2017年

[トップページ]

サアラさんのハワイ・リトリート

『スターピープルはあなたのそばにいる』(3)

サアラさんのハワイ・リトリートへの道

ケン・コバヤシさんの講演会から

ゲリーさんの予言の続きと、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言

ゲリーさんの2018年予言

『スターピープルはあなたのそばにいる』(2)

『スターピープルはあなたのそばにいる』(1)

アニータ女史の臨死体験(下)

アニータ女史の臨死体験(中)

アニータ女史の臨死体験(上)

洗脳について

吉田繁治さんのシステム取引

『光速の壁を超えて』

世界的な気候変動の原因とは

日本のビールにGMO(遺伝子組み換え作物)は使われていないのだろうか

ドSの宇宙さん

『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』から

これから商品相場はくるか

スピ系スクールの情報公開について

予言について

若返りへの模索

投資に関する話

不動産に関する話

人工知能に思う

世界大恐慌の時期について

安部司さんの添加物にまつわる話(その2)

朝鮮半島有事について考えてみました(その2)

安部司さんの添加物にまつわる話(その1)

朝鮮半島有事について考えてみました

松久正氏が語る松果体の機能

サアラさんが語る感情のメカニズム

電子レンジの実験結果

中国は金本位制を目指している!?

サアラさんの夢ワーク

サアラさんのお金の話

食の話いろいろ

食品添加物に指定されない添加物

ヤスさんのビットコイン情報(2)

サアラさんが語る死後に気をつけなければならないこと

ヤスさんのビットコイン情報

ゲリーさんの2017年予言

ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との出会い

トム・ケニオン氏とアルクトゥルス人との交流記

サアラさんのハワイ・リトリート...2017年12月6日

 11月22日の記事「サアラさんのハワイ・リトリートへの道」で、私がハワイ・リトリートに参加するまでの経緯を紹介しました。
 今回はそのハワイ・リトリートの様子を紹介したいと思います。11月10日〜18日のハワイ・リトリートのエピソードです。


ハワイ行きの飛行機での偶然(?)

 「サアラさんのハワイ・リトリートへの道」の記事で、私は(霊的な)ガイドからのヘルプを受けて参加することができたと述べました。
 そして参加してからも、ヘルプとしか思えない出来事があったので紹介したいと思います。

 私は30年ほど前にカリフォルニア州ロサンジェルスのオレンジ郡に1年弱ほど住んでいたことがありました。
 日系企業に勤めて、日本語で仕事をしていたので、英語はあまり上達しませんでした。
 でも、現地在住のスペイン人やベトナム人の友達ができて、週末には一緒にテニスをする仲になっていました。特にスペイン人のセシリオとは仲が良くなって、一緒に飲みに行くほどでした。
 あれから日本に帰ってきて30年、私は英語と無縁の生活となりました。
 今回のハワイリトリートは現地集合、現地解散です。なのでまず集合地まで自力で辿り着かなくてはなりません。
 まず羽田から国際線でオアフ島のホノルル空港まで行きます。それから国内線に乗り換えて、ハワイ島のヒロ空港まで行きます。ヒロ空港が集合地です。
 私は、昔ロスに住んでいたことがあるから、英語はなんとかなるだろうと安易に考えていました。
 しかし実際に飛行機に乗ってみると、英語が全く聞き取れない自分に気づきました。
 私は内心「やばい、全然わかんないぞ・・・」と心配になってきました。これでちゃんと国内線に乗り換えて、ヒロまで行けるのかと不安になってきたのです。乗り継ぎの飛行機の時間は決まっているので、乗り遅れたらアウトです。

 そんなハワイへ向かう飛行機でのことです。
 私が座った席の隣の隣に、JSPスクールで一緒だったOさんによく似た女性が座っていたのです。
 横顔しか見えず、本人かどうかはっきりとしません。しかもその女性の隣に女性のパートナーと思われる男性がいました。その男性は私の知らない人でした。
 私は、たぶん2人はご夫婦か恋人同士で、一緒にハワイに観光旅行に行くのだろうと思いました。もしOさんでハワイ・リトリートに参加されるのなら、男性同伴という可能性は低いだろうと思ったのです。
 そう思っていたのですが、ホノルル空港で降りたら、Oさんが待っていてくれたのです。

 Oさん:「やっぱり本山さんですね〜」
 私:「なんだ、やっぱりOさんだったんですか〜」

 という会話になりました。
 Oさんのご主人は、JSPスクールには参加されていなかったのですが、ハワイ・リトリートに運転手の役目を背負って参加されたのだそうです。ハワイではレンタカーを借りて移動することになっていて、運転手が一人が足りなかったそうなのです。

 この出会いは私にとって実に有難いことでした。
 ハワイアン航空の国内線の出発ロビーがなかなか見つからないのです。
 3人でも迷ってしまいました。
 結局、いったん空港の建屋を出て、道路を渡ったところにハワイアン航空がありました。もし私一人だったら、プワーイングリッシュ(貧弱な英語力)ゆえに、時間内にたどり着かなかった可能性は高かったように思います。
 Oさん夫妻の英語力に助けられて、無事国内線に乗り換えることができました。

 ハワイ・リトリートに一緒に参加するメンバーが、同じ飛行機の隣の隣に座る確率はどのくらいだろうと思ってしまいます。
 なにしろ現地集合なので、基本的にどの便で行くかは本人の自由です。
 15名の参加者のうち、3名は前日にハワイに到着していたのですから、これは相当な偶然だと思います。

 やはりこれはヘルプではないかと考えてしまいます。


ワークでのエピソード

 まず最初のハワイ島のワークは、水の儀式を行うことでした。
 ハワイの火の女神ペレが指導してくれるというのです(ペレは火の神ですが、今回は水の儀式です)。
 ところがサアラさんが朝のミーティングで、深刻な表情でこう言われたのです。
 「ペレが怒っています。(参加する私たちの)準備が整っていないと言っています。ですから儀式は中止します」

 この儀式は、参加する私達が人類を代表して行うものだといいます。
 その私達に、その自覚が足りないというのです。

 私は、うーん、そうかもしれない、という思いが巡りました。
 少し言い訳をすると、参加者には事前に何のワークを行うか全く知らされていませんでした。ハワイに着いて、ペレと水のワークを行うと言われたのです。さすがに心の準備は難しいかもしれないと思ったのです。
 でもペレの言う準備とは、違う意味かもしれません。心構えだけでなく、参加した私達が神聖な儀式を行う(霊的な)レベルに達してしないということかもと思ったりします。
 そういえば出発前に、このツワーは一般的な観光旅行ではなく、霊的な目的を持った旅であり、自覚を促すようなメールが届いていました。
 そんなメールが届いていたにもかかわらず、(他の参加者の方々のことはわかりませんが)少なくとも私は、思いっきり観光気分だったことは間違いありません。

 ハワイ島の二日間はかなり雨が降りました。
 車で移動している時、どしゃぶりとなり、ワイパーをフル稼働しても前方が見えないということまでありました。メンバーの中には、この雨は私達が行った水のワークの為に、ペレが降らせているという話をする方もいました。

 ハワイ島で2泊した後、今度はマウイ島に飛びました。
 スタッフのKさんによると、ハワイ島の気候は日本の屋久島に近いそうです。とにかく雨が多いといいます。それに比べて、マウイ島は本当に南国ハワイの気候だそうです。
 まさにその通りで、マウイ島の気候は温暖で、しかも過ごしやすいものでした。
 このマウイ島で本格的なワークとなります。
 いくつか行われたワークの中で、私が一番印象に残っているものがあるので紹介したいと思います。
 それは、マウイ島に有機食材を売っている有名なスーパーがあり、そこで食材を仕入れて料理を作るというものでした。
 4人で1組のチームを編成し、そのチームで好きな料理を1品ないし2品作ります。
 なるべく初対面の人が一緒になるように、チーム編成はサアラさんが行いました。初めて会った人と、どんな料理を作るか相談し、(調味料を含めた)食材も自分達で購入します。そして役割分担を決め、料理を作る過程でいかにうまくコミュニケーションをとっていくかが課題です。
 参加者は総勢15名です。
 アメリカの台所は日本より広いとはいえ、1つの台所で15名がいっせいに料理をするには狭すぎます。
 私が感心したのは、チームワークを超えた作業の流れです。15名が同時に台所に立つと、まずスムーズに動き回ることなどできません。ですから誰かが、「お塩な〜い」と言うと、塩がバケツリレーで人々を経由して届くのです。私は料理作りに参加しながら、それを感心して観ていました。見事なチームワークが出来上がっていました。
 この初対面の人で料理を作るワークは、お互いの距離を縮めるには、最高のワークだと思います。



 チーム編成をして作った料理です。
 パエリアといった手の込んだものまでありました。私のチームは棒々鶏(バンバンジー)と、フルーツポンチです。すべての料理から1品づつ取り、それをサアラさんがペレに捧げる儀式をした後、皆で料理を美味しくいただきました。


    
(左の写真)
 今回のリトリートのテーマは、火、水、風、地の4大元素でした。
 火を感じるワークということで、キラウエア(ハワイ火山国立公園)に行きました。水蒸気が地熱で温められて、煙があたり一面からもくもくと登っています。

 (右の写真)
 これは、マウイ島の標高3055メートルのハレアカラの山頂に登ったときの写真です。さすがにこの高さですから、雲が下に見えます。ここでしばらく瞑想し、風と地を感じるワークを行いました。


アルフォンス・デーケン先生のことかも・・・

 ハワイ・リトリートで、サアラさんが、あるキリスト教の宗派で、そのトップにまで登り詰めた老宗教家から質問された話をされました。
 その老宗教家がサアラさんに、ぜひとも話を伺いたいと言ってきたそうです。
 そこで老宗教家は、サアラさんに、「なぜ神が造りたもうたこの世界が、苦しみに満ちているのか。そもそも神は、いかなる意義をもってこの世界を造りたもうたのか」と質問してきたそうです。
 それに対するサアラさんの答えは明快でした。
 サアラさんは神という言葉を使わず、「空(void)」という言葉を使いますが、「空」がこの世界を造ったのに、意義や意味などない。「空」は自らの可能性を知りたいという好奇心から、この世界を造った。そして私達の魂は、その「空」の可能性を追求するために造られたと答えたのです。
 その答えを聞いて老宗教家は、これで長年の疑問が解けたと感謝の言葉を述べたそうです。

 サアラさんがこの話をした後の夕食で、私はサアラさんに、その老宗教家の話を聞いたとき、私の頭の中にアルフォンス・デーケン先生が浮かんできたと言いました。

 アルフォンス・デーケン先生について、少し説明が必要です。
 私は都内の某J大学に進学しました。
 そのJ大学はキリスト教のカトリックの大学で、入学してきた生徒はすべて「人間学」という講義が必修です。
 私の取った「人間学」の先生が、アルフォンス・デーケン先生だったのです。
 デーケン先生は不思議な魅力というか、人間力というか、オーラを持った先生でした。
 当時の私がそうであったように、生徒の多くはキリスト教に関心のない若者です。キリスト教の教義なのか、哲学なのかよくわからない話をじっと聞くのに、1時間半の講義は長すぎました。そのうち、べちゃべちゃと喋り始める輩が必ず出てきます。それが一定以上になり講義の妨げになると、デーケン先生は講義を止め、無言でじっと生徒を見つめるのです。
 すると気配を察した生徒は喋りを止め、教室がシーンと静まりかえるのです。
 するとデーケン先生は何事もなかったかのように、講義を再開するのです。「講義中、私語は慎むように」なんてことは一切言いません。
 こんな芸当ができるのは、デーケン先生が不思議な魅力というか、迫力があったからだと私は思います。

 「人間学」は厳しい授業で、合宿までありました。
 J大学は那須に合宿施設を持っていて、そこに泊まりがけのゼミに出掛けるのです。
 そこでデーケン先生はキリスト教の儀式であるミサを行うというのです。そして希望者がいれば、誰でも参加してよいというのです。
 私はキリスト教に興味はなかったのですが、友人が面白そうだから出てみようと言うので、参加してみたのです。
 そこに神父の正装に着替えたデーケン先生がいました。
 ここで私は、学者としてのデーケン先生ではなく、宗教家としてのデーケン先生を発見しました。そしてこれが私が初めて、キリスト教に触れた瞬間でした。
 その後の講義でデーケン先生が、私とその仲間がミサに参加したことに対し、深い感謝の言葉を述べられたのを今でもよく憶えています。
 私は内心、「誘われたから出ただけで、そんな感謝されることなんかしてないし・・・」という思いがあり、恐縮してしまいました。

 大学卒業後、デーケン先生がJ大学の学長まで登り詰めたことを知りました。
 そんなデーケン先生の話をしていたら、スタッフのYさんが、「私もデーケン先生に習ったことがあります」と発言されてびっくりしてしまいました。なんたる奇遇! です。
 Yさんは高校のときに、デーケン先生の授業を受けたそうです。
 どうやらデーケン先生は大学だけでなく、高校でも教鞭をとっていたようです。

 サアラさんと会った老宗教家ですが、かなり高齢だったといいます。
 それが私が学生の頃のデーケン先生の年齢から推察すると、ちょうどいい年齢になるのです。デーケン先生はJ大学の学長にまで出世したほどの人ですから、宗派でトップに登り詰めてもおかしくない人物だと思います。
 残念ながらサアラさんは、老宗教家の名前を憶えていないとのことで、デーケン先生かどうかはわかりません。

 でも宗派のトップにまで登り詰めながらも、(日本で無名と言ってもいい)日本の一神秘家であるサアラさんの考え方を素直に受け入れる度量の持ち主は、そう世の中にはいないと思うのです。宗派のトップゆえに、キリスト教以外の考え方を受け入れるのは難しいはずです。
 そうした人間の持つ度量の深さを見るとき、私は老宗教家はデーケン先生に違いないと思われて仕方ないのです。


    
 (左の写真)
 マウイ島の西に位置するワイレア・エルア・ビレッジという宿泊施設のコテージから海方向に向けて撮った写真。写真に海は写っていませんが、すぐ目の前が海です。海岸線は、まるでプライベートビーチのようでした。
 このコテージは、日本円で1泊10万円だそうです。それだけに環境と設備は抜群でした。
 こういう処を「ザ、リゾート」といい、こういう処でのんびり過ごすことを、「ザ、バカンス」というのだろと実感しました。
 こうした施設に泊まるなんてことは、今回のハワイツワーに来なかったら、間違いなく私の人生でなかったと思います。

 (右の写真)
 海でのワークもありました。
 ワークを行ったマウイ島のビーチです。


マウイの地ビール

 マウイ島の4泊で、ワークはすべて終わりです。
 オアフ島に移動した日の午後と、翌日の午前中が唯一の観光タイムでした。
 ここで私の印象に残ったものを紹介します。

 スタッフのKさんにマウイ島の地ビールを飲ませるお店があると聞き、私は絶対に行くと心に決めていました。
 このハワイツワーで私がやろうと思ったのは、日本ではふだん食べない肉を思いっきり食べることと、ハワイの地ビールをたらふく飲むことでした。
 私の勝手な印象かもしれませんが、日本の地ビールは味が濃く、一気にぐいっと飲むというスタイルには向いていない気がします。後味が重い感じがするのです。
 それに比べてマウイの地ビールは、口当たりもまろやかで、軽い感じですっきり飲める気がします。またフルーツの味付けをしたビールがとても美味しかったです。私はこの地ビールを飲むという目的だけで、ハワイにもう一度来たいと思ったぐらいです。
 私達が泊まったのは、オアフ島のワイキキにあるハイヤット・リージェンシーホテルでした。カラカウワ通りに面しているのですが、ホテルから歩いて数分の距離に、マウイ島の地ビール専門店である「Maui Brewing」があります。ビール好きな方は、ぜひ行ってみて下さい。


    
(左の写真)
 マウイ島の地ビール専門店「Maui Brewing」

(右の写真)
 カラカウワ通りは街一番の大通りですが、ビキニ姿の女性が堂々と歩いていて、最初はびっくりしてしまいました。白人で身長が高いうえに、スタイルに自信があるのだと思うのですが、けっこうなビキニなのです。ああ、ここは南国ハワイなんだと実感してしまいます。
 そうした写真を撮りたかったのですが、正面からカメラを向けると失礼にあたる(あるいは個人情報?)かもと思いあきらめました。
 そこで交差点で信号待ちをしている、(面白い浮き袋を持った)女性の集団があったので、後姿を撮ってきました。


帰国後に始まった身体の浄化

 サアラさんによると、ハワイのエネルギーは日本と全く逆のエネルギーなんだそうです。
 私はこの話に納得するものがありました。
 単に文化が違い街の風景が違うといったこと以上に、土地の持つエネルギーを感じたのです。それは日本とは、やはり全く違ったものでした。
 私は効果の程はともかく、1年に1回ぐらいは日本から出て、全く違ったエネルギーを体験するというのは、必要かもしれないと考えるようになってきました。

 このエネルギーの違いが原因かどうかわかりませんが、帰国後に私の身体に起こった変化について報告します。
 私は普段、肉類を食べません。
 特に牛肉は食べません。
 よく肉を食べると身体の波動が落ちるという人がいますが、私が肉を食べない理由はもっと単純です。
 日本で一般に売られている肉には、非常に危険な物質が含まれているからです。
 特にアメリカ産の牛肉には、国産牛の赤身で600倍、脂肪で140倍と言われるエストロゲン(女性ホルモン)が含まれています。エストロゲンは20種以上ありますが、その中でE2(エストラジオール)といわれるものは、強力な発ガン物質として知られています。
 私はこの話を知っていましたが、もちろんハワイツワーのメンバーには、食欲を無くすような無粋なことを言ったりしません。私自身もアメリカ産牛肉をたっぷり食べてやろうと思っていました。

 しかしその反動が来ることは覚悟していました。
 日本に帰ったら、毒出しの為に重い風邪をひくだろうと思っていました。
 はたして、その通りとなりました。
 日本に帰った翌々日から3日間、風邪をひきました。しかし不思議なことに熱が出ないのです。これまで私の風邪のパターンは、熱が出て鼻水と咳が襲ってくるというものでした。
 ところが不思議なことに、熱っぽくないのです。さらに咳もあまり出ません。
 ただ鼻水と、さらに目からも涙が溢れてくるのです。それも右目と右の鼻の穴だけです。なんで?

 それが3日間続いて、ピタリと止まったのです。
 まるで身体が、ハワイで摂取した毒素は出し終わりました、と告げたかのようです。
 これがハワイで真逆のエネルギーを受けた恩恵かどうかわかりませんが、以前と違った体質になったようです。


その他のエピソード

 最後に、エピソードを2つ紹介します。
 最終日のワイキキでハイヤット・リージェンシーホテルでチェックインの手続きをした時のことです。
 スーツケースはホテルのボーイさんが部屋まで届けてくれるので、皆チップを渡して、スーツケースを預けていました。
 私も預けたのですが、スーツケースを渡した瞬間、頭の中に「このスーツケースは部屋に届かない」というイメージが湧いてきたのです。
 私は思わず同じ部屋のKさんに、「このスーツケースは部屋に届かないかもしれませんよ」と告げたのですが、Kさんは忙しくて耳に入らなかったようでした。
 はたして、その夜ハワイで最後の夜の打ち上げを終えた午後11時過ぎ、ホテルの部屋に戻ると、スーツケースはありませんでした。
 しばらくするとKさんが部屋に入ってきて、「スーツケースを届けるように言ってきました」と言われました。
 まるで予知能力がついたかのようです。
 これはやはりハワイのエネルギーのせいなのでしょうか。

 最後に、スタッフのKさんに関するエピソードを紹介します。
 私は(Oさんのご主人を除けば)唯一の男性参加者ということで、ハワイ合宿の間、全日程でKさんと同じ部屋に泊まらせていただきました。
 そこで私はツワー参加者という気楽な立場ながら、スタッフの方々の気苦労を間近に観察できるという(ある意味では恵まれた)環境にいました。

 (運営する側なのだから当然という見方もあるでしょうが)実際に運営する側に立つと、色々大変だなあと思うことが多々あったのです。
 特に海外ツワーというのも大きいかもしれません。

 とにかく細かい気配りをされるKさんに感心させられました。
 女性の方々だけでなく、私に対してもKさんは心遣いをされて、小まめに話しかけていただきました。私は内心、こんなに気を使ったら、ヘトヘトになってしまわないかなと思ったぐらいです。
 不肖ながら、私は数年前に自身のセミナーを開催したことがあり、同じ時間と空間を共有しながら、そのエネルギーの消耗具合に、開催する側と参加する側では、大きな違いがあることを実感として体験したことがあります。
 とにかく(参加する側では気づきにくいですが)主催する側では、大きなエネルギーを消耗するものです。

 前述しましたが、ハワイ合宿の最終日は、唯一観光の日(自由行動の日)でした。
 私は、(ずっとKさんと一緒だったので)Kさんが、スタッフの重圧が解け、(やれやれといった感じで)やっと解放されるという表情をされていたのを鮮明に憶えています。
 そんなKさんの一瞬の緊張が解けた瞬間に、ある方が木村さんに「(オアフ島の)ノースショアに行きたいと言ったら、運転してもらえます?」と聞いたのです。
 (Kさんは絶対に否定されると思いますが)私は、その言葉を聞いたKさんの顔が、一瞬引きつったのを見逃しませんでした。
 私は心の中で、「そんな無理強いしないで下さい! もうKさんを解放してあげましょうよ!」と言いたいぐらいでした。

 気を取り直したKさんが、「ええっ・・・、皆さんがご希望されるのであれば行きますよ」と言われたのを、私は痛々しい思いで聞きました。
 結果として、ノースショアはOさんのご主人が運転して行くことになり、良かったと思います。

 私はこのハワイツワーで色々な体験をすることができて、スタッフの方々のみならず、参加された皆さんに本当に感謝しています。
 特にKさんには大変お世話になりました。
 この場を借りて、お礼申し上げます。

 マハロ〜。



『スターピープルはあなたのそばにいる』(3)...2017年11月29日

 これまでアーディ・S・クラーク女史の『スターピープルはあなたのそばにいる』から2話を紹介してきました。
 今回は、第3弾です。

 ライオンやトドは、強いオスが複数のメスを従えたハーレムを形成します。
 人間社会は(例外もありますが)基本的に一夫一婦制なので、ハーレムを羨ましいと感じたことのある男性は多いかもしれません。
 しかし、全くの男性だけの社会や、全くの女性だけの社会だったらどうでしょうか。
 私は男ですが、男性だけの社会など想像してもぞっとします。泣いて頼まれても、そんな社会で暮らしたいとは思いません。
 私は特に女性好きというタイプではないのですが、男しかいない社会には潤いがなさそうで、味気なさそうに感じてしまうのです。
 それに反して、女性の中には、全くの女性だけの社会に抵抗がない人もいるのかもしれません。
 これまでの長い歴史の中で、男性優位が続き、長らく女性が虐げられてきたと感じている女性であれば、そうした社会に理解を示すというのはあるのかもしれません。

 今回紹介する話は、ETの助けをかりて女性だけの社会に住むことを決断した女性の話です。
 私はETの話が好きで、色々本を読んできましたが、こうした話にこれまで出会ったことがありません。
 珍しいケースなので、紹介させていただくことにしました。
 『スターピープルはあなたのそばにいる(上)』(アーディ・S・クラーク著、明窓出版)から抜粋します。


 ・・・<『スターピープルはあなたのそばにいる(上)』、p251〜p269から抜粋開始>・・・

 第16章 私の娘の正体

 1987年、アブダクション研究家のバッド・ホプキンズは、被誘拐者から採取されるのは遺伝物質だけではなく、女性の場合は妊娠させられ、懐胎の3、4週間後に胎児が摘出されていると唱えています。さらにホプキンズは、被誘拐者から生まれた”通常の”赤ん坊すらも、異星人によって遺伝子操作が施されている可能性を指摘しています。
 この章では、なかなか子宝に恵まれなかった女性が、UFOに遭遇後に子供を宿していることに気づいたという事例をご紹介します。

 メアリーは米国南西部の保留地で育ちました。22歳で州立大学を卒業した彼女は、アリゾナ州フェニックスにあるインディアン社会プログラムで事務職に就くことにしました。そこでのキャリアが20年を迎えた頃に私は彼女と出会いました。女性のインディアン指導者の名誉を称える昼食会の席で、彼女と私は隣同士になったのです。私は自身の学術書『シスターズ・イン・ザ・ブラッド』についての講演者として、その会に招聘されていました。2人でデザートを待っている時、向かいの席の年配客が話しかけてきて、私がまだUFO遭遇体験を取材しているかと尋ね、私はうなずきました。
 「講演の後に私のところへ来てください。会わせたい人がいるんです」その言葉に私は再びうなずきました。その時メアリーが私のほうに体を寄せてきて囁きました−−
 「もし時間がおありでしたら、私もUFOとの遭遇体験があるんですけど、たぶん信じてはいただけないような話なんです」昼食会の席でこのように続けて打ち明けられることになるとは予想していませんでしたが、よろこんで2人から後ほど詳しい話を聞くことにしました。

 翌日、正午の数分前にメアリーのいる事務所を訪ねました。彼女は自らの体験を伝えるために、私を昼食に招いてくれていました。秘書に案内されて小さな会議室まで来ると、そのドアが開いてメアリーが迎えてくれました。
 「勝手に昼食をオーダーさせてもらいました。今日は来ていただけて嬉しいです」
 私が席に着くと、彼女は入口にいた秘書に歩みより、これから2時間のあいだは自分にかかってきた全ての電話を取り次がないように指示し、ドアをロックしました。メアリーは魅力的な40代半ばの女性でした。ウェーブのかかった黒髪は染色により赤茶色に輝いていました。彼女は着ていたブレザーを脱ぎ、椅子の背もたれに丁寧に掛けてから、席に着きました。ややふっくらとしていながらも、そのプロポーションが心地よさそうでした。彼女は14歳の娘をもつ未亡人でした。夫は娘のチェリーが誕生する半年前に交通事故で他界してしまっていました。それ以来、メアリーの人生は仕事と娘のために捧げられてきました。

 「あなたのお話は以前から伺っていたんです」メアリーはコーラの缶に手を伸ばしながら言いました。「私の体験をお話したかったんですけど、ずっと機会がなくて。私と似たような体験をした人の話をお聞きになっているかどうか、知りたかったんです。もし私が第三者の立場で、これからあなたにお話する体験談を聞いたら、信じたりはしないだろうと思いますけど、誓っていえます。本当のことなんです。彼らはまだ娘のチェリーが幼児だった頃から、ずっと私をいいように利用してきたんです」
 「心配しないでいいですよ。奇妙な体験はいろいろ聞いていますから」
 メアリーはうなずいて、私に好きなサンドイッチを選ぶように促しました。

 「最初の遭遇があったのは20年前のことです。いま私と娘は町の郊外に住んでいます。亡夫がフェニックス市外の小さな田舎の造成地に家を建ててくれていたんです。見栄を張ったところなど何もない、ただ3人が暮らしていくために建てた家です。夫は赤ん坊が生まれる前にマイホームを持ちたがっていました。酔っぱらい運転の車にはねられて夫が死んだ後、私の友人や親族は、私たちが別の町に引っ越すか、少なくともフェニックスの共同住宅に移ったほうがいいと言いましたが、私は我が家が好きでした。夫が私とチェリーのために建ててくれた家を手放したくなかったんです。私は実母のパールに、私たちと同居を始めるように説得しました。彼女は独り身でしたから、淋しく暮らす必要などありませんでした。
 「あなたのご主人は素晴らしい人ですね。ただ、あなたが私をここへ招いた理由を話してもらえますか?」
 「車で帰宅途中のある晩のことでした。冬だったのですでに日は落ちていました。私は途中で買い物を済ませてから、娘を迎えにモンテソリスクールに寄りました。娘はまだ2歳でしたが、週3回のプログラムに参加させてもらえていたんです。それ以外の日は、私の母が娘の面倒を見てくれていました。車での家路で、ハイウェイの前方近くに、じっと空中にとどまっている光を目にしました。地面に近い位置にありましたが、私はそれを空軍基地に離発着する飛行機だろうと思いました。しかし近づいていった時、それが飛行機ではないことに気づきました。目の前の光は動いていなかったんです」
 「それであなたはどうしたんですか?」
 「何かしらの理由で光が動いていないのだろうと思って、私はそのまま光のほうへ車を走らせていました。自分がUFOに出くわすことになろうとは夢にも思っていませんでした」
 「いつUFOだと気づいたんですか?」私は尋ねました。
 「車で接近していた時、まばゆく輝いていた光が急に消えてしまい、同時に私の車のヘッドライトも消えてしまいました。それからダッシュボードの明かりも薄れていって、エンジンが止まってしまいました。幸いなことに、ヘッドライトが消えた時点で、私は車を路肩に寄せていました。私は車から降り、チャイルドシートのベルトを外してチェリーを抱きかかえ、徒歩で帰ることにしました。もう自宅までわずか1キロ半ほどのところまできていたからです。夜空に雲はなく、月明かりが照っていましたので、自分に大丈夫だと言い聞かせていました」
 「でも、その時点であなたはUFOの存在に気づいていたんですか?」
 「いいえ、私はただ一連の不運が続いているんだと思っていただけです。もう新しい車に買い替えなくてはいけない時期をとうに過ぎていたので、似たようなトラブルが以前から起こっていたんです」
 「それでどうしたんですか?」
 「ハイウェイを歩いていくのではなく、近隣の人が所有する野原を横切っていこうと思いました。そうすることで移動距離を4分の1ほど短縮できると考えたからです。抱っこしたまま1キロ半の道のりを歩くにはチェリーは少し重すぎました。そして野原の半分ほどまでやってきた時、先ほどの光が私たちの上空にやってきました。この時になって、それが飛行機でもヘリコプターでもないことがはっきりと分かりました。その光は私たちの周辺をサーチライトのように照らし回り、私たちにスポットが当たった瞬間にライトの動きが止まりました」彼女はそこで間を入れて、サンドイッチを一口食べました。
 「次の瞬間に私はもう宇宙船の中にいました。一体どうやって乗ったのか私には分かりません」
 「チェリーちゃんのほうは?」
 「彼女も一緒でしたが、彼らはチェリーは私のものではないって言ったんです」
 「誰があなたにそう言ったんですか?」
 「分かりません。彼らはチェリーは自分たちのものだと言ったんです。私は自分の頭の中に響いていたその声に向かって、あらん限りの大声で叫んでいたのを覚えています」
 「彼らの姿は見ましたか?」私は尋ねました。
 「ちらっと一瞬だけで、あとはなにも」
 「それからどうなったんですか?」
 「彼らは私を地上に戻しました。実際には、気づいたら私は自宅の前に立っていて、腕にはチェリーを抱いていました」彼女は再び間を入れてコーラを一口飲み、テーブルを手で押して椅子を後ろに下げました。彼女は目を潤ませていました。
 「それから、信じられないでしょうけれど、私の車も敷地内の私道に停めてありました」そう言うと彼女は椅子から立ち上がり、私がしゃべるのを制するように、両手の平を私のほうへ差し出しました。「ありえないことだっていうのはわかっています。でも本当なんです。あのとき私は、心の痛みに耐えられなくなって、玄関前の階段に座り込んで泣いていました。チェリーが私を慰めようとしてくれましたが、顔を上げた時、私道にある私の車が再び目に入り、彼らの持っている力の強大さを思い知らされました」彼女はデスクのほうへ歩み寄って、ティッシュペーパーを手にとって両目をぬぐいました。「ごめんなさいね」彼女は言いました。「あの晩のことを考えると、ちょっと感傷的になってしまうんです」
 「私に何かできることはあるかしら?」そう問いかけた私に彼女は首を振りました。
 「大丈夫です。ちょっと感傷的になっているだけですから。話の続きを聞いていただければ、分かってもらえると思います」
 「その最初の遭遇の後、彼らにまた会ったんですか?」
 「何度もです。次に会ったのはチェリーが4歳の時でした。最初と同じ状況でした。でもこの時は、私は野原を歩いて渡ろうとはせずに、ハイウェイにとどまっていました。そして彼らは私たちを宇宙船内に連れていきました。彼らはチェリーを私の腕から奪い、またあの時と同じぞっとする声が頭に響き渡り、チェリーは私のものではないと言いました。そしてそれ以降、私たち2人は、エンジンがかかったままの車の中に戻されるようになりました。私は自分が正気を失いつつあるのを感じ始めていました」
 「彼らはそれ以外に何かあなたに言っていましたか?」
 「はい。チェリーが6歳の時です。最初のうちはきっかり2年ごとにやってきていたんですが、その後は毎年のことになりました」
 「彼女が6歳になってからは、彼らのコミュニケーションの取り方が変わったんですか?」
 「はい。その時から変わっていました。彼らは私たちを部屋の中に連れて行き、これまでずっと私に言い続けてきたことをまた繰り返して言いました……チェリーは私の娘ではないと。そして彼らは、私はチェリーが地球で誕生するための手段を提供しただけだと説明しました。そして私が医師たちから、子供を授かるのは無理だとずっと言われていたことを思い出させました」
 「それは本当だったんですか?」
 「はい。夫のディーンと私は、7年ものあいだ子供を授かろうと努めていましたが、まったく成果はありませんでした。私が妊娠したのは彼が事故死する2、3カ月前でした。あの異星人たちは……あなたがスターピープル等の名称で呼んでいる存在は……私が子供を切望していたことを知っていたために、私にそれを授けたのだと言いました。しかし私が手元においておけるのは彼女が子供でいる間だけで、大人になったら彼らのもとへ来ることになっていると言ったんです」
 「大人になるというのはいつのことなのか、彼らはあなたに言いましたか?」
 「17歳になった時です。娘はいま14歳です。私が娘と一緒にいられるのはあと3年間だけで、そのあと娘はいなくなってしまうんです。私は自分がどうしたらいいのか分かりません。ここから出ていけば、彼らから身を隠せるとあなたは思いますか? ニューメキシコ州かオクラホマ州はどうだろうかと私は考えてきました。そこにはインディアンが大勢いますから。たぶん砂漠だったら身を潜められるかもしれません」そこで彼女は口をつぐみました。そして体を震わせ始め、泣き崩れてしまいました。
 「あの子がいなくなったら私はどうしたらいいのか分かりません」彼女はチェリーのいない人生を想像して、涙にむせびながら言いました。

 2、3分が経過した後、メアリーは涙をぬぐいました。
 「ごめんなさい。あなたとお話しなきゃいけなかったわ。これまでにこのインディアンの世界で、誰か私と似たような体験をあなたに打ち明けた人はいましたか?」
 「ひとりもいませんでした。少しでも似ている体験すら私は聞いたことはありません」
 「私は自分の子供を失ってしまうことが本当に恐ろしいんです」彼女は言いました。
 「メアリー、あなたは心理学者に相談してみる必要があると私は思います。たぶんそうすることで、こういった出来事を乗り越えていくための手助けが得られるでしょう」
 「つまり、あなたは私の話を信じていないっていうことですね!」
 「ちがうわ、メアリー。そうじゃなくて、私は……」
 「やっぱり何も言うべきじゃなかったんです。彼らから警告されていましたし」
 「警告されていたって、どういう意味かしら?」
 「たとえ誰かに話したとしても、信じてはもらえないだろうって」
 「メアリー、あなたの話を私が信じてないっていうことではなくて、この間題に対処するために、力になれる人がいるって思ったんです。あなたには友だちが必要だから……」
 「あなたに私の友だちになってほしかったんです」
 「私はあなたの友だちよ。そして私にできることなら何でも力になりますよ」


 その後、4カ月にわたって、私は毎週メアリーと電話で話をしました。彼女の話の主旨はずっと同じものでしたが、より詳細を語ってくれることも時折ありました。再び南西部を訪れた際に、私はフェニックス郊外にあるメアリーの自宅に泊まりました。私を家の中に招き入れるやいなや、彼女はUFO搭乗者に関するさらなる情報を私に伝え始めました。
 「彼らは世界中から若い女性を集めているって私に言ったんです。その女性たちはチェリーと同じ年齢なんです」そう言いながら彼女はダイエットコーラを私に手渡しました。
 「なぜ?」
 「理由はまだ教えてもらっていません。私が知っているのは、その子たちは全員がシングルマザーに育てられてきたっていうことだけです。どの子も母親と祖母以外に親族が誰もいなくて、兄弟姉妹も、いとこも、父親もいないんです」
 「でもそれには必ず理由があるはずですよね」
 「それはまだ話してもらっていません」
 「それにしても、あなたはだいぶ落ち着いてきたようですね。状況を受け入れ始めているんですか?」
 「チェリーが私に何も心配する必要はないって言ったんです。彼らが彼女に対して、私はずっと彼女と一緒にいるだろうって言ったというんです。チェリーは彼らを信じています。彼女は彼らのもとで生きていくことを一種の冒険のように考えて楽しみにしているんです」
 「あなたは彼らを信じているんですか?」
 「分かりません。だから考えないようにしているんです」

 その半年後、またフェニックスに滞在していた私は、週末をメアリーの家で過ごしました。彼女の母親は保留地の友人を訪れており、チェリーは町に住む友だちの家に泊りがけで行っていました。
 「あなたにご報告することがあるんです」メアリーは言いました。「私の母が彼らと会っているって言っているんです」
 「それは、あなたの母親のパールさんが異星人に誘拐されているっていう意味ですか?」
 「そうです」
 「それはなぜ?」
 「私にはよく分かりません。彼らからは何も聞いていません。母がもし理由を知っているとすれば、母も私に話してくれてはいません。でも、母が以前より若々しく、健康になってきているっていうことは私にもはっきりと分かります」
 「どういうことかしら?」
 「説明するのは難しいんですけど、母の体の状態が良くなってきているのは確かなんです。あちこちのスーパーにも私と歩いて買い物に行けますし、母の主治医は高血圧と糖尿病の薬の処方をやめました」
 「お母さんは食生活を変えたんですか?」
 「母は菜食主義者になったんです。チェリーもです。私はそうはなれません。ローストビーフとハンバーガーがまだ好物ですから」
 「そういうことなら説明がつきますね」
 「そうでしょうね」メアリーは言いました。

 それから8カ月の間、私はメアリーに会っていませんでした。チェリーはもう16歳になっていました。私が翌週にフェニックスに行く予定であることをメアリーに告げた時、彼女は私の訪問を少し迷惑に思っていたように私は確かに感じましたが、私からは何も言いませんでした。しかし私が彼女の家の玄関口に姿を見せた時、彼女はニッコリ笑って私を迎えてくれました。なんと私と会っていないうちに、彼女は23キロも減量していたのです。彼女の変貌ぶりに驚嘆している私の前で、彼女は台所をティーンエイジャーのような軽やかな足取りで動きまわっていました。彼女はグラスに白ワインを注いで私に勧めてくれました。
 「ワインとお別れするのは淋しいわ」彼女は言いました。
 「どういう意味かしら?」私は台所のカウンター席に腰を下ろしながら尋ねました。
 「私も一緒に来ていいって彼らに言われたんです」彼女はワクワクした表情を見せて言いました。
 「いつ言われたんですか?」
 「4カ月前です。行くための準備を整えておくようにって言われました。つまりはダイエットです」
 彼女は立ち上がって、生まれ変わった体をお披露目するように、台所の床の上でクルクルと舞ってみせました。
 「肉は完全に断たなければいけなかったんです。野菜とフルーツだけです。あなたもぜひやってみるべきですよ」彼女は言いました。
 「肉を絶つのはどうして?」
 「私たちが行く世界には、肉食の習慣がないんです。フルーツと野菜だけ食べて生きていくんです」
 「彼らがあなたに語ったことそのままを教えてもらえますか?」
 「私がチェリーと一緒に来たければ喜んで迎えるので、もろもろの準備を整えておきなさいと言われたんです。私の母ですら招待されたんです」
 「メアリー、あなたは自分のしていることが分かっているかしら? 彼らから何を聞いたんですか?」
 「多くは聞いていません。でも、良かれと思って言ってくれたことなんです」
 「私には理解できません」
 「私たちがこの件について口外することを彼らは望んでいませんが、あなたには思い切って打ち明けたんです。私が行ってしまうまでは、この件については書かないでください。約束ですよ」
 「約束します」
 「彼らはこのように説明してくれました……『我々は自らのことを”種をまく者たち”と呼んでいる。我々は居住可能な惑星を探しながら宇宙を旅している。ひとたびそのような惑星を見つけ、そこに先住者がいなければ、我々はその星に入植を行う。我々はこれまで複数の惑星に地球の成人した人間を入植させてきたが、それらの試みがうまくいったことは一度もなかった。その要因は成人男性がしばしば暴力や報復や貪欲といった性質を示すことにあると判明したため、我々は彼らを別の惑星に移動させた』」
 「つまり彼らは、祖母以外に親族のいないあなたを選び、自分たちとの混血によってあなたに赤ん坊を妊娠させる手助けをし、3人を別の惑星に連れて行くことにした……これがあなたの言っていることですか、メアリー?」
 「正確には少し適います。チェリーは百パーセント人間です。彼女はディーンの娘であり、私の娘でもありますが、異星人のDNAもあるていど移植されているんです。彼らは、娘を望みながらも子宝に恵まれない夫婦の手助けをしたんですが、同時に人間の行動や習性に影響を及ぼすことが可能かどうかをみてみたかったんです。そして彼らは、男性よりも女性のほうがより影響を受けやすいという結果を得たんです」
 「もしディーンが生きていたらどうなっていたんでしょう? 彼も一緒に連れて行ってもらえたんでしょうか?」
 「そうは思いません。女性のみが入植されることになっています。男性がいなくても生殖できるように彼らが手助けしてくれます。私たちは戦争や憎しみのない社会、そして世界を築いていくんです」
 「もし男の子の赤ちゃんが生まれたら、その世界はどうなるんでしょうか?」私は尋ねました。
 「私も同じ質問を彼らにしました。彼らは、男の赤ん坊は決して生まれないようにすると言いました。これは実験なんです」
 「あなたはそういう世界で幸せになれると思いますか?」私は尋ねました。
 「ええ、そう思います。自分の周囲を見渡せば、苦しみや悲嘆や暴力の9割は男性が引き起こしていることが分かります。女性は男性を支えるために日々働いているんです。お金は男性が受け取って、お酒や薬物につぎ込んでいます。ですから答えはもちろんイエスです。私は男性のいない世界の実現に絶対に参画したいです。私の母も同じ気持ちです」
 「メアリー、私はこの件に関しては不安を覚えているの。あなたは本当に自分のしていることが分かっていますか? チェリーについてはどうなんですか? ここで友だちに囲まれて育っていき、大学に行って、それから結婚する人生を送らせてあげたいとあなたは思いませんか?」
 「チェリーは乗り気なんです。すでに彼女には、一緒に宇宙船に乗って別世界へ行くことになっている同性の友だちがいるんです。彼女は胸をときめかせています」
 「でもあなたは彼女の母親です」
 「そうです。だから一緒に行くんです。自分の子供を失うわけにはいきません。私には他に選択の余地はないんです」
 ほんの一瞬、私は彼女の声の奥に悲しい響きを感じた気がしましたが、すぐにそれはかき消され、私を玄関で迎えた時と同じような活気に溢れた笑顔が目の前にありました。
 「あなたに全てをお話するのはもう少し先にしたかったんですけど、まもなく私はここを去るんです」
 「家はどうするんですか?」
 「それについてはもう手配済みです。若いインディアンの女の子のための慈善活動に寄付したんです。2カ月後に引き渡されることになっています」
 「2カ月後? 2カ月後にあなたはここを去っていくんですか?」
 「よく分かりません。私たちは2カ月以内に準備を済ませておく必要があることが分かっているだけなんです。あ、それから、いいんですよ、私を見送りにくることはしなくて。あなたの考えていることが私には分かりますから」

 メアリーと私は2人だけで週末を過ごしました。彼女は自身の人生の第二の舞台に立つことを心待ちにしていて、新たな冒険に乗り出そうとしているその熱意に対して、私が口を出したり水を差したりできる理由は何一つありませんでした。週末が終わる頃には、私は彼女を引き留めるための努力をすべきかどうかも分からなくなっていました。それから2カ月の間、私はメアリーと連絡を取り続けていました。その後に、彼女の電話番号はもはや使われなくなっていました。
 あの週末以来、私はメアリーには会っていません。その6カ月後にフェニックスを訪れた際に彼女のオフィスを訪ねたところ、彼女のデスクには別の女性が座っていました。その女性にメアリーについて尋ねると、彼女は引っ越していったとのことで、郵便の転送先の住所も残していませんでした。それから何カ月もの間、私はメアリーのことがずっと頭から離れなくなっていました。電話が鳴るたびに、受話器の向こうから彼女の声が聞こえることを期待する自分がいましたが、彼女からの電話は二度とかかってきませんでした。私は彼女を知る人たちに、音信の有無を繰り返し尋ねてきました。パールの生まれ故郷の村に足を運ぶことすらしましたが、誰も彼女の姿を見ていませんでした。夜空の星を見上げる時、私はメアリーとチェリーとパールのことを想い、女性たちの住む世界に思いを馳せています。そのとき私は男性のいない世界を想像してみます。正直なところ、私は同胞の男性たちのことが好きで、尊敬していますので、彼らのいない人生で幸せを感じている自分を想像することができないのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以前、神秘家のドランヴァロ・メルキゼデクさんの著書に、アトランティス人トート(男性)が、自身の身体から子供を出産したという話が載っていたのを読んだ記憶があります。
 ETの中には、男性女性の区別がなくなった両性具有の種もいるという話もあるので、そうしたこともありうるのかもしれません。
 そういえば神秘家ゲリー・ボーネルさんは、人類は変容期にあり、将来は両性具有になると言っていました。

 身体の進化の過程で性が無くなり、統一されていくというのであれば、納得できるものがあるのですが、実験として女性だけの社会に生きるというのは(私は)違和感を感じてしまいます。
 もちろんこれは私の勝手な感覚であり、自らの意思で実験に参加するのは本人の自由なので、批判するつもりはありません。
 そうした私の違和感とは別に、訳者である益子祐司氏の意見を紹介したいと思います。


 ・・・<『スターピープルはあなたのそばにいる(下)』、p272〜p273から抜粋開始>・・・

 また、先述の第16章の”母子家庭の娘たちだけを選んで”女性のみが暮らす新たな惑星に入植させるというエイリアンの計画についても、私には腑に落ちない点があります。長いあいだ不妊で悩んでいた夫婦が子宝を授かるように助けて、その際に実験として自分たちの遺伝子の一部を与えて女の子を誕生させたエイリアンたちは、その誕生前に偶然に父親が飲酒運転の車にひかれて事故死して母子家庭となったので、その娘を他の惑星に連れて行くことにしたのでしょうか。言い換えれば、父親が存命であれば、娘をそのまま地球に住まわせたのでしょうか。たとえ地球で暮らしていても、エイリアンの遺伝子を持つ娘がどのような生き方をしていくのかを観察し、ときどき誘拐してチェックすることは可能ですので、実験としては成立したでしょう。けれども、もし父親が邪魔で、意図的に母子家庭になるようにしたとしたら恐ろしいことですが、彼らのマインドコントロールの技術をもってすれば、その演出は容易であったはずです。偶然ですが、アブダクション研究の第一人者であったハーバード大学のジョン・マック博士は自身の研究に関連した用事で英国を訪れた際に、飲酒運転の車にひかれて事故死しています。けれども、飲酒運転による死亡事故は国内外で頻繁に発生していますので、安易に陰謀に結びつけることはできないでしょう。ただ、自分たちの実験のためには手段を選ばないエイリアンならば、彼らが地球人に”新天地での生活”を提案する目的は、我々のためというよりも、確実に彼らの実験を遂行することにあるのでしょう。それは第36章において、少女を船内に優しく招いたエイリアンが、睡眠導入作用のある青い液体を飲み干させた強引さにも表れているように感じられます。しかし彼らからすれば、地球人が実験や食用の動物を扱うよりは痛みの少ない方法を取っているのかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 結局のところ、地球を訪れているETも様々だということだと思います。
 人類が変容しようとしているので、それをサポートしようとするポジティブなETもいれば、人間の意思を無視して実験動物として扱うネガティブなETもいるようです。
 今回のケースは、人間の意思を尊重している点でネガティブとはいえないですが、目的は彼らの実験の為にあり、ポジティブとまでは言えない気がします。
 ETと関わる場合、そのETがどのような目的で地球に来たのかを知るということが、重要なのだと思います。



サアラさんのハワイ・リトリートへの道...2017年11月22日

はじめに

 11月中旬に、サアラさんが主催する7泊8日の「ハワイ・リトリート合宿」に行ってきました。
 普通なら南国ハワイの写真を掲載しながら合宿の内容を記事にするところですが、今回はその合宿に参加するまでの経緯を紹介したいと思います。
 記事を読まれる訪問者の方々からしても、その方が面白いと思ってもらえる気がしたのです。
 実際のところ、合宿に参加するまでに、実に興味深い体験をしました。
 合宿に私を参加させようとする霊的なポジティブな力と、参加させまいとする霊的なネガティブな力のせめぎ合いといった体験でした。

 サアラさんが主催するJSPスクールの基礎コースに通っていた私は、ハワイリトリート合宿の情報を、今年の夏ごろには得ていました。
 JSPスクールが終わった後、卒業生でサアラさんを含め数名で喫茶店でお茶をする機会があったのですが、その時にサアラさんが今年の秋にハワイリトリートを開催すると言われていたのです。
 私は、そのハワイリトリートの話を聞いて、ピンとくるものがありました。
 さらにハワイリトリートの前に、水に関する勉強をするという「湯の里合宿」の話もあり、私はこれにも参加しようと考えていました。JSPの講義を聞いているうちに、水に関して興味を持ったのです。


アルバイトの突然の解雇通告

 「湯の里合宿」は国内ですから、旅費にそれほど大きな出費はありません。しかし「ハワイリトリート合宿」となると、(私にとって)大きな出費を覚悟しなければなりません。
 ハワイリトリートは参加費が25万円、交通費が15〜16万円、ハワイで食費やおみやげ代で10万円だとすると、全体で50万円ほどが必要となります。
 私は定職に就いておらず、しがないアルバイトの身ですが、頑張って旅費を稼がなければなりません。
 そんな私に、7月末のことですが、仕事先の責任者の方から、「ここで(仕事は)、いったん締めにしましょう」と突然通告されたのです。
 私は、もうしばらく仕事が続くと勝手に思っていたので、当てが外れてしまいました。
 その言葉を聞きながら、頭の中で、「ああ、これでハワイリトリートは無くなったな・・・」という思いが駆け巡りました。
 それでも、ここ1年はけっこう働いたので「湯の里合宿」には行こうと思いました。
 1年頑張って働いた自分への、ささやかなプレゼントというところでした。


知人Aさんの強烈なプッシュとゲリーさんの言葉

 ゲリースクールの同級生でもあり、宝くじ仲間であるAさんという知人がいます。
 そのAさんに、アルバイトを首になりサアラさんのハワイリトリートに行けなくなった話をしていたら、Aさんが意外な反応を示したのです。
 私は、てっきり「そりゃあ、仕方ないですよね〜」なんて返事が返ってくるぐらいに思っていました。
 ところがAさん曰く、
 「サアラさんと一緒にハワイに行けるなんて、めったにないことですよ。私なら借金してでも行きますよ。お金が原因なんて、有り得ないですよ。お金なんて後で働けばいいだけの話じゃないですか!」

 といった具合で、強烈にプッシュされてしまったのです。
 たしかにAさんの言われることは一理あると思います。ただそうは言っても、アルバイトで細々と食いつなぐ身で、一気に50万円もの出費はかなりきついものがあります。収入が途絶えたのに、これからも生活していかなければならないのです。
 ただ私は、Aさんがそこまで言うのには、何か理由があるかもしれないと考えました。
 私の(霊的な)ガイドが、Aさんを通して、ハワイに行くように促している可能性もあると考えたのです。

 さらに私は20年以上も前に受けた神秘家ゲリー・ボーネルさんのアカシック・セッションでの話を思い出しました。
 そのセッションでゲリーさんは私に、
 「神聖幾何学に関することで、あなたは将来ハワイに行くことになるでしょう」
 と言ったのです。
 今回のサアラさんのハワイリトリートは神聖幾何学とは関係ありませんが、単なる観光で行くのではないという意味では共通するのかもしれません。
 私は、やっぱり無理してでもハワイに行くべきではないかと考えるようになっていました。


意外な展開に・・・

 私がアルバイトの解雇通告を受けた7月末から3週間経った8月後半に、仕事先から突然メールが来ました。
 トラブルが発生したので、仕事に復帰してほしいというものでした。
 その時私は、1年働いたので、しばらくのんびりするつもりでした。トラブルといっても、せいぜい2〜3日で解決するだろうと思い気軽に引き受けたのです。
 ところがそれから猛烈に忙しくなったのです。
 普通の会社員のフルタイムに近い労働量になってしまいました。しかし、そのおかげで、たった1ヶ月でハワイへの旅費が稼げてしまったのです。

 必要な時に必要なお金が入るということは、話としては聞いていました。
 ゲリースクールで今でも付き合いのあるNさんは、ゲリースクールに行きたかったけど、授業料を払うめどが立たないので、諦めていたそうです。
 でも直前になって思わぬ保険の解約金が入り、スクールに通えるようになったと仰られていました(ゲリースクールの当時の1年間の授業料は135万円なので、けっして安くない金額です)。
 思わぬ展開でお金が入る話は、人から聞くことはありましたが、自分が体験するとはなあ、という思いです。
 私がハワイ合宿を断念した理由はお金でしたので、これでハワイ合宿に行かない理由が無くなりました。


ガイドからのサイン

 こうして私は、ハワイ合宿と湯の里合宿の両方に行くつもりでした。
 ところが私の(霊的な)ガイドが、湯の里合宿に行くなと言ってきたのです。
 「言ってきた」と表現しましたが、言葉で言ってきたわけではありません。ガイドは私にメッセージを伝える際に、身体のある特定の部分にサインを送ってきます。大抵は私の身に危険が及ばないように配慮したものです。
 例えば、危険な場所に私が行こうとすると、サインを送り、その場所に行ってはならないと警告してくれます。
 私は普段は、事務的なことは早めに済ませるタイプです。でも不思議なことに、湯の里合宿への参加費の払い込みは、どういうわけか気が進まず放置していたのです。それでも申し込んで1週間以内に振り込まないと、キャンセルになってしまいます。
 意を決して湯の里合宿への参加費の払い込みをしたのですが、その直後からガイドからのメッセージが始まりました。それもけっこう強いものです。
 なんとも不思議でした。
 湯の里合宿で学ぶ水に関する知識は、今後の私にとってかなり有益だと思えます。貴重な情報に違いありません。通常であれば、私が湯の里合宿をキャンセルする理由などないはずです。
 ですがガイドから、行くなというサインは途絶えることがありません。
 これまでガイドが間違ったメッセージを送ったことはあっただろうかと考えました。
 おそらく湯の里合宿そのものは問題ないが、それに行くまでに私が交通事故に遭うといったアクシデントが起こるのだろうと考えました。
 これまでガイドが言うことに間違いは一度もなかったことを考えると、ここはガイドの指示に素直に従った方がいいだろうと判断しました。

 お金を振り込んだ直後にキャンセルするなんで、先方にとっては迷惑この上ないことだと重々承知しています。
 担当のKさんには本当に申し訳ないと思いながら、キャンセルさせていただきました。
 しかし後日、このキャンセルの意味が明らかになったのです。


突然の腰の激痛

 (キャンセルした)湯の里合宿が翌週に迫った火曜日、私は(冒頭で登場した)Aさんと、先月パン屋さんを開業したTさんと3人で会っていました。
 この3人は宝くじ仲間で、今回はTさん宅でハロウィンジャンボを買う為の会合でした。
 その会合のなかで、Tさんが飼っている猫が、部屋のある空間をギョッとした顔をして見つめた後、怯えたような表情をした瞬間があったのです。私はネガティブな霊的存在が来たことを感じたのですが、せっかくの雰囲気をぶち壊してはいけないと思い、2人にはこのことを告げませんでした。
 ところが後で知ったのですが、Tさんも猫の怯えた表情に気付いていたそうです。

 そして翌日の水曜日から、Tさんは腰の激痛に悩まされることになります。
 もちろんTさんは、これまでぎっくり腰になったこともなく、今回のような腰の激痛は初めてとのことです。
 Tさんからいただいたメールから引用させていただきます。

 ・・・<Tさんからのメールから抜粋開始>・・・

本山さん、こんばんは。

本山さんも腰を痛めたと聞き、びっくりしました。
実は私も先週の水曜日に腰を痛めており、人生初のぎっくり腰らしきものになりました。
原因は庭でレンガを中腰のまま持ったことにあるようで、ジワジワ痛みが増してその夜はかなーり痛かったです。
でも不思議なのは、金曜日の午前中まで痛みがあったのに夕方にはその痛みがすっかり消えていたのです!
本山さんが週末腰を痛めたとメールにあったので、もしや私の腰痛が移ったのかな、なんてことを考えてしまいました。笑

 ・・・<抜粋終了>・・・

 なんとも不思議な話です。
 水曜日に始まったTさんの腰の痛みは、金曜日の夕方に嘘のように無くなったといいます。
 そして、金曜日の夕方から、私に腰の激痛が襲い掛かってきたのです。
 もちろん私はぎっくり腰をやった経験はありませんし、金曜日(またはその数日前)に重い物を持ったりすらしていません。普段の生活のままで、腰に負担を掛けるようなことは何もしていなかったのです。
 その痛みは、かなりきついものでした。
 それまでの人生で、全く経験したことのないものでした。
 腰をちょっとでも曲げると激痛が走るので、低い姿勢を取らざるをえない時は、そろそろと膝を曲げて屈伸せざるを得ません。こんな具合ですから、外に出るのも億劫です。こんな状態で、旅になど出られるはずがありません。
 こんな状態が数日続きました。
 もし湯の里合宿に申し込んでいたら、確実にキャンセルせざるを得なかったでしょう。
 1週間前のキャンセルは返金がなく、全額支払いです。
 私はここに至り、私の(霊的な)ガイドが、湯の里をキャンセルするように言ってきた意味がわかりました。
 訪問者の方々も、もしガイドがサインを送ってきたら、素直に従うことをお勧めしたいと思います。

 腰痛をなんとかしたいと思った私は、腰痛に関する本をアマゾンで注文し、リハビリしようと考えました。
 肉体的に腰が悪くなったものと思い込んだからです。
 腰に対する強い衝撃で痛くなったとしたら、安静にしていれば、ある程度快方に向かうのが普通です。しかし数日経っても良くなるどころか、むしろ傷みはひどくなっていったのです。
 そんな時、Tさんからメールをいただき、私より先にTさんが腰痛に襲われていたことを知りました。
 まるで、Tさんから自分に乗り移ってきたかのようなタイミングです。
 私は、ここで初めて”霊障”かもしれないと考え始めました。


腰痛は霊障の可能性があるかも

 霊障の可能性を考えた私は、頭に閃くものがありました。
 今年春のケン・コバヤシさんの講演会で、ケン・コバヤシさんが「携帯型量子波発生器」を勧めていたのです。
 ケン・コバヤシさんによると、人間の病気の90%は霊の憑依による霊障だというのです。私は90%という数字には、「本当かな?」という思いがありますが、霊障が病気の原因の一つであるという話には納得します。
 そしてその霊障の原因となる霊を「携帯型量子波発生器」が取り除いてくれるというのです。
 私はその時、(霊障には関心がなかったのですが)、ケン・コバヤシさんが勧めるのだから良い物だろうと思って、(15万円とちょっと高価でしたが)「携帯型量子波発生器」を買っていたのです。
 買ったはいいが使うことはなく、そのまま放置していました。

 今回の腰痛で、その「携帯型量子波発生器」を使ってみようと考えたのです。
 もし腰痛が霊障であれば、なんらかの効果が期待できるかもしれません。

 そして「携帯型量子波発生器」を腰に当ててみました。
 効果は絶大でした。
 嘘のように痛みが消えてなくなったのです。

 しかしその時はいいが、翌日になると痛み自体は軽くなるが、また痛みが戻ってきるのです。しかも痛む箇所が移動しているのです。
 もし肉体のある部分が損傷しているのなら、痛みが移動するなんて考えにくいです。「携帯型量子波発生器」を当てるとその部分が良くなるが、痛みは隣に移動するというのですから、霊障の可能性は高いように感じます。

 とにかく、この腰痛には異様としかいえない特徴がありました。
 以下、その特徴を列記します。

・最初Tさんを襲った腰痛は、今度は私を襲ってきた。
 火曜日〜金曜日の夕方まではTさん。金曜日の夕方から私。

・Tさんも私も以前にぎっくり腰になったこともなく、特に腰に問題を抱えていたわけでもなかった。
 さらに私は負担が掛かるような重い物を持ったこともなかった。
 理由もなく、勝手に腰が痛み出した。

・「携帯型量子波発生器」を当てると、劇的に改善した。
 さらに今度は痛む箇所が移動していってしまうという奇妙な現象が起きた。肉体的な損傷であれば、痛む箇所が移動するのは変である。

 以上のことから、Tさんと私の腰の痛みは霊障の可能性が高いと考えています。


ついにハワイリトリートへ

 腰痛が始まって数日経って痛みがピークに達した時、私はハワイリトリートをキャンセルせざるを得ないと覚悟しました。
 もう少し様子を見るが、このまま痛みが引かなければ海外旅行なんて土台無理な話です。なにしろ満足に身体を動かすことすらできないのですから。
 しかし、前述したように「携帯型量子波発生器」は、劇的な効果を発揮しました。
 ハワイリトリートの前日には、ほとんど普通に生活できるくらいに回復しました。それでも重いスーツケースを持ち歩くと腰に負担を掛けるので、大いに心配していました。ですが、ハワイでは、自分が腰が悪いということを完全に忘れるぐらい回復してしまいました。
 お陰で、ハワイを満喫することができたのです。

 ハワイでは、私はサアラさんと同じコテージに泊まるという幸運がありました。
 そのお陰で、(JSPスクールに通いながらもほとんどサアラさんと話す機会がなかったのですが)、ハワイではサアラさんと少々会話することができました。
 知人のAさんが私のハワイ行きを強烈にプッシュしたことをサアラさんに話すと、サアラさんは、霊的なガイドの働きかけを言っていました。そばで聞いていた(スタッフの)Kさんは、Aさんは今では言ったことすら憶えていないかもしれないと言っていました。今度Aさんに会ったときに、聞いてみようと思っています。
 またハワイへの旅費に相当する額が、絶妙なタイミングで入ってきた話もサアラさんは感心していました。
 Aさんのプッシュ、思わぬ旅費の確保、「携帯型量子波発生器」を購入していたことなど、ガイドが大きな力でハワイ行きをサポートしてくれたと実感しています。


終わりに

 それにしても、私をハワイリトリートへ行かせようという大きなポジティブなサポートがあったの同時に、ハワイに行かせないというネガティブな力も大きかった気がします。
 私にとってハワイリトリートは、、それほど重要な意味があったのでしょうか。
 その意味とは何なのでしょうか。
 ハワイの火の女神ペレが指導したワークに参加することだったのでしょうか。
 (私がぜひとも知りたかった)ハワイのスターゲイト(異次元、別空間への扉)の場所をサアラさんから教えてもらったことでしょうか。
 それとも、サアラさんが夜空にUFOを発見し、それが目撃できたことでしょうか(もし本当にUFOなら、私が初めて肉眼で見たUFO体験となります)。
 どれもそうだと思えると同時に、さらに大きな意味があるような気がします。
 それがわかるのは、これからかもしれません。
 そして、それはそう遠い先のことではない気がしています。


ハワイのマウイ島のキヘイにあるリゾートコテージから見た夕陽



ケン・コバヤシさんの講演会から...2017年11月10日

 私は今年の春に、ケン・コバヤシさん、船瀬俊介さん、吉本ばななさんの出版記念講演会に参加しました。
 通常のヒカルランドの出版記念講演会は事務所の上の階で行うのですが、その時は申し込みが殺到したのだと思います。300人規模の大きな会場で行われたのですが、漏れ聞いたところでは、それでも300人のキャンセル待ちが出たようです。
 私はケン・コバヤシさんの日本での人気の盛り上がりに驚いたのですが、次の講演会はなんと1000人規模だったようです。
 『地上最強の量子波&断食ヒーリング』(小林健、森美智代、船瀬俊介著、ヒカルランド)は、その5月20日の講演会の内容をまとめた本です。

 今回は、そのケン・コバヤシさんの講演から、私が特に面白かった内容を抜粋して紹介したいと思います。

 動物と会話できるというサイキックは聞いたことがありますが、ケン・コバヤシさんは、植物と会話できるようです。
 その会話の内容も、普通に人と喋っているような感じで面白いです。


 ・・・<『地上最強の量子波&断食ヒーリング』、p148〜p151から抜粋開始>・・・

 根っこがキー「そうなるようにできている」

 この間、私の大好きなバラを鹿ちゃんが食べちゃったんです。ほんとにきれいに咲いていたのが、かわいそうに上のほうをちょこんと食べられて、小さな花が残っているんです。
 僕が「さぞかし痛かったろうし、さぞかし大変だったでしょう」とバラに言ったら、「それはそうだけど、私は死んでいないから。ちょっと花がなくなっただけで、ちゃんと根っこが生きているから任せておいて」と言われたんです。それから2〜3週間後、小さな、ダメになりそうなバラがグワーッと咲いて、その生命を全うしているんです。
 やっぱり地面の下に潜っている根っこがキーです。「私、髪の毛もちょっと薄くなったし、白髪がふえたし、胸も何となく小さくなったし」とか悩んでいる女性がよくいるけれども、それは実はご自分がそうしているんです。体はそうなりたくないんです。ご自分が、すごいワイヤーを入れて形をつくろうというところに問題があるんです。あれはつくらないほうがいい(笑)。
 言っておきますけど、男性は絶対に女性の胸が好きです。だんだん日本語を覚えてきたんですが、かぶりつきたい(笑)。スイカのようなものなのかしら?
 わからないですけど、そういう気持ちがない男の人は余り相手にしないほうがいいですね。どうしてかというと、男はそういうふうに生まれているんです。
 生まれているがゆえに、「インテリだし、どこどこの大学の教授だし、ドクターだし、そういうみだらなことは言わないし、思わないんじゃないかしら」と思うのは大間違いです。そういう人は男として生まれなかったはずなんです。
 最初、宇宙の素粒子が集まってお母さんを探し出します。お母さんのほうは5%ぐらい、こういう子が欲しいなという気持ちがある。生まれてくる子は95%、これから私は学者になりたいから、そういうのを気楽にやってくれる人を選ぼう。それでハーイ! お母さん」と行くわけです。
 そういうときに、自分の今ある形について、日本語で「ガタガタ言う」の「ガタガタ」、ガタガタ考えないほうがいいということです。物をつくるというのはよくないです。できるようにできているんです。治るようにできているんです。
 私はアメリカでもう39年やっていますが、「ガタガタ考える」女性が来ると、それは大体ナーバス(神経質)な女性で、日本の女性が多いです。「先生、アメリカにいると、やっぱり胸が小っちゃいとよくないんで、大きくしてください」「じゃ、悪いけど、私、医者だから、ちょっとさわってもいいかしら」「いいわよ」。
 簡単なんです。胸を上げて、縮めて、マッサージするだけでいい。それだけですよ。それを1日2回やればいいんです。それも愛を込めてね。そして、タンポポか何か煎じて飲んでいたら、すぐ大きくなります。ならなかったら愛が足りない。大きくなるように人間はできているんです。
 何もない方が、赤ちゃんを産むと大きくなるでしょう。それをキープしたいって、そしたらずっと生み続けるしかない(笑)。それも大変な仕事じゃないかなと思うんです。そういうときは、体がそういう豊かな状態を十分に覚えていますから、それをキープするようにマッサージすればいいんです。
 よくシリコンを入れちゃったりして、カッコよくて、かたい人が来ます。そういう人には「それ、大事にしなさい」と言います。それも同じように上手にケアすると、シリコンが胸と対話をするんです。おばあちゃんになってくると、シリコンはカッコよくなりたいし、胸は下がりたいしということで、変な胸になっちゃっている人が来るんです(笑)。
 それはコミュニケーションが足りなかったんですね。常にそういうふうに考えていただきたいと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ケン・コバヤシさんのユニークなところは、シリコンのような無機質なものとのコミュニケーションを言っていることです。
 私はこれまで有機質とのコミュニケーションまではギリギリ理解できそうな気がしていましたが、ケン・コバヤシさんは、機械のようなものとのコミュニケーションの大切さを言っています。
 ちなみに私はケン・コバヤシさんの「携帯型量子波発生器」を使っているのですが、ケン・コバヤシさんは、普段からクリーニングしたり、下に布団を敷いたり、太陽の光が入るところに置いたりといったケアが、大事だと言います。量子波なので心を持っていると言うのです。
 なるほど、そんなものでしょうか。

 次は、ケン・コバヤシさんが勧める健康に良い食材の話です。


 ・・・<『地上最強の量子波&断食ヒーリング』、p154〜p156から抜粋開始>・・・

 ケン先生直伝! 治す力をアップさせる食べるレメディー

 私は「全てが波動」と言いました。病気も波動が決まっているし、内臓も全てのものが波動です。ところが、波動は変わるんです。波動のバランスを整えるのが素粒子、量子波なんです。

 波動医学ではドイツ、ロシアが非常に有名ですけれども、彼らは完全に治そうと思ったら時間がかかるんです。でも、それに私の量子波が入ったら、結構早く確実に治る。つまり、波動を起こす細胞、その細胞をつくっている素粒子を改善しますので、人間の持っている自然治癒力、恒常性とか自律神経に効くわけです。彼らはどうして効くかちゃんとわかっていますから、ほどよく細胞をつくって、そのできている細胞をほどよく量子波で治していきます。
 治す医療は、その場で気分がいいです。頭が痛いと言うと、痛みどめを飲ませてくれる。それで落ちつきます。でも、それは対症療法で原因を治していないから、また痛くなります。
 対症療法は必要です。頭が痛い、割れそうだというときはしようがないです。でも、よくなったら、すぐにご自分で治す医療に切りかえてください。お医者さんに言うと、そういうことに余り力を入れていない先生方が結構いらっしゃいますので、余りお医者さんに文句を言わないで、ご自分の力で、今、私が申し上げたような考え方でいいですよ。なさってみてください。
 さっき講演されたブラザーの船瀬さんにも言ったんですけれども、私は朝、梅干しを1個食べます。夜寝る前にも1個食べます。子どものころからやっていますから、昔は酸っぱくて嫌だったんですけれども、最近は酸っぱさを感じません。どんなに調子が悪くても調子がよくなっちゃう。梅はすごくいいです。
 私はおしんこみたいなのも絶対に食べるんです。あれは酵素とかホルモンを整えてくれます。
 それから、皆さんお好きじゃないかもしれませんが、私は納豆を食べます。必ず100回かきまぜて、100回の後に何か好きな言葉を言って終わる。そこに大根おろしとネギをいっぱいいれて、私は辛いのが好きなものですから、トウガラシを入れて食べるんです。必ず夜1回、大粒のものを50グラムぐらい食べます。小粒のものは遺伝子を取りかえていることが多いので、大粒を食べます。
 そうすると、5〜6時間寝た後に働き出して、8時間も10時間もビタミンKが働いて、CとかEとか全部動くようになるんです。きょうはちょっと疲れたかなと思うと、夜、それにメープルシロップをちょっと入れて、ちょっと甘くして食べます。調子がいいですね。私はことしで77歳です。一応全て順調です。こちらのほうも、アチラのほうも順調です(笑)。皆さん大人だから、ほんと助かるわ。
 そういうわけで、自分の考え方なんです。だから、病気はありません。これは、はっきり覚えてください。体の不調を警告してくれているだけで、病気じゃないんです。体の不調を整えれば、がんもそうですし、糖尿病でも、私のところに来た人は最低でも93%は改善・治癒されています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 偶然なのですが、私も毎日梅干しを食べています。
 これは酵素断食で知られる鶴見医師が、酵素を摂るのに良いということで、梅干しを勧めていたからです(普通の梅干しだと酸っぱ過ぎるので、小梅にしています。徳島県産で無添加の小梅がネットで買えます。興味のある方は、検索してみて下さい)。

 次に、健康、若返り、精力に腎臓がいかに大事かという話を紹介します。


 ・・・<『地上最強の量子波&断食ヒーリング』、p158〜p161から抜粋開始>・・・

 細胞、血液、腎臓・・・人間の体は全てつながっている

 糖尿病は、膵臓がインシュリンをつくらなくなったとかいうことになっていますけれども、実は違うんです。腎臓なんです。腎臓にはネフロンというフィルターが1.3ミリオン、日本語で130万個入っています。それが300個とか500個とか寝ちゃっているんです。フィルターが寝ちゃっているから、体液とか血液をクリーンにできなくて、問題が起こるんです。
 血液は細胞がつくるから、もちろん細胞が一番大事なんですけれども、今、皆さんが私の話を聞いているのは、耳に血液があるからです。私は、口に血液があって、頭に血液があるから、皆さんとしゃべっています。全て血液なんです。その血液は誰がクリーニングしているか。腎臓です。腎臓を強化していると、髪の毛から、脳、心臓、耳、鼻、歯ぐき、歯、甲状腺、性器、血液、血管、それから見ること、しゃべること、聞くこと、子どもをつくること、考えること、全てがよくなります。
 私は、声診で電話で話すと、みんなわかっちゃうんです。ある講演会では、開始直後は3人くらいの人がご自身の心に悩みを持っていましたが、最後にはその悩みは消えていました。いい波長が飛んでいたんでしょうね。波長はやはり大事です。
 皆さんは考えるときに頭で考えるからいけないんです。頭じゃなくて心で考える習慣をつけるといいですね。頭で考えると、意外と左脳が動き出しちゃう。左脳の人は頭がいいから、「そうかしら」「そういうの、あるのかしら」「そう言うけど、私にはできないわ」。そういうふうに頭を使います。そうすると、波長がグーッと下がるんです。右脳の人は、「まあ何とかなるんじゃないかしら」「そう言われたけど、違う方法もあるかな」というような、朗らかな考えを持てます。そうすると、波長がよくなってきて、いろいろなことがよくなってくるんです。
 ある男性が、まだ45なのに最近ちょっと奥様とうまくいかなくなってきている。それで、医者からそういうものを何かもらって飲んで、そのときはよかったんだけれども、最近もう効かなくなって、医者から量をふやすように言われた。「こういう考え方でいいんですか」と僕のところに来ました。
 私が「性器、精力というのは腎臓から来るから、あなたの腎臓、おかしいんじゃないの」と言ったら、「ああ、そういえば私、腎臓結石があると言われました」「じゃ、それを取らなきゃね」「手術で取るんですか」「そんなことないですよ。ほかの方法が幾らでもありますよ」と伝え、鍼治療、量子波治療、漢方治療などを行い、石がなくなって、私はその人に「これからは腎臓を大事にしなさいね」と言いました。
 ニャンちゃんとかワンちゃんは、足をこんなに広げて、一生懸命いろいろなところをなめているというか、マッサージします。ちゃんと性器もほんとに気持ちよさそうになめています。そういう感覚が人間にはないんです。「何で今、俺は使えないんだ。薬、飲んだのに」とか私に文句を言いに来る人がいるんですけれども、「それはあなたが大事にしないからよ」。ニャンちゃんとかワンちゃんがなめているように、「ありがとう。私、あなたを機械的に使い過ぎてちょっと愛情がなかったね」という気持ちでケアしていると、薬なんか要らないです。1週間もしてごらんなさい。しっかりするから。
 女性もそうなの。「上がっちゃってね、先生。干上がったのかしら」とおっしゃる方がおいでになります。「それはあなたがしたんだから、大事にしなさい」。そうすると、そこだけ一生懸命なでたりしている。それじゃダメなんです。女性器は腎臓につながっているから、腎臓をなでなでしてあげて、つねったりいろいろやってあげる。それから、頭が影響しますから、頭をポンポンたたいてマッサージしたり、あと元気さは意外と肝臓から来ますから、肝臓をケアしたり、そうやっていると潤んでくるんです。皆さんはどうしても機械的、技術的になさろうとするんですが、それじゃダメなんです。人間の体は全部つながっていますので、そういう深い考え方でいかないとダメです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次も、食べ物の話です。
 昔の日本人は、肉だけでなく、バター、ミルク、チーズといった乳製品は、あまり食べていませんでした。
 私は、肉に含まれる残留成長促進剤ホルモンや残留農薬などが、健康を害している一番の原因だと思っていました。でもケン・コバヤシさんは、(若い人は違うが)そもそも日本人は、ぶ厚いステーキを食べるための腸内細菌を持っていないといいます。
 それでも50歳ぐらいまでは大丈夫だけれども、それ以上続けると癌や糖尿病などの病気となって現れるといいます。いえ、ケン・コバヤシさんは、本来病気というものはなくて、あくまでも(身体がもう続けられない)という警告だといいます。


 ・・・<『地上最強の量子波&断食ヒーリング』、p168〜p170から抜粋開始>・・・

 昔の料理を思い出そう!

