2023年

[トップページ]

2022年〜2025年、テスト中!?

プレアデス星人ソーハンの言葉

DS、とうとう崩壊!?

新年、あけましておめでとうございます

2022年〜2025年、テスト中!?...2023年1月21日

 これまで私達が慣れ親しんできた社会システムが崩壊する(している)と主張する人は多いですが、それと同時に私達がテストされているという主張は、並木良和さんならではです。
 並木さんは、今から1年ちょっと前の2021年の冬至に、目醒めると決めた人と、目醒めないと決めた人に分かれたと言っていますが、この記事を読まれている訪問者の方々は、「目醒めると決めた人」だと私は信じています。
 そして、「目醒めると決めた人」は、新たな地球に行けるかどうか、すでにテストを受けているといいます。
 いきなりテストと言われても、「別に試験を受けているつもりはない」と答える人が大半だと思いますが、私たちは知らずに試験を受けているらしいのです。
 その試験に合格しないと、新たな地球に行くことはできないらしいのです。
 以下がその試験の項目です。

@ 感染症

A 戦争・紛争

B 経済問題

C 食糧問題

D 教育問題

E 天変地異

 たしかに、ここ3年ほど新型コロナ感染症で世界中で大騒動が起きました。また、ロシア・ウクライナ紛争が起こって1年が経とうとしています。そして、食糧危機が起きると言われていますし、いよいよ地球の活動が活発になり、大きな天変地異が起きる雰囲気に満ちてきた感があります。
 並木さんは、こうした出来事を通して、天は「目醒めると決めた人」がどのようなことを思い、どのような行動を取るのか、じっと見ているというのです。
 では、『新しい地球の歩き方』(並木良和著、フォレスト出版)から、並木さんが2022年〜2025年をどのように捉えているか抜粋してみます。


 ・・・<『新しい地球の歩き方』、p30〜p33から抜粋開始>・・・

 2022〜2025年 カオスを生き抜く

 順を追って詳しく説明していきましょう。
 まず、2022年というのは、前年の冬至に目醒めを選んだ僕たちにとって、アフターゲートの本格的な始まりの年。まさに「新生地球元年」でした。「新しい地球」で、新人類としてのスタートを切ったのです。
 ここから2025年まで、遅くとも2028年くらいまでは、日本だけではなく、世界規模の大変容を避けることができません。
 すでに世の中が変化してきていることは、スピリチュアルな世界に関心があるないにかかわらず、肌で感じている人がほとんどだと思いますが、この期間は「これでもか」というほど混沌(こんとん)を増し、まさにカオスを生き抜くことになります。

 「古い地球」を支配していた「眠り」の意識とは、一言でいえば、制限のある状態のことです。「できない」「やれない」「難しい」「上手くいくわけがない」……。こういう言葉を無意識のうちによく使っていませんか。僕たちはそうやって可能性を広げていくことに不安や恐れを感じて、自分で自分を制限してきました。
 この時期は、社会的な観点から見ても、「古い地球」の価値観がどんどん崩れていきます。既成概念が壊れ、徐々にさまざまなシステムが崩壊し、再構築がなされます。
 これまで隠されてきたことの情報開示、ディスクロージャーがあらゆる場面で起こります。大企業や政府の不祥事が露見することもそうですが、SNSなどで匿名での誹誇中傷、無責任なうわさを流す、このような行為をした人の発見が容易になるということもあるでしょう。
 これは「嘘をつけない世界になる」ということを意味しています。この期間は、社会レベルでも、個人レベルでも、あらゆる場面で、本質を覆い隠している不要な観念を洗いざらい表に出すようなことが起こるのです。

 宇宙からのテストの中身

 では、宇宙からのテストとは、具体的にどんなものがあるのかを説明しましょう。
 今回の地球の次元上昇に伴う大変容では、感染症、戦争、食糧問題、経済問題、天変地異といった出来事が次々と起こってきます。なぜなら、地球が目醒めていくために変化は不可欠だからです。それは、既存のすべてのシステムが崩壊していくことを意味します。
 なぜ既存のシステムが壊れるのかといえば、今までのシステムは不完全だったからです。より完全なものを目指して、新しいシステムができ上がっていくために古いものが壊れていきます。
 「新しい地球」の到来は、これまでの時代によしとされてきたこと、素晴らしいといわれてきたものの価値観が崩れ、「在り方」が変化していくという宇宙からのメッセージでもあるのです。
 宇宙は、これから地球で起こる未曽有の体験を通して、僕たち人類に「さあ、あなたならどうする?」と選択を促します。
 あらゆる現象が起こることで、「古い地球」で使っていたあらゆるネガティブな周波数を根こそぎ手放していくことができるかどうか。そこを宇宙は見ています。

 そのテストは実に巧妙です。「何が本当かわからない」「一体どれを選べばいいのかわからない」「先が見えない」……。僕たちにとって、そう突きつけられる場面がとても増えるでしょう。
 目醒めを選んだということは、真実を見抜く目を養い、混乱を越えて、「本当の自分」と深く一致した選択をしていくということです。「今はそういう流れなのだ」と受け入れて、そのカオスの中で、どう道を見つけていくか。いかに光を見つけていくか。それが宇宙からのテストです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、具体的にテストの中身を見ていきたいと思います。
 あまりに長くなるので、冒頭で挙げた項目のうち、経済問題と教育問題は割愛させていただきます。
 最初は、私達の生活に大きな影響を及ぼした例の感染症の問題です。


 ・・・<『新しい地球の歩き方』、p34〜p36から抜粋開始>・・・

 宇宙からのテスト@ 感染症

 新型コロナウイルスの完全なる終息は、誰にも予測できません。新たな感染症も次々と出てくるでしょう。
 たとえば、ワクチンの作用をくぐり抜けてしまうような変異株が出現すると、人類はまた新たなワクチンを作り出します。そして、また新しいワクチンを打つ……。それは、まるでイタチごっこをしているように思えませんか?
 「なぜこのようなことが今起きているのか」。
 ここで求められているのは、俯瞰(ふかん)して見ることです。

