2022年

[トップページ]

いよいよの予感

『コロナの、あとしまつ』から

QFS(量子金融システム)に関して

ポールシフトと三大旨味の雑談

墓参りで思ったこと

『戦時体制に突入した世界経済』から

雑談を2つほど

ジョコビッチ選手が世界一になった理由

トランプ大統領と小麦に関する雑談

『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』から

安倍元首相暗殺事件に関する私の妄想

『銀河連合からの使者&スタートラベラー』から

改めて、雑談を2つほど

雑談を2つほど

横河サラさんのメルマガから(2)

横河サラさんのメルマガから

猛烈に進む円安の話

『最高の死に方をするための最高の生き方』から

縄文に関する話

『若返り革命』から

アメリカの選挙の話

『いま世の中で起きている「本当のこと」』から

雑談を3つほど

ヤスさんが語るウクライナで本当に起こっていること

『2026年 日本国破産』から

バーナード・ノーランという人物のツイート

雑談を4つほど

『コロナワクチン完全無力化オペレーション』から

横河サラさんとヤスさんのメルマガから

金(または銀)の買い方

ジェニーンさんのタロットカード占い

『地球人が知らないお金の話』から

ウクライナで起こっていること

ウクライナ報道のもう一つの視点

トランプ大統領の軌跡(番外編)

トランプ大統領の軌跡(2)

トランプ大統領の軌跡(1)

平行世界(タイムライン)再考

アドロニスが語る新型コロナ

『令和版 みんな誰もが神様だった』から

『2022年 インフレ大襲来』から

ティテル氏の2022年予言と準備

いよいよの予感...2022年9月24日

 ここ数か月ネットの記事を読んでいて私が強く感じるのは、とにかく悲観的な情報や意見が多いということです。
 ここ日本では、政府や行政、そして人々に多大な影響を及ぼす大手マスコミがDS(ディープ・ステート)の支配下にあるので、表面に現れる情報は、DSにとって都合のよいものだけです。
 当HPを訪問される方々は、新型コロナやウクライナ報道で実感されているのではないでしょうか。
 特に、ウクライナ紛争の報道は、太平洋戦争中の大本営発表そのものと言えます。
 ウクライナに有利で、ロシアに不利な情報を切り取り(嘘も交えて)、連日大量に流し続けています。
 そうした情報に毎日接していると、まるでウクライナが反転攻勢に出て、優勢になっているかのように錯覚してしまいます。
 そうしたマスコミ報道を鵜呑みにしてしまうと、DSの勢いが増して、人類は危機に瀕しているような気分になってしまうのかもしれません。
 私の感覚では、ネットでは9割方がDSに関するもので、DSに対抗するアライアンスの情報は1割程度といった具合です。
 当HPは、その数少ない1割の方でありたいと思っています。
 また、アライアンスに期待する層が、詐欺師に振り回されてしまっているケースもあるのかもしれません。
 先日、知人から補助金詐欺で警察に逮捕された人物のことを教えてもらいました。
 この人物は、トランプ氏が日本人全員に6億円配ると吹聴していたそうです。
 6億円というと、1〜2年前に、世界中の人々全員に6億円配るというYouTube動画があったことを思い出しました。
 6億円という数字がどこから出てきたかというと、チャーリー・ワード氏の情報からではないか、という気がします。
 横河サラさんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<「横河サラさんのメルマガ」、vol.142から抜粋開始>・・・

 私たちはロックフェラー家、ロスチャイルド家、ビルダーバーググループ、ダボスグループなどが多大な資産を所有する大金持ちだと思っていますが、彼らの上にいて莫大な資産を所有する13家系の人々がいます。
 たとえばペーサー家、ファルネーゼ家など。
 これらの家の資産は2020年にホワイトハッツに押収されています。
 ペーサー家から押収した資産だけでも地球全人口で均等割りにすると1人あたり450万ドルになります! (*日本円で5〜6億円くらいでしょうか。)
 たった一家の資産で、これなのです。
 まあもちろん、均等割りにはしないでしょうけど。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は個人的に、この話は事実ではないかと思っています。
 それを詐欺師が、「トランプ氏が日本人全員に6億円配る」という話にすり替えたか、あるいはDSのディスインフォメーションに引っかかったのかもしれません。
 DSのディスインフォメーションとは、6億円もらえると人々に期待させ、実際はもらえないので失望させ、元の話まで嘘だと思わせる狙いです。
 もし6億円を配ったとしたら、経済、流通が大混乱に陥る可能性が高いので、そんなことをアライアンスがするとは私には思えません。
 しかし、この話は人々に夢をもたせるので、詐欺師にとっては「使える話」だったのかもしれません。

 悲観的な(DSにとっては有利な)話が溢れる中で、本当は何が起こっているのかを知るには、実際に起こったことを追うのが懸命です。
 今回は、DSが支配下に置くG7各国で実際に起こったことを追ってみたいと思います。
 前回に続き、『コロナの、あとしまつ』(船瀬俊介著、共栄書房)から抜粋して紹介させていただきます。
 まず、アメリカとEUの現状からです。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p230〜p237から抜粋開始>・・・

 巨大な“氷塊”アメリカが崩れ落ちる

 Q:アメリカやヨーロッパは、どうなるのでしょう?
 A:政府は信頼を失い、経済も国家も没落していく。

 ●バイデン支持はたった15.5%

 国際政治評論家フルフォード氏は、アメリカの崩壊をこう例える。
 「……巨大な“氷の塊”が崩れ落ちる」
 つまり、彼はバイデン政権の終わりを予見している。
 「……最新の世論調査によると、『新型コロナに関し、信頼している情報源は、次のうちどれですか?』との問いに対して、『バイデン大統領』と回答したアメリカ人は、たったの15.5%。また『大手マスコミ』と答えたのは10.2%しかなかった」(同氏)
 アメリカ国民の8〜9割は、バイデンやメディアが“闇の勢力”DSであることを、見抜いている。それは、現政権の崩壊を意味する。
 コロナやワクチンへの対応は、まさに政権判断のリトマス試験紙となる。
 バイデン“政権”のジェン・サキ前報道官は、コロナに関して、非常識かつ悪質な発言を連発していた。
 「……ワクチン接種と医療ケアをサポートするために、48の州で1万3000人以上の州兵が動員されている」「私たちは、人々が『基本的権利』を行使することを阻止する」「その方法について、全国的な対応を検討している」
 つまりバイデン“政権”は、軍事力を行使してワクチン接種を強行する−−と宣言している。さらに、生存権を主張してワクチン接種に反対する国民は徹底して弾圧する、と公言しているのだ。

 ●米軍も国民もバイデンを認めず

 これはまさに、ナチス顔負けの軍権による人権弾圧の宣言である。
 時の“政権”が、軍事力を行使して、国民を“殺戮”しますよ……と言っているのにひとしい。これに国民の反発があるのはとうぜんだ。
 「……そうして、バイデン政権の姿勢に反応したのが2022年1月22日からワシントンDCに隣接するノースカロライナ州で、米軍特殊部隊が『非合法政府を転覆させるためのゲリラ戦演習を実施する』と発表。これについて、イギリスのタブロイド紙『デイリー・メール』などは、さっそく『内戦のリハーサルか?』などと報じている」(フルフォード氏)
 アメリカ軍部の8割以上は、反バイデンといわれる。
 アメリカ国民の8割近くも、「大統領選拳は憲法違反だった」と回答している。
 つまり、米国民の大半が、現政権を“泥棒”政権である……と認識しているのだ。
 その偽政権が、人口削減を目的としてワクチン接種を強行しようとしている。
 これに、米軍部はついに堪忍袋の緒が切れそうなのだ。
 超大国アメリカは、ワクチン接種という生物兵器への反発が爆発寸前となっている。
 それは、内戟の危険すらはらんでいるのだ。

 ●貨物の略奪事件が356%増加

 フルフォード氏は、その逼迫した状況を伝える。
 「……今、『アメリカ51州のうち42州で民兵が招集されている』との情報も寄せられてきている。今後、その“民兵”と、サキ報道官が発言した“州兵”が衝突する可能性があるのか否か、注視していきたい。いずれにせよ、米軍が本格的に動きださないかぎり、アメリカの国内秩序は悪化する一方だ。すでに、極度のモノ不足やインフレ、所得格差の拡大、生活水準の下落等々によって、アメリカでは一般市民と権力者らとの間で“階級闘争”が勃発している」
 その最新事例に、背筋が凍る……。
 「……最近、アメリカでは『大衆が貨物列車を襲い、荷物を略奪する』という事件が多発し、国内の物流が機能不全に陥っている。たとえば、貨物鉄道会社のユニオン・パシフィック鉄道では、2021年10月に発生した貨物の略奪事件が、前年同月比で356%も増加しているという」(同氏)
 アメリカ既存体制の崩壊は、これからどんどん激しさを増していく。
 「……崩壊エスカレートの一環として、アメリカが革命もしくは、内戦に突入する可能性はきわめて大きい」とフルフォード氏は断言する。

 コロナ偽騒動の“終わり”が見えてきた

 Q:どのような形でコロナワクチンは終わるのですか?
 A:仕掛けたWHOですら、ワクチン・パス撤廃を勧告するでしょう。

 ●職場ワクチン強制から逃げ出す

 「……近年では、アメリカ人の就労意欲が明らかに低下している。以前は『政府がばらまくパンデミック支援金(失業手当てやコロナ給付金など)のせいで、働かないアメリカ人が増えている』と言われていた。しかし、アメリカの半分くらいの州が4か月ほど前に給付金の支給を停止したにもかかわらず、今も一向に労働者の数は増えず、企業の人手不足もまったく解消されていない」(『ザ・フナイ』2022/2)
 大国アメリカは、確実に沈没し始めている。
 「……最近では、日本のマスコミなどでもアメリカの労働者不足について言及されているのだが、やはり主要マスコミ報道では、労働者不足の本当の理由についてはふれられていない。2021年11月時点で多くのアメリカ人が仕事をやめている主な理由は、ワクチンの強制接種だ」(フルフォード氏)
 全米での失業者増大は、ワクチンからの逃走だという。
 バイデン政権が押しつけようとしているワクチン強制とはなにか?

 ●100人超企業にワクチン強制とは!

 「……従業員100人以上の民間企業にワクチン接種を義務化する」(バイデン政権通達)
 有無をいわせぬ生物兵器の猛毒ワクチン無差別攻撃。これは政府による“国民殺戮宣言”だ。
 「……通達を受けて、多くのひとたちが『会社に残る』ことの危機を感じた。会社にいれば、猛毒ワクチンを強制的に打たれて“殺される”かもしれない」
 だから「多くのひとびとが、会社に残るよりも退職することを選択している」(同氏)。
 つまり、バイデン“政権”の非人道的なワクチン強制政策が、ひとびとを企業から“脱出”させ、結果的にアメリカ経済の弱体化を招いているのだ。
 コロナ偽パンデミックと猛毒ワクチン強制という“闇の勢力”の仕掛けは、欧米の国家崩壊のひきがねとなっている。
 これは、仕掛けた側のディープステートも想定外だったのではないか。

 ●軍人、警察官も反ワクチンデモ行進

 その崩壊の予兆に、DS側のメディアですら警鐘を鳴らしている。
 「……ワシントンDCの“機関紙”ともヤユされる『ワシントンポスト』紙でも、以下のような見出しの記事が大々的に報じられている。『−−G20は、機能不全に陥った国際的枠組みの代表的存在だ』「欧米では2022年中もさらなる混乱が予想されている。すでに、オーストリアでは軍と警察組合が『自由と人間の尊厳の下に“ワクチン・パス”を拒否する』と声明を出した。2021年11月20日に行われた数万人規模のロックダウン抗議デモにも(軍人や警察官たちも)公然と参加している。この事態にオーストリア政府は、パニック状態だ。他にも、オランダやスイス、イタリア、ニュージーランド、オーストラリアなどで同じく前代未聞の規模の『反政府・反ワクチン大型デモ』が起きている」(フルフォード氏)
 とりわけ超大国アメリカは、経済的困窮に追い込まれている。
 ひとびとの不満の根底にあるのは、バイデン“政権”の理不尽なワクチン強制に加えて、極度のモノ不足、悪性インフレの進行だ。犯罪や略奪の増加など、社会不安は日々つのっている。
 「……アメリカやEUという“大きな氷の塊”が崩れ落ちる日は近い。そのタイミングを詳細に予測することは難しいが、それが2022年中に起きてもなんら不思議はない」(同氏)

 ●アメリカ、ヨーロッパの終焉

 アメリカ崩壊は、さらにEU崩壊をもたらす。
 2022年ロシアのウクライナ侵攻に対して、アメリカ、バイデン“政権”もNATO(北大西洋条約機構)も逃げ出した。
 「……米軍が動かなければ、NATOは泣き寝入りするしかない。しかも、中国の習近平もカザフスタンやウクライナに対するロシアの動きを支持する発言をしている」「最終的には、EU本体の指導部が、ロシア主導の欧州評議会(CoE)に置き換わる可能性も否定できない」
 「今後、EUで“離脱ドミノ”が起きる可能性はきわめて高い」(フルフォード氏)
 彼によれば、コロナ偽パンデミックは、EU崩壊を防ぐための“仕掛け”だった。
 「……近年、とくにヨーロッパでは“新型コロナウイルス”の騒動に乗じて、EUが絶対主義支配を敷き、既存体制の維持を図ろうとしてきた。しかし、もうその言い訳にしてきたパンデミック騒動も“終わり”の予兆が見えている」(同)
 コロナの終わりは、アメリカの終わり、ヨーロッパの終わりを意味する。

 ●英国マスク廃止、米国も規制を全撤回

 BBC(英国営放送)ニュースは、まさにコロナ終息、米欧終焉のサインだ。
 「……イギリスのボリス・ジョンソン首相は、1月19日、現在イングランドで導入されている新型コロナウイルス対策『プランB』を、27日に終了する、と発表した。これにより、公共施設でのマスク着用やワクチン接種証明の提示が廃止される」
 あのコロナ対策強制国家イギリスが、マスク追放とは……、接種証明の廃止とは……! 他国も、この脱コロナの動きに同調している。
 「……さらには、アイルランドやスコットランドもイギリスと同様、パンデミック親制強化策、を『ほぼ撤廃する』と宣言。アメリカ国内では、20州がパンデミック規制の“全面撤廃”を宣言した。その他、チェコ共和国もワクチン接種の義務化が撤廃され、ドイツでもワクチン接種の義務化をめぐって連立与党から激しい異論が噴出している。そして何より、パンデミック騒動の旗振り役だったWHO(世界保健機関)が、1月19日に、正式に『渡航規制』や「入国のさいのワクチン接種証明の提示義務撤廃を加盟国に勧告した」(『ザ・フナイ』前出)
 コロナの嘘、ワクチンの詐欺……すべてがばれた。
 仕掛けた“闇勢力”の総本山WHOですら、白旗をあげた……。
 だまされ続け、いまだに極楽トンボ状態なのは、われらがニッポンくらいなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そうです、「だまされ続け、いまだに極楽トンボ状態なのは、われらがニッポンくらい」です。
 アメリカでも欧州でも、政府の施策に対する国民の強い反発が起きています。これはDSの政策が全然うまくいっていないことの証明でもあります。
 こうしたことを日本のマスコミは全く国民に伝えないことが、まるでDSが有利なように錯覚してしまう原因です。

 さらに次けます。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p238〜p248から抜粋開始>・・・

 第10章 “反コロナ革命”が勃発! 西欧、アメリカは没落へ

 −−−“闇の砦”は崩壊、中・露・印・アラブ・アフリカ5極体制に

 コロナ偽パンデミック、殺人ワクチンに殺されてたまるか!

 Q:ワクチンを打つと、どんな病気、症状になるのかしら……?
 A:ありとあらゆる疾患がおそい、死んでも“原因”不明で処理されます。

 ●先に待つのは人類家畜社会だ

 世界の市民の間で、コロナ対策反対の怒りが燃え上がっています。
 “反コロナ”の炎は、巨大なうねりとなって、既成の権力を打ち倒すほどの勢いを得ています。
 ひとびとは、気づいたのです。
 新型コロナワクチン接種の先には、遺伝子組み換えがあった。それを強制されて、ひとびとはバクバタと死んでいく。「これは殺人ワクチンだ!」「人類皆殺し計画だ」……。
 その先に待つのは超監視社会。さらにその先には……人類家畜化計画、人間牧場……。ワクチンを強制され、マイクロチップを埋め込まれ、家畜人間として管理されるのはイヤだ。
 さらに、ひとびとは気づいた。地球を支配してきた“闇の勢力”が存在する。
 “やつら”は長い歴史の影に隠れて、人類を影からあやつってきた。
 そいつらが、悪意とともに悪魔的な姿を表してきた。

 ●“やつら”は悪魔だ、戦おう!

 それが現実になったのが、2020年のアメリカ大統領選挙での巨大な選挙詐欺であり、新型コロナパンデミックであり、殺人ワクチンの強制なのだ。
 マスク強要、ソーシャル・ディスタンス、ロックダウン、国境封鎖……これらに加えて、“死ぬ死ぬ詐欺”で恐怖を煽り、子どもにまで殺人ワクチンを強要してきた。
 「殺されてたまるか!」
 「“毒”の注射などふざけるな!」
 「政府も、医者も、メディアも信用できない」
 「だまっていたら、殺される……」
 加えて、コロナ恐慌で不況は長引き、物価は高騰する。
 世界の市民の怒りは、もうだれにも抑え切れない。

 カナダ、トラック運転手、反ワクチンデモが政府を転覆させる

 Q:世界でどんな反コロナ革命の運動がありますか?
 A:カナダではトラック野郎が5万人決起、70キロの車列デモをおこないました。

 ●“体制崩壊”のドミノ倒し

 反コロナ、反ワクチン……市民の怒りは、全世界で燃え上がっている。
 「……ヨーロッパや北米で発生している今の混乱状況を見ていると、ソ連崩壊時を思い出す」
 ベンジャミン・フルフォード氏(前出)の述懐だ。
 「……ソ連の解体劇では、ポーランドの共産主義体制が革命で倒れたのを皮切りに、東欧諸国の分離独立の動きが加速、最後に、ソ連そのものが瓦解した。そして今、西側欧米諸国でも同じ“既存体制崩壊”のドミノ倒しが始まっている」(『ザ・フナイ』2022/5)
 まさに、歴史はくり返す。
 ソ連解体につながったのは共産主義の腐敗だ。そして、欧米各国の崩壊につながるのは、新型コロナの民衆抑圧だ。それに反発する民衆が各地で蜂起している。
 それを一言でいえば“反コロナ革命”だ。
 欧米ではパンデミック規制にたいする大衆の不満、反発が急拡大している。
 とりわけ、カナダ、オーストラリア、アメリカで“革命”の怒りが噴出している。
 「既存の権力体制を揺るがす革命的な動きが日々エスカレートしている」(フルフォード氏)

 ●5万台トラック、70キロの抗議デモ

 とくにカナダは、体制崩壊のさきがけとなりかねない。
 「……ことの始まりは、2022年1月、カナダ政府がアメリカとの国境を往来するトラック運転手たちにたいして、“新型コロナのワクチン接種義務命令”を発令したことだった」(同氏)
 カナダのトルドー政権による、ワクチン接種のごり押しだ。
 これが、カナダ全土の“トラック野郎”たちの怒りに火を付けた。
 だれ1人、ワクチン強制に応じなかった。それどころか運転手たちは、全土のドライバーを糾合した。駆け参じたトラックの台数がスゴイ。なんと約5万台……。このコンボイ軍団はカナダ全域から参集し、全長70キロもの車列を組んで、首都オタワに向けて“進軍”したのだ。
 前代未聞、空前絶後のトラックデモだ。移しい数のトラックが首都オタワにひしめき、1月29日、大規模な抗議デモを繰り広げた。

 ●パンデミック規制を撤廃せよ!

 トラック運転手たちが掲げた要求は、ただ1つ−−−。
 −−−ワクチン接種義務を含む、あらゆるパンデミック規制の撤廃。
 このトラック・ドライバーたちの怒りの決起は、カナダ市民の魂に火を付けた。全土で続々と「コロナ規制撤廃」「トルドー辞任」を求める激しい抗議デモが巻き起こっている。
 これらの動きに、トルドー首相は、どう対応したか?
 デモまっ盛りの1月27日、みずからを新型コロナ濃厚接触者と宣言。そして「感染者との接触があったため、5日間の隔離に入る」と、姿をくらましてしまった。
 その後、「PCR検査で“陽性”反応が出た」と言い訳して、雲隠れを続けたのだ。
 トルドー首相は、大衆デモから“逃げた”……。これはカナダ政治の歴史でも、前代未聞の醜聞である。トルドー政権の先行きに暗雲がたちこめてきた。

 トルドー政権崩壊か、各州パンデミック規制撤廃へ

 Q:カナダでのトラックデモの結果は、どうなりましたか?
 A:ディープステート政府は崩壊し、トルドー首相は逃亡しました。

 ●政府、軍、警察も機能不全に

 トラックデモは、同政権に致命的ダメージを与えている。
 「……このデモにより、カナダとアメリカを結ぶ国境がいくつか封鎖されたのだが、その影響で物資の輸送が滞り、自動車製造工場は稼働停止に追い込まれることとなった」(フルフォード氏)
 これにたいしてカナダとアメリカ両政府は、デモのさらなる拡大を恐れて軍隊の介入を呼びかけた。
 ところが軍部は「自国の市民を攻撃できない」と出動を拒否。それと呼応してオタワの警察も「警察ではデモへ対処できない」と軍の介入を要請したのだが、カナダ軍は「そのようなことはしない」と却下。さらに、アメリカとの国境を封鎖しているトラック車両を警察がレッカー要請しても、これもまた業者に拒否される始末……。
 このように、大規模トラックデモに、政府も軍も警察もなす術がない状態だ。
 こうして、空前絶後のトラックデモは、カナダ国家を機能不全に追い込んだのだ。

 ●「トルドーを逮捕しろ!」怒りのSNS

 膨大なトラックデモは、普通の市民デモと違い、圧倒的な破壊力をもつ。
 トラック運転手は、物流を止めることができるからだ。
 「……とくに冬のカナダでは、アメリカからトラックでモノを運んでこないと、ほとんどの生鮮食品がスーパーから消える」(同氏)
 こうなると命に関わる。そして、政府も軍も警察も機能不全となっている。
 これにたいして、カナダの多くの州が、新型コロナのパンデミック規制撤廃に向けて動きだしている。トラック運転手たちの要求を、州政府がのみ始めたかたちだ。
 それと対称的なのが、醜態をさらしたトルドーの行く末だ。すでに、世界のSNSや独立系メディアでは、トルドーや彼の取り巻きたちの逮捕の呼びかけが拡散されている。
 「……本格的な革命の動きが、G7国家でもあるカナダで現実に起きているのだ。今後、カナダ政府とトラック運転手たちがどう動くのか、非常に興味深い」(同氏)

 世界で燃え上がる反コロナのうねり、偽パンデミックは終息する

 Q:世界の新しいうねり“反コロナ革命”は成功するでしょうか?
 A:それは全世界で“光”の世界革命へと大きく変化しています。

 ●“反コロナ革命”は世界革命へ

 欧米各国にとって、カナダの急激な政変は他人事ではない。
 「……カナダで起こった革命の波は、すでに世界各地に飛び火し、アメリカやベルギー、オランダ、フランス、イスラエル、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドでも、同様の“トラック運転手デモ”の動きが巻き起こり、さらには、最近マスコミでは全く報じられなくなっているが、欧米の多くの国々で引き続き、激しい『反政府・反ワクチン大型デモ』が続いている。先月もフランスで何千人もの人々が、大手製薬会社ファイザー社を取り囲んで『人殺し!』などと、怒号を飛ばしているのだ」(フルフォード氏)
 これら市民の革命的怒りは、全世界に拡大し、各国政府を突き動かしている。
 各国でワクチン接種などパンデミック規制の撤廃や緩和が相次いでいるのだ。
 たとえばアメリカでは、多くの州で、中央政府の意に反して規制撤廃を宣言。
 さらに、多くの国々が、「パンデミック規制の撤廃、もしくは大幅緩和」を宣言している。
 コロナワクチンによる人類への攻撃は、世界市民の怒りに火を付けた。
 それも当然だ。生物兵器コロナ、殺人兵器ワクチンの目的は“人類みな殺し”。
 “殺される”と気づいた人々が蜂起するのは、あたりまえだ。
 地球人類は、ようやく気づいたのだ。自分たちが、ほんの一握りの“闇勢力”によって“屠殺”されようとしていることに。
 “反コロナ革命”は、まさに地球大衆の目覚めと怒りの炎なのだ。
 それが僚原の火のように広がり、コロナを超えた世界の市民革命へと変貌しつつある。

 ●コロナワクチン禍はもう終わる

 “反コロナ革命”−−−この事態を回避することは、かんたんだ。
 偽パンデミックの“コロナの陰謀”と“ワクチンの殺戮”を認めることだ。
 そして、あらゆる規制を撤廃すればいい。つまり、壮大なブラックコメディに終止符を打てばいいのだ。
 そうすれば、ばかばかしい壮大無比のカリカチュアも終焉を迎える。
 すでに以下の国々が、狂気のパンデミック規制の中止、緩和を表明している。

 パンデミック規制を撤廃または大幅緩和
 ▼スイス、オランダ、フィンランド、フランス、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、スコットランド、アイルランド、イングランド

 旧政権から新政権へ、政体の急変
 ▼ドイツ、ポーランド、ハンガリー、チェコ共和国
 これらに続く国々が、続々と増えている。
 こうして……まもなく、壮大なペテンと詐欺であった、未曾有のコロナ禍、ワクチン禍は、終息する。

 “光”の未来に向けて、世界市民革命に火が着いた

 Q:“闇との戦いに、“光”が勝利して、世界はどうなるのでしょう?
 A:世界の市民革命が、NWO新世界秩序の陰謀を粉砕していきます。

 ●「めざめろ」「もう、だまされない」

 しかし……。もはやワクチンやパンデミック規制の撤廃だけで、民衆の怒りは収まらない。
 コロナ不況というより恐慌で、世界的に経済悪化、物価高騰、犯罪増大など、社会不安がきわめて重く、深刻になっている。
 “反コロナ”で火が着いた市民の怒り、その猛然たる勢いは、既存体制そのものに向かうだろう。とくに欧米各国の指導者たちの腐敗と犯罪、かれらがもたらした格差を、世界の民衆は許さない。
 コロナによる詐欺、ワクチンによる攻撃……これらは、悪魔勢力のほんの一部の手口にすぎない。金融、エネルギー、食料、農業、通信、教育……さらには、文化、芸術、芸能、スポーツにいたるまで、人類は巧妙狡猾に“やつら”に支配されてきた。
 その現実を、人類はコロナ禍を奇貨として、“学習”したのだ。
 合い言葉は、「めざめろ」「政府、メディアは信用するな」「もう、だまされない……」。

 ●西側崩壊はソ連崩壊より遥かに大きい

 ベンジャミン・フルフォード氏は、こう結論づける。
 「……これから、欧米各地で革命的な動きがエスカレートしていくことはまちがいない。それよりも今は、アメリカのバイデン政権が空中分解するのか否か、注視すべきだろう。アメリカが崩壊すれば、欧米の既存体制は終わる。そうなれば当然、日本の既存体制も崩壊する」
 そして、じつに胸躍る予告を投げかけている。
 「……今後、西側欧米諸国の崩壊劇はソ連崩壊よりも遥かに大きい規模で進んでいく。もう、この流れを止めることは、だれにもできない……」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、DSに支配された(日本以外の)G7各国の人々は、目覚めてきています。
 私は、負けているのはDSの方であって、まるでDSが優勢のような印象を与える日本のネット情報の方が異様に感じてしまうのです。

 アライアンスとDSが水面下で激しい闘いをしていることは、多くの日本人にとって信じがたいことかもしれませんが、私は事実だと思います。
 もちろん大手メディアでは、けっして報道されないことです。
 この闘いが目に見える形で表れたのが、DSの支配下にあるG7各国と、それに対抗する上海協力開発機構(SCO)(注1)で、実弾を使って戦闘しているのが、ロシアとウクライナということだと思います。
 上海協力開発機構の方は、トルコが上海協力開発機構への正式加盟を申請したように、正式加盟を目指す国がぞくぞくと出てきており、どんどん勢力を増しています。一方で、インフレと経済停滞に苦しみ、社会機構の崩壊に瀕しているのがG7各国だということです。
 どちらが優勢かは、一目瞭然だと私には思えるのです。

 引用文にあるように、日本以外のG7各国では、国民がどんどん目覚めてきています。
 いよいよ期は熟したということではないでしょうか。
 アライアンスといえど、人々の支持がなければ動けません。その人々が目覚めてきた今、ついにアライアンスの最後の攻勢が始まった感があります。
 その最初のステップであるエリザベス女王の死去が発表されました。
 次のステップは、バイデン政権崩壊か、G7各国の経済クラッシュのどちらかになると思います。
 先日、横河サラさんのセミナー動画を拝見しました。
 そこで驚いたのは、チャーリー・ワード氏は、11月の中間選挙は行われない可能性があると言っていたことです。
 中間選挙の前に、大きなイベントを起こす計画があるのかもしれません。
 経済・金融の崩壊を予見させるように、NYダウは3万ドルを割ってきました。
 来月以降、私たちはあっと驚くような体験をするのかもしれません。


(注1)ただし、上海協力開発機構の主要国である中国のCCP(中国共産党)は、DSの影響力が色濃く残っており、現在、中国では内部抗争が激化しているようです。内部で権力闘争をしている状態なので、台湾進攻を心配する必要はないと私は見ています。



『コロナの、あとしまつ』から...2022年9月17日

 今回は、船瀬俊介さんの最新刊『コロナの、あとしまつ』(船瀬俊介著、共栄書房)からお送りしたいと思います。


船瀬さん、命を狙われる!

 まず最初の話題は、船瀬さんが命を狙われた件です。
 新型コロナワクチンに反対した数少ない知識人の中で、船瀬さんの一般の知名度はかなり高いと思われます。
 それゆえ、ワクチンを推進する勢力(DS)にとって、船瀬さんは排除(抹殺)したい第一候補であったことは想像に難くありません。
 私は船瀬さんの命が狙われたことは、船瀬さんの動画で知ったのですが、詳しい内容が本に書かれてあったので、まずそれを紹介したいと思います。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p181〜p187から抜粋開始>・・・

 第7章 デルタ株などはワクチンが生み出したモンスターウイルスだ

 反コロナ市民を狙った“生物テロ?”か?

 胃腸を直撃され全身倦怠で寝込む、コロナ変異株か?

 Q:ウイルスで個人攻撃など、ありえるのでしょうか?
 A:身辺な集会参加者が次々に感染して倒れたのです。

2週間、飲まず食わずで静養

 2021年8月末、わたしは2週間寝込んだ。生まれて初めての体験だ。
 熟はない。咳もない。しかし、胃腸を完全にやられた。食欲がまったくない。
 2週間「断食」状態だ。むろん医者にはいかない。薬も飲まない。名栗の山荘で静養して、ただ自然治癒による回復を待った。
 おそらく、コロナの変異株にやられたのだ。70年の人生で、まったく体験したことのない症状だった。
 わたしは8月末から9月初旬にかけて、全国10カ所近い講演をおこなっている。
 だから、オーバーワークによる過労だと思っていた。
 しかし、周辺は異口同音に、「船瀬さんはやられた!」という。つまり、「強烈なウイルスをまかれた」というのだ。はやくいえば、生物テロによる個人攻撃だ。
 まさか……と、わたしはウワサを笑ってしのいだ。
 しかし、その後……生物テロだった……と思わせる情報、事態が、つぎつぎわかってきた。

 ●講演会で“クラスター”発生?

 まず、わが親友、宗像久男医師がやられた。
 彼はわたしより2歳年上。「むなちゃん」「ふなちゃん」と呼びあう仲だった。
 彼とは10年以上、月に1回、ペアを組んで池袋で「本当を知ろう会」というミニ講演会を続けてきた。かれは、ゲルソン療法など食事療法によるガン治療で全国的に有名だ。
 8月21日、新宿でジョイント講演会をおこなった。最初に彼が話した。絶好調で会場に笑いがまき起こる。彼も上機嫌で、じつに楽しい雰囲気の講演会となった。
 その後の懇親会も大いに盛り上がった。
 しかし……、その後、知人から電話があった。
 「先生、からだの調子だいじょうぶですか?」
 「全然……(笑)」
 「じつは、あの集会でクラスターが出たんです」
 「エーッ! ほんとう?」
 聞けば、懇親会の参加者5、6人が発熱した、という。そして、むなちゃんもその1人という。その後入院したと聞き、胸騒ぎがした。小人数の懇親会で、これだけの発病は異常だ。

 ●生まれて初めての異様な症状

 それから3日後、8月24日、午後7時から湯島でミニ講演会。わたしは体調万全で、会場も大いに盛り上がった。主催者が用意してくれたホテルで1泊。このとき、ビール、ウィスキーを飲み過ぎ翌日、二日酔い。回復のため2日間、完全「断食」した。
 28日、午前池袋、午後四谷で「船瀬塾」とダブル講演。疲れが抜けきっていない。
 29日、10時から茅ヶ崎で講演。その後、戻る途中で、身体が異変を感じた。
 まるで、全身が鉛のように重い。夕方、赤坂見附で集まりがあった。食事を出されたが、まったく食欲がない。その夜、高崎に新幹線で向かう。身体のだるさは続く。
 30日、高崎市内で200人近くを集めて講演。続いて大宮、横浜と、講演旅行の強行スケジュールが続いた。このあいだ、胃腸は空なのに、まったく食欲が出ない。何も喉を通らない。フラフラに衰弱しきって、奥武蔵の自宅に帰り着いた。
 それから1週間以上、ただひたすら静養して、回復を待った。
 そして、少しずつ、少しずつ……体力と食欲は回復してきた。
 今は頑健な体調を取り戻しているが、あの異様な症状は、いまだに忘れられない。
 いったいアレは、なんだったのか……。生まれて初めて体験する異様な症状だった。

 ●誰かが“何か”をばらまいた?

 わたしは当初、酒を飲み過ぎた不摂生と講演旅行の強行スケジュールの疲労が原因だろうと思っていた。しかし、異様な症状から、コロナ変異株の1つにやられた、と確信した。
 いつ、“やられた”のか?
 じつはその後、8月24日の湯島の講演会主催者S氏が、直後に倒れて入院した、という話を聞いた。S氏からのメッセージ。
 「……先生! あの8月の講演会、だれかが“何か”ばらまきましたね! ぼくは元気になるまで、2か月以上かかりました」
 その3日前の集会でも、多数が発熱し、宗像医師も緊急入院した。
 そして、湯島の後、わたしも体調を壊した。
 これは、絶対に偶然ではありえない。

 ●宗像医師の不自然な“急死”

 そして−−突然、訃報が届いた。宗像先生が亡くなった、という。耳を疑う。
 あの人なつっこい笑顔が目に浮かんだ。ウソだろ? 信じられないし、信じたくない。
 しかし、霊前に手を合わせれば、もはや信じるしかない。
 むなちゃんの死は、きわめて不自然だ。入院していた病院では、酸素飽和濃度も元にもどり、知人にも「明日退院だ」と電話している。そして、退院した直後、病院から「検査のし残しがあるから来てほしい」と呼び出し。
 「変だな」と周囲に言いながら病院に戻ったら“死亡”した。
 退院したなら、もう回復しているはずだ。なのに再検査とか、戻った直後に“急死”など、ありえない。支持者たちは、「宗像先生は“殺された”」と疑っている。

 ●反コロナの市民を“攻撃”か?

 宗像医師もわたしも、反現代医療でともに戦ってきた。そして、彼やわたしの講演会に参加するひとたちも同じだ。さらに反ワクチンだ。だれ1人ワクチンを打っていない。
 だから、ワクチンの副反応ではない。症状から、コロナ変異株ウイルスに感染したのだろう。
 わたしがこれを「生物テロではないか?」と疑問を抱いたのは、周囲の支援者たちに、同様の症状が多発しているからだ。
 わたしを熱烈支援してくれるテンガロンハットの親父K氏は、メールで叫んでいた。
 「俺もやられた。苦しい」。聞けば、高熱と呼吸困難で入院。医者が「家族を呼んで」と言うほど、一時、症状は重篤だった。
 電話で話したMさんは、「私とまったく同じ症状です。やはり2週間、寝込みました」。
 親しい出版社の社長T氏も「2週間寝込んだ」という。「まったく食欲がなかった」。
 反コロナ、反ワクチンで有名なU医師も、「棺桶に片足突っ込んだ状態で2週間寝込んだ」という。
 周辺に同じ症状を訴える関係者が、あまりに多すぎる。

 ●地下鉄サリン事件と同じ?

 支援者の1人は、真顔でわたしに言った。
 「……生物テロです。地下鉄サリン事件のように、狙った相手をウイルスで攻撃しているのです」
 コロナに似た症状で死ねば、コロナ感染死で“処理”できる。
 今から約10年前、わたしの親友だったSは、「日航ジャンボ機123便は撃墜された」という勉強会の司会をやっていた時、“だれか”から渡されたお茶を飲んだ直後に倒れ、病院に搬送されて急死している。60歳の若さだった。
 これも、いまだ暗殺説が根強くささやかれている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が気になったのは、宗像医師の不自然な急死です。
 宗像医師はいったんは回復して退院した後、再び病院で検査を受けたあと急死したといいます。
 だとすれば、再び病院で受けた検査が非常に疑わしいと感じます。
 もし、船瀬さんが病院に罹っていたら、船瀬さんはもうこの世にいないかもしれません。


ディーガル研究所の2025年人口動態予測の衝撃

 さて、ワクチンによる大量の人口削減ですが、アメリカの「ディーガル研究所」が衝撃の報告書を出しているようです。
 2025年の各国の人口動態を予測したディーガル研究所のデータを抜粋させていただきます。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p177〜p180から抜粋開始>・・・

 アメリカで2億3000万人死亡、日本は5人に1人が死ぬ?

Q:何億人もが死ぬ、なんて信じられない。デマ、フェイクでしょう?
A:いいえ、国際的な研究機関が米国人は3分の1になると予測しています。

2025年「ディーガル報告」の衝撃

 ここで、驚愕データを示す。

■3年後、ワクチンで日本は5人に1人が死んでいる……!?
 ディーガルによる2025年の人口動態予測

1. 中国   13億5844万人(2020年/13億8000万人) 約2000万人減少
2. インド  13億4175万人(2020年/12億8000万人) 約3800万人増加
3. ロシア   1億4183万人(2020年/ 1億4226万人) ほぼ変わらず
4. 日本    1億 304万人(2020年/ 1億2645万人) 約2300万人減少
5. ブラジル  2億1031万人(2020年/ 2億 735万人) ほぼ変わらず
6. アメリカ    9953万人(2020年/ 3億2662万人) 約2億3000万人減少
7. インドネシア   2億6713万人(2020年/ 2億6058万人) 約700万人増大
8. メキシコ  1億2471万人(2020年/ 1億2457万人) ほぼ変わらず
9. イタリア    4376万人(2020年/   6214万人) 約1800万人減少
10.フランス    3911万人(2020年/   6710万人) 約2700万人減少


 これは、国際的な人口動態調査機関「ディーガル研究所」が発表した「2025年の地球人口」の各国予測だ(2021年8月発表)。
 この国際研究機関は長い歴史を誇り、経済、環境、軍事などの側面から5年に一度、世界の人口変化を予測し、公表している。
 まず、頭を一撃されたような衝撃を覚えるのは、アメリカだ。「約2億3000万人減少」。これはアメリカ人の3人に2人に相当する。
 アメリカの人口は、2025年には1億人を割り込み、9953万人に激減している!?
 次に日本も衝撃的だ。なんと、約2300万人減少。つまり、5人に1人があの世に行っている。
 この2025年「人口動態」を見て気づくのは、欧米人口の激減だ。イタリア約1800万人減。フランス約2700万人滅。いずれも人口を3〜4割も減らしている。ここに登場しないが、ドイツ、イギリスも同じだ。
 はやくいえば、G7諸国が壊滅的に人口を減らしている。

 ●無事は遺伝子ワクチン拒否の国々

 いっぽうで、不思議なことに気づく。中国、インド、ロシア、そしてブラジル、メキシコは、ほとんど変化なし。はっきり明暗をわけている。
 人口激減が予測される国々に共通することがある。それは、ファイザー社など大手製薬会社のコロナ遺伝子ワクチンを打っていることだ。
 そして、変化のない国々は打っていない。旧来型の独自ワクチンで対応している。
 その決定的なちがいが、人口予測の大差となって現れた。
 ブラジルやメキシコの大統領は、危険なコロナワクチンを国民には絶対打たせない、と身体を張って抵抗した。
 つまりは、国民の命を守ろうとした政治指導者がいた国は、大量殺戮を免れたのだ。
 奇しくも、ディープステートのNWO:新世界秩序の陰謀に反対する国々ばかりだ。
 “闇(悪魔)”対“光(正義)”の対決では、“光”の側に立つ国々だ。
 ヨーロッパやアメリカは、フリーメイソン、イルミナティなどの“母国”だ。
 それが、自らが推進した猛毒生物兵器コロナワクチンによって、衰退しようとしている。
 まさに、皮肉としかいいようがない。アメリカの属国である日本も巻き込まれる。
 わたしも、この「ディーガル報告」が正確に未来予測をしているとは思えない。
 最悪シナリオを予測して、各国に対応を求めているのだと思える。
 今はただ、この予測が大幅に外れることを祈るばかりだ……。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この「ディーガル報告」が発表されたのは、去年の8月ですから、すでに世界中で本格的にワクチン接種が始まっていた時期です。
 この報告が、新型コロナワクチンによる、大量の人口削減を前提にしていたことは間違いないと思われます。
 なぜなら、船瀬さんが指摘されているように、DSの支配下にあり国民に大量のワクチンを接種させたG7各国のみが大幅に人口を減らしているのに対し、それ以外の国(ワクチンを接種しない、又は独自のワクチン)の人口は、減っているどころか増えているところもあるからです。
 「ディーガル研究所」が善意で、「これ以上、ワクチンを打ってはダメですよ!」という警告の意味で、この報告書を出したかどうかは私にはわかりませんが、とにかく最悪のケースを想定したものだと思えます。


火葬場の増設を指示した行政の手際のよさ

 大量の人が亡くなれば、当然ながら火葬場が足りなくなります。
 以前、当HPで、麻生副総理が火葬場の株を大量に買ったという記事を載せたことがあります。
 こうしたシナリオをDSの配下の人々は、事前に知っていたということの間接的な証拠と言えると思います(これはインサイダー取り引きで、本来は犯罪なのですが…)。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p187〜p188から抜粋開始>・・・

 「火葬場」満杯! ついに政府は「広域火葬」を指示

 Q:ワクチンを打って、本当に死者が増えているのですか?
 A:政府の「広域火葬」緊急指示や火葬場増設が証拠です。

 ●「火葬場」が足りない! 政府も認める

 「オミクロン株の感染流行に対応した広域火葬計画の整備について」
 2022年2月7日、政府は、衝撃の通達を全国に発令しました。
 その内容は、「死者が急増し火葬場が足りない。至急建設せよ」というもの。
 すぐに、次の言葉が思い浮かびました。故リュック・モンタニエ博士の警句です。
 「……希望はない。コロナワクチンを打った人に治療法はない。接種者は2年以内に、全員死亡する。われわれにできることは、大量の死者に備えて『火葬場』の準備をしておくことだ」
 まさに、博士の警告どおりの事態になっている……。
 日本政府の「火葬場」増設命令は、以下のとおり−−。
 「……死亡者数の増加に対応した広域火葬体制の整備という点で、緊急事態に対応できるよう、準備を行っていくようお願いいたします」(厚生労働省医薬・生活衛生局生活衛生課、要約)
 これは、全国(都道府県、市町村)の担当者へ当てたもの。「広域火葬計画」とはどんなものか? それは「……災害等により被災市町村が平常時に使用している火葬場の火葬能力だけでは、当該市町村内の遺体の火葬を行うことが不可能となった場合(当該火葬場が被災して稼働できなくなった場合を含む。)において、主に県内の火葬場を活用して広域的に火葬を行うこと」(神奈川県広域火葬計画)。
 はやくいえば「死者が増え“火葬待ち”状態だから、他の火葬場で処分せよ」という意味だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


唯一の解決法

 船瀬さんは、こうした悲惨の事態を避ける為に、唯一取るべき方法はワクチンの即中止しかないと言います。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p193〜p196から抜粋開始>・・・

 新型コロナ「感染者急増」「第6波猛威」は完全デマ

 Q:“感染者”や“第6波”はフェイクなのですか?
 A:PCRはペテン。第×波は嘘。多くはワクチン副反応です。

 ●ワクチンは即中止しかない

 「……オミクロン株で広がった新型コロナウイルスの感染拡大の第6波で亡くなった人の数は、今年に入ってから2月23日までに4000人を超え、デルタ株が広がった去年の夏の第5波を上回っています」(「NHKニュース」2022/2/22)。
 このように政府やテレビ、新聞が新型コロナの変異種と言っているのは、完全なデマだ。
 政府、テレビ、新聞などが連日流す「新型コロナ感染者が急増」というニュースも同じ。
 「第6波が猛威」も、完全なフェイクなのだ。
 モンタニエ博士の指摘どおり、ワクチン接種が新種モンスターを生み出した。
 ワクチン接種さえしなければ、これら凶暴ウイルスが生まれることは絶対になかった。
 −−−ワクチン接種が、凶暴ウイルスを生み出した−−−
 だから、ワクチンさえ打たなければ、第6波も、死者爆発増も起こらなかった。
 さらに、忘れてはいけない。これら、政府発表のコロナ“感染者”“死者”とされているひとには、ワクチン接種による副反応の“犠牲者”“死者”が大量に含まれている。
 “かれら”は、ワクチン被害を“コロナ被害”にすりかえている。
 ……つまり、ワクチン強制がすべての原因なのです。
 惨劇を終息させるために、することはただ1つ。ワクチン接種の即中止です。

 死者、前月の54倍と爆発増! 人口削減が始まった

 Q:なぜ、今ごろになって死者が爆発的に増えているの?
 A:ワクチン強制の“真の目的”大量殺戮がついに始まったのです。

 ●「3回目ワクチンを打て」(NHK)

 「……オミクロン株はデルタ株などに比べて重症化するリスクは低いとされています。しかし感染者数は、去年の7月から10月の4か月間で92万人余りだったのに対し、第6波では、23日までの2か月足らずでおよそ297万人と、2回目のワクチン接種から時間が経ち効果が下がっていることもあり、桁違いに多くなっています」(「NHKニュース」前出)
 “第6波”で297万人の感染者がでたのは「ワクチンの効果が下がっている」からだ、とNHKはいう。
 本当か? ファイザー社ですら「ワクチン接種」同意書の「説明」にこう明記しているのだ。
 「……感染症の予防効果は不明です……」
 つまり、予防効果はいっさい無い? なのにNHKは、「効果はある」という前提で解説している。ここにも、堂々たる“洗脳”がある。
 「ワクチン効果が下がっている」というNHK報道の真意は、「第3回目を打て……」。
 つまり、ブースター・ワクチンの接種率を上げろ!
 黒いディープステートの一翼、NHKの悪魔的体質がうかがえます。

 ●真犯人は政府、学界、マスコミ

 同様の“洗脳”ニュースが、マスコミで垂れ流されている。
 「……新型コロナウイルス感染による死者が急増している。2月1〜16日に確認された全国の死者は2175人に上り、前月同時期(40人)の約54倍となった。1日当たりの死者数が200人を上回ることもあり、『第5波』までに経験しなかった増加ペースに直面している」「厚労省が2月8日間でまとめたデータによると、死者1万9410人のうち70代以上が81%を占め、依然として高齢者が多い。30代以下は計124人で、全体の0.6%にとどまる」(「JIJI.com」)。
 政府、テレビ、新開が、「新型コロナは存在しない」「ワクチンが凶暴変異種を生む」−−−という事実をなぜ報道しないのか?
 “かれら”は「しない」のではなく、「できない」のだ。
 「新型コロナは存在しない」ことを一度でも認めると、「ワクチン接種は無意味」という真実がバレてしまう。すると、かれらディープステート側の利益が吹き飛ぶ。
 さらに「ワクチンが変異種を生む」なら、対策はただ一つ。
 「ワクチン接種の即時中止」。これもまた、DSの利益が消えてしまう。
 かさねて、コロナ禍の悲劇を広めたのは、政府、学界、マスコミである……という真実も、バレてしまう。
 だからどこまでも、“かれら”はフェイクニュースを垂れ流し続ける。
 こうして、国民の“洗脳”を続けるしかないのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


おまけ

 当HPを訪問される方は、以下のような残念な思いをされた方が少なくないと思います。
 新型コロナワクチンを打たないように説得するが、まるで聞く耳を持ってもらえなかったという体験です。
 引用文では、「自分」と「相手」が入れ替わっている想定です。


 ・・・<『コロナの、あとしまつ』、p10〜p11から抜粋開始>・・・

 ●「ウソだ!」「デマだ!」……

 コロナが、まさにそうです。ワクチンがそうです。
 「コロナは生物兵器だ!」と聞く。
 すると「ウソだ!」と反射的に言っている自分がいます。
 “生物兵器”だなんて認めたら、さらに不安と恐怖がつのるからです。
 だから、あなたの心と体は、反射的に「ウソだ!」と叫ばせるのです。
 「ワクチンを打つと2年以内に死ぬ!」と聞く。
 すると反射的に「デマだ!」と叫んでいます。
 “2年以内に死亡”なんて認めたら、さらに不安と恐怖がつのるからです。
 ただでさえ、不愉快で、不安で、むかむかしているのに、2年以内に死ぬなんて、でたらめ言うんじゃないよ。フザケルナ。あんたの顔も見たくないよ……。
 もう二度と来るな。もう友達でもなんでもない。見そこなったよ。

 ●ざんねんな10人のうち9人

 ざんねんなことに、10人のうち9人は、こういう反応をします。
 「この本に、すべてが書いてあります。いちど、読んでみてください」
 相手は、目になみだをうかべて説得します。
 しかし、あなたの口からは、つぎの言葉がでるでしょう。
 「しつこい!」「なんど言ったらわかる!」「そんな本読む必要はない!」
 相手は、悲しそうに、肩を落として帰っていきます。
 新型コロナをめぐって、ワクチン注射をめぐって、日本中で……いや、世界中で、こういう光景がくりかえされてきました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、バシャールが人は2つに分かれていくと言っていたことを思い出します。
 ある時点から、分れ始め、その距離はどんどん開くばかりで、けっして交わることはもうないといいます。
 新型コロナワクチンに対する考え方、捉え方は、人々を決定的に2つに分けたのではないでしょうか。
 最後に、動画のおまけです。
 以下は、備蓄とからめて人と自分の考え方、捉え方がまるで違ってきたことに驚いている動画です。
 0〜11分あたりをご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=CRsmd1RD6Zg

 こうした違いを並木良和さんは、「波動の違い」と表現しています。
 2021年冬至から、その違いはどんどん加速しているといいます。
 私は、根源的なところは魂の振動数(バイブレーション)から来るのだろうと思っています。魂の振動数の影響を肉体も大きく受けて、DNAの振動数を変えていくのではないかと考えています。
 そしてそれは、その人の思考形態にも大きく影響を与え、振動数の違いは、その人の物の捉え方や関心事を変えていくのだろうと思います。



QFS(量子金融システム)に関して...2022年9月10日

 当HPの掲示板に、石川新一郎さんの動画の投稿がありました。
 今回は、この動画の話題から入りたいと思います。

 私は、石川新一郎さんに情報を流している存在は、本物のQFSを推進するグループである可能性はあると思っています。
 石川さんはそう信じているからこそ、「変態バンザイ!」なるパフォーマンスをしているのだろうと思うのです。
 本物のQFSグループであれば、石川さんはDSから命を狙われかねません。
 そこで、「変態」、「頭がおかしい人」というイメージを演出して、防御しているように見えるのです。

 今回の石川さんの動画を拝見して、私は一つ違和感を覚えました。
 QFSを導入するタイミングをAIが決めるというのは、横河サラさんのメルマガでも同じことを言っています。ところが、そのタイミングをプロトコルと銘打って具体的に日時を述べているのです。
 以下のようです。

○プロトコル−19 (8月31日)

 株式会社アメリカの米ドルを無力化する試み。

○プロトコル−20 (9月11日)

 世界209ヶ国すべてに、機密解除していく(EBS)。

○プロトコル−21 (9月23日)

 GCR(国際通貨改革)、RV + ゲサラ(GESARA)
 これらは今年(7月24日)すべて完了した。
 これらが9月23日、表舞台にでてくる。


 QFSを導入するタイミングはAIが決めるのですから、そのグループにいる人間すら時期はわからないはずです。それなのに、なぜ上記のように具体的な日程を述べるのでしょうか。
 矛盾しているように見えます。
 私の考えですが、これはDSに対するディスインフォメーションではないかと思うのです。
 これまでネサラ/ゲサラを導入しようしたケネディ大統領と911の2回は、DSによって阻止されたといいます。
 そうであるからこそ、QFS導入の時期をAIに委(ゆだ)ねたわけですが、今回いかなる手を使ってDSが阻止してくるか、事前に知ろうとしているのではないかと思えるのです。
 それゆえ、あえて日時を指定してDSの動きを探ろうとしているのではと思ったのです。

 私自身は、QFSの準備は裏で着々と進んでいると思っています。
 いや、もうすでに準備はほぼ完了して、あとはAIのゴーサインを待つだけかもしれません。
 以下は、アメリカ国内で流通した100ドル札を日本の銀行で両替しようとして断られた話です。
 その理由として、QFSが原因かと聞いたところ、「準備しているところ」だという返事だったといいます。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-7108.html

 アメリカ国内で流通している100ドル札が日本の銀行で両替できないことは、ずいぶん前から言われていました(貿易の決済通貨としてのドルは別:ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガより)。
 ですから、100ドル札が両替できなかったのは、それが理由なのかもしれません。
 しかし、銀行の行員にQFSのことを聞いて、準備していること、1〜2年後に始まるという答えが返ってきたという話にはリアル感を感じます。
 銀行システムを全面的に入れ替える作業は膨大でしょうから、たくさんの行員が関わっているに違いありません。その大勢の中に一人ぐらい、口を滑らせる行員がいたとしても不思議ではないからです。

 さてその問題の、QFSが始まるタイミングです。
 私が考えるQFS導入のタイミングについて述べたいと思います。
 私は、QFS導入には必須の前提条件があると考えます。
 それは、既存の経済・金融システムの崩壊です。
 なぜ、前提条件として既存の経済・金融システムの崩壊が必要かというと、人間は基本的に変化を嫌うからです(およそ8割の人々か)。
 現行のシステムに多少の不備があろうとも、それでそれなりにシステムが運用されていれば、それを強引に他のシステムに置き換えることに多くの人は抵抗するでしょう。
 多くの人間は、基本的に怠惰です。
 それなりに生活できていれば、新しく導入を提案されているシステムが優秀であると頭でわかっていても、「なにもそう急ぐ必要はないんじゃないの・・・」と心情的になってしまいがちです。
 システムが変更されれば、自分も新たなシステムに慣れる必要があり、労力が求められます。
 また、自分が新たなシステムに上手く乗っていけるか不安もでてくるでしょう。

 それゆえ、これまでに人類が経験したことがない全く新しいシステムを導入するには、人々がそのシステムの導入を待ち焦がれるような状況を設定することが必須となります。
 それが現行システムが、機能不全に陥った状態です。
 例えば、リーマンショックを超えるような世界恐慌が起きた場合などです。
 多くの人々が失業し、生活が成り立たなくなったら、人々は「なんとかしてくれ!」と訴えるはずです。
 そこで、デクラスを行い、QFSというものを導入しますとなれば、藁にもすがる思いの人々は受け入れる公算はずっと高くなります。
 そうした現行システムの機能不全なしに、いきなりデクラスを行い、QFSを導入するといっても、多くの人々は、「余計なことをするな!」と拒否反応すら示しかねません。
 特に、QFSという言葉すら、日々の生活に追われている多くの人々は知らないのです。

 つまり、多くの人が「なんとかしてくれ!」と声を上げたときが、AIがQFSのゴーサインを出すタイミングではないか、というのが私の推測です。

 では、経済・金融の崩壊がいつ起こるのか。
 それはアメリカやEU、中国の国内情勢から、ある程度推察できるのではないか、という気がします。
 今回は、そうした各国の社会秩序の崩壊の様子を『戦時体制に突入した世界経済』(ベンジャミン・フルフォード著、講談社)から抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『戦時体制に突入した世界経済』、p126〜p135から抜粋開始>・・・

 もはや、バイデン政権にはEUやアフリカなどの地域に軍を派遣して戦う余裕はない。それどころか、アメリカ国内ですら統制不能な状況に陥っている。
 2022年1月、シカゴで武装集団がコンビニを襲撃し、レジを持ち去ってイリノイ州知事の自宅前に投げ捨てるという事件が発生した。その直後にも高級ブランド店バーバリーの店舗が2度にわたって同じ武装集団に襲われた。
 こうした国内状況を受けて米軍が動き出したとCIA筋は伝えている。その一環として、米国防長官ロイド・オースティンが逮捕されたとの情報も寄せられた。
 それを裏づけるのが、主要マスコミが報じた「オースティン国防長官が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、今後5日間は自宅待機する」というニュースだ。
 オースティンの陽性発表後、米国防総省のホームページには「1月10日からペンタゴン本部は、例外が承認されないかぎり、通常の25%未満のスタッフしか通勤させない方針」とのお達しが出た。
 CIAやMI6筋によると、この措置はインチキ・パンデミック騒動に加担した犯罪者たちの逮捕劇と深く関係していたという。もちろん、アメリカでそうした動きがあるとはいえ、世界中の政府や大手マスコミの大本営発表が完全に変わるまでは、ひとまずことのなりゆきを見守るしかない。

 エスカレートする「世界既存体制」の崩壊

 2022年1月7日、「ノルウェー本土とノルウェー領スバールパル諸島の衛星基地をつなぐ海底通信ケーブルが切断される」という謎の事件が発生した。その衛星基地は明らかに電磁波兵器HAARPの施設だ。
 MI6筋によると、ラ・パルマ島の火山噴火の原因は、そのノルウェーのHAARP施設から放射されでいた電磁波で、それを止めるためにケーブルが切断されたのだという。
 また、CIA筋によると、これまでは「ラ・パルマ島の火山噴火で山体崩壊が起きた場合、大西洋岸各地を100メートル級の巨大津波が襲う」というハザールマフィアの脅しを警戒し、バイデン政権に対してなかなか行動が取れなかったようだ。しかし、HAARP施設が無力化されたことで、アメリカ国内のハザールマフィアに対し、ようやく行動を取れるようになったと同筋は話している。
 いずれにせよ、米軍が本格的に動き出さないかぎり、先に述べたとおり、アメリカの国内秩序は悪化する一方だ。
 今後の世界について、米宇宙軍の幹部筋は、「現在、世界システムは完全崩壊へと向かっている。すべてが崩壊したあと、従来の生活に戻ろうと試みる人たちもいるだろうが、以前のようにはいかない。裁判所や銀行、学校など、すべてが変わることになるだろう」と話している。
 同筋によると、「北朝鮮のミサイル発射」や「台湾問題をめぐる中国の軍事的圧力」などは、すべてただのパフォーマンスにすぎない。
 英王室の支配体制も事実上の終わりを迎え、ロスチャイルド家やロックフェラー家、ブッシュ家、クリントン家、ほかにもイルミナティの頂点に君臨していたそうそうたる名門一族がことごとく解体されているという。
 現在、複数の情報源が、「世界既存体制の崩壊はこれからどんどんエスカレートしていく」と伝えている。その一環として、アメリカが革命もしくは内戦に突入する公算はきわめで大きい。

 「グーグル・アナリティクスは違法」と判断したオーストリア

 ペンタゴン筋は、「米軍にとって本当のアメリカ大統領は、ロックフェラーが擁立したジョー・バイデンではなく、ドナルド・トランプだ」と話している。
 トランプはワクチン接種を受けていないし、ワクチン自体にも反対の立場を貫いているという。
 同筋によると、大手マスコミに出てワクチン接種を呼びかけているトランプは売国奴の影武者だ。たしかにトランプ本人が「自分はワクチン接種をしない」と断言し、さらには「テレビを消してフェイク・ニュースを見るのはやめよう」と呼びかけている動画が残っている。
 ペンタゴン筋によると、彼らはバイデン政権に対する大きな作戦を準備しているが、戦略的に具体的な内容はまだ話せないのだという。
 ただし、EUではすでにバイデン政権(=ロックフェラー)の孤立を促す大きな動きが始まっている。
 たとえば、2022年1月、オーストリアのデータ保護当局が裁判所の判決を踏まえて「グーグル・アナリティクスをヨーロッパのウェブサイトで使用することは違法である」との決定を下した。フェイスブックに続き、EUでは米グーグルへの“個人データ送信”も違法と認定されたのだ。
 グーグル・アナリティクスはウェブサイト上でユーザーの動きをくわしく追跡することができるアクセス解析サービスのこと。現状としてEU企業はヨーロッパでそうしたアメリカのクラウドサービスを使用できない。
 これは、アメリカ政府にEU市民の個人情報の監視およびアクセスをさせないための対策だ。
 CIA筋やペンタゴン筋、MI6筋、FSB筋、アジアの結社筋などの情報を総合すると、現在、EU、ロシア、アジアの結社は米軍による「打倒ロックフェラー」の動きに協力している。
 アジアの結社筋は、「これから次々と出てくるニュースを見ていれば、ロックフェラーの失脚は洗脳された一般大衆にもわかるほど明確になっていくだろう」と伝えている。

 金融システムの崩壊が招く中国の大異変

 また、同筋らは、「バイデン政権の崩壊とともに、中国にも必ず大異変が訪れる」と話している。その引き金となるのは、やはり金融システムの崩壊だ。
 北京大学HSBCビジネススクールのクリストファー・ボールディング教授は、中央銀行や財務省のデータから、中国の総債務は「中国GDPの833%、およそ116.6兆ドル」との試算を出している。
 その原因は中国国内で発生した史上空前の不動産バブルだ。
 たとえば、2016年の段階で、中国にはニューヨーク市27個分の面積の“ビルの空き部屋”が存在していた。その数は、それ以降もかなり増えたはずだが、現在のくわしいデータは公表されていない。
 しかし、それだけ大量の空き物件があるにもかかわらず、不動産価格は一般的なサラリーマンの手が届く水準ではなくなっている。
 中国の深せんではマンション価格が一般労働者の給料44年間分に相当するという。
 要するに、「いっさいお金を使わず、飲まず食わずで44年間働かないと物件が買えない」という現実離れした、ありえない水準にまで達しているのだ。
 マスコミで取り上げられている「恒大集団」のトラブルは中国が抱える問題の氷山の一角にすぎない。これからは「地方財政は彼綻」「中国経済の崩壊」といった見出しのニュース記事がどんどん増えていくだろう。
 経済が崩壊すれば政府も崩壊する。これは歴史の教訓だ。いまのアメリカを見れば明らかである。
 中国の状況を鑑みると、バイデン政権と中国共産党の両方がほぼ同時に倒れる可能性は大いにありうる。そうなれば、国連を中心とした既存の国際枠組みも一気に空中分解することになる。
 やはり世界は「アメリカの一極支配」でも「中国の一極支配」でもない、多極的な世界の構築を早々に模索すべきである。

 新型コロナ禍で大儲けした犯罪者リスト

 中国では習近平政権を排除しようとする動きが確認されている。
 アメリカのプロパガンダ紙である『エポック・タイムズ(大紀元時報)』によると、習近平を批判する4万字ほどの記事が中国国内に広く出回っている。
 そこでは、習近平が政治、経済、外交で犯した失敗が書かれており、中国内外に広められた。習近平国家主席に反対する中国共産党の派閥が国家主席の在任を阻止するために戦っていることを示しているそうだ。
 中国政府の検閲をすり抜けたということは、中国共産党内部のかなりハイレベルな人間がからんでいると見て間違いない。
 不動産バブルや貧富格差、GDPの833%とも試算されている債務問題など中国共産党にとって悩ましい問題が山積している。
 CIA筋によると、それらの問題に対処するため、中国共産党は国内のすべての経済インフラ(工場、銀行など)や外資企業を国有化することも検討しているという。
 とはいえ、アメリカの国内秩序の崩壊や倒産問題に比べれば、中国が抱える問題はまだましだ。アメリカと違い、中国は実体経済を支える製造業が健在だからだ。方向修正をすれば立て直しは可能だろう。
 欧米の大手プロパガンダ・マスコミが「ウクライナ危機」や「中国脅威論」を唱え続けているあいだに、ハザールマフィアらの新型コロナウイルス・キャンペーンもいつの間にか消えようとしている。
 すでに多くの国がパンデミック規制を撤廃(もしくは大幅緩和)すると宣言した。2022年2月ごろには、最も厳しい規制を敷いていたオーストラリアが急激に大幅媛和へと舵を切った。
 CIA筋によると、ワクチン推進派だったトルコのエルドアン大統領はウクライナで戦争を起こそうとして一時拘束されたという。
 また、MI6筋によると、イギリスのチャールズ皇太子も「ダイアナ妃殺害の容疑」で拘束されたそうだ。これについて、一般のニュースでは、「チャールズ皇太子が自身の慈善団体に関連する疑惑で警察に調査されている」「サウジアラビア国民の名誉と市民権を確保するために援助の申し出がなされたと、メディアが報道したことに関連している」と報じられた(『BBC』2022年2月16日)。
 いずれにせよ、これまで法の上にいたはずの権力者らが次々と粛清されている。
 さらに、パンデミック騒動で利益を得た新規の億万長者40人の“犯罪者リスト”も発表された。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これに見られるように、これまでの社会秩序の枠組みが雪崩れを起こしたように崩壊しているようです。
 ただしそれは裏で激しく進行しているのであって、私達一般庶民には目に見える形でしめされてきませんでした。
 それが、いよいよこの秋から私たちの目に見える形で表れてくるだろうと私は思っています。

 9月8日、英王室のエリザベス女王が亡くなったと発表されました。
 女王はすでに亡くなっていたと思いますが、いよいよ発表する時期が来たという判断が下されたということだと思います。
 以前、横河サラさんのメルマガを紹介し、その中にチャーリー・ワード氏がRVが起こる前に以下のことが起こると言っていました。

@バイデンが大統領の座から降りる。

A英国女王の逝去報道とオペレーション・ロンドンブリッジ。

B現行の経済システムの崩壊。

 今回、Aの英国女王の逝去報道が行われました。
 次にバイデンが大統領の退任と、いよいよ現行の経済システムの崩壊が待ち構えているようです。

 私は@のバイデン大統領退任ですが、11月の中間選挙の前の可能性が高いと考えていました。
 このまま選挙になだれ込めば、失政が相次いだバイデン政権を有する民主党が大敗するのは必死です。そうなると、DSに通じていた民主党議員の犯罪が暴かれ、議席を失うどころか、刑務所行きとなることすらありえます。それゆえ、選挙に勝つ為に、アメリカ国民への目くらましとして、カマラ・ハリス副大統領かペロシ下院議長を大統領として擁立し、選挙を闘う戦略を取るのではないかと思ったのです。
 ところが、いまだその動きが見えません。
 2020年の大統領選挙のように、またしても不正選挙でなんとかなると考えているのでしょうか。
 そうだとしたら、その目論見は外れる公算が高いと言えます。
 2020年の大統領選挙と2022年の中間選挙の間に行われる、ヴァージニア州知事選挙は、中間選挙と次期大統領選挙の結果を占うベルウェザー(群れを先導する鈴付きの羊)選挙とされているといいます。その選挙で、今度こそ不正選挙はやらせないとする共和党員による選挙監視が徹底した結果、共和党知事が誕生したのです。

 Bの現行の経済システムの崩壊ですが、ウォールストリートはマーケットの暴落が目の前に来ていると判断しているようです。
 「In Deep」さんのメルマガから抜粋させていただきます。


 ・・・<「In Deep」さんのメルマガ、第211号から抜粋開始>・・・

私自身は相場のことは何も知らない人間ですが、
先週、アメリカの機関投資家たちが、

「過去最大級のプットオプションを購入していた」

ことがわかりました。

プットオプションというのは、「売る権利」というようなことらしく、
つまり、これの急増は株価の下落の予測として用いられるもののようです。

先週の購入額は、日本円で1兆1000億円超で、リーマン時のほぼ3倍です。

以下にそのグラフを載せています。

 (記事) 機関投資家のプットオプション購入額が2008年の金融危機の3倍超え
 https://nofia.net/?p=6998

その額は通常ではあり得ないものになっているようで、
野村のマネージングディレクターは、この上昇は、

「聖書的な急増だ」

と述べていたことが、ゼロヘッジで伝えられています。
https://bit.ly/3d3riVN

どんなことが起きるのでしょうね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 素人の私が、あえて意見を述べさせていただくと、私は今月より来月の方が可能性は高いのではと思っています。
 その理由として、ローマ法王が世界中の各支部に対し、9月30日までに支部の資金を全部、バチカン銀行に預けるように通達を出したことがあげられます。
 ローマ法王は、10月以降に大きな金融変動が起こると思っていて、その前に手を打ったのではないかと思えたのです。
 素人の考えなので、参考にならないと思いますが。



ポールシフトと三大旨味の雑談...2022年9月3日

ポールシフトの話

 「はろーふろーむロングビーチ」さんの動画で、アメリカのジョセフ・ティテル氏の最新予言を和訳されていたので聞いていたら、地球のポールシフトに関して(私にとって)意外な発言がありました。
 動画は以下です。

https://www.youtube.com/watch?v=6Z5k760XB0A


 それは、地球は3200年毎にポールシフトを繰り返していて、今はその時期にあたり、北極にある今の北の地軸がカナダの方にずれているというのです。
 まず、ポールシフトには2種類あって、磁極がずれるのと、地軸がずれることがあります。
 ティテル氏が言っているのは、地軸の方です。
 私にとって意外だったのは、ドランヴァロ・メルキゼデクさんはロシアのモスクワの方にずれると言っていたので、方向が違うということと、3200年周期というのは初めて聞いたということです。
 私は以前の記事で、北極の地軸がモスクワの方にずれると、日本は赤道に近づくので、日本の気候は亜熱帯化するのではないかと書いたことがあります。
 ティテル氏が言うようにカナダにずれるとなると、日本の反対側と言われるブラジルは南米大陸なので、その上の北米大陸が北極なると、日本はより赤道に近づくことになります。そうなると日本はますます亜熱帯化して、現在日本では沖縄県が亜熱帯ですが、日本全土が亜熱帯になるのではないかと思われます。
 日本が最近、雨量が多いなと感じるのは、亜熱帯のモンスーン気候に近づいているのかと思ったりします。
 それよりも問題になるのは、カナダはアメリカと並び称せられるほどの農業大国なのですから、そのカナダで農作物が取れなくなったら、ますます世界中で食糧危機が深まることになります。
 現在DSは、新型コロナ騒動の次のステップとして、世界中で食糧危機を演出しようとやっきになっていますが、別にDSの介入がなくても、世界で気候変動が起きており、食糧生産は危機を迎えるのではないかと思います。
 そういえば今年の夏、ヨーロッパは500年に一度の猛暑と大干ばつに見舞われたといいます。
 一方で、パキスタンは大規模洪水で国土の3分の1が水没したといいます。
 こうしたことも、地軸の移動による気候変動の影響かなと考えたりします。
 とはいえ、これはティテル氏が言っているが正しかったらの話なので、お話しとして聞いていただければと思います。

 ポールシフトについて気になったので、他のサイキックがポールシフトに対してどう言っているのか見てみました。
 まず、ブラッド・ジョンソン氏がチャネリングしているシリウスの意識体アドロニスです。
 アドロニスは地軸の移動は言っておらず、磁極の移動を言っています。
 それも北極と南極が入れ替わるといいます。
 『シリウス意識アドロニスから人類へのラスト・メッセージ』(ブラッド・ジョンソン、JOSTART著、VOICE)から抜粋します。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラスト・メッセージ』、p122〜p135から抜粋開始>・・・

JOSTAR 次にブラッドさんは、YouTube のご自身のチャンネルで2038年に「3日間の閣」が訪れるとおっしゃっていますね。これについて具体的に、どのような状況になるのかなど教えていただけますか?

アドロニス はい。この時期になると、いわゆる磁場レベルでの地球のポールシフトが起きます。これは実際の物理的なポールシフトではなく、あくまでも磁場上で起きるものです。このポールシフトが2038年から38年にかけて起きますが、恐らく、2038年に起きる可能性が高いです。このとき、あくまで磁場レベルですが、北極が南極に変わり、南極が北極になるのです。このプロセスには3日間かかるでしょう。

 ・・・(中略)・・・

アドロニス では、ここから、先ほどのポールシフトの話に戻りましょう。大体、2038年から38年の頃、恐らく、2038年に磁場が転換して、北極と南極の位置が入れ替わることはお伝えしましたね。このとき、地球の磁場が不安定になります。要するに、極が入れ替わっている最中は、磁場が不安定になるということです。2038年のある3日間は磁場が最も不安定になり、先述のルミネッセンス効果が起きません(管理人 注)。磁場が安定していないと、地球の大気圏内の水分と、上手く作用し合えないのです。これによって、暗闇が訪れます。このとき、日中も真っ暗になります。私たちが夜に星々を眺められるのは、大気圏が安定していて、地球の磁場と上手く作用し合っているからです。

つまり、ある種のレンズが大気中に形成されていて、このレンズがあるからこそ、地球上にいながら星々が見えるわけです。ちなみに、こうした星々も、ごくわずかですがルミネッセンス効果を地球に送っています。もちろん、太陽よりずっと少ないです。でも一応、こういった星々も小さな粒のような光として見えるわけです。けれども、磁場が不安定になると、夜空も真っ黒になり何も見えません。暗闇の3日間は、ある日突然、太陽もなければ月の光もない、星の光もないという状態が続くことになります。

しかし、磁場の極が再編成されて安定化し、正常化されると、通常通りのルミネッセンス効果がまた回復します。実は、この磁場の転換という現象は、歴史上何度も起きてきました。ですから、ネイティブ・アメリカンの人たちは、このことを知っています。また、古代インド人、古代の中国人、古代ギリシャ人など古代文明の人々も同様に、このことを知っていました。とはいえ、彼らは、今のように科学的な説明はできなかったのです。

とにかく、この期間には光がないので、地球の送電網も影響を受け、全世界は暗闇に包まれるでしょう。もちろん、非常用の電源を準備していれば話は別ですし、キャンドルの光も使用できます。そしてこれは、周期的な問題なので、未来にもまた再び起きるでしょう。以上が、いわゆる暗闇の3日間についてです。

JOSTAR 詳しい説明をありがとうございます。ちなみに、前回、この現象が起きたのはいつですか?

アドロニス 約7000年前から7500年前になるでしょう。大体、これくらいの周期で起きていますから。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人 注)ルミネッセンス効果
 物質が外部からのエネルギーを吸収して、発熱を伴わずに発光する現象とのこと。
 アドロニスによれば、太陽は“火の玉”ではないという(地球の科学は太陽の表面温度は6000℃と言っています)。
 太陽はエーテル体、あるいはプラズマ体でできていて、本来は人間の目では見えない。
 太陽からの放射線が地球の磁場(ヴァンアレン帯)と地球の大気(酸素)と作用しあって、発光現象を生じ、地面に熱を与えるといいます。


 アドロニスは地球の周期的な自然現象で、2038年に暗黒の3日間が訪れるといいます。
 2038年というと、並木良和さんの本を読んだ方は、ピンと来るのではないでしょうか。
 並木さんは、2038年にアセンションが起こると言っているからです。
 私は早速、並木さんの本を見返してみました。
 並木良和さんの新刊『全宇宙の大転換と人類の未来』(ナチュラルスピリット)に載っていた記事を抜粋してみます。


 ・・・<『全宇宙の大転換と人類の未来』、p202〜p203から抜粋開始>・・・

 ゲートを通過する時間は、地球時間にして、早ければ7〜8時間程度、長くても3日程で完了するでしょう。
 この出来事のことを、地球のポールシフトと重ね合わせ、人類が滅亡するのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、過去においてもポールシフトは何度も起きています。でも、人類は滅亡しませんでした。
 ですので、今回ポールシフトが起きたとしても、人類が滅亡することなどありません。

 仮に、地球のポールシフトを想定した場合、急激な重力変化や気温変動、ライフラインや通信機器の停止など、様々な懸念が出てくるでしょう。でも、ゲートの通過に関して言えば、ライフラインの遮断を案じる以前に、「その時」僕たちは意識を保っていることはできません。
 ゲートを通過する際に、なぜ意識を失うのかといえば、今までとはまったく違うフィールドに移行するにあたり、仮死状態に陥っている間に、必要なすべての準備が行われるからです。
 新たなフィールドに関する膨大な知識や情報のやり取りをしている間に、下手に意識があることで、それらを正確にクリアに受け取る妨げになる可能性があるのです。
 高次の存在は、こうも言ってきています。

   ◆

 いわゆる仮死状態になるのは、ゲートを通過する際、
 非常に強い磁場のエネルギーにさらされ、
 意識がそれに耐えられないからだ。
 だが、ただちに死ぬようなことは、もちろんない。
 ただ、進化することも、留まることも選択しない場合は、
 ゲートを通過中に、消滅してしまう者もいるかも知れない。
 そのような者は、何万年待っても絶対に進化しようとしない、稀(まれ)な存在である。
 自らの進化に一切興味のない者は、その時点で消滅して、
 源に吸収されるかもしれない。
 いずれにしてもゲートを通過してから、「真に進化の道を辿っていく者」と、
 未だ眠りの道を生きながら、「次の進化のタイミングを持つ者」に分かれる。

   ◆

 どのような世界に降り立つのかは、今の段階で具体的には決まっていません。決まっているのは、今までにない、まったく新しいフィールドが展開することだけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、(磁極の移動でない)物理的なポールシフトはおきるかもしれないけれども、それは地球上で何回も起きてきたことであり、これまで人類は滅亡しなかったのだから、仮に今回起こったとしても滅亡することはないという立場のようです。

 ところで私は、気候変動の一因として地軸の移動があるのではないかと思っているのですが、並木さんがコミュニケーションしている「高次存在」は、全く別の原因によると言っています。


 ・・・<『全宇宙の大転換と人類の未来』、p157から抜粋開始>・・・

 大きな転換期を迎えている今、現代人は、大きな混乱をきたしている。
 その混乱が、今までに例のない天災という形で反映されているにすぎない。
 あなた方がひとたび、自分の中をひとつに統合し、真の平和を取り戻せば、
 つまり、自分を統合することで、皆がひとつになれば、
 気象の安定化も、素早く訪れることになる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 また、並木さんもこう言っています。


 ・・・<『全宇宙の大転換と人類の未来』、p158〜p159から抜粋開始>・・・

 ちまたには、今後、地球に氷河期がやって来るという説もあれば、気象以外にもポールシフトが起きる、太陽フレアの影響が直撃する、などの説があります。
 ですが、ゲートが閉じた2021年冬至以降、目醒めた人々によって、そのような影響に対処する方法が、段階的に生み出されることになります。たとえば、巨大な太陽フレアにより、宇宙線が地球に到達した場合、その衝撃をできるだけ和らげる技術を開発できるような意識レベルへと到達するのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 うーむ、どうもあまり心配する必要はないのかもしれません・・・。
 いや、待てよ。目醒める人々の数が少なかったら、そんな技術を開発できないのではないか・・・、などと考えていたら無限ループに嵌りそうなので、この辺で止めておきます。



三大旨味成分


 私が無添加生活をしていることは何回か書いてきましたが、実際に無添加生活をやってみようという方は、皆無に近いと思います。
 食を楽しむことは、この3次元の物理世界に生まれた者の醍醐味の一つと言えます。
 それゆえ無添加生活は、ハードルが高そうだし、そこまでやるのは億劫となるのは仕方ないと思います。
 しかし何度も強調してきたように、無添加生活を目指すことは美味しいものが食べられないことではないのです。
 今回は、無添加生活に無関心の方々にでも役に立つ情報だと思います。
 私は、三大旨味成分を粉末にして使うという、以下の YouTube の動画が大いに役立ちました。

https://www.youtube.com/watch?v=KDfK_HVI2pY

 和食に特徴的な三大旨味成分の元として以下が挙げられます。

・かつお節 ...イノシン酸(核酸系:新陳代謝)

・乾しいたけ...グアニル酸(核酸系:生活習慣病)

・昆布   ...グルタミン酸(アミノ酸系:利尿効果、腸のエネルギー)

 上記動画では、これらの素材に加えて煮干しと白エビをミルサーで粉末にして、料理に加えるという手法を紹介しています。

 私は、かつお節、乾しいたけ、昆布、煮干しを粉末にしてみました。
 動画では、煮干しを粉末にするのに苦労していましたが、私は偶然、近くのスーパーに「無添加煮干」と銘打った煮干しを発見して買って試してみました。
 すると、事前に火を通すまでもなく、そのままミルサーできれいに粉末になりました。
 実は、無添加生活を始めた頃、煮干しで少々具合が悪くなったことがあったのです。
 「原材料名」に添加物が書いてなくても、実際は保存料が使われている可能性があるという話を聞き、やっぱりそうかと思ったことがあります。
 しかし今回スーパーで発見した商品には、「無添加煮干」という商品名の傍に、「合成、天然酸化防止剤等の添加物は一切使用しておりません。」と書いてあり、ここまで書いてあれば、本当に入っていないだろうと思って買ってみました。すると、摂取しても体調は良好であり、本当に入っていないと思っています。
 これらで一つ気になったのは、昆布の粉末です。
 乾燥した昆布を粉末にしても、シンのようなものが残り、食べていると小さなコリコリとしたものが口に残るのです。
 気にしない人はそれでいいでしょうが、私は気になったので、昆布だけは事前にお湯に浸けて出汁(ダシ)を摂るようにしました。
 まず試したのは、味噌汁です。
 長野は信州味噌の産地なので、味噌は美味しいと思うのですが、昆布出汁だけではいま一つ旨味に欠ける印象でした。
 そこに、乾しいたけ、煮干し、かつお節の粉末を掛けると、これが実に美味しくなったのです。
 最初食べたときは、衝撃でした。
 「おおっ! こんなに美味しいのか!」と感動してしまいました。
 そんな味噌汁の味に慣れた頃、東京に行く機会があり、よく通った定食屋に入りました。
 そこで感じたことは、「旨味があまりない・・・。美味しくない・・・」でした。

 私が通った定食屋は、ネットでは値段の割には量があって、味もそこそこという評判でしたが、以前は美味しいと思っていたのに、今回は全然美味しいと思えませんでした。
 「しまった! 貧乏人のくせに舌が肥えてしまったか・・・」と思ってしまいました。

 今は味噌汁だけですが、そのうち動画でも紹介されていた、めん汁にも挑戦したいと思っています。
 市販のめん汁でも無添加のものもありますが、値段が普通のものより平気で倍以上したりします。また、出汁系の食品には、原材料として、「酵母エキス」「たんぱく加水分解物」などが使われているものが多くあります。
 食の専門家によると、「酵母エキス」と「たんぱく加水分解物」は、本来は食品添加物に指定すべきものであり、危険なものだそうです。
 それゆえ、私は以前からめん汁が自作できないかと思っていました。
 今回の旨味粉末を使ってトライしてみようと思っています。

 また、私は小麦断ちをしているので、市販のカレールウが使えません。
 カレー粉から作っているのですが、今までは全然美味しくありませんでした。
 これも旨味粉末を使って、美味いカレーに挑戦してみようと思っています(目指すは蕎麦屋で出てくるカレーの味)。

 三大旨味成分を粉末にして料理に使う方法は、時短に最適です。さらに、素材を使い切ることからゴミもでず、費用も抑えられ、それで味がずっと良くなるという超お勧めの手法です。
 コストパフォーマンスは最高だと思います。
 無添加生活とは関係なく、大いにお勧めしたいと思います。



墓参りで思ったこと...2022年8月31日

 先週、1年半前に食道ガンで亡くなった友人の墓参りに、仲間数名と行ってきました。
 1年半も経ってしまったのは、長引く新型コロナ騒動の影響を受けた為です。
 仲間が線香をあげているときに、私は故人の感情を受け取った感覚がありました。
 それは親しかった友人がわざわざ墓参りに来てくれた感謝の念とか、久々に会えた喜びとなどと一言では表せない、思いがいっぱい詰まって溢れるような感情でした。
 私はその感情を2回受け取ったのですが、一緒に行った仲間には話しませんでした。
 気味悪がられるのがオチだからです(あちらの世界を否定する人々にとっては、聞きたくない話でしょうから)。

 私は形骸化した葬式仏教の一連の所作が好きではありません。
 線香をあげたり、お墓にビールをかけたりといったことを決まり事のように行いますが、故人にとっては、その気持ちがこそが大切のようです。
 行為に意味があるのではなく、故人に敬意を表して行う「気持ち」こそが伝わるようです。
 それゆえ、祈りは重要です。
 手を合わせて目をつぶって、ただじっとしていても何も伝わりません。
 ぜひ、故人に心の中で語りかけてほしいと思います。
 なぜなら、故人の霊はそうした墓参りの場に下りてきていて、祈りをささげる私達の言葉を聞いていると私は思うからです。
 私は、祈りで「そちらの生活には慣れましたか?」と語りかけました。
 そうした言葉を、故人の霊は聞いていると確信しています。

 冒頭で触れたように、私の友人は食道ガンで亡くなりました。
 なぜ彼(故人)は、52歳という若さでこの世を去らなければならなかったのか・・・。
 詳しいことは聞いていませんが、おそらくガンの三大治療である、「手術療法」「薬物療法」「放射線療法」のどれか、あるいは複数を受けたのだろうと思います。
 これら三大治療はガンを治すどころか、さらに悪化させて死に至らしめる殺人療法だと私は思っています。
 では、ガンにならなければいいのですが、日本社会で普通に暮らしている限り、ガンになるようにレールが敷かれているというのが私の印象です(実際、日本人の死因の1位はガン)。
 ガンの原因は、電磁波(放射線)、タバコやアルコール等々、色々言われていますが、現代社会では圧倒的に食だと私は確信しています。
 食品に含まれる食品添加物と残留農薬です。
 新型コロナワクチンの場合は直接身体に毒物を注入しますが、食品添加物などの毒物は消化を通して体内に蓄積され、数十年経過して、その効力を発揮するようです。
 日本は食品添加物大国で、欧米諸国の10倍以上の許認可数を誇ります。
 すべてが危険というわけではありませんが、中には強力な発癌物質があります。
 また、輸入小麦に含まれる残留農薬のグリホサートなども、日本人のガンに大きく貢献しているに違いありません。
 私は健康を考えて、以下のものを摂らないようにしています。

・食品添加物
・小麦
・乳製品
・砂糖

 これを見て、「これじゃ、食べるものが無くなってしまう!」と多くの方が思うと思われますが、意外とそうでもありません。
 慣れると、和食を中心にして美味しいものがいっぱい食べられることに気づきます。
 私はこうした食生活を趣味ではなく、強い危機感を抱いたことで続けられています。
 以下の吉野さんの動画は、健康に気を使っている方々にぜひ観ていただきたい動画です。
 1時間3分と長いのですが、それでも見る価値のある動画だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=L9gcP0QyUuI&t=3s



『戦時体制に突入した世界経済』から...2022年8月29日

 今回も前回に続き、ベンジャミン・フルフォード氏の本から紹介します。
 我々がDS(ディープステート)と呼んでいるグループの中核を、フルフォード氏はハザールマフィアと呼んでいるようです。
 そのハザールマフィアがいつの時代に、どの地域から発生したかを説明している部分を『戦時体制に突入した世界経済』(ベンジャミン・フルフォード著、講談社)から紹介させていただきます。


 ・・・<『戦時体制に突入した世界経済』、p196〜p197から抜粋開始>・・・

 欧米を乗っ取ったハザール王国のエリート残党

 世界では経済戦争が進行中だ。現在起きていることを長い歴史のなかで考えてみよう。
 7〜10世紀に存在したハザールマフィアの故地ハザール王国で武器商人、奴隷商人などがはびこり、子どもを生贄にするなどかなりあくどい行為が横行していた。それでロシアと周辺国が共闘してハザール王国を滅ぼした。
 そのとき、王族などのエリートたちがヨーロッパに逃げ、ヨーロッパの貴族と結婚し、じわじわと欧州権力を乗っ取っていった。
 ハザール王国はもともとユダヤ教ではなかったが、東のロシアがキリスト教、南のアラブがイスラム教で地政学的にこれらの国々に挟まれていたから、どちらにも飲み込まれないよう、あえてユダヤ教に改宗した。
 この人たちが悪魔崇拝をし、人を生贄にする儀式を続けた。ユダヤ人のなかに潜み、17世紀ごろからはイスラム教やキリスト教を乗っ取った。
 たとえば、アメリカのブッシュ一族などは、建前上はキリスト教だが、実態は悪魔崇拝者である。こういう人たちがキリスト教やイスラム教のふりをしながらずっと水面下で世界制覇をしようと画策してきた。
 自然ドキュメンタリーの番組などで、イモ虫の体内に寄生虫が卵を植えつけ、やがてそのイモ虫が体内を食いつくされ、最後に寄生虫がイモ虫を破裂させて出てくるという話を目にする。あるいは、イナゴの頭に寄生虫が入り込み、体内を食べ終わって脳をいじって水に飛び込ませ、そこから寄生虫が湧いてくるという話もある。
 ハザールマフィアも、もとをたどれば、こうした寄生虫と同じで、アングロサクソン社会がこういう寄生虫たちに、いまの姿に置き換えられた。
 ハザールマフィアは長期計画で乗っ取りを考えているから、傍目にはわかりにくい。
 たとえば、権力者に妻を送り込み、その子どもを教育してやがてトップに立たせ、2世代、3世代かけてその国を乗っ取る。カナダのトルドー首相などはそのいい例だ。ヨーロッパではドイツのメルケル前首相などヒトラーの一族で構成された。
 こうして欧米がハザールマフィアら世紀末カルテルに虫食いにされ、世紀末戟争や人類家畜化を計画するグループと、従来の法治国家、人権を守るアジアを中心としたグループが戦いを続けてきた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ハザールマフィアが寄生虫のように、欧米社会を侵食してきたというフルフォード氏の説明には納得するものがあります。
 しかも、2世代、3世代と100年計画で行うので、なかなか気づきにくいという面もあったようです。
 現時点は、ハザールマフィア(DS)がG7各国(日本を含む)を侵食し終えた段階だったと言えるのではないでしょうか。そしてハザールマフィアが新型コロナワクチンによる大量殺戮を強引を推し進めた為、BRICS諸国、アフリカ、中東、アジア各国から強い反発を受けている状態だと私は理解しています。
 では、その戦いの趨勢は現在、どうなっているのでしょうか。


 ・・・<『戦時体制に突入した世界経済』、p198〜p200から抜粋開始>・・・

 そして、ハザールマフィアはアジア勢に負けつつある。
 そのため、アジアで何が起きたか。2002年ごろ、中国で重症急性呼吸器症候群(SARS)騒動が起こされたのだ。SARSはアジア人にしか感染しない生物兵器といわれていた。
 アジアの裏社会には第二次世界大戦で負けたグループがいくつかあった。中国の国民党、日本軍、ドイツ軍などだ。その裏世界の残党が戦後、潜水艦基地や世界の麻薬流通で裏金をつくって巻き返しを図っていた。だが、SARSによってアジア側の裏世界が決裂した。
 こうしたことをきっかけに、中国が「もう米国債を買わない。われわれが殺されるためにお金を払うのはおかしい」と主張した。これにより、アメリカ経済は衰退の道を歩み始めた。
 アメリカが犯した根本的な間違いは、金融はアメリカが支配し、西側に用心棒をさせ、ものづくりはアジアに任せ、工場などはすべてわれわれが指揮を執るといった傲慢な態度をいつまでも取り続けていたことだった。
 「なぜ、われわれはみすみす殺されるためにアメリカにお金を払うのか」という素朴な疑問がアジアで生まれ、米国債を買うのをやめ、お金をアメリカに献上しなくなった。
 それでお金が回らなくなって発生したのが、2008年のリーマン・ショックだ。
 このとき、世紀末カルテルのグループは「わかった、有色人種で共産主義の大統領を出すから、それでお金をくれる?」という条件を提案した。それにより、2009年に誕生したのがオバマ政権で、彼の父は共産党員だった。
 そうしてアジアの王族から700トンのゴールドをもらった。それをベースに75万トン分のゴールド裏づけ債券で23兆ドルが生み出された。それで、しばらく西側の運転資金ができてお金が回り始めたが、アメリカは40年間累積赤字だったから、いずれは止まってしまう。
 そのお金が底をついたのが2020年1月だった。
 そのとき、軍人がトランプ政権からみんないなくなった。元軍幹部などがたくさんいたが、みんな辞めた。
 トランプ自身もそのときにいなくなった。グリーンランドにあるチューレ空軍基地に逃げ込んだ。それでトランプが役者に入れ替わってから、それまでワクチンに反対していたのにワクチン推進派に転じるなど急に主義主張が変わった。
 2020年1月に不払いが起きてから、軍の良心派もワシントンD.C.から離れで基地にいったん避難した。
 それ以降、実際に政府がなくなった。ホワイトハウスの記者証を持っている筆者の友人がいうには、ワシントンD.C.に行くと、ホワイトハウスや議会、最高裁判所、FRBの周辺に柵が張りめぐらされており、無人状態だという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの記事の最後の部分に大変驚きました。
 2020年1月にアメリカの資金が底をついたのをきっかけに、トランプ氏が影武者に入れ替わったというのは、本当でしょうか。
 フルフォード氏から毎週届くメルマガには、そんな情報は一行も載っていなかったと記憶しています。
 たしかに、それまでワクチンに反対だったトランプ氏が突然オペレーションワープスピードなどと言い出して、急にワクチン推進派になったことは本当に意外でした。
 それであれば、トランプ氏がワクチンに対する変節がうまく説明できるのはたしかです。
 しかし、これは本当でしょうか・・・。
 だとすれば、DSの強烈な巻き返しがこの時期に起きたということでしょうか。
 トランプ政権は発足時には軍事政権といってよいくらいに、米軍出身者によって囲まれていました。ところがそうした米軍出身者の閣僚が次々に辞めていき、トランプ政権が弱体化したようなっていきました。
 裏で、DSとの激しいバトルが繰り広げられ、この時期はDSに圧されていたということでしょうか。
 もしこの時、トランプ氏が影武者に置き換わったとなると、いつ本物が復帰したのか気になります。
 2020年11月は大統領選挙でした。
 その大統領選を本物が戦ったのでしょうか。
 翌年1月6日の米議会襲撃事件のときのトランプ氏は本物でしょうか、それとも影武者?
 現在トランプラリーを行っているトランプ氏は本物なのかもしれませんが・・・。
 唯一言えることは、DSが用意した影武者に置き換わったことで、トランプ氏がワクチン推進派になったという説明には、なるほどと思えるところです。
 私自身も半信半疑な情報ですので、訪問者の方々はご自分でご判断下さい。

 次に紹介するのは、私が気になってしかたがなかった「南極会議」の件です。
 「南極会議」に関する情報は本当に少なくて、情報が出るのを心待ちにしていました。


 ・・・<『戦時体制に突入した世界経済』、p200〜p204から抜粋開始>・・・

 「南極会議」で何が話し合われたのか

 世界経済フォーラム(ダボス会議)の会長クラウス・シュワブが2021年11月30日「Next stop Antarctica(次の行き先は南極)」というツイートを発信した。
 また、少しさかのぼる同7月には、欧州中央銀行ECBの総裁クリスティーヌ・ラガルドも「Important meeting Antarctica in December.(12月に南極で重要な会議がある)」というツイートを発信していた。
 しかし、これらのツイートはシュワブが投稿したあと、間もなく両方とも消された。
 モサド筋によると、シュワブとラガルドは騙されて南極にあるロスチャイルドの島に行くよう仕向けられたのだという。
 二人は主人であるロスチャイルド一族に呼ばれて会議に出席するつもりで南極に向かったのだが、じつはその直前にロスチャイルドの島は欧米の改革派勢力に制圧されていた。そして、彼らは島に着くなり拘束され、欧米の改革派勢力が用意した影武者に置き換えられたという。
 前回、世界の要人たちが南極で緊急会議を開いたのは2016年11月8日。そのときの議題は「アメリカ大統領選」だった。
 2016年のアメリカ大統領選では当初、「ヒラリー・クリントンの勝利」が裏で決められていた。しかし、南極会議の結果、急遽「ドナルド・トランプの勝利」にシナリオが変更されたのだと、その現場にいた二人の情報源が証言している。
 それを踏まえると、今回も南極会議の結果、国際枠組みの再構築など目に見える何か大きな変化が起きる可能性は十分に考えられる。
 じつは、ほかにも南極に向かった人物がいた。彼は2021年12月1日、「Just arrived in Antarctica. This will change everything. Everything.(南極に到着した。これですべてが変わる。すべてだ)」という意味深長なツイートを発信していた。
 これを投稿した人物はロスチャイルド一族の支配管理下にあるSWIFTをブロックチェーンのしくみに置き換えているリップルという会社の取締役であることがわかっている。
 となると、今回の南極会議を機に、「欧米主導の国際金融網がロスチャイルド一族から取り戻される」というシナリオが動き出していたようだ。

 「ロシアがデフォルト」報道が示したサイン

 現在、経済戦争は世界覇権をめぐる前代未聞のサイバー・金融戦へと発展している。
 その一環として、イスラエルは世界金融市場を攻撃する“演習”を実施していた。その“演習”にはアメリカやイギリス、UAE、ドイツ、イタリア、オーストリア、スイス、オランダ、世界銀行、IMFなどがこぞって参加している。
 もちろん、これは演習のふりをした本当の攻撃だ。この動きは南極会議の件とも深く関係している。
 モサド筋によると、南極会議の結果、ロスチャイルドをはじめとするハザールマフィアがSWIFTの管理から外されたようなのだ。
 さらには、ハザールマフィアが世界金融システムの支配から離脱したことを示す事象として、ロシア、中国、インドが2021年11月、「SWIFTから離れて独立した金融インフラを導入する」と発表した。
 ロシアの「RTニュース」の報道によれば、これは西側諸国が制裁の一形態としてSWIFTからロシアを切り離すよう圧力をかけられたことに対する反応だったという。
 2022年6月26日、複数のマスコミが「ロシアの外貨建て国債がデフォルト(債務不履行)に陥った」と報じたが、このタイミングでロシアが独立した金融システムを導入したサインにも見える。
 ロシアのアントン・シルアノフ財務大臣は「西側諸国による“ロシアのデフォルト”についての発言は現状と大きくかけ離れている。本当にデフォルトしているのは西側諸国のほうだ」と言い放っている。
 ロシアのプーチン大統領と中国の習近平国家主席の会談後、「相互決済における国内通貨のシェアを増やし、ロシアと中国の投資家に株式市場へのアクセスを提供するための協力の拡大を求めた」とプーチンの首脳陣が述べている。
 ハザールマフィアらは、国際金融網だけでなく、国際情報網の管理からも排除されつつある。
 CIA筋によると、いままでハザールマフィアの企業舎弟だったフェイスブックが事実上、マーク・ザッカーバーグ(デイビット・ロックフェラーの孫)の管理から外れた。その後、フェイスブックは社名をメタ(Meta)に変更している。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「南極会議」に向かったダボス会議の会長クラウス・シュワブ氏とECBの総裁クリスティーヌ・ラガルド氏が拘束され、影武者に置き換わったというのは、フルフォード氏のメルマガでも紹介されていました。
 だとすると、WHOのパンデミック条約を強力に推し進めようとしたシュワブ氏は影武者だったということになります。
 WHOのパンデミック条約は、国の主権を超えた権力をWHOに与えるというもので、アフリカ諸国などの反対によって否決されました(今年の春)。
 こうしたシュワブ氏の言動は、ネットで盛んに取り上げられ、DSによって今にもやられそうだという雰囲気の記事が溢れています。
 しかしシュワブ氏が影武者だとすれば、これはショーだということになります。
 日本人は8割がワクチンを打つなど目覚めていないので、こうしたショーを見せることで目覚めを促しているということでしょうか。

 こうしたフルフォード氏の情報が正しいかどうか、9月に入ればある程度わかり始めるのではないかと私は思っています。
 「南極会議」の情報が事実なら、この秋から大きな変動が、私達にも目に見える形で現れてくるはずです。
 私はそれを楽しみに待ちたいと思っています。



雑談を2つほど...2022年8月20日

安倍元首相暗殺事件の背景

 ベンジャミン・フルフォード氏はフリーのジャーナリストですが、各国の諜報機関に情報網があるといいます。
 なぜ一介のフリージャーナリストに諜報員が重要な情報を漏らしてくれるかというと、情報のバーターのようなものだそうです。
 ある国の諜報員が敵国の情報を知りたくて、フルフォード氏に接触してくるといいます。フルフォード氏はその敵国の機密情報を教えるかわりに、その諜報員が独自に持っている機密情報を教えてもらうというわけです(情報の交換)。
 こうしたことを続けていくうちに、諜報員とのパイプができていくのだそうです。
 もちろん教えてもらった情報が事実であるかどうかは、断定できません。
 それゆえ、フルフォード氏はできるだけその情報の裏を取るように務めているそうです。
 また、嘘の情報を言ってしまうと、嘘はいつか必ずバレます。そうなると、信頼関係を失くして、相手にされなくなります。それは諜報員にとっても得策ではないはずです。
 私はこの話を聞いて、なるほどと思いました。
 まともな諜報員であれば、機密情報をお金で売るというようなことはしないはずでが、情報のバーターであれば応じるのはありうるはずです。特にその諜報員にとって第3国の情報であれば、バーターとして差し出すのに躊躇する理由はありません。

 私は、こうした理由からフルフォード氏の情報は、ある程度信頼していいのではないかと考えています。
 もちろん、フルフォード氏が反DSの立場であることが前提です。
 以前はフルフォード氏も日本のマスコミに登場していましたが、反DSの立場を鮮明にしたため、完全にほされてしまいました。これは、日本のマスコミがDSのコントロール下にあることの、間接的な証明にもなると私は考えています。

 さて、前置きが長くなりました。
 一般庶民の一人である私には、フルフォード氏のような特別な情報源はありません。
 ネットから得られる情報と、メルマガ、本、雑誌、セミナーなど誰でも手に入るものしかありません。そうして得られた情報をもとに推論を述べてきましたが、今回もまた推論を述べてみたいと思います。
 推論というより空想と捉えていただいてもいいかもしれません。
 あるいは、エンターテイメントでもいいです。

 7月8日の安倍元首相暗殺事件に関して、吉田繁治さんは真相究明のメルマガを随分書かれています。
 そして、以下のように述べておられます。

 ・・・<吉田繁治さんのメルマガから抜粋>・・・

■13:後記:未来の日本のために

新たな事実が分かったと思える時点では、奈良県警の、言論による告発を続けます。

行政一般に存在する、「国民を支配する意識をもった偽装官僚(≒DS:ディープ・ステート)」を、日本未来のために告発することが当方の目的です。

ディープ・ステート側に立ってしまい、中立性を失ったメディアが、これを行わないからです。日本のエリート主義は、東洋風ディープ・ステートを作っています。ディープ・ステートが支配する国には、未来がない。日本を、未来がない国にしてはならない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこうした吉田さんの姿勢に敬意を表したいと思います。
 ただし、安倍元首相暗殺事件に対する推論は、吉田さんと私では全く違います。
 安倍元首相暗殺事件では、山上容疑者を犯人に仕立てたい警察と、蘇生治療を施した奈良県立医科大学付属病院の20名とされる医師団で、真逆の診断結果がでていることが大きな波紋を呼んでいます。
 安倍氏の左側に居た山上容疑者が手製の散弾銃で撃ったのであれば、銃弾の侵入孔は安倍氏の左側となります。しかし医師団は、銃弾の侵入孔は安倍氏の右鎖骨上のあたりと言っており、方向が真反対です。
 それゆネットでは、ゴルゴ13並みのプロの狙撃手が近くのビルから安倍氏を狙撃したのではないかという推論が盛んに語られていました。
 さらに吉田さんは、安倍氏を殺害したとされる銃弾が見つからないことから、体内ですばやく溶けるガリウム弾を使ったのではないかと述べられていました。
 犯人説として、中国ではないかという推論も述べられていました。
 安倍氏は、戦後最長の首相在任期間を誇る重要人物であり、公人です。
 それゆえ国民は、その暗殺事件の真相を知る権利があると主張している吉田さんの意見は、私も、もっともだと思います。
 一方で私は、安倍元首相暗殺事件は偽旗作戦であり、真相が政府や行政機関から出ることはないという立場です。
 以前の記事と重複しますが、私が偽旗作戦であると考える根拠を列記します。

@銃撃を受けた瞬間の安倍氏の動きがあまりに不自然。

 人間が銃撃された瞬間の映像は、映画やテレビのドラマで無数にありますが、そうした作られた映像が日本人の頭に浸みこんでいて、今回の安倍氏の映像を本当に銃撃されたものと思い込んでいるように見えます。
 本物の映像は、ケネディ大統領の狙撃映像で見ることができます。
 遠方からライフルで頭部を狙撃されたものですが、ライフル銃は先が尖っていて高速回転して身体に侵入します。それゆえパチンコ玉のような球状でないことから、衝撃はかなり緩和されると思いますが、それでもケネディ大統領の首が衝撃で大きく後ろに動いています。
 安倍氏は胴体に銃が侵入されたとしますが、その瞬間の衝撃が見られないのです。
 ワイシャツの右襟が動いたのは、ワイシャツの右内側に仕込まれた血糊の瓶が割れたものとしか私には見えません。
 胴体に銃が侵入したのなら、その瞬間、吹き飛ばされるような動きにならないとおかしいと思うのです。
 ところが安倍氏は、その場によろよろと倒れ込んでしまいました。
 こうした不自然な動きは、警察や自衛隊のプロの専門家であれば、一瞬で見分けるのではないかと思います。

Aマスコミが、事件の2日前の日付で事件の報道記事を投稿していた。

 これは、手違いという見方もできますが、あえて行った可能性も捨てきれません。

B治療にあたった医師団と解剖医の診断結果が真逆。

 こんな珍妙なことは前代未聞です。
 重要な公人の診察で、起きるはずのないことが起こっています。
 真逆の説明のときは、通常どちらかが嘘を言っていて、どちらかが真実を言っていると解釈されます。
 しかし私は、どちらも嘘を言っていると思っています。

