2020年

[トップページ]

船瀬俊介氏が指弾する不正選挙の実態

『ガイアの法則 [U]』から

NESARAについて

新型コロナ騒動とは何だったのか

副島隆彦氏が語る金(キン)の売り方

ロックダウン解除の経済的背景

新型コロナ騒動の経緯

フンザの水の秘密

爆刷されるドルと金の関係

反重力プラットフォーム

横河サラさんが語るアセンション

『新型コロナウイルスへの霊性と統合』から

新型コロナウイルス騒動に関して

金(ゴールド)に関する話

ベンジャミン・フルフォード氏が語るアメリカの現状

サアラさんが語る新型コロナウイルス

新型コロナウイルスが経済に与える影響

話題を3つほど

上部一馬氏が語るブルーエイビアンズ

並木良和さんが語る2020年代

「クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言」の続き

吉田繁治さんの太陽光発電の話

クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言

船瀬俊介氏が指弾する不正選挙の実態...2020年7月3日

 明後日(7月5日)は東京都知事選挙です。
 都民にとっては今後の東京都の行政を左右する重要な日となります。
 そんなおり、久々に本屋で船瀬俊介さんの本があったのでパラパラめくっていたら、気になる章を見つけました。
 その章のタイトルです。

 投票箱は“ゴミ箱”だった!
 息の止まる不正選挙
 −−なるほど! これが安倍政権が長期安泰のカラクリ

 早速、本を買って読んでみることにしました。

 私は、日本で不正選挙を告発する動きがあることは知っていました。
 リチャードコシミズ氏が不正選挙を告発する本を書いていて、読んだことがあったのです。そのリチャードコシミズ氏は、日本の裁判所では不正選挙の告発が受理されないので、海外で日本の不正選挙の裁判を行うと言っていました。
 私が知らなかったのは、いまや不正選挙を告発するYouTubeの映像がたくさんあるということです。量が多すぎて、削除するのは無理とあきらめたのでしょうか。
 もはや不正選挙は、多くの日本人が知るところとなったのかもしれません。

 今回は、東京都知事選挙の直前という絶妙なタイミングで、不正選挙について『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』(船瀬俊介著、成甲書房)から抜粋して紹介させていただきます。

 最初はベストセラーとなった『戦後史の正体』の著者である孫崎亨氏が告発する不正選挙に関してです。
 東京都知事選挙の不正を告発したもので、実にタイムリーです。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p87〜p91から抜粋開始>・・・

 もはや日本はナチス支配下と同じだ
 「……日本は、もうナチス支配と同じですよ」
 電話の向こうの声は、震えている。
 山田豊文氏。栄養と健康問題を告発する日本屈指の研究者である。
 その彼から、参議院選挙直前に電話があった。
 「船瀬さん、エライことです。日本は壊れてますよ。YouTubeで孫崎亨(まごさきうける)さんが告発してます。ぜひ拡めてください」
 あの温厚な山田さんらしからぬ、怒りに震えた声……。怪訝(けげん)な思いで、その理由をたずねる。
 「選挙結果が、ごまかされていたんです」
 具体的には、数年前、猪瀬直樹が都知事を辞任した後の選挙だ。
 「本命で、舛添要一が立候補していました。その結果、驚くべきことが分かったのです。東京23区他すべてで、舛添の得票率は、前回当遷した猪瀬のピタリ48%だったのです。こんなこと、統計的には絶対ありえません。つまり、コンピュータで入力した決定的証拠です」
 耳を疑った。不正選挙については、わが盟友リチャード・コシミズ氏が、積極果敢に裁判で闘っている。しかし“敵側”が、これほど決定的な証拠を残していたとは……。

 壊れている日本、「報道の自由度」72位

 さっそく、慣れない操作でYouTube画面に「孫崎亨、不正選挙」と入力。
 出た……! 正義感あふれる孫崎氏が、壇上で熱弁を振るっている。
 市民グループ、ワールドフォーラムでの講演記録だ。
 タイトルは「孫崎亨氏、『不正選挙の明白な証拠! 選挙結果が操作されている。報道の自由度世界72位の日本』」
 つまり、この選挙で、舛添を知事にすることは選挙前から決まっていた。しかし、対抗馬の得票率をゼロにするわけにはいかない。
 そこで、無難なところで猪瀬の得票の48%と、“闇の選挙本部”は、決定したのだ。
 そこでパソコンに、猪瀬得票数×0.48と入力した。パソコンは馬鹿正直に、すべての選挙区で、ズラリ48%の数字を瞬時に打ち出した。
 “闇の本部”の子分たちは、それを選挙結果として公表した。
 統計学的には、絶対にありえない。起こりえない。
 まさに、孫崎氏の言う「選挙不正の決定的証拠」だ。
 孫崎氏は、深刻な顔で声を放り出した。
 「……このクニは、相当に壊れています」
 不正選挙など、初めて耳にした−−という人は、ただ耳を疑うだろう。
 なぜなら、新聞やテレビで「不正選挙」なる言葉を一度も聞いたことがないからだ。それも、あたりまえ。孫崎氏は、怒りと嘆きの言葉を続ける。
 「いいですか! 日本は『報道の自由度』は世界72位なんですよ韓国より下です」
 発展途上国と言われるアフリカのタンザニアより下だ……(2016年、対象180カ国)。

 マスコミ“出口調査”は犯罪的ペテンだった

 YouTubeを開いて、驚いた。
 不正選挙を告発する投稿があふれている。まさに、テンコ盛りだ。
 たとえば、「≪不正選挙の疑惑≫開票速報、出口調査、マスコミのアンケート調査」。
 これは「マスコミの開票速報こそがペテン」という驚愕(きょうがく)の事実を告発している。
 冒頭で、語りかける。
 「……世界では、まともな選挙など、ほとんど行われていません。それでも、日本の選挙だけは『正しい』と信じられますか?」
 午後8時の時報と同時に「2016参院選挙速報」。
 テレビ東京、日本テレビ、NHKなどテレビ6社の独自の「速報」画面。
 そこには「与党+改憲勢力で、全体の3分の2うかがう」「自民、単独過半数うかがう」の文字(NHK)。各党の“獲得議席数”まで表示している。
 断っておくが、この時点で全国の投票所は閉まったばかり。投票箱は、まだ投票所にある。箱を開けてもいないのに、なんで各党の“得票”を、マスコミ各社は一斉に発表できるのか?
 「……このように“投票終了”と同時に、“当確”が決まる日本の選挙……」(同)
 しかし、その頃、投票箱は、まだ開票もされていない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文で紹介された孫崎亨氏のYouTube映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=UyYUvydwjcE


 不正選挙を行う為には、マスコミと選挙管理委員がグルになっていないといけないようです。
 2013年の参議院選挙での話です。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p96〜p100から抜粋開始>・・・

 マスコミはもちろん、選管さえもグルだった!

 あなたは、唖然として声もないだろう。
 しかし、ここまで追及されてもマスコミ側は「各投票所で『出口調査』を行った結果の予測だ」……と言い張るだろう。
 YouTubeのプログは、その言い逃れを粉砕する証拠を突き付ける。
 「……マスコミの“出口調査”によって、開票率0%でも、8時1分には“当確”が出ている。しかし、本当にマスコミの出口調査は、信頼できるのでしょうか?」
 それを否定する決定的証拠がある。
 市民の出口調査で「“最下位”の公明、山口那津男委員長が当選!」という、ありえない事実が明らかにされている。
 市民団体が、2013年、参院選挙で独自の出口調査を行っている。
 場所は、都内杉並区桃井第三小学校投票所。朝7時から夜8時まで、徹底して聞き取りを行った。
 その結果は衝撃的だ。
 得票率1位は、山本太郎氏。そして、最下位9位は公明党の山口委員長。得票率はわずか4%……! それでも、山口氏は楽々当選している!
 9人中最下位が、なんで当選するのか?
 統計学的には0.1%未満。まさに不正選挙! これはミステリーでも、なんでもない。
 マスコミは、出口調査をしていない。そして、各社は、平然と“闇の本部”から送られるニセの当確情報を垂れ流してきたのだ。
 さらに、市民グループのメンバーたちは、口々に選管の対応の恐ろしさを発言する。
 「……出口調査するわたしたちに対して、選管は警察まで呼んで追い払おうとした。これほど民主主義に反することはありえない!」
 つまり、選挙管理委負は、まさに不正選挙のグル……つまり、共犯だった。
 告発者は、最後に、このように訴える。
 「……あなたの“問題意識”が、この腐敗した国を変えます」

 暴かれた安倍晋三・地元の不正選挙

 選挙に立候補した当事者からの告発もある。
 オリーブの木・黒川敦彦氏がかつて体験した“選挙不正”だ。
 「山口区選『ムサシ』不正選挙、疑惑の真相! 安倍晋三に新疑惑」
 これは、総理大臣の不正選挙を具体的に暴いている。
 このとき黒川氏は、無所属新人として立候補。開票96%で、得票数1975票。
 「これは、あまりにおかしい」と、ライバルの共産党関係者からも疑問の声が相次いだ。そこで、選管を問い質すと、彼らは、慌てて集計をやり直した。
 その結果、なんと黒川氏の得票は、6212票と、4712票もハネ上がった。
 そして、安倍の票が、1655票も減っている……。
 開票数の矛盾を突くと、選管はパニックになった。
 やり直すと、露骨な票の操作が明らかになったのだ。黒川氏は、「黒川と書いた500票の束、9個を、安倍票に移していたようだ」と、呆れ返る。
 黒川陣営が、抗議しなければ、闇に葬られたまま……。
 このような大胆不敵な不正が、開票現場でも、堂々と横行しているのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 不正選挙といえば「ムサシ」は必ず出てくるワードです。まさに不正選挙の代名詞といっていいぐらいです。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p100〜p105から抜粋開始>・・・

 ロスチャイルド、ロックフェラーの選挙結果支配

 このような不正選挙が、白昼堂々と行われてきた。
 あなたは、声を失ったはずだ。
 その現況を、一人の青年がYouTubeで告発している。あなたも拡散してはしい。
「……不正選挙、7月21日、参議院選挙−−日本の選挙は、ロスチャイルド・ロックフェラーに支配されている」
 わたしも彼の熱意をここに拡散し、応援する。
 「……安倍政権は、ロスチャイルド・ロックフェラーによって仕組まれた?」
 「……選挙は、大きな権力によって操作されている」
 「投票用紙が書き換えられている」
 「一人で何枚も用紙を偽造して票数を水増ししている」
 「投票結果は、あらかじめ決められている出来レースだ」
 そこで「ムサシ」という会社名が登場する。
 以下、YouTubeより。

 ……ムサシは、投票用紙の自動読み取り機を造っている会社なのですが、手書きの人名を読み取る機械は、この会社しか作っていません。
 ムサシとは、どんな会社?
 1946年創業、印刷機械製造メーカー。1996年、ジャスダック上場。筆頭株主は上毛実業。2位のジョウリン商事、共にペーパーカンパニー。ジョウリン商事は会長の住所と一致。上毛実業は社長の住所と一致。そして上毛実業の筆頭株主はアルガープという会社。そして、その親会社はダヴィンチ・ホールディングス(ロックフェラー財閥)。その筆頭株主はフォートレス・インベストメント社。それを所有するのがゴールドマン・サックス(ロスチャイルド財閥)による重層支配。
 このように、ロスチャイルドとロックフェラーが、日本を乗っ取るためにムサシを手に入れたのです。
 ……ムサシを購入し、すでに日本を裏で操っている彼らが、選挙に導入させたのです。2012年の衆議院選挙からムサシの自動票読み取り機が導入されました。
 この衆議院選挙は、当時、与党だった民主党が負け、野党だった自民党が勝って、安倍政権が誕生した選挙です。
 ムサシ製の機械を導入しなかった自治体の開票は遅く、朝刊に結果が載せられないとマスコミがバッシングすることで、ムサシ製の機械がより導入されることになりました。
 選挙スタッフの派遣、機械・用品のレンタル・配送会場の設営、機器の保管と点検−−選挙会場のことすべてをムサシが握っている。
 ムサシの個人株主は安倍晋三の父である安倍晋太郎だと、報じられている。
 その死後は、安倍総理が株を引き継いでいる可能性が高く、もし、安倍総理がムサシを実質支配しているなら、選挙にムサシの機械やスタッフを使ってはいけないのでは?
 そして、投票用紙も、なぜ鉛筆なんでしょう?
 なんで、ボールペンとかじゃダメなんでしょうか。
 字を消したい? なんのために? 投票用紙は、ペンで書いたとしても、かんたんに消せる紙を使っているらしい。
 先ほどのフォートレス・インベストメントの会長は、CFR(外交問題評議会)のメンバー。これは、アメリカが関わる国際問題について研究する機関です(著者注:創立者はディビッド・ロックフェラー。運営資金は同財団が拠出)。国の組織ではなく、会員制の非営利団体。その名誉会長がディビッド・ロックフェラー。外交に関してアメリカ政府にも、圧力がかけられる組織ということです。

 かのスターリンいわく「票を数える者が決定する」

 告発は続く−−。
 ……2013年7月21日の参議院選挙で高松市では、ある候補者の得票数が0票だと発表されました。それに対して「投票した」という有権者が再点検を求めました。
 開票立会人も立ち会っていましたが、最終的に6人が逮捕された。開票立会人が意味をなさない。不正をすることは可能ということは、明らかです。(著者注:異議申し立て、メディア取材に、選管責任者は投票箱の再チェックをかたくなに拒絶。彼もグルだ!)
 他にも、ある候補者Aさんの訴えでは、開票結果をテレビで見ていると、開票中にサーバーが壊れたか何かで、開票途中の票が出なくなり、結果は別の候補者が当選した、ということで、実際は、何があったか?
 Aさんの立会人に話を聞くと、開票途中でムサシの機械4台すべて壊れて、入れ替えることになった。その計数機が、壊れるまでAさんの票が多かったのに、機械を“交換”したら別の候補者ばかりの票になったそうです。
 それでAさんは異議申し立てをしました。
 その結果は−−。

 ■故障した機械の「記録」がない! ■交換依頼は当選した陣営の立会人。
 ■距離が遠く見えないのに指摘!? ■故障箇所を追及すると黙り込む。
 ■コンピュータの遠隔操作が判明。 ■それでも票の再集計を断固拒否。

 ライバル候補者と選挙管理委員が仲間で、票数を操作するためにライバル候補者が、「機械が故障した」と言って、交換させ、その機械には、遠隔操作で外部から入って、票数を操作したっていうことですね。
 他には、投票所と開票の場所は違うんですけど、投票箱をタクシーで開票所に運ぶのを追いかけると、まだ投票箱が移動中なのに、“開票結果”が出ることがありました。その地域は出口調査が、ほとんど行われていなかった。
 なのに、なんで、そんなことがわかるんだって、という話になっています。
 あと、出口調査では、我々、一般人が調査すると、マスコミがやっている(?)結果と、全然ちがう結果になる。選管から、出口調査を妨害される。
 「期日前投票の票は、全部改竄(かいざん)されているので、意味がないですよ」と言っている方がいる。同じ筆跡の投票用紙が何枚も見つかる、といった話もあります。

 告発YouTubeは、スターリンの肖像で終わる。そこには−−。
 「票を投じる者が決定するのではない。票を数える者が決定するのだ」
 独裁者スターリンの言葉は、真実である。
 現職警官として初めて警察の裏金造りの実態を告発した仙波敏郎(せんばとしろう)氏が、暴露する。
 「……鹿児島県阿久根市の選管は、期日前投票はすべて(投票箱を)開けて、中の票を操作しています」
 これは、一事が万事。その他の投票場でも、裏で平然と行われているはずだ。
 まさに、期日前投票には、まったく意味がなかった……。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文に登場したAさんのYouTubeの映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=T8i4rNuPjiU

 さらに続きます。


 ・・・<『日本の真相! 知らないと「殺される!!」』、p105〜p112から抜粋開始>・・・

 ムサシの遠隔操作ですべての投票結果を“いじる”

 少し長丁場になる告発もある。
 「不正選挙ドキュメンタリー動画」
 これは、3時間に及ぶが、ぜひ、見てほしい。
 腐敗した日本の衝撃事実が、すべてこめられている。
 「……不正選挙の真実−−この動画を見ずして日本に未来はない」
 一人の青年が素顔をさらして、命がけで告発している。
 わたしは、彼の勇気に感服した。
 ここで、票読み取り機ムサシのコンピュータに“バックドア”裏口があることを告発した女性Aさんが登場する。
 「……『遠隔で入るためのIDとパスワードを、2006年の段階で設定した』と、社長本人が言っています。“バックドア”は普通リコール対象になります。それを通じて侵入することができます。その“バックドア”が2006年段階で、設置されている。恐ろしい問題が出てきました。だとすれば確信犯です。後から遠隔で入れるように、わざわざ“バックドア”を付けた」
 Aさんは断言する。
 「……実際の票数に細工をすることは、何でもできます。数字をいじれるのだから、開票結果を全部いじれます」
 しかし、Aさんが裁判で訴えても、選管はすべて拒否、つっぱねる。
 「……異議が出たり、裁判になっているものは、少なくとも調べなければいけない。なのに、計数機も調べなければ、投票箱も開けない。これでは、何のための異議申立制度なのか、裁判なのか、分からない」
 ここで、アメリカで不正選挙を告発している研究者が、皮肉まじりで述べている。
 「……自動票数計算機を信じる人がいたら、脳みそを検査してもらう必要がある」

 投票用紙の撮影に選管「警察を呼ぶぞ!」

 「選管は投票箱を再チェックさせない!?」
 それには、わけがある。中は、不正投票用紙だらけだからだ。
 たとえば、同じ筆跡の投票用紙が十数枚も出てきている。
 次ページの写真は(管理人注:写真は略)、自民党の丸川珠代候補の投票用紙。さらに、完全コピーした、同候補者の投票用紙も複数発見されている。
 2013年7月21日に行われた参院選で、ある開票所(福生市第七小学校)で、不審に思った立会人が、写真を撮ろうとした。
すると、森田選管局長が、体を張って阻止してきた。
 そのやり取り−−。
 森田:「写真はダメです。警察呼びますよ。秩序を乱した、ということで」
 抗議者:「秩序を乱したのではなく、これはおかしいと……。なぜ、撮っちゃ、いけないのですか?」
 森田:「秩序を乱すから……」
 抗議者:「わたしは、総務省に聞きました。『写真を撮ってはいけない』という規則はない、と言われましたよ」
 森田:「……(禁止と)決めたんです」
 抗議者:「そんなこと、いいんですか! 国民公平なわけじゃないですか」
 森田:「いや、これ(用紙)は、個人の秘密ですから」
 抗議者:「個人情報じゃないですよね!」
 森田:「事実上は、個人の秘密ですよ。警察を呼びますよ。秩序を乱したということで」

 ばかばかしいを通り越している。
 告発者も、こう断言する。
 「……開票立会人の“抗議”が、受け入れられないのなら、立会人の意味などあるのか?

 深夜に選管職員が投票箱をヤミ操作!

 ……さらに、動画は長崎・諌早(いさはや)市選挙管理委員会の「不正集計」の決定的な証拠映像を公開している。
 2014年12月14日、開票作業終了。午後11時49分、県へは選挙結果の報告も終わっている。しかし、日付の替わった15日午前1時頃、片付けられて誰もいないはずの開票場の体育館に、明かりが灯り、数人の影と集計機の作動音が鳴り響く。
 何をやっているんだろう? だれもいないはずなのに……。
 そこにあった光景は。封印されたはずの票を袋から取り出す中道選挙管理事務局長。その票をかたわらの女性が集計機に入れている。この女性も選管の職員。よくみれば次長の船岡もいる。選管の人間が、終了した開票所に残り、封印された箱を開封し、票の数え直しを行っていた!
 ……袋から取り出して数え直したり、そんなことが、許されるのだろうか?
 2013年夏、参議院選挙で高松市の候補者得票数が“ゼロ”という珍事件が起きた。
 この件で、再チェックを求める候補者や取材メディアに対して、山地選管事務局長は、こう答えている。
 「ゼロだったことに関して何か言われても、今回の選挙の開票は、もう確定しているので、それを市の選管独自の判断で、例えば、再点検などすることはできない」
 告発した青年は嘆く。
 「投票用紙は、厳重に保管されなければならないのです。しかし、一方では、こっそり開封して、選管職員が夜中に票の操作を行っている。そして、不正への異議申立には、箱をあけさせない。おかしいとは思いませんか?」
 わたしは、孫崎亨さんを始め、YouTubeで不正選挙の告発動画を配信する若者たちを、心より誇りに思う。
 その勇気を称えたい。
 「不正選挙ドキュメンタリー動画」を配信した青年は、最後に太平洋戦争で散った特攻隊の青年たちの映像で結んでいた。
 彼もまた、この国の未来に命を捧げる覚悟なんだ……と、胸が熱くなってきた。
 彼らの勇気をムダにしてはいけない。
 まず、あなたにお願いしたい。ここに登場した動画を、広めてほしい。
 周囲の人に語りかけてほしい。
 この勇気ある告発を、SNSなどで広く拡散してほしい。
 知ることこそが、勝利なのだから。
 そして肝に銘じてほしい。
 マスコミは敵だ。テレビは観るな。大手新聞を取るのもやめなさい。
 真実を知らなくてはならない。愛する日本を救うために……。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記引用文で紹介されたYouTube映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=2ZtCQZNGNv8


 さて、今度の東京都知事選挙はどうなるでしょうか。



『ガイアの法則 [U]』から...2020年6月28日

 もうだいぶ前になりますが、当HPで千賀一生(ちがかずき)さんの、『ガイアの法則』(徳間書店)を紹介したことがありました。
 東洋と西洋で八百年周期で文明の興隆と盛衰を交代しながら繰り返すという村山節(むらやまみさお)氏の八百年周期説を知っている方もおられると思いますが、千賀さんの本はその原因を数理的に表わしたものと言えるかもしれません。
 イラク戦争があった2003年、千賀さんは戦後のイラクを訪れます。そして古代シュメールの文明が栄えたエリドゥの地で、神秘体験をします。千賀さんのもとに、古代シュメールの神官であったという霊的意識が現れ、千賀さんに様々な知識(叡智)を伝授します。
 ロンドンを中心としたアングロサクソン文明が終焉し、今度は東経135度のライン(明石市や淡路島)に、文明の中心が移ってくるというのもその一つです。
 関西に首都を移転するという話があるのは、こうしたことが日本人の潜在意識にあるからかもしれません。
 文明の中心といっても、日本がGDP世界一になるということではなく、これから始まる精神文明で、日本が世界をリードするという意味のようです。
 日本が世界をリードすると言われて、なんとなくそんなものかと納得する部分はあるのですが、では一体何をすればいいの? となる人が多いと思います。
 それに対する興味深い話があったので、今回はそれを紹介したいと思います。

 まず、『ガイアの法則』の本について解説します。
 これまで『ガイアの法則』というタイトルで以下の3冊が出版されています。

@『ガイアの法則』(徳間書店)

A『ガイアの法則[T]』(ヒカルランド)

B『ガイアの法則[U]』(ヒカルランド)


 著者はどれも千賀さんです。
 2010年に、まず@が出版され、その後そのリニューアル版として2012年にヒカルランドからA、Bが出版されます。
 内容は、@とAがほぼ同じで、Bが@とAで書ききれなかった部分を載せたという格好のようです。
 今回は、Bから抜粋して紹介させていただきます。
 青文字の部分が古代シュメールの神官の言葉で、それ以外は千賀さんの部分です。

 現代の日本では失われてしまった、円(えん)の文明が古代日本にはあったという話です。


 ・・・<『ガイアの法則[U]』、p149〜p174から抜粋開始>・・・

 古代日本の円宇宙観

 それは、太古の日本にあった実在のシンボリズムと言うべきビジョンだった。日本の縄文遺跡は、村全体が円形に配置され、その中央に祭りの場があったことを研究者たちが指摘しているが、そのビジョンが鮮明に見えてきたのである。
 それは予想外に整然とした美しい配置であり、家々が、ちょうど人がみんなで手をとりあって円を作った時のように、全体で円形に配置されているのである。質素な家の一つ一つも、すべて円形で、美しく形作られていた。
 家も、村も計画的に円形に作られているのは明らかだった。彼らが円にこだわったのは、なぜなのだろうか。人々が集まる時も、彼らは円形に集まっていたビジョンが鮮明に見えていた。そして同時に、その周囲に漂う空気が、現代の町とはまったく違う、やわらかでやさしい気に満ちているのを感じていた。

「あなた方が住む日本列島では、1万年以上前に、非常に直感的なセンスをもった人々によって、あなた方の想像をはるかに上回る整然とした自然界との調和文明が完成されていた。彼らは宇宙の本質を直感によって把握し、それゆえに数百人規模の小都市がそれぞれ正円形で設計され、それぞれの都市が集まった全体の配置も正円形で設計される完全な計画都市文明を開花させていた。それは、彼らがMUと呼んだ偉大なる大自然の母性力を受容するための必然的構造であった。
 彼らは、その住居も円形を基本に設計し、その中央に聖なる中心を配置した。聖なる中心には、冬至の朝に東方の門から光がさし込むように配置されていた。こうした円形構造の全体は、人間の本質であるスピリットへの影響力を知っていたからである。後の時代の縄文遺跡が円形であるのも、この高度な計画都市文明のあり方を踏襲していたからだ。
 現代のあなた方日本人の大黒柱の神聖概念は、そのわずかな痕跡だ。今後、あなた方は、宇宙的シンボリズムによる調和的住居のあり方を復活させる必要がある。それは、すべてと調和する意識のあり方を形成する上で必要不可欠な要素だからだ」

 私の中で、太古の日本のビジョンが広がりながらも、円という形がそれほど人間のあり方に影響を及ぼすものだろうか、単なる形であるのに、という従来的な思いが心をよぎった。

「彼らが調和的世界を実現させることができたのは、この宇宙的空間次元の把握にあった。
 彼らがとらえていたのは、今のあなた方がとらえているような物理的次元の円ではない。
 まず、あなた方は、初歩段階として、人々が円形に集まる時、現代のあなた方のように直線上に対面する時とは対照的な意識が形成されることを認識する必要がある」


 いったいどんな違いがあるというのだろう。
 私はなおも理解できないまま聞いていた。

「まだあなた方は理解していないが、人間の潜在意識は、他の何よりも、空間によって決定されるのだ。空間はあなた方の意識の母体である。すべての意識なるものは、空間から生み出される。現代のあなた方は、物を主体に物作りを行うが、太古のあなた方の祖先は、それゆえに、空間を主体に物作りを行い、村作りを行ったのだ。
 人間という存在の偉大な点は、その空間なるものを変容させる力をもつことにある。空間の把握は意識の把握でもある。空間を把握する者は意識をも把握する。
 空間とあなた方との関係を、あなた方にわかりやすいよう、まず、意識レベルで解説しよう。
 人と人とが向かい合い、直線的な関係にある時、相手と自分という、相対観念が形成されやすい。それは潜在意識の領域に二元相対的認識構造を刻むことになる。だが、人々が円的空間を形成させる時、相対観念よりも人間のより本質の共鳴的性質を増幅させやすくなる。人と人とが円形に集まり、すべての人々が円形の中央に体を向ける時、隣に座る人々はみな同一対象へと向かう共感者として意識される。こうした形態レベルが与えるあなた方の潜在意識への影響は、言葉による観念形成の領域よりもはるかに深く、潜在意識の根幹の領域を形成させることになる。それは、あなた方の心の世界が、宇宙と同質の構造性によって成り立つからである」


 私は、思ったよりもはるかに深い働きが空間的な次元にあることをようやく認識し始めていた。

「現代のあなた方は、平面に描かれた図形に神秘な働きを求めたりしているが、空間の力はそれとは桁違いに根本的であることを知る必要がある。あなた方の祖先たちは、それを実生活に応用していた。
 空間と一つになると、人々の魂も一つに結ばれ、その集合スピリットの焦点は、その中央で結ばれる。その共感意識ゆえに、人々は調和ある人と人とのつながりを実現し、深い魂の結び付きを実現した。
 若者たちは、隣に並ぶ長老たちの所作からすべてを無意識に学んだ。これは教えるのではなく、共感的に伝達されるのであり、彼らにとって、自身の隣に自身と同じように並ぶ何人もの人々は、自身とつながる連続体として意識されていた。このあなた方の祖先の円形空間場は、極めて高度な共感意識による社会を生み出す不可欠な基礎条件だったのである。
 ほんの1ミリの角度のずれが、1キロ先では何十メートルものずれをもたらすように、直線場か円形場かの違いは、宇宙の陰陽性を象徴しており、今のあなた方にはわずかの違いにしか思われないであろうが、人類文化の決定的な差異をもたらすことを、我々は、はるかな太古に認識した。すべては場、すなわち空間によって決まるのだ。我々のこの叡智のルーツは、前文明であるあなた方の祖先の叡智にあるのだ」


 円空間の力

 私は、円形空間の重要性を少し理解しはじめたが、理解が進むほど、現代の社会はそれとは正反対の直線的な構造の社会であることが気になりだした。

「あなた方は現在、直線の意識エネルギーに傾く象徴文化の中で育ち、生活している。それゆえ、宇宙根源領域と同調し難いバリアーのような性質があなた方一人一人の中に設定されてしまっているのだ」

 たしかにそうだと思った。
 子供たちは学校で大半の時間、みんな同一方向に向いて座り、先生と対面して育つ。すべて直線ライン上に意識が向かい合っている。子供たちの育ち方だけではない。大人になってからも同じだ。芸術の公演でも、演技者と観客は直線的関係であるし、踊りの世界でさえも、舞台では踊り手も観客と向き合う形となる。オフィスでもやはり机は対面する形で並び、一つのライン上で向かい合っている。住居の中もほとんどすべてが直線であるし、町の構造も直線的だ。

「一元性優位か、二元性優位かという、人間にとって最も根本的な意識の優位性は、本質においては、空間によって決まるのだ。
 この、直線空間か円形空間かの決定的違いは、意識的であるにせよ無意識的であるにせよ、共有の中心核意識が存在するかしないかにある。すべてがスピンからスタートし、すべてに中心が存在するこの宇宙の根本構造と同一の意識構造を意識レベルにおいて構築できるかどうかにあるのである。
 近い将来、あなた方日本人の中から、こうした宇宙的認識に基く建築家が多数現れることになるだろう。
 そしてそれが人類の意識の方向性を変容させてゆくことになるだろう」


 私は、円と直線という二つの対照性から、あることを思い出した。それは、心理学者のフロイトの理論である。彼は夢に現れる棒状の存在を男性器に結び付け、円や凹状の存在を女性器に結び付け、人間心理のすべての根本に性欲があるととらえようとした。
 彼は、シンボリックな真理の一端を直観したが、それを性器そのものに結び付けることで曲解してしまったのではないだろうか。

「直線シンボリズムは、相対的世界認知であり、円形シンボリズムは、絶対的世界認知だ。
 直線シンボリズムも、人類にとっては本来は不可欠な要素だ。
 直線シンボリズムは、理知的認知、分析的認知などを形成する。だが、それは、常に円に包括される時に創造性に結び付くのだ。
 あなた方が知る心理学者のフロイトは、このシンボリズムの一端に直感的に気付いたが、残念ながら狭い認識領域にそれを没入させてしまったのだ」


 私は聞きながら、あることを考えた。
 円の集まりでは、人が向かう方向性(角度)がすべて異なっている。それに対し、直線的配置集団では、人々はすべて同一方向を向く。こうした画一性環境ゆえに生じた価値観が、現代の個人主義的平等観であるように思われる。真の共感感覚から自ずと人と人とが互いを尊び合うのではなく、形骸的レベルから人を同一ライン上に並べようとする平等観には、私は不自然なものを感じていた。それは、その一方で、その画一性への反動から、自我的競争意識を生み出しやすい気がする。現代の平等観と競争観は、表裏の関係で形成されているような気がしてならないのである。

「その通りだ。
 自然界には、あなた方が考えるような平等ラインのようなものは存在しない。水平の代表である水平線さえも、実際には巨大な円の一部であるように、自然界の本質には直線は存在せず、自然界には常に高低があり、差異がある。それによって、すべては流動し、はじめて真の調和と創造へと向かうことができるのだ。そしてまた、それによって生まれるものが、あなた方が愛と呼ぶ根本次元のエネルギーでもあるのだ。そしてそれがあってはじめてすべては尊び合えるのだ。だが、あなた方は自然界のこのシステムを無視し、作為的な平等ラインにとらわれることで、本質では人と人との関係を崩壊させている。
 今のあなた方には理解し難いであろうが、高低なくしては、真の愛はありえないという認識が我々シュメールの神官たちの基本概念の一つであった。現代のあなた方はこの点で大きな誤りを犯している。すべてを画一的に並べようとする現代のあなた方の平等観は、自然の法則に反する概念であることに、あなた方は気付いていない。それによってあなた方は、真の愛をなくしているのだ。
 この間題を超えない限りは、あなた方は現在の不調和から決して抜け出すことはできない。どこからどうそれを超えられるのか。それこそが我々が最も伝えなければならないことでもある。これについても、後であなたに伝えよう」


 そういえば、日本には、古来、師を尊び、目上の人を尊ぶ習慣があった。そして世界的にも希な道徳心が養われていたが、それは過去のものとなってしまった。家に鍵をかけることなど必要としない長い歴史は、そうして養われた精神性の何よりも確かな証拠でもあったはずだ。
 日本も、たしかに平等思想が流布されるのに並行してカギの必要な社会となり、道徳的にも社会は様々に荒廃したように思われる。日本本来の上下意識は、現代人が考えるような封建権力的なものではなく、宇宙的人間観に支えられたものであったのではないだろうかと、私は今まで考えたこともなかった思いを彼の言葉を聞きながら抱いていた。

「その通りだ。
 あなた方の祖先は、遠い昔、封建主義とは次元を異にする、宇宙本来の原理に基く人間観を維持していた。
 宇宙法則に反する現代の平等観は、対人間の摩擦を生じさせる不自然な人間観だ。
 たとえばあなた方の現在のスポーツにバドミントンがある。このスポーツにおいては、お互いにコートの広さなどの条件がすべて平等であることが前提で行われている。だが、あなた方の古来の文化である羽根つきでは、平等条件は設定されない。そしてこの違いから生まれる方向性は、前者は競争であり、後者はいかに二人で長くつけるかという調和、共動である。
 太古のあなた方は、こうした、実に理想的な宇宙的人間観による世界を形成させていたのであり、ゆえに、その子孫でもある我々シュメール人は、その本質を踏襲しようとしたのだ」


 意外な指摘に私は驚いた。
 すべての人々の方向性が同一ライン上に位置する直線的関係と比べ、すべての人々の方向性が異なる円なる次元は、言いかえれば、それぞれの因子がそれ独自の個性を有しているようにも思われ、それが有効に結び付いた次元の象徴のようにも思われる。固有の役割がそのままに守護されるがゆえに、画一性や、その画一性が生み出す摩擦も発生しない。そう思いながらも、私は、学校で対面して教わるという今日の形式を思いながら、そうではない縄文の人々は、教えるということをどのような形で行っていたのだろうと不思議にも思った。
 人間が誰かに何かを教えるとなると、対面の形しかないと私は思っていたからである。

 円空間が新文明を開く

「彼らはあなた方がイメージするような、教えるという文化自体をもたなかったのだ」

 教えるという文化がない?
 そんなことがありうるのだろうか。

「直線上の同一方向を向く人々に対して、一人の人間が何かを教え込む形式は、教える内容とは別に、その形態性そのものが二元性の潜在意識構造を形成させてしまうことになる。それは、一つには権威者にへりくだることで関係を築こうとする意識、そしてもう一つにはそこに疑問が差し挟まれた場合の権威者に対抗しようとする意識である。このどちらもが、我々が言うところの直線心理、すなわち、相対認知から生まれる心理なのだ。
 それに対し、あなた方の祖先の間では、常に円形心理が形成されていた。たとえば、祭りの場で同じように円の中央を向く年長者たちが行う様々な行動や儀礼のあり方を、見ながら、感じながら、子供や若者たちはそれを真似ることで学んでいった。そこでは、共感性は高められ、人間というものを深くとらえる直感が育(はぐく)まれる。その本質は、それが絶対心理であるところからきている。円形心理は、他者への依存性を完全に超えるがゆえに真の共感性を生み出すのだ。
 人間は、宇宙の表層をとらえることもできれば、より本質をとらえることもできる。しかし、より本質をとらえればとらえるほど、より豊かな融合次元に生きることが可能となる。
 あなた方の『教える』という概念自体が直線概念なのだ」


 「円熟した人」という表現が私たちの言葉にもあるように、たしかに円は完全な宇宙的次元を意味するように思われる。
 しかし、それにしても現代の日本は、すべてが直線世界になってしまっている。日本人が新しい世界の創出に貢献できるとすれば、それはすばらしいことだが、しかし、現代の私たちの中にそうした潜在性が今も残っているのだろうか。

「あなた方の中には、その潜在宇宙観が残っている。
 たとえば、あなた方の国旗には、あなた方の潜在心理と天性がシンボリックに投影されている」


 日本の国旗は日の丸だ。
 そうだ、たしかに円形のみのデザインだ。
 だが、たかが国旗ではないかという思いが私の中には少しあった。

「現在の各国の国旗の選択のほとんどには、その民族の潜在意識の総和がシンボリックに表れている。
 男性性極性の強い影響下にあるイギリス、アメリカの国旗を思い浮かべるのだ」


 私の頭の中には、両者の国旗があざやかに浮かんできた。
 私はそれほど鮮明には、この二つの国旗を記憶していなかったが、おそらく彼のビジョンのサポートによるものだろう。
 たしかにそうだ。すべてが直線だ!
 イギリスの国旗が直線デザインであることは一目瞭然だが、アメリカの国旗もそうだ。水平直線が描かれた上には星が象(かたど)られているが、本来の星は円形であるのに、直線の、いわゆる星形で描かれており、直線以外が存在しない。見事に対照的だ。

「国旗のデザインは近年になって行われたものだ。こうした結果は、今もあなた方の中に、潜在的なシンボリズムが働いていることを示している。
 あなた方日本人の意識領域に円的シンボリズムが今も色濃く残っているのは、二つの要因からだ。一つは、日本列島の大地が地上で最も母性的なフィールドであり、それは、円的エネルギーとして表出されているからだ。もう一つは、それにより、歴史的に円的シンボリズムを重視していた歴史が他民族より長く色濃いことだ。
 そしてそうした全体が、国旗に表れ、あなた方の国旗は、あなた方の天命を象徴しているのだ。それだけではない、国旗同様、あなた方の国の国名にも、あなた方の天命は象徴的に刻まれている。
 あなた方の国の最古の国名を思い出すがいい」


 私たちの国は、かつて倭(わ)の国と呼ばれていた。
 そうだ!
 やまとことばの「わ」は円概念そのものだ!
 倭という漢字は当て字であるから、この漢字には意味がない。
 (やまと言葉本来の概念は訓読みの漢字から類推できるが、訓読みの「わ」に該当する漢字は輪、環、鐶であり、いずれも円概念が認められる)
 現在の国旗が円形シンボルであるように、古代の日本人も円への潜在概念が強かったのだろうか?

「この言葉こそ、宇宙的シンボリズムを示す、聖なる言葉であった。
 この、あなた方のやまとことばの『わ』は、円形シンボリズムを示す人類最古の音の一つであり、現在も円形を意味する『輪』の概念はそこからきている。
 円という言葉は大陸伝来の漢語だ。あなた方の国では『円』という言葉以前に、円形や円形次元を『わ』という聖音で表した。
 太古のあなた方の認識では、宇宙の原点は『あ』であり、その現れた原形次元が『わ』であった。
 それゆえに村々も円形に配置され、国全体が円形に配置された」


 私は、私たちの国の太古の国名が彼が言う宇宙のシンボリズムそのものであったことに心打たれた。
 彼が我々の太古の文化にここまで精通していること自体にも私は驚かされた。しかし、シュメールが超古代日本文明の本質を引き継いだという彼の言葉が正しければ、彼が日本の超古代に我々以上に精通しているのは当然かもしれない。

「あなた方の祖先たちが、自身の世界を『わ』の国と言ったその思いは、宇宙の神聖なる次元への畏敬の念にあった。彼らは、自身の住む世界を、あなた方が理想郷として思い描く対象そのもののように認識していた。
 学者たちは、あなた方の祖先がせっかく作った土器のすべてを、一定期間で壊して土に埋める習慣をうまく説明できないでいる。それは、すべての存在に循環が必要であることを彼らは認知し、そこにすべてをゆだねる必要性を深く認知していたからであり、その向こうにあなた方の祖先は未来を観ることができたからだ。すなわち、彼らは、空間だけでなく、時間も、本質次元において『わ』であることを知っていたのだ。
 あなた方の祖先の言葉では、同音語は同一シンボリズムによる別概念を表し、古代における『わ』とは、同時に『我』、すなわち自身の存在を示す言葉としても用いられていた。あなた方の祖先は常に自身の本質がその根底で円のシンボリズム、すなわち宇宙的絶対性をもつことを認知した人々であった。あなた方の祖先は、自身をまた『あ』とも言った。これは神性そのものの自身を示し、『わ』はその純然たる現れの存在としての自身を示したのだ。
 人間の他への認識眼は、自己認識から始まる。人間は自己がそうである通りに他者を認識するものだ。自身を本質的に認識しえない者は、他者をも本質的に認識することはできない。
 あなた方の祖先は自身の中に神性を観ることができたがゆえに、他者にも神性を認識できたのだ」


 「わたし」「われ」「わが」「わし」……私は自身を表す「わ」から誕生したやまと言葉を連想し、この認識こそ、これからの人類にとって本質的に必要な宇宙的自己認識である気がしてきた。
 すべてを円形に配置し、常に円形次元の場をつくろうとした我々の祖先たち。私の脳裏には、同じくすべてが円形にスピンする大宇宙(太陽系)や小宇宙(原子)の姿が浮かんでいた。

「あなた方が真に和するためには、活動以前に『わ』なる空間次元を形成させることが絶対条件であることを忘れてはならない。それを無視した上での活動は、いかに正しく見える活動であろうとも『わ』とはならない」

 私は、私たちの国の最初の憲法が「わをもって尊しとなす」から始まることを意義深く思い返した。

「あなた方は『わ』への畏敬を真に復活させる時、あなた方の天命を実現させることになる。
 だが、あなた方は、それを深く認識するためにも円的シンボリズムとは対照的な宗教シンボリズムについて、認識しておく必要がある」


 何だろう。そう思うと同時に、私の脳裏に西洋のキリスト教で知られる十字のシンボルがふと浮かんだ。そうだ、十字はまさに直線デザインだ。しかし私はこの時、十字はキリスト教の象徴であり、キリストが十字架にかけられたことから偶然に生まれたシンボルだと思い込んでいた。

「十字シンボルにはキリスト教以前からのはるかな歴史がある。
 キリスト教が十字シンボルを用いるようになったのは、当時のキリスト教徒たちが古代のシンボリズムを彼らの宗教の中に取り入れようとしたからだ。イエスが十字架にかけられたという理由はそのための方便にすぎない。十字シンボルは縦線と横線により、宇宙の陰と陽の働きを表している。白黒を明確にし、分析力に優れる彼らの性質は、このシンボリズムの認知と結び付いている。
 直線シンボリズムは、二元性の発達を促すのだ。人間のトータルな発達には、一元性と二元性の両者の発達が実際には不可欠だ。しかしながらそれにはリズムというものがある。我々の認識ではリズムとは優位性の形成であり、自然界は一元性と二元性の優位性を交互に交代しながら創造を営むのだ。今あなた方は、一元性優位に向かうべきリズムにある。円形シンボリズムは一元性を意味するのだ。円形シンボリズムの民族であるあなた方日本民族は、天が与えたその本性の役割に、今、目ざめなければならない」


 ・・・<抜粋終了>・・・


 目ざめなければならない・・・、ですか。



NESARAについて...2020年6月14日



 滝沢泰平さんのメルマガに、NESARA(ネサラ)の話題が載っていました。
 NESARAについては、ずいぶん前から聞いていたのですが、具体的な情報に乏しく、かつその後の進展も聞かなかったので、一過性の話題かと思っていました。
 ところが、滝沢泰平さんのメルマガに以下の一文があったのです。

 [最近あっちでもこっちでも耳にするのが「ネサラ(NESARA)、ゲサラ(GESARA)」という言葉]

 もちろんこれは、新聞やテレビで出てくる一般情報ではなく、ネットでの話らしいです。
 これは、知りませんでした。
 どうやら、ここにきて、ネットではNESARAの話題が沸騰しているようです。

 そういえば私は以前の記事で、ベンジャミン・フルフォード氏が言った「FRBが国営になったと聞いた」に驚いたと書いたことがあります。
 ひょっとすると、これは本当の話かもしれないという気がしてきました。
 というのも、FRBの国営化とNESARAは密接な関係にあるからです。
 そこで今回は、NESARAの話題を取り上げたいと思います。
 引用させていただくのは、『世界を変えるNESARAの謎』(ケイ・ミズモリ著、明窓出版)です。この本は2004年出版なので、かなり古いのですが、一読すればNESARAに関して基本的なところは押さえられそうです。
 まず、NESARAに関して全体のイメージを掴む解説から紹介させていただきます。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p14〜p15から抜粋開始>・・・

 [米国、そして世界をひっくり返すNESARA法とは?]

 アメリカでは2000年秋頃からNESARAという言葉が話題となっている。これは、施行されれば現在のアメリカ社会ばかりか世界の経済システムを根底から覆す法律であるとされる。NESARA関係筋の情報によると、NESARAは2000年3月9日にアメリカ議会で秘密裏に可決され、10月10日には前クリントン大統領によって署名・承認されているというという。ところが、米最高裁判所は、NESARAに関する情報について公布前に漏らさぬよう厳しい緘口令(かんこうれい)を布いたため、現在まで秘密にされてきているともいう。このNESARAが施行されると、これまでアメリカ政府が行ってきた数々の不正行為が暴露され、一部の富裕層に支配されてきたアメリカ社会ばかりか世界に平和が訪れるとされる。そこで、ブッシュ大統領はNESARA阻止のために、これまで必死の攻防戦を続けてきているというのだ。
 この信じがたい情報は、内部関係者によって2000年夏頃から少しずつ漏れてきていたという。そして、2002年の10月下旬にその緘口令が解かれたという噂が広がり、その頃からNESARAの概要がようやくはっきりしてきた。とはいえ、実際にNESARAが公布されるまで緘口令は有効とされているため、現在、NESARAに関して知る者は日本ではまだ少数と思われる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 NESARAは何の略かというと、実は2つあります。
 以下です。

(T) National Economic Security And Reformation Act (国家経済保証及び改正法)の略

(U) National Economic Stabilization And Recovery Act (国家経済安定化及び回復法)の略

 滝沢さんは「National Economic Security and Recovery Act (国家経済安全保障改革法)」と言われていましたが、これは(T)と(U)が混合された形となっています。
 (T)と(U)の違いはNESARAの情報源の違いといえそうです。
 (T)は女性ジャーナリストのシャイニ・グッドウィン氏によるものだそうです。
 引用します。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p26から抜粋開始>・・・

 NESARA情報の信憑性は?

 ところで、これらの情報は主に、インターネット上のウェブサイト、 fourwinds10.com で Dove of Oneness <調和の鳩>と名乗る女性ジャーナリストであるシャイ二・グッドウィン氏によってもたらされたものである。彼女によると、NESARAの情報は、主に二人の上院議員、ワシントンDCの法律家達、そして、多くの政府高官達が匿名で語ってくれたという。これらはあまりにも信じがたい情報であり、事実、彼女のことを Scam Artist (ペテン芸術家)と呼ぶ人々もいる。つまり、偽情報をばら撒いて、NESARA支持者達から寄付金を募り、それを収入にしていると疑われている。
 確かに、彼女の提供する情報には疑問点が多く、その上裏が取れない部分が多い。ここまでの説明で、既にいくつかの疑問を感じた読者もいるだろう。それらは、のちに検証していくことにする。
 ただ、NESARA情報は、現在の政情やこれまでの歴史的背景と照らし合わせると領ける部分も多く、仮に偽情報であるとした場合、異様に手の込んだものと言える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (U)ですが、これは2001年、アメリカで唯一の全国紙「USA Today」に載った奇妙な新聞広告で知られるようになったといいます。
 引用します。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p38〜p41から抜粋開始>・・・

 2001年3月23日、アメリカで唯一の全国紙「USA Today」に、奇妙な新聞広告が掲載された。その広告は、ダラス、デンバー、カンザスシティー、ミネアポリス、ナッシュビル地区で、紙面にして4分の1サイズの次のようなものであった。

 NESARA
 The National Economic Stabilization and Recovery Act (国家経済安定化及び回復法)
 アメリカの問題に対する実用的な解決法

 最近かなり悪いニュースがありましたか? 景気後退、一時解雇、人員削減、歯止めの利かない公私の債務、あなたの抱える問題に対する政府の無神経、環境問題に対する不十分な進展、税金の不公正な割り当て、続く貿易不均衡、高賃金の職の海外移転、未来に対する暗い見通し、貧者がやり繰りするだけでもがいている間にも、富者がさらに裕福になる。

 次のような法律制定を想像してご覧なさい

 借金を無くすか、劇的に減らす
 活気あふれる経済区としてスラム地区を回復することで都会の無秩序を減らす
 誰もがマイホームを持てるよう促進する
 高賃金の生産性の高い職を回復する
 万民に安全な未来を与える
 程済的なプライバシーを回復する
 高齢者に対する恩恵を増やす
 インフレを無くす
 所得税を公正な税金と置き換える
 新しく公共の職を生み出すために5000億ドルを用意する
 銀行の破産を無くす
 貿易不均衡を是正する
 公私の債務数兆ドルを無くす
 片親が家族を養えるように支援する
 貨幣のコントロールを人民に戻す
 万民に公正な新しい銀行制度を備える
 前例のない経済ブームによってアメリカ市民に恩恵をもたらす
 平均生活水準を二倍にする

 あまりにも出来すぎていますか? NESARAによって提案される解決策は過去10年間ワシントンの政治家達に利用されてきました。市民がしかるべき支持を表明するやいなや、議員達の何人かは個人的にもその計画を支持すると言っています。それでは、次の3段階の計画でこれらを現実にしましょう!

1. www.NESARA.com (現在は NESARA.org)でこの計画の詳細を学びましょう。

2.ワシントンの役人に連絡を取って、NESARAにおける様々な提案実現のためにどこに要求したら良いのか彼らに質問しましょう。

3.インターネットや国家的なメディアを通じて、NESARAの公開討論を支持しましょう。

 素晴らしいニュース:
 悪いニュースの問題に対して実用的な解決法があります。ご覧下さい! さらなる情報は、非営利団体のNESARAインスティテュートまでご連絡下さい。

ホームページ:www.NESARA.com (現在は NESARA.org)
住所:7635 Jefferson Hwy. NO.354, Baton Rouge, Louisiana 70809

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なにしろ2004年の本に載っている情報ですので、今の時点で上記のサイトが存在するかどうかは定かでありません。
 言えるのは、NESARAインスティテュートという非営利団体が当時あって、NESARAの活動を行っていたということです。
 この団体は、アメリカの議会にNESARA法を提出し承認されるように、アメリカ政府機関や政治家達に働きかける運動を呼びかけていたといいます。

 では、NESARAとは何なのか、詳細に入っていきたいと思います。
 上記(T)と(U)は非常に似通っているので、ここでは(T)の詳細を紹介します。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p17〜p18から抜粋開始>・・・

 [National Economic Security And Reformation Act (NESARA)]

 NESARAとは、正式には National Economic Security And Reformation Act と書く。<国家経済保証及び改正法>とでも訳せるだろうか。まずは、NESARAとはどのような内容が盛り込まれた法律で、アメリカ市民にどのような恩恵をもたらすのか、関係筋から伝えられている情報のうち、主だったものを列記してみよう。

@FRB(連邦準備銀行)を財務省が吸収・国営化し、為替相場の変動を抑える金本位制を採用する。

AIRS(米国国税庁)を解体して所得税を廃止し、政府の歳入は、新設する National Tax Service が、定率の国家消費税(14%〜)から得る(新品商品に限定され、中古品や生活必需品には適用されない)。

B憲法に準拠した法を回復する。

C銀行の不正により貧困を余儀なくされている大衆の救済策として、クレジット・カードやローンの負債を免除する。

D正副大統領(2004年10月現在はブッシュ大統領とチェイニー副大統領)の退陣を必要とし、憲法に則ったNESARAの大統領及び副大統領が替わりとして時期選挙まで臨時に任命される。

E任命された大統領は「平和」を宣言し、アメリカの攻撃的な軍事政策を終結させる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では上記@〜Eの具体的な説明に入ります。
 冒頭で、NESARAを生み出す母体となった人々について語られています。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p18〜p23から抜粋開始>・・・

 [(影の政府)の分裂から驚愕のNESARAが誕生か!?]