 ワクチンがよいものか、悪いものか、決めているのはあなたの意識です。
 「古い地球」で僕たち人類が最も頻繁に使っていた意識の一つが「二極の意識」と呼ばれるものです。「よい・悪い」「高い・低い」「遅い・早い」「正しい・間違い」という二極の意識を使ってジャッジすることをずっとし続けてきました。
 しかしそれは、「目醒め」を生きている僕たちにはもう必要のないものです。目醒めのスタンスに立てば、「よい・悪い」というジャッジをする必要はなくなります。
 自分が何を選択するか。ただ、それだけです。周りの人や国のせいにするのをやめて、どんなことも、「自分の内側に尋ねて決めること」が大事になってきます。

 ワクチンを「打つほうが安心」と考える人もいれば、「会社で打つように指導されているから嫌だけど打つ」という人、「あんな不確実なものを体内に入れたくない」と考える人、「これは陰謀だ」という人など実にさまざまです。
 どの考えが「よい・悪い」「正しい・間違っているか」ではなく、そのような周囲の傾向に翻弄されることなく、「あなたは自分の意志で決めていますか?」。宇宙はそれをテストしています。
 たとえば、「打たない」選択をすることで、「ワクチンのイタチごっこ」から抜け出ることもできます。「みんながやっているから」「国を挙げて推奨されているから」といわれると、日本人は流されてしまうところがあります。そういった右にならえの意識から抜けていくレッスンだということ。自分で自分の責任を持つことが何よりも大切になるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 感染症のテストの内容は、「打つ」「打たない」を自分の意志で決めたかどうかだそうです。
 これには、ワクチンを打った多くの人が落第点を取ったことになるでしょう。
 なぜなら、ワクチンを打ったほとんどの人は、政府やマスコミの言うことを鵜呑みにし、信じてしまったからです。マスコミは、連日、人々を不安と恐怖に陥れるような情報を垂れ流し続けました。人々は精神的に追い詰められ、ワクチンの列に並んだのです。
 もし自分の意志で「打つ」「打たない」を決めたのであれば、必ず自分の手で調べたはずです。新型コロナワクチンを打ち始めた当時は、ワクチンの効果や安全性は未知数でした。それゆえ治験という形で提供されたわけです。
 自分で調べた人は、ワクチン賛成派、反対派の意見を聞き、どうするか考えたはずです。
 私は、正常なバランス感覚を持った人なら、反対派の意見を聞いて震え上がったと思います。(元ファイザー副社長のマイケル・イードン博士の意見など)。
 もちろん「打った人」すべてが、落第というわけではありません。
 ワクチンが出た当初、自分の身体を使ってワクチンの効能を調べると決意した医師がいました。この医師は、自らの判断で「打つ」ことを選択したわけです。
 しかし、こうした医師は例外中の例外でしょう。

 病院や介護施設などでは、ワクチンが(事実上の)強制だった方も多いと思います。そういう方は、苦渋の決断をされた方もおられたと思います。
 家族の生活とワクチンの危険性を天秤にかけ、やはり家族を守る為に方を選んだ場合は、私は自分の意志で決めた方だと思います。
 私が自分の意志ではないなあ、と思うのは、同調圧力で打った例です。
 以前の記事に書きましたが、私の知り合いは職場の同調圧力に精神的に耐えられず、打つことを選択しました。この人は、(本人はそんな意識はゼロでしょうが)残念ながらテストに合格しなかったと言えます。

 次は、戦争・紛争の問題です。


 ・・・<『新しい地球の歩き方』、p36〜p39から抜粋開始>・・・

 宇宙からのテストA 戦争・紛争

 ウクライナの戦時下で犠牲になっている痛ましい市民の映像を観て、あなたはどのように感じたでしょうか。
 「ロシアはひどすぎる」と怒りで震える人もいれば、「ウクライナの子どもたちがかわいそう」と、我がことのように涙した人もいるかもしれません。
 どのような感情を持ってもいいのですが、入ってくる情報に一喜一憂して、巻き込まれていることに何ら疑問を抱いていないとしたら、いつまでたっても、「古い地球」の「眠り」の意識のままということになります。
 感情に訴えかけてくるような現象を体験したり、見聞きしたりするのは、「“ドラマ”に巻き込まれていませんか?」という宇宙からのメッセージです。
 「ドラマじゃない。テレビで現地の惨劇の有様を見たわ」というかもしれません。
 しかしどれだけの人が、ロシアとウクライナの、ひいてはこの戦争の背後にある世界の真実を知っているでしょうか。この戦争の裏では、全世界総出で激しい情報戦争が繰り広げられています。メディアからの情報を鵜呑(うの)みにし、ニュースから流れるウクライナの悲惨な映像を繰り返し見た結果、ウクライナに偏った見方になってはいないでしょうか。
 目醒めていくということは、真の「犯人捜し」が目的ではなく、真実がどこにあるかを見極めていくことです。
 「あなたの見ている情報は真実ですか? 見極めるための洞察力を養いなさい」という宇宙からのテストなのです。

 メディアは速報性や拡散性があり、圧倒的な影響力を持ってきました。
 CMがわかりやすい例ですね。繰り返し保険のCMを見ているうちに、「私もがんが心配。保険に人らなきゃ……。老後も心配。もう一つ保険に入ろう」となったりする。このように、いとも簡単に大衆の心をコントロールできるので、世論形成に大きな影響力があります。人類を支配するために、メディアのカを上手く操る支配者も存在します。
 インターネットの世界では、フェイクニュースだとか、成りすましだとか偽サイト(詐欺サイト)などがあります。それをご存じの方は多いかもしれませんが、テレビや新聞、雑誌といった大手メディアにフェイク情報はないのかといったら、そんなことはありません。事実もあれば、事実でない場合も往々にしてあります。
 もし、これまでメディアのいうことを絶対と思っていたとしたら、その妄信から抜けること。自分で情報を取捨選択して、自分にとっての真実を見極めることが大切です。