 その証左として、奈良県警は記者会見を行わないし、安倍首相の死亡診断書を見せてほしいという依頼は拒否されました。
 死亡診断書は存在しないし、見せようと思えば捏造しなければなりません。当局はこれ以上、嘘の上塗りをしたくないという心境でしょう(注1)。
 こうした齟齬(そご)は、工作メンバー内の連絡不行き届きという見方もできますが、意図的に行った可能性もあります。

C狙撃現場から奈良県立医科大学付属病院までドクターヘリで運ばれたことになっているが、そのヘリの当日の運行記録がない。

 これは、ネットで見た記事です。
 その記事では、別の日に撮影したヘリの映像を流したものではないかと言っていました。
 これに関しては、確認していませんが、どなたか情報をお持ちなら教えていただければと思います。


(注1)
 2年前の安倍元首相本人の死亡診断書なら存在するかもしれません。

 偽旗作戦であるという私の推理は、以前の記事でも書いてきました。
 ここからは、新たな推理です。
 フルフォード氏は、この事件を八咫烏(やたがらす)が起こしたと言っていましたが、その理由は何かです。
 私は、ずばり、憲法改正の阻止だと思います。
 現在、「自民+公明+維新+国民民主」の改憲勢力が、議会の3分の2以上を占めています。これらの党が憲法改正を発議すれば、国会を通り、次に国民投票となります。
 日本は国民の8割が新型コロナワクチンを打つほど目覚めていない国ですから、また新たな偽旗作戦を起こされれば、「憲法改正、止む無し!」という世論に簡単に誘導されるかもしれません(注2)

(注2)
 一応、厚労省の発表では国民の8割が新型コロナワクチンを打ったことになっていますが、私は少々疑いを持っています。今の日本の行政機関は平気で数字の改ざんを行うからです(前科有り)。
 私の皮膚感覚では、せいぜい国民の5〜6割といったところです。

 しかし、安倍元首相暗殺事件が起きて以来、国民世論は一変しました。
 旧統一教会というカルト教団と、自民党の癒着が広く国民に知られてしまったからです。
 なんと自民党の憲法草案が、旧統一教会の憲法草案とうり二つだったことも暴露されました(藤原直哉氏談)。
 マスコミもこの流れに乗って、さかんに報道しています。
 参議院選挙も終わり、さあいよいよ憲法改正だと意気込んでいた自公政権は、完全に出鼻を挫かれました。
 DSにコントロールされた今の自公政権が憲法改正を行えば、緊急事態条項を盛り込むことは必至です。ゴボウの党の奥野たかしさんが言われるように、緊急事態条項が盛り込まれれば日本は終わりです。
 八咫烏がこの作戦を行ったとすれば、大成功だったと言えるのではないでしょうか。

 ネットの記事ですが、全議員にアンケート調査を行ったところ、旧統一教会と関係ないと即答した議員がいた一方で、129名が無回答だったといいます。

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-25113.html

 「きっこ」さんは、

 『回答しなかった129人のうち、少なくとも100人前後、多ければ120人ほどが「深く関係していた自民党議員」だと見ています』

 だそうです。
 こうした議員は、身に降り掛かった火の粉を払うのが精いっぱいで、「党一丸となって、憲法改正に邁進しよう!」とはならないでしょう。
 彼らの憲法改正までのスケジュールは、完全に狂ったのではないでしょうか。
 ただし、彼らが憲法改正を諦めたかどうかはわかりません(まだ3年あります)。
 事態は、まだまだ流動的だと思います。

 私は、今回の安倍元首相暗殺事件で、トランプ大統領が言ったとされる意味深な言葉を思い出しました(ただし私の記憶違いかもしれないので、あくまでもお話しとして聞いて下さい)。
 トランプ大統領は、

 「シンゾーにしかできないことがある」

 と言ったと記憶しています。
 それは、(本人は2年前に亡くなってしまったけれども)、その影武者が偽旗作戦を実行して、日本の世論を変え、憲法改正を阻止することだったかもしれません。



アメリカから始まり、日本で終わる

 さらにトランプ大統領は、次のようなことも言ったとも記憶しています(私の記憶違いかもしれませんが、私の記憶が正しいという前提で続けます)。

 「アメリカから始まり、日本で終わる」

 アメリカでは、いまや有権者の半数が、バイデン氏を「正当な選挙で選ばれた、正統性のある大統領ではない」と答えるに至っているといいます。
 すでにアメリカ国民は目覚めたということでしょう。

 そうした国民を目覚めさせる流れが、ついに最後の日本にやってきたのかもしれません。
 そのきっかけが安倍元首相暗殺事件だったかもしれません。
 その流れなのか、「森喜朗元首相、全身血まみれで救急搬送されるも2日後に復活」という奇妙なニュースが流れました。要人が緊急入院するというのはよく使う手なので、何かあるのではと思ってしまいます。
 また、DSの話題となると必ずといっていいほど名前が挙がる竹中平蔵氏ですが、突然パソナ会長を退任したといいます。竹中氏は、辞める理由を言っていないそうです。
 さらに、元電通専務の高橋治之氏が受託収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されるというニュースが流れました。これまで電通はタブーの領域だったことを考えれば、日本も新たな局面に入った感があります。
 いよいよここ日本でも、本格的な「掃除」が始まったのでしょうか。

 さて、ではこれから状況は良くなっていくかというと、表面に見える現象はむしろ逆で、さらに悪くなっていくように見えると思います。
 これから経済クラッシュが起きる可能性もあり、政治も経済もカオスの状態になっていくと思います。
 そのカオス状態に、自然災害が追い打ちをかけるかもしれません(地球が本格的に動き出しているという話もあります)。
 ただしこれは、生みの苦しみとも言えます。
 機能不全に陥った現状の社会のシステムは一度崩壊しないと、新たなシステムは導入できないからです。
 システムの崩壊は、一時的な無秩序(カオス)状態を生み出します。

 トランプ大統領は、「アメリカから始まる」と言いましたが、いよいよアメリカで社会秩序の崩壊が始まったかもしれないという例を紹介したいと思います。
 『世界を操る闇の支配者 2.0』(ベンジャミン・フルフォード、ウマズラビデオ著、宝島社)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『世界を操る闇の支配者 2.0』、p168〜p175から抜粋開始>・・・

 万引きで生活をするアメリカの一般市民

 現在のアメリカの崩壊を示す状況は、まさに枚挙にいとまがない。
 米国内の治安は悪化の一途で、集団でブランド品の店を襲って商品を全部持って帰るといった犯罪が日常的に起こっている。犯罪率は上がり続けており、今では多くの小売店が廃業に追い込まれてしまった。あまりにも万引きが多発するため、ウォールマートでは肉を盗まれないよう売り場に鎖がかけられているほどだ。
 現実問題として、9割のアメリカ人たちは1970年代からどんどん貧しくなっている。日本人が見るアメリカ人は1割のハイクラスの人間だけであり、大手メディアの報道ではアメリカ崩壊の現実がわからない。
 新型コロナによる不況からの回復期ということで米国内の求人が増えても、誰も応募しないという悪循環も起きている。米政府の発表によると560万人分の求人が余っているのだが、なぜ働き手が集まらないかというと、それは働かずに万引きで飯を食っている人が多くなってしまったからなのだ。
 コロナ禍というプロパガンダによって失業者が増えた際、多くの補助金がもらえた。それがなくなった時、大半の失業者は「もうあんな低賃金で働く気にはならない」「働くよりも万引きのほうがいい」と思うようになってしまった。そもそもカリフォルニアの法律では、日本円にして9万円以下の万引きでは何の罪にもならないのだ。
 日本では「アメリカの最低時給は1500円!」などと、さも好況のように報じられているが、実際にはそれ以上にインフレがひどくなっており、一般市民は普通に働いても満足な生活を送れないというのが実際のところなのだ。
 上級国民とされるアップルやグーグルの従業者たちが乗っているバスには「バカヤロー」と石が投げられるという。またニューヨークの金融街で働く人たちは「襲撃されないために、汚い格好で出社してください」「会社のロゴが入ったものは身に付けてはいけない」と通達されている。これほどまでに一般市民と上級国民との格差がひどくなっているのだ。もうこれは革命前夜と言ってもいいだろう。アメリカ社会はもはや崩壊寸前なのだ。
 カナダ政府は、以前から「アメリカへ行く時には現金を持って行かないように」との通達まで出している。暴漢に襲われる危険があるのはもちろんのこと、アメリカの警察官からも「スピード違反の罰金だ」「お前のお金の出所は怪しい」などと言われ、現金を奪われる事件が多発しているのだ。
 カナダナンバーの自動車を見ると、アメリカの警察官はサイレンを鳴らして停め、現金を持っていないとわかると、最近では「身分証明のため」といってカードを出させるという。そうしてその場でカードをスキミングして、違反金の名目で引き落としをしてしまうのだ。

 急増する強盗、売春、殺人事件

 現在のアメリカで、いわゆる「アングラ経済」の規模が加速しているとの情報も聞いている。
 税金の支払いをごまかせる現金仕事が増加しており、比較的健全な「お金持ちに頼まれて子守りや芝刈りをする」といったものから、麻薬の販売まで様々だ。このように上級国民の経済圏と一線を画し、税金を払わずに生活している人々が増えているのだから、これはもう無政府状態に近い。
 知り合いの甥(おい)っ子もカナダでマリファナ栽培をしていて、それ自体は一応合法なのだが、販売に関しては政府の認可した流通経路ではなく、ちょっと法外な形でやっているようだ。
 売春も増えており、普通の女子学生が学費を払ってもらうためにスポンサー、いわゆる“シュガーダデイ”を探すことが常態化している。これまでアメリカで売春婦といえばカラードが中心だったが、今は白人女性もシュガーダディを探すマッチングサイトを当たり前のように利用している。
 ロシアではソ連崩壊時の混乱と貧困で、モスクワ大学の女子学生までもが売春を行い、ロシア美女が世界に出稼ぎに行くことになったが、アメリカの白人女性も同じことになりつつあるのだ。
 もともとの低所得者だけでなく、今は普通の生活をしていた人たちまでが万引きをするようになっている。万引きが増えすぎたせいで店が潰れたり撤退するケースがものすごく増え、それどころか貨物列車が襲われるなどという西部劇の時代にさかのぼったようなことまで起きている。集団で列車強盗をしたあと、線路が不用品や梱包材のゴミでいっぱいになっているという光景は、今ではまったく珍しいことではない。
 2022年、こうした万引きや強盗は前年比で300%まで増えたという話もある。
 殺人などの重大犯罪も増える一方で、もはや警察は万引きぐらいでは出動しない。殺人事件への対応も追いつかないぐらいなのに、万引き捜査なんてやっている場合ではないというのだ。
 ロサンゼルス警察では警官たちが飯を食うために、貸金庫をすべて差し押さえて「この貸金庫は犯罪に使われた可能性がある」として中身をすべて奪ったという事例もある。その貸金庫の持主たちが「犯罪の証拠を出せ」と言ってもまったく応じることはないという。
 GAFAなどの超大企業が今すぐ破綻するということはないが、将来的にはアメリカの金融システム自体の崩壊も危供されており、富裕層は一刻も早く投資などで儲けた“あぶく銭”を“実物”に換えようとやっきになっている。金融商品ではない本当に存在する金などの実物に、急いで換えようとしているのだ。
 このような“実物”への異常な需要によりアメリカは、過去に例を見ないほどのインフレに見舞われている。友人の娘は1年前に30万ドルで家と13ヘクタールの土地を、米経済と直結しているカナダで買ったのだが、1年経った今は30万ドルだとモバイルホーム(トレーラーに載せて動かせる家)しか買えなくなってしまった。
 とにかく実物なら何でもいいということで、NFT(ノン・ファンジプル・トークン)などといったものまでが大流行している。そこではコンピュータグラフィックでつくられた“JPEGの絵画”に対して、時に何億円もの値段がつくという、まったくいかれた状況になっているのだ。

 何キロも並ぶホームレスのテント

 実際間蓮として、金融派生商品などでいくら儲けたところで、コンピュータの中の数字が増えるだけにすぎない。
 ここまで述べてきた米経済の危機的状況の原因は何か? たとえ話にすると、以下のようなものになる。
 無人島に様々な人種の人たちが流されて、白人は「黒人は薪(まき))を集めろ。中国人は料理をして、その他の人種が魚や貝を集めて食事をつくれ。私はそれを監督する」と指揮をしていた。それで何となく島での生活は回っていたのだが、ある時に誰かが「白人は何もやっていないじゃないか。そんなヤツの言うことを聞くのは止めよう」と気づいて、白人の立場は一気に失われてしまった。
 今アメリカが置かれている状況はまさにそういうことなのだ。
 第二次世界大戦で敗れた日本とドイツが今も比較的健全なのは、賠償金の支払いがあったために“モノづくり”を続けていたからだ。
 しかしアメリカは昔のローマ帝国とまったく同じ間違いを犯してしまった。軍事力で世界の覇権は奪ったものの、その後、自動車などの製造業は衰退し、金融を操作して稼ぐ以外のことは何もしなかった。
 古代ローマ帝国では、市民権を持ったいわゆる“市民”たちは無償でパンを食べ、コロッセオのショーを観ているだけでいっさいの生産活動をしなかった。食糧はすべてエジプトなどの植民地から持ってきたものを与えられ、市民は享楽にふけっていた。こうして市民と奴隷の格差ばかりが広がっていった結果、いつの間にかローマ帝国は空中分解してしまった。
 アメリカも同じで、自分たちでモノをつくることをやめ、みんな肥満体になって朝から晩までテレビばかり観ている。そうするうちに格差は広がり、犯罪も増え、どんどん社会が不安定になってしまった。
 アメリカでも地方はまだ大丈夫だが、大都市は人口が減っているのに犯罪は急増している。そのため、エリートの隠れ家、アジトみたいなものがすごく流行っている。エリートがいざという時に逃げ込む場所としてそういうものをつくっているわけだ。
 また、気候のいいカリフォルニアあたりでは、ホームレス生活者のテントが何キロも並んでいる。そこにいる人たちは外見的にはホームレスには見えず、「ノマド生活」などと称して、まるで流行の生活のようにふるまっているが、その実態は家賃が払えない、もしくは払いたくないからホームレス生活をしているだけだ。
 コロナパンデミックのデマが始まってから、アメリカ全土で4割近くの世帯が家賃や住宅ローンを払っていなかったとされるが、それが今ではさらにひどくなっている。あまりにホームレスが増えたせいで、そうした人たちの行き場がなくならないように「公園にテントを立てて住み着いてもいい」という法令を出している州もある。
 しかしこのような話は、日本ではほとんど報道されない。
 「警察が機能していない」「ホームレスが激増している」といったことはアメリカのメディアで普通に報じられているのだから、日本のマスコミもそれを転用すればいいだけなのだが、今までアメリカの“下請け”として国が成り立ってきたせいで、「親分のことを悪く言ったら自分たちがどうなるかわからない」という“負け犬根性”が染みついているのだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そういえば日本では以前、『万引家族』という映画がヒットしました。
 最後は警察に捕まるというストーリーでしたが、アメリカでは、もはや万引きは犯罪ではなくなった州まで出てきました(カリフォルニア州)。
 9万円までの万引きなら犯罪とならないのですから、一般市民までもが時給いくらの仕事をするより、万引きで生活している方がまし、となるのは無理もありません。行政までもが、万引き生活を後押ししているかのようです。
 また、アメリカでは警察が強盗に早変わりするようです。
 さすがにアメリカ市民に対して強盗はできないから、カナダのナンバーを付けた車を止め、お金を巻き上げるようです(そもそもアメリカ市民が警察に恐喝されたら、どこに助けを求めたらいいのでしょうか)。

 この事例を見てわかるように、もはや社会の秩序が崩壊しかかっています。
 この流れは、次に西ヨーロッパに広がっていくのではと私は予想しています。
 ロシアのウクライナ進攻に反発してロシアに経済・金融制裁やウクライナに武器支援を行ってきた西ヨーロッパ各国で起きたことが以下です(吉田繁治さんのメルマガから抜粋します)。


西側が狙ったプーチンの失脚や辞任ではなく、逆に、
・もっとも過激だった、英国首相ジョンソンが辞任、
・フランスの選挙では、主戦派の与党が敗北、
・イタリアの主戦派ドラギ首相も辞任しました。
・ロシアからの、天然ガスのパイプラインが稼働している日和見(風見鶏)のドイツを除き、西欧の主要3首長が、破れたのです。


 吉田さんは、西欧がロシアに敗れたと表現していますが、私はアメリカ発の社会秩序の崩壊が西欧に飛び火したと解釈しています。
 西欧主要各国の元首の交代は、その兆候ではないかということです。
 「In Deep」さんによれば、西欧は500年に一度の猛暑と大干ばつに見舞われ、食糧生産が深刻な被害を受けているそうです。
 西欧は今年の冬、歴史的な食糧不足とエネルギー不足に苦しむことなるようです。
 最初に被害をこうむるのは、間違いなく低所得者層です。そうした層から、アメリカと同じように社会秩序の崩壊が始まるだろうと思います。

 そしてこの流れは、私は中国でも起こるだろうと思っています。
 中国の銀行が、預金者に説明もなく預金を凍結したというニュースが流れています。
 ネットの記事です。

「中国中部・河南省の3銀行が少なくとも12億元(1億7755万ドル)の預金を凍結し、その理由や期間についてほとんど情報を提供していないことが分かった」

 こうしたニュースが、今後も増えてくるだろうと思っています。



ジョコビッチ選手が世界一になった理由...2022年8月13日

 テニスに興味が無い方でも、ノバク・ジョコビッチ選手の名はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
 最近では、テニスの4大大会(グランドスラム)の一つである全豪オープンで、新型コロナワクチンを打っていないとして、大会出場を拒否されたことで話題になりました。
 ウィキペディアによると、

 ・ビッグタイトル(グランドスラム、ATPファイナルズ、ATPマスターズ1000、オリンピック)の獲得数63は史上最多。

・世界ランキング1位通算在位は歴代1位の373週(2022年5月16日現在)。

 とのことで、テニス界の長い歴史においても、最高中の最高の選手であることは間違いないでしょう。
 テニスを趣味としていた私のジョコビッチ選手に対する印象は、「錦織圭がどうしても勝てない相手」でした。
 錦織圭(にしこりけい)選手も世界の4位に入ったほどのトップ選手でしたが、その錦織選手の天敵だったのが、ジョコビッチ選手でした。
 通算の対戦成績は、錦織選手の2勝18敗です。
 圧倒的な壁でした。
 それゆえ、2014年の全米オープンの準決勝で、錦織選手がジョコビッチ選手に勝ったときは、溜飲を下げる思いでした(決勝まで進んだ錦織選手ですが、決勝で敗れ、自身初のグランドスラムタイトルには手が届きませんでした)。

 さて、それほど強いジョコビッチ選手ですが、驚くことに最初の頃は、体力的に弱かったのです。
 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』(ノバク・ジョコビッチ著、扶桑社)から抜粋します。


 ・・・<『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、p21〜p22から抜粋開始>・・・

 だが、私の中で何かが壊れ、体をおかしくしていた。これを「アレルギー」と呼ぶ人もいれば「喘息(ぜんそく)と呼ぶ人もいるし、「単なる調整不足」と切って捨てる人もいた。だがこの状態をどう呼ぶにせよ、対処法はだれも知らなかった。
 じつは、私が大舞台でこのように倒れてしまったのは初めてではなかった。この1年前に当時世界ランキング153位だった私は、初出場だった全仏オープンで第8シードのギジェルモ・コリアから第1セットを奪った。だが第3セットに、足が石のように固まってしまい、呼吸もできなくなり、棄権せざるをえなかった。
 「間違いなく、あいつは疲れが出たんだ」。試合後にコリアが発言した。「体調管理ができていれば、こんな暑い日でも長い試合を乗り切れるはずだ」。
 さらにこの3カ月後、私にとって初めての全米オープンでガエル・モンフィスと対戟したのだが、文字どおり私はコートに昏倒してしまった。まるで蒸し暑い海岸に打ち上げられたクジラのように無様に倒れ込み、呼吸に四苦八苦しながらトレーナーの到着を待つしかなかった。
 4回にわたる屈辱的なタイムアウトののち、辛うじて試合に勝つことはできたものの、私は猛烈なブーイングにさらされ、私の体調は大会中格好のネタになった。
 「あいつ、何か変えたほうがいいな」。モンフィスはそう言っていた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もう一つ、紹介させていただきます。


 ・・・<『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、p24〜p25から抜粋開始>・・・

 だが私の夢は、上位の一人になることではなかった。世界最高といえる存在が2人いた。フェデラーとナダルだ。そしてこの2人からすれば、私など、たまに出てきて、少し苦しくなるとすぐ棄権してしまう“雑魚”にすぎなかった。この2人こそ本物のエリートだ。私はまだ第二集団の中でもがくだけの存在だった。
 2008年1月に、私は全豪オープンで初のグランドスラム優勝を果たした。これが転換点となった。しかし、この1年後に対アンディ・ロディック戦でまたも私は棄権に追い込まれた。タイトルを防衛すべき王者であるはずの私が棄権とは、どういうことか? いったい、私の何が問題なのか?
 「さあな。けいれんか、鳥インフルエンザか、化学テロの炭症菌か、SARSか、よくある風邪のどれかじゃないのか」と、ロディックがしょっちゅう発病して棄権する私を嘲った。あの物静かで紳士的なフェデラーでさえ、報道陣の前で私のことをこき下ろした。
 「あいつはマンガみたいなものだ。あんなに怪我ばっかりしてるんだからさ」。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジョコビッチ選手がアスリートに必要とされる、めぐまれた体格や俊敏性、それにテニスプレーヤーとして天才的な運動センスを持っていたことは間違いありません。
 しかしアスリートとして致命的ともいえる、1試合を最後まで戦いきる体力に恵まれていませんでした。
 たびたび試合を棄権するジョコビッチ選手は、その原因がわからず、悶々とした日々を送っていたに違いありません。
 その原因ですが、実に意外な方角から指摘されることになります。
 2010年1月の全豪オープンで、ジョコビッチ選手はまたしても試合中に体調を崩して倒れてしまいます。
 その試合を1万4000キロ離れたジョコビッチ選手の母国セルビアで、テレビで観ていた博士がいたのです。


 ・・・<『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、p36〜p38から抜粋開始>・・・

 間違った食事をしていた男

 2010年1月のあの日、テニス解説者たちは、私に何が起きたのかを理解したつもりでいた。「また喘息の発作が出たんだよ」。そう言っていた。実際、ダブルフォルトをして呼吸がまともにできなかったとき、私自身、その原因が何なのか知ることはできなかった。
 13歳の頃から、私にはいつも鼻づまりがあり、特に夜はひどくなっていた。いつもふらふらの状態で目が覚め、調子が良くなるまで長い時間が必要だった。いつも疲れていて、一日3回練習しているにもかかわらず体の筋肉が張っていた。
 私にはアレルギーもあり、湿度が高い日や花が満開の時期には症状がさらにひどくなった。それでも、私の症状は説明がつかなかった。喘息の症状は、ふつう体を動かし始めた途端に出てくる。試合開始後3時間、何も出てこないのはおかしい。
 ツアーに参加する他の選手と同じくらい練習しているこの私が調整不足ということはありえない。にもかかわらず、大舞台で世界最高の選手たちと対戦すると、最初の数セットはいい勝負ができるのに、突然倒れてしまう。
 私の症状は杞憂(きゆう)ではなかったし、単なる喘息でもなかったし、強い相手に萎縮するという話でもなかった。私は、間違った食事をしていた男だったのだ。そして私の人生は大きく変わろうとしていた。

 1万4000キロの遠方より下された驚くべき診断

 あのプロ生活最低の瞬間が、じつは一番幸運な瞬間になると、だれがわかっただろう?
 偶然、私の祖国であるセルビア出身の栄養学者、イゴール・セトジェヴィッチ博士が、キプロスの自宅でテレビをザッピングしていたとき、たまたま全豪オープンの私の試合中継が放送されていた。彼はテニスファンでも何でもなかったが、夫人がテニス好きで、しばらく一緒に試合を見ようと言ってくれたらしい。そして夫妻は私が倒れる姿を見た。
 博士は、原因が喘息ではないとすぐに見抜いた。私について他の何かがおかしいと見ていた。彼の推測では食べ物が問題だということだった。
 もっと具体的に言うと、私の呼吸困難は、体内の消化システムの不均衡が原因で、それにより腸内で毒物が発生しているというのだ。これが、1万4000キロ離れた場所から下された驚くべき診断だった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「一流」の選手と、「超一流」の選手の違いは何か。
 それは、もしかすると、頭の柔らかさかもしれません。
 テニスのグランドスラム大会は、世界でもメジャーなスポーツイベントなので、大会のライブ中継を観ているのは世界中で何百万人にものぼると思われます。
 その中の一視聴者(かつ面識もない人)のアドバイスを聞くという頭の柔らかさ(心の柔軟さ)を、ジョコビッチ選手が持っていたということだと思います。
 これが、「超一流」の証ということでしょうか。

 セルビアの栄養学者、セトジェヴィッチ博士により、ジョコビッチ選手は「グルテン不耐症」であることが判明します。
 そして、食事から徹底的に小麦を排除します。
 こうして、ジョコビッチ選手は、世界一の座を手に入れることになります。
 しかし、この記事を読まれている訪問者の方々は、「なぜ小麦を抜くことで世界一になるんだ?」という素朴な疑問を持たれたのではないでしょうか。
 「小麦を抜く」→「世界一」とは話が飛躍し過ぎてついていけない、という感じではないでしょうか。
 次に紹介するのは、本の解説です。
 『小麦は食べるな』(Dr.ウィリアム・デイビス著、日本文芸社)の訳者である白澤卓二博士が、なぜジョコビッチ選手が世界一になったのかということを、科学的に説明されています。


 ・・・<『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、p224〜p231から抜粋開始>・・・

 解説 @:小麦断ちがこんなに効果をあげるワケ

 −−白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長、白澤抗加齢医学研究所所長)

 テニスやサッカーなどのスポーツをテレビで観ることはほとんどない私ですが、じつは本書には以前から注目していました。というのも、私が翻訳したデイビッド・パールマター著『「いつものパン」があなたを殺す』(三笠書房)の中で、「グルテンフリー」の実例としてジョコピッチ選手が紹介されていたからです。
 そのことをきっかけに同選手の試合をビデオで観戟したところ、グルテンフリーの効果は一目でわかりました。
 まず私が着目したのは、相手がボールを打った瞬間のジョコピッチ選手の反応です。明らかに、ほかの選手より1000分の5秒から1000分の10秒ほど早く反応できているのです。テニスのように時速200キロを超えるボールに反応しなければならないスポーツにおいてこの違いは決定的です。
 ジョコピッチ選手は体内にグルテンが入ってこなくなったおかげで脳反応のディレイ(遅延)がなくなり、この反応の速さによってコート全体を幅広くカバーすることができるようになりました。さらにボールが行く方向へ素早く動けています。一般に言われている「ストロークが安定しているからジョコピッチは強い」という解説は根本的に間違っています。「素早い反応、素早い動き」こそが強さの秘訣なのです。
 対照的に、従来の小麦を含む食事をしている選手たちはジョコピッチ選手と比べて反応が遅れるため、コートの中で移動できる幅が狭まってしまいます。したがって、前に出て一か八かの勝負をかけるしかありません。そして、動いてボールを拾えない分、技に頼らざるをえず、試合後半に入って体力が落ちてくるとこの技も効果を失ってしまうのです。
 では、なぜこのような違いが起きるのか、脳機能的な視点から解説してみましょう。
 相手がボールを打ったとき、この情報は視覚を通して後頭葉に送られます。そして後頭葉から運動野への指示がシグナルで送られるわけですが、この際にふだんからグルテンを摂取しているかどうかが大きな違いとなって表れるのです。
 グルテンが体内に入ると、小腸・大腸を含む腸全体で吸収されます。その際にタイトジャンクション(密着結合)が開き、腸内細菌から分泌された毒素が脳に運ばれ、脳に炎症が発生します。脳の炎症のために神経細胞は十分なニューロトランスミッター(神経伝達物質)が蓄積できず、それが初動の遅れとなって現れます。
 テニスに限らず、あらゆるスポーツの世界においてもトップ200くらいの選手の実力は同じでしょう。1000分の5秒程度の初動とか、そういったわずかな違いが決定的な優劣をもたらすのです。
 また、グルテンが体内に吸収されると、最終的に脳のオピオイド受容体と結合することが医学的に判明しています。それによりモルヒネ状の成分が発生し、軽度の感情的な高ぶりを発生させます。これが異常な食欲亢進につながり、突然これを断つと不快な禁断症状のようなものを発生させてしまうこともあります。いみじくもジョコピッチ選手が本文の中で告白しているとおり、これが脳に「霧」がかかっている状態です。だから初動反応が遅れるのです。つまり、小麦を食している選手たちは実質的に“麻薬を打たれた状態”で戦っているといえます。完全に麻薬を断ってシラフのジョコピッチ選手とまともな勝負ができるはずがないのです。
 本書を読むと、ジョコピッチ選手が完全に小麦を断っていることがわかります。ここで重要なのは、グルテンはあくまでも小麦を構成するほんの一成分にすぎず、悪いのは「小麦」そのものだということなのです(小麦の問題については後述します)。
 端的に言って、今の錦織圭選手がさらに上を目指そうとするなら、必要なのは技術や体力のトレーニングではありません。栄養・食事指導です。パンをはじめとした小麦製品を完全に断ち、食べ物を根本的に変えなければなりません。
 本書の中には、脳についてもう一つ重要なヒントが隠されています。そもそも脳は燃料として、糖(グルコース)とケトン体を利用します。ジョコピッチ選手の肉体を見ると、極限まで炭水化物の摂取を減らしたことで、糖ではなくケトン体を燃料として脳と肉体を動かしていることがわかります。ケトン体が素晴らしいのは、グルコースと比べてATP(エネルギー)産生比率が25%も高い、つまり燃費・効率が著しく良いということなのです。ジョコピッチ選手の試合を見ると、長時間ラリーが続いてもパテない、そして後半になればなるほど本領を発揮して勝負強くなっていることがわかります。これがケトン体を燃料として使えるようになった体の特長です。
 このケトン体は一般人にも使える燃料なのでしょうか。じつはこれは簡単な話なのです。朝コーヒーを飲むときにミルクや砂糖など余計な物を入れずに、5ccだけココナッツオイルをたらすとよいのです。すると3時間後にはケトン体の血中濃度が最大となり、認知機能が著しく向上します。つまり、今まで脳内にかかっていた「霧」が雲散霧消し、今までにない“脳力”を引き出すことができます。これで数学や物理など集中力がカギとなる科目で試験の得点を上げることは簡単ですし、囲碁・将棋のプロ棋士であれば間違いなく勝率が上がります。もちろんさまざまなビジネスシーンでも役立つでしょう。
 99.9%の人たちの脳内には「霧」がかかっていて、それが当たり前だと思い込んでいるわけです。そんな中で一人だけシラフでいるというのはどういうことか、もはや説明するまでもないでしょう。そして、ケトン体の作用が最大になると、炭水化物に対する興味がなくなり、暴飲暴食の危険や誘惑そのものがなくなります。
 それから、ジョコピッチ選手の献立の中で毎朝蜂蜜をなめるという記述がありますが、この意味について少し解説しておきましょう。
 これは、血糖値を必要以上にあげないのが目的です。蜂蜜の摂取は、砂糖の摂取と比べて血糖値がそれほど上がりません。そのため、インシュリンを刺激しません。このインシュリンが人体にとっては大きなブレーキになります。ジョコピッチ選手の肉体を見ると、極限までインシュリンの分泌を抑制し、ほぼ純粋にケトン体だけを動力にしていることがすぐにわかります。
 私はテニスのことは何も知りません。あくまでも脳機能の専門家です。本書でジョコピッチに栄養指導をするイゴール・セトジェヴィッチ博士も私と同じようにテニスをまったく知らない人物でしたが、1000分の数秒の反応の遅れ、ほんの数コマのジョコピッチ選手の動きを見て、原因がグルテンであることを見抜いたのです。つまり、ほんの10分ほどジョコピッチ選手の試合を見るだけでこれだけのことがわかるのです。それほどまでにグルテンは人間に悪影響を与えているというわけです。
 では、なぜ小麦がそこまで人体にとって危険な食物になったのでしょうか?
 人類が農耕を始めて約1万年が経ちますが、これは遺伝子の変異が発生するには短すぎる期間です。それまで人類は200〜300万年以上のあいだ狩猟生活をしていたわけで、その頃の体内システムが今もそのまま残っています。ですから、アスリートであろうと一般人であろうと、まずは狩猟時代に最高のパフォーマンス・成果を発揮できた食生活に戻すべきというのが私の基本的な考えです。
 そしてもう一つ大きな問題があります。現在栽培されている小麦は、1960年代の小麦とは似ても似つかないまったく別の作物です。詳細は、私が翻訳したウイリアム・デイビス博士による『小麦は食べるな!』(日本文芸社)に譲りますが、国際トウモロコシ・コムギ改良センター(IMWIC)は長年にわたり小麦の品質改良を続けてきました。その中でも特に重要だったのがノーマン・ボーローグ博士です。同博士は旧来の物と比べて極度に茎が太いうえに短く、生産性が高い矮小(わいしょう)小麦を開発したことから農業界において「グリーン革命の父」と呼ばれ、米国大統領および議会から勲章を与えられ、1970年にはノーベル平和賞さえも受賞しました。
 病気や日照りに強く、生育期間も劇的に短いこの小麦の開発により、全世界において総生産量が何十倍にも膨らみましたそして作付面積がトウモロコシに次ぐ2位の広さを誇る小麦生産大国のアメリカでは小麦はすべてこの新時代の矮小小麦に入れ替わりました。この小麦は何度となく繰り返された激しい品種改良によって、今やかつての小麦とはまったくの別物になっています。そして、グルテンをはじめとするこのタイプの小麦の含有タンパク量はヒトの耐性限度を超え、さまざまな悪さをするようになってしまったのです。
 本書にあるとおり、グルテンは砂糖よりも早く急激に血糖値を上げてしまうものです。そのため、たとえ小麦アレルギーがない人でも、肥満や高血圧、糖尿病、心臓・内臓疾患、脳疾患、皮膚疾患などを引き起こします。小麦によって「脳の霧」と呼ばれる症状が発生し、集中力が散漫になったり、短期記憶が不正確になったりといった軽度の認知障害を引き起こすことが学界でも報告されています。
 幸か不幸かジョコピッチ選手は生来のグルテン不耐症により、早めに小麦の恐ろしさに目覚めることができた。他のすべての選手たちはまだそれに気づいていないので実力を発揮しきれない。そう考えると、ジョコピッチ選手の天下はもうしばらく続くとみていいのではないでしょうか。
 本書で彼が推奨している食事は、間違いなく一般人にも大きな効力を発揮します。生活習慣病や肥満に限らずさまざまな病気の予防はもちろん、頭脳のパフォーマンス向上にも確実に寄与します。われわれ日本人の食卓は洋食より明らかに小麦粉の消費が少ないわけですから、実践も十分に可能なはずです。
 ジョコピッチ選手という世界的スーパーアスリートが自ら実行した本書の理論は、アスリートだけでなく、一般の方々にとってもたいへん有意義なものです。わかりやすい邦訳によって本書が世に問われることを歓迎し、この食事法がより多くの読者に広がっていくことを期待します。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジョコピッチ選手が、他の選手よりも1000分の数秒速く動き出すことができることが、試合に大きな優劣として現れるという説明に、私は大いに納得しました。
 だとすれば、錦織選手のジョコピッチ選手に対する2勝18敗という結果にも納得できます。
 ジョコピッチ選手に対し、体格的にも劣る錦織選手が勝つ為には、ジョコピッチ選手よりも俊敏に動く必要があります(ジョコピッチ選手:身長188cm、錦織選手:身長178cm。テニスではサービスを行う際に身長が高いことは圧倒的に有利)。それなのに、ジョコピッチ選手の方が、1000分の数秒速く動き出すのだすから、錦織選手が勝てないのも無理ありません。

 さて、この本の初版が発売されたのは2018年なので、もう4年前になります。
 白澤卓二博士は、ジョコピッチ選手は小麦絶ちをしていて、他の選手はしていないことから、「ジョコピッチ選手の天下はもうしばらく続くとみていいのではないでしょうか」と予言(?)されていますが、ジョコピッチ選手は今年(2022年)の6月まで世界ナンバー1の地位についていたので、この予言は当たったようです(途中、ナダル選手とメドベージェフ選手に数か月1位の座を譲り渡しただけ)。

http://www.sportsdatamuseum.com/tennis/ranking/tennisRank1AtpSingles.html

 とはいえ、ジョコピッチ選手は今年で35歳となり、選手生命はもうそれほど長くはないと思われます。逆に、テニスという過酷なスポーツの世界で、35歳でトップ10をキープしている凄みと表現すべきでしょうか。

 最後に、一つエピソードを紹介したいと思います。
 セトジェヴィッチ博士による検査結果が出たときの、ジョコピッチ選手との会話です。


 ・・・<『ジョコビッチの生まれ変わる食事』、p72から抜粋開始>・・・

 私の血液検査結果が戻ってきたときの衝撃は大きかった。私は小麦と乳製品に対して強い不耐症があり、トマトに対しても少し敏感だったのだ。
 「今後、君の体の機能を上げたいのであれば、パンを食べるのはやめなさい」。セトジェヴィッチ博士が言い渡した。「チーズもダメだね。トマトも減らすことだ」。
 「先生、待ってくださいよ」。私は抵抗した。
 「うちの両親はピザ屋なんですよ!」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そうなんです。
 ジョコビッチ選手の両親は、ピザレストランのオーナーシュフで、ジョコビッチ選手は小さい頃から、お腹が減ると、ピザをつまんでいたのです。
 魂の計画って絶妙だなぁ、と感心してしまいました。

 ジョコビッチ選手は、グルテン不耐症だったことが判明したわけですが、本の中でジョコビッチ選手は、5人に1人の割り合いでグルテン不耐症がいると述べています。
 私は、西欧社会においてグルテン不耐症が広く認知されて、簡単に検査できる体制が整えられていることから、この数字は信頼性があるのではないかと考えています。
 では、日本ではどうでしょうか。
 わかりませんが、ある一定数いることは間違いないと思います。
 かくいう私もグルテン不耐症でした(私はそう確信しています)。
 前回の記事で、グルテンフリーの生活を1ヶ月行った女性の動画を貼っておきましたが、その女性はグルテンフリーの生活で、呼吸が楽になったと言っていました。
 いつも片方の鼻が詰まっていたのが、どちらも開通し呼吸に息苦しさを感じなくなったといいます。
 全く同じことをジョコビッチ選手も述べています。
 そして、3週間グルテンフリーを続けた私もまたそうなのです。
 慢性的な鼻詰まりの状態から解放され、普通に鼻呼吸ができるようになり、爽快な気分です。

 そして、おそらくこれが私の花粉症の原因だったのではないかと考えています。
 私の母は花粉症に全く無縁でした。
 母の遺伝子を引き継いだはずなのに、私は長年、重度の花粉症に悩まされていました。
 しかし、ここに至ってやっと気づいたのですが、母はほとんど小麦を食べない食生活をしていたのです。昔の農家の出身らしく、毎日ご飯を炊いて野菜中心のおかずを作って食べていました。和食中心の食事で、スーパーで売っている加工食品が入る余地は無い上に、小麦を使うことは少なかったのです。
 私は数十年悩まされ続けた花粉症から、ついに解放されるのではないかという期待を大いに抱いています。



トランプ大統領と小麦に関する雑談...2022年8月6日

トランプ大統領に関すること

 いまや、政府要人に影武者(ダブル)がいることに、疑問を挟む人は少ないでしょう。
 『世界を操る闇の支配者 2.0』(ベンジャミン・フルフォード、ウマズラビデオ著、宝島社)に、フルフォード氏の言葉で、以下の一節がありました。

「たとえばバットマンはこれまでいろんな役者が演じてきたわけだが、誰が演じてもバットマンはバットマンでしょう。それと同じで、プーチンは、“ミスターロシア”というイメージキャラクターとして存在していて、これまでにいろんな人間がプーチン役を演じてきた。今のプーチンは7人目だと聞いている」

 プーチン時代はかなり長いので、6人もの影武者が必要だったということでしょうか。

 同じくフルフォード氏の情報ですが、トランプ大統領にも影武者がいるそうです。
 影武者は本物に比べて、目の下が白くなっているそうです。
 私は目の下が白いトランプ大統領を、テレビで見た記憶があります。
 その影武者のトランプ大統領が演説しているのを見たユーチューバーの「沖縄おばば」さんが、「トランプさんは変わってしまった。以前は聴衆に向かってトラストミー(私を信用して下さい)なんて言わなかった」と言っておられましたが、私は「いやいや、本人じゃないですから」と突っ込みたくなりました。
 登場しているトランプ大統領が、本人か本人でないか見分ける一つの方法があります。
 それは、トランプ大統領がメラニア夫人と一緒にいるときは、本人だそうです。
 ちょっと前に、トランプ大統領の前夫人であるイバナ・トランプさんの葬儀が行われ、トランプ大統領が出席した映像がニュースで流れました。
 その葬儀に、現トランプ大統領の夫人であるメラニア・トランプさんも出席されたので、私は、「ああ、本人だ」と思いました。
 映像を注意深く見たのですが、やはり目の下が白くなっておらず、本人だと確認できました。
 それにしても、目の下の白い部分をドーランで隠すことは簡単なのに、そうしていないことの方が不思議です。
 もしかしたら、アライアンスは、あえて白い部分を隠さず、「この人は影武者ですよ〜」と気づいている人に示しているのかもしれません。

 さて今回は、そうした影武者談義をするつもりはなくて、トランプ大統領の7月22日のアリゾナ州での講演の話題です。
 最初に影武者の話をしたのは、このアリゾナ州での講演では、目の下が白くない本物のトランプ大統領と思ったからです。
 やはり、影武者ではなく、本人が言っているということで重みが違います。
 この講演で、トランプ大統領は重要なことを言っていました。
 トランプ大統領は、バイデン政権の失策によって、米国に景気後退どころではなく、もっと大きな恐慌が来ると言ったといいます。
 これをトランプ大統領の恐怖の予言と捉える人もいるようですが、私はアライアンスの計画が順調に進んでいる結果だと見ています。
 アライアンスの計画の裏付けなくして、トランプ大統領がこれほどはっきり言い切ることはない、と思ったのです。

 このトランプ大統領の発言に関連している、横河サラさんから届いた最新のメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<「横河サラさんのメルマガ、vol.137」から抜粋開始>・・・

チャーリーは
ウェビナー開始の3時間ほど前に
「とても大きなことが起きた!」
というメッセージを受け取ったそうです。

しかもそれは
DOD (米国防衛省) の人間からの情報です。

一つめの大きなニュースは
アメリカ合衆国に関することです。

トランプ大統領は
3日ほど前に、ワシントンDCに赴きました。
その時のスピーチが
SNSでも多く取り上げられてました。

トランプ大統領 in ワシントンDCのツイート:

https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/11081
(元投稿は、アカウントごと削除されてしまいました・泣)

https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/21081

トランプ大統領のワシントンDCにおけるスピーチ (英語):
https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/31081
(長〜い動画です。7:58:30くらいから、
トランプ大統領のスピーチが始まります。)

ですが、
彼がDCに出向いたほんとうの理由は別にありました。

トランプ大統領は "共和国に署名" をしたのです。

これが意味するところは、
「企業アメリカの完全なる終焉」です。

DSたちが操ってきた企業アメリカは
2018年にすでに倒産しているのですが、
それにもかかわらず
DS、カバルは
まるで何事もなかったかのように
ここまでズルズルと
企業アメリカのお芝居を引っ張り続けてきました。

一般の企業だったら
倒産しているのに
そのまま会社経営を続けていたりしたら
それは犯罪です。
当然罰せられることになります。

遅かれ早かれ
企業アメリカを「経営」し
人々から税金を集めてきた人々も
同じように罪を問われることになるでしょう。

トランプ大統領が "共和国に署名" をしたことにより
憲法に基づいたアメリカ共和国が
実質的に始まったということのようです。

そして、大きなニュースはこれだけではありません。

次は、世界的な重大ニュースです。

「エルダーズが、ゴールド (金) の契約書に署名をした」
とのことです。

これが意味するところは
これで、世界200数カ国の通貨がすべて
ゴールドに裏付けされた通貨となった
ということなのです。

もちろん
日本もその200数カ国のひとつでしょう(^^)v

エルダーズとは、チャイニーズ・エルダーズのことです。

これまでもチャーリーは
チャイニーズ・エルダーズが
世界の経済の行方の鍵を握っていることを
示唆しています。

ちなみに
彼らは CCP (中国共産党) とは関係がありません。

チャイニーズ・エルダーズが
なかなか署名をしなかったのは
慎重に慎重を重ねているからで、
「遅くなっていてごめんなさい」
と言っている、という情報も他から入ってきていました。

ついに署名がなされた
ということは
ここから世界的スケールで
実際に大きくものごとが動き始める、
本格的な変化が始まる!
ということを意味しています。

そしていまや
不換紙幣である米ドルは
ほんとうに「ただの紙」となりました。

チャーリーは
「これで
長い間続いてきた
連邦準備制度の独占が終わりになった。
いまや
連邦準備銀行が刷ってきた米ドルには何の価値もないが
ゴールドに裏付けされた
アメリカ紙幣 (US note) には価値がある。」

と言っています。

米国ではレインボー紙幣が用意されている
という話がありますが
日本の円の通貨や紙幣は
どのようなことになるのでしょうね♪

「大手メディアは決してこのニュースを流さないだろうから
私たちがこれを人々に知らせる役目なんだ。

彼らは大手メディアでも何でもないことが
すでに発覚しているけどね。
彼らはとんでもない嘘つきたちなんだ。」

どこまでも嘘をつき続ける彼らの姿勢に呆れ果てて、
歯に衣着せぬ勢いのチャーリーでした。

というわけで
ついに、ついに〜!
私たちは
リアリティ (現実) の中で
ものごとが大きく変わっていくタイムラインに入ったようです。

新しいものが生まれ出る時には
必ず古いものが崩壊します。

この破壊と再生のエネルギーが
激しくぶつかり合う中
自衛し、備えもしつつ
ワクワクした気持ちと意識を大きく広げて
新しい世界の誕生を迎えましょう♪

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2018年にアメリカ株式会社が倒産したというのは、ベンジャミン・フルフォード氏の情報とも一致します。
 以前の記事にも書きましたが、バイデン氏が第46代大統領として就任したのは、あくまでも倒産したアメリカ株式会社であって、トランプ大統領は、アメリカ共和国の第19代大統領(暫定)として就任したという建前ではないかと私は推測しています。
 おそらく、バイデン氏の傍に大統領に側に常に随行しているはずの核の発射ボタンを持った兵士はおらず、いまでもトランプ大統領に側にいるのではないでしょうか。アライアンスは米軍をほぼ掌握しているとのことで、そう推測しています。
 上記文中で、トランプ大統領が、ワシントンDCで共和国に署名したとありますが、トランプ大統領がもし(大統領ではなく)一民間人であるならば、“共和国に署名”などということが法的に成立するはずがありません。
 アライアンスとしては、トランプ大統領が共和国の暫定大統領であるからこそ、共和国の起動に署名したという立場ではないかと推測しています。
 これまた私の推測ですが、トランプ大統領はあくまでも共和国の暫定大統領なので、正式に大統領を決める必要があると思うのです。
 トランプ大統領が演説で、2024年の大統領選に出馬するという報道が流れましたが、トランプ大統領が自分の口で、「2024年の大統領選に出馬する」と言ったのでしょうか。
 私は大いに疑問です(知っている人がいたら教えて下さい)。
 トランプ大統領は、戻ってくる時期を「very soon(すぐに)」と言ったのではないでしょうか。
 2024年の大統領選挙まで、まだ2年以上あります。
 2年以上先のことを、very soon(すぐに)と表現するのかなと思ってしまいます。

 これまで私の推測を述べてきましたが、ここからさらに飛躍した私の推測を述べてみたいと思います。
 2020年の大統領選挙から述べたいと思います。
 アライアンス側としては、DSが不正選挙を行って、バイデン氏を当選させようとすることは百も承知だったのではないかと思います。
 それゆえ、DSに選挙不正を自由にやらせ、その証拠集めをせっせとやっていたのではないかと思います。
 アライアンスの計画として、いったんは不正選挙によってバイデン氏が当選するが、その後、裁判で選挙の不正が暴かれるというシナリオをアメリカ国民に見せたかったのではないでしょうか。そうすれば、アメリカ国民が、より早く目覚めるからです。
 しかし、誤算があった・・・。
 連邦最高裁にトランプ大統領が送り込んだエイミー・バレット判事が裏切ったのです。
 保守派とされたエイミー・バレット判事を送り込んだので、連邦最高裁の中で保守派が多数派となり、不正選挙を裁判として取り上げ審議されるはずでした。
 しかし、エイミー・バレット判事が審議反対側に寝返った為、審議は行われなくなってしまいました。
 日本のマスコミは、この点で国民に嘘をついています。
 マスコミは裁判で不正選挙の証拠が認められなかったと言っていますが、実際は裁判は行われておらず、「審議していない」というのが実態です。
 そこでアライアンスは作戦を変更し、復活させたアメリカ共和国の暫定大統領としてトランプ大統領を就任させたのではと思います。
 ここに至り、アメリカでは株式会社アメリカのバイデン大統領と、アメリカ共和国のトランプ大統領という国内に2つの政権が同時に存在する異常事態に陥ったのだと思います。
 そして、株式会社アメリカのDSと、アメリカ共和国のアライアンスの間で、激しい勢力争いが水面下で行われてきたのだと思います(もちろん今も継続中)。
 しかしここでトランプ大統領が前面に出てきたということは、アライアンス側が優勢になっていることを示していると私は思っています。
 さて、これから起こることを私なりに推理してみたいと思います。
 時系列的に並べてみます。


@バイデン大統領の退任(注1)。カマラ・ハリス副大統領かナンシー・ペロシ下院議長のどちらかが大統領職を引き継ぐ。

A秋頃に、アメリカの金融市場が崩壊(アメリカ発、世界大恐慌の可能性あり)。

B11月の中間選挙で共和党勝利。

Cアメリカ共和国の存在をデクラスする。

Dアメリカ共和国の大統領選挙。


 Bは極めて重要で、これがないとアライアンス側の計画はすべて水泡に帰すことになると思います。
 日本流に言えば、天下分け目の関ヶ原の戦いです。
 アライアンスがいかに強い力を持っているといっても、民衆の支持がなければ政権を担うことなどできるはずがないからです。
 中間選挙で共和党が勝利して初めて、アメリカ共和国のことをアメリカ国民にデクラス(発表)して、共和国の大統領を選挙で選ぶというシナリオではないかと思うのです。
 もちろんトランプ大統領が立候補するかもしれないし、あるいはケネディ・Jrかもしれません。

 ここまで書いてきてふと気づいたのですが、これは私の推理というより願望に近いかもしれません。「こうであってほしい」「これからこうなってほしい」という私の願望の表れという気がします。
 それゆえ、あくまでもエンターテイメントの一つとして受け取っていただければと思います。


(注1)
 最新の横河サラさんのメルマガに以下の一節がありました。

 「チャーリー・ワード氏によると米大統領バイデンさんの役を演じていた役者さんが危篤になり数日前に亡くなったのだそうです。
 バイデン劇場をもう少し引っぱるつもりだったDSは、ここでも大きなパニックになっているとのこと。
 次の役者さんの準備ができないため、バイデンさんはコロナ陽性になったままなのだそうです。
 写真だけちょこっと出ていましたが何となく顔が長くなって、若返っているような??(笑)」

https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/11091

 フルフォード氏によると、これまでのバイデン氏はアーサー・ロバーツ(Arthur Roberts)という名の役者が演じてきたそうですが、急死されたようです。
 チャーリー・ワード氏は、DSは新たな役者を立てたいようだと言っていますが、参考までに少しニュアンスが違うフルフォード氏の情報を紹介します。
 フルフォード氏のメルマガ(VOL664)から抜粋します。

『アメリカが「今後どうなるか」については、情報源によって意見が異なり、現在2通りのシナリオが競合している。1つは、トランプ支持の共和党議員や論客が言う「今後、トランプが正式にアメリカ大統領に復活して、その時に米議会の約8割の議員が逮捕もしくは失脚することになる」というシナリオ。もう一つは、バイデン側の情報源が言う「カマラ・ハリス副大統領がアメリカ初の女性大統領に就任する」というシナリオだ』

 さて、どうなるでしょうか。



小麦談義

 それにしても、私はなぜ何十年も小麦の害に気づかなかったのかと考えてしまいます。
 小麦が食品としてあまりにも多く、身近過ぎたということかもしれません。
 小麦に含まれる農薬や、小麦製品に含まれる添加物は大いに気にしてきましたが、小麦そのものが身体に悪いなんて、想像だにしませんでした。
 小さな嘘はバレるが、大きな嘘はバレない、ということでしょうか。

 私が気づけなかったもう一つの原因は、物事を自分の都合のよいように解釈したからです。
 『小麦は食べるな!』(ウィリアム・デイビス著、日本文芸社)には、古代の小麦と現代の小麦は全然別物になっていることが載っていました。
 デイビス医師が自ら古代の小麦と現代の小麦でパンを作って、食べる前と食べた後の血糖値の違いを測定した結果が以下です。

・古代のヒトツブコムギで作ったパン...食べる前(84mg/dl)、食べた後(110mg/dl)

・現代の有機栽培全粒粉で作ったパン...食べる前(84mg/dl)、食べた後(167mg/dl)

 古代の小麦は食べた後に体調の変化はなかったのですが、現代の小麦は食べた後、すぐに気分が悪くなり吐き出しそうになったそうです。
 さらに腹痛が数時間続き、胃のむかつきは36時間続いたそうです。
 その夜は鮮明な夢をいくつも見て、何度も目が覚めたそうです。翌日は頭が働かず、読もうとした研究論文が理解できなかったといいます。1日半たってようやく正常に戻ったそうです。
 つまり、古代の小麦は、現代までにおよぶ交配と品種改良によって、その性質を大きく変えてしまったのです。
 私は本を読んだので、この話は知っていました。
 でも、それは外国の話であって、日本の小麦は大丈夫だろうと、勝手に(自分の都合がよいように)解釈してしまったのです(日本産であれば、そんなひどいことになっていないのではと勝手に思い込んだのです)。
 今は、大いに反省しています。

 あともう一つの大きな理由は、小麦は麻薬と同じ中毒性があるからでしょう。
 自分が嵌っている(中毒になっている)ものを、悪いものと認めたくない心理が働いたということです。
 小麦には「グルテオモルフィン」という快楽をもたらす物質が含まれているといいます。モルフィンは「モルヒネ(アヘンに含まれるアルカロイドの一種)」のことで、モルヒネに似た性質があるといいます。
 もちろん、参政党の吉野敏明氏が指摘しているように、小麦には麻薬のような禁断症状はありません。しかし小麦食品を食べると、麻薬と同じメカニズムで快楽報酬性の物質が脳内に流れ、「美味しい、もっと食べたい!」と感じるといいます。
 この中毒性は、砂糖も同じようです。
 ネットの情報で、以下のようなものがありました。

「米国カリフォルニア大学デイビス校の去年の研究報告によると、いつも加糖飲料を飲んでいる13〜18歳の子供に3日間加糖飲料の摂取を制限しただけで、頭痛、切望その他禁断症状が出始めたという」

 小麦には禁断症状はないようですが、砂糖の場合は、禁断症状が出るようなので、さらに悪い食べ物と言えそうです。
 この記事は2019年なので、去年とは2018年となりますが、驚くのはかなり最近だということです。
 つまり、小麦や砂糖の中毒性が広く知られてきたのは、かなり最近だといえそうです。

 そうなると、ケーキという食べ物は人類にとって最恐、最悪の食べ物になってしまいそうです。
 なにしろ、生地は小麦で砂糖がたっぷり入ったクリームには、カゼインが入っています。
 カゼインに関するネットの情報です。

「カゼインは体内で消化中に「カソモルフィン」という麻薬成分と同じ効果を持つ物質を生成し、脳に幸福感や高揚感をもたらします。 つまり、チーズを食べると脳が幸せに感じてしまうため中毒になってしまう、というわけです」

 この記事も2015年ですので、そんなに昔のことではありません。
 中毒症状があっても身体に良いものであれば問題ないと思うのですが、牛乳に含まれているカゼインは、腸内環境を破壊すると言われています。
 結局のところ、中毒性のある食べ物は(ゆっくりではありますが)身体を壊していくのですが、中毒性があるので、止められないのだと思います。
 吉野さんは、米麺は食べても美味しいとは思わないと言われていましたが、私もそうです(ただし、まずいとも思いません)。
 これは、米には麻薬に似た性質の物質が含まれていないことを示しているのだと思います。
 ご飯を食べて「美味しい」と感じるのは、脳内に麻薬様の物質が流れているのではなく、単純に腹が減って美味しいと感じることと、米自体の素朴な味に対して美味しいと感じているのだと思います。

 念の為に言っておきたいのですが、私は人に小麦を食べないようにと勧めているわけではありません。
 「いいじゃん、食べて。美味しいのだから」も、全然ありだと思っています。
 昔読んだ週刊誌に、以下の一節がありました。

 「酒もタバコも止めて、100歳まで生きる馬鹿」

 これは、「好きなものをじっと我慢して長生きして楽しいの?」という意味だろうと思います。
 小麦も砂糖も乳製品も同じだと思うのです。
 身体に悪いと言われようがなんだろうが、「美味しいものを食べて何が悪い」「それで少々、寿命が短くなっても、そっちの人生の方が充実して楽しい」という生き方を選んで、人から非難される筋合いはないと思うからです。
 止められないものの代表として、甘いものがあります。
 中毒性があろうが、禁断症状があろうが、好きな人は食べればよいと私は思っています。
 私がお菓子を全く食べないのは、甘いものが嫌いというわけではなく、無添加生活をすると決めたからです。
 スーパーに行ってお菓子製品の原材料欄をみてもらえばわかりますが、スーパーで普通に売っているお菓子は、添加物の総合デパートです。読み切れないほどの、(聞いたこともない)添加物の名前がびっしり並んでいて驚かれることと思います。
 お菓子は食べたいけれども小麦も気になるという方は、和菓子を食べられたらと思います。
 大福、みたらし団子、笹団子の原料はもち米です。
 あんの原料は、大豆や小豆なども豆類で小麦は入っていません。
 私も、甘いものを食べる機会があったら和菓子を食べようと思っています。


 ところで、誤解のないようにお断りしておきたいことがあります。
 小麦を止めることは、美味しいものを諦めるということではありません。
 無添加生活を始めた医者が言っていたのですが、その医者は無添加生活を始めて、野菜の美味しさに気づいたといいます。
 これは、「無添加生活あるある」ですが、無添加生活をすると、スーパーで売っているほとんどの加工食品が食べられなくなります。
 必然的に、野菜を買って自分で調理する機会が増えます。
 その医者は、野菜の種類がたくさんあることと、その野菜独自の美味しさがあることに気づいたといいます。
 つまり、食を変えると体質が変わり、それに伴い味覚も変わってくるのです。
 今まで気づかなかった美味しさに気づくようになります。

 私も無添加生活をして、FTWビューラプレートで炊いた玄米ご飯で海苔を食べたとき、「海苔ってこんなに美味しかったのか!」と思った瞬間がありました。
 海苔は日本人にとってあまりに当たり前すぎる食材ですが、無添加生活で体質が変わったのか、とても美味しく感じられる瞬間があったのです。
 私は、(自宅では)砂糖も乳製品も摂りません(そもそも、私の台所には砂糖という調味料が存在しません)。
 それに無添加生活を加えたことで、以前とは体質が変わったのだろうと思います。
 今回それに小麦が加わりました。
 小麦を摂らないことで、さらに体質が変わると思います。
 必然的に「美味しい」と感じる食べ物が変わっていくだろうと思っています。
 味覚が変わっていくなかで、これからも、うめぇ〜ものを見つけて、ガンガン食ってやろうと思っています。
 以下は、グルテンフリーの動画で、私が勉強になったものです。


【1ヶ月グルテンフリー生活で起きた嬉しい体の変化6つ】生理のお話も。
https://www.youtube.com/watch?v=yEu3bTSn5EA

グルテンフリーを試してみた結果・・!!
https://www.youtube.com/watch?v=actF89Ab-PA

グルテンフリーを3年継続して分かったメリットとデメリット
https://www.youtube.com/watch?v=KxBV6rIiZB4



『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』から...2022年7月30日

 私は、とんでもない勘違いをしていたかもしれない・・・。
 ちょっと大げさな表現になってしまいましたが、正直なところ、震撼としています。

 『小麦は食べるな!』(Dr.ウィリアム・デイビス著、日本文芸社)を読んだとき、私は外国産の小麦は食べないようにしようと決めました。
 小麦のグルテンの問題だけではなく、外国産の小麦(特にアメリカとカナダ)には、強力な発癌物質であるグリホサートが含まれているからです。
 それゆえ、小麦を食べるなら国産のものと決めていました。
 小麦は、古代から日本でも栽培されていたと思っていたし、何千年の歴史があれば、日本人の身体はそれに適応しているはずだと思っていたのです。
 ところがネットで調べてみると、たしかに小麦は古代からあったものの、玄米のほかに、大麦、蕎麦、粟、稗などの雑穀の一部として食べられていたとあります。
 つまり、小麦を食べる割合は現代人より圧倒的に少なかったのではないかと推測されます。
 一般庶民が多く小麦を食べるようになったのは、やはり明治期の文明開化からだといいます。
 それが現代となると、パン、ラーメン、パスタ、ビザ、うどん、蕎麦(つなぎとしの小麦)など、主食の米をしのぐほどの地位にのし上がってきました。
 実際のところ、金額ベースでは2014年に小麦は米を抜いて1位となり、主食と並ぶ地位についています。
 思えば私も、社会人になってからは、(自炊すると)米は洗って炊いてなど手間と時間が掛かるので、安易に外食でラーメンとか、パスタ、蕎麦などを食べるのが主流になり、圧倒的に小麦派となりました。
 もちろん当時の私は、小麦が身体に悪いなどとは微塵も思っていませんでした。

 しかし、(今から思えばですが)何となくけだるいなどの不定愁訴のようなものが慢性的になり、社会人になって数年後には花粉症に悩まされる事態となっていました。
 また、慢性的に下痢気みであり、これは胃腸の弱い家系に生まれた為だと納得していました。

 もし、これらの症状の原因が小麦だったとしたら・・・。
 これは大きな発見と同時に、私は数十年続いた不定愁訴や、花粉症から解放される可能性が出てきたことになります。
 また、もしかしたら若返ったりして・・・(なーん、ちゃって)。

 訪問者の方々の中で、以下の症状に悩まされているという方はおられるでしょうか。

・しつこい倦怠感がある
・朝から元気で出なくてなかなか仕事に向かえない
・ちょっとしたことにイライラしてしまう
・顔や手足がむくみやすい
・肩や背中がこっている
・昼食後(15〜16時)によくぼんやりする
・夜になると目が冴えて寝つけない
・朝起きるのがつらくてなかなか起き上がれない
・お腹のまわりやお尻の脂肪が気になる
・風邪がなかなか治らない。いつまでも咳が続いてしまう
・肌荒れ(アトピー性皮膚炎)がひどい
・生理不順がひどい
・人名や昨日食べたものなどが思い出せない
・ネガティブな考えにとらわれてしまう

 これは、『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』(本間良子著、アスコム)のp5から抜粋したものです。
 著者の本間良子医師は、上記の項目の3つ以上当てはまる人は、脱小麦を強くお勧めするそうです。
 私なんか、8〜9個ぐらい該当してしまっています。

 ではまず、本の「はじめに」から、概要を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』、p14〜p29から抜粋開始>・・・

 「脱小麦」こそ最強の健康法である

 原因不明の疲れ、それはほとんど小麦のせいだった!

 あなたはいま、原因不明のしつこい疲れや、重くてだるい疲労感を抱えていませんか?
 「若いころと比べて、毎朝起きるのがつらくなった」
 「午後になると急に体がだるくなって眠くなる」
 「食べるとすぐにお腹が張って体が重い」
 そんな人がいまとても増えています。
 また、慢性的な便秘や下痢に悩まされたり、首や肩のこりがいつまでも取れなかったり、頭痛や腰痛、関節痛が続いたり……。ひどい肌荒れになることもあれば、女性なら、生理不順や重い生理痛に苦しんでいる人も多いことでしょう。
 ほかにも、ストレスに対処できなくて気分がイライラしたり、頭がぼーっとして集中力が続かなくなったりすることがあるかもしれません。
 そういえば、最近もの忘れがひどくて、記憶力も弱くなったような気も……。

 もちろん、それらの不快な症状の原因はさまざまです。
 加齢にともなって、自然と体調が変化していることもあれば、これほど目まぐるしく変化する時代ですから、ときにストレスがたまることもあるでしょう。
 とくに、2019年末に発生した新型コロナウイルスの感染拡大の余波は、いまも多くの場所で影響をおよぼしています。
 体はなんとか大丈夫だったとしても、心にストレスやダメージを受けた方も多いはずです。ただ、そんな不快な症状が気になって病院へ行っても、「とくに大きな異常はないですよ」といわれる人がほとんど。

 「お医者さんは大丈夫といっているし、気にしすぎることもないかな」
 そうして日々の不快感を、なんとなくやり過ごしている人がたくさんいます。
 でも、あなたのその不快な症状の原因が、実はあなたが毎日食べている「小麦」にあると知ったら、どうでしょうか?

 毎朝食べている食パンや、昼ごはんに食べるうどん、パスタ、そばなどの麺類。間食に食べる菓子パンやスナック類。そして、夕食によく並ぶカレーやシチュー、ピザや餃子……。
 こんなごくありきたりのふだんの食事に、不快な症状の根本的な原因があるとなると、ちょっと驚きの事実ではないでしょうか。

 ほとんどの体の不調の原因は小麦にある

 小麦にはもうひとつ大きな問題があります。
 それは、小麦には、グルテンを構成するタンパク質のひとつ「グリアジン」が含まれていることです。このグリアジンは、小麦アレルギーなどを引き起こす物質として知られていますが、実は相当なやっかいもの。
 というのも、体の中には健康にとって重要な働きをする物質がたくさんありますが、グリアジンと構造が似た物質もあり、体のいたるところでエラーや炎症を引き起こしてしまうのです。
 いま、「炎症」と書きました。
 実は、あらゆる体の不調は、各部位が炎症することが原因で起こります。

 それこそ、腸が炎症すれば下痢や便秘になるし、脳や神経が炎症すれば認知症の原因となります。
 つまり、体内に炎症を引き起こす食べものこそが小麦なのです。

 あなたの食事は小麦の摂取許容量を超えている

 「でも、私は小麦アレルギーがないから大丈夫」
 そう思って、毎日小麦を食べている人はたくさんいます。
 いわゆる「小麦アレルギー」は、小麦を摂取すると、体の各所で敏感なアレルギー反応を起こす症状で、たしかにあてはまる人は多くはないかもしれません。
 しかし、私は「グルテン不耐症」の人は、日本にはたくさんいるのではないかと見ています。
 この症状は、小麦の消化・吸収がうまくいかず、体の中に炎症を引き起こしやすくなる症状のことです。
 生まれつきの遺伝的な要素も関係していますが、それよりも、小麦をたくさん摂りすぎているために、グルテンに敏感になってしまう人がたくさんいるのが現状です。
 要するに、体が許容できる範囲を超えた小麦を、知らず知らずのうちに食べてしまっているわけです。

 小麦はこんなに恐ろしい!

 私がクリニックで「脱小麦」の食事法を含めて治療しているのは、先に書いた「グルテン不耐症」の人を対象にしています。
 もちろん、わざわざ来院されるわけですから、患者さんは、自分がグルテンに敏感な体質だと、自覚している人もいます。
 でも、それはほんの一部の人。それ以外のほとんどの患者さんは、自分がグルテンに敏感だなんて、これまで考えたこともない人ばかりです。
 来院される患者さんは、長年にわたって漠然とした不快症状を抱えていて、やがてそれに耐え続けるのがつらくなってきた人たちです。

 患者さんの多くは、まずお腹がよく痛くなることや、便秘、下痢気味であること、吐き気があるといった消化器系の症状を訴えます。
 また、グルテンは頭痛や湿疹(しっしん)、不眠、しつこい疲労感などの全身性の症状を引き起こしやすく、これが進んでいくと、イライラやうつ症状といったメンタルに関する症状も出やすくなります。
 最近では、ADHD(注意欠陥多動性障害)や、子どもの学習障害のような症状もよく見られるようになりました。
 でも、そんな症状に長年悩まされてきた人が、私のクリニックで特別な医学的治療を施さなくても、多岐にわたる症状が驚くほど楽になっていきます。
 いったいどんなことをしたのでしょうか?

 食事から小麦を抜いただけです。

 そうして、あきらめかけていた本来の自分の健康な体を取り戻し、まったく新しい人生を手に入れた人を、これまでたくさん見てきました。
 お気づきでしょうか?

 いま私は「取り戻す」と書きました。
 そう、多くの人の体は、もともと健康でした。
 もちろん、特定の原因があって持病の治療を続けている患者さんはいます。
 その人たちは、引き続き治療を継続し、病気と戦う、あるいはうまく付き合っていかなければなりません。
 一方、いま原因不明のなんらかの不快症状に悩まされている人は、実は、ただ「余計なこと」をしているだけなのです。
 体にとって「余計なこと」さえやめれば、健康な体を取り戻すことは可能です。

 小麦の恐ろしさが語られない日本

 体にとって「余計なこと」にもいろいろあります。
 よくいわれるように、不規則な生活や運動不足、また化学物質をはじめとする環境的要因も挙げられます。
 しかし、私はその「余計なこと」の最たるものが、食生活の乱れだと考えています。
 そして、繰り返しですが、私たちが毎日食事で頻繁に食べている「小麦」にこそ、最大の原因があると考えているのです。
 そんな小麦の恐ろしさが、これまでなぜ声高に語られてこなかったのでしょうか?

 「脱小麦ってダイエット法でしょう?」
 そんな人もたくさんいます。もちろん、それは間違いではありません。
 小麦をやめることは、たしかにダイエットや、むくみの解消にも効果があります。これについては、のちに紹介しましょう。

 一介の医師である私は、自らの体験をもって「脱小麦」外来を開院し、「脱小麦」の大切さを訴える本を何冊も書いています。なぜなら、残念ながら、日本ではまだまだ小麦の恐ろしさについて広く認知されているとはいえない現状があるからです。

 小麦はよくないと気づきはじめた欧米人

 しかし、大変興味深いことに、欧米人のほうが小麦は体によくないと気づきはじめています。
 「欧米人はパン食でしょう? それでも平気なの?」
 「欧米人は日本人より、もともと小麦に強いのでは?」
 そう思われるかもしれません。
 でも、小麦が体によくないにもかかわらず、すべての欧米人が習慣で食べているわけではありません。
 実は、日常生活のレベルでも、欧米にはグルテンフリーの食品がたくさん販売されており、簡単に手に入れることができます。それこそ、パン屋ではグルテンフリーか、グルテンインかを自分で選ぶことができ、ピザ屋でも、生地の厚さと同じ感覚で、グルテンフリーの生地を選べるのです。
 また、近年では、グルテンフリーを含む食事の改善によって、世界最強のテニスプレイヤーとなったノバク・ジョコピッチ選手をはじめ、アスリートや著名人が「脱小麦」を実践し、その成果を広めていることも影響しているでしょう。

 ちなみに、欧米人の「グルテン過敏症」についての研究論文はたくさん発表されています。
 また、アメリカでは、グルテンに関する「自己免疫疾患(※)」の検査が気軽にできるため、自分が小麦を食べると体にどんな反応が現れるのか、簡単にわかるようになりました。

 ※ 自身の体内の細胞を異物と認識して、自己抗体やリンパ球がつくられ、自身の細胞を攻撃することで引き起こされる組織の障害や病変

 こうして、これまで小麦を食べていた人がずっと放置していた症状が広く知られるようになって、いま小麦をやめる人が増えているのです。
 つまり、むかしから慢性疲労の人もいるし、免疫疾患の人もいるし、うつ症状を抱えている人もいて、みんな一緒にされていたところ、グルテンの検査ができるようになったことで、「グルテン過敏症」という病名が付いたわけです。

 要するに、「小麦は体によくない」という事実に、最近になって欧米人は気づきました。欧米人だからといって、小麦に強いわけではないのです。
 そして、皮肉なことに……日本人はもともと小麦をたくさん食べる食習慣がなかったのに、ある時期から猛烈に食べるようになり、逆に欧米では小麦を食べるのをやめはじめている。
 それこそが、現状です。
 日本人は、パンやうどんやパスタが大好きで、週に何度もラーメンを食べる人もいます。
 また、たびたびスイーツブームが起きますが、スイーツはほとんど小麦と砂糖と「カゼイン」(乳製品に多く含まれるタンパク質)だけでできています。
 そして、女性の場合、小麦とカゼインを摂りすぎることで、「月経前症候群(PMS)」や月経困難症などになる人が、いまとても増えています。

 3週間の「脱小麦」で体の不調がみるみる改善する

 私のクリニックでは、まず患者さんに、大人なら3週間の「脱小麦」を実践してもらっています。
 なぜ、3週間も小麦を抜く必要があるかというと、まさに私の夫のように、大人の場合、小麦のせいだと気づかずに長いあいだ不快症状を抱えているため、子どもに比べてその症状が改善しにくい傾向があるからです(「おわりに」でくわしく触れています)。

 逆に、子どもの場合は、さすがに1、2日では効果は出ませんが、1週間でもやってみる価値はあります。
 私の息子と娘も、いまは小麦を食べずに生活しています。
 とくに激しい小麦アレルギーがあるわけではないので、給食などはふつうに食べて、家の食事や旅行などの外食だけ注意しています。
 学校によって対応は異なりますが、最近は子どものアレルギーについての意識が高まっているので、小麦に敏感な場合は、給食や課外活動でのメニューを替えてもらうことを、申し出てみるのもいいでしょう。
 また、子どもはパンが大好き。私のクリニックにも、「この子から小麦を抜いたら食べるものがありません……!」と訴える患者さんがたくさんいます。
 でも、クリニックに来る体の調子が悪い患者さんには、子どもも含めて、まず食事から小麦を抜いてもらっています。
 最初は、ずっと習慣のように食べていた小麦を抜くのは大変かもしれません。
 それでも、3週間小麦を抜いたあとの患者さんの姿は、私が「脱小麦」を推奨する、すべての理由を物語っているようです。

 小麦を抜くだけで、みなさん驚くほど体調が改善しています。

 そして、自分本来の健康な体を「取り戻す」ことができて、まったく新しい人生を歩まれています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本間医師は、3週間小麦を抜くという提案をされています。
 実は、私は(この記事を書いている時点で)小麦を抜いて1週間ほどです。
 それでも、はっきりわかる変化が私の身体に訪れています。
 まず、なんとなく気だるいという感覚がだいぶ和らぎました。さすがに、「絶好調!」というわけにはいきませんが、小麦を食べていた時期と比較すると、かなり元気がでてきた感があります。
 また、肌の質があきらかに改善しているのがわかりました。
 私は男なので、肌の質には普段から関心がないのですが、脱小麦を実践してから注意深く見ていたら、肌のシミなどが明らかに薄くなっているのがわかりました。顔をカガミで見ると、以前と比べて生気が出てきた感があります。
 肌の質などは、本人の見方次第でどうにでも言い様がありますが、はっきりわかったことは、脱小麦の食事を始めてから、下痢をしなくなったことです。
 私は、このところ無添加生活をするなど、食事には気をつけていたのですが、よく下痢をしていました。
 自然栽培米や有機のパスタなど、身体に良いと思われるものしか食べていないはずでした(パンや乳製品、甘いものはゼロ)。また、食事の量も、腹八分を目指して満腹にならないようにしていました。
 「それなのに何故? 身体に良いはずの食事をしているのに・・・」
 という思いでした。
 しかし、脱小麦の食事で下痢が無くなったことから原因がわかりました。
 食事の際に身体に自然に備わった毒物の排出機能として、緊急性が高いと、その場で吐いてしまいます。次の手段として、毒物を体内に取り込まないように、下痢で排出するといいます。
 私の場合は、腸に入ってきた小麦のグルテンを毒物として、排出していたのだと思います。
 私は明らかに、「グルテン不耐症」だったことがわかりました。
 ただし、グルテン不耐症の程度はかなり個人差があるのかもしれません。
 毎日、パン、ラーメン、カレー、パスタ、ピザを食べて、元気もりもりの人もいるのだろうと思います。私の場合は、人よりグルテン不耐症の程度が少々高い気がします。
 次に紹介するのは、本の第3章で、個別の症状を紹介します。
 訪問者の方々の中で、以下の症状に心当たりがある方がおられるかもしれません。


 ・・・<『長生きしたけりゃ小麦は食べるな』、p126〜p153から抜粋開始>・・・

 原因不明の体の不調のほとんどは、小麦が引き起こしている

 −−慢性的な疲労、倦怠感、肩こり、背中の痛み−−

 小麦を食べると多くの不快症状が襲いかかる!

 あなたがいま感じているしつこい疲れや不快な症状は、元をたどれば、あなたがふだん食べている「小麦」によって引き起こされています。
 そして、小麦に含まれるグリアジンが体に悪影響をおよはしている張本人。
 ここまで、そうお伝えしてきました。

 第3章では、小麦を食べ続けると体にどんな症状が現れるのか、具体的な症例ごとに紹介します。

 「え、これはすべて小麦のせい!?」
 そう驚いてしまうほど、小麦が不快な症状のほとんどに関係していることがおわかりになると思います。
 そして、ここにあげた症例のいくつかに、実は多くの人があてはまっているのでは? と、私はクリニックでの臨床経験から考えています。

 もちろん、小麦だけですべての症状が引き起こされるわけではありません。なぜなら、症状の原因は複合的なものだからです。
 それでも、そのうち小麦が悪影響をおよはしている割合が多いのも、またれっきとした事実だということを忘れないでください。

 【症状】慢性疲労・倦怠感

 原因不明のしつこい疲れ、朝起きられない

 朝、なかなか起きることができない。
 がんばって起きても体がいつまでも重たい感じがする。
 しつこいだるさが日中ずっと抜けない。
 すぐに疲れてぼんやりしてしまう。

 そんな疲労や倦怠感は、日によって、多かれ少なかれ誰しもが感じています。
 でも、それが慢性的になっていたら要注意。その原因には、やはり小麦が関係しています。
 「がんばれない」というのは、いい換えれば、副腎(ふくじん)が疲労を起こしているということ。体内の各部位が炎症を起こし、副腎からコルチゾールがたくさん出すぎてしまっているのです。
 結果、「ただただ疲れる」状態になってしまうのです。
 そんな気だるい朝に、副腎をとりあえず一瞬でも働かせるのにもっとも楽なのは、いったいどんな食事でしょうか?
 それは、砂糖がかかった甘いパンと、ミルクや砂糖が入ったコーヒーのような、血糖値を一気に上げてくれる食事です。
 「ドーナツと熱いカフェラテがなければ、一日がはじまらない」
 この本を読まれている人の中にも、そんな人がいるかもしれません。
 少しややこしいですが、コルチゾールが出ると血糖値が上がりますが、血糖値が上がってもコルチゾールは上がります。
 そのため、朝から甘いものを「食べたい」と感じる人は、すでに副腎が疲労気味。また、そのような食事をするからこそ、ますます疲れてしまう悪循環におちいるのです。

 いまは、カフェやコンビニで朝から簡単に食事ができるので、むかしに比べて、総じて副腎疲労になりやすい環境が揃っています。
 しかも、コーヒーにはカフェインが含まれているため、体のだるさや疲れを一時的にごまかすことができてしまう。
 副腎疲労の人は、コーヒーやコーラを何杯も飲むような傾向があります。
 そんな状態だから、しつこい疲れや倦怠感にいつまでも悩まされるし、慢性的な不快症状から、冷え症などの新たな症状も現れてくるのです。

 【症状】肩こり・背中の痛み

 首、肩、背中がまるで板のようにカチコチに

 小麦によって体内に炎症が引き起こされると、その炎症の火消しのためにコルチゾールが分泌され、やがて副腎疲労の状態になっていきます。
 また、炎症が引き起こされた部位は筋肉が硬くなり、緊張を引き起こしやすくなります。
 その理由は、筋肉を硬くしないと炎症やストレスと戦えないからです。
 そうして必然的に筋肉が硬くなって、肩こりなどがひどくなっていく仕組みです。

 そんなとき、体の中では、戦うためのホルモン「カテコールアミン」が過剰につくられています。
 カテコールアミンは、戦うホルモンの総称で、ドーパミン、アドレナリン、ノルアドレナリンなどが含まれるもの。そして、このカテコールアミンもまた、小麦などによって腸内環境が悪くなったときに過剰につくられてしまうのです。
 カテコールアミンが分泌されると、交感神経の働きが高くなって、自律神経のバランスが崩れていきます。
 すると、つねに筋肉が緊張して硬くなってしまう……。

 「背中にまるで板が入っているようで、痛くてつらい」

 そんないい方をするほど、カチカチにこってしまう人はたくさんいます。
 また、「パソコンのせいで肩こりがひどくなった」と訴える人も多いのですが、これもまた副腎疲労になっている可能性があります。
 ただし、副腎疲労だから肩がこるのか、実際に肩に過剰な負担がかかり、炎症があるから副腎疲労が進んだのか、見分けるのが難しい面があるのも事実。
 たとえば、鼻炎や副鼻腔炎などの場合は、炎症が起きた部分を筋肉が守ろうとして緊張し、それによって肩こりになる人もいます。
 いずれにせよ、小麦によって腸内環境が乱れると、首や肩、背中のこりや痛みが引き起こされる場合が多くなるのは、たしかなことです。

 炎症した腸から、毒素が全身をめぐる

 −関節炎、気管支炎などの感染症、便秘−

 【症状】関節炎

 足腰のあちこちが痛くなる

 「年を取るごとに、足腰のあちこちがひどく痛むようになって……」
 そんな、膝などのつらい関節炎に悩む人もたくさんいます。
 とくに女性の場合は、年を取ると多かれ少なかれ、関節軟骨がすり減っていく「膝関節症」という症状が現れます。見た目は別に悪くなく、手術するほどでもないから様子を見ていたら、どんどん痛みがひどくなっていく……。体重や膝の骨のせいだと勘ちがいして、根本的な治療をしないこともよくあります。

 しかしながら、こうした関節炎にも小麦が影響を与えています。
 小麦をたくさん食べると腸が炎症し、腸内にカビが増えていくことは先に書きました。そのカビが多い状態によって、「シュウ酸」と呼ばれる物質がつくられ、結晶化していきます。イメージとしては、関節のあたりに、クリスタルの物質がたくさんたまってしまうような感じです。

 シュウ酸がたまると、体はダメージを受けるため、結局は疲労感となって現れます。なぜなら、シュウ酸は、カルシウムやマグネシウムといった、体に必要なミネラルをくっつけてしまうからです。
 カルシウムを取られてしまえば、体内のカルシウムレベルが下がり、とくに女性は、骨組織までリスクを抱えることになります。また、「腎結石(じんけっせき)」を引き起こす可能性も高まります。
 同じように、マグネシウムを取られてしまえば、筋肉が硬くなっていきます。すると、筋肉が骨を動かしたり支えたりしているので、足腰のあちこちが痛くなる症状が出てくるわけです。
 ほかにも、発達のトラブルや、イライラなどの行動異常、頭痛、目の痛み、繊維筋痛症(せんいきんつうしょう)などとの相関性があきらかになっています。

 ただし、シュウ酸は、動物性脂肪(肉、魚、卵、乳製品など)や、野菜(ほうれん草、たけのこなど)を多く含まれており、シュウ酸を減らす食生活をすると、かえって必要な栄養が不足して体調を崩しかねません。
 そこで、食べものからシュウ酸を抜くよりは、やはり小麦を食べないことで、まず腸の炎症を防ぐことがとても大切なこと。
 腸内のカビを減らすことで、シュウ酸が増えない状態をつくることが必要なのです。

 【症状】気管支炎などの感染症

 風邪をひくと咳がいつまでも止まらない

 「風邪をひいたあと、1、2カ月も咳が続いて止まらない」
 「日中は大丈夫でも、寝ようと体を横にした途端に咳き込んでしまう」

 そんな人もかなり増えているようです。体内に炎症が広がって免疫力が低下すると、風邪などの感染症にかかりやすくなることは想像できるかと思います。
 ただ、最近は風邪をきっかけに、そのあと咳がいつまでも止まらないという人が増えているのです。
 これは、副腎が疲れていることで、上気道感染症が長引きやすくなるのがおもな原因のひとつ。
 それこそ、ひどい場合には数カ月も空咳(からせき)が続いたり、鈍く重い音がする咳に変わっていき、肺炎になってしまったりする場合も珍しくありません。

 このような慢性的な気管支炎などの感染症は、一見、小麦とは関係がないように思えるかもしれません。
 しかし、繰り返し書いているように、「炎症」という観点から見ると、あきらかにひとつながりの症状だとわかります。
 もちろん、体の免疫力自体が低下しているわけですから、小麦中心の食事になることによって、ビタミンやミネラルが不足するなど、ふだんの食生活の偏りからくる栄養不足が影響しているのはいうまでもありません。

 【症状】便秘

 慢性的な便秘で気分までふさぎがちに……

 腸については、第1章で、小麦がいかに腸内粘膜を傷つけて、炎症を引き起こし、副腎疲労をもたらすかについて書いてきました。
 このように、腸が免疫機能に果たす役割は大きいものですが、もうひとつ腸には重要な役割があります。

 それは、毒素の排出です。

 体内にある毒素の、実に7〜8割は便から排出しています。
 そのため便秘になると、腸内にいつまでも毒素がたまってしまう状態になります。
 毒素がたまっていけば、腸内が炎症し、やがて「腸もれ」になってしまう。そうして、頭痛やむくみ、アレルギーなどの症状へとつながっていきます。

 また、便秘になると、気分もふさぎがちに。
 「今日も便通がないと思うと気分が悪くて、体も重いし、なんとなく落ち込んでしまって……」
 そんな患者さんも多いのですが、これは、便が出ない不快感からくる「気持ちの問題」だけではありません。
 実は、便として排泄されなかった毒素が、体内をまわり、やがて脳にまで到達するからです。
 第4章でくわしく説明しますが、それによってしつこい倦怠感や、うつ症状までも引き起こしていきます。

 副腎が疲労すると、どんどん太っていく

 −肥満・メタボむくみ、高血糖、高血圧・低血圧、不眠・睡眠障害−

 【症状】肥満・メタボ

 疲れれば疲れるほど体重が増えていく

 疲れれば疲れるほど、体重が増えることがあるのはご存じですか?
 これは、「脂質異常症」と呼ばれる症状で、一見ストレスから食べすぎてしまって体重が増えると思いがちですが、これにも副腎疲労が関係しています。

 実は、コルチゾールのおおもとの材料は「コレステロール」です。
 コルチゾールをつくるには、コレステロール値を高くしなければつくることができないため、副腎疲労になると、それに伴ってコレステロール値は高くなってしまう。要するに、コレステロールがない限りコルチゾールをつくれないので、副腎疲労気味の人は、脂っこいものが好きになるわけです。
 いい換えれば、血糖値を瞬間的に上げてくれるものが好きになるということ。
 そうして疲れが取れない限り、ラーメンやスイーツがやめられなくなって、体重がどんどん増えていきます。すると、腸内環境が悪いまま体重だけが増えていくので、どんどん疲れやすい体になってしまうという流れです。
 これは、一見やせているように見える人にもあてはまる場合があります。
 「毎日仕事が忙しくて、つい夜食にお菓子やラーメンを食べてしまう」
 そんな人はとくに、慢性的なストレスに対処しようとおのずと脂質過多になっていることがあり、「やせているのにお腹だけほっこり出ている」という症状がよく見られます。

 また、人間の体には、飢餓(きが)になるリスクを避けるために、エネルギーを蓄積するメカニズムが働いています。でも、これだけ食が豊富な時代の現代人にとって、飢餓になるリスクはほんのわずかなもの。ただ、実際には飢餓でなくても、体内に炎症がある状態を体は危機的状況ととらえてしまうのです。
 すると、エネルギーをあまり使わないまま体内にためる状態になり、男性の場合はお腹まわりに、女性の場合はお腹まわりとお尻と太腿に脂肪がついていきます。
 このように、さまざまな理由から、小麦を食べていると疲れやすくなり、それに伴って体重も増えていくのです。

 【症状】むくみ

 水を飲んだだけで太ってしまう!?

 「せっかくダイエットをしてカロリーを減らしているのに、食べものどころか、水を飲んだだけでも太ってしまう!?」

 こんな症状にも、副腎疲労が関係しています。
 副腎疲労のときに出るコルチゾールは、体内の水分が多かろうが少なかろうが、目の前の危機、つまり炎症と戦わなくてはなりません。
 そのため、人間の体は危機に際して、本来なら排出するような水分でも、「貴重な水分をなるべく体内に蓄積しよう」と働きます。
 すると、当然体はむくみやすくなり、そのぶん体重も増えてしまいます。
 無理なダイエットで腸内環境を悪くしたり、ストレスをためたりしていると、かえってやせにくくなる理由はここにあります。

 逆にいうと、炎症と戦う必要がなくなり、水分を蓄積せず使うようになると、自然とむくみは取れていきます。
 私のクリニックでは、「脱小麦」の食生活と副腎疲労の治療を続けるなかで、10キロ以上やせる人がたくさんいます。
 その原因もまた、体内の炎症なのです。

 【症状】高血糖

 血糖値が乱れて糖尿病のリスクも高まる!

 副腎疲労になると、コルチゾールの分泌や、交感神経の働きが活発になります。
 すると、たとえ食事をしなくても、体は「戦うか逃げるか」という臨戦態勢になって「血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)」を上げていくことになる。
 また、体には糖質が不足すると、糖ではない物質から「糖質(グルコース)」をつくり出す「糖新生」という代謝経路があり、この作用によっても糖を高くしていきます。
 加えて、そもそも血糖値が高い状態は細胞の炎症につながり、腸内環境をさらに悪化させていきます。
 つまり、小麦を食べ続けていると、糖尿病になるリスクがどんどん高まっていくということです。

 先に、疲れた副腎をとりあえず働かせるのに楽な食事は、甘いパンやドーナツに、甘いコーヒーという例をあげました。
 つまりそれは、わかりやすくいうと、血糖値を一気に上げてくれるような小麦中心の食事のことです。
 食べものを食べると血糖値が上がるのは、ふつうのこと。
 血糖値が上がると、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌され、糖分をエネルギーに変えて細胞に運びます。

 しかし、過剰にコルチゾールが出るような食事をすると、一気に血糖値が上がり、上がった血糖値に伴って、またコルチゾールが上がるという悪循環に入っていきます。
 すると、その次は急上昇した血糖値を下げるために、インスリンが一気に分泌されて、急激に低血糖の状態へと落ちていきます。
 これが、食事性の「反応性低血糖」という症状。
 「昼食を食べたあと、なんとなく体がだるくなって……」
 そんな人は多いですが、重い低血糖症になると、脱力や冷え、震えなどの症状が現れ、最悪の場合は、昏睡にいたることもあります。
 まるで、血糖値のジェットコースターみたいにアップダウンが激しくなり、血糖値が乱れてしまうのです。
 高血糖になるだけでなく、小麦は血糖値の乱れの原因にもなるので注意しなければなりません。

 【症状】高血圧・低血圧

 立ち上がると目の前が真っ白でクラクラする

 副腎疲労になると血圧も乱れていきます。
 小麦を食べて腸内環境が悪化すると、肩こりの症状でも触れた「カテコールアミン」が体で過剰につくられます。
 カテコールアミンが分泌されると、交感神経の働きが高くなって自律神経のバランスが崩れていきますが、副腎疲労の状態では、それに対処するコルチゾールの分泌が追いつきません。
 結果的に、心拍がドキドキしたり、ふらふらしてめまいがしたり、ぼーっとしたあとに急に眠くなったりするような症状が現れます。
 さらに、もっと副腎が疲れると、結果として血圧コントロールがうまくいかなくなって血圧を保てなくなり、低血圧気味になります。
 「立ち上がると目の前が真っ白(黒)になってクラクラした」
 そんな症状を訴える人は意外と多く、「ちょっと貧血気味なのかも」と済ましてしまう人も多いのですが、これは「起立性低血圧症」という病気なのです。
 動悸はもとより失神をともなうこともあり、食事や運動をはじめ、根本的な生活習慣の見直しが必要になります。

 【症状】不眠・睡眠障害

 夜中にいつも目が覚めてしまう

 「夜中によく悪い夢を見たり、睡眠が浅くてふと目が覚めたりしてしまう……」

 こんな睡眠状態が続くと疲れも抜けないので、枕を替えたり、寝る前にスマホの光を見ないようにしたりと、工夫している人はたくさんいるでしょう。
 でも、一見、食事とは関係なく思える症状にも、小麦が関係している場合があります。
 なぜでしょうか? 夕食に小麦などの血糖値が上がりやすい食べものを食べると、血糖値が急激に上昇し、その後また急下降していきます。
 このとき、副腎が健康なら血糖値をコントロールできますが、副腎疲労の状態ではうまく対処できず、逆に脳から「カテコールアミン」が過剰に出てしまうからです。
 結果として、睡眠中に覚醒しやすい状態になっていきます。

 さらに見逃せないのは、睡眠不足になると、腸のぜん動運動が起こりにくくなること。ぜん動運動は睡眠中によく起こるため、結果として便秘になりやすくなり、毒素が体にたまっていくのです。
 もちろん、「寝る3時間前からは食事をしない」といったような生活習慣で、ある程度は緩和できるでしょう。
 しかし、小麦などの血糖値を上げる食べものは睡眠障害も引き起こすという事実を、ぜひ知っておいてください。

 更年期障害がひどくなるのも、小麦が原因だった

 −更年期障害、性欲の減退、アレルギー・アトピー性皮膚炎−

 【症状】更年期障害

 体力の気力もなくなってただただ疲れる

 ホルモンの優先順位の箇所でも紹介しましたが、副腎は性ホルモンのバランスに関係しています。
 副腎疲労がひどくなると、更年期障害や、女性なら「月経前症候群(PMS)」などを引き起こしてしまうのです。

 そもそも、更年期障害と副腎疲労の症状は似ています。
 とくに女性の場合は、加齢によって更年期に入ると、卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」「プロゲステロン」が急激に低下していきます。
 これらのホルモンが低下すると、ほてりや発汗、体力の低下や抑うつ症状といった、典型的な更年期障害を引き起こしていきます。

 ただ、人間の体は、卵巣の機能低下を代替する機能が備わっています。
 それが、副腎です。
 卵巣の代わりに、副腎がエストロゲンとプロゲステロンの分泌を担ってくれるのです。

 でも、このとき、副腎が疲労していたらどうなるでしょうか?
 更年期に入ったら、もう副腎に頼るしかないのに、副腎が分泌する性ホルモンが少なすぎて、更年期障害がもっとひどくなってしまうのです。
 もう少しくわしく説明すると、体内の炎症などで副腎が疲れていると、副腎は材料のコレステロールから、「火消し」のためのコルチゾールをつくるのを優先し、性ホルモンをつくる分まで使ってしまうのです。
 結果として、副腎疲労の人は、更年期障害をさらに悪化させてしまいます。

 もちろん、副腎が疲労していると、男性も更年期障害になります。
 男性も更年期になると、精巣から分泌される男性ホルモン「テストステロン」が減少し、副腎へとバトンタッチされるからです。
 ただし、男性は女性ほどホルモンが急激に低下しないので、更年期障害の症状はゆるやかに現れる傾向があります。
 それでも気分が落ち込んだり、五十肩をはじめ筋肉が痛んだり、やる気が下がったり、記憶力や計画性が衰えてものごとを考えにくくなったりするような症状が増えていくことを覚えておきましょう。

 【症状】性欲の減退

 面倒になって性的な関心を持てない

 副腎が疲労すると、重い更年期障害までいかない場合でも、性欲は低下していきます。
 なぜなら、先に副腎疲労になると、男性はテストステロン、女性はエストロゲンの分泌が低下すると書きましたが、このふたつのホルモンの前に分泌される「DHEA]というホルモンの分泌自体が減ってしまうからです。
 つまり、DHEAが減ると、そこから男女両ホルモンをつくれなくなってしまうということです。
 すると、性的なものにあまり興味が持てなくなり、ただただ疲れてしまうといった性欲の低下につながることに。
 「性欲が衰えたのは年齢のせいかな……?」
 そう感じる人がいますが、たしかに気持ちの面はあるものの、身体的には、疲れや炎症が原因で、性ホルモンが分泌されなくなっているからなのです。

 もちろん、DHEAは体にとって大切なもの。
 しかし、体に炎症があったり、強いストレスがかかったりすると、副腎はそれに対処することを優先し、コルチゾールのほうを大量に分泌します。
 「生きるか死ぬか」に関わるコルチゾールのほうが、やはり性ホルモンより優先されるわけです。

 ちなみに、性欲の減退を感じたときに、栄養剤や薬などを飲んで対処しようとする人もいるかと思います。
 でも、本当の原因は、ホルモンバランスが根本から崩れているから。
 そのため、性ホルモンの分泌をよくするにも、まず副腎の疲れを取り除くことが必要なのです。

 【症状】アレルギー・アトピー性皮膚炎

 どれだけステロイド剤を塗っても治らない!