 この驚愕の情報を知って、皆さんはどう思われるだろうか? これだけの情報ではまだピンと来ないかもしれない。そこでNESARA関係筋の情報を元に、背景からもう少し詳しく説明してみよう。

 それは今から50年も前に遡る。世界でもトップクラスの銀行家達の中に、今の世の中を変革せねばならないと考える人々が現れた。現実的には、自分達の先代が関わってきたことでもあったが、それまで、世界の95%もの富が5%の人々によって握られてきたと言われてきた。彼らは、この富の集中こそが、貧富の格差ばかりでなく、戦争や環境破壊をも加速させ、世界に破局を招くものであることを悟った。彼らの家系からすると、快くその決断を下せるものではなかったが、あまりにも悲惨な現状と人類の将来を考えると、勇気を持ち、他者の幸福を考える心を持つべきである、いや、もはや悩む余地すら無い時期に到達しているという結論を下したのである。
 これは、いわゆる「影の政府」と呼ばれる人々の内部分裂と捉えることが出来るだろう。彼らは、自分達の権力と富を拡大するために世界中の人々をマインドコントロールし、化石燃料への依存体質を作り、軍需産業の利益のために故意に戦争すら起こしてきたと言われてきた。ところが、人類の未来に危機感を持ち、それまでの姿勢を転換した勢力が現れ、従来の体制を維持したい勢力との間で、ついに内部分裂を起こすに至った。そして、改心した新勢力が、自分達が蓄積してきた富を世直しのために世界中の人々に分配するばかりか、富者がさらに富者を生み出す現在の経済システムに終止符を打つためにNESARAを誕生させたといえるのである。

 [騙されてきたアメリカ市民!?]

 そもそも、アメリカの貨幣経済を動かしているFRB(連邦準備銀行)は国営ではなく、株式会社である(因みに、日銀も同様である)。これまで会計監査がされたこともなく、株主も公表されていない。1913年に成立した連邦準備法により完全独立権を有している。しかし、合衆国憲法第一条八節五項には、「合衆国議会のみが通貨発行権を有する」と明記されており、FRBの存在そのものが憲法に違反しているのである。

 長年、アメリカでは、FRBと関わる一部の富裕層が為替相場の操作を行ってきたと疑う人々が存在している。株主が公表されていないので、その疑いは当然のことである。そのような不透明性を払拭するためにも、NESARAでは、FRBではなく、連邦政府直属の財務省がすべての管理を行い、金本位制を採用することで相場の安定を図ることをうたっている。
 そこで、

@FRB(連邦準備銀行)を財務省が吸収・国営化し、為替相場の変動を抑える金本位制を採用する。

 が行われる。
 また、NESARA施行後は、所得税の徴収は違法になるという(のちに詳述)。そして、最も重要なことは、富者がさらなる富者を生み出すマネーゲームを行える現状が、世界中に様々な不和を起こしてきた最大の原因であると考えられており、その根を絶つことが重要である。それにはローンに対して不当に高率の利子を課してきた金融ビジネスの見直しが含まれる。そこで、NESARA施行後は、

C銀行の不正により貧困を余儀なくされている大衆の救済策として・クレジット・カードやローンの負債を免除する。

 が直ちに実行されるという。これは21世紀の徳政令とも言えるものだ。
 また、NESARA施行後の米大統領は、攻撃的な外交政策を終結させ、平和を宣言することになるという。アメリカ合衆国憲法においては、他国から先制攻撃を受けるか、宣戦布告をされない限りは他国に武力行使を行ってはいけないことになっている。ところが、アメリカ政府は長年この憲法違反を行い、それを既成事実として、次なる戦争へと、近年エスカレートを見せている。また、既に触れたように、FRBの存在自体が憲法違反なのである。
 だからこそ、

B憲法に準拠した法を回復する。

E任命された大統領は「平和」を宣言し、アメリカの攻撃的な軍事政策を終結させる。

 は、達成されねばならない重要課題であるのだ。
 そして、憲法違反ばかりか、数々の不正行為をアメリカ政府自体が行ってきたことの責任として、

D正副大統領の退陣を必要とし、憲法に則ったNESARAの大統領及び副大統領が替わりとして時期選挙まで任命される。

 もちろん、様々な不正行為(後に言及)は厳重に隠蔽されてきた背景がある。それを暴かずしては、大統領の解任も達成されない。
 そこで、これまで米政府が隠蔽してきた情報や技術が全面的に公開される。それには地球外知的生命体やフリーエネルギー装置の存在の公表も含まれると噂されている。
 Bの「憲法に準拠した法を回復する」にも関連するが、本来、言論及び表現の自由を保障されねばならない。しかし、現在のアメリカにおいては、極めて効果の高い医療技術・医薬品やフリーエネルギー装置が開発されると、FDA(連邦食品医薬品局)、CIA等の政府機関から妨害されるという状況がある。また、地球外知的生命体の存在、歴史を覆す考古学的発見やそれらの政府による隠蔽工作に関して言及すると、やはり研究者達は妨害を受ける傾向があった。つまり、最も「自由」が叫ばれているアメリカこそが、「不自由」となっているのだ。
 だが、NESARA施行後は、憲法に準拠した法が回復されるため、アメリカ市民の自由が保障されるようになるという。
 他の面では、アメリカ市民の生活水準が向上するという。その背景として、市民の平均賃金水準が上昇し、住宅も購入しやすくなり、高齢者層へのケアも厚くなるとされる。また、アメリカでNESARAが施行されると、まもなく世界中でも同様の法が2・3年以内に採用されることになるであろうという。
 つまり、NESARAは、アメリカの現政権を打倒するばかりか、アメリカの政界大編成を行う。そして、お金によってすべてが決定されてきた世界を崩壊させ、庶民はお金に困ることなく、情報開示も公正に行われ、地球環境への配慮も怠らない理想的な社会を実現することが主眼にあるという。
 まさか、そんなことが本当に実行されるのかと疑問に感じられることだろう。一方で、もしそれが事実なら、アメリカばかりか、世界がひっくり返り、平和になるための起爆剤となる大ニュースである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今は、貧者99%と富裕者1%と表現します。しかし2004年当時は、5%と表現していたようです。今と比べると、当時はまだ、ましだったようです。

 次に紹介するのは、NESARAの歴史的な背景です。


 ・・・<『世界を変えるNESARAの謎』、p23〜p26から抜粋開始>・・・

 [NESARAの背景]

 さて、NESARAはどのような人々が生み出したと言われているのだろうか? NESARA関係筋によると、次のような過去があったというか
 1993年の初め頃、米最高裁判所は、農業者組合(Farmars'Union)の訴えに対して、アメリカ国内の諸銀行が農業ローンに対し偽って担保権を行使してきており、アメリカ政府がそれらに共謀してきた事実について勧告した。元CIA捜査官によって法廷に持ち込まれた証言や証拠は、農業者組合による主張が正しかったことを次々に明らかにしていった。そして、所得税法が改正されてきたにも拘らず、適切な所得税額の徴収が全州で行われず、所得税そのものが違法であったことまで暴露された。
 米最高裁判所の裁判官達はほとんど満場一致で農業者組合に有利な判決を下した。裁判官達は、アメリカ政府とFRBがアメリカ国民に対して様々な方法で遵法行為を重ねてきたことを示す圧倒的な証拠が存在することを確認した。結果、裁判官達はこの状況を正すために大規模な改革が必要であると考えた。米最高裁判所が裁定を下した時、是正への移行が公正に行われることを監視する目的で、複数の裁判官がその任務に割り当てられた。即ち、5人の裁判官達が、政府や銀行の改革実施へのステップ確立を目的とした委員会に任命された。必要とされる改革を実現するため、裁判官達は経済、金融、法律や他の関連分野の専門家達に協力を要請した。そして、裁判官達は、世界中から数千人を集めて、この改革を支援する団体を設立した。彼らはホワイトナイツ(White Knights <白騎士>)と呼ばれ、NESARAはホワイトナイツのサポートを受けて実体化したと言われている。
 NESARA支持者によると、前記の如くアメリカ政府とFRBによる違法行為が暴露された過去があったという。そこで、所得税そのものの違法性も表面化し、

AIRS(米国国税庁)を解体して所得税を廃止し、政府の歳入は、新設する National Tax Service が、定率の国家消費税(14%〜)から得る(新品商品に限定され、中古品や生活必需品には適用されない)という改正がNESARAで行われるという。もちろん、これは、

B憲法に準拠した法を回復する。

 も念頭にある。

 [現政権打倒を目指すホワイトナイツ]

 確かに、アメリカ政府とFRBに関しては、内部の人々が公私混同した行動を行ってきたと、以前から陰では問題視されていた。そのため、前述の改心した新勢力が旧体質の権力者達と対立を起こし、ホワイトナイツをサポートしてきたと捉えることができるかもしれない。
 そして、これまでのホワイトナイツの活動であるが、窮地に陥った企業が、悪意ある人々に買収されたりすることを防ぐ目的で資金援助をしたり、企業買収を行ってきたりしたという。次第にホワイトナイツのメンバーも増え、現在までに彼らが捻出した金額の総計は、米ドルに換算して300〜500兆ドルにも及び、最終的にそのお金は世界中の一般市民に分配されることになるというのだ。それによって、一般市民は経済的に困ることは無くなるとされる。
 因みに、世界180カ国以上の人々がホワイトナイツのメンバーになっており、あらゆる人種的、民族的、宗教的背景の人々で構成されているという。しかし、NESARA公布へ向けた内部抗争が今なお続いているため、そのメンバー達の名前は明かされていないというが、諸外国の元首相達、最高裁判所の長官達、米国議会の議員達、米軍の元高官達、金融界の大物、米国諜報機関の高官達も含まれていると言われる。

 ・・・<抜粋終了>・・・



 NESARA法は2000年3月9日にアメリカ議会で秘密裏に可決され、10月10日には元クリントン大統領によって署名・承認されているといいます。しかし大統領が署名したにもかかわらず米最高裁判所によって、その行使が止められてきたといいます。
 それがトランプ大統領になって、風向きが変わったのかもしれません。

https://www.bbc.com/japanese/45774819

 トランプ大統領が指名したキャバノー判事の最高裁判事就任により、保守派5人、リベラル4人となり、保守派が優勢となりました。
 ひょっとすると、最高裁においてそれまで止められていたNESARAの施行が承認されたのかもしれません。
 今年の3月に、FRBが国有化されたという話は本当かもしれないという気がしていきました。

 NESARAに興味を持たれた方に参考になるサイトです。

https://note.com/fidelia/n/nee8490b34d1e

 このサイトでは、「6月〜9月の早い時期にも起こり兼ねない」と予想していますが、それはアメリカでの話だと思います。
 これまでアメリカで何か起きれば、だいたい半年後ぐらいに日本に来るというのがよくありました。それゆえアメリカでNESARAが施行されれば、その半年後ぐらいに、いよいよ日本に上陸するということになるのだろうと思います。



新型コロナ騒動とは何だったのか...2020年6月6日

 東京アラート発動中なので、まだ新型コロナ騒動が収束したとまでは言えませんが、これから収束方向に向かうのは間違いないと思います(第二波は別として)。

 そこで今回の新型コロナ騒動に対して、私なりの結論を紹介させていただこうと思います。
 日本で新型コロナが騒がれ始めた今年の2月頃、情報は少なく、新型コロナがいかなるものか私もわかっていませんでした。
 それから数か月が経ち、入ってきたいろいろな情報を元に私が出した結論は、新型コロナは「ただの風邪」だったというものです(あくまでも個人的見解です)。
 こうした見解を持つ人は、いまの日本では極めて少ないと思います。
 多くの日本人は、マスコミが報道することを(見事なほど)そのまま信じています。世界の大都市でロックダウンが起き、日本政府も緊急事態宣言を出したぐらいだから、「ただの風邪」であるはずがない・・・、多くの人はそう考えると思います。
 私が、新型コロナを「ただの風邪」と結論付けたのはそれなりに理由があるのですが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。今回は、「ただの風邪」がなぜ世界中をパニックに陥れることに成功したかという話を紹介しようと思います。

 兵器の中でも、地雷は「悪魔的」兵器と言われていることを聞いたことがある人はいると思います。
 なぜ悪魔的かというと、それは人を殺傷しないからです。
 地雷を踏むと四肢は吹き飛びますが、命までは奪いません。そのように火薬の量を調節してあります。
 地雷を踏んで四肢を失った人は、なかなか正規の仕事には就けません。多くの場合、社会が生活の面倒を見ることになります。敵方にそうした社会的負担を強いることで、国力をジワジワと奪うというのが目的なのです。
 ベンジャミン・フルフォード氏によると、軍用銃もまた人を殺傷しないように作られているといいます。
 これらは、一見すると不思議に聞こえます。
 戦場で使う武器なのだから、できるだけ敵にダメージを与えるよう殺傷力を高めてあると思えるからです。

 新型コロナがなぜ世界中をパニックに陥れることに成功したのか。
 実はそれは、新型コロナが普通の風邪並みであったがゆえに、逆に凄まじい効果を持ったと言えそうなのです。
 私は当HPで何度も、新型コロナを「弱っちい」と表現してきました。
 しかし「弱っちい」のは、あくまでも毒性であって、新型コロナの存在そのものではありません。
 新型コロナは巧みな宣伝効果によって、世界中をパニックに陥れ、世界経済に大打撃を与えたことは間違いないのですから。

 では、『人類最終戦争』(ベンジャミン・フルフォード著、秀和システム)から、抜粋して紹介します。


 ・・・<『人類最終戦争』、p76〜p87から抜粋開始>・・・

 ◆「日常」を奪う新型生物兵器

 新型コロナウイルスの騒動以降、私はメルマガなどを通じて「たいしたウイルスではない。パニックになるほうが良くない」と発信してきた。
 私だけではない。多くのジャーナリスト、専門家たちも同じ発言をしているが、その声が一般庶民になかなか届かないというのが実情だろう。
 それは、この新型コロナウイルスが「日常」を奪ってしまうからだ。人は「日常」を失うと、途端に冷静な判断ができなくなる。
 なにより悪質なのは、この生物兵器が「人を殺傷しない」という点なのだ。それゆえに兵器として極めて優れている。
 意外に知られていないが、「軍用銃」は、わざと殺傷能力を落としている。破壊力でいえば一般的に入手しやすい猟銃が最も高い。猛獣を一撃で仕留めるよう猟銃は強力に出来ているが、軍用銃は一発命中しても、まず死ぬことはない。わざと「生かす」のだ。重傷を負わせて敵に負担を強いるためだ。怪我人が出れば、それを治療し、後方に送らなければならなくなる。1人の怪我人で部隊では3人の兵隊が身動きできなくなる。部隊の1割殺傷で「全滅」判定なのは、そのためである。四肢を欠損した傷病兵は本国に戻ってもまともな職種にはつきにくい。国の医療費を食いつぶし、なおかつ、政治的には不満分子となって政権にダメージまで与える。戦場で敵兵を殺すのでなく敵兵を「武器」に替える。それが軍用銃なのだ。
 この新型コロナウイルスも似たような性質がある。「たいしたウイルス」ではないがゆえに、敵を殺傷するのではなく自滅に追い込む。人々は味方を攻撃してしまう。もし「SARS」のような正真正銘の殺人ウイルス兵器ならば人々は一致団結できる。今回は、それができなくなっているのだ。
 実際、これまで「闇の支配者」たちの手法は、ある意味、わかりやすかった。人工ハルマゲドンをでっち上げ、人類40億人以上を「間引きする」。あるいはチップを埋め込み、断種し、家畜にして飼う。そんな計画を立て、実行しようとしてきた。
 黙って見過ごせば、殺されるのだ。誰だって反対し、命がけで抵抗する。こんな悪魔の計画を遂行できるのは狂信者ぐらいであって、まともな感覚が残っていれば敵勢力の中でも裏切りが頻発する。だから、すべて失敗に終わったのだ。
 人は誰でも平穏な日常を守りたい。それを奪おうとすれば命を懸けて戦う。これまで「闇の支配者」との戦いでは、そうした名もなき無名の人々の尽力があった。
 ところが今回は、そんな日常を守ろうとする「名もなき人々」がパニックの主体となってしまった。新型コロナウイルスは、この「名もなき一般庶民」を武器にして攻撃をしてくる。敵ではないのだから攻撃もできない。そうしてパニックは加速していった。
 平穏な日常を守ろうとすればするほど、その「日常」を奪われる。
 ここに新型コロナウイルスの兵器としての恐ろしさがある。

 ◆「選抜高校野球中止」が決まった「311」

 2020年3月11日、明らかに日本国内の空気が一変した。
 それまで平静を保っていた人たちさえパニックを起こし、異常行動や過激な発言を平然とするようになった。トイレットペーパーの買い占めも、それまで限定的だったのが、店頭から一斉に消え去ったのが3月11日以降のことだ。日本政府が非常事態宣言を可能にする新型インフルエンザ等対策特別措置法の成立を3月13日に設定したのも、311以降、世の中の空気が一変するのを待っていたとしか思えない。事実、市民生活に制限を加える強権を振るうことに対して反対の声も上がっていない。ドンドンやれという声のほうが多くなったぐらいだろう。
 なぜ、311から変わったのか。理由ははっきりしている。
 この日、「選抜高校野球」が中止になったからである。
 当初、選抜高校野球は、開催予定になっていた。大会を主催する高野連は、3月4日、「無観客で開催する」と宣言までしたし、多くの高校野球ファンもそれを支持していた。それが中止に追い込まれたのは、いろいろなものが積み重なったからであろう。
 「安倍226事件」とも称される2月26日以降、まるで「選抜潰し」を狙ったかのような動きが加速する。まず安倍政権は全国の小中学校に春休み前倒しでの臨時休校と、各種イベントの自粛を要請した。それによって長めの春休みとなるが、同時に東京ディズニーランドやUSJスタジオなども急遽、休園になり、コンサートや舞台などもすべて中止になりはじめる。人が集まれば、そこで大量感染する(かもしれない)。だから、こうした人の集まりはどんどん潰していったのだ。人が集まると感染するというなら、満員電車はどうなるのか。会社だって狭いオフィスで普通に働いている。明らかに矛盾しているだろう。
 なぜ、反対の声が出なかったのか。2月26日以降、仕事は生きていくために仕方ない。でも娯楽ぐらいは(中止で)我慢しようという「空気」がしだいに醸成されていったからだ。まずは影響の少ないイベントから延期や中止になる。東京ディズニーランドのように社会的影響力と体力のある企業は「社会的な責任」として自粛を求められれば受け入れざるを得ない。下手に開園して「そこで感染した」というリスクを避けるためだ。
 すると「天下のディズニーランドも自粛しているんだ」と主張する。これで多くのイベント団体も黙らざるを得ない。それで多くのイベントが潰れるのだ。
 ここまで来れば、「どうして高校野球だけ特別扱いするのか」という一言で中止は決まる。「みんな我慢して耐えているんだ。プロのJリーグも中断しているのに、学生のスポーツをあえて開催する理由はない」と指摘されれば、うなずくほかあるまい。そうして選抜は無観客でもダメとなり、中止になったわけだ。
 考えてみてほしい。野球にちっとも興味のない私でも選抜高校野球が、それこそ2011年の「311」でも普通に開催していたことは覚えている。原発が吹っ飛び、あれほどの未曾有(みぞう)の大災害のなか、2週間後には、甲子園で球児たちが元気よくプレーしていたからである。もっと言えば甲子園も被害を受けた1995年1月17日の阪神・淡路大震災でさえ、2カ月後に何事もなく開催した。それを非常識だとか不謹慎とは誰も思わなかった。
 関西全域が被災地となった阪神大震災、あるいは東日本全域が被災した311のなかで、誰もが不安に思うなか、テレビやラジオを付けると高校野球が飛び込んでくる。いつも通りの「当たり前の風景」に、被災者たちは慰められたであろうと思うからだ。高校野球を見ることで「今は大変だけど、何とかなりそうだな」と感じたことだろう。
 逆に言えば「高校野球のない春」というのは、とてつもない異常事態となる。事実、高校野球が中断になったのは、戦局が悪化した1942年から46年までの間のみ。つまり、2020年は「太平洋戦争の最中」と同じ状況となる。少なくとも311より異常な状況下というメッセージを日本人の多くは受け取ったことになるのだ。
 それを、あえて「311」に発表する。だからこそ日本の空気が一変し、多くの人が異常な行動を取るようになった、と考えられるのだ。

 ◆庶民から国民的スポーツがもたらす「安心」を奪う

 私自身、スポーツにまったく関心がない人間だが、国民的人気のスポーツがもたらす「安心感」というのは理解しているつもりだ。
 余談となるが、日本で最も成功した報道番組に「ニュースステーション」(テレビ朝日)がある。司会者であった久米宏氏が、成功した理由に「スポーツコーナーの充実」をあげていた。ニュースステーションでは、番組の半ば、スポーツコーナーを設けていた。そこで久米宏氏は、それまでのキャスターから一転、ただのプロ野球ファンとして振る舞った。ひいきのチームが勝てば喜び、負ければ悔しがる。もちろん「演出」である。
 当たり前だが、報道番組は凶悪な事件や社会問題を大きく取り上げる。ニュースを見ていると「このままで大丈夫なのか」と不安になってくる。
 そこでニュースステーションでは、番組中間にスポーツコーナーを挟み、久米宏氏が楽しそうにプロ野球を語る姿を見せた。ようするに「明日も変わらない日常が続く」というメッセージを視聴者に届け、一種の安定剤としてスポーツコーナーを利用していたわけだ。この「久米メソッド」は、その後、すべての報道番組に取り入れられ、定番となっている。スポーツを利用した「日常性」は、こうして形成される。
 実際、国民的人気のスポーツは、日常のシンボル(象徴)と言っていい。いつも通り代わり映えのしない日々を担保する存在なのだ。メディアが不必要なほどプロ野球を取り上げるのは、「変わらない日々」を確認する共通の話題として不可欠だからだ。
 世界では、これが「サッカー」となる。野球の盛んな日本、アメリカ、クリケットのインド以外はサッカーが「変わらない日常」を演出してきた。ヨーロッパもそうだが、昨今は習近平の国策もあって中国でもサッカー熱は高まっている。
 ヨーロッパは、宗教、人種、格差やイデオロギーなどナーバスな問題を多く抱えている。そうした問題を避けつつ、他者とコミュニケーションするとき、「サッカー」はかっこうのツールとなる。テレビを付ければ、ともあれサッカー、ニュースサイトを開けば、まずはサッカーのトピックスが目に飛び込んでくる。そうしてヨーロッパを中心に世界中でサッカーは日常生活に溶け込んでいる。
 その「サッカー」を失えば、どうなるのか。
 新型コロナウイルスは、世界中の人々から「サッカー」を奪った。3月中旬までヨーロッパでは、無観客にしながらもサッカーの試合を続けてきた。それが一種の安定剤となっていたはずだ。テレビを付けて「サッカーの試合」をしていれば、人々は安心する。いつもの日常が続いていることが確認できるからだ。新型コロナウイルスにも、そこまで不安に思ってはいなかったことだろう。
 ところが3月中旬になって、突如、スター選手や監督に「感染者」が急増する。サッカーが生活に密着している分、情報は凄まじい勢いで拡散する。前章でも述べたように、新型コロナウイルスは「風邪なみの感染力」がある。だが、プロのアスリートが感染したところで重症化することはない。ほとんどが熟も出ず、無自覚のはずだ。当たり前だが、倒れた選手は誰一人としていない。それでも複数の選手が感染したことを理由にヨーロッパ各国のリーグ戦は中断になってしまう。
 ヨーロッパのサッカーリーグが中断になったのは、それこそ第2次世界大戦中、戦場になったときぐらいだ。つまり、いま、ヨーロッパでは「第2次世界大戦中」と同じ状況下になった。そんなメッセージを刷り込まれたのである。
 となれば、どうなるか。日常は失われ、どんな異常な事態が起きようが「仕方ない」と思うようになる。ここに事態がパニック化した構図があるのだ。
 事実、サッカーリーグが中断になって以降、ヨーロッパ全土で異常なパニック行動が目立つようになった。スーパーマーケットで怒鳴り合い、殴り合いながら商品を買いあさるのも、もはや珍しくなくなった。
 アメリカでも同様で、プロバスケットリーグのMBAが中断となった途端、アメリカ市民は銃弾を買いあさった。アメリカ人は、いつ暴動が起きても不思議はないと、ある意味、厳戒態勢に入ったのだ。
 当たり前の日常のシンボルである「スポーツ」を失うことが、いかに危険な兆しになるか、逆にスポーツを継続することが、どれほど庶民の精神状態に安定をもたらすか、よく理解できるだろう。この新型コロナウイルスが「悪魔」的なのは、市民生活の安寧をもたらす「スポーツ」をいとも簡単に潰せるところにあるのだ。
 一般庶民にとって、なにより大切なのは「平穏な日常」と言っていい。それを守るために、誰もが頑張っている。
 新型コロナウイルスに感染すると、この「日常」を失ってしまう。感染すれば隔離されて仕事にも行けなくなるというだけではない。周囲に多大な迷惑もかける。家族も「キャリア」として扱われる。会社もフロアごと閉鎖になる。常連だった店は閉鎖になる。よく行く場所も同様だ。会社や店が潰れてしまうことだってありえよう。
 感染者は「魔女狩り」の対象となる。当然、ありとあらゆる手段をもって「感染のリスク」を避けなければならない。こうしてスポーツは簡単に潰される。当たり前の日常のシンボルだったサッカーがなくなる。平穏な日常を守ろうとすればするほど、その「日常」を自らの手で潰してしまうのだ、こうして日常を失えば異常な行動も平然とやるようになる。これが、今、起こっているパニックの正体なのだ。
 まさしく「悪魔的」であろう。明らかに計画された犯罪なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 武田教授が指摘していることですが、今回の新型コロナでは、「感染者」の数を問題視し、連日ニュースでその日の感染者数を報道しています。
 通常は、発熱や具合が悪くなった人は病院に行って診察してもらい、医者は問診や検査を行い病気の種類を特定します。そこで初めて「患者」と認定されることになります。死亡率は、その「患者」の中の死亡者の割合です。
 これまでのほとんどの病気は、これが当たり前でした。
 ところが新型コロナに関しては、「患者」ではなく「感染者」をカウントするようにしています。
 ここに見事なすり替えが起こっています。
 今回の新型コロナの世界的なパニックをプロデュースした人は、本当に頭がいいなと感心した点です。
 新型コロナは毒性は低く「弱っちい」ですが、感染力は普通の風邪並みに強いものがあります。それゆえ、多くの人は感染するのですが、「弱っちい」ので、軽症か無自覚がほとんど(8割)となります。
 そこで正解率4〜7割といういいかげんなPCR検査を行えば、たくさんの(偽陽性を含めた)陽性が出ます。
 つまりPCR検査の数をコントロールすれば、「感染者」の数など、いくらでも操作できるのです。
 「患者」の数であれば、病院や医者の数といった物理的な制約があり、意図的に操作するのは難しいのですが、「感染者」の数にしてしまえば、比較的容易にコントロールできるようになります。
 ベンジャミン・フルフォード氏が指摘するように、庶民からスポーツを奪い、精神的に追い詰めたあと、頃合いを見て「感染者」の数を爆発的に増やしていって、人々をパニックに陥らせていったという構図が浮かび上がってきます。
 見事としか言い様がありません。

 そして、各国の首脳は、そうした新型コロナの実態を知りつつも、時としてパンデミック騒動に便乗した面もあったのかもしれません。
 その一つの例として大国アメリカを紹介します。


 ・・・<『人類最終戦争』、p214〜p215から抜粋開始>・・・

 ◆新型コロナ騒動は新システムへの移行の“はずみ”になり得る

 本書で述べてきたように、新型コロナウイルスはハザールマフィアたちの最後の悪あがきと言っていい。自分たちの延命と助命を目的にばらまいたウイルス兵器だった。その目論見は世界中にパニックを起こし、一見、成功したかのように思える。
 実は違うのだ。今のパニックは別の要素で起こっている。
 第3章でも書いたが、2020年1月末、アメリカは借金返済をできずに2度目の不渡りを出した。結果、ドルの借用不安が起き、アメリカの経済は機能不全となった。実際、パルチック海運指数の変化を見ればすぐに分かる。海運は実際の物流状態をはっきりと示す。それが1月末以降、劇的というほど動かなくなった。いま、アメリカの港にはコンテナがほとんど積まれていない。アメリカの物流が止まっているのだ。その状況は下記リンクの動画から確認することができる。(管理人注:動画は今は見れなくなっています)
 それに伴い今、アメリカのスーパーでは日用品から食料品まで品不足が深刻化した。
https://www.zerohedge.com/personal-finance/watch-store-shelves-across-country-are-emptying-fast
 しかし、「アメリカ政府が不渡りを起こしたので、輸入が止まりました」「スーパーから商品が消えました」とは、さすがにトランプ米大統領も口には出せない。
 もうおわかりだろう。
 それで「新型コロナウイルス騒動で中国経済が止まった」と、責任転嫁したのだ。新型コロナウイルスが蔓延したために中国からの物流が止まった。人、モノ、金が止まったのだから景気が悪いのも仕方ない。すべての責任はパンデミックを起こした中国にあると、言い訳できるし、言い訳しているのだ。そのためトランプ政権は、厳しい入国制限を行い、新型コロナウイルスをことさら「危険視」してきた。つまり2月以降のアウトブレイクと蔓延は、実質的な経済破綻を起こしたアメリカの主導ということがわかる。
 ハザールマフィアからアメリカ主導へと切り替わった。ここを見誤ってはならない。ステージは移ったのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 田中宇(さかい)氏は、イタリアやスペインで新型コロナの大騒動が演出されたのは、ECB(ヨーロッパ中央銀行)との「コロナ国債」発行の議論で、有利に交渉を進めたい思惑があったという説を述べていました。
 各国それぞれに、別々の事情があったのだろうと思います。
 スエーデンは多くの西側諸国とは異なり、都市封鎖やお店の営業停止は行いませんでした。これは、そうしたしがらみがなかった珍しい例なのかもしれません。



副島隆彦氏が語る金(キン)の売り方...2020年5月27日

 田中貴金属の今日(5月27日)の金(キン)1gの価格は、6537円でした(売りは6428円)。
 イラン革命が起き、第二次オイルショックとなった1979年、ソ連がアフガニスタンに侵攻し、有事の金ということで金は急騰します。それまで1g1000円〜2000円の幅で動いていたものが、一気に6495円と目を剥くような価格にまで暴騰しました。
 当時は、すぐに金は元の価格帯に戻りましたが、今年の4月にこの価格に達し、約40年ぶりの最高値更新となりました。
 私の大学の後輩の方から、聞いた話です。
 1980年1月に金が6495円に暴騰していた頃、後輩の方のセミナーの講師が金を持っていて、こんなチャンスはめったにないということで、さっそく翌日、金を売りに行ったそうです。すると、その日の相場は3000円台と半分になっていて、こりゃダメだと売らなかったそうです。
 結局、6000円台になったといっても、極めて短い期間だったのです。
 しかしながら今は最高値を更新してからも、当時と違い、さらに上がりそうな気配がしています。

 現在の6600円前後という価格をみて、思いだしたことがあります。
 もう20年近く前のことですが、日本で金1gが1000円前後で買えた時代がありました。
 私がHPで金のことを色々書くものだから、ある訪問者の方からメールをいただいたことがありました。
 その方は、金を2kg(枚)買ったそうです。私の記憶では、1kg110万〜120万円ぐらいの値段の時、買ったと言われていました。
 それが当時、180万円ぐらいに上がっていて、利益が出たので1つ売るつもりだと言われました。たしかに60万〜70万円の利益が出ているのですから、売るという選択はありです。
 そこで私は、1つは売って利益を確保し、もう一つは売らないでずっと持っていることを勧めたのです。金は今後もずっと長い上昇を続けると思っていたからです。
 それゆえ、金が40年ぶりに最高値を更新したことに感慨深いものがあります。その方は、今でも持っておられるでしょうか。それとも、すでに売られてしまったのでしょうか。

 もう一つ、紹介します。
 この話は、すでに当HPで一度記事にしたことがありますが、再度紹介します。
 私のゲリースクール時代の同級生の方ですが、金の先物取引で、数十万円を元手に1億円を稼ぎ出した人がいました。
 これは当時としても、かなりの成功物語として、ある業界新聞の一面に顔写真入りで記事が掲載されました。私は本人から、その裏話を聞いたのです。
 面白いと思ったのは、その方は投資する前にゲリーさんのアカシックセッションを受けて、金の買い方を伝授してもらったことです。
 ゲリーさんから、NY金が1オンス250ドル台になったら買うように言われて、忠実に実行したそうです。すると、たしかに250ドル台が底値となり、それからダイナミックに上昇していったそうです。
 その話を聞く前ですが、実は私もゲリーさんの個人セッションを受けて、金について聞いていました。
 金は今後上がると思うが、ゲリーさんはどう思いますか、と聞いたのです。
 するとゲリーさんは上がることに同意した上で、私に釘を差しました。金を買うのだったら、必ず現物にするように言われたのです。
 私は現物も買ったのですが、ゲリーさんのアドバイスを聞かずに、金の先物取引に手を出してしまいました。それでけっこう稼いでしまい、ある年に金の先物取引で420万円の利益を出したことがあったのです。
 しかし当時は私は税金の知識がなく、申告せずに放っておいたのです。すると数年後に税務署から通知が来て、税金の未払い分に加えて追徴課税(罰金のようなもの)と延滞税(税金を払わなかった期間の利子)を含めて135万円を払うはめになりました。
 これがゲリーさんが私に、「必ず現物にするように!」と釘を差した理由でしょうか。
 とはいえ、420万円はそのまま残っていたので、135万円は余裕で払えました(使い込んでいたら、真っ青になっていたでしょう)。

 調子にのって、余談が過ぎました。
 今回は、『もうすぐ世界恐慌』(副島隆彦著、徳間書店)から金の売り方の話を紹介させていただきます。
 副島氏によると、税金対策として、金のインゴットを分割する方法と、海外に持ち出す方法があるといいます。
 まず、分割する方法を紹介します。


 ・・・<『もうすぐ世界恐慌』、p97〜p98から抜粋開始>・・・

 100グラム単位で金を切り分けて売る方法

 いま国内の小売りの金価格は、前述したとおり1グラム6300円ぐらいだ。卸値はここから500円を差し引くから5800円くらいだ。1キロの板だと630万円する。
 それを、10枚に分けた100グラムに切り分けたいという人々がいる。以前は、私は「そんなことはやめなさい。じっと持っていなさい」とアドヴァイスした。しかし、相続の問題がある。おじいちゃんが死ぬ前に、100グラムに切り分けて、あちこちで売って換金したい。「200万円以下は支払い調書を書かなくていい」ので、税務署にこの支払い調書が行かない。これは大変、切実な問題だ。そうしたい人たちは、日本マテリアルで100グラムに切り分けて売ればいい。
 日本マテリアルは、御徒町と東上野と外神田に店舗がある。この会社は、日本金地金取引業協会には入っていない。日本マテリアルで、1キロを100グラムに分けると、17万円かかる。1枚当たり60万円に対して1万7000円になる。1万7000円は高いけれども、おじいちゃん、おばあちゃんが死にかかっていて、その金をなんとか早目に処分したい、という人々はいる。そういう切実な人はどうぞやってください。それで相続税の対象から外れるようにしてください。
 国税庁、税務署は恐ろしいところだ。お金のことにしか興味を示さない。「おカネの警察だ」。犯罪者になる必要のない多くの人々は、警察とは、ほぼ無縁で生きて死ぬ。ところが、金持ち、経営者は、税務署とは、どんなにイヤでもつき合わないわけにはゆかない。
 私たちは、3つの災害から逃れなければいけない。一つは戦争。戦争が起きるかもしれないという問題。北朝鮮の核ミサイルもある。二つ目は大きな自然災害。今回のコロナウイルスのような問題もそうだ。それと日本には必ず、大地震が襲いかかかってくる。そして3つ目が、税務署だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、海外で売るという選択です。
 金の強みは、世界で通用することです。


 ・・・<『もうすぐ世界恐慌』、p102〜p106から抜粋開始>・・・

 金を売るなら海外に持ち出して売る

 金は外国に持ち出して売る。このことも本気で考えてください。いつ買ったか分からない金を売ると、税務署がやって来たとき、ヒドい目にあう。ホントだ。金は3枚まで、3キロぐらいは、自分の手持ちの小さなバッグか、胸ポケットに入れて持ち出しなさい。ガラガラと引いていく旅行バッグの中に入れると、途中で抜かれてしまう。航空の運送業で働く連中がこれをやる。だから手荷物以外はだめである。
 出国するときは、出入国を管理する法務省と、東京税関の二つの関門があるけれど、平気で通っていきなさい。通関の書類に「100万円以上は記載して下さい」と書いてあるが、自分のお金を持ち出すのが、何が悪いのか。指摘されたら、その場で修正すればいい。「あ、金ですね」「そうです。私のものです」。自分の財産を自分が外国へ持っていって、何が悪い。3キロぐらいまでは大丈夫だから持ち出しなさい。
 それで、海外の銀行とかに預け先を作っておいて、海外で売りなさい。手数料を1割は取られるだろうけれど、外国で、金は十分に売れる。こういうことも本気で考えなければいけない時代が来た。
 税関と法務省は、刃物と爆弾とばい菌などの危険物を取り締まっているのであって、数百万円ぐらいの装飾品を身につけていても何とも思わない。5000万円や1億円のダイヤモンドを身につけているおばさま方は、世界中に大勢いる。税関と法務省は、そういうことには関わりたくないのだ。この考え方が大事だ。
 日本の大金持ちは、200万人ぐらい、もう外国に逃げたそうだ。この20年間の間にさっさと外国に移住した。小金持ちは、日本で死んでいくしかないという人たちだ。大金持ち系は、外国に工場や会社を持っていたので、お金の動かし方を知っている。本当に200万人がとっくに自分の資産を逃がしている。こんな国(日本のこと)に、大切な自分の金融資産をボケッと置いていたら、これからは政府に、何をされるか分からない、と賢い人たちは分かっていた。

 簡単なことで、外国に移住するのだから、住民票を外しさえすればいい。そうなると日本に所得申告する必要がなくなるので税務署の縄張り(管轄と言う)から外れる。困るのは日本の健康保険がなくなることだけだ。自分で民間業者の医療保険に入ればいい。その代わり、日本に時々、帰ってきたときは、ホテル住まいになる。本気で外国に逃げるのならば逃げるべきだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、今後の金価格について、副島氏がどのように見ているかを紹介したいと思います。


 ・・・<『もうすぐ世界恐慌』、p106〜p108から抜粋開始>・・・

 金(キン)はこれからまだまだ上がるから買いなさい。

 そろそろ金の数字(金額)を覚えてください。アメリカ人のお金持ちは、みんなメープルリーフ金貨とかカンガルー金貨、ウィーン金貨ハーモニーとかで持っている。アメリカ政府製のイーグル金貨は、秘かに退蔵されているので、あまり手に入らない。少し前まで金貨1枚(1オンス)18万円だったが、いまは少し上がって、21万5000円ぐらいだ。売るときには、プレミアムがついて、1割損するように見えるけれども、これが6倍で120万円分になる時代が来る。それまでじっと持っていなさい。
 いずれ、ドルと円が切り離される時期が来る。これが大事だ。ドルが暴落したときに、日本は、国家体制として、これ以上アメリカに付き合わない、と政府が宣言するだろう。いつまでも沈没(衰退)国家のアメリカに引きずられていたら、日本国が自滅するからそこから離れるだろう。大きなユーラシア大陸にある、中国とロシアとヨーロッパ、インド、中東アラブ諸国もあるから、そっちの新しい世界体制のほうに日本も移るだろう。そのときが、円がドルと切り離されるときだ。金ドル体制(ブレトンウッズ体制。1944年7月にできた)が正式に終わるときだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように副島氏は、これから金(キン)は6倍になると言っていますが、その具体的な根拠は言っていません。
 ですからこの6倍という数字は、副島氏のカンみたいなものでしょう。

 最後に、日本で金を売る場合の税金の話を補足します。
 (私も恩恵にあずかったことがありますが)現物の5年以上の長期保有は、利益を2分の1として申告できる特典があります。
 例えば、600万円で買った金を1000万円で売った場合、差額の400万円が利益となり、雑所得として申告することになりますが、5年以上保有していた金であれば、その2分の1の200万円の利益として申告することになります。当然、税金はずっと少なくなります。
 それゆえ金の現物は、預貯金がインフレで目減りするリスクの回避として、長期保有することが合っている気がします。



ロックダウン解除の経済的背景...2020年5月17日

 先週末、株式会社ノウイング(ノウイングとは「叡智」という意味)から、「事業終了のお知らせ 」なるメールが届きました。
 その株式会社ノウイング(前社名は、ゲリーボーネル・ジャパン)で、神秘家ゲリーボーネルさんが2007年に開校したゲリースクールの私は第一期生でした。
 私はそのメールを見て、なんともいえない一抹の寂しさを感じました。
 ちょうど、自分が卒業した小学校や中学校が廃校になると聞いて感じるようなものかもしれません。
 新型コロナの影響をもろに受けた形だと思います。
 株式会社ノウイングの主力事業がスクールであり、そのスクールでは三密を避けられません。狭い空間に大勢が集まります。ソーシャルディスタンスなどと言って人数を減らすと、経営が成り立たないのだろうと思います。
 仕方ないのだろうな、と思いつつ、業種によってばらつきはあっても、こうした事業の廃業や縮小の流れは続いていくのだろうと思います(いえ、これから本格化するというのが実情に近いかもしれません)。

 しかし、新型コロナ騒動は、新たな段階を迎えていることはたしかです。
 世界の各都市で、ロックダウン(都市封鎖)の解除が段階的に行われているというニュースが流れるようになってきました。
 日本では強制力を伴ったロックダウンではなく、政府の緊急事態宣言による外出自粛要請ですが、5月14日に39県の緊急事態宣言を解除するという発表がありました。
 新型コロナの感染が始まった中国は別ですが、ロックダウンは世界の多くの国で3月から始まり、今月(5月)末に解除に向かうという流れになっています。
 3月から5月の3ヶ月間となりますが、吉田繁治さんによると、この3ヶ月というのは、経済的な意味があったといいます。
 それは端的に言って、経済的に3ヶ月が限界だったということのようです。

 気になるのは、これから経済活動が徐々に回復するとしても、今後どのような動きになるかということです。
 吉田繁治さんは、1929年から始まった世界大恐慌、2008年のリーマンショックとの比較から、今回の新型コロナ騒動による経済的なダメージを解説しています。
 今後の流れを読む上で、ヒントがあるかもしれません。

 まず、世界大恐慌の解説を吉田さんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(1069号)』から抜粋開始>・・・

1.「大恐慌」は第一次世界大戦後の、株価バブルの崩壊から始まった

1929年から33年の大恐慌と、2008年から9年のリーマン危機は、いずれも、債権の不良化で銀行の自己資本がなくなったこと、時価評価での債務超過から、起こったものです。

大恐慌は、欧州、米国、日本で同時に、戦費国債が増発された第一次世界大戦(1914年〜18年の後、低金利と投資ブームでバブル化していた、米国株価の暴落が、契機になっています(1929年10月29日:暗黒の火曜日)。

6番底まであった株価の底打ちまで3年かかり、その大底は、暴落前の11%(89%下落)でした。実質GDPは27%下がり(企業+世帯の所得も27%減)、失業率は25%でした(1933年)

1929年の水準に戻ったのは、ニューディール政策(1933年〜)と第二次世界大戦(1939年から45年:戦時国債の増発)をはさんで、戦後の9年目の1954年でした。暗黒の火曜日からは25年かかっています。

世界史上最悪だった大恐慌は、
(1)資産の株と債券が下がった銀行のバランスシートの悪化から始まり、
(2)金融の縮小、つまり、マネーサプライという信用創造の急減になり、経済の中のマネー不足になって、
(3)商取引(=GDP)を減らし、4人に1人失業させたのでした。

生活と生きるための物資(経済の財)を買う所得を失う失業は、経済の一番の問題です。このため戦後の先進国では、失業しても、国民に、政府が最低生活を保障する福祉国家(=財政支出の拡大)に向かったのです。

中央銀行が国債を買ってマネーを増発する事実上の財政ファイナンスは、福祉国家による、財政支出の拡大から始まったのです。

財政ファイナンスは、中央銀行が国債を買って通貨を増発することです。これが、戦後75年の長期のマイルドなインフレ(米国では平均年率3%)の、金融面での原因でした。(注)米ドルの価値の1年に3%の低下に呼応して、金価格は1年平均で5.7%上昇しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 世界大恐慌により、株価は10分の1へと暴落しました。そして、大恐慌前の水準に回復するのに25年の歳月を要しました。
 では2008年のリーマンショックのときは、どうでしょうか。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(1069号)』から抜粋開始>・・・

2.2008年9月からのリーマン危機は、デリバティブ(証券化金融)の不良債権化から起こった

リーマン危機も、銀行の自己資本の滅失から、実体経済の恐慌的下落が始まったことでは、1929年からの大恐慌と同じです。ただし、
・大恐慌ではまず株価の暴落であり、
・リーマン危機では不動産ローン証券の下落からでした。

原因は、2000年の、IT株バブルの崩壊の1年半後の2001年の9.11(同時多発テロ)を経て、ブッシュ政権が不動産価格の上昇策をとったことです。ローンを低金利化し、デリバティブの証券化金融の方法で、MBS(不動産ローン担保証券)、ABS(資産担保証券)、CDO(債務担保証券)組成し、米銀と世界の銀行に売ったことでした。

ローンの延滞率が高まると価格が上がるCDS(債務保証保険)も作っていました。

米国の住宅ローンの金額は、1000兆円と日本の4倍です(現在は13兆ドル:1430兆円)。住宅ローン会社が貸しつけたローンの権利(回収権)を、投資銀行が買い取ってまず合成します。

優先・劣後の順位を作って、優先的なシニア債、中程度のメザニン債、金利は高くデフォルトのリスクも高いエクイティ債の三層にトランシェ(分離)して、販売したのです。

ローンがデフォルトしても、保険料を払って保証保険のCDSをかければ、安全とされていました。2001年から2008年まで、3000万件の住宅ローンが組まれ、米国の住宅価格は2000年の2倍に上がっていました(年率の価格上昇は10%)。

◎CDSを引き受け(保証債務を負って)、保険料を受け取っていたのが、世界最大の保険会社AIGと、投資銀行では資産額5位のリーマン・ブラザーズでした。保険料はデフォルトがないときは、まるまる利益になります。生命保険が、死亡率が下がると利益が大きくなることと同じです。

AIGもリーマンも2008年9月まで史上最高の利益をあげていたのです。(注)バブル崩壊の直前は、いつも金融と経済は晴天です。

変動金利のサブプライムローンといわれる低所得者が多く借りたローンの15%に、返済遅延が出たとき、金融市場で売買されているMBSは40%下がって60%になり、CDSの保証保険を引き受けていた金融機関の支払債務は急増したのです。

引き受けたCDSの金額が大きかったAIGとリーマンは、債務の保証ができなくなり、2週間で同時に破産しました。

米政府とFRBは、(なぜか)AIGは助け、リーマン・ブラザーズは破産させたのです。2008年9月15日であり、1929年以来、70年目の金融恐慌とされたのです。(注)日本では農林中金が、CDSで5兆円の損をしています。

しかし、デリバティブの価格下落から起こった金融恐慌(銀行危機=ドル危機)は、1929年から33年の大恐慌の再現にはならなかった。

◎NYダウは、1万4000ドルから6500ドルへと46%に下がりました(19年3月:6か月後)。しかし株価の罫線でいうと、穏やかな3番底までした。19年4月からは、回復していったのです(2009年は1万ドルまで15%上昇)。

理由は、政府は1兆ドル、FRBは3回、合計で4兆ドル(440兆円)の金融機関を支援したからです。価格が60%に下がっていたMBSを、FRBは、額面金額で1.5兆ドル(165兆円)買い取って金融機関の損を引き受けました。あわせて、金融機関がもっていた国債を2.5兆ドル(275兆円)、価格を上げて買い取り(国債の金利は下げる)、資金供給したからです。

金融機関は、4兆ドルの支援で、時価の自己資本を回復し、信用創造(マネーサプライの増加)が再開できるようになっていったからです。

◎リーマン危機から11年後の、2020年2月のNYダウは2万9400ドルであり(3月のコロナショック前)、ボトムの6500ドルからは4.5倍(年率14.7%上昇)、下落前の1万4000ドルからも2.1倍に上がっていました。

都市部(20都市)の住宅価格も2倍に上がり、リーマン危機前の価格を上回っています。金融バブルを反映して、金融機関が集まる大都市部の高級物件ほど、価格上昇は大きかった。
https://lets-gold.net/chart_gallery/chart_usa_macro_case-shiller.php

リーマン危機も大恐慌と同じように、銀行のバランスシートの破壊から起こったものです。リーマン危機が、実体経済の恐慌にならなかった理由は、中央銀行の素早いマネー増発があったからです。

【バランスシート】
   資産  負債
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
流動資産    流動負債
固定資産    固定負債
          資本
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
流動と固定の会計的な区分は、
・1年以内に現金化するものが流動、
・1年以上もつものが固定です。

大恐慌とリーマン危機では、
・銀行の流動資産(短期債券と株)と固定資産(長期貸付金と長期債券)が下落し、
・支払い義務がある流動負債と固定負債は同じですから、
・資本がマイナスになったのです。

◎株価は半分以上下がり46%になりましたが、米国の実質GDPは-3%になっただけでした。世界は0%の成長でした(2009年)。輸出が主導していた日本のGDPが5.5%低下したのです。

ただし、1年後の2010年には世界のGDPは3%の成長へと、V字回復しています。これは、米国、欧州、中国、日本がマネーを増発して需要の低下をとめたからです。25%GDPが下がった大恐慌では、戦後まで、約25年かかったGDPと株価の回復は、リーマン危機のときは1.5年でした。

◎リーマン危機のあと米国、欧州、日本、中国の中央銀行は、バランスシートを20兆ドルに膨らませて(20兆ドル:2200兆円)の通貨を増発し、リーマン危機後の、株価と不動産バブルを生んでいます。

NYダウは、2009年3月の大底6500ドルから4.5倍(2万9400ドル)に上がり、住宅価格は、株価に約2年遅れて、2倍に上がっています。
住宅価格は、統計では株価の2年遅れの動きというのは、世界に共通する現象です。住宅価格は、GDP経済の遅行指標だからです。株価は、実体経済に対して3〜6か月先行し、売買件数の割合が少なく、価格に粘着性がある住宅価格は、株価に約2年遅れます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 世界大恐慌では、株価が元の水準に戻るまでに25年掛かりました。
 リーマンショクでは、各国政府の中央銀行がお札を刷りに刷って、株価が元の水準に戻るのに、わずか1.5年しか掛かりませんでした。
 では、今回の新型コロナに政府はどのように対応するのでしょうか。
 実のところ、選択肢は一つしかありません。
 やっぱり、お金を刷ることです。
 刷る金額の量と、やり方について吉田さんの提言があります。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(1069号)』から抜粋開始>・・・

コロナショックは、損益計算書の売上の消滅になった

コロナショックは、世界では都市の封鎖と外出の禁止、日本では外出の自粛でした。人の移動がなく外出もなくなると、労働はできず、食品や衛生用品以外の買い物と外食、レジャーはなくなって企業の売上と生産がなくなります。

コロナショックは、企業の売上を消滅させたのです。

【会計的な損益計算書の構造】
売上高(生産高)
仕入れ原価
〜〜〜〜〜〜〜〜
売上収益(粗利益)
〜〜〜〜〜〜〜〜
人件費支払い
設備費支払い
諸経費支払い
〜〜〜〜〜〜〜〜
営業利益
〜〜〜〜〜〜〜〜
営業外収入
営業外支出
配当支出
税金引き当て
〜〜〜〜〜〜〜〜
純利益
〜〜〜〜〜〜〜〜

企業は、都市封鎖の期間は、売上と生産がなくなり、固定的な経費の支出だけになりました。ここから世界の企業で、3月から、強烈な現金不足が起こったのです。

【手許現金は3.7兆ドル:407兆円(世界の上場5500社合計)】
金融機関を除いた、世界の上場企業(5500社)の、20年3月末の手許現金(預金がほとんど)は、3.7兆ドル(407兆円)でした(QUICK・FACTSET:日経新聞)。

平均月商の、2.4か月分に相当します。銀行からの緊急借り入れで、2か月分から2.4か月になったのです。

有利子負債は、11.47兆ドル(1262兆円)へと10%増え、すでに自己資本を上回っています。上場企業は「ともかく現金」として、デフォルトがないように積み上げたのです。

【2020年末の企業借金(上場5500社合計)】
2020年末には、借金はもっと膨らむでしょう。2020年度(21年3月期)の売上が、平均で20%減ることから(ほぼ確定)、18兆ドル(1980兆円)にはなると思えます。(注)トヨタの2021年3月期の売上の減少は、20%の予定です。他の企業合計も、少なくとも20%減でしょう。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58924390Q0A510C2MM8000/

【都市封鎖3か月の、マネーでの意味】
借り入れで増えた2.4か月分の手元流動性があっても(5500社平均)、売上がなくなる都市封鎖が3か月続けば、デフォルトに近づく上場企業は1000社(18%)にはなるでしょう。

18%の1000社の支払い困難は、世界恐慌を意味します。1社の破産は、支払に連鎖するからです。

コロナショックに対しては、3か月の都市封鎖が限界点です。これは3月から始まって4月、5月までです。

欧州・米国・中国で5月半ばから、封鎖の緩和・解除になった裏には、以上のような資金の事情があります。コロナは都市封鎖で短期収束するとして、5月から、封鎖を順次緩和していきます。日本でも5月末からです。

【中央銀行のマネー増発】
FRBは、リーマン危機のとき買った国債やMBS以外に、
(1)金利が上がり不良債権が増えている社債、
(2)短期マネー調達のCP(コマーシャルペーパー=支払手形)まで無制限に買い取って、マネーの供給をしています。

【日本の中小企業と個人事業】
上場していない中小企業、個人事業はどうなるか。小売業、サービス業、飲食業、観光事業(ホテル・旅館・商店)には、中小・個人事業が多い。日本では、雇用の70%(約4000万人)は、上場していない中小企業です。個人事業は1000万人か?

