2016年

[トップページ]

小林健さんの面白い話

臨死体験で語られる本能寺の変

魚座から水瓶座の時代へ

家庭で作るこだわりの蕎麦

興味深い3つの話題

世界金融大変動の時期について

断食とクォンタム・プロセス

アメリカ政府統計に対する疑問

ブルー・エイビアンズのシールド

訪問者の方からのメール

お爺ちゃんセッション(35)

遮蔽記憶(2)

遮蔽記憶(1)

経済・金融大変動の時期について

気になるドイツ銀行の株価

次のテーマは筋肉

アメリカで起こっている異様なこと

コーリー・グッド氏の追加情報

ブンブンさんのメールから

松原照子さんのブルーグレーのおばちゃまのお話

振動数を上げる最大の要因とは

お爺ちゃんセッションで聞いたクォンタム・プロセス

急速に進む日本の貧困

ノアの方舟の物語(後編)

ノアの方舟の物語(前編)

人類創世の物語(1)

外為相場における勝者と敗者の物語

バシャールが語る振動数

ポジティブなUFO情報

ケン・コバヤシ氏のちょっといい話

ケン・コバヤシ氏の臨死体験

界面活性剤入りの浄水器!?

天然風化貝カルシウム

日銀のマイマス金利の背景

これから起こるであろう金融大変動の様相

ソマチッドがもたらす生命活動

ティテル氏の2016年の金融に関する予言

弾圧されるガンの代替医療

小林健さんの面白い話...2016年12月18日

 以前、ニューヨーク在住のヒーラーである小林健(けん)さんの話を紹介しました。
 今回は、小林健さんの新たな本が出版されましたので、そこから話題を紹介したいと思います。

 小林健さんは、日本ではあまり有名でないかもしれませんが、米国ではヒーラーとして、とても有名な方のようです。
 日本でもよく知られたハリウッド俳優たちが、こぞって小林健さんのヒーリングを受けているそうです。
 私はそんな小林健さんのヒーリング能力にとても魅力を感じていますが、今回は小林健さんのところに(本人は全く儲ける気がないのに)思わぬ富が転がり込んでくるという話を紹介したいと思います。

 年配の方はロバータ・フラックという黒人女性歌手をご存じかもしれません。
 「Killing Me Softly」(日本では「やさしく歌って」)は、日本でも大ヒットしました。私もとても好きな曲で、中学時代によく聞いていたことを今でも憶えています。
 そのロバータ・フラックさんもまた、小林健さんのヒーリングを受けた一人です。
 まずその話を『ミラクルヒーリング』(小林健、船瀬俊介著、ヒカルランド)から紹介したいと思います。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p101〜p104から抜粋開始>・・・

船瀬 先生もすごい話があるでしょう。「Killing Me Softry(やさしく歌って)」のロバータ・フラックを治したいきさつがおもしろいじゃない。声が出なくてかつぎ込まれたんでしょう。

小林 おもしろいかどうかわからないけど、ある歌手が声が出なくなって、いろんな先生のところに行ったけど出なくて、2日後にすごいコンサートがニューヨークのラジオシティ(ミュージックホール)で行われる。それでいらっしゃって、超小声・ハスキーボイスで「声が出ないんだけど」という感じで英語で言ったんですよ。僕が「わお。声というのは腎臓につながってるから、ちょっと横になってくれる?」と言って、鍼を腎臓のツボに2本刺したら、「ギャーッ、ギャーッ」って。「ほら、出たじゃないの」(笑)。声は出るようになったけど、続いて次のステップをしないと治らないので、100本ぐらい背中に刺したの。私は鍼師じゃなくてヒーリングアーティストですから、アートなんですね 。

船瀬 ぼくもニューヨークで刺してもらいました。不思議と痛くなかった。

小林 私は刺したいわけじゃないんだけど、原因と症状を一緒に治さなきゃいけないので打つんだね。そうしたら彼女が「ドクター・ケン、私、背中が痛くてしょうがない」。鍼が入っているから当たり前です。「どうしたらいいの。泣いたほうがいいかしら、それとも、私は歌手だから歌を歌ったほうがいいかしら」。「ああ、歌手なの。はいはい、歌いなさい」と言って、その歌を聞いたら、聞いたことがある。「これ誰の?」と言ったら、「これ、私の歌なの」。これは絶対まずい、かなり有名な歌手だと思い、それから何もしゃべらないで終わったら、感謝されたので安心してベラベラしゃべり出しちゃった。

船瀬 これからの展開は、まさにハリウッド映画……。

小林 翌々日、黒いリムジンがオフィスにお迎えに来ました。誰に聞いたのかわからないけど、私の好きなシャンパンが入っていて、チーズなんかあって、「どこ行くの」と言ったら、彼女がコンサートに呼びたいと言う。僕は街の喫茶店かレストランで歌うと思っていたから、「なんだ、そんな気を使うことはないのに……」と思って。私はこれから韓国料理のチゲを食べに行きたいと思っていたんだけど、「じゃ、行きましょう」と行ったら、何と超満員のラジオシティで、真ん中のミキシングの後ろで、全部見えるところの席に通されました。

船瀬 プラチナシートですね。

小林 そしたら彼女がステージに来たわけです。そして僕が「Oh! It's my patient」と言っても、誰も信用しない(笑)。すごかったですよ。ああいうすごい人というのは歌が耳に入ってこないで、ここハートに入ってくるの。
 2人の紳士が迎えに来て楽屋裏に行ったら、会いたい人が100人ぐらい並んでいるわけです。そして僕を見たら、「ハーイ、ドクター・ケン」と言って、彼女はハグしてくれて、みんなに「This doctor saved my life」と言ってくれた。何とかプロデューサーとか、80何枚の名刺をもらいました。全然興味ないけど一応ポケットに入れました。見てませんけど、数えることは数えました。

船瀬 それがロバータ・フラックだった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうしたいきさつでロバータ・フラックさんは、小林健さんのヒーリングを受けたヒーリー(癒された人)の一人になりました。
 この関係が、小林健さんがニューヨーク郊外に牧場を持つきっかけとなるのです。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p131〜p135から抜粋開始>・・・

 スピリチュアルな動物農場

船瀬 先生はニューヨークの郊外で動物をたくさん飼っていらっしゃるでしょう。何で動物を飼い始めたの? 馬とかロバとかすごいでしょう。とっても可愛いし。

小林 ビューティーコンテストの馬だったんです。ところが、炎症で目が真っ白になって使いものにならないと、馬の商売人はすぐ殺して、油とか骨とかは使うんですよ。何百万円という馬でも1000ドルになっちゃう。「ノー、そんなことで殺すのは許されない。じゃ、僕に1000ドルで売って」。実際に買ったら、ものすごく高い馬なんです。私はそういうのが得意だから、白くなった目をすぐ治しちゃって、目がきれいになったら、「サンキュー、サンキュー」とキスしてくれてね。そうしたら馬の前のオーナーが時々立ち寄って、目が治っているから、バイバック(買い戻したい)と言うけれど、「ノー」と言う。

船瀬 一つ一つの命を救っているんだね。

小林 うちにいる動物はみんな問題があるけど、みんな治すわけです。ちゃんと目の前で、「これは肝臓にいいよ。僕は飲めるからね。はい、今度はあなたの番」と言って、嫌々飲みますね。豚ちゃんもそう。豚ちゃんも時々かゆいみたいでかいているから、かゆみをとるような漢方薬を「トンペイちゃん、これはかゆみにいいから。あなたがひっかいてるから、その辺がちょっとハゲてるでしょう」と言って、グーツと飲みますね。だからコミュニケーションですよ。

船瀬 マンハッタンから2時間ぐらいで、先生は運転もすごいね。運動神経バツグン!

小林 ずっと行ったり来たりしているから、目をつぶっても帰れる。

船瀬 ウィークエンドは動物農場で過ごされている。

小林 リスとかウサギが出てくる時間帯もわかっているんですよ。「ウサギがいないな」ととまっていると、チョロチョロと出てくる。ちょっと時間がずれますけどわかっている。

船瀬 この前、僕が行ったとき、在来のジャパニーズのケン先生の支援者の方が30人ぐらい集まっていたよね。野外パーティ開いてくださって、とっても楽しかった。

小林 ヒーラープログラムとかキャンピングとかやるんです。日本からもこの間15人いらっしゃって勉強したんです。

船瀬 先生のネットワークはすごいよね。ニューヨークにいらっしゃるのにヒーラーとか、そういう方々が30人、40人、50人。あそこの農場はインディアンの霊がある。

小林 そう、インディアンが持っていたの。いろんな人が買おうと思ったんだけど売らなくて、私が行ったら、この土地を大切に使ってくれる人ということで売ってくれた。冷たくてきれいな川が流れているんだけど、僕が行くと、亡くなったインディアンが100人ぐらいあらわれて、「サンキュー」と言ってくれてコミュニケーションをとっていますよ。

船瀬 森の中にすごいきれいな小川が流れていて、我々を手伝っていたボランティアの奥さんが、暑いし誰も見ていないから、そこで汗を流していたら……。

小林 というか裸で入ってるの(笑)。

船瀬 そしたら、森の陰からインディアンが100人ぐらいじっと見ていた(笑)。

小林 僕はインディアンに「スケベねえ」と言ったわけ。そしたら、そういう目で見ていないのね。エネルギーで見ているんですね。

船瀬 あの森はちょっとスピリチュアルだね。

小林 そうですよ。そこで木をハグした人が、伊勢神宮で同じようにしたら、”気”がほとんど無くて泣いていました。

船瀬 森美智代さんが一緒に行って、「ここ、何か感じる」と言ってデジカメでパシャパシャと写したら、デジカメに光の玉が10、20写っていました。いわゆる”オーブ”ですね。本当に不思議。

小林 精霊が写る。ほんとにいいところが手に入った。それを買えるようなおカネを持ってなかったんだけど、たまたまさっき言ったロバータ・フラックのローヤー(弁護士)が持っていて、買えないのがわかっているから、キャンセルになるようにめちゃくちゃに安い値段を言ったら、オーケーになっちゃって。ローヤーは彼女のおかげで儲かっているから、多分彼女が「ドクター・ケンに世話になっているからやっちゃったら」なんて言ったんだね。

船瀬 困ったったときに救われていますよね。

小林 いつもそうですよ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 いやはやなんとも凄い話です。
 いつも貧乏でピーピーしているはずの小林健さんが、なんとニューヨーク郊外の牧場のオーナーになってしまったという話です。
 次はもっと凄い話です。
 なんと地上5階、地下1階のビルのオーナーになってしまったという話です。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p146〜p154から抜粋開始>・・・

 いい運気を引き寄せる

船瀬 先生がすごいなと思うのは、いい運気がガーッと先生の前に吸い寄せられ、引き寄せられている。さっきのグーで殴るイタリアの嫁はん。普通はそれでめげて落ち込んで、落ち込むと逆に悪い運気が来るでしょう。先生に泊めてもらったハーレムのビルはすごいよね。最初、先生はおカネがなかったんでしょう。

小林 ないないない。

船瀬 それもまた運気だと思うんです。

小林 要するに考え方ですよね。いっぱい患者さんが来るから私がすごくおカネを持っているとみんな思うんですけど、実際そんなにチャージしてないから。ワンちゃんが2匹いて、離婚したのでアパートが欲しいなと思ったら、友人が「自分のオフィスに住みなさい」と言うんですよ。そうすると家賃を払わなくていいから、その分をためて、それでアパートを買おうということになった。半年後に彼女が来て「幾らたまった?」と言われて僕は、5000ドルと言えないから、「ファイブ」とやったんですね。

船瀬 5000ドルといったら日本円で50万円ぐらいのものですよね。

小林 そう。もっとたまるはずなんだけど、私は殺される可能性があるので、若い連中とみんな使っちゃって、ためる気なんか全くないんですよ。ただし、ポケットに入ったおカネをいつもかごに入れていたら、何だかんだ集まって四千幾らになって5000ドルにした。彼女にしてみれば「ファイブ」はハーフミリオン、5000万と思うわけですよ。私はたった5000ドル、彼女は1億の半分ぐらいに思った。私の忙しさから見たら当たり前ですよね。それで「オーケー、レッゴー」と言って、私は音楽が好きで、ハーレムのライブによく行っていました。

船瀬 そこで、もう運気がめぐってきた。

小林 そこでお会いした不動産のセールスマンが、その知り合いが買ったばかりのビルを見せてくれて、汚かったんだけどキュートだったのね。私はキュートが好きなんですよ。

船瀬 あそこは5階建てで、地下があって6階だね。すごいビルだよ。

小林 普通に買えば、そんなのは何ミリオンもするわけです。私の友人の不動産屋の女性、その弁護士、私の3人でそのオーナーのオフィスに行ったんです。
 そしてケン・コバヤシを調べたら離婚したばかりで、破産しているわ、銀行はクレジットがゼロだわ、すっからかんですよ。そして僕が「銀行で借りたらいいんじゃない?」と言ったら、「Doctor Ken, sorry, you are bankrupt(あなたは破産している)」、「エーッ」と。そういえばクレジットカードが使えなかったなと思って、いろんなことがわかっちゃった(笑)。

船瀬 最悪じゃん。

小林 そう最悪。

船瀬 何であのビルが手に入ったかということです。

小林 彼女が不動産屋さんにハーフミリオンと言ったから、「ケン、現金で払いなさい」と。ファイブだからね(笑)。

船瀬 5000万円持っているんでしょう、と。

小林 単位が違うわけですよ。

船瀬 50万と5000万じゃ、100倍違うよ。

小林 「ファイブという意味は、ファイブサウザンド」と言ったら、彼女が「What? Five thousand dollars. Ridiculous!」

船瀬 「バーカ」と言われた。

小林 そんな感じ。それでローヤーに謝って帰ろうと思ったら誰か来て、「Please, comeback」と言われて、「What does it mean?」、「l don't know. Owner want see you again.」と言うから、戻って「どうしたの?」と言ったら、確認するというんですよね。「Robert De Niro is your patient?」と言うから、「How do you know?」と聞いた。「ティナ・ターナーもあなたの患者か」と、だんだん有名な名前が出てくるけど、僕にとっては何にも関係ないと言ったら、「実はうちのワイフが目のがんだ」と言うんです。大金持ちだから、ヘリコプターで先生をいっぱい呼んでいるわけですが、調べるとダメで、私に会った1週間後に目を取ることになっていた。そうしないとがんが頭に行っちゃうというので。

船瀬 現代医学の限界だ。「治す」のでなく「切り取る」。

小林 おカネがあるのに治せないから、彼女は6カ月間大泣きです。誰に言っても現代医学的には無理だから。最後に、私が行った日に波長が合ったんでしょうね。彼女の何人もの友人から、ケン・コバヤシという医者がいて、この人は何が何だかわからないことをやるんだけど、がんを治している経験がある。それで彼女は旦那に電話して「ハニー、サンキューね。私はこれで治せるドクターが見つかったから」。「よかったね。大事な目だから、何ミリオン払ってもいい。何というドクターだ」と言われて、「小林健という」。彼は覚えていないから、「ああそうか。オーケー」。ゴミ箱を見たら、捨てた「ケン・コバヤシ」と書いた書類があるから、彼は「あれっ」と思ったんじゃないですか。それで呼び返して確認したわけです。僕は「そうだ」と言った。

船瀬 さあドラマのはじまりだ。

小林 「グッドニュースとバッドニュースがある」と言うから、僕も調子に乗って「How about good news? How about bad news?」と言ったんだけど、彼はバッドニュースから先に言って、「うちのワイフの目が治るのにあなたは何ミリオンも請求するだろうから、私にとってはバッドニュースだ」と言うわけ。でも目が治るならグッドニュースじゃない。でも、大金持ちにはバッドニュースだ。「ノー、ノー、僕は2000ドルか3000ドル、そんなもんだよ」と。そしたら「What?」。すかさず私が「How about good news?」と言ったら、「このビルをあなたにやるように努力する。でも、ただはいけないから」と言って、めちゃくちゃ安い値段にして、いろいろぶっ壊れているから直すおカネも必要だから、そのおカネも入れてくれる。「あなたのクレジットカードはどこの銀行もオーケーにしてあげる」。彼は3つも4つも銀行を持っているんですよ。その銀行に入れて、手に入っちゃった。

船瀬 何かミラクルでしょう。

小林 ミラクルじゃなくて、私がその5000ドルをためたということですね。ミステークで「ファイブ!」。

船瀬 向こうは50万を5000万だと思った。

小林 世の中のことは全てそう。医者にがんだと言われたら、「サンキュー」と思わなきゃ。即死する予定だったのを調整するために、あなたにがんが生まれたんですよ。

船瀬 血液が汚れていくと最後は敗血症になり、一週間以内で死んでしまう。がんは、血液の浄化装置だし患者の延命装置なんだよね。

小林 がんの中には、自律的に潰れるような仕組みがあるんです。

船瀬 自分の用が済むと自然に消えていく。これは「がん細胞の自殺」アポトーシスと呼ばれる。

小林 それに感謝すればいいわけ。

船瀬 そうしたら、自分で勝手に消えていくんです。
 ハーレムに行ってごらんなさい。僕が学生時代にハーレムに行ったら、とても怖くて汚くて危ないところだったのが、今やとてもチャーミングな街になっています。

小林 昔のクリントン大統領がバーでサックスを吹いていたのよ。

船瀬 ジャズの生バンドのお店とか。最高ね。

小林 船瀬先生と、うちの近所のフレンチレストランに行ったら、生バンドが演奏してたの。すごくよかったよね。

船瀬 街並みは緑が豊かでクラシックで、ハーレムは人気で、5階建てのビルが買ったときの10倍ぐらいになっているでしょう。

小林 売る気はないけどね。

船瀬 「わらしべ長者」という話があるけど(笑)、運気がいい方向にどんどん膨らんでいく。先生が運気を呼んでいるんだね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は小説ではこんな話を読んだことがありますが、小林健さんのような人が、本当にこの世にはいるんだと感心してしまいました。
 ぜひ小林さんのセミナー等があったら、参加してみたいと思ったのですが、『ミラクルヒーリング』に、小林さんと船瀬さんのトークセッションが来年春に予定(日時は未定)と載っていました。
 そこでヒカルランドのHPで予約リストに登録しようと思ったのですが、そんな欄は見つかりません。
 仕方なくヒカルランドに電話したら、掛かりの人(おそらく石井社長さん)が手書きで私を予約リストに載せてくれました。平日の可能性もありますが、ぜひ小林健さんのエネルギーを感じてみたいと思っています。

 最後に、ヒーラーの小林健さんの本なので、私が気になった健康の話題を一つ紹介したいと思います。
 竹炭が波動がとても良いという話です。


 ・・・<『ミラクルヒーリング』、p97〜p100から抜粋開始>・・・

小林 特に竹の波動はいいですね。竹の波動は、いいものは入るんだけど、悪いものが入らない。これは竹からできた布なの。

船瀬 私も買ったけど、竹布はお勧めだよ。すごいな思ったのは手のひらにのっけると、ぶわっと温かくなる。何これという感じで、カイロみたいに温かくなるね。あれは、手の中で波動が増幅する。

小林 でも、これをやると文句を言えなくなっちゃうの。

船瀬 心が優しくなっちゃう(苦笑)。

小林 何か苦情を言えないんですよ。私、何かがあってうちのセクレタリーに苦情を言おうと思って、とったら言えるんですね(笑)。そしたら彼女が気づいて、これを私に巻いたら、「あれ、何だったけな」。これ、よくないよ(笑)。したときには怒れない。怒るときは外して。ほんとにおもしろい。

船瀬 竹炭もものすごくいい波動みたい。だから、水の中に入れておくと、水がパワーアップする。そして一晩で水がパーフェクトに浄化される。高い浄水器より、こちらがおすすめ。備長炭一本ですむ。暮らしの知恵だ。
 あと、先生、竹の筒で焼いた竹塩(たけしお)というのがあるんですが、これもものすごくいい波動です。日本中が竹公害なんて言われているけど、竹は見直すべきですよね。

小林 そうですよ。

船瀬 成長が早くて、普通の木の10倍のスピードと言いますよ。あのエネルギーはすごいよね。

小林 昔竹トンボなんかあったでしょう。昔は竹の葉っぱに梅干しを挟んでチュッチュッとやったもんですよ。

船瀬 笹の葉っぱのお茶(笹茶)なんかも、ものすごくパワーがあります。

小林 だって、かぐや姫が生まれちゃうんだから、最高ですよ(笑)。誕生の水ですね。

船瀬 あれはシンボリックだな。『竹取物語』は竹の生命を象徴している。早く言えば、日本列島には気のエネルギーに満ちたものがあるんですね。それをプラスチックだ何だと、人工のものでごまかしている。天然素材にもう一回戻るときだ。

小林 細長い竹炭を売っていたので、僕は実験したの。90円の水を2つ買って、一方には竹を洗ってから入れる。40分ぐらいして飲むと、甘くておいしいの。もう一方の竹炭を入れていないほうの水を飲んだら、飲めない。それほど変わるんです。
 もう1つ、私の友人が言ってましたけど、3級酒を入れると1級酒になる(笑)。彼は間違いない人だから。波動が変わっちゃう。

船瀬 水は記憶して、いいものに共鳴するらしいね。

小林 そう、水は記憶するんです。竹炭が入ったいろんなフードが出ると思いますから、食べたらいいですね。

船瀬 竹布はお勧めだね。おとといお会いしたときに、いろんな竹布の手ざわりを試しました。

小林 先生はすごくいい。とを言いましたよ。お母さんに買ってあげるといいよ。

船瀬 うちのおふくろは94歳だから、竹のストールを買って送ってあげようと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はさっそくネットで竹炭と、竹布を注文してしまいました。



臨死体験で語られる本能寺の変...2016年12月3日

 今回は歴史ロマンの話です。
 3度の臨死体験で知られている彗星研究家の木内鶴彦さんの最新刊、『臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」』(木内鶴彦著、扶桑社)に、天下取りを目前にしながら本能寺の変で散った織田信長の話が載っています。
 そして同時期に発売された、『瀬織津姫(せおりつひめ)システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす』(中山康直・澤野大樹著、文芸社)という本にも、臨死体験で本能寺の変の様子を見ていたという話が載っているのです。
 両者の話は、織田信長が本能寺の変で死んでおらず、その後大陸に渡り、そしてローマに達したという点で極めて似ています。
 大変興味深いです。

 まず私たちが歴史として教えられている本能寺の変を整理します。
 本能寺の変が起きた1582年(天正10年)6月2日の前日の夜、明智光秀は中国征伐に向かった羽柴秀吉軍の応援のため、1万3千の軍勢で亀山城を発ちます。
 しかし道中で道を変え、「敵は本能寺にあり」として、急遽京都に軍勢を向かわせます。
 そして近習100名たらずで本能寺に宿泊していた主君の信長を打ち、天下取りに名乗りを挙げたとされています。
 まず最初に『瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす』から中山康直氏が臨死体験で見た本能寺の変の様子から紹介します。


 ・・・<『瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元世界のタブーを明かす』、p121〜p126から抜粋開始>・・・

 イエズス会による信長暗殺計画

 その薩長同盟につながる龍馬たちのエピソードを見たあと、さらに時代が巻き戻しされていくように見てしまったのが、2つめのストーリーである本能寺の変です。またもや本能寺の場面を少し上空から見ている感じです。
 薩長同盟のシーンでもそうでしたが、面白いのは、建物の上空から見ているのに、中を見たいと思うと透けて見えるような感じで、建物内が見えてくることです。そこで織田信長が登場します。本能寺の中にいた信長を囲んでいたのは、歴史的にいわれてきた明智光秀の軍ではなく、なんとイエズス会の軍隊でした。
 当時、現在のスペインを中心にポルトガルまでの領域を「イスパニア」と呼び、大きな軍隊を持っていました。実はこのイスパニアの軍隊は傭兵のような形でイエズス会の軍隊の役割も担っていました。キリスト教の布教のための世界戦略の一環として今のフィリピンのマニラに駐留し、そこから日本にも入ってきていたのです。
 そして、イエズス会の宣教師であったフロイスは信長に謁見します。その当時、浄土真宗と敵対していた信長は、フロイスから西洋的な価値観やキリスト教を学び、仏教とは異なるその教義に新鮮さを感じていきます。結果的にキリスト教を擁護していくことになりますが、日本におけるキリスト教を他の武将とはまったく違うレベルでとらえていくのです。
 そのような状況の中で、フィリピンに展開していたイエズス会の軍隊の幹部3人が日本に来て、信長の片腕ともいえる明智光秀に謁見します。そのとき光秀は、イエズス会の幹部から、信長暗殺のプランを聞かされて、協力を要請されます。信長を暗殺したあかつきには、明智光秀自身が日本のトップになる話を持ちかけられるのです。
 しかし、光秀はその話を白紙に戻そうとするどころか、幹部3人の首をその場ではねています。戦国武将としての光秀の天下取りの出世を思ってか、イエズス会の幹部との仲介は、光秀の部下であり、「主水(もんど)」という名前の切支丹侍によるものですが、主水もその場で自害しています。
 文化的教養も高く、公家にも通じていた明智光秀は、下剋上といわれる戦国の時代には、珍しいくらい戦いを好んでいなかったようで、野望も野心もない武将でした。しかも、光秀は愛宕(あたご)権現の前で終生信長に仕えると誓っています。そのような彼の性格や精神的な状況から、織田信長を裏切るとは考えにくいのです。
 イエズス会の信長暗殺プランを聞いてしまった光秀でしたが、このことを信長には言えませんでした。もし言ってしまうと切支丹弾圧は避けられず、そうなると、細川ガラシャや高山右近など、光秀の身内や側近でもある名を馳せた切支丹も被害をこうむることになる。そこで、光秀はそのことを墓場まで持っていこうとしたわけです。
 しかしながら、本能寺でイエズス会軍隊が信長を囲むということを聞いてしまっているので、信長の命令により中国地方で尽力している秀吉を加勢に行く道中に道を変え、「敵は本能寺にあり」と宣言し、信長を助けに行くため、本当の敵、つまりイエズス会の軍隊を討ちにいったというのが、臨死体験で見てしまった歴史の真相です。

 本能寺で死んだ信長は替え玉で本物の信長は大陸に渡った

 ではなぜ、イエズス会の軍隊は信長の命を狙ったのか。臨死体験のときの本能寺の変の記憶と澤野さんの話を裏付けとして考えれば、真実が見えてきます。
 つまり、織田信長がキリスト教からイスラム教に改宗したと考えると、フロイスが日本にキリスト教を広める上で信長は目の上のたんこぶになってくるはずです。だからこそ、イエズス会は、信長を確実に暗殺する方法として、信長の動向を把握していたフロイスからの情報により、部下が少なく手薄になる本能寺を襲い、側近中の側近である光秀に話を持ちかけたのでしょう。
 しかし、信長は本能寺では死んでおらず、すでにこの暗殺の企ての情報をつかんでおり、本能寺に影武者を立てて、入れ替わり、死んだことにして、本物の信長は大陸へ渡ることになります。
 なぜ大陸に渡ったのかというと、それには信長に仕えた「弥助(やすけ)」と呼ばれていた黒人の影響が大きく関係しています。
 「ヤスケ」や「ヤハチ」と呼ばれていた、アフリカのモザンビーク出身の黒人の他にも、「ハチヤ」と呼ばれていたエチオピア出身の黒人もいましたので、当時の日本にも複数の黒人たちがいたのでしょう。信長はこの黒人たちとよく相撲をとっていました。
 「ヤハチ」または「ハチヤ」は、まさしく「ヤハウェー」のことであり、ヤハウェーはユダヤの神として有名ですが、そのヤハウェーはアラーと同一神とされているので、イスラムの宗教観にも通じてきます。
 すでにフロイスから献上されていた地球儀を見たまま、信長は一昼夜微動だにしなかったという逸話があるくらい、信長は知り得なかった世界に刺激を受けていました。黒人たちは、宗教学や戦術、建築にも精通していたので、彼らからもいろいろ教えてもらったでしょう。信長はそれほどまでに外国に強い関心を抱いていたようです。
 臨死体験中に見た信長の風貌やスタイルも肖像画とはまったく違っていて、西洋風というか、キリスト教やイスラム教の聖人のような風貌です。髪もちょんまげではなく、長い髪を後ろで束ねているドレッドヘアーのような髪型で、西洋的なアクセサリーやピアスまでしています。
 さらに、これは記録にも残っていますが、戦場に行くときにはヨーロッパの甲冑(かっちゅう)を身にまとって戦地に赴いていたことは有名な逸話として残っています。
 信長が築城した安土城などは、西洋の城を参考にして造られたようで、まるでカテドラルです。弥助は建築の知識にも長けており、信長はいろんな建築工法や設計図を見せられ、それを参考にして安土城を築いたようです。
 臨死体験で見た安土城の天守閣には、西洋のドラゴンのようなデザインアートのステンドグラスがはめられていました。信長は天守閣内に西洋チェアを置き、ワインを飲んだりもしており、唯一天守閣に住んでいたことも有名な話です。
 また、山形県の上杉神社には、信長が上杉謙信に贈ったビロードのマントが所蔵されています。武田信玄にも舶来物を贈っていたようで、敵に塩を贈るどころか、信長とはかなり世界的な価値観を持っていた「うつけ者」だったのです。
 戦国の覇者として、日の本「日本」を平定しようと「天下布武(ふぶ)」を掲げて戦いを始めた信長は、いつしか大陸へ思いを馳せるような世界観になっていきます。そこで、本能寺の変で自分が死んだことにした信長は、「暗殺亡命」の形で、その後大陸へ渡って最終的にはローマに辿り着きます。
 その時代のバチカンの枢機卿の名簿に「ODA」という名前があり、これが織田信長ではないかといわれています。今までの歴史的な織田信長像を超え、この時代の常識も超えている信長は、戦国の時代に生きた「宇宙人」のように思えてしまいます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 中山康直氏が臨死体験で見た本能寺の変は、我々が教えらえている歴史の定説とは、かけ離れたものです。
 しかし明智光秀が犯人ではないという説が、根強く残っているのも事実です。
 歴史に詳しい小説家の加治将一氏の説を、少し紹介したいと思います。
 今のようにトラックや航空機がある時代と違い、戦国時代の兵は、甲冑や武具など30kgにも及ぶ重装備を生身の体で運ばなければなりません。
 明智軍1万3千が亀山城を出発したのが、午後8時です。そこから京都の本能寺まで約20kmの道のりです。当時の行軍の速度では、10時間ほど掛かると言われています。
 明智軍が京都に向かう途中で老いの坂峠を越えなければなりませんが、この峠を越えた後に夜食をとったという記録が残っているそうです。
 それから桂川を渡る必要がありますが、この桂川は戦国時代の当時、暴れ川と恐れられていたといいます。しかも前日に大雨が降ったために水嵩が増しており、明智軍の行軍の難所となったと言われています。
 そうした当時の状況から、明智軍が本能寺に到着するのは出発から10時間ほど経った午前6時ころと推測されるそうです。
 しかし本能寺の変が起きたのは、午前4時です。
 明智軍が犯人だとすると、時間的につじつまが合わないのです。
 明智軍は本能寺に到着して、炎に包まれ焼け落ちる本能寺を、茫然と見ていたのではないかと推測されます。
 では次に、『臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」』から木内鶴彦さんが見た本能寺の変を紹介します。
 木内さんは臨死体験で有名ですが、これは臨死体験ではなく、木内さんの霊的な能力で見たビジョンです。


 ・・・<『臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」』、p149〜p154から抜粋開始>・・・

 それはひょんなことから始まりました。いまから3、4年前、居合わせた仲間たちと日本の歴史について話していたときのことでした。
 「そういえば織田信長って、本能寺の変で殺されたことになっているけど、遺体が見つかってないよね」と誰かが言い出しました。その言葉に、私も気になることを思い出したのです。
 以前、ある人から織田信長だというデスマスクと、暗殺された戦前期の首相、犬養毅のデスマスクの両方を見せてもらったことがありました。
 犬養さんのデスマスクは皮膚がさらりとしていましたが、織田信長のほうは毛穴がはっきり見えました。
 「毛穴が開いているということは、デスマスクじゃなくて、生前に型をとったということだよな」と不思議に思ったものです。

 そのときの印象があったので、「もしかしたら、信長は死んでいないんじゃないか?」ということになりました。
 「それなら信長が死んだ3,4日後に行ってみればいいんじゃないの。もし生きていたら、本能寺の変のあとの信長の意識とコンタクトできるんじゃないのかな」という話になって、私が試してみることになったのです。
 そんなことができるのかなあ、と思ったのですが、実際そうやって念じてみると、臨死状態ではなくても、目の前に海辺の風景が見えてくるではありませんか。なんと私は自分の肉体を現在に置いたまま、誰かの体の中に入り、その人の目になって、風景を眺めることができたのです。
 私がもぐり込んだのは織田信長のようでした。なぜなら周囲の人が、私が入り込んだ人物に対して「殿」と呼びかけていたからです。
 ここからはまるで実況中継のように、私が信長の目になって、見えた景色を仲間たちに話し始めたのです。

 私、つまり信長がいたのは福井県の小浜でした。なぜ小浜だとわかったのかというと、私は以前、たまたま小浜に行ったことがあったからです。リアス式海岸のあの独特の風景に見覚えがありました。信長が海辺に立っていると、向こうから中年でかなりの美男がやってきます。
 誰だろうと不思議に思っていると、信長が「光秀、おまえは何をしていた」と言うではありませんか。この男が明智光秀なのか、と私はびっくりしました。そういえば、一説には光秀も遺体が見つかっていないといわれています。
 いったい何が起きているのか、と私はびっくりしてしまいました。どうやら本能寺の変は信長と光秀があらかじめ企んだことだったようです。2人で話しているのを聞いていると、信長は日本に飽きあきしているのがわかりました。
 「天下取りはつまらぬ」と信長は光秀に話していました。
 私が信長の中に入ってわかったのは、信長はキリスト教を信仰していて、バチカンに行こうとしていたことでした。

 たしかに彼には黒人の家来がいたり、取り寄せた地球儀を眺めるなど、早くから世界に目を向けていたことは、いまの歴史においても明らかです。このとき信長の野望は日本にとどまらず、世界に向かっていたのです。

 織田信長の野望は天下取りではなく、世界に向いていた

 じつは本能寺の変が起こる少し前、信長はローマに送る少年使節団に自分の長男、信忠もまぎれ込ませていました。長男は信長と一緒に本能寺で死んだことになっていますが、やはり死体が見つかっていません。
 信長は小さな国の日本の天下取りではなく、ローマに行って世界征服を企んでいたのでしょう。
 彼は長男を追って、小浜からローマに向けて出航しました。そして朝鮮半島の近くまで行き、そこから東シナ海の海流に乗って、一気にフィリピンの近くまで行ったと思われます。
 そこには先に行った息子たちが待っていました。彼らと合流した信長は、いったんインドに寄港し、そこで1年ほど過ごします。その後シルクロードを通って1年ほどかけてローマに到着するのです。
 これらのことは、信長の目線になって私が見てきたことですので、史実とは大きく異なります。その内容もあまりに荒唐無稽なので、そのまま話しても信用してもらえません。ですから、いまは残された歴史的な遺品や史跡をたよりに、さまざまなことを照らし合わせて、真実は何かを検証している最中です。
 するとかなり面白いことが判明し始めました。ほんのさわりだけお話ししますと、当時ローマで法王の側近の枢機卿にまでのぼりつめながら、失脚して殺されてしまった人物がいたのです。
 彼はローマ法王に謁見し、暦までつくっています。自ら暦を作成するのは、普通は為政者が行うことです。彼は自分がローマ法王になりかわり、世界を統治したかったのではないでしょうか。
 しかしその野望は見抜かれて、火あぶりの刑に処せられます。体をぶら下げられて薪で焼かれるという残酷な方法で処刑されてしまいました。
 その人物の彫像がイタリアのある小都市にあるのを、旅行に行ったセカンドステージのメンバーが偶然見つけてくれました。
 送られてきた写真を見て、私は驚愕しました。像の顔は、まさにちょんまげを落とした織田信長にうり二つだったからです。
 私自身は、火あぶりになって処刑されたこの枢機卿こそが織田信長に間違いないと確信しています。

 さらにこの人物の名前にもヒントがありました。信長の体の中に入り、信長の意識とコンタクトをとったとき、信長にはそれがわかったのでしょうか。私にこう語りかけたのです。
 「この人物の名前の何番目の文字と何番目の文字をはずすように。それが私である。このことを覚えておけ」
 この人物とは、先ほどの処刑された枢機卿の名前でした。その名前から指定された文字をはずしていって驚愕しました。たしかに「ODA NOBU」になります。やはり信長はローマに渡り、枢機卿までのぼりつめて失脚したのでしょうか。
 もっとも「ODA NOBU」までだと、織田信長なのか、長男の織田信忠なのか定かではありません。
 枢機卿は長男の信忠の可能性もあります。まだまだ確かめなければいけないことがたくさんあって、私の興味はつきません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 中山氏と木内さんが見たビジョンが極めて似ていることに、本当に驚いてしまいます。
 これから先は、私の与太話です。
 ですから暇な方だけ読んで下さい。
 中山氏と木内さんのビジョンから、私が勝手に妄想を展開します。

 本能寺の変の直前、明智光秀は森蘭丸を通して、信長から”馬揃(うまそろ)え”の命を受けます。これは軍隊が騎馬を揃えて行軍するもので、信長は馬揃えを見るのが大好きだったという逸話が残っています。
 日本を脱出して世界に向かうという野望を持っていた信長は、替え玉を本能寺にわずか100名ほどの近習と伴に宿泊させます。そしてイエズス会が本能寺を襲うという情報を得た信長は、信長という武将が本能寺で死んだという事実を、日本全国に認めさせるための見届け人がいると考えます。その為に忠臣の明智光秀に、馬揃えを見るという名目で本能寺に来るように命じます。
 しかし一方で、光秀は独自の情報網でイエズス会による信長暗殺計画を知ります。
 本来であれば、1万3千もの大軍勢ですから、行軍するのは昼間がよいに決まっています。しかし信長の危機を救うべく、急遽、夜の8時に本能寺に向けて出発することになります。
 しかし本能寺に着くと、燃えさかる本能寺の姿に茫然とすることになります。
 そこで光秀は情報網を駆使して、本物の信長は福井県の小浜に向かったことを知ります。光秀は終生、信長に仕えると決めており、(自身も信長に拾われた身なので)、ここで信長同様に国を捨てる決断をします。家臣に、今後は自らの判断で行動するように命じて、単身、小浜に向かいます。
 しかし突然、主君を失った1万3千の軍隊は迷走します。天下取りの絶好の機会が訪れたと勘違いした光秀の家臣たちは暴走します。京都を抑え、安土城に入り金銀財宝を強奪します。
 そして光秀の名を騙り、全国の武将に見方するように呼びかけますが、もうこの時点でかなり事実がばれていたのかもしれません。多くの武将に背を向けられてしまいます。
 さらに主君を失い統率を失った軍隊は、いざ合戦となったらもろいものです。
 大返しの羽柴秀吉の軍に、あっけなく破れてしまいます。羽柴軍の有能さばかりが光り、明智軍の無能さが指摘される山崎の合戦では、こうした背景があったのではないと推測します。

 一方、イエズス会は極めて危険な状態に陥っています。
 イエズス会が信長を襲ったという事実が世間に認知されれば、破滅です。
 そこで身代わりを立てる必要に迫られます。
 イエズス会が選んだのが、徳川家康と穴山梅雪です。
 両者とも信長を暗殺するのに、充分すぎるほどの動機があったからです。
 天下取りの野望を持つ家康にとって、このままいけば信長の天下になることは目に見えており、ここで信長に消えてもらうことは願ってもないことです。さらに家康は奥方と長男を信長に自害させられたという恨みもあります。
 一方、穴山梅雪は武田勝頼に見切りをつけ、武田軍を裏切り、家康・信長軍に内通して武田家を窮地に追い込んでいます。
 穴山梅雪の狙いは自身の息子を武田家の当主にして武田家を再興することで、その約束を家康に取り付けていました。
 その約束を知っているはずの信長ですが、武田軍の残党が逃げ込んだ恵林寺(武田家の菩提寺)に、兵を差し出せと命じますが、寺が応じません。そこで信長は恵林寺の僧侶と兵をお寺丸ごと焼き殺してしまいます。「心頭滅却すれば火もまた涼し」という有名な言葉は、恵林寺の快川(かいせん)和尚が言ったと言われています。
 武田家再興を願う穴山梅雪にとって、武田家の菩提寺を破壊されたということは、約束を反故にされたも同然です。穴山梅雪が、信長に強い恨みを抱いていたのは当然です。
 そこでイエズス会は、この2人を犯人に仕立て上げようとします。
 イエズス会の宣教師ルイス・フロイスは、「日本史」に、こう記しているといいます。
 (本能寺に)「特別の任務を帯びた者が忍び込んだ」
 本能寺の変の前、徳川家康と行動を伴にしていた穴山梅雪は、40名の腕利きの部下を引き連れていたといいます。
 ところが本能寺の変の後、穴山梅雪に随行していた部下は12名だと記されている文書が残っています。
 つまり30名ほどの部下がどこかに消えたことになり、この30名が本能寺の信長を襲った暗殺部隊だったと暗に仄めかしているのです。
 この説に乗ったのが、前述の加治将一氏です。
 しかし世間は、この説を取りませんでした。
 天下分け目の山崎の合戦に勝利し、時の権力者となった羽柴秀吉にとって、光秀謀反説の方が都合がよかったからです。秀吉は主君を裏切った謀反人を打ち取った武将として、天下取りに強い正統性を得ることができるからです。
 歴史は、権力者の手によって書かれます。

 さて光秀の動向です。
 新潟県の小浜で信長に会えた光秀は、信長に連れて行ってくれるように願います。
 しかし信長はそれを断り、日本に残るように命じます。
 信長を見送った光秀ですが、明智家再興の道はありません。家臣たちの暴走により、自分が謀反人のレッテルを貼られてしまったからです。そこで明智光秀の名前を捨て、家康の元で、髪を落とし天海和尚としてその辣腕を振う道を選びます。

 ここまで私の妄想に付き合っていただき、有難うございました。
 こうした妄想をしている間は、本当に楽しめました。
 いやあ、歴史は楽しいですね、アハハ・・・。



魚座から水瓶座の時代へ...2016年11月23日

 先週の土曜日、サアラさんのセミナーに行ってきました。
 なかなか興味をそそられる話題でしたので、ここで紹介したいと思います。


平行宇宙の存在

 タイトルは「魚座から水瓶座の時代へ」ですが、まず最初に今の地球で起きている話から紹介します。

 2016年7月4日は、人類にとって画期的な日になったといいます。
 その理由は平行宇宙のもっとも進化した存在が、地球に関与するようになったのが7月4日だからだそうです。これは平行宇宙の進化した存在とアクセスできるようになったということで、英語ではエンタングルメント (Entanglement)と表現するそうです。
 平行宇宙のもっとも進化した存在が住む宇宙では、宇宙全体が一つの文明で統一されているといいます。しかしそんな宇宙で、銀河系だけが黒い雲が掛かったような状態になっており、彼らはその原因を探ったそうです。
 すると今の地球の未来で起きることが原因だとわかったそうです。
 さらに追求すると、その未来の出来事の原因が過去にあることがわかったといいます。それが今で、それゆえ彼らは今の地球に関与することを決定したそうです。
 彼らの関与の仕方は、地球にエネルギーを送ることだといいます。
 9月24日からは、人々が個になるエネルギーを送ったといいます。
 10月12日からは、人々が魂の記憶を取り戻すエネルギーを送っているといいます。これは来年の2月まで続くそうです。このエネルギーは、嫌な記憶を甦らせるエネルギーだそうです。
 それでサアラさんは、10月12日頃から背中で焼けるように痛むとか、足首が痛むということを味わっている人もいるだろうと言っていました。
 背中が痛むのはムチを打たれた記憶であり、足首が痛むのは奴隷として足枷をはめられていた記憶だからです。
 なぜそんなことをするかというと、嫌な記憶を取り戻すことにより、浄化することができるからです。


魚座の時代は無意識のコントロールがある

 これまでは魚座の時代だったわけですが、サアラさんは魚座の時代のキーワードをたくさん紹介していました。
 その話の中で、私が特に印象深かった無意識のコントロールについて紹介します。

 私たちは無意識で魚座のエネルギーのコントロールを受けていると言われても、ピンとこないと思います。
 そこでサアラさんは、天皇陛下に対する私たちの態度を代表的な例として挙げていました。この話は私にとって、とても納得できるものでした。
 魚座の時代のキーワードとして、支配的な社会制度、階級制度、シンボリズムがあるといいます。
 日本社会で天皇は、日本を代表する存在としてのシンボルでもあります。
 私たち日本人は、無意識にそうしたシンボルの影響を強く受けているのですが、魚座の時代は自分達がそうした無意識のコントロールを受けていることに気付かない特徴があるといいます。

 もし私たちが天皇陛下と対面したら、どうなるでしょうか。
 ほとんどの日本人は、タメ口はきけないと思います。おそらく思いつく限りの尊敬語、謙譲語を頭の隅から探し出して、しどろもどろの会話をすると思います。
 太平洋戦争の敗戦で、天皇は人間宣言をしました。
 ということは、それまでの日本人は、天皇は神だと教えられていたわけです。そうした教育を受けた人が、天皇の前で普段使わない尊敬語を使おうと四苦八苦するならわかります。
 しかし戦後教育を受けた世代でも、同じことが起こってしまうのです。
 (私もそうですが)日常の生活で天皇のことなど全く意識しないし、天皇制に特別な興味もない人が多いと思います。天皇の前に出たら、「恐れ入れ」と教育を受けたわけでもありません。それなのに、どういうわけか天皇の御前では、委縮して尊敬語、謙譲語を探すことになるのです。
 私は自分ならどうするか考えたときに、私もやはり天皇にタメ口はきけないだろうと思いました。
 私も魚座のエネルギーの無意識のコントロールを受けていたことに気付いたのです。でもこうした気付きは、水瓶座の時代に生きるのに大きな前進と言えそうです。


魚座の時代の特徴

 魚座の時代では、人々は隷属しているのに、隷属していることに気付かないという特徴があるといいます。隷属があるということは、支配があるということです。
 支配するためにたくさんの制度が作られます。そのたくさんの制度のために、人々は自由を奪われ、生き生きとした心が育めなくなります。ルールが人を縛ってしまうからです。
 そうした社会では格差が生まれ、無知と貧困が蔓延する不公平な時代となります。
 人々は順位づけされ、様々な点で評価される対象となります。そうした息詰まる環境の中で、頑張ることが評価されます。何もしていない人間はダメ人間とみなされる一方で、頑張って結果を残した人間は褒め称えられます。
 擬似的な奴隷制度のようなものですが、肝心な点は、人々が生きるのに必死で、自分達が隷属していることに気づかないことです。
 気づかないために、そうした制度に精神的に依存してしまうといいます。
 今、まさに日本社会は、こうした魚座の制度の真っただ中にいるように私には見えます。

 こうした社会の特徴は、非常に無駄が多いということだといいます。
 あらゆる産業で壮大な無駄が行われているといいますが、サアラさんは、一例として農業を挙げていました。
 農業は重労働だと言われますが、サアラさんによると、農家は毎年全く同じことしかしてないそうです。そこには進歩はなく、ただただ同じルーティンワークに追われているだけだといいます。
 その元凶がF1種だといいます。
 スーパーに行けば、均一に大きさも形もそろった野菜が並んでいます。
 大きさも形もそろうというのがF1種の特徴だといいますが、F1種は遺伝子をいじったもので、自然界では奇形です。その奇形を育てるために、農家は農薬や肥料の散布など決められたやり方を忠実に守る必要があります。奇形なため自然界では生きていけないので、人間が手間暇かけて世話をしなければならないのです。
 ここに大きな無駄があるといいます。
 遺伝子をいじっていない自然界の種は、人間が世話をしなくても勝手に育ちます。そうして育った野菜は、F1と違い大きさも形もバラバラで、どれ一つとして同じものはないといいます。それなのにF1種より、100倍美味しいとサアラさんは言っていました。
 農家は、農機具を買い農地を整備するという投資を行い、F1種を育てるためにルーティンワークに追われて働き、わずかな利益しか手にできないといます。お金を払い、あくせく働きわずかな利益を生まないという構造は、農業に限らずすべての産業で共通だといいます。みんな一所懸命に働いているのに、どんどん貧しくなっているのです。
 それは自然界の秩序に従っていないからだといいます。人間が手を加えず、自然の秩序を知り、従っていれば、自然から大きな恩恵を受けることができるといいます。
 水瓶座の時代では、無駄なことをどんどん止めていくので、人は働かなくても生きていけるようになるといいます。


魚座から水瓶座の時代へ移行するタイミングは誰もわからない

 地球の自転軸の歳差運動が1周するのに25800年かかり、それに12の星座が割り当てられているので、1つの星座の期間は、25800年÷12=2150年となります。
 サアラさんによると、これはあくまでも目安であり、1つの星座の期間は2000〜2200年ぐらいで幅があるといいます。
 つまり今が魚座から水瓶座の端境期であることは間違いないが、いつから水瓶座に入ったのか誰にもわからないといいます。
 現実に起きていることを見て判断するしかないというわけです。
 例えば、11月の米大統領選挙ではトランプ氏が勝利しました。
 もしヒラリー氏が勝っていれば、それまで維持されていた体制を継承するものとなったはずです。
 しかしトランプ氏が勝ったことで、一つの時代が終わったことになります。それゆえ水瓶座の時代となったかどうかわからないが、水瓶座の新しい時代の兆候が起きていることは確かだと言えます。
 サアラさんは、もう一つの例として、アイスランドのデフォルトを挙げていました。
 アイスランドは2008年にデフォルト(政府の財政破綻)しました。
 その時にアイスランド国民がとった行動が、極めて水瓶座的だったというのです。
 国が財政破綻すると通常はIMFが乗り込み、政府に緊縮財政を強います。国民は税金が増える上に、社会保障がカットされ、苦しい生活を余儀なくされます。
 ところがアイスランド国民はそれを選択しなかったのです。
 この危機を招いた企業の役員や銀行家を逮捕し投獄したのです。そして海外から借金した分を踏み倒すと宣言しました。これによりアイスランドは4年ほどで奇跡の復活をとげることになります。
 魚座のキーワードとして、救世主、カリスマがあるといいます。
 逆に水瓶座には、カリスマ、リーダーシップがありません。アイスランドの革命では、傑出したリーダーはいませんでした。国民全員が立ち上がり、行動を起こしたのです。これが水瓶座的だったというわけです。


水瓶座の時代とは

 水瓶座のキーワードの一つとして、覚醒が挙げられるといいます。
 魚座の時代では隠されてきたことが、水瓶座の時代では、(人に教えられるのではなく)個々人が気づくといいます。それゆえ魚座では常識とされたことが水瓶座では無くなり、常識に左右されることがなく、自由に発想するようになるといいます。
 そうした中で重要なキーワードとなるのが、公正性だといいます。
 水瓶座の特徴は当然ながら、若者に多く見られます。そうした若者は、魚座の特徴である頑張って働いて出世するという願望がないそうです。
 そんな若者は、公正であることにとてもこだわるそうです。そして周囲との調和をとても大事にするそうです。
 常識にとらわれないので、自然体で生きることに価値を見出します。そうなると、本来の自分が持つ力を発揮できるようになります。自然体で生きるのですから、他人からの評価が気にならなくなります。
 そうなると社会の活気がなくなると思いがちですが、逆になるそうです。
 水瓶座では人は自分のやりたいことをやるので、どんどん新しい発想が出てきて活気づくといいます。
 特に科学技術は急速に進歩するそうです。そしてスピリチュアルは、実は科学であったことに気づく時代になるといいます。
 そして寿命も延びるそうです。


サアラさんの2017年の展望

 最後にサアラさんの2017年の展望を簡単に紹介したいと思います。
 2017年に社会は崩れていくといいます。
 気候の変動で、食糧不足が起きるといいます。
 サアラさんによると、人間は草食動物ではないといいます。今の人間の原型を造ったのはニビル星人で、人間は彼らニビル人の遺伝子を受け継いでいるからです。そのニビル人は甲殻類であるエビ、カニなどが大好きだったそうです。
 糖分をエネルギー源とすると、大量に食べなければならないので大変だといます。
 食事を1日2食以下にするように言っていました。質の良いタンパク質を摂ることで、必須アミノ酸を過不足なく補うことができるといいます。



家庭で作るこだわりの蕎麦...2016年11月13日

 当HPはスピリチュアルな内容が多いのに、なぜ料理の話題なのかといぶかしく思われた方もいるに違いにありません。
 普通なら、「美味しい」蕎麦の作り方となるでしょうが、わざわざ「こだわりの」と付けたのは意味があるのです。それは、クォンタム・プロセスを促す料理であるということです。
 クォンタム・プロセスとは地球が第3密度から第4密度の振動数に移行している現在、そうした振動数の上昇に人間の身体を適応させるイベントです。具体的には細胞の振動数を現在の平均的な8万回/秒前後から18万〜25万/秒に上昇させることです。それにより必然的にDNAの2重螺旋が3重螺旋(最終的には12螺旋まで)に変化すると言われています(そうなると寿命は飛躍的に延びるそうです)。

 もし私にクォンタム・プロセスを起こさせる最大の要素は何かと聞かれたら、体内の浄化であると答えます。
 クォンタム・プロセスを起こすには、細胞の振動数の上昇がキーとなります。細胞の振動数の上昇は、体内に(毒性の強い)不純物が大量にあると起こらないのです。
 そして本当に残念なことですが、今の日本で普通に生活していると、確実に体内に不純物が溜まってしまいます。それほど日本で普通に売られている食品は汚染されています。日本の老人の寝たきり年数が世界ワースト1位であることが、それを物語っています。

 そこで私は、汚染されていない(汚染度が比較的少ない)食品を摂るようにしようと考えました。
 今回は私が試みているそうした料理の中で、蕎麦を紹介しようと思います。

 美味しい料理を目指すとなれば、日本全国を巡って最高の食材を集め、最高の技術で仕上げればできるはずです。
 以前、音楽バンドのTOKIOがやっている日本テレビの「鉄腕ダッシュ」という番組で、日本一のラーメンを作るという企画をやっていました。日本の最高の食材を使い、ラーメンの達人から作り方を伝授されたTOKIOが作ったラーメンは、番組の企画を隠して一般の人々に提供され、とても美味しいと大絶賛を受けました。
 ただし最高の食材を使ったために、ラーメン1杯を2000円で売り出さないとペイしないそうです。

 私が試みるのは、私のような貧乏人でも買える安い食材を使い、手間暇かけずに調理でき、それでいて汚染度の少ないものです。
 以前私は、お手軽ということで、有機と銘打った袋麺のラーメンを買ってきて食べてみたことがありました。有機と銘打っているので大丈夫だろうと思ったのですが、食べた後に気持ち悪くなりました。私の身体は毒物に対するリトマス試験紙のようになっていて、汚染された食材を摂ると、直後に気持ち悪くなるのです。
 袋麺は、麺を茹でて、スープを振り掛けるだけで完成するのですから、本当にお手軽です。しかしお手軽さと引き換えに、毒物を摂取するという危険を冒すことになります。
 そこで汚染されていない(安い)食材で、しかもお手軽さを目指します。



 蕎麦だから普通なら蕎麦汁(そばつゆ)の話から入るところでしょうが、まず水の話から入ります。
 塩素で汚染された水道水を飲むなど論外ですが、意外と健康志向の方でもスーパーで売られているペットボトルに入った水を飲まれているようです。
 日本は軟水でミネラル分が少ないと言われていますが、私はペットボトルの水でも何十年も飲み続けていれば、それに含まれるカルシウム分が体内に溜まってくると考えています。そこで私が選んだのが蒸留水です。蒸留水に関しては賛否両論ありますが、少なくとも私の身体で試してわかったことは、非常に優れた水であるということです。
 蒸留水は基本的にH2O以外の成分がない(あるいは少ない)ので、塩素やカルシウム、そして放射能も除去することができます。
 そしてこれはあくまでも私の考えですが、蒸留水は体内に溜まった毒素を排出する効果もあるのではないかと思うのです。体内から毒物を排出する最良の方法は断食によるデトックスですが、蒸留水の効果もあなどれないと思っています。

 以前私はスーパーで買ってきた蕎麦(乾麺)を茹でて、それをスーパーで買ってきたペットボトル入りの蕎麦汁をお湯で希釈したものに入れて食べていました。
 ラーメンの袋麺を作るぐらいにお手軽で簡単な方法です。この蕎麦は食べた直後に気持ち悪くならないので、私にとって、身体を汚染されない貴重な食材となっていました。
 そのうち、蒸留水を使うようになって、ふとこの蒸留水で出汁を取ってそれを蕎麦汁を割るお湯の代わりに使ったら美味しくなるのではないかと思ったのです。
 試してみると、これが実に美味しいのです。
 一時期、私は蕎麦に凝って、ネットで近所で評判の蕎麦屋を探して食べ歩いたことがありました。そうした蕎麦屋の汁よりも、下手をすれば美味しいのではないかと思ったぐらいです。
 天狗になった私は、ひょっとすると私は料理の天才かもしれないと思いました(冗談ですが(笑))。
 そうした私の天狗の鼻をへし折ったのが、前述したTOKIOのテレビ番組でした。
 ラーメン界の天才と言われている人が、ラーメンの美味しい出汁を作る水について話していたのです。
 たしか山形あたりの山だったと記憶していますが、そこに湧き出る湧水は究極の軟水と言われるもので、ラーメンの出汁をとる水として最高なんだそうです。天才によると、究極の軟水ゆえに、出汁を取るといりこや昆布の旨味がどんどん溶け出すんだそうです。
 そこでやっと、私の勘違いに気付きました。
 蒸留水は、自然に湧き出す究極の軟水よりもさらに軟水度が高いはずです。なにしろ基本的にH2O以外はないのですから。
 ですから私が天才なわけではなく、蒸留水を使って昆布の出汁を取ったので、一般の水を使うよりも昆布の旨味が多く取れたということだったのです。




 以前私は、スーパーで売られている蕎麦の生麺を食べていました。
 生麺は乾麺より歯ごたえがよく、美味しいからです。しかし汚染された食材を使わないと決めてからは、生麺は使えなくなってしまいました。私が買っていた生麺には、添加物として増粘多糖類が入っていたからです。
 私は身体を汚染させないと決めてからは、化学合成された(危険そうな)食品添加物を一切摂らないと決めました。それで乾麺に戻すしかなかったのですが、やはり乾麺だとパサパサした感覚が不満でした。
 そんなとき、あるテレビ番組を見て、おおっと思ったことがありました。
 日本テレビの「あのニュースで得する人損する人」という番組で、神の舌を持つというお笑い芸人のサイゲン大介さんがやった方法です。
 サイゲン大介さんがプロの料理人とパスタ料理で対決するという企画で、サイゲン大介さんはスーパーで普通に売っているパスタを、もちもち感のあるお店のパスタに似せるために、パスタを1時間ほど水に漬けておいたのです。これでお店に負けないもちもち感のあるパスタになるといいます。実際番組では、審査員が全く見分けがつかないと感心していました。
 私は、これだ!、と思ったのです。
 早速、蕎麦の乾麺を1時間ほど水に漬けてみました。
 すると乾麺独特のパサパサ感は無くなったのです。蕎麦独特の麺のこしと言われるものはありませんが、しっとりとした麺になりました。


私の工夫

 貧乏暇なしで、私は昼間は働いています。
 仕事から帰ってから夕食の調理にかかるのですが、できるだけ時間を取られたくありません。
 夕食に玄米(木村秋則さん方式の自然栽培された玄米を発芽させたもの)と味噌汁を食べるようにしていますが、毎日玄米を炊く時間はありません(玄米は白米より炊く時間が長いです)。
 そこで週末に1週間分の玄米を炊いてしまいます。
 それを小分けにしてパックに入れて、冷凍庫に入れておきます。朝、そのパックを冷凍庫から冷蔵庫に入れなおしておけば、夕方帰ってきたときには解凍されています。それに水を入れて炊き、玄米がゆにして食べています。
 同じように出汁も週末に作り、数個の製氷器に入れて冷凍します。味噌汁はその製氷器から氷を2個取り出して作っています。


こだわり蕎麦の作り方

 では蕎麦の作り方です。

 <材料>
 乾麺...戸隠そば(株式会社おびなた)

 普通にスーパーで売っているものです。何種類か試したのですが、戸隠そばが私の口に合っているようです。

 蕎麦汁...つゆの素(にんべん)

 これも普通にスーパーで売っているものです。これは「化学調味料無添加」とあり、汚染物質が少ないと思われるので使っています。

 麺も汁もこれがベストではないと思いますが、普通にスーパーで買えるというのが利点です。
 もし訪問者の方でもっといいものがあると仰る方がおられましたら、教えていただければと思います。

 <準備>

 調理の1時間前に行います。
 乾麺をビニールパック(Ziplocの大)の中に水を入れ、漬けておきます。
 鍋に出汁の氷を2〜4個入れて、蒸留水を入れます。蒸留水の量は、氷と合わせて蕎麦1杯分ぐらいの量です。
 そこに乾燥ワカメや、干しシイタケなどを少々入れたりします。

 <調理>

 あくまでも私のやり方です。
 鍋にもやし(あれば玉ねぎ等)と水を入れ火にかけます。
 その間に、(あれば)山芋などの具材をすったりします。
 煮立ったらすぐに火を止めます。酵素を壊してしまうので、火を通す時間を短くします。

 その後に鍋に水を入れ煮立たせます。そして煮立ったらビニールパックに漬けておいた麺を入れます。気を付けたいことは、水に漬けた麺なのでふやけています。お湯に入れたらすぐ鍋底に付いてしまうので、手早くかき混ぜることです。
 乾麺の茹で時間は、半分程度で十分です。3分と書いてあれば、1分半ぐらいです(もっと短くてもいいのかもしれません)。
 同時に出汁を入れた鍋も火を通します。これも煮立ったらすぐに火を止めます。

 麺ができたらお椀に入れ、もやし、出汁、なども入れます。
 具材として山芋などがあれば、美味しいです。さらに柚子を入れると引き立ちます。
 ここに蕎麦汁を加えれば完成です。
 多少の手間はありますが、時間を掛けずに手軽に作れます。なお野菜類は基本的に有機のものを使っています(有機がない場合は普通のものを使っています)。

 この蕎麦は私のお気に入りで、下手な店より美味しいと勝手に自負しています。
 とはいえ味は個人の好みなので、あくまでも私自身の感想です。


 * * * * *


 今回は、当HPでは異例の料理の話題でした。
 それで最後にスピ系の話をちょっと追加したいと思います。
 私は神秘家のゲリー・ボーネルさんやドランヴァロ・メルキゼデクさんに関して、千さんのセッションで聞いてみたいことがありました。
 それは、両者とも年齢に相応しい形で老人化してきたことです。
 ゲリーさんはそうでもありませんが、最近のドランヴァロさんは、めっきり歳を取ったなあと感じます。ドランヴァロさんが主催するワークショップの日本のファシリテーターの方も「ちょっと歳を取りましたね」と言っていました。
 ドランヴァロさんはたしか70歳を超えていると思います。年齢に相応しい風体になったきたというところでしょうか。
 私が千さんのセッションで聞きたかったことは、ゲリーさんやドランヴァロさんはスピ的に進んでいるにもかかわらず、変容(シフト)していないのではないかと思われることです。
 シフトしていれば、若返るからです。
 ただしドランヴァロさんの場合は、心当たりがあります。
 それはドランヴァロさんは、シフトを人々に教えていないことです。ドランヴァロさんが教えていることは、地球が向かっている第4密度の世界に行くのではなく、一気に4次元の地球に行くことです。そのやり方を私はドランヴァロさんのWSに出たので知っていますが、ドランヴァロさん自身が公開していないので、ここには書けません。
 つまりしかるべき時期が来たら、ドランヴァロさんは4次元世界に行ってしまうのであり、シフトする必要がないのです(ドランヴァロさんは我々の世界から忽然と消えることになります)。
 お爺ちゃんに聞いてみたら、その通りだという答えでした。

 ではシフトを教えているゲリーさんはどうでしょうか。
 お爺ちゃんによると、ゲリーさんは自分がシフトすることに全く興味がないといいます。
 それは、魂レベルで生まれる前に計画した人生よりも、ずっと長く生きてしまったことに関係があるそうです。そしてゲリーさん自身は、シフトすることなく今の寿命が尽きた時点であちらの世界に帰るつもりだそうです。
 私としては、人にシフトを進めておきながら、自分はしないんかい、と突っ込みを入れたいところなのですが。

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガからの情報です。
 UFOコンタクティーのコーリー・グッド氏によると、第6密度のブルーエイビアンズのラティエールから言われたことは、現在の地球上で第4密度にシフトしていけるのはたったの30万人だというのです(あくまでも現在の話です。将来的には増えてくると思われますが)。
 異常に少ない数にショックを覚えた私は、お爺ちゃんにこの話は本当か聞いてみました。
 すると本当だといいます。
 30万人という数字にショックを覚えたのはコーリー・グッド氏も同じで、ラティエールに聞いたそうです。そこで返ってきた答えが非常に興味深いものでした。
 これは大事な情報だと思うので、いずれ記事にしたいと思っています。



興味深い3つの話題...2016年11月5日

 今回は、『プレアデス・メシアメジャーとエドガー・ケイシーの未来リーディング』(白鳥哲、小川雅弘、村中愛著、ヒカルランド)から、私が興味深いと思った3つの話題を紹介したいと思います。
 白鳥哲さんは映画監督、小川雅弘は以前事業をされていた方、村中愛さんはプレアデスの意識体からメッセージを受け取っている人のようです。
 まず最初に紹介するのは、原発事故で放射能の汚染された福島の地を微生物によって除染されているという話です。


 ・・・<『プレアデス・メシアメジャーとエドガー・ケイシーの未来リーディング』、p65〜p68から抜粋開始>・・・

 なぜなのか!?
 福島の原発立地区域に絶滅危惧種のモリアオガエルが戻ってきている!


 放射能が高ければ高いほどそこは天国になっていく!?

