2017年

[トップページ]

投資に関する話

不動産に関する話

人工知能に思う

世界大恐慌の時期について

安部司さんの添加物にまつわる話(その2)

朝鮮半島有事について考えてみました(その2)

安部司さんの添加物にまつわる話(その1)

朝鮮半島有事について考えてみました

松久正氏が語る松果体の機能

サアラさんが語る感情のメカニズム

電子レンジの実験結果

中国は金本位制を目指している!?

サアラさんの夢ワーク

サアラさんのお金の話

食の話いろいろ

食品添加物に指定されない添加物

ヤスさんのビットコイン情報(2)

サアラさんが語る死後に気をつけなければならないこと

ヤスさんのビットコイン情報

ゲリーさんの2017年予言

ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との出会い

トム・ケニオン氏とアルクトゥルス人との交流記

投資に関する話...2017年6月19日

はじめに

 当HPを数年前から訪問されている方はご存じだと思いますが、以前は投資に関する記事をよく書いていました。
 でもここ数年、私は投資から完全に遠ざかってしまい、記事も書かなくなりました。
 そんな私ですが、実は先週、ある物(ぶつ)に投資をしたのです。

 私は当HPで、いずれ世界大恐慌がくると何度も書いてきました。
 その恐慌の時期が正確に読めないので、ポジションを張るのは危険と判断し、恐慌が起こってマーケットが大暴落した後を狙うというスタンスでした。
 その私が投資をしたというのですから、以前の記事を読まれた方は納得されないかもしれません。
 それには理由があったのです。それは後述します。

 そんなわけで、今回は投資に関する記事です。
 一度掲載したエピソードもあるのですが、それを含めて紹介したいと思います。


私がこれまでの投資で得た教訓

 私はこれまでの人生で、いろいろな投資を行ってきました。
 一般的な株やFX(外貨預金も含む)はもちろん、デリバティブと呼ばれるオプションや、商品先物もやってきました。海外のファンドと呼ばれるものも投資してきましたし、さらにペーパー類だけでなく、現物の金(キン)や、はてやアンティーク・コインまであります。
 多彩な分野に投資してきたわけですが、数年前にふと、それで収支はどうなったんだと考えたことがあります。
 たぶん、けっこうなマイナスだろうと思いました。
 特に株の損失が多大で、田舎の家なら1〜2軒買えるぐらいの損はしてきたはずです。他はそうでもないのですが、私は株と本当に相性が悪く、ほとんどが損だったという印象です。
 ただ株の大損が、私の人生において、すべてマイナスだったとは言えないと思っています。

 金額で大きな損をしたかわりに、貴重な教訓を得たからです。
 その教訓とは、「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」です。
 最初の頃、株の素人であることをよくわかっていた私は、本や雑誌などを読んで、推奨銘柄を選んで買っていました。結果は当然ながら、うまくいきません。
 やはり一般的に広まっている情報ではダメなことがわかりました。そこで高い顧問料を払い、投資情報を提供する会社からの情報に従い投資してみました。でもやっぱり全然ダメです。むしろ損が膨らんでいくばかりです。
 そこで、投資会社の情報ではなく、自分から有効そうな投資に関する情報を持っている人を探して、その情報に従って買ってみました。すると、さらに目も当てられないくらい大きな損失を出してしまいました。
 私が得た貴重な教訓は、情報に対するお金を払う、払わないに関係なく、人から聞いた情報では損をするということです。
 当時は気づきませんでしたが、これは当たり前の話です。
 投資すれば儲かるとわかったなら、当の本人がこっそりと投資しているはずです。
 その情報を一般の人に知らせるということは、別の目的があるということです。これはちょっと考えればすぐわかる話なのですが、当時の私は全く気づきませんでした。
 もう一言付け加えれば、(私の勝手な印象かもしれませんが)投資のプロと自称する人の予測は、ほとんど当たらないということです。

 ここでちょっと脱線して、株の悪質な手口を紹介しておこうと思います。
 株の情報提供をする会社が、会員に(いかにもインサイダー的な)美味しそうな情報を流します。それを読むと、株が急騰するのは間違いないと思わせるような情報です。
 そこで会員は、買いに殺到します。
 当然、その瞬間、株は上がります。
 株を買った会員は大喜びです。
 しかし次第に上値が重くなります。
 そして徐々に下落に転じます。そして会員が買いに走った値段よりずっと下がってしまい、会員は泣く泣く株を塩漬けにせざるを得なくなります。
 そして塩漬けになった株を持ったまま、何年間も上がるのを待ち続けることになります。

 このカラクリですが、情報を流した会社が、事前に安い株を仕込んでおくのです。
 充分に買い占めたら、会員に美味しそうな情報を流します。
 株が急騰したら、仕込んだ株を売り浴びせるのです。急騰しているので、大きな利益がでます。その利益こそ、会員が買った分の差益です。
 すべての情報提供会社がこんな悪質なことをするわけではありませんが、中にはあります。古典的な方法ですが、これからもこの手口で騙される人は出てくるだろうと思います。

 さて、私は株で大損しましたが、株で大成功した人の例を紹介します。
 ちょっと前のテレビ東京の「カンブリア宮殿」という経済番組だったと記憶していますが、ある青年実業家が登場していました。

http://blog.livedoor.jp/dokuritsu_jison/archives/34099438.html

 若い頃にニートだったという青年は、株で35万円を元手に15億円を儲けたといいます。その彼は、株に投資するにあたり、徹底的に株を研究したそうです。
 私は、人の情報に頼って大損しました。しかしこの青年は、自分で研究して大成功しました。
 この違いは歴然です。
 もちろん、徹底的に研究すれば誰でも儲けられるというわけではありません。この青年の投資に関する人並み外れた才能があって実現したことだと思いますが、大事な点は、この青年が人の勧める銘柄ではなく、自分で研究したということです。

 私は「○○を買えば絶対儲かる」という話を聞いたら、笑って「ああ、そうですか」と聞き流すことにしています。それについて調べることもしませんし、その必要性も感じません。


金(キン)投資に関すること

 冒頭で書きましたが、私はこれまでの投資人生の収支がどうなっているか気になりました。投資の収支に関する家計簿を付けているわけではないので、細かい数字はわかりません。
 私の感覚は、株で大損した分を、金(キン)でいくらか取り戻したはずだが、それでも大幅なマイナスだろうというものです。
 数年前のことですが、(今は受けていませんが、当時受けていた)千さんのお爺ちゃんセッションで、収支を聞いてみたことがありました。
 すると、驚くべき答えが返ってきたのです。
 「プラスである」
 私は絶句しました。
 それまでのお爺ちゃんセッションでは、質問したことの回答は、ほとんどは想定内でした。それが全く予期していない答えが返ってきたのです。
 このとき私が聞きたかったのは、どのくらい損をしているかだったのです。それがプラスという答えに、次の質問に窮してしまいました。

 それまでの私の投資人生の収支がプラスだったという原因は一つしかありません。
 金(キン)投資が、私の感覚を超えて大成功だったということです。
 株で散々な目に遭った私は、自ら投資対象を研究するようになりました。
 そして、株のようなペーパーマネーと、金、銀のような実物商品は、ある一定の周期で交互に相場を繰り返していることを知ったのです。
 時期は21世紀になったばかりの2000年代前半で、これから商品の波動が始まる時期でした。
 これからは金(キン)だ! と確信した私は、ゲリーさんのアカシックセッションを受けたとき、ゲリーさんの見解を聞いてみました。
 「これからは商品の時代だと思うのですが」
 そのときのゲリーさんの答えは、
 「イエス」
 でした。この答えに私は自信を深めました。
 ここで大事なことは、私は自らの研究で、金という投資対象を見つけたことです。
 ゲリーさんに聞いたのは、あくまでも見解を聞いてみたかっただけで、ゲリーさんがノーと言っても投資していたでしょう。

 私にとって幸運だったのは、この時期は金が歴史的な安値だったことです。
 この少し前、米ドルは危機を迎えていました。それゆえアメリカは基軸通貨ドルを守る必要性に迫られていました。金は基軸通貨である米ドルの反通貨として機能しています。金が上がることは、米ドルの価値が下がることです。それゆえFRBは、米ドルを守るため、徹底的に金の売り崩しをしていました。
 当時アメリカは著名な経済学者に、「金は死んだ」と言わしめていました。それほどアメリカは必死でした。
 しかし当時の私は、この事実を認識していませんでした。
 それゆえ、その時期に金を選んだことは、本当に幸運以外の何物でもなかったのです。


金(キン)で150万円を元手に1億円稼いだKさん

 その当時の金投資がどうなったかを、私のゲリースクールの同級生のKさんのエピソードで紹介したいと思います。
 Kさんは、ゲリーさんのアカシックセッションを受けたとき、金がNY市場で1トロイオンス250ドル台になったら買いなさいとアドバイスされたそうです。
 その教えを守り、金が250ドル台になったとき、金先物で投資を開始したそうです。
 時期は21世紀が始まった2000年前後で、日本では1g900円台があった頃です。
 その後、金は大きな下落をすることもなく順調に上昇を続け、Kさんは150万円を元手に1億円を稼ぎだすことに成功します。
 この成功談は、(たしか)日本工業新聞にKさんの顔写真入りで載りましたので、読まれた方もおられるかもしれません。
 当時、日本工業新聞を読んでいなかった私は、Kさんから記事を読ませてもらいました。

 もちろん私も順調でした。
 私の場合はゲリーさんから、「金に投資するなら、かならず現物にするように」と釘を刺されていました。
 ゲリーさんに、私は投資に向かない性格であることを見抜かれていたのかもしれません。
 そこで有り金のほとんどを金のゴールドバー(延べ棒)に替えたのです。
 この投資は大成功でした。

 余談ですが私はゲリーさんの教えを破り、金が順調に上がるので、金の先物取引もやってみました。
 すると1年で420万円もの利益が出たのです。
 当然、税金が掛かってくるはずですが、当時の私は税金の知識が全くなく、払おうにも払う方法がわかりませんでした。そうこうするうちに、忘れてしまったのです。
 そしてそれから数年後、管轄の八王子税務署から、「金の税金が未納です」という連絡がきました。この時、税務署は追徴課税が発生する時期まで待って、税金の取り立てをすることを知りました。
 未納の税金と(罰金という意味合いの)追徴課税、未納期間の利子分まで含めて、130万円を払いました。
 これは、私にとってとてもよい経験になりました。
 その後私は、きっちりと税金を払うように心がけるようになりました。

 私はゲリースクール終了後の8年間、仕事もせずに悠々自適に暮らすことができました。
 もちろん実家に居候することもなく、自分の蓄えだけで生活したのです。
 生活費が必要になると、金の現物(ゴールドバー)を現金に換えていました。これが貧乏な私が、仕事をせずに暮らせたカラクリです。


夢ワークで止められる投資

 私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、サアラさんの夢ワークも実践しています。
 すべての夢がそうだというわけではありませんが、なかには(霊的な)ガイドからの重要なメッセージが含まれていることがあります。
 夢ワークのよいところは、霊的な能力が必要ないということです。
 誰でも夢を見るからです。
 つまり誰でも、ガイドからの有益なアドバイスを得るチャンスがあるのです。
 こんな有難いチャンスをみすみす逃すのは、もったいないと私は思っています。

 2017年3月15日の記事「サアラさんの夢ワーク」で、FXをやろう思い立ったが夢ワークで止められたという体験談を書きました。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_13.htm#info_1309

 また今年に入り、ビットコインに関する記事を2つほど書きました。
 その中で私は、ビットコインに投資するというより、これから普及していくであろうビットコインによる決済に慣れるために、口座を開くつもりだと書きました。
 その口座を開く手続きを明日やろうと思った前日に、見た夢があります。
 以下、夢日記に書いた内容です。

 ・・・<ビットコインの口座開設をやろうと思った前日に見た夢の内容開始>・・・

 私は道端にサイフを置いて、拾わなきゃと思いつつ忘れてしまい、用がある場所に行った。
 帰ってきたら、サイフはあったが、中は空っぽで、現金、カード類はすべて無くなっていた。

 ・・・<終了>・・・

 こんなダイレクトなメッセージも珍しいです。
 私がビットコインの口座開設を止めたのは、言うまでもありません。
 ガイドが止めろと言ってきたのですから。

 このように、FXもビットコインも夢ワークで止めることになりました。
 私は今、八ヶ岳に移住を考えているので、物件を買う資金が必要です。何度も物件の見学をしてきましたが、最後は私の資金の少なさにため息を覚える結果となります。気に入った物件は、私の今の資金では買えないものばかりです。
 そんな状態ですから、FXでもやろうかという誘惑に駆られたりします。
 でもFXは夢ワークで止められてしまいました。
 私の投資はやはり、世界大恐慌が起こったときに、暴落したものを拾う以外にはないのでしょうか。
 ゲリーさんに見抜かれたように、私は投資に向かない性格なので、ガイドは私に投資させないという基本姿勢なんだろうと考えるようになっていました。


夢ワークで与えられた投資情報

 しかしながら、どうやらガイドは私に投資自体をさせない方針ではないようなのです。
 以下、先週の月曜日に見た夢の内容です。内容はほとんど思い出せなかったのですが、指摘された内容が強烈でした。

 ・・・<先週の月曜日に見た夢の内容開始>・・・

 (内容はほとんど思い出せないが)あるものを別の物と認識していたが、それが銀(ギン)だと指摘された。

 ・・・<終了>・・・

 内容はたったこれだけです。
 しかし私は、「銀」というメッセージが非常に重要だと直観でわかりました。
 そこで、まだ夢心地で変性意識が残っている状態で、心の中で以下の質問しました。
 「(このメッセージは)ガイドからのものですか?」
 すると次の瞬間、頭の中を鋭く収縮する力に襲われたのです。かなり強烈な力でした。おかげで眠気も吹き飛びました。
 通常、収縮はイエスで、拡散がノーの意味にとることが多いと思います。
 これはやはり、イエスの意味でよいと解釈しました。
 どうやらガイドは、私に銀を買えと言っているようです。

 今度は水曜日に見た夢です。

 ・・・<先週の水曜日に見た夢の内容開始>・・・

 麻雀でドラの白をポン。親満で上がった。
 次に清一色で上がった。チョンボしたと思ったが、上がっていた。
 実家の改装(意味不明)。
 たくさんの家畜(意味不明)。
 ある人が私のために、(PCを操作して)何か手続きをしてくれている。
 資産(預金?)の3分の1がどうのこうのと言っている。
 私は有名でないので関係ないと言ったら、そうだねと言って笑っていた。

 ・・・<終了>・・・


 麻雀を知らない方は、「親満」とか「清一色」といった麻雀用語をご存じないと思いますが、単純に大勝ちしていると思っていただければと思います。
 どうやらガイドは、私に銀を買えと言っているのは間違いないようです。
 しかし悩ましいのが、どのくらいの量を買えがいいのかということです。
 幸いなことに私は、移住用の物件を買うための(少ないですが)資金があります。
 当初は、ガイドからの投資情報なんてめったに手に入らないので、全額投資しようかと考えていました。
 しかし夢日記を見直していて、この水曜日の夢の内容から、手持ち資金の3分の1を投資すればよいことがわかったのです。

 銀は金と比べて約70分の1の値段です。
 それゆえ金のようにとても現物を買うというわけにはいきません。重すぎて運べないし、銀は酸化するので、保存の問題があります。
 そこで先物にすることにしました(水曜日の夢日記の中で、人がPCを操作して手続きをしてくれていたのは、現物ではなく、先物で買いなさいという意味だと解釈できます)。
 調べてみると、東京工業品取引所の銀の取引単位は10kg単位で、今の銀の相場は1gで60円前後です。
 ですから10kgだと60万円ほどになります。
 私が口座を持つ証券会社の銀の売り買いの手数料は、1回(1枚)につき350円でした。
 先物の一番先の限月(げんげつ)は2018年4月物です。これを買えば、10ヶ月はポジションをキープできます。
 先物なので決済月がありますが、そこでいったん売って、買い戻せば、その後もキープできます。
 その手数料は、10kgにつき売りの350円と買いの350円の計700円です。これを利用すれば、何年もキープでき、現物を持っているのと同じ状態となります。
 もちろん売った値段で買えるわけではないのですが、同じタイミングで行えば、その差はたいしたものではありません。


いまや、見向きもされなくなった銀

 銀を買うにあたり、私は銀のチャートを見て、ため息をつきたくなりました。
 直近では2011年に125円を超えるピークをつけた後、延々と下落基調が続いています。現在の価格は60円ほどです。

http://www.hoxsin.co.jp/delay/chart.asp?mcode=0002

 この銀のチャートを見て、今後上がると予想する人は、ほとんどいないと思います。
 チャート的に上がる要素は何もないように見えます。

 銀の関しては思い出があります。
 何年か前ですが、当時ゲリースクールに通っている知人から、「銀の買い方を教えて下さい!」というメールが来て面食らったことがありました。
 なんでもゲリーさんが、テスラモーターズの株と銀を買えと言っているらしいのです。
 私は、「ゲリーさん、また(しょうもないことを)言い出したな・・・」
 と呆れました。
 これには理由があります。
 私がゲリースクールに通っていたとき、ゲリーさんが「これから金(キン)が上がるので、余裕資金のある人は金を買って下さい」と言ったのです。
 それで金を買った生徒がけっこういました。
 しかし金は、その後、暴落にも近い下落をしたのです。
 それで金を買った人は、苦しい思いをすることになりました。幸いなことに、金は元の値段に戻り、やれやれと売ることができたようです(ただしこれは現物での話であり、先物で大量に買った人は大損となった可能性大です)。
 買ったものがいったん下がり、それが戻って、やれやれとばかり売ることを、「やれやれ売り」といいます(相場もプロは、いったん下がって戻ったときは、必ずその値段から上に行くので、やれやれ売りはやってはいけないというのですが、そんな話はどうでもいいですね)。

 その記憶があったので、ゲリーさんが銀を買うことを勧めたと聞いたとき、本当に懲りないなと思ったのです。
 銀が上がると言ったのは、ゲリーさんだけではありません。
 予言者ジョゼフ・ティテル氏も、金は2倍、銀は4倍になると言っていました。
 しかしいっこうにならないし、そうなる気配も見えません。
 銀の現物を買った人は別ですが、おそらくゲリーさんやティテル氏の予言を信じて先物のポジションを取った人は早々に退散したのではないでしょうか。
 私がそう思うのは、銀先物の取引がほとんどないからです。
 先週末の金曜日の銀の出来高は17枚で、取引価格は1020万円ほどです。
 同日の金の取引高が約464億円ですから、異常に少ないことがわかります。
 これでは売りたいときに売れないし、買いたいときに買えません。
 市場が死んでしまっているのです。もう誰も見向きもしなくなった・・・というところでしょうか。

 しかし、誰も見向きもしないからこそ、妙があるかも・・・と考えたりもしています。
 そういえば、「人の行く裏に道あり花の山」という相場の格言もあります。


「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」は基本

 私は株で大損したことにより、「人が勧めた銘柄には手を出してはいけない」という原則を学びました。
 私は自ら行っている夢ワークにより、銀への投資をすることに決めました。しかしこれを読まれている訪問者の方々からすれば、これは人から聞いた情報になります。さらに私は、人に勧めてすらいません。
 まさかこんな胡散臭い情報をもとに、銀に投資しようとする方はいないと思うのですが、万が一にもいたらいけないので、念の為に付け加えたいと思います。
 ガイドからのメッセージは、エゴが喜ぶものとは限らないのです。
 私は銀が上がると予測してポジションを取りましたが、ガイドには別の思惑があるかもしれないのです。
 つまり銀はこれから暴落するかもしれないし、相変わらず、ずっと静かに下落し続けるかもしれません。
 銀が暴落することを経験させることにより、人生の新たな展開を計画しているかもしれないし、静かに下落する相場を経験させて、新たな学びを計画しているかもしれないのです。
 それゆえ私は、銀が上がらなくても後悔しないつもりです。
 きっとそれには意味があったのだろうと考えることにしようと思っています。

 まあそう言いつつ、期待はしています。
 ただ結果が出るのは数年先だと思っています。それゆえ年単位で維持していけるように投資のポジションを取りました。
 さて、どうなるでしょうか。
 当分先になるかもしれませんが、結果は報告したいと思います。



不動産に関する話...2017年6月12日

 最近、私は土地に関することで、振り回されている感じです。
 メインは田舎(今は八ヶ岳近辺を調査中)に引っ越そうと物件を探していることです。ですが、今は降って湧いたような悩ましい問題に取り組んでいます。
 それは、父から遺産として受け継いだ千葉県の土地に関することです。


バブルの土地の値段

 ことの発端は、今年になってから千葉県の長生村役場からの固定資産税の請求書が届いたことです。
 今までの生涯で、私は土地を買ったことなど一度もありません。家を建てる発想自体がありませんでした。
 ですから固定資産税なるものを払ったことなど一度もなかったのです。
 その私に突然、固定資産税を払えと来たのですから、最初は面食らいました。
 額は、1万円ちょっとでした。
 たいした額ではありません。
 幸い貧乏な私でも払える金額です。

 この土地は、亡き父が私のために買ってくれたものです。
 兄には東京の実家が遺産として残りますが、私には何の不動産もないので、不憫に思った父が私に遺産として残してくれたものです。
 今から30年ちょっと前だと記憶していますが、父が突然、私に土地を買ってくれると言い出しました。その頃、私はテニスに夢中で、よくテニス仲間と千葉県の白子にテニス合宿に行っていました。千葉県の九十九里浜にある長生村は、学生のテニス合宿のメッカである白子町の南に位置しています。
 そこで父は、別荘を建ててもいいのではないかという発想で、長生村に土地を買ってくれると言い出したのです。
 正直なところ、私は全然気乗りしませんでした。でも父の遺産を残してあげたいという気持ちはよくわかりました。
 そこで父と二人で長生村に行って、不動産屋に案内されて、土地を3件ほど見学しました。
 3件見た後、父がどれが気に入ったか聞いてきました。
 私としては、別荘なら、海に近い物件の方がいいだろうと思っていました。そこで、町の中心地から外れた場所ながらも、海に一番近い物件に決めました。
 当時は、周りに家が1件しかない寂れた処でした。でも別荘なので、街中の喧騒がない方が、かえっていいだろうと思ったのです。

 値段ですが、敷地が56坪、共有道路の持分が約5坪(計約60坪)で、820万円だったと記憶しています。
 当時はバブルが本格的に始まった頃で、日本中の土地の値段がウナギ登りに上昇している時期でした。

 とはいえ、土地を買ったのは父で、私自身は土地を買ったという自覚はありませんでした。
 それゆえ固定資産税の振込み用紙を見て、土地を持つということは、こういうことなんだと思い知ることになりました。


土地の現地調査

 固定資産税を払い、長生村の土地のことなどすっかり忘れていた頃に、さらに長生村役場から手紙が来ました。
 今度は、土地の測量を行うので、立ち会ってほしいというのです。
 しかも、いかにも役所仕事らしく、土日ではなく平日に行うというのです。普段仕事をしている人の都合など全く考慮しない、いかにもお役所らしい態度に感心しました。
 「ちっ、めんどっちぃなー」と思ったのですが、仕事を休んで行ってみることにしました。
 私は今、八ヶ岳に移住することを考えているので、長生村の土地は不用です。使わない土地なのに、今後もずっと固定資産税を払い続けるのはもったいないので、売れるものなら売りたいと考えていました。
 土地を売るにあたり、現地の役所の人たちなら、色々と情報を持っているに違いないと思ったのです。現地に行けば、有益な情報を拾えるかもしれません。
 そんなわけで6月初旬、東京の西の外れから、東京都と千葉県を横断して太平洋に面する長生村まで、片道約3時間を掛けて行ってきました。

 私が驚いたのは、土地の変わり様です。30年前はほとんど家は無かったのですが、近所にポツポツと家が建っていました。さらにすぐ近くに生肉店やクリーニング屋、レストランがあり、コンビニも歩いていける距離にできていました。
 私の土地の前の道路は舗装され、上水道はもちろん下水も通っています。
 すいぶん開けてきたものだと感心しました。
 これなら文句なく、普通に人が住める環境です。

 現地に着くと、測量を行う役所の人以外に、けっこう人がいました。
 みなさん地主さんです。
 みなさん、お金持ちに見えたのは、私のひがみ根性のせいでしょうか。

 私の物件の道路を挟んで向かい側の土地を買った地主さんに話を聞くことができました。
 興味深い話でした。
 その地主さんが土地を買ったのは、バブルの真っ盛りだといいます。
 50坪と80坪の2つの土地を合わせた130坪を、2300万円で買ったといいます。
 私はまず、この金額に驚きました。
 前述したように、私の約60坪の土地が820万円です。1坪約13万円といったところでしょうか。この金額でも、相当にバブッています。しかし、その地主さんが買った値段は、さらに高い17.7万円です。
 その2300万円で買った土地を、今500万円で売りに出しているというのです。
 何年も前から売りに出しているが、全然売れないそうです。
 不動産屋は、50万円なら売ってみせると言っているそうです。あまりに売れないので、この不動産屋は、やけになっているのではないかと思います。
 50万円は2300万円の46分の1です。
 2300万円を投資した者として、46分の1の値段は、さすがに抵抗があるだろうなと思います。
 売れない土地を抱えて、固定資産税だけが毎年掛かってきます。
 まさに、「不動産」ではなくて、「負動産」です。


土地の相場は・・・

 私の土地の測量は、あっという間に終わってしまいました。
 あとは書類にハンコを押して終わりですが、書類提出の際に受付けの人に色々と聞くことができました。
 まず、役所として土地の寄付を受け付けるか聞いてみました。
 売れなかったら、最悪、寄付しようと思っていたからです。
 答えは、役所の立場から利用価値のあるもの(ある程度まとまった広さなど)であれば可能だということですが、私の土地は利用価値が低いので無理だろうとのことです。
 次に聞きたかったのは、この辺の土地の相場です。
 すると驚くべき答えが返ってきました。
 なんと、坪1〜2万だというのです。

 半値8掛け2割引という言葉がありますが、これだと元の値段の3分の1ぐらいです。
 バブルのピーク時に17.7万円だったものが、よくて2万だとすると1割ちょっとです。半値8掛け2割引よりも、ずっと安くなっています。
 でも商業地は、バブルのピーク時の10分の1になったという話を聞きます。都心の一等地で利用価値の高いところは、値段が戻っていますが、田舎の住宅地は10分の1のままというところなのでしょう。
 人口が減っているのですから、無理もありません。

 あとぜひ聞きたいことがありました。
 今年になって、なぜ突然、固定資産税が掛かるようになったのかということです。
 土地の地目は「山林」です。通常は「山林」の地目の場合、固定資産税は掛からないはずです。
 受付の人が言うには、地目は「山林」でも、おそらく税務の役人が「みなし宅地」と評価を変えたのだろうとのことでした。
 「みなし宅地」は通常の「宅地」よりも税率が高いといいます。
 1円でもいいから、税金を取りたいという行政の論理でしょう。

 あと、聞こうと思って忘れてしまったことがありました。
 それはこの地が、東日本大震災の際に、どれほど被害を受けたのかということです。
 聞くのを忘れたので、家に帰ってからネットで調べました。
 すると、驚くべきことに、全く被害がなかったというのです。銚子の近くでは深刻な被害があったのに、白子や長生村は全く被害がなかったようなのです。
 標高は、2〜3mといったところです。これで全く被害がないのは信じられないという思いでした。
 この地を守るような未知の力が働いているのか、それとも地形的な偶然なのか、わかりません。
 ただ東北の太平洋側のようなリアス式海岸と違い、九十九里浜は広い砂浜です。リアス式のように狭い範囲で津波が盛り上がって異常な高さに達するという可能性は低いのは確かだと思います。


ローンを組んで家を買うことの経済合理性

 よく、賃貸がいいか、持ち家がいいかというのは、永遠のテーマだといいます。
 もし家を買うことを検討されている方がおられましたら、一度読むことをお勧めしたいのが、『家なんて200%買ってはいけない!』(上念司著、きこ書房)です。
 本の「はじめに」の部分を引用させていただきます。


 ・・・<『家なんて200%買ってはいけない!』、p2〜p3から抜粋開始>・・・

 はじめに

 「マイホーム」という幻想は捨てなさい

 私は2000年ごろ、ロバート・キヨサキ氏の名著『金持ち父さん、貧乏父さん』(筑摩書房)を読んで、ある信仰−−−すなわち考え方に目覚めました。そこには、次のような言葉がつづられていたのです。

 金持ちはお金を出して資産を買う
 貧乏人はお金を出して負債を買う

 さて、ローンを組んでマイホームを買った時、購入した家は果たして資産でしょうか? それとも負債でしょうか?

 断言しましょう。「負債」です。
 高度経済成長やバブルの時期なら事情は違ったかもしれませんが、経済が成熟し、人口が減少し続けている今の日本において、マイホームを買うことは負債を買うことに他なりません。だから、ロバート・キヨサキ氏の言葉は神の福音であり、「今が買い時」と無責任にマイホームの購入を煽る不動産関係者は悪魔の手先なのです。
 私自身は古い人間なので、学校を卒業したら働いて、結婚して、子どもを授かって、そしてマイホームを手に入れるのは当たり前だと思っていました。事実、29歳までは、世間一般に広く流布されているその俗説を信じて暮らしていました。住宅ローンを組んで家を買うことはみんながやっていることで、正しいことだと思っていたのです。
 しかし、のちに私はそれが大きな間違いだったと気付きました。私はマイホームを購入したことにより、たった数年で1000万円の損失を出す失態を演じてしまったのです。
 本書は悪魔の餌食となり大損した私が、これから家を買おうかと血迷ったことを考えている人々を救済するためのものです。地獄への道は善意で敷き詰められています。本書によって、悪魔(不動産業者や金融機関)が張り巡らせた罠を見破り、読者の皆様が正しい人生を送るための一助になれば、作者として幸甚の極みです。

 ・・・<引用終了>・・・


 著者の上念氏は、賃貸がいいか、持ち家がいいかは永遠のテーマではなく、経済が成熟し人口が減少している日本では、賃貸の方がよいと結論付けています。
 この本は、金利の動向によって、賃貸と持ち家の総支払い額をシュミレーションしており、悩まれている方には役に立つかもしれません。

 上念氏が語るように、経済合理性という観点から見れば、不動産を持つべきではないのかもしれません。
 しかしながら、不動産業者や金融機関を悪魔呼ばわりする上念氏は、まるで人生のすべてを経済合理性を基準に行動すべきと主張しているようにすらみえます。
 (そもそもの話ですが)ほとんどの人は、お金を儲けるために、この世に生まれてきたわけではありません。
 不動産を所有するということは、金額に換算できない意味を持つケースもあると私は思っています。


女性の不動産に対する思い

 私は男性なので気づきませんでしたが、女性は家を持つということに、大きな意義を見出すことがあるようです。
 ゲリースクールの同級生(女性)と話していて、私は感心したことがありました。
 その女性の母親は、高齢で病気がちだったといいます。
 しかし一念発起して、終(つい)の棲家を購入したそうです。すると驚くべき変化が起こったといいます。
 病気がちだったのに、すっかり治ってしまったそうです。健康を取り戻して、外で活発に活動するようになったそうです。以前とは全く違った生活をするようになったといいます。
 その女性は、母親に起こった変化に驚いたと言っていました。
 これは、賃貸ではなく、自分の持ち家としての終の棲家を手に入れたことで、強い安心感が得られたのではないかと思います。精神的に非常に安定した状態となり、健康を取り戻して、新たに社会で活動するエネルギーが湧いてきたのだと思われます。

 もう一つエピソードを紹介します。
 私が30代半ばのときですが、同じ歳のテニス仲間(独身男性)がマンションを購入すると言いだしました。
 当時はバブルがはじけて間もない頃であり、マンションの値段も急激に下がっていました。仲間は、今が買い時だと思っていました。
 しかも35年ローンを組むというのです。ローンを払い終える頃は70歳です。
 私は、不動産の値下がりは一時的なものではなく、これからずっと続くので、今は不動産を買うのは不利だし、定年まで元気で働ける保証もないので、リスクが大きいとアドバイスしました。
 それでも仲間はマンションを購入したのです。

 それから1年も経たないうちに、驚くべきニュースが飛び込んできました。
 その仲間が結婚したというのです。もちろん私がアドバイスした頃には、結婚する相手など、影も形もありませんでした。
 結婚した女性が、不動産を持っているということで、(男性を)大きく評価をしたのは間違いないと思います。
 その話を聞いて、私はお金の面だけでアドバイスしたことの間違いに気づかされました。
 たしかにその時、マンションを買うことは、確実に損をすることでした。
 しかし結婚し、子供にも恵まれ、元気に働いてる彼を見て、それでよかったんだと、しみじみ思ったのです。


土地を売る立場になって見えてきたこと

 私が移住を考えている八ヶ岳は、山梨県と長野県にまたがる地域で、移住者に人気のあるエリアです。
 山梨の不動産屋が言うには、去年再び山梨県が移住者数で全国1位に返り咲いたそうです。それだけ聞くと、まるで山梨県の人口が増えているような印象を持ってしまいます。
 しかし実態は、全く違います。
 日本一、移住者の人気が高い山梨県でも、トータルでは人口が減っているのです。
 若者は都会に出てしまうし、高齢化した老人はどんどん亡くなります。移住者が増えても、トータルでは人口が減っているのです。
 不動産の値段は需要と供給のバランスで決まりますから、トータルで人口が減っているということは、これからも不動産の値段は徐々に下がり続けることを意味しています。

 私は今、移住者向けの物件情報誌を元に、物件を探しています。
 そんな私は、土地を売る立場になって、見えてきたものがあります。
 それは移住者向けの物件の値段は、相当に高いと思えるのです。
 一例をあげると、ある(山梨県)小淵沢の土地は、広いのですが、上下水道がきていませんでした。
 一番近い水道管から150メートル離れていました。水道工事は1メートル3万円が目安だといいます。すると上水道を引くだけでも、3×150=450万円掛かることになります。これなら井戸を掘った方が安いのですが、行政が井戸は認めないだろうとのことです。
 さらに下水道がきていないので、合併浄化槽を設置するしかありません。(色々な大きさがあるのですが)これには100万ちょっと掛かるでしょう。
 このように生活に必須のインフラが整っていないのに、土地には数百万円という、けっこういい値段がついているのです。
 私からすれば、千葉の上下水道完備で、人もけっこう住んでいる開けた土地ですら、坪1〜2万円が実態なのです。
 いくら人気の八ヶ岳といえども、この値段はないだろうと言いたくなりました。

 私の勝手な憶測ですが、移住者向け物件の値段と、現地に住んでいる人の間で行われる取り引きとは違うのではないかと思えるのです。
 だとすれば、急いで物件を買う理由はありません。
 私は、賃貸でいいからまず現地に住んでみて、色々情報を集めることから始めようかと考えています。


世の中には、超がつく金持ちがいるらしい

 私は今、サアラさんのスクールに通っています。
 そこで私と同じように親から不動産を受け継いだ人の話があったので、ここで紹介したいと思います。
 サアラさんの飲み仲間のおじいさんで、超がつく金持ちがいるそうです。
 一緒に飲みに行くと、数十万もする高価なワインをポンポン開けてくれるそうです。
 そのおじいさんの生い立ちがとてもユニークなのです。
 そのおじいさんの若かりし頃の話ですが、戦争から引き揚げてきて、新宿の狭い土地で昔からやっていた商売を細々とやっていたそうです。
 すると、新宿の再開発の計画が持ち上がります。
 狭い土地だったのですが、高額の地上げ代が入ってきたそうです。
 するとその人は、手にした高額のお金で、田舎の土地を買ったのです。頭の中に、「この土地!」という直観が閃いて、全額をはたいて田舎の広大な土地を手に入れたそうです。
 当時の日本は戦後の焼け野原で、田舎の土地など二束三文だったと思われます。ですから相当広い土地を手に入れたはずです。
 そして、その人が買った土地の真上を、新幹線が通る計画が発表されます。
 こうして超がつくほどの大金持ちになったそうです。

 同じように親から受け継いだ土地ですが、超がつく金持ちになった人と、私のように固定資産税を払うだけというギャップが、とても面白いと思います。

 話は私の土地に戻りますが、土地に2300万円を投資した人が130万円で売り出すのは、精神的にきついかもしれません。
 しかし私は違います。
 相場が1坪1万円だというなら、60坪の土地を60万円で売り出すのに、何の抵抗もありません。
 現地の相場がそうなら、その値段で売り出すのは自然なことです。

 それでも売れなかったら、どうしましょうか。
 いっそのこと、活用してやろうかと考えたりしています。
 八ヶ岳に移住するにあたり、一番の心配は、冬の寒さに耐えられるかです。私は南国九州の生まれということもあり、寒さには自信がありません。
 標高1000メートルを超える冬の寒さに耐えて、生活できるのかという不安を持っています。
 そこで、ふっと頭に閃いたのです。
 冬の間だけ、暖かい九十九里で過ごすという手はありはしないか・・・。
 避暑ではなく、避寒です。

 目の前の道路に上下水道がきているので、生活インフラは問題ありません。建物さえ建てれば、生活できてしまうのです(電気は東電が無料で引いてくれます。ガスはプロパンです)。
 ユニットハウスであれば100万円以下です。寒さ対策として壁に木の板を張るというDIYをすれば、格安でできそうです。
 おそらく暖房は、ストープ1つで充分に過ごせるはずです。
 海に近いから、魚は新鮮で美味しいに決まっています。東京のスーパーで売っているような、添加物や消毒液で汚染されていない新鮮な魚が味わえるはずです。昔、白子海岸で採れたハマグリを焼いて食べた美味しさを思い出してしまいました。
 夏は海水浴客で大混雑する九十九里ですが、冬ならそんな心配もいりません。
 冬の間だけ、暖かい海でのんびり過ごすというのは、(貧乏人の私には似つかわしくない贅沢な話ですが)、工夫すれば格安で実現できそうです。
 そんなことをいろいろ考えているうちに、なんだか楽しくなってきました。



人工知能に思う...2017年6月2日

 人工知能という言葉の定義ですが、確かなものは定まっておらず、曖昧なイメージで使われているというのが実情だそうです。
 ここでは、「人工的に作られた人間のような知能」という程度の意味で使っていきたいと思います。

 人工知能の理論に関しては、ネットでも色々な記事を見つけることができます。
 当記事では理論には踏み込まず、私の人口知能に関する思いを、つれづれなるままに書いてみようと思います。
 人工知能で私が印象的だったのは、1997年にIBMが開発した「ディープ・ブルー」がチェスの世界チャンピオンに勝ったことです。
 囲碁の世界では、2016年3月に米グーグルの子会社のディープマインド社が作成した「AlphaGo」が、プロの囲碁棋士に勝利しました。
 将棋の世界では、囲碁より早くプロ棋士との対戦が行われていました。
 最初の頃はプロ棋士が勝つこともあったのですが、ついに2017年には、将棋の世界のトップである佐藤天彦名人が将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」に負けます(これで佐藤名人の2戦2敗です)。
 名人位はプロ棋士の頂点ですから、その頂点が負けたという意義を感じてしまいます。

 私は将棋ソフトに関して、少々思い出があり、その辺から話を始めたいと思います。


人工知能による将棋ソフト

 昨年、将棋界は大騒ぎとなりました。
 三浦弘行九段が対局中に、席を外して密かにスマホの将棋ソフトを使ってカンニンングをしたとして、糾弾されたのです。
 話はいきなり逸れますが、こうした不名誉なカンニング疑惑で話題になった将棋界ですが、今年は最年少プロ棋士(現在は14歳の中学3年生)となった藤井聡太四段の快進撃が明るい話題となっています。
 現時点(6月2日)、プロ棋士となって以来、20連勝中と記録を伸ばしており、神谷広志七段の28連勝記録を塗り替えるかもしれないという期待が広がっています。
 将棋界に現れた超大型新人は、マスコミでもたびたび取り上げられているので、耳にされた方も多いと思います。

 カンニングの話題に戻ります。
 カンニング疑惑を掛けられた三浦弘行九段は、将棋界最大規模を誇る竜王戦のタイトルの挑戦権を握っていたにもかかわらず、その権利を剥奪されたうえに、(公式戦に出られない)出場停止処分を受けることになります。三浦九段は、将棋界の名声と立場を一気に失う結果となりました。
 しかしカンニングといっても、密室の部屋の中のことですから、監視カメラで撮影でもしていない限り証拠があるとは言えません。そこで将棋連盟は第三者委員会を設置して、三浦九段がカンニングをしたか検討してもらうことにしたのです。
 結果はシロでした。
 三浦九段がスマホでカンニングしたという(状況)証拠は見つからなかったのです。
 これをうけ、当時の将棋連盟の谷川浩司会長が引責辞任します。そして先日、新たな会長となった佐藤康光会長と三浦九段が記者会見し、三浦九段の公式戦復帰と、慰謝料を払うことで合意したと発表されました(慰謝料の額は非公開)。
 私は当時の週刊誌だったと思いますが、三浦九段のカンニング疑惑の発信元となった現竜王のタイトルを持つ渡辺明竜王と、将棋界の実力者数名が集まって協議した席で、「(三浦九段のカンニング疑惑は)99.9%クロに近いグレー」と判断されたという記事を読んだ記憶があります。
 私は特に三浦九段のファンというわけではないのですが、三浦九段のシロを信じている一人です。
 それゆえ三浦九段に同情したくなります。華やかな世界でトップレベルの活躍をしていながらも、突然足元をすくわれ、奈落の底に落ちていく危険があるんだなあ、と改めて思います。
 本当に、人生何が起こるかわかりません。

 さて前置きが長くなりましたが、将棋界のカンニング疑惑が起こった背景に注目します。
 それは将棋ソフトが、すでにプロの現役のトップ棋士の能力を超える力を持ってしまったということです。
 これがカンニング疑惑が起こった背景です。

 しかし将棋ソフトが世に普及し始めたとき、将棋ソフトが現役のトッププロを凌駕する力を持つとは信じられないことでした。
 当時、トップ棋士として活躍していた米長邦雄九段の言葉が記憶にあります。
 米長邦雄九段は、「将棋ソフトがプロのトップ棋士を超えるのは、当分先のことで、我々が生きている時代にはない」という主旨のことを言っていました。

 ここで、私が初めて将棋ソフトに触れた体験をお話します。
 PC−9801というNEC製のPCが一般に普及してまもない頃、私は将棋ソフトを買ってきて、対局に臨みました。初めてのコンピューター将棋ということで、わくわくしていました。
 私が先手番で1手を指して、将棋ソフトの次の1手を待ったのですが、なかなか指さないのです。
 PCが壊れたかと思ったのですが、なんだかじっと考え込んでいるようです。
 そうして3分程経ってようやく指したのです。私は絶句しました。1手指すのに、毎回3分待つなんて、やってられないと匙を投げました。
 そんなわけで私の将棋ソフト初体験は、2手で私の投了という形で終わりとなりました。
 しかしその後、PCの能力は飛躍的に上がり、将棋ソフトのスピードは格段に早くなりました。私は強そうな将棋ソフトを買ってきては試してみたのですが、いつも将棋ソフトの弱さにがっかりさせられました。普通に対局する限り、私が勝ってしまうのです。面白くないので、将棋ソフトで遊ぶのを止めてしまいました。
 そんな状況でしたから、米長九段が、将棋ソフトがトッププロに勝つなんて、我々の生きている間には起こらないと言ったことに納得するものがありました。米長九段のような実力者が言うのだから、そうなのだろうと思っていたのです。
 しかしAI(人工知能)の研究が急速に進むにつれて、状況は劇的に変化していきます。