【手許現金は少ない】
中小企業と個人事業には、手許流動性は、平均では2か月分はないでしょう。集計はありませんが、支払いに充てることのできる流動性は売上の1か月分でしょうか。

2か月の休業で、設備費や家賃の支払いが、できなくなります。わが国の360万社の中小企業、1000万人の個人事業は、破綻寸前になっています。中小企業と個人事業にとっては、1929年から33年の、米国GDPを25%下げた大恐慌よりはるかに厳しい事態が訪れています。

【1年】
金利ゼロ・無担保の銀行借り入れで、1年はしのげるでしょう。しかし問題は、返済のときです。今回の借り入れは、将来の売上を増やす設備投資用ではない。経費の支払いに、消えるものです。借り入れが増えて、資産は増えない。返済は、1年後、2年後からの利益で行わねばならない。それができるところが、何社あるか? 

【もともとマネーが不足している赤字企業が66.6%】
普通法人271万社のうち66.6%(181万社)は、もともと税務申告が赤字です(2019年:国税庁)。この赤字の上に、赤字が増えます。おのため、利益または資産処分からしかできない借入金の返済はできない。

銀行が返済を要請すれば、この180万社は潰れます。来年の2021年度の失業は、1000万人(15%)に増えるかも知れません。15%の失業は、日本の経済恐慌です。

【政府の財政支出を劣後債とする】
どうすればいいのか? 今回の、営業停止、操業低下による、非上場企業の借金増は、銀行ではなく、政府の財政支出を当てることです。その借り入れは、株に準じる、返済の要らない劣後債とする。2%の利払いだけでいい永久債です。2%の金利は政府の収入になります。

中小企業と個人事業を救済するには、これしか方法はない。政府には50兆円が必要になるでしょう。10%の消費税の2.5年分にあたります。年間の受取金利は1兆円です。

政府は50兆円の国債を、余分に発行し、日銀に買い取らせる財政ファイナンスをします。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 興味深いことに、吉田繁治さんは、これから2年はデフレで、それ以降はインフレになると言っています。


 ・・・<『吉田繁治さんのメルマガ(1069号)』から抜粋開始>・・・

海外旅行は不能
どの国でも、これから2年くらい(2022年まで)は、旅行者を空港で2週間隔離し、PCR検査が陰性でないと入国できないとされるでしょう。2020年の海外旅行は、2019年比で30%には急減するでしょう。

現在は世界中で、不要不急ではない帰国以外の観光目的のものは、ほぼ0%です。関西国際空港や成田は、深夜のように閑散としています。関空の乗降客は、前年比99.5%減です(4月)。

アジア・中東・アフリカからの入国が多く、移動に国境もないEU(28か国)が大きな問題になります。自由な移動ができないEUは、労働の移動を前提にした統一通貨ユーロの根拠を崩します。

米欧に多い移民の問題
米国でも、移民に感染割合が多い。長期化するコロナが大きな契機になって変容させる世界経済で、最初に来るのが、移民の増加の停止でしょう。米国と欧州の現場労働の多くが、移民で支えられています。経済と生活とライフラインに不可欠な「エッセンシャルワーカー」という概念もでてきたのが、移民からです。

ゴミの収集、国際船舶、製造業、建設業、小売り・サービス業・飲食業、農業、物流の現場です。コロナショックは、2年の短期では、需要が減るデフレの要素ですが、長期では現場労働コストの上昇からインフレの要素になって行くでしょう。

【製造のサプライチェーン】
IT、車、衣料、住関連製造業の、隅々まで進行しているグローバルサプライチェーンも同じです。ロジスティクスの兵站(へいたん)の短縮化に向かい、21世紀デフレを、2022年ころからは3%くらいのインフレに転換させていくでしょう。

2022年ころからの、世界同時のインフレ予想
そのとき、現在はマイナスの10年債の市中金利が3%に上がり、GDPの2.3倍の政府負債がある日本の財政は、困難になっていくでしょう。

米国でも国債残がGDPの1.2倍(26兆ドル:2860兆円)に増えて(第二次世界大戦後を超え)、更に増える傾向であり、ゼロ金利国債の発行難が生じます。欧州では、経済と財政が弱いスペイン債、イタリア債、ギリシア債です。

市中金利は、中央銀行の政府からの国債買い(財政ファイナンス)で決まる中央銀行の金利ではなく、銀行間の貸し借りであるレポ金融、またはコールローン、および、市場資金の調達であるCPと社債の金利です。

2019年9月18日には、ドル不足からレポ金利が米国で10%に急騰しました。中央銀行が直接に関与できるのは、短期国債の金利だけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんは、日本は国債発行残高がGDPの2.3倍あるため、市中金利が3%になると予算が組めなくなると言っています。
 そうなったら、いよいよ私たちは日本国政府の破産(デフォルト)に直面することになるでしょう(市中金利が3%に上がったら、政府の破産は100%起こります。ですから政府は、あらゆる手段を講じて金利の上昇を抑えようとするはずです)。

 上記の引用文の中で、一つだけ私が違うのではないかと思っている点があります。
 今後2年間がデフレであったとしても、「農業」に関しては例外で、食糧難による高騰があるのではないかと思っていることです。
 ネットで食糧難が起きるかもしれないという YouTube の映像があったので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=byIH4H6vt6o

 14分頃に食糧難の話が出てきます。
 私は、KoJiさんの食糧に関する見解には同意します。

 すでに、食糧輸出国で輸出量を制限する動きが出ているようです。
 参考までに、『人類最終戦争』(ベンジャミン・フルフォード著、秀和システム)から、抜粋して紹介します。


 ・・・<『人類最終戦争』、p106〜p107から抜粋開始>・・・

 中国発の食糧危機だって警戒せざるをえない。
 実際、旧支配者たちによる攻撃で、中国は「アフリカ豚コレラ」をばらまかれている。昨年(2019年)2月に発生したアフリカ豚コレラのために中国では、2019年9月にかけ、中国養豚場の4割を殺処分にしている。中国人は世界一、豚肉を愛する民族だ。中国の養豚は世界シェアの半分を占め、4億5000万頭の豚を飼育していた。その4割が一瞬で失われたのだ。世界中の豚肉を中国企業が買いあさったこともあって、2020年度は世界的な豚肉の高騰が予想されている。
 そこに先の水害と干ばつと飛蝗(ひこう)(管理人注:バッタの大群の移動)の到来のフェイクニュースだ。実情を知らなければ「世界中の食糧を中国に買い占められる」と考えてしまう。しかも飛蝗がアフリカとインド、パキスタンという人口が密集する穀倉地帯に壊滅的な打撃を与えたのは事実であり、食糧輸出大国のオーストラリアが大規模森林火災によって食糧生産に大きなダメージを受けているのも事実なのだ。この二つの要素によって世界的な食糧不足が予測されている。
 飛蝗の被害を受けたアフリカ、中東、インド近辺は中国の友好国が多い。中国政府が14億人の人民の胃袋を満たそうと世界中の食糧を買いあされば、あっという間に自国民は飢えてしまう。これらの国に対して中国離れを促す工作が始まっているのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 自国民が飢えているのに、食糧を他国に輸出する国などありません。
 食糧が高騰しても、富裕層であれば買えますが、私たちのような一般庶民には死活問題です。
 私は、真剣に対策を考えていこうと思っています。



新型コロナ騒動の経緯...2020年5月10日

 ベンジャミン・フルフォード氏は、報道は「視点」だといいます。
 同じ事象を伝えるにしても、それをネガティブな視点から見るか、ホジティブな視点から見るかで、集める材料(素材となる事象や映像)が違ってきます。
 日本のマスコミの新型コロナ報道の視点は、私には「不安と恐怖」だと思えます。報道を見た人が、不安になったり、恐怖を感じたりするような材料を集め、それを繋げて報道しているように見えるからです。
 では、フルフォード氏の視点はなんでしょうか。
 フルフォード氏は、新型コロナは人々をパニックに陥れる為に造られた生物兵器であり、世界に蔓延させる為に、周到に準備されていたものという視点です。
 フルフォード氏のその視点が真実かどうかは、訪問者の方々に判断していただきたいのですが、私は興味深く感じました。
 今回は、フルフォード氏の新刊『人類最終戦争』(ベンジャミン・フルフォード著、秀和システム)から、新型コロナがどのように世界に広まっていったかという部分を抜粋して紹介させていただこうと思います。

 新型コロナが昨年末、中国の武漢で発生したものを第1幕とすると、フルフォード氏は以下のように次々とステージが切り変わっていったといいます。

 第2幕...「ダイヤモンドプリンセス号」

 第3幕...「韓国」

 第4幕...「イタリア」

 第4幕以降もあるようですが、今回は第4幕まで紹介させていただきます。


 ・・・<『人類最終戦争』、p50〜p54から抜粋開始>・・・

 ◆中国発生説は悪質なデマ

 「武漢で謎のウイルスが蔓延している」
 2020年1月以降、こうした言説はSNSを通じて世界へと拡散していた。しかし、1月中旬までは、武漢の市民たちが「大丈夫、何も問題はない」と、日常の風景を中国版ツイッターである「ウェイボー」などで反論していた。武漢には日系企業も多く進出していることから在留日本人も「なぜ、日本で騒いでいるのか理解できない」という書き込みも多く、いったん、ウイルス騒動は沈静化するかにみえた。
 それが一転するのは、1月25日に公開された、ある動画投稿がきっかけだった。武漢の指定病院内の看護師が撮影したとされる動画には、ゾンビのような膨大な群れをなす患者たち、さらには「死者の処理が追いつかない」と溢れる患者の横には死亡した人が無造作に転がっているといった凄まじい内容だった。画質も悪い1分程度の動画。それがより臨場感を高める結果となり、一瞬で世界中に拡散する。映像を見た読者も少なくないだろう。
 その後も、続々と武漢発とする映像が拡散していく。そのどれもが「殺人ウイルス」による深刻な状況を映し出し、パニックを加速させていった。「死体が転がっている病院の映像」「男性が突然、道ばたで倒れる」「死体袋の山で、その死体袋が微妙に動く」といった画質も悪く短めの映像は、600万円の低予算ながら世界的なヒットとなった映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)とよく似ている。低画質と短時間による臨場感。それはSNSという個人向けツールとの相性は抜群で、本物かどうか精査されることなく「面白い」というだけで一瞬にして世界に広がる。
 しかも、そうして拡散することで、ネットを通じて武漢市民へと逆流もする。それがいっそう、武漢を恐怖へと叩き落としていく。
 そこに「フェイクニュース」がとどめを刺していく。欧米メディアは、1月24日以降、一斉に「新型コロナウイルスは武漢にあるウイルス兵器開発研究所から流出した可能性がある」と報じたのだ。SNSでは、世界的な大ヒットゲームとなった日本の「バイオハザード」で殺人ウイルスを流出させた架空のアンブレラ社のロゴマークと、この武漢の生物兵器研究所のロゴマークが「一緒」という悪質なデマが拡散していた。このアンブレラ社と同じロゴマークを使用しているのは上海の企業(上海瑞藍生物科技有限公司)なのだが、それがなぜか「武漢」に切り替わっているのだ。ウイルスが、あたかも「人類」を滅ぼす生物兵器であり、それが漏れたという「ストーリー」をでっち上げたわけだ。
 それだけではない。
 武湊で謎の肺炎が広まるなか、やはりSNSで蔓延したのが「武漢の野生動物食」の文化だった。湖北省当たりでは、今でも野味といって野生動物を好んで食べる風習が残っている。そのため武漢では野生動物の取引所が存在する。動物を購入すると、その場で捌(さば)いて精肉にする。
 これも「武漢」が最初のターゲットになった理由の一つとなる。
 2002年のSARSも「広東の野生動物の取引所から発生した」という「ストーリー」が展開されていた。先にも述べたがSARSはコウモリ由来のコロナウイルスで、それがヘビやハクビシンを中間宿主にして人に感染したという「設定」でウイルスをばらまいた。
 「どんな病気に感染しているのかわからない野生動物を喰うから、とんでもないウイルスが蔓延するんだ」という中国発生説にするためである。結果、広東省では、こうした野生動物の取引所は閉鎖になった。武漢はSARS以降、次々と閉鎖された野生動物の取引所が大都市圏で唯一残っていた都市でもあったのだ。
 そのためSNSでは「コウモリの刺身を食べる武漢の人」「生きたヘビの血をすすり、肉を食べる武漢の人」といった映像などを、これでもかと拡散していた。当然、これらの映像を見た人は「だから武漢でヘンな病気が蔓延したのか」となる。同情する声はなくなり、むしろ批判の声ばかり高まる。
 日本にもゲテモノ食いはあるが、中国人の野味の風習は、もともと「仙人思想」から来ている。中国人は、古くから人間を超えた存在になる、一種の超人思想を持っている。人体を直接、改造しようとしたのが鍼灸といった中国医術となり、いろんな食材を体内に取り込んで自然のパワーを得て「仙人になる」という試みの数々が漢方薬を生み出してきた。野味の習慣も、そうした伝統的な価値観によるもので、鍼灸や気功、漢方薬の貢献を考えれば野蛮な風習と決めつけるわけにはいくまい。だが、コウモリの刺身(生肉)を食べる写真に、そんな説明は一切、ない。経済大国となってもゲテモノを喜んで食べる野蛮な連中として扱う。対応も冷淡になり、「勝手にくたばれ」という酷い内容も増えていく。
 このSNSによる意図的な拡散と欧米メディアのフェイクニュースが新型コロナの存在を正当化し、中国の封じ込めの動きを加速させていったのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 第2幕の舞台は、日本のダイヤモンドプリンセス号です。


 ・・・<『人類最終戦争』、p54〜p57から抜粋開始>・・・

 ◆第2幕「ダイヤモンドプリンセス号」

 とはいえ、武漢におけるパニックの演出だけで中国を完全に封じ込めることはできない。もともとでっち上げのパニックなのだ。時間が経ち、冷静になれば「なんで、こんなことで騒いでいたんだ」と収束する。なにより中国経済と密接に結びつき、関係の深い国家や企業は少なくなく、できるだけ早い正常化への動きは強まる。
 そこでパニックを強化すべく次のステージが幕開けする。
 舞台は日本、そうダイヤモンドプリンセス号である。
 高級クルーズ船に「謎の疫病が蔓延する」というのはパニック映画の定番と言っていい。SNS的、メディア的に格好の素材となる。しかも、ここで日本政府は「隔離」という処置を採った。その理由は人体実験であったが、逆に言えば、それ以上の対処を封じられていたこともポイントなのだ。
 外国船籍は「旗国主義」(flag state principle)といい、一種の治外法権となり、当事国(停泊国)の主権が及ばない。ダイヤモンドプリンセス号は三菱重工が製造したが、イギリス船籍であり、運営会社はアメリカ企業だ。分かりやすく言えば、「日本のイギリス大使館内で疫病が発生した」という状況に近い。ここで日本政府は直接的な対応はできない。対応するのはイギリスの全権大便、つまり船長であり、本国政府、この場合はクルーズを運営するアメリカ企業となる。本来ならダイヤモンドプリンセス号の方針を決めるのは船長と運営企業であり、彼らは毎日のようにメディアに出て、メッセージを発するべきとなる。
 では、あれほど騒いだダイヤモンドプリンセス号において、船長や運営会社の社長がメディアに登場して何かしただろうか。ほとんど何もしていまい。出てくるのは、ある意味、無関係な日本政府の関係者ばかりだった。それを指摘するメディアすらなかった。それどころか、日本政府の対応ばかり批判していた。
 こうして無策な日本政府による「高級クルーズ船の疫病蔓延」というメディア垂涎(すいぜん)の舞台が整う。
 当然、世界的な注目も集まる。
 クルーズ船は隔離された「小さな世界」だ。そこで瞬く間に感染が広がる。重症者として病院に運び込まれたのは7名に過ぎないが、その映像は何十回、何百回と繰り返し流され、まるで船内が地獄絵図になったかのような印象を視聴者に与える。
 ダイヤモンドプリンセス号騒動を見れば、「ああ、このままでは自分の国もいつ、こうなっても不思議はない」と思ったことだろう。そういう風に誘導していたのだ。
 だが、先にも述べたように、ダイヤモンドプリンセス号の「人体実験」はある意味、新型コロナウイルスの「安全性」を証明する。これを冷静になって分析されては困る。
 ゆえに即座に次の舞台が用意される。3幕目の緞帳(どんちょう)があがる。
 韓国である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 第3幕の舞台は、韓国です。


 ・・・<『人類最終戦争』、p57〜p61から抜粋開始>・・・

 ◆第3幕「韓国」

 2月18日、韓国の大邱(テグ)市の宗教施設の利用者が感染、韓国政府は2月20日、「新天地教会」が韓国内における新型コロナウイルスの集団感染源になっていると発表。およそ20万人と接触したことが判明する。
 この新天地教会とは、キリスト教系のカルト教団と言っていい。つまり、「偽のキリスト教集団が疫病テロを行い、世界に広めようとしている」という“ストーリー”が大々的に展開されることになったのだ。しかも、それを証明するかのように新天地教会でのアウトブレイク以後、韓国では3月17日時点で感染者8320人、死者81人と凄まじい勢いで感染が拡大、社会全体もパニックになっていく。
 これに世界は衝撃を受ける。次章で詳しく述べるが、最後の審判を描いた「ヨハネの黙示録」にも「ニセメシア」が登場し、世界を混乱させるといった記述が出てくる。キリスト教圏では、韓国のアウトブレイクに対する衝撃は決して小さくなかったのだ。
 その証拠に、この騒動後、わずかひと月足らずで世界150ヵ国が韓国に対して入国制限ないし入国を禁止している。これは中国より厳しい処置で、明らかに異常な事態と言っていい。これも韓国での出来事が「黙示録」に沿っていたからなのだ。
 その意味で第3幕に韓国と新天地教会を選んだのは偶然ではない。韓国にはカソリックやプロテスタントの正式な教会も多いが、統一協会もキリスト教系の団体であるようにキリスト教系の新興宗教も多い。新興宗教だけに勧誘に熱心で、信者が集団感染すれば多数の市民が感染リスクを受ける。それだけでなく韓国は、2015年、MERSの集団感染が起こったことで、当時の朴槿恵(パククネ)政権が特別な疫病対策法案を可決していた。
 この対策法案は、感染リスクのある人間はすべて検査を行い、陽性反応が出れば即座に隔離入院させるというものだ。感染力が低く劇症化するMERSでは、この対策は非常に正しい。しかし、新型コロナウイルスはMERSと同じコロナ由来でありながら感染力が高く劇症化しにくいという莫逆の性質を持つ。にもかかわらず「コロナウイルス」というだけで文在寅(ムンジェイン)政権はMERS向けの疫病対策を取ってしまう。もし文政権が冷静ならば、別の手段を選んでいただろが、武漢パニック、ダイヤモンドプリンセス号パニックという流れのなかで冷静な判断力を失い、最悪の対応を取ってしまったわけだ。
 結果、「PCR検査」という手間も時間もかかる手段で大邱市民20万人の検査をせざるを得なくなる。しかもPCR検査はウイルスを増殖させて特定する検査だが、新型コロナウイルスの場合、4割近く判断を誤る。つまり検査したところで、偽陽性と偽陰性があるために、本物のキャリアなのか、半分しか正確には分からないのだ。
 とくに今回の新型コロナのように弱毒性のウイルスは、健康な人なら体内の免疫で無毒化される。これを「不活性化」というが、ウイルスが体内にあっても増殖はしない状態になるのだ。しかしPCR検査では、ウイルスのゲノムが出てくるために「陽性反応」が出てキャリアと判別してしまうのだ。またPCRでは鼻や口内の粘液を採取して培養するが、先にも説明したように、コロナウイルスは感染初期段階では体内での増殖は少なく、たまたま鼻水や口内にウイルスが少ない状態ならば「陰性」と判断してしまうのだ。体内にウイルスは残っている以上、何かの拍子に増殖すれば当然、キャリア化する。陽性だからと隔離してもキャリアではなく、陰性だからと自由に出歩けば感染源になる。
 日本では「37.5度以上の発熱が4日間続き、肺炎傾向が出た場合のみ検査」としているのは、この偽反応を避けるためで、さすがウイルス兵器の専門家である国立感染症研究所の判断と言うべきであろう。
 そもそも論で言えば、コロナウイルスが分離され、検査用プライマーが開発されてPCRが可能になったのは、昨年(2019)12月のことなのだ。今のところ、新型コロナウイルスとして確定診断するには、PCR法を何回も繰り返してようやく可能といったレベルでしかない。そのため感染の可能性がある人を検査して、確定した後にどれぐらい陽性反応が出たかを調べるという手順を繰り返す必要がある。むしろ、コロナウイルスを「わざと」感染させて、検査するのが最も確実なのだ。それが出来ているのは、中国と日本しかない。この2ヵ国のPCR検査の精度がやたらと高いのはそのためなのである。
 いずれにせよ、必死になって検査をしたところで「封じ込め」はできないのだから社会混乱は加速する。それがまた、「ニセキリスト教によるバイオテロ」のイメージを世界に拡散、それが新型コロナウイルスの「恐怖」を蔓延させていったのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 第4幕の舞台は、イタリアです。


 ・・・<『人類最終戦争』、p61〜p73から抜粋開始>・・・

 ◆第4幕「イタリア」

 韓国における「ニセキリスト教バイオテロ」ストーリーの次は、本家カソリック総本山のあるイタリアがターゲットになる。バチカンへの攻撃が始まったのだ。
 バチカンがどうして狙われたのかについては第3章以降、大きく取り上げる予定なので、ここでは詳しくは触れない。ここで知ってもらいたいのは人々の心に安寧を与えるべき「宗教」が狙い撃ちされ、その宗教不信がパニックを加速させているという「事実」である。
 イタリアでのコロナパニックは、2月下旬から凄まじい勢いで感染者と死者数が指数関数的に急増する。4月9日時点で感染者14万3626人、死者1万8279人となっている。
 何度も説明したように、新型コロナウイルスは風邪なみの感染力がある。イタリア、あるいはヨーロッパの文化と風習では、風邪の流行は避けられないものがあった。
 まずマスクをすること自体、「顔を隠すのはテロリストや犯罪者」という価値観があり、できるだけマスクを付けることを避ける。同様に握手やハグなど頻繁に肉体的な接触をするのも「武器は持っていない」「害意はない」と示すためでもある。また、偉くなるほどパーティに参加するし、とくにイタリアでは身内との会食を大切にする。他のヨーロッパ諸国に比べ親世代との同居の率も高い。この風習のなかでは、1人でも感染者が出れば、すぐさま蔓延するのは無理あるまい。
 とはいえ新型コロナウイルスが広まったところで「悪性の風邪」でしかないのだ。パニックを起こさなければ、それほど問題になることはない。
 ところが、そのパニックが最も起きやすい条件にあったのがイタリアなのである。
 ちょうど日本でダイヤモンドプリンセス号騒動が起こる直前の1月31日、新型コロナ、ウイルスに感染していたマカオ出身の女性が乗っていた「コスタ・スメラルダ号」がイタリアの港に寄港していた。これに対してイタリア当局は、「ほかに感染者がいない」として乗員乗客7000人を即座に下船させる。日本とは真逆の方針を選んだのだ。
 この時点でイタリア当局は「新型コロナウイルスはアジア人にしか感染しない」と考えていたとしか思えない。
 事実、中国の研究チームによると、新型コロナウイルスはSARSの場合と同じ受容体(レセプター)を用いて人の肺細胞に侵入することが明らかになっていて、同研究チームの調査により、さらにその受容体がアジア人男性の肺に非常に多く存在することが分かったという。それによりアジア人男性はアジア人女性の2倍、また白人や黒人の男性の5倍の確率で新型コロナウイルスに感染しやすいことが推測されると公表されていたのだ(https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.26.919985vl.full)。
 まだ中国での感染だけが報道されていた頃はそう言われていたのだ。2月1日にインドのデリー大学の研究者が「武漢で発生した新型コロナウイルスを調査した結果、他のコロナウイルスには存在しない4種の配列を発見した」と発表した。これは、自然界には通常存在し得ない「不自然組成」で、しかも、この新しい配列は「すべての挿入がHIVと同一もしくは一致するところがある」とし、「人への感染におけるウイルス生存率と感染力を増大し、宿主の範囲も増やしたかもしれない」としていた(https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871vl)。
 CIA絡みの医療関係筋も「新型ウイルスはアジアに対する生物兵器攻撃である」と断じていた。
 そうした情報がバチカン経由でイタリア当局へと渡ったのだろう。まんまと騙されたのだ。ダイヤモンドプリンセス号で分かった感染率からすれば、コスタ・スメラルダ号から解き放たれた感染者によってイタリア全土で感染は一気に広がる。最初からイタリア全土を感染させようとしていたことが、このことからも分かる。
 もともとイタリアはG7で唯一、一帯一路に参加、中国寄りの立場を取っていた。そこで「中国発のウイルス」を蔓延させることで中国との関係を悪化させる。まさに狙い撃ちされた可能性は高いのだ。
 高級クルーズ船の乗客は、比較的、裕福な高齢者が多い。彼ら彼女らは下船すれば多くのパーティに出て、多くの人と接触する。それもとくに同世代の高齢者とふれあう。
 とりわけイタリアはEU、正確にはユーロだが、それによって、この10年来、深刻な不況下にある。そのため大幅な医療費削減によって公的医療機関が崩壊寸前に陥っていた。富裕層は自由診療の私的医療機関で治療を受けられるが、それ以外の中間層以下は病院に行きたくても行けない状態が続いていた。
 この状態で高齢層を中心に新型コロナウイルスが突然、猛威を振るったのだ。新型コロナウイルスは風邪なみの感染力を持ち、インフルエンザなみに重症化する。とくに高齢層や持病を持つ人ほど危険度は増す以上、少なくないイタリアの高齢者たちは重症化していった。イタリアで本格的な治療を受けるには私的医療機関を使うしかなく、それをすれば家族に莫大な借金を背負わせてしまう。それで肺炎を併発したイタリアの高齢者は「死」を選ぶ人が少なくなかった。もちろんインフルエンザで重症化した場合も同様な選択をする人も多い。ガンなどでも延命治療を拒否して静かに死を迎えようとするのだ。それには宗教が大きく絡んでいる。
 カソリックでは、死を前にした重篤患者の家族は、神父を呼んで「死の儀式」を行う。「病者の塗油(とゆ)の秘跡」といい、死にゆく者の魂を救う儀式のことで、白い布をかけた小机に、十字架、ロウソク、聖水、聖油壺、綿、タオルなどを用意、神父は信者の告白を聞きながら犯した罪の赦しを神に請う祈りを捧げ、聖書を朗読する。そして神父は秘跡の言葉を唱えながら信者の額と両手に聖油を塗る。キリスト教徒にとって、臨終を迎える前の「聖体拝領」と「臨終の祈り」は、生まれたあとに行う「洗礼」とともに、何より大切な信仰の儀式と言っていい。
 プロテスタントでも同様に死を前にした儀式として牧師を招いた「聖餐式(せいさんしき)」を行う。牧師はパンと葡萄酒を信者の口に与えて、病床にある信者の唇を湿(しめ)し、聖書の一節を読みながら、神に、天に安らかに召されるようにと、永遠の安息を家族とともに祈りながら、病床の信者の最後を看取(みと)る。
 キリスト教では、誕生後と死ぬ直前の「儀式」に大きな存在意義があることが理解できるだろう。また、神父や牧師が病気によって死を迎える人間を「慰める」からこそ、彼らは敬(うやま)われ、大切にされるのだ。
 こうした死を前に「神のもとに召される」という死生観が、無駄な延命治療を避ける傾向を生んできたわけだ。素晴らしい文化と言っていい。
 問題は、ここからである。
 新型コロナウイルスの「恐怖」によって、この「死の儀式」が崩壊してしまったのだ。


 ◆失墜するローマ教皇の権威

 先に述べたように韓国での騒動から「ニセキリスト教徒が疫病テロを行った」というストーリーが広まったことで、この新型コロナを「悪魔の所業」のように神父たちは考えてしまったのか、この「死の儀式」を拒否するようになったのだ。つまり、親族の死を目前として家族が神父を呼ぼうとすると「新型コロナウイルスに感染した人」と分かるや、露骨に顔をしかめ、儀式を行わなくなった。これが何を引き起こすか。
 ウイルスに感染した高齢者たちの多くは、延命治療を拒否して重症化していった、それも家族の負担を避けるために、だ。当然、家族は死にゆく親族のために付き合いの長いベテラン(高齢)の神父を呼ぼうとする。すると「出来ない」と言われたとき、その家族、意識があれば、その患者ですら絶望するだろう。
 −−新型コロナウイルスに感染すると神父が「死の儀式」を拒否する。もちろんプロテスタントでも牧師がやはり死の儀式を拒否している。
 これが一瞬でイタリア、いや、ヨーロッパ社会に混乱とパニックを引き起こさせた大きな要因の一つなのだ。
 キリスト教圏では、どんな疫病だろうが神父や牧師たちが死を前にした患者に自らが感染するリスクを負ってでも「死の儀式」を施し、その魂を救済してきた。だからこそ多くの人が宗教を大切にしてきたのだ。それを新型コロナウイルスは、一瞬で「破壊」してしまった。神父たちがなぜか、新型コロナウイルスだけは嫌がるようになったのだ。まるで新型コロナウイルスに感染すれば、魂が救済されないと言わんばかりに、だ。
 当然、死の儀式を拒絶する神父たちに、フランシスコ教皇は激怒する。

 ローマ教皇、聖職者らに外出して新型コロナ患者と会うよう呼びかけ

 【AFP=時事】ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇(Pope Francis)は(3月)10日、聖職者らに対し、新型コロナウイルスによって病気になっ人々に「会いに行く勇気を持つ」よう呼びかけた。教皇は面会に訪れた聖職者へのミサで「われわれの司祭らが外へ出て病める者に会いに行き、医療従事者やボランティアらの任務に付き添う勇気を持つよう、主と司祭らのために祈りましょう」と語った。
 (http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200310-00000040-jij_afp-int)

 そのローマ教皇の声は聖職者に届かなかった。
 すでにローマ教皇の権威もまた、新型コロナウイルスで失墜していたからだ。
 事実、先のクルーズ船以降、一瞬でイタリア全土に広がったことで高齢であるローマ教皇は、感染を避けようとしてきた。そのためか、ミサなどでの信者との接触を嫌がる、あるいは露骨に拒否する姿が、やはりSNSを通じて拡散する。「ローマ教皇に抱きつこうとする信者を突き飛ばす」「一般謁見(えっけん)で信者が教皇の手にキスしようとすると、手をふりほどく」といった映像が、「これでもか」と拡散していた。それだけに「死の儀式に出よ」と言ったところで、むしろ反発してしまい、それがいっそう教皇の権威を失墜させる。
 この教皇の異例の声明後、聖職者がコロナに感染して亡くなるケースも大きく報道されており、さらなる権威の失墜に見舞われている。


 ◆パニック型ウイルス兵器

 そのためイタリアでは、バチカンを守るために徹底的な検査を実施する方針を打ち出す。聖職者が「死の儀式」に出席しやすいように新型コロナウイルスに感染しているかどうか、明らかにする必要があったためである。
 これはイタリアだけでなくヨーロッパ諸国も追従する。それで何が起こったか。言うまでもなく、さらなる混乱と宗教不信だった。
 イタリアは予算不足から医療機関の不足が指摘されていた。にもかかわらず徹底的な検査を実施した結果、完全に「医療崩壊」する。当たり前だが、大量の検査を実施すれば医師や看護師といった専門家が検査に立ち会うために駆り出される。不足気味のマスクや防護服も「治療」ではなく、検査のために消費される。医療従事者たちが病院からいなくなるのだ。当然、治療などできるわけはない。そのためイタリアでは「トリアージ(選別)」として「助かる見込みのない高齢者」の治療を拒絶する。ようするに「金のない貧乏な老人が新型コロナウイルスに感染すれば、何もせず、病院から追い出す」ことにしたのだ。それでいて「死の儀式」も聖職者から拒絶されるのだ。
 いま、イタリアでは当たり前の日常は失われ、世界は「黙示録」に包まれたと感じていることだろう。そのイタリアの恐怖は、すぐさまヨーロッパ全土へと広がり、黙示録の恐怖で世界は覆い尽くされようとしている。

 新型コロナウイルスのパニックは、そうして世界へと広がった。
 インフルエンザよりもはるかに少ない死者にもかかわらず。その恐怖だけが蔓延した。人々の「心」を破壊し、心に安寧をもたらすべき宗教を破壊しながら、である。
 新型コロナウイルスは、SARSから殺傷性をスポイルし、感染力を高めた「肺炎を併発しやすい風邪コロナ」でしかない。
 だが、生物兵器として「生存を奪う」こと、「日常を奪う」ことにかけては過去に例がないほど成功を収めた。パニックを起こすことのみを「目的」としたウイルス兵器だからこそできる悪魔の所業というしかない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 フルフォード氏によれば、ウイルスの感染力と毒性は以下の2つのパターンがあるといいます。

@ 感染力は強いが、毒性は低い

A 感染力は弱いが、毒性は高い

 Aの例としては、SARSやMERSがあり、今回の新型コロナは@の部類だといいます。人類にとって、感染力が強く毒性が高いものが現れたら悪夢ですが、感染力と毒性は二律背反の関係にあり、どちらかが強ければ、どちらかが弱くなるといいます。
 新型コロナは、普通の風邪並みの強い感染力を持ちますが、感染しても8割が無症状か軽症というぐらい、毒性の低いものです。
 それゆえ、日本政府の緊急事態宣言による外出自粛要請には疑問符が付きます。
 効果は感染のピークを先延ばしするだけだと思われるからです。逆に、外出自粛要請によって失われる経済的損失は、莫大なものになります。
 アメリカやEUでは、一部解除の動きが始まっています。
 日本も追随するものと思われ、ここにきて西村担当大臣も5月末ではなく、早期の解除もありうると匂わせています。
 私は、政府の緊急事態宣言は無意味どころか、経済を破壊するという立場なので、やっとその時期がきたかという思いがしています。



フンザの水の秘密...2020年5月3日

 またしても新型コロナの話から入ってしまいますが、政府は5月6日までとした緊急事態宣言を延長する方針のようです。
 私としては、緊急事態宣言が明けたら、ぜひともやりたいと思っていたことがあったので、残念の一言です。
 そもそも私は、人との接触を控えることで感染を防ぐという根本的な政府の施策自体に疑問を抱いています。
 もっと言えば、「ウイルスとの戦いに勝つ」という発想自体が間違っていると考えているのです。

 今回の新型コロナウイルスは、人工的に造られた生物兵器だという見方がありますが、仮にそうだとしても、いったんこの自然界に放たれた以上、人間を含め、地球上の生物はこのウイルスと共存して生きていくしかありません。
 すばやく遺伝子を変異させるウイルスは、絶滅することはなく、いったん感染が収まっても、誰かの体内で生き続け、時が至れば変異して新たな感染症を生み出します。季節ごとに流行するインフルエンザがそうであるように、身体に一度感染して抗体ができても、再び流行が繰り返されることになります。
 そうだとすれば、「勝つ、負ける」という発想自体が無意味なことです。
 サアラさんの宇宙のパンデミックの話にあるように、「ウイルスと戦う」ことは袋小路に嵌ることになります。
 なぜなら、「勝つ」という意味が絶滅させることなら、それは不可能だからです。
 では、どうすればいいか。
 それは、感染しても重症化しないように免疫力を高めることです。
 それしか、方法はないと考えます。
 今回の記事は、そうした健康に関する話を紹介したいと思います。

 ところで、気になることが私の身に起こったので、紹介したいと思います。
 このところ、新型コロナと5Gの関係は、ネットでよく見かける話題です。
 私は、以前、電磁波について調べたことがあり、数年前から自宅の机の上に電磁波検知器を置いています。その検知器が、突然「ピッピッピ!」と鳴り、アラームを発したのです。こんなことは今まで一度もありませんでした。
 4月に入って、それが2回起こりました。
 日本では、5Gは今年の3月末からサービスが開始されました。そのタイミングとぴったり合っていて、不気味です。
 5Gは4Gに比べて電波の指向性が高いと聞いていたので、アラームを発する電磁波検知器を空間の色々なところに移動させて調べました。すると、床から1〜1.8メートルの空間でアラームが鳴り、その空域を外れると、鳴らないのです(ちなみに私が住んでいるのは、3階です)。
 そして数十秒で、アラームが止まりました。
 これは、わが家の近くの誰かの5Gのスマホが通話状態になったと考えれば、説明できそうです。
 後日、念の為、私は持っている4Gのスマホで通話状態にした時、アラームが鳴るか確認してみました。すると鳴らなかったのです。やはり、5Gの電波であった可能性は高い気がします。

 ベンジャミン・フルフォード氏は、早くからメルマガで5Gの危険性を訴えていました。
 5Gの技術は、兵器として開発されたものだといいます。そしてある情報源から、5Gで急死した人の死因を、新型コロナに「なすり付ける」企てがあると言っていました。
 5Gの電波によって体内の酸素分子が活性化し、ヘモグロビンと結合しなくなり、一気に酸素不足となるといいます。酸素が細胞に供給されなくなるのです。人は酸素が吸えなくなると、数分で死に至ります。このときの症状が、新型コロナと酷似しているというのです。
 実際のところ新型コロナは、感染しても8割が無症状や軽症ですむほど「弱っちい」ウイルスです。しかし、突然死すると宣伝され、それを人々が新型コロナによるものと信じ込まされたならば、湧き上がる不安と恐怖は相当なものになるでしょう。新型コロナは、不安と恐怖で活性化するウイルスであれば、さらに感染を拡大させてしまいます。
 参考までに、5Gの危険性を訴えるサイトを紹介します。

https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/e51aca3354b75a03efec149ececa5651

 さて、やっと本題に入りたいと思います。
 フンザと聞いて、長寿の村だと知っている人は多いと思います。
 世界の三大長寿村として、南米のビルカバンバ、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサスと、パキスタン北部のフンザが知られています。
 長寿の理由が食生活にあるとして、地産地消の精製されていない穀物に代表される素朴な食事が紹介されてきました。
 しかし、長寿の本当の理由が、実は「水」にあったことは意外と知られていません。実際のところ、私も知りませんでした。
 そこで、今回はフンザの水の秘密について紹介したいと思います。

 まず、科学者がフンザの長寿の秘密を探る為に調査した話です。
 『「粘土食」自然強健康法の超ススメ』(ケイ・ミズモリ著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「粘土食」自然強健康法の超ススメ』、p164〜p169から抜粋開始>・・・

 現在はパキスタン領でカラコルム山脈の北西にフンザという小さな村がある。ヒマラヤの山々に囲まれた海抜2700メートルもの秘境である。マッカリソンが最も驚いたことは、フンザ村の人々は粗末な食事しかしていないにもかかわらず、病気とはほとんど無縁で、非常に長寿であったことだ。平均寿命が100歳を超え、中には130歳、150歳まで生きた人々がいたとされる。
 フンザの人々の食事は、穀物、野菜、果物、そして、低温殺菌しない山羊の乳とそれから作られるバターに限られていた。しかし、彼らは壮健な肉体を持っており、温厚な性格をしていた。一万、フンザに隣接して暮らす人々は好戦的で、他の地域の人々と同様に病気になり、決して長寿ではなかった。
 マッカリソンが、フンザの人々が長寿である謎に迫ることができたのは、ネズミに与えた食事の実験による。最初は、パターン人(アフガン人)やシーク教徒の食事をとったネズミの方が、近隣のカナラ族やベンガル人の食事をとったネズミよりも体重の増え方がずっと早く、驚くほど健康であることを発見した。だが、フンザ人と同じ食べ物を与えたネズミは、実験室で育てたネズミの中で最も健康的であることに気付いたのだ。
 他のネズミたちは、与えられた食物と同じ食事をしている人間たちとまったく同じ病気にかかり、人間の卑劣な行動上の特質まで受け継いでいるようであった。解剖して調べてみると、病気はノート1ページを埋め尽くすほどだった。
 後年ナイト爵位を贈られたマッカリソンの調査に触発されて、いったいフンザ人の食事のどこにそんな奇跡をもたらす力があるのか突き止めようと、何人かの探検家が過酷な旅を試みた。というのも、この世の楽園シャングリラにもたとえられたフンザの地を訪れるには、海抜4000メートルもの峠を越えて、1ヶ月以上も歩かねばならなかったからである。
 近隣の谷の住人たちを調べてみると、水に含まれるヨードの不足に起因する甲状腺腫や、甲状腺機能の低下によるクレチン病にかかる患者が多かった。だが、そのような病気に悩まされる民族に取り囲まれていながらも、フンザの人々は感染することなく、精力的で質実剛健な生活を送っていた。
 フンザの土地は、有機堆肥で肥沃であるだけでなく、氷河から溶け出したシルトを含んだ水で灌漑(かんがい)されていたことが分かった。そして、巨大な氷河によってすり潰されてできる粉末状の岩層には、植物に必要なミネラルがすべて含まれていることが判明した。そのシルトが有機堆肥と混ざり合い、植物と動物と人間の生命に必要なすべての元素を供給していた。
 氷河からは、灰色がかった乳濁色の水が溢れ出し、水路を形成し、コロイド状の懸濁液となって豊富なミネラル成分とと微量元素を運んでいた。どうやら、フンザ人の長寿と健康の秘密は氷河から流れてくる懸濁水、いわゆる、<氷河乳>にあるようだった。

 人間の寿命を延ばす水に着目したヘンリー・コアンダ

 ルーマニアの天才科学者ヘンリー・コアンダ(1885年〜1972年)は、フンザ人が長寿である話に関心を抱き、1930年代初めにフンザまで旅した者たちの一人である。コアンダは、1920年代、どんな表面を流れる流体もその表面に吸着する傾向があるという「コアンダ効果」の発見者として知られている。
 コアンダは、フンザの人々の長寿と健康の秘密は彼らが大量に飲んでいる氷河乳に隠されていると聞いて、水の専門家としてじっとしていられなかったのだ。フンザの水の特性には分子構造が関わっているものと考えた彼は、米コネチカット州のハイク研究所で水を雪片のような結晶体にする装置を開発し、普通の水との比較分析を行った。雪片の生成過程で、中心部にはまだ凍っていない水が存在し、その水が管の中を循環する様子を彼は観察したのだが、完全に凝結するまでの雪片の持続時間(寿命)が長い水を常飲する人ほど、寿命が長くなることを突き止めたのだ。
 世界各地を旅したコアンダは、フンザ人ばかりでなく、グルジア地方や南米のエクアドルやペルー、それにチベットとモンゴルの国境の山岳地帯に住む他の長寿民族も、寿命の長い雪片を生み出す水を主要な飲み物としていることを発見した。
 しかし、特定の氷河の水が、なぜ、またどのようにして人間の寿命を延ばすのか、コアンダには分からなかった。彼はルーマニア科学アカデミーの会長に就任すべく、それを解明することなく帰国することになった。だが、自分がやり残した仕事は、ハイク研究所における共同研究者であった若き天才科学者に託されることとなったのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以下の記事に「ダイン」という耳慣れない言葉が出てきます。
 力の単位として、高校時代に、N(ニュートン)を習ったことを憶えておられる方もおられるかもしれません。
 N(ニュートン)は、kgやメートルといった単位で使われるもので、それより小さい、g(グラム)、cm(センチ)を使うものをcgs単位系というのですが、そのcgs単位系での力の単位がダインです。
 当然、この数字が大きいほど力が強いということを意味します。

 またゼータ電位という言葉が出てきますが、「水に溶け込んだコロイド状微粒子とそれを取り囲む溶液との間の電位あるいは電荷」とのことです。


 ・・・<『「粘土食」自然強健康法の超ススメ』、p169〜p174から抜粋開始>・・・

 奇跡の長寿水を人工的に再現することに成功したパトリック・フラナガン

 1944年オクラホマ州で生まれたパトリック・フラナガンは、11歳で「誘導ミサイル検知装置」を発明してアメリカ政府に特許権を売却し、14歳にして耳の不自由な人でも直接皮膚を通して音を聞くことを可能にした補聴器「ニューロフォン」(骨伝導とは異なる)を発明し、弱冠17歳でアメリカの十指に入る最高科学者の一人として『ライフ誌』で取り上げられた。さらに、19歳でNASAの宇宙ロケット「ジェミニ」の打ち上げチームに加わり、コンピューター・システムの作業に参画すると、アメリカ海軍においては、人間の言語をイルカの言葉に翻訳するコンピューターを設計した。
 共同研究者である正真正銘の天才を前にして、コアンダは言った。
 「フンザの水を世界中どこでも手に入れることができるような方法を考え出せるのは、私の知る限り、君しかいない」
 水に関する文献を片っ端から読み漁った後、フラナガンが発した言葉は、「分かったことは、水は世界で最も不思議で変則的な物質の一つだということだけでした」というものだった。だが、フラナガンは辛抱強く水の研究を進めていった。
 フラナガンによると、水には36の同位体があり、それぞれが異なった性質を持っている。水は化学における万能溶剤で、時間が経てばいかなる元素も溶かすことができる。冷やしていくと、水は縮んで摂氏4度(3.98度)で最大の比重に達し、氷点に達すると10%膨張する。この水の特異性、すなわち、氷点で比重が下がる特性がなければ、海底や湖底から氷が貯まり、水中の生物は生き残れなかったことになり、我々は今日のような自然環境や動植物を目にすることはできなかったのだ。だが、フラナガンに一番の関心を抱かせたのは、滴(しずく)のように球形を形成しうる、水の表面張力であった。
 フラナガンの説明によると、球形は一定の体積に対する表面積が最小で済む形状であり、自らの形状を維持するのに最小のエネルギーしか必要としない。だが、水の潜在的強度は不気味なほど高いというのだ。
 1974年、フラナガンは石英や宝石原石のような結晶体が水の表面張力に多大な影響を与えることを発見した。だが、この特性は古代チベットの医師たちには知られていたことで、彼らはこの特性を応用して水薬を作っていた。そして、この結晶体の影響を受けた水を小麦、ヤエナリ(インゲン豆の一種)、大豆、アルファルファ、ラディッシュなどの種子にかけてやると、通常のものよりも強く大きく、しかも風味の良いものに急速に生長するのだった。
 調べてみると、普通の水道水の表面張力は室温で1センチメートルあたり約73ダインなのに対して、フンザの濁った水は68ダインしかなく、しかも負の電荷を帯びていた。さらにスペクトル分析を行うと、フンザ水にはほとんどすべての鉱物元素が含まれ、特に銀の含有量が多いことが分かった。
 一方、フラナガンは氷河乳の濁りの原因物質を見極めるべく、専門の機関に分析を依頼した。その結果明らかとなったのは、濁りの正体は、石英ではなく、コロイド状の珪酸塩であったことだ。つまり、コロイド表面が強い負電荷を帯びた、すなわち高いゼータ電位を持った非晶質のシリカであった。
 不溶性のコロイド状シリカは、極めて微小であるため、懸濁状態を維持した。つまりそれらは互いに反発し合う、負の電荷を帯びた、微小な安定粒子として残されていたのだ。フラナガンは、石英を加えることで水の表面張力を一時的に下げられることは確認していたが、水を激しく攪拌してしまえば、すぐ元の表面張力に戻ってしまうのだった。他方、フンザ水は安定した表面張力を維持していた。
 フラナガンは、フンザ水を特別なものとしている秘密は、安定したコロイドにあると考えた。彼は世界中からコロイド状粘土を集め、数年間、フンザ水に見られるコロイドを人工的に作り出そうと奮闘した。だが、フンザ水に特有の68ダインまで表面張力を下げるに足るだけの電荷を帯びたコロイドを生み出すことはなかなかできなかった。
 残された方法は、人工的に鉱物に電荷をかけて、不溶性鉱物をコロイド状にすることであった。そこで思いついたのは、氷河から溶け出したフンザ水は、急流の中で高速の<渦>を作って流れてきたことであった。つまり、渦を形成させて水を流すことで、電流を発生させる方法である。
 フラナガンは、様々な容器の底に穴を開けて、水を流して形成される渦が最適になるのを探っていった。そして、理想的な容器は、短辺(短軸)と長辺(長軸)の比が1:√2となる楕円形であることを突き止めた。それにより、コロイド混合物が含まれた水の表面張力を1センチあたり26ダインという驚くべき低さまで落とすことに成功したのだ。
 しかし、表面張力は低ければ良いというものではなかった。低くなりすぎると、張力の平衡状態が崩れてしまい、一定の時間が経つと、エネルギーが失われて、標準的な表面張力を持った普通の水に戻ってしまうのだった。しかし、38ダインの表面張力の水を作り出せば、100年間も安定性を持続するかもしれないことをフラナガンは発見した。
 そして、表面張力38ダインの水を蒸留水で希釈して、理想的とされる表面張力55〜65ダインの水を作り出すことに成功した。しかも、フラナガンが作り出したコロイド鉱物質を含んだ水は、凍らせても、沸騰させても、圧力釜にかけても、電子レンジにかけても、ガンマ線を照射しても、強い陽イオン電解質液につけても、決して不安定にならなかった。
 最も注目すべき点は、その水は、フンザ水と同様に、あらゆる生命の健康にプラスの作用を与え、人体内の毒素の排出に理想的なことが判明したことである。
 コアンダから使命を託されて四半世紀のち、ついにフラナガンはフンザ水を解明し、人工的に再現することに成功したのだった。コアンダは、完全に凝結するまでの雪片の持続時間(寿命)が長い水が長寿水の特徴であることを発見していたが、それは、コロイド状シリカを含んだ表面張力の低い水に見出される現象であった。
 また、フラナガンは、フンザ水の謎を解明したばかりでなく、さらなる研究を進め、最新のナノテクノロジーを駆使して、負の電荷を帯びた直径5ナノメートルのシリカのコロイド粒子を作り出した。そして、その中に活性水素(水素陰イオン)を取り込み、比類なき抗酸化作用と栄養吸収性を有したマイクロクラスター水[注6−1]<シリカ水素化合物(Silica Hydride)>を生み出したのである。

 [注6−1]マイクロクラスターとは、原子・分子が数個から数十個集まった状態で、単純に気体・液体・固体といった範疇には収まらず、第四の状態とも言われる。フラナガンが開発した商品は、見た目においては、<液体の水>と<水に溶かすカプセル錠>である。高度な技術が結集して生成された、特別なミネラルウオーターやその素と捉えていただくと分かりやすいかもしれない。マイクロクラスターはフラナガン以外の研究者らも開発しているが、アプローチがフラナガンとは異なり、同一とは言えない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ネットで、「フラナガン」、「マイクロクラスター」をキーワードにして検索すると、水素の製品のサイトが多数出てきます。
 私は、そうした製品を試したわけではなく、訪問者の方々に勧めているわけではないことを、お断りさせて頂きます。

 最後にまたしても、新型コロナの話をさせていただきます。
 人が集まってしまうからと、沖縄では行楽地のユリ園のユリをすべて刈り取ったといいます。また福岡では、例年であれば20万人も集まる「藤まつり」の藤の花を刈り取ったといいます。
 これは、私の目には、異様としか思えない人間の所業に映ります。

 現在、新型コロナは、接触・飛沫で感染すると言われていますが、人と人が交流するのであれば、感染するのは避けられないと私は思っています。
 人との接触を8割減らすのが目標とのことですが、それで見かけ上、いったんは感染が抑えられたとしても、いずれ経済活動を再開するときが来ます(再開しなければ日本滅亡です)。
 その際には、変異した新たな新型コロナが流行するかもしれません。
 結局のところ、新型コロナを防ぐというのは基本的に無理だと私は考えています。

 テレビの報道では、東京での感染者数が100人を超えた、超えない、といったことで一喜一憂していますが、滑稽としか言いようがありません。
 (吉田繁治さんが主張していることですが)、「感染者数」ではなく「確認感染者数」とすべきです。PCR検査を増やせば「確認感染者数」は当然増えるし、検査を減らせば減ります。つまり当局の意思によって、その日の「確認感染者数」は、いかようにも操作できるのです。
 私は意図的に、「確認感染者数」を「感染者数」と言いかえているのではないかと思っています。その方が人々をコントロールし易いからです(ここ数日、東京の感染者数(本来は確認感染者数)が100人を超えているのは、緊急事態宣言を1ヶ月延ばす政府の方針に正当性を与える為ではないかと思っています)。
 報道によれば、5月2日時点での日本の感染者数(本来は確認感染者数)は、1万5千人弱です。私の推測ですが、本当の意味での感染者数は、この10倍どころか100倍はいるかもしれないと思っています。