白鳥 福島の原発立地区域付近の取材に行ってきた話の続きですけれど、大変惨たんたる状況になっています。しかし、この5年間、避難せずにとどまり、有用微生物群の発酵液を散布して、大地を蘇らせている人たちが、東北地方の約50カ所にいます。そこを取材させていただいた。その中に、原発立地区域から20キロ圏内の田村市に在住の人がいたのです。田村市は、原発事故が起きたときに直ちに避難しなくちゃいけない場所でしたが、その方は微生物が土壌の放射能を消失させることを経験的に知っていたので、「私は残ります」と避難しなかったのです。
 誰もいない田村市の区域で、震災からこの5年間、お友達と一緒に、なんと40台以上の1トンタンクで有用微生物たちの発酵液をつくって、広大な土地にバーッと散布してきたのです。すごいことです。もちろん放射線量も減少してきていますし、土がフカフカになっているのです。そして、モリアオガエルが戻ってきているんです。

白鳥 モリアオガエルは絶滅危倶種で、水がきれいなころにしかいないのです。生態系の根底を支えていますから、微生物たちが放射性エネルギーを生命エネルギーに変えて、大いに増殖するカにすることで、生態系のバランスが整っていき、環境がだんだん変わってきています。
 虫たちの生態系も変わってきます。発酵型、合成型の微生物が多くなると、シロアリなんていなくなります。なぜかというと、腐敗を喜ぶ生き物たちがいなくなるからです。腐敗は負の方向の発酵です。有用発酵はみそだったり、焼酎だったり、日本酒だったり、ワインだったり、酵母菌や乳酸菌の発酵ですね。
 放射能を喜ぶ光合成細菌たちは、放射能を浴びれば浴びるほどどんどん生命エネルギーに変換して元気になりますから、もちろん線量も減って、土がフカフカになってくるだけではなくて、水環境も改善してイワナも育つし、モリアオガエルなどの希少種も生息できるようになる。心地いい空間、イヤシロチになっていくのです。

村中 すごいですね。

白鳥 微生物たちの力が発揮されることで、放射能が高ければ高いほど、天国になっていくのです。先ほどの東北地方の約50カ所が拠点となって、有用微生物群の活性液を希望する近隣に住む人たちにどんどん分けています。良いものを分かち合う輪が広がっているんです。それぞれまだ小さなコミュニティかもしれませんが、実際に現地に行って、これは新しい世の1つの理想のあり方だと思いました。
 福島の問題は、一見、世の中にとって崩壊の最前線ですね。でも、それがチャンスに変わるのです。そして、人類の希望になるのです。
 日本はそういうものをいただいているんですよ。東日本大震災があって、熊本の震災があって、原発事故があって、これだけのチャンスをいただいている日本人が、いつまで洗脳されたままでいるんですか。選挙のあり方を見たりすると、本当に思いますよ。

小川 そうですね。ひどいですね。

白鳥 何でみんな、これまでの延長線上に行こうとしているんですか。経済ルールみたいな考え方で、世界と同じように進んではダメですよ。
 未来のモデルケースが、むしろ福島で起きているわけです。有用微生物群の働きで放射線量が下がって、福島が蘇る。そこでとれる野菜は検出限界値以下です。作物から放射能は検出されていません。横浜の同位体研究所でちゃんと調べています。
 実際、光合成細菌たちは放射能を浴びると増殖するのです。これは実験でも明らかになっています。彼らが力を発揮すると、作物が豊かに実るのです。チェルノブイリの風下にあったベラルーシ共和国の放射線学研究所と琉球大学名誉教授の比嘉照夫先生らは、10年以上前から微生物による放射能軽減の共同研究を進めています。その中で、放射能を浴びつつも、有用微生物群によって線量が検出限界値以下となった稲穂の本数は、通常のだいたい2倍ぐらいになることがわかっています。作物は熟れ熟れ。今回の取材時も、カボチャをご馳走になったのですが、本当に甘くて、おいしくて。放射線の高い地域だったところが見事にイヤシロチになっています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は311の原発事故により放射能で汚染された福島の土地は、有用微生物の力で除染されることになるだろうと勝手に考えていました。
 現在、国が進めている除染方法は、放射能汚染された土地の表土を削り取り、それを一か所に集めて保管するというものです。
 これだと汚染された土を移動したに過ぎず、それを廃棄する場所が増えるだけです。廃棄場所に指定された地域の住民は当然ながら反発しますから、このやり方がいずれ頓挫するのは目に見えています。
 しかし311から5年以上経った今でも、国は相変わらず表土をせっせと削り取り、保管場所に堆積するばかりです。これでは汚染された土をたらい回ししただけであり、根本的な解決にはなりません。
 いくら国の行政がひどいといっても、最後は有用微生物の力を借りざるを得ないだろうと思っていたのですが、私の考えは甘かったようです。
 マスコミでも、有用微生物を使った除染方法を研究中だという報道はあったように記憶していますが、白鳥さんが話しているような方法で大地を蘇らせている人たちが、東北地方の約50カ所にいるという話は聞いたことはありません。
 あるいは国は意図的に有用微生物の除染をしないのかもしれません。
 それは、除染をめぐる利権なのか、それとも福島の土地を放射能汚染されたままで残しておきたいのかと考えてしまいます。

 次に紹介するのは、瞑想に関する話です。


 ・・・<『プレアデス・メシアメジャーとエドガー・ケイシーの未来リーディング』、p107〜p110から抜粋開始>・・・

 どんどん現実を変える効果は「瞑想」も持っている

白鳥 瞑想実験も非常に進んでいるのです。瞑想と祈りは、エドガー・ケイシーのリーディングでは「祈りとは神への切なる願い。瞑想とは神の答えを聞き入ることである」と書かれています。そのような違いはありますけれども、身体的には同じ科学的効果が出ているのです。実際に瞑想すると、脳の中の帯状回という部分が厚くなるのです。帯状回が厚くなると、ノルアドレナリンとか脳内化学物質をコントロールしやすくなってきますので、治癒効果とか、あと痛みに強くなっていきます。そういう効果は瞑想行為にもあるのです。
 実際にワシントンで1994年に81カ国、4000人で瞑想する実験が行われました。そうしたら、瞑想した直後の夏の犯罪率がどんどん下がっていって、23%まで減少しました。
 つまり、我々が心を1つにして、神様と一体化して、脳波がアルファ波以上になってシータ波になってくると、場自体、変わるのです。
 そうすると、例えば犯罪行為はすごくベータ波が出て、怒りに振動していますが、それが鎮静化されるのです。だから、怒りにあふれた人も、まあ、いいかとかいうふうにだんだんなっていきやすいのです。この実験でおもしろいのは、瞑想グループが解散した途端に犯罪率が反転してしまうということ。
 同じように、戦争においても祈りの実験があります。スリランカで2009年9月に行われた実験なんですけれども、全世界の8000人が、内戦状態になったスリランカについてみんなでお祈りしたんです。そうしたら、その祈りを開始して数日後に最終的には死傷者数74%まで減少、負傷者数48%まで減少しました。
 これはどういうことかというと、我々が心を1つにして対象に向かって意識を送り込むと、その対象の人たちの脳波が変わり始めます。脳波が変わることで心が変わってきやすいですし、安心感に満ちて冷静になるので、ふだん焦って失敗してしまうこととか、死につながるような病気も、事故も少なくなっていくのです。そういう現象が起きてくるから、死傷者数も減っていくのだと私は思うのです。

 ・・・<中略>・・・

白鳥 まず、対象がはっきりしていたほうが、祈りのカはすごくパワフルになるのです。今、地球でいろんなことが起きているじゃないですか。地球全体の平和の祈りということになると、例えばテロだったり、戦争だったり、そこの地域の人たちに対してお祈りするということもありますね。
 祈りの実験でおもしろいのは、明確なほうが明確な効き方をするという研究事例があるんです。精神科医のエリザベス・ターグさんが行ったエイズ患者を対象にした祈りの実験で、祈る人に、エイズ患者さん自身の情報を、写真だけでなくでなく細かく伝えるのです。エイズは免疫不全なので、免疫の数値も伝える。

小川 この方はこれぐらいですというのを。

白鳥 免疫が高まるようにお祈りしましょうということで、具体的にお祈りするそうする。そうすると、実際にエイズ患者さんたちの症状の数も減りましたし、入院数、通院数も減りました。さらに、祈ったほうのエイズ患者は生存率100%です。祈らないほうは亡くなっている。それぐらい具体的な結果が出ています。
 だから、お祈りの対象をはっきりするというのは1つかなと思うのです。その対象に対して、具体的に平和であってほしいのか、健康であってほしいのか、対象が恐怖心を感じていらっしゃるとしたら、その恐怖心をみんなで許してあげること、認めてあげることはとても大きなカになってきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 スピリチュアルに興味のある方は、瞑想が現実に大きな影響を及ぼす力があることを知っています。
 しかしスピリチュアルに無関心の人々にそんな話をしても、胡散臭いといった目で見られるのがおちです。特に左脳を使う理系の人々は、反発の度合いが強いかもしれません。
 そんな理系の思考をする人々に、瞑想によって犯罪率が23%に減少したとか、内戦による死者が74%に減ったという話をすると効果的です。
 私が理系出身なのでよくわかるのですが、理系の人間は最初は疑わしそうな顔をしていても、具体的な23%とか74%という数字を出されると、ウーン、となってしまうのです。スピリチュアルは見えませんが、数字は目に見えるからです。「本当に、凄い、絶対」などという修飾語を使うよりも、はるかに効果があり説得力があります。
 この方法はお勧めです。

 最後は、日本人には味噌と梅干しが合っているという話です。


 ・・・<『プレアデス・メシアメジャーとエドガー・ケイシーの未来リーディング』、p161〜p163から抜粋開始>・・・


 村中さんのメッセージの中に、梅干しとみそ汁を食べていたら日本人の体は健康になる、とありました。白鳥監督も栄養学の話をされていましたね。

 55)《予告》【1998(H10年)年1月2日】温度が上昇

 お正月なのに不気味な話です。冬なのに夏の話です。
 これより先、日本各地で温度が38度や39度と高温になります。うまく体内調節ができないと死につながりますのでご注意下さい。
 日本人の身体は西洋人の身体のつくりとは違います。
 日本人の身体は味噌と梅干で整います。35度から43度までの温度に対応できる身体をつくるには梅干が一番。日本人は昔からの発酵食品を食べていれば元気な身体を維持することができます。
 セミが鳴きます。セミが鳴くのは西日本だけでしたが、北海道でも鳴くようになります。


白鳥 日本人は昔は本当に少食で、明治の車夫たちは日光−江戸間ノンストップで十何時間走り続けたのです。当時エルヴィン・フォン・ベルツというお医者さんが不思議に思って、日本人を雇って彼らの食生活を調べたのです。日本人は何でこんな体力があるのか。それで、肉とか当時の最先端の栄養学の食べ物を与えた。そうしたら、車夫たちはへばってしまって、いつもの食べ物にしてくださいという話になった。じゃ、いつもの食べ物とは何なのかといったら、粟、ヒエ、ユリネ、とか、栄養学的にはほとんど栄養がないとされているものが実は食生活の基本にあって、2食でやれていたのです。
 そういう意味で、少食でも我々は生きていけるし、日本人は特に腸が長いので、むしろそっちのほうが健康になるはずなんです。みそや、発酵のもの、その知恵に立ち返る必要がありますね。

小川 僕もそう思いますね。梅干しとおみそ、また、今回、村中さんがメッセージをとってくれて、ことしは腸の細菌が繁殖するので、土用のときに梅干しを食べていると健康になる。今、熱中症みたいなものがずっと出てきているじゃないですか。水筒に梅干しを1個入れてお湯を入れるだけで、それを飲んでいたらミネラルがとれて元気になる。
 そういう日本人の知恵が忘れ去られていく。本来は、習慣の中にいろんな知恵が入っていた。二十四節気など、昔の人たちがずっと知恵を織り込んでいた暦も、生活の中で忘れ去られていく。祭りもそうだろう。祈りもそうだろう。そういうものをもっと大事にしていくことが、日本がもう一遍復活することだと思うのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 エルヴィン・フォン・ベルツの実験は、当HPで以前に掲載したことがあります。
 再度、ここに引用させていただきます。


 ・・・<『日月神示 完全ガイド&ナビゲーション』、p298〜p299から抜粋開始>・・・

 菜食のほうが肉食よりもはるかに力が出る

 前出の『食養ということ』に、菜食と体力の関係について面白い実験例が紹介されている。
 明治初年に来目し、日本の医学教育に功績があり、ベルツ水を発明したドイツ人医師のベルツ博士が行った、「車夫の走力実験」である。
 この実験では、22歳と25歳の、2人の車夫が選ばれ、ベルツ本人が人力車に乗り込み、車を引かせてみた。
 2人にはまったく同一の飲食物が与えられた。最初に与えられた食べ物は、白米、イモ、大麦、粟といったもので、脂肪とタンパク質は少ないが、デンプンの量はかなり多いものであった。
 この条件で、体重80キロのベルツを毎日40キロ、3週間にわたって引かせ、3週間後に2人の体重を計ったところ、一人は増減がなく、一人は半ポンド増えていた。
 そこで今度は二人に牛肉を与え、デンプン類を減らした状態で、引かせてみた。すると、2人は3日後には非常に疲れ、走れないから肉を減らしてほしいというので、前の食べ物に戻したところ、すぐに元気になった。試験後の体重は、一人が変わりなく、一人は半ポンド減っていた。
 また、ベルツは東京から日光まで、110キロの道程を旅行したが、この時は午後6時に東京を出発し、午前8時に日光に到着した。所要時間は14時間であり、途中、馬を6度替えている。同じ日に、人力車で東京から日光に着いた人があったが、この車夫はたった一人で、110キロを10時間で引いており、摂っていた食べ物は主に植物性のものだったという。
 このことからベルツは、国民の栄養を論ずる時には、このような方法で行うべきだと力説している。
 同書ではまた、アメリカの大学で行われた「肉食と耐久力」に関する実験結果も紹介している。
 肉食をしている者と肉をまったく食べない者とで、体力テストをしてみた。
 「腕を支える力」については、肉食者15人のうち、15分以上両腕を伸ばしていることのできた者は2人しかおらず、肉を食べない者は、32人のうち23人までそれができた。30分に達した者は肉食者では一人もいなかったが、肉を食べない者は15人がこれに成功しただけでなく、そのうちの9人は1時間、一人は3時間を突破した。
 スクワット(膝の屈伸運動)のテストでは、肉食者の中で300回以上できた者は少なく、ろくに歩けないくらいにももが疲れたが、肉を食べない者の中には1800回もやり、この実験が終わっても疲れを見せずにやり続け、ある者は2400回、一人は何と5000回にまで達したという。
 さらに特筆すべきことは、この実験で被験者として選ばれた「肉を食べない者」たちは、特別な運動の訓練も受けていない一般人であったのに対し、肉食者は全員が運動を専門としている人たちであったことである。これ一つをとっても、肉食が耐久力をつける源ではないことが、ハッキリとわかるだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 肉食が耐久力をつけないだけでなく、むしろ耐久力を奪うものであるという話で、私は以前観たテレビ番組を思い出しました。
 その番組は、アメリカで(たしかカリフォルニアあたりだと思うのですが)行われる鉄人レースに、日本でよく知られたアスリート系のタレントが参加するというものでした。
 鉄人レースというのは、アップダウンのある山のコースの中に様々な障害物が設置してあり、それを乗り越えてひたすら走り、ゴールを目指すという過酷なものです。まさに耐久力が勝負のレースです。
 体力に自信のあるタレントさんの目標は、参加者数十人の中で3位以内というものでした。
 それを応援する出演者の男性が、タレントさんに精力をつけてもらおうと、前日の夜に(実にアメリカらしいですが)大きなビーフステーキをご馳走したのでした。
 私はそれを観ていて、前日に大量の肉なんか食べたら逆効果なのに・・・、とため息をついてしまいました。番組の企画としては、タレントさんに3位以内に入ってもらって盛り上げたいところだったと思いますが、私は惨憺たる結果になると予想しました。
 そして私の予想通り、タレントさんの順位は20位前後で、惨敗となったのです。
 もちろんタレントさんが負けた理由が前日のビーフステーキだけではないかもしれませんが、ビーフステーキが当日の体調に大きく影響したのは間違いないと思います。

 いまだに多くの日本人が、肉はスタミナの元と信じていることにため息が出てきます。



世界金融大変動の時期について...2016年10月22日

 9月下旬だったと記憶していますが、私が近所の中華料理屋で昼食をとっているとき、店のテレビで昼のニュースが流れてきました。
 私の席はテレビの死角になっていたため画面は見えなかったのですが、音声は耳に入ってきました。
 そのニュースは日経平均の株価を報道していたのですが、「ドイツ銀行の信用不安により、金融株が軒並み下がり・・・」と言っていたのです。
 私は思わず、「えっ!」となりました。
 当HPでは以前にドイツ銀行の倒産が、世界的な金融大変動の引き金になりかねないという記事を書いたことがあります。
 私はそのニュースを聞くまでは、ドイツ銀行がそうした引き金を引く可能性は高いと考えていました。
 しかし、今は考えが変わりました。
 というのは、マスコミで堂々と発表されたということは、そうした事態は起こらないということだと考えているからです。
 つまり、ドイツ銀行が倒産して世界的な金融大変動が起こるというシナリオは賞味期限を過ぎてしまったということです。一般のマスコミで報道されるということは、そうしたシナリオが無くなったことを意味していると考えます。
 そしてまるで私の考えを後押しするかのようなベンジャミン・フルフォード氏や「ヤスの備忘録」のヤスさんからのメルマガの情報が届きました。
 まず10月3日付けのフルフォード氏のメルマガから抜粋します。


 ・・・<10月3日付けのフルフォード氏のメルマガから抜粋開始>・・・

最近も、欧州最大手のドイツ銀行に対して米司法省が約140億ドルの罰金を
課すなど 幾つかの金融攻撃が行われているが、状況(株の買い支えなど)を
見る限り、9月30日の時点で既にドイツ銀行に対する何らかの救済措置が決ま
った模様だ。

ギリシャ中央銀行のヤニス・ストゥルナラス総裁も、「我々は過去に存在しな
かったツールを手に入れた、困難な状況も対処できる」 と意味深な発言をして
いる。最近になって寄せられてくる多くの情報を鑑みるに、それは 「新たな
国際金融システム」 への移行を示唆している可能性は高い。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうしたフルフォード氏の話を裏付けるかのように、9月末に11ドル近辺まで下げていたドイツ銀行の株価は、ジリジリと上昇に転じ、現在14ドル台まで回復しています。
 放っておいたら間違いなく倒産すると思われていたドイツ銀行が期末を無事に乗り切ったということは、フルフォード氏が言うように、秘密裏になんらかの救済措置が取られた可能性は高いとみます。
 吉田繁治さんは、ドイツ銀行はドイツ政府によって救済されるだろうと言っていました。
 ドイツ銀行の倒産は、瞬時に欧米の主要銀行の倒産をもたらします。そうなると世界大恐慌は必至です。ドイツ銀行は日本の三菱東京UFJに相当する大銀行で、それを救済する能力があるのはドイツ政府以外にはないからです。
 それゆえドイツのメルケル首相の「銀行が倒産しても救済する意思はない」という発言は、金融関係者をざわつかせたのです。
 このメルケル首相の発言は、ドイツ銀行を救済する手段があると知っていたからなのかと考えてしまいます。

 またギリシャ中央銀行総裁の、「我々は過去に存在しなかったツールを手に入れた」という発言はとても示唆的です。もちろん表のマスコミでは一切発表はありませんが、裏でなんらかの金融の動きが起こっているのは確かなようです。

 次に10月7日付けのヤスさんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<10月7日付けのヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

このような状況なので、ドイツ銀行の破綻は、リーマンショックをはるかに上回る世界的な金融危機を発生させる可能性があり、それが10月にも起こると予測されているのだ。

これまでほぼ毎年のように金融危機の発生が予見されてきた。今年だけでも3月、5月、6月とそのような予測がネットを駆け巡った。これらはすべて外れた。だが、今回はドイツ銀行の破綻が近いので、世界的な金融危機は起こってしまうのではないかと真剣に懸念されている。このような見方は、大胆な予測が許される在野のエコノミストだけではなく、主要メディアでもそうした観測記事が多くなっている。やはり「10月金融危機説」は避けられないとの見方が次第に強くなっているのが現状だ。

論理的に予測できる危機は起こらない

これはかなり説得力のある予測だ。だが、このメルマガで何度も書いているように、「論理的に予測できる危機は起こらない」という原則が今回も適用できそうだ。おそらくいま世間を席巻している「10月金融危機説」は、起こらないと見て間違いないと思われる。

それというのも、危機が論理的に予測できるとき、関係機関は危機を回避するために全力を尽くすのが普通だからだ。本当の危機とは、危機の規模が想定をはるかに越えているか、または、「ブラックスワン」と呼ばれる想定外の出来事であるかのどちらかである。どちらの場合も、「想定外」の出来事が起こった場合に限られると見たほうが妥当だ。

では今回のドイツ銀行の場合はどうだろうか?対応不可能なほど想定外の出来事なのだろうか?

いや、そのように言うことはできないように思われる。ドイツ銀行の経営難は、すでに何年も前から指摘されていた。いまに始まったことではない。今回、これが世界的な金融危機の発端となると思われたのは、米司法省による制裁金の巨額さである。140億ドル(1兆4000億円)とは多くの予想を越える金額であった。ということでは、もし制裁金が想定内の規模に減額されると、経営難破綻の懸念も遠のくことは間違いない。

事実、10月2日になると、当初の140億ドルよりも60%も低い54億ドルで米司法省が妥協する可能性があるとのニュースが流れた。市場はこれを好感し、ドイツ銀の株価が急騰した。また、ドイツ銀行の騒ぎのために世界的に下落していた株価も再上昇した。

さらにこれを受けて、ドイツ銀行のCEOは「ドイツ銀行の経営基盤は心配ない」と声明し、市場に安心感をあたえた。また10月3日には、ドイツ銀行は1000人規模のリストラを発表した。もちろん銀行の経営悪化の原因のひとつはマイナス金利であるが、ドイツ銀行のあまりに高い人件費が一つの要因であることが分かっている。そのため、リストラの断行は危機回避のための重要な方策として市場では受け取られ、ドイツ銀行の株価をさらに押し上げた。

ドイツ銀行の破綻は望まない米司法省

さて、このように、ドイツ銀行の経営破綻懸念は急速に消失しつつある。しかし、本当に54億ドルという制裁金の額で妥結するのだろうか?ネットでは、これは米政府が、EUを支配下におき、帝国化しつつあるドイツをたたき潰すために意図的に行った制裁なので、当初の140億ドルの制裁金は妥協しないはずだとの見解も見られる。

しかし、そうではないようだ。周知のように、2007年から2008年の金融危機の原因となったのは、破綻が確実な低所得者用の住宅ローン、「サブプライムローン」を組み込んだ金融商品、CDOが大量に出回り、それが「サブプライムローン」とともに破綻したからだ。

米司法省は、このような金融商品を販売した大手金融機関の責任を徹底的に追求し、随時巨額の制裁金を課している。制裁の対象になっている金融機関に国籍の区別はない。アメリカの大手の金融機関も制裁対象だ。以下がそのリストだ。

バンク・オブ・アメリカ:166億5000万ドル(1.65兆円)
JPモルガン・チェース:130億ドル(1.3兆円)
シティグループ:70億ドル(7000億円)
ゴールドマン・サックス:50億6000万ドル(約5500億円)
モルガン・スタンレー:26億ドル(2600億円)
AIG:16億4000万ドル(1950億円)
コメルツ銀行:14.5億ドル(1776億円)
UBS:7.99億ドル(約978億円)
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド:6.34億ドル(約781億円)
HSBC:6.18億ドル(757億円)

アメリカの金融機関にも、巨額の制裁金が課せられていることが分かる。たしかに、いまドイツ銀行に課せられる可能性のある54億ドルという金額は高い。しかし、ゴールドマン・サックスの50億ドルとほぼ同水準の金額だ。またバンク・オブ・アメリカにいたっては、166億5000万ドルという、当初ドイツ銀行に課せられた140億ドルよりも多い。これを見ると、米政府が帝国化するドイツを牽制するためにドイツ銀行のみをターゲットにしたとは到底言うことはできないだろう。とすれば、米司法省が140億ドルの制裁金にこだわるとは思えない。

米司法省は、当初巨額の制裁金を課すものの、最終的には交渉によって二分の一、ないしは三分の一の額まで減額するのが通例である。要するに、金融機関そのものを破綻させる意図は米司法省にはなく、高額だが支払い可能な範囲の制裁金に抑えるというのが原則のようだ。企業そのものを破綻させてしまえば、制裁金の回収も不可能になるという合理的な判断がその背景にある。

さらにEUが乗り出す

しかしそれでも、ドイツ銀行の経営が、かなり厳しい状況であることには変わりがない。近い将来、破綻の危機がないとは言い切れない状況だ。しかし、複数のシンクタンク系のレポートを読むと、EU当局による危機を回避するための対応が急ピッチで行われているのが分かる。

まず一般的な認識として、EU首脳部はドイツ銀行の破綻をドイツ一国の問題とは考えてはない。ドイツ銀行の保有するデリバティブの大きさから見て、EUを経済的に壊滅させかねない問題として捕らえており、EU総体で対応する構えだ。

これから米司法省と制裁金の減額交渉が成立し、ドイツ銀行の危機の話しもしばらくは遠のく可能性がある。しかし、それでもドイツ銀行の経営危機が進行する場合、EU当局が全面的に乗り出す準備を進めている。ギリシャを救済したような、EUを中心にECB(欧州中央銀行)とIMFを巻き込んだトロイカの体制になる可能性も指摘されている。

いずれにせよ、危機が発現していないいまの時点では、どのような対応策になるのかは分からない。しかし、強力な対応策になることは間違いないだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は去年の秋ごろに書いた記事で、世界的な金融大変動が1年以内に起こる可能性が高いとしました。
 ちょうど今が1年後ですが、今は少し先に延びたのではないかと考えています。おそらく年内は起こらないのではないかと予測します。
 ただし来年早々にも、そうした危機が始まる可能性はあると考えています。
 私が現時点で可能性が高いと思うのは、いよいよ中国のバブル経済の崩壊が起こることです。またフルフォード氏のメルマガによると、現在の米ドルを国際貿易の決済用の国際ドルと、米国内の国内ドルに分ける案が進行中だといいます。
 その際に、米国内のドルは国際ドルに対して50%減価させるといいます。そうなると日本と中国が大量に保有している米国債の価値が一気に半分になってしまう可能性があります。
 こうした徳政令の発表があっただけでも、世界規模で金融の大混乱が起こると思われます。

 これまで散々先送りされてきた金融危機が、来年はいよいよ本格化してくるのではないかという気がしています。



断食とクォンタム・プロセス...2016年10月15日

 10月初旬に3日断食を行いました。
 断食は3日目がきついと言われています。その理由ですが、食物から栄養を摂れなくなると、最初の1〜2日は体内に蓄積された(肝臓等の)糖分を生命活動のエネルギーに替えます。それが3日目には無くなってしまいます。
 そうなると、今度は体内に溜まった脂肪分をエネルギーに替えるようになります。ぽっこりお腹の中性脂肪がなくなるのですから、一見有難い話に聞こえます。しかし現代の日本人は毒性の強い添加物の入った食生活をしているので、この中性脂肪の中に危険な毒物が溜め込まれています。脂肪の中に溜め込まないと、血液を通して毒物が全身を巡って危険だからです。
 そういうわけで3日目になると、いよいよ脂肪が溶け出し、毒物が血液に流れ出し全身を巡るようになります。そうした毒物を肝臓で処理するまでは、つらい時間を耐えなければなりません。
 断食では腹が減るのが一番つらいと思いがちですが、それは初日ぐらいで、本当につらいのは3日目です(ただしこれは私の個人的体験の面が強いですが)。
 以前の断食でも、3日目につらい思いを味わいました。
 しかし今回の3日断食では不思議なことが起きたのです。
 覚悟の3日目だったのですが、毒物によるつらさが感じられなかったのです。
 そのかわりに、ひたすら体力が落ちる脱力感というか、エネルギー不足の感覚を味わいました(これはこれで、けっこうつらいものがありましたが)。
 私は3日目に溶け出すはずの脂肪が、私の身体にほとんど残っていなかったのではと考えました。
 以前、千さんのお爺ちゃんセッションで私の理想体重を聞いたことがあったのですが、現在はその体重になっていたのです。数年前までは、痩せた身体にぽっこりお腹という、実にみっともない姿でした。ところが無添加生活を志すようになってから、私のこっぽりお腹はすっかり凹んでしまったのです。
 それゆえ私の体質が変わってしまったと言えるかもしれません。
 外食して危険な毒物が体内に入ると、すぐに解毒作用が始まるようになったのです。
 危険物質を食べて30分もすると気持ち悪くなり、体力が落ち、ぐったりした感覚が襲います(気持ち悪くなることもあります)。そしてやたらと喉が乾きます。それで水分をしっかり摂って休んでいると、2時間ぐらいで回復してきます。
 これは毒物を仕舞い込むはずの脂肪がないので、即座に解毒せざるを得なくなったということかもしれません。
 だとすると、私はデトックスとしての断食はもう必要ないのではないかと考えました。
 そうした点を千さんのセッションで聞いてみました。するとやはり、私の体質が変わってしまい、即座に解毒するようになったとのこと。そして宿便もほとんどないということでした。そしてやはり、デットクスとしての断食は、もう必要ないという答えでした。

 これはクォンタム・プロセスと密接な関係があると私は思います。
 私の勝手な考えですが、クォンタム・プロセスはデトックスして毒物を身体から追い出した後でないと始まらないのではないかと思うのです。
 以前の記事にも書きましたが、私は今年に入り、頭部の(数ミリ角の)皮膚が頭髪ごと剥がれるという経験をしました。おかげで私の頭は、小さなまだらハゲだらけになってしまいました。その剥がれた頭皮は黒っぽい灰色をした独特の色で、お爺ちゃんによると頭部の老廃物が出てきたんだそうです。これは、クォンタム・プロセスを始める為のプロセスだったのではと考えます。つまりクォンタム・プロセスが始まるためには、体内に毒物のない(あるいは非常に少ない)クリーンな状態であることが必須なのではないかと思えるのです。
 8月30日に私のクォンタム・プロセスは始まったと言われたのですが、それ以降も毒物が体内に入ると即座にデトックスが始まるというのは、ますます顕著になった感があります。

 次にクォンタム・プロセスの期間と言われた2年7ヶ月について聞いてみました。
 この2年7ヶ月は最短の期間なのか、それとも平均の値なのかということです。すると最短の期間だと言われました。何もかも上手くいった場合の数字なんだそうです。つまりこの期間は長くなることはあっても、早まることはないというわけです。
 これは毒物とクォンタム・プロセスの関係から言っても納得できる話です。
 クォンタム・プロセスは体内に毒物があると進まないと考えられるからです。例えば私が調子にのって(毒物たっぷりの)外食や飲み会三昧をやって、体内に許容範囲以上の毒物を入れ続けたら、私のクォンタム・プロセスは遅れるか、あるいは最悪ストップしてしまうかもしれません。私はこの大事な期間を、心して過ごす必要がありそうです。

 さて最短の2年7ヶ月だったとすると、私はどのくらい若返るのか計算してみました。
 寿命が180〜200歳と約2.5倍に延びることと、私の現在の歳である50代後半という数字から、ちょうどクォンタム・プロセスの期間中は、1ヶ月で1歳若返るという計算になります。
 毎朝の髭剃りのとき、鏡で自分を顔を見ることになりますが、ここ1ヶ月の印象として、なんとなく若返った印象がありました。ただクォンタム・プロセスが始まったと言われたので、そうした思い込みの可能性もあると考えました。
 そこでクォンタム・プロセスが始まったと言われた8月30日からほぼ1ヶ月後の千さんのセッションのとき、「私は1年、若返っていますか?」と聞いてみたのです。
 すると、「とってもなっている」とお爺ちゃんは答えたそうです。
 私は、やはり若返っているらしいという思いと同時に、内心「たった1年なんだから、ちょっとオーバーかも・・・」とつぶやいていました。10年若返ったなら明らかな変化だと思いますが、1年ぐらいでは微妙だと思うからです。とはいえ、身体の中で微(かす)かながらも、若さの活力のようなものが芽生えているのを感じています。

 クォンタム・プロセスを加速させるものとして、フルボ酸はどうか聞いてみました。
 するとやはり加速させるそうです。
 このフルボ酸には少々苦労させられました。
 魔女ビアンカの私に対する嫌がらせはこのところ激しさを増しているのですが、それはクォンタム・プロセスが関係していると思われます。
 ビアンカの悪さの中でも、このフルボ酸に関しては徹底していました。
 私が買いたいフルボ酸はアメリカのネットショップで売っているのですが、ビアンカが買えないように妨害するのです。
 最初にネットで予約して待っていたのですが、いっこうに届きません。通常であれば1週間〜10日で届くのに、数週間待っても音沙汰ないのです。千さんのセッションで理由を聞いたら、ビアンカの仕業とのことでした(エラーメッセージも出さず注文を無効にしてしまうのです。たいした能力です)。
 そこで私の(霊的な)ガイドに依頼してフルボ酸が買えるように頼みました。しかしまたしても数週間経っても音沙汰ありません。再度千さんに聞いたら、ビアンカの動きが速く巧妙で、ガイドでさえ防ぎきれないという答えでした。
 私のガイドと魔女のビアンカの力比べとなるのでしょうが、これに関してはビアンカが上回ったということでしょう。ガイドがビアンカの妨害の一つを防いでも、また別のルートで妨害してしまうそうです。
 千さんによると、私がガイドに依頼すると、ガイドはとても緊張すると言っていました。私はガイドに依頼する方法を断念せざるを得ませんでした。

 しかし私は、ここまでビアンカがフルボ酸に拘(こだわ)ることに注目しました。
 つまり私にとって極めて有益であるがゆえに、ビアンカも必死なんだということです。
 私はなんとしてもフルボ酸を手に入れるべく、何か方法はないか聞いてみました。すると唯一の方法は、誰かに買ってもらうことだといいます。
 そこでゲリースクールの同級生の方に頼んで、その方のクレジットカードで買ってもらえないか頼みました。すると今度は、すんなりと買えてしまいました。ビアンカも私のカードの経路はじっくり時間を掛けて細工したのでしょうが、人のカードとなるとそこまで細工する時間がなかったのでしょう。

 私はビアンカの拘りから、フルボ酸はクォンタム・プロセスを加速させるのではないかと睨んでいました。千さんに聞くと、やはりそうで、クォンタム・プロセスを加速させるそうです。
 健康面では私の場合、血液をきれいにする働きがあるそうです。

 クォンタム・プロセスの経過中に起こる現象として、身体の奥でチクチクする感覚があると言われました。
 チクチクというと肌でそんな感覚はイメージできますが、身体の奥の方となるとイメージしにくいものがあります。
 私はそれを聞いて、ある現象を思い出しました。
 それはお腹の中で、針で刺されたようなチクッというより、ピリッとした痛みが襲うことがあったのです。それは一瞬で持続性はないのですが、一瞬はピリッとして、ウッとなり身体をよじることになります。
 その感覚のことかもしれないと思い千さんに聞いてみたら、そうだとの答えでした。
 そしてそうした感覚は今後増えていくそうです。
 またクォンタム・プロセス中は、極端に甘い物とか辛い物をほしがるようになると言われたのですが、まだ私にはそんな現象は起きていません。今後、起こってくると言われました。

 クォンタム・プロセスにより細胞内のDNAの2重螺旋構造が3重螺旋になるというのですが、私の身体ですでに3重螺旋になった部分はあるのか聞いてみたら、左側の一部がなっているという答えでした。
 そうした変化が起こるのは身体の奥の部分からということで、内臓から始まるようです。それゆえ外側の顔の形や肌に現れるのは最後の方になるといいます。
 というわけで私は当分の間、うらぶれおじさんのままのようです。でも、もし20代後半の若さになったら、キャッチフレーズを変える必要がありそうです。
 「うらぶれ、わかぞう」とでもしましょうか。

 神秘家ゲリー・ボーネルさんはシフト(変容)のために、定期的な断食を勧めています。それはデトックスというより、明晰性ためだといいます。
 それゆえ私はデトックスのための断食は必要なくなったようですが、明晰性のための断食をやっていこうと思っています。
 その為の断食の方法を千さんに聞いたら、3ヶ月に1回の断食で、2日の断食でよいとのことでした。そして(蒸留水のような)良い水を多めに摂るのがよいとのことでした。
 私の断食修行はまだまだ続きそうです。

 その他に心がけることとして、私は充分な栄養を摂ることを考えました。
 細胞内のDNAが2重螺旋が3重螺旋になるということは、細胞が新しくリニューアルするということです。その為には、細胞を造るのに必要かつ充分な栄養を補給する必要があります。
 以前、2016年9月11日の記事「お爺ちゃんセッション(35)」で米と豆の話題を取り上げましたが、身体に必要な20種のアミノ酸を摂り入れるために、毎日必ず米と豆を摂ることにしました。私の場合は、玄米と味噌です。するとクォンタム・プロセスの話題とは別に、身体が本当に調子よくなってきた感があります。

 断食もフルボ酸も、クォンタム・プロセスを加速させるのは事実だと思います。
 しかし私の場合、断食やフルボ酸を続けて最高のパフォーマンスを維持して最短で2年7ヶ月なのだと思います。
 あと2年5ヶ月半もあります。う〜ん、まだまだ道は遠いな、というところです。
 そうして2年5ヶ月半後、私は本当に若返っているでしょうか。
 正直、私自身も半信半疑なのです。

 以前ゲリーさんのアカシック・リーディングを受けたとき、ある未来の出来事を言われました。
 それが起きるのはいつか聞いたところ、時期を特定するのは難しいが、アカシャで見た私の顔がリーディングを受けた際と変わらなかったので、おそらく5年以内だろうと言われました。
 私がリーディングを受けたのは40代の前半で、その未来の出来事は15年以上経った今でも起こっていません。
 だとすれば、ゲリーさんがアカシャで見たように、私は40代前半までは間違いなく若返るということでしょうか。
 なんてことを考えて、希望を繋いでいるところです。
 いや、人間、希望を持つことが大事ですよね。



アメリカ政府統計に対する疑問...2016年10月8日

 ニュースでよくアメリカ経済は回復しているとか、雇用統計が予想を上回ってドル高になったといった話が流れます。
 私はそうしたニュースが流れるたびに、言い様のない違和感を感じてしまいます。
 一般に報道されるそうしたアメリカ景気の回復報道とは全く違って、私が読む本やネットで得られる情報では、アメリカの国民の生活はどんどん追いつめられており、真逆の姿が浮かび上がってくるからです。
 例えば、ジャーナリストの堤未果(つつみ みか)氏の一連の著作を読むと、アメリカの一般国民はどんどん貧しくなっていることがわかります。堤未果氏はジャーナリストですから、マスコミで報道される内容を鵜呑みにすることなく、自分の足で取材した内容を書いています。こちらの方が、はるかに信ぴょう性が高いのではないでしょうか。
 アメリカのGDPの7割は個人消費と言われています。
 1%対99%と言われますが、99%は貧しくなっても、1%の超富豪の消費がアメリカ経済を支えているというのは、ありえない話です。お金持ちだからといって、人の10倍食べるわけではないからです。
 しかしアメリカ政府が発表するGDPの推移をみると、常に一貫して右肩上がりを続けています。
 国民の99%がどんどん貧しくなっているのですから、アメリカ全体の個人消費が落ちるのなら自然ですが、延びているというのですから、私には信じがたいことです。
 私はアメリカが発表している様々な経済統計の数字に、強い疑いを抱くようになりました。つまりアメリカ政府は数字をねつ造しているのではないかということです。
 以下のグラフを見て下さい。


 

・上段左...「学生ローン」(Student Loans)の推移。
・上段中央..「フードスタンプ」(Food Stamp)受給者数の推移。
・上段右...「アメリカの借金」(Fedral Debt)。
・中段左...「お金をどれだけ印刷してきたか」(Money Printing)。
・中段中央..「医療費」(Healthcare Cost)。
・中段右...「労働参加率」(Labor Force Participation)。
・下段左...「黒人の経済不平等格差」(Black Inequality)。
・下段中央..「世帯平均所得」(Median Family Income)。
・下段右...「持ち家の所有率」(Home Ownership)。

 これは、『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』(ヒカルランド)、p118から拝借したものです。
 本に説明はないのですが、各グラフの灰色になっている部分は、オバマ氏が大統領に就任した時期を表していると推測されます。
 これを見ると、アメリカ経済の惨憺たる状況がうかがい知れます。
 ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏は、これが本当の数字で、アメリカは倒産状況にあると言っています。
 私が本やネットで得た情報から見ても、このグラフが本当のアメリカの姿であるという印象です。
 フルフォード氏はアメリカ政府が実質的に倒産している証拠として、今年5月のプエルトリコの財政破綻を、アメリカが救済できなかった事実を挙げています。
 『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』から引用します。


 ・・・<『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』、p83〜p84から抜粋開始>・・・

 株式会社アメリカの財政被たん/
 プエルトリコのデフォルトが意味するもの


 こんにちは。今、世界的に革命が進行中なので、今日はその最新事情を話そうと思っています。大枠で言えば、「アメリカ」という国家は基本的に倒産しました。
 現実的な問題で話します。実質的にアメリカの領土であるプエルトリコは5月2日、政府開発銀行債のうち償還期日を迎えた4億2200万ドル(約450億円)の返済ができなかったと発表しました。これは株式市場で言えば、不渡りで倒産したようなものです。
 一般的にはあまり知られていませんが、1776年に誕生した「アメリカ共和国」は、1860年にいったん倒産しています。そして1871年にできた「株式会社アメリカ」と言うべきものが、今のアメリカの本当の姿です。だから共和国ではない。(略)
 今の「株式会社アメリカ」の本部はワシントンD.C.という特区で、ワシントンD.C.はアメリカの領土でもない。ワシントンD.C.はアメリカの領地に囲まれてはいますが、アメリカとは別の法制度を持つ完全な特別区です。そうした普通の人には隠されているカラクリがあって、しかもその「株式会社アメリカ」はプエルトリコで企業登録されている。米国大手信用調査会社「ダンアンドブラッドストリート(Dun & Bradstreet)」の企業データベースにもちゃんと登録されています。
 要するに100年以上アメリカを運営した秘密組織が倒産して、これからどうしていこうかという議論がある。それが1つの革命的な状況で、さらに言うと、300年ぶりに世界の金融経済権力の中心がアジアに戻ろうとしている最中です。
 地殻変動で地震が起きるような感じで、政治経済学的な地震のようなものが世界規模で起きている。とくに今大きいのは中近東、アメリカ、ヨーロッパです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 公式発表されているアメリカ政府の歳出額は、3兆5千億ドルを超えています。
 1ドル103円で計算しても360兆円という巨額です。それがわずか450億円の援助ができなかったというのですから、何か異常なことが起きていると考えてしまいます。
 ではフルフォード氏のこのグラフに関する説明を紹介します。


 ・・・<『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』、p117〜p120から抜粋開始>・・・

 オバマ政権になってから経済状況は悪化し、あらゆる
 統計数値がアメリカの破産状況を示している!


 オバマ政権になってから、ずっと政府がウソをついている。経済が成長して失業率が下がっているなんて、それがまったくのウソであることはこのグラフ(管理人注:上記のグラフ)を見れば一目瞭然でしょう。

 まず上段左は「学生ローン」(Student Loans)の推移。今アメリカの大学を出ても、大学に行かなかった人に比べて給料が安い。しかも学費の借金がある。

 上段中央は「フードスタンプ」(Food Stamp)受給者数の推移。食料援助に依存しているアメリカ人の数は5000万人、そのうち5000人くらいは、ただで食べ物をもらわなければ餓死するという状況。
 上段右は「アメリカの借金」(Fedral Debt)。

 中段左は「お金をどれだけ印刷してきたか」(Money Printing)。
 中段中央は、「医療費」(Healthcare Cost)が増大しているのを示している。
 中段右は、「労働参加率」(Labor Force Participation)、すなわち実際に働いている人口の数が減っている。

 左下は「黒人の経済不平等格差」(Black Inequality)。黒人が大統領になったのに、黒人の経済状況がどんどん悪化している。オバマという人物は、アンクル・トム(Uncle Tom)そのものだ。通常アンクル・トムという表現は、「白人に従順な黒人」、「白人の為に働く黒人」という意味で使われています。
 下段中央は「世帯平均所得」(Median Family Income)
 下段右は「持ち家の所有率」(Home Ownership)

 これらは本当のデータで、アメリカがものすごくひどい状況にあることを表わしている。実際問題として、倒産している証拠。
 一般的なニュースでは、失業率が低いなどといろいろ言っているが、ウソ八百。実は倒産していて、その倒産交渉がうまくいかないから公にするのをずっと先送りにしてごまかしている。
 アメリカの経済状況を家計にたとえて考えてみる。政府をサラリーマンの旦那さん、国民を奥さんだとする。旦那さんがある日失業したけど、「俺は失業した」と奥さんには言う勇気がなくて伝えない。消費者金融に行ってお金を借りて毎月の支払いをする。なんとか延命するために家にあったロレックスなどを質屋に持って行くけど、それでもダメ。友達や知り合いからお金を借りたり、ちょっと泥棒をしたりして生計を立てている。それがアメリカ政府の現実の状況なんです。
 最後に金融特区のアングラマネーにまで手を出して、なんとか生き延びようとしている。ドラゴンファミリーの2万トンの金の交渉は今いったん止まっていますが、これはロスチャイルド一族が金のオファーを蹴っている。自分たちの権力がアジア勢よりも弱くなってしまうから。
 将来的に金本位制になったら、アジア勢の2万トンの金に裏付けられた通貨以外、ユーロ、円、ドルなどを勝手に刷ることはできなくなる。通貨発行権を牛耳ってきた勢力は、お金を無から作ることが、彼らの権力の基盤だった。
 それを失いたくないので、膠着状態が続いている。秋口から革命的な事件が起こるはずです。まず、注目すべきなのはアメリカでヒラリー・クリントンが大統領になるのかどうか。それより先にクリントン財団の横領がらみで起訴されるかどうか、その影響は大きい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このグラフに関して、フルフォード氏とリチャード・コシミズ氏の対談があり、なかなか面白いので同時に紹介します。
 リチャード・コシミズ氏の名は知っている人も多いと思います。ハーフのような名前ですが、純粋な日本人です。


 ・・・<『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』、p182〜p188から抜粋開始>・・・

ベン これはあなたに見てほしかったが。

コシ うん、ぜひこれについて知りたいんだけれども。

ベン オバマになってから@学生ローンがふえた。それからA食料援助を受けている人もふえた、B政府の借金もふえた、Cお金の印刷もふえた、D医療費が上がった、E労働参加率が激減し、F黒人の経済不平等格差が拡大、G国民の平均世帯所得が激減し、H持ち家比率も激減している。
 これだけ最悪なのに、新聞では経済が伸び失業率が下がっているという嘘八百が出ているという状況。日本もそう。

コシ まったく日本も同じですよね。この学生ローンの問題は下手したら日本のほうが深刻なのかもしれない。2人に1人は300万から400万のお金を借りている。これを返すために何年かかるかというと、返し終わるのが42歳とか。42歳まで転職できない、起業できない、結婚もできないよ。もうむちゃくちゃ。つまり、学生ローンのおかげで日本人は自由な人生を自分で切り開くことができなくなっている。これわざとじゃないの。
 だって普通だったら、大学行くくらいはみんなで面倒をみようよ、ということで償還不要の奨学金というものをどんどん設けていって、一生懸命勉強したい子にはお金をかけないで大学にいけるようにするものだし、かつてはそうしていた。

ベン 今、まさに借金奴隷制度だ。大学で教えている内容のレベルが落ちている。最近アメリカでは、大卒のほうが高卒より給料が安いし、借金を抱えている。だから制度がいろいろな意味で壊れている。

コシ 僕が今一番思うのが、経済学部と経営学部が昔からあるが、今、経営学部のほうが偏差値が高い。なぜかというと即戦力になるから。
 経済学部を出ても使えないから経営学部の偏差値のほうが2つくらい上になっている。これはおかしくて、大学というのは基礎学問を勉強するところだから、経済学を勉強してから、経営学を勉強するもの。
 要はそれがひっくり返っていて、今の大学は大学ではなく専門学校。結局、実学重視などと言うが、実学というのは専門学校の年限を2年から4年に延ばすだけの話で、そんなのは大学ではなく、職業学校でしかない。もう学問と職業訓練を取り違えてしまっている。これは大きな問題だと思う。
 アメリカの大学が魅力がなくなってきていて、日本からのアメリカへの留学生は半分に減っている。しかし、日本人全体の留学生の数は増えていて、アメリカだけ減っている。残念ながら魅力がないんです、アメリカという国は。中には南カリフォルニア大学に行く人もいますが(笑)。

ベン まだ理系は大丈夫で、コンピューターなどは、アメリカで勉強する人たちも給料が高い。でも、社会学、心理学などは逆に勉強しないほうがいいということ(笑)。

コシ そういうと経済学なんて一番勉強してはいけない学問だと思っている。

ベン 経済学もいつの間にか数学ばかりになっている。たしかに2+2は4で間違いないが、問題は、本当の経済学はまず世界を見て、本当に2と2があるのかどうか。そこがわからないまま数字ばかりが動いている。それが今のアメリカの経済の金融。数学の基となる数字が嘘。

コシ そういうこと。要するに経済単体だけでものごとは動いていないんだから、政治と直結しているわけ。しかもそれだけではなく、戦争とも直結している。政治、経済、戦争を勉強するならば話はわかる。
 さらにロックフェラーの頭の中を知らないと世界のことはわからない。「政治・経済・戦争学+ロックフェラーの頭の中の大脳生理学」を勉強する。ここまでいかないと真理に到達しない。そういった意味では学部の再編が必要。生理学まで一緒に勉強する。あーめんどくさい。
 この図で見ると連邦政府の負債がどんどん積み上がっているわけでしょう。

ベン お金ばかり刷っていて、借金は増えるばかり。要するに刷ったお金で借金が増えているのは、失業もしくは低賃金労働が原因。
 食料援助を貰っている貧困層と若者の大学進学のための借金が増えている。そして本当に働く人が減っている。あとは医者にいっぱいお金がまわっていることがよくわかる。
 お金ばかり刷っているが、現実はどんどんお金がいい方向には動いておらず、株式市場に投入されて株価を嵩上げするために使われていたりする。
 ここのグラフにはないが株価も上がっているが、企業の利益率は下がっていて、株価も現実離れしている状況がある。

コシ そりゃあ、ドルを印刷すれば払えないことはないが、そうするといつかドルが暴落すると。

ベン 要はそれを認めない国が増えていて、中国などは「お前たちのあの紙は何?」と言っている。今でも中国から荷物を積んでアメリカに行く船が、戻る時は7割くらいは空っぽで帰ってくる。一方通行の状態です。

コシ アメリカから買ってくるものがないのか?

ベン ない。中国が大金持ちになったのは、中国に帰る空っぽの船にアメリカの紙くずをいっぱい入れて、中国でリサイクルをして大儲けをしたから。もう紙くずしか売る物がないというわけ(笑)。

コシ アメリカは紙くずの輸出国だったのね。
 たしかに物を作ることを止めてしまい、金融工学みたいなことばかりやっているから売れる物が何もない。ほしい物が残念ながらなくなってしまった。
 それは事実だと思う。アメリカ経済はもう、超大国として維持できないのが当たり前で、現実、GDPだって実は中国に抜かれているという話もある。

ベン 間違いない。でもアメリカがナンバー1の大国で、中国がナンバー2というほうが中国にとっても都合がいい。あまり睨(にら)まれたくないから。
 だけどいわゆる、購買力平価(PPP:ある国である価格で買える商品が他国ならいくらで買えるかを示す交換レート)という指標があって、世界銀行が出している購買力平価を基準に算定した各国GDPの比較データをみると、中国の実体経済は既にアメリカより大きい。
 先ほどの私の単独講演で言ったように、中国はアメリカの20倍もの鉄を生産して、3年間でアメリカが20世紀全体をかけて使ったコンクリート量よりも多くのコンクリートを使っている。今はコンピューターもハイテク技術もすべて中国で作っている。アメリカがまだ作っているのは武器と自動車くらい。

コシ その自動車も1ドル65円くらいの物凄い円高になったらわれわれは率先してフォードやクライスラーを輸入して鉄クズ会社に売るという手もあるんじゃないかと。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2人の対談はさらに進んで、アメリカの倒産についても語っています。
 面白いので、それも引用させていただきます。


 ・・・<『トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い』、p203〜p205から抜粋開始>・・・

コシ トランプ政権になったらアメリカは国家がデフォルトするんじゃない?

ベン デフォルトせざるを得ないが、彼は自分の会社を2回くらい倒産させているから、倒産交渉は経験済みだからちょうどいい。アメリカの倒産を交渉するために。

コシ 彼は既に倒産させようとしていると思う。

ベン もう言っているんですよ。そういう場合、どうしても貸し手が損をしないとダメだと言って、返せないから諦めなさいという立場。

コシ そうすると、日本も中国もちょっと損をするけれども。

ベン 日本も既にお金を取られているし、サウジアラビアも全部お金を取られている。あと中国も損をするけど、トランプは中国とロシアと仲良くしようと言っているから。
 今、中国脅威論とか、プーチンが独裁者だとかいうことを吠えているのはロックフェラーとかロスチャイルド。だから僕はトランプをすべて支持するわけではないが、大筋は本当の革命派であると思っている。

コシ 日本の在日米軍基地も、日本政府が費用を負担しないならば撤去すると言っているが、本音は「日本を解放するよ。米軍基地を撤去してあげるよ」と言っているんだと思う。

ベン 「日本は植民地としてはもういい。自由にします」と。で、それが困るのが植民地支配の下請けをやっていた安倍とかの連中。多くが日本人ではない犯罪組織のメンバー。それがやはり日本人に知られたら大変怖いというか恐ろしい。
 とくに戦後やったいろいろな悪がばれる。あと、今は司法の上にいて彼らには法の効力が及ばないから、人を殺しても何をしても大丈夫だし、お金の印刷機の権利を握っているから、その権限を失うのは大変恐ろしい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はアメリカ政府が発表する経済統計数値に、ねつ造の疑いがあると言いました。
 しかし中国政府のように露骨に数値を書き換える手法だけではなく、もっと洗練(?)されたやり方をしている場合もあるようです。
 例えばインフレ率の算出の為に特定の商品の値段を参考にしていますが、その品目を目的のインフレ率の数値に合わせるためにどんどん入れ替える方法です。インフレ率はGDP値の算出に使われるとうので、アメリカ政府が発表するGDP値が一貫して右肩上がりを続けているカラクリがわかるというものです。
 フルフォード氏のメルマガが抜粋します。


 ・・・<ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガから抜粋開始>・・・

アメリカの政府統計と現実

さらに言うと、先進国といわれる国々の実体経済は世界銀行や各政府の統計で
示される数字よりも格段に酷いと思ったほうがいい。

例えば、アメリカの政府統計によると2016年の消費者物価指数(消費者が実際
に購入する生活用品の小売価格の変動を示す指数)は2001年からの15年間で
35%上昇している。しかし、その値が35%に抑えられているのは 「1年間に
おける物価上昇率(=インフレ率)」を算出する際に調査する商品リストの内訳
を都合よく入れ替えているからに過ぎない。

インフレ率を計算するためには、まず各年の「財のバスケット」の費用を計算
するわけなのだが、ただしアメリカ政府はそのバスケットの品目を頻繁に調整
し、近年だけでも20種類以上の品目が入れ替えられている。
例えば、牛肉の値段が上がれば調査対象のバスケットの品目を牛肉から豚肉に
入れ替え、豚肉の値段が上がれば品目を豚肉から鶏肉に入れ替え、鶏肉の値段が
上がれば今度は豆や芋に入れ替える…といった具合である。

そこで、アメリカ政府が公表する統計値とは別に、身近なファーストフードの
価格を基準に計算してみると、2001年に比べて2016年現在の物価は160%も
上昇している。つまり、2001年に 「2ドル50セント」 で買えていた商品が、
2016年現在は 「6ドル50セント」 にまで値上がりしているのだ。
アメリカ政府が発表するインフレ率35%で計算をしたならば、2001年に2ドル
50セントだった商品であれば、現在は3ドル38セントで買えるはずである。
http://www.zerohedge.com/news/2016-08-01/burrito-index-consumer-prices-have-soared-160-2001

このように比較してみると、アメリカの政府統計の値が 如何に現実を反映して
いないかが分かるだろう。
また、インフレ率の値はGDPの算出にも用いられている。もしも、「インフレ率
160%」の値でアメリカのGDPを計算したならば、2016年のGDPは2001年のGDP
値の半分以下ということになる。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 * * * * *

 10月8日の記事、「アメリカ政府統計に対する疑問」で、当HPの掲示板にアメリカ在住の方から、興味深い情報の投稿がありました。
 当HPの先頭ページだけを見て、掲示板を見ない訪問者の方もおられると思うので、ここに再掲させていただきます。

 アメリカの公式統計で2001年から2016年までの15年間のインフレ率が35%増だと言っているのがいかに怪しいかを感じ取っていただけたらと思います。


 ・・・<掲載開始>・・・

★ アメリカ経済 / 読者 [外国]

いつもサイト、読ませていただいてます。
今回アメリカ経済のお話だったので、長年(90年後半から現在まで)アメリカ単身勤務者として感じることをシェアします。

まずご指摘のようにアメリカのインフレ率はすごいです。
15年前なら平均レベルの卵1パックが2ドル以下でしたが、今では4ドル50セント、サンドイッチなども10年前までは6ドルだせばまあまあのものが買えましたが、今では10−15ドルします。特に食料品が高いな〜と日本を知っている私にすれば思います。スーパで一人分でも毎回80ドルで袋1つ分でしょうか(もちろんジャンクフードではなく、ちゃんとした食材を買った場合です)。レストランに行っても平均的な場所でハンバーガーに前菜1つにソーダなどの飲み物で最低チップ込みで$60はします。

健康保険も個人一人で月に$400-500(これがあると、専門医でなければ$50くらいで見てもらえますが、レントゲン写真などすると、追加で$100−500請求されます)、家族で$1200くらいかかります。

高卒のほうが給与がいいというのも周りをみると納得のデータです。ミドルクラスの上のほう(アメリカでいうと年収2000万円以上くらいでしょうか)となると、大学や大学院卒なのですが、日本でいう平均的ミドルクラスレベルの生活をしている人は意外にも高卒が結構多いです。大工さん(年収1500万円)や飲食業経営やエンターテイメント系(クラブやバーの経営)など皆高卒で働きだして人脈を作って30歳くらいで経営者や高給取りウェイター(こちらはチップ制で税金のがれですので)なって成功している人が多いですね。大卒は聞くといい仕事ですが、お給料が20年前と変わっていないのでインフレ後のアメリカでは生活は楽ではなくて、年々お給料がよい仕事にキャリアアップできる人は半分以下ではないでしょうか。

製造業や飲食業など、だれもやりたくない仕事のお給料が上がっているのは
需要と供給なのだと思います。大学に行けばよい仕事につけるという昔の考え方で人口が20%増加したアメリカにおいて、大学(学費も20年前より3倍になっている)の営利主義のマーケティング戦略に乗せられた人たちはローンをして専門学校のような大学に行くのですが、そんなにホワイトカラーの労働者ばかり必要ないのです。だから今のアメリカから生産された製品はハードグッズで買うものがなく(そういう仕事に就きたい若者は少ない)、今のアメリカの強みはソフトグッズ(ソフトウェアやらインターネット系テクノロジーやサービス、株、映画などのエンターテイメントのコンテンツ)なわけです。それしかないのです。

株価が異様に釣り上げられているので、お金がある人はもっとお金を稼いでいい暮らしをしています。格差がもっと大きくなっています。貧困の人は食材が高く、ジャンクフードでしのいでいて肥満となって犯罪の中で暮らしています。お金持ちはゲートがあってセキュリティーガード付きの大邸宅の壁で覆われたコミュニティの中に暮らし、別世界にいるのです。若者は親が中級家庭以上の人たちは、30代でも未だに親にお小遣いをもらったり家賃を払ってもらうか家で住んで好きなことをしてます。そうでない場合は皆ルームメートとアパートシェアしたり、仕事を2つしたり収入に税金のかからないウェイトレスやバーテンダー業や裏のお仕事をしてやりくりわけです。

それでもアメリカ人というのは、大陸国なので自分がその時によければどうでもよく、数字に弱い人も多い(笑)ので、若い子たちはお給料が手取り25万くらいでも、健康保険を買わないでビヨンセのコンサートのチケットを3万だして見に行ったりする(笑)し、貯金がなくても0になるまで(またはクレジットカードのローンをしてでも)外食して遊びに毎月使いきってしまうのです。でも楽観的にやっているわけです。今の20代の人は暮らしが厳しいせいか結婚が早く、2つの収入で平均的なよい生活(日本でいう中級クラス)をしている人が多いです。私の世代(30代後半40代前半)は逆にキャリアでがんばっていた人が多くて、結婚ラッシュはこの5−7年前くらいでした。子供の数が増えるごとに税金率が下がるのでお金が厳しくても子供が3−4人いる家庭もざらです。12月末に生まれる予定だった子が1月に生まれたら税金で100万ほど損したよ!なんて言ってます(笑)。だからアメリカの人口は移民も多いですしこの25年ほどで急増なわけです。

生活費が上がり、生活がきついのは確かです。私は中級の一番下レベルですが、本当にこの数年衣服など買わないですね。生活必需品でないからです。アメリカ人がおしゃれでない理由もそこです。おしゃれする金銭的余裕がないのです。家具もすべて中古でしか買わないです。低い時給($8−12くらい)でよければ仕事はたくさんあります。飲食業や簡単なオフィス作業などどこでも雇ってます。大学を出た人でもそういうお仕事をやってます。ただ、年収100万でも税金のかかるアメリカではこの収入で一人でやっていくのは、無理なので親元で生活するとか配偶者が多い収入があるとか貧困層の中で暮らすかとになってしまいます。逆にアメリカでは年収1億円以上の人にも簡単に会います。会社の弁護士さんや、15年前に1千万円で買った家が今1億円以上になって儲かったとか。。。そういう国なのです。

大企業が国や市から優遇をうけて、法人税も払っていないというのがだんだんと分かってきましたが、税金の代わりにアメリカは企業に雇用を増やしてもらおうという政策だったのだと思います。ニューヨークの一等地でオフィスの家賃も払わなくていいから、と優遇されている企業もあります。それでも、雇用はあっても給料が低い仕事が多く、生活できるけど厳しい人が多いってのが国民の70%くらいなのではないでしょうか。企業にしても、税金も家賃も払わなくても赤字なのですから(それでも経営者は株で大金持ちのまま)、どこかでリーマンショックのように崩れるでしょう。

No.636 - 2016/10/10(Mon) 18:35:42



ブルー・エイビアンズのシールド...2016年9月24日


外れた私の推理

 マヤ族やホピ族に伝えられてきた予言「End of Time」とは、地球を襲う大変動のことで、巨大地震や火山の大噴火などが集中的に起こるというものです。
 その期間は7〜8年とされ、空に青い星の予兆が出た時に始まり、赤い星の予兆で終わるといいます。
 神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんは、マヤの長老たちと相談の上、2007年10月の夜空にホームズ彗星が青く輝いたタイミングを、「End of Time」の始まりと断定しました。
 しかし2007〜2015年の間、「End of Time」は起こりませんでした。

 私は、他の資料も加味して、それを2015年ではないかと推理しました。過去の記事で、どういう資料を参考にして推理したかを何度も書いていますので、興味のある方は読んでみて下さい。
 これは予言や預言と言われているものとは別物です。私は霊感を使って2015年と割り出したわけではなく、あくまでも色々な資料を元に推理したのです。
 さてでは、2015年に「End of Time」が始まったかと言われれば、始まっていないと結論せざるを得ません。
 2015年、空に青い星の予兆は現れなかったし、世界的に自然災害の規模が増しているとはいえ、とても「End of Time」のレベルとは言えません。
 私は素直に、2015年説は外れたことを認めようと思います。

 では、そもそも「End of Time」は起きないのではないかという話になるかもしれませんが、私はやはり起きると思っています。
 今回は単に私の推理した時期が間違っていただけであって、将来、確実に起きると思っています。
 実は、千さんのお爺ちゃんセッションで、その時期を聞いているのですが、その時期をここに書くのは避けようと思います。
 未来のことなので、その時期に必ず起きるとは限らないし、ことは人類の存亡にかかわる重大な話なので、安易に書けないのです。今の時点では、そう遠くない将来とだけ言っておきたいと思います。
 ただし私は懲りずに、その時期を推理していきたいと思っています。そしてある程度、確信が持てる内容が出てきましたら、また記事にしたいと思っています。


UFOコンタクティー、オスカー・マゴッチ氏の情報

 そもそもなぜ私は、「End of Time」が確実に来ると考えるかというと、もうだいぶ前ですが、UFOコンタクティー、オスカー・マゴッチ氏の本を読んだのがきっかけでした。