 コルチゾールには、免疫機能を調整する働きがあります。
 ただし、これは適切な量のコルチゾールが分泌されている場合に限ったことです。副腎疲労になると、コルチゾールが過剰に分泌されたり、その後分泌が少なくなったりして、免疫機能がどんどん低下してしまいます。
 そして、コルチゾールが十分に分泌されなければ、花粉症やアトピー性皮膚炎などの「アレルギー」をさらに悪化させることになる。
 そもそも、なぜアトピー性皮膚炎になるかといえば、皮膚に「もれ」があるからです。腸の炎症によって「腸もれ」になると、毒素や異物が全身をめぐり、それが皮膚にも入り込んで炎症を起こし、アトピー性皮膚炎などになります。
 本来、皮膚にはバリア機能があり、なにかが簡単に染み込むような組織ではありません。
 しかし、タイトジャンクション(注1)がゆるんでいると、そこから毒素や異物が入ってしまい、アレルギーを起こしやすくなってしまいます。
 「例年より花粉が少し増えただけで、比較にならないほどの症状でつらい」
 「食器用洗剤を使うと、すぐに手が真っ赤に荒れてしまう」
 そんな症状が現れることで、皮膚がどんどん敏感になっていくのです。

 いずれにせよ、小麦によって、結果的に皮膚が「もれ」てしまうとアレルギーになるし、小麦によって副腎が疲れると、免疫がアレルギーを抑えることもできなくなります。
 外部からどれだけステロイド剤を投入してもなかなか治らない原因は、まさに小麦による副腎疲労にあるといえるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(注1)タイトジャンクション
 本来、腸の細胞と細胞の間はしっかりと閉じられており、この状態を「タイトジャンクション」というそうです。
 しかし小麦を毎日大量に食べていると、小麦のグルテンを構成するグリアジンが「ゾムリン」を分泌するといいます。そうなると、腸の細胞と細胞の間が開きっぱなしになり、腸内の毒物が体内に漏れ出してしまうといいます。この状態をリーキーガット(腸もれ)というそうです。


 私は東京から長野に引っ越して、外食はゼロになり完全自炊となりました。
 それゆえ、脱小麦の食事は簡単に始められました。
 以下の変更を行いました。

 小麦粉 → 米粉
 うどん、そーめん → 米麺
 小麦のパスタ → 米粉のパスタ
 二八蕎麦 → 十割蕎麦
 (注2)

 (注2)
 参考として、ウィリアム・デイビス医師は、グルテンを摂らないだけでなく、グルテンフリー食品も食べないようにと言っています。
 コーンスターチ、米でんぷん、ジャガイモでんぷんで作られた食品は、小麦食品より血糖値を高めてしまうといいます。
 今後の私の課題です。


 上記のように原材料を替えただけで、脱小麦が完成しました。
 それゆえ、食事を変えるストレスはゼロでした。
 私はカレーもカレー粉から作っているので、問題ありませんでした(市販のカレールウには小麦が入っています)。
 一つ気になる調味料として、醤油があります。
 スーパーで片っ端から調べてみたのですが、売っている醤油にはすべて小麦が含まれていました。
 イオンに行ってみると、小麦を使わないグルテンフリーの醤油が売っていました。
 ネットで調べると、醤油にはゲルテンはあまり多くないという記述もあり、本間医師も調味料に関しては気にしていないと言っており、あまり気にしなくていいのかもしれません。

 問題は外食です。
 東京に出たときは、外食せざるを得ません。
 東京に出た際の外食の楽しみの一つは王将の餃子だったのですが、諦めざるを得なくなりました。
 でも、餃子そのものは諦める必要はありません。近くのスーパーに米粉をつかった餃子の皮が売っていました。ただし、添加物としてPH調整剤が含まれているので私は使えません。
 そのうち、米粉で餃子の皮を作ってみようと考えています。

 やはり、外食する際は脱小麦は大きな制限を受けるのは避けられないようです。
 あるいは、外食の場合は小麦OKにしてしまうというのも手かなと思います。
 心がけることとして、和定食を中心とする。中華料理屋に行ったら、中華丼とかチャーハンを頼む。立ち食い蕎麦屋に行ったら、おにぎりとか丼物を頼めばいいかなと考えています。

 私にとって外食の楽しみより、体調の回復の方がはるかに価値があります。
 1週間でこれほど効果が出るなら、3週間後にはどうなっているでしょうか。
 朝勃ちギンギンになっているとか・・・(失礼しました!)。



安倍元首相暗殺事件に関する私の妄想...2022年7月23日

 参議院選挙を2日後に控えた7月8日の午前11時半頃、奈良市で街頭演説中だった安倍元首相が山上容疑者の手製の銃で銃撃されたとする事件ですが、私は最初にこのニュースに接したとき、直感的に「偽旗作戦」ではないかと感じました。
 事件が起きるタイミングが、選挙直前で自民党が同情票を集めるのに絶妙すぎることもありますが、情報が揃っていない中だったので、あくまでも直感によるものでした。
 銃撃後、ドクターヘリで奈良県立医科大学付属病院に緊急搬送され安倍氏は、到着時には心肺停止状態だったといいます。医師団は輸血を繰り返し、止血手術をして蘇生を試みるが、午後5時3分に死亡を確認したとあります。
 安倍氏の司法解剖結果によると、首の2カ所に銃弾による傷があり、傷は心臓まで達し、心臓に大きな穴が開いていたといいます。止血手術をしたが、大量の出血があり、死因は失血死。
 左上腕から入った銃弾1発が、左右の鎖骨下にある動脈を傷つけたことが致命傷だったといいます。
 そして不思議なことに、証拠となる銃弾は見つからなかったというのです。
 私は、20人もの医師団のこうした発表があったことから、まさか医師団の20人全員がグルとなって安倍元首相暗殺の演技に加担しているとは考えにくいと思い、いったんは、実際に銃撃が行われたのではないかと考えました(ただし殺害されたのは安倍元首相本人ではなく、ダブル(影武者)だったと考えていました)。

 しかしその後、色々と情報が出てくる中で、やはり最初に戻って、「本当に殺害は行われたのか?」という疑念が湧いてきました。
 なぜそんな疑念が湧いてきたかというと、あまりに非合理的なことが多すぎるのです。
 その非合理的なことの一つに、山上容疑者が放ったとされる弾丸の軌道がおかしいことがあります。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1252」から抜粋開始>・・・

大事件の原因と真相を知りたくなるのは、自然な心理でしょう。
大量に報道される「安倍元首相襲撃事件」では、(1)犯人の動機、(2)遺体の損傷と弾道、(3)警察の警護の3点に、疑念がありました。

今回の材料集めから、(1)の、「個人の動機」は理解できました。

しかし(2)の遺体の外部・内部の傷と3つの弾痕への、合理性への物理的な疑念は、残っています。

・右首下の2つの小さな銃痕からは出血がほとんどなく、銃弾の侵入口であることを示します。
・ところが、外れたという一発目のあと、元首相の右後ろを振り返った姿勢に対して反対側になる右首下(鎖骨の上)に銃弾が入るはずがない。2発目の直後に、元首相はよろよろと前に伏してカードレールの陰に消えたのです。
・左肩から入った1発の銃弾が、左鎖骨に当たって下部に曲がり、動脈と更に下部の心臓を傷つけたあと、上に迷走して威力を減じ、右頸部に2発も、抜けることは、犯人が5mの距離から斜め上に向けて撃ったことから、確率的にあり得ない。

1発の銃弾が、どういう風に、右首下に2つの脱出口を作るのでしょう。反対側の右首から入った2発の銃弾が、胸部動脈を傷つけ、心臓に達し、損傷させた可能性が高い。

弾が出たところとすれば、右首の傷口の損傷は大きくなって、出血が大量になります。ところが、ほとんど出血がなく、傷は丸く小さい。これも、物理的にあり得ない。

法医学の解剖所見の発表はまだです。いつ行われるでしょう。体内には見つからなかったという銃弾について、解剖学合理的な所見が発表されるまでは、ケネディ暗殺に似た複数犯の疑念は消えません。(注)右上の、ビルの屋上からサイレンサーのライフルで、2発目に合わせて撃ったという疑い。『ゴルゴ13』風ですが・・・。

(3)の、後部の警戒を怠っていた警護の過失は、動画から明らかです。普通の要人警護の体制であれば防げるものでした。意図があったとは思えない。しかし、世界の警護の常識に照らして不思議な警護体制です。警察関係者の言葉では、日本でも当然に、銃撃の想定をした上で警護するという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 安倍氏の司法解剖結果と銃撃現場の映像との食い違いから、ネットでは『ゴルゴ13』風に2発目の発砲に合わせて近くのビルから狙撃されたのではないか、という話が広がりました。また、現場の映像に弾丸風の黒い物体が通り過ぎていく映像まで出されました。

https://ameblo.jp/don1110/entry-12752561875.html

 私は素人なので確たることは言えませんが、ライフルの弾丸が映像に映るものなのでしょうか。私には、山上容疑者とは別の狙撃手によって狙撃されたというのもフェイクにように思えます。
 私が別の狙撃手によって狙撃された説に懐疑的なのは、銃弾を受けた直後の安倍氏の動きが不自然だからです。
 これは、ケネディ大統領の狙撃映像との比較で感じたことです。
 オープンカーの車の後部座席に座っていたケネディ大統領は、正面からの銃撃を額に受け、頭が大きく後ろに反り返りました。
 身体に対する銃弾の衝撃は凄まじいので、そうした動きになると思うのですが、安倍氏の場合は、その場によろよろと倒れ込んでいました。本当に銃撃を受けたのなら、瞬間的に身体が吹き飛ばされるような激しい動きが見られるはずです。ところが映像では、そうした銃弾の凄まじい衝撃が無かったように見えるのです。
 ネットでは、安倍氏のYシャツの右襟の揺れが銃弾の衝撃ではないかという説が流れていましたが、体内を銃弾が貫通するほどの衝撃がそんなもので済むとは私には思えません。
 Yシャツの右襟の揺れは、Yシャツに仕込んであった血糊の瓶がパカンと割れた衝撃だとするのが私には妥当に思えるのです(遠隔操作で血糊の瓶を割ったタイミングが、倒れなさいという合図だったのかもしれません)。

 また、吉田さんが指摘するように、要人を警護するはずのSPの動きが常軌を逸しています。
 1発目の狙撃(おそらく空砲)の直後に、安倍氏が発砲音がした方に振り返った後、周りを警護するはずのSPが何の動きもしていないのです。
 ハリウッド映画でもよく観られるシーンですが、本物のSPであれば、最初の発砲音の直後に要人に覆いかぶさり押し倒しているはずです。自分の身を盾にして要人を次の発砲から守る為です(SPは防弾チョッキを身に着けているはずです)。
 吉田さんによれば、銃社会ではない日本でも、SPは銃で狙撃されることを想定した訓練は受けているといいます。
 それなのに、SPが全く反応していない・・・。
 本物のSPであれば、「要人を守るな!」という命令を受けていたか、あるいはSPの格好をしたクライシスアクターのどちらかだったのではないかと疑ってしまいます。

 さらに、山上容疑者の手製の銃は散弾銃のようなものと報道されましたが、散弾銃ならその名の通り、銃弾が一定角度で散乱するはずです。それなのに、安倍氏だけに致命傷を与えて、周りの人間が無傷だったというのは奇跡的すぎるといえるのではないでしょうか。

 さらに、狙撃前の現場で山上容疑者がうろうろする様子を映し出した映像もあり、プロのカメラマンが事前に撮影していた感もぬぐえません(京王線刺傷事件の時も、なぜかプロのカメラマンが事件現場にいました)。
 さらに、日本一有名となったクライシスアクターの宮本晴代氏が登場していることも、極めて不自然です。もし本当に偽旗作戦を実行して日本国民を騙そうとするなら、宮本晴代氏をエキストラとして使うことはまずないはずです(バレバレになってしまうので)。
 銃撃後、待ってましたとばかりにブルーシートが出てきました。
 実に事前準備が完璧で、かつ偽旗作戦を匂わせるものがたくさん出てきたのです。
 また事件後の警察の捜査においても、事件の決定的証拠となる弾丸がなぜか見つかりません。これは、見つからないのではなく、最初から無かったと考えた方がいいのではと思うのです。

 山上容疑者が恨みに思っていた統一教会ですが、安倍元首相が統一教会と深い関係にあったことや、日本会議のメンバーが今の日本の政治を牛耳ってきたことはネットではよく知られたことです。
 今では、統一教会がバッシングを受けているようです。
 これは、DSが望むことでしょうか。
 DSとしては、国民に隠しておきたかったことではないでしょうか。

 つまり私が言いたいことは、偽旗作戦だけれども、偽旗作戦であることを人々に広く知ってもらおうという意図のもとに実行されたのではないか、ということです。
 あえて、バレルようなことをたくさんちりばめて実行したということです。
 となると、作戦を実行したのはDSではなく、DSのアジェンダを阻止すべく動いている「ある勢力」が存在し、その勢力の仕業ではなかったかと思えるのです(「ある勢力」については後述)。
 バレるという点では、報道機関が事件の2日前に、原稿を書いてネットに投稿していたというのは決定的です。
 しかしこれに関しては私は判然としません。
 記者のうっかりミスかもしれないし、あるいはミスするように上司から指示されていたという可能性もゼロではない気もします。

 ではなぜ、「ある勢力」が意図的にすぐにバレるような偽旗作戦を実行したかということですが、以下の2点が考えられます。

@ 日本国民に「世の中、こんなにフェイクばかりなんですよ! 皆さんは政府とマスコミに騙されているのですよ! 早く目覚めて下さい!」というメッセージ。

A 現在の日本の政府は、一部の宗教勢力によって牛耳られているという闇を、日本国民に広く知ってもらう為。

 アメリカでは、一般の国民に目覚めてもらう為、意図的にバイデン政権に失策を続けさせたのではないかと私はみています。
 またバイデン氏が不正投票によって選ばれたと人々に暗に知らしめる為、大統領就任式で、神父に「ドミニオン・パワー!」と叫ばせたのだと思っています。バイデン氏の手がマイクをすり抜けた映像なども、そうしたフェイクを意図的に流したのだろうと思っています。
 もしDSが全てコントロールしているのなら、そんな映像を流すはずがないからです。
 その結果、いまやアメリカの有権者の半数が、バイデン氏を「正当な選挙で選ばれた、正統性のある大統領ではない」と答えるに至っています。
 日本においても、いよいよそうした動きが始まったのかもしれません。


 偽旗作戦を行う為には、安倍元首相はダブル(影武者)であることが必須です。
 本人であれば自分が死ぬ演技をすることを了解するとは思えないのです。
 死ぬ演技をしてしまうと、もう二度と日本の地で表舞台に立てなくなるし、人に見つからないように、死ぬまでひっそりと暮らさなければなりません。または、死ぬまで海外で暮らすかです。超有名人だったのですから、どちらかを選ばざるをえなくなります。
 やはり安倍元首相の本人は、ネットで言われているように、2年前に亡くなっていたのではないかと思えます。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、メルマガで以下のように述べています。

 「安倍晋三の「暗殺」についてだが、先日、彼の元側近筋を名乗る人物から「安倍晋三元総理は2年前に既に死んでいた」との話を聞かされた。この話はネット上にも以前から出回っているため、聞いたことがある人も多いだろう」(注1)

 私が、安倍元首相はすでに死んでいたという話で思い出すのは、2019年10月のトランプ元大統領と安倍元首相の会談で、トランプ氏が安倍氏に誕生日のお祝いとして述べた以下の言葉です。

 「今日で39歳だ」

https://www.cnn.co.jp/usa/35143754.html

 実際は安倍氏はこの日に64歳になったので、これはトランプ氏がジョークを言ったのだと理解されたようです。
 私はこの件に関し、ネットの動画で知った話が一番信憑性を感じました。
 アメリカで39はバーコードを意味する隠語で、バーコードは刑務所の鉄格子をイメージすることから、トランプ氏は安倍氏に、「誕生日おめでとう。君は刑務所に入ることになったよ」と隠語で伝えたというものです。
 何の罪かということですが、よく憶えていないのですが、ベンジャミン・フルフォード氏の以前のメルマガに、安倍氏は911だったか311に関係していたとのことで、それでグアンタモに連行されて裁判を受け、刑が執行されたということかもしれません。
 もちろん日本では、そうした事実は発表できないので、ダブル(影武者)を立て、これまで安倍氏が健在かのように振る舞っていたと思われます。

 こうした私の妄想ですが、今後の展開を追っていくとある程度はっきりする気がします。
 もし私の妄想が正しいなら、今後、以下の2点が起こると思われます。

@ 今後、山上容疑者が犯人かどうかを証明する決定的な証拠が示されることはない。
 特に、山上容疑者の手製の銃は警察に押収されているので、銃弾が発見されれば山上容疑者が犯人かどうかはっきりしてしまう。こうした決定的な証拠が出てくることはなく、時間の経過と供にうやむやにされる。

A 山上容疑者は無罪になるか、獄中死したと発表される(ただし獄中死の場合は、あくまでもそう発表されるという意味(注2))。
 これに関しては、吉田繁治さんのメルマガから紹介します。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol 1253」から抜粋開始>・・・

現在までに公表された事実は、全部が、犯行の動機の情況証拠でしかない。犯罪を立証する解剖所見と、銃器・銃弾の一致の検証はない。

【裁判では、物証から、無罪になる可能性】
裁判が正当に行われれば、物的証拠として耐えらないレベルのものでしかない。このまま秋の国葬まで進めば、山上容疑者は、公開裁判では、嫌疑はあっても無罪になるでしょう。あるいは、精神耗弱だったとして無罪です。警察は、早々と精神鑑定をするという。この面の手回しは、なぜか、素早い。

【これからの懸念】
とすれば・・・事件に蓋(ふた)をかぶせるため。元々死ぬことをためらっていない山上容疑者が、留置場内で「謎の自死」をする可能性もあります。留置場での死の原因は、外部には、分からないのです。山上容疑者は、「自己処罰」の誘惑も持っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、「ある勢力」についてです。
 以下のベンジャミン・フルフォード氏のツイッター動画を観て下さい。

https://twitter.com/GyTOGf3RTanlp98/status/1549664096043569152

https://twitter.com/GyTOGf3RTanlp98/status/1549664364852289536


 フルフォード氏は、今回の安倍元首相暗殺事件を引き起こしたのは、数千年前から日本に存在する秘密組織「八咫烏(やたがらす)又は三本足のカラス」だと言っています(八咫烏のルーツは、イタリアのP2ロッジ(P2フリーメーソン)と同じ古代エジプトだそうです)。
 今、巨大な国際的同盟が存在していて、DSを排除しようとしていると言っています。
 私はフルフォード氏が言う「巨大な国際的同盟」を総称してアライアンスと呼んでいるのですが、八咫烏がアライアンスと同盟関係にあるのか、独立して動いているのかはわかりません。
 私が感じるのは、フルフォード氏が指摘しているように、今回の安倍元首相暗殺事件は象徴的な意味合いがあるのではないかということです。
 それは、いよいよ日本でも本格的に「掃除」が始まったという象徴です。
 私は、今月破壊されたジョージア・ガイドストーンを思い出しました。
 G7各国の政権交代が進んでいる中で、日本でもついに動きが始まったのかもしれません。

 さて、これまで述べてきたことは、私の個人的な妄想です。
 状況証拠から私が勝手に作り上げたストーリーですので、どうぞ信じないでください。

 でも、世の中には同じようなことを考えている人がいるようで、参考までにそれを貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=VHQ-MFE7yL4


 私の妄想にお付き合い下さり、有難うございました。


(注1)
 ベンジャミン・フルフォード氏がネット上に以前から出回っていると言っている一つが、「メモ・独り言のblog」さんの「バイデン中東歴訪の失敗で、米国崩壊へのカウントダウンが始まる」だと思います。
 記事の最後の方に載っています。

http://takahata521.livedoor.blog/archives/14968798.html


(注2)
 セレブ達に小児性愛行為を斡旋したとうことで逮捕されたジェフリー・エプスタインですが、当局は獄中で死亡したと発表しました。
 この発表に対し、ジェフリー・エプスタインは当局と罪を軽くする代わりに捜査に協力する司法取引をしたのではないかという推測が流れました。
 その為の死亡発表だったのではというのです。
 当局が「死亡した」と発表したら、一般人がその事実を確かめるすべはありません。
 山上容疑者も獄中死という形にして、捜査はジ・エンドという可能性があるのではと思っています。



『銀河連合からの使者&スタートラベラー』から...2022年7月16日

 今回は、エレナ・ダナン女史というコンタクティーの話を紹介したいと思います。
 UFOに拉致されて、体内に何かインプラントされるという話は、それほど珍しい話ではないかもしれません。エレナさんもそうした一人ですが、その後が違います。
 エレナさんは9歳のときに、グレイタイプのETに拉致され、頭にインプラントされてしまうのですが、その現場に別のET(プレアデス)が現れ、エレナさんを救出します。
 そして、さらにエレナさんを救出したプレアデス星人とコンタクトを続けるだけでなく、プレアデス星人のUFOにも招待されて何度も乗っているということで、UFOコンタクティーと呼ばれる人々の中でも、特に濃密なコンタクトを保っている人のようです。
 UFOを見たとか、ETとテレパシー交信をしているといったレベルを超えて、ETと直に接触しているという人間は、そう多くはないと思います。
 エレナさんとコンタクトしているETは、自ら銀河連合に属していると述べているので、こうした接触があるということは、いよいよ人類と銀河連合が正式に接触する時期が近いのではと想像してしまいます。
 まずエレナさんがUFOに拉致された話を、『銀河連合からの使者&スタートラベラー』(佐野美代子著、VOICE)から紹介させていただきます。
 エレナさんに佐野美代子さんがインタビューする対話形式となっています。


 ・・・<『銀河連合からの使者&スタートラベラー』、p94〜p106から抜粋開始>・・・

エレナ はい、そうなんです。まず、手首の傷が気になり、医者に診てもらったら、風疹だと診断されたのです。けれども、その当時は健康だったのでその診断が信じられず、自分ではそれを何かのアレルギー反応だと思い込んでいました。実際には、そのしばらく前に宇宙船を目撃していたのですが、手首の傷とそのことを関連付けることはできませんでした。私もまだ、小さな女の子で何もわかっていませんでしたからね。

美代子 そうですよね。でも、アブダクションされて、恐怖体験をされたはずなのに、何も憶えていなかったというのは驚きですね。

エレナ はい。そんな恐怖の体験をしていたのに、夢にも出てくることもなかったのです。では、ここで改めて、少女時代にアブダクションされた時のことをお話ししておきますね。私は、9歳の時に4人のグレイにアブダクションされて、彼らの宇宙船に連れて行かれました。彼らの宇宙船が冷たくて寒々しい感じだったのを憶えています。その際に、彼らの「ハイブリッド計画」の一環として、私は脳にインプラントを埋め込まれたのです。それは、彼らが私を遠隔で監視するためのものでした。

 銀河連合に助けられる

エレナ ところが、今度は数人の別の宇宙人が宇宙船内に侵入してきたと思ったら、目の前で私を拉致したグレイたちをやっつけて殺し、私はその別の宇宙人たちに連れられて、彼らの宇宙船に連れて行かれたのです。彼らの宇宙船は明らかに波動が高いのがわかりました。そして、彼らは、私の脳に埋め込まれたインプラントを取り除こうと試みてくれたのですが、インプラントがあるのは脳の危険な場所だったために取り除けず、そのまま自分の寝室に戻されたのでした。その時の出来事の記憶は、私の中からすっかり消されていたのです。実は、その時に私を救出してくれたのが銀河連合の4人であり、そのうちの1人が「ソ一・ハーン・エレディオン(Thor Han Eredyon)」というプレアデス人です。彼はグレイが私に埋めたインプラントの機能を“オフ”にしてくれたのです。

美代子 宇宙人が拉致した後にその人の記憶を消す話はよく聞いていますけど、エレナさんの体験もすごいですね。その記憶は、退行催眠で思い出したのですよね。

エレナ はい。私は拉致された日のことはまったく憶えていなかったのですが、その年に、私を救出してくれたソ一・ハーンと再会することになりました。まだ子どもだった私は、彼のことをエンジェルだと思い込んでいて、成長すると、彼のことを今度はスピリットガイドだと思うようになりました。その後、ソ一・ハーンとは別に、背の高いブロンドの異星人たちと何度もコンタクトする機会があり、そのことは憶えていました。

 14歳で宇宙へ招待され、18歳で銀河連合と交信がはじまる

美代子 なるほど。彼らも銀河連合のメンバーだったわけですよね?

エレナ はい。でも、彼らが私を救出してくれた人たちだなんて思いもしませんでした。彼らは時々、私を彼らの宇宙船に連れて行ってくれたのですが、私はそんな彼らを単なる友達だと思っていたのです。宇宙船にいる友人というのもカッコいいですよね(笑)。

美代子 そうですね。それに大切な恩人ですね。でも、エレナさんはその後、14歳でまた宇宙船に連れて行かれるのですよね。

エレナ はい、そうです。1983年の夏、14歳の頃に、再びプレアデスの宇宙船に連れて行かれました。その時、初めて、「あら! 彼らは宇宙人だったのね!」と気づいたのです(笑)。

美代子 それにしても、グレイのインプラントからの影響を受けなくてよかったですね!

エレナ はい。インプラントは、私が18歳の時にソ一・ハーンによって、スイッチをオンにされることになりました。頭の中でクリックの音がしてから、ソ一・ハーンが「大丈夫。心配しないで。今、調整しているから」という彼の声が突然、聞こえてきたのです。

美代子 彼の声が突然、聞こえてきたら、かなり驚きますね(笑)。私はエレナさんのご著書を持っていますが、この方がソ一・ハーンさんですよね。ところで、エレナさんの本の挿絵はすべてエレナさんが描かれているとのことですが、とてもお上手ですね。

エレナ ありがとうございます。私のように異星人に遭遇した体験者には、アーティストとしての才能がある人が多いのですよ。そんな人たちは、この人生に転生する前に、アーティストとしての訓練を受けているのです。というのも、異星では写真を撮ることができないので、その代わり、見たものをそのまま描くことは許されているのです。

 写真を撮るのはダメでも、絵で表現するのはOK

美代子 そうなんですね!でも、エレナさんのような立場の人だと、今の時代ならスマートフォンなどを持って行けば、写真を撮って帰れるのではないですか?

エレナ いいえ。彼らは、ディスクロージャーに関しては非常に厳しいです。私が写真を撮ると、それが世の中に公開されたら、公式なディスクロージャーになりますからね。彼らには彼らなりのアジェンダがあり、ゆっくりと時間をかけて真実を公開していきたいようです。このようなことに関しては、私の方では権限がありません。だから、写真を撮るのはダメなのですが、絵はある程度のことを表現できても、強力な証拠にはならないのでOKなのです。

美代子 おっしゃる通りですね。でも、彼らもエレナさんがアーティストとしての才能があることを知っていたのでしょうね。

エレナ はい、そうだと思います。彼らはコンタクトするその人の特技や才能を事前にわかった上で選んでいますから。

美代子 そうですか。絵の表現などで、ゆっくりディスクローズしていく“ソフト・ディスクロージャー”には、エレナさんが候補としてもピックリだったのですね!

エレナ はい、そうでしょうね。私の他にも、コンタクティとして知られているアレックス・コリエーさんも私と同じようにソフトな開示を行っていますね。やはり、私たちは政治家ではありませんから。

美代子 私は昔からアレックス・コリエーさんのファンで、とても尊敬しています。彼は伝説の人だから、もっと書籍を出版するなどして、いろいろな情報を私たちに伝えてほしいですね。そういえば、エレナさんの本は、アマゾンでもベストセラーになりましたね。眠れる人たちがエレナさんの本に触れることはうれしいですけれど、そうなると、エレナさんもこれからもっと忙しくなりますね!

エレナ はい(笑)。それは美代子さんも同じですよ

 ディスクロージャーは2023〜24年になる!?

美代子 そうですね(笑)。いつか銀河連合のソ一・ハーンさんも私たち皆の前に姿を現してくださるでしょうか。たとえば、講演会のステージにゲストで来てくださるとか(笑)。

エレナ はい、そんな日も近いと思いますよ。

美代子 うれしいですね!それは、2023年頃でしょうか?

エレナ そうなることを願います! すべては彼らの計画次第ですが、人類の意識も関わってきますからね。私たちは地球人として平和のために団結し、自分たちの問題を自ら解決しないといけません。戦争をするような世界とは宇宙は公式にはつながりませんから。そうでなければ、いつまでもカオスの状態が続くでしょう。銀河連合も2023年か24年には地球のディスクロージャーを願っています。ですから、あとは私たち次第です。このプロセスを早めるためにも、お互いにもっと成長しないといけないですね。

美代子 本当にそうですね。でも、日本ではまだ8割くらいの人は、カバールが支配するマスメディアの情報を信じていますからね。たとえば、ロシアとウクライナの問題に関しても、ロシアがウクライナに侵攻したと非難しています。実際には、ウクライナはカバールの中心拠点であり、ロシアはその地下基地、トンネルや生物兵器研究所をピンポイントに攻撃しているのです。むしろ、ナチスに影響を受けたウクライナの政権がウクライナ人を人身売買のために誘拐し、また、ナチスがユダヤ人に行ったように、ロシア人を大量殺戟する予定でした。人々はカルト的なカバールから解放され、また、地下に閉じ込められた子どもも救出されて、ウクライナの人々は感謝しています。多くの日本人はそんな真実にまったく気づいていません。

エレナ 日本人はそうなのですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 話はエレナさんのETとのコンタクトから、ウクライナ紛争に発展してきました。
 佐野美代子さんは、日本人の8割ぐらいはDSが支配するマスメディアの情報を信じていると言っていますが、これは私の体感と一緒です。
 日本人の8割が新型コロナワクチンを打ったことからも、この数字には信憑性を感じます。

 私にとって重要なニュースは、「ディスクロージャーは2023〜24年」です。もちろん、人類の意識の覚醒の度合いによって、そのタイミングは延びてしまうのかもしれませんが、もうそうれほど遠い未来ではないということに希望を抱いてしまいます。

 次は、第二次世界大戦後のアメリカの政治中枢に金星人がいたという話です。
 その金星人のリーダーとエレナさんは会うことになります。
 後半は、訪問者の方々も大いに興味があると思われるメド・ベッドの話や、木星のポータルなどの話題です。


 ・・・<『銀河連合からの使者&スタートラベラー』、p188〜p198から抜粋開始>・・・

 金星人によるアメリカ政府の訪問

 話は少し戻りますが、あのアイゼンハワーが大統領時代にマジェスティック12の委員会に大統領としての権力を行使できなかったことを説明する別のエピソードがあるので、ここでご紹介しておきましょう。
 それは、金星人がアメリカ政府を訪問した際の一連の出来事です。

 1957年3月、アメリカのヴァージニア州のある農地に、金星から小さな宇宙船が着陸しました。
 その宇宙船の地球訪問の目的は、「地球のテクノロジーを発展させて、人々の意識を上げて精神的な成長を促し、健康増進を図る。また、地球の平和を目指す」というものでした。
 金星人たちは、地球において、レプティリアンやグレイとカバールとの密約により地球が完全に征服されたり、核兵器によって銀河系全体に悪影響を与えることを防ごうとしたのです。
 そこで、彼らは地球にやってきてアメリカで政府組織などに紛れ込み、大統領であったアイゼンハワーにアドバイスや警告をすることにしたのです(彼らはヒューマノイドの姿をしていました)。
 この時の金星人の一行は計77人いたのですが、その代表がヴァリアン・ソー(Valiant Thor)という名の総司令官でした。
 彼らは、人間の姿形はしていても指紋がなかったり、壁を通り抜けることができたり、さまざまな言語が話せたり、寿命が長かったりなどの特徴や人間離れした能力がありましたが、とても礼儀正しく優しい存在だったようです。
 そこで、アイゼンハワーは、司令官のヴァリアン・ソーのことを気に入り、1957年から61年までの3年間、ペンタゴン内に家具付きの住居を与えて重用したのです。
 ヴァリアン・ソーは以降、大統領だけでなく、重要な地位にある政府高官たちとも打ち合わせをするなどしていたそうです。

 基本的に、金星側はグレイやレプティリアンとの密約に反対していて、その上で、「人類が核兵器を放棄すれば、我々は最先端のヒーリングテクノロジーを伝授して、人々の霊的な成長を助ける」と提案しており、アイゼンハワーはその意見に従いたかったようです。
 ところが当時、カバール側の軍産複合体だった組織、マジェスティック12の方が権力を持ち、大統領の意志は無視されて、結果的にその提案は却下されてしまいました。
 マジェスティック12は、戦争に勝つための兵器の開発にしか興味がなかったのです。

 この時、地球は大きな過ちを犯してしまったと言えるでしょう。
 以降、結果的に多くの人が拉致されて、人体実験やマインドコントロール、クローンやハイブリッドの生成、性的奴隷、拷問、殺害など人類はひどい目にあってきたのです。
 そして、ヴァリアン・リーも3年経つと、ペンタゴンを去っていったのです。

 エレナがヴァリアン・ソーと出会う

 このような隠されたエピソードを私は知っていたことから、あの時のヴァリアン・ソーがペンタゴンを去った後はどうなったのか、ずっと気になっていたのです。
 すると、エレナさんの2冊日の本(『We will Never Let You Down』)の中に、なんと、あのヴァリアン・ソーが登場してきたので驚きました!

 本の中で、エレナさんはソ一・ハーンにヴァリアン・ソ一に会いたいということを伝えていたくだりがありました。
 そして、2020年12月のある日、彼女はソ一・ハーンから銀河連合の宇宙ステーションに招待された際、ある人を紹介されることになったのです。
 すると、ある1人のハンサムな男性が登場してきて、エレナに自己紹介をしたのです。
 「私が司令官のヴァリアン・ソーです!」
 ヴァリアンから握手を求められたエレナさんは、「この人があの有名なヴァリアン・ソーなのね!」と信じられなかったそうです。

 彼はペンタゴンを去った後、もうアメリカ政府との正式な交渉はしなかったそうですが、以降も地球と宇宙を行き来していたそうで、地球のことを見守り続けていることがわかったのです。
 エレナさんいわく、彼はとても優しく穏やかで、魅力的な人だそうです。
 そして、そんな彼から「人類は長い間眠っていたけれど、我々がいつもそばについているので心配しないでください。皆さんの目が覚めて、やがて朝がくれば、そこには私たちがいます。だから、私たちを信頼してください」という言葉をいただいたそうです。

 私たちは、こんなにも長い間、銀河連合の人たちに一方的に守ってもらっているなんて、なんと幸せなことでしょうか。

 海軍からのメドベッド情報と木星の重要性について

 さて、イリアナさんにもエレナさんにも質問したメドベッドに関しては、私からは地下基地などで勤務していたアメリカ海軍のインサイダー情報があるので、ここでお伝えしておきましょう。
 その情報によると、メドベッドはすでに地球上にもあるものの、カバールも光側の情報を収集していることから極秘の場所に置かれているそうですが、アメリカに5か所、ヨーロッパにも数か所あるとのことです。
 そして、数年以内には誰もがメドベッドを使えるようになるであろうということで、楽しみです。

 さらに、この海軍の方も、「海軍がずっと仕えている大統領はバイデンではなく、ドナルド・トランプだ」と語っていました。
 今のバイデン政権は、自分たちのアジェンダを眠れる人たちに見せているだけだと私は主張していますが、その通りだと話していました。

 また、対話の中では、木星についての話題も出てきましたが、実は、木星の裏側に大きなポータルがあるそうです。
 これは、エレナさんやトニー・ロドリゲス氏からの情報ですが、木星周辺には銀河連合や地球アライアンスの防衛軍(軍隊的な組織)などの基地やスペースステーション、アシュタール司令部などがあるとのこと。
 これらは、悪い異星人の侵攻から銀河系を守るためであり、また、その意味において、木星の月であるギャニメイドも重要になってきます。
 銀河連合を超えた組織、「銀河間連合」は、木星の裏のポータルからこの銀河に入ってきたそうで、木星とギャニメイドの中間にステーションを構えているそうです。

 銀河連合からのメッセージは、「すべては上手くいく」

 エレナさんが2018年にソ一・ハーンからの連絡を受けて銀河連合の宇宙船に乗った際、彼から「これから、驚くべきことが人類に起きるから戻ってきた!」と興奮しながらうれしそうに話してくれたそうです。

 ソ一・ハーンはその時は、その“驚くべきこと”については詳しく教えてくれなかったのですが、「今 のうちに、できるだけ多くの人と会ってパーティーをしたり、レストランで楽しく食事をしたり、音楽を聴きに行ったりして楽しむように。あと2年したら、そんなことができなくなるから」とアドバイスされたそうです。
 そこでエレナさんが「でも、そんな状況は、うれしくはないですよね?」と返したそうですが、彼は、「とにかく最後には、すべてが上手くいくから安心するように!」と言われたとのことです。
 そしてその2年後、彼女はそのアドバイスの意味がわかったのです。

 すでにご存じのように、その2年後には世界レベルで新型コロナウイルスによるパンデミックが起き、都市によってはロックダウンもあり、誰もが不自由な生活を余儀なくされることになりました。
 ソ一・ハーンが言っていた通り、会いたいときに友人たちに会い、楽しい時間を過ごすライフスタイルを送ることができなくなったのです。
 また、2018年の2年後の2020年にはアメリカでは不正選挙も起き、現在(2022年5月現在)はロシアのウクライナ侵攻が勃発しているわけですが、そんな現在の状況を考慮した上で、それでもソ一・ハーンは「最後には、人類にとって喜ばしい結果になる」と語っているのです。
 これは、私たちにとって、とてもうれしいニュースですね。

 銀河連合が彼らのテクノロジーを駆使すれば、カバールや彼らについている宇宙の悪い存在たちをすぐにでも退治できるのです。
 けれども、銀河連合がそれを行わないのは、地球上の眠れる人々が自分たちの身の上に起きることを実際に体験する必要があるからなのです。
 それは、子どもにマッチの危険性を教えても、実際にマッチに火をつけないとわからないのと同じです。

 これに関しては、私も常々、「Qがすでに勝利した」「今から、最高のことが起きる」からこそ、「恐れや不安を抱いてはダメですよ」とYouTubeなどで一貫してお伝えしてきました。
 過去に何度かインタビューした元海軍のジーン・コーセンセイさんも、「トランプ前大統領は、2017年から各国に公式の外交訪問をしていた際に、カバールの主要なリーダーを退治した」とおっしゃっていましたが、すべては計画通りなのです。
 それでも、一人ひとりが目覚め、そして行動を起こすことが期待されているのです。
 私たちは、すべてのことを銀河連合やアライアンス、トランプさんに任せるのではなく、皆で立ち上がる必要があるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ソー・ハーンの「驚くべきことが人類に起きる」というのは、2020年から始まったコロナ騒動でもないし、2022年のロシアとウクライナの紛争でもないでしょう。
 それは、2023年〜2024年に(もしかしたら)起こるかもしれないディスクロージャーとそれに続くイベントのことでしょう。
 だとすると、今の時期こそ夜明け前の一番暗いときで、これを乗り越えると素晴らしいものが訪れるのかもしれません。
 ネットの情報を追っていると、ほんとうに暗くなり気分が落ち込んでしまいます。
 それほど気が滅入るような事件や事故ばかりです。
 しかし、誰が何を言おうと私は、人類の未来は明るいという立場でいようと思います(笑)。

 これは、暗い未来ばかり想像していたら暗い未来を招いてしまうので、明るい未来をイメージするように心がけるといった引き寄せの法則を実践しているということではありません。
 またバシャールが言っているような、これから人類の進む道の分かれ道で、進化する未来を選んだからというわけでもありません。
 私には、佐野美代子さんが言っているように、この3次元の地球上での闘いにおいて、すでにアライアンスがDSを打ち負かし、大勢は決したという判断に納得しているのです。
 もちろん情報は非常に少ないので、ほぼ私の直感でしかありません。
 現在のDSは、G7各国の政府や大手マスコミ、大企業しか傘下においておらず、その他の世界はBRICSを中心として反DSで一致しており、もはや勝敗は決したと思っています。
 ではなぜ、日本がそうであるようにDSが猛威を振るっているように感じられるのでしょうか。
 それは、アライアンスという仏様の手のひらで、DSという孫悟空が暴れているようなもので、そうした劇場を人々に見せることで目覚めてほしいからだと思います。
 人々は体験してこそ、目覚めることができます。
 佐野美代子さんが比喩で言っているように、「子どもにマッチの危険性を教えても、実際にマッチに火をつけないとわからない」ということで、そうした体験が人類には必要だということでしょう。
 これからもどんどん暗いニュースが流れ続けると思います。
 最悪、憲法改正で緊急事態条項が盛り込まれる寸前までいくかもしれません。
 それでも私は、明るい未来を信じていこうと思っています。



改めて、雑談を2つほど...2022年7月9日

選挙結果への個人的な感想

 参議院選挙の結果が出ました。
 個人的な感想ですが、私は今回の選挙は不正選挙だったという印象は特にありませんでした。
 東京に住んでいるときは必ず行っていた投票ですが、出口調査を体験することはありませんでした。でも今回、長野県で投票して初めて出口調査を受けました。
 テレビでの開票特番でも、けっこうまめに出口調査をしていた印象があります。
 こうした出口調査がきちんと行われていると、大規模な選挙不正はまず無理だと思われます。
 もちろん今後、情報が出てくれば見解が変わる可能性がありますが、現時点では不正のない選挙ではなかったと思っています。
 私が注目した参政党は、比例で176万票を得て議席1を確保しました。
 これも前評判通りの結果だったのではという印象です。
 比例で議席を得るのは一人120万票が必要だと言われていたので、議席1となります。神谷さんは、なんとか2議席という思いだったそうですが、やはり選挙2日前の安倍元首相の暗殺事件で自民党に大量の同情票が流れたのが大きかったのかもしれません。
 私は、偶然にしてはあまりにタイミングが良すぎる安倍元首相の暗殺事件は、偽旗ではなかったかという強い疑いを持っています。
 宮本晴代さんというクライシスアクターをご存知でしょうか。
 日本でダントツでその名を知られているクライシスアクターと言っても過言ではないでしょう。
 宮本晴代さんは、街角のインタビューや事件現場などにたびたび現れては、特派員、看護師、女子大生、巫女など、様々な役を演じてきました。

https://nyaon88.com/miyamotoharuyo/

 その宮本晴代さんとよく似た人物が、安倍元首相の襲撃現場に居たとネットで拡散されています。
 その他にも突っ込みどころが色々あるのですが、これからもネットで様々な情報が出てくると思うので、それを待ちたいと思います。

 私は当初、安倍元首相のダブル(影武者)が事件を演出しているではないかと思っていたのですが、どうも本当に銃撃を受けて亡くなったようです。
 笹原シュンさんは、「クローンも処理できて一石二鳥ですね」と言われていますが、本当にそうなら惨いの一言です。
 ダブルはDSの仲間として一緒に仕事をしてきたので、そこまで酷いことはしないのではないかと思ったのですが、私が甘かったのかもしれません(←私の人間的な甘さ?)。

 さて選挙の話題に戻りますが、憲法改正に前向きな以下の3党の選挙結果が以下です(いずれも改選対象)。

・自民党 55→63
・公明党 14→13
・維新  6 →12

 政権与党でも公明党は議席を減らしていますが、自民党や維新が大勝して、これで憲法改正の国会発議に必要な3分の2を確保しました。
 自公は、参議院選挙での国民の負託に応えると主張して、これからどんどん憲法改正の手続きを進めてくると思います。
 そうなると、次はいよいよ国民投票です。
 以下は、憲法改正の手続きのサイトです。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/minnanokenpou/giron/001.html

 憲法改正で「緊急事態条項」を盛り込んでくる危険性は極めて高いと思っています。
 私は、「緊急事態条項」が盛り込まれたら、本当に日本は終わる、というくらい危機感を持っています。
 国民が「緊急事態条項」に拒否反応を示すようだと、またしてもショックドクトリンが起きるかもしれません。
 つまり、安倍元首相の暗殺事件を超える規模のテロなり事件が演出され、国民が「緊急事態条項」も止む無し、という気持ちにさせるように仕向けるということです。
 国民投票で、投票数の半数以上がダメと言えば、改正されません。
 でも、国民の8割が政府やマスコミを信じている現状では難しいかもしれません。
 私は、一刻も早く国民に目覚めてほしいと願っています。


ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガから

 今週のベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに重要と思われる情報が載っていましたので、ご報告したいと思います。

 ジョージア・ガイドストーンが何者かの手によって破壊されました(7月6日未明)。
 私は、当初これはアライアンスがDSを打ち負かしたという証ではないかと思っていました。でも、このところ立て続けに起こる出来事を見ていて、これはアライアンスがDSへの最終攻撃を始める合図かもと思い始めています。
 以下、最近起こった出来事をフルフォード氏のメルマガを元に記します。

イギリス
 翌7日、ボリス・ジョンソン首相が辞任を表明。

イギリスの隣国アイルランド
 同日、政権が崩壊の危機にあることが明らかにされ、今週中にも政府の不信任決議が行われる予定。

イスラエル
 6月30日、ベネット政権の崩壊を受けて、国会を解散する法案が可決。

 先日ファイザーのアルバート・ブーラCEOがイスラエルを訪問した際、大衆から「犯罪者(Criminal)!」などと物凄い罵声を浴びせられ、彼はその場から逃げるしかなかった。

カナダ
 8日、カナダ全土でインターネットや携帯電話、固定電話などの大規模な通信停止が発生。
 これを「何らかの異変の予兆ではないか…」と見る向きは多い。実際、カナダ国内でも「政府を侵食したダボス会議のメンバー(トルドー首相を含む)」に対するパージが既に始まっていると情報筋は伝えている。

フランス
 6月19日に実施された議会選挙でマクロン率いる与党連合が過半数を大幅に下回る敗北を喫し、野党にも連立を拒否された。
 そのため、マクロンは先週4日に議会で少数派の内閣を発足せざるを得なくなった。

オランダ
 農業従事者による大規模な反政府デモが発生。
 抗議活動は日に日に激化してきている。

アメリカ
 テキサス州・アリゾナ州・ウィスコンシン州の各州議会が「バイデン政権は不正選挙によって作られた違法政権である」とする議決案を正式に提出。

G20外相会議
 先週7〜8日のG20外相会議で、圧倒的大多数の国々が「既存の国際枠組み(国連安保理事会など)の抜本的改革」を主張し、その傍らでアメリカをはじめとするハザールマフィアの傀儡国家は完全に孤立。
 その「反ハザールマフィア同盟」に、近々イギリスもそれに参加するつもりのよう。

 (注)
 ベンジャミン・フルフォード氏がいう「ハザールマフィアの傀儡国家」とは、G7各国のこと。もちろん日本も含まます。


 そしてこれが一番伝えたかったことです。
 ついにバイデン政権が崩壊するかもしれません。
 現在“バイデン劇場”の撮影はホワイトハウスではなく、ジョージア州アトランタにあるフォート・マクファーソン基地で行われているといいます。
 フルフォード氏は、以前からホワイトハウスは閉鎖されているといっていました。
 テレビで放映されるバイデン氏は、カリフォルニアなどの撮影所で撮られたものだと言われていました。
 それが今、アトランタのフォート・マクファーソン基地で行われていているといいます。
 そして、そのフォート・マクファーソン基地にほど近いノースカロライナ州のフォート・ジャクソン基地の周辺で、連日にわたり爆発による地震が観測されているといいます。
 これは、米軍と改革派(注1)の攻撃のせいで、早々に改革派の勝利が確定したため、今の標的は既にバイデン陣営がいるフォート・マクファーソン基地に移っているそうです。

(注1)
 私はこれをアライアンスと呼んでいます。


 そして、ここからが情報です。
 「米軍やNSA筋の話では、彼らは8月中にバイデン劇場を終わらせるつもりだ」とのこと。
 これは、大いに注目すべき情報です。
 バイデン氏を下ろした後、誰を大統領にするつもりなのでしょうか。
 たしかフルフォード氏の以前のメルマガで、現在のカマラ・ハリス副大統領は、米国民にあまりに人気が無い為、別な人物をあてると言っていました。
 その次の順番となるとナンシー・ペロシ下院議長となりますが、どうなるでしょうか。

 もし、8月にバイデン政権が崩壊となると、日本への影響も尋常ではありません。
 その頃、与党と維新は憲法改正の作業にせっせと勤しんでいるかもしれませんが、その憲法改正にも大きな影響を与えそうです。
 さて、どうなるでしょうか。



雑談を2つほど...2022年7月2日

参政党について

 当HPの掲示板に、参政党に関する書き込みがいくつかありました。
 また参議院選挙が迫っていることもあり、私としてもどこの政党に投票するか決める必要があり、参政党についてちょっと調べてみました。
 参政党の街頭演説の動画(YouTube)をいくつか観たり、参政党を批判するサイトもいくつか覗いてみました。

 私の理解したところでは、参政党に対する一番の批判は、自民党の別働隊で、憲法を改正して「緊急事態条項」を盛り込もうとしているのではないか、というものです。
 その理由として、今は無くなった参政党のページに「授権法」の記載があったことが挙げられていました。
 騒ぎの発端は、「めいこ」氏という女性のユーチューバーのようです。
 以下は、その動画の核心部分を抜粋したものだそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=A_dXqtJfjBg

 その他にも、参政党のバックに統一教会や笹川一族がいるとか、日韓トンネルに賛成しているといった攻撃があったようです。要するに、参政党は反自民のふりをしているけれども、実は自民党の別働隊だという指摘です。
 一方で参政党の事務局長をしている神谷氏は、それらを明確に否定しています。

https://www.kamiyasohei.jp/2022/06/12/10381/


 とはいえ、一番の問題は「めいこ」氏の指摘で大いに人々の注目を集めることとなった「授権法」でしょう。
 以下の動画は、その「授権法」に対する疑問に答えてくれるものだと思います。

https://www.openrec.tv/movie/gkrpkygjwz5


 私が大いに気になったのは、参政党を意図的にディスるサイトが多いことです(特にツイッター)。
 それもかなり悪意があることがわかります。
 参考までに、一つ貼っておきます。

https://mobile.twitter.com/hashtag/%E5%8F%82%E6%94%BF%E5%85%9A%E3%81%AB%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AA


 街頭演説での発言の一部を切り取り、その文言だけを抜き出すことで印象操作しようとするものも、いくつかあります(上記サイト以外でもありました)。
 これは、トランプ元大統領を貶めようとする大手マスコミがよく使った手法です。
 「トランプ大統領がまた嘘を言った・・・」という見出しで、トランプ氏の発言の一部だけを切り取り、それを全面に出すことで、視聴者に悪い印象を持つように誘導してきました。
 ただしこの手法が通用するのは、「B層」といわれるあまり物事を深く考えない人々のみです。
 おそらく上記サイトも、「B層」をターゲットにして参政党をディすっているのでしょう。

 私が見る限りにおいては、これまでのところ参政党に対する批判は、全部が言いがかりとか、こじつけといった類いのものでした。
 つまり明確に「この政策が国益に反する」と指摘できるものが見つからないので、「B層」をターゲットにして印象操作を繰り返しているように見えるのです。
 印象操作の一つに、写真があります。
 神谷氏は元自民党の政治家だったのですから、海外からの要人とも頻繁に会っていたでしょうし、一緒に写真を撮ることも多々あったと思われます。
 その中に、有名なジャパンハンドラーズの一人と言われた人物と一緒に撮った写真があって、その写真で、神谷氏はあちら(DS)側と結託しているといった主張があって、私は呆れてしまいました。
 あちら側の人物と一緒に写真を撮ったり、握手すればDSサイドの人間に見做すというのですから、気は確かですかと言いたくなりました。
 本気で言っているのであれば、(言葉は悪いですが)よほど頭の弱い人でしょう。
 まあ、本気で言っているのではなく、参政党を貶めようとして、その写真を持ち出したのでしょう。
 繰り返しますが、そうした悪意の手法が通じるのはB層のみです。

 DSとの写真といえば、私はジョージ・ソロス氏と並んで写った小池百合子東京都知事を思い出します。
 この写真は、小池都知事とDSの関係を匂わせるには十分でした。
 なぜなら、小池都知事が東京都で推し進めた政策は、DSの政策そのものだったからです。小池氏は、都民に新型コロナワクチンを打つことを強力に推し進めた人物です。
 DSのアジェンダを強力に推し進めた人物が、DSの主要幹部の一人と目される人物と並んで写っていれば、その写真は俄然信憑性が出てきます。
 ところが神谷氏が言っていることは、DSとは真逆です。
 政治家は、その言動と行動で判断されるべきでしょう(誰と一緒に写真を撮ったかではなく)。

 私には、参政党の裏に宗教法人や労働組合、経団連のような強い利権構造を持つ組織がバックについているとは思われませんでした。
 参政党のお金の集め方は極めて透明で、クリーンなものに見えます。
 だとすると、日本にとうとう草の根運動として、本当に日本の為に政治を良くしようというムーブメントが起きたことになります。
 参政党に利権団体のバックがいないと思われる証左として、彼らの街頭演説を聞いていると、全く自由に、自分達が信じていることを述べています。裏に利権団体がいると、そうした利権団体に配慮して言いたいことが自由に言えなくなります。それが既存の政党の街頭演説が実につまらない原因の一つだと思います(ただし初期の頃の、れいわ新撰組の山本太郎氏の街頭演説は、私には面白かったです)。

 私が今回、参政党を調べてみて、特に興味深かったのは、参政党をディすればディするほど、参政党に人気が集まり、党員やサポーターが増えていったことです。
 なんと6月21日付けで党員が6万人を突破したといいます。
 これは、議席11を有する国民民主党に匹敵する数字だそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=3qsa80E6QFc

 参政党の方たちは、議席1を目指すと言われていますが、確実にムーブメントが起きていることは間違いないようです。
 参政党をディすることで人気を落とそうとやっきになったDSの思惑は、逆の結果になったようです。
 参政党のことを知らなかった人々が、ネットで盛んに参政党がディすられているのを見て、動画等で参政党の街頭演説を聞き、党員やサポーターになったケースも多かったに違いありません。
 これは私の全くの想像ですが、参政党を応援する人々は、同時に新型コロナワクチンを打たなかった層と重なるのではないかと思います。
 参政党が日本で唯一反ワクチン政党であるから当然ともいえますが、それ以上に政府やマスコミのいうことを鵜呑みにしない目覚めた人々が日本に一定数いたということでしょう。

 とはいえ、私は参政党の政策に全面的には賛同してるわけではありません。
 特に政府紙幣を発行する松田プランには問題があると思っています。
 デジタル円には賛成ですが、政府紙幣になっても政府の膨大な負債が解決するわけではないからです。経済にタダ飯はありません。
 また、戦前の天皇を中心とする愛国教育を思わせるような思想は、これからの日本には必要ないと思っています(ただし、アメリカの属国と化した日本人の意識を取り戻したいという気持ちは理解できます)。
 私の結論としては、参政党は既存の利益団体がバックにない、純粋な市民運動として起こってきたものであるということです。
 私は、今度の参院選で参政党に投票することに決めました。

 でも、人に勧めているわけではありません。
 新型コロナワクチンを打つか打たないか自分で決めたように、ご自分で調べられて、納得した政党に投票していただきたいと思っています。



スピリチュアル観点からみたDS


 「横河サラさんのメルマガから」「横河サラさんのメルマガから(2)」で、実は負けつつあるのは、私達ではなく、DSの方だという話をしてきました。
 今回は、スピリチュアルの分野でどのように言われているかを紹介したいと思います。
 アドロニスというシリウスの意識体が答えているところを2つ紹介したいと思います。
 まず、『シリウス意識アドロニスから人類へのラスト・メッセージ』(ブラッド・ジョンソン、JOSTART著、VOICE)から抜粋します。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラスト・メッセージ』、p53〜p55から抜粋開始>・・・

 コロナを操作してきた闇の勢力は追い込まれている

JOSTAR ところで、今回のこの一連のコロナ問題の黒幕には、エイリアンなどは絡んでいたりしますか?もし、その場合、どんなエイリアンがどんな組織と組んでいますか?

アドロニス 最初にエイリアンの話はちょっと横に置いておきましょう。基本的に、この状況の多くは、人間によって行われていて、今回のことを主にコントロールしているのは、世界の銀行家であるロックフェラー家やロスチャイルド家です。このネットワークに属する他のグループもいますが、この2者が主な関係者です。彼らは、ロイヤルファミリーたちとも関係していますね。ただし現在は、ロイヤルファミリーたちは彼らから離れようとしていて、アライアンス側へと移行しつつあります。他にもいろいろな国家やリーダーたちがいますが、そのリーダーがどちら側についているのか次第で、その国家の方向性も変わります。しかし、こうしたリーダーたちは、ただの召使にすぎません。彼ら自身にパワーはなく、命じられることをやっているだけです。

 そして、対抗勢力のアライアンス側ですが、彼らはまだ正体を隠しています。彼らは今、重要な任務を背負っているので、秘密裏に事を運ばなければならないからです。彼らは、これまで腐敗したグループの一員だった人もいます。でも、そんな彼らも、「もう、古いアジェンダはたくさんだ!」と改心した人たちなのです。そして、闇の勢力側のメンバーをこれから追い込んで退治していこう、という意志を固めている人たちです。つまり、対抗勢力は今、勝ちつつあるということです。今、闇の勢力側の規模は、負けていることで小さくなりつつあります。彼らがこれまで持っていた資源にもアクセスできなくなってきています。また、彼らの多くは、スイスに潜んでいます。スイスが、彼らの隠れ家の1つなのです。このようにして今、アライアンス側の力は強くなりつつあり、これが将来的に政権の崩壊につながっていきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、『第6密度の使者アドロニスチャネリングシリウスメッセージ』(シャラン、ブラッド・ジョンソン著、VOICE)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『第6密度の使者アドロニスチャネリングシリウスメッセージ』、p37〜p39から抜粋開始>・・・

 ただ今、闇の構造は崩壊中

シャラン 具体的には、どのような動きが今地球で起こっているのですか?

アドロニス たとえば、このような流れの中で、これまで地球を支配していた闇の構造が崩壊しているところです。腐敗やコントロール、征服などに代表される古いシステムが解体されていくのです。従って、成長してそこから抜け出ていく人たちは、同じようなシステムを見ることは二度となくなります。つまり、このシステムは、その一部でいなければならないと信じ、それが自身のアイデンティティになっている人の世界にのみ存続し続けるのです。しかし、現在はこのシステム自体も崩壊している過程にあるので、そのシステムの中にいる人たちも同時に崩壊しているのです。

シャラン 闇の構造が消滅しつつあるというのはいいことですね。

アドロニス 一方で、古いシステムを超えて出ていく人たちは、この地球、この銀河系を自分たちのものにできるでしょう。それはつまり、自分の現実を曲げたり、変えたりできるということであり、望み通りの現実を作っていくことができるということです。要するに、それは、神としての能力を顕(あらわ)すことができるということです。そうなれば、もう「学習中の神」ではなく、「顕現した神」ということになります。

シャラン 興味深いですね。「人類は神である」と言われると、なんだか恐れ多いのですが、それはつまり、「望み通りの現実で自分を生きる」ということだったのですね。私も古いシステムを超えていく側でありたいと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ネットを見ていると、次はサル痘、グレートリセット、食糧危機、台湾有事などなど暗い話題には事欠きません。
 人々は、明るい話題よりも暗い話題に惹きつけられるという習性があるからかもしれません。
 私は、実態はDSは負けつつあると思っています。
 G7各国の政府と大手メディアがDSの支配下にある為に、国民に真実を一切知らせず、自分達(DS)の都合の良い情報しか流さないことが大きかったと思います。
 真実を流さないことの典型例がウクライナ報道で、当初はロシアが経済的に崩壊するとか、プーチン大統領が失脚するとか盛んに報道していました。戦況もウクライナ軍の頑強な抵抗でロシア軍が撤退したとか、ロシア軍は戦死者が多く、士気の低下が著しいといったことを言っていました。
 ところが、ロシアの勝利でほぼ確定した今となっては、報道自体がかなり減ってきました。
 自分達(DS)に都合のよいニュースソースが無くなってきたので、報道できなくなったというのが実情でしょう。

 もう一つ重要なことは、実際に世界中で軍事作戦を行ってきたアライアンス側が、軍事作戦という性格上、秘密裏に事を進めなくてはならなかったことです。
 そうした作戦はどんな結果になっても、DSに支配される大手メディアは報道しません。
 実際は、世界中の地下基地から子供が大量に保護されているようなのですが、大手メディアはそうしたこと自体を人々に知ってほしくないのでしょう。
 アライアンス側から流される情報は、チャーリー・ワード氏のような一握りの人たちしかなく、それに対しDS側の工作員が妨害工作を仕掛けてくるので、真実の情報が得にくくなっているようです。
 結果として、大手メディアはもちろん、ネットでも暗いニュースが席巻することになります。
 DS側の戦略は、人々を不安や恐怖に陥れることによってコントロールしようするものですから、読んで不安になったり、恐怖を感じるような記事には警戒が必要です。

 ところで、上記引用文で、「スイスが彼らの隠れ家の1つ」とありますが、これはベンジャミン・フルフォード氏が言っていることと一致します。
 フルフォード氏は、スイスのジュネーブ湖周辺の地下司令部が、DSの本拠地だと言っていました。
 DSは、新型コロナワクチンで人々を殺戮しようとしたのだから、この本部を攻撃すべきだと言っていました。
 この司令部がすでに攻撃されたのか、それともまだ攻撃されていないのかわかりませんが、どちらにしてもDSのパワーが衰えていっていることは確かだと思います。



横河サラさんのメルマガから(2)...2022年6月25日

 「横河サラさんのメルマガから」の記事の第2弾です。
 6月15日(水)に、チャーリー・ワード氏のオンラインセミナーが行われ、前回に続き、さらに情報が得られたようです。
 今回、横河サラさんから送られてきたメルマガでは、チャーリー・ワード氏の情報にサラさんが逐一コメントするという形をされています。
 ☆---☆---☆ で囲まれた部分がチャーリー・ワード氏の言葉で、それ以外はサラさんのコメントです。
 早速、サラさんのメルマガを紹介させていただきます。


 ・・・<「横河サラさんのメルマガ、Vol.133」から抜粋開始>・・・

以下、チャーリーの話してくれたことからピックアップしてみましょう。

☆---☆---☆

私のことをずっとフォローしている人は知っていると思うけど
私は「金融リセットのために、
いったん世界経済をシャットダウンする必要がある」
と、2年前にも言っていたんだ。

いま起きていることは、まさにそれだ。

MSM (大手メディア) は報道することを拒んでいるけど、
ここのところのビットコインの急落や
オーストラリアの経済の崩壊などに現れてきている。

けれども、光の方を向いている人は、何も心配する必要がないよ。
なぜなら、これらはすべてパントマイム、劇場の一部だから。

その上、DSたちは嘘の上に嘘を塗り重ねている。

さて、6月16日の水曜日に大きなことが起きる。

前にスエズ運河で立ち往生した巨大コンテナ船
エバーグリーンを覚えているかな?

あのコンテナ船の所有会社であるエバーグランデが
16日に上場廃止になるんだ。

ちなみに、エバーグランデは中国の90%の住宅市場を握っている。

つまり、その意味するところは
これが世界的な住宅市場の大崩壊への引き金となる、ということだ。
とりあえず、見ててみて。

☆---☆---☆

↑ たしかに、大手メディアにはこのニュースは出さないようですね。
ただ、他のインサイダー情報でも同じことが言われており、
これを引き金に、1〜2年かけて世界の住宅市場が崩壊していくのでは
という見方をしている人がいます。

☆---☆---☆

FRB (連邦準備銀行) は一挙に0.75%の利上げをして
これで何とかなると思っているようだが
一挙に5%の利上げをしたって、彼らは助からないよ。
なぜなら、彼らのフィアットマネー (法定不換紙幣) は
もう消えてしまっている。
彼らは追い詰められているから、気をつけよう。
今は近寄らない方がいいよ。

☆---☆---☆

↑ さすがに、こちらのニュースは日経新聞にも出ていましたね。
「FRB、0.75%利上げ決定 インフレ抑制へ27年ぶり上げ幅」
https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/11041

さて、チャーリーはもうひとつ、
金融に関するでっかいニュースを伝えてくれました。

☆---☆---☆

6月14日と15日は大変重要な日だった。
何ヶ月も前に、各国の新しい通貨 (新トークン) を輸送することについて
契約書が作成されたのだが
実際にトークンが到着するまでは、
各国の誰も署名をしたがらなかった。

ところが昨日のこと、彼らは...
署名できる状況になったんだ!

とはいえ、現在はコンプライアンス (法令遵守) 責任者たちが
内容をチェックしたり
署名の日付がずれてしまったので、変更したりという作業をしている。

実際に契約書に署名がなされると
今度はペイマスター (会計主管) のトップの人々との署名が交わされる。

私の感覚では、新通貨が流通性を持つのは、月曜日からかな。
まあ、どんなことになるか見ていよう。

ついに、ついにここまで来たんだよ。
私が協働しているペイマスターたちの
ホッと安心した表情を見るのは、超エキサイティングだ。
ひとりは40〜50年、もうひとりは25年もの間、
ずっとこのことをやって来た人たちなんだ。

そこからだけでも
いま実際に何が起きているのか想像してみてほしい。

いま舞台裏では、みんなが大興奮している。

これでもう、いつ株式市場が崩壊しても大丈夫になった。

今は契約書に署名がされて行ってるところだから
みんな、平安な気持ちでいてね。

☆---☆---☆

↑ QFSのことを長くやってきた人たちにしても
これがほんとうに、地球上で現実のものとなるのかどうか
誰にもわからなかったのでしょう。

なぜなら、人類の歴史上、まったく初めてのことなのですから!

☆---☆---☆

いま自分が暗闇の中にいると感じている人や
海の底や地の底にいるような気持ちになっている人は
マインドセット (考え方) を変えてみることを勧めるよ。

あなたはそこに埋められてしまったのではなく、
土の中に蒔かれた種だと思ったらどうだろう。
種ならば、必要な水分や養分...
それは良き人々や、真実かな。
それを自分に与えて、自らを育ててくれればと思うよ。

私たちは、ほんとうに驚くべき時を生きている。
自分の運命は、自分で変えることができるんだよ。

☆---☆---☆

↑ 自分の娘や息子に語りかけているような
温かいバイブレーションに溢れるチャーリーでした(^^)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 チャーリー・ワード氏は、QFSが開始される条件として、以下を挙げていました。

・バイデンが大統領の座から降りること
・英国女王の逝去報道とオペレーション・ロンドンブリッジ
・現行の経済システムの崩壊

 バイデン氏が大統領の座を下りるのは、意外と早いと私は思っています。
 もしかしたら、今年の11月の中間選挙前かもしれません。民主党が、今のバイデン氏では戦えないということで、認知症その他の健康問題という形で引退させる可能性もあると思っています。
 「オペレーション・ロンドンブリッジ」とは、英国政府が作成した 女王が亡くなった際の計画書のことです。
 現行の経済システムの崩壊ですが、吉田繁治さんは、米国株式が崩壊しつつあり、すでに始まったかもしれないと言われていますが、どうでしょうか。
 チャーリー・ワード氏も、今週末や来週末の可能性を言われていますが、NYダウはいったんは3万ドルを割りましたが、今は3万1500ドルまで戻しています。
 私は、中間選挙前の9月、10月あたりの可能性が高いと考えています。

 上記引用文で、横河サラさんは、「1〜2年かけて世界の住宅市場が崩壊していくのではという見方をしている人がいます」と言われていますが、やはり先に来るのは株式市場の崩壊だと思います。
 吉田繁治さんによれば、米国の株式市場と住宅市場が崩壊するのは確定したようです。
 さらに、吉田さんにしては珍しくその時期まで述べておられますので、その部分を抜粋させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1243」から抜粋開始>・・・

【金利が上がると、価格が下がる住宅価格】
株価バブルの崩壊か否かを判断するのに優れた材料は、米国ではローン金利と住宅価格でしょう。

金利が下がるときは、日本より容易に住宅ローンの借り換えができるので、既存のローン金利も下がって価格は上がります。木造でも住宅寿命は60年と鉄筋並に長く(日本では、木造なら30年で建屋は無価値になります)。

日本では新築の購入(90万戸:2021年)が中心ですが、米国では中古住宅の販売数(560万戸:2021年)が、新築の5倍から6倍と多い。地方と郊外では、住宅の10%を越えている空き家が820万戸の日本とは違い、米国の住宅需要は旺盛です。

中古住宅も、住宅寿命が長いので、新築並のローンを組んで買います。中古の販売価格もローン金利に左右されます。住宅寿命が短い日本では、担保価値が低い中古には十分なローンが降りにくいでしょう。
https://fx.minkabu.jp/indicators/US-EHS

米国では、ローン金利が低いときは100%住宅価格が上がります。逆に金利が上がると住宅購入数が減って価格は下がります。

◎米国の住宅価格は、高齢化で住宅需要の総数が減っている日本より、金利への感応度が、はるかに高い。

【住宅ローン金利は3.1%から5.3%に上がった】
昨年まで住宅ローンの金利は、価格が上がる3.1%でした。日本の住宅ローン金利は1%台ですが、米国では3%台の金利が、住宅ローンとしては「もっとも低い金利」です(普通は、5%から7%)。

現在、ローン金利は5.3%に上がっています。
金利3%台で上がってきた米国の住宅価格は、今後、下がります。

【シミュレーション計算】
この金利の効果を、5000万円のローンを30年固定金利で借りたときの支払総額として計算します。
(ローン支払いシミュレーション)
https://www.flat35.com/simulation/simu_01.html

(1)金利が3.1%のとき(5000万円:30年固定:均等払い)
   利払いと返済総額7686万円(21.3万円×360ヶ月)

(2)金利が5.3%のとき
   利払いと返済総額9995万円(27.7万円×360ヶ月)

金利が2.2ポイント上がると、ローン支払額は2309万円(30%)増えます。このため住宅価格は、底値で−30%の方向に向かって下がっていきます。30%安い価格に下がったとき、ローン支払いが等価になるからです。ローン金利が3ポイン上がったときは、−40%くらいが底値になるでしょう。

住宅価格が下がったとき、株価は「バブルが崩壊に向かっている」と判断していい。1500兆円のローンが証券化されていて、それも下落するからです。株価が50%、住宅価格が35%下がったリーマン危機がこれでした。

リーマン危機をなぞるように、金利が5.3%になった22年4月の新築住宅のローン申し込みは、22年1月に比べで20万戸分(戸数で25%)急減しています。これは住宅価格下落の先行指標です。

「ローン金利が上がると、新築と中古の供給件数(約700万戸/年)に対して販売契約数が減る→売れ残る販売在庫が増え、売れる価格まで下がる→全米の住宅価格が下がる」、というプセロセスになっていくでしょう。

【住宅価格は、統計ではまだ下がっていない】
ただし米国の住宅価格は、まだ下がっていません。下がるどころか、22年3月は、21%も上がっています。

住宅価格は、リーマン危機のときから、約4倍に上がった株価に準じ、13年間で約2倍に上がっています。

NY(マンハッタン)の、高層アパートの平均価格は、200万ドル(2億6000万円)と高い。20億円を越える物件も多い。

東京23区も高くなっていて30坪のマンションで1億円です(2020年は6083万円)。中古でも30坪(100平米)なら1億円。大阪は30坪が5400万円。コロナ後の金融緩和で高騰しています。

東京の販売戸数は、2020年には−16%、2021年−8%と減っていますが、販売価格は上がり続けました。NYと同じ事情です。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000013438.html

住宅価格は、竣工から売れるまでの期間が約9か月(260日)なので、金利に対しては、遅行指標です。株価の6か月以上あとから、価格が動くでしょう。
(ケースシラー:住宅価格指数:長期)
https://jp.tradingeconomics.com/united-states/case-shiller-home-price-index

「For Sale」と表示され売りに出た在庫の長期化から2022年8月ころから、ローン金利の上昇を反映して、10年ぶりに価格が下がっていくでしょう。

今後、米国の住宅ローン金利には、
・上がる要素はあっても、
・下がる要素はないからです。

【金融バブル崩壊の時期】
1500兆円(日本の住宅ローンの5倍)のローンが証券化された住宅価格が、下げに向かう時期に、米国の株価バブルの崩壊がはっきりするでしょう。

米国のノンリコース・ローン(被遡及型)では、担保の住宅を手放せば、個人の返済の義務がなくなります。「ローン残高>下落した住宅価格」になると、世帯は住宅を手放して賃借に移る人が増えて、これがローンのデフォルトになります。

職業と同じように、移動性が高い米国では、13年に一回は、住まいを変わります(日本の平均は、持ち家なら25年に1回)。

◎2022年の8月、9月から11月の大統領選挙に向かう時期には、米国株は悲観一色になっていく可能性が高い。

投資家の多数派が悲観になったとき、株価は大きく下がります。現在は上昇傾向の米ドルも、下がるでしょう。1ドル140円台の円安までは行くかもしれない円も、2022年秋以降反発していくでしょう。

ローン金利は、6月、7月に予定されるFRBの利上げ(0.5%を2回)により、現在の5.3%から6.3%には上がるからです。

◎住宅価格を下げるローン金利の上昇を考慮に入れれば、米国株バブルの崩壊(頂点から−30%〜−50%)は確定したと見ていい。

 ・・・<「抜粋終了>・・・


 吉田繁治さんは、「8月、9月から11月の大統領選挙に向かう時期には、米国株は悲観一色になっていく可能性が高い」と述べられています。
 米国の住宅価格は、まだ下がっていないどころか、むしろ上がっているといいます(東京の住宅事情も同じようです)。
 この住宅価格が下落に転じたときが、株式市場のバブルが本格的に崩壊する時期と判断してよいようです。
 ただし、住宅バブルの本格的な崩壊は、株式市場の崩壊から半年後ぐらいから始まるといいます。

 これから話すことは私の個人的な見解なので、お話として聞いていただければと思います。
 実は、(DSではなく)ホワイトハット側の方で、世界的な金融・経済崩壊は予定されている可能性を考えています。
 チャーリー・ワード氏が指摘しているように、QFSの導入には、既存(現在)の金融システムが一度、完全に崩壊する必要があります。
 私たちの目には、それがリーマンショックを遥かに超える規模の世界的なバブル崩壊と映るはずです。
 そして、それを起こす最高のタイミングが今年の11月の米国の中間選挙前だと私には思えるのです。
 つまり、9月、10月あたりです。
 経済が好調なときは、現政権は支持されます。
 逆に、経済がどん底のときは、政権交代を選挙民から迫られます。
 もし、今年の秋にリーマンショックを超える経済と金融の崩壊が起きれば、アメリカの人々の怒りがピークに達するのは目に見えています。
 日本人は主な資産を銀行預金で保持していますが、アメリカ人は株と住宅が資産保持の基本です。
 それがバブル崩壊で、どんどん資産価値が目減りしていくことを想像していただければと思います。
 彼らは、現政権の民主党からこぞって共和党に票を入れるでしょう。
 そんな状況で、民主党の勝利という選挙結果がでたら、どうなるでしょうか。
 全米各地で、抗議の声が湧きあがるでしょう。
 つまり、そんな社会情勢となったら、2020年の大統領選挙のような大規模な不正選挙は極めてやりにくくなるということです。
 民衆の怒りがプレッシャーとなり、民主党は不正選挙はやるにしても、規模はだいぶ抑えられる可能性が高いと思うのです。
 そうなると、共和党が勝つ可能性が高くなります。
 そしてその後、いよいよQFS実行のタイミングを計るということになるのではないでしょうか。

 これまでの歴史においては、バブルの発生と崩壊は中央銀行がコントロールしてきました。
 中央銀行は、通貨の番人などと呼ばれていますが、DSが意図的に(ある程度の周期性を持って)通貨の発行量と金利の調節により、バブルの発生と崩壊を演出してきました(もちろん、中央銀行はそうしたことは認めませんが)。
 私は、去年の春に、FRBを(DSから)米国政府が取り戻したという噂が流れたとき、なんとなくピンとくるものがありました。
 これは、もしかしたら本当かもしれない・・・、という思いがあったのです。
 DSが中央銀行(FRB)を失ったとなると、彼らは打ち出の小槌を失ったことになります。
 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに、ビットコインにはバックドアが仕掛けられていて、欧米のエリートが盗み出しているといった話がありました。
 またアメリカからウクライナへの武器供与ですが、田中宇(さかい)氏は以下のように述べています。

 「実際に兵器が送られておらず、国防総省の下請け会社や軍事産業で資金洗浄されて米国の政界や諜報界の裏金や横領金に化けている可能性もある」

 私は、こうした話を聞いたとき、これは、彼(DS)らが資金的に追い詰められている状況証拠ではないかと思ったのです。
 これまでであれば、DSは中央銀行(FRB)という金づるがあって、必要な資金は充分に調達できました。
 しかし、それが無くなった以上、どこかで盗むしかなくなったのではないか・・・。
 アフガニスタンの麻薬利権をDSが失ったことも影響しているかもしれません。

 前回と今回の記事で、追い詰められているのは私達ではなく、実はDSの方だという話をしてきました。
 だからといって、もう安心ということにはなりません。
 実際は、極めて危険な状況だといえます。
 手負いの猛獣が、追い詰められて最後の命懸けの反撃をしてくる様が想像できます。
 これから私達は、厳しい状況に直面することになるだろうと思います。
 でも悲観することはないと思います。
 私たちは極めてエキサイティングな世界を体験しているともいえるのですから。



横河サラさんのメルマガから...2022年6月18日

 ネットでYouTubeなどの動画やサイトの記事を読んでいると、人類は今、DSに追い詰められて危機に瀕しているような印象を持ってしまいます。
 次の危機として、サル痘、食糧危機、グレートリセット、緊急事態条項(ワクチンの強制接種)、大規模地震、経済クラッシュ、止まらないインフレなどなど、人々を不安に陥れるネタにはこと欠きません。
 明るい未来を予想するよりも、人々を不安に陥れるような動画や記事の方が注目を集めやすいので、そうした傾向が勝ってしまうのかもしれません。
 そうした中で私が常に思ったのは、本当に起きていることは何か、です。
 本当に人類はDSに追い詰められているのか・・・。
 実は、逆じゃないのか・・・。
 もうだいぶ前から、私はそう思うようになっていました。
 特に今回のウクライナ紛争の様子を見ていて、そうした思いが強くなっています。
 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガによると、対ロシアの経済制裁に参加している国は、主にアメリカ、EU、カナダ、日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドで、これら7ヵ国の人口は約10億6500万人です。それに対して、制裁に参加していない中国やインド、パキスタンの3ヵ国だけで計30億3000万人。それに南米や中近東、アフリカなどの国々も実質的に対ロシア制裁に参加していません。つまり世界の人口80億人のうち、ロシアに制裁を科しているG7などの国々は10億人にすぎず、残りの70億人は参加していないのです。
 これが示すことは、70億人対10億人という圧倒的大差でDSは劣勢であり、世界から孤立しているのではないかということです。
 これは、今のDSの実力を如実に示していると言えないでしょうか。
 さらに、DSがG7各国を支配しているといっても、コントロールが及んでいるのは政府と大手マスコミと、DSが持っている一部の大手企業に限られているように見えます。
 EU各国の一般大衆はどんどん目覚めているようで、ウクライナに武器を送ることを反対し始めているようです。
 特にアメリカですが、以前の記事でお伝えしたように、バイデン大統領について、有権者の50%以上が「正当な選挙で選ばれた、正統性のある大統領ではない」と答えていることから、完全に目覚めているように見えます(ただし悲しいかな、ここ日本では、いまだ大多数の人が眠ったままのようです)。

 今回は、ネットで賑わう話題とは裏腹に、DSの方こそ追い詰められているという話を紹介したいと思います。
 まず最初に、『コロナワクチン完全無力化オペレーション』(上部一馬著、ヒカルランド)から紹介させていただきます。


 ・・・<『コロナワクチン完全無力化オペレーション』、p90〜p92から抜粋開始>・・・

 ディープ・ステート及びカバールに関与する悪徳日本人の逮捕、粛清が進む

 ゲノム計画が終了した今日、世界的な遺伝学者が出した結論は、「人類の遺伝子の98%がシークエンスと呼ばれる非コード配列に明らかに地球外生命体のコードが刻み込まれている!」ということだ。つまり、人類の祖先は地球外生命体であるという結論だ。
 この人類創造にあたった、地球外生命体には人類とほとんど変わりはしないプレアデス星人らのヒューマノイド型、そして、未だもって影の政府カバールに関与するトカゲ型宇宙人レプテリアンが存在する。
 悪魔の儀式を続けるバチカン及びイエズス会、ヨーロッパのある王室などが子供の生き血を吸っている疑惑、紙面に記せない許せざる蛮行を繰り広げていることが巷間明らかになってきた。大富豪ジェフリー・エプスタインはカリブ海の島で行った人身売買の罪で逮捕されたが、高級セレブや米大統領クラスの要人が集り、小児性愛の秘密パーティを行っていたことがリークされている。
 この狂人大富豪は獄中死したとされるのだが、秘密を知られては困る政府要人に暗殺されたという見方が多い。
 トランプ元大統領は、特殊軍事部隊を使ってこうした蛮行を繰り返す高級セレブやカバールのメンバーとなっている政府役人、マスゴミ、製薬メーカー、大学教授、検察官らを次々粛清、逮捕、グアンタナモ収容所に拘置しているのだが、日本の場合も同様、とくに統一教会及びCIAらに操られる輩が少なくなく、その逮捕リストは日米合わせて10万人近くに達することがネットで話題となっている。
 2021年8月29日、何とCIAご用達新聞とされる読売新聞が1面を使ってカナダのカトリック教会から寄宿生と思われる大量の白骨死体が見つかったことを報じた。この記事は決して表には出てこないニュースなのだが、これは明らかにディープ・ステート及びCIAの勢力が削(そ)がれていることを意味していると考えて間違いない。
 2021年10月7日、千葉県西北部で震度5強の地震があったことは記憶に新しいはずだ。これは、米特殊部隊からの情報によれば、「震源地にあるカバール秘密地下基地を爆破したことで起きた」というのだ。
 同時期、横須賀に巨大な倉庫のような客船が横付けされていることがFBで紹介されている。この客船こそが、ディープ・ステート、またはカバールに絡む日本人を逮捕、収監している監獄船らしい。しかも、1艘(そう)では足りず、数艘に及ぶとのことだ。
 こうして着々と、トランプが推進している世界平和への革命が進行しているというのだが、果たして最後の足掻(あが)きを繰り返すカバールを日本から追放、粛清することは可能なのだろうか。
 とは言え、問題なのは、新聞テレビで洗脳された一般庶民の意識があまりにも低すぎることだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2021年10月7日の千葉県西北部の地震ではないのですが、それより1年前の2020年9月に東京地下要塞への米軍特殊部隊による攻撃が行われたという笹原シュンさんの記事があります。
 この作戦は、1回目は失敗したので、綿密に計画を立てて再度実行されたようです。
 私は夢中になって読んでしまいました。
 ご興味のある方は、読んでみて下さい。

https://shunsasahara.com/entry/2020/12/12/124313


 銀河連盟では、ワープ航法(空間を捻じ曲げて一瞬にして移動する航法)をマスターしていない地球のような未開の文明には接触しないという取り決めがあるというのですが、地球は核爆発を起こし、自滅寸前にあるということで、20種前後のET達が関与しているといいます。
 そうしたETから横石集(あつむ)氏が受け取ったというメッセージです。


 ・・・<『コロナワクチン完全無力化オペレーション』、p169〜p170から抜粋開始>・・・

 そうそう、先日ハーモニー宇宙艦隊からこのような通信がありました。
 「皆さんは、DSに追い詰められたと思っているかもしれないが、実際は莫逆である。我々がDSを宇宙の果てのこの地球まで追いかけて来て追い詰め、彼らはまさに滅亡しようとしている。いま地球に生きている人たちは、その目撃者であり、歴史や文明が大きく入れ替わる、その貴重な分岐点に立っている。
 まだまだ我々の動きは続きます。一瞬一秒無駄にしないように心がけてください」
 そんな意味合いの通信でした。宇宙の楽園である地球を乗っ取り、そこに隠れて裏から操り、生きながらえようとするDSやそれを支配する悪徳宇宙人は必ず滅亡します。いや滅亡させます」
 この通信、またはメッセージは、プレアデス星人や銀河連盟が告げる地球まで逃れてきた地球外生命体、しかも犯罪者、指名手配となっている悪しき宇宙人の正体そのものを伝えていると言える。この悪しき宇宙人が地球を支配しようと目論むディープ・ステート及びカバールをサポート、悪魔の人口削減計画を実行しようとしていたわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、著者である上部一馬氏のコメントです。


 ・・・<『コロナワクチン完全無力化オペレーション』、p241〜p170から抜粋開始>・・・

 ディープ・ステート及びカバールの粛清は進んだが……

 コロナ騒動とコロナワクチン接種の背景と狙いを綴ってきた。この騒動は、米トランプ元大統領と米特殊部隊に追い詰められたディープ・ステート及びカバールの最後の足掻きによる大謀略であるに違いない。
 それは、中国共産党が仕掛けた、2020年11月の米国大統領選の不正選挙をでっちあげるための謀略がCOVID−19、または新型コロナ騒動だった。これによって大統領選は不正な郵便投票が行われ、その結果、誕生したのが現バイデン民主党政権であることだ。
 その証拠にバイデンはホワイトハウスに入居する際、ワシントンDCまで大統領専用機エアー・フォースワンではなく、自家用機で乗り付けざるを得なかったのだ。
 また、あの大統領就任式のライヴ中継も事前に撮影されていたビデオが世界に放映されたことが明らかとなっている。
 著名な国際政治ジャーナリストの情報によれば、現在、米国は内戦状態、米軍のほとんどはトランプ元大統領の指揮下にあるというのだ。
 昨年から今年にかけて世界を牛耳ってきたディープ・ステート及びカバールらの粛清、逮捕がかなり進み、世界平和に向けて大掃除が敢行され、キューバのグアンタモナ湾にある収容所に大量拘置されているのが真相らしい。
 噂によれば、大富豪ジェフリー・エプスタインと絡んだジョージ・W・ブッシュやオバマ元大統領のほか、クリントンらも逮捕済みで、元米政府民主党要人や高級セレブらの極刑が執行されているという。筆者が入手した情報では、ビル・ゲイツはすでに死亡しているということだ。判決は軍事裁判による『国家反逆罪』だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 グアンタナモ基地での政府要人やセレブの軍事裁判の様子は、「未来予想の部屋(別名、セドナ雑学の部屋)」さんが動画で紹介されていました。
 「未来予想の部屋」さんは、これが事実かどうかわからないと仰っていました。
 極刑にされたはずの政府要人やセレブがテレビで出ていたり、レストランに現れたりしたからです。
 しかし、政府要人にダブルがいることはもはや常識ですし、今のCG技術を使えば生身の人間以上にリアル再現できます。
 私自身は、事実ではないかと思っています。

 そして最後に、横河サラさんのメルマガを紹介させていただきます。
 今回、横河サラさんから、チャーリー・ワード氏が開いたインサイダー・セミナーの要点をまとめたメルマガが届きました。
 その部分を抜粋して、紹介させていただきます。


 ・・・<「横河サラさんのメルマガ、Vol.132」から抜粋開始>・・・

私は1年近く前から
オフィシャルなQFSスポークスマンとなったために
話せることが限られているのだけれど、
話せることを伝えるね。

今週末や来週末など、
現在の経済システムが崩壊する可能性をはらんでいる。

つまり、株式市場とその周辺のすべてが崩壊する可能性があるんだ。

石油価格の高騰や食糧不足がはじまっているが、
そういったことは、DS〜カバルが作り出している。

たとえばスペインは
ルーブル以外の通貨で石油を売らないロシアからは
以前から石油を輸入していない。
それなのに、ここスペインでも石油の値段は跳ね上がっている。

それはなぜなのか?
カバルたちが価格操作をしているからに他ならない。

こういうことは自分自身の持っている良識、
コモンセンスを使ってリサーチしていく必要がある。

世界じゅうの政府やメディアは図々しくも露骨な嘘をついている。

バイデンは「経済は素晴らしくうまく行っている」などと発言しているが、
この世界的な激しいインフレの中で
脳ミソがちょっとでもあったら、それが嘘だとわかるよね。

バイデンは自爆中なのだが
人々が目を覚ますために、
私たちはこのプロセスを一緒に行かなくてはならないんだ。

もはやこれは、エンターテインメントになってきているけどね。

ダボス会議、ビルダーバーグ... 自らをエリートと呼ぶ人々はいま
完全なパニックに陥って、急速に落下して行ってる。

クラウス・シュワブが長年かけて計画してきたことが、
指の間から砂のようにこぼれ落ちて行ってる。

なぜなら、少しずつ、でも確実に人々が目覚めてきているから。

もう彼らは先手を打つことができず
後手、後手に回って
ホワイトハッツの打つ手に反応した行動を取るようになってきている。

さて、舞台裏の話をしよう。

先週のウィークエンドの間を通して
QFSにリンクしている国々では
ストレステストがおこなわれていたのだが、
テストは完璧にうまく行った!

そして、月曜日の朝から各国のトークンのアップロードが始まった。
各国のトークンは、それぞれ金 (ゴールド) に裏付けされている。

1トークン=ゴールド1g

スペインでは、1トークン=1ペセタ
オランダでは、1トークン=1ギルダー
ドイツでは、1トークン=1マルク
英国では、1トークン=1スターリング (=ポンド)

等々となるのだが、
すでに金本位制に移行しているロシアでは現在、
ゴールド1g=5000ルーブル
としているので
これから各国のトークンのRV (通貨の再評価) をおこなうことになる。

RVが「いつ」おこなわれるのか。
それは誰にもわからない。

ただ、RVの前に起きなくてはいけないことがいくつかある。

バイデンが大統領の座から降りること。
英国女王の逝去報道とオペレーション・ロンドンブリッジ。
現行の経済システムの崩壊。
などだ。

これは、人類が自由を勝ち取るプロセスだ。

このプロセスを通過して行きながら
今年の年末〜来年は素晴らしいことになるよ!

QFSチームは全力で働いているんだ。

だが、いまだにカバルは
世界の中央銀行のデジタル化を謳って
まるで彼らがQFSをやっているかのように見せかけている。
そうでもしないと、銀行は信憑性がゼロになってしまうからだろうね。

(もともとロスチャイルドが作った) 中央銀行は、QFSとはまったく関係がない。

彼らはこういったやり方を何千年も続けてきた。
よいものを見つけると
それと同じか、それ以上によいものに見せかけて人を騙すんだ。

もう8ヶ月以上前にも言ったと思うが、
あなたの銀行口座にあるお金には、すでにQFSが導入されている。

だから銀行がクローズされても何が起きても
口座にあるお金は守られるよ。

ただ、1〜2週間の間
QFSが行き渡るまでは、
すべてを失った感じになってパニックになるかもしれないね。

私はすでに、ウォレット(口座) が入っているQフォンを渡されていて
QFSを使う最初の人々のひとりになるので、
話せるタイミングが来たら、その情報をシェアするね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 RVとは私にとって懐かしい話です。
 RV(リバリュエーション)は、通貨の評価替えのことです。
 貿易決済用として各国がため込んできた米ドル、ユーロ、ポンド、円などは国力より発行量が多い為、低く評価されます。逆に、資源が豊富にあるけれども政情不安などで低く評価されてきた国の通貨は上がるというものです。
 QFSとは、量子金融システムのことで、今のSWIFTのように簡単にハッキングされ盗まれてしまう制度にかわり、宇宙空間に打ち上げた衛星の量子金融システムにって、誰にもハッキングされない金融システムが可能になるという話でした。
 私は当時、こうした話を夢中になって聞いていました。
 いまや懐かしいと感じるぐらい、遠い昔に感じます。

 遠い昔に感じるこうした話が、実は着々と進められているかもしれないというのは、夢のある話です。
 QFSの開始時期は、米軍の量子コンピューターが決めるという動画です(1分40秒あたりから)。

https://www.youtube.com/watch?v=-R6g1v935iE


 最後に、私が最近特に感じていることです。
 私たちは、ショーを見せられているのではないか、ということです。
 6月16日、フランス、ドイツ、イタリア、ルーマニアの各首脳は、ウクライナの首都キーウでゼレンスキー大統領と会談し、ウクライナの欧州連合(EU)加盟の意向を支持すると述べたというニュースが流れました。
 私はこのニュースを聞いて、妙な違和感を覚えました。
 そもそもウクライナは戦争の真っ最中であり、キーウは戦争相手のロシアからすれば敵の最高指揮官がいるのですから、極めて危険な場所のはずです。
 さらにこれらの国は、ウクライナに武器支援をしているのですから、ロシアからは戦争当事国と見做されて攻撃されても仕方ありません。
 もしロシアが各国首脳が参加している会議に、ロシア自慢のイスカンデル・ミサイルを打ちこんだらどうなるでしょうか。
 イスカンデル・ミサイルは、軍用車や戦闘機から発射する短距離弾道ミサイルで、戦闘機または衛星から電波でコントロールされ、不規則な軌道を飛ぶことから迎撃不能と言われているものです。
 4ヶ国の首脳が首都キーウを訪問したということは、各国首脳は、ロシアが絶対にキーウを攻撃しないことを知っていたということです。
 ロシアもウクライナも本気で戦争などしていない、実はショーではないかと感じたのです。
 同じ思いを感じている方もおられるようで、馬淵睦夫さんに、プーチン大統領とゼレンスキー大統領は最初からつるんでいるのではないかと質問した動画がありました。
 ロシアが本気になれば、敵の最高指揮官であるゼレンスキー大統領を排除することは簡単にできるからです。それをせず、ゼレンスキー大統領が世界に発信し続けることをロシアは容認しています。
 たしかに、この紛争が長引けば原油は高止まりし、ロシアは経済的に潤い続けます。
 田中宇(さかい)氏によれば、ロシアに経済制裁を課した欧州は、インド経由でロシア産原油を購入せざるをえず、欧州は合計で1兆ドルのコスト高になると概算されているといいます。
 つまりこの紛争が長引けば長引くほどロシアは潤い、欧州はますます疲弊していくという構図ができあがっています。
 一方で、ウクライナへの武器供与は、アメリカの軍産複合体にとっては大きな利益をもたらすので、ウクライナ紛争が長引くことを望んでいるでしょう。

 どうも、表面に見えることと違うことが進行しているのではないか、という気がしています。



猛烈に進む円安の話...2022年6月12日

 もうずいぶん長いこと、ドル円は110円という水準が続いていました。
 それが去年の暮れからジリジリと円安が進み始め、ロシアのウクライナへの軍事侵攻が起こった後からは、もう目を剥いて下がるという状況になっています。
 ひどい時には、1日に1円づつ連続して下がるという日もありました。
 現在(6月12日)時点では、1ドル134円台半ばとなり、110円から20%も円は下落したことになります。
 日銀の黒田総裁は、「(日本にとって)全体として円安はプラス」と言っていますが、詭弁(きべん)です。
 日本が戦後、経済発展して輸出で外貨を稼いでいた20世紀後半なら、円安はプラスでした。
 しかし、その後の円高で主力産業の製造業が海外に出てしまった今となっては、円安はマイナスです。トヨタの例で言えば、1年で1000万台生産される車のうち、国内生産は25%に過ぎません。残りの75%が海外生産なのですから、黒田総裁が詭弁を言っていることがわかると思います。
 たしかに円安は、輸出企業にとってプラスですが、輸入企業にとってはマイナスです。輸出企業のプラスと輸入企業のマイナスは、全体として相殺されても、円安はエネルギーや穀物資源の高騰をもたらすので、消費者物価を押し上げ、一般庶民の暮らしはどんどん苦しくなります。
 そもそも日本は、経常収支ではからくもプラスを維持していますが、貿易収支はすでにマイナスです。これは構造的なもので、今後も続くものです。つまり日本にとって、円安はデメリットの方が大きいのです。

 今回の異常とも言える円安のスピードは、どこからもたらされているのか。
 私は、その理由として2つ挙げたいと思います。
 1つは、一般的に広く認識されている日米の金利差です。
 日銀は、長期金利を0.25%から上げないよう、10年物の日本国債を無制限に買い取ると宣言しました。
 アメリカの10年物国債の金利は3%に上がっているので、その差(スプレッド)は、2.75%に開いています。
 ほぼゼロ金利の円を借りて、アメリカの米国債で運用すれば、2.75%の利益が得られるのですから、指を咥えて何もしない機関投資家は少ないでしょう。
 たしか黒田総裁は、インフレターゲットとして2%を目標にすると長らく言いづつけていました。
 日本の消費者物価ですが、4月と5月は前年比2.4%でした。
 ついに、2%達成です。
 黒田総裁は、金融緩和を行う理由としてインフレ率2%を挙げていたので、これで金融緩和は終わりのはずです。
 しかし、黒田総裁は金利を上げようとしないし、金融緩和を続けると言っています。
 理由は、はっきりしています。
 金利を上げてしまうと、日本政府が財政破産を起こすからです。
 長期金利が2%に上がるだけで、政府は予算を組めなくなってしまいます。もちろん日銀は債務超過に陥ります。
 具体的に数字で示したいと思います(吉田繁治さんの計算)。
 仮に長期金利が1%上がったとしたら、平均残存期間8年の1200兆円に膨らんだ長短平均金利0.1%の円国債は、8.4%下がることになるそうです。520兆円の国債を保有する日銀の含み損は43兆円となり、自己資本の10兆円を軽く超えてしまいます。

 日銀は、インフレ率は2023年には1%の上昇率に下がると言っているそうです。
 絶対に金利を上げられない以上、これからインフレは収まると言い続けなければならない日銀の立場(大人の事情)ということでしょう。
 参考までに、日銀が金利を上げないことに対する増田俊男氏の動画を貼り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=5o16Fk-_K88

 では、GDPの230%もの借金(国債その他)を抱える日本政府に財政破産を起こさせない為に、金利を抑圧する政策を取り続けると、どうなるのか。
 その例として、戦費でGDPの200%の借金を抱えたイギリスの例がとても参考になります。
 これはすでに記事として紹介したものですが、1ドル110円から20%下落した円と、戦後イギリスのポンドが20%下落したことが類似しており、改めて紹介させていただこうと思います。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1242」から抜粋開始>・・・

■2.現在の円安、130円台を歴史的に対比すれば

戦後の英国の、50年の長きに渡るポンド安として起こったことに、類似しています。

英国では、戦後は、GDPの200%の戦費国債(=チャーチルが使ったドイツとの戦費)を抱えていました。(注)日本の国債残はGDP比230%と世界1大きい:米国はGDP比100%です。

この国債ため、英国は戦後インフレの中でも金利を上げることができなかった。大英銀行は経済理論ではあり得ない「インフレの中の低金利」を敷き、「金融抑圧」を行ったのです。金利0.25%以下を目標にしている現在の日銀と「瓜二つ」です。

インフレの中では上がるべき金利を、人為的に抑えられたポンドは、1945年には1000円と高かった。戦後は大きく売られ、まず800円に下がり(−20%)ました。20%下落は、今の円に似ています。

・1年平均4%〜5%。長期的に下がっていったポンドの預金をもち、
・ポンドの給料を得る英国人の生活(所得と社会福祉は世界1高度でした)は、輸入が多く、価格が上がり続ける食糧の買いに躊躇するくらい、貧しくなっていったのです。

大英銀行が金融抑圧を続け限り、ポンド安には、「出口」がありませんでした。

英国ポンドは、20年、30年、40年、50年間も下げ続けました。
現在は1ポンド164円です。1945年の1000円に対して、1995年までの50年、下がり続けた結果が、この164円です。

50年間で84%のポンドの下落は、1年間平均では−3.6%ですから、なるほどと思える下落率です。奇異なことは50年下がり続けたことでしょう。

【ベッドに寝た英国病とされた】
ケインズが1946年に亡くなったあとでもあったので、深くは分析されず、インフレの中で通貨が下がり英国人の所得が減っていくこことは、「英国病」と言われたのです。英国経済は、没落しました。
(英国ポンド:1980年500円→1995年169円)
https://ecodb.net/exec/trans_exchange.php?b=JPY&c1=GBP&ym=Y&s=&e=

【中央銀行が国債を買っていく量的緩和の本質】
GDPの成長率より大きく通貨を増やす「量的緩和と低金利」は、通貨価値を希薄化させます(濃度を薄めること)。

量的緩和は、ウィスキーのモルト(原酒)に水を入れ、見かけの通貨の量を増やすことと同じです。通貨1単位の価値を下げます。
(注)MMT(現代貨幣理論)を有効とするリフレ派にはない視点です。

■3.英国が戦後インフレの中で、低金利を続けた原因

大英銀行は、国債のデフォルトを避けるため、金利を下げる金融意抑圧を70年前から50年間も、行い続けました。日本の円も、とめどなくポンドが下がった戦後の英国を追っているように見えます。

英国政府・中央銀行は他国に例がない、
(1)金融抑圧(低金利への、中央銀行の介入)と、
(2)コンソル債(償還のない永久債の発行)を行いました。

目的は、ポンドの通貨価値を下げて、金利は抑え、財政を破産させないことだったのです。

通貨が下がるときは、金利を上げる(市場の金利は上がる)ことが普通です。

ところが、英国にはGDPの200%の国債残が残っていた。金利が上がると既発国債価格が大きく下がって、「銀行危機→政府の財政危機」になるので、金利を上げることができなかった。

この英国ポンドの下落は、金融ビッグバンにより金融課税を下げて、世界のマネーを呼び寄せ、ロンドンのシティが金融のハブになって行った1995年まで、50年間続きました。

現在、世界の金融のハブは、ウォール街、ロンドン、フランクフルト、シンガポール、香港、最下位が、円の力が衰微してきた、極東の東京です。1990年の、世界1だった日本経済と円のプレゼンスは、激しく低下しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この文章を読むと、これからも円は際限なく安くなっていくように思えます。
 しかし物事は、そう単純ではないようです。
 場合によっては、円高もありうるようなのです。
 吉田繁治さんが予測しているのが、アメリカ経済のクラッシュです。
 アメリカでは、日本と違ってどんどん金利を上げています。
 FRBは、6月、7月にそれぞれ0.5%の利上げを予定しています。市場はその利上げを織り込んだのではないか、というのが吉田さんの見立てです。
 実際のころ、NYダウはピークの3万5千ドルから現在3万1千ドル台に下がっています。
 つまり、市場が織り込んだということはブラックスワンではないということです。吉田さんの見立てでは、9月、10月の利上げからが危険だといいます。
 現在、9月、10月の利上げはないというのが、市場の多数派なんだそうです。
 ですから、FRBが6月、7月の利上げに続き、9月、10月も利上げを行った場合は、市場は大暴落する可能性があります。
 吉田さんは、今年の暮れから23年に経済クラッシュの可能性が高いとみておられるようです。

 ロシアのウクライナへの軍事進攻の制裁として、欧米各国はロシアの資産凍結やSWIFT排除などの経済制裁を課しました。
 こうした制裁は、欧米各国へ特大ブーメランとして跳ね返り、欧米各国は高いインフレ率に苦しめられるようになっています(アメリカの4月の消費者物価指数(CPI)は、8.3%)。
 さらに、ロシアのルーブルはウクライナへの軍事進攻後は一時的に下落したものの、その後上昇に転じ、今は侵攻前よりはるかに高くなっています。
 以下は、ルーブル/ドルのチャートです。
 安くなっている円よりも、高くなっているドルとの比較です。

https://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=RUB&to=USD

 また、制裁を課されたはずのロシアの石油や液化天然ガスなどの資源エネルギーの輸出量は、進攻前より増えており、ロシア経済はどんどん強靭化しています。
 SWIFTからの排除によってドル送金を止められたロシアは、欧米各国などの非友好国には、ルーブルでないと資源エネルギーを売らないことにしました。
 これにより、ブレトインウッズ体制後、長らく続いた原油はドルでしか売らないというペトロドル体制が危機に瀕しています。
 再び、吉田さんのメルマガから紹介します。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1239」から抜粋開始>・・・

◎世界の中央銀行がもつ外貨準備(総額12兆ドル:1500兆円相当)としてのドルのシェアの低下とともに、BRICS、新興国、産油国でドルの代わりに準備通貨として増えていく金の価格が「上がっていく時代」を迎えたように思えます。

BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)と中東の産油国(サウジ、イラン、イラク、アラブ首長国)を中心にして、世界のGDPは50%の国(人口では80%)が、現在ロシア側に立って、78年のドル基軸の体制から離れる動きを示しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドルこそがアメリカの世界覇権の要なのに、その覇権を危機に陥れるような自殺行為をしているように見えます(吉田さんも不思議だと言っていました)。
 こうした状況で、アメリカ経済がクラッシュするとなると、いよいよドルの崩壊となるのは必定です。
 もちろん、ドルの崩壊と同時に円も崩壊するでしょう(さらなる価値の目減り)。
 崩壊の度合いが、ドルの方が早ければ円高になるし、円の方が早ければ円安になります。
 ただし、どちらも崩壊するので、円高、円安を気にしてもあまり意味がないかもしれません。


 次に、私が挙げる急激な円安のもう一つの理由かもしれない話題に入りたいと思います。
 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ(4月18日)に以下の記述があり、私は強い印象をもちました。

 「日本の政府は、その欧米(特にバイデン政権)を支えるために大量の円を刷って貢いでいる。それが最近の急な円安の原因である」

 これは事実なのか・・・。
 これに関しては、当然ながら情報が無く、確かめようがありませんでした。
 しかし、ある人物の動画を観ていて、それに類推する話がされていたのです。
 以下のニコニコチャンネルの「笹原チャンネル」の動画『【生放送】5月11日(水)21:00 「知床観光船の真実」』の、16分40秒あたりから観て下さい。
 なんと、ウクライナ紛争の黒幕は日本で、日本のお金でウクライナ紛争が行われているというのです。

https://nicochannel.jp/shunsasahara/video/smtS8xjxUJH42jTiyLzzv53G

 この話が本当なら、由々しき事態だと思います。
 たしかにこの話が事実なら、最近の急激過ぎる円安も説明できそうです。
 訪問者の方々で何か情報をお持ちの方がおられましたら、教えていただけると幸いです。



『最高の死に方をするための最高の生き方』から...2022年6月4日

 人は死んだら、善いことをした人は天国に行き、悪いことをした人は地獄に行くという教えは、どのくらい前から日本人に浸透したのでしょうか。
 仏教が伝来した飛鳥時代からでしょうか。
 奈良や平安の地獄絵図で、地獄の業火に焼かれる罪人の様子がリアルに描かれているのをみると、この時代には一般庶民に広く浸透していたのかもと思えてきます。
 私の視点ですが、こうした天国(仏教では極楽浄土)とか地獄といった観念が導入された理由は、人間に「罪」の意識を植え付ける為ではないかと考えています。
 西洋のキリスト教では、どうでしょうか。
 仏教より、より罪の意識を強調するものとなっているように見えます。
 なにしろ原罪という言葉すらあります。
 人間は、生まれながらにして罪を背負っていると教えているのですから筋金入りです。
 映画『コンスタンティン』では、悪魔祓い役の主演キアヌ・リーブスは、自分の死後に地獄に落とされるのに苦しみます。大天使ガブルエルに詰め寄ると、大天使ガブルエルは地獄に落とされる理由として、過去に自殺を試みたからだと説明します。
 キリスト教では、自殺は「大罪」とされているようです。
 自殺したのではなく、自殺を「試みた」だけなのに、地獄に落とされるというのですから、なんとも血も涙もない話です。
 さらにキリスト教では、仏教の転生輪廻の教えもないようです。
 神秘家のゲリー・ボーネルさんに聞いたのですが、聖書にはもともとイエスの数々の転生が詳しく書かれていたそうです。それが、ある時期にごっそり削除されたそうです。
 仏教の転生輪廻であれば、失敗しても(罪を犯しても)次の転生で頑張って取り返せばいいとなりそうですが、キリスト教だと一回しかないので、いったん罪を犯したら致命的です。
 罪を犯せば永遠に地獄で苦しむと教えられるのですから、罪に対して仏教よりも強いプレッシャーを与える教えになっているように見えます。
 繰り返しますが、天国、地獄といった観念は、人々に罪の意識を植え付ける為に実に効果的な演出だったと私は考えています。

 私の場合ですが、自分が神秘体験をしたことがあったので、あの世の存在は実感としてあると信じています。しかし天国や地獄があると思うかと問われたら、「たぶん、無いんじゃないすかねー」と答えると思います。
 それは、サアラさんのスクールに通ったおかげで、幽界の消滅ということを教えられたからです。
 人は死んだ後、本来は霊界に行くべきところ、幽界のトラップに嵌ってしまい、そこで魂のリフレッシュを行わないまま、また人間として生まれてきてしまうといいます。
 これを輪廻と言い、魂の無限ループという牢獄の状態です。
 ブッダは、幽界のトラップに嵌る「輪廻」の輪から抜け出し、霊界まで行って魂をリフレッシュして新たに生まれる「転生」を説いたことを知りました。
 幽界のトラップの為に登場したのが、地獄の閻魔様というキャラクターだったようです。
 悪いことをした魂は、地獄の閻魔様から裁きを受け、地獄で永遠の苦しみを味わうようになる、といったストーリーです。
 キリスト教も同様に、天国、地獄といった観念を導入したのは幽界のトラップに人々を嵌めさせる為のものであったと私は考えています。
 幽界トラップを私が知ったのはサアラさんが最初でしたが、並木良和さんも全く同じことを言われています。
 まず、その部分から『最高の死に方をするための最高の生き方』(並木良和著、PHP)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『最高の死に方をするための最高の生き方』、p98〜p101から抜粋開始>・・・

 なぜ、この世に生まれた理由をすっかり忘れてしまうのか

 ところで、人生でのテーマも目的も肉体条件も自分で選んできたはずなのに、どうして、多くの人がそのこと自体をすっかり忘れてしまうのでしょうか。せっかく何度も何度も生と死を繰り返してきたはずなのに、その過去世の記憶をほとんどの人が覚えていないのでしょうか。
 それは、これまでは「幽界」というものがあり、きちんと癒されないまま輪廻を繰り返していたからです。

 僕たちはこの世で死んで肉体を脱ぐときを迎えると、霊界に渡って、しっかり癒されてエネルギーに満ちた状態でこの世に生まれ変わる、と先ほど説明しました。
 その人生での傷も癒され、さまざまな記憶の混乱も整理され、ちゃんとリフレッシュしてから生まれ変わると、「次の人生ではこれをやって、あそこの両親のもとに生まれて……」と、明確に自分で選んでくることになります。
 そのためには、幽界ではなく、霊界へ行くことが大事なポイントだったのです。

 今までは、幽界というものがあり、この世で肉体を脱いだ魂は、まず幽界に向かいました。そこには裁く存在がいて、「あなたはこんなところが良くなかった。これがダメだった」と、罪悪感や罰のような概念を植え付けられていました。
 悪いことをしたら地獄に落ちるとか、生まれながらにして罪を背負っているといった教えは、すべて幽界からきているのです。
 この幽界のトラップにはまってしまうと、僕たちは、その人生の一つひとつを整理できないまま、傷も癒されないまま、朦朧(もうろう)とした状態で生まれ変わることになります。これを「輪廻」と言います。
 ボーッとした状態で次の人生を選ぶので、「ええっと、ここ……ね。はぁ、これで……大丈夫な気がする」みたいな、そういう曖昧さをもって、まるで記憶喪失のような状態で、次の人生に入っていきます。多くの人たちは、これまで、この輪廻を何度も何度もグルグルと繰り返してきたわけです。
 だから、「なんで生まれたの?」「わかんない」、「なんでここに来たの?」「知らなーい」、「前世は何だったの?」「え、わかんない」みたいになってしまうのです。親ガチャなどと思ってしまうのも、そのためです。

 輪廻ともう一つ、「転生」という言葉があります。
 よく「輪廻転生」と、一括(ひとくく)りに使われますよね。本書でもここまでは、あえて輪廻転生という表現を使ってきました。でも、本来、輪廻と転生はまったく別のものなのです。
 幽界に行くと、僕たちは輪廻をすることになります。
 一方、転生というのは、霊界に行くことで起きるものです。霊界に行って、完全に癒され、ちゃんとリフレッシュして、明確に「ここに生まれ変わっていくんだ」と自分で自由に選んで生まれ変わっていくことを、転生と呼びます。
 仏陀が「輪廻を抜けなさい」と言ったのは、まさにこのことで、「幽界に引っかかってはいけませんよ」「輪廻ではなく、転生をしなさいね」という教えだったのです。

 でも今は、幽界はほぼ消滅しています。そのため、これからは亡くなったら霊界に行くと決めさえすれば、まっすぐに霊界へと上がっていき、そこで完全に癒されて、輪廻ではなく転生をすることになります。
 だから、宇宙の記憶をもって生まれてくる子どもたちが最近、増えてきているのはこのためです。それはまさに、輪廻ではなく転生をしてこの世に生まれてきた魂なのです。
 ただし、今までずっと幽界に行って輪廻をしていたので、そのクセのようなものはまだ残っています。そのため、霊界に行くと心に決めていなかったり、後悔の多い人生を送っていたりすると、霊界に辿り着かず迷ってしまう魂もあるのです。
 けれども、霊界の知識を知らなくても、後悔の少ない人生を送り、ちゃんと生き切ることができていれば、迷うことなく霊界に行くことができます。そして、転生という形で生まれ変わることができる。
 つまり、何のために生まれてきたのかわからないような状態ではなく、記憶の断片かもしれませんが、ちゃんと「私はきっとこのために、ここにいる」「こうこう、こういうことでここにやってきたんだ」とわかった状態で新たな人生を生きることになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『最高の死に方をするための最高の生き方』を読んで私が興味深いと感じたのは、並木さん自身の体験が載っていた部分です。
 なんと並木さんは、この地球での転生が千回に達するといいます。
 そのうち、30ぐらいの転生を具体的に憶えているといいます。
 興味深い、並木さんの体験を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『最高の死に方をするための最高の生き方』、p21〜p31から抜粋開始>・・・

 過去世の記憶を取り戻したきっかけ

 死後の世界というのは確実に存在し、死後の世界こそが本体である、と言い切れるのは、本で読んだり人から聞いたからではありません。自分自身の実体験があるからです。
 僕は、今の僕として生まれる前に、千回以上の輪廻転生の経験をもっています。これはかなり多いほうで、非常に古い魂と言われることもあります。
 千回もの人生をすべて覚えているわけではありませんが、記憶している過去世(過去の人生)だけでも30ほどあります。
 男性として生きたこともあれば、女性として生きたことも。時代も場所もさまざまで、もちろん立場もいろいろです。
 僕自身の魂がもっているテーマの影響で、ヒーラーや神官、シャーマン、霊能者といった霊的能力を扱う立場を多く経験していますが、決してそれらばかりではありません。ほかにも、僧侶や修道士だったこともあれば、司祭や司教、王族のための料理人だったこともありますし、海賊や物乞いだったこともありました。
 「前世は……」という話になると、中世ヨーロッパの貴族だったみたいな話をよく耳にするかもしれませんが、それは、その人の変身願望が反映されているのかもしれません。実際は、魂にとっていろいろな立ち位置を経験することが大事なので、中世の貴族ばかりということはなく、誰もが、いろいろな時代、立場を経験してきています。