 将棋ソフトがディープラーニングという人工知能の手法を使うようになってから、将棋ソフトがプロ棋士に匹敵する能力を持つようになったのです。
 こうした進歩を受けて、将棋界は電王戦というプロ棋士と将棋ソフトの対決を行う大会を企画するようになります。
 米長九段については後日談があります。
 米長九段が現役を引退し、将棋連盟の会長になった後、将棋ソフトとの対決が行われました。
 米長会長は、将棋ソフトのアルゴリズムにない手を指して混乱させようと思ったのか、初手に玉を動かすという奇手を指します。
 しかしそうした試みも将棋ソフトには通じず、結果は米長会長の完敗でした。
 プロ同士の対局だと1手差の、どちらが勝つかわからないハラハラドキドキの展開になることが多いのですが、この対局は将棋ソフトの圧勝でした。
 このとき米長会長は、「我々が生きている間に将棋ソフトがプロを超えることはない」と発言をしたことを、しみじみと後悔したに違いありません。
 人工知能はディープラーニングというアルゴリズムにより、その能力を指数関数的に伸ばすようになったのです。


私と人工知能との出会い

 私は人工知能とちょっと変わった出会いをすることになります。
 私は社会人となって10年ほどした後に、大学院に入学することを決めました。
 自分の生涯の仕事として、当時将来性が見込めそうなCG(コンピューターグラフィックス)を選ぼうと思ったのです。
 CGはこれから確実に需要がある有望な分野に思えたのです。さらに自分には、多少ながらもそうした適性があると思えました。
 事実、私が大学院に入った時期と前後して、スピルバーグ監督の映画「ジェラシックパーク」が公開されます。映画に本格的にCGが使われる先駆けとなった映画です。そしていまや、CGは映画やテレビにおいて、なくてはならないものとなっています。その精度も飛躍的に上がり、本物かCGかわからないくらいです。

 私は入学前にCGを勉強できる研究室の教授に会いに行きました。
 当時マルチメディア研究室と呼んでいたのですが、その教授の説明に、私は道は険しいことを実感せざるを得ませんでした。
 当時CGを含めマルチメディアが有望なことは、誰でも思いつくことでした。院に進学する学部生でも同じことで、マルチメディア研究室は大変な人気で、希望者が大勢いたのです。
 教授は、「やはり現役生を優先せざるを得ないんですよ・・・」と言っていました。
 私のようにいったん社会人になった人間が、後回しになるのは仕方ないことでした。

 そんなわけで私はCGとは無縁の研究室に入ることになったのです。
 その研究室こそ、ディープラーニングを行う人工知能の研究室だったのです。
 そこの教授は私の希望を聞いてくれて、私が独自にCGをやることを認めてくれました。それゆえ研究室の中で、私は周りと全く関係ない分野をやる異端児となってしまいました。
 その研究室の人工知能の研究は、コンピューターでニューラル・ネットワークというアルゴリズムを使って行われていました。
 これは人間の脳のニューロンという機能をコンピュターで模したもので、学習によって精度を高めるという、当時としては画期的なものでした。
 その一方で、私は大学院に通いながら、CGの(夜間の)スクールに行くということをやっていました。
 大学で学べない分を、CGの専門スクールで学ぼうとしたのです。
 そしてCG検定なるものを取って、いざ就職しようとしたのですが、ここで壁にぶち当たります。すでに院を卒業した時点で30代半ばとなっていた私は年齢の壁があることを思い知らされたのです。
 当時は、システムエンジニア35歳定年説がありました。
 頭がついていかないというより、激務の為、体がもたないというのが実際のところだと思います(今はどういう状況なのか知りません)。
 CGの会社の採用担当の人と電話で話したとき、その人は私が30代半ばの年齢と知って、驚いていました。「そんな歳なんですか・・・」という言葉が突き刺さりました。
 無理もありません。
 CGをやろうというのは、10代後半から20代前半が当たり前ですから、私はそろそろ引退を考えるような年齢です。
 いろいろ考えたあげく、CGは将来性有望だが、私は年齢的に実務が勤まらないだろうという結論に達しました。生来、体力的に自信がない私が、これから激務の分野は無理だろうと考えたのです。
 院の受験勉強に1年と、院生2年の計3年を費やし、院の学費とCG専門スクールの学費で数百万円を使ったわけですが、今の私に何の役にも立っていません。
 傍から見たら、壮大な人生の無駄と言われてしまうのでしょう。
 でもいいんです。
 たぶんこれも、私にとって必要な経験だったのだろう・・・、と思うことにしました。


AIによる産業革命

 せっかく人工知能に関する記事を書いているのですから、少しは理論的な面もフォローしたいと思います。
 難しそうな数式を使わず、誰でも理解できるような文章ということで、吉田繁治さんの本から紹介させていただきます。
 『財政破産からAI産業革命へ』(吉田繁治著、PHP)から抜粋します。


 ・・・<『財政破産からAI産業革命へ』、p381〜p385から抜粋開始>・・・

 ◆画像認識におけるニューラルネットワークの方法

 人の脳は、ニューロン(神経細胞)をシナプスがつなぐネットワークです。1個のトランジスタをニューロンとしたとき、それを結ぶ回路(配線)がシナプス。人の脳では、シナプスが伸びてつながったとき、記憶ができます。切れたときは忘却でしょう。
 ニューロンが、他のニューロンから信号を受け取って、信号が一定量(閾値)の臨界点を超えて興奮すると、シナプスに信号を伝えるというのが、脳の物理的な働きです。ニューロンは、脳全体に千数百億個あります。1個のニューロンには、数万個のシナプス(大きさは1ミクロン)がつながっています。地球全体のインターネットWeb網のイメージです。携帯電話を入れれば、世界で30億のPCがつながっています。この地球全体のインターネット網が、1人の人間の脳である感じです。
 電気回路では、閾値を超えると1になり、閾値未満のときは0の信号を出力すると置き換えることができます。出力が1と0ですから、コンピュータのスイッチ回路で模倣できるのです。信号の強度が肝心であり、強度の違いが情報です。

 ・・・<中略>・・・

 たくさんのデータ(ビッグ・データ)を使うので、ディープと言います。100万件の手書き数字をひたすら読ませ、正解を教え込む。人間も、はじめて数字を書いてから、誤りなく認識できるには、幼稚園の数年をかけています。
 学習が一定値を超えたAIは、手書き数字を人間よりはるかに速く判断します。
 新しく見た数字の判断は、学習が終わった結果のニューラル・ネットを使う「予測フェーズ」です。予測という理由は、識別の対象になる新しい手書き数字は、AIにとっては、学習結果を使って未来を予測することだからです。
 AIが認識を間違えることもあるのは、過去の画素の重みのデータに基づく、確率的な予測であるためです。人間にも、読み間違える手書き数字があります。
 人間のあらゆる判断は、実は予測です。この食べ物がおいしいかどうか、過去のおいしいものの経験(学習結果)に照らし、ほぼ70%や80%以上合致すれば、おいしいと判断しています。これが予測です。以上が、AIの脳に相当するニューラル・ネットの構造です。

 特徴量の自動決定がディープ・ラーニングの特徴

 ◆機械学習で難問だったこと

 年収と関係がある要素を考え、集めるとします。性別、年齢、学歴、職業、会社での役職、居住地域、好きな色、好きな食べ物、誕生日……などです。年収とこれらの特徴量の関係は、「多変量解析の方程式」で表せるでしょう。

 ◆特徴量の数値化

 年収=性別×a+年齢×b+学歴×c+職業×d+役職×e+居住地×f+好きな色×g+好きな食べもの×h+誕生日×iなどです……。
 このa、b、c、d……を特徴量と言っています。性別、年齢、学歴、職業、役職は個人年収との関係が深いでしょう。関係の深さは、特徴量が大きいことを意味します。好きな色や食べ物などの程度関係があるでしょうか。関係がないように思えます。
 ディープ・ラーニングの前の機械学習の段階(1990年代まで)では、この特徴量を人が判断して入れていたのです。ここがAIの難関になっていました。
 まだ人間が最適プログラムを作っていたエキスパート・システムに似ていたのです。ディープ・ラーニングではAIがこの特徴量を自己修正して、どんどん正確になっていきます。
 人間の、対象の識別と論理は特徴量をもとにしています。顔が左右対称な人には、仲間由紀恵のような美人が多いというのも、左右対称という要素と美人という結果の、相関関係による論理的思考からです。
 美人=20%×左右対称+18%×やせ形+15%×切れ長な目+13%×すっきりした鼻+10%×小顔でしょうか?(違うかな……)
 芸術の美などはどうでしょうか。美の要素を挙げるのが難しそうです。ダピンチ、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、藤田嗣治、伊藤若沖は、どれがより高次元の美か。

 ◆ディープ・ラーニングは多階層のニューラル・ネットで、特徴量を自動生成する

 ディープ・ラーニングの優れた点は、特徴量を、学習を通じて自動生成し成長する点です。
簡単なディープ・ラーニングは冒頭の「自走式の模型自動車」です。
 カメラが受け取った画像情報から障害物の特徴豊をつかみ避ける、ハンドリングをする試行錯誤を繰り返して、自分の経験で、障害物を避けることができるように賢くなっていく。
 AIの将棋や碁では、1局1秒以内で勝敗までの自己対戦を繰り返し、数カ月も動かすと強くなる。どの駒の配置が最終的な勝ちになるのか、特徴量を強化し続けるからです。
 グーグルのアルファ碁は1局を0.4秒で打ち終わり、その自己対局から、数カ月で3000万局の棋譜を蓄えたといいます。人間なら、1日に10局打っても8220年かかります。このAIの碁や将棋は、動かしていれば強くなり続けます。
 2017年には、人間は勝てないでしょう。将棋や碁でも、ニューラルネットから指令で機械的に動くロボット部分を入れれば、自動走行車と同じです。
 以上は、人の代わりに働くロボットを、作ることができるということです。AIが産業過程に普及すれば、日本を先頭に、世界を襲う高齢化による生産年齢人口の減少は経済成長と無関係になります。欧州や米国のように移民に頼らずとも、働く人口を増やせるからです。
 わが国の2020年代に、現在は0%成長の平均所得に、年率3%くらいでの成長をもたらすでしょう。上位10%グループ(500万人)の所得増加は年率10%以上でしょう。年10%の所得増が7年続くと2倍。1960年代の池田内閣のころ実現したことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が入学したのは、まさにこのニューラルネットワークの研究室だったのです。
 もし教授が私に「君にはCGではなく、ニューラルネットの研究をしてもらいたい」と言っていたらどうなったでしょうか。
 いまの、地位も名誉もお金もない、ただのうらぶれおじさんではなく、将来の産業革命を起こす花形の分野で、充実した日々を送っていたでしょうか。
 まあ、たぶん、それはないと思います。
 生来、体力的に自信がない私ですから、途中で挫折して、やっぱりただのうらぶれおじさんをやっていることでしょう。



世界大恐慌の時期について...2017年5月24日

 世界的な経済・金融のパニックが起こると言われて久しいのですが、現在のところ起きていません。
 私は正確な時期は特定できないまでも、早ければ2015年にも起こる可能性があると考えていました。しかし2016年にも起きなかったし、今年(2017年)も、このままの調子でいきそうな雰囲気です。

 ネットでも、世界恐慌が来るという人はたくさんいました。
 そういった騒ぎの割にはいっこうに起きないので、もうこのまま起きないのではないかと考え始める人もいるかもしれません。
 しかし私は、(何度も言っていますが)必ず起こるものであり、それも近いうちに、という考えに変わりはありません。

 2008年のリーマン・ショックが起こったとき、100年に一度と表現されましたが、一時的なパニックはあったものの、その後しだいに回復軌道に乗りました。
 これはアメリカはドル、EUはユーロ、日本は円、中国は元を大量に刷って、危機の先送りに成功したからです。
 しかし成功したのは先送りであって、根本的な解決にはなっていません(というより先送りした分、状況はさらに悪化していると考えます)。
 アメリカと日本は政府部門、中国は企業部門、EUは南欧の国々が莫大な負債を抱えており、時限爆弾となっています。問題は、先送りできるのはいつまでかということです。
 先送りできなくなったときが、世界大恐慌が始まる時期と言ってよいと思います。

 その時期ですが、私が目にする情報として、最近どうも絞られてきた感があるのです。
 それで今回は、その世界大恐慌の時期について記事を書きたいと思います。

 まず吉田繁治さんの予測を紹介します。
 吉田さんが予測するのは日本政府の財政破綻の時期ですが、世界の経済・金融は密接にリンクしているので、日本の財政破綻は即世界恐慌となりますから、同じとして扱ってよいでしょう。
 『財政破産からAI産業革命へ』(吉田繁治著、PHP)の冒頭の文章です。

 ・・・<『財政破産からAI産業革命へ』、p1から抜粋開始>・・・

 本書は、早ければ2018年から19年に、遅くとも20年21年に日本の財政がデフォルトに陥ること、そして、22年ごろからはAI(人工知能)の幅広い活用により生産性革命に入り、1人あたりの実質所得が大きく成長する経済に向かうことを、論拠をもって示すものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 吉田繁治さんは、日本政府の財政危機が訪れる時期として、早ければ2018年から2019年、遅くとも2020年から2021年と予測しています。
 ただし日本政府がデフォルト(国債の償還不能)する確率は70%で、残りの30%は金利抑圧に成功したケースだといいます。この場合はデフォルト宣言こそしないものの、その後数十年に渡り、長期の円安が続くことになります。
 この金利抑圧が成功した例は、第二次世界大戦後のイギリスです。
 第二次世界大戦後のイギリスは、戦費のためGDPの2.4倍の国債を発行していました(現在の日本も2.4倍でほぼ同じ水準です)。
 通常であれば、デフォルトとなるのですが、イギリス政府は長期に渡り金利を極端に低く押さえることに成功します。
 これによりイギリスポンドは円に対して、戦後の1ポンド1000円から現在は145円と約7分の1にその価値を減らしました。
 これは国の借金を国民に押し付けるという意味では同じですが、国民は生活レベルが徐々に下がっていくので自分達が国の借金を押し付けられたことを自覚しにくいという(行政側からみた)メリットがあります。
 この方法は、国民の名目の所得額が変わらないので受け入れやすいものです。しかし長期に通貨が下落するので、輸入物価がコンスタントに上がり、国民の生活水準もそれに比例して下がっていきます。
 つまりデフォルト宣言であれば一時的にしろ大混乱になると思いますが、金利抑圧だと真綿で首を締められるような苦しみを数十年味わうことになるわけです。
 どちらが国民にとって幸せなのか(というか苦しみの度合いが少ないのか)と考えてしまいます。

 このように日本政府が取り得る選択肢は2つあります。
 これまでよく言われていたのは、日本国債は9割が国内で消化されているので、一気に国民の預貯金と相殺するというものです。この場合はある日突然、預金封鎖を行い、新札を発行して旧札と一定の比率で交換することになると思われます。

 どちらにしろ、国民に借金を押し付けることに変わりはありません。
 「経済にタダ飯はない」という言葉がありますが、借金が返せないのであれば、踏み倒すか、誰かに借金を押し付けるしかありません。いまだに日本国債は世界一安全と言っている学者やジャーナリストがいますが、私には夢物語にしか聞こえません。

 では、世界的な金融恐慌の時期について、著名な投資家であるジム・ロジャース氏の意見を紹介します。
 ジム・ロジャース氏は2020年までには確実と言っています。
 『2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙切れに(上)』(浅井隆著、第二海援隊)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『2020年までに世界大恐慌 その後、通貨は全て紙切れに(上)』、p10〜pから抜粋開始>・・・

 ジム・ロジャーズは浅井隆に何を語ったのか

 まずどんな文章で説明するよりもシンガポールでジム・ロジャーズが浅井に何を言い、何を予言したのか? その衝撃の内容を見てみたい。
 ここに、その3時間半に及ぶインタビューのさわりを掲載しておく。

 * * *

浅井 世界情勢が混迷してきています。不透明感が増してきていますがジムさんのご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

ジム 実は私は今日富士山柄のネクタイを着用しているのです。私は日本が大好きで、東京はお気に入りの都市の一つなのです。富士山にも登ったことがあるのですよ。あなたは富士山に登ったことがありますか。

浅井 ありますよ。かなり若い頃ですが。

ジム 私が登ったのはずいぶん年をとってからでした。これからの20年、いろいろな意味で大変な時代になると思っています。この先20年以内に世界のどこかで少なくても1回、もしくは2、3回の大変な危機的状況に世界が直面することになるでしょうね。少なくとも1回は経済的破綻が起きて、少なくとも1回の戦争が起こると思います。

浅井 日本人として、アベノミクスに関してご意見をお伺いしたいのですが。

ジム 浅井さん、私は日本が本当に大好きなのですよ。東京には住みたいとさえ思っているのです。
 しかしながら安倍さんは今の日本を破滅へと導いています。日本は歴史上、初めて人口減少、高齢者社会を迎えており、青天井に増え続ける莫大な負債がある。人口問題を解決しない限り、50年後に残された日本人は、誰も負債を返済できなくなるでしょう。同様に、負債について何か手立てを打たない限り10年、20年後には間違いなく破産していることでしょう。日本は本当に素晴らしい国ですがこれらの問題が放置されたことによって台無しにされているように思います。
 浅井さん、少子化問題については本当に手を打たなければなりません。同じく巨大に膨らみ続ける負債についても何か対策を講じなくてはならないのです。安倍さんを含め、政治家、官僚全員がこの特に重要な2つの問題について何も解決していないのです。
 浅井さんは、実際に日本の元官僚で財政学者の方にインタビューされたとおっしゃいましたよね。浅井さん、それならあなたは日本の著名なジャーナリストとして、日本の官僚との繋がりがあるわけですよね。それを改善しない、働きかけをしないのは、あなたにも責任の一端があると言えるのではないでしょうか。当然、浅井さんは現状の日本がおかれている問題の本質が何かおわかりのはずです。あえて申し上げますが、この問題はあなたが引き起こしたとも言えますから、あなたが解決するのです。

浅井 ジムさんは以前、アべノミクスについて安倍さんは首相を辞めるべきだと言ったとお聞きしています。

ジム いいえ、「もし、私が安倍さんならどうするか」という質問を受けたのです。そして「私なら首相を辞めます」と答えただけです。今もそう思っています。安倍さんは辞めるべきだと。日本にとっては、彼がいない方が良くなるでしょうから。

浅井 つまり、安倍さんが日本を破産させる、安倍さんが日本を破滅に導くということでしょうか。

ジム そうです。先にも触れましたが、安倍さんは負債を際限なく積み上げ続けています。日本の主要な2つの問題点は、天井知らずの負債と減少し続ける人口です。彼は両方の問題について何も手を打っていませんし、この2つは悪化し続けています。日本銀行は、信じられないほど大量の紙幣を無限に刷り続けているわけです。そして、安倍さんはそれを良いことだと信じているのです。
 もしかすると彼が正しくて、私が間違っているのかもしれません。しかし、歴史的に見るとこうした政策がうまくいったことはないのです。

 円の行く末は

浅井 将来、円はどうなりますか?

ジム 為替というのは他の通貨との比較において考えるものですから、最終的にはたとえば日本円と米ドルとの比較でどちらがより悪くなるか、どちらがよりマシかという判断になっていくでしょうね。ただ英ポンドも含め、すべての通貨は将来、大きな問題を抱えることになるでしょう。
 しかし、こういった個別の国の通貨以上に、ユーロに関しては今のヨーロッパがおかれている現状から判断すると、将来のユーロという通貨は、今私たちが知っているユーロという形では存在していないでしょう。ここ数年の間に、世界的に多くの通貨問題が表面化して来るでしょう。私が生きている間か、あなたが生きている間か、あなたのお子さんの生きている間には確実にね、2020年くらい、と考えればよいのではないでしょうか。

浅井 私の最新の予想では、2020年頃に恐慌的なことが起こると考えていますが、ジムさんはどう思いますか。

ジム 私もそう思います。あなたと同感ですね。ユーロは破綻するかもしれません。ヨーロッパには、現在私たちが耳にする情報でもわかるように、今までいくつかの大きなムーブメントがありました。自分の国を壊したい人がいますし、EUを壊したい人もいます。ブレグジット(イギリスのEU離脱)が成功したのですから、これからもっとこのような人々が増えることでしょう。他のユーロ圏の政治家たちも、自分たちにもできるだろうと思うことでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このようにジム・ロジャース氏は、2020年までには確実に起こると言っていますが、さらにピンポイントで時期を絞りたくなります。

 当HPは胡散臭い話がウリなので、ここでヒーラーの小林健さんの本から抜粋して紹介したいと思います。
 小林健さんは霊能力があって、故人と普通に会話できます。
 その小林健さんのもとに、故船井幸雄さんがよく現れるそうです。その船井さんが大恐慌が来る時期を、『ミラクルヒーリング』(小林健、吉本ばなな著、ヒカルランド)の中で語っていました。ずばり2019年だそうです。
 抜粋して紹介します。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p72〜p77から抜粋開始>・・・

 2019年に大恐慌が来る。
 それに打ちかつには自分らしく生きること

小林 船井先生と話したら、2019年に大恐慌が来るんだそうです。結局、オリンピックをやるということで、日本は安全だと世界にウソをついたでしょう。それの罰が当たるみたいです。あれは世界一の大ウソだからね。安全じゃない。

吉本 2019年とメモっておこう。

小林 2019年に起きなかったら、起こすみたいですね。震度1か2ぐらいの地震は、年中あちこちで起きているんです。そこにちょっと爆弾を入れれば、震度7か8になるわけですね。
 アメリカが好景気でドルが上がっているとかいうのは、全部ウソ景気だから、皆さん、それに疲れてくるそうです。バーンと売ると下がるから、皆さん買うわけで、マネーゲームですね。それをやっているうちはいいけれども、今度は飽きるみたいで、それが大体2018年の終わりで、銀行が幾つも潰れるようですね。預金が凍結されて、おろせなくなる。それが1年は続くそうですよ。

吉本 早くおろしておこう。

小林 僕、そんなことが起きないように祈っています。でも、起こされたらダメだよね。僕は自然に起きるのは防げますけれども、悪魔みたいな人が起こすのは防げない。だから、今から注意したほうがいいですね。
 一番いいのは、山を買うことです。今は安いから、山を買って、そこにお金を埋めておくのがいい。1年、2年じゃ価値が変わらないから。

吉本 タンス預金じゃダメですか。

小林 ばななさんも、名前を変えて。私も本当はコバヤスキーだから、コバヤスキー・キウイとかさ。

吉本 名前を変えて、山を買う?

小林 とにかく山は持ったほうがいいですよ。船井先生はそう言っていた。韓国とか中国の人は山を押さえたら強いのがわかっているから、日本の山を買っている。でも、日本人も気づいたみたいで、売らないようになってきています。
 だってオーストラリア人が苦しんでいましたよ。子どもをいい学校に入れようと思ったら、髪の毛が黒い子がいっぱいで入れないんだそうです。つまり、韓国とか中国の人が押さえてしまう。ありとあらゆる国の土地を中国の人が買っているみたいです。大事なところがほかの国のものになってしまっている。

吉本 良い水源があるところとかね。

小林 だから、もし遊んでいるお金があったら、山を買ったほうがいい。

吉本 あんまりないから、タンスに入れておくぐらいしかできない。でもうちにはタンスがない! せめて銀行にあまり預金しないようにしよう。

小林 銀行預金はしないほうがいい。どの銀行が潰れるかわからないから、船井先生と話していたら、HSBC(香港上海銀行)は危ないみたいですね。

吉本 香港に行けば、誰でも口座がつくれるところ。

小林 船井先生が言うには、今、日本人の全ての人は摂取必要量の4倍食べているそうです。今は心に余裕があるから、できるだけ少食にすることと、自分らしく、自分の性格に合った生活を、ナウ、今からやらなければいけない。
 自分の性格に合ってない、自分じゃないことで、日本の人は今生きているそうです。歩ける距離をタクシーに乗っているし、酒飲みって喉が渇くから酒を飲むのであって、ジュースとか水にすればいいわけですよ。今の日本人は、自分に合っているようで合ってないことをしているそうです。

吉本 耳が痛いくらいによくわかります。

小林 それをやっていると、大恐慌が来たときに、真っ先に病気になったり死んだり、苦労する。収入は、そんなに変わらないけれども、払うほうが2倍、3倍に上がるそうです。神様が言っているんだから、間違いないですよ。

吉本 そこはみんな今から気をつけたほうがいいですよね。

小林 自分らしくやってないんだそうです。

吉本 自分らしくやってもらったら因るよという教育を何十年も受けてしまっているじゃないですか。自分の思うようにやっていたら生きていけないよというふうに何十年もかけて洗脳されているから、私たち、解くのがなかなか難しいんですね。

小林 こんなの聞いたことがないよとか、こんなのは習慣じゃないよということに進んだらいかがですか。朝食を食べるのは当たり前というのは、国がランチを食べないで仕事をさせるためにやったわけで、医学的には間違っている。朝は、ウンチやオシッコや痰を出す時間ですから、食べ物を入れるのは間違っている。でも、それを言うと国が盛り上がらないから、朝食を食べろと言っているんじゃないですか。
 要するに、組織か国かわからないけど、つくられた常識に我々は惑わされているわけです。公の場では「心配ないです。安全ですよ」と言っていても、帰り際に車の中では「この国はダメだよ」と、ほとんどの先生は言います。私はそういう先生と会う機会が多いんですが、99.99%がそう言う。みんなわかっているんですよ。

吉本 何とかいいほうになってほしいと思うんですけどね。

小林 この間、私の知人が言っていましたけど、日本の代議士は頭を抱えているそうです。放射能の問題とか金融について、「どうしようか」って。

吉本 何もかもがひそかにみんな破綻していますものね。

小林 2019年に起こることに打ちかつには、自分らしく生きることです。あれだけコンビニのフードは悪いと言われているのに、みんな買っているじゃないですか。モンサントがつくっている遺伝子組み換え食品は悪いとわかっているのに、ペイアテンション(注意)している人はいない。僕はちゃんと聞きますけど、コンビニでは聞けないもの。
 今度、日本では組み換えているかどうか表示するんでしょう。

吉本 今、一応書いてはありますけどね。

小林 それが正しいかどうかはわからないね。

吉本 わからないというか、むしろたぶん正しくないと思います。食べるとおかしいなと感じることがひんぱんにありますものね。

小林 因ったねえ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 後半は食べ物の話になってしまいましたが、私は故船井幸雄さんが2019年と言っていることに注目しています。
 整理すると、2018年の終わり頃から銀行が潰れ始める。そして銀行預金が封鎖され、それが1年続く。
 そして、収入は変わらないけれども支払いが2倍、3倍と増えていくという話です。
 これはハイパーインフレではないけれども、かなりの勢いでインフレが進むことを意味しています。
 でもこうしたことは未来のことなので、確定したものではありません。一つの可能性ということで、興味のある方は参考にされてはと思います。

 話はそれますが、小林健さんが日本は安全ではないといった発言を補足したいと思います。
 安倍首相は東京にオリンピックを誘致するために、福島原発は完全にアンダーコントロールされていると世界に向かって宣言しました。
 アンダーコントロールとは管理下においているという意味ですが、その後燃料デブリが落ちていることが確認され、大嘘であったことが判明しました(廃炉まで何十年も掛かるのは確実なうえに、その具体的な計画さえ立てられない状況です)。
 つまり今でも地下水を通して放射性物質が海に流れ出しており、放射能汚染は続いているということです。
 4月23日のセミナーで小林健さんは、東京に来ると放射能がきつくて、身体がおかしくなると言っていました。それでもしばらくすると身体が順応して、体調は戻るそうですが、放射能汚染は以前よりひどくなっているそうです。
 そういえば、セシウム以外の放射性ストロンチウム、プルトニウム、ウランなどの調査結果は見たことがありません。人々は、燃料デブリの報道により、少なからず不安を感じているはずです。
 ですから行政には、福島近郊はもちろん、関東圏の放射性ストロンチウム、プルトニウム、ウランの濃度を測定し、発表していただきたいと願っています。それが安全な数値であったなら、人々の不安は大きく軽減されるはずです。逆に発表されないなら、不安は増大し続けることになるでしょう。

 私たちは、大恐慌以外でもいろいろ気を使う課題がありそうです。



安部司さんの添加物にまつわる話(その2)...2017年5月13日

 人間というのは、一度贅沢を経験すると、なかなか元の貧乏生活に戻れなくなってしまいます。
 収入が上がり生活レベルを上げてしまうと、収入が下がったときに生活レベルを下げるのは苦痛に感じてしまうものです。
 添加物もこれに似ているかもしれません。
 私たちは、スーパーで買い物をする際、安くて、見た目が良くて、美味しい食品を買うことに慣れてしまいました。
 無添加にこだわるなら、高くて、見た目が悪くて、味の薄い食品を買わなければなりません。おまけに買ってすぐに食べなければならないかもしれません。ほとんどの消費者が添加物入りの方を選ぶようになってしまいました。
 こうして無添加食品は一般のスーパーからほぼ駆逐され、買いたいと思うならネットで探すしかなくなってしまいました。

 私はふと、日本人が添加物入りの食品を食べるようになったのは、いつ頃だろうかと考えました。
 ネットで調べてみると、明治時代に着色料で中毒になったという記事を見つけました。厳密に言うなら、食物の保存に使った塩を添加物と見なすなら、数千年の歴史があることになります。
 しかし明治になり、日本で重化学工業が起こり、化学合成された物質が大量に手に入る頃からと考えてよいと思います。
 食品に大量に使われるようになったのは、太平洋戦争後だと考えてよいと思います。
 庶民に深く浸透するきっかけとなったのは、高度経済成長期で猫の手も借りたいほど忙しい時に、簡単に作れる袋麺や、お湯を注げば3分で食べれるカップ麺などがその先駆けとなったのではと思います。
 私個人の思い出で恐縮ですが、私の中学時代に日清のカップヌードルが大々的に売り出されました。
 貧乏なうえに流行に鈍感だった当時の私は、カップヌードルすらなかなか食べる機会がありませんでした。ようやく買って、お湯を注いで3分経って、恐る恐る食べた記憶が鮮明にあります。一口目は美味しいとは思いませんでしたが、「これが、時代の最先端の味なんだ…」と思った記憶があります(注1)。
 その中学時代ですが、家業の風呂桶屋を手伝っている友人がいて、彼は父親の手伝いで工場で夜遅くまで仕事をしている時に、箱買いしたカップヌードルをいつも食べていると言っていました。それを聞いて、(家業を手伝う友人の大変さに気づかず)、カップヌードルをいつでも好きなときに食べられる友人を羨ましく思ったものです。

 そして、私の高校時代は、袋麺やカップ麺を買って食べるという行動が当たり前となっていました。
 そうした手軽に食べられる袋麺やカップ麺が好きな人は、ラベルの原材料名を一度ゆっくり見てほしいと思います。見たことも聞いたこともない化学物質の名前がいろいろ記されているはずです。
 そんなおり、高校の生物の先生が、「私は袋麺の裏側に書いてある化学物質を見る限り、食べる気がしません」と言っていたことを覚えています。
 しかし当時の私は、その意味をちゃんと理解することもなく、よく袋麺を買ってきては食べていました。

 1980年代の外食産業の台頭も、添加物が広く使われるきっかけとなります。
 しかし袋麺やカップ麺だけでなく、日本人が食べる加工食品に添加物が広くあらゆる分野で使われるようになったのは、バブル崩壊後の失われたデフレの20年の時期と重なるのではないかと私は考えています。
 つまりそれは、過去の歴史ではなく、「今現場で起こっていること」、だと考えます。
 デフレですから物の値段は上がらないだけでなく、むしろ下がっていきます。売る値段が下がるのに、業者は利益を上げ続けなければ生き残れません。そんな魔法のようなことを、添加物ならやってくれるのです。
 添加物を使えば、安くなり、見た目が鮮やかになり、かつ美味しくなります。しかも厚労省がどんどん新しい添加物を認可してくれるのですから、使うなと言う方が無理です。もちろん合法です。
 食品添加物は、いままさに、どんどん増加しているというのが実態だと思います。
 参考まで、以下のURLを張っておきます。

http://healthpress.jp/2014/12/post-1362.html

 冒頭で、人は一度贅沢に慣れてしまうと、元に戻れなくなると言いました。
 安く、綺麗で、美味しい食品を買うことに慣れた人は、高く、見た目が悪く、味の薄い無添加食品を買わなくなるのは当然かもしれません。

 前置きが長くなりました。
 前回の記事「安部司さんの添加物にまつわる話(その1)」で、私は、日本は世界トップクラス(ひょっとすると世界ダントツ)の添加物王国であり、その原因は、日本人の気質に深く関係しているのではないかと書きました。
 これは実際に調査されたものではありません。
 海外とは食事情が違い、一概に比較できないからです。
 日本で認可されている食品添加物の種類が1500種あって、これが海外平均の10倍だから、添加物の量が10倍だとは単純に言えないからです。
 かりに、そんな調査が行われたとしても、絶対に発表されないだろうと思います。
 実際にそんな数字が発表されたら、厚労省や食品業者にごうごうたる非難が湧き起こってしまうでしょう。

 日本が世界トップクラスの添加物王国だというのは、あくまでも私の推測です。
 単なる一個人の推測ですが、その推測の元となった例を、今回も『なにを食べたらいいの?』(安部司著、新潮社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p205〜p207から抜粋開始>・・・

 見た目重視の日本人

 日本の商社は世界中で魚を買っています。
 海外のいくつかの国で、日本に輸出する魚の加工現場に出かけたことがありますが、加工の基準の厳しいことといったら、ばかばかしいくらいでした。魚のサイズを揃えなさいとか、切り身のグラム数を揃えろとか、この薬品で殺菌しろとか、細かくてうるさい。
 ヨーロッパや中国に向けた商品は、一定の箱に収まれば問題ないくらいです。魚は天然だったら大きさがまちまちのはずです。でも、日本人はそんなことを許しません。しっぽが上を向いているのはダメ、傷がついているのはダメ。それだけ選別する手間が増えます。おまけに美しく揃えるためにどれだけの添加物を使うことか。
 インドネシアの人で、日本向けの水産加工品を作りたくないという人がいた。添加物を使うと手が荒れるからです。添加物はコンクリートに穴を開けることもあると恐れられています。いかの切り身を混ぜるときに出る泡が、添加物で一瞬にして消えると驚きます。
 中国の人も嫌がります。日本人向け野菜の漂白で亜硫酸ガスが出るとひどくせき込むからです。
 「今月は特別手当を出すからやってくれ」
 叱咤激励して現場で作業してもらいます。薬品まみれの魚や野菜の加工品になってしまいますが、日本人はそれしか買いません。
 最近、中国、ヨーロッパ向けと日本向けの食品をつくっているベトナムの工場を知り合いが訪れた。働いているベトナム人はこう言ったそうです。
 「日本人向けの作業場以外なら、どこでもいいから変えてください。怖いんです。日本人は、あれだけ頭がよくでお金持ちなのに、食べ物にどうしてこんなに薬をいっぱい入れさせるのですか」
 「いや、日本人はこうじゃないと買わないよ」
 「中国向けの作業場に行かせてください。あそこは塩を使うだけでいいですから」
 そんな希望が出るのです。だれだって給料よりも体のほうが大事です。
 インドネシアやタイの人は、日本人向けの食品を気持ち悪がって食べません。逆に、素材のままでも、不揃いなものを、日本人は買いません。
 今や日本は世界中で魚を競り負けています。食糧不足の時代に中国に競り負けることが多い。中国やヨーロッパの人は日本人ほど細かいことを言わないからです。魚はバラバラの大きさのものが獲れるのが当たり前ですから、不揃いでも全部買ってくれる。輸出国は、日本と同じ値段でも、いっそ1割安くても中国やヨーロッパに売りたくなるでしょう。選別も要らないし、変な薬品に触らなくていい。
 実際に、長崎から規格外品を含めたアジやサバが鮮度抜群のうちに中国に輸出されています。私自身もドバイ向けに規格外を含めたにんじん100トンの輸出を手伝ったことがあります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 天然物であれば、形が不ぞろいなのが当たり前ですが、日本人はそれを許しません。
 その為に、大量の添加物が使われています。つまり、日本人の綺麗好きの気質が、添加物の量を増やす元となっているわけです。
 これが私が、海外の国々と比較して日本が(おそらくダントツの)添加物王国になっていると推測する理由です。

 形を重さを揃えようとするのは魚だけではありません。
 もちろん農作物もそうです。
 そうした形と重さが揃った色鮮やかな農作物を、海外の人がどのように見ているか紹介します。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p150〜p151から抜粋開始>・・・

 先日、中国の商社で働く友人から、日本の無農薬野菜や鮮魚が欲しいといわれたのは意外でした。富裕層が、日本の野菜や魚が食べたいといっているのです。「もちろん、野菜が曲がっていたり黒ずんでいたりしてもいい、形が不揃いでもいい」というのです。
 「富裕層は、よいものにはお金を惜しみませんからね」と中国の商社マンは言いました。
 無添加、無農薬で頑張っている私の知人たちは中国で評価されており、彼らが丹精込めた安心・安全な食品は、高くても中国の人たちに食べてもらえるのです。
 逆に、日本の消費者は、安い中国産を喜んで買っています。毒入り餃子事件で風向きが変わるかと思いきや、中国産の表示がある食品でも買いますし、安さだけで選んで結果的に買っていたりします。
 同じ友人の話でもうひとつ驚いたことがありました。
 日本のスーパーで見つけた3本入りのニンジンについて、です。スーパーでネットに入れて売られています。
 「これはきれいでいいね。色も形も揃っているから、中国で絶対に売れそうだ」と彼は、スーパーできれいなニンジンを買って、こっそり持ち込み、顧客である富裕層の人たちに見せました。
 ところが、彼はその返事に愕然とすることになります。
 「きれいすぎる。どれだけ農薬と化学肥料を使えばこんなに色も形も重さも揃うのだろうか。いくら日本産でも不気味だから要らない」
 皮肉な話です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本人が農産物を買う際は、色も形も揃っているのが当たり前で、それ以外は買いません。
 しかし中国の富裕層は、それを「不気味」と表現するのです。この意識の差に驚かされます。

 蛇足ですが、日本人の異常ともいえる食品に求める美意識は、添加物以外のエネルギーも消費させているという話題です。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p134〜p136から抜粋開始>・・・

 日本人が食べ物を美しく見せるのは、添加物を使う方法でだけではありません。ふたつのエピソードを紹介しましょう。
 アメリカから友人が、日本の食文化を勉強したいということで、観光をかねて遊びにきました。
 「寿司、弁当、おにぎり」について知りたいというので、デパ地下に連れて行ったのです。
 お弁当やお惣菜が所狭しと売られています。
 「今日は、お祭りですか?」
 彼は目を丸くして質問してきました。
 「いいえ、いつもこんなふうに売っていますよ」
 添加物による鮮やかな色合い、整然とした盛り付け、漆器を思わせるトレー容器、まぶしい照明。それらで演出されているお弁当が特別な日のもののように見えたのでしょう。
 こんなエピソードもあります。
 輸出関係で知り合ったトルコ人の話です。彼は日本語が堪能です。農水産物を輸出しようと日本を訪れていたので、スーパーの売り場に連れて行きました。
 「どうして野菜を石油で作ったトレーとフィルムで包むのですか? 日本は石油が出ませんよね?」
 「……」
 「トレーを持ち帰ってどうするのですか」
 「ごみの日に出します」
 「そのごみ処理のお金はどうするのですか」
 「税金でやります」
 「はあ? 日本は豊かですねえ」
 感想が続きます。
 「野菜を同じ大きさに作れるのですね。キズがあるのも曲がっているのもありませんね。日本はすばらしいですね」
 「電気が当たって、とてもきれいに見えます。肉もとても赤いです」
 私は生返事をするしかありませんでした。どう説明したらいいのでしょう。
 「日本は石油が出ませんよね?」という質問には困りました。
 この異常な美意識が海外の人には理解できないようです。資源もないのに、電気を当ててきれいに見せ、ラップで美しくまとめる理由がわからない。ただ、言えることは、その美意識がエネルギーや化学物質を過剰に消費させているということだけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで原点に戻り、私たちは日々どのくらい添加物を摂っているかという例を、筑前煮という慣れ親しんだ料理で紹介したいと思います。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p128〜p130から抜粋開始>・・・

 話が少しそれましたが、ここで世界が注目している日本の伝統食品のひとつ「筑前煮(ちくぜんに)」を作ってみましょうか。
 今回は、にんじん、ごぼう、レンコン、里芋、こんにゃくなどを使います。
 まず、洗って泥を落として、皮を剥き、サイの目や乱切りにしてゆでます。
 根菜類ですから、簡単には軟らかくなりません。その後に鶏肉を入れて、味を付けます。どれだけ手間と時間がかかったでしょう。
 さて、すでにカットされている「水煮」や「冷凍食品」を使うことにすれば簡単です。鍋にポンと入れるだけでいいのです。包丁もまな板も要らないですし、生ゴミも出ません。ツメに泥が入ることもありません。
 ところが、カット済みの野菜を販売するためには、添加物が必要となります。
 野菜を漂白し、その色が黒ずまないように酸化防止剤を加える。食感ときれいな色を出すためにミョウバンを入れる。日持ちさせるためにPH調整剤を入れ、水煮の袋の水がにごらないようにポリリン酸塩を加え、結果的に20から30種類の添加物を必要とします。
 また、冷凍する場合は、メタリン酸ナトリウム、トレハロースなどの変性防止剤などを添加しています。
 前著、『食品の裏側』で述べたように、加工度が上ると、添加物の種類も比例して多くなるのです。
 次にトレーに入った調理済みの「筑前煮」の場合を見てみましょう。
 輸入された袋入りのカット野菜や冷凍野菜を原料にします。
 工場に国産の泥つき野菜を持ちこむと、食中毒の危険もありますし、そもそもコストが高い。なにより輸入品の方が安いですし、下ごしらえも不要です。
 一次加工された原料をもとにして調理済み惣菜に仕上げるわけですから、また多くの添加物が必要となります。
 化学調味料、甘味料、着色料、PH調整剤、増粘多糖類などを目的に応じて加え、おいしそうで安くて日持ちするお惣菜に仕上げます。
 筑前煮を野菜から作れば、添加物はほぼゼロで済みます。水煮から作る人は20から30種類。出来合いの惣菜を買う人は30から40種類を摂るということになります。
 加工度が上るにつれて添加物が増えていくはずです。
 要するに、私たちにとっては食べるまでの過程が簡単になればなるほど、添加物は多くなるのです。逆の言い方をすれば、添加物を使えば使うほどに、食べるまでが「簡単」になるということなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 安倍司さんによれば、日本人が普通にスーパーで売っている加工食品を3度の食事で食べた場合、1日におよそ400〜500種ぐらいの添加物を摂ることになるといいます。
 私は添加物の危険性は、福島の原発事故で起こった放射能の危険性と同じだと思っています。
 原発事故が起こったとき、国は盛んに「ただちに健康に被害はありません」と連呼していました。実際にそうだと思います。しかし、今すぐに被害はないということは、数年後、または数十年後に被害が出ますよということと同義です。
 欧米各国では癌の発生率が低下しているのに比べて、日本では急増しています。また、健康寿命と言われる、病気もなく元気で生活できる期間が、日本は欧米各国に比べて短いと言われているのは、その現れだと私は考えています。
 日本人の平均寿命は世界一ではないかという反論もあるかもしれません。
 私は日本人の寿命が世界一というのは大嘘だと思っています。これは関しては、いずれ記事を書きたいと思っています。

