生させるというイメージのようです。
 その津波の高さは、なんとあの東日本大震災の津波の3倍にも達するというのです。
 以下は、巨大津波を発生させる中心地の位置です。
 『私が見た未来 完全版』(たつき諒著、飛鳥新社)、p84〜p85から抜粋して紹介させていただきます。


   

 たつき諒さんによれば、図の右側の2つの点線で囲った部分には龍のようなシルエットが見えたそうです。頭が矢印で示した部分にあって、大変動の中心を龍が見つめている構図になっています。


 そしてこの大変動による津波こそが、まだ実現していない神奈川県を襲う大津波のことのようです。
 神奈川県というのは、たつき諒さんが住んでいるのが神奈川県ということからきたのでしょう。
 もしこれが起きれば、神奈川県だけでなく、日本の太平洋に面するすべての地域が津波に襲われることになるでしょう。
 太平洋に面している標高の低い東京や名古屋、大阪などの大都会は壊滅するでしょう。
 日本の歴史において最大の災難ということになるでしょうが、この大災難の後の世界は意外にも明るいとたつき諒さんは言います。


 ・・・<『私が見た未来 完全版』、p87〜p91から抜粋開始>・・・

 大津波の後に訪れる新たな世界

 漫画に描いた津波の夢が2011年の予知だったとすれば、そのときは残念ながら間に合いませんでした。間に合わなかったというのは、たくさんの人々の意識にそれが届かなかったということです。
 けれども今回は、私の漫画や言葉を、多くの人が注目してくれています。今度の大災難は、ちゃんと日付も見えているし、その日に向けて人々の意識が変わっていけば、逃げる−−−より正確にいえば対策を立てること−−−ができると思うのです。
 何も知らない、わからない状態でいると、どうしても準備を怠ったり、逃げ遅れたりする人が出てきてしまいます。でも、日付まではっきり知らせることで、みんなが同じゴールに向かっていくことができるのではないでしょうか。
 大切なのは、準備すること。災難の後の生き方を考えて、今から準備・行動しておくことの重要さを改めて認識してほしいのです。
 たとえば今回のコロナ禍では、リモート勤務で地方でも仕事ができるようになって、居住地の選択肢が増えました。また、ビルの地下にある酒場にはあまり人が集まらなくなっているのは、危険の事前回避ということでしょう。ここに予言が加わることで、新しい生活、災害から身を守る生活がやりやすくなっていると思うのです。
 もっと大きなことを書いてしまうと、今回のこの本はそういう役割を持って生まれてきたものという気がしています。
 そうなると気になるのは、2025年7月に起こる大津波の後の世界についてですが、私には、ものすごく輝かしい未来が見えています。
 大地震による災害は、とても悲惨でつらいものです。でも、地球自体がマグマという熱エネルギーを抱えて生きているわけですから、どうしても避けられないものなのでしょう。それを覚悟した上でみんなが協力し合えれば、必ず生きていくことができます。
 しかもそれは、明るくてきれいな未来です。
 悪いことのあとにはいいことが、いいことのあとには悪いことが起こるといいますが、この大災難が起こることによって、世界の状況は大きく変わっていきます。
 無責任なようですが、正直なところ、私にもあまり具体的なイメージは見えていません。ですが、未来が光り輝いていることは間違いありません。地球全体で、すべての人々の状態が明るく輝き、活き活きと暮らしている−−−そういうイメージを感じるのです。
 それは大災難が起こったからといって落ちこんでいるのではなく、これからみんなで頑張ろうという強い意志です。
 太陽が輝いていて、その光の中で誰もが一所懸命に働いたり、家族で仲良く食事を摂っていたり……普通といえば普通の光景ですが、「平和」とは“安心”できること、とブータンの人たちがいっているように、「安心」こそが幸せだと思える社会なのだと思います。
 日本には結「ゆい」という言葉があります。「結」とは、労働力を提供し助け合う仲間たち。農作業などのとき、隣近所みんなで協働で助け合うのは当たり前のことでした。
 準備ができていれば被害は少なくてすむとはいえ、それなりの被害は避けられません。
 でも、そのとき仮に地球の人口が激減したとしても、残った人たちの心は決して暗くならないでしょう。
 心の時代の到来、つまり心と魂の進化が起こるからです。
 以前、霊感があると自称するアシスタントさんが、〆切の最中にこんな言葉を口にしていました。
 「やがて心の時代がやってくる」−−−と。
 それがいつになるのかはわからないけれど、将来は心の時代になるのだといわれても、当時の私は「ふーん……」と聞き流していたのですが、あれはこういうことだったのかと今では思っています。
 2025年7月の大災難が去ったあとには、心の時代がくると信じたいです。みんなが助け合い、協力し合って、あらゆるものごとがプラスの方向に進んでいく世界。本当の奇跡とは、心が変わることです。
 大切なのは、自分自身が生きのぴることです。
 この原稿の「荒れてヒビの入った大地」(60ページ)で書きましたが、もしかしたらこの単行本が発売されたことで、表紙に書いた「あと5年たったら迎えに来る」というメッセージの意味になるのかもしれません(管理人注)。
 心の時代がくれば、私が夢で未来を見て警鐘を鳴らす必要もなくなります。私は今、これでやっと終わるという感じがしています。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注)
 たつき諒さんは1995年1月2日、2か所、大きなヒビ(亀裂)が入った赤い大地が出てきた夢を見ます。
 そこに天上の人(女性)がいて、たつき諒さんは「連れてって」と言います。そうしたら、「まだ、今はだめよ。5年後ね、5年たったら迎えに来るわ」と言われます。
 たつき諒さんは、この意味を2025年7月の大災難の予知を行うことで、たつき諒さんの役割が終わると解釈されているようです。

 さて、訪問者の皆さんは、このたつき諒さんの2025年7月の予知夢をどのように見られたでしょうか。
 私は、私自身が夢ワークをやっていることから、リアルな可能性を感じています。そういえば私は、去年の暮れ、津波の心配が全くない標高900mの長野のド田舎に引っ越しました。去年の暮れの時点では、たつき諒さんのことも、この予知夢のことも全く知らなかったのです。
 いつの間にか、安全と思われる場所に引っ越していたことに気づきました。

 当HPを訪問される方々は違うでしょうが、この話を聞いた多くの日本人は、「たかが夢じゃないか」と一笑に付すだろうと思います。
 おそらく政府やマスコミの扇動に煽られて新型コロナワクチンを打つような人々が、一笑に付す典型的な人々だろうと思います。
 2025年7月まで、あと4年あります。
 4年あれば、様々な準備ができるはずです。
 田舎に引っ越すというのは、無理という方は多いと思います。そうであるなら、田舎に別荘を構えるとか、それでも難しいなら、2025年7月だけ田舎にロングステイする方法だってありそうです。
 たつき諒さんのこの予知夢が心の片隅に残った方は、何かしらの準備を考えられてもいいかもしれません。
 もし準備したのに何も起こらなくても、「何も起こらなくて良かったね」と言えば済むことだと思うのです。



『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』から...2021年9月26日

 当HPを訪問される方々は、「引き寄せの法則」をご存じの方が多い思います。
 スピリチュアルに興味のある方はもちろん、そうでない方も、一度くらいは聞いたことはあると思います。
 しかしながら、「引き寄せの法則」が見事に成就して、大金を手に入れたとか、素敵な家が手に入ったとか、恋人ができたという話を私はこれまで聞いたことがありません。
 これはたまたま私が聞いたことがないだけで、世の中には「引き寄せの法則」を見事に成就させたという人はおられるのだろうとは思います。ただ、その数は本当に少ないのでないでしょうか。
 というのも、神秘家ゲリー・ボーネルさんがセミナーのとき、「貴方がたが引き寄せの法則が上手くいかない理由は・・・」という言い回しをしていたからです。
 ゲリーさんの言い回しのように、おそらく「引き寄せの法則」にトライしたけど、結果がでなかったとう経験をされている方が圧倒的多数だと思います。
 一応、ゲリーさんの説明をしておくと、結果がでない理由は葛藤があるからだそうです。
 例えば、「引き寄せの法則」を使って、億万長者になりたいと思ったとします。
 しかし、億万長者を夢見ながら、心のどこかに「お金は汚いもの」という観念を持っていたとします。特にスピリチュアルに関心のある方に多いのですが、“清貧”を美徳として、お金にガツガツするのはみっともないという観念を持っていることがあります。億万長者と清貧という相反する観念ゆえに矛盾が生じて、そこに葛藤が生れます。そうなると、願いが実現しないといいます。

 あるいは、「私はお金に対する葛藤はないのに、引き寄せの法則が上手くいかなかった」と言われる方もおられるかもしれません。
 葛藤という明白な障害がない場合でも、引き寄せをブロックするものがあるようなのです。
 『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』を読んでいたら、お金に対するその人の観念の持ち方が決定的に重要ということがわかってきました。
 私たちは、お金に対してある特別な思いを持っています。
 典型的な例は、お金がないと生活できないといった観念です。
 それゆえ私たちは通常、1万円札を見たとき、数字と模様が印刷してあるただの紙切れという捉え方をしません。私のような貧乏人であれば、数枚の1万円札を手にしたとき、ああ、これで当面の生活はできるといった安心感や、ほしかった物が買えるといった期待感を抱いたりします。紙幣という紙切れに、特殊な感情が湧いてくるのです。

 『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』では、実はそうした捉え方に問題があるというのです。
 なかなか面白い話なので、今回はそれを紹介させていただこうと思います。
 この本は、サイキックな能力があるネブラさん(アメリカ、ワシントン州在住)という方が、霊的存在から色々教えてもらうといった内容です。
 霊的存在は複数いるのですが、今回引用させていただくのは、シリウスくんという名の存在です。

 まず、お金の話に行く前に、どん底に落ちた人がなぜ這い上がれるかという話を紹介します。
 そこに、重要なポイントがあるようです。

 では、『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』(the Planet form Nebula 著、ダイヤモンド社)から引用させていただきます。


 ・・・<『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』、p154〜p159から抜粋開始>・・・

 どん底に落ちた人ほどうまくいく理由

 「浮上する」以外のチョイスがなくなる

 先日、新型コロナウイルスの影響で職を失ってしまった友人から電話をもらった。
 失業手当をもらっているけど、これから先が心配だと嘆いていた。
 家のローンも車のローンもまだ残っているし、子どもの学費や保険の支払いもあって生活ができない。彼女は朝から晩までバイトをいくつもかけ持ちしていて、家に戻れば家事に追われて休む暇がないらしい。
 「お金も時間も足りなくて……」
 彼女はやり場のない不満をもらしていた。
 そのとき、別の友人が言っていたことをふと思い出した。
 ファイナンシャル・カウンセラーの彼は、何十年もずっとお金や経済についてのカウンセリングをしている。
 その彼が、いつも不思議に思うことがある、と言ってシェアしてくれた話があった。
 とことんどん底に落ちた人には、不思議なことに、なぜか必ず浮上するチャンスがやってくる。お金が底をついて、家も何もかも失っても、それを一気に挽回するような機会が舞い込んできて、今まで以上に豊かな暮らしができるようになる人が多いらしい。

 「ねぇ、シリウスくん。何もかもがどん底になる体験をしてから一気に浮上する人が多いのはなぜなんだろう?」
 最近、シリウスくんと簡単につながれるようになってきていたので、呼びかけるといつの間にかシリウスくんが現れる。

シリウスくん ブロックがなくなるからさ。守るもの、失ったら怖いと思うものが全部なくなるからね。浮上する以外のチョイスがなくなるのさ。
 でも、君たちはどん底を体験しなくたって、いつだって失うものなんてないんだけどな。君たちは、今あるものを失いたくないって守りに入るけど、実はそれこそが、大事なものを失う大きな原因になっているんだよ。

ネブラ 恐れや不安があるからだね。

シリウスくん そう、「引き寄せの法則」ってあるだろう?
 宇宙はすべて「足し算の世界」で「引き算」はできない。「嫌いなものをなくす」ことはできない世界なんだ。
 「あれが嫌い」と言ったら、“嫌いなんですね、ではもっと嫌いなものをどうぞ”という具合に、宇宙は君が思っているのと同じものを返す。
 引き寄せの法則は、君の思いに100%マッチしたものを運んできてくれているのさ。

 「豊かな感覚」が「豊かさ」を引き寄せる

ネブラ じゃあ、たとえばさ、どうやったらお金が入ってくるようになるの?
 お金がないのに、お金があるようなフリをするのは無理があるよ。

シリウスくん お金持ちになった気分でお金をじゃんじゃん使いなさい、と言っているわけではないんだ。
 お金があって豊かな暮らしをしている、その豊かさの感覚を持っていることが大切なのさ。貧乏でその日暮らしの感覚を持っているままだったら、宇宙はその感覚を返してくるからね。だから、発信元の君が変わる必要があるんだ。たとえば、高級品を扱うサイトで、「買い物かご」にいっぱい気にいった物を入れて、買った気分になるのもいい。
 ほかには、1万円札をポケットに入れて、それを使うイメージでウィンドーショッピングに出かけるのもいいよね。つまり、気分だけでもリッチになって、豊かさを味わうのさ。

 君たちの脳はイメージすることと現実で起こることの区別がつかない。
 だから、鮮明に豊かさを感じれば感じるほど、引き寄せる勢いが強くなってくる。
 宇宙は君たちの心の動きを読んで、同じ思いになることを返してくれている。どんなに言葉巧みにお願いをしても、気持ちが貧乏のままだったらダメなのさ。

ネブラ ずいぶんシンプルなんだな。

シリウスくん そうだよ。気持ちのブロックがないほど、実現するのは簡単でスムーズなんだ。ブロックが大きいから実現が難しくなってしまうだけの話さ。
 君たちの世界でとくに気持ちのブロックが大きくなりがちなのは、お金や健康や恋愛だ。コントロールしたいと思う気持ちが強いからね。
 逆になんとも思っていないことを引き寄せるのは、わりと簡単にできる。ブロックがないからなんだ。
 さてここでクイズ。ほしいものをほしいと強く願うのと、身がまえない自分でいるのと、どちらが物質化させるエネルギーが強いと思う?

ネブラ 気分的には強く願うほうがエネルギーが強い感じがするけど……。

シリウスくん ブーッ! ちがいます。
 オープンになっているほうがエネルギーが圧倒的に強いんだよ。
 執着すると物質化するエネルギーにブレーキをかけてしまう。
 物質化する勢いを大幅にけずってしまうことになるんだよ。
 だから、ほしいと強く願えば願うほど、実現から遠のいてしまうのさ。
 君たちがほしいと願った瞬間に、エネルギーの世界に望んだものが創られる。ブロックさえなければすぐに引き寄せることができるんだ。
 でも、「これがないとダメだ!」「こうじゃなきゃいけない!」というコントロールしたい気持ちが強いと、とたんに物質化が遅くなる。
 それは、君たちがブレーキをかけて物質化を遅らせてしまうからなんだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なるほど、原因はブロックですか・・・。
 私たちは、単純にお金がほしいというだけでなく、コントロールという「これがないとダメだ!」「こうじゃなきゃいけない!」と気持ちが出て、失敗しているということのようです。
 私は、人をコントロールしようとする人をネガティブ、コントロールしない人をポジティブと定義づけているのですが、人に対してだけでなく、さらにそれを物事にも延長する必要があるということかもしれません。
 では、ブロックが無くなるとお金が降ってきたという話題です。


 ・・・<『宇宙人が教えるポジティブな地球の過ごし方』、p160〜p167から抜粋開始>・・・

 お金はエネルギー

 突然手に入った300ドルの小切手

 ワシントン州の秋は本当に美しい。1年を通して一番好きな季節だ。秋が深まる頃、木々の葉っぱが鮮やかな黄色と赤色に変わるので、まるで何かをお祝いしているみたいだ。
 そんな紅葉が深まる頃に、友人と森へハイキングに出かけることになった。この日は少し風があったけど、一点のくもりもない青空の日だった。
 こちらでは、秋晴れのことを「インディアン・サマー」と呼ぶ。
 紅葉のまっただなかの森の中を歩くのは、なんとも幻想的だ。
 葉っぱが黄金に光って風で舞い上がっている。すると友人が、「まるで黄金の紙吹雪が舞ってるみたいだね」と言う。
 「もしもこの葉っぱが本物の黄金の紙切れだったら、君はどうする?」
 「全部かき集めるに決まってるじゃないか」と友人が即答した。
 私たちは黄金色に染まる葉っぱの上に腰を下ろし、まるで本物のゴールドを手にしているように、何枚かの葉っぱをそっと手にとった。
 「本当にきれいに光ってる。何かご利益がありそうだよ」
 私は数枚の黄金に光る葉っぱを、家に持ち帰ることにした。
 家に戻ってから、持ち帰った数枚の黄金の葉っぱを、何か深い意図があったわけでもなく、財布の上に乗せておいた。
 すると数日後、不思議なシンクロが起こった。郵便で小切手が送られてきたのだ。
 「うわ! 300ドルの小切手だ。昔使っていた車の保険会社からだ」
 おそらく、新しい保険会社に変えたときに払い戻しがあったんだけど、それが手違いで払い戻しされていなかったらしい。
 でも、払い戻しを受け取った記憶があったので、実際のところ「なぜお金がやってきたんだろう」という感じだ。

 「お金は特別」という意識をリセット

 「やぁ!?僕を呼んだかい?」
 シリウスくんだ!

シリウスくん 君のところに300ドルの小切手がやってきたのは偶然じゃないよ。君と友人が話してたとき、一瞬、葉っぱが本物のゴールドに見えただろう?
 つまり、本物の黄金の紙が舞っていると、一瞬だけでも信じることができたんだ。
 お金はエネルギーなんだ。豊かさもエネルギーで、君たちの思考も思いも机も何もかもが同じエネルギーでできているのさ。
 だから、お金が特別で葉っぱが特別じゃないっていうのは、君たちの思考(エネルギー)がそうさせちゃっているだけなんだ。
 それとね、エネルギーは流れやすいところに流れていく性質がある。
 水の性質みたいにね。だから、ブロックのある、急な坂道を逆流してくるなんてことはなかなか難しいんだよ。

ネブラ じゃあ、お金がやってきやすくするにはどうすりゃいいんだい?

シリウスくん まず、君たちにとってお金は特別な思いがあるから、その思いをリセットする必要がある。
 よく考えてみて。お金はただの紙切れだ。コインはただの金属の塊。これだけ見ていたって何の特別感もないはずだよ。
 でも、君たちはこれらを特別視しているから、気持ちのブロックを大きくしちゃっているのさ。
 さっきも言ったけど、お金はエネルギーだ。エネルギーは流れやすいところに流れる性質があるのさ。たとえば、君は一瞬でも黄金色の葉っぱを価値ある紙幣のように思っただろう?
 そこにはなんのブロックもない、ただ純粋にお金のエネルギーを葉っぱにすり替えて受け取っていたんだ。

 「仮想の10万円」を財布に入れる

ネブラ 葉っぱが引き寄せられてくるのではなく、お金が引き寄せられてきたのは、あの一瞬の思いがあったからなんだね。

シリウスくん その通りだ。お金はもともと感謝の意を表すひとつのツールだったんだ。感謝の物質化がお金だったのさ。
 そして、さっきの君は美しい黄金色の葉っぱを美しいお金に見立てていた瞬間、感謝の気持ちでいたのさ。
 でも、最近の君たちはお金をサバイバルのツールにしちゃってる。
 お金がないと生きていけないって考えている。
 これでは、エネルギーの流れを悪くしちゃうだけなんだよ。
 さっきも言ったけど、エネルギーは水の性質みたいにブロックがあるところを避けて通るからね。

ネブラ お金に対する思いを感謝に戻してあげるんだね。でも、それだけでは足りない気がするなぁ。

シリウスくん 君たちは物事を難しくする傾向があるから、手応えがあるほうがいいんだね。よし、わかった。次のワークをするといいよ。
 自分宛に「10万円」と書いた小切手のようなメモをつくって、これをいつも財布に入れておく。そして、ネットショッピングでもいいし、ウインドーショッピングでもかまわないから、イメージで10円を使うんだ。
 次の日は10万円増やして20万円、また次の日はさらに10万円増やして30万円。これを毎日続けると、1年後には3650万円使える小切手のイメージになる。
 日に日に買える規模が増えるし、お金に対する思いが軽やかになってくるはずだ。別に1年間毎日続ける必要はないけど、お金に対する思いを軽やかにしてエネルギーの流れをよくしてあげるんだ。

 金額がただの数字に見えるようになったら、豪華旅行がやってきた!

 さっそくシリウスくんに教えてもらったワークをやってみることにした。
 イメージだけでも、高級品サイトのネットショッピングは緊張するな。
 でもしばらく続けていると、金額がただの数字に見えてくるようになった。慣れってすごい。
 以前のように気持ちがこわばることはなくなってきていた。
 すると、ある日の夕方、警察官をしている友人から久しぶりに連絡が入った。
 なんと、宝くじで大金が当たったから、旅行へ行かないかという誘いの電話だった。
 彼のおごりで、ラスベガス旅行をプレゼントしてもらったのだ。
 飛行機代、ペントハウス、レンタカーや食事代、華やかなショー……友人8名で3日間のラスベガスの旅、一体いくらかかったのかわからない。
 おまけに現地でやったスロットマシーンで小金も手に入れて、もうびっくりしっぱなしの体験になった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 シリウスくんは、「お金に対する思いを軽やかにしてエネルギーの流れをよくしてあげるんだ」といいます。
 たしかに10万円を手にしたときに湧く感情は、私のような一般庶民と億万長者では、まるで違うものなんだろうなと思います。
 お金に対する思いが強ければ強いほど、それがブロックになり、お金というエネルギーの流れを阻害してしまう。
 私は、これまでの人生でお金に縁が無かった原因の一つがわかったような気がしてきました。



結局のところ、人は自分の道は自分で決めるということ...2021年9月19日

 当HPの以前の記事で、会社の職域接種で同調圧力が凄くて悩んでいる知人のことを紹介したことがありました。
 その知人からワクチンの2回目接種を終えたというメールが来ました。
 覚悟はしていたのですが、やはり、なんとも言えない無力感に襲われました。私はサアラさんのように、「人間の選別が始まっている」といった、割り切ったドライな気持ちになれない性分だということが改めてわかりました。それは波動が低いからだと言われれば、その通りでしょうと受け入れます。

 私は今回の新型コロナワクチンに関して決めていたことがあります。
 ワクチンに関して相談を受けたら答えるけれども、聞かれてもいないのに、自分から「ワクチン打たない方がいいよ」と、わざわざ人に言うことはしないことです。
 理由は、そんなことをすればかえって反発をくらうだけで、逆効果になりかねないと思ったのです。
 それに、結局のところ人は自分がやりたいようにするのだから、余計なおせっかいはしない方がいいだろうと思ったのです。
 逆に相談を受けたら、自分にできるだけのことはしようと思っていました。
 ただしこれは私のやり方で、人それぞれにやり方があるのですから、私のやり方が正しいと言っているわけではありません。

 知人から最初に相談されたとき、私はこれまで集めたワクチンに関する様々な情報を送り、「ワクチンは打たない方がいいよ」、とアドバイスしました。
 それで知人は、一度は思い止まってくれました。
 しかし、会社の中での同調圧力が凄いらしく、「もう耐えられない」と再びメールが来ました。
 そこで私は、メールで以下のポイントを伝えました。

@ 会社と自分の命のどちらが大切かを考えてみること。

A ワクチンを打ったら最後、二度と元の身体に戻れないということ。

B ワクチンを打った直後、たくさんの人が亡くなっているので、打つ前に家族に迷惑をかけないように遺書を書いておくこと。

C 打つ前に医者に、下記の書類にサインをしてもらうこと。
 この書類は、ワクチンを打って副反応が出た場合に、打った医者に保障してもらうというものです。





 知人は、私のメールを見ていったんは思い止まったのですが、それでも打つことにしました。
 同調圧力に耐えられず、精神的なストレスで胃潰瘍になったそうです。精神的な重圧で睡眠不足になってしまい、冷静に考えられなくなってしまったといいます。そして、とうとう耐えられず打ってしまったそうです。

 ワクチン1回目で目に障害が出たそうです。
 それで眼科に行ったけど、異常なしと言われたそうです。
 おそらく原因は脳だと言われたそうです。

 ワクチン2回目は、打った直後に気を失ったそうです。
 その時になって初めて、命より職場とるなんてどうかしていたと、やっと目が覚めたといいます。
 昨日は、40度近い熱が出たそうです。

 Cの書類に医者はサインをしてくれなかったそうです。
 サインせずに、さっさと注射されてしまったといいます。
 私がCの書類を提案したのは、この書類にサインしなければ打たないという明確な意志を示してほしかったからです。医者は新型コロナワクチンのことを良く知っているはずです。知っていれば、サインなどできるはずがないからです。
 なぜ、「サインして頂けなければ、打ちません!」と言えなかったのだろうと、残念でなりません。
 ただし知人は、散々悩んで決めたことなので、打ったこと自体は後悔していないと言われていました。

 以上が、ことの顛末です。
 結局のところ、人は自分の道は自分で決めるということでしょう。

 以下は、ワクチンを打った人がブルートゥースで識別できるという記事です(大摩邇(おおまに)さんのサイトに載っていました)。

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/fdfff047c34d69afe76cdbb8e5d459c4

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/97a6e566a70e2305d695f4e2f367211c



雑談を3つほど...2021年9月18日

日本の人口は3分の1に?

 知人から聞いたのですが、これから日本の人口は3分の1に減ると言っている人たちがいるそうです。
 知人はその話を聞いて、ショックを受けたそうです。
 原因はもちろん、新型コロナワクチンがその本領を発揮して、数年以内に大量の接種者が亡くなるという話です。たしかに人口が3分の1というのはたいへんショッキングな話で、その根拠は何かと思って私なりに調べてみました。実は、私自身も日本の人口はこれから激減すると思っていたのですが、私の試算は、3分の2程度に減る可能性があるというものでした。
 具体的には、今の日本の人口1億2500万人が、最終的に9000万人程度に減る可能性があると思っていました。人口が3分の1になるというのは、4000万人程度まで減るということになります。そこまで急激に人口が減ってしまった場合、産業やインフラが維持できなくなり、国として存続の危機となりかねません。
 まず注目したのは、8月13日のNHKのニュースで、菅総理が10月初旬までに国民の8割に新型コロナワクチンを2回接種できる体制を構築していると述べたことです。
 国民の8割に2回打たせるということが、DS(ディープステート)から菅総理に課されたノルマなのでしょうか。たしかにワクチンを打った国民の大半が数年以内に亡くなったとすると、人口が3分の1に減るというのは、ありえる話です。
 「木村正治のデイリーコラム」さんの9月10日付けの記事に以下の記述があります。

 「日月神示では日本人は3分の1にまで減る」

 『日月神示』は以前、私の記事でも取り上げたことがあります。
 『日月神示』がいう「大峠」の時期を探ったものです。その記事の一部を紹介させていただきます。

 ・・・<「本山よろず屋本舗」、2015年5月17日の記事から抜粋開始>・・・

A「日月神示が示す大峠の時期について」

 日月神示では、大峠の時期を「子の歳真中にして前後十年が正念場」と述べています。
 中矢伸一氏はこの子の歳を2008年としました。しかし私は次の12年後の2020年ではないかと考えています。2020年だとすると、大峠の時期は2015年〜2025年ということになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 私はこの記事を書いた当時、『日月神示』が言う「大峠」とは、天変地異のことだと考えていました。
 しかし、今になっては、これは新型コロナワクチンによる日本人への攻撃を言っていたと考えればしっくりきます。新型コロナが世界で騒がれ始めたのが2019年末であり、ワクチンが人々に本格的に打たれ始めたのは2020年です。『日月神示』の「大峠」の時期とぴったりです。
 さて、その『日月神示』で日本の人口が3分の1になると木村正治氏は言っているわけですが、一概にそうとも言い切れないようです。
 『「魂の叡智」 日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』(中矢伸一著、徳間書店)から抜粋してみます。


 ・・・<『「魂の叡智」 日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』、p358から抜粋開始>・・・

 どのくらいの数が救われるか

 では、実際にどれくらいの数の人間が救われることになるのだろうか。
 日月神示には、「何もかも三分の一になる」といった言葉で示されているが、これから大変動を乗り越えて残される人間の数が「三分の一」であることを表していると、そのまま捉えるのは少々楽観的すぎるようだ。
 『松の巻』第二帖には、次のように示されている。

 「神の国を、足の踏むところないまでに汚してしもうているが、それで神力は出ぬぞ。臣民なくなるぞ。残る臣民三分難しいぞ。三分と思えども、二分であるぞ」

 ここでは、「三分」という言葉を三%の意味で使っていると見るべきだろう。つまり、「残る臣民のかずは、三%と思えども二%であるぞ」という意味である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『日月神示』の解釈においては第一人者といわれる中矢氏がそう言っているわけですが、日本の人口が3%になってしまったら、もはや国としては存続できないでしょう。
 日本国消滅です。
 私は、「三分」を3%と見做すのはやり過ぎで、アバウトな3割と見做すべきではないかと思います。
 さらに、中矢氏によれば『日月神示』に「三分」という言葉は盛んに出てくるそうですから、大まかな表現と考えることもできるのではないかと思います。

 以前、あるビジネスマンに教えてもらったのですが、「嘘の三八(さんぱち)」という言葉があるそうです。
 例えば、あるプロジェクトのプレゼンを行っている人に、「そのプロジェクトの成功率はどれくらいか?」と質問が飛んだとき、もし具体的に考えていなければ、とっさに「80%ぐらいです」と答えることがあるといいます。「8」という数字は言い易い数字で、80%という数字が返ってきたら、おそらく成功率は50〜60%ぐらいと考えるべきだと言っていました。
 また、「3」も同じで、「そのプロジェクトが失敗する確率はどれくらいか?」という質問に、「30%」という数字が返ってきたら、40〜50%の確率で失敗すると見做すべきだと言っていました。
 私はこの話に妙に感心してしまいました。3とか8とういう数字は何も考えていないときに、とっさに出てくる数字だということがわかります。
 もちろん『日月神示』を下ろした霊的存在が、いい加減な数字を言う存在と言っているわけではなく、「三分」というのは正確な数字を言っているのではなく、アバウトな表現だという解釈もあるだろうと思うのです。

 これは私の希望的観測と言われるかもしれませんが、動物実験で全滅だったからといって、新型コロナワクチンを打った人が全員亡くなるということはないだろうと思っています。
 動物実験に使われる動物は檻の中という極めてストレスフルな環境にいて、しかも薬その他の治療も受けられません。太陽の光を浴び、適度な運動と添加物の少ない健康的な食事をしていれば、そのうち科学の進歩により新たな治療法が見つかるかもしれません。それまで松葉茶とかで症状を抑えることができれば、助かる命はあるだろうと思うのです。

 以下は、新型コロナワクチンを打った後に、色々やばい話を知ってしまい、大いに怒りと不安を感じているであろう人の様子です。
 ワクチンを勧めた人に、詰め寄っています。

https://video.fc2.com/content/20210910z6gYu7PM

 「騙されてワクチンを接種してしまった・・・」という割り切れない思いが伝わってきます。

 以下は、『報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の副反応、死亡のツイートが多すぎて戦慄!vol.87』に載っていた画像です。
 拝借させていただきました(すみません)。





 こうした状況になっても新型コロナワクチンを打つという人がいるのですから、信じがたいことです。


中国バブル崩壊の予兆!?

 中国の不動産開発大手の恒大集団が9月20日期限の利払いができない見込みで、倒産の危機にあるというニュースが流れました。
 日本円で33兆円もの巨額の負債を抱えているとのことで、倒産となったら影響は大きいと思われます。
 私が気になったのは、中国政府が、民間企業のことなので支援をしないと言っていることです。もしそれが本当なら、中国の不動産バブルがついに崩壊を始める可能性もあるかもしれません。ただし、本当にバブル崩壊となるか、持ち堪えるかは、いまのところ不明です。

 前回の記事『中国発の金融危機について』で、若林栄四氏の、中国共産党のレジティマシー(正当性)の為にも、土地バブルの崩壊を避けることは中国共産党にとって至上命題だという話を紹介しました。
 これに関し、マドモアゼル・愛さん(女性のような名ですが、おじさんです)という方が動画を挙げています。

https://www.youtube.com/watch?v=G6nWWQbVvgY

 私が注目したのは、マドモアゼル・愛さんは中国共産党は、意図的に土地バブルの崩壊を狙っていると言っていることです。
 たしかにバブルを未来永劫続けることはできないのですから、いつか崩壊させなければなりません。
 それが今ということでしょうか。
 マドモアゼル・愛さんによると、土地バブルの崩壊によって、中国共産党は土地資産を持っている資産家の富を根こそぎ取り上げ、それで中国共産党の延命を計るつもりだといいます。
 はたして、そう上手くいくのでしょうか。
 土地バブルの崩壊で、巨額の損失を抱えた数千万の資産家の怒りが中国共産党に向くというのは当然ありえます。それが中国共産党の崩壊に繋がるシナリオは、私はリアルに感じます。
 そうなった場合、心配されるのが、せっぱ詰まった中国共産党が他国に戦争を仕掛けることです。
 経済政策の失敗により国内に溜まった不満をそらす為、他国に戦争を仕掛けるという例は人類の歴史にたくさんあったといいます。数千万の資産家の怒りが中国共産党に向き、政権転覆の危機を迎えたとき、台湾や尖閣諸島に中国軍が攻め込むという事態が起こるかもしれません。

(追記)
 この記事を書いた後、「沖縄おばば」さんの動画を観ていたら、恒大集団の倒産危機に続いて「カントリーガーデン」という会社が倒産の危機にあり、その負債額は恒大集団以上だと言っていました。さらに、中国共産党は、マカオ、香港のカジノ産業に手を入れるとも言っていました。これが事実なら、中国共産党は本気でバブル潰しを始めたのかもしれないと思えてきます。


食糧危機の予感

 当HPでは、以前にも食糧危機が来るといった記事を書きました。
 しかし、そうした記事を書いてもピンと来る方は少ないかもしれません。
 なぜなら、スーパーには相変わらず食料品が豊富にあり、豆腐のような一部の大豆製品に多少の値上がりが見られるものの、大きな変化は感じられないからです。
 ちなみに、直近の各国のCPI(消費者物価指数)を見てみます。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1181から抜粋開始>・・・

いつも世界を見渡す英エコノミスト誌での、世界のインフレは以下です。世界1高齢化した人口構造から、世帯の需要が弱い日本以外では、インフレへの初期傾向が見えます(2021年夏)。

マネーサプライは増えても世帯の預金と、企業では休業の経費払いの借り入れになり、外出禁止が需要を減らしているので、消費者物価上昇は穏やかです。日本だけがマイナスです。ユーロは、日本より酷いマイナス物価でしたが、21年春のアジアのサププライチェーン・ショックから3.0%に上がっています。

米国    5.4%(7月)
中国     0.8%
日本    -0.3%
英国     2.0%
カナダ    3.7%
ユーロ    3.0%
豪州     3.8%
香港     3.8%
インド    5.3%
パキスタン 18.4%
インドネシア 1.6%
マレーシア  2.2%
https://www.economist.com/economic-and-financial-indicators/2018/03/20/economic-and-financial-indicators

日本では輸入物価が前年比で27%上がり、コンテナ料金は、昨年比で6.6倍に上がっていますが、企業物価(卸売価格)は5.6%上昇したものの、小売物価は需要の弱さから-0.3%です(21年7月全国:総合CPI)。

輸入物価の上昇は、ごく一部しか転嫁されていません。
CPIの上昇には約3か月から6か月のタイムラグがあるでしょう。

物価上昇で先行しているのが、米国です。ユーロの3.0%は、マイナス物価(-0.3%)だった2020年に対しては、3.3ポイント上がっています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の表が示すように、日本以外(特にアメリカ)は、大きな物価上昇(インフレ)が起きているのですが、日本だけがマイナス(−0.3%)です。物価が下がっているのですから、インフレの実感が無いのも当然です。
 しかしこれは、日本特有の需要の弱さがあります。
 その原因は、この20年間の日本人の実質平均給与が、減り続けていることです。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1181から抜粋開始>・・・

■9.20年のディスインフレで「冷えカエル」になった日本

以上が、普通の世帯需要なら物価が上がる20年間の円安の中でも、ディスインフレだった日本の物価が、5%台に上がったときの日銀、政府、銀行の同時破産になるのです。

このイマジネーションがないのは、20年のディスインフレとゼロ金利により、意識が「冷えカエル」になっているからです。20年は、国民の意識を固定するのに十分な長さです。日銀は、これを「物価が上がらないとの記憶効果」としています。実際は、そうでない。働く人の平均給与が1994年から3%減って(433万円:2018年)、需要が減ったため、物価が上がらないのです。米国・欧州では約2倍に上がっています。
(厚労省:1989年から2018年の平均給与)
https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-08-02.html

所得が減ってきた日本で物価が上がり、金利が上がって、国債価格と円が暴落することは、毛ほども想像ができない。経済学は、過去は解釈しますが、未来は予想をしません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 30年間も土地の値段が上がり続ければ、土地は永久に下がらないという土地神話が生まれます。
 同じように、20年間も物価が下がり続けたのですから、これからも物価は上がることはないという感覚になってしまうのは仕方ないのかもしれません。
 しかし、今後は日本でも直実にインフレが進行していくでしょう(私は間違いないと確信しています)。
 特に気になるのは、コンテナ料金が昨年比で6.6倍にもなっていることです。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1179から抜粋開始>・・・

【サプライチェーンの分断】
2011年の東日本大震災(工場の震災)のときとおなじ、「部品と生産のサプライチェーンの分断」が国際的に起こっています。

トヨタと自動車会社の減産がこれです(2021年9月40%減産:トヨタ)。世界中のメーカーが、トヨタと同じようにアジアの工場の、休業の影響を受けています。

ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン・・・食品、衣料、部品、機械、家電、AV、木製品、化学製品。世界の工場に広がったジャストインタイムの仕組みは、サプライチェーンの障害に脆弱です。日本の家電やAVの多くは、中国での製造であり、日本と世界に輸出されています(三角貿易)。

 ・・・(中略)・・・

【コンテナ便の料金が6.6倍に高騰した】
サプライチェーンの物流は国際コンテナ便に依存します。料金は、2020年の1月は2420ドルでしたが、2021年の1月は5250ドル(58万円:へと3倍に上がっています。21年7月は更に上がっていて1万3630ドルです(150万円:20年1月の5.6倍の料金:上海〜NY:EAST BOUND:20ftの標準コンテナ)。上海からNYまで25万円というのが、通り相場の常識でしたが、今はその5.6倍です。

2020年1月2420ドル→7月2760ドル→12月4100ドル
2021年1月5250ドル→7月1万3630ドル・・・・
http://www.jpmac.or.jp/relation/trend_graph/26_2_1.pdf

当初、コロナによる一時的な上昇かと思っていました。しかし2021年7月には5.6倍に上がり、下がる気配がない。世界のコンテナ便の料金が同じ傾向です。(注)原油のタンカー便は上がっていません。洋上備蓄が多くなっているためです。

【コンテナ便の高騰】
なぜ商品や部品を混載するコンテナ便の、非常な高騰が続いているのか。国内物流、出荷港、そして船舶に、コロナでの低操業と休業が増え、便が足りなくなったからです。NYのコンテナ港(NJ州セコーカス)には運ばれないコンテナが山積みです。2020年の11月から現在まで、9か月続いています。船会社の利益は、上がった。しかし運航する便数は減った。国際物流費の、異常な高騰は、2022年の、世界の物価上昇(製造物価の上昇)を先行して示しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 コンテナ費の異常な高騰は、コロナ騒動が続く限り収まることはないでしょう。
 ですから、食糧だけでなくあらゆる生活物資の値段が上がることが予想されます。しかし、食料価格の高騰は私たちの生活にダイレクトに影響してきます。
 アメリカとオーストラリアでは、トラック運転手の組合がワクチンパスポートに反対してストを起こしました。コンテナは海外との物流ですが、トラックは国内の流通を担っています。アメリカで高いインフレ率となっているのは、単に天候不順による穀物の不足だけでなく、こうした国内のサプライチェーンが壊れかけている為でもあります。
 日本でも、いよいよワクチンパスポートの導入が色濃くなってきました。
 これが国内サプライチェーンに影響を与えるかもしれず、ワクチンパスポートという悪質極まりない政策は止めてほしいと願わざるを得ません。



中国発の金融危機について...2021年9月12日

 以前の記事で私は、早ければ今年中、あるいは来年以降になるかもしれませんが、世界的な金融危機が迫っていると言いました。
 その考えに変わりはありませんが、以下のような記事に出会いました。
 マーク・ファーバーという人が、今後のアメリカにおいて、FRBは無尽蔵にお札を刷り続けると言っています。それがもたらすものは高いインフレであり、大多数の人々の生活水準の低下です。
 当局として、お金の印刷は「有権者が反乱を起こさないようにするための必死の手段」の為、もはや止めることはできないといいます。
 英文ですが、グーグル翻訳でだいたいの意味はわかります。

https://usawatchdog.com/desperate-money-printing-leads-to-depression-dr-marc-faber/

 たしかにFRBが金融危機は絶対に起こさないと決意するのであれば、米ドルを無限に刷ることができるのですから、それで金融危機を抑え込めるかもしれません。
 それが国民の生活を破壊するものであっても、表面上は金融危機が起きていないように見せることはできます。
 しかしそれはアメリカ発の金融危機が起きないというだけの話であって、ほかの地域でバブル崩壊が起きて、その巻き添えをくうというのはありえます。
 それが世界第2位の経済規模を誇る中国であれば、なおさらです。
 今回は、中国のバブル崩壊についての話題です。

 日本では、中国経済の先行きに関しては、楽観的(好意的)な報道が多いように感じます。
 例えば、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)の抑え込みに成功し、経済は回復起動に乗ったといった報道です。
 昨年末ですが、英シンクタンク「経済ビジネス・リサーチ・センター」(CEBR)は、中国が当初予測よりも5年早い2028年までに、アメリカを抜いて世界最大の経済大国になるとの報告書を出しました。
 これを聞いた時、私は「ええ! マジですか・・・」となりました。
 なぜなら、中国経済がこれからも順調な発展を続け、2020年代中にアメリカを追い越すなんてことは、私には信じられないことだったからです。
 そもそも中国が発表する経済統計そのものが信用できるのか、という問題があります。
 新型コロナやワクチン報道に見られるように、日本のマスコミは嘘八百と印象操作の嵐で、そんなマスコミが報道する中国像を素直に受け入れていいのかと思うのです。

 こうした私の考え方は、マスコミ報道とあまりに違うため、多くの方々は違和感を持たれるかもしれません。
 そこで今回は、中国がなぜ30年間で世界第2位の経済大国に登り詰めたのかという理由から入り、今の中国経済の現状を示す一端を紹介してみたいと思います。
 まず、中国が爆発的経済発展を成し遂げた理由ですが、それは、ずばり、土地錬金術にあったといいます。
 『バイデノミクスの深層』(若林栄四著、日本実業出版社)から抜粋して引用させていただきます。


 ・・・<『バイデノミクスの深層』、p152〜p155から抜粋開始>・・・

 行き詰まりつつある土地錬金術

 巨額の投資を続けることができた理由

 中国について論じるにあたっては、やはりこの話から始めるのがふさわしいだろう。
 中国景気の不振は過去に何度も繰り返され、中国危機説がマスコミをにぎわすことが多かったが、さすがにアヘン戦争以来の140年にわたる雌伏を経て立ち上がった中国はそうは簡単に危機に屈することなく、多くの危機を未然に防ぎ、いまや世界第2の規模を持つ経済大国にのし上がった。
 相場の世界では、低迷横ばいの時間が長ければ長いほど、一度相場が立ち上がると強力にかつ長時間にわたって強気相場が継続するというのが常識である。ホリゾンタル(水平)な推移が、相場のエネルギーを蓄え、その後のバーティカル(垂直)な動きにつながるのである。
 アヘン戦争の勃発は1840年であるので、中国の経済開放元年である1979年まで約140年間のホリゾンタルな低迷を余儀なくされてきた。とてつもないエネルギーをためたのである。したがっていったんテイクオフするとそうは簡単にバーティカルな動きは止まらない。
 それではどれぐらいの時間の繁栄を享受することができるのか。
 それを考察するにあたっては、そもそもなぜ世界の貧国であった中国は改革開放以来わずか30年で、世界第2位の経済大国の座をものにできたのかを知る必要がある。
 「世界の工場」といった称号を与えられた工業力がものをいったのか? それとも共産党一党独裁という政治制度の特性が有利に働いたからであろうか? 14億もいる国民がみな勤勉だったからであろうか? 江沢民、胡錦濤、習近平といった最高指導者に図抜けた能力があったからか? システムが良かったのか? ヒトが良かったのか?
 そのどれでもないだろう。
 なぜ中国は短期間のうちに世界の大国になれたのか。筆者が持ち合わせる解はごくシンプルで、この国の土地がタダだったからだ。すべてがそこに収斂される。
 社会主義国の中国では個人の土地所有は認められない。その代わりに各政治単位に土地使用権なるものが付与されている。この中国共産党が統治する国ならではの特殊な制度が奏功したのだ。
 そのことがよくわかるくだりを『言ってはいけない中国の真実』(橘玲著、新潮文庫)からダイジェストさせていただく。

・投資額は巨額である。少し数字は古いが2010年で前年比24%の伸びで、31.1兆元(590兆円)と日本のGDPに匹敵する巨額の投資である。

・中国というと外資の導入が挙げられるが、2010年には5兆元ぐらいで全体に占める割合は伸びていない。国家予算も国内借款も伸びていない。

・投資額31兆元の大部分(78.5%)を占めるのは「自己資金」の24.4兆元(464兆円)である。中国の家計貯蓄は約5兆元に過ぎず、これは金融機関の4.7兆元の貸し出しとみあっている。

・ではこの24兆元の自己資金はどこから出てくるのか。これには急速な経済成長に伴う急速な都市化が背景にある。都市化というのは農村から都市に人口が流入してくることで、中国ではこの30年間に4億人の人口移動が起きたとされている。人口が増えると当然彼らが暮らすための住宅が必要になる。

・中国都市部の平均的な世帯人数を3人とすると、4億人を受け入れるのに必要な住宅の数は1.3億戸だ。これに公園、道路、商業用地などを加味すると、中国の都市部の面積は400万ヘクタール増加する必要があった。九州より一回り大きい土地である。

・農地を宅地に変えるには、農民に対する補償が必要になる。農民が持っているのは使用権だけなので、これまでは数年分の年収が支払われるだけだった。農民の収入を年間5000元とすると、土地を手放す代償として農民が手にするのは3万元(57万円)か高くても5万元(95万円)程度であった。

・中国の平均的な農家は5000平米程度の農地を耕している。その保証金を5万元とすると、地方政府が土地を取得するコストは1平米当たり10元、日本円にすると170円になる。

・これをいくらで売っているかを上記の自己資本24兆元から逆算すると、1平米当たり11万元という計算になる。この利益1000倍の取引が中国の錬金術の正体である。中国では毎年日本のGDPに匹敵する富が1年間で生み出されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 中国では共産主義ゆえに一般的な土地の個人所有は認められておらず、認めているのは土地の「使用権」です。
 世界的なグローバリズムが始まるタイミングで、中国は広大な農地を農民からタダ同然で取り上げ、それを外資企業に売って莫大な利益を上げました。その額は日本のGDPに相当するもので、それを毎年投資に回したのですから、GDPが2桁成長を続けたことも頷けます。


 ・・・<『バイデノミクスの深層』、p156〜p160から抜粋開始>・・・

 タダの土地を外資にも高額で売った

 中国の“創業者”である毛沢東が死去し、権力闘争のすえ。第2世代の最高指導者となったのはケ小平であった。1978年に改革開放政策を発表するも、なかなか国内はまとまらなかった。そして1989年にあの痛ましい天安門事件が発生した。無辜の学生や市民を虐殺した中国政府は西側諸国から経済制裁を受け、世界の孤児となった。
 時を同じくして冷戦が終わり、資金や技術、労働力の移動が地球規模で展開されるグローバル化がはじまった。そこで先進諸国の注目を集めたのが無尽蔵と思える労働力と広大な土地を持つ中国であった。
 世界がグローバル化へのターニングポイントに差し掛かっていた1991年、ケ小平は突如として動いた。その年の旧正月、中国の南方都市を視察したケ小平は集まった人民にこう呼びかけた。
 「市場経済は資本主義国家だけのものではない。社会主義国家もそれを手段として使うべきである」
 そして、市場経済への移行を本格的にはじめ、外資企業に門戸を開放した。周知のとおり、これを機に先進国の企業は中国に殺到、まずは香港に隣接する広東省、次に上海・折江省を中心に瞬く間に繊維、化学、家電、電気通信、食品などの産業クラスターができ上がったのである。
 以後、中国が四半世紀にもわたって毎年2ケタ近い経済成長を続けて来られた最大の要因は、前項で書いた仕組みで生み出されたタダの土地が、押し寄せてきた外資企業相手に飛ぶように売れたからだった。
 その背景には1970〜1980年代で米国経済はその境界が飽和状態に達し、新しいフロンティアとして次の大きなマーケットを必要としていたこともある。
 ちょうど都合よく1991年にソビエト連邦の崩壊があり、社会主義に対する資本主義の勝利を唱えて米国がグローバリズムを推進する素地ができ上がった。
 1991年のケ小平の南巡講話はそのタイミングで発せられ、中国の巨大な土地と14億の民が新しいフロンティアとして外資に門戸を開かれたのである。
 外資企業が中国に進出してきてまず手当をしなければならないのは、活動の拠点づくりである。メーカーなら工場用地、小売業なら店舗を建設する商業用地、デベロッパーなら居住地といった具合に、各分野の土地使用権を購入することになる。
 土地使用権についてはそれぞれ最高年限が設けられており、居住地70年、工業用地50年、商業用地40年などとされている。
 世界中で中国進出ブームが吹き荒れ、完全な売り手市場だったため、中国サイドは土地使用権料を一度に、しかも外貨(ドル)で得られた。
 これが現在の中国を生み落とした「南巡講話」の効果である。
 この発言により、まさしく濡れ手で粟の醍醐味を味わったにちがいない。この土地使用権料ビジネスで外資企業から獲得した外貨を根拠に、中国政府は人民元を大増刷した。こうした中国に巨万の富をもたらす方程式を設計したケ小平の眼力には、いまさらながら脱帽である。
 もともとケ小平には大きな使命があった。それは天安門事件で失墜した中国共産党のレジティマシー(正当性)を取り戻すことだった。そしてケ小平が編み出した新たなるレジティマシーは、市場経済のなかでの経済的繁栄を国民にもたらすことであった。
 しかし、そのことがとてつもない富を生み出し、またとてつもない腐敗を生み出したのである。
 共産党指導部が経済的繁栄を約束し、人民が購入した不動産は絶対に暴落させないと喧伝すると、中国の大多数の国民は政治を忘れ、不動産投資にのめり込んでいった。人口13億人を擁する拝金主義国家の誕生である。同時に、不動産価格の暴落は国民にすれば中国共産党の裏切りであり、共産党がふたたびレジティマシーを失うことを意味していた。
 中国政府は不動産バブル崩壊を回避するために「中国式バブル循環システム」で必死に対応してきた。
 不動産ビジネスの三大プレーヤーである銀行、デベロッパー、投資家あるいは住宅購入者それぞれに資金を適宜回す方法で、不動産バブルを持続させてきた。
 これが中国の不動産の実相である。
 中国の不動産市場は政府の介入もあってか、この四半世紀の長きにわたって一度も大きな調整場面がなかった。したがって、この間にクリエイトされた富は膨大なもので数千万人の富裕層を生み出した。
 日本も戦後無一物からスタートして営々と努力を重ねて1980年代に入ってやっと庶民にも若干の富の蓄積がみられた。しかし富裕層はきわめて限られていた。営々と辛苦するスタイルではそれほどの富の蓄積はなく、数十万人の富裕層も生み出していない。それに比べて中国はタダの土地がいきなり先進国と同じ値段で売れるという僥倖で労せずして、数千万人の富裕層を生み出した。
 それはそれで驚くべきことだが、中国は現在の不動産価値をさらに引き上げる能力を持ち合わせてはいない。飛び抜けで素晴らしい政治システムがあったり、経済運営が巧みであったり、工業が隆々と進展したわけではないからだ。
 いまや、大都市の北京、上海、広州、深?などの物件価格は、先進国のレベルに追いついてしまった。北京や上海の一部の物件はニューヨークやロンドンの一等地を凌駕しているものもあるようだ。
 したがって、これ以上には土地の価格を上昇させられない。なぜなら、先進国と同じレベルまで不動産の値段が上がれば、それ以上は上げようがないからである。やがてこの方法が限界を迎え持続できなくなったとき、中国は自動的に不動産バブル崩壊に見舞われることになる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 土地錬金術で濡れ手で粟の醍醐味を味わった中国ですが、すでに各大都市の地価は先進国並みに上昇し、これ以上、上がる見込みが無くなってしまいました。
 つまり飽和点に達してしまったということです。
 さらなるGDPの上昇を成し遂げる為には、人口がさらに増えて経済規模が大きくなる必要があります。
 しかし、中国は今後人口が増えないどころか、減少していく傾向にあります。
 以下は、若林氏が知り合いの中国通から教えてもらった話です。


 ・・・<『バイデノミクスの深層』、p163〜p166から抜粋開始>・・・

 男女人口の差が3366万人だと言いましたが、これを比率に直すと105対100になります。つまり、100人の女性に対し男性が105人で、男が5人多いけれども、これは総人口での比率で結婚適齢期の数値ではありません。
 驚きの数値が登場します。中国における1980年代出生の男女比率はなんと136対100にまで隔たっているのです。100人の女性に対し男が136人もいる。これは1980年代出生の中国人男性の約25%が理論的には一生結婚できないことを意味します。

 なぜこのような隔たりが現出してしまったのか。その理由を聞くと、こう返された。

 約35年間、一人っ子政策は中国全土で強制的に行なわれました。社会保障制度がまったく機能しない農村地域も例外ではなかったので、約8億人いた農民にとっては青天の霹靂だったでしょう。彼らにとって授かった子供は家を支える重要な労働力だったからです。
 農民たちにとって唯一の老後の保障は自分の子供です。成人すれば他家に嫁ぐ女の子は老後の保障にならないのは自明だから、農民たちの誰もが女の子よりも男の子を欲しがったはずです。
 かといって、一人っ子政策が推進されているかぎり、一姫二太郎のように産むこともできない。切羽詰まった農民の一部は、生まれたばかりの女の子を死産と称して、その場で処分した。あるいは出産前に胎児が女の子だとわかると堕胎したのです。

 このようなことが35年にもわたって全国で行なわれてきたのだから、その間に生まれて成人する男女の比率が大きく狂ってしまうのは当然のことである。また、それは忍びないとして、戸籍のない子供として育てる農民もいたと、彼は教えでくれた。

 生産年齢比率も低下

 こうした誤った政策の結果、中国の全人口に対する生産年齢人口の比率は2010年の74.5%をピークに減少に転じている。
 日本は生産年齢人口が1995年にピークアウトしてから、はっきり人口オーナス(人口ボーナスの逆に人口構成が変わることによる経済への負荷が増えること)の影響が出始め、デフレが深刻化し始めた。また、すでにその5年前の1989年末に株価は大天井を打っていた。
 中国の場合、株価は2007年10月に上海総合指数で6124の天井を打っており、1年間で73%の暴落を見ている。その後2015年6月に2番天井5117をつけるが、半年後には49%の暴落となった。
 一万、2007年の株価の天井から13年たっても、不動産のほうには大きな傷はなく延々とバブルが継続している。これは中国が日本の大バブルの経験に学び、不動産バブルが破裂すれば大変なことになるとして、何が何でもバブルを継続させる国家意思を持っているからである。
 ただ、人為でなせることには限界があり、その限界は、人口オーナスからくるデフレ圧力という形で、バブル大破裂を引き起こすことになりそうだ。
 中華人民共和国建国73年目の2022年は、その記念碑にバブル破裂を刻むことになるだろう。その中国バブル破裂が、世界に跳ね返って、米国株以下世界の株式市場を総なめにすることになりそうだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 若林氏が指摘するように、中国の土地はここ30年間、大きな調整局面を迎えることもなく、延々と上昇してきました。
 日本でも戦後の高度経済成長で土地価格は上昇し続け、「土地神話」という言葉まで生み出しました。それはちょうど私の世代で、土地は永遠に上がり続けるものという観念が当たり前だったことを私は肌で知っています(その神話は、1990年代のバブル崩壊で見事に崩れることになるわけですが)。
 中国の指導層は、日本のバブル崩壊のことを良く知っているといいます。
 「土地が暴落しないことが中国共産党レジティマシー(正当性)」を示す唯一のものであるとすれば、あらゆる手段を講じても土地のバブル崩壊を防がなければなりません。
 そこで毎年繰り返されてきたのが、巨額のインフラ投資です。
 「鬼城」という言葉は、すでに日本人になじみになっていますが、人の住まない巨大なビル群が立ち並ぶことになりました。
 以下は、有名なオルドスのゴーストタウンの風景です。

https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/11/chinas-gleaming-ghost-city-of-ordos_n_7261878.html

 もちろん、インフラ投資は鉄道や道路もそうです。
 そうしたインフラ投資は当然ながら借金をして行うのですから、毎年膨大な借金が積みあがっていくことになります。
 『ワールドリセット2021 大暴落にむかう世界』(宮崎正弘著、ビジネス社)から引用させていただきます。


 ・・・<『ワールドリセット2021 大暴落にむかう世界』、p189〜pから抜粋開始>・・・

 経済成長なんぞより、中国が直面する深刻な課題は「人口減」と、それに反比例しての「負債増だ」とアリパパが最大株主の『サウスチャイナ・モーニングポスト』(2021年3月4日)が書いた。人口は2016年の一人っ子政策廃止以後も、むしろ減り続けた。2027年には確実にインドに抜かれる。
 負債増に関しては多くの中国人が気づき始めている。
 建築会社のビルの前には、未払い貸金などの支払いをもとめる現場労働者や下請け企業の幹部らが連日押しかけている。この風景を見ただけでも中国の国民は、政府が何かを隠しているとの疑惑を深める。
 習近平主席が、「中国から貧困はなくなった。極貧層はいなくなった」としたことは「裸の王様」の寓話を思いださせる。側近に真相をつげるブレーンは不在のようだ。
 「2028年に中国のGDPはアメリカを超える」など誰が本気にしているのか。中国の発表はほとんどがウソである。あらゆる経済統計はフェイク数字である。
 実態はと言えば、外貨準備はからっぽ。一流といわれた国有企業が連続デフォルト。名門も倒産。GDP統計は3割水増しが常識。地方政府の赤字は天文学的。
 筆者が以前から言ってきたように、中国の国有企業はあらかたがゾンビである。
 米ピーターソン研究所は2020年上半期だけでも230万社が倒産したと分析した。
 中国の銀行保険監督管理委員会ですら中小企業の利払い繰り延べを認めたが、その規模は2020年末でおよそ10兆円、中国の公表数字から判断しても、銀行の不良債権はおよそ60兆円に達すると推計される。
 朝香豊著『それでも習近平が中国経済を崩壊させる』(ワック)によれば、中国全体の負債はとうとう1京円をこえて制御不能状態に陥ったという。これは朱鎔基(しゅようき)元首相の息子でアメリカ帰りの朱雲来(しゅうんらい)が非公開の会議で報告した数字である。
 統計数字の出鱈目(でたらめ)ぶりは2021年2月に発表された新生児の数でも当該官庁の保健衛生部が発表したのが1003万、国家統計局が発表したのが1465万だったか。4割も違うのだ。もとより国家統計局は汚職の巣といわれ、数年前に局長が愛人と海外逃亡をくわだて4通の偽造パスポート、その偽名のファーストクラスの航空券が4枚。逃亡寸前に逮捕された。統計を司るポストの長がこれほどの大金を得た理由は、地方政府、市レベルの幹部らが「水増し発表」を要求し、賄賂を渡すからである。
 失業率統計も「都市戸籍の保有者」に限られ、ほとんどが正社員を対象としている。農民工は失業しているが、ハナから統計には加えていない。そのうえ失業保険の申請手続が煩瑣(はんさ)、「長期休暇扱い」で処理されている例もある。これほど大量のレイオフ、倒産があるのに、つねに中国の失業率が4%台というのはおかしいと朝香前掲書が指摘する。「農民工も失業者として捉えた場合には失業率は20.5%に達するのではないか」。
 地方政府の「融資平台」が2019年だけでも新規発行債券が70兆円。累積残高は630兆円を超えて、地方政府のその他の債務と合わせて1100兆円に達する。
 新幹線の赤字に関しても「地方政府が負担する部分などをすべて合わせると、2018年末で8.29兆元(290兆円)になっている(中略)。恐らくは国家秘密になっている本当の数字はさらに大きい」(朝香前掲書)。
 「ジニ係数」(管理人注)にしても北京大学が作成した「中国民生発展報告2015」では0.78となった。それにしても未曽有の数字、人類史始まって以来の“快挙”だ。

 中国政府は、2035年までに鉄道営業キロ数を2万キロに延長する。これは地球を5周する距離。とくに新幹線を7万キロに拡大すると公言している。
 中国新幹線が2020年末までに開業した営業キロは3.7万キロとされているが、さらに15年後に新幹線だけでも、およそ2倍、7万キロを目標とする(日本の新幹線営業キロの20倍になる)。中国では「新幹線」とは呼称せず、「高速鉄道」という。筆者は習近平時代が始まるまでに開業していた中国の新幹線すべてに乗った経験がある(拙著『暴走老人、中国全33省踏査』、啓文社書房)。速度もサービスも区間によってまちまちで、一概に日本と比べるわけにはいかない。
 2020年末時点で中国の新幹線の累積赤字は83兆円である。しかもこれは公式発表である。それを倍加するのだから2035年までの累積赤字は最低でも160兆円に達する。
 高速道路も然り。中国は2035年までに高速道路を50%延長し、16万キロとすると豪語している。米国の高速道路は9万8000キロだから世界一になる。道路の総延長は中国が500万キロ(米国は670万キロ)。
 さて問題は加速度的に毎日毎日、累積されてゆく赤字である。
 公表数字ですら高速道路の赤字は96兆円、これに地方政府負担を加えると、おそらく2倍だろう。げんに利払いが発生しているが、高速道路代金の収入はといえば10兆円しかなく、雪だるま式に債務が膨張しているのである。それもこれも「高速道路が完成してどれだけのクルマが利用するか」というフィージビリティスタディ(実行可能性調査)を無視し、イケイケどんどんと熊の交通量のほうが多い辺境にまで道路を造成し続けたからである。
 まだある。2035年までに新しく162の空港を開港すると豪語している。
 空港はすべで民間企業となる。開港までは国が工事をするが、あとの運営とその赤字は民間に押しつけるわけだ。こうした暴走的な景気刺激は破天荒の予算が必要となり、歳入の裏づけがないのだから必然的に中国の債務は膨張していく。それも果てしなく天文学的数字が積み重なってゆく。
 いずれ「ミンスキー・モーメント」がやってくる。すなわち景気循環において、投資家が投機によって生じた債務スパイラルによりキャッシュ・フロー問題を抱え、株の投げ売りが始まるだろう。その結果。資産価格が突然崩壊し、経済崩壊に至るという仮説がミンスキー・モーメントだ。長い繁栄と借金による投機を促す投資価値の増大の後にやって来る。
 ウソも百回言えば真実に聞こえるとヒトラーは言った。中国では3回ですむのだ。なにしろウソが日常生活で常態、ゆえに誰も真実を知らない。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注)ジニ係数
 所得格差を示すときに使われる指標で、0〜1の範囲。0が格差がない状態で、1に近づくほど格差が開いていることを示します。日本は2017年で、0.34。

 中国の国有企業は多くが、「ゾンビ」状態と言われています。
 ジンビの意味は、借金の利払いを借金して払っているということです。別名、自転車操業とも言います。
 こうした状態は、けっして未来永劫続けられるものではありません。
 中国の指導部が、バブル崩壊を起こさない為に無理に無理を重ねた延命策がついに力尽き、ある日突然崩壊の日を迎えることを想定しておいた方がよいように思います。

 もちろん私には、その日がいつかわかりませんが、若林氏は2022年を想定しておられるようです。吉田繁治さんも2022年以降を想定されていて、世界的金融危機がアメリカ発でなく、中国のバブル崩壊がきっかけになるとすれば、来年以降になるのかもしれません。



自民党総裁選について...2021年9月5日

 日本の政治に絶望感しかなかった私ですが、菅首相が総裁選不出馬を表明というニュースには、心動かされるものがありました。
 当然ながら日本中が驚いたわけで、日本各地で号外が出たのも頷けます。

 私が日本の政治に絶望感しかないと言った意味は、もちろん日本国民に新型コロナワクチンを接種させようと強力にプッシュする政治姿勢にあります。
 (私から言わせれば)日本政府が日本の国民を大量虐殺(ジェノサイド)している構図になるわけで、そんな政治に希望なんて1ミリも感じられないというのが心情です。
 政府は、接種を促進する為にワクチンパスポートを導入しようとしています。
 中村篤史医師のブログに、大阪の音楽フェスでは入場条件として陰性証明やワクチン接種を課すという話題が載っていました。中村医師は、政府が「ワクチン2回接種者の移動や行動の制限を緩和へ」と表明していることから、「これはワクチンパスポート導入への第一歩と見るべき」だと言っていますが、私もそう思います。
 そうなれば、いっそのこと自給自足でもするか、といったことが頭をよぎります。
 以前、知人と話していたとき、「コミュニティを作って下さいよ」と言われたことがありました。こんな無残な政府とは無縁で生きていきたい、という考えが浮かんできます。

 そんな状況でしたので、自民党総裁選も衆議院選挙にも全く関心がありませんでした。
 どうせ菅首相が再選されるだろうと思っていて、ワクチンを推進する政治は続くのだろうと思っていたからです。
 しかし菅首相の総裁選不出馬で、状況が一変しました。
 これから自民党総裁選は群雄割拠の状況になるだろうと思います。
 まず最初に、菅首相が総裁選不出馬を表明する前の9月1日時点での自民党の状況を、吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1178」から抜粋開始>・・・

■5.支持率が危機ラインの自民党は前代未聞の内紛

【地方選挙での大敗】
東京都議選に続く、横浜市長選挙での大敗が続き、10月に総選挙を控えた自民党に、かつてないスケールの内紛(政局=権力争い)が起こっています。

興味のない人も多いと思います(推計60%)。しかし、経済の上の、政治のことです。株価や金利の70%は、内閣の財政と日銀によって決まります。

【落選が70人】
コロナへの医療対策の失政から、内閣支持率が30%を割った「菅総裁+二階幹事長」のままでは、自民の既存議員の、少なくとも約70人が落選し(最大予想は100人か)、単独過半数(233名)を割る可能性が高いというのがその原因です。

菅首相の不人気は30%の岩盤層にまで至っています。決定的だった失政は、8月半ばからの自宅療養の方針です(全国11.8万人:先週比2万人増加:8月27日:厚労省)。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA27BH10X20C21A8000000/

(注)自民は、公明と連立しています。足りないときは、橋下徹の維新と、それでも不足なら玉木代表の国民民主党と連立するでしょう(イタリア風の小党連合)。派閥をもたない菅首相はこれを狙っています。

【二階降ろし】
着手したのは、まず二階幹事長降ろしです。4年間で、党本部のお金を37億円、使途不明にした(たぶん自分の懐に入れたと)暴露されて、辞任の詰め腹を切らされます。

幹事長は、政党交付金の分配(自民党は1年に170億円)と、選挙のときの公認を与える権限をもっています。

総裁は政府の人事を、幹事長は自民党を統括するナンバー2です(事実上の副総裁)。暴露したのは、二階氏を追い落としたい菅首相側の人物です。

二階辞任は決定しました。関心は後任の幹事長に移っています。総裁立候補を断念させるための河野氏(麻生派)、石破氏(石破派)、岸田氏(岸田派)、野田聖子氏(親菅の無所属)まで言われます。
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6403173

【菅氏の、陰鬱な手法】
国税、検察、公安、警察から相手の弱みになる情報を握って、ハニートラップのようにコントロールするのは、菅氏の得意な方法です。中国共産党や、米国民主党の方法でもあります。

【解散権を失ったように見える菅首相】
菅首相は、総裁選前の解散を狙っていました。解散は首相の専任事項とは言われますが、それには、閣議の承認が必要です。例えば、石破氏と同じように国民人気が高い(16%の支持)、ワクチン大臣の河野太郎氏が反対すれば、伝家の宝刀の解散権は使えない。

しかしこのときは、河野氏を解任して菅首相が兼任すれば、解散は可能です。ところが、不支持の高さから、党内の権力も失った菅首相は、大臣の解任ができない。

菅首相は、首相を続けるための切り札と考えていた解散ができなくなったのです(8月30日ころ)。このため、国民の人気が低い二階氏を幹事長から降ろして、新任(まだ不明)を就けることで、支持率の回復を目指したのでしょう。

【菅首相の落選の可能性すらある】
横浜市長選の大敗の結果から、衆院選での、横浜地盤の菅首相の落選も予想されています。現在の支持率では、有力な候補が出れば、刺客になりえるからです。落選すればすべて消えます。これが、菅首相を作った二階氏を切って自分の人気回復を狙った理由です。(二階氏を切っても菅首相の人気は回復しませんが、ここも、菅氏の独善です)

【流動的な内紛】
事態は、時間単位で動いています。解散ができない菅首相が辞任するという情報も、党内で流されています。「菅降ろし」の勢いを弱める戦略の一環に見えます。選挙後の辞任をほのめかしながら総裁選を乗り切り、総選挙まで行く。菅首相自身が言わない限り、辞任の情報は出ないからです。

総選挙後は、総裁に留まる。「剣が峰を割ったと思わせるうっちゃり」。菅氏は、普通の神経なら耐えられないことも忍ぶ人物です。国民の方は、見ていません。閣僚すら反対した五輪の強行と同じです。(注)普通、選挙直前に支持率が30%を割れば、党に迷惑をかけるとして辞任します。

岸田文雄氏は「幹事長は受けない(立候補は撤回しない)」とTV出演で述べています。どうでしょう。胸のうちは闇です。菅氏は、「五輪は成功した。悪いのは二階だ」と考えているようです。自己肯定、他者非難の強い個性です。

9月中の解散(9月29日の総裁選の前)も、無理やりに閣僚を切って行うかもしれない(形式上はできます)。

選挙の結果は、自民党の過半数割れと、自分の落選もあるかもしれない(60%の可能性に見えます)。まさか、米国風の不正集計はできない。

二階幹事長は、本当に、すんなりと辞任するのか。

【逆襲の可能性】
幹事長として得ていた情報を暴露し、逆襲として、菅首相、または菅氏を支持する最大派閥(細田派)の、実質的な領主、安倍前首相が決めた政党交付金の河井杏里氏への1億5000万円(普通の10倍)の、明らかになっていない使途の暴露があるのか。自民党内の政局はぐちゃぐちゃさです。

党の歴史は約75年ですが、初めてのことでしょう。今日、明日、どんな展開を見せるか? NEWSを注視し、背景を考えます。約1週間が山場でしょう。

国民を忘れた自民党ムラの内紛を、余裕をもって、遠くから眺めていればいい。政治は、国民への感度を激しく劣化させています。

【菅首相のシナリオ】
驚くことに、自民党は野党からの国会開催要求を拒否し、国会どころではないと休会を続けています(これは憲法違反です)。国民のために、コロナ対策の転換が必要ですが、貝のように無感覚になった菅首相には、その気が皆無に見えます。国会を開くと追及を受け、答弁で醜態を晒し、一層、支持率が下がるからです。

菅首相の、総選挙へのシナリオは以下と推計されます。

(1)党4役(幹事長(現在は二階俊博)、政調会長(下村博文)、総務会長(佐藤勉)、選挙対策委員長(山口泰明))を刷新し、自民党に人気を回復する。自分は総裁に留まる。

(2)可能なら、内閣も改造し大臣を変更して選挙に臨む。

(3)総選挙(9月中の解散を行う)
(4)総選挙
(5)選挙後に、自民党総裁選を挙行し、総裁を継続する。

完全な自己中心。国民が菅首相こそを支持していないことは、認めたくない。仮に、横浜の小選挙区で落選すれば、これも前代未聞ですが、すべてが消えます。横浜市長選の大差を見ればその可能性も高い(60%でしょうか)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、菅首相不出馬の一報を聞いたとき、安倍氏の時と同じく、米軍から「辞めろ」の指示が来たのかと思いました。
 それもあったのかもしれませんが、石川新一郎氏の解説を聞いて、なるほどと思いました。
 (石川新一郎氏の推測ですが)菅首相は党人事を刷新して人気回復を計ったわけですが、その人事でつまずいたといいます。
 要(かなめ)の幹事長ポストで、立候補を表明している岸田氏はもちろんですが、誰一人として乗ってこなかったのではないかというのです。
 皆、様子見で、あえて火中の栗を拾おうとしなかったというわけです。
 さらに菅政権のもとでは、選挙に一度も勝てなかったことがあるといいます。
 東京都議会選挙と横浜市長選挙で、自民党は大敗を喫しました。
 選挙に勝てないリーダーの元に集まってくる議員はいません。結局のところ、菅首相は自民党内で四面楚歌に陥ってしまったのではないかというのです。
 なかなか見事な分析に見えます。
 吉田繁治さんも衆議院選挙の横浜の選挙区で菅首相が落選する可能性が60%もあると言っていて、もしそうなったら首相を務めるなどあり得ません。
 なるほどと思った次第です。

 では、総裁選に誰が立候補するのか。
 以下は、自民党の各派閥の力関係(人数)と、右項は各派閥の中の有力候補です。ただし9月5日の時点で立候補を表明しているのは岸田氏と高市氏のみで、「?」は出馬する意向が見えていない候補です。

・細田派 97人(衆院 61、参院 36)   ... 下村博文氏?

・麻生派 54人(衆院 41、参院 13)   ... 河野太郎氏(ただし、派として全面的に支持する約束は得られていない)

・竹下派 52人(衆院 31、参院 20)   ... 茂木敏充氏?

・二階派 47人(衆院 37、参院 10)   ... 菅義偉氏支持だったため白紙

・岸田派 46人(衆院 34、参院 12)   ... 岸田文雄氏

・石原派 10人(衆院 10、参院 0)    ... 菅義偉氏支持だったため白紙

・石破グループ 16人(衆院 15、参院 1) ... 石破茂氏?

