(2017年)

 書き込みをされたい訪問者の方は、 以下のメールアドレスまで書き込みたい内容を送っていただくよう、お願いします。日付順で、随時掲載していきます。送っていただいたメールは、基本的にここに掲示するようにしますので、掲示させたくない場合は、その由お知らせ下さい。

moto2013_2_18@yahoo.co.jp (全角でメールアドレスを表示していますが、お手数ですが半角で書き直していただくようお願いします)

[トップページ]

北朝鮮危機は最終の膿み出し、開戦前夜の如し

正恩は米軍産複合体になびくか

暗黒の宇宙から、中心太陽の発生によって各惑星の全ては始まった

太陽から黒点が消えた。やがて、時が動く

春分特別瞑想で、巨悪が剥がれ落ちる

悪、多ければ、天を侵す。ゆえに、天、善を行う者を守る

人間は地球のキーパー、ケアテイカー・管理人である

貴方の宇宙時代へのパスポート、クリティカル・マス(臨界数)

デセンション。東芝は何故おかしくなったか

ウィンウィン(win win )のベーシックインカム(最低限所得保障)の時代がやって来る

陶芸用型枠、銅鐸(どうたく)

小池百合子はトランプ大統領になりうるか

ドナルド・トランプ大統領の登場で闇のベールが剥ぎ取られた

エスタルブリッシュメント支配層を撃ち破ったドナルド・トランプ大統領就任演説に感動した

人類選別の過渡期、2017年

北朝鮮危機は最終の膿み出し、開戦前夜の如し...2017/4/22, Sat 17:00

北朝鮮危機は最終の膿み出し、開戦前夜の如し。黄海・日本海アメリカ艦隊で満つ。戦の嵐は4月25日以後か、半島の海はロシアの電子爆弾の炸裂で凪ぎ に なるのか。
4月20日、川中さんのFace Book の投稿記事。
{ Russia claims it can wipe out entire US Navy with a single ‘electronic bomb’ in bizarre propaganda report
ロシアは、奇妙なプロパガンダ報告書で、一発の「電子爆弾」で米国海軍全体を抹殺することができると主張している}
ロシアは朝鮮半島に集結したアメリカ艦隊の全艦を一発の電子爆弾の炸裂で、戦闘機能不能させる事が出来ると主張する事は、ロシア軍部の凄い自信の表れである。
地球の宇宙文明の幕開け・移行への最終的な膿み出し、産みの苦しみが始まった。地球の旧支配層エスタルブリッシュメントは簡単に地球支配のアイテム、富の集中・独占化(AI 人工知能による証券市場の強奪操作、麻薬取引の独占)の悪行を止め 手放す気は なさそう で ある。
宇宙文明への移行は富の分配、ベーシック インカムによって天国の様な 常楽我浄の 宇宙文明に入って行く。
今、日本は闇の支配者 デイヴィッド・ロックフェラーの死によって アメリカからの 理不尽な戦勝国アメリカへの賄賂・取り立て金額、年間200兆円を超える 裏金の上納金の支払いを拒否するチャンスがやって来た。
アメリカによる、日本政財界を闇手法で牛耳る、闇の支配のドン、魔王ロックフェラーの死で闇の搾取の重石が取れて年間200兆円のアメリカへの上納金が浮く、自立の天の時やって来た。日本とロシアの友好関係の構築で、アメリカの核の傘オンリーから脱して、対ロシアとの友好関係構築で極東アジアのユーラシア共同体の構築も眼前に成ったが、アメリカのエスタルブリッシュメントへの上納金・裏金や公的資金の米株取引を拒否出来る、アメリカ軍産複合体から独立する体勢が出来たのに、
地球の旧支配層のエスタルブリッシュメントやアメリカ軍産複合体が最後の あがき で北朝鮮危機、第3次世界大戦を起こそうと、日本近海大戦争の攻勢に出て来た。
この北朝鮮を巡る混乱は、トランプ大統領の影の指導者、娘イバンカの旦那 ジャレッド・クシュナーと ペンス副大統領の筋書きである。
来日中のペンス副大統領は4月19日、平和は圧倒的な軍事の力で維持出来ると横須賀の原子力空母ロナルド・レーガンで語った。 「北朝鮮は、最も危険で差し迫った脅威だ。アメリカは、いかなる攻撃に対しても、圧倒的で効果的な反撃を行う」 そして、「北朝鮮は、アジア太平洋地域の平和と安全保障にとって最も危険で差し迫った脅威だ。アメリカは通常兵器であろうと核兵器であろうといかなる攻撃に対しても圧倒的で効果的な反撃を行う」と北朝鮮を牽制(けんせい)した。
威圧された、北朝鮮の金正恩は大人しくアメリカに なびき 裏金の上納金をアメリカに差し出して、アメリカの核の傘に入りアメリカ軍産複合体に屈するで有ろうか。
4月21日、朝鮮中央通信は、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会の報道官 声明を発表した、ペンス米副大統領の訪韓の際「米国の決意を読み誤ってはならない」と北朝鮮を牽制(けんせい)したことに関して反発をし。「水爆から大陸間弾道ミサイル(ICBM)に至るまで持つ べきもの は 全て持っている」と主張し「われわれ の首脳部を狙う敵対勢力は、南朝鮮(韓国)が灰となり日本列島が沈没し、米本土に核が降り注いだとしても後悔してはならない」戦意を示した。
北朝鮮が自前の実戦的な核の傘を持つ為に、 6度目の核実験を強行すれば、米朝の意地の戦争の段取りが完成する。
米朝のミサイルの小競り合いで、日本がアメリカの軍事支配から 脱せ られない様に、また核攻撃の対象に なされる 可能性がある。
旧支配層エスタルブリッシュメント、グローバル エリートの筋書きは、北朝鮮を おちょくって(make fun of ) 日本に核を撃ち込まさせる。
日本はアメリカ無しには北朝鮮の核や、朝鮮半島の暴走に勝てない事を骨の髄まで思い知らさらさせる。そしたら、日本は今まで通り、年間200兆円の上納金の賄賂・裏金を支払い続けるで有ろう。
これが、今回の北朝鮮危機の筋書きである。軍産複合体に関しては言えば、北朝鮮に喧嘩を投げ掛ける事は、韓国と日本支配の一石二鳥の効果がある。
巨大原子力空母「カールビンソン」は まもなく航空打撃戦の配置に 着き、原子力空母ロナルド・レーガンは朝鮮半島に向かっている。4月25日頃には戦闘及び、米家族の救出の体勢は整う。北朝鮮の6度目の核実験のカウントダウンは始まった。
米朝核戦争の突発的な衝突への緊張の山場は4月25日〜4月末までで有ろう。
この地球がまだ天国で無い限り圧倒的な軍事技術が無いと、平和は構築できない。
ちょっとした隙に銀行から下ろした現金3億8千万円が強奪される時代である。海外では人身売買が横行し、売れ残った奴隷は闇へ葬(ほうむ)られる 。
金の為なら、殺人も横行する時代である。
地球の両大国、アメリカとロシアの二大国家の内でどちらの国が軍事技術の面で卓越(たくえつ)しているかと言うと、ロシアの方が最先端を行っている。
ロシアが主張する electronic bomb 電子爆弾は北朝鮮近海に たむろ するアメリカ艦隊を電子爆弾を発動させるだけで、アメリカ艦隊を機能不能にさせてしまう。艦隊の電子機器やコンピュータが使え無くなる。
アメリカの先端技術の兵器は電子システムで作動する。手動で使える兵器は、大砲と小銃とナイフ位である。
電子爆弾が発動すると、アメリカ艦隊は黄海・日本海でスクラップに成ってしまう。
電子爆弾は2014年4月10日、黒海で証明された。黒海に入ったアメリカのイージス艦がロシアの戦闘機の発する、電子爆弾によって機能不能に成った。ロシアの声、スプートニクによると { ロシアの戦闘爆撃機スホイ24が、黒海で米国の最も近代的な戦闘システム「イージス」を搭載した駆逐艦「ドナルド・クック」を麻痺させた。 }スホイ24には最新のロシア製電波妨害システムが搭載されている。イージス艦ドナルト・クックは機能不能にされた上に、12回もスホイ21に真上を飛行され、撃沈のミサイル攻撃のターゲットにされた。
今回のペンス副大統領とトランプ大統領の婿、クシュナーの筋書きの北朝鮮危機に関して、金正恩が 北朝鮮の救済をウラジーミル・プーチン に嘆願し、プーチンが受け入れたらアメリカ艦隊は電子爆弾の餌食に成ってしまう。
ドナルド・トランプ大統領の背後には今、クシュナー 達のグローバルエリートのユダヤ金融資本、軍産複合体が控えている。
ウラジーミル・プーチン大統領の背後には銀河連盟のプレアデス人の指揮官が就いている。
地球の主導権争いの 最終決戦場が日本近海の黄海・日本海に成った。
今後の問題はドナルト・トランプ大統領と金正恩最高指導者・最高司令官の意地の張り合いで、偶発的に起きる攻撃で、蜘蛛の子を散らす様に朝鮮半島から逃げ出す難民をどうコントロールするかである。
各世代には、各世代の乗り越えるべき試練が有る。前世代には72年前の第二次世界大戦があった。
今回の世代も簡単には宇宙時代には行けない。今回も乗り越えなければ ならない 試練が有る。少々の人種の違い、少々の思想の違い、少々の信仰の違い、少々の肌の色の違いを大きな心で認める事である。
この世がまだ天国・常楽我浄の銀河連盟の惑星に達していないなら、まだ試練は続く。
私は釈尊が法華経に残した、人類への思いの言葉、経の一節が好きである。「毎自作是念・(私はいつも念じ思う)以何令衆生・(いかようにしたら衆生を)得入無上道・(無上の覚正・仏界の境地、歓喜の中の歓喜を悟らすか)・速成就佛身(生きている内に、銀河の中心の光の存在、源のソースにリンク 境智冥合させて仏性を開かすか、常にこの事を念じている)」釈尊の命は銀河生命体プレローマと一体で、常に念じている事は、人類の成長、慈悲心の開花をしてもらう事である。地球生命体、地母神 ガイア・テラも 思いはプレローマと同じである。いかようにしたら、人々を無上の正覚、光の存在にシフトさせ、慈悲心を開花させ、大きな存在に上昇、アセンションさせるかである。
銀河生命体プレローマもその慈悲心を光の柱のエネルギーとして人々に与えている。地球も母性愛のエネルギーを光の柱として人々に与えている。その創造主の父のエネルギーは頭上から取り入れ、松果体を刺激して人体を通して母なる大地、地球の中心に降ろし帰して行く。地球の中心のプラズマ核から発する、創造物の母なるエネルギーは足元から取り入れ丹田を刺激して人体を上昇して 天の銀河の中心に戻って行く。 
銀河生命体は常にエネルギーとして銀河の中心と地球の中心は陰陽のエネルギー交換している。父なる銀河と母なる地球は陰陽和合している。
この光の柱は慈悲の当体である。無宗教の人々でも、この光の柱の和合瞑想によって陰陽のエネルギーを取り入れると、仏教的な悟りに達する。光の柱のエネルギーは銀河生命体・仏の息吹である。
参考資料を添付します。
本山よろず屋本舗、2017年4月17日、よろず屋寸話、 松久正氏が語る松果体の機能 より引用。
{ アース・ウェイブを取り入れる方法