 安部司さんもそうですが、他の添加物の本を読むと、現代人は添加物と無縁ではいられないから、上手に付き合っていくしかないと結論付けています。
 私はそうした説明に違和感を感じています。
 例えば弁護士の秋山佳胤(よしたね)さんは不食です。1日に青汁一杯で過ごす森美智代さんは添加物とは無縁です。
 人間という生き物は、人々が思っている以上に、多くの可能性を秘めています。
 添加物と付き合わないという決意をすることは可能です。
 私のような一般庶民でさえ、今の1日2食を1食にすれば、すでに可能な状態です。

 とはいえ私は、人に無添加生活を勧めるつもりはありません。
 むしろ、大変だから止めた方がいいですと言うかもしれません。安い大衆酒場で飲むと、翌日寝込むなんて、誰しもそんな風になりたいとは思わないはずです。
 でもかりに私が、頼むから無添加生活を止めてくれと泣いて頼まれたらどうでしょうか。
 泣いて頼まれても、私は止めません。
 意外に思われるかもしれませんが、私が無添加生活を始めたのは健康がきっかけではないのです。
 松果体の活性化のためです。そして細胞の振動数を上げるためです。添加物によって体内が汚染されていると、松果体は委縮する(現代人の平均は直径8〜9mm)するし、振動数も上がらないからです。
 いろいろ大変な思いをしても、私にはやる意味があったのです。
 人は結局、自分の志向する方向に行くしかないということだと思います。


(注1)
 私がカップヌードルを初めて食べた時、むしろ異様な味に感じました。しかし、食べ続けていると、これが美味しく感じられるようになってきたのです。そして、また食べたくなる味になってしまうのです。
 これって、マクドナルドの世界戦略と同じ・・・かもしれません。



朝鮮半島有事について考えてみました(その2)...2017年5月8日

 当HPの4月26日の記事「朝鮮半島有事について考えてみました」で私は、現時点においてアメリカからの先制攻撃はないという見解を述べました。
 アメリカが戦争をすると決めた場合、過去の歴史において以下の3つパターンを行ってきたと言いました。

@相手国を(貿易や金融面で)追いつめ、先に相手国から攻撃を仕掛けさせる。

A自作自演テロを起こして、それが相手国の仕業として攻め込む。

B難癖をくせ、それを理由に攻め込む。

 前回の記事で私は、現時点において上記@、A、Bともないという意見を述べました。
 しかし、どうも雲行きが怪しくなってきた気がしています。それで今回、(その2)の記事を追加したいと思います。

 まず現時点において、上記AとBはないと考えます。
 つまり、現時点でアメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛ける可能性はないということです。
 アメリカが北朝鮮に先制攻撃を仕掛けると決めた場合、その前に絶対に行わなければならないことがあります。
 それが韓国に駐留する在韓米軍2万8000人と、5万人にのぼるといわれる関係者と家族の避難です。アメリカが地上戦を避け、空爆のみを行ったとしても北朝鮮から至近の距離にある在韓米軍基地は、北朝鮮からの格好のミサイル攻撃の的となります。そうなれば、家族を含めて5万人いるアメリカ人に多大な被害が出ることは必定です。またそれ以上に、ソウル市民480万人、在韓邦人6万人に多くの犠牲者がでるでしょう。
 アメリカは開戦には事後に議会の承認が必要です。
 在韓米軍とその家族、韓国人と日本人に多大な犠牲者で出てしまったら、議会が納得するはずがありません。その時点でトランプ政権の崩壊となってしまうでしょう。
 それゆえ、現時点ではアメリカからの先制攻撃はないと考えられます。これは前回の記事で引用させていただいた吉田繁治さんの意見ですが、これは誰しも納得できる説明ではないでしょうか。
 逆に言えば、もし在韓米軍とその家族が韓国を引き上げる動きがあったら、それはアメリカが先制攻撃を決意したという明白な証拠となるでしょう。
 現時点では、私はその可能性はとても低いと考えます。

 今回、記事を書こうと思ったのは、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガの情報からです。
 前回の記事で、私は北朝鮮に関する情報がないので、北朝鮮の動きはわからないと述べました。その北朝鮮に関する情報が、ヤスさんのメルマガに載っていたのです。
 もちろん私たちのような一般庶民が、北朝鮮の機密の内部情報を手に入れられるはずもありません。あくまでも一般に公開された情報です。
 私はヤスさんのメルマガに載っていた、エド・デイムス少佐という人の北朝鮮の遠隔透視情報を見て、恐ろしい思いがしました。
 遠隔透視というのは、おろらく一般には認知されていない怪しげなものだと思われていると思いますが、私はこうした怪しげな情報が大好きなので、取り上げたいと思います。

 ヤスさんは、エド・デイムス少佐の情報をゴールデンウィークならではの余興として、紹介されていました。
 ですから、この記事も、あくまでも余興として読んでいただければと思います。
 では、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガの情報を、私なりの言葉に直して紹介していきます。

エド・デイムス少佐が属したSRI

 SRI(Stanford Research Institute)とは、スタンフォード大学に付属する研究機関で、リモードビューイングといわれる遠隔透視の研究を行っていました。
 エド・デイムス少佐は1970年代初頭、国防省諜報庁の遠隔透視部隊に所属する情報作戦将校であり、このSRIに派遣され研究を行っていました。
 当時はソ連との冷戦時代で、エド・デイムス少佐が属する遠隔透視部隊は大きな成果を挙げていました。
 ソ連国内の核ミサイル基地の配備状況を透視したり、地下秘密基地を発見したといいます。
 しかしソ連が崩壊して冷戦が終結すると、部隊は必要性がなくなったとして解散され、その後再結成されることなく現在の至っています。
 ちなみに、日本のテレビに何度か登場したことがあるジョー・マクモニーグル氏もこの部隊の出身だそうです。


エド・デイムス少佐が警告するキルショット

 SRI解散後、そのメンバーの多くが遠隔透視のサービスを提供するコンサルティング会社や、一般向けの遠隔透視のセミナーを行う研修会社を設立したといいます。
 エド・デイムス少佐も一般向けに遠隔透視の研修を行うとともに、企業や政府組織に遠隔透視の透視結果を提供するサイテック社を設立します。
 それとともに、全米で3000万人の視聴者がいるという「Coast to Coast AM」というポピュラーなラジオ番組に出演し、未来を遠隔透視した結果を報告しているそうです。

 エド・デイムス少佐が警告するキルショットとは、巨大な太陽フレアが地球を直撃することです。
 これはヤスさんのメルマガに以前も載っていた情報なのですが、ヤスさんもエド・デイムス少佐の言っていることはあまり当たらないので、それほど気にする必要はないというニュアンスで言っていました。
 それゆえ私もあまり気にしていなかったのです。
 しかしブルー・エイビアンズの情報に接するにつれて、巨大な太陽フレアの直撃が起こるのではないかと考えるようになってから、エド・デイムス少佐に注目せざるを得なくなりました。


キルショットが起こる前に起こる5つの出来事

 エド・デイムス少佐は、キルショットが起こるのは間違いないが、その時期を特定するのは非常に難しいといいます。
 それでキルショットが起こる前に、どのようなイベントが地球を襲うか調べて、キルショットの時期を特定する足がかりにしようとします。
 以下が、エド・デイムス少佐が起こるとした5つのイベントです。時系列に並んでいます。

@ 史上最大規模の太陽フレアの発生
A 植物に感染する病原菌の拡大
B 日本の巨大地震と放射能事故
C 北朝鮮による核攻撃
D スペースシャトルのように見える宇宙船の強制帰還

 エド・デイムス少佐はこれを1999年の「Coast to Coast AM」のインタビューで公表しました。

 では検証しましょう。

 まず@ですが、観測史上最も激しい太陽フレアはX28の規模で2003年11月4日に起きています。このフレアが地球を直撃していたら、今のIT社会の繁栄はなかったかもしれないといわれているほど巨大な太陽フレアだったそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=kBde3rar8pg


 Aの植物に感染する病原菌の拡大は、2007年にUG99と呼ばれる小麦のサビ病菌が東アフリカ一帯から拡大し、ヨーロッパ南部にも被害をもたらしたことだそうです。

http://119110.seesaa.net/article/152118422.html


 Bは日本人にとって、説明の必要はありません。もちろん2011年3月11日に起きた東日本大震災と、それに伴って起きた福島第一原発の放射能漏れ事故です。

 1999年の時点でこのことを予言していたという点に対し、エド・デイムス少佐の透視能力をもっと評価してもよいのではないかと思えます。


 このように5つのイベントのうち、すでに3つが現実となっています。
 そうなると、Cの「北朝鮮による核攻撃」が非常に気になってきます。


エド・デイムス少佐の最新の北朝鮮の透視情報

 4月12日、「Coast to Coast AM」でエド・デイムス少佐は、2年前に韓国とアメリカと深いかかわりのある韓国人の依頼を受けて、北朝鮮に関する遠隔透視を行った結果を公表しました。
 3つの依頼と、透視結果が以下です。
 ヤスさんのメルマガの記事を私が校正し直して紹介します。

・(依頼)北朝鮮から韓国につながる秘密のトンネルがあるか。

 (透視結果)一個大隊を移動することができる巨大なトンネルが北朝鮮から韓国に向けてすでに掘られているのを発見した。


・(依頼)キム・ジョンウンの隠れ家の場所は。

 (透視結果)キム・ジョンウンの殺害は米海軍の特殊部隊、シールズがオサマ・ビン・ラディンを殺害したようには絶対に行かないことがはっきりした。キム・ジョンウンは高い戦闘能力を持つ部隊にがっちりとガードされている。


・(依頼)北朝鮮の核兵器関連施設の場所と核兵器の性能は。

 (透視結果)
・核兵器の製造工場だが、これはヨダック強制収容所という場所におかれている。ここは反体制派の政治犯なども多く収監されている場所なので、ここが米軍や韓国軍の攻撃対象になることはまずない。これをうまく利用したのである。
・大陸間弾道弾に搭載できるような核弾頭の小型化には成功していない。核兵器を使うとすると、韓国の幹線道路の地下にあるトンネルに核を仕掛けて爆発させる方法が取られるだろう。この方法は実にむごたらしい被害を韓国にもたらす。
 北朝鮮の核兵器で特徴的なものは核の機雷である。これで米海軍の戦闘部隊を狙う計画だ。


 さらに、エド・デイムス少佐は以下のように言っています。

・韓国、中国、アメリカは北朝鮮を追い詰めるべきではない。追い詰められると北朝鮮は、韓国に対して核兵器を使うだろう。これは、北朝鮮が韓国に作ったまだ見つかっていないトンネルに仕掛けられるのか、または韓国の幹線道路の地下に仕掛けるのかははっきりしない。


エド・デイムス少佐が透視したキム・ジョンウンについて

 これはヤスさんのメルマガから、そのまま転載させていただきます。

・私は1991年の第1次湾岸戦争のとき、当時のイラク大統領、サダム・フセインがどんな人物なのか遠隔透視をした。いま、これと同じことをキム・ジョンウンに対して行っている。その結果、ある程度キム・ジョンウンがどのような人物なのか分かった。

・祖父のキム・イルソンも父のキム・ジョンイルも筋金入りのマルクス主義者であった。ところがキム・ジョンウンはまったくそうではない。彼が気にしているのは2つだ。キム王朝の支配体制の継続と、彼が愛するフランスコニャックとアメリカ製タバコが手に入るいまの贅沢な暮らしを維持することだけだ。甘やかされたわがままなガキにしか過ぎない。

・一方、北朝鮮の国民はとても悲惨な状態におかれている。生まれてから死ぬまで、それこそ完全な洗脳状態で暮らすことを強いられている。


ティラーソン国務長官の発言

 私はこの部分を読んでいて、ティラーソン国務長官が、アメリカが現在北朝鮮に課している圧力は「ダイヤルが5番目か6番目といったところだ」と発言したことを思い出しました。
 つまりアメリカは、今後も北朝鮮に圧力を掛け続けるということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970351000.html


 ここで私は、はっと頭に閃いたのです。
 もしかしたら、アメリカはすべてを知っていて、北朝鮮を挑発しているのではないか、ということです。
 エド・デイムス少佐が属していたような透視能力を持つ超能力部隊を、アメリカは今でも当然、保持しているはずです。エド・デイムス少佐が北朝鮮に対して行った透視結果と類似する情報を、アメリカが得ていることはありうることです。
 よく家督は、甘やかされて育った3代目が潰すと言われています。
 北朝鮮は独裁国家です。国家元首が開戦を宣言したら、即戦争が始められる国です。極めて挑発に乗りやすい国家体制です。
 アメリカとしては、リスクがあまりにも大きいので先制攻撃はできません。しかもシールズによる作戦も無理のようです。しかし北朝鮮が、アメリカまで届く核弾頭を積んだ大陸間弾道ミサイルを開発することは絶対に許せません。とすれば、北朝鮮から先制攻撃をさせて、無力化するという方法しかないと考えても無理もありません。
 当記事の冒頭で、アメリカが戦争を仕掛ける際の行動パターンを書きました。その@である、

@相手国を(貿易や金融面で)追いつめ、先に相手国から攻撃を仕掛けさせる。

 これをアメリカが狙っているのではないかと思ったのです。


 * * * * *


 それにしても私が解せないのは、トランプ政権の突然の方針転換です。
 アメリカ・ファーストを掲げ、アメリカを復活させるため世界の警察を止め、世界中から軍隊を引き揚げる方針だったはずです。
 それが4月6日、突然シリアの空軍基地をトマホーク巡航ミサイルで攻撃しました。
 シリアではロシア軍が軍事援助をしているのですから、ロシアに間接的に戦争を仕掛けたも同然です。トランプ大統領自ら、ロシアとの関係は戦後最悪とまで言っています。大統領選挙戦の最中は、ロシアとの関係改善を目指すと言っていたのですから、180度の方針転換です。
 なぜ、こうした方針転換が起こったのか。
 それについて、エド・デイムス少佐は興味深い発言をしています。

 「いま、基軸通貨としてのドルの位置は、これまでの歴史でないくらいに脅かされている。トランプ政権はこれを延命させることに必死だ。第3次世界大戦が起きるとすると、基軸通貨としてのドルの終焉が引き金になるはずだ」

 トランプ政権の突然の方針転換は、これが理由かもしれません。
 米ドルの基軸通貨制度を守るために、シリアと朝鮮半島で戦争を起こすというのでしょうか。

 さらに私は、神秘家のゲリー・ボーネルさんが年初に行った北朝鮮の予言を思い出しました。
 2017年1月15日の記事「ゲリーさんの2017年予言」から、その部分を抜粋します。

 <北朝鮮
 北朝鮮は核武装をさらに進める。
 (アメリカ領土の)ハワイ、アラスカ、西海岸を脅す。
 北朝鮮は韓国を侵略しようとする。
 北朝鮮と韓国の間で小規模の衝突が起き、何名かが命を落とす。
 しかし北朝鮮の軍部は、韓国に勝てないことを知っている。
 金正恩は具合が悪くなるが、北朝鮮の軍部は金正恩を消してしまう。
 これにより、国民葬が行われる。


 ゲリーさんの予言のように、(核兵器が使われることなく)小規模の衝突で済めばよいのですが・・・。


 最後に、ヤスさんのエド・デイムス少佐に対する評を紹介します。

 「遠隔透視というちょっと怪しい分野の予測なので、的中する保証はない。デイムス少佐はこれまでも多くの予測を外しているので、今回の北朝鮮の核攻撃の予測も大きく外れる可能性のほうが大きいように思う」

 とのことです。
 私も、エド・デイムス少佐の北朝鮮の核攻撃の予測が外れることを願わずにはおれません。



安部司さんの添加物にまつわる話(その1)...2017年5月3日

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、私は無添加生活を目指しています。
 完全無添加とはいきませんが、1日2食のうち、夜は自炊にして、ほぼ無添加の食事です。昼は、仕事をしているため外食になってしまうのですが、それでも添加物の少なそうな食事を選ぶようにしています。
 こうした食生活を何年か続けるとどうなるかというと、添加物に対して非常に敏感な体質になります。これは私の体質とか遺伝的なものとは関係なく、誰しもそうなると思います。
 添加物に対してリトマス試験紙のように、見事に反応する身体になってしまうのです。
 添加物を摂らないようにするとなると、基本的にスーパーで普通に売っている加工食品は、ほとんど食べられません。惣菜コーナーに売っているものも同様です。もちろん弁当も食べられません。
 そうした食生活をしばらく続けていたのですが、外出してお昼を食べようにも近くにレストランも立ち食い蕎麦屋もなかったので、仕方なくコンビニでおにぎりとサンドイッチを買って食べてみたことがありました。
 食べているときは変な味は感じなかったのですが、食後しばらくして気持ち悪くなってきました。下痢や嘔吐といった緊急時の症状まではいかなかったものの、胃を中心にムカムカして、なんともいえない気持ち悪さが2時間ほど続きました。その間は、とても喉が渇きました。これはおそらく体内で添加物の毒消しを行っていて、それで水分が多く必要になったのだと思います。
 そういう身体だとわかっているので、ファーストフードの店には近づきません。ファーストフードのハンバーガーやフライドチキンで人体実験をする勇気は、とても私にはありません。
 それでも時として、添加物の入った食事をせざるを得ないときがあります。
 それが、飲み会です。
 特に職場の飲み会となると、なかなか自分の思う食事はできません。
 私は、しがないアルバイトの身ですが、それでも職場の古い付き合いの人から、たまには飲みに行こうとお誘いがありました。
 最初、焼き鳥屋を考えていると言われて、私は数年前の悪夢が甦ってきました。
 数年前、焼き鳥がウリの大衆酒場での飲み会の後、私は3日間寝込んでしまったのです(注1)。大げさな表現をしているわけではなく、本当に起きれなかったのです。ものすごく気持ち悪くて、仕事などできる状態ではありませんでした。
 そこで肉系はダメなので、魚介系にしてもらえないかと頼みました。
 すると私のわがままを聞いてくれて、寿司屋で飲み会となりました。
 回転寿司なら時々行くことがありますが、寿司屋なんて何年ぶりだろうと思いながら、本格的な寿司を味わいました(しかもゴチになりました)。
 でも翌日、気持ち悪くて起きれなくなったのです。
 肉系でなく魚介系なので大丈夫だろうと期待していたのですが、甘かったようです。
 それでも1日、寝込んだだけで済みました。
 おそらく、それほど添加物の毒性は高くなかったのだろうと思います。

 つい先日も沖縄料理で飲み会がありました。
 スパムのような肉系は極力避けたおかげでしょうか、1日寝込むだけで済みました。沖縄料理なので、大丈夫かなと期待したのですがダメでした。料理の種類には関係なく、東京の新宿の安い飲み屋でしたので、多めの添加物を使っているのだろうと思います。

 そんな中、中目黒のちょっと高級そうな蕎麦屋での飲み会は違っていました。
 普通の激安酒場であれば4〜5千円というところなのですが、1万円ほどの飲み代で、私としては高いなという感じでした。やはり目黒川沿いで桜の名所として名高い場所にある店はちょっと違うようです。
 私にとって新鮮だったのは、翌日寝込まなくて済んだことです。
 やはりちゃんとしたものを出しているのでしょう。
 安易に添加物に頼らず、職人さんがちゃんと手間暇かけて作ったものを出している証拠だと思います。
 高いものには高いなりの理由があり、安いものには安いなりの理由があることを、私は身体で知ったというところでしょうか。

 一般の人は食事をする際に、添加物のことなどほとんど気にしないと思いますが、私は身体がリトマス試験紙のようになってしまったので、添加物に強い関心があります。
 というか、添加物が多いものを食べてしまうと翌日寝込んで仕事ができなくなるし、なんといってもあの気持ち悪さはもうこりごりというのが本音です。そんなわけで私は外で食事をするときは、添加物が最大の関心事になってしまったのです。
 ただ食後の不調は添加物だけでなく、中華料理などで多く使われる油の影響も無視できないと思っています。何度も使われて古くなり酸化した油に、私の場合、特に反応してしまうようです。でも油は要素は高くはなく、ほとんどは添加物が原因だと思っています。

 もうだいぶ前ですが、安部司(つかさ)さんの『食品の裏側』を紹介したことがありました。
 この本は、私に添加物に関する基本的な知識を与えてくれた本で、画期的でした。その第2弾が出ていることを本屋で偶然発見しました。
 『なにを食べたらいいの?』(新潮社)という本で、2009年初刊ですから新しいものではありません。さっそく買って読んでみたのですが、また発見がありました。
 以下の2つです。

@日本は世界トップクラス(ひょっとすると世界ダントツ)の添加物王国である(注2)。

Aその原因は、日本人の気質に深く関係している。

 ということです。
 日本人の食事に添加物が氾濫している最大の原因は、厚労省が積極的に添加物を認可していることにあるのは間違いありません。なにしろ許認可権を握っているのですから当然の話です。
 ですから私は、利益の為に添加物をどんどん入れる業者と、消費者よりもそんな業者の利益を優先する行政に責任があるという認識でした。
 しかし、『なにを食べたらいいの?』を読んでみて、そう単純な話ではないことがわかってきました。
 添加物が氾濫している現状を下支えしているのは、消費者の行動だとわかったからです。
 簡単に説明したいと思います。

 消費者が食べ物を選ぶ際の基準は、以下でしょう。
 『なにを食べたらいいの?』、p138から引用したものをベースに、私がアレンジしたものを紹介します。

・安い
・簡単(調理のめんどうくささを減らす)
・便利(長期保存、すぐに買える)
・美しい(見た目の良さ)
・美味しい(濃厚な味付け)

 食品にこれらを求めた場合、劇的な効果を発揮するのが添加物です。
 逆に言うと、添加物がなかったら、これらを達成するのは不可能だということです。消費者のニーズに応えられません。
 では、『なにを食べたらいいの?』からその例を紹介します。
 スーパーで普通に売っている明太子は、どれも色鮮やかです。私は、その毒々しい色に食指が伸びません。(ちょっと意外でしたが)これは私だけでなく、多くの人もそうであるようです。
 安倍さんは、そうした消費者にニーズに応えようと、無添加の明太子を作って売ったことがあるそうです。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p146〜p149から抜粋開始>・・

 以前、私自身も、無添加の明太子を作ったことがあります。某大手デパートと組んで作ったのです。「明太子は添加物が多すぎる」「色が毒々しくて嫌だ」という消費者の声が本当に多かった。だから、完全に添加物を排除した明太子を作ったのです。技術的にとても難しく、製品化までに1年間かかりました。やっとのことで仕上げて某デパートの売り場に立って売り始めましたが、これが驚くほどにまったく売れなかった。
 素直に「おいしいね」といってくれるのは500人にひとり。売り上げが1日に2000円。ひとつ1000円だから、1日で売れたのが2個。それが普通でした。
 私の店の3軒先にあった添加物を入れた明太子屋さんは売り上げが15万円。家庭用からギフト用まで豊富な品揃えがあり、いつも人だかりができていました。原料のたらこの添加物は各社ほとんど同じなのに、テレビコマーシャルを流しているメーカーや料亭の名前がついたものは特によく売れていました。
 一方、私のお店に来てくれたお客さんは、まず明太子の色に怪訝(けげん)な顔をされます。そして、看板を見て「聞いたことのない名前だなあ」「まあ、高い。老舗の倍の値段じゃない」などとおっしゃる。
 そこで私は低塩で無添加だからこうなっているということを丁寧に説明します。
 「日持ちしないので、冷蔵庫のチルド室に入れて、早めに食べてくださいね」
 「それはめんどうくさいね。よそのは冷蔵庫で10日は持つのに」
 「これは、添加物をまったく使わずにこんぶで味付けしました」
 と勧めても、一口試食したあと、小首をかしげながら店を離れていくのです。
 ああこれが現実なのかと実感しました。あれだけ安心・安全なものを求める声があったのに、そして流通の人たちも「これからは安心・安全の時代です」と言い切ってくれたのに、その要請を信じて1年間努力したのに、そんなものでした。じゃあ、世間はなにを求めているのでしょう?
 あのときの経験が、『食品の裏側』を書かせる大きなきっかけになったように思います。私の無添加明太子屋だけではないんです。良心的な漬物屋、頑張っている醤油屋も、素材を大事にしていたかまぼこ屋も、日本の伝統を守ろうと努力した知り合いの会社はどんどんつぶされていく。農業も同じことです。安心・安全で、なによりもおいしくて、栄養のある野菜を作ろうと、農薬も化学肥料も使わず寝る間も惜しんで頑張る生産者は、みんな報われない。
 どうして無添加の明太子が売れなかったんでしょう。いや、よく考えればわかりきったことでした。自分がそれまでにどうやって儲けてきたかを考えれば明白でした。答えは私の人生にこそあった。
 無添加の明太子は「高くて、色が悪くて、味がない」とされてしまうものです。消費者の求める「安くて、きれいで、オイシイ」明太子とはまったく正反対の製品だったのです。
 消費者の意識は非常に高いのですが、行動力は残念ながら低い。無添加明太子の経験で、私は学びました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 消費者が求めているのは、安くて、綺麗で、美味しい明太子です。
 安倍さんが作った、高くて、色が悪くて、味が薄い明太子が売れるはずがありません。無添加というのは一つのウリですが、それ以上に消費者が魅力を感じられないということでしょう。
 無添加のものは売れないのですから、市場から消えていくのは当然です。

 次に、安倍さんの想定問答集を紹介します。
 仮に安部さんがアベ食品という会社の社長となり、消費者とやり取りをしたら、こんな会話になるだろうという記事です。


 ・・・<『なにを食べたらいいの?』、p117〜p120から抜粋開始>・・・

 安全なのですか?

 アベ食品のアベ社長が、自社の食品についての情報公開を行うとしましょう。
 まずPH調整剤の原料を見せて、それらを混ぜた白い粉をサラダや炊き込みご飯に混ぜ込み、煮物のだしの中にも溶かしこみます。先に述べたようにこのPH調整剤とは、いくつかの添加物をブレンドすることで、変色や変質を防いでくれるものです。おかずやご飯の日持ちをよくするのです。
 驚きと同時に怒りの声が上ります。
 「いったいいくつ添加物を摂っていることになるのですか」
 「ハム入りポテトサラダ1パックで50ぐらいです。ホウレンソウのおひたしで20くらいかな」
 アベ社長は素直に答えます。
 「もうけ主義でしょう。こんな得体のしれないたくさんの粉をおかずに混ぜるなんて」
 「こちらも商売です。この粉を入れないと得意先が買ってくれないんです」
 「うちの子どもにはおかずを摂らせるようにしています。家でもときどきお惣菜を買うのですよ。この食品は本当に安全なのですか?」
 「それは国に訊(き)いてください。国が入れてもいいと言う範囲でやっていることです。うちの会社をつぶす気ですか、お母さん」
 お父さんもお母さんと一緒になって怒って詰め寄ります。
 「逃げないでください。会社なんて関係ないでしょう。表示もわかりにくいですよ」
 「国が『PH調整剤』とまとめて書けばいいと言っています。私は法律を守っているんです。詳しいことは、お役所にでも聞いてください。私に口うるさく言われても困りますよ、お父さん。忙しいんだから」
 「じゃ、社長さん、あなたは自分が作った食品を食べますか?」
 「私はあんまり食べませんよ。食べたい年でもないし。工場長が淡々と白い粉や黄色い液体を入れていきますが、正直なところ、若干の抵抗はあります。自分が食べたいものを作って売っているというより、売れるものを作っているということになりますね。売れなくなったらスパッとやめて他の売れるものに変えるつもりです」
 お父さんもお母さんもますます怒ります。目が釣りあがってきて、頬はぴくぴくと怒りで震えてきます。
 「そんなのひどすぎます。こんなもうけ主義で、子どもが食べるものに、こんなよくわからないものをぐちゃぐちゃたくさん入れて。自分で作ったものを食べないと言うあなたは企業人としての、日本人としての、人間としてのモラルがあるんですか!」

 「おかげ」と「せい」

 今の消費者はそこまで言います。
 「お母さん。それじゃあ、ポテトサラダからPH調整剤を外してみるとしましょう。そうすると、面倒になるんですよ。売り方が変わるんです。『これを買ってくれるのはありがたいです。でも今日は保冷箱持ってきましたか?』とたずねることになります」
 「え?」
 「フタつきの発泡スチロールの箱持ってきました? それとも、お父さん。釣りに行くときのクーラーボックス、肩から提げてきました? 小さい保冷剤をサービスでつけてあげますから、その箱に入れて、真っ直ぐおうちに帰って2時間以内に食べてくださいね。寄り道をしちゃだめですよ。PH調整剤を入れていませんから」
 そうすると、日本の消費者は何と反論すると思いますか。
 「なんでこんなもの買うのに保冷箱をいちいち持ってこなきゃいけないの?」
 面倒くさいと言います。
 そこでアベ社長は居直って言います。
 「だからそういうあなたのために、これだけの添加物を入れたのです。うちの研究員が勉強して、あなたのために入れてあげたんですよ。家で作らなくて済む分、楽じゃないですか。のんびり持って帰れる。しかも欲しいときにいつでも買える」
 これが調理済み加工食品をめぐる現実です。添加物に限っていえば「作る人」「売る人」「食べる人」がすべてメリットを享受している。だから「みんな大好きな添加物」なんです。
 「お母さん、そんなに言うんだったら、自分で作ればいいじゃないですか? ハムとかかまぼこは作れないけど、サンドイッチもおむすびもポテトサラダもおひたしも、自分で作れるでしょう。お父さんだって、お母さんに任せてばかりじゃないんですか?」
 「それはそうですけど……」
 「……」
 「自分で作るのは面倒くさい。でも今すぐ欲しい。安く欲しい。少しでもきれいなものが欲しい。おまけに保冷箱は持ち歩きたくない。賞味期限は長いほうがいい。みなさんがそう言うから、数多くの添加物を、法を守った上で入れてあげたんですよ。逆恨みしないで、感謝してくださいよ。情報公開だって、ちゃんとしているんですから」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私たちは、単純な事実に気が付かなければならないようです。
 スーパーで普通に売っている加工食品は、安く、見た目も良く、美味しいのですが、それは添加物が入っているおかげだという事実です。
 得体の知れない、白い粉や黄色い液体が入ったものだということです。
 それをほとんどの人は、気色悪いと感じるでしょう。しかし、それが嫌だというのなら、高くて、見た目が悪く、味の薄い食品を買わなければなりません。おまけに、それは保冷箱に入れて持ち帰り、2時間以内に食べなければならないのです。
 中間点はなく、どちらかを選ばなくてはなりません。

 長くなるので、今回の記事はここまでとします。
 次回(その2)は、なぜ私が日本は添加物王国だと思うようになったかをテーマに記事を書きたいと思います。


(注1)この居酒屋の焼き鳥は、おそらく激安のブラジル産を使っていたと推測しています。
 あのアメリカですら輸入禁止にした、いわくつきのものです。もし国内産の地鶏であれば、それほどの症状は出なかったと思います。

(注2)安部さん自身は、「日本は添加物王国」だと言っていません。あくまでも私の意見です。



朝鮮半島有事について考えてみました...2017年4月26日

 最近のニュース報道は北朝鮮の有事に関するものがメインとなってきました。
 ついこの前まで、森友学園で大騒ぎしていたような気がするのですが、いまはすっかり主役が変わってきました。
 度重なるミサイル発射や核実験を繰り返す北朝鮮に対し、トランプ大統領の「あらゆる選択肢を用意」という表現から、アメリカの先制攻撃もありうるのではないかという報道がなされています。先ごろ東アジアを歴訪したペンス副大統領も、「北朝鮮はアメリカ軍の強さを試したりするべきではない」と強く牽制しました。
 こうした事態に、色々な人が色々なことを言っているようです。
 化学兵器を使ったとしてシリア政府軍のシャイラット空軍基地をトマホーク巡航ミサイルで攻撃したトランプ政権の行動から、もしかしたら北朝鮮に対するアメリカの先制攻撃もありうるのではないか、という不安が日本人に広がっているのは事実だと思います。
 ネットでは、4月25日、北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもしれないので、東京を離れたという人を見かけました。

 そこで今回は、アメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はあるのかどうか、私なりに考えたことを書きたいと思います。
 当HPはスピリチュアルの記事が多いので、時事問題に興味がないと思われている方も多いと思いますが、いえいえ、それなりに興味があるということを示したいと思います。もちろん私は専門家ではないので、一般庶民が考えたことを、(単なる)読み物として読んでいただければと思います。

 まずアメリカの戦争に対する行動パターンを見ていきたいと思います。
 アメリカがある国に戦争を仕掛けると決めた場合、アメリカにとって一番よいのは、その国からアメリカに戦争を仕掛けさせることです。できれば騙し討ちのような形なら最高です。そうなれば国民の怒りを背景に、アメリカは大義名分を得て、正々堂々と戦争に突入することができます。
 こんな都合のよいことは歴史上あまり起きないはずですが、典型的な例が日本が太平洋戦争に突入するきっかけとなった1941年の真珠湾攻撃でしょう。
 以下、『崩壊するアメリカ 巻き込まれる日本』(ベンジャミン・フルフォード著、KKベストセラーズ)から、真珠湾でアメリカがどのような工作をしたか見ていくことにします。
 アメリカは、まずABCD包囲網で日本を追いつめて、日本が戦争に突入せざるを得ない状況を作ります。
 そして日本海軍が真珠湾を目指しているを察知したルーズベルト大統領は、アメリカ太平洋艦隊司令官に知らせます。それにより2隻の空母と新鋭艦10隻を外海に退避させ、老朽艦16隻を真珠湾に残します。空母を温存したのは、すでに大規模船団で大砲を打ち合う時代は過ぎ去り、戦闘機の空中戦が勝負を決する時代になったことをアメリカは熟知していたからです。
 アメリカとしては、是が非でも日本軍に先制攻撃をさせる必要がありました。
 それゆえ真珠湾に向かっている日本海軍の動きを報告した司令官を更迭しています。そして日本軍に、はでな戦果をあげさせる工夫もいろいろしています。
 まず真珠湾の防空レーダーを不能にする工作を行い、日本軍の潜水艦が入港できるよう海門を開くように指示します。さらに日本の戦闘機が攻撃しやすいように、老朽艦を直線に並べる気遣いまでしていたというのですから、そこまでやるかと言いたくなります。

 真珠湾では日本を騙し討ちの形で参戦させることに成功しましたが、挑発に乗ってくれないケースはどうしてきたのでしょうか。
 アメリカが戦争を仕掛ける際に取る次の手段は、自作自演のテロを引き起こし、それを相手の国の仕業だとして攻め込むことです。
 こういうと911テロを思い出される方は多いと思いますが、911以外にもたくさん実例があります。
 箇条書きで紹介しましょう。

 ・19世紀末、アメリカとスペインの戦争である米西戦争のきっかけとなった「メイン号事件」

 ・アメリカが第1次世界大戦に突入するきっかけとなった「ルシタニア号事件」

 ・アメリカがベトナム戦争を始めるきっかけとなった「トンキン湾事件」

 これらがアメリカの自作自演テロであったことは歴史的事実として知られています。
 「メイン号事件」は、70年後の1970年に、アメリカ軍自身がスペインの騙し討ちではなく、自作自演テロだと認めています。
 「ルシタニア号事件」は、沈没船の引き上げから単なる客船ではなく軍事物資の偽装輸送船だったことが判明し、100年後の2014年にイギリス政府が(イギリスとアメリカの共同)工作だったことを認めました。
 「トンキン湾事件」は、2005年にベトナム戦争に関する機密文書が公開されたことにより、アメリカによる自作自演テロだったことが判明しました。

 付け加えますが、自作自演テロで戦争を仕掛けるのはアメリカだけの専売特許ではありません。
 1931年日本の関東軍(板垣征四郎大佐や石原莞爾中佐の主導)により、日本が所有していた満州鉄道が爆破されます。関東軍はこれを中国軍の仕業として満州事変を起こします。日本政府はこの事実を、敗戦後に認めました。

 では、こうした自作自演テロでさえ難しい場合はどうでしょうか。
 最後の手段は、難癖をつけて攻め込むことです。難癖は、当時の状況から、それらしき題材が選ばれます。
 2003年のイラク戦争がその好例でしょう。
 2003年、アメリカはイラクが大量破壊兵器を所有しているとして、軍事侵攻を開始しました。大量破壊兵器を理由にしたのは、過去にアメリカがイラクに大量破壊兵器を売ったので、イラクが保有しているはずだという思惑があったといいます。
 イラク戦争終結後、アメリカは軍事侵攻の大義名分のために、必死になってイラク国内で大量破壊兵器を探しますが、見つかりません。一説には、イラクは開戦前にイランに大量破壊兵器を預かってもらったために、見つからなかったというのです。真相はわかりませんが、そんなところかもしれません。

 このようにアメリカは戦争すると決めた場合、まず相手に先制攻撃させる方法を模索します。次に自作自演テロをして、それを口実に攻める方法を検討します。それが難しいなら、適当な理由をつけて攻めるというパターンをとってきたことがわかります。

 では現在の北朝鮮に対してはどうでしょうか。
 まず相手に先制攻撃させる、または自作自演テロを口実に攻め込むというパターンはもうないと考えます。
 それはトランプ大統領やペンス副大統領、国防長官が最大限の警告を北朝鮮に対して発しているからです。直接の軍事侵攻も辞さずという強硬な態度をとっているのですから、不意打ちをくらったという芝居はできません。また、最大級の警告を発しているので、当然ながら世界の注目が集まっています。そんな状況で、自作自演テロは難しいでしょう。
 残りは、難癖をつけるパターンです。
 北朝鮮は度重なるミサイル発射や核実験を繰り返しているのですから、これを口実に攻め込むというのは大いにありそうにみえます。

 ここで少し脱線します。
 私はアメリカが北朝鮮が核兵器を開発していることを理由に攻め込むのは、正当な理由として成り立たないと考えます。
 そもそも論ですが、世界最大の(核兵器を含む)大量破壊兵器を保有しているのはアメリカです。アメリカの核は善で、北朝鮮の核は悪だということを論理的、あるいは倫理的に説明できる人はいるでしょうか。
 アメリカでなくてもロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタンは核保有国であることを認めています。それらの核は許されて、北朝鮮の核は許されないわけですが、それを利害関係のない第三国の国民に納得できる形で説明できる理論はあるのでしょうか。
 そうした観点の議論を、私は聞いたことがありません。
 私は北朝鮮の核開発に反対の立場であるとともに、世界中の核兵器の全廃と、原子力発電の全廃を望む一人です。(有り得ない話だと思いますが)アメリカが北朝鮮の非核化を主張するなら、自国の核戦力削減を引き換え条件とする議論を展開するしか論理的な直地点はないだろうと考えます。
 国内であれば憲法や法律があり、その憲法や法律の理念にそった議論が成り立ちます。
 しかし国際社会に法律はありませんし、違反したとして取りしまる警察のようなパワーは存在しません。それゆえ、国際社会は紳士協定のようなもので運営せざるを得ません。
 ですから、力が正義であり、力のあるものが勝つという力学となります。力とはその国が持つ軍事と政治・経済のパワーです。国際関係はそうした軍事、政治・経済のパワーバランスですから、こんな議論を期待する方が無理なことは充分承知はしているのですが・・・。
 すみません、話が逸れました。

 では、アメリカが核開発を口実に北朝鮮を軍事攻撃する可能性はあるのかどうかです。
 それに関しては、吉田繁治さんのメルマガから抜粋したいと思います。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガから抜粋開始>・・・

金正恩(きむ・じょんうん)国家主席の北朝鮮が、核をもつことは、事実です。イランにも技術提供したという。核爆弾は、長距離弾道ミサイルに搭載されないと、米国に対する有効性は薄い。

ただし韓国と日本の米軍基地や、国土に対しては、現在の短距離のスカッド型ミサイルでも届くので有効です。

米中首脳会談の直前には、北朝鮮が4発の長距離弾道ミサイルの打ち上げ実験をし、示威をしています。60キロ飛んで、日本海に落ちています。

これに対し、トランプ大統領は、「中国は北朝鮮の問題に対処できる」、「中国が対処しなければ、米国だけでも、完全に対処できる」と言っています。浪曲のように、独特の節をもつ声調の国営放送は、悪の国アメリカの壊滅を叫んでいます。

核を持つ北朝鮮に対する軍事攻撃は、危険です。韓国や日本に核爆弾が飛んでくるかもしれない。このときは、原発を狙います。

原子炉と、停止中ではあっても使用済み燃料のプールは、全電源が破壊され、数時間注水ができなくなると、メルトダウンした福島がそうであったように、巨大な原子爆弾になるからです。

放射線が出ると、補修作業者が近づけなくなるので、シビアアクシデントに発展します。冷却水で燃料の温度を制御し、すこしずつ核反応を起させているからです。原子炉と全電源の破壊は、通常のミサイルで可能です。ロシアで起こった自爆テロでも危険です。

このため、米国にとって下田の黒船のように、空母(原子力船のカール・ビンソン)と巡洋艦で北朝鮮を威嚇することはあっても、軍事的な戦闘の選択肢はありません。

金正恩の異母兄、金正男(きむ・じょんなむ)は、マレーシア空港で、神経系を麻痺させるVXガスとされるもので、暗殺されました。
暗殺されたのは、刺客をひどく恐れていた金正恩の影武者という説もありますが、おそらく本人でしょう。

その証拠に、異母兄の存在は、情報統制がある北朝鮮の国民には、一切、知らされていません。金正恩の指示で暗殺が行われたとすれば、その目的は、自分の暗殺を恐れたからでしょう。

金正男がいなければ、同じ血筋の後継者がいなくなるので、自分の暗殺は避けることができると考えたからかもしれません。国家主席も承継で得た人は、主席という地位は、父からの遺産の相続と同じという考えをしているからです。