 大事なことはいろいろあるんですけれども、まず昔の料理を思い出してほしいんです。我々が、がんとかいろいろな病気になり始めたのは、バターとか、ミルクとか、チーズになれていないからです。そういう腸内細菌を、最近は持っている人が多いんですけれども、我々は持っていないんです。お肉も、昔はすき焼きで、紙っぺらみたいに薄くして食べました。今は厚いステーキでしょう。ご自分の腸内細菌と違うものを食べても50ぐらいまでは何とかもつんです。それ以降は体のほうが「アイ・キャンノット・テイク・イット!」。もう続けられないということで、はい、糖尿病です、はい、がんですと言ってくれるんです。
 それはあくまでも警告であって、病気ではない。だから、それを戻していただきたいんです。ステーキを食べるなとは言いません。食べるときは、生野菜やフルーツを食べてから、大根おろしやニンニクの2〜3片と一緒に食べ、消化しやすい状態をつくってください。ビーフとかポークはパイナップル、チキンやお魚や甲殻類はレモンをつけると消化酵素としていいと思います。そうやって、食べないんじゃなくて、量をうんと減らしてほしいんです。
 動物を食べるということは、お魚や何にしても首をちょん切っているわけです。食べるなとは言いません。食べるためなら殺してもいいというのが神様のお伝えですから、やむを得ないと思いますが、たくさん食べるということは、必要以上に動物の頭をちょん切っているわけです。そういったことは余りお勧めできませんね。
 私は、たんばく質は大体ししゃもとか、しらすからとっています。それにしても、ししゃもなんか卵があると、これで何千匹も生まれたのにごめんなさいと思いますけれども、時々食べるときがあります。でも、お豆腐を食べたら、ビーフと同じようなたんばく質があるわけです。ただ、お豆腐だけ食べるのは、冷えますから、お勧めしません。ショウガとか、大根おろしとか、ネギをたくさんかけて、必ずバランスを整えて食べる癖をつけてください。
 私は、納豆を食べるときも必ず大根おろしとおネギをいっぱい入れて、100回以上かきまぜて、ショウガとタマネギか何かで食べています。僕はよくアメリカ人の患者にも勧めています。時々、「Dr.ケン、ビッグ・トラブル!」と騒ぐので、「どうしたの?」と聞くと「110回も回しちゃった!」と。「オー・マイ・ゴッド! ビッグ・トラブル! それなら10回戻しなさい」と言うんです(笑)。ほんとアメリカ人っておもしろいですね。
純粋ですね。日本の人は適当にうまくやっていますけれども、100回かきまぜるといいと思います。
 中には頭のいい人がいて、まぜるとネバネバができて意味がないんじゃないかと言う人もいます。そういう方は狭い学問ですね。あのネバネバには考えられないほど、それこそ何万円に値するような酵素が入っています。そういうことを皆さんご存じないんですよ。昔の人のやっていることは意外と正しいです。最近つくづく思います。「先生、そう言うのは年をとったということですよ」とか言うけれども、いいものは年に関係ないです。ぜひやったほうがいいです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、ケン・コバヤシさんがUFOに乗ったという話を紹介します。
 すでに亡くなっている舩井幸雄氏と一緒に乗ったという話なので、霊的な体験かと思ったのですが、どうなのでしょうか。
 一つ私が大いに共鳴するのは、私達が当たり前だと思っている社会常識というものが、実は真実ではないということです。
 またそうした社会常識が、みんなの総意で決まったというのはウソだという指摘です。ケン・コバヤシさんは、「誰かがもうかるから、いろいろなところにおカネをやって決めているだけのことです」と言います。


 ・・・<『地上最強の量子波&断食ヒーリング』、p176〜p179から抜粋開始>・・・

 健康でいればおもしろい未来が待っている

 1000人の人にやるのはやっぱり大変だよね。でも、皆さんよく考えて。1000人いらっしゃるけど、1人かもわからないよ。だって、皆さん粒々なんだから。視力が乏しいから形ができているように見えるけど、実は粒々ですよ。だって細胞同士すき間を持っていて、くっついていないんです。
 ほんと恥ずかしい話、私、5回も死んじゃって、そんなこと、人に言えないんだけど、ある有名な大先生が「小林先生、私、3回死んでね」と言ったんです。あら、言ってもいいんだと思って、「実は私、5回なんですけど」と張り合っちゃいけないんで(笑)、「私も3回死にました」と言ったけど、実は5回なんです。
 あと、皆さんそろそろ「この人はおかしな人」だとわかってきただろうから、言っていいと思うんだけど、一般的に目撃されるUFOはほとんど軍事的につくられているんです。実は、ある特別なグループがつくっているんですよ。もっと話したいけど……やめておきます(苦笑)。
 私は実際に舩井幸雄先生とUFOに乗っているんです。UFOというのはおもしろいですよ。今回はちょこっと言っておきますけれども、水と氷の違いぐらいの違いでわかるんです。「じゃ、小林君、言われたから行こうよ」。UFOは人を選ぶんです。あそこに乗れるのは大変名誉です。乗った人をちょっと見ましたけれども、ノーベル賞を取った人とか、超すぐれた人です。ノーベル賞が立派という意味じゃなくて、いろいろすぐれた人が乗っていました。私、乗ってもいいのかなと思ったんですけど、「君は私と一緒に乗ってもいい」ということで乗らせていただきました。いずれ世の中がもうちょっとわかってきたら、皆様にじっくり説明します。または、一杯飲みながらお話しすることもできますけど、ほんとにすばらしいです。
 私、最近、よく地底人に会うんです。宇宙人、我々地球人、地底人というのがありまして、私、よく呼ばれて行くんです。最初の7つぐらいの階段はいいんです。それをおりると、あっという間に同じ世界がある。空があり、木があり、川があり、池がある。地底はそうなんです。こんなことを言っても、小林健だから、皆さん多分理解してくれると思います。私、ちょっと脳がおかしいものですから(笑)、真実を見過ぎちゃっているんですけれども、ほんとに世の中おもしろいですよ。だから、小さいことでガタガタしないほうがいい。
 皆様の常識はほとんどつくられたものです。皆さんに入っている今までの情報は、病気になったら医者に行かなきゃいけないとか、カネがないと幸せになれないとか、体がカッコよくないとモテないとか、そういうのは与えられた情報で、それはほとんど違うんです。
 私があの舩井先生という偉大な方から、こうやってメッセージを伝える役目をいただいているのは、人に言わせると「バカ」とか言うんですけど、単純だからなんですね。私は77ですが、必要な人がいるんで、よく男女関係の話をするんです。そうすると、みんな興味があるから遠目で聞いていて、後で「小林先生って意外とスケベなのね」とか言っているらしいんですけど、ダメ、そんなの。私には通用しない。私にはつくられた常識のしがらみがないですから、「ワオ、サンキューこりゃ冠をもらったようなものだ」。スケベじゃない男なんて聞いたことないし、見たこともないです。そのようにできているから人類があるわけです。
 そういうことで、皆様に与えられた社会常識とか、総意で決まったとか、ウソばっかり。総意でなんか決めていないですよ。誰かがもうかるから、いろいろなところにおカネをやって決めているだけのことです。全然違うんです。地底人のこととか、UFOのこととか、私、実際に行っていますので、これからいろいろなことが楽しいですよ。だから、皆さん、いつまでも元気でいてください。私はあと70年ぐらい皆さんと一緒にいますからね(笑)。頑張りましょうね。−−−サンキュー。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、(記事とは関係ないのですが)、この機会にNY在住のS様に感謝を述べさせていただきたいと思います。
 以前の私の記事でケン・コバヤシさんを紹介した際に、ケン・コバヤシさんの『導引光』DVDが観たいと書いたことがありました。
 S様はNYのケン・コバヤシさんの診療所に通われているとのことで、そこで『導引光』のDVDが売らていたそうです。そして私が観たいと言っていたことを思い出していただいたそうです。
 そして、私が望むなら、それをプレゼントしますというメールを送っていただいたのです。
 DVD2枚(初級、中級)と日本までの郵送料は、けっこうな金額です。大いに恐縮したのですが、ここはS様の暖かい申し出を、有難く受け取らせてもらうことにしました。

 改めて、有難うございました。



ゲリーさんの予言の続きと、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の予言...2017年11月4日

 前回に引き続き、ゲリーさんの予言を紹介します。
 前回は経済・金融に絞りましたが、今回はさらに環境、ETと宇宙に関するものを紹介します。
 繰り返しになりますが、メモの走り書きから起こしているので、言い回しは正確ではありません。私がアドリブ的につけたものもあることをお断りしておきます。
 後半に、私が気になったイギリスの著名な予言者、クレイグ・ハミルトン・パーカー氏の2018年予言を紹介します。

 ゲリーさんは、人類の環境汚染は1952年にその分水嶺を越えたと言っています。
 もはや修復不可能ということのようです。
 環境汚染に関して、ゲリーさんは興味深いエピソードを語っていたので、まずその話を紹介したいと思います。
 ゲリーさんは以前、日本に来る際に、飛行機のファーストクラスに乗っていたことがあるそうです。
 その席で、中国の環境大臣と話す機会があったといいます(中国が目覚しい経済発展を始めた頃の時期だと思われます)。
 ゲリーさんが環境破壊について大臣に意見を求めたところ、大臣は、「欧米はこの200年間、地球を汚してきた。今度は私達の番だ」と言ったそうです。

 この後、中国は経済的に大発展していくわけですが、そこに大規模な環境汚染が伴っていたことは、この大臣のメンタリティーからして必然だったと言えそうです。

 これからゲリーさんの環境に関する予言を紹介しますが、これらは(人類の環境汚染ではなく)自然現象に関するものです。
 今後20年〜25年後に起きる変化だといいます。


 <環境

・太陽が地球に影響を及ぼしている。

・海水が温められている。これにより、海水が膨張し、海水面が上昇している。

・海水温の上昇により、海底に溜まっていたメタンガスが溶け出し、海面に上ってくる。
 メタンガスはCO2よりも温室効果が高い。
 また海流の変化を引き起こす。

・このメタンガスが爆発するということではなく、一気に噴出し、200mにも達する津波を引き起こす。
 人類は海岸線沿いにその人口の60%が住んでいるが、大きな被害を蒙る。

・これまでケムトレイルで撒いた金属は、いつまでも空に漂っているわけではなく、徐々に落ちてくる。
 海岸線の地域(標高の低い地域)は、これにより空気が悪くなる。

・海は死にかけている。魚が捕られ過ぎている。
 グレートバリアリーフは死んでしまった。

・バンクーバー島(シアトル沖)で海底爆発がある。

・地球の温度上昇は、極地域の永久凍土を溶かしている。
 これにより、これまで氷に中に閉じ込められてきたウイルスが猛威を振るうようになる。
 中世のヨーロッパでは、ペストの流行により、人口の30%が亡くなった。こうした危険性がある。

・巨大な太陽フレアが起こる。
 これにより、地上の電気製品は全部機能を停止する。電気がないと多くの人は生き残れない。

・東京直下地震があるが、最大でもM8.6程度で震源は深い。
 これから日本は、東日本大震災以上の規模の地震は起きない。

・ET(地球外知的生命体)が、小さな地震を頻繁に起こして、巨大地震が起きないようにしている。

・東京直下地震と海面上昇により、日本は首都を東京から移すことを決意する。
 場所は、同じ関東圏で埼玉県の奥の方。

・富士山は噴火する。
 盛岡の北の火山の噴火は、富士山噴火の予兆となる。

・ETが太平洋火山帯の活動を弱めようとしている。

・日本で安全な場所は、那須、長野、日本海側にもいくつかある。北海道の北部も安全。
 那須の放射能汚染は大丈夫。フクイチの放射能は海に流れている。


 *補足

 念の為繰り返しますが、これらは2018年に起こると言っているのではなく、これから20年〜25年の間に起こるという予言です。
 ゲリーさんは、現在の地球の人口を支えていくためには、地球は1.6倍の大きさが必要だと言っていました。その地球の(海水でない)真水は全体の2%しかないが、汚染されてしまったといいます。
 アカシックレコードには、これから人口はドラマチックに減っていくとあるそうです。
 遠い日本の将来には、砂漠になる地域が現れ、逆にサハラ砂漠は森になるそうです。


 次にETと宇宙に関する予言を紹介します。
 未来の予言もありますが、これまで宇宙に起こったことの解説というのが適切かもしれません。
 まずゲリーさんがアポロ計画が突然中止された理由を語っていたので、紹介します。
 アメリカはアポロ計画により月に人を送り、そこにたくさんのETの基地があることを知ったといいます。アポロ計画が突然中止になったのは、ETから「もう来るな!」と言われたからだそうです。


 <ET、宇宙関連

・ETは、ナスカの地上絵やミステリーサークルなどで、人類にメッセージを伝えようとしてきた。
 ミステリーサークルはたしかに人間のお年寄りが自作したものもあるが、ETが作ったミステリーサークルも存在する。

・ETはすでに地球に住んでいる。
 彼らは、人類の集合意識を変える為に来ている。

・2018年、本物のETが存在するというビデオがプレゼンされる。(当局は)これまで嘘をついていたことを認める。

・イマヌエル・ヴェリコフスキー著『衝突する宇宙』に書いてあるが、以前、月は2つあった。2万7千年前に小さい方の月が離れていった。これにより、重力が軽くなり植物が巨大化した。

・人類と直接コンタクトしているETの1つが、アルファ・プロキシマから来ているETである(注)。

・太陽系に9番目の惑星がある。地球の10倍の大きさがある。軌道が通常から6度ずれていて、巨大な楕円形をしている。その惑星が11月に地球に近づく。

・隕石は(相変わらず)やっていくるが、これによる人類の絶滅はない。前回、アリゾナの北に人間大の隕石が落ちた。それにより直径1.6km(深さも同じくらいの)のクレーターができた。


 (注)
 以前、当HPでエリザベス・クラーラー著の『光速の壁を超えて』を紹介したことがあります。
 2016年8月下旬、科学雑誌で著名な『ネイチャー』(電子板)に、ロンドン大学が太陽系から4.2光年の距離にあるプロキシマ・ケンタウリと呼ばれる恒星を周回する惑星(プロキシマb)を発見したという記事が載りました。この惑星は地球と同じような環境にあり、生命が存在する可能性があるといいます。そしてこの星こそエリザベス・クラーラー女史が、(この星の住民である)科学者エイコンと4か月ほど過ごした、惑星メトン星ではないかという話でした。
 ゲリーさんが言っているのは、この「プロキシマb」から来ているETかもしれません。


 ここでゲリーさんの予言の紹介は終了します。

 次に、私がとても気になった予言を紹介したいと思います。
 先月の「ヤスの備忘録」のヤスさんから来たメルマガに、興味深い予言が載っていました(ヤスさんのメルマガは人気があるようで、すでにネットではこの予言が載っているサイトがあります)。

 イギリスでは名の知られたクレイグ・ハミルトン・パーカーという予言者がいるそうです。イギリスではかなり前から有名だったそうで、「デイリー・ミラー」などの新聞は、その予言を頻繁に掲載していたそうです。
 クレイグ氏が世界的に注目を集めるようになったのは、2015年9月に、トランプ大統領の誕生と、イギリスのEU離脱を予言したからだそうです。
 2015年9月の時点では、トランプ氏は立候補したばかりの泡沫候補だったし、イギリスのEU離脱は、圧倒的多数で否決されるというのが一般的な見方でした。
 私が驚いたのは、ヤスさんがクレイグ氏の2016年と2017年の予言を検証した結果です。なんと的中率7割だというのです。
 私は思わず、「ええっー!」、となってしまいました。
 ゲリーさんは自称2割だし、ジョセフ・ティテル氏でも4割だといいます。
 7割の人間がこの世にいたのか、という思いでした。

 では、クレイグ氏の2018年予言を、ヤスさんの10月6日付けのメルマガから転載させていただきます。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから転載開始>・・・

●世界の紛争とテロ

・キム・ジョンウンの体制は国内のクーデターで崩壊する。それは2017年末か、2018年1月に起こるはずだ。経済制裁はまったく有効ではない。アメリカは北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。しかしキム・ジョンウンが死亡するわけではない。姿をくらまし、中国に亡命する。

・中国の度重なる挑発により、日本は再軍備する。これで軍拡競争がスタートする。日本は平和憲法を捨て去る。それと呼応し、アメリカが日本の再軍備化を全面的に支援する。このとき、やはりアメリカの支援で攻撃用の核ミサイルも導入される。

・中国とインドの関係は緊張する。両軍の衝突も数が増える。この過程でインドは国境を拡大させる。

・昨年私は中国とアメリカの間でサイバー戦争が起こると予想したが、これは的中した。中国当局による複数のハッキングがあった。2018年にはこれと同様のことが起こるだろう。

・ドイツで極右のデモや暴動が増加する。ヨーロッパに殺到する難民の数は膨大で、ヨーロッパはこれを受け入れることができない。これでドイツとフランスの関係が悪化する。

・シリアはロシアとアメリカの間で分割される。そしてシリアは人の住めないような地域になる。

・悪性のインフルエンザが全世界で流行する。しかしこれは、第1次大戦時に数千万人が死亡したほどのひどい被害にはならない。このインフルエンザは自然に発生したものではなく、生物兵器として開発された可能性もある。

・ウクライナは、ミサイル技術を北朝鮮などの国々に売り渡していた事実が明らかになり、非難される。

・ビットコインの詐欺が発覚する。これによって、ビットコインがテロ組織の資金源として利用されている実態が明らかになる。これにはアメリカの一流会社も絡んでいることが発覚する。

・ドローンを使った空からのテロ攻撃が起こる。おそらくこれはヨーロッパの国のどこかの首都で起こるだろう。ロンドンかベルリンだと思われる。被害はさほど大きくはない。

・学校でテロが起こる。しかし、事件が起こる直前で発覚し、阻止される可能性が高い。

・テロが世界各地で拡大するため、多くの先進国はイスラエルと同じようなテロへの対抗処置を導入する。

●アメリカ

・私は2017年の予言として、アメリカは東西に深く分裂して収拾がつかなくなるので、隣国のカナダから軍隊が導入されると予言した。アメリカの分断は的中したが、カナダ軍の導入は外れた。しかしアメリカの分断した状況は2018年にも続く。

・2018年の半ばにはトランプ大統領を弾劾する動きは頂点に達する。だがこれは失敗する。この時期になるとアメリカを再度統合するために国民が合意できる基盤が少しずつ形成されるが、この基盤はトランプ寄りになる。トランプの人気は高まる。

・2018年にアメリカは世界からの孤立を深める。中国やEUとの関係は悪化し、アメリカは多くの市場を失う。このような状況を打開するため、トランプ政権はEUを離脱したイギリスと包括的な自由貿易協定を締結する。この協定で、イギリスとアメリカはこれまで以上に近い関係になる。ドイツを中心としたEUの経済が悪化するので、この米英のFTAはうまく行く。

・この協定が追い風となって、アメリカからイギリスへの投資が活発になる。この投資はイギリスの自動車産業へと向かい、次世代の自動車で使われる新しいテクノロジーのブレークスルーが実現される。

・アメリカとメキシコとの間には壁は作られない。その代わりに、ドローンと最先端のIT機器を用いた監視システムが導入される。これでトランプの選挙公約が達成される。

・北朝鮮問題は中国とロシアを接近させ、両国は経済・軍事同盟を結ぶ。この結果、アメリカは中国市場の大半を失うことになる。中国とロシアから排除されたアメリカは、新しい同盟国を探さなければならなくなる。

・米軍艦で大爆発が起こり沈む。はっきりとは分からないが、どうも機雷に接触して沈没するようだ。

・来年の2月にはドルは大きく下落する。またグーグルのような有名企業の株価が暴落する局面もある。しかし2018年のアメリカ経済はさほど悪くはない。それなりに成長する。これは米英自由貿易協定が寄与するところが大きい。

・興味深いことに、米軍が傭兵部隊として同盟国にそのまま貸し出されるようなことが起こる。これを最初に雇う国になるのは、中国に軍事的に挑発されている日本である。

・トランプ大統領のメラニア夫人はトランプの孫とともにチャリティーの活動を始める。世界をよくすることを訴えた歌を出す。このチャリティーはかなりうまく行く。

・オバマケアに代わる健康保険ができる。しかし内容はほとんどオバマケアと変わらない。やり方が少し異なるだけである。

・ラスベガスのような都市の超高層ビルで、大規模な火災が発生する。しかし、さほど多くの人命は失われない。

・アメリカは宗教国家である。だがいま、宗教的な原理主義の思想に誘導され、アメリカ国民は狭量で不寛容になっている。この態度のため、アメリカは単に政治的に分裂するのではなく、非常に深く精神的に分断されてしまっている。これからアメリカ国民は、自分とは異なる思想や心情を受け入れ、寛容になることを学ばなければならない。そうした時期にいる。

●世界経済

・私は昨年の予言で、イタリアの銀行が破綻し、この救済のためには大変な資金が投入されるものの、イタリア経済は破綻するといったが、これは昨年には起こらなかった。しかしイタリア経済は、2018年に破綻する。

・イタリア経済の破綻はユーロの価値を暴落させる。それによってドイツをはじめとしたEU諸国の経済は不安定になる。その結果、どの国でもデモや暴動が多発する事態になる。

・ユーロの暴落の影響でイギリス経済も沈滞する。しかしその影響は一時的なものにとどまる。EUを離脱したイギリスはアメリカとの関係を深める。米英の関係はこれまで以上に密接になる。ユーロの暴落とEU経済の下降のため、ドルとポンドが資金が逃避するための通貨として好まれる。そのため、結果的にはポンドは大きく上昇し、安定する。

・私は2017年にデンマークとイタリアがEUを離脱するといったが、これは外れた。タイミングがずれたのだ。これは2018年に起こる公算が強い。

・2018年の世界経済は非常に不安定な状況になる。税金を徴収するために、インターネットのオンライントレードを規制する動きが活発になる。これはインターネットで著名な企業を直撃し、株価を暴落させる。

・経済をコントロールしているのは、限りない欲望である。しかし人間には、豊かさを引き寄せる能力がすでに備わっている。この能力を作動させるためには。他者を慈しみ他者を支援しなければならない。こうした善意に基づく行動が、豊かさを引き寄せる能力を作動させるのだ。

●環境

・2018年は巨大地震や洪水、そしてかつてないほどの異常気象が地球を襲う。この背景には、太陽の巨大フレアの放出があることは間違いない。アメリカはハリケーンや地震など、多くの自然災害に見回れる。しかしこうした巨大な自然災害の原因は太陽からの巨大なフレアが原因だ。

・イタリアのベスビオス火山が噴火する。またニュージーランドの活火山も噴火する。

・2018年には、これまで地震が起こったことのない地域で巨大な地震が発生する。それらの地域は、中央ヨーロッパや、普段は地震が発生しないアメリカの地域などである。

・南極の巨大な氷山のひとつが大陸から分離し、海洋を自由に移動する。氷山があまりに大きいため、南方の海では多くの問題が発生する。

・カリフォルニアとオーストラリアでは、巨大な山火事が発生する。他方インドと中国では、洪水が襲う。

・洪水はバングラデッシュでも起こる。被害があまりに巨大なため、政府も手のつけようがない。このためバングラデッシュは、隣国のインドに併合される道を選ぶ可能性すらある。インドは領土を拡大するとあったが、もしかしたらこれは、このことを意味しているのかもしれない。

・周囲のあらゆるものは、すべて我々の意識が作り出している。したがってもし、我々が心から自然の一部であることを実感すると、自然災害は大分緩和する。

●イギリス

・私は昨年2017年の予言として、保守党が選挙では勝利するとしたが、これは的中した。また私は、新しい政党が結成されると予想したが、これは外れた。だが、保守党、労働党、自由党出身の政治家が集まり、新政党が結成される動きはある。

・昨年私は2017年の事件として、ロンドンのビッグベンが火災で炎上すると予言したが、これはビッグベンではなかった。ロンドンの高層住宅で火災が発生し、多くの人が死亡したのである。私は、ロンドンのタワーが炎上する光景を見たので、ビッグベンと思い違いをした。

・イギリスのEU離脱はハード・ブレグジットになる。難航するEUとの交渉にしびれを切らした保守党内部から、一気にEU離脱を進める機運が高まるのだ。最終的にはドイツが介入して離脱の条件が若干緩和されるものの、ハードな離脱となる。イギリスのEU離脱の時期は予定よりも早くなる。

・EUを離脱したイギリスは、EUに残留しているアイルランドと自由貿易の交渉を行う。アイルランドもそれに乗り気だが、EUが文句をつける。アイルランドは要求が通らないとEUを離脱すると脅し、イギリスとの協定を締結する。

・ジャン・クロード・ユンケル欧州委員会委員長の面子がつぶされるようなことが起こる。これで彼は辞任して引退することになる。

・2018年のイギリスでは、多くのストライキが発生する。これを扇動するのは、労働党党首のジェームス・コービンである。しかしこの結果、コービンは評判を落とすことになる。

・メイ首相の政権は存続する。2018年にはメイ首相を引きずり下ろす動きが加速するものの、彼女は政権の座にとどまる。しかし、人気途中で辞任する可能性はあるものの、それは2018年ではない。

・EU離脱にもかかわらず、イギリス経済は繁栄する。それというのもイギリスは、アメリカやオーストラリア、そしてインドなど、伝統的に関係の深い国や、かつての英連邦の国々と自由貿易協定を締結するからである。これが成功する。

・イギリス経済の繁栄の中心となるのは、ハイテク産業である。なかでも自動車産業の復活が著しい。おそらくオースティン・マーチン社だと思うが、新しいテクノロジーを活用した電気自動車を開発し、著しく成長する。

・イギリスではハイテク産業が隆盛を極める。そのなかには、新しいタイプのエネルギー産業がある。

・ハリー王子が婚約を発表する。また、2018年にもイギリスではテロが起こる。テロリストが走行中の自動車を無差別に射撃するか、または交通を止めたテロリストが自動車に向かって銃弾を浴びせるような事件が起こる。

・2018年のイギリス経済は好調であるものの、航空会社が破綻して、大きな問題になる。

・2018年はさまざまな分野で大きな混乱があるが、これは新しい希望に満ちたゴールデンエイジに入るための条件である。楽観的に構えるべきだ。

 ・・・<転載終了>・・・


 最後に老婆心ながら、一言。
 ヤスさんが的中率7割と言ったからといって、必ずしもここで紹介した予言の7割が的中するわけではありません。
 あくまでも過去の実績であり、未来は流動的です。
 この情報を何に使うかはその人の意思が決めることですが、(当たり前の話ながら)相場に使われる方は自己責任ということでお願いします。



ゲリーさんの2018年予言...2017年10月28日

 10月21日(土)に東京、大手町で行われた神秘家ゲリーボーネルさんの2018年予言セミナーに行ってきました。
 私は今年初めに行われたゲリーさんの予言がかなり的中しているという印象を持っていたので、大いに期待していました。
 内容は経済・金融面が多かった気がします。
 いつものように録音禁止でしたので、ゲリーさんが喋って大野さんが通訳したものを、私が必死でメモを取るという作業となりました。
 それゆえ完全に正確なものではないかもしれませんが、意味は伝わると思います(言い回しは、私がアドリブ的につけたものもあります)。

 ではまず、国別に分け、ゲリーさんが予言した2018年の経済・金融の動向をまとめてみます。


 <中国

・中国は、資産と負債を比較すると、負債の割り合いが一番多い国である(世界の主要国の中でという意味と思われる)。

・個人の借金をチャラにしようとするが、上手くいかない。

・2018年、中国の人民元は崩壊し、経済が崩壊する(中国バブルの崩壊)。

・中国はこれをアメリカからの借金(中国が持つ米国債の売り)で解決しようとする。これがアメリカを直撃する。

・バブル崩壊により、文化大革命的なことが起こる。


 *補足

 上記、「個人の借金」とありますが、中国において最大の負債を抱えているのは企業であり、その額は日本国債の2倍にあたる18.1兆ドル(1991兆円)に上ります。ちなみに世帯負債は4.7兆ドルで、計22.8ドルのほとんどが不動産投資と言われています。ですからゲリーさんが個人の借金と言ったのは、企業と民間の借金を合わせたものではないかと私は考えています。
 これに加えて、中国のアフリカ投資についても語られていたので紹介します。
 中国は資源確保の意味で、これまで多大な額をアフリカに投資してきました。しかしアフリカの国々は、アフリカ以外の国に忠誠心は全くないそうです。
 アフリカの国々は、中国を追い出し、企業を国有化しようとするといいます。
 さらに中国が上海に投資した開発費のうち、90%が未払いだと言っていました。

 まったくもって、ゲリーさんの2018年予言では、中国はふんだりけったりという感じです。
 そういえば、この前行われた5年の一度の中国共産党大会で、習近平国家主席がこれからの中国の明るい未来を語っていたのを、ゲリーさんはよくあそこまで嘘が言えると感心したと言っていました。


 <アメリカ

・アメリカを含め南北アメリカ大陸の国々は、経済的な危機をストップできない。ハードランディングとなる。これにより、リーマン危機と同じことが起きる。

・アメリカの経済的な問題は輸出品がないことだ。それゆえ借金を返せないので、ドルを刷って返そうとする。これによりインフレとなる。

・米ドルは価値を落とし、これまで世界の準備(リザーブ)通貨であった地位を失う(世界は機軸通貨を失う)。

・そこで世界は貿易を維持するために、米ドルの替わりに、円(日本)、ウォン(韓国)、ペソ(メキシコ)を使うようになる。

・中国の経済崩壊に伴い、アメリカは中国に進出した製造部門の企業を引き上げ、日本に持ってくる。


 *補足

 中国の経済崩壊に伴いアメリカが製造部門の企業を中国から日本に持ってくる件で、会場から質問がありました。
 日本ではなく、人件費の安い東南アジアの国々ではないかというものです。
 これに対するゲリーさんの答えは、例えばフィリピンは世界一人件費の安い国だが、安定していない。今日あった企業が、明日には無くなっているといったことが起こってしまう国である(マレーシアやタイも同様に不安定)。
 安定していないとビジネスは行えない。それゆえ安定している日本が選ばれるというものでした。

 EUも経済危機を迎えるといいます。
 アメリカの政治的な問題が世界の金融に影響を及ぼすといいます。
 アメリカとEUの経済危機はリーマンショック並みで、中国のバブル崩壊は1930年代の世界大恐慌並みだそうです。
 では、日本はどうでしょうか。


 <日本

 ・米ドルの機軸通貨脱落で、日本の円は上がる。しかし円が上がることにより、輸出産業が打撃を受ける。

・日本の貿易のパートナーとして、東南アジアの国々(特にインドネシア、マレーシア)の比重が大きくなる。

・お金に関しては、2018年はバッドイヤー(悪い年)になる。
 保険や株は、大きな会社で資本金が大きいところは大丈夫だが、新しい会社や資本金の少ない会社は気をつけた方がよい。

・北朝鮮のハッカーによって、すでに日本の2つの大きな銀行(うち一つはM銀行(注))の顧客情報が盗み出された。アメリカも被害を蒙り、すでにアメリカ国民の半分の情報が流失した。

・日本の銀行システムは最も洗練されたものだが、問題は隠蔽体質である。ハッキングされたことを隠そうとしている。
 来年2月〜3月に、ハッキングされたことが公表される。

・アメリカの製造部門の企業が日本に来ることにより、日本の経済は良くなる。株も上がるが、日本人は景気上昇を実感しない。経済指標が上向いているにもかかわらず、消極的な態度を取る。
 今後5年間は景気が良い。

・景気が上向く日本の問題は、人材の確保となる。それゆえ移民(特にインド)が増えるだろう。単純労働ではないスキルの必要とされる人材の確保が大きな課題となる。

・2018年〜2020年、世界的な金融大変動が起きるが、日本は大丈夫。


 *補足

 気になるのはハッキングです。
 これには会場から質問がありました。
 まずM銀行以外の一行はどこかというものでしたが、それはゲリーさんも知らないそうです。
 ハッキングの被害ですが、銀行口座のお金が盗まれるといった直接的なものではなく、ハッキングした顧客情報を使って本人になりすましてローンを組んだりするようなものだといいます。私達にできる対策としては、こまめにネット口座のパスワードを変えることだそうです。
 私もM銀行にネット口座を持っているので、さっそくパスワードを変えました。

 (注)
 ゲリーさんは実際にM銀行の名前を公表しましたが、訪問者に方々を不安にさせたくないので、ここではM銀行としておきます。
 不安に思われた方は、こまめにパスワードを変えることをお勧めします。

 ゲリーさんは投資好きな人なので、投資の話がけっこうありました。
 それで投資関連の予言をまとめました。


 <投資関連

・2018年は、グーグル、アマゾン、アリババの株はフラット(現状維持)または下がる傾向にある(アリババは中国と関係が深いので要注意)。

・2018年は、ITに関してビッグヒットがある。iPhone に関しても大きな津波(新しい技術の拡大)が来る。これにより、iPhone 6 以前のモデルを持っている人は、新しいものに買い替えようとする。

・有望なのは、ソニーとアップル。アップルは現在100$くらいだが、今買っても利益がでるだろう。
 アップルはコンピュータービジネスから手を引く。iPad を使ったネットワークビジネスの方向に行く。

・メルセデスはテスラにバッテリーの技術を提供していたが、これが2018年に終わる。メルセデスは、独自の電気自動車を発表する。

・テスラは、エネルギービジネスや建築業に進出する。
 アメリカ南部は大規模災害でインフラが崩壊している。そこにエネルギーを提供し、カーボンファイバーを使ってビルを短時間で建てるテクノロジーを開発して提供する(2018年の終わり頃)。また月や火星に行くテクノロジーを開発する。

・ビットコインを世界中の人々が使うことはない。新しい世界銀行は、ビットコインのような代替通貨を認めない。
 5年後には仮想通貨は無くなっているだろう。

・私(ゲリー)は、いつも金(キン)を信じている。しかし銀の方が上昇率はいいだろう(銀は工業で使われるようになってきた)。銅もそれなりによい。
 レアメタルが多く使われるようになってきたので、石英(注)がよい。ただし鉱山株を買うのではなく、現物を持つようにした方がよい。

・EUから離脱する動きが加速する。
 ポンド(イギリス)は良い。ヨーロッパで投資するならアイスランドが良い。

・これから2年は、通貨の売り買いをする場合は非常に気をつけた方がよい。


 *補足

 投資に関連した情報ではないかもしれませんが、いくつか補足します。
 ブラジルはパームオイルや家畜のために森林を破壊してきました。そのブラジルがヘンプ(麻)や竹のビジネスに乗り出すといいます。食物繊維を使ったものや紙のビジネスだそうです。ちなみに、福島の放射能汚染はヘンプ(麻)を植えることで浄化されると言っていました。
 中国は農民から農業を取り上げ、高層ビルに住まわせるようにしてしまいました。このため中国では米が足りなくなり、日本から輸入するようになるそうです。
 製造業界は革命が起きているといいます。
 それが3Dプリンターの登場です。
 これにより、製造業界は小さなユニットで、様々な物が作れるようになったといいます。

 (注)
 通訳の大野さんは、最初石英と訳したのですが、雲母かもしれないと言っていました。
 石英と雲母は別物のようなので、どちらのことかわかりません。


 *最後に

 セミナーは5時間半と長丁場でした。
 そのため、メモもけっこうな量となってしまいました。
 今回は経済・金融の予言だけに絞りましたが、他には環境(巨大地震や火山爆発などの自然災害)や、ET関連などの予言がありました。むしろ訪問者の方々にとっては、自然災害の方が関心が高いのかもしれません。
 それらは、日を改めて別の形で掲載していこうと思います。

 ここで余談を一つ。
 会場で私はゲリースクール同期のHさんと偶然に出会いました。
 Hさんとは以前、やはりゲリーさんのセミナーで会ったことがあり、数年ぶりの再会でした。
 セミナー終了後、そのHさんと話し込んでいたら、会場に誰もいなくなり私達が最後の退場者でした。
 会場のドアを開けて外に出ると、なんとそこにゲリーさんと通訳の大野百合子さんがいたのです。
 大野百合子さんとは、数年前に飲み会でご一緒したことがあり、「あら、ひさしぶり」と声を掛けてもらいました。
 すると今度はHさんがゲリーさんにハグする勢いで近づいて握手したのです。私も流れに乗せられて、ゲリーさんと握手することになりました。
 私はゲリーさんと握手するのがなんだか照れくさくて、恐る恐る手を差し出したのですが、ゲリーさんはそんな私の手を思いっきりギューと握ってきて、びっくりしました(ゲリーさん握力強すぎ)。
 家に帰る途中で、ゲリースクールを卒業して10年近く経つので、ゲリーさんは私のことを憶えていないだろうと思っていたのですが、ひょっとすると憶えていたのかもしれないと考えてしまいました。
 いえいえ、あれが通常のゲリーさんの握手だったのかもしれませんが。

 最後にゲリーさんの予言に対する私の感想を述べたいと思います。
 私の印象は、ゲリーさんの予言は時期は当たらなくても、方向性は間違っていないのではないかというものです。
 例えば、2018年予言なので、2018年に中国のバブル崩壊が起きなければ、予言は外れたという見方をする人は当然いると思います。
 しかし私は、その場合は2019年以降にさらに規模を大きくした中国のバブル崩壊の可能性を考えます。
 ゲリーさん自身は、自分の予言が当たるか外れるかといったことに、恐ろしく無頓着らしいです。
 私としては、時期にこだわらず、未来の方向性を知るという意味で、ゲリーさんの予言を生かしていきたいと考えています。



『スターピープルはあなたのそばにいる』(2)...2017年10月21日

 この3次元の物理世界は、二元性の世界と言われています。
 すべてが一つであるワンネスの世界と違い、光の影、明と暗、善と悪、ポジティブとネガティブといった相反する2つが同時に存在し、そしてその相互作用によって進化していくと説明をする人もいます。
 私はワンネスの世界というものを具体的に体験したことがないのでよくわかりませんが、少なくとも私達が住むこの3次元世界が二元性の世界であることを疑ったことはありません。
 この宇宙が二元性の世界であれば、当然ながら地球も二元性の世界であり、その縮図とも言えると思います。それゆえ地球上で起こっていることは、宇宙全体にも起こっていると考えています。
 地球上でポジティブとネガティブの争いがあるのであれば、宇宙にも同じ争い事があると考えます。
 もちろん、そのポジティブとネガティブの程度の差はあると思います。
 しかし、地球だけがネガティブで、地球以外の宇宙全体がポジティブであるという考えは間違っているという立場です。当然ながら、地球を訪れるETのすべてが、ポジティブな存在だという見解にも反対です。

 そういう考えを持った私が、驚いたことがありました。
 少し古くなりますが今年の1月の「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガに、ディスクロージャープロジェクトのスティーブン・グリア博士が、コーリー・グッド氏の証言を批判している理由が書いてありました。
 コーリー・グッド氏は、ジェームズ・ギリランド氏とともに、今私が最も注目しているUFOコンタクティーです。
 その部分を、ヤスさんメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<今年1月のヤスさんからのメルマガから抜粋開始>・・・

いまコーリー・グッドとスティーブン・グリア博士の間で静かな論争が続いている。

グリア博士はコーリー・グッドの証言は影の政府が持つ高度なテクノロジーで作り出された幻影であり、実際の体験ではないという。その理由は、実際の地球外生物は人類の進化を助けるためにやってくる愛情に満ちた種族であり、グッドの証言するような悪意に満ちた敵対的な種族はいないからだ。

これに対しグッドは、「秘密宇宙プログラム」の長い経験からいえば、敵対的で悪意に満ちた種族は存在しており、グリア博士は知らないだけだという。人類を商品として取引する奴隷貿易も存在している。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が驚いたのは、グリア博士が地球を訪れているETは、すべて「愛情に満ちた種族」だと断定していることです。
 いったい、どこにそんな証拠があるのでしょうか。物事の一面しか見ていない偏った見解だと思います。
 これまで起こったET遭遇記を丹念に検証していけば、こんな荒唐無稽な主張は出てこないと私は思うのです。
 グリア博士は世界的に大きな影響力のある人物だと思うので、こうしたグリア博士の主張をそのまま信じる人は多いかもしれません。
 私は地球を訪れているETの大半は、ポジティブな存在(と信じたい)であるが、人間を拉致して実験台に使うようなネガティブなETも少数ながら存在すると考えています。

 そこで今回は、ネガティブなETとの遭遇記を載せたいと思います。
 1960年代頃からさかんに報告されるようになった、キャトルミューティレーションという現象があります(すでに多くの訪問者の方はご存じだと思いますが)。牛のような動物が鋭利な刃物で臓器を切り取られ、血が一滴も残っていない死骸が発見されたという報告が多数寄せられています。

 今回は、こうした人間及び動物を拉致するネガティブなETの話題をお届けします。
 『スターピープルはあなたのそばにいる』(アーディ・S・クラーク著、益子祐司訳、明窓出版)から抜粋します。


 ・・・<『スターピープルはあなたのそばにいる(上)』、p115〜p139から抜粋開始>・・・

 第8章 異例のアブダクション体験

 馬や家畜が臓器などを切り取られる事件がニュースとして取り上げられ始めたのは1960年代の後半からです。事件の大部分は米国西部で発生したものでしたが、1970年代半ばには全国ネットのメディアで取り上げられる話題となっていました。それらは時おりUFOの目撃と関連付けられていましたが、悪魔的な儀式であるとか、他の捕食動物の仕業であるなど、数多くの推測がなされていました。死骸を調査した人たちによれば、切除されていたのは柔らかな組織や部位で、とりわけ生殖器が多かったといいます。また、切開部は外科手術用のメスを用いたかのような鋭い切り口であったという報告も複数寄せられています。1979年には、リンダ・ハミルトン・ハウがアニマル・ミューティレーション(動物の惨殺)の問題を取り上げたフィルムの制作に着手し、それは翌1980年に『奇怪な収穫』というタイトルで放送されました。後に彼女は次のように述べています。
 「私は単独もしくは複数の異星人グループがこの惑星に良からぬ影響を与えていると確信しています。私は彼らの正体を突き止め、その目的を知り、なぜ政府は沈黙したままなのかを知りたいと思っています」ハウのフィルムでは、異星人たちは自らの存続に必要な臓器もしくは生体物質を確保するために家畜を惨殺し、米国政府もそれに加担しているのではないかという推測が語られています。
 この章では、動物の虐殺事件にはUFOが最初から絡んでいるという、ハウと同様の見解をもつ退役空軍将校のエモリーという男性が、自らの体験を語ってくれます。

 私がエモリーと会ったのは、アラバマ州モントゴメリーに住む私の伯父のもとを訪れていた時のことでした。エモリーと私の伯父は、かつての軍隊仲間でした。私が現地に着いた週の後半に、モービル市のフレンチクオーターにあるエモリーのオフィスで彼と会いました。
 「私は空軍に30年もいたので、空のことは知り尽くしてきたつもりでいたんです」彼は言いました。「通信の分野における長年の経験をもつ私ですら、半年前のあの夜の出来事に対しては、まったく心の準備ができていませんでした」
 「あなたのその予期しなかった体験について聞かせてもらえますか?」私は彼の重量感のある机の前で、心地よい革の椅子に腰かけて尋ねました。
 「いいですとも。でもその前に、そこにいたるまでの経緯を少しあなたにお話する必要があります」
 エモリーが元軍人らしく見えたのは、その立ち居振る舞いだけでなく、短く角刈りにされた髪と、きちんと整った服装といった外見の印象からでもありました。
 「私はベトナムで通信将校をしていたんです」彼は説明を始めました。「私は大学で電気工学の学位を取得して卒業したばかりの頃に徴兵され、陸軍は避けたかったので、空軍に入隊し、士官学校に入って、ベトナムの地で除隊となりました。あなたの伯父さんとはサイゴンの将校寮で知り合ったんです」
 「ベトナムであなたはUFOを目撃したんですか?」私は尋ねました。
 「何度も見ましたが、それらは戦闘中だけです。彼らは戦いを観察していたんですが、我々の飛行機が接近すると行方をくらましてしまいました。我々の目の前で消えてしまったこともあれば、信じられないような速度で飛び去っていったこともあります。目撃報告における公式名は”戦争の幻影”でしたが、あれらは幻影などではありませんでした。それは軍部による偽りの情報拡散であることを、我々全員が分かっていました」
 「あなた自身は、UFOを見た時はどのように反応したんですか?」
 「私はノースカロライナで育ちました。母親の系統からはチェロキー族の血を、父親の系統からは少しだけチョクトー族の血を受け継いでいます。少年の頃はスモーキー山脈の中で暮らしていましたので、UFOは一家で頻繁に見ていました。母はいつも彼らのことを”訪問者たち”と呼んでいて、星の訪問者たちは私たちとつながっていて、私たちの中には彼らの血が流れているんだと説明してくれました。ですので、私はベトナムでUFOを目にした時も、怖さは感じなかったんです。彼らは我々を見守っているんだと理解していました。少なくとも、そう自分に言い聞かせていました。星の訪問者たちがいてくれる間は、私は安心していられました」
 「さきほど、半年前に心の準備ができていない出来事を体験したとおっしゃっていましたが、それについて話していただけますか?」
 「私が一番最近にした仕事はアラスカでのものでした。それは最高機密の部類のものなので、具体的な場所についてあなたに話すことはできません」
 「アラスカでUFOに遭遇したんですか?」
 彼はうなずきました。「私の母が星の訪問者たちの話をしてくれた時、彼らについてはすでにここを去っていった人たちとして語っていました。彼らは我々部族の友人たちだったんです。私は彼らはチェロキー族を見守っていて、定期的に我々の安全を確認するために訪れているのだと思っていました。ところが、私がアラスカで見た異星人たちは、誰のことも見守っていませんでした。私はいま人類の前には、理解し難き敵が立ちはだかっているのだと本気で思っています」
 「それについて説明してもらえますか?」私は尋ねました。
 「最初の遭遇があったのは、私が現地に赴任して2日目の晩でした」
 「口を挟んでごめんなさい。遭遇は一度だけではなかったんですね?」
 「全部で2回です」
 「ではどうぞ最初のほうのお話を続けてください」
 「外は暗く、まさに真っ暗闇でしたが、アラスカは冬の間はずっと暗いんです。私は技師の一団と、その補佐のために寄こされたアラスカ先住民の電気工事士たちと共に働いていました。その晩はとても冷え込みました。現場の誰かが気温はマイナス57度だと言っていたのを私は覚えています。そこまで寒ければ、もう何度だろうが構わないといった感じでした。低温のために機械が壊れ、部品はズレてしまい、ワイヤーも切れてしまいました。とてもストレスがたまる夜でした。ついに我々はその日の仕事はもう打ち切ることにし、8時間後にまた集合することにしました。私は器具類を片付けながら、他の者たちを家まで送りました。私は自家用車を持っていて、それはまだ動いていたからです。私は途中で立ち往生することは心配しておらず、また自分に何か重大な出来事が起こることなどまったく予期していませんでした」
 「つまり、最初の遭遇を体験した時、あなたは現場に一人っきりだったということですね?」
 「ええ。私は自分の車のほうへ歩いて向かっていました。仕事現場の照明のスイッチを全て切っていき、最後の照明を落として周囲が暗くなったまさにその時、あたり一面がまるで7月4日の独立記念日の盛大な花火のように明るくなったんです。赤、青、白に輝く幾つものライトが地面の雪を照らし、クリスマスのような光景を呈していました。私は光の源を探そうと上空を見上げましたが、ライトの群れは目もくらむような眩しさで、とりわけ中央の部分の明るさが際立っていました。それと同時に、聞き覚えのあるホッキョクグマの鳴き声が耳に響いてきました。自分の車に向かって走り出した私は、突然に道の上に投げ出されました。なんとか体を仰向けに戻したその時、ほとんど名状し難いあるものを目の当たりにしたんです」彼は両手の平の中に頭を沈め、両目をこすりました。
 「大丈夫ですか?」
 「ええ、ただ自分の見たものを描写するための最適な言葉を探していただけです。ホッキョクグマが、まるで吊るされた”ぬいぐるみ”のように、だらりと宙に浮揚していたんです。クマは首を左右に振りながら、時おり四つ足を動かして走ろうとしているかのような仕草を見せ、やがてあきらめたように、再びだらりと力なく浮いていました。そして白い光の中に吸い込まれるように消えていったんです」
 「ホッキョクグマが誘拐されたとおっしゃっているんですか?」私は尋ねました。
 「最初はそんなふうには考えていませんでした。するともう一頭のホッキョクグマが姿を見せ、白い光がそのクマに焦点を合わせて照らしました。それからまた同じことが超きたんです。今度のクマのほうが大型で、より激しくもがいていましたが、無駄な抵抗でした。そしてそのクマも最初のものと同様に、白い光の中に吸い込まれていってしまいました。私はその場に横たわりながら、自分が意識障害を起こして幻覚を見ているに違いないと思っていましたが、もしそうなら自問自答したりはしないであろうことにやがて気づきました。白い光が見えなくなった後、私は我に返ったような感覚を覚え、体を起そうとした刹那、急上昇していく円盤型の飛行物体の輪郭が目に映りました。それはあっという間に夜空の中に消えていきました。私は大急ぎで車に乗り込んで、ベースキャンプへと戻りました」
 「だれかにその話をしましたか?」
 「いいえ、あなたの伯父さん以外、そしていま目の前にいるあなた以外には誰にも話していません。ただ、話はこれで終わりではないんです」
 「次に2度目の遭遇の話になるわけですか?」
 「いえ、まだ最初の話が終わっていないんです。続きがあるんです。その2日後に、我々は別の仕事現場へ送られたんですが、そこは最初の現場から80キロほど離れた場所でした。我々が到着した時、そこにいたアラスカ先住民の技士たちは極度に動揺していました。彼らはこの場所は邪悪なので、ここから離れたいと言っていました」
 「邪悪な?」
 「迷信的な人たちは世界中にいるものですが、この時に限っては、私は彼らの恐怖心を理解できました。電気関係の小屋の真正面に、ホッキョクグマの死骸が横たわっていたんですが、それは普通の死に方ではありませんでした。ホッキョクグマはアラスカの動物界の食物連鎖の頂点にいます。それが死ぬ場合は、強いクマ同士によるメスをめぐった縄張り争いの結果によるものです。けれども、そこに倒れていたクマは他の動物にやられてはいませんでした。それは外科医の手によって死に至らしめられた姿をしていたんです。少なくともそのように見えました。両目の眼球と両耳が切り取られ、胴体が切開され、心臓と腎臓が取り除かれていました。生殖器も切除され、舌もなくなっていました。地面の雪の上には血痕がまったくありませんでした。もしホッキョクグマが闘いの末に命を落としたのなら、あたり一面が血の海になっているはずです。それは人間の猟師たちの手によるものでないことも明白でした。彼らだったら肉を求めていたでしょうから」
 「他のクマについてはどうでしたか?」
 「我々はおよそ100メートル先に別のクマの死骸を見つけました。まったく同じ状態でした。周りに一滴の血もなく、臓器が取り除かれていました」
 「そしてあなたはそれらが異星人たちの仕業だと確信しているわけですね?」
 「それ以外にどんな可能性があるというのでしょう?」彼は両手の平を上に向けながら言いました。「私はホッキョクグマが宇宙船に連れ込まれるのを見ました。その2日後に、2頭のクマの切り裂かれた死骸に出くわしました。彼らの凍った生肉が私にとっての十分な証拠でした。あなたは動物の惨殺事件について聞いたことがありますか? そして家畜や馬の他にも動物の誘拐報告はありますか?」
 「どちらへの答えもイエスです。私はメキシコの青年から、ワニの誘拐を目撃した話を聞いています。彼によれば、その翌日の晩に宇宙船が戻ってきて、ワニの死骸をどさっと落とし、別のワニをまた吸い上げて連れ去っていったそうです。ショショーニ族のある男性は、宇宙船からバッファローの死骸が投げ落とされるのを見たと語っていました。その死骸は、あなたが見たものと同様に、内臓器官や体の部位が外科手術によって取り除かれたような状態だったといいます」
 「わかります」彼は言いました。「家畜や馬は所有者がいますので、事件が起これば普通は通報されるでしょう。しかしホッキョクグマやワニやバッファローは誰の所有物でもありません。こういうことをする異星人たちは、家畜や馬だけでなく、あらゆる種類の動物たちに実験を施しているんです。世の人たちはそのことを知らないだけなんです。あるいは、口にすることを恐れたり、迷信にとらわれたりして、ずっと報告をしないままでいるのでしょう」
 「あなたの2度目の遭遇体験もホッキョクグマに関するものなんですか?」
 「いいえ」
 「あなたは異星人に遭遇したことはありますか?」
 「私は彼らに誘拐されました。2人の同僚とともに」
 「どうぞ最初から話してください」
 「ある朝、我々は現場の保全のために仕事場に向かいました。私が電気系統のチェックをしている間、他の2人は小型監視カメラ一式を取り付ける作業を始めていました。それらはどこかの事務所にいる番人が分刻みでモニターするためのものです。あちこちにカメラをり付けるのは、もし何者かによる妨害行為が起きたとしても、全てのカメラが一斉に動かなくなることは、なかなか起こらないからです」
 「妨害行為? あなたたちはそこで何をしていたんですか?」
 「先ほども言いましたように、それはトップシークレットなんです。たぶんそういった我々の仕事のせいで、異星人の宇宙船をそこに引き寄せてしまったんでしょう。その前の週にそこから16キロ離れた場所に5、6頭のホッキョクグマが子連れでいるのが確認されていたというのに、そっちではなく、我々のいるほうに異星人たちが現れた理由など、誰にも分からないことでしょう」
 「どうぞお話を続けてください」
 「私は電気の接続の確認を終え、監視カメラの設置を確認しているモニタリングセンターと電話で話していました。すると突然、受信機の音声が空電ノイズに取って代わられました。私は同僚のいる方向に目をやりました。私の持ち場からわずか12メートルしか離れていませんでしたが、そこに2人の姿はありませんでした。私は彼らの名前を呼びましたが、何も応答はありませんでした。そして次の瞬間、私は自分が宇宙船の中にいることに気づきました。最初は状況が呑み込めませんでした。私は宇宙船の姿も、光も、そして異星人の姿も見ていなかったにもかかわらず、いつのまにか彼らの宇宙船内に運ばれていたのです。私は2人の同僚の横に立っていました。彼らは当惑しているように見えました。そのうちの一人が叫び声をあげると、4体の生き物が近づいてきました」
 「彼らは人間型(ヒューマノイド)だったんですか?」
 「手足が2本ずつで頭が1つという点では人間型でしたが、小形動物のように見えました。彼らは小さくて、がに股で、力が強かったです。アラスカ先住民のイヌピアットも小柄ではありますが、彼らの背丈はこの生き物たちより少なくとも30センチ以上は高いものです」
 「顔はどのような感じでしたか?」
 「胴体に比べて頭部のサイズが大きかったです。まるで病気であるかのようでした。私がノースカロライナの村にいた時に、そのような頭の大きな子がいたのを覚えています。彼は脳に水がたまっているのだと私の母が教えてくれました。彼は8歳くらいの時に亡くなりました。船内の生き物たちの頭は彼のものに似ていたんです。医学用語で水頭症といって、体液が脳を肥大させる病気です。それが彼らの容貌でした。大きな頭部には毛髪がなく、パウダー色の皮膚に包まれていました。彼らは大きな黒いゴーグルのようなもので頭を囲っていて両目を隠していました。それは一種のコンピューター制御の装置ではないかと私は思いました」
 「その生き物たちはあなたを船内の別のエリアへも連れて行きましたか?」
 「別の階層へ我々を連れて行きました」
 「どのようにしてですか?」
 「エレベーターのような装置を使ってです。丸い筒(チューブ)状のものに乗って他の階へ移動させられました」
 「3人一緒にですか?」
 「ええ、上の階に到着すると、そこはドームのような部屋になっていました。そこには他の人間たちもいました。外見から判断すると、みな先住民族のようでしたが、アラスカ先住民ではないようでした。私が思うに、彼らは多くの国々から連れてこられた部族民だったと思います。私はベトナムでラコタ族やブラックフィート族の者たちと一緒に働いた経験があるので断言できますが、その部屋にはブラックフィート族、ラコタ・スー族、チェロキー族、チョクトー族、そして他の部族の者たちもいました」
 「先住民族以外の人たちはいましたか?」
 「いいえ。私が見た限りではいませんでした」
 「なぜ異星人たちは先住民に関心を持っていたとあなたは思いますか?」
 「その理由を私は彼らに尋ねたんです。彼らによると、我々は他の者たちとは異なっているからだそうです。明らかに我々のDNAの中にある何かが、そこにいた科学者たちにはコントロールできないものであったので、我々は彼らから見て特異な存在だったんです」
 「科学者たちというのはその小さな生き物たちのことですか? それとも他の存在がいたんですか?」
 「小さな生き物たちは違います。彼らは監視隊、捕獲隊および警察隊の役割を担っています。科学者たちは実験を執り行っている者たちで、外見は人間に似ています。身長はおよそ170センチから183センチの範囲で、肌の色は私と同様のもので、常に日焼けしている感じの色合いだったと思います」
 「その他に何か目立った特徴はありましたか?」
 「幅の広い前頭部です」
 「幅の広い前頭部とはどういう感じのものでしょうか?」
 「頭の部分が大きくて、顎にかけて細くなっていっていると言ったほうがよかったでしょうね」
 「他に何かありますか?」
 「私が覚えているのはそのくらいです」
 「ドームのような部屋の話に戻させてください。あなたがいうところの科学者たちから話を聞くようになったいきさつを教えていただけますか?」
 「私は部屋にいる他の人間たちの人数を数え始めました。彼らはみな男性でした。私はもし自分が常に頭の中であれこれ考えている状態を保っていれば、彼らは私をコントロールすることはできないだろうと考えました。他の者たちは皆ぼんやりとして、茫然自失状態で、ほとんど生気のない顔をしていました。そしてうろうろと室内を歩き回っていました。私は彼らに紛れて同じ状態に見せながら、常に頭の中で人数のカウントを続けていました」
 「どこまで数えることができましたか?」
 「71人まで数えた時に、私は別の場所へ連れて行かれました」
 「どこへ連れて行かれたんですか?」
 「別の階へですが、今度は一つ下の階でした。連れ込まれた部屋は奇妙な装置で満たされていました。彼らのテクノロジーは私がこれまで目にしたことのないものばかりでした。私は筒状の装置の中に入れられ、光が私の体に沿って行ったり来たりしていました。それは身の毛のよだつもので、くすぐったく感じるほどではありませんでした。彼らはこれを5、6回繰り返しました。私は彼らが何をしているのかを説明するように求めました」
 「それに対して相手はどう反応しましたか?」
 「外見上は何の反応も示さなかったんですが、とても不思議なことに、彼らと意思の疎通ができたんです。私が何かについて知りたいと思うだけで、即座にそれに対する答えを受け取るんです」
 「どういう感じで行ったんですか?」
 「自分でもよく分かりません。私が心に抱いた疑問に対して彼らが答えたんです。彼らは私の心を読むことができたんです」
 「彼らはしゃべったんですか?」
 「いいえ。私は自分の頭の中で答えを受け取ったんです。テレパシーってやつです。ペテン師のようなことを自分が言っているのは分かっています。でもそれが実際に起こったことそのものなんです。私は自分が正気であることをあなたに保証します」
 「異星人とテレパシーを使って会話をしたと私に語った人は、あなただけではありません」
 「彼らは自分たちの薬が私には効かなかったことに驚いていました」
 「どんな薬でしょうか?」
 「私が理解したところでは、彼らは人間を無気力状態に導く成分、我々のいうところの薬を空気中に混ぜているんです。人間がその空間に入れば、ゾンビのような状態になってしまいます。彼らによれば、その成分に対して免疫性をもつ人間はわずか2万人に1人の割合でしか存在しないそうです。私がその一人であったことは間違いありません。私はそこで起こっていることを全て意識できていましたから」
 「その室内の空気の状態について、なにか他に覚えていることはありますか?」私は尋ねました。
 「壁から発散されている霧のようなものがありました」
 「彼らはあなたからの質問に何でも答えてくれたんですか?」
 「質問に答えてはくれましたが、私は彼らの答えは防御されたものだと常に感じていました。言い換えれば、彼らが言ったことが全て真実だとは私は思っていません」
 「そう確信する根拠が何かあなたにはあるんでしょうか?」
 「直感ってやつです」
 「彼らはあなたを筒状の装置に入れた理由を話してくれましたか?」
 「彼らは私の体に病気や異常がないかどうかチェックしていました。彼らがいうには、自身の持っている病気を診断されていない人間たちが非常に多いらしいです。彼らは汚染された血液を持つ人間は求めていませんでした。自分たちの持つサンプルや標本を保護しなくてはならなかったからです」
 「標本? どういった種類の標本なんでしょうか?」私は尋ねました。
 「私もそれを質問したんですが、彼らはそれは私の訪問とは無関係だと答えました」
 「訪問?」
 「ええ、彼らは自分たちの誘拐行為を、人間側からの訪問と呼んでいました」
 「他にどんな実験を彼らは行っていましたか?」私は尋ねました。
 「血液と精子を採取しました。そして私の頭にヘルメットのような装置を取り付けました。それは私の持つ記憶の全てを彼らのデータバンクに移送するものだと彼らは言いました。そんなことをする権利は彼らにはないと私が主張すると、彼らには私にはそれを拒む権利はないと言いました」
 「他にどんな質問をあなたはしましたか?」
 「お決まりの質問として、どこから来たのかと尋ねました。彼らはそれは我々の望遠鏡や探査機では見つけられないほど遥か遠く離れた星雲からだと言いました。神を信じているのかと聞くと、神はあらゆる生命体の中にいると彼らは答えました。彼らはイエス・キリストについては承知していて、その教えは普遍の宇宙の真理としてふさわしいものだと言いました(訳注 ”承知している”の意味が、実際にイエス本人の存在を知っているのか、地球にあるキリスト教を知っているだけなのかは不明です)。また、彼らは家族単位で生活しているのかと尋ねると、養育者だけが家族単位で暮らしていると答えました」
 「養育者?」
 「ええ、子供を持つために選ばれた者たちです。彼らは自分たちの惑星の人口増加については非常に慎重にコントロールしています。彼らは寿命を1000年ほどまで延ばすことが可能なようでしたが、そうする際は、生まれてくる子供たちの数もそれに合わせて調節するそうです。生まれてくる者の数は、死んでいく者の数と同じにしているんです」
 「つまり彼らも死ぬということですね?」
 「我々のような死の迎え方ではありません。自分がもはや社会の役に立てる構成員ではなくなったと感じた時に自ら死を選ぶんです」エモリーは言いました。
 「他に彼らにどんな質問をしましたか?」
 「どのくらい長いあいだ宇宙を旅しているのかと聞いたところ、地球時間で4万年以上になると彼らは答えました。宇宙船の推進力について尋ねると、それは宇宙のフォース(自然な力)であると彼らは言いました。我々が知っている燃料の類は彼らの世界には存在せず、宇宙には推進エネルギーが内包されているが、地球の科学者がその秘密を知るのは何世紀も先のことだろうと言いました」
 「病気についてはどうですか? それについて彼らに質問しましたか?」
 「ええ質問しました。彼らは、宇宙に存在する全ての生命体には自らを癒す能力が備わっていると言いました。彼らによると、地球人たちも始めのうちはその能力を持っていたが、その能力は取り去られてしまったといいます」
 「どのようにして取り去られたのでしょうか?」
 「それを私も尋ねたんですが、それは宇宙における秘密事項の一つで、自分自身に問うべき質問であると彼らは答えました」
 「彼らが人間のことをどう思っているのか、全体を通してあなたが感じたことはありますか?」
 「私は彼らの人類に対する印象について質問し、我々は生き延びて行けると思うかどうか尋ねてみました。彼らが言うには、地球人類は動物界や植物界を支配するようになっているという観点では、この惑星で最も強い種族であるといえるものの、宇宙の観点から見れば、最も弱い生き物であるそうです」
 「なぜ彼らには人間を誘拐する権利があるのか、あなたは尋ねてみましたか?」
 「はい、彼らの答えは、自分たちは宇宙において優勢な立場にいる種族だからだということでした。それを受けて、私は彼らが我々を動物のように扱っていることを非難したところ、彼らはそれは我々の発達段階がまだ動物レベルだからだと答えました。私は立腹して、なぜ動物の精子が必要なのだと問いただしました。すると彼らの中の一人が私に歩み寄ってきて言いました−−−『なぜなら、あなた方は、かつては私たちと同じ立場にいたからです。あなた方も同様の選択肢を持っていましたが、あなた方は破壊の道を選んだのです。発達というものに対するあなた方の考えは、私たちとは違う進化の道を選ばせるものでした。私たちは生命と知識の尊重を選択しましたが、あなた方はそうしませんでした』」
 「彼らの言ったことは本当だと思いますか?」
 「彼らが自分たちの生命を尊重しているのは本当だと思いますが、それ以外の惑星の生命はないがしろにしています。だから私は怖さを感じています。地球は彼らにとっても居住が可能な環境であるようです。もし我々を駆逐すれば、彼らは破壊的な人間たちから地球を守ることができます。それが彼らの計画ではないのだろうかと私は心配しているんです」
 「他に何か彼らに質間をしましたか?」
 「そうする機会がありませんでした。彼らはもう私に与えられた対話の時間は終わりだと言ってきました。そして、もし今回の自分の訪問についての記憶がよみがえっても、口外はしないようにと命じました。それから、とどめの一言は、もし仮に誰かにしゃべったとしても、誰も私の言うことを信じることはなく、精神状態が不安定な人間のように思われてしまうのがオチだろうというものでした」
 「そう言われてどのように感じましたか?」
 「脅しに過ぎないと思いましたが、彼らの言う通りの部分もあると分かっていました。私は世間に公言したくはありませんでした。あなたの伯父さんから、あなたとあなたのしていることを聞いて、北米インディアンとUFO遭遇体験についてのあなたの本を読み、あなたなら、私の話を批判的にならずに聞いてくれるだろうと思いました。そして私の体験が価値のあるものだと判断してもらえたら、名前を伏せたかたちで世の人たちに警告をする手立てが得られるだろうと思ったのです。ですから私はあなたに会えたことをとても嬉しく思っていて、モービルまで来てもらえたことを喜んでいるんです」
 「一緒にいたあなたの同僚2人はどうなったんですか?」私は尋ねました。
 「連れ去られた時とまったく同じように3人とも元の場所に戻されていました。突然に私は受話器を持ったまま立っている自分に気づきました。電話口からは空電ノイズだけが聞こえていました。私は電話を切って、最後に2人を見たほうへ顔を向けました。視線の先では、2人ともカメラの設置に四苦八苦していました。私が歩み寄ると、彼らはこんなに時間を取ってしまって申し訳ないと謝ってきました。何かあったのかと彼らに尋ねると、2人とも誘拐のことは何も覚えていませんでした。私は彼らのもとを離れ、また持ち場に戻ってモニタリングセンターに電話をかけました。もう受話器からノイズは聞こえませんでしたが、応答したのは別の人物でした。彼によると、私が最初に話していたエルトンという男性は3時間前にシフト勤務を終えたとのことでした。それから仕事を終えた我々はベースキャンプに戻りました。それ以降は2人の同僚には一度も会っていません」
 「もうひとつお聞きしたいことがあります。あなたたちを誘拐したのは、ホッキョクグマをさらっていったのと同じ異星人たちだったと思いますか?」
 「あなたに言い忘れていたことがあります。私は動物たちが台に乗せられている部屋を見ました。動物たちの上の空間に異星人たちが浮遊していました。病院のような光景でした。管を通して血液が採取されているようでした。ですから、はい、どちらも同じ異星人たちだったと確かに思っています。ただ、それについて尋ねる機会が一度もありませんでした」
 「その部屋はどこにあったんですか?」
 「個別の検査をするためにエレベーターに連れて行かれる際に、その部屋のドアから異星人が出てきて、ドアが少し開いたままになっていたんです。その隙間から少し見えただけですが、動物たちの姿がありました」
 「ホッキョクグマですか?」
 「いいえ、クジラです」
 「クジラ!? あらまあ、他にも何かいましたか?」
 「いえ。ちらっと見ただけですから。でもクジラははっきり見ました」
 「ではご自身についてはどうですか? 遭遇体験についてどう感じていますか?」
 「なんともいえない気持ちです。ところで、異星人たちは感情を持たないんです。感情表現といったものがまったくないんです。皆無です。無表情で、何を考えているのか分からないような顔をしていました。彼らの顔には、積み重ねてきた人生の体験や、年齢や、深い悲しみや喪失感、あるいは幸福感などを示すものが何も感じられませんでした。彼らは人というよりは機械でした。もし彼らにわずかばかりの体毛がなかったら、私は彼らのことをロボットだと思っていたかもしれません」
 「あなたは最初に、なんとも言えない気持ちとおっしゃいましたが、詳しく聞かせてもらえますか?」
 「彼らが人間を誘拐して実験を施していることをやめさせられなかった自分に腹を立てています。彼らの非人道的な動物への惨殺行為にも嫌悪感を覚えています。それから私の同胞である人類に対しても腹を立てています。もし、離れた場所に住む”いとこ”たちと同じ選択肢を我々も最初に与えられていたのなら、なぜ我々は戦争と破壊の道を選んでしまったのでしょう? 私は人類を恐ろしく感じています」
 「なぜあなたは宇宙には私たちの”いとこ”たちがいると分かっているんですか?」
 「それは私があなたに言い忘れていたもうひとつのことです。異星人たちは、宇宙には地球人類よりも進化した種族が300以上存在しており、その全てがヒューマノイド型であるというわけでは決してないと言っていました」
 「彼らはそのことについてもっと説明してくれましたか?」
 「いいえ。それらの種族についてもっと教えてほしいと私が頼むと、彼らはその件について自分たちは勝手に話せる立場にはないが、我々が注意を払ってさえいれば、それらの種族に遭遇するだろうと言いました」

 エモリーと最初に会って以降、私は彼と5、6回ほど話す機会を持ちました。彼はその後も自身の遭遇体験について語っていましたが、話の内容は終始一貫していました。彼は70歳になったら仕事を辞めて、私の住むモンタナ州を夏に訪れてみようかと考えていると言っていました。彼は同州に避暑地の別荘を購入する計画を立てています。私は隣人として彼を歓迎することでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・



『スターピープルはあなたのそばにいる』(1)...2017年10月14日

 私の好きな分野の一つに、地球外知的生命体(以下ET)との遭遇記があります。
 以前、ドロレス・キャノン女史の本を紹介したことがありました。
 ドロレス・キャノン女史は、催眠術を用いて、被験者の隠れた記憶を掘り起こします。被験者は顕在意識では、鷲や鹿のような動物と遭ったと思っているのですが、催眠術をかけて深い記憶を呼び起こしてみると、実はETと遭遇していたというものでした。
 ドロレス・キャノン女史は、こうした隠された記憶を遮蔽記憶と呼んでいます。私の推察ですが、ET側が単に秘密にしたいという動機もあるとは思いますが、ETと遭遇したことによる大きな精神的ショックを和らげる意味合いもあると思います。

 今回紹介するのは、『スターピープルはあなたのそばにいる』(アーディ・S・クラーク著、益子祐司訳、明窓出版)です。
 アーディ・クラーク氏は元大学教授という肩書の女性で、大学退職後にフィールドワークとして、ET体験記を集めている人のようです。
 興味深いのは、クラーク女史が取材するのは、決まって北米インディアンだということです。
 その体験談はかなりの数にのぼるようで、現代の物資文明にどっぷり浸かった人々と違い、やはりインディアンは、かなりスピリチュアル的な存在なのだという強い印象を受けました。
 クラーク女史で特徴的なのは、取材には必ずテープレコーダー使い、取材の会話を録音することです。ですから本の内容は、取材に至る道程と会話の内容です。
 もちろんクラーク女史の意見も述べていますが、非常に短いです。
 これにより、読者は会話の内容から真偽を判断することになります。なるほど、こういうスタンスもあるんだと感心しました。
 会話の内容を忠実に再現するというのは、やはり科学者としてトレーニングを積んできた人ならではという気がします。科学者は、実際に起こったこと(実験結果)を一番大事にします。そうした会話の記録をコツコツ積み上げるという努力は、科学者の習性そのものです。

 たくさんのET体験記の中から私が特に印象の残ったものを、紹介していきたいと思っています。
 今回は、クラーク女史がカナダにあるライティング・オン・ストーン州立公園に車で向かう途中で立ち寄った場所で、不思議なインディアンの男性と出会うところから始まります。


 ・・・<『スターピープルはあなたのそばにいる(上)』、p15〜p34から抜粋開始>・・・

 第1章 宇宙のハイウェイ旅行

 カナダのアルバータ州にあるライティング・オン・ストーン州立公園は、モンタナ州とカナダの境界付近に位置しています。そこは、北米の大平原地帯に残る最大のロックアートの保存地域でもあり、紀元前9000年にもさかのぼる50以上ものペトログリフ(岩石線画)や何千もの芸術作品がみられます。同公園にある象形文字とペトログリフは共に儀式性と伝記性を兼ね備えており、そこに描かれているのは、羽毛飾り、頭飾り、日輪模様などに加え、狩りの成功、英雄的な戦い、敗れた敵陣などの様子も刻まれています。ブラックフィート族の伝説では、絵画や絵文字は精霊の世界を描いたものであるとされています。この遺跡のことを最初に私に教えてくれたのは、ブラックフィート族の大学院生で、彼はこの一帯でしばしば起こっている珍しい出来事について話してくれました。彼によると、かつてここにある時空のポータルに入り込んでしまった人がいて、時間を過去にさかのぼり、白人がやってくる前の時代のブラックフィート・インディアンの村を見たという逸話があるそうです。またこのエリアでは、頻繁にUFOの目撃報告も寄せられています。この章では、トムという男性が、この地域に存在するという”宇宙のハイウェイ”へのポータルについて体験したことを語ってくれています。

 昨年の夏、私は自分の住むモンタナ州南西部からライティング・オン・ストーン州立公園まで足を延ばしてみることにしました。これまでも、異世界へつながるポータルが存在するといわれる複数の場所を訪れてきましたが、自分の目と鼻の先にある場所にも同様のポータルが存在するとの話は、とりわけ興味をそそるものでした。その一帯の景観はまさに目を見張るばかりでした。公園へ向かう途中、私はある場所で車を停めて、回転草や野生のラズベリーの茂みの中へ1メートル半ほど足を踏み入れて、魅惑的な人跡未踏の風景を写真に収めました。そして州西部に原生するインディアン・ペイントブラシを撮影しようと立ち止まった時、地面に露出した巨石の背後から1人の男性が突然、現れました。
 「私の祖母がよくサラダ用にインディアン・ペイントブラシの花を摘んでいましたよ。でも食べられるのは花の部分だけで、根っ子や葉っぱには強い毒性があるんです」そう彼は言いました。私は背後の道路のほうへゆっくりと後退しながら、ポケットに手を入れて、熊よけスプレーの小さな容器を探し、指先に小型テープレコーダーが触れた際に録音ボタンを押しました。
 「おどかすつもりはなかったんです」彼はそう言いながら、私と距離をとりました。そして巨石にもたれかかって、谷間のほうに目を向けました。彼は183センチ以上はありそうな長身で、その広い肩幅が体にフィットしたTシャツの半袖を上に引っ張っていて、筋骨たくましい体格が見て取れました。黒髪は二つ編みにされて胸元まで垂れ下がり、眉毛を薄く分けている5センチほどの傷痕は、ブロンズ色の肌に際立っていました。ロデオ大会での優勝を記念したベルトのバックルが陽射しにきらめき、過ぎ去りし日の栄光を物語っていました。
 「大丈夫ですよ」私は自分の車のほうへ身をひるがえしながら言いました。「いきなり現れたので驚いただけです。自分一人だと思っていたんです。他に車を見かけなかったので」
 「私の小型トラックはあそこの林の中に停めてあるんです。道路からは見えない場所です」彼はそう言って、自分の背後にある巨石の向こう側を指さしました。「コーヒーを入れていたところだったんです。あなたもご一緒にいかがですか?」彼はそう申し出てきました。
 「ありがとう。でも遠慮させてもらいます。ごめんなさい、キャンプ中だって知らなくて」
 「ここは偉大な精霊のいるキャンプ地なんです。私はただ有難く使わせてもらっているだけです。夜にここから渓谷を眺めるのが好きなんですよ。ここは聖なる場所です。ここにいるととても平穏な気持ちになれます。今ではこういう場所はこの世界にも多くはなくなりました」
 「とても静けさを感じるところですね」私は言いました。
 「このルートを通る人はそんなにいないんです。ここしばらくの間でも、あなただけです。私がここで過ごす時はたいてい一人きりですけど、誰かと一緒でもぜんぜん構わないんです」
 「私はライティング・オン・ストーン州立公園へ向かっている途中だったんです」私はそう説明しながらも、なぜこの見知らぬ人に自分の状況を説明しているのか、少し不思議な気持ちでいました。
 「ちょっと写真を撮りに立ち寄っただけなんです。なので、そろそろ車に戻ります。あなたがここでキャンプをしていることにはまったく気づいていませんでした」
 「どうぞ、コーヒーでも飲んでいってください。びっくりさせてしまったことへのせめてものお詫びです。それに、もう長いこと人と話したりしていなかったので」
 私はためらいましたが、彼の申し出に従っている自分がいました。「そうですね、それなら喜んで」
 私は彼が平たい岩に置いたコールマン製のカセットコンロからススの染みのついたコーヒーポットをつまみ上げるのを眺めていました。そしておもてなしの心を持ったこの見知らぬ男性を写真に撮ろうとすると、彼はポットを掲げてニッコリ笑ってみせました。
 「ブタンガスのコンロなんかでコーヒーを沸かしているところを私の祖父が見たら、お墓の下でおちおち寝てられなくなってしまうでしょうね」彼は私のコップにブラックコーヒーを注ぎながら言いました。「すみません、あいにくクリームはなくて。ところで、私のことはトムと呼んでください」彼は握手の手を差し伸べながら言いました。「私は純血のインディアンですが、保留地には住んでいないんです。イラクでの湾岸戦争から戻ってきて以来、あちこちをさまよっていました。戦争を経験した後は、自分の居場所を見つけるのが難しくなってしまったんです」
 私も自己紹介をし、大学院での教え子の一人からライティング・オン・ストーン州立公園のことを聞いてやってきた旨を説明しました。
 「いまは退職して自由の身になったので、ようやく訪問する機会が持てたんです」
 「こんな人里離れた田舎町でモンタナ州立大学の教授と出くわすなんて、誰が想像できたでしょう」
 彼はそう言いながら、信じられないといったそぶりで首を振りました。
 「これは運命に遠いありません。偉大な精霊からの”しるし”でしょう」
 「私は退職した教授です」私はそう訂正しました。「でも、もし”しるし”だとしたら、良いものであることを願いましょう」
 「きっとそうだと思います」彼は言いました。
 「私は自由になった立場を活かして、モンタナの田舎道を車で移動しながら、この一帯にまつわるさまざまな話について調べているんです。かねてから、このあたりに起きている出来事に関心を抱いていたんです」
 彼は私の言葉にうなずきましたが、それから5、6分のあいだ沈黙したままでした。私はコーヒーを飲み干して、コップをコンロの近くの岩の上に戻しました。ようやく彼がロを開きました。
 「ライティング・オン・ストーン州立公園は、精霊にかかわる重要な場所です。この周辺一帯が神聖な領域なんです。ここに古くからある文化はこの大地と密接に関わり合いながら築かれてきました。ここの地形は今でも、由緒ある文化の一部を成しているんです」
 「あなたは何かを執り行っている聖職者なんですか?」
 「ある程度のことは学びましたが、何かを執り行う聖職者ではありません。私はまだ答えを探しているんです」
 私はこの見知らぬ男性を注意深く観察しました。彼にとっての探求は何らかの理由があって、早々には終わらないものではないかと私には感じられました。
 「コーヒー、ご馳走さまでした。私はそろそろ行きますので、キャンプの用意を進めてください」
 「教えてください、クラーク博士。あなたはUFOを信じますか?」
 その質問を耳にして、私の足が止まりました。「なぜそんな質問を?」
 「あなたはモンタナの田舎道を移動しながら、ここにまつわるさまざまな話について調べているとおっしゃっていました。私はあなたが、ここへやってくるUFOのことを聞いてきたのだろうと思いました。ここは遠い昔からいる人たちが往来する場所です。ここは宇宙のハイウェイの旅を可能にする場所なんです」
 「遠い昔からいる人たちというのは誰のことですか?」
 「ここを訪れている精霊やスターピープルの話は数多くあります。ここは彼らと接するために人々が訪れる場所なんです」
 「それが、あなたがここにいる理由なんですか?」
 「私がここに来る理由はたくさんあります」
 「私が聞いた話では、このあたりにはポータルがあって、そこを通り抜けると別の時空に旅することができるそうですが、そのような場所をあなたはご存知ですか?」
 「そのようなポータルは存在します。いつも開いているわけではありません。しかるべき時にしかるべき場所にいる必要があるんです」そうトムは答えました。
 「いつ開くのか、あなたは何か手がかりを知っているんですか? 一定のパターンがあるんですか?」
 「私が知り得る限りでは、パターンはありません。変則的に発生しています。私はUFOを見るためにここに来ています。現れることもあれば、現れないこともあります。彼らは宇宙のハイウェイを旅しているんです。いつの日かポータルが出現したら、私はその中へ入っていくつもりです」
 「ここであなたはUFOを見たことがあるんですか?」私は尋ねました。
 「ええ、ときどき彼らは眼下に見える谷間に着陸します。ただここに立ち寄るためだけにやって来ることもあります」
 「立ち寄るというのはどういう意味ですか?」
 「スタートラベラーたちがここに立ち寄って私に会うためにです」
 「彼らはどんな外見をしているんですか?」
 「私と同様ですが、あまりインディアンっぽくはありません」彼は笑って言いました。インディアンに似ている人たちもいますけど」
 「どのくらいの頻度でここへやってきているんですか?」
 「以前はよく私は祖父と一緒にここに来ていました。祖父は精神性の高い人でした。彼をヒーラーと呼ぶ人たちもいました。スターマンたちは彼に会いにきていたんです。その頃私はまだ幼い子供で、彼らが訪問しているあいだ、しばしば寝入ってしまいました。私にとって彼らの来訪は普通のことだったんです。他に何も知る由もありませんでした」彼は小型トラックのほうへ向かい、キャンプ用の折り畳み椅子を二脚とり出してきて、その一脚を地面に立てて私に座るように促しました。そしてもう一脚を隣に立てて自分が座りました。
 「ここ最近、UFOを見たりスターマンたちに会ったりはしましたか?」私は尋ねました。
 「ええ、ここと同じような場所は世界中に存在するんです。ペルーにもあるので、いつかそこに行ってみたいなと思っています。それからメキシコとボリビアにもあります。アラスカにもです。他に5、6カ所ありますが、たいていは隠されています。宇宙のハイウェイの旅の経験者だけがそれらの存在を知っているんです。イラクにも存在します。私の部隊がその近くに配置された時、私は偶然にそれに出くわしました。そこで私はスタートラベラーに命を救われたんです」
 「お話の内容が私にはよく把握できていませんが、イラクでスタートラベラーがどんなふうにあなたの命を救ったんですか? あなたはどうやってそこのポータルを見つけたんでしょうか?」
 「アメリカ同時多発テロ事件が起きた時、私はとても怒りを覚えていました。当時ロサンゼルスに住んでいた私は、仕事を辞めて軍隊に入りました。そのとき私は30歳の独り身で、人生の方向性もはっきり定まっていませんでした。私は自国のために何かをしたかったんです。友人たちからは頭がおかしくなったと思われましたが、私は当時の大統領とその取り巻き連中の世論操作の術中にまんまとはまって、自国は戦争状態にあると信じ込んでいました。それらが全て自作自演のプロパガンダだったことなど全く知る由もありませんでした」
 私は彼のこの説明に対しては何も尋ねませんでした。彼と同じように大量破壊兵器の噂話にミスリードされて信じ込んでしまったという退役軍人たちの言葉を聞いていたからです。
 「そしてイラクに行ったということなんですね」
 「2、3カ月後にはもうイラクにいました。私の部隊が到着した時は、戦闘開始から2、3週間が経過していました。我々は即座に砂漠地帯の町に送られました。そこでサダム・フセインの所在が確認されたとの知らせが届いたからです。現場に到着すると、奇襲攻撃の態勢が整えられていました。私が廃嘘の建物の陰に身を潜めていると、突然に頭上から一斉砲撃を受けました。私は身を守ろうとした際に、廃嘘の建物の廊下でつまずいて転んでしまいました。その刹那、床から砂が渦を巻くように舞い上がって、目の前にトンネルが開いたんです。私がその通路に入っていくと、人間のような姿をした存在が出迎えてくれて、私を安全な方へ導いてくれることを身振りで伝えてきました。私は彼に従って、細長いトンネルを先へ進んでいきました。トンネルを抜けると、そこは球技場の12倍はあろうかと思えるほどの広い空間があり、その中央に宇宙船が停まっていました。そこの環境は素晴らしいものでした。砂漠はうだるような暑さでしたが、トンネルの中は涼しく快適で、空気も爽やかでした。ようするに、私はトンネルの中に入り、そこにいた存在に付いてくるように言われ、安全な場所へと導かれたんです」
 「それは、相手があなたを戦場から別の場所へ移動するように促したということですか?」
 「はい。彼は私を自宅まで送り届けたいと申し出てくれました。私は救済者である彼に対して、自分は部隊に戻らなければいけないと告げました。脱走とみなされてしまうからです」
 「それに対する彼の反応はどうでしたか?」
 「彼はなぜ私が自ら危険な場所へ戻ろうとしているのか理解できませんでしたが、私の意思を尊重してくれました。去り際に彼は、私の気が変わった場合に備えて、翌日の同じ時間に戻って来て私を待っていると言ってくれました」
 「あなたは考え直したんですか?」
 「私の心は揺れました」そう言いながら彼はかがみこんで、左右の足元の問にある小石を拾いました。
 「そのとき私は、イラクの片田舎の町で宇宙のハイウェイのポータルに自分が足を踏み人れていたことが分かっていました。でもそれは私にとって驚くことではありませんでした。ポータルはどこもわびしい所にあるからです」
 「宇宙のハイウェイについてあなたがご存知のことを教えていただけますか?」
 「本当のことです。それらは世界中に存在する神聖な場所なんです。そこはしばしば宇宙のハイウェイへの入り口として利用されてきましたが、幾世紀もの時を経て、そこに住む人たちが居住場所を変えたり、あるいは滅ぼされたりする中で、人々の記憶から忘れ去られてしまったんです。それらは目に見えない”空の道路のネットワーク”のようなもので、銀河を越えて別の世界へとつながっているんです。マヤ民族はこれらのポータルの存在を知っていました。インカ民族もです。北米インディアンの部族の多くも知っていました。UFOはそこを通してここに来ています。ここから去っていく時も同様です。ハイウェイがなければ、あのような遠い距離をあれほどの短時間で移動するのは不可能です」
 「あなたのお話はとても興味深いものですね。ずいぶん前に私が会ったハワイの男性が、マウイ島の滝の近くにポータルがあると言っていました。彼はそこを通して何度も旅をしてきたそうです。私は彼に案内してもらってその場所に行き、2、3日間キャンプをしてまで待っていたんですけど、ポータルが開くことは一度もありませんでした」
 「先ほど言いましたように、しかるべき時にしかるべき場所にいなければいけないんです。ポータルは世界中にあります。ナバホ国にもあります。チンル層の近くです。アーカンソー州やウエストバージニア州にもあります。ネバダ州にあるエリア51の名で知られている場所の近くにも3カ所あり、ニューメキシコ州のダルシィにも一カ所あります。モンタナ州のリビングストンにも一つあると聞いています。あなたはそれについて聞いたことがありますか?」
 「いいえ」
 「宇宙のハイウェイを移動する際は、時間の経過というものはありません。目的地を心に思えば、あっという間にそこに到着しています」
 「あなたは全てのポータルを訪れているんですか?」
 「そのうちの幾つかだけです」
 「私をそこへ連れていってもらうことはできますか?」
 「ポータルが開く時にあなたが私と一緒にいれば可能ですが、いつ開くのかを知る手立てはないんです。ただ開く時に開くんです。たとえば私がボーズマンに寄ってあなたを車に乗せるといったふうにはいかないんです。それに、あなたが戻ってこられる保証もありません」
 「それはどういう意味ですか? 私は戻れなくなるかもしれないんですか?」
 「ポータルが閉じてしまうこともあるので、入った場所へは戻れない可能性があるんです」
 「あなたがイラクで会った異星人についてですが、どんな外見をしていましたか?」私は尋ねました。
 「あなたや私と同様です。彼らは私たちなんです。彼らは地球にやってきて私たちの中に紛れます。私はイラクから帰還後に、彼らの内の一人と1年間一緒に旅をしていました。モンタナ州、ワイオミング州、サウスダコタ州、ノースダコタ州をくまなくヒッチハイクで回りました。数カ所の保留地では同胞の部族民に招き入れられて、一緒に儀式に参加しました。そこにいた誰もが彼がスタートラベラーであることを分かっていましたが、彼は我々が彼の素性を公にしたりはしないと知っていました」
 「なぜスタートラベラーたちはここへやってきているんですか?」私は尋ねました。
 「かつては地球は彼らの母星だったんですが、彼らは他の星々へと移住していったんです。ときどき彼らはただ立ち寄るためにここを訪れています。彼らによれば、居住可能な星は何百もあるそうです。別の住み家を探して出かけて行った者たちは、宇宙のハイウェイの旅行者となり、私たちのもとにまた戻ってくるんです。彼らはいつも私たちに紛れて暮らしています。違いに気づく人は誰もいません」
 「あなたから見て、何か違いは感じられますか?」私は尋ねました。
 「逆に私からあなたに質問させてください。あなたはこれまでに、逆境に面しても穏やかな表情を保ち、常に思いやりの気持ちを持ち、どんな状況の中にも良いところを見出そうとする人に会ったことはありますか?」
 「もちろん、そういう人に2、3人は会っています」
 「それならたぶんあなたもスタートラベラーに会っていますよ」
 「では、人間たちを誘拐して、実験を施しているとされる存在についてはどうですか? 彼らもまた私たちなんでしょうか?」
 「広大な宇宙には数多くの種族が存在しているんです、クラーク博士。彼らもまた宇宙のハイウェイの旅人です。彼らを制御することはできません。地球を訪れている種族の中には異なった行動プランを持っている者たちもいるんです」
 「つまり、宇宙には地球人以外にも、残酷な行為をしかねない種族が存在するということですね?」
 「私がこれまで出会ったスタートラベラーたちによれば、その通りです」
 「あなたのお祖父さんもこのハイウェイについてはご存知だったんですか?」
 「ええ。祖父は何度も旅行をしました。私は8歳の時に一緒に旅に連れていってもらいました。彼の存在がなければ、私はイラクで自分の身に起きたことを決して理解することはできなかったでしょう」
 「あなたが北米の大平原を一緒に旅した人とは、どこで出会ったんですか」
 「ここで出会いました。彼は宇宙のハイウェイを旅してやってきたんです。その時も私はまさに今いるこの場所でキャンプをしていました。私は最初から彼がスターマンであることが分かっていました。彼はここで一泊して翌日から2人で旅を開始したんです」
 「なぜ彼はあなたを旅の友に選んだんですか?」
 「たぶん私が彼の素性を尋ねなかったからでしょう。私には本当のことが分かっていて、彼を受け入れていたからなんでしょうね、きっと」
 私は自分の腕時計に目をやりました。すでに太陽は西に傾きかけていました。私はカナダとの国境近くのスウィートグラスにあるグロッカ・モサ・インのチェックインに遅れたくはありませんでした。
 「私の話はあなたを何か不快な気持ちにさせてしまったでしょうか? 私が頭のいかれた人間ではないことは保証します。どこにでもいる普通のインディアンですが、オープンマインドと受容的な気持ちを持ち合わせています」
 「いえいえ、あなたが頭のおかしな人だとは思っていません。ただグロッカ・モサ・インを予約しているので、午後6時までにチェックインしないと取り消されてしまうんです。今思えば前払いにしておけばよかったんですけど、6時までなら十分に間に合うと思っていたんです」
 「それでしたら、どうぞ今宵はここのキャンプで過ごしていってください。ちゃんと私があなたをガードします。何も危ない日には遭わせません。おそらく彼らは今晩やってくるでしょう。それに私が作る直火ハンバーグは絶品ですよ。就寝の際はキャンピングカーのベッドを使ってください。あるいは星空の下で私と並んでお休みになっても構いません。私の寝袋をお使いください。もともと私は毛布にくるまって寝るほうが好きなんです。それから明日のことですが、旅は道ずれとお考えでしたら、一緒に公園までお供しますよ。それに、まだ誰にも話していない秘密の数々をあなたに打ち明けたいんです。そのお返しに、一緒に旅行させてもらえればいいなって思っています。信頼できると感じる人には滅多に出会えないので」
 私はトムの申し出を受け入れることにし、2人で深夜の2時まで語り合っていました。
 午前0時に差し掛かった頃に、幾つかのUFOが現れました。最初に私が目にしたのは、大きな白い光の球でした。そして数秒もしない内に、その大きな球から数個の小さめの球が飛び出してきました。小さめの球は肉眼でも分かる円形の宇宙船の形となり、それから数分間にわたって、さまざまな形の編隊を組んで飛び回りました。私がこれまで目にしてきたいかなる飛行機のパイロットも成し得ない操縦技術で、やがて夜空をジグザグに飛び交いながら、どこへともなく散っていき、大きな光の球も私たちの視界から消え去りました。私はただ驚異の念に打たれながら見入ってしまっていました。そのあと2時間のあいだ、トムと私は自分たちが目にしたものについて語り合っていたのです。
 翌日、私たちはライティング・オン・ストーン州立公園に車で向かいました。途中でサンバーストのラスト・チャンス・カフェに寄って、夕食を摂り、それからトムのいとこの家に行って、3人でポットのお湯を3回沸かすほどたくさんのブラックコーヒーを飲みながら、おしゃべりを楽しみました。その晩遅く、私はグロッカ・モサ・インにチェックインして寝床に就きましたが、睡眠は断続的になってしまいました。夢の中で何度もUFOを見ていたからです。
 翌日に私は帰宅の途につき、途中でトムを彼のキャンプ場で降ろしました。別れ際に私は、自分は本を書いていて、前の晩までの私たちの会話を密かに録音していたことを正直に話し、彼の体験談を本に掲載させてもらいたい旨を告げました。
 「あなたが私の話を録音していたことは知っていましたよ」彼は大きな笑みを浮かべて言いました。
 「どうして分かったんですか?」
 「スターピープルが私にそう言っていたんです。あなたが帰宅する前に私に話してくれるかどうか確認するために黙っていたんです。私の直感の通りでした。あなたは尊敬に値する人物です」
 私が彼の同意なしに録音してしまったことを謝ろうとすると、彼は両手を上げて私を制しました。
 「いいんですよ。でも私の話を載せる際には仮名にしておいてください。私はスタートラベラーたちを守りたいんです。それからどうか、ここの場所も伏せておいてください。秘密にしておきたいんです」
 「安心して任せておいてください」私は言いました。
 トムは両腕を広げ私を引き寄せてハグをしながら、私が2人の会話を録音したことで自分は決して気分を害していないと再び念をおしてくれました。そして彼は私の車のところまで付き添って、道に出るまで立ったまま見送ってくれていました。彼のもとから離れていく車中で私は、トムは自分の人生においていつまでも縁の切れない存在になるだろうと感じていました。

 あの運命的な出会い以降、私はトムと何度も会っています。彼ほど思いやりがあって優しい男性を私は知りません。私たちはとても仲良しになりましたが、時おり私は、彼は本当は誰なのだろうと疑問に思うことがあります。彼のことを、帰る故郷のない放浪のインディアンだと思っている私がいると同時に、自分はスタートラベラーの一人に会ったのだと思っている私もいます。いつの日か、私は彼に尋ねてみようと思っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今後も私の印象に残った記事を紹介していこうと思います。



アニータ女史の臨死体験(下)...2017年10月9日

 今回は、「アニータ女史の臨死体験」の最終回(下)です。
 身体から抜け出したアニータ女史は、あちらの世界で、このまま死へ向かうか、それとも生き返るかという選択に迫られます。
 私達は、ともすれば運命は変えられないものであり、死は自分の意志で時期を決められるものではないと考えがちです。
 しかし、アニータ女史の体験を読むと、けっしてそうではないことがわかります。
 生きるか、死ぬか、は究極の選択ですが、それもまたその人の意思が決めるということがありうるようです。私達は、単にそのことを気付いていないだけかもしれません。