ソウル・ウェイブは宇宙から降りてくるものです。
宇宙ソウル・ウェイブが脳の中心、松果体で変換されて、身体ソウル・ウェイブ、つまり神経の流れとして身体中に行っています。それは、人間のあるべき状態を教える情報です。
もう一つ、人間は地球のエネルギー、アース・ウェイブを取り入れなければなりません。このエネルギーは、ソウル・ウェイブの振り幅を増やし、それを強化します。それは地球の中心から、上がってくるエネルギーです。このエネルギーの入り口である第1や第2チャクラの神経の通り道をきれいにすることが大事です。地球社会では「丹田(たんでん)」と言われています。
不安・恐怖を持っている人は、そこが詰まってしまいます。腰痛とか女性の生殖器の問題を持っている人も、エネルギーが入りにくい。(略)ソウル・ウェイブは自己のものですが、アース・ウェイブはその人のみならず、地球上に存在するすべての生命体、石、植物、微生物を含む動物のすべての集合意識エネルギー、つまり、おのおのの固有振動波の集合体が合体して、地球で反射したエネルギーそのものです。
エネルギーの螺旋としては人間を頭上から見ると右回りのままで、それを下から通してやることによって、上から降りてくるソウル・ウェイブを働きやすくします。振動螺旋波の振動数をふやす役割はソウル・ウェイブの大本から来ますが、振幅を大きくするのがアース・ウェイブです。この2つのウェイブが通っている必要があります。
ソウル・ウェイブだけ通っている人は、スピリチュアルを追求しすぎて、地球社会には適応できない人です。逆にアース・ウェイブだけ通っている人は、元気はあるけれども自分は何ものか人生で何をしたらいいかわからないので、苦しんだりします。苦しみ方が違います。ソウル・ウェイブとアース・ウェイブの両方通って初めて調和した人間になれるのです。 }
地球の成長段階によって導きは変わる、教典の浅きから深きの違いが存在する。人類の最終段階に成ると、地球の内部から天変地異を避けていた人々、地涌菩薩が現れ、仏の当体の妙法の題目が妙法蓮華経が人々を導く。
日蓮大聖人御書、高橋入道殿御返事 。
{ 我等が慈父 大覚世尊(だいがくせそん)は、人寿(にんじゆ)百歳の時 中 天竺(てんじく)に出現し ましまし て、一切衆生の ため に一代 聖 教(しょうぎょう) を とき給(たも)ふ。
仏 在世の一切衆生は過去の宿習(しゅくじゅう) 有って仏に縁あつかり しかば、すでに得道 成(な)りぬ。我が滅後の衆生を ば いかんが せんと なげき給(たま)ひ しかば、八万聖教を
文字と なして、一代聖教の中に小乗経をば迦葉(かしょう) 尊者に ゆづり、大乗経 並びに法華経・涅槃(ねはん)等をば文殊師利(もんじゅしり)菩薩に ゆづり給(たま)ふ。
但(ただ)し八万聖教の肝心・法華経の眼目(ゲンモク)たる妙法蓮華経の五字をば迦葉・阿難(あなん)等にも ゆづり給はず、又 文殊(もんじゅ)・普賢(ふげん)・観音(かんのん)・弥勒(みろく)・地蔵(じぞう)・竜樹(りゅうじゅ)等の大菩薩にも さづ(授)け給はず。此等の大菩薩等の のぞ(望)み申せ しか ども仏ゆるし給(たま)はず。
大地の底より上行菩薩(じょうぎょうらぼさつ)と申せし老人を召(め)し いだして、多宝仏(たほうぶつ)・十方の諸仏(しょぶつ)の御前(おんまえ)にして、釈迦如来 七宝の塔中(たっちゅう) にして、妙法蓮華経の五字を上行菩薩にゆづり給ふ。
其(そ)の故(ゆえ)は我が滅後の一切衆生は皆 我が子なり、いづれも平等(びょうどう)に不便(ふびん)に をもう なり。しかれ ども医師の習ひ、病に随(したが)ひて薬を さづ くる事なれば、
我が滅後五百年が間は迦葉・阿難等に小乗経(しょうじょうきょう)の薬を もって一切衆生に あたへよ。
次の五百年が間は文殊師利菩薩・弥勒菩薩・竜樹菩薩・天親(てんじん)菩薩等、華厳経(けごんきょう)・大日経・般若経等(はんにゃきょう)の薬を一切衆生にさづけよ。
我が滅後一千年すぎて像法(ぞうぼう)の時には薬王菩薩(やくおうぼさつ)・観世音菩薩等、法華経の題目を除(のぞ)いて余(よ)の法門の薬を一切衆生にさづけよ。
末法(まっぽう)に入(い)りなば迦葉・阿難等、文殊・弥勒菩薩等、
薬王・観音等の ゆづられ し ところの小乗経・大乗経並びに法華経は、文字は あり とも衆
生の病の薬とは なる べからず。
所謂(いわゆる)病(やまい)は重し薬は あさし。
其(そ)の時 上行菩薩 出現して妙法蓮華経の五字を一閻浮提(いちえんぶだい)の一切衆生にさづくべし。}より
もし、北朝鮮危機で偶発的な事件に巻き込まれても、北朝鮮を憎まず、来世は 常楽我浄の惑星に生まれる事を信じて、慈悲心を維持しょう。この北朝鮮危機は最終の膿み出し、産みの苦しみで有る。私達は必ず乗り越えて行ける。



正恩は米軍産複合体になびくか...2017/4/16, Sun 14:49

極東アジアが急に、きな臭くなった。中近東の戦争が極東アジアに伝播したかの様である。最近、アメリカのユナデッド航空が人員オーバーになったので、アジア人四人を機内から追い出す事にした、最後の一人が拒否したら、スタンガンで撃たれ気を失なって強制排除された。アジア人のみ追い出すとは人種差別である。
欧米人は いとも簡単にアジア人を犠牲にする癖がある。
戦争ビジネスのアメリカ軍産複合体は、エジキを極東アジアにも移した。破壊して建設させる戦争ビジネスの対象を日本及び対岸の朝鮮半島に移した。
この様な状況の中、4月12日の午後にFace Book の友人からメッセンジャーにメールが来た。 
{こんにちは。これ、どー思えばいいかわかりません。突然すみません。http://tocana.jp/i/2016/04/post_9396_entry.html 【緊急警告】神奈川県の壊滅をイルミナティカードも予言!?北朝鮮による日本 核攻撃は やはり実行されてしまうのか!-TOCANA  }
集団心理を使って、映像を現実化・具現化させる、イルミナティカードに原爆によって横浜が破壊される、神奈川県の壊滅への誘導イメージの画があった。
その画には、原爆で破壊された町の、爆風で残った崩れた壁に人間が焼き写されていた。その壁の後方に みなとみらい に立つインターコンチネンタルホテルが見える。この原爆着地点は厚木基地方面か。
私は直ぐダウジングして返事した。「北朝鮮から攻撃されても、日本の精神状態が良いなら、内破されます。」
とダウジングの結果を報告した。その後、私は憂鬱(ゆううつ)になった。
日本の精神的指導者は6年前の3.11、東日本大震災から何も学ばなかったかと、悲しくなった。私は東京から沖縄に帰って来てから11年目に成る、毎日取り組んで祈りは 「 諸余怨敵(しょよおんてき)・皆悉摧滅(かいしつさいめつ)」である。
私は、日本が東日本大震災・福島原発事故をガード出来なかった事は、アジアの人々に対する差別への「怨」のしっぺ返し・裏返し ・因果と思った。
日本の近隣諸国の人々に対する差別の怨が、怨念として跳ね返って来て、大震災・原発事故をガード出来なかった。
怨念のしっぺ返しが津浪の時、大波と成って福島原発を浸水させたと気づいた。
それ以来、私の勤行の祈りは、
日本の沖縄に対する怨念、
沖縄の日本に対する怨念、
沖縄の先島に対する怨念、
の排除に勤めた。
その為に現在では沖縄において、対日本、対先島に対する怨は縮小している。
私は沖縄に帰って来て以来、11年間も日々 祈っている事は第二次世界大戦や、沖縄の地で亡くなったアメリカ兵、日本兵、沖縄住民への追善供養である。 「 諸余怨敵・皆悉摧滅」と並行して追善供養の祈りも続けている。
16日の北朝鮮のミサイル発射でイルミナティカードの現実化が現れた今、
北朝鮮の日本に対する、怨念の縮小が求められる。
この頃、以前に約20年も住んでいた関東も祈りの視野に入れなければと感じている。
関東の守護を八幡太郎源義家と新田義貞の霊に祈り託した。
Face Book より、資料を添付します。
参考資料。
{〇 米空母を中露が追尾、北への軍事行動をけん制か
読売新聞 4月16日 6時5分

 朝鮮半島近海へ向かって航行中の米原子力空母「カールビンソン」に対し、中国とロシアがそれぞれ海軍の情報収集艦を派遣して動向を追尾していることが15日、わかった。

 北朝鮮への軍事行動も辞さない構えを見せている米国の出方を探る狙いがあるとみられ、自衛隊は周辺海・空域の警戒監視を強化している。

 複数の日本政府関係者が明らかにした。

 カールビンソンを中核にミサイル駆逐艦などで構成する空母打撃群は現在、東シナ海周辺を朝鮮半島に近い海域に向けて北上中とみられている。

 半島情勢の安定を優先する中露両国は、「政治的・外交的な努力を通じて平和的に解決する必要がある」(ラブロフ露外相)などとして、米国の強硬姿勢に懸念を示している。情報収集艦の派遣には、米国をけん制する意味合いもありそうだ。

〇 北朝鮮外務次官「最高指導部が決断すれば核実験実施」
4月14日 14時40分
北朝鮮外務省でアメリカを担当するハン・ソンリョル次官は、14日、アメリカのAP通信に対し、「トランプ政権は、アメリカの歴代の政権と比べても好戦的だ」と非難したうえで、6回目の核実験について、「最高指導部が決断すれば実施する」と述べ、北朝鮮への圧力を強めているトランプ政権をけん制しました。
国連代表部の次席大使を務めるなど、アメリカとの交渉に携わってきた北朝鮮のハン・ソンリョル外務次官は、14日、ピョンヤンで、アメリカのAP通信のインタビューに応じました。

この中で、ハン外務次官は「トランプ政権は、アメリカの歴代の政権と比べても好戦的だ。今、問題を引き起こしているのは、われわれではなくアメリカだ」と非難しました。

そして、アメリカの先制攻撃を前に、腕組みをし続けることはないとしたうえで、6回目の核実験について、「最高指導部が決断すれば実施する」と述べ、近く強行することも辞さない姿勢を示しました。
〇 具現化プロセスは3つのステップから構成される。1) 意思決定 2) 決意・発動 3) 行動 である。どんな想念も、どんな行動も、さざ波を立てて、意識が存在する無限な領域へ広がっていく。私たちは私たち自身が思う以上にずっと強い力をもっているのだ。最も I AM presence を手に入れた人達はこの真実を知っている。私たちの I AM presense は私たちの信念のエネルギーを発散しているのだ。私たちは考えることでそのエネルギを特定の周波数で濾過して、さらに感情でもう一回濾過して、最後にようやくそれを物質の世界に具現化するのだ。私たちの信念は世界を変えることが出来るのだ。私たちはこの惑星の現実の形を作っているのだ。それに、惑星の上空からも地下からも強力な助っ人が手伝ってくれている。だから、本当に欲しいものを恐れずに追い求めよう。セント・ジャーメインは「求めよ。さすれば叶う」という言葉を残してくれた。
意思決定が私たちの I AM presence から発せられたものであれば、はるかに強力な効果を持つ。求めるものを明確にして、一貫していなければならない。考えをコロコロ変えてはいけない。意思決定を明確にするために、時間をかける価値はある。自分の欲しいものを求めてそのために努力することは身勝手であると、カバールはそういう考え方を私たちに押しつけることで、私たちの考えを紛らわせている。イベント後、具現化はずっと早くできるようになるだろう。特に五次元の世界では一瞬にできるのだ。
発動と決意は、私たちの感情を使ってエネルギの流れを刺激する部分と、求めるものの具体的な内容や詳細をイメージとして視覚化する部分の二つである。強い期待を持ちながらも、けっして取り憑かれずに、むしろ開き直りが必要なのだ。本当に望むのなら、どうなっても決して諦めないことだ。ロスチャイルドはそれを理解していて、どんな困難が待ち受けていても、彼は70年間も耐えて求め続けた。あっぱれだ。}
私達の心が現実化を生み出す。
最後まで諦めず、平和な宇宙時代を求め続けよう。 「 諸余怨敵・皆悉摧滅」で怨念を縮小させて行こう。必ず平和な宇宙時代は開き私達の時代で実現する。



