2019年

[トップページ]

お金の秘密の話

『ダイブ! into ディスクロージャー』から

『光と闇、二元の統合』から

「希望の命水」に関して、いただいたメールから

デトックスの試み

『ワンネスの扉』(2)

「水輪」のストーンサークル

私の「無」放射能生活

『ワンネスの扉』

ディープ・ステートとは

『100万円で家を買い、週3日働く』

水素によるガン治療

新札発行に思う

今、そこにある危機

新元号について

銭儲けの話

火星移住計画の裏にあるもの

日本を守る葉巻型UFO艦隊

霊能捜査官アンジェラ・マッギー

世界的バブル崩壊の予感

『わが家に宇宙人がやってきた!!』

ダークサイド VS ホワイトサイド

DDTとは

ゲリーさんの2019年予言

バシャールが語るムー、アトランティス、ピラミッド

2019年、自然災害と経済・金融の予言

くるま暮らし

お金の秘密の話...2019年7月14日

 今回は、お金の秘密の話をしたいと思います。
 各国の中央銀行をロスチャイルドのような大富豪が所有し、(各国の政府ではなく)お札を刷る権利を彼らが独占している。そして刷ったお金を政府に貸し出すことにより、莫大な利益(国民から見たら搾取)を得ているといった話は、これまでたくさんの本が書いてきました。
 こういった話は、すでに多くの人に共有されていると思うので、(その話にも少し触れますが)それ以外のお金の話を紹介したいと思います。

 せっかくのお金の話なので、まず最初に私達が使っている紙幣の歴史に触れたいと思います。
 私はアンティーク・コインに興味があるのですが、紀元前のギリシャのコインは今でも収集家の間で取り引きされています。
 お金自体は、物やサービスの交換手段として古代からあったわけですが、紙幣の歴史は意外と新しく、中世のヨーロッパからだそうです。

 『臨界点を超える世界経済』(吉田繁治著、ビジネス社)から引用させていただきます。


 ・・・<『臨界点を超える世界経済』、p19〜p20から抜粋開始>・・・

 紙幣の発生と変遷

 【金細工師が発行した偽の預かり証から紙幣が始まった】

 17世紀のイタリアと英国で、金細工師が発行した金の預かり証が通貨として使われはじめました。これは金の返還を約束した手形でした。富裕者が金と装飾品を保管や修理のため、細工師に預けることから始まっています。フィレンツェのベッキオ橋にいくと名残の店が並んでいます。ローマ時代、中世、16世紀ルネサンスが現存するイタリアは近代欧州の金融の発生期も見せます。この預かり証(金兌換の証券)は金とおなじと信用され、意図されることなくマネーとして使われるようになっていきます。これが金免換紙幣のはじまりでした。しばらくすると細工師は、金の返還を求めるひとは10%から20%くらいしかいないことに気がつきます。細工師は、金貨が不足して借り入れを申し込んできた貴族に、金の根拠がない預かり証を偽造して貸し付けるようになっていったのです。預かり証が偽とは気づかれず、細工師はその貸付金の金利をとり、返済は金地金(きんじがね)で受け取ったのでもとの資本はゼロで金を集めることができたからです。シェークスピアの『ベニスの商人』(1597)は実話をモデルに脚色されたものです。
 これが「金の根拠がない通貨の発行=ペーパーマネーによる借用創造」の始原です。
 約束手形を皆が信用するマネーとして発行したことになります。ベニスの金商人が無コストで発行した手形を借りたひとたちは、それで金・消耗財・資産を買うことができました。このとき預金を預かる銀行と、貸付金として発行される預金(紙幣)のモデルが誕生したといえます。
 本物の金を預かりながら、ひそかに偽の、しかし社会では信用されて流通する預かり証も発行したのですから詐欺です。しかし詐欺は発覚したあと、詐欺になる。わからない間はマネーを求めるひとに貸し付け、購買力を増すという社会に有益な行為です。これが銀行の原型です。金細工師が正史から消えているのは、偽金づくりの詐欺が発覚しない間は、社会から信用されたという歴史が銀行にあるからです。
 マネーはそれが運ぶ価値(購買力)が信用され社会で流通する限り、発行すること自体は詐欺ではありません。「商品が買えない、買っても少ない」と価値の信用を失ったとき詐欺になっていきます。金細工師(中央銀行+銀行)がマネーを過剰に貸し付けて流通したとき購買力が過剰になって「モノ不足からのインフレ」、つまり通貨の価値下落があったとき詐欺とわかる。銀行は商品をつくりません。購買力だけをつくって貸すからです。
 商品価格が上がるのは、生産力が増える以上に流通するマネーの量が増えた結果です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 お金は、物やサービスの交換手段として人々が信用すれば、現代のような印刷された紙(紙幣)やコインでなくてもよいことになります。
 歴史的には、貝殻、タバコ、米、布、石などがお金として流通していたそうです。
 ただし、お金には普遍性が求められます。
 お金を退蔵(貯蓄)していて、時間と共に価値が減っていくようでは困ります。その意味では、タバコや米などの生ものは、お金としてあまり適しているとは言えません。また持ち運びが容易であることが求められます。石などは、財産として家に置いておくなら可能ですが、流通させるには適しているとは言えません。
 その点では、金(キン、地域によっては銀)は、それ自体に価値がある上に、何千年経っても劣化せず、かつ軽量で持ち運びに便利です。それゆえ長い歴史の中で、自然発生的にお金として使われてきたことは納得できます。
 ちなみに、1971年にニクソンショックにより米ドル紙幣と金の兌換を停止したことにより、現在のお金は金(キン)とは連動していません。

 上記の吉田さんの記事で面白いところは、金細工師が金の預かり証を発行しても、返還を求める割合が10%〜20%だということに気づき、勝手に預かり証をお金として発行したという指摘です。
 これは誰がみても詐欺です。
 しかし(吉田さんが指摘するように)、詐欺は発覚しない限り詐欺ではありません。人々に知られて初めて詐欺となります。
 実際のところ、日本を含め先進各国の中央銀行のシステムはこの仕組みと同じです。
 現在の金融システムを詐欺だという人がいますが、このことを指しているのだと思います。

 冒頭で私は、お金を刷る権利を持つことにより、莫大な利益を挙げていると言いました。
 一つはシニョレッジと呼ばれる通貨発行益です。
 1万円札の紙幣を印刷するのに、19円の費用が掛かったとすると、9981円が通貨発行益になります。コンピュータに数字を打ち込むだけなら、費用は限りなくゼロでしょう。1万円札は1万円分の物やサービスと交換できるのですから、通貨を発行する権利を持つ者は、無から1万円の価値を生み出すことができます。
 ただし1万円札を刷って、1万円分の物とサービスに交換できるのは、インフレが起きなかった場合です。通貨の発行の増加率が、その国のGDPの伸び率と同じであれば、インフレは起きません。しかしGDPの伸び率以上に通貨を発行してしまえば、インフレが起きます。インフレとは、生み出される物とサービス以上に、通貨が溢れた現象です。
 インフレによる損失は、国民の預貯金や年金の実質的価値の下落という形で、国民が背負うことになります。それゆえインフレは、隠れた増税という見方もできます。
 ハイパーインフレになれば、国民は預貯金や年金などをすべて失うことになります。
 戦前のドイツでは1兆倍、日本の戦後インフレでは300倍など頻繁に起こっています。ブラジル、アルゼンチン、ロシア、ジンバブエなどもそうです。現在進行形では、ベネゼエラの1000万%です。
 ハイパーインフレになったということは、政府が国民の金融資産をすべて召し上げたということです。

 お金を刷る権利を持つ者が莫大な利益を挙げるもう一つの方法が刷ったお金に金利を付けて政府に貸し出すやり方です。
 中世の金細工師がやったやり方と同じです。
 現在のドルがそれに相当します。
 ドル札には、紙幣の意味の(bill)ではなく、証書という意味の(note)と印刷されています。これは、ドルを「アメリカ連邦準備銀行」が刷って、米国政府に金利を取って貸し出しているという意味です。ドル紙幣はその証書というわけです。
 以下のサイトが参考になります。

https://blogs.yahoo.co.jp/awajiyakazu/13465921.html

 このように通貨を発行する権利を持つということは、まさしく濡れ手に粟といったおいしい話です。
 では、この仕組みがどのような経緯で作られていったか見てみましょう。

 『ダイブ! into ディスクロージャー』(横河サラ著、ヒカルランド)から引用させていただきます。


 ・・・<『ダイブ! into ディスクロージャー』、p60〜p64から抜粋開始>・・・

 お金は人間を支配するための究極の発明だった

 ディープステートが人間を支配するための拠点が3つあると言いましたが、まずはお金のことを話しましょう。
 人間を飼いならして奴隷にしておくことを考えたとき、彼らは貨幣システムを発明しました。イギリスの王室が中心となって、イギリスからヨーロッパ、そして全世界へとロスチャイルドのお金による支配が広がっていきました。そして米国では、ロックフェラー家が次第にカを持ち、お金によって人間を支配してきたのです。

 「Give me control of a nation's money and I care not who makes its laws.」
 私に国家の貨幣をコントロールする権利さえくれれば、誰が法律をつくっても構わない。

 この言葉を言ったのは、ロスチャイルド家を築いたマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(ロートシルト)です。
 貨幣システムを支配する者が世界を支配するということをよくわかっていたんですね。お金さえあれば、法律なんて何のことはない。あらためて世界を見渡すと、実はこの基本原理が私たちの社会と経済を突き動かしてきたことがわかってきます。
 ロスチャイルドが世界中の国家銀行を所有していることを知っていましたか? 米国の中央銀行も日本銀行も、もちろんそうです。Qアノンの投稿に、ロスチャイルドが持っている世界の中央銀行の一覧表を出したことがあり、ちゃんと Bank of Japan(日本銀行)も入っていました。

 彼らは、世界のあちこちに出かけて行っては、脅かしたり賄賂を渡したりして、ロスチャイルドの銀行をつくっていったのですが、それを断った国はどうなると思いますか?
 たとえば、カダフィが統治していた頃のリビアです。
 リビアの最高指導者だったカダフィはロスチャイルドの銀行をリビア国内につくることを拒否し、国民銀行が発行するゴールド(金)に基づいた貨幣によって、豊かな国家経済を築いていました。家を持つことは基本的な人権であるとされ、教育や医療、電気はすべて無料でした。そして、カダフィは惨殺されてしまいました。ディープステートというかカバルたちとは、そういうことを世界中でずーっとやってきている人たちです。

 タイタニック号の悲劇は事故ではない

 米国の連邦準備制度理事会(FRB=米国中央銀行の制度だが、米政府からは独立して経済を動かしている機関)を確立した中心人物の一人にJ・P・モルガンがいます。

 J・P・モルガンは、自分の会社が採掘していた銅が売れなくなることを懸念して、ニコラ・テスラのフリーエネルギーを世に出さなかった人物としても知られていますが、この人がかの豪華客船タイタニック号を所持していました。
 映画『タイタニック』はロマンチックなストーリーでしたが、裏にある事実はまったくロマンチックじゃないことがだんだんわかってきました。タイタニック号は故意に沈められたのです。
 J・P・モルガンは、連邦準備制度の設立を推し進めていましたが、それに反対する人々もいました。そこで一計を案じたモルガンは、タイタニック号の初就航に彼らを招待します。もちろんモルガンも乗って、船上にて連邦準備制度についての相談をすることになっていたのです。
 ところが、当日になってモルガンは、風邪を引いたからという理由で船に乗らなかったのです。タイタニック号は多くの人々とともに冷たい海の底へと沈んで行きました。その中には、アスター卿など連邦準備制度に反対していた人々がいました。
 救命ボートの数がぜんぜん足りなかったり、なぜか双眼鏡がなくなってしまい、氷山を見つけることができなかったとか、モルガン同様、彼の友人たち55人がやはり直前にキャンセルしたとか、さまざまな事実が明かされていますが、何よりも呆れてしまうのは、あれは実はタイタニック号ではなく、一度事故を起こしていたそっくりな姉妹船のオリンピック号だったという説です。しかも、「タイタニック号」には事前に巨額の保険がかけられていたため、所有会社のホワイト・スター・ラインは破産を免れています。

 エドワード・グリフィンが書いた『マネーを生みだす怪物』にあるように、モルガンたちはジキル島で秘密裏に会議を開き、連邦準備制度をスタートさせます。それは米政府から独立したプライベートな銀行制度、つまり政府の干渉を受けずに社会経済をコントロールし、好きなだけ自由に紙幣を刷ることができる、一部のエリートたちの制度でした。
 貨幣経済を米国政府に取り戻そうとしたケネディ大統領は暗殺されてしまいましたが、今、トランプ大統領はふたたびそれをやろうとしているようです。私たちが毎日何気なく使っているお金には、そういった人間支配の歴史的な背景があるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では次に、お金ではなく、金(キン)に関する話題をしたいと思います。
 911が米国政府の自作自演だったことは広く知られてきましたが、その目的の一つが金(キン)だったことが指摘されています。
 これも横河サラさんの『ダイブ! into ディスクロージャー』から引用させていただきます。


 ・・・<『ダイブ! into ディスクロージャー』、p66〜p68から抜粋開始>・・・

 9・11の真相

 2001年9月11日に起きた同時多発テロ事件は、完全にディープステートによる、つくられた事件でした。最初からまるで映画を制作するように脚本を書き、役者を決めて、その脚本どおりに実行したものであることが、今では多くの人の知るところとなっています。
 とはいえ、実際に多くの人が亡くなり、世界中の人々が、彼らのつくり出した幻想に大きなショックを与えられたのです。
 私たちがショックに陥り、感情を揺さぶられることを最も助長したのは、いまではフェイクメディアと呼ばれるようになってしまったメインストリーム・メディアです。世界中のテレビニュースや新聞がいっせいに「大変です! いまこんなことになっています!」と騒ぎ立てました。が、中にはフェイクであることが垣間見えるようなミスもあったのです。
 たとえば、英国のBBCニュースでは、女性キャスターの背後の窓からは事故現場が見えており、緊迫した様子で9・11のニュースを流しているのですが、「現在、ワールドトレードセンターの第7ビルも崩壊しました」と言っている後ろの窓には、まだ崩壊する前の第7ビルが見えています。完壁なフライングですね。脚本を読むタイミングを間違えてしまっています。この件は、その後もずっと YouTube などで、さんざん言われていました。
 また、世界でほぼ一番東に位置しているオーストラリアでは、まだ9・11事件が起きる前なのに、新聞に9・11事件のことが載っていたことも知られています。時差の読み間違えですね。
 こういったことからも、9・11が作為的につくり出された幻想であったことが垣間見えるのです。
 それでは、いったい何のために彼らはこの事件を捏造したのでしょうか。

 デイヴイッド・ウィルコックが「Wisdom Teachings」の中で言っていたことですが、FRB(連邦準備制度理事会)が好きなだけ紙幣を刷った結果、借金大国となった米国は、中国からゴールド(金)をいっぱい借りているのだそうです。それを返還する日とされていたのが2001年9月12日だったのです。この借款に関する書類がワールドトレードセンタービルの地下にあったそうです。それを、この事件でうやむやにしてしまったわけです。
 ちなみに米国がそこまで借金まみれになった大きな理由のひとつには、第二章で詳しく紹介する「シークレット・スペース・プログラム」への投資があります。
 ディープステートが、市場経済を操作するためのツールとしてウサーマ・ビン・ラディンを使っていること、9・11が起きることを予言していたウィッスル・ブロウワーのビル・クーパーは、のちに銃で打たれて殺されてしまいました。彼は、9・11が起きた後にオバマが口止め料としてサウジアラビアに18億円ほど進呈したこと、この事件の背後にはビルダーバーグ・グループがいるであろうことに言及していたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この911の真相を一番詳しいのが、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏ではないかと私は思っています。
 以前から911のことは記事にしたいと思っていたのですが、タイミングがつかめませんでした。
 以下は、911のさらに詳しい背景です。
 『マネーカースト』(ベンジャミンン・フルフォード著、かや書房)から引用します。


 ・・・<『マネーカースト』、p190〜p192から抜粋開始>・・・

 2001年、パパ・ブッシュの長男、ベイビー・ブッシュが大統領の座に納まった。
 パパ・ブッシュの代表的な犯罪がケネディ暗殺ならば、ベイビー・ブッシュもまた父親に引けを取らない犯罪を行っている。

 2001年の「9・11」テロである。
 ケネディ暗殺と、アメリカが借りていたアジアの王族の金との関わりについては、先に述べた。9・11テロでもまた二つの「金」が関係している。
 一つ日の金は、1938年にアメリカが中国の大富豪から米国債を担保に借りた戦艦7隻分の金である。返還の期限は60年後とされていた。しかし、その期限である1998年になっても、アメリカは金を返還しようとしなかった。大富豪の子孫の訴えを受けて、裏の権力者たちの協議と決定により返還命令が下された。その1回目の金の受け渡し予定日が、まさに9・11テロの翌日、2001年9月12日であったのだ。
 そして、金の保管場所こそが世界貿易センタービル地下の金庫であり、受け渡し場所とされたのが、爆破された世界貿易センタービル北棟の101階から105階にオフィスのあった証券会社、カンター・フィッツジェラルド証券であった。さらに、受け渡し責任者にはベイビー・ブッシュが予定されていた。
 返還する予定であった金は「テロにより吹っ飛んだので返還できない」と、うやむやにされてしまう。さらに、念が入ったことに、この金の借用に関する財務書類が保管されていた第7ビルも、また金の返還の件を捜査していた関係当局の入ったペンタゴン本庁舎も、このテロにより倒壊している。
 そしてカンター・フィッツジェラルド証券には、2001年9月12日が償還期限である巨額の債券があった。ブレディ債券と呼ばれる、アメリカの銀行が南米投資で出した多大な焦げ付きをまとめた債券である。クズ同然の債券だが償還額は1200億ドルに達していた。
 この債券の担保である1200億ドル相当分の金もまた、世界貿易センタービル地下の金庫に保管されているとされていた。しかし、この二つ目の金もビルごと跡形もなく消えた、という話にされてしまう。ちなみに、このプレディ債券を売りさばいた銀行を所有していたのはナチス派ハザールマフィアの重鎮・ロックフェラー一族である。

 ・・・<抜粋終了>・・・



『ダイブ! into ディスクロージャー』から...2019年7月8日

 今年に入り、東京都新宿区にあるヒカルランドのセミナールームで横河サラさんのセミナーが3回行われました。
 横河サラさんは、当HPで何度も紹介しているのでご存じの方が多いと思いますが、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんが世界中で展開しているATIHというセミナー(ワークショップ)の日本でのファシリテーター(促進者)の一人です(日本には横河さん以外に2名のファシリテーターがいますが、今は横河さん以外の方はATIHを開催していないと知人から聞いています)。
 今回ヒカルランドで行われた横河サラさんのセミナーは、ATIHとは関係なく、横河サラさんが独自に収集したディープな内容を知らせるものでした。
 私は3回とも出てしまいました。
 セミナーは以下のようなタイトルでした。

・第1回...ディープステートとアライアンス

・第2回...シークレットスペースプログラム

・第3回...≪マインドコントロール≫≪水と食事≫≪病気と健康≫の実態

 一回2時間ほどのセミナー料金が1万2千円と割高でしたが、これはヒカルランドの石井社長の強気な姿勢があったと思います。
 つまり、これほどディープな内容なので、絶対に他では聞けない情報ということで、強気な値段設定になったのだと思います。
 ちなみに、このセミナーは3回ともDVDとなり、ヒカルランドで販売しています(1枚の値段はセミナー料金と同じ1万2千円です)。

 セミナー後に、石井社長から横河サラさんにこの内容を書籍化する依頼があり、発売されたのが、今回紹介する『ダイブ! into ディスクロージャー』です。

 横河さんによると、ドランヴァロ・メルキゼデクさんこそ元祖ディスクロージャーだったといいます。
 日本で2001年に発売された『フラワー・オブ・ライフ』は、人類がETによって金(キン)の採掘労働者として創造されたとか、エイズは人工培養されたものといった当時としては、ぶっ飛ぶような内容がディスクロージャーされています。横河さんによると、当然ながらドランヴァロさんは、何度も命を狙われたそうです。
 当初、横河さんはなぜ神秘家のドランヴァロさんが、スピリチュアルの内容とは直接関係のない、ディープな秘密の暴露をするのか理解できなかったそうです。
 しかし、人類が変容する為には真実を知ることが不可欠だということに気が付いたそうです。まさしくドランヴァロさんは、その為にディスクロージャーを行っていたわけです。
 映画『マトリックス』では、冒頭に主人公ネオはモーフィアスにレッドピル(赤い錠剤)を飲むか、ブルーピル(青い錠剤)を飲むか選択を迫られます。レッドピルを飲むと、真実を知りことになり、もう後戻りはできません。ブルーピルを飲むと、今までと同じく安心安全な生活に戻ることができますが、その世界は人工的に作られた幻想の世界でしかありません。
 横河さんはセミナーで、この映画のシーンを何度もしています。これは私達も変容したいという気持ちがあるなら、レッドピルを飲む(真実を知る)必要があるということでしょう。

 ドランヴァロさんが地軸の移動という意味でのポールシフトの可能性を言うのもそれが理由だと思います。
 多くの人々にとって恐怖をもたらすかもしれませんが、怖いから聞きたくないといっても現実が変わるわけではありません(とはいえドランヴァロさんはポールシフトはいつ起きても不思議ではないと言っていますが、それが起きるのは数百年先の未来かもしれません)。

 ポールシフトというディープな話題をしてしまいましたが、今回は最初なので軽い話題を紹介したいと思います。
 横河さんのセミナーの第3回目の話題から引用させていただこうと思います。
 消費者がいかにマインドコントロールされていったかという話題です。
 フロイトの甥のバーネイズ氏が使った広告です。この話はすでに本になっており、日本でも副島隆彦氏の学問道場の中田安彦氏が翻訳しているので、ご存じの方もおられるかもしれません。
 では、『ダイブ! into ディスクロージャー』(横河サラ著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『ダイブ! into ディスクロージャー』、p199〜p202から抜粋開始>・・・

 フロイトの甥、バーネイズが使った広告の手法

 まずは、広告やプロパガンダといわれるものが、どのように形成され使われるようになっていったかという話をしましょう。
 心理学者フロイトの甥で、やはり心理学者のエドワード・バーネイズというオーストリア人がいました。この人は、米国に渡ってきて心理学や社会科学を広告業界に導入した人です。
 バーネイズが成功した広告の一例に、ラッキーストライクというタバコの宣伝があります。当時、ラッキーストライクのパッケージはくすんだグリーン色をしていて、どうみても女性の好きそうな色ではありませんでした。
 ラッキーストライクを製造販売していた会社は、売上を伸ばすために女性がこのタバコを購入するように広告宣伝してほしいとバーネイズに依頼します。バーネイズはパッケージを見て、「それだったら、パッケージの色を女性が好む色に変えませんか?」と提案します。ところがラッキーストライク側は、パッケージの色を変えるのはお金がかかり過ぎるので、このパッケージのままで売ってほしい、とバーネイズに返します。
 そこでバーネイズは考えました。
 まずは、ヨーロッパの一流ファッションデザイナーたちに、次のシーズンのファッションは、このグリーン色を使ってほしいと頼んだのです。果たして次のシーズン、一流のモデルたちが一様にこのくすんだグリーン色のドレスを着て、いくつものファッション雑誌のトップページを飾りました。それを見た女性たちは、今年はこのグリーンが流行なのね、と何気なく思うわけです。ここはまだ、タバコとは結びつかない状況です。
 同時にバーネイズは、ニューヨークの五番街に若い女性たちを繰り出させて、「女性にも平等と自由を」という行進をやらせたのです。この時、若い女性たちはタバコを吸いながら行進しました。これを見た人々の潜在意識の中には、知らないうちに「タバコ=女性の自由」という図式ができあがります。
 これは1920年代の話です。その頃の米国では、女性が公共の場所でタバコを吸うことはタブーでした。その時代に、こういう手法を使ってタブーをうち破ったわけです。タバコを吸うことは自由の象徴であり、女性が人前でタバコを吸ってもいいだけでなく、それはむしろかっこいいことだという話になったのです。こうしてラッキーストライクは女性に受け入れられ、ものすごい勢いで売れました。

 バーネイズはあえてタバコを売ろうとはせずに、心理学を使ったのです。そうしたら、そのうちバーネイズが仕掛けなくても、各地で率先してみんなが行進をはじめたのです。女性たちがタバコを吸いながら、「女性にも平等と自由を!」と練り歩くことが話題になり、こうやってウーマンリブ運動が始まったのでした。

 新しくできたアイスクリーム屋さんの前にサクラが列をなして並んでいると、思わず自分も並んでしまう。今年の流行のファッションは何かしらと、パラパラ雑誌をめくってみる。こんな私たちの何気ない行動も、実は誰かが意識的に私たちの心理を利用した手法を駆使した結果だったりします。
 このバーネイズの実話は、大衆の意見はいとも簡単に歪められてしまうということの、とてもわかりやすい例ではないかと思います。この手法は、その後もずっと広告業界で使われていますし、広告の打ち出し方の基本になっているようにも思います。

 『あなたという習慣を断つ』の著者であるジョー・ディスベンザが、バーネイズが使った手法について解説をしています。
 ウーマンリブ運動とはひとつのアイデアであり、アイコンと言えます。その奥には、誰しもが自由になりたい、という気持ちがあります。それをひと言で表現したのがウーマンリブなのです。
 さらに、色というのは、非常に強いシグナルです。このシグナルが「ウーマンリブ」というコンセプトと結びつき、女性がタバコを吸ってもオーケー=自由、という構図ができることで、結果タバコが売れる。というやり方です。

 この心理学を使われると、私たちいともたやすくターゲットになります。だからこそ私たちは、裏に何があるのかを知り、自分の反応に意識的になる必要があります。
 ちなみに、ジョー・ディスぺンザは若い時はスポーツマンでしたが、事故で背骨に大怪我を負い、医者から背骨に金属を入れない限り一生車椅子だと言われたのです。けれども、自分の信念体系を変えることで、ミラクルを起こして自己治癒した人です。それから、脳神経科学をもとに、自分は自変えられるということを講演や著書を通じて人々に広めています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


   
 当時のラッキーストライクの広告
 中央右がくすんだグリーン色のラッキーストライク


 先週末、私はダニエル・ミッテル氏のハートに入る瞑想のWS(ワークショップ)に参加してきました。
 そこで人間にとって性エネルギーは、全体の60%を占めるほど重要なものだということを聞きました。
 そしてダニエル・ミッテル氏は、性エネルギーに結びつける手法がビジネスの世界に横行していると言っていました。一例を挙げると、自動車ショーに必ずいる水着の美女です。本来、自動車と水着の美女は全く関係ありません。しかし新車の発表会には、必ず水着の美女が立っています。そういえばレースカーの大会には、どういうわけか車と一緒に傘を差した水着の美女がいます。
 これもまた若い男性にとって、「かっこいい車=美女」という刷り込みなのでしょう。

 次に、人の脳は簡単に騙されるという話題です。


 ・・・<『ダイブ! into ディスクロージャー』、p202〜p203から抜粋開始>・・・

 脳はカンタンにだまされる

 デイヴィツド・ウィルコックが、催眠術についてとてもおもしろい話をしています。
 催眠術をかけるのが大変上手な博士がいました。観客の前で、被験者の横に博士が立ちます。博士が「私が、5,4,3,2,1、ポン! と指を鳴らすと、あなたはそこから30分間、私の姿が見えなくなります」と言って、その通りにやると、被験者にはほんとうに博士の姿が見えなくなるのです。博士がいろいろな動きをしても、被験者はまるでそこに博士がいないかのように振る舞うので、見ている人たちは可笑しくてクスクス笑っています。
 しばらくして、博士はタバコを取り出して火をつけ、吸い始めました。そのとたんに、被験者はギョッとして飛び上がります。タバコと火は見えるけれども、博士の姿はぜんぜん見えないのです。彼からは、まるで火のついたタバコが宙に浮いて動いているように見えたんですね。そんな被験者の様子を見てみんな大笑いしています。
 30分経ち、博士が被験者に「はい、戻ります」と言うと、被験者はちゃんと博士が見えるようになるのです。
 それくらい簡単に、私たちの脳は騙され、操作されてしまいます。
 誰かのマインドをコントロールしようという意図を持った人が、どうやったらコントロールできるのか、その方法をよく知っていたとしたら、どんなことになるでしょう。それは、いまの社会や世界の在り方がどのように裏側から操作され、動かされているかに深く関係しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 横河サラさんは、今年4月にハワイ島コナで行われた「コズミック・ウェイヴス」というセミナーに参加します。
 そこにSSP(シークレットスペースプログラム)で知られるコーリー・グッド氏もゲストスピーカーとして招かれたそうです。
 最後に紹介するのは、横河さんが体験したドルフィンワークでの興味深い話です。


 ・・・<『ダイブ! into ディスクロージャー』、p279〜p281から抜粋開始>・・・

 ジョアン・オーシャンと海の中に住む存在たち

 セミナー初日の夜は、主催者ジョアン・オーシャンの、とても興味深い話が聞けました。
 びっくりしたことに、彼女は40代まで泳げなかったそうです。幼い頃からアルクトゥルスの存在たちとのつながりがありましたが、その後さまざまな体験ののち、ドルフィンたちに誘われるようにジャン・リュックとともにハワイ島に住むことになりました。詳しくは『ドルフィン・コネクション』を読んでみて下さい。
 彼女のドルフィンに関する話は、ドランヴァロから聞いてた話や、私自身のドルフィン体験とシンクロしていることが多く、やっぱりそうなんだと、とてもうれしくなりました。
 ドランヴァロはその昔、参加者を募ってハワイに行き、ドルフィン・スイミングをしていた時期がありました。さまざまな不思議なことが日常茶飯事のように起きるドランヴァロでも、ドルフィンたちに「私たちは、シリウスとここを行き来しているんだよ」と言われた時は、さすがにすぐには信じられなかったそうです。
 ドランヴァロの気持ちがわかったのか、二頭のドルフィンがドランヴァロの顔すぐ近く、右と左にやって来て、「じゃあ、見てて」と言わんばかりに、同時にシュッと消えたのです。残されたドランヴアロの左右には、揺れる波が残るばかりでした。
 この話を聞いたあと、御蔵島でドルフィンたちと泳いでいた時に、二頭のドルフィンがすーっと私から離れていったかと思ったら、ふっと消えたことがありました。とはいえ、彼らは泳ぐのが速く、少し遠かったこともあり、消えたように見えただけなのかな、とも思っていたのです。
 ところが今回、ジョアンが「彼らはふっと消えるのよね。私は何回も見ているわ」と言っているのを聞いて、「ああやっぱりそうなんだ!」と思ったのでした。
 セミナー5日目、2回目に海に出たときは、波もいくぶん穏やかで、私たちの乗ったボートの周りには13頭のドルフィンたちのポッド(管理人注、群れ)がやってきてくれました。ああ、行っちゃった、と思ったらまた戻って来て、それを何度も繰り返しながら、かなり長時間にわたって一緒に遊んでくれたのです。
 彼らは、戻ってくるたびに少しずつ上の方に上がって来て、最後には触れることができるくらいのところまで来てくれたのですが、ポッドの中には1組のラブラブなカップルがいて、楽しそうに一緒に泳いでいました。そのカップルが私のかなり近くまで来たと思ったら、そのあとすーっと離れて行き、やはりふっと消えたのです。
 ジョアンによると、彼らは消えるだけではなく、まるでスーパーサイキックな子どもが壁を抜けるように、お互いの身体と身体をすり抜けられるのだそうです! ジョアンはそれを目撃したと言っていました。「ドルフィンたちは、私が彼らからメッセージを受け取り、それを伝える、という役割を担っていることを知っているのよ。だから、彼らがひとつ何かを見せてくれたり教えてくれたあと、私がそれをみんなに伝えると、また次を見せてくれるの」
 ジョアンは、海中に宇宙船がいて、移動しているところも見ています。彼女はその宇宙船をプラズマシップと呼んでいます。

 ドランヴァロは、人間ひとりに対して7頭のドルフィンがいると言っています。つまり、世界人口の約7倍の数のドルフィンたちが、いまもこの星の海洋の中に生きているわけです。
 ほんの一部の人たちを除いて、私たちは海の中に住む存在たちのことをほとんど知らないのが現状でしょう。地球は、地表の70パーセント以上が海であると言われています。
 ドルフィンたちのことを知れば知るほど、ドルフィン以外にも海の中には私たちよりはるかに進化した知的生命体が存在する可能性を感じます。というか、むしろ存在しないと考える方が不自然な気がしてくるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・



『光と闇、二元の統合』から...2019年6月30日

 私はここ数年、サアラさんのスクールに行ったり、ハワイリトリートに参加したり、最近では西洋占星学の授業を受けたりと、このところサアラさんの処で学ぶ機会が多くなりました。
 私がサアラさんに興味を惹かれるのは、サアラさんの話はオリジナリティーが高く、他では聞けない話が多いからです。
 それはサアラさんが、私達の宇宙とは違った並行世界にあるというアインソフ議会のメンバーゆえに、そうしたサアラさんの情報は、他には無いということでしょうか。
 その並行世界で起こった宇宙的規模のパンデミックフルーの話は、私にとって強烈な印象を残しました。
 ハリウッド映画で、ブルース・ウィルス氏が主演した『アイ・アム・レジェンド』は、そうした実話を映画という形で私達に伝えるものだったそうです。
 宇宙的規模のパンデミックフルーの現象は、サアラさんが言う宇宙の根源的な創造(サアラさんは「空」と言っています)の原理と密接に関係する話なので、いずれ詳しく記事に書きたいと思います。
 今回はサアラさんの新刊『光と闇、二元の統合』から、軽いエピソード的な話を3つほど紹介しようと思います。
 サアラさんが本で訴えたい本質的な話とは直接関係ないということを、最初にお断りしておきます。

 サアラさんは、一般的な地球人の転生とは違った形で、この地球に転生してきた魂とのことで、私たちから見ればかなり特異な感性を持たれています。
 そうした感性が、私にはとても新鮮に映るのです。
 そうしたサアラさんの感性から見た、今の日本社会の問題点を鋭く指摘するようなエピソードを選んでみました。

 『光と闇、二元の統合』(サアラ著、徳間書店)から抜粋して紹介します。

 最初のエピソードは、サアラさんがニュージーランドのホテルに泊まって、朝食を取ろうとした時の話です。


 ・・・<『光と闇、二元の統合』、p40〜p45から抜粋開始>・・・

 さて、滞在3日目の朝目覚めると、外で朗らかに男性が歌う声がします。外を見下ろすと、宿舎の食堂のキッチンの勝手口から出てきたらしい男性がコックの制服を着て、楽しそうに大声で歌っていたのです。
 日本なら、職務中に大声で歌うなど考えがたい光景です。それに、朝のホテルの従業員の激務ぶりを考えると、そんな余裕があるとは、到底考えられません。
 ここに来た初日の朝食で、少し驚いたことがありました。それは、メニューの単純さです。同じ年の9月に、フィンランド、エストニア、フランス、イギリスを巡る旅をした後だったので、どこの国に行っても皆同じ朝食メニューだということに気づきました。
 数種類のパン、グラノーラ、バター、ジャム、ハチミツ、2〜3種類のハム、温かいソーセージ、ベーコン、2〜3種のチーズ、スクランブルエッグ、ボイルドエッグ、トマトのソテー、マッシュルームソテー、大きな胡瓜のスライス、レタス、オリーブ、それにヨーグルト、フルーツ、牛乳、フレッシュジュース、コーヒー、紅茶、以上のメニューはまるで決まり事のようにどこの国でも毎日同じように出されます。
 それに比べて日本のホテルの朝食はといえば、さほど高級ではない普通ホテルの朝食でも、たいがい和洋両方のメニューが用意されています。
 もう少し高級なホテルになったら、朝から大ご馳走です。和洋食のメニューは当然ですが、シューマイ、春巻、ザーサイ、チャプチェ、チヂミ、キムチから、カレーに至るまで、毎日少しずつアレンジされたメニューを提供する必要なんてあるのでしょうか?
 これでは過労死するのも当然かもしれません。従巣員はいったいいつ眠るのだろう? と考えてしまいます。

 世界中どこに行っても、おそらく日本ほどサービスの行き届いた国はないでしょう。サービス大国と言われるだけあります。私も以前は、これは日本の素晴らしい点だと思って、誇りに思ってきたところもあります。でも世界を見て歩くと、少しずつ疑問に感じることが出てきます。
 サービスを売りにすれば、サービスの内容にも分化が起きて、過剰になっていく動きを誰も止められなくなります。更なるサービスのためには過剰労働が当たり前の状態になっていきます。

 いつから日本はお客様を「神様」にしてしまったのでしょう?
 このような歪んだ概念のせいで、お客様は日頃募った鬱憤を晴らすために、お金を払う立場でサービスを受けたい願望が強くなっているようにも思います。
 そしてサービスが気に入らなければ、自分が「神様」であることを楯にして、相手も同じように不自由な社会で生きる人間であることをまるで忘れてしまっているように、自分の怒りが収まるまでとことんクレームを付けます。
 しかし、自分が逆の立場になると、神様であるお客が気に入らないことがあれば、とことんへつらわざるを得ず、同じように不快な思いをするわけです。このように互いに鏡として自分を映し合っていることにはなかなか気づけません。
 更に悪いことに、こんなことにうんざりした人達は、出来るだけ社会との関わりを避けるようになります。こうして孤独な人達が増えていきます。これでは社会の健全な成長や発展は望めません。

 すでに日本のサービスは、飽和状態なのではないでしょうか。
 日本人がもつと穏やかで豊かな暮らしをするためには、過剰なサービスを見直す必要があると思います。
 そもそも人間にとって真の豊かさとは、いったい何だったのでしょう。質の高いサービスと、過剰なサービスでは、中身がまったく違うように思います。質の高いサービスは、人の心に響き、いつまでも忘れない思い出となるようなものではないでしょうか。
 決して、「もっともっと」と要求するようなものではないでしょう。

 また日本には、24時間営業の店がたくさんありますが、海外では決してそんなことはありません。むしろ夜11時以降に開いている店は少ないようです。
 おそらく先進国の中では、どの国よりも一人あたりの労働量が多いのではないでしょうか。
 当然のことですが、深夜まで営業する店が増えれば増えるほど、人々は夜遅くまで労働を強いられるわけですから、いつでも物を買うことが出来るのも、サービスを受けることが出来るのも、豊かさとは限りません。

 私たちは、本当はもっと本質的なことを求めているのではないでしょうか?
 過剰なサービスから来る悪循環によって、人々は生活のゆとりを無くし、心身共に疲弊しています。そして、残念なことに日本ではこれが「当たり前」になってしまっています。
 心に余裕がなくても当たり前、生活に時間的な余裕や経済的な余裕がなくても当たり前なのは、サービス業に限らず、お客様を神様にしてしまったところにも原因があると思うのです。
 お客様も、サービスを提供する側も、同じ人であるという、当然の認識を取り戻さなければ、何でも過剰な状態から抜け出ることは出来ないのではないでしょうか。
 ニュージーランドのガイドさんから聞いた話で、もう一つとても素敵な話がありました。それは、このガイドさんが飲食関係の仕事に就いていたとき、並んでいるお客さんに少しでも早くサービスを提供しようと、走り回っていると、あるとき社長に呼ばれたそうです。
 「会社にとって最も大切なのは、お客ではなくで、従業員であるあなただ」
 「お客さんは待たせておけばいいが、あなたに怪我をされては困る」
 と言われたそうです。これには大変驚いたと話してくれました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「お客様は神様です」という言葉は、当然ながら昔の日本にはありませんでした。
 おそらくこの名文句を広めたのは、歌手の三波春夫さんではないかと思います。そして戦後の高度経済成長時代を背景とした日本社会で、広く人々に受け入れられたのだと思います。
 ではなぜ、「お客様は神様です」という言葉は、戦後の日本で受け入れられたのか、サアラさん独自の見解が面白いです。


 ・・・<『光と闇、二元の統合』、p51〜p55から抜粋開始>・・・

 インターネット上でも、新しい価値観や概念を提示するような意見に対して、個人的な感情論としか思えないめちゃくちゃなロジックで、その意見に抗議する人達が現れます。「なんでこんな人がいるのだろう?」と思われた経験はないですか?
 実はいつの時代にも、革新的な動きに抵抗する動きが現れるのは、必然であり、森羅万象の摂理と言える現象なのです。
 そして、このような保守派は、思いの外大きな力を持つものです。

 特に日本には他の文化にはない独特な価値観があります。例えば、「我慢することを美徳とする」「女性は自ら自分の立場を低くして当然である」などが挙げられますね。
 欧米社会がレディーファーストであるのに対して、日本女性は三歩下がらなければならないわけですから、他国の人達には理解されにくい概念です。
 しかし、このような文化が、なぜグローバル化した現代社会の中でも未だに引き継がれてきたのかと考えると、善い一面ばかりではないように思えてきます。
 先述のように、お金を提供してくれる人を、神様のように扱って過剰サービスするのも、敗戦後は支配者であると同時に、ある意味お客さんでもあるGHQにへつらわなければならなかった状況から、未だに尾を引いているとも思えます。
 元々持っていたと思われる、誇り高く自由な精神が、別の意味にすり替えられ、まるでキリスト教の「清貧」「従順」「勤勉」といった教義を、誇り高い姿として、宗教とは違ったかたちで、見事にすり込まれてしまったように思えてなりません。
 鎖国状態で200年以上も続いた江戸時代には、士農工商という階級制度の中で、事細かくきっちりと決められた規則がありました。
 しかし、大きな戦が無かったせいもあると思いますが、人々の生活はのびのびとしていて、人との繋がりが尊重されていたことをうかがい知ることができます。

 例えば、三行半(みくだりはん)という言葉を聞いたことがある人は多いと思うのですが、これは、離婚した夫婦の夫が、妻の両親に宛てて書く離婚証明書のようなもので、庶民にのみ必要とされたものです。三行半が出されると、両者に再婚の自由が認められました。
 ですから、結婚の概念も今よりずっと自由だったのではないでしょうか。江戸時代の離婚率がかなり高かったことは、一般的にも知られている事実ですね。
 私自身も離婚経験がありますが、やはり「離婚=傷物になること」的な概念が両親にも、社会全体にも色濃くあったと思います。
 でも、江戸時代には決して離婚で人が傷つくという概念は無かったし、離婚は恥ずべきことなどでは決してなかったわけです。

 もう一つ、江戸時代には銭湯文化という興味深いものがあります。
 江戸時代初期の町は建築ラッシュでした。そのため、街には大工や土木工事の職人がたくさんいました。彼らが作業を終えて、汗や土や埃を洗い流すために、たくさんの銭湯ができたようです。
 当時は、偉い人でも、お金持ちでも、自宅に風呂を持つ習慣が無かったので、銭湯では、士農工商全ての人達が同じように入浴できました。
 武士達は、刀を預けて入らなければなりませんので、刀を預ける部屋が2階に設けてありました。そこがやがて身分の違いを超えて皆が集い、語らう場へと発展していったようです。
 このような自由な語らいの場があったことを考えると、個人の意見が尊重されていたことも想像できます。今よりも個々の意見の違いや、個性が認められていたと考えるのが自然なのではないでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「お客様は神様です」を、今風の言葉で柔らかく表現したものが、「おもてなし」でしょうか。
 こうした風潮は、サアラさんによれば、

 「お金を提供してくれる人を、神様のように扱って過剰サービスするのも、敗戦後は支配者であると同時に、ある意味お客さんでもあるGHQにへつらわなければならなかった状況から、未だに尾を引いている」

 とのこと。

 さらに、

 「元々持っていたと思われる、誇り高く自由な精神が、別の意味にすり替えられ、まるでキリスト教の「清貧」「従順」「勤勉」といった教義を、誇り高い姿として、宗教とは違ったかたちで、見事にすり込まれてしまった」

 ように思えるとのこと。
 これは実にユニークで鋭い指摘だと私には思えました。
 そしてサアラさんは、「元々持っていたと思われる、誇り高く自由な精神」は、江戸時代に見ることができると言っています。

 ちょっとここで脱線して、私の考えたことを書こうと思います。
 私は学生時代、戦争時には「鬼畜米英」と言っていたのに、敗戦を機に「ギブミーチョコレート」と言える日本人の精神的な気質が理解できませんでした。わずか1日で、人間は180度違う信念体系に変われるのか(しかも全国規模で)、という思いがあったのです。
 その後、山本七平氏が、日本人は空気を判断基準にすると言ったことで、私はその疑問が解けたような気分になりました。
 つまり、戦争時は「鬼畜米英」が「空気」であり、敗戦後は「ギブミーチョコレート」が日本人の「空気」となったと考えれば、説明できそうです。
 日々の生活におわれる日本人にとって、真理とは何かということが問題ではなく、その場の「空気」が何かということが問題なわけです。
 これはありきたりかもしれませんが、何千年と続いた農耕社会の影響があったと思います。
 農業を営む村人にとって、協力しあうことは必須でした。
 封建時代において、村の掟や秩序を破った者は村八分となりました。
 村八分になってしまうと、葬式、火事以外は村人から一切の協力が得られなくなったといいます(葬式は死体が腐るからで、火事は隣の家に類焼するからだといいます)。それゆえ村八分になってしまうと、実質的にその村では、生活が成り立たなくなったといいます。つまり協力しあうことが生活する上で、いかに重要だったかがわかります。

 村人の密接な協力関係が続いていくなかで、何も言わなくても相手が何を望んでいるかということを推察する能力は、良好な人間関係を維持する上で必然的に培われていったのだと思います。そうした全員の思いを総合したものが、その場の「空気」になっていくのでしょう。
 私の叔母は、子供の頃、家族全員が忙しく働いている時に、一人だけ手伝わなかったという理由でひどい折檻を受けたことがありました。誰からも「手伝え」という一言もなかったにもかかわらずです。小さな子供なので、働くより遊ぶ方が楽しかったのでしょう。
 叔母は、家族の「空気」を読まなかった為に、鉄拳制裁を受けたのです。
 私はこの話を聞いたとき、とても理不尽な思いがしました。
 しかし、日本社会はこうして「空気」を読むことを子供に叩き込んできたということでしょう。
 一昔前にKY(空気読まない)という言葉が流行ったり、最近は忖度(そんたく)が流行ったりしているのは、未だに日本人の判断基準は「空気」であることの証左でもあると思うのです。

 サアラさんは、戦後の私たちは、キリスト教の「清貧」「従順」「勤勉」といった教義が刷り込まれたと言っています。
 これを私流に言えば、戦後の日本人は「清貧」「従順」「勤勉」を価値あるものとする「空気」を作っていったということになります。

 今は、ニートと言われる引きこもりの人たちが様々な事件を起こして社会問題となっていますが、一つの原因は添加物に代表される毒性の強い化学物質を摂取していることが挙げられるでしょう。
 もう一つは、ここでサアラさんが指摘しているような、あまりに息苦しい社会の制約です。
 「清貧」「従順」「勤勉」といった画一的な価値観が席巻し、それに外れた人たちを疎外する社会となっています。「空気」が示す価値観から外れてしまったということです。
 一度レールを踏み外した人は、なかなか社会復帰できにくい社会構造になっていますが、そうした社会構造を造ったのは、人々の意識の根底にある価値観だと言えます。
 私たちは、あまりに画一化した思考形態に嵌ってしまい、江戸時代の人たちのような「個々の意見の違いや、個性が認められていた」社会形態を失ってしまったのかもしれません。
 すみません。
 脱線してあらぬ方向に行ってしまいました。

 最後の話題は、ET情報に詳しいサアラさんならではといった話題を紹介します。
 現在、各国政府や企業が激烈な開発競争をしているAIですが、サアラさんよると、ET達が使うAIは「水」なんだそうです。
 水の分子、一つ一つが意識を持っており、ET達はそうした水の意識を使ったAIを実用化しているといいます。
 サアラさんは次のように述べています。

 「地球で今、多くの技術者が夢中になっているAIは、「水の叡智」を使った技術でなければ、すぐに限界がくるでしょう。しかし、その方がかえって早期に軌道修正が出来ることになります」

 つまり私たちが物として扱っているものに意識があるということです。


 ・・・<『光と闇、二元の統合』、p255〜p258から抜粋開始>・・・

 皆さんも、自分が愛用している物質に語りかけることはないでしょうか?
 私は自動車好きのある男性から興味深い話を聞きました。その人は毎日自動車に乗る前に、「今日も私を安全に運んでくれてありがとう。そして何処に行くときも完壁な時間で移動することを助けてくれてありがとう」と話しかけるそうです。
 すると、どんなに渋滞している道路でも、時間に間に合うように、突然渋滞が解消されたり、全ての信号が青になったりして、必ず何があっても時間ぴったりに目的地に着くそうです。
 また、時間よりかなり早く着いてしまうようなときには、現地で問題が発生していて、自分がそこに関わることで問題が解決するような出来事があるそうです。さらに驚くことに、初めて行く土地でも勝手に自動車が誘導してくれるといいます。

 しかし、あるときいつものように自宅から車に乗って出かけようと、エンジンをかけようとすると、いくらかけてもかからなくなってしまったそうです。その人は整備士の免許も持っていたので、愛車の整備は常に自ら行い、万全なはずだったそうです。未だにエンジンがかからなかった理由はわからないと言っていました。
 しかし、諦めた彼は仕方が無いので近くに住む友人から自動車を借りたそうです。
 その帰り道、たまたま通った自動車屋にあった車を見て、「とてもおかしい話なんですけど、次に私が乗るのはこの車だ! と閃いてしまったんですよね」と話してくれました。「展示車でしたから、とても安く購入することが出来ましたよ。そして納車された車に、今まで乗っていた自動車のことを心の中で紹介したんです。そうしたらね、これは納車してくれた自動車屋の人も見ていましたから、証人がいる話なんですけど、古い方の車に誰も何もしていないのに、突然エンジンがかかったんです! それ以来、新しい車も古い車同様に私をずっと助けてくれています」と、たいへん貴重な話をしてくれました。

 私にはとてもよく理解出来ます。皆さんがただの「物」だと思っている物にも心が通い合うことは事実です。先進宇宙文明では、乗り物にはハンドルもレバーもボタンも付いていません。私達がどこに行きたいかを理解してくれますから、話をしてくれた彼の自動車と同様に常に最も安全なルートを探し出して選択してくれます。
 宇宙には道路はありませんから、小さなバブルカーと呼ばれる、空飛ぶスクーターのような乗り物に乗ります。従って目的地に向かうルートは何通りもありますから、より安全で完璧なタイミングで到着するのは至難の業なのです。
 しかし全ての乗り物は有機的な生体で、乗り手の様々なコンディションを伝えなくても理解してくれます。なぜなら目に見えない水によって、全てのものが繋がっているからです。