 では『喜びから人生を生きる』から抜粋して紹介します。


 ・・・<『喜びから人生を生きる』、p115〜p123から抜粋開始>・・・

 自分の臨死体験について話そうとしても、その体験の深さと、あふれるようにやってくる知識の量に見合う言葉が見つかりませんでした。ですから、最善の方法として、隠喩や類推を用いて表現することにしました。私が伝えようとしていることの本質を少しでもうまく表すことができればと願っています。
 巨大で、真っ暗な倉庫を想像してみてください。あなたは、たった一つの懐中電灯だけで、そこに暮らしています。そのとても大きな空間の中で、あなたが知っているのは、小さな懐中電灯の光で見えているものだけです。何かを探したいと思った時、それを見つけられることもあれば、見つけられないこともあります。でも、見つけられないからといって、そのものが存在しないというわけではありません。それはそこにありますが、あなたが自分の光で照らしていないだけです。たとえ照らしていたとしても、見たものを理解できないかもしれません。また、それについてある程度はっきりわかることもあるかもしれませんが、たいていは何だろうかという疑問が残るでしょう。あなたは自分の光が照らすものだけを見ることができ、自分がすでに知っているものだけを理解できるのです。
 身体のある生活とは、このようなものです。私たちは、自分の感覚を集中しているものだけに気づき、すでに馴染みがあるものだけを理解できます。
 では、ある日、誰かが電気のスイッチを押したと想像してください。そこで初めて、輝きと音と色がパッとあふれ出て、あなたは倉庫全体が見えるようになるのです。なんと、そこはこれまで想像していたような場所ではありませんでした。赤や黄色や青や緑の光が点滅し、輝いています。その中には、これまで見たことがなく、理解できない色もあります。これまでに聞いたこともないような、臨場感にあふれたすばらしい旋律が部屋中に響き渡っています。
 さくらんぼ色、レモン色、朱色、グレープフルーツ色、ラベンダー色、金色の虹のようにネオンサインが脈動し、踊っています。電気仕掛けのおもちゃが棚の周りを走り回り、棚の上には、言い表すことのできないような色合いの箱、包装物、紙類、鉛筆、絵の具、インク、缶入り食糧、色とりどりのキャンデーの箱、発泡性飲料、チョコレート、シャンパン、世界中からのワインがあります。突然ロケット花火が爆発して放射状に広がり、花や滝などのきらめく光の像を見せています。
 あなたの周りで起こっているあらゆることの広大さ、複雑さ、深さ、大きさは圧倒的です。その場所の端々までは見えなくても、自分が認識している以上のものが存在するとわかっています。あなたは、自分が生き生きした無限ですばらしいものの一部であり、目や耳でわかるものを超えた大きなタペストリーの一部だという強烈な感覚を得るでしょう。
 これまで現実だと考えていたことが、実は、あなたを取り囲む途方もない驚異的なものの中の小さな点にすぎないと理解します。そして、いかにさまざまなものが互いに関わり合い、ふさわしい場所にぴったりと当てはまっているかがわかるでしょう。倉庫の中には、これまで見たこともなく、夢にも思わなかったすばらしい色や音や感触のものが、すでに知っていたものと一緒にあったことに気づくのです。あなたが気づいていたものでさえ、まったく新しい状況の中で、真新しく、超現実的に見えるでしょう。
 再びスイッチが消えても、この体験におけるあなたの理解や明晰さ、驚異の念や活気は誰も奪い取れません。倉庫にあるすべてのものについて、あなたが知っていることも消去できません。そこに何があり、それをどのように手に入れ、何ができるのか−−−あなたは、小さな懐中電灯で暮らしていた時よりも、はるかに多くのことを知っています。そして、この意識清明な瞬間に体験したあらゆることに対して畏敬の念を抱いています。人生はこれまでとはまったく異なる意味を持つようになり、あなたの新しい体験は、この気づきから創造されていくでしょう。
 私は、向こう側の世界で新たに得た理解に驚き、すべてを包み込む意識を楽しみながら、探検していました。そうしているうちに、自分が選択しなければならないことに気づきました。
 再び、近くに優しい父親の存在を強く感じました。まるで抱きしめられているようでした。
 「パパ、やっと家に帰ってきた気がするわ。ここに来れて、とても嬉しい。つらい人生だったから」と父に言いました。
 「でもアニータ、おまえはいつもここにいたんだよ。これまでも、これからもずっと。そのことを忘れるんじゃない」まるで言い聞かせるようでした。
 子どもの頃、父といつもうまくいっていたわけではありませんが、今、父から感じられるのは、すばらしい無条件の愛だけでした。生きていた時の父は、若いうちにお見合い結婚をさせようとするなど、いつもインド人社会の基準を私に押しつけようとしたので、私はイライラし、それに従えない自分を不適格者だと感じていました。けれど、今は、文化的制約や期待も存在せず、父が私に対して抱いているのは純粋な愛だけだったのです。
 現世で父が私に課していた文化的なプレッシャーはなくなっていました。それらはすべて、身体を持った存在としての側面にすぎないのです。そのどれもが、死後にはもう重要ではありませんでした。それらの価値感は、死後の世界へは持ち越されないのです。唯一残っているのは、私たちのつながりと、お互いが抱いていた無条件の愛だけでした。私は初めてこのように父に愛され、父のもとで安らぎを感じていました。まるで、やっと我が家に帰ってきたような、すばらしい感覚だったのです。
 父との対話に言葉は必要なく、互いに対する理解が完全に溶け合っていました。父のことが理解できただけでなく、まるで私自身が父になったようでした。亡くなってからも、父はずっと家族と一緒にいてくれたことに気づきました。父は母のそばにいて、母を助け、見守り、私の結婚式や闘病生活でも、ずっと私のそばについていてくれたのです。
 私は、父の本質が、これまでよりはっきりと自分に話しかけているのに気づきました。
 「アニータ、今はまだここに来るべき時じゃないんだよ。でも、私と一緒に行くか、身体に戻るか、おまえが自分で決めなさい」
 「私の身体は重病で、癌に侵されているの。もうあの身体には戻りたくない。だって苦しみ以外何もないんだもの。私にとってだけじゃなくて、ママやダニーにとっても……。戻る理由なんか何もないわ」という思いが直ちにあふれ出てきました。
 無条件の愛の状態がこの上なく幸せだったのは言うまでもありませんが、私は身体に戻るという考えに耐えられませんでした。今いる場所に永久にいたかったのです。
 このあと起こったことを説明するのは、非常に困難です。
 第一に、私が意識を向けたものは何でも、自分の目の前に現れるような気がしました。第二に、時間はまったく問題となりませんでした。時間はまるで存在していないかのようで、それについて考慮する必要さえなかったのです。
 このことが起こる前に、医師は私の臓器の機能を検査して、すでに報告書を書いていました。でも、向こう側の世界では、その検査結果と報告書の内容は、これから私がしなければならない決断、つまり生きるか、このまま死へ向かうかという決断次第だったのです。私が死を選択すれば、検査結果には臓器機能不全と書かれ、もし身体に戻る選択をすれば、臓器が再び機能し始めたと記されるでしょう。
 その瞬間私は、「もう戻りたくない」と決意しました。そして、自分の身体が死んでいくのを感じ、臓器機能不全による死だと医師が家族に説明している場面を目にしました。
 同時に、父が私にこう告げました。「アニータ、おまえが来れるのはここまでだ。これ以上進んだら、もう戻れないんだよ」
 物理的な境界線ではありませんでしたが、自分の前に、エネルギーレベルの違いによって区分された、見えない境界線があるのがわかりました。もしそこを渡れば、もう二度と戻れないのです。身体とのつながりは永久に切断されてしまい、私が目にしたように、家族は、悪性リンパ腫による臓器機能不全で亡くなったと医師から告げられるでしょう。
 無条件の愛と、自分が受け入れられた感覚はすばらしいものでした。私は永遠にその状態にいたかったので、境界線を越えようと思いました。そこには痛みも、苦しみも、ドラマも、エゴも存在せず、私はあらゆる生きものと創造物の純粋な本質に包まれていました。まさしくすべてが一つであると感じていたのです。
 私は、医師からの死の知らせに取り乱した家族のほうへ意識を向けました。ダニーは、私の胸に顔を埋めて、やせ細った手を握り、深い悲しみにむせび泣きながら、身体を震わせていました。母は信じられない様子で、真っ青になり、私の前に立ちつくしていました。兄のアヌープはやっと到着し、私の死に目に会えなかったことにショックを受けていました。
 けれど、私の身体や家族に起こっていることに巻き込まれそうになると、再び自分の感情から引き離されていったのです。私は、もっと偉大なストーリーが展開しつつあるという安堵感に包まれました。そして、たとえ戻らない選択をしても、生命という壮大なタペストリーの中で、なるようになるのだと知りました。

 死のほうへ歩き続けると決心した瞬間、私は新しいレベルの真実に気がつきました。
 自分が本当は誰かに気づき、本当の自分のすばらしさを理解したので、もし身体に戻る選択をすれば、病気は急速に治癒するだろうとわかったのです。それも何週間や何ヶ月かけてとかではなく、わずか2、3日のうちにです。もし身体に戻ったら、医師は癌の痕跡すら見つけられないでしょう。
 「一体どうやって?」この意外な新事実に驚き、その理由を知りたいと思いました。
 その時、身体は、自分の内側の状態を反映したものにすぎないと悟りました。もし内なる自己が、その偉大さと大いなるものとのつながりに気づけば、私の身体はすぐにそのことを反映し、病気は急速に治るでしょう。
 私には選択権があると知っていましたが、何かそれ以上のものが存在するとわかりました。「私にはまだ実現していない目的があるような感じがするわ。でもそれは何だろう? どうやって見つけられるのだろう?」
 そこで私は、自分がすべきことを探す必要はなく、自然に目の前に現れてくると知りました。それは、何千人という人たち、おそらく、何万もの人たちを手助けすることと関係しているようでした。彼らと臨死体験で得たメッセージを分かち合うのかもしれません。でも、自分から追い求める必要はなく、また、それをどうやって実現するかを考える必要もないのです。ただ、自然の展開に任せていればよいことでした。
 自然の展開へ到達するために、私がすべきことは、ありのままの自分でいることだけなのです。私は、これまでのすべての年月において自分に必要だったのは、ただありのままの自分でいることだったと悟りました。自分を非難したり、欠点があると思ったりせずにです。同時に、私たちの本質は純粋な愛だとわかりました。誰もが純粋な愛なのです。完全なるものからやってきて、それに戻るのであれば、そうでないはずはありません。このことを理解したら、自分であることをもう恐れることはないでしょう。愛であることと本当の自分であることは一つであり、同じことなのです。
 もっとも大きな新事実は、雷光のとどろきのごとくやってきました。単に自分の本当の姿である愛でいれば、自分も他人も癒せるとわかったのです。これまで理解できませんでしたが、それは明白なことに思えました。もし私たちがみんな一つで、無条件の愛という全体のさまざまな側面であるなら、私たちはみんな愛の存在だということです。私は、それが人生の唯一の目的だと知りました。つまり、本当の自分でいて、自分の真実を生き、愛であることです。
 私が理解したことを確認するように、父とソニが私にこう言っているのに気づきました。
 「自分が本当は誰かという真実を知ったのだから、もう一度身体に戻って、今度は何も恐れずに思い切り生きなさい!」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大変興味深いアニータ女史の臨死体験ですが、最後に私が印象に残ったことを述べたいと思います。
 私達は、常に心の中に「自分の生まれてきた目的は何か」という大きなテーマを抱えています。
 それを知りたいと思い、サイキックのリーディングを受けた体験を持つ方もおられると思います。
 アニータ女史はこう述べています。

 ・・・<引用開始>・・・

「私にはまだ実現していない目的があるような感じがするわ。でもそれは何だろう? どうやって見つけられるのだろう?」
 そこで私は、自分がすべきことを探す必要はなく、自然に目の前に現れてくると知りました。

 ・・・(中略)・・・

自分から追い求める必要はなく、また、それをどうやって実現するかを考える必要もないのです。ただ、自然の展開に任せていればよいことでした。

 ・・・<引用終了>・・・

 では、自然の展開へ到達するためにはどうすればいいのでしょうか。
 アニータ女史は、「ありのままの自分でいること」だといいます。
 ちょっと前にヒットした映画『アナと雪の女王』の歌詞に、そんな文句があったと記憶していますが、この言葉が多くの女性の心を捉えたのは、そうした真実が心の琴線に触れたからかもしれません。
 「ありのままの自分でいること」とは深い言葉です。
 私にとっても追求すべきテーマとなりそうです。



アニータ女史の臨死体験(中)...2017年10月5日

 今回は、前回の「アニータ女史の臨死体験(上)」の続編(中)です。

 (上)では、末期癌で病院に運び込まれたアニータ女史が意識を失い、魂が身体から抜け出す、いわいる臨死体験を起こすシーンを紹介しました。
 そして懸命な処置を施す医師や母や夫の行動だけでなく、彼らの思いまで詳細に観察する様子が記述されていました。

 (中)では、アニータ女史は、あちらの世界で亡くなった父に会います。
 そして、五感によって限られた範囲しか認識できないこの3次元世界と違い、五感を遥かに超えた広大で明晰な知覚を体験することになります。
 さらに、3次元世界の過去から未来に直線的に流れる時間とは違う、過去、現在、未来は同時に起こっているという知覚を得ます。
 とても興味深い内容です。
 では『喜びから人生を生きる』から抜粋して紹介します。


 ・・・<『喜びから人生を生きる』、p106〜p114から抜粋開始>・・・

 驚いたことに、私は十年前に亡くなった父の存在に気づきました。それは、私に信じられないほどの安心感を与えてくれました。
 「パパ、ここにいたの! 信じられないわ」
 実際には、そう言ったのではなく、ただ思っただけでした。そのような感情を抱いたというほうが正しいかもしれません。その世界では、感情が唯一の対話方法だったのです。
 「そうだよ、アニータ。おまえや家族のために、いつもここにいたんだよ」父は私にそう伝えました。これも言葉ではなく、感情によるものでしたが、私にははっきりとわかりました。
 それから、3年前に癌で亡くなった親友ソ二にも気づきました。父やソニの存在が優しく抱きしめるように私を包み込んだ時、ワクワクした高揚感に満たされ、心から楽になったのです。彼らは、私が気づくずっと前からそばにいてくれ、病気の最中も見守っていてくれたのだとわかりました。
 さらに、他の存在にも気づきました。それが誰なのかわかりませんでしたが、彼らが私のことをとても愛し、守ってくれていることがわかりました。彼らはいつもそこにいて、私が気づいていない時でさえ、大きな愛で包んでくれていたのです。
 ソニの本質と再びつながったことは、私にとって大きな安らぎでした。彼女が亡くなって、ずっと寂しかったからです。私と彼女の間には無条件の愛しかありませんでした。その次の瞬間、私の本質が、ソニの本質と一つになり、私は彼女になりました。私は、彼女がここにも、そこにも、あらゆる場所に存在するとわかったのです。彼女は、愛する人全員のために、いつも、すべての場所にいることができました。
 私は身体の五感ではなく、まるで新しい感覚を手に入れたように、限界のない知覚を使っていました。それは、通常の能力よりもはるかに鋭く、360度が見渡せて、自分の周囲を完全に認識できました。驚嘆すべきことのようですが、それが普通に感じられたのです。もはや身体の中にいることのほうが、制限された特殊な状態であるように感じました。
 その世界では、時間も違うものに感じられました。私はすべての瞬間を、同時に感じていたのです。つまり、過去、現在、未来の自分が関係するあらゆることを、同時に認識していました。さらに、いくつかの人生が同時に繰り広げられているのを感じました。一つの人生では、私に弟がいて、彼を守ろうとしていました。その弟の本質は、アヌープと同じだとわかりました。ただし、その人生で、彼は私よりも若かったのです。時代や場所ははっきりわかりませんでしたが、田舎暮らしのようでした。家具などほとんどないあばら家に住み、私はアヌープの面倒を見て、両親は畑で働いていました。
 姉として弟の世話をし、家族の食べ物を確保して、外部の敵から身を守っている自分をありありと体感している間、その生活が過去世のものだという感じはまったくしませんでした。確かに、風景はかなり昔に見えましたが、まるで今ここで起こっているようだったのです。
 言い換えれば、時間は、この世で体験するような直線的な流れではありませんでした。私たちの理性が、周囲で起こっていることを連続したものに並べているような気がしました。身体を持っていなければ、実際のところ、過去も現在も未来もすべて同時に起こっているのです。
 時間のあらゆる点を同時に知覚できるというのは、向こう側の世界での明確な理解に役立っていましたが、今それを思い出したり、説明しようとすると混乱が生じます。直線的時間が存在しない時、出来事の連続性ははっきりしなくなり、それについて話すと不自然な感じがしてしまうのです。
 五感の制限により、私たちは時間の一つの点に集中させられ、これらを一列につなげて直線的現実を創り上げているように思えました。さらに、私たちの身体の制限された知覚が、目で見え、耳で聞こえて、触ることができ、匂いを嗅ぎ、味わえる範囲に閉じ込めているのです。でも、身体的制限がなくなった私は、時間や空間のあらゆる点と同時に関われるようになりました。


 拡大した領域での私の気づきは、どんなに説明しようとしても、言葉では言い表せません。その明快さは驚くばかりでした。
 「宇宙は理にかなっていた!」と私は理解しました。さらに、どうして自分が癌になったのかとうとうわかったのです。私はその瞬間のすばらしさにあまりにも夢中になり、しばらく病気の理由について考えられなかったのですが、やがて、深く探ってみることにしました。そして、そもそもどうしてこの世に生まれて来たのかも理解できたように思えました。自分の真の目的について悟ったのです。
 「どうして突然、すべて理解できたんだろうか?」私はそれが知りたいと思いました。「誰がこの情報を与えてくれたんだろう? 神様かしら? それともクリシュナだろうか? それともブッダ? イエス・キリスト?」
 その時、「神は存在ではなく、存在のあり方なのだ。そして、私は今、そのような存在のあり方をしている」という悟りが得られ、その感覚に圧倒されたのです。
 私は、自分の人生が、これまで出会ったすべてのものの中に複雑に織り込まれているとわかりました。私の体験は、無限に広がるタペストリーの、壮大で色とりどりなイメージを織りなす一本の糸のようなものでした。他の糸や色はすべて、私の人間関係を表しており、私が関わったあらゆる人生でした。私の母、父、兄、夫、そして、ポジティブあるいはネガティブなやり方で私の人生に現れた、あらゆる人たちを表す糸がありました。
 「まあ、子どもの時に私をいじめたビリーの糸もあるわ!」
 あらゆる出会いが織り込まれており、この時点までの私の人生の集大成である織物が出来上がっていました。私は一本の糸にすぎませんでしたが、その完成像に欠くことができない存在だったのです。
 これを見ながら、自分のユニークな本質を表現することは、自分自身への、自分が出会ったあらゆる人への、そして人生そのものへの義務であると理解しました。自分以外のものになろうとすれば、良い状況がもたらされるどころか、真の自己を否定することになるのです。他の人たちは真の私を体験する機会を失い、私自身も人々と真実の関わりを持てないでしょう。本当の自分にならないことは、私がここにやってきた目的を宇宙から奪い取ることなのです。
 その明晰な状態で、自分が、いつも思っていたような人間ではないことも理解しました。「ここで私は、身体も、人種も、文化も、宗教も、信念も持っていない……でも存在し続けているわ。それなら私は一体何なの? 私は誰だろう? 小さくなったり、弱くなったような感じはしないわ。それどころか、とても大きく、強力で、すべてを包み込んでいるような感じ……こんな体験は初めて。こんな風に感じたのは、これまで一度だってないわ」
 この時私には身体がなく、身体的特徴はありませんでしたが、私の純粋な本質は存在し続けており、それは完全な自分と何ら変わりませんでした。実際、それは身体よりもはるかに大きく、強烈で、包括的でした。それはすばらしい感覚だったのです。自分は永遠の存在であるような気がしました。まるで、始まりも終わりもなく自分は存在していて、これからもずっと存在し続けるという感じがしました。自分はただすばらしい存在だという気づきであふれていたのです。
 「自分がそのような存在だと、どうして今まで気づかなかったのだろう?」と思いました。
 これまでの人生の累積であるすばらしいタペストリーを目にした時、なぜ今日いる場所へ至ったのかはっきりとわかりました。
 「自分の歩んできた道のりを見てみなさい。どうして自分にあんなに厳しかったんだろう? どうして自分を責めてばかりいたんだろう? なぜ自分を見捨ててしまったの? どうして自分のために立ち上がって、自分の魂の美しさをみんなに示そうとしなかったんだろう?」
 「どうしていつも他人を喜ばせるために、自分の知性や創造性を抑圧ばかりしていたんだろう? 本当はノーと言いたいのにイエスと言って、自分を裏切ってばかりいたわ。どうしてありのままの自分でいる許可をいつも他人に求めていたんだろう? なぜ自分の美しい心に従って、自分の真実を語ろうとしなかったんだろうか?」
 「まだ身体にいるうちに、どうして私たちはこのことが理解できないんだろう? 自分にあんなにまで厳しくするべきじゃないって、私はなぜわからなかったんだろうか?」
 私はまだ、無条件の愛と、受け入れられた雰囲気に包まれていました。自分のことを新しい目で見ることができ、宇宙の美しい存在に思えたのです。私は存在するだけで、愛の込もった思いやりを受けるに値するのだと理解しました。何か特別なことをする必要もなく、ただ存在するだけで、愛される価値があったのです。それ以上でもそれ以下でもありませんでした。
 このような理解は私にとって驚くべきものでした。なぜなら、愛されるためには努力する必要があるといつも思っていたからです。好かれるに値する人間にならなくてはいけないとずっと信じていました。ですから、実はそうでないとわかったのは、すばらしい発見でした。単に自分が存在しているということだけで、私は無条件に愛されていたのです。
 この拡大した、偉大な本質が本当の自分だと知った時、考えられないほどの明瞭さの中で私は変容しました。それは私という存在の真実でした。私は新しい自分を見つめながら、自らの気づきの光となっていきました。そこで起こっていることの流れ、輝き、驚くような美しさの邪魔をするものは、何一つありませんでした。


 私たち全員がつながっていることにも気づきました。その織り込まれた統合体は、人間や生物の範囲を超えて、もっと外へと拡大していき、すべての人間、動物、植物、昆虫、山、海、生命のないもの、そして宇宙全体まで含んでいるように感じられました。宇宙は生きていて、意識で満たされており、すべての生命や自然を包み込んでいるのだと悟ったのです。あらゆるものが、無限の"全体"に属していました。私も、すべての生命と複雑に絡まり合っていました。私たちはみんな、その統合体の一つの側面なのです。すなわち、私たちは一つであり、一人ひとりが集合的"全体"に影響を与えているのです。
 私は、ダニーの人生と目的が、私の人生としっかりつながっていて、もし私が死ねば、彼はすぐにあとを追うだろうと知りました。けれど、たとえそうなったとしても、より大きな全体像においてはすべて完壁なままだとわかりました。
 さらに、癌は、私が何か間違ったことをしたことへの罰ではなく、また、以前信じていたような、自分の行動に対するネガティブなカルマでもないと理解しました。すべての瞬間に無限の可能性が秘められていて、その時々私がいる場所は、自分の人生のあらゆる決断や選択や考えが結実したものでした。つまり、私が抱いた多くの恐れや私の持つ偉大な力が、この病気となって現れてきたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (下)に続きます。



アニータ女史の臨死体験(上)...2017年10月2日

 当サイトで紹介したくても諸事情で、紹介できていない本があることを以前お伝えしたことがありました。
 今回紹介しようと思った本は、そんな本の一つです。
 スピリチュアルの本としては、非常に魅力的な本なのですが、どのような視点から記事を抜粋すればよいか悩んだのです。
 私が本を紹介するのに、重視するポイントの一つが引用文の長さです。
 読まれる方は、短すぎると物足りないし、長すぎると飽きてしまいます。
 適当な長さにしたいのですが、その長さだと、必ずしも伝えたい記事の内容と整合しない場合があります。

 今回紹介するのは、『喜びから人生を生きる』(アニータ・ムアジャーニ著、奥野節子訳、ナチュラルスピリット)です。
 この本は多くの方に感銘を与えたようです。
 私は時々、訪問者の方から「こんな本がありますよ」と紹介を受けることがあるのですが、この『喜びから人生を生きる』は複数の方々から紹介を受けていました。たしかに深い内容を持った本だと思います。

 私は今まで、できるだけ1回の記事で完結させることを目指してきました。
 記事を読んでいて、最後に「つづく」という文字に出会うと、読まれている方々に不満が溜まると考えているからです。
 私自身がネットの記事を読んでいて、最後に「つづく」と書いてあったら、がっかりします。次回ではなく、すぐ読みたいと思うのが読む側の心理です。毎週放送されるテレビドラマじゃないのですから、もったいぶらないでくれと言われそうです。

 でも『喜びから人生を生きる』に関しては、1回では無理だとあきらめました。
 まず本を紹介する視点ですが、私の好きな臨死体験に絞りたいと思います。『喜びから人生を生きる』に載っている臨死体験の部分は、とうてい1回の記事では紹介できない分量です。
 それで、3回(上・中・下)に分けて紹介させていただこうと思います。

 では、記事を引用する前に簡単に状況を説明させていただきます。
 主人公は、インド人で香港在住のアニータ女史で、末期ガンで病院に運ばれたところから抜粋させていただきます。
 ガンは全身に転移し、医者は、ほぼ絶望と思いながらも懸命な処置を行います。
 アニータ女史は意識を失い、気付いたら魂は身体を抜け出し、懸命に処置する医者や看護婦を外側から見ている自分に気付きます。
 登場人物ですが、アニータ女史の夫ダニーと母が病院で見守っています。
 それと、連絡を受けてアニータ女史の死に目に会いたいと、アニータ女史の兄アヌープが飛行機に乗って病院に駆けつけようとしています。

 3つに分けて、以下のような内容で記事にしたいと思っています。

・(上)...アニータ女史の魂が身体を抜け出し、病院内の様々な出来事を描写するシーン

・(中)...アニータ女史の魂が、あちらの世界で亡くなった父と遭遇するシーン

・(下)...アニータ女史の魂が、再びこちらの世界に戻る決心をするシーン

 今回は、(上)です。

 では『喜びから人生を生きる』から引用させていただきます。


 ・・・<『喜びから人生を生きる』、p96〜p106から抜粋開始>・・・

 病院に担ぎ込まれた時、周囲の世界が夢のように幻想的に見え、意識がだんだん遠のいていきました。昏睡状態で病院に到着した私を見て、医師は助かる可能性はないと断言はしないまでも、非常に厳しい態度でした。そこは、いつも治療に通っていた病院ではありませんでした。これまで通っていたのは、本格的な病院というよりも大きめのクリニックのようなところで、このような緊急事態に対処する設備がなかったのです。近所にある小規模な医療施設で治療を受けるというのは私の選択でした。そのほうが、あまり恐ろしさを感じなくて済んだからです。私は病院が大嫌いでした。というのも、親友のソニとダニーの義弟が、二人とも大きな癌専門病院で亡くなったので恐ろしかったのです。
 しかし、その朝、私が昏睡状態に陥ったのでダニーがクリニックに電話をかけると、私の主治医は、香港で一番大きい、最新設備が整った病院に運ぶように指示しました。そこには、専門の医師チームがいるからです。ですから、この病院へ来るのも、ここの医療チームに治療を受けるのも初めてでした。
 癌専門医は、私を見た瞬間、明らかにショックを受けた様子でした。
 「奥様の心臓はまだ動いていますが、意識はもうありません。助けるには手遅れです」と、医師はダニーに告げました。
 「医師は誰のことを話しているんだろう? 私は、こんなに気分がいいのに。ママやダニーは、どうしてあんなにおびえて心配そうなの? ママ、どうか泣かないで。何があったの? 私のせいで泣いているの? お願い、泣かないでちょうだい。私は大丈夫よ!」
 私は大声で言っているつもりでしたが、声になりませんでした。
 母を抱きしめ、慰めて、私は大丈夫だと伝えたいと思いました。なぜそれができないのか、まったく理解できませんでした。「どうして、身体が言うことをきかないの? どうして死んだみたいに横たわっているの? 愛するダニーや母を抱きしめて、私はもう大丈夫で、痛みもまったくないと安心させたいのに……」
 事態が深刻だったため、医師はただちにもう一人のベテランの癌専門医を呼び、助けを求めました。私は臨死状態になり、これまでよりもはるかに鋭敏に、自分の周囲で起こっていることに気がついていました。身体の五感は働いていませんでしたが、それとは比べものにならないくらい、あらゆるものを鋭く感じ取ることができたのです。まるで、完全に異なる知覚が目覚めたようでした。それは、単なる知覚以上のもので、起こっていることすべてを包み込み、まるで自分がゆっくりとそのすべてと一つになっていくように感じられました。
 ベテランの癌専門医は、私の全身をMRIでスキャンするため、すぐに放射線室へ運ぶようにと医療チームに命じました。私の頭は枕の上に乗せられていました。すでにお話ししましたが、肺が液体でいっぱいだったので、頭を平らにすれば液体が上昇してきて窒息してしまうからです。
 私は携帯用の酸素ボンベをつけていましたが、放射線室に着くと酸素マスクを外され、身体を持ち上げられて、MRIの装置の中に置かれました。すると、数秒間で息が詰まり、私はむせ始めたのです。
 「酸素マスクを取らないでください。妻は平らになれないんです! お願いです、息ができないんです。そのままにしていたら死んでしまいます!」医療チームに叫んでいるダニーの声が聞こえました。
 「奥さんを平らにする必要があるんです。心配なさらないでください。できるだけ静かにやりますから。30秒間くらいなら、酸素マスクを取っても大丈夫です」と放射線技師の一人が説明しました。
 そして技師は、30秒から40秒おきに、酸素マスクをつけるためにMRIの装置から私の身体を引き出し、それからまた中へ入れるということを繰り返しました。このために、かなり長い時間がかかってしまいました。スキャンが終わると、私は集中治療室へ運ばれました。
 絶対あきらめないでほしいという夫の必死の訴えに、医師チームはできるだけの処置を施しました。時間は刻々と過ぎていき、私は集中治療室で、途方に暮れる家族が見守る中、針や管を突き刺されました。
 私のベッドの周囲には、両脇の患者から隔離するために、厚いカーテンが引かれていました。ダニーと母は、カーテンの外側で待っていました。
 看護師たちは小走りで動き回り、死んだような私の身体を酸素タンクにつなぎ、水分やブドウ糖の点滴準備をしていました。ベッドの上にある、血圧や心拍数をチェックするモニターにもつながれました。鼻から栄養チューブを入れて胃の中に直接栄養を送り込み、人工呼吸器によって、酸素を供給されていました。栄養チューブがなかなか入らず、喉の筋肉を麻痺させるスプレーをかけて、なんとか胃の中まで入れることができました。
 人々がやってくるたびに、それが誰で、何をしているのかわかりました。目を閉じていたのですが、自分の周囲で起こっていることだけでなく、それ以外のことも詳細にわかる気がしました。私の知覚は、今までよりもはるかに鋭くなっていました。あらゆることがわかり、理解できるようでした。それも、実際に起こっている出来事だけでなく、みんなが感じていることについてもです。まるで、一人ひとりの中を見通して、感じられるようでした。そして、私の現状に対する彼らの恐れや絶望やあきらめがひしひしと伝わってきたのです。
 「ダニー、ママ、なんて悲しそうで、おびえているの……。私はもう苦しくないのよ。そう伝えられたらいいのに……。ママ、お願いよ、泣かないで。私はここにいるのよ、ママのすぐそばに!」
 私は、周囲で起こっていることに十分気がついていました。あらゆることが同時に起こっているようでしたが、自分が何かに注意を向けると、それが瞬時にクリアに感じ取れました。
 「血管が見つかりません!」看護師の一人が慌てふためいたように担当医師に告げるのが聞こえました。その声は恐怖感に満ちていました。
 「血管が確保できません。手足の細さを見てください、もう骨だけです。しばらく栄養をとっていないんですよ」これは、男性の看護師の声でした。
 「まるでもう希望はないような言い方だわ。きっと助からないと思っているんだ。それも当然だわ……」と私は思いました。
 「肺が液体でいっぱいだ。少しでも楽に呼吸できるように、水を抜かないと」ベテランの癌専門医が言いました。医師たちが私の身体に対して懸命に処置を施している様子を、私はじっと眺めていました。私の身体はとても小さく見え、その瞬間私が感じていたものをすべて入れるのは、不可能に思えました。
 医師チームはものすごいスピードで処置を行い、そこには緊迫感が漂っていました。同時に、私の運命を変えるには遅すぎたことを認めるような空気もありました。私はあらゆる細部にまで気がついていましたが、私の身体は何も感じていませんでした。そこにあるのは、大きな解放感とこれまでになかった自由の感覚だけだったのです。
 「まあ、なんてすばらしいの! すごく自由で軽いわ。何が起こったのかしら? こんなに気分がいいのは初めて。もうチューブも車椅子も必要ないわ。誰の助けがなくても自由に歩き回れるし、呼吸も全然苦しくない。本当にすごいわ!」
 私は、病院のベッドに死んだように横たわっている自分の身体に対して何の愛着も感じていませんでした。それは自分のもののようには思えませんでした。今、私が体験していることに比べれば、あまりにも小さく、つまらないものに見えたのです。私は、自由で、解放された、とてもすばらしい気分でした。苦しみや痛みや悲しみも、すべて消えていました。もう何も私を妨げるものはなく、こんなふうに感じたことは、人生で一度もありませんでした。
 癌にかかってからの4年間は、まるで自分の身体の囚人のようでした。けれど、やっとそれから解放されたのです。私は初めて自由を味わっていました。無重力みたいに、自分がどこでも行けることに気づき、それが普通のことのように感じられました。まるで、これが物事を認識する本当のやり方にも思えました。夫と医師が、集中治療室から12メートルも離れた廊下で話しているのに気づきましたが、それも不思議には思いませんでした。
 「残念ですが、もう奥様のためにできることは何もありません。奥様の臓器はすでに機能を停止しました。レモン大の癌が、頭蓋骨から下腹部まで、すべてのリンパ系組織に広がっています。肺だけでなく、脳も液体でいっぱいです。癌による皮膚病変も見られます。おそらく今晩が山でしょう」医師はダニーに、そう告げました。私が会ったことのない医師でした。
 ダニーの顔に苦悩の表情が浮かんでいくのを目にし、私は彼に向かって叫びたくてたまりませんでした。「ダニー、私は大丈夫。だから心配しないで。お医者さんの言うことは聞かないで。それは真実じゃないわ!」でも、私には何もできませんでした。彼には私の言葉が聞こえなかったのです。
 「妻を失いたくないんです。まだその準備ができていないんです」ダニーは医師に訴えました。
 自分の身体に対して何の愛着もありませんでしたが、ぐったりとした身体の周囲で起こっているドラマに、強く感情を揺さぶられました。何よりも、私を失う絶望感に苦しむダニーを、少しでも楽にしてあげたかったのです。
 「ダニー、私の声が聞こえる? お願いだから、聞いてちょうだい。私はもう大丈夫だって知ってほしいの!」
 周囲で起こっている感情的なドラマに入り込もうとすると、より大きな力が働いて、そこから引き離されるような感じがしました。まるでもっと壮大な計画が展開しているかのようでした。引き離されていくにつれて、すべてが完壁であり、計画通りに進んでいると理解できたのです。
 周囲の状況から感情が離れていくと、自分がすべての空間を満たすほど拡大し続けていることに気づきました。それは、私と他のすべてのものが一つになるまで続きました。私はあらゆるものを包み込み……いえ、あらゆるもの、そしてあらゆる人になりました。家族と医師の間で交わされている会話の一語一句がわかりました。彼らが病室からずいぶん離れた場所にいたにもかかわらず、わかったのです。夫の顔からは恐怖感が見てとれ、まるでその瞬間私が夫になったかのように、彼の恐れが感じられました。
 その時初めて、私は兄のアヌープにも気づきました。彼は私に会うために飛行機に乗っていて、まだ何千キロも離れたところにいました。彼の心配そうな様子を見て、再び私は、自分が物質世界の感情的なドラマに引き込まれるのを感じました。
 「まあ、アヌープだわ。飛行機に乗っている。どうしてそんなに不安そうなの? 私に会うため香港に来るみたい」
 早く私のところへ行きたいという切迫感が伝わってきたのを覚えています。彼に対して、とても強い感情がほとばしりました。
 「可哀そうなアヌープ……。私のことが心配で、何とか死ぬ前に会いたいんだわ。大丈夫よ、アヌープ。私はここで待っているわ。だから急ぐ必要はないのよ。もう痛くも苦しくもないんだから」
 私は手を伸ばし、彼を抱きしめて、自分は大丈夫だと安心させてあげたいと思いました。でも、なぜかわかりませんが、そうすることはできませんでした。
 「アヌープ、私はここよ!」
 彼の到着まで、私の身体が死なないでほしいと思いました。もしそうなれば、彼がどんなに苦しむかわかっていたので、そんな目にあわせたくなかったのです。
 でも、兄に対する愛情が大きくなり、妹の死の苦しみを経験させたくないという思いが強くなった時、また大きな力によって、その感情から引き離されていくのがわかりました。自分の感情に支配され始めると、自分が拡大していき、すべての愛着が消えていくようでした。そして再び、より大きなタペストリーが存在するという安堵感に包まれ、すべては壮大な計画通りになっていると実感したのです。

 さらに遠くへ広がっていくにつれて、この超自然的な状態がおかしいものには感じられなくなりました。実際、それが普通ではないという意識はまったくなく、ごく自然なものに思えたのです。私は、自分に施されているあらゆる処置の細部にまで十分気づいていましたが、外見上は、昏睡状態に見えていました。
 私は、どんどん外へと広がっていき、周囲の物理的環境から引き離されていくのを感じました。そこにはもはや空間や時間の拘束はなく、どんどん拡大し続けて、より大きな意識と一つになっていくようでした。身体を持っていた時には体験したことのない、自由や解放感がありました。それは、歓喜や幸福が散りばめられた、至福感としか言いようのないものでした。病気で死にかけている身体からの解放、そして、病気による苦痛や痛みから自由になった喜びから生じたのでしょう。
 向こう側の世界に深く入っていき、拡大しながらすべての人やものと一つになるにつれて、愛する人たちや周囲の状況への愛着がゆっくりと消えていきました。その間、すばらしい”無条件の愛”としか表現できないものが私を取り囲み、しっかりと包んでくれたのです。でも、その感覚は”無条件の愛”という言葉では十分に表せるものではありません。それはあまりにも乱用されすぎて、言葉の持つ強烈さが失われているからです。ともあれ、長い身体的闘いからやっと解放された私は、この自由というすばらしい体験を楽しんでいました。
 それは、身体的にどこか別の場所へ行ったというよりも、むしろ目覚めたような感覚でした。おそらく、悪夢からやっと目覚めたのかもしれません。私の魂は、その真のすばらしさをやっと悟ったのです。それは次第に、私の身体や物質世界を超えて遠くへと広がっていき、この世の存在だけでなく、時間や空間を超えた別の領域までも広がり、同時にその一部になりました。
 愛、喜び、恍惚感、畏敬の念が私に注がれ、私の中を流れ、私を飲み込みました。そして、これまで存在していることさえ知らなかった大きな愛に包まれました。これほど大きな自由や生きているという実感を味わったのは初めてでした。すでにお話ししましたが、私のベッドから遠く離れた場所で話している医師と家族の会話が、突然わかるようになったのです。これは、物理的には不可能なことでした。
 このような強烈な感覚は、この世のものとは違い、それを正確に言い表すための言葉は見つかりません。これほど完全で、純粋な、無条件の愛は、私がこれまでまったく知らなかったものでした。何の資格も要求されず、何の判断もされず……まったく差別もありませんでした。その愛を得るために何もする必要がなく、何の証明もしなくてよかったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (中)、(下)に続きます。

 ただし、お断りしておきたいのですが、次回必ず(中)を掲載するということではありません。
 先に記事にしたいものがあったら、そちらを優先します。その場合でも、(中)と(下)は(時期はわかりませんが)必ず掲載するようにします。



洗脳について...2017年9月23日

 洗脳というと、タレントの辺見マリさんが、拝み屋に洗脳されて5億円を騙し取られた事件を思い浮かべる方は多いと思います。辺見さんの件は、「しくじり先生」というテレビ番組で放映されて大きな話題になったそうです。芸能界では、辺見さん以外にも被害に遭った有名人は多いようです。

 ここでは『週刊SPA』(9/19・9/26合併号)に興味深い洗脳の例が載っていたので、紹介させていただこうと思います。
 私は芸能界に疎いので知らなかったのですが、女優の山口もえさんの元夫でIT会社を経営していた尾関茂雄氏が被害に遭った話です。

 尾関氏はITバブル華やかなりし2000年代初頭にIT会社を立ち上げて成功し、その会社を売却して3億円もの資産を手に入れたといいます。
 そして2005年には女優の山口もえさんと結婚して、世間の注目を大いに集めたそうです、
 しかし沖縄のNPO法人(クーピーファッションアートグループ)が尾関氏に接触するようになってから、尾関氏の運命は大きく狂い始めます。
 クーピーは尾関氏に対し、「沖縄は琉球王朝がなくなって以来、奴隷状態にある。自立するためには自前の産業が必要だ」と猛烈にアピールし、沖縄で農場経営をしてほしいと頼みます。尾関氏はこれを受け、沖縄本島北部のやんばるの森で、農場経営に乗り出します。この時点では、尾関氏は沖縄に自前の産業をと、理想に燃えていたようです。
 しかし、事態は暗転します。
 以下『週刊SPA』から引用します。


 ・・・<『週刊SPA』(9/19・9/26合併号)、p24〜p25から抜粋開始>・・・

 だがクーピーの実態は尾関が当初考えていたようなものとは異なり、代表に服従を強いる異様な組織だった。メンバーは代表の求めに応じてさまざまな無理難題をこなさなくてはならない。体裁こそNPOだが、実態は代表を”教祖”とするカルト団体も同然だったのだ。尾関も徐々にこの教祖に逆らうことができなくなる。いわば、洗脳状態だ。
 「教祖の求めに応じて自分の財産や知人から借りたお金をつぎ込むようになりました。最終的にその額は6億円に上ります。さらに東京の仲問を次々と沖縄に誘ってはクーピーの活動に参加させました。気味悪がってその後音信不通になる人もいましたが、なかにはすごいよかったとのめり込んで、数十億もの財産をむしり取られてしまった人もいます。私はお金持ちを引っ張り込む役回りをさせられていたのです」
 ’05年に伴侶となった山口もえも、そんな尾関に対して不安を口にするようになっていったという。
 「私の噂を彼女の事務所が気にしたのでしょう。幕末に坂本龍馬が何の仕事をしていたかと答えられないでしょう。同じだよとなだめていましたが、事務所にすれば沢尻エリカの夫だった高城剛さんと同じ所属タレントの『困った夫』です」
 人生を暗転させたのは’11年の逮捕。
 「舞台となったバーはIT長者のたまり場として知られていた。許可なく女性に接客させていたとされましたが、この店は07年にクーピーのメンバーらが押しかけ実質的に乗っ取ってから、私は名義上のオーナーになっていただけ。店はクーピーの代表の娘婿に任せっきり。警察にそのことを説明したらいったんはお咎めなしとなったのです。ところが娘婿から『みんなを守るためにあなたがやったことにしてほしい』と言われてあらためて出頭したのです」
 逮捕は大々的に報道され、夫婦関係は破綻。金融機関からの融資がストップしたため企業経営もままならなくなった。残されたのは沖縄での活動だけだったが、その2年後にはクーピーからも追放されてしまう。
 偶然にも代表やその家族が私たちから集めたお金でどんな生活をしているか知ってしまい洗脳が解け始めたのです。不動産を買い漁り、派手な車や服で贅沢三昧をしていた。それを口にし始めたところ、私はマンションの一室に監禁されました。ドアに開いた穴から食事だけ与えられ外に出してもらえず、般若心経を写経し続けた。会話の相手は天井に張りついたヤモリだけ。監禁が40日間に及んで頭がおかしくなったのか、最後は『ここから出せ!』と喚き散らしていたようです……」
 沖縄を追われた尾関はすべてを失った。残った財産はごくわずか。それから1年間、実家にひきこもる生活を続けた。実はクーピーに関わったことで、転落をたどったのは尾関だけではない。代表に上納金を支払うよう求められ、ノルマを達成できなければグループ内で罵声を浴びせられ、暴力を振るわれたメンバーもいた。なかには経営していた会社を乗っ取られ、会社のお金を不正に引き出されたとしで民事裁判で争っている経営者もいる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 洗脳が解けた尾関氏は、今はなんとその洗脳のきっかけとなった農場の再建に取り組んでいます。
 尾関氏の言葉です。

 「今の日本は、私のように一度失敗した人たちには、なかなかやり直しがきかない社会。だからそんな人たちが集い日本を変えていくきっかけになるような場にしたいと思っています。ひどい目に遭いましたが、ITベンチャーの経営者を続けるよりも、よっぽど濃い人生を歩んでいると感じています。何年かかってもこの農場を形にします」


 * * *


 個人が洗脳され多額のお金を巻き上げられるというのは、傍から見ていて非常にわかりやすいものです。
 しかし、対象が個人ではなく、広く一般庶民だったらどうでしょうか。例えば、これが権威と権力を持つ公的な機関が行っていたら、一般の人々は自分達が洗脳されているというのは夢にも思わないはずです。
 実のところ、その方が一個人を狙った洗脳より、よほど悪質だと私は思います。
 今の多くの日本人は、病気になったらどうするでしょうか。
 おそらく、

・病院に行って治してもらう
・薬を飲んで治す

 という行動を(疑いもなく)とると思います。

 私はすべての医療行為や薬を否定しているわけではありませんが、現代医療の9割は無駄であるというロバート・メンデルソン博士の意見に同意する立場です。
 ロバート・メンデルソン博士は、現代医療のうち1割に当たる緊急の救急医療は人々の役に立っているが、残りの9割は、無益どころか有害であると説いています。
 無益どころか有害である理由は、現代医療が病気を治す治療を行うのではなく、病気の症状を抑える対症療法だからです。
 ですから、本当は病院に行って病気を治すのではなく、”病院で処方された薬で症状を抑える”ということをしているのです。
 病気を治さないのですから、いつまでたっても病気は治りません。延々と薬を飲み続けることになります。
 今回は、その一例として降圧剤を取り上げたいと思います。
 なぜ降圧剤かというと、私の兄が何年も前から医者から降圧剤を飲むように勧められてきたからです。
 そのたびに私は、「降圧剤は絶対に飲んではいけない!」と訴えるはめになりました。これが功を奏したのかわかりませんが、幸いなことに兄は今のところ降圧剤を飲んでいないようです。

 血圧は、昔は年齢プラス90が適切だと言われていたそうです。
 歳を取ると身体が柔軟性を失います。当然血管も若い頃に比べれば硬くなってきます。それでも毛細血管の隅々まで血液を送る必要上、心臓はより強い力で血液を送り出すようになります。ですから年齢と伴に、血圧が上がるのは自然なことです(逆に年齢と伴に血圧が上がらないのは、むしろ生命にとって危険な状態だと言えます)。
 ところが医学会は、130以上を高血圧だと断定してしまったのです。
 そうなると40歳以上の多くの人は、降圧剤を処方されて飲まざるを得なくなりました。
 その結果、日本人の血圧は下がったが、ガンと認知症が多発するようになったというのです。

 これは中部大学の武田邦彦教授が記事を書いておられます(メルマガで紹介されたので読まれた方は多いと思います)。

http://www.mag2.com/p/news/263513/3

 このメルマガの記事を読んで私が思ったのは、こうした暴露記事が、もうタブーではなくなったのかもしれない、ということです。
 武田教授はテレビでも有名人で、色々な番組に出演していて、私も何度か観たことがあります。そんな有名人が、病院や薬の批判を堂々としていれば、マスコミから干されるのが必定だと思っていたのです。もちろん武田教授には何らかの圧力があると思いますが、こうしたことを堂々と言える社会に変化しつつあるのかも、と考えたりしています。
 サアラさんが、水瓶座の時代は隠されてきた真実が表に出るようになると言っていましたが、その現象の一つかもしれません。

 こうした暴露記事が、「病院に行って治してもらう」「薬を飲んで治す」という一般庶民に掛けられた洗脳を解くきっかけになるかもしれません。

 特に不調もないのに、高血圧だと診断されて降圧剤を飲むようになった女性の実例を紹介します。
 『薬剤師は薬を飲まない』(宇多川久美子著、廣済堂出版)から引用させていただきます。

 ・・・<『薬剤師は薬を飲まない』、p18〜p21から抜粋開始>・・・

 ■「薬を飲んで体調が悪くなった」

 内臓脂肪型肥満に、高血糖・高血圧・脂質異常(高脂血症)のうち二つ以上を合併した状態を指すメタボリック症候群。メタボという通称で、すっかりおなじみになっている言葉ですね。
 かつて私が白衣を着ていた頃、メタボ診断で引っかかり、血圧を下げる薬を日常的に服用されている患者さんがおられました。
 窓口でいつもと同じお薬をお渡しするときに、私は一言「お薬を飲んでいて、変わったことはありませんか?」と聞きました。するとその患者さんは「この薬を飲むようになってから、身体がだるくてしかたないんだよ。朝はなかなか起きられないし、午前中はほとんど仕事にならない……」と漏らしたのです。
 話によれば、この方は収縮期血圧が160mmHgあり、メタボ診断が基準とする130をオーバーしているため、基準値になるよう薬を服用するようになったとのこと。とはいえ、本人は血圧が160あったときには、これといった不調を感じていなかったというのです。
 血圧の薬を飲めば、血圧は下がり、血圧が下がれば、確実に血流も落ちます。
 この方の血圧が160であるということは、もしかすると血圧を上げ、血流をよくしなければならない理由があったからなのかもしれません。
 仮に、この患者さんの身体が血流をよくするために、血圧を上げているのだとしたら、薬を飲んで血圧を下げ、血流が弱くなったことで、不具合が生じても何ら不思議はありまんせん。
 「健康のためにと薬を飲み始めたのに、却って調子が悪くなっちゃった気がするんだけど、それでも飲んだほうがいいのかな?」。患者さんお問いかけに、私は「次回、先生に今の状態をお話しして、お薬についてご相談されてはいかがですか」と答えました。後日、薬局にやってきたその患者さんに「薬のこと、先生は何とおっしゃっていましたか?」と聞くと「『飲みたくないなら飲まなくてもいいけど、命の保障はないよ』と言われちゃった。そんなふうに言われたら、いくらだるくても飲むしかないよね……」という言葉が返ってきたのです。
 薬剤師の仕事は、医師が出した処方せんの通りに薬を調剤することです。患者さんの様子を聞き、たとえ「薬を飲むことで生活の質が低下している」「この方にとっては飲まないほうが好ましいのでは」と感じても、自分の判断で勝手に薬を減らしたり、出さなかったりすることはできないのです。
 そもそも高血圧症というのは、生活習慣病。ある日いきなり血圧がグンと上がるわけではありません。偏食や運動不足や過度のストレスなど、日常の不摂生が5年、10年という歳月をかけて蓄積されていく中で、徐々に血圧が上がり、たとえば130だったものが160になってしまうのです。
 5年、10年かけて上がった血圧を、薬は2〜3日で一気に下げてしまいます。それは見事な切れ味なのですが、そんな魔法のような作用を起こすということは、血圧とは別な場所で、確実に違うことが起こっているということなのです。
 血圧にだけ着目すれば「下がってよかった」ということになります。
 けれど、人間の身体というのは、さまざまな器官のさまざまな働きによって成り立っているもの。身体全体で考えると、単に血圧を下げただけで「よかった」ということには必ずしもならないのです。

 ・・・<引用終了>・・・


 降圧剤を飲むと体調が悪くなるので医者に相談すると、「(飲まないと)命の保証はない」と医者は答えたそうです。
 こんなことが言えるのは、医学会が血圧160は高血圧で130が正常と勝手に決めた効果です。
 血圧が160あると命の保証がないというのは医学知識がない私には理解不能で、医者の脅しにしか聞こえません。とはいえ、一般庶民が医者にこんなことを言われれば、震え上がってしまい、降圧剤を飲み続けるしかありません。

 では再度、宇多川久美子氏に登場していただき、船瀬俊介さんとの対談を紹介させていただきます。
 『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』(宇多川久美子×船瀬俊介著、ヒカルランド)から引用します。


 ・・・<『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』、p70〜p75から抜粋開始>・・・

 薬の3つのワナ?@副作用、A薬剤耐性、B薬物依存

−−− 降圧剤はいったん飲むとやめられなくなると言われていますね。

船瀬 薬は全部そうですよ。

宇多川 治すものじゃなくで抑えるものだから、一生抑え続けなければいけない。笑顔で「一生のお薬ですよ。一緒に頑張りましょうね」と言いながらお薬を渡すと、患者さんもにっこり笑って「そうねえ。よろしくね」と言って、手を握って、一生来てもらえるように、うまくうまくやっていた自分が、今思うと本当に怖いです。
 気づけたからよかったんですけど、その組織の中に組み込まれていると、昔はそれが当たり前だと思っていたし、いいことをしていると思っていました。

船瀬 薬には3つのワナがあるんです。
 1つは、副作用です。主作用ばかり言って副作用を一切言わない。薬を飲むと体中の臓器が毒物反射するわけだから、「胃が荒れる」、「下痢をする」、「発疹が出る」、「熟が出る」、「呼吸困難になる」。だけど、降圧剤の場合は「血圧が下がった」ということだけを取り出して、効果があったと言うわけだ。
 連中は、逆に副作用が出たほうがありがたいんだ。胃が荒れたら胃腸薬、下痢したら下痢止め、発疹が出たら発疹薬、熱が出たら解熱剤と、また儲かる。チェーンリアクション(連鎖反応)だよ。副作用は無限大に副作用を呼ぶ。
 2つ目は、「薬剤耐性」です。薬剤に対して体が抵抗力を持って、一定の量では効かなくなってしまうので2倍に増量する。また効かなくなると、さらに3倍、4倍と増やす。製薬メーカーは万々歳、大喜びで極楽、患者は地獄。
 TV番組「たけしの本当は怖い家庭の医学」で、便秘薬を飲んでいた若い女性の話をやっていたけど、いくら飲んでも出なくて糞詰まりになって、最後はトイレで1瓶飲んで絶命してしまった。薬剤耐性で、量がどんどん増えてしまったわけです。
 3番目の悲劇は、薬物依存です。薬を飲んでいる状態が正常になってしまって調子がいい。ところが薬が切れると、体がバランスを欠いて地獄の苦しみ。だから、また薬を飲む。覚醒剤と同じです。禁断症状というのは、傾いた状態を体が正常と勘違いしているわけで、薬を飲まないと苦しみが襲ってくる。これもメーカーは極楽、患者は地獄だ。
 これら3つの薬物療法の落とし穴について、誰も知らないトリプルトラップがある。こんなことは学校で教えない。

宇多川 自分でお薬を出していたときにすごく不思議だと思ったのは、副作用が出たとしても、それは先生のせいじゃないから、そこに上乗せする薬を出せるんですね。患者さんも医療機関側が悪いなんて思わないし、お薬の量がどんどん増えていってしまうことに何の抵抗もないし、すごく無防備なんです。
 例えば医療ミスみたいなことがあったとしでも、よくなるまで無料でやります、なんて絶対言わない。大工さんだったら、家を建てて雨漏りしたら、こちらの責任だということで無料で直してくれるのに、医療費を患者さんからもらって、また次の薬を出すという構造になっている。それを患者さんもおかしいと思わなくて、「ありがとうございます」と言うんです。

船瀬 「薬で病気を治す」という迷信、迷妄、誤解、誤認……・この呪縛から解き放たれないといけない。病気を治すのは、あなたの中にある自然治癒力です。しかし、「薬が病気を治す」と思い込んでいる人には、100回言ってもわからない。

−−− ある時期から医薬分業ということが言われて、病院と薬局は分けられていますね。

宇多川 基本的に同じ経営はありえないことになっているんです。

船瀬 あれは舞台裏を見せないためです。2つに分けると、いかにもダブルチェックで薬が処方されているように思える。何のことはない、裏でつるんでいるんだ。
 とにかく教育からやり直さなければダメだ。約200年にわたってロックフェラーとロスチャイルドは、「薬が病気を治す」、「病院が病気を治す」と、義務教育、医学教育で繰り返し洗脳してきたんだ。

宇多川 私は今「薬を使わない薬剤師」というキャッチコピーで活動しているんですけど、すごく不思議がられて、「えっ、薬を使わなかったら、何で治すんですか」と必ず聞かれる。そのときには「あなたが自分で治るんです」と言うんです。すると、またキョトンとする。
 ヒポクラテスが言っているように、あなたの中には100人の名医がいて、お医者さんがしていることは、その名医の手助けにすぎないのに、多くの人は、病気を自分で治しているという感覚を持っていない。

船瀬 犬ネコのほうが、まだまともだよ。病気になったら、「食うな」、「動くな」、「寝てろ」。そうすれば治るということを知っている。

宇多川 野生に戻れば、そうですよね。動物は、食べないで横たわって治すんですものね。

船瀬 人間ほど病気をする動物は地球上にいない。何で病気になるのか、医者に行って薬を飲むからだ。医者に行かない、薬を飲まない、食い間違わない、そうすると病気にならないんだ。

宇多川 でも、私たちのすっかり洗脳された頭では、そんな簡単なことで治るわけがない、それだったら病院が要らないじゃないか、薬が要らないじゃないかと思ってしまう。野生の動物は、病院も薬もない中で、しっかり種をつないでいるのに。

船瀬 マインドコントロールだよ。僕は「自分の頭で考えてみろ」と言うんだ。結論から言えば、実に簡単、「食うな」、「動くな」、「寝てろ」、これで治る。食べないと、体の排毒力と免疫力が急激に伸びて、自然治癒力を加速する。
 今度、『やってみました! 1日1食』(三五館)という本を書いた。僕は1日1食で朝昼食ってないけど、全然調子いい。空腹感は幸福感で、それが大事なんだ。すると、長寿遺伝子がオンになる。
 67歳のビートたけしも、75歳の千葉真一も、69歳のタモリも1日1食。みんな年とらないし、若いし、元気でメタボじゃない。

 ・・・<引用終了>・・・


 この『薬は怖い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる』が出版されたのは、今から3年前の2014年12月です。ですからビートたけしさん、千葉真一さん、タモリさんの年齢は、上記のものに3つほど加える必要があります。
 ビートたけしさん、タモリさんはテレビで時々見かけることがあります。お二人とも今では70歳を超えているわけですが、元気そうです。

 最後に降圧剤のオチを一つ。
 医者からさんざん降圧剤を勧められていた兄ですが、私が「医者は、なんと言って降圧剤を勧めるの?」と聞いたのです。
 すると、兄が言うには「(医者は)そろそろ(年齢的に)いいんじゃないか…」と言っているというのです。
 この言葉に、私は医者なりのジレンマを感じました。
 医者だから降圧剤が健康を良くするどころか悪くすることを熟知していると思います。これまでは130以上は高血圧だから、降圧剤を処方すると堂々と言ってこれました。
 しかし今はネットもあり、人々は真実を知り始めています。降圧剤が健康を害するというのは、知る人は知っていることであり、降圧剤が健康に良いと言ってしまうと嘘になります。
 とはいえ医者の立場として、一生飲み続けることになる降圧剤は、ぜひとも患者に飲んでほしい(売り上げを上げる為に)。
 そこで、今の日本人はある程度の年齢になると、降圧剤を飲むようになっている。だから年齢が上がったのだから、そろそろいいんじゃないか・・・、という微妙な言い方をせざるを得なかったのではないかと思うのです。



吉田繁治さんのシステム取引...2017年9月12日

 私事ですが、以前は会社を起こし、超零細ながらもそれなりに事業を行っていました。
 10年ほど前ですが、スピリチュアルの分野に重心を移す時期が来たと感じ、その事業は畳んでしまいました。
 今は、ほそぼそとアルバイトで食い繋ぐ日々です。
 そのアルバイトですが、先月初頭に終わりを告げられました。
 アルバイトは気軽でいいのですが、仕事が無くなれば即終わりです。安定的に生活費を稼ぐという点では向きません。
 そのアルバイトのおかげで、この先しばらくは生活はできますが、ではその先はどうするんだと考えてしまいます。
 別に何億円稼ぐという話ではありません。
 ほそぼそと暮らすための最低限度の生活費が入ればいいという、みみっちい話です。
 自分にできる仕事で、月に20万円程度の収入が見込めるようなものが何かないかなあ・・・、と漠然と考えたりしています。

 そんな折、吉田繁治さんのメルマガを見て、驚いたのです。
 吉田繁治さんは経営コンサルタントをされている人ですが、なんとコンピューターで動くシステム取引を作成中だというのです。今はエクセルで関数を使って検証しているとのことですが、これからVBA(Visual Basic for Applications)を勉強して、VBAで作る計画とのことです。
 ネットで調べると、VBAとはウィンドウズ上で動く「エクセルのマクロと関連性の高いプログラミング言語」らしいです。
 吉田さんは20年前にBASIC(ベーシック)というプログラミング言語を勉強したことがあり、VBAも使いこなせそうだといいます。

 私が驚いたのは、吉田さんの作ったアルゴリズム(問題を解決するための方法や手順)のパフォーマンスです。
 100回の取り引きで、37.5%の利益を叩き出したというのです。37.5%というと、それほど高くないと感じるかもしれません。しかしFXであれば、レバレッジがかかり、個人であれば最大25倍、法人であれば100倍です。FXで妥当なレバレッジと言われるのは10倍だそうですが、それでも、

 0.375 × 10倍 = 3.75

 となり、1年間で元手の3.75倍になるという計算です。
 つまり100万円投資して、1年後に375万円になるということです。
 FXで儲けたという話はネットに溢れています。億単位の利益をあげたという話がゴロゴロしています。それゆえ1年間で3.75倍という数字は全然たいしたことがないと思われるかもしれません。
 しかし、これが相場の変動にかかわりなく、確実に利益があげられるとならば、どうでしょうか。
 吉田さんのアルゴリズムの凄さは、(FXであれば)円高円安にかかわらず利益をあげられるところです。
 その部分を吉田さんのメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ(896号)から抜粋開始>・・・

驚くべきだと自賛したのは、この利益が、円安と円高が混じった2年間の検証で確実に得られたからです。

完成したプログラムのパフォーマンス(利益結果)は、円安や円高の傾向に無関係です。

最初は、円高のときは儲かり、円安の時期には損になる、他と類似のプログラムでした。これが、普通のシステム取引でしょう。これでは、円安と円高が混じる数年間の長期を見たとき、利益を上げ続けることはできません。

最近1年では、16年9月から1月の初頭まで、「トランプラリー」とFRBの利上げを主因にした円安(ドル高)でした(1ドル100円→1ドル120円付近)。最初のプログラムは、この時期は、他のシステム取引のように、利益がでました。

しかし、17年1月から8月の中期トレンドでは、1ドルが120円から110円への円高(ドル安)傾向です。この時期には、損が出ました。

その後、早朝まで、円/ドルの価格の日次変動を見つめて分析し、グラフを描き、標準偏差をとって、パラメータを調整しましたが、うまく行かなかった。他の、システム取引とほぼおなじフォーマンスだったのです。

「たぶん・・・だめだ、無理かも知れない」とあきらめかけたころ、お風呂で、傾向線を無視した日々の価格差だけに着目するアイデアが浮かび、昨日、急いで関数を作って検証すると、円安・円高の傾向にかかわらず、安定して一回当たりで投資額の0.57%の利益が出続けるプログラムになったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 一回あたりの利益が0.57%というと、だいぶ低いと思われるかもしれません。
 しかしこれが安定的に勝てるとなると、話は違ってきます。
 利益率が低くても確実ならば、複利で元手が増えていくことと同じです。実際、安定的に勝てるなら、1回に投資できる金額は着実に増えていくからです。

 私は戦国時代の逸話を思い出しました。
 豊臣秀吉が、仕事を与えた曽呂利新左衛門(そろりしんざえもん)に報酬は何がいいか聞いたところ、初日に1粒の米から始まり、翌日にその倍の米がほしいと言ったのです。つまり、翌日には、常に前日にもらった米粒の2倍の米粒をくれと言うわけです(これを100日続けてほしいと言ったのです)。
 1日目は1粒、2日目は2粒、3日目は4粒、4日目は8粒・・・といった具合です。
 秀吉が本当にそれでよいか念を押したところ、曽呂利新左衛門はそれでよいといいます。
 実際に計算してみるとわかりますが、3週間目(21日目)には、100万粒を超える量になります。
 茶碗1杯で、およそ3200粒だといわれますから、328杯分です。翌日は200万粒です。米俵1俵(60kg)で266万粒とのことですから、22日以降は1日に米俵1俵の2倍、4倍、8倍となっていきます。
 ここに至り、さすがの秀吉も、勘弁してくれと根を上げたという話です。

 この話が実話かどうかはわかりませんが、最初は小さくとも倍々ゲームで膨らんでいけば、あっという間に莫大な数になるという喩えとしては絶妙です。

 私が吉田さんのアルゴリズムに惹かれたのは、相場の動向にかかわりなく、着実に利益を上げられるという点です。
 ですから私のような貧乏人で元手が少なくとも、短い期間に驚異的な利益があげられる可能性があります。

 これは、一攫千金もありうるかも・・・。

 相場で一番重要なことは、どのタイミングで、いくらの価格で、売り/買い、するかという判断です。
 システム取引のプログラムを組む際にもそれが肝となるわけですが、当然ながら吉田さんのメルマガには、その一番重要な部分は書かれていません。メルマガに書かれているのは、吉田さんが提唱したアバウトな概念だけです。
 でも私には、ピンとくるものがありました。
 今から20年以上も前になりますが、日経平均のデリバティブ(金融派生商品)のオプションといわれるもので、数億円(数字は、はっきりとは覚えていないのですが、7億円だったと記憶しています)稼いだ人の講義を聞いたことがありました。
 その人が行った、売り/買いの方法は独特で、まず普通の人には思いつかないものです。その手法は、相場が上に行こうかが、下に行こうが利益を上げられるというものです。
 それがとても印象的だったのですが、それがふと頭に浮かんできたのです。
 思わず、「これだ!」と叫びたくなりました。

 吉田さんのメルマガには、大枠のアイデアしか書いてありません。
 しかし相場の動向にかかわらず利益を上げる方法として、私には吉田さんが言わんとするところがわかるような気がしたのです。
 そこで私は、自分でシステム取引のプログラムを作ってみようと考えたのです。
 私のアイデアが吉田さんと同じものかどうかは、わかりません。ただ吉田さんの提唱した概念を、私なりの解釈でプログラミングするのは、それほど難しくないと考えています(ただし吉田さんと同じようなパフォーマンスをあげられるかどうかは未知数です)。
 幸いなことに、プログラム自体は私の得意技です(吉田さんはVBAですが、私はVC(ビジュアルC)と呼ばれる、さらに自由度の高いプログラミング言語ができます)。

 プログラミング自体はすぐできますが、まず標準偏差といった概念をきちんと学ぶ必要がありそうです。ノーベル経済学賞をとったオプションのブラックショールズ式も、理論から学ぶ必要があるかもしれません。

 アルバイトも終わったことだし、ここは気合いを込めてやるか。私は大いに意気込みました。そんなとき、ふと頭に浮かんできたことがありました。
 そういえば、夢ワークでFXをやろうとして止められたことがあったな。
 今回は、大丈夫だろうか・・・。

 翌日見た夢は、首都圏に近い湖で、複数の公共工事のようなプロジェクトに私が携わっているというものでした。
 そして、そのプロジェクトがことごとく失敗して、私の目の前には、途中で閉鎖となり閑散となった工事現場が広がっているというものでした。

 ううっ、またしても・・・。

 私の(霊的な)ガイドは、私にFXはやらせないと決めているようです。
 けっこう自信があったのですが、なんとも残念です。

 こうして私の一攫千金の夢は、まさしく真夏の夜の夢と消えたのでした。
 どうやら私の今生は、やはりお金とは無縁のようです。
 うすうす気付いてはいたのですが・・・。



『光速の壁を超えて』...2017年9月4日

 当サイトはこれまで色々な本を紹介してきましたが、紹介したいと思いつつ、そのままになっている本がいつくかあります。
 『光速の壁を超えて』(エリザベス・クラーラー著、ケイ・ミズモリ訳、ヒカルランド)はその一冊で、UFOコンタクティーの体験談です。
 これは、当時南アフリカ在住だった著者エリザベス・クラーラー女史が、太陽系からもっとも近い恒星であるケンタウルス座のメトン星から来たET(科学者である男性)エイコンと交流した記録です。驚くのは、クラーラー女史は惑星メトンに4ヶ月滞在し、エイコンとの間に男児(エイリング)を出産したというのです。

 私が紹介したいと思った理由の一つは、何千人にも及ぶ一般市民のUFO目撃談があるだけでなく、アメリカ、ロシア、イギリスの諜報機関が監視に載り出し、軍や警察までが目撃者となった事例だということです。南アフリカのメディアでも報道されたといいます。
 さらに驚きなのは、このクラーラー女史の体験談が、1983年に国連で読み上げられたということです。
 各国政府は、一般市民にUFO情報をひた隠しにするというのがこれまでの通例です。
 各国政府の代表で構成される国連であれば、なおさらUFO情報を隠ぺいしようとするはずだと思っていたからです。

 私がこの本を紹介するのをためらっていたのは、ETエイコンの科学的な知見に大いに感銘を受けたものの、その量が多すぎて、どこに焦点を当てればいいか迷ったからです。
 記事の量が多すぎれば読まれている方は疲れてしまうし、少なすぎて意味が伝わらないのではいけません。うーん、どうしようかと思っているうちに、時間だけが過ぎていきました。
 ところが『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!』(上部一馬著、ヒカルランド)を読んでいると、この『光速の壁を超えて』が紹介されていたのです。
 しかも実に簡潔にポイントがまとめられていました。
 さすが(著述家としての)プロは違うなと感心しました。
 そこで『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!』から、著者である上部一馬氏による『光速の壁を超えて』の紹介文を引用します。


 ・・・<『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!』、p272〜p275から抜粋開始>・・・

 中でもエリザベス・クラーラーという、南アフリカ空軍UFO課でUFO観測の訓練を受け、第二次大戦中はドイツ軍の暗号解読に従事した女性が、1980年に発表した衝撃的な体験記は世界的に知られることとなった。
 それは地球から4.3光年離れたケンタウルス座のメトン星という惑星に住む科学者・エイコンとの間に子供を授かったという衝撃的な体験だ。
 2016年4月、『光速の壁を超えて』(ヒカルランド)という邦題で翻訳復刊されたのだが、この書でもその惑星を訪問した人でしか知り得ない宇宙人との愛が綴られているのだ。
 1983年になって彼女の体験談は、国連で読みあげられ、世界的に知られることとなった。科学者エイコンが搭乗しているUFOは、イギリスや南アフリカ、ロシアで軍隊まで動かした。南アフリカのホウイトウォーターでは数千人がこのUFOを目撃したらしい。
 メトン星の科学者エイコンによれば、「地球では恒星までの距離は1パーセクで表され、パーセクは年周視差が1秒角となる距離(30兆キロメートル、または3.26光年)です。地球にもっとも近い恒星プロキシマ・ケンタウリ星の視差は0.76で1パーセク、4.3光年の距離に相当します。光は1秒間で30万キロメートル、1年間で約10兆キロメートル進むことになりますので、地球とプロキシマ・ケンタウリ星との距離は、およそ42兆キロメートルになります。
 ケンタウルス座?星として知られる太陽に似た恒星系は地球から39兆キロメートルすなわち、4光年の距離にあるのです」という。果たして、自然との調和がとれたケンタウルス座のメトン星とは、どんな惑星だったのだろうか?

 エイコンはクラーラーに語った。「ケンタルウス?星の私たちの恒星系は7つの惑星で構成されています。この美しい恒星系の三番名の構成要素は『プロキシマ・ケンタウリ』として知られています。その周りを7つの惑星が軌道を描いて回っています。
 その最大の恒星は太陽のおよそ3分の1の明るさで、赤みがかった光を発しています。2番目の恒星の光は日光と同程度です。3番目の恒星『プロキシマ・ケンタウリ』は太陽のように赤みかがった光を発していますが、非常に安定した恒星です。
 私たちの惑星は、この三重連星における最初の母星で、金星と似ています。この惑星は過去に私たちの偉大な文明を育むことができました。同じ系内の他の全ての惑星に種を広げていきました。系全体が3つの恒星の巨大なコロナの中にあります」
 このケンタウルス?星とは、地球に最も近い恒星だ。この最も近い恒星系に知的生命体、否、地球文明よりもはるかに進んだ宇宙人が住んでいたとは驚愕の事実だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2016年8月下旬、科学雑誌『ネイチャー』の電子版が、このケンタウルス?星のメトンに相当する惑星をロンドン大学チームが発見したと発表したといいます。
 さらに興味深いのは、数年前に世界的大ヒットとなった3D映画『アバター』は、このケンタウリ星を舞台にした映画だったというのです。


 ・・・<『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!』、p275〜p279から抜粋開始>・・・

 ロンドン大学がメトン星と思われる惑星「プロキシマb」を発見した!

 実は、この生命存在の可能性が高い前出のメトン星探査に成功したと思える発見が、イギリスのロンドン大学チームからもたらされた。このニュースは2016年8月下旬、科学雑誌で著名な『ネイチャー』(電子板)に掲載されたのだ。
 その距離こそ、4.2光年「プロキシマ・ケンタウリ」と呼ばれる恒星を周回する惑星だった。最小質量は地球の1.3倍、岩石で出来ていることがわかった。プロキシマ・ケンタウリは太陽の7分の1程度の大きさで、発する熱や光もさほど強くはない。
 ここに生命存在の可能性がある。「プロキシマb」と名づけられた惑星は、この恒星から750万km(太陽地球間の約12分の1)ほどの軌道上を周回しているという。したがって、気候も温暖、地球のような環境ではないかというのだ。
 この「プロキシマb」こそ、クラーラーが科学者エイコンと4か月ほど過ごした惑星メトン星ではないだろうか?
 この「プロキシマb」をめぐっては、さらに続報がある。2016年9月25日、NHK Eテレで、ロンドン大学がこの星を発見するまでの経緯をドキュメントタッチで放送したのだ。
 この「プロキシマ・ケンタウリ」は、1900年代前半に確認されていたらしく、なんと3重連星であることがわかっていた。また、気温も摂氏マイナス30度からプラス50度くらい。生命生存が可能な温度だ。
 まさしくこれこそ、前述した科学者エイコンがクラーラーに告げた内容と一致するではないか。数年前、大ヒットしたハリウッド映画『アバター』は、ここ「プロキシマ・ケンタウリ」を舞台にした物語だったらしい。
 もしかすると、この映画の脚本家はクラーラーの著作を参考にした可能性もある。
 残念ながら、クラーラーはすでにこの世の人ではないのだが、科学者エイコンとの間に生まれたエイリングは、地球年齢で言えば今、58歳前後になるはずだ。
 この金色の髪と瞳を持ったエイリングは、実に知性に優れ、好奇心が旺盛らしい。当然ながら、子供が生まれるということは、染色体、または種が同じということになるはずだ。
 人種が遠ければ遠いほど、優秀な子供が生まれることは遺伝学上、よく知られた法則である。今日世界で活躍するオリンピックやプロ野球、テニスなどで活躍する日本のアスリートたちの中にも混血の若者が増えてきた。運動能力や感性にも優れ、日本人離れしたパワーを備えている。
 惑星メトン星のエイコンの家族たちも、地球人クラーラーとの異星人間の交配を喜んで受け入れたようなのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 クラーラー女史の死後、『光速の壁を超えて』の原書の版権は、クラーラー女史の地球上の息子であるデイヴィッドに引き継がれます。
 デイヴィッドは敬遠なクリスチャンだったので、すべては神が造りたもうた、という信念を持っていました。それがETエイコンが語る科学的知識と相反し、葛藤したのだと思います。
 そして『光速の壁を超えて』を封印することを決意します。
 これが日本で復刻版を出したいケイ・ミズモリ氏の壁となります。
 ケイ・ミズモリ氏は、何年も掛けてデイヴィッドに復刻版を認めるよう説得します。そして、それが功を奏し、やっと日本で発売できるようになったのは、ケイ・ミズモリ氏が原書を読んでから20年後のことだったといいます。
 ではその辺の様子と、人類に示されたエイコンの科学的な知識の一端を、『光速の壁を超えて』(エリザベス・クラーラー著、ケイ・ミズモリ訳、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『光速の壁を超えて』、p351〜p355から抜粋開始>・・・

 ようやく努力が報われ、ほっとした瞬間だった。結局、訳者が本書の初版本を読んでから、20年後に日本語版の出版が実現したのである。
 さて、1910年に生まれた著者エリザベス・クラーラー氏は、アメリカのコンククティーであるジョージ・アダムスキーの著書を1953年に読んで以来、幼少から特異な体験をしてきたことを思い出し、1954年から1963年まで、ケンタウルス座メトン星の宇宙人とのコンタクトを確立した。1955年7月17日には、宇宙船の写真撮影に成功しており、それらは本書に掲載されている(管理人注:写真は略します)。1950年代のコンククティーによる影響が見られるものの、彼女が体験したストーリーは他のケースとは大いに異なっていた。おそらく、それは、UFO史上最大の出来事だったと言っても過言ではないだろう。著者のもとに飛来した宇宙船をたくさんの一般人が実際に目撃し、南アフリカの主要メディアはこぞって報じた。アメリカやソビエト連邦は諜報部員を派遣して著者と宇宙船を監視し、彼女の親類、近隣住民だけでなく、警察や軍関係者らも目撃者となった。そして、そんな状況証拠だけではなく、著者が出会った宇宙人たちからも、我々地球人にとって最も重要な情報、すなわち、人類の存続に不可欠な本質的な情報を与えられたのである。
 だが、その出来事が起きたのは、ヨーロッパでもアメリカでもなかった。南アフリカの田舎町で起こったがために、世界的な大ニュースにはいたらなかったのだ。もちろん、それでも多くの人々が押し寄せてきたために、著者が苦しんできたことは本書で語られた通りである。
 ここで本書の内容に移ろう。著者の体験自体、信じがたいものであったが、それに勝るとも劣らず、著者がケンタウルス座のメトン星人から授けられた情報も多岐にわたり、驚愕すべきものだった。特に、科学的な情報に関しては、宇宙エネルギー、重力、宇宙、生命誕生の謎などを含み、現代の科学では判断が困難なものもあったが、極めて注目に値するものだったと言えよう。
 デイヴィッドが本書の封印を求めたのは、そんな科学的な情報が理由なのではなく、純粋に宗教的な信念に基づいていた。だが、それによって、宗教的な信念とは関係しない情報まで封印されてしまうのは残念なことである。デイヴィッドは聖書に記されたことが真実であると固く信じ、母親がもたらした情報を評価していない。
 だが、旧約聖書創世記には、かつて地球は厚い水蒸気層で覆われていたが、40日間降り続いた大雨により、地上に海が広がり、虹や雲が現れる別世界が生まれたことが記されている。すなわち、ノアの大洪水を境に、人類の寿命は約1000歳から急激に短縮されていったことがわかる。過去に地球において大規模な環境破壊が起こり、地上の生命を守ってくれていたフィルターの一部、すなわち、上空の水蒸気層を失ったことが示唆されているのだ。
 他の50年代コンタクティーが宇宙人から得た情報とも共通するが、これによって、地上の生物は太陽からの有害な電磁波にさらされることになり、当時、地球で高度な文明を築いて暮らしていた人々は他の惑星または地下世界に移り住んだとされる。
 本書においてはさらなる詳細も含まれていた。つまり、地球のもう一つのフィルターである、磁気圏に関する言及である。ご存じのように、地球はそれ自体が磁石のようなもので、磁気で守られ、極に対して横から太陽光(電磁波)を浴びている。そのため、極地方では、太陽からの有害な電磁波による被ばくは最小限にとどめられる。南極に基地が設けられたのは、それが一つの理由であった可能性が示唆されている。詳細は言及しないが、南極には宇宙人によって建設された地下基地が存在するという説は長く語られてきたことである。
 さらに、本書においては、地球がもし健全な大気と磁気フィルターを有していれば、太陽からの有害な帯域の電磁波をカットでき(太陽の安定放射も条件となるが)我々は加齢現象を体験せず、長寿を享受できることが示されていた。だが、実のところ、旧約聖書に科学的視点で接すれば、そのような情報は自ずと読み解ける内容なのであり、デイヴイッドが主張する以上に、母親の伝えた情報には聖書との類似点は多いのである。
 他に気になった個所を少し思い出してみよう。大気圏内における飛行船の推進原理に関しては、化石燃料の消費は不要で、大気から電気を無限に取り出せることが記されていた。この話からは、アメリカの天才マーロン・ルーミスが大気から電気を取り出せることを発見し、1864年に無線通信機の開発に成功、1873年には国中に無線送電網を建設しようとしながらも、米国議会で却下された過去が思い出される。これはまた、原理は異なるようだが、のちにニコラ・テスラが構想したこと、すなわち世界システムの構築を目指しながらも、化石燃料の利権を独占する人々によって潰された、いわゆるフリーエネルギーを思わせるものだった(詳細は拙著『宇宙エネルギーがここに隠されていた』[徳間書店]参照)。
 また、信じがたいことではあるが、「重力は、私たちの宇宙嵐または銀河の平板化した渦巻系の中心核または中心部からの圧力です)と記されていた。もしこれが本当だとしたら、我々の科学の主要な部分が根底からひっくり返ることになるだろう。
 訳者の個人的な興味を惹いたものがある。メトン星に移住した元金星人たちは、おとなしい草食動物を自分たちの惑星へと連れて行き、テラフォーミングを行い、安定放射の複数の太陽(恒星)のもとで、弱肉強食とは異なる生態系を維持し、カイコを飼ってシルクを身にまとう、自然との調和を重んじた社会を形成しているというものだ。カットされるべき帯域の電磁波を浴びることで、人間を含めた動物たちが攻撃的になることは、テレビや電子レンジ等の普及時に科学者らが行ってきた動物実験においても明らかとなっているが、本書において確認できた意義は大きいと思われた。
 他にも、著者を誘拐しにやって来たロシア人の球形飛行船はいかなる推進原理を利用していたのかなど、まだまだ注目すべき点は多々含まれるが、それらは読者自身で振り返ってみていただきたい。本書では、さりげなく記された部分に極めて深遠な情報が埋もれている。何度も読み返す価値のある本だと訳者は思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、各国政府はUFO情報を隠ぺいするのが通例だと言いましたが、最近は少し違う流れが起こっているようです。
 『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた!』では、以下の2つの話題が載っていました。
 2016年、ブリュッセルで開催された欧州議会で欧州委員会委員長のジャンクロード・ユンケル氏が以下の発言をしたといいます。
 この会議では、イギリスのEU離脱が議題となっていました。

 「遠くから我々を観察している人々が非常に心配していることを知るべきです。私は、何人もの他の惑星のリーダーと会って話しました。彼らは、EUが今度どのような道筋を辿るのか大変心配しています。ヨーロッパ人と、もっと遠いところから我々を観察している人々の両方を安心させる必要があります」

 ユンケル委員長は曖昧な表現ではなく、「他の惑星のリーダー」とはっきり明言しています。

 もう一つは2013年12月、ロシアのメドヴェージェフ首相がテレビのインタビューで質問されたときの答えです。

 「モスクワには、どれくらいの宇宙人がいるのですか?」

 「それを言うとパニックになるので言えません!」

 メドヴェージェフ首相は茶化して笑って答えたのではなく、まじめに返答したといいます。
 ロシアでは、政府がUFO情報を一般に公開しようという意思が感じられます。いきなり全部を公開すると人々が精神的なパニックを起こしかねないので、少しずつ公開する方向に進んでいるように見えます。



世界的な気候変動の原因とは...2017年8月27日

 近年、地球は温暖化しているといわれています。
 南極から過去最大級の氷山が溶け出したというニュースや、海面上昇が伝えられているのですから、そうなのだろうと思います。
 そのせいでしょうか、世界的に異常な自然災害が多発するようになりました。
 世界的な自然災害のニュースは、浅川嘉富(よしとみ)さんのプログに写真付きで掲載されていますので、お勧めしたいと思います。

http://www.y-asakawa.com/

 地球温暖化が異常気象の一因になっていることは疑いようもありません。
 しかし、一般に信じられているのは、その原因が人間社会が排出したCO2だということです。
 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、私は一貫して温暖化はCO2が原因ではないと主張してきました。
 CO2に温室効果があることは事実ですが、その温室効果という意味でCO2の20倍と言われるメタン(CH4)が問題視されないのは不思議です。
 メタンが増えるのは、家畜の排泄物のせいだと言われていますが、近年の肉食化に伴い、空気中のメタンの量が増えているといいます。
 しかし、メタンを温暖化の原因としてしまうと、世界中の食肉生産にかかわる農家や企業が困窮してしまうことになります。ですから、無視することにしたのでしょうか。
 私がCO2犯人説に同意しない理由の一つは、CO2が温暖化の原因だという科学的な証拠など一つもないことです。もちろん実証する実験データもありません。CO2犯人説は、学者が唱える数多い仮説の一つに過ぎません。それが真実かどうかは、実験して確かめる以外にないのです。もちろん、そんな実験がなされたという話は聞いたこともありません。
 それにもかかわらず、世界中の大多数の人々が疑いもなくCO2犯人説を信じているのですから、私には異様に見えるのです。

 私は、地球温暖化の原因は、太陽活動の影響だと考えています。
 もちろん、実験データは示せないところはCO2犯人説と同じですが、それに関連する事実は示すことはできます。
 それは、NASAが2009年に発表した、「今、太陽系は強い磁場を持つ星間雲に突入しつつある」というレポートです。
 今から5年前になりますが、『アネモネ 2012年5月号』から抜粋して紹介します。


 ・・・<『アネモネ 2012年5月号』、p4から抜粋開始>・・・

 NASAが数年前に発表した衝撃レポートの内容

 近年、日本を含む世界各地で、イルカやクジラの座礁や迷い込みが相次いでいます。イルカやクジラは磁気に反応するため、科学者の多くは「地球内部の磁気に異変が起こっているのでは」と推測しています。
 では、何が地球内部に影響を与えているのでしょうか? 2009年、クリスマス目前の12月23日に、NASAが世界に発信したレポートは、いささか衝撃的なものでした。
 それは、「今、太陽系は強い磁場を持つ星間雲に突入しつつある」という内容だったからです。このことは、太陽圏の縁を飛行しているボイジャー1号と2号が送信したデータの分析結果から判明したようです。

 ・・・(中略)・・・

 ロシアの科学者が11年前に「星間エネルギー雲」を予言

 NASAの発表では、この星間雲は「幅30光年で6000度の水素およびヘリウム原子で構成される」とのことでした。
 そして、NASAの発表に先立つ1998年に「太陽系は近い将来『星間エネルギー雲』を通過する」と予言したのが、ロシアにあるシベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士です。
 「地球と生命の惑星物理学的状態」と題した博士の論文では、「『星間エネルギー雲』を構成するのは、爆発した星の残骸である宇宙のゴミで、水素、ヘリウム、及び、その他の元素や化合物などを含む磁気を帯びた帯状の雲」とし、「高エネルギーのプラズマ領域」と記しています。その11年後のNASAの発表で、博士の予言がほぼ正しいことが裏付けられたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 当HPの2015年5月4日の記事で、アレクセイ・デミートリエフ博士の主張を紹介したことがありました。
 再度、「ヤスの備忘録」のヤスさんのブログから抜粋させていただきます。


 ・・・<ヤスさんのブログから抜粋開始>・・・

 NASAの研究者の画期的な論文

 12月24日、NASAの研究者は著名なネイチャー誌に論文を発表し、現在太陽圏の縁を飛行しているボイジャー1号と2号が送信したデータの分析結果から見て、いま太陽系は強い磁場をもつ星間雲に突入しつつあるとした。

 ところで、ロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士は銀河系の軌道上にある太陽系がエネルギーの強い星間雲の中に突入しつつあり、それが太陽系全体が温暖化しつつある原因であるとしていた。以前に書いた記事だが、再度引用する。

 現在、太陽系の惑星すべてのエネルギーが高まってる状態にあるといわれている。「2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉 ローレンス E.ジョセフ 著 」、ならびにロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が発表した論文「PLANETOPHYSICAL STATE OF THE EARTH AND LIFE」などによると、以下のような現象が太陽系内の惑星で観察されているという。

 大気の増加
 火星では大気の厚みが増し、NASAの予想よりも約2倍濃くなっている。このため、1997年にはマースオブザーバーのバックアップ機の一つが厚い大気に阻まれクラッシュした。さらに、これと同様のことが木星、天王星、海王星でも起きている。

また、火星の北極に存在が確認されている氷の塊が早いスピードで溶けている。温暖化現象は火星でも発生している。

 増大する惑星の明るさ
金星の明るさは増大している。木星のエネルギーは明らかに増加しており、木星の月のイオと木星を結ぶイオン化した放射能のチューブが見えるようになった。天王星と海王星の明るさも増大している。

 惑星を取り巻く磁場の変化
 木星の磁場の強さは2倍になっており、天王星や海王星でも磁場の同じような増大が見られる。

 ポールシフト
 天王星と海王星でポールシフトが起きた。ボイジャー2号が二つの惑星を通過したときの計測では、北極と南極が地軸に対して約50度ほどずれていた。

 こうした変化は、2億6千万年の周期で天の川銀河を蛇行しながら公転している太陽系が、天の川銀河が宇宙の塵が集積してエネルギーレベルの高い地帯へと進入し、そのため膨大なプラズマエネルギーが太陽圏に進入していることによると考えられている。これは以前にこのブログで紹介したシベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が詳しい。博士は次のように言う。

 「太陽活動が盛んになっているのは、星間のエネルギー雲のなかへ移動するにつれて、われわれが経験している物質、エネルギー、情報の流れが増加しており、それがじかに反映された結果なのだ。太陽には新たな要求が課せられており、われわれはこうした要求が地球におよぼす衝撃を経験しているのだ。」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように太陽系の各惑星でポールシフトなど、大異変が始まっていることがわかります。むしろ地球は、始まったばかりで、まだ変化は少ない方と言えるかもしれません。
 私は地球の自転軸の移動という意味のポールシフトは、すでに始まっていると考えています。
 さらに『アネモネ 2012年5月号』から抜粋します。


 ・・・<『アネモネ 2012年5月号』、p4から抜粋開始>・・・

 ポールシフトとは、「自転軸の移動」のことで、それに伴って地球内部で磁気変動が起こります。冒頭に挙げたイルカやクジラの座礁は、ポールシフトと関係する可能性が充分にあります。
 すでにポールシフトが起きているという説があり、世界各地でその影響がジワジワと起きている証拠は他にもあります。例えば、グリーンランドには太陽が一定期間昇らない「極夜」があります。その極夜が明けるのは歴史上、いつも決まって1月13日でした。しかし、昨年は2日も早い11日に極夜が明け、地元ではちょっとしたパニックになったのです。
 その他にも、昨年1月、米タンパ空港は別の場所で発生した磁気異常の影響で、滑走路の再設計を余儀なくされました。こういった磁気異常の影響の顕著な例として、オーロラの観測地帯が広範囲に増えていることがあります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私にとって不思議でならないのは、太陽系が『星間エネルギー雲』に突入したという話が、世間で全く語られないことです。
 これが事実なら、人類は地球に種として発生してきた歴史の中で、未曾有の体験をすることになります。
 私は、近年の世界的な異常気象は、その始まりの序曲に過ぎないと考えています。そうであるなら、今後自然災害は、その規模を拡大し続けることになります。世界中で、巨大地震や巨大な火山噴火が次々と起こることになるでしょう。
 いま人類は、そうした試練に立ち向かうべく準備しなければらならない時期だと考えます。
 CO2排出規制などいう世迷い事を言っている暇はないと思うのです(だからといってCO2排出を規制しなくてよいと言っているわけではありません。環境汚染をただちに止めるべきという立場は同じです)。