暗黒の宇宙から、中心太陽の発生によって各惑星の全ては始まった...2017/4/7, Fri 14:08

暗黒の宇宙から、中心太陽の発生によって各惑星の全ては始まった。
宇宙文明世界は究極の存在、源のソースに心を合わせている。この事を世間ではワンネスと言う人々もいる。仏法では、この事を三千大千世界は一仏乗と言う。
今、地球の現状を見ると、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンズー教、道教、ユダヤ教と枝分かれしている。
大別すると、
人間的側面の 預言者・アブラハム崇拝。
法としての道理を、ブラフマン、天帝、大梵天・帝釈天、として崇める。ヒンズー教、道教の神々への信仰。
法と人間は交互に流転し、法を悟れば菩薩、仏へと変わる、宇宙と人間は一体と説く、仏への帰依。
大きく分けると三種類の宗教が地球には存在する。
宇宙はE = mc2 エネルギー不変の法則が存在する。(物質→エネルギー。 エネルギー→物質。) 物質 エネルギーは常に流転している。それは、水と水蒸気の関係に似ている。
水は 熱によって、分子の振動数が高い時は水蒸気を変わり、熱が冷めて分子の振動数が落ち着いたら水に戻る。
人間の生死も一緒である。
生は物質化(仮)であり、死はエネルギー(空)に戻り、宇宙に溶け込んで行く(中)。宇宙にとって、物質化は惑星誕生、エネルギー化は太陽の大爆発で惑星は破壊されガスのエネルギーに戻って行く。惑星の意識は情報と成って残り、宇宙の働きとしての神々に成る。この事を仏法では空仮中の三諦(さんたい) と言う。
仮諦とは万法妙有,空諦とは諸法真空,中諦とは諸法実相非有非空 。
人間の場合、エネルギー体も受胎したら細胞分裂を活発化させ、人間としての進化の過程を歩んで行く。
現在の人間は進化の、ある臨界点に達した。
ついに、人工頭脳を生み出してしまった。日本国内で全国展開の英会話教室の会社が、教師の半数を人工頭脳のAI に変えた。後、数年もたてば、全教室が人工頭脳のAI 教師に変わるのも近々来るかも知れない。
私達の仕事がAI にとって変わる時期は、もう まもなく やって来る。
人間への慈悲心、自然への愛情心、神仏への感謝の心が無いと、この世界は悲惨な弱肉強食の結果を招く。
この意味で、今後、人類は慈悲・愛情の菩薩界に移行するか、私利私欲・弱肉強食の自滅の道に堕ちるかの、臨界点を迎えている。
これからの国の課題はAI によって、仕事から あぶれた人々を いかに、救済するかである。国連の課題は70億人の人口をいかに、救済するかである。
今まで通りに世界人口の1%以内のエスタルブリッシュメントの支配層に搾取されて、ティッシュペーパーの様に、人口削減の化学物質の汚染や食品添加物等によって、ガン等の病気で次々に死んで行く道を歩んで行くのか。
最後の土壇場(どたんば)でアメリカの様に、国政選挙で一発逆転の政治状況を生み出すかは、私達の意識にかかわっている。
エスタルブリッシュメントが強欲を捨てて、資源を分け合えば70億の民は楽に暮らして行ける。
*分け合えば足りる。こんな、喩え話しが仏典にある。
人類には皆が食べて行ける程の食材と食料がある。
ある所に二つの住み分けのグループがあった。一方の部屋は喧騒で騒がしく、皆、痩せ衰え 餓鬼の形相である。もう一方の部屋は笑い声が聞こえ、皆 ふくよかで笑みで談笑している。
各部屋には同じように各人に余る程の食材が山の如く大皿に並んでいる。各人には、個々に とても長めの はし が渡されている。この はし でしか、テーブルに並んだ食料はつかめない。自分の口元に入れようとしても、はしが長すぎて、中々、口には入らない。一方のメンバーはその仕組みを理解して、和気あいあいと食事をしている。もう、一方のメンバーは、その与えれば与えられる。宇宙の仕組みが理解出来ず、いくら時間が経っても解らない。なかなか食事が出来ず、ついには怒り狂っている。
菩薩界のメンバーは目の前の方に食料を はし 取って相手の口に差し入れてあげる。食事を もらった方がお返しに長めはしで食事をくれた方の口元に食事を運ぶ。双方、隣近所に食事を分けて与える。皆に食事が行き渡る。皆がバイキングを楽しんでいる。
もう一方の六道輪廻の自己奉仕の部屋は相変わらず、他人を押しのけて、自分の口に入れようと焦っている。
この二つの部屋の天国と娑婆の違いは、他人奉仕の菩薩界と自己奉仕の六道輪廻の 娑婆世界(しゃばせかい) の違いである。
自分の心が51%が他人奉仕に成れば良い、49%は自己奉仕で良い。ちょっとした、他人への思いが菩薩界へのキップである。
エスタルブリッシュメントの世界は 娑婆世界の取り合いの世界である。支配層の心は 飢えた餓鬼の姿をしている。彼等の死後は畜生以下の、ヒルの様な生き血を求める。虫に成る転生を迎えるで有ろう。
日本には、的を得た、ことわざがある。
食べ物を他人に分けて与えたら、少ない食べ物でも腹は満つ。
食べ物を分けて与えず、自分一人じめで食べるといくら食べても腹は満たない。
今、エスタルブリッシュメントは飽くなき強欲の為に与える事を知らないから、心は不安で安穏は無い。
飽くなき強欲は、悪に染まり、善を忘れ、人の命を儲け事に使う。今のガンにさせて私益を得る、医師会の集団検診の健康診断 がそれである。ガンですと診断を下し、ガン患者を増産させて抗がん剤で儲け、金を使い果たしたら摘出手術で体力を奪い、ひとまず終了。ガンと宣告された方はほとんど死んで行く。
浅ましい限りである。
人々を不安にさせて麻薬に逃避させる。その麻薬取引で儲かる。その例がアメリカ前大統領のバラク・オバマである。彼は
ムスリム同胞団を使ってアフガニスタン麻薬取引のボスになり、ムスリム同胞団がアフガニスタン麻薬をアメリカに持ち込む寸前に中米で逮捕され、彼等のボスのバラク・オバマが身柄を拘束された。
世も末である。前大統領のバラク・オバマの姿は、善を忘れた哀れな末路である。
これからは菩薩界への移行と共に、アインシュタインの 大統一理論の如く、宗教界も統一されて行くで有ろう。
その件について、分かりやすい例が有りましたので取り上げて見たい。
暗黒の宇宙の中でガスが集まり、中心太陽が生まれて惑星に光合成が起こり、生命活動が始まった。その進化の過程で幾多の生物が生まれた。幾多の法則が地球にも誕生した。
この地球の森羅万象は、中心太陽の光のお陰である。
地球の枝分かれした宗教もやがて、宇宙文明時代の開幕に合わせて統合されて行くで有ろう。
私達には10年の猶予が与えられたと思う。
 西田守さんの4月4日のFace Book の日本の神々を くくり まとめる、ククリ姫の記事を添付します。 
{ 日本神話の転写・・・ククリ姫神というのは、日本書紀で、ただ一ケ所登場する神様です。その場面は、イザナミが 火の神を生んだことが原因で子宮ガンを患い、死の国である黄泉の国へ隠れてしまい、連れ戻そうとしたイザナギが黄泉の国に入りイザナミと泉平坂(この世とあの世の境)で争った時にその争いを止めた神として登場します。神々をも産むイザナギとイザナミの親神が、ククリ姫神の進言には素直に聞き入れ仲裁されたのです。

これを現在の情勢に霊的解釈しますと、核兵器(火の神)をめぐり、人類の生か死かのギリギリの状況が到来した時、この状況を打開しようと大国が乗り出すが、よけいに話が拗れて闘争が拡大し、今度は地球全体で核戦争のボタンを押そうとした時、今まで状況を静観していた、女神を祭る国が、仲裁に乗り出して、最終戦争を止めるのです。この女神の国は、天照太御神を祭る日本です。

神話では、イザナミとイザナギの争いの後に、天照太御神が誕生しますが、両親の喧嘩が治まらなけば、天照太御神は生まれることが出来ません。

天照の霊身がククリ姫神として、先に突然現れて仲裁したのです。これが、ククリ姫神が記紀でたった1度限りで消えた理由です。

これは現実界でも有る事です。使命のある魂が誕生する為に、自ら両親を選びます。選んだ両親が喧嘩ばかりしていたら、自身が受精することが出来ないので、霊的に影からサポートします。}
本山よろず屋本舗のブログ、から、オスカー・マゴッチの深宇宙探訪記の記事、宇宙の友人達、より、宇宙艦隊司令官のクエンティンに招待されて、若き日のウラジーミル・プーチン
ロシア連邦大統領と共に銀河の中心の神仏の世界に訪問した、オスカー・マゴッチの記事を添付します。第12章 超越 より添付します
{ マスターズの到着で、素晴らしく高揚した気持ちと意気揚々とした先見の明に満たされていくのを感じた。
まるで、突然、無数のべールが取り払われたかのようだ。異なる実在物が生存している驚く程多数の次元や領域を際限なく垣間見ることができる。
そして、こうした領域の一つ一つは無数の種類の生命体で満ちていて、その生命体が各領域の非物性的な環境か、何らかの物性を持っていると思われる環境の中で生きているのだ。
この急激な『メガトン』級の知識の爆発で、心のフューズが全て飛んでしまいそうだ。
自分の意識が恍惚とした感じで拡大していくのが感じられる。
今や、その意識は宇宙の信じられないほど広大な範囲を含んでいるようだ。
勝ち誇ったような喜びの気持ちは想像を絶するほどだが、私は今にも爆発して永久に何処かに吹っ飛んでしまいそうだ。
このようなビジョンを『自分の』中に抑えておくのはもう全く不可能だ。細かいところまで鮮明で、
しかもこんなに大量にあってはとても無理だ。千人の人間の心であっても、入り切らない量だ。
 だが、幸いにも、ちょうどそのとき何か新しい動きが起こり、その他のもの全ての影が薄くなった。私の貧弱な人間の心の中の非常に壮大な宇宙パノラマも押しのけられてしまった。頭上では藍色の空の中心が文字通り開き、
目が眩むほど眩しい金白色の光が私達みんなの上に、あらゆるものの上に、優しくなでるように降り注がれてきた。私の心が、私の全存在が、耐えられないほどの喜びで満ちあふれる。自分が、またそこにいる全ての人も、大いなる愛に触れられ、包まれているのだ。
 「あのお方だ! あのお方が来られる!」
 群衆が歓喜するのが、テレパシーで『聞こえ』てくる。だが、不思議なことに、何の名前も『口にされない』。しかし、この場合、それも至極当然に思われる。
 力の大きな高まりに私はいたく感動した。と、突然、一千もの目を通してあの金白色の光を覗き込んでいる気がした。
理解し得ないながらも、大きな調和状態からなる形容し難いたくさんの球体で構成される膨大な集合体の中をじっと見つめた。それには驚く程たくさんの種類の純粋エネルギーからなる巨大な存在が詰まっている
。そして、それらの総体が内部に納められていると同時に纏まって唯一つの、全てを包含した存在、
つまり『あの方』になっているのだ! 
これこそ究極の存在形式に思われる。それ以外には、
もっと高い領域と形式の存在を示すものはほんの微かしかないし、それを越えたところでは、私の全存在は金自色の光それ自体が拠ってきたる源の中に溶けてしまいそうだ。}
神の統合について、日蓮大聖人の御書から産湯相承事から、添付します。
{ 我が釈尊法華経を説き顕はしたまひしより已来十羅刹女と号したてまつる。 このかた

十羅刹と天照太神と釈尊と日蓮とは一体異名にして、本地垂迹の利益広大なり。* (生仏と宇宙法界は一如の口伝) 日神と月神とを合して文字を訓ずれば十なり。
十羅刹女と申すは、諸神を一体に束ね合はせたる深義なり。日蓮の日は則ち日の神、昼なり。蓮は即ち月の神、夜なり。月は水を縁とす、蓮は水より生ずる故なり。又是生とは日の下の人を生むと書きたり。日蓮 天上天下
一切衆生の主君なり、* (本門 下種の口伝) 父母なり、師匠なり。今久遠下種の寿量品に云はく「今此三界皆是我有 * (主君の義なり)

其中衆生悉是吾子 * (父母の義なり )
而今此処多諸患難
* (国土草木 )  唯我一人能為救護 *( 師匠の義なり ) 」と云へ

り。三世 常 恒(じょうごう)の日蓮は今此三界の主なり。* (仏と聖人 同体の口伝 ) 「日蓮大恩、以希有事(いけうじ)、憐愍教化、利益我等、無量億劫、誰能報者(すいのうほうしゃ) 」なるべし。}
これから世は菩薩界に入らないと地球の民は食って行けない。世間は菩薩界の事をキリスト意識と言う、キリスト意識とは心を菩薩の心にしなさいと呼び掛けている。私達には10年の猶予が与えられた。すこしづつでも他人奉仕の人生を歩もう。目の前の方に愛情を注ごう、すると神仏から愛される。ふくよかな人生を築いて行ける。



太陽から黒点が消えた。やがて、時が動く...2017/3/30, Thu 11:06

太陽から黒点が消えた。太陽はソーラーフラッシュの前の静けさである。
3月20日の春分の特別瞑想から、時間が加速して人類の行き先が2分化され、天国の様な惑星へと進化、地獄の様な惑星へと送られる、住み分けの分離が始まっている様に感じる。
日本の政治にとって、利権がらみの土地転がしは今に始まった事では無い。
自民・公明連合は利権がらみ、利権の繋がりである。それは、分かりきった事である。
Face Book でも連日、森友学園問題で安部首相夫妻を やり込めて喜んでいる人々を見ると、この人々達は他の惑星で やり直しの人生を歩む、人々なのかと思う。大切な 峻別(しゅんべつ)の最後の審判の時期に、己れの本性が あぶり出された のか と 哀れに思う。
朝日新聞が仕掛けた。安部首相夫妻への森友学園問題の炎上の煙幕で、悪法が次々に法制化されている。
〇 水道法改正。
2017年3月7日に水道民営化の道を開くと言われている、水道法改正の閣議決定が行われました。
〇 種子法廃止。
主要農作物種子法を廃止して、遺伝子組み換えのモンサント等の人口削減計画を指標する企業に種子の独占を可能にさせる悪徳の法案が議会を通った。
今までは、我が国に於いて、優良な種子の生産、普及、および「ほ場審査」が都道府県でなされ、栽培中の主要農作物の出穂、穂ぞろい、成熟状況等の審査が行われていた。
主要農作物種子法と農業機械化促進法の廃止法案の質疑と即日採決が 3月23日、自公によって可決された。
森友学園問題の炎上は朝日新聞の やっかみである。
野党は大切な法案もいとも簡単に廃止法案、改正へと通過させた。
野党は目は開いていても物は見え無い、明盲(あきめくら)かも知れない。
人気取りの森友学園の土地所有の安価を怒るより、もっと、追求すべき物があった。水道法改正と種子法廃止を怒るべきであった。
日本の世間は心のガンに侵されている。
軽い心のガンは反省と懺悔(ざんげ)で消せるが、重い心のガンは 生まれ変わり やり直しの人生でしか、ガン消滅の心の修正は出来ないのか、とても哀れである。
まさに、今、世間は嵐の状態である。
アセンションを めざす 人々は心 静かにソーラーフラッシュを 今か、今かと待っている。
良い人間を益々、良くして行き、心持ちの悪い人間を狂わす 太陽の大爆発(大黒点)・ソーラーフラッシュは私の予想では四月から始まる。
太陽は光子フォトンを吐き出す大クシャミをするであろう。
そのソーラーフラッシュの時期を宇宙艦隊司令官のクエンティンにダウジングで聞いてみた。
ソーラーフラッシュは四月から始まると。
四月から、宇宙情報の開示・ディスクロージャーは始まる思われる、それに、関する記事を添付します。
コズミック・ディスクロージャー シーズン7 エピソード9
マイケル・サラとともに証拠を裏付ける
http://prepareforchange-japan.blogspot.jp/2017/03/CosmicDisclosure-709.html
より
{ 一般民衆は真実に耐えられないだろうと、よく警告されるものです。
Michael : 私にとっての不安はむしろ、内部告発者や証人が情報の共有に対して感じる不安です。つまり、彼らの身に迫る危険です。
そういえば10年前にクリフォード・ストーンをインタビューした時の会話をいまも鮮明に覚えています。彼はこう言ったのです。「あんたに話した後、あいつらがやってきて俺を殴り倒すだろうな。でもいいんだ。構わないよ。なんとかなるさ。」
彼はそうなることを知っていたのです。それが真実を話す代償だということを彼は知っていました。
David: わお〜!
Michael : 研究者として、あるいは真実を受け取る側として、真実を話すことに恐怖を感じたことはありません。大変なのは内部告発者で、肝心の証人です。彼らは自分の安全と家族を本当に心配しなくてはならないのです。
Corey : ええ、その通りだと思います。
David: 彼らは秘密の維持に、このような不安要素を言い訳にしたのでしょうか。
Corey : いいえ。
David: 真実が表に出たとき、人々は本当に恐れるのでしょうか。
Corey : 彼らは本気で、社会機能がマヒすると信じているのです。彼らは実験で試したから、本気で信じているのです。彼らは何も知らない科学者や軍人を宇宙人またはET情報のある部屋に入れて反応を調べました。
彼らは従業員の個人プロファイル記録を持っているので、様々な人格の種類を試すことができるのです。
生い立ちにキリスト教の背景があれば、きっとこんな反応をするだろうと、彼らはそう考えました。実際に多くの軍人はキリスト教の背景をもっていました。
その結果、街中に死傷者、騒乱、暴動が生まれることを予期して、完全開示は無責任だと彼らは考えたのです。実際にそれは正しい予測ですが、でも、それもプロセスの一部なのです。
このままでは、反動はますますひどくなるだけです。
David: 完全開示を求めるあなたの善意の仲間にとって、完全開示を押し進める論拠は何でしょうか。
Corey : 簡単に言えば、高密度存在の彼らにとって最も重要なのは意識の発達です。
透明性が確保されなければ、私たちに課せられた意識のルネッサンスは抑制されてしまいます。
つまり、真実を知ることは苦い薬を飲むようなものです。長期的に見れば、それは私たちの共同創造意識の発達にとって、一時の苦しみ以上の大きな見返りをもたらすのです。}
太陽の大爆発は世界の旧支配層イルミナティがトランプ大統領降ろしの金融危機を起こそうとした時、彼等 悪党を吹き飛ばす為に時を合わせてソーラーフラッシュは起こる。
その、翌日から地球は宇宙時代に上昇して行く。