 メディアの情報に限ったことではありません。「この仕事を続けるべきか、辞めるべきか」「家を買うべきか、借りるべきか」「資格をとったほうがいいか、必要ないか」など、日常レベルでも同様のテストがたくさんやってきます。
 「なんとなく選ぶ」「誰かがこういっていたから」と、人の意見に従って行動していては、完全なる「目醒め」は遠のいていきます。真の意味で「本当の自分」と一致した選択をすることが求められます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、ロシア・ウクライナ紛争が起きるずっと以前から、政府、マスコミの言うことを信用していませんでした。
 「新聞で信用できるのは日付だけ」という言葉がありますが、ここまで極端でなくても、大手マスコミが国民を洗脳する機関があることは知っていました。
 新型コロナやロシア・ウクライナ紛争の報道は、そうしたマスコミの体質を多くの日本人に知らしめたのではないかと思っています。
 私のロシア・ウクライナ紛争への理解が、どれだけ真実に迫っているかわかりませんが、真実に迫る努力は今後も続けたいと思っています。


 ・・・<『新しい地球の歩き方』、p45〜p47から抜粋開始>・・・

 宇宙からのテストC 食糧問題

 「気候変動による食糧危機が迫っている」「ロシアによるウクライナ軍事侵攻で、アフリカやヨーロッパが深刻な食糧危機に陥る」といったニュースを観ていると、「日本にはどれだけ影響があるのだろうか」「現地の人々は大丈夫だろうか」など、次から次へと不安や心配事が浮かんでくるかもしれません。
 支配層のコントロールというのは、ここにもすべからく入っています。
 わかりやすくいえば、農業・食品産業も高度に資本主義化され、巨大企業がその資本と宣伝力、そして、政治力や軍事力などを背景にして、いわば世界を食いものにしています。
 食糧は僕たちにとってなくてはならないものですから、人々を支配したいと考えた時、お金と同様にコントロールツールとして最適なんです。
 食糧を牛耳って、「政府からの配給ですよ」と分け与える方法が一番人々をコントロールするのに使えます。なので、あることないことを仕立て上げて、「食糧がないから大変」という方向へ意識をコントロールしようとしています。

 大丈夫。僕らの暮らしが立ちいかなくなることはありません。ここで大切なのは、価値観を変えることです。
 食事に関していえば、お腹いっぱいに食べていたとしたら、腹八分目にしてみる。外食の回数を城らして自炊やお弁当にしてみる。本来、日本人は粗食だったのですから、そこに戻ると考えればいい。粗食になれば、ちょうどいいダイエットになって、むしろ健康になります。
 そのように価値観を「新しい地球」仕様にシフトしていくことができるかどうか。そこを宇宙はテストしています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今、日本をかなり強烈なインフレが襲っています。
 小麦、乳製品、油類、卵等々、値上げラッシュです。食品では特に加工食品の値上げが目立ちます。
 そんな中、私は自分が奇妙な状況にいることに気づきました。
 私は、何年も前から無添加生活をしていました。それゆえ、外食は一切せず、完全自炊です。また無添加生活を目指していたら、米(発芽させた玄米)、味噌、納豆、梅干し、魚といった純和風の昔ながらの和食に必然的にたどり着いてしまったのです(別に和食が好きというわけではなかったのですが……)。
 これらが並木さんが言う「粗食」なのかどうかわかりませんが、江戸時代の庶民の食事のような今の私の食生活は、粗食の範疇に入るのかもしれません。
 私の奇妙な状況というのは、こうした食事をしていると、昨今の値上げラッシュの影響が少ないのです。
 私にとって痛かったのは、ビ−ルの値上げです。
 これは、効いた……。


 ・・・<『新しい地球の歩き方』、p51〜p53から抜粋開始>・・・

 宇宙からのテストE 天変地異

 僕たちと同様に、地球も生きています。なので、当然、天変地異も起こりますし、地球の変化のプロセスとして、これからさらに活発化します。生きている以上、それも自然な動きなのです。
 地球は人類よりいち早く、「古い地球」から「新しい地球」へと次元上昇を開始しました。それは、地球が「地球の本来の在り方に一致しよう」と、覚悟を決めたということでもあります。
 たとえば、「この地域は、陸続きではなく、島が点在しているのが本来の在り方」となると、海底の火山帯を刺激して噴火を起こし、海底を隆起させて陸を破壊し、本来あるべき島が点在する姿を取り戻す、という感じです。
 それは、僕たち人類からすると天変地異に見えますが、地球にとっては、軌道修正しているだけなのです。この時期は、あちらこちらでそういうことが起こる可能性があるのは否めません。
 「そんなのやめてよ」といいたくなるかもしれませんが、実は、僕たちの魂は、地球で暮らすことを選択したという時点で、地球の変化にも同意して生まれてきています。でもそれを忘れてしまって、「地震が怖い」「台風が怖い」と恐れや不安を抱えているのです。
 厳しく聞こえるかもしれませんが、「地球と一緒に生きていく」ということは、そういうことがあるかもしれないと覚悟を決めること。それが宇宙からのテストです。

 同時に、「新しい地球」を生きる上で大切なのは、「地球と共存していく」と決めたなら、「地球を信頼する」ということ。実際、この揺らぎの期間において、地球をサポートするエネルギーはとても重要になってきます。
 僕たちが、「地球は僕たちを安全な場所に導いてくれる」と信頼することが、地球にとって最善のサポートになるのです。

 変化は必ずしも痛みを伴わなければいけないという決まりはありません。穏やかに、安らぎの中で進化・成長をしていってもいいのです。
 たとえば、「今年最大級の台風がやってくる恐れがあります。家から出ないでください」というアナウンスを聞くと、誰彼となく「どうか大事に至りませんように」と祈りのエネルギーを送ります。その祈りの意識が集合意識に影響を及ぼし、台風の威力に変化が出ることは実際にあります。
 わかりやすくいえば、「今何ができるか」と考えた時、僕たちの意識をポジティブに保ちながら対処すれば、大難を中難に、中難を小難にすることができるのです。不安や恐れを抱きながら対処するのではなく、希望をもって対処すると、現実は目に見えて変わってきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最近、かなりきな臭い出来事が起こっています。
 列記してみます。