 そして、自分が記憶している30ほどの過去世のなかには、死後の世界のこと、さらには死のプロセスについても記憶しているものもあるのですね。自分がどういう形で亡くなり、その後、どうやって向こうの世界、いわゆる霊界に渡ったのかという記憶のある過去世がいくつかあるのです。

 その記憶を生まれたときから、すべてもっていたわけではありません。僕の過去世の記憶が戻り始めたのは、20代半ばの頃でした。門脇法子さんのヒプノセラピー(催眠療法)を受けたことがきっかけです。それまでは断片的だった記憶を一気に取り戻したのです。
 当時の僕は、「自分の顔はものすごく醜(みにく)くて、人にはとても見せられないひどい顔だ」という感覚が、日常のふとした瞬間にワーツと襲ってくることがありました。それは、顔を潰したくなるような、とても激しいもので、いったいこれは何なのだろうと思った僕は、ヒプノセラピーを受けてみようと思ったのです。
 ヒプノセラピーでは、悩みの原因を探るために、今世の過去、前世、過去世の出来事へと遡っていきます。僕の場合は、ある過去世のシーンが映画のようにブワッと出てきました。
 そのときの僕は、アフリカ人の女の子で、お母さんから、今でいう虐待のようなものを受けていて、容姿についても「お前みたいなブスは一生嫁の貰い手もないからね」などといつも言われていたのです。
 突然襲ってくる「ひどい顔だ、醜い顔だ」という感覚は、まさにこの時代の僕が感じていたことでした。その過去世を思い出すと、「ああ、なるほど」とストンと腑に落ち、それ以来、「醜い」という感覚に襲われることは一切なくなりました。

 そして、このことをきっかけに「ガイド」と呼ばれる守護存在(守護天使や守護霊)たちと自由自在にコンタクトを取ることができるようになってきて、過去世の記憶にも自分で自由にアクセスすることができるようになりました。
 それまではガイドが突然話しかけてくることをキャッチしたり、僕が感じていることに答えてくれたことを、たまたまキャッチしたりすることはありましたが、今のように自由自在にコンタクトを取ることはできませんでした。
 このときのヒプノセラピーがきっかけで、霊的な感覚がパンッと開き、その過程で思い出してきたことのなかに、死ぬときの記憶もいくつかあったというわけです。

 死のプロセスの記憶

 ある過去世では、病院のような施設で亡くなりました。そのときの記憶は、非常に色濃く残っています。どこの国に住んでいた時代なのかはっきりとしませんが、肌の色が黒い時代でした。
 そのときの僕は病を患(わずら)っていて、息苦しさや体の痛みもあり、動くこともできませんでした。もう本当に疲れ果ててしまっていました。そうしたなかで、死への移行がはじまったのです。
 亡くなる前は、自分は「これ以上の苦しみは嫌だ」「これ以上の辛さは嫌だ」「死んでいくなかでまた辛い、不快な思いをするんじゃないか……」と思っていましたが、現実はそうではありませんでした。むしろ、突然、なんとも言えない心地よさに包まれていることに気づいたのです。
 正しい表現かはわかりませんが、脳内モルヒネのようなものが分泌されたかのように、すごく気持ちが良くなって、その心地よい感覚がきざ波のようにフワーツと全身に広がっていった。そうすると、「痛かったらどうしよう」「苦しかったらどうしよう」などと、それまであれこれ考えていたすべての心配事がどうでもよくなっていきました。
 その心地よさに身を任せているうちに、だんだんとまわりの声や物音が遠く感じられるようになりました。それまでは家族が「お父さん」と話しかける声もはっきり聞こえていましたし、お医者さんが処置をしてくれていることもしっかり感じていましたが、だんだん、だんだんとそれらに意識が向かなくなっていったのです。
 「お父さん、しっかりして」というような家族の声はぼんやり聞こえるものの、もう“こちら側”に意識を向けられないのです。それよりも、心地よさのほうが勝るというか、この世ではないほうから何かが聞こえているような、なんとなく呼ばれているような気がするのです。なんだかわからない吸引力が働いて、どうしても抗(あらが)えない、そんな感覚でした。
 でも、「お父さん!」などと言われると一瞬、ピクッとこちら側に反応するのですね。でも、すぐにまた向こう側に引っ張られる。そんな体感を何度か繰り返しているうちに、まわりで僕を呼ぶ家族の声、お医者さんの声がどんどん遠くなっていって、「あ、このまま気を失っちゃうんだな」と思ったことを覚えています。
 でも、気を失うことはありませんでした。まわりの声も音も遠くなっていくけれども、かすかにずっと聞こえたまま、「ああ、何か聞こえているな……」と思っていたら、突如、ウワーッと大きくなった。それが肉体を脱いだ瞬間でした。

 肉体を脱ぐと、まわりの景色も音もものすごく色濃く感じられます。
 また、よく、死んだあとに自分の体を上から覗(のぞ)くって、言いますよね。本当に上から見下ろしていました。
 それから、肉体を脱ぐ瞬間、足元から頭のほうに向かってシューッと収縮するような感覚がありました。言葉にするのは難しいのですが、足元からシュルシュルシュルッと縮まっていって、頭のなかで丸まって一つの球体になるような、そんな感じでした。
 そんな体感を得ながら、体がグルグルグルグルと左回りに螺旋(らせん)を描き、そのままスポンと頭側から抜けていったのです。ちなみに、「螺旋の法則」というものがあり、左回転は抜ける、右回転は入るという性質があるのですね。だから、肉体から抜けるときにも、やっぱり左回転で回っていた記憶があります。
 そして、肉体を抜け出た瞬間にフワーッと広がって、自分の体を見下ろしていたのです。

 「おかえりなさい」と迎え入れられる

 ここまでのプロセスは本当に気持ちのいいものでした。痛みや苦しみを感じた記憶はまったくありません。
 スポンと抜けて広がっていくときにも、とても気持ちがいいのです。
 ただ不思議だったのは、自分の体が見えないこと。下を見下ろせば、横になっている自分の肉体が見えるわけですが、いつもだったら手や足が見える位置に手も足も何も見えません。ただ自分という意識だけがそこにあってまわりを見ているような、不思議な感覚でした。

 その間、意識はずっと途切れることはありませんでした。
 心地よさに包まれて、スーッと気が遠くなっていって、完全に途切れるかと思いきや、途切れないまま、肉体からスポンと抜け出て、意識だけが宙に浮いているような状態になったのです。
 お医者さんの「ご臨終です」といった言葉も実はちゃんと聞いていましたし、そのあと、まわりの人たちが忙しそうに動いている様子も眺めていました。また、その時代の僕には娘がいて、娘が子どもを抱えながら泣いている姿も見ていました。
 ただ、なんで泣いているんだろう、なんであんなにバタバタしているんだろうと、すごく不思議でした。「あなたが死んだから泣いているんじゃない!」と言いたくなるかもしれませんが、そのときの自分は不思議な夢を見ているような感じだったのです。そんな感覚のまま漂っていたことをすごく鮮明に覚えています。

 しばらくはそうやってボーッとまわりを見ていたのですが、だんだん、だんだんと意識がこの世から遠のいていくと、今度は、眩(まぶ)しい光の点のようなものが見えるようになりました。すごく眩しいけれど、そこに光源があって物理的に眩しいという感じではなく、なんだか脳の中心にある松果体のあたりが眩しいのです。
 もちろん、体はないのだから松果体なんてないはずです。でも、そのときの自分のなかでは、「松果体が眩しい」という表現がぴったりくるような感覚でした。
 ああ眩しい、いったいどこが眩しいのだろう−−と、光の点のあるほうを見ていると、もう、ものすごくきれいで明るくて、釘付けになるのです。その光から目が離せない。抗えない魅力があり、ずーっと凝視していると、その光がどんどん、どんどん拡大して大きくなっていきました。
 そして光が大きくなっていくと、その光のなかに人影が見えてくる。それは姿かたちではなく、ただのシルエットなのですが、見ているとすごく懐かしくて、「ああ、おばあちゃんだ」「ああ、おじいちゃんだ」とわかるのです。
 「どうしたの、おばあちゃん」「どうしたの、おじいちゃん」なんてやっている間に、どんどんそちらの世界のほうに意識が引き寄せられていくというか、自分も向こう側に向かっていっているし、向こう側も自分のほうに寄ってくるような感覚があり、気づいたときにはその光のなかにすっぽりと入っていました。
 そして、そのときにはもう、こちらの世界の娘の姿や孫の姿、お医者さんの姿は一切見えなくなっていました。

 次に見えたのは、たくさんの人影です。
 暗闇のなかにずっといると、最初は暗くて何も見えなくても、だんだん目が慣れてきて、うっすらとまわりが見えてくることってありますよね。それと同じように、最初は光のなかでシルエットにしか見えなかったおばあちゃんやおじいちゃんの姿かたちがだんだんはっきりと現われてくるのです。
 でも、自分が知っている亡くなったときのおばあちゃん、おじいちゃんの姿ではなく、ものすごく若返っていました。自分が会ったことのないはずの若いおばあちゃん、おじいちゃんの姿なのですが、それでもなぜか「おばあちゃんだ」「おじいちゃんだ」とわかるのです。それは不思議な感覚でした。
 そして、わらわらと懐かしい人たちがまわりに集まってきて、「よく頑張ったね」「お疲れさま」「おかえりなさい」というようなねぎらいの言葉のようなものをかけてもらいながら、みんなに迎え入れてもらいました。そのことは、温かい記憶として、ものすごく色濃く自分のなかに残っています。
 そのときはまだ何が起きているのか、よくわかってはいません。ただ、自分のなかでは、「ああ、故郷に帰ってきたんだ」と、とても懐かしく感じていました。
 よく言われる「ふるさとに帰る」「田舎に帰る」という感覚の、もっともっと強力な懐かしさを感じたのです。そして、みんなに抱えられるようにしてどこかへ導かれていったのですが、僕の記憶は一旦そこで途切れています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が並木さんの死後の体験話に魅かれるのは、私自身も死後の体験の記憶があるからかもしれません。
 私の場合は、死んでから自分の葬式を部屋の隅からじっと見ていました。
 その私の目線の先には、木製の丸い棺桶に入れられた自分の身体があり(当時は土葬)、それをなんとも不思議な思いで眺めていました。自分はここにいるのに、なんで自分の身体があそこにあるんだという混乱があったと思います。
 私が過去世を思い出したエピソードを書いたページが以下です。
 興味のある方はどうぞ(葬式の部分は、<増太郎、死す>です)。

http://motoyama.world.coocan.jp/mysoul.htm


 次は、並木さんが解説する、死後にあちらの世界で魂が体験する数々の出来事です。
 こうした体験は、臨死体験の研究からかなり知られるようになってきましたが、並木さんの解説はさらに詳しいものとなっています。


 ・・・<『最高の死に方をするための最高の生き方』、p50〜p64から抜粋開始>・・・

 一生分を洗いざらい振り返る

 過去世での死の記憶について、前章でご紹介しました。
 肉体を抜け出してフワッと広がり、意識だけの状態になったら、しばらくして光の点が見えてきて、その光がだんだんと大きくなって、やがてはすっぽりと包み込まれた。そして、懐かしい人たちの姿が見えてきて、みんなに温かく迎えられたところで、一旦、僕の記憶は途切れました。どうして途切れてしまったのかはわかりません。
 次に覚えているのは、ガイドたちと一緒に自分の人生を振り返っているシーンです。
 映画館のスクリーンをもっともっと横に長くしたようなものに、自分の生まれた瞬間から、1歳、2歳、3歳……と、亡くなるまでのすべてのシーンが順に映し出されるのです。自分が辿ってきた道がすべて録画されていて上映されるような感じです。それを、ガイドたちと並んで見ていました。
 一生分を一度に見るのですが、向こうの世界ではこちら側とは時間の流れが違うので、そんなに長くは感じません。あっという間といえば、あっという間。ただ、一生分見た、つまりは60歳で亡くなったとしたら「60年分見た」という体感のようなものは残ります。

 自分の一生が映画のように流れていくわけですが、映画と大きく違うのが、ただ見るだけではなく、体感しながら見るということ。
 映っているシーンを見ながら、そのときに自分が何をやったのかはもちろん、本当は何を感じ、何を考え、何を思っていたのか、さらには、それを相手が受け取ったときに相手がどう感じて、どう思っていたのかということまで、すべて体感することになります。
 簡単に言えば、たとえば4歳のときに近所の子と遊んでいて、遊んでいるうちにその子と喧嘩になって、その子をバーンとぶってしまったとします。そのシーンを見ると、殴った自分の手の痛みも感じるし、バーンとぶたれた子の側の痛みも、そして悔しかったり悲しかったり怖かったりといったその子の感情も、まるで我が事のように感じるのです。
 まさにやってきたことのすべてを体験することになります。

 また、人生のなかで大事な選択を迫られる局面がありますよね。
 たとえば、結婚するかしないか、就職するかしないか、右に行くか左に行くか、など。そういう岐路に立たされたところは、クローズアップされます。そのときのシーンが、ものすごく拡大されるような感じで映し出されるのです。
 そのシーンを眺めていると、そのときに自分がどう感じて、どう思ったのか、「だから、これを選択したんだ」ということが明確にわかります。ごまかしはききません。

 たとえば、ある仕事のチャンスがやってきたときに、そのチャンスを選ばず、ふいにしてしまったとします。自分にとって大きなチャンスだったはずなのに、なぜ、それを掴もうとしなかったのか……。
 そのシーンを見ると、そのときの自分は、表面上は「この仕事はちょっと自分に合わないような気がする」「自分には他にやりたいことがあるから、選ばないんだ」などと言っている。でも、心のなかの深いところでは、「チャレンジして失敗したらどうしよう」「もしも失敗したら立つ瀬がない」などと考えていることがわかるのです。
 結局のところ、まわりの目を気にして、失敗するぐらいだったら最初からチャレンジしないほうがマシ、もっと成功する見込みの高いことを選んだほうがいい、といった計算を働かせて選ばなかった、ということが明確にわかってしまうわけです。
 そうすると一緒に見ていたガイドから、「お前は本来はこれを体験するために生まれ変わったのに、それをしなかったね」などと言われます。
 自分自身も、そのシーンを振り返りながら、「どうして選ばなかったんだろう」「逃げちゃいけない場面だということは、深いところではわかっていたのに……」と、ものすごく後悔することになります。隠していた自分の欲や見栄といったものを、改めて痛感することになるのですね。
 そんなふうに、重要な局面になるとクローズアップされて、そこを検証するということを繰り返しながら、ガイドと一緒に一生を振り返っていきます。

 生き方によっては地獄を感じる

 よく、「地獄はあるんでしょうか?」「地獄に落ちるのが怖いんです」と言う人がいます。
 安心してください。向こうの世界に、いわゆる地獄というものはありません。
 ただ、生まれてから死ぬまで自分がやってきたことを、洗いざらい体感をもって一生を振り返るということは、生き方によっては地獄のようなものになるかもしれません。あとから振り返ったときに、僕はそう思いました。

 人生というものを、自分に素直にありのままに誠実に生きたなら、一生を振り返る体験もそれに準じたものになるでしょう。
 でも、自分自身が真に望んでいることから外れる生き方をしていたら、一生を振り返りながら、ものすごい後悔を感じることになります。
 また、人を騙す、傷つける、裏切る、盗む、搾取するといった誠実ではない生き方をしてきたら、相手の感じた痛みや苦しみ、辛さ、悔しさ、憎しみなどをそのまま自分が体験することになるわけです。誰も逃れることはできません。しかも人生のなかで行なってきたことをすべて体験するわけですから、それは、とても辛い苦しい体験になるでしょう。
 だから、そうしたことが多ければ多いほど、地獄のような時間を味わうことになるのです。
 人によっては、このプロセスは非常に苦しいものになるということを頭に入れておいてください。
 宇宙には、「与えたものを受け取る」という法則があります。
 一生を振り返るときには、まさに自分のやってきたこと、自分が与えてきたことをすべてそのまま受け取る、刈り取ることになるのです。

 また、自分が思っていたことが、単なる思い込みだったと気づくこともよくあります。
 たとえば、相手のために善かれと思ってやったことが、実は相手にとっては全然うれしくなかった、とか。こうしたこともわかってしまうのです。
 「すっごい、いいことしちゃった、うふふ」と思っていたのに、そのシーンを見てみたら、「えーっ、すっごい迷惑なことになってる!」と気づいてショックを受けたり。
 あるいは、自分を陥(おとしい)れようとしていると思っていた人が、実は自分を助けようとしてくれていたことに気づいたり。
 まるで答え合わせをするかのように、そういう真実が見えてきます。つまり、自分のエゴを通して見ていたときには見えなかったものが見えてくる。
 それによって誤解がとけて気づきが生まれ、心が晴れることもある一方で、「ああ、どうしてあんなふうに思い込んでしまったんだろう」「なんであんなことを言っちゃったんだろう」などと、後悔したり反省したりすることもあるでしょう。ある意味ではやっぱり地獄のような辛い時間になります。

 ただし、自分が行なってきたことをジャッジされるわけではありません。
 なぜ一生を振り返るのかと言えば、ただ単に、「ああ、自分はこんなことを相手に対してやっていたんだ」と、自分がしたことをちゃんと受け入れるため、何をやったのか、何をやらなかったのかをちゃんと見極めるというプロセスなのです。
 僕たちは、それぞれの目的をもって生まれてきます。その自分が決めてきたことがどれだけ達成できたかをチェックするための振り返りなのです。
 そして、「ああそうだ、これをやりに地球に降りたんだった。これをやりにまた肉体をもったんだった。でも足りていなかったな」と気づいたら、「次の人生ではここに気をつけてやってみよう」と、新たな課題ができます。次に肉体をもって生まれ変わったときには二度と同じ失敗はするまい、という戒めにもなります。
 そのことを次の人生の準備として受け取っていく大切な時間なのです。

 魂の成長に合わせて案内される

 ガイドとともに一生の振り返りが終わると、自分が成長してきた波動に応じた「層」へと案内されます。わかりやすく言うなら、自分が生まれる前に決めたテーマにちゃんと向き合ってカリキュラムを達成して成長した人は高い次元へ、そうではない人はそれに応じた次元へと案内されるということ。
 案内された先には、コミュニティがあり、今の自分の波動に合う人たちが集まっています。
 あなたの価値観を本当に認めてくれる人たち、あなたを丸ごと受け入れてくれる人たち、本当にわかり合える、理解し合える、お互いに思い合える、自分にとってとても心地よい人たちばかりが、そこにはいます。
 それは、霊的な家族というような存在です。「ああ、こういう人たちを家族っていうのよね」と心から感じるような、そんな人たちが待っています。
 この世で家族だったとしても、向こうの世界でも同じようにチームを組むとは限りません。先に亡くなった両親や祖父母、パートナー、親友が、霊界でも自分と同じコミュニティになるかというと、そうとは限らないのです。むしろ、多くの場合は、まったく別のところに行くことになります。
 ただ、一時的に会うことはあります。
 たとえば、肉体を脱いで霊界に渡るときにたくさんの人影が見えて温かく迎えてくれた、と紹介しましたよね。「お迎えがくる」という表現がありますが、そんなふうに最初に出迎えてくれるときに一時的に会うことはありますが、その後は、自分が達成した分に応じた波動の層へと行き、そこのコミュニティのなかで暮らすことになります。

 そのコミュニティの大きさはいろいろで、「村」と表現したほうがぴったりくるような小さなものもあれば、「町」と言ったはうがいいような大きなコミュニティも。いずれにしても、そこで、彼らとともに暮らします。
 この生活はとても心地よいものです。
 僕たちが暮らす、この世界では、波長の合う人もいれば合わない人もいます。合わない人とも上手に合わせていかなければいけないストレスもありますよね。
 向こうの世界にはそれがないのです。自分とぴったり合う人しかいないので、些細な摩擦も争い事も起きません。
 そういう意味では、ここでの暮らしは、天国のようなもの。

 ちなみに、人を騙す、傷つける、裏切る、盗む、搾取するといった生き方をしてきた人たちのなかにはガイドとともに一生を振り返っても、「ああ、自分はこんなことばかりしてきたんだ。次はこれを克服しよう」と反省することもなく、「ケッ」と頑(かたく)なに反抗するような人もいます。
 そういう魂をもっていると、そういう魂同士が集まるコミュニティに入っていくことなります。清らかな魂たちのコミュニティに入ると、あまりにも違いがあるためにかえって居心地が悪いのです。「あ、ここは自分の居場所じゃないな」と。
 必然的に、自分と同じような魂が集まっているコミュニティへと導かれていきます。そこで殴り合っちゃったとしても、「あーっ、懐かしいな、この感覚」となるわけです。その人にとっては、そういうコミュニティが自分にとって居心地のいい場所なのです。
 だから、向こうの世界には誰か裁く人がいるわけではありません。ただ単に、自分にとって一番しっくりくるところに導かれていくだけ。
 向こうの世界での経験をあとから思い返したときに、「ああ、あれは天国のような空間だったな」「人によっては地獄のように感じるだろうな」などと感じましたが、明確に、天国と地獄というものがあるわけではありません。

 色彩豊かなイメージの世界

 向こうの世界には、太陽もあり、自然も存在していました。
 草木もあるし、小川も流れているし、山もありました。ただ、海の記憶はありません。でも今、僕らが住んでいる地球にある自然よりも、もっと種類も色彩も豊かな自然に囲まれていました。地球上にある花よりも、もっと多くの色や形の花があり、動物たちもたくさんの種類が存在していたのです。
 太陽は常に出ていたので、白夜のように、ずっと昼間の世界でした。だから、向こうの世界では「昼」と「夜」という概念はありません。少なくとも僕の記憶では、夜というシチュエーションはありませんでした。

 そして、何より面白いのは、そこはイメージの世界だということ。
 イメージしたこと、意識したことがすぐさま現実化する世界なのです。たとえば、「リンゴ」と思ったら、パッとリンゴが出現する、そんな世界です。
 僕たちのいるこの世界も、イメージしたことが現実化するという点では、同じです。でも、この世界には時間というものがあり、また、物理的な次元であるために、イメージが形になるまでに時間がかかります。どうしてもタイムラグがある。
 だから、現実化した頃には「え? 私、そんなイメージしてないけど?」みたいなことになるのです。自分がイメージしたことをすっかり忘れてしまっているのですね。でも、本当は、いつかどこかであなた自身がイメージしたことが今、現実になっています。それは数年前かもしれませんし、数十年も前かもしれません。

 一方で、向こうの世界では、イメージしたことがパッと形になります。
 たとえば、肉体をもっていた頃に「こんな家に住みたいな」と夢見ていた家があったとします。でも、生きていた頃には高くてどうしても買えなかった。その理想の家を、向こうの世界ではイメージすることでその場に出現させることができるのです。
 僕は、僕のいた「村」のみんなで暮らしてもあり余るような広いオープンスペースのある平屋をイメージして、出現させたことがありました。
 自分のイマジネーションを使って、大きなお城のようなものをつくって遊んでいる人もいれば、自分が住んでみたかった3階建ての家をつくって暮らしている人もいて、それぞれが好きなように過ごしていました。
 それから、肉体はないので、もちろん食べる必要はありません。でも、もしも「食べたい」と思ったら、食べたいものをイメージしてパッと出すことも、キッチンを使って料理をすることもできます。
 といっても、肉体はないのですから、実際に食べるというよりも、食べた気になる、食べた感じを味わうという表現が正しいのだと思いますが、そういうこともできます。

 生前に好きだった絵を描いて過ごしている人もいますし、音楽を楽しんでいる人も。そしてまた、霊界でもそういう才能を磨いて、次に生まれ変わった人生では、今までやってきたことをもっとレベルアップさせようとしている人もいます。
 また、地上にいる存在のサポートに入る人もいます。だから、天才といわれるような突出した音楽家、演奏家の背後には、もしかしたら霊界からサポートしている人がいるのかもしれません。
 僕の祖父は政治家だったのですが、今は霊界で政治家の集団のなかにいます。そして、日本の政治家たちにもインスピレーションを与えています。でも、肉体がない分、相手を動かすのは大変なこと。ましてや、コントロールしようというわけではありませんから、なかなか思うようには変わらないようです。
 たとえば、なんらかのインスピレーションを与えても、それを聞くかどうかはその人次第。だから、苦労は多いのだと思いますが、それでも祖父は向こうの世界に行ってからも政治にかかわっています。

 他にも、向こうの世界での過ごし方で覚えているのが、勉強。向こうに行ったら勉強なんてしないと思っている人がいますが、そんなことはありません。向こうの世界でもちゃんと学びます。
 「え、何を学ぶの?」と思うかもしれませんが、次の転生に向けて準備を行なうのです。教えてくれる先生もちゃんといて、次に僕たちが生まれる時代に必要な知識、情報を学びます。今は大変な激動の時代なので、その時代のことをちゃんと知り、選び、そしてやってくるわけです。
 だから、自分に内在する知恵や叡智(えいち)をどうぞ信頼してください。僕たちは向こうの世界でちゃんと準備をして、この世に生まれてきているのですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ゲリー・ボーネルさんは、これからは宗教は無くなっていくと述べていました。
 残るのは、仏教だけだろうと言っていた記憶があります。
 私は、次のように理解しています。
 バシャールはこれから人々が分離されていくと言っていますが、並木さん流に言うならば、「目醒めを選んだ人」と「眠りを続ける人」に分かれるということになると思います。
 「眠りを続ける人」には、これまでの宗教がそのまま残っていくと思います。
 一方で「目醒めを選んだ人」は、宗教が無くなっていくのだろうと思います。
 残るとすれば、神道のようなものではないかと考えています。
 宗教の定義は、教祖と経典が揃っていることだと聞いたことがあります。
 キリスト教ではイエスと聖書で、仏教ならブッダと仏典となりますが、神道にはどちらもありません。
 八百万(やおよろず)の神々という言葉が示すように、あらゆるものに神々が宿るという古来からの素朴な教えが復活するのではないかと考えています。
 なぜなら、それが真実だと私は思うからです。
 たとえ水素原子一個にも神が宿るということになります。
 あらゆるものを創造主(神)が創造したのであれば、あらゆるものに神が宿るというのは当然の帰結だと思うのです。

 人々を幽界のトラップにかける為には、人々に罪の意識を植え付ける必要がありました。
 罪の意識を植え付けるためには、宗教による天国と地獄という観念を提供することがとても効果的でした。
 しかし、幽界トラップが消滅した以上、「目醒めを選んだ人」には宗教は全く必要ないものとなり、宗教はその長い歴史を閉じるときがきたのだと思います。



縄文に関する話...2022年5月28日

 1万年を超える長き縄文時代には、戦争が一度もなかったと聞きます。
 もちろん歴史書が残っているわけではなく、チャネリングなどの情報によるものですが、私が強い魅力を感じるには十分でした。
 この話を聞いてから、私は縄文時代に何か魅かれる魅力を感じるようになりました。
 私が東京から引っ越した長野県茅野市には、縄文の博物館があります。尖石(とがりいし)縄文考古館といい、近くに尖石遺跡があります。
 不思議なことに、私は茅野市に縄文遺跡があるなんて全く知らずに引っ越したのです。
 もしかすると、私と縄文とは何かしらの繋がりがあるのかもと思ったのですが、よくわかりません。

 縄文時代に魅力を感じたのはいいのですが、縄文時代について知りたくても、すぐに詳しい文献が手に入るわけもなく全体的に謎のままでした。
 八ヶ岳の原村に大きな縄文の博物館があって行ってみたのですが、特別な感銘を受けることはありませんでした。数千年前の時代ですから、情報(文献)は少なく、縄文人のリアルな息遣いを感じられなかったのです。
 そんな折、ある方とメールのやり取りをしていて、清水浦安というサイキックの人物がいることを知りました。そこで私は、清水浦安さんの書いた本がないかネットで探してみたら、ヒカルランドから本が出ていることがわかりました。
 アマゾンで取り寄せて読んでみると、縄文時代の興味深い記述があったのです。
 今回は、その部分を抜粋して紹介させていただきたいと思います。
 本のタイトルは、『霊人中村天風【ワンドロップ】の教え』(清水浦安著、新谷直慧取材、ヒカルランド)です。
 「ワンドロップ」という言葉を初めて聞いたという方は多いと思います。
 もちろん私も、この本に出会うまで知りませんでした。
 まず最初に、「ワンドロップ」という言葉の説明から入りたいと思います。
 「ワンドロップ」という言葉の由来は、故中村天風氏の「宇宙霊の慈悲のしずく」から来ているといいます。
 私達一人ひとりが、宇宙創造の一滴である「ワンドロップ」を持っているといいます。


 ・・・<『霊人中村天風【ワンドロップ】の教え』、p158〜p159から抜粋開始>・・・

 僕たちがやっているのは、「内なる神と共に生きる、神性復古運動」です。復古というのは思い出すだけではなく、元の働きに戻すという意味があります。本当は一人ひとりが宇宙創造の一滴を預かっているのに、多くの人は心が自分だと思ったまま一生を終えてしまいます。
 本当の自分には大いなる宇宙の一滴が入っています。ですから僕たちはイマジネーションの想像と、クリエイティブの創造ができるのです。そういう存在であることを真から気がついていません。
 しかも、気がつくだけではなく、本来あるべき世界を再創造する時代が来ています。今は人間創造の原点へと戻る折り返し地点に来ています。
 新たな創世記が始まっています。
 一人ひとりがその一滴を持っています。だからこそ「We have one drop」という歌を作りました。宇宙創造の一滴を持っていることに気がつき、時代を変えていくために降りてきたリーダーが、日本には少なくとも5万人はいるそうです。
 「その方々のために旗を立てて待っていなさい」と、かつて霊人天風先生に言われたのでした。そして、今はワンドロップを世界共通認識にする、その活動をただひたすら行っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今の時代は、既存の社会システムが崩壊の過程に入っています。
 崩壊の時期が迫っているということではなく、すでに崩壊の過程に入っていると私は思っています。
 問題は、崩壊するからと右往左往するのではなく、崩壊した後に、どんな社会システムを作るかという点が焦点になってくるべきだと思います。
 その新たな社会システム造りに、縄文が参考になるということかもしれません。

 では、『霊人中村天風【ワンドロップ】の教え』から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『霊人中村天風【ワンドロップ】の教え』、p196〜p210から抜粋開始>・・・

 1万年戦争のなかった縄文時代

 かつて朝日山系でダムの工事中に縄文の遺跡が出てきました。そこがダムの底に沈んでしまうので一般公開された際、僕たちは見に行きました。そこはマタギの里でもありました。
 その頃、僕はお弁当屋さんのチェーン店を手放し、デリバリーのピザ屋さんの会社の代表になっていたのですが、毎日夜中までの仕事で、ストレスが溜まっていました。そんなある日、縄文の時代があり、1万年続いたということを知りました。そこには、戦争なんてなかった。
 稲作が日本に伝播したのは弥生時代。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が高千穂の嶺に降りたときに携えていたのが、天照大御神から授かった稲穂と三種の神器です。瓊瓊杵尊が皇祖皇宗(こうそこうしゅう)に、そうして神武天皇の時代になります。
 縄文というのは、今から1万5千年前から始まっていて、それが日本の歴史の始まりといわれています。戦後になって初めて教科書に「縄文時代」というのが記載され定着しました。明治時代の初頭、エドワード・シルベスター・モースというアメリカ人の動物学者がやってきて、大森の地形がおかしいとして調べたのが大森貝塚です。発掘してみると縄文の土器や貝が出てきたのです。貝塚は日本各地に2700カ所くらいありますが、大森貝塚からは土器のほかにネックレスや耳飾りなどの装飾品も出てきました。
 エジプト文明の発祥は5千数百年前、ヨーガは4千数百年の歴史があるといわれていますが、縄文時代は1万年です。そこに人間がいて、骨の形も現代人の僕たちと同じ。ということは心もあったはずです。思ったり考えたりしていたはずです。今とは価値観が違っていて、心がとても平和だったのではないでしょうか。日本の全国各地に縄文遺跡がありますから、そこそこに人もいたはずです。
 三内丸山遺跡にも何回か行っていますが、そこは大きな集落で、住居は竪穴式に石を組んで、柱を立て、藁で屋根をふいていました。暖をとるために真ん中は暖炉があり、しかも煙が抜けるようになっています。じゃあ、この人たちは何を考えていたのだろう、と僕は思ったのです。
 今、縄文に人気がありますが、人気があってあたりまえで、それは「原点に還れ」ということではないでしょうか。僕は彼らに非常に衝撃を受けて、ものすごく興味をかき立てられました。たとえば地震や台風などでよく停電しますが、現代生活には電気は不可欠で、それが止まると生活できなくなってしまいます。ガスも水道も使えなければたちまちパニックです。ところがこの時代には電化製品も照明もありません。電気の生活が始まったのはここ百年のことです。

 縄文人は宇宙エネルギーを自在に使っていた

 人間が体を持って生きている限り、必要なものは当時もありました。気候変動も飢餓もあったでしょう。その中で衣食住があり、住んで、食べて、着て、つまり裸で歩いていたとは思えません。各地の土器を見ると弥生式とはまったく違います。弥生式では水瓶も溜めることが目的ですから、効率よく水がいっぱい溜められるようになっています。ところが縄文時代は火焔土器に代表されるように、底が小さく入口は火が燃えたような形、火焔状になっていて、水をいっぱい溜めるというものではありません。
 何よりいちばんの特徴は縄です。縄の紋様です。縄を編む文化には繊維がなければなりません。紐を作っていたということです。材質は自然のもの、麻みたいなものだと思いますが、それをDNAの二重螺旋状のように編んでいた。それを粘土の上に置いて押さえる縄目模様がつきます。それぞれみんな違っていて個性的ですが、私には女性が作ったもののように感じられました。
 もう一つ興味を持ったのが、うちの女房によく似ているのですが、「縄文のビーナス」に代表されるふくよかな女性たちです。土偶だけでなく素焼きの粘土板もたくさん出ています。それも女性をかたどったものがひじょうに多いのです。女性美の価値観も今とは違います。どんな女性が理想かというと妊婦さんです。妊娠している女性が豊かさの象徴でした。そこには、生命が生まれるということ、生きるということ、次の子孫に繋がっていくことへの祈りが込められています。
 僕はこの縄文の文様を見ながら、生き方とか考え方、何を大切にしていたのかということをずっと考えていました。彼らが日常的に見ていたのは人為的なものではなく自然です。まわりを見渡してもビルなんてないのですから。もちろん燈(あかり)もありやしない。だけど、朝日が上がれば太陽が、夜になれば天の川が手に取るように見えました。雄大な星空が手に取るように見えた。彼らはそんな世界観、宇宙観の中にいたのです。川の水も音を立てて流れていたし、風の音も聞き分けていたでしょう。

 縄文は宇宙文明だった

 縄文は宇宙文明だというのは、宇宙の生命観だったからです。縄文時代には方位石というのがあり、そこに東西南北が示され、太陽が昇る位置も計算されていました。同じように星座石もあり、大きな石に天の川銀河が刻まれていました。彼らは現代人とは違って暗闇に慣れていますから、夜でもよく見えるのです。現代人には見えない星も見えていました。悩むことも少なく、食べて生きていくために自然に学び、果実や栗を食べたりしていました。そして集落の玄関を南に設け、自然のエネルギーが全部集まるように設計しました。火焔土器もエネルギーが器の中に集中するように作られていたのです。
 僕は実際、自分で土器を作って実験したこともあります。思えばばかなことをいろいろやっていました。縄文と弥生の土器を作って調べてみたら、縄文土器に入れた水は腐りにくいのです。縄文土器の内側は炭がついていないのに、外側は焼けています。あれは外側から焼いたのです。そうして水を沸かして、その水の中にエネルギーを取り入れていました。
 僕はあの頃は気が狂ったように縄文にはまっていましたから、普段は人が入っちゃいけない神社の杜に入れてもらい、いろいろ調べていました。そういうところにも人が住んでいた形跡がありました。縄文人は肉眼だけでなく霊眼も使っていました。
 中村天風先生は人の肉体は間脳から先にできるから目はあとだと言っていますが、宇宙エネルギーはまず松果体の中に入ります。第三の目がいちばん先にできるから、そこに魂が入るのです。第三の目を使えばエネルギーもプラーナなども見えたから、プラーナがいちばん集まる食物をとって食べました。食物も生きるのに必要なものだけとります。しかも蓄えるとかそういう考えはありません。
 僕の考えでは縄文様というのは、肉体を次の子孫に繋げていくDNAの二重螺旋を見ていたのだと思います。あれは永遠の生命の循環を表しています。宇宙はメビウス、永遠の生命がずっと続いていく生き物ということを表現しているのです。彼らはいのちの本質がわかっていました。死という観念も永遠の生命に還るという感覚でした。

 平和で豊かな暮らし

 今の文明は行き詰まっています。この前の地震で電気が消えたら、夜空の星がとてもきれいだったと言っている人が結構たくさんいました。そういえば3・11のときも、自然災害だけでない、原子力発電という文明による危機に直面しました。そんなことが重なってみんな原点に戻ろうとしていますし、多くの方が目覚め始めているような気がします。でもまだ多くの人は電気がないとやはり怯えます。
 気がついたのは、縄文人って豊かだったということです。なぜかというと家が4軒ありました。つまり別荘を持っていたのです。それは食にも繋がっていて、この季節にはこういう果物がなる、この季節は台風が来ると、春夏秋冬4シーズンの定着した家があったのです。所有権はありませんから、どこでも自由に住めました。
 貝は交換手段に使っていました。たとえば海のものと山のものを交換するために貝は交換の証に使っていましたし、またネックレスやブレスレット、イヤリングの交換にも貝を使っていました。文字は必要ありませんでした。霊感で相手の言いたいことがわかっていたから意思疎通には困らなかった。以心伝心です。
 現代人は相互不信の中で自我本位で生きているから、相手が何を言いたいのかわかりませんが、その頃は、人だけでなく自然とも対話しながら共に生きていました。台風や災害が来ることも察知していましたから、家族一族を引き連れて安全な場所へ移動していたと思います。

 エネルギーを活用

 そんななか、ワンドロップはみんな持っていました。もともと人間は宇宙から来た魂だということもわかっていました。イギリスでもストーンサークルやストーンヘッジがありますが、それらは共振するといわれています。日本でも環状列石といって、いろんなストーンサークルがあります。あれは上空から見ると見えやすく、方位石や、パラボラアンテナのような人工的なお椀状のものもあります。意識は上空からも見えていたので、それでエネルギーを表現していました。
 そこで僕は実験しました。家を建てる地鎮祭のときに四隅に竹を立ててお祓いをしますが、そういう清浄な場を作って、中に入ったらどういうことができるか。縄文の縄のようにぶあつい麻で編んだ縄を百メートルほど買って渦巻きにし、ぐるぐる回る隼人族のマークを作って、どんなエネルギーが体感できるかやってみたのです。
 すると、外と中はまったく違うのです。渦巻きの中を通っていくと、いろんなものが抜けていくのがわかります。渦巻きも環状列石もそうですが、そうすることで上からエネルギーが降りやすくなります。彼らはそうしたエネルギーを利用しながら住居をつくっていました。
 貝塚も発掘現場をいろいろ調べてみると、全国で2百種類くらいの貝や魚を食べていたことがわかります。貝塚はゴミ捨場といわれていますが、ちゃんと分別され、貝はきれいに洗われていました。これも実験してみたのです。北海道や沖縄では風化サンゴを今も売っていますが、あれは水や土地を浄化します。「けがれ地」が「けがれ地」でなく、「いやしろ地」になるのです。ですから、きれいに洗った貝をいったん天日で干して貝塚にした形跡があります。そうすることで場の周波数も変わり、エネルギーの浄化ができました。そういう知恵があったのです。
 集落は円形ですが、天円地方(てんえんちほう)といって、天は丸く、地は方形という宇宙観からきています。宇宙は円だから、宇宙エネルギーを集落に集めるためにはそういう形になるのです。環状列石も丸です。
 相撲の土俵も四角の中に丸を作っていますが、真ん中に天地のエネルギーが集まるようにしたのです。そこで裸になってぶつかりあう相撲はご神事であって、勝ち負けではないのです。シコを踏んで地ならしをしながら、地のエネルギーを高めました。恵みをもたらす自然はみんな神という考え方です。
 だから妊婦さんは生命が次に生まれる豊かさの象徴であり、次の子孫に繋げていかなければなりません。食べるものは自然のもので、かつ集落はエネルギーが高い。水も腐らないようにエネルギーの入る甕(かめ)を使っていました。魂は天のもの、肉体は地のものとして還元していました。
 死者を埋葬をするときは壺の中に、今でいう体育座りのような膝を抱えたかたちで遺体を入れていました。あの世に還ってもすぐ行動できるようにしたのです。肉体は死んでも魂は死なず、すぐ蘇ることを知っていました。
 母系社会だったから戦うことはなく、それゆえ平和でした。土偶を作ったり、何かを編むというのも、女性中心でした。それに対して男性は役割分担で狩猟をする人もいたし、槍を作る人もいました。毒を使って狩猟していたという人もいますが、食べるものに毒を使うことはありません。クジラも食べていたし、クジラの骨で作った装身具もあります。驚くのはナウマンゾウもいました。日本は大陸と続いていたからです。
 夢中で調べながら、僕は発掘現場の地中に入ってみたり、星明かりで本が読めるかどうか試したりしていました。暗いところにずっといると、暗闇でも本当に見えるようになります。
 今、縄文に関心を持っている人が増えているというのは、みんなその記憶を持っているからです。ワンドロップ、自分を生かしている命に聞くということは、かつて縄文人だった頃の記憶があるからです。そうすると恵みを与えてくれる自然は全部神だったし、生命を産む女性も神でした。それが祈りの対象であり、豊かさの象徴であり、そういう連綿として続く命の記憶だった、と僕は受け取っています。

 縄文とカタカムナ

 縄文という大きな流れの中にカタカムナがありました。カタカムナ文明というのは、はっきりいって宇宙人という意識を持っている人の文明だと思います。たとえば宇宙人が神と見間違うほど神々しい形で降りてきて、シャーマンのようにいろいろな知恵を伝えていくのです。
 スタンリー・キューブリック監督が作った映画「2001年宇宙の旅」がありますが、猿が出てきますね。人間の祖先は猿ではないので、あの映像は間違って描かれていますが、モノリスという石板みたいなのが立っています。あれにおっかなびっくり触った猿がいました。すると知恵がついて、彼は棒きれを持って振り回すようになりました。いろいろな生きる宇宙の叡智、それがワンドロップ。つまり宇宙意識です。
 いま僕たちは空に星を見ていますが、そうではない、目に見えない宇宙があります。裏側というか(心を裏とも読みますが)、目には見えないものすべては、裏にある生命エネルギーとして表れます。驚くことに縄文人はこの裏側にある生命エネルギーのことも知っていました。
 土偶の中に国宝として有名な東北から出土した遮光器土偶というものがあります。なにか宇宙服を着たような格好をしていますが、あれはエネルギー体が発光してまばゆくなり、見えないので、アバターというか、宇宙服みたいなものを着て降りてきて、縄文人に知恵を教えていたのです。いつ降りて来るか縄文人もわかっていたから、みんなでそれを囲んで、内なる声なき声で話を聞くのです。そこから広まったのがカタカムナ宇宙文明です。
 平十字(ひらとうじ)が楢崎皐月(ならさきこうげつ)氏に教えたと言われていますが、カタカムナというのは星のエネルギー、宇宙の元素の同位体、アイソトープです。肉眼では見えないけれど、エネルギーで満たされている立体的なものです。
 1980年代のアメリカ映画に「コクーン」という作品がありました。1万年前に地球を訪れた宇宙人の話で、彼らは光の体(ライトボディ)ですが、それと遮光器土偶の宇宙服を脱いだ中身は同じものです。
 進化するために叡智を授けてくれる人が宇宙から降りてきていました。磐座(いわくら)に降りてきて共振し始めると、言葉を超えたバイブレーションが放たれ、受け取る人たちもそれがわかるのです。あ、そうかと思って、みんなが同じことをし出します。
 アイソトープ、それは同位元素とも言われ、元のエネルギーは全部そこからできています。霊(ひ)ともいいますが、大元のエネルギーの表現はこの物質世界では物質化して、それぞれ元素番号がついて元素になります。カタカムナの文字がそれを表しています。カタカムナ人は見えないものに対しても、もっと深い目で見ていたから、DNAの二重螺旋も知っていて、それを模して縄目文様の土器を作りました。その土器は単にものを入れるものではなく、宇宙エネルギーを入れる装置であり、宇宙のエネルギーを使う超科学だったのではないかと思います。そういう意味ではカミオカンデの装置もカタカムナといえます。つまり大きな縄文土器を、地下に作った水瓶にニュートリノを集めて観測しようとするものです。
 人は進化のプロセスを経ていますが、同時空間にいながらみんな意識が違うから、違う世界のように見えるのです。現れてくるものは意識によって変わります。縄文文化はなくなったわけではなく、同時に存在しているのです。縄文に共感したり、関心を持つ人はその意識に近いところにいます。同じ空間にいながら違うのです。同じ24時間でも意識の時間は違うし、そこに流れているものも違います。縄文時代、高度な文明があったのです。必要でないものは現れないだけです。必要なときにまた現れます。
 弥生時代になって米作りが始まり、所有・支配の世界が始まり、それが現在行くところまで行って、今は大きく反転する時期に来ています。マラソンの折り返し地点です。目覚めていく人も増えています。地球もエネルギー体、生命体ですが、そこには振動数があります。地球の振動数を科学的にシューマン共振といい、その周波数は7.8ヘルツ(1次)です。
 ワンドロップ・プロジェクトがどうして聖歌隊を作ったかというと、天地を繋いだ意識状態で地球の中心に向けて歌うことで、地球と共振し出し、本来あった地球の振動数を変えていくこと、それを目的にしているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、数年前からドームハウスに注目していました。
 これから地震や台風のような自然災害は、ますます激甚化することが想定されます。
 田舎に移住にするにあたり、住宅を買っても、地震などの災害で被害を受けることは避けられないかもしれません。
 そんな折、熊本地震で数々の家屋が倒壊する中で、全く影響を受けなかったドームハウスがあるという話を知りました。
 熊本県南阿蘇村にドームハウスだけのホテルがあり、そのホテルは2016年4月の熊本地震において、全く被害を受けなかったといいます(全くの無傷)。
 興味を持った私は、実際に熊本のホテルと同じドームハウスを見てみたいと思い、近くにモデルルームがないか探してみました。
 すると、埼玉県に熊本のホテルと同じタイプのドームハウスを扱う、「有限会社よしくに」という会社があり、電話すると実際に見学できるといいます。私はさっそく予約をとって、見学に行ってきました。
 そこで熊本地震の被害の写真を見せてもらいましたが、印象的だったのは、ホテル敷地内の塀は倒れているのに、ドームハウスの建物自体は全くなんともなかったということです。地震の揺れに強いのはもちろん、丸い形から横風が上に抜けるので台風にも強靭だといいます(普通の家屋の平たい壁は、横風をまともに受けてしまう)。
 素材は、特殊発泡ポリスチレンというもので、非常に軽く、加工がしやすいといいます(厚さは20cm)。
 つまり、どこに窓を付けて、どこをドアにするかといったことが手軽にできるということです(ただし、耐震構造のため、ドアと窓は一定間隔空ける必要があるそうです)。
 それでいて、断熱効果は抜群だそうです。
 また、一見、火に弱そうに見えますが、「有限会社よしくに」の社長さんによると、火を点けたら炎が上がるのではなく、溶けて行ったそうです。
 問題は値段ですが、土台と建物だけだと1000万円以下ですが、壁塗りなどの内装が必要になります。社長さんによると、こうした特殊な家屋を建てるようとする人はこだわりが強い人が多く、何かと設備を付けたがるので、一棟で1500万円前後程度と考えいた方がよいと言われていました。
 ドームハウスの中は意外に広く、天井も高いので解放感があります。
 真夏に行ったので、外は熱かったのですが、室内に入るとすーっと涼しく感じました。
 私は、ドームハウスがすっかり気に入ってしまいました。

 ドームハウスを見学に行ったときは気づいていなかったのですが、その後、縄文式の家屋が丸いのは大きな意味があるという話を知りました。
 丸という空間は、そこに住む人の精神性に大きな影響を及ぼすといいます。
 縄文の家屋は、真ん中に柱をたてて屋根を葺いた竪穴住居で丸い構造をしています。
 1万年も戦争が無かったという縄文人の和の精神性に、ドームハウスはぴったりという印象を持ちました。

 以下は、ドームハウスの詳しい構造が載っているサイトです。
http://kage-yama.net/domehouse/index.html

 「有限会社よしくに」のサイト。
https://www.100percent.co.jp/house/item/106



『若返り革命』から...2022年5月21日

 最近は低体温の人が増えているという話を聞きます。
 なにを隠そう、私はまさしくその一人です。
 朝起きたときは誰でも体温は低いそうですが、この前計ったときは、35.9℃でした。
 36.5℃が平熱と言われる中で、朝とはいえ35度台というのは、かなり気になります。
 私は東京に出たときはホテルに泊まることが多いのですが、コロナ禍の為、チェックインの前に必ず体温を計られます。
 私の場合、だいたい36.2℃近辺です。
 日中で活動が活発で体温が一番高いと思われるときがこうですから、私はかなり低い方だろうと思います。
 病院に入院しなければならないほどの病気は無いのですが、疲れやすいとか、覇気が無いといった感覚があるのは、やはり体温の低さからきているのかもしれません。
 今回は、『若返り革命』という本から紹介していきたいと思うのですが、私はこの本を読んで、かなり深刻な気分になりました。
 アメリカのB・O・バーンズ博士という医師によると、36.5℃を下回ると、数々の病気が起き始めるというのです。
 私は、今のところ幸運にも重い病気はないのですが、今後体温が自然に上がることはないので、そのうちなんらかの病気になる可能性はかなり高いと思います。そもそも加齢と伴に免疫力は落ちていくので、今まで大病してこなかったことが幸運過ぎたのかもしれません。

 今回紹介するのは、了徳寺健二という人が開発した「ストレスフリー療法」と言われるものです。
 「ストレスフリー療法」と聞いて、「怪しい・・・」と感じた方が多いと思いますが、本を読んでみると、なるほどと納得する部分は多いと感じています。
 では、『若返り革命』(了徳寺健二著、アスコム)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『若返り革命』、p14〜p40から抜粋開始>・・・

 若返るために人体からストレスをとる

 筆者が開発した「ストレスフリー療法」は、独自に開発した金とアルミからなる直径1.5ミリメートルの小さな導子から、筆者が探究した人類未知の体表点を中心に、48℃未満のやけどをしない、いわゆる心地良い温熱を送る治療法です。治療開始からわずか1分で、血中のストレスホルモンであるコルチゾールが低減し、2〜4倍の血流増幅が起きます。
 医療技術として重要なことは、限りない再現性を有することと、安全無比であることです。
 10年以上にわたり、筆者たちが「ストレスフリー療法」を実施した回数は10万回を超えますが、副作用は皆無です。また、コルチゾールが低減し、大幅に血流が増える確率は100%であり、限りない再現性と安全性を有しています。
 私たち生物にとって、血流は生命活動を維持する上で必須であることは言うまでもなく、加えて、私たちの精妙で精緻な免疫システムも血流によって維持されていると言っても過言ではありません。
 そのような、私たち生物にとって必須である血流を大幅に増やす技術は「ストレスフリー療法」のみであり、その効果は大きく、胃や腸管の機能の正常化、血管の弾性や血管内皮の著しい改善、さらには、血圧の正常化や大幅な血流増が起こります。
 それだけでなく、血中の1〜2カ月の平均血糖値の推移状態を示す値で、糖尿病のリスクを判別するための指標となるHbA1cの正常化や中性脂肪、コレステロールなどの脂質正常化など幅広い医学的な効果が確認されています。

 若返りの秘訣
 成長ホルモンの分泌亢進(こうしん)

 人々の古からの願いである不老長寿が了徳寺大学が長年取り組んできた研究テーマでした。
 研究によって成し遂げた人体からストレスをとるという人類未知の現象は、驚くべきものをもたらしました。
 治療開始後わずか1分で、私たちの身体で2〜4倍の血流増幅が起きたのです。
 100年前から知られた「すべての病気はストレスによって起きる」というストレス病因説に添えば、人体からストレスをとる「ストレスフリー療法」を発明したとき、筆者は、これで人々の古からの願いである「不老長寿」を達成できると小躍りしました。
 確かにたくさんの人々の病気の改善や、治療を果たせることがわかってきましたが、後述しますように、難病として知られるパーキンソン病などには無力だったのです。
 筆者は、長年その矛盾に苦悩してきました。しかしあるとき、筆者が独自に作った疾病年代別発生率のグラフから、人類が20歳をピークに低下し続ける成長ホルモンの分泌低下線と、病気の不罹患率(病気にかからない割合)が絶妙に符合することに気付いたのです。
 そのときから、了徳寺大学の仮説は「人類の老化と病気は、ストレスによる血流低下と成長ホルモンの分泌低下によって起きる」に進化したのです。
 それ以来、人体からストレスをとりながら、加齢によって分泌低下し続ける成長ホルモンの分泌を亢進、ないしは正常化するという人類初のテーマへの挑戦が始まったのでした。
 「私たちの身辺で起こるさまざまな問題やテーマの解決は、そのテーマが見つかった時点で、半分解決したに等しい」というのが、筆者の経験則からくる持論なのです。
 これまでも寝ても覚めても、そのテーマにもがき苦しんでいると、天から一条の光が射し込み願いが果たされてきたのです。
 私たち人類は、幼年期に成長を促す成長ホルモンが、加齢とともに低減し続けることを、当然のごとく受け入れてきたともいえると思います。
 その医学的にも当然とされてきた成長ホルモンの分泌低減を止め、逆に成長ホルモンの分泌亢進を果たす技術を開発することに挑んだのでした。
 雲をもつかむような果てしないテーマに、困難を極めながらも筆者は、私たちの顔面の法令線上に人類未知の体表点を発見し、加齢とともに低減する成長ホルモンが分泌亢進することを見つけ出したのです。
 つまり、人類の老化と病気の根源であるストレスをとり、大幅な血流増を図りながら、加齢とともに減じ続ける成長ホルモンを分泌亢進させる方法を世界で初めて発見したのです。
 また、成長ホルモンは若返りホルモンの1つとして、昨今、大変注目されているのです。成長ホルモンは、主に脳下垂体前葉の「GH分泌細胞」という細胞から分泌されます。一般的には。子どもの成長に必要なホルモンとして知られていますが、身体にある物質をエネルギーとして使えるような物質に変えていく働き(代謝という)をする重要なホルモンです。
 私たちが生きていくためには、体内でエネルギーを作るシステムが欠かせません。成長ホルモンはその過程で大切な働きをしています。
 そのほか、身体を守る免疫を高めるなど、あらゆる場面で重要な働きをしており、大人から子どもまで生きていく上で必要不可欠なホルモンなのです。
 このように、人々が生きていく上でなくてはならない成長ホルモンの加齢による分泌低下を止めて、逆に分泌亢進させる反射点が顔面のどこかにあるのではないか。また、この技術を確立するには、長年の「ストレスフリー療法」の研究で得られた知見を生かすべきと考えました。
 それは、「足裏のツボ左右F点」、東洋医学で知られる「左足の三里」、これらの3点は固定し、全身の体表点から探し当てるというものでした。
 その体表点は成長ホルモンを分泌する脳下垂体前葉を真横から見て、放射線状の顔面のどこかに存在するとみていました。
 そのような背景から、脳下垂体前葉から45度くらいの場所に押すと強く響き、長く余韻を残す体表点を見つけたのです。
 その体表点は、瞳孔中心から垂線を下ろし、鼻下端と上唇の上端線の中間点を真横に走る線の交点に求められたのです。
 これを「N点」としました。
 以後、毎日、従来の3点の体表点に新発見のN点を加えて自身への研究がスタートしました。その結果は顕著で、内臓脂肪の減少、明らかな発汗量の増加やシミの消失など、成長ホルモンの分泌亢進を裏付ける変化を認めたのです。
 早速、大学職員に協力をお願いし、30代、40代、50代、60代と層別しながら臨床試験がスタートしました。
 その結果は、明白でした。
 特に、50代以上の成長ホルモンと、成長ホルモンが肝臓に働きかけて産出され、ソマトメジンCとも呼ばれるIGF−1の分泌亢進は顕著で、同時に中性脂肪やコレステロールなどが有意に低下しました2。
 こうして、世界初と思われる医学的治療技術による成長ホルモンの分泌亢進が果たされたのです。

 ・・・(中略)・・・

 若返ると免疫力が活性化する

 全世界的に平熱が36℃以下という「低体温」の人が増えています。
 それでは、理想の体温は何度でしょうか。
 実は、アメリカの医師B・O・バーンズ博士の「低体温は危険なシグナルである」という示唆から筆者が「ストレスフリー療法」を開発できたように、私たちの体温は36.50℃〜36.80℃が理想で、この体温のとき、私たちは健康な身体を手に入れることができるのです。
 では、なぜ低体温が増えているのでしょう。
それはズバリ「ストレス」です。
 ストレスが長期間続くと血液の流れが悪くなり、血流障害から低体温になるのは自明の理です。もっといえば、体温が正常なら免疫システムもホルモンの分泌も正常です。発熱といわれるくらい体温が高い状態は、体内に起きた異常を正常化するために免疫システムが機能している状態であり、逆に低体温は免疫システムの機能が低下しているとともに、ホルモンの分泌に異常をきたしている状態であるといえます。
 それでは、なぜ低体温だと病気が増えるのでしょう?
 体温は免疫力に大きな影響を及ぼします。
 体温が1℃下がると免疫力は30%も低くなるといわれています。
 免疫力が低下すると、細菌やウイルスから自分自身を守れなくなるだけでなく、免疫の誤作動により、自分自身の免疫細胞が自分の身体組織を攻撃して、自己免疫疾患を引き起こしたりするのです。
 さらに低体温は、体内を酸化させて老化を早めるだけでなく、体内の細胞は新陳代謝が悪くなります。また、がん細胞は35℃台の低体温のときに、活発に増殖するといわれているので注意が必要です。
 このように、低体温になると病気に対する抵抗力が下がるだけでなく、諸々の病気を発症させ、さらに悪化を招くことになるといえます。
 では、その処方箋は何でしょう?
 健康で丈夫な身体を手に入れる最もシンプルで絶対的な手段は、血流をアップさせ体温を上げることなのです。
 先ほど体温が1℃下がると免疫力は30%低下すると申しあげましたが、逆に体温が1℃上がると免疫力はどのくらい上昇するのでしょうか。
 実は驚くべきことに、5〜6倍に上がるといわれています。
 繰り返します。血流をアップさせ、体温をわずか1℃上げられたら、免疫力は5〜6倍も高くなるのです。
 私たちが風邪をひいたときに体温が上がり発熱するのも、実は体温を上げて免疫力を高める自己防衛反応なのです。
 このように、血流をアップさせて体温を上げることが、いかに大事かわかっていただけたと思います。
 それでは、なぜ体温が上がると免疫力は飛躍的に高まるのでしょうか。
 私たちの免疫システムは血流(体温)と密接に関係しています。
 これまでの話の復習です。体温が1℃下がると免疫力は30%低下し、他方体温が1℃上がると免疫力は5〜6倍と飛躍的に上がるとされます。
 計算が合わないと思われる方が大半ではないでしょうか。
 それは、私たちの体内の酵素が36.5℃以上になると活性化することに由来します。
 私たちの体内では、さまざまな化学反応が絶えず行われています。例えば、食べ物やアルコールなどを消化する「分解」も、栄養を体内に取り込む「吸収」も、老廃物を体外に出す「排出」も、さらに、細胞がエネルギーを作り出すのも、すべからく酵素という触媒による化学反応なのです。
 人間の生命活動や生命維持に必要な酵素は細胞内で作られますが、その酵素の生成にも別の酵素が働きますから、酵素は私たち人間の生命維持に必要不可欠なものとなっているのです。
 私たちが生きていくためには、36.5℃以上の体温がいかに必須であるかがわかります。
 現代社会は、世界の潮流として体温低下が進んでいるとされ、その底流にあるのはストレスフルな社会にあります。
 そのような逆風の社会の中で皆さんが血流をアップさせ、体温を1℃上げるのは容易なことではありません。しかしながら、筆者が開発した「ストレスフリー療法」では、治療開始からわずか1分で血流が2〜4倍に増幅し、ほとんどの患者様の体温が上昇しているのは特筆すべきことだと思います。
 また「ストレスフリー療法」は50代以降の人々に効果が顕著に現れ、体温が上がりやすいのが特徴なのです。
 了徳寺大学傘下の7カ所の整形外科を中心とするクリニックでは、2020年度は年間延べ人数約30万人の患者様を、リハビリを中心に診療しています。
 2020年初期からコロナ禍の中、免疫力向上とコロナウイルス感染防止を目的として、全職員に「ストレスフリー療法」の実施をお願いしてきました。
 週2回以上の実施率は、ほぼ100%に近くなっていますが、2020年度は約200名の職員に対し、コロナウイルス罹患者数は0を達成しています。また、全職員に体温測定を毎日実施しておりますが、36℃未満の低体温の職員が皆無であることは特筆すべきだと思っています。
 2021年4月に、了徳寺大学理学療法学科の学生でクラスターが発生し、27名のコロナウイルス罹患者が発生しました。行政に報告しつつ、迅速な対応によって二次感染を防止できたことは不幸中の幸いでした。
 このような中、濃厚接触者の学生の中でコロナウイルス感染と非感染を分けた要因はなにか。それは私たちの予想通りのものでした。
 濃厚接触の学生の中で、「ストレスフリー療法」の実施者にはコロナウイルス感染は皆無だったのです。
 「ストレスフリー療法」の大幅血流アップによる免疫力向上効果が再確認できたといえると思います。
 このように「ストレスフリー療法」では、なぜ免疫力が高まるのでしょうか。
 その理由は大きく分けて3つあります。
 その1つは「ストレスフリー療法」を実施すると、わずか1分で血中のストレスホルモンであるコルチゾールがほぼ100%の確率で低減し、ほぼ同時に血流が2〜4倍に増幅することです。
 大幅な血流増がもたらす恩恵は多岐にわたりますが、私たちの免疫というカテゴリーの中では、血流の大幅増は全身のすみずみまで血液が行き渡ることを意味し、同時に免疫細胞の増加や活性化がもたらされることにあります。血流増幅によって全身を構成する60兆以上の細胞に、酸素と栄養が存分に供給されると、個々の免疫細胞をも含む細胞が活性化し、同時にそれぞれの役割の機能が、十分に果たされることを意味します。
 また、同時に身体のすみずみまで血液が行き渡ることは、ウイルスや細菌などの異物の侵入をいち早く見つけ出し、正常な免疫システムが作動することを保障しています。なぜなら私たちの免疫細胞は、血流にのって全身をパトロールしているからなのです。

 2つ目は「ストレスフリー療法」によって血流が大幅に増え、体温が上がると血中の酵素の活性が高まることにあります。
 先ほども述べましたが、私たちの身体の維持のすべてに必須なものは酵素です。
 酵素とは、科学的には「生物の細胞内で作られるタンパク質の一種で、体内の化学反応を進める触媒」のことをいいます。
 また、酵素は特定の温度で働き、体温が高いほど働きは活性化して、低体温時には著しく不活性化します。
 このため、低体温の人は疲れやすかったり、免疫力が後退し体調を崩しやすくなったりします。
 私たち生命体が、その生命活動や生命維持に必要な酵素は細胞内で作られますが、その酵素の生成にもまた別の酵素が必要になりますので、酵素は私たち生命体にとって必要不可欠のものとなります。
 この生命体に必須の酵素は、体温が36.5℃以上のときには働きが良化するとされるため、血流をアップさせ、体温を上げることが大事であり、「ストレスフリー療法」の大幅な血流増は、その目的に極めて重要な条件を呈することになるのです。

 3つ目は、成長ホルモンの分泌亢進です。
 成長ホルモンについては後述しますので詳しい解説は割愛しますが、前に述べたように成長ホルモンは小児期の成長に重要な役割を果たすだけではありません。酵素と同じように生体のほとんどの生命活動に深く関わっているだけでなく、私たち人類のすべての疾病にも深く関与しているというのが筆者の考えです。
 例えば年代別各種疾病の発生率を見ると、20歳を境に減り続ける成長ホルモンの分泌が半分以下になると思われる40代から急激に諸々の病気が発生し始めていることは、そのことを明確に示していると考えています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 了徳寺健二氏の開発した「ストレスフリー療法」とは、温熱療法のことです。
 上記に述べられているように、「足裏の2つのF点」「左足三里」と、了徳寺氏が探し出した顔面のN点の4点のツボを、独自に開発した機器によって温めるというものです。
 日本人ならツボというと針やお灸を思い浮かべますが、私は針もお灸も好きではありません。
 私は若い頃、母親にお灸を据えたことがあります。
 母は小学校の教諭をしていて、クラス担任となると、とても大変だとぼやいていました。
 足や腕などのお灸は自分でできるのですが、背中などはできないので、私にやらせていました。
 お灸の火が消えかかる瞬間、熱さがピークに達するようで、熱さに必死に耐える母親の顔を今でも憶えています。
 その姿は見て、「めっちゃ熱そう・・・。お灸はやりたくないなあ」と思ったものでした。
 また、針は金属棒を体内に差し込むというやり方が、どうも生理的に受け付けないものがあります。
 私は学生時代に、針は一度だけ母親に連れられてやったことがあります。
 無痛の針ということで刺すときに痛みを感じないと言われたのですが、たしかに最初チクッとするぐらいで痛みは感じないのですが、頭のツボにも針を刺されて、怖くなった記憶があります。
 その点、温熱療法であれば、少々熱いかもしれませんが、抵抗なくやれそうです。

 では次に、了徳寺氏の「ストレスフリー療法」によって病気が完治した例を紹介させていただきます。


 ・・・<『若返り革命』、p45〜p47から抜粋開始>・・・

 重症の腹膜炎が1日で治った

 2020年11月末に、筆者の携帯電話がけたたましく鳴りました。
 相手は筆者と親交の深いJRAの三浦皇成ジョッキーでした。
 「オーナー、実はお腹が痛くて耐えていましたが、我慢できずに病院に行ったら手遅れ状態の虫垂炎とわかり、筑波大学附属病院で緊急手術となりました。すでに、腹膜炎を起こしており、担当の先生からは、年内の騎手復帰は到底無理どころか、長期の入院を宣告されて困っています」
 と、悲痛な声で報告を受けたのです。
 そこで筆者はこうアドバイスしました。
 「皇成、ストレスフリーをやるんだよ。担当医の先生にお願いしてすぐにやりなさい。腹腔中に侵入した細菌などに対して、マクロファージなどの免疫細胞が反応して外敵から身体を守るんだけど、腹膜炎は、免疫反応が過剰に起こり、サイトカインストームが起きた状態なんだよね。「ストレスフリー療法」を実施すると、過剰に起きた免疫反応を鎮静化させるインターロイキン10が強烈に発現して、サイトカインストームをたちまち鎮静化させることができるんだ」
 この電話で三浦ジョッキーは、早速自宅にある「ストレスフリー器」を奥様に病院へ届けてもらうことになりました。
 それは、筆者がジョッキーの厳しいコンディショニング作りにと寄贈した「ストレスフリー器」だったのです。
 担当医の先生に特別にお願いをして、「ストレスフリー療法」を実施したといいます。すると、異常なほどの白血球とCRP値(炎症や感染症の指標)がたちまち正常化して、何と翌日の退院となったのです。
 「オーナーありがとうございました。『ストレスフリー療法』でこんなにも偉大な結果がもたらされるとは思ってもいませんでしたが、本当に助かりました」
 と、うれしい報告を受けたのです。
 実は、虫垂炎による腹膜炎からの急回復は、今から5年くらい前に当時の了徳寺大学副事務局長が経験していました。
 担当医の先生の御理解を得て、筆者の強い勧めで「ストレスフリー療法」を行い、彼は、2週間以上の入院宣告から急回復しました。その臨床例を経験していたからこそ、三浦ジョッキーにも自信をもって勧めることができましたが、ストレスフリーによる強烈なインターロイキン10の発現の偉大さを再確認することとなりました。
 現在、コロナ禍の中、その感染予防とサイトカインストームによる肺炎の鎮静化は必ず果たせると、「ストレスフリー療法」の臨床の機会を多方面に願い出ているところです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 了徳寺氏の「ストレスフリー療法」開発のきっかけとなったB・O・バーンズ博士の示唆は重要だと思うので、その部分を抜粋させていただきます。


 ・・・<『若返り革命』、p92〜p95から抜粋開始>・・・

 B・O・バーンズ博士の示唆

 前述しましたように、アメリカの医師B・O・バーンズ博士の1冊の著書から、筆者は生涯のミッションを得ることとなります。B・O・バーンズ博士は、人が備えるべき体温の重要性を述べています。
 創造主は、私たちの体温をあらかじめ36.50℃〜36.80℃と定めたのです。この、36.50℃を下回ると、数々の病気が起き始めます。そして体温を下げる一切の原因は、甲状腺ホルモンの分泌低下によると博士は喝破(かっぱ)したのです。
 人間の体内にある分泌腺は、私たちが生きていくために重要な働きをしています。ある特定のエリアだけに及ぼす役割を果たす唾液腺や涙腺などと異なり、内分泌腺は血液の中にホルモンを分泌させ、そのホルモンは血液によって身体のすみずみまで運ばれていきます。
 脳の下垂体からは、成長、出産時の子宮の収縮、母乳の分泌などに影響を与えるホルモンが分泌されています。また、腎臓の上には副腎がありコルチゾール、ストレスに反応するアドレナリンなど必要不可欠のホルモンがたくさん分泌されています。
 さらに脳の中の松果体といわれる部分は、神経や脳の働きに関連するホルモンを分泌しています。
 このようにすべての内分泌腺は、私たちが生きていく上で欠かすことのできないたくさんのホルモンを分泌しています。
 その中の1つ、甲状腺は喉の前方、いわゆる「アダムのリンゴ(喉仏)」のすぐ下の位置にあり、小さなチョウの形をした重さわずか1オンス(28g)とされていますが、日本人では10〜15gです。
 私たちは口から食物をとり、消化吸収して食物をエネルギーに変化させ、それを60兆以上の細胞に酸素やグルコース、脂質とともに供給して生きています。これが代謝であり、この代謝をコントロールしているのが甲状腺ホルモンなのです。
 この甲状腺から分泌されているホルモンは、年間を通してもスプーン1杯分にも満たないといわれていますが、身体の熟を生み出す重要な役割を担っているのです。
 さらにこのホルモンは、血液の循環や血液量の維持に重要な働きをしています。またそれだけでなく、筋肉を健全に維持する上でも重要な働きをしているといわれています。
 甲状腺機能の極端な低下によって、重要な身体的障害を起こすことは古くから知られていました。甲状腺に障害をもって生まれてくる「クレチン症」は、発育障害や知的障害を起こすのです。
 幸いなことに、極端な甲状腺機能低下は滅多に発生することはないとされています。しかし、中程度あるいは軽度の低下は極めて多く発生しているとみられているのです。甲状腺ホルモンのわずかな低下でも、人によりさまざまな病気として発症していきます。
 頻繁な頭痛、さまざまな皮膚トラブル、慢性の炎症を伴った角化症の乾癬(かんせん)などが引き起こされます。さらに、繰り返し起きる風邪などの感染症、また副鼻腔、扁桃、耳などへの感染を多く引き起こすとされています。
 それだけではありません。心臓発作は甲状腺ホルモンを投与している人には発生しにくいことや、がんの発生もなかったことが博士の著書には記されています。
 そして派生して、精神的な変調を伴う「塞(ふさ)ぎ」や、ストレスから誘発される情緒の乱れは「うつ」となって自殺願望まで進展していくのです。
 また、いわゆる生活習慣病の高血圧症や糖尿病、そして数々の整形外科疾患まで及んでいくことが記されていました。
 その根拠にあるのが、血流低下と低体温なのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、血流を良くしたマウスの実験です。


 ・・・<『若返り革命』、p117〜p118から抜粋開始>・・・

 血流がすべて
 〜150歳まで生きるマウス〜

 ここでは東北大学が報告した実験を紹介しましょう。
 東北大学の研究チームでは、血管内を透過性の高い滑らかな状態にすることで、極めて血流の良いマウスを遺伝子操作して作り、同じ条件下で飼育した通常のマウスと寿命を比較する実験を行いました。実験によると、血流の良いマウスの寿命は通常のマウスの1.3〜1.4倍になったのです。
 これを人間の寿命に換算すると、女性であれば110歳、男性であれば100歳を超えることになります。しかもこの実験の結果は最高値ではなく平均値でした。
 なかには、人間の年齢に換算すると150歳まで長生きしたマウスもいたというのですから驚きです。
 血流の良し悪しが、いかに生体に大きな影響を及ぼすかということだと思います。
 もう一度いいます。筆者が開発した「ストレスフリー療法」では、治療開始からわずか1分で血流が2〜4倍、増幅します。医療技術として大事なことは、限りない再現性を有することと、安全無比であることだと思います。
 10年以上にわたり「ストレスフリー療法」を実施した回数は10万を超えますが、副作用は皆無であり、大幅に血流が増える確率は100%と、限りない再現性を有していることがわかります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、了徳寺氏の「ストレスフリー療法」に大きく惹かれました。
 ただし問題がありました。
 「ストレスフリー療法」の機器は、27万5千円もするのです。
 無収入の私には、なんとも高額です。
 買いたいけど、お金が・・・、となり数週間、逡巡しました。
 でも、もし病気になったとき、あのとき「ストレスフリー療法」をやっていれば、と後悔したくないと思ったのです。
 思い切って買うことにしました。
 最初、顔のN点に温熱器を当てたとき、熱さを感じると共に、体温が上昇するような感覚がありました。
 まだ、本格的に始めていませんが、36.2℃の体温が上昇することを大いに期待しているところです。



アメリカの選挙の話...2022年5月15日

 元ウクライナ駐日大使の馬淵睦夫氏は、アメリカの今年(2022年)11月の中間選挙は、世界の運命が決まる選挙になるとYouTubeで述べられていました。
 共和党が勝つか民主党が勝つかで、その後、大きく違った世界が展開することになるということだと思います。
 「大袈裟な・・・」と思われる方もおられるかもしれませんが、私は馬淵睦夫氏の意見に同調しています。
 ただし、私流に言いかえると、「11月の中間選挙で民主党が行うであろう不正選挙を、共和党がどの程度、防げるか・・・」で、運命が決まるということです。
 なぜなら、もし不正選挙ではなく、正当にアメリカの有権者の意思を反映する選挙が行われたら、(このままいけばですが)共和党が勝つことは間違いないからです。
 理由はもちろん、度重なるバイデン政権の失敗によって民主党支持が大きく下落しているからです。共和党のみならず、民主党支持者の中からも、バイデン氏に投票したことを後悔している人が出ているといいます。
 私は2020年のアメリカ大統領選挙を「不正選挙」だと確信しています。
 その根拠ですが、思いつくだけで以下ような項目が列記できます。

・選挙監視員として派遣された中から、選挙に不正があったとして、なんと3000名もの「宣誓証言」した人々が現れた。
 偽証したとなれば5年以下の懲役が課される極めて厳しい条件のもとでも、証言する道を選んだということは極めて重い意味を持つ(私は、ここにアメリカの良心を感じます)。

・選挙に不正があったとして多数の訴えが起こされたが、民主党系の裁判官により、ことごとく“審議拒否”された。
 つまり、不正があったかどうかを審議する道を閉ざした。
 これは、審議してしまうと不正を認めざるを得ない、もう否定しようのない多数の証拠があることを示している(現場で不正を行っているビデオまであるのですから、否定しようがありません)。

・民主党とアメリカの大手マスコミは、不正選挙の訴えに対し、「根拠がない」「陰謀論だ」と決めつけ、「アメリカの公正な民主主義を否定する危険な陰謀論者」というレッテルを貼って、SNSからも排除するという「暴挙」にでた。
 ここまで強い態度をとらざるを得ないということは、よほど隠したいことがあるという状況証拠となる。

 その辺の様子を、今回は『アメリカの崩壊』(山中泉(やまなかせん)著、方丈社)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p239〜p244から抜粋開始>・・・

 選挙不正は存在したか? 答えはYES!

 11月3日に起きたことは、あまりにも不可解なことの連続だった。
 「不正選挙」に関する、たくさんの証言やビデオなどの証拠がある。得票数が、ある瞬間に激増する投票集計システム。激戦郡で開票作業を共同管理する共和党立会人への民主党からの妨害。また、全投票の半数近くを占めた郵便投票の中に「死人投票」「同一人による複数回投票」「商業用住所投票」「登録有権者数よりずっと数の多い投票」「期日外投票」など、明らかに合法とは言えない投票が行われた“多くの証拠や証言が出た”ことは事実である。
 だが、透明性を求める声に対して、民主党とそのプロパガンダ機関である主流メディアは、疑惑の存在を公開し、検証して真実を突き止めようとは一度もしなかった。
 全てが「陰謀論」であり「根拠はない(baseless)と100%否定して門前払いを食わせ、全く報道してこなかった。
 そして単に「不正選挙」「不正」という言葉を使い、問題提起しようとしただけでも、「アメリカの公正な民主主義を否定する危険な陰謀論者」というレッテルを貼り、ツイッターやユーチューブ等のソーシャルメディアは一方的にBAN(アカウント停止)して、問題の存在そのものを消そうとしてきた。
 ひとつ問いたい。
 あなたが何かの試験を受けていたとする。そして、試験直後、全く身に覚えがないのに、試験官、あるいは隣の席で受験していたライバルから「カンニングしていただろう」「不正行為があったという証言があるぞ」と言われたら、どうするだろう?
 もし、私がそんなことを言われたとしたら、即座にカンカンに怒って「冗談じゃない! 頭の先から足の裏まで全部見てみろ!」と、その場でスッポンボンになるのではないかと思う。
 自分が潔白かどうかを知っているのは自分だけだ。本当に100%潔白だったら、むしろそれが当たり前の態度だろうと思う。
 だが、このカンニングを疑われた人と同じ立場である民主党と、民主党に勝ってもらわないと都合の悪いメディアが取った態度はどうだ?
 もし、本当に身に覚えがないのに、単なる言いがかりで不正を疑われているとしたら、疑念を晴らすために、自分自身が全力で調査(捜査)に協力するのではないだろうか?
 さあ、全部調べてくれ。徹底的にやろう。1ミリたりと疑惑が残らないように、オープンにして、みんなの前で完全に検証しよう、ということになるのではないだろうか?
 「そんなカンニングなんてするわけないじゃないか!」「どこにも証拠なんてないはずだ」「疑うだなんて、試験をバカにしている!」と、自ら目をそらすだろうか?
 「そんなの、ただの言いがかりだ」と言うなら、真実を明らかにするために、自分から徹底的にそれを立証しようとするのではないだろうか? 逃げるだろうか?
 偽証したとなれば罪に問われることを承知で「宣誓証言」をした人が3000人もいるというのに、なぜ、メディアたちは徹底的に取材しようとしないのか?

 不正選挙を追及する公聴会で見た「素晴らしきアメリカ」

 民主主義社会において、もし選挙の過程で不正の疑いが生じれば、すぐに第三者機関を入れ、透明性のある調査をして白黒をつけるのが当然であろう。不正が確認されれば、選挙結果は無効とされるのが基本ルールだ。インチキをしたのだから。
 しかし、2020年の選挙直後から湧き上がった、「開票結果がおかしい」「開票手続きがルール通りなされていない」「郵便投票によるバイデン票の伸び方があまりにも不自然だ」「州で決めた期日後に到着した投票までカウントするのはおかしい」という声に対し、民主党と主要メディアは、「不正はなかった。だから不正があるなどいう陰謀論を流す輩は粛清・制裁されなくてはならない」と言い張るばかりだ。
 しかし、やがて糾弾の声が次第に多くなると、「過去、不正選挙はいつもあった。しかし今回の不正は、選挙結果を覆すほどのものではない」という、盗人猛々しい主張に変わった。
 そして、このように実際に疑いの声を上げる人々の言論を封殺し、疑問や抗議の声をネット上に上げられないようにするために、彼らにとって危険な人たちのアカウントを次々と粛清(パージ)するという信じられない事態が起きた。
 トランプの個人弁護士である、元ニューヨーク市長のルディ・ジュリアーニは、フィラデルフィア、デトロイト、ミルウォーキーを始め、市民から不正を疑う声が上がった街で公聴会を主催し、毎日4〜8時間の生中継が行われた。
 3000人を超える人が「不正を見た」と宣誓証言したのだが、私も、その公聴会での発言を、直接中継で視聴した。
 明らかに嘘をつく理由のない人たち、共和党支持者だけでなく、無党派層や民主党支持者の中からさえも多くの声が上がっていた。その人たちの生の声を直接聞いた。
 「根拠がない(Baseless)」「虚偽クレーム」だと民主党と主要メディアは主張してきた。
 しかし、私は彼らの声を、じかに毎日数時間聞いた者の実感として、彼ら民主党こそが虚偽を語ってきたと信じている。いつものように、米主要メディアの孫引きしかできない日本メディアは言わずもがなだ。たった一人でも、これら不正を見たという人のインタビューをしたことがあるのか? そんなメディアにお目にかかったことはない。
 取材の一つもせずに、「根拠はない」と言っているのか?
 彼らの主張にこそ、まるで「根拠はない」。
 しかし、これは共産主義、独裁全体主義体制では極めて頻繁に行われてきた行為だ。
 今回のこの不正選挙の疑いに対して、民主党が既存メディアとビッグテックの力を使って庄殺したことを、最も強く憤り、また深く悲しんでいる人たちがいる。
 私が前著『「アメリカ」の終わり』の中で、「忘れられたアメリカ人」として描いた人々。すなわち、もともと「不正選挙」や「言論封殺」が当たり前だった共産国家に生まれ育ち、自由と民主主義を求めてアメリカに亡命してきた、キューバやソビエト連邦、ベトナム出身の人たちである。中には、家族や大切なものを残してアメリカに渡った人も少なくない。彼らが心の奥底から求めているものは何か? もちろん「自由」だ。そして、母国ではいくら望んでも一度も行われることのなかった「公正な選挙」なのだ。その先に「成功」がある。しかし、2020年、アメリカという国は、これらの人たちの期待を大きく裏切る国に変わってしまった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらに詳しい解説です。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p249〜p252から抜粋開始>・・・

 「宣誓供述書の提出者3000人」の重み

 前著では、2020年11月3日の大統領選挙時におけるスウィング・ステート(激戦州)の様子をかなり詳細にレポートしている。民主党による数多くの不正疑惑に関心のある方は、ぜひ併せてお読みいただきたいと思う。
 さて、大統領選挙不正についでである。

 2020年の大統領選挙において、「組織的な不正投票があった」とか、「不正が行われているのを目撃した」などという宣誓供述書に署名した人が3000人も出たということは、実に驚くべきことだと思う。アメリカで宣誓供述書にサインするということは、軽々しくできることではない。偽証したとなれば、5年以内の懲役刑に問われるからだ。
 法廷に呼ばれるなどのデメリットを考えたうえで、「それでも見過ごせない」との思いで宣誓供述を決意した人が多いのではないだろうか。
 アメリカ人であれば、その「重さ」はよく理解できると思う。
 また、今回は証拠として数多くのビデオなども提出されているが、主要大手メディアは、全て「陰謀論だ。証拠はない」と歯牙にもかけず、見てみぬふりをしようと申し合わせているようだ。監査結果について詳細に報道するメディアはなく、意図的に避けている。自分たちが黙ってさえいれば、「なかったことになる」と信じでいるからだ。MSMだけでなく、SNSでは、もっと積極的に検閲とパージが行われている。
 このように、既存メディアも、ビッグテック(ハイテクメディア)も敵に回さなければいけない草の根保守の戦いは厳しいが、彼らは全く諦めてはいない。草の根はしぶといのだ。観賞用に作られた花とは違う。
 また、全米各地で訴訟も起こされている。だが、各裁判所に掟起された60数件の訴訟も、ほぼ民主党系の裁判官によって「審議拒否」が起きた。門前払いである。
 審議されて白黒がついたケースは一件もない。そして、裁判所が審議を拒否したことで、民主党と主要メディアは「ほらみたことか。一切の選挙不正はなかったと裁判所も認めたぞ」という伝え方をしている。「訴えは却下された。不正は存在しない」と。
 しかし、事実は全く違う。
 「不正はなかった」ではなく、「不正の有無の白黒はついていない。すでに確認された不正については主要メディアでは報道されておらず、調査は現在も続いている。今はまだ戦いの途中だ」と言うのが正解なのだ。

 メディアは「不正なし」と報じるが、
 半数以上の米国民が信じない理由は?

 アメリカ人の多くは、この間題について、すでに無関心になっていると思われるかもしれない。だが、本当のところはどうだろう?
 さまざまな調査会社から出てきた結果を見れば、かなりのことがわかる。
 既存の大メディアとソーシャルメディアが、これほど「民主党に不正はなかった」「正当な選挙だった」と宣伝を重ねているにも関わらず、いくつもの統計で、バイデン大統領について、有権者の50%以上が「正当な選挙で選ばれた、正統性のある大統領ではない」と答えていることでも、それは分かる。
 2021年10月の「ポリティコ」誌調査によると、もう一歩進んで、有権者の35%は「2020年の大統領選挙の結果は覆されるべきだ」と答えている。これは相当大胆な意見だが、どう考えても、いわゆるコアな共和党支持者の数字より大きいと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アメリカから自由と公正は永久に失われてしまったのでしょうか。
 いえいえ、けっしてそんなことはありません。
 不正は許さないと決意した人が多数出てきています。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p246〜p249から抜粋開始>・・・

 2020年大統領選挙の監査(audit)と
 次期中間選挙における不正防止の動き

 2020年大統領選挙の投票日が過ぎ、開票が進むと、すぐに共和党サイドから不信の声が上がった。一言で言うと、不正があったのではないか? ということだ。
 ご承知の方も多いと思うが、米国の選挙制度は州単位で実施される。州ごとに選挙法も違うから、訴えは各州の裁判所に対して提出される。
 裁判所の判断にもよるが、訴える側の要求も、票の数え直し(recounting)から監査(audit)までさまざまなレベルがあり、各州ごとにスケジュールも態勢もバラバラだ。訴え出ているのは、だいたい共和党の州議員と草の根の保守派市民たちによる、多くのボランティアの人々だ。
 監査や監査請求の動きはアリゾナ州を始め、いくつもの州ですでに同時並行して行われている。各州各部で大量に採用され、開票集計時に不可解にバイデン票が伸びたとされる「ドミニオン・ヴォーティング・システムズ(ドミニオン社)」製の投票集計システムを使用禁止にするとの訴訟も相次いでいる。
 ターゲットは2020年選挙の検証だけではない。さらに重要な課題として2022年11月8日実施の中間選挙における不正防止策を確立しようと、共和党を支持する草の根のボランティアたちは取り組んでいる。もちろん全米各州でだ。
 州によりそれぞれ制度が異なるため大雑把に解説すると、各州の郡には、当該地域の選挙の実施を取り仕切る団体として、管区委員会(Precinct committee=日本の選挙管理委員会に相当)がある。ここには、民主党、共和党協議のもとに選出されるクラーク(Clerk=選挙責任者に相当)や開票立会人を出すなど、いくつもの重要な仕事がある。
 共和党は、従来、開票作業など、選挙時に必要とされるボランティアの選出を熱心にやってこなかった。共和党のボランティアは、管区にもよるが、全体の割り当ての20〜30%くらいしか埋まっていないことが多かった。
 米国民主党に限らず、リベラル系政党はさまざまなユニオンを支持母体として背景に持っているため、組織力・動員力においては雲泥の差がある。
 だが、共和党支持者たちも、2020年の大統領選挙でよほど懲(こ)りたものとみえる。
 自分たちもサボらずにちゃんと見張っていないと、ズルをするやつは本当にズルをすることがわかったのだ。
 2022年11月の中間選挙、そして2024年11月の次期大統領選挙の結果を占う選挙(ベルウェザー)とみなされ、注目を浴びていたヴァージニア州知事選は、2021年11月2日に実施された。1章でお読みいただいたが、結果は、無名だった共和党のグレン・ヤンキン候補が予想を覆して快勝した。
 この選挙における共和党のボランティア率は、従来平均の20%から90%を超え、ほぼ全ての選挙管理委員会の割当て分の仕事は埋まっていたようだ。つまり、簡単に選挙不正ができないように、きちんとボランティアとして働き、監視をするために今から着々と布石を打つ。それが、現在の共和党の草の根の人々の活動だ。
 現在、こうした動きに対して、民主党と民主党側に立つ大手メディアや政治コンサルタントたちは、どう分析すればいいのかわからず、パニック状態に陥っている。
 私が驚かされたのは、このヴァージニア州選挙結果に関してバイデン大統領が発言した内容だ。
 認知機能に問題があって、つい本音が出でしまったのか、彼はスピーチで「投票を集計する者がすべてを決定する」と言ったのだ。
 これは、ソ連の独裁者、ヨシフ・スターリンが残した言葉の引用で、元は「投票する者は何も決定できない。投票を集計する者がすべてを決定する」という言葉だった。
 「選挙は誰が投票を数えるかで決まる」とは、自分たちが2020年にやったことをつい連想してしまったのだろうか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大統領選挙の翌年に行われるヴァージニア州知事選挙は、中間選挙とその先にある次の大統領選挙を占う重要な指標になると考えられているそうです。
 2021年11月に行われた、そのヴァージニア州知事選挙の様子です。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p69〜p72から抜粋開始>・・・

 中間選挙を占う、ヴァージニア州知事選の今後の影響とは?

 ヴァージニア州は、2020年の大統領選においてバイデンがトランプに対して10ポイント以上の差をつけて勝利したブルーステート(民主党州)だ。
 もともと、ここはワシントンDCのベッドタウンであり、政府関係者や高級官僚、政府関連の弁護士事務所、メディア関係者といったエスタブリッシュメントも多く住む州で、住民の年収も群を抜いて高いなど特殊な州だが、かつては共和党が強く、やがて均衡してきてパープルになり、近年はブルーステートと考えられてきた。
 民主党の候補者マコーリフは、再任をめざす元州知事。大物政治家の一人であり評価も高かった。一方、共和党候補のグレン・ヤンキンは、もともとビジネスマンで政治経験のない無名候補ということもあり、当初は圧倒的に不利だろうとみなされていたが、11月2日の投票日直前の2週間で一気に逆転し、勝利した。
 奇数年に行われるこの州の知事選結果は、新政権の最初の1年間の成績表を示すものであり、2022年の中間選挙と2024年大統領選挙の結果を占うベルウェザー(群れを先導する鈴付きの羊という意味)選挙と位置付けられ、両陣営とも重要視していた。過去の選挙を見ても、ヴァージニア州知事選に勝利した党が、翌年の中間選挙で勝つというパターンが多い。
 州知事だけでなく、副知事、そして州司法長官の選挙も同時に行われたが、いずれも共和党が勝利を収めた。民主党としては、大物のマコーリフが無名のヤンキンに敗れたこの結果は大きなショックで、今も敗因の分析を必死に進めているはずだ。
 私はこの結果によって、2021年米国政治の「大きな潮目の変化」が起きたと考えている。

 日本での報道は、ヤンキン候補が「トランプ隠し」をした作戦が奏功して勝利したとの報道が一色だったようだ。ニュアンスとしては、「嫌われ者のトランプを選挙戦の応援に呼ばないのが良かった」とか「選挙期間中にもトランプの名前をほとんど出さないで成功した」ということしか伝えておらず、単に米国メディアのトランプに対する「ネガティブキャンペーン」の側面にのみ反応したように思えた。
 それだけではやはり一面的で、私はそれ以外にもっと重要な要因が重なってこの勝利につながったと考えている。その一つとして、ヤンキンがテーマを教育と経済という、州民にとって最も関心のある話題に絞ったこと、そして、バイデン民主党の敗北の最大の原因は、教育をきっかけに「両親たちを敵に回した」ことだと考えている。
 この選挙結果から導き出せる一つのヒントは、中間選挙においでも「教育」というテーマが鍵を握るかもしれないということだ。

 両親たちを敵に回したバイデン民主党

 (Fox News 10月12日記事参照)
 ヴァージニア州ラウデン郡は、アメリカの「全米教育委員会」と、子供の教育に声を上げ始めた両親たちとの間の戦いの最前線であり、グランド・ゼロと言われた。
 両親たちは
 *現在学校で教えられている新たな人種差別教育「批判的人種理論(CRT)」教育や、子供へのマスクやワクチン強制に対して抗議の声を上げた。推進してきた学校側と教育委員会の間での公聴会は全米各地で行われてきた。
 *抗議の声を上げた大勢の両親たちに対して、全米教育委員会は、ホワイトハウスに対して、これら両親たちは暴力をふるう「国内テロリスト」だとレッテルを貼り、取締まるよう要請した。
 *これを受け、司法省長官ガーランドはFBIを送ると両親たちを脅し始めた。

 バイデン政権は、全米教育委員会からの要請を認める形で、学校で「批判的人種理論」について教えることに反対する親に対して「国内テロリスト」というレッテルを貼り、敵に回す判断をした。さらに、取締りのために「FBIを差し向ける」という恫喝までした。市井の親、草の根の声を軽視し、権力と司法の力を見せつければ、すぐに事態は収まると踏んだのだろう。しかし私は、この判断ミスが今後、草の根側に、さらに大きな波とうねりを呼ぶのではないかと感じている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 中山氏は、バイデン民主党が両親たちを敵に回したと述べていますが、その民主党州で起きた以下のような事件が、民主党政治に強い反感をもたらしたのかもしれません。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p72〜p74から抜粋開始>・・・

 トランスジェンダー女子生徒による、
 女子トイレでの女子高生レイプ事件

 ラウデン郡は、2021年初旬から、トランスジェンダー女子生徒が女子トイレを使用することを認めていた。
 同郡の高校の教育委員会の公聴会で声を上げた一人の父親が、暴力をふるってもいないのに警察官によって逮捕された。この父親スコット・スミス氏は普通の父親だっただけでなく、驚くべきことがその後わかった。
 彼には同郡の高校に通う15歳の娘がいた。5月28日、トランスジェンダー女子を自認する、スカートをはいた一人の15歳の男子生徒が女子トイレに入り、偶然そこにいた15歳のスミス氏の娘をレイプした。この男子生徒は、強制フェラチオとソドミー行為まで彼の娘に行った。父親はその事件に関して学校に抗議するためにこの集会に参加していた。彼は、学校側にその事件を知っているのかと声を上げた。

 事実としてわかったことは、ラウデン郡では大した議論もなく、トランスジェンダー女子の生徒が女子トイレを使用することを認めていたこと。学校側と教育委員会は、このレイプ事件が起き、すでに警察の調査が進んでいることを知っていながら、この事件の存在を否定し続けてきたこと。同郡教育委員会教育長は、「トランスジェンダー生徒によるそのような性的犯罪は一件も起きていない」と発言していた。
 これは犯罪的とも言える態度だ。
 続報がある。このレイプ犯の男子生徒は、捜査が終了するまで同郡の近辺にある別の高校に転入していたが、10月にその学校でも、教室で女子生徒に対して性的暴行を加え、逮捕された。

 私は、日本滞在中だった2021年の6月、片山さつき参院議員から永田町の議員会館に招かれ、「さつきチャンネル」でアメリカの現状を話してほしいとのことで、対談を行った。そこで、片山議員は、すでに日本でもトランスジェンダーの問題はかなり議論に上っていて、自民党の中でもその法案に賛成する議員が出てきていると話した。彼女はイギリスで発生した事件−−ジェンダーフリーにした刑務所で、男子収監者が女子収監者をレイプした事件などを引き合いに出し、憤重な意見を述べていた。
 日本でもトランスジェンダー女性をめぐる大小のトラブルが発生し始めているようだ。今のところ、官公庁での女子トイレ使用についてとか、温泉で女湯に入って問題になったというレベルで、自分たちの国では、あちこちの高校でレイプ事件が頻発するような事態は起こるわけがないと信じている人が多いかもしれない。しかし、トランスジェンダーを巡る事件は、日本においてもけっして他人事ではないと考えている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そして、ヴァージニア州知事選挙の結末です。


 ・・・<『アメリカの崩壊』、p75〜p76から抜粋開始>・・・

 トランプを叩こうとして、自ら失点した民主党

 マコーリフ候補は、選挙前に行われたヤンキン候補とのディベートの場で、批判的人種理論を教室で教えるかどうかについて、「教育の内容については親たちでなく、教師に任せるべきだ」と発言し、その失言をヤンキンに徹底的に突っ込まれて敗北した。
 この発言が広く知られるにつれ、民主党は全米の両親たちを敵に回すことになったと言える。しかしこれはすでに民主党、共和党の問題ではない。民主党支持の大勢の「両親たち」も、この間題に怒りを持っている人たちが多いということだろう。

 マコーリフ候補は、事前の世論調査で不利になってきたことがわかった選挙戦終盤には、オバマ元大統領、カマラ・ハリス副大統領、最後はバイデン大統領まで応援弁士として呼ぶなど、必死の戦いを見せた。応援弁士の全員が、「ヤンキンはトランプの飼い犬だ」とこき下ろし、トランプ嫌いの民主党と無党派層へのアピール作戦に終始していた。
 バイデンに至っては、なんと応援演説でトランプの名前を24回も連呼するありさまで、「私はトランプと戦った男だ」との自慢のアピール。ここまでくると、「マコーリフはトランプと戦っているのか?」との皮肉が出たほどだ。
 ちなみに、バイデンの演説の件を聞いたトランプ自身は「わざわざ私の宣伝をしてくれてありがとう」とニヤリとしていたそうである。

 一方、ヤンキン候補の戦略は極めてシンプルでクレバーなものだった。
 テーマは教育と経済に絞っている。「両親には子供の教育について学校側に意見をいう自由がある」、「教育委員会が進めてきた人種差別教育のCRTには絶対反対」、「強制マスクや強制ワクチンへの反対」などを中心に、全てヴァージニアのローカル・イシュー(地方の問題)に絞って訴えてきた。
 カリフォルニア州知事のリコール選挙で民主党は、トランプへの憎悪を煽る戦術で成功したが、ヴァージニアでは全く機能しなかった。民主党陣営は、反対に一人で失点してしまったようにも見える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヴァージニア州知事選では、不正選挙を許さないという草の根運動の努力と、共和党候補の見事な戦略が功を奏した結果となりました。
 では、今年の11月の中間選挙もそうなると期待したいところですが、民主党は必ず巻き返しを図るはずです。

 民主党は、ヴァージニア州知事選で負けたことで、中間選挙でも不正選挙をやらざるを得ないと再確認したことでしょう。
 もし、中間選挙で共和党が勝ち、かつ次の大統領選挙で共和党の候補が勝つ事態となれば、2020年の大統領選挙での訴えは正式な裁判となり、不正が暴かれる可能性があります。
 そうなると、不正選挙に関わった人間は、それまでの社会的地位を失うだけならまだいい方で、最悪は刑務所行きとなります。
 文字通り、命懸けで、今回も不正選挙を仕掛けてくると思われます。
 そのパワーはすさまじいものがあります。
 すでに、ブルーステートでは不正選挙の温床となった郵便投票を強化する動きがあるといいます。
 事態は余談を許さないと思います。



『いま世の中で起きている「本当のこと」』から...2022年5月9日

 私が及川幸久さんを知ったのは最近のことで、2020年11月のアメリカ大統領戦後、デクラス(秘密情報の開示)が起きるのではないか、といった騒ぎがネットで起こった時でした。
 及川幸久さんの解説動画は、海外の動向をわかりやすく伝えてくれたので、熱心に観ていました。
 驚いたのは、そんな及川幸久さんは自称「宗教家」ということです。
 私がイメージする宗教家とは違って、学者のような分析力で様々な情報を追い、それを人々に理解しやすい形で提供していて見事だと思っていました。

 以前からDS(ディープステート)という言葉は、一部の人々によって語られていたとは思いますが、それを広く世界に広めたのは、第45代アメリカ大統領、ドナルド・トランプ氏であることは間違いないでしょう。
 トランプ氏がDSという言葉を用いたことにより、アメリカの大手メディアの一つであるFOXニュースはDSという言葉を報道でも使うようになりました。
 他の大手メディアは、DSの強いコントロール下にあるせいなのか、DSという言葉は絶対に使いません(日本の大手メディアもそうです)。
 人々にDSという言葉を広めたくない為に用いられたのが、CIAが導入した「陰謀論(コンスピラシー・セオリー)」という言葉です。
 日本では陰謀論は「一般的によく知られた事件や歴史の背後に別の策略があったとする、信憑性に乏しい説」とされていますが、副島隆彦氏によれば、正確に訳すと「権力者共同謀議理論」となるそうです。権力者共同謀議と訳せば、多くの人は、「そのくらい、あって当然でしょ」となりそうです。しかし日本では、はなから「信憑性に乏しい説」という刷り込みが行われていたわけです。
 それが真実かどうかを問題にするのではなく、最初から「陰謀論」というレッテルを貼って、人々を思考停止にするのが目的でした。
 「陰謀論」というレッテル貼りによって、まともで分別のある人間なら、そんな陰謀論など信じてはいけないといった思い込みをするようになります。これは洗脳そのものですが、多くの日本人が見事に嵌りました。なにしろ、政府とマスコミに踊らされて、国民の8割が新型コロナワクチンを打ってしまった国です。

 私は、DSの存在を認める数少ない知識人として、及川幸久さんをみていました。
 それゆえ、『いま世の中で起きている「本当のこと」』(及川幸久著、徳間書店)に期待していたのですが、DSの見方が及川さんと私では、ギャップがあることに気づきました。
 及川さんは、DSの行動原理はすべて金(かね)だと言っています。
 私はこの見方に違和感を覚えるのです。
 金がすべてなら、人口を増やして世界のGDPを上げ、さらに効率的に搾取する手段を講じる方が得策です。
 新型コロナワクチンによる人口削減は、それに逆行します。
 私は、及川さんは宗教家ということから、DSを支配管理している存在についてまで言及があるのではないかと期待していました。ですが、私の期待だけに終わったようです。

 そんなわけで今回は、(DSにこだわらず)本の中から私が印象深かったトピックを2つほど取り上げて紹介させていただこうと思います。

 これは以前、話したことがある話題ですが、311が起こった後の日本政府の対応に絶望した私の親族が、「アメリカに移住しようかと思う」と言い出したことがありました。
 なぜ? と聞いたら、「アメリカは自由で民主主義の国だから」という答えが返ってきました。
 私は、「アメリカは自由で民主主義の国というけど、実態は違います」と答えた記憶があります。

 まず最初は、及川さんが語るアメリカの民主主義と人種差別の実態です。


 ・・・<『いま世の中で起きている「本当のこと」』、p98〜p111から抜粋開始>・・・

 アメリカは「民主主義の国」という幻想

 かつて、アメリカはモザイク国家と呼ばれた。いろんな人種が混在するけれども溶け合わず人種ごとにグループをつくり、まるでジグソーパズルのピースのようにバラバラになっていたからだ。
 その後、人種のるつぼ「メルティング・ポット」と呼ばれるようになった。ようやく、るつぼのようにかき回されて溶け合ったと思われたわけだ。
 ところが、実態はまったく逆。錯覚もいいところだ。
 やっぱりモザイクだったのか? いや、それ以上に同じ平面では永遠に組み合わせられないほど、階級社会が物理的、心理的、経済的に進んでしまっているのだ。
 ミシガン州デトロイト市が破綻した。2013年7月、米連邦破産法9条適用を申請。過去最大の自治体破綻だった。
 100年以上、GMやフォードと成長してきた街だ。60年代にはモータウン・サウンド(アメリカのソウル専門のレーベル文化)もあった。
 しかし、日本車に圧されて衰退し、人口は180万人から70万人へと激減。ゴーストタウンの代名詞とされた。殺人事件の発生数はニューヨークと変わらない。財政悪化で行政サービスが低下したから、呼んでもパトカーも救急車も来ない。車もガソリンもないが警官と消防隊員もいない。みな、リストラされてしまったからだ。そういう街は消えていく。そして新しい街が生まれてくる。
 数年後、デトロイトは新しい街として生まれ変わった。それは政治家でも官僚でもなく、民間企業の経営者たちによってである。パブリック・プライベート・パートナーズ(PPP:官民連携)によって、民間の不動産会社が、ガラガラになっていた都市中心部のビルに投資し、オフィス占有率が回復、雇用が生まれた。
 そこにトランプ政権が登場し、法人税の大減税を行ない、メキシコなどに流失した工場を米国に呼び戻したことによって、デトロイトは再生した。
 いま全米に雨後の竹の子のように生まれている街がある。ゲイテッド・コミュニティ=外部の人間を一切閉ざす地域社会。ジョージア州アトランタ郊外のサンディ・スプリングス市がそれだ。
 人口10万人。平均年収1500万円超の金持ちが自分たちの都合でつくった街である。もちろん貧困層は入れない。ゲートにガードマンが銃をもって見張っている。病院も学校もスーパーも映画館もなんでもある。生まれてから死ぬまで門から出なくても生活できる。
 2005年、この市は誕生した。初代市長のエバ・ガランボスさんがこの街で実現しようとしていたのは、共和党の中心政策である「小さな政府」。
 市役所といっても、自前の建物はなく、オフィスの一角の賃貸。10万人規模の市でありながら、市の職員5人、市会議員6人、あとは市長だけ。ほぼすべての公共サービスを民間企業に委託。警察も消防も、米国のどの町より迅速に対応。まさに効率的な小さな政府を実現していた。ただ、問題もあった。
 民間が経営する自治体というだけで、物見遊山で日本の地方議員の視察が引きも切らなかった。
 「地方自治体の考え方が日本と違う」
 「政治家も行政も合理性に徹している」
 「民主主義の先進国アメリカの行政システムには学ぶ点が多い」
 議会報告書には一様にコピぺの文章が並んでいる。勘違いもいいところだ。

 ガリガリ亡者がつくった街

 ここの住人のほとんどは投資家やIT起業家あるいは金融関係の仕事をしている。
 それも30代中心。毎日、大富豪は自分たちと同じ階層の人としか出会わない。同様に残りの大貧民も同じ階層の人としか出会わない。
 なぜか? 「住む世界」が違うからだ。大富豪は大富豪、大貧民は大貧民。生活エリアが違うからデパートもスーパーも学校も違う。互いに遭遇する確率は限りなく低い。
 すると、どうなるか? そもそも格差を感じる機会がなくなるのだ。大富豪は大貧民の生活ぶりを知らない。大貧民もそうだ。格差というのは、あちらとこちらのギャップを感じるから生まれるものだ。お互いに見たことも会ったことも話したこともなければ、映画の世界の話=おとぎ話となる。
 「パンがないならケーキを食べればいいのに」とのたまったマリー・アントワネットと同様だ。
 大貧民は、大富豪たちが自分たちの税金で大儲けし、税金を納めず、博打で失敗すれば自分たちの税金でカバーしていることなど知る由もない。
 「そんなこと言うけれど、オリンピックや選挙を見るとアメリカ人ほど団結する国民性はいないんじゃないか?」と反論されそうだが、このように答えておこう。
 国旗に対して、国歌に対して、なぜ彼らは団結、意思統一できるのか? それは、周囲から、あいつのあの態度はわれわれの国家を嫌っている証拠だと仲間はずれに遭うのが怖いからだ。「われこそは国家を愛している」と忠誠心をめいっぱい表現しようとする防衛本能があるからにほかならない。
 それほどアメリカの人種差別は激しいのである。私も含めて日本人にはとうていわからない。
 あの同時多発テロの直後、米国籍イスラム教徒はことあるごとに、「私はアメリカ人だ」と主張していた。ここまでしつこくアピールしなければならないほど、アイデンテティ危機になっているのだ。
 「仲間はずれ」というと、わが国の教育現場でいつも話題になっているが、アメリカでは教会一つとっても教区のどの教会に属するかがはっきりしているから、誕生、洗礼、結婚、身内の死、そして自分の死がすべて教会で管理されている。江戸時代の日本の寺請(う)け制度、宗門改めに等しい。もし教会から排除されたら生きてはいけない。
 ただし、日本人のように、肌の合わないグループや地域ならさっさと引っ越してしまえば解決するような国ではないのだ。
 アメリカは日本人が思い込んでいるほど楽ではない。とっても精神的に疲れる国だ。だからクライアント1人に3人のカウンセラーと言われるほど、カウンセリング・ビジネスが繁盛するのであろう。

 自由の女神をパリに返そう

 ところで、どうしてこんな人工街ができたのだろうか?
 自分たちが収めた税金はすべて自分たちのために使う、1セントたりとも貧困層にはまわさない。そういうエゴイストが掃(は)いて捨てるほど多いからだ。
 アメリカはプロテスタントの国で、「天は自ら助ける者を助ける」というプロテスタンティズムの精神が極めて強い。その精神が行き過ぎると、他人のことは助けないことになる。この街には公務員はたったの6人。雇われ議員は金持ちのイエスマンで彼らの要求を忠実に満たす。
 アメリカには、日本とは比較できない格差が拡大している。中間層の衰退と喪失、アメリカンドリーム消失という社会問題が横たわっている。その象徴の一端がかつてウォール街で繰り広げられた99%のデモではないか。
 「アメリカの中流家庭は崩壊した」と指摘したのはコロンビア大学のジェフリー・サックスだ。
 70年代までは90%が中流階級だった。現左は1%に富が集中、いや0.1%以下だ。
 彼らはティーパーティに多額の献金を行なっている。ティーパーティとは、2009年からアメリカ合衆国で始まった保守派のポピュリスト運動で、オバマ大統領の就任式の直後に始まったことから反オバマ運動としての右派の側面もある。オバマ政権時代には自動車産業や金融機関への救済の反対、さらには景気刺激策や医療保険制度改革[オバマケア]における「大きな政府」路線に対する抗議を中心とした。その献金者の中には、ひたすら金儲けに励む拝金主義者が多い。そのティーパーティが信奉する哲学者がアイン・ランド(1905〜1982)だった。本名アリーサ・ジノヴィエヴナ・ローゼンバウムというロシア系ユダヤ人である。「課税も福祉も必要ない」「道路も郵便もすべて民間企業であるべきだ」「権利を個人に戻すことが繁栄への道である」と説いた人物である。
 これは典型的な「小さな政府」の考え方で、私は大いに賛同する。ただ、いささか極端すぎて、単なる拝金主義になっていないか。これを民主主義と呼べるのか。
 アメリカは民主主義ではなかった、とようやく気づいたのが99%のデモに参じた人々だ。そしてここにきてみなが明確に悟った。
 アメリカは民主主義ではなかった。そして自由でもなかった。「自由の女神をパリに返そう!」と。

 世界最大のヘッジファンドの国、アメリカ合衆国

 「アメリカ人の寄付行為には感心する。あんな巨額の寄付なんて日本人にはできない。キリスト教のチャリティー精神がベースにあるからでは?」と反論するかもしれないが、確かに、アメリカ人のチャリティー精神はすばらしい。しかし、アメリカ人が寄付を盛んにするのは2つの理由がある。1つは税対策。そしてもう1つは本人や家族が誘拐されないための保険なのだ。
 大金持ちに限って優秀な会計士を雇っている。そして脱税ギリギリの節税をする。
 わが国でもたまに表に出せないおカネを竹藪に捨てて、それを拾って大金持ちになった、というニュースにお目にかることがある。これはわが国では寄付なんてすると税務署が慌てて調査にやってくるからだ。
 しかし、アメリカでは堂々と寄付をする。人々から賞賛されるし、何より節税効果があるからだ。今月はいくらまで寄付したらメリットがあるか、大金持ちは会計士に計算させている。
 たしかにチャリティー精神はあるだろうが、圧倒的に現実問題解決のほうが優先されている。
 大金持ちの寄付より庶民の寄付という観点から言えば、テレビ局主催の「愛は地球を救う」的なイベントに注目すべきではないだろうか。金額的には、全米の大金持ちの寄付金とは比較にならないかもしれないけれども、毎回1億〜3億円は寄付金が集まる。税対策などまったく視野にない「善意」そのもの。庶民の善意のほうが次元は高いように思えるがどうか。
 では、アメリカとは何か?
 喩(たと)えるなら、「世界最大のヘッジファンド」ではないか。歴代大統領は投資家の資産を増やすことに忠実な投資マネジャー。投資家はウォール街の金融機関と軍事産業、エネルギー産業、製薬産業、穀物産業などの多国籍企業。早い話がディープステートだ。。
 日本をアメリカのような二極分化の国にしてはならない。わが国にとってアメリカは最高の反面教師であるとも言える。

 生まれた時に支持政党が決っている

 「この国の民主主義は名ばかりです。女性が投票権を得たからと言って、だからなんだというのでしよう? 似たりよったりの候補者2人のどちらかから選ぶしかないのですから」
 1911年、ヘレン・ケラーは戦っていた(男女同権論者として、婦人参政権を主張した)。日本人は自民党1党時代が長かったせいか、政治家まで欧米の2大政党制を理想化する勘違い人間が少なくない。
 「欧米は2大政党制が確立しているからそれぞれの党が争点をきちんと論じ、有権者はどちらにすべきか、わかりやすい政治をしている。これは日本の政治にはない」とばかりに贔屓(ひいき)の引き倒し。
 アメリカではどの政党を支持するかは親の支持政党で決まる。民主党員の子どもは全員民主党支持。共和党員の子どもは共和党支持。すでに決まった路線を引き継いでいるにすぎない。だから、生まれたときにつくられるIDカードに支持政党が明記されてしまうのだ。
 わが国では親が自民党に投票するからといって、子供もそうするとは限らない。完全に自由意思だ。アメリカ人に日本の選挙では最大党派はいつも無党派層だ、と教えても信じてもらえない。
 民主党であれ共和党であれ、大統領は権力にとどまる手段して、国民の怒りの矛先(ほこさき)を、自分の主張を口に出せないグループへと向けさせようとする。たとえば、犯罪者や移民であったり、社会福祉受給者などの弱者だ。

 アメリカの人種差別はディープだ

 本音と建て前がこんなに違うのか、という典型的なケースがある。
 たとえば、第1次世界大戦で政府が100万人動員するつもりが志願者はたったの7万3000人。
 そこで議会は徴兵制を認めた。広報委員会という戦争PR組織を設立した。スパイ法も制定した。これはスパイ防止法ではなく、戦争を非難したり、異議を唱える人を取り締まる法律だ。このとき、900人が逮捕された。
 「言論、出版の自由」を保障する合衆国憲法に反するにもかかわらず、9人の判事は全員一致で次々に有罪判決を出した。
 第2次世界大戦後もアメリカの人種差別は変わらない。
 1946年、トルーマン大統領は人種隔離政策をやめるように命令を出したが、人権派だからではない。世界中の非白人層から糾弾されたからだ。
 おかげで軍隊では黒人と白人の分離はなくなった……が、あくまでも外国向けのポーズ。相変わらず全国の公立学校では黒人児童は隔離されたままだった。
 1964年、東京オリンピックの年に、公民権グループがミシシッピ夏期計画をスタートする。
 黒人に投票権登録を勧め、人種差別に反対する運動を組織化しようとしたが、フィラデルフィアで黒人1人、白人2人の公民権運動家が鉄チェーンでリンチにされたあと射殺された。犯人は保安官と保安官代理。
 ロバート・ケネディ司法長官は被害者から事前に保護要請されていたのにスルー。結果、悲劇が起こってしまった。

 チベットやウイグルより弾圧されている?