春分特別瞑想で、巨悪が剥がれ落ちる...2017/3/23, Thu 06:27

春分特別瞑想で、巨悪が剥がれ落ちる。春分の日にPFC による春分特別瞑想が春分の時刻3月20日19:28分に全世界各地で 一斉に行われた。私は自宅で時間を合わせて、PFC ー JAPAN の手引き音声を聞きながら瞑想を行った。
2月26日23:55分の地球解放瞑想で144. 000人のクリティカルマスに達したので、今回の春分特別瞑想では大きな動きがあると思っていた。
私は3月20日の春分特別瞑想では、第六天乃魔王のヤオダバオート・プラズマタコの完全消滅、及び除去を法華経の御本尊に祈り、題目を唱えた後、20日19時28分の春分特別瞑想に参加した。
瞑想後 確信した事は、やっとこれで銀河の光のソースの元に戻れると思った。
その後、眠りに就いたら、頭痛に成った。銀河の光の存在ソースの波動でデトックス解毒の働きが行われたので有ろうか。
22日に明晰夢を見た。地球各地に銀河の友の宇宙船が訪問していた。ありとあらゆるタイプの宇宙船が空に現れた。
私がヒューマノイドの宇宙人と会話している所で、夢からさめた。
Face Book を覗くと、地球にとって良いニュースの記事を目にした。
板垣英憲氏の記事。
{「悪魔大王」ディビッド・ロックフェラー死去し、キッシンジャー博士と小沢一郎代表は、「わが世の春」を謳歌する
2017年3月22日 6時34分の記事
◆〔特別情報1〕
 「悪魔大王」米最大財閥ディビッド・ロックフェラー(1915年、ニュゅーヨーク生まれ)が3月20日、ニューヨーク郊外の自宅で心不全のため死去、101歳だったとニューヨークタイムズなどが報じたという。この結果、天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、名実ともに「新体制」に移行した。すなわち、「世界銀行・IMF(国際通貨基金)」の上に位置する「300人個人委員会」の頂点に米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士(戦略国際問題研究所=CSIS顧問、ニクソン政権国務長官)と小沢一郎代表の2人が立ち、いよいよ「わが世の春」を謳歌する。}
故ディビット・ロックフェラーは金 儲の為には何でもした人物である。
現在の地球人口73億人は多すぎる、適正人口25億人にせねばならないと人口削減の大義名分を打ち立てた。そして、ワイロをバラマキ。国連、国家を買収した。
ミネラルウォーターを売る為に人工気象装置HAARP を使って自国で干魃を起こしたり。自国の農産物を他国や日本に売る為にHAARP を使って日本に台風を連発させて送っていた。
又、医療と製薬業界を儲からす為にワクチンに自閉症や癌を引き起こす薬品を混入させていた。
人工削減の目的にエイズを作り出しバラマイタ。
人間を病弱にさせて、医療で儲かるシステムを構築した。
食品添加物、フッ素、がその類いである。
地球規模で人口削減の劇薬が撒かれた。
癌化を起こす薬品を人口削減の目的の為にケムトレイルを世界各地に飛行機を使い散布した。
その結果、我が国において、 「日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで亡くなると言われています。」ガン多発の状況を産み出した。
地球の人々を団結、気づきの臨界を起こさせない為に、クリティカルマスを達させない為に、人間を劣化させる目的で歯磨き粉にフッ素を混入させて来た。アメリカでは今、多量のフッ素が水道水に混入されている。日本も水道水事業が外資に売られ始めている。日本の水道水にフッ素混入も間近に迫っている。
フッ素・ワクチン・ケムトレイル、これ等の劇薬散布は73億人の人口を25億人まで落とすと言う大義名分の元、行われて来た。
その悪の根元ディビット・ロックフェラーが、クリティカルマスの瞑想の力によって消滅した。
彼の死は、哲学および慈悲心を持たない経済は悲惨な行動、結果を招く事を教えている。
これからの世は、経済に科学技術に人間愛の慈愛心が必要不可欠に成って行く。
次にFace Book の地球解放のスターシードの記事を添付します。
能村聡氏の記事より

{ スターシードは、スターチャイルドやスターピープルとも呼ばれ、地球のアセンション(波動上昇)のために宇宙から地球に転生をしてきた魂たちのことを言います。

スターシードは青く美しい地球の未来のため、自ら志願して遥か遠い銀河から地球へ転生をしてきました。

スターシードは『星の種』と訳せるとおり、心の中に星の種が埋め込まれています。

自分がスターシードであると気づかない間はその影を潜めていますが、アセンションが始まると、スターシードは弾けて覚醒します。

そこで初めて、自分が持って生まれた使命に気がつくのです。

スターシードの多くは、強いエンパシー能力を持っています。

エンパシー能力とは、言葉を使ってコミュニケーションをとらなくても、相手の考えていることや気持ちがわかる能力のことを言います。

宇宙では当たり前に使われている能力でも、地球では異質とみなされます。

生まれ持った波動が異なるためときに生きづらさを感じることがあるのです。

今回は、スターシードの特徴と覚醒について見ていきます。

スターシードの特徴と覚醒するために必要な事

スターシードとは

スターシードは、「スターチャイルド」や「スターピープル」とも呼ばれ、地球を救うために遠い銀河から転生をしてきた魂たちのことを言います。

宇宙には、「アシュタール」が存在すると言われています。

アシュタールとは、高次元に存在するアセンテッドマスターであり、地球のアセンション(波動上昇)を導く存在です。

アシュタールから、青く美しい星「地球」が文明の発展とともに破滅の道へ向かっていることを聞かされたスターシードたちは、自ら地球への転生を志願しました。

その契約の印として、アシュタールはスターシードたちのハートに『星の種』を埋め込みました。

地球のアセンションが近づくことで、星の種は弾けてスターシードは覚醒します。

覚醒したスターシードのうち、科学の発展した星から来た者は、地球の技術開発に寄与してきました。

植物に恵まれた星から来た者は、ハーブや薬草の調合によって地球人を癒してきました。

高い知能を持つ動物が多く棲む星から来た者は、想像力を駆使して地球の発展に貢献してきました。

これまで孤独を感じることの多かったスターシードは、使命を思い出し、地球を愛と光で満たそうと輝きを増しています。

スターシードは、世界で約100万人いると言われています。

そのうち、日本には24万4千人のスターシードが存在するそうです。

まだ覚醒できていないスターシードもいるほか、地球が滅亡へと向かっていることを考えると、今後さらなるスターチャイルドがやってくるかもしれません。 }
あらゆる学問も宇宙根元の慈悲に入って行かないと無益に成る事を日蓮大聖人は御講聞書で教えている。
{ 爾前経(にぜんきょう)の心は小善の成仏を明(あ)か さざる なり。法華経の意(こころ)は一華一香(いつけいつこう)の小善も法華経に帰(き)すれば大善と成る。縦(たと)ひ法界に充満せる大善なりとも、此(こ)の経(きょう)に値(あ)は ずんば善根(ぜんこん)とは成らず。譬(たと)へば諸(もろもろ)の河水 大海に入(い)りぬれば うしほ(潮・*塩)の味と成る。入(い)ら ざれば 本(もと)の水なり。法界の善根(ぜんこん)も法華経に帰入(きにゅう)せ ざれば善根とは成(な)らざる なり。}
宇宙根元のソース源は、生命のゆりかご、は潮・塩味である。
宇宙根元の源、究極の存在は、法華経の仏である。
宇宙は生命体である。
宇宙=地球=人間は繋がっている。
宇宙船は地球上で出番を待っている。



悪、多ければ、天を侵す。ゆえに、天、善を行う者を守る...2017/3/16, Thu 07:00

悪、多ければ天を犯す。故に、天、善を行う者を守る。
3.11の東北地方太平洋地震から、もはや六年目である。Face Book の記事に津波の後の がれき の中を袈裟姿の青年僧が合掌して歩き、そして、瓦礫の山に深々と手を合わせ頭を うなだれて いる写真をよく目にした。
この前、その写真に言葉が添えられていた。
「師匠から、私は なにも出来ない事を学びなさい。」
との小原宗鑑さんコメントがあった。
果たして、個人の祈りは何の効果も、働きも無いだろうか。
一念は岩をも突き通す。と言われている。
いわゆる、超能力は念の世界でもある。
心、念は行動を呼ぶ。
赤ちゃんが泣けば、母親は乳をあげる。
友が ひもじい と思えば、恋人はスナックをあげる。
乾季に川の水が干上がって、水が無く成って、カエルが集団で泣けば、天は反応して雨を降らす。
現在の科学で実証された事は、一念・心の思いは素粒子を動かす。
自然界で素粒子は対象者の心に反応する。
だから、心の整った名医は患者の病を治す。
この事を量子論では、
「意識すれば、波動⇒粒子となる」
「意識すれば、『エネルギー』が『現象』になる。」
だから、思いは通じる。
〇 仏典にオウムの恩返しの話しがある。
{ ある時、小さな小鳥のオウムが住む山が山火事になった。生き物の皆が騒ぐ中、小さなオウムは火を消そうと思い立った。小さなオウムは誰もが消すのは無駄だとあきらめた、山火事を何とか しなくては いけない と思って、火消しの行動に移した。
これまで、お世話になった森と仲間を救いたい。
この一心でクチバシに水を含んで運び、山火事を消そうと何度も水を くみ に水場と山を往復をしました。周りの仲間や誰からも無駄な事と あきれられ 、あざけり 笑われても、オウムは あきらめず に水場から山火事の場所へと飛び、消火活動を愚直に繰り返していると、すると、天が反応した。その火消しのオウムの姿を見ていた諸天善神が雨を降らして、山火事を無事 消すことができた。 }鹿児島 日蓮正宗寺院  西大宣寺 岩切住職の法話より、
私もこの山火事の様な不思議な雨の経験がある。
私が子供の頃、サトウキビ農家はサトウキビの収穫の後、切り残されたキビの葉は集めて畑の真ん中で燃やしていた。狼煙の様に空に煙の柱が立った。燃えた後のキビ灰は畑にまかれた。野原に遊びに出かけた。子供の頃の、私は三人で枯れたすすきの葉に火を付けて消す遊びしていたら、風が吹き出し、火は一気にすすきの原っぱに燃え広がった。そのまま行けばサトウキビ畑に広がる。二人の友達は逃げ出した。私は必死で題目、南無妙法蓮華経と唱えながら枝を火に叩いて消し続けた。
火はギンネムの木に移り、高く舞い上がった。隣のサトウキビ畑に火が移ろうした時、雨が急に降って野原の火事は消え、山火事は治まった。
子供ながら法華経の題目 南無妙法蓮華経の力に驚き、感謝した。
火が完全に消えると雨はやみ、晴天が又、輝いていた。
3. 11への追善供養の祈りは法華経の題目、南妙法蓮華経でするならば、亡き人々に確実に届くであろう。
地球解放の喜びの日は、日々刻々と近付いて来ている。
私達の住む太陽系は銀河の渦に巻き込まれて、光のフォトン・ベルト帯に突入した。
このフォトン、光の粒子は善人には良い効果を、悪人には悪い効果をもたらす。
仏法で言う、善因善果。悪因悪果。である。
〇 コズミック・ディスクロージャー 2017年2月2日 
シーズン7、エピソード6
大いなるソーラーフラッシュの変容パワー
より引用します。
{ David : 「この創造された世界をよくするために、何をどうするか考えましょう。この闇の中で、長らく泥に はまってしまった地球の人々の意識を どうすれば引き上げられのか、霊的に考えてみましょう。こんな世界でも、自由意識の法則は有効です。変化を選んで この惑星を真の神の王国に変えて 生きつづけるか、それとも このまま自己破滅を選んで、別の三次密度の物質世界で生まれ変わり、レッスンを続けるか、決めるのは あなたたち です。かなり長いメッセージなので、この辺にしましょう。」〜(中略)〜*…今、地球は仏法で言う、欲界の世界(六道輪廻の世界)から、色界の世界(菩薩界の世界)へと移行しつつある。その移行をスムーズする為に、銀河の生命体(無色界の人々)スフィア・ビーイングのブルーエイビアンズが巨大な円形の宇宙船で太陽系を強烈なフォトンからガードしている。… *
David :
「この惑星と太陽系は新しい波動領域に入っており、いま この惑星上に いる人達が生存できない領域です。だから、この惑星の人々は神の創造物(すなわち人間)について真実を学ばなければ いけないのです。真の創造物の中にあるのは愛、平和と調和です。私たちの話しを信じない人は沢山 現れるでしょう。信じなくても彼らが罰される ことはありまん。彼らは公正な措置で別の惑星に運ばれて、愛、平和と調和について学習を一から学び直すだけです。」 〜(中略)〜 * …色界の菩薩界に合わない人々はスフィア・ビーイングの巨大宇宙船で拾い上げられて他土(新しい銀河の惑星)に移されて行く。… *
〜フォトン・ベルトについて〜
Corey :
ソシオパス(社会病質者)のような人を送り込んだら、気が狂ってしまったのです。正常でなくなりました。
Jay :
そうなると聞きました。
Corey:
一方で肯定的な思考を持っ人間だと、みんな幸せ一杯になって、楽しくて口笛を吹いたり。精神問題を持っていた人間だと、その問題が深刻化したのです。
David:
わお!つまり彼が言っている こととぴったり合いますね。
Jay:
よい人間はさらに よくなり、悪い人間は さらに悪くなるのですね。
David:
ハ ハ ハ 。
Corey:
狂っている人間はさらに狂ってしまいます。
David:
「私たちが これから入っていく四次密度の帆座での生活の質は、創造者の内なる存在が幼少期に体験した羽化と同じ質です。このサイクルの地球人類は、体の感受性に多くの変化や改良を体験するでしょう。」〜 }
善人は天が必ず守ると言う文証を上げます。
最後に日蓮大聖人の祈祷抄を添付します。
「天は必ず戒を持ち善を修する者を守る。人間界に戒を持たず善を修する者なければ、人間界の人 死して多く修羅道に生ず。修羅 多勢なれば、驕(おご)りを なして必ず天を侵(おか)す。人間界に戒を持ち善を修するの者 多ければ、人 死して必ず天に生ず。天 多ければ修羅 恐れを なして天を をか(侵)さず。故に戒を持ち善を修する者をば 天 必ず之を守る。何(いか)に況(いわ)んや二乗(宇宙人・ブルーエイビアンズ等)は六凡より戒 徳も勝れ知 慧 賢き人々なり。いかでか我が成仏を遂(つ)げ たらん法華経を行ぜん人をば捨っべきや。」(平成新編日蓮大聖人御書)
地球の解放は間近である。
友の笑顔が溢れる時代が間近(まもなく)幕開く。