・谷垣グループ 15人(衆院 14、参院 1)

・菅グループ 23人(衆院 13、参院 10)

・無派閥 26人(衆院 19、参院 7) ...... 高市早苗氏、野田聖子氏


 この中で有力視されるのが、麻生派の河野太郎氏と岸田派の岸田文雄氏でしょう。
 特に河野太郎氏は、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の8月の世論調査で、「次の首相にふさわしい政治家」として4ヶ月連続のトップだったといいます。
 ただし、麻生氏が派を挙げて全面的に支持すると言っているわけではないので、本命とまでは言えないかもしれません。
 私が注目しているのは、高市早苗氏です。
 高市氏はすでに立候補したいと表明しており、無派閥ながらも20人の推薦人の確保に自信を示しています。
 私が高市氏に注目したきっかけは、石川新一郎氏の以下の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=gzHYxMHBrjE

 私はこの動画の中に登場する「エル」なる人物のことは全くわかりません(誰か知っている人がいたら、教えて下さい)。
 エルなる人物は、相当に裏の事情に精通した人物に思えるし、5次元といったスピ的な視点を持っておられるようです。正体不明の人物ですが、言っていることを聞いていると、それなりに説得力があるように感じます。
 そのエル氏によれば、高市氏が当選するには、小泉劇場の時のように日本中でムーブメントが起きるのが条件だといいます。
 小泉氏がB層に向けて、「自民党をぶっ壊す!」と言ったように、ワンフレーズで人々に分かり易いキャッチコピーが登場するかもしれません。
 私は今まで全く高市氏のことを知らなかったので、高市氏のサイトに飛んで、高市氏の政治の基本理念なるものを読んでみました。
 それで、高市氏が前首相である安倍晋三氏に思想的に近いと言われる理由がわかった気がします、
 安倍晋三氏が細田派の議員に高市氏を支持するように働き掛けていると報道されています。どれくらい細田派の協力が得られるか現時点ではわかりませんが、多くの支持が得られれば面白くなると思います。
 また、日本に新しい政治の風を起こすという意味で、日本初の女性首相というのはインパクトがあります。
 衆議院に小選挙区制が導入されたことで、派閥の力が弱まっていると言われています。圧倒的な女性票が見込めるとして、これから衆院選を迎える自民党の各派閥の議員が、派閥を超えて高市氏を推す可能性もあるかもしれません。

 事態は流動的で、現時点では誰が自民党の総裁に選ばれるかわかりませんが、私が次期総裁(首相)に望むことは、もうこれ以上、ワクチン禍を広げないでほしいということです。
 ワクチンパスポートなど気の滅入る話がどんどん出てきますが、世界的に見れば、希望が無いわけではありません。
 ドイツでは新型コロナの全てのワクチン接種を停止したし、デンマークでは9月10日から、全てのコロナ対策を解除すると議会が決定しました。
 こうした情報は、DSの管理下にある日本のマスコミは全く報道しませんが、世界では着実に反ワクチンの動きが始まっています。
 ベンジャミン・フルフォード氏によると、日本政府がワクチンキャンペーンを命令しているDSに従わない日も近いとCIA筋は言っているそうです。
 ベンジャミン・フルフォード氏の8月30日のメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<「ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ、Vol 620」から抜粋開始>・・・

さらに、ドイツやスペイン、デンマーク、オーストラリアなどの国々は、アメ
リカを支配するハザールマフィアらの“パンデミックごっこ”に付き合うのを
止めたみたいだ。たとえば、ドイツでは新型コロナの全てのワクチン接種を停
止し、またデンマークでは「全てのコロナ対策を解除する」と議会が決定して
いる。
https://brandnewtube.com/watch/test-scenario-germany-just-in-no-vaccinations-are-available-vaccine-licences-are-on-hold_aPAXn6DGjLMguNu.html
https://freewestmedia.com/2021/08/09/denmark-abolishes-all-corona-measures/
https://www.elcorreo.com/sociedad/salud/supremo-tumba-pasaporte-20210818170045-ntrc.html?ref=https%3A%2F%2Fwww.elcorreo.com%2Fsociedad%2Fsalud%2Fsupremo-tumba-pasaporte-20210818170045-ntrc.html

いずれにせよ、世界的に「ワクチン接種が進んでいる国の方が“新型コロナ感
染者”が増加している」ということはデータを見ても明らか。しかも「ワクチ
ンを接種した人の方が感染しやすい」というデータも出ているくらいだ。「ワ
クチン停止」がドイツ以外の国々で見られるようになるのも時間の問題だろ
う。
https://www.lifesitenews.com/opinion/how-effective-are-the-vaccines-global-data-suggest-they-are-simply-dysfunctional/
アジアについても「日本、香港、韓国がパンデミックのキャンペーンを含め、
バイデン政権の裏にいるロックフェラーやロスチャイルド一族の命令に従わな
くなる日は近い」とCIA筋は伝えている。

また、タイでも何らかの異変が起きているようだ。同筋によると、タイのマハ
・ワチラロンコン国王は2016年に就任して以降、ほとんどの時期スイスに身を
潜めているという。ヘロイン中毒とも噂されるタイの国王は母国に帰れない事
情でもあるのか。そうならば、タイの黄金をロスチャイルドにでも売り飛ばし
たのかもしれない。

結局のところ、誰もウイルスが存在することを証明できないような疫病のため
に安全確認もされていないワクチンを急いで全人類に打とうとしていること自
体、ロックフェラー・ロスチャイルド権力体制の末期症状を表している。特
に、彼らが権力の基盤としてきたアメリカの崩壊は誰の目から見ても明らか
だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 念のために言っておきますが、私は高市早苗氏を推しているわけではありません(注目していますが)。
 今の新型コロナワクチンは、スペイン風邪を超えて人類史上最大の薬害被害となるのは確実です。ワクチンキャンペーンを強力に推進する今の日本の政治姿勢を変えてほしいと願っていて、そうした大転換を成し遂げる次期総理を期待しているのです。



『国家破産ベネズエラ突撃取材』から...2021年8月29日

 私がアルバイトをしていた会社で、テニスを通じて知り合いとなった人と、老後の生活設計にかんして話をしたことがありました。
 ちょうど、その知人が定年退職を迎えた時期で、これから長い老後をどのように生活するかというのは大きな関心事でした。
 私はサラリーマンが性に合わず、プータローのようなその日暮らしをしてきましたが、知人は一部上場の大企業のサラリーマンとして定年まで勤め上げました。それゆえ、年金もたっぷりあるだろうし、私の目から見て悠々自適の老後が約束された人でした。
 まずお互いの意見が一致したのは、年金は当てにならない、でした。
 アベノミクスの一環として、年金資金が株や外国証券に大量に投資されるようになっていました。リーマンショックを超えるような世界的な金融危機が起こったら、そうした資金が回収不能になることは、誰でも予想できることです。
 知人は言います。
 「年金を当てにしないでいいように、100歳まで何をしなくても食べていける資金は用意してあります」
 これには、正直驚きました。
 60歳で定年退職して100歳まで40年間あります。
 その40年間を何の不自由もなく、悠々自適に暮らすぐらいの資金ですから、大台には達しているんだろうと、いやらしい想像をしてしまいました。知人は、男が散財する典型であるギャンブル、女、酒、車などとは無縁の人です。結婚していない上に、(家賃の安い)古い木造アパートに長年住んで、一生で最大の買い物と言われる家も買っていません。趣味と言えば、テニスなどを仲間と楽しむ程度です。つまり、お金を浪費するところが皆無な人です。真面目にコツコツ貯めていけば、40年近くのサラリーマン生活で溜まるお金は相当なものでしょう。
 しかし、次の私の言葉に知人は敏感に反応しました。
 「でも現金だと、インフレが起こったら価値を失ってしまいますよ」
 これに対し、知人は、
 「そこなんです、問題は!」

 どうやら、知人が私に相談したのは、老後の資産運用に悩んでいたからのようです。
 銀行から、日本国債に投資しないかという強い誘いがあるというのです(口座に唸るぐらいの預金があるのですから、銀行が営業を掛けるのも当然です)。債権は長期金利が上がれば、価値が下がります。今の日本はマイナス金利と言われるぐらいの超低金利で、それは債権が超高値であることを示しています。それゆえ私の考えでは、日本国債への投資はワースト1に匹敵するぐらい最悪の投資でした。
 私が勧めたのは、デフレにもインフレに強い金(キン)投資でした(現物に限る)。
 しかし一般的な日本人の感覚として、金(キン)に投資するというのはあまりにも馴染みがなかったようです。
 知人は、「えーっ、金ですか・・・」という顔をして、「金はちょっと買えません・・・」と言っていました。
 これは私という人間に、社会的信用が無いということも影響しただろうと思います。
 家庭も持たず、その日暮らしのプータローをしていて、誰もが胡散臭いと認める話ばかりをしている人間に、社会的信用があるはずがありません。そんな人間が「金(キン)がお勧め」といったところで、命の次に大切な虎の子を投資しないのは当然かもしれません。
 その後、知人が日本国債を買ったかどうかは、話をしていないのでわかりません。
 でもおそらく、金や銀は買っていないでしょうし、(私が危険だと思っている)投資信託などを買った可能性は高いだろうと思います。

 さて前置きはこれくらいにして、本題に入りたいと思います。
 私は、リーマンショックを遥かに超えるくらいの、世界的な金融危機が迫っていると考えています。
 早ければ、今年中にも起こると考えています。
 ただし、正確に時期を特定することは難しく、来年以降に延びる可能性もあります。

 時期を特定するのは難しいのですが、どのような金融危機になるかは、ある程度予測できると考えています。
 表面上は、これまでの金融危機と同じように株や債券の暴落という形で始まると思いますが、最大のポイントは、世界的な通貨価値の下落が起こるだろうということです。
 これには米ドルも含みます。
 これまで起こったアルゼンチンの国家破産やソ連の崩壊では、自国通貨のペソやルーブルの暴落が起こりました。
 国家破産の辛酸を舐めた国民の教訓は、「対策として米ドルを持つことが極めて有効」ということでした。しかし、これから起こることは、米ドルを含め世界の主要通貨そのものの暴落だと私は予想します。
 もちろん米ドルのサブ通貨と言われる円も同様です。日本国民が目の前で体験するのは、インフレによる物価の上昇になると思います(実際は円の下落)。

 以前、ベネゼエラの国家破産を経験された小谷孝子さんの手記を掲載したことがありました。
 ベネゼエラは1000万パーセントのハイパーインフレとなりました。もちろん日本で同じようなハイパーインフレが起こると私は思っていませんが、インフレで一般庶民の生活がどのように破壊されるかを知るのは意味があると思っています。
 今回は、『国家破産ベネズエラ突撃取材』(浅井隆著、第二海援隊)から、ハイパーインフレが起きたベネゼエラで人々が体験したことを紹介させていただきたいと思います。
 まず、著者の浅井隆氏のプロローグから引用させていただきます。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p2〜p11から抜粋開始>・・・

 年率1000万%のハイパーインフレ

 ちょっと未来の話である。おそらく今から6年後に前兆が現われ、本当にすさまじいヤツは今から10年ちょっと過ぎた、2030年頃に日本に襲来することだろう。
 そのすさまじいヤツとは、「国家破産」のことである。
 現在、日本から1万キロメートル以上離れた地球の反対側、カリブ海に面した南米のベネズエラという国では、年率1000万%のハイパーインフレが国中を荒れ狂い、国家破産というどう猛な怪物が国民の財産を食い尽くしている。
 スーパーマーケットにはまったく食べ物がなく、人々は物々交換でなんとかその日の食いぶちを手に入れている。子供たちはまともに着る物もなく、裸同然でゴミ捨て場で腐った食べ物をあさって、腐乱した肉を食べて疫病などでどんどん死んでいる。
 国連が内情を見かねて「人道支援」したいと申し出たら、ベネズエラの政権側が「うちの国にそのような状況は存在しないので、来ないでくれ」と断ったため、子供たちは何の援助もないままどんどん野垂れ死んでいる。
 30数年前、この国は南米一の先進国で首都カラカスには高層ビルが立ち並び、地下鉄も何本も走っていた。石油が豊富に出るということで南米一豊かな生活を謳歌し、ヨーロッパ人もその豊かで国民性も良いお国柄に憧れて移住して来るほどだった。
 ところがその後、様々な経緯を経て国が破産し、ハイパーインフレ、食糧不足、産業の崩壊、治安の悪化という四重苦に悩むようになり、3000万人いた人口のうち1割に当たる300万人が海外に逃亡(しかも、一番優秀なエンジニアなど)するという事態となった。
 したがって、世界一の原油埋蔵量があるというのにまともなエンジニアがいないため、石油を掘ることもできない。ついに、この国にいては死んでしまうと意を決した人々が隣国コロンビアを目指して民族大移動し始めたが、コロンビア側が軍隊を国境に出したために行き場を失い、地獄絵図が繰り広げられている。しかも、情報封鎖されているため全貌は見えてこない。

 混迷のベネズエラ情勢を取材

 今回、意を決してベネズエラ突撃取材を敢行しようとしたが、結論からいうとベネズエラに入国しての取材はできなかった。事の顛末はこうだ。
 2018年9月にベネズエラの惨状を知り、取材と子供たちの救済をかねてぜひ行ってみようと決めた。そして情報収集を重ね、治安が極度に悪いということを知らされた。首都カラカスには食べ物もほとんどないため、人々は生き残るために人間の理性や道徳をかなぐり捨てて何でもするという。言ってみれば、仏教で言う餓鬼道である。まさに修羅場と言ってよい。
 強盗、殺人、誘拐は当たり前、ピストルが一般に出回っているため、住宅街の夜は危険きわまりなく、狙われたらひとたまりもないという。5〜6人の武装した集団の男たちに侵入されたら、もうお終いだ。
 しかし、私は治安が悪いことなどなんとかなると思い、現地の警備員(元特殊部隊)を2〜3名雇ってでも行こうとした。
 ところが、さらに悪いニュースが入ってきた。得体の知れない疫病が国中に蔓延しているという。しかし、元々私は免疫力はある方だし、薬も十分に持って行けばなんとかなるだろうと、この段階でも行く気に変わりはなかった。
 だが、最終的にどうしてもベネズエラ入国をあきらめざるを得ない状況が出てきた。というのは、このベネズエラという国は北朝鮮を上回るような狂気の独裁国で、現在のニコラス・マドゥロ大統領率いる政権側は、政権中枢の百数十人を守るためなら国民2700万人が全員死んでもかまわないという考えで、反対派を押さえ込むために国中に秘密警察と密偵を置き、外国人でも取材にやってきて国にとって不都合なことを暴こうものなら、連行してブタ箱にプチ込むというのだ。そして、そこには食糧が一切なく、1週間で死ぬという。これはいくらなんでもたまったものではない。まさに犬死にである。目的も果たせずにただ餓死というのは、いくら何でも意味がない。
 先ほどの治安の問題にしても、現地の武装警備員を雇ったとしてもその中に内通者がいて、強盗団に「こいつら日本から来て、カネを持っているぞ。一緒に襲ってしまおう」ということがよくあるという。
 そこで、最終的にベネズエラ入国を断念し、代わりに@以前破産し、また破産しそうなアルゼンチンへまず行って取材し、A次にベネズエラから距離的にも近く、また国家同士も仲が良いキューバも訪れて、そこへベネズエラから人を呼んで直接取材をし、さらにB日本から直接ベネズエラ在住のジャーナリストにお金を払って、写真や情報を手に入れる、というやり方をとることにした。
 どういう形にせよ、私はベネズエラの惨状を世界に伝えるべきだと思った。その理由は、ひょっとするとその惨状は日本の未来かもしれない(多分そうだと私自身は確信しているが)ということ。これは他人事ではなく、日本はアべノミクスの結果、今や世界一の政府の借金を抱え、返すアテすらない。10年後に同じ運命をたどったとしても何の不思議もない。つまり、教訓を私たちは得られるかもしれないと考えたためだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、浅井氏は治安の悪化からベネズエラ国内での直接取材は断念せざるを得ませんでした。
 そこで隣国のアルゼンチンとキューバで、ベネズエラから逃れてきた人々に取材することにしたのです。
 一人目は、ベネズエラで弁護士をしていた女性です。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p86〜p92から抜粋開始>・・・

 涙ながらの悲痛な叫び−−−元弁護士の女性

 ブエノスアイレスのホテルで行なったインタビューの中でも、一人目の弁護士リビアさん(29歳女性)は、最初から本人が泣き崩れてしまうという衝撃的なスタートだった。「もう二度と帰りたくない、祖国だけれど帰りたくない、家族は全員世界中に散り散りで、あれは国ではない、生き地獄だ」と私たちに涙ながらに訴えた。
 隣国コロンビアに近いベネズエラの都市サン・クリストバルで生活していた彼女は、2018年5月にコロンビア経由でアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに逃げてきた。渡航費用は友人からお金を借りて、やっと脱出することができたという。ベネズエラから近隣諸国の中南米を中心に全国民の1割以上、300万人を超える人が難民として流出している。彼女も必死の思いで、南米大陸南端の遠くアルゼンチンまで逃げてきた。
 しかし、2018年の10月には一度、ベネズエラに戻っている。せっかく脱出できたのになぜか? それは、彼女がこよなく愛していた警察官の弟が何者かに射殺されたためだ。ある大手企業トップの護衛に、5人の警察官が付いていたというのだが、なんと5名全員がピストルで射殺されたという。殺された理由は、警察官の拳銃を奪うためであった。
 しかし、警察当局や政府は「警察官5名が、裏で悪の道に走っていたため殺された」という、真実からは程遠い内容で伝えたという。変わり果てた弟に会い、母と病気の祖母を残して再び11月にアルゼンチンに戻ってきたというのだが、お金がないので陸路でバスなどを乗り継ぎながらコロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチンと15日間かけてきたという。
 ベネズエラの治安は非常に悪く、日中でも携帯電話を見えるところに持っていようものなら、すかさず窃盗犯がバイクで近づいてきてピストルを突き付けられるという。そうなったら、相手の顔を見ずに下を向いて携帯を差し出すしかない。顔を見た瞬間、いとも簡単に撃ち殺されてしまうからだ。
 さらに、日々の生活でも電気は絶えず停電し、水も出ない。近くの川から泥交じりの水を汲んできて、沸かすこともできずにそのまま飲んでいたという。私たち日本人が同じことをしたらたちまちお腹を壊すだろうし、下手をすれば細菌に侵され命取りになるかもしれない。それを彼女に言うと、「私たちべネズエラ人は強い免疫力を持っているから、泥水くらい全然平気!」と笑顔で答えてくれた。私は彼女から、本当の意味でたくましく生きるということを教えられたように感じた。
 現在彼女は、11月にアルゼンチンに戻った際に出会った男性と一緒に、他のベネズエラ人3名と5人で同じアパートメントで生活している。男性はベネズエラにいた時から勤めていた中国企業がアルゼンチンにも拠点を持っていたため、そこでコールセンターのオペレータの仕事に就いている。しかし、彼女を含む他の4名は、なかなか仕事がない状況だという。彼女もベネズエラでは弁護士の免許を持っているが、アルゼンチンでは通用しない。スーパーの試食販売のアルバイトに就いたが、1日でクビになってしまったという。アルゼンチンに難民として入国したベネズエラ人は、13万人以上いるとも言われており、アルバイトなど替えはたくさんいるのだ。
 先の見えない状況の中にいる彼女に、持ち前の明るさで強く生き抜いて欲しいと祈るしかなかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、浅井さん取材班一行が泊まったホテルで出会った、リチャードという青年です。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p93〜p98から抜粋開始>・・・

 母国に残っている家族のために働いて送金する

 宿泊したブエノスアイレスの高級ホテルでは、ビュッフェ形式の朝食の際、テーブルごとに担当スタッフが付いた。高級ホテルということもあるのか、そこで働くスタッフはプライドが高く、日本のように笑顔で愛想良く対応してくれる人はなかなかいない。
 ある日、私たちのテーブルの担当に付いた青年がとても感じ良く、笑顔での応対がとても良かった。私は、思わず彼に声をかけた。「とても感じがいいね! どこから来たの?」。なんと、彼は笑顔で「ベネズエラから来ました」と答えてくれたのだ。ベネズエラから逃げて来てもなかなか良い仕事にはありつけない状況の中、高級ホテルでの職を得ることができて、彼は必死に大切な仕事を行なっていたのかもしれない。私はすぐに彼に取材の依頼をし、翌日、外のカフェでインタビューすることとなった。
 彼の名前はリチャード(22歳)と言い、ベネズエラでは大学でジャーナリズムを専攻していたという。待ち合わせの場所には、彼の知り合いというベネズエラ人の女性を連れてきた。一緒に来た女性の名はキンベルリーと言い、20歳だというがプロフィールを聞くまではリチャードさんより年上の女性だと思っていた。リチャードさんは、大学の後輩である彼女にアルゼンチンまでの渡航資金を借りて、やっと出国できたという。彼女は「仲間同士で協力しあうことがとても大事なこと」だと言う。アルゼンチンでお金を稼いで、母国にいる家族に送金したり、出国できない仲間に貸してあげているという。そして、そのお金で出国できた人が働いて、また誰かを助けて行く。
 姉御肌で20歳には見えない、何かを悟ったような落ち着いたそぶりの彼女は、その強い眼光も印象的だった。
 ベネズエラでの彼らの生活は、その日に食べる物を調達することすら大変だったという。携帯電話を使って、どこのスーパーで何が売られているか、またその時の貨幣の価値がいくらになっているかを常にチェックしていたという。ベネズエラでは元々「ボリバル」という通貨が使われていたが、2018年8月にはハイパーインフレのために通貨を5桁切り下げるデノミが実施され、新通貨「ボリバルソベラノ」に切り換えられた。1ボリバルソベラノは旧ボリバル通貨に換算すると10万ボリバルとなったために、商品価格の桁が変わり、大混乱になったという。月に何倍ものペースで物価上昇が続き、ついさっきまで100ボリバルソベラノで買えた彼らの主食となるトウモロコシの粉「アリーナパン」が、数時間後には倍の200ボリバルソベラノになる有様だった。リチャードさんがベネズエラにいた時には、1日に1回食事ができたら良い方だったという。
 彼らが使用していた通貨はデビットカードで決済されており、実際には新紙幣を見たことがないという。政府が新通貨に切り替えたものの印刷が間に合っておらず、ほとんど世に出回っていないのが現状なのだ。買い物はデビットカードで決済するが、移動に使うバスやタクシーには現金が必要で、100ボリバルソベラノのキャッシュが必要な場合は信頼できる現金を持つ友人の口座に200ボリバルソベラノをネットから振り込んで、100ボリバルソベラノ分の紙幣を手に入れるという。つまり、現金を倍の金額で購入するのだ。
 ただし、取材を通じてわかったことだが、首都カラカスなどでは特に、ベネズエラの貨幣よりもなんといっても強いのは米ドルで、それをいかに蓄えるかが大切だという。
 2人にベネズエラに戻りたいかという質問を投げかけたところ、リチャードさんは、「今はベネズエラに残っている母や姉(エクアドルで働いている)の赤ちゃんに働いたお金を送金しているが、いつか母たちも脱出できるようにしてあげたい。でも、僕自身はもう二度と戻りたくない」と答えた。一方、キンベルリーさんはベネズエラに残してきた病気を抱える祖母のことを一番気にしており、「薬さえあれば良くなるのに、その薬すら手に入らない。いつか戻って家族の面倒をみたい」と力強く言っていた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、ベネズエラからアルゼンチンに逃れた音楽家のジョセフさんさんです。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p99〜p104から抜粋開始>・・・

 神は信じるが、教会は信用できない

 ブエノスアイレスの地下鉄の駅のホームで偶然出会ったのは、音楽家のジョセフさん(33歳)だった。ホームで民族楽器の笛を使って見事に曲を奏でる彼に声をかけたところ、ベネズエラからアルゼンチンに2年半前にやってきて、お金を貯めてようやく1年前に8歳の娘と弟を呼び寄せることができたという。
 ベネズエラでは、母と2人の弟と娘とで暮らしていたが、1日1日をなんとかやり過ごすだけの日々が続いていたという。日中外に出てもピストルを突き付けられることもあり、用事がない限りできるだけ家にいるようにして外出もしない。以前はまともな経済活動ができたのに、しばらくすると、兄弟の仕事も会社も工場も、すべてなくなってしまった。
 月給が4500ボリバルソベラノで、米ドルにすると6ドルくらい。36個の卵が2300ボリバルソベラノもするので、月給の半分が卵でなくなってしまう。日常使う洗濯洗剤が、2000ボリバルソベラノもするという。
 必需品である小麦粉や油などの主要品目は、政府との間に立っている仲介業者であるマフィアが牛耳っていて自分たちには回ってこない。スーパーに並んだとしても高価な価格になっていたり、品物があったとしても粗悪品も多い。海外でも展開しているような大企業はベネズエラから去って行き、中小企業はほぼ壊滅状態、残ったのは国営企業だけになった。現大統領は中南米の共産主義の国に操られており、自国としては何もできないし、しようともしない。
 子供たちの通う学校も、1クラス30名の3クラス計90名だったのが1クラスだけになり、それも10〜15名しかいなくなってしまった。ほとんどの子供が海外に逃げてしまったためであるのと、その日その日の食糧を確保することが大事で学校に通っている場合ではないという状況の家が多いためだ。ジョセフさんに、「ベネズエラから遠く離れたアルゼンチンになぜ娘を呼び寄せたのか」と質問したところ、アルゼンチンは医療が無料で受けられ、何より学校教育も無料で受けることができるからだという。ベネズエラに娘がいた時は、早くちゃんとした教育を受けさせてあげたいと思っていたという。
 もし?ベネズエラの子供たちの救援のために何かしたいとしたら、現地の教会に寄付すれば子供たちのために活かされるのかとたずねたところ、彼の答えは「ノー」だった。特にカソリック教会は政府と結託しており、「彼らは生き残ること、お金を得ることしか考えていない。僕は神は信じるが、教会は信用できないと」きっぱり答えた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやらベネズエラでは、現代版“姥捨て山”が行われていたようです。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p104〜p110から抜粋開始>・・・

 おばあちゃんを公園に連れて行って捨ててくる

 最後に、つい1週間前に逃げて来たという大学教授(女性)にインタビューをした。私は過去にあれほどまでおびえ、あまりにも悲しいものを見てきてしまったという目をした女性に会ったことがない。彼女は政権からも弾圧を受け、周囲は治安が悪く本人も誘拐され、強盗事件にも遭い、食べ物もない中で政権の恐ろしさ、ハイパーインフレの恐ろしさを見てきたという。礫になったキリストでもあそこまで悲しい目はしていないだろうなというくらい、悲しく虚ろな目であった。彼女も、インタビューの途中で、残してきた旦那さんのことを思い、泣き出してしまった。
 それと好対照だったのが、彼女に付き添ってきたレジスタンスの闘士のような女性だ。彼女自身もベネズエラから逃げてきたけれど、ベネズエラ政府のことが許せず、逃げてきた人を支援しながら政府をいつか打倒してやるという闘志を持っていた。
 大学教授の方は、絶対に顔は撮らないこと、撮っても後ろ姿のみにしてほしいと言う。彼女の話もすさまじかった。ご主人と2人とも誘拐されて、すべてを盗られ山の中に捨てられたという。ガソリンスタンドでトヨタの大きな四輪駆動の車の給油をしていたところ、ピストルを持った男たちに襲撃され車を持って行かれてしまったことをおびえながら語る彼女は、つい1週間前までベネズエラで生活しており、まだ恐怖心に強く捕らわれている状態だった。
 彼女の月給は米ドルで24ドルだったが、卵36個を買うのに月給の半分は使わなくてはならなかったという。前出のジョセフさんのインタビューで聞いた卵の価格と彼女の価格に違いがあるのは、生活していた地域による違いもあるが、数年前のジョセフさんの価格とつい最近まで生活していた彼女との時期の違いが大きいと考えられる。インフレが続いていることが、よくわかる。
 街はゴミ収集車が来ないのでゴミの山になっていて、それをあさりにごく普通の人が集まって来るという。空腹に耐えられず腐っているか臭いを確認して、その場で食べてしまう人も多いという。大学教授として、特殊教育の先生を育てるのを専門としていたが、授業に大学生がほとんど来ない。学生は今日の食べ物を探すのに精いっぱいで、授業どころではないのだ。久しぶりに学校に来ても、授業中に栄養失調で倒れてしまう生徒もいた。彼女自身も食べ物を手に入れるのは大変で、1羽の鶏を手にいれるために炎天下の中を立ち続け、途中雨も降る中で8時間も並んだという。やっと鶏肉を手に入れることはできたが、身体はすでに衰弱しており、その後5日間も寝こんでしまったという。
 また、彼女の知っているいくつかの家庭では、将来がある子供たちに食べ物を与えることが最優先で、高齢のおばあちゃんをどこかの公園に連れて行って捨ててきてしまったという。まさに日本でもその昔、ある地域で行なわれたという“姥捨て山”だ。置いていかれたおばあちゃんは事情を察してか、後を追いかけてくることはない。人間社会とは思えない光景が、現代のベネズエラには存在しているという。
 彼女はご主人と2人で逃げて来たかったと言うが、どうしても2人分の航空券を買うお金がなかった。そのため、夫を残してきてしまった罪の意識にさいなまれている。「あまりにも異常な出来事がベネズエラでは実際に起きているということを、世界のたくさんの人々に知って欲しい」と彼女は語った。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に紹介するのは、以前掲載した小谷孝子さんの元ご主人のベネズエラ人、エクトルさんという人へのインタビューです。
 取材場所はアルゼンチンからキューバへと移っています。


 ・・・<『国家破産ベネズエラ突撃取材』、p117〜p124から抜粋開始>・・・

 キューバにて、ベネズエラ人を呼び寄せて取材

 いよいよ取材も終盤に近付き、ベネズエラから程近いキューバにベネズエラ人を呼んで話を聞くという最後の取材に入った。社会主義国であるキューバへの入国には、入国目的を証明するツーリストカードが必要で、それは最初に搭乗するアルゼンチン・ブエノスアイレスの空港、パナマ空港、そして最後に入国するキューバのハバナ国際空港とすべての空港においてチェックされる。
 一方で、ベネズエラからパナマ経由でキューバ入りするベネズエラ人のエクトルさんも、ベネズエラでキューバ大使館からの入国ビザの承認がなかなか出ず、ぎりぎりまで実際に会えるかどうかわからない状態だった。
 入国チェックが厳しいと聞いていたので緊張気味にハバナ空港に到着したが、案の定、私自身は荷物検査でなんとWi−Fiルーターを取り上げられ、その手続きに3時間もかかってしまった。午前中早めにホテルに着く予定が、お昼過ぎの到着になってしまった。大変な国に来てしまったと、つくづく思った。
 その後、ホテルでエクトルさんと無事に会うことができたのだが、エクトルさんは経由地のパナマで渡航目的を何度も繰り返し尋ねられ、1時間も身動きができない状況だったという。お互い、やっとの思いでキューバにたどり着くことができ、インタビューが実現したのだ。
 エクトルさん(71歳)は、建築家で冒頭の手記をお書きいただいた小谷孝子さんの元ご主人である。まずは、なぜベネズエラに食べ物がないのか、その理由を聞いてみたところ、政府が流通も含めた今までの生産システムを破壊して、政府が認めた仲介業者(実態はマフィア)に輸出入も含めたすべての権利を与えており、その仲介業者は商品が高値で売れるまで流通させず、結果的に在庫がダブついたり腐らせたりしてしまうせいだという。しかも、流通に卸す際に質の悪い物を混ぜ、そこでも利幅を抜いているという。その上、ベネズエラ国内に流通させず隣国コロンビアに流すことさえあるというのだ。
 栄養失調で亡くなっている子供たちがたくさんいる中、自分たちの私腹を肥やすことしか考えていない一部の悪魔たちに市場が牛耳られていて、一般の市民が活用するスーパーマーケットにはほとんど商品は置かれておらず、何か品物が入荷した情報が入れば市民が殺到する。一方で、ごく一部の富裕層が通うスーパーマーケットには、高額ではあるが物が溢れているという。
 また、政府を支持するプログラムに登録した者だけが、政府から2週に1回、食糧を配給してもらえるという。米や小麦粉、スパゲッティなど20品目の何かが配給されるのだが、ほとんどの物がフェイク(偽物)で、半分は本物だが半分はバッタ物が入っていたりするという。
 先ほどの“姥捨て山”の話を聞いてみたところ、エクトルさんの知る限りでは老人を公園に捨ててくるという話は聞かないが、子供がある程度大きくなってきたら家から出されてしまうという話はあるとのことだった。
 たとえば、家族に12歳、10歳、7歳、5歳の子供がいたとしよう。その場合、親が「10歳を超えたらもう大きいのだから、自分で食べて行けるだろう」と言って上の子2人を家から出て行かせるそうだ。わずか10歳の子供が、どうやって生活の糧を稼ぐことができるというのだろうか。結果、その追い出された子供たちが食べ物を確保するためにギャング化したり、犯罪組織に組み込まれて行ったりするという。とても悲しい状況が深刻化している。
 ベネズエラではたとえ強盗に入られても警察は呼ばないという。なぜなら、警察官そのものが現場捜査といって家にある金目の物をすべて持って行ってしまうからだ。一体、何を信じればよいのか。
 エクトルさんには娘がいて、母親が日本人であるということもあり、娘は日本に一時的に来ているが彼女自身は速やかにベネズエラに帰国し、父親の下に戻りたいと言っている。父親であるエクトルさんに「娘さんにはベネズエラに戻って来て欲しいですか?」と質問したところ、「いとも簡単にピストルを突き付けられてしまう国に、戻って来て欲しいと言う親が世界中どこにいますか? あなたなら戻したいですか? 答えはノーですよね」。エクトルさん自身は預金を切り崩しながらベネズエラに留まって、どうにか生活して行くと語った。
 ここには掲載できなかったが、かなりの手間と取材費をかけてアルゼンチン、キューバでこれ以外にも様々な人々と出会って話を聞いてきた。これも一重に読者の皆さんに国家破産とは何なのか、今、現実にベネズエラで起きていることはどんなことなのかをよく知って欲しいと思うためだ。そして、国家破産したベネズエラの状況を対岸の火事と思わずに、いつ自分たちの国がそのような惨事に見舞われても大丈夫なように備えてほしいと強く願っている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ベンジャミン・フルフォード氏は、米ドルには2種類あり、一つは米国内で流通する米ドルと、各国が貿易の為の準備通貨として溜めている決済用の米ドルがあるといいます。
 前回の記事、「『一神教の終わり』から」でフルドード氏は、米国内で流通する米ドルは、「いずれ従来のドルの100分の1、いや1000分の1の通貨価値になっても不思議はない」と言っています。
 しかし、各国が保有する貿易用の準備通貨である米ドルの暴落についての言及はありません。
 それゆえ、単純に米ドルが暴落するという言い方はできないのかもしれません。
 これがどうなるかは未知数です。



『一神教の終わり』から...2021年8月22日

 最近のテレビ報道では、新型コロナに感染したが病院に受け入れてもらえず、自宅療養となった人が死亡したといった話が多くなっているようです。また、医療機関がひっ迫していて、妊婦が病院から断られて、生まれた赤ちゃんが亡くなったといった話もありました。
 報道の基本路線は以前と全く変わらず、人々を恐怖に陥らせ、兎にも角にも「ワクチンを打て!」と誘導しています。
 「ワクチンを打てば感染しないし、人にうつさない」、「ワクチンを打てば重症化しない」といった話は真赤な嘘なのですが、嘘も百回言えば本当になるというのは、今の日本人を観ていて納得せざるを得ません。
 事実は、ワクチンを打ったらウイルスを周囲に撒き散らすスプレッダーになるし、ワクチンを打たなかった人より、はるかに重症化しやすくなるのですが、これは報道機関にとっては、ダブー中のタブーでしょう。
 芸能人の野々村真さんが新型コロナウイルスに感染して入院したという報道がありましたが、ネットに野々村さんの奥様のインタビューの記述がありました。

 「野々村真さんの奥様のインタビューの中で、コロナワクチンしてたので安心していたのですがと口を滑らせたのか、ハッとした顔をしてサラッと流した風に感じた」

 ワクチンを打てば大丈夫、というのが報道機関のシナリオ(洗脳)なので、ワクチンを打ったのに新型コロナで病院に入院したという話は、絶対に知られたくないことです。
 それゆえ、影響力のある芸能人に対して、「ワクチンを打ったのに感染した」という話は、絶対に口にしないようにという箝口令が敷かれているのでしょう。

 こうした新型コロナとワクチンに関する日本人への洗脳は、どのくらい成功しているのか気になります。
 一説には、9割の日本人が洗脳されているといいます。
 もちろん、「私は洗脳されています。○か×か」といったアンケートをとった結果は無いのですから、あくまでも印象でしかありませんが、私も9割と言うのは妥当な数字に思えます。
 ただし、世代間に大きなギャップがあるようです。
 日本で一般家庭にテレビが普及していったのは、1950年代後半から1960年代前半です。
 戦後の混乱から経済が発展していく中で、テレビで力道山の空手チョップや巨人戦に熱中した当時10代〜30代の多感な世代は、今は60代〜80代です。
 この世代の情報源は、テレビ、新聞などのマスコミが主流です。
 聞いた話ですが、地方に住む60代〜80代の人々は、NHKの報道で言っていることと、地元の新聞に書いてあることが一致したら、それが「事実」であると信じ込んでしまうそうです。
 65歳以上の新型コロナワクチンの接種率が、85%に達したというのも、なるほどと思います。

 しかし、若い世代になると話はガラッと変わってきます。
 スマートフォンの登場です。
 日本で本格的にスマートフォンが普及したのは2010年代です。
 10代〜20代の多感な時期に、スマートフォンが生活の一部となった世代は、情報源がネットです。
 ネットはフェイク(嘘)も多いですが、真実の情報も少なからず含まれています。
 相反する意見を比べて、自分の頭でどちらが真実か判断するというのが本来あるべき姿だと思いますが、ネットから情報を得れば、これができます。
 子供にアンケートをとって将来の夢はと聞いたら、ユーチューバーが上位にくるようになったことからも、この世代はテレビを見ないし、新聞も読みません。
 つまり、テレビや新聞の洗脳を受けない世代だということです。
 知人に聞いたのですが、知人の高校生の息子は学校から帰ったら一切テレビを見ないで、もっぱらスマホをいじっているそうです。これは、こうした若い世代に共通することのようです。
 それゆえ、政府やマスコミは、この世代にいかにワクチンを打たせるか大いに悩むことになります。
 少し前ですが、若者に人気がある吉本興業のタレントを使って、ワクチン接種キャンペーンを行っていました。
 また群馬県では、若い20代〜30代を対象に、ワクチン接種を完了したら抽選で車や旅行券が当たるというキャンペーンを始めました。
 洗脳できないので、金(物)で釣ろうというわけです。
 さらに政府は、夏休みを利用して教員や生徒に集団接種をするように促しています。これは極めて狡猾な策です。なぜなら子供には接種するしないの選択権がありません。
 親が打てと言えば、打たざるを得ないからです。
 親御さんには、子供の健康を守るのは親の責任だということを重々噛み締めてもらい、マスコミや他人の言動ではなく、自分で情報を拾い、自分の頭で分析し、自分で最終判断をしてほしいと願わざるを得ません。

 東京都の小池知事は、緊急事態宣言の中、「県境をまたぐ移動は控えて」と訴えています。
 ところが、今日のヤフーニュースにこんな記事が出ていました。
 新潟県湯沢町で開催されている「フジロック」に、東京から若者が大勢参加して熱狂しているといいます。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6402330

 こうした世代は、政府やマスコミの洗脳が効かない世代でしょう。
 私は、新型コロナワクチンの接種率と世代間による洗脳率は、きれいに正比例しているのではないかと想像しています。

 前置きが長くなりました。
 本題に入ります。
 私は、ベンジャミン・フルフォード氏の新刊『一神教の終わり』(ベンジャミン。フルフォード著、秀和システム)の冒頭の「プロローグ」を読んで、驚くことがありました。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、本の編集者から「この1年の一番の変化は何でしょうか?」と聞かれて、「先進国の市民が目覚めたことだ」と即答したのです。
 日本は先進国でありながら、ほとんどの国民が眠っていますが、欧米ではどんどん目覚めてきているというのです。

 『一神教の終わり』(ベンジャミン・フルフォード著、秀和システム)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『一神教の終わり』、p1〜p2から抜粋開始>・・・

 プロローグ

 タイトルは「一神教の終わり」。私の著書のなかでも異色作となった。
 これまで秀和システムから出した本は、副島隆彦氏との対談本は別にして、私のメールマガジンをベースにしてきた。メルマガは速報性を優先する。いま、何が起こっているのか、何が起きたのか、これから何が起きそうなのか、その最新情報を届ける。しかし、それはあくまで現時点での兆候であり、空転する日々のニュースから時おり距離をとり、長いスパンで世界の動きを見ておかないと、今起きている出来事の本当の意味合いがわからなくなる。
 そこで半年から1年分のメルマガ情報を精査し、大きなテーマや枠組みでまとめていき、しっかりと整理する。イメージとしては報道番組の「特集」であろうか。そのうえで秀和システムからの依頼で資産運用に関心を持つ人や「個人投資家」を読者ターゲットにし、彼らが普段の情報源では入手しにくい国際社会の「裏」の動きや情報を提示するスタンスで本を出してきた。本書も本来は、そうなる予定だったが、打ち合わせの最中、編集者に「この1年で、一番大きな変化は何でしょうか」と尋ねられ、「先進国の市民が目覚めたことだ」と即座に答えた。とくにアメリカ大統領選拳を通じて、ものすごい勢いで、これまで陰謀論と切り捨てられてきた「真実情報」が、多くのアメリカ人に届くようになった。それまでディープ・ステートやロックフェラー、ロスチャイルド、英国王室が「世界の黒幕」であるとか、闇の支配者の存在など、一笑に付していた人たちが変わったのだ。ジョー・バイデン陣営による不正な票の操作、大手メディアによるインチキパンデミックの「恐怖」を過剰なまでに煽って「ワクチン」を接種させようとする動き、ヘリコプターからお札をまくかのようなコロナ支援金のばらまきなどによって、どんどん、目覚めていった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本では9割の人々が眠って(洗脳されて)いて、政府やマスコミは嘘八百、言いたい放題、やりたい放題ですが、欧米では、それを嘘だと見抜く人々がたくさん出てきたというのです。
 本当でしょうか。
 本当であれば凄いことだと思います。
 上記の引用文にはありませんが、ベンジャミン・フルフォード氏によれば、欧米の4割の人々が政府やマスコミを信じなくなったといいます。

 政府やマスコミの言うことを鵜呑みにすることなく、自分で情報を拾い、自分の頭で分析し、自分の頭で結論を出すようにすれば、世の中でいかに「おかしい」ことが行われているか見えてきます。
 これから紹介するのは、ベンジャミン・フルフォード氏が世に中を眺めていて、「おかしい」と感じたことです。


 ・・・<『一神教の終わり』、p166〜p172から抜粋開始>・・・

 実際、トランプ政権末期以降、ちょっと立ち止まり、冷静になって世の中を見渡せば、明らかにおかしな話で溢れている。とんでもない話がゴロゴロしているのだ。
 その典型が、いまのインチキパンデミックだろう。
 確かに抗ウイルス薬は効かないのかもしれない。だが、それでどうして世界経済が止まってしまうのか。タミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬の登場は1990年代以降のこと。それまで「風邪」(インフルエンザ)に効く薬はなかった。そのため悪性の流感(インフルエンザほか)が流行すれば先進国でも普通に万単位で死者が出ていた。
 アメリカでは5000万人以上の医療保険を持っていない貧困層がいる。そのため通常のインフルエンザでも毎年、数万単位で死者が出る。新型コロナウイルスの前、アメリカでは悪性インフルエンザで「8万人前後の死者が出る」と予想されていた。また日本でも年間12万人が肺炎で亡くなる。日本人の死因の第3位である以上、肺炎死は珍しくはない。
 たとえ新型コロナウイルスで亡くなる人がいても、それは「当たり前」なのだ。風邪でも亡くなるのだ。なぜ、ひとりでも新型コロナウイルスで死ねば大騒ぎするのか、まったく理解できない。
 道を歩いていて、人が苦しみながらバタバタ倒れているわけでもない。むしろ、「コロナ禍」前のほうが体調の悪い人をよく見かけたぐらいだろう。町中で咳き込む人すらいなくなった。毎年、春には花粉症で苦しむ人を見かけたが、それすらいないではないか。
 知人や親族に新型コロナウイルスで亡くなった、あるいは入院したという人がいるという人にもめったに会うことはない。
 そのような「病気」でどうして経済が止まるのか。普通に考えれば、明らかにおかしいし、異常なストーリーが蔓延していることに気づく。

 ◆インチキパンデミックに貢献したPCR検査

 PCR検査もそうだ。本来、医学的にいえばPCR検査は珍しいウイルスを特定するためのものだ。病院に運ばれた人が何の病気か分からない。そこでPCR検査をする。PCR検査はウイルスのRNA残滓(ざんし)、ようは残りカスを増殖させることによって、どんなウイルスなのかを特定する検査だ。めったに感染しないレアなウイルスだから、増殖されたRNA残滓のタイプから特定できるのだ。
 さて、コロナウイルスは、この世界で最もポピュラーなウイルスである。通常の風邪のウイルスであり、犬や猫といったペット、牛などの家畜にも感染する。世の中に溢れているウイルスなのである。通常のコロナウイルスとの違いを、どうやって判断しているのか。それを説明する医療機関を知らないし、そんな説明を聞いたこともないだろう。
 繰り返すが、PCR検査をすれば世界で最もポピュラーなあらゆるタイプのコロナウイルスがひっかかる。結果、それを大量の「新型コロナ感染者」と騒いでいるにすぎないのだ。日本でPCR検査を大量に引き受けているのは外資系のハゲタカファンドが運営する会社だ。この会社の検査キットを使えば、誰でも確実に「感染者」になれると評判で、検査キット自体が「コロナのRNA」で汚染されているのかとさえ思えてくる。
 だいたいコロナに感染したところで、普通の風邪になるか、風邪になる前に自分の免疫で自然に治癒するかだろう。たとえ新型コロナに感染していたとしても検査前にうがいをすれば、それだけで検査は陰性になる。その程度のものでどうして経済が止まるのか。まともな思考力があれば、誰だって疑問に思うだろう。
 新型コロナウイルスの前、ディープ・ステートたちは新型鳥インフルエンザでも「インチキパンデミック」を引き起こそうとしていた。もし新型鳥インフルエンザでPCR検査をすれば、通常のインフルエンザと判別はつくまい。ごく普通のインフルに感染した、あるいは感染していた人は、軒並み「新型鳥インフルエンザ」の感染者にでっち上げられたことだろう。
 もう少し付け加えよう。
 いま、複数の団体や当局がCDC(アメリカ疾病対策予防センター)、WHO、日本の厚労省など、新型コロナウイルスに対処する60ヶ国の公的機関に「新型コロナウイルスに関するエビデンス(医学的根拠)」を提出するよう要請している。だが、どの機関も一切、エビデンスを出してない。出さないのではない。「出せない」のだ。つまり、何の根拠もなく、いまのインチキパンデミックを行っているのだ。
 少なくとも私が調べたところでは、5Gの電磁波は人の免疫システムにダメージを与えていることが判明している。とくに肺がその機能上、5Gの電磁波でダメージを受ける。
 つまり今の「コロナ被害者」とは5Gの広まりで肺の部分がダメージを受けている人たちが「通常の風邪コロナ」や「通常のインフルエンザ」に感染し、思ったより深刻な被害を受けることもあるという話であろう。逆に5Gを止めれば、「コロナ被害」も完全に止まるのである。
 一方で2016年、ロバート・ロスチャイルドは「COVID19を特定する検査方法」のパテント(特許)を取っている。コロナウイルスの「新型」を特定する特許であり、どう考えても2019年にパンデミックが起きるのを「知っていた」としか思えまい。


 ◆インチキはバンデミックだけではなく、経済問題全般に及ぶ

 ワクチンもおかしなことばかりだ。
 通常のインフルエンザのワクチンにせよ、日本では年間2000万人前後が接種し、それでいて年間数千人がインフルエンザで亡くなっている。持病や高齢などの関係で、この程度の被害が普通に出るのだ。当たり前だが、インフルエンザのワクチンを接種すれば、悪化しにくくなるだけで、普通にインフルには感染する。悪化しない分、ワクチン接種者が媒介者となってインフルエンザウイルスをまき散らしているのが実情だろう。
 コロナワクチンもまったく一緒だろう。もしワクチンが本当に「効果」があるならば、ワクチン接種者は新型コロナに感染して被害者を増大させるだけだ。
 わずか9ヶ月足らずでワクチンができたのも普通は疑問になる。なぜ、そんなに早くにできたのか、と。最初からウイルス兵器として作り、ワクチンも作っていたというほうがまだ信じられよう。インフルエンザがそうであるようにワクチンを打とうが打つまいが、感染する人は感染するし、発症する人は発症する。その程度のシロモノに、なぜ、大騒ぎするのか、まったく理解できない。
 ちょっと考えれば、いまの状況の異常さを誰もが気づくはずなのだ。何をどう考えても、何かがおかしい、と。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ベンジャミン・フルフォード氏の「おかしい」は、インチキパンデミックだけでなく経済にも及びます。
 これも面白かったので、掲載させていただきます。


 ・・・<『一神教の終わり』、p172〜p175から抜粋開始>・・・

 おかしいのはワクチンやウイルスだけではない。経済でもそうだ。
 たとえばイーロン・マスク率いるテスラ・モーターズの株価は、2021年5月現在、トヨタの時価総額の4倍(83兆円)に達した。2020年7月、トヨタの時価総額21兆円を抜いたと話題になったが、そのときも2019年からわずか1年で時価総額が4倍に跳ね上がっていた。それから1年足らずでさらに4倍にまで膨れあがった。
 年間810万台を生産し、世界最高品質を誇るトヨタと、全世界250社の自動車会社の品質を調査するJDパワーの発表で世界最低品質と評価され、年間わずか50万台足らずの生産量のテスラが、どうして時価総額で4倍の差がつくのか。まともな経済感覚と「常識的な思考」があれば、いまのアメリカ経済が異常事態にあると簡単に理解できるだろう。
 「アメリカで流通しているドル」は、すでに国際通貨としての機能を喪失している。アメリカの「国内」で流通しているドルは、もはや「ジンバブエドル」と何ら変わらない代物なのだ。実質、今のアメリカ国内で流通するドルは、いずれ従来のドルの100分の1、いや1000分の1の通貨価値になっても不思議はない。
 こうした事例が、いま、山のように存在している。テスラだけ見ても何をどう考えても「絶対におかしい」と誰もが思う。
 こうした疑問を多くの人が「声」に出すようになった。これまで「陰謀論」など一切、信じてこなかった、むしろ、馬鹿にしてきた人たちが「なんかおかしいよね」と言いだしたのだ。その声1つ1つは小さいかもしれない。だが、その影響は計り知れないほど大きく広がる。小石の小さな波紋は、どんどん重なりあって大きな波を作りだしている。
 この変化はドナルド・トランプ政権が誕生した2016年の大統領選後から、バイデン政権を作った2020年末までの間、ものすごい勢いで加速した。私が、これまでどれだけ大きな声で訴えようとしても届かなかったのが、今では、私の小さな声にまで人々は耳をすませ、必死になって聞いてくれるようになった。
 そう、ついに多くの人が「一神教」の呪縛から解き放たれていったのだ。
 アメリカを中心に一神教奴隷の大国であった先進国(G7)の人たちでいえば、ほぼ4割近くが、従来の価値観と大手メディアの報道を疑問に思うようになっている。欧州貴族たちから与えられた「ストーリー」を信じなくなってきたのだ。
 4割が離脱すれば、もはや一神教というストーリーは成立しない。1つの神、1つの物語で人々を管理できなくなった、そう言い換えていい。
 それが世界に何をもたらすのか
 これまで世界を「支配」してきた欧州貴族たちは、その支配の瓦解に対処すべく最後の「あがき」を始めた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、欧州貴族たちは最後の「あがき」を始めたようですが、それは何でしょうか。
 それは、また機会を見つけて記事にしたいと思います。



『コロナワクチンの恐ろしさ』から...2021年8月14日

 東京メトロは、車内でマスク着用を呼びかける方針に誤解を招くとして、中村篤史医師らの著作『コロナワクチンの恐ろしさ』の車内での宣伝広告を取りやめる決定をしました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080600132&g=soc

 その曰く付きの本、『コロナワクチンの恐ろしさ』(高橋徳、中村篤史、船瀬俊介著、成甲書房)を読んでみました。
 当初、アマゾンで発売禁止になったという噂があったようですが、普通にアマゾンで買えました。
 私は、中村篤史医師のサイトも覗いたことがあったので、ある程度の内容は把握していましたが、それでも知らなかったことが色々あり勉強になりました。
 今回は、新型コロナワクチンを打ってしまった人が、今後どのような対処を行えばいいかといったことに焦点を当てたいと思います。当然ながら、接種をしなかったけれども家族に接種した人がいて、一緒に暮らさなければならない状況でも同様です。
 ネットの情報によると、現時点で日本での新型コロナワクチンの接種は1億回を超え、全体の46%が接種を終えたといいます。現在1日に120万回のペースで行われており、政府が目標としているとされる日本人全体の6割の2回接種は、今年中に充分に達成できそうな状況です。
 ワクチンを打った人々は、多少の副反応はあると覚悟して打っているのだろうと思います。もちろん、アナフィラキシーショックで死亡する可能性だってゼロではないと知っているはずです。でも、打てば免疫がつくので、打たないより、打つメリットがあると思っているようです。あるいは打ちたくないけれども、職業上(ほぼ強制的に)打たざるを得ないという人も多いと思います。あるいは、職場での同調圧力が物凄くて、耐えられず打った人も多いかもしれません。
 そういう人々に、ワクチンを打っても免疫はつかない、あるいは打っても重篤化しない保証も無いことは政府も認めていると言ったら、驚くでしょうか。
 あるいは、本の帯(おび)に載っている、

「危険なのは、接種直後の副反応だけではありません。阿鼻叫喚が始まるのは2年後〜5年後なのです!」

 という言葉は、想像だにできないことでしょう。
 私の予想ですが、日本人の約6割が2回接種を終えるであろう今年の暮れ頃には、こうした事実が日本人に共有され始めるのではないかと思います(もちろん、治験中のワクチンの前提として、一定割合の偽薬(プラシーボ)が含まれているはずなので、2回接種した全員がそうなるというわけではありません。本物は2割という説もあります)。
 ワクチンを打った人々が、ワクチンの正体を知り、mRNAの効果が現れ始めるのは1年半後ぐらいと知ったときの絶望感は、想像に難くありません。
 まず本から、mRNAの効果が現れるのは、接種後いつごろからかという部分から抜粋して紹介させていただきます。
 以下の抜粋文の書き手は、中村篤史医師です。


 ・・・<『コロナワクチンの恐ろしさ』、p130〜p132から抜粋開始>・・・

 問題は、「いつ死ぬのか?」だなんて
 聞き飽きたかもしれないけど、何度でも言います。
 「コロナワクチンを打てば死にます!」
 多くの学者がそのように警告している。ただ問題は、「いつ死ぬのか?」である。

 マイケル・イードン博士(元ファイザー社副社長)
 「初回接種者のうち0.8%は2週間以内に死亡する。即死しなかったとしても、接種者の見込み寿命は平均2年である。これは追加接種によって短縮する。数十億人が悶え苦しみながら死ぬことになる。このワクチンの接種者が天寿を全うすることはない。生きながらえる期間は、長く見積もっても、せいぜい3年である」

 リュック・モンタニエ博士(エイズウイルス発見者、ノーベル賞受賞者)
 「希望はない。すでにワクチンを打った人に対する治療法はない。我々にできるのは、せいぜい大量の死者に備えて、火葬場の準備をしておくことくらいである。ワクチン接種者は抗体依存性増強(ADE)によって全員2年以内に死亡する。もはや他に話すべきことはない」

 ヴァーノン・コールマン(英国人ノンフィクション作家・医師)
 「初回接種を生き残った人も、2021年の秋から冬にかけて大量に死に始める。自然界に普通にあるコロナウイルス(野生型コロナウイルス)と接触すると免疫系でサイトカインストームが起こり、それにより死亡する」

 いちばんゆるい予想では、イードン博士の「3年」。いちばん悲観的な予想は、コールマンの「2021年の秋冬」。いずれにせよ、一度ワクチンを打ってしまった人の未来は明るくないという。
 本当だろうか?
 イードン博士はファイザー社の元副社長だから、コロナワクチンの裏の裏まで知っている。
 2年〜3年と予想する根拠は、おそらく動物実験のデータだろう。
 ひょっとしたらヒトを対象にやっているかもしれないけど(刑務所の囚人相手とか)普通はネズミやネコを使ったデータだと思う。コロナワクチンを接種したネコが全匹死んだ。その死ぬまでの期間をヒトに換算すれば、2〜3年だったみたいなことだと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 動物実験で全匹死んだから、人間にその寿命期間を延長して残りの寿命を計算した結果が2年後〜5年後ということなのでしょうが、私もこれは少し乱暴のような気がします。
 今の新型コロナワクチンは、建前として「治験中」です。
 もっと生々しい表現をすれば、人体実験中です。それゆえ、結果は治験終了後にしかわからないということになります。
 ちなみに、ファイザー製ワクチンの治験終了日は2023年1月31日、モデルナ製は2022年10月27日だそうです。
 それゆえ、あと1年半ほど待たないと、最終的な結論はでないはずです。
 しかし、動物実験で全滅したというのは事実なので、ワクチンを打ってしまった人がこの事実を知ったら、夜も眠れなくなるほど不安になることは避けられないのかもしれません。

 中村医師は、動物実験に使われる動物はケージに入れられ、ストレスフルな状態での飼育なので生命力が無いといいます。
 また当然ながら、治療薬を与えられることもないので、弱っても死を待つだけとなります。
 しかし人間には、様々な治療法を取れる余地があります。
 中村医師が提示しているのが、板藍根(ばんらんこん)、スラミン(松の葉)、炭です。
 私は、スラミンは知っていましたが、板藍根と炭は知りませんでした。
 ちなみに私は、アマゾンで、松の葉茶と松の葉パウダーの両方とも買うことができました。
 私が買おうと思った6月頃はまだ買えたのです。今チェックしてみると、在庫切れになっていました。『コロナワクチンの恐ろしさ』は13万部の大ベストセラーになったということなので、この本を読んだ人の多くが松葉茶を注文したのだろうと思います。
 ちなみに、5−ALA(5−アミノレブリン酸)のサプリは、まだアマゾンで買えるようです。

 中村医師の続きです。


 ・・・<『コロナワクチンの恐ろしさ』、p132〜p136から抜粋開始>・・・

 個人的には、2、3年の猶予あれば「できることはけっこうある」と思っている。
 結局、コロナワクチンで死ぬ根本的な理由は、サイトカインストームによる血栓が原因なわけだろう。だったら、サイトカインストームを極力起こさないような食事、生活習慣を心がければいい。
 実験動物は日も差さない狭いケージのなかで、お決まりの固形飼料を与えられている。そういうストレスフルな環境下で飼われて2、3年の命ということなのだから、環境をもっと改善すれば寿命はもっと延長できるのではないか? 何なら食事改善によってサイトカインストームの発症を防げるのではないか?
 もちろん、実際のところは分からない。すべて推測である。「そうだったらいいな」という希望を込めた推測に過ぎない。

 「絶望」から「希望」に転じるためには

 ただ、とにかく、希望を持ちたいではないですか。
 モンタニエ博士みたいに「希望はない」とバッサリやられては、すでにワクチンを接種した人は、救いがない。あまりにも酷すぎる。
 そこで以下に、サイトカインストームを防ぐ可能性のある方法を紹介しよう。

板藍根(ばんらんこん)

 実はこれは、以前にもブログで「コロナを防ぐ生薬」として紹介したことがある。
 しかし、つい2日ほど前、私のクリニックに勤務するスタッフ(漢方に詳しい)の口からこの生薬の名前を聞いた。
 「私の友人の漢方医がコロナワクチンを打ちました。彼の漢方クリニックで働くスタッフも全員打ちました。彼、事前に発熱などの副反応が出る可能性を認識していたものですから、ワクチン接種の前後4日間、板藍根エキスを服用したんですね。すると、副反応がほとんどなかった、っていうんです。スタッフには、板藍根エキスを服用した人と服用しなかった人がいたのですが、やはり、服用した人は接種後ほぼ無症状でした。しかし服用しなかった人では2回目接種後に発熱(38度台)、のどの痛みなどが出ました。
 さらに、さすが漢方の先生ですね、ワクチン接種後の発熱症状に対しても漢方的な対処法があって、副反応の出たスタッフに?帰調血飲(きゅうきちょうけついん)を処方しました。すると、2、3日できっちり解熱しました。
 なぜ板藍根が効いたのか、知りたいですか? そのためには、漢方の理解が必要です。発熱、漢方的には“温病”と言いますが、どこに熱があるのか、その部位によって“衛”、“気”、“営”、“血”の4パターンがあります。ざっと、“衛”は浅く、“気”は深く、“営”はさらに深く、“血”は最も深い。西洋医学でいうウイルスは、気分証や営分証にすぐに影響します。これに対応するには、涼血解毒の働きをする板藍根がいい、と考えたわけです。分かりましたか?」
 いや、まったく分かりません(笑)。
 分からないけど、とりあえず「効いた」という事実だけでいい。サンプル数も少ないし、統計的にどうのこうのと言えるエビデンスではないけれど、何もヒントのない状況なのだから、経験的な話だけでもありがたい。

スラミン(松の葉抽出物)

 ジュデイー・マイコビッツ博士が「スラミン」という薬を紹介している。アフリカ睡眠病に対する薬ということでWHOの必須医薬品リストにも収載されている薬だというが、日本での知名度はほぼゼロ。医者だって知らないだろう。
 調べてみると、松の葉から抽出される成分だという。
 スラミンの作用は、血液凝固カスケードの抑制作用と、RNAとDNAの複製/修飾を抑制する作用、この2つである。
 コロナ(あるいはコロナワクチン)の症状として、脳梗塞、心臓発作、肺血栓、月経周期異常、子宮脱、出血過多月経などが挙げられるが、これらはすべて、血栓症が根本にある。だから、結局、血栓異常をしっかりストップすることができれば、コロナワクチンの被害も相当部分、食い止めることができるはずである。そこで、スラミン(松の葉)の出番となる。
 さらに、マイコビッツ博士によると、スラミンは、ワクチン接種者から放出される病原体(スパイクタンパク)による感染にも有効だという。
 「ひとつ屋根の下で一緒に暮らす家族が、コロナワクチンを接種してしまった」という人は多いが、こういう人にとって、松の葉茶は福音となるに違いない。
 お茶を煮出すのがめんどくさい人には、こういった松葉エキスでも同じ効果が得られると思う。
 松の葉抽出物がコロナに効くかどうか、実際の論文はおそらく無い。
 ただ「効く」と断言しているのが、あのジュデイー・マイコビッツ博士その人であるということ。
 個人的には、もうこれだけで、説得力が倍増する。極めて優秀でありながら、CDCのファウチ所長にキャリアをめちゃくちゃにされた女性科学者。この人はコロナ騒動の初期から一貫してキーマンだった。



 たとえばこんな論文がある。
 『炭はコロナ感染の結果を改善するか?』
 炭が解毒に効くことは昔から有名で、これがコロナにも効くのではないかと提唱する論文。有効性を証明した論文ではなく、あくまで「これこれこういう作用機序で効く可能性がありますよ」というだけの論文だけど、私も効くと思う。
 農薬による自殺企図や睡眠薬のOD(過量服用)などに対して、活性炭は救急現場で当たり前に使われている。
 経口摂取すれば、毒物に吸着して腸からの吸収を抑える。
 さらに、炭分子が腸から吸収されて、血液中にある毒物とも結合して排出してくれる。
 コロナワクチンに含まれる訳の分からない成分(磁石につく成分やブルートゥースに反応する成分まで入っている)に対して、とりあえず活性炭を飲んでおくのは対処としてまず、間違いない。
 炭はどんなものでもいいだろうけど、竹炭や麻炭がいいと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、船瀬俊介氏の記事です。


 ・・・<『コロナワクチンの恐ろしさ』、p166〜p173から抜粋開始>・・・

 ワクチンを打ってしまった人もあきらめない

 菜食、少食、日光浴……そして笑いと感謝

 あなたが“生き残る”ために

 「−−知らないほうが……幸せかもしれない−−」
 私は胸が痛む思いで、本書の表紙に記しました。ワクチンを告発したキャリー・マティ医師も「一度打ったら後戻りできない」と、涙を浮かべて訴えています。
 しかし、私は、ワクチンをすでに打たれた人にも、生き抜いてほしい。
 以下は“生き残るための智慧”です。
 「恐怖」ではなく、「希望」を胸に、真摯に前向きに、取り組んでください。

 密かな動物実験の結果

 「接種した人は2年以内、遅くとも3年で死ぬ」(マイケル・イードン博士)
 「希望はない。2年で死亡する」(リュック・モンタニエ博士)
 このようなコメントを知れば、目の前が真っ暗になるのも当然です。
 しかし、これらは動物実験を前提に、語っているのです。
 中村篤史医師が本文で述べているように、実験動物は暗い飼育室で、固形飼料を与えられて育っています。もともと、生命力の乏しい動物たちです。
 だから、これをすべて人間に当てはめるわけにはいきません。
 ……それにしても、ワクチンを仕掛けた勢力も動物実験を、密かにやっていたのですね。
 アメリカの内科医キャリー・マティ博士は、こうネットで告発しています。
 「……ワクチン臨床試験は、私の人生で見たことがないほど予想外に加速しています。動物をスキップして、直接、臨床試験(ヒト対象試験)に移行しています」
 ところが、ファイザー社は元副社長イードン博士の勇気ある内部告発で、様々な動物実験を密かに行っていたことが判明しています。そして、これらが“失敗”したため、その結果を公表できず、隠蔽したのです。“失敗”とは実験動物の“全滅”ということです。
 ほとんどがワクチン注射で重篤症状に陥り、死亡したのでしょう。だから公表できなかった。公表すれば世界は大パニックになります。
 そもそも、動物実験はなぜやるのか? 人間に危害を及ぼすか否か? を実験動物によって判定するためです。動物のほとんどが死んだら、その時点で開発は即中止。当たり前です。
 しかし、ファイザー社首脳は、隠蔽と続行を厳命した。
 呆然としたイードン博士の顔が目に浮かびます。オー・マイ・ゴッド……。
 それからの彼の逡巡と煩悩を思うと胸が苦しくなります。
 そして彼は暗殺の危険を覚悟しながら、告発の道を選択したのです。

 ロシアンルーレット?

 このワクチンについて、状況証拠からいくつかロットで分類されていることは間違いないと思えます。A病院では接種者全員が副反応まったく無し。しかしB病院ではほぼ全員が発熱した……など、副反応が場所ごとで違いすぎるのです。
 このワクチンが「治験中」であることを忘れてはいけません。
 現在、“仕掛人たち”は、人類全体をモルモットにしています。全世界が今日この時点でも、人体実験中なのです。
 医薬実験には、必ずコントロール群が用いられます。比較対照群という意味です。
 そこには、まったく無害の生理食塩水などが用いられます。
 推測では5つほどのロットで、比較実験をしているようです。その一つが生理食塩水?
 その注射を受けた人はラッキーです。しかし、逆に最悪の“遺伝子ワクチン”に当たった人もいるでしょう。まさに“ロシアンルーレット”……。
 イードン博士によれば、実験動物も死亡原因の多くは免疫異常です。わかりやすく言えば、免疫暴走(サイトカインストーム)で死亡している。
 だから、まず第一に免疫力を強める。そんなライフスタイルが、あなたを救います。

 緑茶、海藻、味噌、納豆のチカラ

 コロナ騒動の初期から、日本人に極端に死者が少ないことが、世界の研究者の興味をひいていました。いわゆる“ジャパン・ミステリー”。
 その理由を考察した海外の研究者たちの結論は意外なものでした。
 緑茶、海藻、味噌、納豆などの日本の伝統食の抗ウイルス作用による……。
 たとえば、昆布など海藻に含まれる成分フコイダンの抗ウイルス作用は、他の高価な“特効薬”とされる医薬品より、はるかに高かったのです。
 ちなみに、韓国でもコロナ死が少なかった原因はキムチでした。
 専門家の結論は「これら発酵食品による健全な腸内微生物が、強い抗ウイルス作用を発揮する」。
 日本の高齢者は、これら伝統和食を日頃から食べています。
 それが“ジャパン・ミステリー”を解くカギだったのです。

 免疫力と排泄カを強化

 免疫力を上げるライフスタイルのお勧めは日光浴です。
 私は毎朝シュロ・タワシで全身摩擦したあと、ベランダでの日光浴を日課としています。コロナウイルスや“スパイクたんぱく”などへの抵抗力を発揮するのがビタミンDです。ご存じのように、ビタミンDは日光を浴びることで体内で生成されます。
 タワシマッサージと合わせ、日課とすることをお勧めします。
 万病は、体内に溜まった異物“体毒”で発症します。コロナも“スパイクたんぱく”も同じ。体は本能的にそれを攻撃し、体外に排泄しようとします。
 これが、免疫力と排泄カです。
 免疫力は、和食と摩擦と日光浴が発揮します。
 排泄カは、菜食と運動とファスティングです。
 ファスティング(少食、断食)は、万病に劇的な効果を発揮します。
 −−「断食」は万病を治す妙法である−−
 古代ヨガの絶対奥義です。
 −−腹八分で医者いらず。腹六分で老いを忘れる。腹四分で神に近づく−−
 それは、コロナや“スパイクたんぱく”に対しても最強のカを発揮します。

 笑えば寿命2倍、ボケ4分の1

 心の持ち方も、コロナ時代を生き抜くうえで大切です。
 まず、最悪は“恐怖”です。コロナ禍を仕掛けた勢力は、あなたの“恐怖心”を待ち望んでいます。そうした勢力は、その民衆の恐怖を糧(かて)として、肥え太るのです。
 “ワクチン仕掛人たち”が、もっとも苦手とするのが人々の笑い声です。笑い声が聞こえてくると、“彼ら”は、黒い衣に顔を隠しそそくさと立ち去っていきます。大衆の腹の底からの笑い声こそ、災禍を寄せつけず、退治する威力を秘めているのです。
 笑いは、あなたの人生にも恩寵をもたらします。笑う人の死亡率は、笑わない人の半分です。つまり、「よく笑う明るい人」は、ムスッとした人より2倍生きるのです(山形大学医学部報告)。
 「笑わないお年寄り」の認知症リスクは、「よく笑う高齢者」の3.6倍です(福島医科大学報告)。
 つまり、笑えば寿命2倍、ボケは約4分の1になるのです。
 笑いも長息法の一種です。息を長く吐くほど寿命も長くなります。
 「少食長寿、長息長命」−−これは、東洋養生法の根本原理です。
 試みに吐く息をゆっくり10まで数えるクセをつけてごらんなさい。手先がポカポカしてきます。冷え性、肩こり、白髪は、これだけで治ります。

 感謝こそ“奇跡の波動”

 もう一つ、大切なことがあります。
 それが、感謝の“波動”です。
 「波動医学」からいえば、私たち人体も波動エネルギー体です。
 苦悩と病気は、その「生命」エネルギーを乱します。しかし、感謝の波動は、それらをみるみる整えます。
 つまり、苦悩も病気も、感謝の波動で消えていくのです。それは、人生における最大・最強の“奇跡の波動”です。
 コロナ禍を奇貨として、暮らしを、人生を見直すチャンスととらえましょう。

 −−以上は、私の希望というより熱望です。
 あなたもお分かりのように、事態は予断をゆるしません。
 これから、何が起こるか? だれにも予測はできないのです。
 だからこそ、私は、あなたに、自分自身のなかにある「生きるカ」を信じてほしい。
 絶望と恐怖を乗り越えて、一歩を踏み出し、生き抜いてほしいのです……。    〔了〕

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、まだワクチンを接種していないが、悩んでいるという方に情報を一つ。
 日本を含め、世界各国でワクチン接種を精力的に進めていますが、そのワクチンを進めている政権は不思議と安泰です。
 しかし、世界にはワクチンを拒否する国家元首もいます(正確に言うと、いました)。
 そうした反ワクチンの国家元首がどういう運命を辿ったかというツイッターがあります(54秒の短い動画です)。

https://twitter.com/purplep76858690/status/1425802829847924739

 5人の国家元首が1年以内に死亡し、1人が暗殺未遂に遭いました。
 これら国家元首に共通していたのは、「ワクチンを否定」していたことです。
 動画では、これは「ただの偶然でしょうけどね」と言っています。
 これを「偶然」と捉えるかどうかは、「あなた次第」です。



ベネゼエラで暮らした女性の手記A...2021年8月4日

 今回は、「ベネゼエラに暮らした女性の手記」の第二弾です。
 セミナーで語られたことで、手記に載っていない話をいくつか紹介します。

 ベネゼエラでは日常茶飯事の強盗ですが、強盗に襲われた家では、住民は強盗を顔を見ないように地面にひれ伏して顔を下に向けるそうです。
 なぜそうするかというと、強盗は顔を見られたと思ったら、躊躇なくその人を射殺するからです。顔を見られて、後に警察に通報されたら厄介というわけです。
 それゆえ、強盗に襲われた家では、盗りたい物はなんでも持っていって下さい。命を盗ることだけは勘弁して、という方法を取るといいます。

 ベネゼエラの裕福でない家庭では、子供が中学生ぐらいになると、その子供を捨てるといいます。
 家庭内で食べ物が充分に調達できないからです。
 子供もわかっていて、自然と出ていくようになるそうです。
 もちろん食糧が確保できる安全安心な行き先があるわけではありません。
 そうした子供は、生き延びる為に強盗団に入るのです。これがさらなる治安悪化を招く悪循環となっているそうです。

 では、再び小谷孝子さんの手記を引用させていただきます。


 ・・・<小谷孝子さんの手記から抜粋開始A>・・・

 じわじわと紐で首を絞められていくような日々

 上から爆弾は降ってこない。だからベネズエラで起きていることは、戦争ではない。反政府デモに参加せず、公に政府を批判しなければ、口を塞いで頭を垂れてさえいれば、目をつけられない。強盗や泥棒や、流れ弾に当たって殺されることはあるが、でも可能性は少ない。今世界のどこにいても、いつ殺されるか分からない時代だ。しかし生きるための最低条件の食物、飲料水、薬がない、まして頻繁に停電、断水するということは、石器時代に戻れということか。
 インフラやメンテナンスがなってなく、電気や水、ガス、ガソリン不足、インターネットが世界一のろい国、殆ど繋がらない日が多いのは、国民の目を政治から反らすためだと、このナルコマフィア政府の意図は、皆分かっている、悪知恵だけは実に長けている、悪魔の集団に乗っ取られた国。皆、頭で分ってはいても、毎日の生活に押しつぶされ、生き延びることに必死で、目の前のことに心を奪われ、何のために闘っているか、根本に潜んでいる深い理由を、いつのまにか忘れてしまう。厳しい寒さに鍛え抜かれた北欧や、長い虐げられた歴史をDNAに刷り込まれた、東洋人のしたたかさや粘り強さは持たず、まあいいかと、つい人を許してしまう、寛容な、またはいい加減なラテン人の気質なのかもしれない。
 いつの世も強者だけが(権力、金を持つ者が)、生き残れる過酷な人類の歴史だが、この時代に巡り生まれた赤ん坊や、子供たちに何の罪があろう。人の親として我が子に最低限のミルクや食事、薬さえ与えられないほど、情けないことがあるだろうか。紙おしめどころか、お尻を洗う水さえほとんど出ないのだ。
 20年ほど前コロンビア近くの秘境・エスメラルダ島へ行った時、現住民は裸で暮らしているのに、赤ん坊が紙おしめをしているのを見て意外な気がしたが、軍機が定期的に生活必需品を運んでくると聞いた。今はそれも途絶え、原始時代の生活に戻ったのだろうか。その島ではカサべという、タロ芋を曳き薄くのばしたぱさぱさのパンを焼く横で、痩せ干せた犬がこぼれた粉を舐めていた。犬にとっても唯一の食べものだろう。それでも新しい命は生まれる。知ってる金持夫婦はマイアミへ行き、1年分の赤ん坊の物を買い込んで来た。しかしあとの90%以上の貧困の人たちは?
 今でさえも社交クラブや高級レストランは、客で一杯だという。どこから誂(あつら)えるのだろうか、豪華な料理がふんだんに出るらしい。どんな時代でも金さえあればなんでも手に入る。しかしそこで働いているコック、給仕、清掃人、お抱え運転手、駐車場の番人たちが、家へ帰れば冷蔵庫は空っぽで、おなかを空かした子供が、父親や母親が何か持ってきてくれたかと、寝ずに待っているはずだ。
 90年代初め、国内旅行より安いというだけで、キューバへ家族旅行したことがあった。初めて行く共産国。カストロやチェ・ゲバラの名前は知ってはいたが、なにも理解していなかった。到着した空港の売店に、トイレの座席や殺虫剤が並べてあったのが不可解だった。ホテルのトイレットペーパーが3分の1しかなく、もっと欲しいと頼んでもずいぶん待たせた後で、また3分の1だけもってきた。外国人専用のスーパーに人が群がっていたので、好奇心で入ってみたら輸入品で溢れていたが、日本やアメリカ、ベネズエラの大きいスーパーを見てきた目には、特に珍しくはなかった。そこへやって来たヨーロッパ人らしい人が“久しぶりに、こんなに物を見るなあ”と嬉しそうに話していたが、その時は意味を理解できなかった。道で手に皿を持った老人や、主婦や子供が並んでいるので、好奇心で後について行くと、配給の食事を黙って受け取っていた。すると、遠くから我々を監視していたらしい男が近寄って来て、“どこから来た、どこへ行く”と根掘り葉掘り聞いてきた。不愉快になって適当にごまかしたが、たぶん政府のまわし者で、外国人をチェックしていたのだろう。昔は高級住宅街だったらしいさびれた町を歩くと、永らくほったらかしのままの状態で、窓も桟も崩れかけペンキも剥げ、草ぼうぼうの家は、夜になると裸電球が一つ薄暗く灯っていた。
 ハバナのホテルの食事は食べ放題で豪華だった。しかし一歩外に出るとみすぼらしい恰好の人達が周りをうろつき、骨と皮だけの青白い少年が食物をせがんできたが、レストランは厳しく監視され、料理を持ち出すことは禁止されていた。ロビーで黙々と窓や床を拭いていた掃除人は、皆大学出だった。物珍しそうにあたりをほっつき歩く、身勝手な外国人旅行者を、どんな思いで見ていたのだろうか。
 帰りの飛行機を待つ空港で、アメリカから到着した家族が、待ち受けていたキューバ人の老夫婦と、感極まった様子で目を真っ赤にして鳴咽し、永い永い間抱き合っていた光景が、今でも目の奥に焼き付いている。
 哀しい目で黙って、我々を見つめていたキューバ人と同じ思いを、二度と会えないかもしれないと知っていながら、再会を固く約束して、空港で家族と別れを告げる人々と同じ思いを、今多くのベネズエラ人がしている。

 平常時なら助かる人が、ベネズエラでは毎日たくさん死んでいる

 蚊が媒介するデング熱、チクングニア熟、マラリア、それにポリオ、ジフテリア、結核等はお金と設備が整っていれば、今は予防できる病気だ。この夏油断して、手足を蚊に刺されて真っ赤になり、慌てて市販の虫よけを買った。それをベネズエラの友人に見せたら、ぜひ欲しいという。でも郵送しても届かないし、国際宅配便は高すぎる。
 タイヤとかメインテナンスが出来ていないバスや車に乗り、油が漏れた高速でスリップしたり、そんな車の後ろを走って巻き添えを食っても、殺された数には入らない。そもそも交通事故の数など、もう統計など取っていないだろう。
 病人や老人が薬さえあれば助かるものを、痛みに泣き叫び苦痛に身をよじらし、赤ん坊や子供が空腹で、泣き声さえ出なくて死んでいくのを、医者や家族はどうしようもなく見ているほかないのだ。毎日直面する患者の死に耐え切れず、自殺した医師の記事も新聞で読んだ。
 これは世界中が見て見ぬふりをしている、21世紀の沈黙のホロコーストだ。

 卵を全部同じ籠に入れるな

 ベネズエラにはこんな諺がある。一つ壊れたら他の卵もきっと壊れてしまう、と言う意味だ。
 こんなことになるなんて想像もしなかったから、家も土地も全てベネズエラに投資してきた。年を取って働けなくなったら、家を売るか貸せば、生活できると思いこんでいた。
 今、家も土地も売りたくても売れない。誰もが、ベネズエラから逃げようと売家ばかりで、万一買い手がついたとしても、足元を見られ二足三文にしかならない。もしドルで支払う買手が現れたとしたら、それは政府関係者か、甘い汁を吸っている人に違いないし、売買が成立しても、銀行やどこかで目をつけられ、誘拐や殺人につながるケースが多い。
 広場で運動を教えていた娘が、ユニホーム姿の警察官に職務質問を受けた。
 大衆を先導した罪で、書類送検すると脅かされたが、仲間と練習していただけだと答え、何とか切り抜け帰宅した。金欲しさの偽警官だったのだろうが、後で知って心臓が飛び出しそうになった。
 大半の国民の期待をかけ、実施された大統領罷免選挙(2015年11月)の結果を最高裁判所が無効にした時、娘も将来の希望を失い、とうとう国を後にした。
 今多くの若者が、父親が家族を連れ、または1人で言葉も習慣も違う国で、慣れぬ仕事をし、国に残る家族に送金をしている。
 生まれ育った国を後にするのは、最後の手段である。しかし仕事がなく、第二次大戦後、自由と経済安定を求めて、ベネズエラにやって来たヨーロッパ人の子孫が、今逆戻りをしている。親も手塩にかけた娘や息子に、別れを告げるのは心を裂かれる思いだが、その身の安全を考えると心の底で安堵をし、今できるのはそれしかないと諦め、近い将来の再会を約束し、空港で涙の別れをする。
 政治に関する意見は自分と違っても、それは各人の意見だから尊重したい。しかし、今国民の93%がものすごいインフレと、食べるものさえない生活に苦しんでいる。
 大学教授の月給が30ドル未満である。1日1ドルと言うことだ。私も貰っている国民一律の年金は、2003年頃は感覚的に月約8万円ぐらいの価値があったが、2018年7月現在、刻々と変動するハイパーインフレーションで月2ドルぐらいになってしまった。しかも新たな受給者は、政府支持証明書を申請しないと受領できない。
 今ベネズエラの国民が、心から望んでいることは、仕事があり1日3回食べられ、昔のように安心して道を歩ける、平和な生活に戻ることだ。

 再び日本人になった(2016)

 “No hay mal que dura 100 anos.”(100年続く悪はない)●anosのnの上に~が付く●
 ベネズエラ人がよく使う諺だ。そう言って自らを慰め、政治家や有名人が、多くの人がその時を待てず、あの世へ旅立ってしまった。
 “乗りかかった舟だ。沈没するか向こうの岸にたどり着くか、やって見なければ分からない”と、私も38年頑張ってきた。
 できること、するだけのことはしてきたつもりだ。
 両親も弟も50歳代で死んでしまったのに、私だけが生き延びた。病気だけでなく、危ない目にも何回も遭った。NYで降りたばかりのタクシーに、後ろから来た車がぶつかり、電柱に衝突し大破したり、カラカスで信号待ちをしている時、後車にドンと突きあたられ、むち打ち症で長くリハビリに通う羽目になった。高いところにある物を取ろうと椅子に乗ったとたん、ひっくり返って脳震とうを起こし、しばらく意識を失った。今まで生きてこられたのは偶然か。それともまだ何かせよということなのか。
 混乱の国から逃れ、平和で秩序ある自分の国で、今安堵した毎日を送っている。一時帰国のつもりで、友人にもさよならを言わず来てしまったが、べネズエラの状況がますます悪化して、帰れなくなっている。
 そして今、もう帰りたくなくなっている自分がいる。
 愛着ある家や、精魂込めて育てた花や庭は恋しいけど、むざむざ殺されるために帰るわけにはいかない。親にもらった命を、そう簡単に捨てるわけにはいかない。永年かかって築き上げた仕事や、たくさんの絵に未練があるが、それも命があってのこと。余儀なく世界各地に散らばった、何百万ものベネズエラ人たちや、さらにもっと悲惨な生活を強いられている、多くの難民の人たちを思う時、こんなことで負けてたまるもんか、もう一度試練に立ち向かおうという、勇気を奮い立たせている。
 少し前、ある新聞で“ランチ難民”と言う言葉を読み、体が震えるほど腹が立ち、すぐ抗議の電話をしたが、相手にもされなかった。関西の大企業の食堂が改築のため一時中止になり、昼飯を食べれなくなった人たちをそう呼んだのだが、難民と言う言葉を安易に使うべきではない。国を追われた人たちがどんな思いで、故郷から逃げ出さざるを得ず、見知らぬ国の過酷な条件の中で、死に物狂いで生きているのを、書いた記者は想像することさえできないのだろうか。
 帰国後しばらくの間は、太陽が沈むと、外出するのが怖くてアパートに籠ってていた。それにスーパーの物と数の多きに、目が眩みそうだった。一つの物にも何十という種類があり、最高級品もあれば、100円ショップで似たような品を売っているが不思議だった。1億3千万人の口に入る食料が溢れるほどある国と、日本の4倍の土地に住む3000万人の、食べる物もない国があるのだ。
 昔ならなんとも思わず買ったものに、四六時中脳裏から離れないベネズエラの人たちを思うと、“Use it up、Make it up, Do without it!”(使い切れ、工夫しろ。なくても何とかなる。アメリカの開拓精神)”とおまじないのように唱え、手を引っ込めてしまう。

 物、モノ、もの

 もういらない。エゴと気まぐれから、物に縛られるはもうやめた。
 朝の1杯のコーヒー、白いご飯、恥ずかしい思いをしない衣服、寒さから守ってくれる毛布や熟睡できるお布団。他は邪魔だ。明日死んでもいいよう身軽でいよう。そうすれば生きるのが楽しくなる。
 引っ越した日、買った値引きのお弁当を、スーパの備え付けの電子レンジで温め、氷ももらってきて、トマトをかまぼこの板で切った。なんでも役に立つものだ。これでちゃんと食事ができた。
 この数年、欲しいものではなく、手に入る物を食べていたので、私は口が肥えていない。カラカスでは、他になかったから肉やチーズやパスタ等ばかり食べていた。ピザや肉など見たくもなくて、帰国してずっと食べたかった納豆やお豆腐をよく食べていたら、するすると贅肉がとれて6キログラムも痩せた。やはり自分の体に合っていたのだろう。
 日本の果物は高い。庭にたわわになるバナナを思い出す。鳥が突っつくまで放っておくから、太陽をたっぷり吸い甘くて、スーパーのバナナなんぞ食べられない。
 マンゴやメロン、パパイア、スイカを朝に昼に、ジュースにして飲んだ。その素晴らしさが今になってわかった。何十年も飲み続けたから、こんなに元気なのかもしれない。
 父の転勤について7回転校し、今まで18軒の家を転々とした。だからどこでも寝れ、何でも食べられる、という適応性が身についた。
 いつでも、何でもござれ。もう何も怖くない。
 日本での仮住まい、おままごとのような生活。テレビも電話もないが、インターネットさえあれば世界と繋がっている。
 帰国してから絵を100枚近く描いて、3度展覧会をした。 初めて同窓会に出席して、顔も名前さえも忘れていた旧友と再会した。目黒川の夜桜に心を奪われ、東京湾に打ちあがる花火に時を忘れ、夜店の金魚は釣り逃がしたけど、盆踊りの輪に交じって踊り、祭りのおみこしも担いだ。動けなくなるほど回転寿司を食べ、鉄板でお好み焼きを焼き、祇園をそぞろ歩き、知恩院で両親のお参りもできた。

 2度日本人になった

 生まれた時。そして45年ぶりに日本に住もうと決めた時、私は再び日本人になった。
 最初は、単なる好奇心で外国を見たかっただけだったが、矢の如く歳月が過ぎ、人生の4分の3を異なる環境の中にどっぷり浸かって、自分に問うこともなく生活をしてきた。それ故、その間の日本の出来事や歌や、芸能人や政治家など有名人の名もすっぽり抜けている。聞く話す読むはもとより、書くことが殆どなかった日本語は、錆びついてしまって、研ぐには暫くの時間がかかりそうだ。
ベネズエラに住んで、政治が国の将来を左右し人の運命を変え、生きるということは、実に大変な事だと身をもって学んだ。“石の上にも三年”と我慢していたのが、いつの間にか自分の国になっていた。
 大声で話す人、人の迷惑や気持ちなどそっちのけで、自分勝手な行動をする人も、自分と同じ人間だと感じるようになって、隣人を愛するようになっていた。ベネズエラ人には、どこか憎めない人間の温かみがある。
 国民が今必死で苦難に堪え、全力を尽くして闘うのを、この目と心でずっと見てきた。
 だからいつかかならず、ベネズエラに平和と自由が戻る日が来る、と信じている。
 言いたいことも愚痴も、黙って飲み込んでしまうほうがいいと、長く生きてきてやっと分かってきた。人に言うことでもっと嵐を呼ぶ。相手に対して怒るのではなく、そのように解釈された、またはそう運んで行った自分に、落ち度があるのだと気が付いた。だからどんな思いも心にしまって、消化されるまでそっとしておく。
 人間の考えることは誰も同じ。肌の色、国、宗教と関係ない。
 金はあればあるほど、えげつないもの。
 普通の生活。日の出とともに起きて、働いたお金で食料を買い、水や火を使って料理し、休日には運動したり、家族と一緒に食事をする。昔は私もよく、家族や友人とレストランやカフェで食事したものだ。今、誰も待たない浦安の洞穴と呼んでいる部屋へ帰途に就く時、皆が楽しそうに食事をしているのを見かけると、無性に寂しさと孤独を感じ、涙が出そうになる。それをぐっと抑えながら、皆のその幸せがいつまでも続くようにと、祈るような気持ちになる。
 そういう当たり前と思っていたことが、突然不可能になり、ただ生存するために食べ物や薬を探し、狂ったように生き延びる方法を探し回る。 そんな生活を余儀なくされている今のベネズエラ人。薬もなく病気になっても、医者にもかかれない。映画を見たり本を読んで瞑想にふけったり、音楽を聴いて感動すること自体が、他の次元のことになってしまい、人間としての喜びを取り上げられ、動物になってしまう情けなさ、つらさ。
 人は充分なお金と物、時間の余裕ができれば、皆やさしくなれるはずだ。
 だが逆を言えば、人間は窮地に陥った時、他人の物を取ってでも、だましてでも、たとえ人を殺してさえも、生き延びようとする。通常時は潜んでいる、人間のどす黒い部分が前に飛び出してくるからか。

 ゴミ箱を漁る

 そんなこと出来るだろうか?
 ほんの少し前までごく普通の生活をしていた人があれとあれよ言う間に、仕事や家を失い、金も食物も無くなった時、道端にしゃがみ込んで、ゴミ袋を開け、食べかすを口に入れる。それではノラ犬と同じだ。いくらひもじくとも、わずかに残った自尊心を引きずって、その場を去っていくだろう。しかし自分の子が、赤子が、年老いた親が飢えで死にかかっていたら? 万引きするとか、地面に座って物乞いをするしかない。国全体が地獄の底に沈んでいく時、自分の力ではどうしようもない時、一体どうすればいいのだろう。すべてを後にして、歩いてでも隣国へ逃げるか、一筋の糸を頼って他国に難民として逃げるしかない。そこでどんな過酷な現実が待ち受けていたとしても、果たして生き延びられるか。政府と呼べるものではない、悪魔の集まりが国民を顧みないとき、人は無力になってしまうしかないのか。反政府の旗を掲げ、デモに参加し声をはり上げても、銃を突き付けられ、拷問され、家族を脅かされる時、下を向いて生きていくしかなくなるのだ。そんな何百何千のケースを見聞きして次第に口を閉じ、政府を公に批判をしなくなる。お互いに困惑の目で見つめ合っても、口に出しては言わなくなる。私は外国人だったので少しは言えた。でも家族がいるのでやはり怖い。それでも言わなければと思う。人々の苦渋と悲しみを見てしまった以上、胸から突きあがって来る思いを黙っておられない。私は幼い頃病弱で早死にするはずだったのに、70まで生きてきた。後はおまけだという思いがある。世界中のいたるところで、辛い思いで生きている人がいる。アメリカや西洋の良い生活を謳歌している人たちだけが、この世で生きる特権があるかにみえるが、声にならぬ声を伝える事こそ、言えない、言えなかった人の代わりに、出来るものが代弁しなければいけない。イラクで性の奴隷にされた25歳の女性がノーベル平和賞を取った。どんなことがあっても生き延びて、同じ目に遭った女性たちの声を伝える。そのか細い勇敢な姿に目を見はる。生きること、その精神力に圧倒される。
 ベネズエラでは、必要な物を探したり渋滞に巻き込まれたり、何をしてもすべてが上手くいかず、時間の無駄があまりにも多すぎた。それだからこそ、今たっぷりある自分の時間が何よりも大切に思える。
 幸せの日々、輝かしい瞬間、誇らしい時があったからこそ、今すべて失っても心は豊かだ。素晴らしい思い出がいっぱいあるから、人を羨む思いはなく、3回食べられること、水や電気があり、そして戦時中でなく、この平和な時代に日本に生まれた幸運を、今つくづくかみしめている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ハイパーインフレといえば、第一次世界大戦後のワイマール共和国(現在のドイツ)が有名で、物価が1兆倍になりました。
 戦後の日本でも300倍になったと言われています。
 これらに共通していることは、戦争により生産設備が破壊されたことです。
 物が生産できずに(供給が無く)、重要だけがあれば、物価は跳ね上がります。
 それゆえ、私は現在の平和な日本でハイパーインフレは起きないと考えています。
 しかし、気になる動きがあります。
 世界的に、サプライチェーンを破壊する動きがあることです。
 今年の3月、自動車業界にとって最大規模の半導体メーカーである、日本のルネサスエレクトロニクスの茨城の工場で、大規模な火災が発生しました。
 これにより半導体の不足が発生し、自動車業界は生産減を強いられました。ニュースでも流れたのでご存じの方は多いと思います。
 この火災は、偶然でしょうか?