 地球では完全に無視されている『星間エネルギー雲』ですが、ポジティブなET達は人類にさかんに警告してきました。
 当HPで一度紹介したものですが、それらを再度掲載したいと思います。

 UFOコンタクティーであるイタリア人のマウリッツオ・カヴァーロ氏がクラリオン星人のスエルから聞いた話です。
 2010年2月5日の記事から抜粋します。


 ・・・<『クラリオン星人はすべてを知っていた』、p347〜p349から抜粋開始>・・・

 間もなくすると太陽では磁場の乱れが起こり、その結果、太陽系は長期的に不安定な状態に陥るとのことでした。これは全て、周期的な成長プロセスの一端、つまり、物質の周波数上昇を促す変化だというのです。現行の周期が終わる頃、太陽系において、地球のカ場に打撃を与える未曾有の磁気嵐が発生するのだ、とスエルは明言しました。すると、地球は燃える地核の影響をまともに受け、徐々に悪化する気候変動に苦しむようになり、最後には、磁場に突如異変が起こるというのです。これはすなわち、磁場逆転という最終局面を迎え、それに伴い、ポールシフトが生じるということにほかなりません。
 このような事態になれば、地球全体が暴風雨と陸地を呑み込む津波に曝されるのです。また、黙示録的な地震や火山噴火が次々と起こり、海底の一部が姿を見せることになるのです。
 かつて、シベリアや英国など、あの緯度に位置する広大な地域は、森と沼地が広がる熱帯性気候であったと、スエルが明かしてくれました。同様に、昔、北米の広い地域は、熱帯雨林に覆われていて、南部アフリカとオーストラリア西部は、厚い氷に閉ざされていたということです。
 このような現象は、宇宙ではあたりまえのことで、数百万年というスパンで、幾度となく繰り返されてきているのだ、と彼は付け加えました。
 ですが、今回は、普遍的周期が終了を迎える時期と重なっています。よって、銀河の中心から届く量子エネルギーの強烈な波が私たちの住む太陽系を襲うので、新しい周波数場に則って遺伝子配列/惑星配列が再調整されることとなるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、UFOコンタクティーであるカナダ人のオスカー・マゴッチ氏がETのアーガスから聞いた話です。
 これもすでに紹介したものです。『深宇宙探訪記』から抜粋します。

 ・・・<『深宇宙探訪記』から抜粋開始>・・・

 惑星地球は今、もうすぐで根本的な宇宙サイクルの変化を経験するところに来ています。人間の時間で精々一世代もしたら、次のサイクルが、現在の地球環境の次元とは大分異なる次元で始まっていることでしょう。黄金時代の始まりです。本当に賢明な美しい世界が、今よりずっと高い振動のレベルで始まるのです。残念ながら、現在の地球は依然として、振動が低く、偽善的、同胞を傷つけあっています。この避けられない変化までに残された短い時間内に大きな向上が見られなければ、全世界的な大きな問題がたくさん出てくるでしょう。これからやって来るサイクルの振動は猛烈に高く、精神汚染で一杯になった地球と衝突して、凄まじい大改革を引き起こすでしょう。本質は浄化であっても、このサイクルが基本的な力を爆発させるのは避けられず、精神が下劣な人々や心の狭溢な人々を打ち砕き、政治面での混乱と破壊的な戦争を引き起こし、大規模の天災すらも惹起するでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 『深宇宙探訪記』は今から25年も前に発売され、すでに廃刊となったものです。

 最新の情報として、UFOコンタクティーであるジェームズ・ギリランド氏のDVD『コンタクト・ハズ・ビガン』から紹介します。


 ・・・<『コンタクト・ハズ・ビガン』から抜粋開始>・・・

 彼ら(ET)は将来に関して、また私達がどう備えるべきか、多くの情報を流しています。
 すべての意識レベル、環境、その他すべてにおいて浄化が起こります。
 このプロセスで、自然は非常に活発に活動していきます。
 自然に関して言えば、私達の太陽系は、宇宙の新しい場所に移動していて、そこは宇宙の最も先の部分で、1000倍明るく、すべての惑星が温暖化しています。
 そこでは4倍の光線が降り注ぎ、大気の変化が起こります。
 太陽はこれに反応していて、多量のコロナ質量とフレアを起こし、それが私達の天候に影響を与えています。
 さらに世界中の通信システム、そして意識にも影響を与えています。
 私達は地球の変化の始まりを目撃しているのです。
 今後、この変化はさらにエスカレートし、これから数年間で、いっそう激しくなるでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今回は長くなるので、ここまでとします。



日本のビールにGMO(遺伝子組み換え作物)は使われていないのだろうか...2017年8月16日

 ネットで調べてみると、2015年11月に、『生活クラブ生協や市民グループで構成される「たねと食と人@フォーラム」が、キリン、アサヒ、サッポロ、サントリーに出した公開質問状の回答をホームページで公開した』とあります。

http://healthpress.jp/2016/03/ng-1.html

 それによると、ビール各社がGMOを使い始めたのは2015年2〜3月のようです。当初は、清涼飲料水や発泡酒、第三のビールなどに使われていたようです。
 よって、この時点ではビールには使われていませんでした。
 しかしながら、上記のサイトの著者である郡司和夫氏は、以下のように述べています。

 「GMOが拡大に比例して、GMOへの不安も世界各地で高まっている。ともかく、このままでは日本のビールにも、いつGMOのコーンやスターチを使い出すかわからない」

 発泡酒や第三のビールにGMOが使われていることが人々に広く知られるようになったのは、2015年12月9日放送のテレビ東京系列のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)という経済番組でした。
 放送では、大手ビールメーカーは、ビールにはGMOを使用していないと回答しています。
 それゆえ、私はこの報道を観て、少々高くてもビールを飲んでいれば大丈夫だと思っていました。ビール党の私にとって、ビールにGMOが含まれるか、含まれないかは重大な問題です。
 しかし、以下の「ショージ・サエキのブログ」を読んで、大いに不安になってきました。

https://ameblo.jp/jam512412/entry-12156558298.html

 ショージ・サエキ氏の主張は、最近はビールの原材料欄にコーン・スターチが記載されているということです。
 スターチはトウモロコシから抽出したでん粉で、冒頭で紹介した郡司和夫氏によれば、国内で消費されるトウモロコシの84%が米国から輸入され、米国産のトウモロコシの93%がGMOだといいます。
 つまり日本で消費されるトウモロコシの約8割はGMOだということです。

 大手ビールメーカーは、今でも残り2割の非遺伝子組み換えコーンで、ビールを造ってくれているのでしょうか・・・。

 私はビールの原材料名を昔からチェックしていたわけではありません。
 しかし、ショージ・サエキ氏が言うように、最近になってビールの原材料名の欄に、「コーン・スターチ」が記載されたとなれば、由々しき事です。
 ビールにGMOを使う場合には、原材料名に記載しなければならず、「コーン・スターチ」と書かなければならないからです。
 とはいえ、昔から「コーン・スターチ」と記載されていたとしても、それがGMO由来のものでないなら何の問題もありません。
 問題の本質は、GMO由来のものかどうかです。
 ショージ・サエキ氏は大手ビールメーカーが、ビールにGMOを使っていると断言しています。
 しかし、その証拠は示していません。
 ですから、あくまでもショージ・サエキ氏の憶測でしかありません。
 周囲の状況から、こうだろうと推測したにすぎません。

 証拠がないのですから、私は断定できません。ただ、その可能性を感じているだけです。

 ビールを飲まない方には何の関係もない話ですが、人よりビールを多く飲む私にとっては重大な関心事です。
 私はさっそく、いつもビールを買うスーパーに行って、ビールの原材料名を見てみました。
 すると、ショージ・サエキ氏が指摘するように、原材料名に「コーン・スターチ」と確かに記載されています。
 「コーン・スターチ」と記載されていないのは、やはり「一番搾り」「モルツ」「エビス」などです。
 私は困ったことになりました。
 私はこれまでA社のスーパードライという銘柄を飲んでいました。
 これは私がスーパードライが好きだからではなく、アルミ缶を避けるために瓶ビールにしたからです。
 今は一般のスーパーには、瓶ビールというと、A社のスーパードライしか置いていないのが現状です。
 私は家の近くの他のスーパーや酒屋に行って、キリンの一番搾りの瓶ビールがないか探しました。でも1件もありませんでした。
 仕方なく、キリンのハートランドを買うことにしました。
 容量は500mlと大瓶(633ml)に比べれば少なくなりますが、背に腹は代えられません。

 これを読まれている方は、なぜ私がGMOに、ここまでこだわるのか不思議に思われるかもしれません。
 理由があるのです。

 ここ2〜3ヶ月のことですが、私は朝起きたとき、身体の変調に悩まされるようになったのです。
 身体がずっしりと重く、時として内臓に鈍痛が走ったりします。夏の猛暑で体調を崩すことはありがちですが、それとは違った症状です。
 私は自炊をしていますが、もし新たな食材を使うようになって不調になったのなら原因の特定は簡単です。
 しかしこのところ新たな食材は使っていないのに、強い不調を感じるようになったのです。これは、今まで口にしてきたものの中に、何か毒性のものが加わったと考える方が自然です。
 私は無添加生活をしているので、わずかな添加物にも敏感に反応する身体になっています。添加物には、リトマス試験紙のように反応してしまうのです。
 当然GMOなど何年も口にしていないはずですから、GMOのような毒性が強いものが入ってきたらすぐにわかるはずです。
 そんなおり、ショージ・サエキ氏のサイトを読んで、ピンとくるものがあったのです。ひょっとしたら、私の体調不良の原因は、ビールにGMOが含まれるようになったからではないか・・・。

 そこでA社のビールを止め、原材料名に「麦芽・ホップ」としか書いていない、キリンのハートランドに替えてみたわけです。
 結果は劇的でした。
 朝起きたとき、爽快でした。これほど違うのかと感心しました。

 もちろん、これはあくまでも私の個人的な感覚です。
 私はA社の営業妨害をしたいとは思わないし、私の個人的な体調の変化のみで、GMOが入っていると断定できるはずもありません。
 ただ私が原材料名に「コーン・スターチ」と書いていないビールに替えてから、体調が大きく改善したのも事実です。

 ここで改めて、GMOの危険性を訴えたいと思います。
 GMO先進国のアメリカで、何か起こったかを、『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』(船瀬俊介著、イースト・プレス)から抜粋して紹介します。

 ・・・<『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』、p251〜p252から抜粋開始>・・・

 「アメリカ人の健康度は、先進17カ国中で最低−−」
 つい先日、こんな報道がありました(『東京新聞』2013年1月10日)。全米科学アカデミーによるショッキングな”報告書”です。
 彼らは「平均余命も、女性が16位、男性が17位ときわめて短い」と嘆きます。
 その原因として挙げられているのが、肥満や糖尿病といった生活習慣病、高カロリーの食習慣。その他、銃犯罪、車社会、薬物依存なども指摘されています。
 「米国民一人あたりの医療費は、欧州各国、カナダ、オーストラリア、日本などに比べて高いが、50歳までに死亡する人の割合は、男女とも米国がもっとも高かった」(同紙)
 これが、世界に冠たる”超大国”アメリカ国民の悲しい現実なのです。

 アメリカは遺伝子組み換えでも”超先進国”です。
 ところが本書で警告したように、この人工食品が米国民に強制されて約10年で「多重慢性疾患の患者数は2倍近くに急増している」のです。
 急性アレルギー患者数も、わずか5年間で2倍です。子どもたちのぜんそく、自閉症、肥満、糖尿病、消化器障害、小児ガンも急増、多発しています。
 遺伝子組み換え作物の代表「キング・コーン」は実験マウスの多くに巨大腫瘍を発生させました。同様に、遺伝子組み換え大豆などにも同じような毒性があるでしょう。米国人は、それらを使用した加工食品や、飼料として使われた食肉を大量に食べつづけているのです。
 その結果が、先進国で最低の悲惨な健康状態というわけです。

 そして、そのアメリカのあとを追っているのが、わが日本です。
 こんな愚かな、恐ろしい前例を真似して、どうするのですか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 参考までに、引用文中の実験マウスの巨大腫瘍は以下のサイトで見ることができます。

http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-227.html


 『「モンスター食品」が世界を食いつくす!』が発売されたのは2013年です。
 少し古い情報で、その後、微妙ですが情勢が変わってきているようです。

http://beautybody-hakata.com/%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E7%89%A9%E9%96%A2%E9%80%A3/%E6%97%A5%E6%9C%AC%EF%BC%93%E5%A4%A7%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E7%99%BA%E6%B3%A1%E9%85%92%E3%81%AB%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E7%B5%84%E3%81%BF%E6%8F%9B%E3%81%88%E4%BD%9C%E7%89%A9%E4%BD%BF.html

 モンサント社がほぼ独占しているGMOのコーンですが、アメリカ国内で順調にシェアを伸ばし、2014年には93%を占めるようになったとのことです。
 ところが翌年(2015年)は92%と、初めてシェアを減らしたというのです。
 これはアメリカ人の健康志向によるものだと分析されているようです。
 今では、さらにアメリカ人の健康志向は高まっている可能性があります。

 この情報は、私の日本のビールに対する疑念をさらに深める結果となりました。
 アメリカで健康志向が高まり、GMOコーンが売れなくなったため、日本の大手ビールメーカーにさらに多く輸入するよう圧力をかけた可能性があります。
 それで、日本の大手ビールメーカーは、それまでは発泡酒や第三のビールにしか使っていなかったGMOコーンを、ビールにも使うようになったのではないか・・・。

 もし大手ビールメーカーが、「当社は、ビールにはGMOを使っていません」と宣言してくれれば、単なる私の杞憂で終わります。
 あるいは、開き直って、「ビールにもGMOを使っています」と発表してくれれば、なおスッキリします。
 なんらかの発表があればなあ、と願っています。

 あるいは、誰か実情をご存じの方がおられましたら、(私にこっそりと)教えていただけたら嬉しいです。



ドSの宇宙さん...2017年8月10日

 面白い本を読みました。
『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』(小池浩著、サンマーク出版)という本です。
 一時期、引き寄せの法則が流行りましたが、私は願望実現の本はほとんど読みません。
 ただこの本のタイトルが借金2000万円と実にリアルな金額で、つい手に取ってしまったのです。
 そしてパラパラとめくって読んでみると、思わず引き込まれてしまい、買ってしまいました。

 著者の小池浩(こいけ・ひろし)氏について紹介します。
 小池氏は学校卒業後、地道に7年間コツコツ働いて資金を貯め、ついに念願のアパレルショップをオープンします。
 自分でデザインしたTシャツなどを売る店で、小池氏にとっては、こだわりのお店です。小池氏は、かっこいいデザインで人々に受け入れられると思っていたのですが、全く売れなかったのです。
 お店には閑古鳥が鳴いているのですが、小池氏にとっては夢を実現した念願の店です。店を畳むことができず、これが傷口を広げる元となってしまいます。
 ズルズルと銀行に運転資金を借りていたのですが、それでも足らなくなり、最後はヤミ金にまで手を出してしまいます。
 総額の借金は2000万円にのぼり、そのうち600万円がヤミ金です。
 ついに首が回らなくなります。
 そんなときに、ある「声」が聞こえてきたのです。

 では、その「声」が聞こえてきた経緯から紹介します。


 ・・・<『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』、本の冒頭から抜粋開始>・・・

 弁護士さんを何軒回って相談しても
 「もう自己破産しかありませんね」としか言われない。
 誰もが僕をあきらめていた。そう、僕でさえも。

 友人もパートナーも離れていった僕は、人生どん底。
 もう、車の運転をしていても、トイレに入っていても、
 つつーっと、勝手に涙が出てくる。
 「死んでしまえたらラクかもしれない」
 とそのたびに思ったけれど、僕の借金の保証人は自分の親。
 だから、死ぬこともできなかった。

 どうしていいかわからない。
 あの夜も、お風呂場で僕は泣いてたんだ。
 「何もかも、すべてが終わっちゃえばいいのに」
 すると、どこからともなく声が聞こえてきたんだ。

 「やめないで、やめないで」
 それは、僕の心の声のようだった。
 シャワーのお湯と涙でぐちゃぐちゃになりながら、
 僕は、声にならない声で、つぶやいていた。

 「もう、頼れるものは何もない。
 どうか助けて! 神様、仏様、ご先祖様、宇宙様!」

 そのときだった。

 「おい、コイケ、
 呼んだか!?」

 「へ?」

??? 「よお! 久しぶりじゃん!」

コイケ 「久しぶり!? じゃん!?
    し、知りません知りません。
    お帰りください」

??? 「つか、おまえ、せっかく面白いネタつくっといて、
    今やめたら台無しじゃねーか!」

コイケ 「ネ、ネタ?
    いや、それより、あなた誰?」

??? 「オレ?
    さっき呼んだじゃねーか。
    宇宙だけど」

コイケ 「は? 宇宙?」

自称宇宙 「ま、実際は交信係だけどな。
     で、呼んだからには、おまえホントにやるんだろうな」

コイケ 「え?? 何を?」

自称宇宙 「何っ、て
     宇宙にオーダーすることをだよ。
     そのために、オレを呼んだんだろうが」

コイケ 「宇宙にオーダー? オーダーって何?」

自称宇宙 「おまえ、借金で脳みそスポンジになっちまったのか?
     オーダーってのは、
     おまえの願いを、オレが宇宙に届けることに決まってんだろうが!」

コイケ 「願い? 宇宙にお願いごと? お星さまに願いごと〜なんて、言ってる場合じゃないんですよ、こっちは。
    僕の人生にはもう、死ぬか、ホームレスぐらいしか残ってないんだから」

自称宇宙 「ホームレス!? いいね〜それ!
     2000万の借金から、ホームレス!
     そして、そ、こ、か、ら、の〜〜人生大逆転!
     ……ふむふむ、けっこうネタつくるね、コイケ」

コイケ 「いえいえ、ネタじゃないですよ。
    もうね、それしか選択肢ないんですよ……僕には」

自称宇宙 「だから、おまえのオーダーは、
     そっからの大逆転劇なんだろ?」

コイケ 「え? 僕の人生、ここから大逆転できるとでも?」

自称宇宙 「は? 大逆転できるんじゃなくて、するんだろ?
     そのためにやっと、オレのこと思い出したんじゃねーのかよ?」

コイケ 「え、いや、思い出すって……(そもそも誰だか知らないけど)」

自称宇宙 「ったく! オーダーするのか、しないのか!
     なんでもかなえてやるから、さっきと決めやがれ!」

コイケ 「なんでも? 本当に?
    じ、じゃあ、お願いします!!
    人生大逆転で! あ、でも、ホームレスはなしで!
    本当にかなえてくれるんですか?」

自称宇宙 「おう、もちろん、宇宙に二言はねーよ。
     ちゃんと”オキテ”を守れば、な」

コイケ 「オキテ!? な、なんでしょう。
    ここから抜け出せるなら、
    僕なんでもやります!!」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 小池氏がバスルームで聞いた、「やめないで、やめないで」という言葉は、ドSの”自称宇宙”さんの言葉ではありません。
 それは本の最後にネタばらしがあるので、ここでは内緒にしておきましょう。

 この自称宇宙さんは、本人は宇宙との交信係と言っていますが、私の表現では小池氏の(霊的な)ガイドです。
 小池氏はそのガイドと普通に会話できるのですから、その意味では普通の人とは言い難いところです。
 私の勝手な想像ですが、小池氏は生まれる前の魂の計画として、アパレル店を立ち上げて失敗すること。そしてガイドのアドバイスを聞きながら、人生の大逆転をすることを決めてきたのではないかと思います。
 そうした経緯をつづった本を出すことで、多くの人に”宇宙の仕組み”を理解してもらおうという計画があったのではないかと想像しています。
 小池氏は、借金2000万円を返済するだけでなく、結婚までしてしまいます。
 借金で首が回らなくなった人生からの、まさに大逆転です。

 ではドSの宇宙さんのアドバイスとは、どのようなものだったのか、最初の部分を紹介します。


 ・・・<『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』、p22〜p32から抜粋開始>・・・

 「無理、できない」「やっぱりダメか」も
 すべて宇宙への「オーダー」だ!

 《ヤバイ、ついに幻覚まで見るようになってしまった》
 バスルームでの奇妙なできごとの後、僕は浴室からフラフラと出て、冷蔵庫から発泡酒を取り出しました。
 「落ち着け、僕。落ち着け」
 プシュ。
 缶の蓋を開けてグビグビと喉に流し込み、一息づいてから、部屋のソファに腰を下ろしたのですが、
 「おい! ヒトのこと踏んでんじゃねーよ!」
 罵声が飛んできて、僕はソファから飛び上がりました。
 「ひぇぇっ! いた! まだいた!」
 「だから! おまえが呼んだんじゃねーかよ」
 「呼んだ? 僕が? いやいや、あなた誰なんですか?
 ここで何してるんですか?」
 「さっき自己紹介しただろ! おまえの記憶力は鳥並みか!」
 「……痛い!」
 「何やってんだよ? ほっぺたなんかつねって」
 「だって、いきなりシャワーヘッドから現れて『久しぶり、オレ宇宙です』って言われたら、いよいよ僕の頭がおかしくなったか、悪い夢か、どっちかでしょ」
 「それよりよ、おまえ、さっき言ったよな、
 『ここから抜け出せるんならなんでもやります!』って。
 どうすんの? するの? しないの?」
 「え?」
 「おまえ、オレがいるのにいつまでモジモジウジウジしてんだ、つってんの」
 「はあ。僕はどうしたらいいんでしょう」
 「だから! おまえ、オレの話聞いてた? 人生大逆転するんだろ?
 そのためにオーダーするんじゃねーの? しないなら帰るけどオレ」
 「し、します、します!
 で、あの、どうやってオーダーしたらいいんでしょうか?」
 「ああん? おまえそんなことも忘れちまったのか」
 「いや、忘れたというか、知らないですよ」
 「じゃあ、教えてやろう!……の前に、だ」
 「え? なんですか?」
 「おまえのオーダーは
 すでに全部かなっている!」
 「は?」
 「おまえの望みは今まですべて、現実になっている。
 今のコイケ、イコール、おまえの理想の、おまえが望んだコイケ、だ」
 「え! 事業に大失敗して借金2000万のこの僕が?
 −−なわけないじゃないですか! ふざけないでくださいよ」
 「だっておまえ、いつもオーダーしてたじゃん!
 『売れないな、売れないな、今日も売れないな』って」
 「え? どういうこと?」
 「オレはオーダーどおりにかなえてやっただけだ」
 「ウ、ウソだ!」

 言葉とは裏腹に、僕は衝撃を受けていました。
 確かに僕は、毎日毎日、つぶやいていました。
 「やっぱり売れないな〜」
 「僕のデザインしたTシャツって魅力ないのかな」
「こんな借金返せないよ〜」
 「あ〜もうダメだ、無理かもな〜」
 考えてみれば、楽しいことなんてここ数年、口から出てきた記憶がないほどでした。
 まさか、それ全部、宇宙へのオーダーになってしまってたってこと?

 「そう、それだ。おまえは結果を決めてオーダーした。
 ちゃんとオレは宇宙にそれを伝達したし、かなえてやった」
 そう言って、宇宙さんは冷蔵庫のほうへとふわふわ飛んでいき、冷蔵庫を開けて「オレも1本もらおうかな」と、発泡酒を取り出そうとしています。
 「ちょっとダメダメ! 僕の唯一の楽しみを奪わないでください!
 それしか今の僕には買えないんですからっ!」

 そう言って僕は発泡酒が奪われるのを阻止しました。発泡酒は、夕飯を100円以下のカップ麺にしてでも、なんとか確保していた、僕の唯一の楽しみだったんです。
 「そうそう、それもかなえてやったな」
 「え?」
 「『僕には発泡酒しか買えない!』っていうオーダーだよ」

 「ええぇっ!」
 「だから、感謝しろって。おまえが言ったことは、全部かなえてやってんだよ」

 「そ……そんな。い、いや、でも違う!
 全部かなえてるなんて、ウソだ!
 僕は、『なんとかしてください』って願ってた! いつもそう言ってた。
 だけど、それはかなえてくれなかったじゃないか!」

 「おい、おまえ、今なんて言った? なんとかしてくださいってなんだよ!
 おまえはラーメン屋に行って
 『なんかください』って言うのか? バカかおまえは!」
 「あ、いや……じゃ、じゃあ、《借金完済したい》ってオーダーすれば、
 それはかなえてもらえるんですか?
 「『完済したい』だとぉぉぉ?
 ああ、もう、おまえは、本当に忘れちまってんだな。
 仕方ねえ、最初から教えてやるか。面倒だけど」

 「ちょっと待ってろよ」
 そう言って、足元の泉のように見える”何か”にツルンと消えた宇宙さんは、次の瞬間、「よいしょっと」と言いながら、黒板を持って現れたのです。そして、部屋の真ん中に置いた後、一瞬考えるような仕草をしてバスルームへと入っていきました。
 「あぁ、ちょっと違うなぁ」「こうか?」と、プツブツとつぶやいていたかと思うと、
 バスルームの扉が開いて、宇宙さんが出てきました。

 「コイケ!!!!! 準備はいいかーー!!
 宇宙のしくみを知りたいかーーー?」
 「……」
 「絶句すんじゃねえ!!!
 コーイーケー!」
 「ひ……は、はい。なんでしょう!」
 「覚悟はいいか!
 宇宙のしくみを、
 叩き込んでやるーー!!!!」
 「……しくみ?」
 「おまえなぁ……
 これから人生大逆転しようかっていう人間が
 しくみを知らなくてどうする。
 宇宙のしくみは、地球とは違う。
 宇宙へのオーダーのしかたを叩き込んでやるから、覚悟しろ!
 今から、オリンピックに出るつもりで、死ぬ気でやれ!」
 「え……オリンピック? いやいや、それは、無理です」
 「じゃあ、借金地獄で死んじまえ!」
 「イ、イヤです!」
 「じゃあ、覚悟しろ。
 しくみさえわかれば、むずかしくはない。
 ただ、おまえがまずやらなきゃならんのは、最初の覚悟だ!
 何をどうするのか、何も決めてない!
 今決めろ、すぐ決めろ!
 借金を返済するのか、しないのか?
 どうなんだ、ええ?」
 「え、だって、2000万ですよ? 200万じゃないんですよ。
 そんな簡単に返せるわけないですよ」
 「……あ、そう。じゃあ、返せないな。
 おまえみたいなヤツには、ぜーったいに返せない。
 うんうん、返せない。死んでも返せない。生まれ変わっても、返せない」
 「な、なんでそんなこと言うんですか?」
 「今おまえが言ったじゃねーか『返せない』って。おまえが『返せない』と言ったら、『返せない』が宇宙にはこだまするんだよ!
 『返せない』現実が来るんだよ!」
 「ひどい。僕、これでも頑張ってるのに
 頑張ってるのに、返せないんだ」
 「はああああ?
 『頑張ってる』だと?
 『頑張ってるのに返せない』だと?
 じゃあ、永遠に、頑張ってるのに返せないねえ。
 コイケサン、頑張ってるのにねえ。大変ねえ」
 「……」
 「……チッ……」
 舌打ちした宇宙さんが、黒板に書きはじめました。
 「これが、宇宙のオキテなんだよ!」
 「宇宙のオキテ?」
 スパルタ塾講師のようないでたちの宇宙さんは、短い手で黒板を指差しながら、解説をしはじめたのでした。

 「ぼけっとしてないで、ノートを取れ!
 誰の授業だと思ってんだ!」
 「え、ノート? は、はい!」
 僕は慌てて宇宙さんが書いた言葉をメモしました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 宇宙と呼ぶべきか時空と呼ぶべきか、それに相当する言葉選びに困りますが、ここでは宇宙にしましょう。
 宇宙は善悪を判断しないというのは、よく聞く話です。
 善悪とは人間が作りだした概念です。ですから善悪の内容は、時代や状況で変わっていきます。ある宗教にとっての善は、別の宗教にとって悪であったります。このように立場によっても、善悪は変わってしまいます。
 しかし宇宙には、その宇宙の不変の法則があるはずです。
 それは、時代や状況や立場によって変わるはずがありません。
 ですから、宇宙は善悪を判断しないというのは当然だという気がします。
 ここで私たちが学ぶべきことは、宇宙は人間が意図する(言葉を発する)ことを、こだまさせ、その現実を(強化して)造りだすという実に単純で明快なメカニズムです。
 ドSの宇宙さんの講義です。


 ・・・<『借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ』、p33〜p39から抜粋開始>・・・


 「自虐」「懇願」「夢心地」口ぐせを
 いますぐやめて「完了口ぐせ」に変えろ!

 先に結論から言う。
 願望をおなえるには3つのオキテがある。

 「結果を決めて宇宙にオーダーすること」
 「ヒントは最初の0.5秒でつかんで必ず実行すること」
 「ロぐせを、うまくいく□ぐせに変えること」

 宇宙ってのは、宇宙にあふれてくるエネルギーをただただ増幅させる場だ。そしてそれを目の前に形として形成する。
 それが宇宙の性質だ。
 そのエネルギーの波動として、宇宙が最もキャッチしやすいのが、その人が信じきっていることや、言葉。普段口に出している言葉、ロぐせだ。
 つい口から出てしまう言葉、つまり口ぐせっていうのは、自分が心底信じている、「人生の大前提」だと思うといい。

 「オレってすげえ」なのか、
 「オレ、やっぱりダメなんだな」なのか。

 ロぐせで、そいつが何を心から信じているのか、一発でわかる。
 ロから出ている言葉は、振動している。
 日本には言霊(ことだま)という言葉があるが、日本人は、言葉に強力なエネルギーが宿ることを昔から知っていたということだろう。
 人は、日々の□ぐせを、潜在意識を通じて宇宙に届けている。
 宇宙に増幅してほしいエネルギーを、自分で選んで、いつも宇宙にオーダーしているっていうことだ。
 日頃から何をつぶやくかで人生が変わる、願いがかなう、という話を聞いたことがあると思うが、これは、つぶやきとは、すなわち宇宙へのオーダーそのものだからだ。
 「願いがかなうしくみ」は、簡単に言うと、自分が口から出したものが、そのまま増幅されてるだけ。「口にした願いはかなう」とき、そのしくみは、自分が発した言葉の持つエネルギーを、宇宙空間が増幅、増幅、増幅して、それが返ってきているだけ。

 「売れない」
 「できない」
 「返せない」

 だから、コイケが日々口にしていたこんな「自虐□ぐせ」も、全部増幅されていた。増幅され、さらに「売れない」「できない」「返せない」現実が目の前にやってきた。

 人間が陥りがちな3つの□ぐせパターンがある。ひとつがこの自虐ロぐせ、2つめが「なんとかしてください」という「懇願□ぐせ」。3つめは「夢心地□ぐせ」だ。

 宇宙の力とは「エネルギーを増幅させることだけ」なのに、そこに、「なんとかしてください」なんて言ったら、どうなるか。宇宙は「なんとかしてください」というエネルギーを増幅させる。
 「なんとかしてください」「なんとかしてください」「なんとかしてください」……結果、どうなるかって?
 恐ろしいほどの「なんとかしてくれ」という状況が押し寄せるってことだ。

 同じような意味で、3つめの「夢心地口ぐせ」もNGだ。
 「世界一周したい!」「年収2000万になりたい!」
 という「〜したい」オーダーは、今、世界一周できていない、いつかはしたいなというエネルギーを増幅させる。
 結果、永遠に「世界一周に焦がれる」という現実を生み出す。

 宇宙には善悪も、解釈もない。びっくりするはどない。
 人がつぶやいた□ぐせが、ただひたすら増幅され、現実になるだけ。
 その現実を嘆いたところで、宇宙に言わせれば、「は??おまえ自分でそう言ったろ。それをオレは忠実に再現したけど、何か?」というわけだ。
 宇宙は「これって、コイケさんはホントのところどう思ってんのかな」「こんな苦しいオーダー、ホントはするはずないよね」なんて解釈を挟んでくれたりはしない。
 「ほら、おまえ言ったろ」と、とことん、言葉を忠実に増幅させ、情け容赦なく現実にするという意味で、どこまでもドS。それが宇宙だ。

 願いをかなえたいというとき、人間にできることは、「結果を決めてオーダーする」ことだけ。
 心の中で確実に「決めたこと」を、ハッキリとロに出してオーダーすること。そして、口ぐせにしてしまうことだ。そう、刷り込みのように、願いがかなった状態を自分の心の奥の奥にまで浸透させ、信じきるってことだ。

 これは、喫茶店で、コーヒーをオーダーするのと同じこと。
 コーヒーが飲みたいから、「コーヒーをお願いします」と明確にオーダーする。
 「何か飲みたいです」と曖昧なオーダーをするバカはいない。
 さらには、コーヒーをオーダーしたのに「いや、そうはいっても、出てくるのは紅茶かも」とか、「頼んだけどコーヒーは出てこないかもしれない」と心配する変人もそうそういないはずだ。
 宇宙へのオーダーもまったくそれと同じ。
 より明確に、結果を決めて、オーダーする。
 そしてそれが出てくるのを信じて待つ。

 じゃあ、3つのNG口ぐせをやめて何が正解なんだって?
 「完了口ぐせ」にするんだよ。
 「世界一周をしました」「年収2000万になりました」
 明確な結果を口にするだけだ!

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこうした宇宙の仕組みを、知識としては知っていました。
 ただ、実際の生活に役立ててはいませんでした。
 私がこの本を読んで気づいたことは、私もまた多くの3つのNG口ぐせをやっていたことです。
 口ぐせというのは、くせなので本人は気づきにくいということがあると思います。
 これを機会に、私は口ぐせを直してみようと思っています。

 ここに紹介したのは、本の最初のさわりの部分です。
 実際には、ドSの宇宙さんは、実に様々なアドバイスをします。それを忠実に実行することにより、小池氏の人生は好転していくのです。
 詳しい内容に興味のある方は、本を読んでいただければと思います。



『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』から...2017年8月1日

 今年の春、東京の飯田橋にあるヒカルランドのオフィスで開かれた、ケイ・ミズモリさんの出版記念講演会に行ってきました。
 その講演会でケイ・ミズモリさんが、そのうちヒカルランドからシャスタ山の地下世界に関する本を訳したものを出版する予定だと言っていました。
 その言葉の記憶があり、本屋で『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』(ユージン・E・トーマス著、ケイ・ミズモリ訳、ヒカルランド)を見つけたので、思わず買ってしまいました。
 最初、私はこの本が、地下世界に行った人の体験談か、あるいは行った人の体験を聞いて書かれた本だと思っていました。しかし実際は、地下世界を舞台にした小説でした。
 しかも今から71年も前に出版された本です。
 この本が出版されたのは、1946年というのですから、第二次世界大戦が終わった翌年です。ケイ・ミズモリさんは、それほど前に書かれた本ながら、今でも色褪せていない新鮮さを感じると言っていましたが、それには納得する部分があります。
 著者のユージン・E・トーマスという人物がどんな人物なのか、謎のようです。
 著者自身がシャスタ山の地下世界に行ったのか、それとも実際に行った人の話を聞いて書いたのか。小説仕立てにしたのは、本人が実際に行ったのだけれども、それを発表すると身に危険が及ぶからなのか、いろいろ想像してしまいます。
 ただ言えることは、本に書かれているレムリアの聖者たちの言葉が、現代のスピリチュアルの観点から見ても、(ケイ・ミズモリさんが言うように)新鮮さを失っていないことです。

 まず最初に、本の「訳者まえがき」から抜粋して紹介します。
 実際にシャスタ山の地下世界に行ったという人物は実在したが、不可解な蒸発をしてしまったという記事です。


 ・・・<『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』、p9〜12pから抜粋開始>・・・

 訳者まえがき

 米カリフォルニア州のシャスタ山は、古くからネイティブ・アメリカンたちによって聖山として崇められてきた。日本の富士山とも似て、頂に白い雪を冠したその姿はとても美しく、多くの人々を魅了している。そして、スピリチュアルな人々はシャスタ山を特別視してきた。というのも、シャスタ山のどこかに聖者たちが暮らす「楽園=秘密コミュニティー」が存在すると噂されてきたからである。
 ミステリアスなシャスタ山の魅力は20世紀に入って高まった。山中のとある場所で大規模な地下トンネルが発見されたとするニュースが広まり、噂が現実味を増したからである。
 1904年、あるロンドンの鉱山会社に雇われた地質学者のJ・C・ブラウンは、金鉱石のような貴金属を求めて、カリフォルニア州にあるシャスタ山を調査していた。ある日、彼は崖の側面に周囲の地形と調和しない岩があることに気付いた。駆け付けて調べてみると、その奇妙な岩は、洞窟と思われる部分の入口を塞いでいた。あまりにも不自然だったため、彼は入口を塞いでいた岩や土砂を取り除いてみると、瓦礫や植物で溢れた洞窟を確認した。さらに掘り進んでみると、それは小さな洞窟ではなく、地中へと下っていくトンネルであることが判明した。採掘に必要な装備とランタンを持って、彼はトンネルの中へ探索に行った。
 「トンネルの入口から3マイル(約4.8キロ)進むと、私は金鉱石を含む場所に着き、さらに進むと、明らかに古代人たちが銅を採掘していたであろう別の場所に辿り着いた」という。そして、山の内部を11マイル(約18キロ)ほど進んだ奥には、たくさんの部屋が存在した。どの部屋も文字が刻まれたプレートで溢れていた。壁は焼き戻された銅で奇麗に覆われ、金でできた覆いや表具が掛けられていた。数枚の金のプレートには、象形文字や絵が刻まれていた。そして、いくつかの部屋は礼拝の場と思われる部屋へと続いていた。
 そこには、銅と金からできた13の彫像があり、金色に尖った光の筋とともに大きな太陽がデザインされていた。ブラウンは物が散乱した状態を見て、地底の村の住人たちがそこをとっさに立ち去ったように感じた。そして、彼は不気味な光景を目にした。一つの部屋の中に、小さいもので6フィート6インチ(約2メートル)、大きいもので10フィート(約3メートル)を超える骸骨が27体あったのだ。うち2体はミイラ化しており、それぞれカラフルで華麗なローブを纏っていた。
 ブラウンは象形文字を研究し、多くの日々を探検に費やしていたが、これは深く心に残る体験であった。彼はこの偉大な考古学的発見に興奮して、そのトンネルや中のものをそのままの状態に残そうと決心した。彼はトンネルを出て、用心深く入口を隠して、その場所を正確に地図上にマークした。
 その後の30年間、ブラウンは姿を隠したが、文学や哲学を学び、有史以前のムーやレムリア文明の研究を行っていた。何年もかけてトンネル内で発見した象形文字や絵文字を精査した後、それらはレムリア人たちが残した記録であると彼は確信した。そして、山の洞窟内でなおもそのまの状態で残されたレムリア人の栄華と輝かしい工芸品は一般に共有されるべきものと考えた。
 1934年、ブラウンは79歳にしてカリフォルニア州のストクトンに姿を現した。彼は興味を抱いた新聞記者、博物館の学芸員、科学者などを含む、地元住民たちを組織して、自費でシャスタ山の古代のトンネルへ再び探索に出ることにした。集まった80人の中には私財を投げうって協力した者もいた。そして、6週間かけて探検の計画を練って、6月19日午後1時に彼らは出発することにした。ところが、肝心のブラウンは姿を現さなかった。
 実のところ、彼はあの考古学的な大発見の後、その情報が表沙汰になるのを嫌った勢力に誘拐されたり、脅迫されたりしてきた過去があり、そのことをグループの仲間たちに話していた。そのため、集まった仲間たちは彼がまた誘拐されたのではないかと考え、不安になった。彼らはブラウンが失踪してしまったことをストクトン警察に報告した。そして、彼らは失意のもとブラウンを待ったが、彼は完全に蒸発してしまっていた。さらに不幸だったことは、そのトンネルの正確な所在をブラウンは明らかにしていなかったことであった。
 結局、ブラウンの発見は今日まで第三者によって確認されていないが、他にもシャスタ山ではドワーフ(小人)や毛むくじゃらの巨人(ビッグフット)の目撃談に加え、1970年代までに地底人と思しき人々との遭遇ケースも複数みられた。地底人は色白の長身と噂されてきたが、ブラウンの発見した人骨もそれを示唆するものだった。そのようなこともあり、シャスタ山のどこかに地下都市への秘密のトンネルがあり、その奥では、高貴な人々が高い文明を築いて暮らしているのではないか? あるいは、山中のどこかに、外部からは覗き見ることができない「特別なエリア=楽園」が存在するのではないかと古くから囁かれてきたのだ。
 人々のそんな好奇心をくすぐり、出版から70年以上も支持されてきたのが本書である。本書は、霊的向上心の高い主人公がその伝説の聖者たちを見つけ出し、彼らから様々な知恵を授かる、驚くべき体験が描かれたスピリチュアル・アドベンチャーである。本書に記された数々のエピソードは極めて深遠で、過去に多くの人々が抱いてきたシャスタ山の聖者像に十分応えるものだったと言えるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これから小説の最初の部分を紹介します。
 主人公はクレーンという名の男性で、シャスタ山の地下世界を探検する旅に出ます。
 山の中を歩いていると、一匹のアンテロープに出会います。アンテロープとは牛科の動物ですが、私達日本人がイメージする牛とはだいぶ違うようです。小説では、小鹿を少し大きくしたような可愛らしいイメージで書かれています。
 そのアンテロープが主人公のクレーンを導いて、地下世界に辿り着きます。
 クレーンはそこでレムリアの聖者たちと交流するのですが、その地で過ごすうちに、自分の過去生を思い出す体験をします。
 文中に出てくるノナとは、地下世界の住人で、クレーンの案内役を勤める若い女性です。
 まずクレーンとアンテロープの交流があった過去生の体験を紹介します。


 ・・・<『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』、p112〜p117から抜粋開始>・・・

 アンテロープへの愛情と絆

 翌朝、クレーンが目覚めると、東の空は赤と黄金色で薄く染まっており、夜明けの到来を告げていた。以前からこの日の朝を知っている。そんな思いが気分を浮き立たせた。彼は、水を浴び、素早く服を着て、朝食のテーブルへと向かった。
 朝食が終わると、ノナは彼に言った。「安息日には、ブラザーフッドのメンバーは一人で過ごし、それぞれが一週間の出来事を回想します。過去六日間の教訓を入念に復習することで、それらが伝えるものすべてを引き出すのです。あなたは好きなように過ごしてかまいません。何をするかは、あなた自身の想念が導いてくれるでしょう。では、ごきげんよう」
 どこに行くともなく、クレーンは外に出た。彼は果樹園と花園を通って、泉や小川の周囲を歩き回り、大きな木の一番低い枝が落とす影の下で立ち止まった。そして、大地に腰を下ろして、しばらく周囲の環境を楽しむことにした。太陽は今、東の空高くにあり、時折聞こえる蜂の羽音や鳥のさえずりを除いて、沈黙が支配している。蜜を求めて姿を現すハチドリと、つぼみからつぼみへとゆっくり舞う華やかな羽を付けた蝶が、その光景に生命の躍動と彩りを加えていた。
 説明しがたい何かに満たされた心浮き立つ春の空気は、花々や緑の草、新しい葉の香りで溢れていた。軽やかなそよ風にそよぐ小枝や葉は、シルクの衣擦(きぬず)れのように優雅で穏やかな音を奏で、上空には、大きな雪の塊のような白い雲が漂っている。時々それは太陽をぼやかし、大地の緑をより生き生きと保とうと雪が過ぎ去る時だけ、つかの間の影を緑の地表に投影させた。
 心地よいリラックス感に任せて、彼は両手を頭の後ろで組んで、目を閉じた。もう一度、彼はブラザーフッドの探索を始めてから自分が体験したことを振り返り始めた。そして、アンテロープが示した不思議な行動のところまでたどり着くと、そのことで頭がいっぱいになった。
 彼が出会った際、あの動物が奇妙な仕草を見せた理由は何だったのか?
 長い間思い出すこともなかった少年時代の出来事が廻ってきた。彼は、父に連れられて行った動物園で、ワイヤーでできた檻から抜け出そうと必死になっている一匹のアンテロープの姿を目にしていたのだ。その熱意は入園者たちにも伝わるほどで、立ち去る人々には明らかに羨望の眼差しを送っていた。その後、彼はその出来事をあまり考えてみることはなかったが、今それを詳細に思い出していた。
 やがて、彼の心の中には別のヴィジョンが浮かんだ。最初、それはあまりにもぼやけており、霧のカーテンを押しのけようとしても、その向こうが見られない。ほとんど諦めかけた時、突然、もやが晴れて、驚くべきシーンが現れた。それはとても原始的な人々が暮らす洞窟で、彼らは胸や腰の周りを動物の皮で覆っていた。
 そこにいるのは二、三人の女性と数人の子供たちで、洞窟の前で寝そべっている者もいれば、まるで何かを待っているかのようにしゃがんでいる者もいた。議論にふけっているかのように、身振り手振りを交えながら、早口で喋っている者たちのそばには十歳ぐらいの少年がいて、一言も発することなく、彼らの話を聞いていた。
 突然、全員が仕事の手を止めて、興奮して飛び跳ねた。何人かの毛むくじゃらの男たちが、捕まえた動物か、動物の体の一部を背負って洞窟に近づいてきたのだ。粗末な住居に残っていた人々は興奮して獲物たちを念入りに調べた。誰もが狩りの成功に踊って騒いだが、その少年だけは相変わらず黙したままであった。
 寡黙な少年は、他の死骸とともに横たわっていた子供のアンテロープに引き付けられた。彼は生き返らせて一緒に遊びたいという願望と哀れみを持ってその小さな体を見た。そして、原始的な子守唄を口ずさみながら、その優美な首と頭を優しく撫でると、驚いたことに、その小さな動物は目を開き、明らかに驚いて少年を見上げたのだった。少年はその小さなアンテロープを抱きかかえ、洞窟の片側に運ぶと、まるで母親が赤ちゃんをあやすかのように揺り動かした。
 徐々に体力を回復して歩けるまでになったアンテロープは、好奇に満ちた目であたりを見回しながら、慎重にこの見知らぬ場所の探索を始めた。それを見た一人の男が、殺そうと棒を持って走ってきた。少年はこの小さな仲間を守ろうと、身振りで懇願した。だが、男は少年を気にかけることなく、その動物を隅に追いやった。アンテロープの命は男の手中にあった。その時だった。少年は大きな棒を拾い上げ、それを力一杯その巨人の頭に振り下ろしたのだ。
 巨体からはカが抜け、男は大地に倒れ込んだ。そして、少年は自分のペットを抱きかかえ次に起きることを震えながら待った。何が起こったのかを理解してやって来た二人の男に向かって、若い保護者(少年)はアンテロープの前に立ちはだかり、棒を振り回して最後まで戦う意思を見せた。その二人の男も彼のペットを殺したがっていると思ったからだ。
 男たちは、困惑して少年を見つめた。打ちのめされた男も今は立ち上がり、自分への攻撃者を見つめていたが、その表情にあるのは怒りではなく、困惑だった。自分が危険から脱したことを感じ取ったのだろう。アンテロープは、保護者の後ろで臆することなく立っていた。かくして男たちは、少年が強い抵抗を示した真意を解することなく、ついに少年の好きなようにするように伝えたのだった。
 それ以来、少年とアンテロープは不変の友となった。彼らは来る日も来る日も丘や谷を歩き回り、一緒にいることを楽しんだ。未知の匂いに興味津々で、食べ物を探そうとしたりするのは動物にはよくあることだが、このアンテロープも例外ではなく、集落のあちこちに鼻先を突っ込んで回った。だが、この小さな動物を嫌う者もいなければ、殺そうとするハンターもいなかった。
 少年は成長すると、ますます森を愛するようになった。彼はこの友人と一緒に巻き上がった木の根元にいると時が経つのを忘れ、夜になっても洞窟に戻らないこともしばしばだった。夜間、不意打ちのように現われる排個動物を警戒して、突き出した木の枝の上で寝ることもあったが、そういう時はアンテロープが高い木によじ登るのを助けた。彼らは片時も離れたくはなかったのだ。
 彼らは何度も他のアンテロープたちが跳ね回るのを目にした。最初、彼らは自分たちの仲間が随伴する奇妙な存在に恐れを示さないわけではなかった。しかし、少年が決して彼らに脅威を与えないことが徐々に理解されて、しばらくすると、彼らは当然のように少年を受け入れるようになっていた。まもなく彼は、鼻を鳴らす音とシーッという音の中間のような、ある特定の音が、危険が近づいていることを示す警告であることを知った。そして、彼もその音を正確に出せるようになって、四本足の友人たちが人間に襲われるのを何度も救った。まもなくして、彼は食用に殺そうとする人々と自分は異なることを彼らに伝えられるまでになっていた。
 ある時、彼は前もって警告することでアンテロープの一頭が大きな獲物を捕える目的で作られた残忍な仕掛けで殺されるのを防ぐことに成功した。また、その罠から逃れようと必死でもがいたために、空中高く放り出され、土手から転げ落ちた動物を救ったこともある。その時、少年は二本の足を骨折したその動物を安全な場所に移動させて、他の捕食動物から守るために囲いを作り、何週間も食糧と水を運んで世話をした。そして、ついに普通の生活に戻れるまで回復すると、彼は自分のことのように喜んだ。
 クレーンはまるで夢を見ていたかのように、このすべてを自分と切り離して認識した。だが、自分がその情景の一部であるかのような奇妙な感覚があり、単なる傍観者だとも思えなかった。そこで、彼はその少年のことをさらに注意深く考え、彼は驚くべき発見をした。彼とその少年は一体で、同じだったのだ。
 その情景が消えると、彼は自分が木の根元の草上にいて、周囲の環境を楽しみ、くつろぐ選択をしていたことに気付いた。彼は夢を見ていたわけではなかった。彼は自分の過去を覗き見ていて、その情景は自分が探究しようとしていた何かであったのだ。自分はその体験で隠された教訓を得たのかもしれない。そう思った彼は、自分が見たすべてのものを分析し始めた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 まずお断りしたおかなければならないことは、この小説は、主人公クレーンとアンテロープの交流がメインではないということです。
 アンテロープは、主人公を大事な場面に導く案内役のような役です。
 メインのストーリーは、シンデレラスートリーのような華やかなものですが、私自身は、こうしたいかにも小説や映画のようなハッピーエンドの物語が好きではありません。
 実際の人間の過去生は、地味で、もっと悩み苦しみやドロドロしたものがあり、むしろそれだからこそ体験する価値があると考えているからです。
 とはいえ、シンデレラスートリーを否定しているわけではありません。
 地球での何百回の転生の中には、シンデレラのような華やかなハッピーエンドの人生も一度くらいはあったでしょうし、こうした物語が人々に教訓だけでなく、夢や希望を与えてきたのは事実だと思うからです。

 私がこの小説で興味を惹かれたのは、レムリアの聖者たちが語る科学的な知識と、主人公とアンテロープの交流でした。
 それでもう一つ、主人公クレーンとアンテロープの交流の記事を抜粋させていただきます。
 やはり、クレーンの過去生の記憶です。


 ・・・<『シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち』、p117〜p119から抜粋開始>・・・

 わずかな時間、その点に集中してみると、また別の光景が彼の視界に現れた。それは、山と砂漠の中をおぼつかない足取りで歩く男の姿で、唇は乾燥してひび割れ、舌は腫(は)れ上がり、息を切らしていた。明らかに、彼は脱水状態で死にかけていた。大きな石につまずいた彼は、山の斜面を空に向かってそびえ立つ一つの岩の下まで転げ落ちた。そこまでかなりの距離があったが、怪我はしていなかった。岩の下に緑の草が元気いっぱいに茂っていることから、そこに水気があることに気付いた彼は、喉の渇きを癒そうと、冷たく湿った砂を手ですくい上げ、それに含まれるわずかな水分を貪欲に吸った。
 穴を掘り、そこに水が溜まるのを待っていた彼は、一頭の成熟したアンテロープが近くで横たわっているのを目にした。その動物は明らかに水の匂いを嗅ぎ付け、そこに近づこうとしていたが、水が染み出す場所までは、降りてくることができなかった。明らかにその現実を受け入れて諦めつつあったアンテロープは、注意を引こうとその場を掘り始め、苦悩の表情で黙って見上げた。
 男は同情心に苛(さいな)まれた。彼はゆっくりと形成される水の滴を切なく眺めた後、そばにいた、喉を渇かした動物をじっと見つめた。そして、全心血を注ぎ込んで、お椀を作るように合わせた両手に水を満たし、苦しんでいるその仲間にそっと与えた。哀れな動物は貪欲にそのわずかな水を吸い上げると、そこからさらなる水が湧き出すことを期待するかのように、優しく彼の手をなめた。男は四本足の友だちを水が湧き出す場所まで引き寄せ、水が溜まるとすぐに、それを手ですくって与えた。彼自身の渇きも極限に達していた。だが、ほとんど超人的な意志でその欲求を抑えていたのだ。
 その動物は立ち上がれるまでに体力を回復させた。しばらくして、完全に喉の渇きが満たされると、まるで感謝の気持ちを表すかのように彼に鼻を擦り付け、立ち去った。クレーンは、その動物の動きを追いかけながら、ついにそれが豊かな草地へとたどり着き、仲間たちと合流していくのを見守った。
 その間、男は自分の欲求に意識を向けていた。ついさっきまで行ってきたように、湿った砂を口に含むべく、掘った穴に水が満たされてくるのを待ったのだが、ぞっとしたことに、水は染み出してこない。矢継ぎ早にさらに深く掘ってみたものの、それ以上水が染み出すことはなく、そこの水はすでに汲み干されたことを悟った。彼には何も残されていなかった。彼はあまりにも衰弱しすぎて、別の場所に移動することはできなかった。彼は失望して倒れ込み、かすかに湿った砂にうつ伏せになった。だが、その水分も厳しい暑さですぐに蒸発していった。
 男が今にも息を引き取ろうとしていた時、一人の初老の男が現れて言った。「動物に対する優しさから、あなたは自分の身体を犠牲にしました。あなたの意志の力は極限まで試され、結果的に、あなたは物理的な欲求を克服したのです。ただ、あなたの犠牲は上辺だけのものだったことが分かるでしょう。なぜなら、あなたは現在の身体を失っても、今後学ぶべき偉大なる領域を与えられることになるからです。いらっしゃい。さらに秘密の領域へ渡りましょう……」
 その初老の男は倒れた男の手を取って起き上がらせ、ともに視界から消えていった。ところが、身体は倒れた砂の上になおも横たわっている。クレーンには、その男が死んだことが分かった。彼が肉体的死を迎えた瞬間、それまで一体化していた二つの「ボディ」が分離し、一方が彼方へと旅立ち、もう一方が死体としてその場に残されたのだ。そして、この男が自分自身であることにも、クレーンは気付いた。
 何年も経過して、通りがかりの人が人間の頭蓋骨と骨が散らばっているのを発見するまでは、そこで悲劇が起きたことが知られることはなかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こんな体験をした転生を持つ人物が本当にいたのか、あるいは小説を書いた人が頭で考えたものなのか、これは読者の判断におまかせするしかありません。
 ただ私は、華やかなシンデレラストーリーよりも、こうした話の方に興味が湧いてしまうのです。



これから商品相場はくるか...2017年7月25日

 当HPの6月19日の記事「投資に関する話」で、私は銀(ぎん)に投資するきっかけとなった話を書きました。
 ここ何年も投資していなかったのですが、夢ワークを行うようになり、銀に投資するように促されたからです。
 当HPはスピ系の話が多いので、こうした話に抵抗がない訪問者の方も多いかもしれません。
 しかし世間一般的な見方からすると、大切なお金を、夢がきっかけでつぎ込むなんて、ありえないことでしょう。
 おそらく一般常識を備えた大阪の人は、私にこう言うでしょう。

 「夢で大事な金を市場に投げ込むなんて、あんた、アホちゃいまっか」

 まあ、そう言われても否定しません。
 ただ、一般的に氾濫している当たらない相場予想を聞くより、むしろ斬新で新しいのではないかと私は思っています。
 銀に投資したことにより、私はこれまでスルーしていた相場に関する情報に敏感になり、ついつい追ってしまうようになりました。
 今回は、そうした情報をいつくか紹介したいと思います。
 当HPを読まれる方のほとんどは、銀に投資されていないと思います。それゆえ興味のない話題かもしれません。投資に興味のある方のみ、読んでいただければと思います。


ゲリー・ボーネルさんは、2017末に1バーレル125$と予言

 当HPの1月15日の記事「ゲリーさんの2017年予言」で、ゲリーさんが今年末の原油を1バーレル125$と予言していると紹介しました。
 さらにゲリーさんは、5月頃にOPECの決断で原油が上がると言っていました。
 実際はどうなったかというと、年初の50ドル台から現在は45ドル近辺です。5月に上がらなかったし、むしろ値を下げています。
 私は125$という数字を聞いたとき、「まずない数字だな」と感じました。
 理由は2つあります。
 1つは、石油にはまだ及ばないものの、天然ガスがシェアを伸ばしているからです。石油より環境に良いことと、大規模LNG(液化天然ガス)技術の進歩があります。天然ガスが、世界のエネルギー市場でこれからシェアを伸ばしていくのは確実と見られています。
 もう一つは、シェールオイルの開発です。
 原油の値段が高くなってくると、眠っていたシェールオイル抗が生産を再開します。採算が取れるようになったシェールオイルが一斉に市場に出てくるようになり、これが価格の重しとなります。
 これらは、ファンダメンタルズからの分析ですが、でも実際の相場は、こうした要因だけでは動きません。
 若林栄四氏が言うように、相場は相場の意思で動くらしいのです。
 ですから、125$があり得ないという思い込みで、痛い思いをする可能性もあります。相場なんだから、なんでもありうると捉えていたほうが良さそうです。

 今回、年初に行われたゲリーさんの2017年予言のメモを読み返していて、なかなか興味深い点が見つかりました。
 それらを紹介したいと思います。
 ゲリーさんは、夏の選挙で安倍首相は負けるが、首の皮一枚でつながると言っていました。
 私はこの話を奇妙な思いで聞いていました。なぜなら今年の夏に国政選挙は予定されていなかったからです。衆議院で絶対安定多数を確保する自民党が、解散総選挙に打って出る理由がありません。
 今年の夏に行われた選挙といえば、東京都議会選挙です。
 そこで小池百合子都知事が有する都民ファーストが圧勝するとともに、自民党は歴史的な大惨敗を喫しました。
 私が気づいたのは、ゲリーさんはこれをアカシャで見たのではないかということです。
 アメリカ人のゲリーさんは、日本で今年、国政選挙が行われないことなど知らなったと思います。ただアカシャでは、自民党が惨敗している姿が見えたのではないかと思うのです。しかしあくまでも地方選挙なので、安倍内閣には直接的な影響はありません。それをゲリーさんは、「首の皮一枚でつながる」と表現したのではないかと思うのです。
 そうした観点から見ると、(ゲリーさんには失礼な言い方かもしれませんが)今年のゲリーさんのアカシャ予言は、けっこう的を得ているかもしれないと感じたのです。
 例えば、北朝鮮がハワイ、アラスカ、西海岸を脅すという予言があります。
 これは北朝鮮がICBMの発射実験を行ったことで、現実化しました。米ジョンズ・ホプキンズ大学によれば、北朝鮮のICBMはすでに単発の核弾頭を搭載できる可能性があり、2030年には複数の核弾頭を搭載できるようになるだろうと予測しています。これを受けて、ハワイ州は核攻撃に備えた緊急時対応計画を準備中と発表しています。
 またアメリカは干ばつ、ヨーロッパは洪水に襲われるという予言は、的中したと言ってよいでしょう(アメリカの干ばつ被害は2018年にさらにひどいものになると言っています)。

http://earthreview.net/extreme-heat-wave-hits-us-southwest-in-june/

 その他にもいろいろあるのですが、一番の関心は、秋に起こるであろうという中国の経済崩壊です。
 さて、どうなるでしょうか。


回復してきた世界最大の資源商社グレンコアの株価

 しばらく前ですが、ドイツ銀行の経営破たんから世界恐慌に至るのではないかと危惧された時期がありました。
 ドイツ銀行の株価は、2016年秋、10ユーロ台という倒産必死のラインまで下落していました。しかもドイツ政府は、国としてドイツ銀行を救済する意思はないと明言していたのです。
 そのドイツ銀行ですが、いまだに株価は低迷していますが、倒産には至っていません。
 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガによれば、中国資本がドイツ銀行に入り、救済した可能性があるということです。
 そういえば、ドイツは急速に中国に接近していましたし、その可能性はありそうです。
 メルケル首相が、世界恐慌の引き金となりかねないドイツ銀行を救済しないと言えたのは、そうした背景があったのかもしれません。

 そのドイツ銀行と同じように世界恐慌の引き金になりかねないと噂されていたのが、スイスの資源商社グレンコア社の倒産危機です。
 グレンコア社が倒産すると、抱えていた大量のディリバティブにより、世界的な金融危機が起こると懸念されていました。
 グレンコア社は2011年5月にロンドン市場に上場され、598ペンスの初値をつけました。しかし2015年9月に85.97ペンスまで下がり、倒産が懸念されたのです。
 しかしそのグレンコア社の株価ですが、このところ上昇の気配があります。

https://www.bloomberg.co.jp/quote/GLEN:LN

 そのグレンコア社の株価のチャートをみると、上場から最低値の85.97ペンスをつけるまで、商品価格の指標となるCRB指数と見事に連動していました。
 まるで瓜二つの動きです。
 それが2016年の末ごろからCRB指数は低迷しているのに、グレンコア社の株価だけ上昇し始めたのです。
 商品の値段は動いていないのに、グレンコア社の株価だけ上昇するということは、世界の投資家が、商品に目を向け始めた証拠ではないかという気がしています。


商品価格の上昇を予想したゴールドマン・サックス

 世界の投資家が商品に目を向け始めた理由の一つと思えるのが、ゴールドマン・サックスの予想です。
 『トランプの破壊経済がはじまる』(塚原健二著、集英社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『トランプの破壊経済がはじまる』、p156〜p157から抜粋開始>・・・

 2016年11月22日、ブルームバーグはゴールドマン・サックスが4年超ぶりに、商品の組み入れを「ニュートラル」から「オーバーウェート」とするよう推奨したと報じました。
 私は、「原油価格のことはゴールドマンに聞け!」と以前から指摘しています。
 ゴールドマン・サックス出身者が政府高官に多いため、得がたい情報をより早く得られるからだとか、エネルギーデリバティブ部門で世界トップの売買高を誇るためマーケットを自在にコントロールできるからだとか、いろいろ噂になることはありますが、いずれも推測の域を出ていません。ただ特にWTI原油価格に関しては、ゴールドマンの予想の過去の的中率はずば抜けており、相場の転換点を予測できる極めて少ない証券会社です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


ウェブボットが予測するビットコイン

 ウェブボットとは、アメリカ人のクリフ・ハイという人物が開発したネット上に飛び交う人々の言語から感情値を読み取り、それで未来を予測するシステムです。
 これまであまり注目されてこなかったのですが、今年に入り、ウェブボットが予測するビットコイン価格が見事に的中しているとして、特にアメリカで注目されているそうです。
 当HPでもヤスさんのメルマガから、何回か紹介したことがありました。
 参考までに、今年3月のクリフ・ハイ氏の予測の記事を紹介します。

https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-will-triple-gold-in-2018-silver-achieves-parity-with-gold-clif-highjp


 これまでウェブボットはかなり正確にビットコイン価格を当ててきました。しかし、ヤスさんが指摘するように、これからも当てられるという保証はありません。
 あくまでも参考程度にされることをお勧めします。

 私は、ウェブボットが正確にビットコイン価格を当てられたのは、ビットコイン市場が操作されていなかったからではないかと考えています。
 ビットコイン市場は、株式や為替、商品取引市場に比べたら非常に小さいために、意図的な操作がこれまで行われてこなかった。それゆえ、人々の感情値がダイレクトに反映される結果になったのではと考えています。
 金や銀の相場は、先物市場を通じて、不当に歪められてきました。
 特に金は、ドルの反通貨としての性格を持ち、ドルの価値を維持するために実際の価値より、かなり低く抑えられてきたと考えます(FRBは金を目の敵にしてきた歴史があります)。
 それが、ウェブボットがビットコインの上昇を当てられたのに、銀の価格が低迷している原因ではないかという気がしています。


次の世界的な金融危機

 市場は一時的に歪められても、未来永劫歪められ続けることはできません。
 必ず、実勢価格に戻る時がきます。
 これまでゲリーさんだけでなく、ジョセフ・ティテル氏も金や銀の価格高騰を予言してきました。しかし実際は低迷したままです。彼らには未来に高騰する金や銀の姿が見えているのでしょうが、現実は市場を歪める巨大なパワーが勝っているということでしょう。
 しかし次に人類を襲う金融危機は、通貨の危機だと私は考えています。
 2008年のリーマン危機は、金融機関の膨大な負債が原因でした。それを国の中央銀行が肩代わりすることで、世界的な金融恐慌を防ぐことに成功しました。
 紙幣を刷る権利(これをシーニュリッジ特権と言います)を持つ者が、紙幣の増刷によって危機の先送りを行ったのです。
 しかし今度来る金融危機は、その紙幣そのものの危機となります。
 膨大に刷られた紙幣が、価値を減らしていくのです。
 膨大に刷ったのですから、価値を減らすのは当然です。そして、その危機を回避する方策はありません。お金を刷って危機を先送りするという手段が使えないからです。
 そうした事態になったとき、人々の選択は限られています。
 国の管理下になく、増刷できないビットコインのような仮想通貨や、金や銀の実物資産が注目される理由がここにあります。
 私は、その時期はそう遠くないと考えています。



スピ系スクールの情報公開について...2017年7月16日

ゲリースクールの情報公開

 今から10年前のことですが、私がゲリースクールに通っていたとき、教材に関して忘れられない思い出となった出来事がありました。
 これは一度、記事にしたのですが再度紹介します。
 私がゲリースクールに通ったのは一期ということもあり、スクール側でも情報の扱い方に関して、明確な規定はなかったと思います。私たち生徒に対して、何の指導もありませんでした。
 その頃、私は興味のあるスピ系の話題で、ゲリースクールの教材から2行ほど引用させてもらい、記事に書いたことがありました。私としては、教材の情報の扱いに関して何の指導もなかったので、問題ないと思っていました。
 それに対し、私は授業の後、スタッフの方から居残りを告げられたのです。
 そしてゲリーさんが通訳の大野さんを連れて私のところにやってきて、「あなたのウェブサイトで、教材から引用した部分を削除してほしい」と言われたのです。
 まず驚いたのは、星の数あるネット上のブログから、私の記事を探し出したことです。そして、たった2行の引用文を見つけ出したことです。
 これはおそらく、当時のゲリースクールのスタッフが、毎週更新される私のブログを丹念に読んでいたからでしょう。そうでなければ、マイナーでヒット件数の少ない私のブログの記事など、発見できるはずもないからです。
 それはいいとして、私がブログの記事を削除すると約束すると、ゲリーさんは手を差しだし、握手を求めてきました。日本人どうしなら、約束した後、「よろしく」といった感じで、うなずき合うぐらいだと思います。握手を求めるというゲリーさんの、いかにも契約を重んじる欧米人の姿勢と、紳士的な態度に感心したと言ったら、言い過ぎでしょうか。
 この話を同じスクール生の仲間にしたら、「欧米の人だから、日本人と違って著作権にうるさいんですよ」と言われました。
 たしかにそうした面はあると思いますが、私は本当は違う理由があると思っています。

 ここで話はちょっと逸れますが、これがきっかけかどうかわかりませんが、ゲリーさんは私に感心を持ったのか、奇妙な態度を取ることがあったのです。
 スクールの授業が終わり、ゲリーさんが教室を出るとき、歩きがけに私の肩をポンポンと叩くのです。私が驚いて振り返ると、ニコッと笑って去ってしまうのです。
 この奇妙な行動は、スクールを卒業した後も続き、スクールが終わった数年後のゲリーさんのセミナーに出たときも、同じく肩をポンポンと叩いては、ニコッと笑って立ち去るのです。
 私は、「あんた、何が言いたいんねん?(←なんで大阪弁なんだろう)」と不思議でした。何か言いたいことがあるなら、(英語はわからないのですが)何か言ってほしいと思ったのです。
 当時受けていたリーディングセッションで意味を聞いたら、「僕は、いつも君を見てるよ」というゲリーさんのメッセージだといいます。ゲリーさんは体外離脱の達人ですが、たまに体外離脱して私の様子を見に来ているというのです。ゲリースクール卒業後、生徒の多くはスピリチャアルから距離を置いた生活に戻ってしまいました。でも私は、スクールで教わったワークを、日々(執念深く)続けていたのです。
 そうした私の姿勢が、ゲリーさんの興味を惹いたのだと思います。日本人が日々スピリチャルのワークに励んだ場合、どのような変化を起こすかという格好の教材だったのかもしれません。
 話を元に戻します。


ゲリースクールのワーク情報の扱い

 そのゲリースクールの最後でゲリーさんが生徒に教えたマスターブレスという呼吸法(ワーク)があります。
 そのやり方を、ゲリーさんは人に口外しないようにと言ってきたのです。
 その理由として、準備が整っていない人がやると、悲惨な結果をもたらす可能性があるからというのです。
 ゲリーさんが話してくれた衝撃的な実例を紹介します。
 カリフォルニアの大学生5人が、スピに嵌ってワークを一所懸命にやったそうです。
 ゲリーさんによると、若い人は純粋な分だけ、効果が上がりやすいと言っていました。
 その5人はワークのおかげで自由に、あちらの世界に行き来できるようになったそうです。そして5人のうち、4人は帰って来なかったそうです。つまり私達3次元世界の言い方をすれば、死んでしまったのです。
 その4人は、あちらの世界が楽しくて仕方がなくなり、帰る気を無くしてしまったというのです。

 このように、効果のあるワークは、準備が整っていない人がやると、悲惨な結果をもたらしかねません。
 効果がある分、扱い方を慎重にする必要があるということです。


JSPスクールの情報の扱い

 JSPスクールでサアラさんに教わったエネルギーワークに、関心を持つ方が多いようです。
 掲示板にも書き込みがありましたが、さらに個人的に私にメールを下さる訪問者の方もいます。
 長年HPをやってきましたが、ワークに関して、訪問者の方々にこれほど関心を持たれたことはありませんでした。
 それだけ、若返りという点に関し、多くの方々が強い関心を持たれていることがわかります。

 今回はエネルギーワークが話題になっていますが、実はサアラさんからエネルギーワーク並に効果があると思われるランニング・エナジーという瞑想法を教わっています。ランニング・エナジーは、魂の浄化の瞑想法です。
 私はゲリーさんの例もあるので、ランニング・エナジーを私のHPで紹介してよいか、直接サアラさんに聞いてみました。
 すると、授業で習った知識に関することはHPに載せてよいが、ランニング・エナジーのやり方は止めてほしいと言われました。
 その理由は、ランニング・エナジーは極めて正確にやらないと、他に害を及ぼしてしまうからです。
 ランニング・エナジーを行うと、その人の周りで(やっている本人は気づかないのですが、驚くほどの)大きなエネルギーが動くそうです。
 ですからランニング・エナジーを行う際は、部屋に自分一人のときしかやってはいけないと言われました(ペットもダメです。植物は可)。
 さらに身体の姿勢や、金属類を身に付けてはいけないなど、様々な規則があります。
 もし私が正確にそれらをHPに書いても、確実に数パーセントの人は、規則を守らないでやってしまうと思います。
 すると、他の人に害が及んでしまうのです。
 私が質問したときのサアラさんの答えは、

 「可哀想だから、止めた方がよいでしょう」

 でした。
 可哀想という表現が出てきたのは、必ず正確にやらない人が出てきて、その為にその人の周りの人が被害をこうむるという意味です。

 ワークを公開するというのは、ある種のリスクが伴うということでもあります。


サアラさんのエネルギーワーク

 今、エネルギーワークのやり方を、授業で録音したものを聞きながら文書に起こしているところです。
 頭頂に髪の毛が無くなった白髪の92歳のロシアのおばあちゃんに、黒々とした髪が甦った話は書きましたが、さらにエピソードがありました。
 おばあちゃんは、

 「胸が張ってきた。そのうち子供が生まれる」

 と、のたまわったそうです。
 いやはや、なんとも楽しいおばあちゃんです(笑)。92歳ですよ!

 このエネルギーワークはJSPスクールの生徒が楽しみにしていたものですが、そのスクールで知り合った札幌在住の男性からメールがありました。
 そのメールを紹介します。


 ・・・<JSPスクールの同級生の男性からのメールから抜粋開始>・・・

本山さん、こんばんは。
エネルギーワークは私も毎日やっています。
このワークは、とても凄いワークだと思います。
毎日続けるとどんな自分が現れるのか、とても可能性を感じます。
まず、睡眠時間が3、4時間でも大丈夫です。
今のところ、その程度ですが、また変化があったら報告します。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、まだワークを完全にはやっていません。
 簡単なワークではないのです。
 動きを覚えるのと、その動きに呼吸を合わせる必要があり、毎日ちょっとずつ練習しながら進めています。
 それでも明らかな変化がありました。
 毎日、仕事から帰ってくると疲れてぐったりとなり、しばらく横になって休むのが日課でしたが、それをしなくて済むようになったのです。つまり身体の奥底から活力が湧いてくる感覚があり、疲れにくくなった気がします。
 それと連日の猛暑で、すっかり食欲も落ちてしまったのですが、朝起きると、お腹が空いている感覚があったのです。朝食を食べない私にとって、朝に食欲を感じるなんて、ここ数年なかったことです。
 明らかに私の身体に変化が起こっています。
 はたして2ヶ月後、私の頭に黒々とした髪が生えてくるでしょうか・・・。


エネルギーワークの公開は難しい?

 エネルギーワークはランニング・エナジーとは多少位置付けが違います。
 正確にやるという意味では同じですが、エネルギーワークは正確にやらないと単に効果がなくなるだけだからです。周りの人が被害をこうむるということはありません(たぶんですが)。
 そうしたエネルギーワークの性質からか、サアラさんは、「ぜひ周りの人にもやってあげて下さい」と言っていました。
 こうした経緯があり、私に効果が現れるようなら、サアラさんにエネルギーワークのやり方をHPで公開してよいか聞いてみようと思ったのです。

 しかし、誠に残念なことですが、公開は難しいかもしれません。
 JSPスクールを開催しているAitree(アイツリー)のスタッフの方が、生徒に(復習用として)サアラさんのエネルギーワークの講義の映像を送ってくれたのです。
 そこに、

 「※スクール生のみの限定公開ですので、他者に公開しないようにだけお願いいたします」

 との但し書きがあったのです。

 つまり、ワークに関しては(基本的に)公開しない方針のようです。

 エネルギーワークはランニング・エナジーと性質が違うので、公開の許可が出る可能性があると思っていたのですが、甘かったようです。

 そこで、エネルギーワークをやってみたいと思っておられた方に、私から提言があります。
 やはり近道はありません。

 エネルギーワークをぜひとも知りたいと思った方は、私が受講したサアラさんのJSPスクールに行かれることをお勧めします。
 私が半年間受けてきた印象として、JSPスクールは価値ある内容だと思っています。私は、どうしてもっと早くこのスクールに来なかったのかと思ったほどです。
 ただし単に、ランニング・エナジーとエネルギーワークを教えてもらうために行くとしたら、続かないかもしれません。
 JSPスクールの授業料は、半年間で30万円弱と良心的です。
 とはいえ、一般庶民にとって、30万円は大きな額です。それなのに、最初の頃、授業に数回出て、その後ぱったり来なくなった人がいました。
 これは私の想像ですが、サアラさんが生徒に鋭い質問をしてくることがあり、それが負担になったのではと思うのです。
 JSPスクールは25名と人数が限定されており、少人数なので、先生であるサアラさんから、細かい指導が可能です。
 例えばですが、「愛」「慈悲」とは何か、という大きなテーマが与えられます。
 真剣にそれに対する答えを求める姿勢があれば価値ある授業ですが、あまり感心がなく、いい加減な答えしかしないと、サアラさんから鋭い突っ込みが入るのです。
 私はスピリチュアルの学校なのだから、「愛」「慈悲」について考えるというのは、大変意味のあることだと思います。
 しかし、興味のない人にとっては、サアラさんの突っ込みは負担に感じるのかもしれません。
 それゆえJSPスクールに通う場合は、スピリチュアルに関して真剣に学ぶ覚悟が必要です。

 真剣にスピリチュアルとワークを学んでみようと思われた方には、JSPスクールは非常に良い機会を与えてくれると思います。

https://www.reservestock.jp/events/193007



予言について...2017年7月9日

 昨日ですが、イラク軍がISの拠点の象徴だったイラクの北部のモスル奪還に成功しつつあるというニュースが流れました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170709/k10011050571000.html

 私はそのニュースを見たとき、あれっ、たしかこれを予言していた人がいたなあ、と思ったのです。
 でも、誰か思い出せません。
 私が目を通す予言者というと、ゲリーさんやジョセフ・ティテル氏などです。
 ゲリーさんの2017年の予言をセミナーで聞いた記事「ゲリーさんの2017年予言」を見てもなかったので、ノートにメモ書きした内容から探したのですが、ありませんでした。
 ちなみにゲリーさんは2003年に世界大戦が始まったとし、それはISの核兵器使用によって終わると述べています。となると、これからISは最後の抵抗として、核を爆発させるということでしょうか。気になるところです。

 ティテル氏は毎年、年の初めに100項目程度の予言をブログにアップするらしいのですが、2017年はそれをしていないそうです。
 私はいつも「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガでティテル氏の予言を読んでいるのですが、たしかに今年はありませんでした。
 ISが今年の夏に駆逐されると予言したのは誰だろうとヤスさんの今年のメルマガを読んでいたら、見つけました。
 ジョン・ホーグという人です。
 ジョン・ホーグ氏はノストラダムスの研究者で占星術を使うとのことですが、特にアメリカの大統領選挙では、1968年から勝利者を予測し、すべて的中させてきたんだそうです。
 予言の世界では、40%の的中率があると一流の予言者ではないか、というのは私の勝手な見方ですが、100%当ててきたというのですから驚きです。
 去年11月のアメリカ大統領選挙では、大方の予想に反してトランプ氏が勝利しました。
 ジョン・ホーグ氏の大統領選挙に関する部分を、ヤスさんの(1月20日配信の)メルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

ジョン・ホーグの2017年予測

それでは早速最初のテーマに行く。ジョン・ホーグが予想する2017年の予想である。アメリカを中心にした内容だ。

このメルマガの読者であれば、きっとジョン・ホーグは馴染みの存在であろう。ジョン・ホーグはアメリカを代表するノストラダムスの研究者であると同時に、人々の集合的な感情の動きから、将来起こる可能性の高い出来事を予測する分析者でもある。これを見るためのツールとして、占星術を駆使する。

特に大統領選挙では、1968年から一般投票の勝利者を予測し、すべて的中させている。周知のようにアメリカの選挙システムでは、一般投票で得票したものが大統領になれるわけではない。選挙の結果は、各州に配分された選挙人の人数によって決まる。そのため、たとえ全米の得票数が上回っていたとしても、選挙人の獲得数で対立候補が上回っていれば、選挙には負けることになる。

今回の選挙ではこのケースであった。クリントンの得票数は230万票もトランプを上回っていたものの、選挙人の獲得数ではトランプが勝っていたので、トランプの勝利が決定した。

ジョン・ホーグは、早くも1998年からクリントンが大統領になる可能性があること、そして2015年にトランプが立候補し泡沫候補であった時期に、トランプ旋風が起きることを予見していた。そして、おおよそ次のようなことをかなり早い時期から述べていた。

「クリントンが大統領になる可能性は十分にある。それは間違いない。一方トランプだが、彼が勝利する可能性は5%程度だ。だが占星術から見ると、11月8日の投票日はトランプにとって絶好調の日だ。5%が残りの95%を上回る可能性はある。今回は最後まで結果は分からない」

これは、クリントンでもトランプでもどちらが勝利してもおかしくないという予想に聞こえるかもしれないが、事実、一般得票ではクリントンが勝利し、選挙人の獲得数ではトランプが勝利するという結果になった。これは、ジョン・ホーグの予見した通りの展開ともいってよいだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このジョン・ホーグ氏の選挙予測を辛口採点する人は、クリントンとトランプのどちらも勝つ可能性があるという意味で、予言になっていないというかもしれません。
 私は、そもそも今回のアメリカの大統領選挙が公正に行われたのかという疑いを持っていますが、一応発表されたことを信じるならば、総得票数でクリントン氏が勝ち、選挙人の獲得数でトランプ氏が勝ちました。
 それが事実だとすれば、どちらも勝つという予測は見事に当たったと言えるかもしれません。
 そして選挙人の獲得数で大統領が決まるというルールにより、結果としてトランプ氏が大統領になったということです。

 私もやはりヤスさんと同じで、ジョン・ホーグ氏の予測は見事に当たったと言えるのではないかと思います。
 そのジョン・ホーグ氏の2017年予言が興味深いのです。
 IS以外の部分も含めて、すべて抜粋させていただきます。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

そのようなジョン・ホーグだが、今回トランプ政権の2017年がどのような年になるのか、予想する記事を配信した。次の7つが起こるという。

1)米経済は2017年に好景気になる。

2)しかし好景気は2017年の秋には終わる。2018年にはインフレを伴う大不況がやってくる兆候が出てくる。

3)皆既日食のある8月21日前後には政治的、経済的な災難がアメリカで相次ぐ。これらの出来事でアメリカ国民は自分たちのアイデンティティーを本格的に問われるようになる。また、これらの出来事はトランプを決定的に変える。

4)オバマとネオコンが2014年に開始したロシアとの冷戦は、トランプによって2017年には終了する。

5)ロシアとアメリカは協力し、ISを攻撃する。2017年の夏にはISは駆逐される。

6)もしアメリカが2017年中に温室効果ガスを規制する気候変動会議をリードしなければ、2019年にはアメリカの覇権は完全に終演する。

7)2017年に起こる気候変動は激烈だ。トランプ自らが大きな経済的な損失を被る。これに彼はショックを受けて、地球温暖化を信じるようになる。もしこの転換が2017年に起こり、アメリカが気候変動会議をリードすることができれば、アメリカは再度大国として世界をリードする位置につく。だが、この判断が2018年から2019年にずれ込むと、中国の世紀が本格的に始まり、アメリカは中国に追随するだけの国になるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ISの駆逐は、当たりました。
 このように時期まで正確に当てるのは、ちょっと珍しい気がします。

 IS以外でも基本的に当たっている流れではないかと思います。
 このジョン・ホーグ氏の予測と関連して、ゲリーさんの2017年とリンクする部分があったので紹介します。
 ゲリーさんは、トランプ氏は地球温暖化は中国が流しているデマだと決めつけていると言っていました。
 そしてそれを裏付けるように、6月1日、トランプ氏はパリ協定から米国が脱退することを発表しました。トランプ大統領は、地球温暖化を否定しているのですから、パリ協定から脱退するのは自然です。

 ここで話が逸れますが、私が長年当HPで主張してきたことを改めて紹介します。
 私は地球は温暖化していると思います。
 ただしそれは、太陽活動が活発化しているのが原因だと考えています。太陽活動が活発化したのは、太陽系が高プラズマエネルギー帯の宇宙雲に突入したからだと考えます。
 それゆえCO2排出が地球温暖化の原因だとする説に、反対してきました。
 今でも世界中の大多数の人々が、CO2が温暖化の原因であると信じています。
 これは、私にとって不可思議としか言い様がありません。なぜなら、CO2が地球を温暖化させることを実証した証拠が一つもないからです。
 そんな私にサアラさんの話が後押ししてくれました。
 CO2犯人説が世に出てきたときに、CO2犯人説は間違いであるという文書が、世界中の学者6000人の署名入りで提出されたそうです。
 これを欧米各国のメディアは伝えたそうですが、日本のメディアは一切無視したそうです。
 私には、CO2を犯人とすることで大きな利益を得る集団が背後に蠢(うごめ)いているようにしか思えません。

 話が逸れました。
 トランプ大統領の続きがあります。
 ゲリーさんは、トランプ大統領が地球温暖化を認めざるを得ない出来事が起こると言っていたのです。
 これは上記のジョン・ホーグ氏の3)と7)の予測とシンクロしているように見えます。
 ジョン・ホーグ氏が8月21日前後に起こるという、「政治的、経済的な災難」がどのようなものかわかりません。
 しかしこれにより、トランプ大統領が考え方を変えるのか。そしてジョン・ホーグが指摘するように米国がパリ協定に復帰することで、再度大国として世界をリードする位置につくのか、否か、大いに注目していこうと思っています。



若返りへの模索...2017年6月28日

 人は歳をとると体力が衰え、気力も無くなり、病気がちになります。
 そして病気が快方に向かったり、悪化したりを繰り返しながら徐々に弱っていき、いずれ死を迎えます。
 生死の輪廻を超越したといわれるイエスやババジのような聖人を別にすれば、秦の始皇帝のように本気で不老不死を追及したとしても、死を免れたという話は聞いたことがありません。
 私たちは、生を得た者が死を迎えるのは、自然の摂理だと考えています。
 スピリチュアルの本を読むと、人間の恐怖の根源は死である、といったことが書いてあったりします。
 これに対し、神秘家のゲリー・ボーネルさんから興味深い話を聞いたことがありました。
 ゲリーさんは、人は死を恐れていないというのです。人が恐れるのは、死に至るまでの苦痛だというのです。たしかに誰だって、のたうち回るのような苦痛を味わいながら、死を迎えたいとは思わないはずです。
 私はこの話を聞いたとき、なんだか納得したような気分になりました。
 私がこれまで人と接してきた経験からいっても、誰しも人は長生きを望んでいるわけではないという感覚があったからです。
 ただ長寿を望んでいない人でも明らかに言えることは、死を迎えるまでは元気でいたい、つまり、健康寿命を延ばしたいと思っていることです。
 病院で身体中に管を通され、(スパゲティ状態というらしいですが)、身体の自由を奪われ、ただ息をして生きているだけなんて誰でも後免蒙りたいはずです。
 長生きしたいとは思わないと言う人は、こうした病院で、自由もなくただ生かされている状態をイメージしているのかもしれません。
 だとすると、問題は健康寿命をいかに長くするかです。
 しかし、もっといいのは、いっそのこと若返ってしまうことです。
 でも気持ちの面で若返るということはあっても、本当に若返るということはあるのでしょうか。
 しかしどうやら体力、気力が甦るはもちろん、老化した身体組織自体も復活するというのはあるようなのです。
 実例として、『ミラクルヒーリング2』(小林健、吉本ばなな著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『ミラクルヒーリング2』、p87〜p91から抜粋開始>・・・

小林 私が教えた若返り健康法で70歳の男性が69歳の女性を妊娠させたんですけど、それを本に書いたときは10歳ずつ減らしました。

吉本 私、それを読んで、結構ぎりぎりの年齢だと思ったけど、もっと上だったんですね。

小林 10歳上です。

吉本 それができるなら、私、今から5人ぐらいつくっちゃおうかな。子どもはいくらでも欲しいくらい! 5人はムリかな……。

小林 それも、50年前の恋人同士だったんですよ。

吉本 いい話でしたね。

小林 私の大好きな患者さんが「明日、うちのパパがイタリアに帰らなきゃいけないんだけど、土曜日にやってくれる?」と言うから、冗談じゃない。私は昔、土曜日も働いてガンになったんだからダメだ」と言ったら、「ケン、アイラブユー」と言われて、しょうがないからやることにしたんです。
 その後、もう一人の大好きな患者さんから電話があって、「うちのお母さんがオシッコがとまらなくてどうにもならないから土曜日の午後に診てもらいたい」と言うわけです。考えてみたら1人約束していたので、いいよと返事をしたんです。
 そのお父さんとお母さんが、50年前に結婚する予定だったんです。

吉本 運命の再会。

小林 先に女性の治療をして、後から男性が来て待っていたんですが、女性が元気になって二コ二コ笑いながら僕と話していたら、その男性が女性に向かって「すみませんが、あなたの好きなスポーツは何ですか」と聞くわけです。彼女が「テニス」と答えたら、「あなたが卒業した高校はどこですか」とか立て続けに質問して、彼が「あなたのお父さんはディプロマット(外交官)ですか」と言った瞬間、「Are you Paul?」「Are you Catherine?」と叫んで抱き合ってキス。僕も長年生きているけど、あんなすごいキスは見たことがない。二人がもう離れないのよ。囲っちゃった。
 「いいかげんにしてくれない? 僕、山に帰りたいんだけど」と言ったら、「ちょっとプライベートトークさせてください」と言うので、僕が帰り支度を整えて出てきたら、「今、この場で結婚したい。あなたはヒーリングミニスター(治療牧師)だからできるでしょう」と言うわけです。僕は4つの宗教のバイブルを持っているから、読んで、その場で結婚させてあげたんです。二人ともパートナーは死んじゃっているから。
 そこまではよかったの。しばらくしてから特別な相談があるということでやってきて、「子どもをつくりたい」と言うので、「何を言っているの。あなた、70歳でしょう。立たないじゃない」とはっきり言っちゃった。

吉本 女が若ければ何とかなるのかなあ。

小林 彼女も子どもが欲しいと言うから、「あなたは生理がずっと前に終わっていて、どうにもならないじゃない。卵子も精子もないでしょう」と言ったら、「ケンはミラクルドクターじゃないの」と言うので、「そういうことを言われることもあるけど、そういつもうまくいかないよ」と言ったけど、どうしてもやってくれと言うわけです。
 しょうがないので、導引光という体操を教えて、毎週1回治療して、2、3カ月後に精子の量を調べたらゼロから50個に増えていたんですけど、チョー少なくて、これでは絶対に子どもはできない。「あなた、立つの?」と聞いたら、それは大丈夫みたいでした。
 しばらくしたら奥さんから電話があって、「子宮ガンが見つかった」と言うんです。でも、量子波で見たら、ガンの波長がない。おかしいなと思って妊娠の波長を見たら、妊娠の波長が出ているわけです。
 それで、「産婦人科に彼と一緒に行きなさい」と言って、検査したら、確かに妊娠していたんです。医師に口止め料を1000ドル払って、弁護士を雇って、生まれたら奥さんのお嬢さんの子どもにするということにしたんです。1年後のパーティーに行きましたが、元気に育っていました。あれから十何年たっているけどそのおじいちゃんおばあちゃんも元気です。

吉本 すばらしいですね。

小林 でも、ガンだと言われて、その気になってしまったらダメだったね。僕はそんなことは信じないから。

吉本 普通は、そう言われたら、すぐ治療に入っちゃうものね。それでいっぱいの人が自分からよりいっそうガンになっていって、命を落としているような気がします。

小林 ガンと診断されたと言って僕のところに来る人の75%はガンではなくて、ただの炎症です

 ・・・<抜粋終了>・・・


 70歳の男性が69歳の女性を妊娠させ、実際に子供を授かったというのは、やっぱり驚いてしまいます。
 当初、男性は精子の数がとても妊娠させることができるレベルではなく、女性は閉経していたというのですから、なおさらです。
 明らかに言えることは、人は環境と条件が整えば、(もちろん人の強い意志があってのことだと思いますが)老化した身体組織細胞を復活させることが可能だということです。

 これに関連して、もう一つ例を紹介したいと思います。
 私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、そこで聞いた話です。
 サアラさんはかつて、ロシアのサイキック養成アカデミーに通っていたそうです。そこでサアラさんが体験した話です。
 アカデミーには、若い学生から90歳のおばあちゃんまで幅広い年齢層が通っていたそうです。
 その90歳のおばあちゃんですが、腰はひどく曲がり、頭は白髪というより、その白髪も大半が抜けた状態で、要するにヨボヨボだったそうです。
 これは90歳という年齢を考えれば当然かもしれません。
 むしろ、90歳になった人が、厳しいカリキュラムのアカデミーによく行けたものだと感心します。
 そのおばあちゃんですが、アカデミーで教わったエネルギーワークを毎日やったそうです。
 サアラさんによると、このエネルギーワークは身体に直接働きかけるものではなく、その人の魂の場にエネルギーを注ぎ込むという手法なんだそうです。
 そしてエネルギーが注入され魂の場が活性化すると、必然的に身体が若返ってくるんだそうです。

 それからしばらくしてのことですが、サアラさんはアカデミー時代の皆が集合している写真を見て驚くことになったのです。
 写真に中に、あの90歳のおばあちゃんが写っているというのですが、誰かわからないのです。
 指摘された人は、まるで別人でした。
 腰は曲がっているどころか、しゃきっと背筋が伸び、身長はインストラクターとほぼ同じだとわかったのです。
 頭には髪の毛がふさふさして、顔も若返っており、とても同一人物だと信じられなかったそうです。

 そのエネルギーワークを私たちスクール生にも教えてくれるというので、スクール生の間で評判になっています。
 最後の授業のときに教えてくれるらしいのですが、教えてもらったら、私は密かにそのエネルギーワークを毎日やってやろうとたくらんでいます。


 さて、残念ながら小林健さんの本には導引光のやり方は書かれていませんが、若返りに関するヒントのような記述がありました。
 『ミラクルヒーリング』(小林健、船瀬俊介著、ヒカルランド)のp107に以下の記述があります。

小林 耳鳴りは腎臓から来ている、おしっこも腎臓、全部関連しているわけです。それを抑えない限り、ヒーリングアーティストじゃない」

 p115の記述です。

小林 あと、男の人が立たないのを簡単に立たせる。それを飲んだら、パンツをはくのが大変になるような感じで、漢方薬はよく効きますね。腎臓が性器を活性させますので、男性の強化は簡単です。同時に若返りますよ!