人間は地球のキーパー、ケアテイカー・管理人である...2017/3/8, Wed 18:34

人間は地球のキーパー、ケアテイカー・管理人である。
人間は中東の神、ヤハウェ・ヤルダバオート・プラズマタコの所有物・奴隷では無い。
やっと、地球を支配していた、闇のルシファー(堕天使)のプラズマタコが座を明け渡し、消滅した。
昨年の晩秋にカトリック教のローマ教皇・フランシス法王は、このクリスマスが人類の為の最後の物であるかも知れないと 聖ピーターのスクエアで群衆に語った。
それに関連して、イエスキリストの父について語った事がある。
(要約すると)
この世の現状、状況を見ると 神の存在を感じられない、世は悪が はびこり 栄える。魔王サタンの世界である。
イエスキリストは魔王ルシファーの子であると断言した。
暗に、カトリック本山にルシファー信仰が成る状況を打ち明けた。
これで、グローバルエリート達が悪魔信仰・ルシファー信仰に堕ちて行く理由が解った。
その様な危機的状況の中、その闇が支配者、ルシファーのヤルダバオートが地球を支配する層を光の世界の神仏にその座を明け渡した。
仰天ニュースである。
私はリーディングを進めた。私は再度ダウジングで銀河艦隊司令官のクエンティンに聞いた、確認した事は。
@ 闇の根源のルシファー、ヤハウェのヤルダバオートが地球の支配権をソース・仏の存在に明け渡した。地球は今週から宇宙の神仏の管理下に入った。
A これで、地球は宇宙文明の時代に入って行く。
B 一人一人に資金が投資されるベーシックインカムは闇の資本が解体されて、今年の末から随時分配されて行く。
C この地球はロシアの戦力を背景に、ロシア、アメリカ、中国、ドイツ、イギリス、日本、フランス、イタリアを軸に地球政府が運営される。
ヤルダバオートについて復習したい。
ネットから引用します。
{ ヤルダバオート。
 グノーシス主義とは、この世は本質的に悪であり、人間の本質はこの世の外にある真の創造神と同一であるという考えである。そして、この可視的な世界を創造した神が、一般的にヤルダバオトと呼ばれる。語源はいくつか説があるが未詳。
 ちなみに、ちまたで言われているように、グノーシス主義がユダヤ教やキリスト教の亜流であるというわけではなく、グノーシス主義がそれらの神話を部分的に借用してみずからの世界観を説明したに過ぎない。ストア哲学やギリシア神話など、紀元前後に知られていた様々な世界観を借用して新たな世界観を語ろうとしているからである。
 ヤルダバオトは至高神以下の神的存在によって満たされた超越的な光の世界(プレーローマ)の中での過失によって生まれた失敗作であり、自らが最高存在だと考える無知蒙昧な存在である。旧約聖書をベースにした多くのグノーシス主義の神話ではヤハウェがこの無知蒙昧な存在にあたるとされ、エデンの園の蛇は人間に知恵を与えるためにプレーローマからつかわされた善なる存在だというふうに価値が逆転している。}
銀河生命体のプレーローマとは仏の一形態である。日蓮大聖人の御書から引用します。
{ 大論の九に云く「十方 恒河沙(ごうがしゃ)三千大千世界を名づけて一仏世界と為す。是の中に余仏無し。実には一の釈迦牟尼仏なり」文、}真言見聞 p616より。
惑星 地球は動植物を管理、維持、保全の為に五体と知能を持つ生命体の人間を発生・誕生させた。
森林を維持する為に、肉食獣のトラ、オオカミ、クマを発生させ存在させた。
サバンナを維持する為に、ライオン、ハイエナ、ジャッカルを存在させた。
竹林を維持する為に、パンダを存在させた。
田園を維持させる為にゾウを存在させた。
地球を維持、発展させる目的で、動植物のキーパー・ケアテイカーとして人間を発生、存在させた。
私達の仕事は動物を護り、地球環境を守る為に植物を育てる事である。
ベーシックインカムに成っても私達には地球環境を守り育て、発展させる仕事が待っている。
人類を発展させる、奉仕の仕事が存在する。
宇宙の平和と安全を保持する仕事が待っている。



貴方の宇宙時代へのパスポート、クリティカル・マス(臨界数)...2017/3/2, Thu 18:09

貴方の宇宙時代へのパスポート、クリティカル・マス(臨界数)。2月26日のチリ金環日食に合わせて、世界各地のPF
C{ Prepare For Change 変更の準備 【宇宙時代への変更の準備) 】}による、エーテル層解放瞑想が世界各地で行われた。金環日食の時間に合わせて、日本時間は2月26日23時55分〜。参加人数はクリティカル・マスの144.000人を突破した。このクリティカル・マス臨界数を達したので、地球の闇の支配システムは氷解して行く。世界で多数の人々が同時に地球解放瞑想をした、この波動は宇宙への仲間入りの要請の正式なメッセージに成った。クリティカル・マスの数字は現実世界をも変える臨界数でもある。このクリティカル・マスの力で地球は宇宙文明の仲間入りに成った。現在のネガティブ宇宙人の配下のグローバルエリート・支配層は何としても、ポジティブの宇宙志向の人々の団結、クリティカル・マスをさせない様に阻止して来た。ネットや食品添加物、TV等マスコミ情報で大衆心理を操作したりして、あの手この手で人々の覚醒を阻止して来た。人間は覚醒したら無意識に宇宙文明の到来を、宇宙人を招聘(しょうへい)する。
自己奉仕の極致は、ネガティブな宇宙人レプテリアン(爬虫類形人間)のドコラを自然に招聘する。そして惑星の隔離支配への技術提供が行われる。大衆への支配コントロールのシステムが発動する。グローバルエリート・支配層は人々の気づきを抑える為に、フッ素などの松果体を鈍化させる毒を、添加物として歯みがき、調理器具、水道(民間企業参入)等に混ぜて来た。超能力と密接な関係の有る、松果体は体内にフッ素が入って来ると松果体の水晶が石灰に 覆(おお)われて、超能力の気づき、共振、共鳴、意識の具現化・現実化の働きを阻止する。
世に言う、超能力の元は松果体の水晶の共振の働きである。
今、アメリカに於いて水道水にフッ素混入の度合いが益々と増え続けている。我が国においては四国の松山市が水道事業を外国のグローバルエリートの企業に譲り渡した。国民へのフッ素混入も間近に迫って来ている。グローバルエリートの大衆の家畜化が先か、大衆の気づき・覚醒が先かの争いに成った。その様な時期に、覚醒した人々のクリティカル・マスが金環日食の2月26日に達成した。
グローバル企業、TV マスコミ等の地球住民の家畜化が進む中において、気付いた人々が団結して宇宙の仲間達に救援・請願への働きでもあった。これで宇宙から地球にポジティブの宇宙人が入って来れる様に成った。私達にとって長い年月であった。
その地球解放のエーテル層解放瞑想が2月26日に行われ、臨界数のクリティカル・マスに達した。
これで、銀河文明、宇宙文明の仲間入りに成った。
正式の地球人の意思表明、144.000人の松果体が共振してクリティカル・マスの臨界数を超えた。
地球の宇宙文明の仲間入りの現実が具現化して行く。
この2月26日を境に 闇の魔女の世界から、神仏の女神の世界に地球は入って行く。
闇のベールが剥ぎ取られたので、宇宙の仲間達の宇宙船が昼間堂々と姿を現し始めた。
地球の目覚めた小数の人々は団結してクリティカル・マスに達したので、宇宙のポジティブなメンバーと連携して、今や宇宙の多数派に変わった。
孤軍奮闘していた、ポジティブな光のメンバーの一人一人に宇宙の天使達が加護に付き始めた。
孤独の闘いは終わり、大多数の宇宙の意思と連動したので戦いの戦野は逆転した。
最後の戦いは地球を人質にとっている、プラズマ・エネルギーのエネルギーバンパイヤのタコである。
このタコは宇宙の連合によって解体中である。
地球はプラズマトップレット爆弾を抱える、プラズマタコのヤルダバォートに抱きつかれていた。
プラズマタコは光の勢力、宇宙艦隊、連合によって解体され、触手は頭から切り離された。残るは頭部のみに成った。
瞑想への参加者が増えると、タコが抱えるプラズマトップレット爆弾は無力化できる。
プラズマタコを消滅させる瞑想方をブログ、ー夜明け前ーさんより、引用したい。
瞑想の手順:

(イメージしやすいように、プラズマ渦をプラズマタコに変えさせて頂きました。)

1. 紫の炎でロングアイランドとそこにある粒子加速器を浄化するようにイメージしましょう。

2. 紫の炎で、太陽系内に居座り、地球にしがみついたプラズマタコを浄化し、
  それにまとわりつくトップレット爆弾が無事に除去されるのをイメージしましょう。

3. 紫の炎によってプラズマタコが徐々に消えて、地球から剥がされていくのをイメージしましょう。

4. 地球が最終的にプラズマタコの束縛から解放され、太陽系内のプラズマ次元、エーテル次元、アストラル次元の波動がどんどん軽くなり、明るくなり、すべての闇を葬り去るのをイメージしましょう

5. 銀河の愛であるプレローマのエネルギーが、初期異常と、地球を覆っているプラズマタコのエンティティーを、完全に浄化するのをイメージしましょう

6.愛の銀河ウェーブが、アルコンの偽りの教えをすべて消し去ることをイメージします。

これからの世は因果応報の世界に成る。陥れようとすると自分が堕ちて行く。人を憎めば我が寿命を縮めて行く。ブーメラン効果が直ぐに現れて来る。他人奉仕は我を高めて行く。自己奉仕は地球から弾き飛ばされる。