 先述した男性の自動車は、地球の言葉で言うなら人工知能です。もちろん私達が乗っているバブルカーも人工知能の技術によって作られているから、そのように作用してくれています。
 地球が今開発し始めている人工知能の技術における、「人工」という言葉には無機的な意味合いが含まれているように思います。しかし実際、高度に発達した人工知能の技術は有機的なものなのです。
 ですから、科学が意識の世界に足を踏み入れることは宿命です。
 この領域に着目して研究に携わる科学者達は驚くべきことを次々発見することになるでしょう。それは、今までの地球の常識をことごとく逆転させるようなことばかりです。

 ・・・<抜粋終了>・・・



「希望の命水」に関して、いただいたメールから...2019年6月30日

 前回の記事『デトックスの試み』で、私は「希望の命水」を飲み始めたことを書きました。
 この記事に関して、(当HPの掲示板にも書き込みがありますが)、実に様々なご意見を聞かせていただきました。
 おそらく私がHPを始めて、一番の反響だったと思います(閲覧数ではありません)。
 この記事は、肯定、否定は別にして、訪問者の方々にかなり波紋を呼んだようで、個人的にも何通かメールをいただきました。
 肯定的なものがほとんどでしたが、中には以前は飲んでいたけど、止めてしまったという方もいました(理由は割愛します)。
 私は今回「希望の命水」を初めて知ったわけですが、すでに多くの人々が強い関心を持たれていることがわかりました。

 今回は、「希望の命水」に関して実に詳細な情報を教えてくださったメールを紹介させていただこうと思います。
 「希望の命水」に感心がある方々は多いと思いますので、そんな方々にヘルプになると思ったのです。
 今回引用させていただくメールを下さった方に、そうした私の思いをお伝えしたところ、快く了承していただきました。
 もちろん個人情報である名前は、○○に替えてあります。

 紹介させていただくメールは2通です。
 まず1回目のメールです。


 ・・・<1回目のメール開始>・・・

本山よろずや本舗様

初めまして、本山様のブログ読者の○○○○と申します。
いつも有益な情報や興味深い内容の記事を有り難うございます。

今回「希望の命水」を取り上げていただいて、嬉しくてメールいたしました。
私は希望の命水の発売元開ESの相互扶助会員となって定期購入しています。
スターライトさんのブログをご覧になったようなので、使い方等はご説明不要かと思いますが、購入方法について僭越ながら、アドバイスさせてください。
Amazonや楽天では定価販売ですが、開ESの相互扶助会員になり定期購入であれば1割引です。
追加購入やまとめ買いはもう少しお安く購入できます。
定期購入は1L、2Lどちらかのサイズとなります。
私は1Lを定期購入し、追加購入で2Lを購入しています。
1Lの方が割高ですが、計算してみるとこの方法がお得です。
一日30mlは、発売当初に栄養士さんから算定していただいた量という事です。
現在の推奨量は、年齢又は体重のどちらか数字の大きい方です。(40才で60kgであれば、60ml)
個人差がありますので、開ESのHPのビデオで確認されると良いと思います。
開ESは変わった会社で、希望の命水で利益をあげる事をあまり考えていないように思います。
一番の理由はこの生体ミネラルを普及させなければという使命感のようです。
広告宣伝を大きくすれば、潰されます。
なので、今でも口コミで広まっている状況です。
口コミで広めてくれる人達に、お礼をしたいという事で始まったのが、相互扶助会員システムです。
ネットワークビジネスのシステムを利用したものなので、私は最初嫌だな怪しいなと思いました(笑)。
システムの主旨と謝礼額が分かって安心しました。
差額還元は年2回。
半年間に一人でも紹介した方が会員になれば、些少の謝礼金が支給されます。
100人紹介しても同じ金額です。
紹介した方が継続して会員である場合は、毎月お茶代くらいの活動費が支給されます。なのでネットワークビジネスではありませんので、ご安心ください。
因みに私は2年間で一人しか紹介していません。説明が下手なのもあるし、周りには非正規で働いている方達が多いので、いくら良い物でも負担かなと思うと言い出せないのです。
紹介の義務もノルマも一切なくて、サンプル請求してもサンプルと資料が送られて来るだけで、会社から勧誘の連絡は有りません。
新元号キャンペーンで定期購入初回1本無料になります。7/31迄です。
始める時の負担を少なくが主旨。下記からサンプル申込すれば、命水と鉱泉浴100ml各1本と資料等が送られてきます。
https://www.j-smc.co.jp/campaign/sample.html
又は 0120-998-711
平日9:35〜18:00

以前、本山様のブログでトリプルエイチハイドロアンジェリーカを記事にされた事がありました。
3日後にメーカーに問い合わせの電話をした際に、新規の申込が急増しているが、どちらでこの製品をお知りになりましたかと聞かれました。
本山よろずや本舗様のブログです。たぶん他の方もそうだと思いますよとお答えしておきました。
それだけ本山様のブログは影響が大きいという事です。
なので、命水を飲まれて良いと思われましたら、ブログで追記事をお願いします。
命水にご縁が繋がり、命水の普及にご協力いただければ、とても有り難いです。

最後なりましたが、外食時の添加物等が気になるとのこと。
命水をスプレーボトルに入れ持参すると良いですよ。
食事にスプレーするだけで、添加物等をキレートしてくれるので安心です。
10倍濃縮液の希望の命水もあります。
100ml2本入りで定価6,480ですが、会員は割引価格で購入できます。
普通の命水に比べるとリーズナブルです。
私には外出時10倍濃縮が必携です。
だだ、体内に吸収される速さ等は普通の命水の方が優れているらしいです。
セミナーも毎週末に全国どこかで開催されています。その際も勧誘される事はなくて、ミネラルの説明が主です。
開ESのHPで確認できます。

長々とまとまりのないメールを最後まで読んでいただき有り難うございます。
まだまだ、お伝えしたいた事はありますが、この辺で失礼いたします。
何か不明な点があればご連絡ください。
本山様のブログを毎回楽しみにしています。
気温差が大きい日が続いています。ご自愛くださいませ。

 ・・・<1回目のメール終了>・・・


 本山です。
 いただいたメールに返信させていただいたら、さらに詳しい内容のメールをいただきました。
 当HPの掲示板に、「希望の命水」が出る前の「神源水」を飲んで、アトピーのような症状が出たという投稿がありますが、それに関してもコメントされています。


 ・・・<2回目のメール開始>・・・

本山様
おはようございます。○○です。

先日、メールを送信後に読み返してみて、いきなりこんな内容のメールが届いたら、ひいてしまうなあと思っていましたので、思いがけず返信いただき有り難うございます。嬉しいです。

下記、自己満足の為に書いたような内容です。
お暇な時にでも読んでいただければ幸いです。

「神源水」については知りませんでした。
希望の命水の前身の物とは、ちょっと違うかと思います。
ミネラル水は、嶋西先生が川田薫博士の指導協力のもとで開発されたものです。
最初はチェルノブイリの汚染対策として研究されていました。
27年前の第一回地球環境サミットで、工場廃水等で汚れた水をを浄化する実験で注目されました。
ですが、ミネラルだけで浄化できては、浄化槽メーカー等の利権を損なうためでしょうか、未だに大きくは普及していませんね。
その後、嶋西先生の研究製造工場が経営に行き詰まったのを、ミスター東レと言われた石井清堅氏(インターフェロンを普及:功罪はともかくとして)が法人代表を引き継ぎ再建。農業用と環境用の製造責任者です。
植物に良いのであれば、人間の飲料用にならないかと研究されて出来たのが「希望の命水」です。
製造場所は和歌山県。原材料は311前に掘削保管されていたものです。
食品製造用の高品質な硫酸塩で16工程を経て製造されています。和歌山の水を素粒水にしてから使用していると聞いています。
飲料用製造責任者は谷口清治氏です。
もっと良い物をと研究開発しているので、私の情報は古いかもしれません。
飲料用のミネラル水として、製造特許をとっているのは、谷口氏と開ESです。他企業名はみあたりませんでしたね。
また生体ミネラル水(ボトルドウォーター)として保健所の認可を受けて販売されているのは「希望の命水」のみとの事です。
好転反応として下痢になったと言うのは聞いた事がありますが、アトピーが悪化したと言う話は聞いた事がありません。
因みに、川田薫博士は川田研究所(現在は息子さんが継承)で「石のしずく」というクエン酸を配合したミネラル水を製造販売しています。(たぶんミトコンドリアを活性化させる為にクエン酸を配合しているのかなと思います)

嶋西先生は、ある企業の支援を受けて農業用、水質浄化用のミネラル水を宮崎で製造されているようですね。
原発村に配慮してでしょうか、経歴にチェルノブイリの汚染対策とか地球環境サミットの事は一切書かれていません。
「神源水」は飲料用のミネラル水になる前の段階の物を、石井氏の工場から購入して製造されたのではないかと思われます。
嶋西先生から、膨大な研究資料や臨床結果、試験データを託されたのが、開ESの本井社長です。量が半端ではないので、読みきれていないと聞きました。
上部一馬氏との共著もある沼田光生医師が、コスモ21から「完全なミネラルバランスこそ最強の治癒力!」を今年2月に出版。
副題は医者が教える医者に行かない健康術。
ミネラルの基本書として開ESが資料提供して執筆されたものですよ。

本山様が読まれた上部氏の新刊本のお披露目は、出版記念講演会として2月開ESのセミナールームに於いて開催されています。
7/6土13時から東中野の開ES本社でスタッフによる基本セミナーが開催されます。
ミネラルの基本と、水道法や種子法の改正、経皮毒についてです。
一般の方も無料でWeb又は電話で参加申込できます。
首都圏在住であれば、ご検討くださいませ。
セミナー後にキャンペーンのお知らせが数分有るかもしれませんが、勧誘とかは一切ありません。

セミナールームの一角に、過去のセミナーDVDが会員用に置いてあります。
興味があるものをお持ち帰りできますよ。(有料セミナー等の物は置いてないですけどね)未会員の方はスタッフにご相談ください。
昨年12/8開催の国光先生の「からだとこころが喜ぶ!ミネラルの摂取と食育の重要性」が私のお勧めです。
ミネラル豊富な食品を食事に取り入れる方法も紹介されています。
キレる子供達が、ミネラルを摂っていくと短期間で変わっていく実例が劇的です。
子供は効果が現れるのが早いです。年齢があがるほど時間がかかりますね(笑)。
外食チェーンやコンビニ弁当、宅配弁当のビタミンミネラルの実測値は、とても残念な値です。食品成分表から計算される値は必要量を満たしていても、水煮野菜等を使用すると激減します。
オリンピック選手用の食事は栄養バランスは完璧です。でも、それを製造している会社の社員食堂の食事は、コストを考慮しなければならないのでしょうね、ちょっと残念な内容でした。

本社セミナーはライヴ配信しているので、Web上から配信申込をすれば当日URLとパスワードがメールで届きます。
又、再視聴が翌週水曜日午後6時まで可能です。
なので、最近はパソコンで再視聴しています。質問できないのが残念ですけどね。

希望の命水を摂取しはじめてから約2年半になりました。
私は、サプリメントや健康食品で顕著な体感を得た事は、ほぼありません。
希望の命水の「見えない力の実験」で体幹がぶれないのを実感したのと、神経伝達作用のお蔭なのか「夫の言動」にイライラする事が少なくなり精神の安定に寄与しているのが良いです(笑)。そう言えば、夜脚がつったり浮腫まなくなりました。風邪をあまり引かなくなって重症化する事もないです。

もう45年以上前の事になりますが、
小学生の頃に自宅で赤い蛸ウインナーを食べたら、腕から始まってワーっと発疹が出ました。アレルギー体質ではないのに初めての蕁麻疹。
母か祖母のどちらから言われたのか忘れましたが、黒糖を食べなさいと言われ、
食べたら、発疹が消えていきました。
同じ物を食べた姉と妹は、発疹も出ず大丈夫。子供心に何だかなと理不尽だと思った記憶があります。
今思うに、添加物・化学物質、それに対処してくれるミネラルとの初邂逅ですね(笑)

*参考までに
バランス生体ミネラル水「希望の命水」は、2ナノの粒子。
その中に、シリケート正四面体のものが240〜250個平面的・立体的に繋がって入っています。
シリケート正四面体は正三角形が四面ある形で、四つの頂点には酸素がきて、中心はケイ素です。この構造体に71種類の元素が配されています。(もっと精密に測定できれば、超微量元素を含め100種類くらいかも)
体内に5,000種類もの酵素があると言われていますが、どの段階でどの酵素が必要か、どの酵素を活性化させるのにどの元素が必要かは、まだ殆ど解明されていない。
なので、多種類のミネラルが配されている事が必要。単体で取り出したら害になるミネラルでも、この構造体に配してあれば無害です。(単一ミネラル症候群というのがあります)
多種類のミネラルが安定した形で存在するので、高い触媒機能を発揮できます。

情報の錯誤があるかも知れませんので、その点はご容赦願います。又、希望の命水は病気を治すものではありません。不要なものを除き、必要なものを補って、自己免疫力を高めるのを手助けしてくれるバランス生体ミネラル水です。会員制度についてはサンプル請求をしてご確認ください。

 ・・・<2回目のメール終了>・・・


 繰り返しになりますが、私は訪問者の方々に、「希望の命水」を勧めているわけではありません。
 私は飲み始めたばかりであり、2ヶ月間飲んでみて、その後に効果を判断しようと思っています。
 ただ現時点で気づいたことが一点だけあります。
 引用させていただいたメールにも書かれてありますが、私はよく夜に脚が攣(つ)ることがありました(これが実に痛い!)。それが「希望の命水」を飲み始めてから、無くなったのです。脚が攣るというのは、なんらかのミネラルが不足して起こる現象かもしれないと考えはじめています。



デトックスの試み...2019年6月16日

 日本は和食がユネスコの無形文化遺産に登録されるなど、伝統的で貴重な食文化を持つ反面、認可添加物の数の多さでは世界トップクラスという負の一面を持っています。
 彗星研究家の木内鶴彦さんはセミナーで、2004年のスマトラ沖地震の津波で日本人も犠牲になったけれど、現地の人たちは日本人の遺体は腐らないのですぐに区別がついたと言われていました。それは日本人が日々摂取する食品に含まれる防腐剤(保存料)の影響だといいます。この話は私に大きなインパクトを与えたので、今でもよく覚えています。
 以下は、「世界の裏側ニュース」さんの記事「都市伝説 日本人の体は腐りにくい?」です。

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11710228112.html


 また農薬の基準の甘さでも世界有数で、日本で栽培された野菜やフルーツは、残留農薬の多さからそのままではEUには出荷できず、輸出するには加工品にせざるを得ないという笑えない話があります。
 さらに、日本は世界最大の遺伝子組み換え作物(GMO)の輸入国というのですから、そこまでするかという気分になってきます。

 私は無添加生活を目指していますが、「目指している」という微妙な表現をしているのは、添加物を完全にシャットアウトできないからです。
 家では自炊するので可能ですが、外食すると、どうしても入ってきてしまいます。人との付き合いもありますし、仕事や旅行などの場合は外食せざるをえません。
 ということで、私の次のステップは、体内に入り込んでしまった添加物その他の毒物を、いかにして体外に排出(デトックス)するかということになります。

 そんなおり、最近本屋で見つけた『日本は農薬、放射能汚染で自滅する!?』(上部一馬著、コスモ21)に、黒雲母花崗岩から採取されたミネラルのことが載っていました。
 かなり興味をそそられる内容でしたので、抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『日本は農薬、放射能汚染で自滅する!?』、p124〜p126から抜粋開始>・・・

 ●黒雲母花崗岩は地球上の元素を含む

 鉱物ミネラルの開発者は、理学博士のS氏だ。今から数十年前のこと、日本は東京オリンピックも終わり、高度経済成長に入ったが、その裏で大地と空気、湖、河川の汚れが進み、空にはスモッグが漂い、いつも灰色だった。

 「土はぼろぼろで、植物の栄養素は枯渇。人間の身体にはガン細胞が発生するリスクが日を追って高まっている。これを防ぐには、水の溶存酸素を高め、水のクラスターを縮小して、細胞の末端にまで到達させねばならない。
 さらに、体内の汚染物質を分解して排泄しなければならない。
 同時に、ミネラル群の補給が欠かせない。ミネラル群は植物、動物、人間に至るまで万物を救出できるはずである。
 今すぐはじめないと、人類は滅びてしまう」

 このように危機感を抱いた博士が運命的に入手したのが、地球誕生以来、最古の堆積物である黒雲母花崗岩であった。
 この黒雲母花崗岩の故郷は、8000万年の歳月をかけて誕生した広大なカルスト台地だ。数億年前、日本列島が海だったとき、この台地には海藻やプランクトン、魚貝類などの古代海洋生物の死骸などが堆積した。
 その後、造山運動が始まり、海底にあったこの台地は途方もない歳月をかけて隆起し、大小20数峰以上の山々が連なる大山脈となった。この山々からは、双葉鈴木竜、アンモナイトの化石が出土している。明らかに昔、海底であった証拠を示している。
 博士は、太古の時代に生物の死骸が沈澱した海底が隆起した大地にある黒雲母花崗(学術名『Biotite Granite』)には、地球上に存在するミネラル類をほとんど含有している可能性が高いと考えた。
 問題は、その中に含有されている成分を完全に活かすにはどうしたら良いかである。博士が15年の年月をかけて行き着いた答えは、食用希硫酸で溶かし、イオン化することだった。その結果得られる”無機酸化溶媒”の原液を100倍ほどに希釈したのが『鉱物ミネラル』の溶液である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上部氏がいう『鉱物ミネラル』がなぜデトックスに有効なのかという説明が必要です。
 それは、デトックスの働きをするのは酵素で、その酵素は『鉱物ミネラル』がないと生成されないということのようです。


 ・・・<『日本は農薬、放射能汚染で自滅する!?』、p132〜p134から抜粋開始>・・・

 ●鉱物ミネラルは体内で数十万種類ある潜在酵素を活性化する

 とくに第三の働きである酵素の活躍を手助けすることについて、もう少し詳しく述べる。早い話、体内での生理作用、または化学反応は一切合切、酵素の働きなしでは成り立たないのだ。酵素なくては体内の生理作用は一切起こり得ないともいえる。
 酵素栄養学の父と称されるエドワード・ハウエル博士は、「酵素が減少するほど老化が進み、やがて酵素がゼロになることは死を意味する」と述べている。言い換えれば、「酵素は体内における化学反応の触媒であり、全ての生物反応に関与している。だから、酵素なくして生命現象はあり得ない」というのだ。
 現在、発見されている体内酵素は、タンパク質を分解するプロテアーゼ、デンプンを分解するアミラーゼ、脂質を分解するリパーゼ、糖質を分解するグルコシターゼなど5000種類ほどである。潜在する酵素は数十万種類ともいわれる。
 結論を言えば、このような体内酵素が体内で起こるすべての化学反応、すべての生理作用に関与しているのだ。
 家を建てることを想像みてほしい。柱、床板、壁、ブロック、瓦、ガラス、タイルなどの建材が必要だが、それだけでは家は建たない。これらを組み立てる大工や左官などの職人が必要だ。この職人に相当するのが酵素である。あるいは、工場にたとえれば、電気のような存在が酵素である。工場内の機器類は、電気がないことには稼働することができない。
 私たちの体の場合は、酵素なしには生命を維持することはできないのだ。そして、その酵素が働くにはミネラルの助けが不可欠なのだ。
 これまでにわかっている酵素の働きをまとめると、

◎新陳代謝の活発化作用
◎細胞の形成作用
◎自然治癒力の向上作用
◎ホルモンバランスの調整作用
◎余分の脂肪の除去作用
◎神経の正常化作用
◎血液の浄化作用
◎体内毒素の排泄作用
◎過剰な活性酸素除去作用

などである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もちろん私が大いに期待しているのは、上記の「体内毒素の排泄作用」です。
 デトックスの為には酵素が必要で、その酵素には鉱物ミネラルが必須であることはわかりました。
 ではなぜ、鉱物ミネラルをわざわざ外部から摂取する必要があるのかということになります。それは50〜60年前と比べ、農産物のミネラルは10分の1以下になったと言われているからです。
 本によると、

「50〜60年前は、どの農家も露地栽培が中心で、人糞を堆肥として活用されていたが、今は大量生産が可能なビニールハウス栽培が主流であり、窒素、リン酸、カリを主体とした化学肥料を使用している。これが、農産物の栄養素が著しく悪化した要因と思われる」

 とのことです。

 私は、上部氏がいう『鉱物ミネラル』をぜひ入手したいと思うようになりました。
 しかし本には、『鉱物ミネラル』としか載っておらず商品名がありません。スポンサー契約でもしていない限り、むやみに個々の企業の商品名は本には書けないということでしょうか。
 そんなタイミングで、九州在住の当HPの訪問者の方(この方には実際に一度お会いしたことがあります)から、私のデトックスにいいのではないかというこことで、「希望の命水(めいすい)」を紹介していただいたのです。
 これは、シンクロとしか言い様がありません。
 世の中、こんなことがあるんだと感心しました。
 「希望の命水」という怪しげなネーミングに一瞬ひるんだのですが、ネットで調べてみると、これは上部氏が言う『鉱物ミネラル』のことに違いないと私は思うようになりました。
 上部氏が鉱物ミネラルの開発者として挙げたS氏とは、嶋西浅男氏のことではないかと推察しています。
 以下は、「希望の命水」の使い方を詳しく紹介したサイトです。

https://ameblo.jp/moonpin/entry-12241039953.html

 本では、鉱物ミネラルの効能がこと細かく書かれているのですが、量が多すぎてここでは全部は紹介しきれません。
 そこで一つだけに絞って紹介します。


 ・・・<『日本は農薬、放射能汚染で自滅する!?』、p156〜p160から抜粋開始>・・・

 ●鉱物ミネラルは腸壁を正常化し、免疫力を高める

 前述した腸管免疫の機能があるお陰で、私たちの体は「体に良いものは積極的に取り込み、体に悪いものは排除する」ことができているのだ。この腸管免疫について、近年の研究でさらにその仕組みが明確になってきている。
 腸管の粘膜にある「バイエル板」がその役目を担っていることが判明したのだ。バイエル板は、小腸の下部に約180から240カ所、小腸全体でおよそ1500カ所、大腸には150カ所存在する。
 細菌やウイルスなど、さまざまな異物が腸内に侵入してくると、バイエル板の中央の凹んだ部分にマクロファージやNK細胞などが集まってきて、免疫機能を発揮するという。
 ガンの治療でも、腸壁を正常化し、バイエル板が機能しやすくして免疫機能を高めることが重要になってくる。国内で末期ガンでも高い治癒率を誇る「ガーデンクリニック中町」(世田谷区)で行なわれる療法でも、このことが重視されている。実際には、ファスティング(断食)することで小腸に蓄積した有害物質を排泄する食養生が行なわれている。その後、温熱療法、善玉菌を増やす乳酸菌サプリや生ジュースなどの摂取も行なわれる。これらはすべて腸管免疫を活性化するためだ。
 ある著名な大学医学部で、鉱物ミネラルを使った臨床を続けた結果、高い治癒率を示したといわれる。そこで内視鏡を使って腸内を検査すると、腸壁がキレイになっていることが判明した。このことは、鉱物ミネラルが腸管免疫を高める働きをしていることを示していると考えられる。
 とは言え、国内の大学病院やがんセンターに入院した場合、抗ガン剤が未だにほとんどのケースに使用されるのが現実だ。
 「統合医学医師の会」の元会長である宗像久男氏は、
 「抗ガン剤を使うと言われたら患者は”それを使って私のガンは治るのですか” ”先生はどれくらいガンを治してきたのですか”ぐらいは、怒鳴られようが、出て行けと言われようが最低問うべきです。何も言わないから、医師は増長するのです」と患者の姿勢にも問題があることを指摘している。
 海外では、抗ガン剤を使うと、逆にガン細胞を増殖させてしまうというのが常識だ。常識が通らないのが、日本の医療界なのだ。筆者は最近まで、人はなぜ医師になるのか、その動機が何かを知らなかった。信じられないが、儲かるので医師になるという動機も大きいことがわかった。
 WHOが2014年5月、抗ガン剤の害毒性を認め、加盟国に使用禁止を通達した。欧米諸国では、抗ガン剤の使用は徐々に減りだしてきたようだ。
 ガン死増加に歯止めをかけ、ガン死が毎年3000人ずつ減少している米国では、抗ガン剤や放射線を使う西洋医学一辺倒の療法に、栄養療法や運動療法、サプリメント療法などを加えて免疫を高める療法に転じたことが奏功している。
 ”日本の常識は世界の非常識”でもあるのだ。
 前述したように、鉱物ミネラルには腸壁を正常化して免疫力を強化する作用があるので、ガンの代替療法に欠かしてはならない武器と言える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は早速「希望の命水」を注文しようと思ったのですが、2リットルで10800円という値段に、一瞬たじろいてしまいました。
 めっちゃ高くないかと思ったのですが、1日で30mlぐらいが基本だといいます。だとすると、2リットルで2ヶ月以上もつことになります。
 ひと月に5千円程度だとすると、普通のサプリの値段とあまり変わらないかもしれません。
 30mlを5〜10倍に水で薄めて飲むのですが、レモン水のような酸っぱい味がしました。

 この「希望の命水」を飲んで、私の体調が良くなったのでお勧めしますということではありません。まだ飲み始めて1週間なので、効果を言うには早すぎます。
 どれほどの効果があるか未知数ですが、元気が増した気がしていて、今のところ感触はいいです。とりあえず、しばらく続けてみようと思っています。



『ワンネスの扉』(2)...2019年6月10日

 今回は5月20日の記事『ワンネスの扉』の第二弾です。
 前回はジュリアン・シャムルワ氏のワンネス体験がどのように起こったかを紹介しました。
 今回は、ワンネス体験についてさらに掘り下げます。
 ジュリアン・シャムルワ氏は、あまりに頻繁に起こるワンネス体験に生活に支障をきたすようになります。スーパーに買い物に来ているときにワンネス体験が起きて、感動で涙を流すというのは、周りの買い物客からすれば普通の人には見えないでしょう。特に周りの目を気にする傾向の強い日本人であれば、不審者として警察に通報されかねません。
 そこでジュリアン・シャムルワ氏は、以下の2点を調べようとします。

・ワンネス体験を起こすきっかけとは何か

・ワンネス体験を終わらせるきっかけとは何か

 これらがわかれば、ワンネス体験を自分でコントロールでき、街中で困った事態になることを防げると考えたのです。

 今回も、『ワンネスの扉』(ジュリアン・シャムルワ著、ナチュラルスピリット)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『ワンネスの扉』、p102〜p108から抜粋開始>・・・

 感動の花

 日に二、三回ものワンネス体験。なぜこんなにも頻繁なのか。何か意味があるのではないか。僕自身がワンネスを起こしているわけではないから、誰かがこの体験を通して何かを知らせようとしているのだろうか。僕はこの体験が何を意味するのかわからず、あれこれ想像をめぐらせた。仏教でいう悟りの境地なのか、彼らからメッセージを受け取るための手段なのか、それとも宇宙を旅する方法なのか。そもそもどうしてワンネス体験が起こるのだろう。ワンネスがスピリチュアルな体験における最高の理想状態なのだろうか。
 だとしたら、日常の些末なことはもう出来なくなってしまうのか? 生きていくには仕事をしてお金を稼いだり、食事もしなければならない。友達と屈託ないおしゃべりもしたいし、パートナーとも一緒に過ごしたい。もしワンネス体験が最高の理想状態だとして、そのワンネス体験がもっと増えていったら、そんな三次元的な生活はあきらめなければいけないのだろうか……? 次から次へと疑問は湧いてくるばかりだった。
 なにより僕を悩ませたのは、人前で起きるワンネス体験だった。回を追うごとに体験は深くなり、たとえ一瞬でも感動のあまり膝が崩れ、涙があふれてしまう。公の場所ではとても困った。てんかんを患う人の気持ちが少しわかるような気がした。突然起こる発作を恐れる気持ち。大きな心配の種に違いない。まずはワンネスが突然起こるのを止める方法を見つけなくては、と思った。人前でいきなりこの感覚が起こって困惑するのを避けるため、ワンネスがふいに起こっても自分の意思で止められるようになろうと僕は決意した。
 すでに繰り返しワンネスを体験していたので、パターンはなんとなくわかっていた。観察を通して気づいたのは、ワンネスの最中にその体験を記憶しようとすると体験が終わる、ということだった。つまり脳を使えば、スイッチを切るようにワンネス体験を終了させることができたのだ。
 次に、どのようにしてワンネスの感覚が生じてくるのかを突きとめる必要があった。なぜ突然現れるのか。きっかけは何か。それがわかれば、ワンネスが急に起こるのを防げるのではないか。僕は感覚が生まれる前兆−−つまりワンネス体験のきっかけ−−をとらえようと全神経を集中して観察した。
 ワンネスの感覚が生まれるたび、その直前の要因を見つけようとしては何度も失敗した。それでは遅すぎたのだ。思ったほど簡単ではなかった。感覚が出てきた時点ではもう遅い。まさに発生する瞬間の兆しを観察できないと、何がワンネス体験のきっかけなのかわからない。一度も見つけられないままに日が過ぎていった。ワンネスの兆候をとらえるのが遅すぎて、感覚が生まれるたびに失敗したことに気づかされた。
 そんなある日、手紙が届いた。
 僕は数年前から、アフリカの子どもたちの教育の機会を普及させるNGOの支援活動に参加していた。毎月いくばくかのお金を送ると、アフリカの子ども一人が学校に通うことができる。ときどき、その子どもの様子や成績を知らせる手紙が届くことになっていた。受け取ったのはその手紙で、支援している子どもの写真も入っていた。手紙を読んでいるうちに感動が起こり、写真を見た瞬間、ワンネスの兆候が始まった。
 これだ!
 感覚の生まれる瞬間をとらえた。はじめてだった。相手に対する共感、自分のことのように人を心から思う深い気持ち。そこからワンネス体験が起こっていた。そこからすべての人に対する愛が生まれる。思えばそれは至極当然のことだった。相手のことを自分のように感じ、考えること。相手との境目がないこと。人と一体になっている瞬間だ。
 そして共感からワンネスへと発展するには、もう一つ必要な要素があった。それは高い波動−−宇宙人が訪れるときぐらいの−−だ。それにはどうすればよいかと考えていると、以前の体験からヒントが見えてきた。"訪れ"が頻繁だった頃、クラシック音楽や高音域の音楽を避けていた。そういう音楽を聴くと、気配がより強くなったからだ。つまり、そういった音楽には波動を高める効果があるということだ。
 共感と、高い波動を呼び起こす音楽。この二つの要素を避ければ、突然ワンネスが起こることはない。それがわかって嬉しくなった。
 すると、逆にこれらの要素を使えば、それまで突発的に起こっていたワンネスを意識的に引き起こせるはずだという考えが浮かんだ。2秒考え、さっそく実行に移してみた。
 音楽を用意し、先日の手紙をもう一度読んだ。共感、その子への愛おしさがこみ上げてくる……出た! ワンネスの感覚が生まれた。それが深いワンネス感覚に発展しそうになる直前、脳で記憶しようと試みた。すると感覚は止まった。終了だ。
 これは重要な学びだった。ワンネスは脳では体験できないばかりか、逆に脳はワンネスの邪魔になる。判断をいっさい介入させず、ただ観察する姿勢でなければ、共感からワンネスへと発展することはない。意識の働く場所を、脳からハートに移す必要があるのだ。
 こうしてワンネス体験を起こす要素がわかった。あとで述べるように、まずベースに「魂の合意」がなければならないが、そのうえで次の三つが必要となる。

・共感
・高い波動
・観察に徹する姿勢(頭ではなくハートで感じる)

 この三つの要素がそろうと、感動の花が咲きはじめる。この感動の花がワンネス体験への扉になる。扉が開くと、そこは無条件で無境界の愛の世界。その愛に包まれていると、ついには自分が愛そのものに溶けていく。愛と宇宙と自分の区別がなくなり、自分自身も自我のない「わたし」になる。宇宙も、個々の銀河や恒星や惑星で構成される宇宙ではなく、愛そのものの宇宙となる。「宇宙=愛=わたし」が一つに融合したものとして存在する。
 僕はさっそくワンネスを呼び起こしてみた。ワンネスの感覚を楽しみたかったわけではなく、もっと幅広く見て深く理解したかったからだ。波動が上がると、理解の度合いは大きく広がる。スピリチュアルな次元にアクセスでき、多種多様な情報が流れ込んでくる。人間として生きている「今」がずっとクリアに認識できるようになる。波動を使ってフォーカスを今に合わせたことはあったが、今度はワンネスの誘起でそれをしてみようと思った。
 音楽を流し、アパートの部屋の窓辺に立って外を歩く人々を見つめ、彼らと一体になるよう心を整えていった。すると共感の気持ちがわき上がり、感動という花が咲きはじめる。感動の花が開いたら、その感覚でハートを満たし、存分に味わう。通常の感動をはるかに超えたレベルの感動に達し、一瞬にして地球上すべての生きものと一体になるのを感じた。このとき、身体のなかを何かが少しずつ上ってくるような感覚があった。へそから心臓のあたりにかけて、その通り道まで見えるようだった。
 ありとあらゆる生きものと一体になる感覚は素晴らしかった。一人ひとりがしていること、感じていること、それぞれ違う場所、違う方向で人々が体験していること、そのすべてが自分のことに感じられた。見えている世界が一気に濃く全方向に広がる。美しいビジョン! 思い出すだけで鳥肌が立つ。そのビジョンが訪れるのは一瞬だけ。次には宇宙との一体感がやってきた。
 これがはじめて自分でワンネスを誘起したときの体験だった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジュリアン・シャムルワ氏はワンネス体験を起こすものとして、「共感」、「高い波動」、「観察に徹する姿勢」の3つを挙げました。
 「共感」、「高い波動」は誰しもなるほどと納得すると思いますが、最後の「観察に徹する姿勢」というのは、非常に重要なヒントではないかと思います。
 「観察に徹する姿勢」というのは、起きている現象に対してジャッジしないということだと思います。
 ジヤッジしないということは、善や悪、良い悪いといった審判を下さないということです。
 それは善、それは悪などと思った瞬間、ワンネス体験は終わってしまうということでしょう。社会的通念では、善に徹することが推奨され、悪いことはやってはいけないとされています。でもそういった観点から見ることは、ジャッジを下すことです。
 ゲリースクール時代にゲリーさんに何度も言われたことは、「ジャッジするな!」でした。
 ゲリーさんも理由はわからないけれども、ジャッジするとスピリチュアルな体験はできないと言っていました。
 もちろん私にもその理由はわかりませんが、私達が住む宇宙がそういうメカニズムで創られていると理解するしかないようです。
 しかしジャッジしないからといって無関心というわけではありません。「共感」という言葉が示すように、人の喜びや悲しみなどの感情まで一緒に体感するのです。しかし、それに対し一切のジャッジはしません。それが「頭ではなくハートで感じる」ということだと思います。

 私はサアラさんの西洋占星学の授業を受けているのですが、そこで第12ハウスの位置に相当する魚座の特徴を自分の言葉で表現するという課題がありました。
 私が書いたのが以下です。

 「人の痛みを自分の痛みと感じ、人の喜びを自分の喜びと感じることができる強い共感力を持つが、苦しみや悲しみを解決する意図はない。あらゆる事象に対し、善悪、良い悪いのジャッジをしない。そこに起きている現象を霊的な視点を持って、ただじっと観察する」

 私が書いた魚座の特徴は、まるでジュリアン・シャムルワ氏の「観察に徹する姿勢」を表しているように思えたので紹介させていただきました。

 次に、ジュリアン・シャムルワ氏がワンネス体験よってガイア(地球)の叫びを体感したものを紹介します。


 ・・・<『ワンネスの扉』、p108〜p110から抜粋開始>・・・

 ガイアの叫び

 ワンネスを起こしたとき、宇宙との一体感ではなく、地球の叫び声を聞いたことがある。音とイメージ、そしてガイアと呼ばれる地球そのものの喜びと悲しみが混ざった叫び。その深さと強さに心が引き裂かれた。僕たち一人ひとりが地球を損なう選択と行動をとり、地球はスズメバチに刺されたような痛みを感じて叫んでいた。地球環境に対する人間の破壊行為や汚染、動物たちへの殺戮や虐待、それらを地球は痛みとして感じていた。地球はその痛みを避けようにも逃げ場がない。地球上ほとんどすべての場所に人間が存在しており、全身をウイルスにやられているような状態なのだ。同時に、地球上に存在する生態系の崩壊が進んでいるのが見えた。地球の生態系は死につつある。命あるものが消えようとしている。そのことも地球にとって大きな痛みだった。
 このときの体験は脳で記憶しようとして終わったのではなく、あまりにも激しい心の痛みでとつぜん途切れた。張り裂けた心は地球の悲鳴に耐えられず、ワンネスから引き戻されたのだった。
 この体験で観察したことのリストは次の通り。

・地球は生きている。

・生態系の存在。

・地球の叫びは、音とイメージと痛みの感覚の混ざった波動とともに全宇宙に拡散している。この波動を受け取れる宇宙存在は、どれだけはるか彼方にいようと、この地球の叫びが聞こえているに違いない。

・僕という生物も生態系の一部として、地球に対して行っている破壊行為を自分の痛みとして感じる。

・地球上の生態系が少しずつ崩壊している。だが地球自体が死ぬわけではなく、生態系だけが消滅する方向に進んでいる。

・生態系の崩壊は悲しい。と同時にそれは美しい。なぜなら生と死は大きな「いのち」の営みのひとつ。たとえ今の生態系が消え去ったとしても、また新たな命が再生される。生と死、創造と破壊、どれも同じ現象の一面だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうしたガイアの叫びが本当だとすると、そんな状態が今後もずっと続くとは考えにくいと思います。
 今は人類の意識の大転換期であると同時に、地球もまた大転換期を迎えており、私は人を不安にするようなことは言いたくないのですが、近いうちに人類全体を巻き込むような天変地異が起こるのではないかと危惧してしまいます。
 訪問者の方々は、どのように思われるでしょうか。



「水輪」のストーンサークル...2019年6月3日

 最初に、タイトルとは直接には関係のない霊的世界に関する私の持論をします。
 急いでいる方は、「ドランヴァロさんのストーンサークル」から読んで下さい。


本物サイキックと偽物サイキック

 私は、人間とは霊的な魂が物理的な肉体という乗り物に入って、この地球という3次元世界を体験している存在だと理解しています。
 それゆえ、本質は魂の方であり、魂が「私」という意識の源だと思っています(脳ではなく)。
 そうした前提に立つと、人は大なり小なり霊的な側面を持っており、単にそれを意識するかしないかという違いだけだと言えます。
 どんな人でも、虫の知らせとか、なんとなく予感めいたものを感じていたら、実際にそれが起こったという体験があると思います。そういった体験が全く無いという人は、ほとんどいないと思います。ただし、別次元を全否定する人もいて、そうした人は錯覚とか偶然という言葉で自分を納得させるのでしょう。つまり本人の理解がどうであれ、また程度の差こそあれ、人には霊的な能力があるということです。そうした霊的能力を仕事としている、あるいはお金を得ていなくても、霊的能力を使って人々の為に尽力している人をここではサイキックと呼ぶことにします。このようにサイキックとは、一般の人々より、やや霊的能力が高い人をいうのであり、人間性(人格)の高さとは関係のないものだと私は解釈しています。

 では、本物サイキックと偽物サイキックの違いは何かということになります。
 私は、それはポジティブかネガティブの違いだと理解しています。私のポジティブとネガティブの解釈は、以下です。

・ポジティブ...人をコントロールしない
・ネガティブ...人をコントロールしようとする

 ポジティブなサイキックは、クライアントをコントロールしようとしません。クライアントの質問に対し、真実(あるいはクライアントの成長に有益なこと)のみを伝えようとします。そうしたサイキックの特徴は、セッション代がリーズナブルなことです。お金儲けの為に霊的能力を使っていないからでしょう。というより、お金儲けに興味が無いように見えます。
 ネガティブなサイキックの特徴は、人をコントロールしようとすることです。
 その目的は、ずばりお金儲けです。
 クライアントを、どんどんセッションを受けさせる方向に持っていこうとします。あるいは、さらなる高額のセッションを受けさせるように誘導します。実際の手口は、クライアントに、あなたは偉大な魂であると言って誉めそやしたり、もうじき白馬に乗った王子様が迎えにくるといった、ありもしない夢をみさせることです。人をコントロールして洗脳する為に、真実を言わないどころか、時として嘘を付くことすらあります。
 このように、霊的能力をどのように使うかによって、本物か偽物かに分かれていくと私は考えています。こうした観点からサイキックを観察すると、意外と簡単に、本物か偽物か見分けがつくのではないかと思っています。


サイキックの大半は偽物!?

 私は以前、ある人から、「僕は、世の中の(サイキックの)ほとんどは偽物だと思いますよ」言われたことがあります。
 私はそう言われた時、内心「たぶん、それは本当なんだろうな・・・」と妙に納得していました。実際にそういう事例を体験したことがあったからです。
 こんなことを書くと、私は日本中のサイキックから大目玉を喰らいそうです。
 ただ私自身は、本物のサイキックと思われる人に何人も会っており、それが全体の何%かという率はわかりませんが、実際に活動されていることは知っています。
 私が本物のサイキックだと思っている一人が、ドランヴァロ・メルキゼデクさんです。
 私はドランヴァロさんとは直接の面識はなく、ドランヴァロさんのセミナーに参加したり、ドランヴァロさんの本を読んでいる程度ですが、直観的にもドランヴァロさんは、本物のサイキックだと信じています。


ドランヴァロさんのストーンサークル

 ドランヴァロさんが世界中にストーンサークルを作ったという話は、本の情報かセミナーか忘れましたが聞いていました。
 また、その一つが日本にあるという話も聞いていました。
 ただ、それが何処かわからなかったので、行ってみたいという希望を持ちつつも、今日に至っていました。
 それがネットサーフィンしている中で、偶然見つけたのです。
 以下の藤田理恵さんのサイトに情報が載っています。

https://ameblo.jp/unleash-rie/entry-12272241989.html

 (ちなみに藤田理恵さんは、私がサアラさんのスクールで通っていた時の同級生です。ただ同級生でも、藤田さんとは全く話したことがなかったので、たぶん藤田さんは私のことを覚えていないと思います)

 長野県の飯綱高原に「水輪(すいりん)」という宿泊施設を備えた施設があり、その敷地内にドランヴァロさん(一行:総勢70名)が作ったストーンサークルがあるといいます。

http://www.suirin.com/therapy/02stonecercle/stonecercle.html

 宿に泊まれば、誰でもストーンサークルを観たり体験できるといいます。
 私は、実際に行ってみることにしました。


ドランヴァロさんが張ったエネルギーフィールド

 私は「水輪」に行くにあたり、一抹の不安を抱えていました。
 上記のサイトには、ストーンサークルを中心として半径200mの球体状のバリアが張られているといいます。その空間には、聖なる魂の持ち主しか入れないという、恐ろしいことが書かれていたのです。
 はたして、私は入れるのかと不安がよぎっていました。
 私のような俗世間の垢にたっぷりまみれた、うらぶれおじさんでも大丈夫だろうか、という思いです。どうみても私は聖なる魂の持ち主とは言い難い・・・、ウウッ。
 でも入れなかったら、それはそれで良い経験かもしれないと思うことにしました。

 私はストーンサークルにも興味はありますが、ドランヴァロさんが張ったエネルギーフィールドにも大いに興味があったのです。
 ドランヴァロさんが張ったエネルギーフィールドとは、マカバ・フィールドに間違いないはずです。
 マカバ・フィールドは、『フラワー・オブ・ライフ T、U』(ナチュラルスピリット刊)に詳しい解説が載っていますが、誤解を恐れず簡単に言えば、人間の周りにある複数のエネルギー・フィールドの集まりで、一般の人はこのフィールドが回転していないと言われています。
 このマカバ・フィールドが回転するようになると、それが乗り物となって何処でも行けるようになるといいます。さらに地球の次元を超えて、別次元にすら旅行できるようになるといいます。そうした段階に達した人は、自分の体以外にも自由にマカバ・フィールドを創造でき、好きな場所に設置できるというのです。
 こうしたマカバ・フィールドを日本語で言えば、結界ということになるのだろうと思います。

 『フラワー・オブ・ライフ』では、マカバ瞑想でマカバ・フィールドを回す方法が書いてあります。しかし今は、ハートの聖なる空間に入り、さらにタイニィスペース(さらに小さな空間)に入って、マカバを活性化(回転させる)方法が推奨されています。
 ドランヴァロさんが世界中で展開しているATIHというWS(ワークショップ)は、このハートの聖なる空間のタイニィスペースに入ることを目指すものです。
 私はドランヴァロさんのセミナーやATIHのWSに参加して、何度もマカバ・フィールドを創造する試みをしてきました。しかし実際には、今の私にはマカバ・フィールドを創造する能力はないだろうと思っています。
 それだけに、ドランヴァロさんが張ったマカバ・フィールドを体験してみたいという思いがあったのです。


「水輪」のパンフレットから

 「水輪」に宿泊し、ストーンサークルのワークを希望する(費用は500円)と、ストーンサークルに関するパンフレットがもらえます。
 その中から、ドランヴァロさんが作ったストーンサークルに関する記述を抜粋して紹介します。
 「水輪」を作ったのは、塩沢さんご夫婦で、以下の文は塩沢さんのご主人によって書かれたものだと思います。


 ・・・<『水輪にあるストーンサークルのいわれ』から抜粋開始>

 水輪にあるストーンサークルのいわれ

 中庭にあるストーンサークルは1996年アメリカインディアンの血筋を受け継いだドランバロ博士一行により造られたもので、メディスンホイールとも呼ばれています。
 ドランバロ博士によればネイティブインディアンの言い伝えとして「世界12カ所にこのストーンサークルを作りなさい」というメッセージがあり、日本では長野県の戸隠地籍にこの聖なる場所があるはずだと言うハワイに住むリチャード氏からの示唆により水輪で7日間宿泊し、毎日戸隠に出かけ場所探しをされました。
 おりしも私の一人娘の早穂理はドランバロ博士がくる1か月前から重篤な肺炎に罹り長野日赤に入院しており、私たち家族は水輪にはおらず、水輪の会員たちによってドランバロ博士一行の接待をしていました。一行はアメリカから35人、日本のサポーターが35人と全員で70名という大所帯でした。
 ドランバロ一行は毎日お弁当をもって戸隠へ場所探しに行ったのですが、東西南北の精霊とは交信できるのですが天地の精霊とは繋がらないということで7日目になって戸隠ではないのではないかということで明日には帰国しようという話になったところ、参加者の一人が「水輪の庭でやってみよう」と提案したところから、この中庭で儀式を始めたのです。
 全ての精霊と繋がったということで長野日赤に電話があり「どうしても帰ってきてほしい」との依頼がありましたが早穂理はすでに数時間の命だと医師には宣告されており、断ったのですが30分ほどして再び電話があり、ほんの少しの時間で良いので帰ってきてほしいとの強い依頼がありました。私が帰ってくると水輪のホールの「まほろば」で皆が待っており、私がなぜ帰ってこなければならないのかとの質問に対し「このストーンサークルの儀式が完了するとあなたたちの将来に重大な事が起こってくるので直接許可を頂かないとこれから先の儀式が進められません」との話でした。この重大な事とは次のような話でした。「このサークルが出来てしまうと、ここ水輪には魂の清らかな人しか来られなくなってしまいます。お金がたくさん入ってくることはありません。それでも許可をして頂けるようなら作らせて下さい」と言われたのです。私たちはもともとお金儲けをしたくて飯綱に来たわけではなく、自分たちの人格や心を高めようと思ってきたわけですので、心よく承諾したのです。
 それから10年過ぎ全世界に12カ所のサークルを作り終えてアメリカで報告会を開いた時に日本の戸隠に作ったサークルが最もエネルギーの高いものであるとの話をされましたが、ここは戸隠ではなく飯綱なのに‥・と少々心に引っ掛かるものがあったのです。
 ところが2010年に戸隠の神主である宮澤氏に開いたところ、江戸期までは水輪の場所は戸隠地籍であったとのこと、七曲を上がったところにある飯綱神社総社の神主である仁科氏が時の幕府の家老をしていた松代津の真田氏と佐久間象山を使って戸隠神社から飯綱神社のものにしてしまったので飯綱という地名になってしまったけれど、もともとは戸隠地籍なのでドランバロ博士の言っているように戸隠に作ったということで正しいとの話でした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで紹介したのは、ストーンサークルのいわれの部分です。
 実際にストーンサークルに入ってワークを行うには、決められたやり方があり、それはパンフレットを購入していただければ、そこに書いてあります。

 素敵な情報があります。
 決められた手順でストーンサークルに入ると、最後に願い事をするタイミングがあります。
 藤田さんのサイトによると、「願い事は2ヶ月以内に叶うって、塩沢さんが言っていた(かな?)」だそうです。
 ただ私の解釈ですが、「水輪」にはもう一つ、ダマヌールの人々が作ったサークルがあり、そのサークルでワークすると、自分が知りたいことや疑問に思っていることに対し、2ヶ月以内に答えが来るといいます。
 藤田さんは、このダマヌールの2ヶ月をドランヴァロさんのストーンサークルと結び付けられてしまったのではないかと思っています。
 願い事が2ヶ月で叶うなんて、さすがにそんな虫の良い話はないだろうなというのが私の正直な感想です。
 ただ私は、ドランヴァロさんは嘘をつくような人ではないと思っているので、願い事が叶うというのは、時期は別として本当ではないかと期待しているところです。


ドランヴァロさんのマカバ・フィールドに対する私の考え

 ドランヴァロさんが「水輪」に張ったマカバ・フィールドにもかかわらず、私は「水輪」内に入ることもできたし、ストーンサークルでのワークも行うことができました。
 心の清らかな人しか入れないはずの「水輪」に、私が入れてしまったのです。
 これは私の解釈ですが、どんな(心が清らかでない)人でも「水輪」に入ることもできるし、ストーンサークルでワークを行うことも可能だと思うのです。
 ただし、心が清らかでない人は、そもそも「水輪」に興味を持たないし、一度来ても二度と来ようという気が無くなるのではないかと思うのです。ましてやストーンサークルでワークを行うなんて発想すら浮かばないのではないかと思うのです。つまり「水輪」と縁が無いということです。これこそドランヴァロさんが張ったマカバ・フィールドの効果ではないかと思うのです。