船瀬 男性軍、今聞いた? パンツがひっかかりまっせ(笑)」

 パンツを履くのを苦労するぐらい精力のつく漢方薬があるなら、ぜひその漢方薬を知りたいものですが、これまた残念ながら漢方薬の名前がありません。
 小林健さんによると、どうやら若返りのキーとなるのは、腎臓のようです。
 そこで私は、本屋で腎臓に関する本を探すことしました。
 そこで、見つけたのが以下の本です。

 『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(寺林陽介著、アスコム)

 この本で勧めているのが、腎臓のマッサージです。
 ネットで見ることができます。

http://healthfitnessbeautydiet.com/blog-entry-891.html

 私はまだこの腎臓のマッサージをやっていませんが、そのうち始めようと思っています。
 付け加えると、この本で腎臓に良いとされる食べ物が以下です。
 p182から抜粋します。

・野菜
・豆類
・魚介類
・海藻類

 どうやら伝統的な日本食だと良さそうです。

 さらに『長生きしたけりゃ素生力(そせいりょく)をつけなさい』(小林健著、マキノ出版)に以下の記述がありました。

 「ストレスは肝臓と腎臓に大きなダメージを与えます。肝臓は全身の血液循環や新陳代謝をつかさどり、睡眠も支配しています。したがって、肝臓が弱ると眠れなくなります。
 また、腎臓は体の9割以上の支配・統合をになっていて、髪の毛、脳、心臓、耳、目、歯、歯肉(歯ぐき)、甲状腺、生殖器、骨、間接、神経、感情などをコントロールしています。さらに、「声」をつかさどっているのも腎臓です」

 私も体験があるのですが、身体は非常に疲れているはずなのに、なぜか眠れないということがあります。
 これは肝臓が弱っていたせいとのことで、なるほどと思います。

 とにかく、若返りのキーとなるのは腎臓の活性化のようです。

 あとこれは以前の記事にも書いたことですが、私は去年の春頃から、頭皮が数ミリ単位で髪ごと抜けるという奇妙な現象に悩まされています。
 行きつけの床屋さんもこんなの見たことがないと言っていたので、たぶん普通の人には起こらない現象なのでしょう。
 老廃物を外に出していると言われたのですが、ないしろ頭皮ごと抜けるので、私の頭はまだらハゲのような状態になってしまいました。
 なんとか髪の毛を復活させたいと思い、『薄毛・白髪に黒髪が復活!』(マキノ出版)を読んでみました。
 その中に、還暦ながら30代の若さに見られる南雲吉則(なぐもよしのり)医師の記事がありました。
 南雲医師は、水シャワーを浴びることで、太く濃い黒髪が蘇るというのです。
 抜粋して紹介します。


 ・・・<『薄毛・白髪に黒髪が復活!』、p8〜p9から抜粋開始>・・・

 フケやかゆみ、抜け毛がピクリと治まった!

 「50代なのに30代に見える医師」ということで、多くの著書を上梓している私ですが、実は長い間、頭髪については悩みを抱えていました。
 私の荒れた頭皮が回復し、薄毛が回復してフサフサになったのは、水シャワーのおかげです。今日は、その話をしましょう。
 私の祖父と父は、髪が薄くなる体質で、私が物心ついたころには二人ともハゲていました。「ハゲは遺伝」と思い込んでいたので、私もある程度は覚悟していたのです。
 実際、私はずっと頭皮の状態が悪く、ひどいフケ症でした。地肌がいつもかゆく、赤く炎症を起こしていて、ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤を塗っていました。
 40歳を過ぎるころから抜け毛もふえました。抜けた毛を見ると、毛先が産毛のように細く、ゾッとしたものです。
 整髪剤をつけて、髪をふんわり整えても、後ろから見ると髪がパックリと二つに割れ、地肌が見えました。自分では当然気づかず、後日、スナップ写真で自分の後頭部を見て、愕然としました。
 シャンプーを変えたり、育毛剤を使ったり、マッサージをしたりしましたが、症状は改善しませんでした。
 そのうち、どうやら整髪料を使ってから、シャンプーをしたあとに、頭皮の状態が悪くなることに気づいたのです。
 そこで、髪の毛をぬるま湯で洗い、最後に水のシャワーを浴びるようにすると、フケやかゆみがピタリと治まり、毛が抜けなくなりました。
 私が行っている水シャワーのやり方は、いたって簡単です。
 まず、最初にぬるま湯のシャワーを頭からザーツと浴びて、髪や体を手でなで洗いします。整髪料を使ったときの頭や、わきの下や陰部など毛が生えている部位、足の裏は、固形石けんを使って洗います。
 それからシャワーの温度を少し下げて、また頭から浴び、石けんの泡を流します。
 もう一度、温度を少し下げ、シャワーを浴びてから、最後に水のシャワーを頭から浴びるのです。「冷たい!」と感じたらそれ以上我慢せず、止めてOKです。
 湯上がりには、乾いたタオルで、体をよくふいてください。こうすると、体がポカポカしてくるでしょう。

 必要な皮脂が残り地肌も髪も傷まない!

 私たち人間は恒温動物ですから、体の表面を温めれば温めるほど、深部の体温を下げて体温を一定にしようとします。
 逆に、水シャワーを浴びて、体の表面温度が下がると、体温を上げるために血流が促進されます。頭に水シャワーを浴びると、頭皮の血流が活発になり、酸素や栄養素が行き渡るというわけです。
 ですから水シャワーを全身に浴びるのが怖ければ、頭だけにかけてもけっこうです。
 ただ、その場合できれば、ひじ先、ひざ下にも水シャワーを浴びたり、水でしぼったタオルで全身をふいたりすることも、併用してください。
 なぜかというと、全身が「冷たい!」と感じることが大事だからです。
 動物の体は、冬の間、フサフサとした保温性の高い毛が密集して生え、夏は風通しのいい毛に生え変わります。人間も同様に、寒さを感じるとフサフサとした毛が密集してくるのです。
 また、水シャワーを実行すると同時に、「洗いすぎない」ことも大切です。
 シャンプーの各メーカーは、「頭皮の汚れ、毛穴汚れを落とす」という名目のもと、強力な洗浄力を競い合っています。その結果、毛穴に詰まった脂は取り除かれ、頭皮も髪もパサパサに乾燥します。
 毛穴に詰まった脂を「脂栓(しせん)」といいますが、これは実をいうと、毛根に毛ダニや悪玉の細菌が侵入しないための保護膜なのです。シャンプーが保護膜を取り除くため、毛根が炎症を起こして毛が抜けます。
 髪が薄くなると、ボリュームを出すために整髪料をつけることになり、それを落とすためにシャンプーをする……という負の連鎖を引き起こしているのです。負の連鎖は、どこかで断ち切る必要があります。
 私はふだん整髪料をつけません。髪はぬるま湯で洗い、最後に水シャワーをして終わりです。この洗髪法なら、汚れだけが落ちて、必要な脂は残るので、地肌が荒れることも、髪が傷むこともありません。
 髪や体を洗いすぎず、肌表面の皮脂や善玉の細菌といった保護膜を壊さないようにすれば、髪も肌も健康を保つことができます。習慣にすれば、若返り効果も期待できるでしょう。
 私自身も水シャワーを始めて、3年足らずで髪が太く濃くなり、今ではフサフサの毛量を保つことができています。
 水シャワーは、脂肪を燃焼させる効果もあるので、育毛と同時にダイエット効果や若返り効果も得られます。ぜひお試しください。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこれは良い! と思い、水シャワーを実践しています。
 始めてまだ2ヶ月程度なので、はっきりとした効果は確認できませんが、水シャワーを浴びた後、ポカポカするという感覚はよくわかります。
 南雲さんは3年続けてフサフサになったということなので、気長に続けるつもりです。
 さらに『薄毛・白髪に黒髪が復活!』に、髪にいかにも良さげな食べ物が紹介してありました。
 昆布、生姜、ゴボウなどを酢に2日ほど漬けて、食べるというのです。
 そういえば南雲医師は、若返りの習慣として、ゴボウ茶を毎日飲んでいました。なんだか良さそうです。
 私はお気に入りの柿酢に、細く切った昆布、生姜、ゴボウを漬けて毎日ちょっとづつ食べるようにしています。
 そのせいでしょうか、細かった髪の毛が、なんだか太くなってきた感じがします。
 まだ頭皮ごと抜けるという症状は収まっていないので、明らかな効果は確認できませんが、これも気長に続けてみようと思っています。



投資に関する話...2017年6月19日

はじめに

 当HPを数年前から訪問されている方はご存じだと思いますが、以前は投資に関する記事をよく書いていました。
 でもここ数年、私は投資から完全に遠ざかってしまい、記事も書かなくなりました。
 そんな私ですが、実は先週、ある物(ぶつ)に投資をしたのです。

 私は当HPで、いずれ世界大恐慌がくると何度も書いてきました。
 その恐慌の時期が正確に読めないので、ポジションを張るのは危険と判断し、恐慌が起こってマーケットが大暴落した後を狙うというスタンスでした。
 その私が投資をしたというのですから、以前の記事を読まれた方は納得されないかもしれません。
 それには理由があったのです。それは後述します。

 そんなわけで、今回は投資に関する記事です。
 一度掲載したエピソードもあるのですが、それを含めて紹介したいと思います。


私がこれまでの投資で得た教訓

 私はこれまでの人生で、いろいろな投資を行ってきました。
 一般的な株やFX(外貨預金も含む)はもちろん、デリバティブと呼ばれるオプションや、商品先物もやってきました。海外のファンドと呼ばれるものも投資してきましたし、さらにペーパー類だけでなく、現物の金(キン)や、はてやアンティーク・コインまであります。
 多彩な分野に投資してきたわけですが、数年前にふと、それで収支はどうなったんだと考えたことがあります。
 たぶん、けっこうなマイナスだろうと思いました。
 特に株の損失が多大で、田舎の家なら1〜2軒買えるぐらいの損はしてきたはずです。他はそうでもないのですが、私は株と本当に相性が悪く、ほとんどが損だったという印象です。
 ただ株の大損が、私の人生において、すべてマイナスだったとは言えないと思っています。

 金額で大きな損をしたかわりに、貴重な教訓を得たからです。
 その教訓とは、「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」です。
 最初の頃、株の素人であることをよくわかっていた私は、本や雑誌などを読んで、推奨銘柄を選んで買っていました。結果は当然ながら、うまくいきません。
 やはり一般的に広まっている情報ではダメなことがわかりました。そこで高い顧問料を払い、投資情報を提供する会社からの情報に従い投資してみました。でもやっぱり全然ダメです。むしろ損が膨らんでいくばかりです。
 そこで、投資会社の情報ではなく、自分から有効そうな投資に関する情報を持っている人を探して、その情報に従って買ってみました。すると、さらに目も当てられないくらい大きな損失を出してしまいました。
 私が得た貴重な教訓は、情報に対するお金を払う、払わないに関係なく、人から聞いた情報では損をするということです。
 当時は気づきませんでしたが、これは当たり前の話です。
 投資すれば儲かるとわかったなら、当の本人がこっそりと投資しているはずです。
 その情報を一般の人に知らせるということは、別の目的があるということです。これはちょっと考えればすぐわかる話なのですが、当時の私は全く気づきませんでした。
 もう一言付け加えれば、(私の勝手な印象かもしれませんが)投資のプロと自称する人の予測は、ほとんど当たらないということです。

 ここでちょっと脱線して、株の悪質な手口を紹介しておこうと思います。
 株の情報提供をする会社が、会員に(いかにもインサイダー的な)美味しそうな情報を流します。それを読むと、株が急騰するのは間違いないと思わせるような情報です。
 そこで会員は、買いに殺到します。
 当然、その瞬間、株は上がります。
 株を買った会員は大喜びです。
 しかし次第に上値が重くなります。
 そして徐々に下落に転じます。そして会員が買いに走った値段よりずっと下がってしまい、会員は泣く泣く株を塩漬けにせざるを得なくなります。
 そして塩漬けになった株を持ったまま、何年間も上がるのを待ち続けることになります。

 このカラクリですが、情報を流した会社が、事前に安い株を仕込んでおくのです。
 充分に買い占めたら、会員に美味しそうな情報を流します。
 株が急騰したら、仕込んだ株を売り浴びせるのです。急騰しているので、大きな利益がでます。その利益こそ、会員が買った分の差益です。
 すべての情報提供会社がこんな悪質なことをするわけではありませんが、中にはあります。古典的な方法ですが、これからもこの手口で騙される人は出てくるだろうと思います。

 さて、私は株で大損しましたが、株で大成功した人の例を紹介します。
 ちょっと前のテレビ東京の「カンブリア宮殿」という経済番組だったと記憶していますが、ある青年実業家が登場していました。

http://blog.livedoor.jp/dokuritsu_jison/archives/34099438.html

 若い頃にニートだったという青年は、株で35万円を元手に15億円を儲けたといいます。その彼は、株に投資するにあたり、徹底的に株を研究したそうです。
 私は、人の情報に頼って大損しました。しかしこの青年は、自分で研究して大成功しました。
 この違いは歴然です。
 もちろん、徹底的に研究すれば誰でも儲けられるというわけではありません。この青年の投資に関する人並み外れた才能があって実現したことだと思いますが、大事な点は、この青年が人の勧める銘柄ではなく、自分で研究したということです。

 私は「○○を買えば絶対儲かる」という話を聞いたら、笑って「ああ、そうですか」と聞き流すことにしています。それについて調べることもしませんし、その必要性も感じません。


金(キン)投資に関すること

 冒頭で書きましたが、私はこれまでの投資人生の収支がどうなっているか気になりました。投資の収支に関する家計簿を付けているわけではないので、細かい数字はわかりません。
 私の感覚は、株で大損した分を、金(キン)でいくらか取り戻したはずだが、それでも大幅なマイナスだろうというものです。
 数年前のことですが、(今は受けていませんが、当時受けていた)リーディングセッションで、収支を聞いてみたことがありました。
 すると、驚くべき答えが返ってきたのです。
 「プラスである」
 私は絶句しました。
 それまでのリーディングセッションでは、質問したことの回答は、ほとんどは想定内でした。それが全く予期していない答えが返ってきたのです。
 このとき私が聞きたかったのは、どのくらい損をしているかだったのです。それがプラスという答えに、次の質問に窮してしまいました。

 それまでの私の投資人生の収支がプラスだったという原因は一つしかありません。
 金(キン)投資が、私の感覚を超えて大成功だったということです。
 株で散々な目に遭った私は、自ら投資対象を研究するようになりました。
 そして、株のようなペーパーマネーと、金、銀のような実物商品は、ある一定の周期で交互に相場を繰り返していることを知ったのです。
 時期は21世紀になったばかりの2000年代前半で、これから商品の波動が始まる時期でした。
 これからは金(キン)だ! と確信した私は、ゲリーさんのアカシックセッションを受けたとき、ゲリーさんの見解を聞いてみました。
 「これからは商品の時代だと思うのですが」
 そのときのゲリーさんの答えは、
 「イエス」
 でした。この答えに私は自信を深めました。
 ここで大事なことは、私は自らの研究で、金という投資対象を見つけたことです。
 ゲリーさんに聞いたのは、あくまでも見解を聞いてみたかっただけで、ゲリーさんがノーと言っても投資していたでしょう。

 私にとって幸運だったのは、この時期は金が歴史的な安値だったことです。
 この少し前、米ドルは危機を迎えていました。それゆえアメリカは基軸通貨ドルを守る必要性に迫られていました。金は基軸通貨である米ドルの反通貨として機能しています。金が上がることは、米ドルの価値が下がることです。それゆえFRBは、米ドルを守るため、徹底的に金の売り崩しをしていました。
 当時アメリカは著名な経済学者に、「金は死んだ」と言わしめていました。それほどアメリカは必死でした。
 しかし当時の私は、この事実を認識していませんでした。
 それゆえ、その時期に金を選んだことは、本当に幸運以外の何物でもなかったのです。


金(キン)で150万円を元手に1億円稼いだKさん

 その当時の金投資がどうなったかを、私のゲリースクールの同級生のKさんのエピソードで紹介したいと思います。
 Kさんは、ゲリーさんのアカシックセッションを受けたとき、金がNY市場で1トロイオンス250ドル台になったら買いなさいとアドバイスされたそうです。
 その教えを守り、金が250ドル台になったとき、金先物で投資を開始したそうです。
 時期は21世紀が始まった2000年前後で、日本では1g900円台があった頃です。
 その後、金は大きな下落をすることもなく順調に上昇を続け、Kさんは150万円を元手に1億円を稼ぎだすことに成功します。
 この成功談は、(たしか)日本工業新聞にKさんの顔写真入りで載りましたので、読まれた方もおられるかもしれません。
 当時、日本工業新聞を読んでいなかった私は、Kさんから記事を読ませてもらいました。

 もちろん私も順調でした。
 私の場合はゲリーさんから、「金に投資するなら、かならず現物にするように」と釘を刺されていました。
 ゲリーさんに、私は投資に向かない性格であることを見抜かれていたのかもしれません。
 そこで有り金のほとんどを金のゴールドバー(延べ棒)に替えたのです。
 この投資は大成功でした。

 余談ですが私はゲリーさんの教えを破り、金が順調に上がるので、金の先物取引もやってみました。
 すると1年で420万円もの利益が出たのです。
 当然、税金が掛かってくるはずですが、当時の私は税金の知識が全くなく、払おうにも払う方法がわかりませんでした。そうこうするうちに、忘れてしまったのです。
 そしてそれから数年後、管轄の八王子税務署から、「金の税金が未納です」という連絡がきました。この時、税務署は追徴課税が発生する時期まで待って、税金の取り立てをすることを知りました。
 未納の税金と(罰金という意味合いの)追徴課税、未納期間の利子分まで含めて、130万円を払いました。
 これは、私にとってとてもよい経験になりました。
 その後私は、きっちりと税金を払うように心がけるようになりました。

 私はゲリースクール終了後の8年間、仕事もせずに悠々自適に暮らすことができました。
 もちろん実家に居候することもなく、自分の蓄えだけで生活したのです。
 生活費が必要になると、金の現物(ゴールドバー)を現金に換えていました。これが貧乏な私が、仕事をせずに暮らせたカラクリです。


夢ワークで止められる投資

 私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、サアラさんの夢ワークも実践しています。
 すべての夢がそうだというわけではありませんが、なかには(霊的な)ガイドからの重要なメッセージが含まれていることがあります。
 夢ワークのよいところは、霊的な能力が必要ないということです。
 誰でも夢を見るからです。
 つまり誰でも、ガイドからの有益なアドバイスを得るチャンスがあるのです。
 こんな有難いチャンスをみすみす逃すのは、もったいないと私は思っています。

 2017年3月15日の記事「サアラさんの夢ワーク」で、FXをやろう思い立ったが夢ワークで止められたという体験談を書きました。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_13.htm#info_1309

 また今年に入り、ビットコインに関する記事を2つほど書きました。
 その中で私は、ビットコインに投資するというより、これから普及していくであろうビットコインによる決済に慣れるために、口座を開くつもりだと書きました。
 その口座を開く手続きを明日やろうと思った前日に、見た夢があります。
 以下、夢日記に書いた内容です。

 ・・・<ビットコインの口座開設をやろうと思った前日に見た夢の内容開始>・・・

 私は道端にサイフを置いて、拾わなきゃと思いつつ忘れてしまい、用がある場所に行った。
 帰ってきたら、サイフはあったが、中は空っぽで、現金、カード類はすべて無くなっていた。

 ・・・<終了>・・・

 こんなダイレクトなメッセージも珍しいです。
 私がビットコインの口座開設を止めたのは、言うまでもありません。
 ガイドが止めろと言ってきたのですから。

 このように、FXもビットコインも夢ワークで止めることになりました。
 私は今、八ヶ岳に移住を考えているので、物件を買う資金が必要です。何度も物件の見学をしてきましたが、最後は私の資金の少なさにため息を覚える結果となります。気に入った物件は、私の今の資金では買えないものばかりです。
 そんな状態ですから、FXでもやろうかという誘惑に駆られたりします。
 でもFXは夢ワークで止められてしまいました。
 私の投資はやはり、世界大恐慌が起こったときに、暴落したものを拾う以外にはないのでしょうか。
 ゲリーさんに見抜かれたように、私は投資に向かない性格なので、ガイドは私に投資させないという基本姿勢なんだろうと考えるようになっていました。


夢ワークで与えられた投資情報

 しかしながら、どうやらガイドは私に投資自体をさせない方針ではないようなのです。
 以下、先週の月曜日に見た夢の内容です。内容はほとんど思い出せなかったのですが、指摘された内容が強烈でした。

 ・・・<先週の月曜日に見た夢の内容開始>・・・

 (内容はほとんど思い出せないが)あるものを別の物と認識していたが、それが銀(ギン)だと指摘された。

 ・・・<終了>・・・

 内容はたったこれだけです。
 しかし私は、「銀」というメッセージが非常に重要だと直観でわかりました。
 そこで、まだ夢心地で変性意識が残っている状態で、心の中で以下の質問しました。
 「(このメッセージは)ガイドからのものですか?」
 すると次の瞬間、頭の中を鋭く収縮する力に襲われたのです。かなり強烈な力でした。おかげで眠気も吹き飛びました。
 通常、収縮はイエスで、拡散がノーの意味にとることが多いと思います。
 これはやはり、イエスの意味でよいと解釈しました。
 どうやらガイドは、私に銀を買えと言っているようです。

 今度は水曜日に見た夢です。

 ・・・<先週の水曜日に見た夢の内容開始>・・・

 麻雀でドラの白をポン。親満で上がった。
 次に清一色で上がった。チョンボしたと思ったが、上がっていた。
 実家の改装(意味不明)。
 たくさんの家畜(意味不明)。
 ある人が私のために、(PCを操作して)何か手続きをしてくれている。
 資産(預金?)の3分の1がどうのこうのと言っている。
 私は有名でないので関係ないと言ったら、そうだねと言って笑っていた。

 ・・・<終了>・・・


 麻雀を知らない方は、「親満」とか「清一色」といった麻雀用語をご存じないと思いますが、単純に大勝ちしていると思っていただければと思います。
 どうやらガイドは、私に銀を買えと言っているのは間違いないようです。
 しかし悩ましいのが、どのくらいの量を買えがいいのかということです。
 幸いなことに私は、移住用の物件を買うための(少ないですが)資金があります。
 当初は、ガイドからの投資情報なんてめったに手に入らないので、全額投資しようかと考えていました。
 しかし夢日記を見直していて、この水曜日の夢の内容から、手持ち資金の3分の1を投資すればよいことがわかったのです。

 銀は金と比べて約70分の1の値段です。
 それゆえ金のようにとても現物を買うというわけにはいきません。重すぎて運べないし、銀は酸化するので、保存の問題があります。
 そこで先物にすることにしました(水曜日の夢日記の中で、人がPCを操作して手続きをしてくれていたのは、現物ではなく、先物で買いなさいという意味だと解釈できます)。
 調べてみると、東京工業品取引所の銀の取引単位は10kg単位で、今の銀の相場は1gで60円前後です。
 ですから10kgだと60万円ほどになります。
 私が口座を持つ証券会社の銀の売り買いの手数料は、1回(1枚)につき350円でした。
 先物の一番先の限月(げんげつ)は2018年4月物です。これを買えば、10ヶ月はポジションをキープできます。
 先物なので決済月がありますが、そこでいったん売って、買い戻せば、その後もキープできます。
 その手数料は、10kgにつき売りの350円と買いの350円の計700円です。これを利用すれば、何年もキープでき、現物を持っているのと同じ状態となります。
 もちろん売った値段で買えるわけではないのですが、同じタイミングで行えば、その差はたいしたものではありません。


いまや、見向きもされなくなった銀

 銀を買うにあたり、私は銀のチャートを見て、ため息をつきたくなりました。
 直近では2011年に125円を超えるピークをつけた後、延々と下落基調が続いています。現在の価格は60円ほどです。

http://www.hoxsin.co.jp/delay/chart.asp?mcode=0002

 この銀のチャートを見て、今後上がると予想する人は、ほとんどいないと思います。
 チャート的に上がる要素は何もないように見えます。

 銀の関しては思い出があります。
 何年か前ですが、当時ゲリースクールに通っている知人から、「銀の買い方を教えて下さい!」というメールが来て面食らったことがありました。
 なんでもゲリーさんが、テスラモーターズの株と銀を買えと言っているらしいのです。
 私は、「ゲリーさん、また(しょうもないことを)言い出したな・・・」
 と呆れました。
 これには理由があります。
 私がゲリースクールに通っていたとき、ゲリーさんが「これから金(キン)が上がるので、余裕資金のある人は金を買って下さい」と言ったのです。
 それで金を買った生徒がけっこういました。
 しかし金は、その後、暴落にも近い下落をしたのです。
 それで金を買った人は、苦しい思いをすることになりました。幸いなことに、金は元の値段に戻り、やれやれと売ることができたようです(ただしこれは現物での話であり、先物で大量に買った人は大損となった可能性大です)。
 買ったものがいったん下がり、それが戻って、やれやれとばかり売ることを、「やれやれ売り」といいます(相場もプロは、いったん下がって戻ったときは、必ずその値段から上に行くので、やれやれ売りはやってはいけないというのですが、そんな話はどうでもいいですね)。

 その記憶があったので、ゲリーさんが銀を買うことを勧めたと聞いたとき、本当に懲りないなと思ったのです。
 銀が上がると言ったのは、ゲリーさんだけではありません。
 予言者ジョゼフ・ティテル氏も、金は2倍、銀は4倍になると言っていました。
 しかしいっこうにならないし、そうなる気配も見えません。
 銀の現物を買った人は別ですが、おそらくゲリーさんやティテル氏の予言を信じて先物のポジションを取った人は早々に退散したのではないでしょうか。
 私がそう思うのは、銀先物の取引がほとんどないからです。
 先週末の金曜日の銀の出来高は17枚で、取引価格は1020万円ほどです。
 同日の金の取引高が約464億円ですから、異常に少ないことがわかります。
 これでは売りたいときに売れないし、買いたいときに買えません。
 市場が死んでしまっているのです。もう誰も見向きもしなくなった・・・というところでしょうか。

 しかし、誰も見向きもしないからこそ、妙があるかも・・・と考えたりもしています。
 そういえば、「人の行く裏に道あり花の山」という相場の格言もあります。


「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」は基本

 私は株で大損したことにより、「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」という原則を学びました。
 私は自ら行っている夢ワークにより、銀への投資をすることに決めました。しかしこれを読まれている訪問者の方々からすれば、これは人から聞いた情報になります。さらに私は、人に勧めてすらいません。
 まさかこんな胡散臭い情報をもとに、銀に投資しようとする方はいないと思うのですが、万が一にもいたらいけないので、念の為に付け加えたいと思います。
 ガイドからのメッセージは、エゴが喜ぶものとは限らないのです。
 私は銀が上がると予測してポジションを取りましたが、ガイドには別の思惑があるかもしれないのです。
 つまり銀はこれから暴落するかもしれないし、相変わらず、ずっと静かに下落し続けるかもしれません。
 銀が暴落することを経験させることにより、人生の新たな展開を計画しているかもしれないし、静かに下落する相場を経験させて、新たな学びを計画しているかもしれないのです。
 それゆえ私は、銀が上がらなくても後悔しないつもりです。
 きっとそれには意味があったのだろうと考えることにしようと思っています。

 まあそう言いつつ、期待はしています。
 ただ結果が出るのは数年先だと思っています。それゆえ年単位で維持していけるように投資のポジションを取りました。
 さて、どうなるでしょうか。
 当分先になるかもしれませんが、結果は報告したいと思います。



不動産に関する話...2017年6月12日

 最近、私は土地に関することで、振り回されている感じです。
 メインは田舎(今は八ヶ岳近辺を調査中)に引っ越そうと物件を探していることです。ですが、今は降って湧いたような悩ましい問題に取り組んでいます。
 それは、父から遺産として受け継いだ千葉県の土地に関することです。


バブルの土地の値段

 ことの発端は、今年になってから千葉県の長生村役場からの固定資産税の請求書が届いたことです。
 今までの生涯で、私は土地を買ったことなど一度もありません。家を建てる発想自体がありませんでした。
 ですから固定資産税なるものを払ったことなど一度もなかったのです。
 その私に突然、固定資産税を払えと来たのですから、最初は面食らいました。
 額は、1万円ちょっとでした。
 たいした額ではありません。
 幸い貧乏な私でも払える金額です。

 この土地は、亡き父が私のために買ってくれたものです。
 兄には東京の実家が遺産として残りますが、私には何の不動産もないので、不憫に思った父が私に遺産として残してくれたものです。
 今から30年ちょっと前だと記憶していますが、父が突然、私に土地を買ってくれると言い出しました。その頃、私はテニスに夢中で、よくテニス仲間と千葉県の白子にテニス合宿に行っていました。千葉県の九十九里浜にある長生村は、学生のテニス合宿のメッカである白子町の南に位置しています。
 そこで父は、別荘を建ててもいいのではないかという発想で、長生村に土地を買ってくれると言い出したのです。
 正直なところ、私は全然気乗りしませんでした。でも父の遺産を残してあげたいという気持ちはよくわかりました。
 そこで父と二人で長生村に行って、不動産屋に案内されて、土地を3件ほど見学しました。
 3件見た後、父がどれが気に入ったか聞いてきました。
 私としては、別荘なら、海に近い物件の方がいいだろうと思っていました。そこで、町の中心地から外れた場所ながらも、海に一番近い物件に決めました。
 当時は、周りに家が1件しかない寂れた処でした。でも別荘なので、街中の喧騒がない方が、かえっていいだろうと思ったのです。

 値段ですが、敷地が56坪、共有道路の持分が約5坪(計約60坪)で、820万円だったと記憶しています。
 当時はバブルが本格的に始まった頃で、日本中の土地の値段がウナギ登りに上昇している時期でした。

 とはいえ、土地を買ったのは父で、私自身は土地を買ったという自覚はありませんでした。
 それゆえ固定資産税の振込み用紙を見て、土地を持つということは、こういうことなんだと思い知ることになりました。


土地の現地調査

 固定資産税を払い、長生村の土地のことなどすっかり忘れていた頃に、さらに長生村役場から手紙が来ました。
 今度は、土地の測量を行うので、立ち会ってほしいというのです。
 しかも、いかにも役所仕事らしく、土日ではなく平日に行うというのです。普段仕事をしている人の都合など全く考慮しない、いかにもお役所らしい態度に感心しました。
 「ちっ、めんどっちぃなー」と思ったのですが、仕事を休んで行ってみることにしました。
 私は今、八ヶ岳に移住することを考えているので、長生村の土地は不用です。使わない土地なのに、今後もずっと固定資産税を払い続けるのはもったいないので、売れるものなら売りたいと考えていました。
 土地を売るにあたり、現地の役所の人たちなら、色々と情報を持っているに違いないと思ったのです。現地に行けば、有益な情報を拾えるかもしれません。
 そんなわけで6月初旬、東京の西の外れから、東京都と千葉県を横断して太平洋に面する長生村まで、片道約3時間を掛けて行ってきました。

 私が驚いたのは、土地の変わり様です。30年前はほとんど家は無かったのですが、近所にポツポツと家が建っていました。さらにすぐ近くに生肉店やクリーニング屋、レストランがあり、コンビニも歩いていける距離にできていました。
 私の土地の前の道路は舗装され、上水道はもちろん下水も通っています。
 すいぶん開けてきたものだと感心しました。
 これなら文句なく、普通に人が住める環境です。

 現地に着くと、測量を行う役所の人以外に、けっこう人がいました。
 みなさん地主さんです。
 みなさん、お金持ちに見えたのは、私のひがみ根性のせいでしょうか。

 私の物件の道路を挟んで向かい側の土地を買った地主さんに話を聞くことができました。
 興味深い話でした。
 その地主さんが土地を買ったのは、バブルの真っ盛りだといいます。
 50坪と80坪の2つの土地を合わせた130坪を、2300万円で買ったといいます。
 私はまず、この金額に驚きました。
 前述したように、私の約60坪の土地が820万円です。1坪約13万円といったところでしょうか。この金額でも、相当にバブッています。しかし、その地主さんが買った値段は、さらに高い17.7万円です。
 その2300万円で買った土地を、今500万円で売りに出しているというのです。
 何年も前から売りに出しているが、全然売れないそうです。
 不動産屋は、50万円なら売ってみせると言っているそうです。あまりに売れないので、この不動産屋は、やけになっているのではないかと思います。
 50万円は2300万円の46分の1です。
 2300万円を投資した者として、46分の1の値段は、さすがに抵抗があるだろうなと思います。
 売れない土地を抱えて、固定資産税だけが毎年掛かってきます。
 まさに、「不動産」ではなくて、「負動産」です。


土地の相場は・・・

 私の土地の測量は、あっという間に終わってしまいました。
 あとは書類にハンコを押して終わりですが、書類提出の際に受付けの人に色々と聞くことができました。
 まず、役所として土地の寄付を受け付けるか聞いてみました。
 売れなかったら、最悪、寄付しようと思っていたからです。
 答えは、役所の立場から利用価値のあるもの(ある程度まとまった広さなど)であれば可能だということですが、私の土地は利用価値が低いので無理だろうとのことです。
 次に聞きたかったのは、この辺の土地の相場です。
 すると驚くべき答えが返ってきました。
 なんと、坪1〜2万だというのです。

 半値8掛け2割引という言葉がありますが、これだと元の値段の3分の1ぐらいです。
 バブルのピーク時に17.7万円だったものが、よくて2万だとすると1割ちょっとです。半値8掛け2割引よりも、ずっと安くなっています。
 でも商業地は、バブルのピーク時の10分の1になったという話を聞きます。都心の一等地で利用価値の高いところは、値段が戻っていますが、田舎の住宅地は10分の1のままというところなのでしょう。
 人口が減っているのですから、無理もありません。

 あとぜひ聞きたいことがありました。
 今年になって、なぜ突然、固定資産税が掛かるようになったのかということです。
 土地の地目は「山林」です。通常は「山林」の地目の場合、固定資産税は掛からないはずです。
 受付の人が言うには、地目は「山林」でも、おそらく税務の役人が「みなし宅地」と評価を変えたのだろうとのことでした。
 「みなし宅地」は通常の「宅地」よりも税率が高いといいます。
 1円でもいいから、税金を取りたいという行政の論理でしょう。

 あと、聞こうと思って忘れてしまったことがありました。
 それはこの地が、東日本大震災の際に、どれほど被害を受けたのかということです。
 聞くのを忘れたので、家に帰ってからネットで調べました。
 すると、驚くべきことに、全く被害がなかったというのです。銚子の近くでは深刻な被害があったのに、白子や長生村は全く被害がなかったようなのです。
 標高は、2〜3mといったところです。これで全く被害がないのは信じられないという思いでした。
 この地を守るような未知の力が働いているのか、それとも地形的な偶然なのか、わかりません。
 ただ東北の太平洋側のようなリアス式海岸と違い、九十九里浜は広い砂浜です。リアス式のように狭い範囲で津波が盛り上がって異常な高さに達するという可能性は低いのは確かだと思います。


ローンを組んで家を買うことの経済合理性

 よく、賃貸がいいか、持ち家がいいかというのは、永遠のテーマだといいます。
 もし家を買うことを検討されている方がおられましたら、一度読むことをお勧めしたいのが、『家なんて200%買ってはいけない!』(上念司著、きこ書房)です。
 本の「はじめに」の部分を引用させていただきます。


 ・・・<『家なんて200%買ってはいけない!』、p2〜p3から抜粋開始>・・・

 はじめに

 「マイホーム」という幻想は捨てなさい

 私は2000年ごろ、ロバート・キヨサキ氏の名著『金持ち父さん、貧乏父さん』(筑摩書房)を読んで、ある信仰−−−すなわち考え方に目覚めました。そこには、次のような言葉がつづられていたのです。

 金持ちはお金を出して資産を買う
 貧乏人はお金を出して負債を買う

 さて、ローンを組んでマイホームを買った時、購入した家は果たして資産でしょうか? それとも負債でしょうか?

 断言しましょう。「負債」です。
 高度経済成長やバブルの時期なら事情は違ったかもしれませんが、経済が成熟し、人口が減少し続けている今の日本において、マイホームを買うことは負債を買うことに他なりません。だから、ロバート・キヨサキ氏の言葉は神の福音であり、「今が買い時」と無責任にマイホームの購入を煽る不動産関係者は悪魔の手先なのです。
 私自身は古い人間なので、学校を卒業したら働いて、結婚して、子どもを授かって、そしてマイホームを手に入れるのは当たり前だと思っていました。事実、29歳までは、世間一般に広く流布されているその俗説を信じて暮らしていました。住宅ローンを組んで家を買うことはみんながやっていることで、正しいことだと思っていたのです。
 しかし、のちに私はそれが大きな間違いだったと気付きました。私はマイホームを購入したことにより、たった数年で1000万円の損失を出す失態を演じてしまったのです。
 本書は悪魔の餌食となり大損した私が、これから家を買おうかと血迷ったことを考えている人々を救済するためのものです。地獄への道は善意で敷き詰められています。本書によって、悪魔(不動産業者や金融機関)が張り巡らせた罠を見破り、読者の皆様が正しい人生を送るための一助になれば、作者として幸甚の極みです。

 ・・・<引用終了>・・・


 著者の上念氏は、賃貸がいいか、持ち家がいいかは永遠のテーマではなく、経済が成熟し人口が減少している日本では、賃貸の方がよいと結論付けています。
 この本は、金利の動向によって、賃貸と持ち家の総支払い額をシュミレーションしており、悩まれている方には役に立つかもしれません。

 上念氏が語るように、経済合理性という観点から見れば、不動産を持つべきではないのかもしれません。
 しかしながら、不動産業者や金融機関を悪魔呼ばわりする上念氏は、まるで人生のすべてを経済合理性を基準に行動すべきと主張しているようにすらみえます。
 (そもそもの話ですが)ほとんどの人は、お金を儲けるために、この世に生まれてきたわけではありません。
 不動産を所有するということは、金額に換算できない意味を持つケースもあると私は思っています。


女性の不動産に対する思い

 私は男性なので気づきませんでしたが、女性は家を持つということに、大きな意義を見出すことがあるようです。
 ゲリースクールの同級生(女性)と話していて、私は感心したことがありました。
 その女性の母親は、高齢で病気がちだったといいます。
 しかし一念発起して、終(つい)の棲家を購入したそうです。すると驚くべき変化が起こったといいます。
 病気がちだったのに、すっかり治ってしまったそうです。健康を取り戻して、外で活発に活動するようになったそうです。以前とは全く違った生活をするようになったといいます。
 その女性は、母親に起こった変化に驚いたと言っていました。
 これは、賃貸ではなく、自分の持ち家としての終の棲家を手に入れたことで、強い安心感が得られたのではないかと思います。精神的に非常に安定した状態となり、健康を取り戻して、新たに社会で活動するエネルギーが湧いてきたのだと思われます。

 もう一つエピソードを紹介します。
 私が30代半ばのときですが、同じ歳のテニス仲間(独身男性)がマンションを購入すると言いだしました。
 当時はバブルがはじけて間もない頃であり、マンションの値段も急激に下がっていました。仲間は、今が買い時だと思っていました。
 しかも35年ローンを組むというのです。ローンを払い終える頃は70歳です。
 私は、不動産の値下がりは一時的なものではなく、これからずっと続くので、今は不動産を買うのは不利だし、定年まで元気で働ける保証もないので、リスクが大きいとアドバイスしました。
 それでも仲間はマンションを購入したのです。

 それから1年も経たないうちに、驚くべきニュースが飛び込んできました。
 その仲間が結婚したというのです。もちろん私がアドバイスした頃には、結婚する相手など、影も形もありませんでした。
 結婚した女性が、不動産を持っているということで、(男性を)大きく評価をしたのは間違いないと思います。
 その話を聞いて、私はお金の面だけでアドバイスしたことの間違いに気づかされました。
 たしかにその時、マンションを買うことは、確実に損をすることでした。
 しかし結婚し、子供にも恵まれ、元気に働いてる彼を見て、それでよかったんだと、しみじみ思ったのです。


土地を売る立場になって見えてきたこと

 私が移住を考えている八ヶ岳は、山梨県と長野県にまたがる地域で、移住者に人気のあるエリアです。
 山梨の不動産屋が言うには、去年再び山梨県が移住者数で全国1位に返り咲いたそうです。それだけ聞くと、まるで山梨県の人口が増えているような印象を持ってしまいます。
 しかし実態は、全く違います。
 日本一、移住者の人気が高い山梨県でも、トータルでは人口が減っているのです。
 若者は都会に出てしまうし、高齢化した老人はどんどん亡くなります。移住者が増えても、トータルでは人口が減っているのです。
 不動産の値段は需要と供給のバランスで決まりますから、トータルで人口が減っているということは、これからも不動産の値段は徐々に下がり続けることを意味しています。

 私は今、移住者向けの物件情報誌を元に、物件を探しています。
 そんな私は、土地を売る立場になって、見えてきたものがあります。
 それは移住者向けの物件の値段は、相当に高いと思えるのです。
 一例をあげると、ある(山梨県)小淵沢の土地は、広いのですが、上下水道がきていませんでした。
 一番近い水道管から150メートル離れていました。水道工事は1メートル3万円が目安だといいます。すると上水道を引くだけでも、3×150=450万円掛かることになります。これなら井戸を掘った方が安いのですが、行政が井戸は認めないだろうとのことです。
 さらに下水道がきていないので、合併浄化槽を設置するしかありません。(色々な大きさがあるのですが)これには100万ちょっと掛かるでしょう。
 このように生活に必須のインフラが整っていないのに、土地には数百万円という、けっこういい値段がついているのです。
 私からすれば、千葉の上下水道完備で、人もけっこう住んでいる開けた土地ですら、坪1〜2万円が実態なのです。
 いくら人気の八ヶ岳といえども、この値段はないだろうと言いたくなりました。

 私の勝手な憶測ですが、移住者向け物件の値段と、現地に住んでいる人の間で行われる取り引きとは違うのではないかと思えるのです。
 だとすれば、急いで物件を買う理由はありません。
 私は、賃貸でいいからまず現地に住んでみて、色々情報を集めることから始めようかと考えています。


世の中には、超がつく金持ちがいるらしい

 私は今、サアラさんのスクールに通っています。
 そこで私と同じように親から不動産を受け継いだ人の話があったので、ここで紹介したいと思います。
 サアラさんの飲み仲間のおじいさんで、超がつく金持ちがいるそうです。
 一緒に飲みに行くと、数十万もする高価なワインをポンポン開けてくれるそうです。
 そのおじいさんの生い立ちがとてもユニークなのです。
 そのおじいさんの若かりし頃の話ですが、戦争から引き揚げてきて、新宿の狭い土地で昔からやっていた商売を細々とやっていたそうです。
 すると、新宿の再開発の計画が持ち上がります。
 狭い土地だったのですが、高額の地上げ代が入ってきたそうです。
 するとその人は、手にした高額のお金で、田舎の土地を買ったのです。頭の中に、「この土地!」という直観が閃いて、全額をはたいて田舎の広大な土地を手に入れたそうです。
 当時の日本は戦後の焼け野原で、田舎の土地など二束三文だったと思われます。ですから相当広い土地を手に入れたはずです。
 そして、その人が買った土地の真上を、新幹線が通る計画が発表されます。
 こうして超がつくほどの大金持ちになったそうです。

 同じように親から受け継いだ土地ですが、超がつく金持ちになった人と、私のように固定資産税を払うだけというギャップが、とても面白いと思います。

 話は私の土地に戻りますが、土地に2300万円を投資した人が130万円で売り出すのは、精神的にきついかもしれません。
 しかし私は違います。
 相場が1坪1万円だというなら、60坪の土地を60万円で売り出すのに、何の抵抗もありません。
 現地の相場がそうなら、その値段で売り出すのは自然なことです。

 それでも売れなかったら、どうしましょうか。
 いっそのこと、活用してやろうかと考えたりしています。
 八ヶ岳に移住するにあたり、一番の心配は、冬の寒さに耐えられるかです。私は南国九州の生まれということもあり、寒さには自信がありません。
 標高1000メートルを超える冬の寒さに耐えて、生活できるのかという不安を持っています。
 そこで、ふっと頭に閃いたのです。
 冬の間だけ、暖かい九十九里で過ごすという手はありはしないか・・・。
 避暑ではなく、避寒です。

 目の前の道路に上下水道がきているので、生活インフラは問題ありません。建物さえ建てれば、生活できてしまうのです(電気は東電が無料で引いてくれます。ガスはプロパンです)。
 ユニットハウスであれば100万円以下です。寒さ対策として壁に木の板を張るというDIYをすれば、格安でできそうです。
 おそらく暖房は、ストープ1つで充分に過ごせるはずです。
 海に近いから、魚は新鮮で美味しいに決まっています。東京のスーパーで売っているような、添加物や消毒液で汚染されていない新鮮な魚が味わえるはずです。昔、白子海岸で採れたハマグリを焼いて食べた美味しさを思い出してしまいました。
 夏は海水浴客で大混雑する九十九里ですが、冬ならそんな心配もいりません。
 冬の間だけ、暖かい海でのんびり過ごすというのは、(貧乏人の私には似つかわしくない贅沢な話ですが)、工夫すれば格安で実現できそうです。
 そんなことをいろいろ考えているうちに、なんだか楽しくなってきました。



人工知能に思う...2017年6月2日

 人工知能という言葉の定義ですが、確かなものは定まっておらず、曖昧なイメージで使われているというのが実情だそうです。
 ここでは、「人工的に作られた人間のような知能」という程度の意味で使っていきたいと思います。

 人工知能の理論に関しては、ネットでも色々な記事を見つけることができます。
 当記事では理論には踏み込まず、私の人口知能に関する思いを、つれづれなるままに書いてみようと思います。
 人工知能で私が印象的だったのは、1997年にIBMが開発した「ディープ・ブルー」がチェスの世界チャンピオンに勝ったことです。
 囲碁の世界では、2016年3月に米グーグルの子会社のディープマインド社が作成した「AlphaGo」が、プロの囲碁棋士に勝利しました。
 将棋の世界では、囲碁より早くプロ棋士との対戦が行われていました。
 最初の頃はプロ棋士が勝つこともあったのですが、ついに2017年には、将棋の世界のトップである佐藤天彦名人が将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」に負けます(これで佐藤名人の2戦2敗です)。
 名人位はプロ棋士の頂点ですから、その頂点が負けたという意義を感じてしまいます。

 私は将棋ソフトに関して、少々思い出があり、その辺から話を始めたいと思います。


人工知能による将棋ソフト

 昨年、将棋界は大騒ぎとなりました。
 三浦弘行九段が対局中に、席を外して密かにスマホの将棋ソフトを使ってカンニンングをしたとして、糾弾されたのです。
 話はいきなり逸れますが、こうした不名誉なカンニング疑惑で話題になった将棋界ですが、今年は最年少プロ棋士(現在は14歳の中学3年生)となった藤井聡太四段の快進撃が明るい話題となっています。
 現時点(6月2日)、プロ棋士となって以来、20連勝中と記録を伸ばしており、神谷広志七段の28連勝記録を塗り替えるかもしれないという期待が広がっています。
 将棋界に現れた超大型新人は、マスコミでもたびたび取り上げられているので、耳にされた方も多いと思います。

 カンニングの話題に戻ります。
 カンニング疑惑を掛けられた三浦弘行九段は、将棋界最大規模を誇る竜王戦のタイトルの挑戦権を握っていたにもかかわらず、その権利を剥奪されたうえに、(公式戦に出られない)出場停止処分を受けることになります。三浦九段は、将棋界の名声と立場を一気に失う結果となりました。
 しかしカンニングといっても、密室の部屋の中のことですから、監視カメラで撮影でもしていない限り証拠があるとは言えません。そこで将棋連盟は第三者委員会を設置して、三浦九段がカンニングをしたか検討してもらうことにしたのです。
 結果はシロでした。
 三浦九段がスマホでカンニングしたという(状況)証拠は見つからなかったのです。
 これをうけ、当時の将棋連盟の谷川浩司会長が引責辞任します。そして先日、新たな会長となった佐藤康光会長と三浦九段が記者会見し、三浦九段の公式戦復帰と、慰謝料を払うことで合意したと発表されました(慰謝料の額は非公開)。
 私は当時の週刊誌だったと思いますが、三浦九段のカンニング疑惑の発信元となった現竜王のタイトルを持つ渡辺明竜王と、将棋界の実力者数名が集まって協議した席で、「(三浦九段のカンニング疑惑は)99.9%クロに近いグレー」と判断されたという記事を読んだ記憶があります。
 私は特に三浦九段のファンというわけではないのですが、三浦九段のシロを信じている一人です。
 それゆえ三浦九段に同情したくなります。華やかな世界でトップレベルの活躍をしていながらも、突然足元をすくわれ、奈落の底に落ちていく危険があるんだなあ、と改めて思います。
 本当に、人生何が起こるかわかりません。

 さて前置きが長くなりましたが、将棋界のカンニング疑惑が起こった背景に注目します。
 それは将棋ソフトが、すでにプロの現役のトップ棋士の能力を超える力を持ってしまったということです。
 これがカンニング疑惑が起こった背景です。

 しかし将棋ソフトが世に普及し始めたとき、将棋ソフトが現役のトッププロを凌駕する力を持つとは信じられないことでした。
 当時、トップ棋士として活躍していた米長邦雄九段の言葉が記憶にあります。
 米長邦雄九段は、「将棋ソフトがプロのトップ棋士を超えるのは、当分先のことで、我々が生きている時代にはない」という主旨のことを言っていました。

 ここで、私が初めて将棋ソフトに触れた体験をお話します。
 PC−9801というNEC製のPCが一般に普及してまもない頃、私は将棋ソフトを買ってきて、対局に臨みました。初めてのコンピューター将棋ということで、わくわくしていました。
 私が先手番で1手を指して、将棋ソフトの次の1手を待ったのですが、なかなか指さないのです。
 PCが壊れたかと思ったのですが、なんだかじっと考え込んでいるようです。
 そうして3分程経ってようやく指したのです。私は絶句しました。1手指すのに、毎回3分待つなんて、やってられないと匙を投げました。
 そんなわけで私の将棋ソフト初体験は、2手で私の投了という形で終わりとなりました。
 しかしその後、PCの能力は飛躍的に上がり、将棋ソフトのスピードは格段に早くなりました。私は強そうな将棋ソフトを買ってきては試してみたのですが、いつも将棋ソフトの弱さにがっかりさせられました。普通に対局する限り、私が勝ってしまうのです。面白くないので、将棋ソフトで遊ぶのを止めてしまいました。
 そんな状況でしたから、米長九段が、将棋ソフトがトッププロに勝つなんて、我々の生きている間には起こらないと言ったことに納得するものがありました。米長九段のような実力者が言うのだから、そうなのだろうと思っていたのです。
 しかしAI(人工知能)の研究が急速に進むにつれて、状況は劇的に変化していきます。

 将棋ソフトがディープラーニングという人工知能の手法を使うようになってから、将棋ソフトがプロ棋士に匹敵する能力を持つようになったのです。
 こうした進歩を受けて、将棋界は電王戦というプロ棋士と将棋ソフトの対決を行う大会を企画するようになります。
 米長九段については後日談があります。
 米長九段が現役を引退し、将棋連盟の会長になった後、将棋ソフトとの対決が行われました。
 米長会長は、将棋ソフトのアルゴリズムにない手を指して混乱させようと思ったのか、初手に玉を動かすという奇手を指します。
 しかしそうした試みも将棋ソフトには通じず、結果は米長会長の完敗でした。
 プロ同士の対局だと1手差の、どちらが勝つかわからないハラハラドキドキの展開になることが多いのですが、この対局は将棋ソフトの圧勝でした。
 このとき米長会長は、「我々が生きている間に将棋ソフトがプロを超えることはない」と発言をしたことを、しみじみと後悔したに違いありません。
 人工知能はディープラーニングというアルゴリズムにより、その能力を指数関数的に伸ばすようになったのです。


私と人工知能との出会い

 私は人工知能とちょっと変わった出会いをすることになります。
 私は社会人となって10年ほどした後に、大学院に入学することを決めました。
 自分の生涯の仕事として、当時将来性が見込めそうなCG(コンピューターグラフィックス)を選ぼうと思ったのです。
 CGはこれから確実に需要がある有望な分野に思えたのです。さらに自分には、多少ながらもそうした適性があると思えました。
 事実、私が大学院に入った時期と前後して、スピルバーグ監督の映画「ジェラシックパーク」が公開されます。映画に本格的にCGが使われる先駆けとなった映画です。そしていまや、CGは映画やテレビにおいて、なくてはならないものとなっています。その精度も飛躍的に上がり、本物かCGかわからないくらいです。

 私は入学前にCGを勉強できる研究室の教授に会いに行きました。
 当時マルチメディア研究室と呼んでいたのですが、その教授の説明に、私は道は険しいことを実感せざるを得ませんでした。
 当時CGを含めマルチメディアが有望なことは、誰でも思いつくことでした。院に進学する学部生でも同じことで、マルチメディア研究室は大変な人気で、希望者が大勢いたのです。
 教授は、「やはり現役生を優先せざるを得ないんですよ・・・」と言っていました。
 私のようにいったん社会人になった人間が、後回しになるのは仕方ないことでした。

 そんなわけで私はCGとは無縁の研究室に入ることになったのです。
 その研究室こそ、ディープラーニングを行う人工知能の研究室だったのです。
 そこの教授は私の希望を聞いてくれて、私が独自にCGをやることを認めてくれました。それゆえ研究室の中で、私は周りと全く関係ない分野をやる異端児となってしまいました。
 その研究室の人工知能の研究は、コンピューターでニューラル・ネットワークというアルゴリズムを使って行われていました。
 これは人間の脳のニューロンという機能をコンピュターで模したもので、学習によって精度を高めるという、当時としては画期的なものでした。
 その一方で、私は大学院に通いながら、CGの(夜間の)スクールに行くということをやっていました。
 大学で学べない分を、CGの専門スクールで学ぼうとしたのです。
 そしてCG検定なるものを取って、いざ就職しようとしたのですが、ここで壁にぶち当たります。すでに院を卒業した時点で30代半ばとなっていた私は年齢の壁があることを思い知らされたのです。
 当時は、システムエンジニア35歳定年説がありました。
 頭がついていかないというより、激務の為、体がもたないというのが実際のところだと思います(今はどういう状況なのか知りません)。
 CGの会社の採用担当の人と電話で話したとき、その人は私が30代半ばの年齢と知って、驚いていました。「そんな歳なんですか・・・」という言葉が突き刺さりました。
 無理もありません。
 CGをやろうというのは、10代後半から20代前半が当たり前ですから、私はそろそろ引退を考えるような年齢です。
 いろいろ考えたあげく、CGは将来性有望だが、私は年齢的に実務が勤まらないだろうという結論に達しました。生来、体力的に自信がない私が、これから激務の分野は無理だろうと考えたのです。
 院の受験勉強に1年と、院生2年の計3年を費やし、院の学費とCG専門スクールの学費で数百万円を使ったわけですが、今の私に何の役にも立っていません。
 傍から見たら、壮大な人生の無駄と言われてしまうのでしょう。
 でもいいんです。
 たぶんこれも、私にとって必要な経験だったのだろう・・・、と思うことにしました。


AIによる産業革命

 せっかく人工知能に関する記事を書いているのですから、少しは理論的な面もフォローしたいと思います。
 難しそうな数式を使わず、誰でも理解できるような文章ということで、吉田繁治さんの本から紹介させていただきます。
 『財政破産からAI産業革命へ』(吉田繁治著、PHP)から抜粋します。


 ・・・<『財政破産からAI産業革命へ』、p381〜p385から抜粋開始>・・・

 ◆画像認識におけるニューラルネットワークの方法

 人の脳は、ニューロン(神経細胞)をシナプスがつなぐネットワークです。1個のトランジスタをニューロンとしたとき、それを結ぶ回路(配線)がシナプス。人の脳では、シナプスが伸びてつながったとき、記憶ができます。切れたときは忘却でしょう。
 ニューロンが、他のニューロンから信号を受け取って、信号が一定量(閾値)の臨界点を超えて興奮すると、シナプスに信号を伝えるというのが、脳の物理的な働きです。ニューロンは、脳全体に千数百億個あります。1個のニューロンには、数万個のシナプス(大きさは1ミクロン)がつながっています。地球全体のインターネットWeb網のイメージです。携帯電話を入れれば、世界で30億のPCがつながっています。この地球全体のインターネット網が、1人の人間の脳である感じです。
 電気回路では、閾値を超えると1になり、閾値未満のときは0の信号を出力すると置き換えることができます。出力が1と0ですから、コンピュータのスイッチ回路で模倣できるのです。信号の強度が肝心であり、強度の違いが情報です。

 ・・・<中略>・・・

 たくさんのデータ(ビッグ・データ)を使うので、ディープと言います。100万件の手書き数字をひたすら読ませ、正解を教え込む。人間も、はじめて数字を書いてから、誤りなく認識できるには、幼稚園の数年をかけています。
 学習が一定値を超えたAIは、手書き数字を人間よりはるかに速く判断します。
 新しく見た数字の判断は、学習が終わった結果のニューラル・ネットを使う「予測フェーズ」です。予測という理由は、識別の対象になる新しい手書き数字は、AIにとっては、学習結果を使って未来を予測することだからです。
 AIが認識を間違えることもあるのは、過去の画素の重みのデータに基づく、確率的な予測であるためです。人間にも、読み間違える手書き数字があります。
 人間のあらゆる判断は、実は予測です。この食べ物がおいしいかどうか、過去のおいしいものの経験(学習結果)に照らし、ほぼ70%や80%以上合致すれば、おいしいと判断しています。これが予測です。以上が、AIの脳に相当するニューラル・ネットの構造です。

 特徴量の自動決定がディープ・ラーニングの特徴

 ◆機械学習で難問だったこと

 年収と関係がある要素を考え、集めるとします。性別、年齢、学歴、職業、会社での役職、居住地域、好きな色、好きな食べ物、誕生日……などです。年収とこれらの特徴量の関係は、「多変量解析の方程式」で表せるでしょう。

 ◆特徴量の数値化

 年収=性別×a+年齢×b+学歴×c+職業×d+役職×e+居住地×f+好きな色×g+好きな食べもの×h+誕生日×iなどです……。
 このa、b、c、d……を特徴量と言っています。性別、年齢、学歴、職業、役職は個人年収との関係が深いでしょう。関係の深さは、特徴量が大きいことを意味します。好きな色や食べ物などの程度関係があるでしょうか。関係がないように思えます。
 ディープ・ラーニングの前の機械学習の段階(1990年代まで)では、この特徴量を人が判断して入れていたのです。ここがAIの難関になっていました。
 まだ人間が最適プログラムを作っていたエキスパート・システムに似ていたのです。ディープ・ラーニングではAIがこの特徴量を自己修正して、どんどん正確になっていきます。
 人間の、対象の識別と論理は特徴量をもとにしています。顔が左右対称な人には、仲間由紀恵のような美人が多いというのも、左右対称という要素と美人という結果の、相関関係による論理的思考からです。
 美人=20%×左右対称+18%×やせ形+15%×切れ長な目+13%×すっきりした鼻+10%×小顔でしょうか?(違うかな……)
 芸術の美などはどうでしょうか。美の要素を挙げるのが難しそうです。ダピンチ、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、藤田嗣治、伊藤若沖は、どれがより高次元の美か。

 ◆ディープ・ラーニングは多階層のニューラル・ネットで、特徴量を自動生成する

 ディープ・ラーニングの優れた点は、特徴量を、学習を通じて自動生成し成長する点です。
簡単なディープ・ラーニングは冒頭の「自走式の模型自動車」です。
 カメラが受け取った画像情報から障害物の特徴豊をつかみ避ける、ハンドリングをする試行錯誤を繰り返して、自分の経験で、障害物を避けることができるように賢くなっていく。
 AIの将棋や碁では、1局1秒以内で勝敗までの自己対戦を繰り返し、数カ月も動かすと強くなる。どの駒の配置が最終的な勝ちになるのか、特徴量を強化し続けるからです。
 グーグルのアルファ碁は1局を0.4秒で打ち終わり、その自己対局から、数カ月で3000万局の棋譜を蓄えたといいます。人間なら、1日に10局打っても8220年かかります。このAIの碁や将棋は、動かしていれば強くなり続けます。
 2017年には、人間は勝てないでしょう。将棋や碁でも、ニューラルネットから指令で機械的に動くロボット部分を入れれば、自動走行車と同じです。
 以上は、人の代わりに働くロボットを、作ることができるということです。AIが産業過程に普及すれば、日本を先頭に、世界を襲う高齢化による生産年齢人口の減少は経済成長と無関係になります。欧州や米国のように移民に頼らずとも、働く人口を増やせるからです。
 わが国の2020年代に、現在は0%成長の平均所得に、年率3%くらいでの成長をもたらすでしょう。上位10%グループ(500万人)の所得増加は年率10%以上でしょう。年10%の所得増が7年続くと2倍。1960年代の池田内閣のころ実現したことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が入学したのは、まさにこのニューラルネットワークの研究室だったのです。
 もし教授が私に「君にはCGではなく、ニューラルネットの研究をしてもらいたい」と言っていたらどうなったでしょうか。
 いまの、地位も名誉もお金もない、ただのうらぶれおじさんではなく、将来の産業革命を起こす花形の分野で、充実した日々を送っていたでしょうか。
 まあ、たぶん、それはないと思います。
 生来、体力的に自信がない私ですから、途中で挫折して、やっぱりただのうらぶれおじさんをやっていることでしょう。



世界大恐慌の時期について...2017年5月24日

 世界的な経済・金融のパニックが起こると言われて久しいのですが、現在のところ起きていません。
 私は正確な時期は特定できないまでも、早ければ2015年にも起こる可能性があると考えていました。しかし2016年にも起きなかったし、今年(2017年)も、このままの調子でいきそうな雰囲気です。

 ネットでも、世界恐慌が来るという人はたくさんいました。
 そういった騒ぎの割にはいっこうに起きないので、もうこのまま起きないのではないかと考え始める人もいるかもしれません。
 しかし私は、(何度も言っていますが)必ず起こるものであり、それも近いうちに、という考えに変わりはありません。

 2008年のリーマン・ショックが起こったとき、100年に一度と表現されましたが、一時的なパニックはあったものの、その後しだいに回復軌道に乗りました。
 これはアメリカはドル、EUはユーロ、日本は円、中国は元を大量に刷って、危機の先送りに成功したからです。
 しかし成功したのは先送りであって、根本的な解決にはなっていません(というより先送りした分、状況はさらに悪化していると考えます)。
 アメリカと日本は政府部門、中国は企業部門、EUは南欧の国々が莫大な負債を抱えており、時限爆弾となっています。問題は、先送りできるのはいつまでかということです。
 先送りできなくなったときが、世界大恐慌が始まる時期と言ってよいと思います。

 その時期ですが、私が目にする情報として、最近どうも絞られてきた感があるのです。
 それで今回は、その世界大恐慌の時期について記事を書きたいと思います。

 まず吉田繁治さんの予測を紹介します。
 吉田さんが予測するのは日本政府の財政破綻の時期ですが、世界の経済・金融は密接にリンクしているので、日本の財政破綻は即世界恐慌となりますから、同じとして扱ってよいでしょう。
 『財政破産からAI産業革命へ』(吉田繁治著、PHP)の冒頭の文章です。

 ・・・<『財政破産からAI産業革命へ』、p1から抜粋開始>・・・

 本書は、早ければ2018年から19年に、遅くとも20年21年に日本の財政がデフォルトに陥ること、そして、22年ごろからはAI(人工知能)の幅広い活用により生産性革命に入り、1人あたりの実質所得が大きく成長する経済に向かうことを、論拠をもって示すものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 吉田繁治さんは、日本政府の財政危機が訪れる時期として、早ければ2018年から2019年、遅くとも2020年から2021年と予測しています。
 ただし日本政府がデフォルト(国債の償還不能)する確率は70%で、残りの30%は金利抑圧に成功したケースだといいます。この場合はデフォルト宣言こそしないものの、その後数十年に渡り、長期の円安が続くことになります。
 この金利抑圧が成功した例は、第二次世界大戦後のイギリスです。
 第二次世界大戦後のイギリスは、戦費のためGDPの2.4倍の国債を発行していました(現在の日本も2.4倍でほぼ同じ水準です)。
 通常であれば、デフォルトとなるのですが、イギリス政府は長期に渡り金利を極端に低く押さえることに成功します。
 これによりイギリスポンドは円に対して、戦後の1ポンド1000円から現在は145円と約7分の1にその価値を減らしました。
 これは国の借金を国民に押し付けるという意味では同じですが、国民は生活レベルが徐々に下がっていくので自分達が国の借金を押し付けられたことを自覚しにくいという(行政側からみた)メリットがあります。
 この方法は、国民の名目の所得額が変わらないので受け入れやすいものです。しかし長期に通貨が下落するので、輸入物価がコンスタントに上がり、国民の生活水準もそれに比例して下がっていきます。
 つまりデフォルト宣言であれば一時的にしろ大混乱になると思いますが、金利抑圧だと真綿で首を締められるような苦しみを数十年味わうことになるわけです。
 どちらが国民にとって幸せなのか(というか苦しみの度合いが少ないのか)と考えてしまいます。

 このように日本政府が取り得る選択肢は2つあります。
 これまでよく言われていたのは、日本国債は9割が国内で消化されているので、一気に国民の預貯金と相殺するというものです。この場合はある日突然、預金封鎖を行い、新札を発行して旧札と一定の比率で交換することになると思われます。

 どちらにしろ、国民に借金を押し付けることに変わりはありません。
 「経済にタダ飯はない」という言葉がありますが、借金が返せないのであれば、踏み倒すか、誰かに借金を押し付けるしかありません。いまだに日本国債は世界一安全と言っている学者やジャーナリストがいますが、私には夢物語にしか聞こえません。

 では、世界的な金融恐慌の時期について、著名な投資家であるジム・ロジャース氏の意見を紹介します。
 ジム・ロジャース氏は2020年までには確実と言っています。
 『2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙切れに(上)』(浅井隆著、第二海援隊)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙切れに(上)』、p10〜pから抜粋開始>・・・

 ジム・ロジャーズは浅井隆に何を語ったのか

 まずどんな文章で説明するよりもシンガポールでジム・ロジャーズが浅井に何を言い、何を予言したのか? その衝撃の内容を見てみたい。
 ここに、その3時間半に及ぶインタビューのさわりを掲載しておく。

 * * *

浅井 世界情勢が混迷してきています。不透明感が増してきていますがジムさんのご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

ジム 実は私は今日富士山柄のネクタイを着用しているのです。私は日本が大好きで、東京はお気に入りの都市の一つなのです。富士山にも登ったことがあるのですよ。あなたは富士山に登ったことがありますか。

浅井 ありますよ。かなり若い頃ですが。

ジム 私が登ったのはずいぶん年をとってからでした。これからの20年、いろいろな意味で大変な時代になると思っています。この先20年以内に世界のどこかで少なくても1回、もしくは2、3回の大変な危機的状況に世界が直面することになるでしょうね。少なくとも1回は経済的破綻が起きて、少なくとも1回の戦争が起こると思います。

浅井 日本人として、アベノミクスに関してご意見をお伺いしたいのですが。

ジム 浅井さん、私は日本が本当に大好きなのですよ。東京には住みたいとさえ思っているのです。
 しかしながら安倍さんは今の日本を破滅へと導いています。日本は歴史上、初めて人口減少、高齢者社会を迎えており、青天井に増え続ける莫大な負債がある。人口問題を解決しない限り、50年後に残された日本人は、誰も負債を返済できなくなるでしょう。同様に、負債について何か手立てを打たない限り10年、20年後には間違いなく破産していることでしょう。日本は本当に素晴らしい国ですがこれらの問題が放置されたことによって台無しにされているように思います。
 浅井さん、少子化問題については本当に手を打たなければなりません。同じく巨大に膨らみ続ける負債についても何か対策を講じなくてはならないのです。安倍さんを含め、政治家、官僚全員がこの特に重要な2つの問題について何も解決していないのです。
 浅井さんは、実際に日本の元官僚で財政学者の方にインタビューされたとおっしゃいましたよね。浅井さん、それならあなたは日本の著名なジャーナリストとして、日本の官僚との繋がりがあるわけですよね。それを改善しない、働きかけをしないのは、あなたにも責任の一端があると言えるのではないでしょうか。当然、浅井さんは現状の日本がおかれている問題の本質が何かおわかりのはずです。あえて申し上げますが、この問題はあなたが引き起こしたとも言えますから、あなたが解決するのです。

浅井 ジムさんは以前、アべノミクスについて安倍さんは首相を辞めるべきだと言ったとお聞きしています。

ジム いいえ、「もし、私が安倍さんならどうするか」という質問を受けたのです。そして「私なら首相を辞めます」と答えただけです。今もそう思っています。安倍さんは辞めるべきだと。日本にとっては、彼がいない方が良くなるでしょうから。

浅井 つまり、安倍さんが日本を破産させる、安倍さんが日本を破滅に導くということでしょうか。

ジム そうです。先にも触れましたが、安倍さんは負債を際限なく積み上げ続けています。日本の主要な2つの問題点は、天井知らずの負債と減少し続ける人口です。彼は両方の問題について何も手を打っていませんし、この2つは悪化し続けています。日本銀行は、信じられないほど大量の紙幣を無限に刷り続けているわけです。そして、安倍さんはそれを良いことだと信じているのです。
 もしかすると彼が正しくて、私が間違っているのかもしれません。しかし、歴史的に見るとこうした政策がうまくいったことはないのです。

 円の行く末は

浅井 将来、円はどうなりますか?

ジム 為替というのは他の通貨との比較において考えるものですから、最終的にはたとえば日本円と米ドルとの比較でどちらがより悪くなるか、どちらがよりマシかという判断になっていくでしょうね。ただ英ポンドも含め、すべての通貨は将来、大きな問題を抱えることになるでしょう。
 しかし、こういった個別の国の通貨以上に、ユーロに関しては今のヨーロッパがおかれている現状から判断すると、将来のユーロという通貨は、今私たちが知っているユーロという形では存在していないでしょう。ここ数年の間に、世界的に多くの通貨問題が表面化して来るでしょう。私が生きている間か、あなたが生きている間か、あなたのお子さんの生きている間には確実にね、2020年くらい、と考えればよいのではないでしょうか。

浅井 私の最新の予想では、2020年頃に恐慌的なことが起こると考えていますが、ジムさんはどう思いますか。

ジム 私もそう思います。あなたと同感ですね。ユーロは破綻するかもしれません。ヨーロッパには、現在私たちが耳にする情報でもわかるように、今までいくつかの大きなムーブメントがありました。自分の国を壊したい人がいますし、EUを壊したい人もいます。ブレグジット(イギリスのEU離脱)が成功したのですから、これからもっとこのような人々が増えることでしょう。他のユーロ圏の政治家たちも、自分たちにもできるだろうと思うことでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このようにジム・ロジャース氏は、2020年までには確実に起こると言っていますが、さらにピンポイントで時期を絞りたくなります。

 当HPは胡散臭い話がウリなので、ここでヒーラーの小林健さんの本から抜粋して紹介したいと思います。
 小林健さんは霊能力があって、故人と普通に会話できます。
 その小林健さんのもとに、故船井幸雄さんがよく現れるそうです。その船井さんが大恐慌が来る時期を、『ミラクルヒーリング』(小林健、吉本ばなな著、ヒカルランド)の中で語っていました。ずばり2019年だそうです。
 抜粋して紹介します。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p72〜p77から抜粋開始>・・・

 2019年に大恐慌が来る。
 それに打ちかつには自分らしく生きること

小林 船井先生と話したら、2019年に大恐慌が来るんだそうです。結局、オリンピックをやるということで、日本は安全だと世界にウソをついたでしょう。それの罰が当たるみたいです。あれは世界一の大ウソだからね。安全じゃない。

吉本 2019年とメモっておこう。

小林 2019年に起きなかったら、起こすみたいですね。震度1か2ぐらいの地震は、年中あちこちで起きているんです。そこにちょっと爆弾を入れれば、震度7か8になるわけですね。
 アメリカが好景気でドルが上がっているとかいうのは、全部ウソ景気だから、皆さん、それに疲れてくるそうです。バーンと売ると下がるから、皆さん買うわけで、マネーゲームですね。それをやっているうちはいいけれども、今度は飽きるみたいで、それが大体2018年の終わりで、銀行が幾つも潰れるようですね。預金が凍結されて、おろせなくなる。それが1年は続くそうですよ。

吉本 早くおろしておこう。

小林 僕、そんなことが起きないように祈っています。でも、起こされたらダメだよね。僕は自然に起きるのは防げますけれども、悪魔みたいな人が起こすのは防げない。だから、今から注意したほうがいいですね。
 一番いいのは、山を買うことです。今は安いから、山を買って、そこにお金を埋めておくのがいい。1年、2年じゃ価値が変わらないから。

吉本 タンス預金じゃダメですか。

小林 ばななさんも、名前を変えて。私も本当はコバヤスキーだから、コバヤスキー・キウイとかさ。

吉本 名前を変えて、山を買う?