・東日本で10万匹の深海魚が大量打ち上げ。

・伊勢湾でボラ10万匹が異常行動。

・大阪 淀川にクジラが迷い込む。東京湾にクジラが迷い込む。

・湘南でリュウグウノツカイが打ち上げ。


 こうしたことは大地震などの巨大災害の前兆として知られています。
 一つだけならいいのですが、これだけ立て続けに起こると、さすがに何か来るのかな、と思ってしまいます。
 並木さんは、意識をポジティブに保てば難が小さくなるといいます。
 意識をポジティブに保つよう努力しながら、万が一の災害に備えて、災害用品や食糧の備蓄を行っていこうと思っています。
 先日、ダイソーで「マイクロ・ストーブ」(1100円)なるものが売り出されたので、早速買いました。
 かなりパフォーマンスが良いようです。

https://www.youtube.com/watch?v=W_9luRlUFXw



プレアデス星人ソーハンの言葉...2023年1月14日

 昨年末に、私が首を長くして待っていた本が発売されました。
 『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』(エレナ・ダナーン著、ヒカルランド)です。
 この本には、フランス人UFOコンタクティーであるエレナ・ダナーン女史と、プレアデス星人ソーハン・エレディオンとの交流が描かれています。
 今回は、この本の中から私が印象深かった部分を抜粋して紹介したいと思います。

 まず最初に「愛」の話題です。
 イエス・キリストは「汝の敵を愛せよ」と言ったそうです。
 ネットで調べると、

 「敵」であり自分自身を迫害してくるような存在に対しても、愛する人に持つのと同じように慈しみの心を持つべきである。

 といった意味だそうです。
 この言葉には常人の私にはわからない深い意味が込められていると思いますが、一応この解説でなんとなく意味は把握できそうです。
 もちろんイエスの時代で「敵」というのは、あくまでも同じ人間であることを前提としていたと思います。
 しかし今は時代が変わったようで、エレナ・ダナーン女史は(敵である)レプティリアンに愛を送ったらどうなるかソーハンに質問します。
 その答えが私にとって意外であるとともに、“なるほど!”と大いに感心しました。
 まず、その部分から紹介させていただきます。


 ・・・<『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』、p479〜p481から抜粋開始>・・・

 敵を愛するということは

 ソーハンとの交信

−−(エレナ)レプティリアンに、愛を送ったらどうなりますか?

−−彼らを撃退しますが、そのことで彼らはあなたを標的にすることが出来るようになります。それは突然あなたを、“ほらここにいるよ、私に繋がる道を教えてあげるからこっちへおいで”という意味の光を送る、目印にするようなものです。決してそのようなことはしないでください。愛、ソース(源)からの純粋な愛は、最も強力な武器になりますが、レプティリアンのような存在を個人的に標的にしていません。確かに、愛はあなたの周りに大変高い周波数の盾を作ってくれます。あなた方の惑星のグリッド、あなた方の惑星そのもの、あなた方の嫌なリーダーなどには効果的ですが、あなたがもしそれを誰かに個人的に繋がるために使うなら、それは橋を作ります……。
 この同じ愛のレーザー光線をレプティリアンに向けたなら、相手はあなたに接続し返すでしょう。

−−(エレナ)私は物事を単純に考えていました、つまり愛は闇を追い払う、などと……。

−−ええ、そうですよ、愛を正しい方法で使いさえすればね。想像してください。それは、あなたが霧の中で守られているのに、突然あなたを追跡している人に松明を向けるようなものです。レプティリアンは、愛によって癒されたり次元上昇したりしません。全然出来ないのです。それが彼らの性質なのです。

−−(エレナ)それでは、私はどうしたらいいのですか?

−−あなたの光を放射状に照らし、星になり、(その光を)彼らに向けず、自分を彼らから見えないようにするのです。わざわざ彼らをからかったりしてはいけません。何故なら、あなたが輝いている間は、彼らはあなたを捕まえることが出来ないとすると、つまり、光が彼らには熱いので彼らは近づけないからなのですが、あなたがガードを下げたり、ちょっとでもその光を揺らしたりすると、彼らはそこに付け込む方法を知っていますから、すぐにあなたを捕まえるでしょう。愛というのは、開かれた心からしか出て来ないものです。愛を送ってもいいけれど、向ける対象に気を付けてください、わかりましたか? どのようにしても影響を与えることが出来ないものをしつこく彼らに与えようとして、敵を悩ましてはいけないのです。彼らに酷い痛手を負わせ、怒りで狂わせ、彼らの注意をあなたの方に引きずり込むだけなのですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もう一つ抜粋します。


 ・・・<『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』、p512〜p513から抜粋開始>・・・

 愛、ソース(源)からの純粋な愛は最も強力な武器です。それはあなたの周りに、地球のグリッド上で仕事をするのに効果的で、地球自体とその住民、嫌なリーダーや他の人に癒しを与えるような、非常に高い周波数の盾を作ります。しかし私たちが個人的にそれを誰かに繋げるために活性化するなら、それは橋を作ります……つまり愛のレーザー光線は、その受信者が、私たちに繋がり返すことを可能にします。想像してください、保護してくれる霧の中にいて、突然あなたを追跡している人に松明を向けるのと同じことなのです。あなたの光を放射状に輝かせてください。星になって、相手を狙わずに相手の目を眩ますのです。取り立てて敵をからかったりしてはいけません。何故なら、あなたが輝いている間は、彼らは熱くて近づくことが出来ず、あなたを捕まえることが出来ないのですが、あなたが作った橋によって近づく方法を知っていると、あなたがガードを低くして、ちらりとでも見えた途端に、あなたを捕まえることでしょう。どのようにしても影響を与えることが出来ないものをしつこく彼らに与えようとして、敵をからかわないでください。それは彼らに酷い痛手を負わせ、怒りで狂わせ、彼らの注意をあなたの方に引きずり込みます。愛は開かれた心のみが放つことの出来るものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ふーん、そうなのか、です。
 でも安心できるのは、2021年末にそれまで地球に巣くっていたレプティリアン族やシカールのようなドラコ族、その他のネガティブなETは、ギャラクシーアライアンス(銀河連合)によって他の星系に追い払われたといいます。
 ただし、人間に化けて人ごみの中に紛れ込んだレプティリアンは見つけるのが非常に難しいといいます。
 ですから完全に安全というわけではないようですが、大枠ではネガティブETの掃除は済んだということのようです。