私の「水輪」滞在記

 ネットで「水輪」のことを調べてみると、食事が美味しくて、その食事の美味しさと癒しが目的で「水輪」を訪れているといった書き込みがありました。
 私はこうした書き込みをあまり信じない方なのですが、実際に「水輪」に泊まってみて、食事の美味しさに感動したことをお伝えしたいと思います。
 私は無添加生活を目指しているので、野菜はできるだけ有機のものを買うようにしています。しかし「水輪」の野菜は、その一般の有機野菜より、美味しいと感じました。
 野菜の味が濃いという感じとともに、一品料理の味付けが本当に素晴らしいと感じたのです。
 私は全然グルメではないのですが、出される料理はどれも本当に美味しかったです。一流のシェフを雇っているわけではないと思うのですが、なんでこんな美味しいのか不思議です。
 これは、ドンンヴァロさんのマカバ・フィールドのおかげではないかと思ってしまいました。
 「水輪」の広大な敷地内(18000坪)で野菜を作っていて、その取れたて野菜を料理として提供しています。マカバ・フィールド内で育った野菜は、味が違ってくるのではないかと思ったのです。
 その証拠に私が美味しくないと感じたのはアユの塩焼きです。
 さすがにアユは「水輪」内で養殖していません。身が少ない上にパサパサで、お世辞にも美味しいとは言えないものでした(魚料理は出ますが、肉料理は一切でません)。
 あと、お風呂に入る時間なども指定されます(もちろん希望は聞いてもらえます)。
 これは各部屋にお風呂が付いているわけではないので、仕方ないのかもしれません。
 私は全然気になりませんが、気にする方もおられるかもしれません。

 また、「水輪」に泊まったら必ず受ける洗礼に関してお伝えします。
 夕食の途中で、若者による、よさこいソーラン節のパフォーマンスがあります。「水輪」では、全国から自閉症や統合失調症の子供たちを集めて社会復帰の為の教育を行っています。よさこいソーラン節は、そうした子供たちの為のクラブ活動のようなものらしいです。
 私が泊まった日は、なんと宿泊客は私一人だけでした。
 塩沢さんによると、宿泊客が60名だろうが1名だろうが、若者のよさこいソーラン節のパフォーマンスは行うそうです。
 私一人の目の前で、凄まじい音量の太鼓と共に20名近い若者の気迫溢れる一矢乱れぬ踊りが展開されたのです。
 終わった後は、放心状態という感じです。
 いやはや、ひどい目に遭った(失礼(笑))。


○写真

 以下は、ドランヴァロさんのストーンサークル(左)と、ダマヌールの人々が作ったストーンサークル(中)です。
 (右)は、「水輪」内にある広大な農場の一部です。


  


 「水輪」はたしかに別世界だという印象がありました。
 それはドランヴァロさんが張ったマカバ・フィールドのせいか、元々の土地が持つエネルギーのせいなのかわかりません。たぶん、両方なんでしょう。
 バス通りから「水輪」に向かう道に入るのですが、その道がゆるやかな上り坂になっています。そして道の両側に別荘がポツポツと建っていて、下り坂になります。
 つまりバス通りから「水輪」は見えないのです。地形上も、「水輪」は別世界となっています。
 私は、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』を思い出してしまいました。
 映画の冒頭で、家族が森の中に迷い込んでしまい、トンネルを抜けると黄泉の国が広がっているシーンがありました。
 映画のようにトンネルはありませんが、別世界に行く雰囲気はあります。

 最後に注意事項ですが、「水輪」ではタバコは吸えません。
 タバコ禁止というのは、イタリアにあるダマヌールの施設と一緒です。
 お酒はオーケーです。塩沢さんによると、お酒も癒しの一つだそうです。
 「水輪」からバスで20〜30分で戸隠神社に行くことができます。
 戸隠への旅行を計画されている方で、美味しい食事と癒しを求めている方には、「水輪」はお勧めだと思います。



私の「無」放射能生活...2019年5月25日

 今回の記事は、2019年4月8日の「今、そこにある危機」の第2弾です。
 「今、そこにある危機」の中で私は、数年前から頭の毛が頭皮ごと剥がれてしまう症状に悩まされていると書きました。
 髪が部分的にごっそり抜け、円形脱毛症が3つもあるという有様になってしまいました。
 その後、驚くべき変化があったので報告します。
 体内に放射能を摂り入れないようにしたら、その症状がピタリと無くなったのです。
 症状が無くなったどころか、少しずつ新たに髪の毛が生えてくるようになりました。さらに、その髪の毛は以前と比べて太く黒くなり、本来はこんな髪の毛だったのかと感心しています。
 徐々に髪に生命力が出てきた感じです。
 原因は放射能だったのです。
 ついに長年の謎が解けたという思いでした。
 この記事を読まれている訪問者の方々の中で、髪の毛が抜ける症状に悩まされている方もおられるかもしれません。若い女性で、薄毛に悩まれている方が多いと聞いたことがあります。そういう方は、放射能の影響を考慮されてみてはどうでしょうか。
 女性の場合、放射能の汚染源は乳製品の可能性が高いと思います。
 福島第一原子力発電所(以下、フクイチ)近くの農場で生産された牛乳は、ほとんどヨーグルトやチーズといった乳製品に加工されるといいます。乳製品を毎日食べている女性は多いはずです。そうした方は、例えば北海道の農場で育てられた牛から作られたヨーグルトやチーズに替えてみて下さい。あるいは、ちょっとお高めで知られる「成城石井」で売っている外国産のチーズを替えてみるという手があります。私はチーズが放射能の汚染源かどうか確かめる為に、ヨーロッパ産のチーズを毎日食べるようにしています。ついでに言うと、「成城石井」で売っているオランダ産のゴーダチーズは、300gで540円と、日本産よりも安いぐらいの価格なので、試しやすいと思います。

 これから私が考えた放射能に関する話をしていきますが、私が実際に体験したもの以外は、私の推測となります。
 推測ですから、「これは、お前の勝手な妄想だ!」と決め付けていただいてもいっこうに構いません。
 そもそも私が記事を書くのは情報の提供が目的で、読んだ方がその情報をどのように使うかは全く関知しない方針です。実際のところ、この記事の内容を読んだ方の多くは、私の誇大妄想と思われるでしょう。しかし中には、直感でビビッと来る方もおられるかもしれません。私は、そうした方の為に記事を書いていこうと思っています。

 最近、フクイチの放射能のニュースを聞くことは、めっきり少なくなくなりました。
 まるで放射能の問題など無くなったかのようです。
 しかし事実をおさらいすると、けっしてそんなことはないことがわかります。
 1986年に起こったチェルノブイリの原発事故は、1週間で石棺に成功して収束しました。それにも関わらず、30年以上経った今でも半径30km圏内は立ち入り禁止となっています。
 フクイチは、8年経った今でも3基の原子炉に近づくことさえできず、放射能がダダ漏れ状態です。東京電力の廃炉計画は2050年代です。これから30年以上も、こうした放射能ダダ漏れ状態が続きます。当時、人類最大の放射能汚染と言われたチェルノブイリを、遥かに凌駕する規模の汚染が続いているのです。私達の生活に関係ないことなど有り得ない話です。
 安倍首相はオリンピックほしさに、フクイチはアンダーコントロール(管理下)であると世界に向かって宣言しました。原子炉に近づくことさえできず、放射能がダダ漏れ状態を、アンダーコントロールとは言いません。私は、安倍首相は世界に大嘘をついた日本の政治家として、長らく歴史に名を残すだろうと思っています。

 キーワードはストロンチウムと内部被曝です。
 聞きなれたセシウムではありません。
 原子炉事故により、様々な放射性核種が出ましたが、放射性セシウムはその放射性核種の1つに過ぎません。また放射性セシウムは電磁波(ガンマ線)の外部被曝であり、ある意味で一過性ですが、放射性ストロンチウムはベータ線(高速の電子の流れ)であり体内に入った場合(内部被曝)、その深刻さは桁違いと言われています(注1)。そうした理由により、放射性ストロンチウムの毒性は放射性セシウムの数百倍と言われています。
 ストロンチウムはセシウムよりはるかに水に溶けやすく、フクイチ近辺から地下水脈を通じて、広く拡散していると言われています(現在進行形です)。
 それゆえフクイチがある東北の南部と関東圏にある食品メーカーで作られる加工食品の中には、地下水を汚染源として放射性ストロンチウムが含まれている可能性があります。
 ただしこれはロシアンルーレットだと私は思います。
 地表からは、地下水がどのように混ざり合っているか全くわかりません。安全なものも多いと思いますが、汚染されているものがないとは言い切れないのです。
 また関東圏の水源の汚染もあると思います。
 前回の記事「今、そこにある危機」で紹介した水道水のセシウムの汚染状況ですが、一番高い数値で、2017年9月の東京都葛飾区のセシウムの濃度値571.84Bq/kg(ベクレル/kg)でした。
 通常、飲料水の安全基準として10Bq/kgと言われているので、この数値は異常に高いものです。
 農林水産省の見解として、ストロンチウムの濃度を測定しないのは、セシウムの濃度の10分の1程度と見積もっているからだといいます。
 かりに農林水産省の見解が正しく、セシウムの10分の1程度の量だとしても、その毒性がセシウムの数百倍であったら、気休めにもなりません。
 私は水源が放射性ストロンチウムに汚染されているのは確実とみています。
 そうでないと、J天堂大学のS医師が指摘したように、関東圏の住民の2人に1人が放射性ストロンチウムに汚染されているという事実が説明できないと思うからです。
 政府はセシウムは基準値を設け検査もしているのに、ストロンチウムに関しては基準値すら設けようとしません。セシウムの数百倍の毒性があるのに基準値すら設けないというのは、異常としか言いようがありません。
 この理由として当初政府は、ストロンチウムの検査は3週間以上も掛かると言い訳していたそうです。しかしアメリカのスリーエム社が1週間でできる検査方法を開発したにもかかわらず、実施しようとしません(注2)。私は政府は、実際はストロンチウムの数値を握っていると思っています。しかし発表できないのだろうと思います。発表すれば、来年の東京オリンピックは100%中止に追い込まれるでしょう。さらに東北南部や関東圏に住んでいる人はパニックになって、大混乱に陥りかねません。首都機能もマヒするかもしれません。発表できないのが実情だと推測しています。
 先日、鳩山元首相が、海外のマスコミで東京オリンピックのことを「放射能オリンピック」と報道していると指摘して、話題になりました。こんなことは日本のマスコミは一言も言いません。日本のマスコミは、北朝鮮並みの報道管制が敷かれているようです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000077-dal-ent

 広島、長崎原爆のとき、放射能を浴びた住民の多くから髪の毛が抜けたという報告がありました。
 では、関東圏の人々がなぜ同じ報告をしていないのでしょうか。
 これは私の推測です。
 一つは原爆のように短い時間に大量に被曝したケースと、日々の飲食から徐々に被曝していったケースでは、症状が違ってくる可能性があります。当然ながら関東圏の被曝はゆっくりとしたものなので、抜け毛や薄毛といった程度のものではないかと想像しています。徐々に抜けていくので、気づきにくいのではないでしょうか。
 それともう一つは、戦前の人々は、無添加の食事をしていたからだと睨んでいます。戦前の時代には、添加物はありませんでした(あるいは非常に少なかった)。それゆえ、体内に毒物が取り込まれた際に、健全な防御反応が起きたのだと思います。
 ところが現代人は、恐ろしい量の危険な添加物を日々摂り続けています。それで毒物が体内に入ってきても、マヒしてしまって正常な反応ができなくなってしまっているのではないかと考えています。
 症状は軽くても、毒物が身体に入っている事実は変えようがありません。そうした場合、体調が悪いと思って病院で検査したら、突然医者から「あなたは白血病です」とか、「あなたはガンです」と言われるのではないかと思うのです。
 水泳の池江璃花子さんや歌手の岡本孝子さんの白血病は、そうした可能性があるように思えます。
 特に池江璃花子さんはオリンピックでメダルが期待されているような超一流のアスリートです。当然ながら食事には注意を払っていたはずです。それだけに白血病の宣告は、ショックだったに違いありません。
 抗がん剤の治療など行わず、食事を「無」放射能なものに替えるだけで、元々体力があるのですから、劇的に回復する可能性があると思うと本当に残念です。

 では、私がどのように「無」放射能生活を実践したか紹介していきます。
 以前の記事「今、そこにある危機」と重複する部分があることを、ご了承ください。

 基本は、関東圏の食品工場で生産された飲食物は、できる限り食べないようにしました。
 加工食品は、元々無添加生活をしていたので、ほとんど買いません。

 主食の米は、九州産の自然栽培の玄米です。外食する場合は、米の産地がわからないものは食べません。フクイチ近くで生産された米は政府が備蓄米として買い上げ、それを社員食堂や学校給食など、大量に米を消費する施設に安く卸しているといいます。
 それゆえ外食で米を食べる際は、「うちは魚沼産のコシヒカリしか使わない」といったこだわりの店に限るようにしています。
 さらに政府の備蓄米以外の米は、米を原料とした餅やせんべいなどの加工食品になるというので、米の加工食品は全く食べません。

 肉も、必ず産地を見ます。
 産地が書いてないバラ肉などは買いません。肉はあまり食べないのですが、これまで買ったのはオーストラリア産の牛肉と、青森県産の鳥肉です。ちなみにイオンで売っていた抗生物質や遺伝子組み替えの飼料を与えていないオージービーフは、値段は国産より安いので驚きました。ただ、ちょっと固くて食べにくいという難点がありました。

 魚は、貝や海藻を含めて国内産は買いません。外食の際は、産地が外国とわかれば食べますが、わからないと食べません。家で食べる際は、オランダ産のアジ、ロシア産のサケ、ノルウェー産のサバなどを選びます(安いですし)。アメリカ産のホッケは、太平洋全体に汚染が広がって、ハワイやアメリカ西海岸でもフクイチのセシウムが検出されているというので、なるべく食べないようにしています。

 ビールはアイルランド産の黒ビールと、ドイツ産のビール(ラーデベルガー)を飲んでいます。このラーデベルガーは、ビールの本場ドイツで一番飲まれているとのことで、買ってみました。個人的な好みですが、ドイツのビールは小麦の味が強く、私はあっさりしたアメリカ産のバドワイザーの方が好きです。
 日本酒は兵庫県産、焼酎は九州産です。

 野菜ですが、私は野菜はストロンチウムの汚染は少ないのではないかと(確たる理由はないのに勝手に)思っています。それで野菜に関しては、いまのところ産地で選んでいません。
 しいて言えば理屈は、ストロンチウムは主に地下水が汚染源だと睨んでいるからです。
 野菜は、基本的に天然の雨で育っている(地下水ではない)から大丈夫だと考えるのは大甘でしょうか。今のところ野菜に関しては対策をしていませんが、今後情報が入れば方針を変えるかもしれません(ある方は、野菜を重曹入りの水で洗っているそうです)。

 大いに悩んでいるのが、動物系の骨でとるスープや、小魚や鰹節、昆布でとった出汁です。
 ストロンチウムはカルシウムと似た構造を持っているので、骨に付着しやすいといいます。それゆえストロンチウムを警告する人は、豚骨ラーメンは食べてはいけないと言っています。
 しかし骨に吸着しやすく容易に離れないのなら、出汁をとっても流れ出さないのではないかという気もするのです(セシウムは流れ出すでしょうが)。
 こんなことを言うと、自分に都合の良いように解釈し過ぎと怒られそうです。どなたか、情報を持っている方がいたら、教えていただけると幸いです。
 そんなわけで、今のところ蕎麦やうどんの汁に関しては対策を取っていません。


 結局のところ、政府がストロンチウムの濃度を発表しないので、こうした極端な方法を取らざるを得ませんでした。
 政府がストロンチウムの基準値を決め、きちんと検査を行って安全とされたものであれば食べられます。しかしそうした数値が全くないので、東北南部と関東圏で生産された食品を基本的に排除せざるを得なかったのです。

 ここで風評被害に関して一言です。
 こうした記事を書くと、必ず風評被害だという指摘が起きてくるはずです。
 風評被害だと指摘する為には、以下の2点が前提となります。

@ 政府が放射性ストロンチウムの安全基準を定める。

A その基準対し、実際に食品の検査をして安全性を発表する。

 Aの安全性が確認された食品に対し、私が「危険だ」と言ったら、それを風評被害と言います。
 しかし政府は、放射性ストロンチウムに対し、@もAも行っていません。
 つまり風評被害かどうかの判定基準が存在しないのです。それゆえ風評被害かどうかなど、議論すらできません。
 私は、本当に政府に放射性ストロンチウムの安全基準を設定してもらい、個々の食品の残留量を測定して発表してほしいと願っています。
 そうなれば、どれが安全でどれが危険かわかるので、消費者としてはこれほど安心なことはありません。
 というか、これこそ国民の安心・安全を守る政府の一番大事な仕事ではないでしょうか。
 ロシアンルーレットなど、したくはないのです。

 最後に生命の基本ともいえる水についての話題です。
 水の放射能汚染を避ける便利な方法があります。
 それは家庭で蒸留水を作る方法です。
 私はディディミ(8〜10万円)という機器を使っていますが、台湾製で3万円で買える機器があります。蒸留水精製器は掃除が大変だと言われていますが、掃除をしなくてもよい裏技があるので、お教えします。
 蒸留水精製器とコンセントタイマー(千円〜2千円)を併用します。
 蒸留水を作る際に、なべ底に深さ1cm程度の残り水が残る程度の時間にコンセントタイマーをセットします。
 自動的に電源が切れたら、蒸留水精製器の本体のなべ底に溜まった水はそのまま放置します。次に使う時に、その残り水を捨てるようにします。そうすると、残り水が、なべ底にカルシウムなどの老廃物が固形化するのを防いでくれるのです。こうすると掃除をしなくても済むようになります。
 私はこの方法で、もう何年も蒸留水精製器の掃除をしていません。
 水は生活の中で大量に使います。
 家族がいたら、家族全員分の料理をペットボトルで賄うと費用が高くつきます。
 安い台湾製の蒸留水精製器を使えば、初期投資だけで済みます。ランニングコストの電気代は、たいしたことはありません。

 こうしたことを実践するのは、慣れれば別ですが、最初は大変かもしれません。
 しかし、ことは命に関わる問題です。
 この記事を読んでビビッときた方、抜け毛、薄毛に悩んでいる方は一度試してみられてはと思います。

 * * *

 先日、電車に乗って帰宅するところで、小学生の低学年と思われる、あどけない女の子3人が乗り込んできて無邪気に遊んでいました。
 私はそれを見ていて、ふと、「こんな子たちが食べる給食に、放射性物質を入れたらいかんだろう!」という思いが湧きあがってきました。
 彼女たちは、次の日本の未来そのものです。
 太平洋戦争のとき、わずか一銭五輪の葉書で召集された日本人は、南方の島々で玉砕を命じられました。弾薬が尽きたとき、日本刀を振りかざして敵陣に突っ込むことを強要されたのです(降伏するという手段もあったのに)。機関銃を構えている敵陣に突っ込むことは、死ねということと同じです。
 今の日本政府も、当時とメンタリティが同じではないかという気がします。
 ただし標語が違います。
 当時は、「天皇陛下、万歳!」でした。
 今は、「食べて応援!」でしょうか。


(注1)
 原爆の材料であるプルトニウムやウランなども放射能核種です。アルファ線(ヘリウム原子核)を放射します。
 ストロンチウムも含めてこうした核種がフクイチから放出された可能性は高いはずなのに、それに対する調査、研究が行政によって全く行われていないという事実は、何を物語るのでしょうか。

(注2)
 放射性ストロンチウムに関しては、以下のサイトが参考になります。

http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-4cee.html



『ワンネスの扉』...2019年5月20日

 今回は、『ワンネスの扉』(ジュリアン・シャムルワ著、ナチュラルスピリット)から、フランス人男性ジュリアン・シャムルワ氏のワンネス体験を紹介したいと思います。

 ワンネス体験ではないのですが、私もある体験をしたことがあります。
 10年以上も前のことになりますが、ハートチャクラのあたりが、急に気持ちよくなり、それが1〜2分続くのです。
 それが1日に2回のこともあれば、数日に1回ということもあり、いつ起こるかわかりません。
 場所も選べず、例えば職場で仕事が一段落して、ふーっと遠くを見た瞬間に始まったりします。それは特に幸福感とか、恍惚感といったものを伴ったものではなく、ただ単にとても気持ち良い状態です。
 私は、なんでこんなことが起こるのだろうと思ったのですが、頭で考えてもわかることではありませんでした。ただ今にして思えば、その時期あたりから私はスピリチュアルにのめり込んでいったので、その呼び水だったような気がします。
 その体験も数年経つと無くなってしまいました。

 これから紹介するジュリアン・シャムルワ氏の体験は、私のような身体の一部分といったものではなく、魂の体験といった全体的なものです。
 シャムルワ氏はそれを克明に記していて、ワンネス体験がどのようなものか垣間見ることができるようで、とても興味深いです。


 ・・・<『ワンネスの扉』、p90〜p96から抜粋開始>・・・

 かいま見た地球

 夏休みも終わりに近づいた9月、僕はパリ市内にアパートを借りた。
 大学の授業が始まるのは10月だったので、それまで当分のあいだ平日は兄の家に泊まってバイトを続け、週末だけパリのアパートに帰ることにした。
 "訪れ"は相変わらず続いていた。

 ある日、バイトの最中になんとも不思議な体験をした。
 それは墓園の雑草を刈っていたときのこと。
 コンクリートの台に足を乗せたとたん、立っている足もとの地面から一瞬、地球そのものを感じたのだ。足の下にそのコンクリート台だけではなく、墓園、パリの街、フランス全体、地球が、次々と感じられた。地球の重量さえわかった気がした。それはとても繊細で美しい感覚だった。
 仕事中だったので、「今のは何?」と一瞬立ち止まっただけだった。
 夜になって兄に話してみると、なんと兄もその日、同じ体験をしたという。
 なんだろう。僕たちの感覚の範囲が拡大しているのだろうか?
 毎日勉強や仕事に追われて忙しく過ごしていた僕らは、突然の奇妙な体験に少なからず驚いた。波動の影響で次のステップに進んだのかとも思ったが、いずれにせよ、何が起こったのか理解できなかった。

 その頃は毎日の体験が激しく変化していた。二人とも二日に一度くらいの頻度で、わけもなくいきなり感動があふれて胸がいっぱいになってしまう。たとえば車で帰宅する途中、ぼんやり景色を眺めていると、ふいに「人生って素晴らしい!」という歓喜がこみ上げ、心に広がってくる。それは得難い体験で、魂が震えるような素晴らしい感覚だったが、兄も僕もなぜ突然そんな気持ちになるのかわからなかった。ただそう感じられたことに感謝するばかりだった。

 躍動する宇宙

 9月が終わり、僕はパリ市内に引っ越した。
 パリのアパートで一人暮らしを始めてからも、ときどき心が打ち震えるような感動がわき上がることが続いた。ある日、地下鉄から家に帰る途中、それまでのレベルをはるかに超える体験をした。
 通りを歩いているとき、ふと頭の中で誰かと会話していたことに気づいた。いま誰と何を話していたんだろう? 考えても思い当たらない。ただの気のせいだと思った数分後、また頭の中の会話に気づいた。今度は内容が聞こえてきた。話しているのは僕で、誰だかわからない相手に説明されたことを、僕が繰り返していた。

 そうなんだ! 過去と未来はただ僕たちの頭がつくり出したもので、本当は存在しない。存在しているのは今だけ、この「現在」だけだ。つまり、躍動する宇宙なんだ! (la dynamique de I'Univers!)

 そう言い終わった瞬間、僕の感覚と視覚が別のものに変わった。いつもの街並みと同時にもう三のフォーカスが現れ、銀河の螺旋が渦巻いているダイナミックな宇宙の動きが見えた。目に映る空の色が青から緑に変わり、宇宙と自分が一体となった感覚に呆然とした。空には無数の光る糸が、まるで宇宙の毛細血管のように走っているのが見えた。と同時に、僕の目線が身長より高く上昇しはじめた。どうやって目線の位置が上がったのかわからない。ちょうど横断歩道を渡っている最中で、向こうから一人の女性がこちらに歩いてくる。あ、自分の身体が伸びはじめた、と本気で思った。歩いている女性にそれを見られる、と恐れたとたん体験が終わった。目線の高さが通常に戻り、身体が伸びたわけでもなかった。よかった。ホッとした。
 家に帰って、この体験を整理してみた。
 過去と未来は僕たちがつくり出したものにすぎず、本当は「今」という躍動する宇宙しか存在していない。過去から未来へと流れる一直線の時間というものはなく、あるのは「今」だけ。それが現実なんだ。それを身体で感じた。壮大で、荘厳で、どう言葉を費やしても足りないほど美しい体験だった。宇宙は螺旋を描きながら動いていた。その宇宙の躍動を感じることができたなんて!
 でも、じつは知らないうちに自分が正気を失ってきたのではないかという心配も残った。いくら考えても頭ではこの体験を理解できなかった。記憶を呼び戻そうとしても、ぼんやりとしたものしか出てこない。一番鮮明な記憶は、頭ではなく心の中に見つかった。その「心」は波動を感じるのと同じ「心」だと気づいた。身体を超えた次元のハートだ。
 そのとき、日々の現象を記録していた日記帳がわりのノートに、僕はこう書いた。

 *2004年10月6日
 今日、時間そのものは存在しないと気づいた。「動的」な力があるのみ。
 このコンセプトに気づいたのは、まず心で、そのあと頭で理解した。これを知ることができてとても嬉しい。

 次の日にはこんな感想を書いている。

 *2004年10月7日
 そこにあるのはたった一つの力の動き。躍動する宇宙。そう考えると「私」「家族」「国」などという頭でつくられたコンセプトの虚しさが明らかになる。私たちは個々の存在ではなく、目に見える次元でも見えない次元でも、みなこの宇宙の力に統合されている。

 その後、「躍動する宇宙」と名づけたこの現象を頻繁に体験するようになった。この体験はさらに深い体験へと発展した。ノートにはこう記した。

 *2004年10月13日
 ときどき、「生」そのものである躍動を感じる。この動き、この循環。世界と、世界が全体となって動くときの活発な力。それは信じられないほど美しく、精密に動くので、これを前にすると、たちどころに涙がこみ上げる。
 そして完全に圧倒される。そのとき、「私」はなくなり、この動きと一体化する。その美しさに涙が出る。生きることがこれほど美しいとは。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 スピリチュアルに関する私の長年の疑問は、私達は過去から未来に流れるリニアな時間の流れを体験しているに過ぎず、時間は本来そうしたものではないという指摘です。神秘家ゲリーさんは、時間そのものは存在すると言っていましたが、時間は私達が認識しているような単一の流れだけではないと言っていました。
 私は、いつかこのことが理解できる日が来るかもしれないと思っていましたが、シャムルワ氏の記事を見る限り、これは頭で理解できるようなものではないという気がします。
 おそらくシャムルワ氏のような体験をしない限り、理解できないことなのだろうと思います。
 いえ、理解するといったものではなく、体験によって知る、あるいは思い出すということなのかもしれません。

 シャムルワ氏の体験の続きです。
 ワンネス体験の核心に迫っていきます。


 ・・・<『ワンネスの扉』、p96〜p102から抜粋開始>・・・

 ワンネスの体験

 当初、こうした体験をどう解釈していいかわからず、勝手な呼び名をつけていた。それは「宇宙の躍動を感じる体験」から、「現実を一瞬かいま見る体験」にまで発展していった。長いネーミングだが、その体験に名前をつけるとしたら、ほかに呼びようがなかった。
 「現実を一瞬かいま見る体験」は「生」「生きることの美しさ」から始まる。その美しさは、大きな悲しみと大きな喜びが一つになったような不思議な美しさだ。悲しみと喜びが一つに統合され、日常生活ではとうてい感じられないほどの圧倒的な力強さで心に押し寄せてくる。胸がとても苦しくなる。苦しいのに、生きるとはなんと尊い体験なのかと、あふれる思いに感極まって涙がとまらなくなる。そして「時間」と「私」が同時に消滅し、目の前に広がる現実が心の目で見えてくる。
 「私」がなくなった心でまわりを見渡すと、そこには「愛」「美しさ」「悲しみ」しか見えなかった。テーマは「生」への愛。この愛は、「私」が「生」を愛するのではない。「愛=宇宙=わたし」だった。目の前を歩く人たち、犬や猫、目に映る生きとし生けるもののすべてが自分と別の「個」ではなくなり、パリ、フランス、地球など、ありとあらゆるものが自分のハートとなり、やがて宇宙と一体になっていく。喜びや楽しさばかりではなく、悲しみや痛みも同時に感じる。でも、感じているハートそのものが美しいのだ。

 この体験は繰り返し起こった。週に一回が二回になり、毎日になって、ついには一日に数回と、どんどん頻繁になっていった。場所や時間にかかわらず、それは唐突に始まる。スーパーで買い物中だったり、横断歩道を渡っている途中だったり、家でレポートを書いていたり、道を歩いたり地下鉄に乗っているとき、突然なんの前触れもなく起こった。
 はじめの頃はそれほど心配しなかったが、そのうち日に何度も起こりはじめると日常生活に支障をきたすようになった。いくら宇宙との一体感が素晴らしいとはいえ、スーパーで買い物をしているときにこの感覚に圧倒され、涙が出てきてしまうのには困った。まわりの人の目が気になった。
 いったいこれは何なのかと何度もインターネットで調べてみたが、適切な検索ワードすら見つからない。「非常な喜び」とか「素晴らしい感覚」などと入力してみても、この現象に結びつくような記述はどこにも見当たらなかった。僕が体験しているこの現象はきっとほかにも誰か体験しているはずと思っていたところへ、日本の友達からメールが届いた。日本でエドガー・ケイシーのリーディングを広める会社を経営し、スピリチュアルな生き方や健康に関するメルマガの配信もしている菜央子さんという女性からだった。彼女とはある友人を介してその年の9月にパリで知り合ったばかりで、街を案内したりベジタリアンのレストランを一緒に探したりしたが、僕の体験についてはまだそれほど詳しく話していなかった。
 ところがこのとき菜央子さんから届いたメールには、彼女が書いたメルマガと、おもにアメリカ人が体験したスピリチュアルな現象の証言集が添えられていた。読みはじめて驚いた。それはまさしく、僕が体験している現象と同じだった。

・地球の愛を感じる
・地球上のすべての人たちと一つになっている感覚
・「私」がなくなる感覚(自己の消失)
・宇宙と一つになった感覚

 僕が体験したすべてがリストにあった。とうとう同じ体験者の声が開けた。安心感があふれてきた。やはり僕は気がふれたわけじゃない、よかった!
 なにより、この現象には名前があった。「ワンネス」。ほかにも「宇宙との一体感」、「至高体験」、「覚醒体験」、「自己超越体験」など、さまざまな呼び名があることを知ったが、僕には「ワンネス」が一番しっくりきた。体験から見た場合、「宇宙との一体感」には位置を優先するようなニュアンスがある。スピリチュアルな意味合いを含む「ワンネス」のほうが体験から学べる内容をはっきり表わしているので、僕はこの呼び方が好きだ。
 菜央子さんからのメールを読んで、僕はユーレカを感じた。ユーレカとはエウレカともいい、アルキメデスが「発見の喜びの瞬間」に叫んだとされる言葉だ。きっそくそう返信したところ、彼女によるとワンネスはふつう人生で何度も起きない体験だそうだ。僕はほぼ毎日二、三回か、週に数回という体験が続いていたので、変だなと思った。それを彼女に伝えると、こう聞かれた。「ほんとう? ワンネス体験がもう何度も起こったの?」と。「宇宙との一体感」または「自己の消失」を体験しているのは確かだと思うが……。でも、体験は何回どころではなく頻繁にずっと起きている、というのはなんだか気恥ずかしくて言い出せなかった。

 ワンネス。僕が体験している現象にやっと名前がついた。
 僕の「現実を一瞬かいま見る体験」は「ワンネス体験」になった。
 ワンネス(One-ness)−−すべてと一体となっている状態。確かにこの英語の名称はふさわしい。自分の母国語、フランス語ではなんと言えばよいのだろう。すべてが一つになるという意味の「unicie(ユニシテ)」だろうか。

 ワンネスは脳では体験できない。ハートで感じる。ワンネスは「愛」に満ちあふれている。無条件で無境界の愛だ。愛を感じる相手は、家族や友達なのか見ず知らずの他人なのか、性別や年齢、文化や人種にはまったく無関係で、さらには人か動物か、昆虫か植物か、生物か無生物かも関係ない。地球で生きているもの、存在しているもの、そのすべてに愛を感じる。そこに恐れや疑いは一切ない。
 やがてその愛は地球を超え、宇宙にまで広がり、宇宙と一体となる。「宇宙=愛=わたし」となり、自分と他を分けているものが無くなる。一つひとつを区別できなくなる。

 ワンネス体験のはじまりは、愛だ。愛は感動を生みだす。胸がいっぱいで涙を抑えられない。その愛はハートをつらぬく。アンプを調節すると音楽の周波数が飽和するみたいに、人間である自分がこの愛で飽和状態になる。ハートが愛で満ちあふれる。この愛が、人間である僕の殻を破り、それを超える次元の体験をさせる。
 この愛から学んだ一番大切なことは、「私はあなた、あなたは私」。他者との区別はない。それは頭で理解するコンセプトではなく、身体で感じる体験だ。「私はあなた、あなたは私」という感覚が身体に浸透すると、見ず知らずの他人を見ても自分が見える。人が体験している人生に深い感謝が湧いてくる。皆が一つの生命体のように、互いの体験を重ね合わせているのがわかる。
 相手はただ違う自分であり、相手が言うことなすことは、自分が言い、なすことだ。
 これはワンネス体験がもたらす境地のひとつだ。相手の目の中に自分が見え、相手の声の中に自分の思いが聞こえる。それは一対一の関係だけでなく、自分対何万人という単位でも起こる。脳で考えることではなく魂で感じることなので、数はまったく関係ない。何万人が体験して感じていることを自分の感覚として感じたとき、それはバラバラなはずなのに一つのハーモニーとなり、ただただ美しかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 シャムルワ氏のセミナーが東京で開かれるとのことで、私はさっそく申し込むことにしました。ワンネス体験をしたジュリアン・シャムルワという人物を直に見てみたいという思いが湧いてきたのです。
 ところが私と同じように思った方が大勢いたようで、5月19日の東京でのセミナーは申し込みが殺到したようです。
 ネットの申し込みサイトによると、30名の枠のキャンセル待ちも埋まってしまい、募集を中止したとのことです。
 その人が持つエネルギーがあるので、実際にセミナーに出席して直に感じたかったのですが残念です。
 でもシャムルワ氏は日本に縁がある人物のようなので、次の機会があったらぜひ参加したいと思っています。



ディープ・ステートとは...2019年5月7日

 最近よく耳にするようになった「ディープ・ステート」という言葉ですが、興味深いことにウィキペディアに載っていません(私が探せなかっただけかもしれませんが)。
 私は前々からディープ・ステートの実体は何かという思いがありました。
 影の政府と言われても、多くの人は、「じゃあ、影の政府って何?」となると思います。表の政府の裏に影の政府があって、いろいろ操っていると言われても、じゃあその中身は何? ということになると思います。

 今回は、そのディープ・ステートを話題にしたいと思いますが、こういった話をすると必ず出てくる「陰謀論」について私の考えを述べたいと思います。
 私は、これまで何回か「ああ、それ陰謀論ですね」と言われたことがあります。
 私自身は、世界の政治や金融・経済をリアルに動かしている力学が何かという観点から意見を言っているつもりですが、そうしたことを言うと、「陰謀論」というレッテルを貼る人がいることに気づかされました。
 大事なことは、それが真実かどうかなのに、「陰謀論」という言葉で一括りにして、それ以上の思考をストップしてしまうのです。
 私はこれは、日本人に行われたマスコミの洗脳工作の結果だと睨んでいます。
 洗脳工作の一例として、精神世界の例を挙げてみたいと思います。
 その代表的なものが、テレビによる討論番組です。
 著名なお笑い芸人がMCを務め、ET、UFO、スピリチュアルなどの話題を取り上げ、肯定派、否定派に分かれて討論する番組があります。それは時として、口角泡を飛ばして相手を非難し合うものとなり、およそ「良識的な立場」の視聴者からすると、その低俗性ゆえに眉をひそめるものとなります。
 さらに肯定派の貧弱な理論を、舌鋒鋭い否定派の科学者が完膚なきまでに論破する様を見れば、肯定派の言うことなど信じるに足りないという印象が強く残ります。
 そうした番組を何度も観ることによって、「良識がある人なら」肯定派の言うことなど、まともに信じてはいけない、といった観念を植えつけられてしまいます。
 こうしたことを番組の製作者は意図的にやっていると思います。

 「陰謀論」に関しても、やっていることの本質は同じです。
 まずベンジャミン・フィルフォード氏は、完全にテレビを干されてしまいました。副島隆彦氏もけっしてメジャーではありません。大手マスコミは、こういう人々の論説の一切を封殺しています。
 そしてテレビに登場するのは、「御用学者」と言われる人々や、マスコミの意に添う意見を言うジャーナリストなどです。
 そういった人々の言うことこそ「良識的」であり、影の政府などという「陰謀論」は、まともな人なら考えない胡散臭いものだという雰囲気を作り上げてきました。
 「陰謀論」という言葉は、そうして洗脳された人々にとって必須のアイテムです。「陰謀論」というレッテルを貼ることにより、自分が相手より精神的に優位に立てる上に、自分がそれ以上、追求や思考をしなくて済むようになる免罪符になるからです。

 洗脳されているかどうかは簡単にわかります。
 世間一般の常識ではない情報に接したとき、「陰謀論」とかそれに類したレッテルを貼ってそこで思考をストップするのか、それとも自分の頭で考えようとするかでわかります。自分の頭で考えようとする人は、安易に人の意見(世間の常識)に左右されることはありません。人の意見はそれはそれとして聞きながら、(真実を知りたいと思うならばですが)自分で情報を集めようとするはずです。

 前置きが長くなりました。
 この記事の本題はディープ・ステートとは何かです。
 『金融再起動』(ベンジャミン・フルフォード著、秀和システム)から抜粋して紹介させていただこうと思います。

 本の125ページに世界の長者番付上位10人(2019年)の表が載っています。
 1位はアマゾンのジェフ・ペゾフ氏(14兆5400億円)、2位がビル・ゲイツ氏(10兆7100億円)、3位がウォーレン・バフェット氏(9兆1600億円)といった具合です。一般的にディープ・ステートは、そうした世界の超大富豪といった説明が見られますが、フルフォード氏は彼らの上があると言っています。
 引用文の冒頭に「表」と出てきますが、それは世界の長者番付上位10人の表のことです。


 ・・・<『金融再起動』、p127〜p131から抜粋開始>・・・

 ◎その1%をさらに支配する700人

 表に登場する「世界の大富豪」は、しょせん、「氷山の一角」であり、この1%もまた、搾取される立場にある。要するに世界の富99%を支配する1%を、さらに少数で支配しているという構図なのだ。
 もうおわかりだろう。その支配者たちこそディープ・ステイトの中核なのである。
 その数は、わずか700人だ。70億人の世界人口のうち「0.0000001%」それが世界の富の99.999・・・%を実質支配している。これが私たちの生きる世界の「リアル」だ。
 実際、世界の主だった大企業、金融機関、投資ファンドの株主には、必ず特定の「700人」が重複で関わっている。会社四季報を見れば一目瞭然であろう。いまや、日本の上場企業には、必ず英語名の投資ファンドが大株主になっている。この「700人」は、この投資ファンドや資産管理団体の大株主に必ず名を連ねている。そうして間接的に名だたる大企業の富を「合法的」に搾取する。その意味で天下の大トヨタも「700人」に多くの上納金を納める支配下企業と言えよう。
 この「グレイト・セブン・ハンドレッド」たちが、世界を支配し、この世界を歪めてきた。ただし、この700という数字は、個人だけでなく「一族」や「集団」を意味する。世界の富を管理する「1%」の上位組織となり、「ディープ・ステイト」を形成してきた。まさに「闇の支配者」であり、20世紀から現在まで世界をコントロールしてきた「旧体制の支配者」なのである。
 200年以上にわたる20カ国の資料に照らし合わせていけば1930〜1980年までは例外的に格差の小さい時代であったことがわかる。そして1990年以降、突如、格差が急速に広がり、2000年代になって誰の目にも明らかなほど顕著になった。このことから1930年代から1980年代に支配システムが築き上げられ、1990年代以降、つまり平成になってから搾取の時代に入ったことが理解できるだろう。

 ◎その正体はFRBの株主たち

 いまの世界には富を独占的に支配する「700」の勢力が存在している。世界を一つの国に見なせば、「王侯貴族」のような特権的な力を持つ勢力と考えればいい。
 ただし単純なピラミッド型の権力構造ではない。それぞれの勢力が相争い、時には協力するような複雑な関係にある。
 代表的な勢力で言えば、まずヨーロッパの王族がある。彼らはローマ帝国以来、なかにはアトランティス時代からの「カエサル」(皇帝)の未商を自称し、ブルーブラッド(高貴なる血)の一族として権力を握ってきた。また、実質的な世界支配で重要な役割を果たしてきたロスチャイルドやロックフェラーといった一族、一神教による宗教支配の主導者であるバチカン、東西貿易によって莫大な金(ゴールド)を保有してきたアジアの王族、欧米の植民地支配で巨大化した各種メジャー企業のオーナー一族、さらにマイクロソフトやフェイスブックといったITで躍進した新興財閥などが存在している。
 これらの勢力は「通貨発行ビジネス」を牛耳っている。「国際基軸通貨ドルの支配者」たちであり、ドルを発行するFRB(連邦準備理事会)のオーナー(株主)たちと言い換えてもいい。FRBを通じて日本を含めて世界主要国の中央銀行を支配してきた勢力。通貨を作り、各国政府に金利をつけて貸し付けるという濡れ手に粟の商売をしてきたからこそ、これほどの富の偏在が起こったのだ。
 そもそも通貨は、その国の税収と国富によって価値が担保されている。極端な話、税収の「前借り」の証書といっていい。税収の当てがあるから「紙切れ」に価値が生まれる以上、その国の財務省なり、国有銀行で発行されるべきとなる。これが不換紙幣の構図だが、それ以外には金(ゴールド)や銀との兌換紙幣がある。これは金銀を準備すれば民間銀行でも発行できる。ドルを発行するFRBの連邦準備制度理事会の「準備」とは、兌換用の金(ゴールド)を意味する。ドル用の金(ゴールド)を準備した理事会のことなのだ。ゆえに建前上は国有銀行でなくとも成立できた。
 しかし1971年のニクソンショック以降、ドルは金との兌換を廃している。となれば当然、それ以降のドルの発行はアメリカ政府が管理すべきものとなる。先に述べたように税収と国富で価値を担保しなければならないためだ。
 同様に基軸通貨のドルが不換紙幣化すれば日本銀行など各国の中央銀行もすべて完全国有化しなければならなかった。そうしなければ通貨の価値が維持できなくなるのは自明の理であろう。
 にもかかわらず、中央銀行の国有化は断固阻止されてきた。むしろ「中央銀行の独立性」なる美名(プロパガンダ)のもと、国有化どころか政府の影響力を排除してきた。
 国有化できなかったのは「ディープ・ステイト」の存在にあった。700の組織は、こと、「通貨支配権」に限って、各勢力が積極的に協力してきた。それが自分たちの権力基盤になるからだ。通貨を握ることで世界を支配してきたのである。
 ゆえに「革命」の主戦場は「通貨」をめぐる戦いとなっていく。
 新しい金融システムを生み出すことでディープ・ステイトの支配体制を終わらせ、新時代を築く。本書のタイトル「金融再起動」には、その思いを込めている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さらにディープ・ステートの核心に迫っていきます。


 ・・・<『金融再起動』、p131〜p136から抜粋開始>・・・

 ◎「テロ戦争派」VS「温暖化派」

 さてディープ・ステイトは、必ずしも一枚岩ではない。大別すれば欧米を拠点にした二大勢力が存在している。
 アメリカを根拠地にするのが「テロ戦争派」である。その陣営は、ロックフェラー家とブッシュ家が中軸となる。ロックフェラーは、言わずと知れた石油を中心としたエネルギー利権を牛耳っている。その石油利権を管理してきたのがサウジアラビア王家、さらに軍事拠点としてのイスラエルが存在する。
 エネルギー利権を支配するには、「戦争」が不可欠。その戦争を起こす手っ取り早い方法が「テロ」だ。自作自演のテロを起こし、戦争を仕掛けて利権を奪い取る。火付け盗賊ゆえに「テロ戦争派」と名付けたぐらいだ。
 このテロ実行部隊を管理しているのがブッシュ家である。テロ実行部隊の別名は「ナチス派」。第2次世界大戦後、敗戦国となったドイツ、日本、台湾(国民党)の敗残兵を使い、世界中に配置し、国際的な犯罪ネットワークを構築。ドラッグ、武器、人身売買といった非合法活動とテロの実行部隊にしてきた。その司令官がアメリカのブッシュ家なのである。
 このナチス派と深い関わりがあるのが、先のサウジアラビア王家とイスラエル、正確に言えば、シオニズムを信奉する「ユダヤ狂信派」である。
 わかりやすい例で言えばIS(イスラム国)だろう。ISの母体は、ナチスドイツがエジプトに作った「ムスリム同胞団」であり、戦後、アメリカのブッシュ家が管理、「イスラム過激派」に仕立ててきた。そうしてユダヤ狂信派たちのイスラエルと「戦争」を起こしては、中東の利権を奪い、それをサウジアラビア王家が管理してきたという構図となる。
 次にヨーロッパを根拠地にするのが「温暖化派」である。
 その中核は国際金融マフィアのドン、ロスチャイルド家だ。これにヨーロッパの王族、さらに「黒いバチカン」の異名を取るイタリア・フリーメーソンのP2ロッジ、別名「イルミナティ」がある。P2ロッジは「一神教」の影の支配者でもある。
 この両陣営は「このまま人口が増えすぎると地球環境が汚染される」点で一致してきたが、その処理方法をめぐって対立することになる。
 そのきっかけとなるのが、後でも述べる2000年のアメリカ大統領選挙である。ここでアメリカ派閥のジョージ・W・ブッシュ(ベイビー・ブッシュ)とヨーロッパ派閥のアル・ゴアが激突する。それは単純な共和党対民主党の争いではなく、「今後、人類をどう管理するのか」というディープ・ステイト同士の争いでもあったのだ。大統領選を代理にして二大派閥に分かれた結果、「人口の9割を間引いて殺害する」という人工ハルマゲドン計画を「公約」にしたベイビー・ブッシュと、二酸化炭素(CO2)加税を公約に掲げ、その裏では「エリート以外はチップを埋め込み、断種をして家畜化すればいい」と企んでいたヨーロッパ派から支援を受けたアル・ゴアが争い、最終的には実力行使に出たベイビー・ブッシュが勝利する。これで両陣営は決裂していき、以後、対立を深めていくことになる。
 とはいえ、である。支配者たちが支配すべき人々を「殺して」利益が出るはずはなかろう。そんな簡単なこともわからなくなったのは、「ハザールマフィア」、悪魔を崇拝するサタニストの存在があるのだ。遊牧系の特殊な価値観を持つハザールは、農耕民族をシープとピープルの造語「シープル(羊人)」と呼んでサタンの生け贅にしてきた。このサタニズムが両陣営に広がったことで、ディープ・ステイトの「闇」の部分となっていくわけだ。

 ◎両陣営にまたがるハザールマフィアとグノーシス派イルミナティ

 これら両陣営の実務部隊となってきたのが「グノーシス派イルミナティ」である。グノーシス派は実力主義(メリトクラシー)を掲げ、各分野の「天才」をスカウト、両陣営の実務部門を担ってきた。両陣営の中核は、いずれも「血脈」主義のためか、次第にグノーシス派イルミナティは両陣営の方針に反発するようになる。
 旧支配者たちには「穏健派」も存在する。その代表はアジアの王族たちだ。現物主義(実物資産主義)のアジアの王族たちは、金(ゴールド)など貴金属を大量に保有している。彼らは先の二大陣営のこうした狂気の計画に興味はなく、むしろ、世界経済の発展を望んでいる。
 またイタリア・フリーメーソンと深い関係のあったベネディクト前法王を「黒いバチカンとすれば、現フランシスコ法王は「白いバチカン」を取り戻し、穏健的な路線を強めている。同様にエリザベス女王、日本の皇室も「王族(皇族)」のなかでは穏健派となる。
 実際、2012年を境にして突如、ヨーロッパの王族が退任していく。ざっとあげれば、オランダ女王のベアトリクスが譲位し国王ウィレム=アレクサンダーへ(2013年4月30日)、カタールの王ハマドがタミームへ(2013年6月25日)、ベルギーのアルベール2世がフィリップへ(2013年7月21日)、スペイン国王のファン・カルロス1世はフェリペ6世へ(2014年6月19日)という案配だ。こうして世界の王族たちが消えていくなか、エリザベス女王が玉座に残り、平成天皇のように無事、退位できるのは、国民に愛されてきた穏健派ゆえであろう。
 これら旧支配者たちのうち、アメリカ、ヨーロッパの両陣営は、ダークサイドに堕ち、文字通り、「人類」を敵に回すことになる。当たり前だが、殺されるか、家畜にされるか、どちらかを選べといわれて納得するはずもない。その結果、2000年代にかけて旧体制を打破して新時代を築こうとする「人類同盟」、あるいは「人類解放戦線」とも言うべき戦いが始まる。これが「革命軍」となっていくのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 当然ながら、フルフォード氏が100%真実の情報を流しているとは限りません。
 しかし私としては、ディープ・ステートに関しては(現時点では)フルフォード氏の理解が一番真実に近いのではないかと思っています(それゆえ、ここで紹介したわけですが)。
 私がそう考えた理由の一つは、フルフォード氏に対する圧力の凄まじさがあります。
 フルフォード氏が表のマスコミから締め出されたという話をしましたが、ネットでフルフォード氏の記事が出たときは、必ずといってよいほど誹謗中傷の記事や投稿があります。
 こうした誹謗中傷が来るということは、見方を変えればフルフォード氏が核心を突くことを言っていることの証明ともいえるからです。



『100万円で家を買い、週3日働く』...2019年4月30日

 10連休という大型連休も中盤に差し掛かりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。
 私は、思わぬ急ぎの仕事に追われていた為、連休になって、ちょっとほっとしているところです。
 気楽なアルバイトのはずが、徐々に仕事が増えてゆき、いつの間にか普通のサラリーマン並みに働いている自分に気づきました。
 1日4〜5時間働けばいいはずのアルバイトが、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とぼやくようになっていました。

 少々ストレスも溜まっていたようで、『100万円で家を買い、週3日働く』(三浦展(あつし)著、光文社新書)という本のタイトルに大きく魅かれてしまったのです。
 さらに数年前に田舎で物件を探したことがあるので、100万円の家ってどんなだろうという興味も湧いてきました。
 いくら田舎といえども、100万円という価格には、なかなかお目にかかれませんでした。
 本を読んでみると、破格の値段にもかかわらず、神奈川県横須賀市というのですから、ちょっと驚きです。

 貧乏な私でも100万円なら現実的です。
 さらに週に3日働くというのも私の理想です。

 本には、様々なタイプの新しい生活の仕方が紹介されていますが、今回は本のタイトルになった話を抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『100万円で家を買い、週3日働く』、p33〜p42から抜粋開始>・・・