 しかし幸いなことに、(繰り返しますが)今回の新型コロナは、実に「弱っちぃ」ウイルスで、感染しても8割が無症状か軽症で済むといいます。テレビでいくら「今日は○○人、感染者(本来は確認感染者)が増えた!」、とセンセーショナルに報道しても、その大多数が快復するのです。
 ですから、実質的な被害は感染者数ではなく、死亡者数で表すのが妥当だと言えます。なぜなら感染して快復すれば抗体ができるわけで、むしろハッピーな状態となるからです。
 快復せず、死亡に至るというのが一番避けたいわけですから、死亡者数で被害の深刻さを伝えるのが理に適っています。
 ちなみに、4月30日時点の死亡者数は481人に過ぎません。
 新型コロナの感染が、年初から始まったと仮定して、現在4ヶ月経ったとします。死亡者数481人を年間に換算するため3倍すると、1500名弱となります。この数字を、以下の日本人の死因と、その死亡者数で比較してみます。


・2019年の自殺者数...20169人

・2019年の交通事故による死者数...3215人

・2016年の悪性新生物(ガン)による死者数...37万2986人

・2016年の心疾患による死者数...19万8006人

・2016年の肺炎による死者数...11万9300人

・2018年のインフルエンザによる死者数...3325人


 これを見ると、今回の新型コロナは、インフルエンザと同じくらいに「恐がる」のがちょうどよいように見えます。
 もちろん、政府はこれまでインフルエンザで緊急事態宣言を出したことなどありません。
 この緊急事態宣言のおかげで、観光、娯楽、飲食、航空、などの経済活動を大幅に減らしてしまいました。さらに自粛要請から影響は全産業に及び、GDPが大幅に下落するのは避けられない状況となっています。いまやリーマンショックを超える経済・金融の崩壊が起きかねない状況となっているのに、政府は緊急事態宣言を1ヶ月延長をしようとしています。
 えらいことになってしまう・・・、という思いが湧いてきます。



爆刷されるドルと金の関係...2020年4月26日

 まず最初にお断りしなければならないのは、「爆刷(ばくさつ)」という日本語はありません。
 普通は増刷ですが、それでは表現不足と感じ、あえて爆刷という造語にしました。
 今、アメリカはドルを刷りに刷りまくっているということです。
 報道は今、新型コロナ一色で、その裏で起こっていることに注目されていませんが、大きな動きがあります。
 アメリカの中央銀行にあたるFRBが、ドルの増刷を「無制限」としたことです。
 リーマンショックからの金融恐慌を封じ込める為、FRBはこれまで3回のQE(量的緩和)を行ってきましたが、それでもいくらまでといった節度がありました。今回、それが無くなったのです。
 今、アメリカの金融界で起こっていることを、吉田繁治さんのメルマガから抜粋して、紹介させていただきます。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「1066号(4月22日発行)」から抜粋開始>・・・

3.米国の株価から見える、ドルの動き

NYダウは、3月18日の一番底の1万8600ドルから、2万3600ドルまで4週で5000ドル回復しています(4月20日)。ピークの2万9500ドルから9900ドル下落していたので、半分戻したことになります。

この買いは、
(1)コロナショックは5月から6月に収束するという論と、
(2)FRBの2.3兆ドルのマネー供給によって果たされています。

【FRBのマネー供給】
・FRBは、3月3日と16日に2度(1.5ポイント)の利下げをした上で(短期金利誘導目標0.00%〜0.25%)、
・金融機関とファンドがもっていた米国債と、REIT(不動産上場投信)が下がっていた住宅証券のMBSを買い上げて、まず、金融機関にマネー供給をしたのです。その金額は、2兆ドル(220兆円)と巨大です。

米国債の価格は、10年債で14%上がり、MBSも価格を回復しました。金融機関とファンドは、
・国債とMBSをFRBに売って、
・入ったドル現金をもとに、
・33%下がっていた米国株(NYダウ、S&P500、ナスダック)の買い越しを続け、ダウで2万3600ドルまで5000ドル戻したのです。

FRBは今回の量的緩和を、無制限としています。株価を下げず、金融危機、企業倒産を防ぐためなら、いくらでも増額するということです。

▼(1)金融機関とファンドの、ドル不足の解消のための増発(FRB)

金融機関、ファンド、個人がもつ株は、平均20%くらいの掛け目で担保になります(注)保有機関の信用によって、掛け目は異なります。

・株価が上がっているときは、上がった株を担保にしてドルを借り、そのドルで株を買うという、拡大サイクルになるのです。
・下げるときは、追い証が必要になり、逆のサイクルになります。
追い証は、保有株が下がって損をしたとき証券会社に、追加で差し入れる担保金です。

「株価下落→追証の必要→株の投げ売り→株価暴落」。
このサイクルが続くと、バブル株価の底値は30%くらいまで下がります。GDPや企業の純益予想の、ファンダメンタルズとは無関係な、株価の動できです。

20年2月まで、米国株の総時価は38兆ドル(4180兆円:日本の約7倍)でした。これが30%下がったとき、米国株の総時価は26.6兆ドル(2926兆円)に縮小していました(3月23日)。

株の全部が、担保として差し出されているわけではない。
50%が担保になっていたとすると、(38兆ドル-26.6兆ドル)×担保分50%×掛け目80%×下落率30%=1.36兆ドル(150兆円)の担保不足が生じます。

1.36兆ドル(150兆円)は、即刻、借り手が貸し手に入れなければならない追い証としての現金です。これがないと強制売買されます。

FRBは、金融機関とファンドがもつ国債とMBSを2兆ドル買い上げて現金を供給し、30%下がった株の換金のための投げ売りを止めたのです。このとき、NYダウは、1日で1000ドル(3%)下げています。

FRBから2兆ドルの現金供給がなかったら、米国株は「30%→40%→50%」と下落し、金融機関とファンドの現金不足は大きくなっていたでしょう。

下落が、FRBの利下げ(1.5ポイント)では止まらなかったのは(3月16日)、米銀とファンドに株価の下落による証拠金不足が起こっていたからです。

保有国債とMBSをFRBに、価格を下げることなく売って、総額では2兆ドルの現金が入った金融機関とファンドは、今度は余剰信用を株の買い戻しに振り向け、株価は上がったのです(3月23日〜)。

株価が戻すと、追い証の必要も減って、金融機関のファンドには、投資現金の余裕が出ていきます。

FRBの4月初旬のドル供給は、史上最速&最高額でした。
金融機関とファンドの現金不足の危機が深かったことを示します。
3週間くらいの短期で起こったことがこれでした。

4.社債、CLOの下落への、FRBの対策

株価と同時に下落していたのが、
(1)企業の負債証券である社債、
(2)社債を合成したCLO、
(3)社債と他の負債を合成したCDO、
(4)不動産の収益を配当として証券化したREIT(リート)でした。
米国と欧州のほぼ全部の負債証券が、株価と同時に下落したのです。

社債(企業の負債証券)が下落すると金利は上がり、償還期が来た社債の借り変えに発行による返済ができなくなります。

新規社債の発行不能は、借り入れができなくなった企業と同じであり、決済資金の不足からのデフォルト(倒産)を意味します。
たくさんの会社が倒産すれば失業は急増し、GDP(企業と世帯の所得の合計)は大きく下がります。

社債は、一般に借入金より金利は低い(国債よりは金利は高い)。しかし借入金の、長期での約定返済とは違い、満期には一括償還が必要です。売上が減るときは、危険な負債です。

米国では、企業への銀行貸し出しは少ない。小規模な企業も社債を発行するか、株式を発行し、資本を調達しています。

株価と社債の下落が、社債発行と株価依存が少ない日本企業より簡単に倒産を招くのです。日本ではソフトバンクグループ(SBG)が社債発行の最大手です。

社債と借入の合成証券であるCLO、CDO、REITの下落も、同じです。
金融機関ではなく、企業部門の現金不足を示すのが、これらの下落です。

投資信託風の、企業と世帯がもつ預金であるMMFとMRFも、株価と証券が下落したので、解約が増え返還の現金不足に陥っていました。

米国金融は、株(時価総額38兆ドル)と社債(総残高13兆ドル)を頂点として、証券化されているからです。
社債のうち、信用度が低いBBB格以下が約50%に増えています(2018年〜)。

【FRBが社債を買う方法】
FRBは、銀行の銀行であり(最後の貸し手)、企業や世帯には資金供給はしません。もともと企業と世帯は、FRBに口座をもつことはできない。このためFRBと政府は特別目的会社(SPC)を作って、そこに現金を供給し、間接的に、資金供給する方法をとりました。当座の資金繰りのため、企業の短期資金調達のCPも買い取っています。

政府は、まずGDPの10%(2兆ドル:220兆円)、つぎに1兆ドル(110兆円)の赤字国債を発行し、それをFRBが買い取って、財政資金として現金供給することにしていました。

FRBは、
(1)国債とMBSを2兆ドル(220兆円)買って、金融機関とファンドに現金を供給すると同時に、
(2)財政支出用の国債3兆ドル(330兆円)も買って、企業と世帯に財政支出として現金を供給します。

【無制限のドル供給を表明したFRB】
最終的に、FRBがいくらのドルを増刷するか未定です。
枠は無制限としています。アメリカ経済(金融機関、企業、世帯)が、3月、4月、5月、6月と必要とするドルは全部、FRBが供給することになるでしょう。

従業員の給与支払いのために「35兆円+48兆円=83兆円」の財政資金を貸しつけるプログラムも作られています。売上が消えた企業の、従業員解雇を防ぐためです。

これを実行しないと行わないと、
(1)金融危機と株価暴落、
(2)社債の買い手がないことからの企業の倒産、
(3)売上が蒸発した企業のレイオフと解雇の増加(推計30%:4500万人)が起こります。米国経済は、夏から、「大恐慌(1929年〜1933年」以上の恐慌になっていくからです。

バブル化した株価と証券化金融の崩壊が根幹にあり、全部の金融に及んだのです。リーマン危機のときの、200兆円とされた不良債権と、比べるべくもない。3倍、4倍になっていくでしょう。

【リーマン危機との比較】
リーマン危機のときは、FRBは3度のQEとして、3兆ドルの国債とMBSを買って、9000億ドルだったFRBのマネー供給を4兆ドルに拡大しました。
これが2009年以降に、
・2.5倍への株価上昇、
・2倍への不動産価格の上昇を生んだのです。

コロナショックによる都市封鎖が長期化すれば、FRBは、現在決定している分でも、財政支出を拡大した政府が、2020年度に新規に発行する3兆ドルの国債を買って政府経由でマネーを供給しなければならない。社債の買い、MBSの買い、MMFと不動産REITへの現金供給を加えると、一体いくらになるでしょうか。

◎NYダウの5000ドルの回復には、以上の、資金事情があります。
米国の経済に、FRBというマネーの供給の人工心肺をつけたのです。

都市封鎖が、企業の売上収入を消し、マネーが入って来ないからです。NY市の閉店レストランと同じ状況になっているが、企業とレバレッジの信用創造を失った米国金融です。

5.不動産REITの下落からの、不動産(商業用とホテル・住宅用)の下落

米国株の下落と同時に、不動産のREIT(不動産投資信託)も、投げ売りにあい、315ポイントから180へと43%下がりました。株価の下落より約10ポイント大きかったのです。
底値の後は、FRBと政府の金融対策から、240まで戻しましたが、4月20日には210に下げています。
https://www.pwalker.jp/usreit.htm

REITは不動産の賃貸料と売買収益から経費を引いて、投資家に配当する証券です。オフィス、ショッピングセンター、ホテル等の商業用不動産、住宅用などが混じっています。個人投資家が、少ないマネーを不動産に投資できる証券です。

株とREITの値下がりは、不動産(商業用、住宅用)の価格下落に先行します(過去の事例では1.5年〜2年先行)。株とREITが今回のように大きく下げると、その後1.5年から2年で不動産価格も下がるということです。現物の不動産の売買は、ゆっくりとしたものだからです。

REITの暴落は、米国で不動産の買い手が消えていることも示します。
米国の世帯は、リーマン危機のあと、全米平均で2倍、都市部では3倍に上がった住宅によって資産を作り、その増えた資産を担保して、ローンを組んでいたのです。米国世帯の、約1000兆円の住宅ローンを含む負債は13兆ドル(1430兆円)です。

1.4%だった住宅ローンの延滞率は、20年3月では6%へと4倍に急上昇しました。クレジットカードローンや消費者ローンの延滞も、3%に上がっています。4月、5月、6月は急増していくでしょう。
失業が2200万人になり、3000万人(20%)になるのも近いと予想されるからです。

米国の、2009年からの不動産バブルは、終わりました。2年後には、今の50%下がるっているかもしれません。

リーマン危機のときのサブプライムローンは、延滞率が15%に増えたときから、不動産ローンを合成したMBSの急落(シニア債のAAA格で-40%:エクイティ債は価格ゼロ)を引き起こし、同種のデリバティブ全体の下落に波及して、銀行の自己資本(200兆円)を消したのです。

今回の3月は、
(1)株価の下落
(2)社債の下落
(3)REITの下落と3つが同時でした。
1.5ポイント利下げで上がったのは、国債だけです(10年債で+15%)。

リーマン危機の3倍から4倍規模の負債証券の不良化であったことがわかります。このためFRBのマネー供給もリーマン危機の時の速度と量の3倍から4倍に増えているのです。

6.コロナショックの短期収束と長期化を分けるのは、ウイルスの基礎再生産数

ウイルスの基礎再生産数は、1人の罹患者が平均で何人にうつすかという統計的な指標です。中国の初期は2.5人でした。ドイツでは3.0人でした。2人のとき、新規感染数は週間で2倍(2の1乗)になります。2週後に2の2乗(4倍)、3週後に2の3乗(8倍)、4週後に2の4乗(16倍)です。

NY市では、一時4と高かった。現在は1です(1人が1人にうつす)から、新規感染は横ばいです。

3月中旬の東京は1.7でした。
1週間で1.7倍に新規感染が増えていくということです。

3月は急速に増えていたドイツでは0.9に下がったので、順次、ロックダウン(都市封鎖)の緩和に向かっています。しかし外出規制の緩和によって再び1.0を超えれば、第二波に向かうとされ、再度のロックダウンになるでしょう。

米国ではどうでしょうか。現在のNY市はロックダウンにより0.9程度とされています。しかし、抗体を持つ人は最大でも5%と見られるので、封鎖解除で接触が増えると基礎再生産数は1.0を超える可能性が高い。その時期は暑さが和らぐ10月からでしょうか。

モノに付着した新型コロナは、温度が上がるとある程度不活発になるとされているからです。インフルエンザとは違い、飛沫がついたモノからうつることが多いのが新型コロナの特徴です。

50%回復した株価が想定しているロックダウンの解除(5月、6月)が、米国で実際に行われると、
・静かな7月、8月、9月を経て、
・10月から第二波が来る可能性が高いと思っています。

第二波が来れば株価は二番底をつけるでしょう。
社債、CLO、REITの再下落も同時です。

日経平均は、NYダウに従属します。
ドル/円は、
・お互いが金利0%になるなかで(イールドは0.25%と少ない)、
・米国のドル増発率(王発額÷GDP)が高いので、
そのときは、ドル安・円高に向かうでしょう。
金はこのときも、一時は10%下げ、その後は、高騰するでしょう。

米国の第二波は、可能性でいえば、70%くらいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 4月7日、東京で行われたベンジャミン・フルフォード氏とリチャード・コシミズ氏の「FACT」のDVDを観ていて、私が驚いたことがありました。
 フルフォード氏は、「FRBはすでにアメリカ政府の管理下となったと聞いている」と言ったのです。
 私は思わず、「まじっすか!」と心の中で呟いてしまいました。
 フルフォード氏の情報源の一つからの情報らしく、裏付けは取ってないらしいので、事実とは言い切れません。
 しかし、かりに事実であったら、世界の金融体制は根本的に変わることになります。
 中央銀行であるFRBも日本銀行も株式会社であり、その所有権は株主にあります。
 通貨発行権という極めて重要な権利が、その国の政府にあるのではなく、怪しげな世界の超富豪の株主の元にあるというのは、極めてグロテスクなことです。なぜなら通貨を発行することで、その国の国民が汗水垂らして稼いだ富を、効率的かつ永続的にかすめ取ることができるからです。
 それが、健全化する可能性を感じてしまいます(ただし残念ながら、日本銀行はまだだそうです)。

 それともう一つは、(これは前からフルフォード氏が言っていることですが)アメリカが発行するドルを世界が受け取らなくなったといいます。
 来日したあるアメリカ人が、アメリカで発行されたドルを持って、フルフォード氏の処に「このドルを日本円に替えてくれ」ときたそうです。
 なんと、日本の銀行に持っていっても、日本円に替えられないと断られたそうです。
 フルフォード氏は生まれ故郷のカナダに行くことがあるので、替えたそうですが、実際にカナダに行ったとき、そのドルは使えたといいます。
 つまりアメリカが刷ったドルは、北米圏では使えるものの、少なくとも日本では使えないということです。
 これは、ドルと円の関係を論じる際には、極めて重要なことだと思うのですが、不思議なことに、フルフォード氏以外に、このことを論じる人を見たことがありません。

 実はドルは、アメリカ以外の国でも刷っているといいます。
 それは、アメリカに輸出する際に、その商品代金分のドルを刷ることが認められているからだといいます。その刷ったドルは、各国間の貿易などの決済用のドルとして通用するといいます。
 それがアメリカが今回の新型コロナ騒動の経済対策として大量のドルを刷っても、ドルが暴落しない原因だといいます。
 つまり、アメリカが発行するドルと、世界各国の決済用のドルは分けられているというのです。

 紙幣は、やろうと思えばいくらでも刷ることができます。
 しかし、刷れば刷るほど、その価値を減らしていくことは自明です。
 価値がどのように減っていくかを見るには、為替ではわかりません。為替は各国の通貨の相対的な比較でしかないからです。
 絶対的な尺度は金価格との比較しかありません。
 再び、吉田さんのメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ「1064号(4月15日発行)」から抜粋開始>・・・

金価格が、絶対軸

信用通貨の絶対価値は金価格との比較でしかわからない。
増刷できない金価格の上昇は、いくらでも増刷できる信用通貨の、絶対価値の下落を示します。

GDP(国家経済の付加価値生産額)が同じなのに、あるいは減っているとき(不況のとき)、増発される信用通貨は、ドルや円の1単位の絶対価値を下げています。

しかし信用通貨の絶対価値の下落は、円・ドル間あるいはユーロの相対的なレートでは、見えません。金価格との比較だけで、通貨の絶対価値がわかります。

・金の価値は、過去から将来まで、同じです。
・GDPの増加率以上に増刷された信用通貨の側が、価値を下げます。

長期的には、世界の中央銀行は、GDPの増加率以下に通貨の増発率を押さえたことはない。過剰に増刷される信用通貨の、1単位の価値の下落が、金価格の上昇という現象の本質的な意味です。

金価格は金・ドル交換が停止された1971年には、1オンス35ドルが公定価格でした。50年あとの現在は、1オンスが1600ドルくらいで46分の1です。

金価格の意味は、信用通貨の価値下落である
◎金・ドル交換停止により、金という絶対価値のアンカーを離れ、1971年から50年間、増刷を続けた米ドルは、絶対価値を1年平均で8%、下げ続けています。

◎通貨の絶対価値は、毎年、必ず下がっていく信用通貨を使って貯めている国民の目には、隠されてきた事実です。

3%の物価インフレ、つまり3%の、通貨の価値下落のとき、マネーの運用で3%の金利を得ても、資産の成長はありません。(注)米国の長期インフレ率は3%です。

複利計算での、年8%という高いインフレ(ドルの1単位の価値が8%/年で下落を続けること)は、金価格との間で起こっていたのです。これが、増刷されたドルが引き起こした、長期の定常的なハイバーインフレといってもいいでしょう。

他力での資産
1971年に金を1万ドル分買って保管しておけば、今は50万ドル(5500万円)の資産です。これは、地価の上昇と同じように、資本の評価が生んだ不労所得です。10万ドル分なら5億円、100万ドル分なら50億円です。

働いて得た所得の貯蓄では、株式上場以外では、こうした大きな増え方はマレです。大きな資産は不労所得によって長期で作られるものです。

ある企業家との会食のときでした(1980年代)。「事業の利益はわずかなものでした。私の今の資産は、買った土地の値上がりで、つまり自分の働きではなく他力で作られたものです。」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 FRBをはじめ、日本銀行もECBも、これからどんどんお金を刷るでしょう。それで昨今言われている経済・金融の危機を(いったんは)回避することができるかもしれません(あくまでもいったんです)。
 一方で、それ自身が価値があり、簡単には増やすことができないのが、金(キン)や銀です(すでに金は、生産能力の限界にきていると言われています)。
 こうなると、当然予想されるのは、今後の金価格の上昇です。
 すでに、バンク・オブ・アメリカは「FRBは金を造幣できない」として、1オンス3000ドルが目標値というレポートを出しています(現在は1724ドル)。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q950LODWLU6F01


 金の記事を書いた際にいつも言っていることですが、私は訪問者の方々に金を買うことを勧めているわけではありません。
 私には苦い思い出があります。
 若い頃ですが、知人に(投資には)金が良いですよと勧めたことがありました。
 それを信じた知人は金を買ったのですが、その後、金は下落してしまい、失望した知人は金を損切りしてしまったのです。
 その後、金は値を戻すだけでなく、どんどん上がっていったのですが、知人から「金は下がりましたよね」と、恨み節を言われてしまいました。
 おそらく知人は、私が口を酸っぱくして言った「現物でなければダメです」というアドバイスを聞かなかったのでしょう。現物であれば、少々値が下がっても精神的に耐えられますが、株のように簡単に売れるETFや、時間的な期限がある先物だと下落に耐えられなくなります。
 それゆえ、聞かれたら答えますが、自分から人に投資を勧めることはしないことにしたのです。
 金や銀(必ず現物)が良いというのは、あくまでも私の呟(つぶや)きです。信じないで下さい。

 なんでも政府は、「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が国民全員を対象に一律10万円の支給を決めた」らしいです。
 想定外の思わぬ不労所得です。
 私は、もし本当に10万円もらえるなら、その10万円で金か銀を買おうと思っています(ウヒヒ)。



反重力プラットフォーム...2020年4月19日

 政府の緊急事態宣言により、巣篭(すごも)りのような生活を余儀なくされて、ストレスを感じている方も多いと思います。そこで今回は、夢のある話をさせていただこうと思います。
 私はサイエンス・ライターのケイ・ミズモリ氏のファンなのですが、そのケイ・ミズモリ氏のロング・ヒットなった話題を紹介させていただこうと思います。
 それがロシアの科学者、ヴィクトル・S・グレベニコフ教授がつくった反重力プラットフォームです。
 この話題は、ケイ・ミズモリ氏の以下の著作で紹介されています(年代順)。

・『超不都合な科学的真実』(徳間書店、5次元文庫)(2007年)

・『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(徳間書店)(2011年)

・『【闇権力】は世紀の大発見をこうして握り潰す』(ヒカルランド)(2017年2月)

・『ついに反重力の謎が解けた!』(ヒカルランド)(2017年4月)

 一つの話題が、このように4冊もの本で紹介されているということは、多くの人々の心を捉えた話題だったと言えそうです。
 『ついに反重力の謎が解けた!』の一節から抜粋します。


 ・・・<『ついに反重力の謎が解けた!』、p194〜p196から抜粋開始>・・・

 筆者は、2007年に『超不都合な科学的真実』(徳間書店)において、グレベニコフ博士が昆虫の浮揚力を応用して、空飛ぶプラットフォームを作り出し、自由に空を飛びまわっていたことを紹介した。同書においては新奇な情報をいくつも紹介したため、極めて反響が大きく、海外でも出版され、お陰様で筆者の代表作としてロングセラーとなった。中でもこのエピソードは多くの読者にとって最も印象に残る箇所となったようで、筆者が紹介して以降、瞬く間に日本国内にグレベニコフ博士の研究は知れ渡るようになった。当初は、アメリカのジェリー・デッカー氏が運営する KeelyNet で紹介されたものだったが、筆者が紹介したことで日本人が注目し、アメリカから逆輸入されて2008年以降に再び注目を浴びることとなったようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ケイ・ミズモリ氏は、この話題は日本に広く知られることとなったと言っています。でも私自身の経験から言えば、私がこの話題をしたとき、知っていると言った人に出会ったことがありません。
 まあ、私の交友範囲が狭かったということかもしれませんが、意外と知らない人が多いのではないかと思います。
 では『宇宙エネルギーがここに隠されていた』(ケイ・ミズモリ著、徳間著店)から、最初にグレベニコフ教授が反重力プラットフォームを作ることになったきっかけから紹介します。


 ・・・<『宇宙エネルギーがここに隠されていた』、p194〜p198から抜粋開始>・・・

 ロシアのノヴォシビルスク郊外にある農業アカデミー科学センターのヴィクトル・S・グレベニコフ教授は、こよなく自然を愛し、芸術の才能にも溢れる、多才な昆虫学者である。彼は「空洞構造効果」の発見者として知られている。しかし、自然と、その背後にある秘密から導き出した反重力効果の発見に関しては、ほとんど知られていない。
 その驚くべき偉業は、1988年、ある昆虫のキチン質殻に反重力効果があることを発見したことに始まる。
 研究を進めるうちに、反重力の作用する重力場に存在する物体が、部分的に、そして時には完全に目視できなくなったり、知覚が歪む現象が起こることも確認して、大いに興味をそそられた。
 この反重力効果は、わずか数種の昆虫からだけではなく、幅広い自然現象から見出される。TM瞑想等で、空中浮揚するマハリシ・マへーシュ・ヨーギーのようなケースはいくつも報告されており、これはサイコキネシス(念動力)が物体の重量を軽減させたり、完全浮揚させたりする可能性を示唆している。そのような離れ業は、生まれ持っての能力者によってのみ可能であると考えられがちだが、そうではない。
 例えば、体重約80キロとか90キロぐらいの夢遊病者が、薄い板の上を歩けてしまったり、隣に寝ている人の体を踏みつけでも、相手に気づかれないといった現象は数多く報告されている。このように体重が減少する現象は、夢遊病に限らず、人が何かに取りつかれたような状態にもよく現れる。
 他には、通常の意識においては、決して持ち上げるのことのできない物体を、咄嗟の際に軽々と持ち上げてしまう「火事場の馬鹿力」という現象がある。これは、特殊な状況において、人の筋肉が極めて強化されるだけではないと推測される。また、重量挙げの選手たちも、反重力に関わるある部分を強化した結果であると言えるかもしれない。
 そのように、人間を含めて、この地球上に存在する動植物をよく観察してみると、極めて不思議な効果を生み出す部分や法則が埋もれていることが分かる。グレベニコフ教授はそれを見つけ出してしまったのだ。
 この発見に基づいて、グレベニコフ教授は(理論上)最大で時速1500km(マッハ1.5)というスピードで飛行可能な反重力プラットフォームなるものを発明。写真のようにその上にハンドルのついたポールを固定した装置に仕立て、1991年頃から、自由に空を飛び回っていたという。
 シンプルなこの装置を見れば、「そんなの冗談に決まっている!」と思うだろう。筆者もそうだったが、取材を重ねるにつれ、そう簡単に馬鹿にできない仕掛けが隠されていた可能性を知ることになった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


    
  反重力プラットフォーム


 では次に、グレベニコフ教授がお手製の反重力プラットフォームを使って初飛行した様子を紹介したいと思います。


 ・・・<『宇宙エネルギーがここに隠されていた』、p198〜p200から抜粋開始>・・・

 反重力プラットフォームによる初飛行の衝撃!

 1990年3月17日、グレベニコフ教授は最初の飛行を試みた。のちに、それは大変危険なものであったと回想しているが、まずはその時の様子を紹介しよう。
 彼は暖かい季節になるまで待つ気はなかったし、広い砂漠まで出掛けるつもりもなかった。そしてプラットフォームから伸びるポールの付け根部分右側のベアリングが時々引っ掛かったが、それを直してもいなかった。真夜中にさしかかる頃、誰もが眠りについていて、決して目撃されることはないと考えた彼は、農業アカデミーのキャンパスの敷地内で離陸を始めた。
 離陸は上々だった。だが、数秒してビルの窓が足元に見える高度に達するや、彼は目眩がしてきた。すぐに着陸すべきだったのだろうが、そうしないまま、空中にさまよいつづけた彼をやがて、コントロールできないほどの強い力が襲った。
 この予期せぬ、制御不能の力に引っ張られて、彼は都市部にある9階建でのアパートを横切り、雪の残る空地を通り、ハイウェイへと向かっていった。暗く広大なノヴォシビルスクが近くになると、速度はさらに増していた。悪臭を放つ、背の高い工場の煙突群が目前に追っていた。
 もはや猶予は許されないという段になって、彼はパネル・ブロック部をなんとか調整して、水平方向への動きを緩めることができた。しかし、再び気分が悪くなってきた。
 4回目のトライで、ようやく水平方向への動きは止まり、ズツリンカ上空に留まった。そこは工業地区で、彼の足下には不吉な煙突がそびえ立ち、静かに悪臭を放ちつづけていた。
 彼は数分休んで、農業アカデミーのキャンパス方向とは異なるが、右の空港方面に滑走した。ひょっとして誰かに見られているかもしれないと考え、行きと同じルートを避けたのだ。そして空港方向に少し進んでから、彼は方向を変えて自宅に帰った。
 翌日のテレビと新聞の報道は驚くべきものであった。「ズツリンカ上空にUFO」「また宇宙人か?」といった見出しが飛びかったのだ。グレベニコフ教授の初飛行が見つかってしまったのだろうか?
 記事の中には、発光球体とか円盤が一つではなく、二つ目撃されたというものもあった。窓の付いた皿が目撃されたというものもあった。
 グレベニコフ教授は、目撃されたのは自分ではなく、何か他のものだろうと思っていた。というのも、1990年3月は、シベリアやベルギーで頻繁にUFOが目撃されていたからだ。そして同月の31日には、巨大な三角形の宇宙船がフィルムに撮影され、ベルギーの科学者が、現在我々が持ついかなるテクノロジーであっても、あのような物体を製造することはできないとコメントしていた。

 本当にそうなのだろうか。グレベニコフ教授は、反重力プラットフォームは実際に小さなもので、三角形をしており、この地球上で製造されているとしている。しかし、自分が作ったような、半分が木でできた仕掛けではなく、もっと洗練されたものであると。
 三角形のプラットフォームの方が、より安全かつ効率的だと分かった上で、教授はあえて長方形のプラットフォームにこだわった。長方形なら簡単に折り曲げられるようにすれば、持ち運びの際に、スーツケースや画材入れのように見えて怪しまれない。そう考えたのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


    
      左が浮遊前、右が少し浮遊したところ


 CGやアニメであれば、空中を浮遊する乗り物を簡単に映像化できますが、写真にあるように足場は数十センチ角の非常に小さいスペースであり、外と遮蔽されてない状態で、老人が乗ってを空中を自由に飛び回るというのは、リアルとは思えません。
 なぜなら、地上数十メートル〜数百メートルとなれば時として強烈な風が吹くでしょうから、吹き飛ばされないのが不思議です。
 それに関し、グレベニコフ教授は、「プラットフォームのフォース・フィールドが周囲の空間を上向きに切り取ると同時に、地球の引力とも切り離し、不可視の円筒形状空間を作り出す」と説明しています。
 いよいよ、映画「スター・ウォーズ」のようになってきました。


 ・・・<『宇宙エネルギーがここに隠されていた』、p203〜p204から抜粋開始>・・・

 不可視のフォース・フィールド

 結局、このニュースはグレベニコフ教授の初飛行とは関係がなかったものの、彼は自分の軽率な行動を反省することになった。
 とはいえ、彼が目撃されなかった理由は偶然ではなかった。さらに、かなりの高速で飛行していたにもかかわらず、彼は風の影響も受けていなかった。
 彼の分析によると、プラットフォームのフォース・フィールドが周囲の空間を上向きに切り取ると同時に、地球の引力とも切り離し、不可視の円筒形状空間を作り出す。しかし、彼自身と周囲の空気はその切り取られた円筒形状の空間内にそのまま留まっている。それによって、自分が目視されなくなるのだろうと、彼は考えた。
 そのフォース・フィールドは体をわずかに覆う程度のものだということも分かっている。というのも、グレベニコフ教授が頭を少し前にせり出せば、すぐにも強烈な風に乱されてしまったからである。
 視覚性に関しては、あえて人に近づいて、自分が目撃されるかどうか何度も試みている。森の端で遊んでいる3人の子供たちに至近距離まで降下したこともあった。ほとんどの場合、彼が気づかれることはなく、プラットフォームと彼自身の影も投射されることもなかったのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて、大変気になる反重力プラットフォームの動作原理ですが、ケイ・ミズモリ氏の推測を紹介します。


 ・・・<『宇宙エネルギーがここに隠されていた』、p220〜p222から抜粋開始>・・・

 反重力プラットフォームのシステムに迫る

 反重力プラットフォームが上昇する高度や、浮上可能な重量は、内部に埋め込まれた昆虫の殻の数で決まってくる。グレベニコフ教授が実験に使ったものは、高度300メートルまで上昇できる数の昆虫の殻を入れていたという。
 「昆虫の殻」という表現をしたが、これは具体的に何だったのだろうか? ジェリー・デッカー氏は、それは甲虫の殻で、おそらく六角形をしたものだと推測している。他方で、先に触れたヒメバチに分類される Bathyplectes anurus の繭を利用したと推測する者もいる。グレベニコフ教授自身が書いた本の英語版を読んだ筆者自身の印象では、やはり甲虫の殻、もしくは繭を利用したのではないかと思えた。しかし、グレベニコフ教授が決して口を割らなかったため、残念ながらこの点は謎のままである。
 さて、肝心のプラットフォームの底部については、デッカー氏の推測や様々な資料をもとに、筆者も推測を試みたので、それをご紹介しておこう。
 おそらく、プラットフォームの前半分と後半分の底部は内部がくりぬかれている。それぞれの内部には、折りたたんでもせいぜい高さ2センチ程度の蛇腹があって、その表面上向き(あるいは下向き)に甲虫の殻か、繭が取り付けられている。プラットフォーム自体の厚みが4〜5センチと考えられ、最低限人が乗れる強度を保つ必要がある。となると、蛇腹の厚さは、折りたたんだ状態でせいぜい2センチ程度だろう。
 前後両方の蛇腹を全開にすれば、より大きな速度で上昇する。前方の蛇腹を半分閉じると、上向きではなく、斜めに甲虫の殻が向き合い、互いに反重力効果を半分程度打ち消し合う。それによって、前方に傾いて前進する。高度を下げる際は、前後両方の蛇腹を同じように閉じていく。地上での着地状態では、蛇腹がぴったり重なり合って、すべての力を打ち消し合う状態になっている。基本的にこのような仕組みがプラットフォームの底部にあり、ハンドルのグリップを回すことで、底部の蛇腹の開閉調整を行っていたのだろう。
 しかし、これだけでは、左右方向の動きが調整できない。そこで、左右の側面に、やはり甲虫の殻を表面に貼り付けた平たい棒のようなものを、回転できるように取り付ける。両方とも右に向ければ、右に飛ぶ。互いに向き合わせれば、左右の動きは打ち消し合う。そして、両方とも上に向ければ、さらに上昇を助けることになるこの部分は、ハンドルのグリップとは別のところで操作したのだろう。また、若干の回転なら、体を動かすことでも可能であったかもしれない。
 なぜそのようにしなければならないのかと言えば、先にも触れたが、空洞構造効果を起こす物体の前に板や金属等を置いて遮断しても効果が薄れないからである。つまり、互いに力を打ち消し合うことを行わない限り、コントロールできなくなってしまうのだ。
 ただし、これはあくまでも筆者の推測であり、確信を持てるものではないことをお断りしておきたい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この反重力プラットフォームは、その後どうなったかです。


 ・・・<『宇宙エネルギーがここに隠されていた』、p226〜p227から抜粋開始>・・・

 昆虫学者は自然破壊を怖れたから謎を明かさなかった

 さて、グレベニコフ教授による反重力プラットフォームに話を戻し、その後のことについて触れねばなるまい。
 グレベニコフ教授は、この反重力プラットフォームをずっと秘密にしてきた。その理由を彼は次のように説明する。
 第一の理由は、真実を証明するためには時間と労力を要するからである。グレベニコフ教授は、自分にはそれほどの時間と労力は残されていないと考えていた。
 第二の理由は、シベリアだけに生息するある種の昆虫を利用したからである。グレベニコフ教授は、自然と地球上のあらゆる生物を愛した昆虫学者であり、動植物たちとともに過ごすことで幸せを見出す人物であった。もしその昆虫の名前を公表してしまえば、誰もがその奇跡の昆虫を捕まえようとして、すぐに絶滅の危機に遭うだろうと考えていた。唯一分かっていることは、シベリアに生息する甲虫1100種のうちのどれかの殻か、繭を使用したということである。
 1999年頃からグレベニコフ教授は体調を崩し、入院したという。その間、多くの人々から取材を受けたが、具体的な昆虫の名前を決して明かすことはなかった。また、空飛ぶプラットフォームも、自分自身でハンマーを使って粉々に破壊してしまったという。そして、2001年4月、彼は74歳にしてこの世を去った。
 今となっては確認できない話であるが、蜂の巣が起こす効果など、自然が作り出した形状や昆虫の持つ未知の力など、興味深い考察が存在するのは確かである。そのような未知の力に対する研究が土台にあることを考えれば、反重力プラットフォームが存在していたと想定することは、決して常識を逸脱したものではないと言えるかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 つまり、重力を無効にする特殊な形状が存在し、ある甲虫の一種は外皮を「意図的に」その形に変えることにより、空中を浮遊する能力があると考えられます。
 手足の無い繭であっても、その形状を作り出すことで、ジャンプすることが可能なようです。
 非常に興味深い話ですが、今の私たちの科学では説明できないと思われます。
 私の個人的な意見ですが、これを説明できるのは神聖幾何学ではないかと思っています。
 前回の記事、「横河サラさんが語るアセンション」では、人間の周りのマカバ・フィールドについて語られていました。マカバ・フィールドが回転している人は、それが乗り物となって自由に空間を移動できるといいます。
 グレベニコフ教授は、物理的な甲虫の外皮(または繭)を用いて無重力を実現しましたが、マカバ・フィールドが活性化(回転)している人は、意図の力でマカバ・フィールドを使って無重力を実現できるのではないかと推測しています。



横河サラさんが語るアセンション...2020年4月12日

 今回は、月刊誌アネモネ5月号に載った横河サラさんのアセンションに関する話を紹介させていただこうと思います。
 私は横河サラさんの本はもちろん、ヒカルランドで行われたサラさんの3回のセミナーにも出席したりして、サラさんの情報はかなりフォローしているつもりでした。しかし、アネモネ5月号のサラさんの記事には、私も知らないことが書いてあって、けっこう新鮮でした。
 1万3千年前、科学技術が発達していたアトランティス文明が崩壊する様子は、様々な本に書かれていますが、そこにレムリア人と火星人の確執があったというサラさんの話は知りませんでした。
 ちょうど、ユニティ(合一)から分離の時代に入るときであり、人類がどのように急降下して(波動を下げて)いったかという話は、興味深いものがあります。


 ・・・<『アネモネ5月号』、p22〜p25から抜粋開始>・・・

 マカバとは

 私たち人類はもちろん、この地球や宇宙に存在するすべてのものは、“設計図”である幾何学の中に存在しています。その存在物の容器が「マカバ」です。私たち一人ひとりが備えているマカバは地球専用で、その形が、金平糖のような「星型二重正四面体」。そして、マカバが始動して回転を始めると、ぐわーんと帽子のつばが広がったようにエネルギーフィールドが立ちあがるのです。まさに円盤の形そのもので、その半径は5.5mから8mほどもあります。
 エネルギーフィールドの立ちあがったマカバは、次元間の乗り物になります。まさに、一人乗りのUFOのようなものですね。進化した存在たちが地球人のサポートのために地球にくる際、形はそれぞれですが、活性化させたマカバを使っています。ちなみに、ドランヴァロは地球にやってくる際、マカバサイエンスを使った複数の人々(存在)の意識による、とても大きな宇宙船に乗ってシリウスからやってきたと言っています。

 人造マカバが引き金となった1万3千年前の大惨事

 マカバとは、人や生物をはじめ、存在するすべてが、ボディの周りに備えている、目には見えない光の幾何学フィールドを指しています。このマカバを活性化するとエネルギーフィールドが立ちあがり、次元間を移行するときの「乗り物」になります。私たちがアセンションするためには、このマカバが活性化していることが絶対条件になってくるんですね。
 過去に人類は、人工的にマカバを作り、大惨事を引き起こしてしまいました。それは、1万3千年前のアトランティス文明でのこと。
 当時のアトランティスには、大きく分けて3つのグループが存在していました。大陸の沈没から逃れてきたレムリア人と、かなり進化した星からやって来たヘブライ人、そして支配欲の強い火星人です。
 レムリア人とヘブライ人は問題なく共生していたのですが、少女のように純粋なレムリア人と、アグレッシブな火星人は、相性がよくなかったんですね。
 当時の人々は、直感もテクノロジーも優れていたので、あるとき地球に大きな隕石が落ちてくることを事前にキャッチしていました。その際、火星人は飛んでくる前に核で粉々にしてしまいたい、レムリア人は自然な流れに任せたほうがよい、と意見が衝突。結局、人数の多いレムリア人の意見でいくことになったのですが、なんと隕石が落ちたのは火星人の居住区。これには火星人の怒りが爆発して、「もうおまえたちの言うことなど聞くものか。この世界は俺たちが支配する!」となってしまったのです。

 マスターたちの尽力で
 2008年にグリッドが再機能

 そこで火星人は、巨大なクリスタルで人造マカバをつくり始めます。その目的は、人々を支配するためのプログラムを入れたマカバを回すことで、世界を自分たちの好きなように操るためでした。マカバには、さまざまなプログラムを入れることができるのです。
 ハートからではなく、エゴとマインドで作り出されたマカバを動かすには、人間の感情が必要でした。そのために、何千人もの女性を殺して、恐怖の感情を使ったという話まであるほど、とんでもないことをやっていたのです。
 しかし火星人は、マカバのつくり方が曖昧だったため、大失敗をおかします。その結果、次元間に穴が開き、地球の周りに張りめぐらされていた「キリスト意識のグリッド」が壊れてしまったのです。
 その裂けめから、掃除機に吸いこまれるように、低次元の存在たちがたくさん入ってきてしまい、人々に憑依して霊障化が激化します。結果として、人類の意識と次元が急下降したのです。
 かつては素晴らしい文明を築いていたアトランティスのクリスタル都市でしたが、人々の意識は「私はだぁれ?」という原始人レベルに下降。宇宙には進化の予定表があったのに、その流れから人間と地球が落ちてしまったのです。
 そのため、アセンデッドマスターやさまざまな高次の宇宙存在たちが、破けたグリッドを再構築し、人間の意識を宇宙の予定表に間に合うよう、助けに来てくれました。そのおかげで2007年にキリストグリッドは完成。その後も、ドランヴァロやお役目のあった人たちの活動により、エネルギーバランスの調整を続け、翌2008年から本格的に機能し始めました。
 キリスト意識のグリッドがなくては、アセンションはできません。マスターたちの尽力で、ついに地球人にもその道が開かれたのです。

 次元移行の方法には
 レザレクションと死もある

 宇宙は、神聖幾何学でも、数字でも、そして音楽でも表すことができます。特に私は、長く音楽をやっていたこともあり、音や音楽で宇宙の次元を表現するのが好きです。
 ピアノの鍵盤をイメージしてください。基音のドからシまで、7つありますよね。ここに黒鍵も入れると、全部で12個の音がありますね。これがひとつの次元です。1オクターブ上のドは、ひとつ上の次元の始まりです。
 オクターブの境目、つまり次元と次元の境目には壁があり、ヴォイド(空)になっています。この壁を超えていくことが、次元を超える、つまリアセンションなのです。
 4次元に行く方法には、アセンションのほかに、レザレクション(復活)と、死があります。
 レザレクションとは、いったん肉体を離れた後に、ライトボディとなって体を取りに来ること。イエスの復活が有名ですね。死は、肉体は3次元へ残したまま、スピリットだけ4次元へ行くことです。今回、私たちがトライするアセンションでは、肉体ごとそのまま4次元へ行きます。
 この3つの方法の中では、アセンションが最も高い階層まで行くのですが、私たちは一気に4次元オクターブの「シ」の音までジャンプしようとしているのです。
 アセンデッドマスターは、その方法を個人的に習得し、実践してきた存在たちです。かつて地球人だったマスターは、8千人ちょっといるといわれています。
 マスターたちも、次の次元へと進化していますが、そのためには私たちを一緒に引っぱり上げていかなくてはなりません。それには、フィボナッチ数列が関係しています。
 フィボナッチ数列とは、1、2、3、5、8、13、21、34……と、ひとつの数字と前の数字の和が、次の数字になる、という数列ですが、これは生命の進化の方法です。自分が上へ上がるときには、自分よりも下の存在を一緒に連れていかないと前へ進めない……マスターも同じなのですね。

 宇宙がついていくほど、
 人類の意識の急上昇がすごい

 アセンデッドマスターたちの助けでグリッドが再構築されたことで、アトランティス時代にガクンと急降下した人類の意識が、いまは直角で上がっています。
 その急上昇の速度があまりにも速いため、地球人頬は全宇宙の注目の的となっていて、宇宙全体の進化が地球についていくほどです。
 とはいえ、人類全体をみるとまだまだハートに目覚めているわけではなく、多くの人はマインドのつくりだした幻想の夢を見ています。ほんの少しの人々が目醒め始めていて、その人たちが「さあ、みんな起きようよ」と、目覚まし時計を鳴らしている状況なのです。

 太陽と地球のディープタントラで
 マカバの形もDNAも変わる

 ドランヴァロをはじめとするスピリチュアルリーダーだけでなく、一部の天文学者や科学者は、「太陽フレアがポールシフトやアセンションを引き起こす」と述べています。太陽フレア、つまり“太陽からの愛”を地球が受け入れたとき……太陽と地球のディープタントラで変わるというのです。
 現時点でも、地球は太陽から求愛されていますが、地球は「OK」とうなずいていません。なぜなら、私たちの意識が追いついていないからです。
 最近、太陽の光が以前と違うな、と感じることはありませんか? そう感じる人に見えているのは、4次元の光かもしれません。
 地球自体はもう、求愛をOKする準備はできていて、じつは4次元に入っています。そして、私たちもすでに入っているけれど、地球が3次元のバブルを作って、その中で、意識が追いついていない私たちに、3次元の幻想を見せてくれています。私たちをこよなく愛している地球は、人類の意識が準備できるまで、待ってくれているのですね。
 そのうち、地球が「じゃ、みんな行くわよ!」と、子連れ状態で太陽の求愛を受け入れ、アセンションへと入っていくでしょう。
 そのとき、私たちのDNAも地球も、すべてが変わります。地球が変わるということは、地球に存続するための「生命の設計図」も変える必要があります。すなわちそれは“マカバの形も変わる”ということです。
 これまで星型二重正四面体であった地球のマカバが、アセンション後にどんな形になるのかは誰にもわかりませんが、マカバとは、DNAと相関関係にあるので、私たちのDNAもろとも変わる、ということですね。
 ドランヴァロからの興味深い話なのですが、通常、太陽は男性性、地球は女性性で表現されますよね。でも、日本の天照大御神は、太陽神なのに女性で描かれています。その理由は、太陽光が地球にやってくると、女性性に変化するから、とのこと。それは、地球が女性だからでしょう。
 この地球の2万6千年の流れの中で、1万3千年は男性性の世界でした。しかし、2012年冬至に、男性性から女性性の時代になりました。ですから、マカバの動かし方も、2012年までは、神聖幾何学を勉強して知性で習得しなければなりませんでしたが、女性性の時代になってからはハートを使うだけで簡単に動かすことができるようになったのです。
 マカバが活性化したり回転している人が一人でも増えれば、同じ空間にいる他の人のマカバも回りやすくなります。それが、地球惑星のアセンションにつながっていくのです。さあ、愛の源泉であるハートの力を甦らせ、マカバに乗ってダイヴ! into アセンションしましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 横河サラさんは、「ガクンと急降下した人類の意識が、いまは直角」に上がっていると表現していますが、その理由の一つが第6密度の存在である「ブルーエイヴィアンズ」の活躍だったといいます。
 再び、アネモネ5月号から抜粋します。


 ・・・<『アネモネ5月号』、p25から抜粋開始>・・・

 ブルーエイヴィアンズの活躍で
 ダークサイドのETが
 地球から一掃された!