 5月には、アメリカ国内最大の石油パイプラインがロシアのハッカー集団からサイバー攻撃を受けました。
 表向きには身代金目的だったといいますが、はたして本当でしょうか(サイバーセキュリティ会社のカスペルスキー氏はハッカー集団の背後にCIAがいると言っていました)。
 操業を再開したとのことですが、アメリカ南部を中心にガソリン不足が続いているといいます。

 社会のシステムが上手く噛み合わなくなると、食べ物を求めてフードバンクに人が殺到している状況で、大量の食糧が捨てられるという事態が発生したりします。
 去年の5月の出来事です。

https://news.livedoor.com/article/detail/18218827/

 私が危惧するのは、食糧のサプライチェーンが攻撃を受け、機能しなくなることです。
 食糧に関するものは、命と直結します。
 金融危機とインフレが重なったタイミングで、食糧のサプライチェーンが機能しなくなると深刻な事態を招くことになります。
 ベネゼエラほどの惨劇が日本で起きないことを祈らざるをえません。



ベネゼエラで暮らした女性の手記@...2021年7月31日

 今から3年ほど前だったと記憶していますが、私は経済ジャーナリスト・浅井隆さんのベネゼエラの現状を報告するセミナーに参加しました。
 日本ではほとんど知られていなかったのですが、当時ベネゼエラが悲惨な状況に陥っているということで、浅井さんが調査し、それを報告するセミナーが開かれたのです。
 ネットから引用します。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65689

 「1999年に大統領に就任した元軍人のウゴ・チャベス前大統領と、2013年のチャベスの死後に後を継いだニコラス・マドゥロ現大統領の20年にわたる社会主義の失敗と腐敗、政権の徹底した反米政策と国内の圧政、さらには原油価格の急落が同国の社会と経済をボロボロにした」

 経済政策の失敗と原油価格の急落により経済破綻を起こしたのですが、それにより268万パーセントという、ちょっと想像もつかないハイパーインフレが起き、国民生活が破綻したのです。
 上記ネットの記事でも言っていますが、268万パーセントのインフレが起きると、100円で買えた物が、最終的に268万円になったということです。
 これでは国民がこつこつ貯めた預貯金は無価値となり、年金生活をしていた人は生活の基盤が無くなります。
 これがもたらしたものは、治安の悪化です。
 殺人、略奪が横行し、社会全体が地獄の様相を呈したということです。
 平和で安全は国に住む日本人の感覚で言えば、インフレが起きて物の値段が上がり、給料が増えなければ、生活が苦しくなるという程度でしょう。それゆえ、生きる為にごみ箱を漁るか、略奪するしかないなんて、想像するのは難しいかもしれません。

 私は、これから日本でも金融危機や食糧危機を起きるかもしれないといった記事を書いてきました。
 もちろんベネザエラで起きたことが、そのまま日本で起きるとは思いませんが、最悪を想定することと、実際に起きたことから、どんな危険があるか知ることは意味があると思っています。

 今回は、ベネゼエラで38年を過ごし、地獄から逃れて日本に帰ってきた画家の小谷孝子さんという方の手記を紹介したいと思います。
 この手記は、浅井さんのセミナーで参加者に、「ぜひ読んでほしい」ということで、参加者に配られたものです。
 浅井さんは元新聞記者で、昔の新聞記者の気質をもった現場主義の人なので、なんとしてもベネゼエラの現地取材をするぞと意気込んでいました。
 ところがベネゼエラに渡ったら、命の保証がないと知り、現地取材を諦めたそうです。
 カメラのような高価な機材を持った外国人がベネゼエラに入ったら、強盗の格好の餌食になります。物を取られるだけならまだましですが、強盗は銃を持っていて、普通に銃殺して物を奪うのです。
 それぐらい、生きるか死ぬかといった地獄の様相を呈しているということです。
 手記は分量が多いので、2回に分けて掲載したいと思います。


 ・・・<小谷孝子さんの手記から抜粋開始@>・・・

 ベネズエラの薔薇(幸せだったのを知らなかった日々)

 小谷孝子

 もし神様がこの世で一番美しい国を作ったとしたら、それはベネズエラかもしれない。様々な色姿をした熱帯魚やサンゴの宝庫の透き通るカリブ海、雪を被るアンデス山脈、世界最古のギアナ高地、雄大な自然に恵まれた常夏の国、空を舞う色とりどりの鳥や咲き誇る熱帯の花、甘いアロマの南国果物や新鮮な魚が取れて、おおらかでいつも笑顔の絶えない、人懐っこい人々が住む天国のような国。
 だから創造の神はすべてを与えず、試練も与えたと、今言われている。大混乱が20年近くも続く世界でも最も危険な国の一つ、ベネズエラに38年住んだが、命の危険の圧迫感に耐え切れず、2016年春一時帰国した。
 2年半以上が経った今、このまま平和な日本に居残りたいという気持ちが、心の隅を占領し始めている。娘が母親に対し、時に冷たいのは、私が第二の祖国になった国を捨てたという思いがあり、父親を置いてきぼりにしたという、わだかまりがあるからだろう。娘のことは後ろ髪をひかれる思いだったが、食物、薬がなくて病気になっても死ぬしかない国では生きていけない。親にもらった命。物や金のためにそう簡単に殺されてたまるものか。生き残れ。そんな思いで戻ってきた。

 ベネズエラの薔薇

 サッカーの応援団の女の子たちが、両手に持って振る細紐のボンボンのようで、大きさはバレーボール程。よく見ると、何百ものオレンジ系の赤い花びらで成り立っていて、その各花に4.5センチメートルの細長い黄色い雌蕊(めしべ)が付いている。両手でそおーっと抱えないと、さかさまになどしたら、さらさらと花びらがこぼれ落ちてしまう。
 そして普通の花のようには咲かないのだ。4月になると、木の枝の分かれた部分や幹に小さな蕾を付け始める。日毎どんどん膨らんでゆき5、6日経つと野球ボールぐらいの大きさに成長し、少しずつピンクがかった赤い花びらが開いてくる。
 すると日が昇る頃、リスが蜜を吸いにやって来て、まるで赤いカーペットを敷きしめたように、花ビラだけを地面に残していく。だから花が咲きそうになると、リスの家族が来る前にパジャマのまま庭に飛んでいき、花の下部に両手を添えてゆっくりと回しもぎ取る。水を差した底の浅い器に飾っておくと、3日間女王になった気分で楽しめる。でも4日目には、茶色い塊のように萎びて、見る影もなくなってしまう。
 この花を初めて見たのは大統領官邸を見学した時だった。絢爛豪華な装飾が施された応接間。客用寝室、庭園等を拝見し、案内された大広間の細長い晩餐テーブルに、間隔を置いて活けられていた。花の名前を聞くと“山の薔薇”、または“ベネズエラの薔薇”だという。咲く場所と種類によって違うらしいが、私は“ベネズエラの薔薇”という名前が気に入っている。
 何年かが過ぎ、近くを散歩している時だった。垣根越しの大きな木の根元に赤い大きなものが2、3ぶら下がっている。何だろうとよく見ると、忘れもしないあの花だった。無我夢中でその家のベルを押し、花を見せてもらえないだろうかと頼んだ。ケーキやクッキーを焼いては持って行き、その家人と仲良くなり、とうとう苗木をもらうことに成功した。
 今では大木になって毎年4月になると、2、30の大きな赤い花をつける。花が終わると20センチメートルほどの長い緑色の鞘が育ち、やがて茶色になり硬い四角い種を5、6個落とす。ほとんど根付くことがなかったが、何度もトライした結果、やっと10本程の根付けに成功し、特別の友に分けた。昨年はカラカス日本人学校に3鉢寄贈した。花が咲いたら呼んでくださいと頼んである。私がこの世を去った後も見事な花をつけて、日本からやってくる子供たちや先生方を楽しませると思うと愉快だ。
 花の時期に、お祝いや見舞事があるとこの花を差し上げるのだが、ベネズエラ人でさえ知っている人は殆どおらず、皆仰天してその話で持ちきりになる。
 この花がベネズエラの大変な時代に私が残り留まっていた理由の一つだった、と言っても過言ではない。

 ベネズエラ苦悩の時代

 反対運動デモ

 生きるための基本である食料品や薬が手に入らず、病気になっても医者にもかかれず、強盗に襲われ誘拐され、殺されても殺され損の国で、生きて行くことはできない。
 ましてや人間としての人権を拒否され、平和と自由が脅かされるとき、人の親として、どうして黙っておられるものか、外国人であるからと沈黙することはできない。
 今まで多くのデモに参加したが、「戻ってこなかったら、ベネズエラのために死んだと思ってくれ」という言葉を母親に残し、発砲弾に倒れた若者。偶然通りかかっただけで連行され、拷問を受けた青年。脱いだシャツで頭をしばり、上半身裸でスクラムを組みデモ隊の先頭を行く、まだ幼さの残る学生たち。自分の生まれた国を守る覚悟を決めた若者たちの、その真剣なまなざしを、私は忘れることができない。
 もし自分の子なら私は黙って送り出しだだろうか。無事戻ってくれと、祈るほかはなかったに違いない。“聞け、わだつみの声”にある最後の便りを残した特攻隊の若者たちのように、自国の平和のために純粋な命を捧げた少年たち。彼らを涙で見送った日本の母親たちと同じ思いを、今ベネズエラの母たちもしている。
 「世界の旗の日」というベネズエラに住む外国人や、戦後ヨーロッパから自由や仕事を求め移民してきた人やその子孫が、各国の旗を掲げ集まった日があった。
 大使館からのメールには、いつもデモに近寄らないようとあり、迷ったがどこに住んでいても、その国の平和と自由のために声をあげるべきだと、行く決心をした。知り合いの日本人に集まってもらうよう声をかけ、白いシーツを裂いて絵の具で赤丸を描き、夫が裏山から切りだした細い竹にホッチキスで止めて、即席の日の丸を作った。
 集まった20人近くの日本人と旗を掲げアルタミラ広場に到着すると、すでに各国の旗をもって集合していた人たちが駆けつけ、日本までが応援しに来てくれたと、喜び抱きしめてくれた。日の丸をもって歩くという経験が初めての皆は、とても感動していた。
 私はベネズエラ人ではないので、大統領選には投票できない。と言って国の運命を決める大統領罷免選挙に、家で腕を組んでいるわけにはいかない。魔法瓶に日本茶を入れ、投票場で列を組んでいる人たちに配った。
 ただ配ったのではない。投票は秘密だから自分の意見を言えないので、首から“Toma TeSIto”と書いた紙をぶら下げ、Toma(どうぞ)、Tecito(少しのお茶)、“お茶をどうぞ、罷免選挙にどうか同意してください”と、CiとSiを掛けて(Si=Yes)と暗黙に促した。

 

 男という動物は、なぜちやほやされると調子に乗って、見合わないことでも引き受けようとするのだろうか。夫が市会議員選挙に出馬すると言い出した。
 頼まれると、物理的、経済的能力も考えず引き受ける。地元の会合で専門の都市計画、環境保護、建築設計について意見を問われると、嬉々として図面を曳き、役に立つことを喜んだ。実現する可能性があるのならいいが、何をしてもすべてがだめになる国では、時間の無駄だった。しないよりはいいのだろうが、結果は火を見るより明らかで、それまで数えきれないほど幻滅感を味わっていた私は、協力する気力さえも失っていた。
 しかし自分の国の再建のため、希望と夢で燃えていた夫は立候補を決心した。止めても聞かない。仕方なく私もあちこち歩いてビラを配り、投票を頼んで回った。投票結果は4位に入ったということだったが、正確な数は結局分からずじまいだった。
 反対はしていたが、チャべスが大統領に当選すると、夫は政府の仕事が増えると読み違え、事務所を拡大し投資を重ねたが、何をしてもうまくいかず焦り始めた。
 2004年大統領寵免選挙にサインしたが、その署名リストが政府の手に渡ってからは四方八方から囲まれ、成す事、すること全て潰され仕事が一切入らなくなった。もがけばもがくほど締めつけられる、綱の中にいたのである。完了した仕事も支払ってもらえず、逆に不遂行と起訴されこともある。玄関に貼られた、裁判所からの出頭命令を見た時の驚愕!
 役人が来るかもしれないので、しばらく外で時間をつぶせという夫の命令。
 スーパーの中をうろうろした時の動揺と情けなさ。
 新聞に夫婦名指しで訴訟されたのを、知人から知らされた時の驚き。
 すべてが金を巻き上げようという、相手側の陰謀だと後で知ったが、最初は理由がわからず、弁護士をつけたり再投資したり、10年近く踏ん張ったが、結局事務所を畳まざる得なかった。
 ラテン人は、今日を楽しく生きるという気持ちが大きいのだろうか、熱帯の風土に育った気質だろうか。人にもよるが、日本やアメリカのように子供の教育、将来の為貯蓄するという考えがあまりない。亭主も、金が入れば外食や旅行に使う人だった。私は貯金通帳にゼロがいくつもないと安心できないが、夫はモノを買うことが投資であり、財産であるという考えで、いつもそれがけんかのタネになった。
 絵が少しつつ売れるようになると、夫は喜んでそれワインだ、レストランだと祝ってくれた。今私の住む町の漁師も昔、宵越しの金はもたぬと酒を飲んだと聞いたが、同じ感覚だったのだろう。仕事が上手くいかず自信を無くしてその裏返しに、恰好を付けていたのかもしれない。一言、もう駄目だ、助けてくれと言えば、胸を叩いて、私に任しておけと言ったのに。
 しかしじわじわと悪化する国情に不安になって、絵が売れると、夫には黙ってドルに換え貯金し始めた。それが今私の生活を支えている。
 私も親の遺産を貰って、いい気になっていたのだろう。
 夫婦そろって経済に疎く、土地を買い、残った金は現地の金に換え大損をした。傾き始めた良人の会社を救おうと、請われるまま援助してきたが、共食いになる寸前のところで気が付いた。夫を助けよう、信じようと自分に言い聞かせて、現実を見て見ないふりをし、気を張って生きてきたが、とうとう私の中で何かがプツンと切れてしまった。
 夫はやさしい人で、とてもいい父親だった。しかし家族に良い暮らしをさせようと、目先のことに気を取られて、肝心の舵先を見失ってしまった。
 なんとか夫婦の危機を乗り切ろうと、心理療法にも通ってもみたが、話は聞いてもらっても、結局は自分が解決するほかないと気が付いた。
 年を取ると子供にもどるというが、何十年も一緒に暮らしていても、根本が違う差が開いて行くのは、仕方がなかったのだろう。永いベネズエラでの混乱の生活に押しつぶされ、精神的に追い詰められ、くたくたになっていたのかもしれない。
 もういい、日本へ帰ろうと思った。行きつくとこまで来て、やっと決心がついた。でも、帰国が実現するまで、さらに何年も待たなければならなかった。
 若い頃は、どこの国の食べ物にしろ文化習慣にしろ、ごく自然に受け止めてこられたが、今45年ぶりに生まれた国で生活しはじめ、再び日本人に戻りつつあるとき、言葉、四季、文化習慣、食物すべてが自分を育てきたと再認識している。

 ベネズエラ人の毎日

 冷蔵庫が空っぽだ。スーパーへ行くとものすごい行列。中に入っても棚はガラガラ、欲しいものは何もない。慌てて他のスーパーへ飛んで行っても同じか、もっとひどい。洗濯をしようとすると水が出ない。洗濯石鹸が手に入らないと、固形石鹸を削って使う。水があっても、停電だと冷水でシャワーも浴びることになる。何か作ろうと思っても、消費期限のとっくに切れたパスタが半分しかないし、おまけにプロパンが切れている。ガス会社に毎日のように電話しても、何ヶ月も持ってこない。道でプロパンを積んだトラックを、見かける度に追いかけるが空だと言う。おまけに法外な金を出さなければ、回してもらえない。しかたなく腹をすかしたまま寝てしまう。そんな生活を想像できますか。
 今べネズラ人は、毎日そうやって生きているのです。
 2014年頃から食料や洗剤やシャンプー、トイレットペーパー等が姿を消し始めた。何かおかしいと気が付いて、必要でなくても購入する癖がついた。でも食料品はあまり買い置きができないので、どうしても並ばなければならない。
 身分証明書の番号で、政府が値段を抑えている基礎食品(粉、米、パスタ、砂糖、ミルク等)を買える日が決まっている。早朝から並ぶ人のビニール袋を見て、何があるか検討をつけ必要なら並び、そうでなければ他のスーパーまで走る。自分の番が来ても手に入らないことを承知で、長蛇の列に並ぶ。目の前でなくなったこともあるし、前の人が制限以上を手にした砂糖や米を、悔しそうに手放したのを、ありがたく頂戴したこともある。

 ウンベルトがスーパーで見た話

 小麦粉がある! と電話で知らされウンベルトはスーパーへ走った。最後の2袋を中年女性がつかんでいた。一人当たり2袋だからそれはいい。一足遅く来た若い女が一つ分けて欲しいと頼んだ。中年女が断ると、女は粉を奪い袋を引き破り、“自分もないけどお前もない”と叫び小麦粉を相手にぶっかけた。頭から真っ白になったその女性は“見てくれ”とでもいうように、そのまま平然と支払いの列に並んだ。
 スーパーの棚に何か並べられると、皆必死で走って行く。そしてものすごい取り合いが始まる。粉ミルクをつかんだとき、後ろから来た人に床になぎ倒され、ハイヒールで踏みつぶされた若い女性をウンベルトは救った。

 近所で起きた強盗・殺人事件

 “何でも運搬屋”の痩せて男前の中年男・ミゲルはやさしくて話好きな人で、小型トラックで、時々家具や大きな絵を運んでもらった。学歴はなかったが政治や経済、社会によく通じていた。アメリカに入国できないと言っていたから、若い頃思想的に目をつけられていたのかもしれない。放送会社で働いていた娘が金持ちに見初められ、結婚しマイアミに住んでいて、玉の輿に乗ったと自慢していた。自宅を改良したキオスクで、新聞やお菓子などを売っていたが、数年前店に強盗が押し入り、抵抗した彼はピストルで撃たれ殺された。
 ミゲルの家のすぐそばの、新築した家に越してきた家族が4人組に襲われ、妻と幼い娘が夫と息子の目の前で強姦された。散歩しながらその家の前を通った時、楽しそうに子供と遊ぶ家族を何度も見たことがあった。逃げるようにアメリカへ行ってしまったその家族は、どんな思いで生きているのだろう。
 すぐ近くの屋敷で一人住まいをしていた老歯医者が、夜中押し入った強盗に殺された。前妻や息子たちを知っていたので信じられなかった。つい先日町内に住む老人が、娘の住むイギリスへ移住するため、ペンキ塗りを頼んだ男に襲われ、殺されたとラジオで報道していた。
 ウンベルトの親戚の息子はバイクを奪われて撃たれた。一人息子を殺された母親は悲しみのあまり自殺した。そんなことは毎日起きていて、有名人や金持ちでなければニュースにもならず、新聞にも載らない。
 先日、79歳の女性が自宅で死体で発見されたと新聞で報じていた。彼女はいつも一緒にプールで泳いでいた人だ。息子はベネズエラで初めてオリンピックで銅メダルを取った有名な水泳選手で、スポーツキャスターとしても人気者だった。息子の自慢話をいつもしていたが、それがあだになって、金欲しさの雇った庭師に殺されたという。
 今まで殆どなかったことだが、この数年、同じ町内に住む人の被害が増えている。夜中に強盗に入られて猿ぐつわをはめられたまま、一晩明かした隣人家族。金目の物を全て車ごと持って行かれ、恐ろしさのあまり、数か月自宅に戻ってこなかった。家族に会いに外国から帰国した日に襲われ、パスポートや現金一切取られた知人等、あげたらきりがない。
 知り合いのお手伝いさんは、政府にとても批判的だったが、大勢の子を抱え亭主に捨てられると、食料を配布する政府側に乗り移った。笑顔で機関銃を抱えている写真をネットで見た時は目を疑った。食料や医薬品を貰うにも、政府の電子カードが必要で、政府支持者を優遇するものと批判されているが、子供がひもじい思いをしたり、慢性病や癌患者の家族が生きるか死ぬかというなら、私も同じことをしたかもしれない。だから彼女を責めることは出来ない。
 終戦直後、電話ボックスの中で上等な着物を着た母親と子供が飢え死にした、という話を昔読んだことがある。後で花束を供えるぐらいなら、なぜ誰も助けなかったのかと、厳しく批評をしていた。それに物乞いをしてでも、子供と生きていくのが本当の母親であろう。戦時中闇の食料を拒んで、餓死したという日本の判事の記事もあったが、そんな人は今いるだろうか。
 知りあいのホテル主は、客がいなくなり経営が生き詰まり、自ら命を絶ってしまったし、難病にかかり薬がなくて絶望のあまり、家族を道連れにした人もいる。また窮地に追い込まれ、生き延びるため、飢えた動物のようになった人も沢山見た。
 私自身は、今まで運がよかったというのか、コソ泥に入られたり、スリに財布や携帯を盗まれた以外は、あまり恐ろしい思いをしたことがない。犬もいるし庭師が離れに住んでいるので、家に入りにくいのは確かだ。だからと言って安心はできない。高台にある我が家は石垣で囲ってあるが、登ろうと思えば私でも登れる。外見を壊すのが嫌でずっと拒否してきたが、とうとう金網の柵に有刺鉄線を張り巡らした。それでもまだ怖くて、さらに高圧電流の流れる鉄線を取り付けた。金がそういうことばかりに出ていく。 そして一人の時は部屋の内から鍵をかけ、常に携帯を傍に仕事をし、夜は2階の寝室の鉄の扉に2重の鍵を掛けて寝た。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 Aに続きます。



金融危機と食糧危機の気配?...2021年7月25日

 今年の梅雨は熱海の土石流災害が示したように、1ヶ月分の雨が一度に降るといった集中豪雨が特徴でした。
 熱海だけでなく西日本を中心に集中豪雨が襲い、水害をもたらしました。
 その梅雨も終わり、連日の猛暑の中で東京オリンピックも始まり、日本国民はホッと一息つける夏を迎えたように見えます。
 そういえば、ベンジャミン・フルフォード氏が言っていた、オリンピック会場での爆破テロは起きるでしょうか。
 フルフォード氏は、菅首相の号令があれば、いつでも実行できる準備は整っていると言っていました。そして菅政権はそのテロを、中国または北朝鮮によるテロ攻撃と宣言する予定だと言っていました。
 新型コロナを理由に、選手と一般人の交流は避けるようになっています。また会場も東京は無観客なので、爆破テロを起こしても、一般人が犠牲になる可能性は低いと思われます。つまり、爆破テロを発令しやすい環境が整っているのは確かです。

 そのテロを別にすれば、新型コロナで疲弊している日本国民にとって、オリンピックは久々に楽しめるイベントになりそうです。自粛要請で旅行に行きづらい分、自宅のテレビでオリンピックに熱狂する人々が多くなるかもしれません。

 今回の記事は、熱いオリンピックの夏が終わった秋から冬にかけて、何やらただならぬものが起きるのではないかという話題です。
 金融危機については、もうずいぶん前から言われてきました。
 金融危機には10年ほどの周期性があって、1989年のバブル崩壊から10年ほど経った2000年前後に長銀や北海道拓殖銀行の倒産やITバブルの崩壊がありました。
 その10年後には、リーマンショックがありました。
 それゆえ、リーマンショックから10年経った2018頃から金融危機が起こるのではないかと囁かれてきたのですが、起きませんでした。その理由は、日本をはじめアメリカ、欧州でバラマキとも言えるお札の大増刷を行い、金融危機の先送りをしてきたからです。
 お札のバラマキは、新型コロナ対策でさらに拍車が掛かり、その余剰資金が株式市場や不動産市場に流れ込み、異様とも言えるバブルを形成しています(ただし日本では、不動産バブルは起きていません)。
 これから紹介する記事を先取りしますが、オーストラリアのシドニーの南7kmの郊外で、台所もトイレも電気も無く、床や壁は裸のままの空き家に4億円の値段が付いたと聞いたら、日本人なら誰しもこう思うのではないでしょうか。
 「そりゃあ、バブルでしょう・・・」
 日本人はバブルと思っても、家を買った当事者は、もっと上がると考えているのは間違いありません(そうでなければ、使い勝手の悪い家を異常な高値で購入するはずがありません)。
 バブルは破裂して初めてバブルとわかると、元FRB議長のグリーンスパン氏は(自身の責任の言い逃れの為に)言いましたが、バブルに踊っていない人間なら、わかることです。
 ただ、そのバブルがいつはじけるかを判断するのが難しいだけです。

 2008年のリーマンショックによる金融危機の際には、穀物価格の高騰で、日本の食品価格は1割ほど値上がりしました。
 これから起きるであろう金融危機の際にも、インフレによる食糧価格の高騰が起こりそうな気配です。
 それがリーマン当時の1割程度の値上がりであれば、たいしたことではありませんが、数倍にも跳ね上がるということも想定する必要があるかもしれません。
 いや、数倍でも物があれば、まだましかもしれません。私達にとって悪夢なのは、スーパーから食品が姿を消すことです。

 まず、経済ジャーナリストの浅井隆さんが主幹の『経済トレンドレポート』の記事から紹介させていただきます。


 ・・・<『経済トレンドレポート』、2021年7月10日号から抜粋開始>・・・

 特別緊急 NEWS FLASH
 世界はすでに巨大インフレモード
 −−早ければ今秋、食糧危機の可能性も

 日本にいると全く気付かないが、海外ではすでにかなりすさまじいインフレが起き始めており、その波は世界中でうねりをあげている。
 現在、韓国ではインフレで大騒ぎの状態にあり、3月4月とも8%の物価上昇を記録し、玉子の価格が50%上昇している。スーパーでの買い物で正月に10,000円出して購入できたものが、今は2倍の20,000円でも購入できないということで主婦が悲鳴を上げている。以前、経済トレンドレポートで“ネギテク”という言葉を紹介したとおり、ネギは特にひどく価格が4倍にもなっており、自宅のテラスでネギを栽培するなどの節約法が流行っているという。この食糧高騰の動きは、一部日本でも起こっており、米国産の牛タンは仕入れ値が2.5倍になったというわけで、牛タン料理を出す店は採算に合わないと、一部別の肉に変えるなどしているほどだ。
 高騰したのは食糧に限らない。特にアメリカや中国、イギリスなどの不動産は暴騰しており、どこも異常な状況だ。アメリカで木材の価格が4倍となり、その影響から日本で住宅の建設を請け負った工務店が建築素材の高騰でパニックとなり、建築中止を決めた例も出てきた。
 ブルームバーグによると、世界の住宅市場は狂乱状態にある。世界の住宅価格上昇率は年間2桁台と、これは2006年のリーマン・ショック前のペースと同じである。アメリカ、コネチカット州では、買い手は価格を提示する前に物件を見ることもできない状態だ。155万米ドル(1.7億円)で売り出されたばかりの物件を内覧する予約ができなかった買い手は、契約する前に家の中を見せてくれることを条件に、売り出し価格を上回る額での購入を提案したという。他にも、オーストラリアのシドニー中心部から南へ7kmのところにある空き家は、台所もトイレもなく電気も来ておらず、床や壁は裸のままと見捨てられたような状態だったが、白熱した入札合戦の末になんと470万豪ドル(4億円)で落札されたという。同じオセアニア圏のニュージーランドでは不動産の上昇率は年30%に上るなど、世界中の至るところで日本の不動産バブルを彷彿させる事態が起きている。
 さらに海運も大混乱の状況で、バルチック海運指数(船の運賃の総合指数)がコロナ・ショック時の大底から8倍に上昇しているのだ。船員には中国人やインド人が多いわけだが、最近の新型コロナのインド株の流行で船員が足りず、港で荷下ろし要員のインド人も足りていない。今年3月にあったスエズ運河の座礁も響き、今、物流は大混乱に陥っている。そのような中、新型コロナ収束により世界的な需要が回復すると、供給が追い付かない分、一気にインフレが加速する可能性もある。
 現在の食糧高騰の背景の大きな主因として、中国による食糧の大量輸入と備蓄が挙げられる。中国の税関によると、5月の穀物および穀物粉の輸入量は前年同月比で143.9%も増加している。国民の暴動を恐れての行為であるが、現在発生しているインフレが加速することを危倶しての動きとも考えられる。
 そして今、世界規模で起きているインフレを致命的に加速させるような事態が起きるかもしれない。今夏、1000年に一度の干ばつと熱波に見舞われるかもしれないと専門家が言い始めているのだ。特にひどいのは、カリフォルニア等の北米大陸、中国内陸部、シベリアである。モスクワは5月中旬、異常な高温に見舞われた。連日30度前後の日が続き、1897年5月の最高気温の記録を124年ぶりに超えた。その翌月6月には米国に熱波が訪れ、カリフォルニアなど西部、南部各州では最高気温が38度を超えた。6月中旬に、カリフォルニア州デス・バレー(死の谷)では54度を記録、これは1913年7月に記録された世界最高気温56.7度に迫るもので、その名前にふさわしいほどの暑さで、この世の終わりが来たかと敬虔なキリスト教徒は祈りをささげたという。
 ネバダ州とアリゾナ州の境にある米国最大の貯水湖であるミード湖は1936年に完成した人工の湖だが、過去最低の水位を記録した。米国西部ではこれまで経験した干ばつの中で最も酷い干ばつが予想され、過去1000年で最悪の一つになると言われている。それらの地域では、熱波、干ばつ、山火事の一連の事象が多数発生することが予想される。
 一方、欧州に目を向けると、例年は涼しくさわやかな夏を迎えるドイツでも、6月に30度台半ばと異常な高温になっている。スペインでは「今後30年以内に、毎年5日ほどは47〜48度を記録する」と言われ始めており、「スペインは砂漠気候のイラクのようになる」と冗談のようなことが言われている。
 本当に1000年に一度の干ばつと熱波となれば、今以上のインフレと食糧危機は避けられない。現在、日本ではデフレが蔓延しているため信じられないだろうが、今秋にもインフレ、食糧危機に加えて円安が発生しても不思議はない。インフレによって金利が2%まで上昇すれば日銀が債務超過に陥るわけで、それによる円安が想定されるのである。コロナによるバラマキと1000年に一度の干ばつが重なり、大変な2020年代がやってくるのだ。インフレ・円安対策をしっかり行なって頂くと同時に、食糧危機に対しても備蓄等、しっかりした対策をしておいて頂きたい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらに、『経済トレンドレポート』から抜粋します。


 ・・・<『経済トレンドレポート』、2021年7月10日号から抜粋開始>・・・

 50年に1度の深刻なモノ不足がやってくる!?

 いくら当局者が「インフレは一過性だから案ずるな」と念仏のごとく唱えても、信じろという方が無理だ。これは、誠に恐ろしいシナリオだが、今年から来年にかけて“50年に1度”の深刻なモノ不足がやってくる可能性がある。
 日本にいるとわからないが、世界では将来的なインフレを示唆するニュースがひっきりなしだ。原油価格100ドルのコールオプション(買う権利)が大量に買われ、FAO(国連食糧農業機関)が算出する「食料価格指数」が過去最長の上昇を記録、世界最大規模の貿易港として知られる塩田港(中国広東省)が新型コロナで一時的に止まり、「特別緊急 News Flash」でも詳述したように海上輸送費のバロメーターである「バルチック海運指数」と「フレイトス国際コンテナ指数」が過去平均の数倍にまで暴騰、さらには世界中で住宅価格が狂乱状態にある。
 こうした状況下で、インフレを心配するなという方が無理だ。おまけにブラジル、メキシコ、米国、カナダでは深刻な水不足や干ばつ、熱波が襲っている。輸送の混乱や農産物の不作、投機筋によるコモディティ(商品)価格の高騰が長期化しないとも限らない。悪いときには悪いことが重なるということもある。
 過度に不安を煽るつもりは毛頭ないが、ここは最悪を想定し、率直に言って世界的なモノ不足に備えるべきだ。日本だけが安泰(デフレ)という幻想は捨てた方がいい。日本は9割以上のエネルギー源を海上輸送に頼っており、消費財は中国からの輸入に多くを頼っている。外食や総菜(冷凍食品を含む)も海外からのものがほとんどだ。
 モノ不足は、過去の経験からして「起こるときには、一気に起こる」。徐々に備蓄を講じるべきだ。仮にモノ不足がやって来なくても、備蓄した食糧や消費財は期限内に使うことで無駄にはならない。
 「『モノ不足の時代』突入、準備はいいか」−−業界紙である鉄鋼新聞は年初にこう呼びかけた。この記事は、鉄鋼などのコモディティ(先物市場で取引される商品)に関して言っているが、その意識は我々一般国民にも通じる。災害のリスクも軽視できない。今一度、「備え有れば憂いなし」という言葉を思い出すべきだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ネットで気になるサイトがあったので紹介します。

https://be-rich.me/archives/11385

 ウェルズファーゴというアメリカで3位の銀行が、クレジットを停止したという記事です。
 生産者から店頭に品物が並ぶためには、8〜10以上の企業のクレジットが関係している為、サプライチェーンが機能しなくなり、店頭に品物が並ばなくなると危惧しています。
 これは私の個人的な見方ですが、ウェルズファーゴがクレジットを停止したのは、QFS(量子金融システム)がらみではないかという気がしています。
 すでに、銀行間の海外送金システムであるSWIFTが廃止され、QFSに替わったという噂もあります。
 ただしQFSのような新たな金融システムを導入する際には、一時的な混乱は避けられないと思うので、一時的にせよ、サプライチェーンの機能不全によって物不足が発生する可能性はあると思います。
 さらに気になるのは、イギリスで起こっているようにサプライチェーンを担う人々にPCR検査を受けさせ、陽性となった場合に、最大10日間といった自宅待機を命じることです。PCR検査は当局の意図によっていくらでも陽性を増やせる(嘘検査な)ので、政府はサプライチェーンを機能不全に追い込むことにより、食糧危機を作り出すことができます。

 秋から冬にかけて、私は必ず金融危機が起きると言っているわけではありません。あくまでも可能性の一つです。
 ただ、投資家にとっては、金融危機は一攫千金のチャンスです。それゆえ、億万長者を夢みて虎視眈々と投資の機会を伺っている人たちがいます。
 私も余裕資金があれば投資してみたい誘惑に駆られますが、残念ながらその資金がありません。
 もし、金融危機が起きたら、金(キン)や銀も一時的に暴落するので、ちょこっと買ってみようかとい程度です(金や銀は、金融危機の際には、追証が発生したヘッジファンドが資金繰りで売るので、一時的に下がります。しかし、数か月するとダイナミックに値を戻す習性があります。それゆえ、金や銀を買う絶好のタイミングとも言えます)。

 そんなわけで、私がこうした事態に備えて出来るのは食糧備蓄ぐらいかなと思います。
 よく、食糧危機になったら戦後のようにイモを植えればいいという話も聞きます。
 それについて、今から1年ほど前の『ザ・リバティ』(2020年6月号)という雑誌の記事を抜粋して紹介します。


 ・・・<『ザ・リバティ』、2020年6月号から抜粋開始>・・・

 国民はコメとイモでしのげるか

 東京大学教授 鈴木宣弘

 日本の食料自給率(2018年度のカロリーベース)は37%です。つまり、私たちの体を動かすエネルギーの63%は海外に頼っているのです。
 このままのペースでいけば、自給率は1割台に下がると予測され、輸入が止まれば私たちの命は危険にさらされます。
 それに対し、「日本は輸入を増やせば大丈夫」という意見があります。ですがコロナの蔓延により、自国民への食料供給を優先するために輸出を規制する国が増えています。また貿易依存度が高くなると、何らかのショックにより、食品の国内価格が上がりやすくなります。
 アメリカは、「食料は軍事とエネルギーと並ぶ国家存立の3本柱」という考えを持っています。つまり、食料は軍事と同じ安全保障の要(かなめ)です。しかし日本にはその認識が欠けており、自給率が下がっても仕方がないという誤った考えが定着しています。

 アメリカが壊した日本の食文化

 日本が「金を出せば食料は買える」と考えるのは、「アメリカの占領政策」が関係しています。
 ある東大の学者は友人から聞いた話として、「アメリカの占領政策の狙いは、自国の車と農産物を日本に買わせることだった」と話しています。
 米ウィスコンシン大学の教授も、「アメリカの農作物は政治上の武器だ。だから安くて品質のよいものをたくさんつくりなさい。それが世界をコントロールする道具になる。例えば東の海の上に浮かんだ小さな国はよく働く。でも、勝手に動かれては不都合だから、その行き先をフィード(餌(えさ))で引っ張れ」と発言したことがあります。
 実際にアメリカは終戦後に、日本の給食でパンや牛乳を提供させるなどして、食文化を破壊。日本もアメリカの圧力に屈し、自動車などの輸出産業の利益を拡大する代わりに、農業を「生贄(いけにえ)」にしてきました。
 この構図は、アメリカが日本に武器を買わせ、防衛産業の自立を邪魔するのと同じです。低い自給率は「日本が独立国ではない」ことを示しているのです。
 しかし、一部の学者はこうした力関係を無視し、「日本の農業は政府の過保護により、競争力を失い、自給率が下がった」と主張します。もしそれが事実なら、農家の所得や生産がもっと増えてもいいはずです。

 “数年がかり”では手遅れ

 残念ながら、日本は食糧危機の備えについても無策です。
 貿易依存度の高いアメリカやオーストラリア、中国から輸入がストップした際の想定や対策、法整備が一切ありません。
 例えば南シナ海有事で中国からの輸入が止まれば、日本の食生活は壊滅的な打撃を受けます。日本国民が日常的に食べられるのはコメだけになります。
 それに対し政府は、ゴルフ場や校庭などにサツマイモを植えるよう要請しますが、国民がコメとイモで長期間耐えられるのか疑問です。それ以外の農作物の増産を進めても、国民全体に行きわたるには最低でも数年かかるのです。
 それについては、政府が食糧安全保障のコストを一定程度負担すべきでしょう。
 日本の農家の所得の30%程度が補助金であるのに対し、イギリスとフランスは90%以上、スイスはほぼ100%です。命・環境・地域・国土・国境を守っている産業を国家として支えるのは、欧米では当然です。
 コロナ問題をきっかけに、日本は戦後政策を大きく転換すべきです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本には休耕田がたくさんあり、いざ食糧危機になったら、その休耕田で作物を作ればいいじゃないかという話もよく聞きます。
 それはその通りですが、問題はそれに数年掛かることです。
 その数年の期間を生き延びなければなりません
 有名ユーチューバーの我那覇真子(がなはまさこ)さんという方がいます。
 知人から、我那覇さんの以下の動画を教えてもらいました。

https://www.youtube.com/watch?v=6OvZd2AmOYo

 我那覇さんによれば、食糧備蓄として、次の作物の収穫期を見越して2年分が必要だということです。
 さらに、水道も止まることも想定して、一家に一台としてスイス製の浄水器を推薦しています。5万円台と少々高いですが、命には代えられないので私も買いました。

 311のときスーパーから食品が消えたことを日本人なら誰でも知っています。物が無くなるときは、本当に一気に無くなります。私は、スーパーの空の陳列棚を見て唖然としたことを今でもよく憶えています。
 この夏が終わる頃までに、2年分の備蓄を目指そうと思っています。



バーゼル3で起こる(かもしれない)金価格の大変動...2021年7月18日

 金(キン)の歴史を簡単に振り返ってみます。
 私が吉田繁治さんの本やメルマガで学んだことを述べてみます。
 1971年まで米ドルは1オンス(約31g)が35ドルと固定された金本位制でした。各国の通貨はドルとリンクした固定相場制で、1ドルは360円でした。
 それがニクソンショックにより、米ドルは金の裏付けのない通貨となり、各国の通貨は市場で価格が決まる変動相場制となりました。
 現在は1オンスが1830ドルで、円では1gが7048円です(2021年7月16日:田中貴金属)。
 1971年から2021年までの50年間で、金は米ドルベースで52倍、円ベースで17倍になった計算となります。
 こうした言い方をすると、金はずいぶん価値が上がったという印象を受けますが、事実は逆で、米ドルや円の通貨の価値が金に対して下がったということです。
 通貨の価値は時代の変遷にともに変動します(下がります)が、金自体の価値は(基本的に)変わらないからです。
 なぜ通貨の価値が下がるかというと、各国の中央銀行がお札を過剰に刷るからです。GDPの増加率に合わせて、お札をすれば価値を維持できますが、この50年の歴史は、各国の中央銀行はGDPの増加率以上にお札を刷り続けてきたということです。
 こうした事実は、世界基軸通貨である米ドルにとっては、”不都合な真実”であって、けっして一般庶民に知られたくないものでした。
 米ドルが基軸通貨であるという意味は、各国の貿易の決済通貨として米ドルが使われるということです。
 貿易をしたい国は、準備通貨として米ドルを買わなければなりません。それゆえ、アメリカは輪転機を回すだけ(ドルを刷るだけ)で、各国の物やサービスを受け取ることができるのです(これをシニョリッジ(通貨発行特権)といいます)。
 米ドルこそアメリカのパワーの源泉である為、その米ドルが実は時代の変遷と共に大きく価値を減らしていっているというのは、世界の人々に知ってほしくない事実です。
 それゆえ、アメリカの長期戦略は、各国が決済通貨として米ドルを使い続けるよう、米ドルの価値を維持することでした。
 その為に使われてきたのが、金先物取引(きんさきものとりひき)です。
 金先物取引は、現物取り引きの何倍もの規模である為、価格決定権を持ちます。
 FRB(連邦準備制度理事会)は、金が上がると配下のアメリカの銀行を通じて、金先物取引市場で金の売り浴びせを行い、金価格が上昇しないようにしてきたと言われています。

 ところがこの金先物取引市場において、これからたいへん興味深いことが起ころうとしています。
 各国の中央銀行を統括しているのが、スイスのバーゼルにあるBIS(国際決済銀行)です。
 そのBISが事実上、金先物取引市場を潰すような規制を導入しようとしているのです。2023年1月から実施されるバーゼル3と言われるもので、銀行は自己資本比率8%が求められます。
 これは厳しい規制で、8%の自己資本がないと銀行業務ができなくなるのです(事実上の廃業となる)。
 その自己資本として、これまで認められてきた金先物取引に投入した資本に15%のヘアカット(資産の割引)が導入されるといいます。
 つまり、銀行は金先物取引市場で1兆円投入してきた場合、そのうち自己資本として8500億円しか認められないことになります。
 そうなると自己資本比率8%を死守しなければ業務ができなくなる銀行は、金先物取引市場から資本を引き揚げ、金ETFか現物にシフトせざるを得なくなります。これにより、金先物取引市場の規模が劇的に縮小し、金価格の決定権を失うと予想されるのです。
 すでにEUでは今年の6月に導入され、イギリスには2022年1月からの導入が決まっています。
 金先物取引市場で事実上価格を決定してきたのは、ロンドンのLBMA(貴金属市場委員会)と言われているそうです(バックはロスチャイルド家)。
 そのロンドンのLBMAが来年1月から金価格の決定権を失う為、今年の秋から暮れにかけて、金が大きく上昇するのではないかという見方があるといいます。

 吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介します。
 英語の記事は、Gold Money(ゴールドマネー)という会社のマクリード氏という人物が書いたもので、それを吉田さんがグーグル翻訳し、それを解釈するというやり方をしています。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1168』から抜粋開始>・・・

■7. バーゼル3での、金先物の規制(2)

(3)This article explains the new regulations and concludes that the recent joint LBMA/WGC consultation paper addressed to the British regulator is unlikely to save London’s unallocated gold trading market.
And because Basel 3 regulations are scheduled to be introduced into the UK at the year-end all banks in the London gold market can be expected to wind down their exposure well ahead of the deadline.

〔自動翻訳〕
この記事では、新しい規制について説明し、英国の規制当局に宛てた最近のLBMA と WGC合同協議書がロンドンの未割り当ての金取引市場を救う可能性は、低いと結論付けています。
また、バーゼル3の規制は、2021年の年末に英国に導入される予定であるため、ロンドンの金市場に加盟するすべての銀行は、期限よりもかなり前に、エクスポジャーを縮小することが予想できます。

〔(3)の解釈〕
(規制が緩和に転じて)LBMAが救われる可能性は低いことを言っています。

期限のはるか前に(=2021年秋から)、「エクスポジャーを縮小する」とは、地金の紐づけのない先物証券の売買が減るという意味です。エクスポジャーとは、損のリスクの可能性の大きさを言います。

・金先物の売りでは、その後に金価格が上がったとき、
・金先物の買いでは、その後に金価格が下がったとき、
損のリスクがあります。

(注)利益と損は、確率的には等価です。このため、「ポジションのエクスポジャー」という。

この文章は、2021年秋からの金価格の大きな上昇を示唆したものです。

(4)The unallocated forward settlement market will effectively be shut down. Hedging into Comex futures from this source will also cease.
As it is unwound, the withdrawal of synthetic supply has enormous implications for future precious metals prices by transferring pricing power to physical markets, now dominated by China.

〔自動翻訳〕
金や銀地金の紐づけのない先物の売買市場は、事実上、閉鎖されます。NYのComexでの、先物へのヘッジの売買も、停止します。
(ヘッジの売買=金価格の上昇/下落のリスクを防ぐ保険)

◎金市場の先物証券からの撤退は、現在中国が支配している物理的な市場に価格決定力を移転することにより、将来の貴金属価格に多大な影響を及ぼします。

〔(4)の解釈〕
米欧の金取引は、先物が中心です。金の紐づけのない先物が、金融(=銀行)の安定を目的にBISから規制される。どうなるか。

金地金の、証券ではない現物の売買が世界1多いのは、中国市場です。このため、金価格の決定権が、英国と米国連合から、中国の現物市場に移っていくという価格形成の基盤の、重い変化になっていくでしょう。

当方も、この通りと思っています。

(5)At first sight it seems crazy that the impact of Basel 3 regulations will be permitted to radically undermine forwards and futures markets,
which have been so instrumental to deflecting hoarding demand from physical bullion.
It is through paper derivatives that the gold price in particular has been kept suppressed in conjunction with central bank leasing,
and therefore prevented from challenging the US dollar’s credibility, following gold’s replacement as the world’s reserve currency fifty years ago.

〔自動翻訳〕
一見すると、バーゼル3規制の影響が、物理的な地金からの買いだめ需要をそらすのに役立ってきた先物市場と、先物市場を根本的に弱体化させることが許されるのは、おかしなことに思えます。

特に、金価格が中央銀行のリースに関連して抑制され、50年前に世界の準備通貨としての金が、ドルに置き換えられた後、米ドルの信頼性に異議を唱えることを防いだのは、紙のデリバティブ(先物証券)を通じてです。

〔(5)の解釈〕
紙の先物証券が、金地金の買いだめ需要を抑制してきた。
このため、約50年、金へのコンスタントな需要の多さの割には、金価格は上がらなかった。

しかし今回BISは、金価格を下げることに使われた、現物の紐づけのない先物証券の取引を、規制する。

金・ドル交換停止(1971年:ニクソンショック)のあとは、米国FRBは、金価格を先物売りの増加によって抑えてきた。

理由は、金とのリンクがなくなった米ドルの、国際的な信頼性を高めるためである。

紐づけのない金先物証券が、事実上禁止されると、金価格は高騰するということを、Gold MoneyのAlasdair MacLeod氏は述べています。

■8. バーゼル3での、金先物の規制(3)

(6)The disruption to forwards and futures markets from Basel 3 will be a major shock, yet wider markets appear to be blithely ignoring the problem.
 When it goes ahead, Basel 3 will mean that banks will be forced to wind down their positions in unallocated precious metals,
almost certainly causing massive disruption to physical bullion markets as well.
If the expansion of paper markets has suppressed the prices of gold and silver for the last fifty years,
then a severe contraction of paper equivalents at a time of escalating fiat money inflation could send prices to the moon.

〔自動翻訳〕
バーゼル3から先物市場と先物市場への混乱は大きなショックとなるでしょうが、それでも世界の市場は、この問題を、まだ軽率に無視しているように見えます。

バーゼル3の規制が進むと、銀行が、現物の紐づけのない金や銀(貴金属)の先物証券でのポジションを縮小することを余儀なくされることを意味し、ほぼ確実に物理的な地金市場にも、大規模な混乱を引き起こします。

紙市場の拡大が過去50年間、金と銀の価格を抑制していた場合、法定紙幣のインフレが拡大する際の、先物証券の大幅な縮小は、月に価格を送る可能性があります。

〔解釈〕
BISが、地金への紐づけのない金先物取引を規制し、消滅させれば大きなショックが起こるが、世界の市場(=金融機関)は、まだ、これを無視している。これはバカげたことである。

金では、1971年の金ドル交換停止から50年、FRBと金融機関が上がったときの売り先物証券(プット・オプション)を増やして、価格を下げてきた。これが2021円年に終わる。

金の現物需要は強いので、価格を下げてきた先物証券が消滅すると、金価格は、「月まで上がる」だろう。

あくまでGold MoneyのAlasdair MacLeod氏の見解ですが、2021年末から2022年にかけて、金融機関がBISの、金先物規制の影響に気がつくと、「現物市場に需要が殺到して、金価格は、短期で高騰する」という。

賛同するか、反対するか、静観するかは個人の自由であることは言うまでもない。今回の、金先物証券へのBIS規制は、金価格を下げる材料にはならない。上げる材料です。

ただし、世界の投資家と銀行は、まだ、2021年6月からと、22年1月からLBMAと銀行へのBIS規制の、金価格への影響に気がついいてはいないように見える。(注)金評論家も同じです。

BISが、現物の紐付けのない先物証券の発行を規制するのはなぜか。金価格が大きく変動したとき、買いまたは売りの先物証券を発行した銀行と証券会社は大きな損をします。

これが、銀行の自己資本を減らすことになる。BISによる先物証券の発行の規制はこのためです。

裏では、BISは、金価格はこれから大きく動くと予想しているのかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 マクリード氏は、金先物市場が無くなることで、「金価格は、月まで上がるだろう」と言っていますが、これは私には少し大げさ過ぎるように見えます。
 マクリード氏が金を扱う会社の人間であることを考えると、たぶんに“ポシショントーク”と言われるもののような雰囲気を感じます。
 トランプ氏がアメリカ政界に復帰し、“金本位制復活を宣言”といったウルトラCでも起きない限り、金価格が月まで行くことはないような気がします。
 しかしバーゼル3の金先物取引に関する規制は、確実に金価格を上げるのは間違いないと思います。

 冒頭で述べたように、50年前と比べて金は米ドルに関しては、52倍になりました(日本円で17倍なのは、50年前の1ドル360円に対し、今は110円と円が3.3倍になっているからです)。
 通常、投資をする人は50年といった超長期のスパンで考えません。
 「50年後に生きているかどうかわからない」という人も多いでしょう。人は、死んでるかもしれない、はるか未来に関してまで、人生設計を考えないからです。
 しかし、50年というスパンで見ると、通貨というものは確実に価値を減らしていくものであるという事実が浮かび上がってきます。
 繰り返しになりますが、各国の中央銀行は、人口の増加や産業の発展によるGDPの増加をはるかに超える勢いで通貨を発行してきました。
 こうしたGDPの増加に適切に対応した通貨発行を行えば(本来はこれが中央銀行の仕事)、通貨の価値が52分の1にも下がるということはなかったはずです。

 そして、金価格は52倍にもなったのに、不当に抑えられてきたというのは信じがたいかもしれません。
 私は、不当に抑えられてきたというのは事実だと思います。
 マクリード氏の言うように、いきなり「月まで上がる」ことはないにしても、今年の秋以降から時間をかけて着実に本来の価値に戻っていくだろうと思っています。



新型コロナワクチンの主役は?...2021年7月12日

 吉田繁治さんの最新メルマガで、吉田さんが2回目のワクチン接種に行ったときの様子が描写されていたので、紹介させていただきます。

 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ』、Vol.1168から抜粋開始>・・・

世界で先を争ってワクチンの接種が進んでいます。日本では、3100万人が1回の接種をしています(7月3日:人口の24.8%)。うち2回接種は1700万人で、人口の13.7%です。

米国では、1回が1億8200万人(人口の56.8%)、そのうち2回が1億5700万人(同47.8%)です。

指定されていた2回目の接種(7月2日)に、同じクリニックに行きました。1回目のあと「2日目と7日目の副反応と思われる症状」を正確に書いた紙に署名を入れて、「厚労省に出してください」と依頼しました。

医師がその紙をどう処理するか不明です。
そのときの会話です。

「ここに書いた症状があったのですが、ファイザーの副反応ですか?」
「分かりません」
「2回目をしたほうがいいですか」
「分かりません。接種しますか、どうしますか」
「副反応は、1回目より2回目が2倍から数倍多いという厚労省の統計が出ていますが、どう思いますか」
「分かりません」
「あれよりひどい症状が出るとイヤなので、やめます」
「じゃ、このワクチンは廃棄します(マイナス70度の冷蔵庫から一度出したもの再保管ができない)。あとで、接種してくださいと言われてもできませんが、いいですか(医師のイラツキが見えました)」
「もちろん、OKです」

医師の「分かりません」という態度は、正しい。
診療で経験したことしか言えないはずだからです。

今回のワクチンは、必要な治験が、短期のものしか終わっていない。2021年12月ころになると、10億人以上への接種実験の結果が各国で出るでしょう。家人には目立った「副反応」はなかったのです。

ここに疑問が残らないことはない。医師は、自分で結果が分からないワクチンや医薬を投与していいのかという問題です(心の痛みはないのか)。厚労省や、ワクチン大臣の基準に従っているだけでしょう。

ところが日本政府は、この検証ができていない。検証しないで、製薬会社の短期治験を信用し、ワクチン接種を奨めています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、このメルマガを読んで、「ああ、よかった・・・」と思いました。
 吉田さんが1回目の新型コロナワクチンを打ったことを以前の記事で紹介しましたが、私は2回目はできれば打たないでほしいと願っていました。
 2回目の方が副反応がひどくなるというのはいまや定説ですが、それで吉田さんが2回目を躊躇するのではないかと期待していました。
 私は、吉田さんの本やメルマガのファンの一人として、吉田さんには今後も変わらぬ活動をしてほしいと願っています。もちろん、吉田さんの1回目が「本物」だった可能性もあります。「本物」だとしたら、動物実験で2年以内に全部死んでしまったということがありますが、必ずしも人間がそうなるとは限らないと私は思っています(あくまでも私の希望ですが)。
 研究が進めばmRNA型ワクチンを無毒化する薬が開発されるかもしれません。
 あるいは、メドベッドというウルトラCだってあるかもしれません(夢みたいなことを言うな、と叱られそうですが)。

 今後、新型コロナワクチンの真実が明らかにされたとき、ワクチンを打ってしまった人に絶望しか残らないとなったら、あまりにも悲しすぎます。
 希望を失くして、残りのわずかな人生を苦しみながら生きるしかないという悲惨な思いを、多くの人が味わうというのはあってはならないことだと思っています。

 さて、今回の話題は「酸化グラフェン」です。
 酸化グラフェンは、血液を凝固させる毒素とのことです。スペインの医療チームが新型コロナワクチンに大量に含まれることを発見したといいます。
 以下、動画です。

https://rumble.com/vjf3dh-covid-19-covid-19-is-caused-by-graphene-oxide-20210625.html

 この動画を文字で解説したサイトです。

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/cd4e4e9018df46e1d6c3f0fafca2d6e8

 スペインチームの結論は、新型コロナウイルスの症状は、酸化グラフェンによってもたらされたということです。
 私は、この説には大いに納得しました。
 また、酸化グラフェンの「電子吸収帯」が、5Gの電磁波に近いことも、世界で最初に中国の武漢でパンデミックが発生したことに符号します(世界で最初に本格的に5Gが導入されたのが武漢です)。
 体内に大量の酸化グラフェンを摂り入れた人間に5Gを照射すると、新型コロナの症状を引き起こすことが可能になるということです。
 さらに、酸化グラフェンが人間の体内で強力な磁性を帯びることから、ワクチン接種者の身体に金属片がくっつくことも説明できます。

 このスペインチームの発見は素晴らしいと私も素直に賞賛したいと思いますが、わたしには大いに気になることがあります。
 スペインチームは、分析した新型コロナウイルスのワクチンから酸化グラフェンが大量に検出されたことと、酸化グラフェンによる症状が新型コロナの症状と酷似していることから、すべてを酸化グラフェンで説明できると主張しています。
 私は、それはその通りだと思いますが、今回のワクチン騒動にはもっと大事な注目点があると思っています。
 私は以前の記事で、新型コロナワクチンには「本物」と生理食塩水の「偽薬」があるのではないかと述べました。
 「本物」が2割で、「偽薬」が8割という割り合いは定かではありませんが、間違いなく一定量の偽薬が含まれていると思っています。
 (ファイザーの場合ですが)「本物」には、mRNA型の成分が含まれています。
 以前の記事で、私は偽薬は安全な生理食塩水だろうと言ったのですが、ここで訂正したいと思います。
 「本物」もそうかもしれませんが、「偽薬」には生理食塩水にプラスして大量の酸化グラフェンが含まれているということです。
 単純化すれば、以下の構図です。

 「本物(2割)」...mRNA
 「偽薬(8割)」...酸化グラフェン

 (注)ただし、自宅に届いたワクチンクーポン券によれば、ワクチンには、他にもALC-0315、ALC-0159、コレストロール、塩化カリウム・・・等々の様々な添加物が含まれているとのことです。

 つまり、私が言いたいことは、スペインチームが分析したワクチンは、「偽薬」の方だったのではないかということです。

 DS(ディープステート)が新型コロナワクチンを導入した目的が人口削減なら、酸化グラフェンだけでは心もとない限りです。
 酸化グラフェンの最大の弱点は、体内に入れても自然に排泄されてしまうことです。
 それゆえ、ワクチンを打った人にも継続的に酸化グラフェンを体内に取り込む為にマスクを強要したり、2回目を打った人にも、インド株とかデルタ株といった脅しで3回目を打たせようとしているように見えます。
 また、興味深いことに、酸化グラフェンの働きを阻害するものとして、酒やたばこがあるそうです。

https://ameblo.jp/don1110/entry-12685343776.html

 ネットに、以下のニュース(2021年7月10日)が流れていました。

「酒類の提供停止に応じない飲食店に対し、取引金融機関から順守を働きかけるよう求めた西村康稔経済再生担当相の発言。この方針は金融業界に波紋が広がり、わずか1日で撤回となりました」

 政府が飲食店に、酒類の提供を執拗に止めさせようとする理由がこれかもしれません。
 酒を飲んで酸化グラフェンが無力化しまっては、政府としては元も子もなくなります。


 さて、ここからは私の推論です。
 新型コロナワクチンの接種は、当初は65歳以上の高齢者と医療関係者だけでした。
 しかし今は、職域接種や大学の接種が本格化しており、若い一般人もバンバン打っています。
 その中でも、接種後、数日あるいは数週間で亡くなる方は、高齢者の割り合いがずっと多いようです。
 こうした高齢者の死因は、ワクチンによって体内に取り入れた酸化グラフェンではないかと私は思っています。
 死因の多くは脳梗塞や脳出血、くも膜下出血、心筋梗塞などです。
 これは、接種した大量の酸化グラフェンによって血栓ができたことによる可能性を感じます。
 血栓を予防するのが、天然の抗酸化物質であるグルタチオンと言われているそうですが、若い人、特に子供はグルタチオン量が多いといいます。また激しい運動をするスポーツ選手は、グルタチオン量が非常に多いと言われているそうです。
 そして注目すべきは、体内のグルタチオン量は65歳を過ぎると急速に低下するということです。
 日本政府がワクチンの接種を始めるにあたって、65歳以上の高齢者としたこともこれで説明できそうです。65歳以上でなくても、60歳や70歳でもよかったはずです。しかし65歳以上としたことに、政府の意図が隠れているように私には思われます。

 しかし、酸化グラフェンはあくまでも脇役ではないかと私は思っています。
 前述したように、酸化グラフェンの最大の弱点は、身体から自然と排出されることです。
 また、若い人には効果が薄く、人口削減の決定打にはなりません。
 主役は、やはりmRNAではないかと思うのです。
 酸化グラフェンは、新型コロナの典型的な症状を誘発するので、あくまでもワクチンをたくさん打たせる為の誘導役だと思います。それゆえ、ワクチンを打ったとしても、マスクを強要するし、2回打ったとしても3回目を打たせようとします。
 主役のmRNAによる発症は、人によって個人差があるようですが、早くても数か月で、多くは数年かけて出てくるのではないでしょうか。
 徐々に狂牛病のような症状が現れ、確実に症状が悪化していき、最後は死に至るというものです。

 主役のmRNAが2割で、8割は偽薬というのも理に適っています。
 今回の人口削減は世界規模のオペレーションで、各国のワクチン接種の進行度は、かなり違います。アメリカ、イギリス、イスラエルなどすでに大半がワクチンを接種した国もあれば、日本のように、やっと本格化してきた国もあります。
 いまや情報が瞬時に世界を駆け巡るネット社会で、ワクチンを打った人が全員、狂牛病のような症状になったら、あっという間に世界中の人々に知られてしまいます。
 それゆえ、「本物」は2割で、「偽薬」を8割として騒ぎが起きないようにし、確実に数年かけてゆっくりと世界中の人々にワクチンを打たせる方法をとっているのだと思います。

 新型コロナのワクチンから酸化グラフェンを検出したスペインチームの功績は素晴らしいと思います。
 しかしDSの本当の狙いは、mRNAワクチンを打たせることであり、主役はmRNAワクチンだと思うのです。酸化グラフェンは、主役を支える脇役というところではないかと思っています。



私の対策...2021年7月4日

 6月26日にアップした記事で、私の元アルバイト先の知り合いだったFさんの話を紹介させていただきました。
 Fさんが、上司にしつこくワクチンを打つように説得された話です。
 その時は、Fさんは「ワクチンは打ちません」と頑張ったのですが、その後、Fさんから私に「やっぱり打つことにしました!」というメールが来ました。
 理由は、Fさんの職場では同期の人は皆打っていて、一人だけ打たないのはいたたまれない、ということでした。
 私はその瞬間、脱力感のようなものを感じたのですが、その事実を淡々と受け止めている自分がいました。
 つまるところ、打つ打たないは個人の判断であり、私は聞かれたらアドバイスはできても、最終決定は本人がするしかないということです。
 私は、Fさんの決断を尊重するしかありません。
 しかし、改めて思うのは、日本の職場の同調圧力の凄さです。
 おそらく無言のプレッシャーが来るのでしょう。

 私はFさんから質問されたとき、私のワクチンに対する見解と共に、ワクチンで多くの人が亡くなっていることを知らせたいと思い、ツイッターに投稿された以下のサイトを紹介しました。
 このシリーズはすでに21回に達しています。いかに多くの人がワクチンで亡くなっているかがわかります。

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12683908945.html

 このサイトをFさんは読まれたといいます。
 それでもワクチンを打つと決めたということは、このサイトの記事はフェイクだと思ったということでしょうか。
 もし私がFさんの立場なら、自分の命と職場を天秤にかけ、迷うことなく自分の命を取ります。
 職場で孤立しようが、最悪首になっても命があれば御の字です。お金に困ることは間違いないですが、それでも命があれば何とかなるはずです(いいえ、何とかします)。死ぬにはまだ早い、まだまだやりたいことがあるのです。
 Fさんだって冷静に考えれば、職場より自分の命を選ぶと思うのですが、職場を選んだということは、私の言っていることが心の底では信用できなかったということでしょう。

 私はFさんにメールで、ワクチンを打って(偽薬でなく)「本物」に当たってしまうと、有害なスパイクタンパク質の拡散者となり、かつ変異株の生産者となると思っていると言いました。
 それゆえ、自分の健康を守る為、飲み会で一緒になるような交流はできるだけ避けるつもりだと告げました。

 しかしながら、今後、私たちはワクチン接種者に囲まれて生活する場面を想定しなければなりません。個人的な交流は避けられても、仕事で接触するのは避けられません。
 つまり問題は、これからは仕事でどうしてもワクチン接種者と接触しなければならない状況になることです。
 特に接客業の方は、その影響をもろに受けることになります。
 そこで今回は、私の対策を紹介したいと思います。


水素吸引

 私は今年の春から水素の吸引を毎日行っています。
 始めたきっかけはウイルス騒動とは関係なく、以前飲んだ水素の錠剤で身体の調子が良くなったと感じたからです。
 錠剤で効果があるなら、水素の直接吸引はもっと効果があるだろうということで、(少々高かったのですが)思い切って購入しました。
 私が購入した水素発生器は、「H2ヒーラー」と呼ばれるものです。

https://suiso-spirit.jp/h2-healer/

 人によって効果の出方は違うと思いますが、水素吸引は私の体質と合っていたようで、身体に活力が出てきたように感じています。
 気のせいと言われるかもしれませんが、ちょっとだけ若返ったようにさえ思います。

 少し前ですが、吉野奏美さんのブログを読んでいたら、ウイルスに水素吸引が良いと書いてあって、えっ! と思いました。

https://ameblo.jp/angelique22/entry-12682094035.html

 このページの最後の方に、

「アルカリはウィルスをやっつけてくれるとのことなので、水素水や水素ガス吸入、水素サプリで活性酸素を体から取り除き、弱アルカリ体質にしておきましょう」

 と、あります。
 そういえば身体をアルカリ性に保つことは、新型コロナだけでなく、すべてのウイルスに対する耐性を高めると聞いたことがあります。
 私が使った水素発生器は「H2ヒーラー」だけですが、使い勝手もよく、大いに満足しています。

 あと、これは全くの蛇足ですが、吉野奏美さんのブログを読んでいて、思わず笑っちゃった記事があったので、その部分を抜粋して紹介させていただきます。
 ブログの注射のイラストは「ワクチン」に替えてあります。

 ・・・<吉野奏美さんのブログ、6月24日の記事で「フィリピン大統領の発言」から抜粋開始>・・・

フィリピン大統領の
「ワクチンを打つか、刑務所に行くか、留置場は不潔 悪臭だぞ」

これはもう脅しですね。

で、最後は…

“Because if not, I will have them injected with #ivermectin which is intended for pigs.”

「もしワクチンを打たなければ 豚用に作られた #イベルメクチン =アイベルメクチン(ai?vuh?mek?tin)を打つことになる

 ・・・<抜粋終了>・・・

 いやあ、フィリピン大統領のドゥテルテさんという人は、シャレがきついですねぇ〜。

 いいですね〜、どんどんイベルメクチンを打って下さい!


松葉茶

 この情報は四国のTさんから教えてもらいました。
 「In Deep」さんのメルマガで、スパイクタンパク質に松葉茶が効果があると紹介されたようで、松葉茶がアマゾンであっという間に品切れになったらしいのです。
 松葉茶の情報は千葉県在住の知人からも聞いたのですが、地獄耳の知人ですら売り切れで買えなかったそうです。
 当然ながら、私がアマゾンで見たときは品切れでしたが、7月に入荷するとあり、とりあえず注文しておきました。その松葉茶が先日、家に届きました。
 まだ飲んでいませんが、これから頻繁にワクチン接種者と会う機会があれば飲もうと思っています。
 ちなみに、私が最近よく観ている「沖縄おばば」さんの YouTube では、「沖縄おばば」さんは実際に松葉茶を飲んで効果があったと言われていました。
 私が買った商品(森のこかげ 松葉 健康茶 粉末パウダー 500g 赤松 中国産 自然栽培品 無農薬)は今も品切れですが、ティーバッグの松葉茶は買えるようです。


重曹

 身体を弱アルカリ性に保つのに、これほど安価で有難い商品はないと私は日頃から思っています。
 私は寝る前に、コップ1杯の水にスプーン1杯の重曹を溶かして飲んでいます。もう何年も続けている習慣です。

 以前、ある人から「健康に何か気を使ってやっていますか?」と聞かれたとき、私は、「毎日重曹を飲んでいます」と答えたら、笑われました。
 おそらくその人にとって重曹は、汚れ落としの洗剤の一種であり、まさか飲む物という認識がなかったのでしょう。
 人間が飲む用の重曹は、料理用として普通にアマゾンで売っています。
 問題は、重曹は「不味い」ことです。
 お世辞にも美味しいとは言えないのです。
 私は何年も飲んでいるので重曹の味に慣れてしまって、特に「不味い」とは感じなくなりました(始めた頃は不味いと思っていましたが)
 ネットを見ると、ジュースで割ると飲みやすいといった記事がありました。
 重層はガンの予防にもなり、これほど重宝なものはないと思っています。


手作りマスク

 当HPの掲示板に投稿がありましたが、マスクには「酸化グラフェン」という物質が添加されているといいます。
 「酸化グラフェン」が、マスク、PCR検査の綿棒、ワクチンに含まれており、この「酸化グラフェン」によってコロナに感染するといいます。
 以下、(掲示板にも投稿されましたが)donさんのブログ記事です。

https://ameblo.jp/don1110/entry-12683694965.html

 これが事実だとすると、政府がウイルスをツーカーで通すマスクに効果が無いとわかっていながら、国民にマスクを強要する理由がわかります。
 一人でも多くの国民をコロナに感染させ、一人でも多くの国民にワクチンを打たせるということでしょう。

 これへの対抗策としてPCR検査は受けなければいいし、ワクチンは打たなければいいわけですが、マスクはそうもいきません。
 私はもちろん普段はマスクをしないのですが、電車の中やスーパーの中では、「マスク着用のお願い」のアナウンスが執拗に流れており、洗脳された多くの人々にとってはマスクをしていない人間に恐怖を感じるかもしれません。それゆえ私は、そういう場では仕方なくマスクをすることにしています。
 そこで私が考えたのは、マスクを手作りすることです。
 まず、マスクのキットをネットで注文しました。
 作り方を覚えたら、自分でガーゼか布きれをでマスクを作ろうと思っています。

 「酸化グラフェンは、生体内の血栓を生成する毒性があり、血液の凝固を引き起こす毒性があります。酸化グラフェンは、免疫系の変質を引き起こす。凝血予備軍に対する酸化バランスを分解することで、どのような投与経路であっても、酸化グラフェンの投与量を増やすと、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストームを引き起こす」

 とあります。
 この危険が回避できるなら、マスクの手作りぐらいの労力はたいしたことはないと思っています。



 最後にワクチン否定派の方々が大いに気になるワクチンパスポートについて触れたいと思います。
 私もこれは頭の痛い問題だと思っています。
 面白かったのは、「沖縄おばば」さんの動画です。
 「沖縄おばば」さんによれば、ワクチンパスポートをいったん導入したイギリスやイスラエルでは、数か月でワクチンパスポートを廃止したといいます。
 それと同じことが日本で起こるだろうといいます。
 その理由を簡単にここでまとめでみます。
 厚生労働省の職員の間では、職域接種の話など微塵も出ないそうです。
 つまり行政の人々には、新型コロナが詐欺であり、ワクチンが猛毒であることは広く知られているということです。ですから、自らワクチン接種することなどあり得ないことです。
 しかしワクチンパスポートが導入されると、厚生労働省の職員を含め、行政で働く人間は大いに困ることになります。飛行機にも乗れない、公共施設にも入れないとなると、彼らの仕事ができなくなるからです。
 そこでワクチンパスポートの偽造の話が出てきますが、そんなことをすれば公文書偽造となり、民間団体から訴えられかねません。そんな危険を犯すはずもなく、彼らは数か月で耐えられなくなって、ワクチンパスポートの廃止に向かうだろうといいます。

https://www.youtube.com/watch?v=0XGi_BFhNZ0


 なるほどと思わせる話の展開です。
 政府はワクチンパスポートについてのパブリックコメント募集を行い、その締め切りが7月1日でした。
 ところが7月1日のニュースで、以下のように報道されています。

 「新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、加藤官房長官は午前の記者会見で、実務を担う自治体との調整やシステム改修などを進めていると説明したうえで、発行が始まるのは今月下旬になるという見通しを示しました」

 これは、大勢の国民から寄せられたであろうパブリックコメントを分析する時間を取っていないということです。
 もうすでに政府の方針は決まっており、パブリックコメントで国民の声を聞き入れる気など全くないということでしょう。
 形ばかり、一応国民の声を拾っておきましたという体裁の為だけでしょう。

 さて、今月下旬からワクチンパスポートが導入されるようです。
 どうなるでしょうか。



新型コロナワクチンの本当のシナリオ

 以前の記事で、私は新型コロナワクチンには「本物」と「生理食塩水」の偽物があるのではないかと言いました。
 これは国にとって予防線のようなもので、後々裁判になった時に、治験の目的で一般の国民に接種したと説明する為だと思ったからです。
 治験である以上、「本物」の他に偽薬(placebo)を交ぜて、両者を比較観察する必要があるからです。

 しかし、実態はそんな生易しいものではなかったようです。
 フェイスブックの「Tomoko Hoeven」さんのサイトの記事を読んで、自分の考えが浅かったことがわかりました。
 サイトの記事によると、「本物」(主にmRNA型ワクチン)は全体の2割しかないといいます。
 その目的は、無害な注射で8割の人々を安心させ、2回目、3回目の注射を打たせる為だといいます。また無害な注射を打たれた人は、周りに「大丈夫だよ」と伝え、ワクチンを打つように促すはずです。
 つまり、できるだけ多くの人にワクチンを打たせる為に、あえて2割という少ない割合を選んでいるというのです。
 もし、いきなり10割の「本物」を打った場合、死者が続出することになり、人々はパニックになってワクチンに対する拒否反応を示すでしょう。
 しかし、体調を崩す人が2割しかいなければ、「副反応」「副作用」と言い逃れできます。
 また、その副反応も接種後4時間以内に死亡しない限り、すべて副反応ではないとします。4時間以内に死亡したケースでも、「検討中」ということにして、決してワクチンのせいと認めないとします。一例でも認めてしまうと、ワクチンで死亡したと広く日本全国に知られてしまうからです(保証金の4420万円を貰える日本人は、今後一人もいないかもしれません)。

 1回目で「生理食塩水」に出会った幸運な人でも、2回目、3回目と打つと、そのうち間違いなく「本物」に当たるでしょう。
 恐ろしいのは、一度でも「本物」を打ってしまうと、DNAを改変させられ、もう二度と元の健康な身体に戻れないことです。
 そして、「本物」を打った人は体内でスパイクタンパク質を生産し、周りの人々に病気を振りまくことになります。
 またウイルスは2週間に1度、変異すると言われており、どんどん新しい変異種が生産され、周りの人々を感染させることになります。ワクチンを打った人は、新たな変異種に対抗するワクチンを再び打たざるを得なくなり、また新たな変異種が生まれるという、ワクチンの無限ループに嵌りこむことになります。
 このシナリオを考えた人間は、恐ろしく頭が切れると同時に、悪魔的な心情の持ち主と言えるでしょう。
 人間としての良心が少しでもあれば、これほど酷いことはできないだろうと私は思ってしまいます。
 以下、フェイスブックの「Tomoko Hoeven」さんのサイトです。

https://m.facebook.com/profile.php?id=100003495285539&fref=nf


 ・・・<フェイスブックの「Tomoko Hoeven」さんのサイトから引用開始>・・・

『プリオン病/クロイツフェルト・ヤコブ病/狂牛病の主な症状』

1)人格変化
2)記憶喪失
3)思考障害
4)視力障害又は失明
5)不眠症
6)協調不能
7)発話困難
8)突然のぎくしゃくした動き
9)敵意/攻撃性、偏執病

これが何を意味するかお分かりですか?

今からお話する事は、非常に恐ろしい内容です。

しかし、私達は現実を直視し、出来得る限り、それに対処しなければなリません。

それが、私がこの動画で言われていることを翻訳/要約してお伝えしようと思った理由です。

かなり長い文章ですが、非常に重要な内容ですので、是非、最後までお読みください。

そして、この内容に納得し、共感した方は、出来るだけこれを拡散してください。

なぜなら、今、1人でも多くの人が真実に気付き、真剣に行動を起こし、これから起こるであろう恐ろしい事を食い止めなければ、本当に人類はゲームオーバーとなってしまうからです。

 * * * * *

最近、〇〇〇〇を打った人達が奇妙な行動を示す様になったと言う報告を、頻繁に耳にしますが、私とっては全く不思議でも何でもありません。

これらの症状は、『プリオン病』とも、『クロイツフェルトヤコブ病』とも、『狂牛病』とも呼ばれますが、いずれも同じもので、『〇〇〇〇によって、身体の中で、ス〇〇クタ〇〇〇質の “runaway productions” (接〇した以外の場所にも広がって生産されること)が起こる事』と関連性があります。

〇〇〇〇製造業者によると、当初は、ス〇〇クタ〇〇〇質は、接〇した筋肉内に留まると言う事でしたが、実はそうではなく、それは身体全体に行き渡ると言うことが、今では知られています。

そして身体の中で、ス〇〇クタ〇〇〇質が作られるよう指示されます。

そもそも、未だかつて誰も分離に成功していないのですから、コ〇〇ウ〇〇ス自体が存在するかどうかも不明なのに、〇〇〇〇が強く勧められていることが奇妙なのです。

にも関わらず、多くの人々が、何の疑いもなく、存在しないかもしれないものに対する〇〇〇〇とやらを打ち、その結果として、彼ら自身が、ス〇〇クタ〇〇〇質を作り出すことになるわけです。

私の推測ですが、現段階では、全体の〇〇〇〇の凡そ80%に “placebo”(無害な気休め薬)が使われているのではないかと考えています。

なぜですって?

まず第一に、それを打った人達が、他の人達に「〇〇〇〇を打って気分が良くなった」とか「全然何の症状も出ないよ??大丈夫??」などと言って、その人達にも接〇を勧めるようにです。

次に第二の理由は、彼ら自身が、喜んで2度目、3度目の〇〇〇〇を打ちに行き、結局はそれによって『コ〇〇ドの変〇株』を作り出すようにする為です。

従って、この秋、そして将来、次々と、新しい変〇種が登場し、その度に新しい〇〇〇〇を打ち続けることになるでしょう。

最初は、placeboを打って何ともなかった80%の人達も、いずれは2度目、3度目に『本物の』〇〇〇〇を打つことになり、結局は、彼らがそれを辺りに撒き散らすことになるのです。

ゆっくりと。

非常に頭の良いやり方です。

本物を打った人達は、これらの副作用を経験することになります。

心不全や、脳卒中で急に亡くなったり、昏睡状態になったりする人もいます。

そうでない人は、何年もかけて、狂牛病の症状を発症します。

時間が掛かるのです。

本物の〇〇〇〇を打った人達の中には、既にそう言う症状が見られることも報告されています。

“mentally foggy”(精神的に靄がかかっているよう)になったり、”aggressive”(攻撃的)になったり、”paranoia”(偏執的)になったりと…奇妙な行動の例が色々と報告されています。

これらは、本物の〇〇〇〇を打った20%かそこらの人々に見られ始める症状であり、この事が、メディアやニュースで報道される事は決してありません。

だから、placeboを打った人達…大半の人達…は、こんなことを信じず、何が起きているのか考えることさえしないのです。

これは単に『始まり』に過ぎません。

今は、夏の間の小休止です。

夏の間、恐怖のプロパガンダから、少しだけ解放されますが、これは秋から始まる恐怖の序章に過ぎないのです。

全ては、巧妙になされる “psychological operation”(心理作戦)です。

秋には、新しい変〇種による第二ラウンドを迎え、おそらく今度は、40%の人達が、新しい『本物の』〇〇〇〇を打たれるでしょう。

そして、2022年、2023年と、第三ラウンドでは、どんどん『本物の』〇〇〇〇を打つ人が増え、最終的な結果として、何百万、何十億と言う人達が、狂牛病の症状で亡くなることになります。

しかしそれらは、決してそう診断されることはないでしょう。

それらは全て、コ〇〇ドに関連する何かの症状だと診断され、その度に、それに対する『新しい〇〇〇〇』が必要だと主張されるでしょう。

狂牛病の示す症状は様々です。

偏執病、攻撃性、アルツハイマー病のようなもの。

しかし、それは急激には起こりません。

5年は掛かるでしょう。

人々は言います

〇〇〇〇を打った後、友人が、隣人が、家族が、奇妙な行動を取るようになったと。

磁石がくっ付くようになった人のことも報告されています。

皆がそうなるわけではありません。

前述したように、『本物の』〇〇〇〇を打たれていない人が多いからです。

なので、人々はこう言います。

「私には磁石はくっ付かないよ??そんな人達が言ってる事は嘘だよ??」と。

私には、どの地域に集中して(本物の〇〇〇〇が)配布されているのかは分かりません。

しかし、地理学的に、何かの理由で、意図的になされているはずです。

或る地域の人々は、他の地域の人々より、本物の〇〇〇〇が多く打たれているのです。

我々はこの事を認識する必要があります。

最初の〇〇〇〇の多くには、(生理食塩水などの)無害なものが使用されていた為、病気になる人は少なかったのです。

だから、〇〇〇〇が危険なものだと言うことを、皆に納得させることが出来ないのです。

しかし我々は、沢山のデータから、多くの人が死亡したり、重症になったりしている事を知っています。

それらは、『本物の』〇〇〇〇を打った人達です。

そして、今後、新しい変〇種が登場し、新しい〇〇〇〇が必要だと言われます。

最初の(偽の)〇〇〇〇を打った愚かな人達は、そこで何ともなかったので、次回も喜んで接〇します。

最初に(本物の〇〇〇〇を打って)具合が悪くなった人は、2度目を受けようとしないかもしれませんが、そんな事はもうどうでも良くなります。

なぜなら、彼らは既に毒を体内に入れられてしまったからです。

この “psychological operations”(心理作戦)を展開する人達は、自分達がすべき事を良く知っていて、それに長けています。

こう言った情報は、ソーシャルメディアや主流メディアでは決して知らされません。

だから、洗脳された愚かな羊達には、何が起きているか、知る由もないのです。

この事に気付いている人達は、ほんの僅かに過ぎず、事態を変えるには、まだまだ全然足りません。

世界中で、かなり懐疑的な人達は、おそらく5〜10%しかいないでしょう。

〇〇〇〇が本当は毒であり、これらは全て詐欺だと言う事、世界で本当は何が起きているのかを分かっている人は、更に少なく、世界の全人口の2〜3%に過ぎないでしょう。

彼らは世の中に出て行って声を上げるのですが、検閲され、弾圧を受けます。

その数は、まだ余りにも少な過ぎるのです。

一方、愚かな人達は、未だにコ〇〇を怖がり、〇〇〇〇を受け、多くのメディアは嘘のプロパガンダを報道し続けます。

これが、現在起きている事です。

そして最も問題なのは『プリオン病』です。

狂牛病で見られたように、これは非常に感染力の強い病気で、治療はとても難しいのです。

狂牛病が勃発した時のことを思い出してみてください。

狂牛病に罹った家畜は全て殺され、焼き払われ、その死体は隔離されました。

感染性が非常に高く、治らないからです。

タ〇〇ク質が伝播するのです。

これが、私が懸念している事です。

あなた方は、これらの病気になった人々に近寄りたくないでしょう。

その人達と同じ屋根の下で暮らしたくないでしょう。

そしてこの状況は、どんどん酷く、辛いものとなります。

貴方の身近な人達が、攻撃的になったり、意識が遠のいたりして、死んで行くのを見ることになるからです。

すぐにではなく、1年か2年、おそらく3年かけて…最終的に死んで行くのです。

そして、誰にもその理由が分からないままでしょう。

彼らは余りにも愚かな為、それがコ〇〇ドか何かが原因だと信じ込むからです。

彼らは余りにも愚かな為、それと〇〇〇〇とを結び付けて考えようとはしないからです。

医師やメディアは嘘をつき続け、真相は決して明らかにされません。

我々は、何が起こっているか知っています。

しかし、〇〇〇〇を打つような人々は、プロパガンダや嘘にどっぷり浸かっています。

彼らは余りにも愚か過ぎる為、自分達を殺しているものと〇〇〇〇を結びつける事は絶対にしません。

従って、多くの人が、今、我々は、ゆっくりと行われている『大〇虐〇』の第一段階にあるのだと言うことに気付いていません。

世界中で『本物の』〇〇〇〇を打った人達は、まだほんの10〜20%でしょう。

しかし、偽物の(無害な)〇〇〇〇を打った人達が、その効果を信じて、周りの人に勧めることで、今後、どんどんその数は増えて行きます。

そして、秋には(大〇虐〇の)第二段階が始まるでしょう。

今の我々には、もう祈ることしかないのかもしれません。

ほんの小さな希望にすがる以外は。

翻訳 : Tomoko Hoeven

 ・・・<引用終了>・・・


 この「Tomoko Hoeven」さんの記事をYouTubeで解説している動画が以下です。

https://www.youtube.com/watch?v=cqwy5vrcaQE



麻生グループによる葬儀会社の株の大量取得...2021年6月28日

 厚生労働省のサイトでは、6月18日までに新型コロナのワクチン接種による死者は355人となっています。
 これはおそらく、ワクチン接種後4時間までの数字なんだろうと思います(違っていたら、指摘して下さい)。
 厚生労働省は、ワクチン接種後4時間以内に死亡したケースは、(一応)ワクチンの副反応の疑いがあるとして検討する方針だからです。
 驚くのは、4時間以降の死亡は副反応かどうか検討すらしないということです。
 ネットを見ると、ワクチン接種後、数日後に亡くなっている方がいっぱいいるので、355人というのは氷山の一角としか思えません。実際にはこの数字の軽く10倍は超えるだろうと思います。
 さらに死亡したケースではなく、脳梗塞や脳血栓のような重篤なケースは、この数字の100倍に達するかもしれません。吉田繁治さんのような軽い副反応ケースは、この数字の数千倍(いや、もっと多いかもしれません)は想定できます。
 mRNA型タイプのワクチンで怖いのは、動物実験で2年以内に全部死んでしまったことです。
 これが人間で起こるかもしれないと考えると、恐ろしいとしか言い様がありません。

 企業による職域接種や、大学生や職員の大量接種が本格的に始まったことで、今後数年間でワクチンによる死者は指数関数的に増えていくかもしれません。
 そんなことを考えていた時、ふと頭の中で、そういえば、麻生グループによる葬儀会社の株の大量取得があった・・・、と閃(ひらめ)いたのです。
 今から1年ちょっと前のネットの記事から引用させていただきます。

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200519/se1/00m/020/068000d


 ・・・<引用開始>・・・

 麻生グループ登場

 これで終わらなかった。麻生太郎・財務相の家業である麻生グループが、市場で株を買い進めていたことが判明したのだ。

 ・・・(中略)・・・

 麻生グループは遅くとも19年11月に市場で株を買い始め、今年1月に保有割合が5%を超えて大量保有報告書を提出した。翌2月、村上世彰氏が保有したままだった株の大半を麻生グループに売却した。売却価格は1株950円。600円台から株を取得した村上氏に連なる2社は7億〜8億円の売却益を得たと見られる。

 麻生グループは以降も市場で株を買い増して4月10日に保有割合が20%を超え、廣済堂に対して会計上の関連会社にする意向を示したという。

 麻生グループの取得額は高額だ。羅怡文氏周辺の取得で廣済堂の株価は上昇し、昨年末にかけて一時1000円を超えた。年明けは下落したが、麻生グループによる株取得の判明、村上ファンドの株譲渡と続く中で再び上昇して一時は1100円を超えた。その間、麻生グループは株価に関わらず淡々と株を買い進めたように見える。

 ・・・<引用終了>・・・


 このニュースは、当時ネットで話題になったのですが、すぐに立ち消えになりました。
 株を買うのは経済行為の一つですから悪いということはありません。
 問題は、麻生氏が今回のワクチン接種の全貌を知っていたのではないか、ということです。
 mRNA型のワクチンを国民が大量に接種することになれば、数年のうちに大量の死者が出ることは容易に想像できます。
 火葬会社には、処理しきれないくらいの依頼が殺到することでしょう。
 当然、火葬会社の株は暴騰することになる・・・。
 廣済堂(こうさいどう)の株価は、2019年に入り大きく上昇しています。なんとも怪しげな動きです(現在は800円ほど)。


 前回の記事で、杉田医師の動画を紹介しました。
 その動画で、日本の政治家に対し以下の指摘がありました。

・厚生労働省の大臣だった加藤氏(現官房長官)は、「ワクチン? 俺は絶対射たねぇよ」と宣言。

・厚生労働省の田村大臣は、記者からワクチンを打つか聞かれたとき、うつむいて黙った。

 日本の政治家は、真相を知っていると思うのです。
 菅首相がワクチンを接種する様子がニュースで流れたことがありますが、あれは完全はパフォーマンスだと思います。
 注射の針を細工して皮膚に触れると針が引っ込むタイプもありますし、安全な生理食塩水を中に入れるなどの方法があります。

 政治家は知っているのは間違いないと思います。
 自分たちは打たないのに、国民には「打て、打て!」と大合唱している光景は、異様としか言い様がありません。



ワクチンに関する悲喜こもごも...2021年6月26日

 私事ですが、東京に行ってきました。
 コロナ禍の不況でアルバイトも無くなったということで長野県に引っ越したのですが、その元の東京のアルバイト先から突然、仕事をしませんかと声が掛かったのです。
 仕事といっても超短期で、数時間だと長野から東京までの交通費さえ出ない計算になります。そうなると赤字で、仕事をした上に、こちらがお金を払うという事態になってしまいます(交通費は自腹なので)。
 また数日の仕事だと、片道3時間の通勤時間なので当然ビジネスホテルに泊まることになるのですが、その宿泊代も自腹です。
 割が合わないなあ・・・と思い、一瞬躊躇したのですが受けることにしました。
 前回の記事に書いたのですが、一人で全く人を会わずにひっそりと暮らしていて、リアルに自分の生命力が落ちていく感覚があったのです。
 仕事となると、否が応でも人と会話せざるを得ません。人と交流することで、落ちた生命力が回復するかもしれないと考えたのです。
 今回の田舎での一人暮らしで、人間は人との交流で生きる糧を得ているというサアラさんの言われたことを実感する体験をさせられたような気がします。

 以前の職場に戻って、短い期間でしたが、いくつか情報をゲットしてきました。
 当然、このご時世ですから、職場では新型コロナワクチンの職域接種が話題となっています。貴重だったのは、知り合いの女性から、職域接種のリアルなやり取りを聞けたことです。
 知り合いの女性(Fさん)とその上司の会話ですが、以下のような内容だったそうです。

 上司が、「打たないと旅行に行けなくなりますよ」、とか、「両親に会えなくなる」、といったことを説明した後のことです。

Fさん:「私はインフルエンザワクチンを打って副作用が出たことがあるんです。それなんで、(新型コロナワクチンは)打ちません」

上司:「インフルエンザで副作用でたからって、コロナワクチンで出るとは限らないですよ。調べてみたらいかがでしょうか」

Fさん:「ワクチンは強制なんですか? もしインフルエンザのワクチンの副作用がコロナワクチンに関係ないとしても私は受けません。体調も悪いので」

上司:「いやいや、ワクチンは強制ではないです。でも体調が悪いなら、尚更打った方がいいと僕は個人的には思います」

 ここまで言われて、ついにFさんは怒りを覚えたとのことで、私に「これってワクチンハラスメントですよね!」と訴えていました。
 この会話から、上司はさらに上の方から、一人でも多くの人に打つように説得するようにと指示されている様子がうかがえます。ワクチンは強制でないと言いつつ、執拗に説得しようとしている様子がうかがえるからです。
 これは日本政府が経団連などの組織を通して、一人でも多くの人間に接種させるようにと指示が出ているからかもしれません。
 政府は口先では、「国民の安心安全に為に・・・」と美辞麗句を並べますが、私には、政府は国民をジェノサイド(大量殺戮)しようとしているように見えてしまうのです。

 もう一つ、これは嬉しい出来事です。
 私の職場で社員の方が雑談をされている会話が聞こえたのですが、以下のような内容でした。

Mさん:「Oさん、打ちます?」

Oさん:「いや、今回は見送ります。ヨーロッパでは死人も出ているという話もありますし、今回はちょっと見送りですね・・・」

Mさん:「そうですか・・・。いやあ〜、まだ課内で一人の希望者もいないんですよ〜」


 私はこの会話を聞いていて、思わず「そりゃあ良かった!」とOさんに握手を求めたい気分になりました。
 日本国民のほとんど(9割以上)はテレビと新聞しか読まず、また政府の言いなりという話もあり、職域接種でワクチンを打つのが多数派だろうと思っていたので、嬉しくなったのです。
 やはり、ちゃんと自分で情報を調べて判断する人はけっこう多いようで、大いに安心しました。

 次は、私がとても残念に思った情報です。
 私は経済・金融の情報源として吉田繁治さんのメルマガを取っているのですが、その吉田繁治さんがワクチンを接種したという衝撃のメルマガが来ました。
 どのような副反応があったかということが詳細に書かれているので、それを紹介させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、VOl.1166」から抜粋開始>・・・

いろんなことを考えたのですが、コロナワクチンを接種しました。海外へ行くときワクチンパスポートが必要という社会的な理由からです。

コロナワクチンに必要な、大量治験(フェーズ3)はまだ結果が出ていません。短期での抑制効果は治験で検証されていますが、長期(6か月以上)での副反応がどの程度か科学的には不明です。

「長期で重い副反応があるのか、あるとすればどれくらいか(確率:%)、無視できるくらい少ないか」は、世界の学者、医師にとって不明です。

「長期副反応があるとすること、またはないとすること」の両方が正しくない。「分からない」とするのが今はまだ正しい。ワクチンの投与実験は、半年くらいしか、されていないからです。

人間が考えた理論は、実験で確かめるのが、医学と科学の方法です。実験がないと、経済学のようなイデオロギーです。経済は実験ができない。経済学は理論的な仮説です。

人体は、医学的な研究では要因があげきれていない経済と同じ複雑系です。「単純化した原因→結果」での、理論的な推計はできない。医薬とワクチンでは「試してみる」という実証実験(=治験)がされます。

当方では、一回目の接種の後、「短期の副反応」と思える症状があったので、参考にしていだくために書きます。

最初の発症は、2日目でした。夜、原稿を書いているとき、突然吐き気がし、天井と壁が回ったのです。1分くらい前は、普通の状態でした。じわじわではなく、突然、気分が悪くなりました。

その日、近くの『カニ道楽』で夕食をとっていたので、最初は「蟹にあたったための吐き気か」と思ったのですが、食あたりの症状ではない。目がぐるぐる回って歩けない。三半規管が、変になっていました。

階下にいる家人に「なんだか変だから、寝る」と言って、ベッドにはいったのです。ベッドでは胸が締めつけられ、天井が、ぐるぐる回っていました。2時間くらい続いたでしょうか。

しばらく寝ていて、暗い中で胸の締めつけ(鉛板をのせた感じ)が襲ったとき、少しですが「命の恐怖」を感じました。肺と心臓が締めつけられる感じがしたからです。一瞬ですが、死ぬ前ってこんな感じかという思いでした。

手首の脈を計ると110くらいであり、普通のときの1.4倍でした。熱っぽい感じはあっても、熱はなかった。冷や汗が出て、髪、額、胸がべっとりと濡れました。

呼吸がこれ以上苦しくなれば、たぶん危ないので(少し苦しい感じでした)、救急車を呼ぶと決めていましたが、知らない間に眠っていて、目が覚めると翌朝には何もなかったように収まっていました。自分だけでは救急車を呼べなかったかもしれません。「立てなかった」からです。

次は1週間後でした。やはり、夕方に原稿を書いているとき、左耳にひどい耳鳴りがしたのです。突然でした。かつて経験のないもので、左耳で聞こえる音が、深い洞窟であるかのようにワーンワーンと反響していました。右耳は正常でした。このときも、午後8:30分ころ、いつもよりは約4時間も早く寝ました。

翌朝にはほぼ収まって、今90%くらいは正常です。かすかに反響がしますが、オーディオも普通に聞くことができます。(注)お昼になったら、100%正常に戻りました。

いずれの症状も、経験のないものです。
原因としてはワクチンしか思いつかない。

このワクチンは面白い。強い磁力をもつネオジウムの小さな磁石を、メモ帳をディスプレーの枠に止めるためにもっていますが、肩に近い上腕部(接種部)にこれがくっつきます。プラスの電荷の、RNAの塩基が4個連続しているためでしょう。10日後の今日も、初日と同じようにつきます。youtubeに、同じ報告があります。

個人の身体は「個性的」なので、差があるでしょう。同時に接種した家人は上腕の痛みしかなく、熱はなく風邪気味になっているだけです。

厚労省の「新型コロナワクチンの副反応の「疑い」報告について」の会議資料には、類似の症例が、「回転性めまい16例、耳不快感及び耳鳴り23例、動悸284例」と書かれています。動悸のときは胸の締め付けがあるでしょう。

臨床医の報告を、厚労省が集計したものです(6月9日時点)。
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790032.pdf

「強いワクチンだ」というのが感想です。厚労省が言う副反応の「疑い」ではない。明らかに、中程度の短期副反応でした。このワクチンは、体質を変えるのかもしれません。細胞がざわめく感じが分かるような気がします。厚労省は以下のように書いています。

「mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンの接種に伴う軽い副反応の症状は、1回目の接種後よりも、2回目の接種後の方が、頻度が高いことが分かっています。

(吉田注)厚労省の技官は臨床に立ち会ってはいず、分かっていないはずなのに、「軽い副反応」となぜアイマイに書くのか?当方のものは、軽いとは言えず、中程度でした。

海外の臨床研究の結果に加え、ファイザー社のワクチンの場合、接種開始後に実施された健康状況調査でもその傾向が見られます。

1回目の接種で、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に対する抗体等ができます。そして、2回目の接種時には、すでにこれらの抗体等が誘導され対することから、接種されたmRNAをもとに体内で、1回目と同じスパイクタンパク質が作られると、1回目より強い免疫応答が起こり、発熱や倦怠感などの副反応がより出やすくなります(引用終わり)」

厚労省は、副反応の発生頻度は2度目が高いと確定的に書いています。あの眩暈、吐き気、胸の締め付け、息苦しさ、動悸、耳鳴りよりも激しいとすれば、イヤだなという感じ。

大袈裟ですが、ワクチンごときで、呼吸困難や急性の狭心症から死ぬわけにはいかない。15年、やらねばならないことを残しています。二度目のとき症状を述べ、医師に相談します。人の体は微妙なバランスの狂いから、壊れやすいと思ったことでした。

体験から、短期の副反応の症例は、厚労省の統計より相当多いのではないかとも思ったのです。当方、MRIも使った人間ドックでは、血圧、心臓、糖尿には問題がなく、(アルコールのためか)高脂血症を指摘されました。体力には自信があり健康でしょう(自己認識ですが)。40歳台から続く高脂血症がいけないのか?