デセンション。東芝は何故おかしくなったか...2017/2/23, Thu 07:00

デセンション、東芝は何故おかしくなったか。私は東京で約20年すごした。その大半は府中市にいた。東京都府中市で有名なのは東京競馬場と東芝府中事業所である。ヤンチャの男には府中刑務所が有名である。ビール飲みの方なら、サントリー府中工場がある。
東京都府中市は緑 豊かな田園都市でもある。
府中のラウンドマークに成っている、東芝のエレベーター試験塔は府中のどこからでも目立つ。
府中を歩いて見ると東芝の関連企業の施設が府中に集められている事が解る。
東芝は重電、家電製品、弱電、IT 集積回路、社会インフラ、原子力発電関連事業で業績を伸ばして来た。
何故、日本を代表する大企業の株式会社 東芝がおかしくなったか。
その始まりは、弱電の半導体集積回路の部門において、台湾企業が躍進し、日本企業の市場占拠率が崩れた。
そこから集積回路の苦戦が始まった。
日本企業の白物家電製品の一人勝ちの時代はすでに終わり、白物家電は中国系の企業に取って代わられた。
東芝に取って、国策の原子力発電が企業の大黒柱に成った。
しかし、2011年3月11日の福島第一原子力発電所の事故で原発の危うさが世界に知れ渡り、日本政府と一緒に売り込みした、原発の受注が止まった。世界の世論の原発に対する流れが変わった。
東芝がアメリカで原発関係の企業を買収したら不良債権の企業であった。
東芝は米原子力事業で7000億円の損失を発生させた。
今年の東芝の決済は延期になり、三月の決済で約6000億円の損失を発表するであろう。
ついに、本元の東芝が不良債権の企業に成り下がった。
この、つまずきは何処から始まったのであろうか。
その始まりは宇宙技術への興味と挑戦を諦めた時点から、衰退は始まった。
宇宙フリーエネルギーに対して、従来の様に、宇宙技術に対して、見ざる、聞かざる、言わざるの姿勢は時代の変わり目の時に、取り残されてしまう。
ミステリーサークルは はたして、イギリスの若者の いたずら だろうか。
UFO は 果たして 気象現象なの だろうか。
企業に取って、技術者が興味と探求心を失なった時点から衰退は始まる。
日本が宇宙技術から、取り残された理由は、家電の大企業が宇宙技術への興味と探求心を失なった時から、全ては始まった。
日本の家電企業の苦悩の現状は、その怠慢の つけ を支払わされている。
アメリカやロシアに対して、反重力の宇宙技術に関しては70年の遅れを取ってしまった。アメリカやロシアはすでに反重力飛行機、反重力宇宙船を保持している。
日本はUFO をバにして、ついに、UFO 技術を自力で持てないとバカにされる様に成った。
今、日本の従来の技術が伸び悩んでいる現実は、時代の変わり目を示している。
では、科学、哲学が伸びた時代の次に来る時代は、いかような物であろうか。次に来る時代は菩薩界の世、法華経で説く、三変土田(さんぺんどでん)の世に成る。
地球が成熟して、共存のハーモニーを奏でる時、地球は他土(他の惑星)の菩薩達を迎え入れる。その時、地球を浄化する為に、慈愛の他者への愛を持たない 心の狭い、小さな心の輩を他土(レベルの低い惑星)に移動されてしまう。
今、問題なのは、この三変土田が何時、始まるかである。
命の振動数の低い者達は
一歩上昇した地球の振動数から弾き飛ばされてしまう。
地球上のあらゆる場所でポータルが開き低振動の生命体はワープで低レベルの惑星に移動させてしまう。
その年は何時か、では無く、その月はいつか?の時期に来ている。
その時期が早まったのは、アメリカでドナルド・トランプが大統領に選出された事や大衆の心理が目覚めた事で、地球のタイムラインが大きく変わった。
必要悪が絶対悪に変わった。
地球が第六天の魔王の支配下から脱した。
地球を支配していた、爬虫類のドラコニアンは逃げ出し、その配下のキュウリ頭の古代金星人系のプレ・アダマイトが臨時の闇の支配者である。
プレ・アダマイトとグローバルエリートは大衆が闇の支配システムに 気付き立ち上がらないかと びくびく している。
日本もアメリカに続き立ち上がる時を迎えた。
その一歩として、テレビ漬けの生活からの脱却である。
食生活を見直し、食品添加物から遠ざかる事である。
食を見直せば、心も正常に成って行く。
自己奉仕から、他者奉仕に変われば自然と振動数も高くなり地球と共に上昇して行く。
そしたら、宇宙の友人達と再会する。
地球は太陽のクシャミ、次元上昇の大フレアと時を合わせてアセンションする、退化のデセンションのメンバーはその時、他の惑星に吹き飛ばされる。
私はこの太陽の大フレアは今年中に起きると思う。



ウィンウィン(win win )のベーシックインカム(最低限所得保障)の時代がやって来る...2017/2/15, Wed 20:25

ウィン ウィン(win win )のベーシックインカム(最低限所得保障)の時代がやって来る。
2月12日の建国記念日の日に合わせてか、安倍・トランプ日米首脳のゴルフ外交・会談がアメリカ・フロリダ州で行われた。
安倍晋三首相がアメリカのドナルド・トランプ大統領と会談するのは、昨年の秋の会談から合わせると二回目である。
安倍首相は2016年11月19日に行われた、
ニューヨーク・マンハンタンのトランプの住宅、トランプタワーでの初回の会談でドナルド・トランプの心を捉(とら)えた。
安倍はこう切り出した。
「貴方と私には、共通点があります。」
けげんの顔をするトランプを横目に続けて語った。
「貴方はニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。だが、私は勝った。・・・」
トランプは共鳴した、
これを聞いてトランプは右手の親指をおっ立って、こう言った。
「俺も勝った。」
その後、意気投合し二人の会談は予定の45分を大幅に越えて2倍の90分を費やした。
日本のエリート、特に朝日新聞は安倍晋三首相を三流大卒として軽んじていた。朝日新聞は安倍潰しを社是としている、その朝日新聞に安倍晋三はウィン(win )した。見下しの しっぺ返しをした。一方のアメリカでは支配層のニューヨーク・タイムズはトランプ大統領を見下していた、しかし、トランプもウィン(win )勝った。そして二人は名実ともにウィン・ウィンの関係に成った。
以前、私はトランプの大統領選出の選挙期間中に、マスコミがトランプタワーに訪れ、メラニア夫人にインタビューした記事を読んだ事がある。
それに よるとトランプは四年に一度のアメリカ大統領選挙が始まるといつも憂鬱(ゆううつ)になり、
「彼等よりも私の方がうまく政治をやって行ける。」
「私なら、もっとうまく大統領をやりこなせる。」
と夫人に語っていた、
メラニア夫人は憂鬱な彼に、では、貴方が大統領に出馬したら良いと けしかけたそうである。
ドナルド・トランプは単身で出馬し、後半戦においては、遂に多数の退役将軍を味方に付けて大統領に当選した。
彼、ドナルド・トランプは持って生まれた 才覚と人徳で風を呼び起こし、ディプローラブル(deplorable)の壁、見下し、偏見を打ち破って大統領に選出された。
これは過去世からの善根の因縁であろう。
ドナルド・トランプの過去世はアメリカ初代大統領、ジョージ・ワシントンである。
では、我が国の首相で、三流大学卒と日本のエリート達に軽んじられた、安倍晋三首相の過去世は誰かと言うと。
安倍晋三が過去世は徳川家康である。
私のFace Book の友人に超能力者の吉澤尚夫氏がいる、彼に聞いた話しで、吉澤家の先祖が新田義貞の娘を嫁に迎い入れた。
私がダウジングで調べるとその娘は、新田義貞と天下の美人 勾当内侍(こうとうのないし)の間に生まれた、忘れ形見の娘である。その山吹姫が産んだ子が徳阿弥である。徳阿弥が三河国に出向いて 松平の婿養子に成る。徳阿弥の子 松平泰親が家を引き継ぐ。その子孫から徳川家康は生まれる。
因縁とは不思議な物で有る。
安倍晋三とドナルド・トランプの出会いは、又、徳川家康とジョージ・ワシントンとの出会いでもある。徳川家康には三浦按針(ウィリアム・アダムス)と言う、船大工で船乗りのイギリス人の家臣がいた。
時代は人工知能AI の登場でエリート層は、これから一掃されて行く。現在のエリート層は「 声聞」(しょうもん)と「縁覚」(えんがく)と呼ばれる小乗の「阿羅漢」達であった。彼等の目指す社会は、強欲の小我の世界であった。(我らのみ良ければよい。)
これからは強欲の我欲を脱した、大我、菩薩界の時代に入って行く。
小我を追い求めると我欲の戦い、戦争や自然界の破壊によって地球の自滅のタイムラインに進む。
生き延びるには大我の菩薩界に入らないと繁栄は無い。
人類が施しの愛に目覚めれば、ベーシックインム(生活資金の援助)の世界に突入し、それが、実施されたら世は平安で安穏な菩薩界の世界にタイムラインはシフトする。
秘密宇宙プログラムで豊富な宇宙資金を持つ 軍産複合体がバックに付く、トランプ大統領は もしかしたら、アメリカでベーシックインカムを実施するかも知れない。
そうなるとアメリカは宇宙文明時代に突入する。



陶芸用型枠、銅鐸(どうたく)...2017/2/14, Tue 06:10

世の中は二分化される。地球から排除され行く者に対して、来世 救われる事を祈る。その為の銅鐸(どうたく)。

    



小池百合子はトランプ大統領になりうるか...2017/2/9, Thu 04:52

小池百合子はトランプ大統領になりうるか、「都議会のドン」内田茂氏を引退に追い込む。2月5日の千代田区長選で小池百合子知事が支援した、無所属で現職の石川雅己氏がトリプルスコア以上で当選した。都議会のドンは代理選挙で大負けした。それをうけて都議会のドン内田茂氏が都議員の引退を表明した。
石川雅己候補 16,371票 当選
与謝野信 4,758票 落選
五十嵐朝青 3,976票 落選
今まで都政を牛耳っていた、内田茂氏にやる気を無くさせ、都議選への出馬を取り消しにさせた。
早くも、我が国においてもトランプ大統領の影響が出て、政権のドミノ倒しが始まったのか。
グローバル主義の支配層エスタルブリッシュメントの国民支配の手順は、
国民にマスコミを通じて、不安と混乱を与え、憎悪を煽り立て、正常な感覚を遠ざけ、大我の意識の大海から国民を離し、分断を押し進め、小我の我欲に陥(おとしい)れ、善なる集団心理、大我を発展団結をさせないシステムである。
つねに国民に不安と混乱を与えると、大衆は冷静に物事を判断出来ず、小魚の様に右往左往しマスコミの言うことに無条件で従う様になる。 
〇 命のレベルが低く成ると、憎悪やエロ、グロ、ホラーに心がときめく様になり、他人の不幸を悦ぶ様になる。
〇 ちょっと落ち着いて、分別の有る状態に成ると、音楽や綺麗な芸術に心がときめく様になる。
〇 前向き生き、信頼関係や恋に陥ると、相手の喜びを我が よろこび と感じられる様になり、他人奉仕に目覚める。他人に奉仕する事は自分自身に返って来る事に気づく。他人奉仕は、意識の大海、大我の自分に奉仕している事に気づく。
グローバル企業のエスタルブリッシュメントは自社の商業活動を追究する過程において、より安くを追究し過ぎた。本末転倒して、国内労働者を切り捨てて海外に工場を移し、そして、帰結として奴隷形態生産に手を染めてしまった。今、開発途上国等に奴隷が復活してしまった。グローバル企業は奴隷形態の生産に陥って。
世界的な低賃金の奴隷形態労働者を増産している、彼等は、リストラを専念する余り、慈悲を切り捨てた、奴隷形態労働者はグローバル企業の商業活動の帰結である。
アメリカでは低賃金労働者をプーア・ホワイトとして切り捨てた、
日本に於ても、生活保護者に焼きもちを妬く、低賃金労働者が増えすぎた。いつの間にか、国民の大半が派遣労働者に落とされた。
アメリカや日本に於いて、安くして商品を売ろうとしても、国内生産を切り捨てられたので国民の半分が生活保護状態に成ってしまったので国民は物を買う気力まで失なった。商業活動の経済は ジリ貧に成った。
グローバル企業は安値を追究する余りに、そして内部保留金を増やす為に、安易にリストラし自国内の大半の民をホームレスに陥れ、路頭に迷わした。
これが今のアメリカの状態、近未来の日本の状態である。
この、
ジリ貧に気付いた国民が立ち上がった。
支配層のエスタルブリッシュに反旗を翻(ひるがえ)した。
その為、支配層が不正選挙を しようとしても、大衆に圧倒的な雪崩れ現象が起きた。
その結果、大衆がトランプ氏を大統領に上げた。
ジリ貧の大衆が遂に立ち上がった。
グローバル企業の綺麗事の嘘が大ばれに成ってしまい、グローバル企業のまやかしに大衆が拒絶反応をしだした。
それが、日本にも 伝播(でんぱ)した。このウェーブが東京都知事の小池百合子を押し上げた。