 かつて、メキシコ人やプエルトリコ人、コロンビア人、キューバ人などのヒスパニックがアメリカに移民してきた。移民は言葉ができないと仕事にありつけない。なによりも人間扱いされない。日本からの移民も渡米後、懸命に英語をマスターした。そして仕事を見つけ、働いて、たくさんの人がアメリカンドリームを手にした。
 ところが、1950年代未から60年代にかけて、リベラルと称する政治家たちがスペイン語さえ話していればなんの不自由もなく生活できるよう、カリフォルニアやテキサスの一部に完全なスペイン語コミュニティをつくった。公共施設の名称、店名、標識、看板、信号など、ありとあらゆる施設がスペイン語で表記され、住民はスペイン語を話す。おかげでヒスパニックは英語を覚える必要がない。
 その結果、どうなったか? 職にあぶれ、どこに行っても皿洗いの仕事にしかありつけず、フードスタンプなしには生活できなくなった。
 善意の押しつけはこういうことが往々にして起こる。結果として、いちばん損をしたのは当のヒスパニックだった。
 同様に、中国でもっとも悲惨な目に遭っているのも漢民族の農民かもしれない。彼らは中国の経済成長の恩恵をまったく受けないままバブル崩壊を迎えるしかない。
 文化大革命でも、内モンゴル自治区でモンゴル人は10万人殺害されている。ウイグル人抹殺の方法の1つは不妊手術。民族浄化だ。
 「強制収容所」に100万人単位で収容しようとする。
 中国政府が異民族を懐柔(かいじゅう)するのは当然。大学入学に際しても「民族枠」が用意されている。チベット人、ウイグル人などの少数民族は優先的に入学させる。
 ところが、農村在住の漢民族はどんなに貧困だろうと優遇措置はいっさいない。中国政府は漢民族の農民が圧倒的に人口の多いことを忘れてはいない。漢民族の農民による蜂起が怖いのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、地球温暖化の話です。
 当HPを大昔から読まれている方は、私が、地球は温暖化していないし、二酸化炭素は温暖化とは関係ないと主張していることはご存じだと思います。
 及川さんも同じ意見のようです。


 ・・・<『いま世の中で起きている「本当のこと」』、p225〜p239から抜粋開始>・・・

 「地球温暖化人為説」はディープステート主導による英米合作

 「地球温暖化のせいでハリケーンが増えた」と主張しているけれども、実際の発生数は増えてはいない。単に観測精度が上がっただけの話。
 「北極の氷は40年間で40%縮小し、多数の北極熊が溺れ死んだ」とも書いているが真っ赤な嘘で北極熊は増えている。
 温暖化すれば降雨量も増えるから水不足にもならない。水不足になるのは他に原因があるからだ。胸に手を当てて考えればすぐにわかる。ツバル(ニュージーランドとハワイのほぼ中間に位置する群島)の海岸線が沈んでいるのも温暖化が原因ではない。
 人の移動、人の活動による地盤沈下である。解決したいならオランダのように堤防を築けばいい。
 「地球温暖化人為説」を盛んに合唱したのは英国だ。つまり、ディープステート主導による、いつもの英米合作である。
 いまどき、二酸化炭素によって温暖化現象が引き起こされている、と主張する科学者は御用学者くらいだ。「地球温暖化抑制のため」「炭酸ガス削減のため」と大義名分を立てれば研究助成金を恵んでもらいやすいからだ。
 二酸化炭素が増えれば農作物の光合成は盛んになる。そのほうがはるかにメリットがある。
 前大統領ドナルド・トランプは茶番がわかっていたからパリ協定から離脱した。
 ディープステートの操り人形バイデンの背後にいるバラク・オバマは「COP15(会合に順番がついているだけ)」で温暖化問題の主導権を中国に押しつけ、バイデンにパリ協定復帰を命じるだけに留まらず、支離滅裂発言が止まらないバイデンに代わって演説までする始末。
 中国とつるんでコロナウイルス・パンデミックを仕掛け、インチキ大統領選でトランプを嵌めた連中の深謀遠慮は何か?

1 米車はトランプ追放までは休戦。
2 化石燃料停止。新しい利権は再生可能エネルギーだ。
3 EV開発に出遅れているトヨタを潰す。

 ディープステートが怖いのはトランプだから、どんなことをしてでも失脚させる。手段は問わない。通貨発行益のFRBまで潰されそうになった。最後の最後は自分たちがつくった中国まで引っ張り出し、いま、世界を大混乱に落としめている。
 しかし、まだトランプの息の根はいまだ止められないでいる。11月の中間選挙で蘇る確率は高い。そうなったら一巻の終わりである。

 森林大量伐採による太陽光パネル設置の愚行

 石炭や原油、天然ガス等の化石燃料潰しはディープステートの得意とするところだ。シェールファンドや原油会社への投融資を停止してしまえばいい。
 これだけ原油価格が上昇しているにもかかわらず、シェール産業はリグを新設稼働していない。資金がなければできるはずもないし、バイデンはグリーン政策を進めているから採掘許可を出さない。シェール産業はトランプのスポンサーだから潰したいのだ。
 わが国の火力発電所は石炭や原油、天然ガスを利用しているけれども、二酸化炭素をほとんど出さない。欧米の石炭火力発電とは天地の差だ。わが国の火力発電技術を潰そうと、COP26では「火力」と名のつくものはすべて制限している。だから、わが国と中国、そしてアメリカも合意文書には署名していない。
 では、欧米はいったい何をしているのかと言えば、酸素を吐き出し、二酸化炭素を吸収してくれる森林を大量に伐採して、そこに太陽光パネルを張り巡らしている。これのどこがグリーン政策なのかまったくわからない。
 ウイルスワクチン同様、温暖化人為説も英米合作。21世紀も中ごろになって、原油、天然ガスをどんどん燃やせと気づいても後の祭り。失った技術は元には戻らない。中露は英米の失敗も先刻承知だ。欧米のエネルギーが脆弱になるのを楽しみにしているはずだ。

 二酸化炭素は地球温暖化の原因ではない

 カナダ人地球物理学者ノーム・カルマノビッチは間違った「環境政策」のおかげで国際的な食糧危機が急拡大していることを深く憂慮している。御用学者と違って、京都議定書のインチキも弾劾している。
 大気温上昇を調べると、水(水蒸気・雲)が90%、二酸化炭素はせいぜい数%の影響というのが気象学者たちの見解である。温室効果を憂慮するなら、二酸化炭素より水を重視すべきなのだ。
 100年間で0.5〜0.6度程度の気温上昇など、人為説とは無関係に進む「温暖化・寒冷化」サイクルの結果である。人為原因は最大0.1度分しかない。
 不思議なことにヒール(悪役)は常に石炭。そしてベビーフェイス(善玉)は太陽光発電と風力発電。さらに不思議なことにエネルギー効率は太陽光発電12%、風力発電20%と低すぎる。一瞬の停電でもすべておしゃかになる半導体はとても製造できない。
 なぜ稼働率が低いのか? 最大の理由は太陽だ。夜、雨、曇りでは太陽光発電はできない。無風あるいは強風でも風力発電はできない。細々と小規模ならば事業化できるかもしれないが、ダイナミックにやろうとすればコストはすぐに跳ね上がる。
 石炭、石油、天然ガス、ウランなど実用化されているエネルギーは、同じ質量で引き出せるボリュームが大きい。気体の天然ガスでも重量当たりでは石炭と石油を超える。

 太陽光を利用する技術の欠陥部分

 投資家が化石燃料に向ける視線は厳しい。再生可能エネルギーを求めようという消費者や企業は増える。
 国際エネルギー機関(IEA)は2050年にカーボンゼロを実現するには、世界の電源構成で太陽光エネルギーと風力エネルギーの比率を7割ずつ高めなければならない、と予測している。世界最大級の太陽光発電所を毎日1基ずつ新設して10年。年4兆ドルもの投資が必要なのだ。
 巨大企業はすでに再生エネルギー確保に動いている。既存の発電所ではなく新設が条件とされている。
 アマゾンは2025年までにすべての電力を再生エネルギーに切り替える、という。フォルクスワーゲンはヨーロッパに太陽光と風力発電所をつくる、と決めた。すべて自前である。
 クリーンで安全が売りの太陽光発電だが、ヨーロッパでは死亡事故が頻発していることを日本人は知らない。マスメディアが伝えないからだ。14万5000キロワットを誇るドイツ最大メガソーラー(ブランデンブルク州ニューハーデンベルク)では電源スイッチを切れば感電を防止できることになっていたが、独立電源の太陽電池はスイッチを切っても通電が止まらない。メガソーラーは1000ボルト以上の高電圧だから水をかければ感電死する(実は過去に日本でも何度も発火事故を起こしている)。
 太陽電池パネルのトップメーカーは中国である。世界市場を奪うために価格破壊に打って出たが、赤字で品質には疑問符がつく。
 このパネルに草木やビルの影が長期間できると電気抵抗が高まって発火してまうのだ(「電圧誘起出力低下」という特殊現象)。
 メガソーラーは民主党時代の高値買い取りが続くうちは大儲けできたが、発電効率が改善できないため、「こんなはずじゃなかった!」と期待はずれで利用者は放り出し、あっという間にブームは終わった。

 石炭がやり玉に上がる理由

 COP26では「石油や天然ガスはやむをえない場合だけ使用してもいい。しかし、石炭は論外だ」としている。
 どうしてそんなに石炭を目の敵にするのだろうか?
 埋蔵可能期間では、石油30〜40年、天然ガス40〜70年に対して、石炭は170〜300年分と圧倒的に長い。
 二酸化炭素悪玉説の黒幕は産油国、産ガス国、大手石油会社である。石油と天然ガスは同一資本。ところが石炭は別系統である。
 COP26を盛んに支援したのは先進国の政府、メディア、何より左翼リベラルであるグレタ・トゥンベリという娘を見ればよくわかる。
 「地球温暖化が加速して旱魃(かんばつ)や飢饉(ききん)、水没や戦争、テロが起こって人類が破滅する」と騒ぎ出してから30年経つ。当時の米大統領ビル・クリントンと英国首相トニー・ブレアという左翼政権に命令したのはディープステートである。
 狙いは中国・インドから永久に搾取する仕組みをつくること。
 敵もさるもの。「石炭不足で電力不足、わが国は経済落ち込みで大変だ」と中国は石炭ないない詐欺に徹している。習近平もプーチンも真相は先刻承知。「やるやる詐欺」に徹するつもりなのだ。そして「これまでに排出した先進国がカネを出せ!」と主張し、2050年まで猶予期間を確保している。どうせその頃にはこんなバカな協定は立ち消えているはずだ。クリントンもブレアもこの世にはいない。アル・ゴアもいない。
 ところが、脱炭素ブームに乗り遅れたら一大事とばかりに後先も考えずに署名した国がある。
 韓国だ。案の定、2日と経たずに「署名はしたけれども守らなくてもいいんだろう?」と自分ルールを持ち出し、世界の笑いものになっている。

 備蓄放出よりもグリーン政策を引っ込めろ!

 「京都議定書」なんぞをなぜつくったのか、橋本龍太郎政権時代の遺物だ。
 共和党ブッシュは無視。米国議会は批准しなかった。
 「京都議定書」なるものを各国が合意して温室効果ガス削減に莫大な税金を注ぎ込んでも効果はない。二酸化炭素の排出権取引で儲けたい連中がいる。つまり利権である。トレーダーに御用学者、企業家など金儲けのチャンスとばかりに結託した。
 「気温変動の最大要因は太陽活動と雲の量。雲の量に影響を与える宇宙線量と遮断する地球の磁場にある」「温暖化どころかこれから寒冷化に向かう」と断じるのは東工大大学院の丸山茂徳教授だ。
 「京都議定書」は不平等条約で誰もが失敗だと思っている。締結した首相はとっくに亡くなっている。2050年には排出ガス半減宣言は愚行の極み。その頃には当時の関係者はみないない。
 日本は90年当時、すでに高水準の省エネを達成していただけにハードルが高い。悪夢の民主党時代、さらにハードルを高めようとしてヨーロッパの利権屋を喜ばせている。アメリカはそもそもできないから降りた。ヨーロッパが日本につけ込んだ。排出権で商売しよう、というわけだ。
 ヨーロッパの没落貴族たちはロシアに儲けさせてはならない。自分たちで独占したいと考えている。
 温暖化対策など、本気で取り組みたいなら石油生産を停止すれば簡単に解決する。「サウジアラビアに生産するな」と言えばいいだけだ。しかし言わない。エネルギー危機になったら、倒産続出、失業者が巷に溢(あふ)れかえるからだ。
 石油産出量を毎年1%ずつ削減すれば50年後には半減できる。そのほうが現実的だ。グリーン政策に懸命で、インフレに火がつき、ガソリン代急騰ですっかり支持率を激減させたバイデンは、わが国をはじめとして、中国、インド、韓国など石油消費国と協調して計5000万バレル(80万キロリットル)の備蓄原油放出方針を発表した(2021年11月23日)。
 備蓄放出は湾岸戦争(1991年)、米国のハリケーン被害(2005年)、リビアの政情不安(2011年)に際して、IEA(国際エネルギー機関)の要請に応じた例はあるが、ガソリン価格値下げを目的とする放出は初めて。支持率回復のために他国を利用するな、と言いたい。グリーン政策を引っ込めれば原油価格は暴落する。

 「地球環境に優しい」のはき違え

 温暖化したところで人は死なない。二酸化炭素排出を減らすために「クールビズだ」「ウォームビズだ」と国民に奨励していたが、これらが炭素の排出量を減らすどころか増やしてしまった。
 国民的不人気のレジ袋にしても、ただ同然の廃油からつくられているからレジ袋は無料だった。
 ゴミは自治体指定の有料ゴミ袋を使え、とされているが、ムダの最たるもの。ただで使えたのにわざわざ良質の石油からつくらせて高コストとなり、カネをとるようになっている。
 日本学術会議にそそのかされた愚かな政治家が有料化したのだが、今ごろになって、「あれは一代前の大臣が決めたこと」と惚(とぼ)ける始末。あまりの無知蒙昧(もうまい)ぶりにあの人気のプリンスの化けの皮も剥がれそうだ。
 再生エネルギーを推進するテクノシステムという会社の経営トップが逮捕されたが、元大臣と元首相父子のスポンサーとして広く知られる人物だった。
 そう考えると、なぜ元首相が突然、反原発と言い出したのかが透けて見える。
 ただ同然の資源からつくられたレジ袋を買い物袋、ゴミ袋として二重に利用してきた国民のほうがずっと賢明であるし、ずっと地球環境にも優しい。

 見え見えの勝ち組トヨタ潰し

 トヨタ自動車豊田章夫社長の記者会見が話題になった。「世界の自動車産業に課されているのが自動車の電動化です」(豊田社長談)というメッセージだ。
 世界各国ともガソリン車追放そしてEV(電気自動車)転換が合言葉。しかし、EU諸国(とくにドイツVW)はPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)を「EV」に入れたくない、というスタンスが見え見え。
 理由は2つ。1つはPHVがいまのところ利便性でダントツの技術だということ。
 2つ目は、この技術で圧倒的に強いのがトヨタだということ。つまり、欧米の自動車メーカー(米スモールスリーも!)はPHVのトヨタ車を市場から追放したいのが本音。
 トヨタのプリウス(PHVのほう)はヨーロッパで大人気。市場はトヨタ、ウエルカム。ドイツはEV開発で致命的に出遅れているからトヨタが怖い。日産自動車と三菱自動車も怖い。フォルクスワーゲンはアメリカでディーゼル車に燃費不正ソフトを埋め込んだのも、米市場で優位に立ちたかったからだ。同社が掲げた「クリーン・ディーゼル」は八百長だった。
 自動車メーカーの勝ち組はトヨタ自動車だ。欧米のメーカーはすべて負け組といっていい。アメリカでもGM、フォードを押さえトヨタが販売額で第1位になっている。
 ドイツのフォルクスワーゲンも敵(かな)わない。メルケルは中国のご機嫌をとってきた。ドイツにとって最大の顧客は中国だからだ。
 欧米メーカーはトヨタ潰しで一致協力している。トヨタの弱点はEV開発に遅れをとった。しかし、いまや本気になってガソリン車からEVまでフルラインナップし、すべてで完全第1位を収めようとしている。
 「トヨタを潰したら元のガソリンエンジンに戻そう。EVの材料リチウム、コバルト、ネオジム、パラジウムは高価だし、レアアース、レアメタルの生産地中国にのさばられても面白くない」
 ディープステートのシナリオはこんなものだろう。しかし、彼らの目論みは進撃の巨人トヨタの前にもろくも崩れ去るのではなかろうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・



雑談を3つほど...2022年4月30日

 今回は雑談です。
 でも雑談だけだと訪問される方々に申し訳ないので、最初だけ情報らしきものにします。
 後の2つは、お金にまつわる与太話です。
 時間のある方は、覗いていただければと思います。


『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガから

 前回の記事、『ヤスさんが語るウクライナで本当に起こっていること』で、ヤスさんのウクライナの解説を紹介しましたが、今回はその続きが来ましたので、それを紹介させていただきます。
 日本のメディアで“精鋭部隊”と紹介されている「アゾフ大隊」のとんでもない正体がわかります。もちろん日本のマスコミも正体を知っていて、日本人を洗脳する為に、あえて“精鋭部隊”と言っているのだと思います。
 では、ヤスの備忘録のヤスさんの解説です。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ、第691回から抜粋開始>・・

「アゾフ大隊」に関する日本や欧米の報道

前回に引き続き今回も、ジャック・ポー大佐の長い分析記事、「ウクライナの軍事情勢」を参照し、今回は「アゾフ大隊」の実態について紹介する。イギリスの「BBC」などは今回のロシア軍によるウクライナ侵攻が始まる前は、「アゾフ大隊」を極右の危険なネオナチ系のテログループとして紹介するドキュメンタリー番組を複数放映していた。

そうした番組では、「アゾフ大隊」は世界からやってくる白人至上主義者のトレーニングセンターとなっている実態を報道し、将来危険な白人系の「IS(イスラム国)」のようなものになる可能性もあると警告していた。

事実、2019年3月にニュージーランド、クライストチャーチの2つのモスクで乱射事件が発生し、40人を越えるイスラム教徒が殺害されたが、犯人の白人至上主義者、ブレントン・タラントはウクライナの「アゾフ大隊」に参加し軍事訓練を受けるところであった。

ところがウクライナ戦争が始まってから、「BBC」は「アゾフ大隊」を危険視する報道をすべて引っ込め、「アゾフ大隊」を「ウクライナ軍精鋭部隊」と呼ぶようになっている。たしかに過去にはネオナチ系の極右もいたが、いまはウクライナ軍に統合されているとしている。これは日本の報道も同じで、NHKも「アゾフ大隊」を「ウクライナ軍精鋭部隊」と呼び、「公安調査庁」も国際的なテロリストのリストから「アゾフ大隊」の名前を削除した。

こうした報道の経緯を知っていると、いくらなんでも短期間でテロリストとしていたものを、正義の味方にしてしまう報道には強い疑念を感じる。

2018年までは弱かったウクライナ軍

そうした疑念が強くなるなか、ジャック・ポーの記事では、なぜ極右でネオナチ系の「アゾフ大隊」がウクライナで勢力を拡大したのか、2014年の「マイダン革命」からウクライナ情勢を分析している。NATOの内部からウクライナにかかわっていた人物ならではの事実を明らかにしている。

ウクライナでは2014年に「マイダン革命」が起こり、どちらかといえば親ロ派のヤヌコービッチ政権が打倒され欧米派の政権に移行した。この政権にはウクライナ民族主義の極右が参加しており、ロシア語を公用語とする2012年の「キバロフ・コレスニチェンコ法」を廃止した。

この決定は、ロシア語圏の人々に嵐を巻き起こした。その結果、2014年2月から行われたロシア語圏(オデッサ、ドニエプロペトロフスク、ハリコフ、ルガンスク、ドネツク)に対する激しい弾圧が行われ、事態は軍事化し、ロシア人住民の恐ろしい虐殺(オデッサとマリウポリが代表的)も起こった。

この結果、東部ドンバス地域の「ドネツク」と「ルガンスク」はウクライナからの分離と独立を要求し、ウクライナ軍との間で内戦が始まった。

2014年、ジャック・ポーは、NATOで小型武器の拡散防止を担当しており、ロシアがこの内戦に関与しているかどうか、分離独立派へのロシアの武器搬入を探知しようとしていた。そのときポーが得た情報は、ほぼすべてポーランドの情報機関からで、「OSCER(欧州安全保障協力機構)」から得た情報とは一致しなかった。ロシアから武器や軍事機器が届けられてはいないことが判明した。

そうではなく分離独立派は、ロシア語を話すウクライナ人部隊が分離独立派側に亡命したおかげで、武装することができた。一方ウクライナ軍は劣勢で、作戦の失敗が続いた。その結果、戦車、大砲、対空砲の大隊がドンバス地域の分離独立派に寝返り、軍事力を充実させた。

またウクライナ軍は、あまりにも硬直的で、教条的な作戦アプローチに没頭していたため、ウクライナの参謀本部は敵を制圧したが、実際に勝利することはできなかった。分離独立派の戦争は、軽便な手段で行われる高度な機動作戦で構成されていた。より柔軟で教条的でないアプローチによって、分離独立派はウクライナ軍の惰性を利用し、繰り返し「罠にかける」ことができた。

2018年10月、4年間続いた内戦は小康状態になった。しかしポーによると、当時のウクライナ軍は悲惨な状態だったという。ウクライナ軍の主任検察官アナトリー・マティオスは、ドンバス地域でウクライナが失った兵士は、病気で891人、交通事故で218人、その他の事故で177人、中毒(アルコール、麻薬)で175人、武器の取り扱い不注意で172人、保安規定違反で101人、殺人で228人、自殺で615人と述べ、2700人であると述べた。

さらにウクライナ軍は、幹部の腐敗によって弱体化し、もはや住民の支持を得られなくなっていた。英国内務省の報告によると、2014年3月から4月にかけて行われた予備役の兵士召集では、第1回に70%、第2回に80%、第3回に90%、第4回に95%の兵士が姿を見せなかったという。2017年10月・11月の「2017年秋」リコールキャンペーンでは、70%の徴兵された人々が現れなかった。

これは、自殺と脱走(多くは分離独立派に渡る)を数えていない。若いウクライナ人は「ドンバス」に行き戦うことを拒否し、移住を好んだが、これも少なくとも部分的には、この国の人口不足を説明するものである。

NATOが訓練し支援したネオナチ民兵に依存

この状況に苦慮したウクライナ国防省は、NATOに目をつけた。ポーはこのときすでに国連の枠組みで同様のプロジェクトに携わっていたので、NATOからウクライナ軍のイメージ回復プログラムへの参加を要請された。これは本来は長期の計画だったが、ウクライナ側は迅速に行動することを望んだ。

そこで、兵士の不足を補うために、ウクライナ政府は「アゾフ大隊」を中心とした準軍事的な民兵に頼った。ロイター通信によると、2020年、彼らはウクライナ軍の約40%を占め、約10万2000人の兵士を擁していたという。彼らは、アメリカ、イギリス、カナダ、フランスによって武装され、資金を提供しされ、訓練を受けていた。国籍は19カ国以上だった。

これらの民兵は2014年から、欧米の支援を受けながら「ドンバス」で活動していた。民兵は暴力的で、吐き気を催すような白人至上主義のイデオロギーを持つ、猛烈な反ユダヤ主義者である。そして、狂信的で残忍な個人で構成されている。

「アゾフ大隊」は、1943年にソビエト軍からハリコフを解放し、1944年にはフランスで「オラドゥール・シュル・グラーヌの大虐殺」を行ったとして、ウクライナでも知られている「第2親衛隊 ダスライヒ・パンサー師団」を思わせる徽章を持つ。

ウクライナの準軍事組織を「ナチス」あるいは「ネオナチ」と特徴づけることは、ロシアのプロパガンダとみなされている。しかしポーによると、それはイスラエルの主要紙、「タイムズ・オブ・イスラエル」や、「米ウェストポイント・アカデミー」の「テロ対策センター」の見解ではないという。「アゾフ大隊」は広く知られたテロ組織だ。

西側諸国は、2014年以降、レイプ、拷問、虐殺など、民間人に対する数々の犯罪を犯した民兵を支援し、武装させ続けた。そして、これらの準軍事勢力はウクライナ内務省が管轄する「国家警備隊」に統合された。だがこの統合は、一部の人が主張するような「脱ナチス化」をまったく伴わなかった。多くの例の中でも、「アゾフ連隊」の先に徽章の例は示唆に富む。

国防省が管轄するウクライナ陸軍は3つの軍団に分かれ、機動部隊(戦車、重砲、ミサイルなど)で構成される。一方、「国家警備隊」は内務省が管轄し、5つの地域司令部に編成されている。したがって、「国家警備隊」はウクライナ軍に属さない地域防衛軍である。そのなかには「義勇軍大隊」と呼ばれ、「報復大隊」という刺激的な名称でも知られる、歩兵からなる準軍事民兵が含まれている。この大隊はおもに市街戦のために訓練され、現在ではハリコフ、マリウポリ、オデッサ、キエフなどの東部と南部の都市を防衛している。

「アゾフ大隊」のイデオロギー

このようなジャック・ポー大佐の記事を見ると、明かにNATOのインサイダーでしか分からない情報が多い。やはり驚愕することは、「アゾフ大隊」のようなネオナチ系の民族主義者の集団はウクライナ国防省の要請とはいえ、NATO軍が訓練し、アメリカ、イギリス、カナダ、フランスなどの国々が武器と資金を支援していたという事実である。

ロシアのプーチンがウクライナの「ネオナチ」と呼ぶ勢力は、実はNATOの支援によって大きくなった勢力だったのだ。自然に拡大したものではなかった。そして、ウクライナ政府内部にも深く浸透している。

では、「アゾフ大隊」の基本的なイデオロギーはどのようなものなのか?ジャック・ポーは狂信的で残忍な個人で構成されている猛烈な反ユダヤ主義者だと言っているが、ユダヤ人の排斥だけを目標にした単純な反ユダヤ主義者ではないだろう。ゼレンスキー大統領はユダヤ系のロシア語話者なので、本来であれば彼らの排除のターゲットになる。ということは、単純な意味の反ユダヤ主義を越えたイデオロギーを持つはずだ。

ジャック・ポーが寄稿している「フランス情報研究センター」や「ザ・ポスティル」という論壇誌を参照すると、「アゾフ大隊」の危険なネオナチ系民族主義者の全体像が見えてくる。

 ・・・(中略)・・・

ところでジャック・ポー大佐は、ウクライナのいまの戦況に関して日本や欧米の主要メディアとはかなり異なった分析をしている。ロシアがキエフの攻略に失敗したので目標を変更したと日本や欧米では報道されているが、ポー大佐はそうではないという。ロシアはもともとキエフの攻略は目標になかった。一時キエフにロシア軍の一部を集中させたのは、ウクライナ軍をキエフの防備に集中させて軍を分散化さえ、本来の目標である東部のウクライナ軍の守備を手薄にする戦略だという。

ポー大佐の戦況分析は非常に興味深い。もしかしたら、こちらの方が実態に近いにかもしれない。これは次回に書く。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本のマスコミが”精鋭部隊”とした「アゾフ大隊」の正体は、本当はテロ組織でした。
 これで、テロ組織を精鋭部隊と言い換えた日本のマスコミの正体もわかろうというものです。


始まりはデリバティブで7億円稼いだ人のセミナー

 これから紹介するのはゴールデンウィークらしく、全くの娯楽の話題です。
 テレビのニュースを観ると、気持ちが落ち込むような話題ばかりですので、ちょっと楽しめるような(あるいはちょっと気になるような)、お金の話題をさせていただきたいと思います。

 今から30年近く前の話ですが、私は経済評論家の浅井隆さんの勉強会に参加していました。そこでは毎月1回勉強会があって、経済や金融の講師を呼んでセミナーが開かれていました。
 ある会のセミナーでは、デリバティブで7億円稼いだ人が講師として招かれました。
 その講師の方は、笑顔が可愛らしい好々爺(こうこうや)といった感じの初老の男性でした。FXが広く浸透した今となっては、7億円稼いだといっても珍しくないと思いますが、30年以上前はFXは無い時代だったので、7億円というと、「おおっ!」となる金額でした。
 講師の方が用いたのは、日経平均の先物に連動するオプションと呼ばれるデリバティブ(金融派生商品)です。オプションには、プットとコールと呼ばれる2つのものがあります。おそらく当HPの訪問者方々は、「プットとコールなんて、聞いたこともない・・・」という方がほとんどだと思われますので、そんなものがあるらしい、という程度でお付き合いいただければと思います。

 その講師は、日経の先物の値(おそらく4本値と呼ばれる、始まり値、高値、低値、終り値)を毎日記録をとって分析したそうです(昔はこうした努力が不可欠でした)。
 すると、株価が大きな変動を開始する“兆候”があることに気づいたそうです。
 その兆候が現れた後、株価(日経平均)が大きく動くといいます。
 ただし、大きく動くんだけれども、上に行くのか下の行くのかはわからなかったといいます。そこで講師は、兆候が現れた直後にプットとコールの両方を同時に買ったそうです。
 少し解説すると、プットを買った直後に株価が暴落すると、大きな利益となります。コールを買った直後に株価が暴騰すると大きな利益となります。株価が思惑と逆の方向に動いた場合は、コールもプットも紙切れとなり、損失はプットとコールを買った金額を失なうだけで済みます。
 つまり損失は限定されるけれども、当たれば大きな利益が転がり込むという、宝くじのような性質があります。
 これだけ聞くと、うまい話しに聞こえますが、株価が大きく動く直前のタイミングを当てるのは至難の業で、通常はプットとコールの買いが勝つのは2割で、8割は負けると言われています。
 つまり、そんなおいしい話が相場の世界に転がっているはずもないということです。
 それだけに、株価が大変動する兆候をつかんだというのは、大変な武器を手に入れたということです。
 ちなみに歴代の最高倍率は、(浅井隆さんの情報によると)、311のときの株価大暴落で、プットが1300倍になったそうです。
 仮にこのとき、プットを10万円買ったとしたら、10万円が1億3千万になった計算になります(手数料や税金は別)。

 もちろん講師は、その兆候が何かという肝心な話はしません。
 講師が独自に編み出したノウハウですから、そんな大儲けのネタを他人に提供するなんてことはないのでしょう。
 私はその話を聞いてオプションに興味を持ったのですが、もちろんその兆候はわかりません。それゆえ、この話は私の中では、あくまでお話しの域を出ず、そのままになっていました。

 ところで、私は今、吉田繁治さんを真似て、システムトレード作りに挑戦しています。
 システムトレードとは、(一般に行われているような)、人間が相場の流れを読んでトレードするのではなく、コンピューター上にアルゴリズムを作り、その指示通りにトレードするという手法です(最近では、AIを使った手法が流行っています)。
 通常のトレードでは、その人独自の勘や、儲けたいという欲望と、損するかもしれないという怖さの感情が複雑に折り重なって行うのですが、システムトレードでは指示通りに行うので、人間の思惑があまり介入しません。
 吉田さんが作ったシステムトレードは、(前述の講師と違い)、オプションではなく日経平均の先物で、一発狙いではなく、コツコツと利益を積み上げていくやり方です。

 でも人間ですから、感情は湧きます。
 吉田さんも最初は、「こんな高いところで買うのか・・・」とか、「こんな安いところで売るのか・・・」といった感情が湧いたそうです。でもそこをぐっと堪えて、指示通りに買ったり売ったりするのがポイントです。
 (私の記憶によれば)吉田さんは自身の作ったシステムトレードを600万円を元手に始めて、3ヶ月後ぐらいに2300万円になったと言っていました。
 凄い!、とんでもなく優秀です。
 これほどのシステムを、わずか2ヶ月ほどで作ったというのですから大変な才能です。
 私は、吉田さんは日本を代表する知性だと思っているのですが、世の中には本当に頭の良い人がいるものだと感心してしまいます(そもそも吉田さんはフランス文学専攻ですから、バリバリの文化系です)。
 その後の経過を知りたかったのですが、その後ぷっつり吉田さんは、システムトレードの話をしなくなりました(儲かり過ぎてしまって、これ以上話すとまずい、となったのでしょうか)。

 私も吉田さんと同じようにシステムトレード作りに挑戦しているのですが、きっかけは日経平均株価の情報が、誰でも無料で手に入る状況になったからです。
 前述したように、昔は情報公開されておらず、毎日自分でコツコツと集める必要がありました。
 でも今は、(有難いことに)30年分のデータが誰でもタダで手に入ります。
 それに私はコンピューターのプログラムができるので、アルゴリズムを作るのはお手のものです。
 ただし、吉田さんと同じような成績を残せるアルゴリズムを作れるかどうかはわかりません。
 吉田さんも前述の講師と同じで、肝心なところは言ってくれないのです。
 ただ吉田さんが考えたアルゴリズムの基本思想を知らせてくれただけです。後は自分で模索するしかありません。

 私は、まず4本値をグラフ化するソフトを作りました。
 数値だけを眺めていても、そこでどんな動きをするのか見分けるのは困難です。
 グラフ化することで、そこで様々なドラマが生れていることがわかるようになります(このグラフはチャートと呼ばれ、相場をやった方なら誰でも知っているものです)。
 私が珍しいのは、それを自分で作ったというところでしょう。
 ある日、チャートをプリントアウトして眺めていたのですが、大暴落の直前に“兆候”らしきものがあることを発見したのです。
 あれれっ、これって“兆候”じゃないかな・・・、と思って30年の間に何回か起こった他の大暴落のケースを見てみました。すると、全く同じではないのですが、非常によく似た“兆候”が観てとれるのです。
 私は、30年前のあの講師の顔を思い浮かべました。
 あの講師が言っていた“兆候”とは、これのことだったのではないか・・・、という思いが湧いてきたのです。
 まあ、でもわかりません。
 これから私が発見した“兆候”をプログラム化し、どれだけ信憑性があるか試す必要があります。ソフトを組んで、確率を計算をするのです。
 まだまだ先は長いな、といったところです。
 ここから先は、さらに胡散臭い話です。
 私が“兆候”かもしれないと思ったその日、コンビニに用があって行ったのですが、その時の釣銭が、777円だったのです。
 私は、あれっ! と思いました。
 私はパチンコはやらないのですが、777という数字はラッキー数字だということは知っています。
 これって、シンクロかなぁ・・・。

 * * *

 ちなみに、NYダウはこの週末に939ドル下げました。
 吉田さんはメルマガで、「米国株の下落が、本格化した模様」と述べられています。
 このまま米国株が大暴落になってしまうのか・・・、そうだとすると日経平均も引きずられていくでしょう。
 今の日経平均には、私が発見した大暴落の“兆候”は現れていません。
 もしこのまま日経平均が大暴落となってしまうと、私としては複雑な心境です。

 さて、どうなるでしょうか。


贋イーグル銀貨を買った話

 以前の記事で、吉田さんが推奨する金(キン)の買い方として、毎月、上がっても下がっても、可能な一定額を買い続ける「ドル平均法」を紹介したことがありました。
 私は、これを銀貨でやってみようと考えました。
 1オンス銀貨であれば数千円で買えるので、貧乏な私でも充分にやれます。
 ただ、私が住んでいる長野のド田舎では、近くに銀貨を売っているお店がありません。
 先日、長野県で比較的都会の松本に行く機会があり、ネットで調べてコインを扱う店に行ってみることにしました。
 駅から遠いので、わざわざバスに乗って行った結果、なんとその店は廃業していたのです。
 「ゲッ、廃業!」
 と、がっかりしました(田舎では、ネットにサイトがあっても、実際は廃業というのはけっこうあります)。
 たまに出掛ける東京だったら確実ですが、なにしろ長野から東京までの往復の交通費で、1オンス銀貨が2枚買えるのです。
 なんとか、経費が掛からず銀貨を買う方法はないかなあ、と考えました。
 そこで思いついたのが、ヤフオクです。
 ヤフオクのサイトを見ると、けっこう銀貨を売っています。
 目に留まったのは、アメリカの1オンスのイーグル銀貨です。
 日本では業者のサイトでは、アメリカの1オンスのイーグル銀貨は、普通に1万円以上で売っています。それが2枚で、2000円程度の値付けなのです。
 本物なら、破格の値段です!
 ううっ、贋物っぽい・・・。
 と思ったのですが、写真で見ると本物っぽい感じです。
 出品者の説明書きには、

「専門知識もなく、この商品に関しては未鑑定で、鑑定書も無いため真贋詳細、材質等は不明です。そのため、レプリカ 観賞用などとして出品を取り扱っています」

 とあります。
 ふーん、だとすると鑑定書が無いから安く売っている可能性もありそうです。
 そこで、贋物でもいいからと、試しに落札してみることにしました。
 結果、3100円で落札できました。

 早速、送られてきたブツを見たのですが、瞬間に贋物だとわかりました。
 というのも、私は大昔にアメリカに住んだことがあって、そこで記念にイーグルの1オンス銀貨を買ったのです。1987年発行のもので、当時の日本円で千数百円ぐらいだったと記憶しています。
 その本物の1オンス銀貨とヤフオクで買った1オンス銀貨を見比べれば、一目瞭然でした。

 欧米系の人は、コインを裏返すとき、上下にひっくり返す傾向があるそうです。逆にアジア系は左右にひっくり返す傾向があるといいます(コインをひっくり返したときに、絵柄の上下がちゃんとなっているということ)。
 イーグル銀貨はアメリカ発行ですから、上下にひっくり返すデザインとなっています。
 ヤフオクで落札したものは、左右にひっくり返すデザインなのです。おそらく中国あたりで造られた贋作でしょう。
 それにしても絵柄はきれいで、絵柄だけ見ても贋物とは判別できないと思います。
 贋物を発見する方法は以下の動画が参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=mgW2Su71y_c


 まあ、3千円程度の損なら程よい授業料でしょう。
 私は、人に金や銀を勧めることが多いので、この贋物は大事に取っておくつもりです。
 「こういう贋物が出回っているので、気をつけた方がいいですよ」という話のネタになるからです。

 アンティーク・コインに詳しい加治将一さんの本によると、アンティーク・コインの贋物はまず無いらしいです。
 しかし、アンティークではない地金型コインの中には、精巧に造られた贋物があることがわかりました。
 ただし私は、金(キン)の地金型コインで贋物があるという話はいまのところ聞いたことがありません。金のインゴットには、金と比重が近いチタンに金メッキした贋物があるという話は聞いたことがあります。
 金や銀の現物を買おうと思われている方は、中には贋物があるので、気をつけていただければと思います。



ヤスさんが語るウクライナで本当に起こっていること...2022年4月23日

 元駐日ウクライナ大使の馬淵睦夫さんは、日本のマスコミ報道を観ていると気分が悪くなると、YouTubeの動画で述べられています。
 実は同じことが私にも起きていて、これは比喩でもなんでもなく、本当に気持ち悪くなるのです。
 よくぞここまで嘘と悪質な印象操作ができるものだと、本当にあきれて(感心して)しまいます。
 繰り返されている手法は、まず(ロシアの攻撃によって破壊されたとする)荒廃したウウライナの街並みの映像を流します。その後、きまって涙を浮かべた女性や子供たちが映され、さらにロシアの攻撃によって人々が殺されたと訴える住民の映像を流すのです(決まりきったパターンなので、今後報道を観るさいには注目されてはと思います)。
 これを延々と毎日見せられた日本人は、「こんなひどいことをするロシアは許せない!」という感情を持つのは自然なことです。
 こうした報道をする日本のマスコミの意図は単純明快で、ウクライナを善とし、ロシアを悪とする勧善懲悪的なイメージを日本人に刷り込みたいということでしょう。

 思えば、新型コロナウイルスに対する日本のマスコミ報道は、ひどいの一言でした。
 恐怖を煽りに煽って、国民にどんどん(殺人)ワクチンを打たせようとしました。ワクチンを打ってしまうと、免疫力が低下し、さらに感染しやすくなってしまうに、です。
 以下は、ネットから拝借させていただいたものですが、「コロナによる入院患者の多い国」と「対ロシア制裁国・非制裁国」の図です。
 両者が見事にオーバーラップしているのがわかります。


  

 (引用元)
コロナによる入院患者が多い国
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12732308495.html

対ロシア制裁・非制裁国
https://ameblo.jp/mimi1298/entry-12733663104.html


 ワクチンによる人口削減とウクライナ紛争は、両方ともDSアジェンダだということの間接的な証明といえるでしょう。
 そして大変残念なことに、欧米各国と同様、日本もまたDSによって支配されている国だということを再確認させられます。

 今回の記事は、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介させていただきます。
 このような記事の内容が日本のマスコミに取り上げられることは期待できませんが、ネットではどうでしょうか。
 ヤスさんの経済分野のメルマガは、時々ネットでも取り上げられているので、私は今回の記事は期待していて、多くの方々に読んでほしいと思っています。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ、第690回から抜粋開始>・・・

いま日本を含めた西側のウクライナ戦争に対する報道を見ると、特定のシナリオをフィルターにして現実を切り取るような報道しかなされていないように思う。そのシナリオとはロシアの悪魔化である。このシナリオに合致しない情報は切り捨てられ、善のウクライナと悪のロシアが対峙する勧善懲悪のイメージばかりが喧伝される。これは戦前の大本営発表に近い状況だと思う。

筆者はあらゆる国々のメディアから情報を収集しているが、今回のウクライナ戦争に関してはその国がおかれた政治的な立場によって、報道内容に大きな片寄りが見られる。これほどの片寄りがあるのはウクライナ戦争に特徴的で、他の出来事ではめったにないように思う。

ウクライナを善としロシアを悪とする勧善懲悪的なシナリオの報道は、実は日本を含めた西側諸国に限られている。先頃、国連人権理事会からロシアの理事資格剥奪が決議されたが、93カ国が賛成したものの、84カ国が反対ないしは棄権した。これら賛成しなかった国々のメディアでは、このような勧善懲悪の図式は見られない。

インド、トルコ、、イラン、イスラエル、ブラジル、またロシア寄りだがベネズエラのような国々では、ウクライナ情勢についてまったく異なった報道をしている。特にインドのメディアは、ロシア軍とウクライナ軍の両方に特派員を派遣しており、両サイドからバランスのよい報道が手に入る。それを見ると、日本で報道されているウクライナとは、まるで異なる状況だ。

独立系のジャーナリスト

しかし、なんと言ってもウクライナの現状をもっともリアルに伝えているのは、現場から生でウクライナ市民の声を伝えているジャーナリストだ。彼らはロシア側にもウクライナ側にも属していないので、もっとも客観的な状況が分かる。彼らは全員がジャーナリストであるわけではない。さまざまなバックグラウンドを持ちながらも、現状を伝えるためにウクライナに入った人々だ。

筆者が知る限りそうした人物は4人いる。スペイン人で弁護士のルーベン・ジスベルト、イギリス人の戦場カメラマン、マクシミリアン・クラーク、アメリカ人でチリ在住の映像作家、ゴンザロ・リラ、そしてイギリス「スカイニュース」の元レポーターで米海軍出身のパトリック・ランカスターの4人だ。

すでにルーベン・ジスベルトはウクライナから戻り、スペインに帰国している。またゴンザロ・リラは、滞在していたハリコフでネオナチの民族主義者に拘束、ないしは殺害されたと思われる。いま現場で報道しているのは、パトリック・ランカスターとマクシミリアン・クラークの2人だ。

彼らの報道からは、日本を含む西側の報道とはまったく異なる現実が見えてくる。例えば、ハリコフに住み、キエフの状況もビデオでレポートしていたゴンザロ・リラは次のようなことを報告していた。

・ゼレンスキーは侵攻するロシア軍と戦うために、刑務所に収監されている凶悪犯に武器を渡して解放している。このため、彼らによるレイプ、殺人、店舗襲撃などが相次いでいる。ゼレンスキーはとんでもないことをしている。いますぐやめるべきだ。

・ロシア軍はキエフをときおりミサイルで攻撃しているものの、キエフには侵攻していない。それにもかかわらず、キエフ市内では銃声が聞こえる。これは武器を手にした凶悪犯のギャングによるものである。

ゴンザロ・リラはこれを報告した後、ウクライナのネオナチには殺害リストがあるようだと言った。もし自分が報告できくななったら、拘束か殺害されたと思ってほしいとのメッセージを残し、行方不明になった。ロシアの国営放送の「RT」をはじめいくつかのメディアは、リラは殺害されたと報道している。

パトリック・ランカスターの報道

しかし、こうした独立系のジャーナリストでも突出しているのがパトリック・ランカスターだ。彼はイギリスの「スカイニュース」の元レポーターで、米海軍出身のジャーナリストだ。ウクライナ東部のドンバスに8年間滞在して、現地から報道していた。ウクライナ戦争が始まってからは、戦場となっているマリウポリに拠点を移し、ここから生々しい現実を報道している。以下が彼のユーチューブのチャンネルだ。せひとも見てほしい。

Patrick Lancaster
https://www.youtube.com/c/PatrickLancasterNewsToday

ランカスターは主にロシア軍が制圧したマリウポリ市内の地域で取材し、戦争の巻き込まれた一般市民に手当たり次第にインタビューして、なにがあったのか報告している。彼の質問は次のようなものだ。

・誰が攻撃しているのか?ロシア軍か、(ロシアが支援している)ドネツク人民共和国軍(DPR)か、またはウクライナ軍か?

・自己紹介してほしい。名前はなんで、どんな仕事をしているのか?

こうした質問を、戦争で殺された遺体がまだ放置されている現場で、たまたまそばにいた人々に質問している。かなりの数の人々に質問すると、ほぼ次のような答えが返ってくる。

・自分たちを攻撃したのはロシア軍やドネツク人民共和国軍ではない。ウクライナのネオナチ、「アゾフ大隊」だ。彼らは民間人と見ればみさかいなしに撃ってくる。建物を砲撃して破壊しているのも「アゾフ大隊」だ。

・「アゾフ大隊」は住民を避難させるといって家から出るように命じる。彼らの命令にしたがって避難を始めると、いきなり撃ってくる。これで大勢が死んだ。

・ロシア軍は、市民と戦闘員を見分けるために白い腕章をつけるように言ってきた。これを付けていると安全は保障するという。そこでみな白い腕章を付けて外に出ると、「アゾフ大隊」が狙い撃ちにしてくる。

・「アゾフ大隊」は学校や病院、劇場などに内部から爆薬を仕掛けて破壊している。それをロシア軍の仕業にしたいようだ。

・「アゾフ大隊」は、自分たちの傷病兵の手当をするために病院を占拠した。そのため、病院にいた入院患者や医者、看護師の退去を命じた。これに抵抗したものは容赦なく射殺された。

・ロシア軍は敵ではない。彼らは我々に物資を提供し守ってくれている。敵はゼレンスキーとネオナチの「アゾフ大隊」だ。

このような答えが圧倒的に多い。もちろん誰が攻撃したのか分からないという答えもあるものの、少なくともロシア軍に攻撃されたという証言はほとんどない。証言は「アゾフのやろう!なぜウクライナ人を殺すんだ!ぶっ殺してやる!」という激しい怒りの言葉がとても多い。

こうした証言は、インドやイスラエル、またベネズエラなどの中立国のメディアの報道でも見られる。

いったいなにが起こっているのか?

しかしこれを見ると、我々も混乱してしまう。日本の報道には、ロシア軍に処刑されたとされる遺体の映像や、ロシア軍によって殺されかけたという証言、そしてロシア軍の無差別な攻撃によってがれきの山と化した街の映像で溢れている。ロシア軍の残虐性を示す情報ばかりだ。また日本の報道では、「アゾフ大隊」はネオナチとしてではなく、「ウクライナ軍精鋭部隊」として紹介されている。

これは独立系のジャーナリストや中立国のメディアとはあまりに異なる報道だ。正反対なのだ。どちらかがウソをついているのだろうか?いまは勧善懲悪的になって正義感に駆られ、一方を断罪するよりも、本当に何が起こっているのか突き止めなければならないだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ロシアがウクライナの市民に、安全を確保するために白い腕章をつけるように言ったという話は吉田繁治さんも紹介しています。
 その部分を抜粋します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1224から抜粋開始>・・・

親ロシアの住民と軍人は、戦場では、個人で作った白い布の目印を巻いているという。逆に、親ウクライナの人たちは、白と区分するため青い布をつけています。顔、髪、住まいでは、敵と味方が分からないからです。

日本ではイメージができない民族が混じった分断国の特徴です。
長期的にいえば、ウクライナは「イスラエルとパレスチナのように二つの国家」にならないと安定しないでしょう。ただしイスラエルとパレスチナは今も戦いを続けています。

【ブチャ村の虐殺とされることの分析】
ロシア軍が3月末に撤退した、キエフ近郊の「ブチャ村(人口3.5万人)」での、300人から400人とされる虐殺は、ロシア軍がウクライナの住民に加えた残虐行為(戦争犯罪)とされています。

しかし、Youtube動画(明らかにフェイクではないと判断できる、余分なものが映った携帯画像)では、親ロシアを示す白い布の目印の人たちが、散見できます(10人くらいのうち4人を確認:腕に巻いた白い布が視認できます)。

米軍とゼレンスキーからの、ブチャの「住民虐殺」の発表では、ロシア軍が撤退した3日後、4日後まで、こうした300体から400体の死体が放置されていたという。
(消されているかもしれません)
https://www.youtube.com/watch?v=4T2Oa3AJ9S4

ところが、市長が、ロシア軍の撤退を発表した4月1日には、虐殺を言っていない(好意的にいえば、まだ知らなかった)。市長ならすぐわかるはずの、道路にも放置されていた300人、400人の死者には触れてない。この死体は、ロシア軍が退去したときは、なかったものかもしれない。時系列で見ても、論理的におかしなことが多いのです。

公式の発表がないのは、ロシア軍撤退の直後にブチャ村(人口3.5万人)への「アゾフ大隊」の分派の入場です(これは事実です)。ウクライナ軍に属する私兵ですが、ロシア側からは「ネオナチ」とされ、ウクライナ政府に従わないことも多い。

中核が2000人、周囲の応援者が4、5万とされます。マウリポリでのロシア軍との戦闘ではマウリポリ部隊は壊滅し、首領(アンドリー・ビレツキー)は逃亡しています(これも事実)。

マウリポリでは、人口の32%が親ロシアの住民ですから、「アゾフ大隊」が、親ロシア系を殺した可能性は高いでしょう(推測)。

ウクライナ側の私兵(アゾフ大隊の分派)によるブチャ村でも、白い布の目印をしたロシア系住民への攻撃である可能性は、否定できないでしょう(推測)。親ロシアの住民に、私刑を加えたのかもしれない(推測)。政府の命令よらない殺戮は私刑(リンチ)です。

「アゾフ大隊」は、2014年から、ウクライナ東部のロシア系住民を、私的に殺傷していました(この殺戮に、ウクライナ政府の命令はない。したがって私刑です)。

南部のオデッサ市の劇場で、地下に避難していた、デモ隊の非武装のロシア系住民に対し、銃と火炎瓶での虐殺があったことは、歴史的な事実です。(私兵は勝手な動きをします。したがってウクライナ政府は、この虐殺はなかったと否定しています)

市の90%が廃墟になったとされる、南部の工業都市マウリポリ(人口40万人:親ロシア系住民が38%と多い)の「住民の虐殺」も、ブチャ村に類似すると見ています。マリウポリは、ロシアが併合したクリミア半島(2014年4月〜)と、ロシア系が多い東部2州をつなぐ要路に、位置しています。

【西側と露ロシアのメディアは、互いにフェイク合戦を続けている】
日本と西側の主流メディア、そしてウクライナ政府は、これらの全体について、「ロシア軍が加えた、ウクライナ住民への残虐行為だった」と主張しています。米国は、ブチャ村でのロシア軍による虐殺を主張し、対ロシア金融・経済制裁を強化しています。

ロシアが言うように、CGのフェイクが混じっているかは検証ができない。しかし個人がとった編集のないナマの携帯画像を探してyoutubeで見たとき、「どの軍が、何系の住民を殺傷したのか」という疑いを禁じえなかったのです(多くが、閲覧注意になっています。編集はされていません)。

遺体には、親ロシア系を示すシンボルの、白い布切れの人が混じっています。作られた画像とすれば、杜撰(ずさん)です。このためか、当初は、米国主流メディアも、「われわれは確認していない」と書いていました。

その後、虐殺としてTV NEWSに出る画像では、遺体は小さく、ボカシが入っていて確認できない。(注)TV画像では証拠は見えない。

作ったフェイク画像の特徴は、9.11やイラク戦争のときのように、同じものが、どの放送局でも何回も放映されることです。これはメディアが加担する「世論操作の認知戦」だからです。

ゼレンスキーによって「人間の盾になれ」とされたウクライナ人住民の巻き添えはあったかもれない。しかし、これらを見て、ウクライナ政府が言う、「ブチャ村では300名や400名の非戦闘員の住民を、ロシア軍が虐殺した」とすることは当方にはできなかったのです。日本のメディアは、これを命じたとするプーチンとロシア軍の残虐性を叫んでいます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私の記憶では、日本のテレビで報道されたブチャ村での虐殺映像ですが、すでに死体とおぼしき部分にはボカシが入っていました。報道では、残虐性が高い為ボカシを入れたと言っていましたが、本音は死体の白い腕章が見られたくなかったからではないでしょうか。
 ロシアの仕業だと思わせたいマスコミにとって、親ロシア系の住民が殺されている映像は具合が悪いからです。
 日本のマスコミは一事が万事、この調子です。

 次に紹介するのは、ロシアがウクライナに軍事進攻した具体的な経緯です。
 私もロシアが軍事進攻した本当の動機を知りたいと思っていたのですが、やっと情報が出てきたようです。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ、第690回から抜粋開始>・・・

しかしいまのように、日本や西側の専門家と呼ばれる人々でもヒステリックになり、ロシア憎しのマインドセットになっているため、信頼できる分析を期待することはできない。もちろん信頼できる人々は、数は少ないもののいる。日本であれば、代表的な中国分析者である遠藤誉であろうし、アメリカであればシカゴ大学教授のジョン・ミヤシャイマーがいる。彼らの分析は秀逸だ。

元参謀本部大佐の証言と分析

しかしやはり戦争なので、軍事分野の背景があり、できればNATOのなんらかの活動に参加した経験のある人物で、なおかつウクライナの情勢に詳しい人物がよい。いわばインサイダーのような人物である。調べて見ると、ウクライナ情勢を分析しているそのような背景を持つ人物がいた。ジャック・ボーである。

ボーは元参謀本部大佐、元スイス戦略情報部員で、東欧諸国の専門家である。米英の諜報機関で訓練を受けている。国連の平和活動の政策チーフを務める。法の支配と治安制度の国連専門家として、スーダンで初の多次元国連情報ユニットを設計、指揮した。

またアフリカ連合に勤務し、NATOでは5年間、小型武器の拡散防止を担当した。ソ連崩壊直後には、ロシア軍や情報機関の最高幹部との議論に携わる。NATOでは、2014年のウクライナ危機をフォローし、その後、ウクライナ支援プログラムにも参加している。

このような経歴を見ると、まさにいまウクライナ情勢について、もっとも正確な分析を提供できる人物だ。フランスには安全保障と情報活動の分野を専門にした「フランスインテリジェンス研究センター(Cf2R)」という有名なシンクタンクがあるが、そこの研究誌の3月号に「ウクライナの軍事状況」という論文を掲載した。いわばインサイダーによるもっとも信頼できる分析だと思われる。この記事からは、ウクライナの驚くべき実態が明らかになる。

ロシアが2月24日に軍事侵攻した理由

この記事を読むと、そもそもロシアがなぜ今年の2月24日にウクライナの軍事侵攻に踏み切ったのか、日本ではまったく知られていない理由が明かされる。ロシアのウクライナ軍事侵攻の可能性が意識されはじめたのは、2021年3月末であった。このときロシアは10万人を越える規模の軍隊をウクライナ国境に配備し、軍事演習を実施した。軍事演習終了後も軍は19万人まで増強され、撤退しなかった。さらにロシアは、ベラルーシとの合同軍事演習も実施した。

そして昨年の12月、ロシアはアメリカとNATOに向けて、東ヨーロッパで軍事演習をしないことなどを要求したヨーロッパの新しい安全保障の枠組みを提示し、受け入れるように迫った。それからしばらくしてバイデン政権は、ロシアはウクライナに全面的に軍事侵攻する可能性があることを警告した。これが侵攻前の経緯であるが、ジャック・ポーはそもそもなぜロシアが昨年の3月に軍を配備したのか、説明している。

実は2021年3月24日、ゼレンスキー大統領はクリミア奪還の政令を発し、南方への軍備配備を開始したのだ。同時に、黒海とバルト海の間でNATOの演習が数回行われ、それに伴いロシア国境沿いの偵察飛行が大幅に増加した。ロシアはその後、自軍の作戦遂行能力をテストし、情勢の進展に追随していることを示すために、いくつかの演習を実施した。

つまり、そもそもロシアによる軍事演習の実施は、ゼレンスキーのクリミア奪還攻撃に対する備えだったのだ。日本ではプーチンの領土拡大欲が理由だとされているが、そうではなかった。

その後、10月から11月にかけてロシアの軍事演習は終了し、事態は沈静化したかに見えた。しかしウクライナは、ドローンを使って親ロシア派のドンバス地域の燃料庫を攻撃した。これは、ドンバス地域の親ロシア派に自治権を与えた2015年の「ミンスク合意」に違反していた。

しかし再度、事態は収束に向かった。それというのも、2月7日、モスクワを訪問したフランスのマクロン大統領はプーチンに対してミンスク合意を再確認し、翌日のゼレンスキーとの会談後もこの合意の順守を繰り返したからだ。そして、2月11日にベルリンで行われた「ミンスク合意」順守のためのドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアとの会議は、9時間の協議の後、何の具体的な成果もなく終わった。

ここでウクライナは、依然として「ミンスク合意」の適用を拒否していることが明らかとなった。これは明らかにアメリカからの圧力によるものであった。プーチンは、マクロンが空約束をしたこと、西側諸国が合意を履行するつもりがないことを指摘した。

ウクライナのドンバス攻撃

他方、東部ドンバス地域ではウクライナの攻撃は続いていた。2月16日以降、ドンバスの住民への砲撃は、劇的に増えていた。当然、EUもNATOも、西側政府も、そして西側のメディアも反応せず、見て見ぬふりをしていた。アメリカやEU諸国は、ドンバスの住民の虐殺について、それがロシアの介入を誘発することを知りながら、意図的に沈黙し無視してきた。

同時に、ドンバスで破壊工作が行われたとの報告もあった。1月18日、ドンバスの戦闘員は、ポーランド語を話し、西側の機器を装備して、ゴルリッカで化学事故を起こそうとしていた破壊工作員を撃退した。彼らは、ドンバス地域で破壊工作を行うために、アメリカが指導または助言し、ウクライナやヨーロッパ諸国の戦闘員で構成されたCIAの傭兵であった。

2月16日の時点で、バイデン大統領は、ウクライナ側がドンバス地域の民間人に対する激しい砲撃を開始したことを知っていた。プーチン大統領は、ドンバスを軍事的に助けて国際問題を引き起こすか、ドンバスのロシア語圏の人々が潰されるのを傍観するかという難しい選択を迫られているのを見ていた。

2月17日、バイデン大統領は、ロシアが数日以内にウクライナを攻撃する可能性があることを発表した。なぜ、彼はこのことを知っていたのだろうか?答えは明らかだ。自分たちからゼレンスキーに圧力をかけてドンバス地方を攻撃し、プーチンが反撃するように仕向けたからである。

このように、2014年以来NATO側からウクライナの情勢をモニターしてきた本格的な軍事専門家は、今回の戦争をアメリカが仕掛けた実態を書いている。そして次にジャック・ポーは、ウクライナの「ネオナチ」と「アゾフ大隊」の真実について明らかにする。すると、いまの日本を含めた西側の報道がいかにすさまじいプロパガンダであるのかが見えてくる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんは最後に、「いまの日本を含めた西側の報道がいかにすさまじいプロパガンダであるのかが見えてくる」と言われています。
 私は戦後生まれなので、太平洋戦争の体験はありませんが、当時の資料は残っています。
 聞くところによれば、当時のマスコミはこぞって「鬼畜米英」と叫んでいたそうです。そして戦況が不利になっても、新聞には「また勝った!」と書いて国民を扇動していたといいます。
 今のウクライナ紛争の報道と質は同じです。
 「鬼畜米英」が「鬼畜ロシア」に変わり、ロシアの戦況が悪くなったとか、ロシアが経済的に困窮し始めたという報道だけが流れます。
 太平洋戦争当時と今と、マスコミはその本質において全く変わっていないということでしょう。
 冒頭で、私はテレビ報道を観ると気分が悪くなると言いましたが、多少は理解していただけたのではないでしょうか。
 念のためにお断りしておきたいのですが、私はプーチン支持でもロシア支持でもありません。
 真実を知りたいというだけであり、公平で中立な報道を望んでいるのです。

 日本には、NHKと読売、毎日、産経などの民放各社がありますが、どれも「鬼畜ロシア」という報道姿勢においては全く一致していることに、私は強い違和感を感じます。
 人には様々な考え方があり、様々な意見があります。
 人と話していると、私と全く違う見方や意見に驚かされることもしばしばです。
 もし強い支配力が働いていなければ、今の日本のマスコミも各社で様々な見解や意見に分かれたことは想像に難くありません。
 それが見事に同じ見解と同じ報道姿勢であるという事実は、今の日本のマスコミが強烈な支配を受けているということの証(あかし)でしょう。



『2026年 日本国破産』から...2022年4月16日

 第二次世界大戦の趨勢が決した1944年、戦勝国は米国のブレトンウッズホテルに集まり、戦後世界の体制の基本となる通貨制度を決定します。
 それが、ホテルの名を使って名づけられたブレトンウッズ体制です。
 英国のケインズは、特定の国の通貨を基軸としてしまうと通貨発行過剰という矛盾が生じてしまうとして、無国籍の金兌換通貨バンコールを提案したのですが、米ドルを基軸通貨とする米国のホワイト案に敗れます。
 当時、戦場となって疲弊していたヨーロッパ諸国に対し、無傷の戦勝国として圧倒的パワーを誇り、かつ(確認されていませんが)2万6千トンもの金を有している米国に圧されたのです。
 基軸通貨は金兌換の米ドルとなり、各国の通貨は米ドルとの固定相場制(円であれば1ドル=360円)となり、米ドルを介して間接的に金(キン)と結びつくことになりました。
 その後、ベトナム戦争の戦費でドルを乱発した米政府に、ドルの価値の減価を恐れたドイツとフランスは、アメリカに米ドルに換えて、直接、金を要求します。
 これにより、アメリカの金は2万6千トンから8600トンにまで目減りします。
 これ以上、金を失うとドルの価値が無くなると恐れた当時のニクソン大統領は、1971年、突如、ドルと金の兌換の停止を宣言します(ニクソンショック)。
 金の裏付けを失った米ドルの価値を保つ為、ニクソンとキッシンジャーは、中東諸国の原油を米ドルでしか取り引きしない体制を構築します(ペトロ・ダラー制)。
 このペトロ・ダラー制が現在まで続いている体制です。
 ペトロ・ダラー制に挑戦したイラクのフセインや、リビアのカダフィがどのような運命を辿ったかはよく知られています。

 以上が簡単な戦後世界の通貨体制の説明です。
 この通貨体制に、果敢にも反旗を翻した国が現れました。
 それが、今回のウクライナ紛争を起こしたロシアです。
 表向きの理由は、ロシアの安全保障としてウクライナをNATOに加盟させず軍事的に中立化することですが、別の(あるいは真の)狙いは、戦後77年続いた米ドルの支配体制を終わらせようとするものです。
 私たちは、歴史の大きな節目にいることは間違いありません(歴史の証人となるでしょう)。
 ロシアのラブロフ外相は、次のような声明を発表したと伝えられています。

 「ロシアは米国が支配する世界秩序を終わらせようとしている」

https://tapnewswire.com/2022/04/lavrov-russia-seeks-to-end-us-dominated-world-order/

 ロシアの中央銀行は、通貨ルーブルを金にリンクすると発表しました。
 どうやらロシアは、口先だけのことが多い西側諸国と違って、有言実行の国のようです。
 これから、私たちは大きな変化を目にすることになるでしょう。

 先日、横河サラさんからメルマガが届きました。
 私が気になった<経済>の部分を抜粋させていただきます。

 ・・・<横河サラさんのメルマガから抜粋開始>・・・

<経済>
多くのインサイダーたちが
今月末に向かって
既存の経済システムのメルトダウンが起きることを予想しています。

新たなるシステムの誕生のために
現行のシステムの崩壊が起きることは避けられないのです。

欧米では、株式市場のメルトダウンが予想され
1〜3週間の備えをしましょう、と呼びかけている人が多いです。

日本で実際に何が起きるか
何ともわかりませんが
一時的にATMがストップする、お店の棚から食品が消える
ガソリンスタンドが休止する、インターネットがダウンする...
などはあり得ます。

数年前のトランプ大統領の発言にあった
イースター (復活祭、4月17日) は
ひとつのマーカーとして見られています。

そこで何も起きなかったとしても
4月下旬に向かって備えをしておくことが懸命でしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 ふーむ・・・、何か起きるのでしょうか・・・。
 横河サラさんは、何か感じておられるのかもしれません。
 私は、サラさんはサイキックだと思っているのですが、サラさんのセミナーに出ても、そうしたサイキック的な面を見せることはありませんでした(私は直接サラさんとお会いしたことがあるのですが、そうした雰囲気を見せない人です)。

 さて、今回は『2026年 日本国破産』(浅井隆著、第二海援隊)から紹介させていただきます。
 私は、世界的な金融クラッシュが起きた際に日本政府が破産(デフォルト)する可能性は高いと思っています。
 日本政府の破産というのは、日本国債の償還ができなくなるということです。
 個人や企業の破産と違い、国の破産では国が無くなるわけではありません。政府の建物は残るし、行政機能も残ります。
 国と行政は、破産しても(一時的に混乱はするにしても)実質的には何も失いません。
 むしろ借金(国債)が清算されて重荷が無くなり、すっきりするぐらいでしょう。
 ひどい目に遭うのは、国民です。
 コツコツ貯めてきた国民の資産(大多数は銀行預金)は、一気に無くなるでしょう。
 私達は、そうした事態が起きることに備える必要があると思うのです。
 それゆえ、終戦直後の日本で起こったハイパーインフレと預金封鎖の実態を知ることは意味があると思います。
 今回は、私の心に残った話題をいつくかピックアップして紹介させてただきます。当時の人々がどのような対応をしたかということを中心に、選ばせてもらいました。
 最初は、当時の人々に流行った「タケノコ生活」です。
 太平洋戦争は1945年8月15日に終わりを迎えます。
 その後の庶民の生活です。


 ・・・<『2026年 日本国破産』、p168〜p171から抜粋開始>・・

 実態はどうなのか。実は、これもこの時期については統計がある。自由物価(ヤミ物価)指数というもので、統計は1945年10月から始まっているが、この時点でヤミ物価は公定価格の30倍近い水準となっている。つまり実際の庶民感覚では、お上の言う「物価」の30倍近い価格が付いているということだ。そして、翌年8月のヤミ物価指数を見ると、公定価格の13.5倍といく分マシになっている。卸売価格とヤミ物価では単純計算はできないものの、戦後1年で公定の卸売価格が5.4倍となり、公定の消費者物価もそれに準じるとすれば、ヤミ価格はそのさらに13.5倍だから、庶民感覚で言えば1年でざっと70倍程度の物価上昇があったと想像できる。
 もうおわかりだろう。ハッキリ言って、一般国民の生活はほとんど破綻しているに等しい。政府は窮乏を極める国民に配給で応えようとしたが、配給は時を経るごとにどんどん細り、そして滞った。配給を支える食糧は、戦時中に始まった食糧管理制度により農家には政府への供出義務が課せられたが、終戦によって政府による強制力が低下するにつれ、供出に応じる農家も減った。何しろ、政府は敗戦によって財政がひっ迫しており、買取価格は低く抑えられている。そこに高インフレが到来したものだからひとたまりもない。売り惜しみ、出し惜しみが横行し、配給制度が成り立たない事態になったのだ。
 また、終戦により戦地から日本人が次々と引き揚げて来たことも需要増加に拍車を掛け、さらにもの不足を深刻化させた。そして、悪い時には悪いことが重なるものである。供給面でもこの年は最悪だった。1945年は、年初の大豪雪とその後の天候不順が続き、大凶作となったのだ。国内農産物生産指数で見ると1933〜35年を100とした時、1945年は59.7にまで低下、まさに壊滅的な状況だったことがわかる。
 この当時の人々の生活振りをあらわす象徴的な言葉に、「タケノコ生活」というものがある。貨幣価値がどんどん毀損(きそん)して行く中で、日々の糧を確保するにはもうお金を持っていてもどうにもならなかった。特に、都市部に住む人々にはそれが顕著で、配給を待っていても次にいつ食べ物が口に入るかまったくわからない。そこで、家財や衣類などを持って農村部に出向き、物々交換で食糧を分けてもらうのだ。今日は着物を持って行き、次は家財を持って行く……そうしてタケノコの皮を剥(は)ぐように、身の回りのものを食糧に換えて何とか生活やり繰りする生活を指した、何とも悲哀ただよう言葉である。
 しかも、行けば必ず食糧が手に入るわけではない。食管制度が弱体化したとは言え、政府は物価統制に躍起になっている。ヤミ米取引に使われた列車を一斉検挙し、なけなしの食糧をすべて没収してしまうのだ。また、ヤミ米買い出しに行く女性に目を付け、「米を安く売ってくれる農家を知っている」と誘い出して田舎に連れ出し、雑木林に連れ込んで強姦・殺人を繰り返したという凄惨な事件も起きている(小平義雄連続殺人事件:7人を殺害した罪で死刑になったが、実際には10人殺したとも言われる)。1945年の11月2日、3日だけで100万人の都民が近県に買い出しに出た(『戦後六〇年』 上野昂志著)と言われる時代であり、何しろ大多数の国民が困窮するドサクサの時代である。当時の社会状況を伺い知る、象徴的な事件と言えるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、城山三郎氏の小説からとった話題ですが、当時の世相をよく現していると思うので、紹介させていただきます。


 ・・・<『2026年 日本国破産』、p179〜p181から抜粋開始>・・・

 インフレは、乱暴に言えばモノが不足するかカネがあまるかによって起きるが、戦後のインフレはその両方が起きていた。モノ不足については先述の通りである。終戦によって、多くの引揚者や戦員が帰国し国内の食糧需要は急激に増大、一方で積年の戦時国債発行によって慢性的なインフレ基調であったところに、敗戦で食管制度の強制力にゆるみが生じ、生産者の売り惜しみや出し惜しみが起きて需給がひっ迫した。さらに悪いことにこの年は大凶作で、いよいよ食糧需給が危機的なものとなった。モノ不足は食糧だけではない。工業分野においては、極度の戦時生産体制から敗戦によって軍需がほとんどなくなり、産業転換も進まない上、物資も不足していたため工業生産はどん底の状態であった。つまり、ありていに言えば、戦後はあらゆるモノが不足していたのである。
 ただ、こうした状況でも本当の意味でモノがないわけではない。あるところにはあるのである。日本の経済小説の草分けである城山三郎は、『小説 日本銀行』で主人公の若手日銀行員・津山の目線を通じて、終戦直後の薄暗い社会情勢と共に、「あるところにはある」という趣旨の話をこんな調子で書いている。
 秘書課に勤務する津山は、ある時日銀新潟支店から本店への「廃札」(ボロボロになって処分が決まった日銀券)の運搬の監視役を命じられる。専用の輸送車両を使い、警官も護送役についている廃札搬送を、素人の自分が監視する意味などあるかと訝(いぶか)しむものの、上司はこんなことをいう−−時勢柄、警官といえど信用はできない。誰一人として箱を開けたり触れたりすらしないよう、しっかり見張れ−−そういうものかと思いつつ、津山は監視の任に着く。多額の現金、そして警官と共に夜行列車に揺られ、翌朝無事に東京に着くと、その箱は当初の話にあった日銀本店ではなく、なぜか日銀氷川寮に運びこまれた。どういうことかと上司に詰め寄ると、その箱から出てきたのは廃札ではなく、なんと「ヤミ米」だった。
 実はこの米は、日銀幹部が赤坂にある日銀氷川寮で夜な夜なGHQの高官クラスを接待するためのものだったという。日銀と言えども、ヤミ米が警察の目に留まれば摘発されるし、それはマスコミにも知られることになる。一大スキャンダルに発展しかねないわけで、津山は箱の中の「ヤミ米」を見付けられないよう、警官にすら手出しさせない役を命じられていたのだ。
 通貨の守護者という使命に燃えて入行した津山は、組織の最も後ろ暗い不正義に加担させられて失望する−−。
 これはあくまで小説ではあるが、まったくもって虚構というわけではない。実際昭和20年のドサクサに、飢える庶民を差し置いて一部の権力者や特権階級は、変わらず贅沢三昧であったことだろう。モノはあるところにはあり、しかし一般庶民には出回らない……残念ながら、これはいつの時代も、いかなる国の危機的状況下でも同じなのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、いよいよ昭和21年(1946年)2月16日に政府から預金封鎖が発表されます。
 人々がその時に、どのような行動をしたか、見ていきます。


 ・・・<『2026年 日本国破産』、p198〜p203から抜粋開始>・・・

 当時の新聞を見てみると、この発表の翌日である2月17日には、各紙とも衝撃の見出しが一面を飾っている。

 「預金の支拂制限 悪性インフレ防○(管理人注)に綜合非常施策」(日本産業経済新聞)

 「経済危機突破へ非常措置 支拂制限けふ断行」(読売報知)

 「預金拂出し制限・新円発行 けふから預金封鎖 解除は財産税徴収後」(朝日新聞)

 「インフレ防止の緊急令出づ けふから預金封鎖 一般引出を禁ず」(毎日新聞)

 まさに、青天の霹靂という感であろうか。当時の世相を考えれば「青天」どころか「曇天」であったろうが、いずれにしても国民に走った衝撃の巨大さは想像にあまりある。しかも、これが発表されたのは日曜日のことである。銀行などはいずれも閉まっており、翌日の月曜日に行ってもすでに時遅し、である。
 ただ、預金封鎖と言ってもすべての預金が完全封鎖されたわけではない。世帯主は月額300円、世帯員1人に対しては100円が生活費として払い出しを認められていた。なお、給料の現金支給は500円まで認められていたため、当時は「500円生活」という言葉が流行った。
 当時の公務員の初任給が500円程度というが、これで1世帯が1月しのぐのはかなり厳しいと言わざるを得ない。実際、当時の様子を記録した『生計費五〇〇園』(竹内信次監督)という短編映画では、1家が1カ月500円で生活できるかを検証しているが、月の赤字が604円という結果であったという。つまり、とてもではないが普通の生活など成り立たず、恐ろしく切り詰めた生活を強いられたということだ。
 戦中は「鬼畜米英」で耐乏を強いられ、ようやく戦後を迎えても今度は高インフレによる経済危機で困窮を強いられる・・・大多数の国民は、もはやこの国に絶望するほかなかっただろう。
 また、それまで流通していた日銀券(旧券)は3月2日限りで無効とし、旧券は3月7日までに銀行に強制預入させること、2月25日から発行される新円には一定限度内で引き換えができることも決められた。
 お金の流通量を制限することでインフレを抑制するという説明がなされたが、これは狙いの一つに過ぎない。国家にしてみれば、市井に過剰供給されインフレの元凶となっているお金を捕捉し、財産税という形で徴収しなければならない。そのための施策として、通貨切換は極めて効果的なわけだ。つまり、簡単に言えば「タンス預金のあぶり出し」が狙いであったのは明らかだ。
 ただ、通貨の切換というのは、非常に壮大な施策である。本来時間を掛けて準備し、周到に行なわれるべきものだが、時下のインフレによる危機的状況を食い止めるため、半年ほど予定を繰り上げて実施された。そのため、新券の製造が間に合わず、新券の代わりに証紙を発行し、これを旧券に貼り付けることで使用できるようにした。言わば「付け焼刃」の処置だ。
 また、当初からすべての金種が切換の対象となったわけではなかった。2月17日当初は、10円以上の金種が切換の対象となっていたのだ。そうした情報は極めて重大なものであるため、政府は極秘裏に準備を進めていたが、しかしどこからか情報が洩れ、国民に知れわたったという。「5円以下なら封鎖を免れる!」−−−こうした情報から駅やタバコ屋には長蛇の列が出来、10円券や100円券を使って5円以下の釣銭を目当てに切符やタバコを買い求めたというエピソードも残っている。なお、これが社会現象として問題視されたためなのか、わずか5日後の2月22日には5円券も封鎖対象に追加されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(注)○の部分は、防止の「止」の意味の漢字だと思われますが、旧漢字なので載せれませんでした。


 「預金封鎖」「新円切換」「財産税」がもたらしたものは、何だったんでしょうか。


 ・・・<『2026年 日本国破産』、p218〜p222から抜粋開始>・・・

 結局、割を食ったのは一般庶民

 国家にとって「三種の神器」とでも言うべき「預金封鎖」「新円切換」「財産税」は、敗戦後の財政危機、経済崩壊の危機下でこのような経緯をたどった。乱暴に言えば、財産税は財政再建という目標にまったく貢献しない施策だった。新円切換も、隠退蔵資産をあぶり出す効果はあったが、財政再建に貢献したとは言いがたい。結局のところ、莫大な戦時債務(戦時国債、戦時補償債務)を解消したのは、すさまじいインフレだったのである。

 ・・・(中略)・・・

 激しいインフレが、国家の借金を相当に減殺したのである。
 では、このインフレのツケは誰に回ったのか。言わずもがな、一般庶民である。財産税は資産家にしか課せられないが、インフレは全国民にあまねく賦課(ふか)される。その結果、国民資産は実質的にすさまじい目減りをしたのである。たとえば、預金封鎖によって1946年3月時点で945億円の国民資産が封鎖されたが、47年末現在も642億円が封鎖されたままだった。この間のインフレは卸売物価ベースで約7倍で、単純に言えば封鎖された預金は7分の1になったということだ。まさに、インフレで通貨が「紙キレ」になった。
 さらに、この時期は一般庶民の税負担も増加した。終戦処理や産業復興のための経費が増大する一方で、財政法の施行によって安易な借り入れや赤字国債に頼れなくなった政府は、大規模な増税を行なったのである。GNPに対する租税収入の比率が、1946〜49年までにかけて増加していることからこれは明らかだ。また、敗戦による軍需消滅と経済混乱によって、法人税収入が低下する一方、個人所得税は増税された。酒税やたばこ税も大きくなり、大衆負担が重くなっている。当然、インフレも税に影響を与えた。インフレによって名目所得が増えたことで、納税額も増えたのである。
 高額所得者はもちろんのこと、低中所得者の所得に占める税の割合も上昇しており、総じて「持たざる者」「稼ぎの少ない者」ほどより苦しい生活を強いられたことが推察される。結局のところ、戦争によって生み出された壮大なツケを一番払わされたのは、一般庶民だったということなのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、浅井さんの総括のコメントです。


 ・・・<『2026年 日本国破産』、p224〜p229から抜粋開始>・・・

 国家破産を生き抜く国民になるために

 さて、本章では日本の「国家破産」である敗戦後の顛末、特に預金封鎖と財産税、そして高インフレの顛末について見て来た。事の経緯を俯瞰(ふかん)して見ると、預金封鎖、財産税という極めて強力で暴力的な国家による搾取(さくしゅ)が行なわれながら、それが結果的に国家のためにならなかったという、極めてバカげた事実が浮かび上がって来た。
 率直に言って、あまりにもバカバカしい話に付き合わされる国民としては怒り、絶望、諦念、その他ありとあらゆる負の感情を抱かずにはいられない。
 ただ、ここから得られる教訓や知恵は、極めて得がたい重要なものがある。
 まず、借金とは極めて恐ろしいものだということだ。借金がなぜ怖いか。借金を借金で埋めるようになるからだ。これを一個人で考えた時、正常な状態ならどこかで借金をやめればよいと判断できるのだが、借金で追い詰められた人間は正常な判断ができなくなってくる。誰かが止めなければ、とめどもなく借金地獄に突き進んで行く。
 これが国家となると、さらに質が悪い。国家が借金をするのは、すべて国民のためという方便である。一時しのぎに借金をしてばら撒きをし、国民を甘やかすわけだが、この状態で借金をやめればどうなるか。ばら撒きはできなくなり、国民は暴動を起こす。最悪は、国家転覆(てんぷく)だ。そうならないよう、国家は約束通りばら撒き続けないとならなくなるのだ。
 この状態、何かに似ていないだろうか。そう、覚せい剤などの薬物中毒と一緒なのだ。国家がこの状態になると、政府・財政はもちろん、国民もどんどんバカになって行く。国から与えられることばかり考える息かな国民と、その愚民を狂暴化させないために破滅の未来から目を背けて輪転機を回し続ける国家……その悪夢の事態が招来するのは、まさに薬物中毒者の末路と同じく「身の破滅」と「死」である。
 次に、国家は非常時に「暴力装置」と化すということだ。そして、振るった暴力が正しい目的(国家の再建)に適(かな)うかと言えば、残念ながらそうはならないことが多い。したがって、黙って国家に殴られるのは「やられ損」である。
 そこで、自分の命と財産は自らの力と意志で必死に守るべきである。
 また、破綻国家に付き物の「インフレ」の恐ろしさについても注意したい。
 ひとたびインフレが猛威を振るったら、もう生半可な方法では食い止められない。第一次世界大戦後のドイツでは、ハイパーインフレに対抗するためレンテンマルクという臨時通貨を発行し、何とか食い止めた。2009年のジンバブエは、自国の法定通貨であったジンバブエ・ドルを捨てた。敗戦後の日本は、結局自力でインフレを撃退することはできず、さんざん国民資産を減殺させた上でGHQのもたらした“劇薬”によってようやく収束を見た。もし、私たちが高インフレに直面した時は、そのことによくよく思いをいたすことだ。
 そして、残念ながら日本という国が国家としては脆弱である、ということにも留意すべきだろう。日本は非常に良い国だと思うし、国民の人間性としても悪くないと考えるが、残念ながらこと国家運営に至っては三流以下である。明治維新もそうだが、外からの直接的な圧力があって初めて改革を断行できるが、自らが自律的、能動的に国家戦略を打ち立て、厳しく身を律して変革して行くことができない。100年先、いや10年先でも、先を見据えて今すべきことの判断が下せない。場当たりに施策を行ない、それを振り返ることもしないし、歴史に学んでその叡智を活かすということもしない。現代日本が抱える問題、少子高齢化による国力の減衰と社会保障費の増大をなすがままにし、そしてそのツケを将来に回すべく、財政赤字を累々と積み上げた。
 その様は、形こそ違うが戦争にまい進し、敗戦し、付け焼刃の徳政令と凶悪なインフレでツケ払いさせられた77年前と不気味なほど符合する。「もはや戦後ではない」という言葉があったが、私に言わせれば現代は、「もはや戦後のようでしかない」。
 敗戦後、あれほどの社会混乱にあって、GHQ占領下の日本政府はことインフレ、財政再建に対しては実に不甲斐ないものがあった。個々の政治家や官僚には骨のある者がいても、政治・行政全般が果たしてまともに機能していたのか、疑念をさしはさむ余地は大いにある。
 そして、現在である。現在の政治家・官僚に自らの命をも差し出してこの国の危機的財政状況を救うべく立ち上がる者はどれだけいるのか。今日なすべき国民と痛みを分かつ改革を進める気概を持つ者はいるのか。
 今の日本人は、国から与えられ過ぎ、何でも人任せにし過ぎた。自立しないまま年を取り、その結果自律的に人生を切り開くことができない人が多過ぎる。国が危機的な財政に喘(あえ)いでも、そんなことは知ったことかとばかり「俺に与えろ」「俺を支えろ」とすねをかじるばかりだ。
 しかし、嘆くだけでは何にもならない。私は、皆さんにこの国がいかに危機的状況か、そして国家が倒れ、皆さんの足元が崩れた時、どんな目に遭うのかを伝え続けて行く。そして歴史の教訓から、そうした危機に際しても国に頼らず自ら立つための方策についても、研究して来たことをお伝えして行く。それこそが、せめてもの私の使命であると考えるからだ。
 私はすでに20年以上にわたって日本の財政を憂い、国家破産の恐ろしさについて説いて来た。かつての読者の中には、「浅井さんが言うような国家破産は来ないじゃないか」と「オオカミ少年」呼ばわりする人もいるが、しかし重要なのは「国家破産が来たかどうか」ではない。一人ひとりが「オオカミに備える」ことなのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今から20年以上前になりますが、私は浅井さんの経済の勉強会に参加していました。
 その時から浅井さんは日本国の破産を警告していて、勉強会では財政の専門家を呼んで講義を行っていたことを憶えています。
 20年以上も延々と日本国破産を唱えていて、いっこうに来ないのですから、「オオカミ少年」と言う人間が現れるのも無理もないかな、と思ったりします。
 しかし、いよいよ期は熟したように私は思います。
 浅井さんは、2026年破産と言っていますが、もっと早くなる可能性が高い気がします。
 早ければ今年中、遅くても来年中にはその兆候が現れてくるだろうと私はみています。



バーナード・ノーランという人物のツイート...2022年4月9日

 今回は、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガに載っていた話を紹介させていただきます。
 当HPを訪問される方の中で、2010年に投稿された「アングロサクソン・ミッション」の動画をご存じの方は、多いかもしれません。
 今回、ヤスさんのメルマガに載っていた話は、その「アングロサクソン・ミッション」にとてもよく似た話です。
 「アングロサクソン・ミッション」は、証言者が、上級メーソンと多くの会議に同席したことにより、現在の新型コロナウイルスによる人口削減などの“彼らの極秘の計画”を知ることになったという動画です。
 参考までに、以下は「アングロサクソン・ミッション」を紹介したサイトです。

https://kovlog.net/about-as-mission/

 「アングロサクソン・ミッション」の場合は、証言者は(仮名かもしれませんが)ビル・ライアンという元英国軍人のイギリス人で、実在の人物であることは間違いないようです。
 その点では信憑性が高いと思われますが、今回の話はツイッターに投稿された記事のみなので、信憑性が高いとは言い切れません。でも私には、ありうる話かもしれないと思えました。
 こうした話が真実かどうかを判断する際に、話を暴露する動機は何かと考えるのが第一歩です。
 この話を暴露することによって本人が得る利益は何かと考えても、特に何か利益があるとは思えません。
 しかし、利益が無いからといって真実とは限りません。世間を騒がせることに愉悦を感じる愉快犯ということもありうるからです。
 そして、ある程度の不利益はあると思います。
 証言者はバーナード・ノーランという人物で、「アングロサクソン・ミッション」のビル・ライアン氏と同じくイギリス人です。
 イギリスは日本と同じく、政府とマスコミに洗脳されてワクチンを打った人が多く、接種率77.5%は日本と同水準です(日本は81.5%、4月6日現在)。
 こうした地域で「アングロサクソン・ミッション」のような話を暴露すれば、「陰謀論だ!」と叩かれる危険性は高いはずです。
 それを考慮すると、真実かもしれないという思いもしてきます。
 ただし、ヤスさんもこの話を紹介する際に、「インサイダーなのか? 不気味な計画」と表現されており、真実だと断定されているわけではありません。
 結局のところ、真実かどうかは読者の方々に判断していただくしかありません。
 それでは、『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガ、第688回から抜粋開始>・・・

不気味な投稿

この投稿は、バーナード・ノーランという人物のものだ。イギリス、バーミンガムにある「オールセインツ病院」の元シニアスタッフ看護師で、労働組合の書記長でもあった人物だ。彼は1998年に自分がフリーメイソン系のエリートにリクルートされ、あることを行うように要請されたという。

このインサイダーと思われる人物の証言は、2010年に公開された「アングロサクソン・ミッション」に匹敵する内容だ。ちなみに「アングロサクソン・ミッション」では、中国から新型ウイスルをばらまく計画について語られていた。一部の内容は的中している。

ツイートは次のアドレスで確認できる。

Bernard Nolan
https://twitter.com/BernardNolan19/status/1504622858751913990

本人の自己紹介、ことの経緯

私は「ユニゾン(英公共サービス労働組合)」の職員でした。98年の夏かその頃だったと思います。私は「ユニゾン」の全国医療部門会議で代表を務めました。私の記憶が正しければ、会議はブラックプール市で開かれました。私は労働党の活動家でもありました。

昼食を終えて会場に戻ると、その少し前にブレア政権で首相に選出されたゴードン・ブラウンに呼び止められた。彼は、私が医療部門の担当者であり、労働党の支持者であることを知った上で、私がちょうど探している人物であると言った。

彼は、私がしなければならないのは、2、3の報道関係者と話をすることだと言いました。私の顔は心配そうに見えたようです。彼は、彼らが私を騙したりすることはないし、私の面倒を見てくれると断言しました。これは、ビールなどはどうかという誘いの意味です。私は同意しました。

そして、彼は私を会議場から追い出すように案内したのですが、彼は完全に一人だったので、私は大変驚きました。外にはデモ隊が20人ほどいて、「社会主義労働者」などの新聞を売っていました。とにかく、彼は私と一緒にその中をまっすぐ歩き、プロムナードを少し行ったところにあるパブに入った。

そこは満員で、彼は私をテーブルに案内し、ケビン・マグワイア(デイリー・ミラー紙の記者)を紹介してくれました。ゴードンはその後、帰ってしまった。彼は左翼の記者で労働党の支持者なので、すぐに打ち解けられた。

その後、彼の友人のアンドリュー・ピアース(デイリー・ミラー紙の記者)が来た。その新聞社は私にとっては敵であり、非常に右翼的であったものの、彼は非常に友好的であった。彼らは、ある計画に対して医療従事者がどう反応するか、フィードバックが必要だと説明しました。米軍の計画です。ほとんどアンドリューが話していました。

彼らはまず、西側の生活水準を維持するために、一連の戦争が起こると言っていました。私が2番目の質問に答えたとき、彼らは非常に興奮し、2人とも前のめりになった。

悪いワクチンと良いワクチン

そして彼らは、悪いワクチンの件を話し始めました。もし私たちが仕事のリストを与えられ、誰がどのワクチンを接種するのか知っていたら、医療従事者は、熟練労働者、未熟練労働者などの地位に応じて、ある者には良いワクチンを、ある者には有害なワクチンを、故意に接種するのか、という質問をしてきました。

このとき、私は「ありえない」と言った。スタッフが有害な注射を故意に打つなんて、私たちの宣誓や職業上の行動規範に反します。それなら、別々のクリニックでやって、それぞれのクリニックに全国から人を呼ぶしかないだろう、と彼らは言いました。

この時点で、私は警戒心を抱きつつも、彼らがそれを計画しているから聞いてきたのか、それともアメリカがそれを計画した場合、私たちはどう対応するのか知りたいのか、混乱してきました。本当にショックでした。認知的不協和と呼ばれるものです。

とにかく、私は「そうですね」と答えました。そして、紙幣を廃止して、デビットカードだけが使えるようにし、ワクチンを持っている場合のみ銀行が紙幣を供給するという話になったとき、私は、これは危険だ、どうやって彼らを止めるのだ、と言いました。

アンドリューは、「心配するな、そんなことはさせない。保守党にはたくさんの友人がいて、彼らは権利を重視するので、そんなことはさせないと思っている」と言いました。しかし、それでも私は安心しませんでした。食事はどうかと聞かれましたが、私は彼を見ることができませんでした。ただ、その場から逃げ出したかった。彼らは何を考えているのかわからない。

2回目のミーティングとパーティー

これで、1回目のミーティングは終わった。次は2回目のミーティングの話だ。

私は仕事に戻っていた。それからしばらくして、あるいは数週間後、私は勤務終了後、いつもの組合員や看護師の友人たちと飲みに行っていました。病院の向かいにある社交クラブですが、組合の支部長である私を見つけるのは難しくなかったのでしょう。その当時私は、非ムスリムの若者で看護師でもありました。

ある男がやってきて、私たちと一緒に座りました。彼はヨークシャーの作業療法士で、私の病院の講座に参加していると言いました。友好的な人でした。彼は翌日の講座の後、社交クラブでの別の社交イベントに私を招待してくれたので、行ってみました。ここでも、彼は本当にフレンドリーで、いい人そうでした。ゲイでも何でもなく、ただフレンドリーで職業も似ているなど。

それで、翌日の金曜日、講座が終わった後、ヨークシャーまで送ってもらえないかと頼まれました。私は早番で週末は休みだったのですが、丁重にお断りしました。しかし彼は、「僕は田舎に住んでいて、とてもいい田舎家で、両親もいない、君はヨークシャーに行ったことがないだろう、泊まって田舎を楽しめばいい」と言いました。あまりに素敵な話だったので、私は同意しました。翌日、私の勤務が終わった後、彼を家まで送りました。数時間かけて、夕方には彼の家に着きました。

彼はすぐに、パーティーに行かなきゃいけないと言った。君も来るんだよ。私は、誰も知らない人ばかりのパーティーは嫌だと思いました。とにかく、選択の余地はなく、歩いて行きました。広くはないけれど、いいところでした。途中、彼は、「よし、これから君は次のレベルのエリートたちに会うことになる。うまくいけば、こういうパーティにたくさん来ることになるよ。」と言いました。中に入ると、そこは満員で、2、300人くらいいた。すぐに彼は言いました、「僕は社会主義者の会合に行かないといけないけど、心配しないで、この人たちは君の面倒を見てくれるよ」。

彼は廊下から階段を上っていき、私はキッチンに入り、誰も知り合いがいないパーティーは嫌だなあと思いながら、隅の方に座って立ち話をしました。

エリートの女性が告げた彼らの計画

数分もしないうちに、一人の女性が階段を下りてきて、まっすぐ私のところに来た。彼女は私より少し年上で、本当にフレンドリーな感じでした。私は彼女が私を口説いているのだと思いました。そして、彼女は素晴らしい体、素敵な髪、完璧な年齢、高い教育を受け、本当によく似合った服を着ているのですが、30代とは思えないほどしわしわの顔をしていたのを覚えています。だから、最初に思ったのは、ああ、だめだ、どこかに行ってしまえということでした。

彼女は、「BBC Tine Tees Television」のケイ・ブリューリーと名乗りました(変ですね、その頃はスカイニュースだったはず)。で、彼女が言うには、彼らには計画があるということです。米軍の計画です。まず、戦争が起こり、火事や洪水が起こり、そしてウイルスが蔓延する。

ワクチンの話になったとき、彼女ははるかに具体的なことを言いました。悪いワクチンはDNAを変化させるので、接種された人とその子孫は、50歳前後で死ぬと。新しいワクチンを作り出したという。労働者は短命になるので、彼らの生活の維持に必要なコストはかなり低くなる。

また、短命でないエリートがいる国は、有利になります。良いワクチンは、西側だけで、熟練労働者より上位に位置する人々が接種します。科学者や哲学者は、50歳になってやっと自分のライフワークを始める年齢に達します。だから、私たちと敵対して「悪い」グループに入るより、エリートグループに入った方がいいのでは、と彼女は私に言ったのです。

その時の私の気持ちは、言葉では言い表せないものでした。ひとつだけ絶対に確かなことは、政府やNATOでさえも、50億人もの人々をゆっくりと殺そうとしており、彼らをを助けるつもりはないということです。

私は部屋を見回しました。言ったように、部屋は完全に満員でした。政治家、メディア関係者、ほぼすべての関係者がいました。私は周囲を見渡して、この質問に答える時には、生きてこの場を去ることはできないだろうと確信しました。でも、答えなければならない、一体何を言えばいいのだろう、と思った。

私は彼女を見た。何年も時間が経っているように見えた。そして私は答えを出す必要があった。私は言いました。そうしたいのですが、できないのです。あなたには悪いのだけど、私はダメなんです。

すると彼女は、ああ、どうしてダメなんですか、と聞いてきた。私はまだ、これをどう言えば、少なくとも生きて帰れる可能性があるかと考えていました。私はキリスト教徒で、神は私が故意に誰かを傷つけることを禁じていますし、私は地獄の炎を恐れているので、そう言いました。

彼女は、ああ、それは残念だ、と言いました。言い訳をして、その場を離れました。私を連れてきた男が降りてきて、さあ行こう、と言いました。

私は本当にショックでした。でも、どうしたらいいのかわからなくて、一緒に住んでいる友達にその話をしたら、彼は陰謀論とかが好きで、「そうだよ、そんなことやってるんだよ」と言うだけでした。どう考えたらいいのか、さっぱりわかりませんでした。それで、仕事に戻りました。

3回目のミーティング

しばらくして、別の友人から電話がありました。この友人は誰かを連れていた。その友人は落ちこぼれのミュージシャンで、自分のバンドで時々ライブをやっている。その手のミュージシャンは、誰と付き合えばいいのか分かっている。

その友人が連れてきたのが ビジネスマンでフリーメイソンだという人物だった。その男はいいスーツを着ていて、太めの体格で、40歳くらい。彼は私を真っ直ぐ見て話し始めました。私達には計画がある、米軍の計画だという。私の友人の目の前で話し始めた。

この時、私は大きな失敗をした。私は自分のテリトリーで、今度は彼と激しい口論をした。基本的には、「仲間に入らないと、悪いワクチンを打たせるぞ」という脅しがありました。

また、これとこれをやる、金を引き揚げるなど、食糧不足、あらゆることを言い、食糧暴動が起きる、軍の検問があるなどと言ってきた。基本的に、それは回避できないので、彼らはそれを実行するだろうと言うことです。私は、(私は世間知らずだったので)最後には、「そんなことはさせない、私や私のような人間は、国中のすべての都市、すべての町、すべての村の街灯にお前たちろくでなしを吊るすぞ!」と言いました。

彼はそれが本当に嫌だったようです。私は彼らをとても、とても怒らせてしまいました。彼は黙ってしまった。彼は私の友人に何か合図をしたのだろう。突然、私たちを飲みに連れて行きたいと言い出した。言っておくが、私は基本的にこいつを殺してやると言っていたところなので、別に一緒に飲みに行きたいとは思っていなかった(笑)。しかし、私の友人は失業中で、どうしても彼に飲みに連れて行ってもらいたかった。だから私もしぶしぶ行ったんです。彼が望んでいたのは私でしたから。

プライベートクラブ

彼は私たちをプライベートクラブに連れて行き、その後、彼の家で食事をすると言いました。私はもう行きたくなかったのですが、またしても友達に説得されました。

彼は、私たちにカバラの知識を見せたいと言っていました。私は全く興味がなかったのですが、友人は興味があったので、私を説得しました。

彼の家に着くとすぐに、彼は私たちの前に最初のページを開いた本を置きました。そこには円と線の間の図が描かれていました。そして、意識のレベルを上げるにはどうしたらいいかという話を始めたんです。今にして思えば、これは催眠術師のトリックで、何かに集中させながら、後ろで話をして催眠状態を作り出すというものでした。とにかく、彼はメトロノームを取り出して、私たちに催眠術をかけているのだと言いました。そして、この計画について聞いたことをすべて忘れてしまえと言うのです。

この時、私は少し心配になりましたが、神様と一緒にいるのだから、神様はこの計画を成功させるつもりはない、だから大丈夫だという確信もありました。私は全く普通の感覚だったので、うまくいかないと確信していました。

私がすべきことは、真顔でいることでしたが、それは簡単なことではありませんでした。彼が「計画を忘れそうだろう?」と言ったとき、私はそんなことはないだろうと思っていたのですが(笑)。

まあ、神様は私を守ってくれました。でも、もしそれがうまくいかなかったら、彼らは私を殺していただろうから、神はそれをうまくいかせたんだと思います。私はこのことを忘れるわけがないと思いながら家に帰りましたが、見事に忘れました。完全に、長い間、忘れていたのです。それは、コロナウィルスの話が正しくないことを自分自身で理解しなければならないことを意味しており、実に興味深いことでした。

ワクチン接種と記憶の喪失

私は他の人たちと同じように、「ダジャル(エリートの集団)」のテストに合格しなければなりませんでした。これをすべて拒否した後に、突然、すべての記憶が戻ってきたのです。私をパーティーに連れて行ってくれた人。パーティーへ行く途中、彼と話したり、座ったり、運転したり、歩いたりして、おしゃべりしていたのを覚えています。しかし、彼の顔を思い出せないのです。いまでも完全にブロックされています。

それから間もなく、私は産業保健部に呼ばれたが、これは姉妹病院なので異例のことだった。派遣されるのも、電話で呼ばれるのも、私一人。普通なら、手紙で、病院の診療所で、職場から送られてくるはずなのです。

変だと思いつつも、行ってみた。すると、風疹のワクチンのためだと言うのです。これもまた珍しい。男性職員が風疹の予防接種を受けるというのは聞いたことがない。妊娠中の女性患者がいる場合に備えてのことだという。おかしいと思ったが、受けてみた。その時だけでなく、何度も変な感覚に襲われた。呆然としたような、催眠のような。9月11日の時もそうでしたし、政府が法律を変えたり、新しい習慣を持ち込んだりするたびに、それらは計画の一部だったんです。

あの日、彼らが私にベクターウイルスを接種したのは99%間違いない。いま私は57歳になったばかりですが、5つの大きな病気を抱えており、正直なところ、もう死んでいてもおかしくない状態なのです。

全能の神に誓って、私は真実、完全なる真実、そして真実以外の何ものでもないことを話してきました。バーナード・ノーラン、元シニアスタッフ看護師、ユニオン支部書記。オールセインツ病院、バーミンガム、英国。

おそらく誰もこれを読まないでしょうが、私はそんなことは気にしていません。誰かがあなたやあなたのほとんどを殺すのを手助けするために私を勧誘した。これをあなたに伝えるのは私の義務である。それ以外に私にできることはありません。メディアにも、政府にも、警察にも、何もできない。他の国の情報機関でさえ、私を無視する。彼らを責めることはできない。この話はとてもクレイジーに聞こえるし、それに認知的不協和がある。

私はこの状況にもう慣れてしまった。これを人に話そうとすると、その人の目を見ればすぐに彼らの反応がわかるんです。まあ、これが私のできるすべてです。皆さん、お気をつけください。

「ダジャール」とエリートの計画のまとめ

「ダジャール」は非公式に組織されたエリートの集団で、トップダウンの構造を持っています。多くのメディア関係者が関与しており、20数年前、ケイ・バーリーは、彼らの4つの計画を実行するために、私を採用しようとしたのです。

また、あらゆる政党の政治家、金融業者、科学者、その他の知識人など、彼らの計画のために特別に採用された人々で構成されています。彼らはパーティーなどで非公式に会い、指示を下したり情報を上げたりしています。彼らはどの国にもいますが、西側諸国を支配しています。彼らは手段を選ばない。もちろん、軍事的な手段も。彼らの計画は、要するに、アメリカの軍事計画なのです。

それでは、もう一度、「ダジャール」のアメリカの新世紀計画についてまとめます。

まず、西側と第三世界の間の格差を維持するために、いくつかの戦争が起こると彼らは言っています。

第二に。巨大な山火事や洪水などの気候災害が起こるだろう。気候変動により、人々がライフスタイルの変化を求められるようになる。

第三は、ウイルスが発生するだろうということ。全員が死ぬわけではないが、十分な数の人が死ぬので、メディアで報道され、パニックが起こる。しばらくすると、2種類のワクチンが作られる。良いワクチンと悪いワクチンです。良いワクチンはアメリカ人が作る。悪いほうは英国で作られ、非常に安く作られ、西側の一部の人たちと、それ以外の世界中の人たちを対象としています。良いワクチンは、西洋の熟練労働者以上にのみ投与される。悪い方のワクチンは死なないが、DNAを変化させ、50歳前後で死亡することになる。

また、最初は紙幣が通常通り使われるとのこと。これまでの研究で紙幣はウイルスを媒介しないことが証明されているとのことである。だから、誰も問わない。しかし、それ以前に、紙幣はウイルスを運ぶプラスチック製の紙幣に変わっているそうです。

しばらくして、新しい研究がなされ、ウイルスが銀行券の上で実際に活動し続けることが証明されるという。そして、紙幣は政府・銀行から引き揚げられ、誰もがデビットカードを使わなければならなくなる。銀行は、ワクチンを注射した人だけに、カードを発行することになります。

さらに、エネルギーと食料が不足するとも言っています。食糧暴動が起こり、軍隊が通りに配備され、戒厳令が敷かれる。軍が食料供給を引き継ぎ、ワクチン接種者だけが食料を手に入れることができる。

彼らが私を勧誘するたびに、私は断りました。これが私の報告です。

トンデモ系のように聞こえるが注意すべき

これが、バーナード・ノーランなるイギリスの元シニア看護師で医療労働組合の書記だった人物が3月18日に投稿した長いツイートをまとめたものだ。ここで言う戦争とは、いま起こっているロシア軍のウクライナへの軍事侵攻のことだろうか?また、ここにあるウイルスとは新型コロナウイルスのことだろうか?また、「悪いワクチン」と「良いワクチン」があるというが、現行のコロナワクチンにことなのだろうか?