 次は、新型コロナウイルスに関してです。
 ネットでは新型コロナウイルスは存在しないという説も目にしますが、ソーハンによると、レプティリアンの技術協力を得て、地球の科学者によって人工的に造られたものだといいます。


 ・・・<『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』、p486〜p488から抜粋開始>・・・

 恐怖というウイルス

 ソーハンとの交信

 あなた方の種族は一般的に、恐怖がもはや届かなくなったという段階には、まだ到達していないので、我々は、あなた方に多くのことを隠しています。恐怖はあなた方を脆弱にし、(レプティリアンから)見えるようにします。コロナウイルスは、レティリアンの秘密の同盟からの後押しで、地球の人々によって、人工的に作られました。その意図は、人類を抹殺することではないのです。何故なら彼らは自分たちのために地球人を必要としているのですから。そうではなくて、地球人を恐怖に陥れ、より低い振動数に閉じ込めておくためなのですから、怖れを表現しないでください。感染の可能性がある場所から離れていれば、大丈夫ですから。対抗措置が整うまでしばらく待ってください。たとえ多くの人がそこで死んでいく可能性があっても、これについては、配慮がされます。辛抱強く、慎重に、自信を持っていてください。周波数の高い場所にいてください。レベルを下げてはいけません。それは彼らの思うツボです。少しだけ待っていてください。私は地球人に、心配しないで、自分を信じてください、と言いたいのです。いいですか、コロナと呼ばれるこの合成ウイルスは全部、地球上で起きている、他のことと同じものと見なすことが出来るのです。他の病気や体調不良の方が、それに介在した機関によって提供されたデータより、多くの人々を殺しています。これらの人工的なウイルスに関しては、全て通貨の問題なのです。人間の苦しみを基に多くの利益を上げている非常に邪悪なエリートがいます。彼らは、つまりこの人たちは、誰も治すつもりはなく、病気の人々に、幽霊のように儚(はかな)い治療という望みに対して、代金を払わせることが目的なのです。

−−(エレナ)それであなたは、地球人に希望を持つようにと願っているのですか?

−−勿論、そうです。私はそう願っています。私は彼らを、特にこの厄介で有害な機関なしで自分自身を救う彼らの能力を信じています。自然医学における地球の資源は非常に豊富であり、また、地球人は今や、音の性質を発見しつつあります。彼らは大丈夫です。しかし、ええと……まだ多くの変化が起きなければなりません。ええ、彼らはそこにたどり着くでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は個人的に、ソーハンの「地球人は今や、音の性質を発見しつつあります」という言葉に魅かれます。周波数の無限の可能性を感じてしまいます。
 次に紹介するのはソーハンではなくて、マイラというETの言葉です。


 ・・・<『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』、p491〜p494から抜粋開始>・・・

 悪意のある拉致

 マイラ

 このような拉致の対象として選ばれた場合、地球人にはどうすることも出来ません。それは、この場合は、人生で通るべき道を進んでいるのでも、運命でもないという意味においてです。悪意のある拉致をする存在は、ハンターであり、捕食者です。彼らは狩りをしますが、その狩りは、運命とは関係ありません。狩りに遭うことは、本当に不運です。もし彼らがあなたを襲うことに決めたなら、彼らの訪問を避けるためにあなたが出来ることは何もありません。しかしその時、あなたは自分自身を守ることが出来ます……ですから、チャンスを掴んでください。あなたが出来る唯一の方法は、光で彼らを盲目にすることです。つまり、あなた自身の力で、あなたの振動数を上げたら、彼らの目を見えなく出来ますから、そうすれば彼らは、あなたを捕まえることが出来ないということです。あなたは自分の力、自分の光を放出しなければなりません。特にあなたが使者(スターシード)であるならば。あなたは守護霊やアセンデッドマスターを呼び出すことは出来ますが、彼らが恐らくあなたを直接助けることはないにしても、彼らを呼び出すことは、あなたに自信と力を与えるでしょう。あなたはこれらの霊的存在のオーラに繋がるかもしれませんが、あなたは自分自身を守るカを持っているので、それは必要ありません。問題はマイトラ族、レプティリアン、グレイが恐怖を利用していることです。恐怖は、あなたを罠に掛け、捕らえ、脆弱にし、あなたに自分自身を守ることを出来なくさせます。地球人の皆さん、あなた方のほとんどは、自分自身を信頼していません。あなた方自身のカを。ですから、高次の存在を呼び出すのは、自信を与えてくれるから構わないのですが、あなた自身の高次の光で輝くことが出来れば、その方が良いですし、時には効き目があるかもしれません。

 ご存じのように、私たち(銀河連合)は、これらの拉致を避けようとしています。私たちは、最善を尽くして人々を、特に子供たちを救うために、一生懸命に働いています。何故なら、子供たちは、言うまでもなく、あなた方の種族の希望を運んでいるからです。そしてまた子供たちは、様々な卑劣な理由のための取引で、値打ちが高いのです。しかし、私たちは十分ではありません。つまり、数が十分ではないのです。これら全ての捕食性の種族は非常に、非常に数が多く、私たちがそれに対処するのは、非常に困難です。私たちは最善を尽くしますが、あなた方が自分で出来ることは、“ノー”と言える自分の力を信じることです。
 例えば、マイトラ族を追い払う方法があります。あなたがそれを望むなら、振動と音によって、あなたのDNAを変えなければなりません。マイトラ族は、過去にすでに変えられた地球人の特定のDNAを捕食します。音はDNAを変えることが出来ます。その周波数は、528ヘルツ、そして532ヘルツもそうです。松果体の外層部でこれを行うようにと、人々に伝えてください。頭のそばで、額の部分がいちばん良いのですが、そこでその音を鳴らしてください。それと、レプティリアンについては、実際にはあなたの振動数を高く保っておくこと以外、何も出来ることはありません。

 さて、他のグレイ種族ですが、これは簡単です。レプティリアンの場合と同じように、怖れを消して、振動数を高く保つことです。レプティリアンの方がもっとずる賢いので、あなたの周囲に(場所についても人々についても)保護壁を高く保つ必要があります。