現場の医師は、ワクチン接種者者に出た副反応の発症を隠す理由はない。報告を受けた厚労省がどう取り扱い、どんな形で公表するかです。政府・厚労省はワクチン接種を推奨しているので、数字は丸めるでしょう。「因果関係は認められない」という表現もこれです。

当方では「因果関係は明確」でした。コロナワクチン以外には、ビタミン剤以外はどんな薬やワクチンも、とっていない。この間、何かの病気にかかるきっかけになることも、皆無です。高血圧や他の慢性病もない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの文章を読んだとき、ショックを受けました。
 吉田繁治さんほどの知性が、どうして新型コロナとワクチンの詐欺を見抜けなかったのか・・・、という思いです。
 吉田さんは、DS(ディープ・ステート)の存在も認めていたし、彼らのアジェンダも知っていたはずなのにです。

 吉田さんは、接種したのは「海外へ行くときワクチンパスポートが必要という社会的な理由」と言っていますが、事態はまるで逆になると私は思っています。
 ロシアやスペインでは、ワクチンを接種した人は飛行機に乗せないということを検討しているといいます。ワクチンを打った人は、高高度では血栓ができる可能性が高く、命の危険があるからだといいます。
 そして、「日本や世界や宇宙の動向」さんのサイトによると、すでに米国では飛行機のチケットを予約するときに、ワクチンを接種したかどうかを訊かれるようなっているそうです。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52065897.html

 吉田さんは、

 「大袈裟ですが、ワクチンごときで、呼吸困難や急性の狭心症から死ぬわけにはいかない。15年、やらねばならないことを残しています」

 と言われていますが、ファイザーの元副社長のマイケル・イードン博士が、「このワクチンの接種者が天寿を全うすることはない。生きながらえる期間は、長く見積もっても、せいぜい3年である」と言っていることを知らなかったのでしょうか。
 mRNAタイプのワクチンの恐ろしいところは、一度打ってしまうとDNAが改変させられ、もう二度と元の身体には戻れないということです。
 もう、後戻りはできないのです!

 私は、吉田さんが2回目を打たないことを願うばかりです。



新型コロナワクチンに関する雑談...2021年6月20日

 今回も新型コロナワクチンに関する話題です。
 これから職域接種と大学の集団接種が本格化する状況で、やはり命に関わる大事な問題なので、取り上げざるを得ません。
 新型コロナワクチンに関して、3つほどの話題です。


用意周到な政府の準備

 新型コロナワクチンには無害なものと致死的なものが混ぜられていると噂されています。
 あるいは、米軍が新型コロナワクチンの中身を無害な生理食塩水に替えているという噂もあります。
 もちろんこんなことが正式に発表されることはないし、あくまでも噂の域を出ない話です。
 しかし私は、この噂は本当ではないかと考えています。
 その理由を、これから述べます。

 訪問者の方からいただいたメールに、「つい先日、私宛てに白紙が届きました。赤紙ならぬコロナワクチン接種券のことです」とありました。
 太平洋戦争中に国民を兵士として徴収する為に送られた葉書を赤紙と呼んでいましたが、それになぞらえて白紙と表現されたセンスが光っています。
 私にはまだ白紙は届いていないのですが、石川新一郎さんの動画で、その白紙の内容を詳しく解説されていました。
 健康上の質問がいくつかあり、それに本人がチェックを入れ、最後に本人のサインを記入する欄があります。
 こうした手順を踏み、サインをさせる理由は以下だと思います。

@ ワクチン接種にあたり、きちんとした説明を受け、本人が納得した(インフォームドコンセント)という証拠とする為。

A それを書類として残すことで、後で裁判になった時に証拠として提出する為。

 私は政府が国民に対する大規模なワクチン接種を推進している現状を見ていて、前々から疑問に思っていたことがありました。
 今は多くの国民が洗脳されて唯々諾々と新型コロナワクチンを接種しているからいいですが、もし国民がワクチンが猛毒であることに気づいてしまったら、政府はどうするのだろうということです。
 そうなったら日本国中で政府を訴える裁判が起こされるのは必死です。
 猛毒と知っていながら国民に打ったとなれば、殺人罪に問われかねません。
 その疑問は、石川新一郎さんの動画を観て、謎が解けた思いがしました。
 つまり裁判となった場合、政府は新型コロナワクチンの治験を国民にお願いしたという立場を取るだろうということです。
 治験をお願いして、本人がそれに同意したのですから、法的な責任は免れることになります。
 治験である以上、試薬と偽薬を交ぜる必要があります。
 本物の新型コロナワクチンと、無害な生理食塩水を入れたものをロット単位で管理し、接種後の副反応を観察する必要があります。
 もちろんワクチンを打つ本人に、本物か無害な生理食塩水かは知らせてはいけなせん。
 こうした手順を踏んでおけば、後で裁判沙汰になっても政府が負けることはありません。
 裁判になったら、政府は、「あなたが納得して治験に参加したのだから、どんな副反応があっても仕方ないでしょう。だってあなたはサインまでしたでしょう」と言い張ることができます。
 私は感心してしまいました。
 「さすがに抜け目ないな・・・」
 というところです。

 これは私の勝手な推測ですが、こうした理由で、ロットの中には本物の他に、無害な生理食塩水が入っているものがあると思ったのです。
 ところが面白い現象が起きました。
 (裁判では大事な証拠となる白紙に)擦(こす)ると消えるボールペンで書かれたものが後を絶たないそうです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/00243f9528e488ad37b96803a9a0ad664ae252c5

 これには自治体職員も慌てたと思います。
 上記のサイトで言っていますが、担当者は「5年間保存する重要な書類なので、保存に耐えるペンで記載を」と呼び掛けているといいます。
 そりゃあ、そうでしょう。
 裁判で使うかもしれない重要書類です。
 文字が消えてしまったら、証拠として採用できなくなってしまいます。
 政府にとってみれば、頭の痛い問題でしょう。

 あと、ふと思ったのですが、政府は意図的にロットを本物と無害な生理食塩水に分けることができます。
 そうなると、東京オリンピックの選手や大会関係者には、無害な方を割り当てるのではないかと思ったのです。なぜなら、オリンピック出場選手には日本中で名前の知られた有名な選手がたくさんいます。その選手が、「ワクチン接種後に突然死亡!」なんてニュースで流れたら、ワクチン接種を強力に推進している政府にとしては大変都合が悪いことになります。
 またこれは私の個人的な希望ですが、職域接種の先駆けとして始まったANAやJALには、無害な生理食塩水の方を割り当ててほしいと思っています。
 そうしないと、飛行中のパイロットが突然意識を失い、大惨事に・・・、なんてことは絶対にあってほしくないからです。
 そんなことを思っていたら、「日本や世界や宇宙の動向」さんサイトで、以下の記事に出会いました。
 イギリスの英国航空で、新型コロナワクチンの2回目の接種を始めてから数日以内に、3人のパイロットが死亡したといいます。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52065709.html

 私の淡い期待は裏切られてしまったかもしれません。

 おそらく私達のような一般人が接種する方は、本物の新型コロナワクチンが多くなると思います。
 前回の記事で、ワクチンを接種した男性の話をしましたが、この男性は症状を聞かれたとき、「筋肉痛があるんだよね・・・」と言っていました。おそらくこの男性が受けたワクチンも、「本物」だったのでしょう。


サアラさんが語ること

 地球は2160年周期で12の星座を移動するサイクルがありますが、サアラさんによると2017年から、魚座から「風」の時代である水瓶(みずがめ)座に移行したといいます。
 『「宇宙感覚」で生きる』(サアラ著、廣済堂出版)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「宇宙感覚」で生きる』、p26〜p29から抜粋開始>・・・

 「風の時代」へと変化する移行期にある今、これからしばらくはコロナウイルスだけではなく、想定外のことが起こります。ですから、現状維持ができないとパニックを起こしてしまう人や、固定観念に縛られている人、ある意味まじめで勤勉という社会的な優等生は、気をつけたほうがいいかもしれません。
 ただ、私はコロナ騒動が悪い影響ばかり与えているとは思っていません。
 なぜなら、地球人の意識を変えるためには、ある程度ショッキングなことが必要だからです。
 人間は残念ながら、“いいこと”で意識を変えるのは至難の業です。
 かつて私は、宇宙のなかで指導者であり教育者的な立場にあるマスターメータックスに言われたことがあります。
 「残念なことに、人間は困難な状況下でしか、自分の偉大さを発揮することはない」と。
 まさしくその通りですね。私たちはみな怠惰ですから、おしりに火がつかなければ必死に力を振り絞るようなことはしませんよね。だから「火事場のバカ力」なんて言うわけです。
 恐怖やパニックに陥ることなく、状況を正しく見据えて新しい時代を生きる覚悟を決めることが大事なのです。

 この地球で生き続けるのか。
 その選択を問われている

 新型コロナウイルスは2021年5月現在、終息の兆(きざ)しはありませんが、このコロナ禍はまだ実験段階だと思っています。なぜなら、人間の意識は、これくらいのことでは変わり切れないからです。
 しかし、変えなければ進化の道にはシフトできません。
 嫌な言い方に聞こえると思うのですが、新型コロナウイルスは「ハーベスト(収穫)」。「強い種の選別」という、第1段階のふるいのようなものです。
 また皮肉なことに、ウイルスそのものより、新型コロナウイルスのワクチンのほうが、よほど厳しいふるいとなっている気もします。
 これから先の地球は、本当に大きな変化をしようとしています。存続のためには変化しなければならないのです。
 サナギが蝶になるとき、サナギのなかではいったん元の形を失い、どろどろの液体状になって一から体を構成しますが、今まさに地球はこの状態です。
 それを経験するには、相当な根性が必要になるでしょう。となると、「そんな苦しいことはごめんだ」と、地球を去るという選択をする魂もいて当然です。
 その選択は本当に自由です。そこに優劣や善悪などの評価はまったく当てはまりません。
 もちろん、原因となるのは新型コロナウイルス感染だけではありません。むしろ、新型コロナウイルスの致死率は高くないと言えるでしょう。
 どんな選択をしたとしても、魂は常に前進しています。
 魂自体は、遅れをとったという感覚や、頑張りが至らなかったという感覚、敗北感といった感覚を持つことはないのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやらサアラさんは、新型コロナに対し、私とは違った感覚を持たれているようです。
 サアラさんは、新型コロナウイルスはハーベスト(収穫)といい、強い種の選別というふるいのようなものだといいます。
 さらに、ワクチンのほうが、もっと厳しいふるいとも言っています。
 この一文を読んだ時、私はちょっとショックを受けました。
 私は、新型コロナ騒動や猛毒のワクチン接種など、人類にとって大変迷惑な話で、無ければよいと単純に捉えていたからです。
 ワクチンを打つという人には、単純に「やばいっすよ、止めた方がいいっすよ!」と言ってしまう自分がいます。
 人類が変容する為には、ある程度のショックが必要というのは理解できますが、新型コロナやワクチンが「ふるい」というのは、さすがに私の視点にはありませんでした。
 そういえばサラアさんは、顕在意識が死を望んでいたとしても、魂意識が死ぬ気が無ければ絶対に死ぬことはできないと言っています。何度自殺を試みても、その都度、奇跡的なことが起こり、死ねないといいます。
 逆に顕在意識がもっと生きたいと願っていても、魂意識が、「この人生では、もう充分に体験した」と判断すると、死んでしまうといいます。
 ということは、魂意識が生きると決めている人は、新型コロナワクチンをたとえ2回打ったとしても死なないのかもしれません。いや、ワクチンを打とうと思っても、どういうわけか打てない状況になるということでしょうか(あるいは生理食塩水を打たれるということでしょうか)。

 どちらにしろ、ワクチンを打たない、あるいは打っても生き延びた人というのは、強い種としてこれからの地球の大変化に立ち向かうということなのでしょう。

 次に紹介する記事は、私がたいへん共感したものです。
 私は半年前に東京から長野に引っ越しましたが、これにより人との接触が大きく減りました。もちろん新型コロナ騒動による自粛はそれに追い打ちをかけたわけですが、そこで感じたのは、人間は人と接触しなくなると生命力を失うという感覚です。


 ・・・<『「宇宙感覚」で生きる』、p30〜p34から抜粋開始>・・・

 コミュニケーションを絶つことは、人間にとって致命傷

 「3密」を避けるために、ソーシャルディスタンスを保つようにと言われています。
 また感染を怖れて人と触れ合わなくなり、1人で部屋に閉じこもる人が増えていますが、これはとても危機な状況です。
 なぜなら、人間を含めたすべての生き物は、ほかの何かとの関係性によってエネルギー循環を起こし、生命を維持しているからです。
 人間であれば、自分を取り巻く環境との関係性、目の前で展開される現実との関係性、他者との関係性や植物や動物など、ほかの生き物との関係性も然(しか)りです。
 エネルギーは意識であり、また情報でもあります。
 ですから、周囲の環境や現実、あるいは人々とのコミュニケーションによって情報交換を行うことは、エネルギー循環を起こして、生命力を高め合うことになります。
 しかし、今のように人々が家にこもり、直接コミュニケーションを取らず、また肉体が触れ合うこともない生活をしていると、確実に生命力は衰えていきます。
 生きるということは、ほかのものとの関わり合いのなかで変化し続けることなのです。
 ですから、今の状況はかえって抵抗力を下げて、心身の健康にとってリスクを高めることにつながるでしょう。

 新しく迎えた「風の時代」は、自分の独自性を社会のために発揮することを求められます。
 そのため自分軸を持つとか、自己のアイデンティティーを明確にするということを、多くの人が意識するようになっていきます。
 ここで考えなければならないのは、「自分」という人間は、他人という「自分でないもの」があって初めて成立するということです。
 人は、自分でないものと接することによって、自分が明確化されていきます。
 他者の意見を聞くことで、自分の意見がはっきりしてきたり、また自分の意見を伝えようとするときに、考えが整理され明確になったという経験はありませんか?
 数学の言葉で「聖なる2分法」とも言われますが、あるものを定義するには、それ以外のものが必要だということです。
 同様に、「私」を明確にするためには、それ以外のものが必要なのです。
 それなのに、家に閉じこもり、誰とも交流せず、自分でないものと接することがなくなると、一時的には自分を見つめ、自分を取り戻したような気持ちになるとは思いますが、それは自分が明確になることにはなりません。
 みなさんは、人生を通して「私」以外の多くのものと接することによって、自分が何者かを明確にし、自己像を浮き彫りにしていくゲームをしています。
 そうやってほかの人々や現実とのつながりが強くなればなるほど、自分がより明確になり、エネルギーも強くなります。

 かつての「地の時代」には、画一的な価値観を押しつけられてきたため、みんなが同じ方向を向き、同じことをするように強いられてきました。
 このように社会が個性を抑圧していると、多くの人は健全な関わりを持つことが難しくなります。
 ですから、豊かなエネルギーを循環させられず、常に枯渇感、不足感を持つ人も多かったことでしょう。
 その結果、人々のエネルギーは弱まり、老化して衰えてゆく速度も速く、またさまざまな病気を発症してきました。
 また誰もが「何かが足りていない」と感じているので、「自分にもっと優しくしてほしい」「自分だけを愛してほしい」という欲求を持つようになるのです。
 これは、他者から互いにエネルギーを奪い合い、搾取し合っている状態です。
 しかし、新しい時代はそれぞれが独自性を認め、「みんな違っている」ことが重要になります。
 他者との違いを明確にすることで、より自分自身が明確になり、それによってエネルギー循環も強くなり、生命力も増すでしょう。ですから、今後は病気が減っていく可能性もありますね。
 新たな時代に突入したこれからは、もっともっと自由に自分を解放していくことが大切です。
 「風の時代」は、健全で豊かな関係性を築いていく時代です。他人と関わることで自分を明確化させて、自分らしさを輝かし、人生を思い切り満足できる素晴らしいものにしていきましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 東京の喧騒を逃れ、自然豊かな田舎に引っ越したのだから、元気になるのかと思いきや、私はむしろ逆のことを感じていました。
 仕事もせず、ほぼ知り合いもいない田舎で一人でひっそり暮らしていて、私は徐々に生命力を失っていっている感覚がしていたのです。
 それゆえ、このサアラさんの記事にとても共感しました。
 熟年離婚や死別などで伴侶を亡くした男性が早死にするというのは、これが原因かなとも思います。
 女性は一人になっても周りの人々との関係性を築くのが上手く、むしろ生き生きとした老後を過ごすというのも、こうした他人との関係性が大きいのだろうと思います。
 私は、人と接触する何らかの機会を作る必要があると考えるようになりました。


新型コロナワクチン接種者は電子レンジ並みになる!

 私の知り合いの方が「In Deep」さんのメルマガと取っておられ、興味深い記事があると私に送ってこられることがあります。
 その中で、ワクチンを接種した人から電磁波が測定されるという話題があり、「In Deep」さん自ら電磁波測定器を購入されたとありました。
 その機器(電磁波テスター)が以下です。

https://amzn.to/2TH9kyx

 私も早速、買ってみました。

 そこで家の中の家電製品を測ったのが以下です。
 測定すると数値はチラチラ動くのですが、その最大値(Max)です。

・卓上ランプ ... 101mG
・PCの画面.... 10mG
・ノートPC.... 15mG
・冷蔵庫...... 21mG
・テレビ画面.... 121mG
・ピップエレキバン. 6.6mG

 「In Deep」さんのメルマガでは、電磁波の単位を「mV」と記されていたのですが、これは「mG(ミリガウス)」の間違いだと思われます。
 このテスターは、測定単位を「mG」と「μT(マイクロテスラ)」の切り替えができるのですが、両方とも磁場に強さの単位です(1μT=10mGの関係)。
 「In Deep」さんのメルマガで、私が本当に驚いたことがあります。
 「In Deep」さんがもらったメールで、新型コロナワクチンを打った患者さんから、なんと250mGが計測されたというのです。
 「In Deep」さんが、家の中の家電を計測しても250mGなんて数値を示すものはほとんどなく、唯一示したのが電子レンジだったそうです。電子レンジがちょうどMax250mGだったそうです。
 これは信じがたい数値です。
 私も自分の身体を測ってみましたが、当然ながら、0mGでした。
 しかし、ワクチンを接種した人は電子レンジ並みの磁界を発しているというのです(もちろんワクチン接種者が全員そうなるのではなく、かなり個人差があるようです)。
 そりゃあ、おかしくなるわな・・・、と思ってしまいました。

 ネットで、ワクチン接種者にフォークやコインなどの金属片がくっつくという記事がたくさん出ていますが、電子レンジ並みの磁界であれば、当然ありうると思います。

 いやはや、恐ろしいワクチンです・・・。


 政府は、東京や大阪など7都道府県は、21日から緊急事態宣言からまん延防止等重点措置に移行することを発表しました。
 しかし、東京都などは飲食店による酒類の提供は認めたものの、午後7時までと、1組2人まで、90分という厳しい条件を付けました。
 どうしてこうも行政は飲食店いじめをやるのだろうという意見に対して、私は知人から、飲食店を潰して安く中国が買い占める為だと聞きました。知人がセミナーで聞いたとのことです。
 私はこの意見に対し、うーん、そうだろうかと思いました。
 それは、「はたして今の中国にそんな余力があるのだろうか・・・」という思いが湧いたのです。
 2,3年前ならまだしも、今の中国にそんなお金があるのかということです。
 まあ、そうした面があったとしても、私はもっと重要な要因があると思っています。
 それは、政府は日本国民が口コミで真実を知るのを恐れているのではないか、ということです。
 大人数で会食していて、お酒が入って盛り上がれば、こんな会話が出てくるのは必定です。

 「そういえば、俺の会社の上司の父親がワクチンを打って翌日に亡くなったそうだ・・・」
 「私の友達の叔母さんも、ワクチンを接種して2時間後に倒れて動けなくなったみたい・・・」
 「たしかに、最近、救急車のサイレンがやたら聞こえなくないか・・・」

 人々がコミュニケーションを取れば取るほど、こうした実態が口コミで広がっていきます。
 政府は、それを一番恐れているんのではないか、ということです。
 酒は極力飲ませない、2人までと人数を絞り、大勢での情報共有をさせない、90分と時間を制限して会話は長引かせない。そういえば、以前から3密だといって、マスクをさせ、会話を控えるように指導していました。

 上記の会話は私の創作ですが、以下は本物です。
 会社や大学でワクチンを打つか迷っている方に、ぜひとも見ていただきたいサイトです。
 現在、@からKまであります。

https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12678158714.html

 私はこれでも氷山の一角だと思っていますが、今、日本で何が起こっているのか、その一端を垣間見ることができます。

 * * * * *

 いよいよ6月21日から、職域接種と大学の集団接種が本格化します。
 打とうと思っている方は、以下の動画を観てから打っても遅くないと思います。

https://www.bitchute.com/video/TKoMVPNc6BBq/



『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』から...2021年6月14日

 私事ですが、東京に出る機会があり、長野に引っ越す前に住んでいたアパートの近くを歩いていたら、クリニックの前に人が並んでいました。
 行列というほどのものではないのですが、クリニックの玄関が開かれており、そこに椅子を出して人々が並んでいました。私は、「いよいよ始まったなあ・・・」という思いがしました。
 もちろん新型コロナのワクチン接種です。
 また、ある人たちの会話が耳に飛び込んできました。
 盗み聴くつもりはなかったのですが、けっこう大声で話されていたので会話の内容がよくわかりました。
 「自分が罹るのより、人にうつすのが嫌なんだよね〜」と言っていた会話から察するに、ワクチンを接種した男性が、その思いを語っていたようです。
 これは本音かもしれません。
 相手のことを気遣う日本人は、自分が罹るのを防ぐというのはもちろんですが、「人にうつしたら悪い」という気持ちが自然に芽生えるのだろうと思います。
 そうなると、職域接種の先駆けとして始まったANAやJALでは、社員のほぼ全員が打つことになるのかと思ったりします。客室乗務員は接客業なので、率先してワクチンを打つように言われるでしょうし、打たないと言えば客室乗務員を外されると考えるかもしれません。
 建前は、打つ打たないは個人の判断と言いつつ、「みんな打つんだから」という無言の同調圧力と、打たないと職場で不利な立場になるかもという不安は、大きいと思います。
 日本人はただでさえ同調圧力に弱いのに、職場で多数が打つとなったとき、「私は打ちません!」と毅然と言える人がどれだけいるでしょうか。
 私のように家族のいない人間ならプレッシャーはないですが、家族を養っていかなければならない勤め人であれば、「断れば最悪クビになるかもしれない」という思いが廻ったら、「しょうがない、打つしかないか・・・」となっても仕方ないかもしれません
 内心は、「治験が終わっていないワクチンは危険かも・・・」という思いがあっても、打たざるを得ないと考える人がこれから大勢でてくると思うと、なんとも切ない気持ちになります。
 職域接種は、半強制的な側面を持つと言えるでしょう。

 前述のワクチンを打ったらしい男性は、「次は(6月)27日」と言っていました。
 ファイザー社のワクチンは1回目と2回目の間を3週間開けるらしいので、その男性が受けた第1回目は6月6日と推定されます。
 私は、ワクチンを受けた人の体内にスパイクタンパク質が生成されるのは2週間後だと、どこかで読んだ記憶があり、仮にこの人物と接しても今のところ大丈夫だと、(不埒なことを)考えてしまいました。

 今回は、『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』(ベンジャミン・フルフォード著、宝島社)から抜粋して紹介させていただきます。
 宝島社という怪しげな出版社なので、多くの日本人の認知度は低いかもしれませんが、私はベンジャミン・フルフォード氏の著書には、真実が多分に含まれていると思っています。
 この記事は、「しょうがない、打つしかないか・・・」と思っておられる方々に読んでいただけたらと思っています。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p17〜p22から抜粋開始>・・・

 「レッド・ピル」と「クールエイド」

 「自分は赤い錠剤を飲んだよ」
 最近、欧米の市民層では、そんな“隠語”をやり取りする人が増えた。映画好きならピンとこよう。そう1999年に世界的に大ヒットしたSF大作『マトリックス』の有名な冒頭シーン、キアヌ・リーブスが演じた主人公のネオは、世界の真実を知りたければ、「赤い錠剤(レッド・ピル)」、このまま平穏無事な日常生活を続けたいならば「青い錠剤(ブルー・ピル)」、そのどちらを飲むのか選択を迫られて赤い錠剤を飲んだ。つまり「レッド・ピル」とは「世界の黒幕」が存在し、彼らによって「世界の富の99%が収奪されている」という現実を知り、その支配から「目覚めた」人たちを指す隠語となっているのだ。さしずめ、本書を手に取った読者もその一人であろうし、本書もまた「赤い錠剤」の一つといっていい。
 同様に、よく使われるもう一つの隠語が「クールエイド(C00LAID)」だ。アメリカでよく飲まれる甘くて派手な色の粉ジュースのことだが、1978年、カルト教団「人民寺院(ピープル・テンプル)」が信者の集団殺害に使ったことでも知られる。捜査当局の手が伸びそうになるや、教組のジム・ジョーンズは信者たちに青酸カリ入りのクールエイドを与え、教組に妄信する信者たちは喜んで、その毒薬を飲み干した。
 ここでいう「C00LAID DRINKER(クールエイドを飲んだ人)」とは、新型コロナワクチンを接種した人を指す。コロナワクチンは自分たちを“殺す毒薬”、それを自ら打つのは「自殺行為」というわけだ。
 本稿のテーマであるグレート・リセットとは、赤い錠剤を飲んで「闇の支配者」と「世界の真実」に気づいた人にクールエイドというワクチンを接種する“陰謀”といっていい。
 グレート・リセットの用語自体は、世界経済フォーラム(WEF)、通称「ダボス会議」を運営するクラウス・シュワブが2020年半ばに提唱した「アフターコロナにおける経済、政治、社会の変革」のことだ。日本でも2020年10月に『グレートリセットダボス会議で語られるアフターコロナの世界』(クラウス・シュワブほか著/日経ナショナルジオグラフィック社)が刊行されるなど、昨今、耳にする機会が増えている。
 しかし、それは所詮、表向きの話だ。
 このグレート・リセットの目的は、クールエイド=ワクチン接種にある。アフターコロナの世界とは、要するに、みながクールエイドを飲んだ世界のことなのである。

 ワクチン接種の危険性

 私は著書やメールマガジンでも発信してきたが、新型コロナワクチンは、正真正銘、「クールエイド=毒薬」で間違いない。その証拠となる情報が、2021年1月下旬、ロシア当局筋となるFSB(ロシア連邦保安庁)から届けられた。1月下旬といえば、米ファイザー社がわずか9カ月という異例のスピードで「9割の高い効果を持つ夢の新型コロナワクチン」の開発に成功し、全世界で承認合戦とワクチン争奪戦が過熱していた時期に当たる。日本でも翌2月、副作用などの責任をメーカーに求めない特例処置でファイザー製のワクチンを認可。補正予算1455億円で約4500万人分を確保し、接種を開始した。5月下旬時点では医療従事者を中心にすでに約550万人が接種し、接種数を伸ばしている。ロシア当局筋からの情報は、世界規模で始まったワクチン接種の危険性を指摘したもので、2つの「ワクチン接種による脳の改変技術」を指摘していた。
 一つ目はペンタゴン(米国防総省)の実例であった。2005年、混乱するイラク情勢の解決のために、おそらくペンタゴン擁するDARPA(国防高等研究計画局)の研究チームの開発だと思うが、「VMAT2」と呼ばれる遺伝子に関する人格改変技術が記されていた。宗教においては、どうやら狂信的な信者ほど行動が活性化する傾向があるらしく、この活性化を促すVMAT2遺伝子を阻害するワクチンを与えれば、死をも恐れず自爆テロを繰り返すムシャヒディン(聖戦士)はいなくなり、イラクやアフガンなどの中東支配も円滑に進むだろうという内容だった。ロシア当局筋は、すでにアメリカ軍は中東全域で「やっている」と指摘している。
 さらにロシア筋は、具体的なワクチンにウイルスを入れて、脳の意識構造を変えるゲノム編集の技術として、「CRISPR」を伝えてきた。このCRISPRの技術を使えば、脳内に快楽物質が分泌され、そのレセプター(受容体)の活性化によって強い多幸感が生まれる。麻薬やドラッグといった依存性の高い薬物を使わず、脳内に多幸感を与える「幸せ回路」を人為的に作り出すわけだ。結果、どんなに悲惨な目に遭おうとも、たとえばブラック企業でこき使われようとも、「幸せ回路」のおかげで常にハッピーとなる。薬物依存者が、肉体的にも精神的にもボロボロになり、ホームレスになっても薄ら笑いを浮かべるのと同様、悲惨な状況に対応できる「奴隷」を作り出す技術なのである。
 もうおわかりだろう。
 インチキパンデミックで恐怖心を煽り、そしてワクチン接種へと促しているのは、CRISPRによる「幸せ回路」を内蔵した「新奴隷」の大量生産にあり、その新奴隷を使った新たな世界支配体制を「グレート・リセット」と呼んでいるのだ。

 ワクチン推奨を続けるビル・ゲイツ

 その視点でみれば先進国ほどワクチン接種が加速していることに気づくだろう。グレート・リセットは着々と進んでいる。ここが、今までの「陰謀」とは違う点なのだ。
 「闇の支配者」と呼ばれてきた世界の黒幕たちは、幾度もウイルス兵器を人為的にばらまき、ワクチンによる「人種間引き」を換り返してきた。1983年から広がったHIV(ヒト免疫不全ウイルス)は黒人種と男性同性愛者を狙い撃ちにして間引きを図ったものだった。2002年には「増えすぎた中国人」を狙ってSARS(重症性呼吸器不全ウイルス)、12年にはアラブ人をターゲットにMERS(中東呼吸器不全ウイルス)といった生物兵器をばらまいた。また、今回の新型コロナを使ったインチキパンデミックを仕掛けた黒幕の一人ビル・ゲイツは、自身のビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じてアフリカやインドなどで児童にワクチン接種を“強要”してきた。ゲイツ財団が推奨するワクチンには、動物の不妊治療薬がアジュバント(補助剤)として使われるものもある。接種すれば、女性なら不妊化し、男性なら精子欠乏症になると医学者や医学ジャーナリストが、その危険性を何度も指摘してきた。
 彼らの指摘も当然だろう。家畜が勝手に殖えないよう「去勢」されるようなものだからだ。白人エリートたちの有色人種や貧困層を見る目は「家畜のほうがまだマシ」というくらいの差別意識がある。1988年、エリザベス女王の配偶者であったフィリップ殿下は「私が死んだらウイルスとなって地球の人口を抑制したい」と真顔で語っている。2000年に「我々の新しいワクチンは人類を13億人以上減らすだろう」と高らかに宣言したビル・ゲイツは、このフィリップ殿下と思想的に似ている。
 ゲイツ財団によるアフリカでのワクチン接種を推奨しているのがユネスコであり、その初代総帥ジュリアン・ハクスリーに至っては「農作物は生産管理して不必要な苗は間引きする。それをどうして人類に当てはめてはなぜいけないのか」と言い放ち、「貧乏人は子共をつくりすぎるので、病院や薬を与えず、失業させて減らすべき」とすら述べている。ちなみにハクスリー家は大英帝国屈指の「科学者一族」で世界的な文化人を数多く輩出している。
 このように「世界の黒幕」によるワクチン計画は、白人エリート層による「劣等種」の断種や間引きを目的としてきたのである。
 ところが今回のグレート・リセット計画では、先進国の一般市民へと明らかにターゲットの中心が変更になっている。もちろん全人類を狙った計画ではあろうが、アフリカではコロナワクチン接種を拒否する国が相次いでおり、南米諸国でも接種は低調で、日本のワクチン接種も遅い。ワクチン接種を大急ぎで進めたのは主に欧米諸国で、明らかに欧米人の「品種改良=新奴隷化」を優先目的としている。

 目覚めた人間の意識を再び「リセット」

 冒頭で「赤い錠剤を飲んだ」という隠語を紹介した。
 私自身でいえば「レッド・ピル」を飲んだのは9・11(2001年)が自作自演のテロと知った後の2000年代半ば以降だが、2016年、ドナルド・トランプ米大統嶺の誕生を後押しした「Qアノン」の存在、エプスタイン事件の発覚、さらに、今回のインチキパンデミックによって「赤い錠剤を飲んだ」人々の数は、先進国において恐るべきスピードで広まった。
 体感でいえば真実に目覚め、世界の黒幕による「支配」の実態に気づいた、あるいは疑い出した先進国の市民は、全体の3割から4割に達している気がする。
 黒幕による世界の支配構造は、アメリカを筆頭とした先進国が世界中から「富」をかき集め、その先進国の大企業や金融機関を裏から乗っ取り、政権中枢を握ることで成り立つ。その「真実」に気づいた人間の増加で「揺らいできた」のだ。そのためにレッド・ピルを飲んだ人間を、再び従順で穏やかでどんな過酷な労働でも笑顔で幸せに感じる「奴隷」に戻す。目覚めた人の意識を再びリセットする必要が出てきた。
 先進国に住む人ほど、「豊かで楽しい生活に戻りたいなら素直にワクチン接種をしろ」という誘導に弱い。そこを突かれているのだ。
 いずれにせよ、新型コロナワクチン接種に誘導する政権は、すべて「グレート・リセット」に加担しているといっていい。
 今後、ワクチン接種が事実上、義務化されるなり、当たり前になった頃、CRISPR技術を使った「新奴隷化ワクチン」へと切り替わっていくだろう。そして「Qアノン? あんなのデタラメさ」「世界の黒幕? まだそんな陰謀論を信じてるのか?」と言い出す人間が自然と増えていくのだ。
 先進国は「家畜」として徹底的に「品種改良」されてきた人々の国家といっていい。過酷な労働に耐え、厳しい法律を守り、どんな命令にも従う人種ゆえに先進国になった。その意味で「新奴隷化ワクチン」との相性は抜群であり、すぐに適応していくだろう。
 それでも接種に反対する人には「クールエイド」を与える。元ファイザーの役員は新型コロナワクチンのアジュバントに「BSEプリオンを混入している」と証言している。BSEは狂牛病と呼ばれるように、脳がスポンジ状に萎縮する。真実に目覚めた人を痴呆症にして何も考えられないように「処理」することすら考えているのだ。
 今、何が起こっているのか。その答えは「グレート・リセット」なのだ。あまりにもおぞましく、かつてないほどのエゲツなさをまとった陰謀である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、ワクチンのビジネスモデルです。
 日本では毎年インフルエンザに2000万人もの人が罹りますが(内、死亡者は1万人)、毎年2000万人もの感染者を生み出す、(見事な)ビジネスモデルがあったようなのです。
 私は知りませんでしたので、大変興味深い内容でした。
 ワクチンは、以下のようなループを辿るようです。

@ワクチンは弱毒化した「抗原」を打つことにより、体内に抗体を作る。これにより、ウイルスに感染しても、無自覚だったり、重症化を緩和する。

Aしかしウイルスには感染する。これにより、症状が緩和された感染者を野に放ち、感染爆発を起こす。

B多くの人が感染するが、ワクチンを打った人は無自覚だったり、重症化を緩和するのを目の当たりにするので、次の年は多くの人が率先してワクチンを打つようになる(@へ戻る)。

 つまりワクチンを打つと、スプレッダー(ウイルスを撒き散らす人)になり、どんどん感染者を広げることになるというわけです。
 冒頭で、人にうつしたくないからワクチンを打った人を紹介しましたが、真実はワクチンを打ったから人にうつすようになるということです。
 全く皮肉な話です。
 そしてそれは、今回の新型コロナウイルスのワクチンにも当てはまります。
 菅政権は、ワクチンの大規模接種をすることにより、(これまでは見せかけでしたが)本物のパンデミックを引き起こそうとしているといいます。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p80〜p82から抜粋開始>・・・

 ワクチン接種でもウイルスに感染

 「このまま新型コロナワクチンの接種が加速すれば、間違いなくパンデミック・フルー(感染爆発)で万単位どころではない死者が出ることでしょう」
 そう証言したのは都内在住の内科医である。このコロナ禍、勤務医である彼は疲れ切った表情でワクチン接種の危険性を語った。
 新型コロナ患者を診てきた彼は、いわゆる“新型”コロナウイルスは「耐性型に変異したインフルエンザウイルスか、従来のコロナウイルスではないか」と指摘する。タミフルが開発された1990年代以降、インフルエンザにも次々と耐性型変異株が現れ、その意味で抗インフルエンザ薬が効かず、それで重症化する患者がいること。また、新型コロナを「指定感染症」に指定して殺人ウイルスとして扱うことで人員とベッド数が足りないのが「問題」なだけであり、指定感染症から解除しても「アルコール消毒とうがい、マスクをすれば従来のインフルエンザ並みの被害と死者数程度に落ち着くのではないか」(注)。これが現場の医師の実感なのだという。
 それゆえに「今のワクチン接種方法は最悪」と強い警鐘を鳴らす。
 なぜなら毎年2000万人以上が感染し、1万人前後が死亡するインフルエンザを感染爆発させているのがインフルエンザの「ワクチン接種者」だからである。
 実はインフルエンザのワクチン接種とは、インフルエンザ患者を全国規模で拡大させるのが目的なのだ。これを医療業界がひた隠す「悪魔のワクチンビジネス」と呼ぶ。
 そもそもワクチンとは遺伝子操作などで弱毒化した抗原を意味する。それによって体内に「抗体」をつくり、感染しても無自覚症状にしたり、重症化を緩和したりする。しかし、ワクチンを接種してもウイルスには普通に感染するのが疫病学の“いろはのい”なのだ。症状の緩和された感染者を野に放ち、意図的な感染爆発を引き起こし、医療ビジネスにつなげてきたのが「インフルエンザワクチン」というわけだ。そのシステムは以下となる。
 インフルエンザは罹患すると40度前後の熟が数日続く。それがワクチンを打っていれば症状が大幅に緩和、微熱で収まる。当たり前だが、病院の待合室には、職場や学校を病欠扱いにするための診断書が必要とあって、インフル患者がたくさん集まる。しかも待合室には体力のない高齢者や持病を持つ人が常在している。そこにインフル患者がワクチンを打ちにくれば、現在のコロナ禍のようにアルコール消毒やマスクをしなかったこともあり、高い確率で感染してしまうのだ。だが、感染したところでワクチン効果によって症状は大幅に緩和され、多少、体調が悪い程度で済む。
 こうしてワクチン接種者は日常生活を続け、いわゆる「濃厚接触」を繰り返す。これが、ワクチン接種者が「スーパースプレッダー」となって毎年インフルを大流行させてきた構図となる。
 もうおわかりだろう。
 毎年2000万人が感染したインフルの構図を悪用して、新型コロナワクチン接種によって菅政権は、かつてない規模での「コロナパンデミック」を引き起こすつもりなのだ。

 ワクチン接種後にウイルスをまき散らす

 先の医師が続ける。
 「インフルのワクチンを打った人は周囲で寝込む人を見て『ああ、ワクチン打っていてよかった』と次の年も打ちに来ますし、感染して寝込んだ人は『来年は絶対打とう』となる。目の前で被害が出るから、インフルのワクチンは儲かってきたのです。まあ、病院も営利企業ですし、インフルの場合、発症から48時間以内に抗インフルエンザ薬を投与すれば、確実に治ることもあって、それに加担してきたわけです」
 問題は、この新型コロナが抗インフルエンザ薬に耐性を持っている(効果がない)ところにある。
 この医師によればワクチンに対する正しい医学知識がないために、ワクチン接種をした高齢者の多くが「これでマスクや消毒をしなくてすむ。昔のように生活できる」と喜び、なかには「ようやく風俗に行ける、旅行に行ける」と言い出すという。事実、ワクチン接種が始まってから感染を恐れて近づかなかった病院に再びたむろするようになった。そこで高い確率で新型コロナに感染し、ワクチン効果で無自覚症状となったままウイルスを周辺にまき散らすようになっているという。暇とお金を持て余す高齢者を優先して接種すれば、誰がどう考えてもそうなる。つまり、わかってやっているのだ。
 本来、ワクチン接種は医療関係者と警察などの現場関係者に限定するか、全国民に一斉にやるかの2つが基本。今の日本、いや、菅政権のやり方は、インフルエンザ同様に、意図的なパンデミックを引き起こすのが目的といっても過言ではない。
 2月中旬から始まったワクチン接種は、5月下旬現在、約550万に拡大した。ウイルスに感染したワクチン接種者が全国で同時多発的に動き回れば、いうまでもないが、接種が間に合わず体力の衰えた高齢者を中心に「10万人単位の死者が出る」という指摘も否定はできない。考えてみれば、2020年1月以降に拡大した「コロナ禍」は、あくまでもメディアと政府の演出で生まれていた。いわばバーチャル(仮想)だった。「インチキパンデミック」とされるのも当然であろう。事実、読者の多くもコロナで生死をさまよった知人や家族はいないだろうし、道ばたで咳き込みながら倒れる人も見たことはないだろう。むしろ、コロナ禍前のほうが体調の悪い人をよく見かけたぐらいなはずだ。
 コロナ禍と言いながら「コロナ被害者」は存在しなかったのだ。存在していたとする被害は、菅政権が主導して騒ぎ立てていたにすぎない。
 しかし、国民の多くはコロナ禍の恐怖を前に、あらゆる国家統制を受け入れるだろう。すべての個人情報を国家の管理に委ねることにも応じてしまうのだ。
 とはいえ信用できない菅政権に大切な個人情報の恣意的な運用を反対する人たちもいよう。残念ながら、そんな良識ある人すら黙らせる陰謀もまた、進行している。仕込みはすでに終わっている。
 −−東京オリンピック爆破テロ計画、である。

(注)2021年2月から法的位置付けが指定感染症から、「新型インフルエンザ等感染症」に変更された。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に出てきた「東京オリンピック爆破テロ計画」が気になる方もおられると思うので、その部分を抜粋します。


 ・・・<『世界「闇の支配者」シン・黒幕頂上決戦』、p84から抜粋開始>・・・

 さて、そのベクテルだが、東京湾アクアラインの建設にも参加。すでに東京湾にはベクテルがつくった地下核実験施設があり、いつでも関東大震災を引き起こせる状態にあるといわれる。イルミナティカードや大友克洋のマンガ『AKIRA』で、東京オリンピック開催時に巨大爆破が起こる「予言」は、それに基づいているといわれる。
 とはいえ東京や首都圏を壊滅させかねないために今回の東京オリンピックでは、もう少しライトなテロとなるといわれている。
 それが南関東ガス田である。オリンピック中心会場のあるお台場湾岸エリアは地下からガスが噴出しやすい。2007年には、渋谷まで延びていたこのガスが、温泉施設に滞留して3人が死亡する爆発事故が起こっている。ガス処理施設を悪用すれば、比較的簡単に湾岸のオリンピック会場を爆破できるという。
 表向き、ベクテルはオリンピック会場建設にはかかわっていないが、日本の建設会社を数多く支配下に持っている。すでに会場各所にはガス爆発装置が設置されており、あとは菅政権が「許可」するだけでイルミナティカードと『AKIRA』の予言は成就する。
 世界が注目する東京オリンピックで、会場が次々と爆破炎上する−−。その衝撃は、一夜にして世界を激変させよう。おそらく菅政権は「中国」「北朝鮮」のテロや攻撃と宣言するはずで、そうして国内を「戦時体制」へと移行させ、企業、国民すべてを国家の管理下に置き、独裁権の確立を狙っている。
 まさに「悪魔の政権」。それが菅政権の正体なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本当に東京オリンピックで爆破計画があるのか、私にはわかりませんが、間違いなく言えることがあります。
 陰謀は人々に知られていなければこそ陰謀であって、人々が知ってしまえば陰謀で無くなります。つまり実行できなくなります。
 多くの人々が知ってしまえば、菅政権はゴーサインを出せなくなります。
 それゆえ多くの人が、「東京オリンピックで爆破テロが計画されてるなんて話があるらしい・・・」と意識するだけで、実行されなくなります。



新型コロナとワクチンキャンペーン...2021年6月3日

 菅義偉首相は先月の28日、新型コロナワクチン接種を「来月中には、広く一般にも開始する」と発表しました。
 それに呼応するように、政府は今月の21日から、企業や大学などで64歳以下の一般人に接種を開始すると発表しました。
 これまでは医療従事者や高齢者だけでしたが、いよいよ私たちも打つか打たないか決める時期が来たようです。
 この記事は、すでに態度を決めている方ではなく、打つか打たないか迷っておられる方々に向けて書いています。

 先日、私は知人から、「本山さんは、(新型コロナ感染を)本当に怖くないんですか?」と聞かれました。
 私は以前から、新型コロナは怖くないと言っていたので、改めて確認されたようです。その知人は、「私は怖いです」といいます。
 それを聞いて、驚いたのはむしろ私の方です。
 内心、「怖い? まじっすか・・・」と思いました。
 噂では新型コロナに感染することを怖がっている人が、たくさんいると聞いていました。しかし、身近な人に、本当に怖がっている人がいたことで、やはりそうなのかと実感しました。
 聞くと、知人の情報源はNHKに代表されるテレビだけだといいます(特にNHKだそうです)。
 なるほどなあ、と思いました。
 私は主にネットや本などで情報を得ています。テレビや新聞なども観ますが、それはマスコミが人々をいかなる方向に誘導しようとするのかを探る為に観ています。
 そうした視点の違いは、大きいようです。
 NHKに代表される今のマスコミ(政府もそうです)は、人々をワクチン接種に駆り立てようと必死です。
 ヒドロキシクロロキンやイベルメクチン、ビタミンDの話は皆無です。連日、今日の感染者は何人で、死亡者は何人、何々県では感染者数が記録更新といったことを、飽きもせず延々とやっています。また、東京や大阪の大規模接種会場に並ぶ、たくさんの人々を映しています(ただし、6月に入ってから多少潮目が変わってきた感があります)。
 まるでワクチンだけが今の苦しい現状を打破する唯一の解決法だと言わんばかりです。
 その意図は、とにかく人々を怖がらせて、「一刻も早くワクチンを!」と訴えているように私には見えます。

 なぜ私は新型コロナが怖くないかといえば、新型コロナは実際に怖がる必要がないからです。
 以前流行ったSARSやMERSと違い、新型コロナの毒性は低く、普通のインフルエンザぐらいです。これは私が勝手に言っているのではなく、厚生労働省のサイトでも発表されています(厚労省のサイトでは感染症法第6条第23項第11号の規定により政令で定める四種病原体等に追加するとあります)。
 これはつまり厚労省は、新型コロナは通常のインフルエンザ並みであることを認めているということです。こうした事実を認めず、嘘を記載してしまうと、今回の新型コロナ騒動が終わった後に裁判で訴えられるからだと思われます。
 もちろんインフルエンザだから全然平気というわけではありません。
 日本では毎年インフルエンザに2千万人が罹患し、関連死も含めると1万人あまりが亡くなっているといいます。
 「風邪は万病の元」と言われますので、舐めてはいけないと思います。それゆえ私は、インフルエンザに罹ったら、数日間はゆっくり身体を休めて養生しようと思っています。もちろん新型コロナに罹っても、そうするつもりです。逆に言えば、新型コロナはその程度だということです(もちろんワクチンを打たなければならない必然性はありません。また私は薬を飲まない人間なので薬も飲みません)。
 私がこんなことを言っても、新型コロナを怖がっている人々には通用しないと思うので、数字で示したいと思います。

 ネットの記事から引用させていただきます(5月30日の記事)。

https://ameblo.jp/don1110/entry-12677513765.html

 ・・・<「donのブログ」さんから抜粋開始>・・・

 第1号患者発生から 499 日の累計

         検査数  14、978,640人
 陽性者数(無症状含む)     731、030人
      検査陽性率          4.9%
   退院・療養解除者数     664、062人
      療養中患者数      66,969人
        重症者数       1,383人
 死者数(別の死因含む)      12、815人
コロナにかかってない日本人      99.95%
 コロナで死んでない日本人      99.99%
    現在の重症者/人口     0.0011%

   どこがパンデミック???

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記記事では、「本当に怖い感染症が広がっていると思いますか?」「本当に国民にワクチンが必要だと思いますか?」と問いかけていますが、本当にそう思いませんか。
 それなのに、政府は日本人全員にワクチンを打とうとしています。
 その理由を、私たちは真剣に考えてみる必要があるように思います。

 さて、その問題のワクチンです。
 先行して行われた医療従事者と高齢者へのワクチンは、ファイザー製でmRNA型です。
 これから広く一般人に接種しようとしているモデルナ社のワクチンも、ファイザーと同じくmRNA型です。
 このmRNA型のワクチンは、人体にたいへん有害なものであることは、すでに多くの方々が指摘しています。
 これもネットから引用させていただきます。

https://note.com/nakamuraclinic/n/n458b176b945c

 マイケル・イードン博士(元ファイザー社副社長)の言葉とのことです。

「初回接種者のうち0.8は2週間以内に死亡する。即死しなかったとしても、接種者の見込み寿命(life expectancy)は平均2年である。これは追加接種によって短縮する。数十億人が悶え苦しみながら死ぬことになる。このワクチンの接種者が天寿を全うすることはない。生きながらえる期間は、長く見積もっても、せいぜい3年である」


 これはmRNA型ワクチンの動物実験で、猫が2年以内に全部死んでしまったということからきているのだろうと推測します。
 この事実により、人間も接種後平均2年で死んで、長らえても3年という話になったのだろうと思います。
 しかし、特に根拠はないのですが、私は少し短絡的過ぎないかと思っています。
 猫と人間を同列に論じることはできないではないかと思うのです。
 人間は、もう少ししぶといのではないか・・・、と希望的観測を持っています。
 とはいえ、このワクチンを接種することにより、免疫が深刻なダメージを受けることは間違いなく、数年以内に体調を著しく崩す人々が続出するのは想像に難くありません。
 私はそういう見解なので、テレビでワクチンの大規模接種会場で、長い行列を作って自分の順番を辛抱強く待っている人々を見ると、異様な光景に見えてしまうのです。

 このようにマスコミや政府は、あらゆる手段を使って人々をワクチン接種に向かわせようとしています。
 しかし私は、そんな彼らの将来はけっして明るくないとみています。
 5月24日付けのベンジャミン・フルフォード氏のメルマガから抜粋させていただきます。


 ・・・<「ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ VOL608」から抜粋開始>・・・

先週おこなわれた結社や情報当局らの交渉の結果として、インチキパンデミッ
クと、それに伴うワクチン接種キャンペーンに対する反撃が本格的に始まった。
その交渉に参加したのはイタリアのP3フリーメーソン、イギリス諜報機関MI6、
2つのアジア結社、ロシア防諜機関FSB、マルタ騎士団の面々だったと数名
の交渉関係筋が伝えている。


欧米のパージ劇

まず、彼らはWHO(世界保健機関)やCDC(アメリカ疾病予防管理センター)、
その他日本を含む60ヵ国の厚生当局に宛てられた“新型コロナウィルスの情報
開示要請”の結果を踏まえて対応を検討、その結果というのは「いずれの厚生
当局も新型コロナウィルスが実在することを立証できない」というものだった。
このことから、彼らは「存在自体が立証されていない“新型ウィルス”のため
に、安全性が確認されていないワクチンを大量の民間人に押し付けることなど
あってはならない」との意見で一致、この一連の行為を戦争犯罪に認定してい
る。

また彼らは、現在ドイツのニュルンベルク市で行われている新型コロナに関す
る裁判の証拠資料を精査。その裁判資料にはノーベル生理学・医学賞を受賞し
た医学博士など数多くの専門家による調査結果や証言が記録されている。その
一部を下記リンクのドキュメント(英語)で詳しく見ることが出来るので、興
味のある方は是非ご覧いただきたい。
https://www.aeginagreece.com/aegina-island/wp-content/uploads/2020/12/Transcript-testimony-Reiner-Fuellmich-.pdf

そうした幾つもの証拠を基に、これから新型コロナのワクチン接種を推進する
政府や政治家、医療関係者などの粛清が進められていくという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今ネットで、「新・ニュルンベルク訴訟2021国際裁判」が話題になっているといいます。
 この「新」方は、デマではないかという指摘があり、私もそう思います
 しかし、フルフォード氏のメルマガで紹介されている、「ドイツのニュルンベルク市で行われている新型コロナに関する裁判」は本物だと私は思っています(おそらく裁判が起こされたのは去年でしょう)。なぜならフルフォード氏はジャーナリストであり、ジャーナリストは裏が取れない情報は扱わないと言われているからです(ただしネットで確認しようとしても、一切の情報は出てきません。消されたのでしょうか)。

 私は、今テレビでワクチン推進の旗振り役をしている政治家やマスコミ、医療関係者の中で、そう遠くない将来に逮捕される人間が出てくるのではないかと見ています。

 最後に、新型コロナが(やっぱり)人工物であったという話です。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ Vol.1162」から抜粋開始>・・・

ピーター・ダジャックとファウチ博士
新型コロナウイルスには、自然界での変異ではありえない人工的なRNAの配列があるとする中国の研究者から出された初期の論文は、英国のウイルス学者ピーター・ダジャック氏(編集主幹)がLANCETへの掲載を拒否しています(2020年1月頃)。

ダジャック氏は、21年1月にWHO(世界保健機構)の調査団の主幹として武漢に行き、「武漢研究所発である証拠はなかった、動物由来の可能性がある」とした、世界的に認められたウイルス学者(動物学者)です。

当方も人工説の証拠としての遺伝子配列を示したWEBを見たことがあります(今は消えています)。

『アフターコロナ:次世代の投資戦略』を書いていたときでした。2020年の4月頃です。その書では、以下のように書いています(P144)。

「RNAを操作した人工のウイルスとする説は、SARSのときもあり、現在も人工説は消えていません。新型コロナでも武漢のウイルス研究所から漏洩したという説があり、調査と立証をめぐって、米国(当時はトランプ政権)と中国が争っています。しかし仮に(中国)政府と軍が関与しているなら、それが公式に明らかになることはない。(自著引用)」

◎世界の医学会が権威を認めている英国のLancet(医学専門誌)は、新型コロナは自然由来のものであり、人工のものではないとする政治的な立場をとっています。

最近、公表された論文
ところが、英国とノルウェーの学者(HIVワクチンの開発者アンガス・ダルグリッシュ教授とビルガ─・ソレンセン博士)も、共同論文で、「新型コロナウイルスとされるRNAウイルスのアミノ酸基は4個連続でプラスの電荷をもっているが、自然界の変異(ウイルスの塩基は配列の変化)ではありえないことだ」としています。

この論文も、医学誌と主流派メディアは無視していたのです。
(幸福実現党の宗教家、及川幸久氏の分かりやすい解説)
https://www.youtube.com/watch?v=GpmFR8ZT4l0

中国論文と同じ、人工説を裏付ける、科学的な証明になるものです。しかし、自然説を喧伝(けんでん)していた医学誌と主流派メディアは、約1年これをとりあげなかったのです。

ところが、突然、ファウチ博士の公聴会があった5月になってこの論文を報じるように変わったのです。たぶん、何者かによって、底流の潮目が変わったのでしょう。

人工説は確定したとしていい
「科学的な証拠により、新型コロナウイルスの人工説は確定した」といっていいでしょう。

Lancet誌は、中国政府の見解に倣って「新型コロナウイルスは自然界のもの」としていました。このため、世界の主流派のウイルス学者は、自然界には存在しない新型コロナウイルス(自然)の源流を、科学的に証拠だてることができなかったのです。

(発見されていない自然界の)新型コロナウイルスは、PCR検査では発見できないとする説(大島眞徳島大学名誉医教授、神戸大学大学院感染症内科の岩田健太郎教授)と符合することがこれです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記、及川幸久氏の動画は、時間のある方にはぜひ観ていただきたいと思います。
 最近、ネットではワクチンを打った人の肌にコインや鍵のような金属がくっつくという投稿や動画を多く見かけます。
 その現象も及川幸久氏の動画で触れています。



金融大変動のシナリオ...2021年5月30日

 「ヤスの備忘録」のヤスさんの最新のメルマガに、5月中旬から下旬にかけて起きたビットコインに代表される仮想通貨の大暴落に関して、興味深い記事が載っていました。
 今回の暴落の数時間前に、ネットに暴落を予告するような投稿があり、実際にその通りに動いていったというのです。
 そしてその投稿によると、いったん暴落したビットコインですが、これから上昇に転じ、年内に史上最高値の10万ドルに達すると言っているといいます。
 まず、その部分から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ第643回から抜粋開始>・・・

5月19日、ビットコインの相場が30%下落、イーサリアムは44%下がるなど、仮想通貨の価値が全面的に暴落した。その後も下落は数日続き、23日にはビットコインは350万円まで下落した。これは、今年の4月につけた700万円台から48%の下落である。

2018年には、200万円台だったビットコインの相場が30万円台まで下がったことがある。仮想通貨では相場の乱高下は当たり前なので、今回の下げが暴落と呼べるのかどうか意見が分かれるところだ。しかし、半年ほど続いた暴騰相場が価格調整局面に入ったことは間違いないだろう。

暴落の2つの引き金

下落の一因は、中国の規制当局である「金融安定発展委員会」が、「仮想通貨は通貨でないので金融機関が取り扱ってはならない」とする通知を出したことだ。中国は2013年から「仮想通貨は通貨でない」と表明して取引とマイニングの規制もすでに実施しているので、今回の通知は新たなものでない。再通知にしか過ぎない。しかし、これが新たな通知であるかのうようにツイートされたため、それがパニック売りの引き金となった。

次は、「テスラ」の創業者でCEOのイーロン・マスクによるツイートである。マスクは電気自動車「テスラ」のビットコインによる販売停止を宣言した。またマスクは、今年の2月にビットコインを15億ドル買っていたことが判明したが、この全額かその一部を売却した可能性がうわさとしてツイートされた。しかしこれはうわさに過ぎず、マスクは実際に売ってはいないようでもある。

事前に予告されていた暴落

しかし、そのような報道のなか、ちょっと不気味な情報がある。これは、日本ではほとんど知られていないようだ。アメリカにはアングラ系の画像掲示板、「4Chan」がある。ここは、トランプの熱烈な支持者が信奉する「Qアノン」というキャラクターが出現したサイトでもある。ときおり、意味深なメッセージが投稿され、それが後になって実現したこともある。

そのような「4Chan」に、ビットコインの暴落が始まる何時間も前に以下のような投稿があった。

「私がどんな企業で働いているかは言えないが、それは中華人民共和国に関係する大企業である。今回の(中国政府)の発表は、協定標準時間の午前7時までにビットコインの相場を出来る限り下落させることが目的である。」

これが投稿されたのは、日本時間で5月18日の午前4時であった。次に、以下のような投稿をした。

「これは、他の企業がどこまで流動化するかに依存する。これはすごく大きな暴落で、進み方は速い。3万5000ドル(約380万円)まで下げるが、3万1250ドル(約340万円)まで下がるかもしれない。」

そして次のように書いた。

「これは、特定の水準まで相場を下落させるための協調した売りだ。それは特定の保有者に、手持ちのコインを売らせるためだ。(この人物は誰かは言えないが、彼は底値で買った人物だ)。彼にコインを吐き出させ、流動化できたら、今度は(我々が)残りのコインをすべて買い、彼を破産させる。」

最後に次のように書き、投稿を締めくくった。

「この買いによって、ビットコインの相場は史上最高値の10万ドル(約1100万円)を記録するはずだ。相場崩壊のニュースを信じてはならない。これはエリートが行っているくだらないゲームにしか過ぎない。暴落した後、相場を急速に引き上げる。まずは7万ドル(約710万円)が目標だ。」

投稿の通りに相場は展開か?

これが投稿の内容であった。この投稿が行われた日本時間の5月18日午前4時の段階のビットコインの相場を見ると、480万円台だった。下げのトレンドにはあったものの、この水準で下げ止まっていた。300万円台後半への下げが始まったのは、この投稿が行われた後の5月18日の20時あたりからだった。あれよあれよという間に370万円台まで下げた。さらに24日になると、357万円まで下落した。これを見ると、投稿の内容のように相場が展開したことが分かる。

このように、この投稿がビットコインの相場をコントロールしているグループによって行われたのだとすれば、この投稿の内容は今後も実現する可能性はあるのかもしれない。とすれば、今後ビットコインは、さらに安い3万1250ドル(約340万円)を底にして、7万ドル(約710万円)を目指す展開となる。その後は年内に史上最高値の10万ドル(約1100万円)まで上昇するのかもしれない。

「フィナンシャル・タイムス」も報道

それにしてもこの投稿者がターゲットにした人物は誰だろうか?イーロン・マスクのことだろうか?

いずれにせよこの「4Chan」の投稿は、イギリスの大手経済紙、「フィナンシャル・タイムス」などにも取り上げられ、話題になった。これはアングラ系掲示板の信用できない情報としてではなく、仮想通貨の相場を動かす力を持つ「クジラ」、つまり巨大な資金力を持つ投資家グループからの実際の情報リークとして理解された。そして、相場がこの予告にある通りに展開したことから、仮想通貨の市場がほんの一握りの「クジラ」によって操作される未成熟な市場であることの現れだとされた。

将来の相場展開の予測

また、710万円にまず上昇し、その後年内に1100万円まで引き上げるという相場の予告もさほど不自然なものではないようだ。仮想通貨の多くの投資家や専門家も同じような予想をしている。

「ファインダー」というサイトがある。ここは電気料金から住宅価格まで、世界のあらゆるものを比較し、その結果を分かりやすく表示するオーストラリアのサイトだ。5月19日の暴落後、今後の相場展開を予測するために、35人の金融専門家に見通しを比較した総合的なレポートを発表した。以下で見ることができる。

Finder Cryptocurrency Predictions Report
https://www.finder.com.au/cryptocurrency-predictions

この調査に参加した多くの専門家は、ビットコインの平均価格が9万4967ドル(約1044万円)で年を終えると予想した。特にビットコインにとっては、2021年は全体として見ると堅実な年になるはずだという。

これは今年の年末のビットコインの最高値の予想だが、2021年のある時点で10万7484ドル(約1180万円)でピークに達する可能性があるともしている。ちょっと目を疑ってしまうような相場の予測だが、本当に実現する可能性はあるのだろうか?

他のダークウエブ系掲示板の予告

これを見ると、ダークウエブと呼ばれるアングラ系の「4Chan」に投稿された内容は、さほど現実離れしていないことが分かる。これから本当にこのような急激な上昇トレンドの相場展開になるのかもしれない。

ところで、ダークウエブと呼ばれる掲示板は「4Chan」だけではない。「8Chan」や「8Kun」、そして「Reddit」のようなものがある。筆者は試みにビットコインを中心とした仮想通貨の相場が暴落する前に、「4Chan」と類似した予告があるかどうか調べて見た。すると予告と思われるような断片的な投稿が、すでに2021年の初めからあるのが分かった。それらの情報をまとめるとおおよそ次のような内容になる。

「ビットコインはまず6万4000ドル(710万円)まで上昇し、その後2021年以内に10万ドル(1100万円)を突破する。だがいつものように、6万4000ドル(710万円)の水準に達すると、30%を越える大きな調整がある。」

たしかにビットコインは、4月7日に6万5000ドル(715万円)の最高値を記録した。その後、5月19日に暴落し、5月23日には48%下落したのである。今年の初めの投稿と一致した展開だ。

もちろんこれが、「クジラ」と呼ばれる巨大な資金力を持つ相場操作者の投稿なのかどうかは分からない。しかし、ある程度的中していることから、今後このような相場展開になる可能性も否定できないかもしれない。筆者は投資の専門家ではない。相場を予想する力はない。自分で投資をする場合、今回の情報は参考程度に止めてほしい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ビットコイン暴落の前に、その暴落を言い当てた投稿の主が、本当の「クジラ」かどうかは定かではありません。
 実は、単なる偶然で相場を当てただけかもしれません。
 しかし、ここで一つの思考実験をしてみようと思います。
 真偽はわからないが、「クジラ」は本当に存在するとして、年内に10万ドル(1100万円)という水準まで達すると仮定したとしたら、金融市場で何が起きるのかを考えてみようということです。
 その為に、今回ビットコインが暴騰した理由と、暴落した理由を知ることが必要です。
 そこで吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ Vol.1161」から抜粋開始>・・・

【650万円に高騰したビットコイン】
20年10月末の114万円(1ビットコイン)から、21年4月末には650万円付近まで、半年間で5.7倍に高騰していたビットコインが5月には一時は350万円に急落しました(5月23日)。今日は430万円付近です。650万円からは、34%暴落しています。
https://bitflyer.com/ja-jp/bitcoin-chart

【2017年〜2018年】
50万円から2017年12月に220万円まで4.4倍に上がったあと、2018年の3月初旬には、100万円を割りました。この時は、その後の株価の崩壊があったので、「すわ、世界のバブル株価の崩壊か」と投資家心理を冷ましたのです。

 ・・・(中略)・・・

【ビットコインが高騰した3つの理由】
今回、ビットコインが、5.7倍に急騰した理由は以下でした。

(1)アジアの金融ハブ、香港の人民元から逃れる中国人の買い。
  原因:中国の国家安全維持法の香港への適用。
(2)EVのテスラがビットコインで売ることを発表し、現実の通貨になると見られたこと。
(3)中国を先頭にして世界の中央銀行が、通貨連動型のデジタルコイン(CBDC)を、2023年から順次、発行していくと見られ、ビットコインが市民権を得たこと。

高騰は、以上3つの要因からです。
5月の急落は、以下の原因で起こっています。

【暴落した3つの理由】
(1)テスラが、ビットコインでの車の販売を取りやめたこと。
その理由:ブロックチェーンの認証(マイニング)には、スーパーコンピュータが膨大な電力を使い、温暖化ガスの排出(化石燃料からの二酸化炭素)を増やすとされたこと。

(2)米国が、ビットコインでの海外送金1万ドル以上を、国際的なマネーロンダリングや課税防止の観点から、取引所で監視すると発表したこと。仮想通貨は、従来のSWIFT回線(ドルの送金回線)ではなく、当局が監視していないインターネット回線で送金されるので、マネーロンダリングの温床にもなっていました。

特に、中国・香港からの買いです(中国政府が禁じたい、元売り/ビットコインの買い)。

(3)ビットコインは、SECに、金融機関の大口需要用のETFを上場するよう、申請していました。ETFの上場期待が、ビットコインの買いが増えた理由を構成していたのです。

ところがビットコインETFの上場は、「通貨としての、価値の根拠が薄弱」という理由から、2022年9月の最終決定(または否決)に延期されました。これも、失望売りを増やした理由になったのです。

デジタルゴールドとされたビットコインが下げたこと(=売りが超過したこと)としては、(1)、(2)、(3)の理由が大きかったでしょう。今回の暴落は、株価暴落の序曲ではないと考えます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田繁治さんが挙げたビットコイン上昇の要因として注目されるのは、(1)の中国人の元売りビットコインを含む仮想通貨の買いです。
 今後、ビットコインが10万ドル(1100万円)までダイナミックな上昇をする為には、中国人がビットコインに殺到する大きな要因が必要と思われます。
 その一つが戦争です。
 全面戦争ではなくても、米中の単発的な軍事衝突や、中国軍が日本の尖閣諸島で日米合同軍と戦闘状態になるといったシナリオも考えられます。
 そこで、中国軍が不利な展開になれば、香港市民だけでなく中国本土の富裕層が、元売りビットコイン買いに殺到するシナリオもありうるかもしれません。

 もう一つが、日本、アメリカ、欧州、中国の通貨の大幅な下落です。
 私達の目には、通貨価値の下落は物価の上昇と、金利の上昇として映るはずです。米国債を始めとする各国の国債の下落と、それに連動する金利の上昇となります。
 新型コロナ対策として各国とも大幅な紙幣の増刷を行ってきましたが、その新型コロナ騒動の前に、日本、アメリカ、欧州、中国の合計で2000兆円もの紙幣の増刷を行ってきました。世界全体のGDPの総計が9000兆円だとすると、その金額の大きさがわかります。
 これは2008年のリーマン・ショックによる金融危機に対処する為でしたが、これにより機能不全に陥っていた世界の金融システムを無理やり延命させてきたといえます。
 そこに新型コロナによる、さらなる増刷が重なっています。
 先日、アメリカのなんちゃってバイデン政権が発表した予算教書によると、6兆ドル(660兆円)を議会に要求するとあります。これは新型コロナ前の3割増で、戦後最大規模だといいます。
 こうした国債の増発(通貨の増発)が、物価に影響を与えないわけがありません。
 ベンジャミン・フルフォード氏の5月3日のメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ VOL605」から抜粋開始>・・・

さらに今、アメリカ国内ではバイデン劇場を操っている勢力が無作為におカネ
をばらまき、ハイパーインフレを誘発しようとしている。
まず今年の3月以降、米政府が国民に直に配っているおカネ(失業保険や生活
保護費、コロナ給付金など)が2月に比べて倍増し、年間4.1兆ドルから8.1兆
ドルに急激に跳ね上がっている。
https://www.zerohedge.com/economics/record-34-all-household-income-us-now-comes-government
そして、それと同時にここ1年の間にアメリカ国内ではモノの価格がどんどん
値上がりしているのだ。
------------------------------
「材木 +265%」「石油 +210%」「トウモロコシ +84%」「銅 +83%」「大豆
+72%」「銀 +65%」「砂糖 +59%」…etc
http://themostimportantnews.com/archives/and-the-federal-reserve-is-trying-to-convince-us-that-inflation-isnt-a-problem
------------------------------

しかも、先日もレポートしていた通り米政府のおカネのばら撒きによって企業
が人手不足に陥るという事態も発生している。つまり、政府からの給付金に依
存して働かないアメリカ人が増えているのだ。
たとえば、フロリダ州タンパにあるマクドナルドでは就職の面接に足を運んで
もらうために「エントリーした人たち全員に50ドル支払う」と言っている。し
かし、そこまでしてもまだ応募する人はいないという。また、一部のコンビニ
チェーン店では「新規雇用者に500ドルの採用ボーナスを支払う」と派手に宣
伝して求人を行っている。
https://www.zerohedge.com/markets/whatever-it-takes-tampa-mcdonalds-exposes-americas-systemic-labor-shortage-forced-pay
米政府が無作為におカネをばら撒いている以上、こうした状況は間違いなく悪
化していく。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 まだハイパーインフレとまではいっていませんが、そうした兆候を感じることはできます。
 物の値段がどんどん上がるということは、裏をかえせば紙幣の価値がどんどん下がるということです。そうなると、危機を感じた人たちが、実物持参である金(キン)、銀や鉱物資源、エネルギー資源に資金を大量に避難させるという現象が起こるはずです。
 その避難先の一つとして、ビットコインなどの仮想通貨が考えられます。
 ハイパーインフレの兆候が見えたら、ビットコインの10万ドル(1100万円)という値段も十分に想定できそうです。

 こうしたことを考えているうちに、興味深い動画に出会いました。
 「沖縄おばば」さんの動画で、バイデン政権が金融破壊を行い、その後にトランプ大統領が戻ってくるというシナリオがあると言っています(5分20秒頃から)。

https://www.youtube.com/watch?v=a4Jcv5nY_I8

 もちろんこうした情報を鵜呑みにするわけにはいきませんが、「クジラ」が実在すると想定したら、こうしたシナリオもありうるということで紹介させていただきました。

 じゃあ、お前はビットコインを買うのか? と聞かれたら、私は買いません、と答えます。
 その一番の理由は、私には投資するお金が無いことですが、仮にあったとしても投資しません。
 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、何年か前の夢ワークで、ビットコインに投資すると、財布が空になるという夢を見せられたからです。
 私に投資するお金があったら、食糧の備蓄に回します。
 上記の動画で、金(キン)の現物を買うように勧めていますが、私なら金ではなくて銀の現物を勧めます。
 時間のある方は、国内の貴金属を扱う業者のサイトを覗いてみて下さい。
 すでに銀が市場から枯渇気味だということがわかります。
 業者が銀を入荷したと売りに出しても、瞬間に売り切れる状態のようです。
 ヤフオクの銀の売り値を見ると、1kgのインゴットで18万円ほどで取り引きされています。業者が売る値段が11万円ほどなので、7万円ものプレミアがついていることになります。
 枯渇気味なので、こうしたプレミア価格がつくのでしょう。
 業者も販売を完全にやめたわけではないようなので、余裕資金はある方は、粘り強く待って業者から銀の現物をゲットするというのがベストだと思います。



夢ワーク...2021年5月23日

 私は日々、相場の動きをチェックをしているのですが、このところ銀が上がっている印象が強いです(銀だけでなく、一時期低迷していた金も上がってきました)。
 チャートをみると、銀は2019年半ばの1オンス14ドル台からダイナミックに上がりはじめ、今や倍近い27ドル台となっています。
 私が買った値段は、1g40〜50円くらいで、いまやその倍以上です(1g100円台)。
 私にしては珍しく成果が上がった結果ですが、(自分で言うのも何ですが)、私は投資の才能は全くありません(謙遜しているのではなく、本当にないのです)。
 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、私が銀を買ったのは夢ワークです。
 私が夢ワークを始めたきっかけは、サアラさんの(神秘)スクールに通ったことです。そこでサアラさんから夢ワークのやり方を教わりました。
 そうして夢ワークを始めてしばらくして、夢で見知らぬ男性が現れて、私に「銀を買え!」と言ってきたのです。
 当時、私は金(キン)の投資は考えていましたが、銀は想定外だったので、えっ? と思って、「銀ですか?…」と念を押しました。そうするとその男性は、「銀だ!」と言うのです。
 私は、「まあ、いいや……。自分で見た夢なのだから、損しても納得できそうだ」と思い、思いきって銀(現物)を買いました。
 その後、銀はしばらくは泣かず飛ばずで1g50円前後を波打っていたのですが、2019年半ばから大きな上昇を開始しました。
 夢ワークは、こんなことにも使えるんだと感心しました。私のような投資の才能がない人間は、こうした手法がいいのかもしれません。

 というわけで、私は夢ワークにより強い関心を持つようになりました。
 先日、本屋に行ってみたら、久々にディビッド・ウィルコック氏の新刊が出ていました。
 『夢の中で目覚めよ!(上・下)』(ヒカルランド)という題名です。
 もちろん即買いです。
 しかし、私はこのところ忙しく、本を読む暇がありません。
 そこで今回は、2012年刊と少し古いですが、『神霊の世界に覚醒して』(サンドラ・インガーマン、ハンク・ウェスルマン著、高島康司、豊田泰士訳、道出版)から、夢の話題を紹介させていただこうと思います。
 当HPで時々紹介させてもらっている、「ヤスの備忘録」のヤスさんが翻訳されたようです。

 『神霊の世界に覚醒して』から夢の話題を紹介するにあたって、ある程度の予備知識が必要です。
 まず神霊の世界が、上層の世界、中間の世界、下層の世界と3層によって成り立っているという概念を紹介します。


 ・・・<『神霊の世界に覚醒して』、p64〜p65から抜粋開始>・・・

 神霊の世界

 シャーマニズムは世界中の文化で見られるが、神霊の住む世界について共通の世界観がある。解釈や呼び名の違いこそあるが、神霊の世界は三つに大別できると考えられており、ここでは上層の世界、中間の世界、下層の世界とよぶことにする。なお、それぞれの中にも、いくつもの層がある。
 下層の世界は、シャーマンがトランス状態のときには容易に入っていける霊界だ。動物霊や植物の霊や地縛霊なども含めて、自然界の生きとし生けるものが形作っている神霊の世界である。
 上層の世界は、神々や先祖や天使たちなどの高級霊が住む神霊世界であり、明るいきれいな都市のようである。
 一方、中間の世界は、私たちが住んでいる三次元世界の裏に隠れている別の世界であり、私たちの想念の世界でもある。シャーマンたちは、この中間の世界で飛び回ったり時間を前後させたりできるので、失くしたものを探したり、遠隔ヒーリングをおこなったり、最近亡くなった人と話をしたりすることができる。
 三次元世界のすべての存在は、その対応する想念の側面をこの中間の世界にもっているので、そこで岩、木、水、風、火、地面などと会話することもできる。
 神話やおとぎ話に出てくる妖精や小人も、この世界の住人である。文化的な制約条件のせいで現代の私たちには見えなくなってしまったこの霊界を、神話は思い出させてくれる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、「中間の世界」に、その人固有の「聖なる庭」と呼ばれる場所があるという概念です。


 ・・・<『神霊の世界に覚醒して』、p79〜p80から抜粋開始>・・・

 ●中間の世界への旅

 その昔シャーマンは、失くし物や盗まれたものを探すために、中間の世界へ入って行った。その世界であなたは、時間や物理的な限界に制約されずに飛び回ることができる。星や惑星へ飛んでゆくこともできるし、妖精や小人と話すこともできる。
 サンドラ・インガーマンは、自然とコミュニケーションをとることが大事だといっており、あなたの思い入れのある場所に飛んで行くのをイメージすることを勧めている。シャーマニズムの世界では、植物や岩や天候にも魂があるので、話すことができるのだ。
 ハンク・ウェスルマンが勧めるコツは、「聖なる庭」とでもよぶべき場所をイメージすることだ。

 1.あなたの人生で印象深いものが、その「聖なる庭」にあります。

 2.「聖なる庭」にいるすべてのものと交信して予言をしてもらったりできます。

 3.自分のイマジネーションで「聖なる庭」を造りかえることができます。滝や大木や岩を加えたりなど。

 4.その庭を造りかえたら、あなたの今後の人生で変化が現れるでしょう。実はこれが魔術の仕組みなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、夢によって、日々の生活の中でのアドバイスを受ける方法を紹介させていただきます。


 ・・・<『神霊の世界に覚醒して』、p135〜p139から抜粋開始>・・・

 夢の中でガイダンスやアドバイスを受ける

 神霊世界の旅で目的を決めたのと同様に、アドバイスや助けを得るために夢を見ることもできる。サンドラは、旅で得たのと同様の情報を夢でも得ている。

 私は子どものころから、自分の人生の中での問題を解決するためのヒントや情報を夢の中で受け取っていました。
 1998年に私が本を書く前のことです。エジプトへ旅行をしたのですが、帰国してから見た夢はとても強烈でした。エジプトの神であるアヌビス神が出てきて、自己紹介してくれたのです。
 「環境汚染を元に戻すための私の仕事の中で見落としていることがある。それは変容だ」と教えてくれ、そして消えてしまいました。
 朝目覚めて気づいたのは、アヌビス神がいった「変容」とは、意のままに形を変えることだと気づいたのです。光を使って他者や地球環境をヒーリングするアイデアとなって、それがのちに私が書いた本の基礎になりました。

 ウェスルマン博士の説明では、意識はシャーマンが向かう神霊の世界そのものになるという。「変容」するとき、意識は何か具体的なものになるのに対して、神霊世界の旅では、意識は景色のようなものになるとしている。

 夢の中でアドバイスやヒーリングなどの助けを受ける方法

 なにか新しいことを始めるときやアドバイスがほしいときには、夢の中で「なにか役立つアドバイスがほしいです」と夜寝る前に念じればよい。
 サンドラの生徒によると、守護霊やそれまでに会ったことのない霊も夢の中に出てきて、求めていた手助けをしてくれたそうだ。
 神霊世界に旅をしたときのように、役に立った夢の内容をメモしておくといい。明快な答をくれることもあるだろうが、じっくり座って考えないと意味がわからないようなメッセージをくれることもある。後日に何度も考え直してみる方がよいこともあるのは、神霊世界への旅でアドバイスを得たときと同様である。
 夢で人生のジレンマが解決することもあるだろうし、ヒーリングを得られることもあるだろう。肉体的なヒーリングであることもあるだろうが、即効性のないヒーリングである場合もある。サンドラは説明する。