 以下は異星人アーガスが、オスカー・マゴッチ氏に説明した内容です。すでに引用した記事ですが、再度引用します。

 ・・・<異星人アーガスによるブリーフィングの引用開始>・・・

ただし、それには、はっきりとしたサイクルがあります。例えば、惑星のサイクルは、非常に原始的な状況から、あらゆる面でもっともっと洗練された状況へと変わっていきます。そのようなあるサイクルから次のサイクルへと変化していく姿は、ショックを覚えるような非常に大きな飛躍のように思えるかもしれません。地球の先史時代の地質的なサイクルの変化とか、根本的な気候の大変化などを考えればそれはお分かりでしょう。サイクルの変化を無視すると、自分の身に危険が及びます。凍え死んでしまうか、焼け死んでしまいます。あるいは、恐竜と同じ運命を辿ることになってしまいます。
 惑星地球は今、もうすぐ根本的な宇宙サイクルの変化を経験するところに来ています。人間の時間で精々一世代もしたら、次のサイクルが、現在の地球環境の次元とは大分異なる次元で始まっていることでしょう。黄金時代の始まりです。本当に賢明な美しい世界が、今よりずっと高い振動のレベルで始まるのです。残念ながら、現在の地球は依然として、振動が低く、偽善的、同胞を傷つけあっています。この避けられない変化までに残された短い時間内に大きな向上が見られなければ、全世界的な大きな問題がたくさん出てくるでしょう。これからやって来るサイクルの振動は猛烈に高く、精神汚染で一杯になった地球と衝突して、凄まじい大改革を引き起こすでしょう。本質は浄化であっても、このサイクルが基本的な力を爆発させるのは避けられず、精神が下劣な人々や心の狭溢な人々を打ち砕き、政治面での混乱と破壊的な戦争を引き起こし、大規模の天災すらも惹起するでしょう。また、そのような状況から精神の死の灰が更に増加し、私達としては避けたいのですが、ここの次元にいる私達も影響を受けてしまうのです。
 これは分かりきったことですが、もっと平和的な形でこの新しいサイクルに移行できれば、そのほうが関係者全てにとってずっと良いのです。

 ・・・<引用終了>・・・


 私たちの住む地球が新たなサイクルを迎えることは、たくさんの人々が言っています。
 UFOコンタクティーやチャネリング情報もたくさんあります。私は、そのサイクルについてもっと具体的に知りたいと思うようになりました。


UFOコンタクティー、コーリー・グッド氏の情報

 アーガスは、「これからやって来るサイクルの振動は猛烈に高」いと言っています。
 私は地球の振動数が猛烈に高くなる理由はなんだろうと考えました。私が一番納得しているのが、UFOコンタクティー、コーリー・グッド氏が言う、太陽系が「局所恒星間雲」に入るという説明です。
 以下、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋します。

 「現在太陽系はエネルギーがとても強い「局所恒星間雲」という銀河系内のエリアに突入しつつあり、その結果として強烈なプラズマエネルギーが太陽系内に入ってきている。このエネルギー放射の影響で、人類は現在の第3密度から第4密度に精神的に進化する」

 つまり太陽系全体が、猛烈に高いプラズマエネルギーが充満した「局所恒星間雲」へ入りつつあり、地球もその影響を受けると同時に、太陽のエネルギーが増し、その影響を受けて地球に大きな変動が起きるということです。

 一時期アセンションなる言葉が流行りました。
 フォトンベルトなる光が充満した空間に太陽系が突入し、その影響で地球が4次元(5次元?)アセンションするという説明でしたが、私にはわかったような、わからないような説明でした。
 フォトンとは光子のことであり、電磁波でもあるので3×10の8乗「m/s」のスピードで移動しているはずです。それが空間のある場所にずっと留まり続けるというのは理屈に合いません。また地球が物理次元でない4次元に移行するというのは、あまりにぶっ飛んだ話に感じました。千さんに聞いたら、地球の4次元への移行は、数十億年後のずっと遠い未来に起こる可能性があるが、今ではないという答えでした。
 高いプラズマエネルギーの影響を受けて、地球の振動数が上がるというのは、私にとって理解し易いものだったのです。


ブルー・エイビアンズのシールド

 以前、第6密度の存在であるブルー・エイビアンズが地球を取り囲むにシールドを張り、地球に巣食って地球の派遣争いをしていたエイリアン達が地球外に出られないようにしたという話を紹介しました。
 地球が第3密度から第4密度に移行してしまうと、第3密度のエイリアンたちは地球で生きることができなくなります。そこで交渉のすえ、地球から出ていくことを条件に、地球のシールドが解除されたという話でした(ただし何割かはまだ地球に残っているらしいです)。
 ブルー・エイビアンズは、さらに太陽系全体を包むシールドも張ったと言われています。
 その目的は、これから巨大な太陽フレアが起こり、太陽フレアのあとにはCME(コロナ質量放射)が起こるが、それを現在の人類は耐えられないので保護する為だといいます。人類の精神的な進化レベルでは耐えられず、今それを体験してしまうと地球上でわずか30万人しか生き残れないというのです。
 ヤスさんも特に興味深い内容だと言っている、その情報を引用させていただきます。
 UFOコンタクティー、コーリー・グッド氏の説明です。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

・その後、「ブルー・エイビアンズ」のティエールとの会話が続いた。私はスクリーンに大写しの太陽の画像を見せられた。それは白く輝いており、ときおり巨大な太陽フレアを放出していた。太陽フレアのあとにはCME(コロナ質量放射)が続いていた。

・太陽フレアとCMEは地球を直撃した。これらは地球全体を包み込むような状態となった後、地球内部に吸収されていった。するとその後、白いエネルギーとなり、地球のあらゆる地域で噴出した。

・ティエールによるとこれが人類の精神的な進化を誘導するエネルギーになるという。しかしいまの状態でこれを体験すると、人類のなかで進化できるのはわずか30万人に過ぎないという。進化の条件は、自分のエネルギーの51%を他者のために使うことだ。

・この数を増やすためには、人類の集合意識が他者のために行動できるように、大きく変化しなければならない。

・もちろん、いま南極の地下基地に逃げ込んでいる「ドラコ同盟」や「イルミナティー」はこれには耐えられない。生き残ることは不可能だ。だから彼らは早急に地球を離れている。

・このような変化にともない、第3次世界大戦や経済危機など「イルミナティー」が計画していたさまざまな計画が実現できないような状態になっている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 現在の地球の人口が70億人だとして、そのうち30万人しか生き残れないとしたら、単純計算で2万3333人に一人しか生き残れないことになります。
 もし30万人が同じ地域に暮らしているなら大丈夫だと思いますが、私たちが住んでいる社会で、いきなり2万3333人に一人しか生き残れないとなったら、社会のインフラは間違いなく維持できなくなるでしょう。
 そうなると人類は滅亡してしまう可能性があります。
 これがブルー・エイビアンズが太陽系にシールドを張った理由です。
 ブルー・エイビアンズは、これまで秘密にされていたテクノロジーの全面公開こそ、人類が精神的に進化するための重要な条件であると考えているといいます。これが宇宙人情報やそのテクノロジーを一般に公開しようとしている(コーリー・グッド氏が属している)組織を、ブルー・エイビアンズが支援している理由だといいます。
 シールドによって人類に時間を与え、その間に情報公開し、人類の精神的な進歩を促すということです。

 私はこの情報を目にしたとき、一瞬頭の中に、ブルー・エイビアンズが太陽系に張ったシールドが、「End of Time」の時期が延びた理由なのかと考えました。
 しかし2015年に青い星の予兆が現れなかったことを考えれば、単に私の推理が間違っていたということだと納得しました。



訪問者の方からのメール...2016年9月18日

 訪問者の方から興味深いメールをいただいたので、シェアさせていただきたいと思います。
 この方は、一昨年にゲリーさんの東海地震の予言に関してメールをくださった方で、そのメールは当HPに掲載させていただきましたので、憶えておられる方もおられるかもしれません。
 今回は「アカシック・リーデイング」について書かれているのですが、懇意にされていたスピリチュアル・リーダーに、詐欺・横領に遭ったという体験談も書かれています。これは私達としても用心しなければならないことですし、1世紀頃のローマ軍のブリテン島征服時の過去生の話など、興味深いので再び掲載をお願いしたところ、快くオーケーしていただきました。
 ちなみに個人情報の部分である、お名前や在住地域名は「○」に置き換えさせていただきました。
 では、引用させていただきます。


 ・・・<訪問者の方からの最初のメールから引用開始>・・・

本山様へ

一昨年ゲリーさんのFacebookでの東海地震は回避された件をシェアさせて頂いた○○在住の○○○○○です。

ご無沙汰しております、改めてこんにちは。

本山さんが「アカシック」を読めるようになること、あきらめない!っていうことを伺ってますので、今日は「アカシック・リーデイング」のことで、シェアさせて頂けたらと思いメールさせて頂きました。

本題に入る前に、わたしの仕事ややってきた事をお話しておかなければならないので、長くなりますがお付き合いお願いします。

16年ほど前に、共同経営していたアパレルを解散し、次に何をしようか考えていました。
経営的な理由で解散、離脱しましたが、アパレルという「仕事」だけでは物足りないという思いがあってのことです。

その頃に、ゲリーさんの個人セッションを受けましたが、今世の目的が「無制限の愛」といわれました。
まだ「アトランティスの叡智」も出版されてなかったので、その当時に「無制限の愛」といわれても、皆目わかりませんでした。

ゲリーさんのアドバイスは未消化のまま、暇な時間に趣味のアクセサリーを作っていたので、スピリチュアルなサイトを作ってそれを販売しては・・・と思いたちました。
お小遣い稼ぎの次の仕事への繋ぎとしてです。

どうせなら、イエス様と縁もあり、アーサー王とも縁もあり、ずっと気になっていたアーサー王伝説の島「アヴァロン」をサイト名にして本山さんと同じ無料の「ニフティ」で立ち上げました。

クリスチャンではないのですが、個人輸入した聖品や、「クリスタル・天然石」を使ったロザリオやアクセサリーは、当時は珍しいこともあり、趣味で立ち上げたサイトが本業にならざるを得ないようになってしまいました。

なにより、ブログなどなかった時代、「掲示板」をリンクし「クリスタルにまつわるスピリチュアルな情報」を掲載していたので、それが「コマーシャル」の役割をし、第一次「クリスタル」ブームであったこともあり、「ニフティ」サーバーでは対応しきれなくなりました。
なので、カートを付けられるサーバーに移転し、いつの間にか本格的な「ショップ」になっていました。

数年は「スピリチュアルな情報」も掲載してましたが、反応がダークなものもあり、対応に疲れたので「掲示板」は外し、極力スピリチャルな情報提供はせず淡々と「ショップとして物を販売」する方向転換をしてきました。
「スピリチャル色」が薄くなっても固定客は確保できてたので、ひとりで運営しているサイトとしては成功してる部類に入っていたようで、外部からのやっかみなどはそれなりに受け止め運営していました。

で、本業となってしまった「アクセサリー制作、販売」ですが・・・

2014年に、プライベートで懇意にしていたスピリチャル・リーダー(?)の男女に、13年間にも渡る「詐欺・横領」をされてたことが判明しました。
私の他に彼らのクライアントでもあったスピリチャル関連のショップさん、ヒーラーさんも被害にあわれてることも分かり、加害者の彼らに「裁判」を起こしたため、この2年ほどはほとんど開店休業状態でした。

ちなみに、被害者の方のおひとりAさんと私は「千さん」のセッションを受けて、加害者である自称スピリチャル・リーダーの男女とのカルマや、裁判や執行という現実的なことにもアドバイスももらい解消することが出来ました。

ヒーラーさんは、ご自身が「視える、解る」という認識からか、プライドが許さないようで、私やAさんを含め彼らとも「縁を切って忘れる」という選択をされました。
千さんいわく「葛藤を抱えたまま」という状態のまま、現在もヒーラーをされてます。

そのカルマの現場・・・
現在のイギリスのアングルシー島の「モナの島」はドルイドの聖地で、1世紀頃ローマ軍のブリテン島征服時に、ケルト人が激しく抵抗したため、モナの島を襲い陥落させたという記録が残っています。

ローマの歴史学者タキトゥスは、『年代記』にこう記しています。
「敵(ブリトン人)は武装して密集し、海辺にずらりと並んでいた。そのなかには黒服をまとい、乱れた髪をした復讐の神さながらの女達がいて、松明を振り回していた。その脇ではドルイド達が両手を空に向かってのばし、恐ろし気なのろいの言葉を叫んでいた。
この気味の悪い光景に、ローマ軍兵士たちは一種の麻痺状態に陥った。彼等はその場に立ち尽くし、格好の標的となった。だが、その時彼等は、狂女の群れなど恐れるに足らずと互いに励ましあい、将軍も彼等を鼓舞した。
彼等は軍旗を押し進め、敵に襲いかかって、松明の炎で焼きつくした。
スエトニウス(パウリヌス)は征服した島に守備隊を駐屯させた。
そしてモナの野蛮な迷信に捧げられた森を殲滅した。囚人の血で祭壇を塗りたくり、人の臓器を仲立ちに神々に伺いをたてるのが、彼等の宗教だったのだ。」

よくある勝組からみた、負組を表現したものですが、タキトゥス自身はこの60年から61年頃に起こった「モナ島の惨劇」は視た訳でなく、戦士からの又聞きのようです。

モナ島のドルイド僧の長がAさん、ドルイドの巫女の長が私。
私は体外離脱してモナの危機を知り、体に戻って体験したモナ島での出来事は・・・

ケルト民族、ドルイドを裏切ぎった魔女や、ブリテンの王族の支配争い、その王族とローマの将軍との「ドルイドの秘宝」を略奪するための野望争い。
そして、人間としての「マーリン」ではなく「マーリンという意識体?」も関与する「千さん」の確認がなければ、「幻想」では?と思える壮大なお話になります。

まるで「ゲーム・オブ・スローン」の第何章にしてもよいのではと思える、ファンタジーSFとしてのジャンルの小説ばりで、文才があれば小説にしたいくらいです。

ちなみに別の過去性でAさんは「アトランティスの崩壊」の時に、「B塔の悪用も破壊にも反対するグループ」の内のひとりだった方です。
また、イエスの時代にはマリア様に近い人で、イエスの話を書き記した文章が、イエスの意図通りのものか、確認する役割だったとか・・・本山さんのアカルデピスさんとお知り合いだったかもしれませんね。
そのせいか本山さんの「ファン」でもあり、ゲリーさんの東海地震は回避された件を知らせてくれ、本山さんにお知らせしては・・・と翻訳までするつもりだった方です。

横道にそれたばかりか、前置きがながくなり申し訳ありません。


で本題の「アカシック・リーデイング」のことになります。

カルマも私やAさんの中では解決し、過去性で奪われたものも戻り、再スタート・・・ですが、「お金」は返ってこないので(民事では強制力はないので)
改めて今後の私自身の「仕事・お金」に関してアカシック・リーデングを受けてきました。

一時間という枠のなかなので、簡単に詐欺にあい、裁判起こし、その間は開店休業状態だったため、以前のように軌道に乗せるにはどうしたらよいか?の質問をしました。

アカシック・リーダー(以後A.R)は現実的な質問なので、現実的な「肉体の特性」から視たアンサーが。

A.R: 私(A.R)のようにスピリチュアルなことをリーデイング、ヒーリングするつもりはないですか?

私:イエイエ、受けるのは好きですが、自分が施術するなんて考えたこともない、絶対に嫌です。

と答え、このことで色々、質疑応答し、リーデイング、ヒーリングを仕事にすることを勧められるので「魂のほうの特性でみて欲しい」とリクエストしました。

A.R:変わった表現しますが「霊的お姫様」というのが一番端的な表現ですが・・・

九州のある領地で、貴女の霊感をお殿様に授け、領地と人々を納めていた、多くの過去性で「霊的お姫様」をやっていた。
また、本来は自分で働いてお金を稼ぐことしなくてもよい恵まれた人です。
今世は「苦労はまったくしない」というはずでした。
お金持ちと結婚してなんの苦労もない人生を送るはずだった。
それが苦労の人生になったのは、「霊的お姫様」をやらなかったから。

肉体、魂・・・両方とも特質が「霊的お姫様」=リーデイング、ヒーリングの施術をする・・・というのがピンとこないまま、質疑応答し。

「ユニティの時代」に、自分の特性を活かした仕事をするとお金になる。
それは、好きな事をするという葛藤がないから。
あなたは本当は自分がスピリチュアルな事をしたいのに、それをしないから「極端なスピリチャル者」を引き寄せて苦労した。

と、あくまでリーデイング、ヒーリングの施術を仕事にする・・・という私にとっては現実的ではない答えなので、
「今のサイトで、アクセサリー製造販売とスピリチュアルなことを組み合わせたサイトにする」という妥協点(以前の面倒なサイトに戻すということなので)で改めてみてもらったら。

「新しい方法で営業し、スピリチュアルな要素を組み合わせると、回復する、軌道に乗る」・・・ということでした。

新しい方法とは、今スマホ対応のサイトに作り直していることや、他のショッピングモールに出店することなどです。

で、サイトを実際にスマホで観てくれ、「アヴァロン」ってなにか意味があるのですか?というので、アヴァロンがイエス、アーサー王伝説の島で・・・ということ説明しました。

イギリスにあった「聖地」としてビジョンで観られて、そこでも「巫女・女王として、神託を受け取って納めてた」というのも視られたようです。
そして、アヴァロン、私のシンボルとして「雪の結晶」のようなものが視えた、それを使って儀式を執り行っていた、それをサイトのシンボルにすれば良いとアドバイスうけました。

終わっての感想は。

さすが「ゲリー・スクール」出身のアカシックリーダーは「アカシックリーダー」と「カウンセラー」の要素をしっかりと持った方という印象です。
とても的確で現実的なアドバイスをして頂いたと思いました。

ただ、今世の目的、仕事が「霊的お姫様」=リーデイング、ヒーリングの施術、という解釈に納得できなかったことを私なりに模索してみました。

千さんには、今世の目的は
「自分の聖地を創る。聖地のリーダーになるのではなく、リーダーが貴女にシャアを求めに来て、多くの専門分野の人が集まるコミューンとなる」と聞いていました。
わたしは「風の谷のナウシカ」に出てくる「おおばば様」のポジションね!と、千さんのリーデイングに納得していました。

そして別の機会に、豊川稲荷へ行くといいといわれ、そこのダキニシンテンが、モナ島、アヴァロンでご神託を頂いてた女神様と同一のエネルギー体であることがわかりました。
そのダキニシンテンが「クリエイティブなこと私に託してる」と確認して頂き、それが「聖地つくり」ばかりでなく「アクセアリー作り」を含むことだとも納得しています。

聖地を創る資金は、心配ない、とお墨付きを頂いてるので、のんびりしてますが(笑)

そこで・・・今回のアカシック・リーダーの読んだ私の過去性
「九州のある領地で、貴女の霊感をお殿様に授け、領地と人々を納めていた」
「多くの過去性で「霊的お姫様」をやっていた。」
「アヴァロンで巫女・女王として、神託を受け取ってアヴァロンを納めてた」

千さんのリーデイングと同じような過去性を視てくれたことになりますが、そのビジョンの解釈が「読み手」のアカシック・リーダーがもつボキャブラリでニュアンスが違っただけなんだと。

ゲリーさんには「今世の目的は、無制限の愛」といわれ、なんど尋ね直しても「無制限の愛」と繰り返されるばかり。
今回のアカシック・リーデイング受けて、ゲリーさんも同じようなパターンの私の過去性のビジョンを視て、ゲリーさんの解釈が「無制限の愛」だったのではと思いました。
ゲリーさんはボキャブラリ、知識量が多すぎて、逆に抽象的な表現されたのだと・・・。

アカシック・リーダーの視てくれたシンボルも「雪の結晶」ではなく「ケルトの文様」なら納得できます。
何故ならアカシック・リーダーは「和」の知識、ボキャブラリは沢山もっているけど「洋」の知識、ボキャブラリはそれに比べて少ないのではと、「アヴァロン」が何かご存じなかったのでそう思えました。
過去の偉人を例にとるときも、日本の偉人だったので。

アカシックで分からないビジョンが出てきた際には「今の自分にわかるようなビジョンで」とリクエストし直すそうですが、読み手の得意なボキャブラリを反映するビジョンになるのでは思いました。

今回のアカシック・リーダーが「和」の知識、ボキャブラリを豊富に持つ。
ゲリーさんは「洋、宇宙」の知識、ボキャブラリを豊富に持つ。

アカシックの読み手の個性によって、解釈、ニュアンスに違いがある・・・ってことで、その違いが葛藤に成らないよう気をつけなければいけないなとは思いました。

ゲリー・スクール出身で自身でもアカシック読める方々が、千さんに確認してもらうのは・・・
千さんが受け身でおじいちゃんの宇宙語を翻訳し言葉にする。ビジョンの解釈は「和、洋、宇宙」の知識、ボキャブラリを豊富に持つから。
・・・スクール卒業生の方々が勤勉で真面目だという証だと思います。

本山さんもアカシックの情報が、読み手の個性で解釈やニュアンスが異なることご存じで、自身がアカシック読めること目的にされてるのかな・・・。
そんな分かり切ったこと長々と、シャアするでもないですぅ! かもしれませんが・・・そうならお許しくださいね。

長々とお付き合い頂き、ありがとうございました。

○○ ○○○ より

 ・・・<訪問者の方からの最初のメール引用終了>・・・


 本山です。
 この方からいただいたメールをHPに掲載したい由のメールを送らせていただいたところ、了解の通知と共にさらに追加の情報もいただきました。
 その分も掲載して構わないとのことで、次のメールも掲載させていただきます。


 ・・・<訪問者の方からの次のメールから引用開始>・・・

本山様へ

レスありがとうございます。

Aさんとして○○○在住の○○さんのことも書きましたので、○○さんに了解得る必要がありましたので
私の文章そのまま送信しましたら、「はーい。オッケーです!」と了解得ました。

裁判のことも一切、削除なしで、全然オッケーです。

○○さんは騙されてるとしらない2002年頃にゲリーさんの個人セッション受けられて
「魂の崖ぷっち、に居る」といわれ、お祓い(神道の)を勧められ、実行されました。

私には・・・「私の自殺」まで想定していた、と彼らから平然と言われました。

力のあるスピリチャル・リーダーは人の「魂」や「生死」まで影響を与えるようです。

なので「スピリチュアル」を盾に、社会性や現実から逃げてる「スピリチャルな人」の警鐘になればと思います。

また、「モナ島での惨劇」日本人にはあまりしられてない歴史ですが、「民族」単位での惨劇ですのでそれを知ることによってイギリスでの過去性の痛みが抜けない多くの方になんらかのヒントや葛藤の解放にならないかなぁ・・・と思います。

アカシック・リーデイングも、読み手の力量次第でクライアントの葛藤になる可能性もあること、示唆して頂ければ・・・と思います。

 ・・・<訪問者の方からの次のメール引用終了>・・・

 本山です。
 私もこれまでの人生で、何回か人に騙されたことがありますが、13年間も詐欺・横領に遭い、2年間も裁判に労力を取られるという強烈な体験はありません。
 相当な心労だったと思います。

 今回のメールは、私達に示唆を与えていると感じています。
 スピリチュアルな分野において2012年のアセンション騒ぎのようなブームは去りました。
 2012年以降、私は何度かゲリーさんのセミナーに参加したのですが、徐々に参加人数が減っていくことを肌で感じました。
 ではスピリチュアルは今後もどんどん下火になっていくかというと、そうは考えていません。今の社会がそうであるように、どんどん二極化していくと考えています。
 スピリチュアルに無関心な人が増えていく一方で、スピリチュアルに興味がある人は、以前よりさらに強く惹かれていくようになるだろうと思っています。
 そうなると、スピリチュアルを舞台にした詐欺も、巧妙化・悪質化していくのではないかと危惧しています。私も心しておきたいと思っています。



お爺ちゃんセッション(35)...2016年9月11日

 今回は久々に、千さんのお爺ちゃんセッションの様子をお知らせします。
 2つの話題です。


米と豆

 神秘家ゲリーさんから何度も聞いた話ですが、ゲリーさんは修行時代に師匠から、2年間、米と黒豆だけを食べるように指導されたそうです。
 そして本当に、2年間は米と黒豆だけを食べて生活したそうです。
 その体験のせいだと思いますが、ゲリーさんは、米と黒豆の栄養素だけで人間は身体を維持できると言っていました。
 私は実際に自分の身体を使って試そうという気はありませんでしたが、本当に人間は米と黒豆だけで生きていけるのだろうかと常々思っていました。
 そんな折、興味深いサイトを見つけました。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0218.html

 これを読んで感心したのは、米という作物が小麦やトウモロコシよりも優れた作物であるということです。
 小麦食の場合は、「肉や乳製品が加わることが前提となって初めて人間の食生活の体系として完成できる」とあります。小麦を主食としながらも、欧米人が肉や乳製品を多く摂るのはこうした理由があったのかと感心しました。
 米と豆の組み合わせであれば、身体に必要なアミノ酸を充分にカバーできるとのことで、日本人が昔から食べてきた、ご飯と(大豆で作った)味噌汁というのは本当に理想的な食べ物だと気づきました。
 私は前々からゲリーさんに質問したいことがありました。
 それはゲリーさんが食べた米は、玄米か白米のどちらかということです。
 白米にしてしまうと、糠に含まれる栄養素が摂れないので、ガタンと栄養素が落ちてしまいます。ゲリーさんに聞く機会がなかなかないので、千さんのセッションのときに、お爺ちゃんに聞いてみました。
 するとゲリーさんが食べたのは、白米だという答えでした。
 さらにお爺ちゃんに、豆は黒豆でなければならないのか、それとも普通の大豆でいいのか聞いてみました。
 すると黒豆の方がよいという答えでした。
 普通の大豆だと鉄分が不足するそうです。
 念のために言っておきたいのですが、これはあくまでも米と豆しか食べないという前提での話です。
 すると理想的なのは、玄米と黒豆の組み合わせということになります。
 ただし玄米は、必ず発芽させる必要があります。
 これは以前の記事にも書きましたが、発芽させないで食べると、むしろ身体に毒になってしまうようです。
 スーパーに普通に売られている玄米は、生命力が弱って発芽しないものがあるそうです。やはり木村秋則さんの自然栽培された玄米がお勧めです。お爺ちゃんによると、木村秋則さん方式で自然栽培された玄米は、100%発芽するそうです。

 あと玄米にはヒ素が含まれるので危険だというレポートがあるようです。
 これもお爺ちゃんに聞いたら、日本で売られている玄米には、ヒ素の心配はないそうです。
 テレビで観たのですが、(インドだったか東南アジアだったか忘れたのですが)ある地域では井戸水にヒ素が含まれている割り合いが非常に高く、飲めないそうです。おそらくそういう地域で作られた玄米には、ヒ素の危険があるのだろうと推測します。
 日本では、米を食べる文化は数千年に及びますし、庶民が玄米を精製して白米にして食べるようになったのは、江戸の元禄の頃だと言われています。ですから、長い歴史から見ればつい最近のことです。圧倒的に長い期間を日本人は玄米を食べてきたのですから、日本産の玄米は安全な食べ物と言ってよいと思います。
 むしろ、現代のスーパーで売っている農薬や除草剤をたっぷり使って育てた米や、危険な添加物を入れた米こそ注意すべきでしょう。

 私が米と豆だけによる栄養で人体を賄えるかに関心があるのは、理由があります。
 東日本大震災は巨大な地震と津波で広範囲に甚大な被害を出しましたが、それでも地域は限定されていました。災害を生き延びることができれば、数日待てば援助が期待できました。
 しかしこれが、世界的規模で同時期に起こったら、話は全然違ったものになります。
 世界の物流はストップし、それが数か月単位か、あるいは数年単位に及ぶことも考えられます。自国の災害で食糧が不足しているときに、他国に輸出してくれるようなおめでたい国があるとは思えません。
 日本の食糧自給率は、カロリーベースで39%、生産額ベースで66%だそうです。同時期に世界中で巨大災害が起こり世界の物流がストップしたら、日本人の一部(つまり私のようなビンボー人)は、餓死の危機に晒されることになります(阪神淡路大震災の直後、フランクフルトを一本5千円で売るコンビニ店主が人々の批判を浴びました。5千円で売ったということは、5千円で買った客がいたということです。いざとなったら命には代えられないということでしょう)。
 それゆえ私は、いざという時の為に数か月あるいは数年単位のレベルで食糧を備蓄したいと考えています。
 米も豆も安価なうえに、長期保存が利くというメリットがあります。あとは、燃料と水の確保ができれば万全です。
 長期の燃料と水の確保は、これから私のテーマとなりそうです。



私のクォンタム・プロセス

 以前から当HPを読まれている方はご存じですが、初めての方はクォンタム・プロセスと言われても、「?」となってしまうと思うので簡単に説明します。
 クォンタム・プロセスという言葉は、米国人のチャネラーであるダリル・アンカ氏にチャネリングしている、バシャールという第5密度の存在が言ったものです。
 バシャールによれば、地球はこれまで第3密度にいたが、その振動数を上げ、第4密度に移行するといいます。
 当然、地上で暮らす人間も、第4密度に振動数を上げないと生きていけないことになります。バシャールは、人体を形成する細胞の微細振動でその目安を示しています。

 第3密度...約6万〜15万(回/秒) 人類の平均は約7.6万〜8万回/秒

 第4密度...約18万〜25万(回/秒)

 千さんのお爺ちゃんセッションで言われたことは、細胞の振動数が上がってくると、これまでのDNAの2重螺旋構造では耐えられなくなり、3重螺旋構造に変化するということです。
 私の振動数は23万4千(回/秒)まで上がってきたのですが、これはすでに第4密度の領域に入っており、DNAが3重螺旋構造に変化するクォンタム・プロセスが始まるといいます(バシャールはDNAは組み替えられると表現していますが、むしろシリコン化という言葉を使っています)。

 ここで少し脱線して、私事を述べたいと思います。
 様々なワーク等を行って細胞の振動数を上げてきたのはいいのですが、私は心配事がでてきました。
 それは、今の世界は第3密度なのに自分だけ第4密度になったら、この世界の人々と付き合うことができなくなるのではないかということです。
 そんな心配事を持つようになってから、(身体は正直と言いますが)ピタリと私の振動数の上昇は止まってしまいました。数ヶ月の間、23万4千(回/秒)のまま上がりもしないし、下がりもしないという状態が続いたのです。
 そこで私は千さんに、振動数の上昇が止まった理由を聞いてみました。
 すると、「心の中に、これ以上(振動数を)上げたら人と付き合えなくなるという思いがあります」と言われてしまいました。
 見事に私の心配事を言い当てられてしまいました(まあ、驚くほどのことはないのですが)。

 そこで私は、「ではこれ以上、上がったら本当に人付き合いはできなくなるのですか」と聞いたら、「はい、そうです」と言われて面食らいました。「いいえ」という答えを期待していたからです。
 千さんによると、これ以上振動数が上がると、周りの人々が近寄れなくなるといいます。人は顕在意識で明確に意識していなくても、その人が発するエネルギーを敏感に感じ取るので、23万4千を超える振動数の人間には、近寄れなくなってしまうというのです。それは直感的に、もうこの(第3密度の)世界の人間ではないということがわかるということなのかもしれません。
 千さんによると、(第3密度の)人々と付き合える上限が、23万2千〜4千(回/秒)だそうです。
 私は無意識的に、振動数の上昇を抑えていたのかもしれません。

 話を戻します。
 このところ私は、千さんのセッションの度に私のクォンタム・プロセスは、いつごろ始まるか聞いていました。
 今年の春に、お爺ちゃんから私のクォンタム・プロセスが始まる時期を3ヶ月ほど先だと言われていたからです。
 だとすると、順調にいけば7月初旬にも始まることになります。
 しかし7月を過ぎて8月になっても、まだ始まっていないと言われました。私自身も、クォンタム・プロセスが始まったという自覚はなく、まだ当分先ではないかという思いが湧いてきたところでした。
 ところが9月のセッションでは、思わぬ回答に戸惑うことになりました。
 千さんは、「もう始まっています」と言うのです。
 私は思わず、
 「えっ!、・・・」
 と一瞬固まってしまいました。

 気を取り直して、「では、いつ始まったのですか?」と聞いてみたら、8月30日という答えでした。
 家に帰ってから、8月30日ごろに自分の身体に何か変化がなかったか思い出そうとしたのですが、これといった変化は思い出せません。
 ただスピ的なものとは違うのですが、一つあったのは、微弱なものですが身体の奥から活力が湧いてくる感覚でした。なんとなく身体が若返ってきたような感覚です。
 それまでは年齢による体力の衰えばかりを実感する日々でした。ですから微弱とはいえ、活力が湧いてくる感覚は新鮮だったのです。
 ただしその時期は日本列島に台風が連続して接近して、一時的にせよ、それまでの猛暑が治まった時期でした。それゆえ私は、猛暑が去ったのが原因で体調が回復してきたのだろうと思っていたのです。
 果たして暑さが原因なのか、それともクォンタム・プロセスが原因なのか。
 それは時間の経過で結論がでるはずです。季節要因であれば体調はアップダウンを繰り返すでしょうが、クォンタム・プロセスであれば上昇するしかないはずです。
 身体がクォンタム・プロセスを経て完全にシフト(変容)し、DNAが3重螺旋構造になれば、現在の70〜80年の人間の寿命は、180〜200年まで延びると聞いたことがあります。これが事実だとするなら、現在50代の私は、単純計算で20代の若さに戻ることになります。はたして、そうなるでしょうか。世の中に、そんな上手い話があるのかなと思いつつ、期待してしまいます。

 まだ始まっていないと言われていた7月、8月に、身体にどのような変化が起こるか聞いてみました。
 すると色々な体験をするが、それが徐々に強くなっていくと言われたのです。
 私が感じる一番の変化は朝起きたときです。
 鳥山明さんの超有名な漫画「ドラゴンボール」で、主人公の悟空がスーパーサイヤ人になるシーンがあります。スーパーサイヤ人になった悟空の身体から黄金色のオーラのような光が発する描写がありますが、ちょうどあんな感じです。
 朝目覚めたばかりで寝ぼけているとき、身体全身から光を発しているような感覚になります。たしかに7月、8月は徐々にその感覚が強くなっていました。
 ただしこれは私特有の感覚かもしれません。人によって、様々な体験があるのだろうと思います。

 以前の記事にも書きましたが、クォンタム・プロセスの間、以下のような感覚があるといいます。

・極端に喉が乾く。
・身体の奥で、チクチクする感覚がある。
・味覚が変わる(極端に甘いとか辛いといった、極端なものをほしがる)。

 まだ私は上記のどの感覚もありませんが、もし体験するようなことがあれば記事にしたいと思っています。

 またここでちょっと脱線したいと思います。
 ゲリーさんによれば、地球は1000年の期間でシフトするといいます。
 以前騒がれた2012年の冬至は、そのちょうど中間点の500年目にあたるというわけです。
 バシャールは、地球上にいるすべての意識ある生命が第4密度に移行するのに、250年程の年月かかると言っているそうです。
 だとすると、今世にシフトできなくても、来世にシフトするという人も多いに違いありません。
 私はそんなことを考えている時に、ふと、DNAが3重螺旋の人と、2重螺旋人が結婚した場合、生まれてくる子供はどうなるのだろうと考えました。
 考えられるのは、以下の3つの組み合わせです。

@3重螺旋の男性と、3重螺旋の女性

A3重螺旋の男性と、2重螺旋の女性

B2重螺旋の男性と、3重螺旋の女性

 お爺ちゃんによると、@は当然3重螺旋の子供が生まれるそうです。
 Aの場合は、女の子が生まれたら3重螺旋の可能性が高く、男の子だと2重螺旋の可能性が高いそうです。
 Bの場合はAの逆で、男の子が生まれたら3重螺旋の可能性が高く、女の子だと2重螺旋の可能性が高いそうです。

 ちょっと脱線しました。

 お爺ちゃんからは私のクォンタム・プロセスは始まったと言われましたが、それが事実だとしても、まだスタートラインに立ったにすぎません。
 私の場合、2年7ヶ月に及ぶ長いプロセスが続くといいます。2年7ヶ月というのも、あくまでも順調にいった場合の話だろうと思います。もっと長引く場合もあるでしょうし、最悪の場合はプロセスが途中で止まってしまう可能性もあります。
 とはいえ、とにかく私はスタートラインには立てたようです。
 私の(霊的な)ガイドからは、プロセスの経緯を細かく記事にするように言われています。それはクォンタム・プロセスを目指す人たちにヘルプになるからです。というよりは、私のような、”ただのうらぶれおじさん”でもクォンタム・プロセスを体験できたとなれば、それを目指す人々に大きな勇気を与えるということかもしれません。
 今後、変化があったら記事にしたいと思っています。



遮蔽記憶(2)...2016年8月28日

 前回の記事「遮蔽記憶(1)」に続き、今回は(2)をお届けします。
 前回は、ドロレス・キャノン女史の催眠術によって、会社の帰りにシロフクロウに会ったというブレンダ氏の記憶は書き替えられたもので、実際は地球外知的生命体に会っていたという内容でした。
 今回は、催眠術によって掘り起こされた記憶の奥に、さらに隠された記憶があったという話です。
 まず前回の続きから紹介します。


 ・・・<『人類の保護者』、p84〜p87から抜粋開始>・・・

ドロレス 「彼がトラックの横にやって来た時、何かほかに気づきましたか?」

ブレンダ 「すべてが真っ白に光り輝いていました。着ているものは全体にゆったりしていて快適そうに見えました。カフタン(caftan または kaftan。トルコや中央アジア等の丈長で長袖の民族衣装・訳注)を着て、その上にポンチョか何かを重ね着したような感じです。腰の回りには飾り帯も締めていました。服には何か物を入れるためのポケットやパウチみたいなものがいくつか付いているようでした。靴は布製のブーツのようなもので、その布の厚さは2、3センチくらいあるにもかかわらず、柔軟性があって柔らかそうでした。ゆったりとしたロープでしたが、2、3枚重ねて着ていたので、あの季節でも暖かそうに見えました。服の生地は、繊細に織られたウールか何かのように見えました」

ドロレス 「頭に髪の毛はありましたか?」

ブレンダ 「もちろんありました。真っ直ぐな白髪のようで、前髪は切られていて、後ろのほうは肩のあたりまで伸びていました。あまりにまぶしい光が出ていたので、彼のまわりの色は判別できませんでした。皮膚と髪は白く、目は銀色に見えました。ひげはきれいに剃られていました」

ドロレス 「まだ目から光が出ていましたか?」

ブレンダ 「いいえ、わたしと話をしていた時には出ていませんでした。でも、彼があたりの景色を眺めている時には目から光が出ていました」

ドロレス 「それでも、彼のことを特に怖いとも思わず、奇妙な人、とだけ思ったのですね?」

ブレンダ 「とても奇妙でした。でも、わたしの質問にも嫌がらずに答えてくれたので、楽しかったです」

ドロレス 「ほかに何か、彼に質問したことはありますか?

ブレンダ 「地球外生命は本当に存在するのか、それとも、わたしが希望的観測で存在すると思い込んでいるだけなのかを聞いてみました。すると彼は、『地球以外にも生命体は存在し、その種類も非常にさまざまだ』と言いました。それら生命体の姿かたちは多種多様で、能力にもいろいろあって、その中のいくつかの種族は、人類が十分に実用的な宇宙船を開発し、早く銀河系社会の一員になることを期待して待っている、ということです。彼の言うには、宇宙人もいろいろで、それぞれ固有の特徴を持っており、やや好戦的な種族もいれば、陽気でユーモアを解する気質の種族もいるのだそうです。そして彼は、ちょっと不思議な、でも期待させられるようなことを口にしました。『しかし、もうすぐあなたがたは皆、すべてを知るだろう』と言ったのです。それを聞いて、人類はまもなく、もしかしたらわたしが生きている間に、あちこちの星に行けるようになるのだ、と思いました」

ドロレス 「その評議会とは、どこにあるのでしょうか。そのことについて彼に質問しましたか?」

ブレンダ 「評議会は、ある特定の場所にあるわけではなく、メンバー全員が同意した場所に集まるのです。彼らのための特別な宇宙船があるらしく、それはとても大きくて、その船内でほとんどの会合が開催されるようです。評議会のメンバーはいろいろな惑星から、さまざまに異なった種族の代表としてやって来ます」

ドロレス 「でもあなたは、彼の容姿は人間のようだと言いましたよね?」

ブレンダ 「はい、彼は人間に似ていました。わたしは彼に『いろいろな星に住んでいる生命体は、それぞれに多種多様な想像もできないような姿かたちをしているのですか? それとも、大体は皆、基本的に人間のような形をしているのですか?』と聞いてみました。すると彼は、大きく分けると2種類あり、人間によく似たものと、まったく違っていて、とても知性を持った生命体とは思えないようなものとがある、と言いました」

ドロレス 「彼の手を見たと言いましたね。人間の手のようでしたか?」

ブレンダ 「手はとても大きく、長い指でした。ピアノの鍵盤で言えば、12度か13度でも楽に届きそうです。わたしの手なら、届いてもせいぜい9度か10度くらいでしょう。(彼女はピアノを弾くので、指を広げて届く鍵盤の数で手の大きさを表現したのだ)彼の指は手の大きさに比べて長いようでした。でも、指の本数はわたしたちと同じだったと思います。ゆったりした衣服を着ていたので、何か人間と違う体の特徴があるかどうかはわかりませんでした。一番目についた点は、平均的な人間よりは大きいということです。わたしはその時、彼の故郷はきっと地球よりももっと健康に良い環境なので、体も大きくなるのだろうと思いました」

ドロレス 「彼は背だけが高かったのですか、それとも全体として大柄な体格だったのですか?」

ブレンダ 「大柄でした。背は高いし肩幅も広く、手も大きかったです。歯もとてもきれいでした。たぶん、今まで一度も歯医者に行ったことがないでしょう。賢く優しそうに見えました。彼によれば、人類にはやや攻撃的な傾向があり、時に好戦的になることもあるので、そのため、宇宙人の中には地球人を恐れている人たちもいるそうです。もし、こうした性質を自己コントロールすることができるようになれば、人類の将来は非常に明るいものになるだろう、ということでした」

 奇妙な遭遇体験についての彼女の話はこれだけだった。そこで、もっと情報を持っているはずの彼女の潜在意識に直接質問してみたかったので許可を求めた。これまでわたしは、潜在意識に拒否されたことは一度もない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここでドロレス・キャノン女史は、ブレンダ氏の「潜在意識」に出てきてもらうようにします。
 私はキャノン女史が言う「潜在意識」はハイヤーセルフのことではないかと推測しているのですが、特徴的なことは、この意識はブレンダ氏を「彼女」と呼んでいることです。
 これから紹介する部分は、ドロレス・キャノン女史と、(ブレンダ氏本人ではなく)ブレンダ氏の「潜在意識」との会話です。


 ・・・<『人類の保護者』、p88〜p94から抜粋開始>・・・

ドロレス 「ブレンダが会ったというこの宇宙人のことを、もっと知たいと思います。彼の姿は、実際、彼女が述べた通りだったのですか?」

ブレンダ 「彼女が述べた通り、彼は本当に光輝いていた。しかし体には、目で見てはっきわかる、人間とは異なるいくつかの特徴があった。彼はそのことを彼女の記憶から消し去ったか、初めから見えないようにしたのだろう。彼は自身を魅力たっぷりに仕立て上げたので、彼女にはまったく人間のように見えたのかもしれない」

ドロレス 「では、彼の本当の姿はどんなだったか教えていただけますか?」

ブレンダ 「彼の髪の毛は白色で垂れ下がっていた。髪の長さは彼女が記憶していたよりも長く、生え際はもう少し後退していた。生え際がかなり鋭角の三角形だったので、彼女は若者のヘアスタイルと間違えたのだと思う。手はたしかに大きかったが、かなり骨ばってもいた。指の関節は人間より一つ多いので、真ん中の関節が2つあるように見える。そのため、指の曲げ方も人間とは違う」

ドロレス 「指の数はどうでしたか?」

ブレンダ 「4本と、それに親指が2本だ」

ドロレス 「(これは驚きだった)親指が2本? どういうことでしょうか?」

ブレンダ 「2本の親指だ。彼の手の平はわたしたちのより長く、それを構成している骨の数も多い。それで一本の親指は普通の位置にあるが、その上にもう一本の親指が付いているのだ2本の親指が付くだけの十分なスペースが上の指の根元までの間にあるというわけだ(この説明の間、常に手真似をしていた)

ドロレス 「では親指が2本で、合計6本の指ですね?」

ブレンダ 「そう、両手ともそうだ。爪もわたしたちのよりも幅が狭く長い。爪の根元の部分は細長いU字型で、四角張ったわたしたちの爪とは違う」

ドロレス 「顔も違っていましたか?」

ブレンダ 「彼女が記憶していたよりは厳しい表情をしていた。彼は、そのままの顔つきだと彼女が怖がるだろうと考えていたのだ。大きな目からはみなぎるカが溢れ、ぎらぎら光っていたし、眉毛もかなりもじゃもじゃで濃かった。それに、目には瞳孔や虹彩はなく、ただ真っ白だった」

ドロレス 「盲人の目でそのようなものを見たことがありますが、あんな感じですか?」

ブレンダ 「そうだが、彼の白い目は光り輝いていた。力を放射していたのだ」

ドロレス 「ほかに何か特徴は?」

ブレンダ 「ほかには別に特に変わったところはない。頬はどちらかというとくぼんでいた。あごは丈夫そうで、しっかりした形をしていた。耳に関しては、髪の毛で隠れていたのでなんとも言えない」

ドロレス 「皮膚の色も白かったのですか?」

ブレンダ 「違うと思う。光が強過ぎて、本当の色を見分けるのは難しかった。しかし、毛髪や目の色と比較してみると、皮膚はそれよりやや濃い色だったと思う。皮膚も光り輝いていたので、実際の色より明るい感じに見えたのではないか」

ドロレス 「鼻と口は人間のものと同じでしたか?」

ブレンダ 「同じだった。鼻と口はあったが、歯が人間と同じかどうかははっきりしない。話をしている時にも口は開かないので見えなかった。彼は、考えを相手に投射することによって話すのだ」

ドロレス 「でも、ブレンダは歯を見たと言っていますが」

ブレンダ 「それは、彼女には、彼が時々笑みを浮かべたように見えたからだ。実際の彼は、とても厳かな表情をしていた」

ドロレス 「ということは、彼は無表情だったのでしょうか?」

ブレンダ 「いや、表情の変化はあったが、歯を見せることはなかった。眉をひそめたり首をかしげたりとかはしたが、笑うことはなかった。顔は特に前から見ると幅が狭いのがよくわかる。それは口元に向かって逆三角形で、幅が狭く顎のとがった形をしている。彼の顔と比べると、わたしたちの顔はむしろ平たいと言えるだろう」

ドロレス 「着ていたものはブレンダが言った通りでしたか?」

ブレンダ 「衣類は身に着けていたが、それは彼女の描写よりはもっと複雑なものだった。金属製のものがかなり付いていて、それらは衣服の一部となっていた」

ドロレス 「それはいったい何のためのものですか?」

ブレンダ 「さまざまな機器のようなものだ。装飾としてだけのものもあったし、彼の階級を示すものもあった。宇宙船などを操作するリモコンもあった。リモコンはベルトに組み込まれていた。弾薬帯のようなものも胸に斜めに交差させ、たすきのように掛けていて(彼女の身振りからするとそれは2本あった)それには金属製のものが装填されていた」

ドロレス 「機器のようなものと言いましたが?」

ブレンダ 「というか、むしろ、押しボタンとかスイッチとかいったようなものだ。小さなビンのような形をしていたが、それぞれ皆用途がある。ただの飾りではない。もしそれが機器類だとしたら、超小型のものだ」

ドロレス 「では、彼の着ていた衣類さえも、彼女の説明と違っていたのですね?」

ブレンダ 「袖とか裾がゆったりしていたという点は同じだが、機器とか、彼女が見たらたぶん”何かの小道具”とでも呼んだであろうものは、彼女には見えなかった。彼が見せないようにしたのだ」

ドロレス 「そうしたのには何かわけがあるのですか?」

ブレンダ 「ある。人類の科学技術はまだまだ未熟な段階にある。極度に発達した技術を性急に、あまりに多く見せつけても、良い結果は期待できない」

ドロレス 「人類はいつも新しいことを知ろうとしています。良い結果が期待できないというのは、わたしたちには理解できないとか手に負えないとかいう意味なのでしょうか?」

ブレンダ 「まず手に負えないだろう。地球の歴史上の話に例えてみれば、船で航海していた者が南太平洋の真ん中に新しい島を見つけ、そこの酋長に銃をプレゼントしたとしよう。喜んだ酋長が、『おお、すごいぞ、皆の衆、これを見ろと大勢の前で振り回しているうちに、それが暴発したらどうなる? 誰かが怪我をするに違いない。それは彼が銃の扱い方や使用目的を知らなかったからだ」

ドロレス 「それは”訓練”が足らなかったということでしょうか?」

ブレンダ 「いや、そういった種類の問題ではない。彼は銃がどういうことに使用されるものかを理解していなかった。その使用目的が理解できれば訓練もできるだろう」

ドロレス 「それで彼らは、地球人に一度にあまり沢山のものを見せたら駄目だと判断したのですね?」

ブレンダ 「その通り。わたしたち人類は知能が高く、好奇心も旺盛な種族とみなされている。もし何かを見たらそれを憶えていて、見た通りのものを作ろうとするということがわかっているのだ」

ドロレス 「彼の目から光が発していたのは本当ですか?」

ブレンダ 「本当だ。彼らの機器は機械的に動くだけでなく、体の機能をも使って作動させられるように作られている。身体も利用することができるのだ。彼の目から出ていた光は、彼らの機械が地球の風景をスキャンして、それらが何から作られているかを分析調査するためのものだったかもしれないし、ある特定の要素か何かを探知するための光であったかもしれない。その他さまざまな可能性がある」

 これはわたしの著書『Legacy form the Stars』(『星からの遺産』)に収録した、機械と体が一緒になっているという事例に似ている。あるケースでは体に配線を施し、筋肉の動きだけで宇宙船を運転することができるようになっていた。あの本で紹介した多くの宇宙人は、文字通り、彼らが乗っている宇宙船の一部となっていた。わたしにはこれは、人と機械が合体して活動するという新型バーチャル・リアリティ・ゲームの不気味な発展型ではないかと思えた。
 してみると、これは”上塗り”が一度だけにとどまらず、二度にわたって行なわれた例だと思われる。普通の意識状態の時には一羽のフクロウを見たという記憶だったものが、催眠術を掛けてみたら、それとはまったく違う2つの異なった記憶のバージョンが存在していたのだ。どうやら彼ら宇宙人は、わたしたち人間に物事をいろいろな具合に知覚させるカを持っているようだ。そして催眠術によってのみ、意識の底に横たわる真実が明るみに出されているのである。いったいわたしたちは、現実と幻想とを区別することができるのだろうか。

ドロレス 「彼が、ブレンダがトラックでやって来ることを知らなかったのは、ちょっと不思議な感じがするのですが」

ブレンダ 「いや、彼は知っていた」

ドロレス 「えっ、そうですか? 彼はびっくりしていたように感じたのですが」

ブレンダ 「びっくりしたのは彼女のほうだ。彼は彼女が来るのを知っていた。彼はブレンダと接触したかったのだ」

ドロレス 「何か彼女と接触したい理由があったのですか?」

ブレンダ 「長老評議会は、特定の地球人の追跡調査を続けている。それらの地球人が生きている間に人類との公的な接触を開始する決定が下されれば、まずそうした人間と接触することだろう。このようなことはすでに数世紀もの間行なわれている。接触にもっともふさわしい人物として期待されていた一人にレオナルド・ダ・ヴィンチがいた。時代が移り変わっていく中で、彼らは特定の人物に目を付けている。それぞれの時代において、もしもそのような決定が下された場合、最初に接触すべき人物が特定されているのだ」

ドロレス 「ブレンダが特に観察対象として選ばれた理由は何ですか?」

ブレンダ 「地球においてまず接触すべき人類にふさわしい、いくつかの好ましい特徴を併せ持っているからだ。好ましい特徴とは、知能が高いこと。(ブレンダのIQは天才の部環に入るので合格だ)さらに、偏見がなく新しいものを受け入れられること。(たしかに彼女には偏見がない。だからこんな実験にも協力してくれるのだろう)また、霊的にも優れていて、高い次元の者と接触があること。自身を高める努力を怠らず、新しいことを受け入れる用意があること。人生で困難にぶつかった時、それを上手に乗り越え、まわりの人々に悪影響を与えないこと。人によっては、問題解決の際に周囲をめちゃめちゃにしてしまう者もいる。そのような人間は彼らの接触対象としてはふさわしくない。彼らは困難をうまく乗り切れる人物と接触したいのだ」

ドロレス 「彼らは、そうした選ばれた人たちと接触を重ねているのですか、それとも一生の間、彼らを観察するだけなのですか?」

ブレンダ 「彼らは選んだ者たちを一生にわたって常に観察し、時々接触もしている。接触したことをその者の記憶に残す場合もあるが、多くの場合、記憶をぼかしてしまう。毎日の生活に支障をきたすことがないように、との配慮だ」

ドロレス 「ブレンダは以前にも彼らと接触したことがありますか?」

ブレンダ 「ある。特に子どもの時によくあった。しかし、彼女はそのことを憶えていない。彼女の生きている間に宇宙人と人類との接触が公式に開始される可能性があるので、彼女にそのための準備をさせておくためだ」

ドロレス 「今回の宇宙人と同じ種族が接触したのですか?」

ブレンダ 「ある時は同じ種族の宇宙人だし、時には他の種族の、それとは外観の異なった宇宙人だ。いずれにせよ、彼女に接触してきた宇宙人は、常に長老評議会に近い者たちだった。彼らは協力し合っているのだ」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はすっかりドロレス・キャノン氏の本に魅了されてしまいました。
 『人類の保護者』の「訳者あとがき」の中で、以下の一文がありました。

 「なかでも特に面白いのは『この星の守り手たち』と本書『人類の保護者』、それに『入り組んだ宇宙』(The Convoluted Universe)』だ」

 これに触発され、さっそくネットで検索すると、『この星の守り手たち』は2010年に出版となっていて、すでに中古本しか見つけることができませんでした。
 その中古本の値段を見て、「えっ!」となりました。
 定価3000円ほどの本が、最低でも倍の6000円ほどの値がついているのです(1番高いので23000円)。
 「ううっ、高い・・・」と思ったのですが、ここで買わないと後悔すると思い、思い切って注文しました。
 まだ届いていませんが、面白い記述がありましたら、いずれ記事にしたいと思います。

 『入り組んだ宇宙』の方ですが、日本語訳の本として出版されているわけではなさそうで、ネットではYouTubeでドロレス・キャノン氏のインタビューの様子が公開されています。

http://ameblo.jp/20110311hikari/entry-11795981369.html

 まだ観ていませんが、紹介文で「2/6から凄い内容です」とあり、これも面白そうです。



遮蔽記憶(1)...2016年8月21日

 とても興味深い本に出会いました。

 『人類の保護者』(ドロレス・キャノン著、ナチュラルスピリット)

 という本です。
 著者のドロレス・キャノン女史は催眠術を用いて、被験者の深い記憶を掘り起し、本人が認識している出来事の裏にある、本当に起こった出来事を突き止めていきます。
 今回紹介するのは、被験者のブレンダ女史が車で会社から帰っている途中の1時間30分の間、記憶を無くしてしまった例です。
 このように一定の時間、全く記憶がないことを「遮蔽記憶(スクリーン・メモリーズ)」というらしいです。
 1988年の3月、被験者のブレンダ女史は、会社を午後5時に退社し、車で30分の自宅に帰宅の途につきました。何の問題もなければ5時半に自宅に到着しているはずです。
 しかし車で運転している途中で、進行方向の前方にたたずむフクロウに気付き、車の速度を落とします。
 最初後ろ向きだったフクロウは振り返ると、ブレンダ氏の車に向かって翼を広げて向かってきて、フロントガラスの上を上空に飛び去ってしまいます。
 びっくりしたブレンダ氏は、フクロウが飛び去ったあたりを振り返って見ますが、そこには何もありません。
 そして前を向き直したブレンダ氏は、前方が真っ暗になっていることに不思議がります。いきなり夜になってしまったからです。仕方なく車のヘッドライトを点けて帰宅すると、家の時計は7時近くになっていました。
 つまりフクロウが飛び去ったのを目で追って、それから振り返るわけですが、そのタイミングで1時間30分経ったように、ブレンダ氏は感じたわけです。
 もちろん首を1回振るだけで1時間30分も掛かるはずもなく、その時間の記憶を無くしてしまったわけです。
 そしてその後の4日間、ブレンダ氏が近づくだけで電化製品・電子機器が誤動作するようになります。
 では、『人類の保護者』から引用して紹介します。


 ・・・<『人類の保護者』、p76〜p79から抜粋開始>・・・

 1989年1月のある日、いつも通り催眠術のセッションのためブレンダの家を訪れると、彼女は1988年3月に起きた不思議な出来事について話したいと告げた。おかしなことだとは思ったものの、なぜか今まで話せずにいたという。しかしこのところ、わたしが以前よりずっとUFO現象に打ち込んでいるので、今なら興味を示すのではないかと考えたらしい。それがUFOとか宇宙人に関係があるかどうかはわからないが、時間が失われたことやフクロウが出て来たことは確かだと言うのだ。
 その日、彼女は仕事を終え、車で帰宅の途についた。彼女の勤務先はフェイエットヴィル市にあり、自宅までは通常、車で30分ほどで、このことが起きた時にはもう前方に見えるところまで家に近づいていた。日はすでに沈んでいたが、まだそれほど暗くはなかった。途中、車がカーブに差し掛かると、車道の真ん中に1羽のフクロウがうずくまっているのが見えた。それはこのあたりによくいる褐色のフクロウではなかった。全体が輝くように真っ白な中、胸のあたりだけ部分的に明るい銀色で、眼は真っ黒だった。それは文句なしに美しいと言えるフクロウで、彼女は轢いてしまわないように車の速度を落とした。どうやら、アメリカの北部やカナダなどの寒い地方に生息するシロフクロウではないかと思われた。のちに動物学者の友人に聞いてみると、アーカンソー州では、シロフクロクは真冬には見られるが春になるといなくなるので、もし本物だったとすれば、それはかなりまれな例だということだった。
 彼女が最初に気づいた時、フクロウは後ろ向きだったが、すぐに振り向いてこちらを見た。そして羽ばたくと、彼女のトラックに向かって飛んで来た。広げた羽は車のフロントガラスと同じくらいの幅だった。彼女は驚き、トラックの屋根をかすめて行ったフクロウを見るために首を回して後ろを振り返った。ところが、そこにはフクロウはおろか、鳥らしきものなど何も見えなかった。不思議に思った彼女が向き直って再びトラックの前方を見ると、なんと外は真っ暗だった。あまりにも急に暗くなったことに驚き戸惑いながらも、仕方なくヘッドライトを点け、400メートルほど先の自宅へと車を走らせた。家の中に入ると、いつもの習慣で時間を見た。すると、家の時計は通常の帰宅時間である5時半前後ではなく、7時近くを示していた。その間の1時間30分はどうなってしまったのだろうか? 彼女は夏にしか残業しないので、5時に会社を出たのは確かなのだ。
 とても不思議だったが、そういえば、何かこのような奇妙なことが起きた時には、記憶が遮断されている場合がある、という話を聞いたことがあったのを彼女は思い出した。
 わたしは彼女に、何かほかに変わったことがなかったかと尋ねた。すると、そのことがあった後、彼女の家の電化製品が2、3日おかしかったという。この種のことは以前にも起きていて、彼女は自分の体の電磁場か何かのために、腕時計を着けられない人間なのであった。しかしその影響がこんなにも大きく、しかも長く続くことはそれまで例がなかった。今回は、すべての電気器具がおかしくなってしまったのだ。家のテレビは数日間というもの、彼女が前を歩くたびに画像が乱れた。職場でもコンピューターが暴走し、時計や計算機は誤作動を繰返した。今回の電磁場はいつにも増して強力に電化製品・電子機器に作用したばかりか、彼女は音に敏感になり、数日間というものは通常、人間の耳には聴こえぬはずの高周波音まで聴こえるようになっていた。例えば、電話の呼び出し音が鳴る直前、じつは普通の人には聴こえない高周波音が発信されているのだが、彼女は鳴り出す寸前に受話器を取上げ、応答した。これには上司も当惑し、「落ち着け、ブレンダ。ちゃんと鳴ってから取ってくれ」と言ったものだ。
 店舗などに設置されている防犯システムのある種のものは、キーンという高周波音を発している。普通の人間にはまったく感知できないが、ブレンダには鼓膜が破れそうなほどに大きく聴こえた。そのため、彼女は音が聴こえなくなるまでショッピング・モールには行かないようにしていた。
 家でも、ぜんまいを巻こうと手に取っただけで時計が壊れてしまった。会社のは電気時計なので、触る必要さえなかった。彼女がそこにいるだけで、その部屋の時計は皆狂ってしまい、すべて修理不能になった。電子レンジのクロック機能も影響を受け、タイマーをセットしようとして彼女が数字を入力するとピーピーと大きな音を立てた。手を触れなくても、ボタンを押そうと指を近づけただけで音が出た。このような機器の奇妙な影響力は4日間続き、それ以降は通常の状態に戻った。
 そこでわたしたちは、ノストラダムスについてのいつもの作業を中止して、この失われた時間が生じた際に、いったい何が起きていたのかを探ることにした。彼女は、たとえ何が起こっていようと、自分は大丈夫だと思うと言った。
 彼女に催眠術を掛け、1988年3月の後半へ行くよう指示した。すると、彼女はすぐに、トラックを運転して家に向かっている場面に行き着いた。そして、その日の仕事中に起きたこと、最近交通事故に遭った自分の母親を心配していることなどをしゃべり続けた。それは運転中に彼女が考えていた事柄だ。また、彼女は疲れていたので、早く家に帰り、熱めの風呂に入ってゆっくりしたいとも考えていた。
 家のすぐ近くにあるカーブに差し掛かった時、走っている車線の真ん中に何かが立っているのが見えた。それを轢かないように、彼女はトラックを止めた。催眠術が掛かっていない時の彼女は、車のスピードを落としたと言っていたが、今は車を完全に止めたと言った。さらに驚いたことに、彼女が見たものはフクロウではなかった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ブレンダ氏は、記憶を無くした間に何が起こっていたのかを知るために、ドロレス・キャノン女史の催眠療法を受けます。
 以下は、施術者のドロレス女史が、深い催眠状態にあるブレンダ氏に質問している様子です。


 ・・・<『人類の保護者』、p79〜p84から抜粋開始>・・・

ドロレス 「何が道路に立っているのですか?」

ブレンダ 「よくわからないのですが、昔だったら、たぶん、これは天使と呼ばれたものではないかと思います」

ドロレス 「(驚いて)天使ですって?」

ブレンダ 「高い次元からやって来た存在かもしれません。一人の男性が道路の真ん中に立っています。全身、白く輝いています。着ているものも白く見えます」

ドロレス 「その輝きとは、オーラのようなものですか?」

ブレンダ 「そうとも言えます。(説明しにくそうな様子)言ってみれば、ちょっと露出オーバーのモノクロ写実のような感じです。あの全体が薄い色で、そこから白い光が放射しているような感じです」

ドロレス 「灯りが輝いている感じではないのですね?」

ブレンダ 「うまく表現できませんが、そんな風にも見えるし、またオーラのようにも見えます。そしてまた露出オーバーの写真のようにも見えるので、その3つを一緒にしたような感じです」

ドロレス 「衣服の色は白なんですね?」

ブレンダ 「少なくともわたしにはそのように見えます。彼のまわりがあまりに輝いているので、色がよくわからなくなっているようです。髪の毛も白く見えます」

ドロレス 「姿かたちはどんな風に見えますか?」

ブレンダ 「それもあまりはっきりしません。とにかく光ばかりですから。わたしには古代の彫刻に似た昔のギリシャ人のように見えます。額は広く滑らかで、鼻筋もきれいで真っ直ぐです。とてもよく均整の取れた体つきです」

ドロレス 「身長はどのくらいですか?」

ブレンダ 「180から190センチメートルくらいです」

ドロレス 「じゃ、大きいですね?」

ブレンダ 「はい、かなりいい体格の男性です。そこに立ってあたを見回しています。眼から光が出ているのもわかます。こっちを向いている時にはその光は見えませんが、こちらから眼をそらして周辺を眺めている時には見ることができます。眼の光の目的はわかません。彼はわたしを見ています。わたしも、これ以上進むとぶつかってしまうのでトラックを停めました。彼を傷つけたくはありませんから。彼はトラックのほうに向かって歩いて来ます。運転席側にやって来ると、トラックの上に手をかざして何か身振りをしました。彼は手を一度だけ振りました。(彼女は左手をゆっくりと振る動作をした)手はトラックのボンネットに平行に動かしてから、そのまま続けてフロントガラス面に平行に上方へと移動させていきました。この時、彼の手とトラックとの間隔は、大体15センチから20センチくらいでした」

 ブレンダの平常意識がフクロウがトラックの上をかすめるように飛び去ったと記憶していた時に、どうやら以上のことが起こっていたらしい。彼女がトランス状態の時には、迷うことなくそれは人だったと言っているので、シロフクロウという誤った上塗りが平常の意識によってなされたことは明らかだ。トランス状態では、彼女は一度もフクロウのことは言っていない。

ブレンダ 「そこでわたしはトラックの窓ガラスを下げて、彼が車に乗せてほしいのか、それとも何かほかに用事があるのかと聞いてみました」

 彼女の行動は、そのように異様な人物を見た時の反応としては不自然なものに思われる。相手が普通の人間であれば当然とも言える行為なのだが、そうではなかった。こんな時には普通、車のアクセルを踏み込み、急発進してその場から逃げ去るものだ。窓を開けて、光り輝いている者に向かって話しかけるとは、どう考えてもおかしい。これは明らかに彼女に恐怖感がなく、危険も感じなかったということだ。彼女に、その時、何も変だと思わなかったのかと聞いてみた。

ブレンダ 「たしかに奇妙でしたが、ただ、わたしは彼がいったい誰なのか、そして何をしているのかが気になったんです。もし、わたしに危害を加える気なら、とっくにそうすることができたでしょう。あんなに光り輝いて眼からも光を発しているんですから、その気になれば、彼の立っている場所からだってわたしをどうにかできたと思います」

ドロレス 「じゃ、彼を怖いとは思わなかったのですね?」

ブレンダ 「まあ、少々心配もし、若干は緊張していたかもしれません。でも、パニック状態とかではありませんでした。そして何か困っているのか、それともどこかに乗せて行ってもらいたいのかと聞いてみました。すると彼は、『どうもご親切にありがとう、お嬢さん。わたしの乗り物はあそこにありますから』と言うと、道路沿いの丘を指さしました」