米国は、斬首という言葉を使っています。映画でもよく出てくる海軍の特殊な訓練をした部隊シールズ(SEALs)を沖縄に派遣し、極秘で北朝鮮に送り込んでいるようです。

シールズの部隊を乗せているC・チャンピオン(2100トン)が、沖縄に一時寄港したことが分かっています。2011年のウサマ・ビン・ラディンの、パキスタンでの暗殺もシールズが行っています。

米国の対策はこれでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 吉田さんはアメリカの北朝鮮に対する先制攻撃はないという立場ですが、私もそう思います。
 リスクがあまりにも大きいからです。
 日本にも韓国にも原発があり、そこをミサイル攻撃されたら、一巻の終わりです。福島で起こったことが、日本全国で起きてしまいます。そうなると人が住めない不毛の土地と化してしまいます。アメリカ本土に核は届かないにしても、それほどのリスクを背負ってアメリカが攻撃するとは思えませんし、そうであってほしいと願っています。

 では逆の北朝鮮が韓国とアメリカに先制攻撃を仕掛ける可能性ですが、これに関しては情報が全くなく、私にはわかりません。
 圧倒的な軍事力を持つアメリカに戦争を仕掛けるということは、その瞬間に現在の北朝鮮の国家体制の崩壊を意味します。一歩も引かないと舌戦を展開しているうちはいいのですが、本当の開戦となったら決着が着いてしまいます。
 しかし現在の北朝鮮の最高指導者は若く経験も少なく、よく言われているように「暴発」という事態もなくはないのかもしれません。人間ですから、必ず理性的に行動できるとは限りません。そうならないことを願うしかありません。

 アメリカの空母カールビンソンが日本海で韓国海軍と演習を行う予定だという報道がされています。日本海で行うのは異例なことだそうです。
 アメリカが北朝鮮に最大限の警告を発しているということは、アメリカの意図は(少なくとも今は)北朝鮮の暴発を防ぎたいということではないかと考えます。
 アメリカはシリアに直接の軍事攻撃を仕掛けてしまいました。
 アメリカにとってメインはやはりシリアで、いま東アジアでことを起こしたくないというのが本音だろうと思います。

 当面は、アメリカと北朝鮮両国は舌戦を繰り広げると思います。
 ただし、それが延々と続くわけではなく、北朝鮮は近いうちに大きな変化を起こす可能性がありそうです。
 投資家のジム・ロジャース氏が面白いことを言っています。
 北朝鮮の現体制は内部崩壊して、南北統一が近づいているというのです。

http://www.mag2.com/p/money/217072?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_tue&utm_campaign=mag_9999_0425&l=ceb08fa91b

 北朝鮮ではスマホが急速に普及しているといいます。いまはまだ北朝鮮の庶民は自由にネットを見れる状況ではないようですが、イントラネット(北朝鮮内の閉じられたネットワーク)の形でネットに繋がることができるようになっているそうです。
 また中国からの来訪者が増え、北朝鮮の庶民はじかに情報を得られるようになったといいます。
 そうなると急速に豊かになった中国の現状を、一部の特権階級だけでなく、北朝鮮の一般庶民が知るのは時間の問題でしょう。そうなれば、今の貧しい現状から、体制の変革を求める声が上がるのは必然です。
 願わくば平和裏に体制変革を行ってほしいものです。



松久正氏が語る松果体の機能...2017年4月17日

 松久正(まつひさただし)氏の本を、私は初めて読みました。
 松久氏は医師免許を持つ医者という立場ながら、シリウスの存在から情報を得て発信しているという異色の人のようです。
 本を読むと、松久氏の言っていることは今の医学の常識を否定するものが多々あります。内海聡医師以外にもこういう人がいたんだと知りました。

 私は松果体に興味があり、松果体に関する情報ならなんでも知りたいと思っています。そんなおり、書店で松久氏の本をパラパラめくってみたところ、松果体に関する記述があったので、とりあえず買ってみることにしました。
 医者という立場の人の松果体に関するものなので、実はあまり期待していませんでした。でも読んでみると、私が前々からスピリチュアルの分野で疑問に思っていた点がいろいろと言及されており、思わず引き込まれてしまいました。
 ただし(これから紹介する)松久氏の説が真実なのかどうかは、私は(今は)なんとも言えません。
 (その点は訪問者の方々も同じかもしれませんが)、やはり真偽に関しては、ご自分で判断していただくしかありません。
 ただ言えることは、私が常日頃から知りたいと思っている分野であり、とても興味を惹かれるものだったということです。
 松果体に興味を持たれている方々には、面白い内容かもしれません。

 では『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』(松久正著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。
 まず松果体の基本的な役割です。

 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p60〜p63から抜粋開始>・・・

 松果体は宇宙のエネルギーを受信するところ

 ところで、人間の脳の中央に松果体(pineal gland)が存在しています。
 現代医学では、松果体の機能は不明です。わかっていることは睡眠に関与したり、夜、昼という日内リズムを感じる器官というだけです。
 私は、人間の松果体は、宇宙の叡智を感じるところだとわかっています。

 松果体の機能は本当はすごいのです。今のレベルの現代科学や医学では、とても解明できません。レムリア時代やアトランティスの時代は、宇宙の叡智とよりつながっていて現在より松果体が大きかったのですが、今の地球人は退化して非常に小さくなりました。それは胸腺も盲腸(虫垂)も同じです。

 じつは松果体は、宇宙のエネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ=宇宙の叡智)を人間のエネルギー(身体ソウル・ウェイブ=身体の叡智)に変換します。宇宙のエネルギーは振動数があまりにも高過ぎるので、人間の身体レベルに振動数を落として、それを人間の体に通すのです。
 神経は背骨の中を上から下まで通り、各脊椎孔(せきついこう)からたくさん枝分かれして、身体中の60兆個の細胞に全て行き渡ります。心臓、肝臓、腎臓などの内臓、筋肉、血管、関節、皮膚、目、耳、鼻、口、すべてです。神経が行き渡っていなければ、細胞は生きられません。細胞を細胞たらしめているエネルギーの通り道です。

 神経の流れ、ソウル・ウェイブは、魂のもとのエネルギー宇宙ソウル・ウェイブが松果体で変換された身体ソウル・ウェイブを便宜上、シンプルにソウル・ウェイブと呼ぶことにします。

 ソウル・ウェイブが体の中に入って、神経の中を振動として伝わるのです。
 母親のおなかの中で内臓とか身体をどうつくるか、生まれてから、どういう食べ物を食べたときに胃腸をどのように動かすのか、どのようにホルモンを出すのか、傷の治し方、ウイルスが入ったらそれを撃退するために熟を出すとか、下痢をするとか、医者や親が教えたわけではありません。
 それらの情報は、じつは、目に見えないレベルの高次元DNA遺伝子にすでに書き込まれています(略)が、その情報をコントロールするのが神経の流れである「ソウル・ウェイブ」なのです。ソウル・ウェイブが、あなたをコントロールするのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 松久氏の説によれば、松果体の基本的な役割は、宇宙のエネルギーを取り入れ、人間の身体に合う振動数まで落として、供給する役割だといいます。
 松果体のそうした役割は、松果体が主に珪素(Si)でできているからだといいます。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p75〜p77から抜粋開始>・・・

 宇宙の叡智を身体の叡智に変換する高次元変換器「松果体」

 松果体は、どうして宇宙の叡智を身体の叡智に変換できるのでしょうか?
 それは松果体が99%以上、珪素(Si)でできているからです。
 じつは、この珪素は大宇宙で唯一の能力を持つスーパー元素なのです。珪素は万能パワーストーンである「水晶」の主要構成成分でもあります。
 珪素は、乱れたエネルギーを全部吸収して、その乱れを修正するのに必要なエネルギーを出すことができます。これは誰も言っていないことです。
 珪素研究会や珪素医学団体などは一般的な3次元の科学の話をしていますが、私は宇宙叡智との交流の中でこの知識と情報を得ています。
 珪素にはエネルギーの乱れを読み取れる能力があって、そのエネルギーを全部吸収して、その乱れを修正するのに必要なエネルギーを放出するのです。
 水晶も松果体も生命エネルギーの振動数を変換して、それらのDNAをコントロールするエネルギーに変えます。(略)。松果体は人間の身体の中で最も神秘的なのです。

 地球の成り立ちですが、あらゆる生命体の固有螺旋振動波の魂エネルギーが交流することで、物質の要素が高くなります。交流したときに振動波がどんどん落ちるのです。どんどん重くなったエネルギーが集合して物質化します。それが惑星であり、地球です。
 地球はほとんど珪素でできています。珪素は地球では2番目に多い原子で、地殻を形成する要素としては最も多いのです。珪素は最もキーになっている元素です。
 エネルギー的に言うと、珪素はどんなエネルギーも吸い取って、必要なエネルギーに生まれ変わらせるものです。だから珪素が存在しているのです。宇宙の存在、つまり人間を含むあらゆる生命体には最も重要なもので、宇宙のあらゆるところに存在しています。
 鉱物、微生物や植物、動物、人間の集合エネルギーが1点に固まったときにできたのが地球です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 実を言うと、松果体の99%が珪素でできているとは私は初めて聞きました。
 本当なのでしょうか。

 私は前々から疑問に思っていたことがあります。
 スピリチュアルの本を読むと、人間の身体が炭素(C)からシリコン化してくると書いてあることです。
 これを素直に解釈すれば、身体内の炭素が珪素(シリコン)に置き換わってしまうとなります。そうしたら、少なくともホモサピエンスではなくなるでしょう。そんな大変化が起こってしまったら、この地球上で生命活動ができるのかと考えていました。
 しかし松久氏が言うように、主に珪素で構成された松果体や胸腺が発達してくる、または珪素を体内に多く含むことをシリコン化と定義するのであれば、これは無理なく理解できる話です。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p144〜p151から抜粋開始>・・・

 松果体を活性化する

 今まで地球社会においては炭素(C)が主役でした。炭素は有機物質のもとになっており、人間の細胞も有機物質、炭素をもとにしてできているので、遺体を燃やすと最後に炭素が残ります。
 しかし、これから人間は珪素化していかなければならないでしょう。
 これからの地球人が進化する形態としては、珪素を身体により多く含んだ人間です。
 人間が珪素化していくと、まず第1に、松果体の珪素の量と質が向上します。
 松果体がより珪素化すると、変換能力が高まるので、よりよい状態で人間の身体に宇宙の叡智エネルギーを注ぎ込めます。
 これからの新しい地球社会では、松果体を水晶(珪素)化することが、地球人の進化・成長の鍵です。一人一人の人間としても、まとまりの地球としても、やらなければならない最も重要なことです。必然的に、地球人は水晶(珪素)化していきます。
 この流れは誰も止められません。

 胸腺を活性化する

 地球人が珪素化すると第2に、胸腺が活性化します。
 胸腺も、松果体と同じようにほぼ珪素でできています。
 つまり、エネルギーを変換する能力を持っています。
 胸腺は免疫の司令塔であり、リンパ球をはじめ、いろいろな免疫細胞になるものを作成する場所です。これは珪素のシリコンホールの役割が大きいと考えています。
 キラーT細胞やヘルパーT細胞など、リンパ球にはさまざまな種類がありますが、身体の状況を胸腺の珪素が察知して、水晶と同じように必要な細胞を生み出せます。つまり、胸腺は、人間環境への適応力を整えていく役割を持っています。
 人間の身体でいうと、身体の適応力や修復力を整えていくところですが、あらゆる社会環境に適応したり、人間関係の適応力を整える大事なセンターです。
 胸腺というものは、医学上は、幼少のころ発達して大きい器官になりますが、大人になるにつれ退縮していって、あまり役をなさないものとされています。
 それは違います。松果体と同じで、今まで退化する地球社会で、人間がそれを活用しなかったから働かなくなっているだけであって、今後、その役割は重要になります。

 ミトコンドリアの活性化

 人間は、約60兆個の細胞でできていると言われています。赤ん坊のころは100兆個ぐらいで、成人になるとだんだん減って60兆個に落ち着きます。
 すべての細胞にたくさんのミトコンドリアという器官があります。ミトコンドリアは細胞のすべてに備わっていて、人間が地球社会で活動するために必要なエネルギーを産生する器官です。ATPというエネルギーのもとの物質を産生します。
 じつはミトコンドリアの構成成分も主役は珪素です。ですから、珪素が少ないとエネルギーを強く生み出せません。ミトコンドリアの珪素は、細胞のエネルギー状態を感知し、シリコンホールを通じて宇宙の叡智を酸素原子に作用させ、多くのATPを産生します。
 松果体を水晶(珪素)化していくと、宇宙の叡智により、水素原子の電子が動員されることにより原子転換(錬金術のようにあるものから全く異なるものを生み出すこと)がなされ、胸腺やミトコンドリアが珪素化するのです。地球で元気に活発に生きるためにはミトコンドリアの活性化が欠かせません。

 放射能や有害物質の解毒

 珪素の重要な役割の4つ目は解毒能力、デトックスです。
 今の地球人は空気汚染、土壌汚染、食物汚染、あらゆるものによって身体が汚染されています。社会環境を見れば有害物質だらけです。予防接種もエネルギー的には毒です。
 皆さんは予防接種に疑いを持っていないようですが、予防接種を打てば打つほど人間のエネルギーは乱れて、退化します。これは当たり前の話です。ウイルスはじめ悪いものを不活性化して弱めた形で身体の中に入れているのですから、百害あって一利なしです。これは悪いものを身体に入れることによって免疫能力を目覚めさせて退治しようとする、非常に幼稚な考え方です。

 現代医学の大きな問題点は、「病気は外から襲ってくる」と考えていることです。
 ウイルスや細菌が侵入してくるから病気になると考えています。それが正しければ、小学校のある教室でウイルスが蔓延したら、同じ空気の環境にいる全員が風邪になるはずです。
 でも、感染する人は一部で、風邪にならない人が大勢います。外からの要素は一つのトリガー、きっかけにはなります。症状を決めるのは、その人間のエネルギー状態です。
 予防接種を打つと、免疫を余計に過敏にしてしまいます。ふだん反応しなくていいものに過剰に反応してしまうから、ちょっとしたことで症状を起こす身体になってしまうのです。免疫を乱してしまうからです。ワクチン摂取は自然の摂理から外れています。
 もっと悪いのは、予防接種には弱毒化したウイルスだけでなく、その効力を上げたり、保存するためなどに有機水銀が入っています。幼少のころから予防接種を受け続けると、水銀が蓄積されて、大人になると脳障害や脊髄障害を起こして、重篤な病気になったりします。予防接種は人間を堕落させるための格好の材料です。
 だから、予防接種は打って得られるメリットよりも、打つことによるデメリット、怖さのほうがはるかに大きいのです。子宮頚部がんの予防接種は、まさに毒を入れて病気を起こしています。

 皆さんはインフルエンザの予防接種を打った害のほうがはるかに多いのに、何で打ち続けているのでしょうか?
 私の子どもはアメリカで生まれて、現在10歳ですが、一度も小児科に行ったことはないし、予防接種も打ったことはありません。人間として打ったらダメだからです。
 インフルエンザにしても同様です。
 ウイルスや細菌は、身体に処理できる能力があれば、何も操作をしなくても自分で適応していけます。自分で処理できる適応能力や解毒能力が高ければいいわけです。その能力をもっと上げたければ、身体を珪素化すればよいのです。
 珪素は放射能や有害物質をシリコンホールに全部吸い込んでくれるので、悪いものを悪いものとして、その影響を受けなくなってきます。
 放射能を受けたすべての人が甲状腺がんになるわけではありません。
 適応能力や解毒能力の高い人は病気にならないのです。
 適応能力は、胸腺が主に担っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここでシリコンホールなる言葉を説明する必要がありそうです。
 松久氏の解説です。
 珪素は原子番号14の原子なので、14個の電子を持っています。その14個の電子は原子核を中心とした3層の起動上を回っていますが、その層の中に、シリコンホールがあるといいます。そのシリコンホールは、乱れたエネルギー(情報)を吸い込んでは、修正して元のエネルギー(情報)にして吐き出すといいます。
 また宇宙のブラックホールのような役割もして、「なにもないところからその場の環境に応じて、ソマチッド、ウイルス、細菌などの微生物生命体を瞬時に生み出す能力を持つ」といいます。
 私はこれを読んだとき、正直なところ、「ほんまかいな?」と思いました。訪問者の方々の中にも、そう思われる方もおられるかもしれません。
 しかし、空間からある種の微小生命体が生まれるというのは、ありうる話ではないかと私は考えています。それがシリコンホールかどうかはわからないのですが、松久氏の説は一応、頭に入れておこうと思っています。

 松久氏によれば、松果体が活性化してくると不食・不眠の身体になるといいます。
 また、松果体が上から降りてくる宇宙エネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ)を変換して身体に供給すると同じように、地球から上がってくるアース・ウェイブは丹田で変換されて身体に供給されるといいます。
 この2つのウェイブの両方が通って、初めて調和した人間になれるといいます。


 ・・・<『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』、p187〜p191から抜粋開始>・・・

 松果体を活性化して不食・不眠へ

 今地球に生きている地球人たちは、古い枠の中でしか生きていないので、食べないと生きていけない、眠らないと生きていけないというレベルにいます。
 しかし、宇宙の本質としては原子転換、エネルギー転換ができるので、松果体を活性化して振動数を上げていくと不食・不眠の世界に入るようになります。

 世界平和を乱している一つの要因は食糧難です。食糧を奪い合っています。それから、石炭、石油、原子力等のエネルギー源の資源です。
 こういったものは、ソウル・ウェイブを正して振動数を上げていき、松果体の活性化を経て、さらなる高振動数のソウル・ウェイブが高い振動数を持つ自分にアクセスできるようになると、あまり食べなくても自分の中で自分に必要なエネルギーを産生できる要素がふえてくるし、エネルギーを外から受けなくても、自分の環境の中で必要なものをつくり出せるようになっていきます。
 地球人の松果体が水晶(珪素)化して活性化していくと、地球を乱している要因も穏やかになっていくでしょう。

 食べないようになると、消化、吸収、排泄で使うエネルギーが減っていくし、酵素とかホルモンの分泌も必要がなくなるので、エネルギーをあまり使わない身体になり、あまり眠らなくてもよくなります。今、眠れないと焦ったり、不眠は皆さんの感情をすごく乱していますが、眠らなくてもよくなれば24時間をもっと有効に使えるようになるし、社会効率もよくなるでしょう。

 アース・ウェイブを取り入れる方法

 ソウル・ウェイブは宇宙から降りてくるものです。
 宇宙ソウル・ウェイブが脳の中心、松果体で変換されて、身体ソウル・ウェイブ、つまり神経の流れとして身体中に行っています。それは、人間のあるべき状態を教える情報です。

 もう一つ、人間は地球のエネルギー、アース・ウェイブを取り入れなければなりません。このエネルギーは、ソウル・ウェイブの振り幅を増やし、それを強化します。それは地球の中心から、上がってくるエネルギーです。このエネルギーの入り口である第1や第2チャクラの神経の通り道をきれいにすることが大事です。地球社会では「丹田(たんでん)」と言われています。
 不安・恐怖を持っている人は、そこが詰まってしまいます。腰痛とか女性の生殖器の問題を持っている人も、エネルギーが入りにくい。(略)

 ソウル・ウェイブは自己のものですが、アース・ウェイブはその人のみならず、地球上に存在するすべての生命体、石、植物、微生物を含む動物のすべての集合意識エネルギー、つまり、おのおのの固有振動波の集合体が合体して、地球で反射したエネルギーそのものです。

 エネルギーの螺旋としては人間を頭上から見ると右回りのままで、それを下から通してやることによって、上から降りてくるソウル・ウェイブを働きやすくします。振動螺旋波の振動数をふやす役割はソウル・ウェイブの大本から来ますが、振幅を大きくするのがアース・ウェイブです。この2つのウェイブが通っている必要があります。

 ソウル・ウェイブだけ通っている人は、スピリチュアルを追求しすぎて、地球社会には適応できない人です。逆にアース・ウェイブだけ通っている人は、元気はあるけれども自分は何ものか人生で何をしたらいいかわからないので、苦しんだりします。苦しみ方が違います。ソウル・ウェイブとアース・ウェイブの両方通って初めて調和した人間になれるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここまで読まれた方は、「ではどうしたら松果体を珪素化(活性化)できるのか」と思われたかもしれません。
 『高次元シリウスが伝えたい水晶(珪素)化する地球人の秘密』にもそれについて概略は書いてあります。
 ネットで調べてみると、松久氏の本がけっこうな数、出ていて、私はさっそくアマゾンで数冊注文しました。
 読んでみて、面白いと思ったら、ここで紹介したいと思います。



サアラさんが語る感情のメカニズム...2017年4月9日

 現代科学は進歩したとよく言われます。
 私は、この言葉を何度聞いたのだろうと思います。
 しかしながら私は最近、違和感を覚えるようになりました。
 というのも、以前は「まあ、そうでしょうね」という思いでしたが、今は「本当にそう言えるのか」という思いが湧いてくるようになったからです。
 その例を挙げればきりがないのですが、一つ脳科学について触れたいと思います。
 私はいったん社会人になってから、大学の研究室に入りなおしたことがあります。
 その時の授業で、脳科学が紹介されて、脳のメカニズムがかなり解明されてきたことに感銘を受けたことがありました。
 当時は、この調子で解明が進んでいくと、人間の意思とか人格について本質的な謎が解かれる日も来るんだろうなと漠然と思っていました。

 私は今、サアラさんのスクールに通っているのですが、その授業で脳科学が話題になったのです。
 サアラさんが言うには、脳科学は完全に壁にぶち当たっているそうです。
 脳科学者達の最大のテーマは、人間の意思とか思考とか感情とか、その人間の人格の元となっているものを、脳の中に見つけだすことだそうです。
 今の科学は、魂といった異次元の存在を公式には認めていません。
 それゆえ、人格の元となっているものを脳のメカニズムで説明できるはずだという立場なんだそうです。
 しかし脳科学者が必死になって探しても、脳の中に見つからないというのです。つまりこれが、今の脳科学の壁というわけです。

 私は科学者ではないので、自分の考えていることを好き勝手に言わせてもらいますが、人間の本質が脳だというのは、滑稽としか思えません。
 いや滑稽というより、傲慢不遜と言うべきでしょうか。

 私の見解では、脳はこの3次元で人間の活動を統率(指令)する高性能のコンピューターに相当します。
 人間の本質である思考や感情、意思といったものは魂にあるのであり、そこから発したものが脳に伝わり、脳から体内の各器官に指令が発動されると考えます。
 もちろん記憶もそうです。
 膨大な魂の記憶は魂の中に貯蔵されているのであり、仮に変性意識状態となれば、現生の記憶だけでなく、魂の記憶にアクセスして、過去生などを思い出すことができると考えます。
 こうした観点から見ると、現代の脳科学が行き詰るのは当然だと私には思えるのです。

 サアラさんから学んだ魂に関する知識のうち、今回はその一部を紹介したいと思います。
 サアラさんによると、人間の肉体の周りを意識場という卵型のエネルギーフィールドが包んでおり、そのさらに周りを潜在意識場というトーラス状のエネルギーフィールドが包んでいるといいます。
 さらにその周りを超意識場というエネルギーフィールドが包んでいるといいます。
 全体のエネルギーフィールドは普通の人でも半径で10数メートルあり、これが魂と呼ばれるものだといいます。霊感のある人が見えるオーラは、これら3つのエネルギーフィールドの一部を見ているそうです。
 そして、これら3つのフィールドが脳内の次の3つの器官に主に対応しているそうです。

 @ 意識場.....大脳
 A 潜在意識場...中脳
 B 超意識場....小脳

 人は普段は、ほとんど@の意識場を活性化させて生活しています。
 記憶を引きだし、思考し、判断し、行動を決定するといったことは意識場で行われ、意識場と密接に繋がっている大脳に指令が送られ、行動が開始されます。
 物理次元で行動すると、物理次元で結果が出ます。
 その結果が記憶として意識場にフィードバックされ、貯蔵されます。そしてまた意識場から記憶を引き出し、また同じパターンの流れが起きます。

 授業では、これらエネルギーフィールドに関して細かい説明があったのですが、量が多くなってしまうので書ききれません。それで今回は、私が特に興味を惹かれた感情のメカニズムについて紹介したいと思います。

 人間の感情を司るのはAの潜在意識場だといいます。
 場というのはエネルギーですから、必ず振動しています。
 腹立たしい、悲しい、苦しい、淋しい、嬉しい、といった感情はそれに対応する振動数を持ちます。それがまず潜在意識場で発生します。
 特定の感情に対応した潜在意識場の振動は、中脳に伝わります。
 中脳の中のある領域に感情の振動が伝わると、脳下垂体で、その感情に対応したペプチドが合成されます。
 このペプチド(アミノ酸で合成されたもの)が血管に放出され、全身の細胞に送られます。

 各細胞は、このペプチドを栄養源として摂り入れます。
 1つの細胞には、ペプチドを摂り入れる細胞膜のレセプターが5000個もあるそうです。
 このレセプターは、様々なペプチドを摂り入れることができるように変化するそうです。
 例えば、年がら年中イライラしている人は、イライラに対応したペプチドが合成され、それが血液に放出され細胞の栄養源となります。毎日、嬉しい、楽しい、で過ごしている人は、嬉しい楽しいペプチドが合成され、それが細胞に供給されます。
 細胞は効率よくペプチドを摂り入れるために、常にそのペプチドに合ったレセプターを準備します。
 細胞にとってはイライラだろうが、楽しいだろうが関係ありません。
 細胞にとっての危機とは、レセプターからペプチドが摂り入れられなくなることです。それは細胞の死を意味するので、その人が以前と同じ感情を維持してくれるのは大歓迎です。
 サアラさんは、細胞がペプチドを大量に摂り入れると、ブルブル震えると表現していました。
 このブルブル震えるというのが、いわいるエクスタシーです。強烈な快感です。強烈な快感は、中毒をもたらします。
 そして人は、いとも簡単に、この中毒に嵌ってしまうそうです。

 誰しもこんな経験があるのではないでしょうか。
 過去の失敗を思い出しては、その失敗によって湧き起こる、辛い思いとか、悔しい思いとか、やりきれない思いに浸ってしまうのです。
 そんな感情に浸っている自分にハッと気づいて、ああ、またやってしまったと後悔します。
 過去にこだわることは止めて、未来を見つめて前向きに生きるのが大事なことは百も承知です。
 しかし百も承知のはずなのに、また懲りずに過去の失敗を思い出して浸ってしまうのです。

 これは感情の生理的なメカニズムを理解すると、容易に納得できます。
 過去の失敗を思い出すことによって湧き起こる感情に浸ることは、細胞にとってはブルブル震えるほどのエクスタシーなのです。
 つまり身体にとって、その感情は中毒となっているのです。
 本人は辛い、悲しい、やりきれないという思いで、(表面的には)もうこんなことは止めたいと思っているはずです。
 しかし、どつぼに嵌ると、さらにどつぼに嵌るという循環になってしまいます。落ち込む人は、さらに落ち込むということです。

 ここで強い意思を発揮して、もう二度と過去は振り返らないと決意したとします。
 すると何が起きるでしょうか。
 細胞が反乱を起こすそうです。
 細胞にとって特定のペプチドがレセプターから入手できないのは死を意味します。それゆえ、それまでの感情が一気に爆発的に起こるよう仕向けるそうです。
 これにより、二度と過去は振り返らないと決意したはずなのに、過去が強烈に甦ってくる体験をすることになります。
 ここで挫折してしまうと、再び過去を振り返る日々に戻ってしまいます。

 では、仮にさらに強い意思を発揮して、過去を振り返らない努力をした場合はどうでしょうか。
 今度は細胞が生き残りをかけて、変化するようになります。
 つまり新たなペプチドを摂り入れるべく、レセプターの形状を変えるのです。例えば、嬉しい、楽しいペプチドが多く流れるようになっていれば、嬉しい、楽しいペプチド用のレセプターに変化するというわけです。

 サアラさんによると、細胞膜は2ヶ月で更新されるといいます。
 それゆえ過去を振り返ってくよくよするという悪習でも、通常はレセプターの変化により、2ヶ月ほど頑張ると治るそうです。早ければ1ヶ月、遅くても4ヶ月で治るといいます。

 最後に感情のメカニズムに関して、私が特に興味を持った話を紹介します。
 サアラさんによると、こうした感情のメカニズムは人類特有なものなんだそうです。
 ET(地球外知的生命体)には、このメカニズムはないそうです。

 その理由は、人類がもともと奴隷として創造されたという歴史があるからだといいます。
 私の理解によれば、人類はニビル星人のアヌンナキによって17万年前、金(キン)の採掘を行うための奴隷として造られました。
 奴隷を管理するもっともよい方法は、中毒にさせることです。
 ワーカーホリックという言葉がありますが、中毒になるほど働いてくれる奴隷は、管理する者にとって実に有難い存在です。
 人類を中毒にさせるために、脳内にドーパミン(快感ホルモン)を発生させるメカニズムが造られました。
 このドーパミンは人類にとってきわめて強烈で、人類はドーパミンを出す行為に嵌るように造られたといいます。
 これが中毒です。
 サアラさんは、「この社会は中毒によって成り立っている」と表現していました。
 アルコール、たばこ、麻薬、賭博、性、などは中毒になる最たるものです。特に、たばこが一番中毒になりやすく、3回吸っただけでも中毒になる可能性があるそうです。気化したものは肺からすぐ脳に到達するからだそうです。

 「地球はアディクション(addiction)(注)で構成される」ともサアラさんは言っていました。
 では新たな水瓶座を迎えた私たちは、どうすればいいのでしょうか。
 サアラさんは、「自分の意思で突破するしかない」と言っていました。
 悪しき感情の中毒を乗り越えるのは、(誰かが解決してくれるわけではないのですから)私たち一人一人の強い意思しかありません。
 その為に、こうした感情のメカニズムを理解するということは、極めて強いモチベーションになると私は信じています。

(注)
 ネットによれば、アディクションとは、
 「止めよう止めようと思いながらも止めることのできない悪い習慣に耽(ふけ)ってしまうこと」
 です。



電子レンジの実験結果...2017年4月1日

 私は自炊するようになって、料理に興味が湧くようになりました。
 美味しい料理はもちろんのこと、時短にも興味があります。
 テレビ番組では、そうした料理のレシピをよく紹介していますが、電子レンジを使った方法が最近とみに増えている気がします。
 私は、そんな番組で電子レンジが出てくると、複雑な思いに駆られます。というのも、電子レンジで調理されたものは健康を害すると聞いて、捨ててしまったからです。
 私は一度捨てたのに、やっぱり便利かもと思って、再度買いなおした経験があります。そして、やっぱり危険だからと、都合2回電子レンジを捨てました。
 しかし電子レンジが危険だといっても、どのようなメカニズムで、どのくらい危険なのかという具体的な実験結果があることは知りませんでした。
 それゆえ人と話す場合でも、「電子レンジは危険らしいですよ・・・」、という曖昧な言い方しかできませんでした。

 その電子レンジを使った実験結果があることを、『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』(ケイ・ミズモリ著、ヒカルランド)で知ったので、紹介したいと思います。
 まず電子レンジの由来です。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p90〜p91から抜粋開始>・・・

 ナチス・ドイツに研究開発されたといわれる電子レンジ

 本稿の主人公ハンス・ハーツェル氏によると、そもそも電子レンジは、ナチス・ドイツがソビエト連邦との交戦に備え、多数の軍人に容易に食料を供給するために研究・開発されたものだという。第二次大戦後、連合国が電子レンジとその関連資料を発見すると、アメリカ軍は本国の合衆国戦争省にそれらを輸送し、極秘に科学的な調査を行った。これをベースに、1947年にレイセオン社が一般向けにアメリカで販売をはじめ、急速に世界中に普及していったというのが、もはや確認できない闇の歴史だとされる。
 今日では、電子レンジは、使ったことのない人を探す方が難しいくらい全世界に普及した必需品ともいえる。特に近年の日本では、電子レンジを駆使して手間を省く料理法が人気を得ており、電子レンジは個人消費者ばかりか、食品業界にとっても重要な存在となっている。
 ところが、その電子レンジが我々に害をもたらす可能性はかなり前から世界各地で議論されてきた。例えば、電子レンジから漏れ出る電磁波が人体に与える悪影響が指摘され、これに関しては改善されてきた。また、電子レンジによる加熱で食品に含まれる栄養価が減少することも、様々な科学者が報告している。これらは読者もご存知と思われるが、これから紹介するのは、それとは比較にならないほど深刻な話である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本では、手術の際に電子レンジで温めた血液を輸血して死亡事故が起こったことが紹介されていますが、それはめったに起きることはないので割愛します。
 私達にとって大事なことは、電子レンジを使うことで、食品にどのような変化が起こるかということです。
 そしてそれを食べた人間に何が起きるのかということです。
 以下、電子レンジを使った食品を食べた人間の経過観察を行ったという実例を紹介します。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p92〜p95から抜粋開始>・・・

 栄養分の変質が人体の血液に悪影響をもたらす!?

 スイスのバーゼル近くに住むハンス・ハーツェル氏(以下敬称略)は、スイスの大手食品会社に勤めていた科学者で、本稿の主要な情報をもたらした人物である。十数年前、彼は自分が勤めていた会社が、加工の過程で食品を変質させてしまっていることに気付いた。世界中の人々が口にする食品の安全性に関して、科学者として強い責任を感じていた彼は、その現状に我慢できず、問題点を上司に指摘した。すると、彼はその会社を解雇されてしまった。
 ハーツェルは、電子レンジによって食品がどのように変化し、どのように人体に影響を与えるかを研究した第一人者である。彼が到達した結論を先に述べると、電子レンジで加熱・調理された食品の栄養分は変質し、ヒトの血液にも変化をもたらす。その変化は決して健康的な変化ではなく、人体の機能を悪化させ得る変化であった。
 電子レンジの危険性を危惧(きぐ)していたのは、ハーツェルだけではなかった。スイス・フェデラル・インスティテュート・オブ・テクノロジーとユニバーシティー・インスティテュート・フォー・バイオケミストリーに勤めるバーナード・H・ブランク氏(以下敬称略)である。
 ハーツェルとブランクは、スイスのキエンテルにあるマクロバイオティック・インスティテュートの6人の被験者を加えた計8人で、最初の実験を行った。

 驚くべき実験の詳細

 まず、電子レンジで温められた食品を口にすることで、人体にどのような変化が起こるかを厳密に測定する必要があった。8週間、全員同じホテルに滞在し、その間、タバコ、アルコール、セックスなしの条件で過ごした。ハーツェルは当時64歳、他の参加者は20代と30代。実験は、2日から5日の間隔で、被験者たちは次の食物サンプルのうち一つを空腹時に与えられる。

1.生の牛乳
2.通常の加熱方法で温めた牛乳
3.パスツール滅菌された牛乳
4.生の牛乳を電子レンジで温めたもの
5.有機農場からの生の野菜
6.通常の加熱方法で調理された野菜
7.冷凍後に電子レンジで解凍した野菜
8.電子レンジで加熱調理した野菜

 実験では牛乳や野菜はいずれも同じものが使用され、被験者からは、食前と食後に採血した。
 結果は驚くべきもので、電子レンジを利用した食物サンプルを摂った被験者には大きな変化が現れた。ヘモグロビン値の減少とコレステロール値の増加、そして白血球が短時間ではっきりと変化することも確認されたのだ。また、<電子レンジのエネルギー量>と<被験者の血清に曝される発光バクテリアの発光力>との間に関連性があることもわかった。
 さらに詳細に検査すべく、彼らは期間を延ばして、別の実験も行っている。被験者たちからは、食事の直前、食後15分後、食後2時間後に採取した血液から赤血球、各種ヘモグロビン、白血球、リンパ球、鉄分、総コレステロール、善玉コレステロール、悪玉コレステロールを測定した。
 電子レンジを利用したサンプルを食べた被験者から測定された赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリット、白血球は、正常の範囲内ではあったものの、かなり低く、これは貧血症を引き起こしやすいことを示していた(*貧血とは、体内の各臓器や組織に酸素を供給する血液中のヘモグロビンが減少して体内が酸欠状態になること)。
 通常、白血球数は日々の偏った食事で簡単に変化するようなものではないといわれている。しかし、電子レンジで調理された野菜を食べた被験者の白血球は明らかに増加傾向を示していた(註、白血球数の変化に一定の法則は認められずさらなる検証が求められる)。
 実験を始めて2ヶ月を経過すると、こうした変化はさらに顕著に表れた。特に興味深いのは、コレステロール値の増加である。通常、コレステロールはゆっくりとしたスピードで変化するものと医学界では認識しているが、ハーツェルの行った実験では、電子レンジで調理された野菜を食べた直後に急速に増加に転じた。ただし、牛乳の場合は、コレステロール値は同じレベルに留まった。
 もちろん、頻繁に血液を採取されたことによる被験者のストレスも無視できない。しかし、各個人のベースラインをゼロ値として、そのゼロ値からの変化を統計的に出したため、大きな誤差は考えられない。
 ハーツェルは、コレステロールが増加する原因は、食べ物自体に含まれるコレステロールにあるのではなく、むしろ他から来ていると考えた。なぜなら、ほとんどコレステロールの含まれない食ベ物、つまり、電子レンジで調理された野菜を食べたことでもコレステロールの増加が表れたからである。これ意味することは極めて重要だ。食品に含まれる栄養価が電子レンジでの加熱で減少するだけではなく、人体に悪影響を与えることがわかったからである。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 ハーツェルとブランクの実験により、電子レンジで調理された食品を食べることにより、あきらかな変化があることがわかりました。
 こうなってくると、電子レンジによって食品にどんな変化が起こっているのか知りたくなります。
 以下は、ロシアの研究です。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p96〜p98から抜粋開始>・・・

 1950年代から人体への影響を研究していたロシア

 実は、ロシアでは1957年という早い時期から電子レンジの人体への影響が研究されてきた。
 ベラルーシのクリンスクにあるインスティテュート・オブ・ラジオ・テクノロジー(無線技術研究所)は、次のような結論を下している。

@電子レンジで調理された肉は発ガン性物質として有名な d-ニトロソジサノラミン(d-Nitorosodiethanolamine)を生み出した。

A電子レンジで牛乳と穀物を調理すると、発ガン性をもったある種のアミノ酸を作り出した。

Bマイクロ波の放射は、グルコシドとガラクトシド(解凍された際の冷凍フルーツ内の成分)の分解作用においても変化を引き起こした。

C生、調理済み、あるいは冷凍野菜がわずかな時間曝されるだけでも、マイクロ波は植物塩基(アルカロイド)の分解作用を変えてしまった。

D生の根菜などに含まれる特定の微量ミネラルの分子構造内で、発ガン性の遊離基が形成された。

E電子レンジで調理された食物の摂取により、血液中により多くの発ガン性細胞が生み出された。

F食物成分中の化学的変質が理由で、ガンの成長に対抗しようとする自らの免疫システムが衰え、リンパ系で機能障害を起こした。

G電子レンジで調理された食物の不安定な分解代謝は、基本的な食物成分を変質させ、消化器系の障害をもたらした。

H電子レンジで調理された食物を摂取する人は、統計的に高い胃ガン・腸ガンの発生率を示し、さらに、消化・排泄機能がゆるやかに低下して、末梢細胞組織が破壊されていく傾向がみられた。

Iマイクロ波の放射は、特に次のように、すべての食物の栄養価を著しく落とした。
・ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンE、必須ミネラル、向脂肪性栄養物の生物学的利用性の減少

・肉に含まれる核タンパク質の栄養価の破壊

・アルカロイド、グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシド(フルーツと野菜に含まれる基本的な植物成分)の代謝の低下

・すべての食物において、構造的破壊の加速が顕著に見られた

 以上のことから、ロシアでは1976年に電子レンジの使用が禁じられたのである。今から30年以上前に、ロシアではこれだけのデータを根拠に政府が電子レンジの使用を禁じていたわけだが、そのような情報は西側諸国に伝わることはなかったのだろうか。
 その後のペレストロイカによりこの禁は解かれ、現在はロシアでも電子レンジの使用は許されているのだが、そうした判断を下した根拠は明らかにされていない。これが前進だったのか、後退だったのか、意見が分かれるところだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ケイ・ミズモリさんは、ロシアの電子レンジ解禁が、前進だったのか、後退だったのか、意見が分かれると言っています。
 明らかに言えることは、ロシアで電子レンジを売る側にとっては「前進」で、危険性を知らされず使っているロシアの一般の消費者にとっては「後退」だと言えるでしょう。

 以下は、電子レンジが食品を破壊するメカニズムをハーツェルが解説したものです。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p98〜p100から抜粋開始>・・・

 マイクロ波を利用したメカニズムの安全性

 ハーツェルたちが行った実験結果は、電子レンジが有害であることを明示していた。そして、電子レンジの利用が人体に悪影響を及ぼしていることが明らかなのに、機械を改良する努力すらされていないことに、ハーツェルは驚きを隠せなかった。
 ハーツェルによると、こうした有害性は、電子レンジのメカニズムに起因するという。
 「電子レンジで食品を温められるのはマイクロ波によって誘電加熱するからだ。強力な電磁波に打たれる原子や分子、細胞は、一秒に10億から1000億回もの極性転換を強いられる。有機的なシステムは、たとえ数ミリワットの低いエネルギーでも、変化を免(まぬが)れない。そのような強力で破壊的なカに耐えられる原子、分子、細胞は存在しないのである。
 あらゆる自然の物質の中で、エネルギーに最も敏感に反応するのが水分中の酸素である。電子レンジはこの性質を利用したもので、その熱はマイクロ波をあてることで水分子中で起こる激しい摩擦で生み出される。当然、分子構造は破壊され、変質を強いられることになる。
 また、通常の方法で食べ物を加熱する場合は、外側から内側に熱が伝わっていくが、電子レンジを使用した場合には、それとは対照的に、水が存在する細胞や分子内で変化が始まり、そこでエネルギーが摩擦熱に変換される」
 では、太陽から注がれるマイクロ波は有害にはならないのだろうか? ハーツェルは次のように回答している。
 「太陽からのマイクロ波は、震動する直流電流の原理に基づいている。そのような光線は有機物質に摩擦熱を起こさない」
 さらに、誘電加熱以外の影響も無視できないという。
 「それについては現在のところ測定できていないが、マイクロ波は分子構造を変化させ、変質をもたらす。現実に、遺伝子操作をする際、細胞膜を弱めるために、マイクロ波が使われているのだ。マイクロ波は、まさに細胞の生命である細胞膜の内側と外側の間の電気を相殺させる。こうして弱体化した細胞では、自然の修復機能は抑制されてしまい、ウィルスや真菌類の餌食になりやすくなる。また、エネルギーの緊急事態に適応するために、細胞は好気性呼吸から嫌気性呼吸へと変化(酸欠状態となる)。水や二酸化炭素の代わりに、過酸化水素や一酸化炭素が作り出されるようになる」
 ハーツェルはこのような理由から、電子レンジの使用により、人は健康を害していくことを確信した。
 電子レンジで利用されるマイクロ波は、マグネトロンと呼ばれる真空管から生み出されている。そして、国際的にその発振周波数は2.45GHzに定められている。大抵の電子レンジは数百から1000ワット程度のパワーで食品を温める。このマイクロ波の放射により、食物の分子を破壊・変質させ、自然界には存在しない複合物質(放射性分解による複合物質)を生み出すといわれている。
 今日のアカデミズムは、電子レンジで生み出される「放射性分解による複合物質」は、通常の方法で調理された場合と大差ないとみなしているが、実際には、電子レンジの方が多いことは明らかなのだ。
 また、ある種のアレルギー患者においては、電子レンジで調理された食品に対し99.9%の々が敏感に体の不調を訴えるという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もし人としての正義感があり、そして明らかに健康に害があると理解すれば、誰しも「電子レンジの使用は控えた方がよい!」と人々に知らせたくなるはずです。
 しかし(というか案の定というか)、ハーツェルとブランクは弾圧されます。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p100〜p102から抜粋開始>・・・