 アセンションヘ向けて私たちの意識が急上昇したのは、地球のエリート層を後方支援していたダークサイドETたちが退去したことも大きいでしょう。地球人を目醒めさせないように仕向けていたレプタリアンたちは、宇宙から届くエネルギーの周波数が日増しに高まっていくのに耐えられなくなり、脱出を試みようとしていました。そのタイミングで地球にやってきた6次元〜9次元の存在たちが、「ブルースフィアビーイングス」。彼らにより、ダークサイドETたちは地球からほぼ一掃され、それにより、光の勢力が優勢となったのです。
 ブルースフィアビーイングスのメンバーである「ブルーエイヴィアンズ」は、「ラー文書」のラーであることが判明しています。彼らは、2億年ほど前に太陽系に来訪し、ときどき地球に降り立って、人類に必要なことを伝授しては、別の惑星や銀河へ働きにいき、そしてまた地球へやってきて人類に教える、というふうに、アセンションの調整をしてきました。
 このブルーエイヴィアンズからさまざまな情報を受けとって、会議の通訳的役割を果たしていたのは、ディスクロージャムーブメントを牽引しているアメリカのコーリー・グッドです。昨年4月に、彼に「ブルーエイヴィアンズはいまどうしている?」と尋ねたところ、「もう地球にはいないよ。いま僕も、フィジカルなコンタクトはないんだ」とのこと。きっと彼らは、私たちのアセンションが確実になったことを見届けて、銀河連合に戻っているのか、はたまた助けが必要な別の場所でお仕事をしているのでしょうね。
 エジプトの神々であるトート、ラー、アララガットは、キリスト意識のグリッドを再構築するとき、最初の一歩として、グリッドの交点に6次元の想念でピラミッドを造ったグループでもあります。彼らは皆、青い鳥で描かれていますが、この中のラーが、ブルーエイヴィアンズなのだろうと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記記事で、横河サラさんがコーリー・グッド氏に、「ブルーエイヴィアンズはいまどうしている?」と尋ねたとありますが、これは去年ハワイで行われたコンベンションで、横河サラさんがコーリー・グッド氏に質問したうちの一つです。その映像を私はサラさんのセミナーで拝見しました。

 冒頭で述べたように、私がアネモネ5月号に載ったサラさんの記事で興味深かったのは、1万3千年前に火星人が人工マカバを造って、キリスト意識のグリッドを破壊してしまった経緯でした。
 これに関連した情報として、サラさんの最新刊『ダイヴ! into アセンション』(横河サラ著、ヒカルダンド)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『ダイヴ! into アセンション』、p100〜p107から抜粋開始>・・・

 ルシファーの実験/二極性の設計図

 フラワー・オブ・ライフが表しているところの、すべてがつながっている宇宙において、私たちは、やりたいことをすべて試し、体験してみることができます。
 つまり、私たちは神から自由意志を与えられています。自由意志、ということと、大天使ルシファーがやったことには、深い関わりがあります。
 大天使ミカエルの兄弟である大天使ルシファーは、知的で光り輝く、驚異的な存在でした。神はこの素晴らしい天使であるルシファーに、自由意志を具現化させる実験を許可したのです。そこでルシファーは、天界の約3分の1もの天使たちをリクルートして、この壮大な実験を開始します。彼は、「ルシファーのフラワー・オブ・ライフ」ともいうべき幾何学を創造し、神とは違ったやり方で宇宙を創造しようとしました。
 ルシファーのフラワー・オブ・ライフは、神のそれとは違い、果てしなくリアリティを二極性へと導いていく設計図だったのです。
 そこから生まれてきた現実は、愛とはかけ離れた分離の世界、物理的なテクノロジーの世界でした。その中で、ルシファーは愛に基づかないマカバを作り、時空間を行き来できる宇宙船を作っていきました。

 一方、ただ自由意志を生み出すことのみを意図していたミカエルは、つねに神の愛とつながっているので、生きたマカバ・フィールドを持っています。つまり、テクノロジーや宇宙船をまったく必要としていないのです。ドランヴァロが「ミカエルがUFOに乗ってやってくると思う?」とジョークを言うのは、ここから来ています。
 そして、宇宙のバランスを保つために、兄弟であるミカエルとルシファーによる「善と悪の戦い」が始まったのです。
 その戦いの中心となったのは、地球人類でした。

 アダムとイブと2本の木

 エデンの園には2本の木があった、とドランヴァロは言います。
 ひとつは、フラワー・オブ・ライフから派生する「生命の木(ツリー・オブ・ライフ)」で、最初、人間はこの木と結びついていました。
 もうひとつの木は、「善悪の木」です。アダムとイブが、この善悪の木から取った果実を食べた、という話は、そのときから人類はルシファーの二極性の実験に加担した、ということの隠喩であると考えられるのです。
 実は、この宇宙において、ルシファーの前にも同じような二極性の実験が3回行われていて、どれも大失敗に終わっています。
 そのひとつの実験に関わっていたのが、火星人でした。グレイもそうですが、火星人もまた、愛や思いやりから切り離されて、知識とテクノロジーだけで生きるようになっていました。繰り返される戦いから火星の地表を吹き飛ばしてしまい、壊れかけた宇宙船で、地球にやって来たのです。
 そして、約1万3000年前、アトランティスの時代に、人造マカバをつくりだすことに失敗し、重大な事故を引き起こしてしまいました。

 レプタリアンの地球支配

 ルシファーは、自分の実験が失敗だったことを悟り、現在ではすでにミカエルの横に戻っています。
 それならば、なぜいまだに多くの争いがあり、テクノロジーが氾濫し、私たちはどっぷりと二極性の世界にいるのでしょうか。それは、まだルシファーがこの実験を続けていると思い込んでいる「手下」たちが、たくさんいるからなのです。けれども、彼らもそう遠くないうちに、この試みがすでに終了していることを知ることになるでしょう。

 マカバの大事故により、いわば記憶喪失になってしまった私たちが、まず最初に出会ったETが、おもにレプタリアンとグレイだったことに対して、ドランヴァロは、みんなに申しわけない気持ちなのだと言います。なぜなら、彼らはまさに、ルシファーのつくり出した二極性の世界の、見本のような存在たちだからです。
 レプタリアンは、太陽系圏内、圏外のあちこちの星々を植民地化して、そこに住む人々を奴隷化し、搾取してきました。その中でも、地球は相当にきついレプタリアンの支配下にありました。
 人類は長い間、彼らがつくり出した徹底的なマインドコントロールと恐怖、欲望によって操られ、嘘の情報や教育、体制のもとに生きてきました。
 レプタリアンの中でも最上階級のドラコレプタリアンであるホワイトロイヤルと直接対面することになったコーリー・グッドは、その威圧感と人を操るサイキックパワーに対峙して、帰りのエレベーターの中で震えが止まらなかったことを話しています。
 それなのに、ドランヴァロのような存在が現れて、人々を催眠から目覚めさせるような話やワークをあちこちで始めたわけですから、彼らは黙って放ってはおきませんでした。ドランヴァロはオフステージで、彼らに何度も命を狙われたことを話してくれました。
 ところが、地球の波動が上がるにつれて、世界はワンネスの方向へと向かい、彼らはこのままでは自分たちが存続できないことに気づいたのです。そこで彼らが何をやったかというと、ふたたびドランヴァロのところにやってきて、今度は「何とか自分たちが助かる方法はないか?」と聞いたのだそうです。
 まさに、二極性の極み、という感じですが、ドランヴァロは「何とか助かる方法があるといいのだけど、もう無理なんだよね。彼らにはハートがないんだよ」と言います。
 私だったら、「今まで命を奪おうとしていたくせに、今度は助けてくれ、なんてよっく言うわね!」と憤慨しちゃいそうですが、メルキゼデクたちは、とにかくすべてを助ける方向に向かうのです。それが自分の命を狙った人であろうと、闇の存在であろうと光の存在であろうと、関係ないのです。宇宙のすべての生命に対して、愛をもってサポートしようとする人たちなんですね。
 コーリー・グッドがホワイトロイヤルと対面したのも、「手下たちはみんなくれてやるから、自分たちだけ太陽系圏外に逃がしてくれ」という交渉話を聞くためでした。これまた、なんという身勝手な! なんて私などは思ってしまいますが、これも、銀河連盟の存在たちにあえなく却下され、支配階級にいたレプタリアンたちは、もう手だてがない状態になっています。
 ハートがない、つまり脳のエゴイスティックな部分のみで生きてきたレプタリアンは、このアセンションに向かう宇宙の中で、もはや種としては存続できないことが決定しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の引用文で補足したいことがあります。
 サラさんは話を簡略化させていますが、コーリー・グッド氏が、それまで地球を裏で操っていたネガティブなETと会合を持った経緯をもう少し詳しく紹介します。
 ブルーエイヴィアンズが地球を取り巻くように張ったバリアーにより、地球から脱出できなくなったET達は、このまま波動が上がってしまうと存続できなくなる恐怖からパニックになります。そして、バリアーに穴を開けようとオーストラリアの基地からビームは発射します。
 しかしビームはバリアーにから跳ね返され、自分たちに跳ね返り大損害を蒙ることになります。この時のビームの映像がNASAによって偶然捉えられており、ネットで見ることができました。
 観念したET達は、コーリー・グッド氏を通じてブルーエイヴィアンズに、自分たちを太陽系外に逃してくれれば、手下とそれまで使っていた基地をすべて明け渡すという提案をします。ブルーエイヴィアンズはこの提案を受け入れ、地球に張ったバリアーを解除します。
 この話は、[Sphere Being Alliance]コズミック・ディスクロージャーのシーズン2、エピソード16で紹介されており、興味のある方はネットで検索してみて下さい。

 話をアセンションに戻しますが、サラさんは、アセンションする為には、自身のマカバを回転させることが必須だと言っています。
 「フラワー・オブ・ライフ」を読まれた方はご存じだと思いますが、「フラワー・オブ・ライフ」には、マカバを回転させる為の瞑想法が書かれています。ムドラー(手印や仕草や体位)のやり方など細かい規定があり、それを何段階にも渡って厳密に守りながら瞑想をするのは、まさに知性を使った手法と言えるものでした。
 サラさんによれば、この手法が通用したのは2012年までで、それ以降はハートの聖なる空間に入って、さらに小さいなタイニィスペースと言われる空間に入り、マカバを回す方法になったといいます。
 このハートに入る方法を伝授するのが、(日本では横河サラさんが主催している)ATIHと呼ばれるワークショップです。
 私はサラさんではなく別の方のATIHに参加したことがあるのですが、そこで参加者の一人(男性)が、「フラワー・オブ・ライフ」に載っている瞑想法を何年も続けていたのです。その男性が、主催者に、(2012年を過ぎていたので)それまで続けてきた瞑想が無駄だったと言われて、落胆したことを今でもよく憶えています。
 実は私も「フラワー・オブ・ライフ」の瞑想をやろうと思ってトライしたことがありました。でもあまりに複雑で大変なので、続けられなかったのです。でもそれは、結果オーライだったのです。そして、何年も途方もない努力を続けていた男性を、とても気の毒に思ったのでした。



『新型コロナウイルスへの霊性と統合』から...2020年4月5日

 先週の金曜日、私はいつものアルバイト先に行くべく電車に乗ったのですが、なんと私が乗った車両にいたのは、私一人だけでした。
 前日まで、マスクをした乗客がけっこういたのに、その日は異様なほどの人の少なさでした。
 都内で1つの車両に乗客が自分一人だけなんて、これまで経験したことはなかったんじゃないか……などと考えながら出社したのですが、そこで社員の方から告げられた話にもっと驚くことになりました。
 「会社が(原則として)自宅勤務になりました」と告げられたのです。
 うすうすあり得るだろうとは思ってはいたのですが、兆候もなかったので面喰ってしまいました。社員の方も、突然告げられたと言っていました。
 「原則として」というのは、会社が完全閉鎖になったのではなく、社員は基本は自宅勤務だけれども、交代で会社に出社するというのです。その社員も方は、来週は2日ほど出社すると言われていました。
 会社の方針として、私のような外注(アルバイト)はどうするのですかと聞いたら、本人の判断に任せますというのです。
 そういえば4月1日の新年度の日に、全社員に対して「自分の生命(健康)と家族の健康を最優先にしてほしい、会社はその次でよい」といった社長のアナウンスがありました。
 私のような外注も、自分の判断で会社に来る、来ないを決めてほしいというのです。
 私は考え込んでしまいました。
 状況次第でどうなるかわかりませんが(今後完全閉鎖もありうる)、仮に来週、会社に行って仕事ができたとしても、もしそこで感染者がでれば、私は濃厚接触者として2週間の自宅待機をさせられることになります。そうしたリスクを冒してまでも、仕事をする価値はあるのか……。特に私は自宅待機であっても給料の保証がある社員ではなく、仕事が無くなれば切られる、しがないアルバイトの身です。

 どうやら新型コロナ騒動で、私は細々と繋いでいた生活の糧を失ったようです。
 私は個人では、社会は新型コロナに対して過剰反応していると思っていますが、結果としてこの騒動が社会の経済活動に甚大な影響を及ぼしていることは間違いありません。
 収入のあてが無くなった以上、生活費の高い首都圏を去る時が来たかもしれないと考え始めています。ロックダウンという物騒な話もありますし……。

 今回は、並木良和さんの新刊『新型コロナウイルスへの霊性と統合』(並木良和、矢作直樹著、青林堂)から紹介したいと思います。
 最初に紹介するのは、並木さんが今回の新型コロナウイルスを人工的に造られたものだと言っていることです。
 そのまま人工物だと断定しているわけではありませんが、以下の記述を見ると並木さんが人工物だと見做していることは明らかです。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p13〜p14から抜粋開始>・・・

並木 (中略)コウモリを売って食べちゃったって話しは別にしても、コウモリに付着させたっていうのは確かでしょう。媒体としてコウモリを使っている。とにかく、今回の一件において特筆すべきは、もちろん今までもあったことではありますが皆の認識の中で、ウイルスが自然に発生したものではなく、もしかしたら人工的なものなんじゃないだろうか……という憶測が出てきていることで、これまで以上に、皆が真実に気づき始めてきている、ということです。単なる都市伝説などではなく、真実なんだろうなって気付き始めている人も沢山いるわけです。
 この動きって実はいいことなのです。

矢作 いいことですよね。皆が鋭くなって、嘘が隠せなくなっていくということです。

並木 そうです、そうです。今までは「そんなわけないじゃん」で終わっていたのが、今はそうではなく、真実かもしれないと、一旦受け入れて吟味してみようという在り方は、これから益々大切になってきますから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは今回の新型コロナに関し、毎日メディアは、人々の不安や恐怖を煽るように伝えていると指摘しています。そしてこれは「ある種の作戦」だというのです。
 それに対抗する為に、私たちは新型コロナで死ぬのではなく、寿命が来た人が新型コロナを利用して死を選択するという視点が必要だと訴えています。
 つまり私たちの死に対する逆転の発想です。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p19〜p26から抜粋開始>・・・

並木 今回のウイルスっていうのも、不安や恐怖を吸収することで増殖して、強くなっています。しかも、こうやって毎日メディアが煽るように伝えていますから。でも、これって、ある種の作戦なんですよ。1日中テレビで報道しているのと同時に、ウイルスの写真を常に見せつけているでしょう。

矢作 科学者が冷静に、論理的にわからないことはわからないと言うことが逆効果になっている面がありますね。

並木 そうです、そうです。科学者の先生が言っていることだし、正しい事になってしまいますよね。

矢作 自分も一応その業界にいたので、なかなか言いにくいのだけど。まあ本当は過度に心配しないでほしいと言いたいところです。

並木 今こそ、もういい加減目を醒まそう、自分軸に立ち返り冷静になろう、という意識が本当に大切になってきます。
 例えば、それは違うって言われるかもしれませんが、最近よく言っている事なんですけど、毎年のようにインフルエンザが流行りますけど、インフルエンザが大流行する時って1000万人以上が患ってるんですよ。

矢作 一昨年シーズンは3千3百人が亡くなっています。

並木 そうした事実を鑑みたとき、何を今さら騒いでいるんですか? っていう話になっちゃうわけですよ。

矢作 科学者の論理的思考が、逆に100%答を出していれば、それはそれで納得ができるんですけど、当然わからない事が多いので。

並木 未知の物に対する恐怖も大きいですよね。

矢作 そういう恐怖を煽ることになる。このウイルスとの闘いという視点では、亡くなった人の人生を思い遣ることの重要性が説かれています。しかし、もっと危ないのはこの不安の増幅により経済活動が委縮して多くの会社が倒産し、非正規社員が首をくくる、という事態に陥ることです。

並木 そうそう。深刻なことなのです、大変なことなのですよって。だからマスクを奪い合って殴り合いにまで発展するんです。つまり、パニックになっちゃってるんですよね。

矢作 殴ったのはどうも外国人。

並木 外国人でも同じ人間同志じゃないですか。

人間は寿命までは死なないその覚悟が大事

矢作 今回の子供たち、私は幼少児はあまり患らないんじゃないかと見てるんです。

並木 確かに割合で言ったら、少ないと思います。重症化しづらいと言えるかも知れませんね。

矢作 大枠として政府のせいにせずに、自分達の心構えで乗り切ろうと訴えたいのですね。死ぬ時は死ぬのだって。

並木 えぇ、今回のことに限らず、その覚悟を決めるっていうのはとても大事なことですよね。今の世の中、いつ何時、何が原因で死ぬかわからないわですから。

矢作 交通事故で死ぬかもしれないし。

並木 ですよね。例えばですけど、まかり間違って、気がおかしくなって誰かがミサイルのボタンを押したら、それで一貫の終わりってことだって、あり得ないわけではないですから。

矢作 それを言わないで安心、なんて無理だと思うのです。不確定要素が大きいから。

並木 本当の安心はその覚悟から生まれるんですよね。

矢作 それを強く持つことです。

並木 寿命まで死なないと知ることがとても大切な事です。いつも言っていることですが、寿命でなければ、頭をナタで割られたって死なないんですよ。言い方を変えると、例えば、コロナで亡くなったと言うとき、真実から言えば、寿命を迎えたときに、コロナを患っていたということになるのですね。つまり、コロナ「で」亡くなったわけではないのです。飛行機事故「で」亡くなったのではなく、寿命を迎えたときに事故を起こした飛行機に乗っていて、肉体を離れた、というのが真実なんです。今のところはまだ、肉体が損傷を受けるなどの何か事が起きないと、僕たちは肉体をぬけることはできないので外的要因を利用することが必要なのです。

矢作 ひとつのきっかけですよね。

並木 そうそう、きっかけです(笑)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、今回のウイルスは不安や恐怖を吸収することで増殖すると言っていますが、そうした不安や恐怖は、伝染すると言っています。
 ここはグッとこらえて冷静になる、というのが大事なようです。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p28〜p29から抜粋開始>・・・

並木 潜在的に強い恐怖をいだいている人は3割。得体の知れない不安を感じている人は8割。これって伝染するのですよ。いま、全国の分布図みたいなものが出るでしょう。
 え? これうちの方にも広まってる来るんじゃないの? みたいな……。とにかく色々な思惑や作為的な意志のもと、今回の件はコントロールされながら進んでいっていますよね。

矢作 恐怖の中に、強い恐怖を頂いている人が、8割の中の3割 恐怖を感じていない人は、逆に2割しかいない。実際に仕事無くなっちゃったり、会社無くなってしまった人、いますからね。

並木 どうしても、目の前の出来事に一喜一憂し、翻弄されてしまうのが、僕たち人間なのですが、今大切なのは、現実に走り込みそうになるのを、グッとこらえて、先ずは出来ることを通してリラックスし、次の一手を考える……
 難しいのは承知で言うのですが、そうした余裕を持つことが、今本当に求められています。恐怖は恐怖を、不安は不安を呼ぶことを、もう一度、頭に入れておいていただけたらと思います。慌てない、騒がない……大丈夫ですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 スピリチュアルの世界では、水素原子1個にも意識があると言っています。
 ですから、並木さんがウイルスにも意識があると言っているのは、スピリチュアルの観点から当然かもしれません。
 並木さんは、今回の新型コロナウイルス自体が不安と恐怖に満ちていると言っています。それゆえ、強い不安と恐怖を持っている人に感染するということでしょう。
 それゆえ、私たちが平和な気持ちでウイルスに話しかけてあげられるようになると、この騒動はすばやく沈静化するといいます。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p34〜p38から抜粋開始>・・・

矢作 意識が腸内細菌、今ようやく腸内細菌の大事さが言われてきているんだけど。腸って脳の出店みたいなものなので、我々の意識が腸内の環境を変える、整えるという理解でよろしいですね?

並木 もちろんです、もちろんです。確かに影響します。「上」は腸は小宇宙だ、と云っています。
 腸内細菌によらず、腸内に関わる細胞もすべて意識を持っているそうです。微生物も含めて。これらが日々、腸内という小宇宙の中で、出現したり、消滅したりしているんですって。そして、その腸内のバランスを決めるのが、僕たちの意識だそうです。

矢作 恐怖とかネガティブな意識を持っていると、いわゆる悪玉菌というのが増えてしまう。

並木 そうです、そうです。わかりやすく言うと。

矢作 女性で言うと、医学的にいうとホルモンの関係だと言われてるんですけど、便秘気味の人が多いって。女性は便秘が悪い物だと思って、便秘を改善する薬がけっこう売れているのですよね。程度によると思いますけど、私は悪い事だと思ってなくて。必要があってそうなっているのだから。
 体調が、自分の心持がよければ、便秘ってネガティブなものと捉えなくていいと思うのですけど。そこらあたり神様何か言っていますか?

並木 つまり、便秘ってことにフォーカスが行ってしまっているんですよね。僕たちの意識は、焦点を当てたものを拡大する作用があるので、それを意識し続ける限り、ずっと問題としてとどまってしまうわけです。もちろん、女性と男性とでは臓器の位置も働きも違いますので、一括りには出来ませんが、だからと言って、それを問題として見てしまうと、女性共通の問題のようになってしまって、なにか解決しなきゃいけないことがあるかのように、がっちり結晶化してしまうのです。
 でも、問題として捉えなくなったときに、身体は自然にバランスを取るように、本来の健康を取り戻していくわけです。薬を使ってはいけないよ、と言ってるのではなく、問題視する意識から離れることで、そのバランスが腸内細菌に影響するよう、意識の使い方には十分に気をつけなさい、ということなんですね。

矢作 コロナウイルスの話ともつながりますよね、すべての物に意識があるっていうことで考えないといけない、つてことですね。

並木 コロナウイルスだって意識があるわけですから。
 上がおもしろいことを云って来ています。書くべきかどうかわからないんですけど、とにかく、お伝えしますね。
 コロナウイルスも意識を持っている。故にこのコロナウイルス意識とコミュニューケションを取る事で、活動を、沈静化させることもできると云うんですね。
 僕たちが今、腸内細菌が我々に及ぼす影響っていう話をしてますけど、ウイルスの方にも僕たちの意識が影響するんですって。
 不安や恐れがウイルスを増幅させ、強化させてしまうことになるって話をしましたが、言い方を換えると、このウイルス自体が不安と恐怖に満ちているんですって。だから、僕たちがウイルスに話しかけてあげること、例えば、「不安にならなくていいよ」「怖がらなくていいよ」って、僕たちが平和な気持ちで話しかけてあげることが大切なのです。不安な気持ちにかられながら「落ち着きなさい、大丈夫よ」って言っても、その不安は共振して増幅していくだけです。安定した安らかな気持ちで、「落ち着いて、大丈夫だから」って本当に多くの人が話しかけることができるようになったら、この事態はすばやく沈静化するって云うんですよね。
 ただ、この考え方ややり方を受け入れる人がどれだけいるか、っていう話ですけど。

矢作 大事なメッセージだと思いますす、ガンと一緒ですね。

並木 そうですよね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、新型コロナウイルス騒動から離れた話題です。
 私が歴史好きなので、掲載させていただきました。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p81〜p85から抜粋開始>・・・

歴史の真実は改まされている! 殺された坂本竜馬は別人だった

矢作 (笑)クリエイティブですね〜、当人はびっくりしちゃう。坂本龍馬を殺した人って今、まだ言っちゃいけないって、言ってこられます?

並木 龍馬を殺した人ですか? あぁ……それに関してはもう少し先になりますかね(笑)。

矢作 一言で言うと、グラバーを始めとした、ロスチャイルドの手先が指図しているように見えるんです。

並木 組織ですからね。組織は確かに関わっていますので。ロスチャイルド……そうですね。でも、その一派のように感じます。

矢作 要はだから、適当に動いてくれて。用済みになったからという理解でいいわけですよね?

並木 近江屋で亡くなってるようには僕にはまったく視えないんですよね。いわゆるトンデモ本みたいなのあるじゃないですか。そのトンデモ本に、これが本当の坂本龍馬だ! って写真が載っていたんですよ。あるとき、それを弟に「見てみ、坂本龍馬の写真だって」って、見せられたことがあったんです。
 以前、クライアントさんの中に歴史にすごい傾倒している人がいて、歴史の真実が知りたいと、セッションのときに、様々な質問をされたんですね。「坂本龍馬っていう人はどういう人となりなんでしょうか? どうなって……と(笑)。それで霊視するじゃないですか。で当然、あの歴史の教科書に出てくる彼が視えるんだろうと思いきや、一度も視えたことがなかったんですよ。坂本龍馬にアクセスしているにもかかわらず、歴史でいわれている人と全然違うし、この人誰だろう? と思ってて。そしたら、そのトンデモ本に載っていた、坂本龍馬だとされる人物が、正に霊視で視ていたその人そのものだったのです。あっ! と驚いて。しかも、その写真は、日本で写っているんじゃなく、海外で写っていたんです。ってことは、あの教科書に載っていた人は誰なのか……海外に行っているってことは、近江屋で殺されたんではないのか……と頭が「?」になりましたが(笑)、それ以上は探りませんでした。

矢作 言い換えると、ロスチャイルドの下の人たちが、日本を近代化って名目で世界に組み入れる時、いろんなことやったじゃないですか。皇太子を変えてしまったとか。孝明天皇を毒殺してしまったとか。そういうことで大仕掛けだったので。場合によっては、彼らにとって生き残っていたら具合の悪い人を殺してる部分はあるのかな?

並木 結局、坂本龍馬は小間使いみたいになってしまったのです。いいように使われる、手先として使われるというように。とにもかくにも、近江屋で殺された人は。少なくとも坂本龍馬といわれていた人ではありません。

矢作 それくらい。あそこの歴史の動かすところって大掛かりで。ロスチャイルド当主もメンバーの一人であるイルミナティって決して明るいだけじゃなくて。

並木 そうなんですよね……歴史って、違う目で視ていくと習ってきたものと全然違う事が多いです。「宮本武蔵と佐々木小次郎が戦った巌流島の戦いで、佐々木小次郎はどうやって殺されたの?」って聞かれたことがありました。「え!? 宮本武蔵には殺されていませんよ、彼に倒されたのではありません」「でも亡くなりましたよね?」「えぇ、亡くなりました。この戦いは確かに起っていますし、勝負では佐々木小次郎が負けていますが、そこで宮本武蔵は斬ってはいません。逆に、逃してるんですね。その後、佐々木小次郎がそこから逃げ出した時に、宮本武蔵の一派と言って良いのか……彼らに殺されてるんですね」。というやり取りがありましたが、とにかく宮本武蔵が殺したわけではない。そんなふうに、歴史で聞いているのと違うじゃない、つていうのがいっぱいありますよね。年号も違ってますし。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、まとめのような部分を紹介させていただきます。


 ・・・<『新型コロナウイルスへの霊性と統合』、p103〜p106から抜粋開始>・・・

並木 そうなのです。そこから如何に抜けていくかってことなんですよね。もちろん僕たち日本人にも集合意識は存在し、ネガティブな囚われから抜けていく必要性がありますよね。つまり、どの国にも大なり小なり、課題があるということです。

矢作 なんとか善悪ってくびきから離れて。極端に言えば、自分が今こうやって生きているのが幸せっていう気持ちを全員が持てば、また変わっちゃう世の中になるじゃないですか。

並木 本当にそうですよね。変化するときは、一瞬にして変わります。本来の変化というものは、指を鳴らすように簡単でスピーディーなものなのです。

矢作 一瞬ですよね。まさに空海が言った即身成仏ですよね。

並木 本当に、そこに尽きます。今回の本は、そういう意味で、すごく大事なメッセージになると思います。先程もお話したように出し方、表現の仕方の工夫は必要ですが、僕は少し厳しく受け取られるような内容でも、今という時期にお伝えすること自体は良いと思います。
 誰もが冷静になって俯瞰してみればわかることなのに、恐怖に取り巻かれていると、盲目的になにも見えなくなってしまいます。こういう催眠状態から一瞬でもハッと目を醒ますきっかけになれば、この本を出版する意味がありますよね。
 いつもお話していることですが、「1人が変わることって、とてもとても大きなこと」なんですよ。僕たちは極端に言うと嘘に塗り固められて来てしまったので、嘘から脱却することができなければ、真実の自己に戻ることなんてできないわけです。
 つまり、違う角度からの目醒めですよね。だからこそ、僕は協力させていただいてるんですね。
 結局、僕がお話していることって、行き着く先は同じなのです。ただそれを違う角度から、折に触れて、お話させていただいているだけなのです。歴史的に、あるいは世間一般には、こう言われているから……という受け止め方ではなく、一回冷静になって真実に向き合ってみようという意識を持ってみませんか? という呼びかけなのですね! そうすると、あれ……その解釈を取り入れないと矛盾する……おかしい……、など、あれ!? という瞬間が目醒めのきっかけになったりするんですよね。

矢作 なぜ? のところを、最初にはっきり見せておかないと。オタクになっては困りますね。

並木 もちろんです。ただ、やみくもにやれば良いのではなく、やはり明確な意図を持って、表現の仕方など、工夫することは大切ですよね。大切なのは、知識ではなく、「気づき」ですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 結局のところ、私たちは催眠状態に陥っていて、そこから目醒めることに尽きるということのようです。



新型コロナウイルス騒動に関して...2020年3月28日

 一昨日の夕方、夕飯の買い物をしようとスーパーに入って絶句することになりました。
 肉や魚が商品棚にほとんど無いのです。
 特に肉は完売したようで、肉の棚すべてにビニールシートが下りていました。魚はかろうじて少し残っていて、私は2日分の夕飯の分をなんとか確保できました。
 見回してみると、カップ麺の棚も9割方無くなっていました。
 私は缶詰を食べないので見なかったのですが、おそらく缶詰コーナーもそんな状態だったろうと思います。

 少し前は、スーパーの棚からトイレットペーパーとティッシュが無くなりました。新型コロナの発祥となった中国の生産不足によって入ってこなくなるというデマが流れて、それを信じた人たちが買い占めたと報道されていました。
 今回は、週末の外出自粛要請から、食料品を普段より多めに買わなければならないという事情があったと思います。
 たしかにスーパーの鮮魚コーナーでは、賞味期限が2〜4日の焼き魚用の魚は無くなっていましたが、賞味期限がほとんどその日である刺身パックは、見事に満杯状態でした。全く売れていない様子だったのです。
 その日に刺身を食べたかったお父さんはたくさんいたと思いますが、その日だけは夕飯に刺身を食べられないお父さんがいたはずです。

 しかし、週末の外出自粛という事情はあったにしても、商品棚から商品が消えるというのは尋常ではありません。
 おそらく誰もが食料の備蓄に走ったわけではないと思います。
 トイレットペーパーの件もあるので、デマに踊らされてはいけないという思いは誰にもあったはずです。
 しかし目の前で、普段よりたくさんの食料を買っている人を見て、不安がよぎったのではないでしょうか。
 カップ麺の棚を見ると、どんどん品物が売れているようで、普段よりずっと品物が少なくなっています。「やばい...、買い占められている」と思った人は、買うつもりがなくても、とりあえず売り切れるまでに自分も買っておこうとなったのだと思います。
 最初に不安を感じた人が多めに買い、それを見た人が不安になって普段より多めに買うという連鎖なのだろうと思います。
 これは不安の連鎖と言えるかもしれません。

 そういう人に、サアラさんという人が、「新型コロナは不安や恐怖を持っている人に感染します」と言っています、と伝えたらどうなるでしょうか。
 たぶん信じないとは思います。
 しかし、人が体験する現実は、その人の意識が作り出したものだという意見には、どことなく納得する部分があるのではないかと思います。ある感情に支配された人は、その感情を強化する体験を引き寄せてしまうというのは、なんとなく多くの人が漠然と感じているのではないかと思います。

 もし、サアラさんの言うことが本当なら、新型コロナの対処法は単純です。
 新型コロナも含めてですが、日ごろから不安や恐怖の感情を持たないように心がければよいことになります。
 これは、マスクやうがいや手洗いの励行を止めるということではなく、不安や恐怖の感情のみ排除するということです。
 その為に私は、新型コロナに罹ってもいいや、と思うようにしています(もちろん罹りたくはないですが)。
 感染した人の8割の人は軽症で、中には自覚症状すらない人もいるといいます。
 たしかに感染力は強いようですが、致死率はそれほど高いわけではなく、これほど大騒ぎする必要があるのかと、正直なところ私は思っています。
 ネットでは、新型コロナに関して人を恐怖させる情報が溢れているので、ここではあえて、多少は気が楽になるような話を紹介させていただこうと思います。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、今の新型コロナが“実体の伴わないプロパガンダ(大規模な心理・情報戦”であると言っています。
 その理由として、フルフォード氏のメルマガから3つ紹介します。


@ 新型コロナウイルスによる世界全体の死者数は現時点で1万人程と報じられている。それに対し、たとえば結核により毎年150万人もの人々が死亡しているのにパンデミック騒動は全く起きていない。
https://www.anti-empire.com/this-years-influenza-pneumonia-corona-virus-cocktail-has-not-hit-us-no-harder-than-any-other-year/

A 先週末の時点で死者数が世界最多と報じられたイタリアのデータから、死者の平均年齢が80歳を超えていて、しかもその99%が以前から他の病気や持病を抱えていたことが分かっている。となると、別の要因で亡くなった高齢者を「新型コロナウイルスに感染して死亡した」ということにして騒動を拡大させている可能性は否定できない。
https://www.newshub.co.nz/home/world/2020/03/99-percent-of-italian-covid-19-deaths-had-health-issues.html

B 先週、アメリカの疾病対策センター(CDC)が配っていた新型コロナウイルスの検査キットが水とコロナウイルスの識別すらできない代物であったことが発覚した。
https://www.businessinsider.com/early-coronavirus-cdc-tests-distinguish-covid-water-2020-3?utm_source=reddit.com

 その一方で、正確かつ安価な検査キットを大量生産できる会社が幾つか名乗りを上げているにもかかわらず、各国政府は何故かそれを使う気配がない。それなのに、どうして大手マスコミが毎日リアルタイムで詳しい感染者数のデータを発表できるのかは謎である。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-8134983/Accurate-6-Covid-19-test-attracted-tentative-Government-interest.html
https://www.cnbc.com/2020/03/20/coronavirus-who-says-health-systems-collapsing-this-isnt-just-a-bad-flu-season.html


 つまりフルフォード氏は、昨今の新型コロナ騒動は、世界中を巻き込んだ壮大な“似非(えせ)パンデミック騒動”だと言っているわけです。
 たしかに、そういう面があると思います。
 WHOは新型コロナでパンデミック宣言をしました。
 しかし新型コロナはパンデミック宣言したのに、毎年世界で150万人の死亡者を出す結核をパンデミック宣言しない理由を、誰しも納得する形で説明できるのでしょうか(結核の原因は結核菌で、新型コロナと同じように人から人に感染します)。

 特に、新型コロナの感染者数で世界でトップランナーとなったアメリカでは、新型コロナ騒動を拡大させたい特殊な事情があったといいます。
 2月16日、アメリカは再び不渡りをだし、代金が払えなくなって世界から商品を輸入できなくなっているといいます。そうした事態から人々の目を逸らす為、新型コロナ騒動を煽る必要があったというのです。
 大変ユニークな視点で、おもしろいです。
 興味を持たれた方は、以下の YouTube を観て下さい(11分)。

https://www.youtube.com/watch?v=Vf6YCFjn2TQ&feature=youtu.be


 では、私達はもう安心なのかというと、私はそうとも言い切れないと思っています。
 新型コロナに隠れてあまり知られていませんが、サバクトビバッタの件は、私は大いに気になっています。

 さらに今週号の「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガには、最新のクレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言が掲載されており、とても気になることが書いてありました。
 それを紹介したいと思います。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ「第582回」から抜粋開始>・・・

クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言

それでは今回最後のテーマを書く。イギリスの著名なサイキック、クレイグ・ハミルトン・パーカーの最新予言だ。

これまでクレイグ・ハミルトン・パーカーの予言は70%程度の非常に高い的中率を誇っていた。ブレグジット、トランプの大統領就任、香港の抗議運動の激化、メーガン后とヘンリー王子の王室離脱など数多くの予言を的中させてきた。しかし最近は、決定的な外れが目立つようになっている。

たとえばパーカーは、エリザベス・ウォーレンが民主党の大統領候補になると予言したが、大きく外れた。ジョー・バイデンが統一候補になる可能性がもっとも高い。そして新型コロナウイルスの蔓延に関しては、「これはたいしたことにはならない。中国は過剰反応している」とまで言っていた。世界の主要都市のロックダウンが進んでいるいまの状況を見ると、パーカーは真逆な状況を予言していた。決定的に的外れの予言だった。

パーカーはこうした状況を反省したようで、再度新型コロナウイルスなどに関する予言をアップデートした。今回はそれを掲載する。3月20日にアップロードされたものだ。

これまでの予言を振り返る

・私はハリー王子とメーガン后はカナダに住むと予言したがこれは的中した。最終的にメーガン后は浮気をして、傷心のハリー王子はイギリスに戻ってくることだろう。すでにいまの時点で、ハリー王子は王族の責任とメーガン后に引き裂かれ、相当の妥協を迫られている。

・私はイギリス首相のボリス・ジョンソンとキャリー・シモンズが結婚すると予言したが、これは的中した。彼らの結婚式は新型コロナウイルスの蔓延で遅れるかもしれないが、結婚はする。

・私はトランプは弾劾はされず、政権に止まると言ったが、これは的中した。政権に近い誰かがトランプを裏切るとも予言したが、ジョン・ボルトンがそのような人物になった。

・しかし私は、エリザベス・ウォーデンが民主党の大統領候補になると予言したが、これは決定的に外れた。私の予言は100%的中するわけではない。外れも多いのだ。

・だが、新型コロナウイルスが蔓延しているいま、私はジョー・バイデンのような有力候補が新型コロナウイルスに感染する可能性はあると思う。すると、民主党の大統領候補選では予想外のことが起こるかもしれない。

・また私は、トランプは自然環境の保護に積極的になると予言したが、これは的中した。トランプは「1兆本の植林イニシアティブ」という計画への参加を表明した。

・「スコットランド国民党」の党首だったアレックス・シモンズにはレイプの嫌疑がかけられているが、さらに新しいスキャンダルが出てくるだろう。

・私は石油の供給量は減り、市場は変動すると予言したが、部分的には当たった。ロシアとサウジとの交渉が決裂して石油は増産され、市場は不安定になっている。

・また私は製薬会社の株が高騰すると予言したが、新型コロナウイルスの蔓延によって特効薬とワクチンの開発が急ピッチで進んでいるため、これらの分野に関係する製薬会社の株は上昇している。

新型コロナウイルス予言のアップデート

・私は2017年に世界的なウイルスの蔓延があると予言したが、そのときはこれが実現する時期がはっきりとしなかった。しかし、この予言はいま実現している。

・新型コロナウイルスが人工的に作られた生物兵器である可能性は否定できないと思う。私は香港の民主化要求運動が中国本土に拡大し、共産党に変化を迫る革命に似た運動になると予言したが、今回の新型コロナウイルスの蔓延によって、香港で行われていた運動は実質的に停止した状態にある。これは中国の思うつぼだ。新型コロナウイルスが生物兵器だとすれば、これはこのような効果をもたらすために開発された可能性はあると私は考える。

・今回の新型コロナウイルスは、もっと毒性の強いウイルスを拡散するために開発されたキャリアーのようなものかもしれない。これ自体の毒性は比較的に弱い。

・5月から6月になると、いまの新型コロナウイルスの蔓延は押さえ込まれる。この時点ではワクチンはまだできていない。しかし12月ころになると、再度感染が拡大する。そのときにはすでにワクチンは開発されている。

・私が最近インドで出会った聖者のシェルバナ師は、いまの新型コロナウイルスの蔓延以外に、あと2回蔓延があると予言していたが実際にそうなるだろう。蔓延を抑制できたらまた蔓延し、それを抑制したらまた蔓延するということを繰り返す。

・いま新型コロナウイルスの蔓延は経済に相当な影響を与えているが、これは夏には終わるだろう。夏には新型コロナウイルスの拡大が抑制できるので、相場も勢いよく上昇する。

・特にイギリスの伸びが顕著になるはずだ。それというのも、イギリスは安全地帯として見られ、投資が流入するからだ。これが背景となり、イギリス経済は成長する。

・一方イタリアは、新型コロナウイルスの蔓延がきっかけとなり、ただでさえ悪化していた経済は一挙に破綻へと向かう。EUはイタリアを支援しない。そのためユーロはフリーフォール状態となり、極端に下落する。

・12月から始まる新たな新型コロナウイルスの蔓延だが、これは再度中国で拡大する。アメリカやイギリスはそれほどではないが、中東では一気に拡大し、悲惨な状況になる。

・新型コロナウイルスが蔓延した混乱状態は、世界で戦争の危機を増大させる。もっとも危険な国になるのは、北朝鮮とイランだ。特にイランはサウジアラビアと対立し、戦争になるかもしれない。そのときサウジアラビアと対立しているロシアは、イランを支援することになるだろう。

・またロシアとトルコの対立が続いているシリアでも混乱は拡大する。シリアは分割されるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が気になるのは、今の新型コロナ騒動が収まっても、次が控えているということです。
 以下のパーカー氏の2つの言葉は、大変気になります。

・「聖者のシェルバナ師は、いまの新型コロナウイルスの蔓延以外に、あと2回蔓延があると予言していたが実際にそうなるだろう」

・「もっと毒性の強いウイルスを拡散するために開発されたキャリアーのようなものかもしれない」

 だとしたら、今回の新型コロナ騒動は序曲のようなもので、次に本番が控えているということになります。
 そうなると、やはり、今のうちから不安になっても仕方がないと腹をくくった方がよさそうです。

 松原照子さんという有名な予言者がいますが、3年半ほど前に出版された『松原照子の大世見』(松原照子著、Gakken)に以下の記述がありました。


 ・・・<『松原照子の大世見』、p150〜p151から抜粋開始>・・・

 新型インフルエンザが猛威をふるう!?
 狂牛病と結核にも注意が必要

 新型インフルエンザが、人々を襲う日がやってくるような気がしてなりません。スペイン風邪のウイルスが、成長しているようにも思えるのです。
 インフルエンザウイルスには型がありますが、「D型」といいたくなるような新型ウイルスが、今後5〜6年くらいの間に出現するようにも思います。できれば永遠に現れないでほしいのですが、こうして書いていると、もっと早まるようにも思ってしまいます。
 新型インフルエンザが北朝鮮を襲ったら、どのような対策を取るのでしょうか。
 烏インフルエンザも、地球上から消えたわけではありません。鶏肉を食べでも感染することはないといわれていますが、ウイルスを保有した烏と接触すると感染します。
 でもね。とても気になるのです。突然変異が起き、人類に脅威を突きつける日がやってきそうなのです。
 どこの国がスタートになるのかはわかりませんが、パンデミックは急ピッチで勢いをつけはじめたとも思います。
 今、中国の川の汚染が見えました。毒の川が人々に恐怖をもたらすのは、時間の問題のようです。
 狂牛病も、まだ完壁に消滅してはいません。
 中国は、過去の狂牛病を学びにしているのでしょうか。
 牧畜牛の感染検査はどうなっているのでしょう。輸入牛肉は本当に大丈夫なのだろうかと、ふと気になりました。
 もうひとつ気になるのが結核です。現在では心配しなくてもいいはずなのに、なぜか気になってしまいます。
 農薬で育った野菜と添加物たっぷりの食品ばかりを食べていると、新型ウイルスや病気に抵抗する力が弱くなります。自分の健康は、自分で守らなくてはいけませんね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 新型インフルエンザの流行を予見し、どこの国がスタートになるかと思った瞬間に中国の川が見えたというのですから、松原さんの予言の力に感心します。

 もう一つ紹介します。
 1年ほど前に出版された『松原照子の未来予言』(松原照子著、Gakken)に以下の記述がありました。

 「感染症が世界に恐怖をもたらすと思います。日本人も感染するかもしれません。今、WHOという文字が目に焼きつきました」

 最後に東京オリンピックに関してです。
 政府は、東京オリンピックを中止ではなく、1年ほどの延期と決定しましたが、もし新型コロナの第2弾、第3弾があるなら、中止の可能性は濃厚となります。
 再び、『松原照子の大世見』(松原照子著、Gakken)から引用します。


 ・・・<『松原照子の大世見』、p122〜p123から抜粋開始>・・・

 2020年の東京オリンピックは
 「ない」と即答してしまったことが気がかり

 ・・・(中略)・・・

 あるお集まりの席で「東京でオリンピックは開催されますか」と質問されたとき、間髪を入れず「ない」と答えてしまいました。そんな自分に驚いたと同時に、なぜあんなことをいったのか、いまだに気になっています。
 このお集まりは、東京でオリンピックが開催されることがまだ決まっていない2012年2月に開催されました。
 講演会の質疑応答では、質問される方のお心とすぐに合体できるときなどは、頭の中の一部が開くのを感じ、自分でも「見えた」と思いながら感じたことを話させていただきます。でも、頭の中でシャッター音とはいえないのですが、何かの音がすると、即座に見えないと判断でき、「わかりません」と答えてしまいます。
 こんな私が「ない」のひとことで東京オリンピック開催について答えてしまったのが気になっています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 つまり松原さんは、明確なビジョンで東京オリンピックが中止されると予言したのではなく、「ない」と即答してしまい、自分でもそれが謎だということのようです。



金(ゴールド)に関する話...2020年3月21日

 世界的な株価の大変動(暴落)が起きています。
 もちろん株価だけでなく、いち早く原油価格も暴落していました。
 先日のニュースでは、これまで安全資産とされてきた米国債や金(ゴールド)も下がったと報道されていました。
 報道では、投資家の心理が悪化し、とにかく現金に殺到した為だと説明していました。
 たしかにそうした一面はあると思いますが、吉田繁治さんは、こうした商品を選ばない全面的なパニック売りには理由があると言っています。
 今回は、金(ゴールド)をテーマにしたいと思っていますので、まず吉田繁治さんのメルマガから、金の下落に関する説明を抜粋して紹介します。
 3月初旬のメルマガなので、ちょっと古い情報になります。


 ・・・<吉田繁治さんの3月4日のメルマガから抜粋開始>・・・

3.ヘッジファンドの損は、投資預託金の引き揚げになる

さっきHFRから、ヘッジファンドの運用利益のメールが送って来ました。レバレッジをかけた、分散投資(ポートフォリオ)で運用をする8000本のファンド(元本300兆円:投資額推計3000兆円)も年間ベースで「運用元本に対して、−5%〜−30%」の利益に急落しています。20年3月には、損をした投資家から解約が殺到し、現金を戻さねばならないヘッジファンドのドル不足から、投資の金融商品の売りになるでしょう。

◎20年3月末のヘッジファンドの決算に向かって、日米の株価を大きく下げる要素になります。

【金価格】
金は、こうしたとき「ヘッジファンドが不足する現金を得るための、利益確定売り」になるため、先物から下げて行きます(短期的下落です)。短期で15%〜20%下げる金融危機のあとの2年間は、暴騰します。

【リーマン危機のあとの金価格】
リーマン危機のとき、1オンス(31.1g)950ドルから瞬間の底値で730ドルへと23%下がり、2か月後から、2年後(2011年)の1850ドル(史上最高価格)へと2.5倍に上がっています。リーマン危機を、金への投資家は「ドルの価値が下がるドル危機」と認識したからです。

【今回の私的予想】
今回は、1600ドルから瞬間の底値では1400ドルくらいに下げた後、4000ドル〜5000ドル(2.9倍から3.6倍)に向かって高騰と見ています。6000ドルもあるかもしれません。(注)これは極私的な見方です。3倍の価格を期待して金を買うことはしないでください。価格は、上げるときも下げるとき3か月サイクルで、下げと上げを繰り返すからです。下げるときもあるからです。

新型コロナショックで、2月初旬の1バーレル60ドルから下がった原油価格は、現在45ドル付近ですが、先物売りで下げる傾向です(原油価格は、世界景気の大きな後退とエネルギー需要の減少を想定しています)。

通貨的な金融商品である金価格は、上げと下げを繰り返していますが、年率20%の上げの傾向線上です。以下に、リアルタイムの価格があります(1オンス:ドル価格先物)。

下げるときがあるのは、上がったあと、利益確定のために、資金繰り売りになるからです。金ETFや金先物を売買しているヘッジファンドは株で損をしているので、利益が上がっている金先物やETFを売って、不足する現金を補っています。金先物の売りのあと、限月(3か月から6か月後)には、逆の清算買いになって、上げるからです。なおETFは、先物とは違い限月(清算売買の期限日)のない金証券です。
https://nikkei225jp.com/oil/

 ・・・<抜粋開始>・・・


 HFRとはヘッジファンド・リサーチの略で、ヘッジファンドの運用成績を発表している会社です。
 吉田繁治さんによると、ヘッジファンドの背後には欧米系の銀行(投資銀行)がいて、ヘッジファンドは、こうした金融機関の別動隊という位置づけなんだそうです。
 今回の株の大暴落で決済の為のドルの現金不足に陥った欧米系の金融機関が、ヘッジファンドを通じて、あらゆる商品のパニック的な売りを行い、金や銀もそのあおりを受けて暴落したというのが真相のようです。

 これが事実だとすれば、今が金や銀の買いのチャンスになるのかもしれませんが、私は訪問者の方々に勧めているわけではありません。
 もし今の私に余裕資金があれば、間違いなく金や銀の現物を買うと思いますが、全く余裕資金がない(要するにビンボー)ので、買えなくて残念というだけの話です。

 今回の記事は金(ゴールド)に関する話なので、まず金とは何かという基本的な話から紹介したいと思います。
 金はもちろん産業用鉱物資源の一つではありますが、それ以上に重要なことは、お金(マネー)の側面があるということです。
 今の世界の基軸通貨はドルですが、そのドルの価値を裏付けていたのは金(ゴールド)でした。そして米国がその金(ゴールド)を失っていくとともに、ドルの価値を石油によって裏付けることにしたという歴史があります。
 『マネーカースト』(ベンジャミン・フルフォード著、KSかや書房新書2)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『マネーカースト』、p128〜p131から抜粋開始>・・・

 「金本位制ドル」から
 「石油本位制ドル」に急転換

 FRB設立時、ドルは金本位制でスタートした。ドルの価値の裏付けとなる金を用意したのは、アジアの王族たちであった。その後、1929年の世界恐慌でも、ドルの価値を保つためにさらにアジアの王族から金を借りることとなった。
 このときの担保となったのは、アメリカ国民の一生分の労働力である。1人につき、30万ドル分の債権が発行されたのだ。1936年に発行された社会保障番号は、担保であるアメリカ国民をデータ管理するために作られた制度である。近年、日本で開始されたマイナンバーも、もちろん同様の意図から作られたものだ。
 第二次世界大戦中、全世界が戦争で疲弊する中、本土が戦地とならなかったアメリカは、戦争特需により莫大な金を手中に納める。そして戦時中の1944年、圧倒的な経済力を背景に「ブレトン・ウッズ体制」を築き上げる。金1オンス=35ドルの固定相場制を取ることで、ドルを世界唯一の金兌換通貨としたのだ。
 そして、これを契機にドルは世界唯一の基軸通貨の地位を得る。ここにきて。ハザールマフィアの儲けも一気に増加する。ドルでしか国際貿易の決済ができない以上、世界中の国がドルを必要とする。アメリカが無尽蔵にドルを刷り続けてもその価値が維持され、莫大な通貨発行益を得られるようになったのだ。
 世界の市場をドルで支配する一方、世界各国の中央銀行を支配するためにワシントンDCに設立されたのが「世界銀行」である。表向きは第二次世界大戦後の発展途上国の貧困撲滅を目的と謳いながらも、その実はハザールマフィアのための組織である。
 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)はハザールマフィアによる世界各国への内政干渉を目的としたものだったが(ハザールマフィアと対立するトランプによってアメリカは脱退)、その協定において国家間の争いを裁定する「投資紛争解決国際センター」の上部団体が、この世界銀行だ。中央銀行や国際貿易協定を通して「世界の富を見張る」機関である。
 ロスチャイルド一族を中心とするヨーロッパ系ハザールマフィアが支配する「中央銀行の中央銀行」が、スイスに本部を置くBIS(国際決済銀行)である。こちらは世界銀行よりやや歴史が古く、1930年に第一次世界大戦後のドイツの賠償金取り立てのために作られた組織である。現在でも各国の中央銀行同士の決済機能を掌握し、世界の金融的流通を支配している。
 ドルについて話を戻そう。その後、長引くベトナム戦争、アメリカの経済発展の足踏み、ハザールマフィアによる無軌道なドルの発行などにより、ドルの価値が急激に低下、深刻な通貨危機に直面する。アメリカ経済、およびドルの価値に不安を覚えたイギリスやフランスを中心とした世界各国が、アメリカに対して保有するドルと金の交換を求めた。その結果、アメリカの所有する金は、急激に海外に流出していく。
 そして1971年8月15日、リチャード・ニクソン大統領は、電撃的に、ドルの金免換の停止を発表する。いわゆる「ニクソンショック(ドルショック)」である。
 この一方的な金兌換停止は、「アメリカには、ドルの価値を裏付ける量の金が、すでに存在しないのではないか」という疑いを持たせるには充分な出来事であった(その疑惑をアメリカは一度も晴らさないままに現在に至っている)。
 一方的に金との兌換を取りやめたアメリカ政府は、経済力と軍事力を背景にOPEC(石油輸出国機構)との間で、「今後は全世界の原油価格は独占的にドル建てでしか決定できない。また、ドルでしか取引もできない」という取り決めを結ぶ。今度はドルを石油の決済通貨に仕立てたのである。アメリカは「金本位制ドル」から「石油本位制ドル」に切り替え、ドルの基軸通貨としての価値を維持させたのだ。
 それまでは、自国で保有する金をもってドルの裏付けとしてきた。その裏付けをいきなり「他国の産出資源」へと切り替えてしまったのである。貨幣の歴史の中でも最大級に横暴な行為であろう。

 ・・・<引用終了>・・・


 ネットで調べれば簡単にわかることですが、現在、世界一の金保有国は8133トンのアメリカで、2位のドイツの3369トンに倍以上の差をつけて圧倒しています(ちなみに日本は765トンで8位)。
 ただしこれは建前の公式発表であり、いわいる事情通と呼ばれる人たちは、アメリカにそれだけの金があるとは思っていないようです。
 吉田繁治さんの推測ですが、金を密かに(かつ大胆に)集めまくっているのが中国で、ひょっとすると1万トン近くに達している可能性もあるようです(公式発表では1874トンで6位)。

 アメリカに金はないという話を裏付ける、非常に象徴的な出来事があったので紹介したいと思います。


 ・・・<『マネーカースト』、p69〜p72から抜粋開始>・・・

 アメリカの保管庫に
 金塊は存在しない

 第二次世界大戦後、特権的寡頭勢力が壮大な金融詐欺ともいえる悪魔的な手法で世界をペテンにかけて、「ドルの価値」というものを演出し続けてきた。その価値を裏付けてきたのは、金(ゴールド)と石油である(ドルと金、石油の歴史は章を改めて詳述する)。
 現在、金と石油両面において、「ドルの価値」の化けの皮が剥がれつつあるのだ。それはつまり「ドル体制崩壊」が迫っていることを意味している。
 それではまず、金を取り巻く状況を見てみよう。
 2017年8月、トランプ政権の財務長官であるスティーブン・ムニューシンが金絡みで妙な動きを見せた。
 8月21日、ムニューシンがケンタッキー州のフォート・ノックス陸軍施設を訪れたことがメディアで報じられた。ムニューシンはその理由について「皆既日食を見に行った」と語ったが、これはもちろん「建前」である。ムニューシンは、その日のうちに陸軍施設内にあるFRBの金塊保管庫を視察している。そして、視察後すぐ「金は安全に保管されている」とツイートした。「本音(本当の目的)」は、まさにこのツイートをすることなのである。
 以前から「フォート・ノックスの金塊はすでにない」とCIAなど複数の情報筋が断言している。金がすでにないことを前提に、ムニューシンと政府の動きを見る必要がある。
 私に言わせれば、財務省のトップがプライベートで皆既日食を見に行ったついでに、「たまたま」その地にあった金塊保管庫を視察して、「ふと思いついたので」その安全についてツイートしたなどということは、絶対にあり得ない。
 ツイートのさりげなさを演出するために、逆算して皆既日食を見に行くという絵(ストーリー)を描いたのだ。突発的な視察を名目に、報道取材もほとんどされていない。
 何よりも最後にフォート・ノックスの金塊の量が数えられたのは、なんと1953年なのである。これで「金の実在」を信じろという方が無理があるのではないだろうか。
 そしてさらに、アメリカの年度末が差し迫る中、財務省は「フォート・ノックスに貯蔵された1億4700万オンスの金塊を政府は保有している」と「わざわざ」報告している。
 ムニューシンにせよ、財務省にせよ、なぜ今、尋ねられてもいないのに「金の安全」を必死にアナウンスするのか。その裏にはドル体制の崩壊が迫っている状況が透けて見える。
 避難先としての典型的な資産である金は、2019年12月現在、1オンス1470ドル(約16万円)で取引されており、年初以来15%値上がりした。金高騰の背景にはドルの価値、ひいてはアメリカの経済への根強い不信感がある。
 金をとりまく混乱した状況の中、アメリカ情報機関に国際金融・貿易などについてアドバイスを行っている投資銀行家のジェームズ・リカーズは、金の価格について「1オンス5000ドル、最終的には1オンス1万ドルにまで跳ね上がる」と予測している。
 そして、「迫り来るドルシステムの終焉に向けて、今後ますます世界中の国々が金を取得するペースを上げるだろう」と、金高騰の理由を説明している。