ドロレス 「そこには何か見えましたか?」

ブレンダ 「いいえ、丘しか見えませんでした。そこにはわずかばかりのヒマラヤスギの木が生えていました。彼の身振りからすると、何かがあったとすれば、丘の頂上を越えた向こう側だったのかもしれません。そこだと、こちらからは見えませんから」

 わたしもブレンダの家に行く途中、その道路は何度も通ったことがある。このことがあった後で、わたしはその丘をじっくり観察した。丘は畑の真ん中にあり、道路からはあまり離れていない。頂上には何本か木が生えていて近くに家はない。それほど高くはないので、もし宇宙船がそこにあって見えなかったとしたら、それはそんなに大きなものではなかったということになる。それが人間の目には見えないように細工されていたのでなければ。

ブレンダ 「わたしは、『あなたはどなた? その姿はどう見てもわたしたちとは違うわよね。宇宙人? それとも、どこか上の次元の世界から来たの?』と聞きました。すると彼は、自分は長老評議会のメンバーだと言いました。わたしが、『その評議会って何なの? 評議会というのは普通、グループや何かにアドバイスを与えたり運営したりするものよね』と言うと彼は、これまで多くの宇宙人が地球のさまざまな場所を訪れたが、彼らが持ち帰って来た地球の発展状況に関する情報はまちまちでそれぞれ食い違い、あるグループは地球人と公に接触を開始してもよいと言うし、また別なグループは、今まで通り地球人を無知の状態のままにしておくほうがよいと言う。そこで評議会の決定に従い、彼がその日で確かめるために地球にやって来たのだ、と言いました。彼のミッションは、いわば秘密の現地調査で、持ち帰る情報は、彼らが地球人を無知の状態のままにしておくか、それとも接触して光と健康と知識をもたらすかを決定する上で根拠となる資料の補強になるのでしょう」

ドロレス 「あなたの言う”無知”とは?」

ブレンダ 「人類は、一方では疑いながらも、もしかしたら宇宙人は存在するかもしれないと考え、人によっては存在してほしいと思い、夢にまで見たりします。でも、政府の発表する公式見解では、そんなものは存在しないことになっています。このような、事実を受け入れない態度を彼らは無知と言っているのです。彼らは、地球人に受け入れられるような仕方で接触し、それにより疑いを払拭して宇宙人の存在が証明できるような方法を考えています。そして、地球人が彼らの仲間入りができる程度に進化するまで、彼らは彼ら自身の生活を送りながら、ただ見守っているのです」

ドロレス 「彼はあなたと交信する時には音声で行なうのですか?」

ブレンダ 「いいえ、違います。それは”音声化されたテレパシー”と言えるかもしれません。彼の話は、まるでしゃべっているかのようにはっきりと聞こえますが、ロはまったく動いていません。たぶん、彼は自分の伝えたいことをわたしの心に向かって発信し、そしてわたしはそれをとても快い響きの音声として知覚していたのだと思います」

ドロレス 「その後、どうなりましたか?」

ブレンダ 「彼は、自分は今していることを続けなければならないので、あなたは家に帰りなさい、と言いました。わたしが彼にしてあげられることは、何もありませんでした。彼は、わたしの目の前で手を一度だけ振りました。その途端、彼は見えなくなりました。たぶん、彼に備わっている精神の力か何かを使ったのだと思います。そしてわたしは、その時経験したことを思い出すことができなくなっていました」

ドロレス 「彼はどうして道路の真ん中に現れたのでしょうか?」

ブレンダ 「それについてはわたしにもわかりません。彼は、あちこちに行っては、人類やそこで進行しているすべてのことを観察していたんじゃないでしょうか。わたしの前に現れたのはたぶん、普通の人間が彼らに道路で遭遇した時に、どんな反応を示すのかが見たかったのではないかと思います。そんな時、パニック状態になって逃げようとするのか、恐怖のあまり攻撃してくるのかとか、そんなことが知りたかったのではないでしょうか」

ドロレス 「まあ、そうなる人たちもいるでしょうからね」

ブレンダ 「そうですね。でも、彼は平均的な事例のサンプルを集めていたのだと思います。あちこちに出現しては、その都度、目撃者の記憶を消し去っていたわけです。彼は、彼の容姿に対して、人間がどんな反応を示すかということに注目していました。一般の人々が地球外生命の存在を否応なく見せつけられた時、通常どう反応するか、ということについて知りたかったようです」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 施術はまだまだ続くのですが、長くなるので2回に分けて紹介させていただきます。

 フクロウに出会ったという記憶が、実は地球外知的生命体に出会っていて、その地球外知的生命体によって書き換えられたものだったというわけです。これだけでも興味深いのですが、この次の展開がさらに興味深いのです。
 実は、ドロレス女史の施術は2段階あるのです。
 これまで紹介したのは、失われた本人の記憶を取り戻す作業でした。
 次の段階は、ドロレス女史が本人の「潜在意識」を呼び出し、情報を得るものです。ドロレス女史は潜在意識という呼び方をしていますが、私はこれがハイヤーセルフではないかという気がしているのですが、よくわかりません。
 その潜在意識は、本人が知るより遥かに深い知識を有しています。
 次の展開は、ブレンダ氏が天使に見えた地球外知的生命体に対する詳しい分析です。
 次回、アップしたいと思っています。



経済・金融大変動の時期について...2016年8月7日

 前回の記事「気になるドイツ銀行の株価」で、金融大変動の時期について興味深い情報が入ってきたと言いましたが、今回はそれについて書きたいと思います。
 まず最初に、投資家が市場の暴落の時期に強い関心を示す理由について触れたいと思います。


投資家が市場の暴落に強い関心を示す理由

 投資をされていない方、あるいは株をちょっとやっているぐらいの方には、デリバティブという言葉はなじみの薄いものだと思います。
 デリバティブとは金融派生商品のことで、先物、オプション、金利スワップなどがありますが、ここでオプションについて話題にしたいと思います。

 オプションというのは、コールとプットの2つがあって、日経平均(日経225)に連動して価格が変動しますが、日経平均の少しの上下動でもレバレッジが効いて、価格が大きく動くのがオプションの特徴です。
 コールとプットのそれぞれに、「売り」と「買い」があるのですが、「売り」は最低でも数千万単位の証拠金がないとできないので、私たちのような一般庶民は、もっぱら「買い」を行うことになります。
 オプションの「買い」を行う場合、日経平均が上がると利益を得られるのがコールで、下がると利益を得られるのがプットです。
 オプションは激しく上下動するので、小さい金額ながらも読みが当てれば、一攫千金も夢ではないという特異な性質を持っています。一例を挙げれば、数日間に日経平均が4千〜5千円ほど下がると、プットは一気に300倍〜400倍も暴騰するものがあります。仮に100万円でプットを買ったとして、数日内に大暴落が起これば、投資した100万円が3億〜4億円になる計算です。
 プットは、大暴落の時期さえ当てられれば、少ない元手でも多額のお金を手に出来る代物なのです。
 投資を専門にされている方であれば、こうしたオプションに関する知識は常識で、これが投資家を惹きつけてやまない魅力なんだろうと思います。

 ちなみにコールの「買い」でも同じ理屈ですが、過去の例でも日経平均が4千〜5千円も上昇するというのは、どんなに短くても2〜3週間掛かっています(オプションの「買い」は時間との勝負で、より短い時間に動く方が高い倍率になります)。
 これは人間の心理が大きく関係していると思われます。
 株が大きく上がる期間に対して、暴落する場合は上がるよりはるかに短い期間に起こります。
 それは目の前で、自分の株が暴落しているのを見たとき、「損をしたくない!」という心理が強く働き、恐怖と伴にパニックがパニックを呼ぶという連鎖反応が起きるからです。
 宝くじで億の単位を当てるのは至難の業ですが、己の才覚一つで億単位のお金を手にするのも夢ではないというところがプットオプションの「買い」です。
 ですからオプションを行う投資家は、いつ暴落が起きるかという点に強い関心を示します。


「ヤスの備忘録」のヤスさんからの興味深い情報

 では本題に入ります。
 当HPの2016年6月12日「ブンブンさんのメールから」の記事の中で、「ヤスの備忘録」のヤスさんのコーリー・グッド氏の宇宙人情報を紹介しました。
 その中で、第6密度の存在である「ブルー・エイビアンズ」によって、地球に巣食っていたネガティブのETの大半が追い払われたという話がありました。
 7月15日のヤスさんのメルマガに、リンゼー・ウイリアムス氏のDVDの内容が紹介されていたのですが、その内容が、その「ブルー・エイビアンズ」の一件と連動していたのです。
 大変興味深い話ですので、その部分を引用させていただきたいと思います。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんの7月15日のメルマガから抜粋開始>・・・

リンゼー・ウイリアムスとコーリー・グットの接点

今回は少し興味深い情報を紹介する。このメルマガの読者であれば、リンゼー・ウイリアムスのことは知っているだろう。1970年代に「ブリティッシュ・ペトロリアム(BP)」の子会社で人事担当の社外重役に就任し、エネルギー産業系の支配エリートと関係を持った人物だ。牧師である。その後、21世紀に入ると支配エリートの隠された計画をリークするための人物として選ばれ、これから起こる大きな出来事をリークしてきた。

もちろん、リークした情報のすべてが当たっているわけではない。かなり的外れな情報もある。しかし一方、2007年の原油価格の急騰、その半年後に起こった暴落、シェールオイル産業のブーム、2010年12月から始まった「アラブの春」、「イスラム国」の台頭などの重要な出来事を的中させてきた。

2016年6月のDVD

そのリンゼー・ウイリアムスだが、6月28日に「エリートが私に告げたこと」という新しいDVDを出した。筆者は入手してはいないが、その要約がユーチューブなどで見ることができる。内容は以下のようにいたってシンプルだ。

・支配エリートは金融危機を引き起こし、世界経済をパニックに陥れる計画を持っている。これによってハイパーインフレが起こりドルは紙くずのようになる。支配エリートはこれを利用して米国内の主要な資産をすべて買い占めて、社会主義的な体制を構築する。

・金融危機は2015年に引き起こす手筈になっていた。しかし、「神の介入」によりこれは不可能になってしまった。金融危機の引き金を引くことはできなくなった。

・このため体制を再度整え、2016年10月に金融危機を引き起こす手筈になっている。したがって、これから9月までは一時的な安定期に入る。

以上である。

コーリー・グッドの情報との接点

これがリンゼー・ウイリアムスの情報だが、ここで注目したいのは、「神の介入」により金融危機の引き金を引くことは不可能になったという点だ。

コーリー・グッドの内部告発情報では、第384回と385回の記事に掲載したように、人類を進化させるために太陽系にやってきた「ブルー・エイビアンズ」は、異星人が地球を出ることができないように張ったシールドを解除し、出身惑星に帰還できるようにした。この部分を再度掲載する。

・レプタリアンはもし「ブルー・エイビアンズ」がシールドを解除して自分たちを帰還させてくれるのであれば、「ドラコ同盟」が地球に保有するすべての基地や施設を、「イルミナティー」などの人類の支配勢力にすべて引き渡すと宣言した。

・このときの会合はこれで終わった。私はレプタリアンとのあのような体験を二度としたくはない。最悪の体験だった。その後、「ブルー・エイビアンズ」はこの提案を受け入れ、シールドを解除することにした。

・「ブルー・エイビアンズ」は、「ドラコ同盟」を含め、現在地球にいるすべての地球外生物を集合させた。そこで、シールドを解除したので出身惑星に帰還することができると告げた。その場では明らかに安堵感が広まった。

・「ドラコ同盟」のレプタリアンは、地球を退去した。その後、レプタリアンの施設を譲られた「イルミナティー」の異なった勢力の間で、施設の獲得を巡る闘争が始まった。この闘争は激しく、これで「イルミナティー」全体の勢力が衰退している。

以上である。これが起こったのは、2015年の4月ころのことであろうと思われる。この出来事の後、「ドラコ同盟」の勢力は決定的に衰え、その影響から「イルミナティー」の間でも権力闘争が始まり、彼らの勢力も大きく退潮したとされている。

リンゼー・ウイリアムスのいう支配エリートはやはり「イルミナティー」の一部であり、その背後にいるのは「ドラコ同盟」であると考えられる。

とすると、リンゼー・ウイリアムスの情報にある「「神の介入」により金融危機の引き金を引くことは不可能になった」というのは、もしかしたら「ドラコ同盟」の帰還で始まった「イルミナティー」の権力闘争による衰退のことなのかも知れない。

さて、10月に本当に危機の引き金は引かれるのだろうか?

 ・・・<メルマガの抜粋終了>・・・


 NYダウは先日、史上最高値を更新しており、日経も一時期の高値よりは下がりましたが安定してきました。
 リオ五輪も始まり、これから世界はオリンピック一色になるのだろうと思います。
 リンゼー・ウィリアム氏が言うように、しばらくは一時的な安定期に入りそうな気配です。
 私はNYダウが史上最高値を付けたのは、パナマ文書の影響だろうと考えています。パナマ文書により、行き場を失った世界の富裕層のお金の一部が、アメリカのタックスヘイブンに集まった可能性があります。そのお金がNYダウを再び高値に押し上げたと考えています。まるで重症の患者がモルヒネを打たれて、ふわ〜と気持ちよくなっている状態です。

 次の世界的な金融大変動の時期をリンゼー・ウィリアム氏は、今年の10月だと言っています。
 私はこうした日付を明示した予言や予測が当たったのを見たことがありません。ですから懐疑的ではあるのですが、世界の金融システムが崩壊の危機にあることは確かだと思っています。
 それゆえ10月という日時にはこだわらずに、事態を注視していこうと思っています。


プットで3000万円すった人

 記事の冒頭でプットで短期間に億単位のお金を稼げる手段があることを紹介しましたが、私は訪問者の方々にプットを勧めているわけではありません。むしろその逆で、素人はけっして近づいてはならない代物であると強調したいのです。
 世の中には、楽してお金儲けができるような甘い話が氾濫しています。
 私はそうした話の、ほとんどが詐欺だと思っています。
 そもそも何の努力もしていない自分に、楽してお金儲けができるような甘い話が来る方が不自然です。おいしいのは自分ではなくて、話をもってきた相手の方でしょう。

 実例を紹介します。
 これは私が経済ジャーナリストの浅井隆さんの勉強会で聞いた話です。もう20年近く前の古い話ですが、今でも教訓として通じる話だと思います。
 このプットの魔力に負けて、3000万円すった男性がいます。
 上手くやれば、プットで数日間に億単位の金を手にできるという思いが、この人に悪い夢をみせてしまったのでしょう。
 当時、大恐慌が来るとして大いに注目された本が出版されました。
 この人は、大恐慌が来るという本を書いた著者がやっている情報提供サービスに参加したそうです(本の著者名やサービス名は、差しさわりがあるのでここでは控えさせていただきます)。
 この人は、そこから送られている情報を信じて、プットを買い続けたそうです。
 毎回、毎回、数十万円をプットに投資して、ハラハラ、ドキドキ、しながら日経平均の動きを追い続けたに違いありません。
 そして残念ながら、日経平均の大暴落は起きませんでした。
 そして、この人はプットで総額3000万円すったことに気付いて愕然となったそうです。
 この情報提供サービスでは、裁判沙汰になったそうですが、その後どうなったかは知りません。

 かようにプットは危険で、プロならいざ知らず、素人がけっして手を出してはいけない代物です。

 ちなみに私は知り合いの個人投資家のOさんに聞いたことがあるのですが、Oさんでもプットを買うのは1年に1回か2回しかないそうです。
 額は聞いていませんが、おそらく少額です。
 Oさんのようなプロでさえ、すって元々、当たればラッキー的な宝くじ感覚で買ってみる、というところではないでしょうか。


私は買わない

 訪問者の方々は、私に「では、お前はプットを買うのか」と聞かれるかもしれません。
 答えは、「私は買いません」です。
 プットはピンポイントで暴落の時期を当てる必要がありますが、私に当てる能力があるとは思いません。
 しかしそれ以上の理由があるのです。
 2008年のリーマンショックで市場は大暴落しました。
 市場は崩壊しましたが、金融システムは崩壊しませんでした。金融取引は、誰かが得をすると、誰かが損をするシステムです。FXで数億円儲けた人がいると、その陰で数億円損した人が必ずいます。金融システムが生きている限り、暴落は一攫千金のチャンスと考える人がいるのは当然と言えます。
 しかし私は、今度の金融大変動では、金融システムそのものが崩壊する可能性があると思っています。
 つまり多くの金融機関が倒産する可能性があると考えているのです。
 プットで見事に当てて数億円を手にしたと喜んでも、その証券会社が倒産したら、数億円は紙に書いた数字でしかありません。

 今度来るであろう金融大変動においては、いかにお金を儲けるかではなく、いかにサバイバルするかを考えるべきだと思っています。
 社会システムが崩壊しても、私たちは食べていく必要があるし、生きていかなくてはなりません。
 金融機関が倒産すれば、融資を受けられなくなった民間企業の多くが倒産する可能性があります。私たちは突然仕事がなくなり、解雇される恐怖を味わうかもしれません。
 倒産した銀行の口座を眺めても、それは数字の羅列でしかありません。かりにそうなっても、私たちは前に進まなくてはならないのです。


バシャールが言っていること

 記事「ブンブンさんのメールから」のブンブンさんから、その後メールをいただきました。
 そこでバシャールが、以下のことを言っていると教えていただきました。

『2016年の秋に中国とギリシャ、その周辺地域の経済崩壊が90%の確率で起こりその時、アメリカの経済も混乱する可能性が70数%の確率である。それは結局は数年内のアメリカの税制の根本的な見直し(removal 廃止)に繋がる』

 そしてバシャールは、こうも言っているそうです。

『現在の私達の波動を読んで言える事はあと1−2年程は現在の政治状態が続きます。その後もう一度大きな崩壊を経験すると共に新しいシステムが登場するであろう。その際に決して”恐れ”ないように』

 どうやら、「恐れないこと」がキーワードのようです。



気になるドイツ銀行の株価...2016年7月31日

 このところ海外からのニュースというと、テロに関するものが定番となっていますが、EUでは不良債権問題と銀行の株価が深刻な事態になっているようです。
 これからリオ五輪が始まれば、ますますEUの金融危機に関する報道はされなくなるかもしれません。

 事態はかなり深刻なようで、イタリアでは全土で銀行の取り付け騒ぎが起きているようです。
 まずベンジャミン・フルフォード氏の7月11日のメルマガから抜粋して紹介します。


 ・・・<ベンジャミン・フルフォード氏の7月11日のメルマガから抜粋して紹介開始>・・・

イタリア危機の火種

最近、その混乱の一番大きな火種となっているのが多額の不良債権を抱える
イタリアだ。

不良債権比率と株価の下落率が最も高いイタリア第3位のモンテ・パスキ銀行
は、先週5日から「一定期間の株式売買停止」となっている。また、イタリア
の他の金融機関についても銀行株の空売りは禁止されているはずなのだが、
一向にイタリアの銀行株の暴落が止まらない。ユーロ圏で1位、欧州で3位、
世界でも6位の資本を持つウニクレーディト・イタリアーノも、かなり危険な状態だ。
http://www.zerohedge.com/news/2016-07-07/italian-banks-crash-new-lows-despite-passing-self-defined-stress-test

この状況から 先月27日にイタリア政府は銀行救済策を発表しているのだが、
ドイツのメルケル首相は 「公的資金の注入はEUの規則に違反する」 として、
それを完全に否定している。というのも、EUは今年の初めから金融機関の
再生・破綻処理の際の「ベイルイン制度」を導入しているからだ。

ちなみに「ベイルイン(Bail in)」とは、金融機関を救済するために公的資金を
いきなり注入(=ベイルアウト)するのではなく、先ずは その金融機関に投資
する投資家や預金者に負債を負わせる(=預金を封鎖する)ことである。

このドイツ政府の反応に対し、イタリアのレンツィ首相は
「Italy's bad loan woes tiny compared to derivatives problems elsewhere…
(イタリアの銀行が直面している不良債権問題は、ヨーロッパの他の銀行が
抱えるデリバティブ(大量の金融派生商品)の問題に比べれば非常に小さい)」
との発言をしているのだが、これはドイツ最大手のドイツ銀行に向けられた
発言だと報じられている。
http://uk.reuters.com/article/uk-italy-banks-renzi-idUKKCN0ZM1YL

実際に今、ドイツ銀行の不良債権問題の影響は既に地方銀行にも広がり始め、
2015年の終わりに資産290億ユーロを保有していたはずのブレーメン州立銀行
(Bremen Landesbank)が今では倒産の危機に追い込まれている。しかし、
ドイツ政府がイタリアに対して主張しているEU規則「ベイルイン制度」に
従えば同行は倒産、ドミノ倒しのように危機は連鎖的に他の金融機関へも及び、
ドイツの金融システム全体を脅かす危険性があるのだ。
http://www.zerohedge.com/news/2016-07-07/europes-bank-crisis-arrives-germany-%E2%82%AC29-billion-bremen-landesbank-verge-failure

 ・・・<紹介終了>・・・


 日本人にはベイルインは聞きなれない言葉かもしれませんが、これは銀行が破綻した際に、これまでのように国が公的資金を入れて救済するのではなく、銀行の株主と預金者に負債を負わせるというものです。
 預金者に負債を負わせるというのは、端的に言って、銀行の預金を召し上げるということです。
 日本ではまだ制度化されていませんが、EUではすでに制度化されています。私は、おそらく数年後には日本でも制度化する動きが出てくるだろうと見ています。
 私たちは、銀行にお金を預けるということが、すでにリスクとなっていることを認識すべきです。

 上記ベンジャミン氏の記事に登場したドイツ銀行の株価ですが、今年に入ってから日本でも大いに注目されていました。
 今年2月17日の吉田繁治さんのメルマガから抜粋して紹介したいと思います。
 吉田さんは、銀行は危機を一般の人々にいかに悟られないようにするか解説していますので、まずそれを紹介します。
 文中に出てくるCDSとはクレジット・デフォルト・スワップの略で、デリバティブの一種で倒産保険のようなものです。
 その会社の社債の額を、会社が倒産した際に保証するものですが、当然会社が危ないとなれば料率は跳ね上がります。トヨタのように健全経営だと思われる会社のCDSの料率は、低くなります。


 ・・・<吉田繁治さんの2月17日のメルマガから抜粋して紹介開始>・・・

最近の株価の下落から、米欧で危険な大手銀行は、以下の4行と言
われています。

(1)ドイツ銀行(総資産$2.7兆)     年初来40%下落
(2)英国バークレイ銀行(総資産$2.3兆) 年初来33%下落
(3)米国シティグループ(総資産$1.9兆) 年初来32%下落
(4)伊ウニクレディト(総資産$1.2兆)  年初来38%下落

ドイツ銀行の株価時価総額は、解散価値(純資産)の1/3に下がっ
ています。株式市場は、ドイツ銀行の純資産に不良資産が多く含ま
れるとみているのです。

顧客信用を旨とする銀行は、公表されるB/Sを見ても、本当の財務
内容は分かりません。ドイツ銀行の自己資本比率は、帳簿上は総資
本の11%であり、健全です。本当の不良債権が、公表されるB/Sで
は分からない理由は5つです。

(1)不良債権にする基準が曖昧であり、メガバンクに対しては銀
行側の任意に任されることが多い。
(2)不良債権でも、子会社や関連会社から利払いと返済分の追い
貸しをすれば、不良債権にはならない。
(3)CDSをかければ、不良債権が優良になる。
(4)後述するデリバティブの損益は、清算日まで持ち越しができ
る。このため、処理できない損失の場合、清算を引き延ばすロー
ルーバー(ジャンプ)が行われる。
(5)相場が大きく変化したとき、仲間である金融機関同士では、
一定額の支払いに減らす解け合いが行われる。

【特に、CDSの掛け合い】
仮に、お互いに10兆円の不良債権があるとき、相手先との話し合い
が成立し、保険料3%(3000億円)でCDSを掛け合えば、10兆円の不
良債権が優良債権になります。

保険料3000億円は、収入と支出が相殺され、1円も支出は要りませ
ん。CDSの取引は、銀行の密室での相対(あいたい)です。株のよ
うな、一般が参加する公開市場はない。いくらでも掛け合いができ
ます。

こうした手段で、銀行の不良債権では、CDSを使えば、「任意の
額」を出せるのです。

 ・・・<紹介終了>・・・


 つまり銀行は、様々な手段で経営危機を表面に出さないようにできるということです。
 しかし一つだけ隠せないものがあるといいます。
 それが株価です。
 再度、吉田さんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<吉田繁治さんの2月17日のメルマガから抜粋して再度紹介開始>・・・

株価は、ごまかせない

しかし、株価では、オプション株を得ている役員などからのインサ
イダー的な売りもあり、銀行の本当の危機を反映することが多い。

リーマン危機のとき、リーマンの株価は、2008年5月の$40から、
7月には$20へと50%下がっています。9月になると、さらに半分の
$10です。破産の2か月前(7月)の、50%下落が危機のサインでし
た。

事情を知る役員はやトップは、自社株を売り抜けていたはずです。
自分の年金基金を、401Kで自社株に投じていたリーマンの社員(総
数2万4000人)も、「われわれはいつも困難を乗り切ってきた。し
かし今度はダメかもしれない」語っていたという。

米国では、年金も、個人の責任で、自社株で運用することが多く
(これが401K)、会社がつぶれると株も無価値になって、年金もな
くなるのです。このためもあって、必死に売り抜けるでしょう。

(1)ドイツ銀行の株価の、年初来40%の下落($25→$15)は、
リーマンの7月下落に近い。社員では、30%にあたる3500人が解雇
の予定です。
(2)ドイツ銀行に対する貸付金にかかる5年ものCDSの料率である
5.34%は、リーマンの破たん前(CDSの料率6.0%)に近い。

当方がドイツ銀行CDSの、16年2月の急騰に驚き、本稿を送る理由が
ここにあります。

 ・・・<紹介終了>・・・


 この吉田さんのメルマガは今から5ヶ月半ほど前のものです。
 最新のドイツ銀行の株価は以下のサイトで見れます。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/DB

 吉田さんが驚いた2月の15ドルという株価は、その後も回復することなく低迷を続け、いまや13ドル台となっています。
 つまり、危機はずっと続いており、先送りになっているだけなのです。

 2008年のリーマンショックが起きたとき、放置すれば世界的な金融大変動が起きることは必至でした。
 それをFRBやECB(欧州中央銀行)は、大量の紙幣を刷ることで、民間銀行の危機を中央銀行に移転する形で乗り切ろうとしました。
 これは民間の危機を国が肩代わりする形にして、危機を先延ばしにすることです。
 それゆえ、危機がなくなったわけではないのです。結果として、リーマン後も、FRBやECBは札を刷り続けざるを得ませんでした。
 こうしたことが未来永劫、続くはずがありません。いずれ限界を迎えることは必至です。

 では、いつごろ危機が表面化してくるのか。
 それについて興味深い情報が入ってきましたので、いずれ記事にしたいと思います。



次のテーマは筋肉...2016年7月24日

 私の部屋の机の前の壁にホワイトボードを掛けているのですが、そこに5年前の日付と伴に、当時の体重とウエストの数値が書いてあります。
 なぜその数値を書き込んだかというと、その時の体重が人生で一番重いのではないかという直感が働いたので、記念に書いておいたのです。
 そして、どうやらその直感は正しかったようで、今の体重は当時と比べて、11〜12キロ減となっています。ウエストは9cm減です。
 私はその数値を、時々感慨深い思いで眺めています。

 こう書くと、ダイエット成功談みたいに聞こえるかもしれませんが、全然そんな話をするつもりはありません。
 なにしろ私は50代のいままで、一度もダイエットしたことがないし、興味もないからです。そもそも私は痩せ型の体型で、若い頃は太りたいという願望があったぐらいです。

 ということは、5年前はどういう体型だったかというと、腹の周りだけ中性脂肪がどっぷりついて、全体では痩せ型なのに、腹だけ出ているという、実に無様でみっともないものでした。全体的に脂肪がついているなら、普通に「太っている」で通用するでしょうが、私は痩せているのに、腹だけ出ているというアンバランスなものだったのです。

 当時は、腹の脂肪だけ取れないかと思って、腹筋25回を日課にするようにしました。とはいえ腹筋を始めたぐらいでは、ぽっこりお腹はびくともしませんでした。
 ピーク時の体重から、1〜2kg減ったものの、相変わらずのぽっこりお腹でした。

 ぽっこりお腹の最大の原因は、ビールの晩酌だろうと考えていたのですが、まったく止める気はありませんでした。お腹が凹めばいいなという思いはあったのですが、ビールの晩酌を止めるなんて論外だったのです。

 そんなぽっこりお腹が劇的に変わったのは、無添加生活を始めてからです。
 無添加生活とは、、食品添加物はもちろんのこと、危険と思われる石油由来の化学合成物質を含んだ石鹸、歯磨き粉、洗濯洗剤などを極力排除する試みです。
 食事は(植物由来の生のものを主とする)ロービーガンを目指しました(ただし、今のところ天然物の魚を火を通して食べているので、私はロービーガンではなく、”ロービーガンもどき”というところです)。
 すると、腹筋運動でもびくともしなかった私のぽっこりお腹は、(頼んでもいないのに)どんどん凹んでいったのです。
 また無添加生活を始めてから、たまに断食をするようになったのですが、面白いことに断食で減った体重は断食後にいったんはリバウンドするのですが、その後徐々に減るようになっていったのです。

 数年前のことですが、私は千さんのお爺ちゃんセッションのときに、私の理想体重を聞いたことがありました。
 するとその時聞いた体重こそ、今の体重そのものだったのです。
 5年前がピークだったお腹の中性脂肪のかなりの部分が身体から出て行ったと思われ、鏡を見ると、なんとなくお腹が割れてきた感じです。
 そういえば(あいまいな記憶ですが)ナチュラル・ハイジーンの松田麻美子さんの本に、ナチュラル・ハイジーンを実践すると、その人の理想的な体型に近づくという記述がありました。余分に太っている人は痩せてくるし、痩せすぎの人は体重が増えてくるといいます。
 このことで私が学んだ教訓は、ぽっこりお腹の原因はビールの晩酌ではなかったということです。ビール腹というのは、どうやら俗説だったのでしょう。ビールを飲む量は5年前よりむしろ増えているかもしれないのに、11〜12kgも痩せたのです。
 ぽっこりお腹の原因の一つに、現代の日本人が大量に摂取している食品添加物もあるのではないかと私は睨んでいます。その平均摂取量は、1年間に6.72kgという異様なものです。
 もちろん食品添加物のすべてが危険だと言うつもりはありませんが、中には極めて毒性の強いものがあります。そうした危険性を、多くの日本人が知らされていないことが問題だと私は考えています。

 さて、ぽっこりお腹が凹んで、めでたし、めでたしかというと、そうではありません。
 実は私は、これから体重を増やすことを虎視眈々と狙っているのです。
 お爺ちゃんセッションで聞いた理想体重なのだから、それをキープすればいいじゃないかと突っ込まれそうですが、それはあくまでも今の筋肉量であれば、理想的な体重だということです。
 つまりこれからは脂肪ではなく、筋肉を付けて体重を増やすことを狙っているのです。

 当HPでは、これまで船瀬俊介氏の著作から、少食の話題を多く取り上げてきました。
 そうした記事で、これまで触れてこなかった部分がありました。それが筋肉を増やすことです。それは、当時の私はその段階ではなく、今後の宿題として温めていたものでした。

 話はちょっと変わりますが、先日ゲリースクールの講師であり、ゲリーさんの通訳を務められている大野百合子さんと飲む機会がありました。
 その大野さんが私に会うと、いきなり「1日1食、やってますか?」と聞いてこられて、びっくりしました。私は将来的には1日1食にしようと思っていますが、今は1日2食でよいと思っています(ただし定期的に断食)。大野さんは私から、1日1食の人間のエネルギーを感じたんだそうです(大野さんも、かなりのサイキック能力を持った方のようです)。
 千さんのお爺ちゃんセッションで聞いたら、今の私の食事量でよいということでした。つまり増やす必要もないし、減らす必要もないということらしいです。
 おそらく時期がきたら、自然に1日1食になっていくのだろうと思います。
 こうして私は、少食から次のテーマに移る時期がきたことを感じています。それが筋肉をつけることです。
 では、なぜ筋肉なのか。
 『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』(船瀬俊介著、主婦の友社)から抜粋して、紹介します。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p67〜p68から抜粋開始>・・・

 なぜ「縮む」「曲がる」?

 年寄りは、なぜ「縮む」のか? なぜ「曲がる」のか?
 考えたことがありますか? だれで老人になれば背丈は「縮む」。そうあきらめていませんか。腰が「曲がる」のは仕方ないよ。年寄りだもの……。
 実はその原因は、筋肉の衰えにあったのです。年を取ると、体の機能はあちこち衰えてきます。だから、体を動かすのがおっくうになります。すると、さらに体は衰えます。まさに、悪循環ですね。
 老人が「縮む」「曲がる」最大原因は、筋力の衰えです。筋力が弱くなると、骨力が衰えます。筋肉は骨の端に腱でくっついています。それが伸び縮みするから骨格は動くのです。筋肉が骨に与えるこの負荷こそが、骨力を強くします。具体的には骨へのカルシウムなどの沈着を加速します。
 しかし、逆もまた起こる。筋肉が衰える→骨への負荷が弱まる。すると、骨からカルシウムが脱落していって、骨がスカスカになります。すると、体重に耐えきれなくなり、骨が圧迫されて変形します。これが「圧迫骨折」です。それは、背骨などで起こります。だから、お年寄りは背中が曲がり、身長が縮んでいくのです。
 この前、地方のホテルで、地元の老人会の皆さんと鉢合わせをしました。驚きました。おばあさん、おじいさんとも、みごとに骨・腰が直角に曲がって、手押し車に頼ってかろうじて歩いているのです。昔なら、「く」の字の腰に杖、という姿でしょう。
 なぜ、こんな腰曲がりになってしまったのか? 答えはズバリ、腰を曲げたからです。まず、人は年とともに楽な姿勢をとりがちです。筋肉の衰えた体は、背中を曲げたほうが楽です。それは、知らぬうちに「圧迫骨折」を誘います。もう、曲がった背中は元には戻りません。それどころか、さらに曲がり続け、最後は腰が「く」の字から直角に曲がってしまう……。
 すれ違うお年寄りを見て大変だなあ、と同情しました。だれしも、こういうふうに年を取りたいと思ったわけではないでしょう……。

 筋トレが姿勢を支える

 「圧迫骨折」を防ぐ唯一の方法は骨力をつけること。骨力をつけるには筋力をつける必要があります。だから、毎日の筋トレが、身長の縮み、腰の曲がり、丸い背中を防ぐのです。つまり、老後の姿勢は筋トレにかかっています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 老人は、なぜ腰が曲がっているのか。
 私はその理由を考えたことはありませんでしたが、船瀬氏の説明には、目からうろこの思いがしました。
 筋力の衰えが骨力の衰えとなり、その結果として圧迫骨折して腰が曲がっていくというのは、実にわかりやすい説明です。
 だとすれば、筋力アップが老化防止とはるはずです。
 筋力をアップすれば若返る理由を書いた部分を紹介します。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p71〜p73から抜粋開始>・・・

 スタローンの若さ、活力の秘密

 筋トレする人はなぜ若々しいのか?
 たとえば、アメリカの俳優シルベスター・スタローン。最新作「エクスペンダブルズ3」を観て、相変わらずの胸板の厚さ、腕の太さに驚嘆しました。69歳とは思えぬほど、若々しくエネルギッシュ。
 彼は過6日もジムに通い、午前、午後に分けて筋肉トレーニングを行っています。
 もう一人の筋肉派アーノルド・シュワルツェネッガーも若い。68歳とは思えぬアクションシーンを力強くこなしています。
 彼らを見れば一目瞭然。筋肉をつけるほど若々しく、老化を防げる。
 でも−−、どうして、筋肉をつけると老化が防げるのでしょうか?
 アンチエイジグ(抗齢)学会でも、長い間の謎でした。
 その答えを出したのが”筋肉ホルモン(マイオカイン)”の存在です。それは、筋肉を動かすときに分泌される生理活性物質です。
 「筋肉はホルモンを分泌する内分泌臓器であることがわかってきた」(久留米大学医学部川口巧医師)
 これは、一種の代謝ホルモンで、様々な生理効果が確認されています。マイオカインとは、マイオ(myo:筋肉)とカイン(kine:作動物質)から造語された言葉です。

  運動は万病に医学的効果あり

 「近年の疫学研究は、身体運動が驚くほど多様な医学的恩恵効果を、全身の臓器にもたらすことを証明した」(首都大学東京健康福祉学部人間健康科学研究科)
 身体運動とは、筋肉を使う動作のことです。筋肉に意識的に負荷をかけて鍛える筋トレはその最たるものです。
 確認された予防・抑制・治療効果は驚くほどです。たとえば……。
 @がん、A糖尿病、B心臓病、Cうつ病、D不安症、E脳卒中、Fアルツハイマー、G動脈硬化症……など。以下の改善効果も確認されていますH免疫機能、Iすい臓機能、J肝機能、K高血圧、L骨密度。
 つまり「筋収縮によって、骨格筋から分泌される生理活性因子が、運動の『多様』な効果を『全身』に生じさせている)(同研究科)のです。

 25種の若返りホルモン(マイオカイン)

 「筋肉を動かすことで約25種類のホルモンを分泌」(川口医師)
 マイオカインは、筋肉細胞の中の”小さな袋”に入っている、といいます。
 そして分泌量は、「筋肉量」×「運動時間」で決まります。つまり、筋肉量をつけるほど、活性ホルモン分泌量も増えるというわけです。
 別名”若返りホルモン”とも呼ばれるマイオカイン。それは、以下の効果が報告されているからです。
 「老化防止」「成長ホルモン刺激」「骨密度増強」「動脈硬化抑制」「糖尿病予防」「脂肪肝改善」「高血圧改善」「認知症防止」……。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、日本人の誰もが知る芸能人が、どのように筋力アップを行っているのかを紹介したいと思います。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p79〜p83から抜粋開始>・・・

 スクワット、ストレッチ、腹筋、水泳

 放送開始から40年目に入った長寿番組「徹子の部屋」の司会を務める黒柳徹子さん。数十年前と、まったく変わらない若さです。その年齢を知ったら、あなたはひっくり返るでしょう。なんと82歳……! その驚異の若さの秘訣が、毎日欠かさないヒンズースクワット。具体的には、両手を後頭部にあてて背筋を伸ばし、しゃがむ、立つを繰り返します。これを1日50回、とノルマを決めて、欠かさず実行しているそうです。さらに、なんとお相撲さんがヨイショーとやる「四股(しこ)踏み」も実践しているそう。
 スクワットと四股踏みは太ももの大きな筋肉を使います。ですから、それだけでも多く若返りのための筋肉ホルモンも分泌されているのでしょう。
 それと、必ず夜10時にはベッドに入る。
 「夜10時から夜中の2時までは、全身の細胞が生まれ変わるゴールデンタイム。寝てなきゃダメなのよ」(黒柳さん)。この時間帯は、成長ホルモンが大量に分泌されるといわれる時間帯です。
 女優の草笛光子さんも82歳とは思えぬ若さと美しさ。やはり、毎日、筋トレとストレッチは欠かしません。
 吉永小百合さんが70歳と知ったら同年輩の女性は、ただため息でしょう。しかし、あの変わらぬ美しさも、旅先でも毎日欠かさない腹筋運動と、軽く1キロを泳ぐという水泳から生まれているのです。
 若さの秘訣でもうひとつ大切なのは「老けた」と思わない「心の若さ」。「心は体の設計図」です。「私は若い」と常に思っている人は、体の生理も「若い方向」に作用します。逆に「老けた」と思う人は、体も「老ける方向」に作用するのです。
 これは美醜も同じです。「私はきれい」と思っている人は美しくなります。「醜い」と思っている人は本当に醜くなるのです。心こそ体の設計図。覚えておきましょう。
 「筋トレ」と「意識」が若さと美をつくる。これはもはや、間違いありません。美しくも若い。これら大先輩を見習っていきましょう!

 100歳きんきんの”筋トレ”

 「きんはヒャクシァーイ!」「ぎんもヒャクシァーイ!」の可愛い笑顔で国民的アイドルとなった双子の姉妹、成田きんさんと蟹江ぎんさん。実はその若さと元気も、前述のように筋トレのおかげだったのです。
 二人が筋トレに励んだのは、名古屋市にある久野接骨医院。その高齢者向け筋トレとは? 「体力に合わせたトレーニング法で自信回復をはかり、寝たきりにならないようスタッフ一丸となって指導・治療します」と久野信彦院長。
 まず重視するのは自力歩行。「脚は第二の心臓といいます。血液循環をよくすることで、認知症の改善・予防になります。きんさんは100歳を越えてから初めて、その効果を証明してくれました。『老筋力』でトレーニングを始めましょう」(久野院長)。

 筋トレと有酸素運動でより若返る

 「筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、通常よりも多くのマイオカイン分泌が期待できます」(久留米大学、川口医師)
 同医師は、筋トレ(スクワット)にウォーキングをプラスすることをすすめています。新しい筋肉をつくるには、激しい運動よりも、酸素を多くとり入れられる、ゆっくりとした運動やトレーニングのほうが適しています。そしてこのときに”筋肉ホルモン”も多く分泌されるのです。「スローウォーキングやスロージョギング、バイク(自転車)運動スロースクワットもいいと思います」(川口医師)。
 宇宙医学の名医として知られる志波直人教授(久留米大学医学部)が考案した「マイオカイン分泌法」は、軽い筋トレと有酸素運動を組み合わせたシンプルなものです。
 名づけて−−「食後に、ちょこっとスクワット&ちょこっとウォーキング」。
 食事の後、筋トレのあとに、有酸素運動をするというものです。
 @「力こぶ筋トレ」のあとに、A「スクワット」、B「ウォーキング」をすれば、より効果的ということです。これなら、だれでも今日からできますね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 黒柳徹子さんが実践している夜10時に寝るというのは、ナチュラル・ハイジーンの考え方からきているのではないかと思います。
 夜10時から午前2時までの4時間に、若返りのための成長ホルモンが分泌されるといいます。
 参考までに世界の20冊に選ばれ、全世界で1300万部売れたというナチュラル・ハイジーンのバイブル的な本を紹介します。

・『フィット・フォー・ライフ』(松田麻美子訳、グスコー出版)

 筋肉量のアップが老化防止となるなら、(女性が強い関心持つ)美容と健康にも大きな効果があるはずです。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p93〜p95から抜粋開始>・・・

 筋肉つければ肌も若々しい

 スーパースター、マドンナの肌は若々しくて美しい。とても57歳とは思えない。みずみずしくて、ハリがある。そのまばゆいほど美しい肌も、日頃鍛えた筋肉のおかげ、といったら、驚かれるでしょうか?
 週6日、1〜2時間はジムで過ごすのが日課。まずランニングを40分、あお向けで両足上下(レッグリフト)200回、腹筋・腕の筋肉などを鍛えるトレーニング30分……とは立派!
 逆に、筋トレとは無縁の女性の肌は衰えるいっぽう。なぜでしょう?
 「『肌の衰え』の原因は、筋肉量の低下」と断言するのは筑波大学大学院、久野譜也教授(前出)です。
 「加齢とともに進む肌の老化に、いちばん決定的な影響を与えているのは『筋肉量の低下』と、それに伴う『代謝能力低下の問題』」(『筋トレをする人が、10年後、20年後になっても老けない46の理由』毎日新聞出版)
 なぜ、筋肉の量が減ると、肌が比例して老化するのでしょう?
 「そもそも、皮膚は体を包んでいる組織」(久野教授)。「筋肉、脂肪、内臓、骨などが、皮膚によってくるまれている」、ナルホド。「なかでも筋肉は、皮膚のすぐ下にあり、筋肉を動かせば、皮膚も動く」、つまり「ほとんど連動」しているのです。
 皮膚と筋肉は、文字どおり表裏一体なのですね。
 で……、筋肉の量が落ちてくると「当然、外側をくるんでいる皮膚にも影響が出てくる」(久野教授)わけです。

 筋肉が減れば肌はたるみシワに

 筋肉量は20代がピークです。その後は、年に1パーセントのペースで減っていくといいます。つまりピーク時に比べると30代で10パーセント、40代は20パーセント落ちるのです。「100パーセント詰まっていた中身が80%に減る」と「外側をくるむ肌の皮は余って」しまいます。じつにわかりやすい話で、余った皮膚は、たるんだり、シワになるわけです。
 「パンパンに詰まっていたはずの中身が20パーセントも減るわけですから、当然ながら肌の緊張感や質感も失われてくるでしょう」(久野教授)
 つまり、筋肉のハリが失われると、肌のハリも、失われるのです。

 細胞代謝も蓑え肌は老化する

 筋肉量の低下は、てきめんに代謝力を低下させます。
 久野教授は筋肉を「体の工場」に例えています。つまり、筋肉は生命エネルギーや代謝能力を生み出す源(工場)でもあるのです。
 筋肉量の低下は、体内でのエネルギー生産力も低下させます。
 「すると、体内の細胞が新陳代謝を行う力も落ちてきます。肌の場合でいえは、『ターンオーバー』と呼ばれる表皮細胞の生まれ変わる力が衰え、次第に活力が失われてくる」「筋肉量が落ちると、細胞の代謝能力も落ちて、肌に勢いがなくなってきてしまうのです」「若々しい肌の輝きは、筋肉の減少によって、失われていく……」(久野教授)
 やはり筋肉力は生命力なのです。筋力の衰えは命の衰え。だから、肌も衰えて当然です。

 筋トレとウォーキングがおすすめ

 では、若くて、美しい肌を保つには、どうしたらいいか?
 「筋トレと有酸素運動の両方を並行して行うこと」「筋肉量をキープするには筋トレ。肌細胞の代謝力をキープするにはウォーキングなどが必要」「これらの運動を継続していけば、ハリや質感のある美しい肌をキープすることができるでしょう」(久野教授)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 筋肉をつけるというと、ボディビルをイメージする人もいると思います。
 日本では、ボディビルに対してあまりよいイメージがないらしいのです。ネットで検索してみても、ボディビルを徹底的に避難するサイトもあるようですし、筋トレとジョギングを否定するサイトもあります。
 ボディビルに関する部分を紹介します。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p106〜p107から抜粋開始>・・・

 ボディビルは健康によないという誤解

 アメリカンヘルスクラブ代表、西川稔氏は、30年ほど前にアメリカでボディビル講習を受けたとき、ショックを受けました。
 「講師によると、日本人の平均寿命は世界一だが、センテナリアン(100歳以上)の数は、人口比でアメリカには約3倍もいる! さらに興味深いのは、日本の100歳以上は、ほとんどが要介護者なのに対し、アメリカでは、自分でコーヒーをいれたり、新開を取りに行ったりなどの生活ができる人が多くいる、ということでした」
 この衝撃体験は、西川氏に日本でシニア向けボディビル・ジムを開設する動機となったのです。
 「ボディビルは戦後、敵国だったアメリカから入ってきた運動なので、日本のマスコミでは『健康によくない』という経験・知識のない医師武道家たちの言葉がまことしやかに取り上げられ、これを信じている人が多いようです。しかし、私たち経験者は、筋肉が増強することで、素晴らしい健康状態になることを体験して知っているので、自信満々で指導を続けてきました」
 さらに、こう断言します。
 「どの会員の体にも、ボディビルによるデメリットが発生したことは、一度もありません」

 60,70歳超えても40歳の容姿

 アメリカのセンテナリアンには、なぜ元気な人が多いのか?
 その一つの答えが、運動、つまり筋トレ(ボディビル)の習慣です。
 「アメリカでは、50年前より、ボディビルが医療に良いことが理解され、1978年からは『ヘルシー・ピープル2000』キャンペーンを国をあげて行い、運動と私生活を正し、医療費急増を阻止しているのです。介護予防に対しても大きな効果があります」(西川氏)
 同キャンペーンは、その後、第2ステップに入って今日に至ります。
 彼が30年来、交流を続けているビルダーたちの中でも、練習を欠かさず続けている人たちは、60歳、70歳を超えても、40歳の頃の容姿を維持し、若者と一緒に働いている人がたくさんいるといいます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に船瀬氏の体験を紹介します。


 ・・・<『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』、p111〜p113から抜粋開始>・・・

 週2回ジム通い77歳肉体のド迫力

 私の高校時代の恩師、成瀬市先生、77歳。喜寿の祝いのために約30人の同窓生が福岡に集いました。
 会場の老舗旅館に早めに着いたので大浴場へ。なかなか風情のある岩風呂はだれも先客なし。思わず、いい気分で鼻歌を歌っていると「だれが歌いよんか?」。ドスのきいた声に振り返ると、スキンヘッドで筋肉隆々、肩幅の広いおっさんが堂々と入ってきた。これは、地元ヤクザの親分のご機嫌を損ねたか!? と、よく見ればなんと恩師。たくましい体がザブンとお湯に入ってきた。盛り上がった胸筋もみごと。
 「先生、体鍛えてますね!」「うん、週2回、近所のジムに行きよるんヨ」。恩師は高校時代は山岳部の顧問。現在もヒマラヤ、南米アフリカ……と世界中の高山トレッキングを趣味としている。
 しかし、そんじょそこらの山歩きとは違います。5000〜6000メートル級高地を踏破する。その体力をつけるためのジム通い。「公共体育館のジムは無料だから……ノウ(笑)」とさらり。おまけに、毎日のフルスピードのランニングでスタミナづくりも欠かしません。
 入浴後、宴会開始。集まった教え子たちも、もはや60代半ば。「ダーレが生徒か? 先生か?」の司会に場内、爆笑。並んで集合写真を撮れば、恩師より老け込んだ面もあちこち。というより、当日の参加者で、もっともたくましく、若々しかったのは、間違いなく先生でした。
 私は、いまだ恩師から、人生の生き方を学んだ思いがしたものです。

 年1パーセント衰える筋肉を逆に鍛える

 年を取るほど、体を動かさなくなる。これが、普通の生き方です。
 しかし、年を取るほど、かえって体を動かさなければなりません。鍛えなければなりません。なぜなら、人間の筋肉は20歳前後をピークに毎年1パーセントずつ落ちていくからです。
 筋肉力は生命力です。筋肉が衰える。それは生命が衰えることと同じです。それを「老化」というのです。若い頃は、それなりの筋肉はついています。しかし、年を重ねるほど、自然に筋肉は減っていき、それに比例して老いていきます。
 だから、中高年が若々しい後半人生を送りたかったら、若い境より、よりいっそう筋肉を鍛える必要があります。アメリカンヘルスクラブでは、40歳になったらボディビルを始めようと呼びかけています。年1パーセント衰える筋肉を鍛えて、逆に発達させるのです。それが、老化を防ぎ、若返りを促進します。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もちろん私はボディビルをするつもりはありません。
 大会でポーズをとっているような筋肉ムキムキの身体になれるとも思わないし、なりたいとも思いません。
 ただ筋肉は年1パーセント衰えるというのですから、それを防ぐ、または少しでも増やすということはぜひ実践したいと思っています。
 そこで私が考えているのが、船瀬氏が実践しているアイソメトリクス(静的筋肉強化法)です。
 筋肉は、その最大負荷の80パーセントを5秒以上かけると急激に増強することが知られているそうです。4つの基本的なポーズがあり、これを5秒やればいいのですから、掛かる時間は数分で済みそうです。
 今、私は忙しくトレーニングジムに通う時間も取りにくいので、むしろアイソメトリクスしか選択肢がないともいえます。
 このアイソメトリクスを数十年実践してきた船瀬氏の上半身は、ほれぼれするぐらいの逆三角形です。とても毎日机にかじりついている文筆業の人とは思えない身体で、大きな効果があるように見えます。

 アイソメトリクスの4つのポーズに関しては、以下の本(のp52〜p53)でも載っています。アイソメトリクスに興味を持たれた方に、参考までに紹介したいと思います。

・『できる男は超少食』(船瀬俊介著、主婦の友社)



アメリカで起こっている異様なこと...2016年7月9日

 今回の記事は、「アメリカで起こっている異様なこと」と題して、アメリカで起こっている経済と社会現象の2つを紹介したいと思います。
 情報源は、ベンジャミン・フルフォード氏の対談本、『戦争は奴らが作っている!』(船瀬俊介、ベンジャミン・フルフォード、宮城ジョージ著、ヒカルランド)と、フルフォード氏のメルマガです。
 まず経済面です。
 7月8日のNYダウは、6月の雇用統計を好感して1万8千ドル台に乗せ、これは1年2ヶ月ぶりの水準とのことです。マスコミでは、いかにも米経済が好調だといった論調が流れています。
 しかしベンジャミン・フルフォード氏が伝える情報は、それとは真逆なのです。
 なにか異様なものを感じてしまいます。

 これは貧富の格差がさらに拡大し、99%の生活がますます苦しくなる一方で、1%がさらに富を増やしてNYダウを押し上げているということでしょうか。
 以下に紹介する記事を読んでみると、日本のマスコミで伝えられる米経済とのギャップに驚きます。


 ・・・<『戦争は奴らが作っている!』、p78〜p89から抜粋開始>・・・

フルフォード 今、安倍とか麻生とか、ごく一部の人たちは、ものすごく高額な賄賂をもらって今のシステムの延命に努めています。

船瀬 とんでもないことだ。おっしゃったような思い切ったことをやらないと若者がかわいそうだよ。今、1%というより僕が調べたら0.1%が99%の富を所有している。ここまで富の独占が進んだら、世界の経済が回るわけがない。不況になるのは当た前だ。99%はみんなおカネを使わないというか、使えないんだから。

宮城 高額所得者、例えば所得が1億円ある人が消費に回すのは2000万円分しかないとか。

船瀬 幾らカネがあっても、日常の消費には限度がある。買うものがないから、彼らはバカ高い時計なんか買っている。テレビで言っていたけれども、最近、銀座で高額の時計が売れているそうです。それで去年、スイスのメーカーが売り上げを2倍に伸ばしたって。

フルフォード 今、何千万の時計もいっぱい売れている。

船瀬 何百万円どころじゃない。5000万円とかね。そんな腕時計、誰が買うんだ。もうクレージー。

フルフォード 富裕層は、革命が起こることがわかっていて、今のうちになるべくペーパーマネーから実物資産にシフトしようとしている。高級不動産とか、今は美術品もすごい高額で売れているそうです。僕の知り合いでも、何千万円もする時計を持っている人がいました。

船瀬 そんなに高額品が売れているということは、超富裕層はふえているのかね。

宮城 今、全世界で年間100人ぐらい億万長者が生まれているといいますね。日本だって、年末ジャンボ宝くじで3億円当たる人だけで年間200人ぐらい出ているそうです。億万長者がふえることによって、景気が悪くなるという仕組みがもうできちゃっているわけです。

船瀬 カネ持ちがふえるほど景気が悪くなる。

フルフォード 建前上は一応トリクルダウン(富裕層らの経済活動が活性化され、最終的に貧困層を含む社会全体に富が行き渡ることと言っているけどね。

船瀬 ない、ない、そんなものぜったいにナイ!! 同志社大の浜矩子先生が言っているじゃない。

フルフォード カネ持ちたちはあまりにも私欲が強過ぎて、おカネを全部自分のものにしておきたい。用心棒と売春婦とウエーターぐらいにしか回らないんだよ(笑)。

船瀬 トリクルダウンなんてペテンだよ。俺アダム・スミスからしてペテン師だと思うよ。レッセフェール(神の見えざる手に任せよ)もトリクルダウンと同じようなものだ。神の手に任せろなんて言ってるけど、ペテンの神の手から富がポクボタ落ちて、経済破綻が極限まで来ちゃっている。

フルフォード 昔、イギリスは、インドから麦とか穀物を買ってインドに洋服とかいろいろなものを売っていました。そしてイギリスがインドの麦をいっぱい買い占めた結果、インド人の3割が餓死しちゃった。それが自由市場経済が極端に進んだ場合の帰結です。

船瀬 99%は餓死寸前。日本はまだ何とかなっているとしても、最貧国は現実的な問題だと思う。アメリカだって大変だと思うよ。僕はハワイに行って物価が高いことは知っているけれども、それでも安物のハンバーガーが1個9ドル50セントするのには驚いた。円安だから余計そう感じるのかもしれないけれどもアメリカは物価が高い。あれじゃ、アメリカのプアな層は生活がものすごく大変だと思う。


 パルチック海運指数が示す、アメリカのあまりに異様な経済状況


フルフォード これからアメリカではすごいことが起きると思う。今、貿易がとまっているんです。僕は、貨物船が動いていないというニュースをネットで見て、ほんとかなと思ってNYK(日本郵船)に電話したんです。それで、世界の状況についてはわからないけれども、NYKに関しては、船を出すと赤字になるから、今、全部とまっていると確認しました。
 Baltic Dry Index(パルチック海運指数)という、船の運賃の指数のシステムがあります。このシステムにはほんとに船を使う人以外は入れないから、株価と違って金融機関が操れない。八百長できません。

船瀬 じゃ、正しい数字だ。

フルフォード BDI(パルチック海運指数)を見ると、リーマン・ショックのときよりも低い。つまり貿易がとまっているのよ。モノが動いていない。特にアメリカ。だから、アメリカでは、ウォルマートが196店舗ぐらい閉店すると発表したし、シアーズはすでに600店舗、閉店しています。その上、営業しているお店でも、今、棚が空っぽになっているんです。

船瀬 モノがなくなっている。北朝鮮と同じだね。アメリカの北朝鮮化が進んでいるということだ。そもそもアメリカが売るものといえば、発がん性のある遺伝子組み換えのコーンぐらいしかないからね。

フルフォード ちなみにこのBDIの動きには中国が関与している。「おまえたちのドルはもう紙くずだ。人民元で支払わないと、ドルではもう船(モノ)は動かない」ということを意味している。今、中国はアメリカと勝負をつけようとしているんです。

船瀬 それは相当思い切ったね。アメリカにけんかを売っているわけだ。

フルフォード 僕も仕事がなくなったとき、東京電力から請求書が来て、これを払わないと、あしたから電気がとまる、これはヤバいぞという状況に陥りました。それで、支払いに行ったら、僕がどんなに日本語で話しても、みんな英語で話そうとするんです。何でかなと思ったら、ちょうど英会話学校のNOVAが潰れたときで、そこの先生たちがみんな電気料金を払えなくて、僕もそこのワーカーだと思われたらしい(笑)。
 今、アメリカは、電気料金が払えなくなったときの僕と同じことに直面している。でももっとスケールが大きいもので「あなたたちは40年前からずっと赤字だ。代金を払っていない。だから、モノを送るのはやめます」と言われている状況です。ドルがもう信用をなくして、現金じゃないと売ってやらないということになっているんです。

船瀬 アメリカの場合、払えなければ、カネが来ないで軍隊が来るからね。ヤクザに借金の返済を催促したら、ピストル持って乗り込んできたようなものだ。

フルフォード いっとき「船が余っているから、今、運賃が安いんだ」というへ理屈が言われていたけれども、84ページのグラフ(管理人注1)を見ても、海運指数と実際の通商が密接に関連していることがわかります。だから、貿易がとまっているんです。1月に出た韓国と中国のデータでも、貿易が1カ月で2割下がっています。ちなみに世界貿易全体はドル建てで12%も下がっているんです。これは要は切りかえ、富裕層のマフィアのドルをやめようという話です。

船瀬 当たり前だよ。5年間で4割も富をふやすなんて、もうめちゃくちゃ。革命が必要だよ。


 アメリカ国民は生活困窮の危機!?