いずれせよ、ここでリークされた「ダジャール」なるエリート集団の計画がまだ進行しているのであれば、これから食料危機と配給制の導入、デジタルマネーの導入、そして食料とマネーを得るための条件としてのワクチン接種の義務化が進行することになる。このような方向をいま進んでいるようにも見えるが、まだ回避は可能だと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 エリート層が「悪いワクチン」によって、人口削減を計画していたとした場合、エリート層には属さない、現場でワクチンを打つような“仲間(協力者)”が必要だったことは容易に想像できます。
 この話は、そうした現場の人間をスカウトしようとしたということでしょうか。

 あるいは、イギリスに居る一人のシニア看護師が、殺人ワクチンを打たされることに義憤を感じて、こうした話を創作してツイートしたという可能性もあるかもしれません。
 もしその場合は、本人の試みは成功したと言えるかもしれません。

 この話は98年ということから、今から24年前になるわけですが、今の状況を妙にリアルに表現しているのが気になります。
 例えば、

・いくつかの戦争が起こる

・気候変動により、人々がライフスタイルの変化を求められる

・エネルギーと食料が不足する

・ウイルスが発生する・・・、メディアで報道され、パニックが起こる

・2種類のワクチンが作られ・・・悪い方のワクチンは死なないが、DNAを変化させ、50歳前後で死亡することになる

 特に、今の新型コロナワクチン(mRNA型ワクチン)がDNAを変化させることを考えると、もう24年前から、この計画が密かに準備されてきたのかもしれないと思えてきます。
 新型コロナワクチン(プラシーボでなく本物)は、人間の免疫機能を破壊し、すぐに死ぬわけではないが、徐々に弱って死を迎えると警告されています。その点を考えると、あまりに今の状況を的確に表現し過ぎていて、空恐ろしくなります。

 そういえば日本政府は、「イベントワクワク割」なるものを発表しました。
 これは新型コロナワクチンの3回摂取者が対象とのことで、記事の「ワクチン接種者だけが食料を手に入れる」といった話を彷彿とさせます。



雑談を4つほど...2022年4月2日

 当HPの掲示板に、「移住記的なものを書いてほしい」というリクエストがありました。
 しかし、新型コロナによる数々の制限で地元の人たちとの交流があまりなく、特に話題となるようなトピックが思いつきません。
 また、私の個人的な生活のことを書いても、興味を持つ訪問者の方はほとんどいないだろうという思いもありました。
 吉田繁治さんは、メルマガの読者からの質問(要請)があれば、その後ろに100人(100倍)の同じ考えの人がいると言っていました。
 吉田繁治さんと私のHPでは規模がまるで違うので、私のHPの場合は10人ぐらいというところでしょうか。
 今回はそうしたニーズに応えてみようということで、(移住記ではないのですが)雑談という形で話題を4つほど書いてみました。
 ただし、私の生活などほとんどの訪問者の方々は興味が無いというのは変わらないと思うので、最初の話題だけ情報のようなものにしました。
 残りの3つは、時間のある方だけ覗いていただければと思います。


SWIFT排除でロシアは破滅と言う人がいますが・・・

 SWIFT(スイフト)の話の前に、押さえておかなければならないのは、ドルがアメリカの世界支配の根幹を成すという事実です。
 世界各国の貿易は、主にドルを介して行われてきました。
 例えば、日本の商社がオーストラリアから小麦を輸入しようとした場合、そのお金の流れは以下のようになります。

 日本の商社が持つ日本の銀行の口座の円 →
 日本の銀行がその円で米ドルを買う →
 日本の銀行は、その米ドルをオーストラリアの銀行に送金する →
 オーストラリアの銀行はその米ドルで豪ドルを買う →
 オーストラリアの銀行は、その豪ドルを小麦の輸出会社の口座に振り込む

 意外と知られていないのですが、日本とオースラリアの取り引きなのに、関係ないはずの米ドルが介在しているのです。
 この流れを仲介するのが、ウクライナ紛争で話題沸騰となったSWIFTシステムです。ここからわかるように、SWIFTとは米ドルを必ず介在させるシステムだということです。
 国際間で物が売り買いされると、必ず米ドルを経由するという点が大事なポイントです。
 それゆえ、世界各国は外貨準備として米ドルを持つ必要があります。これがアメリカが米ドルを過剰発行しても、外貨準備としてのニーズがある為、アメリカの貿易赤字が膨らんでも米ドルが暴落しなかった理由でもあります。
 これは通貨発行権を握った国が持つ「シニョリッジ特権」と言われ、アメリカはドルを印刷するだけで世界から物を買うことができました。
 これが、パックスアメリカーナの根幹のシステムでした。

 もちろん米ドルの通貨発行権を持っているのは、アメリカの政府機関ではなく、DS(ディープステート)が支配していた民間のFRB(連邦準備制度理事会)です。
 これこそ、DSが世界を牛耳っていた証拠とも言えるものです。
 それゆえ、そのシステムに歯向かう者には、DSは無残とも言える仕打ちをしてきた歴史があります。
 このシステムを否定し、政府紙幣の米ドルを発行しようとしたアメリカの第35代大統領ケネディは、公衆の面前で公開処刑のような殺され方をしました。
 原油の取り引きを米ドルではなく、ユーロでやったイラクのフセイン大統領は米軍に侵略された後、捕まって処刑されました。
 原油の取り引きを、米ドルではなくアフリカ諸国の金(キン)を裏付けとする通貨を発行することで行おうと提案したリビアのカダフィ大佐は、NATOに攻められ殺害されました。
 歴史が示すように、このシステムこそDSの世界覇権の要とも言えるものだったのです。

 さて、ネットではロシア経済がSWIFTから排除されて潰れるとか、国内の不満が高まってプーチン大統領が失脚するといった話が、まことしやかに語られています。
 私の見方は全く違います。
 ロシアがSWIFTから排除されても、CIPS(チップス)があるからです。
 日本のマスコミの報道でも、CIPSという言葉はほとんど語られてこなかったのではないでしょうか。
 CIPSを認めてしまうと、ロシア経済が破綻するという根拠が無くなってしまうからです。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ3月16日号(Vol.1217)から抜粋開始>・・・

ナマクラになった伝家の宝刀
西側世界は、ロシアのSWIFTからの排除を、「金融の核兵器=伝家の宝刀」のように言い、日本の専門家も、このプロバガンダに追随しています。ところが、伝家の宝刀を抜いてみると、竹光ほどでなくても、「20年間で鈍刀に劣化したナマクラ」だったのです。

3.CIPSは、SWIFTに反比例して、大きくなってきた

ロシアが加盟する人民元のCIPS網が410兆円に大きくなっているので、ドルが要らなくなったロシアの打撃は、実際は、さほどではない。

CIPSの410兆円の貿易決済はGDPに対する貿易額を15%とすると、関連した国のGDPは、「410÷0.15=2700兆円;日本のGDPの5.1倍」に拡大したからです。これは世界の30%です。

【SWIFTからのロシア排除には大きな抜け穴がある】
そして、ウクライナ戦争のあとも、ロシアのLNGはもっとも多く輸入するドイツには輸出され、対ロシアへのユーロの送金は、SWIFTで決済されています。

貿易黒字国のロシアが、西側から輸入していた生活物資や機械は、CIPSで、中国から輸入できます。ロシアがSWIFTから排除されても、ロシア経済への影響は、西側のメディアが報じるものと、相当に違います。

ロシアは、ウクライナ侵略のとき、米国がSWIFTを武器にすることは分かっていました。日本の専門家は、「ロシア経済が潰れる」と騒いでいます。しかし以上の、ロシア経済の事実を知れば、ロシアへの影響は、さほどのものではないことが分かるでしょう。

物価が上がりロシア人の生活が苦しくなって、プーチンがSWIFTから排除されたことを原因に、失脚することはないでしょう。TVに出るロシアの専門家という人の、見識が疑われます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これからの注目は、4月4日のロシア国債20億ドルの償還です。
 外貨準備の半分ほどを凍結されたロシアは、この20億ドルの国債分をルーブルで支払うと発表しました(実際は利子を含めて21億2900万ドル)。
 本来はドルで支払う契約だったので、これを西側がロシアのデフォルトと見做すかどうかが焦点です(デフォルトとなっても、1ヶ月の猶予期間があります)。
 さらにロシア中央銀行は、金(キン)1gを5000ルーブルとする、金準備制を宣言しました。
 これが主な原因だと思わますが、ロシアのルーブルはウクライナ進攻の前の為替水準まで戻してきています(ネットではルーブルは紙切れになると騒いでいた専門家(?)がいましたが……)。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/data/rub.html

 これは、戦後のパックスアメリカーナの体制を根底から突き崩す可能性があります。
 つまり、ドル体制の終焉です。

 もし、西側がロシアをデフォルト認定すると、それをきっかけとして金融市場が大きく動く可能性もあると私は考えていて、大いに注目しています。



台所の排水溝の詰り

 ここ数か月、私は台所のシンクの水がなかなか流れないことにストレスを感じていました。
 今年に入ってから、食器を洗うなどの水仕事をすると、シンクに水が溜まるようになり、日に日に流れが悪くなっていったのです。
 最初はあまり気にしていなかったのですが、水が流れきるのが分単位になってくると、ストレスになってきました。
 まず最初は、ホームセンターに行って、排水クリーナー剤を買って試しました。
 排水クリーナー用の薬剤も、一般家庭で普通に使われるものと、業者が使う(強力そうな)ものとがあり、とりあえず両方買ってみました。
 家に帰って試そうと思ったのですが、業者用のものはかなり危険な薬剤らしく、手袋やゴーグルをするようにと書いてあります。これに私はびびってしまいました。
 私は普段から薬の類いとは無縁の生活をしています。
 風邪などになってもドラッグストアで売っているような薬は一切飲まない上に、普通のシャンプー、石鹸、歯磨き粉なども使いません(使っているのは、安全と思われるシャボン玉製の石鹸や歯磨き粉です)。
 それゆえ、強力な薬剤を使うのは勇気が入ります(薬慣れしていないので)。
 そこで、一般的な家庭用薬剤を使ってみました。
 すると、水の流れが微妙に改善した気がしましたが、しばらくすると元に戻っただけでなく、さらに流れなくなってゆきました。
 台所の排水の「排水トラップ」(匂い対策の為に水を溜めておく部分)は、3つの大きなナットて固定されており、それを緩めれば外れそうです。
 試しに一番小さなナットを回すと、手で回ります。
 その他の2つは無理でした(おそらく特殊な器具がいるのだと思います)。
 これを外せば、自分でも掃除できそうだと思ったのですが、思い止まりました。
 私は理系人間で、何かの機械を見ると分解したくなります。
 分解したはいいが、元に戻せなくなった経験が何度もあり、住んでいるアパートは賃貸なので、万が一にも設備を壊すわけにはいかない、と思ったのです。
 そこで、お金は掛かるけど業者に頼むことにしました。
 来てくれた業者さんは、私が手で回せたナットを外したのですが、そこにドロッとした汚れが溜まっていました。また排水トラップの部分には、もっと大量の汚れが溜まっていて、それを取り除くと、まるで嘘のように水が流れるようになりました。
 なるほど、これじゃあ水は流れないよな、といった量の汚れでした。
 私は、実にすっきりした気分になりました。
 長年、お腹に溜まり続けた宿便が出たような気分かもしれません(汚い表現ですみません)。
 やり方がわかったので、次からは自分だけで掃除できます。

 東京で住んでいた賃貸アパートでは、年に一度、業者さんが排水溝の掃除を行っていました。
 これは強制で、その日に住民が留守だと、合鍵を使って入ってきます。貧乏な私は家に泥棒が入っても盗られるような金目の物はないので、「ああ、留守の場合はいつでも入って下さい」と言っていました。
 台所の排水溝は毎日炊事を行えば、定期的に掃除しない限り、必ず詰まるものかもしれません。東京では強制だったので、気が付かなかったようです。
 長野に引っ越して1年経ったあたりで詰まってきたので、1年ぐらいが掃除の時期なんだとわかりました。

 話は変わりますが、台所の排水溝をきれいにするのは、健康には欠かせないと聞いたことがあります。
 kanさんのクンルンネイゴンを学んでいる知人から聞いたのですが、台所の排水溝を掃除しないで汚れを放置していると、健康を害するとkanさんが言っているそうです。
 一般的には、排水溝の凝れと暮らしている人の健康とは何の関係もないと思うのでしょうが、そうではな無いそうです。
 排水溝の汚れが、(内臓のどこかは忘れましたが)、病気の原因になることもあるといいます。
 kanさんは、病気になった人の患部を見る前に、せっせと排水溝の汚れを掃除したという話です。それも徹底的にやる必要があるそうです。
 その知人によれば、「桃を落としても食べられるくらい」きれいにする必要があるそうです。
 なぜ、「桃」なのか不明ですが、とにかく排水溝に食べ物をと落としても、すぐに拾って食べられるくらい、きれいにするという意味なんだと思います。
 この話を聞いて以来、東京のアパートでは、私は排水溝は定期的に、かなり気合いを込めて掃除するようになりました。
 長野のアパートに引っ越してからは、排水溝の形が違っていたので掃除の仕方がわからず、やっていませんでした。
 業者さんに、排水溝のカバーが取り外せることを教えてもらったので、これからは定期的に「桃」が落ちても平気なくらいにきれいに掃除するようにしようと思っています。



ファラデーケージ

 当HPを訪問される方々は、これから起こるであろう様々な危機(災害)に対する対策を考えておられる方が多いと思います。
 想定されるものとして、地震や火山噴火などは当然としても、たつき諒さんの2025年に太平洋岸を311の3倍の規模の巨大津波が襲うという予言も大いに気になるところです。
 あるいは、世界的な金融崩壊や食糧危機なども想定されます(ウクライナ紛争は、これらの危機が起こる時期を早めているように見えます)。
 ここに新型コロナ騒動も重なっているのですから、いやはや、私達はなんとも大変な時代に生きているものだと感心してしまいます。
 そういった想定される危機の中で、人々があまり気にしていないのが、巨大な太陽フレア(太陽の爆発現象)です。
 以前、私は太陽フレアのことを考えているときに、夢ワークでその時期を教えられたと記事に書いたことがありました。
 私はたつき諒さんのような予言者ではなく、ただのうらぶれおじさんなので、私の夢ワークは単なる与太話と受け取ってほしいのですが、私自身は自分の夢ワークを信じることにしています。なぜなら、数年前に夢で「銀を買え!」と言われたことなど、私自身に関しては当たっているからです。
 それで、太陽フレアに関しても対策を取ることにしました。
 ちなみに危機管理意識が皆無に等しい日本と違い、アメリカでは太陽フレアに対する危機意識がかなりあるらしく、政府機関で対策を立てているという話を聞いたことがあります。
 日本では、有名な「In Deep」さんが、太陽フレアに対する対策を考えておられることがわかりました。
 以下は、「In Deep」さんのメルマガ(2022年2月18日付け)の載っていた、巨大な太陽フレアが起きた場合に想定されることです。

 ・電力送電網の破壊による完全な停電(短期の復旧は見込めない)

 ・通信(電話、携帯、インターネット)の崩壊

 ・放送網(テレビ、ラジオ)の崩壊

 ・コンピュータに依存するシステム(軍事、銀行、医療、すべてのインフラ)の停止

 ・移動手段(車、電車、航空機等)の停止(短期の復旧は見込めない)

 ・物流、食料供給の停止

 もちろん太陽フレアが起きったときに、日本が昼か夜かで被害は全然違ってくると思われます。上記の想定は、昼に起こった最悪のケースでしょう。
 太陽フレアが起こった際に、電力送電網、交通、インターネットなどのインフラ設備は、個人では守りようがありません。
 しかし、個人でできる対策もあります。
 人によって違うでしょうが、ノートPCやスマホなどの小型なものや、外付けハードディスクやUSBメモリーなどは、保護しておきたいアイテムです。
 「In Deep」さんは、太陽フレア対策用のバッグを買われたそうです。
 以下は「In Deep」さんのメルマガで紹介されていたものですが、「In Deep」さんはこのバッグの小さめのものを買われたそうです。

https://amzn.to/34NUT1d

 上記バッグは5万円以上もするので、ちょっとお高めです。
 他に何かないか探してみると、簡単な「ファラデーケージ(導体に囲まれた箱)」に入れることによって、磁気嵐が起きても保護することができるとわかりました。
 自作することも可能なようで、「In Deep」さんはメルマガに、自作したサイトも紹介されていました。
 参考までに、貼っておきます。
 スマートフォンを電磁パルスから保護する方法を書いたブログです

https://ja.wukihow.com/wiki/Make-a-Faraday-Cage

 私も自作することも考えたのですが、万が一にも失敗して中のデータが消えたら目も当てられないので、市販のものを買うことにしました。
 すると、危機意識の高いアメリカで、1万円前後の値段で売られていることがわかりました。
 そこで、早速注文したのですが、注文して2週間ほど経った後、日本の取次店から以下のメールが送られてきました。

 「お世話になっております。
 ご注文いただいたこちらの商品ですが、
 先日アメリカを出発して、本日日本に到着したのですが
 アメリカ側で手違いがあり、違った商品が届いてしまいました。

 すぐに新しく手続きをしたのですが
 丁度在庫が切れており、メーカーからの取り寄せとなるそうなのです。
 お待たせしている所大変申し訳ございません。
 このままお待ちいただくことになるのですが
 宜しいでしょうか?
 どのくらいで入手可能かは返事待ちとなっております」


 すごい・・・、さすがアメリカです。違う商品を送ったといいます。
 実にアバウトな国なんだと思います。
 そういえば以前にも、アメリカのショップに注文した商品と違うものが送られてきたことがありました。
 その際は、類似商品だったので、まあいいやとクレームはしませんでした。
 そこで私は、私が注文した商品と厳密に同じでなくても、多少は仕様が違っても同じ機能を有していればいいので、その辺はどうですかと質問しました。
 すると返ってきた答えが以下です。

 「返信ありがとうございます。 こちらですが、全く違う商品だったようです。大変申し訳ございません」

 すげーなぁ〜、と感心しました。
 類似商品と間違えたのではなく、全く違ったものが送られてきたようです。
 アメリカ、大丈夫かと思ってしまいました。
 同じ商品にこだわってしまうとメーカーからの取り寄せになるので、かなり待たされることが予想されます。
 そこで、最初に注文した品と同じ機能のものならいいので、探してほしいと頼みました。すると、紹介されたのが以下です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07QXDDYTQ/ref=ewc_pr_img_2?smid=A2YE6R85UF3M12&psc=1

 これなら納得です。
 また2〜3週間待たされるでしょうが、これも仕方ありません。

 巨大な太陽フレアですが、コーリー・グッド氏が言ったことだったか忘れましたが、3回起きるという話です。私の夢ワークで出た日付は、当たったとしても、その第一回目でしょう。
 絶対に壊されたくない小型IT機器やハードディスクやUSBのデータがある方は、検討されてみてはと思います。



クコの実

 以前、『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』(ブラッド・ジョンソン、JOSTAR著、VOICE)という本を紹介したことがありましたが、そこにワクチンを打った人でもデトックスできる食材が紹介されていました。
 基本的には、スーパーフードと呼ばれるものを接種するとよいとのことです。
 本にはたくさんスーパーフードが紹介されているのですが、私が注目したのが、クコの実(ゴジベリー)です。
 本の解説文を紹介します。

 中国産のナス科の低木。ビタミン、ミネラル、たんぱく質の他、β−カロテンが豊富に含まれている。薬膳でも使われる食材。アンチエイジングにも効果あり。

 私は最後の「アンチエイジングにも効果あり」に目が止まりました。
 へぇー、と思って、それなら1回試してみようと思ったのです。
 クコの実は普通のスーパーでもナッツ類と一緒に売られていて、別に珍しいものではありません。ただ、他のナッツ類に比べてちょっとお高めという感じです。
 私もクコの実はすでに知っていて食べたこともあったのですが、ある程度の量を毎日コンスタントに摂ってみることにしたのです。
 そこで、節約の為、ネットで1kg単位で購入しました(1kgで2800円ほどでした)。
 それを毎日、片手で一掴みぐらいの量(10gちょっとぐらい)をコンスタントに食べてみたのです。
 正直言うと、こうした食材で目にみえて効果があったという経験がなく、あまり期待はしていませんでした。
 ただアドロニスという意識体は本物だろうという思いがあったので、何かしらの変化はあるかもしれないという思いはありました。
 そして、1〜2週間ほど経つと、なんとなく身体が元気になってきた感じがしたのです。
 鏡を見ると、たしかに少し若返った感じがします。
 髪も増えてきた感じだし、肌も少し若返ったように見えます。
 今は、食べ始めてから2ヶ月ほど経ちますが、あきらかに効果があったと実感しています。
 人によって体質が違うので、すべての人に効果があるとは言えないのですが、この文章を読んで、「ムッムッ!」と感じた方は、試されてみてはと思います。
 1日に10gほど摂取するとなると、1kgだと3ヶ月もちます。それで3000円弱の費用なので、騙されたと思って試してみる価値はありそうです。

 若返りの話題なので、その他に私が実践していることを紹介します。
 若いと評判の南雲吉則医師がお勧めする、ごぼう茶ですが、私は南雲医師が監修した市販のごぼう茶を買うのではなく、手作りしています。
 作り方は南雲医師の本に書いてあった通りに、(できれば有機の)ごぼうをピーラーで裂き、それを天日干しするやり方です。半日ほど天日干しした後は、フライパンで20分ほど炒って、水分を飛ばして出来上がりです。
 味は、南雲医師の言う通りで、土臭い味がします。
 これが今では、本当の自然の味のように思えて、美味しく感じています。
 単にお茶にして飲むのもいいのですが、南雲医師も勧めているように、私は焼酎と割って飲んでいます。
 お酒に関してですが、クンルンマスターのマックス・クリスチャンセン氏によると、ビールは生きている麦を潰して(殺して)生成するので、死のエネルギーがあるといいます。
 お酒を飲みすぎる人は死のエネルギーを取り入れているので、年をとるのが早いそうです(気をつけねば……)。
 日本酒は火のエネルギーが強いので、摂り過ぎると腎臓に負担を掛けるといいます。
 梅酒は火と水が適度にバランスしていて、いいそうです。
 今年は、梅干しだけでなく梅酒も造ろうかと考えています。



『コロナワクチン完全無力化オペレーション』から...2022年3月26日

 唐突な話で恐縮ですが、私は天使とか悪魔とか言われる存在は、空想の産物ではなく実在していると考えています。
 私がそう考えるに至ったのは、神秘家ドランヴァロさんのワークショップに出たとき、誘導瞑想のワークで、天使(あるいは女神)としか思えない姿を見たということが影響しています。またブルース・モーエンさんのワークショップで、(霊的な)ガイドと呼ばれる存在と、実際に会話したことがありました(実に興味深い内容でした)。
 しかしそうした体験が無い方でも、天使や悪魔の存在を信じておられる方は多いと思います。
 では、天使と悪魔の違いは何でしょうか。
 波長(または振動数)が違うという言い方もあるかもしれません。
 天使は振動数が高く、悪魔は低いという捉え方です。
 私たちの科学は、振動数に関しては1秒間の振動数として、ヘルツ(Hz)という単位を持っています。天使の振動数は○○Hz以上で、悪魔は○○Hz以下という定義をしてもらえればわかりやすいのですが、そんな話は聞いたことがありません。
 天使は光り輝く存在で、悪魔は暗い存在という見方もありそうです。
 しかしこれは危険な見方だと私は思っています。
 悪魔の能力は半端なく、光り輝く天使の姿など簡単に真似られると聞いたことがあるからです。姿形だけで判断するのは、人間同士でもそうですが、霊の世界ではもっと危険だと言えそうです。
 天使は幸福をもたらし、悪魔は不幸をもたらすという言い方もありそうな気がします。
 でも、幸福とか不幸という概念はあいまいで、人によって捉え方や意味合いが微妙に違いそうです。これもすっきりとしません。
 私の捉え方ですが、天使はポジティブであり悪魔はネガティブというものです。
 では、そのポジティブとかネガティブとはなんだ、ということになりますが、明確な定義があります。

 ポジティブ:他人をコントロールしない。その人の自由意思を尊重する。

 ネガティブ:他人を(自分達の都合のよいように)コントロールする。

 この定義を使うと、今の日本の政府とマスコミはネガティブということになります。
 もしポジティブであれば、ワクチンのメリットとデメリットの情報を平等に人々に開示し、打つか打たないかをその人の自由意思で決めてもらうようにするはずです。
 しかし、政府とマスコミのやってきたことは、その真逆でした。
 (殺人)ワクチンを人に打たせる為に、人々に恐怖をもたらし、ワクチンを打ったら救われるという幻想で洗脳してきました。
 これがまさしく、他人をコントロールするということです。

 天使は真実を語り、悪魔は嘘を騙るという言い方はありそうです。
 国民にワクチンを打たせる為に、嘘八百を並べてきた政府とマスコミは、どちら側か言うまでもありません。
 真実は時として痛みを感じることもあります(居心地の悪い真実)。
 嘘は耳あたりのよいときもあります(心地よい嘘)。
 以下は、元ファイザーの副社長で、ワクチン開発の責任者を務めていたマイケル・イードン博士の動画です。
 2分ちょっとの短い動画なので、ぜひご覧いただけたらと思います。

https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=p8VcTmwLZRM

 今回の記事ですが、当初はウクライナ関連の記事を書くつもりだったのですが、政府が5歳から11歳への接種を始めた上に、4回目接種の話まで持ち出したことで、やはり新型コロナワクチンの話題にすることにしました。
 『コロナワクチン完全無力化オペレーション』(上部一馬著、ヒカルランド)から紹介させていただこうと思います。
 内容は、当HPでこれまで主張してきたことと重複することもあり、すでに知ってると言われる方もおられるかもしれません。
 ただ上部一馬氏の新型コロナワクチンに対する考え方は全く私と同じなので、再確認として引用させていただこうと思います。簡潔でわかりやすく非常によくまとまっていて、さすがプロの作家さんだと感心してしまいました。


 ・・・<『コロナワクチン完全無力化オペレーション』、p105〜p128から抜粋開始>・・・

 V.コロナワクチンを打ってはならない

 トランプ元大統領はQアノン
 銀河連盟のサポート受け、カバールを追放粛清中

 小泉純一郎・進次郎親子、アホウセメント副総理、竹中へェーベーらはこの組織とべったりであると噂される。今年9月、菅ポンコツ総理に辞任の最後通牒を突きつけたのは、前環境相小泉進次郎ポエム大臣だ。
 なぜ、意味不明の言葉を使う、訳のわからない若造が一国のソーリに進退を迫れるのか。ガースー・ボンコツ前ソーリは背後の、口髭を生やし睨みを効かせたマイケル・グリーンの顔に怯えたに違いない。
 9・11はじめ、中東での戦争を仕掛けたのは、悪徳戦争屋米軍需産業がスポンサーとなっている、ヒラリー・クリントン、ジョージ・ブッシュ親子、オバマらが所属する米民主党及びカバールであることは明らかだ。
 南北戦争の時代から武器弾薬を売り捌き、米国を代表する軍需産業を築いたのが親子で大統領を輩出したブッシュ家だ。米経済の30%以上が軍需産業で成り立っているので、どこかで紛争、または戦争を起こさないと米経済が成立しないのだ。
 民主党系大統領が続いた米国では、幾多の戦争を仕掛け海外に派兵したのがその証拠だ。これに代わって共和党のトランプ前大統領時代の4年間は、一度も戦争を行っていない。
 笑止! 東京新聞及び明大と立正大の教授は、こうした事実を否定するつもりか。
 世界で急死の報告が「相次ぐ危険極まりないコロナワクチン接種を妨害している」とは、何事か!!
 この4年間、9・11を仕掛けた民主党及びカバールの残党を米国務省OBからなるQアノン及びプレアデス、シリウス、アルクトウルス、金星人からなる銀河連盟のサポートを受けながら、追放、粛清してきたのだ。
 『ザ・シークレット』を翻訳、世に公表『Truth Secret T.U』でトランプ大統領と銀河連盟のミッション、Qアノン、世界の秘密地下基地の実態などを明らかにした佐野美代子女史によれば、「バイデンはすでに死んでおり、替え玉が表面に出ています。トランプとアライアンス(同盟軍)は、QFS(量子金融システム)による新しい通貨に基づいた世界革命を推進しています」というのだ。筆者が5年以上前から公表しているハーモニー宇宙艦隊は銀河連盟と連動しているのはもちろんのことだ。
 まさに“真実は小説よりも奇なり”だ。かつて、50年前、ウルトラセブンが人気を博した。当時、世界の人口は30億人。この地球を侵略する宇宙人から身を挺し、闘う物語だった。
 今や世界人口は80億人、否、正確には78億人。この地球を侵略しようとしている宇宙人が本当に実在していたのだ。
 世界的な物理学者故ホーキング博士は、「地球人はあまりにも地球外生命体に対し、無防備である」と言い遺した。また、米国の著名な物理学者ダンカン・ホーガンは、「地球に友好的な銀河クラブだけではなく、様々な目的を持った惑星間連合が存在しなかったら、地球はすでに侵略されていただろう!」と述べている。
 これらがディープ・ステート、またはカバールと組み、偽コロナ騒動を仕掛け、毒薬ワクチン接種によって、悪魔の人口削減−NWO(新世界秩序)を狙っているのは明白だ。

 遺伝子組み換え筋肉注射コロナワクチンを絶対打ってはならない!

 今や、コロナワクチン接種による死亡者、重病人が増加、世界中でコロナワクチンについて反対運動が多発し、2021年10月9日、米最高裁判所は【コロナワクチンはワクチンではない。危険な遺伝子の生物兵器であり、全力で回避しなければならない】と判決し、全般的なワクチン接種の中止命令を出したというニュースが飛び込んできた。
 また、【世界1の大金持ちビル・ゲイツ、米国立アレルギー感染研究所理事のアンソニー・ファウチ、大手製薬メーカーは、過去32年間すべてのワクチンが人類の健康にとって安全であったことを証明できず、米国最高裁で敗訴した】という。
 訴訟を起こしたのは、ディープ・ステート及びCIAにケネディ大統領を暗殺された息子ロバート・F・ケネディ・Jrを中心とした科学者グループだという。
 ケネディ・Jr.は、動画でこう告げた。
 「新型コロナワクチンは絶対に避けるべきです。私は緊急にCOVID−19コロナワクチン接種に関する重要な問題に注意を喚起します。ワクチン接種の歴史上初めて人類が接種している未知のmRNAワクチンは、患者の遺伝子に直接干渉することにより個々の遺伝子を変化させることは、すでに禁止されていた遺伝子操作であり、これまで犯罪とみなされてきたのです。これは、mRNA遺伝子組み換え技術を使った『最新の疑惑ワクチン』グループの一つであり、コロナウイルスのワクチンではありません。
 ヒトの細胞内に入ったmRNAは正常なRNA/DNAを書き換え、未知のタンパク質を作り始めるのです」
 このmRNA型ワクチンこそ、専門家が危慎、警戒する生物兵器である。
 簡単に言えば、mRNAは37兆個もある細胞内にミトコンドリアとともに存在、DNA遺伝情報からタンパク質をコピーし、再生する機能を有している。このRNAが損傷、または誤作動を起こし、異常なタンパク質を作ったらどうなるのか。
 今日、この遺伝子操作で巨大な鮭の養殖や6本脚の鶏、筋骨隆々の牛や豚を作って、これが市場で流通している。チリ産の巨大鮭は、遺伝子操作したものだ。一羽の鶏から6本の足を供給できれば、3倍の売り上げとなるはずだ。
 残念ながら、今日、日本のスーパーに並ぶ食材のほとんどは遺伝子組み換え食品だ。
 こんな食品を摂り続け、体内でDNAが誤作動を起こしたら、どうするのか。
 環境及び農薬残留問題に敏感なEUが遺伝子組み換え食品を排除しているのは、こうした理由だ。したがって、同じように遺伝子組み換えワクチンを筋肉注射で、体内に入れたらどんなことが起こるのか。
 従来のワクチン製造法では、ウイルスに対する抗原の産生は「鶏卵内」で行うのに対し、今回のワクチンは「遺伝子法」が採用され、精製したウイルスのDNA及びRNAを筋肉注射することで、「人体内」で抗原が作られるという。
 多くの専門家が懸念することは、人体内で情報の転写が損なわれ、ウイルスが人間のDNAに取り込まれる、下等な生物のDNAが人間のDNAに取り込まれる危険性がないのかということだ。
 となれば、これまで起こり得なかった新種の人間が誕生することになるわけだ。
 まさに前述した6本足の鶏と同等ではないか。
 ファイザーの元副社長であり、ワクチン開発の責任者を務めたマイケル・イードン博士は「感染症の歴史で……第2波も第3波もない。初回接種者のうち0.8%は2週間以内に死亡する。即死しなかったとしても接種者の見込み寿命は平均2年である。これは追加接種によって短縮する。数十億人が悶え苦しみながら死ぬことになる。
 コロナワクチンを打ったら2年以内に、遅くとも3年以内に死ぬだろう。
 騙されてきたのです。無症状感染、マスク着用にロックダウン、しまいには感染力の強い変異種……決して信じてはダメです。経済を破壊し、社会を分断、心理戦により人々を追いつめ、抑圧し、痛めつけているのです。
 我々はウイルスに攻撃されているのではありません。我々を攻撃しているのは、政治を乗っ取ったプロの連中です……」と動画で命を懸け告白した。
 そして、自社株を売り払い、副社長を辞任した。
 さらには、エイズウイルスのゲノム解析に成功、ノーベル賞医学・生理学受賞のリュック・モンタニエ博士は、「エイズウイルスが遺伝子組み換えにより配合されている。自然界では起こりえない」とし、「新型コロナワクチンを打てば抗体依存性増強(ADE)によって全員2年以内に死亡する。希望はない。できることは葬式と火葬場の準備だ……」と断言した。
 また、現在、世界を騒がせている変異株について、
 「イギリス、インドなど、各地の“変異株”の元凶はコロナワクチン接種だ。ワクチン接種→“変異株”出現→死者激増……という3つのパターンの山が共通する」と続け、遺伝子組み換えDNAワクチン接種こそが死者を激増させる元凶であることを痛烈に告発したのだ。
 英国人の医師であり、ドキュメント作家であるヴァーノン・コールマンも、
 「初回接種で生き残った人も、2021年の秋から冬にかけて大量に死に始める。自然界にあるコロナウイルス(野生型コロナウイルス)を接種すると免疫系でサイトカインストームが起こり、それにより死亡する」と警告した。

 コロナワクチンは大量殺戮を目的とした生物兵器だ!

 さらに今年(2021年)に入って福井県県会議員の斎藤新緑氏が「ワクチンは殺人兵器」と表明、自民党から指導を受けたが、なんのその! 自説を展開、ワクチン反対の立場を貫いていることからネットで注目を集めている。
 同じように5人の医師がオンラインで議論している動画がアップされ、「コロナワクチンは大量殺戮を目的とした生物兵器」とし、その非人道性と危険性を明らかにしている。
 彼ら医師たちの主張は、
 【第1に注射にはウイルス感染症から身を守る成分は何一つない! 単純に生物兵器である。第2に体が特殊なタンパク質を作る工場となり、産生されたタンパク質が膵液、糞便、精液、血液に分泌され、伝染する。第3に“ワクチンの仕掛け人”たちは全人口に接種する必要がないと考えている。接種者こそが病気の感染源となるからだ。第4にジョンソン&ジョンソン(J&J)は1回の接種のみで済み、最悪のクチンである。第5にファイザー、モデルナ、アストラゼネカ、J&Jはスパイクタンパク質をつくる。これが血液脳関門BBBを通過、遺伝子に作用、脳内のタンパク質に影響を与える】とした。
 私たちが最も耳を傾けないといけないことは、モンタニエ博士やイードン博士がリークしたように、【新型コロワクチンは大量殺戮を目的とした殺人兵器である】と断定されたことであろう。
 また、米国では著名なMCが務めるニュースでは、ワクチンに寄生虫や金属片が含有されていることを報道した。
 このニュースによれば、女性医師が各社の新型コロナのワクチンを400倍の顕微鏡で分析したところ、M社とF社のワクチンから@繊維のようなものA繊維についている立方体B金属片Cリング状のものが見つかった。
 さらにM社2つとJ社1つには、「寄生虫の触手をもつ生き物/スライドガラスを持ち上げた】と報告されたのだ。
 この画像を良く見てほしい。(管理人注:画像はカット)

 『ナノ脂質分子』が防御機能を破壊する!

 また、世界中の医師、WHOのデータベースから報告された症例及び副作用では、

●生理作用の乱れ、不妊、流産
●閉経後女性の再出血
●子宮全体がごっそり剥離した
●性器腫脹(腫れあがり)
●血栓、鼻血、下肢のあざ
●脳静脈血栓(数か月で240の症例)などが上げられた。

 こられを誘発する成分として、ファイザーやモデルナ社にも含まれるmRNAワクチンの原材料ナノボット、またはハイドロジェルとも呼ばれる『ナノ脂質分子』だというのだ。
 この脂質が異物を攻撃する防御機能を破壊する働きがあるという。これが体内に毒物と一緒に流入、血中の防御系をかく乱、その結果、体内の毒物は排出されず、体内にとどまる。このハイドロジェルは少なくとも数年間体内にとどまる。
 また、体内に滞留するこのハイドロジェルは、バイオセンサーとしての働きもあり、WiFiや5Gを起動、エネルギーパルス波を発散することもできる。これがワクチン接種者の接種部位に磁石がくっつく要因となっているという。

 ファイザー、モデルナ社とも磁性化ナノ粒子が配合される!

 2021年4月、5月あたりからファイザー、モデルナ社のコロナワクチンを打った人たちから数千もの報告があったというのだ。
 実際、コロナワクチン接種患者を多く診ている中村クリニックでも確認され、

●ワクチン2回接種した人がさらに強い磁性をもつ。
●限局した箇所で磁性が最も強まるのは接種後数週間から1か月。
●明らかに磁性的であり、接種部位にN極、S極の磁石が反転する現象がみられた。
●患者によっては接種部位にナイフやフォークもくっつく人もいた。
●同じ年にインフルエンザワクチンを接種している人では、さらに磁性が強かった。

 しかしこうした報告に対し、BBCからロイターなどの主流メディアは、『フェイクニュース』とこぞって批判したらしい。同様にFBやツイックーなども記事を消去、前述したロバート・ケネディJr.の告発動画も今は消されてしまった。
 まさに世界の敵は、ビッグテック、主要メディアと言っていい。
 前出の後遺症を報告した医師によれば、

 「バイオエヌテック社、モデルナ社ともS2タンパクを使用、このスパイクタンパクはアクロバイオシステムズ社から仕入れたもので、同社は磁製化ナノ粒子とmRNAの図を公表しています。この技術はファイザー社のワクチン開発にも使われています。
 この磁性化ナノ粒子はガン治療への応用が考えられていますが、フリーラジカルが発生する懸念があります。私はこの磁性化mRNAは血液脳関門を通過し、脳に多くの障害を引き起こすと考えています」とのことだ。

 血液脳関門(BBB)を通過し、12対の脳神経が影響を受ける

 前出の医師の仮説に対し、中村院長は、「血液脳関門を通過して脳に侵入した磁性化mRNAがどこにより多く取り込まれるかによって、症状の出方が異なる」とし、脳幹から12対出ている脳神経が影響を受ける懸念を示した。
 それが、

 第1脳神経 (臭神経) なら 「臭覚脱失(臭いを感じない)」
 第2脳神経 (視神経) なら 「失明」
 第3脳神経 (動眼神経)なら 「眼球運動異常」
 第7脳神経 (顔面神経)なら 「顔面麻痺」及び「ベル麻痺」
 第8脳神経 (内耳神経)なら 「難聴」や「平衡感覚異常」
 第9脳神経 (舌咽神経)なら 「味覚脱失(味覚が失われる)」
 第10脳神経(迷走神経)なら 「精神異常」や「胃腸障害」を起こす。

 中でも前出の医師は、「特に重要なのが第10脳神経で、この神経こそ、腸と脳をつなぐ神経です。ここに悪影響がでると、精神症状と消化器症状の両方が出現します。不安、抑うつなどの感情障害、呼吸困難、嚥下(えんげ)の違和感、脈拍と血圧の異常変動といった症状がでます。脈拍と血圧の変動で意識消沈することも起こりえます。
 さらに嘔気、嘔吐、胸やけ、体重の増減、四股末端のチクチク感が生じたりします。
 なぜこうした症状が出現するかと言えば、ケータイやスマホなどの電子機器などの使用によって脳が放射線に暴露された『低線量被ばく』が起こっていることが考えられ、脳内の温度がわずかに上昇し、小児と高齢者が最も強く影響を受けるのです。
 この電磁波によって、イオンチャンネルが変化したり、神経細胞の破壊も起こり、ガンの要因リスクともなるのです」と脳神経が影響を受ける懸念を示した。
 イオンチャンネルとは、細胞内でバランスが保たれているミネラル配列のことで、これが狂うとカルシウムとカリウムの吸収が損なわれ、組織細胞に大きな損傷をきたし、大病を病むことになる。
 これを裏付けるように2021年1月から2月にかけ、世界の高齢者施設のワクチン接種者の死亡例では、

●スペイン:入居者94人中ワクチン接種後46人が急死。
●スペイン:高齢者施設でワクチン接種後22人が死亡。
●ドイツ :緩和ケア病棟の10人がワクチン接種後数時間から4日で死亡。
●イギリス:入居者72人の高齢者施設で、ワクチン接種後22人が死亡した。
 ※スペインの入居者の半分を“殺した”のがファイザー製ワクチン。
 また、WHOデータベースに寄せられた欧州の後遺症1万9916件では、「失明」303件、目の痛み4616件、目の障害の発生率は80人に1人と推計された。
 さらに米国の『VAERS症例リポート』でも失明報告が多数あり、83歳の女性はモデルナ社製のワクチン接種後、その日のうちに左目が失明、「病院の緊急治療室では、血栓ができて失明した」と診断された。50歳の女性はファイザー社製ワクチン2回目投与の2時間半後に網膜の静脈が閉塞、右目を失明した。
 このほか、皮膚障害も多く発生、皮膚に発疹、発赤が出現、それが水腫、びらん、カサブタ、腫瘍などになり、最後は黒く変色する。
 これらは失明同様、コロナワクチンの“スパイクたんぱく”が上皮内皮に刺さり、血栓を生じた。いずれも糖尿病の末期と酷似すると報告された。

 ポリエチレングリコールPEGがアナフィラキシーショックを引き起こす

 コロナワクチン接種後に最初に襲われるのは、『アナフィラキシーショック』だ。言い換えれば、激しい急性薬物アレルギーのこと。特に発症率は女性に多い。
 なぜ、女性に発症が多いのか謎だったが、女性が多用する化粧品に含まれるポリエチレングリコールPEGの存在によることがわかった。
 このPEGは界面活性剤で、ほとんどの化粧品に溶剤として配合される。ファイザーなどのmRNAワクチンには、遺伝子情報を運ぶmRNAをこのPEGの脂質膜で包んでおり、筋肉注射される。
 したがって、生体にとってはこれは異物であり、侵入するとアレルギー反応を引き起こすわけだ。
 ほとんどの女性は、このPEGが入った化粧品を多用しているので、日常、経皮から吸収されるPEGに対し、抗体を身につけている。
 しかし、mRNAワクチンを注射することで、再度PEGが侵入し、抗体が過剰な反応を示したのが『アナフィラキシーショック』とされ、発症が見られるというのだ。
 前出のファイザー社の副社長マイケル・イードン博士は、こうしたショックを動物実験を重ねることで知り、欧州医薬品局(EMA)に嘆願書を提出、「動物実験が失敗したのは、抗体依存性感染増強ADEによる。これはワクチンにとって深刻だ。
 例えば、アカゲザルは重篤な急性肺障害に陥った。しかし、ワクチンを接種しないサルには見られなかった。マウスの肺にアレルギー性の炎症を起こす白血球の浸潤を伴う病変を起こした」とし、ワクチン開発中止の提言を行ったとされる。
 早い話、このような安全性も確認されていない毒物と何ら変わらない殺人兵器であるコロナワクチンなど、打つ必要がないということだ。
 実際、筆者の知り合いのご主人は、69歳で医療機関に勤めていた。そこでやむなくこの春、ワクチンを打たざるを得なくなった。
 その1週間後、残念なことにご主人は亡くなってしまった。筆者にはご遺影を抱く彼女とご子息の葬式の様子の写真が届いた。
 また、ハーモニーズ会員の友人から以下のメールが届いた。

 ≪看護師だった友人は26歳。八女公立病院に勤めていた。▼19日(金)ワクチン接種。アナフィラキシーショックなし。▼22日(月)体調不良で仕事休み(家族談)▼23日夕方5時から夜勤出勤してこないため、職場から電話するが電話に出ない▼母親がアパートを訪問。職場に持ってゆくと思われた弁当などは玄関に用意されていた。本人はリビングでお姉さん座りしたまま両手を挙げ、後ろのソファーに倒れている。食べたと思われるものは嘔吐、口から泡を吹き、鼻血が出ており、すでに体は死後硬直の状態。
 病院長はコロナワクチン接種後ということもあり、調べさせてくれとの申し出に母親は「娘のような被害者を出したくないのでぜひ調べてください」、新聞、報道に関しても実名報道してもいいので出してくださいと許可したそうです。
 しかし、報道では19日、26歳の女性がコロナワクチン接種4日後に死亡。アナフィラキシーはなく、コロナワクチンとの関連は評価不能とした。死因はくも膜下出血の疑い。簡単な報道で、しかも看護師と出さないところに悪意を感じました。職場である病院内でも職員がパニックになったようです≫
 送り主は、
 ≪私の大切な友達の看護師がコロナワクチンで亡くなりました。国は認めてませんが……本人は打ちたくなかったのですが、コロナ病棟にいたため、打たざるを得ない状況で……○○子さん、私は悔しくたまりません。弱冠26歳の彼女の死を無駄にしてはならないと思ってます。大切な人にワクチンを打たせてはいけない(以下略)。目の前で冷たくなった娘さんを見つけたお母さんの気持ちを考えると、とても他人ごとに思えなくてご緑をいただいた大切な人にお伝えしておきたいと思いました。この記事の拡散をお願いします≫としたためた。

 評価不明とは何ごとか!! この女性はワクチンを打たなければ死ぬことはなかった。これは氷山の一角に違いない!!
 こうしたことで、すでに全国1800人死亡、実数はその10倍との説もある。
 しかし、残念ながら、2021年11月現在、2回目ワクチン接種は70%前後に達した。年内には3回目のワクチン接種完了と予測されたが、来年春あたりまで持ち越される模様だ。この書は、3回目ワクチン接種の完了までには下版が可能と思える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今年の正月、私(本山)はある種の覚悟で臨みました。
 親族とは特別な法事でもない限り、正月ぐらいしか会う機会がありません。
 会えば、当然ながら新型コロナワクチンを打ったかどうか知ることになります。
 聞くのがつらい話ですが、避けては通れません。
 以前、子宮頸がんワクチンが流行ったとき、親族の娘さんが重篤な副作用に陥りました。その教訓が活きて、今回の新型コロナワクチンは誰も打っていないのではないか……、といった淡いかすかな希望持っていました。
 しかし、現実は辛いものです。
 打った親族の例ですが、去年の6月にファイザー製ワクチンを打ったが、特に熱も出ず、何ともなかったといいます。しかし7月に打った2回目では、熱が出て副反応があったそうです。
 それから体調が悪くなったといいます。
 本人は、癌を心配していました。
 しかし、体調が悪くなったことと、ワクチンとの関係は微塵も考えていないようでした。
 すでに打ってしまった人に、マイケル・イードン博士の言っていることを伝えるのは、あまりにも残酷で、私は口をつぐまざるを得ませんでした(もし言ったとしても、「それは陰謀論だ!」と拒絶したでしょう)。

 最近私は、サアラさんのスクールに通っていたときに言われたことをよく思い出します。
 サアラさんは、ハイヤーセルフが納得していない限り、死を迎えることはないと言っていました。本人がどんなに生きたいと望んでいても、ハイヤーセルフがもう充分と考えていたら死んでしまうし、本人がもう死んでしまいたいと思っても、ハイヤーセルフが生きるという意志を持っていたら、自殺を試みても死ぬことはできないといいます。
 今回のワクチンでも、ハイヤーセルフが生きると決めている人は、不思議とワクチンを打たないで済んだり、打ったとしてもプラセボ(生理食塩水)に当たるようになっているのだろうと思います。
 当たり前の話ですが、結局のところ生きるか死ぬかは、本人が決めることです。
 もしポジティブであろうとするなら、本人の意志を尊重するしかないのだろうと思います。



横河サラさんとヤスさんのメルマガから...2022年3月20日

 連日報道されているロシアのウクライナ軍事進攻ですが、これをどう理解するかが当面の私の課題でした。
 表面的に言われているプーチン大統領がNATOの脅威を取り除く為に進攻したという説明は、たしかにわかりやすいですが、はたしてそれだけが目的なのか、という思いが私にはずっとありました。
 いろいろと情報がでてくる中で私が確信したのは、この軍事作戦は、「ロシアによるDSの掃討作戦」である、というものです。
 もちろんこうした理解は、現在日本のマスコミが報道しているものはとは、100%真反対のものです。それゆえ、当HPの訪問者の方々にも理解が得られないだろうとは思いますが、私にはそうとしか思えないのです。
 前回に引き続き、今回も横河サラさんのメルマガから紹介したいと思います。
 サラさんには珍しく、立て続けに3回もメルマガが届きました。
 プーチン大統領のロシア国内向けの動画が紹介され、それをサラさんが和訳されています。


 ・・・<横河サラさんのメルマガ、vol.127から抜粋開始>・・・

こんばんは♪

いつも横河サラのニュースレターを読んで下さって、ありがとうございます。

3月も半ばを過ぎ
大荒れの海の中からまるでゴジラのように (笑)
巨大な変化のエネルギーが浮上してくる気配が漂っています。

表のニュースでは「ロシアがウクライナに侵攻した」ことになっている
「ロシアによるカバル掃討オペレーション」が始まり、
裏舞台で繰り広げられきている
闇と光の闘いが一挙に表面化してきましたね!

ちなみに、ウクライナは国として独立しているわけではなく
ロシアの一部です。

このロシアの大胆な動きにより
石油ドル基軸の終焉と
金に裏付けされたデジタル通貨への切替へと
世界は一挙に動き出したようです。

同時に
いままで隠されてきた新しいテクノロジーを駆使した
スターリンクの世界への配備が粛々と進められ、
経済の大変化を技術面から支えています。


こうやって少しずつ
けれども確実に
世界は新たなる経済システムである
NESARA-GESARA (ネサラ・ジェサラ)
へと向かっています。

実際、3月14日にロシアはGESARAに移行したと
チャーリー・ワードは言及しています。

この辺りの詳しい話は
3月22日(火) 夜のサラサロンにて
詳しくお伝えしていきます。


今夜は、昨日アップされた
プーチン大統領の演説の一部をお伝えしたいと思います。

この演説はロシア国民に向けられたものですが
ロシアのみならず
世界中の国々が今までどのような状態にいたのか、
いま何が起きていて
ホワイトハッツが何をしようとしているのかを端的に伝えています。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *


「プーチンは卑劣な裏切り者を排除すると発言」
https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/1981


西側諸国 ( ディープステート、カバル ) は
私たちの国を分裂させようとしています。

軍の損失や制裁による社会経済への打撃を見通して
ロシア国民を挑発しようとしています。

また、フィフスコラムを使ってスパイ工作・破壊工作を試み、
何とか自分たちの目的を果たそうとしています。

彼らの目的はたったひとつ、ロシアを破壊することです。

けれども世界じゅうの人々、特にロシア人は
国を愛する人間と、自分の国を裏切る卑劣な人間を
たやすく見分けることができますから、
彼らを追い出すことができるのです。

このような自然かつ必要な浄化は
私たちの国を強くすると
私は確信しています。


新たなリアリティ (新しい時代、新しい世界) は
深部からの経済の構造改革を必要としています。

それが簡単ではないことを
私は隠すつもりはありません。

それは経済の一時的なインフレを招き
インフレ上昇に伴い失業者率を増加させます。

私たち ( ロシア政府 ) の責務は
こういったリスクを最小限に抑えることなのです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *


*フィフスコラムとは
国内において愛国者のふりをして
敵国のためのスパイ活動や破壊活動をする者たち。
通常複数人のグループで活動する。

↑ 以前、トランプ大統領が
「我々の家にはコラムは要らないよね」と発言し
ライティングされたホワイトハウスのコラム(大柱)の写真が
ツイートされていたことを覚えていますか?

米国には外国人を含めたくさんのフィフスコラムがいて
トランプ氏が大統領だった時には
何かと騒ぎを起こしていましたね。

こうやって、ディープステートがおこなってきた
さまざまなやり口が
少しずつ明かされてきています。


3月は、月末に向かってますます
雪崩やドミノ倒しのように
さまざまなことが起きてくる気配が濃厚です。

くれぐれも
巻き込まれないよう
流れ弾に当たらないよう
注意深くこの局面を乗り越えてまいりましょう。


Love and Happiness,
横河サラ

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらに馬淵睦夫氏のツイッターの動画を一つ紹介します。
 吉野奏美さんのサイトで紹介されていたものです。


https://twitter.com/GAIAFORCETV/status/1504525977543913472?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1504525977543913472%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=http%3A%2F%2Fmotoyama.world.coocan.jp%2F


 馬淵睦夫氏は、元ウクライナ大使ですからウクライナの専門家です。それゆえ日本の報道番組では、真っ先に呼ばれるべき人物だと思うのですが、全く見かけたことがありません。
 馬淵睦夫氏の主張は、国民を“ある意図”で洗脳したい日本のテレビにとって、誠に都合が悪いからでしょう。

 吉野奏美さんは以前、地球に憑りついたレプティリアンやドラコなどのネガティブET達を取り除くのは、ギャラクシーアライアンス(銀河連合)の役目である。しかし、地球に残されたネガティブETの残党であるDSを取り除くのは、人類の仕事であるという趣旨の発言をされていました。
 いよいよそれが始まったのかもしれません。
 ホワイトハッツと呼ばれる存在が、DSの犯罪者の逮捕を粛々と進めてきましたが、いよいよ軍事的にDSを壊滅させようと動き出したというこでしょうか。
 新型コロナの次は、天然痘とか炭疽菌とか言われていましたが、プーチン大統領はアメリカその他西側諸国のDSによって運営されていたウクライナ国内の生物化学研究所を破壊したようです。この報道が事実なら、今後新型コロナ騒動は尻すぼみになっていくと思われます。
 ただし、日本は在庫処分として大量の新型コロナワクチンを押し付けられたようで、日本政府は当面の間、新型コロナ騒動を続ける方針のようです。

 上記の文で私が気になったのは、チャーリー・ワード氏が「3月14日にロシアはGESARAに移行した」と述べたという部分です。
 これは本当かもしれないと私には思えます。
 それというのも、ロシアはVATと呼ばれる金の付加価値税を廃止すると発表したからです。もちろんロシアが正式に金本位制(本当は金準備制)を導入すると発表したわけではありませんが、GESARA導入への準備が着々と進んでいるという印象を受けました。
 このロシアの金本位制に関しては、面白いことがあったので紹介させていただきます。
 以下は、高橋洋一氏のロシアの金本位制を否定する動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=5yKQ1GdWTrk

 これに関し、吉田繁治さんがメルマガでコメントされているので、その部分を抜粋させていただきます。
 吉田繁治さんの目から見ると、高橋洋一氏は、「リフレ派であり、DS派」のようです。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1218から抜粋開始>・・・

先日、リフレ派であり、DS派に見える人が、「ロシアの金本位はあり得ない」と、ヒステリックに叫んでいました。ロシア・プーチンが、DSへの対抗としてやろうとし(可能性)、ロシアの経済顧問でもないのに、何を根拠にして「あり得ない」と言えるのでしょうか?

(1)金本位(=金貨)、
(2)金準備制(=金為替通貨)、
(3)金準備制度(ゴールドリザーブ)については、区分せず(説明はなく)、単に「金では、通貨として足りない!」叫んでいただけです。大半の人は、同じでしょう。

米国と連合を組まず、他国より金に執着してきた、スイスのエコノミストが、「ついにロシアが金本位か・・・」という主旨の評論を出したようなので、世界の少数の「通貨制度の識者=設計加担者」の間では、これから、奥深く静かに、議論が交わされるでしょう。

Gold moneyのサイトもそのひとつです。フィアットマネー・システムへの論評の知的な水準は高い。
https://www.goldmoney.com/

仮想通貨と連結すれば、金融危機(またはインフレ恐慌)を経て、現代の銀行制度を終わらせ、フィアットマネーも終わらせる可能性があるからです。(注)今はまだ、議論が起こる前の、可能性のステージです。

20年前から『マネーの正体』を研究してきた当方にとっては、面白い時代が来ました。金本位制の制度と言っても、「金では、通貨として足りない!」という単純な金貨制度(日本では大判・小判の江戸時代)ではなく、動かせない金を担保にする方法が、いくつもあるからです。

実は金ETFや金先物証券も、民間が発行する金兌換通貨のひとつの形態です。

広義の金兌換通貨(1944年から71年まで米ドル)は、マネーの担保として政府の財政信用(=デフォルトに向かっている国債)でなく、金価格を担保にするものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんの見解は、これから起こることが確実な世界的な金融崩壊の行方を見るのに、とても勉強になります。
 これに関しては、勉強して、いずれ記事にしたいと思っています。

 さて、後半は「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介させていただこうと思います。
 10年以上前ですが、当HPでもヤスさんが紹介されていたウエブボットを紹介させていただいたことがありました。
 ウエブボットが予測する未来は、10年以上のタイムラグがあるようで、今になってウエブボットが予測した未来が実現していることに驚かされます。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第685回)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ、第685回から抜粋開始>・・・

13年前のウエブボットを読む

それでは今回最後のテーマを書く。13年前のウエブボットの記述を読むと、不気味なほど的中しているのだ。早速、見て見よう。これは2009年9月に配信されたものだ。日時の予告は2009年当時のものである。もちろん予言は全部外れているが、イメージにだけ注目して読んでほしい。

アメリカ革命の始まり

2009年から2010年の冬にかけてのもっとも困難な期間には、影の支配勢力に牛耳られたアメリカ政府は、国民を弾圧する。これは2010年の1月から始まる。最初、当局は弾圧に成功する。

この弾圧は、新型インフルエンザのワクチン強制接種の拒否にかかわるものだと思われる。これに呼応して同じ時期には、政府の要人や企業のトップの暗殺が少なくとも1件は発生する。大統領も暗殺の対象となる。また、暗殺はアメリカに止まらない。世界各地で政府の要人や企業のトップが狙われる。これらは2010年の冬から春にかけて起こる見込みである。

2010年7月7日までは国民の弾圧は成功し、影の支配勢力が夢見た力による支配が実現したかのような状態になる。だがそれは長くは続かない。2010年7月7日を境にして大きな転換が始まる。

2010年7月7日を過ぎると、アメリカでは革命が一気に激しくなる。これは2010年から2011年いっぱい継続する。しかし2011年の末になると、「革命」というキーワードとともに「エイリアン戦争」のキーワードが同時に強くなる。

革命の発端となる最初の抵抗運動は、2010年1月に始まる。これは新型ワクチンの強制接種に反対する運動だ。上記したように、これは弾圧されてしまう。だが、2010年7月7日以降、形勢は逆転し、最終的には当局は革命によって倒されてしまう。革命は2011年になっても収まることはなく、流血騒ぎが相次ぐことになる。

アメリカで勃発した革命は世界の他の地域に拡散する。2010年夏、7月15日前後には、カナダ、イギリス、フランス、オーストラリアの各国で革命の最初の成功例が報告されるようになる。

だが、影の支配勢力とそれが支配する当局との戦いに民衆が勝利するといっても、それは多大な犠牲を払ってのことである。当局は航空機によるガスや毒の散布で革命に対抗し、これで多くの民衆が犠牲となる。そして影の支配勢力の手下が完全に排除されるまでには何年もかかる。

革命運動の一つのきっかけとなるのは、税金不払い運動である。これは2009年末から2010年の初めに起こる可能性がある。

この運動が起こると当局は、税金の支払いを拒否しているグループを残虐なやりかたで弾圧する。これは恐怖感あおり、二度と同じ運動が起きないように見せしめのために実施される弾圧である。

だが当局はここで大きな過ちを犯す。間違った集団を弾圧してしまうのだ。このため、インターネットの多くのブログでは、アメリカにおける人権の抑圧が非難される。こうした非難は、中国、ロシア、パキスタン、南アフリカなどの国々でも行われる。こうした非難は、アメリカ政府がイスラエルのシオニストがパレスチナ人を弾圧すると同様の手口でアメリカ国民の人権を弾圧していると非難する。

この事件が忘れ去られることはない。社会の情勢が落ち着いた後も12年間は、記念碑的な事件として記憶されることになる。

経済崩壊と革命

11月5日から1月9日の期間には経済のメルトダウンが原因の危機が次から次へと発生するので、アメリカ政府内部で対処の方法を巡って激しい議論と衝突が起こる。政府の高官は経済の崩壊による損害をできるだけ小さく押さえるため、各国に飛び協力を求める。しかし、2010年に入るにしたがって、危機の原因は経済の崩壊から社会的秩序の崩壊へと変化する。

2009年11月からは、基軸通貨としてのドルの死による損害を最小限に抑える必要から、アメリカの債権国がこれまでにないような地政学的な協力関係を結ぶ。この協力関係によってアメリカは金融的に孤立させられる。またこの協力関係は、アメリカ国内の革命と社会的混乱から各国が身を守るいわば楯としての役割も果たすようになる。

2009年の秋から2010年の冬にかけて、国内の中小企業の倒産の波と多国籍企業の倒産の波とがぶつかる。アメリカ国内の中小企業の半分以上は倒産する。これによる失業者は膨大な数に上る。失業給付で州の財政が底をつくので、破綻の波は州政府にまで及ぶ。

アメリカ国民は突然と貧乏になってしまうので、革命を起こす動機には事欠かなくなる。しかしアメリカ国民は、影の支配勢力によるケムトレイルの散布とワクチンの強制接種という健康被害とも戦わなければならなくなる。

多くの国民が影の支配勢力とその父権的原理にもとづく階層組織に反抗するようになる。反抗する人々は自主的に連帯する。こうした連帯組織は南部メキシコ、ないしは中南米の高地のシャーマンの思想から多大な影響を受ける。

2010年半ばには、アメリカ革命の成功が世界に大きな影響を及ぼすようになる。

新型ワクチン強制接種拒否運動

2009年秋から新型ワクチンの強制接種を拒否する運動が始まる。この運動の参加者は「拒否する人々」と呼ばれる。この拒否運動は2010年を通して継続し、アメリカにおける革命の発端となる。しかし、2010年2月には、拒否運動は当局の想像以上の残虐な弾圧にあう。

この運動は世界的に影響を与える。拒否運動は世界の他の地域でも始まるが、この運動に対する当局の対応は地域によってまちまちである。

この拒否の運動は新型ワクチン強制接種の拒否から始まるが、他の領域にも拡大する。この運動の拡大の中で、政府の多くの秘密が暴露される。それに伴い、政府の高官や高級官僚が辞任を迫られることになる。

ワクチンの強制接種、経済崩壊から革命へ

これが2009年9月15日のウエブボットのレポートの一部である。これから8年後の2017年1月20日にドナルド・トランプが大統領に就任してアメリカ国内の対立が激化し、11年後と12年後の2020年から21年にかけては、新型コロナのパンデミックによる都市のロックダウンによる経済崩壊、そしてワクチンの強制接種に反対する抗議運動で騒然とした。2009年のウエブボットのイメージは、次の12年で起こる出来事を凝縮して表現しているように見える。

ウエブボットの未来のシナリオは、ワクチンの強制接種の反対運動、コントロールの効かないインフレと食料危機、そして経済崩壊が背景となり、アメリカの支配階級に対する国民の抗議運動が始まる。それは激しい内戦へと発展し、革命に至る。革命後はアメリカは激変し、民衆が経済の担い手になる「自己組織化集団」という民衆が自給自足する格差の小さい穏やかな社会に移行するというイメージだ。

周知のように、いまのアメリカは混乱している。2021年の1月6日、2020年の大統領選挙には不正があり、勝利したのはトランプだと信じる支持者が連邦議会議事堂にに侵入した。抗議者の女性一人と警察官4人が死亡している。民主主義の殿堂の連邦議会議事堂が占拠されたのは史上初めてだった。

また、2020年から始まった新型コロナを押さえ込むために導入されたロックダウンに抵抗する抗議運動は全米に拡大した。さらに、人種差別の反対するBLM運動は全米5000都市に拡大し、ときとして熱狂的なトランプ支持者との間で暴力的な衝突を引き起こした。

ウエブボットの未来のイメージはアメリカのネット中心の大衆文化では広く拡散し、共有されている。深層意識に刻まれたイメージになっている。そうした状況でこのような出来事に直面すると、いままさにウエブボットのイメージが実現する過程にあり、近い将来内戦と革命は避けられないと確信するようになってもおかしくない。トランプを支持する人々の多くはSNSが生成した大衆文化の信奉者だ。内戦と革命の実感は確信へと変わる。

一昨年の6月にシカゴ大学の研究チームが実施した調査では、「バイデンは非合法であり、トランプをホワイトハウスに戻すためには暴力が正当化される」という意見に賛成した人は8%強だった。これはアメリカの成人人口の2100万人に相当する。

さらに、一昨年の11月に行われた世論調査会社、「パブリック・レリジョン・リサーチ・インスティテュート」の調査によると、32%のアメリカ人が、選挙はトランプから盗まれたものであり、「真のアメリカの愛国者たちは、国を救うために暴力に頼らなければならないかもしれない」と考えていることが判明した。これはまさに、将来アメリカの内戦と革命は避けられないと感じるアメリカ人はいかに多いか示している。

予言を信じるとどうなるのか?

ウエブボットの未来の予言が的中し、実現しつつあるように感じる現実が目の前にある。そのように実感するとき人はどうするのだろうか?多くの人はこれを自分たちの避けられない未来として受け入れるかもしれない。

またウエブボットの内戦と革命のイメージは、現代のアメリカを支配している影の勢力が排除され、国民が新しいアメリカを構築するという解放のイメージでもある。アメリカの内戦への突入は、解放への第一歩である。この意味で言うなら、いまのアメリカの混乱は実は希望へ向かう道であり、内戦と革命は実現しなければならないことのように感じるはずだ。そして、積極的にウエブボットの未来イメージの内容を自己実現するように活動するかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 13年前のウエブボットの未来予想で、新型ワクチンに関する話は脅威的に感じます。
 だとすると、今後のアメリカはウエブボットが予想するような、「現代のアメリカを支配している影の勢力が排除され、国民が新しいアメリカを構築する」方向に向かうのでしょうか。



金(または銀)の買い方...2022年3月13日

 『ジェニーンさんのタロットカード占い』の記事で、インフレ対策として金(または銀)の現物をお勧めしました。
 老婆心ながら、その買い方について追加させていただきます。

 吉田繁治さんの、お勧めの買い方は「ドル平均法」です。
 吉田さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、Vol.1215から抜粋開始>・・・

長期スパンでは、まだ金価格は低いのですが、3月末に向かっては、ほぼ全部のファンドでは株で損が出ているので、含み益がある金で益出しの売りが予想でき、下がるかもしれません。3月末の金価格が上がるなら、中国やインドの買いでしょう。

金は、株のような、短期の売買に向きません。買うなら、長期(2年〜)のバイ&ホールドです。

【金の買い方】
毎月、上がっても下がっても、可能な一定額を買い続ける「ドル平均法」が、推奨できます。(1)上がったときは少なく、(2)下がったときは多く買うことになるので買い入れの総原価は、移動平均より下がっていきます。移動平均より金価格が上がる傾向になったとき、その差が累積の利益になるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 よく言われる失敗は、一度に余裕資金すべてを使って買ってしまうことです。
 買った後に、下落してしまうと穏やかならぬ気持になってしまいます。
 それゆえ、毎月の余裕資金から、一定額を買うという「ドル平均法」がお勧めです。
 私が考えているのは、毎月、1オンス銀貨を買うという手法です(1オンス銀貨は6千円前後で買えるので、私でも実行できそうです)。

 私が「現物」にこだわるのは、ETFや先物というのは、あくまでもコンピューター上の数字にしか過ぎないからです。
 極端な例かもしれませんが、ソーラーフラッシュで地球上の精密機械がダメになる可能性もゼロではありません(その際には、銀行預金も危ないですが)。そこまで極端でなくても、ETFや先物を扱う業者が世界恐慌で倒産、という事態も考えられます。もちろん先物であれば、レバレッジが掛かるので、相場が好きな方には好まれるかもしれませんが、レバレッジが掛かる分、思惑と外れた方向にいった場合、一気に資金を失う可能性もあります。
 こうしたリスクを承知の上でやるという方もおられると思いますが、私としては「お気をつけて」としか、言い様がありません。

 吉田さんの以前のメルマガで、金融クラッシュが起きた場合、金(も銀)も一時的には下がるといいます。
 多くのヘッジファンドは、株や債券とともに金も買っており、株や債券で追証が発生した場合、現金の手当をする為に、金や銀を売ってくるからです。
 しかしそのケースでも、いったん下がった金は3ヶ月後ぐらいから値を戻してくるといいます。
 ですから、金融クラッシュを待って金や銀を買うというやり方もあるかもしれません。
 あるいは、「ドル平均法」と組み合わせるというやり方もありそうです。
 毎月一定額を買うのだけれども、金融クラッシュが起きて値段が下がった際には多めに買うというやり方です。



ジェニーンさんのタロットカード占い...2022年3月12日

 今回は、横河サラさんのメルマガから、アメリカで著名なタロットカードのジェニーンさんの占いを紹介させていただこうと思います。
 横河サラさんからのメルマガは、いつもその存在を忘れた頃に届くのですが、久しぶりのメルマガには心を揺さぶられるものが多くあります。
 横河さんによると、ジェニーンさんはテレビに出演したこともある、アメリカでとても人気のあるタロットカードリーダーだそうです。
 私が面白いと思ったのは、最初ジェニーンさんは、裏側で起きていることを何も知らず、トランプ大統領のことを嫌っていたそうです。
 ところが、テレビに出演しトランプ氏についてリーディングしていたところ、自分が話している内容と真逆のカードばかりが出てきて、しどろもどろになってしまったそうです。
 それをきっかけとして、テレビに出ることを止め、カードを読みながら自分自身で真実の追及を始めたといいます。
 おそらく、テレビで流れるトランプ氏に対する誹謗中傷の報道を鵜呑みにしていたのでしょう。アメリカでも日本でも、そうした人々が多数派だったのでしょうが、ジェニーンさんは、その類いまれなサイキック能力のおかげで、そうした洗脳が溶けてしまったのでしょう。
 横河サラさんによると、いまやジェニーンさんは「アノンたちやリサーチャーたちの信頼度高い引っぱりだこのタロット・リーダー」なんだそうです。

 私が横河サラさんのメルマガを紹介しようと思ったのは、ネットの世界で、ぶれにぶれている人気のユーチューバーさんを、ちらほら見かけるようになったからです。
 今は、ロシアのウクライナへの軍事進攻が話題の中心になっていますが、こうした事態すべてがDSが設定したシナリオかもしれないと思っておられるユーチューバーさんもいます。
 つまり、プーチン大統領もDSサイドの人間で、DSから与えられた役割を演じているというわけです。
 裏で起きていることは、DSとアライアンスの戦争であることを知っていながら、ここにきてDSのプロパガンダや偽情報に惑わされて、ぶれてしまったようです。
 もったいないなあと、私は陰で思ったりしています(もちろんこれは私の見解なので、訪問者の方々は、ご自身でご判断下さい)。

 ジェニーンさんは、以下のように言っています。

「直感やハイアーセルフが作動しはじめ、舞台裏で起きていることを三次元にいる自分に教えてくれる機運あり。そのことにより世界で繰り広げられている劇場がほんとうはどういうことなのかを理解できるようになる」

 結局のところ、DSのプロパガンダや偽情報が出るとぶれてしまう人というのは、直感で「これが真実に違いない」という確たるものを得ていないからではないでしょうか。
 今回のロシアのウクライナ進攻のような戦争だと、本当は何が起きているといったダイレクトな情報が出ることは、まず期待できません。なにしろ戦争の真っ最中なのですから、ジャーナリストが現地に潜入して取材することは困難です。
 ロシア側もウクライナ側も、自分たちに都合の良い情報だけを流すだけです。
 両方の情報を見比べて、真実は何かを推理するしかありません(DSのコントロール下にある日本のマスコミの報道だけを観て判断するなど、論外です。日本のマスコミは、プーチン大統領はヒットラー並みの最悪の独裁者だというイメージを、日本人に刷り込ませようと躍起になっています)。
 有名な例ですが、湾岸戦争の直前、ナイラなる少女がアメリカ議会で涙ながらに、「イラク兵がクウェートの病院で、保育器に入った新生児を取り出して放置し、死に至らしめた」と証言しました。これがアメリカ国民に衝撃を与え、アメリカが軍事介入する機運を盛り上げました。
 この証言は、後に真っ赤なウソであったことが判明します。
 そもそもナイラという名の少女は存在していないし、この少女はクウェート大使の娘で、クウェートには一度も行ったことがありませんでした。
 今回も同じようなことが起きていないかと怪しむのは、私だけではないと思います。
 そういえばロシアが産科小児科病院を爆撃して子供を含む3人が死亡という報道がありました。一方でロシア側は、病院には患者はおらず、ウクライナ兵が占拠していたと主張しています。
 さて、どちらが真実でしょうか。

 戦争中ですから、ネットの世界でも裏が取れる情報など、ほとんどありません。
 ここは、自分の直感を信じて推理するしかありません。

 では、横河サラさんからのジェニーンさんのタロット占い関するメルマガを紹介させていただきます。
 2回に分かれて来たものを合わせて掲載させていただきます。


 ・・・<横河サラさんのメルマガ、前半>・・・

こんばんは♪

いつも横河サラのニュースレターを読んで下さって、ありがとうございます。

春の訪れとともに
世界では巨大な雪崩が起こりつつあります。

とてつもなく長い間
光が入ることのなかった闇の世界に
いま、強い光が差し込み、
闇でうごめいていたエネルギーも人々も
もはや隠れる場所がなくなってきています。

この3月、誰の目にも明らかな変化がやってくるのでしょうか?

タロットのジェニーンが
3月はどんな月になるのかをカード・リーディングしていますので、
今日はそれを紹介したいと思います。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに、
ジェニーンはとても人気のあるタロット・リーダーで
かつてはTVに出演している人でした。

その頃、彼女は裏側で起きていることを何も知らず、
トランプ大統領のことを嫌っていました。

ある時、TVライヴで
トランプ氏についてリーディングすることになり
喋りながらカードを引いてみると
自分が話している内容と真逆のカードばかりが出てきて
しどろもどろになってしまったそうです。

その時受けたショックと啓示から
ジェニーンはTVの世界からきっぱり足を洗い、
カードを読みながら
自分自身で真実のリサーチを始めたのだそうです。

いまや彼女は
アノンたちやリサーチャーたちの信頼度高い
引っぱりだこのタロット・リーダーです。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *


「3月はどんな月になるか?」

人間のスピリチュアリティや直感力、
スピリットどうしのつながりが高められる。
それは、ここのところ地球に送られてきてる
(高次からの)エネルギーの影響かもしれない。

3月のどこかの時点で
私たちは、今までより安心な気持ち、守られている感じになる。

直感やハイアーセルフが作動しはじめ、
舞台裏で起きていることを
三次元にいる自分に教えてくれる機運あり。
そのことにより
世界で繰り広げられている劇場が
ほんとうはどういうことなのかを理解できるようになる。

3月中に
物事の流れが確実に私たちの方に向いてきていることを
みんなが理解する時がやってくる。
=ほんとうにシフトが起きていると言える。

経済について、動揺するようなことが起きる。
数日間、お金が使えないようなことが起きるかもしれないが、
やがて帳尻が合うようになる。

経済システムそのものや、
私たちがいまだに使っている紙幣が使えなくなるとか
銀行が倒産するなど、恐怖や不安を感じることが3月中にあるかもしれない。

↑そんなケースもあり得るので
銀行にすべて預けておくのではなく
少し現金を家に置いておくといいと思う、
とジェニーンは言っています。
実際に、すでにそういうことが起きてきている国もあります。

だが、この状態がずっと続くことはなく
やがて帳尻が合うようになる。
たとえば、銀行預金が全部消えてしまうようなことはない。

谷間とも言えるこの時期こそ
自分自身の経済のあり方を変えていくいい機会と言える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では続いて、後半部分です。


 ・・・<横河サラさんのメルマガ、後半>・・・

「3月はどんな月になるか?」(後半)
タロット by ジェニーン

3月はグッドニュースとバッドニュースが混在する月です。

聞くのがつらいこと
たとえば人身売買のこと
特に12歳以下の子どもたちのことなどを
遠からずメディアが伝えるようになります。

隠されていた多くのことが
ホワイトハッツに歩み寄った人々によって
すでにリークされていますが、
3月はそれがますます強まります。

繰り広げられているドラマにハマってしまわずに、
客観的に、俯瞰で見るとよいです。

なぜなら、いまは戦争中なので
それぞれの意図に沿った情報が
両側から出されてきています。

今月は、大局や全体を見ることを心がけましょう。
そして何よりも
自分がどう感じるのかを大事にしましょう。

いまは「待つ」価値のある時です。

スターシードや直感で生きている人たちは
このタイムラインを選んでやってきている人たち、
みんなが目覚めるまで寝ずの番をしている人たちです。

3月は、そういう人たちをターゲットにした
たくさんのドラマが出てくるので
そこに囚われないようにして下さい。

そういう意味のリマインダーカードが出ています。

この役目を選んでここに来ているとはいえ、
時には疲れちゃうことだってあると思います。
何せ、周りの人たちが
あまりにも何も気づいていない状況ですからね。

一連の「例の疫病」に関する隠された事実も
より大々的に出てくるでしょう。

現行のシステムをつくり
私たちを牛耳ってきた存在たちが
本当は影で何をやっていたのかを知ることは
痛みを伴うことです。

現行のシステムのすべてから離れなくてはならないこと、
それも痛みを伴うことです。

もうこれは、ものすごい「手放しのワーク」となりますね!

けれども、一番大事なことは
「私たちにとって『ほんとうのこと』は何なのか」なのです。

私たちはまさに生まれ変わるところであり、
今月はそれを深く感じるところとなります。

お金というかたちのエネルギーを含め
自分のエネルギーをどこに注ぎ込むのか。
それを私たちひとりひとりが
深く考える必要があります。

なぜなら
私たちからエネルギーを奪ってきたシステムと
そのシステム上で巡っていたたエネルギーを
私たちはもうこれ以上サポートできないからです。

私たちはいま
古いシステムとエネルギーを破棄するところです。

いまは、自分の職業について深く考える時です。

すでに多くの人がハートに従い
現行のシステム内で「お金のために働く」
ということからシフトして行っています。

それは痛みを伴うこと、難しいことでもありますが、
(そして勇気の要ることかもしれませんが - サラ)
それを行うことを通して
自分自身の光を見出すことになります。

私 (ジェニーン) 自身、体験を通して
ハートに従うことは結果的に必ず自分を豊かにし
よりよき人生をもたらすことを知っています。

今月はより制限が弱まり
より多くの社会的な活動やアウトドア活動、
人々が集まる活動が見られるようになるでしょう。

また各地へ旅することが
より可能になっていきます。

最後に
スピリットワールドからのアドバイスです。

あなたという一個人の自由のために
あなたが信じることのために
あなた自身のために
立ち上がって下さい。
どうぞその勇気を持って下さい。

あなたの自由を制限するものに遭遇することは
あなたへのウェイクアップコールなのだということを
どうぞ知って下さい。

Tarot by Janine
https://abundance-earthskyheart.com/Lc272/2971

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

いかがでしたか?

あらためて
ジェニーンはまさにこの時代を選んで
ここに生まれてきたウォリアー (戦士) であることを感じます。

いまは
ハートで生きる頼もしいウォリアーたちが
たくさん立ち上がり
私たちを励まし、勇気づけてくれています。

いずれにせよ
私たちはこの嵐のような時代を乗り越えていく必要があります。

ハートに明かりを灯しあい、温めあい、
勇気を持って不安や恐怖に立ち向かって
一緒に新しいタイムラインへと着地いたしましょう!


Love and Happiness,
横河サラ

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に蛇足です。

 上記引用させていただいた文中に「3月」というワードが10個も出てきます。
 どうやら、今月(3月)中に「何か」が起こる気配はかなりのもののようです。

 私が特に気になったのは、ジェニーンさんがこの3月に、「経済について、動揺するようなことが起きる」と言っていることです。同じことをインドの占星術師のアビギャ君も言っているので、紹介させていただきます。
 「はろーふろーむロングビーチ」さんのYouTube動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=QQDDPHNlFT8


 アビギャ君は、市場の変わり目として、3月16日を挙げています。
 またと4月13日以降は金(キン)が大きく上げるといいます。
 そして金(キン)と同じく銀も上がり、史上最高値をつけると言っています。金もいいが、それよりも銀がいいそうです。
 アビギャ君は投資を勧めているわけではないと言っていますが、私もそうです。でもインフレがこれからますます高進することは確実で、私のような一般庶民の生活をリアルに直撃します。
 私は、一般庶民の生活防衛として、預金の一部を金(や銀)に代えておくというのは、有効な手段ではないかと考えています(ただし現物のみです)。
 当HPの掲示板に「ロシア金本位制に移行」というタイトルで、ロクさんがマドモアゼル愛さんのYouTube動画を紹介されています。
 ロシアのウクライナへの軍事進攻によって、安全資産とされる、金がどんどん上がっています。その要因として、インフレはもちろんのこと、ロシアのルーブルが金本位制を導入するかもしれないという思惑も大きいのではないかと考えています。
 正確に言うと、金本位制ではなく金準備制です。
 政府が発行する紙幣を、要求があれば金と一定比率で交換するというものです。
 交換する額も紙幣の金額の100%ではなく、10%や1%といった部分的なものかもしれません。
 1971年のニクソンショックから基軸通貨のドルが金(キン)のくびきを離れ、不換紙幣(フィアットマネー)として、大量に刷られることになりました。
 さらにリーマンショックによる世界恐慌を防ぐ為、世界中で2000兆円ものお金が発行されたといいます。それが新型コロナにより、さらに輪を掛けて増刷されています。
 こうしたお金の大量発行が行き着くところは、収まらないインフレです。
 インフレとは物の値段が上がることですが、本質はお金の価値の下落です。
 金や銀(の現物)は、お金の価値を減らさない、有効な手段だと私は考えています。



『地球人が知らないお金の話』から...2022年3月5日

 今から11年前の当HPの記事ですが、『生活に必要なお金の話』(2011年6月16日)で、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんのお金にまつわる体験を紹介したことがありました。
 興味がある方はその記事を読んでいただきたいのですが、簡単に言うと、ドランヴァロさんが車のガソリンが無くて困っていたとき、ドランヴァロさんの前に忽然とりっぱなガソリン缶が出現したという話です。
 また、お金が底を尽きそうになったとき、カナダの森深く住むドランヴァロさんの処に、昔お金を貸した友人がわざわざ訪ねてきて、お金を返してくれた話です。それも2回たて続けに起こります。
 当時ドランヴァロさんは天使と会話でき、天使たちから生活費の面倒はこちらでみるから、瞑想を続けるように言われていたといいます。
 もちろんそうした特殊な状況にあったことは確かだと思いますが、私はこうした現象は、並木良和さんの「最適化の法則」を思い出させます。
 有名な「引き寄せの法則」は、意図する(願う、イメージする)ことで、望む現実を引き寄せることですが、「最適化の法則」は、意図する必要すらなく、自然にその人が最高(最適)の人生を歩むことができるように周りの環境が整っていくという現象です。
 ただし、この「最適化の法則」は誰にも起こることではなく、そのレベルのゾーンにいる人だけに起こる現象だといいます。
 そのゾーンに居る人とは、たとえばスピリチュアルのマスターのような存在だそうです。(こういう表現が適切かわかりませんが)平たく言うと、波動の高い人ということだろうと思います。
 この「最適化の法則」が起こったとしか思えない現象が、『地球人が知らないお金の話』(サアラ著、大和出版)に載っていたので、まずそれを紹介させていただきます。
 サアラさんが離婚した直後で、幼い子供3人をいかに育てるかという課題に直面した時期のエピソードです。


 ・・・<『地球人が知らないお金の話』、p109〜p112から抜粋開始>・・・

 お金は必要なときに入ってくる

 私が最初にしつこく言われたのは、「お金に人生を決めさせない。今あるお金は気持ちよく使う」ということでした。
 これを自然に実践できるようになるためには、自分にとってもほんとうに必要なことであれば、必ずお金は必要なときに入ってくることを、信じるレベルではなく、自分にとっての真実として知るレベルまで、何度も経験を積む必要がありました。
 あるとき、友人がとても素敵な旅行の企画を立てていました。私はぜひとも参加したいと思ったのですが、当然そんなお金はありません。何しろ、冷蔵庫の中に鮭が一切れ、ホウレンソウが半把、牛乳、バター、卵数個しかない! そして財布には3000円、銀行は空。そんな状態で食べ盛りの子供もいるのですから、普通に考えたら旅行なんかとんでもありません。
 しかし、能天気な私は、この旅行は私に必要だから友人が誘ってくれたに違いないなんて考えながら、なんとなく使い古したボロボロの鞄を、さすがにもう処分しようと思って中身を確認していると、茶封筒が入っています。その中にはなぜか旅行に必要な23万円がきっちり過不足なく入っているではありませんか!
 貧乏な私がそんな大金を忘れるはずはありません。
 また、あるとき京都の大学に通う娘が、4月から使う教科書代を振り込んで欲しいと言いました。なんと教科書に10万円もかかると言うのです。そんなお金はなかったけれど、娘には、わかったとだけ伝えておきました。
 そして、なんとなく普段あまり開けることのない引き出しの整理をし始めました。すると古いノートの間から10万円出てきました。

 ケチな人はお金にも人間関係にも豊かになれない

 このように、私にとっていつしかお金は降ってくるもの、湧いてくるものという感覚が自然と身についていきました。ですから、自分の魂がお金を与えてくれなければ、買わなくていい、もしくは行かなくていい、やらなくていいことです。なんて便利なんでしょう。自分で迷わなくていいわけです。
 そして、お金がなくても案外ちゃんと生きられるものなのですよね。なんだかんだと言って、贅沢はできなくても、子供たちもちゃんと育ってくれたし、毎日食べさせることもできました。
 大切なのは、エゴがきちんと魂に同意して、従えるかどうかのように思います。魂に従って素直に生きれば、生活に困ることはないのです。
 それでも、もちろん成長のために必要な困難は与えられますから、ドキドキしたりハラハラしたりすることもたくさんあります。何も悩みがなくなるなんてことはありません。むしろ理解できないことや、知ることが困難なことにたくさん悩みました。けれども、困難を乗り越えたときには、一回りも二回りも大きくなった自分が、さらに多くの可能性に向かって、誇りを持って晴れやかな気持ちで前進しています。
 イッチーはいつも言います。「ケチは大敵!」「人間はすぐにケチになるんだから、いつになったらその貧乏癖を返上するんでしょ」
 多くの人が贅沢はよくないことのように思わせられています。それと同時に、自分の労力も出し惜しみしています。これがまさに奴隷根性、貧乏癖だとイッチーは繰り返し言います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、サアラさんが言う「イッチー」とは誰でしょうか。
 市杵島比売命(いちきしまひめのみこと)と呼ばれる霊的存在で、サアラさんにお金に関する教授をしてくれる存在とのことです。
 サアラさんは、親しみを込めてイッチーと愛称で呼んでいるようです。
 これを読まれて、「ああ、そんなゾーンにいる人だから、最適化の法則のようなことが起こるんだ。私のような普通の人じゃ無理ですよね・・・」と思われた方は多いかもしれません。
 全然、そんなことはありません。
 なにしろ普通の人間である私にも起こったのです。
 私は東京から長野に引っ越し、アルバイトも無くなり、日々の生活費でわずかな預金も無くなりかけていました。
 そんな時に歯が痛くなり、歯医者に診てもらったら、数十万円の治療費が掛かることがわかりました。それも1本ではなく、数本です。
 全部の治療費と長野から東京の歯医者に通う交通費を足すと、100万円近く掛かるかもしれない、という状況に追い込まれました。
 そんな状況のとき、突然まるで空からお金が降ってきたように、お金が入ってきたのです。もちろん、引き寄せの法則のように意図したこともありません。
 思ったのは、「やばいなあ〜、お金無いんだよな〜。また東京に出て仕事を探すしかないかなあ・・・、でも今はコロナで仕事ないだろうな・・・」といったことでした。
 そんな折、「100万円あげるよ」と言われたのです。
 100万円くれると言った人がこの記事を読む可能性もあるので、詳しい状況は書きませんが、まさしく天からお金が降ってきのです。
 ですから、「私には無理」とは絶対に思わないでほしいのです。
 ドランヴァロさんやサアラさんのような霊的能力の有る無しに関わらず、これは誰にも起こることです(何しろ普通レベルの私に起こったのですから)。
 私には、最終的に250万円ほどのお金が降ってきました。
 これで歯の治療の他に、懸案だった当面の生活費もなんとかなってしまいました。
 つまり、こうしたことは夢物語や仮想の話ではけっしてないのです。
 要はサアラさんが指摘するように、

「大切なのは、エゴがきちんと魂に同意して、従えるかどうか」

 です。
 別の言い方をすると、こうした話を心の底から信じられるかどうかです。
 「最適化の法則」を信じられない人、または信じられるけれども自分には起きないだろうと諦めている人には起きません(断言します)。
 なぜなら、「自分には起きない」と本人が決めているからです。
 宇宙は、本人が心の底から起きると信じていることを起こすと言われているからです。

 スピリチュアルに詳しい人で、瞬時に願いが実現するあの世と違い、願いが叶うのに長い時間が掛かるこの世を評して、“苦しみに満ちた世界”と表現する人がいます。
 不自由を体験する為に生まれてきたというのは、その通りだと思いますが、その人の人生をどのような姿勢で体験するかは、その人の選択です。
 人生は困難に満ちており、苦難を味わいながら生きていくものと信じている人は、そうした苦しみに満ちた人生を送るでしょう。一方で、楽に楽しく生きると選択した人は、楽で楽しい人生をおくるでしょう。どちらの人生も優劣はなく、貴重な体験です。
 この記事を読まれている訪問者の方は、どちらを選ばれるでしょうか。
 私は、楽で楽しい人生をおくりたい方です。

 さて次に、『地球人が知らないお金の話』に載っているサアラさんと西尾さんの対談を紹介させていただきます。
 西尾さんは、「FOTTO.TV」を主催されている方で、私はそのメルマガの一読者です。
 西尾さんは京都大学を卒業して日本興業銀行に就職されたという、いわいる一般的に言われるエリートです。そのエリート人生を捨てて、ネットビジネスを始めたという異色の経歴の持ち主です。
 その西尾さんとサアラさんのお金にまつわる会話がとても面白く、ここで紹介させていただきたいと思いました(少し長いですが)。
 西尾さんは家庭がある身の上で、大手銀行を辞め、エリートサラリーマンの座を捨てると決断します。サアラさんは、子供が育ちざかりのときに離婚し、身一つで子供たちを食べさせていかなければならなくなります。
 そうして点を前提に読んでいただければと思います。


 ・・・<『地球人が知らないお金の話』、p260〜p281から抜粋開始>・・・

 無責任という霊的な責任が大事です

西尾 あとね、向いてないって思う人は結構いても、それはまさにこの本のテーマなんですけど、選択肢がないって思う人が多いと思うんですね。やめたいけど、じゃあお給料どうするのってなるでしょ。そのときに「あんた何言ってんのよ」「子育てどうするんですか」って奥さんに怒られるし。僕ぐらいの年齢になったらもう子供が成長してるから、だから50代がチャンスだと思ってるんです。30歳、40歳ぐらいで子供がまだ学校行ってたりするとね、社会的に「無責任だ」ってなるじゃないですか。「あんたのダンナは何考えてるんだ」ってなるでしょ。それも「俺は知らねえ」って言って、バンってやめちゃえるっていうのは社会的にいうと批判される行動ですよね。だから僕の場合、ある意味無責任だったんですよ。

サアラ いや、でも、その無責任っていう責任が大事な気がするんですよ。社会的には無責任であっても、人として自分自身に霊的な責任を負う、これが難しいんですよね。私もそうでしたね、この人生違うわって見切りをつけて離婚したときは、まだ子供が中学生と小学生二人だったんで、ある意味無責任なんですよ。何の保障もないまま子供を連れて出て、どうやって食べさせていくのか。保障は何もないまま、でもなんかかんか食べさせていきましたけど。無責任な行動を私もとったし、そういう意味では西尾さんと同じですね。

西尾 サアラさんはこの本にお金は湧いてくるとか書いてるじゃないですか。確かに窮地にも陥るんですよ、とっても山あり谷ありで。でも意外となんとかなるっていうのもあるんですよね。
 それとサアラさんがおっしゃってるテーマだと思うんですけど、魂ってものがあって、魂が肉体に宿って、要するに魂の目的に従って生きるっていうテーマがあったときに、そりゃもちろん当然ながら主人公は自分じゃないですか。だから自分が考えるか感じるか、脳で考えるのか、魂から命令が伝達されるのかわからないけれど、自分が主人公として生きている人たちの集合体が、やっぱりいい未来っていうか、いい宇宙につながっていくんだろうなっていう気がするんですけどね。だから僕は諸悪の根源は株式会社って制度じゃないかと思ってるんですよ。セルフイメージを会社に乗っ取られているんですよね。
 今は違うかな、僕らが入社した頃は、自己紹介で名刺を出すときに、例えば僕でいうと、何とか銀行の西尾ですって言うじゃないですか。セルフイメージが西尾よりも銀行のほうが強いんですよ。だからお前、何とか銀行でやってるんだからそんな変なこと外で言うなみたいなことを言われたし、俺はこう思うけど、銀行員としての僕はこう思わないといけないみたいな感じがありました。
 それから、反復が人生を変える、繰り返しが人生を変える、習慣が人生を変える、っていう成功哲学の教えがあって、だから毎日やれってことなんですけどね。毎日銀行に行って、毎日上司からあれやれこれやれって言われて、ある意味洗脳ですよね。奴隷的といいますか、会社が儲けるためにあなたはこう動くべきなんだみたいなことの刷り込みがなされるわけです。
 それはあなたが幸せに生きるためにこうやるべきだという感じではなくて、会社が儲かったらあなたに給料が払えるから、あなたもそれで間接的に幸せになるんだから会社の言うことを開けということで、直接的には会社の言うことを聞けと毎日言われちゃうわけですよね。そうすると自分が運転席に座ってないんですよ。自分が右にハンドル切りたくても、会社にまっすぐ行けと言われたら、もうしょうがないまっすぐ行こうってなっちゃってるじゃないですか。だから、ある意味このシステムの主人公は会社なんですよ、と僕は思うんですよね。

 会社は人を幸せにしないパケモノ

西尾 ラグビー精神を語る言葉に、One for All, All for Oneというのがあります。人はみんなのために、みんなは一人のためになどと訳されます。みんなチームのことを考えるが、それと同等に一人ひとりも重要だ、くらいの意味だと思いますが、今の会社というシステムは、この後者が欠けていて、前者に偏っていると思います。
松下幸之助とか本田宗一郎がいた頃はなんか夢があってね、電球作ろうとか、車が走るとかとか結構よかったような気がするんだけど、今はディープステートかなんかわかんないけど、とにかくバブルが崩壊して、銀行が傷んじゃって公的資金とか入れたりなんかして、竹中平蔵とかが会社の目的は利益を出すことなんだって言って、あれね、あれですごく変わったんです。
 会社っていうのは利益を追求するべきであって、もっと具体的に言うと、ともかく株価を上げることが求められるようになりました。株価を上げるために経営者はいるんだぞ、と。だからある意味株主に経営者は雇われているイメージで、社長よりも株主のほうが偉い。
 あの頃から証券アナリストとかめっちゃ偉そうにしだして、決算説明会っていうのもあって、例えば昔ながらの大きな会社で社長がバーっと説明するじゃないですか、そうすると50代ぐらいの偉そうなアナリストが質問して、「それ、株主のこと考えてやってんですか」とか、「どれぐらいのリストラするんですか」とかね、社長とかにガンガン聞くんですよ。「私たちは社員のこと考えてるんであって、株主のためにやっていません」とバンって言うと、次の日は株価暴落ですからね。
 だから明らかにあのとき変わったんですよ。バブルが崩壊して日本が傷んだときに外人投資家とかが出てきて、株がうわーって買われて、株価を上げろ株価を上げろっていうことになった。それで味を占めたから、今も続いてますよ。利益を追求することが正しい。利益のためには従業員をリストラしろと、従業員をいじめて、利益を上げていく。一部の優秀な人はいいんだけど、それ以外の大多数はほとんどお給料が上がらないわけじゃないですか。

サアラ それはもう外人投資家のためにやらされているようなもんですよね。

西尾 そう、だから会社での職制が高い人も実はそんなに儲けているわけでもなくて、だから会社というパケモノですよね、なんとなく。利益追求システムというバケモノが跋扈(ばっこ)してるから、意外とほとんどの人間は幸せではないんだよね。

サアラ 何が利益なのかっていう、そこがもう間違ってるんですよね。本来だったらそこに参加している一人ひとりの社員なりの生活の質が向上することが利益だっていう考えが根本的に必要じゃないですか。だけど会社が金儲けするということだけが利益になってるでしょ。だからお金っていうものに絶大なる価値をつけている。これはもうお金信仰ですよね。

西尾 僕ね、正しいかどうかわからないんですけど、一番最初に日本で株式会社を作ったのは、坂本龍馬の亀山社中ですか? 司馬遼太郎の本に書いてあった気がしたんですけど。あれが日本で最初の株式会社、ということはつまりサアラさんが書いてた明治維新で日本は、資本主義に乗っ取られてっていう話がある。そことも歴史的には一致してきますよね。渋沢栄一が出てきて、株式会社を山ほど作ったじゃないですか。株主が偉いっていうシステムが日本でも生まれたわけですよね。でもただ日本的な従業員を大切にするマインドもあったから、日本なりにいいシステムだったんだけど、バブル崩壊して完全にそれでやられて、今は、もうそういう新資本主義っていうんですかね、株主が偉い資本主義になっちゃって。得をしているのは、一部の株主じゃないですか、外資系とか。

サアラ 所有という概念を持ち込んできてからが、全部が崩れたんですよね。株主っていうのはオーナーってことじゃないですか。そのオーナーズシップみたいな考え方が世の中を完全に狂わせてしまった。オーナーが一番偉い、持ち主が偉い。所有権というのが一番有益な権利だっていう考え方がそもそも根本的に間違いをおかしてしまうんですよね。それが奴隷の始まりじゃないですか。こいつは俺の持ち物だってやってしまう。だから会社というバケモノにとっては会社を持っているオーナーと社員たちは奴隷の関係ですよ。雇われているというふうに考えると、その言葉はきれいだけど、そうではない。所有されてるんですよね。
 そこに気がついた人が立ち上がるべきタイミングだと思って、私はこの本を強く推したいんですけど、人間は怠惰だから今困っていなければ、まあいいかってなるんですよね。そこがすごく恐ろしいなと思うんですけど。

 働かなくても食べていける社会にしよう

西尾 江戸時代に五人組とかあったじゃないですか。五戸で構成された組の一戸でも悪いことしたら連帯責任だという仕組みだから、人に迷惑かけられない、悪いことはできない、といったシステムですけど、今もちょっと似てますよね。自分だけ抜けようと思ったら家族に迷惑かけるし、奥さん怒るし、みたいな図式があって、自分だけわがままなことできないシステムになっちやってますよね。

サアラ そのために婚姻制度を作りましたからね。

西尾 そう、だから結婚もそうなんですよ。

サアラ 男の人が自分の責任を放棄するって一番難しいじゃないですか。家族に対する責任を放棄するっていうことが。だけどもうこれは社会のためだと思ってやってほしいと思うんですよ。何を言われようと、新しい社会を作るために俺は立ち上がるんだってやってほしいなと思うんですよ。
 いつまでもこの理不尽なゼロサムゲームを絶対続けられないじゃないですか。
 まずとにかく働くっていう概念をなくしていく。働かなくていいためのAIだったり、新しいテクノロジー、量子コンピューターなどを、どんどんどんどん立ち上げていくっていうことが必要だなと思います。その両輪が成立してないと、うまくマインドが変換できない、奴隷マインドのまんまで。
 プロセスとしてよく言われるのが、一定金額を支給するベーシックインカムの導入はどうかっていう話なんですが、ダメなんですよこんなの。結果お金を使うし、お金に頼るだけですから。牛耳ってる人たちは変わらないわけですよ。じゃあお金じゃなくて仮想通貨はどうかって、そんなもの作っても、みんな同じでしょう。そういうことじゃなくて、本当にお金から卒業するっていうことがどういうことなのかを理解して、お金を持たなくていいところへシフトさせていく必要があるんです。

 夢は、「年収10億、貯金ゼロ!」

西尾 マスコミとかもお金がないことへの不安を煽りましたね。老後2000万円問題って話があるじゃないですか。

 サアラ 西尾さんが夢にかかげている「年収10億、貯金ゼロ」、これすごくいいですよね。

西尾 僕はね、お金儲けは悪いとは思ってなくて、ちょっとやってみたいなっていう。今もう大したお金儲けしてないんですけど。たまたま YouTube の学校に明日行くんですけど、その裏のテーマは「10億円を作ろう」なんです。それを実際に実現している人たちが教えてくれるので、可能性としてはあるかなと思うんですけど。3年ぐらいで10億ぐらいの売り上げにしてみるかという遊び半分ですよ。そのときに、貯めるんじゃなくて全部使って年収10億だけども貯金はゼロをやってみたいなってありますね。
 結局お金が悪いっていうよりも、貯め込むことのほうが悪いっていう。流れている川は太いにせよ細いにせよ、流れているのはいいことなのに対し、貯め込んじゃうと腐るじゃないですか。だから江戸時代よく言われた、有り金は全部使えとか宵越しの金は持たないとか、あれは結構正しいですよね。入ってきた分は全部使っちゃえってことをみんなが思えば、みんなハッピーなんじゃないかなと。

サアラ 絶対そうなんですよね。この本の中でも書きましたけど、貯めようとするから、水と同じで流れてるものなのに、よけいに調和が崩れていくわけですよね。

西尾 血液と一緒ですね。大動脈か毛細血管か知らないけど、とにかく流れてたら健康なんですよ、人間って。滞ったら脳梗塞とかそういうのになるじゃないですか。だから将来の不安を考えずに今あるものを全部使っちゃえってサアラさんのメッセージ、そういうことですよね。それは勇気がいること、みんながそれを一斉にやったら、すごいことになります。

サアラ そうです、ほんとにそれはそう。市杵島比売命がね、あるお金は全部使えって言うんですよ。貯めるなって。これ基本ですよね。

 儲けにならない仕事を税務署は理解できない

サアラ ちょっと話は変わりますけども、うち税務署が入って、すごい勉強になった。お金の本書こうと思ったらいきなり税務署が入ったんですよ。
 それですごく思ったのは、結局私のやってることも、言ってることも税務署からしたら意味不明なんですよ。というのは私がお金になんないことばっかりやってるわけです。会社はお金儲けが正しい道だし、義務なわけです。そして、たくさん儲けてたくさん税金を納めることが、優秀な国民というわけです。だから、経費ばかり使って純利益が少ないのは経営者としても、国民としても失格なんですよね。
 でも、イッチーはいつも言うんです。お金はどうやって獲得するかを考えてはいけない、使い方だけを考えなさいって。だから、私はお金遣いがめちゃくちゃ荒いんです。それから、目の前の人に何かを提供して、そこからお金を得ようなどと考えてはいけない。逆にお金を渡した人から何かをしてもらおうと考えるのもダメ。お金の循環の輪は大きければ大きいほどいいのだそうです。だから、今私が西尾さんにご飯をご馳走したからといって、西尾さんが新しいチャンスを与えてくれるとか、誰か素敵な人を紹介してくれるとか、お礼に美味しいワインをくれることなんかをまったく期待する必要がないわけなんです。巡り巡って、いつか誰かがその代わりに私にチャンスをくれたり、美味しいワインをご馳走してくれたりするということが、必然として起きるはずだと、イッチーは教えるんですね。だから、目先の小さなことにがつがつしなさんなって何度も言われました。
 でも本来、人間同士の関わりって、そんなもんじゃないじゃないですか。いつもお金勘定をしてるわけじゃないですよね。私はもともと人の相談を受ける仕事をしていましたが、今でもこの人こんな大事なプロセスでちょっとしたアイディアが必要じゃないかと思ったら、口に出して言うじゃないですか。その都度お金を請求したりしないです。人との関わりにおいては、それ大事じゃないですか、っていうことがもうわかんない人がとても多くなってますよね。
 ところで、銀行をおやめになったあとは、いかがだったのですか?