 ・・・<引用終了>・・・


 次に紹介するのは、2001年9月11日に起こった911テロの背景に金(ゴールド)があったという話です。
 私はベンジャミン・フルフォード氏の本はだいたい目を通しているので、何回もこの話を聞いてきましたが、不思議なことにネットでこの話に出会ったことがありません(単に私が気づかなかっただけかもしれませんが)。
 フルフォード氏のようにディープ・ステートの秘密を暴露するジャーナリストが、今の(ディープ・ステートの強い影響下にある)マスコミから干されるのは当然だと思いますが、自由に何でも言えるはずのネットで、この話が語られないのは私にとって謎です。


 ・・・<『マネーカースト』、p225〜p227から抜粋開始>・・・

 「9・11テロ」で
 金返還の要求を拒絶

 2001年、パパ・ブッシュの長男、ベイビー・ブッシュが大統領の座に納まった。
 パパ・ブッシュの代表的な犯罪がケネディ暗殺ならば、ベイビー・ブッシュもまた父親に引けを取らない犯罪を行っている。
 2001年の「9・11テロ」である。
 ケネディ暗殺と、アメリカが借りていたアジアの王族の金との関わりについては、先に述べた。9・11テロでもまた、二つの「金」が関係している。
 一つ目の金は、1938年にアメリカが中国の大富豪から米国債を担保に借りた戦艦7隻分の金である。返還の期限は60年後とされていた。しかし、その期限である1998年になっても、アメリカは金を返還しようとしなかった。大富豪の子孫の訴えを受けて、裏の権力者たちの協議と決定により返還命令が下された。その1回目の金の受け渡し予定日が、まさに9・11テロの翌日、2001年9月12日であったのだ。
 そして、金の保管場所こそが世界貿易センタービル地下の金庫であり、受け渡し場所とされたのが、爆破された世界貿易センタービル北棟の101階から105階にオフィスのあった証券会社、カンター・フィッツジェラルド証券であった。さらに受け渡し責任者にはベイビー・ブッシュが予定されていた。
 返還する予定であった金は「テロにより吹っ飛んだので返還できない」と、うやむやにされてしまう。さらに、念が入ったことに、この金の借用に関する財務書類が保管されていた第7ビルも、また金の返還の件を捜査していた関係当局の入ったペンタゴン本庁舎も、このテロにより倒壊している。
 そして、カンター・フィッツジェラルド証券には、2001年9月12日が償還期限である巨額の債券があった。ブレディ債券と呼ばれる、アメリカの銀行が南米投資で出した多大な焦げ付きをまとめた債券である。クズ同然の債券だが償還額は1200億ドルに達していた。
 この債券の担保である1200億ドル相当分の金もまた、世界貿易センタービル地下の金庫に保管されているとされていた。しかし、この二つ目の金もビルごと跡形もなく消えた、という話にされてしまう。ちなみに、このブレディ債券を売りさばいた銀行を所有していたのは、ナチス派ハザールマフィアの重鎮・ロックフェラー一族である。
 9・11テロに関連した不可解な「カネ」の動きはまだまだある。
 世界貿易センタービルに自社機が突っ込んだユナイテッド・エアラインの株価は当然42%減と暴落した。事件後、カリフォルニア州の日刊紙「サンフランシスコ・クロニクル」はこの株価暴落を見越したと思われる巨大なインサイダー取引が行われた形跡があると報じた。
 その取引とはユナイテッド・エアラインのプットオプション(対象となる商品を、期日までに決められた価格で売る権利)であり、取引利益は500万ドル以上であったとされる。そして、取引の3年前までオプションを行使した証券会社の経営責任者に名を連ねていたのは、アルビン・バーナード・クロンガードというCIAの幹部であった人物である。さらに、アルビンは、ブッシュ一族の私兵の色合いが強い民間軍事会社、ブラックウォーター(現アカデミ)とも関わりがあるとされている。

 ・・・<引用終了>・・・


 911の後、きくちゆみさんの『911ボーイングを捜せ』をきっかけとして、私は、自分なりに911のことを調べるようになりました。
 そして至った結論は、911はアメリカ政府による自作自演テロだというものでした。
 当時、私は周りの人々に「911はアメリカの自作自演だ!」と興奮を抑えきれずに言いまくったことをよく憶えています。
 それを聞いた人の反応は、見事に同じものでした。
 だんまりを決めて、けっして賛成、反対の意思表示をせず、感想も言わず、単に無視(いま風に言えばスルー)でした。
 何回も気まずい沈黙を経験したので、私は周りの人々にこの話題を振ることをあきらめました。ただ、なんでみんな同じ反応をするのだろうと不思議に思うばかりでした。

 これに関し、サアラさんの授業を受けていたとき、サアラさんがその解答を言ってくれたのです。
 サアラさんは、911後、アメリカの自作自演という状況証拠が溢れるほど(ネットその他)で流れてきているのに、日本人が反応しない理由は、「日本人が極めて強い洗脳」を受けている証拠だと言ったのです。
 それを聞いて、私は長年の謎が解ける思いがしました。
 「アメリカの自作自演だ」という話を聞いて、日本人の典型的な反応パターンは、「ああ、それ陰謀論ですよね・・・」というリアクションです。
 大事なことは、真実かどうかなのに、自分の頭で考える前に、「陰謀論」というレッテルを貼ってしまう思考パターンが出来上がっているのです。それゆえ、そこで拒絶反応が起こって、思考をストップします。
 良識ある、まともな人間であれば、「陰謀論」などという胡散臭い話を信じていはいけないという刷り込みがなされているのです。
 洗脳されている人間は、自分が洗脳されているなんて想像だにしていません。それゆえ、これを読んだ方で、誰かに向かって「君は洗脳されている!」などとけっして言わない方がいいと思います。間違いなく激怒されると思います。

 金(ゴールド)に話を戻すと、吉田繁治さんはリーマンショックのときの金のチャートから、金融危機が起きると、金はいったん株や債券と一緒に売られるけれども、3ヶ月後ぐらいから上昇に転じ、その後数年に渡って大きな上げとなると言っています。
 私もチャートで確認したのですが、2008年3月に直近の高値である1オンス1000ドル近辺を付けた後、リーマン・ブラザースが経営破綻した半年後の9月15日には、金はすでに直近の底値である1オンス700ドル近辺に下がっていました。そして、その後3年に渡って上昇を続け、史上最高値である1900ドル近辺まで上げました(現在は1500ドル近辺)。
 それゆえ、今後の金価格は、今の新型コロナウイルス騒動がどこまで金融市場に影響を及ぼすかで変わってくると思います。
 もしNYダウが現在の2万ドル近辺で底を打ち、2万1〜5千のボックス圏で推移したとすると、金は現在を底値として、ゆるやかに上昇していくと思います(私は個人的には、こちらの可能性が高いと思っていますが)。
 しかし、今後も株、債券の大暴落が続き、世界大恐慌の様相を呈するようになると、さらに金は売られるかもしれません。その際には、(吉田さんが言うように底値から3ヶ月後ぐらいから)金は大きな、そして息の長い上昇を続けることになるでしょう。



ベンジャミン・フルフォード氏が語るアメリカの現状...2020年3月15日

 まずお断りしておきたいのですが、今回の記事は「アメリカの現状」といっても、新型コロナウイルスに関するものではありません。
 いまや、テレビの特番やワイドショー、ニュースでもコロナ、新聞や雑誌でもコロナ、ネットでもコロナ一色といった状況です。
 安心してよいなどと無責任なことを言うつもりはありませんが、これほど世界中で大騒ぎするほどのウイルスの災禍なのか、という素朴な疑問が私にはあります。
 感染しても8割が軽症、重症化しても半分は回復するといった状況であれば、少し過剰反応ではないかという気がしています。やはり、マスコミの報道は、必要以上に人々の不安を煽っているのではないかという印象があります。

 今回は、コロナとは無関係に、ベンジャミン・フルフォード氏が語るアメリカの経済や金融の現状を紹介したいと思います。
 もちろんコロナ騒動が、トランプ大統領が国家非常事態を宣言したように、世界に大激震を走らせたことは間違いありません(特に金融市場に対して)。
 そうした状況を、私は、元々大きく歪んでいた金融市場に、コロナ騒動が揺さぶりを掛けたとみています。
 今回は、コロナ以前に元々どういう状況になっていたのかという観点から紹介していきたいと思います。
 『マネーカースト』(ベンジャミン・フルフォード著、KSかや書房新書2)からまず、暴落する前のアメリカの異常な株高の話題を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『マネーカースト』、p54〜p55から抜粋開始>・・・

 アメリカの「異常な株高」と
 破裂寸前の「株バブル」

 今まさに、アメリカ政府が破産の危機に瀕している。
 世界一の経済大国アメリカ。その政府が破産するなんてことは、まずあり得ないと思い込んでいる方もおられるだろう。しかし、歴史を振り返れば、ソビエト連邦を例に出すまでもなく、崩壊した大国はいくらでもある。
 「アメリカ政府破産」、これは絵空事ではない。この世界で起ころうとしている現実なのだ。
 その緊迫した状況を最もリアルに認識しているのは、もちろん一般市民ではない。
 特権的な情報を得られる欧米の大物投資家たちだ。ハイレベルなインサイダー情報に精通しているごく一部の投資家たちが、こぞって「アメリカ株・ドル離れ」をしているのだ。
 例を挙げてみよう。世界最大の投資持株会社バークシャー・ハザウェイ筆頭株主(会長兼CEO)であり、株式投資の世界では天才と名高いウォーレン・バフェットである。
 バフェットは「いい投資案件が見当たらない」として2019年の時点で、過去最高額の1220億ドルを現金で保有しているのだ。
 2019年12月にNYダウ平均株価が過去最高値を更新するなど、アメリカ経済はこの10年で見れば、一見、好景気のように思える。
 しかし、実際にはアメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)が行った「量的緩和」や「超低金利政策」などで生じたあぶく銭により、異常な株高や不動産の高騰といった「資産バブル」が引き起こされているにすぎない。
 バフェットは暴落する前に株を売り、暴落すると株を買うという逆張り投資家として知られている。彼は、アメリカの株式市場のバブルは近いうちに弾けると予想しているのだ。
 またアメリカの株式市場を詳細に分析すると、2018年4月から連続して外国人投資家がアメリカ株を売却し続け、その総額は過去最高の2160億ドルに達している。海外の賢い投資家はたちはすでにアメリカを見放しているのである。
 それにもかかわらず、株価が最高水準を保っているのは、FRBが2008年のリーマンショック以降、量的緩和を進めるために大量のドルを刷り続けたからである。
 莫大な金が金融市場に流れ込んだ結果、株価が高騰した。近年の株高は人為的に演出されたもので、実体経済をまったく反映していない。しかし、無尽蔵にドルを刷り続けることはできない以上、量的緩和にも限界がある。

 ・・・<引用終了>・・・


 つまり、株価は元々実体経済から離れてバブル化していたのであり、今回のコロナ騒動のようなきっかけがあれば、バブル化していた部分は吹き飛ぶということです。
 次は、アメリカ政府の財政危機と年金破綻の危機です。


 ・・・<『マネーカースト』、p61〜p63から抜粋開始>・・・

 天文学的な巨額の財政赤字で
 年金が破綻する

 アメリカ政府が破産に瀕しているのは莫大な財政赤字からも明らかである。
 アメリカ議会予算局(CBO)によると、「2019年年度も歳出が歳入を9599億ドル上回り、2020年度には財政赤字が1兆ドルを超える見込み」だという。日本円にして約110兆円もの赤字である。2019年度の日本の国家予算が約100兆円だから、アメリカは1年で丸々日本の国家予算分の赤字を出しているのだ。
 実際、アメリカの財政危機は、現実的な形で全米各地にも現れている。
 年金の積立金不足が深刻になっている。超低金利政策の影響を受けて、アメリカ国内では「財政が比較的に安定している」といわれてきたアメリカ最大の公的年金基金であるカルパース(カリフォルニア州職員退職年金基金)が、年金支給額を大幅に引き下げる事態に陥っている。
 米信用格付機関ムーディーズもまた、「州政府と地方自治体の年金制度は7兆ドル、企業の年金基金は3750億ドルの資金不足に陥っている」と発表した。
 さらに、世界最大級の米投資信託運用会社バンガードの創業者ジョン・ボーグルもまた現在の超低金利が続けば、「運用利回り7.5〜8%」を想定しているアメリカ公的年金基金のほぼすべてが「破滅」に向かうと警告しているのである。
 世界経済フォーラムの統計ではさらに深刻で、アメリカの年金積立の不足額は2015年の時点で28兆ドル(約3080兆円)に上ると算出している。2050年にはなんと137兆ドル(約1京5070兆円)に及ぶと予測。このような天文学的な額の資金を準備できるはずもなく、給付金が未払いになることは必至。若い世代は払い損となり、高齢者も受給開始年齢の引き上げや受給額の引き下げになるなど、絶望と不安だけがあふれる社会となるはずだ。その怒りの矛先は大規模なデモや暴動といった形で政府へ向けられるであろう。
 現在入っている情報によると、アメリカ政府は水面下で、公的資金を導入して事態の「ごまかし」を計っているという。しかし、年金破綻への流れを止めることはもはや不可能だ。
 年金は国家への信用で成立している。つまり、年金の破綻は、国家という集合体までも破綻することを意味する。アメリカの崩壊は早晩、必ず起きることなのだ。
 いずれにしても目の前の現実を見る限り、アメリカは「未曾有の大不況」であると言わざるを得ない。にもかかわらず、アメリカ政府および大手マスコミは「株価最高値を記録! 好景気だ」「アメリカの経済は大丈夫、安泰だ」などと根拠のないアナウンスを続けているのだ。

 ・・・<引用終了>・・・


 これを読まれている方は、不思議に思われたかもしれません。
 たしかに、日本のマスコミでもアメリカ経済は好調で、株価は史上最高値レベルと報道していました。
 こうした報道と、フルフォード氏が「アメリカは破産する」と言っていることは、180度、真逆です。
 では、その理由です。


 ・・・<『マネーカースト』、p63〜p67から抜粋開始>・・・

 「GDP1位」「失業率改善」は
 数字のトリック

 国家破産の危機に瀕しながら、その状況から国民の目を逸らすために、アメリカ政府はさまざまな「意味のない」数字をまき散らしている。
 例えば、2019年の失業率だが、マスコミは「アメリカの失業率が改善された」と大々的に報じていた。

 米労働省が4日発表した9月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が前月から13万6000人増と、緩やかな伸びとなった。市場予想は14万5000人増だった。失業率は前月の3.7%から3.5%へ低下し、1969年12月以来、約50年ぶりの低水準となった。
                    (「ロイター」2019年10月5日付)

 しかし、このような表面上の数字にだまされてはいけない。
 政府は失業率が改善されていると主張するが、アメリカの場合、失業者としてカウントされるのは過去4週間以内に仕事を探していた者のみ。
 つまり、職探しを諦めた人や、何らかの事情で求職活動ができなかった人、過去4週間より前の求職活動の結果を待っていた人などは、職にあぶれていても「失業者」としてカウントされないのだ。まさに数字のトリック(ペテン)である。実際はアメリカの労働力人口のうち1億2200万人近くが何の職にも就いていない。これはリーマンショックで不況のどんぞこだった時期を超える数字だ。しかも、現在50万人以上のアメリカ人がホームレス状態だという。
 失業率に限らず、この数字上のトリックは、アメリカの至る所で行われている。
 例えば、アメリカでは庶民の所得の上昇分は物価の値上がりによって消えてしまう「悪いインフレ」が続いている。
 そこで、インフレ率を実際より低く見せるために、高騰する住宅費や医療費、教育費などを正確に反映させず、消費者物価指数を低く抑えている。そもそも、アメリカ政府が金融政策の決定にあたって重視するインフレ率は、価格変動の大きい食料とエネルギーの価格を除外して計算された数値(コアインフレ)。庶民の家計を直撃する生活必需品の価格上昇などは無視しているのだ。
 GDP(国内総生産)の計算方法もトリックだらけだ。
 主婦の家事労働や日曜大工、ボランティア活動などは、新たな価値を生み出すにもかかわらず、市場で取引されないためにGDPに含まれない。一方で膨大な軍事費や無駄な公共事業などは「公共サービス」としてGDPに加算される。
 また、森林や河川といった「自然資本」も加算されない。例えば、多くの二酸化炭素を吸収し酸素を生み出すことから「地球の肺」と称されるアマゾンの熱帯林もGDPに含まれず、広大な熱帯林を有するボリビアが南米一の貧しい国とされているのだ。
 自国の経済格差の広がりを隠蔽したい場合には、GDPを実際以上に高く見せるために、数値を「中央値」でなく「平均値」で示すという姑息な手段が用いられている。格差が広がり、貧困層が増えれば「中央値」は下がる。しかし「平均値」であれば、多くの人々が貧困であえいでいても、そこにビル・ゲイツ一人の莫大な資産を加算すれば、一気に上げることができる。数字のトリックなど容易なことなのだ。
 少々、話が横道にそれるが、さらに根本的な話をしよう。
 トリックにだまされてしまうのは、「経済を見るのに数字に偏り過ぎて、現実が見えていない」という現代人の傾向にも一因があるのだ。
 目の前に出された数字を鵜呑みにする。その数字を導き出したソースのデータに疑いを持たない。そして何よりも、数字を信用し過ぎて肌で感じる現実を軽視する。これは情報化社会に生きる現代人の弱点ともいえるだろう。
 こんなジョークがある。「統計の82.3%はデタラメだと統計で出ている」。統計を妄信することの危うさを皮肉った、笑うに笑えないジョークである。
 政府がいかに景気は回復しているとアナウンスしても、自分を取り巻く現実に貧困が蔓延していれば、その社会は貧困なのである。
 例えば、アメリカでは格差が拡大した2000年以降、10年間足らずでフードスタンプ?(国による食料費補助)の受給者が2倍の5000万人近くに増加した。悪いインフレが弱者へのしわ寄せをもたらした証拠である。国民の約7人に1人が食うに困っている計算になる。そんな国が世界一「豊か」であるはずがない。
 我々を支配しようとする者たちは、わざと何もかもを数字に置き換えることで民衆の目をくらませて、真実を覆い隠してしまう。私の読者は、そのような数字のペテンに引っかからないように気を付けていただきたい。

 ・・・<引用終了>・・・


 こうした統計のトリックは、当然ながら日本でも行われています。
 アメリカはサンプルを操作するといった単純なトリックでした。しかし、安倍政権下では、統計データそものを(補正作業を忘れていた言い訳をして)書き換えたり、隠ぺいしたりと、むしろアメリカより悪質と言えるかもしれません。
 サイトを一つ、参考例として貼っておきます。

https://www.newsweekjapan.jp/kaya/2019/03/post-67.php

 以前、当HPで神秘家ゲリー・ボーネルさんの記事を紹介したことがありました。
 そこでゲリーさんは、

 「今アメリカの平均的な家庭は、400ドル(約4万3千円)の急な出費ができないほどの(貧困)状態です」

 と言っていると紹介しました。
 実際にアメリカに住んでいる米国人が言っていることの方が、日本のマスコミの報道より信ぴょう性は高そうです。

 次は、パンパンに膨れ上がってバブル化した金融市場の崩壊が近いという話題です。


 ・・・<『マネーカースト』、p67〜p69から抜粋開始>・・・

 リーマンショックを超える
 「バブル崩壊」の危機

 アメリカ経済の安泰という幻想を支えているのは、いうまでもなく「ドル」の信用力である。しかし、そのドルを発行する権限を持つ、アメリカの中央銀行FRBもまた、すでに「死に体」になっているのだ。
 近年、FRBやEU(欧州連合)の中央銀行であるECB(欧州中央銀行)の買い支えにより欧米金融市場は高騰を続けた。しかし、それは、実体経済の回復による健全な株価上昇ではなく、人為的に作られたものである。
 また、量的緩和と超低金利政策によって投資熱が煽られた結果、「債券バブル」も起きている。
 世界の債券の2017年末の時価総額は推計で169兆ドル(1京8400兆円)。金利低下で債券価格が上昇し、量的緩和と超低金利政策が始まった2008年から50兆ドルも膨らんでいる。世界の国内総生産(GDP)の6割強にあたる現状は、明らかに異常事態である。
 2017年、FRBは4兆5000万ドル規模にまで膨れ上がったバランスシートをリセットするため「市場の買い支えを止め、資産(株、債券など)を売却する」という方針を示した。
しかし、経済専門家らの見解は時すでに遅しといったものだ。
 著名な経済評論家であり投資家であるピーター・シフ(ユーロ・パシフィック・キャピタルCEO)は、ITバブル、リーマンショックと、繰り返しアメリカ金融市場に起こっては弾けたバブルを生み出したのは他でもないFRBだと指摘している。そして、現在のバブルは史上最大規模であり、上記の二つよりはるかに危険だと断じている。
 また、シフをはじめとする経済エキスパートたちは、FRBが大規模な資産の売却を始めれば、住宅ローンなどの金利の急上昇を招き、結果アメリカ経済が崩壊すると警告している。結論としては、アメリカ経済の崩壊を避けるためには、FRBはバランスシートが10兆ドル規模に膨れ上がるまで投資を続けるしか術はないというのだ。
 行くも地獄、戻るも地獄。FRBは、すでに後戻りできないところまで来ているのだ。
 事実、FRBは2017年10月から量的緩和の縮小に転じた。バランスシートは3兆9000万ドル規模まで減り、金融政策の正常化に一定の道筋を付けたはずだった。しかし、量的緩和の縮小が続いた結果、金融市場に混乱を招いてしまう。結局2019年10月に資産拡大策を発表し、バランスシートは4兆500億ドルまでに再び増加してしまう。
 実体経済の活性化を伴わない金融政策によって生じたバブルは、いつか必ず弾ける。彼らがアメリカで行っていた、まやかしの「ドルシステム」が限界に達したことを意味している。
 現在、FRBの新経営陣が「中央銀行による金融政策の戦略見直し」「実体経済への資金の導入方法」など、新たな手法を検討している。しかし、アメリカ経済を支える「ドルシステム」というものの根本的な崩壊を避けることは、すでに難しい状況であると言わざるを得ない。

 ・・・<引用終了>・・・


 私もまた、フルフォード氏と同じように「ドルシステム」の崩壊は避けられないと思っています。
 では、今回の株の暴落が、このまま世界大恐慌へと繋がっていくのかという命題が浮かび上がってきます。
 吉田繁治さんは、マネーの中心地アメリカの状況次第で、その状況がどう変わるかまだ不明だとしながらも、

 「1929年の恐慌のような、32%の9000ドルになるかどうかはわからない。1万2000ドル(2万9000ドルの41%)に下がる可能性はあると見ています」

 と、言っています。

 私は少し違う可能性を考えています。
 経済・金融のド素人の私の考えなので、信用しないようにしてほしいのですが、私は案外、株の暴落は直近ではピークを過ぎて、これから上昇に転じるのではないかと見ています。
 その理由ですが、WHOはパンデミック宣言し、アメリカやスペインで非常事態宣言をしている状況なので、米国や欧州ではこれからコロナのピークを迎えると思いますが、それも数か月で収束に向かうのではないかと見ているからです。
 つまり今回は、パニック的な売りによって生じた短期的な株の暴落であり、コロナ騒動の収束とともに落ち着いてくるのではないかということです。
 今年はやはり、大統領選挙の年であり、大恐慌に至るような株の大暴落は、FRBはなんとしても避けようとするのではないかと見ています。おそらく、今後もFRBはなりふり構わずドルを刷り続けて、危機を先送りするだろうということです。
 現在FRBのバランスシートは4兆ドルに達していますが、経済のエキスパートと呼ばれる人たちは、「FRBはバランスシートが10兆ドル規模に膨れ上がるまで投資を続けるしか術はない」と言っています。
 つまり、行くも地獄、戻るも地獄であっても、FRBは突き進むしかないわけです。私は大統領選挙が終わるまでは、それでなんとか乗り切るのではないかと見ています。
 ただし、2021年になったら、いよいよその時期が迫ると思っています。
 フルフォード氏が言う「ドルシステムの崩壊」も、私は必ずその時期が来るとは思っていますが、まだまだ何年も先だと見ています。

 繰り返しますが、ただのうらぶれおじさんの私の言うことなので、単なる「よもやま話」として読み流していただきたいと思っています。けっして、ここに書いてあることを鵜呑みにして、相場を張ったりしないでほしいと願っています。



サアラさんが語る新型コロナウイルス...2020年3月8日

 訪問者の方から、サアラさんが新型コロナウイルスについて語っている(無料)動画があることを教えていただきました。
 私はこのところ忙しく、サアラさん情報に関しても全くフォローできていませんでした。さっそく動画を観てみたのですが、とても興味深いものでした。
 今回は、その動画でサアラさんが語っている新型コロナウイルスに関する話題を記事にしたいと思っているのですが、その前にこれまで発売されたサアラさんの本から、私たちの平行世界とは違う平行世界で起こった、宇宙的なパンデミックフルー(伝染病の爆発的流行)について紹介したいと思います。

 今、世界的大流行の兆候が見え始めている新型コロナウイルスですが、サアラさんは、新型コロナウイルスに感染する人には、ある特徴があると言っています。
 そこで、これから紹介する記事で特に注目していただきたい視点があります。
 パンデミックといっても、感染する人もいれば、感染しない人もいます。その違いは何でしょうか。ほとんどの人は、免疫力の差だと答えると思います。
 しかし、サアラさんが語る宇宙的規模のパンデミックの際には、免疫力でなく、ある差が感染するしないを分けたというのです。
 そういった視点に注意していただいて、『「あの世」の本当のしくみ』(サアラ、池川明著、大和出版)から抜粋した記事を読んでいただければと思います。


 ・・・<『「あの世」の本当のしくみ』、p38〜p44から抜粋開始>・・・

 最も進化した平行世界にて

 さて、このように宇宙の歴史や地球人の歴史を語っている私に対して、「あなたはいったい何者?」と思われる読者の方も多いことでしょう。
 私が何者かをお話しする前に、まず、私が所属する集団についてお話ししたいと思います。
 数ある平行世界の中でも最も進化した宇宙の世界に、アインソフという議会があり、私は、2013年7月4日にそのメンバーとして迎え入れられました。
 その世界が最も進化した要因となったのは、ひとつの銀河を飲み込んでしまうほどの非常に大きなパンデミック(伝染病の流行)が起きたことでした。そして、その事態の収束を図るために、驚異的なスピードで、広大な宇宙にバラバラに点在していた文明がひとつに統合されました。
 それまでは、遠く離れた銀河同士は交流がなく、どこにどんな存在がいるかもお互いにわかっていない状態でした。ただ、地球ほどよその惑星やエリアと隔絶された世界ではないので、もっと広いエリアのことがわかっていましたが、お互いに干渉し合わない世界でした。
 ウイルスは猛烈な勢いで拡散してゆきます。ある銀河を飲み尽くし、さらに勢いが収まることがない様子に、全宇宙が脅威を感じました。そこで、今回新たに発生したウイルスの原因を追及し、さらに、この出来事の詳細を調査し、全宇宙に報告すると共に、すべての種がこの事態に対策するための意見交換を行う場として、「大宇宙中央議会」が誕生しました。

 ご存じのように、微生物の世界は非常に速く進化します。それまでなかったものが突然現れることももちろんありますが、その場合は、悪意をもった宇宙生命が人工的に作り出した可能性があります。しかし、すべての宇宙を飲み尽くすほどの勢いで拡散するウイルスを作る動機は誰にもありませんでした。そうなると、原因は別のことになります。
 ウイルスのように小さな生命が進化するにあたっては、何か強烈なアンバランスが起きたときに、バランスをとろうとして進化する、という現象が起きます。ちょうど私たちの腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいて、善玉菌が増えすぎると日和見菌が悪玉菌になったり、それでもまだバランスがとれていないときには、さらに善玉菌までが悪玉菌に変化してしまいます。まさにこのようなことが起きたのではないかということで、調査を進めていきました。
 その平行宇宙の世界には地球でいうような「医療」という分野はなく、病気に対して、より根本的な微細な領域を調べます。そもそも、小さな生命になればなるほど、意識と深く関与していることがわかっていて、意識的な領域まで見ないと原因はわからないのです。
 そうして調べていったら、結局、パンデミックを引き起こした原因は、宇宙生命たち、もちろん人類も含めての「無関心」だったのです。
 そのパンデミックによって、その進化した宇宙では生命体がだいぶ死にました。
 そのウイルスに感染すると風邪のような症状が出るのですが、しばらく経つと症状は治まります。こうしてキャリアが増えていきます。そして、何かがきっかけでまた発症するわけですが、そうなった人は必ず発狂したようにアグレッシブになります。
 ブラッド・ピット製作主演の『ワールド・ウォーZ』という映画を見た方もいらっしゃるかもしれませんが、まさにこの映画は、新種のウイルスによるパンデミックで多くの人がゾンビ化してしまうというものです。こうした映画は宇宙で起きた出来事を、地球に暗に知らせるためのものです。ですから、この映画は平行宇宙で起きたパンデミックの情報を元に作られているのです。

 パンデミックの結果、起こったこと

 平行宇宙でウイルスが蔓延した背景には何があったのでしょうか。当時は、「長いものには巻かれろ」といった風潮の、完全な統治国家のような世界がその銀河にどんどん広がって、みんな文句も言わずに上に従っているような状態でした。
 今の日本以上にぬるま湯で、それなりにいい暮らしができていたのです。病気になれば治してもらえるし、これといった大きな悩みを抱えずに生きていられたので、みんなが無関心になっていきました。しかし、結局人間のモチベーションの源になっているのは「関心」、つまり「好奇心」なので、無関心になると強烈なマイナスが生じます。それがそのウイルスを生み出したのだろうという結論に行き着いたのです。
 相手がウイルスですから戦っても、相手がどんどん進化して終わりのない戦いになるだけで意味がありません。そこでこの宇宙は大きな決断をしました。この先いっさいの戦いを放棄するという決断です。ですから免疫抗体を作るのはいっさいやめて、その代わりに「関心をもち、好奇心を取り戻そう」という運動を始めました。ウイルスがいなくなることはないでしょう。でも、宇宙生命たちが再び生き生きとした好奇心をもって、新しい可能性を創造し続けることによって、感染する存在がいなくなります。
 ですから、パンデミックを解決するために、自分たちの興味のあることをどんどん増やそうとしました。今まで知らなかった、非常に遠く離れた文明が互いに交流し合うようなことがどんどん起きて、あっというまに世界がつながりました。
 地球上におけるインターネット以上にもっと便利なテクノロジーです。物質的なものがなくても意識がアクセスできるような、コミュニケーション手段のためのテクノロジーが急速に発達しました。種族の壁を越えて意識を完全に共有するために、新しい技術を次々に開発して、世界がひとつになり、中央議会をみんなが積極的に利用するようになりました。
 この中央議会の中のひとつのセクションとして、アインソフ議会があります。
 このパンデミックが起きたこの進化した宇宙の世界は、今私たちが住んでいる宇宙とは次元が少し違っていて、実はそこにある天の川銀河はすでに真っ暗な状態になっています。これ以上放っておくと、宇宙全体の進化を妨げることになってしまうばかりでなく、ブラックホール化してしまい、周囲のすべてを飲み込んでしまう可能性があることがわかっています。
 これを解決するために立ち上がったのがアインソフ議会です。
 進化した平行宇宙の世界で、天の川銀河がそのような状態に陥った大きな要因は、実は地球でした。

 ・・・<引用終了>・・・


 私たちの属する天の川銀河がブラックホール化してしまった原因が地球だったという刺激的な箇所で引用を終わらせてしまい、申し訳ありません。
 それは別の話題になってしまうので、ここでは触れません。

 上記の記事で一番注目すべきことは、ウイルスに感染した人の特徴は、「無関心」であったということです。
 私流の解釈で恐縮ですが、これはサアラさんが語る宇宙創生の物語と合致すると思っています。
 サアラさんは、私たちの宇宙を創造主(サアラさんは「空」と表現しています)が創った理由は、「空」自身の可能性を知りたかったからだと語っています。
 「空」は自分の可能性を知る為に、宇宙を創造し、無限の可能性を探索する為に自分の化身として個々の魂を創造し、宇宙に送り込んだといいます。
 つまり「空」の根本的な欲求は、自分自身の可能性を知りたいという探究心(好奇心)だったっわけです。
 ですから、「空」の化身である私たちの魂には、「空」が持つ根源的な探究心(好奇心)が備わっているということになります。
 ところが無関心というのは、そうした探究心(好奇心)を失った状態です。そういった視点から見れば、宇宙的なパンデミックフルーが起きた原因は、直接的にはウイルスであっても、そこに「空」の意思があったような気がするのです。

 そうした点を踏まえて、サアラさんが語る今回の新型コロナウイルス騒動を見てみます。
 ずばり、サアラさんは今回の新型コロナウイルスに感染する人の特徴は、「不安」「恐怖」を持った人だといいます。
 現代人で、不安や恐怖が全くないという人は、めったにいないと思います。誰でも大なり小なり、不安や恐怖を抱えて暮らしているわけですが、人によってその程度は様々だと思います。とにかく何に対しても心配性な人はいるものです。
 やはりそうした日頃から強い不安や恐怖を抱いている人ほど、今回の新型コロナウイルスに対しても、強い不安や恐怖を抱きがちだと思います。そうした方は、根本的に考えを改めるよい機会かもしれません。

 こうしたことを言うと、ほとんどの日本人は、非科学的だと非難すると思います。ほとんどの人は、新型コロナウイルスに感染するしないの分かれ目は、その人の免疫力だと信じています。
 もちろん、欧米人と比較して中国人や日本人のDNAの型は、新型コロナウイルスに感染しやすいといった指摘はその通りだと思います。
 しかし、そうした点以外に、その人の考え方や生き様がその人のエネルギー場を決めるのであり、そうしたエネルギー場が今の新型コロナウイルスの持つエネルギー場と共振するのであれば感染するし、そうでなければ感染しないという視点もあると思っています。
 並木良和さんは、311による放射能汚染や、今回の新型コロナウイルスのように、自分の力でなんとかできるものを超えた現象が起こったということの意味は、「そうした現実にいつまでも留まり続けるか、あるいは目醒めてそうした現実を超えてしまうか」という選択を迫られていることだと言っているそうです。
 並木さんが、目醒めた人は新型コロナウイルスに感染しないどころか、病気という体験すらできないと言っているのは、そうした意味でしょう。

 もちろん目醒めていない私自身も、普通に不安や恐怖を持っているので、今回の新型コロナウイルスに感染するかもしれません。でも感染したら、それはそれで仕方ないと思うようにしようと思っています。SARSやエボラに比べたら致死率は低いので、感染したら、しばらく身体を休めるようにという天の声だと解釈するつもりです(このところ忙しかったので)。そうすることで、感染するかもしれないという不安や恐怖をできるだけ抑えたいと思っています。
 その点で言えば、今のテレビのニュース報道は、人々にできるだけ不安や恐怖を掻き立てようとしているように見えてなりません。今日、どこどこの県で何人感染者が出たとか、これで死者が何人になったといった報道を、実に事細かに熱心に行っています。必要以上に報道することで、人々の不安や恐怖をもっと煽りたいという意図が隠されているように見えてしまいます。

 サアラさんは、宇宙的規模のパンデミックの際には宇宙は統合に向かったのに、今回の新型コロナウイルス騒動では、患者を隔離するといった分離の方向に行ってると言っています。
 そして空気感染する以上、隔離しても無駄だといいます。
 隔離しても無駄だというもう一つの理由が、ウイルスは空間を漂って移動するだけでなく、ウルスが存在していない空間に突然出現することすらあるといいます。
 そうだとすると、やはりエネルギー場としての視点は必要だと思います。
 不安や恐怖というエネルギー場を脱することにより、新型コロナウイルスのエネルギー場を超えたレベルで活動するという視点は、あってもよいと思っています。

 サアラさんが動画で語っていることで私の印象に残ったのは、新型コロナウイルスの由来です。
 サアラさんは、新型コロナウイルスを造ったのは人間だけれども、デザインしたのはETだったと言っています。だとすると、研究所から誤って漏れてしまったのではなく、明確な意図があって撒かれたという可能性が高そうです。
 そして、今回の騒動が収まっても、次が用意されているという不気味なことを言われています。
 もしそうだとすると、今回の騒動はここ1,2ヶ月中にピークを迎え、その後収束に向かうという可能性もあるかもしれません。

 サアラさんの無料動画に興味を持たれた方は、以下のサイトで申し込めます。

https://www.fottotv.com/saarahat-message-1



新型コロナウイルスが経済に与える影響...2020年2月22日

 ネットでは、人々に新型コロナウイルスに対して恐怖や不安を掻き立てるような記事が氾濫しています。
 私は、免疫力を高める生活や、人ごみを避けるといった工夫は必要だと思いますが、恐怖や不安はできるだけ抱かないようにした方が良いだろうと思います。
 恐怖や不安に関して、以前引用させていただいた並木良和さんの記事を再度紹介させていただきたいと思います。


 ・・・<「anemone」2020年2月号、p20〜p23から抜粋開始>・・・

 いまこの地球は、宇宙存在たちの加勢もあって、光のほうが優勢になっています。なので、今後は、闇側の計画が成し崩しになる可能性が高いんです。でも、だからこそ、ダークサイドのETや、それに動かされている世界のエリートたちが、最後の抗戦をしてくるでしょう。
 911のようなことが起こるわけではありませんが、たとえば、多くの人が命を落として大混乱に陥るような映像が出てきたときに、どうしても感情が動きますよね? そういうときに、僕たちは波動をガクンと落とすことを知っていて、彼らは計画的に仕掛けてきます。
 さまざまな情勢や動向を探りながら、僕たちの意識がどのレベルにあるのか、どこまで気づき始めているのかウォッチしていて、いいところまで上がってくると、一気に落とすようなことをしてくるわけです。

 ・・・(中略)・・・

 ですから、まやかしにとらわれないことが大事です。起きた現象に心をゆらすのは、彼らにとって思うツボです。僕たちの不安や恐れを使って、彼らの思うとおりの闇の流れをつくろうとしますから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この記事が載った雑誌が発売されたのは、今年の1月9日です。
 ですから、並木さんがこの内容を語ったのは、去年の暮れ頃でしょう。その頃は、これほど新型コロナウイルスが騒がれていなかったことを考えると、まるで今回のことを予言していたかのようです。
 もちろん、今回の新型コロナウイルスが人工的に造られたものかどうかは、わかっていません(ネットでは、人の手によって造られたという記事がたくさんありますが)。
 しかし、人工物であろうが自然由来のものであろうが、恐怖や不安の感情を持つ必然性はありません(対策は必要ですが)。
 これに関しては、最後にまた話題にしたいと思います。

 今回の記事は、新型コロナウイルスが経済に与える影響についてです。
 2019年10〜12月期のGDPは、前期比年率で6.3%も減りました。特に家計消費は、前期比年率11.5%も減り、リーマンショック直後の2008年10〜12月の−6.0%を上回る減少となっています。
 やはり一番の原因は、8%から10%への消費税の増税でしょう。
 GDPの6割を占める消費の落ち込みは、やはり相当な影響を及ぼしているようですが、問題はこの数字は新型コロナウイルス騒動がなかった時の数字だということです。
 今や、大きなイベントは軒並み中止となっています。
 中国を主体としたインバウンド消費が、大幅な落ち込みとなるのは確定しています。吉田繁治さんによれば、インバウンド以上に観光業にとって痛いのは、日本人客のキャンセルだといいます。
 消費が好調なのはマスクや消毒液ぐらいで、人々が不要不急の外出を控えるようになっているので、消費は大幅な落ち込みになっていることは間違いありません。
 発表されたGDPの大幅な悪化と、日本で感染が大きく広がることの懸念かもしれませんが、円ドル為替は、1ドル108円台だったものが112円前後までの円安となってきました。もしかすると、市場は東京オリンピック中止の可能性まで織り込み始めたのかもしれません。
 私は、日本経済は今、重大な局面を迎えていると考えています。

 ではまず、吉田繁治さんの2月12日号のメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、2020年2月12日号から抜粋開始>・・・

■3.最新の経済予想

【2020年1−3月の、世界のGDPの成長は0%いう予測】
◎世界の実質GDP(増加率予測は、下げても3%台でした)は、2020年1-3月期には、3ポイント(%)以上落ち、金額では、従来の予想よりマイナス30.8兆円という。20年の最初の四半期は、世界のGDPがマイナス成長という観測が出始めています(英国の調査会社キャピタルエコノミクス)。英国のEU離脱決定(実際の離脱は2020年末)とも重なっているからでしょう。

【中国のGDP偽装】
中国は、実質3%に落ちると見ているからです。公式統計の6%が、同じ基準で、3%に下がるという予想です。中国の公式統計でのGDPは、2017年+6.8%、2018年+6.6%、2019年+6.0%です(10月〜12月)。これは世界から、高すぎるという指摘を受けています。

会計があやふやな国有企業がおよそ50%を占めるからでしょう。公共事業も、州をまたぐと二重計上されることがあり、「投資計画=竣工」とされるものがあります。加えて金融機関の不良債権が少なすぎます。

【旧ソ連のモノバンク風な、国有銀行】
国有銀行が国有企業に、利払いと返済の追い貸しをしているからでしょう。国有銀行はソ連型の、返済がなかったモノバンク風なところを残しています。マネー増発で、最後は1000倍のインフレでした(ロシア:1998年)。
https://www.mof.go.jp/pri/research/discussion_paper/ron291.pdf

4半期とはいえ、1−3月期の世界のGDPが0%成長になれば、リーマン危機のあと、11年ぶりのことです。実際の中国のGDPは、少なく見ても3ポイント(%)低いでしょうから、中国は現在、日本並みの「ゼロ成長からマイナス」でしょうか。

【人の移動と経済】
経済の問題は、工場、商店、オフィスの操業停止と、都市の封鎖がいつまで続くかです。医療もGDPですから増えているでしょうが・・・ただし、共産党員以外での医療保険制度は、まだ整っていません。

日本の保険医療費より2〜3倍と高く、米国の料金並みの、整った総合病院(三級甲)の診療費の支払いはどうなっているのか。民間医療が発達していた中国では、2000年ころまで、医師の国家資格はなかったのです。

【工場大国になった中国】
中国の、2019年の自動車生産台数は、前年比7.5%減の2572万台、販売は8.2%減の2576万台とされています。これには、おそらく嘘がない。偽装ができないドイツ、米国、日本の車メーカーの生産が多いからです(中国汽車工業協会)。

もっとも金額が大きく、3万の部品と広大な下請けが必要な消費財(5年で償却)である自動車の生産と販売が7%以上減って、2019年のGDPが実質6%成長(商品数量)は、普通、ありえない。

トヨタ式の在庫レスになっている世界の自動車工場は、下請け部品メーカーの操業の停止から、完成車の組み立てが停止します。ハイテクには、ハイテク固有のリスクがあります。
https://www.marklines.com/ja/statistics/flash_sales/salesfig_china_2019

■4.日本の景気指標(先行きを示す)は、リーマン危機以来の悪化

【消費税増税のあとの日本経済】
日本の19年12月の景気指標でも、消費税増税の前から、5か月連続の悪化です。これは10年前の、リーマン危機以来のことです(内閣府:景気動向指数)。19年10月からの、消費税の2%増税の、消費抑制効果は、2014年の4月からの3%増税のときより大きい。

暗算ができる10%というキリのいい数字になったことと、世帯所得の増加がないからです。買い物の実質所得は、2%増税で2%減です。

店頭の価格税抜きの1000円が、レジを通過すれば税後の1100円。心理的には、3%増税のときより高くなった感覚でしょう。

キャッシュレスポイント還元という攪乱要素は、6月末に終わります。なおスーパーの食品は8%のままですが、レストラン内の飲食は10%です。中小店舗では5%、チェーンやコンビニでは2%になるキャッシュレスポイントをつけても、店舗の平均売上は、マイナスです。根本の理由は、「期待世帯所得額の減少」です。世帯所得は減るだろうという、人々の経済学的な予想(Prospect)です。

【前回(2014年4月〜)より減少している、小売と卸の売上】
政府(悪名高い内閣府)と日銀は、毎回、「景気は穏やかに回復」といい続けていますが、増税後の10月に7.1%、11月に2%減の小売り売上と、8%減っている卸出荷額の実態を、無視しています。個人消費は、GDPの60%を占めます。

経済学者の一部には、「2020年は、消費税不況から景気は大きく低下」と見ているひとが、30%くらいいる感じです。世帯所得が増えてないので、消費税の要素が一層大きく、商品購買を左右しているからです。

以上の、期待所得が減るだろうという中の消費税増税に、都市部、観光地の店舗売上を上げてきた2020年のインバウンド消費の減少と、新型コロナウイルスからの「消費への気分」が加わるでしょう。計ることは難しい人々の気分は、もっとも大きく世帯の消費額と、企業の投資額を左右します。

【消費税不況に、インバウンド消費の急減が加わる】
19年12月までは、経産省が輸出相手国としてのホワイト国をはずしたことから、韓国の日本商品排斥と、外国人では中国からとほぼ同じ数だった日本への観光を控える運動がありました(韓国からの訪日客が63%減:19年12月)。

明けて20年1月からは、新型肺炎から中国のインバウンド消費の激減が加わっています(19年12月は60万人:1年で838万人でした)。インバウンドの年間3000万人全体は、各地の、都市部店舗で4.5兆円の売上増収になっていたものです。

【小売売上の3.5%がインバウンド消費だった】
2019年まで、小売総額130兆円の約3.5%が、外人観光客の消費で押し上げられていました。国内世帯の消費支出は高い年も横ばいです。インバウンド分だけが増えていました。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55391610X00C20A2EA4000/?n_cid=SPTMG002

・消費税増税と
・インバウンド消費を減らす新型コロナウイルスの蔓延は、
2020年3月からの不況(リセッション)の、引き金になる感じがしています。

◎GDPには、「人々の期待(Prospect)が、相互に影響を与える乗数的な波及」があるからです。GDPの期待成長率が0%に下がると、投資と消費が減って、実際のGDPは0%以下になります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ちなみに、「旧ソ連のモノバンク」とは、「中央銀行、 商業銀行の機能を組み合わせ、単一の国営銀行(Gosbank)として構成」されていたものだそうです。
 短いですが、今週号の吉田繁治さんのメルマガからも抜粋します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ、2020年2月19日号から抜粋開始>・・・

経済への波及
広くいえば中国と世界の経済活動(=人の契約と取引)に関係することです。GDPは、購買と生産の契約数です。インバウンドより国内旅客のキャンセル数がはるかに多いという。生産と販売のサプライチェーンは、想像より多い。衣料の全体、電子製品、AV、生活家電、自動車、化学、にんにくや玉ねぎまでも関係しています。2010年から中国は日本にとって米国以上の貿易相手国であり35兆円で1位です。

19年10月からの消費税増税の影響ですが、2019年10-12月期のGDPは、年率換算で6.3%も減っています。2020年1−3月期も、相当なマイナスでしょう。20年4−6期がどうなるか、7−9期はどうか。

◎このままなら、経済外のことから、日本と中国のGDPが2%〜3%マイナスして「準恐慌」になります。日本でも、現在、人込みになる街は閑散としています。食品SMとコンビニだけが客が多い。上海のコンビニでは、5人に入場を制限しています。物流と、人が集まることの問題からです。

政府は、観光業に対しては、緊急に5000億円の支援金貸付を設けています。中国は、全産業に対して、倒産防止のために18兆円の緊急支援金です。支払う資金が、売上としてはいらないと、国有企業以外は倒産するからです。命の問題に対して、経済をいうのは、はばかれますが、倒産は企業の死です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「ヤスの備忘録」のヤスさんの今週号のメルマガにも、新型コロナウイルスによる中国経済への影響の記事が載っていましたので、抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<ヤスさんのメルマガ、第577回から抜粋開始>・・・

中国経済の現状

もちろん、感染の拡大を抑止するあらゆる手段を中国をはじめ各国が講じるので、さすがにここまでは悪化しないだろうと思うが、警戒だけは怠らないほうがよいだろう。しかし、感染の早期終息という楽観的な観測もあるものの、こと経済への影響に関しては非常に厳しい結果になっている。世界経済はこれから減速し、日本に至っては失速して、マイナス成長の不況になるか可能性が次第に大きくなっている。

2月17日、内閣府は2019年10月から12月期の国内総生産(GDP)の速報値を発表した。物価変動の影響を除く実質で前期比マイナ1.6%、年率換算ではマイナス6.3%だった。5四半期ぶりにマイナス成長に転じた。消費増税前の駆け込み需要の反動減が響いたほか、大型台風や暖冬による消費の伸び悩みも重荷となった。さらに、米中貿易戦争の余波による製造業を中心とした対中国輸出の落ち込みも響いた。

これは昨年の10月から12月期の数値だから、今回の新型コロナウイルス蔓延以前の時期である。すでにその時点でこれだけのマイナス成長であるなら、これに新型コロナウイルス蔓延のマイナスの影響が加わると、予想を越えた悪さになることは間違いない。

新型コロナウイルス蔓延の経済的な影響の主要なものは、中国経済の失速である。中国人観光客のインバウンド需要の極端な落ち込み、そして武漢を中心とした自動車産業や、IT産業のサプライチェーンの寸断が主なマイナス影響として考えられている。

しかし、それだけではもちろんない。中国経済全体が大きく失速するので、中国依存の高い日本の全産業分野に巨大な影響を及ぼすと考えられる。しかし、中国経済の失速はどの程度なのだろうか?経済の統計値が発表になるのは数カ月先なので、なかなか見えてこない。

モーガンスタンレーの予測

このため、いまさまざまな組織や機関が、間接的な方法を駆使して現在の中国経済の状況を把握しようとしている。その一つが大手投資銀行の「モーガンスタンレー」だ。最近ここは、中国の主要都市の汚染の度合いを手掛かりとして、国内経済の状況を分析した。二酸化炭素を中心とした汚染物質の排出量は、経済活動に比例して増大する。経済活動が活発になれば、交通量も工場の稼働率も上昇するからだ。

そのレポートによると、広東、上海、成都などの主要都市における汚染物質の排出量は例年の平均値と比べて、20%から50%も低かった。この結果から「モーガンスタンレー」は以下のように結論した。

「この結果は、これらの主要都市やその周辺の交通や工業生産などの人間活動は、潜在的な能力の50%から80%も落ち込んでいることを示している。」

これは予想を越えた大変な落ち込みだ。この状況が統計値に反映されるのは、数カ月先になるだろう。

主要都市の交通渋滞状況

また、中国の主要都市における交通渋滞の発生状況からも、中国の経済活動の停滞がよく見える。北京、上海、武漢、広東、香港などの主要都市を見ると、2019年のピーク時の交通渋滞の発生と比べると、70%も減少している。

これは上記した「モーガンスタンレー」の、中国の産業活動が50%から80%も落ち込んでいるとする結果とぴったり一致している。やはり中国経済は、予想を越えた勢いで失速している可能性がある。

こうした結果が日本経済の統計値に反映され、目に見える形で発表されるのが、2020年度の1月から3月期の国内総生産(GDP)速報値だ。これは5月にならないと発表にはならない。しかし、大幅なマイナス成長になることは避けられないだろう。これが発表になる5月には新型コロナウイルスの蔓延が終息していればよいが、どうだろうか?