何故、エスタルブリッシュが国民を切り捨てに陥ったかと云うと、
彼等 闇の支配者は宇宙技術を得る為にネガティブな宇宙人ドコラニアン(恐竜型人間)と契約しその配下に成り下がった。
同胞の人間を彼等ドコラニアンやレプテリアン( 爬虫類型人類)に食糧として引き渡す代わりにバーター取引で新技術や宇宙科学技術を得た。
彼等、ドコラニアン、レプテリアンはルーシュ(loosh)をもエネルギー源や食糧にし、楽しみにしている。
*{ ルーシュ(loosh )人間や有機生物が放っ感情などのエネルギーです。ドコラなどの闇の存在は特に そのうちのネガティブな  ものを好んで摂取します。つまり、人間の苦しみ、悲しみ、憎悪、妬みなどの負の感情は彼らの大好物です。だからこそ、彼らは戦争や抑圧などの酷いことを人類にやらせているのです }
(コズミック・ディスクロージャー)より。
日本もそろそろ、強欲とエネルギーバンパイア(吸血鬼)のエスタルブリッシュ支配層の情報操作から脱する時が来た。
2月5日の千代田区長選挙は日本は闇の支配者層から脱せられるかの試金石であった。
東京都知事の小池百合子は、そのまま勝ち続けて国政まで影響下に置き。
もしかしたら、大阪維新の会の橋下徹氏を越える存在に成るであろう。
エネルギーバンパイア、ルーシュについて、分かりやすいコラムがあったので紹介したい。
本山よろず屋本舗 
2017年1月3日 よろず屋寸話
トム・ケニオン氏とアルクトゥルス人との交流記
{ 船長は私を見ると、「波動を安定させる飲み物がよく効いているようですね」と言いました。
 「食堂で飲んだ、あの液体のことでしょうか?」と私。
 「そうです。あれによってあなたのエネルギー体がこの宇宙船の波動と同じに保たれているので、あなたはこうして今しばらくとどまっていられるのです。あの液体の効き目が消えてしまえば、もうここにいることはできません。そうなる前に、あなたを本船のブリッジ(訳注/艦橋。船全体の指揮所)見学ツアーに案内しましょう。この宇宙船で私たちがしていることの感覚をつかんでほしいのです」と船長は言って、さらにこうつづけました。
 「そのまえに一つ、あなたに聞いておきたいことがあります」
 「何でしょう?」
 「慈悲というものの性質について、あなたと私では見解が異なるようです。私がこの宇宙船の船長としてとったある行動について話しますから、あなたはそれを慈悲のある行為だと思うかどうか聞かせてくれますか?」
 私は彼の問いにいささか当惑しましたが、「わかりました」と答えました。
 「あなたがたの時間感覚でいうと数か月ほど前、われわれはあなたがたの太陽系の外側を巡回していました。この象限におけるわれわれの任務は、銀河間に出没する無法者たちから地球を守ることです。そのとき、われわれは別の銀河からきた宇宙船が5次元空間に隠れているのを発見しました。私は彼らが『フィーダー』である事実をつきとめ、地球にとって直接の脅威になると判断したのです」
 「フィーダー?」と私は問い返しました。
 「人間の中にある否定的な感情を食いものにしている連中です。人間だけではありません。感覚のある生きものはすべてターゲットになります。彼らは、恐怖といった否定的な感情を食糧にしているだけでなく、好んで対立を引き起こします。ただでさえ地球には、外の銀河からの干渉によってこれだけ争いが蔓延しているというのに、それらの卑劣なものたちはさらに事態を悪化させようとしています」
 「それでどうなったのですか?」
 「われわれが発見すると同時に、彼らは攻撃を仕掛けてきました」
 「それから?」私はたたみかけるように訊ねました。
 「反撃しました。われわれのすぐれた火の力で、彼らは木っ端みじんになりました。生き残って地球世界に悪い影響をおよぼさないよう、彼らの宇宙船を素粒子レベルまで粉砕したのです。もちろん生存者は一人もいません」
 その状況に対する私の嫌悪を感じとった彼は、私の目をまっすぐ見つめて言いました。
 「私のしたことは慈悲のある行為だと思いますか?」そう訊ねる彼の声には確固とした響きがありました。
 「私にはよくわかりません」
 「私にはわかります」と彼は言い、こうつづけました。慈悲とはつねに状況しだいで相対的なものです。私にとっては、彼らがあなたがたの地球に、ひいてはどの惑星に対しても害をおよぼすことを黙認しているより、この銀河全体の脅威をとりのぞくことのほうがはるかに慈悲のある行為です」
 「それについては、私もよく考えてみる必要がありそうです」と私。
 「ぜひそうしてください」彼は毅然とした口調で言いました。
 「では私は任務に戻りますから、ここで失礼します。あなたの帰る時間が来るまで、フレフィオスがブリッジを案内します。きっと楽しいツアーになるでしょう」 }
数年後、我が地球に於いて、宇宙情報や宇宙科学技術の情報の開示が行われると今のエスタルブリッシュメントの支配層のグローバル企業は国民大衆から投げ捨てられるであろう。
広く、全世界にベーシックインカム(基本的な生活資金)が一人一人に支給されて、大衆は再び購買意欲が復活して、商業は活性化し、商品単価は適正価格に落ち着くであろう。
AI(人工知能)と人間の共存が築かれ、その、宇宙時代への移行記期に小池百合子は日本の総理大臣に成るであろう。私はその様に予測する。



ドナルド・トランプ大統領の登場で闇のベールが剥ぎ取られた...2017/2/2, Thu 17:15

トランプ大統領の登場で闇のベールが剥がれた。ドナルド・トランプ大統領の就任後、時代は急激に動き始めた。金融資本のグローバル企業エリートがトランプ大統領の登場で彼等が ただの金の亡者で、強欲の税金逃れ無法者の集まりに過ぎない事が あからさまに成ったので、彼等は右往左往しだした。ただの利潤追究の為に国内労働者をリストラし生産拠点を外国に移した事が ばればれに成ってしまった。国内においては雇用促進の為の名目で納税を逃れ、低価でパートや派遣従業員を使い込み、内部保留金は莫大に溜め込んでいた。彼、トランプ大統領の登場で闇のベールが ほころびた。
我が国においては、大衆からのしっぺ返しや、選挙のドミノ崩れを恐れてか 非正規の従業員にもボーナスの支給が検討され始めた。
ウイットが知的で賄賂の効かないアウトサイダーがアメリカ大統領に成れば、賄賂テクニックのグローバルエリート達は大慌てである。
今までは利害の害になる、対象をマフィアで暗殺して来た。しかし、闇を暴くトランプを暗殺しょうとしても、トランプ陣営には修羅場をくぐり抜けて来た軍の将軍達がサポートしている。
グローバルエリートの医療マフィアは今までは癌治療の高価の薬を売る為に、 代替医療医師達を殺し続けて来た。
トランプ大統領は彼等医療マフィア、アメリカ製薬企業体を独占体質と公的に批判した。
ドナルド・トランプ大統領の当選と就任でアメリカの闇のベールが今、剥がされ様としている。
アメリカの軍が闇のエリートの影響を脱して、ネガティブからポジティブに転換出来た理由はスポンサーが変わったからである。
軍部への資金援助は金融資本のグローバルエリートから 秘密宇宙プログラムの 軍産複合体に変わった。
秘密宇宙プログラムは火星と木星の間に有る、小惑星帯から金鉱石の採掘に成功した。彼等、秘密宇宙プログラムは豊富な金を保持している。
彼等が持っている宇宙技術、宇宙情報の開示の為にドナルド・トランプ大統領側についた。
宇宙において、太陽系の勢力分布がネガティブ側からポジティブ側に変わったので、軍産複合体の秘密宇宙プログラムは金融資本のグローバルエリートに反旗を翻(ひるがえ)した。
宇宙的な時代背景として銀河の中心のセントラル・サンから放出された覚醒のフォトン・エネルギーが地球に到達しだした。
宇宙の究極的存在のソースの鼓動の波動が地球にも反応し胎動を始めた。
地球は2万6千年前に第六天の魔王のキメラに絡め取られ、人質に落とされた。
魔王の手下アルコンによって精神にインプラント施され、精神的進化を抑制されて来た。
この地球は仏法で言われる様に、第六天の魔王の所領である。だから、なかなか善は花開かなかった。
だが今は地球を覆っていたアルコンのタコの頭と手がセントラル・サンのフォトン・エネルギーによって消滅しつつある。
その為、金融資本グローバルエリートの信仰する、ルシファーの魔力が効力を失いつつある。マジックが効かなく成って来た。
スピリチュアルの世界では金の粉の具現化の話は良く聞くが、
私の家の仏間にたくさんの細かい金箔が具現化しだした。
金箔が塵の様に空間から生まれて来る様に成った。
これは、宇宙の究極的存在のソースの力が地球環境に到達した印し。
「2017年1月29日 ☆COBRA レポート☆イシスの秘儀」に宇宙の究極的存在のソースの人格化について述べていたので転作したい。
{ 聖なる女性的原型を表す神は、ソースから直に生み出された純粋な存在です。
その女神との生きたコンタクトは、社会の安定と調和の根幹でした。
闇の勢力が地球に干渉し始めた後、特に26000年前のアルコン侵略によって、ソースの女性形態とのあの完璧なつながり遮(さえぎ)られました。
過去26000年前のサイクルにおいて地表で女神の存在を維持する任務についたのは、シリウス星系からやってきたアスタラと言う存在でした。
彼女はエジプトではアセトと呼ばれ、ギリシアではイシスと呼ばれました。
イシスはいま最もよく使われる呼び方です。
エジプトのミステリーはアトランティスのミステリースクールの遺産を出来るだけ忠実に残そうとしました。
エジプトと後のグレコ・ローマンのミステリースクールで教えられたイシスの秘儀には、次の学問が含まれています。
● 闇の存在を許さない、純粋な愛と光による聖なる創造界の存在と、意識の中でその世界にアクセスするための技法
● 魂の不滅と、そのような魂になるための生き方
● 死後にアルコンを避けて光の国にたどり着く手順
● 女神との一体化や、日常行動の中で女神の生きた化身になる手順
● 地下王国の秘儀
● 聖なる結婚(ヒエロス・ガモス)の秘儀

これらの秘儀は秘伝を受け継ぐ者のみ伝授されました。
一方では、イシスは人格化され、災いから人々を守る守護神として崇められました。}
日本の守護神、アマテラスはアスタラ、アセス、イシスの事である。
私はダウジングで銀河生命体プレローマや弁財天・堅牢地神のアマラオスに聞いてみた。
宇宙の究極の存在ソースからの使命を持って地球にやって来た、アスタラはアマテラスと同体異名かと問うてみた。
そしたら名は違うが、同一人物と返事が来た。
日蓮大聖人の御書、産湯相承事にアマテラス・天照太神の事を端的(たんてき)に述べられているので記載したい。
{ 久遠下種の南無妙法蓮華経の守護神の、我が国に天下(あまくだ)り始めし国は出雲なり。
出雲に日御崎(ひのみさき)と云う所あり。天照太神 始めて天下り給(たま)ふ故に日御崎と申すなり。
我が釈尊 法華経を説き顕はし  たま(給)ひし より已来(このかた)十羅刹女と号し たて まつる。
十羅刹と天照太神と釈尊と日蓮とは 一体異名して、本地垂迹(すいじゃく)の利益広大なり。
日神と月神とを合して文字を訓ずれば十なり。十羅刹女と申すは、諸神を一体に束ね合はせたる深義なり。}
古代、日本と西洋は海の道で繋がっていた。イシスとアマテラスは一体異名である。



エスタルブリッシュメント支配層を撃ち破ったドナルド・トランプ大統領就任演説に感動した...2017/1/24, Tue 15:19

エスタルブリッシュメント支配層を撃ち破ったドナルド・トランプ大統領就任演説に感動した。子供だまし の 上辺だけの 偽善者グローバル企業や騙しグローバル主義のエスタブリッシュメント 支配層を撃ち破ったドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。
トランプ氏は1月20日の就任演説で「この日から、America First(米国第一主義)になる」とアピールした上で、「我々は二つのシンプルなルールに従う。米国製品を買い、米国民を雇うことだ」と強調した。「貿易、税制、外交のすべての意思決定は、米国の労働者の恩恵になるようにする」と訴えた。
私が共鳴した、就任演説をピックアップして見たい。
〇「きょうの就任式はとても特別な意味を持ちます。なぜなら、きょう、私たちは単に、1つの政権から次の政権に、あるいは、1つの政党から別の政党に移行するだけでなく、権限を首都ワシントンの政治からアメリカ国民に返すからです。」
* トランプ大統領は政治・政策の視線を国民の為に成る様に政治権力を行使する。今までは利権に政治家が政治資金の援助で、丸み込まれ、金まみれの政治が行われた、企業は海外に逃げ、産業は衰退し、国民の半分がフードスタンプに依存し、ホームレスが巷(チマタ)に溢れる。国民の半分が生活保護に陥ると言う無惨な状態に成った、航空機・乗用車以外に輸出する品物が無いと言う悲しい国家に落ちぶれた。
〇「 あまりにも長い間、ワシントンの小さなグループが政府の恩恵にあずかる一方で、アメリカ国民が代償を払ってきました。ワシントンは栄えてきましたが、人々はその富を共有していません。政治家は繁栄してきましたが、仕事はなくなり、工場は閉鎖されてきました。既存の勢力は自分たちを守ってきましたが、国民のことは守ってきませんでした。彼らの勝利は皆さんの勝利ではありませんでした。彼らが首都で祝っている一方で、闘っている国中の家族たちを祝うことはほとんどありませんでした。すべてが変わります。いま、ここから始まります。なぜなら、この瞬間は皆さんの瞬間だからです。皆さんのものだからです。ここに集まっている皆さんの、そして、アメリカ国内で演説を見ている皆さんのものだからです。きょうという日は、皆さんの日です。皆さんへのお祝いです。そして、このアメリカ合衆国は、皆さんの国なのです。本当に大切なことは、どちらの政党が政権を握るかではなく、私たちの政府が国民によって統治されているかどうかということなのです。」* 金の亡者のグローバル企業の首切りホームレス増産の体質を暴露した。彼等グローバル企業には労働者の人権よりは金儲けにしか頭は回らない。慈悲の宇宙時代には彼等グローバル企業は付いて行けない。時代から掃き捨てられるであろう。
〇「 国は国民のために奉仕するというものです。アメリカ国民は、子どもたちのためにすばらしい学校を、家族のために安全な地域を、そして自分たちのためによい仕事を望んでいます。これらは、高潔な皆さんが持つ、当然の要求です。しかし、あまりにも多くの国民が、違う現実に直面しています。母親と子どもたちは貧困にあえぎ、国中に、さびついた工場が墓石のように散らばっています。教育は金がかかり、若く輝かしい生徒たちは知識を得られていません。そして犯罪やギャング、薬物があまりに多くの命を奪い、可能性を奪っています。このアメリカの殺りくは、いま、ここで、終わります。私たちは1つの国であり、彼らの苦痛は私たちの苦痛です。彼らの夢は私たちの夢です。そして、彼らの成功は私たちの成功です。私たちは、1つの心、1つの故郷、そしてひとつの輝かしい運命を共有しています。」* エスタブリッシュメントは陰では マフィアに繋がり 表では若者を大麻使用で大量に逮捕して、刑務所労働者して はした金で使って莫大な利益を得た。若者に仕事を与えたら犯罪は減少する。トランプは都市部でのスラム街の再開発に取りかかると述べている。アメリカ全土都市部で再開発が始まる。若者は仕事にありつける。
〇「 何兆ドルも海外で使う一方で、アメリカの産業は荒廃し衰退してきました。私たちが他の国を豊かにする一方で、われわれの国の富と強さ、そして自信は地平線のかなたに消えていきました。取り残される何百万人ものアメリカの労働者のことを考えもせず、1つまた1つと、工場は閉鎖し、この国をあとにしていきました。中間層の富は、彼らの家庭から奪われ、世界中で再分配されてきました。しかし、それは過去のことです。いま、私たちは未来だけに目を向けています。きょうここに集まった私たちは、新たな命令を発します。すべての都市、すべての外国の首都、そして権力が集まるすべての場所で、知られることになるでしょう。この日以降、新たなビジョンがわれわれの国を統治するでしょう。