 まとめとして、捕食者は運命や人生で通るべき道とは関係ありません。あなた方の血の性質に基づいて、彼らが狩りの獲物を選ぶ場合でさえ、実用的な目的によってのみ行われます。彼らは、ただの捕食者です。恐れを捨て去りましょう。それが最初のステップです。次にメインステップです。全てはあなたの振動数つまり周波数を、出来るだけ高い範囲に保つことです。恐怖は逆の効果をもたらします(これらの捕食者は、すばやく簡単に手に入る獲物を求めており、見えなくなる周波数の獲物に対処する必要はないのです)。教えてあげられる公式は特にありませんが、あなた方の文化や宗教に関係のある、あなたに力や自信を与えてくれる言葉を何か見つけるといいですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 マイラは、頭のそばで528ヘルツ(又は532ヘルツ)の音を鳴らすとよいと言っていますが、この愛の音と言われる528ヘルツの音叉(おんさ)が市販されています。仏壇に置いてあるチーンと鳴らす「おりん」も528ヘルツだと言われています。
 確かに、528ヘルツの音叉と仏壇のチーンは、同じ音のように聞こえます。
 この528ヘルツの音叉を私も持っていますが、難点はすぐ鳴りやむことです。
 例えば、528ヘルツの周波数をずっと流す機器があればいいなと思います。

 最後に紹介するのは、次元と密度に関することです。
 私はこれまで次元と密度の違いが、いま一つわからなかったのですが、ソーハンの説明は明快でした。
 無数に存在するという平行世界のことを別の次元と言い、密度はその次元内の物質の振動数の違いだといいます。
 一つの次元に13の密度があり、一番上の13密度がソース(源)だと言います。


 ・・・<『110の宇宙種族と未知なる銀河コミュニティへの招待』、p497〜p499から抜粋開始>・・・

 機密情報

 ソーハン

 地球人の科学者たちが、まだ知られていないこの偉大な秘密を理解する瀬戸際で勇敢に歩いているのが、私には見えます。ですから、あなた方に、このヒントをあげましょう。あなた方地球人は、これら二つの用語、つまり密度と次元を、しばしば混同しています。宇宙は、もっと正確に言うと、多元宇宙は、互いに重ね合わされた、多数の異なる次元から構成されています。一方、各次元は異なる密度のスケール(鱗)で構成されており、そこで物質は異なる速度、つまり周波数で振動しています。周波数が速いほど、密度は高くなります。周波数の速度を変えることで、あなたは個人的に密度を越えて移動することが出来ますが、次元間の移動には、技術が必要です。

 大いなる多元宇宙の各次元は、13の密度で構成されています。物質の12の異なる密度と、一つは、全ての次元と共通しており、全ての中心である、ソース(源)です。各密度は、キーボードの周波数の1オクターブに相当し、この範囲内で、物質は異なる速度で振動します。12のオクターブがあり、メロディは13番目の要素で、その12を一体にし、あらゆるものに生命を吹き込む、偉大な感覚を持つ意識です。13番目、つまり宇宙のメロディは、オクターブの音符が演奏される理由です。この本質的な関係が、生命のエネルギーを作り出します。永遠は、次元間では無限です。そして時間は、永遠に球体の中で回転し、始まりも終わりもなく、それ全体を包み込みます。直線性は、幻想です。川でさえ、より大きな円の小さな断片です。サイクルには始まりも終わりもありません。季節が変わり、太陽が拡大すると、あなた方全ての生命、地球の生命力がそれに伴い変化して、別のものに変わります。全ての固体物質は、目に見えて変質します。実際、原子は存在を止めず、何か他のものを形成するでしょう。何故、全てが絶え間ない、時代を超越したエネルギーの流れに過ぎないとわかっていながら、全てのものに誕生と死を絶対的に設定するのでしょうか?

 大いなる多元宇宙には、始まりはなく、従って終わりもありません。時間は球体です。あらゆる時点は、その中心から等距離にあります。この概念を理解するためには、3次元の考え方から外へ踏み出す必要があります。意識の別の周波数へと出て、全てのものの間には、隔たりなどないのだということに気づく必要があるのです。全てのものは、一つに過ぎません。時間、意識、命は、全て一つです。永遠なのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は以前ゲリースクールに通っていたとき、ゲリーさんに宇宙について質問したことがありました。
 ゲリーさんが、「宇宙には始まりがあった」と言ったので、私は、

 「始まりがあるなら、終わりがあるはずです」

 と言ったのです。
 するとゲリーさんは、「確かにそうだ」と答えました。
 つまりゲリー理論では、宇宙には始まりがあったのだから、いつか終わりが来るということになります。
 そんなものか……と思っていたのですが、ソーハンによると、始まりも終わりもなく永遠だと言います。
 始まりがあったのなら、創造主かあるいは神と呼ぶべきかわかりませんが、この宇宙を創造した存在がいたことになります。
 ということになれば、創造主、神は存在しないということになるのでしょうか。
 しかし、この宇宙は(ソーハンが言うように)大いなる意識があり、ある「意図」があって、この宇宙は動かされているという気がします。
 この辺になると考えても答えが出るわけではないのですが、とりあえず私はソーハンの意見を前提にしようかと考えています。

 最後に、マイケル・サラ博士の情報を佐野美代子さんが動画にされているので紹介させていただきます。
 2023年1月7日、アメリカ東部のブルーリッジ山脈にある米軍の秘密地下軍事施設で、銀河連合のソーハンと地上アライアンスが会合を開いたといいます。
 銀河連合の指令で2023年中にも、米軍によるETの情報公開が行われる可能性があるとのことです。4つ星のバンハーク将軍が、今回のETの情報開示の権限を持ったということが語られています。
 以前アメリカがUFOと思われる写真を公開したことがありましたが、あくまでも未確認飛行物体が存在することを認めただけでした。
 しかし今回は、銀河連合と地上アライアンスが共同作戦を行ってきたという、かなり踏み込んだ発表が行われるのではないかと私は期待しています。
 いやあ、楽しみです。

https://www.youtube.com/watch?v=MdmtuU6Id9Y



DS、とうとう崩壊!?...2023年1月7日

 最初にバイデン政権とトランプ氏の背後の勢力は何なのかという質問です。
 以下の3つから選んでみて下さい。

@ 両方ともアライアンス

A バイデン政権の背後にいるのがDSで、トランプ氏の背後にいるのがアライアンス

B 両方ともDS

 現状を分析するにおいて、これら@ABのどれを選ぶかで決定的な差が出てきます。
 私は、Aだと思っていました。
 当HPを訪問される方々も、Aだという方は多いのではないかと思います。
 ネットでは、Bの意見を時々見かけます。
 ちょっと驚いたのは、私が日頃参考にしているベンジャミン・フルフォード氏もBの意見だったことです。
 まず、そのフルフォード氏の見方を『破滅する世界経済と日本の危機』(ベンジャミン・フルフォード著、かや書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『破滅する世界経済と日本の危機』、p203〜p205から抜粋開始>・・・