 1980年代に、私は体がとても痛む病気にかかっていました。一生痛みを背負って生きることになるでしょう、と多くの医者にいわれました。守護霊に聞いてみたり、他の人に頼んで私のために神霊世界に旅をしてもらったりもしましたが、痛みの問題は解決しませんでした。毎日寝る前に夢でヒーリングをしてほしいと祈りました。何カ月も諦めずに何度も何度も祈り、やっと叶いました。
 その夢の中で、ジーンズと青いデニムのシャツを着たアメリカインディアンの男性が私のカウチの後ろから近づいてきて、「私はいつもここにいましたよ」といいました。彼は青いガラガラを見せてくれました。そんなきれいな青色は、今まで見たことがありませんでした。
 彼は私の体の痛む部分を指さして、「ここが痛むんでしょう?」といい、そこでガラガラを振りました(訳者注:原文中に詳細な説明はないが、打ち出の小槌か幼児用のおもちゃのガラガラのような手にもって振る道具のことだと思われる)。するとその夢の中では痛みが消えたのです。目が覚めたあとも痛みはなくなっており、その後ずっと痛みはありません。
 それ以来、感情的な問題や肉体的な問題は、夢でヒーリングをしてもらうとよい、と人に勧めています。
 継続して祈ることがカギです。毎日祈らなければいけません。私の生徒の多くも同じような体験ができたので、驚きました。夢に助けを求めればよいのです!
 守護霊がヒーリングしてくれた例も多いのですが、私のケースのように誰だかわからない霊が助けてくれるケースもあるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、ウェスルマン博士が、夢でワニに襲われそうになるという話ですが、このワニの正体が興味深いです。


 ・・・<『神霊の世界に覚醒して』、p143〜p146から抜粋開始>・・・

 悪夢を解釈する

 未開の部族の人々は、悪夢や非常に困難な状況を夢見た場合には、重大なこととして捉えている。解釈するための一つの方法は、仲間や友人をよんで、詳細を細部にわたるまで話しつくすことだ。そして、仲間はその悪夢の状況下でなにかの役を演じてもらって、演劇のように最後まで演じて見ると、シャーマンの世界ではその予言めいた悪夢は成就されたとみなされる。
 たとえば、もしあなたの家が焼けおちてゆく悪夢を見たとすると、仲間と段ボールでミニチュアの家をつくって、マッチで火をつけてもらって、水で火を消すところまで実際にやってみる。思うところがあれば大声でロに出してみると、スッキリしてリラックスできるだろう。そうすればその悪夢は成就したことになり、もう心配する必要はない。

 ヒーリングとなる悪夢

 もし、重病や中毒症や慢性病に苦しんでいるなら、夢でもそれに苦しむ悪夢を見るかもしれない。ろくでもない夢だが、シャーマニズムの観点からは、逆立ちしてみると新しいことが見えてくるかもしれない。旅をしてみて、その苦しみについて聞いてみるとよい。
 たとえば、以前の章で紹介した「聖なる庭」でその苦しみについて旅をしてみると、その夢でヒーリングをしてもらえるかもしれない。多くの人が悪夢を通してその苦しみを克服してきたが、ウェスルマン博士の例を紹介する。

 40年昔に見た悪夢を今で覚えています。明断な夢で、私はアフリカでジャングルの中の浅い川の中を歩いて化石を探していました。私は学者とし普段から化石を探しているので、特段変った夢ではないのですが、突然泥水の中で、5メー卜ルはあろうかというワニと出くわしました。
 一瞬時間が止まりましたが、ワニが近づいてきたのでパニックに陥りました。川岸に向かって必死で走りましたが、泥に足を取られてなかなか前に進めないでいるうちに、ワニがすぐ近くまで来ました。
 これはもう逃げられそうにない、と思ったショックからか、目が覚めました。正確には夢を見続けたままで「これは夢だ!」と理解している明噺夢の状態に入りました。
 夢だとわかってからは、ワニの方を向いて腕をあげて、「止まれ!」と叫びました。するとワニは直前で止まったので、私はその黄色い目を睨みつけて、なぜ私を追いかけるんだ、と問い詰めました。
 すると、テレパシーで聞こえてきたのは、「私はあなたのタバコ中毒症です」というではありませんか。そのとき初めて、足元の泥は私がいつも吸っているパイプタバコに付着しているタールであることに気づきました。そしてそのワニからいつものタバコの煙の臭いがしてきたのです。
 すると、びっくりすることが起こりました。追手だったワニはかわいいサーカス動物に変化しました。しかし私は騙されません。正体はもう見破りました。私は決意を固め、自信をもってこういいました。「おまえは私の人生にはもう必要ない」すると突然ワニは消えてしまいました。
 これが禁煙のために努力してきた日々のターニングポイントとなり、その日から一度もタバコは吸っていません。ワニも二度と夢に出てきていません。
 シャーマニズムの見地から解釈すると、私はタバコ中毒の精霊と夢の中で闘い、勝利を収めたのです。その精霊は変化して仲間のふりをしようとしましたが、私は正体を見破り、毅然とした態度で撃退したのです。
 もしあなたが病気か中毒症と戦っているなら、夢の中で解決策を探すのもよいでしょう。「聖なる庭」か、あなたの心地よい場所でCDを聴きながら神霊の世界に入り、最も頼りになる守護霊にアドバイスを求めるとよいでしょう。最も頼りになる守護霊が誰かわからなければ、まずそれを知るために神霊の世界への旅をするとよいでしょう。
 その守護霊に会えたら、あなたが克服したい病気や中毒症のことを話して、あなた自身に力や保護や援助を与えてもらえるよう、お願いしてみてください。
 あなたに力がみなぎってきたと感じたら、下層の世界へとつながる野原へ案内してもらって、あなたが克服したい病気か中毒症の精霊を守護霊と一緒に待ち構えましょう。そこはあなたがリラックスできる場所ではないでしょうが、そこが戦場となるのです。夢の中で明断にビジョンを見るほど、闘いの中でよりパワフルになれるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、夢によってヒーリングもできるという話です。


 ・・・<『神霊の世界に覚醒して』、p149〜p151から抜粋開始>・・・

 カリフォルニアのサクラメントでワークショップをしたことがあります。ある50代前半の女性は、ある場所を彼女の「聖なる庭」としていました。彼女が神霊世界の旅を終えたとき、ひどく動揺して泣きだしそうでした。私にその旅の話をしてくれました。
 子どものころから、この地は彼女にとって特別な場所で、白昼夢のような幻想体験をしてきた場所だそうです。そこは英国調の庭にとてもよく似ていて、小さなコテージもあり、集まって来てくれた神霊世界の動物やテディーベアとティーパーティをよく開いていたそうです。
 しかしその日は違っていたそうです。まず、とげのあるつる植物が木に巻きついていて、周りの他のきれいなものにも覆いかぶさっていました。そしてみるみるうちに伸びていくのです。そこまで聞いているうちに、私のオーバーソウルか守護霊からあるメッセージがダウンロードされてきました。
 衝動的に、勇気を出してその女性に聞いてみました。「ひょっとしてガンにかかってはいませんか?」彼女はびっくりしながらも、うなずきました。つい最近、変異性の危険なガンと診断されたそうです。彼女と夫と医師だけがそのことを知っていたそうです。
 シャーマニズムの観点からは、みるみる伸びていくつる植物は、彼女の体でコントロールできないほど成長し続けているガン細胞の象徴です。
 思い出してください、神霊世界の旅や夢の中で出会うものは象徴的な意味をもっていて、あなたの人生のうちのなにかを象徴していることが多いのです。いくつかのトラウマ的な経験が彼女の中で調和を乱していたのです。
 「私はどうすればいいと思いますか?」と不安そうに聞かれたので、私は微笑みながらこう答えました。「こうしましょう。想念の中でナイフの刃を研いで、もう一度神霊の世界に入ってそのつるを刈り取りましょう。私の子ども時代のようにこうする手もあります。私はニューヨークに生まれたので、自分で植木鉢で育てた植物が大きくなりすぎると部屋の中では手に負えなくなり、プロの庭師に頼んでいました」
 すると彼女は、「同じことをしています」と笑いました。彼女は神霊の世界で庭師の霊をよんで、一緒につる植物を切っていたそうなのです。
 私のワークショップが終わりに近づいてきても、彼女はまだつる植物を庭師と一緒に切っていたので、最低1日2回、神霊の世界に入ってできる限り多くのつる植物を切るように勧めました。彼女はその通りに1日2回、日曜日には3回、神霊世界でつる植物を切ったそうです。庭に穴が空きそうなほど、頑張ったそうです。薬による化学療法もしていたことを付け加えておきますが。
 何カ月かのちに彼女から手紙が届きました。彼女と庭師の霊は、とうとうつる植物をすべて切り去ったとのことでした。種も芽もまったく残っていないそうです。専門医に診断してもらうと、ご想像の通り、ガンは消え去ったといわれたそうです。
 私が知る限り、それから12年間、彼女はガンを再発していません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 新型コロナのワクチンを打つかどうか悩んでいる方は、夢ワークで(mRNAタイプの)ワクチンを打った方がいいか、聞かれてみてはと思います。

 夢ワークに興味を持たれた方々に付け加えたいことがあります。
 それは、夢の内容を解釈する際に、私たちが一般的に持つ概念を当てはめてはいけないということです。例えば、夢で白いハトが出てきたら、私たちは「縁起が良い」とか「平和」をイメージしがちです。でもこれは、私たちが勝手に作った概念でしかありません。そうした概念に縛られてしまうと、夢の本来の意味を取り違えかねない危険性があります。
 人によって白いハトは「縁起が良い」かもしれませんが、別の人にとっては、逆の意味かもしれません。夢はその人固有のものなので、その人によって物の意味合いが違って当然なのです。
 それゆえ、夢ワークで物の概念を紹介する本がありますが、むしろ読まない方が懸命です。読んでしまうと、その本の概念に影響されてしまうからです。
 もう一つポイントを付け加えると、朝目覚めた瞬間は夢の内容を憶えていても、その記憶はすぐに曖昧になっていきます。コツは、朝目覚めた際に重要な夢だと思ったら、その夢を反芻してストーリーを確認したら、すぐにメモを取ることです。記憶はあっという間に曖昧になっていくので、メモはとても役に立ちます。

 では、良い夢を。



『アフター・コロナの未来ビジョン』から...2021年5月16日

 今回は、並木良和氏と矢作直樹氏の対談本、『アフター・コロナの未来ビジョン』から、私が面白いと感じた話題を3つほど紹介させていただきます。
 並木さんは、これからの時代は縄文時代のエネルギーが必要だと言っています。
 このところ縄文時代への関心が高まり、各地で縄文土器の展覧会などが行われているのは偶然ではないといいます。
 そういえば、私が移り住んだ長野県茅野市は国が特別史跡として指定した尖石遺跡があるところらしく、縄文時代の土偶などがたくさん出土しているらしいのです。
 私が面白かったのは、縄文人と弥生人が混血していく過程から、現代人のセックスの話まで及んだところでした。
 では、『アフター・コロナの未来ビジョン』(矢作直樹、並木良和著、青林堂)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『アフター・コロナの未来ビジョン』、p87〜p95から抜粋開始>・・・

 宇宙と交信していた縄文人

 矢作 縄文時代というのは、わかっているだけでも1万6500年前〜2300年前くらいまであったわけです。
 そして、1万数千年前の縄文時代、日本列島にはちゃんと稲があったということですね。
 教科書では、縄文時代は狩猟採取生活で、農耕−−稲作−−は弥生時代から、と教わりますが。
 さらにいうと、縄文土器の縄目はなにを表しているのか?
 それも問題になってきます。
 若い人は、見た瞬間に理解できるのではないかと思いますが、これはフリーエネルギーの流れを表していまして、エネルギーが減衰しない流れのスタイル、トーラスという円環状の幾何学的な紋様です。
 ということは、この縄文土器に食べ物や水を入れておいても、かなり長期間、腐敗はしなかったはずです。試せればいいのですが、本物の縄文土器はいずれも貴重なものばかりなので……。
 問題はそのようなものがなぜ、1万年以上も昔に作れたのか、なぜ彼らはそれを知っていたのか、ということですね。
 ここにピンとくるといいのですが。
 そもそもフリーエネルギーについて、現代人はほとんど知りません。トーラスの効果も知らない。それなのになぜ、当時の人たちは知っていたのか?
 重要なのはここです。
 先ほどの磐座(いわくら:管理人注1)にしてもそうです。
 磐座が作られたのはほとんどが縄文時代ですが、巨大な岩をどうやって切りだし、山の上まで運び、なおかつ積みあげたのか−−?
 現代の建設会社、土木工事の専門家の仕事ではないのです。
 そこに気づき、考えなければいけないわけです。
 私が思うに彼らは、中今(なかいま:管理人注2)の力を使ったのだと思います。中今の力で高次元の存在が持つ力とつながった。この次元と高い次元を接着させて、その結果、重力というものを消滅させたのではないか−−そういうことが思い浮かぶのではないでしょうか。
 そうなると、歴史の教科書的な説明も、変わってくると思います。

並木 本当にそうですよね。
 彼らは宇宙と交信を行っていたわけです。あの時代には宇宙的な存在との交流があったので、いわゆる宇宙人の持つ高い精神性や霊性についても、縄文時代の人々は理解し、同じように兼ね備えていました。もちろん、宇宙的なテクノロジーも教えられていたし、積極的に学ぶこともできたはずです。
 これは、いまの僕たちが信じている、法則やルールから抜けている、逸脱しているということを意味しています。もっといえば、彼らは現代科学の法則、物理学の法則を超えていたということです。
 だから「制限」というものが、僕たちとは比べものにならないくらい少ないんですね。
 この制限というのは、例えば、磐座の造り方において顕著になります。
 石や岩は固いものだと、現代社会に生きる僕たちは認識しています。
 けれども先生がおっしゃる「中今」の状態になって、「石はやわらかいものだ」「軽いものだ」と認識すると、たちまち固い石がゼリー状になったり、軽いものになるのです。
 「石は固い」という発想、常識から見ている限り、そういうことは絶対に起こりません。
 けれども意識、認識を変えれば、すべてが変わります。
 それが目を醒ますということなのです。

 安易な交わりはエネルギーの質を落とす

矢作 そうするとですね、なんとも奇妙なことが起こってきます。
 そんなにすぐれた人たちが−−ここ注意していただきたいのですが−−非常に高次元の意識を備える文明を持っていた人たちが、なぜ終わってしまったのか?
 歴史では、3000年前に大陸から来た人たちと混血して、いまの日本人になったと語られるわけです。
 もちろん混血の度合いが少ない北海道や琉球諸島はわりとそのまま残っていますが、基本的には日本列島中で混血が進みました。
 その結果が、弥生土器です。これは縄文土器とはまるで逆の、つるんとした寂しい土器になっています。土器を焼く技術は向上していると考古学者はいいますが、精神性はもちろん、装飾の技術もガクンと落ちてしまいます。
 技術が落ちるということは、当然、宇宙との交信もできなくなっているわけです。
 そういう形で弥生という時代が存在した理由は、いったいどこにあるのでしょう?
 実は日本の弥生文化だけではなくて、世界的に見てもここ2500年くらいの期間は、霊性が失われてきた時代と言えるかもしれません。
 頭を使って、なにかものごとを考える−−そういう時代に入ってきたわけです。
 たとえば西洋では2500年前のギリシアに、プラトンという「哲学者」が登場してきます。そのあとにはアリストテレスという人も出てきて、ものごとを考えることで学びをする時代になりました。
 最近はその過ちにも人々が気づきはじめて、ようやくいろいろなことのバランスが取れはじめているわけですが……。
 簡単にいうと、弥生という文明的なレベルは低いけれども腕力がある時代がきたことで、縄文の人たちの精神性がその低いほうに流れてしまった、ということです。
 こんなことはおそらく、もう二度とないとは思いますが、それでもやはり注意は必要ですよね。

並木 そうですね。これは、ある種の侵略だというふうに「上」はいっていますね。弥生人による侵略である、と。
 混血というのはつまり、交わることですよね。
 セックスに限らず、人と人とが交わるときに、波動の高い者同士であれば、そこにはとてもよい相乗効果が生まれます。
 けれども、一方が高くて、一方が低い−−これは人間としての優劣の話ではなく、あくまでも状態の違いですが−−となったときの交わりにおいては、波動がガクンと下がってしまうのです。
 これは縄文人と弥生人だけではなく、現代社会に生きるひとりひとりにもいえることです。
 もっとわかりやすくいうと、肉体関係は安易に結ばない方が賢明である、ということです。
 これは風俗店を例に出すと、わかりやすいかと思います。
 僕は決して、風俗店がいけないといっているわけではありません。そうではなくて、たとえば風俗店に勤務する女性が、不特定多数の男性と交わることによるデメリットです。
 お客さんは選べませんから、どんな波動を持った人が来るかわかりません。なかには、よくない波動の男性もいることでしょう。そうした男性が、お店の女性と交わります。すると当然、女性の波動は下がります。
 そのとき、別の男性がその風俗店に行って、波動の落ちた女性と交われば、その男性の波動も大きく乱れてしまいます。
 働く女性も、お客の男性も、そのことには気づいていません。
 自分になにが起こっているのかわかっていないというのは、とても怖いことなのです。
 これは風俗店だけではなく、異性関係が盛んな男女ともにいえることです。
 自分の波動を正常に保つためにも、特定のパートナーを決めて、お互いの関係性を高めていくことはとても大切なことです。そうすることが、波動を乱さず、意識をより高いレベルで保つということにもつながるからです。
 つまり肉体関係を持つということは、体液の交換だけではなく、エネルギーの交換もしているのです。
 人と人とが交わると、互いのエネルギーも混ざる。この混ざるということがプラスに出るのか、それともマイナスに出るのか−−それが問題なのですね。
 マイナスに出てしまうと体調を崩したり、ものごとがうまくまわらなくなったりします。そういうことが、実際にあるんですね……。
 ちなみにエネルギーが交わった人同士は、オーラを視ればわかります。
 「私たち、僕たちは友達同士です」……それって、違いますよねっていう(笑)。

矢作 私もそういう話術をぜひ学びたいな、と思うんですね。私の場合、なかなか笑いを取れるようにならないので、そこは日々、考えさせられるところです。縄文人と弥生人の話題から、現代のセックスのお話まで、じつに見事だと思います。
 まあ真面目にいうと、これからの時代については、いわゆる頭の時代から感性の時代へ−−考える時代から感じる時代へ−−変わっていくということなのでしょうね。
 腑に落ちるというのまさにいい得ていて、頭ではなく身体、内臓で納得する、そういう感性を重要視するという時代に入ってくるのだと思います。
 それこそが進化なのだ、と。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注1)
 並木さんによると、磐座(いわくら)を縄文人は2つの方法で設置したといいます。1つは大勢で大きな岩の周りを囲んでサイコキネシス、思念波を送り、その岩を浮き上がらせる。もう一つは、ETから反重力の技術を教わり、ある特定の場を無重力状態にして岩を浮かせ、思念の力で目的の場所に移動させたといいます。

(管理人注2)
 矢作氏は「中今(なかいま)」とは、お釈迦様が「刹那(せつな)」といった意味と同じで、「今を生きる」ということだといいます。高次元につながるということで、ひらめき・直感・運動ならゾーンに入る、瞑想やヨーガ、座禅を組んでいる人が至福に入った状態で、これらが「中今」だと言っています。


 次に紹介するのは、「誰何(すいか)の法則」です。
 誰何の法則とは、宇宙には至高の神の名のもとでは、2回まではウソをついても、3回目には本当のことを答えなければならない、というものだそうです。
 私はこれまで、こんな法則は聞いたこともありませんでした。
 これは、自分に寄り添った霊的存在が、本当に高次元なのか、あるいは低次元のものか見分けるのに使えるといいます。


 ・・・<『アフター・コロナの未来ビジョン』、p127〜p133から抜粋開始>・・・

 誰何の法則

並木 神様の言葉をおろすという現象は、たしかにあります。それにあこがれる人も多いでしょう。そういうものとつながることができる、チャネラーである−−でもそれは何も、特別なことでも、すごいことでもありません。逆に変なあこがれや、ゆがんだとらえ方をすることは、実は怖いことなのです。
 なぜなら、自分がつながったと思った相手は、必ずしも神様ではないかもしれないからです。
 これを、どうやって見分ければいいのでしょうか?
 ポイントはやはり本来の自分とのつながり、つまりハイヤーセルフとつながることです。
 ハイヤーセルフは、わかりやすくいうと昔でいう電話交換士の役割をしています。ですから自分をとおしてハイヤーセルフにつながることができれば、たとえば、「アシュタールとつながる」と意図するだけで、確実にアシュタールとつながることができるのです。
 けれどもハイヤーセルフを飛ばしてしまうと、たとえば、タヌキとつながって化かされるかもしれません。
 「こいつ、アシュタールとつながりたいみたいだ……。よし……俺がアシュタールだよ」
 そうなってしまうと、ほとんどの人に判別する手段はありません。つまり、本物のアシュタールだと思い込んでしまうのです。これはとても危険なことです。

矢作 本当にそうですね。

並木 それからもうひとつ、交信している相手が、高次の存在であるかどうかを見分ける方法があります。
 「誰何(すいか)の法則」といいます。
 これは、「至高の神の名のもとに、あなたは光の存在ですか?」とアクセスしている存在に3回問う、というものです。実は宇宙には、至高の神の名のもとでは、2回まではウソをついても、3回目には本当のことを答えなければならない、という法則があるのです。これが「誰何の法則」です。
 たとえばある存在が、自分はイエスだと名乗ったとします。
 そして、もし、あなたが、それを疑わしく感じた時には、「至高の神の名のもとに、あなたは光の存在、イエスですか?」
 「はい」
 1回目はネガティブな存在であってもそう答えます。
 「至高の神の名のもとに、あなたは本当に光の存在、イエスですか?」
 「はい」
 2回目も同様です。でも、相手が本当はネガティブな存在なら、3回目はそれはできません。
 「至高の神の名において、本当にあなたは光の存在、イエスなのですね?」
 本当にそうなら、3回目も答えは同じです。でも、違うのであれば至高の神の名において、真実を答えなければならないのです。
 ですからここではネガティブな存在も、「いいえ」と答えざるを得なくなります。
 ただ、まれに3回とも「はい」と答えることもあります。でもよく聴いてみると、「はい……ではない」と小さな声で囁(ささや)くはずです。
 要するに、しっかりと判断する、いわゆる審神者(さにわ)の能力が重要になってくるわけです。

矢作 そういうフェーズに入らない、落ち込まないようにするにはやはり、現実生活をきちんとすることが大切になりますね。

並木 本当にそのとおりです。
 たとえばですが、現実生活において子供を産み、育てることは、とても大切なことです。
 それは神様のメッセージを発信することよりも、はるかに重要なのです。なぜなら子育てを大切にすることで、これからの世の中に貢献できる、さまざまな可能性を引き出し、それは、その子供だけではなく自分も周囲もまた、大きな恩恵に預かることができるからです。
 そうした、本当の意味で大切なことに気づくことができるかどうかなのです。だって、地に足をつけて生きることは、口でいうほど簡単なことではないのですから。
 そうやって、目の前にあることを大切にし、人生を丁寧に生きることが、自分を大切にするということにつながっていくわけですね。

矢作 そういうことは、きちんと言葉にして伝えておくことが重要で、それがなければ不幸なことですよね。

並木 この地球上で、本来の自分を生きていない、ということになりますから。

矢作 現実はそっちのけで、スピリチュアルな世界に逃げる人も多いですよね。
 もうすぐお金なんか必要ない世界がくるから、なにもしなくても大丈夫、とか(笑)。

並木 いまはまだ現実に、お金が必要ですよね。そこに、ちゃんと向き合わなければ、地に足をつけていないということなんです。

矢作 やはり時間軸を間違えないことです(苦笑)。
 現実としてはまだまだ厳しいですよね。それまではこの社会で生きていかなければならないわけですし。

並木 たとえば利益の再配分が行われるということがあるとしても、少なくともまだ4年から8年は必要ですから。これはあくまでも最短で、ということですよ。

矢作 ということは、もう少し時間がかかる感じですね?

並木 ええ、ただ、そういう富や利益の再配分にしても、単純にいい、悪いで計るのではなく、それを望んでいる人たちもいるなかで、反対の人たちもいる。あくまでも未来の可能性として、あり得るという話ですね。
 いまは世界中で経済的なシステムが崩壊しつつあるという状況があって、そこでまた新たなものが生みだされようしています。
 そういうときに、はたしてそれをどういう意図でどういうものを作るのか−−そこが問われるような過度期にいることは間違いありません。
 ですから、この状況で明言するのはとても難しいんですね。
 ただもう少し先、具体的にはこの秋くらいになると、また少し全体的な集合意識が変わるので、未来像も読みやすくなると思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、NESARA/GESARAが来るか質問を受けたとき、近い未来ではイメージがないという回答をされていました。しかしNESARA/GESARAかは別として、最短で4年〜8年で利益の再配分という、大きな経済改革のイメージが全くないということもないようです。

 最後は、まとめのような文章です。


 ・・・<『アフター・コロナの未来ビジョン』、p161〜p169から抜粋開始>・・・

矢作 どんどん移民を入れていくということについてはいかがですか?

並木 「上」は僕たちのことを「資源」といういい方をしていますが(笑)、資源をもっと有効活用しなければいけない、といっています。
 矢作先生とお話をするときにはいつもといっていいほど瀬織津比売(せおりつひめ)がやってくるのですが、彼女はそういっているのですね。
 たとえば企業には年齢制限、定年退職制度がありますね。まだまだ働けるのに年齢によって切られてしまう人たちを、もっと有効に活用すべきだと彼女はいうわけです。
 いまある力、才能、そういった大切な資源を有効活用できるように体制を変え、整えていくことが先にあってしかるべきでしょう、と。移民というのは、それからあとで模索していくべきものだといっています。

矢作 ありがとうございます。瀬織津比売は記紀(きき)(註/『古事記』『日本書記』)には出てきませんが、とても大切な神様ですからね。

 瀬織津比売の秘密

並木 瀬織津比売はいま、ちょっとしたブームになっていますね。
 瀬織津比売は、おもに縄文時代に信仰されていた宇宙規模の女神です。
 それから縄文時代への関心も高まってきていて、各地で縄文土器の展覧会などが行われていますが、これらはすべて意味があることなのです。
 偶然に縄文時代の情報、文化などがクローズアップされているわけではなく、縄文のエネルギーが必要な時代を迎えているということなのです。
 縄文時代というのは、日本の歴史のなかでもとても平和で、大和の世だったと瀬織津比売はいっています。調和が保たれていた、とても稀有(けう)な時代だった、と。
 それより若干は劣りますが、江戸時代もそうだったそうです。
 小競り合いくらいならちょこちょこありましたが、大きな戦、戦争はなくて、非常に平和な時代だったそうです。
 ですから僕たち日本が発展するにあたって、縄文時代をもう1度クローズアップさせて、その精神性を日本人のなかに浮かびあがらせること、日本人が本来持っている縄文のDNAを復活させること、これが欠かせないのだと瀬織津比売はいってきています。
 シンプルにいうと、歴史は長い間、捻じ曲げられてきました。これは基本なので、これからの世の中は、歴史の嘘がどんどん暴露されていくことになります。割合でいうと、9割が嘘だったということに気づくでしょう。
 日本神話では、伊耶那岐神(いざなぎのかみ)と伊耶那美神(いざなみのかみ)が国を作り、また神々を作った祖の神であるというふうにいわれています。けれども実は、伊那那美命というのは瀬織津比売のことなのです。
 さらにいうと、伊耶那岐神は邇芸速日命(ひぎはやひのみこと)になります。
 このように、本当の始祖、神様は隠されているのです。
 そこで重要になってくるのが、名前です。
 名前というのはとても大切な役割りを持っています。よく、「自分の本当の名前を知らせてはいけないよ、簡単に自分の名前を教えてはいけないよ」といわれますが、それは本当の名前を知ることで、その人に呪祖(じゅそ)をかけることができるからなのです。
 見ず知らずの人には本名を明かさないというのは、そのことを知っている人にとってはセオリーのようなものでした。
 ですから瀬織津比売も、名前を変えてしまうことで、そこにまったく違うエネルギーの流れを作られてしまいました。
 そういう作為的なことが行われた結果、過去のある時点で封印されてしまった神様なのです。
 けれどもこれから日本が本当の意味で自分たちの役割のもとに復活し、これからの世界の変化に貢献していくためには、本来の日本の礎というものを正しい位置に戻さなければなりません。
 そうなるのは必然だと、彼女はいっています。
 そのためにいま、やっと封印が解かれて現れてきたのが、瀬織津比売なのです。
 ですから、できるだけたくさんの人が瀬織津比売という名前を耳にし、そして口にして、「その神様はいったいだれなの?」と思うだけで、彼女のエネルギーは爆発的に復活します。ですから、彼女の名前を知るのはとても大事なことなのです。
 知らない人にもぜひ、教えていただきたいと思います。
 瀬織津比売という名前が意識に上るだけで、彼女のエネルギーが戻ってくるからです。
 名前を教える、お知らせするだけでも、彼女はすごく喜びます。こういった部分から復活させていかなければ、日本の未来はありません。
 日本だけではなく、世界も同様に歴史を捻じ曲げられている部分があるので、そこはきちんと正しい位置に戻す必要があるのです。

矢作 これもまた、正しい歴史認識につながるということですね。
 最後にぜひ、もうひとつまとめてください。

並木 そうですね……。
 僕たちは神様と共同で、あるいは協力しながらこの人生を豊かにしていくことができます。そうなれば、神様は決して崇め奉るものではない、ということが理解できるようになるはずです。
 いい方が極端かもしれませんが、友達のような感覚で関われるということがわかってくるのです。
 「友達なんて思ったら、バチがあたるんじゃないか?」
 そんなことはありません。
 そもそも神様は、バチなどあてることはないからです。
 もしも、いわゆるバチをあてるとしたら、それは神様に対して失礼な態度をとったり、失礼な言葉を口にしたりした、と判断した神様に従うご眷属(けんぞく)です。もちろん、それは「教え・教育」という意味合いなのですが。
 ちょっと話がズレてきましたが、とにかく自分を変える、目醒めるということは本来の自分に戻る、自分軸に戻るということです。
 これはものすごくシンプルな話なので、あまり難しくは考えないでください。
 では、どうすればいいのか?
 単純に自分の心が喜ぶことをやればいいのです。

矢作 感謝して心から楽しむですね。

並木 わかりやすくいうと、本当にそういうことなのです。
 わがままになる−−そんな心配は必要ありません。
 自分の気持ちを大切にして、わがままな言動をしたら、際限なく目醒めから遠ざかってしまうのではないか−−そんなことはないのです。
 まずは自分の心が喜ぶこと、心がすっきりすること、腑に落ちること、惹かれること、ワクワクすること、心地いいこと……そうしたことをやってみることです。決して難しく考える必要はありません。
 単純に、食べたいから食べる、飲みたいから飲む、行きたいから行く。
 「映画を観たいから、行こう」−−それでいいのです。
 自分が惹かれるもの、惹かれる感覚に素直に従って行動をつづけていくことが、自分の波動を上げることにつながります。
 そうすると、ある時点で、エゴによるワクワクか、本来の自分、つまりハイヤーセルフの意識からくるワクワクなのかが、自然とわかるようになってきます。
 そうなれば、あとは、どんどん加速していくんですね。
 地球を取り巻くエネルギーも、僕たちの意識の目醒めを促そうと、ものすごい勢いでバックアップしてくれています。ですから、一度でも、本質であるポジティブな感覚に従って生きることによる軽やかさやスムーズさを体験できれば、地球の進化の流れに乗って、追い風のごとくパワフルなエネルギーを受けることもできるようになるわけです。
 きっと人生も、勢いよく進んでいくことになるでしょう。
 自分軸に素直に生きると、人に迷惑をかけるのではないか、人を傷つけてしまうのではないかと思うかもしれません。けれども、人を傷つけないように気をつけていれば、だれも傷つけずにすむなんていうことはありません。それが可能なら、傷つく人なんてどこにもいないはずです。
 つまり傷つくか傷つかないかは、あくまでもその人の問題だということです。
 その人が傷つくことを自分に許さなければ、その人は傷つきません。
 その人に否定されるという意識がなければ、否定されたと感じることはできないのです。
 人は自分のなかにあるフィルターをとおして、世界のすべてを体感しています。
 ですから逆に、自分のなかから不快なもの、自分を傷つけるもの、自分を否定するもの、そういう意識を取り除いていくことが大切なのです。
 こうしたマイナスの感情や意識を手放していくことさえできれば、もう人は否定されたと感じることも、傷つくこともありません。
 全ては自分の中にあるのです。
 だからこそ、外に向けていた意識を、自分に向けていく必要があるのです。
 そうして、自分をクリアにしていくと、すっきり、居心地よく存在できるようになります。そして、あなたがその状態になれば、そのすっきりした心地よさは、もちろん現実にも反映されていくことになるのは、極々、自然なことなのです。
 だから、ごく簡単なことからでもかまいません。ぜひ、はじめてみてください。

矢作 ありがとうございました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 おおっ! これはいいですね〜。
 私も、食べたいものを食べ、飲みたいものを飲み、行きたいところに行ってみようかと思います。



「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから...2021年5月8日

 今週のヤスさんのメルマガ(第640回)で、新型コロナワクチンの副反応に関する話が取り上げられていました。
 厚生労働省が発表した資料によると、新型コロナワクチンを接種した男女で副反応が出た割合は、圧倒的に女性が多いというものです。日本では83%が女性を占め、アメリカでは73%を女性が占めているといいます。
 全接種者のうち副反応が出る割合は、日本が0.16%、アメリカが0.12%と似た数字ですが、両国とも圧倒的に女性の割合が多くなっているようです(興味深いことに接種者は日本の270万人に対し、アメリはその36倍の9800万人とサンプル数に圧倒的な差があるのですが、極めて似た数字となっています)。
 日本でもワクチンの副反応として脳や胸部などの血栓症が語られていますが、欧米では月経不順などの女性特有の症状の報告例が増えているそうです。
 これは、女性には気になるところではないでしょうか。
 しかし、日本ではこれまで報告されていないようです。
 その理由としてヤスさんは、日本では接種されていないアストラゼネカ製のワクチンに含まれる「ポリソルベート80」の可能性があると言われています。
 しかし、ファイザー社の元副社長マイケル・イードン博士が、新型コロナウイルスのワクチンは不妊の原因となるとして「欧州医薬品庁」に告発したということで、「ポリソルベート80」だけが原因とは言えないようです。
 そうした中、私が驚いたのは、フロリダ州マイアミ市の小学校の校長が、ワクチン接種をした教員は解雇すると通知したという話です。
 その理由として、「ワクチン接種者は周囲の未接種者に健康被害を与える」というのです。
 これは私たちの常識とは真逆です。
 私たちは、ワクチンを接種することにより、安全になると刷り込まれてきました。まるでワクチンを接種することにより、病原体を撒き散らすような印象です。
 この校長の発表により、学期の終了とともに子供の転校を願い出る親が出てくる一方で、新規の入学希望者や教員志望者が殺到したというのです。
 こうしたことは日本のマスコミでは報道されていないし、今後も報道されることはないと思いますが、世界では本当に驚くようなことが起きているようです。
 では、ヤスさんのメルマガから抜粋させていただきますが、今回は特に女性の方々に読んでいただきたい記事です。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第640回)から抜粋開始>・・・

日本の副反応と死亡例

日本でも医療従事者と高齢者を中心にワクチン接種が進んでいる。そうしたなか、日本でも重篤な副反応であるアナフィラキシーや、ワクチン接種による死亡例も報告されている。以下は、最近厚生労働省が発表したデータだ。

ワクチン接種による副反応疑い
厚生労働省データより 2021.02.17〜04.25
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000775307.pdf

死亡例
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000775315.pdf

公表されている資料は細かく、少し分かりにくいので、見やすいデータにまとめた。ワクチン接種を受けた医療従事者と高齢者、270万人のデータだ。

・接種者 270万人
・副反応 4402人 0.16%(アナフィラキシー 633人)
・重篤  511人 0.02%
・死亡  19人 0.0007%

副反応のあった4402人のうち、命の危険がある「アナフィラクシー」が633人いた。これは全体の0.023%になる。これら副反応のあった4402人の男女別と年齢別の内訳は以下のようになっている。

・男性:728人
・女性:3669人(全体の83%)

これを見ると、80%を越える副反応は女性に出ている。さらに年齢別の内訳を見ると次のようになっている。

・10代 23人 (0.62%)
・20代 940人(21%)
・30代 1068人(24%)
・40代 1285人(29%)
・50代 802人 (22%)
・60代 282人 (7.7%)

これを見ると分かるが、20代から40代の比較的に若い女性にアナフィラキシーを含む副反応の75%が集中している。

アメリカも同様の状況

接種が人口の29.5%まで進んでいるアメリカでも日本とほぼ同様の結果になっている。以下はワクチン接種の公式被害報告機関、「米ワクチン有害事象報告システム(VAERS)」が公表したデータだ。期間は2021年1月11日から4月23日までだ。

VAERS COVID REPORTS
https://www.openvaers.com/covid-data

・接種者 9800万人
・副反応 11万8902人 (0.12%)
・アナフィラキシー 636人
・緊急治療 1万6554人(0.016%)
・入院  8165人 (0.008%)
・死亡  3544人 (0.0003%)

これも見ると、副反応や死亡者の割合は日本とは大きく違わない。決して多い割合ではない。また、副反応と死亡者の男女比を見ると、死亡者は男性のほうが多いものの、副反応全体ではやはり女性が圧倒的に多い。日本では女性の割合は83%だったが、アメリカではほぼ73%が女性だ。

・死亡者
男性:1906人(54%)
女性:1561人(44%)
不明:77人

・すべての副反応
男性:1万2232人(27.3%)
女性:3万2677人(72.7%)

また、男女の年齢別のデータはなかったが、比較的に若い人の副反応の割合は以下のようになっている。

25歳から50歳までの副反応:20500人(45.6%)

この数字は男女両方が含まれているが、副反応全体では圧倒的に女性のほうが多い。したがって、25歳から50歳までの年齢層でも、やはり女性の割合が多いと推定できる。やはりアメリカでも、日本同様、アナフィラキシーを含む副反応は、比較的に若い女性に集中しているようだ。

血栓ではない女性特有の副反応

どうしてワクチンの副反応が、比較的に若い女性に集中しているのか、その理由はよく分からない。しかし、報告されている副反応の内容を見ると、女性特有のものが最近多いのに気づく。いま重篤な副反応として知られているのは、脳内出血などの血栓症である。これに関連した症状で死亡したケースは、日本でもアメリカでも多い。だが、そうではなく、女性特有の症状の報告例が多くなっているのだ。

イギリス政府でワクチンの有害事象を報告するシステムに、「イエローカードプログラム」がある。最近、そこでは、女性特有の副反応のケースの報告が増えている。以下のようになっている。

・異常子宮出血 255件

・異常な乳房の痛みと腫れ 242件

・月経の欠如または遅延 182件

・月経出血 175件

・膣出血 165件

・性器の腫れ、病変、発疹または潰瘍 55件

・閉経後出血 19件

・早期の閉経 12件

・流産 19件

・早産 5件

イギリスのワクチン接種人数は、全人口の50%に上る3300万人だ。だから、こうした女性特有の副反応は非常にまれなケースであることも事実だ。

だが、こうした比較的に重篤な女性特有の副反応以外にも、何千人もの女性が月経周期の乱れを報告しているとする報道もある。月経異常の副反応はソーシャルメディアで注目を集めており、新型コロナウイルスのワクチンを接種した後、何百人もの女性が奇妙な症状を報告したり、月経不順について証言している。また「フェースブック」では、複数の産婦人科医が、ワクチン接種の副反応として、珍しい出血を訴える多くの女性を見ていると報告している。

「ポリソルベート80」

新型コロナウイルスのワクチン接種が、このような女性特有の副反応を引き起こす原因ははっきりしない。しかし、その原因になっている可能性のある物質が見つかっている。

それは「ポリソルベート80」という物質だ。これは「アストラゼネカ製」のワクチンに含まれているが、それ以外にも「HPVワクチン」という子宮顎がん用のワクチンや、インフルエンザ用のワクチンにも含まれている。これをラットに投与したところ、卵巣毒性の発生が確認されている。

さらに、イギリスの著名な医学誌、「ブリティッシュメディカルジャーナル誌」が掲載したオーストラリアのケースでは、「HPVワクチン」の投与後に通常の月経が止まり、早発卵巣不全と診断された16歳の少女について報告されていた。

また「米ワクチン有害事象報告システム(VAERS)」が2020年に発表した研究では、「ポリソルベート80」を含む「HPVワクチン」と、無月経、生理不順、早発閉経などの早発卵巣不全との間には、統計的に有意な関連性があると報告している。各国政府も「ポリソルベート80」のアレルギーも持つものには、新型コロナウイルスのワクチン接種はしてはならないと注意している。

「ファイザー社」の元副社長の告発と重なる

日本では明らかに、20代から40代の若い女性に激しい副反応が集中しているものの、イギリスで報告された流産や早産、また閉経後出血などという女性特有の副反応は、少なくとも公式のデータでは報告されていない。

もしかしたら、やはりこれはアストラゼネカ製のワクチンのみに含まれている「ポリソルベート80」が原因なのかもしれない。日本ではアストラゼネカ製ワクチンの接種は行われていないので、こうした副反応も見られないということなのかもしれない。

しかしイギリスで報告されているこのような結果は、このメルマガの第637回の記事で紹介した、ファイザー社の元副社長の告発と重なってることも注意しなけれならない。

この告発を行ったのは、マイケル・イードン博士である。イードン博士は1995年にファイザー社に入社し、アレルギーと気管支部門のトップとして同部門を統括していた副社長である。

昨年の11月、マイケル・イードン博士は、「欧州医薬品庁」に対し、新型コロナウイルスのワクチンは不妊の原因となるとし、ワクチンの治験を停止する嘆願書を提出したことで有名になった。「欧州医薬品庁」は、この主張には科学的な根拠がないとしてこれを全面的に退けたものの、SNSではファイザー社の元開発担当副社長の告発として注目され、拡散した。いまイードン博士は、ワクチン接種反対運動の旗手のような存在に祭り上げられている。

マイアミの小学校で起こったある事件

イードン博士は、新型コロナウイルスのワクチンの接種がなぜ不妊の原因になるのか、詳しい説明はしていない。しかしいま、イードン博士の告発と類似した内容が複数の専門家によって取り上げられている。そうした情報の影響で、ある事件がフロリダ州、マイアミ市の学校で起こっていた。

そこは、授業料が年間300万円もかかる富裕層向けの小学校、「セントナー・アカデミー」だ。ここの校長は、ワクチン接種をした教員は解雇すると通知したのだ。その理由は、ワクチン接種者は周囲の未接種者に健康被害を与えるということだった。この方針を受けて、学校の教員のなかには、もし両親がワクチン接種している場合、周囲にいると健康被害を受けるので、5秒以上はハグしてはならないと生徒に通告したものもいた。

学校のこの方針には大きな反響があり、学期の終了とともに子供の転校を願い出る親が出てくる一方、「セントナー・アカデミー」には、新規の入学希望者や教員志望者が殺到した。この出来事は、ワクチン接種者が周囲の未接種者に健康被害を与えると真剣に考える人々がいかに多いかを見せつけることになった。

未接種者が被害? 著名な医師の警告

ワクチンの接種を受けていないものが、接種者の周囲にいると健康被害があるというちょっと常識では考えられない主張だが、それはどのような健康被害なのだろうか?実はここで主張されている被害こそ、生理不順、月経異常、膣出血、流産、早産などの女性特有の問題なのだ。しかし、それにしても、「セントナー・アカデミー」に入学希望者と教員志望者が殺到しているように、アメリカでは相当数の人々がこのような説を真剣に受け取っているようなのだ。

それというのも、これを積極的に主張しているのが著名な医師のグループだからだ。ネットの番組やインタビューに頻繁に登場するのは、以下の5人である。

・クリスチャン・ノースラップ博士

「バーモント州医科大学」の内科準教授を20年間勤める。アメリカにおける女性医療の権威。「Women's Bodies」を著し「ニューヨークタイムズ紙」のベストセラーになる。 次の「Women's Wisdom」は16の言語に翻訳され、大ヒットになる。2013年には、著名な雑誌「リーダーズダイジェスト」で、アメリカで最も信頼されている100人の1人に選ばれている。女性の健康ではもっとも信頼できる権威として、数々の主要メディアの番組に出演している。

・キャリー・マデージ博士

ジョージャ州、マックダナー市の内科医。

・リー・メリット博士

アイオワ州、「バーガスヘルスセンター」の外科医。

・シェリー・テンペニー博士

オハイオ州の整骨医。長年、ワクチン反対運動を主導している。

・ローレンス・パレヴェスキー博士

小児科医。「アメリカ・ホリスティックヘルス協会」の元会長。

これらの医師でもっとも注目されているのが、やはりクリスチャン・ノースラップ博士だ。彼女はアメリカを代表する女性の健康問題の権威だ。そのような人物が、ワクチン接種を受けていないものが、接種者に接近すると深刻な健康被害があるので、接近しないように警告しているのだ。ノースラップ博士の警告をまとめると、以下のようになる。

・アメリカやイギリスではワクチン接種による女性特有の副反応の報告が相次いでいる。それらは、生理不順、膣出血、月経異常、不妊、流産などだ。その原因の一部は、ワクチンに含まれる「ポリソルベート80」という物質だ。

・しかしそれだけではない。きちんとしたデータはないので把握されていないが、私はワクチンを未接種のものがワクチン接種者の周囲にいるだけで、生理不順や月経異常が起こるケースの報告を多数得ている。

・なぜ未接種の女性にこうした問題が出るのかははっきりとは分からないが、接種者が発するなにかの物質が未接種者の「フェロモン」の分泌に影響を与え、生理不順や月経異常を引き起こしている可能性が考えられる。「フェロモン」の分泌によって、女性の生理サイクルが調整されれいるからだ。

・ワクチンを接種すると、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質は接種者の細胞によって合成される。スパイクタンパク質は無害だとされているが、恐らくそうではないはずだ。かなりの毒性があるのかもしれない。

・そして、ワクチンの接種を受けたものは、スパイクタンパク質を合成し続けるのだ。したがってワクチン接種者は、飛沫や汗などの体液を通して合成したスパイクタンパク質を周辺にバラマクのだ。これが、特に周囲の女性に生理不順や月経異常などの被害が相次ぐ原因になっていると思われる。

・これは通常のワクチンではない。私はこれは生物兵器だと思っている。

これは本当なのか?

これがクリスチャン・ノースラップ博士の説明だ。ちょっとにわかには信じ難い。ちなみにノースラップ博士は「Qアノン」の支持者ではないかという疑惑がささやかれている。それというのも、「Qアノン」に関連するキーワードを引用するケースが多いからだ。博士が出したDVDのタイトルも「大覚醒(The Great Awakening)」になっている。これは「Qアノン」が進める市民革命の代名詞として使われるキーワードだ。

このような背景もあって、いまノースラップ博士は名声を奪われ、ワクチンに関するフェイクニュースを垂れ流していると主要メディアから厳しく非難されている。

しかし、それにしても、ワクチンの接種で人の細胞が合成したスパイクタンパク質が、周囲の人々になんらかの影響を与えるというようなことが本当に起こらないのだろうか?もしそのようなことが、実際に多くの女性に起こっているとしたのなら、これからそうしたケースの報告が相次ぐはずだ。新型コロナウイルスのワクチンは、今回初めて使われるタイプのものだ。人間にどんな影響があるのか、まだまだ分からない部分が多い。今回紹介したトンデモ系の情報が、もしかしたら後になって証明される可能性だってあるかもしれない。

いずれにせよ、こうした情報にもある程度は注目するべきだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 昔のハリウッド映画で、ウイルスによりゾンビのような人間になるという映画がありましたが、今回はワクチンでゾンビになるということでしょうか。
 しかし、日本にはまだ希望があるように思います。
 以下は、世界各国のワクチン接種率の状況です(4月19日現在)。

 人口100人あたりのワクチンの接種率

イスラエル 114.7%(人口の55%が2回の接種を完了)
UAE     98.6%
パラオ   91.9%
チリ    69.4%
バーレーン 65.4%
英国    64.2%(人口の15%が接種を完了)
サンマリノ 63.2%
米国    63.1%(8500万人が接種を完了:人口の26%)
欧州は総じて25%〜30%
中国    13.7%
韓国     3.1%
日本     1.6%(医療従事者の一部)


 このようにワクチンの接種率は、欧米がアジアより圧倒的に多くなっています。
 これはこれまで認可されたワクチンメーカーが、すべて欧米系であったということに由来するのでしょうか(5月7日、WHOは中国のシノファーム製のコロナワクチンを初承認)。
 欧州各国の25%〜30%に対し、日本はまだ医療従事者と高齢者の一部の1.6%にすぎません。
 16歳以上の全員に供与されるとしたファイザー社のワクチンですが、当初の6月までから9月までと変更されたようです。
 つまり日本には、まだ時間があるということです。
 これにより幸いなことに、日本は欧米で行われたワクチン接種でどのようなことが起こったかを学習できる有利な立場にあります。
 そこで、ぜひ訪問者の方々に観ていただきたい動画があります。
 この動画は YouTube のように、勝手にはバン(動画の停止・削除)されないものです(51分とちょっと長いですが、ことは命に係わる問題です)。
 ドイツの片田舎のボーデン湖(有名なリゾード地)の老人ホームで、ワクチン接種から3週間以内に42人の接種者のうち10人が亡くなったといいます(その後13名に増加したもよう)
 もちろん専門家とマスコミは、ワクチン接種と死亡には因果関係はないと主張しているといいます。
 恐れと怒りを感じた市民が立ち上がり、市長に詳しい調査の嘆願書を提出したという実話です。

https://rumble.com/vglqkt-27888077.html

 日本は欧米よりマスコミや行政に対する信頼が圧倒的に高く、新型コロナやワクチンを信じている人の割合は9割を超えていると聞きます。
 しかし、ことワクチンに関しては、信じてはいても慎重な態度をとる人々は少なくないように見えます。
 人間に初めて適用されたmRNA型のワクチンは、治験が十分ではないので、人体実験はご免だという人々はけっこういるようです。
 そういう方々に、ぜひ上記の動画を観ていただきたいと思っています。



ワクチンに関するメルマガの紹介です...2021年5月2日

 今や、テレビのニュース報道でワクチンが語られない日はないといっていいくらいです。
 すでに高齢者の接種は始まり、一般の人々も打つか打たないか決断を迫られる日が近づいてきました。
 当HPの掲示板でもワクチンが話題になっており、人々が強い関心を持っておられることが伺えます。
 そんな折、私のところにダイレクト出版が発信するメルマガが送られてきました。
 ある青年がワクチンに対する不安から、自らいろいろ調べてみたようなのです。
 私は、この「自ら調べる」という姿勢が大事だと思うのです。
 なぜなら、人は聞いた話は右から左に流してしまいがちですが、自分で調べて得た知識には納得するからです。
 非常によくまとまったレポートで、ワクチンに関し、打とうか打たないか迷っておられる方に、ご一読をお勧めします。


 ・・・<丹羽 庸(にわ よう)ルネサンス編集部メルマガから抜粋開始>・・・

 こんにちは。

 ダイレクト出版政経部門の丹羽です。
 3回目の緊急事態宣言が始まりました。
 去年の春頃に始まり、ついに「コロナ禍」も1年以上続いていることになりますね。

 ここで、あなたもきっと関心を持っているのが、「ワクチン」ではないでしょうか?
 「打って大丈夫なのか」
 「そもそも効果があるのか」
 いろいろと不安に感じてらっしゃるかと思います。
 私もそんな一人です。

 親しい親族や友人に高齢者や医療従事者がいるので、この話題についてはどうしても敏感になってしまいます。

 しかし、この先ずっと不安を抱えて生活するのは嫌なので、ワクチンについて手に入れられる情報の範囲で調べてみることにしました。
 一般に公開されている資料だけを見ても、なかなか「ニュースで聞いた話と違う」 と思うことがあったので、今日は、3つのポイントに絞ってあなたにその情報をお伝えできたらと思います。

 ※ワクチンをめぐっては本当に様々な情報がありますので、今回は厚生労働省の資料や報道されている情報を元にお伝えしたいと思います。

==

@長期的なデータがないので10年後どうなるかわからない
 これは前提なのですが、m-RNAワクチンというのは、今まで人間には打ったことがない種類のものです。
 その仕組みについては首相官邸のYoutubeにわかりやすい動画が載っていますが、

https://www.youtube.com/watch?v=f_lOgMCYnbo

 簡単にいってしまうと、

@ウイルスの「設計図」を注射することで、人体にウイルスの一部を作らせる

Aそのウイルスの一部と人の免疫が戦い、抗体ができる

 ということのようです。

 今まで人間に使ったことのないワクチンですから、打った人が3年後、5年後、10年後にどうなるか、一切の情報がありません。
 これが、多くの人が不安に感じている理由だと思います。
 このワクチンに関しては、危険性を主張する声も一定数あります。
 代表的な例を挙げると昨年の12月に、ファイザーの元研究員であり、責任者の立場にあった2名がワクチンの研究と承認を停止する嘆願書をEUに提出したと報じられました。

https://2020news.de/en/dr-wodarg-and-dr-yeadon-request-a-stop-of-all-corona-vaccination-studies-and-call-for-co-signing-the-petition/
(英語のサイトです。)

 それは、以下の4つの理由からです。

・実験用の猫が全て死んだため
・女性の不妊を引き起こす可能性があるため
・70%の人がアレルギー反応を起こす可能性があるため
・研究期間が短すぎ、長期的な副作用を推定できないため

 これに対しては、他の研究者やファイザーの広報担当者などから「女性の不妊を引き起こす可能性は確認できていない」など、反論の声もありました。
 しかし、先ほどお伝えした通り、ワクチンの長期的な影響は一切検証されていませんので、「絶対に安全だ!」と言い切る方がむしろ危ないのではないでしょうか。

==

A感染予防効果がない!?

 調べてみて、意外だったことは、なんと、このワクチン「感染予防」の効果は確認されていないそうです。
 これはもう、厚生労働省がはっきりと書いています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_pfizer.html

 つまり、ワクチンを打っても、ウイルスが体の中を出入りするのを防ぐことができないということ。
 言い換えると、「人に移したら悪いからワクチンを打つ」というのは誤りだということらしいのです。
 ワクチンを打っても打たなくても、「マスクはして、3密は避けてください」とのことで、このワクチンが効果を持つのは症状の「発症」や「重症化」に限られるというのです...

 ここで私は、とても「変だな」と感じました。
 私のような「若者」に分類される20代の人にとっては、発症してもほとんどが軽症で、重症化のリスクはほぼ報告されていません。
 厚生労働省のこちらの資料を見るとよくわかります。

https://www.mhlw.go.jp/content/000749530.pdf

 1〜4月のデータで、わずか0.8%程度。
 死亡者に至っては、ほぼゼロです。
 0.8%の確率で重症化、そして死亡はゼロ。
 検査を受けていない陽性の人も多いはずですから、この確率はもっと下がるでしょう。

 私は、「この時点で、ワクチン打つ意味あるのか...?」と思ってしまいました。
 (変異株については重症化率が高いと言われていますが、今のところ国内のデータが十分に集まっていないため、まだ不明瞭です。)

==

B国内の死亡例について

 3月のはじめ、ワクチン接種した60代の女性がくも膜下出血で亡くなるというニュースがありました。
 「副反応による死亡、国内1例目か?」ということで話題になったのであなたもご存知かもしれません。

 さて、この方についてはワクチンによる死亡だと証明できない、という結論になったのですが、実はすでにワクチンの接種により死亡した可能性がある人が、10人もいることをご存知ですか?
 ワクチンの副反応については、厚生労働省の厚生科学審議会というところが、定期的に調査・報告を行っています。
 ちょうど4月23日に行われており、その資料はこちらからご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_18196.html

 これによると、これまでにワクチンによって死亡した可能性のある人は10名にのぼるそうです。
 死因は、入浴中にお風呂で溺死、くも膜下出血、心肺停止、などで、その多くは高齢の方ですが、中には26歳・女性の看護師の方もいたそうです。
 気になるのが、この10名の方が「本当にワクチンによって死亡したのか?」ということですが、資料の一部をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000772190.pdf

 10名中10名が、「情報不足等によりワクチンと症状名との因果関係が評価できない」という結論になっています。
 一言で言ってしまえば、「よくわかりません」ということ。
 これでは、ワクチンが本当に安全なのか、判断することもできないな、と感じます。

==

 さて、ここまで3つのポイントに絞って、ワクチンについて自分なりに重要だと思ったことをお伝えしてきました。
 もちろんこれは一個人が調べたものにものに過ぎませんし、このメルマガに書いたことをあなたに押し付ける気持ちは一切ありません。
 厚生労働省は、今回のワクチンはメリットとリスクをよく考えて、自分の判断で打つ / 打たないを決めるものだと言っています。
 (例え医療従事者であっても、他人に強制されることはないと明記しています。)

 私はこのワクチンに関して不安な気持ちが本当に大きかったので、実はこの1ヶ月ほどずっと調べていました。
 厚生労働省の資料にはほぼ目を通しましたし、お医者さんの発信されている情報や、海外のニュース、そしてファイザー社の論文まで素人なりに読んで理解したつもりです。
 本当はもう少しお伝えしたいこともあるのですが、どうしても長くなってしまいますので、今日はこのくらいにしようと思います。

 今回の内容が少しでもあなたのお役に立てばこんなに嬉しいことはありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 当HPの掲示板にも書きましたが、私が今回の新型コロナのワクチンの情報を集める中で一番衝撃を受けたのが、mRNAワクチンの猫の実験で、接種から2年後にすべて死亡したという事実です。
 これは、ファイザーの元研究者が発表したものです。
 世の中には様々な理論がありますが、私にとってこの情報だけで十分でした。
 もちろん、打つ打たないは個人の判断ですので、ご自分で決めていただければと思います。
 参考までに、サイトを一つ紹介しておきます。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=274928


 新型コロナのワクチンに関する動画の紹介です(追加文)

 当HPの掲示板に、ひねもすさんから新型コロナのワクチンに関する動画が紹介されていました。
 最初にワクチンの専門家へのインタビューがあるのですが、専門用語が出てきて理解しにくいのです。そこで番組では、それをフットボールの試合に例えて実に解りやすく解説しています。
 当HPの訪問者の方々であれば、積極的にワクチンを打とうという方は少ないと思います。
 でも、じゃあなんでワクチンを打ってはいけないかを誰かに説明しようとなると、意外と難しかったりします。
 でも、この動画の例えを使えば、人は納得し易いかもしれません。

 必見の動画です。

https://t.co/HFomvZGQrP?amp=1

(2021年5月4日)



ジョン・デソーザ捜査官の霊聴能力...2021年4月27日

 今回は、前回に引き続きジョン・デソーザ元FBI捜査官の話を紹介したいと思います。
 前回同様、『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』(高野誠鮮、ジョン・デソーザ著、VOICE)から抜粋して紹介させていただきます。

 デソーザ氏は10歳のとき、グレイタイプのETに危うくアブダクションされそうになったのですが、その体験以降に霊聴能力が発達したといいます。
 まずその話から抜粋させていただきます。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p80〜p83から抜粋開始>・・・

 エイリアンとのコンタクト体験で開花した能力

 アブダクション未遂事件以降、霊聴能力が発達

 エイリアンとのコンタクト体験のある人は、その後、ある種の才能が開花する。
 これは、前回のVol.1の本でもお伝えしたことですが、10歳の時にアブダクション未遂に終わったこの私も、実は、ある才能が開花していたのです。
 こうしたことが起きる理由は、エイリアンたちの仕業なのか、それとも彼らでさえもコントロールできない何か不思議な力が働くことでそうなるのかなど、はっきりしたことはわかりません。
 それでも、「コンタクティ(エイリアンからのコンタクトを受けた人)」と呼ばれる人たちは、それぞれ、コンタクト後に、何らかの才能や能力が発動するようになるのは確かなのです。

 ここでは、私が授かったある能力のお話をしてみたいと思います。
 まず、私のアブダクション未遂事件を簡単におさらいしておきたいと思います。
 ある夜、グレイタイプのエイリアンが2人、私の部屋にやってきて、深夜までベッドで寝つけなかった私の身体を天井まで持ち上げ、私の身体を家の外にすり抜けさせようとしたのです。
 けれども、私が寝つけずに意識があるままだったせいか(その瞬間に私は金縛り状態にされていました)、私の額が天井にぶつかると(エイリアンたちの身体は天井をすり抜けていましたが)、私は身体ごとベッドの上にドスン!と落ちてしまい、エイリアンのダブダクションは失敗した、という経験でした。

 このようにして、なんとか私はアブダクションされることを免れたわけですが、以降、私は明晰夢を見たり、予言的な夢やビジョンを見たりする不思議な能力が発達してきたのです。
 中でも、もっとも際立って発達した能力が「聴こえるはずのない声を聴く」という「霊聴能力」です、これは、いわいる精神的な病気で聴こえる「幻聴」とは違う種類のものです。
 幻聴の場合は、頭の中に響いてくる声が混乱した声だったり、ささやき声だったり、ネガティブなノイズである場合が多いと言えるでしょう。
 一方で、霊聴の場合は、何か威厳を持った声が天から響いてくるような感じだったり、頭の後ろから声が聴こえてきたり、ハートに響いてくる、いわいる“大いなる声”と呼べるような声なのです。

 その声は大きくはっきりとした声で、指示を与えてきたりもします。
 また、その声の質は、自分自身の声とも似ていたりしますが、当然ですが、自分がしゃべっているわけではありません。
 さらには、似たような体験をしている人の多くのケースを調べても、その声は必ず本人を助けたり、サポートをしたりする際に聴こえてくる声でもあるのです。
 ただし、その声は、いつも短いフレーズであり、単純な言葉でしか情報を与えてきません。そこで、本人がそれらの情報に気づかない場合は、追加で映像なども見せてくることもあります。

 それでは、私に起きた「霊聴能力」の3つの現象をここでご紹介しましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、その3つの現象を引用させていただきます。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p84〜p101から抜粋開始>・・・

 @父親が彼の親友のハーヴィであったという事実

 これは、私のアブダクション未遂事件の少し後の10歳くらいの頃の出来事です。
 私の父親は、刑務所で囚人たちを矯正する仕事に携わっていました。
 そんな私の父は、彼の親友であるハーヴィーという男性について、いつも私に話をしてくれていました。
 ハーヴィーはお酒が大好きな人だそうで、父親もそうだったことから、いつも2人は仕事の後はお酒を飲み歩いていたようです。
 また、やんちゃなハーヴィーはケンカにも強く、「ハーヴィーは、こんな技を使うんだよ!」、とハーヴィーが格闘するときの技なども、私に身振り手振りでジェスチャーなどをしながら、見せてくれていました。

 そんなハーヴィーに、いつしか私も興味を持つようになり、父からハーヴィーとの冒険話を聞くたびに、「ハーヴィーに会いたい!」と言うようになりました。
 でも、父はなぜかいつも、「彼は、酔っ払いだからダメだよ! 危ないよ(笑)」と言って、絶対に会わせてくれなかったのです。

 さて、そんなある日、父親はハーヴィーのせいであるケンカに巻き込まれてしまったそうで、「4人の男たちからボコボコにされてしまった」、と言って傷だらけになって自宅に戻って来ました。
 ケンカに巻き込まれた父親は、「今後は、もうハーヴィーとは会わないよ!」と宣言したので、私は子ども心に、「ハーヴィーに一度だけでも会ってみたかったのに……」と寂しく思ったのを覚えています。

 しばらく経ったある日、ふと自宅の窓の外を見ると、道行く1人の女性が3人の男たちに強盗に遭っているのを目撃しました。
 すると、その様子に気づいた父親が急いで外へ飛び出すと、1人を3人の男たちを相手に飛び掛かり、彼らを次々と退治しながら、その女性を助けているのです。
 その光景を唖然としつつ見ていた私ですが、ふとその時気づいたのは、父が話していたハーヴィーの格闘の“技”を同じように父親が行っていた、ということです。私は息を飲んでワクワクしながら、そんな勇敢な父の姿を見ていました。

 その時、頭の後ろで大きな声が聴こえてきたのです。
 「彼がその人だよ!」と。
 その声に驚きつつも、意味がわからなかった私に、さらにもう一度、一段と大きくなった声が響いてきました。
 「彼がその人だよ!」と。
 私は、その声がどこから響いてくるのかを確かめようと、あたりをきょろきょろと見回しました。
 すると再度、さらに大きくなった声がもう一度響いてきたかと思うと同時に、これまで父親が話してくれていたハーヴィとのエピソードが私の中になだれ込んできたのです。

 それは、ある日、アパートの住人のおばあさんが、悪い大家にアパートを追い出されそうになっていた時のこと。それを知ったハーヴィと父親が、2人でFBIの捜査官を装い、その大家を懲らしめておばあさんをアパートから追い出さないようにした、という出来事。
 また、4人の男たちを相手にハーヴィと父親がケンカをした、という出来事。
 でも、そんなビジョンの中にいたのは、父親1人だけであり、ハーヴィはいなかったのです。

 そうなんです。
 なんと、父親がハーヴィそのものだったのです。
 その声が聴こえて来なければ、私はこのことに気づかずに育ったでしょう。
 その時、陰のスーパーヒーローである父親を誇らしく思ったのは、言うまでもありません。
 それが私にとっての初めての霊聴体験でした。


 A息子の足を救ってくれた声

 また、こんな出来事にも遭いました。
 家族でワシントンD.C.に行った時のこと。
 街でショッピングをして、5歳と3歳の息子たち2人には新しい靴を買った後、早速、その靴を履いた息子たちと共に、地下のエスカレーターの上を家族で移動していました。そのエスカレーターは、数階分の高さで、800メートルも続くほど長いエスカレーターでした。

 当日、そのエスカレーターにはほとんど人がおらず、周囲には私たち家族しかいませんでした。
 腕白な5歳の長男は、1人でどんどん先に進んで下へ降りて行き、いつの間にか、私たちとの距離はすでに80メートルくらいも離れてしまいました。
 距離が離れすぎたことを心配した私は、「こっちへ戻っておいで!」と声をかけました。
 すると、かなり下の方にいた長男はそこからまったく動かず、不安そうな顔でこちらを向き、「僕、動けないんだよ!」と叫んできたのです。

 その瞬間、頭の後ろで声が聴こえてきました。
 「今すぐ、動きなさい!」と。
 突然のその声に驚き、緊急性を感じた私は、一目散で息子の所まで駆け下りていきました。
 すると、目を見開き恐怖に脅えながら私を見つめる息子その小さな靴の足元が、エスカレーターの階段部分に今にも巻き込まれそうになっています。
 私は必死で息子の足をエスカレーターから引っ張ろうとしましたが、ビクともしません。
 大の男が全体重をかけて力を振り絞っても、階段の歯の部分に食い込んだ靴はいっこうに抜けません。それどころか、さらに靴はじわじわとエスカレーターの中に飲み込まれていっています。

 ついに、息子も恐怖で叫び声を上げはじめ、私も、パニック状態に陥りました。
 その時、その声が再び響いてきました。
 「靴ひもをほどきなさい!」と。
 私はとっさに息子の靴ひもをほどきました。焦っていた私は、靴ひものことなどには、なったく気が回らなかったのです。あわててすぐに靴ひもをほどくと、息子の足は靴から一瞬でするりと抜けました。その瞬間、靴と破れた息子の白い靴下は、そのままエスカレーターの中に巻き込まれていったのです。

 ありがたいことに、息子の足は無傷でした。
 片足は靴を履いたままで、もう片足は裸足になったままでショック状態になっていた息子を抱きしめると、“大いなる声”に感謝するしかありませんでした。

 Bカルトスに狙われた命を救ってくれた声

 では、最後に1つ、怖いエピソードをご紹介いたします。
 FBIでは捜査に役立てるために、各捜査官が外部に情報提供者と呼ばれる人脈を持つことを勧めています。そこで、私もカルトスというある男性を情報提供者にすることにしました。
 アラブ系のカルトスとは、イスラム教の教会であるモスクでコミュニティ活動の一環で出会い意気投合すると、まるで親友のように仲の良い関係になりました。エネルギッシュで人懐っこく、おしゃべり好きな彼とは、いつも、トルココーヒーを飲みながら、世間話に花を咲かせていたものです。
 人脈も幅広い彼は、まさに情報提供者にはぴったりだったのです。
 実は、本来なら外国人の彼は、情報提供者になるにはCIAや国務省の身元チェックが必要でしたが、私はまだ彼の身元チェックはすべて終えていませんでした。
 彼を正式に情報提供者として雇うためには、公式に彼がテロリストや犯罪者でない、ということを調べる必要があったのですが、外国人の彼は調査にかなりの時間がかかっていたのです。

 それでも、彼は友人でもあったので、身元調査期間中でも普通に会っていました。
 私はときどき、彼の事務所を訪問することもありました。でも、彼のオフィスは、部屋の中にデスクが幾つかあるだけのガランとした部屋であり、何をしているのわからないような殺風景なオフィスでした。
 ただし、その部屋の奥には別の部屋があるようで、そこでは、何かが行われている、というような雰囲気が漂っていました。また、部屋の壁はミラーようになっていて、奥の部屋からも表の様子が見える、というような作りになっていました。

 さて、そんな彼のオフィスを訪れていたある日にその出来事は起きました。
 彼と談話中に、彼の携帯に電話がかかってきたことから、話をするために彼は部屋の奥に引っ込んだのです。
 そこで、しばらくの間、手持ち無沙汰になった私は、ぶらぶらしながら部屋の中を探索することにしたのです。

 ふと見ると、彼のデスクの上には、政治家と撮った彼の写真が飾られています。
 私はこっそりと、デスクの引き出しの中も開けてみました、すると、儀式に使うような豪華な民族調のナイフが入っているのを発見しました。
 オフィスという場所にふさわしくないものに驚きましたが、さらに驚いたのは、なんと、もう一つ、血がこびりついたナイフも出てきたのです。

 その時、彼がこちらの部屋に戻ってくる気配がしたので、私はあわててそれらを先の場所に戻しました。
 でも、そんなことには意味がなかったのです、何しろ、彼は鏡の壁の向こうから、私の行動の一部始終を見ていたのですから。
 とにかく、その日は家に戻り、胸がざわついた私は彼の調査以来を催促しましたが、結果はまだ時間がかかるようでした。

 翌週、彼のところに行く用事があったので、再度、彼のオフィスを訪問することになりました。
 オフィスに到着して、ガラスのドアを開けようとした瞬間に、突然“その声”が背後から響いてきたのです、
 「入ってはダメだ!」と。
 私は、その声を最初は無視しようとしました。やはり、超自然的な力はついつい無視したくなるのです。

 そして再度、オフィスに入ろうとしたのですが、その同じ声はまた響いてきます。
 すると、私の足はフリーズしたようになってしまい、身体が硬直して前へ一歩も進めません。
 ガラスのドアの向こうでは、カルトスが部屋の奥にいるのが見えました。

 身体が動かなくなった私は、もしや、自分が突然、脳梗塞でも起こしてしまったのかと思い、カルトスに向かって大声で叫びました。
 「カルトス! ちょっと寄ろうと思ったけれど、今日は帰るよ! また来週、来るからね!」
 彼は、私が先日こっそりと盗み見をしていたデスクのところにいました。そして、彼の方もすかさず大声で叫んできました。
 「何言っているんだよ! もう、そこまで来ているんだから、ちょっと入っておいでよ! ちょっとだけでいいから、副大統領と撮った写真があるから見せるよ!」
 そこで私は、仕方なく一歩踏み出そうとしました。でも、まったく足は動きません。
 その瞬間、「入っては、ダメだ!」という大きな声がもう一度響いてきました。
 それと同時に、あるビジョンが私の中に流れ込んできたのです。それは、私が引き出しの中で見た、あの血のついたナイフで警察官を刺し殺している映像でした。
 「ごめん! やっぱり今日はやめるよ!」
 パニックになって叫ぶ私に、「1分でいいから! 本当に、1分でいいから!」と彼も執拗に叫び声を上げます。
 その時、オフィスの中の彼が片手を背中に回していて、その手にはあの同じ血のついたナイフを持っている姿が鏡の壁に映りこんでいるのに気づきました。

 驚愕した私は、「ごめん! 帰るよ!」と声を振り絞り、足を一歩後ろに下げた途端に、足が突然動くようになったのです。わたしはその場から一目散で駆け出すと、全速力で家に戻ったのです。

 数日後に、やっと彼の身元チェックの報告書が上がってきました。
 すると、彼は旧ソ連時代のロシアにおいて、何人もの警察官を殺しているというレポートが上がっていました。殺人方法は、やはりナイフを使ったものでした。

 私は彼のオフィスに戻ってみることにしました。
 すると、そこはもうもぬけの空になっていました。空っぽになった部屋は、きれいに消毒もされて、指紋1つ残っていません。
 完全に姿をくらましてしまった彼とは、その後、もう二度と会うことはありませんでした。また、彼のことを指名手配するほどの情報も残っておらず、なすすべもありませんでした。

 とにかく、本来なら、私は彼にナイフで殺されて命を落とすはずだったこの日、あの“大いなる声”に命を救われたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 “大いなる声”に関するデソーザ氏の解釈です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p101〜p102から抜粋開始>・・・

 “大いなる声”とは、神の領域にある自分自身の声

 当時はまだ、このような霊的能力は自分でも完全に受け入れられなかった私でしたが、度重なる霊的体験を通して、自分でも次第に意識を改めるようになりました。
 そして、「この能力に真剣に向き合い、この能力を開発していこう」、と思えるようになったのです。
 では、このような“大いなる声”はどこからくるのでしょうか?
 同じような現象を体験する人は、「エイリアンの声」だと言う人もいれば、「神」「天使」「キリスト」など様々な意見があります。
 でも私は、自分の体験や調査結果から判断すると、その声はやはり、神の領域にいる「自分自身の声」だと思うのです。
 では、自分自身ということは、「ハイヤーセルフ」と呼ばれる存在ではないのか、と言う人もいるのですが、私は、ハイヤーセルフよりももっと偉大な、永遠性の中にある自分自身、という存在ではないかと考えます。
 “大いなる声”は、自分自身の声がありながらも、自分を超えた“大いなる源”から無条件の愛とサポートを届けてくれるのです。

 これからも私は、偶然によって授かり開花したこの能力に感謝しながら、自分の人生に、この世界にこの能力を活用していきたいと思っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 デソーザ氏の3つ目の体験と似ているかどうかは別にして、私が体験したことを紹介したいと思います。
 この話は、だいぶ前に記事にしたことがあったかもしれません。
 私が(東京の西の)八王子に住んでいた時、(東京の北東の)足立区にある実家に荷物を届ける用がありました。
 ダンボール数個分で、届けるには2つの選択肢がありました。
 一つは、宅配業者に頼むことです。梱包したり住所書きなどの手間と運送料が掛かります。
 もう一つは、車に積んで自分で運転して実家まで持っていくことです。
 時間が掛かりますが一気に運べて、すっきりするので、この際、車で運んでしまおうと考えました。
 難点は、首都高を通ることでした。
 私は免許取り立ての頃、首都高で怖い思いをしたことがあって、首都高が苦手でした。東名や中央道などの高速道路から首都高に流れ込んだ車は、スピードを落とさずにビュンビュン飛ばします。さらに首都高は曲がりくねって見通しが悪い上に、侵入道路が至るところにあり、慣れていないとかなり怖いところです。
 それでも下の一般道を通ると大渋滞に巻き込まれるのは必死なので、私にとって鬼門ですが、通らざるを得ないのです。
 よし、車で行こうと決めて荷物を車に運ぼうとした途端、なんとも言えない、いやな感覚が襲ってきたのです。
 デソーザ氏のように、声ではっきり言ってくれればいいのですが、身体全体に感じる嫌な感覚です。私は、これはもしかしたら何かの「しるし」かもしれないと思い、じゃあやっぱり宅配にしようと考えると、その嫌な感じは嘘のように消えました。
 でも、めんどっちぃから、やっぱり車で行こうと決めて荷物を運ぼうとすると、また嫌な感じに襲われたのです。
 このパターンを3回ほど繰り返して、私は納得しました。
 これは「しるし」に違いないと。
 そこで宅配業者に頼むことにしました。
 翌日だったか、翌々日だったかは忘れましたが、定食屋で新聞を読んでいた私は、首都高で事故があり、男性が亡くなったという記事に目が釘付けとなりました。
 まさに当日、私が通ろうとした首都高の途中だったのです。
 私は感覚で、もし私が「しるし」を無視して車で行ったら、自分が事故に遭っていたと確信したのです。なぜか、そうに違いないと、心の奥底で捉えている感覚がしました。
 私はデソーザ氏のように声が聴こえるわけではないので、絶対にそうだと主張はできません。
 しかし、こうしたことは私だけでなく、誰でも人生で一度くらいは経験したことがあることではないでしょうか。

 そうした「しるし」といった話を、全く信じない人もいます。
 でも、「しるし」はあるかもと感じておられる人にとっては、災難を避ける実に良い羅針盤になりそうです。



『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』から...2021年4月18日

 今回は、『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』(ジョン・デソーザ、高野誠鮮(じょうせん)著、VOICE)から、私が面白いと思った記事を3つほど紹介させていただきます。
 ジョン・デソーザ氏は元FBI捜査官で、以前の当HPの記事「『真実はここにある!』から(2020年12月14日)」で紹介したことがあります。
 『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』は、ジョン・デソーザ氏の第二弾の本です(ちなみに前々回の記事で映画『Above Majestic』を紹介しましたが、ジョン・デソーザ氏はここにも登場しています)。
 この本は、住職でもある高野誠鮮(じょうせん)氏とジョン・デソーザ氏の対談本です。

 まず最初に紹介するのは、新型コロナに関する記事です。
 当HPの訪問者の方々は、「アングロサクソン・ミッション」という動画をご存じの方が多いと思います。
 これは、ビル・ライアンという人物が2010年に投稿したもので、すでにその時点で今回の新型コロナ騒動とワクチン接種が計画されていたというものです。
 参考までに、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから、その簡単な紹介文を引用させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ第637回から抜粋開始>・・・

すべてが計画されていることを匂わす情報

一方、確かに今回の新型コロナウイルスのパンデミックからワクチン接種に至る流れが、かなり以前にすでに計画されたものであることを匂わす情報もあることは事実である。昨年の2月と3月に書いた第577回と第581回の記事でも紹介したが、2010年頃に新型コロナウイルスのパンデミックと、それが引き起こす社会変化を予告しているような情報があった。

ひとつは、2010年の動画で公開されていた「アングロサクソン・ミッション」である。これは、匿名のイギリス人の内部告発者の証言を公開したものだ。この人物はイギリス軍の出身で、2010年にはロンドンの金融センターである「シティ・オブ・ロンドン」で金融機関の高い地位にいた。内部の支配エリートの会合で見聞きした内容の証言である。それには、彼らは未来に次のような計画をしているという。

・まず生物兵器で中国を攻撃する。それはインフルエンザに似たウイルスで、中国人が標的になるように遺伝子的に操作されたものだ。それは山火事のように一気に広まり、膨大な数の中国人に感染する。この会議の出席者はこれを、「中国は風邪を引く」と表現していた。そして笑っていた。

・次に起こるのは、感染の世界的な拡大、つまりパンデミックである。これは中国の復讐なのか、それともウイルスの拡大がコントロールできなくなったものなのかは分からない。その後、第3次世界大戦が始まり、50%の人口が死ぬ。

新型コロナウイルスのパンデミックは、人口削減計画の出発点になる出来事だという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以下が、その動画です。

・日本語翻訳【アングロサクソンミッション】2010/2/16 bill ryan【ビルライアン】
https://www.youtube.com/watch?v=cndxGvuHGY4


 私が知らなかったのは、新型コロナは「アングロサクソン・ミッション」だけでなく、40年前の小説でも登場していたという事実です。
 その小説の著者は、アメリカのベストセラー作家、ディーン・クーンツという人です。
 これが偶然なのかという話題とともに、アメリカ大統領選挙の話も含めて引用させていただきます。
 ただし、この対談は今年の1月初旬だったとのことで、アメリカ大統領選挙に関しては、その時点での状況での会話となります。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p106〜p116から抜粋開始>・・・

 「新型コロナウイルス」は、40前の小説で予言されていた!?

高野 さて次に、昨年から世界中に広がりパンデミックを巻き起こしている、「新型コロナウイルス感染症」についてのことも聞いてみたいと思います。私は、ある政府筋から、「現在のこの状態が収束するのはあと3年くらいかかる」という意見を聞いているのですが、いかがでしょうか?

 また、このコロナウイルスが世界中で蔓延することが小説の中で予言されていたのをご存じですか? 今から約40年前の1981年にベストセラー作家、*ディーン・クーンツがアメリカで出版した『*闇の眼(The Eyes of Darkness)』(光文社文庫)という小説があるのですが、その小説の中で「2020年に中国の武漢から、“武漢400”というウイルスが広がり、世界中でパンデミックが起きる」という記述があるのです。

 もう少し詳しく説明すると、日本では1990年にこの小説の翻訳本が発売されましたが、当初は、「ウイルスは、ソ連からアメリカに持ち出された」ということになっていました。ところが、1996年に、著者自身が内容を改訂して「中国・武漢から持ち出されたウイルス」という設定に変更されて復刊されていたのです。これについて何かご存じですか? なぜ小説の中のことがこの現実の世界で起きているのか、ということについて私は疑問に思ったので、著者に連絡を取ってみたところ、「たまたま偶然だ」という返事が戻ってきたのですが、この件に関して、どのようにお考えですか?

 *ディーン・クーンツ
 アメリカ人作家。SFからホラー、ミステリー、サスペンスなどジャンルをミックスさせた手法が人気のベストセラー作家、小説家としての顔を持つだけではなく、詩の制作や児童向け書籍の執筆、映画の脚本なども手がける。

 *闇の眼
 邦訳された初版本では、事件の舞台はソ連であり、撒かれたウイルスの名前も「ゴーリキー400」となっているが、ヨーロッパで出版された時点では、舞台は中国に変更されており、武漢からウイルスが撒かれたことになっている。

ジョン まず、その小説については、名前は聞いたことはありますが、読んだことはありません。でも、著者の返答にあるような偶然などでは決してないと思われます。もしかして、その小説を中国共産党の誰かが読んで、同じようなことを実行した可能性もありますね。また、こういった現象が起きるのは、まず、このような情報は現実の世界で起きる前にエーテル世界に存在しているのですが、それらがタイムラインを超えてこの現実で現象化した、という考え方もあり得ると思います。

 たとえば、エンパス(共感力の強い人)など敏感な能力がある人は、エーテル次元にあるものを感知することができます。もしかして、この小説の作家にもそのような能力があったのかもしれません。このような現象については、前回のVol.1の本でもご紹介した「インディゴ・チルドレン」のケースも同じです。9・11が起きる前にアメリカの子どもたちが、事前に9・11が起きることを察知して絵に描いたり、両親や周囲の人にそのことを話したりしていた、という現象が多発していたケースですね。

高野 はい、そのエピソードは拝見しました。どちらにしても、小説の中のストーリーが、本当に起きた。ということに関しては偶然ではない、と思われるわけですね。

ジョン そう思いますよ。また、「このコロナの状況があと3年続く」という情報については、その政府筋の方がどなたかはわかりませんが、その情報がどこまで信頼できるかどうかについても不明だと思います。今後、日本では新たな政権が成立する可能性もありますからね。とにかく、コロナに対する私の見解は、「このパンデミックは、カバールと中国共産党によってアメリカ、そして全世界の経済システムをダウンさせる目的で行われたもの」ということです。すでにアメリカでは、武漢ウイルスを開発した罪に問われて、中国人を含むアメリカ人の科学者が数名逮捕されています。

高野 そのようですね。他にも、カナダの「病原体レベル4(病原体の中でも毒性や感染性が最強クラスにあたる)」を扱うウイルスの生物研究所に勤めていた中国人研究者も、その研究所からウイルスを盗み出したという罪で国外退去させられましたね。

ジョン はい。このパンデミックを起こした罪に対する制裁は、裏ではきちんとはじまっています。

 アメリカの大統領選挙の行方について

高野 そういえば今、アメリカの「FDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)」は、このコロナを予防するためのワクチン対策として、副作用の強いワクチンの導入や、効きそうもないワクチンの認可をしているようです。もともと、FDAはそこまで信用が置ける機関ではなかったのですが、ここ最近は、さらに信用できない組織になったような気がします。遺伝子組み換え種子の世界シェアの90%を持つグローバル企業、「モンサント社(現在はバイエル社に吸収)」とのつながりの関係などもあるのかもしれませんが、これは、どういうことなのでしょうか?

ジョン 基本的にアメリカのFDAは、大手の製薬会社の“犬”のような存在ですよ。それに、FDAだけでなく他の政府機関もすべて同じような状況で、グローバル企業に皆支配されていますからね。これまでも、大手の製薬会社は効きもしない薬をアメリカの国民に売りつけてきましたからね。でも、トランプ大統領になって初めて、これまで癒着のあった政府機関と大手企業間の人事を断ち切って一新したり、利害関係のある旧プロジェクトを一掃したりしたのです。だからこそ今、彼らはトランプを引きずり降ろそうとしているわけです。

高野 なるほど、今、大統領選が終わって、不正選挙の問題も発覚して混乱が続いていますが、この状況をどのように見ていますか?

ジョン そうですね。個人的には、トランプの再選を願っています(対談時は2021年1月上旬)。

高野 そうなんですね。

ジョン なぜなら、バイデン候補が大統領になる、ということは、アメリカが中国に乗っ取られることを意味するからです。現在、中国が粛々とアメリカを侵攻しつつありますが、そのための手段として、中国共産党はバイデンを大統領候補に立てて、アメリカを乗っ取ろうとしてきました。けれども、アメリカ軍と一部の情報機関が彼らの企みに気づいて、この試みをなんとか覆そうとしているのです。今回の不正選挙について、もし、最高裁までがトランプを裏切るようなことがあれば、もはや、国家の安全保障問題にまで発展するでしょう。とにかく裁判という形であれ他の形であれ、トランプには勝利してほしいのですが……。

高野 なるほど。実は、私の知っているある有名なサイキックが、「次のアメリカの大統領は任期が4年持たない」、と言っています。もっと説明すると、「アメリカの次期大統領は、着任しても4年の間に死亡するか、事故に巻き込まれるなどの理由で、任期期間中に命を落とす」、という予言です。そういう意味において、トランプは大丈夫でしょうか? それに、彼は軍産複合体に立ち向かえるのでしょうか?

ジョン その予言については、私はよくわかりません。でも、軍産複合体の件については、お答えできます。まず、現在のトランプは、米軍をしっかり自分の味方につけています。それは。トランプ政権だったこの4年間の動きを見ていればわかります。かつて、オバマが大統領だった時代には、米軍の組織は完全にカバールにより破壊されて腐敗し、いわゆる軍産複合体になっていました。何しろオバマは、中国共産党のエージェントでしたからね。しかし、トランプ政権になってからは、予算をかけて軍の組織を再構築したので、米軍は再び力を取り戻し、中国、ロシアも近寄れないほど世界一強い軍になったのです。

高野 それが本当なら心強いのですが……。でも、すでにトランプも新政権への移行を認めていますよね?