フルフォード 大雪のときですけれども、ワシントンでお店の棚が空になるということが起きました。今までは雪が降るぐらいでは空にならなかった。今は雪が降らなくても空になりつつあります。ただ、いざとなったら食料配給は何とかするだろうと思います。いざという時に、40キロくらいの豆の袋と100キロぐらいの米の袋なら2万円で買えるし、2カ月以上は食っていける。豆と御飯はアメリカ人にとっては貧乏メキシコ人の食料だけれども、栄養のバランスはとれています。でも、ぜいたく品は大分減ります。今もすでにアメリカ人は牛肉を買えなくなっています。値段が高過ぎるからです。

船瀬 ペッタンコのハンバーグが9ドル50セントだもの。とんでもないよ。食料が高過ぎ。あれじゃ買えないよ。しかも、高い割には粗末。アメリカの下層の人は生活がほんとに困窮していると思う。みんな暴動を起こすよ。

フルフォード 今、アメリカ軍がJ・Pモルガンを乗っ取ったという情報が入っています。J・Pモルガンを乗っ取ったのは、彼らがフードスタンプ(低所得者向け食料費補助制度)を管理しているから。

宮城 アメリカ版生活保護ですね。

フルフォード J・Pモルガンは人々に暴動を起こさせる潜在力がある。彼らがフードスタンプをとめれば、みんなが食料難に陥って暴動が起きる危険が増すんです。

船瀬 わざと暴動を起こさせて、貧困層を殺して、FEMA(連邦緊急事態管理庁)が用意しておいた棺おけに入れる。

フルフォード だから軍が乗っ取った。軍では今、軍事クーデターが起きている最中なので。

船瀬 革命前夜だね。民主社会主義者のサンダースを7割の若者が支持している。突然、社会主義者の大統領候補があらわれたんで、日本人はみんなびっくりしているけれども、社会主義が一番必要だよ。

フルフォード アメリカでは選挙の八百長もバレバレで、今、アメリカ人は怒り狂っている。どう考えても革命前夜です。

船瀬 それにしても、そういうニュースは流れないね。

フルフォード もう隠し切れなくなっていると思います。『X−ファイル』が復活したんですけれども、それはFOXテレビが『X−ファイル』を通じて隠されていた情報を国民に流すよう命令されたからというおもしろい情報をもらいました。今、「ニューヨーク・タイムズ」とか「タイム」誌も、9・11のほんとのことを書き出しました。マスコミが今、真実を書けと命令されているんです。

船瀬 「ニューヨーク・タイムズ」はロスチャイルド系でしょう。

フルフォード 軍人とかCIAの人たちが「あなたたち、もういいかげんにして」と言っている。

宮城 9・11のときと同じように、実行部隊が命令に従うふりをして、実は……。

フルフォード 今、革命を起こそうとしている。

船瀬 アメリカにだって良識派は数多くいる。かれらがそれは起こすと思うよ。

宮城 ローマ帝国が崩壊する前は、パンとサーカス(食糧と娯楽)で市民の政治的な関心をそらした。今のアメリカの場合、ポテトチップとテレビとゲームとコーラがその役割を果たしている。ローマ帝国を滅ぼしたのは、ゴート族のアラリックという野蛮人です。彼が率いる外国軍がローマ市内に入って人を殺し始めた。そのときローマの奴隷もみんな立ち上がって、自分たちをずっと痛めつけてきた主人を殺しました。ローマの市民はそれで初めて自分たちの置かれていた状況に気づいたんです。今、アメリカでもそれが起きようとしています。ニュースにはなっていないけれども、今はほんとに貿易がとまっています。実際に食料がとまらないと、一般大衆は真剣に考えてくれない。

船瀬 ローマ帝国の末期症状と今のアメリカ帝国の末期症状は似てきた。大衆はパンとサーカスの夢から覚めようとしているわけだね。


 (管理人注1)
 グラフは略します。そのかわりにバルチック海運指数が載っているサイトを紹介します。

http://investmenttools.com/futures/bdi_baltic_dry_index.htm

 上記グラフを見ると、2008年のリーマンショックが起こる前はバルチック海運指数は1万を超える水準まで上昇していました。
 そしてリーマンショック後には、700を切る水準まで暴落します。しかし現在は、驚くべきことにその700より下のレベルです。つまり、リーマンショックでパニック的に貿易が止まった水準より低いところにいるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 世界貿易は、リーマンショック後の暴落を超える水準まで低迷し、アメリカを代表する小売大手のウォルマートとシアーズが、数百店舗レベルで閉店しているという事実があります。
 それなのに日本では、雇用統計を好感してNYダウが上げているというニュースが流れるのです。
 私には、”異様”としか言いようがありません。


 次にアメリカで社会問題となっている、警察の問題を紹介します。
 7月7日夜、テキサス州ダラスでアメリカ陸軍の元軍人が12人の警官を銃撃し、うち5人を射殺したという事件が起きました。
 その前には、警官によって押さえつけられ抵抗できない黒人を白人警官が射殺するという動画がネットにアップされ、人々の注目を集めました。
 私は、こうしたニュースが流れるたびに、2016年のジョセフ・ティテル氏の予言を思い出してしまいます。
 それに関連する部分を抜粋します。

 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

66.
アメリカ国内の警察の行き過ぎた暴力は、爆発的に増加する。多くの無実の市民が射殺される。だが、司法制度は機能せず、逆に無実の市民が逮捕されるようなことも起こる。

104.
アメリカの司法制度と警察は大変に腐敗している。2016年にはこの腐敗のひどさが明らかになり、怒った民衆が警察署を襲う事件も増える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 現在アメリカでは、警察に抗議するデモが頻発しています。
 今はデモで済んでいますが、ティテル氏が予言するように怒った民衆が警察署を襲うことも今後はあるかもしれません。

 ティテル氏は「警察は大変に腐敗している」と言っていますが、日本人の感覚だと、そう言われてもどうもピンときません。
 そこで、アメリカの警察が大変に腐敗しているという事例を一つ紹介したいと思います。
 最近私は、宇宙人などのヘビーな情報に接する機会が多く、たいていのことには驚かないつもりでした。でも以下のフルフォード氏の情報には、本当に驚かされました。
 アメリカは、もはや文明国とは言えないのではないか・・・、という気がします。


 ・・・<フルフォード氏のメルマガから抜粋開始>・・・

また現在、米オクラホマ州では 警官がハイウェイパトロール中に理由もなく
車を止めて一般市民の銀行カードやプリペードカードを没収、装備している
機械で個人情報をスキャンして銀行口座の預金残高を全て盗み出す、という
事例が数多く報告されている。

http://82.221.129.208/ifyouareinamericayouprobablycantseethisac9.html

以前から「アメリカ各地の警官が市民から現金を奪っている…」という話を
聞いてはいたが、ついには銀行カードなどからもお金を巻き上げるようになる
とは、明らかに悪質さが増している。没収された資産を裁判所などに訴えて
取り戻すのは至難の業で、お隣のカナダでは 政府がアメリカへの旅行者に対し
て注意勧告をしているくらいだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 犯罪者を取り締まるはずの警察が、その犯罪者だったわけです。
 日本であれば、即座に逮捕されるはずのそうした警官を野放しにしていることに、本当に驚きを禁じ得ません。

 こうした事例を見る限り、アメリカでは今後も民衆対警察の対立は激化していくだろうと思えてなりません。



コーリー・グッド氏の追加情報...2016年6月25日

 前回の記事「ブンブンさんのメールから」で、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから「秘密宇宙計画」の内部告発者であるコーリー・グッド氏を取り上げました。
 その後ヤスさんのメルマガから、さらに情報がありましたので、今回はそれを取り上げたいと思います。
 それは、政治学者でありディスクロージャーの専門サイト、「Expolitics.org」の主催者でもあるマイケル・サラ博士です。
 マイケル・サラ博士は、コーリー・グッド氏の内部告発情報を元に、ほかの内部告発者の証言と照合し、「秘密宇宙計画」の全体像と「ブルー・エイビアンズ」の真実をまとめた以下の本を出したといいます。

 『Insider Revealed Secret Space Program & Extraterrestrial Alliances』

 この本の日本語の翻訳本は出ていないそうですが、ヤスさんは画期的な本だと言っています。相当にヘビーな宇宙人情報に接しているヤスさんが、”画期的”と表現しているのですから、かなりのものだと思われます。
 これによると、「ブルー・エイビアンズ」は単純に人類の第4密度への移行を援助しているわけではないというのです。
 では、前回に引き続き、ヤスさんのメルマガから紹介します。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

・実は「ブルー・エイビアンズ」は人類の進化を援助するために来訪しているのではない。事情はもっと複雑だ。

・コーリー・グッドをインタビューしているディビッド・ウィルコックによると、「ブルー・エイビアンズ」のメッセージは、1980年に交信が成功した宇宙存在、「ラー」との対話を記録した「ラー文書 一なるものの法則」と同じである。ちなみに「ラー」は、やはり第6密度の集合的な精神の名称である。ということでは、「ブルー・エイビアンズ」と「ラー」は同一の存在である可能性が高い。コーリー・グッドもその可能性には同意している。

・すると、「ラー文書」を参照すると「ブルー・エイビアンズ」のメッセージがもっとよく理解することができるはずだ。「ラー文書」には、人間が第4密度に進化するためには、肯定的な精神性と否定的な精神性とのちょうどよいバランスがなければならないという。51%の肯定的な精神性は、他者のために尽くすことに当てられなければならない。そして否定的な精神性の95%は自分を満足させるために使われなければならない。このバランスはとても重要である。

・このバランスが実現すると、一人一人の人間は第3密度に止まりたいのか、それとも第4密度へと進化するかの主体的な選択が可能になる。この選択の期間は75000年である。

・「ブルー・エイビアンズ」によると、太陽系が「局所恒星間雲」というエネルギーの強い銀河系のエリアに突入したので、太陽系内に入ってきたエネルギーの作用でこの選択が可能となる期間は相当に短縮されている。現在の人類はこの強いエネルギー放射には耐えられない。そのため「ブルー・エイビアンズ」は、太陽系内に不可視の球体を配置し、エネルギーの放射をブロックしている。

・「ブルー・エイビアンズ」の目的は単純に人類の進化を助けることではない。レプタリアンを中心とした「ドラコ同盟」とその配下のイルミナティーが支配する現在の地球では、否定的な精神性が強すぎて進化のために必要なバランスを実現することができない。そのため人類は、進化するかどうかの主体的な判断に基づく選択ができない状態にいる。「ブルー・エイビアンズ」は「ドラコ同盟」を帰還させ、イルミナティーを分裂させることで、肯定性と否定性とのバランスを回復させようとしている。

・したがって、進化への選択は人間自身が主体的に行うことで、これには「ブルー・エイビアンズ」は介入できない。「ブルー・エイビアンズ」は選択できる条件を作りにやってきただけだ。

・「ドラコ同盟」の大半が出身惑星に帰還し、イルミナティーが権力闘争で分裂したので、「ブルー・エイビアンズ」はエネルギーの放射をせき止める球体のブロックの一部を解除した。そのため、一層強いエネルギーが太陽系内の充満するようになっている。

・これにともない、人間の本性が一層あらわになる時期に入った。抑圧しているネガティブな性格が強い人間ほど、このエネルギーの放射には耐えられなくなるだろう。

・一方「ブルー・エイビアンズ」がこのようなことをするのは、彼らのカルマと関係が深い事情があるからだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、「ブルー・エイビアンズ」が人類を第3密度から第4密度に移行するように導いているのではなく、人類が第4密度に移行するのか、あるいは第3密度に留まるのか選択できる環境を提供しようとしていることに強い共感を覚えます。
 これはポジティブな宇宙の知的生命体が基本中の基本としている、進化はその種族の自由な選択の意思を尊重するというルールに適っています。ネガティブな存在は、人類の自由意思を無視して、自分達の都合のよいように介入してきました。

 そこで気になるのは、「ブルー・エイビアンズ」の今回の行動は、彼らのカルマと深い関係があるという点です。
 再度、ヤスさんのメルマガから抜粋します。


 ・・・<ヤスさんのメルマガから再度、抜粋開始>・・・

・「ドラコ同盟」の大半が出身惑星に帰還し、イルミナティーが権力闘争で分裂したので、「ブルー・エイビアンズ」はエネルギーの放射をせき止める球体のブロックの一部を解除した。そのため、一層強いエネルギーが太陽系内の充満するようになっている。

・これにともない、人間の本性が一層あらわになる時期に入った。抑圧しているネガティブな性格が強い人間ほど、このエネルギーの放射には耐えられなくなるだろう。

・一方「ブルー・エイビアンズ」がこのようなことをするのは、彼らのカルマと関係が深い事情があるからだ。

・現在「ブルー・エイビアンズ」は、カイパーベルトのどこかの天体に滞在している。カイパーベルトとは、太陽系の海王星軌道より外側にある、天体が密集した、穴の空いた円盤状の領域である。そのままさらに外側にあるオールトの雲につながっている。カイパーベルトには30ほどの小規模な惑星があるとされているが、実際の惑星の数は50である。

・カイパーベルトには、小惑星よりもはるかに規模の大きな惑星が存在しており、冥王星もその一部である。かつて私が所属していた「ソーラー・ウォーデン」は、このカイパーベルトの小惑星を探査したことがある。すると多くの小惑星には、数億年も前に建てられた人工的な建造物があった。それは現代の我々のテクノロジーでもまだ製造できていない透明アルミのような素材でできている。

・しかしどの建造物も、すさまじい爆発で破壊されたことを示すように、柱が大きくねじれていた。なにがあったのかは分からないが、とにかく巨大な爆発があったことだけは確かだ。

・私が異星人のデータベースにアクセスできるipadに似た透明のスクリーンで検索したところ、約25億年ほど前、太陽系には「古代ビルダー種族」と呼ばれる種族がいた。地球外生物が侵入して来ないように、太陽系全体にシールドを張り巡らせた。このシールドはカイパーベルト内の惑星に設置された。

・「ソーラー・ウォーデン」の探査で発見された建造物は、おそらくこの「古代ビルダー種族」の残した遺物であろうと思われる。そして「古代ビルダー種族」こそ、「ブルー・エイビアンズ」である可能性が高い。そしてさらに「ブルー・エイビアンズ」は、「ラー文書」の集合的な精神、「ラー」であるかもしれない。

・いま「ブルー・エイビアンズ」がカイパーベルトに滞在しているということは、自分たちがもといた場所に帰還しているということなのかもしれない。

・「ブルー・エイビアンズ」は人類が第4密度への進化を支援することが自分たちのカルマの解消につながり、それが彼らがさらに進化するための条件になっているという。彼らのカルマがなんであるかは明確には分からないが、25億年前の「古代ビルダー種族」の運命と関係があることは間違いないようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大変、興味深い情報です。
 私は早速、アマゾンで、『Insider Revealed Secret Space Program & Extraterrestrial Alliances』を注文しました。
 なんでもロンドンから出庫するとのことで、注文して1週間経った今でも届いていませんが、楽しみです。
 ここで「英語のできないお前が、なんで英語の本を注文するんだ!?」と突っ込まれそうですが、まあ今は(不完全ながらも)翻訳ソフトもありますし、雰囲気だけでも何かつかめるんじゃないかと思っています。
 もし面白い情報が発見できましたら、記事にしたいと思います。



ブンブンさんのメールから...2016年6月12日

 5月28日の記事「振動数を上げる最大の要因とは」で、私は身体の振動数を上げるには、食生活を変える必要があるという持論を述べさせていただきました。。
 それに関連して、バシャールに詳しいブンブンさんから情報をいただきました。
 拝読させていただき、これは当HPの訪問者の方々にもお知らせしたいと思い、ブンブンさんに当HPに掲載してもよいですかとお願いしたところ、快諾していただきました。
 注目点は、バシャールが「かなり高い確率で、2016年の秋にシフトが始まる」と言っていることです。
 その他、振動数上昇と食べ物の関係など、興味深いものがあります。
 では、ブンブンさんからいただいたメールを紹介させていただきます。


 ・・・<ブンブンさんからいただいたメールの抜粋開始>・・・

こんにちは、ブンブンです。

「振動数を上げる最大の要因とは」を読んでふつうに疑問として思ったことがあります。
それは、現在地球がアセンションしようとしているわけですが、そうすると動植物も人間も同じく
アセンションするということではないでしょうか?
人間が肉体の浄化が出来ていないからアセンションの妨げになっているのなら、
地球も非常に汚染されてしまっているのでアセンション出来ないのではないか、と思ってしまうのです。
私としてはバシャールを学んでいるのでこの疑問は実は解決しているのですが、一般的には
知識がないとわからないかもしれませんね。


 固有振動数のことについては、

フォトンエネルギーによって地球の振動数が上昇しているので誰でも肉体の振動数は高くなっている
と私は思います。みつろうさんが本の中で21万7千サイクルもあることを知ったり、また、
本山さんも23万サイクルになっているのを聞いてびっくりもしましたが、もうそこまで来て
いるのか、とも思いました。25万サイクルから四次元密度なので何かの拍子に移行してしまうかも
知れませんね。

バシャールによると2016年11月秋に大きなシフトがあると言っています。
これは後にも先にも最大のエネルギーシフトとしてはこれしかないものです。
ですからこれがアセンションではないかと思われるかも知れませんが、どうやら違うようです。
バシャールのメッセージは、

『”アセンション”とは、次元上昇を意味していると考える人がいますが、実際にはそれだけでは
ありません。あなたの意識が覚醒して”目覚め”を体験する事で、初めて”アセンション”を
体験してゆくのです。ですから”アセンション”とは、あなたの波動が上昇し、上昇した波動に
応じた”波動域”へとシフトする事であり、パッと次元が切り替わって終了する現象では
ありません。

現に私達は、今の瞬間にも”アセンション”へ向けて現在進行形(成長中)である。
では、”アセンション”は自動的に誰にでも起こる現象なのでしょうか?
それは意識の目覚め(アセンション)を望む人だけが体験する現象である。
”アセンション”を体験するためにとは、意識の”目覚め”を目的としている事を意味しています。

少なくとも2050年までには、本格的な4次元密度の住人として生活をするようになるでしょう。
しかしその時まで待たなくとも、あなたは十分4次元密度仕様の生活を始める事が出来る”波動域”へ
来ています。いずれにせよ、”アセンション”は、各々異なる”現象”であるという事を念頭に置き、
あなたの意識の覚醒にのみ”焦点”を当て、ワクワクが照らす”道”を進んでゆきましょう』
と、言うことです。

以下、バシャールが言う重要な事柄を上げておきます。

『固有振動数が高いときは、素の自分、ありのままの自分でいること。
一番波動の高い状態が、ワクワクしているとき。二番目に感謝しているとき、
三番目に、意識が停止した瞑想のとき。他には、他人を思いやっているとき、笑っているとき。』

『DNAは高次元移行に適応できるように組み替えられる必要があります。
その組み替えには太陽の“紫外線”が大きく関わっているのです。

高次元移行をする際、最も重要な事は”水”の摂取です。とにかく沢山の水を補給して下さい。
強い紫外線の影響で私達のDNAはとても乾燥しています。そして高次元移行する際にあなたの
DNAが乾いていると、せっかく新しい人間種に変化したのにも関わらず、あなたの体は次元移行に
耐えらなくなる可能性が出てくるからです』

『2016年の秋に全てが変わる、とお伝えしましたが、これは具体的にどういった事を意味して
いるのでしょうか。バシャール曰く、一目瞭然に起こる”変化”と、比較的早めに順応される
”変化”と、水面下で起こる”変化”で、今後の地球発展の”種”となる”変化”が起こるでしょう。

現在の私達の波動から言える事は、かなり高い確率で、2016年の秋にシフトが始まるという事、
そして、振り返って考えてみると、2016年がシフトの始まりだという事が、一目瞭然に
理解出来るでしょう』

『 「2016年の秋に何かが起こる」 (アメリカ大統領選挙の前)
皆さんが2016年の秋というエネルギー、タイミング、シフトをどのように経験したいかを
選択できるように情報をシェアしています。

例えば、山頂にいる人が山を登ってくる人に対して、
「そのまままっすぐ登っていくと、あることにぶちあたりますよ。それについて
知りたいですか?知りたくないですか?」と訊いているのと同じです。

皆さんが知りたくなければ、私達は伝えなくても良いと思っています。
しかし、私達の情報に興味のある人達の大半が、私達に見える「これからやってくること」
について知りたいと思っています。ですから、伝えているのです。

私たちは、私たちの「泡リアリティ」の中で移動している人たちのために
伝えています。 私たちの情報に興味のない人に伝えているわけではありません。

この地球上には私達のことを知らない人たちもたくさんいて、
彼らは私たちが 何を伝えているかをまったく知りません。
私たちの情報はシンクロニシティ上、それらを聴く必要のある人にしか届かないのです。

ただそれだけです。必要な人に向けられているのです。 ・・・ですので、私たちの情報が
届いていない人も2016年に何らかのシフトを経験するかもしれません。
しかし、彼らには情報が届いていないので、一番ポジティブな形でこのシフトに
対応できないかもしれません』(その名はバシャールから)


「補足」:

『私達の肉体構成が炭素からシリコンへと変化している中、私達の意識も一緒に変化してゆく
ようになります。シリコンで肉体が構成されるようになると、あなたの肉体の波動が上昇
するようになります。すでに科学者達が私達の肉体構成の変化に気がつき、研究を始めています。』

『次元移行の一番のキーポインとはあなたの心です。あなたの心が輝き光に充ち溢れる事が
大事なのです。』

『空っぽの栄養素のジャンクフードばかり食しているとなかなか体との対話が上手に出来ません。
言わば乱雑な電波を発するエネルギーを体内に摂取するのであなたの体が発する本当の“声”
が聞き取りにくくなるのだ。

もちろん、毎日ステーキを食してベーコンを食べていようとアセンションする人はしますし

例えベジタリアンでも意識の覚醒に時間がかかる人も大勢います。
要はあなた次第だという事なのです。しかしながら、一般的にあなたの活動するエネルギー源と
なる“食物”はあなたの物質的体を作るだけでなく、精神世界であるアストラル界にも影響を
与えています。例えば同じ食事を摂取しても太らない人もいればメキメキと体重が増える人もいます。

何を食べても太らない体質の人は時として食物と健康な関係を築いているのだ。つまり、
体との対話がきちんと出来ている事が大きな“差”を産むようになるというわけなのです。』

※『』はバシャール直接のメッセージ。

 私(ブンブン)としては、多いにバシャールを参考にしてほしいと思います。

 ・・・<ブンブンさんのメール終了>・・・


 ブンブンさんは、「地球の振動数が上昇しているので誰でも肉体の振動数は高くなっている」と仰っています。
 実は、私はこのブンブンさんの見解とは逆の印象を持っていました。
 以前、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で、「今の状態で推移した場合、地球上でどのくらいの人々がシフトできるのですか」と聞いたことがあります。
 その答えですが、本当にびっくりするぐらい少ない人数でした。よく地球上の適正な人口は5億5千万という話がありますが、それよりもはるかに少ない数です。
 物議を醸すのは避けたいですし、人々に不安を与えるのは本意ではないので、その具体的な数字は書きませんが、とても少ない数だったと言っておきます。

 すでに太陽系は高エネルギー帯に投入しており、地球の振動数はどんどん上がっているのに、人々の振動数はそれに見合った上昇をしていないのではないかと私は危惧していました。

 こうした私の危惧を裏付けるような情報もあるので、紹介したいと思います。
 私は最近、コーリー・グッド氏の地球外知的生命体の情報に注目しています。
 コーリー・グッド氏の名前は初耳という方もおられると思うので、簡単に紹介しておきます。
 コーリー・グッド氏は6歳のときに米軍にスカウトされ、超能力トレーニングのプログラムを10年間受けます。
 そして17歳で、「秘密宇宙計画」という部署に配属され、20年間の勤務のあと契約期間の満了をもって除隊します。その後、今度は「秘密宇宙計画」の内容を暴露する内部告発者となります。

 私はコーリー・グッド氏の名を「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガで知りました。
 ヤスさんのメルマガから一部抜粋して紹介します。


 ・・・<「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガから抜粋開始>・・・

・当分の間は外部からの来訪者はなかったが、約36万5000年ほど前、かなりの数の地球外生物が一斉に太陽系内に入ってきた。そのうちの種族のひとつが、レプタリアンを主体にした「ドラコ同盟」であった。彼らは地球の所有者であることを強く主張した。

・その後、「ドラコ同盟」のレプタリアンはシュメール文明や古代バビロニア文明など地球で自生した文明にアプローチし、彼らの神として君臨した。どの文明でも支配者の神官階層を支配し、秘技を伝えた。

・この「ドラコ同盟」と連合した神官階層は、シュメールやバビロニアの滅亡後も数千年にわたって存続し、現代まで引き継がれている。

・この古代から存続する集団がいわゆる「イルミナティー」の源流である。彼らはその後、西欧を中心に興隆したさまざまな文明や国家とかかわりを持ち、影の支配者として君臨した。これはまさに現代にも続いている構造である。

・ところが、最近この支配構造に大きな変化が起こっている。後に詳しく述べることになるが、2011年ころ第6密度に存在する「ブルー・エイビアンズ」と呼ばれる種族がコンタクトしてきた。「ブルー・エイビアンズ」は、25億年前に太陽系に一大文明を築いた「古代ビルダー種族」であった。いま地球はレベルの低い第3密度にいるが、それよりもはるかに振動数の高い第6密度からやってきた種族だ。「ブルー・エイビアンズ」はテクノロジー的にも精神的にももっとも進化した種族であり、ほかの地球外生物を圧倒している。

・「ブルー・エイビアンズ」は、これから太陽系はエネルギーが充満した宇宙のエリアに突入するため、激しいエネルギーの放射によって人類は精神的に進化し、第4密度へと移行するという。しかし、この進化の過程は非常に激しく、この過程に生き残れない人間も多数出てくる。

・「秘密宇宙計画」はプラズマやガンマ線などの大量の放射を人間が浴びた場合、精神的にもどのような影響があるのか人体実験を行った。すると、その人間の持っている本性が露になることが分かった。だから、抑圧している闇が大きければ大きいほど、その人間は心の闇の噴出には耐えられなくなり、精神的にも破綻する。他方、抱える闇が小さい人間ほど、ほとんどなんの変化も経験しない。そのまま明るく生き続ける。

・また、こうしたエネルギー放射はもともと邪悪な精神性の「ドラコ同盟」にとっては脅威となる。彼らはこのエネルギー放射には耐えることができず、生きて行くことはできない。

・いまの精神性が低いままでは、現代の人間はこのエネルギー放射に耐えることはできない。人類の第4密度への進化は極めて困難だ。したがって「ブルー・エイビアンズ」は、人類がもうすこし精神的に進化する時間的な猶予を与えるため、太陽系内に見えないキューブでバリアーを張り、エネルギーの放射を遅延することにした。

・その後、地球にもバリアーを張り、地球から太陽系外に出られなくさせた。

・これはエネルギーの放射を恐れる「ドラコ同盟」のレプタリアンにとっては大変な脅威となった。このままではエネルギーの放射があっても地球から脱出することができなくなるため、地球で死滅するほかなくなる。

・このため2014年12月、「ドラコ同盟」とそれと同盟している「イルミナティー」の集団は、オーストラリアの基地から「ブルー・エイビアンズ」が張ったバリアーを突破するため、最強のレーザー兵器を使いこれを破壊しようとした。しかし、レーザーはバリアーによって逆に跳ね返され、オーストラリアの基地は全滅した。このなかには「ドラコ同盟」の幹部や、「イルミナティー」の幹部もいた。これは彼らにとって大損害となった。

・このレーザー攻撃と跳ね返ったレーザーの光景は「国際宇宙ステーション」で偶然撮影された。以下のURLで見ることができる。

https://youtu.be/bkk5PI1YyKs

・この動画は大きな反響を呼び、NASAになにがあったのか問い合わせが殺到した。そこでNASAは、これが同日に「欧州宇宙機構」が実施したレーザー照射であったと説明した。「欧州宇宙機構」は、天体の観測時に大気圏による妨害を緩和し、より鮮やかに天体が見えるためにレーザーを照射している。

・しかし、「国際宇宙ステーション」の動画を見ると、どう見てもレーザーには見えない。

・この事件の後、「ドラコ同盟」のほうから私がメンバーの離脱グループにアプローチがあった。ぜひ今後のことを協議したいとのことであった。

・協議の場は、さる閉鎖されたニューヨークのホテルの地下にある会議室で行われた。私は、私の連絡役となっているゴンザレス中佐とともにこの会議に出席するように、「ブルー・エイビアンズ」から命じられた。

・私たちが指定されたホテルに到着すると、案内人が現れた。人間であった。なんとそれはあのキッシンジャーであった。キッシンジャーは私たちに、「君たちは彼らに対してもう少し敬意を払うべきだ」と言いながら、会議が行われる会議室に案内された。

・私がレプタリアンと直接会うのはこれが初めてだった。明らかに高位の幹部のレプタリアンが、十名くらいの武装した護衛を従えて現れた。

・高位のレプタリアンは、私の頭を強く押さえつけるように、激しいメッセージをテレパシーで送ってきた。それはまさに脅しであった。「もし我々の言うことを聞かないと、第3次世界大戦を起こしてやる」などと激しく脅した。だが、彼らは「ブルー・エイビアンズ」の張ったシールドのために、出身惑星に帰還できなくなったことに明らかに狼狽しているのが分かった。

・その後、レプタリアンはもし「ブルー・エイビアンズ」がシールドを解除して自分たちを帰還させてくれるのであれば、「ドラコ同盟」が地球に保有するすべての基地や施設を、「イルミナティー」などの人類の支配勢力にすべて引き渡すと宣言した。

・このときの会合はこれで終わった。私はレプタリアンとのあのような体験を二度としたくはない。最悪の体験だった。その後、「ブルー・エイビアンズ」はこの提案を受け入れ、シールドを解除することにした。

・「ブルー・エイビアンズ」は、「ドラコ同盟」を含め、現在地球にいるすべての地球外生物を集合させた。そこで、シールドを解除したので出身惑星に帰還することができると告げた。その場では明らかに安堵感が広まった。

・「ドラコ同盟」のレプタリアンは、地球を退去した。その後、レプタリアンの施設を譲られた「イルミナティー」の異なった勢力の間で、施設の獲得を巡る闘争が始まった。この闘争は激しく、これで「イルミナティー」全体の勢力が衰退している。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように「ブルー・エイビアンズ」は、第4密度へと移行する過程で、(このままでは)生き残れない人間も多数出てくることを危惧しています。
 これは私が千さんのお爺ちゃんセッションで聞いた話と一致します。
 人類は「ブルー・エイビアンズ」によって、ある程度の時間的余裕が与えられたわけですが、このチャンスを人類はどのように生かすことができるでしょうか。

 私が興味深かったのは、「ブルー・エイビアンズ」が地球の周りにもシールドを張って、地球から出られなくしたことです。
 これにより地球に巣食っていたネガティブなET達は、大いに狼狽したわけですが、これは「ブルー・エイビアンズ」の計画だったのではと考えます。
 つまりネガティブなET達は、このままでは死を待つしかないので、「ブルー・エイビアンズ」にシールドの解除をお願いするしか選択肢がありません。そしてシールドの解除の見返りに、地球から出ていくしかなくなります。

 当HPの3月18日の記事、「ポジティブなUFO情報」で、UFOコンタクティーのジェームズ・ギリランド氏を取り上げました。
 ギリランド氏は、ネガティブなETの90%が地上から排除されたと言っていました。
 私はその時、なぜ、あるいはどのようにして地球からネガティブなETの90%が排除されたのか知りたいと思っていました。
 それが「ブルー・エイビアンズ」のシールドであったのであれば、話のつじつまが合ってきます。

 私はお爺ちゃんに、ネガティブなETの90%が地上から排除されたのは本当か聞いてみました。
 すると返ってきた答えは、90%は誇張した数字で、実際は7割程度だという話でした。ということは、あと3割はネガティブなETが残っているということになります。
 3割も残っているとみるべきか、あとたった3割しか残っていないとみるべきかですが、「ブルー・エイビアンズ」のような存在が地球に積極的に関与してきたということは、人類にとって大きな希望だと思っています。

 以下は、日本語で読めるコーリー・グッド氏のサイトです。

http://ja.spherebeingalliance.com/introduction



松原照子さんのブルーグレーのおばちゃまのお話...2016年6月5日

 私は松原照子さんという人を、2011年3月11日の東日本大震災を予言した人として知ったのが初めてでした。
 松原さんのプロフィール欄を見ると、すでに何冊も本を出されているので、知る人ぞ知る人だったのかもしれません。
 そんな松原さんの新刊本を本屋で見つけたので、ちょっと買って読んでみようと思いました。
 それが、

 『聞いてビックリ「あの世」の仕組み』(松原照子著、東邦出版)

 です。
 この本の中で、松原さんのもとに現れる霊的な存在として、ブルーグレーのおばちゃま以外に以下のような方々がいるそうです。

・いつも風呂敷になにかを包んで大切そうに抱えている、風呂敷おじちゃま
・顔がお笑いタレントのキム兄こと木村祐一さんにそっくりな、中国4千年のおじちゃま
・岸田劉生さんの有名な絵画「麗子像」にそっくりなおかっぱ頭をした、麗子おじちゃま
・動くたびにゴトン、ゴトンと音がする、ゴットンおじちゃま
・難しい科学のことを教えてくれる、スワニーおばちゃま

 松原さんのもとに現れるこうした霊的な存在は、自分の名前や歴史上のプロフィールを語ることがないので、松原さんは、ニックネームを付けて呼んでいるようです。
 その中で、ブルーグレーのおばちゃまと呼んでいる存在が、人々によく知られた存在だったことがわかったという話が興味深かったので、今回はその話を紹介したいと思います。


 ・・・<『聞いてビックリ「あの世」の仕組み』、p94〜p110から抜粋開始>・・・

 ニューヨーク行きでわかった
 ブルーグレーのおばちゃまの正体


 私たちは、思いもよらないことが起きると偶然で処理することがあります。
 「果たして、”本当に偶然”なのだろうか?」
 こんな疑問が私に起きた物語です。これが「はじめに」にも書きました、この本を書こうと思ったきっかけのひとつです。
 2015年10月17日にニューヨークへ行くことが決まったのが、その年の6月の終わりごろでした。
 私のブログ『幸福への近道』の「世見」では、不思議な世界の方々に伺ったお話や、見えたり聞こえたり、感じたことを毎日お伝えしているのですが、ニューヨーク行きが決まると、ブルーグレーのおばちゃまが来られて、次の番地を教えてくれました。

 「ニューヨーク47番通西302 HOTEL SHERMAN」
 実在する番地かどうかはわかりませんでしたが、いつも通りあまり気にもせず、7月12日掲載の「世見」に、「最近行きたい国々」というタイトルで書きました。以下がその内容の抜粋です。

 「ニューヨークの47番道西302の HOTEL SHERMAN にも行ってみたいのですが、このホテルってあるのかなぁ。
 又、ニューヨークにこんな番地って存在するのかなぁ。
 今日、ブルーグレーのおはちゃまが4時に起こしてくれました。
 何となく今書いたところってブルーグレーのおはちゃまとご縁があるようにも思いますが、−−−

 『幸福への近道』は、日本はもとよりアメリカをはじめ多くの国の方々に毎日お読みいただいているのですが、これを読んだロサンゼルス在住の方が、実際にこの番地にホテルがあるのかを調べてくれました。
 その結果、この番地には名前は違うものの、ホテルがあることが判明したのです。しかし、わかったのはそこまでで、ブルーグレーのおばちゃまがなにを伝えたいのかは依然不明のまま、ニューヨークへ旅立つことになりました。
 ニューヨークへ入った2日後、その方はどうしてもホテルのことが気になると、わざわざロサンゼルスから来てくださり、現地に足を運んで調べてくれたのです。その日の夜、調べていただいた結果を聞くために一緒にとった食事は、「それ本当!?」の一声からスタートしました。
 住所の場所にあったホテルは SHERMAN ではありませんでした。ECONO LODGE(エコノ・ロッジ)というのがそのホテルの名前だったのですが、なんとそのホテルの支配人のお名前が SHERMANさんだったのです。偶然なのか、ブルーグレーのおばちゃまの意思なのかはわからないまま帰国の途につきましたが、驚きは帰国のあとも続きました。
 私はいま、『月刊ムー』(学研プラス)に連載をしています。その担当編集者にニューヨークでの出来事を話し、『幸福の近道』に載せる予定のニューヨークの原稿を見せたのですが、その後に担当者が調べてくれた内容は”出来過ぎている”としか思えないものでした。
 ECONO LODGE(エコノ・ロッジ)の前はなんと SHERMANホテルという名前だったことがわかったのです。さらに、そのホテルの前は神智学協会の拠点だったというのですが、編集部の担当者は、神智学協会といえばヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー夫人が有名だと言って差し出した本に載っている写真がまさにブルーグレーのおばちゃまその人だったのです。
 驚くことはまだあり、神智学協会においてブラヴァツキー夫人に宇宙の原理を教えた霊的指導者がモリヤ大師というのだそうですが、私を借金苦から救ってくれた社長さんを紹介してくれた方の名前がモリヤさんだったのです。
 これだけ重なると、さすがに偶然とは思えなくなってきます。
 ニューヨーク行きが決まり、ブルーグレーのおばちゃまからメッセージをいただいたことから始まり、

 @ ロサンゼルス在住の方が、ホテルがこの住所にあるのかが気になり調べてくれたこと。
 A その方が、ニューヨークまで来てくれて、現地調査をしてくれたこと。
 B 『月刊ムー』の担当者が、私の原稿を読み、調べてくれたこと。

 ブルーグレーのおばちゃまに教えられて、「世見」に書いただけのことが、ふたりの手で、ブラヴァツキー夫人にたどりついたのです。
 ブラヴァツキー夫人が知らせたかったことは、私が”不思議な世界”と言っているのは実在する世界で、それが”あの世”であるということだと思いました。
 それと、あの世とこの世とはホットラインでつながり、あの世の人はこの世の人を動かす力もあるのがわかります。
 いままでどなたも、ご自身のこの世でのことを教えようとされなかった不思議な世界の方が、まるで代表で名乗りを上げられたかのように、ブルーグレーのおばちゃまがブラヴァツキー夫人だと証拠を見せてくれたのが、このたびの出来事でした。ブルーグレーのおばちゃまがブラヴァツキー夫人に間違いがないと思ったら、
 「こちらに来て、125年ほどになります」
 「ニューヨークのデイリー・グラフィックという新聞に掲載された、心霊術の物質化現象を、世界のいたるところで目にしたことを伝えたくて仕方がありません」
 と言われたので、これからもまだまだ私の知らないお話を聞けると思っています。

 ブルーグレーのおばちゃまとの
 出会いがきっかけで書いた『恐怖の大予言』


 そもそもブルーグレーのおばちゃまは、私がいまのように原稿を書くようになったきっかけを与えてくれた方でした。もう、35年以上も前のことになります。
 自分が経営する会社の事務所で仕事をしていたある昼下がり、語尾が強く迫力のある声が部屋中に響き渡ったのです。
 「いまから話すことを書きなさい!」
 一瞬のうちに、声の主に身体を支配された気分になりました。すると目の前に、ちょっと太目で目のきれいな外国人のおばちゃまが座っておられたのです。
 そのおばちゃまは私に、「書きなさい」「毎日書きなさい」と言ってきました。
 「書けと言われても、文才もないし…」とためらう私でしたが、その日からなぜか原稿用紙を用意して机に向かうと、鉛筆が走るのです。自分で書いているのか、だれかに書かされているのかもわからないような状態で書き上げたのが、小冊子『恐怖の大予言』でした。この小冊子を自費で作り上げると、おばちゃまが現れてひと言おっしゃいました。
 「明日から忙しくなりますよ」
 このおばちゃまは、その後しばらくお越しにならなくなるのですが、ブルーグレーの目が印象的でしたので、それからはブルーグレーのおばちゃまとお呼びすることにしました。
 ブルーグレーのおばちやまの言葉通り、『恐怖の大予言』は神戸新聞で取り上げられて話題となり、大手書店に並びました。『月刊ムー』からは取材を受け、そのときに見えたことを話すと現実に起き、的中したと騒がれ、事務所に手紙が殺到するわ、直接訪ねてくる人が来るわで、それまでの仕事はできなくなりました。
 1987年に書籍『宇宙からの大予言』(現代書林)が出版されると、全国から講演の依頼が舞い込み、会まで発足させたのですが、なにせ出かける講演は、一緒に来る方の交通費から活動費まですべて自腹。会費ではまかなえず、結局、仕事もうまくいかなくなり、会もやがて解散。残ったのは借金だけとなってしまいました。
 困り果てている私のところに、ブルーグレーのおばちゃまが久しぶりにお越しになり、「明日訪ねてくる人に、いまの状況を話しなさい」とのひと言を言われて帰って行かれました。
 次の日、モリヤさんのご紹介で事務所にお越しになったのが、それから25年間お勤めさせていただくことになる食品機械メーカーの社長さんでした。入社後、平穏な日々を過ごさせていただきました。
 2005年、私のために『近未来研究会』というブログを数名の知人が立ち上げてくれたときには、ブルーグレーのおばちゃまが久々に来てくださいました。そのときはひと言も言わずに帰られましたが、「ブログを書きなさい」と言っておられるかのようでした。それから私は、ブログを書くことが楽しみになっていきました。

 東日本大震災を”予言”したと言われた、
 震災約1カ月前にブログに掲載した原稿


 2010年の正月を過ぎたころから、
 「事務所を持ちなさい」
 と、ブルーグレーのおばちゃまが勧めます。
 私は、半年分の事務所維持資金しかないのを知りながら、おばちゃまの言葉に乗せられて小さな事務所を開き、サイトも『幸福への近道』として、新たなスタートをしました。
 事務所を開くと言っても、特別になにかができるわけでもありません。ただ60歳で、会社は契約社員のような立場でしたから、いままでとは違い時間に余裕ができていました。その年の秋に入ると、原子力発電所のことを不思議な世界の方から忠告として教えられて、「世見」に書くようになり、2011年のお正月には「いよいよ来る」、この言葉をよく聞くようになっていきました。
 私は、「世見」や「日記」を掲載日に書いているのではありません。早くて1週間前、平均すると10日前の文章をお読みいただいています。その理由は、パソコンができないので手書きで原稿を書き、あとは協力してくださる方にお任せしているためと、私になにかあった場合、書きためていないとブログが休みになってしまうからです。2011年2月16日に掲載された文章が、私の人生を大きく変えることになるとは思いもしませんでした。
 この文章を書いた朝は、冬の陽差しが心地よく、いつものように地図を開け、指先を地図の上に這わせると、こんな文章になっていきました。抜粋して紹介します。


 やはり太平洋側は動く気配がムンムンしています。
 「陸前高田」と云う地名が声にならない会話を 自分にしています。
 どこにあるのだろうと 探してみると 見付かった。
 指で感じ取ろうとしたが 期待ほど感じなかったが 釜石辺りが赤く見えた。
 東和と書かれている場所辺りが気になった。
 今度揺れると広範囲に思える。
 岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城 これだけ書けば当たるだろうと思える県名だが 書かずにはおれない思いになります。
 目の前に5の数字が先程から見えて仕方がない。
 千葉も 神奈川も近く揺れると思われるし 東京・埼玉も「なんだこれ」私がおかしいのか群馬も 栃木も 長野も いつ揺れてもおかしくない事を地図は語ってくれているだけに 私自身 今日は地図を見るカが薄れているのかと 心配になってしまうくらいだ。
 もしかすると近日中に何回か揺れを感じるか かなり広範囲なのかもしれないと思った。


 悲しくも書いたことが現実になってしまいました。いまは犠牲になられた御霊に、毎朝4時に手を合わせています。

 ブラヴァツキー夫人のことを編集者が調べてくれました。

 ヘレナ・ペトロヴナ・ブラヴァツキー(H・P・ブラヴァツキーやヘレナ・P・ブラヴァツキーと表記されます。通称ブラヴァツキー夫人)。
 1831年、現在のウクライナで生まれ、1891年にロンドンで亡くなっています。母親はロシアの古い貴族の家系で、父親はドイツの伯爵家でロシアに移民した家系でした。”近代オカルティズムの母”と呼ばれており、ロシア、エジプト、イタリア、ドイツ、アメリカ、チベット、インドなどに足跡を残しました。ニューヨークに渡ったのは1873年。
 1875年に神智学協会を設立しています。人種、肌の色、宗教、社会的地位などによる一切の差別なしで友愛関係をつくることや、個々の人間のなかに働く精神的な力を研究し、開発することなどを原則として掲げて活動していましたが、霊的なものを探求する姿勢などから誹譲中傷の的となり、いかさま師、詐欺師呼ばわりをされていたようです。宇宙発生論を主題とした大著も盗用の疑いをかけられる一方で、エジソンやアインシュタイン、マハトマ・ガンジーなどに大きな影響を与えたとも言われており、亡くなってから偉大な霊能家であったと評価されています。
 亡くなる17年前の1874年には、ブラヴァツキー夫人がデイリー・グラフィック紙に寄稿した「驚くべき霊的現象」という論文が10月30日に掲載されていました。内容は、ある農家で起きた霊的現象などに関するものでした。当時、ブラヴァツキー夫人は超常現象を詐欺だとする懐疑主義者たちから非難にさらされていたのですが、彼らを痛烈な皮肉でこてんぱんにした文章もあったようです。

 【参考:『H・P・ブラヴァツキー夫人』(神智学協会ニッポンロッジ)、『シュタイナー入門』(ちくま新書)】


 私はブラヴァツキー夫人のことを知ったとき、ブルーグレーのおばちゃまは、自らが果たせなかったことを私に引き継いでやってほしいのではないかと感じました。といっても、私は霊的現象のことを詳しくはありません。私にできることとは…。
 私は、小さいころから不思議な世界の方々に囲まれて暮らしてきました。不思議な世界の方々は、とても存在感があり、私には生き生きとして見えます。ブラヴァツキー夫人だってすでに亡くなられている方。ほかの不思議な世界の方が「そちらの世界に生きていたときは……」と話されているのを聞いたこともあります。とすれば、私が言っている「不思議な世界」は「あの世」「死後の世界」と同じなのではないか、「死」は、すべての終わりではなく、続きがあるのではないか、……それなら伝えることができるかもしれない。
 これが、この本を書こうと思ったきっかけのひとつです。
 以前の著書『「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる』(東邦出版)でも「死後の世界観」という内容の原稿を書きました。あれから随分と時間が経ち、不思議な世界の方々から教えてもらい、その後にわかったことなども増えてきました。証明はできないかもしれませんが、不思議な世界の方々から聞いた「あの世の仕組み」を少しでもお伝えできればと思っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・



振動数を上げる最大の要因とは...2016年5月28日

 前回の記事「お爺ちゃんセッションで聞いたクォンタム・プロセス」で触れましたが、私の身体の振動数を上げた最大の要因について記事を書きたいと思います。
 数年前の千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で聞いた私の振動数は、地球人の平均である8万〜9万(回/秒)ぐらいでした。
 現在は(最新の数値で)23万4千(回/秒)とのことです(この数値、ほんまでっか、という意見もあるとは思いますが)。
 平均値からここまで上がった最大の要因に関して、『プレアデス 新生地球への移行』(ヒカルランド)から抜粋して紹介します。
 この本は、愛知ソニアさんがプレアデスの意識体をチャネリングして書かれた本です。


 ・・・<『プレアデス 新生地球への移行』、p153〜p155から抜粋開始>・・・

 あなた方がどれほどアセンションを望んでいても、多くの要因がアセンションの妨げとなっています。肉体次元の自分を無視しているからです。
 今太陽からとてもパワフルなエネルギーが届いていて、それによってあなた方の肉体の細胞は、バイブレーションを高めようと激しく振動します。
 とても速く振動します。その振動が高まるとこの次元からぱっと姿を消し、異次元に肉体と共に移動することも可能です。
 それにしても、それを止めている一つの要因は、あなたの口から入る毒素です。
 とくに化学物質や添加物が、細胞の振動が勢いよくなるのをストップさせています。
 私たちはなにも肉を食べるなとはいっていませんが、肉について考えてみてください。どれほどの化学物質が動物を育てる際に含まれるかということを。
 美味しいものを食べているときは、牛などの家畜に与えるエサや注射についてあなた方は考えることもありません。動物たちが殺されるときの恐怖についても考えません。
 そこに注意が向かないにしても、あなた方の細胞は軽やかな振動を失い、密度が増します。
 あなた方の中には、今食事方法にとても敏感になっている人たちもいます。
 軽くなりたいという気持ちが募ってきているかもしれません。
 実際にあなた方の目に見えない存在たち、特に天使と呼ばれている者たちの中には、とてもバイブレーションの高い存在たちがいます。
 そういった特殊な高次の存在たちが、あなた方にコンタクトが取りたくても、あなたの細胞が添加物や化学物質によって軽快な振動を失っている場合は無理なのです。
 よって私たちは、食事習慣を変えなさいというアドバイスをします。私たちも彼らに代わってそのメッセージを伝えているのです。
 私たちの乗り物(ソニア)にもそれを何度も伝えているのですが、なかなか真剣にとらえてくれません。グルメに魅せられて食べる時代ではありませんと、はっきりいっておきましょう。
 あなたがその肉体をもって光体を経験したいのなら、口から入るものに注意を払う必要があります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここにあるように私が振動数を上げた最大の要因は、化学合成された食品添加物や、その他の化学物質(残留農薬等々)を身体から出す、あるいは入れない食生活をしたことです。
 これは私の直感でもありましたが、千さんのお爺ちゃんセッションでも確認しました。
 それを実行すれば誰でも振動数が上がるという単純な話ではありませんが、少なくとも化学合成物質によって体内が汚染されている状態では、振動数を上げるというのは無理だと私は考えます。
 単純な話ではないという意味は、振動数を上げる為にはスピリチュアルワークを同時並行して行うのが効果的ということですが、これについては別の機会に触れたいと思います。
 身体から化学合成物質を出すというのは、2つの側面があります。

・デトックスによって、それまで身体に溜まっていた毒素(化学合成物質)を外に出す。

・新たに毒素(化学合成物質)を身体に入れない。

 デトックスというと断食が一番効果的なのですが、私は蒸留水を飲んだり、MSMサプリで身体に溜まった不要なカルシウムを外に出す試みもしてきました(そうした記事はすでに書いてきたので、ご興味のある方は過去の記事を探していただければと思います)。
 今回は、新たに毒素(化学合成物質)を身体に入れない事に関して、少し記事を書いてみたいと思います。

 身体に毒素が入る一番の要因は飲食ですが、経皮毒も大事な要素です。
 経皮毒とは、皮膚等から身体に染み込む毒素です。例えば石鹸やシャンプー、歯磨き粉、衣服に残量した洗剤などです。
 私はこれらを、すべて安全と思われるものに替えました(テレビCMで流れているような普通のスーパーで買える物には、恐ろしくなるような毒物が含まれているケースが多々あります)。
 また私は基本的に風邪のような病気になっても病院(歯医者は別ですが)に行かないだけでなく、市販の薬は一切使いません。
 現代人は風邪をひいたら市販の風邪薬を飲む、お腹が痛くなったら胃薬を飲むといった行動が当たり前になっています。また筋肉痛になったら、シップを貼り、目薬を差す人もいると思います。
 こうした薬の成分は、基本的に石油由来の化学合成物質です。身体にとって異物であり、身体はこれらを排除するために余計なエネルギーを費やさなければならなくなります。
 こうした薬は典型的な「対症療法」で、病気の症状を和らげる働きしかなく、病気を治すものではありません。一時は楽になるかもしれませんが、毒素を身体に入れたため、高い代償を払うことになります。
 ちなみに元薬剤師の宇田川久美子さんは、薬を飲んだら以下のことが起こると言っています。

・体温が下がる。
・免疫力が下がる。
・酵素が減る。

 私はこれに、振動数が落ちるというのを付け加えたいと思います。
 病気になったら、船瀬俊介氏がいうように、「食うな、動くな、寝てろ」が一番効果的だと私は考えます。
 風邪をひいて熱が出たときに解熱鎮痛剤を飲む人は多いと思いますが、薬で強制的に熱を下げてしまうと、せっかく自然の免疫力が働いて熱を上げているのに、その邪魔をしてしまうのです。
 こういうと極端だと言われそうですが、病気になったときに市販の(石油由来の化学合成物質が主成分の)薬を飲むことは、身体を虐待しているようなものだと私は考えています。
 ご興味のある方に、以下の3冊を推薦したいと思います。

・『薬が人を殺している』(内海聡著、竹書房新書)
・『薬剤師は薬を飲まない』(宇田川久美子著、廣済堂出版)
・『薬は飲んではいけない!?』(船瀬俊介著、徳間書店)

 市販の薬を飲むことは、毒素(化学合成物質)を一度に大量に体内に入れることであり、振動数を上げたいと思う人にとっては大きなマイナスであることを言うつもりだったのですが、薬の危険性にまで話が飛んでしまいました。

 次に一番の原因である食事に関してです。
 スピリチュアルの本を読むと、次の時代をリードするのは日本だという話が載っていることがあります。
 日本人が持つ精神性の高さを言っているのですが、これには納得できる部分があります。例えば、東日本大震災のような大災害が起こった時の日本人の行動です。
 被災者は互いに助け合い、援助物資の配給の列に並ぶ人々は、列を乱すこともなく辛抱強く自分の順番がくるのを待っています。こうした風景は日本人からすれば当たり前ですが、世界では賞賛の声が上がります。世界では大震災が起こって治安をコントロールするすべが無くなると、途端に略奪が始まるからです。配給の列に整然と並ぶという行為すらできません。砂糖に群がる蟻のごとく、配給物資に群がる光景がニュースで流れます。
 私は日本人を単純に褒めるつもりはないのですが、精神性の高い部分を持っているのは確かだと思いますし、それが次の時代で世界をリードする要素であると考えています。
 そんな日本で、今、以下のことが起こっています。

@日本は、世界最大量の遺伝子組み換え食品(GMO)の輸入国であること。

A日本は、単位面積あたりの農薬使用量が世界トップクラスであること。

B日本は、明らかに発ガン物質である、(あるいは毒性が高い)と認定されている食品添加物が多く認可されている国であること。


 上記の内容は、日本人が日々大量に毒物や化学合成物質を体内に摂取していることを意味しています。
 もちろんこれは、振動数を上げさせない大きな要因です。これは偶然なのでしょうか。
 日本人を攻撃するために、意図的に大量の毒物や化学合成物質を摂取するようなシステムにしているというのは、うがち過ぎでしょうか。
 日本人の振動数を上げさせず、目覚めさせない為に、こうした環境を作り上げているのではないかと疑いたくなります。
 普通に日本に住んで、スーパーで食材を買い、普通の調理法で料理を作れば、(普通に)大量の毒物や化学合成物質を摂取することになります。もちろん外食すれば、もっと大量に入ります。

 私の経験で言いますと、毒物や化学合成物質を体内に入れないような食事をしようとしたら、まずほとんどの加工食品は食べれなくなります。私はその事実を知って、「食べるものがない!」と絶句しました。
 そうして色々と食事法を調べているうちに、私がたどり着いたのがヴィーガンでした。
 肉や魚を食べないのがベジタリアンですが、ヴィーガンはさらに乳製品や卵、蜂蜜等の動物由来のものも食べません。私が最も良い食事法だと思ったのは、ヴィーガンが食べる食材を、ロー(生の)フードでいただくことです。
 火を通してしまうと野菜の酵素を壊してしまうし、野菜本来の生命力がなくなってしまいます。それゆえ生で食べるサラダを大目にし、火を通す場合も最小限にするように心がけています。

 食事法を研究しているほとんどの人は、健康面を考えてのことだと思います。
 しかし私は、いかに毒物や化学合成物質を体内に入れないかを視点に考えました。そしてヴィーガンとローフードにたどり着いたのです。

 もちろん普通の日本人がしている食事から、ヴィーガンとローフードにいきなり替えるのは無理だと思いました。
 私個人の食の好みもあるし、精神的なストレスがかかっては元も子もありません。そこで妥協するところは妥協しようと考えました(妥協しているので、私はヴィーガンでもローフード主義者でもありません)。
 まず外食をする場合は、一切の制限なくなんでも食べてよいと決めました(ただし今では、外食でも肉は食べません)。また私は魚好きなので、タンパク源として、ローフードの意味もあり刺身を食べることにしました。すると神秘家ゲリー・ボーネルさんから、「刺身は悪くないのだが、寄生虫の問題がある」と指摘されました。そこで刺身は止めて、今は(1切れ160円の)ロシア産の天然物の鮭の切り身を焼いて食べています。
 野菜は最初、普通のスーパーで買っていたのですが、千さんから残留農薬の問題があるので、(振動数を上げるなら)有機にした方が良いというアドバイスをもらいました。そんな時、運よく隣り駅にイオンモールができたのです。今はイオンモールで売っている有機野菜を中心にして、そこで売っていない野菜のみ近所のスーパーで買うようにしています。
 こうした細かいことを書きだしたらきりがないので、具体的な食材選びに関して、2015年7月15日の記事「変容を促す食べ物」の中から再度掲載させていただきます。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p105〜p110から抜粋開始>・・・

 ここで、地球の歴史において、多くの人に知られていながら実際習得できたのは偉大な者に限定された、錬金術的な秘法を紹介します。ライトボディを覚醒させるための最も重要な公式の情報は、ずっと前からあなた方の目の前にありましたが、今、私たちが明らかにしましょう。
 ご存じの通り、植物は光合成のプロセスで光を葉から吸収します。生の果物と野菜を採り入れることによって、消化器系統がこの光を引き出して吸収しますが、最も重要なのは、腸の暗闇を通って、その光が細胞と反応し、光の保持者であるあなた方の生命力である『精神(ka)』を満たします。産業化がより発展したあなた方の文化は、食べ物のスピリチュアルな重要性を大きく誤解しており、美的感覚、喜び、感情面の満足感、習慣のためにも広く利用しています。ここで、理解すべき鍵は、あなた方の身体の各細胞に必要な光の周波数を満たすためにも食物を摂取すべきだということです。

 生命の源のエネルギーは光

 あなた方の生命の源、あなた方のエネルギーは光です。光は肌、目、そして何よりも食べ物によってあなた方の身体に入ります。あなた方はテクノロジーと商業化のために、どんどん地球から乖離(かいり)していくと同時に、食べ物が物質的な自己だけでなく、スピリチュアルな自己をも満たすものだという、食べ物が供給する栄養素の真の意味を放棄し、忘れるようになってしまいました。
 あなた方の食べ物に対するアプローチと理解では、たくさんの人たちが果物と野菜を、生命(=重要な光)が無くなるまで調理する傾向があることに気づきました。必要な化学物質(必要というのは、身体を完璧に機能させるためだけでなく、脳の松果腺を開くためにも必要)は、主に生の果物と野菜、穀類、ナッツ類に含まれています。生で、加工されていないこれらの物は、食物連鎖の一番下にあり、光を供給する完璧な食品です。あなた方がガイアの土に近かった頃には、あなた方も理解していた自然が意図していた食べ方です。アセンションの準備において、食べ物に関して一刻も早く採用すべき簡単な規則は以下となります。

 [アセンションのための食べ物のとり方]

・死んでいる動物の肉を食べないこと。
・人工の色素・味、化学食品、加工ビタミンを摂取しないこと。
・穀物、種(たね)、果物、野菜など、食物連鎖の一番下位のものから、健康で未加工のナチュラルな食品を選ぶこと。
・抜本的に食品の調理法を切り替える。具体的には、食事の6〜7割を、生野菜と生の果物にする。理想的なのは、木や植物から直接取って食べること。
・電子レンジを絶対に使用しないこと。
・有機的な食品を食べる。さらに良いのは、自分で育てて食べる。植物は愛によって、さらに多くの光で応えます。全ての生き物は愛によって繁栄します。
・種、豆、食物繊維類も取り入れる。
・食べるものを祝福し、光で囲む。
・飲料水に含まれているいくつかの汚染物質は、二酸化ケイ素で中和することができます。ガラスのボトルにポイントのある水晶(クォーツ)を入れ、そこにろ過した水を入れて一晩置く。

 緑色で大きな葉っぱの有機野菜を生で食べることを、光と生命を即座に身体に吸収する方法だと考えてみませんか?
 種(特にヒマワリの種)は、その凝縮度から、とても高い周波数の光を含み、身体に大切な栄養素と生化学成分を供給するので、最も有益な食料源のひとつです。ナッツ・種・豆はあなた方が入手できる食品の中で、加工と化学的な変化の度合いがもっとも低い食品だとみなしてください。これらの食品は光を血流に採り入れ、腸の暗い管を通り、『精神』を強化します。ナッツは、焼いたり、塩をまぶしたり、化学的に変化した油や味付けで加工されたりしたものは、純粋な性質が破壊されているので、自然のままで食べることを楽しみましょう。味付けされているものは、大抵化学的に加工されていますが、このプロセスは光を破壊するのです。
 有機農園は今後10年間、あなた方のプロセスにとって不可欠となります。大量生産されている果物と野菜に使用される殺虫剤や殺菌剤は身体に毒素を造ることになり、ある意味食品から得られる栄養素を無効にしてしまうからです。虫にとって美味しそうに見えるものは、おそらくあなた方にとっても健康的なので、数匹の虫があなた方のレタスやトマトを食べていても、心配しないでください。虫がいるということは、毒素や殺虫剤が入っていないという証拠なので、彼らをメッセンジャーとして歓迎するのが賢明です。栽培方法で、あなた方の有機農園は、ある程度虫たちと距離を保つことができるはずです。
 農園の周囲をニンニクの芽で囲むと、たくさんの虫たちが好まない臭いの壁ができ、虫たちが入らなくなります。生のニンニクを食べることで蚊に剌されないこともご存じでしょう。奇跡の食べ物であるニンニクは、あなた方の身体にとって、もっとも有効な自然の消毒剤のひとつであるだけでなく、身体のバランスと健康を保つうえで、数々の機能を果たします。
 繰り返しになりますが、肉は身体・心・精神にとって有害です。肉にナイフを入れるたびに、あなた方は、『暴力的な死』を自分の存在に入れています。それは、あなた方が覚醒させたいと望んでいる身体に、古くて、死んだ肉を食べさせる行為だということを、覚えておいてください。
 この矛盾の皮肉さに気づきましたか? 恐怖で怯(おび)えて死んだ動物が発した、過剰なアドレナリン、そして明らかに生産量を増やすために使用された人工的に成長を促すホルモン・毒性の化学物質・加工された遺伝子によって、身体を総攻撃します。死骸を食べている細菌や微生物の詳細を話して、あなた方を怖がらせることまではしませんが、それについても、頭に入れておくといいでしょう。
 そして何にもまして有害なのは、暗闇と密度を身体に採り入れることです。金(ゴールド)ではなく、鉛を採り入れるのです。まもなく市場に出るであろうクローン動物の肉を食べると、複雑な遺伝子変質も身体に取り入れてしまい、これは間違いなくあなた方をさらに高密度へと縛りつけることになります。
 私たちが言わんとしているのは、もっとも暗い食物である死んだ肉は、あなた方の消化器系統を塞(ふさ)いでしまうので、それを取り除いてはどうか、ということです。その密度が、あなた方のライトボディへのワークの邪魔をしていることに気づいたとたん、おそらく肉に対する欲求が自然に薄れていると感じるでしょう。あなた方の多くは、肉に興味がなくなってきたことにすでに気づいてはいても、実はこれが人類にとって進化のひとつの段階であることには、気づいていないかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の文では、肉について書かれています。
 もちろん今の日本で、毒物や化学合成物質という意味では、肉が最悪の食べ物であることは疑いようもありません(特にアメリカ産の牛肉とブラジル産の鶏肉)。
 テレビのグルメ番組で盛んに肉料理が紹介され、出演者がいかにも美味しいという顔をして「やわらか〜い」と異口同音に言うのは、日本人を肉漬けにする意図だというのはやはり、うがち過ぎでしょうか。
 日本で生産される食肉は、ほとんどが輸入した遺伝子組み換え穀物で育てられたものです。
 また家畜に与えられる野菜に残った残留農薬は、家畜の中で蓄積され濃縮されています。さらに家畜が病気にならないように、餌に抗生物質を混ぜることが常態化しています。
 そうした毒物が濃縮され、最後に食物連鎖の頂点にいる人間の身体に入るのです。

 ここで私は、前々から温めていた疑問を千さんのお爺ちゃんセッションで聞いてみることにしました。
 それは人間が飼育したものではない、野生のシカやイノシシの肉(ジビエ)はどうなのかということです。野生動物であれば、毒物や化学合成物質に汚染されていないからです。
 すると返ってきた答えは、「大丈夫」というものでした。
 これは振動数の観点から聞いた質問です。やはり汚染されていない野生動物であれば、食べても振動数は落ちないということでした。
 もちろん普通にスーパーで売っている肉を食べたら、振動数を落とすということは確認済みです。

 振動数を上げたいけれど、肉も食べたいという方は多いと思います。
 もし食べるとすれば、牧草で育ったグラスフェッドビーフ等がお勧めです。これはお爺ちゃんに確認したわけではありませんが、おそらく汚染されている割合は、普通の肉に比べてかなり低いと思われます。


 最後におまけの情報です。
 私は添加物をできるだけ排除した食生活のおかげで、添加物に異常に敏感な体質になってしまいました。
 身体に悪い添加物が入った食べ物を食べると、しばらくして気持ち悪くなります。そして喉が渇き始めます。これは千さんによると、毒物を無毒化するために水分がより必要になるからだそうです。
 その気持ち悪さに加え、喉が渇く度合いと、その時間の長さで、どのくらいの毒物が入ったかわかるようになりました。
 まるで歩くリトマス試験紙です。
 東京でチェーン展開しているような激安居酒屋で、なんの制限なく腹いっぱい飲み食いすると、間違いなく次の日は寝込むことになります(誇張しているのではなく、本当に起き上がれなくなります)。
 これは激安居酒屋が利益を出すために、いかに多くの危険な添加物を使っているかということだと思います。
 それゆえ、私でも安心して飲み食いできる飲み屋さんがないか、大きな関心を持っていました。
 そんな折、今月初旬に紹介してもらったのが、東京の新宿にある「森のうえ食堂」です。

http://shinjukuhouse.com/

 このお店は自然食なので安心できるだけでなく、美味しいのです。
 ただ残念なのは、このお店は今年の7月7日をもって閉店してしまうのです。
 もう食べれない味になってしまうので、東京近郊のお住まいの方で自然食に興味のある方は、一度訪れてみられてはと思います。



お爺ちゃんセッションで聞いたクォンタム・プロセス...2016年5月15日

重症の風邪

 3月末から風邪の症状が出始め、桜が舞い散る4月上旬の良き季節に、私は重症の風邪で、もがき苦しんでいました。
 間違いなくこれまでの人生で最も重い風邪で、そのピーク時には食事が喉を通らなくなりました。その時に気付いたのは、身体が本当に食を必要としない時は、無理に食べても味がしないのです。私は断食をするつもりはなかったので、少しは食べようと思い、消化に負担の少ない蕎麦を茹でて食べようとしました。しかし全く味がしないのです。これは身体が、今は、食事をしてはいけないというサインを送っているのに違いないと思いました。
 その時期は、1日に蕎麦一杯すら食べれませんでした。もちろん好きなビールも飲めません。ただでさえ風邪による頭痛で苦しんでいるのに、ビールを飲もうものなら、その頭痛が倍加するのです。そして1日中、咳が止まりませんでした。咳が止まらないので、熟睡できずにさらに不調が増すといった具合です。
 症状のピークは4月中旬でしたが、その後もいっこうに回復しないのです。それまでの風邪なら、熱が出て寝込んだとしても、せいぜい3〜4日ぐらいで回復に向かっていました。しかし今回は、1ヶ月以上経っても完全に回復しないのです。
 心配になった私は、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で、いつ頃回復するか聞いてみました。
 すると完全に回復するのは(5月上旬の)ゴールデン・ウィーク明けになるだろうと言われました。そして実際に私の体調が完全に回復したのは、指摘されたようにゴールデン・ウィーク明けだったのです。実に1ヶ月半もの間、風邪で苦しんだことになります。体重は風邪をひく前に比べて、2kg減ってしまいました。

 一般には風邪は、(空気感染で)風邪のウイルスが体内に入り、体内で繁殖してなると信じられています。それゆえ風邪をひいた人は、できるだけ人に風邪をうつさないように、人との接触をさけようとします。
 私は、こうした説をとりません。
 風邪の原因は、体内に溜まった毒素の排出だと考えるからです。
 身体は体内に許容量以上の毒素が溜まったとき、その毒素を体外に出すメカニズムを働かせます。それに利用するのが風邪のウイルスだと考えています。毒素が溜まった身体は、風邪のウイルスを見つけると、体内で繁殖させます。それにより体温を上げ、体内に溜まった毒を、便はもとより、痰、鼻水、汗などで体外に排出します。そして毒素の一定量の排出に成功すると、今度は不要になったウイルスを殺すメカニズムを働かせます。すると、ウイルスやウイルスと戦った白血球の死骸を含んだ黄緑色や緑色の鼻水が出るようになります。

 私は風邪で苦しんでいる時、(体内に溜まった毒素排出の為に)断食を定期的にしなかったことを心底後悔しました。
 1年半ほど前までは、定期的に3日間の断食を行っていました。それを、「まあ、いいや。そのうちに・・・」とサボるようになっていたのです。原因はアルバイトをするようになったからです。断食はアルバイトの仕事に影響するので、ある程度、暇なときを見計らう必要がありました。そのアルバイトが、けっこう忙しくなっていたのです。またアルバイトをするようになった時期に、人付き合いも増えてきて、飲み会などに参加するようになっていました。こうして、ますます断食のタイミングを失っていました。
 しかし体内に相当量の毒素が溜まっている感覚はあって、4月上旬には断食を行うつもりでした。しかし私の身体は、そのちょっと前に、風邪による毒素排出のメカニズムを始めてしまったのです。
 そうなると、風邪による苦しみをとるのか、それとも断食による苦しみをとるのかという究極の選択になってきそうです。
 私の心底の実感を言いますと、今回の1ヶ月半に及んだ風邪の苦しみは半端なく、その苦しみの度合いは3日断食の100倍にも相当する感じでした。
 私は今後、3ヶ月に一度は3日断食を行うと固く心に誓いました。
 断食をしたことがない人は、断食はとても辛いのではないかと考えがちです。しかし、慣れてしまえば、そうでもありません。「人間とは、あらゆるものに慣れる動物だ」と、ドフトエフスキーも言っています。3日断食も慣れてしまえば、「まあこんなもんでしょう」、と誰でも余裕のコメントができるようになります。
 一言付け加えると、1週間の断食であれば、半年に一回で十分だと思います。しかし1週間を越える断食は、やはり専門家の指導のもとにやる必要があるし、断食後の復食もきちんとしなければなりません。3日断食のメリットは、手軽に自分だけでできることと、復食もそれほど気にする必要がないことです(ただし食事量を徐々に増やすというように、多少は気を使った方がいいです)。
 私は、今回の重度の風邪は、それまで定期的に行っていた断食をサボったために身体が強制的に行ったものだと思っていました。
 しかし、もっと大きな意味があったようなのです。それは後述します。


剥げる頭皮

 最近の私の大きな悩みは、頭皮が剥がれてしまうことです。
 髪の毛をブラッシングすると、毛を数本から10本ぐらいくっ付けた直径2〜3mmの頭皮が、ごそっと剥がれてきます。ブラッシングによって、剥がれた頭皮にくっついていた髪の毛の束が、ごそっと抜けてしまうのです。生えている髪の毛が抜けるのですから、もちろん痛いです。私はブラッシングができなくなりました。
 老いによる白髪や、抜け毛も進んでいて、私の髪の毛は全般的にかなり薄くなっていたのですが、それに頭皮の剥がれが拍車をかけました。
 剥がれる頭皮ですが、頭一面に均等に起こるのではなく、頭のてっぺん付近に集中しています。
 それゆえよく街で頭のてっぺんが禿げたおじさんを見かけますが、私もそんな具合になってしまいました。
 女性にもてない男の3大要素として、チビ、デブ、ハゲ、が挙げられるそうですが、私はチビやデブはないのですが、遂にハゲになりかけてしまいました。
 正直な感想を言うと、(禿げているおじさんには悪いですが)なんともかっこ悪いです。
 先日ですが、電車でゲリースクール時代の同級生のKさん(女性)と偶然会いました。数年ぶりの再開で、「お久しぶり〜」と声を交わしたわけですが、世間話をしている最中に、Kさんがチラチラと私の頭頂に視線を投げかけるのです。私はそれが気になって仕方がありませんでした。やっぱり女性は、ハゲを気にするんだなと思ったのでした。
 まあ、もう年齢的に、「惚れた、はれた」の年齢ではないので、いまさら女性にもてても仕方ない、と自分を無理やり納得させているところです。
 家のすぐ近くに老齢の夫婦がやっている床屋さんがあるのですが、そこで私の頭皮が剥がれている状態を診てもらったところ、「こんな例は見たことがない」と言われました。数十年の床屋人生で、初めてみた状態なんだそうです。ということは、私の身体で一般には起こらない何かが、起こっていると言えるのかもしれません。
 千さんのお爺ちゃんセッションで聞いたところ、頭にある古いものを出しているというのです。
 私は予想外の答えにびっくりしてしまいました。つまりこれも毒素排出(デトックス)だったのです。頭皮が剥がれるのは、古い頭皮に毒素を乗せて外に出していると言えるからです。
 私は重度の風邪と、頭皮が剥がれる現象が密接に結びついていることを、このとき初めて知ったのです。