 電気製品協会による不可解な発表禁止令の発動

 ハーツェルとブランクが実験の結果を公表すると、FEAとして知られるスイス電気製品販売者協会(Swiss Association of Dealers for Electricapparatuses for Households and Industry)が、即座に攻撃を開始した。ハーツェルとブランクに対して緘口令(かんこうれい)(発表禁止命令)を出すように、ベルン州のセフティゲン裁判所の裁判長に働きかけたのだ。誹謗中傷も激しく、それに耐えかねたブランクは、意思に反して自説の撤回を表明した。とはいえ、それまで電子レンジにかけられた食品が血液に異常を起こすという研究の正当性を公に訴えていたため、それは矛盾に満ちた対応となった。一方、ハーツェルは裁判を行う権利を要求した。しかし、この間題に関する予備審問は高等裁判所回された。この間題が表ざたになることを嫌う権力が動いたのだ。
 予備審問では、次のような判断が下された。
 「このケースにおいては、明らかに原告側(FEA)の不利益が存在し、おそらくそれは容易に修復されるものではない。したがって、被告(ハーツェル)の弁明を聞くまでもなく、原口側の要求を正当と認める。被告の発表は科学的な根拠に基づいた、信頼に足るものと思われがちであり、結審するまでに被告がさらなる発表を行えば、原告側にさらなる不利益をもたらす可能性がある。こうした事態を回避するため、公表には但し書きが付け加えられるべきである。それは、ある結論を導き出すためにはさまざまなアプローチ法があり、この見解はすべての方法によって証明されているわけではないということである。なぜなら、擬似科学的な未証明の言明に対して、一般は興味を示すものではないからである。この決定は、これらの秩序立てた検査・測定に問題があることを証するものではない」
 そして、1993年、裁判所は原告であるFEAの主張を元に、次のような判決を言い渡した。
 「被告は、5000フラン以下の罰金、又は1年以下の懲役に服し、電子レンジで調理された食品が健康に害をもたらし、ガンの初期段階をも誘発する病理学的トラブルを導くと主張することを禁ずる。尚、原告が裁判の費用を負担する」
 その後、ハーツェルとブランクがいかに苦労したか想像に難くないだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 予備審問の判断は驚くべきものですが、これが(残念ながら)現実でしょう。これはスイスという遠い国の出来事ですが、、日本においても電子レンジをめぐる環境は大同小異だと思います。
 ハーツェルに緘口令が命じられた5年後、今度は裁判所がFEAにハーツェルに慰謝料を払うようにと命じます。


 ・・・<『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』、p104から抜粋開始>・・・

全世界に巨大市場を持つ電子レンジ・メーカーや電子レンジ用食品を手がける食品業界などが、ハーツェルやブランクのような都合の悪い研究者を葬り去ろうと画策したのも例外ではないのだ。
 しかし、ある国の司法機関が研究成果の発表を禁じたとしても、必ず誰かがどこかで真実を伝えようとするものであり、いずれは産業界も歩み寄ることになる。
 ハーツェルとブランクに緘口令が下ってから5年、ようやく状況は変わってきた。
 1998年8月25日、1993年の判決はハーツェルの権利を侵害しているとして、ついに裁判長はその撤回を命じた。電子レンジにかけられた食品が健康を害すると発表することを禁じた緘口令は、「表現の自由」に反するという理由であった。さらに、FEAは慰謝料として、ハーツェルに4万フランを支払うよう命じられたのだ。
 これで、ハーツェルとブランクは解放されたのだが、本当に電子レンジが人体に有害であるとすれば、緘口令の影響は彼らにだけ及んだわけではない。我々が真実を知る機会を得られずにきた空白期間をも生み出したがために、今なお原因不明の病気や免疫機能の低下に悩まされる人がいるかもしれないのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 1998年に、こうしたことを日本ではニュースで報道したのでしょうか。
 私は全く記憶にないのですが、一般の人々に健康に関する極めて重大なことが知られていない現状を考えると、全く報道されていないか、されていても扱いが小さかったのだろうと推測しています。

 * * * * *

 最後に蛇足ですが、私はこの記事を掲載するか迷いました。
 記事を書き上げた後にネットで検索すると、ケイ・ミズモリさんの電子レンジに関する記事が続々と出てきたからです。
 今回引用させていただいた、『「闇権力」は世紀の大発見をこうして握り潰す』は、2007年に出版されたケイ・ミズモリさんの『超不都合な科学的真実』のリニューアル版で、すでにこの情報は広くシェアされていたことがわかったからです。

 (私は知らなかったけれど)すでに知られている情報を載せる意味はあるのか・・・、と思ったのですが、せっかく書いたのだから載せることにしました。
 私と同じように知らなかった方もおられるでしょうし、そうした方々には伝える意味があると思ったのです。



中国は金本位制を目指している!?...2017年3月25日

 私は経済・金融の勉強を吉田繁治さんの本やメルマガでしているのですが、最近の吉田さんのメルマガに目からうろこといった秀逸なものがありました。
 一つは、戦後世界の経済・金融を動かした歴史に関するものであり、もう一つは中国が目指す金本位制に関するものです。
 今回は、中国の金本位制に関する話題を紹介します。

 内容を紹介するにあたり、文章の上手い吉田さんの文を引用すれば事足りるのですが、それだと気が引けるし、量が多すぎるので、私が理解したものを私の文章で紹介したいと思います。

 これらの内容は、吉田さんが次に出す本に盛り込まれるかもしれません。


中国が世界の工場になったのは最近のこと

 1994年の中国のGDPは$5664億(62.9兆円)でした。同じ年の日本のGDP$4.85兆(538兆円)の、わずか12%でした。1人当たり所得では、日本の90分の1でした。
 2016年の中国のGDPは、$11.39兆(1264兆円)で、日本の2倍を越えています。
 わずか22年でGDPは20倍に増え、経済規模で世界第2位だった日本を抜き去り、アメリカについで世界第2位に躍り出ました。
 以下のグラフは、中国のGDPの推移です。

http://ecodb.net/country/CN/imf_gdp.html

 日本の25倍の面積と13倍の人口で、日本の戦後の高度経済成長期と同じレベルの成長を続けた結果と言えるでしょう。
 こうした経済の大躍進がなぜ起こったのでしょうか。
 それを可能にした原因の一つは、人民元(じんみんげん)の為替レートの変更でした。

 1990年までの中国には、輸出競争力はありませんでした。
 その頃、中国が輸出していたものといえば、高級家具店で売る100万円の高級絨毯や、25万円の羽毛布団などだったといいます。
 27年前の中国には輸出競争力はなく、世界の工場となった今から見ると昔日の感があります。
 以下は人民元の為替の推移です。

http://ecodb.net/exchange/cny_jpy.html

 このグラフと、上のGDPのグラフを比較すれば、中国のGDPの大躍進と元の推移が見事に重なっていることがわかります。
 1980年の1元は150円でした。その後1992年まで12年かけて1元=30円と5分の1まで引き下げます。
 ここからGDPの急速な膨張が始まります。
 現在は1元=16円近辺で、さらに2分の1となっており、1980年と比較すれば、元は10分の1にまでなったのです。

 中国は経済発展のために、経済特区に外資のお金と技術を呼び込む必要がありました。
 その為に、どうしても必要なことは、元のハード・カレンシー化でした。
 ハード・カレンシーの定義は以下です。

 「金の裏付けのない信用通貨でありながら、その額面の価値を世界の人々に認められ、外為市場で他国の通貨と容易に交換できるもの」
 以下、ハード・カレンシーの具体例です。
 
 ・基軸通貨の米ドル
 ・1999年からユーロ
 ・戦前の基軸通貨 英ポンド
 ・アジアでは円
 ・国際金融通貨のスイスフラン

 中国が外資を呼び込みたくても、外資は稼いだ元が(主に)米ドルに交換できなければ来ません。
 交換レートが常に変動するようではビジネスは成り立ちません。中国に投資する外資にとって、元が一定比率で常に米ドルのような世界の貿易に使える通貨と交換できることが条件となります。

 中国は、その元のハード・カレンシー化を、あっと驚く方法で実現してしまいます。


中国の普通ではありえない、金融・財政政策

 ここで国が発行する通貨とは何かについて考えます。
 日本政府の借金がGDPの2.4倍に達したことで、政府財政が破綻し、ハイパーインフレが起こるという話をする人がいます。
 戦前のドイツ、近年ではジンバブエやソ連崩壊など実際にハイパーインフレは起きています。
 1991年のソ連崩壊後のルーブルは、共産主義時代の通貨の刷りすぎで1200倍のハイパーインフレとなり、1998年に1000分の1へのデノミを引き起こしました。
 このアナロジーで日本でもハイパーインフレが起こると考えているのでしょうが、私は日本政府の財政破綻は数年後には起こる可能性があると見ていますが、ハイパーインフレは起こるとは思っていません。
 円を刷る権限は日銀が持っていますが、日銀は無制限に円を刷れるわけではありません。
 日銀は(基本的に)日本国債を担保として、円を発行しています。担保をもとに刷っているのですから、無制限に刷れるわけではないのです。
 では政府が発行する担保(日本国債)の信用とは何か。
 それは、国債証書に書かれている期日になれば、元本と金利が払われるだろうという信用です。つまり政府の財政が円という通貨の信用の源泉となっています。
 人々が政府財政に疑問を持ち、国債の償還が出来ないと判断すれば、誰も国債を買わなくなります。そうなると、金利が暴騰(国債は暴落)し、政府は国債の発行ができなくなり、予算が組めなくなります。国債の償還ができないことを、国家破産といいます。
 それが起こっていないということは、現時点では日本政府の財政は人々に信用されているということです。

 欧米各国では、このように自国政府の借金札である国債を担保として通貨を発行しています。
 例えば、アメリカは米国債を担保として米ドルを発行しています。

 さて、中国に話を戻します。
 一般的には、自国政府の借金札を担保して通貨を発行しますが、中国は自国政府の借金札を担保として元を発行していないのです。
 なんと驚くべきことに、米国債を担保に人民元を発行しているのです。
 そして米ドルとの交換比率を一定に保つために、ドルペッグ制を採用しました。
 これにより、元の担保は米国債となり、米ドルと同じ価値を持つ通貨となります。中国に工場を移転した外資は、稼いだ元を、為替の変動に左右されず米ドルと同じ比率で交換できるようになったのです。
 これが中国が世界の工場と言われるまでに大発展した理由です。
 まとめると、

@ 元の発行の担保を米国債としたことで元をハード・カレンシー化し、米ドルとスムーズに交換できるようにした。

A 元の為替水準を10分の1とすることで、中国からの輸出品は圧倒的な価格競争力を持つことになった。

 もちろん中国農村部に大量にあった安価な労働力や、環境破壊を気にせずに工場を操業させた中国政府の方針なども後押ししたこともあります。しかし上記@とAの条件がない限り、外資が中国に大量に進出してビジネスを行うことは難しかったのです。

 米国債を担保に元を発行することは、米国政府の承認なくして行えることではありません。
 1990年代、米ドルは世界貿易で使われる準備通貨(基軸通貨)としての危機を迎えていました。ユーロの登場です。
 世界貿易の準備通貨は、通貨発行の特権があります。
 通貨を大量に発行しても、貿易に必要なので、それを受け取る国があるということです。需要があるので、大量に発行しても米ドルの価値は下がりません。通貨を発行するということは、アメリカにそれに見合う物とサービスが流れ込むことを意味しています。こうした利益をシーニョリッジ(封建領主が持つ通貨特権の利益)と言います。
 日本の1万円札を造る原価は22円と言われますが、残りの9978円が通貨発行益となります。米ドルは準備通貨なので、アメリカは米ドルを発行することで、この利益を享受する特権があります。
 具体的に中国で米国債を担保にして元を発行する実務を担ったのでは、ゴールドマン・サックスだそうです。
 1990年代の米ドルの危機を支えたのは、中国の元だけでなく、ソ連崩壊で東欧圏が米ドル圏に入ったことや、日本政府が相変わらず米国債を買い続けたこともあります。しかしGDPで世界第2位となった中国の元が、米ドルの傘下になったという意味は大きいものがあります。
 つまりアメリカにとっても、中国にとってもウィンウィンの関係だったということです。


中国は信じ難いスピードで金(キン)を貯め込んでいる

 中国はこのところ、南沙諸島への進出など周辺国に軍事的脅威を与えているとみられています。
 これまで世界の軍事派遣国だったアメリカに挑戦する姿から、政治的には中国はアメリカと敵対する存在と言えます。
 しかし経済・金融面では、米ドルの傘下にあることはまぎれもない事実です。
 中国の共産党政権は、この事実を痛いほど知っています。そうであるなら、人民元を米ドルの傘下から解放することは中国の悲願と言えるかもしれません。
 それは、元の国際化とも言えるもので、問題はその元の発行の担保となるものをどうするかということです。

 以下の表は、2016年のWGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が発表した世界の中央銀行がもつ金の上位11か国です。

【世界の中央銀行の保有金:公式発表分】

(1)米国   8133トン
(2)ドイツ  3377トン
(3)IMF  2814トン
(4)イタリア 2541トン
(5)フランス 2436トン
(6)中国   1842トン
(7)ロシア  1615トン
(8)スイス  1039トン
(9)日本   765トン
(10)オランダ 612トン
(11)インド  557トン

 この中で非常に怪しい数字だと思われるのが、1位のアメリカと6位の中国です。
 アメリカは1990年代に米ドルの反通貨の性格を持つ金を、ブリオンバンクを通じて売りに出しました。米ドルの価値を維持するためです。それなのに1トンも減っていないのは不思議としか言いようがありません。
 さらに不思議なのが6位の中国です。
 不思議な理由を3つあげます。

@世界最大の金の輸入国は中国

 以下の表は、中国が輸入した金地金(ゴールドバー)です。

 2010年...184トン
 2011年...266トン
 2012年...264トン
 2013年...418トン
 2014年...208トン
 2015年...236トン
 2016年...292トン

 この7年間で中国が輸入した金の合計は1868トンとなります。
 この7年だけで1868トン増えているのに、中国の現在の総トン数が1842トンというのは、不思議としか言い様がありません。
 中国は金の輸出を全面的に禁止しています。増えることはあっても減ることがないのに、減っているというのはあまりに不自然です。

A中国は宝飾用金の大手輸入国である

 以下の表は、中国が輸入した宝飾用の金です。

 2010年...676トン
 2011年...873トン
 2012年...916トン
 2013年...1346トン
 2014年...1083トン
 2015年...1046トン
 2016年...869トン

 宝飾用(ネックレスなどの金装飾品)の金は、IMFに報告がいらないといいます。
 インド人は宝飾用の金が好きなことで知られていますが、中国はそのインドよりも多く輸入しています。
 吉田さんは、「この全部が、申請通りの宝飾用とはとても思えません。人民銀行の備蓄用に回るのが過半でしょう」と述べています。

B中国は世界最大の金の産出国である

 中国は世界1の産金国であり、その実績は2014年で461トンです。2位はオーストラリアの272トンですから、ほぼ2倍の産出量です。

 繰り返しますが、中国は金の輸出を禁止しています。
 中国に入った金は1kgも海外には出ていません。
 吉田さんの見立てでは、@ABから、中国では年間に1000トンペースで金が貯まり続けているとのことです。
 だとすると、2010年から2016年の7年間だけで、7000トン増えているはずです。それが、公式には1842トンだというのですから、何おか言わんやです。

 中国がこのように急ピッチで金を貯蔵し続けている理由は何かです。
 元の担保を米国債としているのを、今度は金の現物を担保とした金本位制に変えようとしているとしか考えられません。経済・金融面で米ドルの傘下にある状態から抜け出し、元を金を裏付けとした(現在の米ドルのような)準備通貨の地位に押し上げたいというのが中国の本音でしょう。

 ではなぜ中国は金の保有量を嘘までついて誤魔化すのか。
 これは私の推測ですが、中国が金本位制を発表した途端に、世界中で金を買い占める動きが出るからだと思われます。当然ながら、金価格は跳ね上がります。
 まだ中国が金本位制を導入するだけの量が集まっていない中で、金の価格が暴騰するのは避けたいはずだからです。


金本位制となった際の金の価格

 では金本位制となったときの金の価格がどうなるかを見てみます。
 金は世界共通で売り買いされている国際的な商品なので、中国を離れて世界で見てみます。
 現在地球上にある金は宝飾用と金地金(ゴールドバー)になっているものを合わせて17万トンと言われています(WGC)。
 このうち3分の1の約6万トンを世界各国の中央銀行が買い集めたとします(現在は3万トン)。その6万トンの時価は、1グラム$40(日本円なら1ドル111円として4440円)として、

 $40×6万トン(600億グラム)=$2兆4000億(266兆円)

 となります。
 世界の中央銀行による2016年の通貨発行額は、世界のGDP($80兆:8880兆円)の約20%の、1776兆円です。
 発行された1776兆円の通貨に対し、金準備が266兆円というのは少なすぎるという議論があります。
 しかしそれは現在の金価格に比較しての話です。かりに金の公定価格を、一気に6.6倍すると、

 266兆円×6.6=1776兆円

 となります。
 つまり金の準備率を100%に上げても、現在の金価格を6.6倍に設定すれば、世界各国の通貨を金に連動した通貨として扱えます。

 金本位制となった際の金価格は、あくまでも吉田さんの仮説です。
 また、メルマガの数字は(メルマガが発行された時点からの)金価格と為替の変動があるので、現在の相場に合わせて私が計算しなおしたものです。
 このところ急速に円高が進んでおり、1ドルは111円、金価格は1グラム40ドル(4440円)で計算しました。
 以上、吉田さんから学んだことを私流に解釈して話してきました。
 吉田さんのメルマガはネットでよく引用されているので、これらの話はすでに紹介されているかもしれません。
 もし引用されていれば、より深い理解のために、そちらを熟読されることをお勧めします。

 さて、ここからは、私が考えたことです。
 中国が金本位制を狙っていることは間違いないと思います。
 それにアメリカが連動する可能性もあるかもしれません。中国が金本位制を採用する時期と同じくして、アメリカも新ドルを発行し、その新ドルを元との固定相場制にして金と連動させるのです。
 そこで新ドルと旧ドルの交換比率を、(例えば)1:2とします。
 するとアメリカの対外資産の価値はそのままに、対外負債(主に米国債)を2分の1にまで一気に減らすことができます。
 2016年のアメリカの対外資産と負債です。

 ・対外資産...$24.5兆(2720兆円)
 ・対外負債...$32.5兆(3608兆円)

 それゆえ、対外純負債は対外資産から対外負債を引いた−$8兆(−888兆円)となります。
 仮に、米ドルの価値を2分の1に下げると、対外資産はそのままで、対外負債は2分の1の$16.25兆(1804兆円)となります。するとアメリカは、対外資産から対外負債を引いた$8.25兆(916兆円)の純債務国に生まれ変わることになります。
 さらに為替が2分の1となることで、アメリカの輸出品の価格競争力は一気に跳ね上がります。
 これにより空洞化したと言われているアメリカの国内産業は息を吹き返すでしょう。

 トランプ大統領は、「アメリカファースト(アメリカ第一主義)」と言っています。
 金に連動した新ドルの発行によって、(シーニョリッジ特権は失いますが)アメリカは純債権国に躍り出ることができる上に、アメリカ国内の産業が大復活する可能性が出てきます。アメリカファーストを掲げるトランプ大統領が、こうしたプランを魅力的に感じる可能性は高いと思います。

 私は中国が金本位制を狙っていることは間違いないと思っています。
 しかしそれが実現できるかどうかは、未知数だとも思っています。
 中国の共産党政権がこれからもずっと安泰だとは、とても思えないからです。中国の政権内のトップは、海外に資産を逃がしたり、いざとなったときの為に脱出する準備に余念がないといいます。
 国のトップが逃げ出そうとする政権が、これからも末永く存続できるのでしょうか。

 アメリカの動静も流動的です。
 これから経済・金融面で大きな変化が起きるのは間違いないと思っています。



サアラさんの夢ワーク...2017年3月15日

 私はサアラさんスクールに行くとともに、サアラさんのYouTubeでの講義も受けています。
 先日のサアラさんYouTubeの講座で、夢ワークのやり方を取り上げていました。これは誰しも活用できるうえに、強力なツールになると思い紹介したいと思います。
 サアラさんの夢ワークとは、夢を通じて高い次元からのメッセージを受け取るという手法です。
 サアラさんはハイヤーセルフとか、(霊的な)ガイドといった表現をしていませんが、そういった高次の存在とコミュニケーションする手法と言えると思います。

 サアラさんによると、夢を見るというのはアストラルレベルなんだそうです。そして、以下の3つの形態があるといいます。

@アストラルレベルに意識を置いて、それより高い次元から情報を得る。

Aアストラルレベルから、より高い次元にトラベルする。

Bナイトスルールに参加し、何かを習得する。

 ここで紹介するのは、@の手法だと思われます。

 問題なのは、私たちは朝起きてしまうと夢の内容をすぐに忘れてしまうことです。
 夢を見ていて断片的な記憶はあるのですが、ほとんど気にすることもなく朝のルーティンーワークに取り掛かってしまいます。すると断片的な記憶も遠い忘却の彼方に消えてしまいます。


夢ワークのやり方

 ではその手法を紹介したいと思います。
 要点を箇条書きに書きます。

・夢を意識し続ける(夢を意識して見る)。

・夢見の状態は人によって全く違う。その為、自分の夢の状態を理解し、慣れる。←その訓練が必要。

・朝、夢を思い出す時間を設定する。

・私たちはアストラルボディを持っている。肉体の外側にアストラルボディがあり、がばっと起きたらずれる。ずれた瞬間に夢を忘れる。
 それゆえ、目が覚めたら、覚めない状態で夢を思い出そうとする(この時に、動かない)。

・思い出したことは、何度も反復する。

・何についての夢か(誰、何処、何)。これを思い出せば、あとで隙間を埋める手がかりになる。
 自分以外に誰、何処、何をしていたか(何を言っていたか)、何が起きたのか ← 起きたら、すぐにメモる。
 夢の中で思ったことだけ書く。後で印象が変わったことを書いてはいけない。

・登場人物、場面、何が起きたのか(何を言われたのか)。この3つを思い出して、ゆっくり起き上がる。

・夢に対して、自分が思ったことも書く(後で思ったことと、異なる場合がある)←大きなメッセージの場合もある。

・ここまで思い出したら忘れないと思っていると、意外と忘れてしまう。(朝ごはんたべると、忘れてしまう。それだけ意識の違った世界)

・昼間、時間があったら、夢のシーンの間を埋める。

・夜、家に帰ってきて、それを読んでみる。

・起きているときに、自分がどんな風に思っているかも書く。

・夢はリニアな時系列で現れない。複数の夢をパッチワークのように見る。
 最後の場面を先に見て、後でそれに至る過程を見ることもある。

・リニアにこだわらず、見た順に書いてみることが大事。

・こんな変な夢と思っても書いておく。後でシンボリックな意味を持つことがある。


 これらを見ると、サアラさんが夢のシンボルを正しく掴むことに注意を払っているのがわかります。断片的なシーンを埋めるのは、夢がもたらすシンボルを正確に掴むためです。そしてシンボルを正しく解釈できれば、シンボルを通して自分に伝えられたメッセージを読み解くことができます。


夢のシンボルは人によって違う

 夢ワークをする際に、サアラさんが特に強調した重要な点をお知らせします。
 それは、ちゃんとした夢ワークをする場合は、「夢判断」のような本を参考にしてはいけないということです。
 なぜかというと、シンボルは人によって違うためです。「夢判断」の本はシンボルの意味はこうだと断定していますが、実際は人によってみんな違うんだそうです。
 サアラさんの講座から一例を紹介します。

 ある女性が7年間、不妊治療をしていました。年齢を考えると、ぎりぎりのところにいると感じていました。
 もし健康でない子供が生まれたら、その子が可哀相だとというリスクも考えるようになっていました。
 その女性が見た夢です。

 蛇口をひねり、バスタブに水を入れたのですが、そこで鼻血が垂れてきて、バスタブに鮮血が広がったのです。
 急いでキッチンに行き、棚の上からマグカップを取って、マグカップで鼻血を受けました。マグカップから鼻血が溢れ出し、キッチンのシンクに大量の鮮血が流れ出しています。
 その女性は、鮮血が流れるという夢だったので、何か自分に良くないことが起きていると感じました。あるいは、自分の身体がどこか悪いのではと考えたのです。
 そこで不安になった女性は、ドリームワーカーに夢のことを聞くために相談に行きました。
 するとドリームワーカーは、その女性が不妊治療をしていることを告げてもいないのに、「あなたは妊娠しています」と言ったのです。
 プロのドリームワーカーは、その人にとってのシンボルの意味を正しく解釈するのだそうです。
 通常、鮮血が流れるというシンボルはネガティブな意味を持つと考えがちですが、そのドリームワーカーは、その女性にとって鮮血は妊娠だと解釈したのです。

 このように夢に出てくるシンボルは人によって意味が違ってくるので、けっして本を参考にしてはいけないとのことです。


私の夢ワーク体験

 では今度は、私の夢ワークの体験をお話しようと思います。
 私はここ数年、すっかり相場から離れていました。以前は、株やFXなどをやったりしていたのですが、けっこうな損失を出してしまいした。やはり私は相場の才能がないのだと再確認したところで、しばらく止めることにしたのです。
 でもいつか復帰するつもりだったので、毎日、相場を流れをチェックすることは続けていました。
 そんな折、ドル円相場でかなり自信を持って予測できるというタイミングが来と感じたのです。
 これを読んでいる方々を惑わす情報を与えてはいけないので、私の予想をここには書きませんが、今後のドル円の流れをかなりの確度で掴めたような気がしたのです。
 さっそく翌日にもFX口座にお金を振り込み、ポジションを取ろうと考えていました。

 ところが始めたばかりの夢ワークで、こんな夢を見たのです。
 私は将棋が好きなのですが、プロの将棋界の第一人者ともいえる羽生善治(はぶよしはる)三冠が出てきました。
 羽生三冠は将棋界最高の名人位を失いましたが、それでもタイトル3つ(三冠)を保持するトップ棋士です。私は羽生さんのファンで、NHKで羽生さんの対局が放映されるのを楽しみにしている一人です。

 ここでサアラさんがいう、「誰」が決まりました。

 「誰」:羽生善治三冠

 場所は学校でした。
 学校なのに、どういうわけか、ギャンブル場があったのです。夢ですから、こういう普段ではありえない状況が起こります。
 「場所」が決まりました。

 「場所」:ギャンブル場

 そして私が羽生さんにお金を貸して、羽生さんがそのお金でトランプを使ったギャンブルをやっているのです。最初は調子よく、銀メダルのような大きなチップが羽生さんの前に何列も並ぶほど好調でした。
 私はさすが羽生さんと感心していました。羽生さんの天才的な頭脳を持ってすれば、ギャンブルで簡単に大金を稼いでしまうと思ったのです。
 しかし私が次に行ってみると、山のようにあったチップは全くなくなり、もう最後の1〜2枚が残っているという状態でした。
 私はポケットをまさぐり、2枚あった銀のチップを羽生さんに渡しました。
 それから場面がかわり、羽生さんと学校の仲間と連れ立って家に帰るシーンとなりました。明らかにギャンブルに負けて気落ちして帰る状況でした。
 そして羽生さんが私を振り返り、またギャンブルをやろうと言ってきたのです。私の中に、一回やって全部すってしまったのに、懲りない人だなという思いが湧きあがってきました。
 そのとき夢から目が覚めはじめたのです。
 ここで「何」が起こったか決まりました。

 「何」:天才羽生さんの頭脳を持ってしても、ギャンブルに負けてしまった

 夢から覚めはじめた私は夢ワークを実践しようと、ここで忘れないうちに夢の断片的なシーンを繋ごうと、記憶しているシーンを何度も反芻しました。
 夢の記憶は断片的ですが、こうして文章に書けるほど何度も反芻したのです。
 そしてかなり意識がはっきりしてきて、明日にもFXの口座にお金を振り込もうとしていたことを思い出したのです。
 その瞬間、思わず、あっ!、と声を上げそうになりました。

 こんなわかりやすいメッセージはないな、と思いました。思いっきり直球ストレートです。シンボルの解釈に悩む必要は全くありませんでした。
 FXも結局はギャンブルと同じ博打です。一時的には大金を手にすることもあるが、結局は負けてしまうのだということを私に知らせてくれたのでしょう。
 私がFX口座にお金を振り込むことを止めたのは言うまでもありません。

 もちろんこれは私がギャンブルに向かない性格だからで、その才能を生かしてFXや株で生計を立てている人のことではありません。
 さらに羽生さんのファンに断っておきたいのですが、これはあくまでも私個人が見た夢の話ですのでご了承下さい。


FXに専念した私の知人の話

 さらに脱線しますが、私の知人の話をしようと思います。
 1年ほど前ですが、その知人から連絡があり、河口湖に引っ越すので、しばらく会えなくなるかもしれないので飲もうという誘いがきました。
 独身でアラフォーの彼の仕事はコンピューターのソフトを作ることで、IT業界が華やかなりし昨今では、とても稼ぎが良いのです(月収60万円以上は普通)。私のように時給いくらというアルバイトからすると、うらやましい限りの稼ぎです。
 その彼が仕事を辞めて田舎に引っ越すというのですから、当然ながら不思議に思います。
 その理由を聞いてみると、FXで生計を立てる自信がついたので、田舎でFXに専念するというのです。
 世間では、派遣で月20万円を稼ぐのがやっとという人が多いなか、誰しもうらやむ稼ぎを捨てるというのです。本当にFXで食べていけるの? という思いがあったのですが、たぶん相当な自信があるのだろうと思いました。
 なんでも河口湖はステップにすぎず、FX生活が上手くいったら安曇野に移り住む予定だと言っていました。
 だからFXで成功したら安曇野に住んでいると思ってくれ、もし失敗したら(都落ちの逆バージョンで)東京に戻って働くことになると言うのです。
 私も以前、安曇野を調べたことがあったのですが、水がとてもきれいなところで、こんなところに住めればいいなと思いました。誰しも考えることは同じだなあ、と思った次第です。
 そんな彼から1年ぶりに連絡があったのです。
 彼曰く、

 「トランプ相場でやられてしまって、東京に戻ってきました・・・」

 ああ、やっぱり相場で勝ち続けるなんて無理なんだな・・・。
 我々のような相場の才能がない(かつ事業を起こす気力もない)一般庶民は、コツコツ働いて生活するというのが分相応なんでしょうね、たぶん。
 私は今はアルバイトで、月々の額は少ないですが少しずつ貯金できています。これで毎月、金貨をちょっとづつ買っていこうかと考えています。
 そういえば、吉田繁治さんは、金(キン)相場は変動するので、毎月一定額をコンスタントに買い増していくのがよいと言っていました(10分の1オンス金貨であれば、1万7千円ぐらいで買えます)。


鮮明な夢を見るための秘訣

 鮮明な夢を見るために私が実践していることを紹介します。
 それは神秘家のゲリー・ボーネルさんに教えてもらった片鼻呼吸を毎日10分やることです。
 この片鼻呼吸をやるようになってから、夢が鮮明になるとともに、夢の内容も変わってきた気がします。
 ネットで片鼻呼吸を検索すると、ヨガの片鼻呼吸が出てきます。でもヨガの片鼻呼吸は、ゲリーさんの片鼻呼吸とは違います。それゆえ改めてゲリー式片鼻呼吸を紹介しようと思います。
 正式版の片鼻呼吸と簡易版の片鼻呼吸があり、ここでは私が採用している簡易版を紹介します。
 右手の親指と小指を使います。
 右手の小指は左の鼻の上を押える(穴を塞ぐ)のに使い、右手の親指は右の鼻の上を押える(穴を塞ぐ)のに使います。
 以下の順番で行います。

@(左の鼻を塞ぎ)右の鼻の穴から吸い込みます(このとき口は閉じる)。

A(左の鼻は塞いだまま、右の鼻を塞ぎ)口から息を吐きます。

B(左の鼻を開放、右の鼻は塞いだまま)左の鼻の穴から吸い込みます(このとき口は閉じる)。

C(左の鼻を塞ぎ、右の鼻を開放)右の鼻の穴から吐きます(このとき口は閉じる)。

 この繰り返しです。
 息を吸うのと吐く時間ですが、私はそれぞれ9つづつ(約9秒)数えながらやっていますが、これは人それぞれです。自分に合った時間を決めていただければと思います。
 正式版は、左の鼻を塞ぐのに小指ではなく薬指を使い、小指は薬指の上の重ねます。
 息を吸うときは、後頭部の「神の口」と呼ばれる凹んだ部分から空気を吸い込むイメージをしてください。もし可能であれば、その空気がプラーナを含んでキラキラ光っているイメージをするとなおよいと思います(私はそこまでしていませんが)。

 参考までに、以下はゲリーさんによる拡張版ともいうべき片鼻呼吸のやり方です。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_9.htm#info_943

 慣れればこのやり方も可能ですが、私は一番簡単な簡易版で充分だと思っています。


夢ワークは誰でもできる

 サアラさんによれば、人が眠りに落ち、魂がアストラル界に行ったとき、目の前に100にも及ぶモニターがあるような状態になるそうです。
 各々のモニターには、様々な体験ができるようになっていて、魂はその中で惹かれるものに入っていくそうです。そうした複数の体験をするので、見る夢は一つと限ったことではありません。朝目覚めたときには、その大半を忘れているだけです。
 それゆえ(霊的な)ガイドのような存在からの情報というのは、そうした存在が意図して体験させているもので、夢のすべてがそうだというわけではありません。
 夢ワークとは、意図されて体験したものから情報を得るワークです。

 夢を憶えていないことは多いかもしれませんが、夢を見ない人はいません。
 スピリチュアルには興味があるが、何も見えないし、霊的な能力がないから・・・という方もおられるかもしれません。
 しかし夢ワークであれば、霊能力とは関係なく、高い次元とのコミュニケーシンが可能となります。
 スピリチュアルには興味あるが、自分はそんな能力がないとお考えの方々には、夢ワークとはとてもよいツールになるのではないかと思います。



サアラさんのお金の話...2017年3月8日

 サアラさんのスクールが先週末にあったのですが、サアラさんのお金に関する面白い話が聞けましたので紹介したいと思います。

 サアラさんの話を紹介するにあたり、私が以前書いた記事でお金に興味がある方(かつ読まれていない方)に、読んでいただきたい記事があります。
 それは神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんのお金に関する話です。
 ドランヴァロさんと奥さんがカナダの森の中で生活しているとき、お金が底を尽きピンチに襲われます。
 そんな時に、不思議と生活に必要な物資やお金がやってくるという話です。

http://motoyama.world.coocan.jp/info_7.htm#info_722

 この記事の後半で、私がただで福島の土地をもらえるようになったという話があるのですが、後日談を紹介します。
 最初はただであげるという言っていた兄の知人ですが、途中で気が変わり、この話はなかったことにしてくれと言ってきました。
 兄は突然話を変えた知人に憤慨していましたが、私は、結局その土地には縁がなかったのだろうと全く未練はありませんでした。
 その話がきたのは、2011年の東日本大震災で福島の原発事故があったときから数か月経ったころです。
 その頃は原発事故の被害がどの程度かわからなかったのですが、先ごろ燃料デブリが確認され、廃炉となるまで数十年掛かるのが確実となっています。
 事故から6年経ったいまでも、放射能が漏れ出している状態です。神秘家のゲリーさんは、福島の原発から出た放射性物質がカリフォルニアで検出されたと言っていました。
 そうした状況を考えると、あのとき福島に行かないでよかったと思っています。
 私の場合は、ドランヴァロさんのように天使たちの働きがあったのではなく、単なる偶然だったのでしょう。

 ではサアラさんのスクールで聞いた、サアラさんが体験したお金に関する話を紹介したいと思います。
 授業で聞いた内容をメモしたものと記憶を頼りに書くので、細かい言葉使いは正確に復元できませんが、内容は間違いありません。

 サアラさんが離婚したとき、貯金は、ほぼゼロの状態でした。
 長男と娘2人がいて、長男はご主人が引き取り、娘2人をサアラさんが引き取ることになったのですが、すぐにでも家を出なければなりません。
 娘の為にも住む部屋を確保する必要があるので、一応物件を見る為に不動産屋に行ったのです。でも部屋を借りようにも貯金がないので、サアラさんは最初に、不動産屋にお金はありませんと断ったそうです。
 不動産屋に希望の家賃を聞かれ、サアラさんは35万円ぐらいと答えたそうです。
 普通ならここでお金がないと言っている客に物件を紹介しても仕方がないので、「お金を作ってから来て下さい」と断るはずなのですが、なんと不動産屋は35万円の物件を持ってきて、大家さんに相談してみますと答えたそうです。
 その後、その不動産屋から連絡が来て、大家さんのオーケーが取れましたと言ってきたそうです。
 ここで2つの、ちょっと普通でない状況を整理してみます。
 一つは、お金がないと言っている客に不動産屋が断ることをせず、物件を紹介した上に、大家さんと相談してくれたこと。もう一つは、お金がないというお客に、大家さんが物件を貸してもよいと言ったことです。

 さてこんな普通でないことが起こり、家賃35万円の部屋を借りられたサアラさんですが、お金がないと言っても、家賃をただにしてくれるわけではありません。契約の時期が迫り、家賃の他に敷金、礼金などを用意する必要に迫られます。
 サアラさんがどうしようかと思っているときに、(預金がないはずの)銀行から電話が掛かってきたのです。
 サアラさんはすっかり忘れてたのですが、昔、子供の将来のために毎月数万円づつの積み立てをしていたのを、行員が支払いたいと言ってきたのです。
 行員が電話してきた理由を聞いて、サアラさんは驚きます。
 行員は、
 「うちの銀行はもうしばらくするとなくなってしまいますので、いまのうちに返却しておいた方がよいと思ったのです」
 と言ったのです。
 実際にその銀行はなくなってしまったそうですが、不思議なのは、そうなっても行員が責任を問われるわけではありません。でもどういうわけか、行員は積み立てを今のうちに解約した方がよいとアドバイスしてきたのです。
 お金にせっぱつまっていたサアラさんにとって、願ったりかなったりの話ですが、そのときサアラさんはどうしても家を空けられない事情があり、銀行に行くことができませんでした。
 そこでサアラさんは、今は家を空けられないので、お金を届けに来てくれないかと頼んだところ、行員が家に届けにきたそうです。
 そこで、さらにありえない事が起こります。
 サアラさんが積み立てた金額より、明らかに数十万円多いのです。
 サアラさんは銀行が計算ミスしていることがはっきりとわかったのですが、ここで、

 「このお金は縁あって私のところに来たのだから、有り難くもらっておこう・・・」

 と思ったそうです。
 そこで計算ミスのことを言わず、そのままお金をいただいたそうです。

 ではここで、またしても普通ではないことを整理します。
 まず、わざわざ銀行から解約の話を持ち出してきたことです。解約させたところで銀行には全くメリットがないのに、わざわざ連絡してきたのですから普通ではありません。
 さらに驚くべきことに、お金のプロであるはずの銀行が金額の計算を間違ったことです。
 本来であれば、細かい金利の計算で1円の間違いも許されない銀行が、数十万円も多く支払ってくれたのですから、普通なら絶対にありえないことです。

 さてこうして思いがけないお金が天から降ってきたことで、サアラさんは無事、部屋の契約金を支払うことができました。天から降ってきたお金は、契約金とほぼ同じだったそうです。

 窮地を乗り越えたサアラさんでしたが、これから生活していかなければなりません。
 毎月35万円の家賃を支払いながら、2人の娘を養っていかなければなりません。相変わらず貯金はないのです。
 ここでまた普通でないことが起こります。
 離婚する前、旦那さんとの生活でお金の余裕があったとき、サアラさんは株で1千万ほど損したことがあったそうです。
 証券会社の担当者がいたのですが、その担当者が出張のとき、その担当者の上司からサアラさんに電話があり、ある株が有望だとして勧めてきたそうです。
 その話を信じてサアラさんが買ったのですが、暴落してしまい大損してしまいました。
 担当者はその話に憤慨します。
 自分がいない間に勝手に自分の顧客に電話をして株を買わせた上司が許せず、担当者はその証券会社を辞めてしまいます。
 そして他の証券会社に勤めていたのですが、サアラさんに電話してきて、こう言ったそうです。

 「証券会社というのは顧客からの信用が命綱なのに、それを裏切るようなことをして本当に申し訳ありませんでした。つきましては、損をさせてしまった1千万円を私の毎月の給料から補填させていただきたいのです」

 そして毎月30万円を支払い続け、数年掛かって総額1千万円を弁済したそうです。
 いやはや、こんなありえない話があるでしょうか。
 サアラさんに損をさせたのは担当者の上司であって、担当者ではありません。その担当者は今は別の証券会社に移ってサアラさんとは縁が切れているのに、サアラさんの損を自分の給料で補填したというのですから、こんな人は普段ではまずお目に掛かれないでしょう。

 こうして35万円の家賃のうち30万円が賄えるので、実質上サアラさんは家賃5万円を払えばいいわけです。家賃5万円ですから、自分の仕事で得られる収入だけでも、余裕を持って生活できるようになったそうです。

 こんな話が世の中にあるなんて信じられるでしょうか。

 私のような凡人から見ると、ドランヴァロ・メルキゼデクさんやサアラさんのような人には、どうやら必要な時には天からお金が降ってくるらしい・・・と思えます。
 でもサアラさんによると、どうもコツのようなものがあるようなのです。

 これを読まれている訪問者の方も、その辺に興味があると思うので、紹介したいと思います。
 お金がほしいとか素敵な恋人がほしいとか健康になりたいとか、何であれ願望を持つ人は多いと思います。
 女性は今の自分の現状と比べて、有りえないほどの大きい願望を持ちやすいのですが、男性は少ないそうです。それを聞いて私は納得するものがありました。
 私は性格がみみっちいのか、今の現状よりやや良いくらいの願望しか持っていないことに気付きました。
 宝くじを買っても、どーんと7億円というより、数百万円とか数千万円当たればいいな、ぐらいの願望しか持っていませんでした。
 これは私だけでなく男性一般の傾向なんだそうです。
 それゆえこれを読まれている男性は、いまより、どーんと飛躍した願いを持つと良いそうです。
 さて願いを持ったら、以下の2つが大事だそうです。

@ 願いに切実な思いが伴っていること。

A 思い込みは可能性を限定する。

 @はわかりますが、Aには説明が必要です。
 例えばお金がほしいと思っているときに、事業をやっている人なら、その事情が当たってお金がたくさん入ってきてほしいと願っていると思います。
 でもお金が入るのに、事業と限定してはいけません。たまたま買った宝くじで億単位のお金が当たるかもしれませんし、1億円拾うかもしれませんし(以前そんなニュースがありました)、あるいは遠くの親族から突然遺産が入るかもしれません。お金が入るなら、原因はなんでもいいはずです。思い込みで限定してしまうと、可能性を狭めてしまうそうです。
 そして、サアラさんらしい金言を紹介します。

 「願いをもったら祈るが勝ち

 だそうです。
 とにかく祈った者勝ちだそうです。
 それなら祈らない手はありません。やり方は本人次第でいいそうですが、やはり注意点はあるそうです。
 それは、完了形で祈るということです。
 未来の出来事なので、「〜するように」「〜なるように」という言い方をしがちですが、「私は、○○です」「私は、○○しました」という風に宣言する形だそうです。
 そういえばヴァイアナ・スタイバルさんのシータ・ヒーリングでは、未来の願いを「〜でした」という過去形で唱えるようにしていました。
 そうする理由はサアラさんによると、(過去)=(未来)だからだそうです。
 つまり過去がそうなったということは、未来もそうなるということです。

 なかなか面白い話を聞くことができました。
 さっそく私も実践してみようと思っています。



食の話いろいろ...2017年2月26日

 今回も前回に引き続き食の話題です。


ぽっこりお腹の原因!?