ジョン はい、トランプは「新政権への移行」には同意していますが、「バイデンへの移行」とは言ってはいないのです。

高野 なるほど(笑)。となると、トランプはまだ抵抗しているのでしょうか。

ジョン “抵抗”と言うより、自分から世界に対して誤解を招かせるようなそぶりを見せていますね。それに、アメリカでは民主党側も、そこまでバイデンのことを切望しているようにも見えません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、ディープステート(カバール)の由来についての話題です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p168〜p176から抜粋開始>・・・

 カバールのルーツはバビロニアの時代にあり

高野 ではここで、改めての質問になるのですが、カバールとは一体どのような存在ですか? 国境や人種を超えた存在ですか? 秘密結社のように組織に入る、入らない、みたいなものですか? また、カバールの起源は、世界史の中でいつ頃からはじまったのでしょうか?

ジョン はい、おっしゃるようにカバールとは人種と国境を超えた組織であり、いくつかの血統から成る存在です。また同時に、秘密結社のような組織でもあると言えるでしょう。その起源は、紀元前19世紀頃からオリエント地方ではじまったバビロニア帝国の時代に端を発すると言えるでしょう。歴史的には、初めて「政治」と「軍隊」が民衆の上に権力を持つようになった時期です。当時の国家神だったマルドゥクは太陽神・英雄神でありながら同時にルシファー、いわゆる悪魔的存在でもあり、キリスト誕生前の約千年間にわたってバビロニアの国を統治してきたのです。

高野 当時の神は、悪魔的存在でもあったのですね?

ジョン はい。さらには、彼らの帝国は、金(キン)を崇め奉っていたことから、「黄金王国」とも呼ばれています。この時代から、現在のカバールの13の血統のルーツは世界中に散らばり、以降、世界史の中でありとあらゆる国家を支配してきました。そんな彼らこそ、歴史上においてはエジプトでピラミッドを建造した存在であり、また、第一次世界大戦、第二次世界大戦など戦争の発端にもなった存在たちでもあるのです。現在では銀行家として経済力で世界を支配しています。13のファミリーにはロックフェラー家、アスター家、ロスチャイルド家、中国ならドラゴンファミリー(李家)などがいます。彼らは、途方もない繁殖力で世界中にどんどん家族を増やしながら権力も広げてきたのです。

高野 なるほど。でも、そんな世界中に散らばり権力を持つカバールですが、「もう地球はあと数十年しかもたない」、という説もあります。つまり、環境破壊から起きる食料不足やエネルギー、資源の観点から見た場合、10年後の2030年くらいには、地球があと3つくらいは必要だともいわれています。そうなってくると、カバールたちも生きていけないのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

 また、今の時代は機密情報などもリークされたり、どんどん開示されるようになってきたりしていますね。そうなると、今後はカバールたちのコントロールも利かなくなってくるのではないでしょうか。彼らの方も、これまでのように世界を思うがままに支配できないのではないですか?

 「地球温暖化」や「資源不足」はカバールのプロパガンダ

ジョン そうですね。まず、将来的に地球の資源は足りなくなってくる、また、人口過多で食料不足になるのではないかという説については、私はその心配はないと思っています。今後、さらに各分野のテクノロジーも進化することで、人類はその恩恵を受けながら、きちんとサバイバルしていけると思います。実際に、これまでもそうでしたからね。「将来は食料不足になる」「地球は資源不足になる」というような情報を流布するのがまさにカバールの戦略です。不安や恐怖をあおる方が私たちをコントロールしやすいですからね。
 同様に、「フリーエネルギーは存在しない」「自然治癒はないので、私たちが売る薬を買いなさい」、というのも彼らのプロパガンダです。ですから、地球上の資源や食料が不足することで、カバールたちの支配力が低下するのでは、ということは、まずありえないと思います。もちろん、もし、私たちが彼らの所有している資源をすべて取り上げれば、彼らの支配力はなくなってしまうでしょうけれど。

高野 そうですか。地球が将来的に問題なく存続できるのなら、もちろん、そうあってほしいですけれどね。

ジョン はい、きっと大丈夫です。ただし、本来なら、すでにフリーエネルギーも自由に使えていたはずなのです。ご存じのように、1930年代には、あのニコラ・テスラがすでにフリーエネルギーを発明し、その供給方法も明らかにしていました。けれども、カバールやエジソン、そしてFBIまでもが束になってテスラの研究を破壊し、テスラを殺したのです。彼の技術さえあれば、今頃私たちは、すでにフリーエネルギーを手にして、より良い生活ができたはずです。当時の権力者の1人でもあったエジソンは、カバールのメンバーでもあったのですよ。

 とにかく、カバールはあらゆる分野でプロパガンダを発信しています。地球温暖化、気候変動を流布するのも、すべて彼らが人類を管理するための戦略です。人類の支配こそが彼らの究極の目的ですからね。そして、この計画についても悪いエイリアンたちと結託して事を進めています。レプティリアン系エイリアンとカバール側の人間が握手をしている有名な写真も残っていますよね。*1954年に二者の間で交わされた条約の合意とは、「これよりカバール側は定期的に、人間の身体をあなた方に捧げます。でも、その交換条件として、エイリアン・テクノロジーを提供してください」というものです。
 そして、実際にこの合意がなされて以降、アメリカやヨーロッパなどの西洋世界では行方不明者が大幅に増えはじめたのです。まるで、その合意を遂行しているかのように。たとえば、FBIの調査と統計によれば、アメリカでは毎年、3万5千人が行方不明になっています。そのどれもが、ただ忽然と消える人たちであり、家出をしたとか、殺人などの事件に巻き込まれたという形跡はないのです。そんな行方不明者たちは、エイリアンにアブダクトされたかもしれないのです。

 一方でエイリアン側も、ロズウエル事件などを通して、エイリアンの死体や生きたエイリアン、また、彼らのテクノロジーやさまざまなアイテムなどをカバール側に提供してきました。そして、彼らから得た数々のテクノロジーは国家間の紛争などに使われてきましたが、その1つが*9・11にも使われたものです。

 *9・11に使用されたエイリアン・テクノロジー
 2001年の9・11で使用されたのは、「ブルービーム・テクノロジー」という空中などに大きなスケールでホログラムを映し出せるテクノロジー。貿易センタービルの倒壊は実際にはビル内からの爆発によるもので、空から突撃したように見える航空機の映像はホログラムだったといわれている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、これから起こるディスクロージャーに関する話題です。


 ・・・<『ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!』、p186〜p189から抜粋開始>・・・

 ディスクロージャーは良いエイリアン、悪いエイリアンによる2タイプが起きる

高野 いわゆるUFOやエイリアンに関するディスクロージャーはどうでしょう? ディスクロージャーの日は近づいていますか?

ジョン 個人的には、ディスクロージャーの日は近づいているとは思えないですね。何しろカバールは、人類が良いエイリアンとコンタクトをすることだけは妨げたいと思っていますから。でも今後、ディスクロージャーが行われるのなら、2種類の違うタイプのものが起きるでしょう。まず1つは、良いエイリアンによるものです。この場合は、国のリーダーや政府関係者などに対してのコンタクトが行われるのではなく、一般民衆に対して直接ディスクロージャーが行われるでしょう。それがいつ、どのような形で行われるのか、ということまではわかりません。

 もう1つのディスクロージャーは、カバールと悪いエイリアンが組んで行うニセモノのディスクロージャーです。これは「エイリアンが地球を侵略する」、というようなシナリオで行われるはずで、彼らはこのための準備もすでに行っているようです。いわゆる「TICTAC」の一件なども、この作戦の一部ですね。この件では、アメリカ政府が「未確認飛行物体であることを正式に認めた」という表明だったわけですから。

 ちなみに、昨年の9月には日本の防衛省がアメリカとUFO関連の情報共有をするという「アクション・プラン」を発表しましたが、これは結局、「TICTAC]の一件を受けての動きなのです。つまりこれも、私たちの心理を操作する計画なのです。彼らは、フェイクを演出した事件に続いて、このようなプランを発表しているわけなので。ということで、今後、もしディスクロージャーが起きた場合、2種類のディスクロージャーのうち、それはどちらのものなのか、ということを自分自身の眼で見極めないといけません。

高野 そうですね。フェイクな情報に惑わされないような視点を持つことが大切ですね。私は学生時代に防衛大臣の秘書をバイトでやっていたことがあるので、そのような政府の事情はそれなりによくわかっているつもりです。でも、どちらにしても、ディスクロージャーが起きると、社会が混乱すると思うのですがいかがでしょうか?

ジョン そうですね。でも今後は、政府などの中央政権的な力が弱くなり、一般市民が自立して、自分たちで自らの社会を統治する、というような世の中が訪れると私は思っています。

高野 なるほど、古い秩序が崩れて、新しい秩序が生まれるわけですね。かつて私は、国連に呼ばれて「人類の未来とUFO」という非公開の会議に出たことがありますが、そこで危倶されていたのは、「情報が開示されることによって起きる混乱などに対して、世界の秩序をどう保てばいいのか」という課題でした。となると、個人レベルで解決できるような問題ではないと思うのですがいかがですか?

ジョン そうですね。でも私は、ディスクロージャーによりパニックが起きる、というよりも、もし、それがフェイクなディスクロージャーではないものなら、さまざまな新たな技術が公開されることで、人々の生活は、より向上していくと思うのです。たとえば、フリーエネルギーや、すぐにヒーリングが起きるような「メッド・ベッド」と呼ばれる医療機器など。だから、そんなに心配はしていません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジョン・デソーザ氏が言う、良いエイリアンによるディスクロージャーこそ、「デクラス」のことだと思います。
 デクラスは、ネットやテレビ、ラジオなどあらゆる媒体を介して行われるもので、デソーザ氏が言う、「国のリーダーや政府関係者などに対してのコンタクトが行われるのではなく、一般民衆に対して」行うということと合致します。
 残念ながらデソーザ氏は、デクラスが行われる日が「近づいているとは思えない」と述べていますが、私は辛抱強く待とうと思っています。



ガンの三大療法を彷彿とさせるワクチン接種...2021年4月10日

 今年の2月初旬、私は悲報を聞くことになりました。
 同じテニス仲間として20年以上も付き合いのあったメンバーが、亡くなったという知らせでした。
 彼は私より10歳年下で、ここ数年は体調が良くないとのことで、テニスや飲み会にも参加しなくなっていたので気になっていました。
 私が聞いていたのは、体調が良くないらしいということだけでした。
 それゆえ、突然病死したと聞いて本当に驚いたのです。
 奥様によると悪性の食道ガンだったそうですが、本人はあえてテニス仲間に病名は告げなかったそうです。
 奥様の、「本人は、元気になって、またテニスや飲み会に参加するんだということを励みに頑張ったのだと思います」の言葉に、なんともいえない切ない思いがしました。
 背もすらっと高く、運動神経も良いうえにイケメンだった彼としては、我々に弱った姿を見せたくなかったのかもしれません。
 私の頭に廻った思いは、「もし私にガンだと言ってくれれば、私はガンの三大療法だけは絶対受けないようにと言っただろうな……」でした。彼は、日本人がガンになれば、ほとんどの人が受けるガンの三大療法(抗ガン剤、切除手術、放射線)を受けて亡くなったのです。
 私は、ガンの三大療法である抗ガン剤、切除手術、放射線は、殺人医療そのものだと考えています(注1)。
 ガンで亡くなるのではなく、「ガン治療」で亡くなるのです。

 これは有名な話なのでご存じの方も多いと思いますが、繰り返します。
 岡山大学医学部附属病院の医師が1年間のガン患者のカルテを精査した結果、ガンで亡くなった患者のうち、実に8割がガン以外の原因で亡くなっていたことを発見します。その大半が肺炎、院内感染、多臓器不全などなどです。これは実は抗ガン剤の重大副作用として、「医薬品添付文書」に列記されたものだといいます。
 つまりガンで亡くなったのではなく、ガン治療の副作用(副反応)で亡くなっていたのです。
 この医師はそれを論文にまとめて学長に提出したところ、「こんな事実が公になったら、大変なことになる!」と一喝され、目の前でそのレポートは破り捨てられたといいます。この論文のコピーはとられておらず、人々に見られることもなく消え去ってしまいました。
 船瀬俊介氏が、日本で毎年25万人余りが「ガン治療」によって殺されているという主張はこれによります。
 日本で年間31万人がガンで亡くなっており、その約8割にあたる25万人がガン治療によって亡くなっているとする論拠になっています。

 ガンの三大療法は、医学界や製薬業界にとってドル箱です。
 今から10年以上前の数字ですが、医療全体ではなくガン医療だけに限っても、年間15兆円の巨大産業です。これは10年以上前の数字ですから、今はもっと大きいはずです。
 欧米では、ガンの三大療法は効果がない見做されるようになり、どんどん代替医療に切り替わっているといいます。その結果、ガンによる死亡率はどんどん減っているといいます。一方日本では2人に1人はガンに罹る時代となり、ガンによる死亡率は、逆に右肩上がりに増え続けています。

 実は、ガンは100%治癒する療法が今から80年前に確立していたという話があります。
 今回は、その内容をお知らせしたいと思います。
 『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』(ベンジャミン・フルフォード著、ランダムハウス講談社)から抜粋して紹介させていただきます。

 (注1)ガンの三大療法のうち、切除手術だけは例外があります。ガンのステージが進み、もはや切除するしかない症例があるとのことです。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』、p111〜p120から抜粋開始>・・・

 すべての病気が完治するライフ博士の技術

 科学技術は発達しているのに、病気は減ることがない。それどころか増えているのが現実だ。現代の医療は、本当に治すためにあるのかと首を傾げたくなる。たくさんのよい治療が止められているからである。
 20世紀前半、ウイルス性のすべての病気を治す方法を考えた学者がいる。その名はロイヤル・レイモンド・ライフ。20世紀前半、20年かけて電磁波を使った治療方法を開発した。これが普及していれば、何十億人が救われたことだろう。解禁されれば、これからでも確実に人類の幸せにつながるはずである。
 治療する方法も顕微鏡と電磁波を使う、実に簡単なものだった。彼の臨床実験の結果は1930年代まで科学雑誌や医学雑誌などにデータとともに発表され、効果が立証されていた。普通なら大変なお金持ちで、有名人になるはずである。ところが、そのすぐ後、立ち消えになった。情報が封印されたのだ。
 それどころか、どこからか悪評を流され、今では詐欺師呼ばわりされているありさまだ。実際、「ウィキペディア」を見ると、「ニセ科学」の分類に入れられ、「理論がでたらめ」「効かない」などと紹介されている。しかし、証拠を一つも挙げていない。紹介記事の情報源として列記している本や論文をきちんと読んでいないのだ。
 革新的なアイディアを持つ発明家は、いつの時代も笑われるものである。特に最初はそうだ。パスツールは細菌が病気を引き起こすと主張して、学会からも世間からもバカにされた。エックス線を発見したドイツのレントゲンも最初はそうだった。「身体の中が見えるわけないだろう」「大嘘つき」と。
 ライフも例外ではない。彼はお医者さんや看護婦に、手術の道具を消毒するように言い聞かせていた。最初はみんなに「何だ、お前は」と不審がられた。神経質なのか、変な信仰に取りつかれているのかと思われたのだ。ほかの天才たちと同様に、ライフの説いていたことは今、当たり前になっているのだが。

 ウイルスも見える高性能の光学顕微鏡

 ライフはもともと理工学会社に勤めていて、顕微鏡の研究開発をしていた。それが、1920年代の大不況のときに失業した。お金持ちの運転手の仕事を見つけてやっているうちに、そのお金持ちを説得して自分の研究に出資してもらえるようになった。そうして開発したのが、論理的に不可能だと言われていた光学顕微鏡である。
 不可能というのは、光学理論では光の分子(フォトン)より小さいものは見えないとされているからだ。だから、光学顕微鏡には限界がある。当時、顕微鏡の拡大率は3千倍程度だったが、彼がつくったのは6万倍。理屈を超える精度だった。写真も残っている。
 彼の時代には、電子顕微鏡の初期型がすでに出回っていた。しかし、これを使うと、見ている対象が死んでしまうという欠点があった。電磁波が飛ぶからである。そのため、生きている細胞や細菌、ウイルスなどを見ることができない。しかも、倍率はライフが開発したものを超えてはいなかった。
 ライフは電子顕微鏡の欠陥を研究するうち、一つの発見をした。光にはいろいろな周波数があることだった。光には人間に見えるものと見えないものがあるし、化学作用を引き起こす紫外線や、熟を発生させる赤外線など、さまざま。すべての分子や細胞には、それぞれに響く周波数があると考えた。違う周波数を持つ2つの光を合体させ、必ず人間が見えるものを開発したのである。画像が確かなことは、電子顕微鏡でも裏付けられている。
 ライフの気づきは画期的なことだった。しかし、6万倍の光学顕微鏡は市場に出るときになって、妨害を受ける。電子顕微鏡を開発していたRCAというメーカーが許さなかった。自社の顕微鏡を世界の研究所に売ろうと考えていたこの会社に、精度の高い光学顕微鏡の誕生は厄介に映ったのだ。
 ライフはこコラ・テスラやトーマス・ブラウン同様、途中までは認められた。それも国民的に高い評価を得て、発明で14の賞を受賞している。彼の発明した技術は、今も飛行機や光学製品、電子機器、化学製品で使われている。彼ら天才たちに共通するのは、みんな独学によること。今の科学は細分化されすぎ、ほかの知識が見えなくなっている。それに対し、彼らは広く考えることができたのだ。
 わたしは実際に、ライフの顕微鏡をのぞいたことがある。最後につくった器械が、イギリスの科学博物館に残っているのだ。彼の顕微鏡で見えた75パーセントの物質は、ほかの顕微鏡では見えないものだった。

 ガン細胞だけを殺すことができる周波数の発見

 ライフにとってこの発明は、病気を治療しようとする新たな研究領域を開くものになった。彼は顕微鏡でガンを研究し始めたのだ。
 自分でつくった光学顕微鏡でガン細胞をのぞくうち、ウイルスがガンを引き起こしていることに気づいた。今もこれを否定している人がいるが、その当時は誰も考えていなかった。彼が理解したのは、すべての細菌は化学物質でできていて、それぞれが破壊される特有の周波数を持っているという事実である。
 これは、先ほども例に挙げたが、オペラ歌手がある音域で歌うとガラスが割れるのと同じ原理である。ライフはそれぞれの物質に害を及ぼす周波数を探していく。そうしてさまざまな周波数を送る実験を繰り返して、小児麻痺やインフルエンザなどを治療する方法を見つけた。連日の徹夜の末、最終的にはガン細胞を殺す周波数があることも知る。
 周波数の違いによって、エネルギーはさまざまな形に変化する。
 たとえば短波ラジオの周波数を変えていくと、受信する局が変わる。周波数をさらに上げていくと、長波ラジオがある。その延長線上に光がある。……と言っても、わたしたちが見える光は限られていて、エックス線やガンマ線など見えない光が無数に存在する。電波も光も、物質も、すべてはエネルギーでできていて、それぞれの周波数が違うだけなのだ。
 音も光と同じように、人間にわかるものとわからないものがある。これも周波数の違いによる。わたしたちに聞こえない高い音が、小さなネズミには聞こえる。逆にゾウは、わたしたちに聞こえない低い音を出している。最近まで知られていなかったことだが、ゾウにも言語がある。単純な会話だが、「あっちで水を探そう」とか「こっちでバナナを食べよう」などと、お互いにしゃべっているのだ。

 軍に悪用された殺人周波数兵器

 この原理を利用して、兵器を開発した男がいる。フランスのウラジミール・ゴヴロー博士は、人を殺す周波数を見つけ、本来禁止されている兵器をつくろうとした。
 きっかけは、彼が軍事ロボットの研究所に勤務していたとき、みんな気分が悪くなり、吐き気を催した。しかし、どの研究員もその理由がわからなかった。
 「一体、何がおれたちを苦しめているのだろう」
 あるときゴヴローは、ある窓が開いているときにみんなの体調が悪くなることに気づいた。その窓の下には機械があった。最初はその機械から排出ガスでも出ているのではないかと思ったが、調べると何も出ていない。やがて、機械から出ている音であることがわかる。その昔は、1秒に7サイクルの周波数を持っていた。機械から出る音と建物の構造が重なり合って、偶然にこの周波数が生まれていた。
 ゴヴローは、この気づきから研究を始め、人間を死に至らしめるという恐ろしい音を開発するに至った。
 この原理は、われわれも身近に経験しているはずである。わかりやすい例を挙げれば、黒板を爪で引っかいたとき、「キーッ」という嫌な音がする。誰もが鳥肌が立って、耳をふさぎたくなるだろう。
 イギリスでは、デパートの入り口に若者にしか聞こえない高くて不快な周波数の音を流している例がある。若い人たちがたむろするのを防ぐためだ。音の周波数を応用した兵器は、こうした装置の延長線上にある。
 この兵器を用いるときの問題点は、敵に向けて発信するとき、自分たちも周波数を浴びてしまうことである。ゴヴローはロボット工学が専門だったから、ロボットを遠隔操作して、そこから殺人周波数を発信しようと考えていた。その後軍事機密になったが、今も存在しているはずである。
 ナチス時代のドイツでは、アドルフ・ヒトラーが演説するとき、人には聞こえない周波数をスピーカーから発信していたと言われている。それには人の怒りをかき立てる効果があったそうだ。
 また、ときどきクジラが陸に打ち上げられるニュースが報道される。これはアメリカ海軍のソナー(超音波探知器)から逃げようとするのが原因だと、最近わかってきた。
 あらゆる生き物には、それぞれに苦しむ音や死に至る音が存在する。ある特定の病原菌だけを殺す周波数を見つけ、医療に役立てることは可能なはずである。

 医療・製薬利権による徹底的な妨害工作

 ガン細胞を殺す周波数を見つけたライフは、臨床を試みた。
 1934年、カリフォルニア大学が特別研究チームをつくり、末期ガンの患者をライフの元へ送った。90日間もつかどうかが心配された患者たちだったが、90日経過した時点で86.5パーセントの人が治っていた。そして、残り13.5パーセントの人も次の4週間で治った。つまり100パーセントの末期ガン患者が生き残ったのである。
 ライフは毒を飲ませてばい菌を殺すのではなく、そのばい菌だけが死ぬ周波数を身体に発信して治療した。しかも、すべての患者を治すことができた。これは人類にとって大きな発見である。それゆえ、大きなパーティーが開かれた。しかし、この後状況は暗転した。薬に頼らない医療に対する製薬利権側の反発があったからである。
 当時、モリス・フィッシュベインという男がいて、アメリカ医師会の株を買い占めて幅を利かせていた。薬草でガンを治す方法を見つけたヘリー・ホックスウェイという技術者に特許を売るよう迫った。拒んだホックスウェイは15ヶ月の間に125回も逮捕された。明らかな嫌がらせである。毎回無罪にはなったが、これでは精神が参る。
 フィッシュベインはライフにも近づき、周波数装置の独占権を得ようとした。断ったライフの研究所にはやがて、泥棒が入った。写真や顕微鏡の部品、映像や文書などが何度にもわたり少しずつなくなった。彼の顕微鏡は非常に複雑で、4682個の部品からできていたが、一部でも欠けたら使い物にならない。
 次に、ニュージャージー州のバーネット研究所がライフの研究を発表する前に火事になった。彼の研究が本物だと宣言するつもりだったが、準備が無に帰した。
 最悪だったのは、警察が彼の50年間の研究成果をすべて押収したことだ。これはまったくの違法行為だ。おまけに、彼の治療機械をつくった医療機器メーカーは、どこも訴訟を起こされてしまった。彼の研究を支持する勤務医や研究所の技術者は、みんなクビになった。そして、これとは逆に、彼の研究を無視する医者や研究者には、お金がたくさん回るようになったのだ。
 この背景には、病気をめぐる大きな利権がある。特にガンは、医療産業にとってドル箱だ。健康にするために診ているのではない。ライフが生きていた1905年、ガンで死んだアメリカ人は20人に1人だったが、今は3人に1人。技術の進歩とは裏腹に、確実に増え続けている。
 ガン患者1人当たりの平均治療費は3千万円だが、ガン治療に従事する人は、ガン患者よりも多いと言われる。製薬会社にとって、1回の治療でガン細胞が死滅するのでは困ってしまう。彼らの理想は、凄く高い薬を一生買ってくれることである。これを実現するため、日々さまざまな画策をしているのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なぜ日本人は、ガンの三大療法という死刑台に、何の疑いもなく大金を持って列をして並び続けるのか。私には謎でしかありません。
 私には、一番大切な命と、命の次に大切と言われる大金を、わざわざ差し出しにいっているようにしか見えないのです。
 そこには、やはり日本人のマスコミや行政が流す情報に対する圧倒的な信頼感があるということでしょう。
 以前の記事で触れましたが、日本人のマスコミ(新聞、雑誌)に対する信頼度は世界の国々でぶっちぎりの1位です(ちなみにテレビへの信頼度は、フィリピン、中国についで3位。2010年の全国世論調査。堤未果氏の著書より)。
 こうした日本人のマスコミや行政に対する圧倒的な信頼感はどこからもたらされるのか、私には本当に理由がわからないのです。

 今回の新型コロナに関してもガンの三大療法と全く現象が起きています。
 新型コロナに関してマスコミや行政の言うことを信用している日本人は、9割に達すると言う人もいます。おそらく、それに近い数字でしょう。これほど完璧に洗脳されている状態を、空恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか。
 いよいよ、この4月から一般の高齢者に対する新型コロナのワクチン接種が始まります。
 たくさんの人々が接種することでしょう。
 私には、これもガンの三大療法と同じように、死刑台の列に並んでいるようにしか見えないのです。
 ガン治療よる副作用で毎年亡くなる25万人を、大量殺戮(ジェノサイド)と言うこともできます。しかし新型コロナのワクチン接種による被害は、それを軽く凌駕する可能性があります。

 ガンの三大療法は効果がないどころか、人体に極めて強いダメージを与えることは、現場で働いている医者が一番よく知っています。
 『ガンで死んだら110番』(船瀬俊介著、五月書房)から抜粋します。

 ・・・<『ガンで死んだら110番』、p217から抜粋開始>・・・

 ●抗ガン剤拒否の医者! 271名中270名

 抗ガン剤は正常細胞を先に殺す−−これでは患者は死ぬのがあたりまえ。
 「乳ガンの患者さんのガンと正常な細胞に、それぞれ抗ガン剤を10%に薄めたものを滴下したら、いい細胞が先に死んでいく。ガン細胞は死なない。抗ガン剤はいい細胞を先に殺す。だから多くの人はその副作用で死んでいく。医者は“善意の殺人”をしているんです」これは『塩の道くらぶ』(2004年9月2日)に載った寺山心一翁さんの体験談。
 彼は20年ほど前に腎臓ガンになり、抗ガン剤治療に苦しんだ体験を持つ。「私は、この数年間ずっと出会った医者たちに『あなたがガンになったとき、抗ガン剤の注射をしますか?』と聞いています。いま271名ですが、1人を除いた全員が『自分は使わない』と言っています。「だけど、これを止めちゃうと病院が成り立っていかないから……」。恐ろしいことだと思いませんか。医者は『自分自身には使わない』ものを『病院の経営のために使う』と言うんです(寺山さん)
 ちなみに2006年4月、厚労省は抗ガン剤の「専門医制度」をスタート。“ガン治療の司令塔”とする−−という。これら「専門医」が、自らには抗ガン剤断固拒否なのは、いうまでもない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 同じように、新型コロナに関しても現場の当事者が、一番よく知っているはずです。
 先月下旬、午後9時までの営業時間短縮を求めてられているさなか、厚労省の23人が深夜0時近くまで大人数の宴会を開いていたことが発覚し、問題となりました。
 新型コロナの正体に関し、厚労省の職員であれば、知らないはずがありません。
 もし新型コロナが本当に深刻なものであるならば、厚労省の職員がこんなことをするはずがありません。
 彼らは、新型コロナがこれまでの季節性の普通のインフルエンザ程度であることをよく知っているということでしょう。
 その理由が示すのが、以下の厚生労働省のサイトです。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000615582.pdf

 ここで、厚労省は、新型コロナを以下のように定義づけしました。

「新型コロナウイルスについて、感染症法第6条第23項第11号の規定により政令で定める四種病原体等に追加する」
 「四種病原体」とはインフルエンザのことで、厚労省は、新型コロナ=インフルエンザと見なしているということです。
 普通のインフルエンザであるならば、深夜0時まで宴会をしていてもどうということもありません。アルコ−ルはもちろん、マスクを外して会話をする場面もあったといいます。
 つまり彼らは、新型コロナがどの程度のものか、身をもって国民に教えてくれたとも言えるのです。

 ところで最近、新型コロナの治療薬としてアビガンやデムレシビルといった怪しげな名前をマスコミは一切取り上げなくなりました(注2)。
 まるで、ワクチンが唯一の解決策だと言わんばかりです。
 これは明らかに裏があるとしか思えません。新型コロナ騒動をねつ造した当初の計画から、国民にワクチンを打たせることが最終目標だったとしか思えないのです。

 このところ行政は、「巷の噂を信じないで下さい。政府の言うことが正しいのです」と言っていらしいです。
 おそらく巷の噂とは、当HPの記事のようなものを指しているのだろうと思います。
 しかし、私から見るとコメディでしかありません。
 ガンの三大療法で散々国民を騙してきた行政やマスコミが、ここにきて突然改心し、真に国民の命と健康を考えて行動するようになったと信じられるでしょうか。

 私は、新型コロナワクチンの接種が大量殺戮をもたらす可能性があると言いました。
 当HPの訪問者の方々でも、「まさか、そんな……」と思う方が多いと思います。
 そう思う方は、ぜひご自分で調べてみてください。ネットには、たくさんの情報があります。自分自身で調べないと、人は考えを改めることはまずありません。
 特にお勧めなのは、「In Deep」さんのサイトです。
 大量殺戮というのは、けっして荒唐無稽な話ではないと理解されることと思います。


(注2)私、はアビガンやデムレシビルを勧めているわけではありません。むしろビタミンDの方がはるかに効果があるのではないかと思っています。でもただのインフルエンザなのですから、罹っても1週間も安静にすればいいだけでしょう。



デクラスを待ちわびている人に...2021年4月4日

 今年の1月頃にデクラス(秘密情報の開示)が行われると聞き、それからずっと待っているのですが、もう4月に入ってしまいました。
 3ヶ月近くも、「今日にも起こるかも…」と期待して待ち続けてきたのですが、未だに行われていません。
 アライアンスの計画ではもうとっくに行われているはずなので、何か不測の事態が起こっているのは間違いないようです。
 佐野美代子さんは、軍事作戦が当初の予定より遅れているのが原因だと言っていますが、私はその説明には納得し難いものがあります。
 今どのような軍事作戦を行っているかなど、(相手にばれてしまうので)発表できるはずもないことはわかりきったことです。ですから、そういったことは、発表する内容に最初から含まれていないと思うのです。
 発表されるのは、これまで隠されてきた人類の本当の歴史、ETに関する情報、DSがこれまで実際に行ってきた悪事、夢のようなテクノロジー、昨年末の米大統領選の不正などだと思います。それらを発表したとしても、現在行っている軍事作戦に支障をきたすとは思えません。
 そもそも何も知らない人類に初めて開示する情報ですから、概略的なものならざるを得ず、現場の進行中の軍事作戦に触れる必要もありません。

 軍事作戦の遅延だけではなく、やはり何かが起こってデクラスが遅れていると考えるのが自然だと思えます。
 ある人は、人類にとって最適なタイミングを計っていると言いますが、私はその考えにも疑問があります。石川信一郎さん動画でアライアンスが言っていましたが、すでに人類はデクラスを受け入れる準備ができていると思うのです。
 遅れれば遅れるほど、事態を悪化させるように私には見えます。

 真偽のほどはわかりませんが、今のところ可能性が高そうに思えるのが、吉野奏美(かなみ)さんの説明です。吉野さんは、最大の障害は取り除かれたので、4月の第2週〜3週に動きがありそうだと言われていて、私も大いに期待しているところです(ただし、この動きがデクラスとは言われていませんが)。

 今回紹介するのは、デクラスで発表されるであろう内容の一部を先取りしたと思われるものです。

 それが映画、『Above Majestic』です。

 この映画は、特にETに関する情報が満載です。
 進行役はデイビッド・ウィルコック氏で、コーリー・グッド氏をはじめ、SSP(秘密宇宙計画)のウイッスルブローワー(不正を密告する人)がたくさん証言しています。
 発表されたのは2018年10月で、いまから2年半ほど前なので最新ではありませんが、初めてこの情報に接する人なら、驚愕の情報と映るはずです。
 私は初めてコーリー・グッド氏の情報に触れたとき、とても興奮したことを今でも憶えています。
 私が映画『Above Majestic』を知ったのは、東京のヒカルランドで行われた横河サラさんのセミナーでした。もしDVDが発売されていればすぐに購入したのですが、なぜか発売されておらず、そのうち観ようと思っているうちに忘れてしまいました。
 今になってデクラスのことを考えているうちに、『Above Majestic』のことを思い出し、デクラスの予行演習のつもりで観ることにしました。
 無料で観る方法もあるようですが、私は iTunes のソフトをPCにインストールし、1000円ちょっとの金額で『Above Majestic(字幕版)』を購入して観てみました。

 すでに『ありえない世界』(Dr.マイケル・E・サラ著、ヒカルランド)を読まれていたり、デイビッド・ウィルコック氏のガイアTVを追っていたという方には目新しいものではないと思いますが、こういう世界を全く知らなかった方は驚かれると思います。

 今回は『Above Majestic』の推薦ですが、映画を観る前の予行演習として、『ありえない世界』の中から、人類が初めて月面に降り立ったという話になっているアポロ11号の記事を抜粋して紹介させていただきます。
 公式の発表しか聞いたことのない方には、驚きだろうと思います。


 ・・・<『ありえない世界』、p343〜p355から抜粋開始>・・・

 ブリル協会/ナチスSSの秘密の「月面作戦司令部」(LOC)の存在を傍証するアポロ宇宙飛行士たち他

 アポロ11号の月面着陸の中継のときに2分間の中断があった。NASAは、2機のテレビカメラのうち1機がオーバーヒートして受信できなかったと説明した。しかし複数の情報源によると、そのときアームストロングとオルドリン[月面着陸した2人の宇宙飛行士]は彼らを注視している何かを見たのだという。『トップシークレット』の著者ティモシー・グッドは、アポロ11号からヒューストンのNASAの宇宙センターへ送ったVHF(超短波)信号をアマチュア無線家たちが受信し、NASAが中継を遮断した2分間のメッセージを傍受していたと書く。

 宇宙飛行管制センター:どうしましたか? アポロ11号、こちら管制センター。

 アポロ11号:巨大な生き物がいます……とんでもなく巨大な……何てことだ。信じられない。別の宇宙船が向こうにいます。クレーターの反対側の縁に……並んで……我々を見ています。

 アマチュア無線家が傍受した内容はメディアには取り上げられなかったが、1975年にそれを裏づける予期せぬ出来事が起きた。アポロ月計画で通信システム開発に携わり、すでにNASAを退職していた通信エンジニアのモーリス・シャトレインが著書を出版したのだ。彼はその著書『Our Cosmic Ancestors(宇宙の私たちの祖先)』でこう書いている。

 アームストロングが梯子を下りて月面に降り立つ直前、 2機のUFOが頭上に停止していた。バズ・オルドリンはその写真を数枚撮った。その写真の一部が『モダン・ピープル』 誌の1975年6月号に載った。

 1979年にシャトレインはこう言っている。 「アームストロングがクレーターの向こう側に2機のUFOを見たことをNASAはメディアにも一般の人々にも隠し通した。 NASAの職員はみんなこのことを知っていたが、今に至るまで誰も口にしてこなかった」。驚くべきことにシャトレインはさらにこうも言っている。

 アポロ計画でもジェミ二計画でも、距離を置いて、ときに非常に近くを、異星人の宇宙船−−空飛ぶ円盤でもUFOでもいいが−−が後をついてきた。そのたびに飛行士は管制センターに伝えたが、管制センターはこれを極秘にするように命じた。

 アポロ11号の月面着陸時に通信が2分間中断したのは、アームストロングが見たものをNASAが隠蔽しようとしたためだったのだろうか? アポロ計画でUFOを見るのはよくあることだったのだろうか?
 バズ・オルドリンはマスコミのインタビューで、月へ向かう途中1機のUFOに実際に観察されていた、とたびたび語っている。彼によると、アポロ11号の飛行士たちは機中から目撃しているものをヒューストンに報告する際、UFOという言葉は使わないようにし、代わりにサターンV打上げロケットの位置を尋ねたという。アポロ11号はUFOに尾行されていたというオルドリンの言葉は、UFOが月面着陸を実際に見ており、これをアームストロングが無線でNASAに報告した結果中継が中断されたとする考え方に信憑性を与える。オルドリンの言葉はまた、1機かそれ以上の未知の宇宙船がアポロ11号の月着陸を見ていたというシャトレインの著書の内容も裏づける。
 クレーターの向こう側にいる巨大な2機の宇宙船をアームストロングが目?したことを証拠立てる別の情報もある。ティモシー・グッドによると、その当時モスクワ大学の数学教授だった物理学者ウラジミール・アズハズハはこう述べている。

 「ニール・アームストロングは、月着陸船の近くで大きな2つの謎の物体が着陸後の彼らを見ている、と管制センターに伝えた。しかし彼のメッセージが一般に知られることはなかった。NASAが削除したからである」

 未知の宇宙船がすでに月にいたことと、NASAがアポロ計画を最終的に終結させたこととの間にはどんな関係があるのか? NASAのシンポジウムでのある教授とアームストロングのやり取りにそのヒントがある。

 教授:アポロ11号には実際に何が起きたのですか?

 アームストロング:信じられませんでした。……もちろんその可能性があることは分かっていました。……実を言うと、私たちは近づかないよう警告を受けていたのです。宇宙基地か月面都市があったのは間違いありません。

 教授:「近づかないよう警告を受けていた」とはどういうことですか?

 アームストロング:詳しいことは言えません。確かなのは、彼らの宇宙船は大きさにおいてもテクノロジーにおいても私たちのものよりはるかに優れていたということです。なんとも、大変な大きなでした。そして、威嚇的でした……そう、あれは間違いなく宇宙基地です。

 教授:しかしNASAはアポロ11号の後もアポロ計画を続行しましたね。

 アームストロング:もちろんです。NASAは当時あの計画に全力を注いでいました。だから世間をパニックに陥れるリスクを冒すわけにはいかなかったのです。

 真実はどうなのか? ニール・アームストロングは実際に月で未知の大きな宇宙船を見たのか? そしてそれが現れたことは、二度と月へは来るなというNASAへの警告だったのか?
 アームストロングが死んだ今となっては、1969年7月のあの日にいったい何があったのかを彼の口から聞くことはできない。もしかしたらNASAはいつの日か公式に発表するつもりかもしれない。あるいはもうすでにバズ・オルドリンが出演した映画でそれを行なっているのかもしれない。映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』にちょっとだけ出演することで、オルドリンは自分とアームストロングが見た真実を明かしている。映画では月着陸後に通信が途絶えた21分の間に、アームストロングとオルドリンは近くにある遺棄された宇宙船に向かう。そこでオルドリンは秘密作戦の無線でNASAに報告をする。

 バズ・オルドリン:信じられないかもしれませんが、何かが見えます……

 NASA秘密作戦技術者:他にも誰かいるとうことだね?

 パズ・オルドリン:そうです。我々以外に誰かがいます。

 それではアームストロングとオルドリンは最初の月着陸のときに何を見たのか? そしてNASAはなぜ近づくなと警告したのか?

 ドイツの月基地アルファが月面作戦司令部に

 第4章でコーリー・グッドの驚くべき話に触れた。ナチスドイツは南アメリカと南極で極秘の宇宙計画を実行していたブリル協会の支援を受けて月に人員を送り、月基地を建設したというものである。グッドの話を裏づけるのがウラジーミル・チェルツィスキーだ。

 ドイツ人はおそらく1942年には月に行っていた。使ったのはミーテ型とシュリーバー型の外気圏ロケット・ソーサー。ミーテ・ロケット・ソーサーはさしわたし15m×50m。シュリーバー・パルター・タービン機は惑星間移動ができるよう設計されていて、直径60m、高さ45m、乗員スペースは10階まであった。

 第二次大戦が終わる前にブリル協会とナチスSSは最初の月基地を建設したとグッドは言うが、チェルツィスキーはその話を裏づける。

 着陸の初日からドイツ人たちは地下にトンネルを掘り始め、大戦が終わるまでには月にナチスの小さな調査研究基地ができていた。

 さらに驚愕させられるのは、ブリル協会/ナチスSSはタキオン装置を使っていたということだ。第5章で、恒星間移動のために開発された葉巻型の巨大なアンドロメダ・デバイスがタキオン装置を使って時間ドライブを行なっていたことを明らかにした。チェルツィスキーは、これらのタキオン装置は小型の宇宙船にも使われていたと言う。「1944年以降、ハウニブ1および2型のフリーエネルギー使用機が人や資材、そして最初のロボットを月基地の建設現場へ運んでいた」
 チェルツィスキーはさらに、これより10年以上のちの最初のアメリカとソ連の合同秘密宇宙計画の月着陸の際に何が起きたかを述べる。
 ロシア人とアメリカ人が50年代初めにひそかに月に降り立ったとき、彼らは最初の夜をナチス地下基地の客として過ごした。60年代にはロシア・アメリカの大規模な共同基地が月に建設され、今では4万人が住んでいるという噂がある。

 チェルツィスキーの信じられないような話と同様のことをコーリー・グッドも述べている。グッドによると、アメリカとソ連が到着する前に月にはすでにブリル協会/ナチスSSの鉤十字型の大きな基地があった。グッドによると、その基地は1950年代初めに締結された秘密協定の結果、基本的にアメリカに引き渡された。

 この基地は、彼らとアメリカの間に画期的な協定が結ばれた1950年代初めにも建設が行なわれていました。この協定のおかげで彼らは「産業力」を利用できるようになったのです。彼らが大戦中ヨーロッパで戦争しなければならなかったのはこの「産業力」のせいでした。今や自分たちの思いのままになった「産業カ」(まもなく「軍産複合体」と呼ばれるようになります)を使って彼らは大規模な基地を築き、それがさまざまなレベルの「釣鐘型」や地上構造になりました。それらは以前にあった地上構造の周囲に作られ、今私たちはこれを「月面作戦司令部」(LOC)と呼んでいます。

 「月面作戦司令部」と呼ばれる秘密の月基地のことを最初に語ったのはランディー・クラーマー(別名キャプテン・ゲイ)である。彼は1987年から2007年にかけての20年間、グッドと同じように秘密宇宙計画で働いたという。クラーマーによると、彼は「ムーンシャドー作戦」と呼ばれる子どもを対象とした秘密のスーパーソルジャー計画の訓練を終えたあと、「月面作戦司令部」での任務を命じられた。2014年4月に行なわれたインタビューで彼はこう述べている。

 夜中に型どおりの手順を踏んで連れ出され、「月面作戦司令部」へ行きました。そして小さな宿舎−−大学の寮か何かのような−−のある区域に到着しました。(中略)1人ずつ待機場所へ連れていかれましたが、そこには小部屋が並んでいて、中ではさまざまな軍服を着た多くの役人がせっせと書類仕事をしていました。(中略)書類に書かれている内容や契約書について説明を受け、それぞれの記入箇所に頭文字でサインしました。

 コーリー・グッドもやはり「月面作戦司令部」(LOC)に連れていかれ、20年間の軍務期間中の契約書−−つまり守秘義務契約書−−にサインしたことを2015年3月に明らかにしている。1987年に17歳だったグッドは、偶然クラーマーと同じ時期にLOCの任務に就いたことになる。クラーマーはさらに次のように語る。

 前もって告げられたのは、守秘義務契約書にサインし20年間地球の外で軍務に就くこと、地球で何が起きているかは知ることができないこと、任務を終えた時点で「年齢復帰」し、記憶が「白紙状態」になって元の時間に戻ること、などでした。また、この非常に重要な任務を行なうことによって元に戻ったあとは楽な暮らしができる、とも言われました。(中略)約21年任務を務めました。1986年、16歳のときに短期間の任務に就かされ、そのあとLOCの施設へ送られました。そこでは身体能力が高められました。(中略)17歳でSSPに配属され、そこから本格的な任務が始まりました。

 南極と月面はさまざまな宇宙計画と異星人の「中立地帯」となっている

 中立地帯であるという意味で月は南極に似ていると初めて語ったのはランディー・クラーマーで、2014年4月のことだった。彼によれば、さまざまな宇宙計画および異星人の訪問者が月を利用することができる。

 南極と同じく月でもいろいろな国や人が、ここは自分の土地だ、と言うことができます。そしてみんながそれぞれの主張や地域を尊重します。その土地に慣れ親しんでそこをずっと基地にしている宇宙人がたくさんいます。月の裏側の中立地帯では、互いの関係が良かろうと悪かろうと攻撃しあうことはありません。どんな理由があろうとも、そのために契約や協定が結ばれているのです。

 月面の中立性が守られている背景には、激しい戦いも含む長い歴史があるとクラーマーは説明する。

 みんながそれを尊重するようになるまで長い時間がかかったようです。私が知ったところでは、月の裏側では何度か戦争があリ、それがあまりにも非惨だったために誰もがもう戦争はごめんだと考えるようになったのです。ここは誰にとっても中立的な空間で、各自したいことをすることができます。しかし戦うことだけはしてはならないのです。そうしなければ、誰かに、あるいは何かに、すべてを奪われてしまうからです。それは暗黙の了解事項だったと思います。そこにいる者、そこにあるもの、そこに私たちがいること、その組み合わせはとても興味深いです。私が見たものや私自身についていろいろ言われていますが、私はすべてを知っているわけではなく、知っているのは説明された事柄だけです。
 私が月面作戦司令部について知っているのはそのくらいです。

 グッドも2015年5月のインタビューで、月が南極と同じように複数の地域に分割されていると語っている。

 月は南極と同じように何十もの大使館ゾーンに分割されていて、関係の良くない地球外グループと古代離脱人類グループ同士が共存しています。最悪の敵同士がほんの数キロしか離れていない場所に基地を持っていますが、何千年ものあいだ争いはありません。月は外交区域なので戦いは認められていないのです。外交区域は高い敬意を払われていて、他のグループが侵入することはありません。

 グッドはアポロ11号の宇宙飛行士に月を離れるよう警告したのが誰なのかについて推測する。

 アポロがこういう外交区域(月面の大部分を占めています)のどれかに着陸したとすれば、そこがどんなグループの区域であったとしても、立ち去って二度と戻ってこないよう断固要求されただろうと思います。

 クラーマーとグッドの証言から分かるのは、月は多くの異星人グループの古くからの出先基地であり、また月に基地を建設したナチス時代の秘密宇宙計画の出先基地でもあることだ。アポロ計画が1972年に不意に中止になった理由を、これらのグループのうちの1つあるいはそれ以上の主権を侵書したためと考えられないことはない。以後40年以上のあいだ−−中国か2013年に無人の「玉兎号」を着陸させたことを除けば−−NASAも他の国も月面着陸を試みていない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ちなみに『Above Majestic』の中に、宇宙船が月面作戦司令部」(LOC)に着陸する様子がCGで再現されています。

 最後になりますが、人類とETが熾烈な戦闘を行っていたという興味深い動画がありましたので、紹介させていただきます。
 最初の動画ですが、前半はステーブン・チュア氏の経歴の紹介のようなもので、ETに関する話は後半になります(6分頃から)。

・ステーブン・チュア氏のインタビュー 2
https://www.youtube.com/watch?v=bUxif-WapFc


 宇宙人との戦闘が具体的に語られています。

・ステーブン・チュア氏のインタビュー 3
https://www.youtube.com/watch?v=QJgYtMc8LVc



オートファジー...2021年3月27日

 「オートファジー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
 私は知りませんでした。
 東京から長野に引っ越した私は、東京でやらなかった新しい試みを色々試そうと思っています。
 その一つが若返りです。
 東京にいるうちに様々な理論に出会ったのですが、いざ実践となるとなかなか思うように行かないこともありました。
 私は以前、定期的に断食をしていました。
 目的は、身体に溜まった毒素を排出することで、より健康になることでした。
 ですが、断食はたしかに毒素排出の効果は抜群なのですが、体の負担も半端ではありません。歳を取ると、そう簡単に断食をやろうという気力が無くなります。
 また、水だけで何も食べないのですから、食べたいという欲求を我慢するのは、拷問に耐えるというのは言い過ぎまでも、強い意志の力が必要です。
 もっと楽な方法はないかと思っていました。
 断食と同じ効果がありながら、断食よりずっと楽な方法はないかと思っていたのですが、そこで出会ったのがオートファジーだったのです。
 オートファジーを簡単に言うと、身体にある一定時間食物を入れないと、危険を感じた身体が体内の不要なタンパク質や古くなったタンパク質を分解し、それらをもとに新たなタンパク質を造る機能です。
 また生命活動のエネルギー源を生み出す細胞内のミトコンドリアも、新しく造り変えるといいます。つまり、オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みというわけです。
 古くなった細胞を新しく造り変えるのですから、まさしく若返りです。
 そして、ここが一番のツボなのですが、その一定時間というのが16時間だということです。
 現代の日本では、1日3食が当たり前です。
 1日に3食を食べてしまうと、食物を体内に入れる間隔が16時間を超えることはまずはありません。
 1日きっかり決まった時間に3食食べることが健康の秘訣と信じていたのに、皮肉なことに、実はそれが老化の原因だったということになります。
 こんなことを書くと、「本当かぁ?」と思われる方が大勢いると思います。
 しかしオートファジーというのは、よく巷に流れる怪しげな健康理論とは一味違うようです。オートファジー理論を提唱した束京工業大学の大隈良典教授は、2016年にこのオートファジー理論でノーベル生理学・医学賞を受賞したというのですから、単なる怪しげな理論と捨てるのはもったいないと思います。
 では、『「空腹」こそ最強のクスリ』(青木厚(あつし))著、アスコム)から抜粋して引用させていただきます。
 著者の青木厚氏は医学博士という肩書の持ち主で、埼玉県にクリニックを開業し、実際に患者を診ている人なので、ある程度の信頼はおけると思います。

 最初に、本の「はじめに」から引用させていただきます。
 これで、オートファジーの概要が掴めると思います。


 ・・・<『「空腹」こそ最強のクスリ』、p11〜p28から抜粋開始>・・・

 はじめに

 「1日3食」「食ぺすぎ」が、疲れやすい体を作る

 みなさん、こんにちは。青木厚です。

 私は内分泌代謝(ないぶんぴたいしゃ)や糖尿病を専門とする医師です。
 大学病院などでの勤務を経て、2015年、さいたま市にクリニックを開設し、その間ずっと、風邪をひかれた方から生活習慣病の方まで、数多くの患者さんの体と向き合ってきました。
 この本では、そんな私が、さまざまな経験を踏まえて考え出した「究極の食事法」をご紹介します。
 さて、みなさんの中に、

 「食べると、すぐに眠くなってしまう」
 「最近、胃腸が弱っている気がする」
 「疲れやすくなった」
 「何もする気が起きなくなったり、やたらイライラしたり、気分の変化が激しい」

 こうした症状に悩まされている人はいませんか?

 加齢による体力の低下、運動不足など、原因はいろいろと考えられますが、もしかしたらそれらの症状は、「食べすぎ」(特に糖質の摂りすぎ)からきているかもしれません。

 このように言うと、

 「自分は1日3度、規則正しく食事をしている」
 「そんなにたくさん食べているつもりはない」

 と、思う人もいるでしょう。
 しかし、詳しいことは本文中でお話ししますが、1日3食というのは、それだけで「食ぺすぎ」になってしまう可能性があります。

 成人が日に必要とするカロリーは、1800〜2200キロカロリー前後といわれています。

 一方で、現代人、特に外食が多い人の食事はどうしても高カロリーになりがちです。
 ハンバーガーとポテトフライ、ドリンクのセットだけで、1000キロカロリーは軽く超えますし、ファミレスに行けば、800〜1000キロカロリー程度のメニューがたくさん並んでいます。
 つまり、1日3度食事をとることで、本来必要な量の1.5〜2倍のカロリーを摂取してしまう……というのは、十分にありうることなのです。

 高血圧、老化、生活習慣病……。肥満は百害あって一利なし!

 食ぺすぎは、さまざまな体の不調を招きます。
 まず、内臓の疲れ。
 胃腸や肝臓は、私たちが食べたものを、何時間もかけて消化しますが、本来処理できる量を超える食べものが、ひっきりなしに運ばれてくると、内臓は休みなくフル回転で働き続けなければならず、疲弊します。

 その結果、内臓の働きが低下し、栄養素をきちんと吸収できない、老廃物を排出できない、免疫力が低下するなど、さまざまな問題が生じてしまうのです。

 また、食ぺすぎは、肥満を招きます。

 私たちが食事によって摂った糖質や脂質の一部は、脳や筋肉、内臓などが働くためのエネルギーとして使われますが、余った分は筋肉や肝臓に蓄えられ、それでもおさまりきらなかった分は中性脂肪として、脂肪細胞に蓄えられます。
 つまり、消費するエネルギー以上に食べると、それだけ脂肪が増えてしまうのです。

 つきすぎた脂肪、とくに内臓脂肪からは、悪玉ホルモンが分泌され、血糖値の上昇、高血圧、血栓形成などを招きます。
 また悪玉ホルモンは慢性炎症状態を引き起こし、がんを発症する場合もあります。

 ほかにも、食べすぎには「体を錆びさせる活性酸素を増やす」といったデメリットがあります。

 食べすぎは、疲れやだるさの原因となるだけでなく、糖尿病や高脂血症(こうしけっしょう)などの動脈硬化性疾患(どうみゃくこうかせいしっかん)、脳出血や脳梗塞(のうこうそく)、狭心症や心筋梗塞(しんきんこうそく)などの虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)、そしてがんの原因ともなるのです。

 さまざまな病気の温床となる「糖質の摂りすぎ」

 しかも、現代日本人の食事は、特に糖(糖質)が多くなりがちです。

 成人が1日に必要とする糖質は、170gといわれています。
 茶碗一杯のご飯(白米)に含まれる糖質は50g程度ですから、ご飯を1日3杯食べれば、それだけでほぼ、本来必要な糖質は摂取できてしまいます。
 つまり、1日3杯のご飯に加えて、デザートなどを食べれば、それだけで糖質過多になるのです。
 加えて、今、スーパーで売っている加工食品や総菜の原材料名を見ると、ほんどすべての食品に糖質が含まれています。
 一品一品に含まれる糖質は少しずつでも、それらは気づかないうちに、「糖質過多」の状態にしてしまいます。

 そして糖質の摂りすぎもまた、さまざまな体の不調を招きます。
 糖質には、「中性脂肪に変わりやすい」という特徴があり、肥満の原因となるだけでなく、肝臓に異常に脂肪がたまる「脂肪肝」の原因ともなります。
 脂肪肝は、放置しておくと、肝硬変や肝臓がんを引き起こすおそれがあります。

 しかし、糖質の摂りすぎによる最大の問題は、「糖質が、血糖値(血液中のグルコース〈ブドウ糖〉の濃度)を急上昇させる」点にあります。
 血糖値が上がると、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌されます。
 インスリンは、全身の細胞にブドウ糖を送り込む作用により、血糖値を下げる働きをしますが、血糖値が急上昇すると、インスリンが大量に分泌され、今度は血糖値が急激に下がってしまいます。
 こうした、ジェットコースターのような血糖値の乱高下は、「食後すぐ眠くなる」「だるくなる」「イライラする」などの症状をもたらします。

 さらに、糖質の摂りすぎによって血糖値が高い状態が続くと、

 @細胞が徐々にインスリンを受けつけなくなる。
 Aすい臓が頑張って、もっとインスリンを分泌しようとする。
 Bすい臓が疲弊する。

 といったことが起こるようになり、すい臓でのインスリン分泌量が低下する「2型糖尿病」の発症につながります。

 糖尿病になると、血糖値が下がらないため、全身の血管がダメージを受け、網膜症(もうまくしょう)、腎症(じんしょう)、心筋梗塞や脳梗塞、認知症、がんといった病気にかかるリスクが高まってしまいます。

 血糖値が下がり、脂肪が分解され、細胞が生まれ変わる方法がある

 では、こうした、食べすぎや糖質の摂りすぎによるさまざまな害から体を守るには、いったいどうしたらよいのでしょう。

 「食事のカロリー数を減らす」「糖質を減らす」など、さまざまな方法が考えられますが、この本で私がおすすめしたいのは、

 「ものを食べない時間(空腹の時間)を作る」

 というものです。

 「空腹」というと、お腹がぺコペコで辛いというイメージがあるかもしれませんが、この本でいう「空腹」とは、「ものを食べない状態」を指していると捉えてください。

 空腹の時間を作ると、まず内臓がしっかりと休むことができ、血糖値も徐々に下がります。
 また、最後にものを食べてから10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなるため、脂肪が分解されエネルギーとして使われるようになり、16時間を超えると、体に備わっている「オートファジー」という仕組みが働くようになります。

 オートファジーとは、「細胞内の古くなったタンパク質が、新しく作り替えられる」というもので、細胞が飢餓(きが)状態や低酸素状態に陥(おちい)ると、活発化するといわれています。

 体の不調や老化は、細胞が古くなったり壊れたりすることによって生じます。
 特に、細胞内のミトコンドリア(呼吸を行いエネルギーを作り出す重要な器官)が古くなると、細胞にとって必要なエネルギーが減り、活性酸素が増えるといわれています。
 オートファジーによって、古くなったり壊れたりした細胞が内側から新しく生まれ変われば、病気を遠ざけ、老化の進行を食い止めることができるのです。

 つまり、空腹の時間を作ることで、

 ・内臓の疲れがとれて内臓機能が高まり、免疫力もアップする。
 ・血糖値が下がり、インスリンの適切な分泌が促され、血管障害が改善される。
 ・脂肪が分解され、肥満が引き起こすさまざまな問題が改善される。
 ・細胞が生まれ変わり、体の不調や老化の進行が改善される。

 といったさまざまな「体のリセット効果」が期待できます。
 まさに、「空服は最高のクスリ」なのです。

 しかも、難しく面倒なカロリー計算はいっさい必要ありません。
 空腹の時間以外は、何を食ぺていただいてもかまいませんし、空腹の時間中であっても、どうしてもお腹が空いた場合は、ナッツ類などであれば、いくら食べていただいてもかまいません。

 オートファジーを働かせるためには、連続して16時間以上の空腹の時間が必要ですが、睡眠時間をうまく組み込めば、無理なく実行することができるでしょう。できれば毎日続けていただくのが理想的ですが、週1回、週末だけ実行していただくだけでも、リセット効果は得られるはずです。

 半日断食が、体の不調や病気、老化を遠ざけてくれる

 もちろん、私も日ごろから、空腹の時間を作っています。
 ちなみに私のタイムスケジュールは、以下の通りです。

 【平日】
 朝7時に起床し、軽めの朝食をとり(ゆで卵1つと生野菜程度)、夜21時頃、普通に夕食をとる。
 その間はものを食べない。
 ただし、お腹が空いて仕事に支障をきたしそうな場合は、ナッツ類を食べる。

 【休日(土日のどちらか1日)】
 起きた後、朝食や昼食は食べず、夕食のみ食べる。

 このように、私は、平日は14〜16時間、休日に24時間の空腹の時間を作り、体をリセットさせています。
 「14〜16時間の空腹」と聞くと、「大変そう」と思われるかもしれません。でも、たとえば朝食だけ抜いて、昼と夜は普通に食べる。起きている時間の半分だけがんばる半日断食、それだけで実行できてしまいます。

 なお、私がこの8時間食事術を始め、空腹というクスリを手に入れたのは、舌がんになったのがきっかけでした。

 かつての私は、もちろん職業柄、それなりに食事の内容に気を使ってはいました。
 ただ、日々の生活の中で、やはり知らず知らずのうちに「食べすぎ」「糖質の摂りすぎ」に陥っていたのでしょう。
 いつの間にか、お腹に内臓脂肪がついてちょっとしたメタボリック体型となり、2010年、40歳のときに、舌がんにかかっていることがわかったのです。
 がん自体は手術によって無事取り除くことができましたが、同じような生活を続けていたら、またがんを再発してしまうおそれがあります。
 そこで私は、さまざまな書籍や論文を読み漁り、糖尿病をはじめとする、生活習慣病の患者さんたちの治療を通して得た経験や知識なども踏まえて、「どのような食事の仕方であれば、もっとも無理なく、ストレスなく、病気を遠ざけることができるか」を真剣に考えました。
 その結果、たどりついたのが、「空腹」の力を活用する方法だったのです。

 それまでの食生活がしみついていたため、初めのうちは空腹の時間中にナッツ類をかなり食べてしまいましたが、やがて体が慣れ、4か月後には内臓脂肪によるポッコリお腹が解消。
 最大で78センチだったウエストは70センチとなり、今もその状態が続いています。

 さらに、体が軽くなり、疲れにくくなり、がんが再発する気配もありません。

 繰り返しになりますが、空腹の時間を作るだけで、食べすぎや糖質の摂りすぎによる弊害をリセットしてくれます。
 カロリー計算など、難しいこと、面倒なことを考えなくても、内臓の疲れがとれ、血糖値が下がり、脂肪が落ち、細胞が生まれ変わり、さまざまな体の不調や病気、老化を遠ざけることができます。

 みなさんもぜひ、「空腹」という最高のクスリによって、病気知らず、疲れ知らず、老化知らずの体を手に入れてください。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、やや詳しい内容を引用させていただきます。


 ・・・<『「空腹」こそ最強のクスリ』、p81〜p88から抜粋開始>・・・

 睡眠時間8時間+8時間=半日断食で、効果を最大限に享受できる!

 では、具体的にはどのくらい空腹の時間を作ればいいのか。

 現在、世の中には「断食」に関する情報が、いろいろと出回っています。
 それぞれ、断食の時間や断食中に食べてもいいものなどが異なっており、「いったい、どれを信じたらいいのか」と思われる方もいるでしょう。

 私はこれまで、一人の医師として、「断食」に関するさまざまな論文を読み、また血糖値のコントロールに苦しんでいる糖尿病の患者さんたちの治療にあたってきました。

 さらに、自分自身でも「断食」を実践し、効果を注意深く観察し、どうすれば「空腹」の効果を最大限に享受できるかを考えてきました。
 そして、たどりついたのが「16時間以上、空腹の時間を作ると、最大の効果が得られる」という結論でした。つまり、起きている時間の半分、半日の断食でできるのです。
 「16時間は長い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠時間とうまく組み合わせることで、無理なく実行していただけるはずです。

 たとえば、「1日8時間眠っている」という方であれば、あと8時間、「週末はいつも、10〜12時間くらい寝てしまう」という方であれば、あと4〜6時間食べずに過ごせば、ものを食べずに16時間すごすことができます。

 いかがでしよう。この半日断食なら、なんとか実行できそうな気がしませんか?

 もちろん、「いきなり16時間は難しい」「平日は難しい」という方は、まずはできる範囲で始めていただいてかまいませんし、週末だけチャレンジしてもかまいません。

 「空腹」が人本来の生命力を引き出す。
 最新研究でわかった「オートファジー」という奇跡

 さて、私が「16時間」にこだわるのには、理由があります。

 まず、最後にものを食べて10時間ほどたつと、肝臓に蓄えられた糖がなくなって脂肪が分解され、エネルギーとして使われるようになります。
 そして、16時間たつと、今度は体の中で「オートファジー」が機能し始めるのです。

 ここで、「オートファジー」というあまりなじみのない、でも非常に重要な言葉について、簡単にお話ししましょう。

 私たちの体は、約60兆もの細胞でできており、細胞は主に、タンパク質で作られています。
 日々の生活の中で、古くなったり壊れたりしたタンパク質の多くは体外に排出されますが、排出しきれなかったものは細胞内にたまっていき、細胞を衰えさせ、さまざまな体の不調や病気の原因となります。

 一方で、私たちはふだん、食べたものから栄養を摂取し、必要なタンパク質を作っています。

 ところが、なんらかの原因で栄養が入ってこなくなると、体は生存するために、なんとか「体内にあるもの」でタンパク質を作ろうとします。
 そこで、古くなったり壊れたりした、細胞内のタンパク質を集め、分解し、それらをもとに、新しいタンパク質を作るのです。

 なお、各細胞の中には、「ミトコンドリア」という小器官が、数多く(1個の細胞に数百から数千個)存在しています。
 ミトコンドリアは酸素呼吸を行っており、食べものから取り出した栄養と、呼吸によって得た酸素を使って、「ATP」(アデノシン三リン酸)という、細胞の活動に必要なエネルギーを作り出します。
 新しく元気なミトコンドリアが細胞内にたくさんあればあるほど、たくさんのエネルギーを得られ、人は若々しく、健康でいられるのですが、オートファジーによって、このミトコンドリアも新たに生まれ変わります。

 つまり、オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる仕組みであるといえます。

 細胞が生まれ変われば、体にとって不要なものや老廃物が一掃され、細胞や組織、器官の機能が活性化し、病気になりにくく若々しい体になるのです。
 さらにオートファジーには細胞内に侵入した病原菌を分解・浄化する機能もあり、健康であるために欠かすことのできない仕組みなのです。

 空腹が、細胞の生まれ変わりのスイッチになる

 ただ、オートファジーには、ある特徴があります。
 食べものによって得られた栄養が十分にある状態では、オートファジーはあまり働かないのです。
 なぜならオートファジーは、体や細胞が強いストレスを受けた際にも生き残れるよう、体内に組み込まれたシステムであり、細胞が飢餓状態になったときや低酸素状態になったときにこそ、働きが活発化するからです。

 具体的には、最後にものを食べてから16時間ほど経過しなければ、オートファジーは活発化しません。
 つまり、空腰の時間を作らない限り、オートファジーによって細胞を生まれ変わらせることはできないのです。

 逆に、たとえ週に一度でも、睡眠時間に加えて何時間か「ものを食べない時間」を作れば、「内臓を休める」「脂肪を減らす」「血液の状態を改善する」といった効果に加え、オートファジーによる細胞の生まれ変わり効果を享受することができるのです。

 なお、2016年には、束京工業大学の大隈良典(おおすみよしのり)栄誉教授が、オートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞しています。
 オートファジーは今、世界中の注目を集めているといえるでしょう。

 「空腹」は、1日3食の習慣や食べすぎが体に与えたダメージをリセットし、体を内側から蘇らせてくれます。
 まさに、空腹こそが最強のクスリなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、もう数十年の間、1日2食を続けています。
 これは1日3食が食べ過ぎという考えからきたものではなく、朝は食欲が湧かないからです。若いころは、健康に関する知識もなく、意欲もありませんでした。
 また朝食を抜くことで、朝食を作る時間と食べる時間を減らして、睡眠時間を少しでも増やしたいという思いもありました。
 私が朝食を食べないと言うと、よく聞かれたのは、「午前中に腹が減らないの?」、「午前中は力が出ないでしょう」、ということでした。
 身体にそれに慣れてしまったからなのか、どちらもありませんでした。
 むしろ朝食を食べると、なんとなく体調が悪いと感じられたのです。

 そんな私が『「空腹」こそ最強のクスリ』を読んで思ったのは、「おしかった!」でした。
 夜の8時〜9時頃に夕食を摂り、次の日は朝食を抜くので食事をするのは昼の12時となります。すると食べない時間がちょうど15時間ぐらいで16時間にちょっと足りません。つまり青木医師がいう「オートファジー」が働く16時間に届かない微妙なタイミングを、数十年も続けていたことになるのです。
 だから、こんなに老けてしまったのか……、と思ってしまいました。

 そこで私は一念発起し、オートファジーが働く16時間以上空ける食事法にトライすることにしました。
 1日1食です。
 ただし、数十年続けた食生活をいきなり変えるのは体調的にも精神的も負担が大きいと考え、これまでの1日2食と1日1食を交互に行うようにしました。
 今日、1日1食にトライしたら、次の日は1日2食にして、その次の日は1日1食にトライ、といった具合です。
 数か月はこうしたパターンで続けてみようと思っています。
 身体がそれに慣れてきたら、いよいよ毎日1日1食にチャレンジしようと考えています。

 こうした1日1食生活を1週間ほど続けていますが、人生で初めて日常の生活で空腹を味わう体験になりました。
 断食との大きな違いは、精神的に非常に楽なことです。
 断食では、どんなにお腹がグュ〜と鳴っても、「食べることができない!」というプレッシャーがありました。これはかなりの精神的重圧です。でも今回は、辛くなったらナッツを食べればいいわけだし、それになんといっても、あと数時間我慢すれば食べられるという絶対的な安心感があります。
 これは大変な違いです。

 わずか1週間ですが、ウエストが明らかに細くなりました。ズボンを履いてわかりました。
 鏡を見て、「オートファジー」が効いて若返ったという風貌の変化はまだありませんが、数か月続けてみて結果を評価しようと思っています。


 最後に蛇足情報です。
 私は、食糧備蓄を始めたところです。
 もう世界では、食糧不足が起きており、じきに日本でも多くの人が気づくようになると思っています。
 ところが、日本ですでに食糧不足の兆候が現れているという人がいます。

https://www.youtube.com/watch?v=N5aGQs60dDw

 日本では食糧危機が起こっても餓死者が続出するという事態にはならないと思います。
 おそらく食品の値段が跳ね上がり、人々を苦しめるようになるとだろうと考えています。

 私は当初、1日2食を前提として食糧備蓄をしていました。
 でも1日1食なら、今の備蓄量でも充分にいけるかなあ、と考えているところです。



デクラスの行方...2021年3月19日

 以前の記事で、私は世界緊急放送によりデクラス(秘密の開示)が、3月21日までにあるのではないかと予想してると書きました。
 そのデクラスですが、その3月21日にあと2日と迫った今日(19日)まで行われていません。
 私と同じように、デクラスを待ちわびておられる方も多いと思いますが、残念ながらいまだ実現していません。

 これに関し、ある訪問者の方から私に、

「ワシントンメッセージの送り主(アースアライアンス)が、何故デクラス実行の指示が何度も撤回されているのかわからないと述べていましたが、その理由を明記したブログを発見しました」

 との情報が寄せられました。
 大いに気になるブログですが、その前に、これまでの状況を説明させていただきます。

 ワシントンメッセージとは、YouTube でトランプ氏に関する情報を発信されている石川新一朗さんの元に届く、ワシントンからとされるメールのことです。
 石川さんは、動画でこのワシントンメッセージを一字一句違わぬように朗読されています。

 当HPを読まれている方は、ご存じだと思いますが、昨年12月から石川さんの元にワシントンからとするメッセージが届くようになり、石川さんに日付が書かれた封書が3通託されました。
 封書に書かれた日付が来たら、開封し、石川さんの動画で人々に向けて発信してほしいという依頼でした。
 1通目はネサラ/ゲサラに関するもので、当HPでその内容を紹介させていただきました。

 2通目ですが、すでにデクラスが行われ、人々に予備知識があった上で告知する内容だったようですが、デクラスが遅れている為、そのまま開示されました。
 内容は、銀河法典に関することです。
 トランプ氏の背後にいる勢力として、地球上ではアースアライアンス(地球連合)と呼ばれる人々がおり、さらにその背後でポジティブなET達の連合であるギャクラクシーアライアンス(銀河連邦)が応援しているといいます。
 そのギャクラクシーアライアンスのゴーサインのもとに、デクラスが始まる段取りが出来ているのですが、どういうわけかゴーサインが来ないといいます。
 アースアライアンスの人も、その理由がわからないと言っているのです。

 こうした話が石川さんの動画が流れたのですが、トランプ氏を支持する人たちの大半は、「はぁ?、なんのこっちゃ……」となったと思います。
 レプティリアンやドラコニアンはどこかで聞いたことがあったとしても、キメラ、アルコンというのがいて、人間の恐怖の感情をエネルギー源にしているとか、北欧系の風貌のプレアデス星人が地球人との仲介役をしていると聞いて、ああ、そうですかとすんなり納得する人はほとんどいないと思います。
 こうしたETに関する話を受け入れるには、ETに興味があり事前に基礎知識を得た人でないと無理があります。初めて聞いた人には、別世界の話のように聞こえてしまうでしょう。
 なんといっても、トランプ氏を支持する人々は、デクラスによってDSの悪行が白日の下に晒され、トランプ氏がいつ戻ってくるのかというのが最大の関心事です。
 ですから、デクラスによってトランプ氏の背後にいる勢力がいかなるものかを事前に知る必要があったのだと思います。

 さて前置きが長くなりました。
 デクラスが遅れている理由について書かれたブログを紹介させていただきます。
 私は正直なところ、このブログの真偽はわかりません。ですから、読まれた方々でご判断いただければと思います。

 吉野奏美(かなみ)さんの『夢をかなえる魔法のブログ』で、このブログを教えていただいた方によると、プレアデスの存在と20年以上前からコンタクトしている日本人女性とのことです
 かなみさんの記事によると、DSを操っていたネガティブETであるレプティリアンの技術がここ数か月で飛躍的に進歩し、地球の司令官の肉体を乗っ取りコントロールしているといいます。
 この地球の司令官は、銀河連合の指示を地球連合に伝える重要な位置を占める役割だといいます。
 すでに銀河連合からデクラスを行うように指示(ゴーサイン)が出ていた(3月13日)のですが、この憑依された地球の司令官は、地球連合には、「数日以内にデクラスを行う」とだけ告げて、結局ゴーサインを出さなかったといいます。
 以下、興味のある方は以下のブログの記事を読んでみて下さい。


@3次元の最終戦争
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12662663439.html

A3次元の最終戦争 2
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12662866273.html

B3次元の最終戦争 3
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663063227.html

C3次元の最終戦争 4
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663247032.html

D3次元の最終戦争 5
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663443092.html

E3次元の最終戦争 6
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663756830.html

F3次元の最終戦争 7
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12663854925.html

G3次元の最終戦争 8
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664076886.html

H3次元の最終戦争 9
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664240069.html


 かなみさんはCで、以下のように言われています。

 「もうすでにバイデンとかトランプとか言っているレベルではないのです」

 そして、

 「とにかく私達が出来ることは多次元的な存在なんだと1人1人が認識して再び自分の才能を取り戻すことです。そうすれば、この話が本当かどうか議論することもありません」

 と言われています。
 ETに関する話なので、私達一般人には検証する手段がありません。
 一人一人の直観で、真偽を判断していただければと思います。



  デクラスの行方(その2)...2021年4月4日に追加

 以前の記事「デクラスの行方」で、デクラス(秘密情報の開示)が遅れている原因かもしれないということで、吉野奏美(かなみ)さんのブログを取り上げさせていただきました。
 私は、吉野奏美さんがどういう活動をされてきたのか知りたいと思い、吉野さんの本(本だと思ったら漫画だったのですが)、『霊感体質かなみのけっこう不思議な日常』シリーズを取り寄せて読んでみました。
 全10巻のうち、現在7巻まで読みました。
 読んだ結果ですが、吉野さんの霊感能力は本物ではないかと思うに至りました。
 本では、吉野さんと様々な霊的存在との会話が載っているのですが、私がそこで感じたのは、実にリアルで、実際に霊的存在と会話しているとしか思えないということでした。

 それゆえ、吉野さんがデクラスが遅れている原因として、レプティリアンが地球司令官に憑依して指示系統が寸断され、アースアライアンスにデクラスの指示が出なかったという話は、私は確信はないものの、本当の可能性があると思っています。
 もちろん、訪問者の方々は私の勝手な感想を信じる必要はなく、ご自身の直観で判断して下さい。

 その吉野さんのブログに、その後の展開が載っています。

@地球は解放される
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664649422.html

A4次元、光の勝利!!
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12664854719.html

B4次元、光の勝利 2
https://ameblo.jp/angelique22/

C4次元、光の勝利 3
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665243407.html

D4次元、光の勝利 4
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665434037.html

E宇宙評議会の判断
https://ameblo.jp/angelique22/entry-12665723442.html


 タイトルでわかるように、憑依したレプティリアンは排除され、来月中にもデクラスは行われるのではないかということです。
 Bでは、吉野さんが「天照大神ねーさん」から聞いた話として、「4月2週目から3週目に動きがある」とのことです。
 デクラスとは言っていませんが、何らかの動きがあるかもしれないので、私は注目していこうと思っています。



日本の水道に関すること...2021年3月14日

 前回の記事で、人間(に限らず生命)にとって、水は空気の次に不可欠なものだと書きました。
 私達の日本において、その水が危険な状況になりつつあるという記事を今回は紹介したいと思います。
 今はそんな言い方をしないかもしれませんが、日本では「水と安全はタダ」という言葉がありました。蛇口をひねれば、常に飲める水が出てくるのは当たり前で、その有難みを感じる日本人はほとんどいないということを表しています。
 しかし、水道の水が飲める国は、世界で15ヶ国しかないと聞けば、あれっと思う日本人もいると思います。アジアでは、日本とアラブ首長国連邦の2ヶ国のみと聞けば、なおさらです。
 日本では、その水道普及率が97.9%というのですから、改めて思うことは、日本は水に関して実に恵まれているということです。
 その日本の水が、極めて危険な状況にさらされていると聞いて、驚く人は多いと思います。
 なぜなら、そうした事実を日本人に周知さられないように巧妙に隠されたからです。
 水道法の改正案が衆議院で可決した2018年7月、多くの日本人の注目を集めていたのは、オウム真理教の死刑執行のニュースでした。
 それゆえ、日本人にとって命のインフラともいえる重要な水に関する法案が可決したことを知る日本人は、少数派です。

 今回は『株式会社アメリカの日本解体計画』(堤未果著、経営科学出版)と、『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)から抜粋して紹介します。
 私は、堤未果(つつみ みか)さんは、普段はジャーナリストとして個人の感情をあまり出さない人だと思っていました。その堤さんが、オウム真理教の死刑執行を煙幕として日本人に知られないように水の法案が可決したことに、「強い怒りを感じずにはいられません」と強い言葉を述べられています。

 まず全体像の概略として、『株式会社アメリカの日本解体計画』から紹介させていただきます。


 ・・・<『株式会社アメリカの日本解体計画』、p113〜p115から抜粋開始>・・・

 日本の水を狙う企業はどんな形で入りこむのか

 水道ビジネスでは世界トップのフランスのヴェオリア・ウォーター(注:フランスの多国籍総合環境サービス会社ヴェオリア・エンバイロメントの水処理事業部門会社。世界で合わせて9万5千人の従業員を抱え、66の国で水事業を展開する。スエズ、テムズ・ウォーターと並ぶ世界三大水処理企業の一つ)が中心になって日本に進出してきています。
 先ほどお話ししたように、ここでもまずチェックすべきは政界と業界の間の「回転ドア」です。
 水道の運営権売却の規制緩和を決める会議メンバーに、ヴェオリア・ウォー夕一社の社員が、ちゃっかりと入っていました。
 その結果、さらなる規制緩和が進められ、2018年12月の水道法改正によって、自治体が所有したまま、水道運営権を企業が買えるようになった上に自然災害など緊急時の供給は自治体の責任という、まさに企業にとってリスクゼロの、一番おいしい投資商品となってしまったのです。
 02年に日本法人を設立したヴェオリア・ウォーターは、その後地方の下水道管理の受注を増やしながら、ずっとこの法改正を待っていました。
 水道法が改正された18年と言えば、西日本豪雨があった年です。
 あの時、西日本と北海道を中心に、広範囲で河川の氾濫や堤防の決壊による浸水、土砂災害が相次ぎ、土砂崩れや浸水による被害が起きたことを覚えているでしょうか?
 豪雨の後の被災地を襲ったのが、連日37度を超える猛暑と水不足でした。
 多くの家が断水し、トイレの水を流せず、お風呂に入れず、水も飲めずに熱中症で亡くなる人まで出る中で、ツイッターにこんな言葉が書きこまれたのを今も覚えています。
 「水なしでは、生きられない」
 岡山県真備町が水没した映像が全国に流れていたあの時期(7月)に、水道法改正案が衆議院で可決したことに、私は同じ日本人として、今も強い怒りを感じずにはいられません。

 しかし、国民はこの動きに全く気がつきませんでした。
 何故なら他のニュースに気を取られていたからです。
 覚えていますか?
 あの日、日本中のワイドショーが朝からずっと、「オウム真理教の死刑執行のニュース」を流していたことを。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 水道事業を公営化から民営化することが、なぜ悪いのかと思われる方も多いかもしれません。
 民間企業のノウハウを取り入れることにより、競争原理によって価格は下がり質は向上すると説明されているからです。
 世界ではすでに、水道事業を民間に解放している国が多々あります。そうした国で何か起こったかを知れば、競争原理によって価格は下がり質は上がるということが幻想であることがわかります。
 少し長くなりますが、『日本が売られる』(堤未果著、幻冬舎)から一気に抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『日本が売られる』、p14〜p33から抜粋開始>・・・

 水が売られる

 「平成30年7月豪雨」がもたらしたもの
 2018年7月。
 西日本と北海道を中心に、日本を記録的豪雨が襲った。
 広範囲での浸水、水道管は破裂し工場は爆発、学校や公共施設も水没し、雨で地盤が緩み家屋には土砂が流れ込む。自衛隊や消防隊がボートやヘリコプターで懸命に救助するも、豪雨災害としては平成で最悪の、200人を超える死者を出したのだった。
 豪雨の後の被災地に、さらに過酷な二次災害がやってくる。
 連日37度を超える猛暑と水不足だ。
 20万戸以上が断水し、トイレが流せない、お風呂に入れない、家の中に溜まった泥をかき出したスコップも洗えない。猛烈な暑さの中、水が飲めずに熱中症で死亡する人も出た。
 愛媛県宇和島市吉田町の住民の1人は、ツイッターにこう書き込んだ。
 「もうダメだ。水なしでは生きられない」
 日本には「水と安全はタダ」という言葉がある。
 水道普及率は97.9(2015年度)、憲法第25条の生存権で守られた、国民にとって何よりも貴い「命のインフラ」だ。
 21億人(世界人口の10人中3人)が安全な飲み水を手に入れられず、45億人(10人中6人)が安全に管理されたトイレを使えないこの世界で、貧乏金持ち関係なく、いつでもどこでも蛇口をひねれば、綺麗に浄水された水が24時間出てきて飲める恵まれた国はそう多くない(ユニセフ+WHO、2017年データ)。
 国土交通省が発表している水道水が飲める地域は、アジアでは日本とアラブ首長国連邦の2ヵ国のみ、その他はドイツ、オーストリア、アイルランド、スウェーデン(ストックホルムのみ)、アイスランド、フィンランド、ニュージーランド、オーストラリア(シドニーのみ)、クロアチア、スロベニア、南アフリカ、モザンビーク、レソトの15ヵ国(196ヵ国中)だ。
 それがなければ生きられない、命のインフラ「水道」は、同時に巨大な金塊でもある。
 ビジネスにすると、唸(うな)るように儲かるからだ。
 1995年8月。当時世界銀行副総裁だったイスマイル・セラゲルディン氏はこう言った。「20世紀は石油を奪い合う戦争だった。21世紀は水をめぐる戦争になるだろう」
 そして、その言葉は現実になる。

 「4000億ドル市場の水ビジネスに投資せよ」

 水道民営化は1980年代、「新自由主義の父」と呼ばれた、シカゴ大学のミルトン・フリードマン教授から始まった。
 まず南米で導入され、次にフリードマン教授の愛弟子であるサッチャー元首相がイギリスに導入、90年代には世界銀行やIMFなどの国際金融機関が水道民営化を債務国への融資条件に入れ、その波は北米から欧州諸国、南米、アジア、アフリカと、先進国と途上国の両方にみるみる拡大してゆく。
 〈民間企業のノウハウを活かし、効率の良い運営と安価な水道料金を!〉
 耳に心地よいスローガンと共に導入された水道民営化は、どんな現実をもたらしたのか。
 公営から企業運営になった途端、水は「値札のついた商品」になる。
 「採算度外視でも国民に安全な水を供給する」ことを目的とする公営水道と違い、運営権を手に入れた民間企業がまず最初にやることは、料金の改定だ。
 世界の事例を見てみると、民営化後の水道料金は、ボリビアが2年で35%、南アフリカが4年で140%、オーストラリアが4年で200%、フランスは24年で265%、イギリスは25年で300%上昇している。
 高騰した水道料金が払えずに、南アフリカでは1000万人が、イギリスでは数百万人が水道を止められ、フィリピンでは水企業群(仏スエズ社、米べクテル社、英ユナイテッド・ユーティリティーズ社、三菱商事)によって、水道代が払えない人に市民が水を分けることも禁じられた。
 民営化して米資本のべクテル社に運営を委託したボリビアの例を見てみよう。
 採算の取れない貧困地区の水道管工事は一切行われず、月収の4分の1にもなる水道料金を払えない住民が井戸を掘ると、「水源が同じだから勝手にとるな」と、ベクテル社が井戸使用料を請求してくる。
 困った住民が水を求めて公園に行くと、先回りしたべクテル社が水飲み場の蛇口を使用禁止にし、最終手段で彼らがバケツに雨水を溜めると、今度は一杯ごとに数セント(数円)徴収するという徹底ぶりだった。
 株式会社の最大の役目は、株主に投資した分の見返りを手渡すことだ。
 与えられた使命を全力でこなすべクテル社に対する、株主たちの信頼は厚い。
 追いつめられ汚れた川の水を飲んだ住民が感染症でバタバタ死亡する間も、運営権を持つべクテル社の役員や株主への報酬は、止まることなく確実に支払われていた。

 水は21世紀の超優良投資商品

 世界中のどこでやっても、じゃぶじゃぶ儲かる水道ビジネスは、「開発経済学」の概念を全く新しいものに上書きしてゆく。
 開発とはもはや「そこに住む人々の生活向上と地域発展のため」ではなく、「貴重な資源に市場価値をつけ、それをいかに効率よく使うか」という投資家優先の考え方になっていった。
 世界銀行やアジア開発銀行(ADB)、アフリカ開発銀行などの多国間開発銀行とIMFは、財政危機の途上国を「救済する」融資の条件に、必ず水道、電気、ガスなどの公共インフラ民営化を要求する。
 断ればIMFはその国を容赦なくブラックリストに載せるため、途上国側に選択肢はない。
 国際金貸しカルテルの親玉であるIMFのブラックリストに載せられたら最後、援助国の政府や金融機関は、もうその国に援助をしなくなるからだ。
 この手法により、水の民営化は南米やアフリカ、アジアの国々に広がっていった。前述したボリビアや、90年代の韓国、最近では金融危機でIMFに支援を要請したギリシャも同様だ。
 多国間開発銀行は財源不足の水道を抱える国に対し、まず公共水道事業の一部を民間企業に委託させ、それから水道の所有権や運営権を企業に売却できるよう法改正させる。
 その際、国民が疑問を持たないよう「民営化こそが解決策だ」という全国キャンペーンを展開させることも忘れない。
 彼らは水道だけでなく、「医療」「農業」「教育」の民営化を世界各地に広げるべく、尽力し続けている。
 世界銀行の評価セクションには、この手法を使われた多くの国が、水の水質や安定供給に対し大きな不満を表明しているというデータが届いていた。だがそうした当事者たちの声が問題になることはなかった。同行の「民間開発戦略」の中心はあくまでも「投資家のための環境改善策」(民営化、競争、規制緩和、〈企業の〉所有権強化)であり、そちらの方がはるかに優先順位が上なのだ。