 退職金も遺産も使い果たして…

西尾 結局銀行をやめてよかったのかっていう話ですけど、やっぱりいろいろ大変なことは多いですよ。一つは人間関係が変わるから。
 僕も銀行をやめてすぐに離婚したわけじゃないんです。二人で相談して頑張ろうねって言ってやめたんだけど、やめることによって見える未来が変わってくるし、交流関係も人間関係が変わってくるじゃないですか。そうすると元の前提で、大学卒業して会社に入ってずっと平穏無事に安定的にいって子育てして幸せな家庭作って、みたいなことを夢見て結婚したのに、なんか夫が破天荒なことやりだしてしまった。ネットワークビジネスの人たちって、金持ちになろうみたいな話で会社員とは全然違う。そもそもが全然噛み合わないですよね。そうこうしているうちにやっぱり離婚、となったんですよね。
 だから結局、一歩を踏み出しましょうっていうふうに言っていても、踏み出したなりにそういう変化は起こると思いますね。それをいいと思うか不幸と思ってやらなきやよかったって思うかはわからないけども、そういうふうになるとは思いますよ。それが一つです。
 もう一つがお金の問題ですよね。僕はさっきも言ったように会社ではまあまあ頑張ってたほうだとは思います。ネットワークビジネスも営業みたいなもんだから俺がやったらできるに違いないと思ったんですけど、全然できなかったですね。
 これを売ってこいって言われて努力して売るみたいなことはできるんですけど、ネットワークビジネスっていうのは巻き込まないといけないんですよね。自分が一人で努力するんじゃなくて、ネットワークの自分の下部につながる人たちとの間にムードを作るっていうのかな。基本的にはネットワークを大きくしてみんなで金儲けしようみたいな話で、お前も幸せにならないかみたいな働きかけをして、ボスにならないといけない。成功している人たちはそれを簡単にやっているから、あんないいかげんそうな人ができたら、優秀な僕はできるに違いないって思うけど、カリスマ的なムードを持って巻き込める人じゃないとダメなんですよ。
 僕は自分で地道にはやるけど、巻き込めるタイプじゃないから、自分がコツコツやっても誰もついてこないみたいな感じでした。巻き込んで、ネットワークを100人とか1000人にしないとダメなんですよ。それが僕は向いてなかったっていうかね。すごい真面目だから努力してやったんですよ。それで10万とか20万ぐらいの月収はありましたけど、100万とかにはならなかったです。
 そんなんで家族もいるから食いつぶしていくわけじゃないですか。退職金とか一時金でもらった企業年金も使い果たしてもうほんとに後がないというとこまで行ったときに、オヤジが死んだんで数千万円というお金がパーって入ったんですよね。それを僕はバカだから全部投資、それも完全な詐欺だったんですけど、月利2%とか3%とかいう投資話に入れて、投資先が隠れちゃって有り金全部パーですよ。持っていた神楽坂のタワーマンションも売って、性懲りもなく売った金をまた投資に入れて、全部パーで結局全部なくなっちゃって。
 それで奈良に行ったんです。借りていた住まいの十何万かの家賃がもう払えなくなって、たまたま友達が奈良で農業始めたっていうんで行ってみたら、御所というすごい田舎で、神楽坂と同じような間取りのマンションが家賃3万6000円でした。「ごめんもう金全部なくなったから俺引っ越すわ」って、今のパートナーに言ったら、これも僕はちょっと驚いたんだけど、彼女も一緒に行くって言ったんです。結構セレブな人だから、奈良のド田舎なんて絶対来ないと思っていたんですよ。
 大して収入もないですし、仕事も農業でちんたらやっていたけど。その間、 FOTTO.TV でサアラチャンネルやらせてもらってたから、夜行バスで月に1回東京に行って、収録させてもらってました。収入なんて月収で20万とかそんなもんじゃないですか。

 自分が思うことを発信していきませんか

西尾 生活ができなくなって奈良に逃げて、それで生活コスト抑えて、何とか生き延びるっていうモードに入って、でも奈良にいたのは結局2年ぐらいなんですよ。農業をやって、85歳の社長さんのお手伝いしながらちょっとお給料をもらいながら、その間も FOTTO.TV は続けて、もう7年続けています。1回も外さず1分もずれずに、月曜日の朝9時に毎週配信してます。
 無料のメルマガ登録をやって、登録者0人から始まって、それが今5700人ぐらいになっています。奈良にいる間も月に1回は夜行バスで来て、サアラさんにインタビューさせていただいて、それを編集して4つに切って毎週出すみたいな感じをずっと続けていたんですよね。
 農業は一時的なもので、 FOTTO.TV を続けて、無料、有料と会員を増やしていく中で少しずつ収入も安定してくるという戦略っていうか、計画がありました。ただ一気にバンっといかないから、広告費とか使ってないので、ちょっとずつ地味に一歩ずつ収入を上げていくってことで、奈良にいる途中ぐらいから少しずつ軌道に乗り始めたっていうのはあるかもしれないです。今住んでいる湘南に戻ってきてから、少しずつだいぶいい感じにはなりました。
 じゃあ会社をやめてどうしたらいいですかっていう話をすると、僕の場合はネットワークビジネスやったんですけど、今僕は、情報発信がお金に変わるような、そういうシステム、そういう世の中になっていくんじゃないかなって気がするんですよ。今までは情報発信と言えばテレビ局とか新聞社の仕事で、ある意味情報の独占じゃないですか。あれは僕は異常な事態だと思います。情報を独占して全部洗脳しているわけじゃないですか。いろんな人が発信した中でいいと思うものが選ばれていくというのがほんとうに民主的なことだと思うんですけど、情報を寡占しちゃっているわけだから。
 YouTubeとかできてきたから、そこはもう民主化できるシステムはあるんですよね。あとはそうふうにやろうと思う人が何人いるかだけです。昔はユーチューバーっていったら、なんか変なことする人がバズるみたいな感じだったんだけど、普通の情報をちゃんとみんなが発信していくという世の中の流れになっていけば、主体性を自分が持って、自分が思うことを自分で発信するってことをやり始めれば、それは時間かかるかもしれないけど、僕はお金に換えるってことができると思う。
 だから情報発信を始めればいいんじゃないかなと思いますね。ただし、それには1年とか2年とか、場合によっては5年とかかかるわけだから、サラリーマンの人はすぐに会社をやめても、やめなくても、どちらにしても、自分が主体的にそれを始めていくことです。やり方はいっぱいありますよね。

 そうすれば老後の資金は必要なくなる

サアラ すぐにお金にしたいんだったら、リアルで講演とかすればいいんですよ。並行して Facebook でも、SNSを使ってでも、 YouTube でもいいけれども、何かを無料でやりつつ、リアルの講演会やセミナーを並行して有料でやれば、リアルの場合は割とすぐにお金になります。人さえ集客できればね。
 やっぱり「風の時代」「水瓶座の時代」って、自分の独自性を活かしていく時代って言われているので、おっしゃる通り自分の考えを持って、自分独自の考え方とか自分の思っているイメージとかアイディアっていうものをどんどん発信してシェアリングしていけばお金になっていくっていうのはわかりますよね。

西尾 独自の考えがなかったとしても、逆に言うとね、鶏と卵の関係で、まず発信してしまう。そうすれば自分の考え方が見えてきます。

サアラ そう。発信するのは自分の考えじゃなくてもいいと思うんですよ。西尾さんみたいに、あ、こいつは面白いなっていう人を登壇させればいい。

西尾 僕は、自分が自分の番組に顔を出しだしたのは最近で、それまでは一切出ていませんでしたから。出てくださっているサアラさんや池川明先生たちをいいと思うから、 FOTTO.TV をやってるわけで、代弁してくださっているっていうか、僕の考え方とマッチしている。

サアラ そうなんですよね。この人面白いなとか、これいいなって自分が賛同できる人を引っ張ってくればいいっていう。そういうことをやり始めた人は結構多いと思いますし、この人いいなと思う人もそれぞれがみんな違うでしょうから、ファンがついてくれればね、自分の独自の世界を展開してるようなものなんで、いいと思いますよね、そのやり方はね。

西尾 そうするとこの活動は定年とかないので、死ぬまでずっとそれやればいい話だから、別に老後の資金何百万っていうのは、関係なくなるんですよ。

サアラ ですよね。ほんとにそう思いますよね。老後っていう言葉がいらなくなりますよね。老後はないんですよ。ずっと何かこう生産的、創造的なことをやり続けるのが人間の本来の宿命なので、なんかもう引退とかいう考え方もおかしいし、生きてる限りは何かを創造し続ける必要がありますよね。
 でもなんか奈良に行ったのはすごい必然って感じですよね。

 一回手放さないと新しい流れは入ってこない

西尾 今56歳なんですけど、振り返ってよかったなと思うことは二つあります。
 一つは思い切って会社をやめたことはほんとによかった。今会社にいたら僕は病んでると思います。もう一つは、ほんとにお金はなくしてよかったですね。結構大きなお金持ってたんですよ。あのままうまい具合に上手にやりくりしていたら、つまらないですよね。もちろん奈良にも行ってないし。守りに入って無難に過ごしたってつまらないじゃないですか。サアラさんも使ってしまえって書いていますよね。僕は意図的に使ったんじゃなくて、ぶっ飛ばしちゃったわけですけど、本当によかったって思いますよ。なくさないと新しい流れは入ってきません。

サアラ 一回なくさないとほんとの人生スタートできないような感じがしますよね。私も離婚したときはきれいさっぱり何もなくなりました。だから人間としてのエゴの部分だけでは生きられないということを、もうひしと感じて、おそらく西尾さんも同じだと思うんですけど。自分のエゴ、人間としての人格の部分と、霊的な部分とのコミットメントの道が始まるんですよね。そこがきちんとコミットメントし始めると、お金はなぜか降ってくるし、湧いてくるんですよ、不思議なことに。
 奴隷マインドであるお金のシステムに組み込まれているうちは、もうほんとに霊的とはほど遠いじゃないですか。自分という認識がないわけですから。その霊的なところとつながるという目的においても、一つのイニシエーションとしてお金を手放すってことが、どうしても必要になってくると思うんですよ。お金がある以上、やっぱりマインドが隷属的になるので、一回手放すというプロセスを誰もが踏むような気がしますね。
 なんかいいお話ですよね。それを体験された西尾さんのこのストーリー。本当にとても参考になるいいお話でした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 おお!、年収10億で貯金ゼロは、いいですね〜。
 がっぽり稼いで、全部スパーっと使っちゃうというのを、ぜひやってみたいものです。
 そういえば船瀬俊介さんは、「カネは病院に払うな、芸者に払え!」と言っていました。
 私はこの人生で一度も芸者遊びをやったことはありませんが、がっぽり稼いで、全部女性に貢ぐというのをやってみたいものです、アハハ…。



ウクライナで起こっていること...2022年2月27日

 前回の記事『ウクライナ報道のもう一つの視点』で私は、メディアの報道というのは、「視点」であるという考え方を述べました(これは元々、ベンジャミン・フルフォード氏の指摘です)。
 ロシアのウクライナに対する軍事攻撃が始まってから、日本のメディアは、「力で他国を侵略するロシアは悪」という観点から報道をしています。これは、良い悪いは別にして、一つの「視点」です。
 最初にお断りしておきたいのですが、私は武力侵攻したロシアを擁護したいわけではありません。
 あくまでも報道の「視点」について、語りたいのです。
 NHKのニュースでは、世界中で、ロシアに軍事攻撃を即時止めるように訴えたデモが行われていると報道されています。この動きは日本でもあり、渋谷でウクライナ人が中心となって行われた数百人規模のデモと、新宿ではロシア人を中心に100人あまりの戦争反対のデモの様子が報道されました。
 さらに、国連でウクライナの代表が、ロシアの攻撃で亡くなった人々に黙とうを捧げようと呼びかけ、それにロシアの代表がウクライナの親ロシア地区でウクライナ人に殺害された人々も含めるよう訴えたのを無視したシーンが流れました。そして、その後、「ロシアの国際的な孤立が際立つかたちとなりました」というナレーションが追加されました。
 こうした報道は、まさしく「視点」です。
 こうした報道を観た人々がどのようなイメージを持つか、どのように考えるかを事前に十分に計算した上でのことです。そして、その報道を鵜呑みにして、「ロシアは最悪!」と感じて(信じて)しまうことを、「洗脳された」と表現するのでしょう。

 日本のメディアの「視点」は、新型コロナワクチン報道でも遺憾なく発揮されました。
 厚生労働省が発表しているにもかかわらず、新型コロナワクチンの副反応で死亡した人が1400名を超えていることは、メディアは絶対に報道しません。それもワクチンを打った直後に死亡した数に過ぎず、打って数か月経って死亡したケースは含まれていません。実際の数字は、例年と比べた超過死亡を見れば一目瞭然です。昨年は、2011年の東日本大震災の超過死亡を遥かに超えて、戦後最多を記録しました。

https://tenkataihei.com/?p=4451

 ワクチンの副反応に関することは、ワクチンを打つ側の国民からすれば命にかかわる極めて重要な情報です。
 そうした重要な情報を、絶対に報道しないというのが日本のメディアの「視点」です。

 ではここで、ロシアがウクライナに軍事攻撃した背景を、私の「視点」で紹介したいと思います。
 前回に続き、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介させていただきますが、前回の記事で引用した部分が一部重複していることをご了解下さい。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第682回)から抜粋開始>・・・

さらにプーチン大統領は次のように発言した。

「ウクライナの状況に外部から干渉があり、ロシア国民に脅威がある場合、ロシアは直ちに対応すると付け加えた。また我々の計画にはウクライナの領土の占領は含ま
れていないし、誰かに力で何かを押し付けるつもりもない。我が国とその国民に対して利用しようとしている者からロシア自身を守るためのものである。ロシアの軍事行動は、ウクライナを人質に取った者に対する自衛である。ドンバス人民共和国 はロシアに助けを求めた。これに関連して私は特別な軍事作戦を行うことにした。その目的は、キエフ政権によって8年間にわたって虐待や虐殺を受けてきた人々を保護することであり、そのために我々はウクライナの非武装化と非支配化を図る。

2014年、ロシアはクリミアとセヴァストポリの住民を、ウクライナ人自身が「ナチス」と呼ぶ者たちから守る義務があったと指摘した。「クリミアとセヴァストポリの人々は、歴史的な祖国であるロシアと共にあることを選択し、私たちはこれを支持した。」

このように言い、今回の攻撃を正当化した。

12万3000人のウクライナ政府軍の動員

しかし、それにしてもなぜロシアは東部親ロ派地域の独立を承認し、その要請に応じてウクライナの軍事施設をミサイル攻撃したのだろうか?少なくとも20日までの時点では、プーチン大統領はウクライナに「ミンスク合意」を順守させ、親ロ派地域に大幅な自治権を認めさせることを目標にしていた。なぜこの目標を放棄し、東部親ロ派の独立を認めたのだろうか?

実はその理由には日本ではほとんど報道されていない事実が絡んでいる。それは、ウクライナが「ミンスク合意」を順守する意思がまったくないとロシアが判断したことにある。たしかにロシアは、「ミンスク合意」の順守に向けて、ドイツ、フランス、ウクライナと「ノルマンディー方式」と呼ばれる協議を進める方向に動きつつあった。しかしながら、この協議を無意味化する事態が進行していた。

日本の主要メディアの報道は、バイデン政権の戦争キャンペーンのシナリオに沿った内容になっている。それは、19世紀の領土的野望から抜け出せない権威主義のロシアが、21世紀のグローバルな民主主義の原則に基づく国際秩序に挑戦している。価値観を共有する自由な国々は一致団結してこれに対処しているという勧善懲悪的なシナリオだ。このシナリオではロシアは悪魔化されており、この図式に合わない事実は報道の対象から排除されている。

現在日本や欧米の報道では、ロシアはウクライナ国境に10万とも19万ともいわれる兵力の地上部隊を配備し、軍事演習を繰り返している。ロシア軍はベラルーシとクリミヤにも展開しており、これらのロシア軍がウクライナに侵攻するのは時間の問題だとさかんに報道されている。

しかしながら、この報道から抜け落ちているのは、ウクライナ政府軍の東部地域への集中と親ロ派への攻撃の激化である。ウクライナの地上兵力は16万9000人程度と見られるが、そのうちの3分の2にあたる12万3000人が東部地域に集中的に配備されている。そして、それによる親ロ派への激しい攻撃が行われている。このため、親ロ派の支配地域の一般市民に対するロシアへの避難命令が出された。

ウクライナのこうした攻撃的な姿勢を見て、ウクライナ政府はもはや「ミンスク合意」を順守する意思はないとロシアは判断し、親ロ派地域の独立承認と平和維持部隊の派遣になったようだ。日本や欧米ではウクライナは、権威主義のロシアに侵略される成熟した民主主義国というイメージでしか見られないため、ウクライナのこうした攻撃的な動きがまともに報道されることはない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんは、ウクライナ軍の3分の2が東部の地域に集中し、親ロ派への激しい攻撃を行っていると指摘されていますが、同じことを吉田繁治さんも指摘しています。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ(Vol 1210)から抜粋開始>・・・

事実をいえば、米国から武器を得ている親欧米派のウクライナ軍が、親ロシアのウクライナの東部2州(ロシア人が多いドネツク、ルガンスク共和国)を攻撃し、ウクライナ国境のロシア軍を挑発しているからです。攻撃しているのは、ロシア軍でなく、ウクライナ軍です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本のメディアが絶対に報道しない“事実”とは、ウクライナのロシア系住民への攻撃です。
 実際に何が行われてきたかがわかるサイトを貼り付けておきます。
 オデッサは今回独立を宣言した東部の新ロシア派地域ではなく、南部の黒海沿岸の都市です。

https://ukraine-now.hatenablog.com/entry/odessa-massacre


 親ロシア派地域の住民の悲痛な叫びとも言える動画も貼っておきます。
 「未来予想の部屋」さんのサイトで紹介されていました。

https://www.facebook.com/100000543936946/videos/471436484623651/


 さて、日本のメディアではロシア軍がウクライナの首都キエフに迫っていると報道しています。
 私には、この報道を信じていいのかどうかという迷いがあります。
 なぜなら、ロシア軍の目的は、ウクライナ全土を制圧することではない、という情報もあるからです。
 再度、ヤスさんのメルマガから紹介させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第682回)から抜粋開始>・・・

ホワイトハウスや国務省に近い政策立案者や分析者の記事と、国防総省に近い軍事専門家の記事を比較すると、トーンがまったく異なることに気づく。前者はいわばパニックのようなトーンであるのに対し、後者はウクライナへのロシアの全面侵攻はまずないことを前提にロシアの動きと目標を冷静に分析している。

この違いの背景になっているのが、「TPFDL」という聞き馴れないコンセプトによる分析である。これは配置された軍の兵站(ロジスティックス)を分析するためのコンセプトだ。

軍を機能させるためには、燃料や食料などあらゆる資源が必要になる。この適宜な供給を確実に確保するのが兵站だが、これは軍事演習と実際の戦争では根本的に異なるという。軍事演習は実施の期間が限定されるため、燃料や食料は演習地にまとめて運び込まれるので、補給路のようなものの必要性は小さい。それに対して戦争は、勝敗の決着がつくか、または停戦が合意されるまで続くので、実質的に終了時期が分からない。そのため、軍の機能を維持するためには補給路の確保が必要になる。

軍事演習と戦争では「TPFDL」に根本的な違いがあるので、衛星画像で確認すると、展開しているロシア軍がウクライナに全面侵攻するのかどうかすぐに分かるというのだ。彼らの分析によると、ミサイルによる攻撃や小規模の平和維持部隊の派遣はあったとしても大規模な地上部隊による侵攻は考えにくいとしている。

元国防総省の情報分析の専門家で、国連の核査察官であったスコット・リッターのような軍事専門家から見ると、ロシアが大きな戦争を意図していないことはこの分析から明白だという。これは国防総省のアナリストも共有されているはずだという。国防総省が冷静であるという背景には、こうした分析にもあるようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本のメディアの発表は嘘八百ですから、はなから信用しない方がいいのかもしれません。
 ロシアは最初から、ウクライナ全土を制圧するような大規模地上部隊の派遣は考えていない可能性がありそうです。
 これは私の考えですが、ウクライナ北部のチェルノブイリの原発跡地をロシア軍が制圧したのが事実だとすると、ウクライナ政府に、「チェルノブイリを再度破壊して放射能をばら撒くぞ」という脅しをさせない為の、予防的措置だったのかもしれません。
 もしかすると、ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアがキエフを制圧することはないとわかっているので、キエフに留まり、徹底抗戦を呼び掛けることができているのかもしれません。
 ロシアが本気で大規模地上部隊を投入したら、キエフはあっという間に陥落するのは目に見えています。ロシアはキエフに進軍しないとわかっているからキエフに留まっていると考えれば、納得しやすいところです。

 では、軍事進攻したロシアの本当の目的は何かということになります。
 それに関しては、これから情報が出ることを待ちたいと思いますが、一つヒントになりそうなサイトがあり、貼っておきます。
 「沖縄おばば」さんのサイトで紹介されていました。

http://takahata521.livedoor.blog/archives/12908614.html#more


 欧米各国はロシアへの制裁として、ロシアの銀行のSWIFTからの排除を発表しました。
 これは、恐ろしい事態を招くと思います。
 日本への影響も大きなものになると思います。
 近いうちにまた記事を書きたいと思っています。



ウクライナ報道のもう一つの視点...2022年2月26日

 ついこの前のことですが、300人委員会の名簿がネットに流失したということで、話題になりました。
 その名簿にロシアのプーチン大統領の名があったということで、プーチン大統領は「あちら側」の人だという噂が流れました。
 私はその名簿を詳細に検討したわけではありませんが、プーチン大統領やスペースX社のイーロン・マスクCEOを「あちら側」と分類することに疑問を感じているので、流失したとされる300人委員会の名簿は、DSの(いつもの)偽情報だろうと判断しています。
 当HPの以前の記事でも取り上げたことがあるのですが、ベンジャミン・フルフォード氏は、プーチン大統領はとうの昔に亡くなっていて、今は3人の主要な影武者がプーチン大統領役を演じていると言っています。整形が困難と言われる耳の形がそれぞれ違った3人のプーチンらしき人物の写真を見た記憶があります(プーチン大統領が亡くなったことは元妻が証言しており、それがドイツの新聞に掲載されたと記憶しています)。
 問題はプーチン大統領が本物か影武者かということではなく、プーチン大統領を動かしている勢力は何かということでしょう。
 フルフォード氏は、それがロシア正教会と言っていましたが、ロシア正教会が反DSであることは間違いないようです。
 だとすると、今回のロシアのウクライナへの軍事進攻をどう捉えるべきか、という話になります。

 お断りしておきたいのですが、私はロシアの軍事進攻に対し、賛成/反対、正しい/間違いといった判断をしません。そうした立場から一線を隔して、私の視点を述べたいと思っています。

 私の視点を述べる前に、まず今の日本のマスコミの視点について触れたいと思います。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第682回)から、抜粋させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第682回)から抜粋開始>・・・

日本の主要メディアの報道は、バイデン政権の戦争キャンペーンのシナリオに沿った内容になっている。それは、19世紀の領土的野望から抜け出せない権威主義のロシアが、21世紀のグローバルな民主主義の原則に基づく国際秩序に挑戦している。価値観を共有する自由な国々は一致団結してこれに対処しているという勧善懲悪的なシナリオだ。このシナリオではロシアは悪魔化されており、この図式に合わない事実は報道の対象から排除されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 この視点は、日本政府も同じであり、同時に圧倒的多数の日本人も、この視点を共有していると思います。
 こうした報道された視点ではなく、裏でDSとアライアンスの戦いがあるという視点から観ると、違った様相を帯びてきます。
 まず、ウクライナという国がDSの立ち位置から見ると、どういう状況にあったかということをベンジャミン・フルフォード氏のメルマガから抜粋して紹介します。
 先週の18日、ドイツのミュンヘンで「ミュンヘン安全保障会議」が開催されたといいます。
 この「ミュンヘン安全保障会議」が、今回のロシアの軍事進攻と深く関係しているようです。


 ・・・<ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ(Vol 643)から抜粋開始>・・・

ミュンヘン安保会議

まずは「ミュンヘン安全保障会議」に集まった勢力の動きから見ていこう。
現在、彼らは“ウクライナ情勢の緊張悪化”をでっちあげて自分たちの“倒産
問題”を誤魔化そうとしている。ところが、ペンタゴンをはじめとする欧米の
軍部は、その計画に全く乗り気ではない。

その倒産しようとしている“彼ら”というのは「ミュンヘン安保会議の主な出
席者」として各メディアで報じられている国や機関だ。以下、日経新聞が作成
した表を参照してほしい。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCB187D60Y2A210C2000000/
報道を見ると、国連・EU・アメリカ・中国・ウクライナ・ドイツ、その他にも
NATO事務局の高官やG7の外相らが参加している。これまでに寄せられた多くの
筋からの情報を総合すると、これらの国や機関は総じてロスチャイルドやロッ
クフェラーの持ち物。ダボス会議と同様、ミュンヘン安保会議は民間が運営す
る“ハザールマフィアの家来”が集まるための会合なのだ。

いずれにせよ、今回の会議の主な議題は「ウクライナ危機」だと報じられてい
たのだが、ロシア当局筋に尋ねたところ“危機”は全くの捏造だという。その
ため、今回はロシアだけでなくアメリカ軍の高官も会議に参加していなかっ
た。
CIA筋やMI6筋によると、ウクライナは長年アメリカのマネーロンダリング拠点
だった。しかし今、それがロシアによって脅かされている。その拠点を死守し
ようとするハザールマフィアの動き(戦争カードをチラつかせて危機を捏造し
ていること)こそが、今の“ウクライナ危機”を生じさせている本当の理由で
ある。

さらに今、このタイミングでウクライナ議会が暗号通貨取引の合法化を決定し
ている。この動きを後押ししたのは主に“ホワイト・ロック・マネジメント”
というウクライナの企業だ。その代表であるセルヒー・トロン(Serhiy
Tron)は「この決定により、今後は世界の暗号通貨の大部分がウクライナに集
まることになる」と強気な発言をしている。
https://bitcoinmagazine.com/markets/ukraine-legalizes-bitcoin
そこで、その上層部の背後を調べてみるとホワイト・ロック・マネジメントと
いう会社は、やはりロスチャイルドの企業舎弟。
https://ru.linkedin.com/in/giovanni-salvetti-71809827
ようするに、このウクライナ議会の決定は「今後、国内の金融システムがロシ
アに監視されることになっても、ウクライナは暗号通貨を使って引き続き武器
や麻薬、人身売買…等々のマネーロンダリング拠点を続ける」と宣言している
ようなものなのだ。

この動きについて、ロシア当局筋は「そうなればロシア政府はウクライナを併
合するのではなく、その犯罪的なファシスト政府を外から転覆させて新たな政
府と入れ替える」と話している。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もしかすると、ロシアの軍事進攻が叫ばれ始めた今週の中ごろに仮想通貨が暴落したのは、こうした動きが関係していたのかもしれません(今は値を戻しています)。
 このレポートでフルフォード氏は、「戦争カードをチラつかせて危機を捏造している」と述べていますが、ロシアの地上軍がウクライナの首都キエフに迫っているという報道から、危機の捏造ではなく、本当の熱戦になったようです。
 もちろんプーチン大統領の表向きの理由である、ロシアの首都モスクワにミサイルが数分で届く場所に、NATO軍を配置させるわけにはいかない、というのは当然あるでしょう。
 ですが、もう一つの狙いとして、いまやDSの資金洗浄の拠点と化したウクライナを攻めることで、DSの資金源を断つという狙いもあった可能性もあります。

 もう一つ、話題を提供します。
 ウクライナには、バイデン米大統領の利権もあります。
 今テレビによくでているバイデン大統領は、アーサー・ロバーツという役者が演じているらしいので、実際はバイデン大統領を操っているDSの利権ということです(イギリスのジョンソン首相との会談で、偽物とばれそうになって、つい「私はアーサー・ロバーツ(Arthur Roberts)という名の役者だ」と言いそうになり、急遽会談が中断されたという出来事があったそうです)。
 この利権もまた、ロシアのウクライナ進攻で無くなることになります。
 吉田繁治さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ(Vol 1210)から抜粋開始>・・・

バイデン家がもつウクライナ利権

バイデン家には、オバマ政権によるウクライナへの経済支援のとき、副大統領の権限で隠れて作った利権(国家反逆罪です)がある、ウクライナ危機を利用し、支持率の回復を狙っているという動機があります。

ウクライナで、親ロ派の大統領になり、ロシアの事実上の支配になると(可能性は高い)、バイデンのウクライナ利権は、なくなります。バイデンは利権政治家です。トランプと共和党は、ウクライナのバイデン利権を知っています。

これもまたリーダシップが弱いウクライナのゼレンスキー大統領(親欧米派とされる)のウクライナ国内での支持率は20%と低い。バイデンとの直接の電話で、米軍の関与は迷惑だ、とすら言っています。

現在のバイデンは「影のトランプとトランプ勢力」との戦いを続けています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 情報が目まぐるしく入ってきます。
 また、近いうちに更新したいと思っています。



トランプ大統領の軌跡(番外編)...2022年2月19日

 これまで『トランプ大統領の軌跡』の(1)と(2)と書いてきましたが、今回はその番外編です。
 これまで紹介しきれなかったトランプ大統領に関する話題をお送りします。
 まず最初は、ブラッド・ジョンソン氏がチャネリングするアドロニスのメッセージです。JOSTAR(ジョースター)さんの質問にアドロニスが答えています。
 『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』(ブラッド・ジョンソン、JOSTAR著、VOICE)から引用させていただきます。
 引用文の冒頭に「ソウルリベリオン」という言葉が出てきますが、以前はDSの上にドラコがいましたが、今は肉体を持たない悪魔的なソウルリベリオンという存在が君臨しているという話です。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』、p67〜p71から抜粋開始>・・・

JOSTAR つまり、今ではドラコは去り、ソウルリベリオンが頂点に立っていると。でも、その力も今は弱まりつつあるということですね。それでは、ここからは国際情勢について聞いていきたいと思います。まず、昨年(2020年)の11月のアメリカの大統領選で不正選挙は本当にあったのでしょうか? また、トランプ前大統領はホワイトハットのメンバーとして、カバールと闘っているという図式で合っていますか? また、トランプは9次元で地球外生命体と共に会議をしているなどという噂がありますが本当ですか?

アドロニス 最初の2つの質問は、合っていると言えるでしょう。でも3つ目の質問は正しくありません。皆さんは理解できていない次元に対して「○次元」、などというレッテルをつけがちですね。確かに、彼ら(アライアンス)は、惑星連合と共に協力して行動を起こしています。惑星連合の中には、皆さんのように肉体を持った存在もいますが、皆さんの認識を超えた存在たちもいるのです。これは“次元のはしご(次元間をつなぎ、行き来できるはしごのようなもの)”に関する話ですが、実際には彼らが何次元の存在であるか、という次元の数字は、あまり関係ありません。

 皆さんが“○次元”などと数字で表したりすることは、ナンセンスですね。ですから3つ目の質問についての回答は、2つ目の質問(トランプがホワイトハットとしてカバールと闘っているのか、という質問)の中に答えがある、ということです。ただし、トランプだけが闘っているというわけではなく、アライアンス側はいろいろな惑星連合と協力しています。そして、トランプについてですが、彼は確かにエイリアンに関するいろいろな情報について報告を受けています。では、彼がエイリアンと実際に会っているかどうか、ということは機密情報になるので言えません。

 トランプが闇の勢力と闘っているのは正しい

JOSTAR わかりました。そうすると、「トランプが9次元で会議をしている」という部分に関しては正しくないということですね。すみません、ここでちょっと、再度確認なのですが、「トランプがホワイトハットとして、闇の権力と闘っている」というのは合っているということでOKですか?

アドロニス 「トランプが闇の権力と闘っているのか」、という質問ですが、その質問がすでに答えになっているというふうにお答えしましたね。つまり、正しいです。でも、こうした政治的なことにあまりフォーカスしても、皆さんのためになりません。こうしたことに好奇心を持つ気持ちはわかるのですが、あまりこのようなことにエネルギーを注いでも、皆さんのためになりません。こういったことは、皆さんの気を逸らすことになってしまいます。やはり、本当に現実をつくり出すのは政治家ではなく、皆さんだからです。パワーは皆さんが全員持っているのであり、一握りの人だけが力を持っているわけではありません。

 確かに、トランプは今、アメリカの軍と協力しながら、この腐敗を終わらせようとしています。なぜなら、彼はあちら側の“エスタブリッシュメント(支配階級)”の方ではないからですね。ただし、全世界の運命がトランプ1人の肩に掛かっているわけではありません。彼は、大いなる全体のほんの一部しか担っていません。多くの人がトランプに頼りすぎています。そして、彼を救世主にしようとしていますが、それは決して正しいことではありません。彼は、彼なりの方法で手助けはしてくれていますが、救世主ではありません。あなたが自分自身の救世主なのです。世界と集合意識は、皆さん一人ひとりの力で動き、働いているものです。ですから、自分の力を他人に持っていかれないようにしましょう。自分の力を他人に明け渡すのは非常に危険であり、それは過去の歴史も証明していることです。だから、自分自身の力をしっかり強化して、それを活用してください。いいですね?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 トランプ氏に表舞台に帰ってきてほしいと願っている方は多いかもしれません。
 私自身も、不正選挙に敗れたままで終わるというのはトランプ氏にとっても不本意だと思うので、もう一度政治の表舞台に復活してほしいという願いはあります。
 しかし、DSの世を終わらせて新たな世界を造るということなら、トランプ氏でなくてもJFKジュニアでもいいし、その他にも適切な人であればいいとも思っています。

 船瀬俊介氏が言っていましたが、トランプ氏が大統領になってみたら、自分以外は全部DSだったという中で、孤軍奮闘したトランプ氏を英雄視するのはわかる気がします。
 もちろん今もトランプ氏が帰ってくると信じている人もいます。
 『人類の覚醒に命を懸ける真実追及者たちとの会話』(佐野美代子著、VOICE)から引用させていただきます。
 ジャネットとシンサの両名は、『Fall of the Cabal(カバールの陥落)』というドキュメンタリーフィルムを製作しているオランダ人ジャーナリストだそうです。


 ・・・<『人類の覚醒に命を懸ける真実追及者たちとの会話』、p45〜p46から抜粋開始>・・・

 今もトランプは大統領

ジャネット そうかもしれません。とにかく今後、カバールから大勢の逮捕者が出るはずです。そして、トランプはホワイトハウスに戻るでしょう。バイデンは大統領には選ばれていませんからね。彼の選挙集会には、ほとんど人が集まっていなかったのに、何百万票もの投票はいったい誰がしたの?という感じです。

シンサ 未だにトランプが大統領ですよ。ある軍人がパーティーに参加して、大統領から賞が贈られていたのですが、授与者の名前はトランプ大統領からでした! これがつい先日の出来事ですよ(2021年6月現在)。信じられますか?

美代子 その動画は、私も見ました!

シンサ これからスペインは、徐々にコロナの規制が緩やかになっていくでしょうが、秋からは、また、カバール側がロックダウンなどの規制を強化するでしょう。ということは、アライアンス側はそれまでにカバールの先手を打ち、いろいろと対策を練るのではないでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジャネットとシンサのサイトを貼っておきます。
 日本語の字幕がないのが残念ですが。

https://www.valcabal.nl/


 トランプ氏がワクチンを推進したことに疑問を持っている人は多いようです。
 佐野美代子さんが、ジェームズ・ギリランドさんに、その質問をぶつけます。


 ・・・<『人類の覚醒に命を懸ける真実追及者たちとの会話』、p119〜p123から抜粋開始>・・・

 トランプがワクチン接種を勧める理由とは!?

美代子 それにしても、なぜ、トランプさんは、ワクチン接種を勧めているのでしょうか? 彼のこの発言はよくないと思うのですが……。

ジェームズ トランプが“ワクチン”と発言する時、これは何かの暗号だと言う人もいますね。でも、私もあのメッセージは良くないと思います。やはり、多くの人がワクチンは接種すべきだと思ってしまいますから。ただ、彼の立場にも制約があるのも確かです。これまで彼は、大手製薬会社をはじめとする大企業、大手メディアなどに立ち向かってきましたが、立場的にワクチン反対を叫べなかったのかもしれません。また、彼はコロナやワクチンの専門家を側に置いていましたが、そんな専門家たちの上に爆弾を落としたくなかったのかもしれません。トランプにとっても、“大きな作戦”という構図がある中で、ワクチン接種はどうしても避けられなかったのかもしれないですね。

美代子 コロナ関係で側近に置いていた専門家といえば、アンソニー・ファウチ博士とかデボラ・バークス博士などですね。トランプさんは彼らを闇側の人材だと承知の上、側近にしていましたからね。そうすることで、逆にファウチの正体や製薬会社、ビル・ゲイツなどのアジェンダを暴露していたのだと思います。

ジェームズ トランプがワクチンを勧めている件は、私も気になるので、もう少し調べてみます。彼の息子のバロンもワクチンで被害を受けていますしね。適切な処置を受けて回復したようですが・…・・。

美代子 トランプさんは、「ワクチンは強制ではなく、選択の自由である」と強調していました。目覚めた人は、ワクチンが危険だと知っていますので勧められても打たないでしょう。また、コロナが広がりはじめた頃、「2020年の3月末にはコロナも収まり、皆で教会に行けるようになるだろう」とか、「経済を早く再開しないとダメ!」と都市のロックダウンには反対していました。また、最初の頃から抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンがコロナの治療には効果があると語っていました。とにかく、トランプさんはビジネスマンなので、経済活動を止めたくなかったと思います。

 昨年秋の大統領選の時期には、各地で行われた集会では彼自身もマスクをしていませんでしたし、ソーシャルディスタンスも守っていませんでした。ですので、基本的に彼はコロナのことを危険だと思っていないし、いろいろな角度から見れば、トランプさんの考えはわかると思います。ウイルス学の権威であるジュディ・ミコビッツ博士やリン・ウッド弁護士など、多くの専門家たちもワクチンの危険性を訴えています。でも、ワクチンを接種した方は、新しい地球を見ることなく、この世を去ることになるかもしれないですね。洗脳されていたとはいえ、本当に残念です。

ジェームズ ワクチンの危険性を伝える情報はすでにかなり多く出てきていたので、それらを信じなかった人たちは、もう仕方がないです。何かあったとしても、「洗脳され続けることは間違いである」ということを学ぶために必要だったと前向きに捉えるしかないのかもしれません。今までにも、他のワクチンの危険性、遺伝子組み換え問題、原子力エネルギーの問題など、常に社会ではいろいろ問題が提起されてきています。グローバリストたちが一体を目論み、行っているのかということについて、もういいかげんに人々は、気づかないといけませんね。

 銀河連合と連携するアライアンス

美代子 そんな闇の側と闘っているのが、光の側の地球アライアンスということでいいですよね?

ジェームズ はい、確かにアメリカを中心に世界規模でアライアンスは存在しています。宇宙の銀河連合ともつながっていますし、さまざまなマスター的存在ともつながっていますよ。たとえば、中国であれば観音菩薩とか。信じられないかもしれませんが、裏側で中国の側からも準備が進んでいます。これには、世界が衝撃を受けるでしょう。実は、中国では、ハイレベルは人たちが中国共産党のしてきたことに、もううんざりしているのです。そして、栄誉ある従来のシステムを取り戻そうとしているのです。だから、将来的に中国共産党は消滅するでしょうね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ふーん、そうですか・・・。やっぱり中国共産党は消滅するようです(ちなみにアドロニスは、これから2〜3年で中国共産党は倒されると言っています)。
 では次に、人々の関心が最も高いと思われる金融リセットに関する話題と、アメリカ株式会社とアメリカ共和国についてです。
 ジーン・ディコード氏に佐野美代子さんが質問しています。


 ・・・<『人類の覚醒に命を懸ける真実追及者たちとの会話』、p200〜p204から抜粋開始>・・・

 いよいよ金融リセットがはじまる!?

美代子 ところで、金融リセットのために、「スターリンクサテライト*」はすでに軌道に上がってオンライン状態になっていますよね?

ジーン はい、これはトランプ側のシステムです。今年の5月にはもう軌道に上がっているので、今後、量子金融システムや量子コンピュータが本格的に動きだします。

美代子 これを開発した「スペースX」社のイーロン・マスクは、トランプ側の人と言ってもいいですか?

ジーン はい、そうです。

美代子 それは、よかったです。いよいよ豊かさが全人類にもたらされますね。何兆ドルと搾取されてきたお金が人々に戻されるので、お金の心配はなくなりますね。貧しい国の借金もなくなるでしょう。ベトナム、イラク、アフガニスタン、アフリカ諸国などは、今まで散々、カバールからひどい目に遭ってきましたからね。

 「アメリカ共和国」と「アメリカ株式会社」の違い

美代子 ところで、アメリカというのは一般的には、州が連合して単一国家になった「合衆国」という国家として認識されているわけですが、最近ではアメリカのことを「共和国」と表現したり、「株式会社」と表現したりすることもありますね。この言葉の意味の違いなどを教えていただけますか?

ジーン はい。そもそも、アメリカというのは国ではなく、17世紀にイギリス領の植民地で「バージニア株式会社」からはじまったので、アメリカ人は株式会社の商品のようなものです。アメリカでは、人はソーシャルセキュリティー番号(社会保障番号)で“商品”として取引されることもできてしまうことから、世界中で人身売買などが取引されてきました。でも、トランプ前大統領によって、それをやめることができたのです。

美代子 信じられない話ばかりですよね。今では、バイデンは指示された演技をしているだけですよね。

ジーン 現在のアメリカは、かつての南北戦争の時代のようです。南北戦争当時、南部側にはジェファーソン・デイビス、そして北部側にはエイブラハム・リンカーンという2人の大統領が存在していました。当時は北部と南部の2人でしたが、現在も本物と偽物という2人の大統領がいるのです。今、憲法に従っている合法的な大統領は、南のフロリダにいます。そして、インチキの大統領がワシントンDCにいます。偽物の方は、「アメリカ株式会社」という会社の代表にすぎません。そして、アメリカ株式会社はすでに破産しているのです。

 トランプ大統領は、実はアメリカが共和国ではなく株式会社であるという問題を、昨年の3月に密かに解決していたのです。そのために、連邦準備制度を財務省の傘下にして、通貨は金に基づいて発行されることになりました。すでに、国内の金融リセットのための「NESARA(National Economic Security and Reformation Act:国家経済安全保障改革法)」も起動されています。「QFS(Quantum Finance System:量子金融システム)」への移行も準備ができているので、後は、スイッチをオンにするだけです。そうなると、トランプが合法的なアメリカ共和国の大統領になります。

 実は、金融リセットにここまで時間がかかっているのは、マーク・ミリー陸軍大将(米軍統合参謀本部議長)がトランプ大統領を裏切ったりしたからですが、その彼も逮捕され、米軍のグアンタナモ収容所の刑務所に送られ、軍事裁判を待っている状態です。もう1人、トランプを裏切った州兵の将軍がいましたが、その人も逮捕されました。トランプと彼のチームは共和国復興のために動いています。トランプは、いずれ大統領として戻ってくるでしょう。ただし、もし、大きな事件、たとえば、スエズ運河でコンテナ船「エバーギブン」が座礁した事故のようなことがなければ、というところです。そして、それは可能だと思っています。

*スターリンクサテライト(スターリンク衛星)

 アメリカの宇宙開発企業「スペースX」社(イーロン・マスクがCEO)が開発を進めている衛星コンステレーション(特定の方式に基づく多数個の人工衛星の一群・システム)計画。低コスト・高性能な衛星バスと地上の送受信機により、衛星インターネットアクセスサービスを提供することを目的とする。スペースX社は、この衛星を軍用や科学・探検などの用途に販売することも計画。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文中に、「今年の5月」とあるのは、この本の発売が2021年末ですから、「今年の5月」は2021年5月のことです。つまり、金融リセットのための「スターリンクサテライト」は、すでに軌道に上がってオンライン状態になっているということです。

 では気になるのは、その金融リセットがいつか、ということです。
 アドロニスは、以下のように語っています。

「新システムの導入時期は、そこまで長く待つ必要はないかもしれません。ただし、いつそうなるか、その正確な期日まではわかりません。かなり前から、このシステムが動き出そうとはしていますが、いつも邪魔されているのです。でも、世界市場が急落しはじめたら、いずれその日は近い、ということです」

 なるほど、世界の金融市場がクラッシュを始めた後ということのようです。
 そうなると、(不謹慎と言われそうですが)早いこと暴落が始まらないかと願ってしまいます。

 最後に、トランプ氏の奥さんのメラニア夫人についての話題です。
 横河サラさんのセミナーに出たときの話ですが、横河サラさんは、「私は個人的に、メラニア夫人はETだと思う」と語っていました。
 これには私も、「我が意を得たり!」という気分でした。
 もちろん私はメラニア夫人の映像しか見たことはありませんが、なんだか人間離れしている印象を持っていました。
 風貌もそうですが、映像から受ける全体の印象として、サラさんと全く同じように、「ご夫人はETなんじゃないかな?」、と思ったのです。
 DSが渦巻くホワイトハウスで、そのDS闘うという極めて危険なミッションを遂行する上で、奥さんという身近な位置でトランプ氏の安全を計るというET側の思惑もあったのではないか、などと考えていました。
 佐野美代子さんもETではないかと思ったらしく、ジェームズ・ギリランドさんに質問していました。


 ・・・<『人類の覚醒に命を懸ける真実追及者たちとの会話』、p142〜p143から抜粋開始>・・・

美代子 最後に一つだけお聞きしたいのですが、よろしいですか? トランプさんの奥様のメラニア夫人はプレアデス人ですよね。

ジェームズ はい。それに、メラニア夫人はマリア様と強くつながっていますよ。

美代子 やはり、そうですか!

ジェームズ 彼女は非常にスピリチュアルな方で、美しいエネルギーの持ち主です。彼女は崇高な人なので、ソーシャルメディアや不正メディアで叩かれても相手にしていません。フェイクメディアは彼女の一挙手一投足を取り上げて、必ず悪い内容や嘘で報道しますからね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はギリランドさんの解答に、本当だろうかと思いつつも、大いに納得してしまいました。



トランプ大統領の軌跡(2)...2022年2月16日

 今回は、前回の『トランプ大統領の軌跡(1)』の続きです。
 トランプ大統領は2016年からの4年間の任期で、児童人身売買組織の摘発やアライアンスのアジェンダを世界に広めるなど、歴代大統領がなし得なかった偉大な功績を残しました。
 しかし任期後半になると、新型コロナワクチンの開発を強力に推し進めたり、中国に貿易戦争を仕掛けるなど、(私には迷走ともいえる)奇妙な行動が目立つようになります。
 その理由が私にとって長らく謎でした(特に新型コロナワクチン)。
 今回は、その理由を私なりに推理したいと思っています。
 あくまでも私の推測を元に書いているものですので、エンターテイメントとして読んでいただければと思います。
 前回に続き、再び『コロナマネーと崩壊する世界経済』(ベンジャミン・フルフォード著、かや書房)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『コロナマネーと崩壊する世界経済』、p57〜p63から抜粋開始>・・・

 ところが、ハザールマフィアとの対決姿勢を鮮明にするかと思われたトランプだったが、次第に腰砕けになっていく。
 第1章の新型コロナウイルスのインチキパンデミック騒動でも触れたが、アメリカには膨大な財政赤字と対外貿易赤字などによる200兆ドル以上もの巨額な債務(借金)があり、その利子や元本の返済期日である1月と9月の末日にあわせて、毎年どこからかお金を引っ張ってこなくてはならない。そのためにはアメリカの金融と経済を支配しているハザールマフィアとどうしても協力していかなければならず、敵対している場合ではないのだ。もしも借金を返済できなければ、その時点でアメリカは国としてデフォルト(倒産)してしまうことになり、そうなればトランプ自身が大統領の座を失う事態になってしまう。
 さらに、ハザールマフィアにとっても自分たちの基盤がアメリカにある以上、アメリカがデフォルトしてしまうことは自分たちの権力の崩壊につながってしまう。なんとしてもデフォルトを避けなければならない。第1章で述べたようにハザールマフィアが新型コロナウイルスのパンデミック騒動をでっちあげたのも、その理由の一つは世界経済を混乱させて借金をごまかすためだった。
 このような事情もあって、トランプはハザールマフィアの意向を無視できなくなっていく。トランプとハザールマフィアが毎年1月と9月の末日の支払い期日にあわせてどのようなことをして乗り切ってきたのか、その具体的なことは世界経済にも深く関わるので第4章で詳しく述べていくが、結局のところトランプたちが行ったのは恐喝犯と同じことだった。
 例えば、トランプはGDP世界第2位に成長したとされている中国との貿易において、一方的にアメリカだけが不利益をこうむっているとして、中国に対して厳しい関税をかけていった。それに対して中国もアメリカからの輸入品に対して報復的な関税をかけ、いわゆる米中貿易戦争と呼ばれるものが2018年から翌2019年にかけて激化していった。しかしこの内実は、膨大な対外貿易赤字を抱えたアメリカが関税を強化するぞという恫喝まがいの脅(おど)しを行うことで、なんとかして中国にアメリカ製品を売り付けようとしたのだ。
 その他にも、2019年1月に南米のベネズエラで反米色の強いニコラス・マドゥロ大統領に対する大規模な反政府デモが行われ、ファン・グアイド国会議長が暫定大統領就任を宣言するといった内紛が起きた。この反政府デモにCIAが深く関わっていたことは、今では周知の事実だ。つまり、この内紛はアメリカが自分たちの有利になるように現政権を転覆させようとしたクーデターだったのだ。その目的は石油だ。ベネズエラは世界有数の産油国であり、埋蔵量では世界第1位とされていた。アメリカはその石油を奪い取り、対外支払い期日にあわせて、借金の返済にあてようとしたのだ。しかし、この企みは失敗に終わる。ロシアや中国をはじめ多くの国がアメリカを支持しなかったために、アメリカは手を引かざるを得なくなったからだ。
 毎年1月と9月の末日にやって来る支払い期日にあわせて、アメリカがこのように世界各地で紛争を画策したり、アメリカ軍が何らかの行動を起こしたりすることが繰り返し行われてきた。最近でいえば、アフガニスタンからのアメリカ軍撤退もそうなのだが、その詳細については第5章で述べていくことにする。
 とにかくトランプはアメリカの倒産を回避するために涙ぐましい努力をしてきた。2019年8月にトランプがデンマーク自治領であるグリーンランドを購入する意向があると突然、表明したことがあったが、これは北極圏に位置するグリーンランドには石炭や亜鉛、銅、鉄鋼などの資源が豊富にあるからで、その資源を格安で奪い取ろうしたからに他ならない。しかし、この話もデンマークのメッテ・フレデリクセン首相に「ばかげている」と一蹴されたことで立ち消えとなってしまった。デンマークはトランプの洞喝に屈しなかったのだ。

 アメリカ軍良識派に見捨てられたトランプ

 トランプが毎年1月と9月の末日の支払い期日にあわせてハザールマフィアと協力せざるを得なくなっていったことを述べてきたが、政権末期になると、ハザールマフィアの言いなりに近くなっていく。
 それにあわせてトランプの影武者説も流れた。テレビに出ているトランプは、メラニア夫人と一緒にいるときは本物だが、それ以外は影武者だとされた。特に目の周りが白くなっているトランプに気付いた人も多くいたと思うが、あれは影武者だったからだという。
 いずれにしても、トランプの言動が明らかに変わったのは2020年1月31日以降だった。つまり、1月末の対外支払日が過ぎてからである。
 実はこの2020年1月31日の支払い期日にアメリカは不渡りを出し、実質的に倒産してしまったという事実がある。このことに関しては過去の私の著作で指摘したことでもあるが、このときは中国が助け船を出したことで、デフォルトを免れることができたことが現在、分かっている。その詳細は後で述べるとして、この倒産という現実を突き付けられたことで慌てたのがトランプを支持してきたアメリカ軍の良識派だった。
 良識派といえども、それは自分たちが軍人であればこその存在である。アメリカが国として崩壊したらどうなるか。自分たちの軍人であるという立場はどうなるか。良識派を支持してきた末端の軍人まで心配になるのは当然の心理だろう。
 特にトランプは、第5章でも詳しく述べるが、世界中に駐留させているアメリカ軍を撤退させようとしてきた。アメリカ軍を維持するための国力がすでにアメリカになくなっていたからだ。この動きに対して軍事産業を抱えるハザールマフィアは反発することになる。
 アメリカ軍の一部もこれに同調した。アメリカ軍からすれば、これまで世界各国に駐留して我が物顔で振る舞ってきたのに、そこから撤退するだけでなく、2020年1月31日にアメリカが倒産したことで自分たちの立場がいっそう弱くなっていく。そのことが容易に想像できる。というのもソ連軍の例があったからだ。
 それまで東西冷戦構造のもと、アメリカと対立してきたソビエト連邦が1991年12月25日に崩壊し、ソ連軍も解体されたとき、ソ連軍の幹部級の軍人さえ職を失った。それこそ、イギリスのロンドンでタクシー運転手をせざるを得なくなったというような話が、世界中の軍関係者の間でまことしやかにささやかれていた。まさにアメリカが崩壊すれば、ソ連軍と同じような憂(う)き目にあうと、アメリカの軍人たちは思ったことだろう。だからこそ、アメリカ軍は動揺し、特に2020年1月31日以前に、トランプ政権内にいたすべての軍人出身の閣僚が次々に辞めていった。
 こうしてアメリカ軍からの支持を失ったトランプは、ハザールマフィアにすり寄っていかざるを得なくなる。新型コロナウイルスを軽視してきたトランプが大統領選挙が終わった直後の2020年12月8日、開発されたばかりの新型コロナウイルスワクチンをアメリカ国民に優先的に摂取することを認める大統領令に署名したが、これはまさにトランプが大統領選挙の不正を訴え、敗北を認めようとしていない時期のことであり、選挙結果を覆すようにハザールルマフィアにおもねった結果だともいえる。
 しかしトランプがどんなに不正を訴えても、バイデンが大統領に就任することはすでに決められていた。それはハザールマフィアと中国との密約がすでに成立していたからでもあったのだが、このことについても後で詳しく述べていく。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 トランプ大統領の「迷走」ともいえる行動は、フルフォード氏が推測するように、アメリカ株式会社の倒産という差し迫った危機が背景にあったというのは間違いないと思います。今、アメリカを倒産させるのはまずい! というアライアンス側とDS側の思惑が一致したのではないかということです(DS側の計画ではグレートリセットのタイミングがまだ来ていないことや、アライアンス側は、今の時点でアメリカが倒産することで世界的な金融・経済の崩壊を迎える準備が整っていないという判断だったのではないかと私は考えています)。
 これは全くの私の推測ですが、DS側がアメリカの倒産を回避する資金を提供する見返りとしてトランプ大統領に出した条件が、新型コロナワクチンではなかったかということです。つまり、国策として正式にワクチンを推進することを条件にしたということです。
 トランプ大統領は当初、ワクチンに消極的で、新型コロナにはヒドロキシクロロキンがいいとツイッターに書き込んでいたぐらいです。
 しかしこれでトランプ大統領は、オペレーション・ワープスピードという形で、国をあげて積極的にワクチンを推進せざるを得なくなったのではないかと考えたのです。
 フルフォード氏によれば、DS側はアメリカの倒産を回避する資金を、中国共産党から引き出す算段をします。
 その見返りとして、中国に日本を含むアセアン14ヶ国の支配権を差し出すというのです。さらに、次期大統領はバイデン候補を選出し、そのバイデン大統領は早期に退陣し、後任としてカマラ・ハリス副大統領を昇格させるというものです。カマラ・ハリス氏を操ることで、中国共産党はアメリカを牛耳る算段だったとのことです。
 この辺の様子を抜粋させていただきます。

 ・・・<『コロナマネーと崩壊する世界経済』、p79〜p80から抜粋開始>・・・

 アメリカの密約不履行に中国が激怒

 ・・・(中略)・・・

 というのも、前回、中国が助け舟を出したのは「日本やASEAN諸国などの14カ国の支配権を中国に譲る」ということと「バイデンが大統領に就任した後に認知症などを理由にすぐに辞任させ、副大統領のカマラ・ハリスを大統領の座につかせる」という二つの約束をしたからだ。バイデンが大統領に就任して1年が経とうとするのに、いっこうにバイデンが辞任する気配がない。それどころか認知症が進行しているはずのバイデンに代わって、影武者の役者やCGで作った偽物を使ってハザールマフィアは自分たちの意のままに大統領を操っている。
 もう一つの約束である「日本やASEAN諸国などの14カ国の支配権を中国に譲る」ということについても、実際に2020年11月15日にRCEP(地域的な包括的経済連携)という自由貿易協定がこれらの諸国と中国の間で正式に締結されたが、アメリカのCIAやイギリスのMI6が工作をしてこの密約を白紙にしてしまったという情報が入っている。その工作の過程でフランスがオーストラリアと共同で進めていた潜水艦の開発計画が破棄されるということが起こったりもしたのだが、そのことについては第5章で詳しく述べる。
 アジアの結社の情報筋によれば、そのような工作がなかったとしても、日本やASEAN諸国などの14カ国の実質的な支配権を持っていると主張していたハザールマフィアには、そもそも中国に売り渡すほどの権限まではなかったことが、すぐに中国にバレてしまっただろうという。もはやハザールマフィアにそのような力がなかったのだ。
 こうして約束を二つともことごとく反故(ほご)にされた中国側は当然、激怒した。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 DS側は、中国に2つの密約をしていたということですが、2020年11月の大統領選挙でバイデン候補が勝つという密約は、トランプ大統領にとっては寝耳に水ではなかったかと私は推測しています。
 なぜなら選挙後、トランプ大統領は不正選挙だったとして、断固として結果を認めない態度をとったからです。
 おそらく、アメリカの延命資金を得る条件としてトランプ大統領が飲んだ条件は、ワクチンのみだったのでしょう。
 そのワクチン推進が原因かどうかわかりませんが、任期後半に(味方であるはずの)米軍出身の閣僚が次々に辞めていきます。そうしてアライアンスの後ろ盾を失いつつあったトランプ大統領は、DSの不正選挙を防ぐ手段を失くしてしまったかのようにも見えます。
 あるいは、あえてDSに不正選挙をやらせて、それをアメリカ国民の前に白日の下に晒して、アメリカ国民を目覚めさせる手段を用いようとしたのかもしれません。
 もしそうだとしたら、明らかにアライアンス側に誤算があったことになります。
 以下のように考察してみました。

@米連邦最高裁判所で選挙の不正が認定されなかった

 2020年11月の選挙でアメリカ国民に圧倒的に人気があるトランプ候補が当選することはわかりきっていたので、DS側がバイデン候補を当選させるには不正選挙をやる以外の手段は無かった。
 アライアンスもそれは当然わかっていたが、あえてDSに不正選挙をやらせる作戦に出る。
 選挙後にDSが選挙不正を行ったという山のような証拠を出して、米連邦最高裁判所でそれが認定されれば、米国民に対するインパクトは絶大となる。
 つまり、アメリカ国民を目覚めさせる為の最高の舞台となる。
 それゆえ、あえてアライアンスはDSに自由に選挙不正をやらせる。
 2020年9月、ギンズバーグ判事の死去に伴い、トランプ大統領はエイミー・バレット氏を最高裁の判事に就任させた。これで最高裁は保守派が優勢となり、選挙不正が認定されることは間違いないと踏んだ。
 ところが、ここに誤算があった。
 エイミー・バレット氏は、のちに逮捕されたようにDSサイドの人間であった。
 最高裁はアライアンスの思惑を外れてDSサイドのままだったので、選挙不正に対し、「審議をしない」という作戦に出た。
 審議をしてしまうと、山のような不正選挙の証拠があるので、不正と認定せざるを得なくなる。そこで、「審議しない」という態度を貫き通したのである。
 これにより、バイデン氏が不正によって当選したという法的根拠を示すことができなくなってしまった(アライアンスの誤算?)。

A米軍内部がアライアンスの一枚岩ではなかった

 後にマーク・ミリー陸軍大将(米軍統合参謀本部議長)がトランプ大統領を裏切ったという情報が流れたが、その他にもトランプを裏切った州兵の将軍がいたという。
 バイデン氏の大統領就任を阻止する為に、軍事力を使うという最後の手段があったが、米軍内部にもDSサイドの人間がいた。
 コーリーグッド氏は、最後の最後で米軍が行動を起こすことを怖気づいてしまい、結局行動を起こせなかったと言っていた。またベンジャミン・フルフォード氏は、トランプ大統領が行動を起こすように米軍に促されたが断ったと言っていたが、こうした米軍内部が完全な一枚岩ではなかったという背景が影響していた可能性がある。
 また、2021年1月の大統領就任式の時点では、アメリカ国民の目覚めが充分で無く、軍事行動を起こすには時期尚早という判断があったのかもしれない。
 それゆえ、バイデン氏にいったん大統領をやらせて、その政策にアメリカ国民が嫌気が差して、国民が目覚めるよう作戦を替えた方が良いという判断があったかもしれない。
 2020年11月の大統領選挙では、トランプ候補の得票率は8割に達し、バイデン候補は2割に過ぎなかった。
 ところが、バイデンに投票したその2割も、バイデンの実際の政策を見て、バイデン氏に投票したことを後悔しているという。


 繰り返しますが、この@Aは、あくまでも私の推測です。

 現在のアメリカの状況ですが、表面的にはバイデン大統領が就任し、アメリカはバイデン政権が動かしているような体裁をとっています。
 しかしジーン・ディコード氏によると、今のアメリカは南北戦争のときのように国内に2つの大統領がいる状態だといいます(南北戦争当時、北部側はエイプラハム・リンカーン、南部側はジェファーソン・デイビスという2人の大統領がいました)。
 現在は、MSM(メインストリームメディア)が主張する表向きのバイデン氏と、フロリダに住むトランプ氏です。
 ただし南北戦争の時と違い、2人の大統領が並び立っているのではなく、本物と偽物の2人です。もちろんバイデン氏は偽者で、本物はトランプ氏です。
 バイデン氏は(倒産寸前の)アメリカ株式会社の大統領で、トランプ氏は(復活した)アメリカ共和国の大統領という理解でもいいかもしれません。
 なぜなら、アメリカ大統領の証である核の発射ボタンのスーツケースを携えた兵士が常に付き添っているのはトランプ氏だからです。大統領専用機のエアフォースワンに乗っているのはトランプ氏であり、バイデン氏ではありません。バイデン氏は、ペンタゴンに入ることすら許されていません。
 またバイデン氏はホワイトハウスにすら入れていない可能性があります。
 バイデン氏が登場するのは、ホワイトハウスに似せた映画のセットの可能性が高いようです。
 しかし、バイデン氏があたかもアメリカ大統領にように振る舞っていられるのは、アライアンス側の黙認もあるのかもしれません。
 アライアンス側の作戦として、バイデン氏の愚策を国民と世界に見せて、アメリカ国民の目覚めを早めるということもありうるからです。

 サイキックの吉野奏美(かなみ)さんによると、DSの上にネガティブETの代表格であるレプティリアンがいて、DSをコントロールしているといいます。
 それと同じく、アライアンスの上にポジティブETの代表格である銀河連合がいるといいます(この2つを区別する為に、地上のアライアンスをアース・アライアンス、銀河連合をギャラシィー・アライアンスと呼ぶらしいです)。
 そして、銀河連合のゴーサインによってデクラスを行う予定であったといいます。
 しかし、銀河連合とアース・アライアンスの連絡役がレプティリアンの攻撃を受けて排除されてしまい、アース・アライアンスは行動を封じられてしまったといいます。
 これでアライアンス側が混乱状態になって、計画が破綻していったというのですが、興味深い話です。

 しかし一方で、DSサイドの人間は次々に逮捕されてグランタモに送られ、軍事裁判を受けていたようです。たしかにアライアンスは計画変更を余技なくされましたが、泥沼の掃除は着実に進んでいたようです。
 とはいえ、完全に安全ということではないようです。
 追い詰められているとはいえ、DSはハープのような気象兵器で攻撃する能力があるといいますし、もしかしたら核弾頭も持っているかもしれません。
 「窮鼠猫を噛む」という言葉があります。
 自暴自棄になって、地球ごと破壊するという物騒な話もあるので、終わったとはいえないようです。

 さて、これからどうなっていくでしょうか。
 私は、デクラス(秘密情報の開示)は起こらず、先に世界的な金融崩壊が起きるのではないかと考えています。
 金融崩壊の後、NESARA/GESARAを期待する方は多いと思いますが、アドロニスによると、NESARA/GESARAはもう時代遅れの概念になっているそうです。
 これについては、またいずれ記事を書きたいと思っています。



トランプ大統領の軌跡(1)...2022年2月12日

 2020年11月に行われたアメリカ大統領選挙から1年3ヶ月ほどになりますが、この期間、私はアメリカの政治の動向に多大な関心を払ってきました。
 不正選挙に対し、トランプ大統領が反乱法を発令するのではないか、デクラス(秘密情報の開示)が行われるのではないかといった噂がネットで流れたりもしました。
 何か起こるのではないか、と期待して待っていた人も多かったと思います。
 しかし、1年3ヶ月経った現在、表向きには何も起きませんでした。
 実に様々な情報が飛び交う中で、本当はいったい何が起きているのだろうと私は強い関心を持って追っていたのですが、結局のところ「よくわからない」というのが実態でした。
 しかし、騒動から1年ほど経った今、少しずつ情報が出てくるようになり、核心はまだ掴めないけれども、なんとなく全体の概略は見えてきた気がします。
 まだ憶測の域を出ませんが、漠然とした全体像と私の憶測を入れて、自分なりにトランプ大統領の軌跡を整理してみたいという気になり、この記事を書いています。
 長くなるので、記事を2回に分けたいと思います。
 まず『トランプ大統領の軌跡(1)』ですが、これはすでに起きたことの概略なので、もう知っているよという方はスルーしていただければと思います。

 まず2016年、トランプ候補が本命と言われたヒラリー・クリントン候補を破って、第45代アメリカ大統領になった経緯から始めたいと思います。
 『コロナマネーと崩壊する世界経済』(ベンジャミン・フルフォード著、かや書房)から抜粋して紹介させていただきます。
 ベンジャミン・フルフォード氏はハザールマフィアと表現していますが、これはDS(ディープステート、またはカバール)と同じものと捉えていただければと思います。


 ・・・<『コロナマネーと崩壊する世界経済』、p52〜p54から抜粋開始>・・・

 そもそも、トランプが2016年のアメリカ大統領選挙で民主党候補のヒラリー・クリントンを破って大統領に就任したこと自体、世間的には驚きだった。というのもこのときの大統領選挙におけるトランプの役割は、あくまでもヒラリーを引き立てるためのかませ犬でしかなかったからだ。それなのにふたを開けてみれば、トランプが勝利してしまった。
 トランプが勝利した背景にあるのは、ハザールマフィアの力が弱まっていたことに加えて、ハザールマフィアのアメリカ支配に快く思っていない勢力が台頭してきたことがあった。
 アメリカがハザールマフィアの支配する国であることは、これまで繰り返し述べてきたことなので、詳しいことは私の過去の著作を読んでいただきたいが、簡単に述べるとすれば、国際金融体制を牛耳ってきたロスチャイルド一族がアメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備理事会)を設立して支配下に収めたことに端を発する。2度の世界大戦を経て世界の覇権国家となったアメリカを、世界の石油資本を牛耳ってきたロックフェラー一族が支援し、さらにブッシュ一族がテロや内乱を画策することでアメリカをハザールマフィアの支配する国にしていった。歴代のアメリカ大統領もハザールマフィアの支援がなければ政権を維持できず、特に第41代大統領のジョージ・H・W・ブッシュ(パパ・ブッシュ)以降は、ハザールマフィアの傀儡といってもいいほどの存在となっていた。
 そのために2016年のアメリカ大統領選挙も当然、ハザールマフィアが後ろ盾になっているヒラリーが当選するものだと思われていた。ヒラリーの父親はロックフエラー一族の第3代当主ディビッド・ロックフェラーだといわれており、実の母親もイギリスのヴィクトリァ女王の血を引いていることが分かっている。紛れもなくハザールマフィア側の人間だ。
 しかし、番狂わせが起きた。ハザールマフィアが支配する大手マスコミがいくらヒラリーを応援するようなニュースや番組を垂れ流しても、アメリカ国民の多くがヒラリーを拒否してトランプを支持していたのだ。
 それでもハザールマフィアの力をもってすれば、いくらでも選挙を操作することができた。2000年の大統領選挙は、ブッシュ一族が推す共和党のジョージ・W・ブッシュ(ベビー・ブッシュ)と、イギリス王室を中心したヨーロッパのハザールマフィア勢が推す民主党のアル・ゴアというハザールマフィア内での主導権争いの戦いとなったが、ブッシュ一族が選挙結果をひっくり返し、ベビー・ブッシュを当選させた。
 2020年の大統領選挙でバイデンがトランプに勝ったのも、ハザールマフィアによる捏造された不正選挙であったことが数々の証拠で明らかになっている。このことも私の過去の著作で述べてきたのでここでは省略するが、とにかくそのような不正行為が大手マスコミなどで公にされることはない。
 このようにハザールマフィアは選挙結果を自分たちの都合のいいようにできる力を持っていたが、2016年の大統領選ではヒラリーが敗れ、トランプが勝利してしまった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 フルフォード氏は、トランプ候補をヒラリー候補の「かませ犬」だったと述べていますが、私はこの見方は一面的だと考えています。
 たしかに、DS(ディープ・ステート)サイドから見れば、トランプ候補がアメリカ国民に人気があり、どんなに票を獲得したとしても、いくらでも選挙結果を操作してひっくり返せるのだから、かませ犬だったかもしれません。
 しかし、結果はDSの思惑を大きく外れるものとなりました。
 これは私が東京に居た頃に出席したあるセミナーで聞いた話ですが、2016年の選挙結果が集計されて最終結果が出る直前、スペインにあるCIAの支部が米軍によって襲撃されたといいます。
 2020年の選挙で結果を操作する為に使われたのはドミニオン集計機ですが、それに似た不正選挙の操作を、そのCIAの支部で行っていたというのです。そこを、アライアンス側の特殊部隊が襲撃し、結果発表の直前に集計機を破壊したといいます。
 ちょうどヒラリー候補と側近がテレビで選挙結果を見ながら祝杯を挙げようとした直前とのことで、ヒラリー候補は仰天したといいます。
 この話が嘘かホントかは、わかりません。
 とにかく、DS側の思惑を超えた何かが起こり、大本命とされていたヒラリー候補が敗れました。

 つまり、それまで圧倒的パワーを誇っていたDSのオペレーションを邪魔できるほどの勢力が存在したということです。
 それがアライアンスと呼ばれる存在のようです。
 フルフォード氏は、アライアンスに関する情報をほとんど持っていないように見えます。
 そこで、『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』(佐野美代子著、VOICE)から抜粋して紹介させていただきます(以前、一部記事で引用させていただいた部分を含みます)
 引用文は、著者の佐野美代子氏とジーン・ディコード氏(著書の中ではジーン・コウセンセイという名で登場)の対話形式となっています。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p94〜p100から抜粋開始>・・

 アライアンスの活動は20世紀初頭からはじまっていた

美代子 カバールが長年世界を支配してきたわけですが、アライアンス側がカバールを倒す計画は、いつ頃からはじまったのですか? たとえば、ケネディ大統領の暗殺は1963年ですが、その頃からカバールを倒す計画があったのでしょうか? というのも、あの暗殺の前後からアライアンス側が綿密な計画を立てはじめたような気がするのですが。

ジーン アライアンス側の活動は、正確に言えば1903年からはじまりました。これは壮大な計画です。ご存じのようにカバールには、世界中の人を奴隷にしたり、人口を削減したりする大きなアジェンダがあったので、それに対抗するためにはじまったのです。

美代子 そんなに前からだったとは、知りませんでした!

ジーン その頃から世の中がおかしいと気づきはじめた人が出てきたのです。その1人が、*ハワード・ヒューズです。ご存じですか?

美代子 はい、知っています。

ジーン ハワードは、アメリカで最初の億万長者であり、石油王でした。彼は産業化が進む中で、政府との契約を結ぼうとしていましたが、どうしても上手くいきません。彼の製品の方が優れている上に安価なのにもかかわらず、契約を獲得しようとしても、なぜだか他の会社が契約を勝ち取るのです。そのことに理解に苦しんだ彼は、あることを思いつきました。彼は独身でハンサム、かつ裕福だったので、ガールフレンドにハリウッドの美女がたくさんいたのです。そこで、彼女たちを競合相手に向けてハニートラップ(色仕掛けによる諜報活動)の罠を仕掛けたのです。すると、しばらくしたある日、ガールフレンドのAさんが偵察から戻ってきました。Aさんは、ハワードと競合関係にあるお金持ちの男性と恋に落ち、2年間の付き合いを経て、結婚する話にまで事は進んでいました。

 悪魔的儀式を撮影して帰ったフィアンセの女スパイ

美代子 すごいですね。2年間という長期間に及ぶ、ハニートラップの一大プロジェクトですね。

ジーン はい(笑)。すると、この男性はAさんのことを信頼していたので、自分が参加する悪魔的な儀式の場に彼女を一緒に連れて行ったのです。すると、その儀式には産業界の大物が大勢揃っていたのです。彼女は、スパイが用いる極小の録画用カメラを持ってその場に臨みました。

美代子 映画の『*アイズ・ワイド・シャット(Eyes Wide Shut)』のような世界ですね。それに、そんなに前から、そのような高性能のカメラがあったのですか?

ジーン はい。そういう進んだテクノロジーは当時からあったのですよ。単に私たちに公開されていなかっただけです。たとえば、コンピュータ業界は、ここ20〜30年間で目に見えるほどの大きな進化を遂げていますよね。一方で、航空業界などは一見、何も進化していないように見えます。でも、何も進化していないように見えている、ということは、逆に新しいテクノロジーは公開されていなくて、誰かがそれを陰で独り占めしている、ということなのです。

美代子 それは言えますね!

ジーン さて、話を戻しましょう。そのAさんは儀式から戻ってくると早速、ハワードにこっそり自分が撮影してきた動画や画像を見せました。すると、ハワードはその内容の怖ろしさにパニックに陥ったのです。以降彼は、華やかな社交生活からすっかり遠ざかることになりました。同時に、あのような怖ろしいことをなんとかやめたい、と決意して信頼できる人と手を組むことにしたのです。その相手というのが、あのトランプの父親と祖父だったのです。また、彼らはニコラ・テスラとも付き合いがありました。

美代子 なるほど。ニコラ・テスラとトランプ家の人々がカバールを倒す計画があったというのは聞いたことがあります。

 闘いには周到な準備が必要と学んだアライアンス

ジーン ちなみに、ラジオを発明したのはグリエルモ.マルコーニ(イタリアの発明家・起業家)といわれていますが、実はニコラ・テスラの発明です。電球もトマス.エジソンといわれていますが、ニコラ・テスラです。ジェネレーター(発電機)や交流送電もそうですし、あの時代に特許がある発明は、ほとんどがニコラ・テスラの発明なのです。また、反重力やフリーエネルギーに関するテスラのアイディアは、すでに1890年から1900年代の初めには、人類が月に行くための研究にも使われていました。そんなニコラ・テスラは、トランプ家と懇意にしていたのです。

 彼らはこの時、カバールの力が各産業の分野だけでなくマフィアにまで浸透し、あらゆる権力の上に支配を及ぼしていることに気づいたのです。そんな彼らに勝つためには綿密な計画が必要であり、本当に勝てる確信がなければ強敵との闘いには臨めない、ということも学んだのです。

 まず、彼らはジョン・F・ケネディと手を組みましたが、当時の彼らには、まだケネディを暗殺から守る術(すべ)も、彼の弟のロバートも守れるだけのカもなく失敗に終わりました。そこから時間をかけて、レーガンを大統領にしましたが、まだまだ大統領の命を守る力は十分ではありませんでした(1981年にレーガン大統領は銃撃を受ける暗殺未遂事件に遭遇)。とにかく、大統領が完全に安全であることを確認できないと、カバールを倒す計画は実行できないことがわかったのです。

美代子 裏ではそんな計画がはじまっていたのですね。

ジーン はい。そこから彼らは、サテライトや監視などのテクノロジーに加えて、世界中のすべての情報をカバーする技術を手にしました。たとえば、「○○を暗殺する」という情報が出てくると、その情報をすぐにモニターできるのです。そして、その事が起きる前に対策が立てられるのです。

 実はドナルド・トランプという人は、生まれた時から大統領になるように仕込まれてきました。アライアンス側のトップは、ずいぶん前から彼にアプローチをしてきたのですが、その計画を嗅ぎつけたカバールが、その計画を壊そうとアライアンス関係者の乗っていた飛行機を墜落させたこともあります。けれどもある時、とうとう「今、行動しないと、カバールが世界を完全に支配してしまう!」という時期がやってきたのです。

 ヒラリー政権になると核戦争が計画されていた

美代子 それは、どのようなことだったのですか?

ジーン ヒラリー・クリントンが2016年の大統領選に勝った暁には核戦争を起こす、ということがわかったのです。CIAは独自の核を装備した潜水艦や、核弾頭を積んだ潜水艦を所有していますが、その核弾頭には、自国ではない国の偽物の署名がついています。つまり、イギリス製、フランス製、イタリア製、韓国製、中国製などの署名がついているのです。これがどういうことかと言うと、たとえその核をCIAが使用したとしても、署名のある国のせいにできるのです。カバールはこれによって、すべての国を戦争に巻き込む計画でした。

 そしてそのために、「MKウルトラ(1950年代からはじまったCIAが行った人間の洗脳実験のコードネーム)」に参加した人たちが世界中に散らばっていたのです。そして、核爆発が起きたら、彼らはすぐに暴動を起こせる準備もできていました。一般の人々はすでに建設されていた強制収容所に収容されることにもなっていました。もちろん、本人たちは地下に逃げ込みすべてが終われば地上に出てくる、というシナリオです。そこで、アライアンス側は「もうこれ以上、待てない!」とトランプを説得したのです。

美代子 そうでしょうね。ヒラリーが大統領になって核戦争を起こすという計画や、全米にあるスーパー・マーケットのチェーンの「ウォルマート」が閉鎖された跡地が「フィーマキャンプ(FEMA camp)」という強制収容所に作り替えられていた話もありましたからね。また、街で暴動や乱射、放火をしているのは、MKウルトラで洗脳された人だとも聞いています。でも、トランプが大統領になった頃からQも登場してきて、流れ的にもアライアンスが勝っていると感じられるようになってきましたね。

*ハワード・ヒューズ(1905〜1976)
 アメリカ人実業家・映画製作者・飛行家・発明家。20世紀を代表する億万長者の1人で、「地球上の富の半分を持つ男」とも呼ばれていた。

*『アイズワイドシャツト(Eyes Wide Shut)』
 スタンリー・キューブリック監督による1999年製作の映画。トム・クルーズ、ニコール・キッドマン主演。エリートたちが行うクローズドなパーティーで行われる秘密の儀式の様子が描かれている。当映画試写会の5日後にキュープリック監督は原因不明の心臓発作で急死。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように、トランプ候補はヒラリー候補の「かませ犬」のような軽い存在ではなかったようなのです。
 用意周到な準備を経て、第45代合衆国大統領に就任します。
 では、就任後のトランプ大統領の軌跡を追っていきます。


 ・・・<『コロナマネーと崩壊する世界経済』、p54〜p54から抜粋開始>・・・

 大統領となったトランプか逆襲に出る

 トランプがヒラリーを破って大統領選挙に勝った背景にあるのは、アメリカ国民にヒラリーに対する嫌悪感があったと同時に、ハザールマフィアに対抗する勢力の力があったと先に述べたが、その対抗勢力とはアメリカ軍やCIA(アメリカ中央情報局)の中の良識派と呼ばれる人たちだった。
 ハザールマフィアの根底にあるのは「人類の9割を抹殺し、残りの人々を自分たちの家畜にして支配する」という思想であり、そのためには第3次世界大戦を勃発させてもかまわないという悪魔的な考えがある。アメリカ軍やCIAはもしも第3次世界大戦のような世界的な規模の戦争が起こった場合の危険性を充分に知っている。そのため良識派と呼ばれる人たちは、なんとしても世界的な戦争を阻止するためにハザールマフィアに反旗を翻したのだ。
 さらに、この良識派に「グノーシス派イルミナティ」が協力した。
 この勢力は長らくヨーロッパの支配階級の中でハザールマフィアにつながる貴族勢力と対抗してきた歴史があり、能力主義を重視して世襲制に反対の立場を取っている。ヒラリーがイギリスのヴィクトリア女王の血を引いていると先に述べたが、まさに血族主義ともいえるこのような世襲制に反対するために、グノーシス派イルミナティはヒラリーの大統領就任を阻止する行動に出た。
 そして、このようなアメリカ軍とCIAの良識派、そしてグノーシス派イルミナティという反ハザールマフィア勢力の強力な支援があったからこそ、トランプはヒラリーを下して第45代アメリカ大統領の座を手に入れることができた。トランプはその恩に報いるように就任直後の組閣人事で良識派が推薦する退役軍人を積極的に起用していった。
 一方で、ハザールマフィア側でもトランプが大統領になってもそれほど恐れる存在にはならないだろうとタカをくくっていた。トランプはテレビ番組をプロデュースして自らが司会者を務めていたこともあってアメリカ国民には顔を知られていたが、本業は不動産などの事業を営むビジネスマンであった。その事業においてトランプは何度か失敗しており、そのたびに救いの手を差し伸べてきたのがハザールマフィアのロスチャイルド一族だったからだ。
 さらに、アメリカの実業家でハザールマフィアの協力者だったジェフリー・エプスタインの自宅で行われたパーティで、当時13歳の少女をトランプがレイプしたと告発された過去もあった。ハザールマフィアには、いくらでもトランプを脅迫する材料がそろっていたのだ。
 しかし、トランプは大統領に就任すると、ハザールマフィアの脅しに屈することがなかった。その脅しから守ってくれたのが先に述べたグノーシス派イルミナティだといわれている。その後ろ盾を得たトランプはハザールマフィアに反抗するように児童人身売買や児童虐待組織の大がかりな摘発を行った。
 というのも、にわかには信じられないかもしれないが、ハザールマフィアは子どもたちを拷問して血液を接種するといような悪魔的所業を行う集団でもある。そのために世界中の子どもたちが誘拐されたり、虐待されたりというようなことがこれまで行われてきた。ハザールマフィアの協力者だったエプスタインにしても、ハザールマフィアに所属する特権階級の人々に子どもたちを提供してきただけでなく、自分が所有する島に欧米のセレブやエリートたちを招待し、未成年の少女たちに性的な行為をさせて、その様子を録画して脅しの材料にしてきた。ちなみにエプスタインは性的児童虐待事件で逮捕された後、2019年8月10日に拘留所で自殺したと公表されている。この自殺と公表されたことに関しては、エプスタインはまだ生きていて、現在ハザールマフィアの悪行を証言しているという情報もある。ハザールマフィアから身を守るために自殺したことにしたのだという。
 このようにトランプは自身にも児童虐待の疑惑があるにもかかわらず、大統領に就任すると、児童人身売買や児童虐待組織の関係者を5000人以上も逮捕し、ハザールマフィアの関係者を震え上がらせたのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 トランプ大統領の児童人身売買組織の摘発という大きな業績を、MSM(メインストリームメディア)が報道することは一切ありませんでした。
 児童人身売買や児童虐待はDSが主役でやっていることなのですから、DSの配下にあるメディアがそれをひた隠しにして伝えないのは当然です。もちろん、DSのコントロール下にある、NHKも含めた日本の主要メディアも同じです。
 かわりにメディアは、トランプ大統領のネガティブキャンペーンを執拗に繰り返しました。トランプ大統領がまた嘘をついたとか、トランプ大統領の発言を切り取り、ネガティブなイメージを持つような報道を延々と繰り返したのです。
 これに洗脳された日本人はたくさんいました。
 私はアメリカの様子はよくわからないのですが、こうしたメディアのネガティブキャンペーンが、人気の高かったトランプ大統領を推す共和党支持の層と、反発する民主党支持の人々の分断を生んだ、あるいは加速させたのは間違いないようです。
 日本では、メディアに洗脳された層が多数を占めたようで、(余計なひと言ですが)そういうメディアに騙された人々が、今回の新型コロナワクチンを接種したのだろうと推測しています。

 もう一つ、トランプ大統領が行った大きな功績があります。
 これも当然ながらメディアは伝えませんが、トランプ大統領は世界中を回り、アライアンスのアジェンダを広げたことです。


 ・・・<『地球と人類を救う真実追及者たちとの対話』、p121〜p126から抜粋開始>・・・

 アライアンスのシンボル、トランプ大統領が世界を守る!?

美代子 ちなみに、日本とアライアンスの関係はどのようになっていますか?

ジーン トランプ大統領が2019年の5月に来日した際に、大相撲夏場所を観戦して優勝した朝乃山に「米大統領杯」を授与しましたね。これまで、アメリカのどの大統領も優勝杯を授与することなどはなかったのですが、実はこの行為こそが、日本もアライアンス側に加わったという証だったのです。また、彼は英国を訪問した際にも、エリザベス女王の前をわざと歩いたりしましたね。また、英国の軍隊を訪問する際にも、アメリカの海軍が迎え入れ、演奏された音楽も米軍の音楽でした。英国の軍隊たちに話しかける際にも、彼は1人で行動していました。これが何を意味するかというと、英国の軍隊も米国の側になった、ということです。

 同様に、ウェストミンスター寺院(イングランド国教会)を訪れた際には、「バージニア会社(17世紀に植民地を建設する目的でジェームス1世が勅許された会社)」の帳簿にサインをして代表になりました。これはバチカン、そして世界銀行を支配したことを意味していました。また、サウジアラビア訪問時にはソードダンス(剣の舞)をして、中国訪問時には、公開されていない秘密の都市も初めて訪問しました。

美代子 つまり、こういったトランプ大統領の行動は、すでに世界は自分の管轄下にある、ということを示していたのですね。つまり、「私が世界を見ていますよ」ということですね。

ジーン はい。ただし、カバールがすべてのメディアを支配しているので、人々はそのことに気づいていません。Qは、「8%の人は、いつまでたっても目覚めない」と言いますが、残りの92%の人たちだって、一晩で目覚めるのは無理というものです。何しろ、これまで長い時間をかけて洗脳されてきたので、その洗脳を解くのにも時間をかけて行わないといけないのです。

美代子 本当にそうですね。

 地球規模で壮大な映画のシナリオが進行中

ジーン こういうことは、少しずつ行わないと精神状態にも影響します。真実を知ると、気がふれる人もいますから。私なんかは、目覚めた瞬間には2分間ほどフリーズして歩けませんでしたから。「すべてが間違っていた!」という思いがこみ上げてきて……。そして、すぐに歴史、物理学、世界の地理などを学び直さないといけないと思ったのです。だから、普通の人ほど、ゆっくりと教えてあげないとダメですね。

 今、トランプ大統領がすでに世界を管理下に置いたので、現在起きていることは、映画のシナリオが進行しているようなものです。悪人も、各々の役割を台本通りに演じないといけないのです。世界中の人たちが、壮大な1つの映画を気づかないまま見ているようなものです。たとえば、あのジョー・バイデン(アメリカ前副大統領で、2020年における民主党側の大統領候補)の主張などは、あまりにも馬鹿っぽいですよね。でも、彼だって本来ならそこまで馬鹿ではない気もします。ということは、彼も自分に与えられたシナリオをただ演じているような気がしますね。

美代子 私もそう思います。フランスのマクロン大統領なんかは、かつてはカバール側にどっぷりと浸かっていましたが、今では、トランプ大統領の言うことを聞いていますしね。

ジーン ええ。でも、言われた通りのことをやらない人も出てくるでしょう。ただし、そのような人は、今後は牢屋に入れられたり、死刑になったりする場合もあるでしょうね。

美代子 アライアンス側のシナリオは綿密に立てられていると思うのです。たとえば、JFKジュニアの件も、その計画の中にあるのではないかと思いますが違いますか?

ジーン JFKジュニアに関しては、私の口からは今は何も言えないです。ただし、これだけは言えます。もし、JFKジュニアが今でも生きているのならば、プリンセス・ダイアナも生きています。そのように考えておいていただければと(笑)。

美代子 となると、マイケル・ジャクソンもですよね?

ジーン これに関しても、何も言えません。私が言えるのは、「1人が生きていれば、全員が生きています」ということだけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 1年前はこうした楽観的な会話が成立していたのだと感慨深いです。
 これだけ読むと、トランプ大統領とアライアンスの快進撃が続くような錯覚に陥ります。
 ここまではよかった・・・、というところでしょうか。
 しかし私には、ここから綿密にたてられていたはずのアライアンスの計画に綻びが生じてきたように見えるのです。
 そのトランプ大統領ですが、任期後半になると怪しげな行動が出てきます。
 その最たるものがワープスピードで進めた新型コロナワクチンですが、その他にも、中国に貿易戦争を仕掛けたり、ベンズエラにちょっかいを出したり、グリーンランドを買い取ると発言したり、私にはトランプ大統領が迷走しているといった印象をぬぐえなくなりました。
 トランプ大統領を推してきた米軍を中心としたアライアンスとも隙間風が吹いたようで、当初閣僚に起用していた米軍関係者が次々に辞任するという動きが見られました。

 こうした動きを、次回の『トランプ大統領の軌跡(2)』で追っていきたいと思っています。



平行世界(タイムライン)再考...2022年2月5日

 人は自分が経験したことによって得た知見を、事実として受け入れる傾向があります。
 私の場合は、目に見えるこの物理世界とは違った、また別の世界が存在するという確信です。私はそれを皮膚感覚で知る体験をしました。
 私は小学校2年生のとき、不思議な存在と友達になったのです。
 その頃住んでいた(九州の田舎の)家の裏庭の木の根元で、ある日、体長20cmくらいあろうかという羽の生えた大きなトンボのようなものを見かけたのです。その生き物らしきものは、地上10cmくらいを漂いながら、木の根元に向かって忙しく手を動かしながら何かの作業をしているように見えました。
 私は興味が湧いて近寄っていったのですが、不思議なことに、その大きなトンボは人間が近寄っているのに全然逃げないのです。
 私はさらに近寄っていき、そのトンボと数十センチの距離になったとき、それが大きなトンボではなく、人間のような頭があったのに気づき、「ああ、なんだ〜、人間だったんだ〜」と思ったのです(小学2年生の知覚レベルです)。
 そこで、その存在の背後から、「ねぇねぇ、君〜。何やってんの?」と声を掛けたのです。ですが、その存在は私を無視して、黙々と作業を続けています。
 そこで、さらに私は同じ問い掛けをしました。
 「ねぇねぇ、君。何やってんの〜」
 すると、その存在は自分に声掛けをしているとやっと気づいたらしく、くるっと顔を振り返ってこちらを見ました。
 その時の表情を今でも覚えていますが、目を見開いてびっくりした顔をして、こちらを見ていました(人間に自分は見えるはずがないと思って油断していたのだと思います)。
 私は当時、体長20cmで羽がある存在を、完全に人間だと思い込んでいました。
 なぜなら、人間の顔をしていたし、普通に会話もできたのです。
 その存在は私に、木の内部の水の流れを調整しているといった話をしました。そうすることで、この木は2倍の大きさになるよと言ったのです。
 それから、その存在と会話するのが楽しみになり、学校から帰ると、家の裏庭で夕暮れで暗くなるまでずっとその存在と、お喋りをするようになりました。
 とても仲良くなり、今でいう「マブダチ」のような存在になったのです。
 世間では、その存在は「妖精」として知られているのだと思います。

 こうした体験は私にとって、目に見える世界だけでなく、別の世界が存在するという観念を容易に受け入れる下地になりました。
 その他にも成長するに伴い、私は色々と不思議な体験をすることになります。それゆえ、スピリチュアルというのは、私にとってリアルな皮膚感覚で感じる世界でもあったのです。
 そんな私が、どうしても皮膚感覚で感じられない観念が、「平行世界」です。
 平行世界を並木良和さんは、以下のように説明しています。
 

 ・・・<『全宇宙の大転換と人類の未来』、p172〜p173から抜粋開始>・・・

 起動するまではほぼ静止しているパラレルの世界

 パラレルにシフトする際には、意識だけが飛ぶことになります。パラレルの地球に存在する別バージョンの世界は、自分の意識がそこに移行するまでは機能していません。
 意識のチャンネルを、あるパラレルに合わせた瞬間、意識がテレポートすることで、その世界が突然「パンッ」と起動するのです。
 それまでその世界が動いていないのは、実は現実というのは、毎瞬毎瞬は繋がっていないからです。ですので、パラレルの世界は起動するまでは静止しています。
 自分の部屋も、別の部屋にいる家族も、あなたが意識を向けていないその瞬間は、量子力学でいう「量子波」の状態になっています。たとえば、あなたが帰宅して、「ただいま」と言って部屋を見わたした瞬間、つまり観察が始まった瞬間、それまで量子波の状態だった部屋が起動する(存在するようになる)のです。
 もちろん、現実をそんなふうに捉えている人は、まだ少ないでしょう。でも、この世界はそういうしくみになっています。
 極端な言い方をすれば、「あーおいしかった! あのレストランの食事」と、その時のことを思い出している今この瞬間、そのレストランは存在していません。「あの人、最高にいい店員さんだった」と考えている、まさにその時、その店員は存在していないのです。
 つまり、この世界のすべては、そもそも目には見えない「量子波」でできていて、その波動が、僕たちが当たり前に捉えている日常の世界を構成するためには、観察者である“あなた”が必要になるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この説明は理屈としてはわかるのですが、皮膚感覚で感じる「納得感」が私にはありません。
 先ほどまでいたレストランの食事を思い出しているその瞬間、そのレストランは存在しないと言われても、私はとまどってしまうのです。「そんなことないでしょ、さっきまで美味しい食事をしていたのに・・・」と言いたくなってしまいます。
 もし私に平行世界に移行したとしか思えない体験があれば、その感覚は違ってくるでしょうが、私にはそうした平行世界の体験はありません。
 それゆえ、当HPの掲示板で、平行世界は存在しないという書き込みがあったとき、私は皮膚感覚で「そうかもしれない」思ったのです。それは、人間は体験して肌で感じた観念でないと、なかなか受け入れないということでしょう。
 また、平行世界の存在は、アカシック・レコードに書かれた過去の記録と矛盾するのではないか、ということもありました。
 無数の平行世界があり、人がそうした世界を移行しているのなら、過去の記録も変わってくるはずです。それはアカシック・レコードに書かれた記録を書き替えることになってしまうので、そんなことはあり得ないと思ったのです。
 しかしそんな私に、「ヤスの備忘録」のヤスさんから届いたメルマガの記事は、頭をガツンとやられるものでした。
 そのヤスさんのメルマガの記事を抜粋して紹介します。
 米国のデビー・ソラレスという人物は、地球外生物にコンタクトしたことがきっかけで、アカシックレコードにアクセスできるようになったといいます。


 ・・・<『ヤスの備忘録』のヤスさんのメルマガ第674回、2021年12月31日号から抜粋開始>・・・

アカシックレコードの内容

 それでは今回最後のテーマを書く。アカシックレコードの内容について実に興味深い情報があったので、それを紹介する。

 いまアメリカのスピリチュアル系で注目されている人物に、デビー・ソラレスがいる。ソラリスは2012年6月と12月に地球外生物にコンタクトされた経験を持つ。それ以来、アカシックレコードの記録とデータをダウンロードできるようになったという。以下はアメリカの大手スピリチュアル系ネット放送局、「Gaia TV」で放映されたインタビューの内容である。

自身の体験

・私はスピリチュアルな分野とはまったく無縁な人物だった。大学を卒業し、6年間の海軍勤務の後、30年間は環境科学の分野で働いていた。

・しかし、2012年になると私は人類が間違った方向に向かっていると強く感じるようになった。そのため6月のある晩、自分の知るあらゆる手段を使って人類と地球が救済されるように懸命に祈った。私はカトリックの家庭で育ったので、その影響は大きかったと思う。

・すると、祈りを捧げた日から一週間後、私は幽体離脱をした。すると私は巨大な宇宙船の中にいた。そのとき私は50歳であった。私がコンタクトしたのは、「アルクトゥルス星人」と名乗る種族であった。この体験は2012年の12月にも起こった。

・宇宙船全体は金属的ではなく、プラズマの流動体で作られているような感じだった。「アルクトゥルス星人」とはテレパシーで交信した。宇宙船で私はある部屋に通されたが、私を案内してくれた「アルクトゥルス星人」の発するオーラはあまりに強烈で、彼らを直視することはできなかった。

・その直後から私は、ものすごいサイキック能力が開花した。人の考えていることがすべて分かるようになった。それとともに、宇宙のアカシックレコードの記録を自分の脳にダウンロードできるようになった。

アカシックレコードについて

・アカシックレコードにはあらゆる記録が集積している。もちろん個人の魂の出自についてもだ。人間の魂には他の惑星で生まれたものも多い。アカシックレコードの記録を参照すると、これまでその魂が歩んできたすべての履歴が分かる。

・現在、地球に生きている人類の魂の多くが、他の惑星に出自を持っている。出身惑星に応じて異なった性格を持っている。これは我々一人一人が、「オーバーソウル」と呼ばれる惑星別の種族の魂の一部であることを意味している。これは我々が「オーバーソウル」の一部として、もっと大きな存在であることを示している。

・我々が自分の魂の出自と履歴を知ると、我々の真の存在がなにものであるのかよく理解できるようになる。そのような視点から現在の自分の問題に向き合うと、なにをすべきなのかよく分かってくる。

・宇宙にはさまざまな惑星システムがあるが、特に人類の魂の出自に関係しているのは22種族である。

・どんな個人でもアカシックレコードにアクセスできる。いろんなトレーニング方法があるが、アクセスしたいという意志を強く持つだけで、アクセスが可能になる。そのときに自分の出生日とフルネームを強く思うことだ。

・アカシックレコードの個人の記録は。クリスタルのような状態で保管されている。個々のクリスタルの内部に入って行くと、その個人の魂に関する膨大な記録が出てくる。それは映画を見るような映像として出てくる。

・それにアクセスすると、自分がなんのためにいま生まれてきたのか、そして自分がなにをしなければならないのかが明確に分かってくる。また、自分が生きてきたすべての過去世の体験を見るので、いまの自分が抱えている問題の本質も分かる。このようなことを知ることは、大変な癒しになる。

・また、アカシックレコードの記録から自分の未来も分かる。しかし、その未来を受け入れる必要はない。別の未来を選択し、それに向かって人生を変えることも可能だ。私は自分のガイドに自分の問題を解決するヒントを与えるように願った。すると、正しい医師を受診するようなヒントがあった。実際に私はこの方法で自分の健康問題を解決した。練習は必要だが、誰でもアカシックレコードにアクセスすることは可能だ。

・聖書には「生命の本」という概念が記されているが、アカシックレコードこそこの本そのものである。自分の人生のすべて、この世界の出来事のすべてが記録されている。

・アカシックレコードにアクセスすることは、それをきちんと管理する責任がある。個人のカウンセリングのために彼らのアカシックレコードを見ると、否定的な過去の履歴も見える。私はそれらすべてをクライアントに言うことはない。彼らが受け入れて成長できる範囲に限定している。

・おそらくアカシックレコードに記録しているのは、自分のハイヤーセルフだと思う。アカシックレコードにウソの情報はない。だが、記録されているのは異なった次元における自分の人生や、またパラレルワールドにおける異なった自分の人生も記録されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が衝撃を受けたのは、最後の「記録されているのは異なった次元における自分の人生や、またパラレルワールドにおける異なった自分の人生も記録されている」の部分です。
 つまり、アカシックレコードに書かれた過去の記録は一つではなく、無数のパラレルワールドの記録も同時に書かれているというのです。
 私は、これを読んで、考えを改める必要があると思いました。
 やはり、平行世界(パラレルワールド)は存在するのではないか。私の皮膚感覚では無いと言いたいところですが、アカシックレコードに平行世界の記録がある以上、存在すると考えるしかないと思ったのです。

 次に私が感銘を受けたのは、「Tomoko Hoeven」さんの以下の「タイムラインと高次元の世界について」というタイトルの動画です。(「Tomoko Hoeven」さんを「トモコ ヘブン」さんと読んでいいのかわからないので、「Tomoko Hoeven」さんと記します)。

https://www.youtube.com/watch?v=jyL_oe8OEQY

 「Tomoko Hoeven」さんはカナダ在住とのことですが、米海軍出身のジーン・ディコード氏のコーディネーターと友人とのことで、その縁でジーン・ディコード氏の情報が入ってくるようです。
 この動画で、ジーン・ディコード氏が若い頃に体験した、平行世界に移ったとしか思えない話が語られています。
 以下、列記します。

・4分頃
 ジーン・ディコード氏がよく遊びに行っていた友人宅に行ったら、そこにあったはずの友人宅の家が忽然と消えて空き地になっていた。
 近所の人に聞いたら、その場所は20年前から空き地になっていると言われた。

・7分11秒頃
 学生時代に学校のコースで一生懸命に努力してとった2つが、忽然と消えた。
 先生に聞いたら、君は最初からこのコースを取っていないと言われた。

・9分20秒頃
 知り合いの老婦人のご主人が亡くなり、老婦人にお悔やみを言った。ご主人は亡くなったけれど、3人のお子さんが残されたと言ったとき、老婦人が驚いて、私には一人娘しかいないと言った。
 これには、ジーン・ディコード氏の奥さんも驚いた。
 老婦人の部屋の写真を見ると、そこにはジーン・ディコード氏も知らない娘さんが写っていた。

 これらは、ジーン・ディコード氏の個人的な体験ですが、世界のタイムラインが変わった話も載っていたので、それらを列記します。

・2016年のアメリカ大統領選挙で、トランプではなくヒラリーが勝った世界に移行した。
 その世界では、映画『Sex and the City』のタイトルが『Sex in the City』となっていた。

・2019年4月15日に、フランスのノートルダム大聖堂で火災が発生した。
 ノートルダム大聖堂の地下で1000年の月日をかけて、イエスキリストの身体を復活させる試みが行われていた(毎年666人の子供が生贄にされていた)。そのイエスの身体に入る予定だったのがルシファーで、キリスト教徒が信じているイエスの復活を演出し、その偽(にせ)イエスによって世界規模の核戦争を起こし、人類を滅亡させる計画だった。
 その偽イエスが復活する予定日が2019年4月15日で、その復活を阻止したのが日本人に率いられた18ヶ国で構成されたアライアンスだった。その日、ノートルダム大聖堂に車で向かっていたオバマ大統領の婦人ミシェル(実は男性)は、ノートルダム大聖堂で火災が発生したと聞き、仰天した。

 さらに上記の動画以外で、サアラさんから聞いたタイムラインが変わったという話を紹介させていただきます(一度、記事に書いたかもしれません)。
 東日本大震災の後、このままいけば日本の半分が海中に没する破滅的なタイムラインに向かっていた。そこで地球に住むアインソフ議会のメンバーが集められ、日本を救うべくタイムラインを換えるオペレーションを行うことになった。
 サアラさんは、日本での生活道具の一切合切を捨てて、海外に飛び、そのオペレーションに参加した。

 とても興味深い話です。
 平行世界を語る中でよくでてくるのが、マンデラ効果ですが、実は私もマンデラ氏は獄中死したというニュースを聞いた記憶があります。
 それが、どういうわけかマンデラ氏は生きていて出所したという歴史となっています。
 マンデラ効果に関係して、2021年5月10日付けの、ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ(Vol606)から抜粋して紹介します。

 ・・・<ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガ(Vol606)から抜粋開始>・・・

また、以前から言うように南アフリカのネルソン・マンデラは「27年間に及ぶ
獄中生活の後、1990年に釈放された」とされているが、刑務所から出てきた
“マンデラ”は全くの別人(替え玉)だった。そして当時の妻であったウィ
ニー・マンデラも、その数年後に彼と離婚。後に彼女は、出所後のネルソン・
マンデラについて「黒人を裏切った別人だった」と話している。
https://www.standard.co.uk/hp/front/how-nelson-mandela-betrayed-us-says-exwife-winnie-6734116.html

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この記事には、ネルソン・マンデラ氏は獄中死したと報道されたかどうかという記述がありません。
 仮に本当に獄中死し、それが報道されたケースを考えてみます。
 ネルソン・マンデラ氏の名声を利用しようとするグループがいて、そのグループはネルソン・マンデラ氏は実は生きていて、27年間の獄中生活の後に出所したと宣伝する。もちろん出所した人物は替え玉です。
 たしかに、こうした可能性はあるとは思いますが、南アフリカの人々がそれで納得するのかという疑問が湧いてきます。
 南アフリカの一般大衆に人気の高かったマンデラ氏が獄中死したと報道された以上、マンデラ氏の出所に対し、「なんで生きているんだ!」という声が上がってくるのが必然だからです。その辻褄合わせを説明しなければなりません。
 もし、獄中死の報道が無かったとしたら、それこそ獄中死したというニュースを聞いたタイムラインから私たちが移行して、獄中死したというニュースが流れなかったタイムラインに入ったということになります。
 真相はわかりませんが、訪問者の方々で判断していただければと思います。

 さて、冒頭のデビー・ソラレス氏とジーン・ディコード氏の話ですが、私は彼らが嘘をついているようには思えないのです。
 デビー・ソラレス氏がアカシックレコードに平行世界の記録があったと証言しても、個人的な利益を得るでしょうか。
 ジーン・ディコード氏に至っては、真実の提供でお金儲けをしないという方針の人だといいます。そんな人が、若い頃の平行世界の体験をねつ造するとはちょっと考えられません。
 私には、彼らは本当のことを言っているように思えます。
 だとすると、私は平行世界は存在するという観念を受け入れる必要がありそうです。それは私の皮膚感覚とは違いますが、そうした前提で今後も追及を続けていこうと思っています。

 最後におまけです。
 掲示板に載せたのですが、日本で平行世界を示唆する出来事(事件)があり、新聞に載った話です。
 それをここに引用させていただきます。

 北海道函館市で偽1万円メダルで買い物をしようとした男性が逮捕された事件があり、新聞に載りました。
 男性は昭和65年の刻印がある1万円メダルでコンビニで買い物をしようとして捕まったのですが、不思議なのは、私たちの世界には昭和64年までしかなく、昭和65年は存在しないのです。
 しかも男性の1万円メダルには特殊な金属が含まれており、1万円という値段では釣り合わないとのことで、犯罪組織が偽メダルを造ったとは考えにくいといいます(そもそも犯罪に使うのなら、すぐにばれる昭和65年の刻印はしないはず)。
 それゆえ、この男性は平行世界から何らかの事情により、私たちの世界に迷い込んだのではないかと言われました。

 この事件は2017年に発生したものですが、2012年にも茨城県で同じ事件が発生しています。
 その茨城県の1万円メダルですが、以下の日経オンラインで見れます。

https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2204M_T20C12A5CC0000/



アドロニスが語る新型コロナ...2022年1月29日

 ブラッド・ジョンソンというチャネラーをご存じの方は多いかもしれません。
 VOICEから、『第6密度の使者アドロニスチャネリング シリウスメッセージ by ブラッド・ジョンソン×シャラン』という本が発売されています。
 ブラッド・ジョンソン氏は、さらに月刊誌アネモネにも数回登場していたと記憶しています。
 そのブラッド・ジョンソン氏が、今度はユーチューバーのJOSTAR(ジョ−スター)氏のインタビューを受ける形で発売されたのが、『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』(ブラッド・ジョンソン、JOSTAR著、VOICE)です。

 今回の記事は、この新たな本から、シリウスの意識体というアドロニスが語る新型コロナを紹介させていただこうと思います。
 この本によると、ブラッド・ジョンソン氏がアドロニスという意識体のチェネリングを行うのは、去年(2021年)の8月31日をもって終わったとあります。そうなると、この本の内容が収録されたのは、去年の8月以前ということになり、新型コロナに関する情報としては、少し古いものとなります。
 それでも私にとっては、とても濃い内容であり、発見もいろいろありました。
 その一つが、ワクチンには以下の3種類があるという話です。

@ 最初に製造された毒性のあるワクチン

A インフルエンザの予防接種のような性質のワクチン

B プラシーボ効果のある無害な生理食塩水

 ネットでは、ワクチンを打った中で、ごく少数の人が直後に死んでしまう、あるいは重篤な副作用に苦しむといったことが起きている一方で、全く何の副反応のない多数の人々がいることから、ワクチンのバイアルには毒性の異なる様々な種類が混在しているのではないかと推測する記事がありました。
 それらはロットで管理されており、特定のロットは猛毒で、無害な生理食塩水のロットも存在するといった具合です。
 私も、今回の新型コロナワクチンは治験中であり、毒性の濃度を変えたタイプが複数存在すると同時に、全く人体に無害なプラシーボの生理食塩水も含まれていると考えていました。治験中という体裁を取らないと、後に訴えられて裁判となった時に言い逃れできないからです。
 しかしアドロニスの言うことが真実なら、今回のワクチンはたった3種類であり、それもDSは最初から@の毒性のあるワクチンのみを提供していたことになります。それをアライアンスが、ワクチンのラボ(製造工場)を押えて、無害なBの生理食塩水にどんどん換えていったというのです。
 もちろん、どれが真実かは訪問者の方々自身で判断していただくしかありませんが、私自身は、「へぇー、そうなんだ・・・」といったところでした。
 「In Deep」さんは、@の猛毒ワクチンは全体の0.5%であり、毒性があると見破られないように極めて少ない割合にして、数十年掛けて人口削減を行うといった(悪魔的な)深謀遠慮だと推測されていました。
 もちろん「In Deep」さんの方が真実なのかもしれませんが、私は案外アドロニスの線も大いにありうると見ています。
 では、まずワクチンが3種類だという記事から抜粋させていただきます。
 質問者のJOSTAR(ジョースター)さんの質問に、ブラッド・ジョンソン氏がチェネリングしたアドロニスという意識体が答えるという形になっています。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』、p15〜p22から抜粋開始>・・・

アドロニス こんにちは。ご挨拶を申し上げます。今日は、この機会に感謝をしています。シリウスからのアドロニスです。さあ、それでは、どこからはじめましょうか。早速、質問があれば、してくださっても大丈夫です。

JOSTAR はい、私はJ0STARと申します。今日は、どうぞよろしくお願いいたします。それでは早速、質問をさせていただきます。まずは、やはり、誰もが知りたいのがコロナ関係のことだと思われますので、そのあたりから質問させてください。昨年から新型コロナによる世界的なパンデミックが広がり、現在もなかなか収束する様子を見せません。日本でも未だに毎日、感染者が出ている状況ですが、この状況をどう見ていますか? 何が原因なのでしょうか? また、完全に終息するのは、いつくらいになりそうですか?