小林 とにかく山は持ったほうがいいですよ。船井先生はそう言っていた。韓国とか中国の人は山を押さえたら強いのがわかっているから、日本の山を買っている。でも、日本人も気づいたみたいで、売らないようになってきています。
 だってオーストラリア人が苦しんでいましたよ。子どもをいい学校に入れようと思ったら、髪の毛が黒い子がいっぱいで入れないんだそうです。つまり、韓国とか中国の人が押さえてしまう。ありとあらゆる国の土地を中国の人が買っているみたいです。大事なところがほかの国のものになってしまっている。

吉本 良い水源があるところとかね。

小林 だから、もし遊んでいるお金があったら、山を買ったほうがいい。

吉本 あんまりないから、タンスに入れておくぐらいしかできない。でもうちにはタンスがない! せめて銀行にあまり預金しないようにしよう。

小林 銀行預金はしないほうがいい。どの銀行が潰れるかわからないから、船井先生と話していたら、HSBC(香港上海銀行)は危ないみたいですね。

吉本 香港に行けば、誰でも口座がつくれるところ。

小林 船井先生が言うには、今、日本人の全ての人は摂取必要量の4倍食べているそうです。今は心に余裕があるから、できるだけ少食にすることと、自分らしく、自分の性格に合った生活を、ナウ、今からやらなければいけない。
 自分の性格に合ってない、自分じゃないことで、日本の人は今生きているそうです。歩ける距離をタクシーに乗っているし、酒飲みって喉が渇くから酒を飲むのであって、ジュースとか水にすればいいわけですよ。今の日本人は、自分に合っているようで合ってないことをしているそうです。

吉本 耳が痛いくらいによくわかります。

小林 それをやっていると、大恐慌が来たときに、真っ先に病気になったり死んだり、苦労する。収入は、そんなに変わらないけれども、払うほうが2倍、3倍に上がるそうです。神様が言っているんだから、間違いないですよ。

吉本 そこはみんな今から気をつけたほうがいいですよね。

小林 自分らしくやってないんだそうです。

吉本 自分らしくやってもらったら因るよという教育を何十年も受けてしまっているじゃないですか。自分の思うようにやっていたら生きていけないよというふうに何十年もかけて洗脳されているから、私たち、解くのがなかなか難しいんですね。

小林 こんなの聞いたことがないよとか、こんなのは習慣じゃないよということに進んだらいかがですか。朝食を食べるのは当たり前というのは、国がランチを食べないで仕事をさせるためにやったわけで、医学的には間違っている。朝は、ウンチやオシッコや痰を出す時間ですから、食べ物を入れるのは間違っている。でも、それを言うと国が盛り上がらないから、朝食を食べろと言っているんじゃないですか。
 要するに、組織か国かわからないけど、つくられた常識に我々は惑わされているわけです。公の場では「心配ないです。安全ですよ」と言っていても、帰り際に車の中では「この国はダメだよ」と、ほとんどの先生は言います。私はそういう先生と会う機会が多いんですが、99.99%がそう言う。みんなわかっているんですよ。

吉本 何とかいいほうになってほしいと思うんですけどね。

小林 この間、私の知人が言っていましたけど、日本の代議士は頭を抱えているそうです。放射能の問題とか金融について、「どうしようか」って。

吉本 何もかもがひそかにみんな破綻していますものね。

小林 2019年に起こることに打ちかつには、自分らしく生きることです。あれだけコンビニのフードは悪いと言われているのに、みんな買っているじゃないですか。モンサントがつくっている遺伝子組み換え食品は悪いとわかっているのに、ペイアテンション(注意)している人はいない。僕はちゃんと聞きますけど、コンビニでは聞けないもの。
 今度、日本では組み換えているかどうか表示するんでしょう。

吉本 今、一応書いてはありますけどね。

小林 それが正しいかどうかはわからないね。

吉本 わからないというか、むしろたぶん正しくないと思います。食べるとおかしいなと感じることがひんぱんにありますものね。

小林 因ったねえ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 後半は食べ物の話になってしまいましたが、私は故船井幸雄さんが2019年と言っていることに注目しています。
 整理すると、2018年の終わり頃から銀行が潰れ始める。そして銀行預金が封鎖され、それが1年続く。
 そして、収入は変わらないけれども支払いが2倍、3倍と増えていくという話です。
 これはハイパーインフレではないけれども、かなりの勢いでインフレが進むことを意味しています。
 でもこうしたことは未来のことなので、確定したものではありません。一つの可能性ということで、興味のある方は参考にされてはと思います。

 話はそれますが、小林健さんが日本は安全ではないといった発言を補足したいと思います。
 安倍首相は東京にオリンピックを誘致するために、福島原発は完全にアンダーコントロールされていると世界に向かって宣言しました。
 アンダーコントロールとは管理下においているという意味ですが、その後燃料デブリが落ちていることが確認され、大嘘であったことが判明しました(廃炉まで何十年も掛かるのは確実なうえに、その具体的な計画さえ立てられない状況です)。
 つまり今でも地下水を通して放射性物質が海に流れ出しており、放射能汚染は続いているということです。
 4月23日のセミナーで小林健さんは、東京に来ると放射能がきつくて、身体がおかしくなると言っていました。それでもしばらくすると身体が順応して、体調は戻るそうですが、放射能汚染は以前よりひどくなっているそうです。
 そういえば、セシウム以外の放射性ストロンチウム、プルトニウム、ウランなどの調査結果は見たことがありません。人々は、燃料デブリの報道により、少なからず不安を感じているはずです。
 ですから行政には、福島近郊はもちろん、関東圏の放射性ストロンチウム、プルトニウム、ウランの濃度を測定し、発表していただきたいと願っています。それが安全な数値であったなら、人々の不安は大きく軽減されるはずです。逆に発表されないなら、不安は増大し続けることになるでしょう。

 私たちは、大恐慌以外でもいろいろ気を使う課題がありそうです。



安部司さんの添加物にまつわる話(その2)...2017年5月13日

 人間というのは、一度贅沢を経験すると、なかなか元の貧乏生活に戻れなくなってしまいます。
 収入が上がり生活レベルを上げてしまうと、収入が下がったときに生活レベルを下げるのは苦痛に感じてしまうものです。
 添加物もこれに似ているかもしれません。
 私たちは、スーパーで買い物をする際、安くて、見た目が良くて、美味しい食品を買うことに慣れてしまいました。
 無添加にこだわるなら、高くて、見た目が悪くて、味の薄い食品を買わなければなりません。おまけに買ってすぐに食べなければならないかもしれません。ほとんどの消費者が添加物入りの方を選ぶようになってしまいました。
 こうして無添加食品は一般のスーパーからほぼ駆逐され、買いたいと思うならネットで探すしかなくなってしまいました。

 私はふと、日本人が添加物入りの食品を食べるようになったのは、いつ頃だろうかと考えました。
 ネットで調べてみると、明治時代に着色料で中毒になったという記事を見つけました。厳密に言うなら、食物の保存に使った塩を添加物と見なすなら、数千年の歴史があることになります。
 しかし明治になり、日本で重化学工業が起こり、化学合成された物質が大量に手に入る頃からと考えてよいと思います。
 食品に大量に使われるようになったのは、太平洋戦争後だと考えてよいと思います。
 庶民に深く浸透するきっかけとなったのは、高度経済成長期で猫の手も借りたいほど忙しい時に、簡単に作れる袋麺や、お湯を注げば3分で食べれるカップ麺などがその先駆けとなったのではと思います。
 私個人の思い出で恐縮ですが、私の中学時代に日清のカップヌードルが大々的に売り出されました。
 貧乏なうえに流行に鈍感だった当時の私は、カップヌードルすらなかなか食べる機会がありませんでした。ようやく買って、お湯を注いで3分経って、恐る恐る食べた記憶が鮮明にあります。一口目は美味しいとは思いませんでしたが、「これが、時代の最先端の味なんだ…」と思った記憶があります(注1)。
 その中学時代ですが、家業の風呂桶屋を手伝っている友人がいて、彼は父親の手伝いで工場で夜遅くまで仕事をしている時に、箱買いしたカップヌードルをいつも食べていると言っていました。それを聞いて、(家業を手伝う友人の大変さに気づかず)、カップヌードルをいつでも好きなときに食べられる友人を羨ましく思ったものです。

 そして、私の高校時代は、袋麺やカップ麺を買って食べるという行動が当たり前となっていました。
 そうした手軽に食べられる袋麺やカップ麺が好きな人は、ラベルの原材料名を一度ゆっくり見てほしいと思います。見たことも聞いたこともない化学物質の名前がいろいろ記されているはずです。
 そんなおり、高校の生物の先生が、「私は袋麺の裏側に書いてある化学物質を見る限り、食べる気がしません」と言っていたことを覚えています。
 しかし当時の私は、その意味をちゃんと理解することもなく、よく袋麺を買ってきては食べていました。

 1980年代の外食産業の台頭も、添加物が広く使われるきっかけとなります。
 しかし袋麺やカップ麺だけでなく、日本人が食べる加工食品に添加物が広くあらゆる分野で使われるようになったのは、バブル崩壊後の失われたデフレの20年の時期と重なるのではないかと私は考えています。
 つまりそれは、過去の歴史ではなく、「今現場で起こっていること」、だと考えます。
 デフレですから物の値段は上がらないだけでなく、むしろ下がっていきます。売る値段が下がるのに、業者は利益を上げ続けなければ生き残れません。そんな魔法のようなことを、添加物ならやってくれるのです。
 添加物を使えば、安くなり、見た目が鮮やかになり、かつ美味しくなります。しかも厚労省がどんどん新しい添加物を認可してくれるのですから、使うなと言う方が無理です。もちろん合法です。
 食品添加物は、いままさに、どんどん増加しているというのが実態だと思います。
 参考まで、以下のURLを張っておきます。

http://healthpress.jp/2014/12/post-1362.html

 冒頭で、人は一度贅沢に慣れてしまうと、元に戻れなくなると言いました。
 安く、綺麗で、美味しい食品を買うことに慣れた人は、高く、見た目が悪く、味の薄い無添加食品を買わなくなるのは当然かもしれません。

 前置きが長くなりました。
 前回の記事「安部司さんの添加物にまつわる話(その1)」で、私は、日本は世界トップクラス(ひょっとすると世界ダントツ)の添加物王国であり、その原因は、日本人の気質に深く関係しているのではないかと書きました。
 これは実際に調査されたものではありません。
 海外とは食事情が違い、一概に比較できないからです。
 日本で認可されている食品添加物の種類が1500種あって、これが海外平均の10倍だから、添加物の量が10倍だとは単純に言えないからです。
 かりに、そんな調査が行われたとしても、絶対に発表されないだろうと思います。
 実際にそんな数字が発表されたら、厚労省や食品業者にごうごうたる非難が湧き起こってしまうでしょう。

 日本が世界トップクラスの添加物王国だというのは、あくまでも私の推測です。
 単なる一個人の推測ですが、その推測の元となった例を、今回も『なにを食べたらいいの?』(安部司著、新潮社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p205〜p207から抜粋開始>・・・

 見た目重視の日本人

 日本の商社は世界中で魚を買っています。
 海外のいくつかの国で、日本に輸出する魚の加工現場に出かけたことがありますが、加工の基準の厳しいことといったら、ばかばかしいくらいでした。魚のサイズを揃えなさいとか、切り身のグラム数を揃えろとか、この薬品で殺菌しろとか、細かくてうるさい。
 ヨーロッパや中国に向けた商品は、一定の箱に収まれば問題ないくらいです。魚は天然だったら大きさがまちまちのはずです。でも、日本人はそんなことを許しません。しっぽが上を向いているのはダメ、傷がついているのはダメ。それだけ選別する手間が増えます。おまけに美しく揃えるためにどれだけの添加物を使うことか。
 インドネシアの人で、日本向けの水産加工品を作りたくないという人がいた。添加物を使うと手が荒れるからです。添加物はコンクリートに穴を開けることもあると恐れられています。いかの切り身を混ぜるときに出る泡が、添加物で一瞬にして消えると驚きます。
 中国の人も嫌がります。日本人向け野菜の漂白で亜硫酸ガスが出るとひどくせき込むからです。
 「今月は特別手当を出すからやってくれ」
 叱咤激励して現場で作業してもらいます。薬品まみれの魚や野菜の加工品になってしまいますが、日本人はそれしか買いません。
 最近、中国、ヨーロッパ向けと日本向けの食品をつくっているベトナムの工場を知り合いが訪れた。働いているベトナム人はこう言ったそうです。
 「日本人向けの作業場以外なら、どこでもいいから変えてください。怖いんです。日本人は、あれだけ頭がよくでお金持ちなのに、食べ物にどうしてこんなに薬をいっぱい入れさせるのですか」
 「いや、日本人はこうじゃないと買わないよ」
 「中国向けの作業場に行かせてください。あそこは塩を使うだけでいいですから」
 そんな希望が出るのです。だれだって給料よりも体のほうが大事です。
 インドネシアやタイの人は、日本人向けの食品を気持ち悪がって食べません。逆に、素材のままでも、不揃いなものを、日本人は買いません。
 今や日本は世界中で魚を競り負けています。食糧不足の時代に中国に競り負けることが多い。中国やヨーロッパの人は日本人ほど細かいことを言わないからです。魚はバラバラの大きさのものが獲れるのが当たり前ですから、不揃いでも全部買ってくれる。輸出国は、日本と同じ値段でも、いっそ1割安くても中国やヨーロッパに売りたくなるでしょう。選別も要らないし、変な薬品に触らなくていい。
 実際に、長崎から規格外品を含めたアジやサバが鮮度抜群のうちに中国に輸出されています。私自身もドバイ向けに規格外を含めたにんじん100トンの輸出を手伝ったことがあります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 天然物であれば、形が不ぞろいなのが当たり前ですが、日本人はそれを許しません。
 その為に、大量の添加物が使われています。つまり、日本人の綺麗好きの気質が、添加物の量を増やす元となっているわけです。
 これが私が、海外の国々と比較して日本が(おそらくダントツの)添加物王国になっていると推測する理由です。

 形を重さを揃えようとするのは魚だけではありません。
 もちろん農作物もそうです。
 そうした形と重さが揃った色鮮やかな農作物を、海外の人がどのように見ているか紹介します。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p150〜p151から抜粋開始>・・・

 先日、中国の商社で働く友人から、日本の無農薬野菜や鮮魚が欲しいといわれたのは意外でした。富裕層が、日本の野菜や魚が食べたいといっているのです。「もちろん、野菜が曲がっていたり黒ずんでいたりしてもいい、形が不揃いでもいい」というのです。
 「富裕層は、よいものにはお金を惜しみませんからね」と中国の商社マンは言いました。
 無添加、無農薬で頑張っている私の知人たちは中国で評価されており、彼らが丹精込めた安心・安全な食品は、高くても中国の人たちに食べてもらえるのです。
 逆に、日本の消費者は、安い中国産を喜んで買っています。毒入り餃子事件で風向きが変わるかと思いきや、中国産の表示がある食品でも買いますし、安さだけで選んで結果的に買っていたりします。
 同じ友人の話でもうひとつ驚いたことがありました。
 日本のスーパーで見つけた3本入りのニンジンについて、です。スーパーでネットに入れて売られています。
 「これはきれいでいいね。色も形も揃っているから、中国で絶対に売れそうだ」と彼は、スーパーできれいなニンジンを買って、こっそり持ち込み、顧客である富裕層の人たちに見せました。
 ところが、彼はその返事に愕然とすることになります。
 「きれいすぎる。どれだけ農薬と化学肥料を使えばこんなに色も形も重さも揃うのだろうか。いくら日本産でも不気味だから要らない」
 皮肉な話です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本人が農産物を買う際は、色も形も揃っているのが当たり前で、それ以外は買いません。
 しかし中国の富裕層は、それを「不気味」と表現するのです。この意識の差に驚かされます。

 蛇足ですが、日本人の異常ともいえる食品に求める美意識は、添加物以外のエネルギーも消費させているという話題です。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p134〜p136から抜粋開始>・・・

 日本人が食べ物を美しく見せるのは、添加物を使う方法でだけではありません。ふたつのエピソードを紹介しましょう。
 アメリカから友人が、日本の食文化を勉強したいということで、観光をかねて遊びにきました。
 「寿司、弁当、おにぎり」について知りたいというので、デパ地下に連れて行ったのです。
 お弁当やお惣菜が所狭しと売られています。
 「今日は、お祭りですか?」
 彼は目を丸くして質問してきました。
 「いいえ、いつもこんなふうに売っていますよ」
 添加物による鮮やかな色合い、整然とした盛り付け、漆器を思わせるトレー容器、まぶしい照明。それらで演出されているお弁当が特別な日のもののように見えたのでしょう。
 こんなエピソードもあります。
 輸出関係で知り合ったトルコ人の話です。彼は日本語が堪能です。農水産物を輸出しようと日本を訪れていたので、スーパーの売り場に連れて行きました。
 「どうして野菜を石油で作ったトレーとフィルムで包むのですか? 日本は石油が出ませんよね?」
 「……」
 「トレーを持ち帰ってどうするのですか」
 「ごみの日に出します」
 「そのごみ処理のお金はどうするのですか」
 「税金でやります」
 「はあ? 日本は豊かですねえ」
 感想が続きます。
 「野菜を同じ大きさに作れるのですね。キズがあるのも曲がっているのもありませんね。日本はすばらしいですね」
 「電気が当たって、とてもきれいに見えます。肉もとても赤いです」
 私は生返事をするしかありませんでした。どう説明したらいいのでしょう。
 「日本は石油が出ませんよね?」という質問には困りました。
 この異常な美意識が海外の人には理解できないようです。資源もないのに、電気を当ててきれいに見せ、ラップで美しくまとめる理由がわからない。ただ、言えることは、その美意識がエネルギーや化学物質を過剰に消費させているということだけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで原点に戻り、私たちは日々どのくらい添加物を摂っているかという例を、筑前煮という慣れ親しんだ料理で紹介したいと思います。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p128〜p130から抜粋開始>・・・

 話が少しそれましたが、ここで世界が注目している日本の伝統食品のひとつ「筑前煮(ちくぜんに)」を作ってみましょうか。
 今回は、にんじん、ごぼう、レンコン、里芋、こんにゃくなどを使います。
 まず、洗って泥を落として、皮を剥き、サイの目や乱切りにしてゆでます。
 根菜類ですから、簡単には軟らかくなりません。その後に鶏肉を入れて、味を付けます。どれだけ手間と時間がかかったでしょう。
 さて、すでにカットされている「水煮」や「冷凍食品」を使うことにすれば簡単です。鍋にポンと入れるだけでいいのです。包丁もまな板も要らないですし、生ゴミも出ません。ツメに泥が入ることもありません。
 ところが、カット済みの野菜を販売するためには、添加物が必要となります。
 野菜を漂白し、その色が黒ずまないように酸化防止剤を加える。食感ときれいな色を出すためにミョウバンを入れる。日持ちさせるためにPH調整剤を入れ、水煮の袋の水がにごらないようにポリリン酸塩を加え、結果的に20から30種類の添加物を必要とします。
 また、冷凍する場合は、メタリン酸ナトリウム、トレハロースなどの変性防止剤などを添加しています。
 前著、『食品の裏側』で述べたように、加工度が上ると、添加物の種類も比例して多くなるのです。
 次にトレーに入った調理済みの「筑前煮」の場合を見てみましょう。
 輸入された袋入りのカット野菜や冷凍野菜を原料にします。
 工場に国産の泥つき野菜を持ちこむと、食中毒の危険もありますし、そもそもコストが高い。なにより輸入品の方が安いですし、下ごしらえも不要です。
 一次加工された原料をもとにして調理済み惣菜に仕上げるわけですから、また多くの添加物が必要となります。
 化学調味料、甘味料、着色料、PH調整剤、増粘多糖類などを目的に応じて加え、おいしそうで安くて日持ちするお惣菜に仕上げます。
 筑前煮を野菜から作れば、添加物はほぼゼロで済みます。水煮から作る人は20から30種類。出来合いの惣菜を買う人は30から40種類を摂るということになります。
 加工度が上るにつれて添加物が増えていくはずです。
 要するに、私たちにとっては食べるまでの過程が簡単になればなるほど、添加物は多くなるのです。逆の言い方をすれば、添加物を使えば使うほどに、食べるまでが「簡単」になるということなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 安倍司さんによれば、日本人が普通にスーパーで売っている加工食品を3度の食事で食べた場合、1日におよそ400〜500種ぐらいの添加物を摂ることになるといいます。
 私は添加物の危険性は、福島の原発事故で起こった放射能の危険性と同じだと思っています。
 原発事故が起こったとき、国は盛んに「ただちに健康に被害はありません」と連呼していました。実際にそうだと思います。しかし、今すぐに被害はないということは、数年後、または数十年後に被害が出ますよということと同義です。
 欧米各国では癌の発生率が低下しているのに比べて、日本では急増しています。また、健康寿命と言われる、病気もなく元気で生活できる期間が、日本は欧米各国に比べて短いと言われているのは、その現れだと私は考えています。
 日本人の平均寿命は世界一ではないかという反論もあるかもしれません。
 私は日本人の寿命が世界一というのは大嘘だと思っています。これは関しては、いずれ記事を書きたいと思っています。

 安部司さんもそうですが、他の添加物の本を読むと、現代人は添加物と無縁ではいられないから、上手に付き合っていくしかないと結論付けています。
 私はそうした説明に違和感を感じています。
 例えば弁護士の秋山佳胤(よしたね)さんは不食です。1日に青汁一杯で過ごす森美智代さんは添加物とは無縁です。
 人間という生き物は、人々が思っている以上に、多くの可能性を秘めています。
 添加物と付き合わないという決意をすることは可能です。
 私のような一般庶民でさえ、今の1日2食を1食にすれば、すでに可能な状態です。

 とはいえ私は、人に無添加生活を勧めるつもりはありません。
 むしろ、大変だから止めた方がいいですと言うかもしれません。安い大衆酒場で飲むと、翌日寝込むなんて、誰しもそんな風になりたいとは思わないはずです。
 でもかりに私が、頼むから無添加生活を止めてくれと泣いて頼まれたらどうでしょうか。
 泣いて頼まれても、私は止めません。
 意外に思われるかもしれませんが、私が無添加生活を始めたのは健康がきっかけではないのです。
 松果体の活性化のためです。そして細胞の振動数を上げるためです。添加物によって体内が汚染されていると、松果体は委縮する(現代人の平均は直径8〜9mm)するし、振動数も上がらないからです。
 いろいろ大変な思いをしても、私にはやる意味があったのです。
 人は結局、自分の志向する方向に行くしかないということだと思います。


(注1)
 私がカップヌードルを初めて食べた時、むしろ異様な味に感じました。しかし、食べ続けていると、これが美味しく感じられるようになってきたのです。そして、また食べたくなる味になってしまうのです。
 これって、マクドナルドの世界戦略と同じ・・・かもしれません。



朝鮮半島有事について考えてみました(その2)...2017年5月8日

 当HPの4月26日の記事「朝鮮半島有事について考えてみました」で私は、現時点においてアメリカからの先制攻撃はないという見解を述べました。
 アメリカが戦争をすると決めた場合、過去の歴史において以下の3つパターンを行ってきたと言いました。

@相手国を(貿易や金融面で)追いつめ、先に相手国から攻撃を仕掛けさせる。

A自作自演テロを起こして、それが相手国の仕業として攻め込む。

B難癖をくせ、それを理由に攻め込む。

 前回の記事で私は、現時点において上記@、A、Bともないという意見を述べました。
 しかし、どうも雲行きが怪しくなってきた気がしています。それで今回、(その2)の記事を追加したいと思います。

 まず現時点において、上記AとBはないと考えます。
 つまり、現時点でアメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける可能性はないということです。
 アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛けると決めた場合、その前に絶対に行わなければならないことがあります。
 それが韓国に駐留する在韓米軍2万8000人と、5万人にのぼるといわれる関係者と家族の避難です。アメリカが地上戦を避け、空爆のみを行ったとしても北朝鮮から至近の距離にある在韓米軍基地は、北朝鮮からの格好のミサイル攻撃の的となります。そうなれば、家族を含めて5万人いるアメリカ人に多大な被害が出ることは必定です。またそれ以上に、ソウル市民480万人、在韓邦人6万人に多くの犠牲者がでるでしょう。
 アメリカは開戦には事後に議会の承認が必要です。
 在韓米軍とその家族、韓国人と日本人に多大な犠牲者で出てしまったら、議会が納得するはずがありません。その時点でトランプ政権の崩壊となってしまうでしょう。
 それゆえ、現時点ではアメリカからの先制攻撃はないと考えられます。これは前回の記事で引用させていただいた吉田繁治さんの意見ですが、これは誰しも納得できる説明ではないでしょうか。
 逆に言えば、もし在韓米軍とその家族が韓国を引き上げる動きがあったら、それはアメリカが先制攻撃を決意したという明白な証拠となるでしょう。
 現時点では、私はその可能性はとても低いと考えます。

 今回、記事を書こうと思ったのは、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガの情報からです。
 前回の記事で、私は北朝鮮に関する情報がないので、北朝鮮の動きはわからないと述べました。その北朝鮮に関する情報が、ヤスさんのメルマガに載っていたのです。
 もちろん私たちのような一般庶民が、北朝鮮の機密の内部情報を手に入れられるはずもありません。あくまでも一般に公開された情報です。
 私はヤスさんのメルマガに載っていた、エド・デイムス少佐という人の北朝鮮の遠隔透視情報を見て、恐ろしい思いがしました。
 遠隔透視というのは、おろらく一般には認知されていない怪しげなものだと思われていると思いますが、私はこうした怪しげな情報が大好きなので、取り上げたいと思います。

 ヤスさんは、エド・デイムス少佐の情報をゴールデンウィークならではの余興として、紹介されていました。
 ですから、この記事も、あくまでも余興として読んでいただければと思います。
 では、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガの情報を、私なりの言葉に直して紹介していきます。

エド・デイムス少佐が属したSRI

 SRI(Stanford Research Institute)とは、スタンフォード大学に付属する研究機関で、リモードビューイングといわれる遠隔透視の研究を行っていました。
 エド・デイムス少佐は1970年代初頭、国防省諜報庁の遠隔透視部隊に所属する情報作戦将校であり、このSRIに派遣され研究を行っていました。
 当時はソ連との冷戦時代で、エド・デイムス少佐が属する遠隔透視部隊は大きな成果を挙げていました。
 ソ連国内の核ミサイル基地の配備状況を透視したり、地下秘密基地を発見したといいます。
 しかしソ連が崩壊して冷戦が終結すると、部隊は必要性がなくなったとして解散され、その後再結成されることなく現在の至っています。
 ちなみに、日本のテレビに何度か登場したことがあるジョー・マクモニーグル氏もこの部隊の出身だそうです。


エド・デイムス少佐が警告するキルショット

 SRI解散後、そのメンバーの多くが遠隔透視のサービスを提供するコンサルティング会社や、一般向けの遠隔透視のセミナーを行う研修会社を設立したといいます。
 エド・デイムス少佐も一般向けに遠隔透視の研修を行うとともに、企業や政府組織に遠隔透視の透視結果を提供するサイテック社を設立します。
 それとともに、全米で3000万人の視聴者がいるという「Coast to Coast AM」というポピュラーなラジオ番組に出演し、未来を遠隔透視した結果を報告しているそうです。

 エド・デイムス少佐が警告するキルショットとは、巨大な太陽フレアが地球を直撃することです。
 これはヤスさんのメルマガに以前も載っていた情報なのですが、ヤスさんもエド・デイムス少佐の言っていることはあまり当たらないので、それほど気にする必要はないというニュアンスで言っていました。
 それゆえ私もあまり気にしていなかったのです。
 しかしブルー・エイビアンズの情報に接するにつれて、巨大な太陽フレアの直撃が起こるのではないかと考えるようになってから、エド・デイムス少佐に注目せざるを得なくなりました。


キルショットが起こる前に起こる5つの出来事

 エド・デイムス少佐は、キルショットが起こるのは間違いないが、その時期を特定するのは非常に難しいといいます。
 それでキルショットが起こる前に、どのようなイベントが地球を襲うか調べて、キルショットの時期を特定する足がかりにしようとします。
 以下が、エド・デイムス少佐が起こるとした5つのイベントです。時系列に並んでいます。

@ 史上最大規模の太陽フレアの発生
A 植物に感染する病原菌の拡大
B 日本の巨大地震と放射能事故
C 北朝鮮による核攻撃
D スペースシャトルのように見える宇宙船の強制帰還

 エド・デイムス少佐はこれを1999年の「Coast to Coast AM」のインタビューで公表しました。

 では検証しましょう。

 まず@ですが、観測史上最も激しい太陽フレアはX28の規模で2003年11月4日に起きています。このフレアが地球を直撃していたら、今のIT社会の繁栄はなかったかもしれないといわれているほど巨大な太陽フレアだったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=kBde3rar8pg


 Aの植物に感染する病原菌の拡大は、2007年にUG99と呼ばれる小麦のサビ病菌が東アフリカ一帯から拡大し、ヨーロッパ南部にも被害をもたらしたことだそうです。

http://119110.seesaa.net/article/152118422.html


 Bは日本人にとって、説明の必要はありません。もちろん2011年3月11日に起きた東日本大震災と、それに伴って起きた福島第一原発の放射能漏れ事故です。

 1999年の時点でこのことを予言していたという点に対し、エド・デイムス少佐の透視能力をもっと評価してもよいのではないかと思えます。


 このように5つのイベントのうち、すでに3つが現実となっています。
 そうなると、Cの「北朝鮮による核攻撃」が非常に気になってきます。


エド・デイムス少佐の最新の北朝鮮の透視情報

 4月12日、「Coast to Coast AM」でエド・デイムス少佐は、2年前に韓国とアメリカと深いかかわりのある韓国人の依頼を受けて、北朝鮮に関する遠隔透視を行った結果を公表しました。
 3つの依頼と、透視結果が以下です。
 ヤスさんのメルマガの記事を私が校正し直して紹介します。

・(依頼)北朝鮮から韓国につながる秘密のトンネルがあるか。

 (透視結果)一個大隊を移動することができる巨大なトンネルが北朝鮮から韓国に向けてすでに掘られているのを発見した。


・(依頼)キム・ジョンウンの隠れ家の場所は。

 (透視結果)キム・ジョンウンの殺害は米海軍の特殊部隊、シールズがオサマ・ビン・ラディンを殺害したようには絶対に行かないことがはっきりした。キム・ジョンウンは高い戦闘能力を持つ部隊にがっちりとガードされている。


・(依頼)北朝鮮の核兵器関連施設の場所と核兵器の性能は。

 (透視結果)
・核兵器の製造工場だが、これはヨダック強制収容所という場所におかれている。ここは反体制派の政治犯なども多く収監されている場所なので、ここが米軍や韓国軍の攻撃対象になることはまずない。これをうまく利用したのである。
・大陸間弾道弾に搭載できるような核弾頭の小型化には成功していない。核兵器を使うとすると、韓国の幹線道路の地下にあるトンネルに核を仕掛けて爆発させる方法が取られるだろう。この方法は実にむごたらしい被害を韓国にもたらす。
 北朝鮮の核兵器で特徴的なものは核の機雷である。これで米海軍の戦闘部隊を狙う計画だ。


 さらに、エド・デイムス少佐は以下のように言っています。

・韓国、中国、アメリカは北朝鮮を追い詰めるべきではない。追い詰められると北朝鮮は、韓国に対して核兵器を使うだろう。これは、北朝鮮が韓国に作ったまだ見つかっていないトンネルに仕掛けられるのか、または韓国の幹線道路の地下に仕掛けるのかははっきりしない。


エド・デイムス少佐が透視したキム・ジョンウンについて

 これはヤスさんのメルマガから、そのまま転載させていただきます。

・私は1991年の第1次湾岸戦争のとき、当時のイラク大統領、サダム・フセインがどんな人物なのか遠隔透視をした。いま、これと同じことをキム・ジョンウンに対して行っている。その結果、ある程度キム・ジョンウンがどのような人物なのか分かった。

・祖父のキム・イルソンも父のキム・ジョンイルも筋金入りのマルクス主義者であった。ところがキム・ジョンウンはまったくそうではない。彼が気にしているのは2つだ。キム王朝の支配体制の継続と、彼が愛するフランスコニャックとアメリカ製タバコが手に入るいまの贅沢な暮らしを維持することだけだ。甘やかされたわがままなガキにしか過ぎない。

・一方、北朝鮮の国民はとても悲惨な状態におかれている。生まれてから死ぬまで、それこそ完全な洗脳状態で暮らすことを強いられている。


ティラーソン国務長官の発言

 私はこの部分を読んでいて、ティラーソン国務長官が、アメリカが現在北朝鮮に課している圧力は「ダイヤルが5番目か6番目といったところだ」と発言したことを思い出しました。
 つまりアメリカは、今後も北朝鮮に圧力を掛け続けるということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970351000.html


 ここで私は、はっと頭に閃いたのです。
 もしかしたら、アメリカはすべてを知っていて、北朝鮮を挑発しているのではないか、ということです。
 エド・デイムス少佐が属していたような透視能力を持つ超能力部隊を、アメリカは今でも当然、保持しているはずです。エド・デイムス少佐が北朝鮮に対して行った透視結果と類似する情報を、アメリカが得ていることはありうることです。
 よく家督は、甘やかされて育った3代目が潰すと言われています。
 北朝鮮は独裁国家です。国家元首が開戦を宣言したら、即戦争が始められる国です。極めて挑発に乗りやすい国家体制です。
 アメリカとしては、リスクがあまりにも大きいので先制攻撃はできません。しかもシールズによる作戦も無理のようです。しかし北朝鮮が、アメリカまで届く核弾頭を積んだ大陸間弾道ミサイルを開発することは絶対に許せません。とすれば、北朝鮮から先制攻撃をさせて、無力化するという方法しかないと考えても無理もありません。
 当記事の冒頭で、アメリカが戦争を仕掛ける際の行動パターンを書きました。その@である、

@相手国を(貿易や金融面で)追いつめ、先に相手国から攻撃を仕掛けさせる。

 これをアメリカが狙っているのではないかと思ったのです。


 * * * * *


 それにしても私が解せないのは、トランプ政権の突然の方針転換です。
 アメリカ・ファーストを掲げ、アメリカを復活させるため世界の警察を止め、世界中から軍隊を引き揚げる方針だったはずです。
 それが4月6日、突然シリアの空軍基地をトマホーク巡航ミサイルで攻撃しました。
 シリアではロシア軍が軍事援助をしているのですから、ロシアに間接的に戦争を仕掛けたも同然です。トランプ大統領自ら、ロシアとの関係は戦後最悪とまで言っています。大統領選挙戦の最中は、ロシアとの関係改善を目指すと言っていたのですから、180度の方針転換です。
 なぜ、こうした方針転換が起こったのか。
 それについて、エド・デイムス少佐は興味深い発言をしています。

 「いま、基軸通貨としてのドルの位置は、これまでの歴史でないくらいに脅かされている。トランプ政権はこれを延命させることに必死だ。第3次世界大戦が起きるとすると、基軸通貨としてのドルの終焉が引き金になるはずだ」

 トランプ政権の突然の方針転換は、これが理由かもしれません。
 米ドルの基軸通貨制度を守るために、シリアと朝鮮半島で戦争を起こすというのでしょうか。

 さらに私は、神秘家のゲリー・ボーネルさんが年初に行った北朝鮮の予言を思い出しました。
 2017年1月15日の記事「ゲリーさんの2017年予言」から、その部分を抜粋します。

 <北朝鮮
 北朝鮮は核武装をさらに進める。
 (アメリカ領土の)ハワイ、アラスカ、西海岸を脅す。
 北朝鮮は韓国を侵略しようとする。
 北朝鮮と韓国の間で小規模の衝突が起き、何名かが命を落とす。
 しかし北朝鮮の軍部は、韓国に勝てないことを知っている。
 金正恩は具合が悪くなるが、北朝鮮の軍部は金正恩を消してしまう。
 これにより、国民葬が行われる。


 ゲリーさんの予言のように、(核兵器が使われることなく)小規模の衝突で済めばよいのですが・・・。


 最後に、ヤスさんのエド・デイムス少佐に対する評を紹介します。

 「遠隔透視というちょっと怪しい分野の予測なので、的中する保証はない。デイムス少佐はこれまでも多くの予測を外しているので、今回の北朝鮮の核攻撃の予測も大きく外れる可能性のほうが大きいように思う」

 とのことです。
 私も、エド・デイムス少佐の北朝鮮の核攻撃の予測が外れることを願わずにはおれません。



安部司さんの添加物にまつわる話(その1)...2017年5月3日

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、私は無添加生活を目指しています。
 完全無添加とはいきませんが、1日2食のうち、夜は自炊にして、ほぼ無添加の食事です。昼は、仕事をしているため外食になってしまうのですが、それでも添加物の少なそうな食事を選ぶようにしています。
 こうした食生活を何年か続けるとどうなるかというと、添加物に対して非常に敏感な体質になります。これは私の体質とか遺伝的なものとは関係なく、誰しもそうなると思います。
 添加物に対してリトマス試験紙のように、見事に反応する身体になってしまうのです。
 添加物を摂らないようにするとなると、基本的にスーパーで普通に売っている加工食品は、ほとんど食べられません。惣菜コーナーに売っているものも同様です。もちろん弁当も食べられません。
 そうした食生活をしばらく続けていたのですが、外出してお昼を食べようにも近くにレストランも立ち食い蕎麦屋もなかったので、仕方なくコンビニでおにぎりとサンドイッチを買って食べてみたことがありました。
 食べているときは変な味は感じなかったのですが、食後しばらくして気持ち悪くなってきました。下痢や嘔吐といった緊急時の症状まではいかなかったものの、胃を中心にムカムカして、なんともいえない気持ち悪さが2時間ほど続きました。その間は、とても喉が渇きました。これはおそらく体内で添加物の毒消しを行っていて、それで水分が多く必要になったのだと思います。
 そういう身体だとわかっているので、ファーストフードの店には近づきません。ファーストフードのハンバーガーやフライドチキンで人体実験をする勇気は、とても私にはありません。
 それでも時として、添加物の入った食事をせざるを得ないときがあります。
 それが、飲み会です。
 特に職場の飲み会となると、なかなか自分の思う食事はできません。
 私は、しがないアルバイトの身ですが、それでも職場の古い付き合いの人から、たまには飲みに行こうとお誘いがありました。
 最初、焼き鳥屋を考えていると言われて、私は数年前の悪夢が甦ってきました。
 数年前、焼き鳥がウリの大衆酒場での飲み会の後、私は3日間寝込んでしまったのです(注1)。大げさな表現をしているわけではなく、本当に起きれなかったのです。ものすごく気持ち悪くて、仕事などできる状態ではありませんでした。
 そこで肉系はダメなので、魚介系にしてもらえないかと頼みました。
 すると私のわがままを聞いてくれて、寿司屋で飲み会となりました。
 回転寿司なら時々行くことがありますが、寿司屋なんて何年ぶりだろうと思いながら、本格的な寿司を味わいました(しかもゴチになりました)。
 でも翌日、気持ち悪くて起きれなくなったのです。
 肉系でなく魚介系なので大丈夫だろうと期待していたのですが、甘かったようです。
 それでも1日、寝込んだだけで済みました。
 おそらく、それほど添加物の毒性は高くなかったのだろうと思います。

 つい先日も沖縄料理で飲み会がありました。
 スパムのような肉系は極力避けたおかげでしょうか、1日寝込むだけで済みました。沖縄料理なので、大丈夫かなと期待したのですがダメでした。料理の種類には関係なく、東京の新宿の安い飲み屋でしたので、多めの添加物を使っているのだろうと思います。

 そんな中、中目黒のちょっと高級そうな蕎麦屋での飲み会は違っていました。
 普通の激安酒場であれば4〜5千円というところなのですが、1万円ほどの飲み代で、私としては高いなという感じでした。やはり目黒川沿いで桜の名所として名高い場所にある店はちょっと違うようです。
 私にとって新鮮だったのは、翌日寝込まなくて済んだことです。
 やはりちゃんとしたものを出しているのでしょう。
 安易に添加物に頼らず、職人さんがちゃんと手間暇かけて作ったものを出している証拠だと思います。
 高いものには高いなりの理由があり、安いものには安いなりの理由があることを、私は身体で知ったというところでしょうか。

 一般の人は食事をする際に、添加物のことなどほとんど気にしないと思いますが、私は身体がリトマス試験紙のようになってしまったので、添加物に強い関心があります。
 というか、添加物が多いものを食べてしまうと翌日寝込んで仕事ができなくなるし、なんといってもあの気持ち悪さはもうこりごりというのが本音です。そんなわけで私は外で食事をするときは、添加物が最大の関心事になってしまったのです。
 ただ食後の不調は添加物だけでなく、中華料理などで多く使われる油の影響も無視できないと思っています。何度も使われて古くなり酸化した油に、私の場合、特に反応してしまうようです。でも油は要素は高くはなく、ほとんどは添加物が原因だと思っています。

 もうだいぶ前ですが、安部司(つかさ)さんの『食品の裏側』を紹介したことがありました。
 この本は、私に添加物に関する基本的な知識を与えてくれた本で、画期的でした。その第2弾が出ていることを本屋で偶然発見しました。
 『なにを食べたらいいの?』(新潮社)という本で、2009年初刊ですから新しいものではありません。さっそく買って読んでみたのですが、また発見がありました。
 以下の2つです。

@日本は世界トップクラス(ひょっとすると世界ダントツ)の添加物王国である(注2)。

Aその原因は、日本人の気質に深く関係している。

 ということです。
 日本人の食事に添加物が氾濫している最大の原因は、厚労省が積極的に添加物を認可していることにあるのは間違いありません。なにしろ許認可権を握っているのですから当然の話です。
 ですから私は、利益の為に添加物をどんどん入れる業者と、消費者よりもそんな業者の利益を優先する行政に責任があるという認識でした。
 しかし、『なにを食べたらいいの?』を読んでみて、そう単純な話ではないことがわかってきました。
 添加物が氾濫している現状を下支えしているのは、消費者の行動だとわかったからです。
 簡単に説明したいと思います。

 消費者が食べ物を選ぶ際の基準は、以下でしょう。
 『なにを食べたらいいの?』、p138から引用したものをベースに、私がアレンジしたものを紹介します。

・安い
・簡単(調理のめんどうくささを減らす)
・便利(長期保存、すぐに買える)
・美しい(見た目の良さ)
・美味しい(濃厚な味付け)

 食品にこれらを求めた場合、劇的な効果を発揮するのが添加物です。
 逆に言うと、添加物がなかったら、これらを達成するのは不可能だということです。消費者のニーズに応えられません。
 では、『なにを食べたらいいの?』からその例を紹介します。
 スーパーで普通に売っている明太子は、どれも色鮮やかです。私は、その毒々しい色に食指が伸びません。(ちょっと意外でしたが)これは私だけでなく、多くの人もそうであるようです。
 安倍さんは、そうした消費者にニーズに応えようと、無添加の明太子を作って売ったことがあるそうです。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p146〜p149から抜粋開始>・・

 以前、私自身も、無添加の明太子を作ったことがあります。某大手デパートと組んで作ったのです。「明太子は添加物が多すぎる」「色が毒々しくて嫌だ」という消費者の声が本当に多かった。だから、完全に添加物を排除した明太子を作ったのです。技術的にとても難しく、製品化までに1年間かかりました。やっとのことで仕上げて某デパートの売り場に立って売り始めましたが、これが驚くほどにまったく売れなかった。
 素直に「おいしいね」といってくれるのは500人にひとり。売り上げが1日に2000円。ひとつ1000円だから、1日で売れたのが2個。それが普通でした。
 私の店の3軒先にあった添加物を入れた明太子屋さんは売り上げが15万円。家庭用からギフト用まで豊富な品揃えがあり、いつも人だかりができていました。原料のたらこの添加物は各社ほとんど同じなのに、テレビコマーシャルを流しているメーカーや料亭の名前がついたものは特によく売れていました。
 一方、私のお店に来てくれたお客さんは、まず明太子の色に怪訝(けげん)な顔をされます。そして、看板を見て「聞いたことのない名前だなあ」「まあ、高い。老舗の倍の値段じゃない」などとおっしゃる。
 そこで私は低塩で無添加だからこうなっているということを丁寧に説明します。
 「日持ちしないので、冷蔵庫のチルド室に入れて、早めに食べてくださいね」
 「それはめんどうくさいね。よそのは冷蔵庫で10日は持つのに」
 「これは、添加物をまったく使わずにこんぶで味付けしました」
 と勧めても、一口試食したあと、小首をかしげながら店を離れていくのです。
 ああこれが現実なのかと実感しました。あれだけ安心・安全なものを求める声があったのに、そして流通の人たちも「これからは安心・安全の時代です」と言い切ってくれたのに、その要請を信じて1年間努力したのに、そんなものでした。じゃあ、世間はなにを求めているのでしょう?
 あのときの経験が、『食品の裏側』を書かせる大きなきっかけになったように思います。私の無添加明太子屋だけではないんです。良心的な漬物屋、頑張っている醤油屋も、素材を大事にしていたかまぼこ屋も、日本の伝統を守ろうと努力した知り合いの会社はどんどんつぶされていく。農業も同じことです。安心・安全で、なによりもおいしくて、栄養のある野菜を作ろうと、農薬も化学肥料も使わず寝る間も惜しんで頑張る生産者は、みんな報われない。
 どうして無添加の明太子が売れなかったんでしょう。いや、よく考えればわかりきったことでした。自分がそれまでにどうやって儲けてきたかを考えれば明白でした。答えは私の人生にこそあった。
 無添加の明太子は「高くて、色が悪くて、味がない」とされてしまうものです。消費者の求める「安くて、きれいで、オイシイ」明太子とはまったく正反対の製品だったのです。
 消費者の意識は非常に高いのですが、行動力は残念ながら低い。無添加明太子の経験で、私は学びました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 消費者が求めているのは、安くて、綺麗で、美味しい明太子です。
 安倍さんが作った、高くて、色が悪くて、味が薄い明太子が売れるはずがありません。無添加というのは一つのウリですが、それ以上に消費者が魅力を感じられないということでしょう。
 無添加のものは売れないのですから、市場から消えていくのは当然です。

 次に、安倍さんの想定問答集を紹介します。
 仮に安部さんがアベ食品という会社の社長となり、消費者とやり取りをしたら、こんな会話になるだろうという記事です。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p117〜p120から抜粋開始>・・・

 安全なのですか?

 アベ食品のアベ社長が、自社の食品についての情報公開を行うとしましょう。
 まずPH調整剤の原料を見せて、それらを混ぜた白い粉をサラダや炊き込みご飯に混ぜ込み、煮物のだしの中にも溶かしこみます。先に述べたようにこのPH調整剤とは、いくつかの添加物をブレンドすることで、変色や変質を防いでくれるものです。おかずやご飯の日持ちをよくするのです。
 驚きと同時に怒りの声が上ります。
 「いったいいくつ添加物を摂っていることになるのですか」
 「ハム入りポテトサラダ1パックで50ぐらいです。ホウレンソウのおひたしで20くらいかな」
 アベ社長は素直に答えます。
 「もうけ主義でしょう。こんな得体のしれないたくさんの粉をおかずに混ぜるなんて」
 「こちらも商売です。この粉を入れないと得意先が買ってくれないんです」
 「うちの子どもにはおかずを摂らせるようにしています。家でもときどきお惣菜を買うのですよ。この食品は本当に安全なのですか?」
 「それは国に訊(き)いてください。国が入れてもいいと言う範囲でやっていることです。うちの会社をつぶす気ですか、お母さん」
 お父さんもお母さんと一緒になって怒って詰め寄ります。
 「逃げないでください。会社なんて関係ないでしょう。表示もわかりにくいですよ」
 「国が『PH調整剤』とまとめて書けばいいと言っています。私は法律を守っているんです。詳しいことは、お役所にでも聞いてください。私に口うるさく言われても困りますよ、お父さん。忙しいんだから」
 「じゃ、社長さん、あなたは自分が作った食品を食べますか?」
 「私はあんまり食べませんよ。食べたい年でもないし。工場長が淡々と白い粉や黄色い液体を入れていきますが、正直なところ、若干の抵抗はあります。自分が食べたいものを作って売っているというより、売れるものを作っているということになりますね。売れなくなったらスパッとやめて他の売れるものに変えるつもりです」
 お父さんもお母さんもますます怒ります。目が釣りあがってきて、頬はぴくぴくと怒りで震えてきます。
 「そんなのひどすぎます。こんなもうけ主義で、子どもが食べるものに、こんなよくわからないものをぐちゃぐちゃたくさん入れて。自分で作ったものを食べないと言うあなたは企業人としての、日本人としての、人間としてのモラルがあるんですか!」

 「おかげ」と「せい」

 今の消費者はそこまで言います。
 「お母さん。それじゃあ、ポテトサラダからPH調整剤を外してみるとしましょう。そうすると、面倒になるんですよ。売り方が変わるんです。『これを買ってくれるのはありがたいです。でも今日は保冷箱持ってきましたか?』とたずねることになります」
 「え?」
 「フタつきの発泡スチロールの箱持ってきました? それとも、お父さん。釣りに行くときのクーラーボックス、肩から提げてきました? 小さい保冷剤をサービスでつけてあげますから、その箱に入れて、真っ直ぐおうちに帰って2時間以内に食べてくださいね。寄り道をしちゃだめですよ。PH調整剤を入れていませんから」
 そうすると、日本の消費者は何と反論すると思いますか。
 「なんでこんなもの買うのに保冷箱をいちいち持ってこなきゃいけないの?」
 面倒くさいと言います。
 そこでアベ社長は居直って言います。
 「だからそういうあなたのために、これだけの添加物を入れたのです。うちの研究員が勉強して、あなたのために入れてあげたんですよ。家で作らなくて済む分、楽じゃないですか。のんびり持って帰れる。しかも欲しいときにいつでも買える」
 これが調理済み加工食品をめぐる現実です。添加物に限っていえば「作る人」「売る人」「食べる人」がすべてメリットを享受している。だから「みんな大好きな添加物」なんです。
 「お母さん、そんなに言うんだったら、自分で作ればいいじゃないですか? ハムとかかまぼこは作れないけど、サンドイッチもおむすびもポテトサラダもおひたしも、自分で作れるでしょう。お父さんだって、お母さんに任せてばかりじゃないんですか?」
 「それはそうですけど……」
 「……」
 「自分で作るのは面倒くさい。でも今すぐ欲しい。安く欲しい。少しでもきれいなものが欲しい。おまけに保冷箱は持ち歩きたくない。賞味期限は長いほうがいい。みなさんがそう言うから、数多くの添加物を、法を守った上で入れてあげたんですよ。逆恨みしないで、感謝してくださいよ。情報公開だって、ちゃんとしているんですから」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私たちは、単純な事実に気が付かなければならないようです。
 スーパーで普通に売っている加工食品は、安く、見た目も良く、美味しいのですが、それは添加物が入っているおかげだという事実です。
 得体の知れない、白い粉や黄色い液体が入ったものだということです。
 それをほとんどの人は、気色悪いと感じるでしょう。しかし、それが嫌だというのなら、高くて、見た目が悪く、味の薄い食品を買わなければなりません。おまけに、それは保冷箱に入れて持ち帰り、2時間以内に食べなければならないのです。
 中間点はなく、どちらかを選ばなくてはなりません。

 長くなるので、今回の記事はここまでとします。
 次回(その2)は、なぜ私が日本は添加物王国だと思うようになったかをテーマに記事を書きたいと思います。


(注1)この居酒屋の焼き鳥は、おそらく激安のブラジル産を使っていたと推測しています。
 あのアメリカですら輸入禁止にした、いわくつきのものです。もし国内産の地鶏であれば、それほどの症状は出なかったと思います。

(注2)安部さん自身は、「日本は添加物王国」だと言っていません。あくまでも私の意見です。



朝鮮半島有事について考えてみました...2017年4月26日

 最近のニュース報道は北朝鮮の有事に関するものがメインとなってきました。
 ついこの前まで、森友学園で大騒ぎしていたような気がするのですが、いまはすっかり主役が変わってきました。
 度重なるミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮に対し、トランプ大統領の「あらゆる選択肢を用意」という表現から、アメリカの先制攻撃もありうるのではないかという報道がなされています。先ごろ東アジアを歴訪したペンス副大統領も、「北朝鮮はアメリカ軍の強さを試したりするべきではない」と強く牽制しました。
 こうした事態に、色々な人が色々なことを言っているようです。
 化学兵器を使ったとしてシリア政府軍のシャイラット空軍基地をトマホーク巡航ミサイルで攻撃したトランプ政権の行動から、もしかしたら北朝鮮に対するアメリカの先制攻撃もありうるのではないか、という不安が日本人に広がっているのは事実だと思います。
 ネットでは、4月25日、北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもしれないので、東京を離れたという人を見かけました。

 そこで今回は、アメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はあるのかどうか、私なりに考えたことを書きたいと思います。
 当HPはスピリチュアルの記事が多いので、時事問題に興味がないと思われている方も多いと思いますが、いえいえ、それなりに興味があるということを示したいと思います。もちろん私は専門家ではないので、一般庶民が考えたことを、(単なる)読み物として読んでいただければと思います。

 まずアメリカの戦争に対する行動パターンを見ていきたいと思います。
 アメリカがある国に戦争を仕掛けると決めた場合、アメリカにとって一番よいのは、その国からアメリカに戦争を仕掛けさせることです。できれば騙し討ちのような形なら最高です。そうなれば国民の怒りを背景に、アメリカは大義名分を得て、正々堂々と戦争に突入することができます。
 こんな都合のよいことは歴史上あまり起きないはずですが、典型的な例が日本が太平洋戦争に突入するきっかけとなった1941年の真珠湾攻撃でしょう。
 以下、『崩壊するアメリカ 巻き込まれる日本』(ベンジャミン・フルフォード著、KKベストセラーズ)から、真珠湾でアメリカがどのような工作をしたか見ていくことにします。
 アメリカは、まずABCD包囲網で日本を追いつめて、日本が戦争に突入せざるを得ない状況を作ります。
 そして日本海軍が真珠湾を目指しているを察知したルーズベルト大統領は、アメリカ太平洋艦隊司令官に知らせます。それにより2隻の空母と新鋭艦10隻を外海に退避させ、老朽艦16隻を真珠湾に残します。空母を温存したのは、すでに大規模船団で大砲を打ち合う時代は過ぎ去り、戦闘機の空中戦が勝負を決する時代になったことをアメリカは熟知していたからです。
 アメリカとしては、是が非でも日本軍に先制攻撃をさせる必要がありました。
 それゆえ真珠湾に向かっている日本海軍の動きを報告した司令官を更迭しています。そして日本軍に、はでな戦果をあげさせる工夫もいろいろしています。
 まず真珠湾の防空レーダーを不能にする工作を行い、日本軍の潜水艦が入港できるよう海門を開くように指示します。さらに日本の戦闘機が攻撃しやすいように、老朽艦を直線に並べる気遣いまでしていたというのですから、そこまでやるかと言いたくなります。

 真珠湾では日本を騙し討ちの形で参戦させることに成功しましたが、挑発に乗ってくれないケースはどうしてきたのでしょうか。
 アメリカが戦争を仕掛ける際に取る次の手段は、自作自演のテロを引き起こし、それを相手の国の仕業だとして攻め込むことです。
 こういうと911テロを思い出される方は多いと思いますが、911以外にもたくさん実例があります。
 箇条書きで紹介しましょう。

 ・19世紀末、アメリカとスペインの戦争である米西戦争のきっかけとなった「メイン号事件」

 ・アメリカが第1次世界大戦に突入するきっかけとなった「ルシタニア号事件」

 ・アメリカがベトナム戦争を始めるきっかけとなった「トンキン湾事件」

 これらがアメリカの自作自演テロであったことは歴史的事実として知られています。
 「メイン号事件」は、70年後の1970年に、アメリカ軍自身がスペインの騙し討ちではなく、自作自演テロだと認めています。
 「ルシタニア号事件」は、沈没船の引き上げから単なる客船ではなく軍事物資の偽装輸送船だったことが判明し、100年後の2014年にイギリス政府が(イギリスとアメリカの共同)工作だったことを認めました。
 「トンキン湾事件」は、2005年にベトナム戦争に関する機密文書が公開されたことにより、アメリカによる自作自演テロだったことが判明しました。

 付け加えますが、自作自演テロで戦争を仕掛けるのはアメリカだけの専売特許ではありません。
 1931年日本の関東軍(板垣征四郎大佐や石原莞爾中佐の主導)により、日本が所有していた満州鉄道が爆破されます。関東軍はこれを中国軍の仕業として満州事変を起こします。日本政府はこの事実を、敗戦後に認めました。

 では、こうした自作自演テロでさえ難しい場合はどうでしょうか。
 最後の手段は、難癖をつけて攻め込むことです。難癖は、当時の状況から、それらしき題材が選ばれます。
 2003年のイラク戦争がその好例でしょう。
 2003年、アメリカはイラクが大量破壊兵器を所有しているとして、軍事侵攻を開始しました。大量破壊兵器を理由にしたのは、過去にアメリカがイラクに大量破壊兵器を売ったので、イラクが保有しているはずだという思惑があったといいます。
 イラク戦争終結後、アメリカは軍事侵攻の大義名分のために、必死になってイラク国内で大量破壊兵器を探しますが、見つかりません。一説には、イラクは開戦前にイランに大量破壊兵器を預かってもらったために、見つからなかったというのです。真相はわかりませんが、そんなところかもしれません。

 このようにアメリカは戦争すると決めた場合、まず相手に先制攻撃させる方法を模索します。次に自作自演テロをして、それを口実に攻める方法を検討します。それが難しいなら、適当な理由をつけて攻めるというパターンをとってきたことがわかります。

 では現在の北朝鮮に対してはどうでしょうか。
 まず相手に先制攻撃させる、または自作自演テロを口実に攻め込むというパターンはもうないと考えます。
 それはトランプ大統領やペンス副大統領、国防長官が最大限の警告を北朝鮮に対して発しているからです。直接の軍事侵攻も辞さずという強硬な態度をとっているのですから、不意打ちをくらったという芝居はできません。また、最大級の警告を発しているので、当然ながら世界の注目が集まっています。そんな状況で、自作自演テロは難しいでしょう。
 残りは、難癖をつけるパターンです。
 北朝鮮は度重なるミサイル発射や核実験を繰り返しているのですから、これを口実に攻め込むというのは大いにありそうにみえます。

 ここで少し脱線します。
 私はアメリカが北朝鮮が核兵器を開発していることを理由に攻め込むのは、正当な理由として成り立たないと考えます。
 そもそも論ですが、世界最大の(核兵器を含む)大量破壊兵器を保有しているのはアメリカです。アメリカの核は善で、北朝鮮の核は悪だということを論理的、あるいは倫理的に説明できる人はいるでしょうか。
 アメリカでなくてもロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタンは核保有国であることを認めています。それらの核は許されて、北朝鮮の核は許されないわけですが、それを利害関係のない第三国の国民に納得できる形で説明できる理論はあるのでしょうか。
 そうした観点の議論を、私は聞いたことがありません。
 私は北朝鮮の核開発に反対の立場であるとともに、世界中の核兵器の全廃と、原子力発電の全廃を望む一人です。(有り得ない話だと思いますが)アメリカが北朝鮮の非核化を主張するなら、自国の核戦力削減を引き換え条件とする議論を展開するしか論理的な直地点はないだろうと考えます。
 国内であれば憲法や法律があり、その憲法や法律の理念にそった議論が成り立ちます。
 しかし国際社会に法律はありませんし、違反したとして取りしまる警察のようなパワーは存在しません。それゆえ、国際社会は紳士協定のようなもので運営せざるを得ません。
 ですから、力が正義であり、力のあるものが勝つという力学となります。力とはその国が持つ軍事と政治・経済のパワーです。国際関係はそうした軍事、政治・経済のパワーバランスですから、こんな議論を期待する方が無理なことは充分承知はしているのですが・・・。
 すみません、話が逸れました。

 では、アメリカが核開発を口実に北朝鮮を軍事攻撃する可能性はあるのかどうかです。
 それに関しては、吉田繁治さんのメルマガから抜粋したいと思います。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガから抜粋開始>・・・

金正恩(きむ・じょんうん)国家主席の北朝鮮が、核をもつことは、事実です。イランにも技術提供したという。核爆弾は、長距離弾道ミサイルに搭載されないと、米国に対する有効性は薄い。

ただし韓国と日本の米軍基地や、国土に対しては、現在の短距離のスカッド型ミサイルでも届くので有効です。

米中首脳会談の直前には、北朝鮮が4発の長距離弾道ミサイルの打ち上げ実験をし、示威をしています。60キロ飛んで、日本海に落ちています。

これに対し、トランプ大統領は、「中国は北朝鮮の問題に対処できる」、「中国が対処しなければ、米国だけでも、完全に対処できる」と言っています。浪曲のように、独特の節をもつ声調の国営放送は、悪の国アメリカの壊滅を叫んでいます。

核を持つ北朝鮮に対する軍事攻撃は、危険です。韓国や日本に核爆弾が飛んでくるかもしれない。このときは、原発を狙います。

原子炉と、停止中ではあっても使用済み燃料のプールは、全電源が破壊され、数時間注水ができなくなると、メルトダウンした福島がそうであったように、巨大な原子爆弾になるからです。

放射線が出ると、補修作業者が近づけなくなるので、シビアアクシデントに発展します。冷却水で燃料の温度を制御し、すこしずつ核反応を起させているからです。原子炉と全電源の破壊は、通常のミサイルで可能です。ロシアで起こった自爆テロでも危険です。

このため、米国にとって下田の黒船のように、空母(原子力船のカール・ビンソン)と巡洋艦で北朝鮮を威嚇することはあっても、軍事的な戦闘の選択肢はありません。

金正恩の異母兄、金正男(きむ・じょんなむ)は、マレーシア空港で、神経系を麻痺させるVXガスとされるもので、暗殺されました。
暗殺されたのは、刺客をひどく恐れていた金正恩の影武者という説もありますが、おそらく本人でしょう。

その証拠に、異母兄の存在は、情報統制がある北朝鮮の国民には、一切、知らされていません。金正恩の指示で暗殺が行われたとすれば、その目的は、自分の暗殺を恐れたからでしょう。

金正男がいなければ、同じ血筋の後継者がいなくなるので、自分の暗殺は避けることができると考えたからかもしれません。国家主席も承継で得た人は、主席という地位は、父からの遺産の相続と同じという考えをしているからです。

米国は、斬首という言葉を使っています。映画でもよく出てくる海軍の特殊な訓練をした部隊シールズ(SEALs)を沖縄に派遣し、極秘で北朝鮮に送り込んでいるようです。

シールズの部隊を乗せているC・チャンピオン(2100トン)が、沖縄に一時寄港したことが分かっています。2011年のウサマ・ビン・ラディンの、パキスタンでの暗殺もシールズが行っています。

米国の対策はこれでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんはアメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はないという立場ですが、私もそう思います。
 リスクがあまりにも大きいからです。
 日本にも韓国にも原発があり、そこをミサイル攻撃されたら、一巻の終わりです。福島で起こったことが、日本全国で起きてしまいます。そうなると人が住めない不毛の土地と化してしまいます。アメリカ本土に核は届かないにしても、それほどのリスクを背負ってアメリカが攻撃するとは思えませんし、そうであってほしいと願っています。

 では逆の北朝鮮が韓国とアメリカに先制攻撃を仕掛ける可能性ですが、これに関しては情報が全くなく、私にはわかりません。
 圧倒的な軍事力を持つアメリカに戦争を仕掛けるということは、その瞬間に現在の北朝鮮の国家体制の崩壊を意味します。一歩も引かないと舌戦を展開しているうちはいいのですが、本当の開戦となったら決着が着いてしまいます。
 しかし現在の北朝鮮の最高指導者は若く経験も少なく、よく言われているように「暴発」という事態もなくはないのかもしれません。人間ですから、必ず理性的に行動できるとは限りません。そうならないことを願うしかありません。

 アメリカの空母カールビンソンが日本海で韓国海軍と演習を行う予定だという報道がされています。日本海で行うのは異例なことだそうです。
 アメリカが北朝鮮に最大限の警告を発しているということは、アメリカの意図は(少なくとも今は)北朝鮮の暴発を防ぎたいということではないかと考えます。
 アメリカはシリアに直接の軍事攻撃を仕掛けてしまいました。
 アメリカにとってメインはやはりシリアで、いま東アジアでことを起こしたくないというのが本音だろうと思います。

 当面は、アメリカと北朝鮮両国は舌戦を繰り広げると思います。
 ただし、それが延々と続くわけではなく、北朝鮮は近いうちに大きな変化を起こす可能性がありそうです。
 投資家のジム・ロジャース氏が面白いことを言っています。
 北朝鮮の現体制は内部崩壊して、南北統一が近づいているというのです。

http://www.mag2.com/p/money/217072?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0425&l=ceb08fa91b

 北朝鮮ではスマホが急速に普及しているといいます。いまはまだ北朝鮮の庶民は自由にネットを見れる状況ではないようですが、イントラネット(北朝鮮内の閉じられたネットワーク)の形でネットに繋がることができるようになっているそうです。
 また中国からの来訪者が増え、北朝鮮の庶民はじかに情報を得られるようになったといいます。
 そうなると急速に豊かになった中国の現状を、一部の特権階級だけでなく、北朝鮮の一般庶民が知るのは時間の問題でしょう。そうなれば、今の貧しい現状から、体制の変革を求める声が上がるのは必然です。
 願わくば平和裏に体制変革を行ってほしいものです。



松久正氏が語る松果体の機能...2017年4月17日

 松久正(まつひさただし)氏の本を、私は初めて読みました。
 松久氏は医師免許を持つ医者という立場ながら、シリウスの存在から情報を得て発信しているという異色の人のようです。
 本を読むと、松久氏の言っていることは今の医学の常識を否定するものが多々あります。内海聡医師以外にもこういう人がいたんだと知りました。

 私は松果体に興味があり、松果体に関する情報ならなんでも知りたいと思っています。そんなおり、書店で松久氏の本をパラパラめくってみたところ、松果体に関する記述があったので、とりあえず買ってみることにしました。
 医者という立場の人の松果体に関するものなので、実はあまり期待していませんでした。でも読んでみると、私が前々からスピリチュアルの分野で疑問に思っていた点がいろいろと言及されており、思わず引き込まれてしまいました。
 ただし(これから紹介する)松久氏の説が真実なのかどうかは、私は(今は)なんとも言えません。
 (その点は訪問者の方々も同じかもしれませんが)、やはり真偽に関しては、ご自分で判断していただくしかありません。
 ただ言えることは、私が常日頃から知りたいと思っている分野であり、とても興味を惹かれるものだったということです。
 松果体に興味を持たれている方々には、面白い内容かもしれません。

 では『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』(松久正著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。
 まず松果体の基本的な役割です。

 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p60〜p63から抜粋開始>・・・

 松果体は宇宙のエネルギーを受信するところ

 ところで、人間の脳の中央に松果体(pineal gland)が存在しています。
 現代医学では、松果体の機能は不明です。わかっていることは睡眠に関与したり、夜、昼という日内リズムを感じる器官というだけです。
 私は、人間の松果体は、宇宙の叡智を感じるところだとわかっています。

 松果体の機能は本当はすごいのです。今のレベルの現代科学や医学では、とても解明できません。レムリア時代やアトランティスの時代は、宇宙の叡智とよりつながっていて現在より松果体が大きかったのですが、今の地球人は退化して非常に小さくなりました。それは胸腺も盲腸(虫垂)も同じです。

 じつは松果体は、宇宙のエネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ=宇宙の叡智)を人間のエネルギー(身体ソウル・ウェイブ=身体の叡智)に変換します。宇宙のエネルギーは振動数があまりにも高過ぎるので、人間の身体レベルに振動数を落として、それを人間の体に通すのです。
 神経は背骨の中を上から下まで通り、各脊椎孔(せきついこう)からたくさん枝分かれして、身体中の60兆個の細胞に全て行き渡ります。心臓、肝臓、腎臓などの内臓、筋肉、血管、関節、皮膚、目、耳、鼻、口、すべてです。神経が行き渡っていなければ、細胞は生きられません。細胞を細胞たらしめているエネルギーの通り道です。

 神経の流れ、ソウル・ウェイブは、魂のもとのエネルギー宇宙ソウル・ウェイブが松果体で変換された身体ソウル・ウェイブを便宜上、シンプルにソウル・ウェイブと呼ぶことにします。

 ソウル・ウェイブが体の中に入って、神経の中を振動として伝わるのです。
 母親のおなかの中で内臓とか身体をどうつくるか、生まれてから、どういう食べ物を食べたときに胃腸をどのように動かすのか、どのようにホルモンを出すのか、傷の治し方、ウイルスが入ったらそれを撃退するために熟を出すとか、下痢をするとか、医者や親が教えたわけではありません。
 それらの情報は、じつは、目に見えないレベルの高次元DNA遺伝子にすでに書き込まれています(略)が、その情報をコントロールするのが神経の流れである「ソウル・ウェイブ」なのです。ソウル・ウェイブが、あなたをコントロールするのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 松久氏の説によれば、松果体の基本的な役割は、宇宙のエネルギーを取り入れ、人間の身体に合う振動数まで落として、供給する役割だといいます。
 松果体のそうした役割は、松果体が主に珪素(Si)でできているからだといいます。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p75〜p77から抜粋開始>・・・

 宇宙の叡智を身体の叡智に変換する高次元変換器「松果体」

 松果体は、どうして宇宙の叡智を身体の叡智に変換できるのでしょうか?
 それは松果体が99%以上、珪素(Si)でできているからです。
 じつは、この珪素は大宇宙で唯一の能力を持つスーパー元素なのです。珪素は万能パワーストーンである「水晶」の主要構成成分でもあります。
 珪素は、乱れたエネルギーを全部吸収して、その乱れを修正するのに必要なエネルギーを出すことができます。これは誰も言っていないことです。
 珪素研究会や珪素医学団体などは一般的な3次元の科学の話をしていますが、私は宇宙叡智との交流の中でこの知識と情報を得ています。
 珪素にはエネルギーの乱れを読み取れる能力があって、そのエネルギーを全部吸収して、その乱れを修正するのに必要なエネルギーを放出するのです。
 水晶も松果体も生命エネルギーの振動数を変換して、それらのDNAをコントロールするエネルギーに変えます。(略)。松果体は人間の身体の中で最も神秘的なのです。

 地球の成り立ちですが、あらゆる生命体の固有螺旋振動波の魂エネルギーが交流することで、物質の要素が高くなります。交流したときに振動波がどんどん落ちるのです。どんどん重くなったエネルギーが集合して物質化します。それが惑星であり、地球です。
 地球はほとんど珪素でできています。珪素は地球では2番目に多い原子で、地殻を形成する要素としては最も多いのです。珪素は最もキーになっている元素です。
 エネルギー的に言うと、珪素はどんなエネルギーも吸い取って、必要なエネルギーに生まれ変わらせるものです。だから珪素が存在しているのです。宇宙の存在、つまり人間を含むあらゆる生命体には最も重要なもので、宇宙のあらゆるところに存在しています。
 鉱物、微生物や植物、動物、人間の集合エネルギーが1点に固まったときにできたのが地球です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 実を言うと、松果体の99%が珪素でできているとは私は初めて聞きました。
 本当なのでしょうか。

 私は前々から疑問に思っていたことがあります。
 スピリチュアルの本を読むと、人間の身体が炭素(C)からシリコン化してくると書いてあることです。
 これを素直に解釈すれば、身体内の炭素が珪素(シリコン)に置き換わってしまうとなります。そうしたら、少なくともホモサピエンスではなくなるでしょう。そんな大変化が起こってしまったら、この地球上で生命活動ができるのかと考えていました。
 しかし松久氏が言うように、主に珪素で構成された松果体や胸腺が発達してくる、または珪素を体内に多く含むことをシリコン化と定義するのであれば、これは無理なく理解できる話です。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p144〜p151から抜粋開始>・・・

 松果体を活性化する

 今まで地球社会においては炭素(C)が主役でした。炭素は有機物質のもとになっており、人間の細胞も有機物質、炭素をもとにしてできているので、遺体を燃やすと最後に炭素が残ります。
 しかし、これから人間は珪素化していかなければならないでしょう。
 これからの地球人が進化する形態としては、珪素を身体により多く含んだ人間です。
 人間が珪素化していくと、まず第1に、松果体の珪素の量と質が向上します。
 松果体がより珪素化すると、変換能力が高まるので、よりよい状態で人間の身体に宇宙の叡智エネルギーを注ぎ込めます。
 これからの新しい地球社会では、松果体を水晶(珪素)化することが、地球人の進化・成長の鍵です。一人一人の人間としても、まとまりの地球としても、やらなければならない最も重要なことです。必然的に、地球人は水晶(珪素)化していきます。
 この流れは誰も止められません。

 胸腺を活性化する

 地球人が珪素化すると第2に、胸腺が活性化します。
 胸腺も、松果体と同じようにほぼ珪素でできています。
 つまり、エネルギーを変換する能力を持っています。
 胸腺は免疫の司令塔であり、リンパ球をはじめ、いろいろな免疫細胞になるものを作成する場所です。これは珪素のシリコンホールの役割が大きいと考えています。
 キラーT細胞やヘルパーT細胞など、リンパ球にはさまざまな種類がありますが、身体の状況を胸腺の珪素が察知して、水晶と同じように必要な細胞を生み出せます。つまり、胸腺は、人間環境への適応力を整えていく役割を持っています。
 人間の身体でいうと、身体の適応力や修復力を整えていくところですが、あらゆる社会環境に適応したり、人間関係の適応力を整える大事なセンターです。
 胸腺というものは、医学上は、幼少のころ発達して大きい器官になりますが、大人になるにつれ退縮していって、あまり役をなさないものとされています。
 それは違います。松果体と同じで、今まで退化する地球社会で、人間がそれを活用しなかったから働かなくなっているだけであって、今後、その役割は重要になります。

 ミトコンドリアの活性化

 人間は、約60兆個の細胞でできていると言われています。赤ん坊のころは100兆個ぐらいで、成人になるとだんだん減って60兆個に落ち着きます。
 すべての細胞にたくさんのミトコンドリアという器官があります。ミトコンドリアは細胞のすべてに備わっていて、人間が地球社会で活動するために必要なエネルギーを産生する器官です。ATPというエネルギーのもとの物質を産生します。
 じつはミトコンドリアの構成成分も主役は珪素です。ですから、珪素が少ないとエネルギーを強く生み出せません。ミトコンドリアの珪素は、細胞のエネルギー状態を感知し、シリコンホールを通じて宇宙の叡智を酸素原子に作用させ、多くのATPを産生します。
 松果体を水晶(珪素)化していくと、宇宙の叡智により、水素原子の電子が動員されることにより原子転換(錬金術のようにあるものから全く異なるものを生み出すこと)がなされ、胸腺やミトコンドリアが珪素化するのです。地球で元気に活発に生きるためにはミトコンドリアの活性化が欠かせません。

 放射能や有害物質の解毒

 珪素の重要な役割の4つ目は解毒能力、デトックスです。
 今の地球人は空気汚染、土壌汚染、食物汚染、あらゆるものによって身体が汚染されています。社会環境を見れば有害物質だらけです。予防接種もエネルギー的には毒です。
 皆さんは予防接種に疑いを持っていないようですが、予防接種を打てば打つほど人間のエネルギーは乱れて、退化します。これは当たり前の話です。ウイルスはじめ悪いものを不活性化して弱めた形で身体の中に入れているのですから、百害あって一利なしです。これは悪いものを身体に入れることによって免疫能力を目覚めさせて退治しようとする、非常に幼稚な考え方です。

 現代医学の大きな問題点は、「病気は外から襲ってくる」と考えていることです。
 ウイルスや細菌が侵入してくるから病気になると考えています。それが正しければ、小学校のある教室でウイルスが蔓延したら、同じ空気の環境にいる全員が風邪になるはずです。
 でも、感染する人は一部で、風邪にならない人が大勢います。外からの要素は一つのトリガー、きっかけにはなります。症状を決めるのは、その人間のエネルギー状態です。
 予防接種を打つと、免疫を余計に過敏にしてしまいます。ふだん反応しなくていいものに過剰に反応してしまうから、ちょっとしたことで症状を起こす身体になってしまうのです。免疫を乱してしまうからです。ワクチン摂取は自然の摂理から外れています。
 もっと悪いのは、予防接種には弱毒化したウイルスだけでなく、その効力を上げたり、保存するためなどに有機水銀が入っています。幼少のころから予防接種を受け続けると、水銀が蓄積されて、大人になると脳障害や脊髄障害を起こして、重篤な病気になったりします。予防接種は人間を堕落させるための格好の材料です。
 だから、予防接種は打って得られるメリットよりも、打つことによるデメリット、怖さのほうがはるかに大きいのです。子宮頚部がんの予防接種は、まさに毒を入れて病気を起こしています。

 皆さんはインフルエンザの予防接種を打った害のほうがはるかに多いのに、何で打ち続けているのでしょうか?
 私の子どもはアメリカで生まれて、現在10歳ですが、一度も小児科に行ったことはないし、予防接種も打ったことはありません。人間として打ったらダメだからです。
 インフルエンザにしても同様です。
 ウイルスや細菌は、身体に処理できる能力があれば、何も操作をしなくても自分で適応していけます。自分で処理できる適応能力や解毒能力が高ければいいわけです。その能力をもっと上げたければ、身体を珪素化すればよいのです。
 珪素は放射能や有害物質をシリコンホールに全部吸い込んでくれるので、悪いものを悪いものとして、その影響を受けなくなってきます。
 放射能を受けたすべての人が甲状腺がんになるわけではありません。
 適応能力や解毒能力の高い人は病気にならないのです。
 適応能力は、胸腺が主に担っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここでシリコンホールなる言葉を説明する必要がありそうです。
 松久氏の解説です。
 珪素は原子番号14の原子なので、14個の電子を持っています。その14個の電子は原子核を中心とした3層の起動上を回っていますが、その層の中に、シリコンホールがあるといいます。そのシリコンホールは、乱れたエネルギー(情報)を吸い込んでは、修正して元のエネルギー(情報)にして吐き出すといいます。
 また宇宙のブラックホールのような役割もして、「なにもないところからその場の環境に応じて、ソマチッド、ウイルス、細菌などの微生物生命体を瞬時に生み出す能力を持つ」といいます。
 私はこれを読んだとき、正直なところ、「ほんまかいな?」と思いました。訪問者の方々の中にも、そう思われる方もおられるかもしれません。
 しかし、空間からある種の微小生命体が生まれるというのは、ありうる話ではないかと私は考えています。それがシリコンホールかどうかはわからないのですが、松久氏の説は一応、頭に入れておこうと思っています。

 松久氏によれば、松果体が活性化してくると不食・不眠の身体になるといいます。
 また、松果体が上から降りてくる宇宙エネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ)を変換して身体に供給すると同じように、地球から上がってくるアース・ウェイブは丹田で変換されて身体に供給されるといいます。
 この2つのウェイブの両方が通って、初めて調和した人間になれるといいます。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p187〜p191から抜粋開始>・・・

 松果体を活性化して不食・不眠へ

 今地球に生きている地球人たちは、古い枠の中でしか生きていないので、食べないと生きていけない、眠らないと生きていけないというレベルにいます。
 しかし、宇宙の本質としては原子転換、エネルギー転換ができるので、松果体を活性化して振動数を上げていくと不食・不眠の世界に入るようになります。

 世界平和を乱している一つの要因は食糧難です。食糧を奪い合っています。それから、石炭、石油、原子力等のエネルギー源の資源です。
 こういったものは、ソウル・ウェイブを正して振動数を上げていき、松果体の活性化を経て、さらなる高振動数のソウル・ウェイブが高い振動数を持つ自分にアクセスできるようになると、あまり食べなくても自分の中で自分に必要なエネルギーを産生できる要素がふえてくるし、エネルギーを外から受けなくても、自分の環境の中で必要なものをつくり出せるようになっていきます。
 地球人の松果体が水晶(珪素)化して活性化していくと、地球を乱している要因も穏やかになっていくでしょう。

 食べないようになると、消化、吸収、排泄で使うエネルギーが減っていくし、酵素とかホルモンの分泌も必要がなくなるので、エネルギーをあまり使わない身体になり、あまり眠らなくてもよくなります。今、眠れないと焦ったり、不眠は皆さんの感情をすごく乱していますが、眠らなくてもよくなれば24時間をもっと有効に使えるようになるし、社会効率もよくなるでしょう。

 アース・ウェイブを取り入れる方法

 ソウル・ウェイブは宇宙から降りてくるものです。
 宇宙ソウル・ウェイブが脳の中心、松果体で変換されて、身体ソウル・ウェイブ、つまり神経の流れとして身体中に行っています。それは、人間のあるべき状態を教える情報です。

 もう一つ、人間は地球のエネルギー、アース・ウェイブを取り入れなければなりません。このエネルギーは、ソウル・ウェイブの振り幅を増やし、それを強化します。それは地球の中心から、上がってくるエネルギーです。このエネルギーの入り口である第1や第2チャクラの神経の通り道をきれいにすることが大事です。地球社会では「丹田(たんでん)」と言われています。
 不安・恐怖を持っている人は、そこが詰まってしまいます。腰痛とか女性の生殖器の問題を持っている人も、エネルギーが入りにくい。(略)

 ソウル・ウェイブは自己のものですが、アース・ウェイブはその人のみならず、地球上に存在するすべての生命体、石、植物、微生物を含む動物のすべての集合意識エネルギー、つまり、おのおのの固有振動波の集合体が合体して、地球で反射したエネルギーそのものです。

 エネルギーの螺旋としては人間を頭上から見ると右回りのままで、それを下から通してやることによって、上から降りてくるソウル・ウェイブを働きやすくします。振動螺旋波の振動数をふやす役割はソウル・ウェイブの大本から来ますが、振幅を大きくするのがアース・ウェイブです。この2つのウェイブが通っている必要があります。

 ソウル・ウェイブだけ通っている人は、スピリチュアルを追求しすぎて、地球社会には適応できない人です。逆にアース・ウェイブだけ通っている人は、元気はあるけれども自分は何ものか人生で何をしたらいいかわからないので、苦しんだりします。苦しみ方が違います。ソウル・ウェイブとアース・ウェイブの両方通って初めて調和した人間になれるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここまで読まれた方は、「ではどうしたら松果体を珪素化(活性化)できるのか」と思われたかもしれません。
 『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』にもそれについて概略は書いてあります。
 ネットで調べてみると、松久氏の本がけっこうな数、出ていて、私はさっそくアマゾンで数冊注文しました。
 読んでみて、面白いと思ったら、ここで紹介したいと思います。



サアラさんが語る感情のメカニズム...2017年4月9日

 現代科学は進歩したとよく言われます。
 私は、この言葉を何度聞いたのだろうと思います。
 しかしながら私は最近、違和感を覚えるようになりました。
 というのも、以前は「まあ、そうでしょうね」という思いでしたが、今は「本当にそう言えるのか」という思いが湧いてくるようになったからです。
 その例を挙げればきりがないのですが、一つ脳科学について触れたいと思います。
 私はいったん社会人になってから、大学の研究室に入りなおしたことがあります。
 その時の授業で、脳科学が紹介されて、脳のメカニズムがかなり解明されてきたことに感銘を受けたことがありました。
 当時は、この調子で解明が進んでいくと、人間の意思とか人格について本質的な謎が解かれる日も来るんだろうなと漠然と思っていました。

 私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、その授業で脳科学が話題になったのです。
 サアラさんが言うには、脳科学は完全に壁にぶち当たっているそうです。
 脳科学者達の最大のテーマは、人間の意思とか思考とか感情とか、その人間の人格の元となっているものを、脳の中に見つけだすことだそうです。
 今の科学は、魂といった異次元の存在を公式には認めていません。
 それゆえ、人格の元となっているものを脳のメカニズムで説明できるはずだという立場なんだそうです。
 しかし脳科学者が必死になって探しても、脳の中に見つからないというのです。つまりこれが、今の脳科学の壁というわけです。

 私は科学者ではないので、自分の考えていることを好き勝手に言わせてもらいますが、人間の本質が脳だというのは、滑稽としか思えません。
 いや滑稽というより、傲慢不遜と言うべきでしょうか。

 私の見解では、脳はこの3次元で人間の活動を統率(指令)する高性能のコンピューターに相当します。
 人間の本質である思考や感情、意思といったものは魂にあるのであり、そこから発したものが脳に伝わり、脳から体内の各器官に指令が発動されると考えます。
 もちろん記憶もそうです。
 膨大な魂の記憶は魂の中に貯蔵されているのであり、仮に変性意識状態となれば、現生の記憶だけでなく、魂の記憶にアクセスして、過去生などを思い出すことができると考えます。
 こうした観点から見ると、現代の脳科学が行き詰るのは当然だと私には思えるのです。

 サアラさんから学んだ魂に関する知識のうち、今回はその一部を紹介したいと思います。
 サアラさんによると、人間の肉体の周りを意識場という卵型のエネルギーフィールドが包んでおり、そのさらに周りを潜在意識場というトーラス状のエネルギーフィールドが包んでいるといいます。
 さらにその周りを超意識場というエネルギーフィールドが包んでいるといいます。
 全体のエネルギーフィールドは普通の人でも半径で10数メートルあり、これが魂と呼ばれるものだといいます。霊感のある人が見えるオーラは、これら3つのエネルギーフィールドの一部を見ているそうです。
 そして、これら3つのフィールドが脳内の次の3つの器官に主に対応しているそうです。

 @ 意識場.....大脳
 A 潜在意識場...中脳
 B 超意識場....小脳

 人は普段は、ほとんど@の意識場を活性化させて生活しています。
 記憶を引きだし、思考し、判断し、行動を決定するといったことは意識場で行われ、意識場と密接に繋がっている大脳に指令が送られ、行動が開始されます。
 物理次元で行動すると、物理次元で結果が出ます。
 その結果が記憶として意識場にフィードバックされ、貯蔵されます。そしてまた意識場から記憶を引き出し、また同じパターンの流れが起きます。

 授業では、これらエネルギーフィールドに関して細かい説明があったのですが、量が多くなってしまうので書ききれません。それで今回は、私が特に興味を惹かれた感情のメカニズムについて紹介したいと思います。

 人間の感情を司るのはAの潜在意識場だといいます。
 場というのはエネルギーですから、必ず振動しています。
 腹立たしい、悲しい、苦しい、淋しい、嬉しい、といった感情はそれに対応する振動数を持ちます。それがまず潜在意識場で発生します。
 特定の感情に対応した潜在意識場の振動は、中脳に伝わります。
 中脳の中のある領域に感情の振動が伝わると、脳下垂体で、その感情に対応したペプチドが合成されます。
 このペプチド(アミノ酸で合成されたもの)が血管に放出され、全身の細胞に送られます。

 各細胞は、このペプチドを栄養源として摂り入れます。
 1つの細胞には、ペプチドを摂り入れる細胞膜のレセプターが5000個もあるそうです。
 このレセプターは、様々なペプチドを摂り入れることができるように変化するそうです。
 例えば、年がら年中イライラしている人は、イライラに対応したペプチドが合成され、それが血液に放出され細胞の栄養源となります。毎日、嬉しい、楽しい、で過ごしている人は、嬉しい楽しいペプチドが合成され、それが細胞に供給されます。
 細胞は効率よくペプチドを摂り入れるために、常にそのペプチドに合ったレセプターを準備します。
 細胞にとってはイライラだろうが、楽しいだろうが関係ありません。
 細胞にとっての危機とは、レセプターからペプチドが摂り入れられなくなることです。それは細胞の死を意味するので、その人が以前と同じ感情を維持してくれるのは大歓迎です。
 サアラさんは、細胞がペプチドを大量に摂り入れると、ブルブル震えると表現していました。
 このブルブル震えるというのが、いわいるエクスタシーです。強烈な快感です。強烈な快感は、中毒をもたらします。
 そして人は、いとも簡単に、この中毒に嵌ってしまうそうです。

 誰しもこんな経験があるのではないでしょうか。
 過去の失敗を思い出しては、その失敗によって湧き起こる、辛い思いとか、悔しい思いとか、やりきれない思いに浸ってしまうのです。
 そんな感情に浸っている自分にハッと気づいて、ああ、またやってしまったと後悔します。
 過去にこだわることは止めて、未来を見つめて前向きに生きるのが大事なことは百も承知です。
 しかし百も承知のはずなのに、また懲りずに過去の失敗を思い出して浸ってしまうのです。

 これは感情の生理的なメカニズムを理解すると、容易に納得できます。
 過去の失敗を思い出すことによって湧き起こる感情に浸ることは、細胞にとってはブルブル震えるほどのエクスタシーなのです。
 つまり身体にとって、その感情は中毒となっているのです。
 本人は辛い、悲しい、やりきれないという思いで、(表面的には)もうこんなことは止めたいと思っているはずです。
 しかし、どつぼに嵌ると、さらにどつぼに嵌るという循環になってしまいます。落ち込む人は、さらに落ち込むということです。

 ここで強い意思を発揮して、もう二度と過去は振り返らないと決意したとします。
 すると何が起きるでしょうか。
 細胞が反乱を起こすそうです。
 細胞にとって特定のペプチドがレセプターから入手できないのは死を意味します。それゆえ、それまでの感情が一気に爆発的に起こるよう仕向けるそうです。
 これにより、二度と過去は振り返らないと決意したはずなのに、過去が強烈に甦ってくる体験をすることになります。
 ここで挫折してしまうと、再び過去を振り返る日々に戻ってしまいます。

 では、仮にさらに強い意思を発揮して、過去を振り返らない努力をした場合はどうでしょうか。
 今度は細胞が生き残りをかけて、変化するようになります。
 つまり新たなペプチドを摂り入れるべく、レセプターの形状を変えるのです。例えば、嬉しい、楽しいペプチドが多く流れるようになっていれば、嬉しい、楽しいペプチド用のレセプターに変化するというわけです。

 サアラさんによると、細胞膜は2ヶ月で更新されるといいます。
 それゆえ過去を振り返ってくよくよするという悪習でも、通常はレセプターの変化により、2ヶ月ほど頑張ると治るそうです。早ければ1ヶ月、遅くても4ヶ月で治るといいます。

 最後に感情のメカニズムに関して、私が特に興味を持った話を紹介します。
 サアラさんによると、こうした感情のメカニズムは人類特有なものなんだそうです。
 ET(地球外知的生命体)には、このメカニズムはないそうです。

 その理由は、人類がもともと奴隷として創造されたという歴史があるからだといいます。
 私の理解によれば、人類はニビル星人のアヌンナキによって17万年前、金(キン)の採掘を行うための奴隷として造られました。
 奴隷を管理するもっともよい方法は、中毒にさせることです。
 ワーカーホリックという言葉がありますが、中毒になるほど働いてくれる奴隷は、管理する者にとって実に有難い存在です。
 人類を中毒にさせるために、脳内にドーパミン(快感ホルモン)を発生させるメカニズムが造られました。
 このドーパミンは人類にとってきわめて強烈で、人類はドーパミンを出す行為に嵌るように造られたといいます。
 これが中毒です。
 サアラさんは、「この社会は中毒によって成り立っている」と表現していました。
 アルコール、たばこ、麻薬、賭博、性、などは中毒になる最たるものです。特に、たばこが一番中毒になりやすく、3回吸っただけでも中毒になる可能性があるそうです。気化したものは肺からすぐ脳に到達するからだそうです。

 「地球はアディクション(addiction)(注)で構成される」ともサアラさんは言っていました。
 では新たな水瓶座を迎えた私たちは、どうすればいいのでしょうか。
 サアラさんは、「自分の意思で突破するしかない」と言っていました。
 悪しき感情の中毒を乗り越えるのは、(誰かが解決してくれるわけではないのですから)私たち一人一人の強い意思しかありません。
 その為に、こうした感情のメカニズムを理解するということは、極めて強いモチベーションになると私は信じています。

(注)
 ネットによれば、アディクションとは、
 「止めよう止めようと思いながらも止めることのできない悪い習慣に耽(ふけ)ってしまうこと」
 です。



電子レンジの実験結果...2017年4月1日

 私は自炊するようになって、料理に興味が湧くようになりました。
 美味しい料理はもちろんのこと、時短にも興味があります。
 テレビ番組では、そうした料理のレシピをよく紹介していますが、電子レンジを使った方法が最近とみに増えている気がします。
 私は、そんな番組で電子レンジが出てくると、複雑な思いに駆られます。というのも、電子レンジで調理されたものは健康を害すると聞いて、捨ててしまったからです。
 私は一度捨てたのに、やっぱり便利かもと思って、再度買いなおした経験があります。そして、やっぱり危険だからと、都合2回電子レンジを捨てました。
 しかし電子レンジが危険だといっても、どのようなメカニズムで、どのくらい危険なのかという具体的な実験結果があることは知りませんでした。
 それゆえ人と話す場合でも、「電子レンジは危険らしいですよ・・・」、という曖昧な言い方しかできませんでした。

 その電子レンジを使った実験結果があることを、『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』(ケイ・ミズモリ著、ヒカルランド)で知ったので、紹介したいと思います。
 まず電子レンジの由来です。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p90〜p91から抜粋開始>・・・

 ナチス・ドイツに研究開発されたといわれる電子レンジ

 本稿の主人公ハンス・ハーツェル氏によると、そもそも電子レンジは、ナチス・ドイツがソビエト連邦との交戦に備え、多数の軍人に容易に食料を供給するために研究・開発されたものだという。第二次大戦後、連合国が電子レンジとその関連資料を発見すると、アメリカ軍は本国の合衆国戦争省にそれらを輸送し、極秘に科学的な調査を行った。これをベースに、1947年にレイセオン社が一般向けにアメリカで販売をはじめ、急速に世界中に普及していったというのが、もはや確認できない闇の歴史だとされる。
 今日では、電子レンジは、使ったことのない人を探す方が難しいくらい全世界に普及した必需品ともいえる。特に近年の日本では、電子レンジを駆使して手間を省く料理法が人気を得ており、電子レンジは個人消費者ばかりか、食品業界にとっても重要な存在となっている。
 ところが、その電子レンジが我々に害をもたらす可能性はかなり前から世界各地で議論されてきた。例えば、電子レンジから漏れ出る電磁波が人体に与える悪影響が指摘され、これに関しては改善されてきた。また、電子レンジによる加熱で食品に含まれる栄養価が減少することも、様々な科学者が報告している。これらは読者もご存知と思われるが、これから紹介するのは、それとは比較にならないほど深刻な話である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本では、手術の際に電子レンジで温めた血液を輸血して死亡事故が起こったことが紹介されていますが、それはめったに起きることはないので割愛します。
 私達にとって大事なことは、電子レンジを使うことで、食品にどのような変化が起こるかということです。
 そしてそれを食べた人間に何が起きるのかということです。
 以下、電子レンジを使った食品を食べた人間の経過観察を行ったという実例を紹介します。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p92〜p95から抜粋開始>・・・

 栄養分の変質が人体の血液に悪影響をもたらす!?