 100万円で東京郊外に家を買い、過3日働く(神奈川県横須賀市)

 シェアハウスを自分でつくり経営

 立花佳奈子さんは2年前に家を買った。東京郊外、横須賀市の山の上にある築70年ほどの家である。広さは100uほど。4部屋とキッチン。値段は100万円だった。
 立花さんは、飲食店やシェアハウスを経営するリノベーション会社に勤務して8年になる。2017年まで、その会社がつくった横浜の山のほうにあるカフェで働いていた。
 そのカフェに過3日だけ勤務している。残りの4日を横須賀の家で過ごしている。駅から徒歩15分。坂道を上り、最後にたくさん階段を上る。140段くらい。
 家は廃屋同然だったが、買ってから1年かけて、自力でリノベーションしてきた結果、17年の夏前にはなんとか住めるようになった。
 立花さんは、もともと地方出身で横浜の大学で学び、卒業後は空間デザインの会社で寝る間も惜しんで働いた。
 土日もほとんど働くハードな毎日だったので、休暇は長く取って海外に旅行した。学生時代から旅が好きだった。ローカルな人の暮らしを垣間見るような旅を楽しんでいたという。海外経験で、ゲストハウスに目覚めた。日本にも同じようなものをつくりたいと思った。
 そこでまず南千住のゲストハウスに住んだ。そこは当時ゲストハウスと呼ばれていたが、今で言うシェアハウスだった。そこでシェア生活の楽しさを知り、個人的な事業として新しいシェアハウスを浅草で企画・設計・運営することにした。
 南千住のシェアハウスを設計・施工・運営している会社の社長さんからは、アドバイスしてもらったり、施工の仕方を教えてもらったり、自分で施工できない部分は会社として工事を請けてもらった。もともと所属していた会社には、見本市のブースなどをつくる仕事があり、そこで大工さんの仕事を見ているうちに、見よう見まねで自分でも簡単な工事ができるようになっていたのだった。
 結局、そのシェアハウスがきっかけで社長さんの会社に誘ってもらい、転職した。
 「前からインテリアは好きでした。中学時代に好きなように部屋を改装して親に怒られたこともあります(笑)」。


 ←本の帯となっています。


 過ごすことを楽しむ家にしたい

 2017年7月、私は彼女の家を訪ねた。リノベーションした部屋を見せてもらうと、多くの物が横浜市内の住宅の解体現場などからもらってきた木材や家具で構成されている。ハシゴを棚にしたり、創意工夫があふれている。ステレオももらったもの。テレビはない。お風呂だけは西洋風の猫足のバスタブを置いた。
 横浜にはけっこういい家具や部材が出るという。たまたま通りかかった解体現場でいい物が見つかると、工事をしている人に頼んで、とっておいてもらい、あとから軽トラで引き取りに行く。そうやって集めたお宝が立花さんの部屋をつくり出している。家には古いオーディオが置かれた書斎のような部屋がある。
 窓の外にはウッドデッキをつくった。そこにハンモックを吊し、犬を抱きながら山を見てお酒を飲んでいるときが楽しいという。
 ところで気になるお値段は? というと、お小遣いの範囲でできるリノベーションという感じだという。誰でも毎月趣味に使うお金をリノベーションに使っていると思えばいいらしい。
 「この家は、過ごすことを楽しむ場所にしたい。友人を呼んだり、料理や音楽などのイベントをしたり、みんなで楽しみたい」という。会社に頼んで週6日勤務を3日に減らしてもらったのも、そのためだ。せっかく自分でつくった家なのだから、できるだけたくさんの楽しい時間をそこで過ごしたいと思うのは当然だ。
 だが、サラリーマンにとって家は寝るだけの場になりがちだ。だから会社の近くのマンションに高い家賃やローンを払って住む人が今は多い。
 しかし家を「過ごす場所」にしたいと思えば、もっと別のやり方もあるはずだ。100万円で買った古民家を自分の好きなようにリノベーションして、一人でゆったりする、あるいは友人と過ごすために週3日勤務という暮らしを手に入れた立花さんのような家との関わり方は、とっても素敵ではないか。

 軽トラックで新婚旅行

 その後、立花さんは結婚した。お相手は、那須で電気やお金に依存せず自給的に自立し、月3万円以上は稼がないスモールビジネス(月3万円ビジネス)をいくつか行うことで最低限の収入を得る生き方を提唱する藤村靖之さんの主宰するテーマパーク、非電化工房の見学会で知り合ったヒロキさんだ。今は横須賀の家に一緒に住む。ヒロキさんは大学院を出てから、藤村さんの工房に1年間住み込みで生活の方法を学んでいた。
 新婚旅行は、ヒロキさんの軽トラックで閑なときに全国を回っている。北海道、飛騨、愛媛や香川、大分、山口、沼津など何ヶ所も訪れた。軽トラックは、ヒロキさんがずっと飼っている犬の顔のデザインを施したキャンピングカー仕様の箱が載せてあり、中で寝泊まりができるようになっている。
 その愛犬は、体の模様が牛のような白黒模様なので、名前を「うしいろ」という。だから軽トラックには ushiiro cafeと書いてあり、旅先で仲良くなった人たちにたまにコーヒーをふるまう。
 新婚旅行で沼津を訪れたのは理由がある。今度は沼津に移住するかもしれないのだ。なぜかというと、立花さんが横浜港の倉庫街で見つけた古いバスのためだ。
 70歳くらいの男性が昔からそのバスを使ってバーを開いていた。だが、港ではもうバーをやめることにしたので、バスも廃車にする予定だった。しかしあまりにも、バスの古びた雰囲気が"ヤバい"。どうしてもバスを残したいと立花さんは思った。
 残すのはいいけど置く場所がない。友人のつてやSNSで置く場所を探した。すると、沼津市の知人に紹介してもらった場所に置けるかもしれないとわかった。だが、その場所にはやはり置けないことになり、さらに置き場所を探すと、海沿いの海の家の隣に置けることになった。湾の向こうに富士山がどーんと見える絶景の地だった。バスはそもそも遠州バスの車両だったから、静岡県に何十年ぶりかの里帰りということにもなる。
 移動費用はクラウドファンディングで資金を募り、予算額が集まった。バスは手直ししてカフェのような人が集まれる場所にする。海の家も10年契約で借りて、リノベして2人で住む。

*発明家の藤村靖之(大阪大学大学院基礎工学科修了。 工学博士)による電気を使わない生活のための技術開発をする工房。省エネルギー、「使う楽しさ」の観点から電化製品の非効率性を説き、電力を使用しない家庭用機器を発明・設計する。岡山県津山や長野県駒ヶ根に「非電化住宅」を建設したり、九州の修道院に「非電化野菜貯蔵庫」を設置した。
 また、藤村がかねてより提唱してきた「真の豊かさを実現するための仕事の在り方」のメソッドを「月3万円ビジネス」としてルール化し、著書で紹介。
 東日本大震災後は、行政に頼らず市民の力で放射線被害から身を守るため、地域住民とともに安全で安心な暮らしができることを目的として、2011年5月より講習会や放射線計測、除染研究などを実施する市民団体「那須を希望の砦にしようプロジェクト」に参画。2012年に那須希望の砦としてNPO法人化、藤村が理事長に就任した。

 今は月数日働くだけ

 では、せっかくつくった横須賀の家はどうなるのか。2018年7月に再び訪れた。
 前年取材したときから比べると、家はほぼリノベーションが完成し、3DKというか2LDKというか、とにかく広々とした、いい感じの家になっていた。テラスからは山が見え、風が心地よい。畑にはトマトやピーマンがなり、すっかり生活が落ち着いてきているように見える。
 ところが、なんとこの家には今、立花さん夫婦以外にすでに2人の住人がいる。立花さんが管理するシェアハウスに住んでいた友人と、同じカフェの店員だった友人である。
 どうも立花さんは私有意識が弱いようだ。古い家を買って自分好みにリノベしても、それを自分だけの空間にしない。むしろこの家がいいねと言ってくれる人とシェアしてしまう。
 シェアハウスを自分でつくって貸しているのだから当然と言えば当然なのだが、まだまだ私有の豊かさの呪縛から逃れられない私からは想像が付かない行動だ。とにかく立花さん夫婦がいなくても、2人の友人が住み続ける。その2人が転居しても、きっとまた誰かが住むだろう。
 こういうわけで、立花さんは今、勤める会社が経営するシェアハウスの管理のために月に数日程度働くだけである。だから週3日働いていたときより収入は半減した。あとは自分が浅草で経営するシェアハウスからの収入があるが、これも定期借家契約で借りた家をシェアハウスにしたので、いずれ賃貸期間が終わる。
 なので今後は、沼津のバスと海の家のリノベが当面の仕事になる。沼津を新たな拠点にして人を呼び、人脈を広げ、各地に楽しい場所を増やしていくのかもしれない。


 富士山を望む絶景のロケーションです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本の人口は減っているのですから、今後もこうした物件はどんどん出てくると思います。
 業者によってリフォームされた家で、すぐにでも住めるということであれば、数百万円〜1千万円というレベルでしょう。ですが自分でリノベするという条件であれば、100万円という値段もありうるということでしょう。
 私は東京に住んでいるうちに、大工仕事をどこかに学びに行こうかなどと考え始めています。



水素によるガン治療...2019年4月21日

 今年に入り、東京のヒカルランドのセミナー会場で、横河サラさんのセミナーが3回行われました。
 横河サラさんは、当HPで何回か紹介してきましたが、神秘家のドランヴァロ・メルキゼデクさんが主催しているATIHというワークショップの日本での公認ファシリテーターの一人です。
 今回のヒカルランドのセミナーは、ドランヴァロさんとは関係なく、横河サラさんが独自に調べた(ディープな)情報を伝えるというものでした。
 内容は、ディープステーツ(またはカバル)と呼ばれる影の政府についてや、最新のET情報、健康関連などです。これらに関して当HPでいずれ紹介したいと思っていますが、今回は健康関連について書きたいと思います。
 横河サラさんは、独自の視点から健康に良いものを紹介していましたが、その中に水素があって、私はちょっと、あれっ(?)と思ってしまったのです。
 というのも、水素水は効果がないという話を聞いていたからです。
 参考までに、サイトを2つ貼っておきます。

https://pinfluencer.net/norikasuiso/

http://ysklog.net/life/5941.html

 気になったのは、横河サラさんは、水素のサプリがあって、それを飲んでいますと言われたことです。
 「水素のサプリって何?」と思ったので、本を買って読んでみることにしました。
 なにしろディープな情報に精通している横河サラさんが実践しているのですから、良いものに違いないという思いがありました。

 蛇足ですが、水の話になったときのことです。
 サラさんは外国の健康を研究している人を紹介して、その人は一番良い水は蒸留水だと言っていると言っていました。それを聞いて私は思わず、オオッ! となりました。私は普段から蒸留水を飲んでいるのですが、外国の有名な人がそれにお墨付きを与えてくれたような気分だったからです。

 話を水素に戻すと、私がまず読んだ本が、『水素リッチ、電子リッチなカラダからはあらゆる病気が逃げ出していく』(若山利文、四角恒世著、ヒカルランド)です。
 その中で、なぜ一般に市販されている水素水が効果がないか書かれていました。
 まず、それを抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『水素リッチ、電子リッチなカラダからはあらゆる病気が逃げ出していく』、p40〜p43から抜粋開始>・・・

 病気の原因の活性酸素は
 水素を入れると無害な水になるのです!

若山 病気の主な原因は活性酸素です。
 水素を入れてあげると、活性酸素は水になるのです。
 無害な水になれば体を傷つけません。
 では、活性酸素を除去しさえすれば病気が治るかというと、そうはいかない。
 あなたが大きな借金をしていたら、生活費だけもらっても借金は消えないのと同じです。長年かかっていろんな臓器にたまった借金、つまり機能不全は、臓器をつくっている細胞をパワーアップしなければ回復も改善もしません。
 パワーアップするための燃料が水素ですから水素をたくさんとれば、過去の借金(機能不全)を返すことができる電子を入れることになるのです。

 水素水というのは、水の中に水素ガスを溶かし込んだものです。
 水の中に溶けることができる水素ガスの量はごくわずかなので、市販されている水素水を1日に2リットルや3リットル飲んでも効果はありません。
 100万円必要な人に1000円あげるようなものだから、治るはずがない。
 国立の研究所ともあろう者がこんな単純なこともわからずに、「水素水を飲んでも効果はない」と無邪気な発表をしたのだろうか。
 水素水を1日に100リットル飲んでみなさい、ほとんどの病気は確実に改善する。
 でも、1日100リットルの水は飲めない。
 しかも、水素はガスだから、水素水にしてもそのままでは蒸発して、すぐ逃げてしまう。
 逃げないようにするにはどうしたらいいか。
 カルシウムやマグネシウムなどのミネラルに水素をくっつけて、水素化カルシウムや水素化マグネシウムにすれば、水素は粉末にできます。
 肉だって卵だって、食物はみんな水素が主成分です。
 水素は気体だけではなく固体にもなるのです。
 水素をサンゴカルシウムにくっつければパウダーにできるから、それでサプリメントや食品添加物ができる。こうして水素サプリメントが誕生したのです。

 気体があって、固体があれば、残っているのは液体です。
 水素ガスを冷却して圧力をかけて液体をつくるわけではありません。
 水は酸素と水素でできていますから、水素の構造に電子を入れるとエネルギーの高い液体になります。水素の正体は原子核と電子です。
 pH7の中性の普通の水に100万倍の電子を注入すると、水は膨大な数の電子を持った水pH13になります。私たちはそれをつくったのです。
 水素は気体にも固体にも液体にもなりますが、水素自体が液体になるわけじゃなくて、普通の水を電子密度の高い、電子リッチな水に変えるのです。その水を飲むと、細胞がパワーアップします。
 その水で魚を育てたり、鶏や豚や牛に飲ませると、免疫力が高くなって、病気知らずの養殖や畜産ができる。私たちはそれを実証しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ふーん、です。
 何だか、よさそうな気配がしてきました。
 水素に関する本をもう一冊、本屋で見つけました。
 『健康長寿 最後の決め手 水素がすごい!』(若山利文著、KKロングセラーズ)という本です。
 この本に、実際に水素でガンを治したという話が載っていたので、紹介したいと思います。
 若山利文さんの娘さんの知り合いが子宮ガンになったので相談されたという話です。


 ・・・<『健康長寿 最後の決め手 水素がすごい!』、p148〜p150から抜粋開始>・・・

 子宮ガンの腫瘍が6カ月でほとんど消滅

 ●「水素の大量投与でガン細胞はアポトーシスを起こして壊死するから大丈夫」

 「私の親友で、お母さんのヨガの先生のS子さんが、子宮ガンで手術をする予定だということがわかりました。ごく初期の、今まで良性だったものが、先月から急に悪化したらしいの。
 結婚したばかりなので、手術をすると子供ができなくなるからと落ち込んでいます。それで、『とにかく手術は1カ月待ってもらえたら待ってもらって、水素を集中的に摂ってみて』と思わず言ってしまいました。
 S子さんは、ヨガで生計を立てているので大変だけれど、何とかして助けてあげたいのです。本は既に読んでいて、水素を信じています。
 ガンを治すには、毎日どの位の量の水素を摂るようにと薦めたらいいの? 激しい進行性ではないみたいです。10年前に乳ガンの手術もしています」と娘の和子からメールを受けた。

 娘のこのメールに対して、私は次のメールを送信した。
 「和子の親友は、絶対に治してみせるよ。手術をする必要はありません。水素の大量投与でガン細胞はアポトーシスを起こして壊死するから大丈夫。抗ガン剤治療だけはしないように」
 娘に、参考までにと言って、親友のための水素とともに、大腸ガンを水素だけで根治させた症例と、治療に当たった大学病院の詳細な検査と臨床データを手渡した。
 その時渡したのが、151ページで紹介する「水素の大量・集中投与で大腸ガンの根治に成功」と題する男性の手記であった。

 翌日、「病気になってみて、そばで『絶対に大丈夫』と言ってくれる人は宝です」というS子さんから娘に宛てられたお礼の手紙が私の手元に届いた。

 あれから6カ月。S子さんは病院の担当医の執拗な抗ガン剤治療の薦めを断り、水素の大量・集中投与を続ける。
 そして子宮ガンの腫瘍がほとんど消滅し、現在は御主人の故郷の屋久島でヨガの先生をしながら幸せに暮らしている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記文中で、「水素の大量・集中投与で大腸ガンの根治に成功」と題する男性の手記とあり、気になった訪問者のおられるかもしれませんので、それも抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『健康長寿 最後の決め手 水素がすごい!』、p151〜p154から抜粋開始>・・・

 ●水素の大量・集中投与と内視鏡オペで大腸ガンの根治に成功!
                      本○健○?男性?70歳(神奈川県)

 S状結腸ガン、粘膜下層への浸潤も

 2014年2月3日、東京内視鏡クリニックで大腸内視鏡検査をしました。
 Dr.工藤により、目に見えているポリープは内視鏡オペで取り去りましたが、切除した部位(ポリープ)の病理組織検査で、「S状結腸ガン」と診断されました。

1.静脈侵襲も見られる。
2.粘膜下層への浸潤も見られた。

 リンパ管へガン細胞が入っているのでは、と懸念されたので、早期に腹腔鏡オペをして「リンパ転移がないかどうかを調べることが必要だ」と言われました。
 リンパ節転移の可能性もあるとのことで、リンパ郭清だけでなく、ガンの発生した部位から幅広く両端を切除する必要があると告げられました。
 ステージ1から抗ガン剤治療も勧められました。
 私は7〜8年前から、便秘で一二六番という下痢の漢方を飲んでいました。
 形とならない便で、気が付かなかっただけで、実は出血もしていたはずだと医師に言われましたが、下痢のため、便に血がつく状態ではなく、検査で結腸ガンと判明するまでに時が経ちました。

 ある日、「便がいつもすっきりしてなくお腹に残っている感じがする」と秘書に言うと、「それは異常なので調べた方が良いです」と、大腸内視鏡のゴッドハンドとして有名なDr.工藤に検査予約を入れてくれました。
 内視鏡検査の結果大腸ガンであると判明してから、すぐ若山先生へ電話をして相談しました。若山先生は、「大丈夫です。治してみせますよ」と即答してくれました。そして大量の水素の集中摂取で身体の免疫力を高めるために、水素を摂り始めました。

 オペ前の2カ月の水素摂取が根治につながった

 仕事の関係で、オペの予定日がガンの発覚から2カ月位遅れたのは、結果的にみると誠に運が良かったのです。
 2カ月の間、水素摂取で免疫力を高めることができたからで、それが根治の結果につながったと思わざるを得ません。
 内視鏡オペをする前に、身体に生命力が宿ったような(完治したような)感じがあったので、オペをするかしないか、正直言ってオペ当日まで迷いました。
 若山先生も、「リンパ郭清(管理人注)はしない方が良い。免疫力が落ちるから」とオペすることを勧めませんでしたが、私の性格は本質的に完壁主義のため、この際リンパまで切り取って、ガン細胞の有無を調べてはっきりさせたいと思い、オペを決意しました。

 病理検査の結果が出る前に、自身の身体の感覚で、顔色も良く、体調もすこぶるいいので、「これでガン細胞があるはずがない」と、確信できるほど良好な健康状態でした。

 オペをしてから6カ月経過した9月の半年検診で、担当ドクターから「根治」と言われました。寛解でなく根治とのことでした。完全にガン細胞がなく、もしこれからガンが発見されたとしても原発性、つまり新たなガンと言われました。(平行して受診した定期ホームドクターの石原クリニックでの血液検査、前立腺抗原、大腸ガン検査の結果でも、肝機能も正常、炎症反応も正常、異常なしでした)

 若山先生の確信に満ちた明るさが、どんなに心強かったかしれません。感謝でいっぱいです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注)
 ネットによれば、リンパ節郭清とは、「手術の際に、がんを取り除くだけでなく、がんの周辺にあるリンパ節を切除することです。 がん細胞はリンパ節を通って全身に広がっていく性質(リンパ行性転移)があるため、がんが転移している可能性がある部分を取り除いて、再発を防ぐために行います」だそうです。


 これまででわかったことは、市販の水素水は効果がなさそうだということ。でも若山利文さんが開発した水素のサプリがあって、これは効果があるかもしれないということです。
 そこで私は、実際に若山利文さんが開発した水素サプリを飲んでみることにしました。
 買ったのは、「hhh(トリプルエイチ)ハイドロアンジェリーカ」(12960円)です、これはカプセル状になったもので、1日で2〜3粒飲むようです。おそらく横河サラさんが飲んでいるのは、これだろうと思います。
 ヒカルランドで売っていますが、アマゾンでも買えるようです。
 もう一つ、ジェル状になった「アクアラヴィ ハイドロジェル」(5400円)を買いました。
 肌を活性化するそうです。
 私は数年前から頭皮が髪ごと剥がれるという奇妙な症状に悩まされています。これを頭皮に塗って効果があるかないか確かめようと思ったのです。

 「hhh(トリプルエイチ)ハイドロアンジェリーカ」ですが、夜寝る前に2粒飲んでみたら、翌朝爽快に起きられるようになりました。
 それまで朝起きたとき、身体全体が重く感じて疲れが全然取れていない感じがあったのです。それが無くなり、爽快に起きられるようになったのです。
 また昼間も、身体に活力が戻った感じで元気になった気がします。
 どうやら私の身体には、水素サプリは大きな効果があったようです。
 安くはありませんが、それほど高価なものではないので、健康に興味のある方は一度試されてみてはと思います。

 念のために繰り返しますが、私が推薦したいのは一般に市販されている水素水ではなく、若山利文さんが開発した水素サプリの方ですので、お間違えないようにお願いします。



新札発行に思う...2019年4月14日

 政府は4月9日、2024年をめどに新札を発行すると発表しました。
 20年に一度程度は新札を発行してきたことと、偽造防止が(表向きの)理由だそうです。
 ネットを見てみると、これは政府による個人資産の洗い出しではないかという意見が多いように見えます。
 いずれ旧札は必ず新札に替えることになるので、隠された資産が明るみになります。これによって課税を強化する狙いだという指摘です。

 しかしネットでは、さらに過激な見方があるようです。これは単純な新札発行ではなく、「国家ぐるみの略奪的資産没収」となった昭和21年の預金封鎖と新円切り替えを連想するといった話が広がっているようです。
 たしかに昭和21年の預金封鎖を行った当時の大蔵大臣は、新1万円札のキャラクターに採用された渋沢栄一の孫の渋沢敬三ですから、何かの因縁を感じざるを得ません。
 以下のサイトは、検索の上位にきているので、かなり読まれているのだと思います。

https://www.mag2.com/p/money/664228?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000115_sat&utm_campaign=mag_9999_0413&l=zsv149f2df

 このサイトよると、昭和21年の預金封鎖では世帯主が300円、世帯員1名につき月額100円の引き出しが認められたとのことです。
 戦後のこの時期の円の価値ですが、ちょうど100倍すると今の価値と同じくらいだそうです。だとすると、夫婦2人に子供2人の世帯では、月額8万円の引き出しに制限されたということで、かなり厳しい生活を余儀なくされたことが伺えます。
 残りの預金は、口座が封鎖されている間にハイパーインフレとなり価値を失います。これは事実上の政府による国民の資産没収でした。
 生きる為の最低限の生活費は残すが、それ以外は召し上げるということです。

 現役の衆議院議員である古川元久氏も懸念を述べていたので、サイトを貼っておきます。
 現役の政治家がこういうことを言い出し始めていることが印象的です。

https://ameblo.jp/furukawa-motohisa/entry-12453673060.html

 私が面白いと思ったのは、(知り合いが教えてくれた)原田武夫氏のYouTubeです。

https://www.youtube.com/watch?v=l2MWk-_AGqE&feature=youtu.be

 原田氏は、「新札の発行はデフォルトの準備」だと言っています(4分頃から)。
 デフォルトとは政府の財政破産のことです。
 政府の財政破産が起こった後に新札発行が行われた場合は、以下のようなことが考えられるといいます。

・新札と旧札の交換は、1:1だが、一人100枚までといった制限を設ける。

・新札と旧札の交換比率を変える。たとえば、1:5 または 1:10 などとする。

 私はこうした原田氏の指摘は鋭いと思います。
 そこで試しに、ある試算を行ってみました。
 今のところ政府は、新札発行後も旧札は使えると言っています。しかし言を翻して、旧札は使えないと言い出したらどうなるでしょうか。旧札はすべて新札と交換しなければならなくなります。これは「新札」発行ではなく、「新円」発行と言うべきでしょう。
 そして、政府の財政破産の危機が目前に迫ったとき、新円発行に伴い、以下の2点が実施されたとします。

・個人の現預金のうち、新円と旧円の交換比率を家族1人あたり300万円までは、1:1とする。

・それを超えた分は、新円と旧円の交換比率を、1:5とする。

 個人の現預金に限定したのは、厚い内部留保を持つ大企業は別ですが、日本の中小零細企業は少ない資金をなんとか回しているところが多く、上記のような措置が取られると不渡りが出て大量倒産する恐れがあるからです。
 その日本全体の個人金融資産は約1800兆円(2018年)で、現預金の占める比率が51.5%で、約930兆円だと言われています(そのうちの43兆円がタンス預金)。現預金以外は、株式、投信、保険、年金などです。
 日本の人口は1億2860万人(2017年)なので、

 1億2860万×300万円 = 385.8兆円

 が旧円から新円に、1:1で交換できる計算になります。
 300万円を超える金額は、930兆円から385.8兆円を引いた544.2兆円となります。
 これが、1:5での交換比率となると、

544.2兆円 ÷ 5 = 108.84兆円

 が交換できることになります。
 385.8兆円と108.84兆円を足した494.64兆円が国民の手元に残る金額です。
 結果として930兆円から494.64兆円を引いた、435.36兆円が政府によって没収される金額となります。

 政府の借金は1280兆円(GDPの約2.3倍)ですので、国民から435兆円を没収しても、まだ845兆円残ります。しかしGDPの約1.5倍となり政府の財政破産の危機は当面回避できそうです。
 残りの借金は、数十年掛けてインフレで帳消しとする政策も取れるようになると思われます。

 こうした施策は、政府が本気になれば可能です。
 マイナンバーの導入により、個人の銀行口座の名寄せができるようになったからです(すでにマイナンバーは2018年から銀行口座にも適用(紐付け)されることが決定しています)。逆に言うとマイナンバーの導入は、銀行口座の名寄せが一番の目的だったのかもしれません。

 私は300万円という数字は、けっこういい線をついていると思っています。
 以下のサイトに国民の世代別の貯金額が載っています。

https://nikkan-spa.jp/1495575

 このサイトによると、いまや日本の全世帯のうち、3世帯の1世帯が貯金ゼロだといいます。よって上記の政策を実行しても、日本の3分の1の世帯は関係ないということです。
 さらに、2人以上の世帯の世代別の貯金額の平均値は以下のようになっているといいます。

20代...321万円
30代...470万円
40代...643万円
50代...1113万円
60代...1411万円
70代...1768万円

 夫婦2人に子供が2人といった平均的な世帯では、世帯員が4人なので、4×300万円=1200万円までの預金は保証されることになります。
 ですから、働き盛りの20代〜40代の世帯では、多くの世帯は預金が保証されます。
 つまりこの政策は、高齢者のお金持ちの預金を召し上げるということです。
 よって現役世代から受けるであろう猛反発を、かなり少なくすることができます。
 昭和21年の預金封鎖と新円切り替えのような強権的な政策が可能だったのは、戦争に負けて日本中が焼け野原になった状態で、人々が「戦争に負けたのだから仕方がない・・・」といったあきらめの気持ちがあったからだと思います。
 令和の時代に預金封鎖をやるためには、こうした配慮がなされる可能性もありそうです。
 しかしこれは甘すぎる試算かもしれません。

 これは国民にとってはソフトな政策ですが、政府の借金は3分の1しか減りません。
 一気に借金を解消するハードな政策を実施したら、どうなるでしょうか。原田氏の指摘である、新札と旧札の交換枚数を世帯員一人あたり100枚に限定したとします。
 上記と同様の計算をすると、政府は国民から801.4兆円を召し上げることとなります。1:10の交換比率とした場合は、837兆円です。
 そうなると、政府は一気に借金を3分の1にまで減らすことが可能となります。これはGDP比で80%程度のレベルです。
 60%のドイツには敵いませんが、90%前後のイギリス、フランス、カナダよりも良い数字になります。
 政府が今、こうした徳政令をやろうと決めているとは私は思っていません(まだ決定事項ではないという意味です)。
 ただ、日銀のコントロールが利かなくなり長期金利がじわじわ上がり始め、財政破産の足音が聞こえてきたとき、政府がこうした政策を取りたいという誘惑に駆られることは間違いないでしょう。
 私たちは、政府はマイナンバーの施行と新札発行など、徳政令を行う準備を着々と進めているという事実をしっかり認識しておく必要があると思います。


 (付記)
 政府の財政破産の議論をするとき、必ず出てくるある説に関して付記したいと思います。
 それは、「日本国は全体として黒字なので破産しない」という珍説です。
 財務省はよく、「国の借金の総額は、国民一人当たり○○○万円に相当します」などという表現をします。
 こうした表現には、政府の借金は国民の借金だという洗脳を施したいという心胆が透けて見えます。
 政府と日本国民は別物なのに、あたかも同じもののように表現しているからです。政府の借金は日本国民の借金ではありません。
 吉田繁治さんは、以下のように言っています。

「財政破産は、国(世帯+企業+政府)の破産ではなく、増税と通貨を増発した政府部門(雇用数は340万人の公務員)の倒産です」

 日本国民は世界有数の豊かな金融資産を持っています。
 一方で日本政府は、借金を借金で穴埋めする(国債の償還をさらに国債を発行して穴埋めする)自転車操業のような綱渡りをしている状態です。こんな状態が未来永劫続くはずもなく、あと何年もつかというところでしょう。



今、そこにある危機...2019年4月8日

 これから書く内容に関しては、記事にしない方がいいのかと考えました。
 ことは放射能汚染のことなので、風評被害と言われかねないからです。そういえば、一時期さかんに言われた風評被害という言葉は、このところすっかり聞かれなくなりました。
 人々の意識から、放射能汚染が消えてしまったかのようです。
 むしろ福島産のものを食べて応援ということで、みんなのコンセンサスがとれたということでしょうか。

 これから私が体験したことと、それについて私が思ったことを書いていきますが、それはあくまでも私個人の体験にすぎません。
 いつも同じことしか言えませんが、それをどう受け取るかは訪問者の方々次第です。ただし、当然のことながら、これから述べることは実際に体験したことです。

 今から3ヶ月ぐらい前ですが、私は思うところがあり、チーズを毎日少しずつ摂ってみることにしました。
 とはいえ、私は乳製品は基本的に摂らない方針です。
 牛乳は、もう数十年も飲んでいません。でもチーズは発酵食品だからいいかと思ったのです。
 1日に分量にして6ピースに分かれたチーズを2つほど食べるようにしました。
 そうしたら徐々に具合が悪くなっていったのです。
 時々、立ち眩みに似た症状に襲われるようになったのです。
 一瞬、フラッ〜としてよろけてしまうような感じです。
 体調も悪くなり、体力もだいぶ落ちてしまったようで元気がでません。それに加えて、これまで経験したことのない強い不整脈が頻繁に起こるようになりました。
 さらに食事の際、咀嚼すると歯の神経(歯髄)が痛むような感覚に襲われるようになりました。神経を取った歯もあるのですが、まるで神経が痛むように感じます。それが部分的でなく歯茎全体で起きるので、よく噛めなくなってしまったのです。
 私は、このまま悪くなって死んでしまうのかなと考えるようになりました。年齢的にはまだ平均寿命まで差があるのに、もうお迎えが来たのかなと漠然と考えるようになりました。
 熱が出て寝込んだわけでもなく、咳が止まらないというわけでもありません。病気にありがちな症状ではないので、急速に老化が進んでしまったのだろうと思ったのです。

 症状は着実に重くなっていきました。
 そんなおり、ふと夕食に沖縄産のモズクを食べようと思ったのです。私は数年前から頭の皮膚が髪ごと剥がれるという奇妙な現象に悩まされていました。その原因が日々の食事にあるかもしれないと思い、それまで毎日食べていた沖縄産のモズクを試しに食べないようにしていたのです。
 それでもいっこうに頭の皮膚が剥がれる現象は収まらないので、沖縄産のモズクが原因ではないことは確認できました。
 すると翌日、それまできつかった体調が、少し改善していることに気付いたのです。
 不思議に思った私は、ネットでモズクの何が私の身体に作用したのかと調べてみました。すると、モズクのような海藻類の特徴的な栄養素は、ヨウ素であることがわかりました。
 ヨウ素と聞いたら、今の日本人の多くはピンとくると思います。
 そうです、放射能のないヨウ素を摂取することにより、甲状腺に放射性ヨウ素が溜まらないようできると言われています。ネットで調べると、医者の一般的な意見として、海藻に含まれるヨウ素では量が少なく、効果は定かでないが、お勧めしているとありました。
 私は、もしかしたら身体の不調の原因は放射能汚染なのかと震撼としてしまいました。

 それからネットで調べてみると、以下のサイトに出会いました。
 タイトルは、衝撃的な「関東に住む2人に1人がストロンチウム汚染」です。3年前の記事です。

https://ameblo.jp/mayura-ayur/entry-12139704799.html

 この記事が発表されたのは2014年だといいます。今から5年前の時点で、これほどの放射能汚染があったことに驚いてしまいます。だとしたら、今はもっと汚染が進んでいると考えるべきかもしれません。
 汚染されているのは、水道水、野菜、塩が考えられると言っていますが、時々放射線量が異常に高いホットスポットが報告されていますから、地域によって野菜が汚染されていることはたしかでしょう。しかし、関東に住む2人に1人が汚染というのは、あまりに広範囲すぎる気がします。やはり、私たちが普段飲んでいる水道水の水源が汚染されている可能性を考えなくてはならない気がします。
 参考までに以下のリンクを貼っておきます。

https://ameblo.jp/minakatario/entry-12352404700.html


 では、私の具合が悪くなったチーズはどうなのでしょうか。
 ネットで以下の記述があったので、紹介します。


 ・・・<ネットから抜粋開始>・・・

牛乳はなんの栄養分もない上にストロンチウム90に汚染されてます。
政府は牛乳業者との癒着が激しく、汚染をそのまま触れずに検査すらしません。
福島の牛乳は全国の牛乳と混ぜて出荷することになってます。
だからどこの牛乳でも福島の汚染は入っているのです。
また加工乳はほとんどが福島の牛乳です。
ヨーグルトなどは最悪なので絶対に食べないように。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 このサイトは今は削除されていて、見ることはできません。
 まさか、政府の圧力があったのでしょうか。
 ただこの記事の難点は、科学的な傍証がないことです。牛乳や乳製品が汚染されているのなら、大ざっぱでいいので数値で示してほしいところです。

 とはいえ、私は身体の不調の原因として、毎日食べていたチーズの可能性を考えざるを得なくなりました。
 ただし、(これは私の考えですが)、私は単に運が悪かっただけかもしれません。
 たまたま放射能汚染されている地域で育った牛の牛乳が原料だったのか、あるいはたまたま地下水が汚染されている地域の加工場で生産されたものに当たっただけかもしれません。だいたいは安全なもので、ロシアンルーレットのように、ピンポイントで「当たり」を引いたのかもしれません。ホットスポットが関東の各地で観測されている現状があるのですから、そんな気がします。
 問題は、どれが「当たり」かわからないことです。
 放射能計測器がない以上、「当たり」を探るのはOリングテストぐらいかもしれません。

 それではチーズ以外はどうなのか気になってきます。
 上記サイトと同じように具体的な数値はあまり明示されていませんが、全般的な食品汚染の様子は以下のサイトに詳しいです(2014年と少し古いですが)。

http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/240.html


 このサイトで私と関係が深いのは、魚介類です。
 私は魚介類が好きで、肉をあまり食べないかわりに、エビ、牡蠣などの甲殻類や魚はよく食べていました。
 ただし、それなりに放射能汚染を気にしていて、家で食べるときは外国産と決めていました。でも外食では、いちいち魚の産地を聞けないので、気にせず食べていました。

 私は、以下のような対策をとりました。
 それまで私は、自宅では無添加生活をしていますが、外食の際はあまり気にせず何でも食べていました。


・外でも自宅でもチーズを含め、あらゆる乳製品は一切食べない

・外食の際は、あらゆる魚介類を食べない。肉か魚か選べるときは、むしろ肉を選ぶ。家で食べる際は、海外産の魚であれば食べる(ノルウェー産のサバ、アメリカ産のホッケ、ロシア産のサケなど。韓国産は近いのでパス)。

・沖縄は事故を起こした福島原発から遠く離れているので、沖縄産のモズクは食べる。

・晩酌しているビールを調べると、関東で生産していることが判明。ビールはすべて外国産に切り替え(アメリカで生産されたバドワイザー、アイルランド産の黒ビールなど)。


 これらの項目に肝心の水がないことを指摘されるかもしれませんが、理由があります。
 私は数年前から蒸留水を飲んでいて、料理に使う水もすべて蒸留水です。それゆえ自宅では、水からの放射能汚染はありません。また外で飲む水は、すべて蒸留水を持参しています。

 さらに、食材はできる範囲で関東以外の産地にこだわるようにしました。
 戸隠の蕎麦、讃岐うどん、大分県産の焼酎、兵庫県産の日本酒などです。ビールは関西の地ビールも試そうと思っています(それ以外の食材も、これから順次変えていくつもりです)。
 こうした対策を行って2週間ほど経つのですが、体調は急速に良くなってきました。まだ完全ではありませんが、普通に生活できるレベルに戻ってきたのです。
 なにより大きかったのは、食べるとき歯の神経(歯髄)が痛むことが無くなったことです。普通に咀嚼できるようになり、普通に食事できることが、こんなにも有難いことかと思いました。
 どうやら天は、私にもう少し生きてよいと言ってくれたようです。そして不思議なことに、体調が回復し始めたこの2週間で、体重が2kgほど減りました。
 私はチーズが原因の一つになっているとは夢にも思っていませんでした。むしろチーズは身体に良いと思っていたのです。
 結局のところ、私は急速に体調が悪くなり、原因がわかったので対処したら、今度は急速に回復したということになりました。

 こうした記事を書くと、風評被害だとバッシングされるかもしれません。
 ただ風評被害だと言うなら、根拠を示してほしいと思っています。
 関東のストロンチウム、プルトニウムの濃度を教えてほしいところです(これはぜひ知りたいです)。また水源が汚染されていないという証拠も示してほしいです。そうした数値を示した上で安全だと証明されたのなら、この記事は風評被害だと素直に認めようと思います。

 そういえば、ニューヨーク在住の小林健さんは、東京に来ると具合が悪くなると言っていました。悪くなっても数日すれば、慣れてしまうそうです。関東に住む私たちは長く住んでいるので、身体が慣れてしまったのかもしれません。しかし慣れたからといって、徐々に内部被曝している現実は変わりません。

 私の母は長崎原爆の被曝者です。
 その長崎原爆の際に、秋月辰一郎医師は被曝した患者に、玄米、味噌、塩を与えて治療に大きな成果をあげたという有名な話があります。
 これには私も心当たりがあります。
 玄米を食べた翌日は、身体が軽く、爽快な気分になったことが何度もあったのです(私はそれは玄米の栄養価の高さのせいだと勝手に思い込んでいました)。
 とはいえ、玄米は消化が悪く、胃腸の弱い私には合わないところがあります。それでこのところ食べていなかったのですが、今回は大いに食べる気になりました。
 さっそく炊こうと思って、米びつを見たら絶句しました。
 無数の虫が湧いていたのです。
 以前買った(木村秋則さん方式の)自然栽培の玄米は、何か月置いても全く虫が湧くことはありませんでした。
 しかし今回買った福岡県産の玄米は、短期間に虫が湧いたのです。不思議なことに、近くにあった白米には虫は全く関心を示しませんでした(もともと虫は玄米の糠が好きらしいです)。
 この玄米は、生きている本物ということでしょう。
 虫が大喜びで食いつく位ですから、安全なのはもちろん、美味しいのでしょう。
 私はさっそく、この福岡県産の玄米を再注文しました。
 今度は虫が湧かないように、冷蔵庫で保管しようと思っています。

 訪問者の方々の中には、「私は毎日乳製品を食べているのに何ともない」と思われた方も多いと思います。
 それは前述したように、私は運悪くロシアンルーレットで「当たり」を引いただけかもしれないということがあります。割合はわかりませんが、安全なものも多いのかもしれません。
 それと、私は無添加生活をしているという面があります(完全な無添加は難しいので、無添加生活を目指しているというところです)。
 無添加生活をしていると、添加物が入った途端に身体が反応するようになります。人間の身体は絶妙な働きがあり、添加物を摂っていないと、身体にとって毒でもあり異物でもある添加物が入ると強い反応を示すようになります。私は冗談で、人間リトマス試験紙と言っています。
 今回は、そのリトマス試験紙が放射能に反応したのかもしれません。
 訪問者の方々で気合の入った方は、私のように無添加生活をされてみてはと思います。意外と短期間に身体が異物に反応するようになるので、驚かれると思います。私の身体が特殊なわけではなく、これは誰しも起こると思います。


 月に一度くらいの私の密かな贅沢は、近所のスシローに行くことでした。
 低料金で食べられる回転寿司は、ビンボーな私のフトコロに有難い存在です。その寿司も食べれなくなると思うと寂しい限りです。
 そのスシローですが、なんと外国産の魚のイベントをやっていることを知りました。食べに行きたかったのですが、4月7日で終了してしまいました。
 次の機会があったら、ぜひ行こうと思っています。



新元号について...2019年3月31日

 先日ですが、私がいつも通っているスーパーマーケットの受付カウンターで、「新元号予想用紙」なるものが置いてあることに気づきました。
 2つ書く欄があり、それが当たるとそのスーパーで使える5000ポイントが当たるというのです。1ポイント1円相当なので、当たると5千円もらえるわけです。
 これは面白いと思って、早速用紙に私が予想した新元号を書いて提出しました。
 本命を1つ書いて、もう一つに「安久」と書きました。
 ところが、その「安久」ですが、以下のニュースを見て、あれっと思いました。
 政府関係者の話のようです。


 ・・・<「朝日新聞デジタル」、2019年3月29日版から抜粋開始>・・・

 複数の政府関係者が明らかにした。元号選定手続きの要領で定める六つの留意事項は「国民の理想としてふさわしいような、よい意味」「漢字2字」「書きやすい」「読みやすい」「これまでに元号またはおくり名として用いられたものでない」「俗用されているものでない(広く一般に使われていない)」。政府はこれらに加え、いくつかの条件などを考慮するという。
 民間で流行している元号予想で取り沙汰されている「安久」などの案について、政府関係者は「俗用の一種に当たるので、なるべく避ける」と語る。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 あちゃー、これで「安久」の目は無くなりました。
 ところがこの政府高官は、「俗用されていても、よい意味であれば総合評価で選ばれることもある」とも言っています。
 おいおい、いったいどっちやねん! と突っ込みたくなります。

 ネットを見ると、こうした新元号を予想するイベントは日本各地で行われているようです。
 有名なのは、東京の人形店「久月」がインターネットで予想を募ったもののようです。そこで1位になったのが「安久」だったようです。
 それで政府関係者が「安久」を俗用の一種に当たるとして避けると言ったことがわかりました。
 2チャンネルでは、なぜ「安久」が1位なのだろうと不思議がる書き込みがありました。
 これには私は、YouTubeの未来人書き込みの影響があるのではないかと思っています。(以前、当HPで紹介しましたが)2116年から来た未来人は、2019年5月に首都圏直下地震が起こると警告しています。

https://www.youtube.com/watch?v=P5lnUkPEOGI

 かなり大きな地震で、火災の被害がひどかったそうです。
 ただし、翌年の2020年には東京オリンピックが開催されたとあるので、東京壊滅といったわけではないようです。
 この2116年未来人が、平成の次の年号は「安久」だと言っているのです。
 大きな地震は命に係わるので、こうした未来人の地震予言は、人々の深層心理に大きな影響を与えるのは間違いありません。「安久」が1位になったのは、そうした背景があったのではないかという気がしたのです。
 ただしこの2116年未来人は、平成は35年まで続いたと言っています。
 私たちの時空では、平成は31年で終わることが決定していますので、2116年未来人は私たちの時空の延長戦上にある平行世界の住民ではないようです。それでも、平行世界の微妙な違いを理解した上で、首都圏直下地震を知らせにきたという可能性も否定できません。もちろんこれは2116年未来人が、現代人の成りすまし(イタズラ)ではなく、本当の未来人であった場合の話です。

 さて、面白いことに明日決定される新年号の候補の中に、「安」の文字が入っていることが取りざたされているようです。
 これは、安倍首相が強引に自分の名前の一文字を年号に入れようとしているからだという指摘があります。
 興味がある方は、以下のサイトを読んでみて下さい。

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=193644

https://www.mag2.com/p/money/658973?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000204_sun&utm_campaign=mag_9999_0331&l=zsv149f2df

 強権的な政治姿勢をとる安倍首相だから強引に自分の名を入れてくるという意見ですが、充分にありそうな気がします。
 それが一般庶民にも伝わっていて、新年号予測に「安」の文字が入っているものがたくさんある理由になっているようです。

 さらに、年号に関して面白い話をネットで見つけました。
 ある人は、その年号はその時代を象徴するものになっていると言います。

 ・明治 ... 明るく治める

 ・大正 ... 大いに正しく治める

 ・昭和 ... 平和に治める

 ・平成 ... 平らに成る

 こうした願いは、次の年号の世になって実現していると言っています。
 私はそれを聞いていて、あることに気づきました。皮肉な話ですが、年号に表した願いとは、実際は真逆のことが起きているのではないかということです。

 江戸時代に比べ明治になったら人々は政治的な圧迫を多く受けるようになったといいます。女性は明治より、江戸時代の方がずっと暮らしやすかったそうです。
 明治時代には日清、日露戦争と大きな戦争が起こっており、人々は戦費を賄う為の重税に苦しんだことが知られています。また明治は自由民権運動の弾圧など、人々が圧力を受けることが多かったのは事実です。
 だとすると、明治の世こそ、「明るく治める」とは真逆のことが起きていたとも言えます。

 では次の「大いに正しく治める」はずの大正の世はどうでしょうか。
 大正の世になると、大きな疑獄事件が多発したといいます。
 ネットで検索すると、大浦事件(大正3年)、復興局疑獄事件(大正13年)、京成電車疑獄事件(発覚は昭和3年ですが、発端は大正13年)等々、続々と出てきます。
 政治の世界も疑獄の嵐といったところです。


 ・・・<ネットの記事から抜粋開始>・・・

…大正末から昭和初期の政党政治は,二大政党の交代による疑獄の顕在化をもたらした。満鉄疑獄事件(1921),松島遊廓疑獄(1926),陸軍機密費事件(1926),朝鮮総督府疑獄(1929),売勲事件(1929),五私鉄疑獄(1929)など,政友・民政両党をまきこんだ疑獄は枚挙にいとまがない。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(注)大正は1926年までなので、朝鮮総督府疑獄以降は昭和初期です。


 まさに、「大いに正しく治める」はずの大正の世は、疑獄の嵐に襲われた時代でした。明治とともに、ここでも真逆のことが起きています。

 では次の「平和に治める」はずの昭和はどうでしょうか。
 これはもう、言うまでもないことでしょう。
 日本は満州事変で中国と戦端を開き、それから破滅的な太平洋戦争へと突き進みます。そして敗戦後も、朝鮮戦争、ベトナム戦争の影響を色濃く受けることになります。戦後の焼け野原から朝鮮戦争の特需など、日本にとって良い面も悪い面も含めて、戦争の影響を多大に受けた時代だったといえるでしょう。
 まさしく「平和に治める」とは真逆でした。

 では「平らに成る」はずの平成はどうでしょうか。
 平成はバブル崩壊から始まります。そして20年も続いたデフレ時代が続く中で、極端に富める1%と、その他(貧しい)99%に分かれた時代となりました。
 昭和の世では1億総中流と言われたことが信じられないくらいです。昭和の世こそ、経済成長によって庶民みんなが豊かになり、「平らに成る」時代でした。
 やはり平成の世でも、年号の思いと真逆のことが起きてしまいました。

 なぜこうしたことが起きるのでしょうか。
 私はその前の時代に苦しい思いをした人々の願いが、次の時代の新年号に込められているという気がします。新年号を決定する地位にあった人は、無意識に次の時代の様相を予感して、人々の安寧と繁栄を願って決定するのだと思います。
 これまでは、不幸にもその願いが真逆に表れてしまったのではないかという気がしたのです。

 さあ、そうなると次の年号は大注目です。
 仮の話ですが、新年号が「安」の1字が入った「安始」になったとします。
 これは、「安らかに始まる」と解釈できます。となると「安始」の真逆は、人々にとって安らかでないことから始まると解釈できます。それは世界大恐慌でしょうか、それとも世界的規模の新たな冷戦の始まりでしょうか。
 どんな年号になるか、興味がつきません。

 新年号の発表は、明日(4月1日)の午前11時半だそうです。
 私は明日は仕事を休んで、テレビの前に張り付こうかと思っています。



銭儲けの話...2019年3月24日

 今回は、銭(ぜに)儲けの話です。
 銭儲けの話でいきなり変な出だしですが、私には投資の才能は全くないという話から入りたいと思います。
 これまで投資してきたものは数ありますが、特に株に関しては手痛い失敗の連続でした。買っては下がり、売っては上がるという私だけなのかもわかりませんが、奇妙な法則がありました。もちろん全部負けたわけではありませんが、負けのひどさからいったら、勝ったものなど焼石に水でした。
 そんな中、唯一これだけは、それなりに成功だったと言えるものがあります。
 私は以前、浅井隆さんが主催する経済の勉強会の会員でした。
 今から23年前になりますが、その浅井隆さんが情報を売る商社というコンセプトで、新たな会社(第二海援隊)を立ち上げたのです。私は情報商社という耳慣れない響きに惹かれ、少ない貯金の中から投資をしました。もちろん最低単位の投資でした。もっと投資したかったのですが、貧乏な私にはそれが精一杯の金額でした。
 その株が上場され、莫大な利益を得たとなればアメリカンドリームのような話ですが、そうではありません。
 浅井さんの方針だったようですが、会社を設立した翌年(あるいは翌々年)から配当を出したのです。
 通常の場合、会社の創業から3年程度は赤字が続くので配当など出せないものですが、浅井さんの社会の流れを読む力が適切だったのでしょうか。
 驚くのはその配当の額です。
 投資した金額の10%でした。
 その10%の配当は10年以上続いたと記憶しています。ですから、10年経てば投資した金額の全額を回収できたことになります。
 10数年後からは、10%の配当が6%、4%と徐々に減っていきました。
 日本が長期のデフレ不況に陥った時期でしたし、本が売れないという出版不況なども重なったからでしょう。
 そしてここ2年ほどは配当ゼロとなったのです。
 とはいえ、こうした高額の配当を20年も続けたのは立派と言えたかもしれません。