クォンタム・プロセスとは

 当HPの2016年3月26日の記事「バシャールが語る振動数」で、身体の振動数が高くなると、体内の炭素がシリコンに置き換わるクォンタム・プロセスという現象が起こるというバシャールの話を紹介しました。
 私はこのときクォンタム・プロセスという言葉を初めて知ったのですが、炭素がシリコンに置き換わるという話は、スピ系の本ではだいぶ前から言われていました(神秘家ゲリー・ボーネルさんも、以前から言っていました)。
 ただ私は炭素(C)がシリコン(ケイ素:Si)に置き替わるという説に、少々疑問を感じていたのです。
 元素の周期律表では、原子数4の炭素(C)と、原子数14のケイ素(Si)は同じ縦の系列で、性質も似ていることが予想されます。
 しかし性質が似ているといっても、原子数が違う原子が体内で置き換わるということが可能なのかという疑問があったのです。そんなことになったら、体内の生理メカニズムが、これまでとは全く違ったものになるのではないか。身体全体の原子がなんらかの振動数の変化を同時に行うのならわかるのですが、炭素原子だけが、シリコンに置き換わった状態で、体内の機能が正常に動作するか疑問に思えたのです。
 これに関しネットで検索してみると、以下のサイトを見つけました。

https://lighworkerjapan.wordpress.com/tag/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB/

 このサイトのイシスのメッセージの内容を私は完全に理解したわけではありませんが、単純に炭素がシリコンに置き換わるというわけではないことがわかります。
 おそらく炭素がシリコンに変わるという表現は比喩的なもので、細胞の振動数の上昇を意味しているものだと私は考えます。
 そこでお爺ちゃんセッションで聞いてみました。
 すると予想通り、炭素がシリコンに置き換わるわけではなく、別の意味があるという回答でした。

 それともう一つ聞いてみたいことがありました。
 それは、現在の2重螺旋構造のDNAの3重螺旋構造への変化です。バシャールのいうクォンタム・プロセスが起こったら、DNAは3重螺旋になるのかということです。
 お爺ちゃんの答えは、イエスでした。
 そしてそれにより、人間の寿命が飛躍的に延びることも確認しました。
 スピ系の本では、現在70歳〜80歳の寿命が180歳〜200歳程度まで延びるといいます。お爺ちゃんに聞いても、そのぐらい延びるといいます。
 宇宙には、人間型のヒューマノイドの種は、現在の地球人のような寿命70歳〜80歳の短命型と、その10倍の700歳〜800歳の長命型の2つがあると聞いたことがあります。
 ゲリーさんは、私たちの世代では変容(シフト:クォンタム・プロセスと同じ意味)をしても、いきなり寿命が700歳〜800歳というわけではないが、世代を経ることにより(おそらく数世代後では)、そのくらいの寿命になると言っていました。


私のクォンタム・プロセス

 私はお爺ちゃんセッションの度に、必ず聞くことがあります。
 それは私の振動数です。
 最新の値は、23万4千(回/秒)です。
 バシャールの表によれば、これはすでに第4密度の世界(約18万〜25万回/秒)に入っています。仏陀やイエスの数値と同じです。といっても、これは単に私の細胞の振動数が仏陀やイエスの振動数と同じになったというだけであり、私が仏陀やイエスのような精神的な高みに達したということではもちろんありません。

 私は、バシャールが振動数が高くなると、細胞がそれに耐えられるようにクォンタム・プロセスが起こると言っていたので、ひょっとすると私にもクォンタム・プロセスが起きる可能性があるんじゃないかと思って聞いてみました。
 3月末のセッションで聞いたのですが、私にクォンタム・プロセスが起こるのは3ヶ月後だというのです。今は、もう準備期間に入っているというのです。
 「当分先か、あったとしても数年後」という回答を予想していた私は驚いてしまいました。
 思わず、「ええっ〜!」となってしまいました。

 3ヶ月後となると、順調に行けば7月ごろから始まることになります。
 いったん始まると、私の場合、それが2年7ヶ月続くそうです。そのクォンタム・プロセスの期間を経て、100%DNAが3重螺旋構造になるといいます。
 3月末のセッションのときは、なんとなく半信半疑のところがありました。
 しかし、そこから地獄の1ヶ月半に及ぶ風邪が始まったのです。
 普通の風邪ならせいぜい3、4日でしょうし、長引いても1週間でしょう。私の身体にただごとではない、何かが起きていたことは確かです。
 それと頭皮が剥がれるという珍しい現象が重なりました。
 お爺ちゃんが言うように、私の身体に徹底的な体内の浄化(デトックス)が始まっていたことは間違いないと思われます。
 もし本当に私の身体にクォンタム・プロセスが始まったなら、逆にクォンタム・プロセスは、徹底的な体内の浄化が前提であるということの証明になるかもしれません。


果たして、本当にクォンタム・プロセスは始まるのか

 お爺ちゃんセッションで言われたことがそのまま実現するとすれば、私は7月あたりからクォンタム・プロセスを体験することになります。
 私はこの話を聞いて、8年ほど前に受けたアカシック・リーディングを思い出しました。
 当時ゲリースクールの講師をしていたクリス・リアグノさんのアカシック・セッションを受けた時、私は自分が、スピリチュアルの道程でどの位置にいるか聞いてみました。
 すると、自己覚知(じこかくち)直前にいると言われました。これはゲリーさん流のスピリチュアルの各段階の一つで、覚醒(かくせい)の一つ前の段階に当たります(私は自己覚知は、仏教でいえば悟りの段階であると考えています)。
 私は内心、「自己覚知の直前とは、すげーじゃん・・・」と驚きました。
 そして、自己覚知するのを楽しみに日々過ごしていたのですが、あれから8年経った今でも自己覚知していません。今の私は、「ふつーは、8年は直前とは言わんだろー」と文句の一つも言いたいところです。
 かように未来は不確定で、わからないものなのでしょう。
 それゆえお爺ちゃんがこの7月にもクォンタム・プロセスが始まると言っても、期待しないで待とうと思います。
 一応、クォンタム・プロセスが始まったら、どのような変化が起こるか聞いてきました。
 以下のような変化が起こるそうです。

・極端に喉が乾く。
・身体の奥で、チクチクする感覚がある。
・味覚が変わる(極端に甘いとか辛いといった、極端なものをほしがる)。

 もし私にクォンタム・プロセスが始まるようなことがありましたら、その報告記事を書こうと思います。

 当HPの訪問者の方々の中には、クォンタム・プロセスに興味を持たれている方も多いと思います。
 そういった方々にとって、なぜ私のような普通のうらぶれおじさんが、23万4千の振動数になったのか・・・、その秘密を知りたいと思われる方もおられるかもしれません。私も数年前は、地球人の平均の8万(回/秒)ぐらいだったのです。そこで私は振動数を上げるべく、いくつかの試みをしてきました。
 そして、お爺ちゃんセッションで、私の振動数を上げた最大の要因を聞いてきました。時期は未定ですが、それに関連する記事を書こうと思っています。

急速に進む日本の貧困...2016年5月7日

 今でもよく憶えているのですが、今から数十年も前の私が中学生の頃、一億総中流と言われ始めました。
 その言葉を聞いて、私は我が家は中流なのか、それとも下流なのかと考えたことをよく憶えています。
 今の日本は何と言われているでしょうか。
 一億総中流だった層のほとんどが沈んでしまいました。巷では、1%と99%と言われるようになっています。

 アルバイトで細々と生計を立てている今の私は、おそらく貧困層に入るのだろうと思います。
 しかし家族がいない気楽さで、私はビンボーをあまり苦と感じていませんでした。それゆえ、自分が貧困層だという自覚がなかったことに気づきました。

 今回は、『「闇の支配者」最後の日々』(ベンジャミン・フルフォード著、KKベストセラーズ)から抜粋して紹介したいと思います。
 バブル崩壊後の日本が、失われた20年を過ごしてきたことは誰でも知っています。日本が貧困化してきたことは、こうした20年以上も続いた経済の不調がもたらしたものだと思ってしまいます。
 しかし『「闇の支配者」最後の日々』でのベンジャミン氏の主張は、日本人は政府によって、意図的に貧困化させられたというのです。
 単純に貧困は経済の不調のせいだと思い込んでいた私は、考え込んでしまいました。

 まず数字で、日本の貧困化の度合いを見てみたいと思います。


 ・・・<『「闇の支配者」最後の日々』、p180〜p184から抜粋開始>・・・

 日本人の3割近い世帯がすでに貧困層

 2016年3月、ホリエモン(堀江貴文)の発言が話題となった。
 あのネオリベ(ネオリベラル/新自由主義)の権化のような男が「日本は格差社会によって貧困化している」と認めているのだ。アベノミクスを完全否定していると言っていい。
 どんな発言をしているのかと言えば、「今の20歳の地方在住の社会人女子の生活水準は、タイ・バンコクの同年代の女性と大差ない」、「日本の非正規雇用の中高年はタイ・シンガポール・インドネシアの一般レベルより貧しい」という内容だ。出所後、世界各地を旅行した実感らしいが、あながち間違いではあるまい。昨今の中国人観光客の爆買いについても「日本の一般庶民の購買力が弱まった結果、日本で売っている商品やサービスが異常なレベルで安くなってしまい、中国人から見てもビックリするほど安いから買いまくっている。日本人が『高い』と言って買わない商品をアジア人は『安すぎる』と思っている」と指摘。日本とアジア各国では購買力の逆転現象が起きているという認識は正しい。
 IMFの「World Economic Outlook Databases 2015年10月版」によれば、2014年度の1人当たりの名目GDP(USドル)ランキングで日本は27位の3万6221.81USドル(約380万円)。アメリカは11位の5万4369.83USドルと大きく引き離されている。
 20年前、バブル崩壊後の1995年は3位、1990年から2001年まで日本は常にトップ5に入っていた。世界でも屈指の豊かな国だったのだ。小泉純一郎政権が発足後、ものすごい勢いで下落していった。歴代政権がパパ・ブッシュ、つまり、ナチス勢力にせっせと日本の富を差し出すようになった何よりの証拠であろう。
 しかも実態はさらに悪いと言わざるを得ない。1人当たりの名目GDPは、実は国の豊かさを示しても国民の豊かさを意味しているわけではない。これまでも述べてきたように、わずか1%に99%の富が集中している以上、多くの国民は、統計データ以下の生活を余儀なくされている。
 2016年1月に発表された労働組合「連合」の調査によれば、非正規労働者2000万人のうち、7割が年収200万円以下であった。驚くのは年収100万円未満が38.4%と全体の4割近くに達していることだろう。主稼得者(しゅかとくしゃ)(世帯で仕事をしている人)の世帯で見ても非正規雇用の男性37.5%、女性48.9%が「ワーキングプア(年収200万円以下の貧困層)」なのだ。こうした非正規雇用は、2016年、全労働者数の4割を突破している。つまり、日本人の3割近い世帯がすでに貧困層という計算になるのだ。
 年収200万円あれば中進国や途上国ならば十分、暮らしていけよう。しかし物価の高い先進国では、厳しい生活を余儀なくされる。先進国でそれなりの収入を得るには高度な教育が必要だ。その教育には高いコストがかかる。その結果、いったん貧困層に陥った世帯は貧困が固定化して抜け出せなくなる。先進国のメリットは充実した福祉制度だが、それも国家財政が厳しくなるなかで、どんどん、切り捨てられている。貧困問題で言うならば途上国より、先進国の貧困層のほうが悲惨になりやすいのだ。
 ホリエモンが指摘するように中進国でそれなりに収入を得ている人のほうが、先進国で貧困に陥っている人より、生活が豊かになっている。日本に観光に来る中国人やアジア各国の人たちは、普通の日本人と同等か、より豊かな生活をしている。
 これは日本に限ったことではない。先進国に住んでいる人の相当数が、すでに貧困化して中進国の人よりも貧しくなっている。ところが、日本を含む先進国の人々は、その「現実」を認めたくない。自分たちが没落していることを受け入れられないのだ。だから何かあれば中国の悪口を言い、ロシアやブラジル、インドの社会問題を取り上げて、自分たちの価値観で文句をつける。そうして溜飲を下げてプライドを守っているのだろう。これまで通り、先進国の立場を維持したいがゆえに、変化や変革を望まなくなっているのだ。
 その結果、BRICSなどの台頭で新しい時代の枠組みを作る動きに、とにかく反対してしまう。そこを国際ハザールマフィアたちにつけ込まれて、結果的にマフィアどもの延命を手助けしている。自分たちを苦しめる敵を味方と信じているのだ。
 今の先進国の人々の多くは「茄(ゆ)でガエル」になっている。水のなかにいるカエルをゆっくり温めていくと、熱湯になるまで気づかない。それと同様、自分たちがマフィアたちに茄(ゆ)でられていることに気づかず、危険な道を突き進もうとしている。
 日本人は現実をきちんと理解して向き合うべきだろう。
 安倍政権発足後、アベノミクスのかけ声をよそに、日本の貧困率は急上昇している。それにもかかわらず貧困問題がクローズアップされることは少ない。逆にあたかも景気が回復しているかのようなプロパガンダを信じている人も多い。
 確かに街に行けば、一見景気が回復したように感じる。街はこぎれいになり、デパートは人で賑(にぎ)わっている。それは中国人などの観光客が増えたことと、もう一つ、忘れてならないのは、街からホームレスがすっかり消えたからなのだ。貧しい人が目の前から見えなくなり、景気のいい人が遊んでいれば、なんとなく豊かになった気がする。あくまでも「気がする」だけであり、実態は違う。見えないところで、かつてないほど悲惨な状況が生まれつつあるのだ。
 日本の貧困は非常に見えにくい。国民性もあるのだろうが、貧困になった人は「自分が悪い」と自罰(じばつ)的になって声を上げず、周囲も「自業自得(じごうじとく)」「怠け者」と切り捨てる傾向が強い。確かに戦後、社会がリセットされて、努力すれば誰でも豊かになれた。しかし、現在は違う。政府が構造的に貧困層をつくっている。いや、ハザールマフィアに貢(みつ)ぐために日本人を貧困化して、その金を奪っているのだ。貧困になった人は犠牲者であり、まだ貧困になっていない人も、いつ自分がそうなるかもしれない危険な状況を理解していない。
 2016年7月には参院選がある。それまでに、一人でも多くの日本人に、現実を伝えたいと思っている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では具体的に、貧困がどのように進んでいるか見てみましょう。
 ベンジャミン氏は、AV嬢というとてもユニークな切り口をしています。そこから若者が奨学金で借金奴隷になっている実態を紹介しています。


 ・・・<『「闇の支配者」最後の日々』、p191〜p196から抜粋開始>・・・

 貧困風俗嫌の陰に奨学金「借金奴隷」

 実は日本の貧困を計るわかりやすいバロメーターがある。
 AV女優のルックス、である。AV女優のルックスがよければよいほど、その国の景気は悪い。景気と風俗嬢のルックスは反比例するのだ。
 別に変な話ではない。風俗で働くのはお金が必要だからだ。景気がよければ、風俗でなくとも稼げる。男に貢がせるなり、お金持ちと結婚もできよう。逆に景気がいいときは、「かわいくない」風俗嬢でもたくさん稼げる。
 さて、この視点で日本の風俗産業を見てほしい。女性アイドルとAV女優のルックスに差はない。アイドルはルックスよりもキャラクターが重要なこともあってか美人度合いで言えばAV女優のほうが上というのがもっぱらだろう。
 で、アイドルやモデル顔負けのAV女優や風俗嬢の儲けはどうか。
 これは私も聞いて本当に驚いたのだが、いま、それなりにかわいい風俗嬢でもフルタイム働いて月20万円稼ぐのが精一杯で、コンビニやファミリーレストランでバイトしないと生活できないという。コンビニのバイトだけでは生活できないので風俗でも働いているのではなく、風俗だけでは食えないためにコンビニでバイトしているのだ。
 それで調べたところ理由があった。
 2006年、風営法(風俗営業法)が大幅改正とり、店舗型は原則禁止となった。新規店はすべてデリバリーヘルス(派遣型)に切り替わったらしい。デリヘルは都内全域に女性を車で配送する。それで移動などに時間がかかってフルタイムでも数人しか相手をできないらしい。店舗型ならば待機料も支払われるが、デリヘルの場合、自宅待機でギャラはゼロ。デリヘルの相場は一時間1万円で女性の取り分は半分の5000円を切る。月20日働いても30万円を稼げないのだ。
 しかも風俗を希望する女性はたくさんいて過当競争になる一方、肝心の男性客は減っている。それで風俗産業自体がデフレになって「それなりにかわいい程度」だとバイトしなければ、やっていけなくなっているらしいのだ。
 日本の風俗嬢は35万人。この数字自体は1960年代から変化はないが、2006年以降、ごく普通の女性の割合が増えている。
 これにも理由がある。
 その一つが大学の奨学金制度の「改悪」の影響なのだ。あえて風俗の話をしたのは。この大学の奨学金制度の実態を知ってほしかったからだ。
 2001年、小泉政権下で未納問題があった育英会の奨学金制度を廃止して公金を貸し付ける「学生支援機構」に移管した。それで多くの学生が400万円から800万円の「借金」を抱えて社会人になるようになった。それ以前、育英の時代3割前後だった受給率が4割を突破したのが2006年であり、最初の受給者の返済もこの年から始まる。だから風俗嬢が増えて、風俗に行く男性客が減っていたのだ。
 育英会の奨学金は学費免除の給付型や返済免除項目もたくさんあった。それだけに審査条件が厳しく2割程度しか受給できなかった。だから親の世代は奨学金を「借金」とは考えず、子供が奨学金で進学したいと言えば賛成する。ところが学生支援機構の奨学金は、年金などの公金を貸し付ける「借金」であり、税金と同じ扱いとなる。つまり、公権力が取り立てるのだ。新入社員になったばかりで国家に800万円の借金をした現実に気づけば、風俗で働くしかないと選択する人がいても、また風俗に行かなくなる人がいても当然であろう。
 女性に関心のない男性を「草食系」と呼ぶが、その言葉が生まれたのが2006年。そして第1次安倍政権が発足した年でもある。これは偶然か。
 2015年以降、奨学金受給者は5割に達した。公権力で強制徴収できる強みなのだろう。消費者金融よりも簡単に何百万円を貸してくれる。こうして「奨学金で大学に行って勉強しよう」という真面目で優秀な学生の多くが借金漬けの「奴隷」となっている。年収300万円程度の若い世代にすれば、奨学金返済は税金と一緒なのだから収入の半分が税金という「五公五民」の状態となる。今の若い世代に「ネトウヨ」と呼ばれる、他国や他民族に攻撃的な発言をする人が多いのは、外国人排斥をそうした不満のはけ口にしているからなのかもしれない。
 奨学金という名の「国家のヤミ金」で借金漬けにされた学生たちは、どうなるのか。その答えはアメリカにある。
 アメリカも大学の学費が高すぎて奨学金で借金漬けになる学生が多い。その返済免除になるのが軍隊なのだ。貧しい家庭の場合、まず軍に入って給付型の奨学金を得て大学に進学する。こうしてアメリカ軍は人材を確保している。間違いなく日本も追従するはずだ。
 自衛隊入隊を返済免除条件にするだけではない。目的は軍属の確保であろう。
 軍隊を外国で大規模に展開するには兵士より、輸送や基地の運営といった業務ができるスタツフが必要となる。これを軍属というが、自衛隊は国内での活動に限定していたために軍属の数が他の国の軍隊に比べて圧倒的に少ない。それで海外派遣に限界があった。ところが、今や何十万人という大卒の「借金奴隷」がいるのだ。自衛隊をイラクに派兵するとき、現地基地までの輸送や基地内業務をすれば返済を免責すると言えば、人員はいくらでも集まる。奨学金の借金奴隷を使えば、自衛隊を海外派兵のできる軍にすることは簡単なのだ。
 いずれにせよ、数十万人の大卒者が国家の「借金奴隷」となっている。もし、日本に極右の軍事政権ができるとすれば、間違いなく、その先兵となるのは、彼ら「借金奴隷」である。すでに日本を軍事国家にする下準備は終わっている。
 この現実を知っておいてほしいのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、堤未果(つつみみか)氏の著作から、アメリカの学生が高騰する学費で借金奴隷となっていて、それがアメリカ軍が軍属を確保する手段になっている実態は知っていました。
 いずれ日本のそうなるかもしれないと思っていたのですが、実態は私の認識よりずっと進んでいて、すでに日本の若者は借金奴隷になっていたようです。
 では次に、悲惨極まる介護の現場の話を紹介します。


 ・・・<『「闇の支配者」最後の日々』、p199〜p204から抜粋開始>・・・

 介護制度は合法的「高齢者処分システム」

 もう一つ、現代のアウシュヴィッツとなっているのが介護の現場であろう。組織的に老人を「間引く」システムになっているからである。
 まさか、と思う人もいるだろう。残念ながら事実なのだ。昨今、ニュースになっているような単に人手不足とか、過酷な労働現場、給料が安いのが問題ではない。介護制度を通じて効率よく高齢者を「間引いて」、それで浮いた予算を国際ハザールマフィアに貢いでいるのが、介護問題最大のタブーなのだ。
 日本の介護制度は、本来、非常によくできていた。1997年の草案なので、国際ハザールマフィアの影響が少なく、本当に高齢者と日本の未来のために官僚たちが知恵を絞って作った制度なのだ。実際、介護保険を導入すれば、年金と合わせて個人でも最低限度の介護が受けられる。超高齢化社会への対策としては、まずまずの完成度であったのだ。
 1997年から一部自治体で実験したところ、長生きする老人が急増した。老人介護のポイントは骨折だ。70歳を過ぎたお年寄りの場合、骨折すると回復せず、寝たきりになりやすい。骨折から数年でだいたい亡くなる。自宅介護では、痴呆もそうだが、この骨折が防げないのだ。きちんとした介護施設を誰でも利用できるようになれば骨折が減って「長生き」する。つまり、介護保険制度が正しく機能すれば、医療費や福祉の負担が増大することが分かったのだ。
 普通ならば保険料の値上げや医療費の削減方法を検討する。
 ところが、ここで天下の売国奴・小泉政権が発足。日本の金をナチスに貢ぐために作られた政権だけに、真っ先に、この介護制度がターゲットになった。予算ばかり使い、働かない老人たちは「ナチス」にすれば害でしかない。手っ取り早く殺して、その浮いた金を寄こせと要求したのだろう。そうして介護保険制度は、「どうすれば確実に老人たちを早死にさせるか」という観点で制度が見直されていくことになる。
 小泉政権下、介護制度は全面施行となる。それに合わせて、一億総中流だった日本社会は突如、「勝ち組」「負け組」という言葉で、中流から下がった「下流層」が激増する。生活がギリギリの人が増えれば、残念ながら自分の親でも「そこまで長生き」してほしいとは思わなくなる。早死にするような悪質な介護施設のほうがありがたい、となってしまう。そこまで追い詰められていない人も介護保険料の値上げには反対の声を上げ、保険点数の削減に諸手を挙げて賛成するようになる。
 保険点数の削減は介護施設の収入減となる。当然、職員の給料も下がる。介護職は命を預かっている。生活できるだけの給料があれば真面目な職員も自然と集まり、スタッフの質はすぐに向上する。そこで保険点数の大幅ダウンなのだ。まともに働いても生活できない給与水準となれば、介護職を希望する能力の高いスタッフは、やりたくてもできなくなる。
 実際、介護施設の職員の多くは非正規雇用の派遣社員で、1カ月働いても給料は月に15万円程度。ダブルワークもできないので、職員の多くは「自宅通勤」が前提となる。自宅から通うのが条件で過酷な介護職を希望する人は、ほとんどいない。
 そこで政府はリーマンショック後の2009年、麻生太郎政権時、不況対策として介護を中核事業に指定した(重点分野創業事業)。これで介護職の施策が緩和、さらに採用した事業者に補助金が入るようした。それでも給料は月15万円なのだ。リーマンショックの不況で職を失った人だろうが、介護職を選ぶことはない。
 その結果、やってきた大半の職員は、いわゆる「ニート」となった。逆に言えば介護職を希望するのは、長年、自宅で引きこもり、30代、40代になったニートしかいなかった。いや、ニートを掻(か)き集めるのが目的だった、そう指摘するのはジャーナリストの中村淳彦(あつひこ)氏である。彼は2008年、ジャーナリストを辞めて介護施設の経営者に転身した人物で、あまりにも酷(ひど)い実態を告発した『崩壊する介護現場』(ベスト新書、2013年)を執筆、ジャーナリストに復帰した。
 編集部からの資料に彼の生々しいインタビューがあった。職員はコンビニのバイトすらできない能力で、人間性も劣悪。そんなスタッフしか集まらず、崩壊する介護の現場の苦悩が綴(つづ)られている。一部、引用しよう。


 「これで『まともな介護ができるのか』と疑問に持つ人もいよう。
 もちろん、できない。できるはずもない。
 それでも施設が回るのは、顧客自体が親を捨てているからだ。介護施設の大半は「21世紀の姥(うば)捨て山」であって、むしろ、酷い介護によって早く死んでほしいと願っているのが実情なのだ。ゆえに底辺と中年童貞が蠢(うごめ)く最低の介護施設は、ある意味、最高の施設となる。
 いや、昨今の政府の政策を見ていると、介護システムそのものを「合法的な高齢者処分場」に仕立てようとしているとしか思えなくなってくる。そうして高齢者の医療負担を減らす、そんな国家ぐるみの「陰謀」と疑いたくなるのが介護の現場なのである。
 金持ちは質の高い施設を利用している。間違っても私が経営していたような介護施設にはこない。介護の仕事で「普通に生活できる」収入があれば、介護の質は上がり、高齢者の寿命は延びることだろう。それでは自治体と政府の福祉負担の増大を意味する。
 だからこそピンボー人たちを長生きさせないよう介護制度を設計し直したのだろう。
 親を捨てたい家族が増えるのは貧困が原因であり、職に就けない「底辺」たちを介護業界に集めるのもまた貧困である。貧困は介護という地獄の釜の蓋を開け、その釜に叩き落とされるのもまた「貧困者」なのである……。」
     (『実録!超ド貧乏 ヤバすぎる最底辺の生現場』宝島社、2016年、より)


 中村淳彦氏は、一点、間違っている。介護システムそのものを「合法的な高齢者処分場」に仕立てようとしているとしか思えない、ではない。仕立てているのだ。国家ぐるみの「謀略」なのである。
 介護は3世代の家族関係がなければ成立しない。70代の老人でいえば息子、娘が子育ての一段落した50代。孫が学校を出て20代、30代で働き出していれば小市民でもきちんとした介護を行えるのだ。
 ところが今の50代は保険料の負担などでアップアップ、孫の世代は、先にも述べた「奨学金」でローン地獄にはまり、生活がギリギリで支えたくても支えられなくなっている。とくに50代は、年金も、本当にもらえるのかわからないために「自衛」する意識が高まっている。こうして親を見捨てる人を増やし、結果的に福祉予算と医療費の削減に成功し、その浮いた分を株式市場へと流して国際ハザールマフィアに貢いでいる。
 本当に酷い話であろう。繰り返すが、これが、いまの日本の現状なのだ。それでいて、どうして安倍政権を支持できるのか、私は不思議でならない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 実は私の知り合いに定年退職後、介護の仕事に就いた人がいます。
 彼に介護の仕事の報酬を聞いて驚きました。介護の仕事は腰を悪くする人が多く、重労働です。その割に賃金の額が少ないのです。これでは介護の仕事に就くインセンティブがなくなってしまうと感じました。
 私は、どうして政府は介護に仕事に就く人々の給料を上げないのだろうと不思議だったのですが、ベンジャミン氏が言うように、意図的に上げないという説には説得力があります。
 では最後に、都会で、(以前は多く見かけたのに)すっかり見なくなったホームレスの話題を紹介したいと思います。


 ・・・<『「闇の支配者」最後の日々』、p190〜p199から抜粋開始>・・・

 東京の街からホームレスが消えた

 今の日本は、ものすごい勢いで貧困層が増えている。
 だが、日本の貧困は見えにくいために気づかない人も多い。実際、あれほどいたホームレスが街から消えた。もちろん景気が回復したからではない。バブル時代だってホームレスは東京駅や新宿駅にいた。2000年代まで新宿駅から東京都庁までの地下道には、何十人という数のホームレスが「住んでいた」。いつもいるホームレスの顔を覚えていたぐらいだ。ちょっとした公園ならばブルーテントがあった。花見で有名な上野公園など100人単位のホームレスがいた。電車で古雑誌を拾って駅前で売っている人もたくさんいたものだ。
 しかし、今、東京でホームレスを見かけることはない。昨今、日本に観光に来る外国人のなかには「日本にはホームレスがいない」と真顔で語る人もいるぐらいだ。
 では、彼らはどこにいったのか?
 気になって調べたところ、ホームレスを連れて行けば「一人当たり5万円」の報奨金で収容所に集めて、目立つ場所から消していたのだ。
 人々の目の前からいなくなったからといって「貧困」問題が解決するわけではない。どんなに隠そうとしても必ずポロが出る。

 ・・・(中略)・・・

 先に街からホームレスが消えた、と書いた。では、彼らはどこに行ったのか。ホームレスを収容する「無料宿泊施設」の大半は、ヤクザのフロント企業が運営している。生活保護を受給させるなどして貧しい人から搾(しぼ)り取る貧困ビジネスの現場なのだ。行政は、その実態を知っていながら見て見ぬ振りをしている。劣悪な収容所のホームレスほど優先的に生活保護を受給させて、どんどん「間引(まび)いている」。私が取材した関係者は、はっきりと語っていた。2010年、臓器移植法案の改正で海外での移植が事実上、禁止になった。その途端、街からなぜか、ホームレスが消えたのだ。それを偶然と思うほど、私は初心(うぶ)ではない。収容所に集めて一人当たり5万円を支給する。早死にさせることを条件に生活保護を受給させて死ぬ寸前までその金をヤクザが奪う。死にそうになったら金持ちに臓器を売却する……。
 死体から石鹸を作る「アウシュヴィッツ」のメンタリティを感じるのは私だけではあるまい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、(半分冗談ですが)いざとなったらホームレスになればいいやと考えていたのですが、それは改めることにしました。
 私の認識は甘すぎました。
 どうやら日本は、恐ろしい国になってしまったようです……。



ノアの方舟の物語(後編)...2016年5月1日

 前回に引き続き、今回は「ノアの方舟の物語」の後編をお送りします。

 今から50万年前、ニビル星人(アヌンナキ)は危機に陥ったニビル星の大気を修復するため、地球の金(キン)を採掘しようと訪れます。
 太陽系を周回するニビル星は、3600年周期(1シャル)で太陽系に最接近します。アヌンナキが地球に植民してから120シャル(43万2千年)が過ぎようとしたとき、ニビル星の接近により、銀河の中心と太陽系の地球が直列することによって、地球が受けるインパクトが最大になったといいます。
 地球はニビル星が近づくにつれて、激しく揺れ動き、世界中の陸地が海に飲み込まれてゆきます。
 当時、アヌンナキによって創造された人類の祖先であるルルは、文明を発展させるぐらいに進化した存在となっていました。
 そのルルが絶滅の危機に瀕します。

 当時、地球の最高司令官はエンリルでした。
 エンリルは、自然の流れにまかせ、アヌンナキの手によってルルを救済することを禁じます。
 しかしルルを創造し、その進化を積極的に進めてきたエンリルの兄エンキは、不思議な出来事がきっかけで、ルルの救済を行うのです。

 まず前編同様に、登場人物を簡単に紹介します。
 旧約聖書に登場するノアは、ここではジウスドラという名で登場します。
 ジウスドラは、文明化したルル(人類の祖先)の女性であるバタナシュと、エンキとの間に生まれた半身半人です。つまりアヌンナキとルルの混血種(ハイブリッド)です。それゆえ短命であったルルと違い、ジウスドラはこの人類滅亡の危機を迎えたとき、すでに3万6千歳でした。
 アヌンナキの平均寿命は、通常100シャルです。地球年に直すと36万年といいます。これは今の人類から見ても、ほとんど不老不死に近いものですが、惑星の公転周期から換算するとそうとも言えなくなります。
 今の人類の平均寿命を80年だとすると、その80年の間に地球は太陽の周りを80回、周ることになります。
 アヌンナキの平均寿命は100シャルで、その間にニビル星は太陽の周りを100回、回っているわけです。つまり惑星の公転周期と寿命との関係において、それほど違いはないことになります。

 ジウスドラは混血種ですが、純粋なアヌンナキの血を継いだエンキの息子であるニナガル(兄)とドゥムジ(弟)が登場します。
 ニナガルはノアの方舟の航海士として、船に乗り込みます。

 さて、エンキは自分の息子であるジウスドラによって、ルルの救済を図るのですが、地球の司令官のエンリルはルル救済を禁じています。ここに兄弟の確執が起こります。


 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』、p282〜p295から抜粋開始>・・・

 ガルズの亡霊

 エンキは皆と共に避難せずに、ぎりぎりまでエリドゥの居城で待つことにした。
 (いよいよニビル星が、太陽と十字を切る頃だ)
 ひとり呟きながら、エンキは空を仰いでいた。その晩、エンキは不思議な夢を見た。寝床に就くと、いつの間にか、枕元に白いヒゲの老人が立っていた。
 「ああ、アヌの書記官のガルズさまだ!」
 夢の中で、エンキはそう呟いていた。ガルズは右手に彫刻刀のような長細いペンを持ち、左手にはラピスラズリの石板を抱えながら、エンキの枕元でこう告げた。
 「エンキよ、地球は地球人に任せなさい。あなたの息子である半神半人のジウスドラの所に行って、この【me(メ)】の石板を渡しなさい。そして、その設計図で舟を造らせなさい。お前にはジウスドラを大洪水から救うという使命がある。お前が今まで集めた動物たちの生命のエッセンスを一つがいずつ、その舟に積むように準備させよ!」
 夢の中でアヌの書記官ガルズがエンキにそう告げると、ぱっと消えた。エンキはそれが夢のお告げだったことに気づいたが、摩珂不思議なことには、床の横には夢の中でガルズが抱えていたのと同じ石板が置いてあった。エンキは夜中であったにも関わらず、家来たちを起こしてガルズを探すように命じた。しかし、ガルズが訪れたような気配はまったく無かった。
 (ガルズさまはきっと、早々にニビルに帰られたにちがいない)
 エンキは、自分の夢に亡霊のごとく現れたガルズのことをよくよく考えてみた。
 (ガルズは、バイロケーションで私の夢の中に現れたにちがいない。しかし、それならばなぜ、私の床の横にあの石板が実際に置かれていたのだろうか? アヌの書記官がなぜ、あのようなメッセージを私に伝えたのだろうか?)
 エンキは不思議でならなかった。
 (……それにしても、決してルルに手助けしてはならないと、エンリルは固くそれを禁じたのだが……)
 エンキは内心迷ったが、とうとうガルズにいわれた通りにすることに決めた。それでその石板を持参して、ジウスドラを訪れることにした。ジウスドラのところに着くと、ジウスドラはその日の仕事を終えて、深い眠りに就こうとしていた。エンキは名案を思いついた。
 ジウスドラの寝床は、芦の衝立で仕切られていた。その反対側にエンキは立ったまま、姿を見せないようにして、眠っているジウスドラに声を変えて告げた。
 「ジウスドラよ、これから私がいうことをよく覚えておくのだぞ。地球はもうすぐ大変なことになる。お前は7日間で舟を造り上げるのだ。その舟には食糧と水、そしてお前の家族と家畜を積み込むのだ。それから、次のお告げを待つのだ。優秀な航海士がお前のところにやってくるだろう。舟の設計図はここに置いていくからな。お前によって文明化したルルは絶滅から救われることになるだろう」
 ジウスドラはそのお告げを聞きながら、神の啓示であるにちがいないと思い、至福に浸った。慌てて飛び起きた彼は、その場で床に脆いてひれ伏した。
 「ははあ、神さま。受け賜わりました。あなたさまは我が主、エンキさまではないのでしょうか?」
 「もし、私の顔をお前が見たなら、他の皆と同じようにお前も家族も死ぬことになる。私は亡霊なのだ。わかったな、ジウスドラ」
 亡霊はそういい残し、去っていった。

 ジウスドラの方舟

 ジウスドラは、ル・マルクの妻バタナシュをエンキが誘惑して生まれた半神半人である。彼は生まれたときからアヌンナキの父親のエンキとはちがい、銅が混じったブルー系ではない白い肌をしていた。その白さには、発光するような神々しさがあった。
 ”輝く清らかさ”という意味を持つ名前の彼は、性格も光の使者そのものであり、エンキがルルに産ませた子供たちの中でも飛びぬけて優秀な頭脳の持ち主だった。
 「ノア」は、古代シュメールでは「ジウスドラ」という名に訳される。つまり、エンキの息子、ジウスドラこそが、旧約聖書に登場する「ノアの方舟」のノアなのだ。
 ジウスドラは、芦で組んだ舟内を、防水タールで塞ぎ頑丈なものにした。ジウスドラの妻のエムザラは子供たちを舟に乗せた後、家畜や近辺の動物を一つがいずつ舟の中へと誘導した。動物たちは、まるですべてを理解しているかのように勝手に集まり、行儀よく舟の中に入っていった。こうして出発の準備が整った頃、最後の乗客がやってきた。それは、航海士としてエンキから送られてきた息子のニナガルだった。
 そうしてついに、舟のハッチが閉ざされ、エリドゥの港からジウスドラの方舟は出航した。なにも知るよしもない大勢のルルたちが彼らを見送った。方舟は一路アブズの港へと向かった。
 アブズの港では、エンキとニンギシュジッダが待っていた。彼らは、ルルの生命のエッセンスや、地球の動植物の生命のエッセンスが入った壺を舟に積み込んだ。そのあとニナガルとジウスドラの家族を乗せた方舟は、アブズを出港し、荒海に乗り出した。波に運ばれるまま方舟の中で彼らは地球最後の日が訪れるのを待った。
 大洪水が大地を襲うと、地球の揺れはますます激くなり、昼間でさえ真っ暗な雲で覆われた。そんなある日、鉛のような暗い曇の彼方から、ヒューツとなにかが空を横切った。その物体こそが、最接近したニビル星だった。ニビルは空を横切り、あっという間に消え去った。ジウスドラは、それを船の中から【me(メ)】の筒で観察していた。ニビル星は、すべてを呑み込むほどの勢いで赤い火の尾を引きながら、猛スピードで地平線の彼方に消えていった。これは、地球がアヌンナキの植民地となってから、120シャル(43万2千年)が過ぎようとしていたときだった。
 ちょうどそのとき、アブズの空の真上にライオンが現れ、しし座の時代が終わろうとしていた。ジウスドラは10シャル(3万6千歳)だった。
 アブズの北のアヌンナキの領土は、大洪水により水中に消え、エディンも呑み込み、さらにあっという間にシュルバクまで押し寄せてきた。ついには、方舟も大波にさらわれ、海底に沈んでいった。しかし、方舟は、内側に防水タールが塗られていたので、水中でも一滴の水さえ通さないほど頑丈にできていた。浮いたり沈んだりしながらも、ようやくある岸にたどり着くことができた。それは、陸地という陸地がえぐり返された後のことだった。
 上空では、アヌンナキがシェムの中からその様子をモニターで観察していた。地上はなにひとつとして生命が生き残ったとは思えないほど無残な変わり果てた姿を露呈し、以前の地形は跡形もなく、水に覆われていた。あちこちに散らばる黒い穴から火と煙が立ち昇っていた。地球が苦しむ姿に、アヌンナキの男たちは思わず泣き崩れた。ニンティも、大声を張り上げて泣き叫んだ。
 「私が創造したすべてが、怒り狂う海にさらわれてしまった! これほど悲しいことがあろうものか」
 ニンティの肩を抱きかかえたイナンナも泣き崩れていた。
 ニンティと同じシェムに同乗していたアヌンナキの女神たちは皆号泣した。すると、アヌンナキの兵士たちが乗ったシェムから連絡が入った。
 「ようやく、地球の嵐が治まるようです。あともう少し上空で待機してください」
 しばらくすると、浸水した地面を浄化するかのように、豪雨が降り出して40日間それが続いた。浸水を免れた高い山の尾根が幾つか残っていた以外は、すべてが水の下に消えていた。結局、高台に避難していた者たちも水に押し流されていた。地球に残った家族のことを思うと、アヌンナキもイギギも涙が止まらなかった。
 ジウスドラの方舟は、大波にさらわれて海底に沈んだり浮いたりしながら、大きな岩のようなものにぶつかって停止していた。40日間の大雨の後、ジウスドラは恐る恐るハッチを開けてみた。空は青空に変わり、爽やかなそよ風を肌に感じることができた。舟は水面から突き出ていた岩に乗り上げていたのだ。ニナガルは外に飛び出し、大きな声を張り上げた。
 「ここがまさに、神々が我々にお与えになった、救済の山だ!」
 ニナガルは、ジウスドラの肩を抱き、興奮まぎれに大声で笑い続けた。ジウスドラは、早速舟の真横に祭壇をつくった。その祭壇に灯りを点して香を焚き、舟の中で生まれた子羊を一匹捧げて、命を救ってくれたエンキの神に捧げる祈りを唱え出した。
 「主エンキを褒め称えよ! 主エンキに感謝せよ!」
 すると、その声がまるで届いたかのように、自家用シェムに乗ったエンキとエンリルが、上空から海面に突き出た着陸スポットを発見した。

 双子山

 大洪水が治まり、着陸する場所を上空から探していたエンキとエンリルは、海面から突き出たふたつの小島を目指して着陸態勢を取った。久々にシェムから出られたエンリルとエンキは、全身を思いきり伸ばし、辺りの様子を伺っていると、どこからか風に乗って肉を焼く美味しそうな匂いが漂ってきた。それは、もうひとつの突き出た岩の方から漂ってきているようだった。ふたりは顔を見合わせるとシェムに乗り込み、もう一方の岩の島を目指して近づくと、なんとそこには、ジウスドラの舟が岩の上に乗り上げているではないか。驚きのあまり、ふたりは悲鳴を上げて抱き合った。そこは、洪水の前はアララト山の頂上だった。
 アララト山は、すっぽり海に浸かっていたが、ふたつの頂上の岩肌だけは突出していた。エンキは涙を流し、ジウスドラとの再会を喜んだ。なんという偶然だろう。エンキは、ジウスドラを自分の胸に引き寄せて強く抱きしめ、飛び跳ねて喜んだ。しかし、エンリルはそんな気分にはなれなかった。
 (全滅したはずのルルが、まだ生き残っていたのか……)
 エンリルは、ふたりがはしゃぐのを黙って見ていると、今にも怒りが爆発しそうになってきた。さらに、ジウスドラの方舟から、エンキの息子ニナガルが出てきたこともさらに怒りをエスカレートさせた。親子ふたりが揃いも揃って、自分の命令を無視したことが癪だった。自分が、アヌンナキとイギギ全員にあれほど呼びかけたことも無意味であったのかと思えてきた。
 「地球人には一切関与してはならないと誓わせたのに、バカにされたものだ。エンキ、よくぞ掟を破ったな!」
 エンリルは、エンキを睨みつけた。
 「何も法律違反などはしてはおらん。あれは、単なるルルではない。我が息子だ! エンリル、早合点するな。ジウスドラはアヌさまの孫なのじゃ」
 エンキは、こんな喜ばしいときでさえ、文句をいう弟を腹立たしく思い、ため息をついた。が、今は喧嘩している場合ではないと自分にいい聞かせた。
 「それに、ジウスドラには私はなにもいってはおらん。ただ芦の壁に向かって私は独り言をいっただけだ!」
 そんなやりとりがされる中、ニヌルタとニンティも同じように、美味しい匂いに誘われてシェムでやってきた。
 それにしてもニンティは、胸が張り裂けそうな悲しみを抑えられずに、アヌから贈られたニビル水晶のネックレスを握りしめると、早速祭壇の前にひざまずき誓った。
 「私ニンティは、今後、皆を滅亡に導くようなことは二度と企てないことを誓います」
 彼女は祈りながらまたもや泣き崩れた。
 しばらくするとエンキは、自分の夢枕にガルズが現れた「お告げ」の秘密を皆に明かした。エンリルは、その話が終わる頃には、なんとか平常心を取り戻していた。いや、エンリルの中にも大いなるカタルシスが起こっていたのだ。そして、ジウスドラと彼の妻エムザラのために焼かれた小羊の肉を分け与えた。こうしてエンリルは、簡素ながらも共に生存者たちを祝う食事会を施した。皆の腹が少しは膨れたころに、エンリルは突然、ジウスドラとエムザラの手を取り祝福の言葉を贈った。
 「人類を再び甦らせたジウスドラとエムザラに幸あれ、神の祝福あれ。神々に守られ、栄えたまえ。末永く子孫を増やし、地球を自らの子孫で満たしたもうぞ!」
 エンリルはひざまずき、天に両手を差しのべながらそう祈りを捧げた。その後、彼らアヌンナキたちはシェムに乗り込み、その場を立ち去った。
 地球を覆っていた水は徐々に引きはじめ、大地の姿が再び戻ってきた。アヌンナキたちは、上空から調査団を派遣すると、かつてのアブズやエディン、エリドゥ、ラルサ、ラガッシュ、シュルバク、シッパル、ニップールといったアヌンナキの中枢都市は跡形もなく、すべてが泥の下に埋もれてしまったのを確認した。アヌンナキたちは皆、心の底から悲しんだ。
 調査団一行が最初に発見した陸地は、かつてレバノン杉の山々が聳(そび)えていたあたりだった。その昔、ビーム光線を放つ【me(メ)】で削られてできた巨大岩のプラットホーム(着陸場)が、水面から顔を出していた。その黒々とした岩肌は、太陽の光線を眩(まばゆい)くらい浴びて光っていた。そして、その双子山の片方をプラットホームにして、再びアヌンナキたちは地球に降り立った。エンリルは、月に避難していたナンナールと、ラームの上空で待機し続けていたマルドゥクにも地球に戻るようにと知らせた。
 避難していたアヌンナキらが再び地球に戻ったところで、ようやくアヌ一族の会議が開かれることになった。
 「ラームは、ニビル接近で完全にやられました。今では砂塵嵐の惑星となり、誰もそこでは生きられません」
 マルドゥクが切り出すと、ナンナールが月の様子を報告した、。
 「月は【me(メ)】のマスクなしでは生きていけないし、単独でも生命維持ができないということも発見しました。地球と月は見えない糸で繋がっています。ニビルと地球がペアであるように、月と地球も切っても切れない関係にあるのです。地球で起きることは、月でも起きているのです!」
 エンリルは、息子がいうことを理解しようと努めながら、彼の肩に腕をまわしていった。
 「息子よ、よくぞ生き抜いてくれた! 戻ってきた皆と一緒に、地球をどう再建するかをこれから考えないといけないな」
 その後、エンキの方を振り向いて続けた。
 「兄上は、あらゆる生命のエッセンスが入っている黄金の箱をどこかに隠しておかれたのではないですか? そろそろ探してみてはいかがかな?」
 エンキはエンリルの助言に従い、箱を隠したはずの場所を探しにシェムで向かった。双子山のプラットホームからそれほど遠くない湿地帯が、そのあたりであったことを彼は探し当てた。着陸して周辺を歩いてみると、印として建てておいた柱が地面から突き出ていたのを発見した。柱を取り除くと下には、広いトンネルが続き、その奥には、1シャル前に「創造の部屋(チェンバー)」と自分で記しておいたハッチが見つかった。ハッチの中にあったのは、生命のエッセンスが幾つも入った豪華な金製の箱だった。
 持ち帰られたその中身は、皆の前で公開された。エンキは箱の中から、一つだけ水晶の壺をとり出すと、その中身を皆に説明した。
 「この壺の中には我々が今必要としている、ニビルから運ばれた1万種ほどの生命のエッセンスが保管されている。これらの生命のエッセンスを掛け合わせる動物たちをジウスドラの舟で連れてきているので、早速実験をスタートしよう! 動物の中でも、毛皮が取れて食用にもなる羊から始めよう。その後、他の種もどんどん増やしていこう!」
 大洪水の後、アヌンナキの再出発は、こうして双子山(アララト山)の頂上のプラットホームからスタートした。
 大洪水を逃れたジウスドラは、発見した陸地で羊を育てる仕事が与えられた。エンキは、文明化したルルが再び増えることを望んでいたので、ジウスドラとエムザラにも子作りに精を出すようにと助言した。しかし、人口が増えたとしても、食糧危機にも対応するためには、どうしてもまず羊を増やす必要があった。そこで、羊飼いの女神シルトラとの間に生まれた末の皇子ドゥムジを、「羊飼いの神」として地球に迎え入れた。
 ドゥムジは地球で生を宿したにもかかわらず、ニビルに1シャル以上も滞在するという特別な体験を以前したことがあるアヌンナキである。そのときに牧畜を学んで、ニビルから地球に初めて羊の原型となる四足動物を送り込んだことから、「羊飼いの神」と呼ばれるようになった。そこで洪水後も、ジウスドラの3番目の息子と共に、ルルたちに羊の飼い方を教えることを任されることになった。
 エンキは地球再建計画にあたって、自分の息子たちにそれぞれ開拓できそうな領土を分け与えた。まず、エンキはドゥムジの兄のニナガルと共に、山々にダムや潅漑を建設し水路をあちこちに築いた。次に、かつてマルドゥクとサルパニトが追放されたアブズから北西にある領土の開拓をマルドゥクと共に再建した。黒い土がギラギラと太陽に照らされる黒い土地(エジプト周辺)は、大洪水の後には、水面から黒い顔を少しだけのぞかせていた。その土地の地理的条件を克服し、低地の都の中心まで水の回りを戻すことが課題となり、2人は、【me(メ)】の測量機を使って設計に取りかかった。
 ダムと水門、峡谷、溜池、人工島を取り入れた設計図は完成したものの、その建設に取りかかるまでに、さらにもう1シャルが費やされた。アブズの果ての地は、以前とは地形が変わってしまっていたので、都を完成させるのにさらにもう1シャルかかった。
 双子山から、一路延長線を辿っていった場所には、以前のようにまた渓谷があり、川が流れる緑の森が還ってきた。その豊かな緑の牧草地帯に、ドゥムジは羊の群れを放牧し、ニビルの牧畜の技術をルルたちに教えた。

 ・・・<抜粋終了>・・・



ノアの方舟の物語(前編)...2016年4月24日

 前回は、『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』(愛知ソニア著、ともはつよし社)より、「人類創世の物語(1)」を紹介しました。
 もちろん続きの記事を載せることに変わりはありませんが、今回はまた別の話題を紹介したいと思います。

 それは旧約聖書に載っているという、ノアの方舟の物語です。
 2年前の映画『ノア 約束の船』をDVDで借りて観たのですが、その時のシーンを『イナンナバイブル』を読みながら、思い出したりしていました。
 それで印象深かったので、今回紹介してみたいと思ったのです。

 映画では大洪水が起こった理由を、神が堕落した人間を滅ぼすために、すべてを地上から消し去り、新たな世界を創るためだとしています。
 しかし『イナンナバイブル』では、全くの自然現象だとしています。
 3600年周期で太陽系に接近するニビル星ですが、太陽系と交差する度に大きな影響を与えます。
 特に、今から7万年前の交差のときには、太陽系全体に大災害をもたらしました。そのときは、銀河の中心と太陽系の地球が直列することによって、地球が受けるインパクトが最大になったといいます。
 ニビル星の接近のたびにこれが起こるのではなく、7万年前の交差では、ニビル星の軌道と地球の位置関係から、最悪の災害が起こされたのです。

 ニビル星が太陽系に接近するにつれ、ラーム(火星)は磁気嵐に覆われ、どんよりと黒い姿に変わっていったといいます。
 地球も宇宙塵の膜で大気圏が覆われ、直射日光が差さなくなり、どんどん凍りついていったといいます。地上は真っ白な雪と氷で覆われ、植物はなに一つ生えなくなります。羊などの家畜は、姿を消そうとしていました。

 ストーリーが長いので、前編と後編の2回に分けて紹介します。
 まず登場人物や用語の説明を載せます。


 アヌ....ニビル星の王。地球の未曾有の危機に際し、地球にいるアヌンナキ全員に地球から脱出するよう命令する。

 ○エンキ...アヌの第一子。

   ・マルドゥク...エンキの長男。妻は義理の妹のサルパニト。
   ・ネルガル....エンキの息子。マルドゥクの弟。妻のエレシュキガルと伴に、南極の天文台で地球の変化を観察。
   ・ニンギシュジッタ..エンキの息子。ネルガルの弟。「生命の家」の所長を務める。

 ○エンリル..アヌの第二子。地球の総司令官。

   ・ニヌルタ....エンリルの第一子。エンリルとニンマーの子。

   ・ナンナール...エンリルの息子。月の神と呼ばれる。

      ウツ....ナンナールの息子、双子の兄弟の兄。
      イナンナ..ナンナールの娘、双子の兄弟の妹。

 ○ニンティ..ニンフルサグ、ニンマーとも呼ばれた。アヌの娘。人類の創造に貢献し、人類の母ともいえる存在。古代エジプト時代には、女神ハトホルと呼ばれた。


 アブズ....エンキの広大な領土のことで、その南端が南極。
 1シャル...ニビル星が太陽系を1周する期間。地球年で3600年。
 イギギ....最初にラーム(火星)に住み始めたニビル星人。
 シェム....アヌンナキの乗り物。今風に言えばUFO。色々な大きさがある。
 ルル.....アヌンナキが創造した人類の祖先。この頃は繁殖能力を身につけていた。
 シッパル、シュルバク、ニップール...アヌンナキが中東に造った各都市の名。
 【me(メ)】...ニビル星人たちがもっているプレアデスのテクノロジーが生んだ魔法のツール、さまざまな種類がある。「運命の石版」も【me(メ)】の一種で、ニビルと地球間のルートを随時表示する機能がある一種のバイオコンピューター。
 エンキテ...エンキ一族のこと。エンリルテはエンリル一族のこと。


 神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんの著書『フラワー・オブ・ライフ』では、どういうわけかエンリルが兄で、エンキが弟となっています。ここでは『イナンナバイブル』に従い、エンキが兄、エンリルが弟とします。
 エンキは父アヌとヘビ族の母の間に生まれた長男で、レプティリアンの血を受け継いでいるといいます。正式な王妃との間に生まれた子ではないので、王位継承権がありません。
 エンキは、ニビル星から最初に地球に派遣されましたが、地球総司令官の地位は弟のエンリルが任されています。
 エンキは、人類の祖先であるルル開発のプロジェクトを積極的に進める立場でしたが、エンリルは懐疑的です。
 2人の間に、そうした微妙な温度差があることを前提に読んで下さい。



 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』、p273〜p281から抜粋開始>・・

 ニビル星の太陽系大接近

 氷河期に入った地球は、想像以上の危機を迎えていた。銀河の中心と地球が直列するという最悪の事態が起きようとしていた。こうなると危険なのは地球だけではなく、ニビルも同様だった。状況を事前に把握していたエンキとエンリル、ニンティは、改めて対策を練るために集まった。
 「いつかはこのような事態が訪れる日が来ると、私も知っていたのですが……」
 エンキもニンティの言葉に領いたが、エンリルは、皮肉っぽい口調でいった。
 「地球人は今や、我々アヌンナキと変わらない。そして、逆に我々は地球人のように老化し、もはやニビルには戻れないというわけか。この惑星に監禁状態になるとは! 地球ミッションそのものが、まったくの悪夢だったのだ! ほかにも金を得る方法があったはずだ。エンキが原始的労働者を創造する計画を開始したことで、間違った方向へと進んでいったのさ!」
 エンキは下を向いたままになった。いくら弟でも、地球総司令官という立場のエンリルには、ヘタに対抗はできない……ここは黙っているのが無難だった。研究にさらに精を出すしかないと我慢して、エンリルの怒りを腹に収めた。
 しかし、異種間の結合が普通になっていくにしたがって、アヌンナキの地球人化はどんどん進んでいった。
 エンリルは、最悪のシナリオに対する解決策をあれこれと考えていた。
 (ニビルの接近なら、アヌンナキだけならどうにか切り抜けられるだろう。しかしもう一度、地球で新たなミッションをスタートし直すためには、この惑星を全面的に変えなくてはならない……)
 ニビルが太陽系にどんどん接近すると、太陽の表面には巨大な黒い点がいくつも出現した。さらには、その表面から巨大な炎が噴き出すのを地球からも観察できるようになった。そんな太陽の影響をまともに受けた太陽系内の星々は揺れ動き、軌道を外して進んだりした。小惑星帯の内だし細工のブレスレッドまでが目に見えないなんらかの引力によって、伸びたり縮んだりしていた。この異様な光景を、ニビルの天文学者たちは【me(メ)】の筒を通して眺めていた。ニビル星から遠くの地球を観察すると、”白い氷の球”のように変化していた。その星で暮らす住民たちは、耐えられずに次々と凍死していった。

 アヌに緊急メッセージが届いた。ネルガルの妻エレシュキガルが重大ニュースを伝えてきたのだ。
 「我々の領土を覆っている雪の下から、変な音が聞こえてきます。ゴロゴロと深い震動音が鳴り響いて、なかなか止まりません。緊急事態発生!」
 「承知したぞ、エレシュキガル。辛いだろうが、観測をそのまま続けるように!」
 アヌはそう返事をして、【me(メ)】のスピーカーを切った。
 エレシュキガルは、アヌンナキの女神というより勇敢な女戦士だった。彼女の夫は、マルドゥクの弟のネルガルであり、二人は、白い氷の地と化したアブズの果ての地(南極)に、ニビル星観測所が建てられた際、そこを任されていた。アヌはシナイ半島を中心に、地球全土に散らばるアヌンナキ全員に聞こえるように、緊急のための【me(メ)】のスピーカーでメッセージを発した。
 「直ちに避難せよ! 直ちに避難せよ!」
 アヌはそれを何度も繰り返した。
 エンキは、アブズの管制センターのネルガルたちに、地下の氷下の状態をさらに注意深く観察せよというアヌの命令を伝えた。結局、ゴロゴロという轟音は、南極の氷が素早く溶けて崩れる音であることがわかった。
 ちょうど同じ頃、海の向こう側のニヌルタも地面が揺れ出したことから、地球の異常を感じ取っていた。ニヌルタが、【me(メ)】の測量機を地球の中心に向けると、たしかに地球の中心部から震動している。彼も同様に、アヌに緊急事態を直接知らせた。
 銀河の中心と地球の直列、そして1シャル毎に太陽系に接近するニビル星の軌道周期が重なるという、この非常事態に対して、アヌはどう対処すればよいのか、わからなかった。専門家たちでさえも慌てふためいていた。
 「万物の創造主であるクリエーターが、太陽系をリセットしておられるにちがいない。クリエーターは、怒っておられるのじゃ。今回は、もう打つ手がないのかもしれない……」
 アヌのこの呟きに、一人の学者が沈黙を破った。
 「しかし、このまま我々がいるニビルが太陽系に最接近すると、地球は太陽の引力に飲み込まれてしまいます。大洪水が地球全体を襲い、あっという間にすべてが破壊されます。ラームも、やられてしまうでしょう。ニビルは、素早いスピードで通過して太陽系から離れていくように軌道設定されていますし、金による大気圏の補修作業も終えたので、あまり被害は及ばないと思います」
 「説明などいらん、それぐらいわかっておるわ! 一刻も早くアヌンナキ全員を、地球から脱出させる準備にかかれ!」
 高官イラブラトは、アヌンナキが管理する各エリアの管制塔に向けて、【me(メ)】のスピーカーで避難宣告を発令した。それにしても彼らは、すべてを置きざりにしてニビルに戻るわけにはいかなかった。アヌ自身もそれをよく知っていたが、イギギたちにも同じように地球から引き上げるように命じた。
 「地球の危機が去るまで、至急シェムに乗り込み、空中で待機せよ!」
 アヌがここまでするからには、かなり深刻な事態にはちがいなかったが、ニンティはアヌの指示に従うわけにはいかなかった。
 「私のライフワークは地球にあるのよ。彼らを見捨てることはできない!」
 エンリルもニンティ同様に地球の総司令官として、地球に留まる使命を全うする意志を示した。
 するとニヌルタも、父の言葉に続けた。
 「私も父と一緒に残ります。危機が去った後、またあのツインタワーがある海の向こうに戻るつもりです」
 ニヌルタの次は、地球で初めて生まれたアヌンナキの神ナンナールが独自の意見を述べた。彼はもともと学者肌で、一族の中でも変わり者として知れ渡っていた。
 「父上、そして兄上、私は月で待ちます。地球の氷が溶けて大洪水が収まるまで、月で待機するつもりです」
 皆はいぶかしげにナンナールを見たが、エンキだけはナンナールの心が読めた。以前から月の博士といわれるほど月に詳しい彼は、月に何度も行き来しており、月にニビルのクリスタルを用いて、すでに立派な建造物を建てていたからだ。エンリルは、ナンナールの主張を認めた。
 ナンナールと同様に地球で生まれたウツとイナンナは、地球の上空で待機することにした。結局、エンキをはじめエンキテのほとんどが地球に留まることを望んだ。家族や子供たちを捨ててまで避難することはできなかったからだ。イギギたちも同じだった。エンリルは、クリエーターの意によって起きる危機であるがゆえに、ルルたちを救済してはならないと、皆に念を押した。
 「彼らのことはなるがままに任せ、勝手に手助けしてはならぬ。これは、私が総司令官として皆に命令しているのだ。最悪の事態が訪れたならば、皆に合図を送る。その時は、アヌンナキとイギギらを全員シェムに乗せて避難せよ。ルルのことは、もうこれ以上干渉してはならぬ。運命に任せるのだ!」
 それぞれの持ち場へ皆戻っていった。彼らのほとんどが高台に移り住む準備をし、いざというときには、いつでもシェムで逃げられるように早急に着陸場を築いた。マルドゥクとサルパニトも子供たちを連れて、高い山々が連なる場所へと移動した。エンリルはニヌルタに、海の向こうの大陸の様子を確認してから連絡するようにと命じた。ネルガルは引き続きエレシュキガルと共に、白い氷の地を観測するようにと命じられた。エンリルは、自身が住んでいたニップールから、「運命の石板」をシッパルに運ばせて、地底奥深くにある頑丈なチェンバー(小部屋)の中にしまっておいた。
 さて、エンキはというと、
 「私は、地球での出来事や、我々アヌンナキの事を記録に残してきた。大洪水が去り、この記録をいつか誰かが発見するときがきっと来るだろう」
 と、このようにいいながら、さまざまな天然石のタブレットに彫られた記録や【me(メ)】の装置の数々を、美しい金の箱に丁寧に仕舞い込み、エンリルと同じ場所に保管することにした。その後エンキは、ニンティを訪ねるためにシュルバクへと急いだ。
 「私たちが苦労して育てたニビルの植物や動物を、全滅させるなんてできないわ! 並んでいるあの壺の中には、それぞれの生命のエッセンスが入っています。私は、シュルバクで他の生命のエッセンスを採集するので、あなたもアブズにて集めてください!」
 ニンティはエンキにそう頼み込んだ。
 アブズに帰ったエンキは、ニンギシュジッダの助けを借りて、生命の家に保管されていた初代ルルから文明化したルルに至るまでの、あらゆる段階の雌雄の生命のエッセンスを選び、運び出す作業にかかった。選ばれたエッセンスが入った壺は丁重に運ばれ、地球の奥深い場所のチェンバーの中に保管された。ちょうどその作業中に、エンキに連絡が入った。白い氷の地にいるネルガルとエレシュキガルから、『地球のゴロゴロという唸り声はさらに増し、連続的になってきた』という知らせだった。
 「轟音は止む様子はありません。なにか大変なことが起こっています!」
 と、海を渡ったツインタワーの場所にいるニヌルタは、怯えた声でアヌに伝えた。
 いよいよシェムに乗り、地球から避難すべきときがやって来たようだ。その最後の日を迎える前に、シッパルの都では、アヌンナキ一族の緊急会議が行なわれた。揺れても、揺れても、まだ揺れ続ける大地。ガイアは、まるで娼婦のように我が身を宇宙に放り投げて踊り続けた。大地震があちこちで続く中、アヌンナキ全員が、アヌとエンリルの指示に従うことに同意した。位の高い者は皆、各自家用シェムで脱出し、残った者たちは皆、葉巻型の大型シェムに分かれて乗り込んだ。地球を離れたシェムは、危険が及ばない場所で待機し、シェムの周囲を【me(メ)】のバブルで覆った。多少の隕石が降ってきても、バブルの中にいれば大丈夫だ。彼らは遥か上空から、地球が呑み込まれていく様子を眺めていた。

 ・・・<抜粋終了>・・・



人類創世の物語(1)...2016年4月17日

 なんとも言えない不思議な本に出会いました。

 愛知ソニアさんというチャネラーが、プレアデスの意識とチャネリングして書かれたものだそうです。
 以下の2冊です。

・『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』(愛知ソニア著、ともはつよし社)
・『人類創世記イナンナバイブル(イナンナの旅)』(同上)