 「管理された反体制」と化したトランプ

 今後の動向が注目されるトランプだが、現在、彼は「管理された反体制」になっているという。
 というのは、バイデンが勝利した2020年11月の大統領選直後、アメリカ軍がハザールマフィアに対抗するために「行動を起こそう」とトランプに申し出たが、本人がそれを断ったという。そもそも、2016年の大統領選挙でトランプが勝利したのは、アメリカ軍の良識派によるバックアップがあったからだが、トランプが大統領に就任した後、アメリカ軍の良識派が距離を取るようになっていった。それでもアメリカ軍の良識派はハザールマフィアの暗躍を阻止するために、2020年11月の大統領選直後にトランプに協力を求めたのだが、トランプは結局、その呼びかけに応じなかったというのだ。
 そもそも新型コロナウイルスのワクチン接種についても、トランプは当初こそ抵抗して見せたものの、結局は大々的に奨励するようになり、多くのトランプ支持者からも反発を買っていた。これまで述べてきたように、ワクチン接種キャンペーンはハザールマフィアの画策した謀略である。
 さらに、トランプが「管理された反体制」であることは、トランプの影武者説が流れていることでも証明されている。トランプの目の周りが白く、あごがたるんでいるときは、それは影武者だというのだ。アメリカが2020年1月31日に不渡りを出した事実は、これまで何度も触れてきたが、実はこれ以降、当時の大統領だったトランプは完全に権力を剥ぎ取られ、それまで公に登場するときは3度に1度の割合で影武者だったものがすべて影武者に置き換えられてしまった。つまり、トランプは反体制のポーズは取っているものの、ハザールマフィア側の旧体制から管理された存在になってしまったのだ。
 しかし、トランプを熱狂的に支持する人たちの多くは、彼が「管理された反体制」であることにまだ気づいていない。今回の中間選挙でもトランプは自身が推薦する共和党候補の応援に駆け巡り、支持者からの熱烈な歓迎を受けていた。
 ところが、中間選挙の結果を見ると、トランプの応援した候補が全員当選したわけではなかった。それでもトランプは、2022年11月15日、フロリダの邸宅で大統領選挙への出馬を表明した。実はこのときの演説の中で、トランプは「2024年」の大統領選挙とは一言も言っていない。次回の大統領選挙は2024年に行われる予定だが、そのことにあえて触れなかったのは「大きな意味」があるとCIAの情報筋が伝えている。アメリカでは現在「バイデンや他の多くの議員たちを不正選挙で逮捕し、2023年の3月に次の大統領選挙を実施する」というシナリオのもと、いくつかの国内勢力が活発に動いているという。トランプはその選挙を視野に入れて、大統領選挙の出馬を早期に表明したというのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このようにフルフォード氏は、バイデン政権のみならず、トランプ氏もDSから管理され、反体制派を演じているという見方をしています。
 フルフォード氏には、実に様々な情報源から情報が集まってくるようです。
 その中には、DSによる嘘情報のみならず、アライアンスからの攪乱情報も含まれていると思われます。
 戦争をしているのですから、例えばアライアンスからもトランプ氏の身の安全を図る為に、あえて嘘情報を流すということもあったと思います。
 私は前々から、フルフォード氏の情報源にはアライアンスの直接のものが無いのでないかと感じていました。
 アライアンスは情報を厳密に管理しているようで、チャーリー・ワード氏やサイモン・パークス氏のように選ばれた、ほんの一部の人間にしか情報を与えていないようです。しかも、情報に関する契約をしていて、言っていいことと、言ってはいけないことを分けているようです。
 フルフォード氏のような自分の判断で情報を流すフリーのジャーナリストは、アライアンスにとって情報を伝える相手としては不適なのかもしれません。

 さて冒頭で述べたように私はこれまで、バイデン政権がDS、トランプ氏がアライアンスだという見方をしていました。
 しかし、この見方を変え、バイデン政権もトランプ氏の背後にいるのもアライアンスではないかと考えるようになってきました(つまり@)。
 今回は、なぜ私がそのように考えるようになったのかという話です。

 横河サラさんによると、チャーリー・ワード氏は、「すべてがパントマイム」という言い方をしているそうです。
 これは、現状のバイデン政権の裏に(DSではなく)アライアンスがいることを暗示しています。
 私はこれを最初に聞いたとき、半信半疑でした。
 しかし、最近のサラさんの情報によると、DSの中枢はあらかた掃除が終わったといいます。残っているのは、DSの指令で動いていた国会議員(特に共和党に潜り込んだDS)や、3文字エージェンシーといわれるCIAやFBIの中に巣くっているDSの残党だといいます。
 これが事実ならば、すでに決着は着いたことになります。
 ただし、まだあと2000万人ぐらいのDSを掃除する必要があり、シドニーパウエル弁護士などが精力的に働いているそうです。
 バイデン政権の裏にアライアンスがいるとすれば、説明できることがいくつかあります。
 バイデン政権の就任式のときに、神父が「ドミニオンパワー!」と叫んだことなどです。もしバイデン政権の背後にDSがいたなら、こんな映像を世界に流すはずがありません(バイデン氏が不正選挙によって選ばれたと宣言しているのですから)。
 またバイデン氏の手がマイクをすり抜けたり、さらに記者会見で認知症のような行動を取るというのも頷けます。
 しかしなんといってもバイデン政権が繰り返す数々の失政が、アメリカ人の怒りと失望をかっているはずです。
 ユーチューバーの「SHIMAKURA」氏は、バイデン氏はアライアンスによってアメリカ株式会社を崩壊させる為に役者が演じていると言っています。
 私はこれは事実ではないかと考えるようになりました。
 以下の画像は、「SHIMAKURA」氏の動画をスクショしたものです。
 FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長の背後のアメリカ国旗には、ゴールドフリンジが付いています。これは今のアメリカが軍事政権下であることを示しています。つまり、FRBがすでにアライアンスのコントロール下にあることを、(わかる人にはわかるように)示しているといいます。