 世の中には株で大成功した話があふれていて、こんな程度のつつましやかな話では成功の類ではないと言われそうです。
 それは否定しませんが、私にとっては、株での数少ない成功の一つでした。

 その第二海援隊から今年も株主総会の案内状が来ました。
 配当ゼロでも、ちゃんと株主総会の委任状は送ろうと思って中を確かめたら、なんと今年は配当が復活していたのです。3年前のレベルの4%です。
 私は普段は読まない案内状を読んでみました。すると、『2020年世界大恐慌』『100万円を6カ月で2億円にする方法!』といった(刺激的な?)題名の本の売れ行きが好調だったことがわかりました。『100万円を6カ月で2億円にする方法!』は、楽天ブックスの投資・株・資産運用部門で1位になったそうです。
 こうした銭(ぜに)儲けの本がある程度売れるのはわかりますが、私はもう一つ大きな社会的な背景があるのではないかと思っています。
 それは多くの人が、(明確に意識していなくても)近いうちにリーマンショックを超えるような経済・金融の大変動が来るのではないかという、漠然とした不安を感じているからではないかということです。
 浅井隆さんは、1990年代から20年以上、日本の財政破綻を言い続けている人ですが、その浅井さんの本が売れるということは、そういった背景を裏付けるのではないかと思えるのです。

 投資をされない方は単なる不安とか予感だけかもしれませんが、投資で生計をたてている個人投資家の中には、人生の中でめったに訪れない一攫千金のチャンスを虎視眈々と狙っている人がいると思います。
 なぜなら世界大恐慌は、多くの人々に悲惨な結末をもたらしますが、流れを読んで機敏に対処した人(投資家)は、億万長者になれることもあるからです。

 今回は、『恐慌と国家破産を大チャンス変える!』(浅井隆著、第二海援隊)から、投資に成功した事例を紹介してみたいと思います。
 まず最初は、投資の大成功でアメリカ合衆国大統領が生まれたという話です。
 今から30数年前、浅井さんはアメリカの核戦略の心臓部である北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)を取材しました。その緊張の取材が終わり、翌日「マウント・ラッシュモア」に観光に訪れます。


 ・・・<『恐慌と国家破産を大チャンス変える!』、p196〜pから抜粋開始>・・・

 その緊張の連続の時間のあとに米軍広報の将校が連れて行ってくれたのが、「マウント・ラッシュモア」であった。そう、あの4人の大統領の顔が彫られた巨大な岩山である。この小さな町に、1日に何便も旅客機が飛んでいるという理由はそこにあったのだ。4人とは左から第1代合衆国大統領ジョージ・ワシントン、第3代トマス・ジェファーソン、第26代セオドア・ルーズベルト、そして第16代エイプラハム・リンカーンである。
 では、次に彫られる5人目の大統領とは一体誰か。アメリカの人気投票ではロナルド・レーガンということになっているが、私はあのジョン・F・ケネディを推したい。そのケネディが合衆国大統領になれた理由こそ、1929年のNYでの路上の小さな出来事だった。
 大恐慌直前の株が連日のように高騰していたある日のこと、ジョン・F・ケネディの父親ジョセフ・P・ケネディはたまに立ち寄る靴みがきの少年のところへ出かけたのだ。それが、彼とアメリカの運命を変えた。片足を靴みがき台の上に乗せながら通りの様子を見ていた父ケネディの耳に、ある言葉がとびこんできた。「おじさん、オイラも株に投資したいんだけど、何か良い銘柄があったら教えてよ」。父ケネディはわが耳を疑った。「こんな少年まで株をやろうとしているとは。もう相場はおしまいだ。もうすぐ大暴落がやってくるぞ」。
 彼が天才たる由縁は、少年の言葉を聞いて、すぐその点に気付いたことだ。凡人ならば、先輩面(づら)して「キミにピッタリの銘柄を教えてあげるから、次回まで待っておいで」などと言うに違いない。父ケネディはまだ靴がすべて磨き上がっていないのに、親切にも「絶対に今、株を買ってはいけないよ。そのうち良いタイミングがきたら、良い銘柄を教えるからそれまで待つように」という言葉と多めのチップを残して、足早にその場を立ち去った。彼はオフィスに戻ると全スタッフを集めて、「全銘柄をすべて、なるべく早く叩き売れ!!」とわめき散らした。スタッフの中には「もっと上がるのに、今なぜ売るのですかと」反問する者もいたが、父ケネディは断固売り逃げを主張した。
 それから3カ月ほど、株はさらに上がった。スタッフは全員「父ケネディは無能だ」と思った。ところが、その直後にあの大暴落がやってきて、世間は騒然となった。それから3年後、父ケネディは現金を持ち続け大底で優良銘柄を買いまくり、大資産家へとのしあがって行った。そして息子を合衆国大統領にするという野望もなし遂げた。アイルランド系初の大統領の誕生である。
 後述する話題なのだが、もし、その父ケネディが現代に生きていたら、絶対に「オプション」をやっていたことだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの話が実話かどうか、少々疑いを持っています。
 偉人の話は、美化されて、いかにもそれなりの逸話が付け加えられることが多いと思うからです。とはいえ、この話が実話かどうかは別にして、日常のちょっとした変化に大きな大変動の予兆を見出すということは確かにある話です。
 そういう教訓として、この話を受け取るのは意味があるだろうと思います。
 そして、父ケネディが資産家になったことにより、大富豪でなければ立候補できないといわれる大統領選挙に、息子のジョン・F・ケネディが立候補できたことは間違いありません。

 次は、日本のバブル崩壊を予測して不動産を高値で売り逃げたという浅井さん本人の話です。
 この話は本人が語っているのですから間違いなく実話でしょう。


 ・・・<『恐慌と国家破産を大チャンス変える!』、p211〜p214から抜粋開始>・・・

 バブルの最高値で自宅マンションを売却

 話を本筋に戻そう。私自身のことだ。『月刊プレイボーイ』の記事を書き終えたのが、1990年4月末頃のことである。株は大分下がっていたが、まだ景気には何の影響もなく、不動産も下がっていなかった。しかし、私は「そんなにうまい話はない」と思った。そこで、再び毎日新聞の調査部にこもった。
 1929年から始まったアメリカの大恐慌について、徹底的に調べた。そして1カ月後にある結論に達した。「60年前(当時から見て)の大恐慌ほどではないが、日本はこれから恐慌的状況、つまり巨大なデフレに入って行くと。しかもそれは最低でも10年は続く」と。しかも、「不動産はまだ下がっていないが、時間差をおいて大暴落する。しかも、その後日本の金融機関のいくつかが潰れる」と。このことを周り中の人々、新聞社の経済部から親戚のおじさん、おばさんまで、すべての人々に言って回ったが、誰一人信じてくれなかった。
 そこで、私はこう考えた。「ならば、こうしよう。私自身の投資行動の結果で私の正しさを証明しよう」と。そこで自分の資産の総点検を2、3日かけてやった。毎日新聞の給与はタカが知れていたので大した資産もなかったが、唯一、5年ほど前に東京・狛江市に買ったマンションがあった。もちろん、自宅として家族4人が2DKの狭いところに住んでいた。私が買ったというより女房が以前教師をしていたので、その時の貯めたお金を元に買ったものだ。
 私は、このマンションの価値が史上最高値近辺にいると判断した。もうしばらくしたら大きく下がるだろうとも。そこである夕方のこと、女房にこう言った。「今晩、大事な話があるから、子供を早く寝かせるように」と。夜の8時半くらいから1時間は話しただろうか。「不動産はしばらくしてから大暴落するよ。今が高値だから売ってしまおう」。
 女房は「ウン」とは言わなかった。やはり女性というのは、自分の持ち家に必要以上にこだわるもののようだ。しかも、日本の不動産は戦後一貫して上がり続けてきた。株が多少下がったからと言って不動産が下がるなどとは、1990年5月の段階では日本人のほとんどの人が思ってもいなかった。
 私は女房の説得に手を焼いた。仙台の大学を優秀な成績で卒業し、頭もかなり切れるほうだったが、それでも私の言うことは簡単には理解できなかった。最後の殺し文句は、次のようなものだった。「買ってから5年経って、値段は3倍になっているよ。今売れば特例で税金も払わなくてもいいし、ちょうど一つ下の階の同じ広さの部屋が賃貸で出ているから、そこに入れば同じ生活ができるじゃないか」。ついに、女房は折れた。
 私は新聞社の勤務とバブル崩壊の独自の取材の両方で多忙を極めていたので、女房に近所の不動産屋へ行かせることにした。その際にかなり細かい指示を伝えた。「値段にあまりこだわるな。買いたいという相手が出てきたら、柏手の言い値で決めていい。なにしろ、もう間もなく壮大な下げが始まるから、その前に叩き売ることだ」。
 結果、マンションは1990年の6月末に最高値で売り抜けることができた。そのわずか4カ月後の10月から、不動産は前代未聞の大暴落トレンドに入ることとなる。不動産屋に行った際に女房は面白いことを言われたそうだ。「今、売るんですか。もったいないですネ。まだ倍にはなるのに」。
 実は、日本人のほとんどが当時はそう思っていたのだ。この最高値で借金して不動産を買った人は、死ぬ目に遭ったことだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 浅井さんの先見の明に感心します。
 当時、毎日新聞社に勤めていた浅井さんは、このバブル崩壊を事前に予測した人はいないか調べます。
 すると「最後の相場師」といわれた浦宏氏にたどり着きます。浅井さんは株価はこれからどうなるかを聞き出すべく、浦宏氏の自宅に通い続けます。
 浦宏氏は大酒飲みで、それも毎回1本18万円のブランデー「ルイ13世」を買ってこいと浅井さんに要求します。サラリーマンの浅井さんにとっては痛い出費が続きますが、執念で聞き出すことに成功します。
 1992年の8月のことです。
 浦宏氏は、これから株は急騰すると言ったのです。
 浅井さんは、この言葉を信じて現物株を購入します。
 そして株価は、浦宏氏が言ったごとく急騰します。相場で成功した浅井さんは、さらにもう一人の伝説の相場師(ミスターX)のところへ、自慢話をしに行きます。


 ・・・<『恐慌と国家破産を大チャンス変える!』、p220〜p223から抜粋開始>・・・

 その人は、絶対名前を出したくないという変わった人だったので、ここでも「ミスターX」ということにしておく。当時37歳だった私から見て20歳くらい年上だったから、57歳くらいだったろう。無類の酒好きで、はっきり言ってしまうととんでもない酒乱だった。
 東京・板橋区大和町のご自宅へ夕方訪うと、大抵すでにできあがっていて大きな声で目を血走らせながら、「浅井か、よく来たな。早く上がれっ」と怒鳴ると、すぐに私に盃を押し付けてきて、「さあ、飲め!」と駆け付け三盃をさせるという有り様だ。「今日は体調が悪いから一盃だけで勘弁して下さい」などと言おうものなら、その盃が酒ごと私の顔に向かって飛んでくるのだ。
 そのくせ、相場勘だけは天才的なものを持っており、天井と大底をピタリと当てるという人物だった。でも、大変不思議なことに自宅は質素で、書斎と酒を飲む部屋はいつも一緒だった。先生の書棚の中身はイヤでも見えてしまう。相場をやる人間なのに、チャートブックや経済の本はまったく置いていないのだ。あるのは難しそうな哲学書や旧約聖書、古典文学などだった。奥さんは小柄な人のよさそうな人で、いつも「こんな飲んだくれでごめんなさいネ」と謝っていた。
 その日は不思議なほど上機嫌で、それを見てホッとした私は例の件をしゃべり出した。「Xさん、先生も今回のトレンドは当てていたとは思いますが、私も8月お盆明けからの大反発に現物株で大分儲けましてネ」。浦宏のことは一切言わなかった。「おお、お前も大したもんじゃないか。あの大反発を事前に察知していたか。うーん」と言って次に不思議なことを言い始めた。
 「だが、お前は現物株を買ったのか。アッハッハッハッ」と私を馬鹿にしたような言い回しになったのだ。X氏はその後驚くべきことを口にした。「おメェはオプションを知らねえだろう」。「聞いたことはあります」。「馬鹿野郎、聞いたことはありますじゃネェんだよ。実はな、あの5000円上昇の3週間でオプションで100万円を4億にしたヤツがいるんだよ!!」。
 「えっ?」私はイスから転げ落ちそうになった。「400万円の間違いではないですか」。「何を言ってんだよ、お前は。本当に4億円になったんだよ」。
 はっきり言って私はそのことが信じられなかった。ソロモンが先物だけでなくオプションも使ったというのはあの時の取材で知ってはいたが、オプションが本当にどんなものか、どのくらいすさまじいものかについては、その時まで何も理解していなかった。
 私は、すぐ調査に動いた。日経平均は8月18日の大底の1万4300円から3週間で5000円も上昇したわけだが、8月18日に1万7000円近辺の9月物コールを買っていれば、5円が3週間で2000円になっていたことが判明した。確かに400倍になっていたのだ。そのコールを100万円分買っていれば、4億円になった計算になる。
 ミスターXの言っていたことは間違いなかった。私は、雷に打たれたような衝撃を受けた。そこから、私のオプション研究の幕が上がることになる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 少し解説します。
 1992年8月、バブル崩壊で急落した株価を引き上げる為に、政府は郵便貯金や簡易保険の株式組み入れ比率の制限を撤廃します。当時話題になっていた自衛隊の国連平和維持活動(PKO:Peace Keeping Operation)をもじって、プライス・キーピング・オペレーションと呼ばれました。
 この政府の決定をきっかけにして、株価は3週間あまりで5000円も上昇しました。この結果オプションの中で、最高400倍になったものが生まれたのです。
 もし政府の決定を事前に知っていたら、こうした博打が打てたということでしょう。
 このようにオプションは、短期間に株価の変動が大きければ大きいほど激しく変動します。その変動幅は、上昇のときより、下落の方がより大きいと言われています。というのも、株価が大暴落してパニックになってしまうと、売りが売りを呼ぶという心理状態が生まれるからです。
 今までの最高は、浅井さんによるとリーマン・ショックの時で、約1ヶ月で1257倍だそうです。

 先に私は、個人投資家はめったに訪れない一攫千金のチャンスを虎視眈々と狙っていると言いました。
 これこそ、ミスターXが言うオプションです。
 株の大暴落こそ、千載一遇のチャンスというわけです。
 浅井さんは、オプションの勉強会として会員を募集したら、あっという間に定員の100名が集まったそうです。その後も問い合わせが殺到し、追加募集をしたようです。

 世の多くの人にとっては、世界大恐慌は生活を苦しくする有難くないものですが、一部の人は一攫千金を夢見て、密かに心ときめかしているかもしれません。



火星移住計画の裏にあるもの...2019年3月17日

 先週の水曜日にテレビ(TBS系列)で、『宇宙プロジェクト2019』というタイトルの番組が放送されました。
 前半は民間で月旅行を行う計画があるといった話で、これはよく聞く話でした。しかし後半になると、NASAがW真剣にW火星への移住計画を推し進めているという内容でした。
 そして今、NASAで火星への宇宙飛行士の訓練を受けているという(美人の?)女子高校生が話題になっているとして、紹介されていました。
 私はこの番組を見ていて、なんともいえない奇妙な違和感を覚えました。

 私たちの年代に馴染みがある宇宙計画というと、なんといってもアメリカのアポロ計画でしょう。地球以外の天体に初めて人類が降り立ったということで、多くの人に忘れがたい記憶となっていると思います(注1)。
 月に人が降り立ったのですから、次に考えられるのは月の資源探査であったり、さらに遠くの天体に向かう為の基地の建設などです。
 そのアポロ計画も、数回月に人を送り込んで満足したかのように、唐突に終了してしまいました。

 そして今、NASAは火星に人を送るというレベルをはるかに超えて、人類を移住させる計画をW本気でW進めているというのですから、多少の違和感を覚えるのは私だけではないと思います。
 まだ(公式には)火星に人を送り込んだわけではないのですから、まずは火星の地に人を立たせるのが先です。そして次に環境調査や資源探査などが始まるのが順番でしょう。
 しかし、火星にまだ人を送り込んでいない段階で、いきなり「移住」なのです。
 さらに火星移住に関しては、民間企業であるテスラモーターズのCEOイーロン・マスク氏が、火星に大気を作り出すプロジェクトを発表しています。火星の環境を人類が住めるようにテラフォーミングするという壮大なものです。そして、それは無理といった学者(コロラド大学のブルース・ジャコスキー氏)の意見などもあるようです。

 人類が火星に向かうというのはわかるのですが、なぜ途中のステップを飛び越えて、いきなり「移住」なのでしょうか。
 ネットで検索したものですが、以下のような意見がありました。

 ・・・<ネットの検索から抜粋開始>・・・

そこで最後の質問だ。なぜ、火星への移住を目指すのか?

ジャコスキーはこう話す。「科学からは離れて、テラフォーミングについて根本的に問い直してみましょう。地球に住めなくなった場合に備えてバックアップとして居住可能な場所を用意しておくというのは、ばかげた議論だと思います。外的な要因も考えられますが、地球環境を破壊しているのは人類です。はるか遠くの火星を変えるより、地球というわたしたちが住むうえで素晴らしい環境を備えた惑星を守ることのほうが、よほど簡単です」

 ・・・<抜粋終了>・・・

 こうした意見は、私だけでなく一般の人々も納得されるものだと思います。
 火星探査ならわかりますが、なぜ「移住」なのでしょうか。

 私は、この素朴な疑問に対して、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんがある答えを持っていることに気づきました。
 もちろん私はドランヴァロさんの言っていることが真実だと保証できるものを持っていませんが、なぜ今、火星に「移住」することが強力に推し進められているかということの、一つの答えになっていると思います。

 このドランヴァロさんの情報は、ドランヴァロさんのATIHというWS(ワークショップ)の日本の公式ファシリテーターの一人である、横河サラさんのメルマガによるものです。
 横河サラさんは時々ドランヴァロさんの情報を和訳してメルマガで配信されています。この情報は、1980年代後半から1990年代にかけて行われたドランヴァロさんの「フラワー・オブ・ライフ」のワークショップで語られたものだそうです。
 ドランヴァロさんは、アポロ計画が進められた裏の事情を語っています。
 横河サラさんの2つのメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<横河サラさんのメルマガから抜粋開始(その1)>・・・

ドランヴァロ:この世界には、二種類の政府があります。

まずは、私たちが見聞きしている人々〜クリントンやブッシュ、ゴルバチョフといったテレビに出てくる人たちがやっている外側の政府があり、まるで彼らがすべてをおこなっているように見えますが、そうではありません。

その奥には、この世界で一番お金持ちの人々のグループがあり、彼らははるか昔、アトランティス時代に結束した、多く火星人の血を持つ人々なのですが、実際には彼らがこの世界を牛耳っています。

彼らは戦争をコントロールしています。
いつ戦争を始め、いつ戦争を終わらせるか、いつ飢饉を始め、いつ終わらせるかなど、すべて彼らがコントロールしているのです。

彼らができることや、過去に彼らが何をやったことを知ったら、あなたはきっとびっくりすると思います。

現時点において、または少なくとも数年前までは、彼らは私たちのことをそれほど気にしていませんでした。

多くのレベルにおいて、私たちはただ利用されていたのです。

闇の政府が1968年にポールシフトのことに気づいたとき、早ければ1964年にはもう気づいていた可能性もありますが、彼らはいくつかの変更を決めました。

調査報告やその他のことから、ポールシフトが起きれば、この惑星上の建物はすべて倒壊し、大陸が沈んだり浮上したりという巨大な変化が起きるであろうことを予測しました。

そこで最初に闇の政府が決めたことは、もう絶望的で、住めなくなるであろう地球を捨てて、ここを去って行くことでした。

アメリカ合衆国とロシア(ソビエト連邦)はかなり前に統合して、(裏側では)ひとつの国になりました。

このふたつの国は、多額のお金や情報、その他多くのものをブレンドさせ、ひとつにしたのです。

アメリカとロシアの月に行くための競争は、彼らによって企てられたものです。

たしかに、月へ行く競争をしてはいましたが、それは、彼らがやるべきこと(ポールシフトが起きる前に、地球から去ること)のためには、どうしても月に行く必要があったからなんです。

ちょっと考えてみて下さい。

最初の月面着陸の後、1960年代後半にアメリカからは6回月に行きました。

最後の月への旅行は、1971年か72年だったと思います。

正確に確かめた方がいいのですが、とにかくアメリカから月に行ったのは6回だけでした。

けれども、ひとたび月に到達し、いろいろなものを設置した後は、月について完璧に沈黙するようになりました。

もう誰も、月について話さなくなりました。

誰も月に行ったりしませんし、月には何もありません。

月なんて存在していませんから(大笑)

いったいこれは何故なのでしょう?

なぜ、もう一度月に行かないんでしょう???私たちは、月についてもうすべて学んでしまったからでしょうか?

これには、ほんとうの理由があります。

もし、いまの私たちが持っているテクノロジーを駆使して地球を去り、地球以外の場所へ行きたいと思ったら、宇宙ステーションや衛星を作り、そこから先に進むための多くの物資や人々をそこに運び上げる必要があります。

でも、私たちにはすでに月という衛星がありますから、その必要がないわけです。

彼らは、自分たちがやらなくてはならないことのために、どうしても月に行かなくてはならなかったのです。

そこで、闇の政府による全世界のエネルギーや方向性は、すべて月に、月に行くことだけのために向けられました。

ひとたび月に到達したあとは、彼らは私たちにそれ以上のことを知られたくなかったわけなのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 続いて(その2)です。


 ・・・<横河サラさんのメルマガから抜粋開始(その2)>・・・

前回のあらすじ
ポールシフトによって地球に住めなくなることを恐れた闇の政府の人々は、米国とソ連を裏で統合させて、私たちの知らないところで、こっそり月への移住計画を進めていました。

ドランヴァロ
アメリカは月に6回行きましたが、ロシアは2000回月に行っています。
2000回ですよ!
6回と2000回、ちょ〜っと差がありますね(笑)

彼らは、私たちからは見えないように、ぐるっと回って月の裏側に行きました。
(月は自転しないために)月の裏側は、つねに私たちからは隠されているからです。

そして、月の裏側に3つの主要な軍事基地を建設しました。
そのうちのひとつは崩壊してしまい、たくさんの人々が亡くなる大惨事となりました。

地球を捨て去るために、あちらで必要なものを構築し、すべての準備が整い、知るべき情報をすべて得るまでは、彼らは私たちに月に注目してほしくありませんでした。
それで、私たちの注目を他に向けるためのことをいろいろとやっていました。

また一方で、彼らは火星のことも隅々まで調べ上げていました。
ふたつの極(北極・南極)を除いた火星のすべての場所を調べ上げていたのです。
彼らにとっては、それは非常に重要なことでした。

そうして、すべて準備が整ったところで、彼らは火星に行きました。

火星人であった彼らが火星に行こうと決めたことは、まさに適切であると言えます。
なぜなら、自分たちがもともと居たところに帰るわけですから(笑)

地表温度が500度もあるような惑星はともかくとしても、彼らは他の惑星を選択することもできたと私は思います。
ですが、火星には地下に豊富な水もあり、必要なものはある程度そろっていて、人間にとっては生きやすい場所でした。

彼らは、おもに火星の地下に施設を作り、長い年月をかけてそれを完成させました。

正確にはわかりませんが、1980年代の半ば頃〜1985年あたりに、彼らは必要としているすべての建造物その他を完成させたのですが、その建造物には約1万人の人間を火星に無期限に収容しておくことが可能でした。

こうやって、彼らは火星への完全な移住を進めようとしたのです。
もちろん、彼らが連れて行くのは、自分たち自身と家族、友だちだけです(笑)
ひとたび手はずが整ったら、もう残される人々がどうなろうとおかまいなしです。
彼らの考えでは、(ポールシフトが起きれば、)どうせ助かるチャンスなんてないのですから。

実は、この計画を進めた人たちは、1900年代の初期の頃〜たぶん1910年くらいに、グレイたちと関わりを持った人々でした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドランヴァロさんの言っていることが真実だとするなら、NASAや民間企業が強引に火星移住を進める理由が説明できそうな気がします。
 地球の危機を逃れる為に火星への移住を果たした人々が次に考えるのは、人類の種と文明の保存だろうと思えるからです。自分たち身内だけで生き延びても、人類が滅亡してしまえば、彼らの未来永劫の繁栄が失われてしまう可能性があります。ある程度の規模(人数)がないと、文明の維持と発展は難しいと思えるからです。それに、できるだけ優秀な人類のDNAと科学技術を残したいというのは、自然な発想だと思うのです。

 繰り返しますが、こうしたドランヴァロさんの話が真実かどうか私にはわかりません。これを読まれた訪問者の方々で判断していただきたいと思います。
 ただ私は、ドランヴァロさんの話を前提とすれば、今の強引な火星移住計画をうまく説明できることに妙に感心してしまったのです。


 (注1)
 現在、コーリー・グッド氏やエメリー・スミス氏といった秘密の宇宙計画を暴露する動きがありますが、そういった話ではなく、一応公式として発表されているものを前提とした話です。



日本を守る葉巻型UFO艦隊...2019年3月11日

 昨年暮れに、篠崎崇(しのざきたかし)氏の本、『シリウス VS オリオン』を紹介する記事を書きました。
 その末尾に葉巻型UFOが日本を守っているという上部一馬氏の2冊の本を紹介しましたが、今年に入り新刊、『地球外生命体が人類を創った!』(上部一馬著、ビジネス社)が発売されたので、今回はこの本を紹介したいと思います。
 まず最初に、各国政府の高官の間では、UFO、ETの存在は一般常識のレベルとなっているという記述を紹介します。
 当HPの訪問者の方々であれば、こうした情報はすでに知っているという方が多いと思います。そういう方は飛ばして下さい。
 上部氏の記述がよくまとまっていたので、載せてみました。


 ・・・<『地球外生命体が人類を創った!』、p100〜p106から抜粋開始>・・・

 UFOの実在が世界的な大ニュースとなったのは、1947年7月、ニューメキシコ州ロズウェル市で起きた『ロズウェル事件』だ。これはロズウェル市の郊外で2機のUFOが墜落、その後、宇宙人の遺体とともに軍隊がこれを回収し、ネバダ州にあるエリア51という秘密地下基地に搬入されたと噂される事件だ。
 このエリア51基地周辺の監視が非常に厳しいことから、ここで最新兵器を製造し、宇宙人が働いているという、謎の基地だ。
 やがて、米軍は地球観測用気球が落下したもので、マネキンを積んでいたと発表され、うやむやにされてしまった。
 しかし、2013年、CIAは秘密地下基地エリア51の存在を認める文書を公開、宇宙人異星人の実在がクローズアップされるようになった。
 このロズウェル事件から70年後、2016年3月、米国大統領選で優位が確実とされていた、ヒラリー候補はテレビ番組で当選したら、「秘密地下基地エリア51とUFO情報を公開する」と約束していたのだ。
 古くは1942年2月25日、ロサンゼルス上空に10数機のUFOが数時間にわたって出現、陸・空軍は灯火管制を敷き、1400発ほど高射砲を撃った事件があった。
 この事件はロサンゼルス・タイムズにトップ記事で報じられていた。どうも米国では日本の攻撃と勘違いしたらしい。
 その後、トルーマン大統領が1940年代後半、異星人と密約を交わしていたことはUFOファンの間では常識的な話だ。その密約とは、彼らから工学的な先端技術を入手する代わりに人体実験を容認するという驚くべき裏取引のことだ。
 これを裏付けるように2016昨年、YouTube で、死期の近づいたフィリップ・J・コーソという元米軍情報将校が、「彼らから半導体、IC、レーザー光線、ステルス機、粒子線加速器などの技術供与を受けていた」ことを明かした。
 前述したXバンドレーダーなどの気象兵器のテクノロジーは、ヒラリーが明かした米国秘密基地エリア51で働く宇宙人からもたらされた可能性が高い。
 筆者は2017年、ここで数年働いたというS医師を取材した。
 「この秘密基地は地下数百メートルにあります。宇宙人の寿命は1000年以上あり、彼らには消化器官がなく、食べる必要もない。その上、細胞中のミトコンドリアの損傷も起きていないのです」と語った。
 この宇宙人こそ、前出の米軍将校が技術提供を受けたと巷間言われるリトルグレイだろう。
 さらに1987年9月、ロナルド・レーガン大統領にいたっては国連稔会で、「地球に異星人が入り込んでいると思います。一致団結し、異星人の脅威に対して闘おうじゃありませんか」と演説していたことが動画でアップされている。
 もはや、異星人の実在は、空想の世界ではないことを知らねばならない。
 世界に衝撃を与えたものでは、2012年12月、ロシアのメドヴェージェフ首相がテレビインタビューを受けた際、衝撃的な発言をしたことが世界に配信された。
 同首相は、「大統領になった場合、核ミサイルの発射ボタンと一緒に宇宙人に関する極秘ファイルを渡される」ことを明らかにしたからだ。
 この時、インタビュアーから「モスクワにはどれくらい宇宙人がいるのですか」と質問された。
 「それを言うとパニックになるので、それは言えません」と答えたのだ。早い話、このコメントはモスクワに無数の異星人が住んでいることを明かしたのも同然なのだ。

 地球には5種類の宇宙人が訪問し、2種類の異星人が米国政府で働いている

 そして、2013年4月、米国ワシントンで行われた米国政府や上院下院の議員が参集した「シチズンズ・ヒアリング・ディスクロージャー公聴会」が開催された。
 ここで、元カナダ国防大臣だったポール・ヘリヤーは、「地球には5000年前からゼータ・レチクル、プレアデス、オリオン、アンドロメダ、アルタイルの5種類の宇宙人が訪問しており、少なくとも2種類の異星人が米国政府で働いています。
 しかし、米国には闇の政府が存在し、世界を支配すべく様々な不和を引き起こしているのです。彼らが頻繁に出現するようになったのは我々が原爆を使うようになってからのことです」と衝撃的な証言をした。
 さらにこのディスクロージャープロジェクトを20年前から推進している医師スティーブン・グリア博士は、チリのアタカマ砂漠で発見された異星人を解剖し、DNAを解析したことを明かした。今日、全米でUFOが当たり前のように議論されるようになったのは、高収入が得られる救急救命医の座を投げ打って活動を続けるグリア博士の功績が大きい。
 また、2016年6月にはイギリスのEU離脱問題で欧州委員会のジャン・クロード・ユンケル委員長が、「私は各惑星のリーダーとあってこの間題を心配していることを知った。ヨーロッパの人々ともっと遠くから我々を観察している人々の両方を安心させる必要があります」と議会で公表したことだ。実に平然、当たり前のように話したのだ。
 ユンケル委員長とは、ルクセンブルクの首相を18年以上務め、世界銀行の総務を務めたヨーロッパ政財界の超大物だ。その人物の発言なのだ。
 むろんのこと、後に「他の各惑星のリーダーが〜」と訳したところを、「この惑星のリーダーたち〜」と通訳の間違いとされ、これもうやむやにされてしまった。
 しかし、2016年退任したオバマ大統領に至っても、2016年12月5日、UFOまたは異星人の米政府への関与を認める記者会見をホワイトハウス内で行っていたのだ。
 こうしたUFO及び異星人に関する情報はNASAをはじめ、マスコミには緘口令を敷いているので、新開、テレビではほとんど報道されることはない。
 現実は、一般市民の想像の城をはるかに超える。
 結論を先に言えば、前出のポール・ヘリヤーが述べたように数種類以上の異星人が他の惑星からやって来ており、様々な目的を持って、各国政府に関与していることは明らかなのだ。
 この説を裏付けるように2016年9月、世界的な天才宇宙物理学者として知られるスティーヴン・ホーキング博士は、人類が銀河系に電波望遠鏡を使って情報発信していることに対して、「人類は友好的ではないエイリアンに対して警戒しなければならない」と諭していたのだ。
 多くの有識者が考えているように銀河系内で人類だけが高度文明を築いているとしたら、何を警戒する必要があるのだろうか。
 また、2017年1月、科学誌に米国の物理学者ダンカン・フォーガンは、「地球に友好的な銀河系クラブだけでなく、様々な目的を持った惑星間連合が存在しなかったら、地球はすでに侵略されただろう」と公表している。
 この両者の見解は、ポール・ヘリヤーが述べるように、すでに数種類以上の地球外知的生命体が地球文明に関与していることを認識している発言だろう。
 欧米や、UFO現象多発地帯の南米、そしてロシアなどの物理学者の間では、異星人の地球関与はもはや常識と言える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 各国の政府高官や軍関係者、科学者の間では、地球を訪問する異星人は一般常識のようですが、いまだに公式見解としてUFOやETを否定しているのですから、その方が驚きと言ってよいかもしれません。
 では、本題である日本を守る葉巻型UFO艦隊に入ります。
 日本上空にたくさんの葉巻型UFOが出現するようになったのは、2012年10月19日からのようです。


 ・・・<『地球外生命体が人類を創った!』、p109〜p115から抜粋開始>・・・

 2012年10月19日、日本上空からシベリア上空に数千機のUFO艦隊が出現した!

 筆者がなぜ、UFOが地球を訪問していることにこだわっているかは、前述した国際的な地位にある政治家の証言もそうだが、決定的な証拠としてNASAの 『WorldView』 という衛星写真に巨大葉巻型UFOが日本上空に無数に出現しているサイトを見たことによる。
 このサイトはネットで無料公開されているので、どなたでも365日、数年前までさかのぼって検索できる上、コピー・ダウンロードも可能だ。ぜひ、ご確認していただきたい。
 UFO艦隊が最大出現した日は、2012年10月19日のことだ。この情報を知らせてくれたのは前出の無門氏だった。筆者は早速、PCでこのサイトを検索、ユーラシア大陸が平面図法で広がる画像を調べた。
 何と、雲霞(うんか)のように千葉県上空から福島、岩手、北海道沖合、オホーツク海にかけ、葉巻塑UFOが無数に映っていたのだ。
 筆者は、この画像に驚博した。東北沖合の太平洋側にもかなりの数だ。その数は数千機にも上るだろう。無門氏は2000機までカウントしたという。
 房絵半島中心が拡大できるよう、 WorldView の表示設定を100キロメートルら50キロメートルまで拡大すると数百機ほど確認できる。そして2000メートル、1000メートルと拡大すると、鈎(かぎ)型に連なった葉巻型UFOがかなり大きく見える。
 このサイトのメジャーで大きさを推定すると、UFOの全長は直径200〜300メートル、全長は4〜5キトメートルほどに相当する。一番多いのは長方形型の4連結した葉巻型タイプだが、正方形、または2連結したのも見える。
 いずれもUFO周辺からビーム、または電磁波のようなものが放射されている。どの機も北極方面を向いているが、全機とも微妙に大きさと向きが違う。
 したがって、画像をコピーしたとは考えられない。もしかすると、UFOは北極から南極、または南極から北極へ放射される磁力線のエネルギーを使って飛行している可能性もある。
 後にこのサイトは、ユーラシア大陸、北極、南極と3パターンに分類できることを知った。
 そこで、無門氏はなぜか北極に設定、黒い小さな斑点にしか見えない北極点をフォーカスに次ぐフォーカスを繰り返した。
 すると、そこにも大量のUFOが雲霞のように数百機前後布陣するのを確認した。どうも北極、南極が基地となっているのかもしれない。筆者もこの画像もフォーカスし、さらにその北極の周辺を隅々探ってみた。
 何と、今度は雲霞のような黒い画像ではなく、葉巻型UFOのグレーの胴体の濃淡までがくっきり見えるのだ。その数も数百機はある。中には、3連結から4連結目が切り離される寸前のも見える。
 もはや、これは否定のしようがない。紛れもない葉巻型UFO、否、葉巻型スペースシップと断定する他はない。他に何が考えられるだろうか。
 NASAではこの WorldView を使って、フェイク画像を発信し、遊んでいるとでもいうのだろうか。それなら、NASAの権威は失墜する。けっして画像のゴーストや傷、ましては鳥であろうはずもない。
 一番驚いたのは、この衛星写真を処理し、このサイトを管理するNASAの電子作業員自身であろう。
 この北極上空に映っているものは、おそらく電子作業員のサボータジュか、修正するのを諦めたためか、前述したように北極点は、黒い小さな点にしか見えないのだ。これを拡大、拡大、拡大を繰り返すことでUFOの映像を初めて捉えられる。
 まさか、この黒い小さな点を画面いっぱいに拡大、UFOが発見されることは想定外だったのではないだろうか。
 UFOの出現数では、 WorldView で年間6000機前後が捉えられていたことがわかった。ハーモニーズの会員がカウントしてくれたのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、年間6000機前後というたくさんの数の葉巻型UFOが日本上空に現れる理由はなんなのでしょうか。
  WorldView で日本上空の葉巻型UFOを発見した横石集(よこいしあつむ)氏の見解が紹介されています。


 ・・・<『地球外生命体が人類を創った!』、p115〜p116から抜粋開始>・・・

 驚くのは彼らがただ単に日本、または地球上空に現れるわけではないことだ。ほとんど地震や台風が接近する直前、または、前述したWプロテクション・グリッドWなどのバリヤ機能や地球全体にエネルギーを放射しているようなケースが見られる。
 日本の場合は、完全に人工地震及び人工台風攻撃の阻止が目的なようだ。
 数千機が出現した日、台風21号が九州鹿児島沖接近していた。横石氏は、2日前の17日、UFO艦隊が台風消滅作戦を敢行していたことを掴んだ。
 「葉巻型UFOなのでハーモニー宇宙艦隊(以下UFO艦隊)と名付け、ずっと追跡していますが、日本に接近する台風はじめ、人工地震まで防御してくれている事実を掴んでいます。彼らは無償で、日本及び地球を防御し、闇の政府が繰り出す謀略を阻止してくれているのです。実は、UFO艦隊が大量出現した2日前の10月17日、台風21号が沖縄に接近していたのですが、台風消滅作戦がこの日から行われていたようで台風の目の中に数機飛び込んでいるのがわかりました。
 数千機出現した19日には台風21号は千葉県沖合に去っています。また、翌2013年10月7日には、強力な台風24号『ダナス』が九州宮崎に接近していました。予想進路は九州上陸が確実でしたが、ダナスには98機UFO艦隊が出現、これも日本海側に弾かれたように進路が変わっています。
 闇の政府からの攻撃があった時には、必ず1機から数十機以上のUFO艦隊が出現してくれるのを確認しています。彼ら無償の愛には本当に感謝に尽きます」とのことだ。
 台風24号ダナスは確かに935hpa、瞬間風速70メートル超える強大な台風だった。沖縄に上陸し、九州宮崎から北上、そして、本州沿いに東進、再度東北までも直撃、日本列島各地での被害が予想された。
 UFO艦隊は、台風の目にも無数に突入したほか、日本列島にも布陣、圧倒的な布陣で日本海に弾き飛ばしてくれたことが気象庁の天気図で確認できた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私も葉巻型UFOを見てみたいと思い、 WorldView で検索してみました。
 2012年10月19日を指定し、千葉、福島、岩手、北海道を探してみたのですが、いっこうにUFOらしき形を見つけられませんでした。
 その理由が以下でした。


 ・・・<『地球外生命体が人類を創った!』、p126〜p127から抜粋開始>・・・

 熊本地震発生直前の4月5日、巨大な電磁波が地球を覆った

 UFO、または異星人が各国政府、否、市民生活にもかなり関与していることを綴ってきた。現実には、到底信じられない事態が進行していることに気付かなければならない。
 ハーモニーズを結成している横石氏は3・11以降、人工台風を捉えた MIMIC の画像とともに、前述した WorldView と Google Earth で捕捉されたUFO艦隊の活躍と人工地震の謀略をブログ HARMONIES G+で数年前から公表していたのだ。
 もちろんのこと、この衛星画像では近年発生した台風の中に、UFOが突撃している無数の画像をどなたでもかなり確認できる。
 ここまで述べてきたことが信じられないと思われる方は、同氏のブログとともにご自身で衛星画像を検索、過去にさかのぼって確かめてみたらいい。
 しかし、残念ながら、2012年10月19日、WorldView から確認できた数千機のUFO艦陳の画像は、2017年4月後半、全機とも消去された。これこそ、UFO艦隊及び銀河連盟の地球への強制介入を決定した証拠だったのだが、1機残らず、葉巻型UFOは消されたのだ。
 NASAの隠蔽体質は、今に始まったことではない。NASAを操る闇の政府ディープステートにとって、この証拠画像を知られることこそ、不都合な真実であることを裏付けるものだろう。一部のマニアが言う、この画像がW電磁ゴーストWであったなら、1機残らず消去する必要がなかったはずだ。
 このことでも闇の政府の息吹が聞こえてくるではないか。とはいえ、それ以外には、単機から数機出現した画像は無数に残っているので、UFOの証拠画像は確認できる。
 筆者は、このUFO艦隊が日本を防衛していると仮定し、これまで起きた巨大地震や、巨大台風の接近前を WorldView を検索し、このことに確信を抱いたのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 どうりで私が探してもUFOが見つからなかったはずです。
 しかし WorldView から葉巻型UFO画像を消したNASAの思惑は、逆効果だったのではないかという気さえします。
 というのも、すでに横石氏が発見した葉巻型UFOの画像は本として出版されており、たくさんの人が見ているはずです。
 そうした人々に、NASAがわざわざ WorldView から葉巻型UFO画像を消したというのは、NASAが、これは本物のUFO画像であると認めていると受け取られてしまいかねません。
 またNASAがいくら頑張ってUFO画像を消しても、葉巻型UFOはどんどん日本上空に現れ、 WorldView にその痕跡を残しています。
 横石氏のサイトが以下です。

 「HARMONIES G+」

 その中に、2019年2月28日の北海道の WorldView が紹介されています。
 以下をクリックしてみてください。

 「2019年2月28日 WorldView」

 画面左下が日付です。
 画面右端に、「+」「−」の欄があるので、これをクリックしてみて下さい。
 色々な高度からの葉巻型UFOの画像を見ることができます。



霊能捜査官アンジェラ・マッギー...2019年3月3日

 日本では聞きませんが、欧米では犯罪捜査にサイキックの力を借りるのは、ままあるようです。
 もちろん私は詳しくはないのですが、犯罪捜査に協力したと証言する欧米のサイキックが日本のテレビに頻繁に登場した時期があったので、そうだろうと思っています。
 今回紹介するイギリスのアンジェラ・マッギー女史も、そんな犯罪捜査に協力しているサイキックのようです。
 ただし犯罪捜査専任というわけではなく、普段は一般のクライアントのセッションを行っているようです。
 本は、『霊能捜査官アンジェラが語るスピリット(魂)との融合』(アンジェラ・マッギー著、ヒカルランド)で、今回は犯罪捜査ではなく、一般のクライアントとのエピソードから、3つほど私が印象に残った話を紹介しようと思います。

 話を紹介する前に、前置きとして私の考えを述べたいと思います。
 ゲリースクールで学んだという理由だけではないのですが、私はゲリーさんが言うように、人間は以下の3つの要素で構成されていると考えています。

@ 魂(トライヤード)

A スピリット(ダイヤード)

B 肉体

 トライヤード、ダイヤードというのはゲリーさん流の言い方で、ここでは魂とスピリットという言い方にします。
 多くの人々のスピリチュアルな理解は、人間とは肉体に魂が宿ったものというイメージだと思います。そして(本の題名がそうであるように)魂とスピリットはイコールだという理解が多いと思います。それゆえ肉体に2つの意識体が宿っているというと、違和感を覚える方が大半だと思います。
 私はゲリーさんが言っているからではなく、私自身の体験から人間には2つの意識体が宿っていると考えています。

 私が前々から感じていたことは、人間には2つの意識体が宿っているのに、多くの人は1つの意識体と思っているので、混乱が生じているということです。
 自殺は、その典型的な一例だと考えています。

 ではまず、アンジェラ・マッギー女史の本から抜粋して紹介します。
 アンジェラ女史の娘さんがサッカーの試合を行う為にチームメイトとバスで旅行している時の出来事です。そのバスに保護者としてアンジェラ女史や、他のチームメイトの保護者も同席しています。


 ・・・<『霊能捜査官アンジェラが語るスピリット(魂)との融合』、p92〜p96から抜粋開始>・・・

 自殺者の死後はどうなるのか?