 スイスのバーゼル近くに住むハンス・ハーツェル氏(以下敬称略)は、スイスの大手食品会社に勤めていた科学者で、本稿の主要な情報をもたらした人物である。十数年前、彼は自分が勤めていた会社が、加工の過程で食品を変質させてしまっていることに気付いた。世界中の人々が口にする食品の安全性に関して、科学者として強い責任を感じていた彼は、その現状に我慢できず、問題点を上司に指摘した。すると、彼はその会社を解雇されてしまった。
 ハーツェルは、電子レンジによって食品がどのように変化し、どのように人体に影響を与えるかを研究した第一人者である。彼が到達した結論を先に述べると、電子レンジで加熱・調理された食品の栄養分は変質し、ヒトの血液にも変化をもたらす。その変化は決して健康的な変化ではなく、人体の機能を悪化させ得る変化であった。
 電子レンジの危険性を危惧(きぐ)していたのは、ハーツェルだけではなかった。スイス・フェデラル・インスティテュート・オブ・テクノロジーとユニバーシティー・インスティテュート・フォー・バイオケミストリーに勤めるバーナード・H・ブランク氏(以下敬称略)である。
 ハーツェルとブランクは、スイスのキエンテルにあるマクロバイオティック・インスティテュートの6人の被験者を加えた計8人で、最初の実験を行った。

 驚くべき実験の詳細

 まず、電子レンジで温められた食品を口にすることで、人体にどのような変化が起こるかを厳密に測定する必要があった。8週間、全員同じホテルに滞在し、その間、タバコ、アルコール、セックスなしの条件で過ごした。ハーツェルは当時64歳、他の参加者は20代と30代。実験は、2日から5日の間隔で、被験者たちは次の食物サンプルのうち一つを空腹時に与えられる。

1.生の牛乳
2.通常の加熱方法で温めた牛乳
3.パスツール滅菌された牛乳
4.生の牛乳を電子レンジで温めたもの
5.有機農場からの生の野菜
6.通常の加熱方法で調理された野菜
7.冷凍後に電子レンジで解凍した野菜
8.電子レンジで加熱調理した野菜

 実験では牛乳や野菜はいずれも同じものが使用され、被験者からは、食前と食後に採血した。
 結果は驚くべきもので、電子レンジを利用した食物サンプルを摂った被験者には大きな変化が現れた。ヘモグロビン値の減少とコレステロール値の増加、そして白血球が短時間ではっきりと変化することも確認されたのだ。また、<電子レンジのエネルギー量>と<被験者の血清に曝される発光バクテリアの発光力>との間に関連性があることもわかった。
 さらに詳細に検査すべく、彼らは期間を延ばして、別の実験も行っている。被験者たちからは、食事の直前、食後15分後、食後2時間後に採取した血液から赤血球、各種ヘモグロビン、白血球、リンパ球、鉄分、総コレステロール、善玉コレステロール、悪玉コレステロールを測定した。
 電子レンジを利用したサンプルを食べた被験者から測定された赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球は、正常の範囲内ではあったものの、かなり低く、これは貧血症を引き起こしやすいことを示していた(*貧血とは、体内の各臓器や組織に酸素を供給する血液中のヘモグロビンが減少して体内が酸欠状態になること)。
 通常、白血球数は日々の偏った食事で簡単に変化するようなものではないといわれている。しかし、電子レンジで調理された野菜を食べた被験者の白血球は明らかに増加傾向を示していた(註、白血球数の変化に一定の法則は認められずさらなる検証が求められる)。
 実験を始めて2ヶ月を経過すると、こうした変化はさらに顕著に表れた。特に興味深いのは、コレステロール値の増加である。通常、コレステロールはゆっくりとしたスピードで変化するものと医学界では認識しているが、ハーツェルの行った実験では、電子レンジで調理された野菜を食べた直後に急速に増加に転じた。ただし、牛乳の場合は、コレステロール値は同じレベルに留まった。
 もちろん、頻繁に血液を採取されたことによる被験者のストレスも無視できない。しかし、各個人のベースラインをゼロ値として、そのゼロ値からの変化を統計的に出したため、大きな誤差は考えられない。
 ハーツェルは、コレステロールが増加する原因は、食べ物自体に含まれるコレステロールにあるのではなく、むしろ他から来ていると考えた。なぜなら、ほとんどコレステロールの含まれない食ベ物、つまり、電子レンジで調理された野菜を食べたことでもコレステロールの増加が表れたからである。これ意味することは極めて重要だ。食品に含まれる栄養価が電子レンジでの加熱で減少するだけではなく、人体に悪影響を与えることがわかったからである。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 ハーツェルとブランクの実験により、電子レンジで調理された食品を食べることにより、あきらかな変化があることがわかりました。
 こうなってくると、電子レンジによって食品にどんな変化が起こっているのか知りたくなります。
 以下は、ロシアの研究です。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p96〜p98から抜粋開始>・・・

 1950年代から人体への影響を研究していたロシア

 実は、ロシアでは1957年という早い時期から電子レンジの人体への影響が研究されてきた。
 ベラルーシのクリンスクにあるインスティテュート・オブ・ラジオ・テクノロジー(無線技術研究所)は、次のような結論を下している。

@電子レンジで調理された肉は発ガン性物質として有名な d-ニトロソジサノラミン(d-Nitorosodiethanolamine)を生み出した。

A電子レンジで牛乳と穀物を調理すると、発ガン性をもったある種のアミノ酸を作り出した。

Bマイクロ波の放射は、グルコシドとガラクトシド(解凍された際の冷凍フルーツ内の成分)の分解作用においても変化を引き起こした。

C生、調理済み、あるいは冷凍野菜がわずかな時間曝されるだけでも、マイクロ波は植物塩基(アルカロイド)の分解作用を変えてしまった。

D生の根菜などに含まれる特定の微量ミネラルの分子構造内で、発ガン性の遊離基が形成された。

E電子レンジで調理された食物の摂取により、血液中により多くの発ガン性細胞が生み出された。

F食物成分中の化学的変質が理由で、ガンの成長に対抗しようとする自らの免疫システムが衰え、リンパ系で機能障害を起こした。

G電子レンジで調理された食物の不安定な分解代謝は、基本的な食物成分を変質させ、消化器系の障害をもたらした。

H電子レンジで調理された食物を摂取する人は、統計的に高い胃ガン・腸ガンの発生率を示し、さらに、消化・排泄機能がゆるやかに低下して、末梢細胞組織が破壊されていく傾向がみられた。

Iマイクロ波の放射は、特に次のように、すべての食物の栄養価を著しく落とした。
・ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンE、必須ミネラル、向脂肪性栄養物の生物学的利用性の減少

・肉に含まれる核タンパク質の栄養価の破壊

・アルカロイド、グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシド(フルーツと野菜に含まれる基本的な植物成分)の代謝の低下

・すべての食物において、構造的破壊の加速が顕著に見られた

 以上のことから、ロシアでは1976年に電子レンジの使用が禁じられたのである。今から30年以上前に、ロシアではこれだけのデータを根拠に政府が電子レンジの使用を禁じていたわけだが、そのような情報は西側諸国に伝わることはなかったのだろうか。
 その後のペレストロイカによりこの禁は解かれ、現在はロシアでも電子レンジの使用は許されているのだが、そうした判断を下した根拠は明らかにされていない。これが前進だったのか、後退だったのか、意見が分かれるところだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ケイ・ミズモリさんは、ロシアの電子レンジ解禁が、前進だったのか、後退だったのか、意見が分かれると言っています。
 明らかに言えることは、ロシアで電子レンジを売る側にとっては「前進」で、危険性を知らされず使っているロシアの一般の消費者にとっては「後退」だと言えるでしょう。

 以下は、電子レンジが食品を破壊するメカニズムをハーツェルが解説したものです。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p98〜p100から抜粋開始>・・・

 マイクロ波を利用したメカニズムの安全性

 ハーツェルたちが行った実験結果は、電子レンジが有害であることを明示していた。そして、電子レンジの利用が人体に悪影響を及ぼしていることが明らかなのに、機械を改良する努力すらされていないことに、ハーツェルは驚きを隠せなかった。
 ハーツェルによると、こうした有害性は、電子レンジのメカニズムに起因するという。
 「電子レンジで食品を温められるのはマイクロ波によって誘電加熱するからだ。強力な電磁波に打たれる原子や分子、細胞は、一秒に10億から1000億回もの極性転換を強いられる。有機的なシステムは、たとえ数ミリワットの低いエネルギーでも、変化を免(まぬが)れない。そのような強力で破壊的なカに耐えられる原子、分子、細胞は存在しないのである。
 あらゆる自然の物質の中で、エネルギーに最も敏感に反応するのが水分中の酸素である。電子レンジはこの性質を利用したもので、その熱はマイクロ波をあてることで水分子中で起こる激しい摩擦で生み出される。当然、分子構造は破壊され、変質を強いられることになる。
 また、通常の方法で食べ物を加熱する場合は、外側から内側に熱が伝わっていくが、電子レンジを使用した場合には、それとは対照的に、水が存在する細胞や分子内で変化が始まり、そこでエネルギーが摩擦熱に変換される」
 では、太陽から注がれるマイクロ波は有害にはならないのだろうか? ハーツェルは次のように回答している。
 「太陽からのマイクロ波は、震動する直流電流の原理に基づいている。そのような光線は有機物質に摩擦熱を起こさない」
 さらに、誘電加熱以外の影響も無視できないという。
 「それについては現在のところ測定できていないが、マイクロ波は分子構造を変化させ、変質をもたらす。現実に、遺伝子操作をする際、細胞膜を弱めるために、マイクロ波が使われているのだ。マイクロ波は、まさに細胞の生命である細胞膜の内側と外側の間の電気を相殺させる。こうして弱体化した細胞では、自然の修復機能は抑制されてしまい、ウィルスや真菌類の餌食になりやすくなる。また、エネルギーの緊急事態に適応するために、細胞は好気性呼吸から嫌気性呼吸へと変化(酸欠状態となる)。水や二酸化炭素の代わりに、過酸化水素や一酸化炭素が作り出されるようになる」
 ハーツェルはこのような理由から、電子レンジの使用により、人は健康を害していくことを確信した。
 電子レンジで利用されるマイクロ波は、マグネトロンと呼ばれる真空管から生み出されている。そして、国際的にその発振周波数は2.45GHzに定められている。大抵の電子レンジは数百から1000ワット程度のパワーで食品を温める。このマイクロ波の放射により、食物の分子を破壊・変質させ、自然界には存在しない複合物質(放射性分解による複合物質)を生み出すといわれている。
 今日のアカデミズムは、電子レンジで生み出される「放射性分解による複合物質」は、通常の方法で調理された場合と大差ないとみなしているが、実際には、電子レンジの方が多いことは明らかなのだ。
 また、ある種のアレルギー患者においては、電子レンジで調理された食品に対し99.9%の々が敏感に体の不調を訴えるという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もし人としての正義感があり、そして明らかに健康に害があると理解すれば、誰しも「電子レンジの使用は控えた方がよい!」と人々に知らせたくなるはずです。
 しかし(というか案の定というか)、ハーツェルとブランクは弾圧されます。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p100〜p102から抜粋開始>・・・

 電気製品協会による不可解な発表禁止令の発動

 ハーツェルとブランクが実験の結果を公表すると、FEAとして知られるスイス電気製品販売者協会(Swiss Association of Dealers for Electricapparatuses for Households and Industry)が、即座に攻撃を開始した。ハーツェルとブランクに対して緘口令(かんこうれい)(発表禁止命令)を出すように、ベルン州のセフティゲン裁判所の裁判長に働きかけたのだ。誹謗中傷も激しく、それに耐えかねたブランクは、意思に反して自説の撤回を表明した。とはいえ、それまで電子レンジにかけられた食品が血液に異常を起こすという研究の正当性を公に訴えていたため、それは矛盾に満ちた対応となった。一方、ハーツェルは裁判を行う権利を要求した。しかし、この間題に関する予備審問は高等裁判所回された。この間題が表ざたになることを嫌う権力が動いたのだ。
 予備審問では、次のような判断が下された。
 「このケースにおいては、明らかに原告側(FEA)の不利益が存在し、おそらくそれは容易に修復されるものではない。したがって、被告(ハーツェル)の弁明を聞くまでもなく、原口側の要求を正当と認める。被告の発表は科学的な根拠に基づいた、信頼に足るものと思われがちであり、結審するまでに被告がさらなる発表を行えば、原告側にさらなる不利益をもたらす可能性がある。こうした事態を回避するため、公表には但し書きが付け加えられるべきである。それは、ある結論を導き出すためにはさまざまなアプローチ法があり、この見解はすべての方法によって証明されているわけではないということである。なぜなら、擬似科学的な未証明の言明に対して、一般は興味を示すものではないからである。この決定は、これらの秩序立てた検査・測定に問題があることを証するものではない」
 そして、1993年、裁判所は原告であるFEAの主張を元に、次のような判決を言い渡した。
 「被告は、5000フラン以下の罰金、又は1年以下の懲役に服し、電子レンジで調理された食品が健康に害をもたらし、ガンの初期段階をも誘発する病理学的トラブルを導くと主張することを禁ずる。尚、原告が裁判の費用を負担する」
 その後、ハーツェルとブランクがいかに苦労したか想像に難くないだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 予備審問の判断は驚くべきものですが、これが(残念ながら)現実でしょう。これはスイスという遠い国の出来事ですが、、日本においても電子レンジをめぐる環境は大同小異だと思います。
 ハーツェルに緘口令が命じられた5年後、今度は裁判所がFEAにハーツェルに慰謝料を払うようにと命じます。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p104から抜粋開始>・・・

全世界に巨大市場を持つ電子レンジ・メーカーや電子レンジ用食品を手がける食品業界などが、ハーツェルやブランクのような都合の悪い研究者を葬り去ろうと画策したのも例外ではないのだ。
 しかし、ある国の司法機関が研究成果の発表を禁じたとしても、必ず誰かがどこかで真実を伝えようとするものであり、いずれは産業界も歩み寄ることになる。
 ハーツェルとブランクに緘口令が下ってから5年、ようやく状況は変わってきた。
 1998年8月25日、1993年の判決はハーツェルの権利を侵害しているとして、ついに裁判長はその撤回を命じた。電子レンジにかけられた食品が健康を害すると発表することを禁じた緘口令は、「表現の自由」に反するという理由であった。さらに、FEAは慰謝料として、ハーツェルに4万フランを支払うよう命じられたのだ。
 これで、ハーツェルとブランクは解放されたのだが、本当に電子レンジが人体に有害であるとすれば、緘口令の影響は彼らにだけ及んだわけではない。我々が真実を知る機会を得られずにきた空白期間をも生み出したがために、今なお原因不明の病気や免疫機能の低下に悩まされる人がいるかもしれないのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 1998年に、こうしたことを日本ではニュースで報道したのでしょうか。
 私は全く記憶にないのですが、一般の人々に健康に関する極めて重大なことが知られていない現状を考えると、全く報道されていないか、されていても扱いが小さかったのだろうと推測しています。

 * * * * *

 最後に蛇足ですが、私はこの記事を掲載するか迷いました。
 記事を書き上げた後にネットで検索すると、ケイ・ミズモリさんの電子レンジに関する記事が続々と出てきたからです。
 今回引用させていただいた、『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』は、2007年に出版されたケイ・ミズモリさんの『超不都合な科学的真実』のリニューアル版で、すでにこの情報は広くシェアされていたことがわかったからです。

 (私は知らなかったけれど)すでに知られている情報を載せる意味はあるのか・・・、と思ったのですが、せっかく書いたのだから載せることにしました。
 私と同じように知らなかった方もおられるでしょうし、そうした方々には伝える意味があると思ったのです。



中国は金本位制を目指している!?...2017年3月25日

 私は経済・金融の勉強を吉田繁治さんの本やメルマガでしているのですが、最近の吉田さんのメルマガに目からうろこといった秀逸なものがありました。
 一つは、戦後世界の経済・金融を動かした歴史に関するものであり、もう一つは中国が目指す金本位制に関するものです。
 今回は、中国の金本位制に関する話題を紹介します。

 内容を紹介するにあたり、文章の上手い吉田さんの文を引用すれば事足りるのですが、それだと気が引けるし、量が多すぎるので、私が理解したものを私の文章で紹介したいと思います。

 これらの内容は、吉田さんが次に出す本に盛り込まれるかもしれません。


中国が世界の工場になったのは最近のこと

 1994年の中国のGDPは$5664億(62.9兆円)でした。同じ年の日本のGDP$4.85兆(538兆円)の、わずか12%でした。1人当たり所得では、日本の90分の1でした。
 2016年の中国のGDPは、$11.39兆(1264兆円)で、日本の2倍を越えています。
 わずか22年でGDPは20倍に増え、経済規模で世界第2位だった日本を抜き去り、アメリカについで世界第2位に躍り出ました。
 以下のグラフは、中国のGDPの推移です。

http://ecodb.net/country/CN/imf_gdp.html

 日本の25倍の面積と13倍の人口で、日本の戦後の高度経済成長期と同じレベルの成長を続けた結果と言えるでしょう。
 こうした経済の大躍進がなぜ起こったのでしょうか。
 それを可能にした原因の一つは、人民元(じんみんげん)の為替レートの変更でした。

 1990年までの中国には、輸出競争力はありませんでした。
 その頃、中国が輸出していたものといえば、高級家具店で売る100万円の高級絨毯や、25万円の羽毛布団などだったといいます。
 27年前の中国には輸出競争力はなく、世界の工場となった今から見ると昔日の感があります。
 以下は人民元の為替の推移です。

http://ecodb.net/exchange/cny_jpy.html

 このグラフと、上のGDPのグラフを比較すれば、中国のGDPの大躍進と元の推移が見事に重なっていることがわかります。
 1980年の1元は150円でした。その後1992年まで12年かけて1元=30円と5分の1まで引き下げます。
 ここからGDPの急速な膨張が始まります。
 現在は1元=16円近辺で、さらに2分の1となっており、1980年と比較すれば、元は10分の1にまでなったのです。

 中国は経済発展のために、経済特区に外資のお金と技術を呼び込む必要がありました。
 その為に、どうしても必要なことは、元のハード・カレンシー化でした。
 ハード・カレンシーの定義は以下です。

 「金の裏付けのない信用通貨でありながら、その額面の価値を世界の人々に認められ、外為市場で他国の通貨と容易に交換できるもの」
 以下、ハード・カレンシーの具体例です。
 
 ・基軸通貨の米ドル
 ・1999年からユーロ
 ・戦前の基軸通貨 英ポンド
 ・アジアでは円
 ・国際金融通貨のスイスフラン

 中国が外資を呼び込みたくても、外資は稼いだ元が(主に)米ドルに交換できなければ来ません。
 交換レートが常に変動するようではビジネスは成り立ちません。中国に投資する外資にとって、元が一定比率で常に米ドルのような世界の貿易に使える通貨と交換できることが条件となります。

 中国は、その元のハード・カレンシー化を、あっと驚く方法で実現してしまいます。


中国の普通ではありえない、金融・財政政策

 ここで国が発行する通貨とは何かについて考えます。
 日本政府の借金がGDPの2.4倍に達したことで、政府財政が破綻し、ハイパーインフレが起こるという話をする人がいます。
 戦前のドイツ、近年ではジンバブエやソ連崩壊など実際にハイパーインフレは起きています。
 1991年のソ連崩壊後のルーブルは、共産主義時代の通貨の刷りすぎで1200倍のハイパーインフレとなり、1998年に1000分の1へのデノミを引き起こしました。
 このアナロジーで日本でもハイパーインフレが起こると考えているのでしょうが、私は日本政府の財政破綻は数年後には起こる可能性があると見ていますが、ハイパーインフレは起こるとは思っていません。
 円を刷る権限は日銀が持っていますが、日銀は無制限に円を刷れるわけではありません。
 日銀は(基本的に)日本国債を担保として、円を発行しています。担保をもとに刷っているのですから、無制限に刷れるわけではないのです。
 では政府が発行する担保(日本国債)の信用とは何か。
 それは、国債証書に書かれている期日になれば、元本と金利が払われるだろうという信用です。つまり政府の財政が円という通貨の信用の源泉となっています。
 人々が政府財政に疑問を持ち、国債の償還が出来ないと判断すれば、誰も国債を買わなくなります。そうなると、金利が暴騰(国債は暴落)し、政府は国債の発行ができなくなり、予算が組めなくなります。国債の償還ができないことを、国家破産といいます。
 それが起こっていないということは、現時点では日本政府の財政は人々に信用されているということです。

 欧米各国では、このように自国政府の借金札である国債を担保として通貨を発行しています。
 例えば、アメリカは米国債を担保として米ドルを発行しています。

 さて、中国に話を戻します。
 一般的には、自国政府の借金札を担保して通貨を発行しますが、中国は自国政府の借金札を担保として元を発行していないのです。
 なんと驚くべきことに、米国債を担保に人民元を発行しているのです。
 そして米ドルとの交換比率を一定に保つために、ドルペッグ制を採用しました。
 これにより、元の担保は米国債となり、米ドルと同じ価値を持つ通貨となります。中国に工場を移転した外資は、稼いだ元を、為替の変動に左右されず米ドルと同じ比率で交換できるようになったのです。
 これが中国が世界の工場と言われるまでに大発展した理由です。
 まとめると、

@ 元の発行の担保を米国債としたことで元をハード・カレンシー化し、米ドルとスムーズに交換できるようにした。

A 元の為替水準を10分の1とすることで、中国からの輸出品は圧倒的な価格競争力を持つことになった。

 もちろん中国農村部に大量にあった安価な労働力や、環境破壊を気にせずに工場を操業させた中国政府の方針なども後押ししたこともあります。しかし上記@とAの条件がない限り、外資が中国に大量に進出してビジネスを行うことは難しかったのです。

 米国債を担保に元を発行することは、米国政府の承認なくして行えることではありません。
 1990年代、米ドルは世界貿易で使われる準備通貨(基軸通貨)としての危機を迎えていました。ユーロの登場です。
 世界貿易の準備通貨は、通貨発行の特権があります。
 通貨を大量に発行しても、貿易に必要なので、それを受け取る国があるということです。需要があるので、大量に発行しても米ドルの価値は下がりません。通貨を発行するということは、アメリカにそれに見合う物とサービスが流れ込むことを意味しています。こうした利益をシーニョリッジ(封建領主が持つ通貨特権の利益)と言います。
 日本の1万円札を造る原価は22円と言われますが、残りの9978円が通貨発行益となります。米ドルは準備通貨なので、アメリカは米ドルを発行することで、この利益を享受する特権があります。
 具体的に中国で米国債を担保にして元を発行する実務を担ったのでは、ゴールドマン・サックスだそうです。
 1990年代の米ドルの危機を支えたのは、中国の元だけでなく、ソ連崩壊で東欧圏が米ドル圏に入ったことや、日本政府が相変わらず米国債を買い続けたこともあります。しかしGDPで世界第2位となった中国の元が、米ドルの傘下になったという意味は大きいものがあります。
 つまりアメリカにとっても、中国にとってもウィンウィンの関係だったということです。


中国は信じ難いスピードで金(キン)を貯め込んでいる

 中国はこのところ、南沙諸島への進出など周辺国に軍事的脅威を与えているとみられています。
 これまで世界の軍事派遣国だったアメリカに挑戦する姿から、政治的には中国はアメリカと敵対する存在と言えます。
 しかし経済・金融面では、米ドルの傘下にあることはまぎれもない事実です。
 中国の共産党政権は、この事実を痛いほど知っています。そうであるなら、人民元を米ドルの傘下から解放することは中国の悲願と言えるかもしれません。
 それは、元の国際化とも言えるもので、問題はその元の発行の担保となるものをどうするかということです。

 以下の表は、2016年のWGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が発表した世界の中央銀行がもつ金の上位11か国です。

【世界の中央銀行の保有金:公式発表分】

(1)米国   8133トン
(2)ドイツ  3377トン
(3)IMF  2814トン
(4)イタリア 2541トン
(5)フランス 2436トン
(6)中国   1842トン
(7)ロシア  1615トン
(8)スイス  1039トン
(9)日本   765トン
(10)オランダ 612トン
(11)インド  557トン

 この中で非常に怪しい数字だと思われるのが、1位のアメリカと6位の中国です。
 アメリカは1990年代に米ドルの反通貨の性格を持つ金を、ブリオンバンクを通じて売りに出しました。米ドルの価値を維持するためです。それなのに1トンも減っていないのは不思議としか言いようがありません。
 さらに不思議なのが6位の中国です。
 不思議な理由を3つあげます。

@世界最大の金の輸入国は中国

 以下の表は、中国が輸入した金地金(ゴールドバー)です。

 2010年...184トン
 2011年...266トン
 2012年...264トン
 2013年...418トン
 2014年...208トン
 2015年...236トン
 2016年...292トン

 この7年間で中国が輸入した金の合計は1868トンとなります。
 この7年だけで1868トン増えているのに、中国の現在の総トン数が1842トンというのは、不思議としか言い様がありません。
 中国は金の輸出を全面的に禁止しています。増えることはあっても減ることがないのに、減っているというのはあまりに不自然です。

A中国は宝飾用金の大手輸入国である

 以下の表は、中国が輸入した宝飾用の金です。

 2010年...676トン
 2011年...873トン
 2012年...916トン
 2013年...1346トン
 2014年...1083トン
 2015年...1046トン
 2016年...869トン

 宝飾用(ネックレスなどの金装飾品)の金は、IMFに報告がいらないといいます。
 インド人は宝飾用の金が好きなことで知られていますが、中国はそのインドよりも多く輸入しています。
 吉田さんは、「この全部が、申請通りの宝飾用とはとても思えません。人民銀行の備蓄用に回るのが過半でしょう」と述べています。

B中国は世界最大の金の産出国である

 中国は世界1の産金国であり、その実績は2014年で461トンです。2位はオーストラリアの272トンですから、ほぼ2倍の産出量です。

 繰り返しますが、中国は金の輸出を禁止しています。
 中国に入った金は1kgも海外には出ていません。
 吉田さんの見立てでは、@ABから、中国では年間に1000トンペースで金が貯まり続けているとのことです。
 だとすると、2010年から2016年の7年間だけで、7000トン増えているはずです。それが、公式には1842トンだというのですから、何おか言わんやです。

 中国がこのように急ピッチで金を貯蔵し続けている理由は何かです。
 元の担保を米国債としているのを、今度は金の現物を担保とした金本位制に変えようとしているとしか考えられません。経済・金融面で米ドルの傘下にある状態から抜け出し、元を金を裏付けとした(現在の米ドルのような)準備通貨の地位に押し上げたいというのが中国の本音でしょう。

 ではなぜ中国は金の保有量を嘘までついて誤魔化すのか。
 これは私の推測ですが、中国が金本位制を発表した途端に、世界中で金を買い占める動きが出るからだと思われます。当然ながら、金価格は跳ね上がります。
 まだ中国が金本位制を導入するだけの量が集まっていない中で、金の価格が暴騰するのは避けたいはずだからです。


金本位制となった際の金の価格

 では金本位制となったときの金の価格がどうなるかを見てみます。
 金は世界共通で売り買いされている国際的な商品なので、中国を離れて世界で見てみます。
 現在地球上にある金は宝飾用と金地金(ゴールドバー)になっているものを合わせて17万トンと言われています(WGC)。
 このうち3分の1の約6万トンを世界各国の中央銀行が買い集めたとします(現在は3万トン)。その6万トンの時価は、1グラム$40(日本円なら1ドル111円として4440円)として、

 $40×6万トン(600億グラム)=$2兆4000億(266兆円)

 となります。
 世界の中央銀行による2016年の通貨発行額は、世界のGDP($80兆:8880兆円)の約20%の、1776兆円です。
 発行された1776兆円の通貨に対し、金準備が266兆円というのは少なすぎるという議論があります。
 しかしそれは現在の金価格に比較しての話です。かりに金の公定価格を、一気に6.6倍すると、

 266兆円×6.6=1776兆円

 となります。
 つまり金の準備率を100%に上げても、現在の金価格を6.6倍に設定すれば、世界各国の通貨を金に連動した通貨として扱えます。

 金本位制となった際の金価格は、あくまでも吉田さんの仮説です。
 また、メルマガの数字は(メルマガが発行された時点からの)金価格と為替の変動があるので、現在の相場に合わせて私が計算しなおしたものです。
 このところ急速に円高が進んでおり、1ドルは111円、金価格は1グラム40ドル(4440円)で計算しました。
 以上、吉田さんから学んだことを私流に解釈して話してきました。
 吉田さんのメルマガはネットでよく引用されているので、これらの話はすでに紹介されているかもしれません。
 もし引用されていれば、より深い理解のために、そちらを熟読されることをお勧めします。

 さて、ここからは、私が考えたことです。
 中国が金本位制を狙っていることは間違いないと思います。
 それにアメリカが連動する可能性もあるかもしれません。中国が金本位制を採用する時期と同じくして、アメリカも新ドルを発行し、その新ドルを元との固定相場制にして金と連動させるのです。
 そこで新ドルと旧ドルの交換比率を、(例えば)1:2とします。
 するとアメリカの対外資産の価値はそのままに、対外負債(主に米国債)を2分の1にまで一気に減らすことができます。
 2016年のアメリカの対外資産と負債です。

 ・対外資産...$24.5兆(2720兆円)
 ・対外負債...$32.5兆(3608兆円)

 それゆえ、対外純負債は対外資産から対外負債を引いた−$8兆(−888兆円)となります。
 仮に、米ドルの価値を2分の1に下げると、対外資産はそのままで、対外負債は2分の1の$16.25兆(1804兆円)となります。するとアメリカは、対外資産から対外負債を引いた$8.25兆(916兆円)の純債務国に生まれ変わることになります。
 さらに為替が2分の1となることで、アメリカの輸出品の価格競争力は一気に跳ね上がります。
 これにより空洞化したと言われているアメリカの国内産業は息を吹き返すでしょう。

 トランプ大統領は、「アメリカファースト(アメリカ第一主義)」と言っています。
 金に連動した新ドルの発行によって、(シーニョリッジ特権は失いますが)アメリカは純債権国に躍り出ることができる上に、アメリカ国内の産業が大復活する可能性が出てきます。アメリカファーストを掲げるトランプ大統領が、こうしたプランを魅力的に感じる可能性は高いと思います。

 私は中国が金本位制を狙っていることは間違いないと思っています。
 しかしそれが実現できるかどうかは、未知数だとも思っています。
 中国の共産党政権がこれからもずっと安泰だとは、とても思えないからです。中国の政権内のトップは、海外に資産を逃がしたり、いざとなったときの為に脱出する準備に余念がないといいます。
 国のトップが逃げ出そうとする政権が、これからも末永く存続できるのでしょうか。

 アメリカの動静も流動的です。
 これから経済・金融面で大きな変化が起きるのは間違いないと思っています。



サアラさんの夢ワーク...2017年3月15日

 私はサアラさんスクールに行くとともに、サアラさんのYouTubeでの講義も受けています。
 先日のサアラさんYouTubeの講座で、夢ワークのやり方を取り上げていました。これは誰しも活用できるうえに、強力なツールになると思い紹介したいと思います。
 サアラさんの夢ワークとは、夢を通じて高い次元からのメッセージを受け取るという手法です。
 サアラさんはハイヤーセルフとか、(霊的な)ガイドといった表現をしていませんが、そういった高次の存在とコミュニケーションする手法と言えると思います。

 サアラさんによると、夢を見るというのはアストラルレベルなんだそうです。そして、以下の3つの形態があるといいます。

@アストラルレベルに意識を置いて、それより高い次元から情報を得る。

Aアストラルレベルから、より高い次元にトラベルする。

Bナイトスルールに参加し、何かを習得する。

 ここで紹介するのは、@の手法だと思われます。

 問題なのは、私たちは朝起きてしまうと夢の内容をすぐに忘れてしまうことです。
 夢を見ていて断片的な記憶はあるのですが、ほとんど気にすることもなく朝のルーティンーワークに取り掛かってしまいます。すると断片的な記憶も遠い忘却の彼方に消えてしまいます。


夢ワークのやり方

 ではその手法を紹介したいと思います。
 要点を箇条書きに書きます。

・夢を意識し続ける(夢を意識して見る)。

・夢見の状態は人によって全く違う。その為、自分の夢の状態を理解し、慣れる。←その訓練が必要。

・朝、夢を思い出す時間を設定する。

・私たちはアストラルボディを持っている。肉体の外側にアストラルボディがあり、がばっと起きたらずれる。ずれた瞬間に夢を忘れる。
 それゆえ、目が覚めたら、覚めない状態で夢を思い出そうとする(この時に、動かない)。

・思い出したことは、何度も反復する。

・何についての夢か(誰、何処、何)。これを思い出せば、あとで隙間を埋める手がかりになる。
 自分以外に誰、何処、何をしていたか(何を言っていたか)、何が起きたのか ← 起きたら、すぐにメモる。
 夢の中で思ったことだけ書く。後で印象が変わったことを書いてはいけない。

・登場人物、場面、何が起きたのか(何を言われたのか)。この3つを思い出して、ゆっくり起き上がる。

・夢に対して、自分が思ったことも書く(後で思ったことと、異なる場合がある)←大きなメッセージの場合もある。

・ここまで思い出したら忘れないと思っていると、意外と忘れてしまう。(朝ごはんたべると、忘れてしまう。それだけ意識の違った世界)

・昼間、時間があったら、夢のシーンの間を埋める。

・夜、家に帰ってきて、それを読んでみる。

・起きているときに、自分がどんな風に思っているかも書く。

・夢はリニアな時系列で現れない。複数の夢をパッチワークのように見る。
 最後の場面を先に見て、後でそれに至る過程を見ることもある。

・リニアにこだわらず、見た順に書いてみることが大事。

・こんな変な夢と思っても書いておく。後でシンボリックな意味を持つことがある。


 これらを見ると、サアラさんが夢のシンボルを正しく掴むことに注意を払っているのがわかります。断片的なシーンを埋めるのは、夢がもたらすシンボルを正確に掴むためです。そしてシンボルを正しく解釈できれば、シンボルを通して自分に伝えられたメッセージを読み解くことができます。


夢のシンボルは人によって違う

 夢ワークをする際に、サアラさんが特に強調した重要な点をお知らせします。
 それは、ちゃんとした夢ワークをする場合は、「夢判断」のような本を参考にしてはいけないということです。
 なぜかというと、シンボルは人によって違うためです。「夢判断」の本はシンボルの意味はこうだと断定していますが、実際は人によってみんな違うんだそうです。
 サアラさんの講座から一例を紹介します。

 ある女性が7年間、不妊治療をしていました。年齢を考えると、ぎりぎりのところにいると感じていました。
 もし健康でない子供が生まれたら、その子が可哀相だとというリスクも考えるようになっていました。
 その女性が見た夢です。

 蛇口をひねり、バスタブに水を入れたのですが、そこで鼻血が垂れてきて、バスタブに鮮血が広がったのです。
 急いでキッチンに行き、棚の上からマグカップを取って、マグカップで鼻血を受けました。マグカップから鼻血が溢れ出し、キッチンのシンクに大量の鮮血が流れ出しています。
 その女性は、鮮血が流れるという夢だったので、何か自分に良くないことが起きていると感じました。あるいは、自分の身体がどこか悪いのではと考えたのです。
 そこで不安になった女性は、ドリームワーカーに夢のことを聞くために相談に行きました。
 するとドリームワーカーは、その女性が不妊治療をしていることを告げてもいないのに、「あなたは妊娠しています」と言ったのです。
 プロのドリームワーカーは、その人にとってのシンボルの意味を正しく解釈するのだそうです。
 通常、鮮血が流れるというシンボルはネガティブな意味を持つと考えがちですが、そのドリームワーカーは、その女性にとって鮮血は妊娠だと解釈したのです。

 このように夢に出てくるシンボルは人によって意味が違ってくるので、けっして本を参考にしてはいけないとのことです。


私の夢ワーク体験

 では今度は、私の夢ワークの体験をお話しようと思います。
 私はここ数年、すっかり相場から離れていました。以前は、株やFXなどをやったりしていたのですが、けっこうな損失を出してしまいした。やはり私は相場の才能がないのだと再確認したところで、しばらく止めることにしたのです。
 でもいつか復帰するつもりだったので、毎日、相場を流れをチェックすることは続けていました。
 そんな折、ドル円相場でかなり自信を持って予測できるというタイミングが来と感じたのです。
 これを読んでいる方々を惑わす情報を与えてはいけないので、私の予想をここには書きませんが、今後のドル円の流れをかなりの確度で掴めたような気がしたのです。
 さっそく翌日にもFX口座にお金を振り込み、ポジションを取ろうと考えていました。

 ところが始めたばかりの夢ワークで、こんな夢を見たのです。
 私は将棋が好きなのですが、プロの将棋界の第一人者ともいえる羽生善治(はぶよしはる)三冠が出てきました。
 羽生三冠は将棋界最高の名人位を失いましたが、それでもタイトル3つ(三冠)を保持するトップ棋士です。私は羽生さんのファンで、NHKで羽生さんの対局が放映されるのを楽しみにしている一人です。

 ここでサアラさんがいう、「誰」が決まりました。

 「誰」:羽生善治三冠

 場所は学校でした。
 学校なのに、どういうわけか、ギャンブル場があったのです。夢ですから、こういう普段ではありえない状況が起こります。
 「場所」が決まりました。

 「場所」:ギャンブル場

 そして私が羽生さんにお金を貸して、羽生さんがそのお金でトランプを使ったギャンブルをやっているのです。最初は調子よく、銀メダルのような大きなチップが羽生さんの前に何列も並ぶほど好調でした。
 私はさすが羽生さんと感心していました。羽生さんの天才的な頭脳を持ってすれば、ギャンブルで簡単に大金を稼いでしまうと思ったのです。
 しかし私が次に行ってみると、山のようにあったチップは全くなくなり、もう最後の1〜2枚が残っているという状態でした。
 私はポケットをまさぐり、2枚あった銀のチップを羽生さんに渡しました。
 それから場面がかわり、羽生さんと学校の仲間と連れ立って家に帰るシーンとなりました。明らかにギャンブルに負けて気落ちして帰る状況でした。
 そして羽生さんが私を振り返り、またギャンブルをやろうと言ってきたのです。私の中に、一回やって全部すってしまったのに、懲りない人だなという思いが湧きあがってきました。
 そのとき夢から目が覚めはじめたのです。
 ここで「何」が起こったか決まりました。

 「何」:天才羽生さんの頭脳を持ってしても、ギャンブルに負けてしまった

 夢から覚めはじめた私は夢ワークを実践しようと、ここで忘れないうちに夢の断片的なシーンを繋ごうと、記憶しているシーンを何度も反芻しました。
 夢の記憶は断片的ですが、こうして文章に書けるほど何度も反芻したのです。
 そしてかなり意識がはっきりしてきて、明日にもFXの口座にお金を振り込もうとしていたことを思い出したのです。
 その瞬間、思わず、あっ!、と声を上げそうになりました。

 こんなわかりやすいメッセージはないな、と思いました。思いっきり直球ストレートです。シンボルの解釈に悩む必要は全くありませんでした。
 FXも結局はギャンブルと同じ博打です。一時的には大金を手にすることもあるが、結局は負けてしまうのだということを私に知らせてくれたのでしょう。
 私がFX口座にお金を振り込むことを止めたのは言うまでもありません。

 もちろんこれは私がギャンブルに向かない性格だからで、その才能を生かしてFXや株で生計を立てている人のことではありません。
 さらに羽生さんのファンに断っておきたいのですが、これはあくまでも私個人が見た夢の話ですのでご了承下さい。


FXに専念した私の知人の話

 さらに脱線しますが、私の知人の話をしようと思います。
 1年ほど前ですが、その知人から連絡があり、河口湖に引っ越すので、しばらく会えなくなるかもしれないので飲もうという誘いがきました。
 独身でアラフォーの彼の仕事はコンピューターのソフトを作ることで、IT業界が華やかなりし昨今では、とても稼ぎが良いのです(月収60万円以上は普通)。私のように時給いくらというアルバイトからすると、うらやましい限りの稼ぎです。
 その彼が仕事を辞めて田舎に引っ越すというのですから、当然ながら不思議に思います。
 その理由を聞いてみると、FXで生計を立てる自信がついたので、田舎でFXに専念するというのです。
 世間では、派遣で月20万円を稼ぐのがやっとという人が多いなか、誰しもうらやむ稼ぎを捨てるというのです。本当にFXで食べていけるの? という思いがあったのですが、たぶん相当な自信があるのだろうと思いました。
 なんでも河口湖はステップにすぎず、FX生活が上手くいったら安曇野に移り住む予定だと言っていました。
 だからFXで成功したら安曇野に住んでいると思ってくれ、もし失敗したら(都落ちの逆バージョンで)東京に戻って働くことになると言うのです。
 私も以前、安曇野を調べたことがあったのですが、水がとてもきれいなところで、こんなところに住めればいいなと思いました。誰しも考えることは同じだなあ、と思った次第です。
 そんな彼から1年ぶりに連絡があったのです。
 彼曰く、

 「トランプ相場でやられてしまって、東京に戻ってきました・・・」

 ああ、やっぱり相場で勝ち続けるなんて無理なんだな・・・。
 我々のような相場の才能がない(かつ事業を起こす気力もない)一般庶民は、コツコツ働いて生活するというのが分相応なんでしょうね、たぶん。
 私は今はアルバイトで、月々の額は少ないですが少しずつ貯金できています。これで毎月、金貨をちょっとづつ買っていこうかと考えています。
 そういえば、吉田繁治さんは、金(キン)相場は変動するので、毎月一定額をコンスタントに買い増していくのがよいと言っていました(10分の1オンス金貨であれば、1万7千円ぐらいで買えます)。


鮮明な夢を見るための秘訣

 鮮明な夢を見るために私が実践していることを紹介します。
 それは神秘家のゲリー・ボーネルさんに教えてもらった片鼻呼吸を毎日10分やることです。
 この片鼻呼吸をやるようになってから、夢が鮮明になるとともに、夢の内容も変わってきた気がします。
 ネットで片鼻呼吸を検索すると、ヨガの片鼻呼吸が出てきます。でもヨガの片鼻呼吸は、ゲリーさんの片鼻呼吸とは違います。それゆえ改めてゲリー式片鼻呼吸を紹介しようと思います。
 正式版の片鼻呼吸と簡易版の片鼻呼吸があり、ここでは私が採用している簡易版を紹介します。
 右手の親指と小指を使います。
 右手の小指は左の鼻の上を押える(穴を塞ぐ)のに使い、右手の親指は右の鼻の上を押える(穴を塞ぐ)のに使います。
 以下の順番で行います。

@(左の鼻を塞ぎ)右の鼻の穴から吸い込みます(このとき口は閉じる)。

A(左の鼻は塞いだまま、右の鼻を塞ぎ)口から息を吐きます。

B(左の鼻を開放、右の鼻は塞いだまま)左の鼻の穴から吸い込みます(このとき口は閉じる)。

C(左の鼻を塞ぎ、右の鼻を開放)右の鼻の穴から吐きます(このとき口は閉じる)。

 この繰り返しです。
 息を吸うのと吐く時間ですが、私はそれぞれ9つづつ(約9秒)数えながらやっていますが、これは人それぞれです。自分に合った時間を決めていただければと思います。
 正式版は、左の鼻を塞ぐのに小指ではなく薬指を使い、小指は薬指の上の重ねます。
 息を吸うときは、後頭部の「神の口」と呼ばれる凹んだ部分から空気を吸い込むイメージをしてください。もし可能であれば、その空気がプラーナを含んでキラキラ光っているイメージをするとなおよいと思います(私はそこまでしていませんが)。

 参考までに、以下はゲリーさんによる拡張版ともいうべき片鼻呼吸のやり方です。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_9.htm#info_943

 慣れればこのやり方も可能ですが、私は一番簡単な簡易版で充分だと思っています。


夢ワークは誰でもできる

 サアラさんによれば、人が眠りに落ち、魂がアストラル界に行ったとき、目の前に100にも及ぶモニターがあるような状態になるそうです。
 各々のモニターには、様々な体験ができるようになっていて、魂はその中で惹かれるものに入っていくそうです。そうした複数の体験をするので、見る夢は一つと限ったことではありません。朝目覚めたときには、その大半を忘れているだけです。
 それゆえ(霊的な)ガイドのような存在からの情報というのは、そうした存在が意図して体験させているもので、夢のすべてがそうだというわけではありません。
 夢ワークとは、意図されて体験したものから情報を得るワークです。

 夢を憶えていないことは多いかもしれませんが、夢を見ない人はいません。
 スピリチュアルには興味があるが、何も見えないし、霊的な能力がないから・・・という方もおられるかもしれません。
 しかし夢ワークであれば、霊能力とは関係なく、高い次元とのコミュニケーシンが可能となります。
 スピリチュアルには興味あるが、自分はそんな能力がないとお考えの方々には、夢ワークとはとてもよいツールになるのではないかと思います。



サアラさんのお金の話...2017年3月8日

 サアラさんのスクールが先週末にあったのですが、サアラさんのお金に関する面白い話が聞けましたので紹介したいと思います。

 サアラさんの話を紹介するにあたり、私が以前書いた記事でお金に興味がある方(かつ読まれていない方)に、読んでいただきたい記事があります。
 それは神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんのお金に関する話です。
 ドランヴァロさんと奥さんがカナダの森の中で生活しているとき、お金が底を尽きピンチに襲われます。
 そんな時に、不思議と生活に必要な物資やお金がやってくるという話です。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_7.htm#info_722

 この記事の後半で、私がただで福島の土地をもらえるようになったという話があるのですが、後日談を紹介します。
 最初はただであげるという言っていた兄の知人ですが、途中で気が変わり、この話はなかったことにしてくれと言ってきました。
 兄は突然話を変えた知人に憤慨していましたが、私は、結局その土地には縁がなかったのだろうと全く未練はありませんでした。
 その話がきたのは、2011年の東日本大震災で福島の原発事故があったときから数か月経ったころです。
 その頃は原発事故の被害がどの程度かわからなかったのですが、先ごろ燃料デブリが確認され、廃炉となるまで数十年掛かるのが確実となっています。
 事故から6年経ったいまでも、放射能が漏れ出している状態です。神秘家のゲリーさんは、福島の原発から出た放射性物質がカリフォルニアで検出されたと言っていました。
 そうした状況を考えると、あのとき福島に行かないでよかったと思っています。
 私の場合は、ドランヴァロさんのように天使たちの働きがあったのではなく、単なる偶然だったのでしょう。

 ではサアラさんのスクールで聞いた、サアラさんが体験したお金に関する話を紹介したいと思います。
 授業で聞いた内容をメモしたものと記憶を頼りに書くので、細かい言葉使いは正確に復元できませんが、内容は間違いありません。

 サアラさんが離婚したとき、貯金は、ほぼゼロの状態でした。
 長男と娘2人がいて、長男はご主人が引き取り、娘2人をサアラさんが引き取ることになったのですが、すぐにでも家を出なければなりません。
 娘の為にも住む部屋を確保する必要があるので、一応物件を見る為に不動産屋に行ったのです。でも部屋を借りようにも貯金がないので、サアラさんは最初に、不動産屋にお金はありませんと断ったそうです。
 不動産屋に希望の家賃を聞かれ、サアラさんは35万円ぐらいと答えたそうです。
 普通ならここでお金がないと言っている客に物件を紹介しても仕方がないので、「お金を作ってから来て下さい」と断るはずなのですが、なんと不動産屋は35万円の物件を持ってきて、大家さんに相談してみますと答えたそうです。
 その後、その不動産屋から連絡が来て、大家さんのオーケーが取れましたと言ってきたそうです。
 ここで2つの、ちょっと普通でない状況を整理してみます。
 一つは、お金がないと言っている客に不動産屋が断ることをせず、物件を紹介した上に、大家さんと相談してくれたこと。もう一つは、お金がないというお客に、大家さんが物件を貸してもよいと言ったことです。

 さてこんな普通でないことが起こり、家賃35万円の部屋を借りられたサアラさんですが、お金がないと言っても、家賃をただにしてくれるわけではありません。契約の時期が迫り、家賃の他に敷金、礼金などを用意する必要に迫られます。
 サアラさんがどうしようかと思っているときに、(預金がないはずの)銀行から電話が掛かってきたのです。
 サアラさんはすっかり忘れてたのですが、昔、子供の将来のために毎月数万円づつの積み立てをしていたのを、行員が支払いたいと言ってきたのです。
 行員が電話してきた理由を聞いて、サアラさんは驚きます。
 行員は、
 「うちの銀行はもうしばらくするとなくなってしまいますので、いまのうちに返却しておいた方がよいと思ったのです」
 と言ったのです。
 実際にその銀行はなくなってしまったそうですが、不思議なのは、そうなっても行員が責任を問われるわけではありません。でもどういうわけか、行員は積み立てを今のうちに解約した方がよいとアドバイスしてきたのです。
 お金にせっぱつまっていたサアラさんにとって、願ったりかなったりの話ですが、そのときサアラさんはどうしても家を空けられない事情があり、銀行に行くことができませんでした。
 そこでサアラさんは、今は家を空けられないので、お金を届けに来てくれないかと頼んだところ、行員が家に届けにきたそうです。
 そこで、さらにありえない事が起こります。
 サアラさんが積み立てた金額より、明らかに数十万円多いのです。
 サアラさんは銀行が計算ミスしていることがはっきりとわかったのですが、ここで、

 「このお金は縁あって私のところに来たのだから、有り難くもらっておこう・・・」

 と思ったそうです。
 そこで計算ミスのことを言わず、そのままお金をいただいたそうです。

 ではここで、またしても普通ではないことを整理します。
 まず、わざわざ銀行から解約の話を持ち出してきたことです。解約させたところで銀行には全くメリットがないのに、わざわざ連絡してきたのですから普通ではありません。
 さらに驚くべきことに、お金のプロであるはずの銀行が金額の計算を間違ったことです。
 本来であれば、細かい金利の計算で1円の間違いも許されない銀行が、数十万円も多く支払ってくれたのですから、普通なら絶対にありえないことです。

 さてこうして思いがけないお金が天から降ってきたことで、サアラさんは無事、部屋の契約金を支払うことができました。天から降ってきたお金は、契約金とほぼ同じだったそうです。

 窮地を乗り越えたサアラさんでしたが、これから生活していかなければなりません。
 毎月35万円の家賃を支払いながら、2人の娘を養っていかなければなりません。相変わらず貯金はないのです。
 ここでまた普通でないことが起こります。
 離婚する前、旦那さんとの生活でお金の余裕があったとき、サアラさんは株で1千万ほど損したことがあったそうです。
 証券会社の担当者がいたのですが、その担当者が出張のとき、その担当者の上司からサアラさんに電話があり、ある株が有望だとして勧めてきたそうです。
 その話を信じてサアラさんが買ったのですが、暴落してしまい大損してしまいました。
 担当者はその話に憤慨します。
 自分がいない間に勝手に自分の顧客に電話をして株を買わせた上司が許せず、担当者はその証券会社を辞めてしまいます。
 そして他の証券会社に勤めていたのですが、サアラさんに電話してきて、こう言ったそうです。

 「証券会社というのは顧客からの信用が命綱なのに、それを裏切るようなことをして本当に申し訳ありませんでした。つきましては、損をさせてしまった1千万円を私の毎月の給料から補填させていただきたいのです」

 そして毎月30万円を支払い続け、数年掛かって総額1千万円を弁済したそうです。
 いやはや、こんなありえない話があるでしょうか。
 サアラさんに損をさせたのは担当者の上司であって、担当者ではありません。その担当者は今は別の証券会社に移ってサアラさんとは縁が切れているのに、サアラさんの損を自分の給料で補填したというのですから、こんな人は普段ではまずお目に掛かれないでしょう。

 こうして35万円の家賃のうち30万円が賄えるので、実質上サアラさんは家賃5万円を払えばいいわけです。家賃5万円ですから、自分の仕事で得られる収入だけでも、余裕を持って生活できるようになったそうです。

 こんな話が世の中にあるなんて信じられるでしょうか。

 私のような凡人から見ると、ドランヴァロ・メルキゼデクさんやサアラさんのような人には、どうやら必要な時には天からお金が降ってくるらしい・・・と思えます。
 でもサアラさんによると、どうもコツのようなものがあるようなのです。

 これを読まれている訪問者の方も、その辺に興味があると思うので、紹介したいと思います。
 お金がほしいとか素敵な恋人がほしいとか健康になりたいとか、何であれ願望を持つ人は多いと思います。
 女性は今の自分の現状と比べて、有りえないほどの大きい願望を持ちやすいのですが、男性は少ないそうです。それを聞いて私は納得するものがありました。
 私は性格がみみっちいのか、今の現状よりやや良いくらいの願望しか持っていないことに気付きました。
 宝くじを買っても、どーんと7億円というより、数百万円とか数千万円当たればいいな、ぐらいの願望しか持っていませんでした。
 これは私だけでなく男性一般の傾向なんだそうです。
 それゆえこれを読まれている男性は、いまより、どーんと飛躍した願いを持つと良いそうです。
 さて願いを持ったら、以下の2つが大事だそうです。

@ 願いに切実な思いが伴っていること。

A 思い込みは可能性を限定する。

 @はわかりますが、Aには説明が必要です。
 例えばお金がほしいと思っているときに、事業をやっている人なら、その事情が当たってお金がたくさん入ってきてほしいと願っていると思います。
 でもお金が入るのに、事業と限定してはいけません。たまたま買った宝くじで億単位のお金が当たるかもしれませんし、1億円拾うかもしれませんし(以前そんなニュースがありました)、あるいは遠くの親族から突然遺産が入るかもしれません。お金が入るなら、原因はなんでもいいはずです。思い込みで限定してしまうと、可能性を狭めてしまうそうです。
 そして、サアラさんらしい金言を紹介します。

 「願いをもったら祈るが勝ち

 だそうです。
 とにかく祈った者勝ちだそうです。
 それなら祈らない手はありません。やり方は本人次第でいいそうですが、やはり注意点はあるそうです。
 それは、完了形で祈るということです。
 未来の出来事なので、「〜するように」「〜なるように」という言い方をしがちですが、「私は、○○です」「私は、○○しました」という風に宣言する形だそうです。
 そういえばヴァイアナ・スタイバルさんのシータ・ヒーリングでは、未来の願いを「〜でした」という過去形で唱えるようにしていました。
 そうする理由はサアラさんによると、(過去)=(未来)だからだそうです。
 つまり過去がそうなったということは、未来もそうなるということです。

 なかなか面白い話を聞くことができました。
 さっそく私も実践してみようと思っています。



食の話いろいろ...2017年2月26日

 今回も前回に引き続き食の話題です。


ぽっこりお腹の原因!?

 ぽっこりお腹で悩んでいる方は多いと思います。
 特に私のように痩せ型の人間には、なんとも無様な格好です。全体に太り気味の方なら、少々お腹が出ていても、見ていてそんな違和感はありません。
 でも痩せ型なのにお腹だけぽこっと出ていたら、アフリカで飢饉にあえいでいる子供のお腹のようで、貧相この上ないものがあります。
 アフリカの子供のぽっこりお腹は飢餓が原因ですが、現在の日本では全く違った原因で、ぽっこりお腹が席巻しています。
 その原因は、一般には食事量の多さと、肉類や揚げ物、甘い物などの食事の種類によるものと信じられています。
 栄養学や医者などの、いわいる専門家と言われる人たちがそう言っているのですから、ほとんどの人は、その説を信じています。
 しかし私は全く違った仮説を持っています。
 もちろん科学的に証明されたものではありませんが、私は体験的にぽっこりお腹の原因を特定できたと思っています。
 それは、普段の人があまり体験しないであろう断食を何度もやってみたからです。
 現代の日本人が断食をすれば、1日〜2日ほどで体内の糖分を消費します。
 すると今度はエネルギー源として、体内に貯蔵された脂肪分が使われます。
 日本の一般のスーパー等で売られている食品(特に加工食品)には、大量の食品添加物だけでなく、毒性の強い化学物質が多く含まれています。
 身体は1日に処理(無毒化して排泄)しきれない毒物を、脂肪内に一時的に蓄積させて避難させます。そうしないと毒物が血液によって体内を巡り、非常に危険な状態になるからです。
 その代表的なものが、お腹の中性脂肪であり、これがぽっこりお腹に原因だと考えます。つまりぽっこりお腹は、危険な毒物に対する身体の絶妙な防御反応だと言えます(私は癌も基本的に同じだと考えます)。
 この話が本当かどうか確かめる方法があります。
 3日以上の断食をしてみれば、わかります。
 もし3日目に何も苦しくなければ、毒物が体内になかったという証拠です。
 おそらく普通に食事している日本人のほとんどは、3日目がきつくなるはずです。食事が入ってこないと知った身体は、そのエネルギーを体内に貯蔵してある毒物の処理に向けるからです、その際に、血液によって毒物が体内を回るので、一時的ですがつらい症状が出ます。しかしそれで身体がクリーンになると思えば、むしろうれしいつらさといえます。

 こう言っても、それほど危険な毒物がスーパーで普通に売られている(加工)食品に含まれているのかと疑う人は多いと思います。
 私はこれまで当HPで、食事に含まれる強い毒物に関する記事をいくつか書いてきました。繰り返しになるので今回は書きませんが、その危険性はおそらくこれを読まれている方々の想像以上だと思います。
 一つだけエピソードを紹介しましょう。
 日本人はほとんど知りません(あるいは無視しています)が、EUからの渡航者には、日本の野菜は汚染されているので注意するようにという勧告が出ています。
 それゆえ日本からEUに農作物を輸出しようとしても、残留農薬で引っかかり、事実上輸出できないそうです。
 参考までに以下にURLを貼っておきます。

http://健康法.jp/archives/16839

 先日、テレビの経済番組を観ていたら、新たな事業の開拓として、EUへ農産物の加工品を輸出しようと奮闘している業者が取材されていました。
 その業者曰く、
 
「EUへは農産物を直接輸出できないので、加工品にして輸出します」

 私は思わず、「おいおいおい、それって詐欺に近い話じゃないか・・・」とつぶやいてしまいました。
 EUは農産物に対する残留農薬の基準はあるのですが、それらの農産物を使って加工品になったものには基準がないのです。
 EUの人々だって、農薬漬けの食品など食べたくないはずです。
 法律の抜け穴をついて儲けようとする姿勢は、日本の大手食品会社と似たものがあります(もちろん中には誠実に作っている事業者もいると思いますが)。
 これは日本の大手食品会社が、法律が許しているので(危険と知りつつも)毒性の高い添加物を食品に入れるメンタリティーと同じです。
 特に前回の記事「食品添加物に指定されない添加物」で書いたように、「化学調味料無添加」と謳いながら添加されている、毒性の強い「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」は、(信じがたいことに)添加物に指定されておらず、食品扱いです。
 食品ゆえに添加する量の制限がなく、業者の意図によってどんどん入れることができてしまうのです。

 さてその「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」ですが、私が、これらの物質を断ってからの変化をご報告します。
 1週間ほどしか経ちませんが、結果はめざましいものがありました。
 まず、軽い頭痛、肝臓あたりの鈍痛、不整脈などは、ほとんど感じなくなりました。
 また不思議なのですが、古傷のような腰痛も劇的に改善したのです。日常生活で、ほとんど痛みを感じずにすむまで回復しました。体重はそれほど減っていないのに、腰痛が良くなったということは、腰痛の直接の原因も「酵母エキス」だったのかもしれません。
 また体力、気力が戻ってきていることを感じます(空腹感も戻ってきました)。
 私の家から自転車で20分ほどのところに、天然温泉があるのですが、1週間前は身体が重く、自転車のペダルがやけに重いと感じながら漕いでいました。
 しかし1週間経った今は、自転車を快調に飛ばすことができました。場所によっては、全速力で漕いだりしました。身体が軽く、若さが甦ったような感覚です。
 体重だけは、めだった変化はありません。2〜3kg増えたままです。
 「酵母エキス」を摂りはじめたのは2ヶ月ちょっと前ですが、元の体重に戻るのに、やはり同じくらいの期間が掛かってしまうのでしょうか。
 まだ数百グラムしか減っておらず、kg単位で減ってはいませんが、明らかに減る方向だと感じます。
 数百グラムというのは誤差の範囲で、食事前と後で違うぐらいの量なので、減ったとは言えません。
 ただ気になるのは、ぽっこりお腹が解消されていないということは、お腹に毒物が残っているということです。
 それゆえ私は自然にお腹が凹むのを待つか、断食して一気に解消するか悩もうと思っています。

 私はこのところずっと無添加生活を続けているので、すっかり体質が変わってしまったようです。
 添加物が身体に入る量が少ないので、少しでも添加物が入ると、異常に反応してしまう身体になったようです。「酵母エキス」のような毒性の強いものが入ると、簡単にノックアウトされるかわりに、それが無くなると劇的に回復するといった具合です。
 でもこれは私が特に敏感だからというわけではないと思います。
 誰でも私と同じように無添加生活をすれば、添加物に敏感に反応する身体になると思います。


日本伝統の漬物が危険!?

 食べ物の話題なので、最近私が食に関して実行していることの一つを書きたいと思います。
 私は無添加生活を目指すという目標を掲げていますが、同時に昼は外食するという、実に(自分に都合のよい)甘いルールでやっています。
 それでも外食する際は、心がけていることがあります。
 その一つが、外食する際は漬物は食べないというものです。
 漬物は和食の定食を頼めば付いてくる定番のもので、そんなに健康に悪いというイメージはありません。
 むしろ洋食の方が和食よりも添加物が多いというイメージがありますが、食の専門家によると、逆なんだそうです。
 その典型的な例が漬物です。
 今回も『「安い食べ物」には何かがある』(南清貴著、三笠書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p37〜p39から抜粋開始>・・・

 漬物
 −−輸入された材料は港で野ざらしにされている

 今、スーパーで売られている漬物は、「非常に危険!」と思ってください。もちろん、原材料表示から製造方法まできちんとされている誠実な漬物屋さんもありますから、そういう漬物に出合ったら、ぜひ買ってください。
 スーパーで大量に安く売られている漬物となる野菜や、安いそば屋さんの山菜そばで出されるような野菜は、かなり劣悪な環境で作られ、輸入されたものです。漬物の原材料は、表示の義務がありません。コストを落とすために使われている野菜はほとんどが中国産のものと考えていいでしょう。
 輸入されたものが陸揚げされる港の現場を見たことがありますが、そんな野菜や山菜は長時間薬液に浸かった状態で、近寄ると鼻が曲がるほどの臭いでした。
 ほとんどの素材が業界用語で、「野積み」といわれる、いわゆる雨ざらしの状態でずっと保管されています。倉庫にすら入っていないのです。ビニールの袋に入れられ、ビア樽の1.5倍くらいの大きさの、分厚いプラスチックの容器にズボッと入っています。もちろん、ビニールはきつく結束されていますが、破れているものも見かけました。野菜の色は薬品で元の色がわからないほど変色しています。これらがその後どうなるかというと、一度すべて脱色され、色素をいったん全部抜いて、改めてそれらしい色に着色されるのです。
 着色料は一般に非常に毒性が強いといわれているものです。それをさらに漬物用に作られた液体にひたして、漬物らしい色にしています。このようにして作られた「漬物もどき」が真空パックに入れられ、スーパーに納品されます。
 はたしてこれが「漬物」といえるのでしょうか。
 「たかが漬物」と思われる人もいるかもしれませんが、和食だけではなく、カレー店に行けば福神漬やラッキョウ漬が当たり前のようにあります。
 漬物は本来、発酵食品です。発酵するからこそおいしいのです。昔は各家庭にぬか床があり、漬物を漬けていた家庭も多かったものです。そば屋さんや定食屋さんで出される漬物でさえ、それぞれのお店で漬けたものがほとんどでした。
 乳酸菌が発酵するには適度な温度と湿度が必要で、日本の気候は漬物作りにピッタリなのです。漬物は日本人にはなくてはならないものなのであり、受け継いでいかなければならない味です。
 今、本物の漬物の味を知っている子どもたちがどれくらいいるでしょうか。
 どぎつい黄色のたくあんや、鮮やかすぎる紫色のしば漬が本当の漬物だと思って、漬物の本当のおいしさを知らないまま育ってしまえば、もう判断ができなくなってしまいます。それでいいのでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 南清貴氏は、「着色料は一般に非常に毒性が強いといわれている」と言っていますが、少し補足します。
 赤106号とか、黄5号といった名前に番号が付いている着色料は、特に危険だという話を聞いたことがあります。発ガン性物質が多いそうです。
 さらに色では、赤と黄色が他の色に比べて危険性が高いそうです。

 私の職場の近所の中華料理屋さんの漬物は、昔ながらの自宅で漬けたものだと聞いていました。
 その話は本当のようで、以前は美味しい漬物が出てきていました。でもこの前行ったときには、実にあざやかな黄色のタクワンが出てきたのです。
 私は、ムムッとなり、箸が止まってしまいました。
 これほどあざやかな黄色い色が、自宅で漬けてでるものなのか・・・と疑心暗鬼になってしまったのです。
 結局食べなかったのですが、もしかすると自宅で漬けているので、安定的に供給するのが難しくなる時期があり、その場合は仕方なくスーパーで買った漬物を出しているのかもしれません。

 ちなみに私は和食レストランの大○屋のファンなのですが、食の専門家によると、その大○屋でも漬物は業者が納入したものを使っている可能性があるそうです。
 大○屋の魚は炭火焼で大変美味しいと評価したのですが、漬物でがっかりしたそうです。その専門家は食べると添加物が入っているかわかるそうですが、たしかに添加物独特の味がしたそうです。
 その話を読んで以来、私は大○屋に行っても漬物は食べないようになってしまいました。


サイゲン大介さんの美味しい蕎麦

 以前「あのニュースで得する人損する人」というテレビ番組で、サイゲン大介さんが乾麺のパスタを水に1時間漬けることにより、お店で食べるようなもちもち感と歯ごたえを出すことできると言っているという話をしたことがありました。
 私はそれを蕎麦に応用したという話です。
 結果は、乾麺の蕎麦を1時間も水に漬けると、パサパサ感は全く無くなりますが、今度は柔らかすぎて歯ごたえが全く無くなります。
 私は歯が悪く、強く噛むことができないのでそれでいいのですが、おそらく一般の人々には柔らかすぎると不評を買うと思います。蕎麦のコシと言われるものが全く感じられなくなるからです。
 その後サイゲン大介さんは、番組で蕎麦を水に漬ける時間は、ゆで時間と同じでよいと言っていました。
 例えば、ゆで時間4分と書いてあれば、4分間水に漬けて、茹でる時間はその半分にするというのです。つまり茹で時間が4分の(乾麺の)蕎麦は、水に4分漬けて、その後すぐに沸騰したお湯に投入し、2分で茹で上がるというわけです。
 早速この方法でやってみましたが、たしかにある程度コシのある麺でした。これで乾麺独特のパサパサ感はかなり無くなるので、この方法はお勧めです。
 でも本当に感心したのは、サイゲン大介さんの蕎麦汁に関する工夫です。

 市販の蕎麦汁には元々昆布(グルタミン酸)や鰹節(イノシン酸)から摂った旨味成分が入っています。
 サイゲン大介さんは、それに椎茸の旨味成分(グアニル酸)を足すというのです(なかにはすでに椎茸の旨味を抽出した蕎麦汁もあります)。
 (グルタミン酸)、(イノシン酸)、(グアニル酸)は旨味の三大要素と言われていて、なるほど、これが全部入って美味しくないわけがありません。
 やり方ですが、1杯の蕎麦に使う分の蕎麦汁を容器にあけ、それに干した乾燥椎茸を数かけら入れて1時間待ちます。これで椎茸の旨味成分が蕎麦汁に溶け出します。
 これと先ほど茹でた蕎麦を合わせて完成です。

 私はこれまで「酵母エキス」という毒物の入った蕎麦汁を使っていました。
 ストック買いしていたのですが、即効で全部捨てました(ううっ、涙)。そこで私がよく通っている「ナチュラルハウス」という自然食の店に行って蕎麦汁を探しました。
 すると値段は少々高いのですが、原材料名に「酵母エキス」や「アミノ酸等」と書いていない蕎麦汁がありました。
 これをサイゲン大介さんが言うように蕎麦一杯分を容器に入れ、それに干し椎茸を1時間漬けこみました。
 そして食べてみたら、これが本当に美味しかったのです。
 ちゃんとした蕎麦屋さんで出てくる蕎麦汁に負けないぐらいの味でした。
 私は前々から、スーパーで買えるボトルに入った蕎麦汁が、ちゃんとした蕎麦屋さんの蕎麦汁の味に遠く及ばないのが不満でした。それがかなり近づいた気がします。
 いやあ、サイゲン大介さんは本当に「神の舌」の持ち主だと思います。

 ところで脱線しますが、番組では、7年連続の2つ星レストランの日本食のシェフである、菊池隆さんが登場しています。
 その菊池隆さんは、料理対決で、サイゲン大介さんや、この前は家事えもんまで破ってしまいました。
 思わず、へーっと感心しました。やはりその世界のトッププロは、素人とは次元が違うということでしょうか。
 化学合成された食品添加物を使わないようにするために多少は悩む必要があるのですが、菊池隆さんが作った料理にそのうち挑戦してみようと思っています。


サアラさんが語る米の由来

 当HPは、胡散臭い話を売りにしていますので、最後にそうした話をしたいと思います。
 私は今、サアラさんの学校に通っているのですが、そのサアラさんから聞いた話です。
 サアラさんは人類を創ったのは、(アヌンナキという表現をしませんでしたが)ETだと言っていました。金(キン)の採掘の為に人類を創ったと言っていたので、ニビル星人のアヌンナキで間違いないでしょう。
 サアラさんによると、人類が創られたのは今から17万年前だといいます。
 そして創られた人類の食生活ですが、基本的に肉食だったといいます。ですから動物の後を追いかけて移動する生活をしていました。
 アヌンナキからすると、金の採掘に専念させる必要があるので、移動してもらっては困ります。一か所に定住させなければなりません。
 そこで導入されたのが、イネの元の原種だといいます。
 私はずっと前に、スピ系の本で米(コメ)はETが人類のために地球にもたらしたものだという記述を読んだことがありました。はからずもサアラさんの話は、それと一致します。
 米を栽培するとなると、一か所に定住しなければなりません。しかし動機が、人類を金の採掘という奴隷労働に駆り出すためであったとすれば、「なんだかな〜」、という気分になります。
 元々の人類の原種となった類人猿は肉食だったために、導入された米は当初は拒否反応を起こしたそうです。それで亡くなった人までいたそうです。
 それでも年月を掛けて、徐々に身体を米に慣らしていったそうです。

 この話をサアラさんがなぜしたかというと、サアラさんは人類は元々は肉食だった言いたかったからです。
 アメリカに行くと、「私はビーガン(注)です」と上から目線で言う人がけっこういるらしいのです。そんなときサアラさんは、「私は肉派だ!(文句あっか)」と言い返すそうです。
 ただそんなサアラさんも、現在一般にスーパーで売られている肉が危険なものであることは重々承知されているようです。
 安全安心なものが手に入らないという問題があると言っていました(また生の野菜のみでは大量のシュウ酸を摂取することになるので問題だとも言っていました)。

 (以前も書きましたが)野生の鹿やイノシシなどのジビエと呼ばれるものは、危険な毒物は入っていませんからお勧めかもしれません。あるいはグラスフェッドドビーフと呼ばれる、牧草のみで育った牛なども安全かもしれません。

(注)ビーガンとはベジタリアン(野菜主義)のさらに上を行く存在です。乳製品や卵も一切摂りません。さらに生の野菜(穀物)のみを食べる人をロービーガンと言います。



食品添加物に指定されない添加物...2017年2月18日

 ここ数週間ほど、私は原因不明の体調不良に襲われています。
 その症状を以下に、列記してみます。

@ 常に倦怠感があり、集中力がない。

A 体力が落ち、気力が湧かない。

B 毎日、下痢をする。

C 食欲がない(空腹感がない)。

D 体重が2〜3kg増えた。

E 腰に痛みを感じる。

F (最近は)軽い頭痛がする。

G (最近は)肝臓あたりに鈍痛を感じる。

H (最近は)不整脈が頻発する。

I (最近は)三半規管がおかしくなったかのように、フラフラすることがある。


 これぐらい身体に異常を感じると、普通の人なら病院に行って診てもらおうと考えるかもしれません(私は、私なりの考え方があって、余程のことがない限り病院へは行かないことにしています)。

 私が不思議でしかたなかったのは、Dの体重が2〜3kg増えたことです。
 以前の記事に書きましたが、私は数年前はぽっこりとお腹が出て、体重も今より10kg以上ありました。
 しかし化学合成された添加物を出来るだけ摂らないという食事法に変えたところ、劇的に体重が減ったのです。その体重が2〜3kg増えたのが、なんとも不思議でした。
 まず食事の量は増えていません。
 そして以前の仕事をしていなかった時期と比べて、今は仕事が忙しく、毎日職場に通っています。運動量はむしろ増えているのです。
 添加物をできるだけ摂らないという食事法も徹底していました。家では自炊で、野菜は(可能な限り)有機野菜で、米は木村秋則さん方式の自然栽培された玄米です。魚介類は天然物に決めていて、添加物欄に食塩と書いてあるもの以外は買いません(基本的に肉は食べません)。
 それなのに、「なんで体重が増えたのだろう・・・」と私は自分に問いかけましたが、いっこうに答えが出ません。
 再び膨らみ始めたお腹をうらめしい思いで眺めることになりました。腰痛はその副産物です。体重が今より10kg以上あったときは、腰痛もありました。お腹に余計な重しが入ったことで、腰の負担が増えたと思われます。
 さらに体調不良も深刻で、どうしてこれほどひどいことになってしまったのだろうと考え込みました。やはり老化なのだろうと、無理やり納得しようとしたりしました。
 ところが昨日、何気なく本を開いていたところ、「おおっ、これは!」と思わず膝を打つ記述に出会ったのです。
 『「安い食べ物」には何かがある』(南清貴著、三笠書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p12〜p16から抜粋開始>・・・

 カレーラーメン・・・
 安く作るために入れられているもの

 食品を安くするためにいちばん手っ取り早いのは、製造時に安い原材料を使うことでしょう。しかし、あまりにも原材料の質を落とすと、買ってもらえる商品として成り立たなくなる……。そんな製造者側の悩みを解決するものの一つが食品添加物の存在です。
 食品添加物は食品の価格を下げるのに大きな役割を果たしています。たとえば、「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」といわれる物質は、価格を下げるのになくてはならない存在といっても過言ではありません。
 今、お手元にある加工食品の原材料表示ラベルを、何でもいいので見てみてください。かなり高い確率でこの2つの名前が目に入るはずです。
 ラーメンの粉末スープや液体スープ、レトルトカレー、お菓子などにはまず間違いなく含まれています。
 これらが入ることでアミノ酸のうまみが加わり、食品がおいしく感じられるものに変化するのです。
 この「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」は、明らかに化学物質といっていいものなのですが、食品添加物という扱いではなく、食品として分類され、原材料の一部として「アミノ酸等」と表示していい決まりになっています。
 たとえ使っていても、「化学調味料無添加」と表記できる上、使う量にも規制がないという、メーカー側にとっては非常に便利な物質です。

 これらが食品にどのようにはたらくのか、お話ししましょう。
 当然ですが、劣悪な原材料はおいしくありません。たとえばさんざん洗浄され、色が抜け、栄養分もうまみもすっかり抜け落ちた材料があるとします。その食品をおいしくするためにアミノ酸のうまみを加えるのが、「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」です。
 私たち一般の消費者が食品そのもののうまみではなく、アミノ酸のうまみを「おいしい」と感じる舌になってしまっているのがそもそも問題ですが、ありとあらゆる加工食品に使われています。たんぱく加水分解物をそれだけでちょっとなめたことがありますが、甘ったるい、なんともいえない不快な味がします。
 この原材料は、動物の食用にならない部分や2メートル以上の大型の魚の残骸、大豆やコーンの絞りかすなどで、これらに塩酸をかけて、そのあとに水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で中和させてできあがります。これはアミノ酸なので、ある種のうまみを感じるのです。
 ちょっと専門的になりますが、「たんぱく加水分解物」には大きく分けて3つの製造方法があります。塩酸分解法、酵素分解法、熱水抽出法という方法です。
 今、主流になっているのは圧倒的にコストが安い塩酸分解法なのですが、問題なのは、この方法で製造するとクロロプロパノールという不純物ができてしまい、これが発がん性物質だということです。
 このことももちろん問題なのですが、私がいちばん危惧するのは、このようなものを使わなければ味が調わないような劣悪な原材料を使っていることです。ちゃんとした原材料を使っていれば、わざわざ化学物質などで味を調える必要はないはずでしょう。「たんぱく加水分解物」という表示を見かけたら、”そういう原材料”で作られていると判断するべきです。

 もう一つの「酵母エキス」は、名前だけ見ると、「酵母」で「エキス」なのだから、なんだか体によいものを抽出したように思えますが、そうではありません。
 どうやって作られるかというと、遺伝子組み換えで作られている酵母が原材料で、その酵母にサトウキビかすやアンモニア混合物をエサとして与えることで酵母が体内でアミノ酸を作り始めます。次にビールを作ったあとの廃液に残ったビール酵母を薬品で死滅させ、先の酵母を加え、酵素や酸を加えて製品化しています。
 この製造工程でも不純物が出ますが、その不純物を食べていると、それが原因で、イーストコネクション(慢性カンジダ症候群ともいいます)になってしまう可能性があります。一種のアレルギー症状といっていいでしょう。
 イーストコネクションになると腸内細菌のバランスが乱れ、その結果、体内のビタミンB群が減少してしまい、肌荒れや粘膜の荒れにつながります。また、慢性的な下痢やイライラが続いたり、記憶力や集中力の低下、疲れやすさを招くこともあります。
 「酵母エキス」は子どもの給食にも使われており、これが舌をマヒさせ、味覚障害を引き起こす原因にもなります。すでにEU(欧州連合)では、これを大量に食べると健康を損ねると明記されています。
 この「酵母エキス」もあらゆる加工食品に使われていますから、さまざまな食品から知らず知らずのうちに大量に摂取して、原因不明の慢性疲労や下痢に悩まされている人が数多くいるのではないかと推測しています。
 ここでもう一度強調しますが、「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」とも、食品添加物には指定されていません。しかも、限りなく化学調味料に近いにもかかわらず、アミノ酸なので化学調味料ではありません。
 つまり、この2つに関しては、使われる量に上限がないのです。ですからどんなに大量に使っていても「無添加」「化学調味料不使用」という表示ができることを、私たちは知っておく必要があるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が日頃食べる加工食品は、豆腐や納豆を別にすれば2つありました。
 一つは「中華風/洋風だしの素」で、もう一つは、「めんつゆ」です。もちろん「化学調味料無添加」と書いてあるものです。
 ピンときた私は、「中華風/洋風だしの素」の原材料名欄を見てみました。
 そしてやはり、「酵母エキス」がありました。
 興味深いことに、この商品には以下の記述がありました。

 「素材の風味を大切にし、化学調味料・たんぱく加水分解物」は使用しておりません」

 このメーカーは、「たんぱく加水分解物」がよほど危険な物質であることを知っており、かつ消費者にも充分に周知されていると知っているのでしょう。だから、わざわざこんな宣伝文句を加えたのでしょう。

 それにしても、私は完全に見誤っていました。
 「化学調味料無添加」というラベルに安心してしまい、それほど毒性の強いものは含まれていないだろうと勝手に解釈していたのです。あるいは、メーカーの宣伝戦略に完全に乗せられていたというべきでしょうか。

 そしてもう一つの、めんつゆも見てみたら、やはり「酵母エキス」が入っていました。私は、「ゲッ!」となりました、なぜなら、めんつゆはこれ一本でいこうと、ストック買いをしていたからです。

 南清貴氏は、「酵母エキス」により、「原因不明の慢性疲労や下痢」が起こるといいますが、まさに私が体験した症状そのものです。
 時期も一致しました。
 数週間前、私は健康のために味噌を毎日摂ろうと決めました。
 それで、玉ねぎやきのこなどを切って水に入れ、火にかけてさっと熱を通し、それを酢味噌和えにするという一品を考えました。
 それに「中華風/洋風だしの素」を入れて、旨味を足していたのです。
 その一品を食べ始めた頃と、体調がおかしくなっていった時期がぴったり重なるのです。

 ううっ、うかつだった……。

 まさか身体に良いと信じていた食べ物が、体調不良の原因だったとは……。

 早速、私は「中華風/洋風だしの素」を入れない酢味噌和えを作ってみました。
 すると翌日の朝、劇的な変化が現れました。
 まず頭痛が無くなりました。そして朝、空腹感を感じたのです。朝に空腹感を感じるなんて、何週間ぶりだろうと思います。
 そして倦怠感が無くなり、爽快に目覚めることができました。
 たった一食のことなのに、これほどの変化が現れたことが驚きです。
 おそらくこれから着実に、ぽっこりお腹は解消され、体重は減っていくに違いありません。
 うれしくなった私は、隣駅のビックカメラに行って、体重計を買ってきました。記念に体重計(体重体組成計)をリニューアルしたくなったのです。

 「酵母エキス」ですが、さらに本から引用します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p16〜p17から抜粋開始>・・・

 あるとき、私のセミナーに自然食品店を営んでいるオーナーの方が参加されました。そこで私の話から、「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」の害を知り、自分の店にある商品を改めてチェックしたそうです。
 長く取り引きをしているオーガニック食品を扱っているメーカーの食品の多くに、これらが使われていることがわかりました。
 そこでオーナーは、メーカー側に「たんぱく加水分解物と酵母エキスを使うのをやめていただけないか」と願い入れたのです。
 ところが、返って来たのは「酵母エキスは安全です」という回答でした。
 つまり、「酵母エキス」が悪いものだとわかっていなかったようなのです。そこで何度かやり取りをしました。その間にメーカーのほうでも調べたのでしょう、やっとそれらの成分を商品から抜いたそうです。おそらくこのメーカーは真実を知ったあと、オーガニック食品を提供している自社のプライドから、必死の思いで製品を作り直したのだと思います。勇気ある素晴らしい行動だと評価したいです。このメーカーは一人の声によって変わりました。
 このケースの自然食品店のオーナーのように、直接連絡を取らないにせよ、私たち消費者が「こんな成分が入っているものは食べたくないな」と思ったら買わないという「購買を通じての意思表示」をしたら、メーカー側は変わるという好例ではないでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今回私は、貴重な経験をしたと思います。
 「化学調味料無添加」というラベルは、安全安心なものとは言えないこと。さらに「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」は添加物ではなく、食品と指定されていることを知ったこと。それゆえ使う量に制限がないこと。
 そして実際に「酵母エキス」の毒性にやられて、つらい数週間を味わったことなどです。
 「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」は限りなく添加物に近いのに、厚生労働省は食品として指定していること。つまりこの国の行政は、国民の健康より、企業の利益を優先させていることを改めて知ったことです。

 最後に、食品添加物に関する基本的な理解のために、引用させていただきます。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p18〜p21から抜粋開始>・・・

 その激安価格は「食品添加物の力」

 私は加工食品を全否定するつもりはありません。確かに忙しいときにあってよかった、助かった、という人も多いでしょう。
 ただ基本的に加工食品は、本来あるべき食品製造のなんらかの過程を省略して作られています。そして短時間で手間もコストもかけないで作られています。だから安くできるのです。
 その製造過程で食品添加物が使われます。原材料が品質の悪いものであっても、食品添加物の味でカバーします。とても食欲がわかないような食品も、着色することでそれを隠します。また、すぐに劣化するようなものでも、食品添加物の力で劣化スピードを落とすことができます。
 日本で食品添加物として指定されているものは約1500品目あります。加工食品の中には、食品添加物を一切使っていないものも確かにありますが、現状ではほとんどの加工食品に食品添加物が使われているのは事実です。
 食品添加物は大きく4つに分けられます。
 1つ目は「指定添加物」と呼ばれるもの。これは454品目あります。
 2つ目は「既存添加物」で、いわゆる天然由来品と呼ばれているもの。365品目あります。
 3つ目は「天然香料」です。これは多くて612品目あります。
 そして最後の4つ目が、「一般飲食物添加物」です。飲食物としても登録されており、それがそのまま添加物となるもので72品目あります。

 添加物は食品衛生法で、その役割も4つに規定されています。
 @食品の製造や加工のために必要な製造用剤
 A食品の風味や外観をよくするための甘味料や着色料や香料
 B食品の保存性をよくするための保存料や酸化防止剤など
 C食品の栄養成分を強化する栄養強化剤として使われる
 と規定されています。

 この役割を冷静に見ると、あることがわかります。それは、食品添加物が消費者のためにあるわけではないということ。すべて製造者側、販売者側のために考えられているのです。にもかかわらず、もはや私たちが食品添加物を一切摂らないで暮らすのは不可能です。消費者は摂らざるを得ない状況になっているのです。
 食品添加物の中には、発がん性のあるものや、催奇形性(さいきけいせい)(胎児に奇形を生じさせる性質)があるものも数多くあります。食べた本人はもとより、自分たちの子孫にまで影響を与える可能性があるということです。
 約1500品目指定されている食品添加物は「安全です」と認可されているものです。しかしこれは、あくまでも急性毒性がないという意味での安全です。
 わかりやすくいいかえれば、「安全ですよ、今は」ということ。小さいころから当たり前のように食べ続けてきた子どもたちが、20年、30年後にどうなるかはまったくわかりません。
 さらにいえば、食品添加物の安全性をうたっているのは、それを「単体」で摂取した場合のみの話。食品添加物は約1500品目もあるのに、1つだけを摂取することなどありえないでしょう。
 現実の日常生活では、コンビニのおにぎりを1個食べたら10種類、カップめんを食べたら20種類の食品添加物を同時に摂ってしまうことなどざらです

 ・・・<抜粋終了>・・・


 南清貴氏は、

 「小さいころから当たり前のように食べ続けてきた子どもたちが、20年、30年後にどうなるかはまったくわかりません」

 と言いますが、私に言わせればすでに結果は出始めていると思います。
 いまや2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代です。日本では、癌で亡くなる方が急増しているのです。もちろん癌の原因が食品添加物だけとは言えませんが、その大きな一因となっていることは確実だと思います。

 日頃食べる食品から添加物を排除するというのは、想像以上の恩恵があります。
 実践すれば、(頼んでもいないのに)勝手にお腹が凹んでいきます。体重は、その人にとって適切なレベルになっていきます。増えすぎた人は痩せていくし、痩せすぎの人は増えていくと思います。
 そして一番の恩恵は、健康になっていくことです。
 身体に活力が湧き、集中力が増すことは学業や仕事の面で、大きな支えとなるはずです。
 自分に対する投資で、これほど安全確実な投資はないと思います。なぜなら必ず結果が出るからです。
 世の中には、様々な健康法が溢れていますが、その大半が「健康によい何か」を摂取することです。食品から添加物を排除するというセミナーは、(少なくとも私は)聞いたことがありません。
 南清貴氏は、「酵母エキス」は学校給食にも使われているという恐ろしい話をしています。
 わが子が原因不明の慢性疲労に襲われている上に、集中力がなく学業に専念できないという親御さんがいたら、一度食事を疑ってみてもいいのではと思います。
 毎日食べる食品から添加物を一掃するのは不可能だと、多くの方は思っていると思います。
 しかし私は、工夫次第でいくらでも対応することは可能だと思っています。
 私のように、昼食は外食するが、夕食は無添加にするという妥協する手段もあります。
 私はこれを何年も続けて、当たり前になってしまいました。人間は慣れてしまうと、全く苦痛なく実践できます。
 1日2食のうち、1食を無添加にするだけでも大きな恩恵があることを私は実感しています。



ヤスさんのビットコイン情報(2)...2017年2月12日

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガによると、現在ネット上ではビットコインの値動きを適切に予測しているとしてウエブボットが大変注目されているそうです。
 当HPでも1月21日の記事で、そうしたヤスさんのメルマガを紹介させていただきました。
 今回は、その第2弾です。

 ビットコインの知識が全くなかった私は、「1時間でわかるビットコイン入門」なる本を取り寄せて読んでみました。
 そこで得た知識を含めて、再びヤスさんのメルマガ(1月20日)から紹介したいと思います。

 まずビットコインに代表される仮想通貨の新たな動きを紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

いまビットコインが大変な注目を集めているが、仮想通貨の動きはビットコインだけではない。2016年8月、ニューヨークメロン銀行、ドイツ銀行、サンタンデール銀行、UBSの4行のメガバンクは共同でUSCという仮想通貨を立ち上げるとした。ビットコインをはじめ、仮想通貨拡大の大きな動機となったのは、資金の送金が金融機関相互で行うことができ、ほとんど手数料がかからないことである。

現在、海外に送金するためには、ベルギーに本部があるSWIFTという通信システムを使わなければならない。しかしこのシステムは米政府の実質的な支配下にあるので、イランやロシアのような好ましくない国々に金融制裁を課す手段として、SWIFTからの排除が実施されることがある。これは、グローバルな金融システムからの実質的な追放である。排除された国々の経済的な負担は計り知れない。

また、これに違反した金融機関は米政府に告発され、懲罰的な制裁金を支払わなければならない。こうしたケースは後を立たない。

このように見ると、SWIFTはアメリカがリードするグローバルな金融システムを支えることで、アメリカが覇権を維持するための重要な道具になっている。

しかし、いま開発中のUSCなどの仮想通貨は、SWIFTを一切使うことなく、金融機関同士で送金や決済が完了する。この意味では、グローバルな金融システムでアメリカの支配力が弱まりつつあることを示している。これはアメリカの覇権の凋落を表す事態だ。

このはっきりした傾向はビットコインで沸き立っている中国にも当てはまる。いま中国政府は、遅れた内陸の農村部の開発の一環として、オンラインショッピング最大手の「アリババ」に「農村タオバオ」と呼ばれるオンラインショッピングのシステムを構築させている。

一般の農民は、オンラインショッピングの一般的な支払い手段であるクレジットカードは持っていない。そのため決済は、銀行口座からの引き落としが通常の手段になっている。また銀行口座すら持たない農民には、「農村タオバオ」の代理店に現金を渡せば、代理店が代わって決済をしてくれる。

このようなシステムのため、世界では主流となっているアメックスやマスターズなどのアメリカ系企業のクレジットカードは、まったく使えない状況だ。これは、アメリカ系の決済方法が締め出されていることを表している。中国ではアメリカには依存しない独自な決済システムが拡大しつつある。

さらにこの方法は、これから中国のみならず、一帯一路で拡大しているユーラシア経済圏全域に適用される可能性が高い。将来的には、決済には仮想通貨が使われるだろう。

このように、USCの立ち上げや中国を中心としたユーラシア経済圏の動きを見ると、アメリカの支配と影響が及ばない金融システムが早急に構築されつつある。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 まず「1時間でわかるビットコイン入門」から私が学んだ基礎的な知識から紹介します。
 各国の政府が発行するリアルな通貨に対し、ネット上の仮想通貨が現在700種も存在しているそうで、その数は今後も増え続けると見られているそうです。
 ビットコインはそうした仮想通貨の一種ですが、現在最も取引量が高く、2位のイーサリアムの10倍の規模で圧倒的優位を占めているといいます。
 1位のビットコインの時価総額は1兆円に達し、2位のイーサリアムは1000億円ほどで、この1位と2位で仮想通貨全体の時価総額の9割を占めているそうです。
 ビットコインはヤスさんよると取り引きのほとんどが中国だということですが、日本でも1日に100億円規模の取り引きがあるそうです。
 銀行のオンラインシステムは全取り引きを中央サーバーが一括管理するシステムですが、仮想通貨には不特定多数のコンピューターに分散管理させる「ブロックチェーン」という技術が使われていて、これが不正を防ぐ手段になっているようです。
 中央サーバーが一括管理するシステムは維持管理の為に多額の費用が掛かりますが、分散管理させる「ブロックチェーン」はほとんど費用が掛からないメリットがあります。
 現在、銀行を通して海外に送金しようとすると、5000円程度のコストが掛かりますが、ビットコインであれば、0.1%程度で済むようです。例えば10万円を送金する場合は、100円ぐらいです。
 さらにネット上での取り引きなので、従来の銀行間取り引きに比べて、圧倒的に時間が早いというメリットもあります。
 非常に安価である上に安全性が高く速いということで、実際に三菱東京UFJ銀行は、ブロックチェーンの技術を利用して、MUFGコインを発行する構想を発表しているそうです。また、みずほ銀行も、数日掛かっていた海外送金をブロックチェーンを使うことにより、数秒に短縮する技術に取り組んでいるそうです。
 日本ではまだ、ビットコインは実用的には使われていませんが、フィリピンの人々などは、海外送金でビットコインを当たり前のように使っているそうです。