 ぽっこりお腹で悩んでいる方は多いと思います。
 特に私のように痩せ型の人間には、なんとも無様な格好です。全体に太り気味の方なら、少々お腹が出ていても、見ていてそんな違和感はありません。
 でも痩せ型なのにお腹だけぽこっと出ていたら、アフリカで飢饉にあえいでいる子供のお腹のようで、貧相この上ないものがあります。
 アフリカの子供のぽっこりお腹は飢餓が原因ですが、現在の日本では全く違った原因で、ぽっこりお腹が席巻しています。
 その原因は、一般には食事量の多さと、肉類や揚げ物、甘い物などの食事の種類によるものと信じられています。
 栄養学や医者などの、いわいる専門家と言われる人たちがそう言っているのですから、ほとんどの人は、その説を信じています。
 しかし私は全く違った仮説を持っています。
 もちろん科学的に証明されたものではありませんが、私は体験的にぽっこりお腹の原因を特定できたと思っています。
 それは、普段の人があまり体験しないであろう断食を何度もやってみたからです。
 現代の日本人が断食をすれば、1日〜2日ほどで体内の糖分を消費します。
 すると今度はエネルギー源として、体内に貯蔵された脂肪分が使われます。
 日本の一般のスーパー等で売られている食品(特に加工食品)には、大量の食品添加物だけでなく、毒性の強い化学物質が多く含まれています。
 身体は1日に処理(無毒化して排泄)しきれない毒物を、脂肪内に一時的に蓄積させて避難させます。そうしないと毒物が血液によって体内を巡り、非常に危険な状態になるからです。
 その代表的なものが、お腹の中性脂肪であり、これがぽっこりお腹に原因だと考えます。つまりぽっこりお腹は、危険な毒物に対する身体の絶妙な防御反応だと言えます(私は癌も基本的に同じだと考えます)。
 この話が本当かどうか確かめる方法があります。
 3日以上の断食をしてみれば、わかります。
 もし3日目に何も苦しくなければ、毒物が体内になかったという証拠です。
 おそらく普通に食事している日本人のほとんどは、3日目がきつくなるはずです。食事が入ってこないと知った身体は、そのエネルギーを体内に貯蔵してある毒物の処理に向けるからです、その際に、血液によって毒物が体内を回るので、一時的ですがつらい症状が出ます。しかしそれで身体がクリーンになると思えば、むしろうれしいつらさといえます。

 こう言っても、それほど危険な毒物がスーパーで普通に売られている(加工)食品に含まれているのかと疑う人は多いと思います。
 私はこれまで当HPで、食事に含まれる強い毒物に関する記事をいくつか書いてきました。繰り返しになるので今回は書きませんが、その危険性はおそらくこれを読まれている方々の想像以上だと思います。
 一つだけエピソードを紹介しましょう。
 日本人はほとんど知りません(あるいは無視しています)が、EUからの渡航者には、日本の野菜は汚染されているので注意するようにという勧告が出ています。
 それゆえ日本からEUに農作物を輸出しようとしても、残留農薬で引っかかり、事実上輸出できないそうです。
 参考までに以下にURLを貼っておきます。

http://健康法.jp/archives/16839

 先日、テレビの経済番組を観ていたら、新たな事業の開拓として、EUへ農産物の加工品を輸出しようと奮闘している業者が取材されていました。
 その業者曰く、
 
「EUへは農産物を直接輸出できないので、加工品にして輸出します」

 私は思わず、「おいおいおい、それって詐欺に近い話じゃないか・・・」とつぶやいてしまいました。
 EUは農産物に対する残留農薬の基準はあるのですが、それらの農産物を使って加工品になったものには基準がないのです。
 EUの人々だって、農薬漬けの食品など食べたくないはずです。
 法律の抜け穴をついて儲けようとする姿勢は、日本の大手食品会社と似たものがあります(もちろん中には誠実に作っている事業者もいると思いますが)。
 これは日本の大手食品会社が、法律が許しているので(危険と知りつつも)毒性の高い添加物を食品に入れるメンタリティーと同じです。
 特に前回の記事「食品添加物に指定されない添加物」で書いたように、「化学調味料無添加」と謳いながら添加されている、毒性の強い「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」は、(信じがたいことに)添加物に指定されておらず、食品扱いです。
 食品ゆえに添加する量の制限がなく、業者の意図によってどんどん入れることができてしまうのです。

 さてその「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」ですが、私が、これらの物質を断ってからの変化をご報告します。
 1週間ほどしか経ちませんが、結果はめざましいものがありました。
 まず、軽い頭痛、肝臓あたりの鈍痛、不整脈などは、ほとんど感じなくなりました。
 また不思議なのですが、古傷のような腰痛も劇的に改善したのです。日常生活で、ほとんど痛みを感じずにすむまで回復しました。体重はそれほど減っていないのに、腰痛が良くなったということは、腰痛の直接の原因も「酵母エキス」だったのかもしれません。
 また体力、気力が戻ってきていることを感じます(空腹感も戻ってきました)。
 私の家から自転車で20分ほどのところに、天然温泉があるのですが、1週間前は身体が重く、自転車のペダルがやけに重いと感じながら漕いでいました。
 しかし1週間経った今は、自転車を快調に飛ばすことができました。場所によっては、全速力で漕いだりしました。身体が軽く、若さが甦ったような感覚です。
 体重だけは、めだった変化はありません。2〜3kg増えたままです。
 「酵母エキス」を摂りはじめたのは2ヶ月ちょっと前ですが、元の体重に戻るのに、やはり同じくらいの期間が掛かってしまうのでしょうか。
 まだ数百グラムしか減っておらず、kg単位で減ってはいませんが、明らかに減る方向だと感じます。
 数百グラムというのは誤差の範囲で、食事前と後で違うぐらいの量なので、減ったとは言えません。
 ただ気になるのは、ぽっこりお腹が解消されていないということは、お腹に毒物が残っているということです。
 それゆえ私は自然にお腹が凹むのを待つか、断食して一気に解消するか悩もうと思っています。

 私はこのところずっと無添加生活を続けているので、すっかり体質が変わってしまったようです。
 添加物が身体に入る量が少ないので、少しでも添加物が入ると、異常に反応してしまう身体になったようです。「酵母エキス」のような毒性の強いものが入ると、簡単にノックアウトされるかわりに、それが無くなると劇的に回復するといった具合です。
 でもこれは私が特に敏感だからというわけではないと思います。
 誰でも私と同じように無添加生活をすれば、添加物に敏感に反応する身体になると思います。


日本伝統の漬物が危険!?

 食べ物の話題なので、最近私が食に関して実行していることの一つを書きたいと思います。
 私は無添加生活を目指すという目標を掲げていますが、同時に昼は外食するという、実に(自分に都合のよい)甘いルールでやっています。
 それでも外食する際は、心がけていることがあります。
 その一つが、外食する際は漬物は食べないというものです。
 漬物は和食の定食を頼めば付いてくる定番のもので、そんなに健康に悪いというイメージはありません。
 むしろ洋食の方が和食よりも添加物が多いというイメージがありますが、食の専門家によると、逆なんだそうです。
 その典型的な例が漬物です。
 今回も『「安い食べ物」には何かがある』(南清貴著、三笠書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p37〜p39から抜粋開始>・・・

 漬物
 −−輸入された材料は港で野ざらしにされている

 今、スーパーで売られている漬物は、「非常に危険!」と思ってください。もちろん、原材料表示から製造方法まできちんとされている誠実な漬物屋さんもありますから、そういう漬物に出合ったら、ぜひ買ってください。
 スーパーで大量に安く売られている漬物となる野菜や、安いそば屋さんの山菜そばで出されるような野菜は、かなり劣悪な環境で作られ、輸入されたものです。漬物の原材料は、表示の義務がありません。コストを落とすために使われている野菜はほとんどが中国産のものと考えていいでしょう。
 輸入されたものが陸揚げされる港の現場を見たことがありますが、そんな野菜や山菜は長時間薬液に浸かった状態で、近寄ると鼻が曲がるほどの臭いでした。
 ほとんどの素材が業界用語で、「野積み」といわれる、いわゆる雨ざらしの状態でずっと保管されています。倉庫にすら入っていないのです。ビニールの袋に入れられ、ビア樽の1.5倍くらいの大きさの、分厚いプラスチックの容器にズボッと入っています。もちろん、ビニールはきつく結束されていますが、破れているものも見かけました。野菜の色は薬品で元の色がわからないほど変色しています。これらがその後どうなるかというと、一度すべて脱色され、色素をいったん全部抜いて、改めてそれらしい色に着色されるのです。
 着色料は一般に非常に毒性が強いといわれているものです。それをさらに漬物用に作られた液体にひたして、漬物らしい色にしています。このようにして作られた「漬物もどき」が真空パックに入れられ、スーパーに納品されます。
 はたしてこれが「漬物」といえるのでしょうか。
 「たかが漬物」と思われる人もいるかもしれませんが、和食だけではなく、カレー店に行けば福神漬やラッキョウ漬が当たり前のようにあります。
 漬物は本来、発酵食品です。発酵するからこそおいしいのです。昔は各家庭にぬか床があり、漬物を漬けていた家庭も多かったものです。そば屋さんや定食屋さんで出される漬物でさえ、それぞれのお店で漬けたものがほとんどでした。
 乳酸菌が発酵するには適度な温度と湿度が必要で、日本の気候は漬物作りにピッタリなのです。漬物は日本人にはなくてはならないものなのであり、受け継いでいかなければならない味です。
 今、本物の漬物の味を知っている子どもたちがどれくらいいるでしょうか。
 どぎつい黄色のたくあんや、鮮やかすぎる紫色のしば漬が本当の漬物だと思って、漬物の本当のおいしさを知らないまま育ってしまえば、もう判断ができなくなってしまいます。それでいいのでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 南清貴氏は、「着色料は一般に非常に毒性が強いといわれている」と言っていますが、少し補足します。
 赤106号とか、黄5号といった名前に番号が付いている着色料は、特に危険だという話を聞いたことがあります。発ガン性物質が多いそうです。
 さらに色では、赤と黄色が他の色に比べて危険性が高いそうです。

 私の職場の近所の中華料理屋さんの漬物は、昔ながらの自宅で漬けたものだと聞いていました。
 その話は本当のようで、以前は美味しい漬物が出てきていました。でもこの前行ったときには、実にあざやかな黄色のタクワンが出てきたのです。
 私は、ムムッとなり、箸が止まってしまいました。
 これほどあざやかな黄色い色が、自宅で漬けてでるものなのか・・・と疑心暗鬼になってしまったのです。
 結局食べなかったのですが、もしかすると自宅で漬けているので、安定的に供給するのが難しくなる時期があり、その場合は仕方なくスーパーで買った漬物を出しているのかもしれません。

 ちなみに私は和食レストランの大○屋のファンなのですが、食の専門家によると、その大○屋でも漬物は業者が納入したものを使っている可能性があるそうです。
 大○屋の魚は炭火焼で大変美味しいと評価したのですが、漬物でがっかりしたそうです。その専門家は食べると添加物が入っているかわかるそうですが、たしかに添加物独特の味がしたそうです。
 その話を読んで以来、私は大○屋に行っても漬物は食べないようになってしまいました。


サイゲン大介さんの美味しい蕎麦

 以前「あのニュースで得する人損する人」というテレビ番組で、サイゲン大介さんが乾麺のパスタを水に1時間漬けることにより、お店で食べるようなもちもち感と歯ごたえを出すことできると言っているという話をしたことがありました。
 私はそれを蕎麦に応用したという話です。
 結果は、乾麺の蕎麦を1時間も水に漬けると、パサパサ感は全く無くなりますが、今度は柔らかすぎて歯ごたえが全く無くなります。
 私は歯が悪く、強く噛むことができないのでそれでいいのですが、おそらく一般の人々には柔らかすぎると不評を買うと思います。蕎麦のコシと言われるものが全く感じられなくなるからです。
 その後サイゲン大介さんは、番組で蕎麦を水に漬ける時間は、ゆで時間と同じでよいと言っていました。
 例えば、ゆで時間4分と書いてあれば、4分間水に漬けて、茹でる時間はその半分にするというのです。つまり茹で時間が4分の(乾麺の)蕎麦は、水に4分漬けて、その後すぐに沸騰したお湯に投入し、2分で茹で上がるというわけです。
 早速この方法でやってみましたが、たしかにある程度コシのある麺でした。これで乾麺独特のパサパサ感はかなり無くなるので、この方法はお勧めです。
 でも本当に感心したのは、サイゲン大介さんの蕎麦汁に関する工夫です。

 市販の蕎麦汁には元々昆布(グルタミン酸)や鰹節(イノシン酸)から摂った旨味成分が入っています。
 サイゲン大介さんは、それに椎茸の旨味成分(グアニル酸)を足すというのです(なかにはすでに椎茸の旨味を抽出した蕎麦汁もあります)。
 (グルタミン酸)、(イノシン酸)、(グアニル酸)は旨味の三大要素と言われていて、なるほど、これが全部入って美味しくないわけがありません。
 やり方ですが、1杯の蕎麦に使う分の蕎麦汁を容器にあけ、それに干した乾燥椎茸を数かけら入れて1時間待ちます。これで椎茸の旨味成分が蕎麦汁に溶け出します。
 これと先ほど茹でた蕎麦を合わせて完成です。

 私はこれまで「酵母エキス」という毒物の入った蕎麦汁を使っていました。
 ストック買いしていたのですが、即効で全部捨てました(ううっ、涙)。そこで私がよく通っている「ナチュラルハウス」という自然食の店に行って蕎麦汁を探しました。
 すると値段は少々高いのですが、原材料名に「酵母エキス」や「アミノ酸等」と書いていない蕎麦汁がありました。
 これをサイゲン大介さんが言うように蕎麦一杯分を容器に入れ、それに干し椎茸を1時間漬けこみました。
 そして食べてみたら、これが本当に美味しかったのです。
 ちゃんとした蕎麦屋さんで出てくる蕎麦汁に負けないぐらいの味でした。
 私は前々から、スーパーで買えるボトルに入った蕎麦汁が、ちゃんとした蕎麦屋さんの蕎麦汁の味に遠く及ばないのが不満でした。それがかなり近づいた気がします。
 いやあ、サイゲン大介さんは本当に「神の舌」の持ち主だと思います。

 ところで脱線しますが、番組では、7年連続の2つ星レストランの日本食のシェフである、菊池隆さんが登場しています。
 その菊池隆さんは、料理対決で、サイゲン大介さんや、この前は家事えもんまで破ってしまいました。
 思わず、へーっと感心しました。やはりその世界のトッププロは、素人とは次元が違うということでしょうか。
 化学合成された食品添加物を使わないようにするために多少は悩む必要があるのですが、菊池隆さんが作った料理にそのうち挑戦してみようと思っています。


サアラさんが語る米の由来

 当HPは、胡散臭い話を売りにしていますので、最後にそうした話をしたいと思います。
 私は今、サアラさんの学校に通っているのですが、そのサアラさんから聞いた話です。
 サアラさんは人類を創ったのは、(アヌンナキという表現をしませんでしたが)ETだと言っていました。金(キン)の採掘の為に人類を創ったと言っていたので、ニビル星人のアヌンナキで間違いないでしょう。
 サアラさんによると、人類が創られたのは今から17万年前だといいます。
 そして創られた人類の食生活ですが、基本的に肉食だったといいます。ですから動物の後を追いかけて移動する生活をしていました。
 アヌンナキからすると、金の採掘に専念させる必要があるので、移動してもらっては困ります。一か所に定住させなければなりません。
 そこで導入されたのが、イネの元の原種だといいます。
 私はずっと前に、スピ系の本で米(コメ)はETが人類のために地球にもたらしたものだという記述を読んだことがありました。はからずもサアラさんの話は、それと一致します。
 米を栽培するとなると、一か所に定住しなければなりません。しかし動機が、人類を金の採掘という奴隷労働に駆り出すためであったとすれば、「なんだかな〜」、という気分になります。
 元々の人類の原種となった類人猿は肉食だったために、導入された米は当初は拒否反応を起こしたそうです。それで亡くなった人までいたそうです。
 それでも年月を掛けて、徐々に身体を米に慣らしていったそうです。

 この話をサアラさんがなぜしたかというと、サアラさんは人類は元々は肉食だった言いたかったからです。
 アメリカに行くと、「私はビーガン(注)です」と上から目線で言う人がけっこういるらしいのです。そんなときサアラさんは、「私は肉派だ!(文句あっか)」と言い返すそうです。
 ただそんなサアラさんも、現在一般にスーパーで売られている肉が危険なものであることは重々承知されているようです。
 安全安心なものが手に入らないという問題があると言っていました(また生の野菜のみでは大量のシュウ酸を摂取することになるので問題だとも言っていました)。

 (以前も書きましたが)野生の鹿やイノシシなどのジビエと呼ばれるものは、危険な毒物は入っていませんからお勧めかもしれません。あるいはグラスフェッドドビーフと呼ばれる、牧草のみで育った牛なども安全かもしれません。

(注)ビーガンとはベジタリアン(野菜主義)のさらに上を行く存在です。乳製品や卵も一切摂りません。さらに生の野菜(穀物)のみを食べる人をロービーガンと言います。



食品添加物に指定されない添加物...2017年2月18日

 ここ数週間ほど、私は原因不明の体調不良に襲われています。
 その症状を以下に、列記してみます。

@ 常に倦怠感があり、集中力がない。

A 体力が落ち、気力が湧かない。

B 毎日、下痢をする。

C 食欲がない(空腹感がない)。

D 体重が2〜3kg増えた。

E 腰に痛みを感じる。

F (最近は)軽い頭痛がする。

G (最近は)肝臓あたりに鈍痛を感じる。

H (最近は)不整脈が頻発する。

I (最近は)三半規管がおかしくなったかのように、フラフラすることがある。


 これぐらい身体に異常を感じると、普通の人なら病院に行って診てもらおうと考えるかもしれません(私は、私なりの考え方があって、余程のことがない限り病院へは行かないことにしています)。

 私が不思議でしかたなかったのは、Dの体重が2〜3kg増えたことです。
 以前の記事に書きましたが、私は数年前はぽっこりとお腹が出て、体重も今より10kg以上ありました。
 しかし化学合成された添加物を出来るだけ摂らないという食事法に変えたところ、劇的に体重が減ったのです。その体重が2〜3kg増えたのが、なんとも不思議でした。
 まず食事の量は増えていません。
 そして以前の仕事をしていなかった時期と比べて、今は仕事が忙しく、毎日職場に通っています。運動量はむしろ増えているのです。
 添加物をできるだけ摂らないという食事法も徹底していました。家では自炊で、野菜は(可能な限り)有機野菜で、米は木村秋則さん方式の自然栽培された玄米です。魚介類は天然物に決めていて、添加物欄に食塩と書いてあるもの以外は買いません(基本的に肉は食べません)。
 それなのに、「なんで体重が増えたのだろう・・・」と私は自分に問いかけましたが、いっこうに答えが出ません。
 再び膨らみ始めたお腹をうらめしい思いで眺めることになりました。腰痛はその副産物です。体重が今より10kg以上あったときは、腰痛もありました。お腹に余計な重しが入ったことで、腰の負担が増えたと思われます。
 さらに体調不良も深刻で、どうしてこれほどひどいことになってしまったのだろうと考え込みました。やはり老化なのだろうと、無理やり納得しようとしたりしました。
 ところが昨日、何気なく本を開いていたところ、「おおっ、これは!」と思わず膝を打つ記述に出会ったのです。
 『「安い食べ物」には何かがある』(南清貴著、三笠書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p12〜p16から抜粋開始>・・・

 カレーラーメン・・・
 安く作るために入れられているもの

 食品を安くするためにいちばん手っ取り早いのは、製造時に安い原材料を使うことでしょう。しかし、あまりにも原材料の質を落とすと、買ってもらえる商品として成り立たなくなる……。そんな製造者側の悩みを解決するものの一つが食品添加物の存在です。
 食品添加物は食品の価格を下げるのに大きな役割を果たしています。たとえば、「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」といわれる物質は、価格を下げるのになくてはならない存在といっても過言ではありません。
 今、お手元にある加工食品の原材料表示ラベルを、何でもいいので見てみてください。かなり高い確率でこの2つの名前が目に入るはずです。
 ラーメンの粉末スープや液体スープ、レトルトカレー、お菓子などにはまず間違いなく含まれています。
 これらが入ることでアミノ酸のうまみが加わり、食品がおいしく感じられるものに変化するのです。
 この「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」は、明らかに化学物質といっていいものなのですが、食品添加物という扱いではなく、食品として分類され、原材料の一部として「アミノ酸等」と表示していい決まりになっています。
 たとえ使っていても、「化学調味料無添加」と表記できる上、使う量にも規制がないという、メーカー側にとっては非常に便利な物質です。

 これらが食品にどのようにはたらくのか、お話ししましょう。
 当然ですが、劣悪な原材料はおいしくありません。たとえばさんざん洗浄され、色が抜け、栄養分もうまみもすっかり抜け落ちた材料があるとします。その食品をおいしくするためにアミノ酸のうまみを加えるのが、「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」です。
 私たち一般の消費者が食品そのもののうまみではなく、アミノ酸のうまみを「おいしい」と感じる舌になってしまっているのがそもそも問題ですが、ありとあらゆる加工食品に使われています。たんぱく加水分解物をそれだけでちょっとなめたことがありますが、甘ったるい、なんともいえない不快な味がします。
 この原材料は、動物の食用にならない部分や2メートル以上の大型の魚の残骸、大豆やコーンの絞りかすなどで、これらに塩酸をかけて、そのあとに水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で中和させてできあがります。これはアミノ酸なので、ある種のうまみを感じるのです。
 ちょっと専門的になりますが、「たんぱく加水分解物」には大きく分けて3つの製造方法があります。塩酸分解法、酵素分解法、熱水抽出法という方法です。
 今、主流になっているのは圧倒的にコストが安い塩酸分解法なのですが、問題なのは、この方法で製造するとクロロプロパノールという不純物ができてしまい、これが発がん性物質だということです。
 このことももちろん問題なのですが、私がいちばん危惧するのは、このようなものを使わなければ味が調わないような劣悪な原材料を使っていることです。ちゃんとした原材料を使っていれば、わざわざ化学物質などで味を調える必要はないはずでしょう。「たんぱく加水分解物」という表示を見かけたら、”そういう原材料”で作られていると判断するべきです。

 もう一つの「酵母エキス」は、名前だけ見ると、「酵母」で「エキス」なのだから、なんだか体によいものを抽出したように思えますが、そうではありません。
 どうやって作られるかというと、遺伝子組み換えで作られている酵母が原材料で、その酵母にサトウキビかすやアンモニア混合物をエサとして与えることで酵母が体内でアミノ酸を作り始めます。次にビールを作ったあとの廃液に残ったビール酵母を薬品で死滅させ、先の酵母を加え、酵素や酸を加えて製品化しています。
 この製造工程でも不純物が出ますが、その不純物を食べていると、それが原因で、イーストコネクション(慢性カンジダ症候群ともいいます)になってしまう可能性があります。一種のアレルギー症状といっていいでしょう。
 イーストコネクションになると腸内細菌のバランスが乱れ、その結果、体内のビタミンB群が減少してしまい、肌荒れや粘膜の荒れにつながります。また、慢性的な下痢やイライラが続いたり、記憶力や集中力の低下、疲れやすさを招くこともあります。
 「酵母エキス」は子どもの給食にも使われており、これが舌をマヒさせ、味覚障害を引き起こす原因にもなります。すでにEU(欧州連合)では、これを大量に食べると健康を損ねると明記されています。
 この「酵母エキス」もあらゆる加工食品に使われていますから、さまざまな食品から知らず知らずのうちに大量に摂取して、原因不明の慢性疲労や下痢に悩まされている人が数多くいるのではないかと推測しています。
 ここでもう一度強調しますが、「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」とも、食品添加物には指定されていません。しかも、限りなく化学調味料に近いにもかかわらず、アミノ酸なので化学調味料ではありません。
 つまり、この2つに関しては、使われる量に上限がないのです。ですからどんなに大量に使っていても「無添加」「化学調味料不使用」という表示ができることを、私たちは知っておく必要があるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が日頃食べる加工食品は、豆腐や納豆を別にすれば2つありました。
 一つは「中華風/洋風だしの素」で、もう一つは、「めんつゆ」です。もちろん「化学調味料無添加」と書いてあるものです。
 ピンときた私は、「中華風/洋風だしの素」の原材料名欄を見てみました。
 そしてやはり、「酵母エキス」がありました。
 興味深いことに、この商品には以下の記述がありました。

 「素材の風味を大切にし、化学調味料・たんぱく加水分解物」は使用しておりません」

 このメーカーは、「たんぱく加水分解物」がよほど危険な物質であることを知っており、かつ消費者にも充分に周知されていると知っているのでしょう。だから、わざわざこんな宣伝文句を加えたのでしょう。

 それにしても、私は完全に見誤っていました。
 「化学調味料無添加」というラベルに安心してしまい、それほど毒性の強いものは含まれていないだろうと勝手に解釈していたのです。あるいは、メーカーの宣伝戦略に完全に乗せられていたというべきでしょうか。

 そしてもう一つの、めんつゆも見てみたら、やはり「酵母エキス」が入っていました。私は、「ゲッ!」となりました、なぜなら、めんつゆはこれ一本でいこうと、ストック買いをしていたからです。

 南清貴氏は、「酵母エキス」により、「原因不明の慢性疲労や下痢」が起こるといいますが、まさに私が体験した症状そのものです。
 時期も一致しました。
 数週間前、私は健康のために味噌を毎日摂ろうと決めました。
 それで、玉ねぎやきのこなどを切って水に入れ、火にかけてさっと熱を通し、それを酢味噌和えにするという一品を考えました。
 それに「中華風/洋風だしの素」を入れて、旨味を足していたのです。
 その一品を食べ始めた頃と、体調がおかしくなっていった時期がぴったり重なるのです。

 ううっ、うかつだった……。

 まさか身体に良いと信じていた食べ物が、体調不良の原因だったとは……。

 早速、私は「中華風/洋風だしの素」を入れない酢味噌和えを作ってみました。
 すると翌日の朝、劇的な変化が現れました。
 まず頭痛が無くなりました。そして朝、空腹感を感じたのです。朝に空腹感を感じるなんて、何週間ぶりだろうと思います。
 そして倦怠感が無くなり、爽快に目覚めることができました。
 たった一食のことなのに、これほどの変化が現れたことが驚きです。
 おそらくこれから着実に、ぽっこりお腹は解消され、体重は減っていくに違いありません。
 うれしくなった私は、隣駅のビックカメラに行って、体重計を買ってきました。記念に体重計(体重体組成計)をリニューアルしたくなったのです。

 「酵母エキス」ですが、さらに本から引用します。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p16〜p17から抜粋開始>・・・

 あるとき、私のセミナーに自然食品店を営んでいるオーナーの方が参加されました。そこで私の話から、「たんぱく加水分解物」や「酵母エキス」の害を知り、自分の店にある商品を改めてチェックしたそうです。
 長く取り引きをしているオーガニック食品を扱っているメーカーの食品の多くに、これらが使われていることがわかりました。
 そこでオーナーは、メーカー側に「たんぱく加水分解物と酵母エキスを使うのをやめていただけないか」と願い入れたのです。
 ところが、返って来たのは「酵母エキスは安全です」という回答でした。
 つまり、「酵母エキス」が悪いものだとわかっていなかったようなのです。そこで何度かやり取りをしました。その間にメーカーのほうでも調べたのでしょう、やっとそれらの成分を商品から抜いたそうです。おそらくこのメーカーは真実を知ったあと、オーガニック食品を提供している自社のプライドから、必死の思いで製品を作り直したのだと思います。勇気ある素晴らしい行動だと評価したいです。このメーカーは一人の声によって変わりました。
 このケースの自然食品店のオーナーのように、直接連絡を取らないにせよ、私たち消費者が「こんな成分が入っているものは食べたくないな」と思ったら買わないという「購買を通じての意思表示」をしたら、メーカー側は変わるという好例ではないでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 今回私は、貴重な経験をしたと思います。
 「化学調味料無添加」というラベルは、安全安心なものとは言えないこと。さらに「たんぱく加水分解物」「酵母エキス」は添加物ではなく、食品と指定されていることを知ったこと。それゆえ使う量に制限がないこと。
 そして実際に「酵母エキス」の毒性にやられて、つらい数週間を味わったことなどです。
 「たんぱく加水分解物」と「酵母エキス」は限りなく添加物に近いのに、厚生労働省は食品として指定していること。つまりこの国の行政は、国民の健康より、企業の利益を優先させていることを改めて知ったことです。

 最後に、食品添加物に関する基本的な理解のために、引用させていただきます。


 ・・・<『「安い食べ物」には何かがある』、p18〜p21から抜粋開始>・・・

 その激安価格は「食品添加物の力」

 私は加工食品を全否定するつもりはありません。確かに忙しいときにあってよかった、助かった、という人も多いでしょう。
 ただ基本的に加工食品は、本来あるべき食品製造のなんらかの過程を省略して作られています。そして短時間で手間もコストもかけないで作られています。だから安くできるのです。
 その製造過程で食品添加物が使われます。原材料が品質の悪いものであっても、食品添加物の味でカバーします。とても食欲がわかないような食品も、着色することでそれを隠します。また、すぐに劣化するようなものでも、食品添加物の力で劣化スピードを落とすことができます。
 日本で食品添加物として指定されているものは約1500品目あります。加工食品の中には、食品添加物を一切使っていないものも確かにありますが、現状ではほとんどの加工食品に食品添加物が使われているのは事実です。
 食品添加物は大きく4つに分けられます。
 1つ目は「指定添加物」と呼ばれるもの。これは454品目あります。
 2つ目は「既存添加物」で、いわゆる天然由来品と呼ばれているもの。365品目あります。
 3つ目は「天然香料」です。これは多くて612品目あります。
 そして最後の4つ目が、「一般飲食物添加物」です。飲食物としても登録されており、それがそのまま添加物となるもので72品目あります。

 添加物は食品衛生法で、その役割も4つに規定されています。
 @食品の製造や加工のために必要な製造用剤
 A食品の風味や外観をよくするための甘味料や着色料や香料
 B食品の保存性をよくするための保存料や酸化防止剤など
 C食品の栄養成分を強化する栄養強化剤として使われる
 と規定されています。

 この役割を冷静に見ると、あることがわかります。それは、食品添加物が消費者のためにあるわけではないということ。すべて製造者側、販売者側のために考えられているのです。にもかかわらず、もはや私たちが食品添加物を一切摂らないで暮らすのは不可能です。消費者は摂らざるを得ない状況になっているのです。
 食品添加物の中には、発がん性のあるものや、催奇形性(さいきけいせい)(胎児に奇形を生じさせる性質)があるものも数多くあります。食べた本人はもとより、自分たちの子孫にまで影響を与える可能性があるということです。
 約1500品目指定されている食品添加物は「安全です」と認可されているものです。しかしこれは、あくまでも急性毒性がないという意味での安全です。
 わかりやすくいいかえれば、「安全ですよ、今は」ということ。小さいころから当たり前のように食べ続けてきた子どもたちが、20年、30年後にどうなるかはまったくわかりません。
 さらにいえば、食品添加物の安全性をうたっているのは、それを「単体」で摂取した場合のみの話。食品添加物は約1500品目もあるのに、1つだけを摂取することなどありえないでしょう。
 現実の日常生活では、コンビニのおにぎりを1個食べたら10種類、カップめんを食べたら20種類の食品添加物を同時に摂ってしまうことなどざらです

 ・・・<抜粋終了>・・・


 南清貴氏は、

 「小さいころから当たり前のように食べ続けてきた子どもたちが、20年、30年後にどうなるかはまったくわかりません」

 と言いますが、私に言わせればすでに結果は出始めていると思います。
 いまや2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなる時代です。日本では、癌で亡くなる方が急増しているのです。もちろん癌の原因が食品添加物だけとは言えませんが、その大きな一因となっていることは確実だと思います。

 日頃食べる食品から添加物を排除するというのは、想像以上の恩恵があります。
 実践すれば、(頼んでもいないのに)勝手にお腹が凹んでいきます。体重は、その人にとって適切なレベルになっていきます。増えすぎた人は痩せていくし、痩せすぎの人は増えていくと思います。
 そして一番の恩恵は、健康になっていくことです。
 身体に活力が湧き、集中力が増すことは学業や仕事の面で、大きな支えとなるはずです。
 自分に対する投資で、これほど安全確実な投資はないと思います。なぜなら必ず結果が出るからです。
 世の中には、様々な健康法が溢れていますが、その大半が「健康によい何か」を摂取することです。食品から添加物を排除するというセミナーは、(少なくとも私は)聞いたことがありません。
 南清貴氏は、「酵母エキス」は学校給食にも使われているという恐ろしい話をしています。
 わが子が原因不明の慢性疲労に襲われている上に、集中力がなく学業に専念できないという親御さんがいたら、一度食事を疑ってみてもいいのではと思います。
 毎日食べる食品から添加物を一掃するのは不可能だと、多くの方は思っていると思います。
 しかし私は、工夫次第でいくらでも対応することは可能だと思っています。
 私のように、昼食は外食するが、夕食は無添加にするという妥協する手段もあります。
 私はこれを何年も続けて、当たり前になってしまいました。人間は慣れてしまうと、全く苦痛なく実践できます。
 1日2食のうち、1食を無添加にするだけでも大きな恩恵があることを私は実感しています。



ヤスさんのビットコイン情報(2)...2017年2月12日

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガによると、現在ネット上ではビットコインの値動きを適切に予測しているとしてウエブボットが大変注目されているそうです。
 当HPでも1月21日の記事で、そうしたヤスさんのメルマガを紹介させていただきました。
 今回は、その第2弾です。

 ビットコインの知識が全くなかった私は、「1時間でわかるビットコイン入門」なる本を取り寄せて読んでみました。
 そこで得た知識を含めて、再びヤスさんのメルマガ(1月20日)から紹介したいと思います。

 まずビットコインに代表される仮想通貨の新たな動きを紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

いまビットコインが大変な注目を集めているが、仮想通貨の動きはビットコインだけではない。2016年8月、ニューヨークメロン銀行、ドイツ銀行、サンタンデール銀行、UBSの4行のメガバンクは共同でUSCという仮想通貨を立ち上げるとした。ビットコインをはじめ、仮想通貨拡大の大きな動機となったのは、資金の送金が金融機関相互で行うことができ、ほとんど手数料がかからないことである。

現在、海外に送金するためには、ベルギーに本部があるSWIFTという通信システムを使わなければならない。しかしこのシステムは米政府の実質的な支配下にあるので、イランやロシアのような好ましくない国々に金融制裁を課す手段として、SWIFTからの排除が実施されることがある。これは、グローバルな金融システムからの実質的な追放である。排除された国々の経済的な負担は計り知れない。

また、これに違反した金融機関は米政府に告発され、懲罰的な制裁金を支払わなければならない。こうしたケースは後を立たない。

このように見ると、SWIFTはアメリカがリードするグローバルな金融システムを支えることで、アメリカが覇権を維持するための重要な道具になっている。

しかし、いま開発中のUSCなどの仮想通貨は、SWIFTを一切使うことなく、金融機関同士で送金や決済が完了する。この意味では、グローバルな金融システムでアメリカの支配力が弱まりつつあることを示している。これはアメリカの覇権の凋落を表す事態だ。

このはっきりした傾向はビットコインで沸き立っている中国にも当てはまる。いま中国政府は、遅れた内陸の農村部の開発の一環として、オンラインショッピング最大手の「アリババ」に「農村タオバオ」と呼ばれるオンラインショッピングのシステムを構築させている。

一般の農民は、オンラインショッピングの一般的な支払い手段であるクレジットカードは持っていない。そのため決済は、銀行口座からの引き落としが通常の手段になっている。また銀行口座すら持たない農民には、「農村タオバオ」の代理店に現金を渡せば、代理店が代わって決済をしてくれる。

このようなシステムのため、世界では主流となっているアメックスやマスターズなどのアメリカ系企業のクレジットカードは、まったく使えない状況だ。これは、アメリカ系の決済方法が締め出されていることを表している。中国ではアメリカには依存しない独自な決済システムが拡大しつつある。

さらにこの方法は、これから中国のみならず、一帯一路で拡大しているユーラシア経済圏全域に適用される可能性が高い。将来的には、決済には仮想通貨が使われるだろう。

このように、USCの立ち上げや中国を中心としたユーラシア経済圏の動きを見ると、アメリカの支配と影響が及ばない金融システムが早急に構築されつつある。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 まず「1時間でわかるビットコイン入門」から私が学んだ基礎的な知識から紹介します。
 各国の政府が発行するリアルな通貨に対し、ネット上の仮想通貨が現在700種も存在しているそうで、その数は今後も増え続けると見られているそうです。
 ビットコインはそうした仮想通貨の一種ですが、現在最も取引量が高く、2位のイーサリアムの10倍の規模で圧倒的優位を占めているといいます。
 1位のビットコインの時価総額は1兆円に達し、2位のイーサリアムは1000億円ほどで、この1位と2位で仮想通貨全体の時価総額の9割を占めているそうです。
 ビットコインはヤスさんよると取り引きのほとんどが中国だということですが、日本でも1日に100億円規模の取り引きがあるそうです。
 銀行のオンラインシステムは全取り引きを中央サーバーが一括管理するシステムですが、仮想通貨には不特定多数のコンピューターに分散管理させる「ブロックチェーン」という技術が使われていて、これが不正を防ぐ手段になっているようです。
 中央サーバーが一括管理するシステムは維持管理の為に多額の費用が掛かりますが、分散管理させる「ブロックチェーン」はほとんど費用が掛からないメリットがあります。
 現在、銀行を通して海外に送金しようとすると、5000円程度のコストが掛かりますが、ビットコインであれば、0.1%程度で済むようです。例えば10万円を送金する場合は、100円ぐらいです。
 さらにネット上での取り引きなので、従来の銀行間取り引きに比べて、圧倒的に時間が早いというメリットもあります。
 非常に安価である上に安全性が高く速いということで、実際に三菱東京UFJ銀行は、ブロックチェーンの技術を利用して、MUFGコインを発行する構想を発表しているそうです。また、みずほ銀行も、数日掛かっていた海外送金をブロックチェーンを使うことにより、数秒に短縮する技術に取り組んでいるそうです。
 日本ではまだ、ビットコインは実用的には使われていませんが、フィリピンの人々などは、海外送金でビットコインを当たり前のように使っているそうです。

 ビットコインはこうしたメリットがあるわけですが、私が一番注目しているのは、ビットコインには発行上限額が決められているということです。
 2008年のリーマンショックを、アメリカ、EU、中国の各国政府は大量のお札を刷ることで、危機を回避(正確には危機を先延ばし)することに成功しました。
 しかし弊害がすでに、景気回復感のない株価の急騰とゼロ(マイナス)金利という形で現れています。
 今はまだ人々がお札を信用しているのでパニックにはなっていませんが、金利が上がり始め通貨が下落していくようになったら、人々が価値を失っていく通貨に疑問を持つときが必ず来ると思います。
 その時に選択肢としてあるのは、金、銀などのリアルな資産とビットコインに代表される仮想通貨となるでしょう。

 では、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガからウエブボットが予想するビットコインの行方を紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

前々回の記事でも書いたが、最近ウエブボットの評価が高まっている。ウエブボットは1997年に始まったプロジェクトで、すでに20年間も予測レポートを出しているが、昨年の後半あたりからウエブボットの予測は臨界点を越えてブレイクしだした。予測の精度があがったのか、以前と比べると的中率がかなり高くなっている。

このようなウエブボットだが、いまネットやユーチューブなどで、12月30日に発表された2017年予測の一部が的中していると大きな話題になっている。この報告書には次のような箇所があった。おおよその意味を要約した。

「権力が移行するにしたがって、既存の政治システムがばらばらになりつつある。その原因は、政治エリートの間の闘争が激化しているからだ。この闘争の結果、ある人物、ないしは組織が犠牲になる。これはCGIかもしれない。テレビは声をあらげてこれを報道するだろう」

これだけではなにを言っているのは分からない。ところが1月16日、「クリントン・グローバル・イニシャチブ」の終了を告げるニュースがあった。「クリントン・グローバル・イニシャチブ」とは、クリントン財団が主催する事業のひとつで、世界の指導的な地位にある人々を招き、世界の諸問題の解決に向けてのセミナーを開催している、クリントン財団のなかでは最重要のプロジェクトだ。

クリントン財団はサウジアラビアやカタールなど、イスラム原理主義勢力を資金的に支援している国々から大きな献金を受けている。この非難を回避するための終了ではないかと疑われている。今年の4月に22名の職員をすべて解雇し、終了するとしている。

ちなみに「クリントン・グローバル・イニシャチブ」はその略語である「CGI」として知られている。公式サイトにも「CGI」とある。この終了がウエブボットで予測されていたのだ。