 パリに着く前日の夜のことでした。バスの中で眠っていると突然ある声が聞こえたのです。目を開けると十代くらいの男の子のスピリットが私の目の前に現れ、こう言い残してスッと消えました。
 「もう我慢の限界だったんだ」
 彼のその言葉から、きっと自分で命を絶ったのだと直感しました。14歳くらいだったでしょうか。一体なぜ、彼は長距離バスで寝ている私の前に現れたのでしょうか? なぜ、このタイミングで? 考えた末に、多分、彼の身内の人が数日後に霊媒セッションを予約する前ぶれだという考えに落ち着きました。こういうパターンは、過去に何度も起こっているからです。
 ところが、翌日、娘のチームメイトの保護者の母親、ジュリーと話をした時、思わぬところからその理由がはっきりしました。私が霊能者だということは、チームをはじめ、保護者たちもみんな知っていたので、ジュリーは私にいろいろな質問をしてきました。
 「あなたって霊能者でしょう? 分かりやすく言うとどんなことをするの? メッセージはいつも聞こえてくるの?」
 初めは好奇心からこんな質問をしていた彼女は、どんどん深いレベルの質問をするようになり、霊界について真剣に尋ねるようになりました。
 「ううん、霊能者であることは私の一部だから、メッセージ受信のオン・オフはできないわ。私は現世と霊界をつなげる役割を授かり、その使命を果たすために生まれてきたと思うの。こちらから交信をお願いすることもできるけれど、すべては霊界に委(ゆだ)ねてあるわ。予期せぬ交信が起こる時もあるのよ」
 例えばと言って、前日のある少年のスピリットの話をしたのです。するとジュリーはこう叫びました。
 「ストップ! ちょっと待って! 寒気がしてきたわ。あなた、知ってたの?」
 「知ってたって何を?」
 「昨日の夜、バスの一番前に座っていた父親に、彼の親友から電話があったの。その人の14歳の息子さんが、自殺したらしいの」

 私はジュリーに、話した内容について誰にも言わないでほしいと伝えました。あまりにも急な出来事で、心の準備ができていないと思ったからです。彼女は自殺について、次のような質問をしてきました。
 「自殺をした人たちは天国へ行けないとか、罰として居心地の悪い場所でずっと過ごさなきゃならないとか聞くわ。自ら命を絶つという究極の罪を犯して神の愛に背いたせいで。それって本当なの?」
 「いいえ、まったく違うわ。霊界から与えられた知識やこれまでの私自身の経験で言うと、自殺をした人たちは、まったく罰を受けないわ。実際、その人たちのスピリットは霊界で癒しに包まれることになるの。病気で亡くなった人たちと同じような扱いを受けるのよ。神をはじめ、すでにそこにいる家族や愛するスピリットたちの愛で癒されることで、苦しみから解放されるの」
 さらに、自殺したいと思う気持ちは病的な鬱の症状の一つだと科学的に証明されていることも話しました。何年か前までは、自殺という行為は正しく理解されていませんでした。自殺をした本人は地獄へ落ちる。そして、その家族は、大きな負の烙印を背負って生きていくことになると考えられていたのです。悲しいことに、この浅はかで偏った考え方は今も残っています。
 自殺について、私たちは態度を改めなくてはなりません。自殺したこの少年には、何の罪もありません。他の理由で天国へ行った人たちと同じ扱いを受けるのです。それどころか、天から最高の愛を受けられます。まず霊界に着くと、彼らはこの世で言うと病院(「ヒーリング・ルーム」と私は呼んでいます)へ導かれます。そこでしばらく癒しを受けた後、霊界で役割を果たすか、順番に生まれ変わってこの世に戻ってきます。
 愛ある思いや祈りをこの男の子に届けることで、大きな癒しになるとジュリーに伝えると、彼女はこう聞きました。
 「ヒーリング・ルームって何? どうしてそんなことが分かるの?」
 私はある男性に霊媒セッションをした時のことを思い出しました。セッションを始めたとたん、何気なく出た私の言葉が、「あなたはヒーリング・ルームへ行ったことがあるでしょう?」でした。もちろん、彼はびっくりしていました。同時に、その彼が複数の出入りロに面している廊下を歩いていて、その中の一つの部屋へ入っていくのが見えたのです。その部屋には無数の光が差し込んでいて、ベッドに横たわる彼の周りを、愛する家族や親しい関わりのあったスピリットたちが囲んでいるのが見えました。その内容を男性に伝えると、驚きを隠せない様子でこう言いました。
 「それだよ、その通りの光景を見た……。僕が感じたのとまったく同じだ!」
 「すべてバイク事故が関係しているようね」
 彼は1年半前にバイク事故に遭い、何週間も危篤状態だったそうです。私のところへ来たのも、命を取りとめた理由とその不思議な夢について詳しく知りたかったからでした。彼がこの世へ戻された理由は、霊界の存在について人々に伝えるためだったのです。今後、スピリチュアルな世界の知識を広める手助けをすることになると、彼に伝えました。
 この話をジュリーにすることで、自殺とヒーリング・ルームについて理解してもらえればと思いました。
 「すごい! でも正直言うと理解しにくいわ。何か証明してくれるものが少しでもあれば、素直に信じられるのだけれど……」
 彼女が言っていた「何か証明してくれる出来事」が起こったのは、それから間もなくしてからでした。ジュリーは私の霊媒セッションを受けた時、祖父のスピリットから私的なメッセージを受け取ったのです。そして今や彼女は、スピリチュアルな世界の教えを説くメッセンジャーになったのです。自殺した人たちが霊界でどのような扱いを受けるのか、その知識を広める活動もしています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、自殺に関するアンジェラ女史の話に基本的に異論はありません。
 自殺であっても病気の死と同様に、ヒーリング・ルームで手厚い看護を受けるのだろうと思います。
 ただし私は、それは@の魂に関することだという注釈をつけたいのです。ではAのスピリットに関しては、どうでしょうか。
 自殺したスピリットは、自殺した状態のそのままの意識であちらの世界に旅だち、自分独自の環境を作り出して、その中に引きこもるケースが多いと思っています。
 多くのサイキックがそうした状態を見て、”地獄”と名付けたのだろうと思います。そうした証言は実に多くて、エマニュエル・スウェーデンボルグ氏の本などは、その一例だと思っています。
 ただし私は、閻魔様が罰を与えるような地獄は存在しないと思っています。あくまでも自分の意識がその周りにそうした世界を作り出し、時として何百年もの間、その中で苦しむスピリットがいるのだろうと思っています。
 私がそう考えるのは、私自身の体験があったからです。
 ヘミシンクの手法を発展させて、機器を使わないであちらの世界に旅する手法を編み出したブルース・モーエンという人がいます。
 私はモーエンさんが日本で開催したワークショップに参加しました。
 ワークショップでのミッションは、あちらの世界で苦しんでいるスピリットを救い出すというものでした。私は、自殺ではないのですが、捨てられ寂しく死んだらしいサーシャという名の幼い女の子のスピリットを救い出すミッションを行いました。
 さらに、ワークショップで教わった方法で、自殺したテニス仲間を救い出そうと試みて、あちらの世界に行ったことがあります。
 しかし残念ながら私はその人からの信用が全く無かったようで、私がいくら問いかけても返事がもらえず、(相手はただ当惑した感じで私を見ていているだけで)仕方なく諦めて帰ってきました(失敗のミッションでした。一つ付け加えると、サアラさんによれば、こうした幽界は今はかなり浄化されて無くなっているそうです)。

 ある人は自殺してもヒーリング・ルームで手厚い看護を受けると言い、ある人は地獄のようなところで苦しむと言っています。こうした矛盾は、人間には魂とスピリットという2つの意識体が宿っていると考えれば、すっきりするのではないかと思うのです(自殺だけでなく、人間には2つの意識体が宿っているという前提がなければ、説明がつかないことが他にもあります)。
 もちろんこれは(ゲリーさんから伝授された)私の考え方であり、これが正しいと主張するつもりはありません。また時と伴に、こうした理解もブラッシュアップされて変わっていくかもしれないことを、お断りしておきます。

 自殺という暗い話題になってしまったので、明るい話題をあと2つ紹介したいと思います。
 ほっこりするような話題です。


 ・・・<『霊能捜査官アンジェラが語るスピリット(魂)との融合』、p103〜p197から抜粋開始>・・・

 ハードな一日の終わりに

 レストランで出会ったビジネスマン

 忙しい一日を終え、ようやくリラックスしようとする時、スピリットたちはここぞとばかり話しかけてきます。
 午後に教会での奉仕活動を終え、夜はリバプールで霊媒コミュニケーションのショーというハードな日。その夜、仕事を終えて友達とオシャレなレストランで夕食をとる約束をしていました。忙しい日常からほんの少しエスケープする時間を持つことは大切なこと。長時間、霊界と関わっている私の場合、この世にチューニングをして現実に戻るまでに何時間もかかることがあるのです。そのために欠かせないリラックス法は、おいしい料理と大好きな友人との会話。おかげで、こんな忙しい日だって最高の気分で終われるのですから。

 その日は土曜日、友人のマリリンと私は夜も深まる頃、ようやくレストランに到着しました。もうほとんど人はいなかったのですが、ウェイターは快く私たちをテーブルに案内してくれました。注文を終えると、一人の小柄な男性が、ボディー・ガードのように大柄な男性二人に挟まれ、レストランに入って来ました。そのスマートな着こなしをした男性は、どこか有名人のようなオーラを醸(かも)し出していました。腕には、ダイアモンドびっしりの金の腕時計……。言うまでもなくお金持ちの証。他にも空いているテーブルはたくさんあるのに、なぜかウェイターは私たちの近くのテーブルに案内したのです。
 「やあ、こんばんは!」
 リバプール独特のアクセントで、彼は話しかけてきました。両脇にはうなずき微笑むボディー・ガードたち。私たちが微笑み返すと、その男性は調子に乗って椅子を近づけできたのです。
 「きみたち、どこから来たんだい?」
 リバプール訛(なま)りで聞かれ、マリリンはつっけんどんな態度で答えました。
 「バーミンガムですけど」
 「じゃあどうしてリバプールにいるんだい?」
 「私の友達がちょうどショーを終えたところなの」
 「へえ〜。どんなショー?」
 「彼女は霊能者なのよ」
 彼は、思った通りのよくあるリアクションをしました。
 「ワオ〜、すごいね! じゃあ僕のこと何か分かる? 自己紹介まだだったね。僕はハリー」
 「ごめんなさい。今は友人とゆっくり食事を楽しみたいんです」
 私はできるだけ丁寧に断りましたが、お酒が入ったせいか、彼は数分後にまた同じことを聞いてきました。
 「何でもいいから、僕について言ってほしいなあ。たのむよ」
 霊能者や霊界について興味はあるが、忙しすぎる仕事のせいで今までトライする機会がなかったのだと言います。加えて、マリリンも何か言ってあげたらと言わんばかりに目くばせしてきたので、私はついに降参しました。本日最後の力をふりしぼって、意識を集中してみることにしました。
 「スペインのアラカンテ地方と何か関係しているかしら?」
 「オーマイゴッド! 来週そこへ行くんだよ。他の国も行くけど?」
 「香港かしらね」
 「驚いたね! 2週間後に行くよ。君ってすごいね〜」
 彼が4つのビジネスを掛け持ち、成功していることも当てました。両脇のボディー・ガードたちは微動だにせず話を聞いています。ハリーはとにかく人なつっこくてチャーミング。これこそ、ビジネス成功のカギということかもしれません。
 すると、ハリー自身についてあることを感じ取り始めました。地位も権力もある彼の本当の姿は、極端な寂しがり屋だということを。そのユーモアとウィットに富む話し方の奥には、寂しさが隠れていたのです。ハリーにある質問をすると、人なつっこい彼の表情がガラリと変わりました。
 「あなたの妹さんはもうこの世にいないわよね? もし彼女のスピリットがそれを望めば、最高のタイミングにあなたにメッセージをくれるはずよ」
 一日を締めくくる、最高の料理と大好きな友達とのこの時間を朝から楽しみにしていた私は、遠慮がちにこう伝えると、さりげなく彼との会話を終えました。
 ところが、料理の最初の2、3口を味わっていた矢先、マリリンとの楽しい会話をまたしても遮られました。突然、スピリットの声が聞こえたのです。
 「ジーニー? ジーニーというのは、誰かしら?」
 「オーマイゴッド! それは、僕の妹だよ」

 ジョン・レノンと誕生日

 こうして本日最後のお務め、真夜中の霊媒セッションが始まりました。
 「彼女は癌でこの世を去ったようね。あなたととても仲が良かったと言っているわ。6人兄妹のうち、あなたが一番のお気に入りだったみたい。ジーニーの旦那さんと子供たちに見守られてこの世を去ったのだと言ってる。あなたはそこにいなかったようね」
 「そう……その通りだよ」
 「あなたの大きな成功をすごく誇りに思っているわ。でも何より、子供たちのために巨額のチャリティー募金活動をしたことを一番誇りに思うって」
 寛大などジネスマンであるハリーは、涙をずっとこらえているようでした。
 「君はホントにすごすぎるよ!」
 ですが、ここでしみじみと感傷的になるハリーではありませんでした。
 「まあ、僕の誕生日までは分からないよねえ?」
 「……それは、ジョン・レノンが射殺された日ね」
 「な、なんでそこまで分かるんだ!? ジョン・レノンは僕のヒーローだ。ジョン・レノンの世界一のファンが僕、君の目の前にいるこの僕なんだ!」
 そのうち、もう3人がこちらのテーブルに合流し、にぎやかなディナーとなりました。
 そして閉店が近づく頃、私はマリリンにそろそろ出ましょうかと声をかけました。彼らに、さようならを言って店を出ようとすると、ハリーは名刺を交換しようと言ってきたのでした。そして、私の手からスマートにレシートを奪うことも忘れませんでした。今まで一度も霊媒セッションを受けたことのない、ましてや霊界について知る機会のなかったハリーは、この時本当に必要としていたメッセージを受け取ることができたようです。何でも一番よく知っているスピリットたちは、多忙なハリーにとって最高のタイミングと場所を選んでメッセージを伝えたわけです。私にとってはウェルカムとは言えないタイミングでしたが……。まあ、おかげでディナーをごちそうしてもらえたのですから、よしとしましょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後は心温まる話題です。


 ・・・<『霊能捜査官アンジェラが語るスピリット(魂)との融合』、p41〜p47から抜粋開始>・・・

 天国の赤ちゃんをお世話するのは?

 マリオンという若い女性から、霊媒セッションを受けたいという電話が入りました。霊能者として活動する私の記事を新聞で読んで、ずっと気になっていたというのです。私の名前にまるで導かれるように連絡を取ったのだと彼女は言いました。つまり、必然的に引き寄せあったというのです。マリオンは、たまたま私の近所に住む姉の家へ行く予定で、できればその家でセッションを受けたいと言いました。そして、今まで”この手のもの”は試したことがなく、私が初めて出逢う霊能者だとも付け加えました。
 そして、当日姉とともに私を出迎えてくれたマリオンは、思慮深くかしこそうで、感じの良い女性でした。いざセッションを始めようとすると、彼女はどうやら私がタロット・カードのようなものを使うと思っていたようで、戸惑っている様子です。私はできるだけ分かりやすく、私の方法を伝えました。そして、リラックスして腰かけ、天国にいる愛する人たちに愛情あふれる思いを寄せるようにと言いました。すると、すぐにマリオンの母親側の祖母らしきスピリットを感じ取りました。そのおばあさんが、小さな男の子の赤ちゃんを抱いているビジョンが見えました。
 「男の子の赤ちゃんが見えるわ。あなたのおばあさまが、その子のお世話をしているようね」
 「オーマイゴッド!」
 マリオンは涙をこらえきれず、感極まった様子で叫びました。私は、その赤ちゃんが天国でとても健やかな様子だと伝えました。
 「赤ちゃんが旅立つ時、おばあさまが迎えに来てくれたみたい。今は彼女がお世話でいるそうよ。とても元気な赤ちゃんね。……ジョッシュと呼ぶ声が聞こえるわ」
 「私の赤ちゃんの名前だわ……」
 マリオンは一瞬息を呑み、静かに泣いている姉の手を握りました。そして、涙に濡れながらこう言いました。
 「ジョッシュの面倒を誰かがみてくれているかどうか、それだけが心配だったんです。それが私の大好きなおばあちゃんで本当に良かった。あなたって素晴らしいわ! 本当にありがとう」
 「胸元にテディ・ベアの絵がついた赤ちゃん用の白い服を着ているのが見える。ただ頭のところに何か問題があったようね。天国に旅立つまでの何週間かはホスピスにいて、いろいろな治療を受けていたよね」
 「一体どうやったらそこまで分かるの? とにかく、知りたいことが分かって感謝の気持ちでいっぱいよ。ありがとう」
 深い悲しみで心を痛めている人から、こんなにも高揚した感謝の気持ちを受け取ったのは初めてでした。
 「夫のニールも一緒にこの体験ができたらよかったのに。問題は、彼が霊界を信じられないことなの。ジョッシュのことだってあまり話さないのよ。私はもっと話したいのに。多分それが、悲しみに対処する彼なりの方法なんだと思うけど」
 深い悲しみにとらわれることについて、少し話しておくべきだと思い、こう切り出しました。
 「あなたたちのように最愛の子供を失った両親は、たいてい違う形で深い悲しみに暮れると思うの。全然違うと言ってもいいくらい。パートナーなのに、距離を感じることもあるでしょう。でもいつかニールが信じてくれる日が来ると願いましょうよ」
 霊媒セッションが終わりに近づくと、マリオンは次の予約について聞いてきました。依頼者が会いに来るタイミングは人それぞれだと伝えました。例えば、何か特別なことがこちらの世界で起こる時に、家族をはじめ天国の愛するスピリットたちとの交信を求めて来る人たちもいます。また、何かトラブルを抱えていて、その解決策を見つけるために助言をもらいたい時ということもあります。あるいは、いつもそばにいてくれるかを感じたいとか、ただ心を温めたい時にも。霊界のスピリットたちは、いつも私たちが求める時にそばにいてくれる。そして私たちが望む答えではないかもしれないけれど、私たちに必要だと思うメッセージを伝えてくれるのです。

 赤ちゃんスピリットが届けた奇跡

 次にマリオンが私のもとへやって来たのは、それから1年後のクリスマスの時期でした。初めての霊媒セッションの時のように、彼女はこれから始まることにワクワクしているように見えました。スピリットとのコミュニケーションのレベルはいつも同じとは限りません。霊界波長と共鳴し、あらゆるバランスが整っている時、最高のコミュニケーションが実現するのです。
 最初に話をしているとすぐに、ジョッシュのスピリットのビジョンが見え始めました。
 「歩いている!」
 私はその姿に驚きました。この世の法則と同じように、彼は霊界で成長していて、今回はなんと幼児の姿で現れたのです。よちよち歩きでリビングに入ってきて、マリオンに近づき、ひざの上に小さなおもちゃのバイクを乗せました。
 「マリオン、ジョッシュのスピリットがここにいるわ。よちよち歩いているし、髪の毛も生えそろっていて、とても可愛い。今ね、あなたのひざの上におもちゃのバイクを置いたのよ」
 マリオンは愛おしそうにひざ元を見ながら、突然大粒の涙を流しました。
 「信じられない……ちょうど今週、そのおもちゃのバイクをお墓に供えてきたばかりなの」
 そう、天国にいる愛する人に贈り物をすると、必ず受け取ってすぐに反応してくれるのです。そして交信する時に、その贈り物を見せてくれます。まだ小さすぎて言葉を話せない、もしくは何らかの言語障害のある子供たちは、どのように交信すると思いますか? 彼らの守護霊やサポート霊たちが、代わりに思いを言葉に乗せて伝えてくれるのです。
 ジョッシュの目を通して、あるビジョンが見えたので、マリオンにこう尋ねました。
 「ジョッシュのお父さんはバイク愛好家なの? 最近、タイヤを替えたりしたかしら?」
 「ええ! 数日前に替えたばかりよ」
 「タイヤ交換の間、ジョッシュはお父さんのことをずっと見ていたって」
 「そう、早くニールに伝えたいわ。どうかこの話を信じてくれますように。彼にとっても心がすごく救われるはず。でも私から言っても信じてくれないから」
 するとジョッシュの守護霊に導かれるように、私はこう口にしました。
 「ニールのバイク着の左袖に穴があいているようだわ。そのことを彼に伝えてみて。これが本当だと、きっと彼も信じてくれると思うわ」
 「でも、どうかしら……。彼、新しいバイク着を買ったばかりなの」
 「そうなのね。でも、何故だか分からないけれど、これは伝えなければならないことだと感じるから言うわ。私は子供の頃からずっとそうなの。その時はおかしなことだと思っても、後になってすごく大切な意味があったりするのよ」
 そう言いながら、またもや突拍子のないことを言わなくてはならない衝動にかられ、マリオンの腕をつかんでこう言いました。
 「6月2日に、あなたたちがお祝いするような出来事が起こるわ」
 すると、マリオンの顔が急にこわばりました。
 「いいえ! その日に限ってお祝い事があるはずない。その日はジョッシュが天国に行った日だから」
 私はマリオンに謝りました。でも、私の守護霊が同じことを繰り返し伝えてくるので、確信したのです。
 「でもねマリオン、そう言うのが繰り返し聞こえたの。どうか受け止めてくれないかしら。大切な意味を持っていたことが、後になって分かるはずだから。ジョッシュを失った悲しみを埋めてあげたいから言っているんじゃないの。あなたは6月2日、かわいい女の子の赤ちゃんを授かることになるわ」

 2回目の霊媒セッションで、こんな衝撃的なことを聞くことになるとは、マリオンは思ってもいなかったでしょう。でも、その素晴らしいニュースを胸に、彼女は帰っていきました。数時間後、マリオンから電話がありました。
 「早くニールに今日のことを話したくてうずうずしていたの。もちろん、ジョッシュのことを話して、その後あなたが言ってたバイク着の穴の話をした。そんなわけないだろという彼に、早く確かめましょうと急き立てたわ。そのあと、彼は一人で部屋に行ってなかなか戻ってこないから待ちきれなくて見に行ったのよ。ニールはだまって椅子に座って、バイク着を優しく抱いていたの。目に涙を浮かべながら……。何を見つけたのかすぐに分かったわ。一体アンジェラは、どうやってこんなことまで分かってしまうんだって聞くから、もちろん、本物の霊能者だからよと答えたわ。ジョッシュが天国で幸せそうで、元気に成長していることも伝えたら、信じてくれたの。一番嬉しかったのは、バイク修理をしている間、そばで見ていてくれたことだって」
 ジョッシュとの交信でマリオンの心が愛で満たされ、何よりニールが霊界のことを信じるようになった……。奇跡は必ず起きるのです。
 それから1年半後、マリオンから思いがけず電話がありました。なんと女の子を出産したというニュース! それだけではありません。ジョッシュと同じ病気がないか確かめる検査をして、生きた心地がしないくらい心配していた二人のもとに、その結果を知らせる通知が、そう、6月2日に届いたのです! マリオンとニールは、この奇跡の物語を世界中に話したい気分だと話してくれました。奇跡は起こるのです、必ず!

 ・・・<抜粋終了>・・・



世界的バブル崩壊の予感...2019年2月24日

 日本の株価が3万9千円(日経平均)の最高値をつけたのは1989年12月末でした。バブルの象徴ともいえる株と伴に土地の値段もうなぎ上りでしたが、土地の方は株の崩壊から2年後の1992年から下落を開始しました。バブル崩壊の過程で、土地の下落は株の下落から2年ほどの時間差(タイムラグ)がありました。

 そんな株や土地の狂騒的な熱狂は、当時の私には無縁でした。
 バブル崩壊を予測していたとなれば相当な先見の明の持ち主と言えたでしょうが、なんのことはない、単に貧乏で、投資(投機)しようにも参加するタネ銭がなかったのです。
 もし当時、私に小銭があれば、株にでも手を出して火傷を負っていたかもしれません。
 バブルには参加しませんでしたが、経済の動向はウォッチしていました。
 経済ジャ−ナリストの浅井隆氏が主催する経済・金融の勉強会の会員となり、当時の最新の経済情勢を把握するように努めていました。
 それだけに、1992年から始まった土地の下落は、新鮮な驚きでもありました。
 戦後、土地の価格は景気の波はあるものの、一貫して上昇するものという、いわいる「土地神話」が多くの日本人の共通認識だったからです。
 当時、土地価格の急速な下落に驚いた私は、税理士の資格を取る為に勉強していた兄に、このことを告げました。すると兄は、「土地の値段が下がるなんて、あり得ない!」と全否定したのです。
 税理士というのは、お金のプロのはずですが、やはり土地神話にどっぷり浸かっていたということでしょうか。
 あるいは、普段から胡散(うさん)臭いことばっかり言っている私の信用が無かったのかもしれません。全く相手にされなかったことをよく憶えています。

 「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」といいます。
 ビスマルクが語ったというこの言葉は、本来は歴史に学ぶのではなく、他人の失敗に学べという意味らしいです。しかし、あえて歴史に学ぶという観点で見ても、いいところを捉えている気がします。
 社会に出て様々な経験を積んでいる数十年の間、もし土地の価格が(けっして下がることなく)、延々と上がっている状況を見続けたら、土地神話にどっぷり嵌ってしまうのは無理もないのかもしれません。
 以下は、世界的な投資家として知られているジム・ロジャース氏の言葉です。

 「天井しらずで上がり続けるものなど存在しません」

 これは歴史を勉強すれば、誰でもわかる事実です。
 でも、人間はそんなに賢くないのかもしれません。

 今回は、『恐慌と国家破産を大チャンスに変える!』(浅井隆著、第二海援隊)から、世界的な土地バブルの舞台となっている中国とオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)の動向をお知らせしたいと思います。
 まず、その規模において日本のバブルの規模を遥かに凌駕するものとなった中国の動向です。


 ・・・<『恐慌と国家破産を大チャンスに変える!』(浅井隆著、第二海援隊)、p122〜p131から抜粋開始>・・・


 どうにも乗り越えられない障害にぶつかった時は、頑固さほど役に立たないものはない。 (ボーヴォワール)

 ある中国人男性の悲哀

 「株をやろうと思っているんだ」−−私はこの言葉をある男性が発していたと聞かされた時、思わず絶句した。この言葉に中国経済の末期症状を嗅ぎ取ったのである。
 それは2018年11月、私の会社のスタッフが取材のために四川省成都市を訪ねたときのことだ。中国人の陳さん(仮名)という男性は現在40歳で、日本人を専門とした観光ガイドで生計を立てている。陳さんに留学など訪日の経験はないが、大学時代に学んだカタコトの日本語を駆使して奮闘してきたようだ。誠実で、なかなか骨のある男だと私は聞いている。
 私のスタッフ(以下スタッフK)が彼と出会ったのは2017年8月。楽山大仏のツアーに参加して以来、仲良くしているという。とりわけ、陳さんが日本でプログを開設する費用を立て替えてからというもの、彼は頻繁にスタッフKへ連絡を寄こすようになった。そう、中国人はこうした恩義に厚い。
 陳さんは大きな悩みを抱えていた。一つは、中国共産党から自宅の立ち退きを強いられているということ。もう一つは、結婚したい相手がいるのに相手の両親が一向に許可を与えてくれないということだ。
 まずは前者だが、陳さんは成都市の中心部から車で40〜50分くらいの郊外に両親と3人で暮らしている。しかし、2018年に入ると周辺地域の再開発を理由に地元政府から立ち退きを強いられるようになった。陳さんにとってまさに青天の霹靂だったという。政府が提示した立ち退き料が意に沿わなかったため、陳さんは仕事が終わるごとに政府へ陳情に行ったそうだ。しかし、地元政府は立ち退き料を上げてくれるどころか、次第に「立ち退かなければ仕事ができなくなる」と脅されるようになったという。しかもその対象が本人だけでなく、教師の職に就いている姉にまでおよぶと言われたそうだ。
 結局、陳さんは130万元(約2000万円)という立ち退き料を渋々ながら受け入れる、と決断。中国の物価が日本のそれよりも低いことを勘案すると、130万元という額はそこまで少ないとは思えなくもない。しかし、一家で分けるため、陳さんに言わせると「少ない!」。130万元のうち、姉に25万元、妹に30万元を分け、残りの75万元を両親と陳さんの引っ越し代に充てようとした。しかし、昨今の住宅高騰の波により、なかなか良い物件を探すことができなかったという。
 私も成都の不動産屋を何軒か覗いたが、確かにそれほど安くはない。陳さんが希望している成都の郊外に位置する成都動物園の近くだと、マンションの価格は1平米当たり3万元。60平米以上になるとほとんどが優に100万元を上回る(ちなみに中国人は広々としたマンションを好み、60平米では狭く、できれば90平米以上に住みたいという人がほとんどだ)。また中国ではマンションを購入した場合、内装も自分で施工しないといけないため、購入する際の費用はさらに膨らむ。住宅価格の額面に10〜20%増しが当たり前だ。
 陳さんは賃貸に住むことにしたが、そこで次なる問題が浮上する。そう、結婚ができないというのだ。昨今の中国では、基本的に自宅と車を所有していない男性は結婚できない。女性の両親が、そうした男性との結婚を許さないのだ。
 実は、陳さんの置かれた状況は現在の中国ではごくありふれたものだ。昨今、陳さんのように結婚したくても経済的に結婚できない男性が中国全土で激増し、社会問題化している。単純に女性より男性の数が多いという面もあるが、他のアジア諸国でも見受けられるように、住宅が高過ぎて買えないのだ。
 データも中国の不動産バブルが世界で最悪の水準に位置していることを示している。住宅バブルを計る尺度の一つに住宅価格の年収倍率があるが、一般的に適正値とされているのが3〜6倍。中国の大手調査会社・上海万得信息技術によると、中国の主要16都市の場合は2017年の時点ですべて10倍以上となっている。すなわち、サラリーマンが飲まず食わずの生活を送っても住宅を取得するのに10年以上かかるというわけだ。ちなみに、住宅価格の高騰が著しい一線都市である深センは、32.44倍、上海は26.08倍、北京は25.48倍だ。成都などの二線都市も総じて10倍を上回っている。
 世界の他の都市はどうか。投資家がベンチマークとして活用している米調査会社デモグラフィアの年次報告「インターナショナル・ハウジング・アフォーダビリティ・サーベイ」(2018年版)では世界9カ国293の都市を対象に税引き前世帯収入の中央値と住宅価格の中央値を比較、その年収倍率で「世界で最も住宅購入が難しい都市」を算出している。前述の中国の統計と比較した場合、平均値と中央値という差はあるが、中国ではほぼすべての都市部の住宅価格が高止まりしていることがおわかりいただけるだろう。デモグラフィアの報告書も、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドに加え、中国の主要26都市では「住宅を購入するのが非常に難しい」と評している。
 ある時、陳さんはスタッフKにある本を見せてきた。それは株価のテクニカル分析に関する本であり、「浅井さんたちは金融関係の仕事をしているから詳しいでしょう?」と唐突に聞いてきたという。彼は今の今まで投資の話など一切しなかっただけに、スタッフKは面食らったという。事情を聞くと、ガイドだけではいつまで経っても家が買えないため、株で補償金を何倍にもして家を買うのだという。
 私はスタッフKから陳さんのこの発言を聞いて、中国経済に対して大いなる不安を覚えた。著名投資家のジョージ・ソロス氏は、かつて「ありとあらゆる矛盾は、一度極限まで行く」と語ったが、本来は社会主義国(平等)であるはずの中国において資本主義の歪みが最大化していることは、今世紀最大の皮肉だと言えよう。格差の拡大が止まらないのは何も中国に限ったことではないが、やはり中国のそれは他国を凌いでいるように感じる。住宅バブルにより、一般的な職業に従事している者が家を買いたくても買えず、やけっぱちで株に手を出させるような中国経済は、率直に言って持続不可能だ。
 社会における所得分配の不平等さを測る指標に、「ジニ係数」というものがある。ゼロから1の間で示され、1に近づくほど格差が大きい。ちなみに0.4を超えると社会的な騒乱が多発するとされている。
 中国におけるジニ係数は、公式発表のものでも2003年から一貫して0.4を上回ってきた。直近(2017年)の値は0.467。しかし、公式発表のものは過小評価された数字であり、実際には2016年の時点で0.73だという試算も民間からはなされている。この0.7という数字は、もはやいつ内乱が発生してもおかしくはないというレベルだ。中国経済の歪みは、沸点に達しようとしている。
 完全に将来を絶望視していないまでも、半ば諦めに近い感情を抱いていた陳さんに私はこうアドバイスをするよう、スタッフKに伝えた−−「不動産価格はそう遠くない将来に大きく下げますよ。それまで株なんて止めて、コツコツとお金を貯めていなさい」。これに対して、陳さんは「住宅価格が下がることはない(むしろ上がり続ける)と嘯(うそぶ)いた。実際、中国の不動産価格が弱気相場(直近の高値から20%以上の下落)を経験したためしはなく、かつての日本や米国のように不動産神話が蔓延している。
 「北京などの都市部には不動産市場に関する伝説がある。過去に80万元(約1288万円)で買ったマンションがその後800万元(約1億2880万円)になったという話や、商売に失敗して200万元(約3221万円)もの資金を失ったものの、かつて100万元(約1610万円)で購入していた不動産に1000万元(約1億6100万円)以上の値が付いたためにビジネス上の損失を埋め合わせることができたという話だ」(サーチナ2017年4月5日付)。この事の類の話は、私も上海の知人から耳にタコができるほど聞かされた。しかし、資産価格が永遠に上がり続けることなどあり得ない。おそらく、中国の不動産バブルは、間もなく弾ける。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、オセアニア地区のバブルの状況です。
 規模は中国ほどではないにしろ、こちらも相当なレベルに達しているようです。


 ・・・<『恐慌と国家破産を大チャンスに変える!』(浅井隆著、第二海援隊)、p137〜p149から抜粋開始>・・・

 オセアニアの住宅バブルも危険水域

 極めて残念な知らせであるが、バブルは中国だけにあらず、オセアニア圏(オーストラリアとニュージーランド)も深刻な住宅バブルの渦中にあると考えられる。デンマークの大手投資銀行サクソバンクは2018年末、翌年の大胆予測の一つとして「オーストラリアの住宅バブルが崩壊して、オーストラリア準備銀行(RBA)が量的緩和を実施する」ことを挙げた。サクソバンクはあくまでも”大胆”と銘打っているが、私に言わせると時期はともかくとしてこのシナリオの実現性は高い。
 2019年1月、オーストラリア連邦当局は2018年11月の住宅着工許可件数が前月比9.1%減、前年同月比で33%も減少したと伝えた。当局も住宅市場の軟化を懸念しており、RBA理事会の議事要旨(2018年12月分)にははっきりとこう書かれている−−「家計所得の伸びは依然低水準で、家計債務は高水準となっており、住宅価格が下落したことから、家計消費見通しが引き続き不透明要因となっている」(ロイター2018年12月18日付)。
 オーストラリア経済は、中国と同じく1991年から2018年にかけて一度もリセッション(景気後退)を経験していない。これは、先進国としては過去最長の記録だ。オーストラリアは、1990年代のアジア通貨危機、2001年のドットコム・バブル崩壊、2007〜2008年の米サブプライム・バブル(リーマン・ショック)、そして2010年からのユーロ圏債務危機も乗り切っており、経済成長という点で”無敵艦隊”と言える。
 経済成長と歩調を合わせるかのごとく、不動産市場も堅調な伸びを示してきた。チャートをご覧いただきたい(管理人注:表は略)。オーストラリアの平均的な住宅価格は1987年を起点として、およそ7倍にまで上昇している。不動産ブームの直接的なきっかけは、1999年にキャピタルゲイン課税が半分にまで引き下げられたことだ。この優遇策により、同国の不動産価格はほぼ一直線の上昇を演じることになる。その結果、2017年にシドニーの住宅価格は、ロンドンとニューヨークを抜いて世界2位に上り詰めた(1位=香港、3位=バンクーバー、4位=オークランド、5位=サンノゼ、6位=メルボルン)。
 当然、その見返りとして莫大な債務も積み上がった。国際決済銀行(BIS)によると2018年3月末時点におけるオーストラリアの家計債務は対GDP比で122.2%。これはスイス(同128.3%)に次いで世界2位だ。ちなみにオーストラリアの次点に位置するデンマーク(同117.3%、)以下順にオランダ(同104.3%)、ノルウェー(同101.6%)、カナダ(同99.4%)、韓国(同95.2%)、ニュージーランド(同92.2%)などの国々では、例外なく不動産ブームが起きている。
 IMF(国際通貨基金)が「危機の兆候」だとする家計債務の水準は、対GDP比65%以上だ。前述した国々は、この警戒ラインを軽く突破しているばかりか、スイス、オーストラリア、デンマーク、オランダ、ノルウェー、カナダは、サブプライム・バブル時の米国の水準をも上回っている。
 オーストラリアがとりわけ厄介だと考えられる最大の理由は、あの悪名高い「IOローン」(インタレスト・オンリー)の借り手が多いためだ。IOローンは、最初の数年間は利息だけを返済し、あらかじめ決まっていた段階になるとP&I方式(元本と利息)の返済に切り替わる住宅ローンであり、米サブプライム・バブル時にも猛威を振るったことで知られる。

 IOローンの落とし穴

 ところで、なぜIOローンのような特殊なローンが登場するのであろうか。実は、IOローンのニーズは短期転売を狙う人にある。元々ローンの完済は念頭になく、できるだけ安くローンを借り、その資金で不動産価格の上昇による短期転売をもくろむわけだ。一見すると合理的のようであるが、ここに大きな落とし穴がある。それは、この理屈が不動産価格の上昇局面でしか成り立たないということだ。不動産価格が下がると短期転売をすれば損が出るわけで、売るに売れない。そうこうしているうちに数年経つと、今まで少なかったIOローンの返済額が大きく増え、ローンの借り主を圧迫してしまうのである。だから短期転売狙いでIOローンを組んだ場合、不動産価格が下がると目も当てられない悲惨な状況になる。
 このようなIOローンが近年オーストラリアでは人気を博し、ピークの2015年春には、新規住宅ローンの実に45%もがIOローンを組んだという。ちょうどその頃、オーストラリアの不動産は上昇の一途で「不動産は上がるもの」というまるで1980年代の日本のような不動産神話が台頭した。不動産が上がるから買い、買ったらまた上がるという構造で、オーストラリアでは家計債務を積み上げていったのである。
 オーストラリアでは2018〜2021年の間、IOローンのうち毎年およそ1200億豪ドル分が利息だけ払えばよいという期間を終えるため、住宅バブルは本格的な曲がり角に差し掛かる可能性が高い。ソフトランディングですめば万々歳だが、オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューによると、人によっては返済の負担が最大で40%増となる。
 しかも、すでにシドニーやメルボルンといった都市では住宅価格が落ち込み始めているのだ。米国とオーストラリアを主な拠点とする不動産情報会社コアロジックによると、シドニーの住宅価格は2018年11月までの1年間で7%の下落を記録。先ほども述べたようにIOローンは住宅価格が上昇することを前提としており、こうした状況が続けば同国の家計セクターは正真正銘の正念場を迎えるはずだ。

 ホームレスの増加が示す危機的状況

 オーストラリアの著名エコノミストであるAMPキャピタルのシェーン・オリバー氏は2018年10月18日、自身のSNS(ソーシャル・メディア)で住宅市場に対する見通しを下方修正したことを明かし、シドニーとメルボルンの住宅価格の下落率は20%以上に達する可能性もあると警告。住宅市場の急減速の可能性も否定できないと断じた。
 住宅市場の軟化は、当然貸し出し元である豪銀にもおよんでいる。オーストラリアのメガ・バンクと一言えばコモンウェルス銀行、ウエストパック銀行、オーストラリア・ニュージーランド銀行、ナショナル・オーストラリア銀行の4行だが、豪金融監督庁によると、この4大銀がオーストラリア経済の融資に占める割合は約8割。そして融資のうち65.5%が住宅ローン、25.3%が企業向け融資となっている。米サブプライム・バブル末期のように今後数年で大量の住宅ローンが焦げ付けば、銀行はかなり危うい状況に陥る。
 そもそも豪銀を巡ってはかねてから不正行為が明らかになっており、ここ最近は株式が激しく売られている。オーストラリアの代表的な銀行株指数(S&P/ASK 200 Banks)の先行きは予断を許さない状況だ。豪バブル崩壊、そして量的緩和というシナリオは、決して絵空事ではない。
 お隣のニュージーランドも深刻な不動産バブルにある。オセアニア圏を代表するオーストラリアとニュージーランドの不動産事情はよく似ており、両国ともこの20年以上、不動産価格は明確な調整局面がないまま右肩上がりで上昇を続けてきた。
 ニュージーランドの不動産研究所「REINZ」が出している「NEWZEALAND HOUSE PRICE INDICES」を確認すると、1992年から2017年までの25年間で、ニュージーランドの不動産価格は約6倍にもなっている。私は年に複数回ニュージーランドに行くが、現在の住宅事情は30年前のあの日本の不動産バブル時よりもひどいかもしれない。
 そんなニュージーランドでは、ホームレスが急増して社会問題となっている。不動産価格があまりに高過ぎて持ち家を購入することなどとてもできず、そればかりか家賃の高騰により、住居を失う人が急増したのだ。
 その数、なんと数万人規模である。日本のホームレスの数は6000人規模(厚生労働省調べ)で、隠れホームレスを合わせるとその2、3倍ほどになるともいうが、仮に多い方の3倍として数は2万人規模だ。「なんだニュージーランドも日本も同じぐらいの数だ」と思うことなかれ。人口がまったく異なるのだ。日本の人口が1億2680万人であるのに対して、ニュージーランドの人口は480万人と約30分の1だ。
 実は、ニュージーランドの人口の1%がホームレスで、この水準はOECD(経済協力開発機構)の加盟国35カ国の中でもっとも悪い、最下位なのである。日本の人口で考えてみた時、人口の1%というと126万人がホームレスとなるわけで、これがいかに異常な状態かがわかるだろう。
 かの著名コメディアンのチャーリー・チャップリンは、狂騒の20年代の末期にニューヨークの街角で大量のホームレスを見たことをきっかけに、保有する株式をすべて売り払った(そして大恐慌の損失から逃れられた)。現在のニュージーランドも、この時のニューヨークと似たような状態にあるのかもしれない。

 火種は全世界で燻っている

 さて、本章では中国とオセアニア圏の信用バブルについて述べてきた。当然、バブルが崩壊した際の影響は、”中国発”の方が大きい。というより中国経済が失速すれば、大恐慌の再来はほぼ確定する。
 米ブルームバーグが購買力平価調整後のIMF(国際通貨基金)のデータを用いて算出した、2018〜2019年における中国経済が世界の成長に占める寄与率は27.2%。これに12.9%のインド、そして12.3%の米国が続く。名目GDPは依然として米国の方が圧倒的に上だが、中国の世界経済への寄与率は無視できないほどに大きい。
 米へイマン・キャピタル・マネジメントのカイル・バス氏は、かねてから「中国経済の減速は災難どころか、世界全体に最悪の事態をもたらすかもしれない」(サーチナ2014年6月3日付)と警鐘を鳴らしている。
 もちろん、オセアニア圏の信用バブル崩壊も軽視してはならない。著名経済学者のチャールズ・キンドルバーガー氏は、90年前の大恐慌の遠因がオーストラリアとニュージーランドにあったと分析しているが、現在はより世界経済が密接になっている以上、オセアニア経済の急減速にも注意を払うべきだ。
 当然、この2カ国以外にも現在の世界には多くの火種が燻(くすぶ)っている。米財務長官とホワイトハウスで国家経済委員長を務めたローレンス・サマーズ氏(現ハーバード大教授)はこのほど、こんな悲観的な見通しを示した−−「2年以内に前例のない停滞が来る可能性がある」(中央日報日本語版2019年1月11日付)。
 そろそろ備えるべきだ。世界の債務の水準を考慮すると、次の危機は私たちの世代がかつて経験したことがないほど巨大なものになるかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで中国の住宅投資の具体的な数字を示したいと思います。
 2月17日付けの吉田繁治さんのメルマガ(990号)から抜粋して紹介します。


 ・・・<吉田繁治さんのメルマガ(990号)から抜粋開始>・・・

【不動産への融資額の推計】
住宅関連の融資(企業の建設融資+世帯の住宅ローン)は、1500兆円と推計できます。商業用の不動産への融資を加えると2000兆円でしょう。シャドーバンクは、金利の高い融資が900兆円です。ほとんどが不良化するでしょう。

融資の30%が不良化すると600兆円です。中国の実際の名目GDP 1100兆円(公称は1430兆円:2018年)の約50%にあたります。2回の金融危機を引き起こす量です。

中国の成長を主導してきたのは、GDPの45%の固定資本投資と、10%の輸出です。リーマン危機のあとの不況対策として、GDPの47%という異常な比重を占めるようになっている固定資本投資は、住宅、商業用不動産、公共投資からなります。住宅価格の下落は、建設のための負債を不良化させます。

輸出は、貿易戦争の波及から、減少します。GDPの2部門の急減は、今年、2019年の中国のGDPを、18年の1.67%の成長から急落させ、政府は4から6ポイントの下駄をはかせても、実態ではマイナスにするはずです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 吉田さんが2018年の中国のGDPの成長率を1.67%と言っていることに説明が必要です。
 中国政府の公式発表は6.6%なので、その差は相当なものです。これは2018年12月16日、人民大学で開かれた改革開放40年を記念した経済フォーラムで、中国人民大学の向松祚(コウ ショウソ)教授が、「中国経済の真実は成長率1.67%」と発言したことを受けたものです。
 この発言は中国政府にとって不都合だったようで、その動画は削除されたそうです(「You Tube」では視聴可能らしいです)。

 吉田さんの推計では、日本のバブル崩壊で不良債権と化した住宅関連の融資の総額は200兆円だそうです。中国で同じようなバブル崩壊が起きると、その規模は3倍の600兆円に達するといいます。当時の日本でさえ、人類史上最大規模のバブル崩壊と言われたのですが、その3倍の規模となるとどうなるのか、想像するのも難しいものがあります。

 私は、日本電産の永守重信会長が1月17日に行った記者会見が印象的でした。
 永守会長は、日本電産の2019年3月期の決算の業績予想の下方修正を発表しました。米中貿易摩擦の影響で、昨年11、12月に中国国内での需要が急減したとして、

 「これまでの経営経験で、見たことのない落ち込みだった」

 と語りました。
 中国で、これまで経験したことのない事が起こっている(起こりつつある)ということでしょう。

 最後に、吉田さんの予測を紹介します。
 吉田さんは、春先にかけて、(世界の)株はむしろ上昇するだろうと言っています。そして、中国の住宅バブル崩壊は、今年の秋頃ではないかといいます。これは世界的な株価の下落をもたらすといいます。浅井さんの予測も吉田さんとほとんど同じようです。
 中国の住宅バブル崩壊の日本に対する影響は、甚大にものになるのは間違いありません。
 私達は、そろそろ心構えをする必要があるのかもしれません。



『わが家に宇宙人がやってきた!!』...2019年2月18日

 なかなか興味深い本を読みました。
 『わが家に宇宙人がやってきた!!』(胡桃(くるみ)のお著、ヒカルランド)という本です。
 著者の胡桃のおさんの叔父さんが自動車事故を起こした後、人格が全く変わってしまい、自分は金星から来たミルトンだと名乗るようになってしまったといいます。
 そして、胡桃のおさんの家族に色々と生活のアドバイスをするようになったそうです。
 とはいえ、あまりに破天荒で人間離れした行動と言動が家族の手に負えなくなり、一時期は精神病院に入れられてしまいます。後日談ですが、ミルトンさんは、自分が精神病院に入ることも計画の一部だったといいます。
 ミルトンさんが宿った叔父さんの身体は半年間の地球生活を終えて息を引き取りますが、その後、胡桃のおさんにテレパシーでアクセスしてきたそうです。

 私には、ミルトンと名乗る意識体が、本当に金星から来たかどうかはわかりません。しかし、金星云々より、ミルトンと名乗る意識体の食に関するアドバイスにとても惹かれたました。
 そこで語られたことが、サアラさんのスクールで学んだ微生物の話や、色々な本で読んだ食の知識と見事にシンクロしていたからです。
 そこで今回は、ミルトンと名乗る意識体が語った中から、食に関するものを抜粋して紹介していこうと思います。

 まず、事の起こりは自動車事故でした。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p1〜p3から抜粋開始>・・・

 2018年の元日、それは起こりました。
 叔父の運転する車が、カーブでブレーキをかけずにそのまま電信柱に激突!
 電柱は真っ二つに折れ、勢い余って3軒分の水道管を壊して、道路は水浸し。フロントガラスは頭の形にボコッとへこみ、車は見るも無惨な形に大破……。
 それなのに、叔父のからだはまったくケガ一つなく、一滴の血も出ていない状態で、CTスキャンを撮ってもなんら「異常ナシ」。
 叔父はこう言いました。
 「突然、天の声が聞こえてきて、『今からフラッシュをたくから、アクセルを踏んだまま両手を離せ。手を離しても大丈夫だから、安心しろ!』と言った」と。
 事故後、無口で温厚だった叔父は、まったく別人になったようにハイテンションでよく喋るようになり、精神科病棟に入院してから、医師たちに対してこんな発言をするように……。
 「俺を変人扱いしやがってよー。むしろ、アイツらが病気だ!」
 そして、わが家ではこんな奇妙な言動をくり返すようになりました。
・人の気持ちや考えていることがわかったり、なくなった物のありかを正確に言い当てたり、UFOが来ることや地震、個人の出来事なども正確に予測(予言)する。
・朝、太陽に向かって「ママおはよう!! 528」と言って話しかけたり、部屋の中の壁や物を触りながら、「432」「168」などとなんでも数字に置き換えて声に出したり、「宇宙には低俗な宇宙人もいる」などといった宇宙情報を語り始める、etc.。
 ある日、別人になってしまった叔父(!?)に名前を聞いたところ、金星からやってきた「ミルトン」と答えました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ミルトンさんは「528」「432」「168」などと、意味不明の数字をつぶやくのですが、これはどうも周波数のことのようです。
 ミルトンさんは文中に「馬力」と表現していますが、これは表現の遊びでしょう。

 では、ミルトンさんが語った、味噌、梅干、玄米食に関する話題を紹介します。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p62〜p70から抜粋開始>・・・

 「微生物に感謝しろ!」

 ◎私がみそをづくりをしている時に……

 オッー みそをつくっているのか!?
 知ってるか? これは微生物と宇宙エネルギーの連携プレイでできてるんだぞ
 みそっていうのは そういうものだ!
 親と子を繋げていく大切なものなんだ!!

 お母さんの手づくりみそを食べれば
 愛のエネルギーが魂まで響きわたる すごいものなんだぞー
 ただし、「手でつくる!」これが大切なんだ! 忘れんなよ!!、
 その時お母さんの手から出る 愛の波動は
 宇宙のエネルギーと共鳴して ネガティブなエネルギー
 つまり 悪の波動(放射線)をクリーニングするんだ!
 発酵っていうのは 発光のことなんだよ!!

 微生物っていうのは 人よりも地球をきれいにするからなー
 人間がつくった化学物質なのに 自分たちで分解することは考えないだろう!?
 微生物は 地球のためによく働いてくれているぜ
 だから 微生物には感謝しろよ!

 「俺のママは528馬力で最強だ!」

 ◎太陽と話しながら儀式のようなことをしたあとに……

 アンタ、知ってるか!?
 俺のママは528馬力で 地球人に光を送ってるのを!!
 木や花に聞いた時は
 「ハイ、いつも病気の手や足を528馬力の光で治していただいて感謝、感謝ですー!!」
 って言ってたぞ!

 ママはなぁ 朝いちが一番はりきってんだ!!
 アンタもよぉ 朝起きたらまずママに挨拶して
 528馬力の光をおすそわけしてもらえ!
 俺のママはなぁ 大自然のお医者さんだからな!!

 「俺のママがパワー入れるやつじゃねぇか!」

 ◎私が梅干しを仕込んでいる時に……

 オッ、魔除け食 つくってんのか!?
 えらいじゃねぇか!
 これはなぁ 俺のママ(太陽)がパワー入れを手伝ってくれる地球人との共同合作だ!!
 だから これをつくる時は 自然に感謝し 心を込めてつくるんだ
 この食べ物は薬だな!
 こういうのを薬っていうんだよ
 1日1個食べてみろ 医者いらずだー
 でもなぁ その時は本物の塩を使うんだぞ!
 じゃないと 俺のママのパワーは100%入らないからな!!
 心を込めてつくった人の梅と 大地のエネルギーがみなぎる塩と ママのパワー
 これが最高の梅干しだ!!

 <補足>ミルトンさんは、梅干しは「神聖なものだ」と言い、梅干しが腐った時は家族に何か起きるとも言っていました。

 「なんでみんなこれ食べねぇんだ?」

 ◎私か酵素玄米を炊いているそばで……

 この小さな宇宙船(圧力釜のこと)で炊いたご飯すごいなー
 宇宙エネルギーに繋げて米炊くなんて 誰が考えたんだよ!
 これなら俺も食べられるぞ!!

 アンタが炊いてるあのご飯 大切にしな!
 今からは貴重になるからよっ!!
 氣=エネルギーのある食べ物に認定だー
 魂が喜ぶご飯っていうのは こうじやなきゃいけねぇ!
 (酵素玄米ご飯を食べて)
 うん、生きてるよ! このご飯 生きてるよ!!
 アンタ すごいご飯に出会ったな!
 宇宙の助っ人たち(微生物)が応援している最強のご飯だ!!

 <補足>わが家で食している「酵素玄米」ご飯は、グラビトンプレート(製品名「FTWビューラプレート」)を使って炊く炊き方で、詳しくはPart5で専門家の佐藤じゅん子先生にご登場いただきますので、そちらをご参照ください。(管理人注)

 「毎日、ちゃんと気を食べてるか?」

 ◎朝日を浴びながら……

 ちゃんと 朝日のごちそうを食べてるか?
 朝日は 箸も皿もいらない 最高のごちそうさ!!
 まず一日の始まりは 朝日のごちそうを食べなきや始まらないぞ

 朝日っていうのは おでこで食べるんだ!
 おでこのチューブで吸いこんで 全身に気を巡らすのさ

 そんな朝日をたくさん吸いこんだ フルーツや野菜は
 氣を記憶して 人間に運ぶ大切な役目をしてるんだ!

 特に日本人っていうのは米が好きだろー
 「米」が 「氣」を運ぶってことだろー!
 もちろん ちゃんと氣がある米をな!!
 アンタがいつも炊いてるアレ(酵素玄米)アレはすごいよ!