もし終息していなかったとしたら、日本経済は1974年の「オイルショック」や、2008年の「リーマンショック」を越える極端な落ち込みになるだろう。我々も、そろそろ対応の準備を始めたほうがよいのではないだろうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、新型コロナウイルスに対する不安や恐怖に関する話題です。
 並木さんによれば、波動が上がる(目醒めた状態になる)と、病気することすらできなくなるそうです。
 では、私達のようにまだ波動が上がっていない一般庶民はどうしたらいいのでしょうか。それに対するアドバイスを並木さんがしていたそうです。
 以下は、並木さんのLAでの講演会の様子をYokoさんという方が語っているものです。

https://www.youtube.com/watch?v=gbqOsmUDXoM

 ここで並木さんが新型コロナウイルスに罹らないイメージワークを紹介しています。
 3分50秒頃に、身体の周りにバブル(泡)をイメージするワークと、6分27秒頃に自分を現実に縛り付けているバーを手放すワークが紹介されています。
 どちらもとても簡単なワークですが、これが意外と効果的かもしれません。



話題を3つほど...2020年2月9日

 今回は、3つほど話題をお届けしたいと思います。
 まずは今、世間を騒然とさせている新型コロナウイルスに関してです。再びヤスさんのメルマガから紹介させていただこうと思います。
 私はこのところ忙しく世情に疎(うと)くなっているのですが、テレビなどでは新型コロナウイルスの報道が過熱しているようです。そういえば、電車に乗るとマスクをしている人がかなり増えてきた感があります。マスクや消毒液が飛ぶように売れていて、店頭から消えてしまい、入荷もいつになるかわからないと報道していました。
 次に、横河サラさんの「プロジェクト・ルッキング・グラス」の後半を紹介させていただきます。
 最後に、マイブームとなっている並木良和さんの記事を紹介させていただこうと思います。


新型コロナウイルス騒動に関して

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガによると、ネットでは、まずビル・ゲイツ氏犯人説が流行したそうです。
 その理由をメルマガから書きだしてみます。

・ワクチンは巨大な利益をもたらすビッグビジネスで、ワクチンを作る為には、ウイルスが必要。
 イギリスにある家畜感染の研究所、「ピルブライト研究所」がコロナウイルスの特許を取得していて、その「ピルブライト研究所」の大口献金者の一人がビル・ゲイツ氏が妻とともに設立した財団、「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」だった。

・ビル・ゲイツ氏は、2018年4月に「マサチューセッツ医師会」で講演した際、今後世界の最大の脅威はウイルス感染のパンデミックになるとして、ワシントン州のシアトルにある「疾病モデリング研究所」が発表したパンデミックのシミュレーションを提示。これは、中国南部から感染が拡大するというもの。

 これらの状況証拠からビル・ゲイツ氏犯人説がでてくるのは無理もないのかもしれません。しかし、「ピルブライト研究所」が取得した特許は、「SARS-CoV」という「SARS」のウイルスで、今回のコロナウイルスは「2019-nCoV」という新型だったといいます。「2019-nCoV」は、「SARS-CoV」に近い性質を持つものの、基本的には別種のウイルスだったとのことです。
 これにより、ビル・ゲイツ氏犯人説は急速に萎(しぼ)んでいったそうです。

 次に拡散したのが、カナダの研究所から中国のエージェントによって武漢に運ばれ、リークされたものという情報だそうです。
 この情報は、有名なヘッジファンドのマネージャーで、日本国債の先物売りを仕掛けながら何度も失敗しているカイル・バス氏という人物からだそうです。
 運び出したエージェントは、ウイルス学者の邱香果博士(Dr. Xiangguo Qiu)と、その夫の成克定博士(Keding Chang)だったといいます。邱香果博士は、2017年から18年の1年間で少なくとも5回、「武漢ウイルス研究所」を訪れていたそうです。そして、邱香果博士とその夫は「王立カナダ騎馬警察(カナダの警察)」によって逮捕され、邱香果博士は「武漢ウイルス研究所」の「ワクチン開発と抗ウイルス治療部門」の責任者を解任され、また、カナダの「国立微生物学研究所(NML)」も解雇されたといいます。
 こうした噂を前提して、ヤスさんのメルマガを読んでみて下さい。
 記事に出ている「筆者」とは、もちろんヤスさんのことです。


 ・・・<『「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第575回)』、から抜粋開始>・・・

●専門家の証言

こうした情報だが、これは他の専門家によっても同じような内容が確認されているので、信頼できる情報としてすごい勢いで拡散している。

その専門家とは、フランシス・ボイル博士だ。ボイル博士はイリノイ大学法学部の教授で、生物兵器を禁止した1989年の「生物兵器反テロ法」をまとめた人物のひとりだ。ボイル博士によると、中国は間違いなく生物兵器を開発しており、「WHO」もそれを知っていることは私は分かっているという。さらに、カナダの「国立微生物学研究所(NML)」からコロナウイルスが武漢に運ばれて使われたという情報もおそらく事実だろうとした。

ネットラジオのインタビューでボイル博士はこのように発言したため、中国のエージェントである邱香果博士とそのチームによって新型コロナウイルスが「武漢ウイルス研究所」に運ばれたという情報は信憑性を増し、すごい勢いで拡散している。

●果たしてこの情報は本当か?

先のカイル・バスがこの情報を投稿した後、陰謀系も含め、あらゆる情報を紹介している「ゼロヘッジ」に紹介された。その後、さらに詳しい情報が加えられ、インドを中心とした地政学のオンラインメディア、「グレートゲームインディア(GreatGameIndia)」でまとまった記事となり、さらに拡散した。このサイトはインドが地域覇権国となることを主張するナショナリスティックなサイトだ。パキスタンと中国に対する敵愾心が強い。

筆者はこの情報の信憑性を知りたかったので、調べて見た。そうしたときに頼りになるのが、「ファクトチェックドットオルグ」というサイトだ。ここは中立の立場から、拡散している情報を片っ端から調べるサイトだ。メールなどでソースを取材し、情報の信憑性を確認している。新型コロナウイルスがカナダから武漢に中国人科学者の手によって運ばれたという情報もチェックの対象になっていた。

まず分かったことは、カナダの「国立微生物学研究所(NML)」に聞いてみたところ、邱香果博士は解任されておらず、同研究所に在籍しているという事実だった。ただ、「王立カナダ騎馬警察」に確認したところ、邱香果博士を取り調べたことはあるという。だが理由はプライバシーにかかわる私的なもので、コロナウイルスとはまったく関係がないということだった。

さらに「国立微生物学研究所(NML)」から武漢にコロナウイルスが邱香果博士の手によって運ばれた件だが、たしかに2019年8月に「カナダ国営放送」は、「国立微生物学研究所(NML)」から北京の研究所にエボラウイルスとヘニパウイルスの2つが、3月に輸送されたことを報じた。ただこの輸送には、邱香果博士はまったくかかわっていなかった。これは、カナダ保健当局の規制を順守した合法的な輸送だった。

また「カナダ放送協会」の報道によると、邱香果博士は著名なウイルス学者なので、「武漢ウイルス研究所」をはじめ、「中国科学院」、「天心大学」、「中国医学科学院」、「北京理工大学」、さらに「中国ウイルス学会」や「WHO」の主催する国際会議で講演を行っているという。

どうもこれが実際に起こったことのようだ。これを見ると、カイル・バスがツイートで拡散した情報は、邱香果博士が私的な理由で「王立カナダ騎馬警察」の取り調べたを受けたこと、そして「国立微生物学研究所(NML)」が北京の研究所にエボラウイルスなどを送ったこと、さらに邱香果博士が「武漢ウイルス研究所」で講演をしたことという、相互に関係がない3つの出来事を一緒にして創作されたストーリーであったことになる。

これを拡散したカイル・バスは、スティーブン・バノンと行動をともにする徹底した反中国活動家の一人だし、この情報の拡散に貢献した「グレートゲームインディア」も、中国に敵愾心を燃やすインドナショナリズムのメディアだ。そのように見ると、新型コロナウイルスは中国の生物兵器であるに違いないという強い思い込みから、3つの出来事を一緒くたんにしたシナリオが出来上がり、それが拡散したものと思われる。

●これは生物兵器か?もっと驚くべき事態

では、こうした情報が否定されたのであれば、新型コロナウイルスはやはり自然に発生したもので、生物兵器ではないと断言することはできるのだろうか?筆者はそうは思わない。中国が作ったにせよ、アメリカが作って中国に仕掛けたものであるにせよ、はっきりした証拠はないものの、やはりこれが兵器である可能性は、まだ完全には否定できないように思う。ただ、いまネットで拡散している情報には、はっきりした根拠がないというだけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうやら、ネットで拡散している情報は、嘘が9割、真実が1割という法則にかわりはないようです。
 それゆえ、ネットの情報はかなり注意して読む必要がありそうです(当然、「本山よろず屋本舗」も注意して読んでいただきたいと思います)。
 私がネットで気になるのは、中国が意図的にウイルスを撒いたというサイトです。
 かりに今回の新型コロナウイルスが、生物兵器として意図的に撒かれたとするなら、経済的にもイメージ的にも、一番被害を蒙っているのは中国ですから、わざわざ自分が打撃を受けるようなことをするのかなと思ってしまいます。
 私は中国に肩入れもする義理は何もありませんが、ネットで拡散している中国犯人説には疑問を感じています。
 イメージダウンの話ですが、ヤスさんによると、ドイツの大手紙「シュピーゲル」は、「真っ赤なケープにガスマスクを身につけた東洋人男性の写真と「コロナウイルスMade in China」というタイトルの扇情的なカバーを使用し、グローバリゼーションの進展による中国人旅行客の拡大が、蔓延の背景にあると主張した」そうです。こうした、中国人、ひいては東洋人全般に対する差別的言動が広がっているそうです。

 あと私が特に気になるのは、日本のマスコミの新型コロナウイルス報道の過熱ぶりです。
 日本のマスコミは全く無視して報道していないので、知らない人も多いかもしれませんが、実は今、アメリカは猛烈なインフルエンザの脅威に晒されています。
 以下のきっこさんの記事を読んでみて下さい。

https://www.mag2.com/p/news/438860?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000001_thu&utm_campaign=mag_9999_0206&trflg=1

 きっこさんが指摘するように、アメリカではインフルエンザの大流行が起こっており、今回の新型コロナウイルスに対して感染者数で1000倍、死者数で27倍という事実を、マスコミが全く報道しないのは、異様としか言い様がありません。
 安心してよいなどといい加減なことを言うつもりはありませんが、日本のマスコミは必要以上に人々の不安を煽っているように見えます。
 何か裏に意図があるかもしれないと勘ぐってしまいます。

 私が今回の新型コロナウイルスに関して、参考になると思ったサイトを貼っておきます。

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-1/

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-2/

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-3/

http://www.thinker-family-health.com/novel-coronavirus-4/



「プロジェクト・ルッキング・グラス」の後半

 当HPの2019年12月17日の記事、『プロジェクト・ルッキング・グラス』で、横河サラさんのメルマガから「プロジェクト・ルッキング・グラス」に関するインタビュー記事を紹介しました。
 横河サラさんから、やっとその後半部分を載せたメルマガが送られてきたので、紹介させていただきます。
 メルマガによると、ルッキング・グラスのテクノロジーは、「いまではアライアンスの手に渡り、ディープステートとの闘いに使われている可能性はとても高い」そうです。
 それは、「Qアノンの投稿の中に、かなりはっきりと見て取ることができます」とのことです。


 ・・・<『横河サラさんのメルマガ「vol. 104」号』から抜粋開始>・・・

ビル・ウッド (BW):この現象に名前をつけるとしたら、私は「目覚めのプロセス」と名づけるでしょう。

ディープステートが、どんな決定や可能性をインプットしたところで、やがて私たちは真実を学び、私たちが所有しているはずの莫大な情報を隠蔽しておくために築き上げられた、巨大な嘘のダムに気づくことになります。
つまり、これはもはや変えようのない「意識の進化」なのです。

ケリー・キャシディ (KC):あなたのようなバックグラウンドを持っている人 (*イラク戦争時に最新鋭のトマホーク・ミサイルのコンピューター操作を任務とし、軍にて直感を磨く特殊なトレーニングを受けていた) から、こういった事実や観点を聞くと、大変説得力がありますね。

地球上にはいくつかルッキング・グラスがあると言われていて、ダン・ブリッシュは、ルッキング・グラスはシャットダウンされたと言っていますが、あなたはどのように思われますか??

BW:どのルッキング・グラスも一様に同じことを伝えるようになったために、シャットダウンされたのでしょう。
ディープステートにとっては、役に立たないものになってしまったのです。

たとえて言うならば、邪悪な魔女が魔法の鏡をのぞき込んで、何度質問しても、同じ答えしか返って来なくなってしまったのです。
魔女が欲しがっている答えとは正反対の答えしか返って来ないので、もう鏡に話しかけるのをやめてしまいました。

それが、ルッキング・グラスに起きたことです。

彼らは、自分たちがルッキング・グラスを使うのをやめただけではなく、人々にも使わせないようにしました。
ルッキング・グラスが言っていることを誰にも知られたくなかったからです。

私が軍にいた頃、それは「どうやってこの避けがたい未来がやってくるのを防ぐか」という、途方もない大問題でした。

私は最初、これは世界の終わりだと思いました。

けれども今では、それは「彼らの世界の終わり」だということがわかります。

KC:それは、まさに名言ですね!

BW、KC:(笑)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 メルマガによると、2月25日に横河サラさんの2冊目の本、『ダイヴ! into アセンション』が発売されるそうです。
 そこで、サラさんがこれまで学んできた(体験してきた)アセンションに関する話が載せられるそうで、私は楽しみにしています。


5次元世界の様相

 再び並木さんの話を、『月刊誌「アネモネ」2020年1月号』から紹介させていただきます。
 前々回の記事、『並木良和さんが語る2020年代』で、並木さんはアセンションは、2037、38年ごろに起きると(上から)聞いていると言われていました。
 今回、引用させていただくのは同じ月刊誌アネモネでも1ヶ月前のものです。
 そこでは、地球が本格的に5次元に移行し始めるのは、2032年あたりだと言っています。
 地球は、すでに振動数を上げ始めているとのことですが、2032年頃から私たちの目に見える範囲で変化を確認できるようになるという理解でいいのでしょうか。
 そこで私たちがどのような変化を体験するかといった話を抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『月刊誌「アネモネ」2020年1月号』、p56〜p58から抜粋開始>・・・

 「宇宙スタンダード1」

 地球が、本格的に5次元世界へと移行し始めるのは2032年あたりになります。そこから、さらにシフトアップしていくのですが、この過程で物理次元に起こるのが、スピードの速い乗り物の誕生です。僕たちの進化の状態は、移動時間の速さに現れます。新幹線や飛行機が開発されたのも、じつは僕たちの意識の上昇と関連していたのです。
 この技術の向上に大きく関わっているのが、宇宙の情報。つまり、有能なエンジニアのひらめきというのは、ある種のチャネリングでもあるわけですが、多くの人が、“脳内に構築された知識によるアイデア”だと信じて疑いません。これを宇宙情報と捉えている人は、ごくわずかでしょう。
 今後、僕たちの波動が上昇していくにつれ、以前にも増して濃厚な宇宙情報がどんどん地上にもたらされるようになり、僕たちもそれを受けとれる状態へと進化していきます。宇宙というのは、瞬間移動がスタンダードな波動領域ですから、5次元世界へと移行したら、瞬間移動に近いテクノロジー情報が急速にもたらされるようになり、これまでは不可能だと考えられていた高速の乗り物が、次から次へと開発されるはずです。


 「宇宙スタンダード2」

 人々の移動速度が速くなると、地球の磁場がどんどん軽くなり、それが人々のカルマをも溶かしていきます。宇宙では意図したものがすぐ現れますし、行きたいと思った瞬間に、その場所にいる。つまりプロセスというのがないんですね。だから、いつだって軽やかだし、カルマに縛られる状況がほとんどないわけです。
 「プロセスを楽しむという側面は、女性性によるもの」といわれることがありますが、これはガイア(地球)が女性性を象徴している星であることとも関係しています。つまり、多くの意識たちが、女性性特有の“プロセス”を楽しみたくて、彼女(ガイア)のもとに来たともいえるのです。
 しかしいま、ガイアは自らが目醒めることを決意しました。もう、プロセスは十分に楽しんだ、と。そして、新しい可能性に向けて、自身の波動を上昇させることを選び、中性的な星へと生まれ変わろうとしています。とはいえ、元の彼女が消えてしまうわけではありません。少女が、美しい女神のような存在へと成長を遂げていくように、ガイアも女性性のもつ神聖さはそのままに、より洗練された調和的な周波数を帯びるようになるということです。


 「宇宙スタンダード3」

 一部のヒマラヤ聖者たちは、テレポーテーション(瞬間移動)やレビテーション(空中浮遊)を行っているといわれますが、それは山奥には交通手段も、整備された道もないからでしょう。たとえば、川の向こう岸へと渡りたいのに、橋やボートがなければ、この能力を発現させようとするのは、ごく自然なことかもしれません。「火事場の馬鹿力」という言葉のとおり、必要に迫られると、僕たちは奇跡的な力を発揮し始めます。
 これらの能力というのは、本来は誰もが備えているものです。ただ、多くの人にとっては、この力がなくても生きていけますし、何よりも、いまの地球は“制限の場”ですから、そのすべてを簡単には発揮できないしくみになっているんですね。
 一方、5次元世界では、文明はますます発展を遂げながらも、日常的にこうした能力を使う人たちが、徐々に増えていきます。物質的な豊かさと、精神的な自由度、充実度が統合され、かつ高まった環境では、誰もが本来の力を自由に惜しみなく、簡単に発揮できるようになるんですね。あとは、使うか使わないか、という選択肢があるだけ。
 いま各地で大きな災害が続いていますが、それは多くの意識が、もう“十分すぎるほどに味わった制限”を手放すことに、深い部分で同意をしながらも、顕在意識ではこの習慣を超えられない“葛藤”の現れとも言えます。あるいは、物質的なものに頼らなくても生きていける力を、本気で取り戻そうとしていることの反映なのかもしれません。いずれにせよ、5次元世界への移行期であるいま、僕たちの可能性が大いに試されていることには、違いありません。


 「宇宙スタンダード4」

 僕たちの魂は、肉体の中に宿っているというよりも、肉体を抱えているといったほうが正確かもしれません。その魂が肉体を手放すことを死と表現します。
 5次元世界などの、より高い周波数帯域では、魂は体を何万年も維持することが可能です。高次元の周波数を帯びていたレムリアやアトランティス時代の人々は、寿命が永遠に近く、自分自身で死ぬ時期、つまり肉体を手放す時期を選択することができました。そんな彼ら同様、5次元世界に以降した人々の中には、意識的に肉体を手放すという人たちも出てくるはずです。
 そして、多くの人にとって、死というのが恐怖や絶望の対象ではなく、進化の過程で起こる、ごく自然なプロセスとして受け入れられていくでしょう。


 「宇宙スタンダード5」

 通常、僕たちは母親の肉体を介して、この世に誕生します。その際、過去世で一定の学びを終えたとしても、3次元のシステムでは、その記憶はすべてリセットされ、再び赤ん坊からやり直すというのが、ルールになっています。
 しかし5次元世界では、こうしたプロセスをいっさいたとらずに、この地に転生する高い意識をもった存在が出現し始めるでしょう。つまり、意識体からいきなり肉体を持った存在として、この地に降り立つということです。
 彼らは、いわゆるウォークインではありません。この地球を体験するためだけに肉体を物質化させて降り立つので、母親も父親もいません。自らの目的を体験するにふさわしい年齢の体を意図して物質化し、目的を遂げたら、再び自らを非物質化させてマスターソウルへと帰っていきます。こうした存在をとおして、概念を超えた死生観、生まれ変わりのシステムを、目の当たりにする機会が増えていくと思います。


 「宇宙スタンダード6」

 5次元世界では、魂の記憶をもって、地上に転生してくる命が増えてきます。そうして、本当に望む経験をポジティブに楽に、自由に積み重ねていくんですね。いまの地球のように、カルマの解消のための経験、というものがなくなっていくので、たとえばパートナシップなんかは、ものすごくスムーズになっていきます。おたがいにとって必要な相手というのが、すぐにわかりますから、魂レベルで合致するパートナーと迷いなく、摩擦なく出会えるようになっていくんです。
 さらに、自分たちのもとにくる子どもの特徴も、明確になっていきます。どのような目的と使命をもって誕生しようとしているのかはもちろん、才能や資質もわかるので、3次元世界とは教育が一変。一人ひとりの可能性を引き出すことを主とした、のびのびとした環境の中で、子どもたちが魂の目的をスムーズに達成できるよう、社会全体が動くようになるはずです。魂の目的を遂行するうえでの障壁が、いっさいない世界では、あらゆる物事がスピーディに運ぶようになり、人々は加速度的に進化を遂げられるようになります。


 「宇宙スタンダード7」

 目醒めへの移行期にいる人は、この時期、意識の奥深くに刻みこまれたネガティブなバイブレーションが、どんどん浮きあがってくるのを感じるかもしれません。地球がシフトアップし、強烈な光が磁場を覆うようになったことで、陰や闇の側面があぶり出されているからです。そのため、漠然とした焦りや不安を覚えやすくなったり、一時的に苦しみが増幅する人も出てくるでしょう。
 真の統合とは、ネガティブな感情が出てきたら、それをすぐに手放していくことですが、僕たちはこれまで、不安や焦り、恐怖を感じると、その周波数を使って、外側を変えようと必死になりながら深く眠ってきました。
 この不安定な時期に、これまでと同じようなやり方で、ネガティブな感情を手放さないでいると、不安や恐怖を煽る電波に同調しやすくなります。
 そこに目醒めを妨害する存在は付けこんできますから、いかなるときも意識を内側に向け、自分と向きあうことを忘れないでください。こみ上げる不安、怒り、無価値観、恐怖心、直面する苦しい出来事、人との摩擦……それらはすべて例外なく、意識に刻まれたネガティブなバイブレーションの投影、つまりその周波数を使っていることの顕れです。
 目醍めたいと真に願うなら、ネガティブな感情を感じたときこそチャンスなはず! つらい現実をつくり出す周波数を特定できたなら、それを手放してしまえばいいんです。

 ・・・<抜粋終了>・・・



上部一馬氏が語るブルーエイビアンズ...2020年2月2日

 上部一馬氏の最新本、『人工台風とハーモニー宇宙艦隊』を読んでいたら、ブルーエイビアンズの話が載っていました。
 私は、理由はわからないのですが、ブルーエイビアンズに強烈に惹かれています。それゆえ、思わず、おおっ! となってしまいました。
 ブルーエイビアンズを初耳だという方は、なんのことかわからないと思いますので、私なりに簡単に説明したいと思います。
 UFOやETに関する情報は世間に溢れているというのに、日本政府をはじめ欧米各国の政府は、その存在を公式には認めていません。
 しかし実際は、各国政府は秘密にETと接触し、彼らからテクノロジーを譲り受けて地球製のUFOを造り、太陽系内であれば自由に行き来できるレベルにあるといいます(ある組織は太陽系外まで進出しているそうです)。
 こうした秘密を暴露した一人が、コーリー・グッド氏です。
 コーリー・グッド氏は、少年の頃から人の心を読み取るサイキック能力があり、その能力をかわれて米陸軍から特殊な訓練を施されます。そして成人した後、米軍の秘密プロジェクトである『秘密宇宙プログラム』(SSP)で働くことになります。
 SSPを退役した後、第6密度に属する鳥型ETのブルーエイビアンズからスカウトされます。ブルーエイビアンズは第6密度の存在なので、第3密度の人類を含め、地球を訪れているET達と直接はコミュニケーションできません。それゆえ、特殊能力を持つコーリー・グッド氏を通訳として、人類代表やET達とコミュニケーションするようになったといいます。
 コーリー・グッド氏の膨大な情報は、ディビッド・ウィルコック氏の番組(ガイア.com のコズミック・ディスクロージャー)で開示され、一般に広く知られるようになりました(今は放送されていません)。
 こうした話はUFOマニアなら常識で、スピリチュアル好きな人でも知っている人は多いはずです。

 ディビッド・ウィルコック氏はコーリー・グッド氏に接触してきたブルーエイビアンズこそ、20世紀後半、アメリカでチャネリングされていたラーと名乗る存在だと確信しているようです。日本でもそのチャネリング内容を読むことができ、ナチュラルスピリット社から『ラー文書 一なるものの法則』として2冊発売されています。ただし、かなり難解です。ディビッド・ウィルコック氏ですら、当初はほとんど理解できなかったと言っているぐらいで、私もほとんど理解できていません。
 そのブルーエイビアンズですが、第6密度の存在ゆえに、人類はもちろん他のET種族からしてもそのパワーは圧倒的なようです。人類にとって畏怖する存在であるET達が、ブルーエイビアンズを畏怖しているといいます。ET達が、ブルーエイビアンズとの会見の場で緊張していたという記述が印象的でした。
 そしてブルーエイビアンズは、これまで続けてきた地球や人類へのガーディアンの立場を他の存在に譲ったといいます。新たにガーディアンとなった存在は、今は公表されていません。

 こうしたことを予備知識として、『人工台風とハーモニー宇宙艦隊』(上部一馬著、ヒカルランド)から抜粋したものを読んでいただければと思います。

 2018年9月、埼玉県所沢に住む気功家の山寺雄二氏は、自宅で就寝中の午前2時頃、恐竜型宇宙人の訪問を受けます。
 この話の続きから抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『人工台風とハーモニー宇宙艦隊』、p153〜p157から抜粋開始>・・・

 国立科学博物館で意識体ビューチャーが出現した!

 ところが、この博物館でまたもや前項で述べた恐竜型宇宙人とつながっていると思われる別な意識体がメッセージを告げてきたのだ。
 「この意識体は、私はビューチャー、日本語で”美しい葉”と名乗り、2億5000万年前、高度なテクノロジーをもっていたが、その惑星は滅んだというのです。
 そこで、肉体はないけれど、恐竜と人間のハイブリッドを作り、過去、現在、未来の時空間パトロールとなり、ときには叡智を与えたり、危機を乗り越えられるよう、修正したりしているというのです。
 最初にアンモナイトを展示しているところで、ビューチャーは、”これから博物館の見方を教え、意識の開放の仕方を教える”と告げてきたのです」
 次に恐竜が展示されているところで、完全にビビッとテレパシーが入った。
 「ビューチャーは”アンモナイトに触るだけで、凄い! と感じた年代が自分の生きた年代です。過去の記憶が戻り、トラウマが消え、アイデアが生まれたりする”と教示してきたのです」

 ”3つタイプの覚醒ネックレスを広めよ!”

 その後、この映画撮影の終盤、山梨にあるパワーストーンショップを訪れた。
 「ここでテラヘルツ鉱石を手に取ったら、ビューチャーから”耳に入れよ! 穴にアクセスせよ!”とメッセージが入ったのです」と山寺氏は続ける。
 実際、耳に入れたところ、頭がスッキリ、目もスッキリ、再度”これを形にせよ! 多くの人に広めよ!”とのメッセージが入った。当初、2つセットにしたが”3つにしなさい”というのだ。
 「テラヘルツのネックレスがいっぱいありますが、目や耳に入れるのはなく、現在、手作りで製作を開始しています。3つにすることでエネルギーの循環が改善することがわかったのです。また、両耳がオリオン、プロキオン、胸元のところが大犬座のシリウスにあたり、冬の大三角形ができるのです。
 これで大脳が刺激を受け、覚醒を引き起こすことが可能なのかもしれません」
 ビューチャーは、山寺氏にこれを多くの人に広めなさいと告げてきたのだ。
 テラヘルツ波とは、毎秒1兆回振動する周波数帯で自然治癒力を高める赤外線領域に入る。両耳の間、鼻の奥には”松果体”という、人間の叡智を担い、スピリチュアルを高める器官が備わっているといわれる大事な器官の一つがある。
 近年、日本上空および海外でも「ケムトレイル」と呼ばれる、民間機から化学物質がまかれ、大気、または土壌が劣化ウラン、アルミニウム、バリウムなどで汚染されることが国際問題になっている。このことで松果体が石灰化している可能性が高い。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 山寺雄二氏のもとを訪れたビューチャーなる存在を山寺氏がスケッチしたのが、下図の左側です。右側はコーリーグッド氏にアプローチしてきたラティエールと名乗るブルーエイビアンズのスケッチです。


P173から抜粋。


 ではブルーエイビアンズにまつわる話を抜粋していきます。
 ちなみに、私は「ブルーエイビアンズ」としていますが、上部氏は「ブルーエビアンズ」と表現しています。


 ・・・<『人工台風とハーモニー宇宙艦隊』、p172〜p182から抜粋開始>・・・

 人類はすでに極秘で米国製UFOで太陽系外探査を終えている!?

 驚くのはこの2.5億年前に滅亡、霊体となって過去、現在、未来をパトロールしていると告げたビューチャーの容姿なのだ。山寺氏が描いたのは明らかに鳥の顔のようだ。
 あ、これは? そうだ。これは米国で秘密裡に地球外生命とともに実施されている『秘密宇宙プログラム』(SSP)をリークしたコーリー・グッドが出会ったという青い鳥族/ブルーエビアンズに酷似してはいないだろうか。
 筆者はこれを知って、一晩興奮して眠れなかった。
 このコーリー・グッドのリーク情報は、一般的にはまったく信じられないものだが、世界中にディスクロージャーを巻き起こしたスティーヴン・グリア博士がこれと同様の見解を述べているのだ。
 すでに1950年代、人類は月と火星に移住を完了、地球外生命を交えた惑星間共同複合企業が存在し、太陽系外を探査しているというのだ。
 コーリー・グッドは地球外生命によって開発された米国製UFOに搭乗、カイパーベルトという太陽系外に帯のように広がるゾーンを目撃した。そこには水晶、アルミでできたようなドーム型建造物が無数に破壊されていたというのだ。
 このカイパーベルトは、25億年前から存在し、50もの惑星が存在するという。そして、巷間、UFOマニアでは常識となっている米国政府に入り込んでいる爬虫類型宇宙人レプテリアンおよびドラコニアン、世界を紛争に巻き込み人口削減と1%の富裕層で世界征服を目論む闇の組織イルミナティを追放、弱体化に成功しつつあるというのだ。
 今日、太陽系は強力なプラズマ帯に突入、このエネルギーの照射を受けると人間の意識が進化するというのだが、この進化の過程でネガティヴな感情に満たされた人間は生き残れないケースもあることがわかった。
 そこで、ブルーエビアンズは太陽系に急激なエネルギーの照射ではなく、緩くなるような見えないシールドを張った。そして、地球にもシールドを張ったところ、地球脱出が不可能となることから、これを恐れたレプテリアンらが協議を申し出てきたという。
 この会議には、なんと、あのニクソン大統領時の大統領補佐官キッシンジャーも在籍、コーリーグッドらは、このキッシンジャーから「君たちは彼らに対し、もっと敬意を払うべきだ」と諭されたという。
 そこで、ブルーエビアンズは一時的なシールドの解除を許した。これで、レプテリアンは自分の出身惑星に帰還したというのだ。
 レプテリアンは、1950年代から米国政府にレーザー光線や光ファイバーなどのハイテク技術を提供しているのだから、国のトップに君臨したキッシンジャーから、「彼らに敬意を払うべきだ」と言われたことは無理もないことだろう。
 この件も予備知識がない方には、まったく”トンでも情報”に違いない。

 鳥型宇宙人が古くから地球を見守ってきた存在かもしれない?

 筆者は、このビューチャーこそ、青い烏族ブルーエビアンズではないかと閃いた。
 『ハーモニー宇宙艦隊』シリーズの第一弾に登場した鰍iESの社長、本井秀定氏の鳥型宇宙人との遭遇事件と重なるからだ。
 ある日、本井氏が携帯電話で話している最中、鳥のような声が電話回線に入り込んできたことがあった。複数の息吹と呼吸音が携帯電話から聞こえた。
 過去、神霊や悪霊とも会話した経験をもつ本井氏は、「お前は誰だ?」と怒鳴ってみた。盗聴主から悲鳴のような鳥の声が聞こえた。
 それから数日たって故郷、新潟長岡の報徳神社に出向いたときだった。鳥居をくぐったところあたりから、ずっと視線を感じていた。少年がジィーと凝視しているのがわかっていた。少年は、何か言いたげな表情だったが、本井氏はそこを去った。
 参拝した後、突然、どうしようもない眠気を感じた。車で寝ようと思ったが、身体が動かない。仕方がないので境内に回り、誰も来そうにない小屋に入ってまどろんだ。
 どれくらいたっただろうか?
 ふと目を覚ましたら、そこに先の少年が本井氏の顔を覗き込んでいたのだ。
 「うわ!」と声を上げ、本井氏は驚いた。
 「私、モーリス、懐かしい。とても長い時間…過ぎた…会いたかった」と少年は涙を流しながら、名乗った。このモーリスこそ、電話回線に入り込んできた何者かであり、少年の身体を使い、コンタクトしてきたのだ。
 モーリスは、鳥型宇宙人とともに古くから地球を護ってきたと述べた。
 「今、危険…このままでは地球人…心ないと…手遅れになる」と告げてきた。
 どうやら、地震、火山噴火や異常気象、地軸の変化や戦争などで、人類は大変なことになるというのだ。
 「農業が大変…食べるのが大変…死ぬ…生きる…耐えて耐えて…耐えてください」と言う。モーリスが話す言葉は、サンスクリット語の元になったとされるヴェーダ語と思われたが、本井氏は、なぜか、意味がわかった。
 モーリスは、「地球に大難が降りかかりそうなときは、必ず地球を護る。それを忘れないでください」と告げた。
 本井氏は、少年の背後に佇(たたず)むおかっぱ風の髪が伸び毛先が金色になっている宇宙人らしき姿に目を見張った。首から下は体にフィットした白のスェットスーツのようなものを着ていた。これこそ、モーリスの姿だった。
 半霊半物質の霊体をもち、鳥型宇宙人が通信を担っているというのだ。
 モーリスは、地球の危機と人間の霊性の低下を訴え、希望を捨てないようにと言い遺し、去ったのだった。

 エジプトの絶対神ホルスは、鳥型宇宙人のことだった!!

 鳥型宇宙人とは何者なのか。エジプトの壁画には、鳥の頭をした人間が描かれているものが多い。そう言えば、かつてのエジプトの絶対神は、ホルスではないか。
 ホルスはイシリス(シリウス)を母にもつ。イシリスは、兄であり夫でもあったオシリス(オリオン)が亡くなった後、処女懐胎し、ホルスを身籠ったという神話がある。
 聖書に書かれたマリアの処女懐胎は、イシリスの神話がベースになったようだ。
 ホルスの容姿は、翼をもち、ハヤブサの顔をしている。これこそ、鳥型宇宙人を表している。ハーモニーズの横石氏らが帯広で夜間、撮影したのがこのホルスだったのではないか。
 古くから人類を助け、神々として見守ってきたホルスをエジプトの民は、絶対神として、祀ってきたのではないだろうか。
 とは言え、筆者はホルスの顔がなぜ、鳥なのか理解できなかった。
 この謎が解けた。
 それは、前書でも紹介した水木千歳・小池了コンビが鳥型宇宙人からのメッセージをチャネリングしていたことで確信できた。

 鳥型宇宙人は【(我々は)古来時空間を移動しているものであり、エネルギーの塊が鳥に似ていたので、人間たちは鳥と称している。しかし、エネルギーの塊であり、我々は宇宙警察のようなものだ(こうして悪しきものの弱体化を促す)。
 要請がないと動かず、要請があれば動く。最近は以前より、ネガティヴセンサー機能がよくなっている】
 と彼女に告げたのだ。
 このメッセージは、前出の山寺雄二氏にコンタクトしてきたビューチャーが「2億5000万年前から過去、現在、未来をパトロールしている」とし、意識体であることを告げたメッセージとほとんど一致する。
 太古から鳥型宇宙人が地球を護り、コントロールしてくれているのがほぼ真相に間違いあるまい。
 コーリー・グッドは、この烏型宇宙人ブルーエビアンズのサポートを受けたわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本の著者である上部一馬氏は、山寺氏に接触してきたビューチャーと名乗る存在は、ブルーエイビアンズではないかと言っています。ブルーエイビアンズファンの私は、上部氏が一晩興奮して眠れなかった気持ちがよくわかります。
 しかし、第6密度のブルーエイビアンズが一般の人間に直接接触することはないのではないかという気がしています(確信はありませんが)。ビューチャーはブルーエビアンズと同じ鳥型だが、別のETではないかという気がしています。

 さて、次は巨大な球体が太陽を横切ったという話です。


 ・・・<『人工台風とハーモニー宇宙艦隊』、p182〜p186から抜粋開始>・・・

 2018年9月、太陽を横切った巨大球体は
 ブルーエビアンズのものだった!

 2018年9月、米国に住むジーナ・コルヴィン・ヒル氏は太陽の周辺から無数のUFOが飛び立つ画像をFB上に公開した。また、YouTubeでは巨大な球体が太陽を2度ほど横切るシーンがアップされた。
 この事件で米国FBIは、理由不明のままニューメキシコ州にある国立太陽観測所を10日間閉鎖、同時に周辺地域に『退避命令』を発令したという情報が流れた。住民によれば、観測所の上空をブラックホークが無数に旋回していたという。
 ブラックホークとは、米陸軍が誇る中型軍用ヘリコプターのことだ。ネットでは「太陽に何かがあった」「UFOが出現した」とかの情報が飛び交った。後に児童ポルノを所員が閲覧していたという説明があったが、その程度のことで、ブラックホークが出動するわけがない。
 筆者は、この太陽を横切った球体は、誰が何のために行ったものなのか、謎だった。この太陽を横切った球体こそが、ブルーエビアンズが所有、太陽系内に流入するエネルギーのバランスを修復する人工球体であることが理解できた。
 コーリー・グッドが、ラティエールと名乗ったブルーエビアンズの長からUFO内にテレポーテーションされ、太陽系内を移動する球体を目撃していたことを述べていたからだ。
 先のコルヴィン・ヒル氏が観察した太陽付近から出現した無数のUFOは、スターゲートを通して太陽系内に現れたらしい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上部氏は、太陽を横切った巨大なUFOの映像を見て、ブルーエイビアンズの人工球体だと結論づけています。
 実は私も、太陽を横切る巨大UFOの影を見たとき、これだけのことができる存在はブルーエイビアンズしかいないと思っていました。理由は上部氏と同じで、コーリー・グッド氏がブルーエイビアンズに招待されたUFOから巨大な球体を見たという話と、ブルーエイビアンズが太陽系がすっぽり収まるような巨大なシールドを張ったという話があったからです。
 以前、当HPで地球をすっぽり包むシールドをブルーエイビアンズが張り、それを破壊してUFOで逃れようとして、シールドにビーム光線を発射したYouTubeの映像を紹介したことがありました。偶然、NASAの衛星からの映像に映り込んだといいます。
 結果は、発射したビーム光線が見事にシールドから反射され、自分達に跳ね返って大損害を被ったそうです。
 ブルーエイビアンズの圧倒的な科学力を思わせるエピソードです。

 太陽を横切る巨大球体の映像は、以下で観れます。

https://myjitsu.jp/archives/68346



並木良和さんが語る2020年代...2020年1月26日

 先日、東京の日本橋で行われた並木良和さんのWS(ワークショップ)に参加してきました。
 並木さんが語るアセンションの話に惹きつけられた私としては、本やDVDではなく、並木さん本人を身近で見てみたいという思いがありました。
 相変わらずの人気で、おそらく申込みが予定オーバーになったのだと思いますが、当初の会場が変更になり、300名収容の大きな会場でした。凄いなと思ったのは、その300名がびっちり入っていて、私が見渡した限りでは、空席が一つもなかったことです。
 これだけの人気となると、スピリチュアル業界の中から並木さんに対する誹謗、中傷が起こるのは無理もないのかもしれません。お客を奪われまいとする業界内の反発もあるでしょうし、ひょっとすると並木さんを潰してしまいたいディープ・ステートによる工作もあるのかもしれません。
 並木さんを否定する(最近はディスるというそうですが)YouTubeを見て私が気づいたことがあります。それは、並木さんが訴えているアセンションや統合といった一番大事な内容には一切触れずに、並木さんのセミナーの参加費が高いと主張してディスっていることです。
 今回の参加費ですが、1日のセミナーで2万5千円でした。
 安いとは言いませんが、一般的なスピリチュアルのセミナーの平均的な値段です。この値段が高額だという主張は、私には理解できません。よほど誹謗中傷する材料がなかったので、苦し紛れにこういう言い方をしたのだろうと推察します。
 ちなみに先月、私はクンルンネイゴンのkanさんのWSに参加しました。2日で5万600円でした。これをみても並木さんの1日で2万5千円という値段は、最近のスピリチュアルのセミナーの料金として、妥当なものだと思います。

 その並木さんのセミナーですが、冒頭で、やはりアセンションの締め切りの話がでました。
 並木さんは、アセンションしたいのであれば、今決断しないと、今年の春分の日からゲートが閉じはじめ、夏のオリンピック頃にはほぼ閉じてしまう。最終的には、2021年の冬至に完全に閉じると言っています。もちろん今回アセンションするかしないかは、良い悪いではなく、全くの個人の選択だといいます。
 並木さんは、会場に来た参加者に対し、このタイミング(ゲートが閉じはじめる直前)でここに来た人は、今回アセンションすることを決断した人たちだと言っていました。となると、私もまた決断した一人なのでしょう、おそらく。というのも、並木さんのアセンションの話を聞いているうちに、ふと頭に、私はこの体験がしたくて、この時期に生まれてきたのかもしれないという思いが湧いてきているのです。
 怪しげな話で恐縮ですが、私には生まれる前に人生の計画をしていたという記憶の断片が残っているかもしれません。生まれる前に、物凄くワクワクしていたという記憶があるのです。これまでの平々凡々の人生を考えると、本当にエキサイティングな体験は、これからするのかもしれないなどと(自分勝手に)考えています。

 そのアセンションの時期ですが、並木さんは去年のDVDでは2032〜33年頃と言っていたと記憶していますが、最近は2037〜38年頃と言っているようです。
 2020年代に人類社会は劇的な変化を体験し、それが落ち着くのが2032年頃だといいます。そこから5次元地球のスタートラインに立つそうです。
 今回は、そうした並木さんが語る2020年代を、「anemone(アネモネ)」2020年2月号から抜粋して紹介したいと思います。

 では、並木さんが語る2020年代の話です。


 ・・・<「anemone」2020年2月号、p20〜p23から抜粋開始>・・・

 目醒めにエントリーする卒業式の期間

 2020年、僕たちがこの先、目醒めていくのか、それとも眠ったままでいくのかを分岐する、大きなタイミングを迎えます。地球が周波数をどんどん上げてくるので、目を醒ましていこうとする人は、卒業式の最終試験に合格するべく、本来の自分にはない周波数をどんどん手放していくでしょう。
 でも、古い周波数が出てきたときに、それを手放さずにもったまま、ただ体験するためだけに使うと、苦しくなったり、感情が乱れたりします。その乱れは現実に投影され、世の中にも反映することになります。
 そうして、古い価値基準、価値体系をゆるがすようなことが、ますます起きていくわけですね。政治も、経済もです。自然災害のような形でも起きます。いまも起きていますが、これからはもっと明確になるでしょう。すると、自分の内側と向きあわざるをえなくなるわけです。
 ひと言でいうと、2020年は大激変の立て直しの年です。
 ここで、これから本格化する目醒め、そしてその後のアセンションまでの大まかな流れを、おさらいしましょう。
 いまのタイムラインの流れでいうと、2020年3月の春分から目醒めのゲートが閉まり始め、8月にかけて大きく閉まっていきます。そのゲー卜が完全に閉まるのが、2021年の冬至の日。この間が、卒業式の期間、目醒めへのエントリー期間です。
 エントリーをするとは、「目醒めることを決める」ということ。エントリーしない人は、アセンションは今回のタイミングではない、ということですが、これは、いい悪いではなく、選択です。
 目醒めのエントリーをした人たちもゲートを無事に通過したからといって、いきなり皆が聖人君子になるわけではありません。じつは、卒業式を超えた後が本番なんです。
 人は社会に出てからが本番で、それまでは一人前ではないですよね。それと同じように、2020年から30年までの10年間で、人によっては急速に、あるいはゆっくりとしたペースで、目を醒ましていきます。それに伴い、技術的な進歩がもたらされ、僕たちの生活レベルが大きく変化していくんです。
 そのベースになるのは、いままでのような自我やエゴ、頭の知識ではなく、ハイアーセルフと呼ばれる大きな宇宙意識。そこからのアイデアや情報を、科学や建築、経済、政治など、あらゆる分野に使い始めるので、いままでとはまったく違うものが生み出されてくるんですね。
 それらが、5次元シフトへの準備となっていくわけです。そして、2032年を境に安定し始め、そこでやっと5次元地球のスタートラインに立つわけです。
 そこから、オープンコンタクトの流れも視野に入ってきます。宇宙には僕たち以外の種族も存在しているという情報が、公に開示され、彼らも一緒にアセンションに入っていくんですね。
 アセンションとは次元上昇のことなので、いまもそのプロセスの真っただ中ではありますが、アセンションをひとつの現象、ポイントとしてとらえたとき、それは2037、38年頃に起こる、と上(アセンデッドマスターなど高次の存在)から聞いています。
 今回は宇宙中のアセンションで、この規模で行われるのは、宇宙始まって以来、初めてのこと。誰も体験したことがありません。だから、詳細なことや具体的な説明が、高次の存在たちも難しいわけですね。

 闇も光だったと気づけば攻防は終わる

 2020年、21年が大激変の時期になるというのは、光と闇の攻防が最終段階に入る、ということでもあります。
 いまこの地球は、宇宙存在たちの加勢もあって、光のほうが優勢になっています。なので、今後は、闇側の計画が成し崩しになる可能性が高いんです。でも、だからこそ、ダークサイドのETや、それに動かされている世界のエリートたちが、最後の抗戦をしてくるでしょう。
 911のようなことが起こるわけではありませんが、たとえば、多くの人が命を落として大混乱に陥るような映像が出てきたときに、どうしても感情が動きますよね? そういうときに、僕たちは波動をガクンと落とすことを知っていて、彼らは計画的に仕掛けてきます。
 さまざまな情勢や動向を探りながら、僕たちの意識がどのレベルにあるのか、どこまで気づき始めているのかウォッチしていて、いいところまで上がってくると、一気に落とすようなことをしてくるわけです。
 天候や地震の操作は実際に存在していて、いまも起きています。311が人工地震であったことは、いまや多くの人が知るに至っていますが、天然と人工の掛けあわせもあって、たとえば、天然の台風が発生したときに、その中心に細工をすると、ものすごい巨大台風になるんですね。
 でも多くの人は、「これは天災、自然災害なんだから仕方がない」と思うでしょう。そのような攻撃は、2020年も引き続き起こります。
 そこで大切なのは、高い視点で見たら「○○のせい」とか「○○が悪い」というのはない、ということです。僕たちが体験する出来事はすべて、人類と地球の集合意識が決めています。いわば、集合意識が許可しているわけです。でなければ体験はしません。言葉を変えると、深いところで僕たち一人ひとりが、そして集合意識が選んでいる、ということです。
 表面意識では、「そんなこと選ぶわけないじゃない、どれだけの被害を受けたと思っているの!?」と思うかもしまれませんが、実際、311のとき、その後の人生の流れや生き方が変わった人たちがいっぱい出てきましたよね。
 たとえ闇側の所業であったとしても、火事場のバカ力というように、本来の僕たちのパワフルな能力を思い出し、引き出すためのカンフル剤にもなる。高い視点から見れば、闇も光の役割をしている、ということなのです。
 そのことに皆が気づけば、流れはガラガラと変わっていきます。多くの人が早く気づくほど、目を醒ますための派手なゆざぶりは、起こす必要がないんですね。痛みや苦しみを体験しなくても、変わっていくことができる。そういう在り方を選ぶこともできるわけです。
 「高い視点から見たって、それが何になるのよ?」と思う人もいるかもしれません。が、高い視点から見るのは、意識をポジティブに引き上げないとできないこと。視点がポジティブになれば、ポジティブな意識の集合体ができて、それが、ポジティブな現実を創ることになるんですね。
 ですから、まやかしにとらわれないことが大事です。起きた現象に心をゆらすのは、彼らにとって思うツボです。僕たちの不安や恐れを使って、彼らの思うとおりの闇の流れをつくろうとしますから。
 具体的に何が起きるの?と聞かれますが、高次の存在たちは伝えてこないんですね。そこにフォーカスすると、本来のポジティブの流れが歪められてしまうことがあるからです。それだけ、意識したものを現実化させる僕たちの力というのは、とてつもなく大きいんです。
 じゃあ、どうすればいいかというと、何が起こっても、「これは最善のために起きている」とワクワクしていればいいんですね。実際そのとおりなんです。すると、彼らは僕たちをコントロールできずに、ますます計画倒れになり、ますます失敗に終わるでしょう。

 イエスの時代と同じことが起きつつある

 また、世の中が大きく変わっていこうとするときには、ジャッジや非難、バッシングが始まります。このジャッジ、非難、バッシングのエネルギーは闇側のエネルギーです。どう大義名分を並べたてても、このエネルギーで動いている限り、世の中は決してよくはならず、争いしか生みません。そのことを、彼らはよく知っているので、その火付け役をつくって、あえて声を挙げさせたりもします。
 一人が声を挙げると、みんな「そうだそうだそうだ……!!」とやるのは、2千年前と変わっていません。イエスが教えを説くと、大衆が目を醒ましてしまうことを恐れ、体制側がやったことは、歴史を見れば明らかですよね。
 教えを聞いた人も、最初はわーっとなるんですが、そこからいろいろな摩擦が出てくるんです。そのまま開いていけば、高い意識へと戻れるのに、自分の中から出てくる低い周波数に取りこまれて、外れていった人たちもたくさんいます。
 これと同じことが、いま起こり始めているんです。今回は、地球の波動もこれだけ高まり、多くの魂が目を醒まそうとしているので、当時と同じ流れにはなりませんが、(イエスの弟子ヤコブであった)僕は、その時代を知っているので、よく見えます。
 世を正すため、という正義感からそうする人たちもいるでしょう。でも、正義というのがまさに分離で、眠りなんです。この眠りの意識で、僕たちは殺人や戦争まで起こしてきましたよね。正義のものさしにかなえばOK、かなわなければノー。ものさしをもっている限り、戦いでしかなく、平和は絶対に訪れません。
 外の世界は幻想ですから、すべては、自分自身の中にある同じものを、その人や出来事に投影しているにすぎません。非難、批判、ジャッジしている人は、自分を攻撃しているのと同じで、いちばん波動を落とすことになるんですね。
 この、非難、批判、ジャッジを乗り越えることが、目を醒ましていくうえでの登竜門なんです。自我やエゴの壁にぶち当たり、それを抜けて目醒めようとするとき、非難、批判、ジャッジが最も強く出てきます。
 ここで引っかかってしまっている人が、いまたくさん出てきているんですが、そのからくりに気づき、非難や批判、ジャッジの周波数を手放していけば、まもなく意識の反転を体験することになるでしょう。
 自分の中のエゴや自我は、僕たちが目を醒ますと支配権がなくなるため、恐れているんです。必死なんです。「違うよ」「それは間違っているよ」と。それに耳を傾けるのではなく、「これこそが手放すべきもので、その先には、目醒めの意識が視界に入ってくるのだ」と、気づいてください。起きた出来事を、全部自分を見るために使って、淡々と喜びをもって手放していきましょう。

 縄文、レムリアよりも前に日本には高度な文明があった

 真の平和をもたらすには、外の世界へのジャッジやものさしを手放し、本当の自分自身と一致していくことです。すべてとつながり、すべてと調和したワンネスは、自分とつながることでしか成し得ないんですね。
 日本は、このワンネスの大調和のエネルギーを世界に発信し、真の平和をもたらす役目があります。
 日本人のルーツは縄文、レムリアですが、じつは、レムリアやアトランティス時代よりもはるか前、もっと高度に栄えた文明が日本に存在していたんですね。それからすると、地球における叡智の発祥は、日本から始まった、ともいえるんです。
 宇宙人が地球に人類創造の実験をするために訪れた主だった場所が、日本だったんですね。そのときから当然、この惑星アセンションのことは計画の中に入っていました。日本は世界のひな型として、真実の情報やエネルギーの発信ポイントとして創られ、世界に先立ち、アセンションが始動する国なんです。
 日本の地場−−”意識場”といったほうが正確でしょう−−は、高い魂たちを惹きつける磁力になっていて、現在の日本には、賢者の魂が38%も集まっています。それも、アセンションを先導するためです。
 だからこそ、アセンションを起こさせまいとする闇側から日本が狙われもするわけですが、すべては最善のために起きている、という高い視点、強い精神力をもち、幻想に惑わされずに、真実を見抜く目をもつ人たちが、多く日本から誕生していってほしいと思っています。
 それが、ひいては世界に、地球に、そして宇宙中に、かつてないほど大きな祝福と喜びをもたらすことになるのですから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 並木さんは、闇側(ディープ・ステート)は、「多くの人が命を落として大混乱に陥るような映像」が私たちの波動をガクンと落とすと言っていますが、今の中国の新型コロナウイルスの流行などはそうかもしれません。

 また並木さんは、「2020年、21年が大激変の時期」と言っていますが、これは世界大恐慌を予感させます。クレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、今年は意外にも景気は良いと言っていますが、2021年以降はわからないと言っています。今年が無事であったら、いよいよ2021年は厳しい年になる可能性は高そうです。

 アセンションですが、私は2037〜38年という時期を、他のサイキックで言っている人はいないか知りたいと思ったのですが、同じアネモネにシリウスの存在をチャネリングしているブラッド・ジョンソンさんの記事が出ていました。そこでシリウスの存在が、第3密度の地球が2037年に第3密度の状態と第4密度の状態に分裂するという話が出ていました。その話も紹介させていただこうと思います。