 ここに3600年周期で太陽系に接近するニビル星に住むニビル星人が、太古の地球に如何に関与してきたか、詳細に述べられています。
 彼らは(地球時間で)50万年前に地球に移住し、ニビル星の大気の修復のために金(キン)の採掘を始めたとあります。
 そして、その金採掘の労働の過酷さから反乱が多発したため、金採掘の為の新たな労働力を確保する必要性が生まれます。そこで現地(地球)に生息していた直立原人(ホモ・エレクトス)と、彼らアヌンナキのDNAを融合して、現在の人類の原型であるホモ・サピエンスを造りあげたとあります。

 人類が金採掘の為に、異星人によって創造されたという話は、今ではめずらしいものではありません。
 私が初めて知ったのは、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんの『フラワー・オブ・ライフ』で、もう10年以上前のことです。
 有名なのは、シュメール文明の粘土板文字を解読したゼカリア・シッチン氏の著作でしょうか。
 スピリチュアルの本で、そうした人類の起源を語ったものは他にもあります。例えばパトリシア・コーリ氏の「シリウスの叡智」シリーズの3冊などです。
 最近では、アメリカのUFOコンタクティーのジェームズ・ギリランド氏でしょうか。

 よって私の中では、人類が異星人によって金採掘の労働力として創造されたというのは、特に目新しい情報ではありませんでした。
 私がこの『人類創世記イナンナバイブル』に魅せられたのは、アヌンナキの立場から見た地球の歴史が語られていたからです。
 ですからこの本では、人類創世は一つのエピソードに過ぎず、主眼はアヌンナキが如何に地球で振る舞い、そして歴史を造っていったかということです。
 私は聖書には興味がなく、一度も読んだことがありません。しかし『人類創世記イナンナバイブル』によって、聖書の有名な記述の意味がわかるのは、なんとも爽快な気分でした。

 ただこの物語がどのくらい信ぴょう性があるのかは、私にはわかりません。
 そこで千さんのお爺ちゃんセッションで、この物語について聞いてみました。すると大変興味深い答えが返ってきたのです。
 この本は、「創造主の了解を得て書かれているので、わりとリアルな部分が多い」というのです。
 いきなり創造主なんて言葉が出てきて、私は驚いてしまったのですが、そういえばこの本の中にはよく「クリエーター」という言葉で出てきます。お爺ちゃんが言う「創造主」と、本の「クリエーター」はおそらく同じ意味なんだろうと思います。
 だとすれば、人類が新たなシフトを迎えている今、この本を紹介するのは意味があるのかもしれません。

 ただし、お爺ちゃんによれば、この本の内容は基本的に事実だと思ってよいが、本当の部分を書いてないところもあるといいます。
 それは、まだ許可が下りていないからではないかといいます。

 それゆえ訪問者の方々には、この物語がすべてではなく、まだ人類に知らされない部分もあるということを了解していただきたいと思います。
 私の中では、人類創世にはアヌンナキだけではなくシリウスの存在も関与しているはずで、そういった部分は本では全く触れていないのが気になります。
 またアヌンナキ同士で戦争する場面がありますが、その頃地球には他の異星人の入植もあったはずで、そういった部分の記述がありません。またアトランティスやムーのような文明に対しても、アヌンアキがどのような関与を行ったのか気になるところです。

 当HPでは数回に渡り、この本の中から、人類創世に関係する記述を紹介していこうと思います(ただし不定期で、次回がいつになるかわからないのですが)。

 まず『人類創世記イナンナバイブル』から、主人公であるイナンナのメッセージを抜粋して紹介したいと思います。
 これにより、登場人物の関係がなんとなくわかるかもしれません。


 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』、p16〜p24から抜粋開始>・・・

 まず、これから私自身のことをお話しする前に、我々の祖先がどこから来たのか明らかにしておきましょう。
 私は、約50万年前の地球に降りてきたニビル星人です。私はその昔、天と地の女王と呼ばれ、崇拝されていた女神イナンナです。私たちの祖先は、プレアデス(昂)星団に暮らしていました。しかしあるとき、私の一族は、ニビル星に移住することになりました。ニビル星は、あなた方地球人が「惑星X」と呼んでいる、太陽系最外惑星です。その星への移住は、私たちの意思というより、むしろ宇宙連合総司令官であるソ・ラーラさまの命令に従ったものでした。それはまだ、あなた方の惑星が存在すらしていない遠い過去のことです。そして、ニビルに移り住んだ私たちプレアデス人が、地球を発見することになったのです。それからあなた方である、今の人類の祖先が生まれました。
 愛が創造のエッセンスであることを、私たちは常に忘れていませんでした。私たちのすることのすべてが愛の表現なのです。実はあなた方も本来はそうであるということを理解しておいていただきたいのです。
 また、私たちは、冒険を愛し、パワーも愛します。かつては私たちも、あなた方と同じように、遊びに没頭する時期がありました。私たちプレアデスの存在の中では、「プレアデス星人(複合体)」というニックネームで呼ばれている者たちもそうですが、”言葉遊び”を得意とするので、私イナンナもこうして皆さんに語りかけているのです。
 これから私が皆さんに分かち合う物語は、”地球のライブラリー”と呼ばれる場所から引き出した私に関することです。今、あなた方の星で、何が起きようとしているのか、私たちも、この地球にこれから新しい世界がどのように開けていくのか、ワクワクしているところです。
 「これから、どのような世界が訪れるのか?」
 これはクリエーター(宇宙の創造主)だけが知っていることです。地球はそもそも、多くの可能性に満ちた星なのですが、地球の始まりの時を正しく知ることによって、可能性の扉は開かれるのです。私は、真実を知っていただきたいのです。
 私たちは、地球のライブラリーに自由自在にアクセスできます。時空の壁を越えた所にある、あなた方が「アカシックレコード」と呼ぶ場所にアクセスすることができるのです。そこには、宇宙の壮大なライブラリーが存在しています。
 遠い昔に、私の祖先たちはプレアデスから次元の扉を超えたある星に移住しました。その人工的に創られた星は「ニビル」と名付けられました。そして、その星を支配する王が、私の大祖父のアヌです。私、イナンナは、アヌ一族の女神として生まれました。
 私たちアヌ一族は、プレアデスからニビルを経て地球にやって来ましたが、それは地球の時間軸で、およそ、50万年くらい前のことです。これから、私は私自身と私の家族についての物語をお話します。それは、今の時代の地球に住むあなた方に知っておいていただきたい真実です。また、それは長い間封印されてきた秘密でもあるのです。
 アヌ一族の物語は、今までオープンにされてきませんでした。あなた方は、この物語に秘められているシンボルを理解できれば、自分自身をも深く知ることができるに違いありません。それが今、この時代に最も必要とされていることなのです。
 闇に封じ込められてきた地球の秘密を明かすことによって、地球は、新しく生まれ変わる可能性が開けてきます。そのためにも、今こそ、過去の真実を洗い浚(ざら)い暴露し、過去から未来において常に同じパターンが存在したことを知る時なのです。
 地球の皆さん! 自身と地球を同時に見つめ直すことで、地球は、古い衣を脱ぎ捨てて生まれ変わることができるのです。玉ねぎのように何枚も重なっていた矛盾が剥がされ、その中心に、今私たちは近づきつつあるのです。そこにあるのは地球の過去の真実。それを知ると、あなた方はすべてのことを理解できるでしょう。そうなれば、あとはシフトだけ! 本格的な変容の時がやって来ます。
 私たち家族の物語は、あなた自身の物語のように思えるかもしれません。強烈なデジャブを感じるかもしれませんが、それこそがあなた自身の中に流れる、アヌの血なのです。そこに秘められた記憶が甦るからです。その血液の秘密が、まるで暗号が紐解かれるように明らかになると、少しずつ自由になれるでしょう。さらに、大切なことは、私たち一族の物語を知ることは、私自身の内なるパワーをあなたと共有することができるということなのです!
 真実の歴史を知ることによって、あなたの血液に秘められたパワーを再び自分のものにすることができます。これは、最初からプログラムされていたこと。これによって地球人のシフトが起きるのです。また、一度真実が暴露されると、それは一瞬にして広がります。あなた方の進化のプログラムは、いずれ、プレアデスの存在たちと同じように”自分+(プラス)”という複数意識体に変身していくということです。集団としての意識にも大きなシフトが訪れるのです。
 あなた方の次なる進化のステージは、バラバラの個々ではないのです。地球人もまた、プレアデスの存在たちのように、グループ化した意識に変身していくことでしょう。そうなれば、なにもかもが変わります。あらゆる問題も解決できるのです。
 3次元のシフトは、血液からはじまります。それは恐怖を伴うものではなく、逆に、これにより今までよりも、もっとクリアな思考能力、もっと健康な肉体を得ることができます。精神的には、内なる世界が拡大して、外の世界と融合していきます。いわば、人間としての可能性が自由に広がるということです。
 私たちアヌ一族はあなた方を心から愛しています。けれども、ひとつだけ覚えておいていただきたいことがあります。それは、「あなた方は私たちのラボから誕生した」という事実です。そして、「あなた方の魂は私たちと共にある」という真実です。
 あなた方の祖先を創造したのは、私たちです。すなわち、あなた方ひとり一人に私たちアヌ一族の血が流れているのです。私、イナンナは、あなた方に母なる女神の血を分け与えた者です。だからといって私があなた方よりも優れていて、崇拝されるべき存在だという意味ではありません。むしろ恨まれる存在かもしれませんが、ひとつだけいえることは、私たちの方が、あなた方よりも少しだけ経験が豊かであるということです。
 わたしも含めてアヌ一族は、宇宙を隅々まで冒険することができます。あるとき、いつものように冒険をしていたら、私たちは、銀河の片隅にある小さな星を発見しました。それが地球です。私たちが地球に興味を持ったのは、ほんの小さな遺伝子実験が始まりでした。
 なによりもまず、この物語を進めていく上で、あなた方の時間軸であるリニアタイムで語っていくことが望ましいのですが、ことニビル星の出来事に関しては、直線的な時間概念で説明することは難しいのです。私たちにとって、時間とは、”道具”以外のなにものでもないからです。そう、時間とは、そもそも遊び道具だったのです。
 「今度は、誰の時間で遊ぼうか? あなたの? それとも私の?」
 私たちは常に、こんな風にさまざまな時空にタイムジャンプして遊んでいます。なにしろ、私たちの存在目的は遊ぶことに他ならないのです。でも、いつしか、その遊びが複雑化してしまっていたのはたしかです。
 時間の本質を見抜くことができると、実際には時間は存在しないということがわかります。いわば、時間と遊ぶこともできれば、時間を操ることも簡単であり、時間と戦うことも無い、というわけです。しかし、時間という枠組みの中では、すべてが融合することも可能です。ただし、”あるひとつの思考”が発生すると、そこに境界線が引かれてしまいます。時間はパイ皮のような無限に続く層から成り、その層のひとつひとつには、それぞれのフリクエンシー(周波数)が備わっています。そこに、ある思考が突き抜けていくと、その思考はさざ波が立つようにすべての層に浸透していきます。それと同時に境界線が生まれてしまうのです。こうして、地球にも、地球独自のタイムライン(時間軸)というものが完成したのです。
 私たち、プレアデスでありニビルの存在たちにも、自分たちなりの時間の概念があります。しかし、我々の時間軸は、あなた方のものと比較するとかなり異なります。けれども、あなた方のDNAが、近い未来にリセットされたなら、私たちの時間軸も経験できることになるでしょう。あなた方の知覚からすると、プレアデス・ニビルの存在たちは、永遠に生きることができるようなものです。けれども、そんなほぼ不死身の私たちでさえも、地球人と戯れることに夢中になってしまっていたのです。これは、誰もが予測不可能でした。
 現在のあなた方を創造したのは我々アヌ一族です。けれども、私たちはあなた方のDNAを完全に目覚めさせることはしませんでした。むしろ、原始的なままで残しておいたほうが、都合が艮かったからです。なぜかというと、あなた方は私たちにとって、都合のよい創造物だったからです。
 私たちは、最初は、あなた方を金の採掘労働者として創造しました。そして、親しみを込めてあなた方を「ルル」とよびました。その頃は、あなた方がどんどん進化していくことを知る由(よし)もありませんでした。
 あなた方の今の混乱は、そもそも私たちが遺伝子操作したことが原因ともいえるでしょう。私イナンナはアヌンナキを代表して、そのことをあなた方にぜひ知っていただきたいのです。そして、私自身が、ルルたちのために何度も深く心を傷めた女神であることも知って欲しいのです。地球は私たちにとって、銀河の遠い僻地の発掘現場であり、私たちのラボそのものでした。
 未開の惑星である地球を舞台に、アヌ一族が繰り広げたドラマは、簡単に言えば、破壊と戦争の繰り返しでもあったのです。だから私イナンナは、後に”戦争の女神”としても知られることになりました。
 私たちは、あなた方の親戚である、ホモ・エレクトスといわれている生命体から、長い月日(約23万年)をかけて、今のあなた方の祖先ホモ・サピエンスを誕生させました。私たちは、さまざまなことをあなた方の祖先たちに教え、愛情を込めて育てあげました。今のあなた方は、地球上で自由に暮らしているように見えますが、実は、私たちがずっと目に見えないシールドで囲い、あなた方を育ててきたのです。地球の3次元の周波数域の檻の中に入っているあなた方を、外から監視し続けてきました。
 私たちは、あなた方の祖先をルルと呼び、仕事をさせ、また遊び相手にしてきただけのはずだったのに、いつしかあなた方に夢中になり、やがて肉体的にも結ばれ、子孫を残すようになりました。さらに私たちは、地球の領土とルルを巡って互いに激しく戦うまでにもなってしまいました。それにしても、ルルたちは我々を神々として崇めてくれていました。私たちが地球に農業や医学など、ニビルのテクノロジーを運んできたからです。そして私たちも、その気持ちに喜びを感じて応えたものでした。だから私たちを、オペ台の上に縛られた無力な人間を操作する、あのグレイたちと同じだと思わないでほしいのです。
 人間と関わるようになった私たちは、挙句の果てにあなた方を私たち一族の戦争に巻き込んでしまい、あなた方をまるでチェスゲームのポーンを動かすように戦場に送り込むようになりました。しかしながら、あなた方に与えられている、その特殊な機能によって、あなた方は自分自身を解放することが出来るようになったのです。
 私たちは、いつでもまたあなた方のような生命体を宇宙のどこかで創造し、破壊できると信じていました。しかし、クリエーターの意志には歯向かうことはできません。私たち、ニビル星人がなぜ、あなた方を創造できたかというと、クリエーターからのエネルギーを私たちは直接取り入れられるからです。これは宇宙連合によって交わされた約束であり、一種の特権です。
 あなた方は私たちの創造物であり、クリエーターからの贈り物でもあります。あなた方は私たちの宝物です。このことをよく知っていただき、これからはあなた方自身のカで新たなる進化のステージに立っていただくことが、この物語をお伝えする真の目的です。
 さあ、それでは、地球のライブラリーに記録されているアヌ一族の物語を進めていくことにしましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、物語の始まりです。
 まず惑星ニビルについてと、ニビルの大気の修復に金(キン)が必要になったという話から始まります。


 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』、p28〜p33から抜粋開始>・・・

 世界最古の文明といわれるシュメール文明。この文明は、紀元前3600年頃、メソポタミア(現在のイラクとクウェート)南部を占めるバビロニアの南半分のエリアに忽然と登場したとされている。文字と文学、建築、法律、病院、神殿、行政、学校、高等数学や天文知識などを持つ高度に洗練された文明が何の前触れもなくそこに姿を現わしたのだ。発見された粘土板の古文書には「遥か遠い星から神々は地球に降り立った」と記されてある。その星こそがニビルである。
 ただこビルに関しては、シュメール文字解読の第一人者ゼカリア・シッチン博士他、宇宙考古学の専門家によって研究が進められてはいるものの、まだほんの少ししか解き明かされていない。
 シッチンが12番目の惑星と呼んだ星ニビルは別名”惑星X”とも呼ばれている。およそ3600年毎に太陽系に接近すると、地球を含む太陽系に大災害が引き起こされるということが分かっている。そして地球はこの周期で破壊と再生を繰り返すことになるのである。

 二ビル星の大気圏の崩壊と地球の金

 漆黒の宇宙の彼方……、その星は大気圏に亀裂が生じ、宇宙塵嵐が凄まじい勢いで吹き荒れていた。そしてやがては不毛の惑星と化する危険に住人たちは晒されていた。
 ニビル星の大気層は、はじめのうちは有害な宇宙線から守られていたが、年月が経つと次第に大気圏に致命的な亀裂が生じ始め、惑星内部まで宇宙線が侵入してくるようになっていた。
 そもそもニビル星は、プレアデス人が太陽系調査用に作った人工衛星である。宇宙連合総司令官ソ・ラーラが、利用可能な資源が太陽系にあるかどうかを調査するために作ったものだった。宇宙連合とは、ソ・ラーラを中心に、大勢の宇宙の存在の代表から成る機関であり、クリエーターの指令を受けて、広い宇宙の秩序を保つために存在している。
 だが、たとえどんな星であろうとも、この銀河には永遠に存在することは許されないのだ。白色矮星は褐色矮星に移り変わり、いずれは銀河の塵となる運命にある。命あるものはすべて、惑星でさえも死と再生を繰り返すのが宇宙の綻なのである。
 ニビル星の大気の成層圏を修復できる唯一残された方法は、鉱物である金を単原子まで微塵に粉砕し、大量に大気圏にばら撒くことだった。
 ある日、ソ・ラーラの指示で一部のプレアデス星人が、次元を超えてニビル星に移住することになり、アン一族により王権制度の下で支配されることが決まった。アンの息子のアヌが王となった時代に、青く輝く水の星「地球」が発見された。
 地球に豊富な金が眠っていることを発見した彼らは、金を「シェム」と呼ぶ宇宙船に積んでニビルまで運び、そこで精製された金を【me(メ)】という装置を使って大気圏にばら撒いた。
 単原子化された金が大気圏に放射されると、放射能を含む有害物質を打ち消すことができる。これによって、再びニビル星は正常な機能を取り戻すことが可能となるのだ。これは、プレアデスのテクノロジーの1つであった。
 ニビル星を機能的に存続させるために永続的な作業を宿命づけられることになったニビル星人たちにとって、地球は金を供給するための星であり、その資源を存分に利用したのだった。
 このときに生まれたカルマを、今、こビル星人は地球に向けて援助の手を差し伸べることで、完全に解消させようとしていることは確かである。その時がやってきていることを彼らは知っている。
 こうして、地球がニビルの植民地になったのは、地球時間軸でおよそ50万年前のことだった。

 * * *

 ・・・(中略)・・・

 ニビル星の大きさは、地球を4倍ほど大きくした球体で、しかもその球体は地球と同じように有機体であり、さらにはプレアデスのテクノロジーを結晶化させたような、地球とはまったく違う不思議なカに満ちた惑星だった。
 なぜ、彼らは「地球」という星が太陽系に存在するとわかったのだろうか?
 それは、銀河系の惑星の常識ではとうてい説明がつかないことなのであるが、簡単にいえば、ほとんどの星は、
 「双子、あるいはそれ以上でセットになって存在する伴星から成っている」
 という、銀河の仕組みを彼らは熟知していたからである。同じ銀河系のどこかに、ニビルと同じように居住可能な条件を備えた星が存在する、ということをニビル星人たちは知っていたのである。しかしながら、まさか、それがニビルよりはるかに優れた星であるとは彼らも当初は気づかなかった。それはまったく予期すらできないことだったのである。しかも、彼らがいちばん必要としている金が豊富にあるとは、夢にも思っていなかった。それが地球だったのだ。
 地球とニビル星は、バイナリースター(伴星)の関係にあるが、ニビルは太陽系には存在していない。ニビル星は楕円軌道を描きながら移動するようにプログラムされている人工衛星でありながら、謎めいた有機体の惑星という魅力的な特徴を有している。彼らはそれを宇宙のどの惑星よりも知り尽くし、思う存分利用できるすばらしいテクノロジーを持ち合わせていた。
 ニビルは、地球年の3600年毎に、太陽系に接近するようプログラムされていた。太陽系に接近してから交差するように移動して、また銀河の果てに消えていく。この貴重な役割を担っている人工衛星ニビルを、宇宙連合総司令官ソ・ラーラに任され、王権制度で支配するのが「アン王」だった。そして、アンの皇子として、アヌは生まれた。
 金が豊富に採れる地球が発見されたのは、アヌが王位の座につく、少し前の時代だった。アヌの時代になると、一族の地球移住計画が着々と実現することになった。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 簡単な人間関係を紹介します。

 アヌ....プレアデス星からニビル星に移り住んだ初代王アンの第一子(この時地球が発見される)

 エンキ...アヌの第一子。アヌがヘビ族のイドと結ばれて生まれた息子のため、王位継承権がない。

 エンリル..アヌの第二子だが、王女アンツとの間に生まれたため王位継承権がある。地球に降り立ったアヌンナキの総司令官。

 ニンフルサグ(ニンマー)...アヌの娘。アークテゥルス星人の血を引くハイブリッド。古代エジプト時代には、女神ハトホルと呼ばれた。

 マルマルドゥク...エンキの第一子。


 ちなみにエンリルの第一子がナンナールで、その娘がイナンナです。つまりイナンナはアヌ王の孫であり、王位継承権があります。
 王位継承権について触れたのは、これによって後の時代に、ニビル星人たちの権力争いが起きるからです。
 権力争いによって血族同士で戦争まで起こすというのは、今の人類と全く変わっていないようです。いや、むしろ人類が、アヌンナキから引き継いだのかもしれません。
 上記文に出てくる【me(メ)】とは、ニビル星人たちがもっているプレアデスのテクノロジーが生んだ魔法のツールで、さまざまな種類があるといいます。
 次の文章に出てくる「運命の石版」も【me(メ)】の一種で、ニビルと地球間のルートを随時表示する機能がある一種のバイオコンピューターです。

 地球総司令官の任についたのがエンリルで、エンリルと一緒に地球に降り立った者たちは、「天から地球に降りた者」を意味する、アヌンナキと呼ばれるようになります。
 当初、地球で採掘された金(キン)は、火星(ラーム)の中継基地を経由してニビル星まで運ばれていました。その火星(ラーム)の監督官として任についたのが、エンキの第一子がマルドゥクです。
 火星(ラーム)で働くニビル星人たちは、地球に降りたったアヌンナキに対し、イギギと呼ばれます。まず最初にそのイギギで反乱が起きます。首謀者はイギギのリーダーだった、アンズです。


 ・・・<『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』、p140〜p143から抜粋開始>・・・

 アヌンナキの反乱

 アンズが死刑に処されたのは、アヌンナキが地球に定住してから25番目のシャル(地球時間で9万年)が過ぎようとしていた頃だった。ラームに残ったマルドゥクは、イギギたちの不満を抑え込むことができた。ラームの基地が再び順調に機能するようになるまでに、さらに数シャルを要したが、気性の荒いイギギたちは所々で常に問題を起こしたので、まだまだ完全には安定期が訪れる気配はなかった。それとは別に、地球のあちこちでも、労働者階級のアヌンナキたちが反乱を繰り広げるようになっていた。
 その頃はというと、再びニビル星が太陽系に接近してくる時期に入っていた。ニビル接近につれて地球は日照りに襲われ、十分な食料をアヌンナキの労働たちに配給できなくなっていた。これが原因となり、アヌンナキの反乱は本格化していった。
 残念なことに、この同じパターンがまったく変わりなく、今日の地球でも継続している。その度に地上の天候は荒れて混沌が広がり、秩序を失う。地球はニビル星の伴星であるかぎり、人類も彼らと同じような運命にあるのかもしれない。
 さて、ニビルの太陽系接近に従って、アヌンナキの指導者や労働者階級が、水面下で組織を作り、アヌ一族に刃向うようになっていった。またしても、エンリルにとって頭の痛い災いが降りかかってきた。
 金の発掘現場では、重労働を課せられていたアヌンナキたちの不満は募る一方だった。彼らは労働交代制に対する不満もあり、労働を拒むようになっていた。もともとニビル星人は重労働には向いていないからだった。
 このようなことからエンリルは、運命の石板を用いて、一刻も早くニビル星と地球間の直通ルートを開発させようと努めた。ついにその努力が実り、ラームを経由しない直行便が可能となった。これにより、採集された金をニビルに輸送する前に、単原子レベルにまで精製する、「バド・ティビラ」という金属都市が誕生した。
 その新しい都は、ニヌルタに任せられた。そのうちに中間ステーションだったラームの重要性は薄れてきて、ラームに滞在していたイギギたちは、地位の高い者たちから順にニビル星へと戻っていった。さらには、新しい直行ルートによって、大量の金がスムーズにニビルに運ばれるようになった。そのおかげでニビルの大気圏は修復される兆しを見せ始めた。それにしてもまだ、重労働に苦しむアヌンナキやイギギの反乱は消滅することはなかった。
 一方エンキはというと、アブズ(管理人注1)の湖の畔にある自分の屋敷の隣に、「生命の家」と呼ぶラボを建てて、とある研究に没頭していた。地球の大気と自転周期によって、どんな種類の疾病が起きるかといったような生態圏に関する研究だった。
 そんなあるとき、アブズの採掘現場で起きた労働者の暴動を抑えるために、エンリル自らがアブズまでやって来た。このことを知ったアヌンナキの労働者たちは、エンリルと取引しようと、彼が宿泊していたエンキの屋敷を真夜中に包囲した。暴動が起きるのではと恐ろしくなったエンリルは、エンキや息子のニヌルタに厳重に護衛するように頼んだ。
 結果的には、一斉蜂起したアヌンナキたちに抗(あらが)えきれず、彼らを重労働から直ちに解放し、彼ら全員が速やかにニビルに戻れるようにすると、総司令官であるエンリルは約束させられた。エンリルとエンキはこのことをすぐにアヌに報告した。しかしアヌは、まず金を十分に貯蓄することが先決だと、取り合おうとはしなかったが、アヌも心の内では頭を痛めていた。
 「エンキ、お前はアヌンナキの労働者の現状をよく把握しているはずだ。どうすればいいか、有能なお前はすでに考えついているのではないか? 一刻も早くこの間題を解決する方法をお前に委ねる」
 と、そうエンキに告げるや否や、アヌはさっさとアンツ(管理人注2)の宮殿へと引き返して行った。この「すべてお任せ」が、アヌの常套手段であることは、誰よりもエンキが承知していた。

 実のところエンキは、少し前からある解決策を練っていた。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注1:アブズ)
 エンキの領土で、エクル(ギザのプラミッド)周辺も含めて広大な範囲に及ぶ。

 (管理人注2:アンツ)
 アヌ王の妹であり妃。


 さてエンキの解決策とは、なんでしょうか。
 もちろんそれが人類創世です。

 では次回、乞うご期待(と言っても、いつになるかわからないですが)。



外為相場における勝者と敗者の物語...2016年4月10日

 当HPは情報提供という趣旨でやってきましたが、今回は毛色が違った読み物を紹介したいと思います。
 物語の主人公は若林栄四(わかばやしえいし)氏。
 私はこの物語を読んでいて、当事者の苦悩や歓喜がじかに伝わってくるリアルな臨場感を味わいました。それを訪問者の方々にもお伝えしたいと思ったのです。

 若林氏は若き東京銀行(現在は三菱東京UFJ銀行に吸収合併)の行員時代にシンガポールに派遣され、外為相場で資産運用する仕事に就きます。
 くだけた表現をすれば、銀行の資金で外国の通貨を売ったり買ったりして、儲けを狙うディーラーの仕事です。
 若林氏は若くして才能があったようで、市場では「マッド・ドッグ(狂犬)・ワカ」の異名をとって恐れられたそうです。
 とはいえ本人は、「マッド・ドッグ」など虚像だったと振り返っていますが。

 まず最初に紹介する話は、1978年8月に円/ドル相場で200円割れが起こった(円高ドル安が進んた)時点です。
 若林氏は、周囲に円/ドル相場は150円までの円高に行くと公言し、さかんにドル売りを仕掛けていました。
 そんな時、若林氏は上司の成瀬次長に呼ばれます。

 『覚醒する大円高』(若林栄四著、日本実業出版社)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『覚醒する大円高』、p199〜p203から抜粋開始>・・・

 「若林、相場はどうだ?」
 この人はいままで一度も相場のことに口出しせず、私は好き勝手にポジションを振っていたのだが、突如、相場の話である。私は訝しく思ったが、勢い込んで言った。
 「いやぁ、この相場は150円までいきますね」
 「ふむ、そうか。で、いまポジションはどうなっている?」
 「限度いっぱいドル・ショートです」
 「あのなぁ若林、俺は180円まではよいと思ったけど、これ以上はどうかと思うんだ」
 「そうですか……」(全然納得していない。こんなおっさんに為替のことがわかってたまるか)
 「まあ考えでもみろよ。君のおかげで前期はロンドンを抜いて、海外店で収益がニューヨークに次いで2番になった。派遣行員が8人のシンガポールが、派遣行員が50人以上いるロンドンを抜くことは大変なことだ。それは素晴らしいことだが、その状態が長続きすると考えるのはちょっと無理があるんじゃないか? とくにその収益がディーリング益なんだから。自然の摂理が働いて、どこかでやはり本来の序列に戻ると考えるのが常識じゃないか? つまり、遅かれ早かれ、相場でつまずく可能性が増しているということじゃないかと思うんだ。これは相場が180円で止まるとか150円までいくとかいうのとは全然関係がない。時にはほどほどというのも大事だといっているんだ」
 目から鱗が落ちるとはこのことだ。正論である。マネージメントはこうでなければならない。為替相場論なら徹底的に論争しようと構えていた私は、この切り口には参った。全面降伏である。平素は口を出さないけれど、成瀬さんはこんなことを考えていたのだ。このバランス感覚が、この人を後に専務へと昇格させたのだろう。私はなんと上司運のよい人間であるかと感謝した。
 早速ディーリングルームに戻ってポジションは全部手仕舞った。1億ドル以上あった。1ドル=178円台だったと思う。
 それから2〜3日後、181円台まで戻ったドルを軽く売って、小さいショート・ポジションをつくった。2000万ドルぐらいの可愛いポジションである。決め打ちはやめ、軽くフットワークを効かせたディーリングに徹するつもりである。
 その夜、帰宅してくつろいでいると、たしか10時ごろだったと思うが、東京から電話がかかってきた。
 「おい、ええよん(私のこと。名前が栄四なのでそう呼ばれていた)。米国がドル防衛策を発表した。ドルが暴騰してるぞ。ポジションは大丈夫か?」
 「暴騰って、どこまでいってるんですか?」
 「さっき聞いたら、ニューヨークで190円台が出会ってるらしい」
 「そうですか。ポジションはドル・ショートですけど、小さいので大してやられていないと思います」
 世にいうカーター・ショックである。1978年11月1日だった。
 当時はポケット・ロイターもなく、家に帰れば相場には完全に盲目である。
 すぐニューヨークに電話を入れた。
 「ドル/円はどうですか?」
 「192円〜195円で100万ドルずつだ」
 通常10銭以内の売買幅(スプレッド)が何と3円もついている。しかも100万ドルのプライスしかないのだ。
 こりゃあかん−−−私は観念した。ほとんど相場が消えてしまったマーケットでジタバタしても仕方ない。運を天に任せ、明日の東京市場で買い戻すことにした。
 それから成瀬次長に電話した。
 「米国がドル防衛策を発表しました。ドルは195円まで暴騰しています。ポジションは20本のドル・ショートです。こんな滅茶苦茶なマーケットなので、今日はジタバタせず、明日処分するつもりです」
 「よしわかったそうしよう」
 えらい人である。「俺の言ったとおりだろ」などとは言わないのである。「何だ、また20本売っちゃったのか」とも言わないのである。
 私は、195円でドルを買い戻せば約3億円のやられかと覚悟した。成瀬さんのアドバイスがなかりせば、15億から20億円はぶっ飛ばしていただろう。私は自分がツイている男だと確信し、眠りについた。
 翌日、東京マーケットがオープンした。日本の連中はカーター・パッケージの効果に懐疑的な向きが多く、朝からドル売り殺到となった。輸出業者の輸出予約のドル売りも大量に出回り、日銀はドル買い介入で一日中超繁忙であった。東京マーケットのドル相場は終日185円ちょうど、日銀は10億ドルを超える当時としては巨額のドル買い介入を行ない、185円を守り切ったのである。
 私は運よく、185円でドルを買い戻すことができ、被害は軽微であった。昨日ジタバタせずによかったと思った。
 この体験は後々の相場に役立つのである。
 あっと気がついた瞬間に、すでに突発事件で大やられになってしまったときは、ジタバタせずに事の推移を見守るという教訓を得たのである。
 なお、この185円が一種のセリング・クライマックスで、その後ドルは急激に値を戻し、1カ月後には200円を回復している。4年後の1982年には278円と、100円も戻したのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 相場をやったことがあれば常識なのですが、全く相場をやったことがない訪問者の方もおられると思います。
 そこで相場の基本的な用語を紹介します。
 ショートという言葉が出てきましたが、ロングとショートの一対で使います。これは「長い」「短い」ではなく、相場の世界では、ロングは「買い」で、ショートは「売り」を意味します。
 若林氏は、一度は成瀬次長の箴言に従ったにも関わらず、再び2000万ドルのショート・ポジションを取ります。
 これは市場で、円でドルを2000万ドル分売ったということです。
 当時の為替レートで1ドル=181円だったとすれば、36億2000万円分のドルを売ったということです。
 この36億2000万円ものポジションを、若林氏は「可愛い」と表現しているのは、ちょっと庶民の感覚からすれば凄いなと思います(とはいえ今のFXの世界なら、普通なのかもしれません)。
 ポジションは、日本語では「建玉(たてぎょく)」とか「玉(ぎょく)」と言ったりします。
 ここでは、2000万ドル分のドル売りの建玉(ポジション)を持ったということです。
 ちなみに全くポジションがないときは、「ノーポジ」と言ったりします。

 後々の文章で、「マーケットはドル・ロング」という表現が出てきます。
 これは、市場参加者のほとんどが、ドルを買い持ちしている状態ということです。市場参加者がすでに目いっぱいドルを買った状態なので、もうこう以上ドルの買い余力がないということです。
 つまりそうした状態では、ドル売りを吸収できないので、ドル下落に繋がりやすくなります。

 さて、成瀬次長のアドバイスで大怪我を免れた若林氏ですが、方向性をドル売りからドル買いに転換します。
 当初が調子よかったのですが、思わず危機に襲われます。


 ・・・<『覚醒する大円高』、p204〜p213から抜粋開始>・・・

 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

 成瀬次長のタイムリーなアドバイスで九死に一生を得た私だが、その後の急激なドル上げ相場にはまったくついていけなかった。何せ、それまでの勝利体験はほとんどドル売りでの儲けであり、ドルを買って儲けたことなど皆無に近かったからである。
 翌年4月にかけて220円までドルが戻る過程で、私はドルを売ってはやられ、また懲りずにドルを売ってはやられの繰り返しであった。まったく未熟そのものである。マッド・ドッグなどと呼ばれていい気になっていたことに天罰が下ったのである。
 こうして私は1979年3月までのあいだに、前年10月に大儲けした蓄えをほとんどぶっ飛ばしてしまった。
 決算を終えて、あんなに儲かっていたものを全部はき出してしまったことがわかると、さすがの私も一体何が悪かったのかを考えざるを得なかった。
 いろいろと考えた結果、到達した結論は「時代はドル高時代に変わった」である。180円から220円まで戻ったところで、やっとドル高時代に気がついたのであるから、相当なものである。しかし、そうとわかれば話は簡単である。
 1979年4月から、私は基本ドル高の相場観に宗旨変えをした。持ち高は基本ドル・ロングで走ることにして、最初はドル高相場に慣れていないこともあって、持ち高の回転を早めることを心がけた。戦略の変更と戦術の転換を同時に行なったことになる。
 最初の数週間は順調であった。ドルは220円から224円まで上昇、この戦略変更が正解であることに自信を強めた私は、戦術的には徐々に決め打ちに傾斜、ポジションは気がつかないうちに膨れ上がっていた。
 ところが好事魔多しである。ある日、突発事件が起こったのである。正確にいえば、ある日、私が突発事件を起こしてしまったのである。
 5月初旬、日本ではゴールデンウィークの最中だったと思われる。当時、新任の大平首相が恒例のワシントン詣でで渡米していた。記者会見に臨んだ同首相は「ドル/円は200円前後が好ましい」との発言を行なった。この発言を受けて、ドルは2円ばかり下落、前日の223円台から下落し、221円台近辺で東京マーケットで取引されていた。当時は米国の経常収支が黒字転換しており、首相の発言に敬意を表して2円円高になったものの、先行きドル高円安の見方は根強いものがあった。私もドル・ロングの5000万ドル程度の持ち高を抱えていたが、それほど心配はせず、またドルは上がると高をくくっていた。
 東京市場の昼休みの時間帯に入った。東京前場の引けは221円10銭程度であったと記憶している。東京が昼休みのあいだは通常、何も起こらないので、私も部下の連中とバカ話をしながらくつろいでいた。
 ドイツ銀行(ドイチェバンク)のシンガポール現地法人から、「ドル/円のプライスをつくってほしい」と呼んできたのは、そのときであった。
 「ドイツ銀行がドル/円とは珍しいな。いままでドル/マルクしかやったことがないのに」と、不審に思いながらも相場をつくって出すと、
 「YOURS FIVE DOLLAR AT 221.00」
 と言ってきた。つまり221円ちょうどで500万ドル、先方の円買い・ドル売りである。
 「ふむ。東京の昼休みに、わざわざいつもはやらないドル/円を500万ドル(当時としては大玉)も撃ってくるとは……。もしかすると、奴ら何か情報をつかんでいるのかもしれないな」そう考えると早速部下に指示して、ロイター、時事など通信社のティッカーを調べさせた。
 「ミスター・ワカバヤシこんなニュースが出でいます」
 現地人の部下がロイターのティッカーの切れ端をもってきた。英語の文章を一瞥、私は瞬時に事態を把握した。
 「C00RDINATED INTERVENTION(協調介入)」の文字が踊っている。
 後でよく読めば、「協調介入の可能性も否定できない」という国際金融筋のコメントであったのだが、そんなことはどうでもよく、私にとって重要なのは「協調介入」の一語であった。すでに5000万ドルのドル買い持ちで、若干の評価損が出ている。さらにドイツ銀行に500万ドル買わされ、持ち高は5500万ドルに膨らんでいる。そのうえに「協調介入」の一語である。とり得る選択肢は1つ、「大脱走(GREAT ESCAPE)」である。たしかそんな題名の映画が当時流行っていた。
 大脱走はいいが、東京市場の後場オープンまでにはまだ30分もある。東京が昼休みのあいだにこの買い玉を処分しようとすると、薄商いでドルが下がることが考えられ、その結果、私の評価損も大きく膨らむことになる。
 一瞬迷ったが、あと30分も何もしないで待つことの苦痛に耐えるほど私は忍耐強くない。
 「いまから全部売ってしまおう」そう決めると、私はシンガポール・マーケットのよく知っている連中をこれに巻き込むのは忍びないと思い、顔も知らない香港の連中を巻き添えにすることにした。
 当時のシンガポールと香港のマーケットでは、1回の取引がせいぜい200万〜300万ドル(東京市場が開いていないとき)といったところで、これだけの買い玉処分売りをやると、まず2円ぐらいはドルが下がると覚悟した。
 「よし香港を呼べ」
 部下の連中は一斉にテレックスで香港の銀行を呼び出しにかかった。
 「221・00−10」
 部下が叫ぶ。
 「YOURS FIVE」(500万ドル売った)
 「THREE DONE」(300万ドル売れました)
 こんな調子で買い玉処分売りを始めたが、案の定、東京が昼休みの薄商いなので、ドルは急落した。ほんの15分ぐらいのあいだにドルは1円急落、220円ちょうどが出会った。売れたのはせいぜい2000万ドル弱である。
 「こらあかん。マーケットはドル・ロングや」
 私は東京市場の後場がオープンするまで待つことにした。
 「いいか、東京がオープンしたら一斉に東京を呼べ。出てきた相場は俺にいちいち聞かないでいいから、すぐ叩くんだ。219円ちょうどまでは、俺に開かずに売ってよろしい」
 悲壮な決意である。買い玉処分売りで、自分の評価損がどんどん膨らむのを承知でマーケットを売り崩そうとしているのである。ふと「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という柳生石舟斎の言葉が頭をよぎった。
 剣の極意と相場の極意は自ずと違うものだとは思うが、身を捨ててかかれば、一瞬の勝機が生まれるかもしれないと思った。
 東京マーケットの後場オープンだ。寄付きは220円ちょうどである。東京の連中にしてみれば、いつもほとんど動かない昼休みのあいだに1円ドルが急落していたので、「一体何が起こったのか」という感じなのか、戸惑いがみられた。そこへ錐(きり)を揉むようにドル売りを仕掛けていった。元々、マーケットはドル・ロングだったのだろう。あっという間に相場は219円まで急落した。
 219円まででほとんど買い玉処分を終わった私は、いったん様子見することにした。東京から電話が入った。
 「ええよん。お前が狂ったように売ってるって、みんな言ってるぞ。一体何があったんだ」
 「いや、ロングでつかまったので、損切りしています」
 「MAS(管理人注:シンガポール通貨庁)が売ってるんじゃないのか」
 「いえ違います。僕の知る限りMASは動いていません」
 「わかった」
 東京の口調はやや詰問詞であった。「ふむ。東京もドル・ロングでつかまっているな」と思った。
 相場のほうは、219円で一瞬立ち止まったが、ほとんど戻りがないまま219円を軽く割った。東京の前場引け値から2円も急落したのに戻りがないのを見て、マーケットはパンパンのロングであると確信した。
 「これが身を捨てることによって得た勝機だ」
 買い玉処分が済んで身軽になった私は、ドル売りで勝負することにした。もう一度、錐揉み戦術の発動である。今回は東京勢も容易には退却しない。218円30銭ぐらいまでドルを押し下げで、4000万ドル程度のドル・ショートになった。「これでよし、あとはロングの奴らがドルをぶん投げるのを待てばよい」と思った。

 相場の運の分かれ目はほんの紙一重

 218円ちょうどまでいった相場は、218円50銭まで戻したが、そこまでであった。戻ったところでMASと思われる大口のドル売りが出て、218円も割れてしまった。その日、東京の引け値は結局、217円台のローであった。
 私は215円台までいけば、買い玉処分に伴う損をチャラにできるなと思い、ポジションをキープすることにした。
 翌日、世界を一周して還ってきた相場は216円台だった。どこかで、あきらめの悪い奴らが最後にドルをぶん投げてくるはずだし、そのときはドル下げ相場が加速すると踏んで、ひたすら待つことにした。
 その日の午後、ドルは216円も割った。ドル下げはにわかに加速し始めたのである。本格的な投げが始まったのである。ブローカーの声のトーンが緊迫している。
 みるみるうちに相場は崩れ、215円も割れ、次の瞬間には214円も割れてしまったのである。私はまだ全然、利食っていない。利食おうにもタイミングが見つけられないのである。
 「ミスター・ワカバヤシ、A銀行のウィリアムから電話です」
 シンガポールの地場大手の銀行のチーフディーラーである。
 「ワカ、3000万ドルのプライスをくれないか」
 一取引3000万ドルのプライスである。滅茶苦茶にスピードのついている相場で3000万ドルである。彼らがドルを売ってくるのは自明である。なぜなら、買いたいのなら、ゆっくり指し値で、金額を分けて買えばよいからである。
 彼らにしてみれば、とにかくどんなプライスでもいいからドルの買い玉を一気に処分したいということで、前日は狂ったようにドルを売っていた私のところへくれば、大玉を受けてもらえると思ったのであろう。
 「オーケー、ウィリアム、ちょっとワイド(売買幅が広い)だけど、213円30−60でどうだ」
 「YOURS」
 案の定、ドルを売ってきた。
 「DONE」
 ほとんど利食えてしまった。1〜2分後、またウィリアムから電話がかかってきた。まだドルは下がっている。
 「ワカ、もう1回、3000万ドルのプライスをつくってくれ」
 「オーケー、212円80−213円10」
 「YOURS」
 「DONE」
 私はドル・ロングになってしまった。しかしそれがドルの底だった。ドル・ロングを投げ切った相場は徐々に戻り、東京市場のクローズ時には215円台を回復していた。私はといえば、A銀行の6000万ドルのドル売りをみて、投げが終わったことを直感し、213円台から少しずつドルを買い増していった。
 その日が終わってつくづく思ったことは、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」である。
 もしドル・ロングでつかまったまま、ドルが下がり215円を切ってきたら、きっと私もポジションを投げに入り、大損をしたことだろう。それにしても、ドイツ銀行はよく東銀にドルを売ってきてくれたものだ。あれがなければ、人より先に買い玉処分に走る踏ん切りがつかなかっただろう。運の分かれ目はほんの紙一重なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 マッド・ドッグ・ワカの本質は、逃げ足の速さかもしれません。
 人より先に危険を察知したからこそ、人より先に逃げ出すことができました。それで身軽になり、今度は一発逆転を狙えることになりました。
 この相場において、若林氏は明らかに勝者となりました。
 しかし相場の世界ですから、誰かが儲ければ、誰かが損をすることになります。
 若林氏の勝利の裏には、敗者がいたということです。


 ・・・<『覚醒する大円高』、p213〜p217から抜粋開始>・・・

 後で聞いた話だが、A銀行のドル/円担当のディーラーは、前日、東京マーケットが昼休み中に私が香港に打ち込んだ玉を、香港の連中から逆に食らい、ドル・ロングになってしまったらしい。その後のドル下げ相場でナンピン買い均しの禁じ手を使い、215円を切ったところでぶん投げたという。チーフのウィリアムはこのポジションに引導を渡すために私を呼んできたのだ。ドル/円のディーラーは大損を出して、A銀行をクビになった。
 私のディーラー・キャリアのなかでも最もビューティフルにいったベスト・ディーリングが、誰かのクビ切りにつながるとは因果な商売だと思った。
 ドルは翌1980年4月には263円まで上昇することになる。大ドル上げトレンドのなかでの、しゃっくりのような10円程度の修正ドル下げであったのだが、この10円の動きには数々の人間ドラマが秘められていたのである。

 人間の運命も相場も神意に基づいている

 話は前後するが、私がシンガポールから東京に帰任して、2年以上経った1982年9月25日、朝日新聞は第1面トップでこう報じている。

 <わが国最大の都市銀行である第一勧業銀行は、24日、同行シンガポール支店が過去4年近いあいだに、外国為替取引で失敗し、これまでにわかっただけでも97億円にのぼる損失を出した、と公表した。この日緊急記者会見した青木辰男副頭取は、直接為替投機を行なった神田晴夫前同支店資金課長(41才)を解雇>
 <たった1人の外国為替デイーラー(売買担当者)が、為替投機に失敗、日本一の銀行の当期利益の4分の1をふっ飛ばしてしまった>

 この記事に名前が出ている神田晴夫さんというのは、1981年4月にNHKで放映された『日本の条件』に登場した世界の7人のディーラーのなかでも、「剣道3段、中肉中背、筋肉質の美男子。多少の白髪、甘いマスクに鋭い眼、精悍な表情が生き生きとして……」というナレーションとともに真っ先に映し出されるような、スター・ディーラーとして知られていた。
 私がシンガポールに赴任した4年後の1978年8月、神田さんはシンガポールに着任した。ちょうど1ドル200円が割れ、カーター・ショックの3ヶ月前、円高の最終段階に入りつつあるときだった。
 私は一匹狼型人間で、昔から友達も少なく、どちらかといえばウェットな人間関係が嫌いである。したがって、神田さんとの付き合いも、同年代の同業者としての常識の範囲を越えるようなことはなかった。たまに一緒にゴルフをしたり、ブローカーのパーティで顔を合わせては世間話をしたりする程度の間柄であった。
 私が気分屋でほとんど常に機嫌が悪く、ブローカーを怒鳴りつけたり、弱い奴(弱い銀行も含めて)をいじめたりする、いわいる悪い奴であったのとは対照的に、神田さんは常にジェントルマンであり、優しく笑みを絶やさず、一言でいえばナイスガイであった。
 あえて誤解を恐れずに一般論としていえば、ナイスガイが相場の世界で勝つのは、なかなか大変である。
 相場の世界は、勝負の世界であるから、相手の弱みに徹底的につけ込むとか、弱っている相手にトドメをさすようなキラー・インスティンクト(殺傷本能)も必要であり、他人の犠牲の上に自分の勝利を築くような冷酷な肉食動物的性格が向いているのではないかと思う。
 さて、神田さんの後日の述懐によれば、カーター・ショックのときに、部下がドルを売り持ちにしていて5億円ぐらいの損を出したのがこの悲劇の始まりで、その損を取り戻そうとして先物取引を繰り返しているうちに傷を拡げてしまったらしい。カーター・ショックといえば、私も上司の成瀬さんのアドバイスがなかりせば15億円以上ぶっ飛ばしたかもしれないほどの大事件であった。私は辛うじて生き延び、神田さんは敦命傷を負ったのだが、この差はまさに紙一重である。
 この述懐を聞く前、私は「相場では勝つ奴は勝つ、負ける奴は負ける。俺は勝つ奴で、神田さんは負ける奴なんだ」という間違った認識をもっていたが、とんでもない、これは「ツイているかいないか」の問題であると気づいた。
 私がシンガポールで任期を終え、帰国寸前の1979年の暮れ、有志の方々で催してくれた送別ゴルフのとき、神田さんが私に「凱旋将軍としてのご帰国ですね」といった一言が心に残った。彼はそのときすでに、雪だるまのように膨らむ損失と絶望的に格闘していたのだろう。後日、新聞報道で巨額損失発生の事実に接したとき、ふとあのときの神田さんの微妙な表情が記憶に蘇ったものである。
 神田さんは第一勧銀を退職後、マネーブローカー会社の役員として非常に活躍され、私もよくお目にかかったものである。
 その後、ご子息をがんで亡くされ、またご本人も病魔に冒され、47才の若さで彼岸に旅立たれたのである。
 人によっては不幸を絵に描いたような人生だと思うかもしれないが、私はそうは思わない。「神は信仰篤きものに不幸を与え、その信仰心をお試しになる」という言葉もある。神田さんは神に選ばれた善良な人間だったのではないかと思うのである。
 ご子息を亡くされてからも、神田さんとは何度も会う機会があったが、世の辛酸をなめつくしたからか、その人柄は透き通ったように清く、俗塵に汚れていない神のような趣があった。訃報に接したときも、それほどの驚きはなく、神田さんが本来帰属している世界に還られたような気持ちになったものである。

 ・・・<抜粋終了>・・・



バシャールが語る振動数...2016年3月26日

 バシャール(BASHAR)とは、チャネラーであるダリル・アンカ氏を通して現れる異次元の霊的な存在です。
 私は、そのバシャールが語る振動数に注目してきました。なぜ振動数に注目してきたかというと、これから地球が迎える大いなる変容(シフト)の、重要な指標となると考えるからです。
 地球もまたガイアと呼ばれる生きた生命体です。
 太陽系全体が高密度のエネルギー帯域に突入する中で、地球もまたその環境に適応すべくその固有振動数を上げていきます。
 これまでの地球環境が大きく変化するということです。
 そして人間を含め、地球上で暮らす全ての動植物は、そうした環境の変化に適応できなければ絶滅の道を辿らなければなりません。新たな地球環境に適応できなかった種は、地球上で生存を許されなくなります。
 もちろん人間も例外ではありません。

 バシャールは、人間が持つ固有振動数(シグネチャー周波数)の中で肉体の振動数に関して、極めて具体的に数値を上げて示しています。
 『その名は、バシャール』(さとうみつろう バシャール、VOICE)から抜粋して紹介します。
 引用する文章は、みつろうさんとバシャールの対話形式となっています。


 ・・・<『その名は、バシャール』、p152〜p159から抜粋開始>・・・

 すべての物質は固有振動数で震えている

みつろう ちなみに、調和しているか、調和していないかというのは、お互いの「関係性」の問題で、波が整数倍かどうかがポイントなんだけど、すべての物質は、「固有振動数」(シグネチャー周波数)」というものを持っているよね。原子はエネルギーの振動そのものなんだから。

BASHAR はい。一人ひとりがそれぞれの各部分の周波数の集大成、あるいは調和された集合体から成る、その人独特の固有振動数を持っています。

みつろう その物質的な周波数と、バシャールの言う「ワクワクによって波動を上げる」という周波数は違う話?

BASHAR 同じものです。ワクワクでシグネチャー周波数が上がるのです。

みつろう そうなの? 凄いね。じゃ、ワクワクしたら、この物質である肉体の振動数が上がるってこと?

BASHAR はい、そうです。
 あなたのシグネチャー周波数が上がります。また、シグネチャー周波数の中にはあなたの肉体の周波数も含まれます。
 今のみつろうさんは、人生や考え方の状態によって1秒間に17万6千から22万回の振動数の間を変動しています。

みつろう ヘー。今この瞬間、僕という肉体はどのくらいの振動数なの?

BASHAR 毎秒21万7千サイクルです。

みつろう マジで?
 それって、昔バシャールが言っていた、聖者たちの振動数を超えてるじゃん!
 ほら、ブッダとキリストは毎秒20万回って言ってたよね? (*156ページの表参照)うっわー、めっちゃ嬉しいんですけど。なにこれ、接待対話なの? ヨイショされているの俺?

BASHAR あなたは今、とてもワクワクしているからです。
 それに今、私たちが21万7千よりずっと高いエネルギーを出しているので、あなたなりに私たちのエネルギーに合わせようと思って自分の周波数を上げている状態なのです。

みつろう 実は昨日から、バシャールに会えてものすごく嬉しくて興奮しているんだ。隠していたけど(笑)。

BASHAR 私たちから見ると隠れていませんが。

みつろう 隠れてないのね。表面上か、隠してるのは(笑)。

BASHAR でも、私たちは、表面よりもっと深くを見ますので。

みつろう さっきの振動数だけど、僕が約22万回ならキリストなんて38万回くらい行ってそうなもんだけどね。

BASHAR まず、33万3千という数字が、物質次元と非物質次元の「閾値(しきいち)(ある反応を引き起こすのに必要な値)」です。
 ということは、1秒に38万サイクルというのは、もう物質次元を超えたハイヤーマインドの次元なのでありえません。

みつろう なるほど。キリストの意識というのがあるなら、そこってことね。

BASHAR そういう可能性もあります。けれども、それも状況に応じて変動します。
 何しろ、38万回ならすでに非物質次元にいるわけですから。
 イエス・キリストという存在のハイヤーマインドならば、38万は正しいかもしれませんが、キリストが肉体を持っていたときに、38万回だったということはありえません。


 <管理人注:以下はp156の表>

密度と振動数

●第3密度...約6万〜15万回/秒

*人類の平均は約7.6万〜8万回/秒
 仏陀やイエス、クリシュナ、ウォヴォーカ(ネイティブ・アメリカンの聖者)は20万回/秒以上
*初期のアトランティスは平均約14万〜15万回/秒

●移行領域...約15万〜18万回/秒

*ムー/レムリアは平均約17万〜18万回/秒

●第4密度...約18万〜25万回/秒

*ピラミッド内で行う儀式で、最大約20万回/秒

●移行領域...約25万〜33.3万回/秒

*バシヤールは約25万〜29万回/秒
 ここまでが物質界

●第5密度...約33.3万〜50万回/秒 以上

 −以降非物質界

<『バシャール×坂本政道 人類、その起源と未来』より>



みつろう 肉体のぎりぎりの限界は33万回なんだね?

BASHAR 33万3千です。

みつろう 333、ナイスナンバーだね!

BASHAR これは正四面体の構造です。

みつろう おお、そうなんだ。
 じゃあさ、もはや「ほぼキリスト」と言っても良いであろうこのみつろうさん(固有振動数21万7千回/秒)が、一緒にいるみんなをワクワクさせたら、その人たちの周波数も高くなるの?(笑)。

BASHAR そうです。

みつろう じゃ、音に乗せてこの振動数を伝染させられるってことか。
 ちなみに、ダンスも音に乗って動く行為だからいいんだね?

BASHAR イエス、イエス、イエス、なんでもいいのです。
 自分の本質とつながることができれば、その人の周波数は上がります。

みつろう なるほど。さっきの話に戻るけど、人間のDNAの構成要素はすべてが同じ物質だよね?

BASHAR 地球の人のことですか?

みつろう もちろん。

BASHAR 一般的にはそうですが、少しシリコン化された要素を持っている人もいます。

みつろう えーそうなの? それは要するに炭素じゃないってこと?

BASHAR より高い周波数に対応できるように、この地球上の現実でシリコンの割合が増えています。

みつろう だとしたら、僕は玄米をよく食べるから、DNAもシリコンになってるんじゃない?(笑)。
 玄米って、ケイ素(シリコン)でできてるからね。

BASHAR そのようなことにはなりません。

みつろう ならないんかい(笑)。じゃあ、どうやったら炭素がシリコン化するの?