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ミルトンさんは、太陽を「ママ」と呼んでいます。
 通常、私達は地球を母にたとえ、太陽を父にたとえます。宇宙人は、一般的に太陽を母にたとえるのでしょうか。

 私が注目したのは、ミルトンさんがいう「宇宙の料理」です。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんは、人間は日々の食だけで生命の糧を得ているわけではないと言っていました。食はもちろん栄養を補給しますが、それだけでなく、人は空気中のプラーナを体内に取り込みエネルギー源にしていると言っていました。
 ここでいう「宇宙の料理」の原料となるグラビトンというのは、プラーナのことなのか、それとも違うものなのか、よくわかりません。
 私は、空気中に無数に存在する小さなキラキラと光りながら、ゆらゆらと漂う紐状の粒子が見えます。同じように見える方もおられると思います。私は、おそらくこれがプラーナだと思っています。
 ネットを見ると、グラビトン粒子とは「重力子」のことだそうです。
 重力子は重力波の量子化したエネルギーの最小単位で、粒子の形になったものだそうです。そうだとすると、そうしたものが、果たして目に見えるのかと思ってしまいます。
 ネットでは、グラビトン粒子=プラーナと考える人もいるようですが、どうなのでしょうか。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p112〜p115から抜粋開始>・・・

 心にもからだにも大切な「地球の料理」と「宇宙の料理」

 ミルトンさんとの半年間の生活の中で、改めて気づかされたのは、「食」の大切さです。
 板長だった叔父のからだを使って、ミルトンさんは「地球の料理」と「宇宙の料理」の両方の大切さを教えてくれました。
 地球の料理とは、氣(エネルギー)がたくさん含まれている地球上の食べ物です。
 天然のみそ、醤油などの伝統的な発酵調味料や、未精製の塩、みそ汁や漬け物などの発酵食品には氣がたくさん詰まっていて、きれいな血をつくるうえで大きな役割を果たしている−−だから、そうしたものを絶やしてはいけないとミルトンさんは強く訴えていました。
 宇宙の料理とは、五感で味わう質の高い宇宙エネルギー(グラビトン)のことです。
 太陽の光、自然の音、色や香りなど、五感を通して身の回りの心地よいエネルギーを取り入れるということが宇宙の料理。ミルトンさんによると、自分の周りにあるものをより質の高いエネルギーに変えることで、周波数の高い人間をつくっていけるとのことでした。
 そして、毎日口にする食べ物の質が変われば、腸内細菌の質が変わって排泄物の質も変わり、結果的には、地球環境も良い形に変えていける、というわけです。
 ミルトンさんは、今の人は「虫も食べないような物を食べている!」と嘆いていましたが、私たちの食生活やライフスタイルをからだに害のない氣のあるものに変えることで、地球にも害がなくなるということを、シンプルに伝えたかったんだと思います。
 その意味で、特に家族の食生活を任されている女性の役割はとても大きく、大切なもの!
 私は、昔から言われてきたように、「釜戸を守る」というのは女性の聖なる仕事だと思っています。それは日々の暮らしの中での神(自然環境)とのコンタクトであり、内なる自己との対話、そして家族の命を守る大切なお役目だからです。
 それだけ女性は火と深い関わりがあり、生命を守るためのお役目を持った存在……。
 「囲炉裏」をミルトン流に解釈すると、こうなります。
 囲炉裏は、「意・路・理」で、人の意と天の理の路(みち)をつける、それが「意路理」。
 色で表すと、火(赤)=血=地=魂となり、これからの時代は特に血をきれいにすることが求められている。だからこそ、日々の食生活が大切!
 ミルトンさんは、まさにこのことを強く訴えていたのです。
 電子レンジやIHが浸透する中、私はとりわけ火でつくる料理が大切だと感じています。
 肉や魚をIHで調理する場合、一見、熱は伝わって調理できたかに見えますが、エネルギー的に見ると、その動物が最期(死に際)に残した「痛い」「苦しい」「無念」といったエネルギー=情報は残っているので、敏感な人はすぐにそれを察知します。
 その残留エネルギー(ネガティブな情報)は、火の調理でしか消せないんです。
 人のからだにそのネガティブ情報が入り続けてしまうと、体調を崩したり、心を乱す原因になって、凶暴な精神を持つ人間をつくり出してしまう恐れさえあると思います。
 私からすると、火を使わない料理は「火・水・風」のバランスが崩れたアンバランス料理で、神との対話もないためエネルギーの質が低い、残念な料理……。
 片や、火を通した料理を口にすると、氣が入っているのでからだの細胞が喜びます。
 今はエネルギーに敏感な人も増えているので、きっとこの意味はおわかりいただけるでしょう。
 なので、ご家族の健康のためにも、ぜひ調理には火を使って自然のエネルギーをチャージされることをお勧めします。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、ミルトンさんとは直接関係ないのですが、興味深い話だったので載せました。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p128〜p129から抜粋開始>・・・

 ある日、うちの子供たちが河原で見かけない犬を見て、「足を骨折していてヨロヨロと歩いていたから」と、わが家に連れて帰ってきたことがありました。
 そこで、子供たちはすぐに自分のバンダナを取り出してきて、小さいサイズのグラビトンプレートをそのワンちゃんの足に巻きつけて手当をしてあげていました。次男は「チャッピィ」と名前をつけ、ご飯の与えて、一緒に過ごしていました。
 すると、そのワンちゃんは2,3日で普通に歩けるまで快復し、子供たちも大喜び!
 グラビトンエネルギー×愛=即効の回復力!!(笑)
 「学校のテストで100点とってくるよりも、ワンちゃんの気持ちに寄り添ってちゃんと世話ができる子供でよかったー!」と私は思わずにんまり……。
 実は、この話には後日談があります。
 そのワンちゃんを飼い主のもとにお返しした時、飼い主の方がワンちゃんを見て叫んだ名前が−−なんと「チャッピィー!」だったのです(笑)。
 なぜ次男は事前にその名前を知っていたかというと、彼は前から動物と会話ができたからで、私は「さすがわが子!」と誇らしく思ったものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 胡桃のおさんは、酵素玄米(寝かせ玄米)を作るときに、「FTWビューラプレート」というものを使うそうです。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p166〜p170から抜粋開始>・・・

 玄米の旨みを生かし、発芽の毒を消す「FTW式酵素玄米」

 玄米には、一つ気をつけなければならない問題があります。
 一般的にあまり知られていませんが、玄米の中には「アブシジン酸」という毒素があるのです。
 元東大医学部の西原克成医学博士によると、アブシジン酸(ABA)はミトコンドリアに悪影響を及ぼし、ミトコンドリアがダメージを受けると、本来の働きであるエネルギー(ATP)をつくり出せなくなるとのこと。
 さらに、アメリカ国立科学研究所の論文発表では、ABAが体内のミトコンドリアを損傷し、さまざまな疾患の原因になることが指摘されていて、これは、ATPがつくられないとすべての体内酵素の働きが鈍くなって免疫力が低下するためであり、その結果病気になると考えられます。
 このように、玄米には素晴らしい効果をもたらす各種の成分が含まれている一方で、実は毒も含まれているのです。
 ただ玄米がいいからと思って食べ続けていると、結果的にエネルギー不足に陥り、老化が早まる恐れがあり、実際に、玄米食のせいで顔が黒ずんでいる人もけっこういて、それは腎臓にダメージを与えているからだと推察されます。
 50分間高温高圧で炊く「酵素玄米」は、この両方を解決してくれます。
 固いキレート結合を外し、有効成分が十分に摂取できて、アブシジン酸の毒も消されるのです。

 内部被曝対策として、安心安全で高品質な玄米や発酵食品を!

 今、ほとんどの人が「内部被曝」していることを認識していません。
 私たちは、3・11がきっかけで日本中に54基もの「原発」があることを知りました。
 アメリカの調査では原子力発電所から半径160キロ離れないと、事故が起きなくても、電気をつくっているだけで危険だということです(「内部被曝の日本地図」参照)。
 もう20年以上も前から、私たちは「内部被曝」しているのです。
 原子力発電所からばら撒かれる放射能の小さな小さな粒は、水源地の水に落ちたり葉っぱの上に落ちたりして飲料水や野菜から私たちの口に入って、からだの中でずっと放射線を出し続け、細胞を攻撃し続けるのです。
 これによっても、細胞の中のミトコンドリアが損傷を受け、健康を損なうことになります。また、からだの中に活性酸素が大量につくられることも低線量被曝を研究している小玉順一医師によって発見されています。
 2013年の広島大学での実験データで、@みそを食べさせて被曝させたマウスと、Aみそを食べさせないで被曝させたマウスとでは、なんと@のみそを食べさせ続けたマウスはからだから放射能が消えて、その放射線により被曝した細胞が元に戻ったという驚きの結果が出ているのです(市販のみそのほとんどは出荷時にアルコール殺菌しているので、効果のほどは期待できません)。
 私たちはもう一度伝統食である玄米とみそを見直すべきだと思いませんか!?
 FTWプレートを使うと1年かかるみそも2週間でできるのです!!
 電子の作用でみその中の微生物くんたちが活性化するからです。
 とても簡単にみそができて、真夏でもつくれて、1年分つくらなくていいのです。
 その上とても美味しいのです。それは、FTWの作用で豆のタンパク質からアミノ酸がたくさん引き出されるからです。
 玄米はもちろん、みそ、漬け物、納豆など、昔から日本人が食べてきた物に共通しているのは、有用微生物による発酵という点です。
 腸内で善玉の菌として働いてくれるからだに良い発酵食品を、毎日の食生活に取り入れることによって、腸の中の有用微生物が宇宙のエネルギーと共振し、私たちはそのおかげで元気で健康なからだを維持できるのだと思います。
 また、発酵食品の主役である微生物が、私たちのからだの中に溜まっている有害な重金属や放射性物質を分解してくれている、との調査報告もなされています。
 私たちは、自分のからだの中に宿っている小さな生命体、腸内微生物やソマチッドなどが宇宙のエネルギーと共振することによって得た生命力をいただいて生きている、そして自分の意識(心の持ち方)との共同創造によって、この生命活動を健全に保つことができるようなのです(エネルギーの法則=周波数が同じ時にエネルギーの移動が起こる)。
 そんな共同創造者としての微生物たちが、グラビトンエネルギーと共振しやすいように手助けをしてくれるのがFTWです。
 とりわけ3・11(東日本大震災)の原発事故以来、子供たちの内部被曝が問題視されている今だからこそ、微生物を元気にできるFTW式の酵素玄米やみそによって、安心安全でしかも高品質な発酵食品をぜひ一人でも多くの方々に摂っていただければと、切に願っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 玄米を食べている人の顔が黒ずんでいるとは、よく聞く話です。
 玄米食を食べている人は健康に良いと信じているのに、その玄米が原因で健康を損ない、老化を早めていると知ったら愕然とするでしょう。
 玄米に含まれるアブシジン酸の害を無毒化する方法としてよく知られているのは、玄米を発芽させることです。
 あるいは、玄米をフライパンで炒ると無毒化するといいます。
 ここで紹介されている酵素玄米(寝かせ玄米)は、私は聞いていましたが、作ったことはもちろん、食べたこともありませんでした。
 興味が湧いたので、さっそく「FTWビューラプレート」なるものを購入しました。そのうち酵素玄米(寝かせ玄米)を作ってみようと思っています。

 最後ですが、現在、日本人の食卓には添加物があふれています。
 そうした添加物に対するミルトンさんのアドバイスです。


 ・・・<『わが家に宇宙人がやってきた!!』、p190〜p192から抜粋開始>・・・

 今の地球では、添加物バリバリで、何を食べるにも魔のエッセンスが入っていますが、ミルトンさんは「絶対それを摂ってはいけない!」なんて言わず、「たとえ農薬や添加物が入っていたとしても、それを排出できるからだにしておけ!!」と言ってます。
 日頃から、氣と愛に溢れる食べものを食べていたなら、添加物入りのものは好まなくなるし、また食べたとしても、からだが異物としてちゃんと排出してくれるからです。
 なので、ミルトンさんが言いたいのは、添加物を「悪」として扱うのではなくてナチュラルで質の高い自分軸の食生活を心がけることによって、それさえも楽しめるようになりますよ、という提案です!
 今の地球にそういったもの(ちょいワル食)が存在するということは、便利な世の中にするために宇宙が承諾して存在しているわけなので、賢く利用しながら清算したらいい、ってことですね。
 つまり、「食事の7、8割を自然なものを摂るようにして、残りの2、3割でちょいワル食を楽しめば、楽しい食生活ができるぜ!!」というのがミルトンさんからのアドバイス。
 保存期間など、添加物によって助けられている面もあるのだから、「目くじら立てず、でも摂りすぎないように!」というのがミルトン流です。
 そしてもう一点が、調理をする際に、「母親が手を抜きすぎず、不満やイライラ状態で調理をしない」ということです。
 もちろん、共働きや忙しいお母さんもたくさんいるでしょうが、時間がないからとイライラしたり、夫や子供への不満感情を持ちながら手っ取り早く調理して出してしまう……。
 すると、そこには氣や愛がないだけでなく、怒りのエネルギーが入ってしまうんです。
 わが子に怒りのエネルギーが入ったご飯を食べさせるより、そんな時には、無機質なレトルト商品やスーパーのおそうざいを出したほうがまだマシ。
 もちろん、お母さんの愛情がこもった手料理が一番で、ミルトンさんは、「できるだけ愛の波動でつくられたものを食べさせてほしいー」と訴えます。
 そして、「楽、便利、簡単に任せて食をすると、ペットフードと変わらねぇぜ!」とも。
 「食を簡単にすませたいヤツらにアレコレ難しく言ってもムリ!」というミルトンさんが、特に世のお母さん方に伝えたいのは、
 「食べ物が血をつくり、心を育む!!」
 このシンプルな一言です。
 今こそ、あなたご自身と、あなたの大切なご家族やお子さんの血を変え、豊かな心を育み、自分軸を整える絶好のタイミング!!
 これこそ、未来を見通すミルトンさんが、家庭の台所をあずかる女性や未来のお母さん方に最も伝えたいメッセージです!

 ・・・<抜粋終了>・・・


 (管理人注)
 佐藤じゅん子さんは、サイ科学の関英男(故人)博士のお弟子さんだそうです。
 当HPに掲載している「宇宙の友人達」シリ−ズは関英男博士が監修したものです。
 関氏が研究していたグラビトンエネルギーを商品化したものが「FTWビューラプレート」だそうです。私は関氏が提唱していたグラビトンエネルギーに前々から関心を持っていました。それゆえ、「FTWビューラプレート」を迷わず買ってしまったのでした。



ダークサイド VS ホワイトサイド...2019年2月10日

 去年の暮れに、篠崎崇氏の『シリウス VS オリオン』という本を紹介しました。
 今回のタイトル『ダークサイド VS ホワイトサイド』は、それにそっくりです。どちらもこれまで一般に知られてなかった情報を開示するという点で共通しているように思います。
 こういった本が世に出てくるというのは、善と悪、陰と陽といった2元的な対立の奥に潜む秘密を表に出すという意味で、隠されていたものが世に出てくるという水瓶座の時代を反映したものかもしれません。
 今回紹介したい本は、『地球人よ、エマジェンシーエリアを通過せよ! ダークサイド VS ホワイトサイド グレートセントラルサン 覚醒の叫び』(あべけいこ著、ヒカルランド)という長いタイトルの本で、あべけいこさんというチャネラーが、シリウスの意識体をチャネリングしたものだそうです。

 私自身は、この本の内容が本当にシリウスの意識体が語ったものかどうかわかりませんが、ここ最近の当HPで紹介してきた記事の内容とリンクしたものがあったので紹介しようと思った次第です。本当にシリウスの意識体かどうかは、訪問者の方々の判断にお任せします。

 新年の恒例として、当HPは2019年予言をいくつかを紹介してきました。
 ヤスの備忘録のヤスさんのメルマガから、ジョセフ・ティテル氏、ジョン・ホーグ氏、リンダ・シュアマン氏、そしてゲリーさんのセミナーからゲリーさんの2019年予言を紹介しました。
 共通していたのは、世界的に自然災害が激化するというもので、特に日本は地震や火山の噴火が頻発するという、実に有難くないものでした。
 今回の本に、『ダークサイド VS ホワイトサイド』に、具体的に日本のどのあたりから自然災害が襲ってくるかという記述があり、とても興味をそそられたのです。
 もちろんそうした災害の部分だけを抜き出すのは、本の主旨に沿わないことは十分に承知しています。
 近未来の災害の予言は、それを聞いた人に恐怖をもたらすかもしれません。恐怖とまではいかないまでも、不安にさせる可能性は高いと思います。
 そういった点は、『ダークサイド VS ホワイトサイド』が目指している方向性と逆なことは間違いありません。それゆえ、この本の真意を知りたいと思う方は、実際に本を読んでいただくしかありません。
 とはいえゲリーさんのように、災害の予言は、その予言を成就させない為に行うという人もいるし、人々に心の準備を促したり、予言を聞いた人が食料の備蓄などの備えをするといったプラスの面もあるとは思います。

 ゴチャゴチャ書いているうちに、収拾がつかなくなってきたので、さっそく本の引用に入りたいと思います。
 去年、日本は西日本を中心とした災害に連続して襲われました。
 始まりは大阪北部地震でした。そして西日本を意図的に狙っているかのような連続した台風と豪雨、さらに記録的な猛暑に襲われました。
 これから引用する部分は、去年の7月初旬時点での情報とのことです。
 文中に出てくる「我々」というのは、シリウスの意識体とのことです。
 このシリウスの意識体は、ダークサイドによって日本が意図的に攻撃されていると警告しています。


 ・・・<『ダークサイド VS ホワイトサイド』、p67〜p70から抜粋開始>・・・

 今、地球は非常に困難な時期を潜り抜けようとしている。
 ある一部分の楽観的なスピリチュアルリーダーにおいては、
 「アセンションは成功した」とか「もう危険は去った」と言う向きもなくはない。
 しかし我々は、事はそう簡単ではないと言うほかはない。

 サイキックアタックのターゲットは西日本

 なぜなら、これから日本全土にわたって、あるいは九州や四国、沖縄など西日本、あるいは南寄りの日本において、ますます打撃を受けるような災害や事故、すなわち騒音が増えざるを得ない(筆者注:2018年7月初旬時点の情報です)。

 なぜ、西日本が狙われるか。
 そう、それはひとつのサイキックアタックだと言ってもいいかもしれない。
 なかなかこの手の情報はつまびらかにすることが難しい。
 なぜならば、いつでもアセンション障害としての、憎しみをより増発させる人々はいる。すると、彼らにとってこの手の話題はまがい物だとしか思えないし、あるいは単なる客引きとして危険なことを言ったり、オカルテイックなセンセーショナルな情報を発信することで売り上げの部数を伸ばそうとしている輩ととられかねない。
 そんな危険を排しても私たちは言う。

 単純に危険が迫っている。
 そして、なぜ西日本が狙われるのか。

 たとえば、戦争が起きるかもしれない。
 一発のミサイルが北朝鮮から飛んでくるとしたら、どこに落ちるか。
 出雲のある島根県沿岸、あるいは隠岐の島、あるいは四国や九州の北のあたり。
 山口県や岡山県、広島県もその範疇に人らざるを得ない。

 あるいは、地震はいつどこで起きるか。
 たとえばそれは鹿児島、霧島や桜島など
 風光明媚であるだけではなく神の起こった神事の発祥地で起きざるを得ない。
 あるいは宮崎、大分、熊本県も範疇に入るだろう。
 では沖縄は。那覇や宮古島、伊良部島、あるいは石垣島や南大東島、尖閣諸島もその範疇に入るかもしれない。

 神のDNAを持つ日本人を守るために

 あなた方に告げたいこととしては、
 なぜあなた方がこの情報を知らされずに今まで生きてこられたかということ。
 戦争は実はいつ起きてもおかしくない状況がいまだ続いているというのに、
 米大統領と北朝鮮の主席が会見をし、にこやかに握手をしただけでもう戦争の脅威が去ったと朗らかに思うのか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 繰り返しますが、上記の文が書かれたのは去年の7月初旬です。
 ですから西日本が連続した災害に襲われたのは、的中したと言えると思います。
 気になるのは、これからどうなるかです。
 この本は、今度は北から南下してくると言っているのです。


 ・・・<『ダークサイド VS ホワイトサイド』、p82〜p85から抜粋開始>・・・

 西日本が狙われる真の理由

 ダークサイドの定義ともう少し詳細な情報はあとの章に譲るとして、
 なぜ西日本が狙われるかについて述べる。
 そこは鹿児島の霧島に代表されるように、大和の古来の神々が多く生まれた場所である。そして、その血を色濃く引く者たちは、いまだ大和の北九州のあたりから鹿児島のあたりまで広く分布しており、果ては山口県、島根県、鳥取や広島、岡山、そして四国のあたりにも広がっている。
 たとえば福岡県出身の成功者、有名人は多い。
 なぜか。彼らは優秀なDNAを持ち、大和民族の祖として生まれた神々の血を引き、さらに霊験あらたかさの履き違えをしないように育てられれば、ただ飛躍せざるを得ない。
 臨機応変に自分を書き換えられ、
 スーパーサイキックセンスを利用して七変化することで何者にもなれる。
 そして彼らはスーパースターになることを選んだり、
 実業家として成功することを選んだりもした。
 そのような、非常に優秀な神の子孫としてのDNAを持つ彼らが活躍し、
 勝ち目がないとダークサイドたちが思うとき、
 ダークサイドはまずは化学兵器、あるいはエネルギー兵器を用いて、そこからカを弱めていく。
 そのような考えに基づいて、今、西日本が狙われていると言わざるを得ない。

 サイキックアタック最新情報

 またしかし、本書を書き始めた2018年7月と現在(筆者注:2018年10月)では、このことも異なる様相を見せ始めてもいるので、補足して情報をお伝えする。
 まずもって、西日本が狙われ続ける状態はまだまだ続く。続かざるを得ない。
 なぜならば、徐々に少しずつ打撃を与え、そしてそれがサイキックアタックだとバレもしない状態は非常にうまくいっていると彼らは思っているから。
 彼らとはもちろん、地球を、そして日本を筆頭にまやかしでない美しい真心を持ったホワイトサイドを牛耳っていきたいダークサイドの方々を指す。

 彼らは「しめしめ」と思ってもいるだろう。
 西日本を筆頭に地球の、そして日本の真心にたけている重鎮たちの力を弱められていると。

 実際にこの情報を降ろした7月初旬以後、たびたび西日本は台風の被害にやられ、また土砂災害や地震なども起き、異常な暑さとともに人々が弱りかけていたことも事実である。
 しかし、西日本の次は北が危ういと我々はあべさんにもたびたび告げてきた。
 西の次は北。
 なぜなのか。日本は南北に、というよりは東西に長い地形をしている。
 正確に言えば、東北から南西にかけて長く伸びている。
 そして、南西エリアが狙われたあとは、東北エリアに手をかけていく。
 するとどうだ。西と東、あるいは南と北。この2つのポイントを攻めることで、中央になかなか意識がいかなくなる。
 そしてその次には、ついに中央、そう東京エリアに手がかかっていくというわけだ。

 攻撃の仕方はブラックボックス

 では、簡単に日本の北側が狙われていくという話をしていきましょう。
 どこが一番に狙われるのか。札幌をはじめとした北海道、また根室沖、あるいは旭川。そしてそれは北海道のみならず、青森や秋田、岩手という風に、徐々に南下していくとだけお伝えしておく。
 これらは、また台風なのか、地震なのか津波なのかはさておき、
 あらゆる被害は想定しておくべきである。
 なぜなら、彼らダークサイドは狙いやすい場所から狙いやすい方法で攻撃を仕掛けていくから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そういえば、去年の9月に北海道胆振(いぶり)東部地震が起きたのは、なんとも不気味です。2019年の災害は、北からいよいよ首都圏を目指して来るのでしょうか。
 ゲリーさんは、盛岡の北にある火山(おそらく岩手山)の噴火を予言していました。
 私は首都圏に住む一人として、災害が南下してくる事態になったら、覚悟を決める必要があると考えています。

 日本がダークサイドからの攻撃を受けていると聞いて、多くの方々は陰謀論だとか、都市伝説、荒唐無稽な話と思われるかもしれません。
 しかし私自身は、そういった可能性は完全には否定できないのではないかと考えています。
 以前、紹介した本を再録します。

・『日本上空を《ハーモニー宇宙艦隊》が防衛していた』(上部一馬著、ヒカルランド)

・『闇の政府をハーモニー宇宙艦隊が追い詰めた! 』(上部一馬著、ヒカルランド)

 日本が台風の直撃を受けそうになると、複数の葉巻型宇宙船が現れて、台風の進路が変わったり、無力化されたりしている話が実例として詳細に述べられています。
 これを素直に解釈すると、日本を攻撃する勢力があると同時に、日本を守ろうとする勢力があると思わざるを得なくなります。
 時間のある方に、一読をお勧めします。

 さて、話はがらっと変わって、オリオン大戦の話になります。
 この話題を取り上げるのは、個人的な好みからです。
 もう20年近く前になりますが、私が初めてゲリーさんのセッションを受けたとき、映画『スター・ウォーズ』は、本当にあった話だったと言われました。
 それ以来、映画『スター・ウォーズ』に興味を抱くようになったのです。
 これから引用する部分は、『スター・ウォーズ』の中のダース・ベイダー卿に関する部分です。この記事もまた、前述の記事と同様に、それだけ抜き出してしまうと本の主旨と全く違うものになりかねません。やはり、これもまた、本の主旨を知りたい方は本を読んで下さいと言うしかありません。


 ・・・<『ダークサイド VS ホワイトサイド』、p202〜p218から抜粋開始>・・・

 映画『スターウォーズ』が暗愉していること

 まずこの話からしていきましょう。
 映画『スターウォーズ』が、かつて本当に宇宙で繰り広げられた星間戦争をテーマに描かれているという話を何人の人が聞いたことがあるだろうか。
 そしてその舞台がオリオンであるということも。
 オリオンというのは星ではなく、惑星のあるエリアという考え方のほうが正しくて、ひとつの星の中で起きた小さな戦争ではなく、オリオン星雲があるそのエリアにおいて、延々と繰り返されるダークサイドとホワイトサイドの抗争があった。
 そして、ダークサイドはそのとき何をしたか。
 非情にシンプルに言って、そこでただ平和に平穏に仲良く暮らしていたホワイトサイドの人々を脅かし、牛耳り、騙し討ちにしてあらゆるすべてを奪った。
 愛の名のもとにおいて。
 すなわち、そこで行われた略奪や殺戮や強奪や詐欺、そしてその大本にあったのは実は愛にほかならない。このことを知る者はあまり多くないかもしれない。

 たとえば、かつてアナキン・スカイウォーカーであったダークサイドの親玉、ダースベイダーがなぜ闇落ちしたのか。
 彼はもともとホワイトサイドそのものだったのではないか。
 あるいは、ホワイトサイドだと信じ込まされてきたが、
 実は悪の親玉そのもののようなダークサイドだったのか。
 さまざまな仮説が立てられなくはないが、ここでは映画そのものの話ではなく、
 実際にオリオンエリアで起きた非常に大きな星間戦争そのもの、そして誰が発端として起こしたのか、その被害に遭ったのは実はホワイトサイドだけではないという話をしていきながら、やはりエネルギーを流していきましょう。

 星間戦争「オリオン大戦」の真実

 私たちのほとんどは、皆このオリオン大戦を体験しています。
 このオリオン大戦の果てにその場所に住むことができなくなった私たちは、さまざまな星を経由したあげく、この地球に逃げ込んだ。
 なぜならば地球は逃げ込むのに適していたから。

 地球の古臭いシステムのひとつに「記憶を消される」というものがあります。
 意識の中から星にいたときの記憶や、そのエネルギーも生きている間中は消し去ることができる。
 すると、地球に逃げ込んで隠れたいと思っている者たちは、簡単に隠れ続けることができる。自分が覚えていないわけだから、そのエネルギーを外に漏らすこともない。
 かくして、この地球は追っかけっこをしてオリオンから逃げ出して、どこに行く当てもなくさまよっていた宇宙魂の良い隠れ場所として使われるようになった。
 しかし実際には地球由来の魂も多くいて、地球以外の他の星に出かけたことがないという地球魂の人々も多くいる。
 ですからその割合としては、宇宙を旅してオリオン大戦も体験して地球に潜り込んできた人が約4割。それ以外の人たちはおおむね地球由来の魂だと考えたほうがいいでしょう。
 このことについてはまた別の書物などで機会があれば触れていきたいと思います。本書では先を急ぎます。

 そして私たちは隠れ蓑として、非常に隠れやすい地球に潜り込んだ。
 もちろん、あべさんのような隠れるために来たわけでなく、地球の危機を救いに来た地球防衛軍的な宇宙人魂の人も数多くいますから、必ずしも皆がオリオン大戦から逃げて地球に潜り込んだわけではないが。
 あなた方の多くは皆、このオリオン大戦を体験している。
 おおむねホワイトサイド方として、といったん言っておくが、
 実際にはダークサイドとして体験し、しかし記憶を失って地球を生きるうちに、
 ホワイトサイド的な思想を組み敷かれ、自分がもともとはダークサイドだったことを忘れている者もいると付け加えておきましょう。

 ・・・(中略)・・・

 ダース・ベイダーの正体

 ここでまた、ダース・ベイダーの話に戻っていきましょう。
 彼は今現在、まさしくダークサイドそのものとして映画の中で活躍しているが、
 実際にはどうなのか。
 彼はもともと、宇宙戦士としての役割があった。
 選ばれし者として、非常にクレバーな頭、賢くすばしっこいエネルギーボディを持ち、そして正義感と愛に溢れる存在そのものでもあった。
 しかし、いくつかの悲しみが彼をダークサイドに落とし込めた。
 例えば、愛する母の死。愛する妻の死。
 そして自分のカを認められず、自分の思う通りに生きられない世界。
 自分を認めていかない師匠たち。
 もうこんなおためごかしの世界とは決別だ。
 怒りの中で彼がそれを決意したとき、彼はダークサイドに落ちることになった。
 しかし実際には、彼はダークサイドそのものではなかった。
 ただ彼はうらぶれた悲しきホワイトサイドでしかなかったのだ、もともとは。

 ダークサイド落ちしたホワイトサイド

 さて、ここで我々は何の話をしようとしているのでしょうか。
 非常に簡単に言えば、ダークサイドとホワイトサイドの定義を分けているのみならず、ダークサイドをホワイトサイドに転向させようとしているわけではないが、
 しかしこれを読んでいる方々の中にダークサイド落ちをしてしまったホワイトサイドがいれば、元の場所に戻していきたい。

 ・・・(中略)・・・

 我々はオリオン大戦で起きた、ダークサイドとホワイトサイドの話をしてきたが、ここで、ではダークサイドとはどこで生まれどこから来て、どこに行くのかという究極の話もしていきたい。
 なぜなら、物事には終わりがあり、そして始まりがあってしかるべきものだから。
 だから、ダークサイドはどこから生まれたのか。どこから来たのか。そしてどこに還っていくべきなのか。

 ・・・(中略)・・・

 そして今なぜこの章でこの話をするか。

 万人の中に眠る悪の芽

 前に巻き戻って、ダークサイドがどのように造られたか、という話をしていきましょう。
 ダース・ベイダーは実はダークサイドではなかった。
 しかし、数々の傷つく体験、不信感を抱く体験を通して、
 彼の中にあった一つの悪の芽が芽吹いた。

 なぜなら私たちの中には必ず「悪の芽」はあるから。この地球に生きている人で悪の芽を持たずに生きている人はひとりもいないと断言していきましょう。

 もちろん、ダース・ベイダーは人間ではないかもしれない。
 しかし、人間由来の魂を持つ人のみならず、宇宙由来の魂を持つ人の中にも必ずほんのわずかなかけらであったとしても悪の芽はあるのです。
 それがこの宇宙が蠕動(ぜんどう)運動をし続けているひとつの理由にほかなりませんから。
 そして、ダース・ベイダーは闇落ちをしたかわいそうなホワイトサイドの人だった。
 では、今世中で暗躍しようとしているダークサイドたちも同じなのか。
 実は違います。
 ダークサイドにはダークサイドの世界があります。そして、そこを取り仕切っていく者たちもいる。
 彼らは疑問を持たない、人を取り仕切ることに。矛盾や疑間もない。ただ非常にきっぱりと、自己の利益を主張し、ただそれはいい悪いじゃなくてそうなのだと感じてもいく。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ゲリーさん流に言うなら、ダークサイドの人間達は、葛藤がないということだと思います。
 葛藤がないから迷いがない。
 よってその能力をフルに発揮することによって、この宇宙で壮大なドラマが生まれたということでしょうか。
 つまりダークサイドの人間がいることにより、善と悪、ホワイトサイドとダークサイド(私流に言えばポジティブとネガティブ)といった二元性の体験をこの宇宙にもたらしたということでしょう。
 その意味で、ダークサイドの人間達の存在意義があったということだと思います。
 そして人類(の一部)は、そうした二元性の体験を卒業しつつあるということだと思います。

 最後に、私が共感した部分を紹介したいと思います。
 今後、世界はますます二極化していくと思います。
 そして波長の合わない人とは、本当にわかりあえないという関係になっていくのだろうと思います。


 ・・・<『ダークサイド VS ホワイトサイド』、p215〜p217から抜粋開始>・・・

 ただ周波数で切り分けられていく世界の表出

 しかしながら、これからの地球はそうではありません。
 今後はまさに、あらゆることが表出するとき。
 そのひとつは、ただ周波数で切り分けられていく世界の表出。
 すなわち、自分と合う人としか今後はいられなくなるということ。

 もっと簡単に言えば、ひとつのコミュニティですら、今後はただいくつかの派閥的なものに分断されていくかもしれない。
 ひとつはA、ひとつはB、そしてCという風に。
 そして、Aが居心地がいい人はBにもCにも属せない。
 なぜなら、そこは非常に居心地が悪く、わかり得ることがなく、いても時間の無駄としか思えないから。
 そして、この最小単位のコミュニティグループが家族であったときにはどうなるか。
 簡単に言えば、一家離散。しかし、形上はそこにあり続ける。
 一緒に住み続けるかもしれないし、家族であり続けるかもしれない。
 しかし、もう目には見えてこない、その人の影すら。
 可能性としては、たとえば、仮面夫婦になり必要なことしか話されていかない。
 あるいは、朝起きて仕事に行き、夜遅く帰ってきて、土日も仕事に出かけるというように、一緒に住んでいるのかいないのかもわからない状態になっていくこともある。
 あるいは、目の前でご飯を食べていても会話ひとつなく、そもそもそこにいる気配すらなく、考えもしないというように。

 アセンション時代の家族のあり方

 つまり、これから起こり得る地球のひとつの出来事としては、これまでわかり合えたり、なんとかやってこられた夫婦や家族たちも、周波数の違いによって段々とわかり合えなくなり、それぞれが「個」としてしか存在しなくなり、協業できなくなってくるということ。
 このようなことを書くとまた、「ネガティブだ」と捉えられるかもしれないが、
 しかしシンプルに言ってこれはただ今後の地球のひとつの形にほかならない。
 皆誤解してはならないのは、「じゃあ離婚すればいいのね」という話でもなければ、
 「こんな風にならないためにはどうしたらいいですか」という話でもないということ。
 非情にシンプルに言って、ただそれはそうなのだという話でしかありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私の知り合いに、結婚して数年後に夫婦の会話が全く無くなり、その後、彼が定年退職する現在まで、それが続いているという人がいます。
 彼の場合は、地球や人々の周波数が上がるというものとは関係なく、単に夫婦仲が冷めてしまったというだけだと思います。私としては、そうした一切会話がない状態を、数十年も続けてこれたことの方が驚きです。
 しかし、今後の世界は、周波数が合う合わないということが人間関係に決定的な要素となると思います。
 それだけに周波数の合う人々というのは、自分にとってより貴重な存在になるということだと思います。



DDTとは...2019年2月3日

 昨年、当HPで『エイリアン・インタビュー』の記事を書きました。
 1947年、アメリカのニューメキシコ州、ロズウェルにUFOが墜落したと発表されました。アメリカ軍は当初、墜落したのはUFOであるとしていましたが、後にこれを否定し、気象観測機器の墜落であったと訂正しました。
 『エイリアン・インタビュー』は、墜落したUFOから3体のETが確認され、そのうちのグレイ様のETが1体生存していたとして、そのETをインタビューした内容を本にまとめたものです。
 『アセンションミステリー(下)』(ディヴィッド・ウイルコック著、ヒカルランド)を読んでいたら、そのロズウェル事件に関する記述が出ていました。
 著者のディヴィッド・ウイルコック氏は、大学時代に同僚のイアンから、ロズウェル事件の内容(真相?)を聞きます。その部分を抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<『アセンションミステリー(下)』、p76〜p79から抜粋開始>・・・

 「どうやって伝えたらいいかわからないんだ。でもとりあえず話を始めるよ。宇宙人は本当にいるんだ」
 私はすぐに笑い出し、「冗談はよせよ。演技がうまいじゃないか。専攻を間違えたかもね」と言いました。
 するとイアンが言うには、「おい、冗談なんかじゃないよ。僕の専攻は物理学って知ってるよね。さっき物理学の教授と2時間個人的に話してきたんだ。学部長だぜ。その教授は1947年にロズウェルに地球外生物が不時着して、それ以来政府はそのことを隠してるという話をしたんだ。教授は1970年代にNASAの上層部で仕事をしていたらしいんだけど、我々人類は宇宙で孤独なんかではないし、地球外生命は常に僕らの宇宙空間で活動しているというのはNASAの上層部では常識らしい」
 「わかったよ。お前の言ってることが真実だとしよう。ではいったいなぜ、宇宙人の存在を隠してるんだ?」
 「教授はそれも説明してくれたんだ。クラスのみんなに対して、ロズウェル事件は本当に起こったことでNASAは地球外生物が見つかってから捕獲していることを。市民は「宇宙戦争」が放送された時にとてもパニックになったんだ。「宇宙戦争」というのは宇宙人が大量に侵略してくるという有名なラジオ放送だけど、それで政府は真実が伝えられたら社会が崩壊するって感じたらしい。教授はこれくらいのことは話してもいいらしいんだけど、繰り返し聞いてきたら一言も認めないことになっているらしいんだ。NASAはこの話をあちこちで耳にすることには構わないんだね。決して許されないのは、ニューヨークタイムズの一面に載るようなことなんだよ。この話を全部説明されてクラス中が静まり返ったんだ。僕は優等生だったから、すぐに授業が終わった後で二者面談をしたいと言ったんだ。それでクラスのみんなに話したことよりもはるかにたくさんの話を2時間もぶっ通しで話してくれたのさ」
 「どんな話を?」
 「そうだね、円盤の駆動システムを教えてもらったよ。粒子放出機があって、最初に光速の4分の3の速度を持つ粒子を放出するんだ。それから1兆分の1秒後に光速の分子を放出するんだ。そうすると速い粒子が遅い粒子にビリヤードの球のように跳ね返って宇宙船に戻り、円盤の反対側にぶつかるんだ。これが1秒に1兆回起こる。そして毎回光速の粒子が宇宙船にぶつかって推進力が生まれるんだ。毎秒何兆もの粒子がぶつかれば、宇宙船はすぐに加速して光速に近い速さになるんだ。放出機は円盤の円形の部分のどこからでも粒子を出すことができる。だから、簡単に向きを変えてどの方向にも進めるという点で、素晴らしいデザインなんだよ」
 私はこの話を聞いて驚愕しました。語られている物理学が非常に論理的で、それにこれまで考えもしなかった話だからです。そして尋ねました。
 「宇宙船の中からどんなものが見つかったんだい? 教授はそのことについて何か言ってた?」
 「ああ、もちろんさ。3種類のものが見つかったらしい。一つはグレイのようなもの。大きな頭部で黒目、細い胴体、そして青白い肌。僕たちぐらいの身長のものやもっと低いものもいるんだ。それからグレイのような外見で背の低いタイプ、だけど頭部全体がヘルメットのようなタイプの話もしていた。その下の顔はかなり異なっていて、もっと怖い見た目で”怪物”と呼ばれているそうだ。正確な外見については情報がないらしい」
 このすべてが意味することを考えてクラクラしていました。レプティリアンの外見をしたヒューマノイドのような怪物を想像しました。「じゃあ3番目はどうなんだ? 3種類見つけたって言ったよね?」
 イアンは目を見開いて、「それが一番不気味なんだ。3番目は外見が地球上の人類とほぼまったく同じなんだ。わずかな違いはあるけど。たとえば、虹彩や瞳孔は紫色で、丸型ではなくダイヤモンド型なんだよ」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ロズウェルのUFO説を否定したのはアメリカ軍でしたが、当然ながらNASAもロズウェルのUFO説を認めていないはずです。
 ディヴィッド・ウイルコック氏は、NASAは宇宙に関するETやUFOに関する情報をひた隠しにしていると指摘しています。
 その理由は、NASAはアメリカ合衆国の防衛機関として設立されたものであり、NASAが国家安全保障上に問題あると見做せば、情報を公開しないようになっているからと指摘しています。
 以下の文中に出てい来るシャトランとは、元アポロ月面着陸計画の情報部長だったモーリス・シャトラン氏のことで、著書『神々の遺産 地球外文明の遺産』で、月面における「思いもよらない」ものの存在を示唆しているそうです。そして、そうしたシャトラン氏の主張を裏付けるような内部告発者が現れているとのことです。


 ・・・<『アセンションミステリー(下)』、p97〜p98から抜粋開始>・・・

 NASAは秘密を機密扱いにする防衛機関

 何年にもわたって、こういった内部告発者がシャトランの本にあったデータを素晴らしく証明してくれて、イアンの教授が明かした規模を広げてくれました。シャトランは自著『神々の遺産』では、「自然でない謎めいた幾何学構造物」や地球外生命の月面基地についてほのめかしただけでしたが、何かが原因となって古代文明について熱狂するようになったのは明らかでした。たいていの人は、NASAは親切で、むしろ平和的な宇宙探査に貢献している退屈な団体であり、見つけたものはすべて公開していると考えています。しかし、NASAの法的根拠である1958年の国家航空宇宙法によれば、NASAは防衛機関として設立され、国家安全保障上の理由があれば情報を公開しないとされているのです。

 第305項……(i)……米国航空宇宙局は合衆国法律州タイトル35、17章の目的に基づいて、米国防衛機関ともなされる……

 第206項……(d)…・・(法令の)本項に基づき、国家安全保障上の理由から機密扱いにされた(NASA)の情報はいかなる報告書にも記載されない……

 国民を防衛しなければならないと米国政府が感じるものが宇宙に何もないのであれば、どうしてNASAを機密情報を非公開にできる防衛機関として合法的に定義するのでしょうか? 宇宙は空っぽで、生命のない空間ではないのでしょうか? 明らかにそうではないのです。隠さなければならないものがあるのです。ドナ・ティエツの同僚は良いものを消し去るために雇われ、シャトランによれば、宇宙飛行士は秘密を遵守すると宣誓しています。カール・ウルフは月面にある人工的な構造物の写真を見ようとするだけのために命を脅かされるような恐怖を感じたのです。なぜなら、NASAがどれだけ強く大事な機密情報を守っているかを理解していたからです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 NASAとは、「National Aeronautics and Space Administration」の頭文字をとったものだそうです。ベンジャミン・フルフォード氏は、真相を語らないNASAを揶揄して、NASAは「Not a Space Agency」の略だと言っていました。
 次に紹介するのは、真相を語ろうとする内部告発者に対して、当局がDDTと言われる手法を用いて内部告発者を攻撃しているという記事です。
 年配の方であれば、DDTを有機塩素系殺虫剤のことだと思い出すかもしれません。ですがここでいうDDTとは、おびき寄せ(Decoy)、気をそらせ(Distract)、破壊する(Trash)の頭文字をとったものです。これは、内部告発者のいうことの信用を失わせる当局による作戦の手法だといいます。


 ・・・<『アセンションミステリー(下)』、p98〜p102から抜粋開始>・・・

 DDT・Decoy(おびき寄せ)、Distract(気をそらせ)、Trash(破壊する)

 複数の内部告発者によれば、NASAや他の機関は心理的操作をして内部告発者が信用できないようにしているのです。ディスクロージャー・プロジェクト代表、スティーブン・グリア博士によれば、これは”decoy,distract, and trash”の頭文字を取って、DDT作戦と呼ばれます。政府に金で雇われた人物が「偽情報」として知られる偽のデータを作ります。このデータは、内部告発者が話しているのと似ているように見え、おそらくはもっと興味をそそるものであるかもしれません。このデータは内部告発者が取り上げられたのと同じメディアで、本物のように公表されます。これがおびき寄せです。それから計画が成功すれば、大衆の関心は新情報により気を逸らされ、これで計画の第二段階が実行されます。そして人々はこの情報を友人や家族、同僚に熱狂的に拡散し始めます。それから第三段階で、この偽情報の明らかな誤りが露見します。ここですべての人がこのデータを拡散した人を嘲笑い、すべてが偽物であると信じるようになります。これがDDT作戦の破壊の段階です。
 ドナ・ヘアやカール・ウルフや、その他名乗り出た人に会うことになった時、彼らは極端に生命の危険を感じていたと言えます。自ら進んで英雄になり、真実のために戦う意志はありました。この情報を公表して得る利益はありませんでした。実際には、多くは職を失い、同僚や友人、家族から仲間外れにされたのです。ネットで見かけたのは、皮肉と嘲笑的な言葉を使ってこういった証言者の信用を損なわせようとする人々の姿で、ちょうど、私が小学校で自分を守らなければならなかったいじめのようでした。内部告発者に弱点があればそれを使って物語全体を偽物にしようとしていたということなのです。大変多くの偽情報がネット上に公開されていたため、目にしたものをすべて一つずつ事実確認しなければならないほどでした。大衆を欺(あざむ)くためにとんでもない量のお金が使われていたのは明らかです。
 最終的に、2014年2月にグレン・グリーンウォルドが出版した表のスノーデン文書で決定的な証拠が明らかになりました。残念なことに、この話はディスクロージャーの最初の波ほど多くの注目は集めませんでしたが、いずれにせよ大量の証拠が提示されました。グリーンウォルドは次のように述べています。
 「スノーデンの公開予定の記録文書には急を要するものが多数ありますが、そのうちの一つは欧米の諜報機関がネット上の世論を、欺瞞や評判の破壊といった極端な方法で操作し、コントロールしてきたかというものです。こういった機関のやり方は、ネット上の会話をコントロールし、潜入し、操作し、歪曲し、そうすることでインターネット自体の完全性を損なっているのです」
 これに関わっている団体は脅威研究情報合同部門、JTRIGと呼ばれます。グリーンウォルドはこう続けます。
 「JTRIGが認めている主要な目的には、次の二つの手法があります。(1)インターネット上にあらゆる種類の偽情報を注入し、標的となる人物の評判を破壊する。そして(2)社会科学やその他の技術を使ってネット上の会話や活動を操作し、理想的と考えられる結果を引き起こす。このプログラムの威力を知るためには、こういった目的のために使われている手法について考察すれば良いのです。『偽旗作戦』(ネット上に投稿し、不当に誰か他の人のせいにする)、偽の犠牲者によるブログ投稿(評判を破壊したいと思っている人物の犠牲者のふりをする)、そして、様々なフォーラムへの『ネガティブ情報』の投稿です。こういった文書のタイトルページの中には、テロや国家安全上の脅威とは無関係な人々に対して『サイバー攻撃』技術を使うことが、『際どい』やり方であるとの諜報機関の認識が反映されています。
 このようなGCHQ(政府通信本部)の文書により、欧米政府が非常に物議をかもす方法でネット上に欺瞞を広め、標的となる人の評判を傷つけているということが初めて証明されたのです。彼らの用いている手法の下で、政府はどんな標的であっても故意にネット上に嘘を拡散しているのです。これにはGCHQ自身が『偽旗作戦』と呼んでいるものや標的の家族や友人への電子メール送信なども含まれます」
 1996年にディスクロージャー関係の記事をインターネット上に投稿し始めてから、私もこういった作戦に大量にさらされてきました。私に向けられた信じられないほど非常に悪意に満ちた中傷コメントを一つ残らず日常的に目にするようになったのです。このようなコメントは夜中だろうが、週末だろうが、休日だろうがお構いなしに続きました。2011年8月になってようやく、子供の頃の数年間受けた辛いいじめの後にはまり込んだ『反復強迫』から抜け出しました。そういったコメントを見ないことで自分を守り始めたのです。それまでの15年間は、ひどい個人攻撃や数々の絶え間ない殺害脅迫といった非常にびっくりするほど恐ろしい嫌がらせという食事を毎日摂取していたのです。スノーデンの文書に記載されていたすべての手法が私に対して繰り返し用いられていました。腹わたが煮えたぎるほどの憎悪の記された手紙やコメントを読まないで済む日はほぼ1日もありませんでした。このように攻撃が継続している中で、ポジティブであり続け、自分自身を鼓舞し、作業を続けるのには途方もない自制心が必要でした。嫌がらせを目にするという依存に打ち克ち、再び自分の情熱に従い、公表するすべてのデータの質を最高にするために最善を尽くすようになってから、私の人生が改善しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ディヴィッド・ウイルコック氏は、スピリチュアルの分野の著名人で、本も何冊も出しており社会的な影響力は大きいです。
 それだけに、当局により迫害は相当なものがあったようです。
 ただし、当局のDDTという手法が一般に広く知られるようになれば、こうした手法は効力を失う、または効力が弱まることが期待されます。

 アメリカ人のメンタリティとして、税金を払っていることに強いこだわりを持っているという話を聞いたことがあります。
 経済ジャーナリストの浅井隆氏が在日米軍と交渉をしていたとき、最初はダメと言われていたのに、在日米軍の経費の一部は日本人の税金で賄われていると言ったら、とたんに相手が「うっ」となって参ったという顔をしたそうです。それで、浅井氏の主張が通ったという話をしていました。
 NASAはアメリカ国民の税金で運営されています。
 アメリカ人は、NASAに真実を公表するように、もっと主張してもいいのではという気がします。

 また日本では、以前JAXAが月周回衛星「かぐや」を打ち上げたことがあります。
 月を周回し、その映像をDVDで発売しましたが、そこに「思いもよらない」ものは写っていませんでした。
 私は、「かぐや」が日本に映像を送ってから、一般に公開されるまでかなり時間が掛かったことに疑念を抱いています。それは、「思いもよらない」ものをCG技術によって消す作業が必要であったからではないかということです。
 日本国民も税金で運営されているJAXAや政府に、税金で運営されているだから、日本国民に真実を伝えるべきだと主張してもいいのではないかと思っています。



ゲリーさんの2019年予言...2019年1月27日

 先週、東京で行われたゲリーさんの2019年予言セミナーに行ってきました。
 DVDを発売する為だと思いますが、やはり録音、録画禁止でした。それゆえ、ノートにメモするしかないのですが、昨年は机がある席だったので、まだよかったのです。今年は映画館のような会場で、メモ書きするのが難儀でした。
 今、ノートを読み返してみても、走り書きで何と書いたのか判別できない字もあります。
 それゆえ正確ではないのですが、私が印象に残ったものをメモ書きと記憶を頼りに紹介していこうと思います。また通訳の大野さんの言葉を正確に反映できないので、言葉じりは私がアドリブ的につけたものであることをご了承下さい。

 項目別に紹介していこうと思いますが、キーポイントは、今年(2019年)は、大きな変化の年になるということです。


世界の自然、環境

 太陽系全体の温度が上がっています。
 これが地球の変化と大気の変化をもたらすことになります。
 これまでは南極、北極の氷の重みで、地球は赤道付近の円周が両極より大きい楕円の形をしていました。それが南極、北極の氷が溶けることにより、丸い球の形になってきています。
 南極、北極の氷が溶ける速度は、学者の予測したスピードの300倍で進むでしょう。
 氷が溶けることにより、海水の塩分濃度が低くなります。そして、海流のスピードが落ちてきます。これにより、地球のこれまでの気候パターンを変えてしまうでしょう。
 特に北大西洋はこうした影響が顕著に出ます。モスクワでは異常に寒いのですが、アイルランドは暖かいです。総じて言えることは、暑い処はより暑くなり、寒い処はより寒くなります。

 地球の形がより球に近くなるということは、地球自体が形を変えていくということです。
 これにより巨大地震や火山の噴火が起こってきます。大陸プレートが重なっている部分は、地震活動が活発になるでしょう。マントルの薄い部分は、火山活動が活発になってきます。
 今年は、何年か分の地震が起こるでしょう。
 巨大地震が起こるのは、シベリア、ネパール、オーストラリア、ニュージーランドなどです。
 アメリカでは、北西部のアリューシャン列島、アラスカです。カリフォルニアではオフショア(陸地から離れた)の海で群発地震が起こる可能性があります。
 中国も地震に襲われます。
 三つの川が流れ込む三峡ダムで地震が起こると、深刻な被害となるでしょう。

 アメリカのイエローストーンでは、そこに住む野生動物がいなくなってしまいました。地面の温度が上がっているからです。
 しかし噴火するとしたらイエローストーンより、カリフォルニアのロングバレーにあるカルデラが先でしょう。次がイエローストーンですが、大爆発ということにはならないでしょう。
 2023年〜2024年は、火山の爆発が頻発するでしょう。
 火山の爆発で吹き上げられた噴煙により、大気が汚染されます。その塵が徐々に地表に降りてきます。それゆえ標高の低い地域の環境が悪化します。
 私(ゲリー)は、サンタフェに引っ越しました。
 サンタフェの標高は2300mあります。また災害に備えて、2年分の食糧を備蓄してあります。さらに、空中から水を造る機器も用意しました。
 タフな年となります。
 それゆえ、(食糧の備蓄等の)プランが必要となります。
 ぜひ、準備して下さい。


日本の地震、火山

 今年の7月後半、本州の中心部を震源とした大きな地震が起きるでしょう。埼玉県あたりかもしれません。津波の心配はありません。
 この地震により、東京は大きな影響を受けるでしょう。
 日本は神戸や311の地震により大きな被害を受けました。その地震の教訓により、建築物の耐震基準が厳しくなりました。それゆえ新しい建物は安全ですが、古い耐震基準のものは倒壊する可能性があります。
 富士山の噴火が起こるとしても、(宝永の噴火のように)斜面から噴火するでしょう。
 富士山の噴火の前に、盛岡の北の火山が先に噴火するでしょう。
 また九州でも噴火が起きます。


政治、経済

 世界の政治を動かすグレートファミリーというものが存在します。
 ヨーロッパの王族や、中国や日本のファミリーも含まれます。彼らは、地球の経済活動を鎮静化させたいと考えています。
 その標的となったのが中国経済です。彼らは、中国の経済が地球の安定に脅威だと見做すようになったのです。
 中国のGDPは、去年は6.6〜7%成長でした。
 今年はそれが3%に落ちるでしょう。
 また、彼らは中国の軍事力も奪いたいと考えています。
 中国は、経済が崩壊し革命が起きるでしょう。
 一時的に軍事政権となりますが、その後民主政権となるでしょう。

 インドはこれから深刻な事態になっていくでしょう。
 インドには、世界各国から廃棄PCなどの産業廃棄物が運ばれています。そうした産業廃棄物にはレアメタルなどが含まれているのですが、それらが地下水を汚染するといった環境破壊の原因となっています。
 それゆえインドは、海水から真水を造る技術をイスラエルから導入しようとするでしょう。
 インドの隣国のパキスタンは、拡張主義をとるでしょう。パキスタンでは平和を指向する人々が暗殺されています。インドもパキスタンも核を持っているので、両国の間で核戦争が起きる可能性があります。

 2019年は、地球規模で経済がリセットされる年になります(ビッグチェンジ)。
 中国はアメリカの国債を買ってきました。しかし中国が買えなくなるので、アメリカは日本に買えと言ってくるでしょう。日本の銀行はアメリカのこうした要求に逆らえないでしょう。
 日本経済もリセットされます。
 2〜3ヶ月、銀行のATMが使えなくなったり,アップルペイのような決済方法ができなくなる可能性があります。
 この期間に、銀行口座が凍結されるからです。
 これは日米両国で起こる可能性があります。
 それゆえ、ぜひキャッシュを手元に置いておくようにして下さい(タンス預金)。

 私(ゲリー)は、株はすべて売ってしまいました。
 ただし恐慌なような経済のクラッシュが起きるというわけではありません。計画的な経済のスローダウンが起こされるということです。
 それゆえ様子を見て、株を買い戻すこともあります(例えば5月頃)。
 現在の金(キン)、銀の価格は統制されています。
 金は現在1オンス1300$ほどですが、将来は7000$になるでしょう。
 銀は金よりも、さらに値上がりするでしょう。銀は現在安い価格です。
 私(ゲリー)が持っている金、銀は、すべてコインです。
 銀を持つなら、(純銀の)コインがお勧めです。
 ペーパーのゴールド(管理人注:金のETFといったもの)は、ダメです。
 あと、経済の変革が起こるからといって、ギャンブルをするのはお勧めできません。

 ロシアはクリプトコインといった仮想通貨を、新しい通貨と見做すようになります。
 こうした動きにより、仮想通貨が増えすぎる仮想通貨洪水が起こるでしょう。その為、ビットコインは結果として下がります。


 * * *

 以上です。
 予言ではないのですが、ゲリーさんは分離の時代からユニティ(合一)の時代へと変わったことによるアカシック・リーディングへの影響について語っていました。
 分離の時代はアカシック・リーディングで未来が当てやすかったそうです。
 しかしユニティに時代になり、人々が自分の意思で未来を現実化できるようになりました。その為、未来はダイナミックに変わるようになり、アカシャで未来を読むことが難しくなったそうです。
 訪問者の方々は今回のゲリーさんの予言を、未来が読みにくくなったアカシック予言だということで、割り引いて見ていただければと思います。



バシャールが語るムー、アトランティス、ピラミッド...2019年1月20日

 当HPの訪問者の方々であれば、ムー、アトランティスと聞いても、なんら目新しいものではないと思います。
 私自身もこれまで読んできた本の中で、ムー、アトランティスに関して色々な情報を得てきました。また、これまで参加した神秘スクールやセミナーでも話を聞いてきました。さらに、私の記憶の中に、アトランティス時代の過去生と思われるものもあります。
 今回、バシャールが語るムー、アトランティスの記事を取り上げようと思ったのは、これまで得てきた情報の中で、バシャールが語るものが一番整理されていて、かつ信頼性が高いと感じたからです。これは私自身の感覚によるもので、理論的な理由があるわけではありません。
 それゆえ今回の記事は、ムー、アトランティスに関する情報の個人的なまとめのようなものです。
 本は、『Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談』(VOICE)で、テレビ東京の『やりすぎ都市伝説』で知られる関暁夫(せきあきお)氏によるバシャールのチャネリングの内容を紹介したものです。
 後半は、ピラミッドの話題です。
 ピラミッドが造られた目的に関しても、実に色々な説がありました。またどうやってあの強大なピラミッドを造ったかという点でも、論争があります。私は、ピラミッドの役割に関してはディビッド・ウィルコック氏の説が説得力があると思っていました。ですが、バシャールの説はさらに認識を広げてくれました。

 ではまず、ムー、アトランティスに関しての記事を抜粋して紹介します。


 ・・・<『Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談』、p97〜p105から抜粋開始>・・・

 アトランティス時代とは地球上でのことですね?