この瞬間から、アメリカ第一となります。貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、アメリカの労働者とアメリカの家族を利するために下されます。ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという略奪から、われわれの国を守らなければなりません。わたしは全力で皆さんのために戦います。何があっても皆さんを失望させません。アメリカは再び勝ち始めるでしょう、かつて無いほど勝つでしょう。私たちは雇用を取り戻します。私たちは国境を取り戻します。私たちは富を取り戻します。そして、私たちの夢を取り戻します。

私たちは、新しい道、高速道路、橋、空港、トンネル、そして鉄道を、このすばらしい国の至る所につくるでしょう。私たちは、人々を生活保護から切り離し、再び仕事につかせるでしょう。アメリカ人の手によって、アメリカの労働者によって、われわれの国を再建します。私たちは2つの簡単なルールを守ります。アメリカのものを買い、アメリカ人を雇用します。私たちは、世界の国々に、友情と親善を求めるでしょう。しかし、そうしながらも、すべての国々に、自分たちの利益を最優先にする権利があることを理解しています。私たちは、自分の生き方を他の人たちに押しつけるのではなく、自分たちの生き方が輝くことによって、他の人たちの手本となるようにします。」
* 政治とは本来こういう物であった。金融資本に国家権力が乗っ取られておかしく成った。
政治家は金融資本のはした金に心を奪われた。国家に尽くすのでは無く、はした金に良心を売った。その結果、国中にホームレスが溢れた。
国民は エスタブリッシュメント支配層のうわべだらけ綺麗事の騙しのテクニックに拒絶を しだした。これがトランプ勝利の原因である。
現在アメリカの女性の反トランプデモの意味が分からない。
もしかしたら、ファーストレディに成ったメラニア夫人への嫉妬かも知れない。
美貌のメラニア夫人、と可愛いバロン君は絵に成った。
私は20日の就任式はFace book で見た。新しいアメリカの王家族を見た思いがした。
メラニア夫人は王妃に見え。バロン君は皇子に見えた。
私のダウジングでは、ドナルド・トランプの過去世はアメリカ初代大統領のジョージ・ワシントンである。



竹布について...2017/1/18, Wed 03:58

竹布について。本山よろず屋本舗、小林健さんの面白い話・・・より。

{・・・<『ミラクルヒーリング』、p97〜p100から抜粋開始>・・・

小林 特に竹の波動はいいですね。竹の波動は、いいものは入るんだけど、悪いものが入らない。これは竹からできた布なの。

船瀬 私も買ったけど、竹布はお勧めだよ。すごいな思ったのは手のひらにのっけると、ぶわっと温かくなる。何これという感じで、カイロみたいに温かくなるね。あれは、手の中で波動が増幅する。

小林 でも、これをやると文句を言えなくなっちゃうの。

船瀬 心が優しくなっちゃう(苦笑)。

小林 何か苦情を言えないんですよ。私、何かがあってうちのセクレタリー * (秘書) に苦情を言おうと思って、とったら言えるんですね(笑)。そしたら彼女が気づいて、これを私に巻いたら、「あれ、何だったけな」。これ、よくないよ(笑)。したときには怒れない。怒るときは外して。ほんとにおもしろい。

船瀬 竹炭もものすごくいい波動みたい。だから、水の中に入れておくと、水がパワーアップする。そして一晩で水がパーフェクトに浄化される。高い浄水器より、こちらがおすすめ。備長炭一本ですむ。暮らしの知恵だ。
 あと、先生、竹の筒で焼いた竹塩(たけしお)というのがあるんですが、これもものすごくいい波動です。日本中が竹公害なんて言われているけど、竹は見直すべきですよね。

小林 そうですよ。

船瀬 成長が早くて、普通の木の10倍のスピードと言いますよ。あのエネルギーはすごいよね。

小林 昔竹トンボなんかあったでしょう。昔は竹の葉っぱに梅干しを挟んでチュッチュッとやったもんですよ。

船瀬 笹の葉っぱのお茶(笹茶)なんかも、ものすごくパワーがあります。

小林 だって、かぐや姫が生まれちゃうんだから、最高ですよ(笑)。誕生の水ですね。

船瀬 あれはシンボリックだな。『竹取物語』は竹の生命を象徴している。早く言えば、日本列島には気のエネルギーに満ちたものがあるんですね。それをプラスチックだ何だと、人工のものでごまかしている。天然素材にもう一回戻るときだ。

小林 細長い竹炭を売っていたので、僕は実験したの。90円の水を2つ買って、一方には竹を洗ってから入れる。40分ぐらいして飲むと、甘くておいしいの。もう一方の竹炭を入れていないほうの水を飲んだら、飲めない。それほど変わるんです。
 もう1つ、私の友人が言ってましたけど、3級酒を入れると1級酒になる(笑)。彼は間違いない人だから。波動が変わっちゃう。

船瀬 水は記憶して、いいものに共鳴するらしいね。

小林 そう、水は記憶するんです。竹炭が入ったいろんなフードが出ると思いますから、食べたらいいですね。

船瀬 竹布はお勧めだね。おとといお会いしたときに、いろんな竹布の手ざわりを試しました。

小林 先生はすごくいい。とを言いましたよ。お母さんに買ってあげるといいよ。

船瀬 うちのおふくろは94歳だから、竹のストールを買って送ってあげようと思う。}
私も2018年12月18日のよろず屋寸話のこの記事を読んで 私は直ぐ様にネットで竹布を注文し竹炭を手に入れた。
季節がらマフラー・スカーフに転用出来る和布(なごみぬの)とハンカチ、ボディタオルベビーソフトをネットで購入した。
以前に超能力者の長瀬正彦氏から貴方は氣が早く 怒りぽい所が見受けられると注意された。
明治天皇の替え玉説で意見が相違したのと、礼の配慮に欠けるとして絶交に成ったが、この前、解除された。
もう、私を折伏するなと念をおされた。
長瀬正彦氏は過去世では私の上司の後醍醐天皇の長子 護良親王で有る。
長瀬氏によると、あの時代の私は気性の激しい武将で有ったそうで有る。
先週の日曜日に正宗寺院で新田義貞の塔婆供養をして来た。
そしたら夜半、ひさびさにラップ音が高く鳴り響いた。
今は気性の激しさを竹布の和布をマフラー・スカーフにして心を暖かにして穏やかに させている。仕事から帰って来たら両膝に竹布のハンカチを乗せて日課の英語の勉強をしている。
寝る時は、竹布のタオルを枕カバーにして睡眠すると夜半、身体が熱くなり、焼きたてのパンを食べた様な気分に成る。
高波動に成りすぎたら身体を冷やす為に水晶のスカルを両手に乗せて、心身を冷やす。
竹布は愛の心を発生させる、水晶のスカルは静寂をもたらす。
私にとって静寂はとても大切で有る。
この頃、静寂の大切さが解って来た。
宇宙は静寂の空から、素粒子は生まれ、動き回り物質は生まれて来る。
物質は愛の波動に依って成長して行く。
善の基本は生命を育む母性愛の心で有る。
愛は人間にとって生きる為のエナジーで有る。
生きる希望、生きようとする因に成って行く。
そして時間の経過で静寂に収まって行く。人間にとって障りの無い心は、とても良い状態である。正常な肉体は何の障りもなく、空虚である。
不都合が生じて来るとガサガサとした障りが出て来る。ガサガサ気分は身体に異常が生じている証拠である。
何も感じない空虚の状態は良い状態である。
その事を仏法では、雪山童子が鬼神に化けた帝釈天から得た、経の一節。
{ 「諸行無常・是生滅法」
諸行は定まり無い無常であり、是は生じて滅して行く法、習いで有る。
「生滅滅己・寂滅為楽」
生滅の法を滅して終わったら、寂滅の静を持って楽しみとする。生死の流転を卒業したら宇宙の静寂に溶け込む。不変真如は空の寂に有る。為楽とは宇宙の根源と一体に成って歓喜を味わう事。}
今年から心の想いが現実社会に顕れて来る時代に幕開けした。
善い因は善い結果として現れ、
悪い因は悪い結果として顕れて来る。
貴方の目の前に現れる現象は貴方の心の表れである。
心が正直に現実社会に表れる時代に突入した。世界の異常気象は民族しての業の表れある。
もしガサガサの心が有るなら、
もしかしたら竹布や竹炭で少しは修正出来るかも知れない。



人類選別の過渡期、2017年...2017/1/5, Thu 15:37

人類選別の過渡期、2017年。
各世代には、乗り越えるべき各課題がある。一世代前は世界大戦や植民地解放戦争を経験した。
では、21世紀を生きる私達の乗り越えるべき課題は何で有るのか、人間愛の社会生活を営むと言う常識を逸脱した、強欲のグローバル企業の賄賂がらみの政治・経済からの脱却である。
グローバル企業はただの利益追求の強欲の非常識・無慈悲の輩(かやら)にすぎなかった。
彼等が世界に拡がったら、全世界にホームレスが増産された。
仁義なき、リストラ、中小企業の倒産が世界に拡がった。
人々に生業を与えるのが経済の基本である。
グローバル企業は理不尽な奴隷形態生産で価格を崩壊させて全世界の中小企業を倒産の危機に陥(おとしい)れた。
アメリカの新大統領ドナルド・トランプのアメリカ再生のアクションはグローバル企業への国境税等の関税にある。
売る為には自国民のリストラを敢行して、外国に逃げ出し、奴隷形態生産に着手するグローバル企業には自国民を守ると言う道義的義務感や慈悲心が無い。
彼等は自国民の労働者への首切りには、なんの自責の念を持たない。
商品を売る為に発想を高めるのでは無く、すぐ首切りに走る彼等には、ガラパゴスの発想しか出来ない。
先行する秘密宇宙プログラムの新技術が開示されたら、ガラパゴスの技術で作られる彼等の製品は、大衆からすぐに投げ捨てられるであろう。
強欲者のグローバル企業に天の采配が与える物は、首切りの報いとして国境税等の関税が妥当である。
世の常として、無慈悲者には罰として無慈悲を。仁徳有る者には利益を。
因果応報は宇宙の道理・法則である。
2017年から精神風土の流れが変わった。深層心理の本性があらわに表れる時代になった。今後次元は二つに分かれて行く。
慈悲あふれる宇宙文明時代の次元に上昇シフトして行くか。
弱肉強食の恐竜時代に落とされ、他の銀河で進化のやり直しに成るか心の持ち方で選別される。
アマラオスの堅牢地神・弁財天に日本の近未来をダウンジングで問うて見た。
☆私 問う。日本は次期の宇宙文明時代に対応出来る、宇宙戦闘機を保持しているのか。
◎アマラオス返答する。日本の自衛隊は米軍の協力の元にすでに、二機の宇宙戦闘機を持っている。自衛隊は宇宙戦闘機の生産技術を保持している。
☆沖縄北部の新基地は宇宙戦闘機の着陸エリアですか。
◎沖縄高江のヘリパッドは宇宙戦闘機の隠れ着陸エリアである。
☆日本の低賃金の流れは断ち切れますか。
◎日本の低賃金の流れは、対中国に対応するものであり、今後、中国の賃金が上昇すれば、低賃金に抑えられた日本の若者の賃金は、中国の労働単価の上昇に連動してゆるやかに改善して行く。
☆福島第一原子発電所の原発事故で汚染された国土は再生可能ですか。
◎原子力発電所事故で放射能汚染された国土はEM菌等の微生物の力で再生されて行く。将来、福島第一原発は次世代兵器に内破されて行く。*内破=大爆発によって次元の扉が開き、そこに爆発された物は吹き飛ばされる。
☆日本はプーチンのロシアと上手くやって行けますか。
◎日本はロシアとの関係をユーラシア経済連合に協力する形で参加する。北方四島は経済協力モデルとして成功して行く。
日本の町工場の技術はロシアとの関係で花開き、技術力の有る町工場は中小企業へと成長して行く。
※最後に、過渡期を乗り越える為には、心の想いが外世界に現実として表れて来るから、外野の外世界の喧騒には ふんどう されずに心静かに慈悲のあふれる宇宙文明時代に自分がシフトして行く事を強く望み続ける事である。
今年を生き延びれば、地球の次元上昇の飛翔に乗って行ける。



 

[トップページ] このページの先頭へ