 ではなぜ私がバイデン政権の背後にアライアンスがいると考えるようになったのか。それには状況証拠があります。
 以下の藤原直哉氏の動画の1時間(1:00:00〜1:04:00)あたりを観て下さい。
 藤原直哉氏はDSが壊滅した証拠として、債務不履行を起こしたガーナやスリランカに対し、IMF(その他銀行など)が乗っ取りにこないことを指摘しています。以前であれば、間違いなく乗っ取りにきていたDSが壊滅したからこそ、乗っ取りにこないというわけです。
 この指摘は鋭いと私は思います。

https://www.youtube.com/watch?v=QxFUwaKstqI

 また、トランプ氏の背後にアライアンスがいることは私は間違いないと考えています。
 以下の「SHIMAKURA」氏の動画を観て下さい。
 もうかなり前から、アライアンスがDS退治の為に準備してきたことが具体的に示されていて参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=uZgRLcBU1cE

 さらに「SHIMAKURA」氏は日本の政治に関しても興味深い指摘をしています。
 バイデン政権がアメリカ株式会社を崩壊に導く役割をしているように、日本の岸田政権も戦後日本の自民党政治を終わらせる役割を背負っているといいます。
 それゆえ、岸田首相は国民がひどく嫌う増税の話を持ち出しているといいます。
 そういえば衆議院選挙のときに、岸田氏は増税のことを言っていなかったように記憶しています。それがここにきて突然、防衛費増額の為に増税が必要と言い出しました。
 そして、実によいタイミングで自民党の萩生田氏が、増税前に衆院解散し国民に信を問う必要があると言い出しました。
 これに呼応するように岸田首相は、防衛費を巡る増税が2024年から2027年の間の適切な時期にスタートすると説明したうえで、「それまでに選挙があると思う」と述べたといいます(とすれば、速ければ年内にも解散総選挙がありうるということになります)。
 増税を掲げて選挙をすれば、大敗北を喫することは目に見えています。
 それゆえ「SHIMAKURA」氏は、岸田首相は、DS→統一教会→自民党といった流れを国民に示し、自民党政治を選挙の大敗北でもって終わらせる役割を背負っているというのです。
 なるほど、これも鋭い指摘だと思います。

 最後に一言。
 冒頭の問いですが、私はAから@に見方を換えたと述べました。
 おそらく当HPの訪問者方々は、@よりAの方が多数ではないかと想像しています。
 チャーリー・ワード氏の「すべてがパントマイム」という言葉は、本当にそうなのかと思っていたのですが、藤原直哉氏の見解を聞いて、やはりそうなのだと納得したのです。
 チャーリー・ワード氏は、実際にアライアンスの仕事をしていた現場の人間です。
 ジャーナリストが誰かに取材したとか、チャネリングの情報といったものとは重みが違うと再認識しました。
 やはり、現場の人間の言葉は信憑性が高いと思うのです。



新年、あけましておめでとうございます...2023年1月1日

 新年、あけましておめでとうございます。

 昨年はたくさんの方々に訪問していただき、有難うございました。
 今年も時々、記事を更新したいと思っておりますので、お時間がある方は覗いていただければ幸いです。

 今年は、人類の記憶に残る1年になるだろうと私は思っています。
 昨年の暮れから、イーロン・マスク氏によるツイッター情報のデクラスが始まりました。こうした真実の暴露の流れは始まったばかりであり、今年から本格化すると思います。
 もうこの流れは誰も止めることはできません。

 結果として真実の情報を受け入れ、目覚めていく人々(おそらく少数派)と、そうした情報を陰謀論と切り捨て、マスコミや政府の言うこと、及び社会で常識といわれるものを鵜呑みにする眠ったままの人々(おそらく多数派)に、明確に分れることになると思います。
 当HPを訪問される方々は、目覚めを選択された方々だと私は信じています。
 なぜなら、当HPのワクチンは毒液だという主張は、社会的常識に染まった(眠ったままの)人々であれば、受け入れるはずがないものです。

 この目覚める人と、眠ったままの人という分断の現象は、これから加速していくと思います。
 電車に例えれば、駅のホームで電車を待っている人の中で、眠ったままの人は従来の各駅停車に乗ります。一方で、目覚めると決めた人は、快速電車に乗ります。しかし、その快速電車は、そのうち急行のように速くなり、さらに新幹線となってばく進ことになります。
 両者は、ホームにいるときはお互いが見えていましたが、新幹線に乗った人と各駅停車に乗った人は、もう見えることはありません(しかし、どちらの道を選ぶかは個人の選択であり、どちらの道を選んでも、その人の意志は尊重されるべきでしょう)。

 そして、これから起こるであろう世界的な経済・金融の崩壊をきっかけに、社会構造そのものが崩壊する様を私たちは見ることになると思います。
 この崩壊の中で、目覚めを決めた人と眠ったままの人は全く違った捉え方、感じ方をすることになると思います。
 眠ったままの人々は、自分の精神的な拠り所としていた規範が崩れていくわけですから、辛い思いをする人が大勢でてくると思います。
 一方で目覚めると決めた人は、次の新たな世界に思いを馳せることになると思います。
 私は個人的には、早く次の世界を見たいと思っています。
 もちろん次の新たな社会秩序への移行が1年で済むはずがなく、何年もかかると思います。
 その期間は、生みの苦しみの期間となりますが、私たちは、これほどの大変革を体験できる幸運に恵まれたとも言えます。
 私たちは歴史の証人になると思います。



[トップページ] このページの先頭へ