 「水がタダの時代は終わった」〜世界水会議〜

 1996年、水道民営化を推進する国際シンクタンク「世界水会議」がフランスに設立される。
 会長は世界3大水企業の一つである、仏ヴェオリア社の子会社社長のルイ・フォション氏だ。
 現在世界の3大水企業は、水男爵と呼ばれる仏のヴェオリア社とスエズ社、英のテムズ・ウォーター社の3社だが、世界水会議が3年に一度開催する「世界水フォーラム」には、彼らを筆頭に世界銀行やIMF、アジア開発銀行に大手グローバル水道企業、各種投資家などが集まり、いかに世界に水ビジネス市場を広げてゆくかを話し合う。
 2000年に行われた第二回世界水会議では、水道ビジネスにかかったコストは、全てその地域の消費者から回収すべきだとする「フルコスト・プライシング」という新ビジョンが打ち出された。
 なにせ水ビジネスは世銀元副総裁の言うように、石油よりも巨大な金脈、21世紀の超優良投資商品なのだ。
 多くの国際協定もまた、国境を越えた水ビジネスを精力的に推進している。
 例えばNAFTA(北米自由貿易協定)は締結国に対し、フェアな競争を維持するという名目で、商業用水源利用における国内企業優遇政策を禁止した。さらに3国間での大規模な水の輸出入によって環境被害が発生しても、企業側には輸出量削減や輸出停止などの措置は一切課されない。
 水企業と投資家たちは確信していた。
 飲み水がタダの時代は終わった。そして、これはまだまだ序の口なのだ。
 グローバル食品メーカー最大手のネスレ社が行った調査によると、「2025年までに地球の3分の1の人々が新鮮な水にアクセスできなくなり、2050年までには、地球は壊滅的な水不足に陥る」という。
 水という「商品」につけられる値段は、ますます釣り上げられていくだろう。
 2018年7月の経産省のデータによると、2015年に84兆円だった世界の水ビジネス市場は、2020年には100兆円を超えると予測されている。

 「もう嫌だ、再公営化する!」すると莫大な請求書が……

 世界の水道民営化に関する調査機関PSIRU(公共サービス国際研究所)のデータによると、2000年から2015年の間に、世界37ヵ国235都市が、一度民営化した水道事業を、再び公営に戻している。
 主な理由は、@水道料金高騰、A財政の透明性欠如、B公営が民間企業を監督する難しさ、C劣悪な運営、D過度な人員削減によるサービス低下、などだ。
 民営化推進派はこんな風に言う。
 「やってみなければ、わからないじゃないか。うまくいかなければ、また国営に戻せばいい」
 だが一旦民間に渡したものを取り返すのは、そう簡単ではない。
 契約打ち切りで予定していた利益が得られなくなる企業側も、黙っていないからだ。
 全米の水道事業の24%が民営化されている貧困大国アメリカでは、1998年に水道を民営化したジョージア州アトランタ市が、〈水道管から泥水が噴出する〉〈蛇口から茶色い水が出てくる〉などの苦情が多発したため、5年後の2003年に再び市営に戻すことを決定し、痛い目に遭っている。企業に売った水道事業の株式を全部買い戻すためにかかった莫大な費用が、全て税金として市民の肩にのしかかったのだ。
 同じく再公営化を申し出たインディアナ州は、ヴェオリア社と結んだ契約期間がまだ10年間残っていたため、2900万ドル(約29億円)の違約金を支払わされている。
 ボリビアのコチャバンバ市が40年の契約期間を途中解除した際、米べクテル社に支払った金額は2500万ドル(約25億円)だ。それだけあればボリビアで2万5000人の教師を新しく雇い、貧困家庭12万世帯に水道を引くことができる。
 結局、公共水道民間委託のツケを最初から最後まで払わされたのは、ボリビアの納税者だった。
 再公営化のために一度結んだ契約を解除する際、得られるはずの利益を侵害したとして、企業側から訴えられるケースも少なくない。
 国内18の水道事業を民営化し、その後バクテリア検出や供給不備などのトラブルで半数を国営に戻したアルゼンチン政府は、再国営化の際、契約していた9企業のうち6社から提訴された。
 この手の裁判は「企業利益に損害を与えたかどうか」が判断基準になるため、政府側は圧倒的に不利になる。
 裁判は全てアルゼンチン政府が敗訴、賠償額は6社のうち米資本のアジュリー社だけで、1億6500万ドル(約165億円)だった。
 だが、そこまで巨額の賠償金を支払ってでも水道を公営に戻したいという国は後を絶たず、1990年代から本格化した水の民営化は、その後2005年頃をピークに減り始める。
 そんな中、世界の流れと逆行し、今になって水道民営化を高らかに叫び出した国が、ここ日本だった。

 世界が水道再公営化に向かう中、日本は民営化をスタート

 高度成長期に作った日本全国の水道管は、現在約1割が耐用年数を超えている。
 だが修理しようにも、肝心の都道府県の財政は火の車、人件費もギリギリまで減らし、給水人ロ5000人以下の自治体では職員が1人か2人、技能者に至ってはなんと「ゼロ」だ。
 事業の9割は黒字経営だが、人口5万人を切る自治体では赤字になっている。
 本来国民の命に関わる水道は、憲法第25条の適用で国が責任を取る分野だが、残念ながら我が国の政府にその気はなかった。
 代わりに打ち出されたのは、世銀や多国間開発銀行、投資家たちが推進する手法、日本の水道を企業に売り渡す「民営化」だ。
 実は日本の水道は、全国に「民営化」「規制緩和」というキーワードを流行らせた小泉政権下で、当時経済産業大臣だった竹中平蔵氏の主導により、すでに業務の大半を民間に委託できるよう法律が変えられている。
 だが外国人投資家たちには、大きな不満があった。
 台風や豪雨や地震などしょっちゅう自然災害が起きる日本では、その度に全国で老朽化した水道管が壊れ、莫大な復旧費用がかかるのだ。
 世界最大の水ビジネス企業である仏ヴェオリア社の日本法人が、広島市と埼玉県の下水処理場、福岡県大牟田市と熊本県荒尾市での運営権など一部を手に入れているものの、この投資リスクのせいで、なかなか日本全国の水道への本格的な外資参入が進まない。
 「30兆円規模の巨大資産」を前に、投資家たちはフラストレーションを募らせていた。
 外資が日本の水道を買いやすくするためには、企業にとってのリスクを減らし、確実にリターンが見込めるよう、政府がチェンジを起こさねばならない。
 2011年3月11日。東日本大震災当日に、民主党政権は公共施設の運営権を民間に渡し、民間企業が水道料金を決めて徴収できるよう、PFI法改正案を閣議決定する。自治体が水道を所有したまま、運営だけ民間企業に委託するという「コンセッション方式」の導入だ。
 災害時に破損した水道管の修理などは自治体と企業で折半し、利益は企業のものになる。
 結果が出たのはそれから1年後の2012年3月、ついに外国企業が単独で日本の水道事業を運営する初のケースが現れた。
 仏ヴェオリア社の日本法人が、松山市の浄水場運営権を手に入れたのだ。契約期間5年、ついた値札は12億9654万円だった。民営化推進派はこの契約を、いつものフレーズで礼賛(らいさん)した。
 〈公共サービスを民間企業に任せることで、無駄がなくなり水道料金は下がり、サービスの質は上がるだろう〉
 だがここに、見落としてはならない事実が一つある。複数の電力会社が一つの送電網を共有して電気を流す電力と違い、1本の水道管がつなぐ水道は、1地域につき1社独占になる。つまり水道というインフラには、利用者を引きつけるためにサービスの質や価格の安さで勝負しなければと民間企業に思わせるための〈競争〉が存在しないのだ。

 「日本の水道バーゲンセール」のお知らせ

 売りたいものがある時に、お客様へのセール告知は欠かせない。
 2013年4月当時の麻生太郎副総理は、米国ワシントンにあるシンクタンク「戦略国際問題研究所(Center for Strategic and International Studies)」の席でこう発言した
 「世界中ほとんどの国では、プライベートの会社が水道を運営しておられますが、日本では自治省以外では、この水道を扱うことができません。
 しかし水道料金の回収が99.9%というようなシステムを持っている国は、日本の水道会社以外にありませんけれども、この水道は全て国営もしくは市営、町営でできていて、こういったものを全て……民営化します」
 国際交渉の場でもなんでもない、他国の民間シンクタンク主催のイベントで、副総理がこんな重大なこと(水道バーゲンセールのお知らせ)を宣言するのは論外だろう。
 映像には「民営化します」という力強い発言が出た瞬間、隣に座っていたマイケル・グリーン氏が、興奮したのか思わず手元の水を飲む姿が映っている。
 麻生副総理は口だけでなく、行動する人間だ。
 日本政府は同じ月に、早速EU(欧州連合)と経済連携協定の交渉を開始した。
 この協定には、公共事業に外資が一気に参入できる仕掛けが理め込まれている。
 日本が持つ宝の山へのパスポートとなる日欧EPA(経済連携協定)に、ヴェオリア社幹部と投資家たちが胸をときめかせたことは言うまでもない。

 大阪市では「水を企業に委ねてええの?」

 麻生副総理による水道バーゲンセール告知の2日前、「公共インフラの運営権を民間企業に売却しましょう」と日本政府に提案していた、もう1人のキーパーソンがいた。
 小泉政権で日本の水道を最初に民営化した立役者であり、今は安倍政権の産業競争力会議メンバーである、竹中平蔵民間議員(注:議員といつても選挙で選ばれるのではなく総理が指名。現在各分野の規制緩和法案骨子は彼らによって作られている)だ。
 竹中氏はこの時、2012年に橋下徹市長(当時)が「水道民営化構想」を掲げていた大阪市を、優良事例として紹介した。
 「競争がサービスの質を上げ、水道料金を下げ、それが市民に還元される!」
 橋下市長は水道民営化のメリットを繰り返し強調し、2014年4月に水道事業の運営権(30年)を、市が全額出資する民間企業に2300億円で売る方針を発表する。
 だがシビアな大阪人たちは瞬時に算盤(そろばん)を弾き、この提案に眉をひそめた。
 その提案があった年、大阪の水道事業は103億円の利益を上げていたからだ。
 長期間かけて少しずつ返済する債務はあるが、経営は黒字。2003年の高度浄化処理システム導入以降は品質の良い美味しい水が安く供給できている、優良自治体なのだ。
 なぜわざわざ民営化するのか?
 2300億円?
 最初は100%市の出資でも、5年後からは民間も出資できるというのがどうもキナ臭い。
 「大阪が水道民営化の実験場にされる」と警戒した平松邦夫前大阪市長は、「大災害が起きた時、ライフラインの復旧が公営でなく民営だと国の支援を受けられる保障がない。水道は民営化すべきでない」と強く反対、「生命の源、水を営利企業にゆだねてええの?」と題して市内で緊急集会を開き、市民にパブリックコメントの提出を呼びかける。
 結局、民間企業が運営することで水道料金が上がるリスクや、企業側のコスト削減による水質悪化などの懸念が出され、大阪市の水道民営化法案は市議会で否決された。
 後任の吉村洋文市長が2017年3月に再度民営化を提案したが、市議会は納得せず、再び廃案にされている。
 同じように市の条例を改正し水道を民営化しようとした奈良市も、やはり市議会が承認していない。
 民営化推進派は腰を上げた。仕方ない、自治体がぶうぶう言うならば、与党が多数を持つ国政から、一つ後押してやるとするか。
 竹中平蔵氏や麻生太郎副総理の主導で法改正がどんどん進められ、その間マスコミは行儀よく沈黙していた。

 民営化を渋る自治体の鼻先にニンジンをぶらさげよ

 2018年5月、企業に公共水道の運営権を持たせるPFI法を促進する法律が可決する。
 まずは自治体が水道民営化しやすいよう、企業に運営権を売った自治体は、地方債の元本一括繰り上げ返済の際、利息が最大全額免除されるようにした。
 日本の自治体はどこも財政難だ。借金返済軽減という特典がついてくるなら、今後は積極的に水道民営化を選ぶだろう。その際自治体と企業がスピーディに契約できるよう、今までの面倒なステップもなくし、ごく簡単な手続きだけでOKにする。
 「水道料金」は、厚労省の許可がなくても、届けさえ出せば企業が変更できるようにした。
 実は日本の水道が電気と同じ「原価総括方式」であることは、あまり知られていない。
 水道設備の更新費用のみならず、株主や役員への報酬、法人税や内部留保なども全て「水道料金」に上乗せできる。人口が年々減っているのに、今もダム建設が止まらず水道料金が上がり続けるのはこのためだ(電気料金は2020年で総括原価方式を廃止予定)。
 料金については自治体が「上限を設定できる」ことになっているが、これについては企業側が心配する必要はないだろう。水道はその地域を1社が独占できるため、値上げ交渉では企業が圧倒的に有利になるからだ。
 設備投資の回収や維持費など、あれこれ理由をつけて値上げの正当性を訴えれば、他に選択肢のない自治体はノーと言えなくなる。
 口うるさい議会の反対で足を引っ張られた大阪市の二の舞にならぬよう、「上下水道や公共施設の運営権を民間に売る際は、地方議会の承認不要」という特例もしっかりと法律に盛り込まれた。これで水道の運営権を売買する際、議会は手出しできなくなる。
 ウォール街の投資家たちは大満足だった。
 日本の水道運営権は、巨額の手数料が動く優良投資商品になるだろう。
 何よりも素晴らしいのは、災害時に水道管が壊れた場合の修復も、国民への水の安定供給も、どちらも運営する企業でなく、自治体が責任を負うことになったことだ。
 日本の法律では、電気やガスは「電気事業法」「ガス事業法」という法律のおかげで、ガスや電気の安定供給の責任はしっかり事業者に課せられている。
 だが水道だけは「水道事業法」が存在しないのだ。それをいいことに今回の法改正では、その責任は事業者から自治体につけ替えられた。
 これなら企業は自然災害大国日本で、リスクを負わず、自社の利益だけを追求すればいい。
 国政が水道民営化を後押しするこの法案の可決から1ヵ月後の2018年6月。大阪市は市内全域の水道メーター検針・計量審査と水道料金徴収業務を、仏ヴェオリア社の日本法人に委託した。宮城県も2020年から、県内の上下水道運営権を民間企業に渡す方針だ。
 静岡県浜松市は、2017年に国内初の下水道長期運営権を仏ヴェオリア社に売却し、20年の契約を結んでいる。熊本県合志(こうし)市、栃木県小山市も後に続いた。
 今後この動きは、全国でスピーディに広がってゆくだろう。

 オウム真理教の死刑でかき消された「水道民営化法案」

 水道を所有したまま運営権だけ企業に売る自治体が増え始めたら、いよいよ次のステップだ。
 複数の自治体の水道を一つにまとめ、水ビジネスを大規模化する。さらに水道料金に関する部分を、「公正妥当な料金」から「健全な経営のための公正な料金」と書き換えて、企業の利益を保障するための値段設定ができるようにした。これで自治体のつけた料金上限を超えた値上げをしても、企業側は「健全な経営のため」だと言って正当化できるようになる。
 2018年7月5日。水道民営化を含む「水道法改正案」は、委員会で9時間、本会議ではわずか2日の審議を経て、衆議院本会議で可決された。
 だが大半の国民は、この重大な法律に全く気づかなかった。
 本来なら新聞の一面にデカデカと乗り、テレビで大きく取り上げられるはずのこのニュースが、紙面のどこにもなかったからだ。
 日本中のマスコミは足並みを揃えたように、オウム真理教の麻原彰晃と幹部7人死刑執行の話題を一斉に流し、日本人のライフラインである水道が売られることへの危険について、取り上げることはなかった。
 この法案の最終採決は秋の臨時国会以降になるが、すでに6月の大阪府北部地震で起きた水道管破損を理由に、「民間のノウハウが必要」というロジックが展開されている。

 2018年7月上旬、西日本は未曽有の豪雨災害に見舞われた。
 近畿や四国などで記録的な大雨が降り、200人を超える犠牲者と甚大な住宅被害を出したこの災害で総理の外遊がキャンセルされると、代わりにEUのトゥスク大統領とユンケル欧州委員長が来日し、日欧EPAが正式に署名された。
 麻生副総理が米国で誇らしげに語った「水道料金回収率99.9%」を持つ日本の水道事業、30兆円の価値を持つ「日本の資産」への入り口が、音を立てて開いてゆく瞬間だった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ベンジャミン・フルフォード氏は、前々から安倍前首相以上に麻生副総理を強く非難していました。
 それは、日本の水道事業を外資に売り渡した張本人こそ麻生副総理だと見做しているからだと思います。



たまには雑談でも...2021年3月7日

 今回の記事は、情報の提供ではありません。
 サイモン・パークスさんも一時期は忙しく情報の発信はありませんでしたが、再び発信されており、ネットでは色々な情報が飛び交っています。
 3月12日に新型コロナに関する発表があるとか、3月15日に新たな金融システム(QFS)での為替交換が可能になるとか、3月20日にトランプ氏が19代共和国大統領に就任するとかいったことです。
 でもDS側のディスインフォメーションもあるでしょうし、軍事作戦が遅れているとのことなので、こうした日付を鵜呑みにするわけにもいきません。
 私自身も、3月21日までにデクラス(秘密情報の開示)があることを期待していますが、気長に待とうと思っています。そう遠くない日に、必ず何か起こるはずだと信じていますので。
 そんなわけで、今回は一休みといった感じで、私の雑談を4つほど書いてみました。
 情報ではないので、時間があるという方は暇つぶしに読んでみて下さい。


春の暖かさを感じるようになってきました

 東京から長野県茅野(ちの)市に引っ越した去年の11月初旬、私は茅野駅近くの飲み屋にいました。
 そこで東京から茅野に引っ越したばかりの私に、地元のお客さんがポツリと、「しかしまあ、冬の時期に茅野に引っ越すとはねぇ・・・」といった、あきれたのか感心したのかわからないような言い方をされました。そしてこの言葉が、忘れられないものとなりました。
 諏訪湖が全面的に凍り、歩いて諏訪湖を渡れる現象を御神渡り(おみわたり) といい、このとき茅野市で、−14℃を記録したと以前の記事に書きました。
 今年の冬で私が茅野で体験した最低温度は−9℃でした(今年の冬は御神渡りはありませんでした)。
 私は、毎朝起きたときに温度計をチェックする習慣がついたのですが、室内で一番低かった温度は、−4.2℃でした。
 朝、暖かい布団から出るときの温度が−4℃というのを想像してみて下さい。
 かなりのものです。
 私は、周りから散々脅されたので、寒さに対抗する為にあらゆる手段を取ることにしました。
 リビングにカーペットを敷いたのですが、コタツの下のエリアにはカーペットの下にさらに断熱シートを敷きました。これは優れモノで、断熱シートを敷く前はコタツがなかなか温まらなかったのですが、断熱シートを敷いたらすぐに温まるようになりました。
 しかし一番の問題は寝室です。
 寒さで充分な睡眠が取れないと体調を崩すのは目に見えています。
 私は秘密兵器を導入することにしました。
 テントです。
 1〜2人用で室内で使う保温用テントがあるのです(タスミ暖房テント ファブリック 値段は6千円台)。
 このテントは、重宝しました。
 室内の気温に比べて、テント内は4〜5℃ほど暖かい感じです。
 さらに耐え難い寒さの日は、ストーブの温風をテント内に送り込みます。
 円柱状のフレキシブルなダクトで、ストーブの前に置いて温風をテント内に引き込むのです(本宏製作所 省エネ温風パイプ だんらん ST アイボリー 値段は2千円弱)。
 これは、普段は八ヶ岳に住んでいて、冬になると都会の実家で過ごされるという訪問者の方に教えてもらいました。その方はストーブの温風をコタツに引き込むようにされていましたが、これをテント内に引き込むと効果は抜群でした。どんなに寒い日でも、ぬくぬくと寝られます。
 ただし、やっぱり朝は寒いです。
 私は、あえてアンカはしませんでした。持ってはいるのですが、、アンカをしてしまうと身体がそれに甘えてしまい、身体を温める機能が弱まると聞いたからです。

 3月に入り、暖かい日が多くなりました。
 今年の冬ほど、温度計を見たことはありません。毎日気温をチェックするのが日課となってしまいました。

 さて、茅野市の冬を過ごした私の体験から言えることは、「茅野市で冬を過ごすべきではない!」です。
 去年の夏、物件探しで茅野を訪れた時は、その過ごしやすさに感動したものです。
 でも冬を過ごして、「もう茅野で冬を過ごすのは御免だ!」という気分になってしまいました。
 アパートを借りてしまった以上、すぐに引き払う選択肢はありません。
 なにしろ、春、夏、秋は本当に過ごしやすいのです。

 では冬はどうするか。
 現在思案中です。
 お金があれば、冬の間は沖縄にでもアパートを借りて住むという手もありそうです。
 でも、ビンボーな私にそんな余裕はありません。
 しかし、湯治で長期間住むという人もいると聞きます。
 お金が無くても、冬の間だけ暖かい地方(最悪、東京でもいい)に住むという手段を、これから真剣に考えていこうと思っています。


田舎に染まったのか・・・

 昔、私の若い頃、太田裕美さんの歌の歌詞に、「都会の色に染まって・・・」というフレーズがありました。
 今や遠距離の新幹線通勤も珍しくなく、東京から沖縄や北海道まで飛行機で2時間で行けるので、無理をすれば日帰り可能です。田舎に住んでいる若者でも、都会は気軽に遊びに行ける場所となり、都会の色に染まるという言葉は、もはや死語なのかもしれません。
 今回の話は、私は田舎に染まったのか、という話題です。

 東京に住んでいる時から、私は添加物を摂らない無添加生活をしていました。
 それゆえ、自炊が基本です。
 しかし用事があって外出しているときは、弁当を作るほどの気力はないので外食していました。
 私は中華チェーンの王将の餃子が好きで、外食せざるを得ないときで近くに王将があれば、必ずといっていいほど行っていました。
 長野県の茅野市に引っ越した当初、ああ、いよいよ王将の餃子ともお別れだなと思っていたのですが、車で走っていて王将の店を見掛けて驚きました。道沿いを走ってみると、スシローやかっぱ寿司もあるし、デニーズもあります。イオンやニトリ、ドンキホーテまであったのです。
 うーん、ここは田舎と言えるのか・・・、と思ったのですが、もちろんそうした店は主要幹線道路沿いにしかなく、一歩逸れれば、田舎そのものの広々とした風景が広がっています。

 私は早速、王将に入り餃子を注文しました。
 すると、あまり美味しいとは感じられなかったのです。東京の八王子の王将で食べた餃子は美味かったのに、変だなと思ったのでした。チェーン店といえども、店ごとに微妙に味付けが違うのだと納得することにしました。
 先月ですが、私は久々に東京に用事ができて出掛けました。
 私は八王子の王将に入り、念願の餃子を味わうことにしました。
 すると、あまり美味しくないのです。
 味は以前と変わっていないと思うのですが、東京に住んでいた頃と違い、美味しいと感じられなくなったようです。
 私の体は、もしかしたら田舎に染まったのか・・・、と思ったのでした。
 八王子に私のお気に入りの小さな中華料理屋があって、そこのラーメンと餃子が絶品だと思っていました。その店にも入り、ラーメンと餃子を頼んだのですが、同じく美味しいと感じられないのです。味は変わっていないと思うのですが、私の感じ方が変わってしまったようです。
 さらに私は、スシローよりはちょっと高級そうな八王子の回転寿司店にも行ってみました。ネタはスシローよりは良いので、美味しいだろうと思ったのですが、あまり美味しいとは感じられないのです。
 うう、どういうことなんだろうと思いました。
 たまたま、体調が悪かったのか、それとも歳をとって味の嗜好が変わってしまったのか。
 でも東京から引っ越して4ヶ月しか経っていないので、それほど変わるのかなあ、と思いました。でも、その土地の気候風土に強い影響を受けるのは間違いないとは思うのですが。

 引っ越し後、家の片付けに追われていた当初は、自炊する暇がなく外食していました。
 私が住んでいるところは、茅野市の駅前の繁華街からは遠いのですが、それでも歩いていける距離にソバ屋とラーメン屋があります。
 そのラーメン屋は地元でも超有名店らしく、いついっても行列ができています。
 こんなド田舎で行列ができるのですから、相当なものです。
 私も一度は味わうべきと思い、行列に並びました。
 その店で一番人気のラーメンを頼んだのですが、あまり美味しいとは思いませんでした。茅野の知り合いは、「絶品のラーメン」と言っていたのですが。
 スープが私が好きではない家系だったせいかもしれませんが、あまり美味しいとは感じませんでした。さらに麺が硬く、噛みづらいのです。でも行列に並んだ人たちは、コシがある麺だというのでしょうね。
 うーん、どうやら私は、田舎に染まったというより、体質が変わりつつあるのかと考えました。
 ソバ屋にも行ったのですが、そのソバ店のキャチフレーズが、なんと「東京ソバ」なのです。関西風の薄いツユではなく、東京風の濃いツユを期待したのですが、たしかに色は濃い色をしていましたが、味は薄いのです。私はこれも美味しいとは感じられませんでした。
 これなら、東京の立川駅校内にある立ち食いソバの方が美味しいと思います。ちなみに立川駅の立ち食いソバの清流ソバと奥多摩ソバは、ツウの間で評判らしいです。
 訪問者の方々も立川駅に寄る機会があったら、駅の立ち食いソバをどうぞ。立ち食いなので安いですし。


無添加生活あるある

 無添加生活をしていると必ず体験することがあります。
 それが、外食した後に、気持ち悪くなることが度々起きることです。
 特に、安い居酒屋チェーン店で飲んだ翌日などは、気持ち悪くて1日中寝込むことさえありした(二日酔いではありません)。
 その理由ですが、おつまみに頼んだ料理に、スーパーで売られている惣菜などに使われるものより強い防腐剤や着色剤などが添加されているのではないかと想像しています。
 そんな私にとって鬼門となっているのが、カレーです。
 立ち食いソバ屋のカレーですら、そうです。食べた直後はいいのですが、1〜2時間後から気持ち悪くなり始め、それが2時間ぐらい続きます。去年までアルバイトをしていた職場の食堂のカレーなどは、てきめんでした。
 私はあまりに気持ち悪くなるので、当初は添加物だけでなく、カレーの原料となるスパイスのどれかが、本質的に私の体質に合わないのかもしれないと考えていました。
 そこで茅野に引っ越してから、ふと、カレーをスパイスから作ってみると、添加物が原因かどうかはっきりすると思ったのです(当然ながら市販のカレールーは添加物が入っているので使えません)。
 私はさっそく、カレーのスパイスを買いに行くことにしました。
 カルダモン、クミン、シナモン、コリアンダー、ターメリック、ナツメグ、各種ペッパー類、などなどです。
 それらを適当に配合し、コクを出す為にスパイスを乾煎りしたり、隠し味としてコーヒーを入れたり工夫しながらカレーを作ってみました。
 すると食べた後に、全然気持ち悪くならないのです。
 ああ、やっぱり添加物が原因だったとわかりました。
 味は、カレー専門店には及ばないですが、立ち食いソバ屋のカレー並みではないかと思っています。私なりに、けっこういける味だと思っています(改善点は多々ありますが)。

 さらに茅野に来て憶えた料理にパスタがあります。
 これもカレーと同様に市販のパスタソースには添加物が入っているので、使えません。
 有機のパスタに、有機のトマトピューレ(プラス有機のトマトケチャップ)を使っています。有機というと値段が高いというイメージがあると思いますが、近所のスーパーで有機のトマトピューレが、1缶(240g、約3人分)99円で売っていました。
 ニンニクを刻みバターで炒めてから、野菜やキノコなどの具材を入れるという手順をちゃんと踏むと、けっこう美味しいパスタができることがわかりました。
 たしかにお店のパスタよりは味は落ちると思いますが、それでも自分ではけっこう美味しいと思っています。
 これを読まれている訪問者の方々の中には、「本当に美味しいの?」と思われる方もおられると思います。そういう方は、有機のパスタに、有機のトマトピューレを使って、実際に調理されてみてはと思います。
 意外といける味、と思われるのではないかと思います。


災害時の水に関すること

 人間の生存にとって重要なものの順番は、それが無くなれば、どれくらいの時間で生命が絶たれるかでわかります。
 以下、その表です。

・空気 ... 数分
・水  ... 数日
・食糧 ... 数か月

 人間にとって一番大切なのは空気で、海女さんなら10分以上かもしれませんが、通常なら数分で命の危機となります。また空気が絶たれると、命を取り留めても、脳に深刻な後遺症が残る可能性もあります。しかし空気は当然のごとく普通にあるので、その有難みを感じろと言われても、ちょっと無理かもしれません。
 次は水ですが、これも個人差があると思いますが、全く水分が吸収されなくなると、数日で亡くなると言われています。つまり災害が起こったとき、一番気にかけるべきは水の確保です。
 食糧は、これも個人差が大きく、神秘家のゲリー・ボーネルさんは、2ヶ月の断食を行ったこともあるそうです。かなり前ですが、3週間ぐらい小舟で海で漂流していた男性が救出された報道がありました。その男性は、食べる物は無く、船に溜まった雨水などで乾きを癒したそうですが、救出された後、「人間って意外と死なないものだなあ」という感想を言っていました。
 私も以前は1週間ほど断食をやった経験がありますが、人間は食べなくても案外平気だと実感しました。それだけに、水の大切さを改めて感じます。そういえば、太平洋戦争で南方の戦線で弾薬も食糧も尽きた元日本兵の感想で、水が無くなることが一番苦しかったと言っていたことを記憶しています。

 地震などで電気が止まったとき、マンションに住んでいる人は水道も止まります。
 311のときの私の経験ですが、計画停電があった時、蛇口をひねったら水が出てこないので、あれっと思ったのです。マンションの屋上の水槽タンクに電気で水を汲み上げて溜めるので、電気が止まると水も止まることにやっと気づいたのです。今から考えると、あまりに危機意識が薄かったようです。
 用事があったので、そのまま出かけてしまったのですが、数時間後に家に帰ってきて、蛇口から水が勢いよく流れ出ていて慌てて止めました。蛇口を閉めわすれた代償を払うことになりました。覚悟はしていたのですが、その月の水道料金は、いつもの月の3倍近いものでした。

 巨大地震が起こると、救援物資が長期間届かないことが想定されます。
 そこで私は、最悪を想定して川や池の水を飲める方法を取ることにしました。携帯浄水ボトルも買いましたが、発展途上国で水を確保してきた実績のある水質浄化剤(粉末)があることを知って買いました。
 日本ポリグルという会社のレスキューセットです。

http://www.poly-glu.com/poly-glu_rescue.html

 濁った水にこの粉末を入れると、濁り成分と粉末が結合して沈殿するのです。
 ただしこれは飲料水ではなく、生活用水確保の為のものですが、粉末で浄化した後に煮沸して殺菌するか、携帯浄水ボトルでさらに浄化すれば飲めると思います。生きるか死ぬかという瀬戸際だったら、貴重な水になりそうです。

 私は今は、東京から長野県に引っ越したので、災害時の水の心配は大幅に軽減されました。
 直接、市役所の水道課に電話して聞いてみたのです。
 すると、私の住んでいる地区は、電気で地下水を汲み上げ、ため池に溜めているそうです。
 それを高低差の圧力で供給しているので、停電でも急に水道が止まることはないといいます(加圧ポンプは使っていない。加圧ホンプは関東平野のように平らな所は必要)。
 ただし、汲み上げ用のポンプは電気を使っているので、停電が長く続くと水の供給はできなくなるといいます(ため池が空になる)。
 目標は、停電後も12時間程度は水道の供給を続けることだそうです。

 つまり、停電しても数時間は水道が止まることがなく、それから水をタンクに溜めても充分に間に合うことになります。
 また、かりに長期間電気が止まっても湧き水があります。
 私は、自分が住んでいる地区の近くに飲める湧き水がないか探しました。すると、少し遠いが歩いても行ける距離に飲める湧き水があることがわかりました。これなら、車のガソリンが尽きても、飲料水は確保できます。
 東京のような大都会に住んでいては、こうした恩恵を受ける事が無かったことを考えると、田舎は不便ですがメリットもあるというところでしょう。

 ちなみに話は飛びますが、ガスも停電時に使えることがわかりました。
 都市ガスでも一部は停電でも使えるようです。私のところは当然プロパンですが、ガス会社に電話して聞いてみたら、停電時でも使っているガスの容量は計測できるとのことで、ガスコンロであれば使えるという返事でした。
 都市ガスもそうですが、風呂給湯器はプロパンでも100V電源が必要なので使えません。
 当然、石油ファンヒーターも使えません。
 もし冬に災害が起こり電気が止まったりしたら、茅野では命に関わります。
 私は、災害用に石油ストーブを買いました。

 * * * * *


 改めて、私に「茅野に住んで良かったかね?」と聞かれたとします。
 私の答えは、「良かったと思います。冬以外は・・・」です。
 ネサラ/ゲサラが起こったら、2拠点住まいも十分可能かもしれません。
 そんなことを言うと、「夢みたいなことを言うんじゃない!」と怒られそうです。
 とはいえ、春、夏、秋と茅野に住んで、冬だけ地方(最悪東京でも可)に住むというのは、私にとってあこがれの生活となりそうです。
 佐野美代子さんのDVD「ザ・シークレット」を見直して、願望実現にトライしてみようかと考えているところです。



ポールシフトについて...2021年3月1日

 もうだいぶ前ですが、私は地球のポールシフトについて記事をいくつか書きました。
 今回は、そのポールシフトについて再び触れてみたいと思います。
 ポールシフトは、地軸の異動と磁極の移動の二つの意味で使われていますが、今回はより深刻な影響を人類にもたらす地軸の移動についてです。
 地軸の移動について警告を発していた神秘家のメルキゼデク・ドランヴァロさんの名は、このところすっかり聞かなくなりました。
 ですが私は、ドランヴァロさんの警告を今でもはっきりと憶えていて、それについて簡単に説明したいと思います。
 地球の磁場が年々弱くなっていることは周知の事実ですが、ドランヴァロさんによると、この磁場の弱まりが地軸の移動であるポールシフトを引き起こすといいます。
 地球の表面を覆っている部分が地殻で、その下がマントルです。そのマントルの下に岩盤層があり、これが接着剤のような働きをしていて地球の中心核と接着しているといいます。ところが磁場がゼロになると、岩盤層の結晶体が液状化するといいます。これにより、地殻とマントルが核に対してずるっと滑る現象が起こるといいます。これをポールワンダリングというそうです。ちょうどゆで卵が、中身に対して殻がずるっと動くようなイメージです。
 現在すでに、徐々にポールワンダリングが起こっていて、今後その動きが加速するといいます。
 科学者はこのことを知っているのですが、人々には秘密にされているそうです(なぜ秘密にするのか、理由は私にはわかりません)。

 ドランヴァロさんによると、母なる地球(マザーアース)の意思によるが、アトランティス大陸が一夜で海の底に沈んだように一気にポールワンダリングが起こると、地上では破滅的な巨大地震が起こるといいます。1万3千年前に起こったこのポールシフトは、わずか20時間で起こっており、文字通り1夜にしてアトランティスは消滅したといいます。今回もそうなると、人類は滅亡の危機に晒されます。
 しかし母なる地球はたいへん慈悲深いようで、一気に起こるのはなく、極めてゆっくりと起きているようです(今のところはですが)。
 アメリカの予言者ジョセフ・ティテル氏によれば、2011年から地球の軸がずれはじめていて、現在、地軸は毎年3%づつずれているが、この動きは年々加速していくと言っています(注)。
 3%が何に対してなのか私にはよくわからないのですが、だんだん加速していくというニュアンスはわかります。
 以下の動画の5分30秒頃です。

https://www.youtube.com/watch?v=poskbiateoo

 知りたいのは、地軸の移動がどの方向に起こるのかです。
 これに対しドランヴァロさんは、北極圏にあった地軸がロシアの首都モスクワの方向に向かって17度ずれると言っていました(エドガー・ケイシーもロシア側に16度動くと予言しているそうです)。
 地球が太陽の周りを公転するときの軌道面を黄道面といいますが、地軸がその黄道面の垂直軸に対し、約23.5度傾いていることは知られています。
 おそらく、この23.5度の傾きは変わらずに、地殻とマントルがずるっと回転するのだと思います。
 モスクワの方向に地軸が移動するとなると、どうなるか調べてみました。
 地球儀を持たれている方は、実際に糸を使って測ってみるといいと思います。日本の首都である東京と北極点の間の距離に比べて、東京とモスクワの距離の比率を私が測ってみたら、1.2倍ぐらいでした。つまり、地軸の移動により、日本は北極点から遠ざかることになります。これは赤道に近づくことになるので、温暖化をもたらすことが予想されます。
 ヨーロッパはモスクワに近いので、寒冷化が予想されます。そういえば中東に雪が積もったというニュースが以前流れていましたが、地軸の移動と符合していて興味深いです。

 DS(ディープステート)が広めたプロパガンダに、人類文明によって排出された二酸化炭素によって、地球が温暖化しているというものがありました。
 私は地球は温暖化どころか、寒冷化に向かっていると考えています(ミニ氷河期)。
 しかし面白いことに、地軸の移動により、日本は温暖化しているのではないかと思えます。ミニ氷河期による気候変動の速度より、地軸の移動の方がずっと速いと考えられるからです。地球の悠久の歴史から見れば、気象の変化は数百年、数千年が普通で、今回は数十年でミニ氷河期になるとしても、地軸の移動はそれよりもはるかに短期間で起こると予想されるからです。

 こうした地軸の移動が事実ならば、これから地球に何が起こるか、ある程度予想できます。
 まず人工ではない自然由来の地震や火山の噴火が今後どんどん増えていくし、大型化するでしょう。
 さらに、一律に寒くなるとか暑くなると断定できない、大きな気候変動が起きるでしょう。今の傾向を見ると、暑いところはより暑くなり、寒いところはより寒くなるといった2極化が加速するような気がします。
 もしかすると、今年の日本の夏は、耐え難い暑さになるかもしれません。

 ここで、2月26日の『日本や世界や宇宙の動向』さんのサイトに載った、「サナンダからのメッセージ」の記事から、ポールシフトに関する部分を拝借して、紹介させていただきたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52062267.html


 ・・・<2月26日の『日本や世界や宇宙の動向』さんのサイトからポールシフトに関する部分の抜粋開始>・・・

さて、私は少し前に今の文明は2つの点で過去の文明とは異なると説明しましたが、これまでも文明が終わるときには必ず地球がひっくり返り地球に大激変が起きたのですが、それでも生き残ったものたちがたくさんいたため、彼らは地球上で再び子孫を作り繁栄していきました。

しかし今回は違います。今回、地球で起こる大激変はあまりにも強烈であり、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。もう一度繰り返します。今回のポールシフトはあまりにも強烈であるため、3次元の世界では誰も生き残れないでしょう。
もう一つの異なる点は、今回は母なる地球の周波数が5次元へと大きく上昇します。たとえ母なる地球の地軸がゆっくり傾いたとしても、3次元のままでいると、5次元の周波数の中では生き残ることができません。
そのため、我々は我々の母船を避難場所としてあなた方に提供したいのです。これまでも数千個もの惑星が3次元から、悪魔が生きていけない5次元に次元上昇して行きましたが、その都度に我々は惑星の住民らを我々の母船に避難させ救済してきました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 サナンダという霊的存在は、今回もアトランティス同様の激烈なポールシフトが起こるといいます。
 しかし未来は私たちの集合意識によって変わってきます。
 未来は選べるからです。
 例えば、DSの暗黒の支配を終わらせようとするトランプ元大統領の大改革が成功したとすれば、慈悲深い母なるマザーアース(地球)は、地軸をゆっくり傾けてくれるかもしれません。そうすれば、多くの人類は生き延びて、迫りくる自然災害に対処できるでしょう。
 サナンダは、今回は地球が5次元に次元上昇するので、3次元のままの周波数の人間は生き延びられないと言っています。しかし、地軸がゆっくり傾くならば、人類に時間が与えられることにより、こうした情報が広く共有され、より多くの人類が5次元へと移行できるはずです。

 最後に、当面、私達にできることです。
 こうした気候変動が起きた際に、私達が広く影響を受けると考えられるのが食糧危機です。
 地震などの災害による備えも必要ですが、災害が起きなくても食糧危機は間違いなく起きるだろうと私は思っています。気候変動により、従来の作物を育てる環境が変わってしまうからです。
 日本の食糧自給率は37%と言われていますから、空恐ろしく感じます。
 当面、私達にできることは、食糧備蓄だろうと思います。
 食糧備蓄に関しては大きなテーマなので、また別の機会に記事にしたいと思います。

 以下の動画はポールシフトとは関係ないですが、食糧危機が起きるので1年分ほどの食糧を備蓄すべきだという動画です。なるほどと思いました。私も少しづつ食糧の備蓄を始めています。

https://www.youtube.com/watch?v=Q9x5tMPY45M


(注)ジョセフ・ティテル氏の予言ですが、2017年に行った予言では、ポールシフトは2024年まではおきない、2028年に起きる可能性が高いと言っています。
 2021年の最新動画では毎年3%づつ地軸がずれると言っているので、予言が変わったのでしょう。

http://matrix80811.blog97.fc2.com/blog-entry-735.html?sp



アメリカでこれまで起こったことと、これからの展望...2021年2月21日

 アメリカでこれまで起こったことを、吉田繁治さんが「思い入れと形容詞を無くして、あっさり」と書いています。
 思い入れと形容詞を無くすということは、書き手の感情をぐっと抑えて、淡々と事実だけを追うことだと思います。こうした個人の感情を入れずに事実だけを述べて経緯を再確認することは、大事なことだと思います。
 吉田さんの文章で感心するのは、文章を書きあげた後に、形容詞を抜いていく作業をされることです。これにより冷徹な(いえ科学的な)客観性のある、記事になるのだろうと思います。

 ただし、これから紹介する吉田さんの記事には、吉田さん個人も意見も入っており、それに関しては後半に私がコメントしています。

 では吉田さんの最新メルマガ(2月17日)号から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(Vol.1139)』から抜粋開始>・・・

■10.トランプの戦略の想定

思い入れと形容詞を無くして、あっさり書きます。
以下の〈1〉〜(12)です(21年2月14日時点のものです)。

(1)前提:軍のトランプ支援:
5年前、2016年の大統領選挙のとき、州知事と上院議員の経験がない素人の不動産業、トランプが当選できたのは、軍による選挙運動の支援による支援があったからだった。

当時は、圧倒的にヒラリーが優位とされ、メディアの全部が、そう見ていた。
トランプの登場は米国と世界にショックを与えた。ビジネス界で有名でも、なぜ政界では素人のトランプが当選できたのかという疑問は抱かないだろうか。

強力な組織の後押しがない限り、大統領には当選できない。不利を自覚していたバイデンが、組織的な不正投票(約1000万票:ピーター・ナバロのレポートから推計)を使った理由がこれである。

米国での軍の社会的なポジションは、江戸時代の武士階級のように高い。わが国の(敗戦と憲法のため今も日影の存在である)自衛隊からは類推できない。ワシントンDCに行けば、米国を防衛する軍のステータスの、社会的な高さは、一目で分かる。

現在、米国の物流センターには、軍のロジスティクスから、退役軍人の所長も多い。CIA長官から国務長官にもなる(ポンペオ前国務長官:トランプの熱烈な支持者:2024年大統領候補)。

日本では、元自衛隊員が外務大臣や首相になることは、可能ではあっても考えられない。しかし米国では、マッカーサーの部下だったアイゼンハウアーは陸軍、ケネディは海兵隊だった。

(2)軍の派閥:
米軍(ペンタゴン)とCIAには派閥があり一枚岩ではない。2000年代のブッシュの、軍産共同体(ネオコン)に組みしない裏の軍組織がある。(注)日本の戦前の軍にも、派閥はあった。自民党にも、野党にも派閥がある。徒党を組むのは人間の性(さが)です。

CIA、FBIの中には現役・退役を含んで、反政府の地下ネットワークであるQが形成されてきた。表の軍組織の軍産共同体は、DS派だった(クリントン、ブッシュ、オバマの3代:24年)。

Qの周辺団体であるQアノンは(=匿名のQという意味)、退役軍人と政治家志望者による匿名の拡散的なフォロワーであろう。これは、Q本体のネットワークではない。

Qアノンの分派もいろいろあり、それぞれが、荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論を振りまいている。「ワシントン情報」として発表していたある日本人(管理人注)も、これである。

Qは反ワシントン政府だから、ワシントン情報とはいわないはずである。Qが誤解されるのは、陽動作戦をとっているQアノンの、見えない複数の存在のためであろう(この項は推測)

1月6日に、自分のラップトップ(確か3台)を、潜入した特殊部隊 に捕獲された下院議長のペロシが狂乱し、意味がない弾劾裁判を誘導した理由は、関与と指示をしたANTIFAの暴力の犯罪がメールとファイルから分かるからである。

(3)茶番の裁判:
弾劾裁判は、トランプ側弁護人が、民主党のペロシ、Kハリス、ウォーレン議員を含み、議会乱入の暴力を働いたANTIFAを含んで301人もの宣誓証言を求めたため、告発が藪蛇になる民主党側は泡を食って、短期採決に入り、否決された(CNNはこれを報じない)。

(4)5年前:
軍の一派は、2016年に、冷戦後の経済グローバリズムとして、中国CCP、DSからの腐敗が激しく、イランやISISとも癒着していたオバマ政権への、クーデタを計画していた。報道がなくても、スパイ的な諜報と、指示を受けた軍事行動をする軍には簡単に、オバマの影の行動が分かる。

ケネディ暗殺と9.11の政府報告に疑念をもっていたトランプが、2016年11月選挙の準備をしていたとき、軍の中核メンバーから紹介を受け、このクーデタ計画を知った。

自分が大統領になれば、DSを壊滅させる政策を推進することをトランプは約束し、軍に合体した(2015年頃か?)。軍のクーデタは国民と海外からの反発を招くからである。

合意が成立し、2016年に予定されていたクーデタは延期され、軍の組織は、トランプの選挙を応援した。

幸運にも、ヒラリーの油断(素人には勝てるという自信過剰)から、トランプが票を得て大統領に就任した。

DSを壊滅する軍の計画は、2017年から2020年のトランプ戦略に委任された。(注)オバマとヒラリーは、当然、軍の隠れた計画は知らない。

〔大統領選挙での組織的不正の予想〕
2017年から、オバマ元大統領とクリントン夫妻がヘッドになって、フランクフルトとローマにもあったドミニオンも巻きこんだ、2020大統領選挙の組織的な不正が計画された。指令を出していたオバマ財団の事務所は、ワシントンDC.にある。

オバマ元大統領は、バイデンのあと、夫人のミシェルを大統領にする計画をもっていた。

大統領になったトランプは、軍人の報酬を厚くして軍のトランプ支持を高め、クリントン、ブッシュ、オバマの軍産共同体が行っていた戦争と、海外派兵からは撤収し、4年間、戦争をしなかった。

一方で、中国CCPの年々高度化した軍事力への対抗と2020年のため、ハイテク装備の、宇宙軍を作った。宇宙軍は、米国と世界各地で、秘密裏だがすでに、見えない空中で活躍している。

(5)2018年大統領令:
2020年大統領選挙の不正は、2年前の2018年から、トランプ側から予想されていた。トランプは、海外からの選挙関与を「反逆罪」とする2018年大統領令を出して罠をしかけた。

米国の政治では、少額でも海外からの献金があるか、または情報の支援を受けると、反逆罪でアウトになる。

トランプは、民主党に組織的な不正選挙を実行させ、平和的な憲法で裁くことができる「反逆罪」を完成させた。

(6)1.20就任式:
1月20日の就任式も、不正選挙による当選という反逆罪の完成のために行わせた。就任式は、海外からの不正選挙干渉の、国家反逆罪の実行を、国民に見せる儀式だった。

(7)議事堂と、WHの包囲:
就任式を実行させるため、議事堂とホワイトハウス(WH)は、「テロからの護衛」という逆のことを言って、5000人(最高時は5万人)の軍に包囲させた。

(注)最短でも3月半ばまで続く。一説では、封鎖は永遠に、ともされている。包囲されているバイデンは、なぜか、2021年11月まで続けると述べた。陰から、トランプの指示を受けているのか。

大地下の捜索のために、軍は、鉄板と鉄条網で議事堂とホワイトハウスを包囲した(最高刑が死刑の、別の犯罪にかかった児童の保護)。1月27日から、各地で襲撃が行われ、2週間で終わった(2月6日)。軍による、地下道襲撃の都市では、大規模な停電が起こっている。
https://poweroutage.us/

ワシントンDCの地下からも、多数の児童が保護され、窓を黒く目張りした大型バスで病院に運ばれた(住民が撮ったスマホ動画)。現在、肉体的、精神的な治療を受けている。西海岸、フロリダでの児童保護も行われた。その間は、停電だった。

行方不明の児童・幼児(3歳〜17歳)は、1年に約76万5000人と多い(FBI情報)。累計ではなく、1年である。(CNNも、目立たせないためか、小さく報道してはいる)。「Qアノン」が動画で示していたことは、事実だった。(注)ただし、CNNの報道は、7万6500人の桁間違いではないだろうかとも思える。ともかく多すぎる。事実なら、言葉がない。

(9)軍による包囲の理由:
厚い鉄板と鉄条網での包囲と、約1メートル間隔での軍人の配置は、国民に、16キロ四方の特別区のDCは、もう米国政府ではないと知らせるためだろう(理由の推測)。1月20日に、平和的に(ここが重要)、軍のクーデタが完成した。

3月〜5月には、1月末からの暫定政権(たぶんクリストファー・ミラー将軍)を終わり、法的には無効だった、不正選挙の再選挙をし、圧倒的にトランプを勝たせる。反逆罪に加担したDS派を一掃する予定であるという(弾劾裁判終結後の、トランプスピーチからの読み)。当初は3月4日だったが、児童の保護のため、5月まで伸びたのだろう(推測)

民主党議員には、国家反逆罪で告発される恐怖をもっている人がいる。本人には、不正選挙と犯罪の自覚はあるからだ。

代表的なものは、ラスベガスのマフィア&麻薬一家のペロシ。麻薬と賄賂のハリス、そして麻薬、ウクライナとCCPからの賄賂、児童**、子女**という犯罪家族のバイデンが、実の娘の自筆日記(FBIが公開した)も含む、多くの証拠で明らかになっている。

不正選挙の自覚があるバイデンが大統領(仮?)を続けているのは、不思議である。民主党の知事・市長が、麻薬を合法化する理由は、連邦議会の民主党議員が、麻薬の流通に関与しているからであろう。

国民の目に、逮捕が分かりにくくなるのは、米国に「封印告訴状」の制度があるからだ。逮捕まで当局からは開示されない。米国では軍も逮捕ができる。

米国では逮捕されても、軍からは、記者発表はない。FBIは発表することがある。今回、20万件という大量の訴状が、封をされて保留されている。令状がなくても、米国では逮捕ができる(日本は令状がないと逮捕はできない)。

(10)戒厳令:
1月6日(上下院合同議会:選挙人の決定日)のトランプには、戒厳令という方法はあった。しかしそれは、表面に現れる戦略としては採らなかった。

国民向けには、一貫して、民主党の不正選挙とトランプへの国民の支持を訴え、憲法を守る方法をとった。この結果生じたのが、バイデン政府と軍政の二重政府。これは国民の目に見えない水面下であろう。

不正選挙を表向きの理由にスーチーを追放したミャンマーのように、戒厳令下の軍政でトランプが大統領を奪還すれば、容易ではある。しかしそれでは、軍が立てた大統領になる。民主主義国の、国民が選んだ大統領という正統性は失われる。

また、クーデタで大統領になれば、世界からの非難により、再びDS派の残党を勢いづかせる。民主党が国民の支持を回復し、勢力を得るかもしれない。最悪である。

トランプの選択肢には、フリン将軍、リンウッド弁護士などがトランプに強く奨めた戒厳令とクーデタは、なかった。フリン将軍は、これを保守派のラジオで述べているが、「最後には、賭けのワインはトランプ側」と笑って述べた。

Qアノンが言う軍のデクラスと戒厳令の計画は退けられた。メディアは、このときの議論を、トランプ陣営に生じた不和や裏切りと報じた。メディアは、議論を不和や裏切りと報道したい。トランプ側の崩れと報じたいからである。

(11)憲法に従う:
トランプは、迂遠で手間がかかるが、平和的な、国際金融資本とDSの、児童**を含む犯罪に対する法の執行と、裁判での不正選挙の証明という手段をとった。結審した22の訴訟のうち、トランプ側が15(68%)で勝訴したことが、2月10日に明らかになった。

CNNはこれを報じていない。ワシントンに100人の特派員がいても、高度な駆け引きの英語が要る取材は皆無、CNN、APなどの外信を翻訳するだけの日本の新聞も同じである。朝日は、名うての左派、NYタイムズと提携している。

(12)弾劾裁判:
トランプ弾劾裁判は、民主党の自作自演の、茶番だった。逆に、トランプ側弁護士から民主党幹部の副大統領ハリス、ウォーレン議員、下院議長のペロシによるANTIFAへの暴力扇動が明らかにされた。

弾劾が否決された直後のトランプは述べた。「偉大な米国のため、皆さんと一緒にやるべきことが多い。数か月、不思議な道を行く。しばらく(soon)すれば戻って来る」(同日のスピーチ)。このSoonはいつのことか? 3月か? 5月か?

(1)から(12)が、事実から論理で紡(つむ)いだシナリオです。

【後記】
あなたの考えは、どんなものでしょう? できれば、下の、定型アンケートを送ってください。今後の、記述の参考のためです。

行方不明だったアリバマのジャック・マーは数か月ぶりに現れましたが、CCPから資産を没収されました。アリババの株主であるソフトバンクの孫正義の退任と何か関係があるのか。

アマゾンのジェフ・ベゾスも謎の退任。CNNとABCのCEOも今年中に、退任します。フェイスブックのザッカーバーグ(ロックフェラーの孫という評判)も、自社株を売って現金化しています。イタリアの内閣は崩壊。表でも、不思議なことが多い。まさか、地震は人工ではないでしょう。しかし、神奈川県、静岡県まで伸びた大規模停電は不思議です。東京では、なぜか、帝国ホテルと周辺だけだったという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文で(管理人注)とした部分に触れます。
 おそらく吉田さんは、「ワシントン情報」として発表している日本人は、石川新一郎さんのことを言っているのだと思います。吉田さんは、「荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論を振りまいている」との見方をしていますが、私の意見は違います。
 吉田さんは、「Qは反ワシントン政府だから、ワシントン情報とはいわないはず」とその理由を述べていますが、これは理由になっていません。
 一つは、石川さんのところに届く「ワシントン情報」を提供している存在は、自分達のことをQでもなければホワイトハットでもないと言っているからです。Qだというのは、吉田さんの誤解です。彼らは、自分たちはNSAの一部で、今回の大変革のスケジュール管理をしている者だと言っています(12月31日のワシントンからの16回目のメッセージ動画を参照)。
 もう一つは、この存在が石川さんに最初に情報を送ってきたのは、2020年12月14日でした。
 このときは、トランプ氏は現職大統領としてワシントンで指揮ををとっていたのであり、米政権の中枢はワシントンにあったのです。そのトランプさんの元で、一緒に活動しているとして「ワシントン情報」と称したのでしょう。2021年1月20日からは、トランプさんはフロリダの「マール・ア・ラーゴ」に移ったわけですが、わざわざ名称を変える必要もないので、そのまま「ワシントン情報」としているだけだと思われます。
 吉田さんは、「荒唐無稽なところを50%は含む」と言っているので、どの部分が荒唐無稽なのか吉田さんに聞いてみたいところです。
 どちらにしろ、デクラス(秘密情報の開示)が起きれば、すべてが明らかになると思います。

 上記引用記事の(9)で、吉田さんは1月20日に軍のクーデターが完成したと述べています。
 私は違う解釈をします。
 サイモン・パークス氏が言っていたことですが、トランプ氏やその背後にいる米軍を中心とした勢力がどうしても避けたいのは、トランプ氏が軍のクーデターによって政権を握ったと後世の歴史家に書かれてしまうことです。
 軍事力ではなく、あくまでも民主的な法による権力の移譲でなければならなかったのです。そうでなければ、憲法を順守するというトランプ氏の言葉に反してしまうからです。
 これが、たとえ不正選挙であっても、バイデン氏が一応形だけは株式会社USAの第46代大統領として就任することを認めた理由だったと思います(ただし、大統領としての実質的権限はない)。
 また、大統領令を乱発するバイデン政権がいかにひどいかを、米国民を含め世界の人々に明らかにするという理由もあったと思います。

 では、なぜバイデン氏は実質的な大統領としての権限がなく、一時的に米軍に権力が移譲されたのか、という問題が起きます。その法的根拠は何か、です。
 これに関して、石川さんの2021年2月19日の動画で、次のように述べています。

 トランプ大統領(当時)は、2019年に大統領権限移行法ともいうべき法案を成立させていたといいます。
 施行日は2020年3月。
 この条文の中身については、政権移行が行われたとしても、政権移行後なんらかのリクエストがあれば、大統領の執行権は持続できる、という主旨だといいます。
 そのなんらかのリクエストとは、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉があった場合」です。
 2ヶ月後なので、1月20日の離任から2ヶ月後の3月20日までとなります。
 つまり、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉」があったと認定されれば、トランプ氏は9月30日までの任期で復帰できる、となります。
 つまり、トランプ氏は、法律に則って大統領に復帰できる法的根拠があることになります。

 キーは、「外国および外国のエージェント、ロビィーストによる選挙干渉」があったと認定されるかどうかです。
 アメリカの主要メディアや日本の大手マスコミは、トランプ氏側が起こしたたくさんの不正選挙の裁判は、ことごとく敗訴になったと大嘘をついてきました。
 実際は、22の裁判で15勝7敗と6割8分の勝率を誇っています(アメリカの裁判所は全部が腐っていたわけではなかったということです)。残りの25の裁判でも、同様の結果が予想されます。
 しかし一番の問題は、連邦最高裁で外国の干渉による不正選挙だったと認められるかどうかです。
 これに関しては、パウエル弁護士が、来週にも最高裁の判決が出るという趣旨のことを述べているそうです。

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c3677660ed205741704f602bba10a448

 トランプ氏側は、この判決を待っているのではないかと思うのです。
 ここで勝つことにより、トランプ氏が今年の9月までの暫定大統領に就任する法的根拠が整います。

 これに関してですが、石川さんにワシントンからメッセージが届いたので、文字起こしをしました。


 ・・・<『石川さんの2021年2月21日の動画』の文字起こし開始>・・・

 2月19日の動画で、石川様がお伝えした内容は、真実です。
 トランプ大統領は、1月20日に軍に政権を一時的に移譲しました。
 その内容は、2月19日の動画で、石川様の説明どおり大統領選挙に外国勢力の干渉があった場合、その期間は60日間、一時的に軍に政権を移譲することになっています。
 ですから3月20日ではなく、21日まで時間はあります。
 今の新大統領と言われる人間は、正式に認定されていないので、エアフォースワンに乗れませんし、核のボタンの随行者も近くにいません。
 さて現状は、次に述べるとおりです。
 まずは、お金の話をしましょう。
 金融システムは量子コンピューターが、正式に稼働をしました。
 それにより、いつでもゲサラ法を発動できるようになっています。
 各国に資金解除をいつでも要請し、瞬時に解除できるようになっています。
 すでに各国の配り終わった資金は、こちらの指示で解除すればよい状態です。
 まずは政府の債務、つまり国の借金と言われるものが、すべて無くなります。
 その後の資金の分配方法は、どのようにするかは国により異なります。
 日本は3月中に、ゲセラを行うでしょう。
 皆様は心配されるでしょうが、日本政府が勝手に資金を隠したり、自分達政治家が使ったりはできません。
 そのように組み込まれていますので、ご安心下さい。
 我々は日本人を信頼し、大好きですが、日本政府やそこに関係する人々を全く信用していません。
 その前提でシステムは、作っていますので、安心して下さい。
 おそらく日本は、まず宣言後、1年以内に一時金を渡され、その後、ベーシックインカムの制度から、のちに正式な富の分配がなされるでしょう。
 これらの個々人に配られる資金は、皆様の本来の生まれた由来を思い出す時間を作る為です。
 精神性を高め、次の次元に上がってくれることを心から願います。
 次に今ワシントンになぜ多くの兵士がいたのか、そしているのかお話ししましょう。
 国会議事堂の最近の写真やホワイトハウスを上空から見られる方は、何が起きているのかわかるでしょう。
 議事堂の裏の方には、その地下部分を軍隊が掘った形跡が残っています。
 ブッシュ大統領の時に、命じて造らせた地下基地をトランプがホワイトハウスを去ってから掘り出し、ディープステートが今まで行ってきた所業を壊滅させました。
 そこには、いまだに多くの子供たちがいて、最後のアメリカにおけるディープステートの悪魔の巣を掘り起こしました。
 それらの状況をどうしても観てみたいといったトランプ氏やメラニア婦人は、途中から涙で最後までそれらの記録映像を観れなかったそうです。同時に怒りに震えていました。
 我々の持っているある機械により、世界中の地下基地がわかり、それらの一掃作戦は昨年10月にはいったん終わっていました。
 あと残りのわずかな世界中のおぞましいこれらの基地を壊滅させているところです。
 アメリカだけで子供の誘拐組織の主要な人間の逮捕は、1千人を超えています。
 もちろん前回お伝えしたように、日本にもありましたが、壊滅しています。
 我々の最優先は、これらの誘拐され地下に幽閉されていた子供たちをできるだけ助けることです。
 デクラスによりこれらのおぞましい所業が発表されるでしょう。
 その最後の作戦が終わるまでカウントダウンできるあと一歩まできています。
 これらに関わった軍の関係者の皆様には、感謝しかありません。
 さらに現状は、地球のほとんどすべての国々がゲサラ法を順守する方向に向かっています。
 全能の神は地球全体を光の存在に満たしたいようですので、2月16日にデクラスをする予定であったのを少し移動しました。
 もう少しで地球上が愛と光と平和に包まれだします。
 それは初めにお伝えした軍に政権移譲した日から60日以内に発動されます。
 いよいよ嵐がやってくる時期が近いです。
 皆様の存在が唯一無二の存在であり、自分自身が光であることを、どうか思い出して下さい。
 地球は宇宙すべての存在が気にかけてくれています。
 彼らは愛と友情をもって暖かく見守ってくれています。
 最後まで聞いてくれて有難うございます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんのように、石川さんの情報を、「荒唐無稽なところを50%は含む陰謀論」と断じることは個人の自由です。
 石川さんの情報が本物かどうかは、3月21日までのアメリカの動向を見ていれば結論が出ると思います。



『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』から...2021年2月13日

 今、ホットな話題となっているアメリカの政治情勢ですが、私もなかなか始まらない緊急放送を待ちわびている一人です。
 吉田繁治さんは、最新のメルマガで、今アメリカでは軍事作戦が進行中であり、敵に手の内を見せるわけにいかないので、軍政がほぼ終わる3月4日まで、デクラス(秘密情報の開示)はないのではないかと言っていました。
 その部分を抜粋していみます。

 ・・・<『吉田繁治さんのVol.1137』のメルマガから抜粋開始>・・・

トランプ側は、鉄板の塀の中の議員(一説では共和党議員を含む67%)を、いつでも逮捕できるので、余裕をもっています。他方、DS側は必死に見えます。

トランプ側は、国民に「議会の酷(ひどい)い現状」を見せているのでしょう。米国は、1月20日から約20日間、不思議なパラレル・ワールドです。

◎トランプは、「軍事作戦は、事前に言うことはできない」としています。相手の反撃や逃亡もあるからです(バイデン側の少数の軍と衝突する内戦の恐れあり)。敵を油断させておかねばならない。軍の国家機密の解除があるのは、作戦が成就したあとでしょう。

まず地下洞の、児童の保護と末端の逮捕からです。これがスムーズに進んでいるので、国家機密の解除は、当分、ないでしょう。事実上の軍政の期限である、3月4日まででしょうか(議会の慣習)。児童の保護は、ほぼ終わったようです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 しばらくデクラス(秘密情報の開示)はない可能性があるので、今回の記事は一息ついて、佐野美代子さんの新刊本から、私が特に興味深く感じた部分を紹介させていただこうと思います。
 『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』(佐野美代子著、ヴォイス)の中で、佐野さんは3人の方のインタビューをされていますが、佐野さん自身一番面白いと感じたのがジーン・コーセンセイ(仮名)という人だそうです。
 私も3名の中で、一番ジーン・コーセンセイ氏のインタビューに惹かれました。
 今回は、そのジーン・コーセンセイ氏のインタビューの中から、私が特に面白いと思った3つの話題を紹介させていただきます。
 まず最初は、トランプ氏のアライアンス側とDS(ディープステート/カバール)の闘いが、いつ始まったのかという話題です。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p94〜p105から抜粋開始>・・・

 アライアンスの活動は20世紀初頭からはじまっていた

美代子 カバールが長年世界を支配してきたわけですが、アライアンス側がカバールを倒す計画は、いつ頃からはじまったのですか? たとえば、ケネディ大統領の暗殺は1963年ですが、その頃からカバールを倒す計画があったのでしょうか? というのも、あの暗殺の前後からアライアンス側が綿密な計画を立てはじめたような気がするのですが。

ジーン アライアンス側の活動は、正確に言えば1903年からはじまりました。これは壮大な計画です。ご存じのようにカバールには、世界中の人を奴隷にしたり、人口を削減したりする大きなアジェンダがあったので、それに対抗するためにはじまったのです。

美代子 そんなに前からだったとは、知りませんでした!

ジーン その頃から世の中がおかしいと気づきはじめた人が出てきたのです。その1人が、ハワード・ヒューズです。ご存じですか?

美代子 はい、知っています。

ジーン ハワードは、アメリカで最初の億万長者であり、石油王でした。彼は産業化が進む中で、政府との契約を結ぼうとしていましたが、どうしても上手くいきません。彼の製品の方が優れている上に安価なのにもかかわらず、契約を獲得しようとしても、なぜだか他の会社が契約を勝ち取るのです。そのことに理解に苦しんだ彼は、あることを思いつきました。彼は独身でハンサム、かつ裕福だったので、ガールフレンドにハリウッドの美女がたくさんいたのです。そこで、彼女たちを競合相手に向けてハニートラップ(色仕掛けによる諜報活動)の罠を仕掛けたのです。すると、しばらくしたある日、ガールフレンドのAさんが偵察から戻ってきました。Aさんは、ハワードと競合関係にあるお金持ちの男性と恋に落ち、2年間の付き合いを経て、結婚する話にまで事は進んでいました。

 悪魔的儀式を撮影して帰ったフィアンセの女スパイ

美代子 すごいですね。2年間という長期間に及ぶ、ニートラップの一大プロジェクトですね。

ジーン はい(笑)。すると、この男性はAさんのことを信頼していたので、自分が参加する悪魔的な儀式の場に彼女を一緒に連れて行ったのです。すると、その儀式には産業界の大物が大勢揃っていたのです。彼女は、スパイが用いる極小の録画用カメラを持ってその場に臨みました。

美代子 映画の『アイズ・ワイド・シャット(Eyes Wide Shut)』のような世界ですね。それに、そんなに前から、そのような高性能のカメラがあったのですか?

ジーン はい。そういう進んだテクノロジーは当時からあったのですよ。単に私たちに公開されていなかっただけです。たとえば、コンピュータ業界は、ここ20〜30年間で目に見えるほどの大きな進化を遂げていますよね。一方で、航空業界などは一見、何も進化していないように見えます。でも、何も進化していないように見えている、ということは、逆に新しいテクノロジーは公開されていなくて、誰かがそれを陰で独り占めしている、ということなのです。

美代子 それは言えますね!

ジーン さて、話を戻しましょう。そのAさんは儀式から戻ってくると早速、ハワードにこっそり自分が撮影してきた動画や画像を見せました。すると、ハワードはその内容の怖ろしさにパニックに陥ったのです。以降彼は、華やかな社交生活からすっかり遠ざかることになりました。同時に、あのような怖ろしいことをなんとかやめたい、と決意して信頼できる人と手を組むことにしたのです。その相手というのが、あのトランプの父親と祖父だったのです。また、彼らはニコラ・テスラとも付き合いがありました。

美代子 なるほど。ニコラ・テスラとトランプ家の人々がカバールを倒す計画があったというのは聞いたことがあます。

 闘いには周到な準備が必要だと学んだアライアンス

ジーン ちなみに、ラジオを発明したのはグリエルモ・マルコーニ(イタリアの発明家・起業家)といわれていますが、実はニコラ・テスラの発明です。電球もトマス・エジソンといわれていますが、ニコラ・テスラです。ジェネレーター(発電機)や交流送電もそうですし、あの時代に特許がある発明は、ほとんどがニコラ・テスラの発明なのです。また、反重力やフリーエネルギーに関するテスラのアイディアは、すでに1890年から1900年代の初めには、人類が月に行くための研究にも使われていました。そんなニコラ・テスラは、トランプ家と懇意にしていたのです。

 彼らはこの時、カバールの力が各産業の分野だけでなくマフィアにまで浸透し、あらゆる権力の上に支配を及ぼしていることに気づいたのです。そんな彼らに勝つためには綿密な計画が必要であり、本当に勝てる確信がなければ強敵との闘いには臨めない、ということも学んだのです。

 まず、彼らはジョン・F・ケネディと手を組みましたが、当時の彼らには、まだケネディを暗殺から守る術も、彼の弟のロバートも守れるだけの力もなく失敗に終わりました。そこから時間をかけて、レーガンを大統領にしましたが、まだまだ大統領の命を守る力は十分ではありませんでした(1981年にレーガン大統領は銃撃を受ける暗殺未遂事件に遭遇)。とにかく、大統領が完全に安全であることを確認できないと、カバールを倒す計画は実行できないことがわかったのです。

美代子 裏ではそんな計画がはじまっていたのですね。

ジーン はい。そこから彼らは、サテライトや監視などのテクノロジーに加えて、世界中のすべての情報をカバーする技術を手にしました。たとえば、「〇〇を暗殺する」いう情報が出てくると、その情報をすぐにモニターできのです。そして、その事が起きる前に対策が立てられるです。

 実はドナルド・トランプという人は、生まれた時から大統領になるように仕込まれてきました。アライアンス側のトップは、ずいぶん前から彼にアプローチをしてきたのですが、その計画を嗅ぎつけたカバールが、その計画を壊そうとアライアンス関係者の乗っていた飛行機を墜落させたこともあります。けれどもある時、とうとう「今、行動しないと、カバールが世界を完全に支配してしまう!」という時期がやってきたのです。

 ヒラリー政権になると核戦争が計画されていた

美代子 それは、どのようなことだったのですか?

ジーン ヒラリー・クリントンが2016年の大統領選に勝った暁には核戦争を起こす、ということがわかったのです。CIAは独自の核を装備した潜水艦や、核弾頭を積んだ潜水艦を所有していますが、その核弾頭には、自国ではない国の偽物の署名がついています。つまり、イギリス製、フランス製、イタリア製、韓国製、中国製などの署名がついているのです。これがどういうことかと言うと、たとえその核をCIAが使用したとしても、署名のある国のせいにできるのです。カバールはこれによって、すべての国を戦争に巻き込む計画でした。

 そしてそのために、「MKウルトラ(1950年代からはじまったCIAが行った人間の洗脳実験のコードネーム)」に参加した人たちが世界中に散らばっていたのです。そして、核爆発が起きたら、彼らはすぐに暴動を起こせる準備もできていました。一般の人々はすでに建設されていた強制収容所に収容されることにもなっていました。もちろん、本人たちは地下に逃げ込みすべてが終われば地上に出てくる、というシナリオです。そこで、アライアンス側は「もうこれ以上、待てない!」とトランプを説得したのす。

美代子 そうでしょうね。ヒラリーが大統領になって核戦争を起こすという計画や、全米にあるスーパー・マーケットのチェーンの「ウォルマート」が閉鎖された跡地が「フィーマキャンプ(FEMA camp)」という強制収容所に作り替えられていた話もありましたからね。また、街で暴動や乱射、放火をしているのは、MKウルトラで洗脳された人だとも聞いています。でも、トランプが大統領になった頃からQも登場してきて、流れ的にもアライアンスが勝っていると感じられるようになってきましたね。

 掲示板サイトで質問だけを問いかけていたQ

ジーン はい。でも、多くの人はご存じないでしょうが、Qが最初に登場したのは2014年です。最初はネットの「4chan(4チャンネル:英語圈に向けた掲示板サイト)」に登場してきて、毎日、いろいろな質問をしていました。彼らは、常に質問だけを書き込んでいたのです。私は彼らからの質問を見た時に、「このような質問をする人はそれが誰であれ、きっとすごい情報を持っている人だ」とわかりました。

美代子 2014年からなのですか? どんな質問をしていたのですか?

ジーン たとえば、「人類が初めて月に行ったのはいつ? 1904年? それとも1969年?」「その際には、反重力のテクノロジーを使った?」「反重力は1894年からあった?」「ダークフリートとは何?」など、本当にわずかな人しか答えを知らないような質問を書き込んでいましたね。他にも、月や火星にある基地の名前なども質問していました。また、タイタニツク号が沈没した件についても、「沈没したのはタイタニツク号? オリンピック号ではないの?」などからはじまり、「沈没の原因は氷山に当たったから?」「魚雷とか潜水艦だったのでは?」など、普通なら知らないようなことを質問していたので驚きました。

 しばらくすると、そのような投稿はなくなりましたが、2017年に再びQは登場しました。トランプ大統領が政権を握ると、今度は、「4chan」だけでなく、「8chan(8チャンネル:アメリカ向けの画像掲示板。現在は「8kun」変更)」に登場します。時間を経てQの情報は、より複雑で洗練されたものになりはじめ、以前のように質問を繰り返すだけではなく、次第に動画や写真なども掲載されるようになってきたのです。

美代子 Qの歴史を教えていただき、ありがとうござす。そういえば、タイタニツク号の沈没に関しては、確か、連邦準備制度が制定されることと関係があったのですよね。

ジーン はい、そうです。タイタニツク号に乗っていたジェイコブ・アスター(実業家・陸軍軍人)他、大富豪の数名は、連邦準備制度が設立されることに反対でした。そこで、タイタニツク号が建造されている間、タイタニック号と見間違えるほど瓜二つのオリンピック号が造船所に運ばれてきたのです。そして、オリンピック号の船体にタイタニック号という名の溶接がされました。実は、もともとオリンピック号の船の後ろ側は破壊されていたのですが、船内の設備などは、すべて新しいものに変えられました。その上で、JPモルガンはタイタニツク号に保険をかけて、その船が沈んだら大金が入るようにしておいたのです。そして、彼らは処女航海に連邦準備制度に反対していた富豪たちを招待したのです。

美代子 その直前に、JPモルガンは乗船をドタキャンしていたので、その話はやはり本当なのですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 数年前のベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに、上記引用文とシンクロする話がありました。
 ヒラリー大統領が誕生すれば第三次世界大戦は避けられないと危機感を抱いた米軍(アライアンス)は、(最後の手段として)クーデターを計画していたといいます。
 そこで、DSを倒すという彼らの計画にトランプ氏が共鳴し、大統領選に出てくれる約束をしてくれたそうです。それでクーデターを思いとどまったといいます。
 これが事実だとすれば、2016年の大統領選挙こそ、人類にとって分水嶺だったことになります。
 今はその仕上げをしているというところでしょうか。

 1月20日の大統領就任式の前、軍事的方法しか手段が無くなったトランプ氏に対し、今後の展開はトランプ氏が米軍をコントロールできるかが鍵といったユーチューバーが何人かいました。実際には、米軍(アライアンス)がトランプ氏をバックアップして大統領として推したわけで、そうした心配は杞憂だったことになります。

 では次に、9.11に関する話題を紹介したいと思います。
 当HPの2020年12月14日の記事「『真実はここにある!』から」に、FBI捜査官だったジョン・デソーザ氏がツインタワーの残骸を調べても、飛び込んだはずの飛行機の破片が全く見つからなかったという話が載っていました。
 その理由をジーン・コーセンセイ氏が述べています。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p138〜p143から抜粋開始>・・・

 ツインタワーに突撃する旅客機は「ブルービームテクノロジー」で演出

ジーン ええ。また、特殊部隊が殺害したオサマ・ビン・ラディンについてですが、公式に発表された時点で、すでに死後2年が経過していました。当然ですが、彼は9.11でタワーを攻?した本人ではないですし、世界貿易センタービルのツインタワーに突?した飛行機も実際には存在していません。それに、ペンタゴン(国防総省)のように、この地球上で最も外部の攻?から厳重に守られている施設をどのようにしたらアタックできるのでしょうか? ペンタゴンには民間旅客機の羽が当たった跡もないですしね。

美代子 本当に、この一連の9.11に関しては、子どもでもインチキとわかる事件でしたね。

ジーン ツインタワーのビルが倒壊する時のスピードも速すぎますしね。というのも、旅客機のエンジンが爆発する時の温度と、ビルのスティール(鋼鉄)が溶ける温度は違うのです。また、旅客機はアルミニウムで、ツインタワーの方はスティールとコンクリートでできていますからね。硬度もまったく違います。

 私は個人的に複数の人から、直接、この日に起きたことを聞いていますが、そのうちの1つにはこんなエピソードがあります。その当日の朝、ツインタワーに掃除に来ていたある男性が、朝のコーヒーを飲んでいたら、地下で何か爆発が起きたような揺れが起きたのがわかり、その振動でコーヒーカップが倒れたそうです。そこで、あわてて何が起きたのかと地下に駆け降りてドアノブを触ったら、手に大やけどを負ってしまった、とのことです。そこで、急いで911(警察・消防・救急につながる緊急時電話番号)に電話をしようとしていたら、今度は続いて上階で爆発が聞こえたといいます。

 また、別の人の話ですが、その人はその日の朝、ツインタワーのすぐ隣のビルにあるカフェでコーヒーを飲んでいたそうですが、飛行機が近くに飛んできたような音も振動もまったくなかった、と証言しています。つまり、飛行機は上空に飛んでいなかったのです。あの日、皆がTVで見た飛行機はCG(コンピュータグラフィック)のイメージとホログラムを合わせたものです。いわゆる、「ブルービーム」というテクノロジーを使ったものです。空などに大きなスケールでホログラムを映し出せるテクノロジーです。

美代子 「プロジェクトブルービーム」ですね。かなり本物に見えますね。でも、あの動画をスローモーションにして見れば、本物の飛行機でないことはわかりますよね,

ジーン はい。動画の種類によっては、ビルの反対側に旅客機の頭部が突き出しているものもあります。要は、旅客機がビルを貫通しているのですが、そんなことは実際には不可能なのです。

美代子 それに、3機目としてペンシルベニア州のピッツバーグ郊外のシャンクスヴィルに墜落した旅客機も残骸がなかったですよね。ペンタゴンに激突したのは小型ミサイルみたいでしたけれど。

ジーン 過去において、NYのエンパイア・ステート・ビルディングにも飛行機が衝突したことがありますが、このビルは今でも倒壊していません。マレーシアにもツインタワーと同じような高層ビルがあり、同様に飛行機が衝突したことがありますが、その事故ではビルは何日間も燃え続けたのに、ビル自体は今でもきちんと建ったままです。

 乗客たちの多くは地下で生きている

美代子 9.11に関して、旅客機の乗客が家族に電話をかけていますが、あの高度からは携帯はつながらないので、すでに別の場所に連れて行かれていた乗客たちは、そこから電話をかけたのでしょう。それにしても、9.11の時の旅客機や失踪したマレーシア航空機の乗客たちが、結局、どこへ消えてしまったのかが気になっていたのですが、どうでしょうか。多分、米軍の地下基地へ連れて行かれたのですよね? 乗客たちが無事ならいいのですが……。

ジーン 彼らは生きていて、すでに多くの人が地下基地から救出されていますよ。

美代子 本当ですか!? よかった! では、乗客たちは殺されてはいないのですね?

ジーン 全員は殺されてはいないです。でも、生存できている人たちも、心身共に傷を負っていますから、彼らを癒すのには相当時間がかかるでしょう。

美代子 そうでしょうね……。彼らにしてみれば、なんて怖ろしい体験だったのでしょうか。それに、世の中の人が真実を知らずに、自分たちが地下で生き延びてきたことに気づいてもらえていないのですから。地下から「助けて!」と叫びたかったでしょうね。

ジーン 本当にそうですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、私自身が大いに興味があるETに関する話題です。
 私達の目に見えるのはアライアンスとDSの闘いですが、私は、その上にはポジティブとネガティブのET達の闘いがあると思っていました。
 そうしたET達の話が語られていて、面白いです。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p111〜p117から抜粋開始>・・・

 神に罰せられた邪悪なエイリアン

美代子 そうなのですね! そんな体験が今の活動に対する強い動機につながるわけですね。でも、レプティリアンの中には善良な部類のエイリアンもいますよね?

ジーン はい。当然ですが、エイリアンは光と闇と両方に存在しています。たとえば、爬虫類系のレプティリアンは闇の側ですが、「ドラコニアン(爬虫類系の特徴を持つが龍族系のエイリアン)」の場合は、すべてが悪魔的な存在であるとは限りません。ドラコニアンの世界にはカースト制が敷かれていて、インドはそれを真似して、自分たちの社会にもカースト制を作りました。

 また、ドラコニアンの中には180メートル前後の巨人もいますが、ドラコニアンの中でもアルファ・ドラコニアンと呼ばれる存在は、3.6メートルくらいの低身長です。彼らは人間の子どもを食べたがるような邪悪な存在です。さらには、多くのドラコニアンは自由に飛び回ることができますが、アルファ・ドラコニアンは飛べません。彼らは支配欲が強く傲慢な存在だったことから、神に罰せられて多くの能力を失ったのです。

美代子 神様は邪悪なエイリアンたちに対して、そのような制裁を加えているのですね。

 カバール側のエイリアンVSアライアンス側のエイリアン

ジーン はい。また、多くの人がご存じの「グレイ」という種族がいますね。基本的に、彼らはクローンから成る存在です。頭は大きくヒップは小さいです。クローンなので、人間のように子どもを子宮から産むことはできません。グレイはもともと、私たちのようなヒューマノイドと昆虫型の存在からの掛け合わせのハイブリッドです。背が低くて真っ黒の目、大きな頭で細いヒップ、というのが彼らの特徴ですね。また、「メイトリー」と呼ばれる存在もいて、他の種族よりもテクノロジー的に進化していますが、邪悪な存在です。さらには、「ドルサイ」という種族もいます。彼らも進んだテクノロジーを所有していますが、悪意に満ちていて残酷です。他にもたくさんのエイリアンがいますが、これらが代表的な闇側のエイリアンですね。
 あとは、「ラプター」という存在もいます。彼らはもともと地球にいた種族ですが、闇の側から光の側に変わりました。なせかというと、彼らが未来を透視したときに、光の側に変わらないと自分たちが存続できないことを知ったからです。もともと彼らは、人間を食べるようなダークな種族でしたが、今ではそういう行為はやめて人間の味方になりました。銀河にはすべてを統括する「銀河連盟」もありますね。連盟には5つの評議会がありますが、そのうちの1つには人類を助ける「アンドロメダ評議会」があります。人類の方もすでに宇宙へ出て行っていますが、すでに宇宙を旅した人が人類を助けるために、これらの悪魔的種族と闘っています。

美代子 その他、人類の味方には「プレアディアン(プレアデス人で美を愛し平和を好む)」「アークトゥリアン(アークトゥルス出身で青い肌が特徴、精神性が高い)や「ノルディック(ヒューマノイド系に近く金髪、白い肌、青い目の存在)」などがいますよね。

ジーン はい、ノルディック、アークトゥリアンなどは、ドラコニアンよりもはるかに進化しています。また、レプティリアンの中にも、アルファ・ドラコニアンによりすべてを破壊されたので、地球で人類を助けているグループもいます。彼らはパラレルユニバースから来ていて、自分たちを破滅に追い込んだアルファ・ドラコニアンが嫌いなので、彼らを地球から追放したいのです。こんな感じで、今、たくさんの種族が人類をサポートしています。彼らの助けがないと、私たちは到底、カバールとは対抗できません。

 人類は奴隷として5億人だけ残しておく

美代子 たくさんの存在がいて心強いです。このあたりの情報には私も興味がありました。ちなみに、地球外の存在たちは、いつ頃から人類をサポートしているのですか?

ジーン ナチスがグレイやドラコと条約を締結していたことを考慮すると、すでに1930年頃から地球外のテクノロジーは人類に提供されていたようです。第2次世界大戦以降、ナチスはドラコニアンのサポートを行っていましたが、彼らは技術提供を受けたお返しに、ドラコニアンが銀河系を侵略するための「ダークフリート(ドラコニアンをサポートするためにナチスが運営する闇の艦隊)」を贈りました。その見返りにナチス側は、さらに新たなテクノロジーを入手しています。1946〜1947年の「ハイジャンプ作戦」でナチスが米軍に勝てたのは、その時にもらったテクノロジーがあったからです。

美代子 表向きの戦争ではナチスはアメリカに負けたわけですが、実際には裏の戦争では彼らは勝っていたのですね。

ジーン そうとも言えますね。また、彼らはアメリカに来た時点で名前を変えていますが、あのブッシュ家で言えば、パパブッシュ(ジョージ・H・W・ブッシュ)の父親であるプレスコット・ブッシュはナチスの一員でした。実は、ヒットラーは南極に逃亡しましたが、他のナチスのトップの多くは南米に行きました。アメリカに来たナチスには、「MKウルトラ」プログラムのグリーン博士とか、強制収容所で人体実験をしてきたジョセフ・メングラーなどがいましたね。

美代子 こういったナチスのトップは、人間と宇宙人のハイブリッドだったりするのですか?