バシャール はい。これは地球上の年数に換算すると、1万5千年前から1万2千年前くらいの期間がアトランティス時代といわれています。その時期に彼らは何回も地球に訪問しています。

 アトランティス大陸は水に飲み込まれて消滅

 アトランティス大陸は、一体なぜなくなってしまったのですか?

バシャール 地球の大西洋と呼ばれている場所に小惑星が落ちて、津波現象が起こり、すべてが水に飲み込まれてしまいました。
 その後、氷河時代の後に、氷が解けてまた水面が上がってきて、大陸が水面下になってしまった場所がたくさんあります。水面下に入らずに地上に残っている地域が、今現在、キューバやバハマと呼ばれている場所で、これらはアトランティスの一部でした。

 そう言いますね。

バシャール 氷河時代というのは、今の水面の高さよりも、水面が800mから900mぐらい低いところにあったので、当時は今よりも地上になっている面積がずっと広かったのです。しかし、氷がすべて溶けてしまい、海の水になってしまったので、水面が上がって、今は少ない面積しか表面に出ていないということです。

 キューバ、バハマあたりにはアトランティス時代の痕跡は残っているんですか?

バシャール ほとんどのものがもうわからなくなってしまっていますが、わずかな痕跡は残っています。

 おぉ!!

バシャール しかし、発見するのは非常に難しいです。あまり元の形を残しておらず、破壊されてしまっていますが、フロリダやユカタン半島には遺跡がまだ残っています。ただ水没してしまっているので、水中には遺跡が残っています。

 ですよね。

バシャール また、ヨーロッパやアフリカなどのコーストライン(沿岸)の一部にもアトランティスの痕跡が残っていますし、また、地中海と呼ばれている地域にも古代の王国があったので、何かしらの痕跡があるかもしれませんが、ほとんどの地域の痕跡は失われてしまっています。

 ムー大陸はアジアとつながっていた!

 同様に、ムー大陸というのは存在していたのでしょうか?

バシャール はい、もちろん、ムー大陸というものもあったのですが、ムーという大陸が独立していたわけではなく、アジア大陸とつながっていました。しかし、水面が上がってその表面の多くがもう水没してしまっているので、全容を見ることはできませんが、今でいうミャンマーなどのアジアの国を含めて、当時の大陸はもっと土地が広かったのです。

 ムー大陸というのは、アジア大陸とわかれて存在していたのではなく、アジア大陸と陸続きになって存在していたのですか?

バシャール 今のタイ、ベトナム、ニューギニアと呼ばれている地域もムーのコロニーの一部です。中国や日本、ハワイはボートを使って行き来していました。これらもコロニーの一部でした。
 ですから、今の地図から、水面の800mから900m下まで下げていったとしたならば、そこにまだ残っている土地が見えてくるわけです。ムーの位置と形がわかると思います。

 なぜ、ムー大陸は沈んだのですか?

バシャール 海面が上昇したからです。氷河時代からあった氷が溶けていったことによるものです。同じようなことが今の地球でも起きていて、100年後の地球の地図を想像してみたならば、アメリカ合衆国のフロリダ半島の多くはほとんど水没している状態です。なぜなら、海面が上がってくるからです。
 ですので、100年以上経って、未来の人たちが、「フロリダはなぜ水没したんですか」と聞かれれば、「それは海面が上がったからです」という答えになります。それと同じです。

 ムー大陸はテクノロジーより自然との調和を重視

 そのムー大陸にも高度な文明があったと思うのですが、現代にないテクノロジーというのは存在していたのですか?

バシャール ムー大陸の場合には、より自然と融合した時代だったので、テクノロジーが進化していたというよりも、より自然とつながるような構造ができていた、そういったシンプルな生活でした。

 これからの日本ですね。

バシャール そして、それよりもずっと後になるアトランティス時代には、植民地をつくったり、テクノロジーの面でも、非常に高度なテクノロジーを開発していました。
 10万年ほど前にムー大陸がはじまって、当時、太平洋を船で横断していて、北米大陸などにも船で行っていました。その北米に行った人たちを起源に持つのが、アメリカのインディアンと呼ばれる原住民の方々で、広範囲に広がって行きました。彼らは、さまざまな植民地をつくっていって、それが、何千年以上という時間が経過して、アトランティスとなっていきました。

 アトランティス人の血を引くのはアステカ族

 アトランティスからさまざまな植民地を拡げていって、そして、ヨーロッパのほうや地中海のほうにも広がっていきました。でも、アステカ人がヨーロッパ人になったわけではなく、アステカ系のインディアンへ引き継がれていきました。ですから、今の∃ーロッパ人がアトランティス人の血を引いているということではなく、アトランティス人の血を引いているのは、アステカ族です。そして、それがその後、インディアンと呼ばれているような人たちになっていきました。

 なるほどー。

バシャール それと、地球上の多くの人たちが誤解をしていることがあります。アトランティス時代の建築物というのはギリシャ様式だと思っている人が多いのですが、実際はアステカ様式の建築物だったということです。

 そうなんですね。ピラミッドとかもつくっていたのですか?

バシャール もちろん、アトランティス人たちもピラミッドをたくさんつくっておりましたし、アステカ人もアステカのピラミッドをつくっておりました。そして、アトランティスよりずっと後になって、このテクノロジーを使ってエジプトのピラミッドのもっとも古い元型のものができたという順番になっています。

 アトランティスの技術をエジプトが使っていたのですか?

バシャール はい、そうです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 バシャールは、アトランティス大陸は大西洋に落ちた隕石の衝撃で津波が起こり、水に飲みこまれたと言っています。
 私はこの話を聞いて、臨死体験で過去の時代を見てきたという木内鶴彦さんの話を思い出しました。
 木内さんは、今から1万5千年前くらいに現在の月となった巨大彗星が地球に接近し、その巨大彗星が運んできた膨大な量の水が地球に降り注ぎ、地球上で大洪水が起きたと言っています。その洪水が原因でアトランティス文明が滅んだと言っています。
 つまり1万5千年前までは月は無かったということです。月によってもたらされた膨大な水で地球の重力が変わり、1日がそれまでの25時間から24時間になったと言っています。
 また、大西洋に落ちた隕石の衝撃がマントルを通じて地球の裏側に達し、その衝撃で今の琵琶湖の部分の土地が跳ね上げられて、宙を飛んで、今の淡路島になったと言っていました。これは都市伝説として知られているようですが、言いだしっぺは木内さんではないかと思います。木内さんは、大西洋に落ちた隕石の衝撃が地球の裏側にまで達する時間を計算したと言っていたからです。
 この話に関連して、以前『シリウス VS オリオン』の記事で紹介した篠崎崇さんが別の説を唱えていて、面白いので紹介します。
 篠崎さんによると、金星人がシリウス人から命令されて、木星の大赤班にある大きな火山(クロノス)から飛び出させたのが金星になったといいます。その金星を移動させる際に、月の引力に引っ張られ、割れて水と砂が大量に地球に落ちてきたといいます。これが篠崎さん流のノアの洪水の原因です。
 木内さんと篠崎さんの説のどちらが真実か、あるいはどちらも真実でないのか私にはわかりません。
 ただ私の理解では、ノアの洪水は伝説ではなく実際にあったようだ。しかもその原因は他の天体にあった大量の砂と水によってもたらされた可能性があるようだ、というものです。

 ところで、木内さんが1万5千年前と言っている理由は、臨死体験で見た北斗七星の形が1万5千年前のものだったからというものです。
 この辺がバシャールが言っていることと微妙に違うところで、木内さんが事が起こったのが1万2千年前とすれば、バシャールと見事に一致するなあと思ったりしました。

 次に、バシャールが語るピラミッドです。


 ・・・<『Mr.都市伝説 関暁夫のファーストコンタクト バシャール対談』、p106〜p120から抜粋開始>・・・

 ピラミッドの本当の使い道

 ピラミッドはそもそもどんな目的でつくられたのですか?

バシャール さまざまな目的がありました。1番目の機能は、天文学的なカレンダー、情報の貯蔵庫です。地球上にさまざまな小惑星などが落ちてきたりすると、それによって建造物が破壊されてしまったり水に流されたりということがあります、そういったときに必要な情報が保存できなくなると困るので、情報を保存するという目的があります。数学的情報、天文学的情報、暗号化された情報などです。
 絶滅させずに情報を保存するための保険として、ピラミッドは使われていました。

 そのような目的で使われるからこそ、ピラミッドのような建造物は地上だけでなく、太陽系の他の惑星にもつくられましたし、または銀河の中の他の惑星でもつくられていました。災害時に一掃されないように情報を残すために保存するという目的で、銀河中でピラミッドはつくられていました。

 へー、銀河中にあるのですね。

バシャール そうです。そして2番目の機能ですが、いくつかのピラミッドの中にはさまざまな部屋がありますが、その中に入ると、特定のエネルギーの状態を創造することができます。
 ですから、人がその部屋の中にいることによって、その状態で体外離脱の体験ができたり、または、幽界を旅するというアストラルトラベルの体験をすることができます。また、高い次元の領域とつながりやすくなるということもあります。

 3番目の機能は、コミュニケーションの機能として使われていました。地球上のさまざまなコロニーがありまして、それらとの連結手段として使われていました。

 もしもピラミッドが今のように遺跡となる以前の新しい状態であったら、ピラミッドの中のそれぞれの部屋が違った波動の周波数の状態になっているので、人がその中に入っていくと、特定の周波数とつながることができます。そうなると、特別のエネルギー状態になることができるということもありますし、また、部屋の中で特定の周波数がつくられて、別のピラミッドとつながるということもできますので、それによってエネルギーを操作することもできました。

 また、原始的な信号(暗号化されたコード)を送受信することもできました。みなさんがよくご存じのモールス信号のようなものを想像していただければよいと思います。そういった形でお互いにピラミッド同士でコミュニケーションをとり合っていました。

 音を光に変換するテクノロジー「ソノルミネッセンス」

 そして、現代の科学でも使われているテクノロジーの中にも、ピラミッドによってつくられていたものがあります。

 それは何ですか?

バシャール これは特にアトランティス時代によく使われていたのですが、ピラミッドがエネルギーの発生器だったのです。ある特殊なエネルギーが生成されたことによって、特定の周波数を出します。

 はい。

バシャール その周波数を使って、人工クリスタルに波動、振動を入れることができたのです。

 それによって何ができるのですか?

バシャール クリスタルの中に特別な振動、周波数が入っているものをつくり、それによって音を光に変換できたのです。

 音から光にですか!!

バシャール 現代の科学でも、音から光に変換させていくというようなテクノロジーで、「ソノルミネッセンス」と呼ばれているテクノロジーが実際に存在しています。現在の地球上の多くの科学者たちが、この実験研究を再びはじめております。

 当時はソノルミネッセンスを使って伝達をしていたということですよね?

バシャール そうです。この技術もコミュニケーション手段として使っていました。

 なぜこの技術が現代に受け継がれていないんですか?

バシャール 覚えていらっしゃると思うのですが、さきほどお話したように、小惑星が地球にぶつかってきていて、いろいろなものが破壊されてしまったのです。

 そうやって文明が途絶えてしまったということですね?

バシャール 多くは破壊されたのですが、まだいくつかのピラミッドの中に暗号化されて残されているので、またそれを紐解いて再発見することはできます。

 当時は各ピラミッドが波動を出し合っていたということですね?

バシャール この目的で使われていた時代はそうです。

 惑星間のコミュニケーションにも使われていたのですか?

バシャール ときとして、宇宙船との交信というのは可能ですけれど、他の惑星同士ということはありません。
 他の惑星とのコミュニケーションがピラミッドでどういう形で行われていたかというと、体外離脱で旅をしていってという形です。

 ピラミッド内では体外離脱しやすくなる

 ピラミッド内からそれができたということですね?

バシャール はい。ピラミッドの中に入ったほうが、体外離脱がよりやりやすくなるということです。なぜならば、その中で持っている振動が増幅されますので、体外離脱が超こりやすくなるということです。
 でも、だからといって、人が何もしなくていいわけでなく、体外離脱をするためには、ある種の訓練を受けて、どのような瞑想法を行なったらいいか、どういった意識状態に入っていくかを学んでからでないと(ピラミッドの部屋の周波数だけでは)なかなか難しいでしょう。

 じゃあ、僕がピラミッドの中で見たものは一体なんだったんだろう……。実は僕が以前、テレビ番組「やりすぎ」のロケでエジプトのピラミッドに行った際に、ロケハンで前日に王の間の石棺の中で横になった瞬間にいきなり宇宙に放たれたのです。ピラミッド内で宇宙ワープをしたのです。そのときに自分がどの星に飛んでいったのかはわからないのですが……。

バシャール それは、肉体そのものがワープしたのではなくて、体外離脱をして意識体が離れていったのです。
 非常にまれではありますが、非常に、非常に、非常に(バシャールはかなり強調した口調になり)高度な訓練を受けて、かなり高い領域まで昇った人は自分自身でポータルを開いて、そして、そのポータルを通じて、他の次元や惑星に瞬間移動するというようなこともできていました。でも、それはものすごくまれです。もっとも高度なところまで学んだ方のみができたことだったのです。

 僕がそのときピラミッドの中の部屋でボーンと他の星にワープした後、こちらの世界へ戻ってきたら自分の顔が黄金に輝いていたのですよ!

バシャール 実際にそういう体験をされたということですが、肉体ごと行かれたのではなく、ご自身が幽体離脱してあちらに行かれたのです。そして、幽体でまた戻ってきたのです。そのように高い波動、高い次元のところに行って戻ってくると、顔などが光輝くことがあります。それが黄金に見えたということです。

 ピラミッドの部屋と特定の惑星はリンクされている

 それは一体どの宇宙にトリップしていたかということはわからないですよね? エジプトのピラミッドの中だから、なにか特定の星に行ったとか、どこそこの銀河系に行ったとか、そういうことはわからないんですよね?

バシャール 実はそれができるピラミッドの部屋もあります。すべてではありませんが、その中のいくつかは、この星体系のこの惑星というように、特定のところと波動が調整されているものもあります。

 ギザのピラミッドの王の問はどうですか?

バシャール 王の間は、目的地が一つだけではありません。シリウスもありますし、オリオンもありますし、それ以外の星体系もありますし、他の次元にも行けます。

 おー、ナイス! ナイスですよ、バシャールさん!!
 (興奮ぎみに)じゃあ、オリオンの縁とかもありますね。

バシャール そうですね。

 ほう、ほう、おもしろくなってきた! 確認すると、ピラミッド内で使われていたテクノロジーというのは、音を光に変えるという伝達方法を行なっていたということですよね?

バシャール いくつかはそうです。

 エジプトのピラミッドはアトランティス人たちが建造したのですか?

バシャール アトランティスの知識を使って建てられてはいますが、アトランティス人が実際に手がけたものもあれば、アトランティス人が手伝って、エジプト人が一緒に建てたものもあります。

 巨石は音の技術を使って空中浮遊させていた

 よく言われますけれども、あの巨大な石はどうやって運ばれたのですか?

バシャール 当時、一番古いものは、音のテクノロジーを使って、石のかたまりを浮き上がらせて、つまり、空中浮揚させて、移動させていました。一番古いピラミッドに使っていたテクノロジーと方法は失われてしまいましたので、後期に建造されたピラミッドは、つくりがよりシンプルなものになっています。音のテクノロジーで物を飛ばすという手法が失われてしまっていましたので、レバーを使ったり、別の機械的な方法でつくるしかなかったのです。

 後期のピラミッドに使われた、他の機械的方法とはどういうものなのですか?

バシャール 初期の時代にも使われていたテクノロジーですが、一つの例を挙げさせていただくと、音の振動を出す機器がつくられて、そこから特定の周波数というものを出していました。その機器がどんなものかというと、今のみなさんに一番ご存じのものを挙げると、楽器のトランペットのようなものを想像していただくとよいかと思います。トランペットとは全然違いますが、一番近いものです。その二つのトランペットのような機器の間に、銅でできたワイヤー(銅線)をつなぎ、機器から特定の振動を出すと、音の振動でワイヤーが震えて、早く振動するとそれが電動ノコギリのような働きをして、石を切ることができるのです。
 他にもさまざまなものがありましたが、レバーのようなものや三脚のようなものを使ったり、括抗(きっこう)を利用したりして重い石を持ちあげていました。

 話をちょっと戻しますが、音で石を持ち上げていたときもあるのですよね? そもそも音でどうやって重い石を持ち上げるのですか? 共振させる装置というのは、古代の人がつくったのか、それとも、宇宙の叡智から来ているのですか?

バシャール もちろん宇宙からダウンロードしたということも言えますし、もうーつは古代からの地球外生命体の持っていた情報の記憶があって、それが呼び覚まされて、そういう技術として使ったということです。

 地球人は地球外生命体の情報や記憶を宿している

 地球外生命体からの記憶というのは、我々人間に宿っているのでしょうか?

バシャール はい、宿っています。また、たとえば、現代の科学者が実験などをして、新しい発見をされたようなものが、古代の記憶や地球外生命体からの情報である場合も多いのです。

 要は、宇宙からインスピレーションやテレパシーとして情報が落とされているわけですよね? それを我々一人ひとりがキャッチできるかどうかですよね?

バシャール はい、そうです。
 さまざまな文明や文化の中で、たとえば、聖人と呼ばれているような方であったり、シャーマンと呼ばれているような人たちは、特定の訓練を受けて、こういった特殊な情報を(宇宙から)ダウンロードしています。人々に役立てるため、そういう情報を降ろして伝えるという役割です。

 しかし、これは宇宙の叡智ですから、誰しもが適切な周波数の状態に入ったら(情報を)ダウンロードして受け取ることができるようになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私の学生時代の頃は、ピラミッドは王族の墓だと教えられました。今でも墓説が一般的のようですが、吉村作治氏のように、墓ではなくて「神様の居場所」といった神殿のようなものと主張する学者もいるようです。
 アトランティス時代のテクノロジーが継承された初期のピラミッドは、バシャールが言うような目的で建てられたが、時代が進むと伴にそのテクノロジーは失われていったといいます。
 私の想像ですが、そうなると当然ながらピラミッドを建てる目的も変化してゆき、後世になると王族の墓として建てられるようになったのではないかと思ったのです。
 ピラミッドの当初の目的は、バシャールが言うように情報の保存や特殊な周波数やエネルギーの発生装置、コミュニケーションの手段だったのでしょう。しかし、その技術が失われてしまうと、当時の人々はピラミッドを単なる巨大な石の建造物として眺めるしかなくなります。
 そうなると、当時のエジプトの権力者は、墓とすることにより、王族の権勢を誇示する建物として利用するようになっていったのではと考えたのです。



2019年、自然災害と経済・金融の予言...2019年1月13日

 新年に入り、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガに、毎年恒例の予言が掲載されていました。
 その内容が、私が予想していた以上に過激なものだったので、今回はその内容を紹介させていただこうと思います。
 ヤスさんのメルマガで紹介される予言は多岐にわたっていますが、ここでは自然災害と経済・金融の分野に絞って紹介したいと思います。
 予言者は、ジョセフ・ティテル氏、ジョン・ホーグ氏、リンダ・シュアマン氏の3氏です。
 ヤスさんによると、ジョセフ・ティテル氏は、「2011年の東日本大震災の発生を1月に予言して的中させたことで知られるようになったサイキック」とのことで、「ヒラリー・クリントンの大統領就任など外している予言も多いものの、的中率は総合すると36%程度と比較的に高い」といいます。
 ヤスさんの指摘する36%という的中率を、どうみるかです。
 予言のうち、3分の2は外しているとみるか、3分の1は当たっているとみるか、それは訪問者の方々の判断です。
 私の個人的な印象ですが、ジョセフ・ティテル氏はトランプ大統領にひどく感情的に反発していて、そうした強い感情が2016年の大統領選挙の予言の精度を失わせてしまった感があります。それゆえ、個人的にはティテル氏の(トランプ大統領に関するもの以外の)予言は、簡単にスルーできないものを感じています。
 ジョン・ホーグ氏は、著名なノストラダムスの研究者とのことで、「トランプが大統領選挙に立候補し、まだ泡沫候補の一人としてしか見られていなかった2015年12月に、ホーグは「大統領としてのトランプ」という本を著し、いち早くトランプが大統領になる可能性を予見したことで有名」だそうです。
 リンダ・シュアマン氏とは、ヤスさんによると、2001年の911同時多発テロ、2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災、2018年の米中貿易戦争を予測したとのことで、そうそうたる実績を上げている人のようです。
 アメリカには、占星術の手法を使って相場の変動や景気の推移を予測する金融占星術という分野があり、プロの投資家もよく参照しているそうです。
 リンダ・シュアマン氏はそうした金融占星術を駆使する一人とのことですが、ヤスさんによると、そうした金融占星術の予言は極端なものが多く、リンダ・シュアマン氏も例外ではないといいます。
 訪問者の方々には、そうした面もあることを踏まえた上で読んでいただければと思います。

 この3氏の予言を1月4日、11日の「ヤス備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋して紹介させていただきます。
 ではまず、日本、世界の自然災害の予言です。


 <日本、世界の自然災害>

 ○ジョセフ・ティテル

●日本の自然災害

・2019年は日本にとって最悪な年になるはずだ。巨大な地震が発生する。この地震とともに、日本の火山が複数噴火する。日本の中部から北部にかけての火山だ。さらに巨大な台風が上陸し、山全体が海へと崩落するような現象も起こる。

・とにかく2019年には日本に自然災害が集中し、最悪な年になるはずだ。しかし、日本はこの苦境をなんとか乗り越えることができる。

・それというのも、世界の多くの国々が日本の救援に協力するからだ。もちろんアメリカも協力するが、北朝鮮もこれに参加する。

・この結果、世界の雰囲気は変化する。これまでの敵意と対立ではなく、協力と統一の雰囲気が世界を席巻するようになる。

・これは2019年が、感情の噴出の年であることに由来する。感情は共感と同情という肯定的な方向でも表出されるが、反対に怒りと抵抗という否定的な方向でも表出される。この結果、日本の自然災害を契機とする同情と協力とともに、2011年から12年にかけて中東を席巻した「アラブの春」に似た大規模な抗議運動が世界各地で起こる。

●世界の自然災害

・2017年の1月から地球が目覚めた。これは自然災害の嵐となって現れる。2019年は2017年の3倍も多く自然災害が発生するはずだ。

・大規模な火災も世界各地で発生する。そのひとつはオーストラリアだ。それも、これまで火災とは無縁であった地域で発生する。

・2018年はカリフォルニア州で巨大な森林火災が発生し大きな被害が出たが、これと同じような規模のものがまた発生する。今度は火災のみならず洪水も起こる。場所はハリウッドの近辺だ。

・インドネシアとフィリピンでも大きな自然災害が多発する。地震、津波、そして台風だ。

・12月にインドネシアの火山噴火が原因で津波が起こったが、これはこの期間のエネルギーシフトが影響している。これは単純な火山噴火ではなく、抑圧された感情の爆発なのだ。これからはこうした感情の爆発があらゆる地域で起こってくるはずだ。

・2月には、記録破りの寒波がアメリカの東海岸を襲う。地球温暖化の進行によって、気候の循環が変化するからだ。

・このようなことはロシアでも起こる。モスクワでは記録破りの低気温となり、都市が閉鎖されるような状況にもなる。

・7月には、人間が海に廃棄したゴミが沿岸に流れてきて、大きな被害を引き起こす。これは地球による人間への復讐のような出来事だ。

・7月は記録破りの高温となる。これが原因で、クラゲやエイの大量発生が問題となる。

・地震の後、それなりの大きさの島が突然と隆起したり、また海中に没するような現象が起こる。。これは私が2009年から見ているビジョンだ。南半球であればカナリー諸島やソロモン諸島、北半球であればアラスカなどの近辺になるかと思う。

・アラスカは、今年に多発する自然災害の焦点になる地域だ。アラスカの災害でカナダ北西部の沿岸も大きな影響を受ける。

・地下から石油がいきなり吹き出し、汚染が広まる出来事も起こる。これは、地球が汚染を繰り返している人類に復讐しているのだ。

・南半球のマダガスカルでも自然災害が集中する。


リンダ・シュアマン

・2019年に世界大戦のような大きな戦争が起こることはまずない。しかし、今年の大きな問題となるのは、天候異変と自然災害である。地球温暖化ガスが原因か、または太陽活動のサイクルが原因かは意見が分かれるところだが、天候異変と自然災害の発生は続く。

・まず日本が自然災害の標的になる。早ければ、今年の2月から3月にかけて巨大な地震が日本を襲う。日本は2011年の311と類似した星座の配置にあるからだ。また、日本のフクイチの放射能漏れ問題は解決していない。


 以上です。
 首都圏直下地震に関して、ヤスさんはメルマガに以下のように書かれています。

 「2016年5月に現れ、2chで有名になった「2116年の未来人」は、2019年5月9日に東京で直下型の地震があると警告しているので、もしかしたら注意したほうがよいかもしれない。予言なので頭から信じてはならないが、頭の片隅に入れておいたほうがいいだろう」

 このYouTubeの映像は、以前に当HPで紹介したこともあり、(繰り返しになりますが)少し補足説明をしたいと思います。
 まず、YouTubeのURLです。

https://www.youtube.com/watch?v=P5lnUkPEOGI

 この未来人がこれから起こると言ったことで当たったのは、トランプ大統領の就任と当時の桝添要一東京都知事の辞任です(ただし桝添都知事が辞任する月は当たっていましたが、日にちがずれていました)。
 外れたのは、平成が35年まであると言っていたこと(実際は31年)と、安倍首相の次が谷垣氏だと言っていたことです(谷垣氏の次期首相の目はまずないと思われるので、外れたと言ってよいと思います)。
 これをどう見るかです。
 外れた部分だけを取り上げて、この未来人は偽者で「なりすまし」と見ることもできます。
 しかし私は、この未来人が本物の可能性もあるのではないかと思っています。
 それは私達の世界線だけでなく、無数の平行世界(タイムライン)があることを前提にすれば、こうした微妙なずれは、ありうることだからです。
 この2116年の未来人は、こうした平行世界のずれがあることを承知で、現代に警告を発していたかもしれません。
 ずれは日にちからもしれないし、地震の規模かもしれません。それは私達に都合の良いずれとは限りません。未来人は翌年の東京オリンピックは開催されたと言っているので、壊滅的な被害ではなかったわけですが、ずれが生じてもっと規模の大きい地震になることだってあるかもしれません。
 それゆえ、(ヤスさんと同じことしか言えませんが)信じる必要はないと思いますが、首都圏に住む方々は、地震の備えは万全にしておいた方がいいのではないかと思います。


 * * * * *


 次に経済・金融に関する予言です。

 <経済・金融>


ジョセフ・ティテル

・すでに2012年12月23日から時間の流れが加速している。そして、2025年から2032年がもっとも重要な時期になる。この時期はエネルギーシフトが一層加速し、自然災害であらゆるものが破壊されると同時に、既存のシステムの崩壊から浄化が進む時期となる。2032年には、人類は新しい出発点に立つことになる。

・今年の3月からはダウが一時的に上昇する。だが、これに楽観してはいけない。3月30日と31日は経済システムが新しいものに切り替わる最初の時期となるはずだからだ。

・ゴールドという価値の基礎が存在しない現在の不換紙幣と、それに基づく経済は遅く2025年までには崩壊する。そして2032年から人類はまったく新しい時代に入る。みずがめ座の時代の本格的な到来だ。経済の崩壊は、2020年から2021年になると始まる。


ジョン・ホーグ

●アメリカ経済について

・2019年の後半から、アメリカは深刻な不況になる。この不況は2021年までにさらに悪化する。

・この不況の原因は、2008年に本格化した金融危機に対処するために発動した政策にある。このときは、FRBや米政府の銀行救済策によって危機の進行はなんとかくい止められ、その後には現在まで続く好景気になったが、この体制が破綻するのである。

・この破綻は基軸通貨であるドルが世界経済で使用されなくなることが引き金になる。すでに世界の経済取引の33%がドルではない通貨によって行われているが、この割合はどんどん増大し、近いうちに50%程度にまでなるだろう。

・ドルが基軸通貨であることが、1兆2000億ドルもの規模に達している「国家安全保障省」のような部局の予算を支える前提だ。もしドルが基軸通貨として放棄されれば、このような予算の源泉は失われ、軍産複合体も崩壊する。

・一方、世界経済の崩壊は新しい通貨の導入でくい止められる。それは、IMFが導入する新しい仮想通貨になる見込みだ。この仮想通貨の導入で、現在の不換紙幣による経済システムは放棄される。この大きな変化は、少なくとも2025年くらいまでには現実化する。

・いまロシアと中国は膨大なゴールドを備蓄しており、ゴールドを価値の基礎にした経済システムが出現する。しかし、これが全世界で一般化するとは限らない。複数の決済システムが共存する経済的に多極化した状態になると思う。


リンダ・シュアマン

●アメリカ経済について

・2019年から2020年にかけてアメリカ経済は深刻な不況に突入する。それは2008年の金融危機よりも規模が大きい。占星術的には、2020年から2024年まで経済的には最悪な時期に入る。現在の金融システムは壊滅的な打撃を受けることになる。

・それは、2019年の4月に発生する相場の大暴落から始まる。これは金融市場では、それこそ精神分裂になるようなパニックを引き起こす。

・それというのも、現在の相場の高騰の背景になっているのは、低い金利を利用して企業が借金し、それによる自社株買いが横行しているからである。こうした状況では、一度相場が大暴落して損失が拡大すると、新規のローンが組めなくなるので、自社株買いは難しくなる。すると、長期間相場は低迷することになる。

・また、2008年に起きた金融危機の原因であるデリバティブの規制もほとんど行われていない。危険なデリバティブを抱えた銀行が多い。デリバティブ市場の暴落も起こる。

●仮想通貨について

・仮想通貨の乱高下の状況は今後も続く。しかし、危機が発生し、既存の金融システムが打撃を受けるため、新しい支払い手段を形成する必要性が出て来る。そのとき、FRBによってブロックチェーンのテクノロジーが採用され、法定仮想通貨ができるだろう。

・1930年代の大恐慌のとき、ルーズベルト政権は巨額な紙幣を銀行にトラックで輸送し、金融システムの崩壊をくい止めたが、今度は法定仮想通貨が金融システムを支える役割を果たすことになる。

・しかしここで大きな問題になるのは、ハッキングなどのサイバー攻撃である。現在はアメリカ、中国、ロシアが実質的なサイバー戦争に突入している。だから、法定仮想通貨の導入が進むと、攻撃されて資産が奪われる可能性は高くなるはずだ。


 以上です。
 大変気になることですが、今年後半から深刻な経済不況が起こると言っているのは予言者だけではありません。
 今回は紹介しませんでしたが、ヤスさんのメルマガには、IMFのナンバー2であるデイビッド・リプトン筆頭副専務理事、イェール大学のロバート・シラー教授、ハーバード大学のローレンス・サマース教授(クリントン政権のときの財務長官)らが、そろって今年後半からの深刻な危機を警告しています。
 これに関しては、また改めて記事を書きたいと思っています。



くるま暮らし...2019年1月7日

 「週間SPA」1月1・8日合併号の特集記事は、『新型「下流社会」の衝撃』というものでした。
 最高益を叩き出しているたくさんの大企業がある中で、一般庶民はどんどん貧しくなっている実態が特集されています。
 以前、若者の貧困が話題になったことがありました。しか最近の傾向として、中年層がどんどん貧困化(下層化)しているといいます。
 その記事の中で、静慈彰(しずかじしょう)氏の『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』という本が紹介されていました。
 「ミニマル」とは、必要最小限という意味です。
 もちろん家を持たず車生活をすることが日本の貧困問題を解決することにはなりませんが、貧困は私にとって極めて身近な問題なので、興味をそそられてしまいました。
 なにしろ私は年金がありません。現在はアルバイトでなんとか糊口をしのいでいる状態です。今は身体が動くのでなんとかなっていますが、これから体力が衰えて満足に働けなくなると、後はわずかな蓄えに頼るしかありません。その蓄えが無くなった時が、私の命運が尽きる時です。
 その時に日本がベーシック・インカム制度を取り入れていたらいいのですが、今の日本の政治を見ていたら到底無理という気がします(なにしろ消費税増税に見られるように、今の政府は国民から吸い上げることしか考えていません)。
 私にとって貧困は、いずれ直面せざるを得ない身近な危機と言えます。
 さっそくアマゾンに注文して読んでみることにしました。

 車生活を2年ほど続けている静氏は、高野山真言宗の僧侶とのことで、僧侶としての収入が月に10万〜30万程度あるそうです。
 この金額は、一般的な派遣労働者の賃金と近いものでしょう。
 都会は物価が高いので、これだとなんとかギリギリ生きていける生活レベルとなります。それが車生活となると、どうなるのか興味が湧いてきます。

 本には、静氏がどのような経緯で車生活をするようになったか紹介されています。静氏が人生の苦悩を味わった様子が詩の形で語られているので、まずその部分を『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』(静慈彰著、飛鳥新社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』、p12〜p13から抜粋開始>・・・

僕にはもう我慢ができなかった。

組織を捨てた。
おとなしく言われたことだけをやっているのは、
苦痛以外の何物でもなかった。

家族を捨てた。
僕を否定する人たちから、距離をとる必要があった。

大量のモノを捨てた。
モノが多い便利さよりも、モノが少ない静けさを選んだ。

承認欲求を捨てた。
もう、誰にどう思われてもいい。
そう決めてから、ずいぶん生きるのがラクになった。

煩わしい人間関係を捨てた。
申し訳ないけれど、あなたたちの期待に応えることはできない。

妻を捨てた。
どうあがいても"よい夫"にはなれなかった。

そして、家を捨てた。
車に乗って家を飛び出した僕は、どこにも帰らなかった。

あらゆるものを捨てて、
残ったものは、車1台とこの身1つ。

そこには、究極の自由があった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 静氏が、人生の苦悩の中から車生活に至った経緯を詳しく知りたいと思う方もおられるかもしれません。そういう方は、本を買って読んでいただければと思います。
 今回は、車生活に掛かる費用や、静氏が車生活のハンデをいかに克服していったかという点に絞って紹介したいと思います。
 まず、車生活をする初期費用と運転資金についてです。


 ・・・<『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』、p51〜p55から抜粋開始>・・・

 週休5日

 商用のワンボックスカーを改造して住むというライフスタイルは、実に経済的だ。
 まず、家賃がかからない。何千万円もする家やマンションを購入する必要もない。年中移動しているので、土地も必要ない。車を買って、維持しているだけでいい。
 ご参考までに、これまでにかかった費用をお伝えしよう。まず、中古で購入した日産キャラバン(2006年製)は約30万円、改造費として約30万円(不慣れだったので、少し使いすぎてしまった。今ならもっと安く改造できる)。あとは自動車取得税が約8000円、任意保険料が年約1万6000円、重量税・自賠責保険が約5万円。年ごとの車検に約5万円。
 ガソリン代が月に約3万〜5万円。ちなみに愛車の燃費は、市街地走行でリッター10kmと正直あまり良くない。僕は仕事の都合もあり、日本中を忙(せわ)しなく行き来しているのでガソリン代は高いが、そこまで移動しなければ月1万〜3万円で済む。
 電気は、ソーラーパネルで発電した電力と、エンジンで発電した電力をシガーソケット経由でポータブル電源に充電して使用しているので、費用はゼロ。水も、公園や公共施設から拝借しているので、費用はゼロ。ガスは、百均のガスボンベを月に5〜10本使うので、1か月の費用は約500〜1000円。
 1人暮らしの家賃平均は、首都圏でおよそ月7万円、敷金礼金などの初期費用がおよそ34万円かかる(2015年、リクルート住まいカンパニー調査)。水道光熱費は平均で月約7000円(2009〜13年、総務省統計局)。
 賃貸契約を更新する2年間でざっくり比較してみたのが、左の図(管理人注:下の図)だ(なお、中古車の価格下落率は年に30パーセントなので、日産キャラバンの費用は、改造費を含めた2年間の下落額30万円で計算)。車中泊生活が2年間で約125万円かかるのに対して、1人暮らしの賃貸生活が約220万円。車中泊生活のほうが、100万円近くも安い。車中泊生活は圧倒的なコストパフォーマンスを誇っている(その分不便なこともあるのだが)。


車中泊生活と賃貸生活の費用比較(2年間)

車中泊生活
日産キャラバン  15万円(値下がり分)
改造費      15万円(値下がり分)
車検・保険・税  10.8万円
ガソリン     3万円×24=72万円
ガスボンベ    1000円×24=2.4万円
合計       125万円

賃貸生活
家賃       7万円×24=168万円
初期費用     34万円
水道光熱費    7000円×24=16.8万円
合計       218.8万円


 食費や交際費にもあまりお金をかけない。友達は多くないので、飲みに行くこともあまりない。あっても、宅飲みならぬ、車飲みすることがほとんどだ。つまみは、ちゃちゃっと料理する。もちろん、飲んだら車を運転しない。お開きにしたら、あとは車で寝るだけ。
 僕は料理が好きなので、たいてい自炊している。道の駅や市場、ふつうにスーパーで魚や野菜など食材を買って、車載の冷蔵庫に保管し、車に積んだガスコンロやサイドテーブルで調理して食べる。
 ただし、自分で作れない郷土料理にはお金を惜しまない。群馬の囲炉裏で煉(いぶ)って食べた猪肉は美味だった。
 遊んで暮らしているような印象を与えたかもしれない。実際そうとも言えるのだが、収入を得るために仕事はしている。
 とはいえ、働く時間はおそらく皆さんよりずっと少ない。せいぜい週に1〜3日、多くて4日。それ以外は、だいたい日本中をぶらぶら旅している(最近は寺の改修作業があるので、1週間働きづめの時もあるが、それは例外だ)。
 勤務時間も、とても短い。1日5時間も働くことはほぼない。

 そんな生活がなぜ成立しているのか、理由は3つある。
 1つめは、今まで説明してきたように、車中泊生活にはお金がかからないこと。
 中でも、家を持っていないのが大きい。戸建ての住宅は維持費が、マンションなら賃貸料がかかる。「住」のコストをどう削減するか、僕はずっと考え続けていた。そして辿り着いたのが、車中泊というライフスタイルだ。
 僕は独身で、妻も子どももいないので、誰かを養う必要もない。自分の生活に必要な分だけ稼げればいいので、生活費を最小限まで切り詰めることができる。

 2つめは、僕は働くのがあまり好きではないということ。
 後述するように、僕の仕事は人とかかわらないとできない。けれども、僕は人といると疲れてしまうところがあって、なるべく1人にしておいてほしいと思う。気楽な時間をお金に換えたいとは思わない。

 3つめは、僕の職業。今までちゃんと説明してこなかったのだが、僕は高野山真言宗の僧侶だ。車中泊生活をしながら、僧侶としての仕事をして生計を立てている。
 主な仕事は、お通夜、葬儀・告別式、年忌法要などの法務。信者の方々の依頼に応じて各地で執り行うほか、真言宗の関係者や知人から頼まれれば、手伝いに行く。葬儀の規模によっては、複数の僧侶が必要になる場合があるからだ。逆に、僕が住職を務める南福寺が行う葬儀を、知り合いの僧侶に手伝ってもらうこともある。
 それらとは別に、民間の葬儀会社から葬儀や法要などの依頼があれば、それもこなす。依頼された葬儀や法要がきっかけとなって、南福寺の信者になってくださった方もいるので、依頼があれば遠方でも可能な限り出張して行く。
 ほかに、年末年始に参拝客が多いお寺の手伝いにも行く。いわばアルバイトだ。
 法務でいただくお布施の相場は、僕が住職を務める南福寺の法務で3万〜5万円。もちろん、お布施は"お気持ち"なので、それより多かったり少なかったりする。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 静氏の2年間の車生活の基本部分の費用は125万円で、一般的な賃貸生活が220万円です。
 その差は100万近くあります。
 私のような家族のない一人身であれば、100万円近くの節約が可能というのは大変な魅力です。
 気になるのは、電気、ガス、水道などのインフラです。
 さらにネットやメールは必須という方は多いと思うので、その辺を静氏はどのように解決しているのか気になります。


 ・・・<『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』、p89〜p94から抜粋開始>・・・

 永久電源機関 太陽光パネル1万5000円、モバイルバッテリー4万円、ケーブル類千円

 仕事では、車のエンジンを止めてノートパソコンで作業することも多い。そのため、安定した電源の確保がずっと課題だった。
 電源がシガーソケットしかないと、車中泊生活には不便だ。エンジンをかけ続けていなければならないし、エンジンをかけずに使えるACC電源でノートパソコンや照明を長時間使っていると、バッテリーが上がってしまう。
 その課題は、太陽光パネルから発電した電気とエンジンで発電した電気を、モバイルバッテリーに充電するシステムの構築によって解決した。車を停めたり、走らせたりするだけで勝手に電気が充電される。まさに永久機関。これで車内の電源は万全になった。
 太陽光パネルは、運転席と助手席の上のルーフに貼り付けてあって、最大で100W(実働70W)の発電能力がある。そこから電源コードを車内に引き込み、家庭用のAC(交流)100Vが利用できるモバイルバッテリー(12万mAh)に充電している。モバイルバッテリーにコンセントを差せば、電気が使える。
 ワークスペースは、運転席真後ろの2列目シート。デスク代わのサイドテーブルがあり、そこでノートパソコンで原稿を書いたり、事務作業をする。
 右足の壁際には、モバイルバッテリーを置いている。ノートパソコンや事務用の照明、扇風機、冷蔵庫、電気ケトルなどの電気製品を使う際には、モバイルバッテリーにコンセントを差す。車のエンジンを切っている時でも、スマホや予備バッテリーに充電できる。
 電源の心配がなくなってからは、ノートパソコンでの作業がはかどるようになった。
 この原稿も、高知県を流れる四万十川の河川敷に停めた車内で執筆している。満員の通勤電車も都会の喧騒もない。車のスライドドアを開放すれば、川面からそよぐ涼風のなんと心地良いことか。
 一仕事終えた後に、冷蔵庫で冷やしたビールが待っているのも、太陽のおかげである。

 インターネット/メール

 僕はiPhoneを使っている。今のスマホは小型のノートパソコンに匹敵するほど高機能だから、これをフル活用しない手はない。
 メールと添付データの確認はスマホで行い、詳しくデータを確認する必要があれば、ノートパソコンでメールやデータを閲覧する。愛機は、パナソニックの「レッツノート」。軽くて丈夫なので、頼もしい。
 2020年東京オリンピックを前にした東京や、インバウンド(訪日外国人)の観光客が多い京都、大阪、名古屋、札幌、福岡などでは、公共交通機関や公的の施設で、FREE−WiFi(公衆無線LANサービス)が充実してきた。車中泊生活者の僕も利用できるのでありがたい。FREE−WiFiなら、スマホやノートパソコンを、契約の通信量を気にしなくてもインターネット接続できる。利用者登録も、スマホでメールを送信して、返信されたメールにあるURLに接続するだけと簡単だ。
 FREE−WiFiは、コンビニやチェーン系カフェ、ファストフード店で利用できるところもあるので、積極的に活用している。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 車に太陽光パネルを搭載し発電した電気と、エンジンで発電した電気をモバイルバッテリーに充電するシステムというのは優れものです。これで電気は解決しました。
 ネット環境は、FREE−WiFiを利用することでなんとかなりそうです。
 ガスは百金のガスボンベで、月に500円〜1000円というのですから、これは私の自宅の都市ガスより安いです。私は夜は自炊していて、月のガス代は千円ちょっとですから、車生活よりやや高くなっています。
 水道は、公園などの公共の水や、道の駅などを使っているとのことでゼロ円です。
 風呂ですが、夏は車のバックドアに取り付けた水槽で水浴びするといいます。冬は温泉地を回ったりしているそうです。
 一番気になるのはトイレですが、公園や道の駅などで意外と大丈夫なんだそうです。静氏はよくトイレはどうしているのか聞かれるそうですが、困ってどうしようもなかったという経験はないそうです。
 もう一つ気になるのは、夏の暑さと冬の寒さです。
 これは、車に断熱の改造を行えば充分に対処できるようです。業者に頼むとお金が掛かるので、静氏はDIYでした。この断熱のDIYは、静氏のノウハウだと感心しました。長くなるのでここでは紹介しませんが、興味のある方は本を読んでみてください。
 もし仕事で場所に縛られていなかったら、車生活なので、夏は北海道に行って、冬は沖縄に行くということもできるかもしれません。そんな生活をしていたら、むしろ羨ましく思われそうです。

 純粋にお金の面だけを考えれば、車生活ではなく、田舎の廃屋などをリノベーションして格安の家賃で住む方が安くすみます。
 しかし問題は、その土地に仕事はあるのかということです。
 ネットで仕事をしている人ならばそれは可能ですが、たぶん私には無理でしょう。

 もうこのままいったらホームレスになるしかないという状況になったら、車生活は一つの選択肢になりうるかもしれません。
 もちろん無一文になる前に決断する必要があります。
 田舎で格安の住処が確保できなさそうな状況で、なんとか中古のキャラバンなら買えるくらいの蓄えが残っていたら、車生活はあり、という気もします。






[トップページ] このページの先頭へ