ウエブボットの最新予測

そのように評価が高まっているウエブボットだが、1月16日、最新レポートを発表した。これは「ドラゴンに乗る」という題名のレポートで、2017年2月から2018年3月までが予測の対象期間になっている。

予測の内容の大半はビットコインの相場の値動きの予測と、中国政府の反応である。的中すると驚くような内容になっている。以下である。

ビットコインの過去の値動き

・すでに2005年にウエブボットのデータには、「新しい通貨」というキーワードが現れていた。これは、ドルの代りになる通貨になるということであった。

・そして2009年になり、サトシ・ナカモトがブロックチェーンのテクノロジーに関する論文を発表すると、この「新しい通貨」というキーワードが、実はビットコインのことであるとはっきりした。2011年には紆余曲折がありながらも、キーワードとしてのビットコインの出現が多くなった。

・そして2015年の半ばには、ビットコインは408ドルから428ドルの範囲を移動しながら、400ドル台を突破するとあった。事実、その通りになった。

・また2016年の春には650ドルを突破するとあったが、これは2016年の夏に現実になった。そして2016年の秋には、888ドルの近辺に一時的に止まるも、1130ドルになるとデータにあったが、これも的中した。さらに、1100ドルを達成した後、888ドルまで大きく下落し、その水準にしばらくとどまっているが、その後は1130ドルを越える史上最高値まで上昇するとあったが、これも的中した。

・一方、最近のデータではビットコインは人民元とリンクしている。現在ビットコインの大半が中国で取り引きされているので、これは当然のことだ。中国でビットコインは8888元や80808元という数字とともに現れている。これは2015年の半ばに408ドルから428ドルという価格水準が現れたと同じようなことだ。ウエブボットは、使われている言葉の感情値を検出するプログラムだ。そのため、特定の数字がデータとして現れることはかなり稀だ。なので、このような数字が出ていることには注意したほうがよいだろう。

ビットコインの2017年の動き

・2017年に入ってビットコインは暴落したが、データではその原因は、「利益の確定」、「パニック」、そして「犯罪行為」の3つのキーワードが表している。今回の暴落は「犯罪行為」を取り締まるために、中国政府が介入したのである。

・データでは1月から4月にかけてビットコインは「政治的なハードルを越える」とある。これはこの時期に中国政府はビットコインを正式に認めることを示している。

・初夏になると、中国政府はビットコインを宣伝するキャンペーンを逆に開始する。ビットコインを象徴するキャラクターを使い、テレビやインターネットを通して宣伝する。これは中国がこの時期に開始する「バーチャル・アジア・イニシャティブ」の一環として行われる。これは今後2年間でインターネットのユーザを10億人増大させる計画である。

・中国政府によるこの重大な声明は、今年の初夏から真夏の頃に行われる。この声明と同時に、中国政府はビットコインを銀行の正式な準備金として認める可能性すらある。すでに多くの中国国民がビットコインを保有しているので、国の資産を国民に保有させる意図がある。これは中国政府が、龍に乗ることとしてイメージされる。

・だが、ビットコインを正式に容認するまで、取引から犯罪的な要素を取り除く必要がある。中国政府はこれを4カ月かけて実行する。その間ビットコインは、状況の変化に合わせて1週間で20%も乱高下する。

・ウエブボットの過去5年間の長期データでは、ビットコインは80808人民元(おおよそ132万円)まで高騰するとある。2020年にはビットコインは完全に中国の仮想通貨になっていることだろう。

・過去のデータでは、2015年から2016年にかけてビットコインの主要な保有者が中国人になるとあった。昨年ビットコインは888ドルまで一時的に下落し、しばらくこの水準に低迷した後、再度勢いよく上昇した。これと同じ動きが起こる。今度は8888人民元で一時的に低迷した後、上昇するとある。低迷する期間は昨年の888ドル水準と同程度である。

・2017年のデータにも「低迷期間」というキーワードが頻繁に出てくる。しかしこの期間は長くは続かない。1088ドルまで回復すると、勢いよく上昇する。1088ドルはいわば上昇トレンドは始まるゲートのような価格だ。

・そして、次の「低迷期」は1448ドルになったときにやってくる。この価格は8888人民元というキーワードとリンクしている。この「低迷期」の原因は、中国政府の方針転換だ。

・この動きは、ロシア政府のビットコインに対する方針転換とリンクしている。これは、中国政府が出す予想に信頼感を与えることになる。

・ビットコインの上昇は2つのこととリンクしている。ひとつは銀の上昇であり、もうひとつはダウの2万ドルの王台への上昇である。銀は日に2ドル、5ドルと上昇し、20ドルも急騰する日も出てくる。そして最終的に銀は、1オンス、600ドルにまでなる。

・銀価格の上昇の背景になるのは、新しく開発されるスーパーハイテクの出現である。これは2020年代に産業を根本的に変化させることになるタイプのものだ。

・ダウが2万ドルの王台に乗り、ビットコインが1088ドルの水準を達成すると、これまで銀の価格が低く押さえられていた事実が明るみになる。このようなニュースで銀はさらに高騰し、1オンス、600ドルに至る流れは加速する。とりあえずは、125ドルという価格がデータにはある。

・銀のこの水準への上昇の背景は、3月に発生する通貨危機である。これは、新しいブレトンウッズ体制の構築を目指す国際会議の開催をきっかけに発生する。これは、基軸通貨のドルを使っている多くの先進諸国に激烈な影響を及ぼす。これにより、ビットコインも1448ドルまで急騰する。

・銀とビットコインの急騰は同時に進む。ビットコインは1088ドルの王台を越えると、爆発的な上昇速度になる。その原因は中国でビットコインの購買熱が加速するからだ。政府はこれを見くびり、後手に回る。データでは中国のビットコイン熱は2016年から2019年まで続くとある。

・2017年にはビットコインの価格は金と同じ水準になる。1900ドルを越える可能性すらある。しかし、ビットコインのこのような急騰の原因は中国だけではない。東南アジア諸国でビットコイン熱が過熱し、高騰に拍車をかける。特に顕著なのはインドネシアの過熱ぶりだ。また東南アジアでは、ビットコインの価格変動で稼ぐことのできるソフトウエアが開発される。

・このような変化に伴い、ビットコインは世界的に拡大する。それとともに、次第に価格は安定する。それというのも、それぞれの国で市場のセグメント化が進むものの、どこかの国でビットコインが高騰すると、すぐに他の国で逆の売りが加速し、価格を安定させるからだ。そして、インドや東南アジア諸国の国民は洗練されたアルゴリズムのトレーダーとなる。

・2018年になるとビットコインは2300ドルに急騰する。しかし、この水準に達すると500ドルの大幅な下落がある。そしてしばらくこの水準に低迷するが、それはあまり長くは続かない。これは2016年に、888ドルまで下落しながら一定期間低迷したのと同じ現象だ。だが、低迷期はこのときよりも短いはずだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このウエブボットの予測に関し、ヤスさんのコメントが役に立つと思うので、併せて紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

現実性のある予測

たしかにいまビットコインは注目されている。だからといって、中国政府がビットコインを正式な通貨として認め、さらに人民銀行の準備通貨にするなどということが将来実現する可能性はあるのだろうか?奇想天外な話にしか聞こえないかも知れない。

もちろん、上の予想にある888ドルや1428ドルのような数値は、相場の安値と高値を表す象徴的な数値にすぎない。主催者のクリフ・ハイも数値は変動を表しているだけなので、相場がこの数値になる保証はないので注意するようにと言っている。

しかし、ビットコインの現状を見ると、これがあながちファンタジーではないことがよく分かる。

目下、中国の中央銀行である人民銀行は、ビットコイン管理を一括して行える第三者機関の設立について、業界関係者との協議を重ねているようなのだ。おそらくはビットコインを通貨として容認し、中国の利益を誘導できるように管理する方針なのかもしれない。

それというのも、ビットコインの取引の9割は中国国内で行われており、ビットコインを採取するマイニングを行っている企業の7割は中国企業なのだ。こうした点を見ると、もはやビットコインの相場を実質的に支配しているのは中国なのだ。

これはもはや、ビットコインは中国の通貨であるといってもよい状況だ。現在ビットコインが高騰しているのは、人民元への不安感からだ。不動産バブルの破裂は時間の問題だろうし、中国企業の借金も容認できる水準をはるかに越えている。大手企業の破綻が連鎖倒産の引き金を引くかもしれない。こうしたことが起こると、人民元は極端に安くなるだろう。

このような状況で、不安感にかられた富裕層が人民元から外貨へと資金を移転しようとしているのだ。中国では外貨の両替には5万ドルという制限があるため、規制のないビットコインを介して外貨へと資金を移転しているのである。

他方、中国政府がビットコインを全面的に規制すると、人民元が極めて不安定な状態であることを政府自らが認めたことになり、これが引き金となり人民元の売りがさらに進む可能性がある。そのため、簡単には規制できない。

このような状況であれば、どうせビットコインはすでに中国の通貨のようになっているので、これを正式に認めてしまい、ビットコインの外貨への両替のみを制限するなら、ビットコインは国民の正当な資産になる可能性がある。いま中国政府は、このような方向に動こうとしているのかもしれない

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんのコメントは、大変興味深い内容です。

 これまでビットコインのメリットを紹介してきましたが、デメリットも紹介しなければ片手落ちです。
 多くの方々の記憶に新しい2014年のマウントゴックス社の事件があります。これに関し、「1時間でわかるビットコイン入門」に次の文章があったので紹介します。


 ・・・<「1時間でわかるビットコイン入門」、p3から抜粋開始>・・・

 2014年、ビットコイン交換事業者(仮想通貨の取引所)の破綻が大きな話題になりましたが、交換事業者の1つが破綻したに過ぎず、ビットコイン自体に問題があるわけではありません。「空港にある両替所の1つが倒産したから外貨は危険」と思ってしまうようなものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 マウントゴックス社について補足すると、当初は外部からのサイバー攻撃で顧客のビットコインが盗まれたと報道されましたが、実際は会社による業務上横領だったようです。
 マウントゴックス社が、顧客の75万BTCと、顧客がビットコインを買うために振り込んだ現金28億円も盗んだのが実態だったようです。
 BTCとはビットコインの単位で、今の相場は1BTCで11万5000円ほどなので、75万BTCは862億5000万円となります。
 現在、日本でビットコイン交換事業者は10社程度あるそうですが、今後もそうした事件が起こらないという保証はありません。

 もう一つ、私がとても気になる点があります。
 私は今、UFOコンタクティーのコーリー・グッド氏の情報に注目しているのですが、コーリー・グッド氏は第6密度の存在であるブルーエイビアンズから、近々大規模な太陽フレアが起こると言われているといいます。
 その期間は2018年〜2023年だそうです。
 もし人類がこれまで経験したことがないような強力な太陽フレアが起こったら、世界各国の発電所(及び変電所)が破壊される可能性があります。
 被害地域が限定されていれば早期に回復するでしょうが、これが地球規模となると、復帰するのに長期間掛かる可能性があります。
 電気がなければ、そもそもPCが動きません。
 またその場合は通信網も破壊されているでしょうから、ネットが使えません。そうした場合、ネット上の仮想通貨はどうなってしまうでしょうか。

 念のために言っておきたいのですが、私は訪問者の方々にビットコインを勧めているわけではありません。
 ただ仮想通貨が、(アメリカ主導の銀行間取引システムである)SWIFTに取って変わる動きはすでに起こっており、その利便性と費用の安さから、急速に普及する可能性を秘めていることは間違いないと思います。
 ビットコインは値動きが激しく、それを嫌う人がいる一方で、絶好の投資機会と捉える人もいるかもしれません。
 時期はわかりせんが、各国が発行している既存の通貨への信頼が失われて、ビットコインに大量のお金が流れてくる局面はあるだろうと思っています。

 私は自身は、(四の五の言ってないで)、ビットコインに慣れるためにまず少額で口座を開いてみようと考えています。



サアラさんが語る死後に気をつけなければならないこと...2017年2月3日

 私は現在、サアラさんのYouTubeを使ったセミナーに参加しています。
 毎週1回、サアラさんの講義のYouTubeのURLが電子メールで送られているので、それを観て学ぶというものです。
 私は10年前に神秘家ゲリー・ボーネルさんが主催するスクールに入ったのですが、比較的ワークを主眼としたもので、知識に関するものが少なかった印象があります。
 宇宙のこと、階層構造となった各次元のことなど、知りたいことはたくさんあり、今でもそれは変わっていません。
 そんな私にとって、サアラさんのYouTubeの講義は楽しみの一つです。
 これまで本で読んで得た知識とは違ったものがあり、新鮮な情報に驚かされたりしています。

 今回はそんなサアラさんの話のなかから、(おそらくすべての人に役立つであろう)死後の注意点を紹介しようと思います。

 ゲリーさんは人間を、魂(ソウル)、スピリット、肉体の3つで構成されていると語っています。
 これから紹介するサアラさんの話は、死後のスピリットに関するものと私は考えています。
 永遠の生命を持つ魂(ソウル)は、創造の永遠の観察者であるがゆえに、完璧な存在として創造されたといいます。それは別な言い方をすると、(完璧であるゆえに)進化する必要はないということです。
 スピリットは進化する存在ですから、様々な経験を通して学ぶ必要があります。別な言い方をすると、未熟な存在でもあり、それだけに時として試練が襲うことがあります。
 スピリットにとって死んだ直後は極めて重要な瞬間であり、知識があるとないとではその後の道に大きな差ができてしまう可能性があるようです。
 ゲリーさんは死後にスピリットが行く世界をエーテル界と言い、サアラさんは幽界と言っています。
 ここではサアラさんの話を紹介するので、幽界という言葉を使うことにします。
 以下は、サアラさんの話を私がまとめたものです。

 * * * * *

 この物理次元の世界もある振動数の量子場の世界であり、幽界も振動数の違いこそあれ、ある種の量子場の世界です。
 物理世界も幻想を見ているという言い方もできるように、幽界もまた幻想の世界という言い方もできます。
 それゆえ死後は地獄に行くと固く信じている人が亡くなると、地獄のような幻想の世界を作り出し、そこに住むことになります。死後に素晴らしい世界が待っていると思う人が亡くなると、そういった世界を創造して住むことになります。
 このように、たいがいの場合は、亡くなっても生きていた世界の延長線上で生きていきます。
 姿形も生前とほぼ同じようなものになります。
 生きていたときの思考パターンも、同じものを死後に持ち込むことになります。
 不安ばかり抱えて生きていた人は、死後も不安を抱えて生きることになります。
 物理世界は、思っていたことが現実化するのに時間が掛かりますが、死後の世界は思っていたことがすぐに現実化してしまいます。
 死後の世界に入ると、自然と生前の人生を回想するようになります。
 例えば、生前にいじわるをしたという思いが強いと、そのいじわるをした相手に必ず出会ってしまいます。
 相手は自分が嫌いであるという思いがわかっていて、恨めしそうにこちらを見るということになります。そうすると、いじわるだった自分の行為を責めたりして苦しい思いをすることになります。

 人間はもともとは慈悲深い存在であり、愛に満ちた存在であることを、亡くなるとはっきりわかるようになります。
 それだけに、生前に自分が非常にいじわるで貪欲で自己中心的なことをしてきたことにものすごくがっかりし、自分を責めるようになります。
 このように泥沼に足をとられたような状態になってしまうことが多くあります。
 生きている間は、苦しい思いをしていると周りが慰めてくれたりしますが、死後は基本的に孤独です。それゆえ、なかなかそういった苦しい思いを解放するきっかけがつかめなくなります。

 ではそんな苦しい状態から抜け出すためにどうすればよいでしょうか。
 それは、何もかも必要な経験だったと思うことです。では必要な経験だったと思うようになるためには、どうすればよいでしょうか。
 必要な経験だったと理解するために、次の世界に行くと決意することです。
 次の世界はアストラルの世界ですが、そこからボランティアで迎えが来ます。そのボランティアが来るまで、持ち堪える必要があります。
 その為にどうすればよいかというと、なるべく自分を裁かないこと、責めないことです。
 もし責めそうになったら、自分には何もかも必要な経験だったと言い聞かせなければなりません。

 こうした状態が、本来の幽界の姿ですが、今の地球の幽界は違ってしまっています。
 本来の幽界は、自分で自主的に生前を振り返るのですが、今は亡くなると、かなりの人が、ある意味で反省部屋のようなところに連れていかれます
 その反省部屋には、必ず監督者がいて、色々質問してきます。
 それは自分にとって、一番痛いところを突いてきます。コンプレックスになっていた部分や、恥ずかしいと思っていた部分、自分を責めてきた部分などです。
 そうなると、さらに自分を責めるようになります。
 こうなると、自己が崩壊することになります。
 これは洗脳と同じで、自分はもう救われない、救われる価値を失ってしまったと思うようになります。
 その反省部屋から脱出しようとすると捕まえられて、電気ショックのような体罰のようなものを受けることもあります。
 地球上で行われている洗脳と同じで、何度も何度も、「お前はこの宇宙に生存する価値はない」「だからお前は、この地球で一生働かなければならない」といったことを刷りこまれ洗脳されてしまいます。
 そして、「善行すれば救われるかもしれない」といったふうに、キリスト教の信者が言われることと同じようなことを言われます。つまり今まで信じ込まされてきたことと同じことを、死後の世界でも信じ込まされることになります。
 そして、お前が反省しているのだったら、早く生まれて善行を積みなさいとか、早く生まれて人の為に働きなさいと言われます。
 そして光を見せられ、その光に付いていくと、お母さんのお腹の中にいたということになります。
 そういうケースがたくさんあります。

 ではこうしたケースを避けるにはどうしたらよいでしょうか。
 死後の世界では肉体を脱ぎ捨てるけれども、死後の世界にマッチした姿形を持ちます。
 これを絶対に忘れてはなりません。
 アストラルから迎えにくるスピリットは当然ながら光輝き神々しく見えますが、光そのものではありません。
 よく見ると、姿形があるのです。
 その姿に惑わされて付いていったら、やっぱりお母さんのお腹の中だったという人もいます。
 その為、必ず確認する必要があります。
 迎えに来たスピリットに、「私を何処に連れていくのか」と必ず聞いて下さい。
 私はもうアストラルに帰ろうとしているとはっきり主張する必要があります。
 霊的な世界では、自分の尊厳をしっかり主張することが非常に重要です。

 (管理人注:サアラさんはこれらのことは大事なことなので、さらに詳しく説明しています。それらを整理して紹介します)

・死んだ後に反省会はしない。
 どんなにいじわるであっても、(それは改善する必要はあるけれども)、それによって自分の価値がなくなることは絶対にないということを憶えておくことが必要です。
 間違いは、正しい知恵や力を得るために経験する必要があったと思う程度に止めて、それ以上自分を責めないこと。

・まるべく苦しい思いをしないで、(アストラルからの)迎えが来るように祈る。
 私はアストラルに帰るという思いを持つと、その思いは必ず通じます。必要なことは、「絶対に自分は(アストラルに)帰れる」と思うことです。

・アストラルからの迎えは、ちゃんと姿を持っていることを忘れないこと。
 アストラルの人は、ほとんどが地球での転生を経験した人です。そしてあなたにわかるように、人間の姿をしています。
 その姿を確認したら、「あなたは何者ですか?」と必ず質問してみること。
 死んだ世界でもちゃんと判断力は残っているので、何か怪しいと感じたら、付いて行ってはいけません。
 その人に、地球に住んでいたときは何をやっていたのか。また、なぜこうした迎える仕事をしているのか聞いてみても構いません。
 本物であれば、(いじわるな人はいないので)快く答えてくれるはずです。

・(アストラルから)迎えに来た人は、あなたのことをよく知っているはずなので、さらに色々聞いてみること。
 自分から名乗らなくていいので、「誰を迎えに来たのですか?」と聞いてみること。
 そして本当にアストラルから迎えに来た人であるなら、あなたが亡くなった死因や、どういう人生を送ってきたかを事細かに知っています。
 そういったことを向こうから言ってくれます。
 それを元に自分で判断することになります。
 物理世界でも同じですが、何か怪しい、何か変だと直観的に感じたら、絶対に付いていってはいけません。

・疑わしいと感じたらはっきり、「あなたには付いていきません」ときっぱりと断ること。
 そのとたん本性を現す可能性もあります。嫌だというと、たいがいの場合、牙を剥いてきます。
 自分の中の恐怖によって断る場合もあるので、逆にノーと言っても態度が変わらない相手であれば、よく考えることです。
 そして最後に納得して、安心した状態で付いていくことが大事です。


 本来の幽界であれば、誰も裁くことはないし、拷問を受けるようなことはありません。
 しかし地球の幽界では、一部そうしたところが残っており、連れていかれる可能性があります。
 死後の世界は、自分の幻想が一番影響を与えてしまうので、生きている間にあまりネガティブなことを考えたり、くよくよしたり、起きてしまったことをいつまでも考えたりしないことです。
 くよくよしないように考えても、やっぱりくよくよしてしまうので、より楽しいことを考えたり、積極的に生きようと考えたりすることです。
 何かを禁止したりするのは良い結果を生まないので、より積極的に生きようとすれば、くよくよ考えることもなくなります。

 * * * * *


 この後サアラさんの話は、アストラルに行ったスピリットがどのような経験をするかという話になるのですが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。


 今年の1月9日、私はサアラさんのセミナーに参加しました。
 2017年がどのような年になるのか、何かヒントになるものがないかと期待したのです。
 セミナーの前半は、いつものサアラさんの講義でしたが、後半に思いもよらないことが起こりました。
 サアラさんがイエスをチャネリングするというのです。
 私は本当にあの2000年前のイエスが出てくるのかと半信半疑のところがありました。
 チャネリングで現れたイエスは、たしかにいつものサアラさんの口調と違い、違う意識体が話しているという実感がありました。
 印象深かったのは、流暢な日本語だったことと、実に声量があって力強い話し方だったことです。

 チャネリング自体は20分ほどの時間だったと思いますが、その最後のときに、面白いことが起こりました。
 そのイエスなる意識体は、それまでまんべんなく会場を見渡して話していたのですが、私のことにふと気づいたように目を留め、じっと私を見つめたのです。
 その間、数秒間。
 私は直感で、どうやら私のことを気に留めたらしいと感じました。

 私は家に帰った後、この出来事を反芻していました。
 そして、それまで行く気のなかったサアラさんの学校(JSPスクール)に行くことを決めました。
 これも直感でしかないのですが、イエスなる意識体が私を呼んでいるように感じたからです。

 千さんのお爺ちゃんセッションでこのことを聞いてみました。
 会場でイエスなる意識体が私に注目したのは事実なのか聞いたら、たしかに気づいたといいます。どうして私に注目したのか聞いたら、宇宙人のような存在がいると思ったからだそうです。
 やれやれ、私は宇宙人になってしまったようです。
 まあたしかに、DNAが3重螺旋に移行しているというのが事実だとすると、すでに私はホモサピエンスとはいえないかもしれません。
 イエスなる意識体が私をサアラさんの学校に呼び寄せたのではないかと聞いたら、それも事実だそうです。
 それで、呼び寄せた理由を聞いてみました。
 すると、学校で教えていることを広く世間に伝えるためだそうです。
 どうやら私は、このHPを通じて、サアラさんの学校で学んだことを伝えるよう期待されているようです。

 サアラさんはチャネリングしている存在が2000年前のイエショア・ベン・ジョゼフというキリスト教のもととなった人物だと思っているようです。
 私は、根拠はありませんが、直感で違う存在ではないかという印象を持っています。
 でもキリスト教徒でもない私にとって、イエスであろうがなかろうが、どちらでもよいことです。
 叡智を持つ存在であり、私が学ぶべきものがあれば、それでよいからです。

 サアラさんの学校は2月から始まり、半年続きます。
 その内容を、私にできる範囲でこのHPで伝えていこうと思っています。



ヤスさんのビットコイン情報...2017年1月21日

 私はここ2、3年、投資(投機?)を全くしてきませんでした。
 以前はいろいろ試して、少し儲けて、それ以上に大きく損したりしてきましたが、このところ縁遠くなっていました。
 仕事(アルバイト)を始めたので時間のゆとりがなくなり、投資の勉強をすることができなくなったことも一因です。
 さらに、世界的な金融大変動が近いと感じるようになり、(私のような素人が)下手に投資すると大怪我するという思いもありました。
 今でも世界的な金融大変動が来るという思いに変わりはありませんが、世の中、一筋の縄ではいかないと思うようになっています。
 特にトランプ政権の誕生により、不確定要素が増した気がします。
 私は吉田繁治さんの本やメルマガなどで経済・金融の勉強をしていますが、その吉田さんがトランプ政権の政策によって、今年アメリカはバブルになる可能性を言っています。
 前回の記事で、神秘家ゲリー・ボーネルさんの2017年予言を紹介しましたが、そこでゲリーさんは中国発の経済崩壊が秋に起こると言っています。
 これと吉田さんがアメリカでバブルが起こり、年末に崩壊するという話がリンクしていて興味深いです。

 これまでの私のスタンスは、いつ金融大変動が起こるかわからないので、事前の投資はしない。
 もし起こり、金(キン)が一時的にせよ暴落したら、金の現物を買うというものでした。
 これは2008年のリーマンショックを乗り越えるために、世界の主要通貨であるドル、ユーロ、元、(安倍政権誕生後は円)が過剰に発行されてきたからです。金や銀は、(特にドル)紙幣に対する反通貨の性格を持ち、通貨の価値が下落すれば、上昇するからです。
 今はまだ人々は通貨に対する信用を失っていません。
 しかし金融大変動が起こり、人々が価値を失っていく通貨にパニックを起こす日は必ず来るだろうと思っています。

 そんなわけで投資の勉強をしてこなかった私ですが、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガを読んでいて、ビットコインも反通貨としての性格を持つということを知りました。
 ヤスさんによると、ビットコインの取り引きの、なんと90%が中国なんだそうです。
 中国の人民元が下がるとビットコインが上がり、人民元が上がるとビットコインが下がるという人民元の反通貨としての性格を持つといいます。

 当HPを何年も前から読まれている訪問者の方々はご存じだと思いますが、以前ウエブボットについて紹介したことがありました。
 そのウエブボットがビットコインや銀の上昇を言い始めているといいます。
 ウエブボットが初耳という方もおられると思うので、ヤスさんのメルマガからウエブボットについて説明している部分を紹介します。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

ウエブボットはSNSやチャットサイト、そしてBBSなどに埋め込まれたスパイウエアが収集した会話記録から、人々が使っている言葉の感情を解析し、集合的な感情の動く方向を検知するプロジェクトだ。その方向から、未来の出来事が予測できるとされている。

これまでウエブボットの予測の的中率は決して高くはなかったものの、最近急速に予測の精度が上がり注目を集めている。そうしたウエブボットだが、2017年の年間予測を発表した。これまで公表されたもののなかでも、もっとも重要な予測なのではないかと言われている。

45ページにもなるかなり長いレポートで、さまざまな分野がカバーされているが、なかでも注目されているのが、ビットコインと銀の値動きの予想である。ビットコインは1000ドルを越える水準まで高騰するものの、一時的に800ドルを下回る水準まで下落する。しかし、ダウが2万ドルの王台に乗るタイミングでビットコインと銀も上昇し、ビットコインは1452ドル、そして銀は将来的に600ドルという記録的な水準まで上昇するとしている。これは、1月25日から起こるとされている。

この予測の発表の直後、ビットコインは上昇と急落を繰り返したので、前半の予測は的中したと見なされている。一方、ウエブボットの主催者であるマイクロソフトの元コンサルタント、クリフ・ハイによると、1452ドルや600ドルといった数値は、相場の上昇を示す象徴的な数値なので、実際に値動きを現すものではないという。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ウエブボットは以前は的中率が低く注目されていなかったが、最近は的中率が上がり注目されているといいます。
 では1月6日に配信されたヤスさんのメルマガから、ウエブボットの予測を紹介しようと思います。
 以下の記事は、ウエブボットの予測をインタビュー形式でQ&Aの形で紹介したものです。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

トランプの大統領就任に関して

Q1:
オバマ政権はトランプの就任をブロックしたいようだが、トランプは大統領に就任できるだろうか?

A:
危機を示すデータがイスラエルに集中している。これは、国連安保理のイスラエル非難決議が可決されたことを示すものだ。2月にはイスラエルでなんらかの争いが起こり、これが混乱を引き起こすかもしれないが、トランプに関する限り、就任前の暗殺を示すデータはいまところ存在していない。だから、予定どおりトランプは大統領に就任するだろう。

経済の予測

Q2:
市場は高値をつけ、まだ上昇しつつあるが、2017年の経済はどのような状況になるのか?

A:
感情値の視点から見ると、政治の領域では多くの人がトランプの勝利を受け入れることができず、悲鳴のような感情の放出が起こっている。これは国民のみならず民主党や共和党の既存の支配層にもいえることだ。彼らは支配エリートの地位を追われつつあり、自分たちの地位が確保できないでいる。

他方市場は、トランプの就任を歓迎し、楽観的な感情の蓄積が行われている。

Q3:
いま米国債の価格は下がり金利は上昇しているが、経済がクラッシュするようなことは起こるのか?

A:
アメリカの実体経済はすでに相当に悪い状態だ。仕事を見つけられず困窮している膨大な人々がいる。しかし、株価や社債の上昇という経済の金融的な側面に隠され、実体経済の状況はまったく報道されていない。そうした実体経済から見ると、すでに経済の崩壊は起こっていると見ることもできる。

一方ドルだが、ウエブボットのデータでは、2017年の2月から3月初めにドルの価値が大きく下落すると出ている。これは続いていた「トランプ・ユフォリア」と呼ばれる楽観的な状況が終了し、市場が下落する転換点に入ることを示している。

ドルの価値の推移とバンク・ホリデー

Q4:
2017年はドルの価値はどのように推移するのか?

A:
データでは、今年はドルと不動産の下落が連動しており、後者のほうが深刻な問題となるとある。トランプの就任に伴う楽観的なムードが終わる今年の春以降、金利が急上昇する可能性が示唆されている。下手をすると9%近くまで金利が上昇するとデータにはある。

この背景のひとつとなるのが、地方銀行の収益が悪化し、一斉に貸し渋りと貸し剥がしを行うことだ。銀行は自己資金が枯渇するので現金を必要とする。そのため、現金の流出を防ぐ必要から、貸出し金利を上昇させるとデータにはある。これが9%まで金利が跳ね上がる理由だろう。

この影響をもっとも顕著に受けるのが不動産市場だ。銀行の貸し渋りからローンが供給されないので、住宅がまったく売れず、価格崩壊する。これはアメリカのみならず、ドルを使っているカナダとオーストラリアでも起こる。

Q5:バンク・ホリデーのような銀行の一時閉鎖が正式に宣言されることはあるのか?

A:
あるかもしれないが、それは統制のとれたものとはならない。銀行の閉鎖が相次ぐので、さまざまな銀行が資金の流失を防ぐために、一時的に閉めるようなことは多く起こるだろう。

市場のクラッシュとビットコインの急騰

Q6:
オバマの在任期間中に市場のクラッシュは起こるだろうか?

A:
オバマの在任期間に市場のクラッシュを示すデータは存在している。しかしそれは、だれの目にも分かる大きな市場崩壊ではなく、ドルの価値が一時的に下落する「フラッシュ・クラッシュ」と呼べるようなものだ。これは1月8日から12日に起こるとある。

しかし、この変化は表面的なものだ。金融システムの根本的な変化が水面下で進行している。それは、仮想通貨のビットコインの急激な価格上昇である。この主な原因は中国だ。

中国の国民は人民元の変動を心配し、急速にビットコインへと逃避する。通貨の信頼喪失がビットコイン急騰のひとつの背景だが、これはドルなどの他の通貨でも同じようなことが起こる。

ところで、ビットコインの市場は金や通貨のような他の市場のように操作されてはいない。市場の動向を素直に反映している。その意味ではビットコインの上昇は、既存の通貨の危機を現している。

ビットコイン急騰にはさらに別の背景もある。いま中国はAIIB(アジア開発投資銀行)で集めた資金を活用し、「一帯一路」という広大なユーラシア経済圏を形成する構想を進めている。これでこれまで世界経済につながっていなかった何億人もの人々が参加することになる。これらの膨大な数の人々が、ブームにのってビットコインを購入するとデータにはある。

銀価格の動き

Q7:
金と銀、そしてドルの価値との関係はどのように推移するのか?

A:
2003年くらいだが、ウエブボットのデータには「ドルの死」というキーワードとともに、ダウが20000ドルに上昇し、銀が600ドルに高騰するとのデータがずっとあった。いまでもこのデータは存在している。いまダウが20000ドルの王台に乗る勢いなので、このデータが実現しつつあることを示している。したがって、これから銀も勢いよく上昇するはずだ。

銀が急騰する理由はいくつかある。ひとつは新興国の人々の所得は低いので、資産を守るためには金ではなく、まだ価格の安い銀を買う傾向が強いことだ。また、インドや中国などの国々では、政府による金の没収が実施されるとデータにはある。このため、銀に乗り換える人々が増えるのだ。

この銀の急騰は、1月最初の取引日から始まるとデータにはある。データでは、20000ドルのダウ、600ドルの銀、そしてビットコインの急騰という3つの要因が相互にリンクして進むとある。

もちろん「600ドル」というのは、集合的な感情が強く反応する値である。つまり、「高騰」を表現する象徴的な言葉であるということだ。したがって、実際に600ドルまで上昇するかどうかは分からない。しかし、124ドルと345ドルという2つの数字もデータにはあるので、このレベルまで急騰する可能性は否定できない。

金価格の動き

Q8:
では、金の価値はどうなるのか?

A:
データでは、金はこれから急騰するとある。金の暴落の予想もあるが、金はこれとは逆の方向に動くことだろう。

大きな戦争の可能性

Q9:
今年、大きな戦争が起こる可能性はあるのだろうか?

A:
今回のデータには、「戦争」というキーワードは確かに存在している。しかしこれは、異なった支配勢力の間の抗争のことだ。これは実に激しい戦いとなる。

ロシアが核戦争の引き金を引いたり、アメリカが戦争を仕掛けたりするようなデータは一切存在していない。ウエブボットのデータから見ると、2017年や2018年はアメリカの経済が悪化するため戦争どころではなくなるとある。反対に、海外に展開している米軍基地の閉鎖が相次ぎ、米軍が本国に帰還してくるはずだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこれを読んで、少し前にゲリーさんが銀を買って下さいと言っていたことを思い出しました。
 その時、なぜ金ではなくて銀なのかと不思議でしたが、新興国の人々の所得は低いので、金ではなくて銀に買いが集まるという説明には納得できるものがあります。
 ウエブボットでは2017年の取引開始からNY銀は急騰するとありますが、急騰とは言えないまでも、年末の16$から17$近辺までじりじりと値を上げています。

 今もヤスさんのメルマガではウエブボット追加情報が続いています。
 興味深い情報があったら、また紹介したいと思っています。

 私はとりあえず、ネットでビットコインの入門書を注文してみました。
 ビットコインに関して、少し勉強してみようと思っています。



ゲリーさんの2017年予言...2017年1月15日

 1月11日に行われた神秘家ゲリー・ボーネルさんの2017年予言セミナーに行ってきました。
 色々な話が出たのですが、私が印象に残ったものの中で、いくつかを紹介したいと思います。
 このセミナーはDVDで売り出す予定のようで、録音・録画は禁止でした。そのため筆記でメモしたために、正確でない部分もあると思います。その辺はご承知おき下さい。

 まず旬の話題である米大統領選挙に関してです。
 興味深いことに、アカシャでは、去年の春の時点ではヒラリー氏が大統領に選ばれると出ていたそうです。
 やはり私たちの集合意識によって、未来はダイナミックに変わっていくということだと思います。

 ゲリーさんは、ヒラリー氏の方がトランプ氏より得票数が多かったと言っていました。しかし州ごとの勝ち負けで決するアメリカの特殊な選挙制度によって、得票数の少ないトランプ氏が勝ったと言っていました。
 これは選挙後にアメリカのマスコミによって発表された内容であり、日本でも伝えられました。
 しかし私は、これには納得できない部分があります。

 選挙戦の間、日本の大手マスコミでは全く発表されていませんでしたが、アメリカのネット投票では、トランプ氏の支持率はヒラリー氏を圧倒していました。
 ネットでは、驚くなかれ、ヒラリー氏の支持率は5%以下で、ひどいときには2%という数字さえあったのです。その同じ時期にアメリカの大手マスコミでは、ヒラリー氏47%、トランプ氏45%といった具合に、ややヒラリー氏がリードしているという発表を繰り返していました。
 もちろんネットを見る層が、全体を反映しているわけではありませんが、ネットと一般の米マスコミが発表する数字には、異様な乖離があったのです。
 その頃アメリカ大手のマスコミは、ほとんどがヒラリー氏支持で、露骨にトランプ氏のネガティブキャンペーンを張っていました。日本のマスコミも、それをそのまま日本に垂れ流していました。
 これがトランプ氏が勝利したことに、多くの日本人が、”意外な結果”と感じた背景です。
 ベンジャミン・フルフォード氏は、ヒラリー氏をプッシュする米マスコミは、支持率を捏造していたと言っています。
 副島隆彦氏は、不正選挙によってヒラリー氏側が多くのトランプ氏の票を盗んだが、それでも届かなかったと言っています。
 もちろん私には真相はわかりませんが、米マスコミが発表する数字には、全く納得できないものがあります。

 念の為に言っておきたいのですが、私はトランプ氏が大統領に選ばれて良かったなどとは思っていません。
 今回の大統領選挙では、トランプ氏とヒラリー氏を推す勢力の間で、水面下で相当なバトルがあったのではないかと推測しています。表面に現れるマスコミの発表は、ほとんどの米マスコミを牛耳っていたヒラリー氏側の勢力の必至の抵抗だったと見ることができます。
 それが、選挙に勝った後でも、トランプ氏がマスコミを異常に嫌う原因となっていると思えるのです。

 さて、ゲリーさんの予言に戻ります。
 現在1バレル50$代で推移しているオイルですが、5月頃にOPECの決断により高くなるといいます。そして年末には、125$まで高騰するといいます。
 現在、アメリカのエクソンモービルとロシアの大手石油会社の合併話が進んでいるそうです。オバマ大統領は、その合併を止めさせようとしたそうです。
 トランプ氏はエクソンモービル社の株を10億ドル(1140億円)持っていて、合併が実現すると、それが10倍の100億ドル(1兆1400億円)になるそうです。
 それがトランプ氏がロシアとの関係改善に取り組んでいる背景にあるといいます。結局のところ、お金が絡んでいるとゲリーさんは言っていました。

 これから国及び各地域ごとにゲリーさんの予言をまとめてみます。
 これらの予言は2017年に限定したものでなく、2017年から2020年までの期間に起こるというニュアンスでした。

 <日本
 トランプ大統領は世界中から米軍を引き上げようとする。
 日本は、米軍の引き上げにともない、海軍と陸軍を強化する。特に海軍を大きくする。これが経済を刺激し、日本経済はゆっくり上昇する。
 夏に選挙が行われ、安倍首相は首の皮一枚でなんとかつながる。
 2020年のオリンピック時に安倍首相はいない。オリンピックのとき、(安倍首相の次の次に)日本初の女性首相の可能性がある。
 しかし面白いことに、女性有権者の方が女性首相を支持しない。
 25年後には、天皇制は歴史となる。
 今の日本の若者は、天皇制に全く興味がない。若者に天皇制をどう思うかインタビューすると、「天皇制??? アプリの一種?」という答えが返ってくる。
 こうした傾向は世界的なもので、世界中の王政は衰退に向かう。


 <アメリカ
 トランプ大統領は軍事予算を減らす。
 アメリカの過去最大の武器輸出を続けてきたが、それが終わる。
 1990年から2000年代初頭まで、アメリカの企業は海外移転を進め、アメリカの中産階級は没落した。いまやアメリカのアッパー及びミドルアッパークラスは全体の7%となり、残りは全部貧困層となった。
 トランプ大統領は、FRBからお札をする権利を奪おうとしている。同じことをしようとして暗殺されたのが、ジョン・F・ケネディ大統領である。
 今年か来年に、アメリカで国民葬が行われるだろう。


 <中国
 中国経済は大変なことになる。
 中国経済の崩壊は秋になる。
 中国のGDPは、実は−12%となっている。
 中国の借金は最悪の状態で、人民元はどんどん下がる。
 これにより、中国は軍事面で攻撃的になってくる。しかし日本が核を持っていることを知り、侵略を思い止まる。
 ビットコインが急騰しているが、本物に札に変わることはない。


 <北朝鮮
 北朝鮮は核武装をさらに進める。
 (アメリカ領土の)ハワイ、アラスカ、西海岸を脅す。
 北朝鮮は韓国を侵略しようとする。
 北朝鮮と韓国の間で小規模の衝突が起き、何名かが命を落とす。
 しかし北朝鮮の軍部は、韓国に勝てないことを知っている。
 金正恩は具合が悪くなるが、北朝鮮の軍部は金正恩を消してしまう。
 これにより、国民葬が行われる。


 <EU
 ギリシャ、スエーデン、イタリアはEUから離脱する。
 ユーロは下がるので、ユーロを持っている人は、今すぐ売った方がよい。
 ヨーロッパの文化は、失われていく。


 <ロシア
 プーチンの資産は、70億〜90億ドルと巨額なものになっている。
 プーチンはロシア企業のCEOを殺し、資産を増やしている。
 アメリカ(CIA)はこうしたプーチンの資産をロシア国民に知らせる。
 ロシアは崩壊に向かう。


 <中東
 ISISは核を持っている。
 これを中東で爆発させるだろう。
 第3次世界大戦はすでに始まっている。
 2003年のイラク戦争がその始まりで、ISISの核爆発で終わる。
 この核爆発が世界中の人々に、意識の大変革をもたらすことになる。


 <気候変動
 世界的な気候変動が進む。
 アメリカは2018年に干ばつに襲われる。
 ヨーロッパは洪水に襲われる。
 南極から(日本の国土の半分に相当する)巨大な氷河が流れてくる。これは温暖化のせいだが、トランプ大統領は、温暖化は中国が流すデマだと言っている。
 海流の変化が気候変動をもたらし、50年後にはゴビ砂漠は森となっているだろう。


 <投資に関して
 私(ゲリー)の友人で、金(キン)は1オンス、1万ドルになるという人がいる。
 私(ゲリー)は、4000〜5000ドルになるとみている(管理人注:現在は1200ドル前後)。
 オイル以外の新エネルギーに投資するのがよい。
 水素、風力、太陽エネルギーなど。
 それらは20%上がる。


 <災害
 サンディエゴ(カリフォルニア)からアンカレッジ(アラスカ)までのラインで、M11の巨大地震が起きる可能性がある。
 イエローストーンのカルデラの爆発の可能性もあり、今後3年は重要である。

 2017年、日本では大きな地震は起きない。
 2〜3年前は、日本で巨大地震が起きリセットすることを望む人が多かったが、今は望まなくなった。

 2017年は世界的にパンデミックフルーが広がる。
 これまでの鳥インフル、豚インフルの被害よりももっと多くの人が亡くなる。
 それらが流行するのは、インド、中国、マレーシア、アフリカ、ミクロネシア、インドネシアなど、衛生環境が良くない国だ。