ジーン カバールを構成する13家のファミリーのうち、ナチスはそのトップ5のうちの1つです。そのナチスを動かしているのは、「ケインの血族」といわれていて、アルファ・ドラコニアンの血が流れているファミリーであり、そのほとんどがもともとは人間ではありません。

美代子 やはり、そうなんですね。秘密結社の洗脳から解かれたアリゾナ・ワイルダーの証言などにも、実際に政治家や王族たちがシェイプシフト(姿形を変えること)をしたような話などもありますしね。

ジーン はい。とにかく、カバールは人類を奴隷として使うために、全人類から5億人だけを残して後は殺す計画にしていました。それこそ、まさにネガティブなエイリアンのアジェンダですね。

美代子 そのために戦争、人工地震やハリケーン、ケムトレイル、遺伝子組み換え、パンデミックやワクチン、5G、暴動、森林火災などを起こすアジェンダがあったわけですから。許しがたいです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 第二次世界大戦当時、ナチスがETの協力を得てUFOを作ったという話は、『ありえない世界』(Dr.マイケル・E・サラ著、ヒカルランド)に詳しい経緯が載っていますので、興味のある方は読んでみて下さい。
 その本を元に、以前、当HPで第二次世界大戦直後に、南極でアメリカ軍とUFO軍が戦った「ハイジャンプ作戦」の様子を紹介したことがありました。

 上記引用文で、エピソードを思い出したので紹介させていただきます。
 コーリー・グッド氏がニューヨークの地下で、キッシンジャー氏の導きで会合を持ったETは、アルファ・ドラコニアンだったという話を記憶しています。身長が3.6メートルというので、たしかその位だったと思います。怪物のような風貌だけでなく、強力な思念エネルギーを送ってきて、コーリー・グッド氏は、あんな怖い思いは二度としたくないと言っていたという話です。

 あと、ネガティブからポジティブに変わったラプターですが、どこで読んだ話か忘れたのですが、微笑ましいエピソードがあります。
 ラプターは、人間と同じくらいの身長で、小型の恐竜のような風貌をしているそうです。ラプトルのような感じかもしれません。
 そのラプターが、映画『ナイトミュージアム2』に友情出演していたらしいです。この映画は、博物館で夜になると、人間や動物の展示物が命を吹き込まれて動き出すという映画なのですが、ラプターは古代の恐竜が動き出すというシーンに出演したらしいです。
 もちろんノーメイクです。
 さそがしリアル感があっただろうと思います。



ネサラに関するおとぎ話...2021年2月5日

 2月3日、石川新一郎さんにワシントンから届いたとされる3通の封筒のうち、1通目が開封され中身が開示されました。

https://www.youtube.com/watch?v=iBqV8ZKeT_U

 もちろん、本当にワシントンからなの? という疑問をもたれた方もおられると思いますが、ここでは一応、トランプ前大統領の傍で、これからの大改革のスケジュール管理をしていたNSAの一部の職員による情報開示であるということを前提として話を進めたいと思います。
 なお、2通目は3月に、3通目は5月に開示されるとのことです。

 動画では、1通目の開示の前にワシントンから前説のようなメッセージが石川さんに届き、それを読まれているので、その文字起こしから紹介します。
 ()内は私の注釈です。


 ・・・<石川さんの動画「ワシントンメッセージそして第1回目の封筒開封です」の文字起こし開始>・・・

 我々はこれから始まることに関して、貴方(石川さんのこと)を通じてなるべく多くの方に、概略を耳に入れておいてほしいと思い、今回重要なポイントのみ公開することに致しました。
 ある程度公開しても安全な時期にきたということ、今後の動きにDSが邪魔できないこと、これらが前提条件であり、それらが整ったということです。
 まず初めの内容は、デクラスつまり秘密情報開示が行われます。
 それは世界200の国以上に放送される予定で、世界中のできるだけあらゆる人々に視聴していただきたいと思います。
 その内容は、デクラスで発表されるので、それをご視聴下さい。
 さらに、ほぼデクラスと同時に行われる予定ですが、ゲセラ法を次に発表します。
 今までの市場(地上?)を根底から変えるシステムで、それは経済のみではなく、立法、司法を含めあらゆる政府や公共機関が本来のそこに住む人々の為のものになります。
 我々は量子コンピューターを使い、誰もハッキングできない金融システムを取り入れました。
 そして紙幣は金(キン)本位制に立ち返ります。
 地球上にある金、銀、銅、プラチナなどの埋蔵量を試算した中で、本来の地球資産を計算し、とても多くの資産が人類のものであること。それらを前提にして莫大な資産が解放されるでしょう。そして、このゲセラに則っとり新たな地球の歴史が始まります。
 そして中央銀行の役割も近い未来に終わるでしょう。
 今回はこのゲサラの20項目の基本情報を公開します。
 今回の内容はアメリカのゲサラ法ですが、これを基本として、順守して各国がそれぞれのネサラをアメリカの次にそれぞれ発表します。
 日本ももちろん今月、来月の早い時期に日本としてのネサラ法を発表するはずです。
 日本はおそらくベーシックインカムのシステムから取り入れていくと思います。
 それにより、120日以内に議会選挙を確立し、決定しなければならないのが条件ですので、問題のある議員を再選できないようにすることは、選挙権を持っている皆様の仕事です。
 ゲセラに関しては、皆様はどこかで勉強されたと思いますが、正式にこれが発表されることをここでお伝えします。
 ゲサラは人類の持つ本来の根源的な自由を尊重する国でなければ発動できません。
 つまり、社会主義国家である共産国や全体主義国家、独裁国家はこの枠組みには入れません。
 これから始まることは、大いなる神の意志に基づいたものです。
 何度も何度も挫けずに諦めずに機会を伺い、やっとここまでたどり着きました。
 あやうくオバマ、ヒラリーの辞令で内戦や核戦争、NWOによる人口削減が始まるところでしたが、回避できました。
 オバマは現役の大統領であったときに、広島に行き、原爆による悲惨な状況を見たはずです。
 彼の心には、次のフレーズが心に響かなかったのでしょう。
 「安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませんから」
 それでは、今月のどこか近いうちに皆でトランプ大統領にお会いしましょう。
 そして来月以降には、ジュニアの名前が取れたジョン・F・ケネディに会うことができるでしょう。
 今後、今まで亡くなっていたと思われていた多くの人々が表に現れます。

 地球のアライアンスより。

 ・・・<終了>・・・


 当HPを昔から読まれている訪問者の方はご存じだと思いますが、、私はゲサラ/ネサラに興味があり、何年も前から少しづつ勉強していました。
 ケイ・ミズモリ氏の著書『世界を変えるNESARAの謎』(明窓出版)や、ネサラに詳しい人のセミナーや動画などで、知見を得ていました。
 ただしそれらが正しい情報かはわかりません。
 ゲサラ/ネサラに関しては、世に出てきた当初から秘密にされ、その詳細は隠されてきたからです。
 ですから、これから話す私の話は、あくまでも「おとぎ話」として聞いていただければと思います。

 まず前提として、そもそも日本がネセラ法を採用するのかという問題があります。
 私が聞いた話では、2018年11月30日〜12月1日にアルゼンチンのブエノスアイレスが行われたG20会議において、当時の首相、安倍晋三氏が日本がネセラ法に参加する調印をしたそうです(あくまでも未確認)。
 これが事実なら、日本は(建前は)共産主義国家、全体主義ではないので、世界で200余の国が参加するネセラ法を施行する国の一員となります。

 上記のメッセージには、私が知らなかったことが色々ありました。
 まず、日本のネセラ法ではベーシックインカムが導入されるという話です。
 日本でベーシックインカムを提唱したのは、私の記憶では竹中平蔵氏が最初です。竹中平蔵氏は、どうみてもDS(ディープステート)側の人間にしか見えないのですが、竹中氏は政府中枢で議論されているベーシックインカムの話を聞いて情報を流したということでしょうか。
 しかし竹中氏が言っているような一人月7万円という数字はないと思います。都会に住んでいれば、7万円は家賃で消えてしまいます。具多的な数字を聞いた記憶はありますが、ここでは書かないことにします。おそらく、現在の生活保護にレベルよりずっと多い額になると思います。

 あと、トランプ元大統領が今月中に登場するという話なので、3月4日にトランプ氏がアメリカ共和国の第19代大統領として暫定的に就任するというスケジュールは変わっていないのかもしれません。実際には、ネサラ宣言後120日以内に選挙が行われるので、そこで改めてトランプ氏が大統領、ジョン・F・ケネディ氏が副大統領候補として立候補するのでしょう。

 では、石川さんが発表したアメリカのネサラ法の20項目の文字起こしです。


 ・・・<石川さんの動画「ワシントンメッセージそして第1回目の封筒開封です」の文字起こし開始>・・・

1.違法な銀行および政府による活動に由来する全てのクレジットカード、抵当、銀行債務の取り消し。
 多くはこれを“ヨベル/大赦”、あるいは安全な債務免除と呼んでいる。

2.所得税の廃止。

3.国税庁の廃止。国税庁の被用者は米国財務省の国内売上税部門に異動する。

4.政府の歳入となる日常不可欠ではない新品のみ課される一律17%の売上税の創設。言葉を変えれば、食料品と薬には課税されない。また中古住宅のような中古品には課税されない。

5.お年寄りの社会保障給付の増額。

6.法廷と司法の憲法への回帰。

7.改変された称号および貴族階級の元来の状態への復帰。

8.GESERAの公式発布後、120日以内の大統領および議会選挙の創設。
 暫定政府は非常事態を収拾し、憲法に則った法制下に復帰する。

9.選挙の監視と特定の圧力団体による非合法な選挙活動の防止。

10.金、銀、プラチナといった貴金属に資産担保された米国虹色通貨の創設。
 フランクリン・ルーズベルトによって1933年に開始された米国の破産様態の終結。

11.米国運輸局による家畜資産債権としての米国出生証明記録の売買の禁止。

12.憲法に則った米国財務銀行システムの開始。

13.連邦準備銀行制度の廃止。
 連邦準備銀行発行の紙幣が金融システムから完全に排除されるまでの一年間は、移行期間に限って連邦準備銀行制度は米国財務省の補助的手段として運営される。

14.金融上のプライバシーの回復。

15.憲法の下でのすべての裁判官と弁護士の保持。

16.世界各地における米国軍隊の侵略的活動の中止。

17.世界全体における平和の達成。

18.人道目的のために集積された莫大な額に昇る前代未聞の資産の放出。

19.安全保障上の理由という見せかけの理由によって公開を制限された六千以上にのぼる特許技術の利用可能な状態での公開。
 これらの技術にはフリーエネルギー機器、反重力技術、音波治療機器などが含まれる。

20.現在および将来にわたる地球上でのあらゆる核兵器の廃絶。

 ・・・<終了>・・・


 これはあくまでもアメリカ国内で実施されるネサラ法です。
 それゆえ、憲法も違う日本では、この通りになるわけではないと思います。ただし、「ネサラ法に準拠」ということなので、非常に似た形になるのだと思います。

 この20項目について、少しコメントしたいと思います。
 (1)ですが、これはあくまでも銀行債務の取り消しです。例えば、友人知人に借りたお金がチャラになるわけではありません。また、銀行だけか、消費者金融やカード会社などのノンバンクはどうなるのかという話が湧いてきそうですが、詳しいことはわかりません。ただし学生ローンは、アメリカでどんどんチャラになっているそうなので、日本でも期待できるかもしれません。
 (2)はアメリカの特殊な事情があるようです。
 アメリカの憲法では所得税は禁止されているそうです。これまでアメリカ人は知らずに所得税を取られていましたが、それは実は憲法違反であったといいます。
 (2)〜(4)でわかることは、アメリカでは、所得税も含めあらゆる税を廃止し、17%の売上税のみとなるということです。
 ケイ・ミズモリ氏の著書『世界を変えるNESARAの謎』では、14%となっていました。
 これは「BBニュース」さんも言っていましたが、ネサラが提唱された20年前ほどの状況が、今では少し変化しているということでしょう。
 さて、日本ではどうなるでしょうか。
 所得税はもちろん、相続税、譲渡税、不動産取得税、自動車税、酒税、タバコ税、ガソリン税などたくさんありますが、アメリカと同じようにすべてを廃止して売上税のみとなるでしょうか。政府には、ぜひ頑張ってほしいと思います。

 (10)は、金本位制のドルを新たに発行するということでしょう。
 これをトランプドルという人もいます。気になるのは、現在の旧ドルと新ドルとの交換比率です。最悪、交換しない踏み倒しが起きると想定もできますが、私はトランプ氏はそんなことはしないと思っています。1対1かどうかはわかりませんが、貿易の決済通貨として旧ドルを貯めこんでいる世界各国の政府が納得するものとなるだろうと思っています。
 私が非常に気になるのは、金本位制を支える金(キン)の価格です。
 公式にはこれまで採掘された世界の金の総量は19万トン(国際基準プール約4杯分)となっていますが、私はそんなに少ないはずがないと思っています。
 50万トン〜100万トンの間の数字ではないかと思っています。
 というのも、表に出てきていない(流通経路に乗っていない)莫大な量の金があると思っているからです。
 例えば、アジアの古い王族が所有する金などです。
 そのアジアの王族の金が、今回の世界的な金融リセットに協力する為に放出されたという話があります。私は、これは事実ではないかと思っています。
 そうでなければ、今の時点で新ドルは金本位制にするといったことは言えないはずだからです。
 吉田繁治さんは、新ドルを金本位制にする為には、アメリカはこれから3万トンの金を貯めこむ必要があると言っています。それゆえ、アメリカはこれから数年かけて金を調達する必要があるので、これから金は低い価格に抑えられるのではないかと言っています。これは、公式なアメリカの金の保有量が8134トンという前提に立っているからです。すでにアメリカは、3万トンを超える金を保有しているならば、いまさら金を集める必要はありません。

 世界各国の中には、金の保有量が少なく、その国に通貨を金本位制にできないケースもあります。
 それゆえ、その国のあらゆる資産を金の価格に置き換えて、通貨の発行量を決めると言われています。(この話は以前にもしましたが)その国が持つ地下資源(貴金属、レアメタル、石油、天然ガス等々)や、農地、その他の天然資源(水、観光資源など)などの資産。さらに優秀な工業製品を生み出す生産能力や、農業技術なども計算に入れます。
 すでに、こうしたトータルな資源を金の価格に置き換える計算式は出来ているという話です。
 そうして割り出した価格に倍率(数十倍〜100倍)を掛けた金額までの通貨の発行を認めることになります。
 こうすれば、今のような何の価値にも裏付けられていない不換紙幣(フィアット・マネー)でなく、その国の資産に基づいた紙幣となり、きちんとした裏付けのあるお金となります。
 こうした作業を行えば、世界各国の為替レートは現在のものとは全然違うものとなります。
 これがRV(リバリュエーション)と呼ばれる通貨評価替えです。

 予想されていることは、ドル、ユーロ、スイスフラン、円、カナダドル、オースラリアドルといった貿易の決済通貨として使われていたものは、その価値を減らすことになります。なぜなら、その国の資産以上に発行されていたからです。
 逆に、内戦やその他の諸事情で、その国の資産よりはるかに低く評価されていた通貨の価値は上がることになります。
 その代表格が、イラクのディナール、ベトナムのドン、インドネシアのルピアだと言われています。ただし私は投資を勧めているわけではありません。これらの国がRV/GCRを期に新たな通貨を発行し、旧通貨と交換しないというリスクもあるからです。さらにイラクディナールに関しては、詐欺がありました。ネットで調べれば、すぐに出てきます。あるいは偽札をつかまされるリスクもあります。それゆえ、どうしても投資したいという方は、自己責任でお願いします。

 さて気になるのは、新ドルと金の関係です。
 いかなる設定がされるのでしょうか(もう決まっていると思いますが)。
 1971年8月のニクソン・ショックによりブレトン・ウッズ体制が終了しましたが、それまでは1トロイオンス(約31g)が、35ドルでした。現在は1トロイオンス、1800ドル前後です。
 私の勝手な予想ですが、現在の価値の5〜10倍にはなるのではないかと思っています(もっと上がるという人もいます)。
 リンウッド弁護士は、「いまは金、銀、不動産に投資するいい機会」と言っていましたが、ひょっとするとリンウッド弁護士は、新ドル下の金価格を知っているのかもしれません。

 私が楽しみでならないのが(19)です。
 これまでDSによって封印されていた夢のような技術が公開されるといいます。
 特に私が注目しているので、メドベッドです。
 あらゆる病気が治るだけなく、若返りが可能だといいます。
 以下は、メドベッドを紹介した動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=3XMGIctrE24

 この動画では50歳若返ると言っていますが、私が聞いたのは30歳若返るという話です。
 50歳でも30歳でも、若返るというのは魅力です。
 このメドベッドはすでに日本に到着していて、表に登場するのを待っているという話もあります。

 いろいろ書いてきましたが、おとぎ話にお付き合いいただき、ありがとうございました。



デクラス(機密解除)の予告編の動画...2021年1月28日

 今日(1月28日)の昼のNHKニュースで、菅総理とアメリカのバイデン大統領が電話会談を行ったと報道していました。
 日本政府も大手マスコミも、当然のようにバイデン氏がアメリカの大統領であるとして行動しています。
 しかし私は、もうしばらくすればバイデン氏にはアメリカ政府を動かす実権はなく、現在は軍事政権となっていることを認めざるを得ない状況になると思っています。
 その一つの表われとなるのが、デクラス(機密解除)です。
 早ければ2月、遅くても4月までにはアメリカでデクラス(機密解除)が行われると思っています。

 そのデクラスに関して、吉田繁治さんから予告編の動画があるというメルマガが来たので、今回はそれを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「ソ連崩壊に類似する、米国のトランプ革命」(1月25日)から抜粋開始>・・・

■1. 2017年1月の就任以来、
トランプは次々に、世界の大統領と首相を屈服させてきた

以下は、主流派メディアが、全く、報じてこなかったことです。

【国際的な指導者たち】
2017年1月の大統領就任以来、2020年9月までの3年8か月、
トランプは、次々に、
・世界の大統領と首相、
・宗教的指導者、
・多国籍企業のCEO、R家の金融エージェントを、屈服させています。

トランプの武器は、NSA(国家安全保障局)にファイルされた「機密情報と動画」でした。武力は使わず、世界の多くのトップが犯してきた「死刑に相当する重大犯罪の数々」を暴き、犯行が映ったDVDを相手に渡すことによって、でした。

多くの犯罪を行ってきた、世界のトップたちは、抵抗することなく屈服したのです。トランプは、物理的な戦争ではなく、犯罪情報を使いました。欧州の宗教的指導、王家と貴族、政治家、国際金融資本、多国籍企業のCEOたちです。

相手が、その内容を公開することができない重大な犯罪であるため、主流派メディアは、それを知ることなく、報じることはできなかたのです。任期中の約3年で、トランプに反抗する世界の政治的トップは消えました。

この間トランプは13回の暗殺未遂を受けたという。ドルの通貨システムに手を付けたリンカーンと、FRBではなく政府通貨を作ったケネディは、暗殺されています。理由は、R家の通貨発行利益を阻害するからです。

犯罪の中身は、「この世のものと思えない、おぞましいもの」でした。全部が、世界で100万人(米国内で80万人:平均年齢13歳)とされる児童誘拐と、麻薬的な医薬(アドレノクロム)に絡むものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%8E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0

以下の3つの動画に概要が収録されています。Qアノニマスの組織(時機が来るまで名前を明かさない匿名のQの意味)が編集したものでしょう。

本稿では、今後、順次、世界にショックを与えないため、ゆっくりと時間をとって、暫定軍事政権下で行われる「デクラス(DE-CLAS:機密解除)」の概要を示すものです。2021年1月まで、21年間密かに、しかし、綿密に実行のタイムライン(時間割)が準備されてきた戦略です。

なおこれと同じ詳細情報は、NSA(国家安全保障局)が、公式のファィルとしてもっています(20万ページの極秘ファイル)。

極右の暴力集団という汚名を、主流派メディアが着せていてQアノンは、政府のNSA(国家安全保障局)の別動隊であったことも、明らかにされると考えています。

以下の3の動画です(それぞれ30分×3本)
多くの人が、「信じられないというショック」を受けるでしょう。

心の準備ができていない人は、2月からの、軍事暫定政権からの、公式なデクラスを待ってください。

この3本は予告編にあたるものす。
日本語の字幕がついています。

これを見て、「認知の不協和」、つまり、これは真実だったかもしれない、しかし真実とは思えないという心理の分裂を起こさように・・・(老婆心)

▼トランプの機密行動のビデオレター(2017年〜2020年6月)
「世界では、隠された、何かが起こっている。それは、メディアから得るのではなく、自分の目で見るしかない」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37778143
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783260
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783312

いずれも、「Youtubeとツイッターが検閲してデリートした情報」を、逆に歓迎している日本の『にこにこ動画』です。『にこにこ動画』は当方、国会の委員会中継と、将棋の棋戦を見るとき使っていました。

(注)21年2月半ばからは、GAFAMのCEOが逮捕・資産没収を受け、Youtubeとツイッターの検閲も解除されないと、通信法違反になるでしょう。

繰り返しますが、心の準備ができていない人は、暫定政府の「デクラス」を待ってください。

過去、「陰謀論」として切り捨てられてきたことが、実は、架空の想像、小説、映画ではなく、真実であったことも明らかになるでしょう。要は、歴代の元大統領の、重大犯罪です。

◎すべてのデクラス(de-classification:機密開示のビデオレター):約1時間30分
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37150263

R家、宗教的指導者、西欧の王室と貴族、政治的リーダー、多国籍企業のCEOの、積年の、児童**にからむ悪事を暴いたものです。

以上が、全部のデクラスの、予告された概要です。NSA(国家安全保障局)のファイルは20万ページという。これらが、2020大統領選挙の不正の後を待って、公開が計画されていたものの全貌です。

トランプが、あちこちから、13回の暗殺未遂を受けてきた理由もわかります。DSの奥の院にとって、「とんでもない野郎、現実になった英国MI6の007=ジェームズ・ボンド)」だったのです。

スウェーデンの傑作映画、『ミレニアム:ドラゴン・タツーの女』にも似ていますが、作家・脚本家の想像力が及ばないくらい、現実の犯罪は深さと規模が壮大でした。

エプスタイン島が富裕者、政治家、王族、GAFAMのメガIT長者の、犯罪の巣窟であったこともわかります。

【国内のDS派(影の国家組織)】
元大統領、副大統領を筆頭にして、米国内に巣くったDS派(政治家、上級官僚、知事、市長、判事)を一掃する機会にしたのが、トランプ側が2018年から予想していた「2020大統領選挙での大規模な組織的不正」でした。

トランプ側は、これに罠をしかけ、自ら進んで罠にかかってくるのを待っていたのです。DS派(8000人)は、賄賂性のお金もからんで、海外の政治的リーダーとおなじ、極悪な罪を犯していたからです。

2021年1月20日からの、NSA(国家安全保障局)のファイルの「DE-CLAS(デクラス:機密解除)」は、現在、水面下で行われています。

感想はあえて書きません。続けて見れば、約4時間。一生懸命に見過ぎると疲れます。しかし、見ておくと、2021年3月からの、世界で展開される大きなことがわかるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんが紹介した4本の動画のリンクを貼っておきます。
 前半の3つが、トランプ氏が世界のトップをいかにして屈服させていったかという動画です。おのおの30分程度です。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37778143
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783260
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37783312

 以下が、すべてのデクラス(de-classification:機密開示のビデオレター)で、約1時間30分です。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm37150263


 私も4本の動画を観てみました。
 念の為に言っておきますが、これはアメリカ政府が予告編として発表したものではありません。アメリカの一市民が作った(吉田さんはQグループが作ったと推測されている)動画を、吉田さんがデクラスの予告編のようだということで取り上げたものです。
 その内容が真実かどうかは、訪問者の方々で判断して下さい。

 上記のメルマガでは、吉田さんが動画の内容に関し確信したような書き方をされていますが、その後のメルマガで、吉田さんは内容の50%ぐらいが真実だというような感想が書かれていました。
 上記では、「感想はあえて書きません」と言っていますが、感想が書かれている部分を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「ソ連崩壊に類似する、米国のトランプ革命」(1月26日)から抜粋開始>・・・

材料を提供した理由は、2017年1月からの、第一期就任のあとの、トランプの、メディアが報じていないことから、外交の現代史の水面下になっていると思われる活動(約50%)の、動機と理由の説明になると考えたからです。

トランプ自身は、これに対し、「自分は、Qアノンはよく知らない(=すこしは知っている)。ただし、自分を好きではいてくれるようだ」と述べています。これは、当然の態度でしょう。

【方法論】
当方は、
(1)その内容の全体を、信じているわけではなく、
(2)カルト的空想と判断できる事項も、相当に混じっていると判断
しています。この判断は、「直観」によるものです。

 ・・・(中略)・・・

■1.全体を通じて:大統領としての4年のトランプの活動

【4つのビデオレター】
神話の世界観風の「悪」と「善」の西欧弁証法的な、対立の戦いであり、トランプが悪を撲滅し、世界に善もたらすために、戦ってきたというストリーには、行き過ぎがあると考えます。現実は、善と悪のミックスジュースです。

◎トランプが、信仰に厚い人であることは、彼のスピーチから伺えます。しかし絶対善(神)、絶対悪(悪魔)は、この世にはなく、相対的なもの(程度の問題)と考えています。

(1)ストリーに出てきた、宗教的指導者(バチカン法王庁)、世界の大統領(元職と候補)、首相、多国籍企業、メガIT(GAFAM)のCEO、R家の金融エージェント(ジョージソロスなど)が、絶対悪の存在とは判断しません(直観)。

(2)他方、トランプが絶対善とも、思わない。
この図式的な対立は、劇画的であり、単純化した神話に見えます(判断)。以降で、具体的に述べます。

▼【1-1:サウジのアルワリードの悪事(多くの児童**)】
ドバイとアブダビに行ったとき、「確かに、この風土と巨大な富が重なると、なんでも起こりうる、起こしえる。」と直感しました。

緑化した砂漠に立つ人工的な建物が途方もなく、石油エネルギーの富も、想像を絶するものでした。

アルワリードの多くの悪事は、あったと判断します。しかし、児童**までのものかはわからない(判断の材料不足)。

オバマとアルワリードの関係も、わからない。あと付けの筋が通っている(児童**を受けたため→自分が児童**するようになった)ように見えるので、かえって劇画的であり、真実かどうか判断できません。(証拠となる機密情報の開示があれば別です)。

オバマが出生地の秘密から、大統領の資格を欠いていたこと、は事実です。また、彼が上級官僚のDSを強化したことも、事実です。

彼の、ロシアとの関係を暴いた「ロシアゲート」も、訴状が出されていて、これは事実でしょう。

バイデンの、ウクライナと中国疑惑(反逆罪)も、ハンター・バイデン(子息)が司法取引に応じ、父バイデンとカマラ・ハリスの関与も自白しています。バイデンとハリスは、すでに、公職につく資格はありません。

失脚したアルワリードに代わった、ビン・サルマン王子(現国王)が、トランプの支援に回ったのは本当でしょう。ただし、株主としてのメガIT(GAFAM)への圧力は、真偽を疑っています。

彼は、国営のサウジアラコム(石油会社)を上場しましたが、株価時価総額はメガIT(GAFAM5社)に並ぶ、180兆円です。王家があれこれに利用できる、巨大マネーがあります(テロ組織との関係及びマネー・ロンダリングが実証されなければという条件付き)。

▼【1-2:イスラエルのネタニヤフ首相】
ネタニヤフ首相が人**の常習者であるというストリーは、DVDがなく検証ができない。多くの、他の犯罪にかかわってきたでしょうが、人**の常習者であるということを、トランプが暴いて、直接交渉したというのは、事実ではないと判断しています。

アメリカ大使館は、エルサレムに移転しました。そのことでイスラエルがトランプのコントロール化にあるというのは、事実とはいえない。トランプはイスラエルから、2016年の選挙資金の提供を受けています。

トランプが中東和平を図ったということは、歴史的な事実です。

テロ組織のISIS対し、オバマが裏で資金提供していたということは、判断ができまません。一緒に写った写真は、画像加工に見えました。こんな写真は、撮るわけがないからです。

▼【1-3:バチカン法王庁の悪事と悪魔崇拝】
イルミナティが、児童**に「部分的」にかかわっていたことは、事実と判断しています。ただし、教皇は全体的な指揮者ではないでしょう。法王庁の裏には、R家があります。

R家は、ロンドンのシティ(大英銀行がある狭い一角:行ったことがあります)で、大英銀行をコントロールしています(事実)。約200年、ワシントンDC(コロンビア特別区)の株は、間接的にR家がもっています。

トランプのバチカン法王庁との会合は事実ですが、このとき、児童**のDVDで屈服させたというのも、絶対悪と絶対善を対立させた、劇画的なフィクションに思えます(直観)。事後に、2人で並んで写ったという写真も、捏造ができます。

法王庁の9人が、なぜか、同時に「コロナにかかって死亡した」という発表がありました。9人とも、コロナが死因であるとするのは、確率的に無理があります。死亡は事実でしょうが、原因はフィクションでしょう。なお、法王庁の一帯が停電したというのは事実です。

R家の当主は、1月15日に死亡しました。

イタリア政府の高官が、ソフト会社レオナルド(世界7位)を通じて、法王庁から、フランクフルトに投票の偽造データとソフトを送り、フランクフルト(米国大使館のCIA)経由で、集計機ドミニオンの捜査を行って、結果を捏造したことの証拠は、挙がってます。大統領を含む政府高官は逮捕され、司法取引と裁判が進行中です。

中国の習近平が、トランプの軍門に下ったというのは、根拠がないように思っています。(注)まさに今、中国では、路線対立からの内部闘争が起こっているようです。
?
▼【軍人の性格】
なお、ペンタゴンの軍人には、Qアノンを信じて行動している人が多いという情報もあります。軍人は、悪と善を峻別しないと、攻撃ができないからです。

日本の2.26事件(中下級軍人の蜂起)をみてもわかるでしょう。これは昭和天皇が反乱軍だといって、収めたのです。三島由紀夫は、2.26を、憂国の情からのものとしました。私兵の小さな「盾の会」を組織し、市谷の自衛隊に蜂起を促しましたが、叶わず自死しました。

▼【1-4:量子暗号による、金準備の新ドル仮想通貨】
量子暗号は、すでに開発されています。いつ、ドルが、ステーブル型の仮想通貨と紙幣に代わるのか、その時期は、まだ不明です。

その前に、米国財務省が、金(金ETFでもOK)を約3万トンを安く買い集めなければ、金準備通貨には、なりません。現在、米国がもつ金は、FRBの約8133トンでしかない(IMFの公式は発表:2020年) 日銀は765トンです。

最近、日銀のドル調達のため80トンを、140兆円の外貨準備をもつ財務省に売却しています(金市場は通っていません)。目的は謎ですが、日銀に、何かの理由で早急にドルが必要だったことは事実でしょう。

米国が、2万2000トン余の金を、市場に出さない銀行間のOTCで密かに買い集めるには、数年かかるでしょう。

ただし、デジタルゴールドである金ETFの、FRBと財務省間の市場を通さない発行と購入でも、準備通貨になりえます。金市場を通さないのは、市場の価格への影響を弱めるためです。

その間は、市場では金ETF(SPDRのETF発行額は1268トン:シェア33%)を、R家系の投資銀行(例:ゴールドマン)に売らせ、金の相場を下げるでしょう。1年に500〜800トン分のETFを売れば、金相場は、約20%は下がります(2013年の事例)。

一方で、金ETFと金現物を、財務省が買い集めるので、現物市場は枯渇して高騰するでしょう(1980年の事例アリ:約4倍)。

▼【1-5:重力エネルギーやUFO】
これは、実用化していないと判断します。量子暗号とは違い、空想でしょう。

■2.全体のまとめ

4つビデオレターでのデクラス(機密解除)の予告編の全体で、ビデオ時間で50%は事実、50%は劇画的な空想(イマジネーション)と判断しました(1月26日時点)。「勇み足」が目につきます。

これが、私の判断です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんがあえて自身の感想を述べられたので、私も感想を述べたいと思います。
 吉田さんは50%が事実で、残りの50%は空想だと述べておられますが、私は、残りの50%もほぼ事実だろうと思っています。
 ただし繰り返しますが、真偽は訪問者の方々で判断していただければと思います。

 1月20日の大統領就任式ですが、私は何かが起きると期待したのですが、結果は波乱もなく無事に終了しました。
 ただし、異様なライブ映像(生中継)だったことは確かで、ネットで大いに話題になっています。
 20日当日の天気は曇天だったのに映像は快晴だったこと、さらに昼に行われたはずなのに、西日が差し込み時間的合わないこと。
 また、放映途中でハンター・バイデン氏の言葉で「司法取り引き」といった音声が挿入されていること。極めつきは黒人の牧師が、「ドミニオン・パワー、ハレルヤ!(ドミニオン・パワー万歳!)」と叫んだことでしょう。
 まずライブではなく、録画だったことは間違いないと思います。
 しかし私は考え込んでしまいました。
 録画であったなら、なぜ「ドミニオン・パワー万歳!」の部分をカットしなかったのか・・・。
 それに関する吉田さんの感想を紹介します。

 「不正選挙が問題になった、まさにあの場で、「ドミニオン・パワー万歳!」と叫ぶわけがない。意識して牧師がいったのなら、「国民の皆さん、どうか、この儀式が嘘だとわかってくれ!」という叫びでしょう」

 そして、こうも言われています。

 「うがった見方かもしませんが、CNNもトランプの軍門に下り、「録画であり、偽ものと誰にもわかる中継映像を流して、CNNの今の苦しい立場がわかる人は、どうか、あちこちに穴のある映像で、わかってください」と伝えたのかもしれません」

 この吉田さんの推理で私の疑問も氷解しました。
 ツイッターやフェイスブックがトランプ氏のアカウントを削除したもの、ひょっとすると出来レースかもしれません。
 もうすでに主要メディアもトランプ氏の軍門に下っていて、トランプ氏を攻撃しているように見せているだけではないかということです。
 目的は、まだまだ世界の人々が目覚めていないからです。
 バイデン政権が一見発足したように見せているのも、同じ目的ではないかという気がします。
 バイデン氏が矢継ぎ早に出した大統領令によって、この政権がいかにアメリカ市民にとって害があるかということを広く知ってもらうためではないかということです。
 もちろんアメリカ市民だけでなく、世界中の人々に知ってもらう必要があったのだと思います。特に日本では、まだ90%以上の人が眠ったままです。

 以下は、JB政権の正当性、デクラスに関するサイキックの動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=8l5uE9GpczE&feature=youtu.be



注目の大統領就任式...2021年1月20日

 いよいよ注目のアメリカ大統領就任式が行われます。
 日本時間の1月21日午前1時30分から、NHKがその様子を放映するようです(私はさっそく録画することにしました)。
 私は、CGで作成された偽映像でない限り、何かが起きるのではないかと大いに注目しています。
 今回も、吉田繁治さんのメルマガ(1月20日号)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「英連邦海事法下だった、米国の独立宣言」から抜粋開始>・・・

【19日のセレモニー】
CNNでは、バイデン就任の前夜祭のセレモニーが、バリケードと鉄条網に囲まれたなかで、普通のときは2万人はいる聴衆が無人まま、セキュリティ・ガードに護衛され、夫婦2人とカマラ・ハリスが立ち、行われた式典の様子を映しました(寂寥の風景:劇)。

「バイデンが大統領に、ハリス就任した」とのコメントイ入りです。会場では、黒人看護師という人の国家が歌われただけでした。(昨日からCNNを10時間録画しています。情報戦の検証のためです)。

正式の就任式(宣誓就任)は、1月20日(明日)、参加が可能な状態にあれば、歴代の大統領夫婦と閣僚が出席して執行される予定です(トランプはフロリダにいて、欠席します)。

日本時間では、明日の1月21日です。現在の大統領は、明日までは、トランプであり、政府は、トランプがいる場所です。



【トランプの、お別れのスピーチ】
一方で、トランプは、これとほぼ同時刻に、「合衆国へのお別れのスピーチ」を行いました。バイデン大統領の名前はありません。主流派メディアは放映していません。右派の、@RSBNETのyoutubeに、原画が見つかりました(約20分のスピーチ)。消されていないままです。AIには、このスピーチの意味がわからないのでしょう。
(注)演説の内容は、大統領令に匹敵します。

https://www.youtube.com/watch?v=oIbLtumN__U


一見すれば、トランプが大統領を降りる、「米国よ、さようなら」のスピーチに見え、確かにそう聞こえます。ところが、これにも、ダブル・ミーニング(二重の意味)があります。

・言葉の表では、「合衆国」の大統領から降りること、
・裏では、「新共和国」の大統領になることです(新共和国の選挙は21年5月でしょう)

合衆国を終え、新共和国にすることは、日本でいえば内閣の宣言で平成から令和になったことに、対比できます。英国では、英国の上位の法をもつEUからの離脱です。3つとも平和裏に行われました。

【日本の仕組みと米国の違い】
日本では、天皇は長子が引きつぐため、令和天皇になっても、日本国は同じです。しかし大統領制(憲法に従う民主的な、実質国王)の米国では、合衆国(いわば平成=EU離脱前の英国)を終えて、新共和国(令和=EU離脱後の英国)になると、国家(体制)が変わります。

実は、トランプは、DSと左派による、組織的な不正が予想されていた選挙の1か月前、「共和国」への移行を仕掛け、不正選挙の実行を待っていたのでしょう。

意味がないように見える「共和国」が、一体何の意味をもつか、当方には、不明でした。今から思えば、深いところに、伏線があったのです。

1月19日に、「合衆国よさようなら」と、4年間の困難と業績を挙げ、内閣のスタッフには感謝のスピーチをするトランプの背後の、星条旗を見てください。金色の縁取りがされています。普通の星条旗ではない。ここに深い意味があります。

【金色の縁取りの星条旗】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米国の法廷や連邦政府の建物のなかに飾られている、アメリカ国旗に金色の縁取りがあるのに気付いたことはないだろうか。連邦政府が建てた学校のなかにある国旗や、アメリカ兵の制服にも同じ金の縁取りがついている。

「旗に関する国際法」では、星条旗の金の縁取りは、合衆国50州が、英国海事法と、アメリカの統一商事法典の管轄下にあることを示していている((注)戦前の日本海軍の、旭日の旗と類似)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97

トランプの背景にある、二旗の星条旗の、金の縁取りは、法律上のシンボルです。実は、法的には宗主国の英連邦の一員(エリザベス女王)を脱してはいなかった。
?
合衆国の裁判所や政府のビル、学校や兵士が、英国海事法と統一商事法典の下に置かれているという印です。これは、英国の軍事法であり商事法です。米国の慣習法であるコモン・ローや憲法に基づくものではないのです。(「The David Icke Guide to  the global conspiracy (and how to end it):以上「国家」というものへの勉強。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

トランプが「わかる人にはわかるだろう」として、旧合衆国におさらばをした、という事実です。

トランプは、米国を、2020年10の大統領令で、法的には英連邦だった「合衆国」を、「共和国」に移行させていたのです。

【英国のEU離脱と全く同じ】
これは、英国がその上の国家機構だったEU(欧州連合)から20年12月末に離脱したことと同じです。EUの方は、英国の法の上位にありました。

英国は、EUの法から離脱したのです。これがブレグジットの真の意味です。万世一系とされる島国の日本では、想像しにくい仕組みのものが「法的な国家」です。例えば中国にすれば、台湾は独立国でなく、中国の領土であり、その地図には、今も台湾省と書かれています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%9C%81

現在の英国は、米国を攻める力はない。その気もないので、トランプの独立宣言を、黙って受け入れました。

仮に、台湾が中国に向かい独立宣言をすれば、間違いなく台・中戦争になります。このため、台湾は「時機」が来るまではアイマイにしているのでしょう

ところが、ポンペオ国務長官は、不正選挙の騒動のなかで、民主国台湾の独立を認め、国連に加入させようとしています。アイマイな態度の日本はどうするでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97
を、消えないうちに見てください。

抄訳は、(意味があるときなら)後日送ります。

【主流派メディア】
CNNは、このスピーチの意味を解いていないふりをしています。

金の縁取りがある星条旗は、米国は高価な国だということでない。エリザベス女王を戴く英連邦の一員であることを示すのです。CNN、政府職委員、ジャーナリスト、法曹関係者など、一定の歴史の知識(米国独立戦争の真相への洞察)のあるひとたちが、知らないはずはない(と思っていますが・・・)。

【ギリギリまでの囮作戦:フリン将軍】
なお、トランプが、1月20日(日本時間21日)のギリギリまで、囮作戦をとる理由が、これで、氷解しました。

オバマは、退任のとき(2016年12月)、オバマ・ゲートの自分を含む政治犯の多くに、罪を赦免する恩赦を与えていました。

このため、2016年1月以降4年間の新たな犯罪でないと、トランプ側が、法的な逮捕ができなかったのです。これが、トランプが幾度も、負けたフリの罠をしかけ、明白な証拠残る犯罪を実行させて、1月20日まで待った理由です。深い戦略です。

どこかで、間違えているでしょうか。感想を待ちます。

【これからの予測】
たぶん、1月21日からは、新共和国の50州が、戒厳令下の軍事政権移行し、国家機密解除と大量逮捕(国家反逆罪のバイデンを含む約1万2000人)のあと、21年3月か5月が、新共和国の選挙でしょう。

なお、約2か月はかかる選挙の不正票の数え直しから、最高裁が不正選挙を認定し、3月にトランプが再任される可能性もあります。
国民は、しばらくは安全な家に閉じこもり、じっと待つことです。

(海辺の*****温泉;S.Y.)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (注)上記のURLで間違いがあります。
 ポンペオ国務長官が台湾を独立させようとしているURLですが、旭日の旗の部分と同じなっています。単純なミスだと思いますが、吉田さんから訂正が来たら直します。


 ネットの情報から、この吉田さんのメルマガ記事を補足します。
 ネットのどなたの情報かは、たくさんあったので忘れてしまったことをご了承下さい。
 アメリカは、1871年にシティ・オブ・ロンドンに帰属する株式会社となったといいます。つまり株式会社USAです。これを吉田さんは、アメリカは「法的には宗主国の英連邦の一員」になったと説明しています。それにより、アメリカ国民から徴収した税金の一部が毎年イギリスに流れていたという話もあります。
 金(キン)の縁取りをされたアメリカ国旗が、株式会社であることを示唆しているそうです(共和国の星条旗には、金の縁取りがない)。
 トランプ大統領がその株式会社USAを廃止(倒産)し、2020年10月1日から新共和国として再スタートしたといいます。
 1月20日のバイデン氏の大統領就任式はキャンセルされ、一時的な軍事政権の始まりが宣言されるといいます。そして、11月3日の投票の再集計(不正投票分を取り除く)が行われ、トランプ大統領が圧倒的に勝利していたことが証明されて、3月4日に新共和国の暫定大統領に就任するといいます(副大統領はフリン将軍)。
 その後(5月頃?)、改めて大統領選挙が行われ、不正のない選挙で選ばれたトランプ大統領が、新共和国の第19代大統領として就任するといいます(副大統領はケネディJr.)。
 これまでなら第46代大統領となるはずですが、それは株式会社USAの大統領であり、18代まで共和国であったことから、トランプ氏は第19代大統領となるわけです。

 さて、このシナリオは実現するのでしょうか。
 まずは、大統領就任式に注目しようと思っています。



トランプ大統領再選後に起きること...2021年1月13日

 日本の主要メディアは、次期大統領はバイデン氏だと決めつけて報道しているので、私がトランプ大統領再選と言うと、「こいつの気はたしかか」と思われるでしょう。
 しかし私の中では、大統領選の勝負はすでに決着していて、今はトランプ政権の2期目はどんな政策をとるのかということに関心が移っています。

 前回の記事で、石川新一郎さんの動画から、1月11日から20日の間はデクラス(秘密解除)の緊急放送はないという情報を紹介しました。
 最新(1月13日)の石川新一郎さんの動画に、それについてさらに情報がありましたので、紹介させていただきます。
 文字起こしではなく、内容の概略です。

「ワシントンタイムの14日、午前0時以降、緊急放送があります。
 ワシントンタイムの14日、午前0時に始まるのではなく、それ以降です。
 それは秘密解除(デクラス)の発表ではありません。
 この緊急放送は、世界中にではなく、アメリカ合衆国全体と、もしかすると世界の主要都市へのメッセージも入るかもしれません。
 このメッセージは11日からの活動の説明と大統領令発動の説明をします。
 皆様は平静を保っていただき、見守って下さい。
 秘密解除(デクラス)は大統領就任後、数日以内には世界中に緊急放送が行われます」

 アメリカ在住の人には、緊急放送があるようです。
 トランプ大統領は、1月11日に反乱法を発令しました。また大統領令とは、大統領令13848のことだと思われます。
 まず反乱法ですが、ネットの記事を引用させていただきます。

 ・・・<ネットから抜粋開始>・・・

 「反乱法」は、大統領が州の状況について連邦法の執行が不可能と判断した場合や、市民の権利が脅かされているとみなした場合、州知事の承認は不要だと定めているのだ。

 この法律は1807年に制定された。大統領に対し、「インディアンの敵対的襲撃」への防御として、国民軍の出動命令を認めるものだった。その後、国内の騒乱対応や市民権を守る目的でも連邦軍を活用できるよう、権限が拡大された。

 1878年に可決した別の法律では、国内における連邦軍の出動には議会の承認が必要だと定められている。ただ、テキサス大学で法律を教えるロバート・チェズニー教授はBBCに、大統領が連邦軍を派遣するには反乱法で規定されている法的権限で十分だと述べた。

 現在の状況では、大統領は州の承認を求めることなく軍を出動させる法的権限をもち得ると、広く受け止められている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大統領令13848は、以下のような内容だそうです。

「大統領令13848は、アメリカの選挙で外国の干渉が発生した場合に、特定の制裁を課す命令のこと。
 外国の干渉の対象者は、外国政府、外国人の代理人、及び代理人として行動する人も含む。
 罰則的には、財産没収、資金の凍結など考えられている。
 また特に悪質的な場合には、事前通知なしで命令ができる」

 すでに要人の逮捕は始まっているようです。
 未確認情報ですが、イタリアの首相、バチカンの法王などがネットで挙げられています。

 今回も吉田繁治さんのメルマガを紹介させていただきます。
 トランプ政権の2期目にどんな政策をとるか、ということがわかります。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「Declass とRed fiveの発令」から抜粋開始>・・・

「格差が巨大になった暗い世界」→「皆が活躍する世界」。金融システムの基盤において、200年の、R家の国際金融資本による、隠然とした支配から、トランプ革命によって開放されるからです。

●トランプは「国家反乱法」に署名し、即日発効しました。期日は日本時間の1月11日でした(米国は10日am 0:00)。前稿で述べた通りでした。

「国家反乱法」は、
・海外からの米国への干渉と不正な関与、
・国内での反乱的な行為があった者や団体を、
米軍が令状なしで軍事裁判にかけ、処罰を加えるものです。

米軍の行動は、軍事機密なので、FBI(国内警察)とは違い、要人であっても逮捕は秘密裏に行われます。リークすれば刑事罰ですが、幸いトランプ側弁護人の、神を信じる熱血漢リンウッド(Linwood)氏が、部分的に、そのとき活動に差しさわりのない人を、あげてくれています。

以前はツイッターでした。検閲とアカウントの永久削除からParlerへ移りました。しかしそこもAmazonによって凍結されました。その間隙を縫って投稿されたものです。

それと、米国国家情報局(NSA)&アースライン(管理人注1)の、ごく一部の機密が解除され、当局のリークの許可が出た情報です。

とりわけこの30年、意識的にフェイク情報を流し続けるメディアは、これらの情報を、提供されていません。仮に提供されても、政府機関の情報であっても、「嘘つきと詐欺師が揃ったトランプ側」のものとして、根拠のないフェイクとして無視してきました。ブーメランとも言います。

相手に投げたつもりのブーメランが、刃になって、世界の主要30社の、リベラルという根拠のないフェイクを喧伝(けんでん)する大手メディアに(まだその意識はなく)突き刺さっています。

中国CCP(管理人注2)からの接待旅行、好ましからぬ饗応、および、資本の支配と、背任になる賄賂の名簿はあがっていますから、早晩、おそらく1月20日までに、軍によって、反乱罪の容疑で逮捕されます。

トランプサイド(T側)とのフェイク合戦は、T側の完全勝利で、終わったのです。メデイア側にはまだその認識がなく、今日も、似非(えせ)論理と、ソフィストのレトリックで粉飾したフェイク・ニュースを流し続けるでしょう。

しかしもう終わったのです。日本のメディアは、海外情報は主に買っていますから、反乱罪にはならないかも知れませんが、特派員の記事は該当します。フェイクのペンは、国民の意識への剣だからです。

我那覇さんを見習って精神の洗脳を受けたら、どうでしょう。彼女は、逮捕され暖房のない牢獄にいる周庭さんとともにスターです。

健全な精神にしか、正しい知識と技術は宿らない。源流をたどればR家の基金・奨学金をもらい、米国で教育を受けた日本人教授の大学教育で欠如してしまったことです。

明治時代前の教育は、考え方と精神教育の倫理学(正しい道筋)でした。それ以降の経済・金融学の知識教育の内容は、陰に隠れることが綱領のR家に支配されています。

利益には無害の、文学・芸術学は違います。
事実に基づく科学も違います。
薬学と医学には偏向があるでしょう。
評価基準をあいまいにできるノーベル賞と、音楽賞も歪んでいます。

このためR家のことを調べて書くと「陰謀論」とされるのです。思わず熱くなりました。奨学金を貰わなかった僻(ひが)みだけが原因です(笑)。元に戻します。お茶を飲みます。

「レッド・ファイブ」のコード名で呼ばれる、一網打尽の戦略は、開始されました。対象(いずれも複数)は、元大統領と候補、最高裁・高裁の判事、長官、上下両院の議員、閣僚、DS側の上級政府職員(約8000人か)です。加えて約30社のメディア幹部、宗教関係者、司法関係者、知事、市長。

票集計機ドミニオンにも関与していた、バチカンのローマ法王(イルミナティ:数千の罪)、西欧の王族、イタリア大統領、ハリウッドの有名俳優と女優、IT富裕者など、多岐にわたります。ジュリアン・アサンジがハッキングしたWIKIリークスの名簿も、証拠です。

米国で、1年に80万人とされてきた、法と倫理に反する破廉恥罪の児童&幼児**と、****や****(エプスタイン島)の名簿・ビデオ・生きている証言もあるからです。

合計で、1万2000人余。米国の超有名人で、該当しない人を探すのが難しい。人間は、場面で、多面的な仮面を被ることできますが、精神の芯が怪しい花の腐臭を放っていたのです。

それがWIKIリークスとエプスタイン島の名簿です。
床と蔵までをあけた米国の大掃除の革命です。

軍事裁判所があるグアンタナモは、トランプが今日の日に備えて、2倍の、2万2000人に拡張されています(2018年)。

2年前に、1万2000人を軍事裁判にかける、レッド・ファイブが想定されていました。富裕者の資産と預金は、搾取と脱税の不正所得として、新国家に没収されるでしょう。

2020大統領選挙は、トランプが、2年前から仕掛けた誘蛾灯でした。大小の害虫たちが集まり、仕掛けた罠にかかったのです。

トランプの戦略は、裁判と議会では世論を喚起することでした。
フェイクメディアとDS(1万2000人)は、自分たちで墓穴を掘ったのです。今日もまだ、気が付いていないでしょう。精神と倫理が歪んでいるからです。「嘘つきトランプ」とすれば、その戦略は読めない。

1万2000人の軍による、逮捕のピークは、1月16日土曜日(NY時間)です。日本では、日曜日早朝です。

逃亡するDS側に知らせないため、レッド・ファイブのDECLASS(検挙)は機密開示がされず、逆に、負けを認めたかともとれるダブル・ミーニングの言葉が出されたのです。

例えば、トランプが最後のスピ─チ使ったseamless transition: つなぎ目のない政権移行、またはスムーズな移行。

トランプからバイデンヘという、主語がない。
移行という言葉も、移譲(ゆずる)でなく微妙です。
トランプは、政権を降りるといったことは一度もありません。

12月の記者会見での、礼を欠いた執拗なCNNの質問に対し、「選挙に不正がなければ、当然、降りるよ」と言ったことは一度だけあります(20年12月初旬だったか)。翌日のメディアは、「トランプが負けを認めた」でした。

お送りした<フェイク・ニュースの構造>で、分析した通りのものです。メディアは、トランプの罠にかかり、フェイクを上塗りしました。
今日のCNNも続けています。
自分で、Hellに行く。

軍による逮捕と、軍事法廷は、警察(FBI)・検察と公開裁判とは違い、秘密です。許可のない政府(軍も政府です)の、機密漏洩は刑事罰を受けます。

オバマ、ヒラリー、R家のエ─ジェントのジョージ・ソロスが軍に逮捕されていてもまだ機密にされている理由がこれです。

トランプは、1月6日の議会前の演説で、
・オバマはどこだ?
・ヒラリーはどこにいる?
とおどけていました。
意味は伝わったでしょうか。

戦後は、戦争はないことになっていて、軍事裁判もない日本の警察・検察の逮捕と裁判と180度違います。徴兵制は1973年に終わり、今は職業軍人の時代です。

武装した外交官&警察が、ペンタゴンです。米国では、戦争は外交の延長線上であり、日常的です。戦後もおよそ毎年、地域戦争をしてきたのです。

米国には戦後はない。
今回のような革命があります。

1月19日から、略語は奇妙な響きで、嘘のようなコード名「ネサラ・ゲサラ法」の大統領令が出されます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(1)『NESARA』 National Economic Security and Recovery Act 
(国家 経済安全保障改革法)
(2)『GESARA』 Global Economic Security and Recovery Act
(地球経済 安全保障改革法)


就任式前の1月19日には、バイデンとカマラ・ハリスは逮捕済みです。その日から、120日間(4か月)は大統領不在でなく、
・暫定大統領に現役のドナルド・ダックではないトランプが、
・副大統領には、米軍のマイケル・フリン将軍が就任します。

この4か月に、20万ページに及ぶ機密書類が開示されます。
国民には、1週間×4時間?の放映が必要なビデオ(作成済み)で、
革命の内容と理由が示されます。

21年5月には、大統領選挙と、上下両院選挙が実施されます。

「トランプ党(MAGA:Make America Great Again:アメリカを再び偉大に)」からは、大統領にトランプ、副大統領にはこの戦略作りに加担したJFK・ジュニアが立ちます。ケネディのような歓呼と圧倒的大差で選ばれるでしょう。対抗馬はないかもしれません。

上下両院再選挙です。MAGAが最大多数を占めることは確実でしょう。

トランプは20年9月に準備していた国名;アメリカ共和国を宣言します。日本はそれから東京五輪、どこまでものどかでお馬鹿さん。
新生アメリカ共和国にふさわしい憲法案が作られ、審議と投票が行われます。

(1)クレジットカード、住宅融資などの債務は、銀行および政府の(法貨を作ってきた)不法行為によるものである。ゼロにリセットされる。これは、連邦準備銀行(FRB)による最夢だった、債務の免除である。
所得税は廃止される。(注)負債免除の明細には条件が付く。

(2)歳入庁(IRS)の廃止。IRSの職員は、米国財務省の売上税分野に転職する。政府の税には、14%の付加価値税(消費税)のみが課される。食品、医薬品、中古品には売り上げ税は課税されない。
※生活必需品でないアイテムのみに14%が課税される。

(3)高齢者への年金支払いの増加させる。

(4)裁判、および法的事項は、憲法へ回帰する
(新憲法で違憲になる法は廃止)。

(5)貴族称号に関する修正憲法の復帰。数十万の外国勢力(中国CCPの支配下にある米国人は、市民権を失う。他の国に追放され、生涯再入国ができなくなる。それらの人々の数百万の大学卒業の学位は価値のない紙切れになる。

(6)NESARA宣言の後120日以内での大統領、および国会議員選挙の実施。
(7)選挙監視員の選出と特定の利益グループによる不法な選挙活動の防止。

(8)新しい米国財務省による金・銀・プラチナなどの貴金属の準備資産がある通貨(ステープル型仮想通貨)の発行
((注)旧ドルと、トランプ・ドルの交換比率は不明)
1933年の、フランクリン・ルーズベルトから始まった米国の破産状態の終了。
(注)対外純債務1000兆は消却される。日本は対外純資産360兆円の損害か。
中国は破産し、CCP党員100名の名義の1200兆円のスイス預金は、不正マネーとして凍結。

(9)米国人の出生証明記録の、米国運輸省証券としての販売の禁止。

(10)憲法に沿った米国財務省銀行システムの創設。

・連邦準備システム(FRS)の廃止。
・移行期間中には、連邦準備銀行(FRB)は、米国財務省の監視の下に一年間だけ、旧通貨の回収と廃止のための運用を許される。
(あとはFRBを、財務省が吸収合併)
・金融に関するプライバシーの回復。
(匿名預金か:税は消費税で所得税はなくなるから可能になる。タックスヘイブンマネーの米国回帰:推計1000兆円)。

(11)全ての判事と、検察官の憲法準拠のための再訓練(再教育)。

(12)世界的な軍事攻撃行動の中止(世界が同時に不戦宣言)。

(13)世界平和の確立。

(14)人間性確保の為の膨大な金額の資金の放出(貧困層救済)。

(15)国家安全保障の名目のもとに国民から隠蔽されていた6000件以上のフリーエネルギー装置、反重力装置、音響ヒーリング機械を含む特許の解放。

(16)地球上の現在、および将来のすべての核兵器を排除する。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・以上、夢幻とも思える世界が5月の米国です。日本はどうすべきか。一緒に考え政府に提案しましょう。
政治家、官僚、R家の学説仕込みの学者は、頭脳がマヒするでしょう。

宗教、哲学、数学、工学、理学、医学のみが活きます。米国民の生活は豊かになります。日本が2位。
R家の欧州は没落、中国は破産です。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注1)アースラインとなっていますが、アースアライアンスのことだと思います。これは「BBニュース」さんに情報を提供している組織の名前です。

(管理人注2)中国CCPとは、中国共産党のことです。


 紹介させていただいた吉田さんの記事を補足します。
 所得税、相続税が無くなり、14%の消費税(付加価値税)に一本化されるとなっていますが、「BBニュース」さんによれば、消費税は17%になるそうです。
 NESARAを提唱したシャイニ・グッドウィン氏と、NESARAインスティテュートという組織があり、そこで消費税は14%〜と提唱されていました。ただし、課税対象外をどうするかという細かい問題があり、その項目次第では22%まで検討する必要があるとされていました。
 また国民から隠蔽されていた6000件以上のパテントの公開ですが、今では12000に達するそうです。

 吉田さんは、中国は破産すると言われていますが、破産後の中国に対し石川新一郎さんの情報源から情報があります。
 中国は、内部から崩壊してゆき、最後はいくつかの国に分裂していくといいます。おそらく今の軍管区にそった国境線になると思われます。巨大国家、中華人民共和国の崩壊です。
 石川新一郎さんの情報源から紹介します。

「中国人民は敵でなく、共産党が的です。
 そこに暮らす人々は、人間の尊厳を奪う共産国家を捨てることになるでしょう。
 今、中国共産国家は、少し時間は掛かるが、自ら破滅に向かっています。
 内部から間違いなく破滅に向かっているプロローグの音楽が聞こえています。
 近い将来、巨大な国家が崩壊し、いくつもの国々に分かれるのを見るのも近いでしょう」

 ただし国の分裂はすぐに起こるというものではなく、何年も先のことのようです。



いよいよ反撃開始!(その2)...2021年1月11日

 アメリカ大統領選に関する吉田繁治さんのメルマガがどんどん送られてきます。
 様々なソースから最新情報が矢継ぎ早に出てくるからです。
 もちろんこうしたことは日本の主要メディアでは報道されません。今日(1月11日)の昼のNHKのニュースで、ペロシ下院議長が、トランプ大統領の弾劾を図るという報道をしていました。相変わらずトランプ大統領に不利な報道しか流さない、偏向報道を繰り返しています。NHKはバイデン氏が次期大統領と決めているのですから、あと任期が9日しかない大統領を弾劾するペロシ下院議長の行動が、常軌を逸しているということすら気がつかないのでしょうか。

 今回は前回の記事、「いよいよ反撃開始!」の第2弾で、吉田繁治さんのメルマガから、1月9日の全部と1月10日の一部を紹介させていただきます。
 引用させていただく吉田さんのメルマガで紹介されている「石川新一郎さん」ですが、ワシントンからの情報を YouTube で流している人です。
 吉田さんは、この情報は「どこから判断しても、ホンモノです(当方の判断)」と言われていますが、私も同感です。私は石川さんの動画の文字起こしをして文章を検討してみましたが、私もこれは本当にワシントンでトランプ大統領の近くで働いている組織からの情報提供に違いないと判断しました。
 その組織は、自分たちはNSAの一部で、Qアノンでもないしホワイトハットでもないと言っています。トランプ大統領の再選と再選後のタイムライン(スケジュール)を管理する仕事をしているとのことで、仕事の性質上、ワシントンの他の部署からの情報が集まる場所とのことです。
 この組織が石川さんに未来の日付が書かれ封がされた3通の茶封筒を届け、封筒に書かれた日付が来たら開封し、YouTube で情報を流してほしいと言っています。その日付ですが、トランプ大統領再選(1月20日)の後、3ヶ月程度の範囲だそうです。
 私は、その封筒の一つがRV/GCRであると睨んでいるのですが、これに関しては改めて記事を書きたいと思っています。

 石川さんとともに、私がホンモノだと思っているのが、「BBニュース」さんです。吉田さんもホンモノだと思っているようです。
 「BBニュース」さんは、RV/GCRに関して詳しく解説されているので、いずれ紹介させていただきたいと思っています。

 では、吉田繁治さんのメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年1月9日:ついに最終的な結末へ」から掲載開始>・・・

世界中の主流派メディアは、「****の勝利」を喧伝(けんでん)し、米議会が、トランプに対して弾劾をする可能性があると伝えています。
世界のトランプ支持者は、今、気落ちしているでしょう。メディア情報に囲まれているからです。

当方も、2020年10月までは、トランプと****に対して、中立的であると書いてきました(それ以前のメールマガジン)。しかし、11月4日からは、ひどい不正選挙と、DSの奥の院(国際金融資本家:R家=今は中国がメインランド)は、米国民主党を押していると知り、考えが逆転しました。

トランプの不動産事業破産のとき、R家からキッシンジャーを通じて助けられたときから、トランプとはなんらかのつながりがあるとも考えていたからです。しかしR家の方法は、200年、ポートフォリオ戦略です。

敗戦側と勝つ側の両方に投資して、未来の確率的なリスクをヘッジする。DSと米国民主党側には、トランプ個人よりはるかに多くのマネーが、ジョージ・ソロスと他の多くのエージェントから提供されています。

当方が読んでいた、トランプと弁護団のツイッターは、メディアのDS側から、1月8日以降永久閉鎖されています。トランプと弁護団は検閲のないParlerを使っていますが情報内容と購読数は十分ではない。「石川しんいちろうさん」という人がいます。

トランプの最側近のスタッフチーム(ゴルフ場のキャディに変装した天才的IT技術者も含む:いつもトランプに影のように同行)は、石川さんに5分くらいの日本語にしたメッセージを約20回送り続け、具体名をぼかした短いメッセ─ジを、石川さんがYoutubeで読んでいます。

どこから判断しても、ホンモノです(当方の判断)。このメッセージの通りに、12月から1月初旬の事態は、進展したからです。若干、言葉のナマリと癖がありますが、石川さんの表情は、晴れ晴れとしています。
https://www.youtube.com/watch?v=cSC6_MAAsI8

ツイッターやParlerは、敵方にも読まれるので、日本に対しては、立場の分からない石川さんを使ったものと思われます(石川さんに対して失礼な言い方をお詫びします)。

その目的は、根拠がないかもしれないとも思わせる、戦争のとき使う陽動作戦です(目的は、敵の情報の攪乱)。その上で、ほんとうのことを分かる人達には伝える。

トランプの情報戦略は、裏を読む必要がある高度なものです(メディアは攪乱されるでしょう)。石川さんの、youtubeをほぼリアルタイムで見ている人は今、75,861人です(1月9日:午前11:45)。

ここへきて、ついに具体名が出ました(!)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・ケネディ・ジュニアは、生きています。
・エプスタインは終身刑ですが、生きています。
多くの証言をしました。
・CIA長官のジーナ・ハスペルも生きています(フランクフルト、*****集計機のサーバーをめぐる、軍とCIAの銃撃戦で拘束され、司法取引の証言をした女性長官)。
彼女も、多くの証言をしました。

われわれは、1月17日中(日本時間)に、(沼への)レッドファイブ(掃討作戦)を実行すると決定しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(注1)CIA長官は、海外からの賄賂と関与の全容について多くを知る立場です。
(注2)DS派の主要人物の、米軍による逮捕と軍事裁判のことです。メディアも含まれるでしょう。国家反逆罪になるでしょう。このために、ワシントンのWHから、テキサス州の軍事基地に、内閣と核のボタンを移動したのです。

どうでしょうか・・・フェイク情報なら、遅くとも実行の1月17日には分かります。さすがに、これはメディアも報じるでしょう。蓋をするには大きすぎます。

1月20日は、(たぶん)トランプ大統領が二期目にはいるからです。大統領候補****と副大統領候補***は、反逆罪容疑で捕まりますから。法的な資格を失います。

(注)Tの公式の就任日は、国家の異常事態として、ごたごた、混乱、または極左の暴動を治めるまで延期されるかもしれせん(大統領令)。

いよいよ、かねて申し上げていたことが、決定しました。昨年12月までは1月30日がレッドファイブの実行日だったようです。1月6日の、暴動議会とDS派の「最後のあがき」をトランプが見て早まりました。

ここまでお伝えします。1月9日に更新した<フェイクニュースの構造>と合わせてお読みください。

【後記】
トランプの戦略の深さには、舌を巻きます。誰が作戦参謀か? 新内閣で副大統領に就任というケネディ・ジュニアか。1999年の、自分死ぬ大掛かりな飛行機事故を演出(仮想)したくらいです。そのケネディなら、この戦略を作れるでしょう。20年、地下に雌伏していたからです。

 ・・・<掲載終了>・・・


 上記の文の中で、レッドファイブ(RED5)と出てきますが、一体なんぞやと思われた読者の方も多いと思います。
 「フリーマンこと長谷川」さんの YouTube から、引用させていただきます。

(RED1)トランプ大統領のツイート削除(「家に帰ろう」の削除で反乱法要件成立)

(RED2)中央通信の停電(まだ起きていない)

(RED3)ペロシ議長かペンス副大統領はトランプ側のスパイ(おそらくペンス副大統領がスパイで敵の内部に潜入成功)

(RED4)軍事行動、2021年1月7日から10日目(2021年1月17日)に民兵(2021年1月17日に行動を起こすと宣言してる)の鎮圧を理由に最初の海兵隊(トランプ側)が中心地に入る。

(RED5)国家軍事センター(反乱法か戒厳令の発令)

(RED6)国防長官指示(軍隊によるディープステートの逮捕)

 これによると(RED5)は、反乱法か戒厳令の発令ですが、すでに別の人の YouTube によると、トランプ大統領が反乱法を発布したという情報があります(あくまでも未確認ですが)。
 また、今日(1月11日)の日本時間の午後2時に、(RED6)の発令条件が整うという情報もあります(これも未確認)。

 では、もう一つの吉田さんのメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年1月11日:ついに最終的な結末へ(2)」から抜粋開始>・・・

ある読者の方から、前号で挙げた人(石川氏:I氏)を信用してはいけないとい思う、というアドバイスをいただきました。確かにそうです。

当方、I氏を信用したのではあません。見るからに怪しげ(Iさん、失礼をお許しください!)です。カタカナ語の発音も、例えば、ディナー(夕食)がデナーであり、英語の原文が読めるとは思えないこともありました。I氏を信用したのではないのです。I氏の情報が、NSAからの意図的なリークであると確信したからです(敵を攪乱する陽動作戦も混じっているかもしれません)。

この日本語情報は、NSA(米国国家情報局)の誰かが、外交文書の扱いの秘密情報を、意図して、リークしたものと知ったからです。トランプ側(=1月20日までは政府側)の意図であるため、告発されません。

外交の秘密文書を漏らすのは、特に米国では、即刻、機密漏洩罪で、告発されることがあります。例えば、トランプとの、機密を約束した電話会談(約1時間)を、5分に切り貼りして(都合悪い部分を消す偏向を加えて)、ワシントン・ポスト(左派:内容に更に偏向を加えた記事を報道)にリークした、ラッフェンスベルガー州務長官は、即日にトランプ側から告訴されています。

トランプが、まだ、一般からは「クオリティペーパー」とされているCNN、NYタイムズ、ワシントン・ポストに、ナマの情報を提供しない理由は、4年間、偏向報道され続けたからです。この、国民からの評価も、来週末にThe END.でしょうか。

米国・英国のクオリティペーパーは、とりわけトランプ報道に関しては、ひどいものでした。私も、2020年10月まで、この言葉は変だなと思う瞬間はあっても、大筋で、誤魔化されていました。長年の購読に対して、賠償請求したいくらいです(子供じみているので、やりませんが)。

<フェイクニュースの構造分析>が成果です。
その点では、素材を提供してくれて、ありがとうございます。

I氏は、日本語のできるホワイトハウスの情報スタッフが、「テストのため」、試しに送ったとき、
「自分の意見は入れず、1語1語を正確に読んで、日本に知らせてくれた」、つまり陰謀論という偏向の意見を入れるメディアとは違うと、I氏のyoutubeの観察で知り、
短文の日本語にしたリーク情報の送り先として選んだということでした。

この情報の真実性を裏打ちするのは、以下に挙げる、BBニュースです。BBさんは、国家情報局(NSA)の担当と連絡をとり、許された部分のNSA文書の情報開示をしています。

NSA情報は、外交文書になり、当然、国家の一級の機密文書です。
トランプは、合同議会の前後に、この情報も開示するとしていたのでしょう。

NSA文書を、まだトランプ側が機密にしているのは、敵方に、情報を知られないためです(外交や戦争では、情報戦があります)。

トランプは、「(わかる人にだけわかるように)意図して、ダブルミーニングの謎めかした言葉」で、ツイッターで知らせていました。弁護団とともに、そのアカウントは、永久閉鎖されました(1月8日)。

ツイッターも、その検閲からDS側であることがわかります。いまGoogle、youtube、ツイッター、Facebookで検閲が激しい。当方のWEBにも来ました。その記事は自主削除しました。今、米国メディアは中国や北朝鮮と、おなじです。ひどい状況です。戦前の体制翼賛会が、80年経って、ひとめぐりし、蘇っています。NHKのニュース解説が特にひどい(60%くらい)。民法では今日、日曜日の、NEWSショー。

確認しましたが、下のBBさんのYoutubeは、まだ消されていません(1月10日:午前10:05)。当方が情報のソースを明かさないことがあるのは、書くと迷惑をかける機密文書にあたるかもしれないと思ったときです。

聞くのに、30分かかります。原文は、政府文書であり、法律用語が混じった難しい英語です。しかしかなり正確に、意味が分かるよう、AI翻訳されています。

意図して開示された、この少ないNSAの情報に、GPSブレスレットや1月1日デルタフォース(米国地特殊部隊)の、ウクライナの****邸宅襲撃の押収証拠品(書くのは躊躇します)などは出ています。

DS側は、1月1日から、主要な人が、軍に監視され、包囲されています。

「1月20日まで、米軍のトランプ裏切り」がないかぎり、DS派の主要人物が、逮捕されるでしょう。一部の裏切りは想定できます。主流派は揺るがないと思っています(希望)。

****次期大統領と、ヒラリー、オバマは、GPSブレスレットで、軍に、行動(携帯のようにその発言や相談もか?)を監視されています。

外せば分かり、即時逮捕なので、外せません。****だけは「支持派の国民に健在と見せる」スピーチを出しています。この人(小狸)も、苦境であっても発言する役者です。

80歳なった、若作りのペロシ下院議長(上院院内総務のロムニー(狸)とともにDS派議会の巨頭の1人:ラッコに見えます)が、ヒステリックに、
(1)議会への動乱誘発剤で「トランプ弾劾(議会は動いていません)」、(2)「副大統領と閣僚による解任(ペンスは断りました)」と叫んでいるのは、
グアンタナモ(この語も検閲か?)を恐れているからでしょう。

CNNも、ペロシと同期して、日に日にヒステリック度が上がってきました。CEOが、危なくなってきたからでしょう。真の犯人には犯罪の自覚が一番あるはずです。何が何でも、1月15日までに、トランプを解任しなければならない。

トランプが仮に、「正当な選挙で負けていれば」、任期は1月20日までです。その前の解任の意味は、ない。
犯罪的な選挙という自覚があるから、トランプを怖がるのです(論理)。

DS側は、どんな無理な手段を使っても、その前に解任し、大統領令を出させないように、しなければならない。論理的には「不正選挙ではないというのがでっち上げの嘘だ」という「自覚」があるからです。

トランプ側のレッドファイブの計画は、テキサス州から着々と進んでいるようです。ギリギリまで追い詰められたのは、DS側でしょう。

トランプが軍の基地にいるのは、ANTIFAやCCPの政府機関のスパイからも容易に予想される身辺テロ(本人+夫人+スタッフ)を避けるためです。追い詰められたからでは、ありません。 もし見るなら、早く見てください。消えるかも知れません。本稿を送る理由が、これです。

(BBニュース:米国家情報局(NSA)の情報)
https://www.youtube.com/watch?v=kGDy_ZV9XUE&t=20s

BBニュースさん・・・相済みません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今、吉田繁治さんの今日(1月11日)のメルマガが送られてきました。
 内容を読んで、掲載が必要と思ったら掲載します。

 最後に追加の情報です。
 ネットでは、トランプ大統領の緊急放送があるのではないかと噂になっていますが、石川さんのワシントンの情報源は以下のように言っています。

「1月11日から20日の間はレクラス(秘密解除)の緊急放送はありません。
その間に、アメリカ国民へのメッセージがトランプ大統領が大統領令に対しての説明が行われます。
レクラス(秘密解除)は1月20日の新共和国の初代大統領にトランプが就任してから数日以内に行われるでしょう。
 つまり1月20日は就任式のみです」

 イギリスの水晶玉占いのルイーズ・ジョーンズさんの2021年1月3日の YouTube で、今回のアメリカで起こったことが見事に予言されているようで興味深いです。

https://www.youtube.com/watch?v=8oQase3o6-0



いよいよ反撃開始!...2021年1月8日

 以前の記事でお伝えしたように、米大統領選において、私は1月6日のワシントンでの上下院の合同議会に期待していました。
 テッド・クルーズ上院議員らに代表される共和党の議員よって、激戦州の選挙人票に異議が唱えられて無効となり、下院による決選投票に持ち込まれるとみていました。
 しかし、結果はご存じのように、(議事堂への乱入騒ぎがありましたが)すんなり選挙人票が認められ、議会は正式にバイデン氏を次期大統領と決定しました。
 まだまだ私は修行が足りないようです。
 しかし、(驚かれるかもしれませんが)私は、いまだにトランプ氏が再選されることは(ほぼ)間違いないと思っています。
 こういうことを書くと、(吉田繁治さんによれば)日本人の90%の人からは、妄想の陰謀論と見られるらしいです。
 当HPの訪問者の中で、どのくらいの方々が、私が妄想を抱いていると思われているでしょうか。

 及川幸久さんの最新動画では、これまでトランプ陣営が行ってきた(裁判所への訴えなどの)試みが、ことごとく却下され、失敗してきたと表現されてきました。
 しかし、私はこれはトランプ陣営は、最初からわかっていて行ってきたシナリオだったのではないかと思い始めています。トランプ陣営のリン・ウッド弁護士によれば、11月3日の投票から2ヶ月間、あらゆる犯罪を明るみに出す為に行ってきたといいます。これは沼の底の大鰐(おおわに)をあぶり出す為と、米国民(いや全世界の人々)に、アメリカの司法と議会、及び大手マスコミが、いかに腐敗しているかをわからせる意味合いがあったのだろうと思います。

 これからトランプ大統領の反撃が始まると思います。
 例えばですが反乱法の発令により、これから大量逮捕が始まると思います。
 反乱法に関しては、及川幸久さんが非常に興味深い考察をされていて、感心しました。
 1月6日のワシントンでの上下院の合同議会に、アンティファ(日本の大手マスコミはトランプ支持者と報道)による議会乱入が起こりました。その後、トランプ大統領は、暴力をせず平和裏に自宅に帰るようにといったツイートを行いました。
 ところがツイッター社とフェイスブックは、即座にトランプ大統領のアカウントを停止し、この大人しく家に帰るように促したトランプ大統領のツイートを削除したのです(ツイッター社は12時間、フェイスブックは24時間)。これは私には異様としか映りませんでしたが、及川幸久さんによって謎が解けました。
 反乱法を適用する条件として、反乱を起こしている集団に、大人しく家に帰るよう文章でアナウンスする必要があるというのです。
 それゆえ反乱法の発令を極端に恐れるツイッター社とフェイスブックが、トランプ大統領のアカウント停止という前代未聞の強硬措置に出たわけです。
 しかし、すでに全米に発信してしまったのですから、後の祭りでしょう。
 これでトランプ大統領が反乱法を発令する条件が整いました。
 もう数日以内に、全世界があっと驚く大物たちの大量逮捕がアメリカで始まると思われます。

 今回もまた、吉田繁治さんのメルマガを掲載させていただきます。
 その中で、吉田さんは特定のワードの部分を「****」と置き換えて、書かれています。
 これは日本でもネットの検閲が物凄く厳しくなっているからです。「バイデン」「ドミニオン」といったワードを使うと、検閲に引っかかって、メルマガが送れなくなる可能性があるのです。
 私の方で、直そうかと思ったのですが、今回の大統領選挙に注目している方なら、すぐにわかる単語なのでやめました。
 では、1月8日付けの吉田繁治さんのメルマガです。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「2021年 1月 8日:【合同議会の顛末(原因と結果)】」から掲載開始>・・・

本稿も、TVや新聞だけを見ている人には、妄想の陰謀論に見えるはずです(90%以上)。ついに頭がおかしくなったかと言われるかもしれません。(読者からのメールにありました。90%が「そんな馬鹿な」と言うらしい。)でも、当方の家人も同じです。夫婦でも、分かっていない。安心してください。家人は、ともかくトランプ嫌い。女癖が悪く、今の夫人が美しいからでしょうか。

理由は、編集と用語が検閲された、歪んだ情報しか得ていないからです。編集者に、歪めるという意識があれば、まだましです。歪んでないと思っているから始末におえない(CNN)。まぁ、頭が悪いのでしょう。人の言葉の裏が読めない。その発言の理由です。

<支配する民主主義の完成は、エスタブリッシュメントや既得権益、名前の権威を守るための、メディアの歪んだ報道よって行われると、誰かが言っていました(記憶の引用:メディア論のエドワード・バーネイズ)。>

歪むとは、真実を、歪んだ色眼鏡で見て、捻じ曲げて伝えることです。このため、真実を書くと、歪んだ陰謀論に見える。陰謀論という概念は、200年絶えず陰謀を行ってきた、本家、R家から来ています。R家のことを調べて書くと、陰謀論と、高名な学者に言わせたのです。しかし、大きな歴史的事件は、ほぼ全部が陰謀です。

報道の真実という概念は、本当は難しいものです。人間も、生活は質素なR家も、いろんな面をもつからです。場面で多面的になる自分を考えればわかるでしょう? どの自分が真実か、分かりますか?

現在の欧米の、報道の歪みの根源には、トランプが戦ったR家系列の資本があります。主流メディアの多くが、資本をたどるとR家。民主社会の支配のためです。

CNNは、トランプに消えてもらわねば、都合が悪い。世界の支配が完成しないからです。なお日本の海外報道の歪みは、ロイター、BBC、NBC、ABC、共同に頼っているからです(記事を買うだけ、調査取材は、入り込めず、ほぼゼロ)。

(とても失礼な言葉ですが)、標準偏差(≒偏差値)の1.5シグマである90%の読者は、書いてあることの内容が、あまり読めない。

記事の価値の判定を、既存の社名と、権威に頼るからです。芥川賞をもらうと、本が10倍、ときに100倍は売れることの意味も同じです。骨董が、年代や名前で高くなることと同じです。ベートーベン、ドストエフスキー、村上春樹にも、好き嫌いは別の次元ですが、駄作も多い。

ひらがなや和語で書くと、本当は、アイマイで難しい(伊勢物語)。しかし内容ではなく、見た目はやさしい。漢語や専門用語が、概念がはっきりしているので、定義を知っていれば、本当はやさしい(漢文)。

科学の本は、数字と事実と論理(ルール)があるので本当はやさしい。将棋で、小学生の天才が出るのでわかるでしょう? 小説ではムリなことです。ルールがないからです。

経済なら日経新聞、WSJ、FT、本なら岩波、リベラルは朝日、NYタイムズ、CNN、ワシントン・ポスト、保守は読売やFOXというような、ステレオタイプの分類が、権威に頼ることです。それらに書いてあることは真実、スポーツ新聞や夕刊フジ、日刊現代は嘘になるのです。

実際に深く読むと、芸能誌も、題材がちがうだけで、クオリティの差はない。二流の学者は、権威者の階級に弱い人でもあります(一流の人は時の権威に対抗します)。その人たちは、子供と話せない。子供に嫌われる。子供や犬は力がないので、人を見ぬきます(仮面は見抜けず騙されますが)。攻撃を受けると、死ぬからです。

TVを見て音を消し、何を話しているか当てる訓練をすると、人を見抜けるようになっていくでしょう(体験から)。表情と身振りに、本当のことが現れるからです。これも経験です。天才的な張本など、スイングを1振り見て、欠点と長所を見抜くでしょう。ゴルフスウィングでも同じです。



1時間単位で、新しい情報が(他の情報とつなげる思考で)分かってきました。今回は、決定的なものになるでしょう。時間を待たず、お知らせしたいので、書きます。

1月6日の、上下両院合同議会を見とどけたトランプ大統領は、エアーフォース1で、ミレニア夫人と、テキサスの軍の基地に移動しました。身の危険を感じて、逃げたのではない。

「軍」を使う、戦略的な移動です。しかし、戒厳令ではない。

待遇を上げて厚遇したからか、ペンタゴン主流派は、トランプの応援隊です。今回も、ペロシ下院議長と、狸のマコーネル院内総務の、出動要請を断っています。

今回の情報で、****次期大統領への業務引継ぎを、なぜペンタゴンが断ったか(12月半ば)、分かりました。

外交と軍事は、連邦国家の米国大統領の専権です(内政は州)。ペンタゴンが引き継がないのは、次期大統領として認めないという意味です。

20年11月にフランクフルトの*****集計機のサーバーを、CIAと銃撃戦をしてCIA長官(今も姿が見えない不思議さ)とともに、捕獲・押収したデルタフォース(米軍の特殊部隊)が、原油と天然ガスが出るウクライの海岸の、次期大統領****の施設を襲撃しました(1月1日〜)。ウクライナのガス事業、中国CCPがもつ石油、エネルギー事業は、賄賂の巣窟という(陰謀論の解析をした名著の馬淵睦夫氏)。

中国製の大量の兵器、数万発の銃報弾、もっとも強い麻薬(**タール)、手錠、壁の*体の痕跡、金塊(40億ドル相当:420億円)を押収したという。犯罪、誘拐、マネーロンダリング、****行為の巣窟だったようです。*****島に似ています。

三親等以内がマネーロンダリングや海外からの賄賂で、国家反逆罪になると、大統領と大統領候補も、失職します(法の規定)。

1月20日前の、来週(余裕をもてば、たぶん12日か13日)、 ****次期大統領は、軍から逮捕され、グアンタナモ送りでしょう。副大統領候補の***も、*国からの賄賂があるので、同時でしょう。

両方が国家反逆罪になると、1月20日に落選したことになっている、トランプ&ペンスが繰り上がると思っています。(注)ペンスは辞任します。

合同議会の議長(プレジデント)を務めたペンスは、裏切ってはいなかったようです(まだ10%程度は不明)。合同議会で、海外からの賄賂、******島の名簿、証言、写真がある議員たちが、重要な議会での不正審議という国家反逆罪を犯す紛れのない証拠を集めるために審議させたのです。これが1月6日の合同会議の顛末。

結果は、トランプにはどうでもよかった。国家反逆罪を、実況中継のTVで見た国民の前で、実行させるためものだったからです。

情報はLinwood弁護士。1月6日には、トランプと一緒にツイッターが閉鎖され、検閲のないParlorに移り、活発に書いています(文面は超元気)。大統領の発信を封殺するのですから、ツイッターも名うての犯罪者。安倍元首相や、菅首相のツイッターに登録を全部消すことが考えられますか? CNNと同じように、DS側である証拠でしょう。
https://parler.com/profile/LinwoodW/posts

世界中で如何にメディアが、異常なことになっているかの証拠です。

ジョージア州の上院議員選挙でも、10%未満になったころ、不自然に逆転しましたが(私があっと叫んだ時間です:前々号)、このとき、*****集計機のアルゴリズム、消去と票の盛り込みがあったと、ほぼ分かっています(数万票:あとで監査)。これも、いずれ逆転するでしょう。しかしこれは、もう一本の草のように小さいのです。

*****集計機のアルゴリズムは、不正を見えにくくするため、最終結果で3%未満の差になるものです。ところが、スキャンしていない残票の有効数は、機械には分からない。最後に票数が減ったり、急に増えます(お粗末な機械)。

今回も、同じ機械を使っています。ジョージア州知事と州務長官は、「大統領選挙での集計の小さなミスはあっても、不正はなかった」と何回も述べていて、プログラムの修正は、1か月の短期では行えなかったからです。(注)ドミニオン社の社員は、全員、行方不明です。コロラドと、カナダのオフィスはもぬけの殻。実は中国で作っていたようです。
?
「不正があったと、認めたほうがいい」と州務長官に、双方の弁護士付きで、トランプが機密を約束した電話をしたのは、親心からでした。不正は、証拠があがっているからです。不正をやった人は自覚があります。

「それは違います、大統領」と嘘を言った録音のメモリをワシントン・ポストに渡して、犯罪の確定証拠をわざわざ残した州務長官は、どこまでも愚鈍(国家反逆罪の成立)。リンウッド弁護士が、これを述べています。*国から迂回して、D社から賄賂をもらった証拠が、州知事と、州務長官も国家反逆罪になります。

正副大統領候補、上下両院議員(100人?)、州知事、州務長官が、国家反逆罪でグアンタナモの法廷にいくという事態です。トランプが、テキサスの軍基地に、エアーフォース1で行った理由が、これです。すでに、海外からの賄賂とマネーロンダリングのオバマとヒラリーもグアンタナモにいるという。

戦略的に、2か月泳がせ「犯罪の完成」を待ったのですから、トランプも人が悪い。

なお、次期大統領の目がなくなった****は、FBIが、6か月前にFBIが捜査しても隠していた息子の犯罪から、自分では12月にこれが分かっていて、12月22日に、恩赦を求めてトランプに会ったとされます(未確認)

まぁ・・・劇的な展開。推理小説の10倍以上の面白さか。スパイのハリウッド映画でも、見たことがない。どうか、深刻にならず、楽しんでください。DSにあやつられ、反DSのトランプに嵌(は)められた馬鹿どもたちと思えばいい。

可能なら、たった1人で、敵だらけのアメリカで戦っている我那覇真子さんをyoutubeで見て、メールを送り支援してください。彼女は、日本が生んだ、ほんものの海外特派員でしょう。見ていると、涙が出ます。身の危険はいとわない。香港の周庭さん、テニスの大坂なおみにも似ています。自分が恥ずかしくなります。
https://twitter.com/ganaha_masako?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

 ・・・<掲載終了>・・・


 佐野美代子さんの YouTube も大いに参考になるので貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=ThP2guPO-bA



[トップページ] このページの先頭へ