アドロニス まず、そもそも、コロナのウイルスは存在していません。皆さんは今、世界レベルで行われている壮大なゲームを体験しているといったらいいでしょう。もし、今回のすべての一連の出来事が「COVID−19」というウイルスが原因であるとされているのなら、医師をはじめとする医療関係者たち、また、大手メディアがこのことをもっと正確に伝えているはずです。けれども、実際にはそのようなウイルスは存在せず、実際は目には見えない恐怖の方がウイルスとなって、世界中を震撼させているのが現状です。つまり、COVID−19は医学的なパテント(特許)のようなものを意味しているのです。これは実験室でつくられたものですが、これが“新しいウイルス”であるとして、皆を恐怖に陥れているのです。
 ただしCOVID−19は存在しなくても、コロナウイルス自体は一種のインフルエンザのようなものとして存在しており、これは人類の黎明期からこの世界にあったものです。さらに言えば、人類が地球に存在する前から存在していました。だからこれは、まったく新しいタイプのウイルスではないということです。現在、このウイルスが“アリバイ”として使われ、世界中の人々にいろいろな制約や制限を強いています。これは、一種の生物兵器的な“アジェンダ”ですが、実際には生物兵器自体は存在していないという、「生物兵器なき生物兵器的アジェンダ」です。そのアジェンダとは、マスクを強要することや、ソーシャルディスタンスを保たせること、恐怖をさらにあおるために都市のロックダウンなどを行うことなどです。そして、このアジェンダが遂行される状態が数か月続いた後、今度はワクチンという手段に移りました。

 現在、皆さんの世界の医師や専門家たちは、このウイルスの正体を明らかにできていません。それなのに、そのためのワクチンは完成しているのです。これって意味不明ですよね。なぜなら、これはただの策略だったからです。今回のワクチンは「人々を監視する」ということが目的です。そのために、いろいろな心理操作が行われましたが、これも世界の人口を操作するための1つの手段です。今回、特に最初に導入されたワクチンには人体に有害なワクチンが入っています。ワクチンを接種すると、時間と共に人体は蝕まれていきます。たとえば、麻痺を起こしたり、重病になったりなど。そして、最悪の場合は死に至ることもあります。

JOSTAR なるほど。やはりワクチンは、人口操作のためのものだったんですね。

 市場に流通する3種類のワクチンとは?

アドロニス はい。けれども、これらの黒幕である「闇の勢力」に対抗する勢力も出てきました。彼らは別のタイプの「バイアル(ワクチンなどを入れる容器、アンプル)」を導入していて、その主成分は生理食塩水のようなものです。いわゆる、ワクチンのプラシーボ効果になるものですね。もう1つ、インフルエンザを予防するためのワクチンのようなものがあります。つまり、現状でこの世界には、ワクチンとして提供されているものには3つの種類が存在することになりますが、それは@最初に製造された毒性のあるワクチン、Aインフルエンザの予防接種のような性質のワクチン、Bプラシーボ効果のある無害な生理食塩水の類いです。これが世界的に今、流通しているわけですがワクチンを接種する場合、自分にどのバイアルが打たれるかはわかりません。それは、それぞれが顕微鏡で覗(のぞ)かない限り、判断できないということです。

 要するに、今回のこの一連の問題を一言で言うなら、「COVID−19は、すべてが偽りであり、策略である」ということですね。今の状況は、腐敗した政府側と、それに対抗する人々との闘いでもあるのです。ただし、先述のように、この闘いの勢力図には新たな勢力がいて、そのメンバーの中には、かつては闇の勢力側だったメンバーたちもいます。基本的にこの対抗勢力は、巷(ちまた)では「アライアンス」とか「地球同盟軍」などと呼ばれている人たちです。

JOSTAR すごいですね。最初から、相当濃いお話を聞いているような気がします。そうすると、この3つのタイプが今、世界中で流通しているということですか?

アドロニス はい、そうです。特に、生理食塩水のタイプのものは、毒性のあるワクチンに対抗するために出回っているものです。最初の毒性のあるタイプのワクチンが作られていたラボは、すでに襲撃を受けて、今は、アライアンス側の管理下にあり、ここで生理食塩水のバイアルが製造されています。また、インフルエンザの予防接種的なワクチンも全体の中に混ぜ込まれています。これも最初につくられた毒性のあるワクチンよりも、毒性は少ない成分で作られています。まず、生理食塩水タイプは完全に無害です。塩水のようなものを注射するだけですから。味がしょっぱい程度です。次に、インフルエンザの予防接種的なタイプのワクチンは、通常のインフルエンザのワクチンの副反応と同じとみていいでしょう。これらについては、すでに研究され文書化されていますね。

 そして、毒性のあるタイプのワクチンは、かなり強力な物質、いわゆる金属的な成分が混入しています。また、遺伝子であるDNAや「RNA(デオキシリボ核酸。DNAを鋳型として合成され、遺伝情報の伝達やタンパク質の合成を行う)」を操作するような成分も入っています。このために、ワクチンを接種した人の人体が磁気を帯びるのです。これにより、敗血症になったり、血栓ができたり、内臓や神経系へのダメージがあったり、身体が麻痺することもあります。ひどい場合は、死に至ることもあります。

JOSTAR ちなみに、これらのワクチンは、どこの国が製造しているのですか?

アドロニス その多くは、アメリカで製造されていますが、中国でも作られています。他にもヨーロッパなら主に英国が挙げられるでしょう。そして、それらは、ほぼ世界中の国家に配布されています。ですから、今回の件をまとめると、「ウイルスは生物兵器ではなく“生物兵器的な作戦”として展開されているものである。そして、本当の生物兵器はワクチンである」ということです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 COVID−19が実際は存在しないということは、ネットでは盛んに語られてきました。
 世界中が新型コロナで2年以上も大騒動になっているのに、いまだにCOVID−19を分離・培養した研究機関が世界に一つもないという事実によるものでしょう。たしかに、そうであるならCOVID−19が存在しないという主張は、真実味を帯びてきます。
 船瀬俊介さんも言っていましたが、実験室でCOVID−19を造ってみたが、あまりに毒性が弱くパンデミックを引き起こせないので、COVID−19という幻想で世界をパニックに陥れるという方法に切り替えたのかもしれません。あるいは、最初から幻想で勝負するという方針だったのかもしれませんが。
 どちらにしろ、幻想で世界に恐怖をもたらすという手法は大成功を収めました。新型コロナのニュース報道で必ずといっていいほど出てくる丸い形に、周りに小さなつぶつぶがついたウイルスの顕微鏡写真らしき画像ですが、地球に3万種あるといわれるコロナウイルスのどれかでしょう。
 それにしても、COVID−19の存在証明が無いのに、ワクチンが存在するという奇妙奇天烈なことが起こっていて、それなのに日本人はワクチン接種会場に延々と並ぶのですから驚きです。
 こうした現象をなんと表現したらいいのでしょうか。「何かおかしい」と感じる感性が、恐怖によって麻痺してしまったのでしょうか。
 ネットに載っていた記事ですが、COVID−19の存在証明がないのに、なぜ厚労省は新型コロナ対策をやっているのかと電話で聞いた人がいます。その時の厚労省の担当者の答えは、「(存在は)証明されていませんが、有るものとして対応させていただいております」でした。
 凄い話です。
 有るか無いかわからないのに、行政は実際に多額の税金を使って活動しているのです。私たちは、こんな奇怪なことが起きていることを認識する必要があると思います。
 厚労省は、実際は新型コロナが茶番であることは知っているのだろうと思います、その証拠に、厚労省を含め国の行政機関では、職域接種が全く行われていないのです(民間企業には、職域接種をやれやれと大いに煽っているのに・・・)。

 次は、ワクチンそのものに関するアドロニスの考え方です。
 一言で言えば、「ワクチンは必要ない」ということです。
 アドロニスは、あらゆるワクチンに対し、「人間が本来持っている免疫系には到底、及ばない」と答えています。
 私はこれは真実だと思います。
 日本のワクチンの権威である母里啓子(もりひろこ)さん(元・国立公衆衛生院疫学部感染症室長)も同じ主張をされておられます。
 参考までに、母里さんの本を紹介させていただきます。

・『もうワクチンはやめなさい』(母里啓子著、双葉社)

 この本が出版されたのは、新型コロナ騒動が起きる前の2017年ですが、この本を読まれていた方は、今回の新型コロナワクチンを逃れただろうな、と考えてしまいます。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』、p23〜p33から抜粋開始>・・・

 ワクチンを打つ必要はない

JOSTAR なるほど。もう少し、この3タイプのワクチンについてお伺いしたいのですが、よろしいでしょうか。この3種のワクチン、@毒性のあるワクチン、Aインフルエンザの予防接種と同じ性質のワクチン、B食塩水で無害なタイプのものは、先ほど、どれが自分に打たれるのかはわからない、とおっしゃいましたが、例えば現在、何社もいろんなワクチンが提供されていますが、どの会社のワクチンが危なくて、どこが安全なのか、などはわかったりするものですか? 例えば、ファイザー社、モデルナ社など各社のワクチンに3タイプが平均的に混在しているのでしょうか。その場合、有害なものに当たった人は、単に運が悪かっただけ、ということになりませんか? 3種がどのように流通されているか、もう少し詳しくお聞きしたいです。

アドロニス ワクチンは、接種する側は選べません。この3種は、いろいろな方法で混在しているからです。打たれる際に、成分のリストがついているわけではありませんからね。現在、各社のラボがアライアンスの襲撃を受けており、襲撃を受けたラボは生理食塩水などに差し替えられて出荷されています。これはランダムに流出していくものなので、医師たちも自分が患者に何を打っているのか、わからない状態です。ですから、先ほども申し上げたように、自分に接種されるワクチンを高度な顕微鏡で確認しない限りわかりません。どの会社のワクチンなら安全なのか、ということに関しても、お答えするなら、すべての前提として、「ワクチンを打つこと自体、必要ない」のです。それよりも、オーガニックで天然のサプリを摂る方がいいでしょう。それに、瞑想のパワーを活用してもいいです。そうすることで、コロナウイルスをはじめ、インフルエンザ的なものを全部、癒やせるのです。
 基本的に、今回のコロナウイルスは、季節性のインフルエンザと何の変わりもありません。COVID−19は、特別なウイルスというわけではなく、そもそも、そのようなウイルスの株は存在しないのです。医師の中には、抗マラリア薬である「ヒドロキシクロロキン」を処方してもいいのではないか、という人もいますね。他にもいろいろな薬剤が、今、開発されていますが、これらはインフルエンザの軽症であれば治癒できる治療薬です。ですから、存在が確認されていないウイルス株に対して、有効性が証明されてないワクチンを実験的に使用すること自体がおかしいのです。すでにお伝えしましたが、このワクチンに関する問題全体が、偽りのアジェンダです。これは、政府が人々をコントロールするためのものであり、それ以外には、何の目的もありません。ですので、どのワクチンだと安全なのか、などについては、考えなくてもよいでしょう。その上で、もし何らかの病気に罹ったら、まずは、自然の療法で自分を癒やそうとするべきですね。

JOSTAR なるほど。よく、わかりました。どちらにしても、ワクチンは打たないことに越したことはないということですね。

 「ノー!」と言えるパワーを信じて

アドロニス はい。今後もワクチンを普及させようとするキャンペーンがさらに続けば、生理食塩水=毒性のないワクチン(アンプル)が投入される割合が増えてくるでしょう。そうすると、ワクチン接種の脅威もだんだんと弱まってくるはずです。ただし、ワクチンを打つことは、命の危険性やリスクにつながることは確かです。どうして皆さんは、自分が何を打たれているのかわからないのに、あえて健康上のリスクを負おうとするのですか? ワクチンは打たないでください! 信じられないかもしれませんが、皆さんには「ノー!」と言えるパワーがあるのです。自分のハートに、また神に寄り添うことで「ノー!」と言うことができるはずです。

JOSTAR よくわかりました。では、ワクチンに関して、最後にもう1つ質問です。日本の製薬会社が年内をメドにワクチンを開発しようとしています。海外のワクチンを警戒している人は、せめて日本のワクチンは安全ではないかと考えたりもするのですが、これについてはいかがですか? やはり、日本のワクチンも海外製のワクチンと同じですか?

アドロニス すでにお伝えしましたが、どこのワクチンなら大丈夫なのか、という問題ではなく、このワクチンの計画、ワクチンという問題自体に反対してください。皆さんに、ワクチンは必要ありません。オーガニックのサプリメントや、抗マラリア薬の「ヒドロキシクロロキン」も効果があるとお伝えしましたね。

JOSTAR わかりました。あと、コロナの治療薬として、抗寄生虫薬の「イベルメクチン」も効果があるといわれていますが、本当でしょうか。日本では、多くの人がこの薬をインドなどから個人輸入していたりしますが、大丈夫でしょうか。

アドロニス はい、イベルメクチンも初期のインフルエンザやコロナを治す効果があります。先述のヒドロキシクロロキンと同様に治療効果があります。あと、ご自身の亜鉛値をモニターするといいでしょう。

JOSTAR なるほど。だから、コロナ予防には亜鉛もいいといわれているのですね。

 イタリアや中国の初期の症例の多くは、電磁波の攻撃によるもの

アドロニス はい。イベルメクナンの個人輸入は、大丈夫ですよ。FDA(米国食品医薬品局)では、これを寄生虫駆除の薬として認可していますから。この薬を使うことも安全だし、大丈夫です。ただ、1つ問題があって、このパンデミックの作戦を管理している人々は、この種の薬がメジャーなものとなって市場で流通することを恐れています。そこで、この薬を攻撃してバッシングすることに余念がありません。これは偽の薬だと言ったり、コロナには効かないと言ったり、効果があるというのは噂(うわさ)話に過ぎないと言ったりなど。そして、「そんな薬を摂取するのではなく、ワクチンを打て!」と言います。だから、もしそんなことを言う人がいるのなら、その人は、このCOVID−19の一連の案件に関わっているエージェント、工作員だと思ってください。そして、その人の話を聞かないでください。

 ちなみに、2020年にイタリアや中国で最初に出てきた症例の多くは、電磁波の攻撃によるものでした。この初期の症状は、ウイルスのせいではありませんでした。また、体内の亜鉛値が低いと、こうした電磁波の攻撃に弱くなり、神経系や呼吸器系にひどく影響してしまいます。だから、この症状がウイルスのせいだとよく誤解されるのです。ですので、初期のイタリアや中国の症例の検証がはじまった頃は、これは、コロナウイルス=COVID−19が原因であるとされましたが、そうではありません。これは、主に5G(第5世代移動通信システム)のテクノロジーによって起きる電磁波的な攻撃によるものでした。5Gは、電磁波を兵器として使うためのテクノロジーであり、強力な放射線場をつくることができるのです。けれども今、これまで5Gが影響力を及ぼした地域にあった5Gの電波塔が撤去されています。

 皆さんの多くは、自分の免疫が強くないからワクチンを打つべきだと思っています。でも、たとえそのワクチン自体が問題のないクリーンなものであったとしても人間が本来持っている免疫系には到底、及ばないのです。ですから、オーガニックで健康的な食材を摂取し、外に出て自然の中を歩き、定期的に運動をしていれば、どんな身体も強力な免疫系がつくれるはずなのです。でも、不用意にドアや窓に触ったり、人と握手をしたりすれば、当然、ウイルスや菌はもらってしまいますよね。けれども、自分の免疫力が高ければ、それらにも適応できるし、どんなワクチンよりも勝るのです。

 あと、「集団免疫*」という言葉を調べてください。集団免疫こそがどんな病気や疾患でも乗り越えるための一番の方法です。皆さんに集団免疫がつけば、もっと強くなれるでしょう。ですから、ワクチンに対する考え方を、まずは、すべて手放してください。ワクチンは必要ありませんから。それより、自分自身の免疫系の力に頼ってください。それが一番です。いいですか?

 *集団免疫
 集団免疫とは、ある感染症に対して人口の一定割合以上の人が免疫を持つと、感染患者が出ても、他の人に感染しにくくなることで、感染症が流行しなくなる状態のこと。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アドロニスは、2020年にイタリアや中国で最初に出てきた症例の多くは新型コロナではなく、5Gが原因であったと言っています。
 これもネットで盛んに指摘されてきたことです。
 ベンジャミン・フルフォード氏の著書に、初期の新型コロナでパンデミックが起きたとされる地域(中国の武漢やイタリア)と、5Gの電波塔が設置された地域が見事に一致している地図が載っていました。
 これは一つの状況証拠ですが、カラクリがわかると私たちがこれからどう対処していけばいいか、見えてきます。
 最後に、メディアはなかなかその実態を伝えてきませんでしたが、世界中ではワクチンの強制やワクチンパスポートに反対する大規模デモが起きています。
 ベンジャミン・フルフォード氏も同じことを言っていて、もう人々の怒りは沸点に達しつつあると言っていました。
 アドロニスは、こうした動きがあと2〜3年続いた後、腐敗した政府は解体され、新たな人民のための政府がつくられると言っています。
 ぜひ、そうなることを願わずにはおれません。

 最後に、アドロニスが提唱する、新しい地球の住人になるための瞑想(ニューアース・ メディテーション)を紹介させていただきます。


 ・・・<『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』、p34〜p40から抜粋開始>・・・

 ワクチン接種への圧力に人々が立ち上がる

JOSTAR はい。よくわかりました。やはり、自分の免疫を上げることが一番の防御になるわけですね。実は今、日本ではワクチン接種を強要する社会になりつつあります。将来的にも、「ワクチンパスポート」がないと社会生活ができなくなるような状況にもなりそうですが、そんな圧力に対して、ワクチンに疑問を持つ人はどうすればいいですか?

アドロニス 今のような状況に怒りを感じる人もいるでしょう。ただし、政府側には、いろいろな策略があったとしても、今後は、次第に一般の人々が立ち上がっていきます。大多数の人が政府のやり方に疑問を持ち、政府の政策を覆そうとするようになります。遠くない将来、腐敗した政府は崩壊して、クリーンな新しい政府がつくられていくことを皆さんは目撃するはずです。腐敗した政府のメンバーたちが今、ちょうどアライアンスに追い詰められているところです。彼らが巻き起こした混乱からは、もう逃れられません。すでに、処刑の対象となっている人々もいます。これから、世界中の古い体質の政府は解体され、平等をベースにした人民のための政府がつくり上げられます。

 今、このような動きがまさに現在進行形で起きている最中であり、この動きは、あと2〜3年は続くでしょう。もう人々の怒りは、限界まできています。そんな人たちがストリートで行うデモンストレーションなども、今後はさらに激しくなるでしょう。賢い人は、すでに政府に対して、訴訟を起こしはじめていたりもします。今後は新たなグループとして、弁護士、医師、看護師なども政府に対して、訴訟を起こすことになるでしょう。そうなると、世界政府は完全に解体されることになります。でも重要なことは、皆さん一人ひとりが自分の内側に入り、自分はどんな世界に住みたいのかをイメージすることです。それは、とても簡単なことなのです。では、その方法を今からお教えしましょう。


 ニューアース・ メディテーション

 〜新しい地球の住人になるための瞑想〜

 アドロニス
 今から、 ステップに沿って、 新しい地球の住人になるたの「ニューアース・メディテーション」の瞑想を行います。

@ 目を閉じてください。

A 息を大きく吸い、吐いてください。 リラックスするまで呼吸を何回か続けてください。

B 最初に、今、 あなたが住むこの世界の状況をイメージしてください。 世界は、 さまざまな策略やアジェンダに満ちています。

C その地球から、少しずつズームアウトするような感じで離れていってください。 そして、 地球全体が俯瞰(ふかん)できるはどの遠く離れた距離まで行ってみましょう。

D すると、 目の前にまぶしい光の閃光が走りました。

E 光の向こうから、 これまでの古い地球から、 新しい地球が生まれ出てくるような感じで誕生します。

F 新しい地球は、 古い地球の真上に昇っていきます。

G さあそれでは、 ここからあなたの想像力を働かせて、 今の位置から新しい地球の方へ少しずつズームインしながら近づいていきましょう。

H 近づくと、 そこには、 まさにあなたが望んでいた地球があります。
 さあ、 ではここで、 あなたの望む地球の姿をイメージしてください。
 例えば、世界中の都市で、人々が楽しそうに話しながら通りを歩いている光景、 人々がお互いに助け合い、サポートし合っている光景、そしてそこは、そんな人々が暮らすコミュニティがあるような社会かもしれません。

 そこはまた、空気も新鮮で、環境もクリーンで美しく、 その世界はまるで楽園のようです。
 戦争や対立もなく、人々を欺くような闇のアジェンダもありません。
 貧困も公害もありません。
 そこにはただ、 調和にあふれた世界が存在しています。

 人々が協力し合う世界の中では、 革新的な技術もあるようです。
 それらは、 地球を傷っけるものではなく、 地球にもやさしいテクノロジーです。
 そんな技術が用いられているので、 海も澄んでいるし、空気も浄化されています。
 福島の方に目をやると、 そこの放射能もキレイに浄化されています。
 どこに目を向けても、 そこには素晴らしい楽園が広がっています。

 大事なことは、そこにいる人たちが皆、仲良く協力し合っているということです。
 人々は手を取り合いながら、 笑顔で楽しんでいます。
 そこにあるのは、 愛と優しさと一体感です。
 これが、 自分が望んでいる新しい世界であることがわかります。


アドロニス いかがでしたか? 瞑想を通して、あなたの望む地球に住んでほしいのです! あなたの思考は、あなたの現実の一部です。だから、今見た楽園の世界が広がる地球をリアルな地球にしていきましょう。古い地球は溶け去っていきます。新しい地球がこれからあなたの故郷になるのです。毎日、この瞑想を5分から10分間程度やってみてください。新しい地球を創造するために、想いを込めながらやってみてください。そうすれば、それがあなたの現実になっていくのです。ぜひ、そんな地球を実現化してください。この瞑想を数日間行えば、あなたの現実が少しずつ変化していくのがわかるでしょう。それは、あなたが新しい地球をイメージしながら、そこに良い想いを込めたからです。それが大きな違いを生み出していくのです。そして、あなたが住むと決めた世界が変わっていきます。これが新しい地球のための瞑想、「ニューアース・メディテーション」です。

JOSTAR ありがとうございます。とてもパワフルな瞑想ですね。これから毎日やってみたいと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 量が多くなるので今回の記事はこれで終わりにしますが、この『シリウス意識アドロニスから人類へのラストメッセージ』には、他にもとても興味深い話が載っています。
 機会を見つけて、また紹介させていただこうと思っています。



『令和版 みんな誰もが神様だった』から...2022年1月23日

 「あおみえり」さんが“茶番”と言っている新型コロナ騒動で世界中の人々がひどい目に遭ってきましたが、確実に良かったと言える点は、これまで裏に隠されてきたことが表に出てきたことです。
 その最たるものが、政府、マスコミが、いかに科学的根拠に基づかない、いいかげんことを言っているかということです。
 政府やマスコミがやってきたことは、国民の不安や恐怖を煽りに煽って、一人でも多くの国民にワクチンを打たせることでした。
 こうした試みは大成功し、いまや8割の日本人が少なくとも1回のワクチンを接種したと言われています。
 この8割という数字は私にとって驚くべきものでした。
 新型コロナ騒動が始まった2年前、私は自分なりにネットや書籍などで調べて、すぐに新型コロナは“茶番”であり、ワクチンを打つのは極めて危険という結論に達しました(率直に言えば、危険というレベルを超えた殺人兵器)。それゆえ、すぐに日本人の多くが同じ結論に達するだろうと思っていたのです。
 当時、具体的な数字をイメージしていたわけではありませんが、国民の2〜3割ぐらいは、政府マスコミの言うことを鵜呑みにする人がいるかもしれないといった感覚でした。ところが、政府がワクチン接種を開始するや、多くの日本人がこぞってワクチンを打っているのを見て、愕然とする思いでした。
 打った人にその理由を尋ねてみると、政府やマスコミが言っていることを、そのままオウム返しに答えてきます。全く、疑ってすらいません。私から見ると、「嘘でしょ! なんで信じるの? 自分の命が掛かっているのでしょう。なんで調べないの!」という思いでした。
 どうしてこうも日本人は、お上の言うことを素直に信じるのでしょうか。
 この疑問に関し、矢作直樹さんは日本の歴史が関係していると言っています。
 日本は島国で、戦国時代をのぞけば大きな内乱もありませんでした。また、海外からの侵略も、神風が吹いて逃れたという稀有な歴史を持っています。こうした歴史が、日本人の「お上に従っていれば、なんとか生きていける」という、日本独自のメンタリティをつくっていったといいます。
 まず、そうした点から『令和版 みんな誰もが神様だった』(並木良和著、青林堂)から抜粋して紹介させていただきます。
 抜粋する文は、並木良和さんと矢作直樹さんの対談形式になっています。


 ・・・<『令和版 みんな誰もが神様だった』、p198〜p200から抜粋開始>・・・

 新型コロナへの冷静な判断

並木 世界を震撼させるようなことが起きても、どの国も中々重たい腰を上げないというか、すぐに次の段階へと進んでいかない気がしますね。

矢作 実際、新型コロナウイルスの件も一昨年の暮れくらいから騒がれ始めて、年が明けて夏前に当時のトランプ大統領が「アメリカの建国記念日の7月4日にはたぶんもう大丈夫」と公言していたにもかかわらず、まだ状況はあまり変わっていません。
 その理由としては、一つはワクチンの生産が思ったほど早くできなかったことと、もう一つは2020年11月に投票が行われたアメリカ大統領選挙が関係していると私は考えます。トランプ前大統領の反対勢力、といっても大元のところは繋がっているのですが……その反対勢力が選挙に向けて邪魔をしてしまったのです。つまり「もう大丈夫だ」と国民が思ってしまうとトランプ前大統領の支持率が高くなり、選挙に優位に働いてしまう、と考えたからです。上層部の思惑としては、トランプ大統領を失墜させ、バイデン大統領を擁立したかったわけですから、新型コロナウイルスを収束させるよりそれを利用して妨害することを優先したのだと思います。こうした2つの要因によって、アメリカだけでなく世界中がフェイクで煽られ続けることになりました。
 日本もまだ煽られ続けていて、本来は欧米に比べて死亡者は出ていないので、そこに気付いて早く止めればいいのにワクチン接種を「やらせないといけない」と命令されているからどうしても止められない。国民がそれに気付いて「イヤです」と言えば、さすがに政府も無理強いはできなかったと思うのですが、国民がまるでパニック状態のようになってしまったために、政府にとってはとても好都合な状況となり、ワクチン接種が続けられているのです。
 日本人が冷静に判断していれば、こういうことにはならなかったはずなのです。予想以上の混乱が起きたので、そこは私も予想が甘かったな、と反省してします。

並木 もちろん、これは善悪でも優劣でもないのですが、こういうことからも、日本人の覚醒度合というものが世界と比べても遅れているな、と僕もすごく感じています。

矢作 遅れていますね。世界では政府などの統治者に対して、ある一定数は必ず為政に対して疑いを持ちながら状況を鑑みる、という文化があるわけです。これは、おかしな為政者や王様が悪政や失政、愚政を繰り返すことで民族存亡の危機に見舞われるという歴史が過去にあったからです。
 しかし、日本は島国の農耕民族なので歴史的にも外敵の脅威に晒されることがほとんどなく、近代まではある意味では平和に過ごしてこられた。騒乱が続いた戦国時代があったとはいえ、他の国であるような極端な内乱もなかったので「お上に従っていれば、なんとか生きていける」というのがほとんどの日本人の考え方なのだと思います。
 今回の新型コロナウイルスについても、世界では大規模なデモを行って、自分たちの主張をしっかりとしていこうという動きがあるおかげで、ある一定数の人が目醒めれば当然無理が利かなくなる、というところを見せてきたわけですが、日本ではこうした動きがほとんど見られなかったのは、こうした歴史的な背景の違いが大きいと思います。
 もし日本人の意識が今のまま変わらなければ、2025年には日本の人口は1億1500万人ぐらいまで減少するのではないかと思います。もちろん不安・恐怖から安心・感謝に気持ちを切り替えれば減少は鈍ると思いますが。今の世界の総人口は76億人くらいですが、これも世界の人々の意識が今のままだと40〜60億人になってしまう気がします。それほど私には「2025年」(管理人注)という数字がすごく来ています。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注)
 この矢作さんの「2025年」に補足します。矢作さんは、いま世界に次の動きがあるといいます。

・中国共産党政府を倒そうとする動き。

・人口削減に向けた動き。

 この2点に関し、ターニングポイントとなるのが、「2025年」ではないかというのが矢作さんの説です。


 矢作さんは、「もし日本人の意識が今のまま変わらなければ、2025年には日本の人口は1億1500万人ぐらいまで減少する」と言っていますが、私はこの数字はけっこうリアルだと思います。
 日月神事では、日本人が3分の1になるといったことが書かれているので、その数字になると思っている人もいるようですが、私は3分の1というのは比喩的な意味合いが大きい気がしています。
 このまま日本人が政府やマスコミの言うことを鵜呑みにし続けてワクチンを打ち続けて行けば、いまの1億2600万人という人口が、5年後に1億1500万人に減るというのは十分にありうる話だと思います。

 その原因ですが、矢作さんによれば、心筋炎、心筋梗塞、脳卒中、ギランバレー症候群、血栓症などによるといいます。
 今打っているワクチンは、新型コロナに対する抗体が過剰に生成される反面、他のウイルスや細菌に対して免疫異常が生じて、自己免疫疾患に陥る可能性があるからだといいます。


 ・・・<『令和版 みんな誰もが神様だった』、p201〜p203から抜粋開始>・・・

 今後の日本のシナリオ

並木 世界の動きとしては中国崩壊に向けた動きがある、ということですが、日本は今後、どのような局面を迎えると、矢作先生は考えますか?

矢作 日米合同軍の動向も視野に入れて考える必要が出てくるのではないかと思いますね。実際に今後、米中戦が起こる時には必然的に日本の自衛隊にも出動要請が出される事態に発展するかもしれません。
 そうした時に、左翼やメディアが騒ぎ始めてすぐに行動が起こせない、または世論におされて日本が軍事行動には参加せず、派遣しても後方支援の任務だけ…といった状態では、米国だけではなく世界からの信用を本当に失ってしまい、経済的にも大きなダメージを受けることになりかねません。
 こうしたことを回避するためにも、少し先までのシナリオをいくつか考えておけばいいのではないかと思うのです。
 たとえば米中戦の開戦に備えて、国民にどういったフェイクを見せて……どうせフェイクするに決まっているので…自衛隊を派遣するためにはどうするのか、といったことや中国に金融破綻が起こった時に仮想通貨のことも含めて、どう対処していくのかということをある程度骨子を国民に示していくことが今重要だと思うのです。そうしなければ、日本の経済も中国崩壊時にX字回復できずに、そのまま傾いてしまうことになってしまうと考えます。

並木 それでは人口削減についてですが、先ほど「もし日本人の意識が今のまま変わらなければ、2025年には日本の人口は1億1500万人ぐらいまで減少するのではないか」と言っていましたが、これは人口の自然減ということではなくて、世界を動かそうとしている上層部の意図的な人口コントロール計画のために、人口が急激に減ることを言っているのですよね?

矢作 そうです。元々今の日本の人口は減少傾向にあるのですが、人口削減によって大きく減少することになると思うのです。去年の日本人口の推移はおよそ40万人減ですが、減少数がやがて増えてくるだろうなとイメージしています。

並木 新型コロナウイルスを含めて、難病・奇病が増えていきますしね。

矢作 今後、日本の日常生活の中では、脳に関連する病気も増えていくと思います。認知症のような症状を持つ人が多くなり、運転している人が運転を誤る事故のようなものも日常化していくのではないでしょうか。
 今回のワクチンは、新型コロナウイルスへの抗体が過剰にできる反面、他のウイルスや細菌に対する抗体を含めた免疫反応に異変をきたす可能性があるようです。そのため、エイズのような免疫不全の部分と逆に過剰に反応する部分が副作用として表れるかもしれません。いわゆる自己免疫疾患、というものです。
 このところ、心臓では心筋炎、脊髄ではギラン・バレー症候群という炎症性多発神経障害などがワクチンの副作用として知られるようになってきました。プロ野球選手の中日の木下雄介選手も、ワクチン摂取後にトレーニング室での休憩中にいきなり心肺停止状態になって亡くなったとのことですが、これも原因は心筋炎か心筋梗塞でしょうか。今後ますますこうしたケースは増えていくと予測しています。
 この他、脳卒中、心筋梗塞、血栓症などの発症率も高くなってくるのではないかと考えています。しかし、すでにワクチン接種した人もかなりの数はいるので、こうした人たちに対するケアも今後課題になってくると思いますね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では次に、なぜ日本人は目覚めないのかという視点から並木さんの話を紹介したいと思います。
 やはり、マスコミの影響が強いというのが並木さんの見方です。


 ・・・<『令和版 みんな誰もが神様だった』、p218〜p223から抜粋開始>・・・

 メディアによる日本人の覚醒の遅れ

矢作 日本人の覚醒というか、目醒めが本当に遅いと感じますね。

並木 日本人の覚醒が阻害されている要因として、メディアの影響というものもあると思うのです。テレビの力が思ったより強く、その影響力は侮れないと思います。

矢作 日本人は海外の人と比べて、メディアリテラシーが低いのでしょうか。海外の場合は必ずエリート層というのは真実を知っているのですが、海外と日本ではこの違いが大きいことを今回の新型コロナウイルスの件で痛感しました。
 だから学校でも教えることが必要で、たとえば、メディアリテラシーとは何かということを小学生に教えていいと思うのです。
 メディアというものは、江戸時代の終わり頃に、世界を動かしている人たちが自分たちの伝えたいことを伝えるために作られたもので、出されている情報が必ずしも真理とは違うものであること、また現在においてはテレビ・ラジオ・雑誌・新聞などのスポンサーがつくメディアというものは真実を伝えないものであることを学校で教えればいいと思うのです。
 そこから「ではどういう情報の取り方をしていったらいいんだろう」と自分で考えるようになると思うのですが、今はそういうことを考えるプロセスが日本にはないのです。

並木 メディアは「この世界が、どれだけ幸せか」ということはあまり扱いませんよね。要するに、恐怖や不安というものをいかに煽っていくのか、というのが今のメディアのやり方なのです。そしてフェイクを見せて、大衆を操作しているのです。
 メディアの世界を上で動かしている存在というのは、僕たちの意識がどれだけパワフルかを知っているのです。そのパワフルさを利用するために、まだ起きてもいないことを、さも起きているように見せたり、真実をデマだといって報道したり、という情報操作をして、自分たちの都合の良い流れを作り出そうとしている節があります。もちろん、憶測で言っているのではなく、今は、その気さえあれば、様々な媒体を通して情報を入手することができ、それを精査することできる時代であり、そうした情報を元に冷静に捉えてみれば、何かがおかしいな、というのはわかると思うんです。
 だから、メディアの亭っことを鵜呑みにしないことがとても大事なのです。「戦争が起きるかもしれないよ、戦争が起きるかもしれないよ」と毎回言われ続けることで、僕たちは洗脳されていくわけです。そして「起こるかもしれないよ」と言われているだけなのに、「戦争が起こるんだって」と思い込むようになるのです。
 そうした強迫観念にも似た洗脳は、次第に間違った方向へと意識を強化していきます。
 今の新型コロナウイルスについても、これと同じようなことが起きているように感じるのですが、矢作先生はどう思いますか?

矢作 一時期、陽性者数が一気に増えたことがあったのですが、それまではPCR検査でも民間で実施していたものはカウントされていなかったものが総数に加えられたり、検査する場所も増えたりしてきたので、必然的に数は増えることになります。
 また、PCR検査の性質上、感染していない人を検査すれば陰性という結果が出るはずなのですが、誤って陽性という判定になることもあり、この誤判定の比率が上がるのはほぼ確率論的に必然なのです。今検査しているうちの5〜7%しかプラスにならないような検査の進め方そのものが間違っているのです。
 厚労省も始めの頃は「感染の疑いがある人だけPCR検査を受けてください」と、まともなことを言っていたのです。

並木 今は変わってきていますよね?

矢作 おそらく、上から指導を受けたと思うのです。「そんな本当のことを言ったらだめです」と。こうしたフェイク、というか事実を曲げた話が平然と流されているのが今のメディアなのです。
 よくメディア関係者が病気になったりしていますけど、これは真実を伝えるべきジャーナリズム精神と嘘をついていることへの葛藤が原因なのではないかと私は思います。そこに皆さんも気付いてほしいですね。

並木 「本当には、何が起きているんだろう」という見方ができるかどうか、ですね。しかし多くの人は驚くほど洗脳されてしまっているので、その洗脳を解くのは中々に難しいことです。
 たとえば「ワクチンには危険な物資が混入されているらしいですよ」という話をしたとしたら、パニックのようになる人がとても多いのです。「お医者さんがこう言っていたもの」「お医者さんはそんな毒素が体内に入ったとしても、それは自然に消えていくものだから心配いらないって言っていたもの」と……洗脳されている人というのは、自分が洗脳されているとは思っていませんし、それは「当たり前のこと」になってしまっているので、中々聞き入れてもらえないのです。こちらとしても「あ、そうなんですね」というしかないわけです。
 もちろん、ワクチンを打っている医師はわかっていたとしても言わないでしょう。悪いものと知っていながら打っているのか、ということになりますし、上から言われれば、従うしかない風潮が、まだまだありますから。

矢作 ただ医師の方でも、わかっている人は少ないと思いますね。比率は不明ですが、本当のことをわかっているのはごく少数だと思うのです。

並木 教科書通りに学んできたものをマニユア的に落とし込んでいくというような医師が多いのかなと感じます。

矢作 ただ今回のウイルスは、ある意味特殊なものであるということ、ワクチンも今はまだ治験段階でもあることなどから「教科書通り」というわけにはいかないのです。そのため、意味をよく理解していないという医師が多いように思います。

並木 今まで通り、が通用しない状況ではあると思うのですが、普通に考えたら「これはおかしい」とならないのでしょうか?

矢作 経験を盾に取る論法というか、思考が変化についていけてないということなのです。

並木 少し考えればわかることなのに、そこに至らないということですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介する並木さんの見解は、私にとって意外なものでした。
 日本人は和の精神といわれるように、戦いや対立を好まない民族だと思っていました。ところが並木さんが日本人の集合意識を読むと、そこに戦いや対立がとても強く表れているというのです。
 その根本的な原因は、自分の人生は自分が作っているもの、つまり100%自分に責任があるという自覚がないからだといいます。
 自分の人生は100%、自分に責任であるという自覚があれば、他人を責めることはありません。ところがその自覚が無い為に、自分の不遇は他人のせいであり、そうであるなら自分はもっと良い思いをしていいはずだ、という意識になります。そうなると、他人を責めるようになり、そこに戦いや対立が生れることになります。
 これは重要な指摘だと思います。


 ・・・<『令和版 みんな誰もが神様だった』、p223〜p227から抜粋開始>・・・

 すべては自分の責任

並木 新型コロナウイルスは、ある意味人災だと思うのですが……ここ数年、台風や大雨による洪水や土砂崩れなどの災害が頻発していますよね。ただ、少しぐらい被害者が出るような災害くらいでは、もう誰も動かなくなっていると思うのです。
 あれほど大きな被害を出した阪神淡路大震災や東日本大震災を見てもわかるように、様々なことが起こる中でメッセージは宇宙から届いているのですが、みんなすぐに忘れてしまうんです。まさに「喉元過ぎれば熱さ忘れる」。これも目醒めのスピードが遅くなってしまっている要因の一つなのかもしれません。
 そして、また何かが起こると「どうしてこんなことが起きるんでしょう」とみんな口々に言うのですが「あなたは前回同じようなことがあった時、何を感じましたか? メッセージをちゃんと受け取りましたか? そして、そのメッセージに沿った生き方に変えましたか?」と僕は言いたいのです。宇宙は繰り返し、そしてその都度メッセージを届けてくれているのですが、多くの人は耳を傾けてはいないのです。
 僕がいつも言っているのは「陰極まれば陽となる」。行き着くところまで行けば、それが転じていい方向へと向かうのかもしれませんが、本当にそれはみんなが望んでいることなのでしょうか? そうではないと思うのです。
 サインがやってくるのは、「今、変化することが大切ですよ。そうすれば、もっと穏やかな流れへとシフトすることもできますよ」ということを宇宙が僕たちに教えてくれている、ということです。これは宇宙からの恩恵であり、祝福でもあります。しかし、それを多くの人が受け取ることができなくなっていて、気付くことのできる人たちのパーセンテージが残念ながら低過ぎるのです。
 ただ、日本人の場合は受け取れていない、というのではなく、大事なことに気付いた後の意識状態に問題があるのです。日本人の集合意識を読むと、戦いや対立がとても強く表れてきます。
 たとえば「金持ちは悪だ」とか、先ほどの「ネサラ・ゲサラ」の話ではないですけど「散々、騙され、搾取されてきたんだから、私たちにお金が分配されて当然なんだ」という意識は、自分の人生を生きる上で、その責任を放棄してしまっていることだと思うのです。

矢作 他責(たせき)、ですよね。

並木 自分が富むことも貧しくなることも、成功することも失敗することも、人生がうまくいくのもいかないのもすべては自分の責任である、という立場に一切立っていない考え方で、悪いことはすべてを人のせいにしてしまっているように感じるのです。「この人たちが悪いのよ、私たちの生活を苦しめてきたのよ。だからこれからは私たちが豊かになるのは当然」という意識は、実は闇の意識と全く変わらないのです。

矢作 SNSが、その象徴とも言えますね。
 私もSNSをやっているのですが、いろんな人たちと繋がることができるのはとてもいいことだと思うのです。ただ、多くの人たちのコメントが、やはり基本は攻撃なのです。こちらが本当に伝えたいものは中々伝わらず、アンチコメントのようなものがよくみられますね

並木 中々伝わらないですよね。人は他責の念というのを持っていると、そこで1つ何か解決したとしてもまた違うところで攻め始めるのです。つまり、攻める対象を次から次に渡り歩くようになるわけです。すると負のループにはまり込み、そこから抜けられなくなるのです。
 この負のループを終わらせるためには、まずは自分の人生において「すべては自分の責任である」ということを受け入れようとすることから始めることです。始めは表面的なものになってしまうかもしれませんが、まずは、スタートさせることが必要です。そして、そうした意識になることができた時、僕たちは、本当の意味で助け合うことができるようにもなるのです。

矢作 よく韓国人がどうだ中国人がどうだとか言う人がいると思うのですが、もし日本人の意識レベルが高ければ、日本にこうした人たちがやってきても、近づいてくることはないと思うのです。
 現世における学びの根本の1つは「距離とバランス」です。距離をとることは決して突き放しているわけではなく、意識段階においてお互いの距離感を保つことは、とても大切なことなのです。
 ただインバウンド需要に目をつけ「金を儲けたい」というような気持ちが出てしまうと、その金儲けのためにこちらから相手を引き寄せてしまう。必要以上に距離を縮めてしまうから、いろいろと不具合が生じてくるわけです。

並木 仰る通りだと思います。でも、そういう見方が中々できない。「あの人たちは、こんなことをしている」という出来事に囚われて、それを責めるみたいな風潮が、どうしても強く出てきてしまいます。こうした風潮がなくなっていかない限り、やはり目を醒ますことは難しいですね。覚醒はしないのです。それでは。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、並木さんからコロナ禍で生きていく上でのアドバイスです。


 ・・・<『令和版 みんな誰もが神様だった』、p251〜p256から抜粋開始>・・・

 他責にせず、自分を信じる

並木 日本人が日醒めを迎えるために一番大事なことは、まずは日々の生活を大切に、毎日を丁寧に生きることだと思います。ただ様々な情報が溢れ過ぎていて、そうした基本的なことをつい忘れがちになってしまいますが、いつも初心に戻ることが大切なんですね。
 また、今はまだそう感じることができないかもしれませんが、これから7年ほどをかけて、世界の状況は次第に良くなっていきます。もちろん、破壊と再生という、新たなものが生み出される際の産みの苦しみは、確かにあります。しかし向かう先は、新たな地球と呼ぶに相応しい、光に満ちた世界ですので、決してふてったり諦めたりしないでほしいんですね。
 今は集合意識を読んでみても、やはり諦めとか絶望というものが多くを占めていて、これでは自死が増えているというのも、不思議ではありません。
 いくら「大丈夫だよ」と言っても、今はすべてが「コロナありき」の状況になっているので、先が見えなくなっているのかもしれません。何かをしようと思っても「でも、どうせコロナだし……」と新型コロナウイルスのせいで自分の夢は叶わないと、始めから諦めてしまう人たちが本当に多くなっていると思います。
 「それは違いますよ」ということを我々が皆さんに伝えてあげることはとても大事だと思っています。今はどうしても良くない流れができあがってしまっているように感じるかもしれませんが、それはこれから先に待っている、素晴らしい世界への移行のプロセスの一つなのです。シンプルなことですが、その真実に気付くことがとても大事なのです。「こんなところで終わるはずはない。そう、今は決して良い状態ではないかもしれないけれど、それは良くなっていくためのプロセスだから。これから先は、必ず良くなっていくはず」というところに意識を置いていてほしいのです。
 必ず物事は変わっていくものなので、その当たり前のことに気付き、これから先の未来のためにも今を丁寧に生きていくことが大切だと思います。

矢作 自分の夢や行動を諦めることを、他のものの責任、結局他責(たせき)にしてしまっている人は少なくないと思いますね。

並木 そうなのです。国や社会の対応が悪いとか、何かや誰かのせいにしてしまっている傾向が強いと思います。

矢作 新型コロナウイルスも向き合えば、そこにメッセージを読み取ることができるはずだと私は思うのです。

並木 そうしたメッセージをきちんと自分の中で受け入れれば、次第に変化していくものなのです。「コロナのせい」にするのではなく、自分自身で考えていくべきなのです。

矢作 他責というか……自分を信用せず、いきなり外に何かを、青い鳥を求めてしまうという、この精神構造は昔からあまり変わっていないのかもしれませんね。
 私は「やっぱり縄文に立ち返る」ことだと思うのです。日本人はすごい叡智と知恵を持ち合わせているのだから、自分の内なるものをまずは信じることから始めればいいと思います。

並木 こうした状況下の中、何かに向けてチャレンジしていくというチャンスがあった時に「チャレンジしたいのは山々なんだよ、でもコロナだから仕方がないじゃないか」という理由付けをしがちですよね。

矢作 だから『コロナ禍』というのです。みんな「禍(わざわ)い」と価値付けてしまっている。コロナ禍という他責。

並木 新型コロナウイルスのせいにするのではなく、これを利用して意識を変えていくと考えてほしいんです。
 そういう、開けた意識というか、高い視点で、とよく言いますけど、高い視点で見ていくことがとても大事なのです。しかし、今のままでは見えないです、意識レベルを上げて俯瞰的に物事を見ることが必要とされるのです。
 テレビや新聞などは見てもいいと思いますが、そこにある情報を全部鵜呑みにしてしまう、その在り方が問題なのです。ちゃんと自分で感じて、聞いたり、書かれたりしていることを自分はどんなふうに捉えているか……もし「自分は違うと思うんだよね」と感じたら、その思いを大事にすればいいのです。「違うと思うんだけど、でも新聞ではこう言ってた、だからこうなんだ」というのは、簡単に言うと洗脳思考なのです。

矢作 東京オリンピックも開催前は反五輪のニュースばかりが流れて、新聞もテレビも「五輪が何の意味があるんだ」と言った論調ばかりでしたけど、実際に始まるとアスリートたちがとにかく頑張っていて、力をもらえたというか、ポジティブな気持ちが生まれましたよね。確かにいろいろと闇の部分はあるかもしれませんが、そのプラスの部分だけを見ていればいいと思うのです。

並木 「心でみる」ということが大事だと思うのです。そうしたら、すべてのものが清濁併せ持っていることもわかります。その中からどの部分にフォーカスして自分に受け取っていくのかということなのです。
 人は目を醒ますと、意識が大きく拡大し、高い視点から全体像が見えるようになります。こうした高い視点に立たなければ、本当の意味での平和も調和も成し得ないのです。
 「清濁(せいだく)併せ持つ」という濁の部分も「ここが悪いんだ」と言うのは、本人にとっては楽だと思うのです。「そうだ、私たちが苦しかったのはこのせいだったんだ。そういう世の中の作られ方をして、私たちは支配されていたみたい。それは苦しいはずだわ。そうやって散々苦しい思いをさせられてきたんだから報われて当然」という意識になるわけです。そうすると、「ネサラ・ゲサラ」を期待するみたいなことが起きてしまうのです。

矢作 ネット上でも沢山の人が期待していますよね。

並木 数年前からよく話をしているのですが、本当に目醒めていく時というのは必ず何か大きな負の感情を体験することが起きるのです。目醒めを意識したからこそ、今までの在り方を終わりにして、新たな自分に生まれ変わるきっかけとして、非常にインパクトのある体験をすることがあるのです。ショック療法みたいなものだと考えると、わかりやすいかもしれません。なので、「本当の意味で目を醒ましていくというのはやっぱり難しいんですか」と聞かれた時は、「自分軸からズレて、現実に突っ込んで行ってしまえば、その現状に巻き込まれ、自分を見失い、目醒めるどころではないかもしれませんね」と、答えることはあります。でも、この試練というのは、神や何かが与えるものではなく、自ら……つまりハイヤーセルフとしての自分が、本当に目を醒ます意思があるのかどうかを確かめるために起こしているのです。「本当に変わる気がありますか? これでも、目を醒ますスタンスに立ち続けることができますか? と。だからこそ、自分で自分に試しをしているわけですから、本当にブレない意思の強さと明確ささえあれば、その試しすらしなくなるのです。だって、何をしたって揺れないわけですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、再び私の余談です。

 政府とマスコミが新型コロナで国民を煽りに煽っている様は、太平洋戦争当時、政府とマスコミが国民に戦争を鼓舞していた状態と、うり二つと言えそうです。
 当初は快進撃を続けていた日本軍も、ミッドウェー海戦での敗北をきっかけに戦況は逆転し、それ以降負け続けることになります。
 しかしマスコミは、そのミッドウェー海戦を“大勝利”と報じて、国民を熱狂させた上に、その後の敗北も「勝利」と報道し続けました。
 勝利と報道されているのに、米軍は南方戦線を着々と進撃し続け、日本本土に迫ってくる。各戦線で勝利の報道なのに、日本各地の都市が米軍の爆撃機で焼野原となっていく。当時の日本人は、どういう思いでこうしたマスコミの「勝利」報道を見ていたのだろうと思います。
 政府もマスコミも国民に嘘を付く。
 今回の新型コロナ騒動を見ていると、こうした歴史的な事実を、日本国民は学ばなかったということでしょうか。

 しかし私は、希望はあると思っています。
 以下は、「首相官邸ホームページ」に載っている新型コロナワクチンの接種状況です。

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

 令和4年1月21日時点で、接種回数は2億回を超え、うち1回以上の接種者は8割に達しています。
 冒頭で、私は8割という数字に驚愕したと書きましたが、最近の私は、こうした政府が発表する数字が本当なのか、疑い始めています。
 つい先日も政府の基幹統計の偽造がばれてニュースとなりました。
 歴史に学ぶならば、「政府もマスコミも嘘を付く」ということです。
 ひょっとすると、実際の接種者は発表された数字より少ないのではないか。
 たしかに、国民の多数は騙されています。しかし、太平洋戦争当時と違い、今はネットもあり、情報の入手し易さと広がりは天と地ほどの違いがあります。
 実際は、ワクチンを打っていない日本人は(少数派には違いないが)発表されている数字よりも多く、彼らは声こそ挙げないものの、冷静に事態の成り行きを見ているのではないか、という気がしています。



『2022年 インフレ大襲来』から...2022年1月15日

 これまで何度も折に触れ記事にしてきましたが、今回もインフレの話題です。
 何度も取り上げるのは、私自身もインフレで相当やばい状況になりそうなこともありますし、多くの日本人にとっても切実な問題となることは目に見えているからです。
 2021年6月時点で、日本人の個人金融資産は1992兆円と言われています。
 これは日本人一人あたり平均で1600万円ほどの資産を持っていることになるらしいのですが、住宅ローンなどの借金の平均が341万円なので、純金融資産はおよそ1260万円ほどになります。
 これだけの資産があるのだから、少々のインフレになっても、生活はなんとかやっていけるのではないか、という見方もあるかもしれません。
 しかし、物事はそう単純ではないようです。
 平均だとけっこうな資産に見えますが、これが中央値となるとまるで違った世界が見えてきます。
 以下が、日本人の世代別の金融資産保有額の平均値と中央値、及び非保持率です(2020年、金融広報中央委員会)。

          中央値    平均値    金融資産非保持率
 60歳代 ... 300万円 1305万円   29.4%
 50歳代 ...  30万円  924万円   41%
 40歳代 ...  40万円  666万円   35.5%
 30歳代 ...  70万円  327万円   31.1%
 20歳代 ...   8万円  113万円   43.2%
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  全国  ... 653万円   50万円   36.2%

 平均値よりも中央値の方が実態をよく現していると言われています。
 平均値は総額を人数で単純に割った数字なので、貧富の差が見えません。日本も極少数の超大金持ちと、たくさんのビンボー人に分かれてしまっていて、超大金持ちが平均値を上げてしまっています。
 中央値は、その金額を持つ世代が一番多いことを示していて実態に近いものとなります。
 社会に出たばかりの20代が8万円とほとんど貯蓄が無いのは仕方がないにしても、驚くのは30代〜50代すべての中央値が100万円未満だということです。
 それは、ここ30年間、日本のGDPが横ばいで給与が全然上がらなかったということを端的に示しています。昭和の高度経済成長の恩恵を受けたのは、60歳代以上ということでしょう。
 いまや、日本人の平均給与は韓国にすら抜かれてしまったと聞いて、驚かれる方もおられるかもしれません。

 特に50代の数字が悪いことが目につきます。50代の金融資産非保持率が41%ということは、10人に4人が貯金ゼロということです。
 貯金がゼロということは、働いて得た収入のほぼ全部が生活費に消えているということです。
 日本の非正規の労働者2000万人と、貯蓄ゼロは相当部分がオーバーラップしているでしょう。こうした世帯が、インフレの直撃を受けることになります。

 私はインフレの記事を書くたびに、ハイパーインフレは起きないと言ってきました。
 太平洋戦争直後で生産設備が破壊されて物が作れない時代であれば、ハイパーは起きると思いますが、なにしろ今回は生産設備は無傷です。もちろん海外から原材料が入ってこないという事態も考えられますが、全くゼロになるとは思えません。おそらく円安の要素も加わったインフレ率になっていくのだろうと思います。
 今回、『2022年 インフレ大襲来』(浅井隆著、第二海援隊)から抜粋して紹介させていただこうと思いますが、私もけっこう参考になりました。
 たしかにハイパーは起きないかもしれませんが、じゃあ大丈夫ということにはならないようです。
 浅井さんは、「茹(ゆ)でガエル」と表現していますが、年30%ほどのインフレが起きたとしても、これが1年で収まればたいしたことはありません。
 しかしこれが5年も続いたとなると、全然話は違ってきます。
 浅井さんは牛丼を例として話しているのですが、400円の牛丼が30%のインフレで1年後に520円になっても、なんとか耐えられます。
 「ううっ、高けーじゃねーか・・・」とブツブツ文句を言いつつも、520円の牛丼を食べるでしょう。
 しかし、30%のインフレが5年続いてしまったら、400円の牛丼は5年後には1485円になっています。給料は全然上がらないのに、昼食で1500円近い額を払えるかとなると、躊躇してしまいそうです。
 こうした状態を浅井さんは、「茹でガエル」と言っているのですが、言い得て妙です。
 インフレに対し、何の対策をとらないでおくと、「茹でガエル」の状態が待っていると覚悟する必要がありそうです。
 では、『2022年 インフレ大襲来』(浅井隆著、第二海援隊)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『2022年 インフレ大襲来』、p167〜p182から抜粋開始>・・・

 脅威@ 現金資産は目減りして行く

 ものの値段が上がるということは、すなわち「お金の価値が下がる」ということである。500円のランチが2000円になれば、お金の価値は実質4分の1ということだ。もし、あなたの財布に1000円しかなければ「今日はいつもの食堂で定食でも」と思っても、食事にありつくことはできないだろう。
 しかし、ここにはちょっとした落とし穴がある。多くのインフレ局面において、ものの値段が一斉に上がったり急激に上がったりはしないということだ。たいていの場合、ある日、気が付けば行き付けの店の値段が変わり、またある日には久し振りに車にガソリンを入れて支払いの金額に驚き、別の日にはスーパーの値札を見てがく然とする、といった具合にちょっとずつ値上がりを実感するのだ。そして、かなりインフレが進んでからようやく、自分の蓄えが心もとないことに気が付くのだ。さながら「茄(ゆ)でガエル」の状況で、危険を感じて策を講じたいと思う頃には、すっかり茄で上がって身動きできない状態になっているのだ。
 マメに家計簿を付けている人なら週単位や月単位で気付くこともあるだろう。しかし、そうでない人の場合は本当に数年も経ってようやく自分が貧乏になっていることに気が付く。実は、こうなってからでは手遅れである。目減りした資産は、もう返ってこないのだ。
 インフレでどの程度資産が目減りするのか、基本的だが重要な考え方を細介しよう。簡単な話である。たとえば、物価が30%上がったとしたら現金資産は30%目減りしているのである。物価が2倍なら、資産は2分の1に目減りしている。毎年30%のインフレが5年続けば、物価は1.3×1.3×1.3×1.3×1.3≒2.7倍となり、現金資産は約4分の1となるわけだ。
 さて、今説明したこの例の中に、インフレの脅威の本質があったことにお気付きだろうか。そう、物価上昇が長期にわたると、現金資産は恐ろしく減価するのである。30%のインフレとなるとそれ自体かなり深刻な状態だが、400円の牛丼が一年後に520円になっていても、「結構上がったな」と感じはするだろうが「高くて手が出ない」ということはないだろう。しかし、これが5年後には1500円近くになるわけだ。
 ランチに1500円も出せるのは、相当な高給取りという感覚だが、現金資産しか持たない人にとってはインフレ期の5年間は浦島太郎のごとしである。5年で世の中が激変し、牛丼が「高嶺の花」である世界になったように見えるのだ。しかし、それは世界が変わったのではなく、残念ながらその人が貧乏になっただけのことである。
 もうおわかりだろう。なかなか気付きにくいが、インフレ期に現金資産を持つことは最悪の手なのだ。何しろ、現金は利息を生まない。そして、時間が経つほどに実質価値が目減りして行く。数年で「紙キレ同然」の事態すら十分にあり得るのだ。21世紀に入るまでの約30年間にわたって、年率30%を超える慢性的な高インフレに見舞われたトルコでは、「手元現金をなるべく持たない」ことが常識になっていた。デフレが30年続いた日本では、この常識はにわかに信じがたいことだろう。しかし、これが新常識となる時代はもう目前に迫っている。いち早く頭を切り替えてその時に備えるべきだ。

 脅威A 物価に賃金・年金が追い付かない

 物価が上がっても、それに応じて収入が殖えるなら何も怖いことはない。単に収支の総額が殖えるというだけのことだからだ。しかし、インフレの恐ろしさとは「急に変化すること」である。そして、往々にして支出が大きく増えるのに対し、収入はそれに追い付かないという事態に陥る。
 「ものの値段に給料や年金が追い付かない」という現象をよく想像してほしい。30万円の収入でやり練りできていた人が、ある時点から急にやり繰りできなくなるのだ。貯蓄から毎月持ち出すことになり、いつになったら家計が黒字転換するのか見当も付かない。生活水準をどんどん切り下げざるを得なくなる。それでもいずれ債務超過となれば、貧困に転落するかもしれないという恐怖が付きまとう。
 生活を守ることに汲々とする状況は、精神的にも相当に過酷な状態だ。食べたいもの、行きたい場所、欲しいもの、やりたいこと……人間の文化的な営みを著しく制約される生活は、人が生きる上での意欲を失わせる。こうなってしまうとインフレの猛威に飲み込まれ、やがて大切な命すら失いかねない。
 とはいえ、給料や年金を増やすのは並大抵のことではない。働いて副収入を得るなどの工夫はできるだろうが、それにも増してインフレに対抗できる資産形成こそが極めて重要となる。

 脅威B 急激な物価上昇でものが買えない

 インフレの恐ろしい本質として、「常に猛威を振るっているわけではない」ことに触れた。そう、インフレには緩急があり、それが最も気を付けるべき点なのだ。特に怖いのは、食料品やエネルギー、日用品など日々の生活に欠かせないものである。
 たとえば、冬場の灯油は、北海道や東北、あるいは寒冷地に住む人たちにとっての生命線だが、ここに高インフレが直撃すれば生命の危険にも直結する。それなりに資産がある人なら問題なくとも、ギリギリの家計を回している人とって、特定の生活必需品が急騰するのは致命的な話だ。それこそ、灯油が買えずに凍死するなどという悲惨な事件にもなりかねない。
 コトは冬場の燃料に限らない。食料の高騰が命の危機につながる可能性もある。日本は食物の自給率が低く、また食料を生産するための肥料も多くを輸入に頼っており、インフレの影響を受けやすい。たとえば特定の食料品が高騰すれば、代替する別の食料品への「乗り換え」需要が発生し、それらも価格が高騰することになる。こうなると、生命を維持する食料が軒並み買えないという状況にすら陥りかねないのだ。
 今の日本で「餓死」する事態などおおよそ想像も付かないが、世界を見渡せば、低開発国では残念ながら現在ですら餓死者は私たちが想像するよりも多い。これが、今後インフレの進行によって急増する可能性はまったく否定できない。そして、それは他人事ではないのだ。世界的インフレがさらに加速すれば、日本も例外ではなくなる。

 脅威C もの不足から争奪戦に

 そして、物価高騰はそれだけに留まらず、さらなる恐ろしい事態をも招く。「もの不足」だ。想像してみてほしい。よく行くスーパーや商店街などで、毎週のように値段が吊り上がって行ったらあなたはどう思うだろうか。当然、「来週はもっと値段が上がるかもしれない。備蓄しよう」と考えるだろう。そうなった時、そう考えるのはあなただけではない。周囲の誰もが同じように考えれば、どんどんものが売れてやがて品切れとなる。
 もちろん、単なる物価高だけがもの不足の原因ではない。世界中がインフレになれば、国家レベルでのものの争奪戦も行なわれる。そうなれば、需給がひっ迫した物資は日本に入りづらくなる。世界的な物流網にもものの争奪戦の影響が出れば、いよいよ日本にはものが入ってこなくなる事態すらあり得るわけだ。しかもそれに円安が加われば、日本は諸外国とものの奪い合いにおいて“買い負ける”という最悪の状況に陥りかねない。
 いずれにせよ、目当てのものが品切れ、入荷未定となれば、やがて多くの人が慌てて別の店に駆け込むようになる。こうして少ない在庫を巡ってものの争奪戦が加速する。次に入荷する時はさらなる高値が付いているかもしれず、あるいは入荷未定のまま何ヵ月も待たされる可能性もあるため、争奪戦は熾烈を極めるだろう。
 2019年に国家破産状態に陥ったベネズエラでは、生活物資や食料品、医薬品がまったく手に入らず、スーパーに半日以上も並ぶ長蛇の列ができたという。それでも必要なものが手に入らず、中には1人で何個もの品物を独り占めする輩が現れ、殴り合いすら起きたというのだ。日本ではにわかに信じられない光景だが、だからと言って日本でそれが起きない保証はない。

 脅威D 銀行が「資産収奪機関」に!?

 インフレ期には現金資産が最悪であることに触れたが、それに負けず劣らず最悪なのが「銀行の預金」だ。利息が付く点では現金よりマシだが、あくまで「多少マシ」という程度である。インフレ率以上の利息が付かなければ預け入れた資産は減価するし、大体インフレ率以上の金利を付けようものならすでに経営が苦しい銀行はいよいよ立ち行かなくなる。
 高進するインフレを抑制するには、中央銀行(日銀)による利上げが基本となるが、だからと言って預金金利がインフレを上回るほど上昇することはまずあり得ないと考えておくべきだ。それよりも心配すべきなのは、インフレに劣後する金利ではない。インフレによるパニック、特に「取り付けの発生」と「預金封鎖の危険性」に最大の注意を払うべきである。
 現金の場合は、資産価値が減少する前に使ってしまうなり、別の資産に替えるなりすることができる。しかしひとたび預金封鎖が行なわれれば、預入資産を自由に引き出したり、別のものに替えたりはできなくなる。実質的な価値がどんどん失われて行くのを、ただ眺めるほかなくなってしまうのだ。
 それは、事実上の「資産収奪」にほかならない。そして、そうなってしまってはもう奪い返すすべはない。ひとたび銀行が「資産収奪機関」と化したら、もうその資産は失われたも同然なのである。あなたの預け入れ資産は、数年後、多少でも戻ってきたら儲けもの、ぐらいの覚悟で考えておくのがちょうどよい。

 脅威E ものを持っても持ち腐れのリスク

 インフレとは、「お金の価値の下落」である。そこで、インフレ期には通貨「以外」の資産を持つという資産防衛策が流行する。代表的なのは、株式、不動産、債券、金(きん)などだが、時には美術品や骨とう品、果ては家具・家財や車もインフレ対策として用いられることがある。
 国家破産によって生じるハイパーインフレでは、身近な家財道具ですら「現物資産」として注目される。有名なところでは、第一次世界大戦後のドイツではインフレ対策に“カーペット”がよく売れたという。2000年代初頭のアルゼンチンでは自動車だった。
 しかしながら、こうした「現物資産」はインフレ対策としては手軽であるものの、多くの「ありふれたもの」では効果のほどはほとんど期待できないと考えた方がよい。冷静に考えればわかることで、資産の防衛に役立つ現物とは「高額で買い手が付く」ものに限られるからだ。そうしたものには希少性や価値を認める人が一定数いるからこそ高値が付くわけだが、インフレ期にも関わらず容易に入手できるもので、そのような要件を満たしているものなど、そうあるものではないのだ。
 下手をすると、「インフレ対策」を謳った業者に体よく踊らされ、高値を掴まされる可能性すらある。インフレがパニックレベルにまで高進している状況なら、誰もが「ものでの資産防衛」の方法を求めるため、悪徳業者や詐欺師も数多く登場し、荒稼ぎすることだろう。そうした偽物の対策に引っかからず「パニック状態のカモ」にならないためには、平時のうちから正しい情報を入手し、本当に有効な対策をあらかじめ講じておくことが何より重要だ。

 脅威F インフレによって到来するさらに恐ろしい二つのコト

 本書のテーマはインフレであるため、インフレ到来後に起こるであろうあるコトに対する詳細な説明や対策法については割愛するが、どのようなことが起こり得るかだけ、簡単に説明しておこう。
 まず最大限に注意すべきは、インフレによって「日本の国家破産」が引き起こされるということだ。第4章で説明した通り、日本の財政は危機的な状況にあり、それを日銀が何とか支えているわけだが、インフレの到来がここにダメ押しの一撃を加えることになる。持続不能となった財政を立て直すために、極端な債務削減、緊縮財政が実施されることとなるが、それらは実質的には「徳政令」や「大増税」という、「国民資産の没収行為」となる。日本国債のデフォルトといった定義通りの「国家破産」にはならなくとも、これは事実上の国家破産状態である。国家破産によって起きることは、インフレの脅威の比ではなく、より苛烈な苦しみとなる。
 しかし、これとてまったく打つ手がないわけではない。何が起きるか、どんな不利益を被るかをきちんと知れば、最大限の対策を打つことができる。
 そして、インフレ後に到来するもう一つの脅威は、「社会の大混乱」だ。はたしてこれだけ平和ボケし、少子高齢化が進んだ日本でそうしたコトが起きるのか、という疑問も出そうだが、歴史を紐(ひも)解けばこれからの日本にそうした事態が起きても何ら不思議はないことは明らかだ。
 古今東西、国家に動乱が起こるのは決まって「国民が飢えた時」である。お隣の中国でも、すべての帝国が亡んだ原因は食糧危機からくる農民暴動だった。そのことを熟知し、心底からそれを恐れている習近平は、最近世界中から穀物を買い漁り備蓄している。さらに肥料の輸出も一時的に停止し、国内の食糧生産を優先する施策を採っている。彼はワルなりに歴史に学ぶ知恵者と言えるだろう。どんな悪政を敷いても、いかに権力が腐敗しようとも、最悪の暴君が君臨しようとも、民が飢えない限り動乱や暴動は起きない。逆に、どんな善人が清廉潔白な政治を行なっても、民が飢えればその国は大混乱に陥るのである。
 直近で言えば2010年のチュニジアを起点とした中東・北アフリカの民主化運動「アラブの春」は2000年代の小麦価格急騰が引き金になっている。1989年の東西冷戦終結も、共産主義諸国の経済力が低下し、国民の貧困化が深刻になったことがその要因だ。さらに遡れば、1789年のフランス革命も歴史的な小麦の不作により、パンが高騰したことがダメ押しとなって引き起こされたものだ。第2章で述べたようにマリー・アントワネットが「パンがなければケーキを食べればよい」と言ったことに庶民が激怒した逸話が残されているが、これなどまさに当時のフランス市民がいかに「食べものの恨み」を権力者に抱いていたかの証左であろう。
 そして日本である。すでにご周知の通り、日本の食料自給率は4割に届かない。しかも、少子高齢化のため就農人口も減り続け、また山地が多く狭隘(きょうあい)な地形のため大規模農業が難しい日本では、すぐに自給率を上げることも厳しい。こうした状況下でインフレが高進し、さらに天候不順で農作物が世界的にひっ迫すれば、日本の貧困は危機的な水準に跳ね上がるだろう。「令和のコメ騒動」どころか、「令和の維新」すら起きてもおかしくはない。
 ただし、ここまで大きな混乱とならなくとも、世の中全体の価値観ややり方が変わる「パラダイム大転換」がやってくることは間違いない。近代日本においてはこの「パラダイム大転換」は明治維新と敗戦の2回起きている。時間的にもちょうど3度目の「パラダイム大転換」が起きても不思議ではない時期にきている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この『2022年 インフレ大襲来』は、浅井さんが主宰するセミナーなどに勧誘する営業本とも言えます。
 対象は、ある程度の資産を持っている人です。
 それゆえ本では、インフレ対策として、海外口座や海外ファンド、金(キン)やダイヤを買って対策するといったことや、はたまたオプションといわれるデリバティブ取引で一攫千金といった話まであります。
 そうした話は資産を持っている人には役に立つかもしれませんが、私のようなビンボー人には無縁の話です。
 冒頭で述べたように、私はインフレになれば、その影響をモロに受けます。
 なにしろ無収入の身で、年金もありません。
 非正規といえども仕事があり、収入がある人はまだましで、収入があれば生活レベルを落とすことで生きる方法を模索できるかもしれません。
 こんな状況では、不安を感じないという方が無理という気がします。
 しかし、並木良和さんは、「お金が無いと生活できない」「お金は使ったら減ってしまう」といった思い込みこそが、私たちをこの3次元に縛り付けてきたエネルギーで、それを手放せといいます。
 なるほど、不安や恐怖を感じることで、そうしたことを現実化させるというのは納得できます。
 並木良和さんの本を読むと、「目醒め」の波に乗れた人は以下のようになると書いてあります。

 ○宇宙の流れと一体化することで、物事がスムーズに流れ始める。シンクロ(意味のある偶然)が頻発し、自分にとって正しい道を進んでいると感じながら、日々を生きることができる。

 日本人の2割程度が新型コロナワクチンを接種しておらず、この層と「目醒め」を選んだ層はオーバーラップしていると私は見ています。
 そうした層は、日本が本格的にインフレに見舞われた場合、どのようなシンクロが起きて、どのような生活をおくることになるのだろうと考えてしまいます。

 最後に、浅井さんがインフレ対策として「究極」の手段として挙げているものを紹介します。


 ・・・<『2022年 インフレ大襲来』、p215〜p217から抜粋開始>・・・

 インフレに対抗する究極の(極端な方法)

 さて、ここまでで見てきたようなインフレ対策は、インフレで資産をなくさない、減らさないと言う、いわば「王道」のたぐいであるが、ここで少し頭を切り替えてインフレに対抗するためのまったく別のアプローチ、「究極」とも言うべき方法についても見て行こう。実践をお勧めするものではないが、あくまで「そういうやり方もある」という程度に参考いただきたい。
 一つ目の方法は、お金に依存しない経済圏を自分で作り、その中で生きるという方法だ。要するに、生活に必要なすべてを自給自足するか、あるいは物々交換で調達できるようにするというものだ。
 近年、田舎暮らしが見直される風潮の中で、都会を捨ててド田舎の一軒家に移り住み、あらゆるものを自分の手で生み出し、あるいはご近所付き合いの中で調達して生活する人が出始めている。どうもそうした人たちは、現金収入がほとんどなくとも日常生活がほぼ支障なく回っているというのである。インフレとは通貨価値の下落だが、そもそもお金を持っていない、使わないという生活なら、その価値がいくら下落しようともまったく関係がない。つまり、この「自給自足生活」は、まさに究極のインフレ対策ということなのだ。
 しかしながら、よく考えてみるとこの暮らしはかなりハードルが高い。食だけならまだしも、住居も自分でメンテナンスし、衣類も自家調達するのは相当なものだ。さらに、上下水道や電気・ガスといった公共インフラに頼らず、それらをすべて自前で賄うのも想像以上に大変だろう。様々な物資などを運ぶにも車なしでは厳しいし、車を持てばガソリンや税金が必然的にかかる。病気にかかれば医者の世話にもなるし、そうなれば支払いにはお金が必要となる。
 結局、どうあっても最低限のお金は必要となるし、そこにはインフレの影響が必ず付いて回る。もちろん、お金に依存する割合が少ないほどインフレの影響は軽微になって行くから、車や病院にかかる程度のお金であれば何とかなるのかもしれない。ただ、やはりこの生活は便利な環境に慣れたほとんどの日本人にとって過酷以外の何物でもない。本気で世を捨て仙人になり、やがて死んだら土に還るという覚悟でもなければ、インフレとまったく無関係な生き方はかなり難しいだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は家族もいず、地位も金も名誉もない、ただのうれぶれおじさんなので、世を捨て仙人になることに何の抵抗もありません。死んだら土に還ることこそ本来の姿と思っているくらいです。
 完全な自給自足を目指す必要は無く、事業を興し、ある程度の現金収入を得ることで外部との接触を保つ方法はあるのではないかと考えています。
 つまりコミュニティです。
 江戸時代と縄文時代を参考にしたコミュニティを考えると楽しくなります。
 最先端のテクノロジーを使った生活で、環境に負荷をかけない江戸時代型の循環型社会を目指します。それでいて、これも江戸時代風の困ったときはお互いに助け合うといった長屋住まいの地域密着型の生活スタイルです。
 そして住居は、縄文式の丸いドーム型なんて、とても面白い気がします。
 そんなことを考えるとワクワクしてくるので、これが私にとっての並木良和さんが言う「目醒め」の生き方かもしれない気がしてきます。



ティテル氏の2022年予言と準備

 今回は、年の初めの第1回目の記事なので、2022年がどのような年になるのかといった話題を取り上げたいと思います。
 まず、2022年という年が今の時代の流れから見ると、どういう位置にあたるのか。
 並木良和さんの『全宇宙の大転換と人類の未来』から抜粋させていただきます。


 ・・・<『全宇宙の大転換と人類の未来』、p48〜p49から抜粋開始>・・・

 高次存在によると、アセンションに向かう中で、「注目すべきターニングポイントの年」がいくつかあるようです。まず、現在の流れを観たうえで“2020年の春分から始まる流れが、2026年ないしは2028年まで続くタイムライン”を教えてくれています。

 2020年の春分から、2026年ないしは2028年までの間は
 世界各国で、人災や天災などの天変地異が多発し、
 政治や経済が非常に乱れていくことになる。
 それは、新たなものが生まれるために、古い体制が崩れていくからに他ならない。
 つまり、2020年・2021年の大激変の2年間という、
 新たな世界が築かれるための基盤の時期を経て、
 「これから」に必要のないものは、破綻・崩壊していくことになるのだ。
 それは、連鎖反応的に次々と起きていくことになるが、
 それらの流れが大方落ち着いてくるのが、
 早ければ2026年……遅くても2028年頃になる。
 それまでに、新しい社会システムの枠組みの基本が、一通りできあがる。
 それまでは、生みの苦しみともいうような期間を通過することになるが、
 ここを越えて行けば、本当の意味で明るい見通しが立つようになるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんがチャネリングした「高次存在」によれば、2020年〜2021年は、「大激変の2年間という、新たな世界が築かれるための基盤の時期」となります。
 まさにこの時期は、新型コロナ騒動によって世界中が大激変に見舞われた時期でした。
 生活が一変した方もおられると思います。
 私もまた、2020年末に東京から長野に引っ越して、生活が大激変した一人です。よく、もう元の生活に戻ることは無いと言われますが、私はそれをリアルに感じています。
 「高次存在」は、2022年以降は、「これから」に必要のないものは、破綻・崩壊していくことになるといいます。
 これらを私流に解釈すると、変化はすでに2020年から始まっていて、2年間は私たちが目にする表の世界ではなく、裏で大きな流れ(下地)が作られてきた。つまり、ここ2年は私たちは皮膚感覚で社会システムの大変動の胎動を感じていたけれども、実際に目にすることはできなかった(見えたのは、その片鱗)。
 それが2022年からは、私たちが直接目にする形で、社会システムの大変動が起こるということです。
 人災や天災などの天変地異が増えていくのは当然としても、私が大いに気になるのが、生活の基盤となる経済・金融がどうなっていくかです。

 この時期ですから、YouTubeで来年の予測・予言といった動画がたくさん見られます。
 参考までに、来年の予測・予言の動画を精力的に挙げておられる「はろーふろーむロングビーチ」さんの動画一覧のページを貼っておきます。

https://www.youtube.com/channel/UCd8yj7dHROHXLvZlPnsBr9g/videos

 今回は、上記の「はろーふろーむロングビーチ」さんの動画にも登場しているジョセフ・ティテル氏の2022年予言を、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介させていただこうと思います。
 ヤスさんは、ジョセフ・ティテル氏の予言に関し、以下のようなコメントをされています。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第675回)から抜粋開始>・・・

ティテルは人気が高く、読者からのリクエストも多いので紹介するが、予言のクオリティーは決して高くはない。むしろ、クオリティーは毎年劣化している。ティテルの最盛期は2010年から2015年くらいだったのではないかと思う。この時期を過ぎると、予言はティテルの取り留めのないおしゃべりのような状態になり、話にまとまりがなくなってくる。

このあまりいただけない特徴は、今年の予言でも顕著だ。まとまりのある予言ではないが、一種のエンターテイメントとして楽しんでくれればよいと思う。ちなみにティテルは、スピリットの声が聞こえ、それを元に予言しているという。以下が予言の要約だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以前ヤスさんは、ティテル氏の予言の的中率は40%ほどと言われていました。
 いまヤスさんは、「クオリティーは決して高くはない」と言われているので、40%からだいぶ落ちているのかもしれません。
 これはティテル氏だけの現象ではないと思います。
 時代の流れが速くなり、起きる現象が以前よりスピードアップして変化するので、予言が当たりにくくなっているのではないかと思います。
 ですから、ヤスさんが言われているように、予言が実現すると考えるのではなく、「一種のエンターテイメント」として楽しむのが良いように思います。
 そして、自分が納得する(自分の中にすーっと入ってくる)ものは実現性が高いと捉えればいいのではないかと思います。
 では、ヤスさんのメルマガからティテル氏の2022年の予言です。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第675回)から抜粋開始>・・・

ティテルの2022年予言の要約

・住宅やアパートの火災が相次ぐ。これは2月のホリデーシーズンに起こる。火災の原因は多くの家が暖房を使うことだ。

・食料危機が起こる。これは2022年の前半に起こる。それとともにカナダやメキシコ、そしてアメリカではトラック運転手のストが激増する。また、異常気象や新しく制定される法律が原因で、人々の移動や旅行が妨げられる。これは失業率の上昇を引き起こす。またこれらは、あらゆるものの物価を高い水準に押し上げる。強烈な物価高騰が起こる。

・中国のコントロールが強まる。中国は2024年から2025年にかけてアメリカをコントロールすることを狙っているが、2022年にはアメリカの市場と金の流れに攻撃を仕掛けてくる。しかし中国の目的は最終的に失敗するはずだ。

・主要メディアは真実の隠蔽に必死になる。この真実はバイデンとトランプの両方にかかわるものとなる。

・マメやイモ、また穀物や種の買い占めが起きる。これを行ってるのは中国やアメリカだが、実際に買い占めているのは米国内の秘密軍事基地である。しかしこの買い占めが原因で株式市場がクラッシュする。だが、アメリカの一部エリートはインサイダー取引で大もうけする。

・ビル・ゲイツが資産を増やし、アマゾンのジェフ・ベゾスやテスラのイーロン・マスクを抜く。

・農家が大きな被害を受ける。これは世界のあらゆる地域で起こる。しかしこれは、食糧生産をコントロールして国民の管理を強化する計画の一環として人為的に引き起こされることだ。

・食糧危機が悪化し、食料品店や雑貨店が暴徒に襲われる。また、食料の闇市場ができる。ここを管理するのはマフィアや彼らとつながった悪徳政治家だ。

・魚介類の不足が発生する。その原因は天候の悪化により、大規模な漁船の出航ができなくなるからだ。また、夜間専門に操業する漁船が多数出現する。これらの漁船は元は海賊だった。漁獲量を独占したい大手の漁業会社は、こうした漁船の取り締まりに乗り出す。

・アメリカの安売りスーパー、「ウォルマート」で会社に不満のある従業員による銃撃事件が多数発生する。このため「ウォルマート」は自前の自警団を結成し、警備を強化する。

・政府が自動車の没収を始める国が出てくる。没収した車はキューブのような形に圧縮される。そのため、こうした地域では自転車が主要な移動手段になる。この結果、車泥棒に代わりに自転車泥棒が一般化する。

・世界の人口は限界に達した。これからは人口は減少する。それはゆっくりと進行するが、減少数がもっとも大きいのはインドとアフリカである。これらの地域では出生数がいきなり低下する同時に、人の免疫も弱まる。これらは人口の減少をもたらす。

・トップクラスの医師のスキルとAIを融合した新しいタイプの手術の方法が開発される。それが大手製薬会社の抵抗にあうが、開発は継続する。またこの新しい方法は、人間のヒーリングにも適用される。

・視力を回復する画期的なテクノロジーが開発される。このテクノロジーによって、視力矯正は過去のものとなる。

・ガソリンの供給の世界的な不足が発生するので、多くのガソリンスタンドが閉鎖される。これは世界各地で起こるが、インドの打撃が大きい。インドでは給油のためには、何十キロも離れたガソリンスタンドまで行かなければならない。こうしたガソリン不足から、ガソリンの闇市場が発生する。

・2022年でバイデン政権は終焉する。米国民の政権に対する強い抗議が原因である。ヒラリーが政界に復帰しようとする。しかしヒラリーは大統領にはならない。次の大統領選挙では、副大統領候補になる。

・米下院議長のナンシー・ペロシは夫とともに違法な株取引に関与していることが発覚する。逮捕から逃れるために、国外に逃亡する。だが、彼らは離婚してしまう。

・デズニーの経営陣のスキャンダルが発覚する。それは、経営陣に児童性愛(ペドフィリア)に関与した人物がいたことだ。この事件でデズニーには激しい抗議が殺到し、最終的にはデズニーの経営は破綻する。

・クリント・イーストウッドの健康が悪化し、死に近づく。

・スキャンダルの多いバイデンの息子、ハンター・バイデンだが、父親のバイデンが大統領でなくなるとハンターのスキャンダルが一挙に吹き出し、ハンターの命運は尽きる。

・大手主要メディアの多くが、番組に怒りや憎しみの感情を惹起するサブリミナルな効果を加える。多くの場合、音楽が使われる。また、ロゴやシンボルを変える放送局も現れる。

・昨年カナダでは先住民の子供たちの遺体がカトリックの学校の跡地で大量に発見されたが、これと同じような事件が各地で起こる。人々はこれに強く怒り、責任者の処罰を強く求める。

・我々の人生を一変させてしまうくらいの破壊的な出来事が起こる。これが具体的になんであるのかは、いまは分からない。

・石油価格が高騰する。1970年代にはオイルショックが起こったが、それに似た状態になる。他人の車からガソリンを抜き取るような犯罪も横行する。

・3月22日に、世界の水があらゆる方向から押し寄せるような事態が発生する。具体的にこれがなんであるのかはよく分からない。これからはっきりするだろう。

・テキサスやアリゾナで、メキシコからの移民の流入を阻止するために、武装した住民が国境を警備するような事態になる。しかしこれは、メキシコのカルテルの反撃を招き、大惨事となる。逆効果だ。

・共和党による権力の奪還が始まる。これは2022年の後半から始まる。

・2022年9月の新学期は、教育現場で闘争が発生する。真実を隠蔽した教育内容に反発した学生が、授業を集団で放棄するようなことも起こる。これは大学レベルでも起こる。

・世界的に犯罪が激増する。特にこれはアメリカではなはだしい。国民は身を守るために銃を購入するので、銃の売上が史上最高を記録する。

・現金による支払いを拒絶し、クレジットカードなどでしか支払いを受け付けない風潮が一挙に拡大する。これはデジタルのグローバルカーレンシーへの移行を促進するために支配エリートが行っていることだ。

・株式市場で巧妙なインサイダー取引が行われる。これが原因で株式市場は不安定になる。かなりの数のトレーダーが逮捕される。

・2022年から23年にかけて、新型コロナウイルスの新たな変異種が拡散する。そのため、マスクの着用が義務化され、そして検疫キャンプという人々を強制的に隔離する収容所のようなものができる。これはオーストラリアや中国でも導入される。

・北朝鮮の体制が崩壊する。本物のキムジョンウンはすでに死亡している。北朝鮮の崩壊はアメリカとその同盟国の反応次第で、悪夢にも幸運にもなる。

・世界各地でインターネットが完全にシャットダウンするような事態が起こる。これは2度起こるが、事故ではない。支配エリートが計画したものだ。目的は人々のコミュニケーションを遮断するためだ。だが各国の政府は、この原因はハッキングだと説明するが、真実ではない。

・また、世界各地で大規模な停電が発生する。政府はこの原因を太陽フレアの直撃だというが、真実ではない。支配エリートの計画である。

・2022年10月から12月にかけて、世界各地で死亡者数が激増する。埋葬が間に合わない事態になる。

・地下鉄のような公共交通機関が停止するような出来事が起こる。日本では地下鉄が運行を停止する光景が見える。中国では列車の運行が完全に停止する。アメリカやギリシャでも起こるが。具体的な状況や原因はまだよく分からない。この停電は計画的なものだ。

・1月5日と1月11日が重要な日になる。また2月2日には株式市場が大変に不安定になる。2月22日は世界を変化させるような市場の崩壊が起こる。また、3月2日や9月22日にも大きなことが起こる。

・イタリアでは巨大な洪水が発生する。それは旧約聖書にある大洪水を思わせる巨大なものだ。また、2022年にローマ法王は辞任する。

・2022年には大洪水と大火災がフランスで発生する。ドイツも大変な時期に突入する。国民の抗議運動が大変に激しくなるのだ。

・巨大な軍隊が中東を移動するのが見える。おそらくこの地域はイラクのユーフラテス川沿いのエリアだ。

・また、ウクライナにとっては大変に厳しい年となるだろう。

・ベネズエラ国民は政権と戦わなければならない。さもないとこの国から国民は脱出し、もぬけの空になるだろう。スピリットが私にこのように告げるが、なにを言いたいのかよく分からない。

・ロシアが西欧を攻撃する。これによって大革命が始まる。ロシアの光が立ちのぼる。これもスピリットの声だが、具体的な内容は不明だ。

・これは2025年になると思われるが、ヨーロッパで生物化学兵器が使用され、汚染された雲に覆われる。これにより、多くの土地が汚染され、多くの人々が死ぬ。

・首都ワシントンの連邦議会議事堂が破壊される。

・5Gのネットワークの導入により、鳥類の免疫系が損傷を受け大量死する。また5Gの通信タワーは、子供の通う学校の周辺に立てられることが多い。これらはすべて中国の計画である。

・ワクチンの接種に抗議する膨大な人々が、ワクチンを製造した大手製薬会社に集まる。そして怒りをぶちまける。

・どこかは分からないが、病院の近くにテントに集中治療室が建設され、そこに膨大な人が収容される光景が見える。

・オーストラリアでは国民の分断と対立が進み、内戦に近い状態となる。これは5月に起こる。

・イスラエルはパレスチナの領土を完全に奪い植民地化しようとしているが、イスラエル人のなかにはパレスチナ人の完全な消滅を願っている人々もいる。

・イランの問題はもっと大きくなり、イスラエルが巻き込まれることになる。

・インドネシアの気候変動には注意すべきだ。インドネシアとその周辺地域で起こる気候変動は、半径1000マイルの広い範囲に巨大な影響を及ぼす。

・イラクの首都、バグダッドに向かってミサイルが発射される。それと同時に戦闘機が向かうのが見える。

・1月17日から30日に新月にエネルギーが最大となり、様々な自然災害が発生する。1月29日と2月2日に注意だ。

・ポールシフトは起こっており、変化のペースが加速している。また、2022年3月11日には、2011年3月11日に起こったと同じようなことがまた起こる。地軸が傾く。しかしこれは人災である。これは日本とは限らないが、大きな津波が発生する。

・2022年には、日本のフクイチで保管されている放射能に汚染された冷却水が海に放水される。

・前例がない地震発生のパターンが現れる。また、2022年と23年には、新しい断層が様々な地域に新しく作られる。

・人為的な災害が発生し、人々への水の供給が途絶える。これは自然災害のように見えるが、実は計画されたものだ。水の供給を確保するために自警団が結成される。

・コロラド川の水が汚染され、使用できなくなると告げられる。しかしこれは、ウソである。汚染はされていない。水資源を独占的に確保したいエリートの策略である。

・特にネイティブ・アメリカンの居留地を流れる川の方向を人為的に変更し、その水資源を独占をしようとするものが現れる。

・アメリカの東海岸で山火事が頻繁に発生するようになる。ニュージャージー州あたりがその舞台となる。しかし、これらの森林火災はが自然に起こったものとは限らない。人為的な森林火災も多い。

・バイクを荷台に積んだ2台のトラックが見える。このトラックは様々な州を移動しながら火をつけて山火事を引き起こしている。犯人の一人は男性で、もう一人は女性である。彼らは消防隊に発見され、火災が起こっている森林に逃げ込んで死亡する。

・森林火災はアメリカのニューイングランドで多発する。ロードアイランドなどの州だ。また、西海岸のワシントン州で発生した森林火災は強風に煽られ、思っても見ない方向に拡大する。

・2022年と23年は森林火災の当たり年になる。世界各地で発生する。そのひとつはオーストラリアだ。以前に森林火災が発生した地域の反対側の地域で今度は発生する。

・島で火災が発生するのが見える。おそらくこの島は児童売春を行っていたジェフリー・エプスタインの所有する島であろう。すべての証拠を隠滅するために島を焼くことにした。

・多くの国の国境で紛争が発生する。これは、移民の流入から自国民を守ろうとする試みである。

・車が爆発するのが見える。これはパリで起こるようだ。ターゲットとなる建物に駐車しているベージュ色の車が爆発するのだ。それは、人通りの多い場所で起こる。

・首都ワシントンの連邦議会議事堂が騒動の舞台になる。しかし今度は、議事堂が完全に破壊されてしまうのだ。これは支配エリートの計画の一部である。

・メキシコ湾の施設で原油の流出が起こる。これは同じ時期に発生した巨大ハリケーンによって広いエリアに拡散し、被害を大きくする。

・イギリスとフランスで戒厳令が敷かれるような事態になる。アメリカでも同じ状況になり、戒厳令が敷かれる。しかし、これが起こるのは2022年ではない。おそらく2025年だ。

・経済は減速する。世界経済はすでに不況に入っている。ヨーロッパの経済が最初に不況に入るが、すぐにアメリカにも拡大する。この不況で人々は、預金や年金を失うことになる。

・中国経済の行く末も厳しい。中国の指導部は国民に犠牲を強いて、自分たちは生き残りを図る。

・しかしこれらは、支配エリートがグレート・リセットを仕掛けるための準備だ。グレート・リセットは2022年にも起こる。

・不動産市場はクラッシュする。これは最初にヨーロッパで起こり、その後、アメリカにも波及する。

・これからは、有効な唯一の投資はゴールドのような希少金属になる。シルバーが特によい。またコバルトもよいだろう。

・暗号通貨は崩壊する。この市場で儲けるのは巨大な金融機関だけである。早く暗号通貨の投資から資金を引き出したほうがよい。

・2022年にアメリカの株式市場は狂ったように乱高下する。インサイダー取引以外の人々は大損する。もし株式に投資をするなら、ソーラー関連の企業がよいだろう。

・映画館は今後消滅する。おそらく多くの人々が自宅で映画を見るようになるからだろう。しかし、新しい映画鑑賞の方法が開発され、広がるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 いやはや、凄い内容です。
 今回のティテル氏の予言が的中するとなると、私たちはこれまで体験したことのない、大激動の時代を生きることになります。
 ティテル氏の予言がどれだけ的中するか私にはわかりませんが、大きな波が襲ってくることだけは確かだと言えそうです。
 そこで私が、とても印象深かった有馬薫氏の『【激動の時代】2022年に最低限これだけは準備しておくと困らないよ!』の動画を紹介させていただこうと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=7s-Wo9u4Bys

 この動画の中で、有馬氏は準備しておくものとして、以下の6つを挙げています。

@2022年は食べ物がキーワードとなる。それは食糧危機というよりも、身体に有害な食べ物が溢れるようになり、安全な食べ物が少なくなる。
 そこで、ベランダにプランターで野菜などを育てる。お米は、今のうちから信頼できる農家さんを探しておく。

A水道から水がでなくなる可能性はゼロではない。
 そこで、浄水器の水を入れたペットボトルを何本が用意するようにする。

B電気が万が一止まったときに備える。冬は暖房が必須となる。
 そこで、カセットコンロを用意する。

C食料が調達できなくなるリスクに備えて、小食にしておく。
 1日に3食、4食プラスおやつといった具合で常に満腹に慣れていると、食べ物が食べれなくなったときに、強いストレスを感じてしまう。

D人とコミュニケーションをとれるようにしておく。
 何かあったときに、グループで助け合えるような環境を作っておく。これは物質面だけでなく、精神面でも大事なこと。

E一つの情報に対し、偏った考え方をしない癖をつけておく。
 情報を多面的に調べて、自分の中で判断するようにする(他人の言うことを鵜呑みしない)。
 今までのようにメディアが言っていることだけを鵜呑みにするのは、とても危険。


 上記に挙げた中で私がとても印象深かったのは、@の有害な食べ物が増える件です。
 スーパーに食糧は並ぶけれども、安全な食べ物が無くなるというのは、やはり添加物の問題が大きいのでしょうか。あるいは、加工品に危険な農薬のような毒物や放射性物質などが混入してしまうといったことかもしれません。
 私に言わせれば、すでに日本のスーパーで売っている加工品の多くは、食べてはいけない危険な添加物がいっぱい入っています。それが、さらに危険なものが入ってくるということのようです。安全な食材を手に入れるルートを確保しておく、あるいは備蓄しておくというのは大事なことかもしれません。

 最後になりますが、私があれっと思ったのがBです。
 電気が止まるというと、私はソーラーフラッシュを思い浮かべてしまいます。
 実は、私は夢ワークをしているのですが、ソーラーフラッシュのことを調べている時期に見た夢で、「2022年8月」という数字が出てきたのです。
 忘れないように、机の前のホワイトボードに「2022年8月」と書き込みました。私の夢ワークは、たつき諒さんほどの信頼性は全くないので、あくまでもティテル氏の予言と同じく、エンターテイメントの類として捉えていただければと思います。



[トップページ] このページの先頭へ