 ・・・<「anemone」2020年2月号、p44〜p45から抜粋開始>・・・

 国の代わりに「同盟」が生まれ、天皇が変革のリーダーに

 2020年は、今後、地球に起こる惑星シフトのための基礎を作っていく年になることを、まず理解してください。そして、まだ、光のフォトンに現れていない、隠されたアジェンダ(計画)があり、それが公開される年になるでしょう。
 人々の目に触れないところで崩壊が起きていきます。そして、物事がクリーンになった結果、国という形ではなく、同盟を結んでいくような力が表に出てくるでしょう。日本は、物事がクリーンになったあと、同盟のメンバーになっていくとみられます。(地球の)西側・東側という言い方をするなら、両者がともに手をとって協力していくようになります。
 惑星全体で”統合”していく動きがますます盛んになり、それは、結果的に豊かさをもたらすことになるでしょう。
 政治では、人々の支持を得るリーダーたちが、選挙で選ばれるようになります。そして、より女性が力を得ていき、男女の平等性への動きにさらに拍車がかかるでしょう。これから数年間は、女性たちが政府で力をもっていく流れになります。
 日本では、天皇が政治の変革のリーダーになっていくでしょう。天皇が政府に関与するという意味ではなく、皇室の在り方によって影響を及ぼしていく、ということです。
 そして日本は、イノベーション(革新)の国として、さらに世界から注目されます。各分野で、革新的な技術のリーダーシップをとっていくようになるでしょう。それは、クリーンテクノロジーを使った技術です。エネルギー問題も、原子力発電が、よリクリーンなエネルギーに変わっていきます。2022年頃には、福島の土壌の問題にも変化が起きるでしょう。
 また、移動手段に関するテクノロジーも、2020年〜23年にかけて変化が起こるでしょう。

 地球はいずれ太陽のような恒星になる

 地球上には、よりハーモニーをもたらすエネルギーが降り注ぎます。非常に濃度の高かった重たいエネルギーが地球から解離し、宇宙に放出されていくでしょう。
 惑星そのものも、エネルギーです。惑星の配列は磁力によって起きていますが、重たいエネルギー同士が引きあい、フレッシュなエネルギー同士が引きあっていきます。
 いま地球は、さまざまな星が関与しながら、デトックスしていっているプロセスにあります。そして、太陽と月と地球の配列によって、エネルギーが変換されている最中です。これは、知性(インテリジェンス)によって行われています。それは、地球の両親にあたる存在から、アップデートされているような状態です。
 別の言い方をすると、太陽は地球のハイアーセルフといえます。太陽はただの燃える火の塊ではなく、水もあり、非常に純粋な光で、調和の周波数をもち、愛の幾何学を体現しています。地球もいずれは、同じレベルの星へ−−惑星から恒星へと、進化していくことになります。遠い先の話ではありません。彼女(地球)自身が、アセンションの道をたどっているのです。
 その過程で、地球はいま、第3密度の状態と、第4密度の状態に分裂しようとしています。そのポイントは、2037年になるでしょう。第4密度の世界に移行する人たちにとっては、移行は瞬時に起きます。この時期を、「収穫期」と呼んでいます。
 地球が2つに分裂すると、第4密度に移行する人と第3密度に残る人は別れることになりますが、どちらも同時に存在します。マスターの中でも「アバター(化身)」と呼ばれる存在がいますね。それは、ほかの密度にも存在している存在のことをいうのです。
 これから、地球がより発展していくために、宇宙的なエネルギーと、地球にいる皆さんのエネルギーとが相互作用しながら、必要な変化が起きていくでしょう。皆さんの集合意識も、こうした星の動きに大きな影響を受けて変化していきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「地球が2つに分裂すると、第4密度に移行する人と第3密度に残る人は別れることになりますが、どちらも同時に存在します」とは、どう解釈したらいいのか悩んでいます。
 第3密度に残る人は、第4密度に移行した地球には住めないので、別の第3密度の惑星に転生することになるというのはわかります。
 しかし、第4密度に移行する人は、アバターのように第3密度にも存在できるということでしょうか。本人が意図すれば、第3密度に肉体を具現化して、第3密度の世界を体験できるということであれば、理解できそうな気がします。

 まだまだ、色々勉強しなければならないことが多そうです。



「クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言」の続き...2020年1月20日

 今回は、「クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言」の続きをお送りします。
 というのも、現在イギリス王室のハリー王子とメーガン妃が王室を離脱するというニュースが流れていますが、これはクレイグ・ハミルトン・パーカー氏が以前に予言したことが見事に的中した結果となったからです。
 さすが的中率7割は、だてではないと感心してしまいました。
 それで、今回も「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから紹介させていただきます。

 さらに、パーカー氏がドナルド・トランプ大統領の「アガスティアの葉」を見つけたという話にも惹き込まれてしまい、それも紹介したいと思います。
 最後に、ヤスさんが最近は的中率が下がっているというジョゼフ・ティテル氏の2020年予言も載せたいと思います。
 ヤスさんは、酩酊しているような、とりとめないYouTubeだったと言われていますが、それでもヤスさんの編集で読みやすくなっています。それなりに興味深い内容です。

 まずは、ハリー王子とメーガン妃の王室の離脱に関してです。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ572号から抜粋開始>・・・

●最近的中したパーカーの予言

本題を紹介する前に、つい最近的中したパーカーの予言を確認しておきたい。1月9日、次のようなニュースが発表され、驚かされた。それは英王室のハリー王子とメーガン妃に関する次のようなニュースだった。

「英国のヘンリー王子夫妻が8日、「王室の主要公務から退き、英国と北米を往来して生活する」と電撃発表した問題。英国では、イラン危機やブレグジット(英国のEU離脱)よりも大きく報じられ、メーガン妃とブレグジットをもじった「メグジット」などと呼ばれ大騒ぎになっているが、そのメーガン妃がすでに英国を出国しカナダに渡ったという。10日明らかになった。

夫妻は休暇でカナダに滞在し、今週初めに英国に戻ってきたばかり。一部報道では、メーガン妃はカナダに置いてきた長男アーチー君(8カ月)に会いに行ったとされ、「当面の間」滞在を続けるもよう。ヘンリー王子も近く現地に向かうとの情報もある。」

この出来事が起こる前の昨年10月31日に、パーカーは次のような予言を公開していた。

●ハリー王子とメーガン妃について

・ハリー王子とメーガン妃の結婚にイギリスは沸いたが、彼らの結婚には亀裂が生じることだろう。これはメーガン妃の性格と行動が原因だ。

・メーガン妃は支配欲の強い女性だ。彼女はこれに無自覚で、このように行動してしまう。

・メーガン妃の強い要望で、彼らはアメリカに住居を移すことになる。カリフォルニアとニューヨークを行来するような生活になるだろう。しかしこの決定は、彼ら夫婦にとって最悪な結果となる。

・ハリー王子とメーガン妃の結婚は終わるだろう。子供がいるので結婚生活はある程度続くが、最終的には終わる結婚だ。その原因は、メーガン妃の浮気であると思われる。

・こうした問題が起こるのは、メーガン妃が完全に自分の立場を理解せず、勘違いしているからだ。彼女は王妃となることでハリウッドのスターにでもなったかのように感じているが、王族の役割は国民に尽くすことである。メーガン妃はこれをまったく理解していない。

・イギリスの新聞では、エリザベス女王を継ぐのはハリー王子であるとノストラダムスが予言していると報道されているが、それは間違いだ。ノストラダムスの予言はどうにでも解釈できる。そのようなことにはならないだろう。

・エリザベス女王の王位を継承するのは、チャールズ皇太子である。しかしチャールズの時代は長くは続かないと思われる。チャールズ皇太子にはなにかが起こり、彼の王位は長く続かない。2020年にチャールズには怒った国民からタマゴが投げつけられる事件が起こる。チャールズ王子はあまりに人気がなく、国民の支持がないので早期に退位する可能性があるのだ。

以上である。これを見ると、パーカーの予言はずばり的中したといえるだろう。いまメーガン妃はカナダに移動したということだが、これから夫妻がアメリカに住んで、結果的に離婚することになるのかどうかが焦点だろう。パーカーの、的中率70%の恐るべき能力が分かる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本当に、パーカー氏の能力には驚かされます。
 次は、パーカー氏がトランプ大統領の「アガスティアの葉」を発見したという話題です。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ572号から抜粋開始>・・・

●トランプの「アガスティアの葉」

今回パーカーは、かねてから予告していた「アガスティアの葉」に記されているとされるトランプの運命を公表した。パーカーはトランプ個人に宛てたメッセージとして公開した。

・私はトランプの「アガスティアの葉」に書かれたあなたの運命を発見した。このビデオを見た人々があなたのツィッターにこれを書き込むと思うので、私のメッセージを受け取ってほしい。

・このメッセージにはトランプ個人に関するプライベートな内容が多く書かれているので、それはあなたにだけお伝えする。公開はしない。

・私は「アガスティアの葉」にトランプに関する5つの質問をした。その質問の内容も、そしてその答えもすでに記されていた。それらは次の5つの質問と回答だ。

1)トランプは二期目の大統領選挙に勝利するのか?

回答:
トランプは、間違いなく二期目の大統領選挙に勝利する。今後6年間はトランプの人生にとってもっともよい時期になるだろう。これを実現するために実行すべき儀式や心掛けることが、「アガスティアの葉」には書かれている。

2)トランプは暗殺されるのか?

回答:
それはない。しかし、「アガスティアの葉」には一種の治療法が記されている。もしこれを実行しないと健康問題を抱えることにもなりかねない。トランプはこの内容を知って実践すべきだ。

3)トランプの次はだれが大統領になるのか?

回答:
トランプよりも齢をとった女性が次の大統領になる。トランプは彼女とよい友人になる。この内容はプライベートなものなので、トランプ個人にしか伝えられない。しかしこれで、世界平和に貢献できるだろう。

4)トランプの任期の注目点はなにか?

回答:
トランプの秘密は暴露され、真実ではないことで注目される。この秘密の内容はプライベートな内容なので、公開できない。しかし、「アガスティアの葉」に記されているアドバイスを実行するなら、すばらしい大統領として記憶されることだろう。

5)トランプの任期中に大きな戦争は起こるか。

回答:
それはない。中東などで紛争は起こるだろうが、大きな戦争は起こらない。また「アガスティアの葉」には、トランプの個人的な秘密や、すばらしい大統領として後世に記憶されるためのアドバイスが記されている。このアドバイスを実行することで二期目の困難は解消され、世界平和にも貢献できるので、ぜひ「アガスティアの葉」の内容をトランプ個人に伝えたい。

・さらに「アガスティアの葉」には弾劾裁判について記されていた。トランプは二期目の選挙戦に勝利するので、弾劾裁判は切り抜けられる。しかし、実践すると歩みがスムーズになるアドバイスが記されているので、ぜひトランプに伝えたい。

・また「アガスティアの葉」には、トランプは大統領の任期が終わった後、なにをするかが書かれていた。それは、世界を本当に驚かすことをするという。それはすばらしいことだ。しかし、これもトランプのプライベートなことなので、トランプ個人に伝える。

以上である。パーカーの高い的中率を考えると、極めて興味深い内容だ。やはり興味深いのは、3)の回答だ。やはりこれは。民主党のエリザベス・ウォーレンのことだろうか?だが彼女はトランプよりも3歳年下だ。だが、もしこれが大統領就任時の年齢だとしたら、つじつまは合う。トランプが二期目の選挙戦に勝利し、ウォーレンがその後の2025年に大統領に就任するとしたら、ウォーレンは76歳になっている。これはトランプの就任時の年齢よりもたしかに高い。

さて、どうなるだろうか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「アガスティアの葉」は、ウィキペディアに以下のように記述されています。

聖者アガスティアが太古に残した個人の運命に対する予言が書かれているとされる葉。南インドのタミル語文化圏に保管されているという。その葉は、古代タミル語で書かれており、ナディ・リーダーと呼ばれる人たちが現代タミル語に翻訳する。

 日本では、1994年に青山圭秀さんが著書『アガスティアの葉』を出版して、広く知られるようになりました。
 私も当時、大いに影響を受けたことを記憶しています。
 青山さんの本は「アガスティアの葉」ブームを起こし、自分の「アガスティアの葉」を探すインドへのツワーまで登場したほどです。こうしたブームに便乗し、現地で詐欺が横行したようです。
 こうした詐欺により、「アガスティアの葉」を否定する本も出版されるようになりました。ウィキペディアには、否定派としてパンタ笛吹氏が紹介されていますが、森田健さんも現地に飛び、「アガスティアの葉」の調査を行っています。そして、「アガスティアの葉」と同じ葉に、当時(5千年前)の医学が記述されていることを発見したという本を出されたと記憶しています。ただし、森田健さんは、詐欺はあるけれども本物の「アガスティアの葉」は存在するという立場のようです。

 私自身は、生まれる前に人生のブループリントを決めてくるけれども、それは個人の意思で変えられるものと考えています。それゆえ、「アガスティアの葉」に書かれたことを絶対的な運命として変えられないという捉え方はしたくないなあ、と思っています。ですから、本物の私の「アガスティアの葉」があったとしても、私は見ないかもしれません(いや、やっぱり見ちゃうかなあ・・・)。

 最後に、再びヤスさんのメルマガから、ジョセフ・ティテル氏の2020年の予言を紹介させていただきます。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ571号から抜粋開始>・・・

▼ジョセフ・ティテルの2020年予言

それでは今回最後のテーマを書く。アメリカのサイキック、ジョセフ・ティテルの2020年予言である。的中率はクレイグ・ハミルトン・パーカーほどではないが、的中率は毎年約36%程度である。2011年には311の地震と津波を予言し、的中させている。

しかし、数年前までは非常に具体的な予言を提供していたティテルだが、2018年あたりから変化し、とりとめがなく、内容に具体性がなくなってしまった。なかでも1月1日にユーチューブで公開された2020年予言はひどいもので、陰謀論おたくが酔っ払って話しているような状況だった。それでも、なんとか内容をまとめた。以下である。

・今年は覚醒が大幅に進む年になる。これまで人々を支配してきた政治権力や金融システムの欺瞞が暴かれ、人々が抵抗を開始する年となる。それは世界各地で起こる。これは香港などですでに始まっている。2020年にはこの動きはさらに加速する。

・言論の自由が大幅に制限されるような規制が導入される。これは、拡大する覚醒運動に対する反動と弾圧である。

・いま大学生の10代の終わりから20代の始めまでの若い世代が世界的な抗議運動の担い手になる。このような抗議運動は世界中に拡大し、すさまじく激しくなる。

・2020年には、2011年の311に日本で発生した規模の地震が発生する。それはカリブ海のハイチで起こるようだ。

・地震のみならず、2020年は火山噴火が相次ぐ。それは、インドネシア、アラスカ、南アメリカなどで発生する。それはホリデーシーズンに発生し、交通に障害が出る。いまのところ、どのホリデーシーズンなのかは分からない。

・フロリダやメキシコには巨大なハリケーンが襲う。これは3つのハリケーンが一緒になり、巨大化する現象だ。これはキューバやプエルトリコを襲う。

・自然災害には限らないが、多くの出来事は11日と27日に集中する。

・アメリカでは3つの無差別銃撃事件が起こる。二つは学校で起こり、次のひとつは大統領選挙の前に起こる。これは、責任をトランプのせいにするために引き起こされた自作自演のテロである。これは10月末か11月初旬に起こる。また、10月11日という日付がイメージとして出てくるので、この日なのかもしれない。場所はオクラホマ州になるかもしれない。またヨーロッパでも大規模な銃撃事件が起こる。ひとつはフランスで、もうひとつはイギリスになる模様だ。

・2001年の911と同じようなテロが起こるだろう。これはトランプの再選を阻止するための自作自演のテロになる可能性がある。これはラスベガスの銃撃事件のような事件か、911のようなテロになる。10月29日に起こるかもしれない。

・2020年代は歴史に残る大変化の10年間となる。特に2023年と2025年が大変化の年だ。

・バージニア州などの南部の州では、銃の所持規制が導入される。これに対し州民は強烈に抵抗し、当局に銃を引き渡すことに抵抗する。

・中国製品を主に販売しているスーパーの「ウォールマート」が問題を起こす。

・ペドフィリア(児童性愛)のネットワークが暴露され、これに関連した3人の大金持ちが逮捕される。

・トランプは再選される。しかし、2期目のトランプ政権では、政権7年目にあたるトランプの誕生日の翌月に彼は死亡する。トランプは77歳で死亡する。

・ヒラリー・クリントンはなにかを画策している。この結果、憎しみに満ちた混乱した大統領選挙になる。下手をすると混乱は予想を越えて拡大し、内戦のような状態になる。

・トランプが大統領選挙に勝利した直後、暗殺未遂事件が起こる。またトランプ支持の右派メディア、「インフォウォアズ・ドットコム」のメインキャスター、アレックス・ジョーンズだが、彼は事故に見せかけて暗殺される。

・また、トランプの支持者集会で発砲事件が起き、トランプは会場から避難する事件が起きる。

・中国とアメリカは完全に貿易関係を絶つ。

今回は以上である。これはティテルの予言の前半部分である。後半はさらにとりとめがないので、機会があれば紹介する。

 ・・・<抜粋終了>・・・



吉田繁治さんの太陽光発電の話...2020年1月12日

 私は吉田繁治さんのメルマガや著作で経済・金融の勉強をしているのですが、今週号の吉田さんのメルマガはいつもの経済・金融の話題ではなく、太陽光発電に関するものでした。
 その内容がとても興味深かったので、今回はそれを紹介させていただこうと思います。

 吉田さんは、2020年代は、「第二次情報化時代」になるといいます。吉田さんの説明を抜粋します。

 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

「2020年代のからの第二次情報化時代」は、同じ所得で、より多くの商品やサービスが買える、世界の経済がはじめて直面するデフレ型の実質成長の時代でしょう。(注)1995年のWindows95が第一次情報化時代、2020年からの、いずれ通信速度100倍の5GをともなうiPhoneからが第二次情報化時代でしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は1995年の第一次情報化時代が始まる前に、自分が1年間に情報に対してどのくらいの費用を払っているか計算したことがあります。
 その頃、私は浅井隆さんの経済の勉強会に入っていたこともあり、その年会費が数万円掛かっていました。またその他の経済セミナーなどにも盛んに参加していましたし、経済・金融に関する本や雑誌などもたくさん購入していました。それらを合算すると、1年に30万円以上払っていたことがわかり、えっ! となったことがあります。
 しかし個人にPCが普及するようになり、インターネットが使えるようになると、その費用がだいぶ安くなった感があります。いまでは実際にセミナーに参加しなくても、かなり充実した内容がYouTubeで見られるようになりました。
 もちろんインターネットの情報のうち、9割はフェイクだという話もあります。
 しかし逆に考えれば、1割の真実がほぼ無料に近い値段で手に入るという見方もできます。要は、情報の質を見抜けるかどうかでしょう。
 情報化時代とは、それ以前とは比べ物にならないくらいに安価に情報が手に入る時代だと言えます。
 吉田さんは2020年代は、情報化時代と同じように、エネルギーもまたどんどん安価になっていくというのです。
 大変、興味深い話です。

 これから吉田さんのメルマガから抜粋していきますが、その前に用語についてお断りをしておきたいと思います。
 一般的に太陽光や風力発電による電気を、「再生エネルギー」と表現しています。
 しかし吉田さんは、再生エネルギーという表現は間違っているといいます。正しくは、「自然エネルギー」だそうです。
 その理由は、

『熱力学での「エントロピーの法則」により、いったん放射されたエネルギーは、別のエネルギーや物資に形を変えるだけで、再生しないからです。化石燃料と原子力に対立させ、「自然エネルギー」というべきでしょう』

 とのことで、これから抜粋する吉田さんの記事では、すべて自然エネルギーとなっています。

 ではまず、現状の発電コストがどうなっているかという話題です。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○現状の電力コスト

新春号第二弾です。日本では知られていないことですが、太陽光と風力の発電設備が急速に安くなって広がり、世界の電力は無料に近いコストに向かっています。

【太陽光発電のコストは、福島原発以降の8年で驚くくらい低下した】
福島第一の事故の2011年には、太陽光発電の1KW時のコストは30円くらいで、化石燃料の発電の約2倍でした(日本)。(注)1KW時は、100Wの電気器具を10時間使ったときの電力です。

2019年には、もっとも安い国(サウジ)では、7.5分の1の4円に下がっています。1KW時に換算した「土地費用+パネル・配電設備+メンテナンス費」が4円です。太陽光発電の全部の費用を、発電量の1KW時で割ったものが、このコストです。

いちばん新しい入札では、更に1/2の1.78セント(アブダビ:1.95円:設備完了が2019年6月)。このプロジェクトに日本のマルベニは2.66セントで、日揮と三井物産は2.78〜2.85セント/1KW時で国際入札しています。「1KW時の電気代が2円から3円」というのが、新しい世界水準であり、現在の、わが国の家庭用電力費(30円/1KW時)の約十分の1です。

【発電所の発電コストと小売価格】
既存の発電では、「設備費+燃料費+管理費」の、(1)原発の発電コストの平均は10.1円/1KW時、(2)天然ガスが13.7円、(3)石炭が12.3円です(1KW時:2014年:日本の事例)。

家庭用には、電気の高速道路である送電線を通るので、1000円くらいの基本料金を抜いた、従量部分での1KW時は19円〜30円で販売されています。他の商品と逆に、使用量が増えると単価も上がります。発電所が、ピーク電力のために余剰能力をもたねばならないことが根拠でしょう。

「基本料金+従量料金×使用量(KW時)」が、われわれが支払う電気代です。「KW」は発電能力を示し「KW時」は使用電力の量です。

使用量の契約で決まる基本料金は、家庭では280円(10Aの契約)〜1716円(60Aの契約)です。契約使用量が多いほど、基本料は高くなります。使った従量部分の料金は多いほど高くなり、1か月120KW時未満が19.88円、120KW時〜300KW時が26.48円、300KW時以上が30.57円です(東電:2019年)。

2人以上の世帯で、426KW時/月が平均です。料金では8000円から1万円が平均ですが、2万円(年間24万円)を超える世帯も多い。広い住宅で冷暖房を完備させると4万円/月以上でしょう。自宅の電気料は知らない人が多い。当方も自宅の電気代には無知でした。

カナダや米国の家庭用電気代は、日本の1/2です。ドイツ、デンマークは、日本より高く1.5倍くらいです(2016年)。日本の電気代は、世界のおよそ真ん中です。中国では、日本の約1/3と安い。なお中国の平均所得も1/3です。インターネットのWiFi通信と同じように、必需のサービス商品である電気代にも10%の消費税がかかっています。政府はこうした面で「抜け目」がない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 いまや世界水準では、太陽光発電の1kw時の電力コスト(売る値段ではなく、発電するのに掛かる費用)は2〜3円だといいます。
 日本では、2018年で18円とのことで、かなり世界に出遅れている感があります。それでも311が起きた2011年で30円だったというのですから、安くなってきていることは事実です。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○30円とされていた太陽光発電のコストは、2012年から急低下

【太陽光発電のコスト要素】
太陽光発電のコストは、「使う面積の土地代いれた設備費+メンテナンス費」で構成されます。太陽光と風力には、燃料費(限界費用)はない。

農業人口(209万人:65%が65歳以上:2015年)の、年々確実に進む高齢化から増えている「耕作放棄地(全国42万ha::2015年)」に太陽光パネルを設置してはどうでしょう。作物の代わりに、電力を生産する畑です。全国で846万戸の空き家(2018年:13.5%)と同じように、今の耕作放棄地が農地に戻ることはなく、増える一方だからです。

【発電の限界費用はゼロ】
清掃・除草・機器のメンテナンス費はかかりますが、燃料費は要らない。風力発電も燃料費が無料です。米国やカナダをバスで走ると、車窓から、山の稜線にたくさんの風車がゆっくり回っているのが見えます。日本では稀な風景です。水力発電が豊富なカナダでも、風力が発電量の6%を占めています。2025年までに20%に高める計画です。日本では桁の違う0.7%です。太陽光も6.5%と少ない(2018年)

日本では太陽発電のコストは、2007年が1KW時46円、11年は30円付近でした。2018年は18円です。1KWの電力を、1時間使った費用がこれです。日本は、日照時間の問題で、1.7倍くらいコストが高い。

日本以外の、2018年1月31日の、IRENA(国際再生可能エネルギー機関)の報告では、太陽光発電の世界平均のコストは73%低下し、23%になっています。約1/5です。「LCOE(均等化発電コスト)」では、10セント/1KW時です(2018年)。円で11円、風力が6セント、水力は5セント、バイオマスと地熱は7セントという(2017年)

【太陽光発電の未来】
太陽光は、2020年までにコストが半減し、5セント(5.5円)/1KW時に、陸上風力も5セント(5.5円)/1KW時に下がるという。太陽光は、2011年の1KW時30円から5.5分の1に下がったのです。

世界の先端の、太陽光の電力費は、冒頭に書いたように、中東で2セント/1KW時です。中東では日照時間が長いからです。

90年代は、シャープが先行してはいました。2010年代には低価格のパネルが中国で量産され、世界に販売されています(生産量の「学習効果」)。現在は、前述したように、1KW時が2セント(約2円)以下のものが現れています。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1612/12/news025.html

●2020年には、太陽光と風力発電については、土地代を入れて3セント以下の発電コストが主流になると予測し、化石燃料の発電コストを下回るという試算がされています。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/22/news045.html

【世界ではすでに原発を上回った、太陽光と風力の発電能力】
2019年には、世界の太陽光の発電能力は、すでに原子力(399GW:ギガワット)を上回って511GWです。世界の風力発電も600GWになっています。ただし適切な晴れの日や、風のある日ばかりではなく、太陽光では雨、曇りもあるので、実際の発電量は、下回ります。

【発電能力と発電量】
日本の太陽光発電協会JPEAによると、1KWの発電能力あたりの、天候を考慮に入れた、日本の平均での年間発電量は1000KW時/年です。畳1枚より一回り大きなパネルで最大が「40V×9アンペア=360W」の発電量です。住宅では5枚から10枚で足ります。パネル1枚の値段は、17000円くらいです。5枚で85000円、10枚で17万円と安い(設置の工事費、配線、変電装置は別です)。

事例はパネルの生産量が年間9GW(ギガワット:90億W)で世界1のジンコソーラー社のものです。中国メーカーです。米国のNYSEに上場しています。

内陸部に砂漠も多い中国は、太陽光の発電の世界シェアが72.8%で、世界1の太陽光発電国になっています(2018年)。パネル生産では中国メーカーが1位から6位を独占しています。

太陽エネルギーの、電気への変換効率は、現在はまだ19%程度ですが、約2倍の35.8%の高効率パネルは開発されています(シャープ)。2030年までには、40%まで高まるという。こうなると、日本も雨の降らない中東並みの発電コスト、1KW時が2円〜3円に下がります。現在の家庭用電力の10/1〜1/15です。ほぼ無料といっていいでしょう。


【発電能力と、実際の発電量】
日本の1年の昼は、1日7時間平均として、年間2500時間程度でしょう。その時間で、1年に1000時間分の1KW時(100V・10アンペア)が発電できます(これが1000KW時/年)。

晴れる日が多いカリフォルニアの約半分です。稀にしか雨が降らない中東やチリの1/3でしょうか。同じ設備費でも、発電コストは上がります。中東で1KW時のコストが2円なら、変換効率19%では日本では6円でしょう。

国産パネルメーカーで最大の発電量は、東芝の1204KW時/年です。京セラが1034KW時/年。日照の異なる地域と、太陽に向かう設置の角度で異なります。雪の日は0%、雨の日は10%、曇りの日は30%〜80%に発電量が低下します。

【パネルの寿命と設置住宅数】
発電パネルの耐久性は20年から30年、業務用は30年以上の稼働とされます。モジュールの多結晶シリコンは、設置後5年で2.3%から2.8%、発電能力が劣化していくとされています。

住宅用では237万戸分、わが国の「戸建て住宅2859万戸」の8.3%に設置されているだけです(2017年)。

【FITという、余剰電力買い取り制】
「FIT(Feed In Traffic:余剰電力買い取り制度)」と呼ばれる、晴れの日の余った発電を、電力会社や住宅メーカーが買いとる制度の期間は、設置後10年です。

2009年に始まった、1KW時の電力で47円という高い買い取り価格(FIT)は、2019年に終わりました(約200万戸)。10年を過ぎた「卒FIT」のあとの、今後の買い取り価格は、1KW時が8円〜11円前後に落ちますが、使用量がピークの電力不足を補うため、買い取りの制度は続きます。

日本では現在、太陽光の発電コストは、14円〜16円です(2019年)。何ごとでも、コスト低下には遅れるグループの国に属するのが日本です。太陽光発電の平均コストが、平均的な土地込みで5円に下がるときが日本にもくれば、「FIT」も5円くらいに下がるでしょう。発電コスト5円の家庭で使う以上の余剰電力については、10年間は実質ゼロ円での発電になるでしょう。

戸建て住宅の屋根は、持ち主にとってはスペースの追加コストはゼロです。太陽光発電で利益が出ます。日本でも2円は無理にしても、現在の電気料の約1/6の「5円/1KW時」で発電できる時代は確実だからです。自然エネルギー研究所は、2030年の、わが国の太陽光発発電の総コストの平均を、5.2円/1KW時としています(2018年は15円くらいです)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 家庭で発電するのであれば、必ずついてくる問題が「蓄電」です。
 蓄電とは発電した電気を貯めることです。
 太陽光発電をしている家庭では、電力会社に売電はしていても、バッテリーで蓄電している家庭は少ないようです(3%程度)。


 ・・・<吉田繁治さんの1月8日のメルマガから抜粋開始>・・・

○蓄電のコストは、2020年から2030年にかけて急低下していく

自然エネルギーの、分散型発電の問題だった蓄電コストも、大量の電池を使う電気自動車(EV)の開発から、急速に低下しています。家庭用の蓄電装置の、現在のコストは、1KW時当たり15.4万円の設備代です。家庭用の5.6KW時の電池は87万円であり、まだ安いとは言えません(1KW時の使用で5.6時間:日本のパナソニック)

ただし、2010年には11万円/1KW時だった電気自動車用(EV)の電池は、2016年には、3万円/1KW時に低下しています(家庭用の1/3)。6年で1/4に下がったのです。2020年以降、電気自動用(EV)に量産されると、2025年には、これが4倍の蓄電密度になるとされています。
https://pps-net.org/column/48493

【EVのテスラが先行している】
EV専業の「テスラ・モーターズ」は、リチウムイオン専門のプロジェクトチームをパナソニックと創設し、家庭用の高性能蓄電を「パワーウォール」として低価格販売します。10kW時のタイプであり、42万円前後(1kW時あたり4.2万円)で10年保証。 このクラスの、高性能の低価格の蓄電池は、まだ日本にはない。日本では少ないテスラは、カナダの都市では、たくさん走っていました(円安のため輸入価格が高い:1000万円台)。
https://kakaku.com/item/K0000625966/

【今後、66%低下】
定置型の蓄電池は、2017年から2030年の間にコストが最大66%低下すると予想されています。大きな鉛電池から、小型で蓄電容量が多いリチウムイオンやフロー電池になっていくからです。
(注)フロー電池は、2種類の化学物質を溶解させた液体を系内に蓄え、膜で隔てた形をとる化学電池。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22116490R11C17A0000000/

【自然エネルギー発電には、平準化のための蓄電が必須】
太陽光や風力発電では、発電量が100%から0%まで変動します。蓄電池は変動を平準化し、家庭・オフィス・店舗・小規模な工場で余剰のときも売電せず、自己使用できるようになります。長距離の送電線の高いコストを無効にするのが、分散型の蓄電池です。

太陽光発電の設備と蓄電の低価格化は、2020年からも同時進行します。電力会社の売上を守るための規制は、日本政府も、まさかできないでしょう。電力会社も、発電、送電コストの低下に向かい、進むことを迫られるのです。

【日本の問題は、政府】
世界の電力が無料化に向かうなかで、日本だけが、1W時15円〜30円の高い電力費を維持はできません。政府が目的をでっち上げ、電力価格の維持を行うなら、日本の産業は、50%の収入が補助金の農業のように一層没落します。政府の産業保護は、却って産業を衰退させ、国民が負担する価格を高くするからです。関税、通貨安、補助金で保護された産業は、長期では衰退するというのが産業の真理です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 太陽光発電で付いてくる問題は、環境破壊です。
 森林を切り開いて太陽光パネルを貼ることで景観を破壊する上に、川に土砂が流れ込んで魚が死滅したという事例もありました。ただしそれは、メガソーラーと言われる大規模開発を行う業者の話です。メガソーラーに関しては、今後は行政による適切な規制が望まれます(現在はメガソーラーに関して、規制がほぼない状態だそうです)。
 森林を切り開くのではなく、吉田さんが指摘するように、耕作放棄地を利用するというのはアイデアだと思います。
 今後、技術革新が進み太陽光発電の能力アップと同時に設置費用も安くなれば、個々の家庭で屋根に太陽光パネルを貼って発電するというのは、リアルな選択になると思います。

 テレビ東京の『たけしのニッポンの見方』という番組があるのですが、そこで、香川県丸亀市の普通の住宅街で、ほぼ自給自足の生活をしている秋山さんが紹介されていました。
 私はこの番組に感銘を受けて、録画したものを今でも時々観ています。
 秋山さんは、元々陶芸家だったのですが、今は時々入る大工仕事で月5万円ほどを稼いで生活しています。
 家は、もらってきた廃材で自分で造ったものです。廃材利用なので、総建築費は70万ほどだったそうです。
 すごいなと思ったのは、トイレの内装・配管も自分でやったことです。
 廃材なので見た目は廃屋ですが、居間が20畳の4LDKで、むしろ普通の一軒家より広いくらいです。実は、こうした大工の腕前が見込まれて、大工仕事の依頼がくるようになったそうです。
 薪を使って調理や風呂を焚いているので、ガス代は掛かりません。
 水は自宅の土地で自ら4日かけて掘った井戸から供給しています。それゆえ水道局との契約はなく、飲み水以外は水道代も掛かりません。
 米は3千平方メートルの田んぼで自ら作りますし、野菜は自宅の庭に10種類ほど育てています。
 醤油も自家製です。さらに、7羽のにわとりを飼っていて卵から自家製マヨネーズを作ります。その他、豆板醤や七味など30種類の調味料はすべて自家製です。おそらく買わなければならない調味料は、塩ぐらいでしょう。
 電気は、もらってきた太陽光パネルを屋根に貼って、料金が掛からない上に、電力会社に売電して収入を得ています(月平均1万円)。
 魚は週に1回、近くの水産会社の特売市で新鮮な魚を大量に買い付けます(取材日には4ケース)。もちろん格安の値段で、大きなサバが500円、スズキが600円など市場の半額以下です。それを買ってすぐ下処理をして、自宅の大きな冷蔵庫(3台)に保管して、毎日少しづつ解凍して食べます。
 それゆえ、食卓は月5万円の収入ではありえないほど豊かです。
 取材のあった日のディナーは、キスの天ぷら、スズキのあら煮、しめ鯖とスズキの刺身など10品が並んでいました。取材スタッフが、「僕が来たから、たくさん作ってくれたのですか?」と聞いたら、秋山さんは、「必然的にたくさんできます。魚が入ったときには」と答えていました。
 このように水道光熱費は、ほぼゼロで、食費も魚以外はほぼゼロです。
 さらに驚くのは、秋山さんがワンボックスカーを所有していることです。
 ディーゼルエンジンの車を天ぷら油で走るように改造したといいます。その天ぷら油は、知り合いのお寿司屋さんの使用済みをただでもらってきて、家でろ過して使っています。それゆえ車の燃料代はゼロです。
 とどめの驚きは、結婚して子供が3人いるということです。

 月5万円で、家族5人が豊かに暮らせるのです!

 2020年代は、秋山さんのような生き方の選択が充分にあるのかもしれません。

 私は今後の人生を、田舎に引っ越して過ごすことを考えています。
 そんな私は、秋山さんとまではいかなくても、それに少しでも近い生活にトライしてみたいと考えています。



クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言...2020年1月4日

 今回は年初の1回目なので、2020年の予言から始めたいと思います。
 久々に、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言を紹介させていただきます。
 クレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、当HPで何度も取り上げてきたので、ご存じの方も多いと思います。
 私はかなり前から神秘家の予言に注目してきましたが、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の的中率70%という数字は本当に驚きです。
 ゲリー・ボーネルさんは自ら的中率20%と言っていました。これは予言の目的が、人々の注意を喚起し、将来の悲惨な出来事を回避するという目的だったからかもしれません。それはそれでけっこうなことだと思いますが、的中率20%が延々と続くと、人々からもう関心を持ってもらえないという側面もあります。
 やはり私たちは、「当たる」予言に注目してしまいます。
 まず最初に、ヤスさんがクレイグ・ハミルトン・パーカー氏を紹介した記事から抜粋したいと思います。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第570回)から抜粋開始>・・・

クレイグ・ハミルトン・パーカーは、イギリスでもっとも著名なサイキックのひとりである。広告宣伝会社の経営者であったというユニークな経歴を持つサイキックである。インドのサイババの元で修行し、サイキックとなった。

パーカーは2015年から毎年の予言を公開している。予言が的中したのかどうか毎年自身できちんと検証しており、的中率は7割程度だと見られている。もちろん、3割ほどは外しているので盲信してはならないが、的中率から見て参考にはなると思う。2015年から以下のような予言を的中させた。主要なものだけを紹介する。

2015年の的中事例

・パリのテロ

・サッカー選手の殺害

・サウジアラビアの王族の誘拐

・ロシア原潜の沈没

・英保守党の勝利

・中国とロシアの同盟強化

2016年の的中事例

・国民投票によるブレグジットの決定

・トランプの大統領選勝利

・フランス、ニースのテロ

・キャメロン英首相の辞任

・熊本の地震

・イギリスの新内閣発足

2017年の的中事例

・イタリア、イスキア島の地震

・パリの大洪水

・アメリカの分裂

・イギリスのテロ

・スコットランドの保守党の勝利

・ロシアによるハッキング

2018年の的中事例

・ヘンリー王子の結婚とメイガン・マークルの妊娠

・ラスベガスの乱射事件

・ハワイの噴火と大火災

・ベネズエラの首都、カラカスのドローン攻撃

・メルケル独首相による将来の辞任表明

・トランプタワーの火災

2019年の的中事例

・香港の抗議運動の拡大

・メイ首相の辞任

・ボリス・ジョンソンの首相就任

・イギリスの洪水

・ウィキリークスのジュリアン・アサンジの逮捕

・オーストラリアの巨大森林火災

このような出来事を的中させている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 それでは、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言を紹介させていただきます。
 抜粋の順番はメルマガとは同一ではなく、私の方で編集してあります。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガ(第570回)から抜粋開始>・・・

日本の自然災害とオリンピック

・2020年で特に自然災害で問題となる地域が日本だ。地震、ないしはなんらかの大きな自然災害が日本を襲い、2020年のオリンピック開催に問題が発生する。

北朝鮮について

・北朝鮮のキム・ジョンウンはミサイルを発射するが、今度はそれに弾頭をつけて洋上で爆発させる。これによる被害はない。だが、この行為はさらにキム・ジョンウンの国際的な立場を悪くさせ、追い詰めることになる。

・2020年ではないが、北朝鮮では革命が起こり、キム・ジョンウンは中国に亡命する。

中国に関して

・香港の民主化要求運動は中国本土に拡大する。2020年ではないが、国内の抗議運動の高まりから習近平政権は消極的ながらも民主化を容認する。そして長期的には、中国は孫文の理念を導入し、民主化する。この動きがきっかけとなり、チベットなどの地域が中国から分離して独立する。

ドナルド・トランプに関して

・トランプは罷免されることはない。トランプ陣営の誰かが裏切るが、それでもトランプは罷免されることにはならない。弾劾裁判はトランプに有利に作用し、トランプを強化する。

・トランプはこの弾劾裁判を民主党によるクーデターだとして非難する。さらにこれは、「ディープステーツ」と呼ばれ、アメリカを裏で支配しているCIAやFBIなどの情報機関の秘密計画だとして、これらの機関への非難を強める。このような非難によって、トランプの立場は逆に強化される。

・ジョー・バイデンは民主党の大統領候補になることはない。いまのところなにかは分からないが、バイデンに関する大きなスキャンダルが出てくる。これによってバイデンは統一候補から脱落する。これがどのようなスキャンダルなのかはいまのところ分からない。

・バイデンではなく、エリザベス・ウォーレンが民主党の統一候補になる。

・トランプは再選される。トランプはフロリダ州だと思うが、トランプの勝利が予想されていない州で勝利する。これが再選の決定打となる。

・中国との貿易戦争は拡大する。アメリカは中国の軍事的な脅威と危険性を改めて認識し、これに対決する姿勢を鮮明にする。貿易戦争はさらに悪化し、規制があらゆる分野に適用される。

・これはトランプの二期目に起こると思うが、ノストラダムスの予言にもあるように、暗殺未遂事件があるかもしれない。またトランプは病に倒れ、大統領としての執務を中断するが、これは一時的なものにすぎない。トランプはすぐに執務に復帰する。

ボリス・ジョンソンとイギリス政治について

・ボリス・ジョンソンはすばらしい首相となる。これから彼の人間的な側面が現れ、広く国民から受け入れられるようになる。ジョンソンは右派と見られているが、次第に中間的な立場に姿勢を変更する。彼はキャリー・シモンンズと結婚する。イギリス国民はこれを好意的に受け止める。

・ボリス・ジョンソンの最大の政治的な問題は、スコットランドになる。スコットランドは独立の是非を問う国民投票を実施しようとする。だがジョンソン首相は、これを全力で阻止する。2021年から22年になると、スコットランド独立の機運は勢いを失う。

・スコットランド独立運動を主導していた「スコットランド独立党」のアレックス・サモンのさらに大きな新しいスキャンダルが暴露される。このためサモンは完全に政界から排除される。

・イギリスやスコットランドの政治に対するロシアの影響は無視できないほど大きい。ロシアのプロパガンダはイギリスの総選挙にも影響した。そうであってもジョンソン政権は、ロシアとなんらかの合意を結ぶ。

・トランプとジョンソンは新たな関係を締結する。この新たな米英関係は両国の経済にプラスに作用し、2020年には米英ともにさらなる好景気に入る。イギリスはブレグジットの暗い時期をくぐり抜け、経済成長の明るい時期に突入する。

・さらにイギリスはインドや日本など、多くの国々と自由貿易協定を締結し、経済成長を後押しする。

・イギリスは間違いなくブレグジットする。EUとの間でいくつかの点で妥協は成立するものの、合意なしのハードブレグジットであることには変わりはない。いまイギリスではみんなブレグジットを怖がっており大変なことが起こると思っているようだが、そんなことにはならない。ブレグジットの影響はほとんど感じられないだろう。

・イギリスの電気自動車産業にかなりの公共投資が行われる。イギリスは新しいタイプの電気自動車を開発し、これが世界で注目される。

イギリス関連

・イギリス、労働党党首のジェレミー・コービンは自分の後継者となる左派の人物が現れるまで、党首の地位にとどまる。これが労働党の混乱を助長する。しかし最終的には、イベット・クーパーという穏健派の人物が党首になるだろう。

・総選挙で大敗した労働党は、これから全面的な改革の時期に入る。これは保守党のサッチャー政権のもと、力を失った労働党の再編が進み、穏健派のトニー・ブレアが現れた1990年代初期に近い状況だ。

・この再編で労働党は再生する。そしてスコットランドなどで地盤を回復する。

・イギリスの公共放送、BBCが全面的に改革され、政府の資金に依存しない独立採算の組織になる。その結果、有料でダウンロードできる番組が多くなる。また、他の企業がパートナーになるかもしれない。

英王室関連

・英王室のメンバーのひとりが死亡する。

・メーガン・マーケルが妊娠し、女の子が生まれる。

・アメリカのジェフリー・エプスタインのもとで未成年者と性行為をしたアンドリュー王子が罪に問われることはない。マスメディアの一部はこれを大きく報道しようとするが、スキャンダルにはならない。ニュースとしては無視され、アンドリュー王子は公の場から静かに姿を消す。

・チャールス皇太子にまた卵が投げつけられる。

中東の戦争

・2020年に中東で戦争が始る。これは2021年にも継続する。

・イランの暴動が一層激しくなる。しかしイランの指導部はこれを弾圧するため国民は反発し、革命のような状態になる。イランと敵対するサウジアラビアは、このイランの弱点につけこんで、利用しようとする。

・サウジアラビアはアメリカやEUと大きな武器購買契約を結ぶ。また、さらに多くの「サウジアラムコ」の株式を売りに出す。これはイランとの戦争準備のための資金を得るためである。

・サウジアラビアとイランとの戦争は突発的に発生するのではない。衝突は徐々にエスカレートする。ロシアやアメリカがこれに介入し、衝突の激化を回避しようとする。トランプとプーチンは協力してサウジとイランの仲裁を試みる。

・サウジとイランとの対立の激化にはトルコやイスラエルも介入し、非常に複雑な状況になる。

インドとパキスタンについて

・インドとパキスタンの対立が激化し、軍事衝突が発生する。しかしこれは全面的な戦争にはならない。

・インド国内ではイスラム教徒への反発が強まり、各地で抗議運動が起こり、混乱が拡大する。

南米

・ボリビアで大きな抗議運動が発生し、ブラジルにも飛び火する。これでボルノナロ政権は崩壊する。また、ボルノナロ政権によるアマゾン開発に国際社会は反発し、厳しい経済制裁をブラジルに課す。これがまたボルソナロ政権崩壊の引き金になる。

カナダについて

・作年はカナダのトルドー首相が政権の座を去ると予言したが、これは外れた。しかし、トルドーは急速に支持を落とし、近いうちに去るだろう。

世界経済全般について

・中国、中東、そして北朝鮮では大きな問題が起きるだろう。またヨーロッパも経済も雲行きが怪しくなる。しかし、そうではあっても、少なくとも2020年の世界経済は好調だ。世界恐慌になるとの世間の予測もあるが、そうはならない。しかし、2021年は不透明だ。

・中東戦争が引き金になり、原油の供給に問題が出てくる。そのため原油価格は上昇する。しかし、アメリカをはじめ中東ではない地域の原油があるので、供給そのものには問題は生じない。石油産業への投資はよいはずだ。

・アメリカの不動産価格は上昇する。特にこれまで無視されていたデトロイトのようなところで巨大な再開発が行われ、不動産価格を押し上げる。これを主導するのが政府によるインフラ投資だが、これは全米各地で実施される。また不動産価格は、イギリスやカナダでも上昇する。

・アメリカやイギリスではインフレはコントロールされ、問題を引き起こさない。アメリカ、イギリスカナダでは不動産は買い時だ。

・一方、ヨーロッパの地中海沿岸諸国では不動産価格の大きな下落が起こる。ギリシャやスペインがそうした国々だ。こうした地域に不動産を所有しているのであれば、下落が始る前に売ったほうがよいだろう。

・アメリカの医療と製薬産業もよい投資分野になるだろう。価値は上昇するはずだ。

・多くの人が私にビットコインに投資すべきかどうか聞いてくるが、これは実質的に根拠のないものに投資をしているので、単なるバブルにしかすぎない。いずれ崩壊するだろう。投資はやめたほうがよい。

・すでにアメリカでは合法的な大麻産業が確立され、どの会社も業績は好調だ。だが、いくつかの会社が破綻し、これをきっかけとしてこの分野は後退する。

・オーストラリア経済は2020年にかなり後退する。いくつかの大手企業の破綻が起こる。森林火災の発生とあいまって、オーストラリアにとって2020年は悪い年となる。だが2021年の末になると、オーストラリア経済は回復する。

・ヨーロッパ経済では多くの問題が起こる。イタリアの銀行危機の悪化もそのひとつだ。さらにアメリカとの間の貿易戦争が悪化し、EUにはさまざまな規制が課せられる。これがヨーロッパ経済をさらに悪化させる要因となる。

・いまグーグルやフェイスブックに対する課税が問題になっているが、それは行われるだろう。しかし、それだけではなく、グーグルは独占禁止法に違反していると認定され、3つに分割される。特にこの動きに積極的なのがフランスだ。だが、2020年かどうかは分からないが、アメリカも最終的にはこの動きには追随する。グーグルは広告部門、データマイニング部門、サーチエンジン部門の3つの会社に分割される。

・これと同じことはフェイスブックでも起こる。そして、個人情報の所有権が個人にあることが明確にされ、フェイスブックはそれを使う場合、個人の許可が必要になる。

・このような変化を背景にして、グーグル、フェイスブック、そしてアマゾンの株価は2020年から徐々に下落する。

環境問題関連

・2020年に環境問題は悪化し、地震をはじめとした自然災害は多発する。インドやアメリカで大きな地震が発生する。アメリカではカリフォルニアだ。これは大きな地震ではなく、火山活動によるものだ。またマイアミは大きなハリケーンに襲われる。

・特に問題となるのが日本だ。地震、ないしはなんらかの大きな自然災害が日本を襲い、2020年のオリンピック開催に問題が発生する。

・地域はよく分からないが、小さな島で火山が噴火し、住民が避難する。

・イギリスのグランド・ナショナル競馬だが、多くの馬が倒れる事故が発生する。これでケガをする騎手も出てくる。

・世界のどの地域かはっきりしないが、都市で発生したスモッグによって多くの人が窒息死する事件が発生する。これは中国かもしれないが、場所ははっきりしない。

・これも地域が分からないが、鳥がウイルスの感染かなにかで大量死するのが見える。スモッグによる窒息死かもしれない。

・自然災害は激化する。ブラジルのアマゾンの熱帯雨林を自然公園のような地域に指定して、これの保護を求める声は世界で拡大し、真剣に検討される。ブラジル政府はこれに反対する。自然公園化の動きはアフリカでも起こる。2020年は温暖化による環境問題に世界が真剣に向き合う最初の年になる。


宇宙関連

・太陽系外に出た人工衛星のボイジャー2号から最後の通信を受信する。それはなぞに満ちたメッセージで、地球外生物の存在が問題になる。これは、既存の宇宙観を変更する大きなきっかけとなる。

・また木星でも奇妙な現象が注目される。まだこれがなにかよく分からないが、これは大きな発見となるはずだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 やはり一番気になるのは、日本を自然災害が襲い、東京オリンピックの開催に問題が生じるという予言です。
 私は、東京の放射能汚染が問題視され、出場をボイコットする国が複数出れば、オリンピックの開催自体が危ぶまれる可能性があると考えていました。しかしクレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、はっきりと「自然災害」と言っているので放射能ではないようです。
 それは東京直下地震でしょうか、それともゲリーさんが何度も言っている埼玉の地震でしょうか、あるいは外洋で起こった地震による津波の被害でしょうか。大変気になる予言です。

 あと私が重大な関心があるのが、世界恐慌です。
 私は2020年にも世界恐慌が起こる可能性はあると思っていました。
 アメリカの長短金利の逆転(逆イールドとも言います)や、去年秋に瞬間的に10%に跳ね上がったレポ金利(注1)など、すでにその兆候は現れています。
 しかし、絶対に世界恐慌は起こさせないというFRB(連邦準備制度理事会)の固い決意がありました。
 レポ金利が10%に跳ね上がったときのFRBの対応は素早いものでした。
 即座に米銀のドル不足に対応して、3か月で8000億ドル(88兆円)の、緊急ドル供給を行いました。パウエル議長は、さらなる資金供給を今年の6月まで続けると言っています。これはもう、りっぱなQE(量的緩和)の4番目でしょう。
 さらに金融引き締め政策を転換し、2019年は0.75%(3回)の金利の引き下げを行いました。この結果、NYダウはさらに史上最高値を更新し続け、2019年の年末は、2万8645ドルに達しました。
 やはり、11月の大統領選挙が終わるまでは、絶対に株価を暴落させないという決意があるとしか思えません。
 だとすると、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の、中国、中東、北朝鮮で問題が起こったとしても、「2020年の世界経済は好調」という予言も「あり」なのかもしれません。

 (注1)銀行間で債権(アメリカでは米国債)を担保に、買い戻すことを条件として短期の資金のやり取りをする市場をレポ金融といいます。レポ金利とは、その貸し出し金利のことです。通常は2〜2.5%ぐらいですが、去年の9月18日に10%に跳ね上がったのです。これは米銀において、深刻なドル不足が起きたことを示しています。10%もの金利を払ってでも決済しなければならない米銀が現れたということです。リーマンショックの際に、リーマン・ブラザーズがレポ金融から決済用の資金を調達できなかったことが倒産に繋がったといえば、事の重大さが伝わると思います。


 <追記>

 記事『クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2020年予言』に関して、「ヤスの備忘録」のヤスさんの今週号のメルマガに新たな情報がありましたので、追記します。
 パーカー氏の予言「日本では自然災害が起こり、オリンピックの開催に問題が生じる」に関して、ヤスさんがメールでパーカー氏に以下の2つの質問をしたそうです。

 1)自然災害が起こる時期と日本の地域
 2)オリンピックの開催が中止となるのか

 その回答が紹介されていたので抜粋して紹介させていただきます。

 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんの1月10日付けのメルマガから抜粋開始>・・・

「すでに発表した以上の詳細はまだ分からない。しかし、さほど深刻な自然災害ではない。オリンピックは中止にはならない。開催に問題が起こる程度だ。もっと具体的なビジョンがあれば公開する」

このような回答であった。自然災害は起こったとしても大規模なものにはならないという。少し安心できるかもしれない。

また、報復合戦が始まり緊張しているイランとアメリカの対立だが、イランの報復が始まる前の1月7日にパーカーに聞いてみたところ、以下のような回答だった。

「みんな第3次世界大戦を心配しているようだが、それは起こらない。トランプは一度だけ報復したあと、引き下がる」

とのことであった。情勢が非常に緊張しているので、そのようになることを祈りたい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


[トップページ] このページの先頭へ