 * * *

 以上です。
 なにしろ話している言葉をメモに走り書きしているので、正確に書き取れていません。
 後でニュアンスを思い出しながら書いた部分もあり、通訳の大野百合子さんの言葉使いとは違った表現になっているところもあります。
 正確な内容を知りたい方は、(これから発売されるであろう)DVDを買って観て下さい。

 内容に関してですが、私としては「なるほど」と思った部分もあり、「?」と思った部分もあります。
 まさしく、「信じるか信じないかはあなた次第」というところでしょうか。



ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との出会い...2017年1月8日

 最初からいきなり脱線しますが、ちょっと私の思い出話をしたいと思います。
 私が初めて神秘家ゲリーボーネルさんのアカシック・セッションを受けたときのことです。
 私は将来、どのような仕事をしていますかという問いに対し、ゲリーさんは、ヒーラーになっていると答えたのです。
 私は思わず、「なに言ってるんだ、このおっさんは!」と心の中で叫び、「私はヒーラーになる気はありません!」とむきになって答えた記憶があります。
 というのも私は当時、ヒーラーにだけはなりたくないという思いだったからです。
 印象的だったのは私の反論に対し、ゲリーさんは何も言わず、にやっと笑ったのです。
 今はそんなことを言っているけど、君は将来はヒーラーになってるんだよ、と未来を見通しているかのような、余裕の笑いだったのでしょうか。

 今でも私はヒーラーになる気はありませんが、最近ヒーリングに関して興味が湧いてきて、ケンコバヤシさんの本を読むようになっています。
 ケンコバヤシさんはニューヨーク在住で、ゴッドハンド(神の手)と持つと言われるヒーラーです。
 癌などは当たり前にように治してしまうし、世界で唯一人エイズを治せるヒーラーとのことです。
 今回は、そんなケンコバヤシさんの『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』(マキノ出版)から抜粋して紹介したいと思います。
 この本の中で、ケンコバヤシさんと故・船井幸雄氏との交流の場面がとても興味深かったのです。
 船井幸雄氏は2014年12月に亡くなっているので、この3次元では肉体がありません。当然ながらケンコバヤシさんが出会ったのは、霊的な存在となった船井幸雄氏です。

 森美智代さんが断食リトリートをつくるために買った三重県名張市の古民家を改修することになり、ケンコバヤシさんが風水光でお祈りをしているときのことです。
 ケンコバヤシさんがお祈りを始めてしばらくして、古民家から黄金色に光る巨大な大蛇が現れます。この大蛇は古民家の守り神だったのですが、森美智代さんという安心できる買い手が現れたので、役目が済んだとばかり出て行ったのです。
 その大蛇のあとに3人の(霊的な)ガイドが付き添っていました。
 ケンコバヤシさんは、3人のうちの一人が故・甲田光雄氏だということがわかりましたが、後の2人は知らない人でした。
 話はここから始まります。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p57〜p60から抜粋開始>・・・

 舩井先生の出現と新たな導き

 ところで大蛇に付き添っていた3人のガイドのうち、あとの2人は誰だったのでしょうか。気になった私は、森先生にお目にかかったときにきいてみました。
 記憶しているお2人の様子をお話しすると、森先生が「それはきっとS先生」とおっしゃいました。甲田先生といっしょに日本綜合医学会におられた先生だそうです。
 もう1人は、かっぷくがよくて強いエネルギーを持ち、額から美しい光を出している人でしたが、森先生にきいても誰かわかりませんでした。
 ところが、しばらくして甲田先生が現れたとき、その謎が解けました。甲田先生が教えてくださったのです。
 「舩井幸雄(ふないゆきお)先生」
 これが、その人のお名前でした。
 朝になって、インターネットで舩井幸雄先生の写真を見たところ、確かにあのとき大蛇に付き添っていた3人めの人でした。しかも、写真からも美しい光が出ていて、何かしきりに私に話しかけてくる気配を感じました。
 舩井幸雄先生は、日本ではたいへん有名ですので、読者のみなさんもよくご存じでしょう。著名な経営コンサルタントであり、晩年は健康や環境問題、日本にかかわる問題について、貴重な情報を多く発信された人です(ご本人は長く「船井」という字を使っておられましたが、正式には「舩井」ですので本書ではこの字を使います)。
 うかつなことに、私は舩井先生のことも存じ上げませんでした。思い起こせば、森先生から何度かお名前をうかがったようでもありますが、森先生との会話に夢中で気にとめることができなかったのです。舩井先生が2014年の1月に亡くなられていたことも、当然ながら、そのときに初めて知りました。
 その後、驚くべきことが起こりました。
 12月のある夜、舩井先生が甲田先生とともに現れたのです。
 甲田先生が
 「私の友人の舩井幸雄先生を紹介します」
 とおっしゃったあと、温かいソフトな声で舩井先生から
 「君がマスターヒーラーの小林くんかね?」
 ときかれました。
 私は
 「いや、とんでもないです。人にマスターといわれることはありますが、私はまだそこに向かうプロセスにいると思います」
 と答えました。
 舩井先生とお話を続けたところ、先生は
 「実はあなたを探していた。私は生前病気で苦しみ、すぐれた治療を受けたものの、私が忙しくしていたせいか、いつも病気は再発していた。私は必ず治せる治療家がいると信じていて探していた。しかし、あなたは草の根を探しても見つからなかったので、私はいま平和な長い休眠に入っています」
 とのことでした。
 そのため、甲田先生と相談して、人々が私を探しやすいよう、私を世に出すことにしたそうです。私は2014年の春ごろから、ますます人との出会いや講演会などの依頼がふえ、私にかかわる動きが活発になったと感じていました。甲田先生の計らいだと思っていましたが、実はそのバックに舩井先生がいたというわけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうしてケンコバヤシさんは船井幸雄氏と知り合います。
 その船井幸雄氏は「素生(そせい)」という言葉を訴えてきます。船井氏は「素生を大切にした生き方をしないと、これからの日本はダメになる」と危惧しているというのです。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p138〜p147から抜粋開始>・・・

 それは舩井先生のメッセージから生まれた

 私が75歳の誕生日を迎えた2015年の8月11日、故・舩井幸雄先生からメッセージが届きました。
 「君にお願いしたでしょ。これからの新しい医学は、リコンシデレーション(reconsideration)ということで」
 というメッセージでした。「リコンシデレーション」は、再考、再審などの意味を持つ言葉です。
 私は、とっさに
 「再生ですか」
 とききました。
 私が日本に来るようになってから、ご縁があって知り合った白鳥哲監督の映画で、ちょうど「蘇生(そせい)」というのをやっていたので、その連想で「再生」という言葉が浮かんだのです。
 すると、
 「それは映画であって、君は医者なんだから「素生(そせい)」でたのみます」
 とおっしゃいました。
 「素生」
 私はこんな言葉は知りません。私だけでなく、誰も知らないでしょう。それも当然で、舩井先生の作られた新しい言葉です(素生と書いて「すじょう」と読むことはありますが、これは「素性」と同じで別の言葉です)。
 私との会話の中で生まれたことを思うと、少しあつかましくいわせてもらえば、舩井先生と私とで作った言葉といってもよいかもしれません。
 リコンシデレーション(reconsideration)は、一般的な訳では再考や再審ですが、舩井先生の考える訳語は「素生」というわけです。
 なるほど「素」という字には、原点、おおもとといった意味合いがありますから、そこに帰るという意味にもとれます。しかし、単なる再生や蘇生とは異なり、原点を大切にする、おおもとに立ち戻るというシンプルかつ強い意味が込められています。
 さらに、素生を逆に読むと「生きるもと」となります。幾重にも意味が込められた言葉であることと、「それが舩井先生の希望なのだ」ということを直感しました。
 そこで、本章では、舩井先生のメッセージをもとに、「素生」という言葉に込められた意味や思想を紹介していきたいと思います。

 「生きるもと」でありすべての原点

 現代の科学は、方向性として全体を分割し、細かく分析していき、すべてのものが素粒子でできていることを突き止めました。
 「素生」は素粒子の中に存在するもので、すべてのおおもとの原点です。素粒子の中に息づいているもので、その考え方は、すべてを切りきざんで細かくしていった現代科学とは逆に、その原点からすべてのものが出発しています。
 生きるもとであり、すべての原点である素生がなければ始まらない。素生が素粒子の中に息づいているからこそ、素粒子やその波である量子波(りょうしは)は意志を持ち、人の思いで動いたり変化したりするということになります。
 素生は生きることそのものであり、すべての原点という意味では愛の息吹ともいえます。
 その原点が「忘れ去られつつあるのではないか」というのが、舩井先生の最も大きな危惧です。そこで、「素生」という言葉を発信して、その危惧を明らかにしたいということなのでしょう。
 素生は人体だけに関する言葉ではありません。
 なぜ宇宙ができたのか。なぜ地球があるのか。なぜ太陽は水素を燃やして熱と光を発しているのか。それは、彼らが彼らとして生きるための素生だからです。惑星もすべて素生に従って活動しているわけです。
 そして、自らの状態を改善しながら生きています。そのためには、人間にとっては不都合でも、地震も起こらなければいけないし、津波も発生しなければいけません。人が体を治すように、彼らもひずみを調節しています。そのおおもとも「素生」ということになります。
 このように、理屈で説明しても、なかなかわかりにくい部分があると思いますので、次からは例をあげながら話を進めましょう。

 素生を大切にして作られたおにぎりの話

 2015年10月、さまざまな講演会やワークショップなどが行われている「舩井フォーラム2015」に参加したところ、秘書が「先生、おいしいおにぎりがありますよ」といって、おにぎりを2つくれました。
 1つは白米のおにぎり、もう1つは玄米のおにぎりでした。私は2015年8月から、少食より少ない微食(びしょく)を実行しており、それがとても心地よいと感じていたので、「おにぎり2個は食べられないなあ」といいながら、2種類のおにぎりを秘書と半分ずつにするつもりで食べ始めました。
 ところが、ことさらおなかがすいていたわけでもないのに、しかも、微食を続けている自分には多すぎると思っていたのに、食べるのをやめられなくなり、けっきょく、全部1人で食べてしまったのです。
 「あっごめん。食べちゃった」
 といったあと、「呼ばれている」と感じて秘書に「これを作ったところに連れて行って」とたのみました。秘書は「あ、先生、始まった」といいながら、そのブースに連れて行ってくれました。
 そのおにぎり屋さんのブースにいた男性に、
 「実は、私は少食で、おにぎり1個でいいのにおいしくて2個食べちゃいまして。お礼をいいたくて来ました。私は講演会に来た小林といいます」
 と挨拶し、名刺を交換したら、その人はおにぎり屋さんの社長さんでした。ふと見ると、目の前に、舩井先生のご長男であり、舩井本社の現社長である舩井勝仁さんの写真がドーンとありました。
 話は少々さかのぼりますが、舩井先生の魂が私のもとに現れ始めてからしばらくすると、しきりに「息子(勝仁さん)に会ってほしい」とおっしゃるようになりました。しかし、日本の現実社会では、舩井先生と何のつながりもない私が、勝仁社長に「会ってほしい」といっても、なかなか会えるものではありません。
 一応、勝仁社長の秘書にお願いしてはみたのですが、「忙しくて時間がとれません」とのことであきらめました。しかし、舩井先生は「絶対に会うはずだ」というのです。
 そのころ、すでに懇意になっていた白鳥監督に、何げなくその話をすると、「僕は彼とは友達のようにつきあっているので、僕からいっておきます」といってくださいました。さらに、舩井先生が「これからの君のパートナー」といって出会いをくださった増川いづみ先生(音叉を使ったサウンドヒーリング)の第一人者で栄養学およびバイオ電子工学博士)も、勝仁さんと親しいとのことで、「かっちゃん? 私からいっておくわよ」といってくださいました。
 おかげで、話は一気に簡単になり、白鳥監督の事務所で勝仁社長にお目にかかることができたのです。初対面から親しく話させていただき、お父様である舩井先生の言葉も伝えました。そのご縁で、舩井フォーラムにも参加し、講演をさせていただくことになったわけです。
 その勝仁社長のお顔が、おにぎり屋さんのブースにあったので、私は驚きました。舩井フォーラム内とはいえ、勝仁社長の顔写真が大きく飾られているブースはめったになかったからです。きけば、2人はパートナーとして仕事をいっしょにやっておられるそうです。その社長さんは、
 「うちの米がなぜおいしいかというと、何年も前から、いい米の種もみを使っていい米を作り、またいい種もみを厳選して……とくり返しできたからです」
 とおっしゃいました。その言葉を聞き終わったとたん、私の右の耳に
 「素生だよ」
 という舩井先生の言葉が聞こえました。
 舩井先生は、勝仁社長も関係してなされている「素生を大切にした仕事の例」を私に見せたかったのでしょう。秘書がその日に限って私におにぎりをすすめたわけが、それでわかりました。
 農薬や化学肥料など、簡単に使えて効率を上げられるものにたよらず、いい種もみを選んで誠実に米を作り、そこからまた、いい種もみを選んで……とくり返していく。本来はあたりまえのことかもしれませんが、いまは多くの場面で失われているその精神が「素生を大切にする」ということなのです。
 舩井先生は「素生を大切にした生き方をしないと、これからの日本はダメになる」
 とおっしゃっています。効率性、企業性、工業性などばかりが重視され、本当のもの作りが忘れられつつあるいま、舩井先生の危惧は痛いほど理解できます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、ケンコバヤシさんが和歌山県の「ゆの里」に歴史上の人物から、ヒーリングのために呼ばれたという話を紹介します。


 ・・・<『長生きしたけりゃ素生力をつけなさい』、p189〜p193から抜粋開始>・・・

 本書に書いたとおり、2009年にたまたまニューヨークで船瀬俊介先生の本を見つけたことが、すべての始まりとなり、以来、信じられないようなことが次々に起こっています。しかも、その動きは、どんどん加速しているように思えます。
 2015年にも、驚くべき出会いがありました。
 実は、一度日本で治療したことをきっかけに、ご夫婦でニューヨークのクリニックに来てくだきっていた患者さんが、2013年ごろから「先生、いい水があるんです。温泉もいいので、ぜひ一度行ってください」とおっしゃっていました。それは、和歌山県の「ゆの里」というところで、そこでとれる水に、とてもパワーがあるということでした。
 「残念ながら、温泉に行く時間はとてもないですねえ」と、おことわりしていたのですが、たまたま今回、秘書が休暇中にその場所を訪れました。すると、そこには、温泉が湧き上がったときのめずらしいエピソードなどがあるうえに、映画監督の白鳥哲さんが講演会や上映会を行っていたり、舩井本社の舩井勝仁社長もイベントで来ていたりと、つながりが深いことがわかったのです。
 秘書は、「次はうちの先生を連れて来ます」と約束して帰って来ました。その後、夕方の6時に現地に着いて、翌朝の10時に発つという強行スケジュールながら、なんとか行けることになりました。
 こうしてゆの里に向かうと、どうしても私の頭の中に「お母さん」という言葉がしきりに出てくるのです。
 ゆの里では、その旅館の先代のお母様が「ここに必ず温泉が出る」と取りつかれたように主張され、やがて地震が起こったとき、その言葉どおりに温泉が出たというエピソードをうかがいました。
 「お母さん」という言葉はこれか、と思い、「お母様にお目にかかれますか」ときくと、「入院していて会えない」ということでした。
 その夜、床についたとたん、「起きなさい。君、何しに来たの?」という太い声が聞こえました。見ると、すごくかっぷくのいい男の人が窓ぎわに立っています。その人は、「私が呼んだのに、何をしているんだ」と苦情めいた口調でいって、こう続けました。
 「実は、昔、ここではすごい戦争があったんだ」
 その瞬間、生々しい戦争の様子が窓の外に見えました。私は「見たくない」といったのですが「見てほしい」とたのまれました。
 「戦いのあと、私がここを治めたのだが、たくさんの人が傷ついたので癒しが必要だ」といいます。癒しの地になるよう、「ここから温泉が湧く」と、お母さんにいわせたのは、彼だったというのです。しかも、「癒しに必要な人が病気になったから、その病気を治してもらうために君を呼んだ」といいます。どうやら、その旅館のお母様を治してほしいという依頼だと、ようやく理解しました。
 朝、社長さんに「なんだか知らないけど、織田信長みたいに威圧感のあるかっぷくのいい人が出た」というと、即座に「坂上田村麻呂(さかにうえのたむらまろ)でしょう」という答えが返ってきました。私は知りませんでしたが、その地を治めた歴史上の人物だったのです。
 話を開くと、社長のお母様は心臓病や糖尿病などが重なって施設に入っており、息子である社長さん以外は会うことができないといいます。
 そこで、私は社長さんの手を使って、お母さんの治療をすることにしました。私が量子波を送ると、彼の手から花が咲いたようにホワイトスポット(白い粒)が出て、ヒーリングパワーが出てきました。
 驚く彼に、ヒーリングパワーの使い方を教え、お母様を治療してもらいました。翌日きいたところ、お母様の調子がよくなっているとのことで、ホッとしました。
 どうやらお母様の癒しとともに鍼灸師の森美智代先生が断食リトリートを作った三重県の名張と、和歌山県のゆの里をつなぐために、私が行く必要があったようです。
 これから先、名張とともに、ゆの里が根拠地になるというメッセージも入りました。
 日本はいま、いろいろな意味で瀬戸際に立っており、それを救うために故・舩井幸雄先生がメッセージを送っています。舩井先生によると、日本を救う160人がいて、その人たちを支える160人がいるそうです。合計320人が日本を救う中心になるということで、私はどうやらその人集めにも使われているようです。
 おそらく、今後はさらに「160人+160人」との出会いが加速していくのだろうと予測しています。
 この320人に限らず、この日本に、素生力を持つ人が1人でも2人でもふえることが、これからの日本の進む道を大きく左右するのは間違いありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・



トム・ケニオン氏とアルクトゥルス人との交流記...2017年1月3日

 スピリチュアルに興味のある方は、トム・ケニオン氏の名を知っている方が多いと思います。
 チャネラーとして有名で、『ハトホルの書』(改訂版は『新・ハトホルの書』)は、スピリチュアルに興味のある方々に広く読まれている本です。
 今回は『アルクトゥルス人より地球人へ』(トム・ケニオン&ジュディ・シオン著、紫はとる訳、ナチュラルスピリット)から、そんなトム・ケニオン氏と地球外知的生命体であるアルクトゥルス人との交流の記録を紹介させていただこうと思います。

 同書によると、そもそも地球人類の進化のためにハトホルを地球に迎え入れたのは、アルクトゥルス人なんだそうです。そしてハトホルを邪悪な存在から守る役目を果たしているのが、アルクトゥルス人だそうです。
 そういった経緯から、ハトホルの集合意識をチャネルしていたトム・ケニオン氏が、アルクトゥルス人と接触するようになったのは必然なのかもしれません。

 アルクトゥルス人は主に5次元にいるそうで、そうした高い次元にいる存在が、私たちの3次元まで振動数を落として物理的に現れるためには、膨大なエネルギーが必要だといいます。
 そこで最初はテレパシー的な方法で、トム・ケニオン氏に語りかけてきます。
 トム・ケニオン氏が山にハイキングに行った帰り道でそれは起こります。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p12〜p17から抜粋開始>・・・

 私がはじめて別の世界からやって来たこの存在たちに遭遇したのは、南仏ラングドック地方のビュガラッシュ山という神秘的な山がのぞめる土地でした。

 気乗りのしないコンタクト

 その日、南フランスのピレネー地方では、横なぐりの風が吹きすさんでいました。私が山道をゆっくり登りはじめたときから、すでに谷には厚い雲が垂れこめていました。
 渓谷のこの斜面には頂上につながる登山道がいくつも走っており、たびたび私はこの付近にハイキングに来ていたのです。頂上からの眺めは息をのむような絶景で、そこに立つとなんともすばらしい高揚感が味わえるのでした。しかし山中の曲がりくねった道はまるで迷路のようで、下る途中に何時間かさまよってしまうこともしばしばありました。
 この日もすでに午後の遅い時刻になっており、私は登山道の入り口めざして下山しはじめました。太陽は厚い雲に覆われ、すっかり姿を隠していました。途中、地面から大きな岩が露出していたので、岩に腰をおろして一息つきました。目の前には広大な風景が開けています。谷をはさんだはるか遠くには、暗い雲の合間からビュガラッシュ山が顔を出していました。耳もとでごうごうと風がうなり、谷底を見下ろすと霧が切れ切れに吹き流されていきます。
 あたりの景観にすっかり心をうばわれていた私は、ふと目の前に強い気配を感じ、われに返りました。肉眼には見えなくても、ある存在の印象が強烈に伝わってきたのです。そしてなぜかはわかりませんが、それがアルクトゥルス人だということがただわかったのです。
 私は彼に、どこから来たのかと訊ねました。
 すると彼はアルクトゥルスの宇宙船からやって来たと答え、宇宙船は今はビュガラッシュ山の中に停泊しているのだと言って、谷の向こうに見える山影を指したのです。
 彼の話は私の頭の中で聞こえました。聞こえるといっても、視覚と同じで肉体の聴覚器官で聞こえるわけではなく、じかに彼の話が伝わってくるのです。はげしい風の音にかき消されるどころか、彼の最初の言葉は、声で話されるよりはるかに深く切迫した響きを伴っていました。
 「あなたに変化の風が吹いています」
 その漠然としたものの言い方に、私は少々むっとして聞き返しました。
 「だから何だって言うんです?」
 「あなたと、あなたの世界が変容しつつあるのです」彼はこともなげに答えました。
 私はいっそうむかつきました。
 ここで読者のために少し補足しておくべきでしょう。その頃の私は、肉体のないさまざまな存在たちとの接触を数知れず経験し、そのことで精神的な窮地に陥っていたのです。天使、地球の守護者、自然界の精霊、ハトホルのような次元を超えた存在、そのうえ今度はどうやら異星人らしい……このような(異なった知覚世界からの)存在たちはみな比喩的で漠然とした話し方をする傾向があり、その言葉にはたいてい切迫した重大な調子がつきまとっていました。こうした超人的な感覚で伝えられる典型的な口調に、私はいささか閉口させられていたのです。あまりにも多種多様な異次元の存在と、あまりにも数多く遭遇した結果、この種の宇宙意識による比喩的な話は、少なくとも当時の私にとっては紋切り型の陳腐なものにしか聞こえず、不信感がつのる一方でした。
 さて、そのアルクトゥルス人は、私の苛立ちをよそに話しつづけました。私の人生や「使命」について具体的なことを語るのです。彼のタイミングは最悪だったと言えるでしょう。私はこのとき思考の泥沼で立ち往生し、あらゆることに懐疑的だったからです。彼が語りかけてくることに、私の一部ではたしかに真実を感じとっていたのですが、残りの大部分の私は、いわゆる「使命」などという概念も、その具体的な内容もいまいましく感じられるばかりでした。そのとき告げられた私の使命の中身はここではどうでもよいことで、大事なのはその後の展開です。
 私の怒りはついに爆発しました。言葉はよく憶えていませんが、私の目に見えるように物理的に姿を現す気がないのなら、これ以上こんな馬鹿げた会話をつづけるつもりはないと言い放ったのです。
 すると彼は、自分の波動を私のレベルまで下げるには膨大なエネルギーがいるので、その代わりに空の雲をはっきりわかるように変化させて、彼が私自身の空想の産物ではないことを示そう、といった意味のことをもってまわった言い方で話しました。
 見上げると、空は一面に暗雲で覆いつくされています。
 話を逸らされて気分を害した私は、「どうやって、それがあなたの仕業だとわかるのですか?」と問い返しました。
 「雲を分けて、雲間から太陽をお見せしましょう」と彼は答えました。
 私はそれに時間制限をつけました。これから私が谷まで下ってラバドゥに帰り着くまでのあいだに太陽が見えなければ、それ以上は一刻の猶予もないと告げたのです。
 そして私はいまいましい会話を切り上げ、急いでふもとの登り口に向かって歩きはじめました。途中、最初の曲がり角にさしかかったとき空を見上げました。
 すると驚いたことに、空を覆っている厚い雲のごく一部に、うっすらと明るい円が現れていたのです。私はわが目を疑いました。谷に垂れこめた一面の暗い雲のなか、そこだけがわずかに淡いグレーで、それが少しずつ広がっていくようにも見えます。あの淡い光の円の奥に、ほんとうに太陽があるのだろうか?
 私はわけもなく急に足を早めました。
 おそらく、これがもしほんとうにあのアルクトゥルス人の仕業だとしたら、のんびり時間を与えてなるものかと思ったのでしょう。彼の典型的な曖昧さや、人生の使命に関するコメントがしゃくに障ってまだむかっ腹がおさまらなかったのです。
 自分の反応に半ばあきれながら、私はさらに急いで山道を下りました。
 次の曲がり角で、またふり返って空を見上げた私はぎょっとしました。谷全体がすっぽり分厚い雲に覆われているというのに、私の頭の上には、さっきよりもさらに明るくなった円がはっきりと見えるのです。しかもその背後にはあきらかに光の兆しが感じられました。
 私は文字通り転げ落ちるように山を駆け下りました。自分の愚かな反応も呆れたものでしたが、地面には砕けた岩がごろごろしているのですから、危ないばかりか足を踏みはずせば崖から谷底へ真っ逆さまに転落していたでしょう。
 登り口まで来ると、一度もふり返らず、広い草原をつっきって一目散にラバドゥめがけて走りました。いつもなら草原のへりをぐるっと迂回する小道を歩き、左に曲がって、古い街レンヌ・レ・バンとラバドゥを結ぶ、かつて人や荷馬車が往来していた街道をたどって帰るのですが、このさい遠回りしている暇はありません。私は最短の直線コースをとることにしたのです。
 一刻を争う気分でその広大な草原を横切り、まっすぐラバドゥ周辺に見えている木立に向かいました。草原を過ぎてラバドゥにかかる小さな橋までやって来たとき、ようやく私はふり返って空を見上げました。
 すると雲の中の円はますます明るく、うっすらと太陽の輪郭さえ見えているではありませんか。
 私は勝負に出ました。アルクトゥルス人は雲を分けて太陽が見えるようにすると言っていた。ならば、太陽は雲に隠れていないばかりか一片の雲もかかっていてはならないはずだ。まだ勝算はある。そのわずかな可能性に賭け、私は全力をふりしぼってラバドゥへの橋を渡り、夫婦で滞在していたアパルトマンの石段を一気に駆けのぼりました。そして部屋につづくバルコニーの開き戸にたどりつくやいなや、空を見上げました。
 雲の中の円は、そこだけ空が丸くくり抜かれたように雲がほとんど晴れ、霧のような淡いベールごしに太陽がくっきりと現れていました。空全体はどこを見てもすっかり分厚い暗雲に覆いつくされているというのに……
 それから何年もして、このアルクトゥルス人の名前がフレフィオスだったことを知りました。でもその当時は誰なのか気にかける余裕もありませんでした。結局のところ、私は住み慣れた知覚の箱から外に出るのが嫌で、心理的に退行して亀のように甲羅に閉じこもっていたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 その後、トム・ケニオン氏はアルクトゥルス人の宇宙船が発する音に魅了されます。その音は、物理的に耳で聞こえる音ではなく、クレアオーディエンス(透聴力、霊聴)と呼ばれるものだといいます。
 しかしトム・ケニオン氏は、その宇宙船の音に近い音を探してミキシングし、録音機に録音することに熱中します。
 そして遂に60分強の録音を完成させるのですが、その作業中にアルクトゥルス人のヘルプを感じていました。
 その話も興味深いのですが、引用が長くなってしまうので、その部分は割愛しました。

 次に本格的なアルクトゥルス人との接触が始まります。
 それは、物理的に宇宙船が降りてきて、私たちと接触するといったイメージとは少し違ったものです。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p24〜p31から抜粋開始>・・・

 妻のジュディと私はラタトゥイユの残りとジャガイモで夕食をとり、少し読書をしてから休みました。
 午後のハイキングでぐったり疲れていた私は、すぐに眠りに落ちました。夢も見ない深い眠りでした。すると、どうしたわけか急に早朝5時に目が醒めたのです。それもただ目醒めたのではなく、はじかれるように飛び起きて身構えたのです。妻のベッド脇のテーブルにある時計に目をやると、デジタルの数字が今まさに<5:00>に変わるところでした。
 その瞬間、私の一部がビュガラッシュ山に向かって引っぱり出されたのです。それまでにこうした霊的な感覚を数多く経験していなければ、きっと腰を抜かしていたでしょう。でも私は冷静そのものでした。自分がアルクトゥルスの宇宙船に連れて行かれることがわかり、そこに何の危険もないこともわかっていたのです。
 頭脳がいつものようにフル回転して、もしや私は昼間のハイキングで疲れすぎ、精神に異常か変調をきたしたのだろうかと考えました。しかしそんな考えなどおかまいなしに、霊的な心象がさらに勢いをまして怒涛のように流入してきました。
 望めばすぐにこの変性意識状態から抜け出すこともできたでしょうが、力をゆるめ身をまかせていると、その心象はますます鮮明なものになっていきました。私はベッドに横たわったまま、1分ほどその霊的な心象の洪水にひたっていました。次の1分で、寝室にいる感覚が消えました。
 そして私は宇宙船の中にいたのです。少なくとも私の変性意識では、それがはっきりわかりました。
 私を迎えてくれたのは、あのときのアルクトゥルス人でした。山の上で話しかけてきて、その後『ライトシップ』の録音を助けてくれたフレフィオスです。
 彼は淡々と、こちらへどうぞと当たり前のように言いました。
 それだけ言うと、フレフィオスは私の前を歩きはじめます。それは長い廊下でしたが、まったく見たことのないしろものでした。廊下というよりは長いチューブの中のようで、湾曲した壁面にところどころ象形文字のような不思議なシンボルが見えます。それらはとても魅惑的で、私はふと手を伸ばして触れようとしました。するとフレフィオスがすかさず私の手をつかみ、「さわらないでください」と言いました。
 何分か歩いたと思われる頃、彼は立ち止まって壁の象形文字のいくつかに触れました。
 すると壁に丸い扉が現れて、まるでカメラの絞りのようにするすると開いたのです。フレフィオスは私にそこへ入るよう、身ぶりでうながしました。
 入り口をくぐると、扉は閉まって跡形もなく消えました。
 そこは広い食堂のようなホールで、まるで映画『スター・ウォーズ』に出てくる居酒屋のように、多種多彩な風貌の人たちが集まっていました。
 案内役のアルクトゥルス人は、空いているテーブルに私を座らせました。それからカウンターのほうに歩いていって、なにかの装置からカップなとりだすと、それを手にして戻ってきました。
 「これを飲んでください。そうするとあなたのエネルギー場が安定します」
 私がぽかんとして彼を見つめていると、彼はつづけてこう言いました。
 「この宇宙船と同じ波動のものを体内に入れないと、あなたは長くはここにとどまっていられません」
 彼にうながされて、私はカップの液体を飲み干しました。不思議な甘みがありましたが、それ以外は何の味もしません。そのとき、近くのテーブルに誰かが−−いえ、何かがと言うべきか−−座っているのに気がつきました。
 その存在はアルクトゥルス人ではなかったことがあとでわかるのですが、私にとって、彼は巨大なロブスターと人間が合わさったような姿に見えました。容貌は人のようでもありますが、球根のような頭をして、髪の毛はなく、顔の真ん中に巨大な一つの目がありました。ああそうだ、キュクロブス(訳注/ギリシャ神話に登場する一つ目の巨人)に似ているんだ、と私はつぶやきました。
 何組かあるうちの、いちばん大きな腕の一対はカニのはさみそっくりでした。
 私の目は彼にくぎづけになってしまいました。
 するとその存在がやおら立ち上がり、私のほうに近づいてくるではありませんか。ものすごい大男です。背丈が3メートルはあったでしょう。しかも、かなりいきり立っている様子です。
 彼はわれ鐘のようなしわがれ声で言いました。
 「おい俺の姿がおかしいか?」
 部屋中のざわめきがぴたりとやみ、そこにいる全員の視線が私に注がれました。
 「ええ、たしかに」と私。「でもあなただって、私の姿がへんだと思っているんじゃありませんか?」
 彼がニヤッと笑うと、部屋中に笑いの渦が巻き起こりました。
 そのとき、フレフィオスが私をうながし、「そろそろあなたを船長のところにお連れする時間です」と言いました。
 フレフィオスは私をいざなって部屋の奥のほうの壁に向かうと、今度も壁に描かれたいくつかの象形文字に触れてカメラの絞りのような扉を開きました。私たちは食堂を出て、別の長い廊下を進みました。
 トンネルのような廊下のつきあたりが見えてきた頃、私はフレフィオスに、さっき出会った存在は誰なのかと訊いてみました。すると彼は、「ああ、彼はナビゲーターです」と答えました。
 「ナビゲーター?」私は驚いて聞き返しました。
 「ええ、ナビゲーターです。この船には大勢のさまざまなメンバーが乗り組んでいます。そのなかにはアルクトゥルス人でない者もいます」
 つきあたりまで来ると、フレフィオスがまた壁の象形文字に触れました。前と同じような丸い入り口が開き、入ってみるとそこは小さな会議室のようなところでした。細長いテーブルと、椅子らしきものが12脚ほど置いてあります。正確な数までは憶えていません。というのも、そこへ明らかに船長とわかるアルクトゥルス人が数名の側近とともに入ってきたからです。
 船長は私を見ると、「波動を安定させる飲み物がよく効いているようですね」と言いました。
 「食堂で飲んだ、あの液体のことでしょうか?」と私。
 「そうです。あれによってあなたのエネルギー体がこの宇宙船の波動と同じに保たれているので、あなたはこうして今しばらくとどまっていられるのです。あの液体の効き目が消えてしまえば、もうここにいることはできません。そうなる前に、あなたを本船のブリッジ(訳注/艦橋。船全体の指揮所)見学ツアーに案内しましょう。この宇宙船で私たちがしていることの感覚をつかんでほしいのです」と船長は言って、さらにこうつづけました。
 「そのまえに一つ、あなたに聞いておきたいことがあります」
 「何でしょう?」
 「慈悲というものの性質について、あなたと私では見解が異なるようです。私がこの宇宙船の船長としてとったある行動について話しますから、あなたはそれを慈悲のある行為だと思うかどうか聞かせてくれますか?」
 私は彼の問いにいささか当惑しましたが、「わかりました」と答えました。
 「あなたがたの時間感覚でいうと数か月ほど前、われわれはあなたがたの太陽系の外側を巡回していました。この象限におけるわれわれの任務は、銀河間に出没する無法者たちから地球を守ることです。そのとき、われわれは別の銀河からきた宇宙船が5次元空間に隠れているのを発見しました。私は彼らが『フィーダー』である事実をつきとめ、地球にとって直接の脅威になると判断したのです」
 「フィーダー?」と私は問い返しました。
 「人間の中にある否定的な感情を食いものにしている連中です。人間だけではありません。感覚のある生きものはすべてターゲットになります。彼らは、恐怖といった否定的な感情を食糧にしているだけでなく、好んで対立を引き起こします。ただでさえ地球には、外の銀河からの干渉によってこれだけ争いが蔓延しているというのに、それらの卑劣なものたちはさらに事態を悪化させようとしています」
 「それでどうなったのですか?」
 「われわれが発見すると同時に、彼らは攻撃を仕掛けてきました」
 「それから?」私はたたみかけるように訊ねました。
 「反撃しました。われわれのすぐれた火の力で、彼らは木っ端みじんになりました。生き残って地球世界に悪い影響をおよぼさないよう、彼らの宇宙船を素粒子レベルまで粉砕したのです。もちろん生存者は一人もいません」
 その状況に対する私の嫌悪を感じとった彼は、私の目をまっすぐ見つめて言いました。
 「私のしたことは慈悲のある行為だと思いますか?」そう訊ねる彼の声には確固とした響きがありました。
 「私にはよくわかりません」
 「私にはわかります」と彼は言い、こうつづけました。慈悲とはつねに状況しだいで相対的なものです。私にとっては、彼らがあなたがたの地球に、ひいてはどの惑星に対しても害をおよぼすことを黙認しているより、この銀河全体の脅威をとりのぞくことのほうがはるかに慈悲のある行為です」
 「それについては、私もよく考えてみる必要がありそうです」と私。
 「ぜひそうしてください」彼は毅然とした口調で言いました。
 「では私は任務に戻りますから、ここで失礼します。あなたの帰る時間が来るまで、フレフィオスがブリッジを案内します。きっと楽しいツアーになるでしょう」
 船長と別れ、フレフィオスの案内でブリッジに行くと、なんと驚いたことにそこにさっきの「ナビゲーター」が座っていました。彼は私たちが入ってきたのに気づくと少しやわらいだ様子をみせ、かすかに微笑んだようにさえ見えました。
 「食堂でのあなたの対応はお見事でした」とフレフィオスが私に耳打ちしました。「あなたと同じように彼の側でもあなたを奇妙だと感じているに違いない、という洞察はすばらしかった」
 それからフレフィオスは、ナビゲーターの助けをかりて、宇宙船の航行システムを見せてくれました。システムの中心的役割を果たしているのは大きなディスプレー画面で、3次元空間でのこの船の現在位置と同時に、どの次元に存在しているかがアイコンで表示されるのです。
 航行システムの次には操縦室に案内されました。操縦士は自分の思考だけで宇宙船をコントロールしていました。操縦士の思考を宇宙船の知能とつなげることで、自分の意図にしたがって宇宙船を航行させることができるのです。いわゆる外付けの操縦装置のようなものはどこにも見当たりませんでした。
 アルクトゥルスの宇宙船で、私はずいぶん長いあいだ、それこそ何時間も過ごしたような気がします。やがて私はだんだん疲れを感じはじめました。例の飲み物の効き目が切れてきたのでしょう。理由はさておき、体験していること自体がつらくなってきたのです。
 宇宙船からどうやって自分の寝室まで帰ったのかは思い出せません。それは一瞬でした。宇宙船にいたと思ったら、次の瞬間にはベッドの上だったのです。私の論理的思考はこの遭遇と闘っていましたが、私自身は今の宇宙船での体験や船長との会話の鮮烈さに、ただ圧倒されているばかりでした。
 妻のベッド脇のデジタル時計を見ると、数字は<5:00>で止まっていました。しばらく見つめていても動く気配はありません。私は眠りに落ちました。
 次に目が醒めたとき、時計はまだ<5:00>のままでした。すこし触っていると動き出しましたが、時刻を合わせ直す必要がありました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私もやはり、トム・ケニオン氏と宇宙船のナビゲーターであるアハトゥル人とのやり取りに魅了されてしまいました。
 もし私が同じ場面に遭遇したら、3メートルの巨大な一つ目のロブスターの化け物の前ですくんでしまい、何も言えなかっただろうと思います。
 トム・ケニオン氏の機智に富んだ切り返しに感心してしまいました。

 最後にトム・ケニオン氏を宇宙船に案内したアルクトゥルス人のフレフィオスが語った話を紹介します。下記引用文で、「チャネル」とはトム・ケニオン氏を指しています。


 ・・・<『アルクトゥルス人より地球人へ』、p209〜p210から抜粋開始>・・・

 はじめにお伝えしたように、このチャネルがラバドゥに近い山中で出会ったアルクトゥルス人は私です。そして『ライトシップ』の音声パターンの録音に協力したのも、ビュガラッシュ山に停泊していた宇宙船へと彼をいざなったのもこの私でした。ですから締めくくりに、彼がはじめて私たちの宇宙船にやって来たときのことに関して少しコメントしたいと思います。
 彼の訪問は乗組員のあいだでずいぶん話題になりました。ナビゲーターとのやりとりに、全員が大喜びだったのです。実際、このチャネルにとってナビゲーターの風貌はとても奇妙に映りました。その異星人はあなたがたならさしずめ「交換乗組員」とでも呼ぶだろうメンバーで、アハトゥル人という、あなたがたには未知の種族です。アハトゥル人たちはかなり独特で、その集団もユニークです。身長はたいてい3メートル前後で、ひたいの真ん中に目が一つあります。そして何対かある手の一対が、このチャネルの視覚的心象によればロブスターのはさみのように見えました。
 アハトゥル人たちはその容貌をとりわけ気に入っていて、その美意識を共有できない者に対してはやや強く出ることもあります。このアハトゥル人のナビゲーターも彼に近づいて挑発しかけたのですが、それに対する彼の応答はきわめて機知にとんだ見事なものでした。へんに見えるのはおたがい様だと言ったのです。そのあと私が彼をブリッジに案内したとき、そこにいたナビゲーターはすっかりなごやかになっていて、ユーモアさえ解していました。
 宇宙は多種多彩な知性体にあふれています。地球人に似ている存在もいますが、多くはそうではありません。なかには人間とは似ても似つかない存在もいて、そのあまりに変わった姿に、頭で理解しようとすれば想像力を思いきり広げなければならないでしょう。私のお勧めは、異星人を見かけで判断しないことです。
 表面の奥にある、その存在の個性と本質を見てください。そしてその文明がどれほどあなたと違う文化的価値観を持っていようとも、それを認めなければなりません。
 視覚的な心象の話が出たついでに、私たちアルクトゥルス人の一般的な見かけについても少し話しておきましょう。私たちの容姿は人間とよく似ています。目が2つ、鼻と口が1つずつ、耳が一対あり、2本の腕の先にはそれぞれに手があり、親指だけが向かい合うようについています。脚も2本あります。顔はやや角張っているため、あるエネルギー状態では馬に似て見えるかもしれません。
 実際、アルクトゥルス人の見かけは本人のエネルギーによって変化し、また見る人のエネルギーによって異なります。その両方が混ざり合っているのです。私たちは5次元かそれより高い次元に存在していますが、あなたがたの脳は3次元の現実に合わせてパターン化されているので、大半の人々は期待という分厚いフィルターをとおして私たちの姿を見るでしょう。これは高い次元の存在と出会うとき、よくありがちなことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 アルクトゥルス人に興味を持っていた私は、千さんのお爺ちゃんセッションでアルクトゥルス人の容姿に関して質問したことがあります。
 ネットでアルクトゥルス人を検索すると、身長が2.5メートルぐらいで、顔が馬に似ているとあったので、そうなのか聞いてみました。
 すると、身長はそのぐらいで、顔は面長なので馬に似ていると感じるが、基本的に人類と同じという答えでした。
 その記憶があったので、フレフィオスがアルクトゥルス人が「馬に似て見える」と言っている部分を読んで、思わず笑ってしまいました。



(注0:千さんのお爺ちゃんセッション)

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、千さんのお爺ちゃんセッションとは、千さんという方が行うチャネリング・セッションのことです。5人の霊的な存在であるお爺ちゃん(実際には女性もいるので全員がお爺ちゃんではないのですが)と呼ばれるマスターが千さんを介してクライアントである私達の質問に答えてくれます。

[トップページ] このページの先頭へ