 ビットコインはこうしたメリットがあるわけですが、私が一番注目しているのは、ビットコインには発行上限額が決められているということです。
 2008年のリーマンショックを、アメリカ、EU、中国の各国政府は大量のお札を刷ることで、危機を回避(正確には危機を先延ばし)することに成功しました。
 しかし弊害がすでに、景気回復感のない株価の急騰とゼロ(マイナス)金利という形で現れています。
 今はまだ人々がお札を信用しているのでパニックにはなっていませんが、金利が上がり始め通貨が下落していくようになったら、人々が価値を失っていく通貨に疑問を持つときが必ず来ると思います。
 その時に選択肢としてあるのは、金、銀などのリアルな資産とビットコインに代表される仮想通貨となるでしょう。

 では、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガからウエブボットが予想するビットコインの行方を紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

前々回の記事でも書いたが、最近ウエブボットの評価が高まっている。ウエブボットは1997年に始まったプロジェクトで、すでに20年間も予測レポートを出しているが、昨年の後半あたりからウエブボットの予測は臨界点を越えてブレイクしだした。予測の精度があがったのか、以前と比べると的中率がかなり高くなっている。

このようなウエブボットだが、いまネットやユーチューブなどで、12月30日に発表された2017年予測の一部が的中していると大きな話題になっている。この報告書には次のような箇所があった。おおよその意味を要約した。

「権力が移行するにしたがって、既存の政治システムがばらばらになりつつある。その原因は、政治エリートの間の闘争が激化しているからだ。この闘争の結果、ある人物、ないしは組織が犠牲になる。これはCGIかもしれない。テレビは声をあらげてこれを報道するだろう」

これだけではなにを言っているのは分からない。ところが1月16日、「クリントン・グローバル・イニシャチブ」の終了を告げるニュースがあった。「クリントン・グローバル・イニシャチブ」とは、クリントン財団が主催する事業のひとつで、世界の指導的な地位にある人々を招き、世界の諸問題の解決に向けてのセミナーを開催している、クリントン財団のなかでは最重要のプロジェクトだ。

クリントン財団はサウジアラビアやカタールなど、イスラム原理主義勢力を資金的に支援している国々から大きな献金を受けている。この非難を回避するための終了ではないかと疑われている。今年の4月に22名の職員をすべて解雇し、終了するとしている。

ちなみに「クリントン・グローバル・イニシャチブ」はその略語である「CGI」として知られている。公式サイトにも「CGI」とある。この終了がウエブボットで予測されていたのだ。

ウエブボットの最新予測

そのように評価が高まっているウエブボットだが、1月16日、最新レポートを発表した。これは「ドラゴンに乗る」という題名のレポートで、2017年2月から2018年3月までが予測の対象期間になっている。

予測の内容の大半はビットコインの相場の値動きの予測と、中国政府の反応である。的中すると驚くような内容になっている。以下である。

ビットコインの過去の値動き

・すでに2005年にウエブボットのデータには、「新しい通貨」というキーワードが現れていた。これは、ドルの代りになる通貨になるということであった。

・そして2009年になり、サトシ・ナカモトがブロックチェーンのテクノロジーに関する論文を発表すると、この「新しい通貨」というキーワードが、実はビットコインのことであるとはっきりした。2011年には紆余曲折がありながらも、キーワードとしてのビットコインの出現が多くなった。

・そして2015年の半ばには、ビットコインは408ドルから428ドルの範囲を移動しながら、400ドル台を突破するとあった。事実、その通りになった。

・また2016年の春には650ドルを突破するとあったが、これは2016年の夏に現実になった。そして2016年の秋には、888ドルの近辺に一時的に止まるも、1130ドルになるとデータにあったが、これも的中した。さらに、1100ドルを達成した後、888ドルまで大きく下落し、その水準にしばらくとどまっているが、その後は1130ドルを越える史上最高値まで上昇するとあったが、これも的中した。

・一方、最近のデータではビットコインは人民元とリンクしている。現在ビットコインの大半が中国で取り引きされているので、これは当然のことだ。中国でビットコインは8888元や80808元という数字とともに現れている。これは2015年の半ばに408ドルから428ドルという価格水準が現れたと同じようなことだ。ウエブボットは、使われている言葉の感情値を検出するプログラムだ。そのため、特定の数字がデータとして現れることはかなり稀だ。なので、このような数字が出ていることには注意したほうがよいだろう。

ビットコインの2017年の動き

・2017年に入ってビットコインは暴落したが、データではその原因は、「利益の確定」、「パニック」、そして「犯罪行為」の3つのキーワードが表している。今回の暴落は「犯罪行為」を取り締まるために、中国政府が介入したのである。

・データでは1月から4月にかけてビットコインは「政治的なハードルを越える」とある。これはこの時期に中国政府はビットコインを正式に認めることを示している。

・初夏になると、中国政府はビットコインを宣伝するキャンペーンを逆に開始する。ビットコインを象徴するキャラクターを使い、テレビやインターネットを通して宣伝する。これは中国がこの時期に開始する「バーチャル・アジア・イニシャティブ」の一環として行われる。これは今後2年間でインターネットのユーザを10億人増大させる計画である。

・中国政府によるこの重大な声明は、今年の初夏から真夏の頃に行われる。この声明と同時に、中国政府はビットコインを銀行の正式な準備金として認める可能性すらある。すでに多くの中国国民がビットコインを保有しているので、国の資産を国民に保有させる意図がある。これは中国政府が、龍に乗ることとしてイメージされる。

・だが、ビットコインを正式に容認するまで、取引から犯罪的な要素を取り除く必要がある。中国政府はこれを4カ月かけて実行する。その間ビットコインは、状況の変化に合わせて1週間で20%も乱高下する。

・ウエブボットの過去5年間の長期データでは、ビットコインは80808人民元(おおよそ132万円)まで高騰するとある。2020年にはビットコインは完全に中国の仮想通貨になっていることだろう。

・過去のデータでは、2015年から2016年にかけてビットコインの主要な保有者が中国人になるとあった。昨年ビットコインは888ドルまで一時的に下落し、しばらくこの水準に低迷した後、再度勢いよく上昇した。これと同じ動きが起こる。今度は8888人民元で一時的に低迷した後、上昇するとある。低迷する期間は昨年の888ドル水準と同程度である。

・2017年のデータにも「低迷期間」というキーワードが頻繁に出てくる。しかしこの期間は長くは続かない。1088ドルまで回復すると、勢いよく上昇する。1088ドルはいわば上昇トレンドは始まるゲートのような価格だ。

・そして、次の「低迷期」は1448ドルになったときにやってくる。この価格は8888人民元というキーワードとリンクしている。この「低迷期」の原因は、中国政府の方針転換だ。

・この動きは、ロシア政府のビットコインに対する方針転換とリンクしている。これは、中国政府が出す予想に信頼感を与えることになる。

・ビットコインの上昇は2つのこととリンクしている。ひとつは銀の上昇であり、もうひとつはダウの2万ドルの王台への上昇である。銀は日に2ドル、5ドルと上昇し、20ドルも急騰する日も出てくる。そして最終的に銀は、1オンス、600ドルにまでなる。

・銀価格の上昇の背景になるのは、新しく開発されるスーパーハイテクの出現である。これは2020年代に産業を根本的に変化させることになるタイプのものだ。

・ダウが2万ドルの王台に乗り、ビットコインが1088ドルの水準を達成すると、これまで銀の価格が低く押さえられていた事実が明るみになる。このようなニュースで銀はさらに高騰し、1オンス、600ドルに至る流れは加速する。とりあえずは、125ドルという価格がデータにはある。

・銀のこの水準への上昇の背景は、3月に発生する通貨危機である。これは、新しいブレトンウッズ体制の構築を目指す国際会議の開催をきっかけに発生する。これは、基軸通貨のドルを使っている多くの先進諸国に激烈な影響を及ぼす。これにより、ビットコインも1448ドルまで急騰する。

・銀とビットコインの急騰は同時に進む。ビットコインは1088ドルの王台を越えると、爆発的な上昇速度になる。その原因は中国でビットコインの購買熱が加速するからだ。政府はこれを見くびり、後手に回る。データでは中国のビットコイン熱は2016年から2019年まで続くとある。

・2017年にはビットコインの価格は金と同じ水準になる。1900ドルを越える可能性すらある。しかし、ビットコインのこのような急騰の原因は中国だけではない。東南アジア諸国でビットコイン熱が過熱し、高騰に拍車をかける。特に顕著なのはインドネシアの過熱ぶりだ。また東南アジアでは、ビットコインの価格変動で稼ぐことのできるソフトウエアが開発される。

・このような変化に伴い、ビットコインは世界的に拡大する。それとともに、次第に価格は安定する。それというのも、それぞれの国で市場のセグメント化が進むものの、どこかの国でビットコインが高騰すると、すぐに他の国で逆の売りが加速し、価格を安定させるからだ。そして、インドや東南アジア諸国の国民は洗練されたアルゴリズムのトレーダーとなる。

・2018年になるとビットコインは2300ドルに急騰する。しかし、この水準に達すると500ドルの大幅な下落がある。そしてしばらくこの水準に低迷するが、それはあまり長くは続かない。これは2016年に、888ドルまで下落しながら一定期間低迷したのと同じ現象だ。だが、低迷期はこのときよりも短いはずだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このウエブボットの予測に関し、ヤスさんのコメントが役に立つと思うので、併せて紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

現実性のある予測

たしかにいまビットコインは注目されている。だからといって、中国政府がビットコインを正式な通貨として認め、さらに人民銀行の準備通貨にするなどということが将来実現する可能性はあるのだろうか?奇想天外な話にしか聞こえないかも知れない。

もちろん、上の予想にある888ドルや1428ドルのような数値は、相場の安値と高値を表す象徴的な数値にすぎない。主催者のクリフ・ハイも数値は変動を表しているだけなので、相場がこの数値になる保証はないので注意するようにと言っている。

しかし、ビットコインの現状を見ると、これがあながちファンタジーではないことがよく分かる。

目下、中国の中央銀行である人民銀行は、ビットコイン管理を一括して行える第三者機関の設立について、業界関係者との協議を重ねているようなのだ。おそらくはビットコインを通貨として容認し、中国の利益を誘導できるように管理する方針なのかもしれない。

それというのも、ビットコインの取引の9割は中国国内で行われており、ビットコインを採取するマイニングを行っている企業の7割は中国企業なのだ。こうした点を見ると、もはやビットコインの相場を実質的に支配しているのは中国なのだ。

これはもはや、ビットコインは中国の通貨であるといってもよい状況だ。現在ビットコインが高騰しているのは、人民元への不安感からだ。不動産バブルの破裂は時間の問題だろうし、中国企業の借金も容認できる水準をはるかに越えている。大手企業の破綻が連鎖倒産の引き金を引くかもしれない。こうしたことが起こると、人民元は極端に安くなるだろう。

このような状況で、不安感にかられた富裕層が人民元から外貨へと資金を移転しようとしているのだ。中国では外貨の両替には5万ドルという制限があるため、規制のないビットコインを介して外貨へと資金を移転しているのである。

他方、中国政府がビットコインを全面的に規制すると、人民元が極めて不安定な状態であることを政府自らが認めたことになり、これが引き金となり人民元の売りがさらに進む可能性がある。そのため、簡単には規制できない。

このような状況であれば、どうせビットコインはすでに中国の通貨のようになっているので、これを正式に認めてしまい、ビットコインの外貨への両替のみを制限するなら、ビットコインは国民の正当な資産になる可能性がある。いま中国政府は、このような方向に動こうとしているのかもしれない

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんのコメントは、大変興味深い内容です。

 これまでビットコインのメリットを紹介してきましたが、デメリットも紹介しなければ片手落ちです。
 多くの方々の記憶に新しい2014年のマウントゴックス社の事件があります。これに関し、「1時間でわかるビットコイン入門」に次の文章があったので紹介します。


 ・・・<「1時間でわかるビットコイン入門」、p3から抜粋開始>・・・

 2014年、ビットコイン交換事業者(仮想通貨の取引所)の破綻が大きな話題になりましたが、交換事業者の1つが破綻したに過ぎず、ビットコイン自体に問題があるわけではありません。「空港にある両替所の1つが倒産したから外貨は危険」と思ってしまうようなものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 マウントゴックス社について補足すると、当初は外部からのサイバー攻撃で顧客のビットコインが盗まれたと報道されましたが、実際は会社による業務上横領だったようです。
 マウントゴックス社が、顧客の75万BTCと、顧客がビットコインを買うために振り込んだ現金28億円も盗んだのが実態だったようです。
 BTCとはビットコインの単位で、今の相場は1BTCで11万5000円ほどなので、75万BTCは862億5000万円となります。
 現在、日本でビットコイン交換事業者は10社程度あるそうですが、今後もそうした事件が起こらないという保証はありません。

 もう一つ、私がとても気になる点があります。
 私は今、UFOコンタクティーのコーリー・グッド氏の情報に注目しているのですが、コーリー・グッド氏は第6密度の存在であるブルーエイビアンズから、近々大規模な太陽フレアが起こると言われているといいます。
 その期間は2018年〜2023年だそうです。
 もし人類がこれまで経験したことがないような強力な太陽フレアが起こったら、世界各国の発電所(及び変電所)が破壊される可能性があります。
 被害地域が限定されていれば早期に回復するでしょうが、これが地球規模となると、復帰するのに長期間掛かる可能性があります。
 電気がなければ、そもそもPCが動きません。
 またその場合は通信網も破壊されているでしょうから、ネットが使えません。そうした場合、ネット上の仮想通貨はどうなってしまうでしょうか。

 念のために言っておきたいのですが、私は訪問者の方々にビットコインを勧めているわけではありません。
 ただ仮想通貨が、(アメリカ主導の銀行間取引システムである)SWIFTに取って変わる動きはすでに起こっており、その利便性と費用の安さから、急速に普及する可能性を秘めていることは間違いないと思います。
 ビットコインは値動きが激しく、それを嫌う人がいる一方で、絶好の投資機会と捉える人もいるかもしれません。
 時期はわかりせんが、各国が発行している既存の通貨への信頼が失われて、ビットコインに大量のお金が流れてくる局面はあるだろうと思っています。

 私は自身は、(四の五の言ってないで)、ビットコインに慣れるためにまず少額で口座を開いてみようと考えています。



サアラさんが語る死後に気をつけなければならないこと...2017年2月3日

 私は現在、サアラさんのYouTubeを使ったセミナーに参加しています。
 毎週1回、サアラさんの講義のYouTubeのURLが電子メールで送られているので、それを観て学ぶというものです。
 私は10年前に神秘家ゲリー・ボーネルさんが主催するスクールに入ったのですが、比較的ワークを主眼としたもので、知識に関するものが少なかった印象があります。
 宇宙のこと、階層構造となった各次元のことなど、知りたいことはたくさんあり、今でもそれは変わっていません。
 そんな私にとって、サアラさんのYouTubeの講義は楽しみの一つです。
 これまで本で読んで得た知識とは違ったものがあり、新鮮な情報に驚かされたりしています。

 今回はそんなサアラさんの話のなかから、(おそらくすべての人に役立つであろう)死後の注意点を紹介しようと思います。

 ゲリーさんは人間を、魂(ソウル)、スピリット、肉体の3つで構成されていると語っています。
 これから紹介するサアラさんの話は、死後のスピリットに関するものと私は考えています。
 永遠の生命を持つ魂(ソウル)は、創造の永遠の観察者であるがゆえに、完璧な存在として創造されたといいます。それは別な言い方をすると、(完璧であるゆえに)進化する必要はないということです。
 スピリットは進化する存在ですから、様々な経験を通して学ぶ必要があります。別な言い方をすると、未熟な存在でもあり、それだけに時として試練が襲うことがあります。
 スピリットにとって死んだ直後は極めて重要な瞬間であり、知識があるとないとではその後の道に大きな差ができてしまう可能性があるようです。
 ゲリーさんは死後にスピリットが行く世界をエーテル界と言い、サアラさんは幽界と言っています。
 ここではサアラさんの話を紹介するので、幽界という言葉を使うことにします。
 以下は、サアラさんの話を私がまとめたものです。

 * * * * *

 この物理次元の世界もある振動数の量子場の世界であり、幽界も振動数の違いこそあれ、ある種の量子場の世界です。
 物理世界も幻想を見ているという言い方もできるように、幽界もまた幻想の世界という言い方もできます。
 それゆえ死後は地獄に行くと固く信じている人が亡くなると、地獄のような幻想の世界を作り出し、そこに住むことになります。死後に素晴らしい世界が待っていると思う人が亡くなると、そういった世界を創造して住むことになります。
 このように、たいがいの場合は、亡くなっても生きていた世界の延長線上で生きていきます。
 姿形も生前とほぼ同じようなものになります。
 生きていたときの思考パターンも、同じものを死後に持ち込むことになります。
 不安ばかり抱えて生きていた人は、死後も不安を抱えて生きることになります。
 物理世界は、思っていたことが現実化するのに時間が掛かりますが、死後の世界は思っていたことがすぐに現実化してしまいます。
 死後の世界に入ると、自然と生前の人生を回想するようになります。
 例えば、生前にいじわるをしたという思いが強いと、そのいじわるをした相手に必ず出会ってしまいます。
 相手は自分が嫌いであるという思いがわかっていて、恨めしそうにこちらを見るということになります。そうすると、いじわるだった自分の行為を責めたりして苦しい思いをすることになります。

 人間はもともとは慈悲深い存在であり、愛に満ちた存在であることを、亡くなるとはっきりわかるようになります。
 それだけに、生前に自分が非常にいじわるで貪欲で自己中心的なことをしてきたことにものすごくがっかりし、自分を責めるようになります。
 このように泥沼に足をとられたような状態になってしまうことが多くあります。
 生きている間は、苦しい思いをしていると周りが慰めてくれたりしますが、死後は基本的に孤独です。それゆえ、なかなかそういった苦しい思いを解放するきっかけがつかめなくなります。

 ではそんな苦しい状態から抜け出すためにどうすればよいでしょうか。
 それは、何もかも必要な経験だったと思うことです。では必要な経験だったと思うようになるためには、どうすればよいでしょうか。
 必要な経験だったと理解するために、次の世界に行くと決意することです。
 次の世界はアストラルの世界ですが、そこからボランティアで迎えが来ます。そのボランティアが来るまで、持ち堪える必要があります。
 その為にどうすればよいかというと、なるべく自分を裁かないこと、責めないことです。
 もし責めそうになったら、自分には何もかも必要な経験だったと言い聞かせなければなりません。

 こうした状態が、本来の幽界の姿ですが、今の地球の幽界は違ってしまっています。
 本来の幽界は、自分で自主的に生前を振り返るのですが、今は亡くなると、かなりの人が、ある意味で反省部屋のようなところに連れていかれます
 その反省部屋には、必ず監督者がいて、色々質問してきます。
 それは自分にとって、一番痛いところを突いてきます。コンプレックスになっていた部分や、恥ずかしいと思っていた部分、自分を責めてきた部分などです。
 そうなると、さらに自分を責めるようになります。
 こうなると、自己が崩壊することになります。
 これは洗脳と同じで、自分はもう救われない、救われる価値を失ってしまったと思うようになります。
 その反省部屋から脱出しようとすると捕まえられて、電気ショックのような体罰のようなものを受けることもあります。
 地球上で行われている洗脳と同じで、何度も何度も、「お前はこの宇宙に生存する価値はない」「だからお前は、この地球で一生働かなければならない」といったことを刷りこまれ洗脳されてしまいます。
 そして、「善行すれば救われるかもしれない」といったふうに、キリスト教の信者が言われることと同じようなことを言われます。つまり今まで信じ込まされてきたことと同じことを、死後の世界でも信じ込まされることになります。
 そして、お前が反省しているのだったら、早く生まれて善行を積みなさいとか、早く生まれて人の為に働きなさいと言われます。
 そして光を見せられ、その光に付いていくと、お母さんのお腹の中にいたということになります。
 そういうケースがたくさんあります。

 ではこうしたケースを避けるにはどうしたらよいでしょうか。
 死後の世界では肉体を脱ぎ捨てるけれども、死後の世界にマッチした姿形を持ちます。
 これを絶対に忘れてはなりません。
 アストラルから迎えにくるスピリットは当然ながら光輝き神々しく見えますが、光そのものではありません。
 よく見ると、姿形があるのです。
 その姿に惑わされて付いていったら、やっぱりお母さんのお腹の中だったという人もいます。
 その為、必ず確認する必要があります。
 迎えに来たスピリットに、「私を何処に連れていくのか」と必ず聞いて下さい。
 私はもうアストラルに帰ろうとしているとはっきり主張する必要があります。
 霊的な世界では、自分の尊厳をしっかり主張することが非常に重要です。

 (管理人注:サアラさんはこれらのことは大事なことなので、さらに詳しく説明しています。それらを整理して紹介します)

・死んだ後に反省会はしない。
 どんなにいじわるであっても、(それは改善する必要はあるけれども)、それによって自分の価値がなくなることは絶対にないということを憶えておくことが必要です。
 間違いは、正しい知恵や力を得るために経験する必要があったと思う程度に止めて、それ以上自分を責めないこと。

・まるべく苦しい思いをしないで、(アストラルからの)迎えが来るように祈る。
 私はアストラルに帰るという思いを持つと、その思いは必ず通じます。必要なことは、「絶対に自分は(アストラルに)帰れる」と思うことです。

・アストラルからの迎えは、ちゃんと姿を持っていることを忘れないこと。
 アストラルの人は、ほとんどが地球での転生を経験した人です。そしてあなたにわかるように、人間の姿をしています。
 その姿を確認したら、「あなたは何者ですか?」と必ず質問してみること。
 死んだ世界でもちゃんと判断力は残っているので、何か怪しいと感じたら、付いて行ってはいけません。
 その人に、地球に住んでいたときは何をやっていたのか。また、なぜこうした迎える仕事をしているのか聞いてみても構いません。
 本物であれば、(いじわるな人はいないので)快く答えてくれるはずです。

・(アストラルから)迎えに来た人は、あなたのことをよく知っているはずなので、さらに色々聞いてみること。
 自分から名乗らなくていいので、「誰を迎えに来たのですか?」と聞いてみること。
 そして本当にアストラルから迎えに来た人であるなら、あなたが亡くなった死因や、どういう人生を送ってきたかを事細かに知っています。
 そういったことを向こうから言ってくれます。
 それを元に自分で判断することになります。
 物理世界でも同じですが、何か怪しい、何か変だと直観的に感じたら、絶対に付いていってはいけません。

・疑わしいと感じたらはっきり、「あなたには付いていきません」ときっぱりと断ること。
 そのとたん本性を現す可能性もあります。嫌だというと、たいがいの場合、牙を剥いてきます。
 自分の中の恐怖によって断る場合もあるので、逆にノーと言っても態度が変わらない相手であれば、よく考えることです。
 そして最後に納得して、安心した状態で付いていくことが大事です。


 本来の幽界であれば、誰も裁くことはないし、拷問を受けるようなことはありません。
 しかし地球の幽界では、一部そうしたところが残っており、連れていかれる可能性があります。
 死後の世界は、自分の幻想が一番影響を与えてしまうので、生きている間にあまりネガティブなことを考えたり、くよくよしたり、起きてしまったことをいつまでも考えたりしないことです。
 くよくよしないように考えても、やっぱりくよくよしてしまうので、より楽しいことを考えたり、積極的に生きようと考えたりすることです。
 何かを禁止したりするのは良い結果を生まないので、より積極的に生きようとすれば、くよくよ考えることもなくなります。

 * * * * *


 この後サアラさんの話は、アストラルに行ったスピリットがどのような経験をするかという話になるのですが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。


 今年の1月9日、私はサアラさんのセミナーに参加しました。
 2017年がどのような年になるのか、何かヒントになるものがないかと期待したのです。
 セミナーの前半は、いつものサアラさんの講義でしたが、後半に思いもよらないことが起こりました。
 サアラさんがイエスをチャネリングするというのです。
 私は本当にあの2000年前のイエスが出てくるのかと半信半疑のところがありました。
 チャネリングで現れたイエスは、たしかにいつものサアラさんの口調と違い、違う意識体が話しているという実感がありました。
 印象深かったのは、流暢な日本語だったことと、実に声量があって力強い話し方だったことです。

 チャネリング自体は20分ほどの時間だったと思いますが、その最後のときに、面白いことが起こりました。
 そのイエスなる意識体は、それまでまんべんなく会場を見渡して話していたのですが、私のことにふと気づいたように目を留め、じっと私を見つめたのです。
 その間、数秒間。
 私は直感で、どうやら私のことを気に留めたらしいと感じました。

 私は家に帰った後、この出来事を反芻していました。
 そして、それまで行く気のなかったサアラさんの学校(JSPスクール)に行くことを決めました。
 これも直感でしかないのですが、イエスなる意識体が私を呼んでいるように感じたからです。

 リーディングセッションでこのことを聞いてみました。
 会場でイエスなる意識体が私に注目したのは事実なのか聞いたら、たしかに気づいたといいます。どうして私に注目したのか聞いたら、宇宙人のような存在がいると思ったからだそうです。
 やれやれ、私は宇宙人になってしまったようです。
 まあたしかに、DNAが3重螺旋に移行しているというのが事実だとすると、すでに私はホモサピエンスとはいえないかもしれません。
 イエスなる意識体が私をサアラさんの学校に呼び寄せたのではないかと聞いたら、それも事実だそうです。
 それで、呼び寄せた理由を聞いてみました。
 すると、学校で教えていることを広く世間に伝えるためだそうです。
 どうやら私は、このHPを通じて、サアラさんの学校で学んだことを伝えるよう期待されているようです。

 サアラさんはチャネリングしている存在が2000年前のイエショア・ベン・ジョゼフというキリスト教のもととなった人物だと思っているようです。
 私は、根拠はありませんが、直感で違う存在ではないかという印象を持っています。
 でもキリスト教徒でもない私にとって、イエスであろうがなかろうが、どちらでもよいことです。
 叡智を持つ存在であり、私が学ぶべきものがあれば、それでよいからです。

 サアラさんの学校は2月から始まり、半年続きます。
 その内容を、私にできる範囲でこのHPで伝えていこうと思っています。



ヤスさんのビットコイン情報...2017年1月21日

 私はここ2、3年、投資(投機?)を全くしてきませんでした。
 以前はいろいろ試して、少し儲けて、それ以上に大きく損したりしてきましたが、このところ縁遠くなっていました。
 仕事(アルバイト)を始めたので時間のゆとりがなくなり、投資の勉強をすることができなくなったことも一因です。
 さらに、世界的な金融大変動が近いと感じるようになり、(私のような素人が)下手に投資すると大怪我するという思いもありました。
 今でも世界的な金融大変動が来るという思いに変わりはありませんが、世の中、一筋の縄ではいかないと思うようになっています。
 特にトランプ政権の誕生により、不確定要素が増した気がします。
 私は吉田繁治さんの本やメルマガなどで経済・金融の勉強をしていますが、その吉田さんがトランプ政権の政策によって、今年アメリカはバブルになる可能性を言っています。
 前回の記事で、神秘家ゲリー・ボーネルさんの2017年予言を紹介しましたが、そこでゲリーさんは中国発の経済崩壊が秋に起こると言っています。
 これと吉田さんがアメリカでバブルが起こり、年末に崩壊するという話がリンクしていて興味深いです。

 これまでの私のスタンスは、いつ金融大変動が起こるかわからないので、事前の投資はしない。
 もし起こり、金(キン)が一時的にせよ暴落したら、金の現物を買うというものでした。
 これは2008年のリーマンショックを乗り越えるために、世界の主要通貨であるドル、ユーロ、元、(安倍政権誕生後は円)が過剰に発行されてきたからです。金や銀は、(特にドル)紙幣に対する反通貨の性格を持ち、通貨の価値が下落すれば、上昇するからです。
 今はまだ人々は通貨に対する信用を失っていません。
 しかし金融大変動が起こり、人々が価値を失っていく通貨にパニックを起こす日は必ず来るだろうと思っています。

 そんなわけで投資の勉強をしてこなかった私ですが、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガを読んでいて、ビットコインも反通貨としての性格を持つということを知りました。
 ヤスさんによると、ビットコインの取り引きの、なんと90%が中国なんだそうです。
 中国の人民元が下がるとビットコインが上がり、人民元が上がるとビットコインが下がるという人民元の反通貨としての性格を持つといいます。

 当HPを何年も前から読まれている訪問者の方々はご存じだと思いますが、以前ウエブボットについて紹介したことがありました。
 そのウエブボットがビットコインや銀の上昇を言い始めているといいます。
 ウエブボットが初耳という方もおられると思うので、ヤスさんのメルマガからウエブボットについて説明している部分を紹介します。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

ウエブボットはSNSやチャットサイト、そしてBBSなどに埋め込まれたスパイウエアが収集した会話記録から、人々が使っている言葉の感情を解析し、集合的な感情の動く方向を検知するプロジェクトだ。その方向から、未来の出来事が予測できるとされている。

これまでウエブボットの予測の的中率は決して高くはなかったものの、最近急速に予測の精度が上がり注目を集めている。そうしたウエブボットだが、2017年の年間予測を発表した。これまで公表されたもののなかでも、もっとも重要な予測なのではないかと言われている。

45ページにもなるかなり長いレポートで、さまざまな分野がカバーされているが、なかでも注目されているのが、ビットコインと銀の値動きの予想である。ビットコインは1000ドルを越える水準まで高騰するものの、一時的に800ドルを下回る水準まで下落する。しかし、ダウが2万ドルの王台に乗るタイミングでビットコインと銀も上昇し、ビットコインは1452ドル、そして銀は将来的に600ドルという記録的な水準まで上昇するとしている。これは、1月25日から起こるとされている。

この予測の発表の直後、ビットコインは上昇と急落を繰り返したので、前半の予測は的中したと見なされている。一方、ウエブボットの主催者であるマイクロソフトの元コンサルタント、クリフ・ハイによると、1452ドルや600ドルといった数値は、相場の上昇を示す象徴的な数値なので、実際に値動きを現すものではないという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ウエブボットは以前は的中率が低く注目されていなかったが、最近は的中率が上がり注目されているといいます。
 では1月6日に配信されたヤスさんのメルマガから、ウエブボットの予測を紹介しようと思います。
 以下の記事は、ウエブボットの予測をインタビュー形式でQ&Aの形で紹介したものです。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

トランプの大統領就任に関して

Q1:
オバマ政権はトランプの就任をブロックしたいようだが、トランプは大統領に就任できるだろうか?

A:
危機を示すデータがイスラエルに集中している。これは、国連安保理のイスラエル非難決議が可決されたことを示すものだ。2月にはイスラエルでなんらかの争いが起こり、これが混乱を引き起こすかもしれないが、トランプに関する限り、就任前の暗殺を示すデータはいまところ存在していない。だから、予定どおりトランプは大統領に就任するだろう。

経済の予測

Q2:
市場は高値をつけ、まだ上昇しつつあるが、2017年の経済はどのような状況になるのか?

A:
感情値の視点から見ると、政治の領域では多くの人がトランプの勝利を受け入れることができず、悲鳴のような感情の放出が起こっている。これは国民のみならず民主党や共和党の既存の支配層にもいえることだ。彼らは支配エリートの地位を追われつつあり、自分たちの地位が確保できないでいる。

他方市場は、トランプの就任を歓迎し、楽観的な感情の蓄積が行われている。

Q3:
いま米国債の価格は下がり金利は上昇しているが、経済がクラッシュするようなことは起こるのか?

A:
アメリカの実体経済はすでに相当に悪い状態だ。仕事を見つけられず困窮している膨大な人々がいる。しかし、株価や社債の上昇という経済の金融的な側面に隠され、実体経済の状況はまったく報道されていない。そうした実体経済から見ると、すでに経済の崩壊は起こっていると見ることもできる。

一方ドルだが、ウエブボットのデータでは、2017年の2月から3月初めにドルの価値が大きく下落すると出ている。これは続いていた「トランプ・ユフォリア」と呼ばれる楽観的な状況が終了し、市場が下落する転換点に入ることを示している。

ドルの価値の推移とバンク・ホリデー

Q4:
2017年はドルの価値はどのように推移するのか?

A:
データでは、今年はドルと不動産の下落が連動しており、後者のほうが深刻な問題となるとある。トランプの就任に伴う楽観的なムードが終わる今年の春以降、金利が急上昇する可能性が示唆されている。下手をすると9%近くまで金利が上昇するとデータにはある。

この背景のひとつとなるのが、地方銀行の収益が悪化し、一斉に貸し渋りと貸し剥がしを行うことだ。銀行は自己資金が枯渇するので現金を必要とする。そのため、現金の流出を防ぐ必要から、貸出し金利を上昇させるとデータにはある。これが9%まで金利が跳ね上がる理由だろう。

この影響をもっとも顕著に受けるのが不動産市場だ。銀行の貸し渋りからローンが供給されないので、住宅がまったく売れず、価格崩壊する。これはアメリカのみならず、ドルを使っているカナダとオーストラリアでも起こる。

Q5:バンク・ホリデーのような銀行の一時閉鎖が正式に宣言されることはあるのか?

A:
あるかもしれないが、それは統制のとれたものとはならない。銀行の閉鎖が相次ぐので、さまざまな銀行が資金の流失を防ぐために、一時的に閉めるようなことは多く起こるだろう。

市場のクラッシュとビットコインの急騰

Q6:
オバマの在任期間中に市場のクラッシュは起こるだろうか?

A:
オバマの在任期間に市場のクラッシュを示すデータは存在している。しかしそれは、だれの目にも分かる大きな市場崩壊ではなく、ドルの価値が一時的に下落する「フラッシュ・クラッシュ」と呼べるようなものだ。これは1月8日から12日に起こるとある。

しかし、この変化は表面的なものだ。金融システムの根本的な変化が水面下で進行している。それは、仮想通貨のビットコインの急激な価格上昇である。この主な原因は中国だ。

中国の国民は人民元の変動を心配し、急速にビットコインへと逃避する。通貨の信頼喪失がビットコイン急騰のひとつの背景だが、これはドルなどの他の通貨でも同じようなことが起こる。

ところで、ビットコインの市場は金や通貨のような他の市場のように操作されてはいない。市場の動向を素直に反映している。その意味ではビットコインの上昇は、既存の通貨の危機を現している。

ビットコイン急騰にはさらに別の背景もある。いま中国はAIIB(アジア開発投資銀行)で集めた資金を活用し、「一帯一路」という広大なユーラシア経済圏を形成する構想を進めている。これでこれまで世界経済につながっていなかった何億人もの人々が参加することになる。これらの膨大な数の人々が、ブームにのってビットコインを購入するとデータにはある。

銀価格の動き

Q7:
金と銀、そしてドルの価値との関係はどのように推移するのか?

A:
2003年くらいだが、ウエブボットのデータには「ドルの死」というキーワードとともに、ダウが20000ドルに上昇し、銀が600ドルに高騰するとのデータがずっとあった。いまでもこのデータは存在している。いまダウが20000ドルの王台に乗る勢いなので、このデータが実現しつつあることを示している。したがって、これから銀も勢いよく上昇するはずだ。

銀が急騰する理由はいくつかある。ひとつは新興国の人々の所得は低いので、資産を守るためには金ではなく、まだ価格の安い銀を買う傾向が強いことだ。また、インドや中国などの国々では、政府による金の没収が実施されるとデータにはある。このため、銀に乗り換える人々が増えるのだ。

この銀の急騰は、1月最初の取引日から始まるとデータにはある。データでは、20000ドルのダウ、600ドルの銀、そしてビットコインの急騰という3つの要因が相互にリンクして進むとある。

もちろん「600ドル」というのは、集合的な感情が強く反応する値である。つまり、「高騰」を表現する象徴的な言葉であるということだ。したがって、実際に600ドルまで上昇するかどうかは分からない。しかし、124ドルと345ドルという2つの数字もデータにはあるので、このレベルまで急騰する可能性は否定できない。

金価格の動き

Q8:
では、金の価値はどうなるのか?

A:
データでは、金はこれから急騰するとある。金の暴落の予想もあるが、金はこれとは逆の方向に動くことだろう。

大きな戦争の可能性

Q9:
今年、大きな戦争が起こる可能性はあるのだろうか?

A:
今回のデータには、「戦争」というキーワードは確かに存在している。しかしこれは、異なった支配勢力の間の抗争のことだ。これは実に激しい戦いとなる。

ロシアが核戦争の引き金を引いたり、アメリカが戦争を仕掛けたりするようなデータは一切存在していない。ウエブボットのデータから見ると、2017年や2018年はアメリカの経済が悪化するため戦争どころではなくなるとある。反対に、海外に展開している米軍基地の閉鎖が相次ぎ、米軍が本国に帰還してくるはずだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこれを読んで、少し前にゲリーさんが銀を買って下さいと言っていたことを思い出しました。
 その時、なぜ金ではなくて銀なのかと不思議でしたが、新興国の人々の所得は低いので、金ではなくて銀に買いが集まるという説明には納得できるものがあります。
 ウエブボットでは2017年の取引開始からNY銀は急騰するとありますが、急騰とは言えないまでも、年末の16$から17$近辺までじりじりと値を上げています。

 今もヤスさんのメルマガではウエブボット追加情報が続いています。
 興味深い情報があったら、また紹介したいと思っています。

 私はとりあえず、ネットでビットコインの入門書を注文してみました。
 ビットコインに関して、少し勉強してみようと思っています。



ゲリーさんの2017年予言...2017年1月15日

 1月11日に行われた神秘家ゲリー・ボーネルさんの2017年予言セミナーに行ってきました。
 色々な話が出たのですが、私が印象に残ったものの中で、いくつかを紹介したいと思います。
 このセミナーはDVDで売り出す予定のようで、録音・録画は禁止でした。そのため筆記でメモしたために、正確でない部分もあると思います。その辺はご承知おき下さい。

 まず旬の話題である米大統領選挙に関してです。
 興味深いことに、アカシャでは、去年の春の時点ではヒラリー氏が大統領に選ばれると出ていたそうです。
 やはり私たちの集合意識によって、未来はダイナミックに変わっていくということだと思います。

 ゲリーさんは、ヒラリー氏の方がトランプ氏より得票数が多かったと言っていました。しかし州ごとの勝ち負けで決するアメリカの特殊な選挙制度によって、得票数の少ないトランプ氏が勝ったと言っていました。
 これは選挙後にアメリカのマスコミによって発表された内容であり、日本でも伝えられました。
 しかし私は、これには納得できない部分があります。

 選挙戦の間、日本の大手マスコミでは全く発表されていませんでしたが、アメリカのネット投票では、トランプ氏の支持率はヒラリー氏を圧倒していました。
 ネットでは、驚くなかれ、ヒラリー氏の支持率は5%以下で、ひどいときには2%という数字さえあったのです。その同じ時期にアメリカの大手マスコミでは、ヒラリー氏47%、トランプ氏45%といった具合に、ややヒラリー氏がリードしているという発表を繰り返していました。
 もちろんネットを見る層が、全体を反映しているわけではありませんが、ネットと一般の米マスコミが発表する数字には、異様な乖離があったのです。
 その頃アメリカ大手のマスコミは、ほとんどがヒラリー氏支持で、露骨にトランプ氏のネガティブキャンペーンを張っていました。日本のマスコミも、それをそのまま日本に垂れ流していました。
 これがトランプ氏が勝利したことに、多くの日本人が、”意外な結果”と感じた背景です。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、ヒラリー氏をプッシュする米マスコミは、支持率を捏造していたと言っています。
 副島隆彦氏は、不正選挙によってヒラリー氏側が多くのトランプ氏の票を盗んだが、それでも届かなかったと言っています。
 もちろん私には真相はわかりませんが、米マスコミが発表する数字には、全く納得できないものがあります。

 念の為に言っておきたいのですが、私はトランプ氏が大統領に選ばれて良かったなどとは思っていません。
 今回の大統領選挙では、トランプ氏とヒラリー氏を推す勢力の間で、水面下で相当なバトルがあったのではないかと推測しています。表面に現れるマスコミの発表は、ほとんどの米マスコミを牛耳っていたヒラリー氏側の勢力の必至の抵抗だったと見ることができます。
 それが、選挙に勝った後でも、トランプ氏がマスコミを異常に嫌う原因となっていると思えるのです。

 さて、ゲリーさんの予言に戻ります。
 現在1バレル50$代で推移しているオイルですが、5月頃にOPECの決断により高くなるといいます。そして年末には、125$まで高騰するといいます。
 現在、アメリカのエクソンモービルとロシアの大手石油会社の合併話が進んでいるそうです。オバマ大統領は、その合併を止めさせようとしたそうです。
 トランプ氏はエクソンモービル社の株を10億ドル(1140億円)持っていて、合併が実現すると、それが10倍の100億ドル(1兆1400億円)になるそうです。
 それがトランプ氏がロシアとの関係改善に取り組んでいる背景にあるといいます。結局のところ、お金が絡んでいるとゲリーさんは言っていました。

 これから国及び各地域ごとにゲリーさんの予言をまとめてみます。
 これらの予言は2017年に限定したものでなく、2017年から2020年までの期間に起こるというニュアンスでした。

 <日本
 トランプ大統領は世界中から米軍を引き上げようとする。
 日本は、米軍の引き上げにともない、海軍と陸軍を強化する。特に海軍を大きくする。これが経済を刺激し、日本経済はゆっくり上昇する。
 夏に選挙が行われ、安倍首相は首の皮一枚でなんとかつながる。
 2020年のオリンピック時に安倍首相はいない。オリンピックのとき、(安倍首相の次の次に)日本初の女性首相の可能性がある。
 しかし面白いことに、女性有権者の方が女性首相を支持しない。
 25年後には、天皇制は歴史となる。
 今の日本の若者は、天皇制に全く興味がない。若者に天皇制をどう思うかインタビューすると、「天皇制??? アプリの一種?」という答えが返ってくる。
 こうした傾向は世界的なもので、世界中の王政は衰退に向かう。


 <アメリカ
 トランプ大統領は軍事予算を減らす。
 アメリカの過去最大の武器輸出を続けてきたが、それが終わる。
 1990年から2000年代初頭まで、アメリカの企業は海外移転を進め、アメリカの中産階級は没落した。いまやアメリカのアッパー及びミドルアッパークラスは全体の7%となり、残りは全部貧困層となった。
 トランプ大統領は、FRBからお札をする権利を奪おうとしている。同じことをしようとして暗殺されたのが、ジョン・F・ケネディ大統領である。
 今年か来年に、アメリカで国民葬が行われるだろう。


 <中国
 中国経済は大変なことになる。
 中国経済の崩壊は秋になる。
 中国のGDPは、実は−12%となっている。
 中国の借金は最悪の状態で、人民元はどんどん下がる。
 これにより、中国は軍事面で攻撃的になってくる。しかし日本が核を持っていることを知り、侵略を思い止まる。
 ビットコインが急騰しているが、本物に札に変わることはない。


 <北朝鮮
 北朝鮮は核武装をさらに進める。
 (アメリカ領土の)ハワイ、アラスカ、西海岸を脅す。
 北朝鮮は韓国を侵略しようとする。
 北朝鮮と韓国の間で小規模の衝突が起き、何名かが命を落とす。
 しかし北朝鮮の軍部は、韓国に勝てないことを知っている。
 金正恩は具合が悪くなるが、北朝鮮の軍部は金正恩を消してしまう。
 これにより、国民葬が行われる。


 <EU
 ギリシャ、スエーデン、イタリアはEUから離脱する。
 ユーロは下がるので、ユーロを持っている人は、今すぐ売った方がよい。
 ヨーロッパの文化は、失われていく。


 <ロシア
 プーチンの資産は、70億〜90億ドルと巨額なものになっている。
 プーチンはロシア企業のCEOを殺し、資産を増やしている。
 アメリカ(CIA)はこうしたプーチンの資産をロシア国民に知らせる。
 ロシアは崩壊に向かう。


 <中東
 ISISは核を持っている。
 これを中東で爆発させるだろう。
 第3次世界大戦はすでに始まっている。
 2003年のイラク戦争がその始まりで、ISISの核爆発で終わる。
 この核爆発が世界中の人々に、意識の大変革をもたらすことになる。


 <気候変動
 世界的な気候変動が進む。
 アメリカは2018年に干ばつに襲われる。
 ヨーロッパは洪水に襲われる。
 南極から(日本の国土の半分に相当する)巨大な氷河が流れてくる。これは温暖化のせいだが、トランプ大統領は、温暖化は中国が流すデマだと言っている。
 海流の変化が気候変動をもたらし、50年後にはゴビ砂漠は森となっているだろう。


 <投資に関して
 私(ゲリー)の友人で、金(キン)は1オンス、1万ドルになるという人がいる。
 私(ゲリー)は、4000〜5000ドルになるとみている(管理人注:現在は1200ドル前後)。
 オイル以外の新エネルギーに投資するのがよい。
 水素、風力、太陽エネルギーなど。
 それらは20%上がる。


 <災害
 サンディエゴ(カリフォルニア)からアンカレッジ(アラスカ)までのラインで、M11の巨大地震が起きる可能性がある。
 イエローストーンのカルデラの爆発の可能性もあり、今後3年は重要である。

 2017年、日本では大きな地震は起きない。
 2〜3年前は、日本で巨大地震が起きリセットすることを望む人が多かったが、今は望まなくなった。

 2017年は世界的にパンデミックフルーが広がる。
 これまでの鳥インフル、豚インフルの被害よりももっと多くの人が亡くなる。
 それらが流行するのは、インド、中国、マレーシア、アフリカ、ミクロネシア、インドネシアなど、衛生環境が良くない国だ。

 * * *

 以上です。
 なにしろ話している言葉をメモに走り書きしているので、正確に書き取れていません。
 後でニュアンスを思い出しながら書いた部分もあり、通訳の大野百合子さんの言葉使いとは違った表現になっているところもあります。
 正確な内容を知りたい方は、(これから発売されるであろう)DVDを買って観て下さい。

 内容に関してですが、私としては「なるほど」と思った部分もあり、「?」と思った部分もあります。
 まさしく、「信じるか信じないかはあなた次第」というところでしょうか。



ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との出会い...2017年1月8日

 最初からいきなり脱線しますが、ちょっと私の思い出話をしたいと思います。
 私が初めて神秘家ゲリーボーネルさんのアカシック・セッションを受けたときのことです。
 私は将来、どのような仕事をしていますかという問いに対し、ゲリーさんは、ヒーラーになっていると答えたのです。
 私は思わず、「なに言ってるんだ、このおっさんは!」と心の中で叫び、「私はヒーラーになる気はありません!」とむきになって答えた記憶があります。
 というのも私は当時、ヒーラーにだけはなりたくないという思いだったからです。
 印象的だったのは私の反論に対し、ゲリーさんは何も言わず、にやっと笑ったのです。
 今はそんなことを言っているけど、君は将来はヒーラーになってるんだよ、と未来を見通しているかのような、余裕の笑いだったのでしょうか。

 今でも私はヒーラーになる気はありませんが、最近ヒーリングに関して興味が湧いてきて、ケンコバヤシさんの本を読むようになっています。
 ケンコバヤシさんはニューヨーク在住で、ゴッドハンド(神の手)と持つと言われるヒーラーです。
 癌などは当たり前にように治してしまうし、世界で唯一人エイズを治せるヒーラーとのことです。
 今回は、そんなケンコバヤシさんの『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』(マキノ出版)から抜粋して紹介したいと思います。
 この本の中で、ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との交流の場面がとても興味深かったのです。
 船井幸雄氏は2014年12月に亡くなっているので、この3次元では肉体がありません。当然ながらケンコバヤシさんが出会ったのは、霊的な存在となった船井幸雄氏です。

 森美智代さんが断食リトリートをつくるために買った三重県名張市の古民家を改修することになり、ケンコバヤシさんが風水光でお祈りをしているときのことです。
 ケンコバヤシさんがお祈りを始めてしばらくして、古民家から黄金色に光る巨大な大蛇が現れます。この大蛇は古民家の守り神だったのですが、森美智代さんという安心できる買い手が現れたので、役目が済んだとばかり出て行ったのです。
 その大蛇のあとに3人の(霊的な)ガイドが付き添っていました。
 ケンコバヤシさんは、3人のうちの一人が故・甲田光雄氏だということがわかりましたが、後の2人は知らない人でした。
 話はここから始まります。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p57〜p60から抜粋開始>・・・

 舩井先生の出現と新たな導き

 ところで大蛇に付き添っていた3人のガイドのうち、あとの2人は誰だったのでしょうか。気になった私は、森先生にお目にかかったときにきいてみました。
 記憶しているお2人の様子をお話しすると、森先生が「それはきっとS先生」とおっしゃいました。甲田先生といっしょに日本綜合医学会におられた先生だそうです。
 もう1人は、かっぷくがよくて強いエネルギーを持ち、額から美しい光を出している人でしたが、森先生にきいても誰かわかりませんでした。
 ところが、しばらくして甲田先生が現れたとき、その謎が解けました。甲田先生が教えてくださったのです。
 「舩井幸雄(ふないゆきお)先生」
 これが、その人のお名前でした。
 朝になって、インターネットで舩井幸雄先生の写真を見たところ、確かにあのとき大蛇に付き添っていた3人めの人でした。しかも、写真からも美しい光が出ていて、何かしきりに私に話しかけてくる気配を感じました。
 舩井幸雄先生は、日本ではたいへん有名ですので、読者のみなさんもよくご存じでしょう。著名な経営コンサルタントであり、晩年は健康や環境問題、日本にかかわる問題について、貴重な情報を多く発信された人です(ご本人は長く「船井」という字を使っておられましたが、正式には「舩井」ですので本書ではこの字を使います)。
 うかつなことに、私は舩井先生のことも存じ上げませんでした。思い起こせば、森先生から何度かお名前をうかがったようでもありますが、森先生との会話に夢中で気にとめることができなかったのです。舩井先生が2014年の1月に亡くなられていたことも、当然ながら、そのときに初めて知りました。
 その後、驚くべきことが起こりました。
 12月のある夜、舩井先生が甲田先生とともに現れたのです。
 甲田先生が
 「私の友人の舩井幸雄先生を紹介します」
 とおっしゃったあと、温かいソフトな声で舩井先生から
 「君がマスターヒーラーの小林くんかね?」
 ときかれました。
 私は
 「いや、とんでもないです。人にマスターといわれることはありますが、私はまだそこに向かうプロセスにいると思います」
 と答えました。
 舩井先生とお話を続けたところ、先生は
 「実はあなたを探していた。私は生前病気で苦しみ、すぐれた治療を受けたものの、私が忙しくしていたせいか、いつも病気は再発していた。私は必ず治せる治療家がいると信じていて探していた。しかし、あなたは草の根を探しても見つからなかったので、私はいま平和な長い休眠に入っています」
 とのことでした。
 そのため、甲田先生と相談して、人々が私を探しやすいよう、私を世に出すことにしたそうです。私は2014年の春ごろから、ますます人との出会いや講演会などの依頼がふえ、私にかかわる動きが活発になったと感じていました。甲田先生の計らいだと思っていましたが、実はそのバックに舩井先生がいたというわけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうしてケンコバヤシさんは船井幸雄氏と知り合います。
 その船井幸雄氏は「素生(そせい)」という言葉を訴えてきます。船井氏は「素生を大切にした生き方をしないと、これからの日本はダメになる」と危惧しているというのです。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p138〜p147から抜粋開始>・・・

 それは舩井先生のメッセージから生まれた

 私が75歳の誕生日を迎えた2015年の8月11日、故・舩井幸雄先生からメッセージが届きました。
 「君にお願いしたでしょ。これからの新しい医学は、リコンシデレーション(reconsideration)ということで」
 というメッセージでした。「リコンシデレーション」は、再考、再審などの意味を持つ言葉です。
 私は、とっさに
 「再生ですか」
 とききました。
 私が日本に来るようになってから、ご縁があって知り合った白鳥哲監督の映画で、ちょうど「蘇生(そせい)」というのをやっていたので、その連想で「再生」という言葉が浮かんだのです。
 すると、
 「それは映画であって、君は医者なんだから「素生(そせい)」でたのみます」
 とおっしゃいました。
 「素生」
 私はこんな言葉は知りません。私だけでなく、誰も知らないでしょう。それも当然で、舩井先生の作られた新しい言葉です(素生と書いて「すじょう」と読むことはありますが、これは「素性」と同じで別の言葉です)。
 私との会話の中で生まれたことを思うと、少しあつかましくいわせてもらえば、舩井先生と私とで作った言葉といってもよいかもしれません。
 リコンシデレーション(reconsideration)は、一般的な訳では再考や再審ですが、舩井先生の考える訳語は「素生」というわけです。
 なるほど「素」という字には、原点、おおもとといった意味合いがありますから、そこに帰るという意味にもとれます。しかし、単なる再生や蘇生とは異なり、原点を大切にする、おおもとに立ち戻るというシンプルかつ強い意味が込められています。
 さらに、素生を逆に読むと「生きるもと」となります。幾重にも意味が込められた言葉であることと、「それが舩井先生の希望なのだ」ということを直感しました。
 そこで、本章では、舩井先生のメッセージをもとに、「素生」という言葉に込められた意味や思想を紹介していきたいと思います。

 「生きるもと」でありすべての原点

 現代の科学は、方向性として全体を分割し、細かく分析していき、すべてのものが素粒子でできていることを突き止めました。
 「素生」は素粒子の中に存在するもので、すべてのおおもとの原点です。素粒子の中に息づいているもので、その考え方は、すべてを切りきざんで細かくしていった現代科学とは逆に、その原点からすべてのものが出発しています。
 生きるもとであり、すべての原点である素生がなければ始まらない。素生が素粒子の中に息づいているからこそ、素粒子やその波である量子波(りょうしは)は意志を持ち、人の思いで動いたり変化したりするということになります。
 素生は生きることそのものであり、すべての原点という意味では愛の息吹ともいえます。
 その原点が「忘れ去られつつあるのではないか」というのが、舩井先生の最も大きな危惧です。そこで、「素生」という言葉を発信して、その危惧を明らかにしたいということなのでしょう。
 素生は人体だけに関する言葉ではありません。
 なぜ宇宙ができたのか。なぜ地球があるのか。なぜ太陽は水素を燃やして熱と光を発しているのか。それは、彼らが彼らとして生きるための素生だからです。惑星もすべて素生に従って活動しているわけです。
 そして、自らの状態を改善しながら生きています。そのためには、人間にとっては不都合でも、地震も起こらなければいけないし、津波も発生しなければいけません。人が体を治すように、彼らもひずみを調節しています。そのおおもとも「素生」ということになります。
 このように、理屈で説明しても、なかなかわかりにくい部分があると思いますので、次からは例をあげながら話を進めましょう。

 素生を大切にして作られたおにぎりの話

 2015年10月、さまざまな講演会やワークショップなどが行われている「舩井フォーラム2015」に参加したところ、秘書が「先生、おいしいおにぎりがありますよ」といって、おにぎりを2つくれました。
 1つは白米のおにぎり、もう1つは玄米のおにぎりでした。私は2015年8月から、少食より少ない微食(びしょく)を実行しており、それがとても心地よいと感じていたので、「おにぎり2個は食べられないなあ」といいながら、2種類のおにぎりを秘書と半分ずつにするつもりで食べ始めました。
 ところが、ことさらおなかがすいていたわけでもないのに、しかも、微食を続けている自分には多すぎると思っていたのに、食べるのをやめられなくなり、けっきょく、全部1人で食べてしまったのです。
 「あっごめん。食べちゃった」
 といったあと、「呼ばれている」と感じて秘書に「これを作ったところに連れて行って」とたのみました。秘書は「あ、先生、始まった」といいながら、そのブースに連れて行ってくれました。
 そのおにぎり屋さんのブースにいた男性に、
 「実は、私は少食で、おにぎり1個でいいのにおいしくて2個食べちゃいまして。お礼をいいたくて来ました。私は講演会に来た小林といいます」
 と挨拶し、名刺を交換したら、その人はおにぎり屋さんの社長さんでした。ふと見ると、目の前に、舩井先生のご長男であり、舩井本社の現社長である舩井勝仁さんの写真がドーンとありました。
 話は少々さかのぼりますが、舩井先生の魂が私のもとに現れ始めてからしばらくすると、しきりに「息子(勝仁さん)に会ってほしい」とおっしゃるようになりました。しかし、日本の現実社会では、舩井先生と何のつながりもない私が、勝仁社長に「会ってほしい」といっても、なかなか会えるものではありません。
 一応、勝仁社長の秘書にお願いしてはみたのですが、「忙しくて時間がとれません」とのことであきらめました。しかし、舩井先生は「絶対に会うはずだ」というのです。
 そのころ、すでに懇意になっていた白鳥監督に、何げなくその話をすると、「僕は彼とは友達のようにつきあっているので、僕からいっておきます」といってくださいました。さらに、舩井先生が「これからの君のパートナー」といって出会いをくださった増川いづみ先生(音叉を使ったサウンドヒーリング)の第一人者で栄養学およびバイオ電子工学博士)も、勝仁さんと親しいとのことで、「かっちゃん? 私からいっておくわよ」といってくださいました。
 おかげで、話は一気に簡単になり、白鳥監督の事務所で勝仁社長にお目にかかることができたのです。初対面から親しく話させていただき、お父様である舩井先生の言葉も伝えました。そのご縁で、舩井フォーラムにも参加し、講演をさせていただくことになったわけです。
 その勝仁社長のお顔が、おにぎり屋さんのブースにあったので、私は驚きました。舩井フォーラム内とはいえ、勝仁社長の顔写真が大きく飾られているブースはめったになかったからです。きけば、2人はパートナーとして仕事をいっしょにやっておられるそうです。その社長さんは、
 「うちの米がなぜおいしいかというと、何年も前から、いい米の種もみを使っていい米を作り、またいい種もみを厳選して……とくり返しできたからです」
 とおっしゃいました。その言葉を聞き終わったとたん、私の右の耳に
 「素生だよ」
 という舩井先生の言葉が聞こえました。
 舩井先生は、勝仁社長も関係してなされている「素生を大切にした仕事の例」を私に見せたかったのでしょう。秘書がその日に限って私におにぎりをすすめたわけが、それでわかりました。
 農薬や化学肥料など、簡単に使えて効率を上げられるものにたよらず、いい種もみを選んで誠実に米を作り、そこからまた、いい種もみを選んで……とくり返していく。本来はあたりまえのことかもしれませんが、いまは多くの場面で失われているその精神が「素生を大切にする」ということなのです。
 舩井先生は「素生を大切にした生き方をしないと、これからの日本はダメになる」
 とおっしゃっています。効率性、企業性、工業性などばかりが重視され、本当のもの作りが忘れられつつあるいま、舩井先生の危惧は痛いほど理解できます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、ケンコバヤシさんが和歌山県の「ゆの里」に歴史上の人物から、ヒーリングのために呼ばれたという話を紹介します。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p189〜p193から抜粋開始>・・・

 本書に書いたとおり、2009年にたまたまニューヨークで船瀬俊介先生の本を見つけたことが、すべての始まりとなり、以来、信じられないようなことが次々に起こっています。しかも、その動きは、どんどん加速しているように思えます。
 2015年にも、驚くべき出会いがありました。
 実は、一度日本で治療したことをきっかけに、ご夫婦でニューヨークのクリニックに来てくだきっていた患者さんが、2013年ごろから「先生、いい水があるんです。温泉もいいので、ぜひ一度行ってください」とおっしゃっていました。それは、和歌山県の「ゆの里」というところで、そこでとれる水に、とてもパワーがあるということでした。
 「残念ながら、温泉に行く時間はとてもないですねえ」と、おことわりしていたのですが、たまたま今回、秘書が休暇中にその場所を訪れました。すると、そこには、温泉が湧き上がったときのめずらしいエピソードなどがあるうえに、映画監督の白鳥哲さんが講演会や上映会を行っていたり、舩井本社の舩井勝仁社長もイベントで来ていたりと、つながりが深いことがわかったのです。
 秘書は、「次はうちの先生を連れて来ます」と約束して帰って来ました。その後、夕方の6時に現地に着いて、翌朝の10時に発つという強行スケジュールながら、なんとか行けることになりました。
 こうしてゆの里に向かうと、どうしても私の頭の中に「お母さん」という言葉がしきりに出てくるのです。
 ゆの里では、その旅館の先代のお母様が「ここに必ず温泉が出る」と取りつかれたように主張され、やがて地震が起こったとき、その言葉どおりに温泉が出たというエピソードをうかがいました。
 「お母さん」という言葉はこれか、と思い、「お母様にお目にかかれますか」ときくと、「入院していて会えない」ということでした。
 その夜、床についたとたん、「起きなさい。君、何しに来たの?」という太い声が聞こえました。見ると、すごくかっぷくのいい男の人が窓ぎわに立っています。その人は、「私が呼んだのに、何をしているんだ」と苦情めいた口調でいって、こう続けました。
 「実は、昔、ここではすごい戦争があったんだ」
 その瞬間、生々しい戦争の様子が窓の外に見えました。私は「見たくない」といったのですが「見てほしい」とたのまれました。
 「戦いのあと、私がここを治めたのだが、たくさんの人が傷ついたので癒しが必要だ」といいます。癒しの地になるよう、「ここから温泉が湧く」と、お母さんにいわせたのは、彼だったというのです。しかも、「癒しに必要な人が病気になったから、その病気を治してもらうために君を呼んだ」といいます。どうやら、その旅館のお母様を治してほしいという依頼だと、ようやく理解しました。
 朝、社長さんに「なんだか知らないけど、織田信長みたいに威圧感のあるかっぷくのいい人が出た」というと、即座に「坂上田村麻呂(さかにうえのたむらまろ)でしょう」という答えが返ってきました。私は知りませんでしたが、その地を治めた歴史上の人物だったのです。
 話を開くと、社長のお母様は心臓病や糖尿病などが重なって施設に入っており、息子である社長さん以外は会うことができないといいます。
 そこで、私は社長さんの手を使って、お母さんの治療をすることにしました。私が量子波を送ると、彼の手から花が咲いたようにホワイトスポット(白い粒)が出て、ヒーリングパワーが出てきました。
 驚く彼に、ヒーリングパワーの使い方を教え、お母様を治療してもらいました。翌日きいたところ、お母様の調子がよくなっているとのことで、ホッとしました。
 どうやらお母様の癒しとともに鍼灸師の森美智代先生が断食リトリートを作った三重県の名張と、和歌山県のゆの里をつなぐために、私が行く必要があったようです。
 これから先、名張とともに、ゆの里が根拠地になるというメッセージも入りました。
 日本はいま、いろいろな意味で瀬戸際に立っており、それを救うために故・舩井幸雄先生がメッセージを送っています。舩井先生によると、日本を救う160人がいて、その人たちを支える160人がいるそうです。合計320人が日本を救う中心になるということで、私はどうやらその人集めにも使われているようです。
 おそらく、今後はさらに「160人+160人」との出会いが加速していくのだろうと予測しています。
 この320人に限らず、この日本に、素生力を持つ人が1人でも2人でもふえることが、これからの日本の進む道を大きく左右するのは間違いありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・



トム・ケニオン氏とアルクトゥルス人との交流記...2017年1月3日

 スピリチュアルに興味のある方は、トム・ケニオン氏の名を知っている方が多いと思います。
 チャネラーとして有名で、『ハトホルの書』(改訂版は『新・ハトホルの書』)は、スピリチュアルに興味のある方々に広く読まれている本です。
 今回は『アルクトゥルス人より地球人へ』(トム・ケニオン&ジュディ・シオン著、紫はとる訳、ナチュラルスピリット)から、そんなトム・ケニオン氏と地球外知的生命体であるアルクトゥルス人との交流の記録を紹介させていただこうと思います。

 同書によると、そもそも地球人類の進化のためにハトホルを地球に迎え入れたのは、アルクトゥルス人なんだそうです。そしてハトホルを邪悪な存在から守る役目を果たしているのが、アルクトゥルス人だそうです。
 そういった経緯から、ハトホルの集合意識をチャネルしていたトム・ケニオン氏が、アルクトゥルス人と接触するようになったのは必然なのかもしれません。

 アルクトゥルス人は主に5次元にいるそうで、そうした高い次元にいる存在が、私たちの3次元まで振動数を落として物理的に現れるためには、膨大なエネルギーが必要だといいます。
 そこで最初はテレパシー的な方法で、トム・ケニオン氏に語りかけてきます。
 トム・ケニオン氏が山にハイキングに行った帰り道でそれは起こります。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p12〜p17から抜粋開始>・・・

 私がはじめて別の世界からやって来たこの存在たちに遭遇したのは、南仏ラングドック地方のビュガラッシュ山という神秘的な山がのぞめる土地でした。

 気乗りのしないコンタクト

 その日、南フランスのピレネー地方では、横なぐりの風が吹きすさんでいました。私が山道をゆっくり登りはじめたときから、すでに谷には厚い雲が垂れこめていました。
 渓谷のこの斜面には頂上につながる登山道がいくつも走っており、たびたび私はこの付近にハイキングに来ていたのです。頂上からの眺めは息をのむような絶景で、そこに立つとなんともすばらしい高揚感が味わえるのでした。しかし山中の曲がりくねった道はまるで迷路のようで、下る途中に何時間かさまよってしまうこともしばしばありました。
 この日もすでに午後の遅い時刻になっており、私は登山道の入り口めざして下山しはじめました。太陽は厚い雲に覆われ、すっかり姿を隠していました。途中、地面から大きな岩が露出していたので、岩に腰をおろして一息つきました。目の前には広大な風景が開けています。谷をはさんだはるか遠くには、暗い雲の合間からビュガラッシュ山が顔を出していました。耳もとでごうごうと風がうなり、谷底を見下ろすと霧が切れ切れに吹き流されていきます。
 あたりの景観にすっかり心をうばわれていた私は、ふと目の前に強い気配を感じ、われに返りました。肉眼には見えなくても、ある存在の印象が強烈に伝わってきたのです。そしてなぜかはわかりませんが、それがアルクトゥルス人だということがただわかったのです。
 私は彼に、どこから来たのかと訊ねました。
 すると彼はアルクトゥルスの宇宙船からやって来たと答え、宇宙船は今はビュガラッシュ山の中に停泊しているのだと言って、谷の向こうに見える山影を指したのです。
 彼の話は私の頭の中で聞こえました。聞こえるといっても、視覚と同じで肉体の聴覚器官で聞こえるわけではなく、じかに彼の話が伝わってくるのです。はげしい風の音にかき消されるどころか、彼の最初の言葉は、声で話されるよりはるかに深く切迫した響きを伴っていました。
 「あなたに変化の風が吹いています」
 その漠然としたものの言い方に、私は少々むっとして聞き返しました。
 「だから何だって言うんです?」
 「あなたと、あなたの世界が変容しつつあるのです」彼はこともなげに答えました。
 私はいっそうむかつきました。
 ここで読者のために少し補足しておくべきでしょう。その頃の私は、肉体のないさまざまな存在たちとの接触を数知れず経験し、そのことで精神的な窮地に陥っていたのです。天使、地球の守護者、自然界の精霊、ハトホルのような次元を超えた存在、そのうえ今度はどうやら異星人らしい……このような(異なった知覚世界からの)存在たちはみな比喩的で漠然とした話し方をする傾向があり、その言葉にはたいてい切迫した重大な調子がつきまとっていました。こうした超人的な感覚で伝えられる典型的な口調に、私はいささか閉口させられていたのです。あまりにも多種多様な異次元の存在と、あまりにも数多く遭遇した結果、この種の宇宙意識による比喩的な話は、少なくとも当時の私にとっては紋切り型の陳腐なものにしか聞こえず、不信感がつのる一方でした。
 さて、そのアルクトゥルス人は、私の苛立ちをよそに話しつづけました。私の人生や「使命」について具体的なことを語るのです。彼のタイミングは最悪だったと言えるでしょう。私はこのとき思考の泥沼で立ち往生し、あらゆることに懐疑的だったからです。彼が語りかけてくることに、私の一部ではたしかに真実を感じとっていたのですが、残りの大部分の私は、いわゆる「使命」などという概念も、その具体的な内容もいまいましく感じられるばかりでした。そのとき告げられた私の使命の中身はここではどうでもよいことで、大事なのはその後の展開です。
 私の怒りはついに爆発しました。言葉はよく憶えていませんが、私の目に見えるように物理的に姿を現す気がないのなら、これ以上こんな馬鹿げた会話をつづけるつもりはないと言い放ったのです。
 すると彼は、自分の波動を私のレベルまで下げるには膨大なエネルギーがいるので、その代わりに空の雲をはっきりわかるように変化させて、彼が私自身の空想の産物ではないことを示そう、といった意味のことをもってまわった言い方で話しました。
 見上げると、空は一面に暗雲で覆いつくされています。
 話を逸らされて気分を害した私は、「どうやって、それがあなたの仕業だとわかるのですか?」と問い返しました。
 「雲を分けて、雲間から太陽をお見せしましょう」と彼は答えました。
 私はそれに時間制限をつけました。これから私が谷まで下ってラバドゥに帰り着くまでのあいだに太陽が見えなければ、それ以上は一刻の猶予もないと告げたのです。
 そして私はいまいましい会話を切り上げ、急いでふもとの登り口に向かって歩きはじめました。途中、最初の曲がり角にさしかかったとき空を見上げました。
 すると驚いたことに、空を覆っている厚い雲のごく一部に、うっすらと明るい円が現れていたのです。私はわが目を疑いました。谷に垂れこめた一面の暗い雲のなか、そこだけがわずかに淡いグレーで、それが少しずつ広がっていくようにも見えます。あの淡い光の円の奥に、ほんとうに太陽があるのだろうか?
 私はわけもなく急に足を早めました。
 おそらく、これがもしほんとうにあのアルクトゥルス人の仕業だとしたら、のんびり時間を与えてなるものかと思ったのでしょう。彼の典型的な曖昧さや、人生の使命に関するコメントがしゃくに障ってまだむかっ腹がおさまらなかったのです。
 自分の反応に半ばあきれながら、私はさらに急いで山道を下りました。
 次の曲がり角で、またふり返って空を見上げた私はぎょっとしました。谷全体がすっぽり分厚い雲に覆われているというのに、私の頭の上には、さっきよりもさらに明るくなった円がはっきりと見えるのです。しかもその背後にはあきらかに光の兆しが感じられました。
 私は文字通り転げ落ちるように山を駆け下りました。自分の愚かな反応も呆れたものでしたが、地面には砕けた岩がごろごろしているのですから、危ないばかりか足を踏みはずせば崖から谷底へ真っ逆さまに転落していたでしょう。
 登り口まで来ると、一度もふり返らず、広い草原をつっきって一目散にラバドゥめがけて走りました。いつもなら草原のへりをぐるっと迂回する小道を歩き、左に曲がって、古い街レンヌ・レ・バンとラバドゥを結ぶ、かつて人や荷馬車が往来していた街道をたどって帰るのですが、このさい遠回りしている暇はありません。私は最短の直線コースをとることにしたのです。
 一刻を争う気分でその広大な草原を横切り、まっすぐラバドゥ周辺に見えている木立に向かいました。草原を過ぎてラバドゥにかかる小さな橋までやって来たとき、ようやく私はふり返って空を見上げました。
 すると雲の中の円はますます明るく、うっすらと太陽の輪郭さえ見えているではありませんか。
 私は勝負に出ました。アルクトゥルス人は雲を分けて太陽が見えるようにすると言っていた。ならば、太陽は雲に隠れていないばかりか一片の雲もかかっていてはならないはずだ。まだ勝算はある。そのわずかな可能性に賭け、私は全力をふりしぼってラバドゥへの橋を渡り、夫婦で滞在していたアパルトマンの石段を一気に駆けのぼりました。そして部屋につづくバルコニーの開き戸にたどりつくやいなや、空を見上げました。
 雲の中の円は、そこだけ空が丸くくり抜かれたように雲がほとんど晴れ、霧のような淡いベールごしに太陽がくっきりと現れていました。空全体はどこを見てもすっかり分厚い暗雲に覆いつくされているというのに……
 それから何年もして、このアルクトゥルス人の名前がフレフィオスだったことを知りました。でもその当時は誰なのか気にかける余裕もありませんでした。結局のところ、私は住み慣れた知覚の箱から外に出るのが嫌で、心理的に退行して亀のように甲羅に閉じこもっていたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 その後、トム・ケニオン氏はアルクトゥルス人の宇宙船が発する音に魅了されます。その音は、物理的に耳で聞こえる音ではなく、クレアオーディエンス(透聴力、霊聴)と呼ばれるものだといいます。
 しかしトム・ケニオン氏は、その宇宙船の音に近い音を探してミキシングし、録音機に録音することに熱中します。
 そして遂に60分強の録音を完成させるのですが、その作業中にアルクトゥルス人のヘルプを感じていました。
 その話も興味深いのですが、引用が長くなってしまうので、その部分は割愛しました。

 次に本格的なアルクトゥルス人との接触が始まります。
 それは、物理的に宇宙船が降りてきて、私たちと接触するといったイメージとは少し違ったものです。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p24〜p31から抜粋開始>・・・

 妻のジュディと私はラタトゥイユの残りとジャガイモで夕食をとり、少し読書をしてから休みました。
 午後のハイキングでぐったり疲れていた私は、すぐに眠りに落ちました。夢も見ない深い眠りでした。すると、どうしたわけか急に早朝5時に目が醒めたのです。それもただ目醒めたのではなく、はじかれるように飛び起きて身構えたのです。妻のベッド脇のテーブルにある時計に目をやると、デジタルの数字が今まさに<5:00>に変わるところでした。
 その瞬間、私の一部がビュガラッシュ山に向かって引っぱり出されたのです。それまでにこうした霊的な感覚を数多く経験していなければ、きっと腰を抜かしていたでしょう。でも私は冷静そのものでした。自分がアルクトゥルスの宇宙船に連れて行かれることがわかり、そこに何の危険もないこともわかっていたのです。
 頭脳がいつものようにフル回転して、もしや私は昼間のハイキングで疲れすぎ、精神に異常か変調をきたしたのだろうかと考えました。しかしそんな考えなどおかまいなしに、霊的な心象がさらに勢いをまして怒涛のように流入してきました。
 望めばすぐにこの変性意識状態から抜け出すこともできたでしょうが、力をゆるめ身をまかせていると、その心象はますます鮮明なものになっていきました。私はベッドに横たわったまま、1分ほどその霊的な心象の洪水にひたっていました。次の1分で、寝室にいる感覚が消えました。
 そして私は宇宙船の中にいたのです。少なくとも私の変性意識では、それがはっきりわかりました。
 私を迎えてくれたのは、あのときのアルクトゥルス人でした。山の上で話しかけてきて、その後『ライトシップ』の録音を助けてくれたフレフィオスです。
 彼は淡々と、こちらへどうぞと当たり前のように言いました。
 それだけ言うと、フレフィオスは私の前を歩きはじめます。それは長い廊下でしたが、まったく見たことのないしろものでした。廊下というよりは長いチューブの中のようで、湾曲した壁面にところどころ象形文字のような不思議なシンボルが見えます。それらはとても魅惑的で、私はふと手を伸ばして触れようとしました。するとフレフィオスがすかさず私の手をつかみ、「さわらないでください」と言いました。
 何分か歩いたと思われる頃、彼は立ち止まって壁の象形文字のいくつかに触れました。
 すると壁に丸い扉が現れて、まるでカメラの絞りのようにするすると開いたのです。フレフィオスは私にそこへ入るよう、身ぶりでうながしました。
 入り口をくぐると、扉は閉まって跡形もなく消えました。
 そこは広い食堂のようなホールで、まるで映画『スター・ウォーズ』に出てくる居酒屋のように、多種多彩な風貌の人たちが集まっていました。
 案内役のアルクトゥルス人は、空いているテーブルに私を座らせました。それからカウンターのほうに歩いていって、なにかの装置からカップなとりだすと、それを手にして戻ってきました。
 「これを飲んでください。そうするとあなたのエネルギー場が安定します」
 私がぽかんとして彼を見つめていると、彼はつづけてこう言いました。
 「この宇宙船と同じ波動のものを体内に入れないと、あなたは長くはここにとどまっていられません」
 彼にうながされて、私はカップの液体を飲み干しました。不思議な甘みがありましたが、それ以外は何の味もしません。そのとき、近くのテーブルに誰かが−−いえ、何かがと言うべきか−−座っているのに気がつきました。
 その存在はアルクトゥルス人ではなかったことがあとでわかるのですが、私にとって、彼は巨大なロブスターと人間が合わさったような姿に見えました。容貌は人のようでもありますが、球根のような頭をして、髪の毛はなく、顔の真ん中に巨大な一つの目がありました。ああそうだ、キュクロブス(訳注/ギリシャ神話に登場する一つ目の巨人)に似ているんだ、と私はつぶやきました。
 何組かあるうちの、いちばん大きな腕の一対はカニのはさみそっくりでした。
 私の目は彼にくぎづけになってしまいました。
 するとその存在がやおら立ち上がり、私のほうに近づいてくるではありませんか。ものすごい大男です。背丈が3メートルはあったでしょう。しかも、かなりいきり立っている様子です。
 彼はわれ鐘のようなしわがれ声で言いました。
 「おい俺の姿がおかしいか?」
 部屋中のざわめきがぴたりとやみ、そこにいる全員の視線が私に注がれました。
 「ええ、たしかに」と私。「でもあなただって、私の姿がへんだと思っているんじゃありませんか?」
 彼がニヤッと笑うと、部屋中に笑いの渦が巻き起こりました。
 そのとき、フレフィオスが私をうながし、「そろそろあなたを船長のところにお連れする時間です」と言いました。
 フレフィオスは私をいざなって部屋の奥のほうの壁に向かうと、今度も壁に描かれたいくつかの象形文字に触れてカメラの絞りのような扉を開きました。私たちは食堂を出て、別の長い廊下を進みました。
 トンネルのような廊下のつきあたりが見えてきた頃、私はフレフィオスに、さっき出会った存在は誰なのかと訊いてみました。すると彼は、「ああ、彼はナビゲーターです」と答えました。
 「ナビゲーター?」私は驚いて聞き返しました。
 「ええ、ナビゲーターです。この船には大勢のさまざまなメンバーが乗り組んでいます。そのなかにはアルクトゥルス人でない者もいます」
 つきあたりまで来ると、フレフィオスがまた壁の象形文字に触れました。前と同じような丸い入り口が開き、入ってみるとそこは小さな会議室のようなところでした。細長いテーブルと、椅子らしきものが12脚ほど置いてあります。正確な数までは憶えていません。というのも、そこへ明らかに船長とわかるアルクトゥルス人が数名の側近とともに入ってきたからです。
 船長は私を見ると、「波動を安定させる飲み物がよく効いているようですね」と言いました。
 「食堂で飲んだ、あの液体のことでしょうか?」と私。
 「そうです。あれによってあなたのエネルギー体がこの宇宙船の波動と同じに保たれているので、あなたはこうして今しばらくとどまっていられるのです。あの液体の効き目が消えてしまえば、もうここにいることはできません。そうなる前に、あなたを本船のブリッジ(訳注/艦橋。船全体の指揮所)見学ツアーに案内しましょう。この宇宙船で私たちがしていることの感覚をつかんでほしいのです」と船長は言って、さらにこうつづけました。
 「そのまえに一つ、あなたに聞いておきたいことがあります」
 「何でしょう?」
 「慈悲というものの性質について、あなたと私では見解が異なるようです。私がこの宇宙船の船長としてとったある行動について話しますから、あなたはそれを慈悲のある行為だと思うかどうか聞かせてくれますか?」
 私は彼の問いにいささか当惑しましたが、「わかりました」と答えました。
 「あなたがたの時間感覚でいうと数か月ほど前、われわれはあなたがたの太陽系の外側を巡回していました。この象限におけるわれわれの任務は、銀河間に出没する無法者たちから地球を守ることです。そのとき、われわれは別の銀河からきた宇宙船が5次元空間に隠れているのを発見しました。私は彼らが『フィーダー』である事実をつきとめ、地球にとって直接の脅威になると判断したのです」
 「フィーダー?」と私は問い返しました。
 「人間の中にある否定的な感情を食いものにしている連中です。人間だけではありません。感覚のある生きものはすべてターゲットになります。彼らは、恐怖といった否定的な感情を食糧にしているだけでなく、好んで対立を引き起こします。ただでさえ地球には、外の銀河からの干渉によってこれだけ争いが蔓延しているというのに、それらの卑劣なものたちはさらに事態を悪化させようとしています」
 「それでどうなったのですか?」
 「われわれが発見すると同時に、彼らは攻撃を仕掛けてきました」
 「それから?」私はたたみかけるように訊ねました。
 「反撃しました。われわれのすぐれた火の力で、彼らは木っ端みじんになりました。生き残って地球世界に悪い影響をおよぼさないよう、彼らの宇宙船を素粒子レベルまで粉砕したのです。もちろん生存者は一人もいません」
 その状況に対する私の嫌悪を感じとった彼は、私の目をまっすぐ見つめて言いました。
 「私のしたことは慈悲のある行為だと思いますか?」そう訊ねる彼の声には確固とした響きがありました。
 「私にはよくわかりません」
 「私にはわかります」と彼は言い、こうつづけました。慈悲とはつねに状況しだいで相対的なものです。私にとっては、彼らがあなたがたの地球に、ひいてはどの惑星に対しても害をおよぼすことを黙認しているより、この銀河全体の脅威をとりのぞくことのほうがはるかに慈悲のある行為です」
 「それについては、私もよく考えてみる必要がありそうです」と私。
 「ぜひそうしてください」彼は毅然とした口調で言いました。
 「では私は任務に戻りますから、ここで失礼します。あなたの帰る時間が来るまで、フレフィオスがブリッジを案内します。きっと楽しいツアーになるでしょう」
 船長と別れ、フレフィオスの案内でブリッジに行くと、なんと驚いたことにそこにさっきの「ナビゲーター」が座っていました。彼は私たちが入ってきたのに気づくと少しやわらいだ様子をみせ、かすかに微笑んだようにさえ見えました。
 「食堂でのあなたの対応はお見事でした」とフレフィオスが私に耳打ちしました。「あなたと同じように彼の側でもあなたを奇妙だと感じているに違いない、という洞察はすばらしかった」
 それからフレフィオスは、ナビゲーターの助けをかりて、宇宙船の航行システムを見せてくれました。システムの中心的役割を果たしているのは大きなディスプレー画面で、3次元空間でのこの船の現在位置と同時に、どの次元に存在しているかがアイコンで表示されるのです。
 航行システムの次には操縦室に案内されました。操縦士は自分の思考だけで宇宙船をコントロールしていました。操縦士の思考を宇宙船の知能とつなげることで、自分の意図にしたがって宇宙船を航行させることができるのです。いわゆる外付けの操縦装置のようなものはどこにも見当たりませんでした。
 アルクトゥルスの宇宙船で、私はずいぶん長いあいだ、それこそ何時間も過ごしたような気がします。やがて私はだんだん疲れを感じはじめました。例の飲み物の効き目が切れてきたのでしょう。理由はさておき、体験していること自体がつらくなってきたのです。
 宇宙船からどうやって自分の寝室まで帰ったのかは思い出せません。それは一瞬でした。宇宙船にいたと思ったら、次の瞬間にはベッドの上だったのです。私の論理的思考はこの遭遇と闘っていましたが、私自身は今の宇宙船での体験や船長との会話の鮮烈さに、ただ圧倒されているばかりでした。
 妻のベッド脇のデジタル時計を見ると、数字は<5:00>で止まっていました。しばらく見つめていても動く気配はありません。私は眠りに落ちました。
 次に目が醒めたとき、時計はまだ<5:00>のままでした。すこし触っていると動き出しましたが、時刻を合わせ直す必要がありました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私もやはり、トム・ケニオン氏と宇宙船のナビゲーターであるアハトゥル人とのやり取りに魅了されてしまいました。
 もし私が同じ場面に遭遇したら、3メートルの巨大な一つ目のロブスターの化け物の前ですくんでしまい、何も言えなかっただろうと思います。
 トム・ケニオン氏の機智に富んだ切り返しに感心してしまいました。

 最後にトム・ケニオン氏を宇宙船に案内したアルクトゥルス人のフレフィオスが語った話を紹介します。下記引用文で、「チャネル」とはトム・ケニオン氏を指しています。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p209〜p210から抜粋開始>・・・

 はじめにお伝えしたように、このチャネルがラバドゥに近い山中で出会ったアルクトゥルス人は私です。そして『ライトシップ』の音声パターンの録音に協力したのも、ビュガラッシュ山に停泊していた宇宙船へと彼をいざなったのもこの私でした。ですから締めくくりに、彼がはじめて私たちの宇宙船にやって来たときのことに関して少しコメントしたいと思います。
 彼の訪問は乗組員のあいだでずいぶん話題になりました。ナビゲーターとのやりとりに、全員が大喜びだったのです。実際、このチャネルにとってナビゲーターの風貌はとても奇妙に映りました。その異星人はあなたがたならさしずめ「交換乗組員」とでも呼ぶだろうメンバーで、アハトゥル人という、あなたがたには未知の種族です。アハトゥル人たちはかなり独特で、その集団もユニークです。身長はたいてい3メートル前後で、ひたいの真ん中に目が一つあります。そして何対かある手の一対が、このチャネルの視覚的心象によればロブスターのはさみのように見えました。
 アハトゥル人たちはその容貌をとりわけ気に入っていて、その美意識を共有できない者に対してはやや強く出ることもあります。このアハトゥル人のナビゲーターも彼に近づいて挑発しかけたのですが、それに対する彼の応答はきわめて機知にとんだ見事なものでした。へんに見えるのはおたがい様だと言ったのです。そのあと私が彼をブリッジに案内したとき、そこにいたナビゲーターはすっかりなごやかになっていて、ユーモアさえ解していました。
 宇宙は多種多彩な知性体にあふれています。地球人に似ている存在もいますが、多くはそうではありません。なかには人間とは似ても似つかない存在もいて、そのあまりに変わった姿に、頭で理解しようとすれば想像力を思いきり広げなければならないでしょう。私のお勧めは、異星人を見かけで判断しないことです。
 表面の奥にある、その存在の個性と本質を見てください。そしてその文明がどれほどあなたと違う文化的価値観を持っていようとも、それを認めなければなりません。
 視覚的な心象の話が出たついでに、私たちアルクトゥルス人の一般的な見かけについても少し話しておきましょう。私たちの容姿は人間とよく似ています。目が2つ、鼻と口が1つずつ、耳が一対あり、2本の腕の先にはそれぞれに手があり、親指だけが向かい合うようについています。脚も2本あります。顔はやや角張っているため、あるエネルギー状態では馬に似て見えるかもしれません。
 実際、アルクトゥルス人の見かけは本人のエネルギーによって変化し、また見る人のエネルギーによって異なります。その両方が混ざり合っているのです。私たちは5次元かそれより高い次元に存在していますが、あなたがたの脳は3次元の現実に合わせてパターン化されているので、大半の人々は期待という分厚いフィルターをとおして私たちの姿を見るでしょう。これは高い次元の存在と出会うとき、よくありがちなことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アルクトゥルス人に興味を持っていた私は、リーディングセッションでアルクトゥルス人の容姿に関して質問したことがあります。
 ネットでアルクトゥルス人を検索すると、身長が2.5メートルぐらいで、顔が馬に似ているとあったので、そうなのか聞いてみました。
 すると、身長はそのぐらいで、顔は面長なので馬に似ていると感じるが、基本的に人類と同じという答えでした。
 その記憶があったので、フレフィオスがアルクトゥルス人が「馬に似て見える」と言っている部分を読んで、思わず笑ってしまいました。



[トップページ] このページの先頭へ