BASHAR これも、すでにお伝えしている通りです。
 自分の一番楽しいことをして、自分の周波数を上げれば、自分の分子が変化することで体内でよりシリコンが生成される割合が高まる、あるいはシリコンを吸収できるようになります。これは「クォンタム・プロセス」というプロセスが身体の中で自然に起きるからです。

みつろう クォンタム・プロセスというのは要するに原子転換のことかな?
 ある原子が、違う原子に変わる現象。

BASHAR はい、そうです。

みつろう あぁ、あなるほどね。生体内原子転換のことね。フランスの生物学者ルイ・ケルブランが提唱した。

BASHAR 簡単に言えばそういうことです。その表現は正確ではないですが、比喩としては良いでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はアセンションという言葉を使わないで、変容(シフト)と言ってきました。
 アセンションとは次元上昇を意味していますが、そうだとすると今の3次元が4次元(ないし5次元)に移行するということになります。
 私は今の地球が4次元に移行するとは考えていません。バシャールが言うように、今の第3密度(6万〜15万回/秒)から第4密度(18万〜25万回/秒)への変化だと考えています。それゆえ次元が変わるアセンションという言葉は、誤解を与えるものとなってしまうので使わないようにしてきました。

 では今の人類の平均である肉体の振動数7.6万〜8万回/秒とは、いったい何の振動数なのかです。
 私はこれを長年、追求すべきテーマとして温めてきました。
 これに関し、ヒントとなる文章に出くわしたので、それを紹介します。
 『99%の人が知らない この世界の秘密』(内海聡著、イースト・プレス)から抜粋します。


 ・・・<『99%の人が知らない この世界の秘密』、p216〜p217から抜粋開始>・・・

 秘密のカギを握るバイオフォトン

 では次に、あなた方は「バイオフォトン」(生体光子)を知っているだろうか? バイオフォトンは生命の秘密に関係してくる代物であり、もしかすると「霊魂」とも関係があるかもしれない、きわめで興味深いものだ。なぜアカシックレコードの話など持ち出したかというと、理由のひとつはこのバイオフォトンと関係があると思うからだ。
 バイオフォトンは、ごく簡単にいえば「光の粒子」である。読者にわかりやすく今ふうにいえば、「オーラ」のようなものだ。植物をふくめたこの世界のすべての生物は、光を放ち、光を吸収し、光をためているという。そして、すべての細胞は、1秒間に少なくとも10万回の光を放っているという。
 あなた方の体も、実は微細な光を発している。これは決して眉唾な話でもなんでもなく、ずっと昔から科学的に証明されていたことで、現代の先端科学でも研究されている。
 死とも深い関係があり、たとえば野菜に元気がなかったり、枯れていたりすると、バイオフォトンの数値も下がるという研究データがある。細胞の活性の具合によって、光が弱くなったり、消えたりするのだ。
 バイオフォトンの正体は一体なんなのか。いろいろな意見があるが、なぜ、そして何が光っているのかはまだわかっていない。私は研究者ではないが、いくつか思い当たるふしはある。ひとつの可能性については後述する。
 バイオフォトンは200〜800ナノメーターの範囲で光を放っているとされる。実は、人間が見ることのできる可視光線(電磁波の波長)の下限はおよそ360〜400ナノメーター、上限はおよそ760〜830ナノメーターと相当狭い。波長が短すぎても、長すぎても、人間の目では見ることができないのだ。
 だから通常は、人間にはバイオフォトンを見ることはできない。ただし、野生動物の多くはこの光を見ることができるとも考えられる。なぜなら野生動物の可視光線の幅は、我々よりずっと広いからだ。紫外線を見ることができる動物は多くいるし、もっと波長の長い、あるいは短い光まで見ることができる動物もいるだろう。
 もしかしたら人間でも、オーラが見えると主張する霊的セラピストたち(二セモノは除く)は、普通の人には見えない波長の光をとらえているのかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 内海医師は上記の引用文で、「すべての細胞は、1秒間に少なくとも10万回の光を放っている」と言っています。
 ネットで調べてみると「各細胞内のDNAは、数十億ヘルツの周波数で振動している」という文章に出会います。これは第3密度の人類の平均である約7.6万〜8万回/秒とは、文字通り桁違いの数値であり、DNAの振動数ではなさそうです。

 それに比べ1秒間の振動数として、細胞単位で見ると10万回というのは、ほぼどんぴしゃりの数値です。
 それゆえ私は、バシャールが言う肉体の振動数とは、細胞の微細な振動数を言っているのだと結論づけています(少なくとも現時点では)。
 地球が第4密度に上昇するので、その環境に適合するために人間は細胞の振動数を18万〜25万回/秒に上げる必要があるということです。

 以前ネットで、感銘を受ける文章を読んだことがあります。
 それは、よく自然法則で弱肉強食を言う人がいますが、それは間違いだというものです。
 例えばトラとウサギを同じ檻に入れたら、強いトラが弱いウサギを食べてしまうのは必然です。そこだけ見れば、弱肉強食が自然法則だと言いたくなりますが、それは檻の中という極めて小さな環境に限定した場合のみに起こることだといいます。
 では地球全体の環境だとどうなるかというと、いまや野生のトラは絶滅の危機に瀕しています。かたや野生のウサギは、個体数を増やしているという話もあるそうです。
 つまり弱肉強食とは逆の現象が実際に起こっているのです。
 では本当の自然の法則はなにかというと、それは適者生存だといいます。
 適者生存とは、環境の変化に適応したものが生存するということです。トラは人間が行った環境破壊も含めて、地球環境の変化に適応できずに絶滅の危機に瀕しています。ウサギはそうした環境の変化に適応したということです。

 今起こっている地球の振動数の上昇も環境の変化です。
 それに対応して振動数を上げた人間は地球での生存が可能となるが、振動数を上げられなかった人間はもう生存が許されなくなるということです。

 人間を構成する霊的なスピリットや魂は、スピリチュアルな進歩があれば、振動数を上げていくと思われます。それと伴に、肉体を構成する細胞の振動数も自動的に上がっていくものと思われます。
 しかし今、日本に暮らす私たちにとって、細胞の振動数の上昇を妨げる大きな障害が立ちはだかっています。
 それについては、またいずれ記事にしたいと思います。



ポジティブなUFO情報...2016年3月18日

 (以前の記事にも書きましたが)、千さんのお爺ちゃんセッションで言われたことですが、私は地球の未来から来た霊的な存在と、定期的(日曜の夜)に会合を開いているらしいのです。
 今の私にその記憶はありません。会合に参加しているのは私のハイヤアーセルフだそうで、もし私が自分のハイヤーセルフと繋がることができれば、その記憶を共有することができると思っています。
 地球の未来から来た霊的な存在は4名で、名前を聞いたら、アクト、デビス、サニータ、ラシンパとのことでした。
 話し合いのテーマは、これから地球が迎えるシフト(変容)に関することで、彼らは一人でも多くの人類に、新たな地球に来てほしいという願いで会合を開いているそうです。

 今回の記事は、その会合のこぼれ話的なことです。
 私は最近、千さんのお爺ちゃんセッションのたびに4名に今の私が知っても良い情報があったら教えてほしいと頼んでいます。
 以前、そんな彼らから「UFOに関する情報が来る」と言われました。
 日本のコンタクティーではなく、海外からの情報だといいます。
 私はUFOに関する新たな本が出版されるか、政府高官の暴露発言でもあるのかと思っていたのですが、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガからでした。
 1つはマーク・リチャーズ大尉の証言です。
 マーク・リチャーズ大尉は、「極秘宇宙プロジェクト」の内容をリークしようとしたため、身に覚えのない殺人事件の犯人に仕立てられ、30年の刑に服しているそうです。
 米政府系の組織の内部告発者のインタビューを専門に伝えているネットラジオ、「プロジェクト・キャメロット」というサイトが、刑務所内でマーク・リチャーズ大尉にインタビューした内容を、2013年、14年、15年の3回に分けて放映したそうです。
 ヤスさんのメルマガには、その要約が載っていました。

 もう1つは、UFOや地球外生命体の情報公開を進めているディスクロージャープロジェクトのスティーブン・グリア博士の証言です。
 去年(2015年)11月21日、グリア博士は、UFOや地球外生命体に関する4時間のプレゼンテーションを行いました。ヤスさんによると、プレゼンでは細かな証拠が提示されて実証されており、無視できない内容になっているといいます。

 これらのUFO情報を読んで私が感じたことは、私が知っていることは、ほんの一部に過ぎなかったということです。肝心で本質的なことは一般には公開されておらず、多くのことはいまだに秘密にされているということです。
 私達が宇宙人と言われて頭に浮かんでくるのは、グレイやレプティリアンなどですが、実際に地球に来ている地球外生命体は多種多様で、マーク・リチャーズ大尉によれば、80種にも上るといいます。

 またグリア博士によれば、グレイを装って人間を拉致(アブダクション)していたのは、実は地球人だったという話には驚かされました(地球外生命体としてのグレイやレプティリアンがいないということではなく、人間を拉致していたのは地球製のUFOで、地球人が造ったクローンのグレイという意味)。
 マーク・リチャーズ大尉やグリア博士の情報の信憑性がどこまであるのかというのが問題ですが、私には100%でないとしても、かなりの真実を含んでいるのではないかと思えました。

 当初はこうしたマーク・リチャーズ大尉とグリア博士の証言を記事にしようと思っていたのですが、ネットでこのヤスさんの情報を有料で売っているサイトを見つけて複雑な思いがしました。
 自分がお金を払って得た情報なので、それをどう使おうが本人の自由だとは思いますが、そのやり方で商売として成り立つのかなと余計な心配をしてしまいました。かりに私が記事にしてしまうと、その人の商売を邪魔することになるのは間違いないので、気が引けてしまいます。
 またマーク・リチャーズ大尉とグリア博士の情報は、ネガティブなエイリアン情報を暴露したものです。私は読んでいて、暗い気分になってしまいました。
 当HPに記事にすると、訪問されて読まれた方々も暗い気分になってしまうと思います。
 そこで今回は、読んでいて希望が持てるUFO情報を載せることにしました。
 ヤスさんのUFO情報は、いずれ記事にするかもしれませんが、またの機会にしようと思います。

 マーク・リチャーズ大尉に関して興味のある方は、ネットで検索すれば一部の情報は読めますので試してみて下さい。
 個人的な意見ですが、世の中には一般の人々に真のUFO情報を知らせないようにするグループがいると共に、真のUFO情報を知らせるべきであると考えるグループもいるのではないかと思うのです。
 知らせるべきだと考えるグループが、いきなり公開するのはショックが大きいので、少しずつ情報を小出しにしているのではないかと思うのです。
 マーク・リチャーズ大尉は、そうした役目を背負っているのではないかと想像しています。

 グリア博士の証言に関して、一つだけお知らせします。
 グリア博士は1994年、ハンス・フォン・リヒテンシュタインという人物から連絡を受けます。この人物はリヒテンシュタインの大銀行家で、欧州の金融帝国の頂点にいるといいます。
 この人物は、グリア博士が行っている「ディスクロージャー・プロジェクト」はかならず失敗すると言ったそうです。
 そして次のエピソードを語ったそうです。
 1989年11月、当事のアメリカのブッシュ大統領(父の方)と旧ソ連のゴルバチョフ大統領、当事の国連のデクエヤル事務総長の極秘会談が行われ、地球外生命体の情報を公開する決定が下されたといいます。
 しかしその直後、デクエヤル事務総長はエイリアンに拉致されます。そのときエイリアンは、地球外生命体の情報を公開するのであれば、あらゆる国の指導者を拉致するので、絶対にやってはならないと言ったそうです。この人物(ハンス・フォン・リヒテンシュタイン氏)が言うには、このときのエイリアンは地球の(UFO情報を公開されたくない)ある組織に属するもので、本当の地球外生命体とはなんの関係もなかったといいます。
 しかしデクエヤル事務総長はこれが本当の地球外生命体であると信じ込んでしまい、地球外生命体の情報の公開を取りやめてしまったといいます。
 これが本当の話なら、1990年代に真のUFO情報が公開されていたはずなので、惜しいことをしたなと思います。

 私が不思議なのは、グリア博士が去年11月に行ったプレゼンは非常に重要なものだと思うのですが、それに関する情報がネットで全く得られないことです。
 ぜひ日本語訳のついたDVDを発売してほしいと願っているところです。

 前置きが長くなりました。
 読んでいて暗くなるのではなく、希望が持てるポジティブなUFO情報をお知らせしようと思います。私が今一番注目しているコンタクティー、ジェームズ・ギリランド氏の記事です。
 月刊誌『アネモネ』の2016年4月号から抜粋して掲載します。


 ・・・<『アネモネ4月号』、p6〜p12から抜粋開始>・・・

 事前に受け取った情報を祈りのエネルギーとともに拡散

 普段から私は、高次元の存在やプレアデス人などの宇宙的存在たちとコミュニケーションしています。
 彼らからメッセージを受け取ったり、あるいは瞑想を行って自らの内側から導きを得た時は、必要な行動をとるようにしています。例えば、平和のためのエネルギーがもっと必要だと感じる時は、祈りのエネルギーをこの地から世界中に向けて発信しています。
 地球の変容をサポートするための私の活動のひとつが、高次領域にアクセスして様々な世界に訪れることです。
 未来に訪れた場合、近々、何が起きるかについて把握します。例えば、1989年に起きたサンフランシスコ周辺での地震や、1989年のシアトルでの地震の時、その手前で、地震が起きるビジョンを観ていました。
 私は地震に限らず、災害などが起きる前に、高次の存在たちからの”知らせ”を受け取ります。そのような時は、すぐに祈りや瞑想を行うことにしています。アダムス山には強いパワーが満ちているため、祈りのエネルギーを拡大させることができるのです。

 先住民族の予言とも符合する人類の行く手にある2つの世界

 高次領域にアクセスして私が収集する情報は、未来を警告するものばかりではありません。基本的には、「人類が分離を超越し、アセンションした姿」と「その時の地球の様子」をよく観ます。人類の行く手には、2つの世界があります。
 ひとつは、上昇するアセンションの波に乗っている人たちの世界。彼らは統合意識と平和を選択し、他者を兄弟姉妹のように愛し、互いの自由意志を尊重する生き方をしています。
 もうひとつは、堕ちていく人たちの世界。強欲や排他主義、パワーゲームに明け暮れている人々は、周波数が落ちたタイムラインにいます。
 このような2極化した世界は、ホピ族の予言と似ています。私の祖母は、ネイティブアメリカンのチュロキー族とケルト族との混血です。それもあり、私は多くのネイティブアメリカンの長老たちと未来についての情報交換をしました。すると、彼らに伝わる予言は、私が観たビジョンとほぼ同じだったのです。ETたちから受け取った情報も、私の観た世界と同じでした。

 地球の解放を促すために再び訪れている進化した異星人

 人類の最終的なゴールとは、宇宙の種族たちと再び手を繋ぐことです。それが、次に待っているステージです。
 人類が意識を上昇させ、宇宙の種族たちとのオープンな交流が始まれば、高度なテクノロジーの提供や、直接的なサポートが展開されていきます。すでに、そういう道筋が決められているのです。
 現在も、様々な高次元の存在が地球の変容に携わっていますが、特にサポートしてくれているのが、地球外から訪問している精神的・技術的に進化した異星人たちです。かつて地球に訪れていた彼らが、地球の解放を促すために、再び地上に戻って来ているのです。強欲など、目に見えないマイナスの力つまりダークサイドの支配からの解放のために−−。
 今まで地球上には、精神性が低い、反人道的なことを平気でするETのグループもいました。そのようなETが何千年もの間、人類の進化を大きく妨害してきました。
 昨年の夏、私は「TPR(トランスパーソナル・リリース)」で地球上にいるネガティブなETの割合を調べました。その結果、地上から90%排除されていました。ですので、地球はどんどん良い方向に向かっていると言えるでしょう。
 大切なのは、一人ひとりが罪悪感や恐怖を自分の中から解放し、自らの内なる神と直接繋がるようになることです。

 ・・・(中略)・・・

 精神レベルの周波数を上げて内的コンタクトを深める

 読者の皆さんの中には、ETという地球外知的生命体に関する情報に、興味のある方が多いかも知れません。
 ただし、ETに関する情報に対しては、常に注意深くいてください。なぜなら、世の中には「ネガティブコンタクト」、つまり、精神性の低いETとの交流による情報がとても多いからです。
 友好的なETによる、ポジティブな未来へと繋がるコンタクトにちゃんと目を向けられるよう、高い意識や周波数を持つものに心を向けてください。
 ETコンタクトの中で9割以上は友好的なETとのコンタクトです。残念ながら、友好的なET情報が隠蔽され、捏造されてしまった情報も出回っています。
 スピリチュアル的・精神的にアセンションの波に乗り続けるために、最終的には、一人ひとりが自分の内なるソースとの繋がりを築くことが大切です。希求する方向に、自ら努力することが最も大事です。自らの外側に向かって色々と探すより、内面に向かうことです。
 ETコンタクトは、最初、自らの外側での出来事に思えますが、彼らから友好的なメッセージを受け取るうちに、それは内面の覚醒を促すものだと分かります。
 今までもそうであったように、これからも彼らはどんどん周波数を下げて、私たちがコンタクトしやすいようにしてくれます。
 しかし、私たちはそれに甘んじることなく、自らライズアップ=精神レベルの周波数を上げなければなりません。
 現状のレベルではなく、自らの波動を上げることによって、彼らの意識状態である「宇宙意識」というものを、ようやく理解できるようになります。大切なのは、受け身ではなく能動的に、宇宙意識や精神的な覚醒へと繋がるコンタクトができるようになることです。
 あなたが悟りへの道を歩んでいる時、彼らはあなたのことを見つけ出します。彼らを探さなくても、必ず聖なるタイミングで、様々なガイダンスを受け取ったり、様々な形でのコンタクトが起きるでしょう。
 ETとコンタクトを重ねることによって、自らのルーツが分かってきます。そして”実は、自分がETそのものである”ということに、あなたは目覚めるでしょう。ETを見たいなら、鏡を見てください(笑)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ギリランド氏が言うように、地球に巣食っていたネガティブなETのうち、90%が地球から排除されたというのが事実なら、これは素晴らしいことです。
 私は前々から納得がいかなかったことに、ネガティブなETはどんどん地球に干渉して悪さを働いているのに、ポジティブなETが積極的な関与をしないことがありました。
 ポジティブなETからすれば、人類の進化に干渉してはいけないという大義名分があるのでしょうが、それだとネガティブなETに地球はやられっぱなしになってしまいます。
 昨今、その状況が変わってきたという記事を掲載します。
 これも月刊誌『アネモネ』の2016年4月号から抜粋して掲載します。
 テッド・マーという人の記事です。


 ・・・<『アネモネ4月号』、p15〜p17から抜粋開始>・・・

 銀河同盟に属するセイレス星のターウィリアン大使との出会い

 その相手は「セイレス(Seres)」という惑星に住む、ターウィリアンという名の存在です。彼は、銀河同盟に属する、星々の代表者と交流する役割を持つ宇宙大使です。
 大使とのコンタクトは、2014年から始まりました。元々、大使と密なコンタクトを取っていたのは、私の友人のほうでした。
 コンタクティである彼から、大使の存在を知らされた私は、自分のチャネリング能力を活かしてコンタクトを試みました。すると、大使とテレパシックに繋がり、コミュニケーションできるようになったのです。
 大使の住むセイレスの人たちは、地球よりはるかに進化した7〜9次元の存在です。精神的には私たちより5万年ほど進化し、技術的には10万年も先を進んでいます。大使の身長は約4mで、年齢は1万歳を超えています。もし望むのなら、彼らは2万5000年くらい生きられるそうです。
 セイレスでは、言語とテレパシーを必要に応じて使い分けます。貨幣経済は存在しません。「お金という概念は、他者を支配する目的のために作られたものです」と大使は言っています。
 つまり、ネガティブな種族のETの発想なのです。そのため、セイレスをはじめとした銀河同盟に参加している惑星には、貨幣経済はないそうです。

 思考から物質を生み出すセイレス星の人々の暮らし

 セイレスの人々は、それぞれが自由に活動しています。詩人やアーティスト、教育者、科学者など、やりたい仕事をして、他者や社会へ奉仕しています。
 ただし、そうした奉仕に時間を割くのは、多くて1日3〜4時間ほどです。それ以外の時間は、家族や子供たちと過ごしたり、世話をするための時間、あるいは創造性を高めるための時間として使うのです。
 地球人の概念には、仕事とそれ以外の時間には、明確な区別があります。しかし、セイレスの人たちは、すべての活動が奉仕であり、喜びの時間であるため、「労働かレジャーか」などと区別しません。
 また、彼らは何かを作り出す際に、すべて思考で行います。地球では物を作る時、材料が必要ですが、セイレスではすべて、思考で物を作り出せるのです。なぜなら、彼らは精神性を高めた結果、「思考=創造」であることを理解したからです。
 もちろん私たちも、意識の力がいかに現実を作るかについて、気づき始めています。今後、人類が精神的・霊的成長と進化を重ねることで、セイレスの人たちのようになれる日がやってくるでしょう。

 地球の自由意志を尊重し成長を見守る銀河同盟

 大使によると、銀河同盟とは、地球も含む天の川銀河のほぼ3分の1の領域にあたる「4億3千500万の惑星と、およそ7兆種類にもおよぶET種族たちの集合体」だそうです。
 このETたちは、主にヒューマノイドタイプで、精神性が高く慈悲深い存在です。
 銀河同盟が、これまで地球に対して積極的なサポートを行わなかったのは、理由があります。宇宙の法則に基づき、地球人の自由意志を尊重し、成長を見守るのが使命だったからです。
 一方で、ネガティブなETたちは精神性が低く、自分たちの欲求を最優先し、地球人の成長などは気にしません。そのため、積極的に地球にやって来ます。
 このような状態が大きく転換したきっかけが、2011年3月11日でした。

 東日本大震災をきっかけに銀河同盟が地球をサポート

 大使の話によると、この日、大震災と原発事故の起こった背景には、ネガティブなETたちの意図も大きく関わっていたのです。
 もしこの震災が、人間が何かしらの教訓を得るための自然発生的なものなら、銀河同盟は関与しなかったかも知れません。つまり、この震災は、ネガティブな存在たちによる、ネガティブな目的のために意図されたものだった可能性があります。
 そのため、もはや銀河同盟は見守るという範囲ではなく、関与すべき事態であることを察知したのです。大震災が起きた日は、「銀河同盟が直接、地球の危機をサポートしてよい」という、ゴーサインとなりました。
 そこで、銀河同盟のレスキュー部隊が震災直後の被災地に駆けつけ、様々な活動を行いました。中でも、原発事故に伴う土地や海水の汚染の除去、あるいは汚染の低減化など、被害を最小限にとどめる活動を行ったのです。
 例えば、海水汚染はその後、私の住む米国の西海岸へも広がりました。しかし、私が海水を科学機関に持ち込んで検査したところ、放射能汚染はすでに除去されていたのです。
 こうした広範囲な汚染に対し、すぐに除去できる科学は、地球にはまだ存在しません。ですから、このようなダメージの軽減の背後には、友好的でポジティブな意図を持った銀河同盟のサポートがあるのです。
 彼らのテクノロジーを駆使したレスキュー活動は、現在も続いています。

 古くから守られてきた日本人に大使が伝えたいこと

 ターウィリアン大使をはじめとする銀河同盟が、震災を機に日本を救いにやって来たのは、世界の人々のためでもありますが、日本人のためでもあります。
 日本の皆さんは古来より精神性が高く、感謝の心と他者へのいたわりの思いが強い人々です。そのため、ずっと銀河同盟が陰で見守ってきた民族です。
 その高い精神性が、新たな世界を切り拓くポジティブな意図を持ったリーダー的な存在として、今後、世界のけん引役として期待されているのです。
 大使から私を通して、日本の皆さんにぜひ伝えて欲しいと言われたメッセージがあります。

 原発事故の今後の影響や
 日本の未来に関して、
 怖がらないでください。
 日本の未来は、
 とてもとても明るいのです。
 それを信じてください。

 このことを、大使は強調しています。ぜひ、心に留めておいてください。

 5次元へとシフトするために自ら意識を目覚めさせていく

 テロや紛争など、地球ではまだまだ戦争が絶えません。しかし、これから本格的に5次元へとシフトしていくため、こうしたネガティブな意図を持つ者たちは、今後、地球からどんどん消えていくことになります。
 銀河同盟は、そのための地球へのサポートを開始しました。それさえも、主役である私たちが自発的に意識を覚醒させなければ、意味がありません。
 大使は人類に対して、意識の覚醒を強要するようなことはしません。それは、私たちの自由意志で行うべき部分です。
 この世界を変えるために、大きなことをする必要はありません。それぞれの生活の中で、愛と思いやりを持ち、調和的な人生を歩んでいくことを選択するだけで良いのです。
 心の中に、意図しないネガティブな思いが浮かんだら、それを素早く払拭してください。
 そして、ポジティブな意図に修正することを心がけて、精神的・霊的な成長の道を、ともに歩んでいきましょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ギリランド氏の記事とテッド・マー氏の記事は繋がっています。
 テッド・マー氏が言うように、2011年3月11日の東日本大震災が、銀河同盟が直接、地球の危機をサポートしてよいというゴーサインとなったからこそ、ギリランド氏が言う90%のネガティブなETが排除されたと結論づけられるからです。
 (真のUFO情報を隠す)日本のマスコミは触れませんが、東日本大震災が起きたとき、たくさんのUFOが目撃されたといいます。

 私たちを取り巻く状況は、けっこう明るい方向に行っているのかもしれません。



ケン・コバヤシ氏のちょっといい話...2016年3月5日

 前回に引き続き、ケン・コバヤシ氏の話を紹介したいと思います。
 前回の記事では、『これからの医療』(小林健×増川いずみ、船瀬俊介著、ヒカルランド)の中から、3者の対話形式の文章を引用させていただきました。
 今回は本の後半に載っていた第2部の、「NYのマスターヒーラーが語る自然療法」から抜粋します。
 その後半部分には、ケン・コバヤシ氏がニューヨークでヒーラーをしていて体験した話や、役立つ医学の話など18話が紹介してあり、その中で私が特に心に残った3話をここで紹介します。

 まず最初の話は、電気工事を頼んだKさんの話です。
 Kさんは、友人から紹介された電気屋のSさんをすっかり信用して電気工事を頼むのですが、お金だけ巻き上げられて肝心の電気工事はしてもらえませんでした。つまり詐欺に遭ったわけです。
 Kさんは騙された心理的ストレスで頭痛がするようになり、ケン・コバヤシ氏の診療所に現れます。
 そこで行ったケン・コバヤシ氏のアドバイスが見事の一語に尽きます。


 ・・・<『これからの医療』、p271〜p276から抜粋開始>・・・

 詐欺から学んだ人生訓

 今から4年程前のことですが、ニューヨーク郊外で起こった話です。
 私の友人のKさんは農場経営者でたくさんの動物を飼っていて、皆に大変好かれている人でした。あいている時間にご近所さんの為に雪かきの仕事をしたり、柵作りをしたりとよく働く人でした。彼は友人も親類も多いので、彼の周りにはいつもたくさんの人が集まっていました。
 その年の冬は、大雪の為に道路わきの木が倒れて電線を速断し、3日間位、時には1週間も停電することが度々ありました。そうすると料理はできなくなるし、お手洗いも使えない、それどころか暖房が使えなくなります。そこでKさんは発電機をとりつける計画を知人に相談しました。すると知人はかなり顔の広い人で、競走馬を持っている程成功している電気屋さん(Sさん)を薦めてきました。Kさん自身もSさんを知っていたため、早速彼にお願いすることにしました。
 Sさんは、冷蔵庫や室内の電気用の器具、または家全体をカバーする器具との2種類あるとのことでした。彼は家全体の電気を賄う発電機の方を選びました。Sさんは非常におしとやかで豊かな風格だし、皆も知っている人だった為、Kさんもすっかり信用し、いろいろな話がとんとんと進みました。普通にその機械を買うと8千ドルするが、Sさんが買うと5千ドルで買えると説得され、Kさんは彼に5千ドルの小切手を渡しました。
 3週間たっても何も連絡がないため、KさんがSさんに電話を入れたところ、Sさんは屋根から落ちて手を怪我して病院に入っていた為、Kさんの仕事ができなくなっていたそうです。今週末Kさんが戻ってきた時には、できあがっているはずだと言われました。Kさんは喜んで週末になると農場に戻りましたが、またもや発電機の取付工事は行われていませんでした。そこでSさんに再度連絡を取ったところ、機械は木曜日に届いたのだが、不備があった為に即メーカーに戻したので、次の週にはちゃんと準備されているだろうと説明されました。
 Sさんは同時に、実は2週間前にすぼらしい発電機が作られて、今あなたが所有しようとしている設備よりも2倍も強い。あなたの発電機が壊れたのはメーカー側の責任なので、そのかわりにその新しい機種を半額で届けてくれるという約束を得た。あと5千ドルを支払えば2万ドルのものを半額で買えてお得なので、もしよかったらそうしないかと言ってきました。
 KさんはSさんを信用している為、5千ドルの小切手を残してマンハッタンに戻りました。残念ながら、それから1年半たちますが、未だに発電機は付いていません。Kさんは、1万ドルも払ってすっかりその夢をも断ち切られたそうです。
 聞くところによると、Sさんは詐欺行為が多いことで他の村人の間では有名だったそうです。だまされた人は20人くらいにもなっていたそうです。
 Kさんはその怒りと悔しさがストレスとなり、頭痛持ちになって私のところに来ました。
 私はKさんの詐欺にあったという話を聞いて、これはどんなことをしても彼の悩みは消えないことに気づき、得意のカバラ哲学を駆使してこのようにアドバイスしました。
 「その1万ドルはあなたのものじゃなかったから、当然なくなるのはしょうがないと思いなさい」と。すると彼は、「とんでもない、これは私が汗水流して働いて貯めたお金です。何ということを言うんですか先生!」と言いました。
 私はさらに続けました。「確かにこれはあなたが汗水流して努力して作ったお金かも知れないけど、残念ながらそれはあなたのお金ではない。もし真にこれがあなたに属しているお金であれば、書類や、パンフレットや、メーカーの住所や電話、彼の工場などをきちんと調べて、契約を結んでいたことでしょう。あなたがそういうことをせず彼にお金を渡してしまったということは、それがあなたのお金ではなかった、ということなのです。まして再び5千ドルを同じような条件下で渡すとは、あなたはその大切なお金を尊敬していなかったと言えます。そのお金があなたに属していないが故に、また渡してしまったのでしょう。だからその1万ドルはあなたのお金じゃないからなくなるのが当然で、早く忘れた方があなたの為ですよ」
 その解決策として、あなたが一番楽しみながら稼げた仕事は何かとKさんに聞くと、「よそ様の柵を作ったり、雪かきをしてあげたり、困った人を助けてあげて感謝され、思った以上にお金をもらって自分も幸福感に満ちあふれた、そういう小さな喜びにあふれた身近な仕事です」とKさん。
 私は感心して、「それならば今安定している仕事は続けるとして、後の時間にそういう小さな仕事をもっとカを入れてやってみたらどうですか? そうするとあなたが活きる訳だから、あなたしかない美しきが輝いて、それが輝きの塊となってパワー(力)に変化していく。すると人々はそのカを尊敬し、愛するようになります。つまりあなたを尊敬して好きになってくると思います。そうするとユニバーサルパワー(人々は神と呼ぶかも知れないが)があなたが何を望んでいるかをわかる為、あなたを助けやすくなってくることでしょう。つまり神というのはあなたの心に生きている訳です。あなたの意図が鮮明ならば、ユニバーサルパワーもあなたにいろいろなものを渡しやすくなるでしょう」とアドバイスしました。
 その後彼の奥さんから聞いたのですが、彼は本来の陽気さと前向きさを取り戻し、前にも増して何事にも精力的に取り組むようになったそうです。特に経済的に恵まれ、彼の商売は5倍に伸び上がり、10年前の所得税過納分7千ドルが戻ってきて、さらには20年前に友人に貸した2千ドルが、友人のビジネスが成功したため1万ドルになって返ってきたそうです。
 彼は一万ドルを失ったように見えたけれども、実は1万5千ドルの収入を得ました。今では、立派な発電機が彼のお家の横にたっているそうです。
 神は時にいたずらもするようで、それ以来長時間の停電に至る程の大雪が来なくなった為、その発電機が活躍する場が未だ訪れていないそうですが、彼が悩んでいた頭痛はすっかり消えた様です。
 思うに精神の健康を守ることは、毎日の気持ちのよい行いとその生活に感謝することから始まり、常に正しい種をあなたの人生という畑にまくことによって、すばらしい収穫を得ることにつながるのではないでしょうか。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 人生を歩んできて、人に騙された経験がないという人は、おそらくいないのではないでしょうか。嘘をつかれるだけでなく、お金も取られたという経験も多いに違いありません。

 かくいう私も何回もあります。

 近いところでは、テニス仲間から言葉巧みに、ン万円取られました。
 さらに歯医者に騙されて、望まない治療をされて100万円を超える金額を支払ったことがあります。
 それらを思い出すと、悔しい当時の思いがよみがえってきます。
 ですから、Kさんがストレスで頭痛がするようになった気持ちがよくわかります。

 騙し取られたお金の金額だけでなく、信頼していた人が自分を騙すという心理的なショックが大きいかもしれません。
 もちろん忘れた方がよいとわかってはいるのですが、なかなか忘れられません。時々思い出しては、当時味わっていたストレスがよみがえってきます。

 Kさんの素晴らしいところは、ケン・コバヤシ氏のアドバイスを素直に受け入れたところだと思います。
 「騙し取られたお金は、自分に属するものではなかった」というのは、単なる方便ではなくて、ある意味その通りかもしれません。
 自分に属するものではなかったけれども、貴重な役目があったと考えることもできます。
 それは、人から騙されるという貴重な体験を与えてくれたお金だったからです。

 と、考えられれば苦労はないのですが・・・。

 お金にまつわる話で以前、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんの体験を紹介したことがあります。
 参考までに紹介します。

http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_7.htm#info_722


 次に紹介するのは、愛が起こした奇跡のお話です。


 ・・・<『これからの医療』、p282〜p288から抜粋開始>・・・

 真実の愛が起こした奇跡

 秘密の話ですがどうしてもこのすばらしいお話を伝えたいと思います。心してこのメッセージを受け取ってください。
 今から18年くらい前の話です。34歳の女性で私の大好きな患者さんから電話があり、彼女の父親が前立腺肥大で、小便の難や疲労感に悩まされて不快な毎日を送っている、とのことでした。彼はまた医者嫌いなので、彼女はお父さんに、信用しているヒーラー(治療師)がいるので会ってみないか、と聞いたところ、彼は日曜日にイタリアに帰る為、土曜日にしか時間がないとの返事でした。
 私は週末には仕事をオフにしているので最初はお断りしたのですが、彼女の強い要望により、その日に彼と会うことにしました。不思議なことにそれから1時間くらい後に、別の方なのですが、前述の女性ととても似ている感じの、ある患者さんから電話がありました。彼女の母親が日曜日にロサンゼルスに帰ることになっているのに、椎間板ヘルニアで飛行機に乗れそうもなく、膝も腫れ上がっているためどうしても土曜日に会って治してもらいたい、と頼まれました。もうすでに先ほどの患者さんと会うことになっていたのでオーケーしました。
 土曜日の朝、11時頃オフィスに出たその時に、イタリアなまりの英語で電話が入りました。なんとその日会うはずのお父さんが、少々疲れ気味で今日は来られないというのです。
 私は普段キャンセルに関して腹を立てることはないのですが、その日はどうしてか非常に不快に思い、彼に強く言いました。「私は週末に働かないのに、あなたのお嬢さんからたってのお願いということであなたに会うことに決めたのに、そのあなたのお嬢さんの期待と私の治療愛を、あなたはただ疲れたというだけでキャンセルするなんて信じられない!」と今なら驚くような文句です。
 電話口の彼の声はあまりの私の怒った声からおどおどしてしまい、今からすぐ行くと謝って、そそくさと電話を切りました。その時私は、なんと乱暴な言い方をしてしまったんだろうと反省していました。
 次の女性の患者さんは、時間通り12時に現れました。そして鍼治療を終え、すっかり痛みが引いて気分のよくなった彼女と話し合っていたら、ブザーが鳴りました。次の患者さんである彼がオフィスに着いたのでドアを開けて、待合室に通して、そこで待っているように伝えました。
 彼女を見送ろうとしている最中に彼が「恐れ入りますが」と私たちのところに入ってきて、彼は彼女に「あなたの高校はどこでしたか?」「あなたのお父さんは官庁で働いている人ですか?」などと質問を始めました。彼が「あなたの一番好きなスポーツは何ですか?」と訊くと彼女は「テニスです」と答えました。彼女が答えるたびに彼の顔は紅潮していき、息も荒く興奮して、「あなたはあのキャサリーンさん(仮名)ではないですか?」と尋ねると、次の瞬間彼女は、「あなたはポール(仮名)なの?」と返すではありませんか。2人は16歳の初恋のような初々しさでイエス、イエス、と何十回も叫び合って抱擁したり、キスしたりと、私が今まで見たことのない、まるで映画のワンシーンのような感動的な再会を果たしました。
 彼らは40年前、彼女が18歳で彼が19歳の時に結婚を約束した恋人同士だったのです。しかし彼の父親の転勤でイタリアに移住が決まった時、彼の家が貧しかったせいと、父親の仕事上の地位が彼の家族と合わなかった為に、彼らは結婚を認めてもらえないまま離れ離れになったのでした。今とは違って、スカイプや電子メールがなかった時代ですから、彼は一生懸命愛の手紙を何十通と彼女に送りましたが、残念ながら彼女の父親はその手紙を全て破棄していたようです。
 もちろん彼にはアメリカに行くお金もないし、彼女のことは泣く泣くあきらめ、時がたつにつれて彼もしかるべき人と結婚して、女の子をもうけたそうです。同じく彼女も、父親に紹介された男性と結婚して、同じように女の子をもうけたのでした。
 話していくうちに、それぞれの伴侶は既に5年前に他界していたこともわかりました。不思議なことに、その2人のお嬢さんたちは私の尊敬すべき患者さんになっていて、こうして2人を40年の時を超えて引き合わせたのです。
 私は彼らの、当時叶えることができなかった結婚を、この記念すべき再会の日に叶えたいという願望に協力することにしました。私はヒーリングミニスター(治療牧師)でもあるので、その場で2人の結婚を認定し、祝福しました。
 それから1ヶ月程たってから夢のような彼らの希望を書いて、腰を抜かす程びっくりしました。なんと彼らは2人の愛の絆である子供を作ることを切望しているというのです。
 私は奥さんに、あなたの生理はとっくに終わっているし、体に卵子は残ってない、また夫の方にも精子もないし、強度の性不能の為にまず子供作りにはかなりの困難が考えられると告げました。そういう愛の絆に固執するのではなく、もっと幸せな自分たちなりの愛の形があるのではないかと話をしました。
 すると今度は20年程若返る薬はないのかと執拗に質問をしてきました。4、5年若返ることは可能ですが、20年は大変な困難を要するので、私の心の中は困惑していましたが、もし本当にそうしたいならば、これは3人の極秘で進めてみようと申し出ました。
 まず私は子供の頃からやっている導引光という若返り健康法を教えることにしました、うまくいけば、20年若返ることは可能です。
 尊敬すべきことに、彼らは毎日私のオフィスに来て、3人で導引光(ヨガにとても似ています)を行い、マスターしました。そして私の得意とする和漢薬療法と、経絡を整えて、エネルギーを高揚させて恒常性を高める療法を同時進行しました。なんと1年くらいで彼女は、1個の卵子が育ったようでした。彼もゼロの精子から150個くらいまでに増えて、容姿も2人とも45歳位にしか思えない程の若返りに成功していました。
 まさに奇跡としか言いようがないのですが、彼女は妊娠に成功しました。それから3ヶ月後に弁護士と私と当の2人、2人のお嬢さんたちとでニューヨーク郊外で夕食会をもってこの信じがたい状況を話し合いました。もし無事に出産したならば、彼らが両親であることは社会的に混乱を招くと思われるので、生まれた子供は奥さんの方の娘の子供と法律上登録し、その保護者になるという事に決めました。
 子供は本当に不思議な程順調に育ち、彼女は60歳で女の子を出産しました。旦那さんも61歳で正式に自分のカでお嬢さんを持つことができました。
 私も長い間いろいろなことをやって、いろいろな状況を見てきましたが、こんなに驚いたことはありません。やはり真の愛というのは必ずや実るものなのでしょう。そのお嬢さんの1歳のお誕生会に呼ばれて、家族みんなが健康で、幸せで、まさに生きている、ということをこの目で確認致しました。「ものごとは絶対にあきらめてはいけない」というモットーを、私の心の中に刻み付けた忘れられない出来事でした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 お互いに60歳を超えた夫婦が子供を授かるなんて、聞いたことがありません。
 70歳を超えた男性が、年齢差数十歳の奥さんとの間で子供を授かったという話は聞いたことがあります。これははやり奇跡といってよい話でしょう。
 人間は実は知られていないだけで、本当に純粋な思いがあれば、相当な力を発揮するのかもしれません。5歳、10歳の若返りなら聞いたことがありますが、20歳の若返りというのは凄いと思います。
 老化を気にする私は、もし可能ならばケン・コバヤシ氏の導引光と和漢薬療法による若返りを試したいところです。

 お互いが強く望んでいたにもかかわらず運命の皮肉で引き裂かれた男女の話に関連して、私はアメリカの精神科医のブライアン・L・ワイス博士の体験を思い出しました。
 ワイス博士の診療所に別々に来たエリザベス(女性)とペドロ(男性)の、数千年の過去生にまたがる壮大なロマンスです。
 まだ読まれていない方は、ぜひお勧めします。

http://homepage2.nifty.com/motoyama/soulmate.htm#weiss


 最後に紹介するのは、末期ガンで医者に余命3ヶ月の宣告をされた男性の話です。


 ・・・<『これからの医療』、p276〜p281から抜粋開始>・・・

 粗食と少食そして信念が治した大腸ガン

 今から4ヶ月前の話です。
 ある男性で末期の大腸ガンの人が訪ねてきました。もうすでに48回の化学療法と38回の放射線療法、2回にわたっての手術をした人でした。医者によると、長くて3ヶ月、もしくは数週間の命と言われたそうです。
 私は死ぬか生きるかは、神のみが知ることであって他の人間が知る訳もないので、一体どなたが余命3ヶ月と言ったのか聞くと、彼の主治医がそう言ったとのことでした。私は「神が言ったのでなければ、医者は神ではないので、この際その言葉は水に流しましょう」と言いました。
 一般的には、それだけ進行した末期ガンはどなたにも治すことができないと考えられます。医者は大量の化学薬品と化学療法と放射線療法でどのくらいの毒をその患者さんに投入したかを知っている為、それを元に逆算すれば、おおよそ3ヶ月の命という推測は可能かと思われました。それであれば、その毒を体外に出せば、彼の自然治癒能力の恒常性が戻って、彼のガンを治せる可能性があると私は信じました。
 実際に恒常性は、人間の病気を少なくとも90パーセント以上治せるカを持っています。彼の恒常性はわずかにしろ機能していた為、私のところに会いに来られたというわけです。ただし、その恒常性には3つの重大な快眠、快食、快便という必要事項があり、それを正常に保っていないと十分に働き得ません。
 そこで私は早速彼にその質問をしました。彼に便の具合はどうかと訊くと、良好と言いました。牛のように1日に2、3回は便が出て、気分がいいとのことでした。また、食欲はどうかと訊くと、良好ですと答えました。豚のように食欲があり、楽しんで食べているとのことでした。最後の必要事項、睡眠について訊くと、それも良好で、赤ん坊のようにすやすやと寝ている、との答えでした。
 そこで私が彼に言ったことは、「我々は医者をとても尊敬しています。しかしながら、あなたの状態はまだ十分に恒常性が働いているし、90パーセントの確率であなたは自分で病気を治せる」と伝えました。なぜならあなたは、恒常性が正常に働く為の必要事項を100パーセント満たしているからです、と。
 早速脈診をしたところ、肝臓、腎臓、小腸、全ての内臓が健全でしたが、ただ彼の内臓を構成している細胞の中に、信じられない程の大量の重金(工業用の重金属)、工業用の化学製品から出る毒素、それから活性酸素、それに肝臓の細胞の中にサナダムシのような毒虫やウイルスや細菌がうようよと住んでいました。だから肝臓で十分な白血球であるリンパ球が作れず、同時に医者の治療から起こった顆粒球が増えすぎて、正常細胞まで破壊していました。それだけではなくて、その額粒球が形を変えて、発ガン性の物質である活性酸素に変化していたのです。
 それから体自体が大変酸性で、ガンの増殖には格好の状態でした。それ故に、ガンが彼の体を支配しているようになって医者の死の宣告に至ったのだと思います。
 私は「あなたは全ての恒常性のテストをパスした為、あなたが『私は治る』という決心をして、祈るだけではなくてそれなりに努力すれば、たぶんあなたは自分を治せるだろう」と言いました。
 彼は「まだまだ住宅ローンも残っているし、美しい家内と2人のかわいい娘の為にも死ぬ訳にはいきません」と断言しました。最長の解決策は病気が治ることだとお互いに確かめ合いました。
 そこで私の得意の和漢方を飲んでもらい、さらに自然療法で使われるMMSという抗生物質で肝臓、腎臓、小腸、大腸にあるウイルスや細菌などの不純な毒素を(殺すのではなくて)体外に追い出す為の溶液を処方しました。
 また、一切の動物性食物を中止して粗食と少食を徹底してもらい、消化機能に負担をかけないようにすることによって、大切な血液が消化に働くよりも病気の治癒に働くようにしました。さらに緑黄色野菜から作った青汁を飲み、タンパク質は果物や野菜から取るようにアドバイスしました。
 でも彼のどうしてもお肉を食べたいという要望には、甲殻類(エビ、貝など)を必ずレモン液をかけて食べるのであれば大丈夫だと答えました。甲殻類は肝臓機能の強化に抜群であるからです。
 他にも、よく笑う(面白い映画を借りるも良し、気の合う友達と遊ぶも良し)、よく眠る、そして最後に、もうガンのことは忘れてくよくよしないことなどの大切さを伝えました。1週間ののちに彼から連絡が入り、とても気分がよいとのことでした。
 3週間後、そして1ヶ月後にも同じような電話があり、とても体調がよいし、また全ての栄養剤を取りたいと言い、それを繰り返しました。
 自然療法を始めてから2ヶ月後に、彼はもう一度私に会いにきました。
 その時びっくりする位顔色はいいし、話す声にもカがあり、とてもきつい印象だった目は穏やかな甘い目に変化していました。これはおそらく、恐ろしい全てのストレスから解放されて(75パーセント以上のガンになる理由は過激な精神的、肉体的なストレスが原因です)彼自身が心からやりたいこと、考えていることを見いだし、彼であるが故の特徴、または美しきを輝かせたことの結果だと思います。なぜならば、彼の美しさは彼のみのものであり、それを輝かせたことによって信じられない程のパワーが出てきたのです。癒やされた恒常性との相乗効果が出て、体がアルカリ性に戻り体からガンを追い出すことに成功したのです。
 ただ症状を止めてコントロールする医学ではなくて、人間医学である本来の治癒力を信じ、行動した成果だと信じて止みません。
 実際彼は、私が彼の恒常性を信じて彼と共に考え、導くと、どうやったら死から逃れられるかという期待と希望を持ち、それどころか生きていく勇気とやる気がどんどんわいてきたのです。食べる喜びよりも生きる喜びを味わっている彼を見て大変嬉しく思うと同時に、私自身も飲み過ぎ食べ過ぎに注意するようになり、前よりも体が軽く睡眠もよくなり膨満感やガスがなくなりました。人を導くことにより、己を導くことができているのであります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 医者はこの男性に余命3ヶ月の宣告をしました。
 私はこれは、ある意味で正しいし、ある意味で間違っていたと思います。
 男性は、すでに48回の抗ガン剤治療と38回の放射線治療、さらに2回の手術をしたといいます。
 私が驚くのは、免疫力を徹底的に下げるガンの三大療法である手術、抗ガン剤、放射線をこれほど受けているのに、まだ生きているという生命力の強さです。
 これほど身体を痛めつけても生きていられる人間がいることに驚きを感じます。人間の生命力は、実は驚きべきものがあるのかもしれません。おそらく、男性の家族を残して先に逝くわけにはいかない、という気持ちが大きかったのだろうと思います。

 医者の余命3ヶ月の宣告で正しいと言える部分は、”もしこのまま三大療法を続けていたら”余命3ヶ月だということです。
 いくらこの男性が頑健でも、いずれ力尽きるでしょう。

 余命3ヶ月の宣告で間違っている部分は、”もし三大療法を止めて、代替療法に切り替えていたら”ガンを克服する可能性があるということです。

 本質的な言い方をすれば、あらゆる病気を治すのは、医者でも薬でもありません。
 治すのは、その人間が持つ自然治癒力です。現代人はそのことに気づかないように誘導されているといえます。



ケン・コバヤシ氏の臨死体験...2016年2月28日

 船瀬俊介氏の本を読んでいると、時々ケン・コバヤシという名が出てきます。
 なんでもアメリカでヒーラーをやっている人で、アメリカのセレブの顧客が多いらしいです。
 私はそれまでケン・コバヤシ氏の名を知らなかったので、ふーん、そんな人がいるんだぐらいの感じでした。
 それで本屋で『これからの医療』(小林健×増川いずみ、船瀬俊介著、ヒカルランド)を見たとき、船瀬氏の名もあるし、たぶん小林健という人がケン・コバヤシさんなんだろうと推測しました。
 早速買って読んでみると、なんと私の好きな臨死体験の話が載っているのです。
 そこで今回は、ケン・コバヤシ氏の臨死体験の話を紹介したいと思います。

 本によるとケン・コバヤシ氏は、NY在住36年、マスターヒーリングミニスター、自然療法医師とあります。アメリカでは、ゴットハンド(神の手)と呼ばれるぐらい有名なヒーラーのようです。
 臨死体験の前に、ケン・コバヤシ氏に関するエピソードを一つ紹介したいと思います。
 ケン・コバヤシ氏がフランスの女性をマッサージしたときの話です。
 マッサージが終わり女性がガウンを着て長いタバコを吸ったそうです。ケン・コバヤシ氏は、その姿を見て映画で観たことがあると思い出しました。
 そこで、「あれっ、もしかしてあなた、カトリーヌ・ドヌーブさんですか」と聞いたそうです。すると「イエス」という答えが返ってきたそうです。
 カトリーヌ・ドヌーブは、以前「ローマの休日」でブレイクしたオードリー・ヘップバーンと人気を二分した世界的な大女優です。
 ケン・コバヤシ氏がカトリーヌ・ドヌーブと気づかずにマッサージしていたという話も面白いですが、さらに面白いのは、カトリーヌ・ドヌーブがマッサージ後にアシスタントに語った次の言葉です。

 This massage is better than sex. 「このマッサージはセックスよりいいわ」

 これでいきなり50人ぐらい患者が来たそうです。

 これから引用する文章は、ケン・コバヤシ氏、増川いずみ氏、船瀬俊介氏の3者の対談形式となっています。
 ケン・コバヤシ氏の臨死体験の前に、小児科医の真弓定夫医師の臨死体験の話と、8年間意識がなく眠っていた人をケン・コバヤシ氏が救ったら殴られたという話を紹介します。


 ・・・<『これからの医療』、p82〜p87から抜粋開始>・・・

ケン みんな一度死んだらいいですよ(笑)。本当に楽しいというか、スーッとします。本当に気持ちいいです。保証します。どっちみち死ぬ予定のない人は帰ってくるから大丈夫です。

船瀬 霊界話で有名だった俳優の丹波哲郎さんが言っていたね。僕は丹波哲郎さんの話を近くで聞いたことがあるけど、「死ぬことほど気持ちのいいことはないんだ」と(笑)。死にかけて、緊急救命をやられて生き返った人が、「何で余計なことをしたんだ。あんなに気持ちよかったのに」と医者に食ってかかった(笑)。「あんなに気持ちいいところから何でこの世に引き戻したんだ。コノヤロウ」と怒ったという話があります。

ケン 私は8年も眠ったままだった人を針で治したんです。目が覚めたら、殴られて、「随分痛い鍼を打ったな」と言われました。

船瀬 有名な小児科医の真弓定夫先生と僕は親しいんですが、普通に世間話をしていたら、「実は私はね……」と始まって、「死んだことがあるんですよ」と言うんです。
 旧制中学校のときに柔道の練習をやっていて、相手も必死になって、自分も必死になって、寝技で絞め技をかけられた。首にもろに腕が入って苦しい。柔道は畳をパンパンとたたくと参ったで、そこで勝負が終わる。ところが向こうも中学生だし、参ったが見えないから必死になって絞めてくる。
 そこからパッと気がついたら、自分の絞められている姿が自分の目の下にあった。クレーン撮影みたいに、スーッと自分のぐったりしている姿が遠ざかっていく。要するに目線が上昇しているわけです。体育館は屋根があるから、カメラだったらそこにぶつかるはずです。ところが気がついたら、今度は体育館の屋根がスーッと遠ざかっていく。
 そうしたら、「先生、真弓が。真弓が」。「何?」「何だ!」と先生たちがあちこちから駆けてくるのが見えたりする。どんどんグーグルの地図みたいに上がっていって、パッと気がついたら首を絞められた自分がいる。絞めていたやつは真っ青になって「真弓!!」とほっぺたをたたいたりしている。
 それで僕は真弓先生に言ったんです。
 「それは大変でしたね。えらい苦しかったでしょう」そうしたら「いやいやいや。あんな気持ちのよかったことはその後の人生で一回もない」。
 エーッと思ったけど、丹波哲郎さんが言ったのと同じです。臨死体験というのはものすごく気持ちいいらしい。それがズーッといっちゃうと、本当に天国に行っちゃうんでしょうけどね。

ケン 行っても帰れますよ。

船瀬 帰りなさいと言われたら、また戻るわけでしょう。
 でも、先生が植物状態の人を戻したというのはすごいことですよね。

ケン 結局、脳に酸素がなくなったり、血がいかなくなったりで植物状態になる。でも呼吸は(人工的に入れて)やっているから、死なないんですよ。ブレーンは完全に寝ちゃって、手は動かないし、一切何もできない。8年間、空白のまま輸液だけで生きている人がいました。
 ニュージャージーの人なんですけど、私が、病院で8枚ぐらい書類にサインして鍼をやった。最初は指をもみながらやったんですけど、みんな興味津々で見ているわけです。それでこれからすごいところにも打つから、「彼が恥ずかしがるから、みんな出てください」と言いました。
 ギリギリのところに針を打って、テラヘルツを足の親指と湧泉から入れて、それから丹田に入れて、今度は鍼を耳のところに打ったり。いろいろツボがあるんです。
 本当は舌に打ちたかったけど、それはちょっとまずいかなと思って打たなかったんですけど、いろいろやって、それで45分ぐらい置いた。
 最後に頭の一番てっぺんと、脳下垂体も全部やって、鍼にちょっと静電気を通したんです。本当にわずかな静電気です。そうしたら目がピッピッピッピッピと動いて、パッと開いた。起きたあとは普通に戻ります。ずっと脳が眠っていたから時間はかかりますが、徐々にもとに戻ります。
 手術するときも、目ギリギリに鍼を刺して、電気を通すと、全部見えているんだけど痛みがない。無痛のツボです。切っても痛くない。めったにそういう注文はないですけど、そういうのも私はやるんです。

船瀬 目(ま)のあたりにした病院関係者にとってみれば、びっくり仰天ですね。大パニックでしょう。

ケン もう大変です。大騒動ですよ。私のところに幾つも電話が入りましたけど、一切返事しません。返事をすると大変なことになる。新聞に載ったり、テレビで放映されたり。
 私が自信を持っているのはその場で治すことで、それが一番得意なんです。今ここで誰かが心臓発作を起こして死にそうになったら、パッと治せます。

船瀬 今の医者はそれが一番苦手です笑。論文に書くのは得意だけど。

秘書 まず救急車で運ぶ。

ケン 団体が何かやるときに、何かあったら困るからと私はよく呼ばれていたんです。大事な会合とか、だいたい何か起きる。私はいつも治すんです。昔からそうなんです。子どものころから、何か会があるというとそばにいるんです。そうするとその場で、だいたい心臓発作の人が1人ぐらい出る。それを私が治してあげる。

船瀬 緊急救命もできるし、慢性も治るというのはすごい。現代医学関係者は全てをリセットして先生に学ぶべきですね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ケン・コバヤシ氏は、7歳のときと20歳のときの2回臨死体験をしたそうです。
 まず7歳のときの臨死体験です。


 ・・・<『これからの医療』、p93〜p96から抜粋開始>・・・

船瀬 私が感動した先生の2度の臨死体験をもう一度ぜひ聞かせてください。

ケン まず7歳のときです。新潟の十日町市の山の中にダムがあるんですが、そこが東京の電車を動かす電気をつくっていた。見ると、「きょうは東京、混んでいるな」とかわかるダムだったんです。ダムを1回あけると、魚が川中いっぱいになって、学校が休みになるんです。水の中を魚が流れてくるわけですから、すくい上げるだけでいい。そこで泳いでいて、私は潜るのが好きで、みんなが心配するぐらい出てこない。呼吸をとめてずーっといられる人なんです。だから誰も気にしない。ところが運悪く、そのときは左足が根っこに絡まって、結局23時間、ダムの中にいて、完全に心臓がとまって、ブレーンも死んで……。

船瀬 へェーッ! 23時間、水の底にいたんですか!?

ケン そうです。さすがに子どもたちもびっくりして、それで結局、救われたんですけど。

船瀬 でも完全に心肺停止でしょう。よく助かったなあ……。ふつうなら完全にそこで「死亡」扱いですよ。

増川 それもまたおじいさんが助けてくださったのですか?

ケン おじいちゃんは5歳のときに亡くなっていたので、そのときは父です。跡取り息子だからもう大変ですよ。何百人がお祈りしているんです。父は心臓を起こそうということで、ともかく氷の中に入れた。冷たいのをやると温かくなるんです。風呂から出るときに水をかぶると温かいでしょう。お湯を身体にあびるとすぐ冷える。その原理らしいんですけど、氷の中に入れてお祈りしていたみたいです。
 私は死んだから、天国か地獄に行った。私は地獄だと思ったんです。子どものころは盗むと地獄に行くと言われるでしょう。私が子どものころは、おなかがすくからスイカとかキュウリとかを盗むわけです。だから当然、私は地獄だと思ったら、神様がいて、「地獄というのはないんだよ。人間が戒めのためにおっかないことを言っているだけで、実際はないよ」と。「だからあなたは早く帰りなさい」と言われて、「じゃ、階段はどこですか」と言ったら、「そういうのはない。みんな同じところにいて、ただリズムが違うからあなたたちには私は見えないけど、私は見ているし、全く興味がないから帰りなさい」と言われた。
 そうしたら、お母さんが「ケンちゃんどこにいるの。誕生日なのに帰ってこないと、あなたの好きなすき焼きを食べちゃうわよ」と言うので、「ノー!」と起きた。
 ただ、少しディジー(めまい)でしたね。お母さんに「すき焼き、どうしたの」と間いたら、「そんなこと言ってないわ」と言われた。そういう周波数があるんでしょうね。

増川 それで生き返ったのですか。23時間ダムにいたら、亡くなっているでしょうし、水膨れになっていますよね。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 23時間水の底に沈んでいて生き返るというのは、私たちの常識を遥かに超えています。医者はこれをなんと説明するでしょうか。
 ケン・コバヤシ氏の場合は臨死体験が凄いというよりも、絶対生き返らない状況で生き返ったというところが凄いのかもしれません。
 次は20歳のときの臨死体験です。これも絶対に生き返れない状況から生き返ります。


 ・・・<『これからの医療』、p96〜p100から抜粋開始>・・・

船瀬 そして、2度目の臨死体験をされますね。

ケン 僕は水が多いんです。20歳のときに、友達が病気でおカネが必要で、みんなでおカネを集めて助けようということになった。そのとき、落下傘で飛ぶと2000円もらえるというのがあったんです。

船瀬 それはアメリカですか。

ケン いや、日本の千葉です。

船瀬 昔、習志野に空挺部隊がありましたね。

ケン 私は日本人じゃないから、兵隊には入ってなかった。飛行機で700メートルかな。飛んで、十何人か乗っていて、次々に飛び降りたんです。
 みんなはそれぞれうまくいって、最後が私だったんです。私は日本人じゃないからインストラクターにズバリと「もし開かなかったらどうするの」と聞いたら、「こっちにもう1つ、予備があるから大丈夫」と言われた。「もしそれも開かなかったらどうするの」と言ったら、「死ねばいいんだよ」。冗談なんでしょうけどね。
 それが開かなかった。「オォワーッ」と、もう100度以上の熱いおしっこをしたのを覚えています。ガーッと燃えるような感じで。

船瀬 要するに、メインパラシュートもバックアップも開かなかった。

ケン 2秒後に次が開かないとダメなんです。

増川 速度が速すぎると開かないですね。2秒か2.5秒ぐらいで開かないともうダメです。

ケン 開かないで、そのまんま海面に落ちて、もうグニャグニャですよ。
 それで、ワンミリオン(100万)を払うから、身体はビニールバッグに入れてあるので、このままこちらで埋葬してもいいですよと言われたらしいんだけど、父はワンミリオンは要らないから、うちの息子の身体が欲しいと言った。
 それでヘリコプターで送ってもらって、うちで首が落ちないようにして同じように氷の中に入れて、このときは2000人ぐらいでお祈りして見守っているわけです。
 天国に再び行ったそのときは20歳だから、いろいろなことを神様に言えました。「神様っていうけど、あなたは女じゃないの?」。髪の毛は長いし、こういう感じだから。こんなのは人には言えないけど、神様が女性のような形をしていた。
 そして、「あなたが7歳で来たときに言ったように、神様というのはビリーブとパワーと愛です。それを一番持っている人が神と言われる。あなたは全然進歩してないね。帰りなさい」と言われました。

船瀬 そのとき見た天国はどういう風景だったんですか。

ケン 最初は真っ暗なんです。だんだん暗いのが見えるという感じになってくるんです。要するに、空間というのはないみたいで、いろんなものが形をつくって見えるようにそのとき感じたんです。見ると、人みたいなのが歩いているんです。シースルーの人間みたいなのが歩いていて、靴も履いてないし、そのまま空を歩いているんです。床みたいなのがあって、歩いていく。家はないし、ケーキ屋さんもないし、車も一切ないです。木みたいなのはあったかもしれないけど、本当に何もないところで、本当に多くの人が歩いている。歩いているというか、浮遊している。

増川 完全に霊界を見たのですね。心の世界。

ケン ともかく全く興味ない。楽しいことが全くない。あまりにも平和すぎて、ピースだけですね。

増川 ピースだけではつまらないので人間界に行きたいのでしょうね。

ケン だから私はおすすめしてない。

増川 やはり喜怒哀楽の刺激がないとおもしろくないですよね。

ケン それで私が見たら、私が寝ているところでみんなが祈っている。私はここにいるよと思うわけです。

船瀬 まさに幽体離脱ですね。自分にはありありと見えるのに、周囲の人たちは気づかない。

ケン お父さんに「ここにいるけど」と言っても、手は透き通っているし、幾らしゃべっても通じない。そういう難しい感じも私はわからないですから、ただ見ているだけなんです。どうにもならない。「どうしようか、どうしようか、どうしようか」と一生懸命言っているんだけど、誰にも聞いてもらえないし、こうやって顔を見ているのに、全然答えてくれない。

船瀬 お葬式のときがそうらしいですね。列席者を霊が見ているそうです。

ケン 全然答えてくれない。全然見えてない。

増川 木内鶴彦さんもそのようなことをおっしゃっていましたね。

ケン 彼とは意見が合っちゃって。同じなんですよ。

増川 木内さんは大量の輸血をされています。

秘書 2人で会ったときは、「僕が死んだときはね」「僕が死んだときはね」と、僕が死んだ話が5回ぐらい出ていました。

船瀬 まさに臨死談義だ! すごい会話だよ。隣で聞いてる人はビックリするね(笑)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 パラシュートが開かなくて海面に落下した場合、普通の人間なら確実に死が待っています。
 海面だと柔らかいと思いがちですが、超高速で落下した場合、コンクリートにぶつかるような衝撃があるそうです。
 ケン・コバヤシ氏の”遺体”を首が落ちないように運んだというのですから、身体は本当にグニャグニャだったと思います。
 やはりケン・コバヤシ氏の臨死体験は、奇跡の生還の凄さというところでしょうか。


 最後に紹介するのは臨死体験ではなく、ケン・コバヤシ氏が自然療法士として多くの人々を救ったために、命を狙われたという話を紹介したいと思います。
 私は、その内容に衝撃を受けました。
 アメリカでは、ここまでやるのかという思いです。


 ・・・<『これからの医療』、p32〜p40から抜粋開始>・・・

船瀬 ケン先生は自然療法であまりに多くの人々を治してきて、”ゴッドハンド”(神の手)と呼ばれたくらい。だから狙われた。車を爆破されたりとか、脅しがあったでしょう。

ケン 何度かありました。テレビなんか絶対に出ちゃダメです。

増川 アメリカの場合は、医薬業界とマフィアは密着していて表裏一体ですから、ヒットマンだらけの世界です。

ケン うちにサイレンサーを持ってやってきた。「あなたのはよすぎる。このままいくと危ないよ」と言われて「どういう意味ですか」と言ったら、銃を出して「こういうことだ」と。「何も悪いことしてないけど」と言ったら、「でもあなたは、人を治しているという悪いことをしている。ちゃんと薬を売って、手術を売るというのがシステムだ」。

増川 要するに、薬や手術を売ってもらえばいいと。

ケン あなたをつぶすのは簡単よ。コカインを持ってきて、”Oh, what is this.”と言えば、誰もが「あの先生はストレスがあるからコカインぐらいやるかも知れない」と思う。それでおしまい。どっちでもいいよと言われた。

船瀬 医療マフィアから狙われたらそういうトラップもあるんだぞということ。

ケン そうです。それもちゃんとしたシニア(上級)のインベスティゲークー(検査官)ですよ。

増川 要するに、落とし穴ですね。

船瀬 どこから来たか? ロックフェラー、ロスチャイルドのビッグファーマー(巨大製薬会社)からですか?

ケン 一応、彼の肩書はFDA(食品医薬品局)(笑)。

増川 国の食品医薬品局がサイレンサーを持ってきた。

ケン あとから女の人が来て、「ドクター・ケン、ドクター・ケン、ドクター・ケン」と言うわけです。「ドクター・ケンと呼ばないで、ケンと呼んでくれ。私はドクターじゃない」と言ったら「ビンゴ!! サンキュー。私は500ドルで雇われた」と言うわけです。

船瀬 「イエス」と言ったら医師法違反で即、逮捕するということか。恐ろしいワナだ…!!

ケン そういうことです。医者なんだけどと、言わないほうがいい。

船瀬 要するにヒーラーであってドクターでないから”I'm not a doctor.”言えばいいけど、ドクター・ケンと呼ばれて「イエス」と言ったらお終い。自分をドクターと言ったから、これはもう医師法違反だと、難クセつけて逮捕する算段だ。隠しテープを持ってきたわけ? こうなると警察までグルだ。ロックフェラー医療独占体制は恐ろしいね。

ケン そうそれで500ドルもらったと。
 もう1つは、「私はブレストキャンサー(乳がん)なんです。やっぱり何といったって大事なのはケモセラピー(化学療法)でしょう。ドクター・ケン」と言う。それで「ノー(ダメ)」と言ったら、ダメなんです。

増川 ひっかけですね。

ケン ノー(ダメ)と言わずに、「あなたはまだ私の患者さんのサインをしてないから、何とも公平に言えないな」と言ったら、また「やはり何といってもケモセラピーでしょう。それでバッバッとやっちゃったほうがいいんじゃない?」と賛同を求めるわけです。私は”Don't say anymore. I'm not pushing you anyway. You decide. You cure yourself.”と言ったら、「ビンゴ。あなたはこれだけ言ってもひっかからない。すごいね」。

船瀬 要するに、全部医療マフィアからのスパイなんだ。

ケン そういうのを送ってきます。最近あったのは、20年前につくった会社のサイトがあるんですが、「あのサイトはちょっとよすぎる」と電話がかかってきたんです。「そんなこと言ったって、20年前につくったんだけど」と言っても「変えなきゃいけない」と言うんです。
 来るかなと思っていたら、やっぱりしばらくしてから調査員が来た。ベッドを見て、「ああ、治療しているんだ」と言うから「ノー。治療じゃないよ。これはコミュニケーションして、早く自分が治るようなことをティーチングしているんだ。だから私はクオリティティーチャー(質の良い教師)だよ」と言ったら、写真を撮って「サンキュードクター・ケン。考えさせてください」と言うわけです。以後、連絡はないです。

増川 ティーチングとはうまいですね。ベッドは治療じゃなくてコミュニケーションのためって、おもしろいですね。

船瀬 先生、あと車に爆発物を仕掛けられて、ドッカンがあったでしょう。

ケン あれはもう死ぬ寸前……。

船瀬 それだけ先生は実力と名前があるから、「ケンはつぶせ!」というのがあるんだね。ドッカンはレンタカーでやられたでしょう。

ケン 随分昔だけど、ロサンジェルスのラジオ番組に出たんです。私が答えるということで、ある男性の相談を受けた。声を聞いて、「あなたは腎臓が調子悪い。プロステートキャンサー(前立腺がん)を治すには、腎臓のバランスをとらなきゃダメだよ」と言ったんです。そうしたらその男性が「オーマイゴッド、ドクター・ケン、実は私には大きな石が腎臓にある」と言っちゃったんです。そうしたらそれからワーッと電話が鳴り出して、7台の電話がパンクしそうになった。司会の女性が困っていましたが、何とか終わって、私は帰ろうと思って借りていたレンタカーのところに行ったんです。ドアをあけようとして、書類を忘れてきたことに気づいて、あけないで戻ってスタジオに入ろうとしたら、車がバーンと爆発した。
 まさか命を狙われるなんて思ってもいなかったので、「ワーッ、車が爆発しちゃった。どうしよう」と言ったら、彼らが「オー…マイ…ゴッド」。それで何人かにとめられて、2〜3日そこにいて、こっそり出たんです。夏の気温の高い所なので自然発火か、または意図的か、わかりませんが……。

増川 2〜3日もいたんですか。でも、危機一髪で、映画よりすごいですね。事実は小説より奇なり。

ケン あの辺から10年ぐらい、特にがんを治す医師は何人も殺されたんです。

船瀬 アメリカという国は、恐ろしいク二だね。つまりは、巨大マフィアが支配して、逆らう者は始末する……。

増川 多分、ずっとフォーカスされているんでしょうね。よく無事ですね。

ケン それから私は一切出ないから。幸いクリニックが地下だから大丈夫。

増川 そのころ、医薬品会社とか医師業界の邪魔になるものはどんどん消せみたいな指令が出たんでしょうね。

ケン そのころにテレビとかラジオに出ていた有名な先生方は危険な目にあっていたと思います。

増川 自然療法で植物を使って免疫療法をしていたハワイやカルフォルニアの先生方も随分殺されました。

ケン 牢屋に入って20年も出られないとか。

増川 自然の薬草のみで抗がん剤をつくった人も殺されました。

船瀬 どこが自由と民主主義の国だ!? と言いたくなる。

ケン そういうのを知っているから、船瀬先生の本を読んだときに「オーマイゴッド」。

船瀬 僕は、まだ、ちゃんと生きています(笑)。アメリカで『抗ガン剤で殺される』(花伝社)を翻訳して出したら「1週間以内に殺されます!」と会って最初にケン先生に忠告された。

増川 そういえばメキシコのほうでおばあちゃんがつくっていた高山植物からの抗がん剤とか、難病を治療するためアメリカの医師でリトリートや食事療法と薬草治療のヒーリングセンターを始めた医者なども急に消えてしまいました。

ケン うちの近所のインディアンの有名なおばちゃんがつくった処方でがんが治るんですよ。そうしたら捕まえられて、すぐ殺されて、処方箋は全部取られた。

増川 メキシコでもカナダやアメリカのすぐれた医師たちが何人も殺されたようです。

船瀬 アメリカ国内の弾圧を逃れてメキシコにみんな逃げたと言われていますね。

増川 逃げてきて、メキシコで自然薬をつくっていたら殺されたし、ペルーでつくっている人も殺されました。けっこう追っていますね。自分たちはアマゾンでとった薬でどんどん特許を取っているくせに、ペルーのインディアンと一緒に組んでガンの特効薬をつくった人たちも消されました。

船瀬 「メキシコに逃げたらいい」と言われていたんだけどね……。ヒットマンが執拗に追ってくる。まるでマフィア映画だ。

増川 いや、薬効成分のある特殊な薬草や果物がとれる地域にはたくさんの調査部隊が張り込んでいるそうです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ジョセフ・ティテル氏の2016年の予言に、ケン・コバヤシ氏に関連して、とても気になる箇所があります。

 「ホリスティック医療を実践している医療関係者の殺人が相次ぐ。これは、この種の治療が癌に有効であり、これを好まないエリートが実行する殺人である。(※おそらく医療産業に利害に反するからだろう)」

 ケン・コバヤシ氏はこれまで散々命を狙われてきたわけですが、今年はさらに危険かもしれません。今年から日本でも活動するとのことですが、しばらくアメリカを離れた方が無難かもしれません。



界面活性剤入りの浄水器!?...2016年2月20日

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、私は飲料水や料理に使う水は、水道水を蒸留して作った蒸留水を使っています。
 それゆえ水道水だと心配されるトリハロメタンのような塩素有機化合物やその他の有害物質、放射性物質などは、一応は摂取していない(あるいは摂取していても少ない)だろうと思っています。
 ただしすべて蒸留水だと大変なので、例えば蕎麦を茹でる場合は、水道水を浄水器を通したものを使っています。
 ですから浄水器を通した水を直接体内に入れているわけではないのですが、船瀬俊介氏の『買うな! 使うな!』(共栄書房)を読んでいて、とても気になる記述に出会いました。
 それは大手メーカーの「中空糸膜」式の浄水器には、親水化剤として合成界面活性剤が使われている可能性があるというのです。
 ここで「可能性がある」と微妙な表現をしたのは、大手メーカーは企業秘密として、親水化剤の材料を公開していないからです。
 もしその材料が誰しも納得できる安心安全なものなら、公開しない理由がありません。
 公開しないのは、公開できない理由があるからだと疑われるのは仕方ないと思います。ことは人の健康に関する重大なことです。
 『買うな! 使うな!』から抜粋して紹介します。
 まずは水道水に発ガン性があるという話から始まります。


 ・・・<『買うな! 使うな!』、p173〜p176から抜粋開始>・・・

 水道水で男性3.66倍、女性2.23倍も発ガン

 水道水に発ガン性がある……。こう聞いたらたいていの人はわが耳を疑うでしょう
 ところが、それは水質専門家の間では常識なのです。まさに、知らぬは消費者ばかりなり。水道水が発ガン性を持つのは、塩素殺菌のためです。
 水道水の原水は河川水です。それを取水したのち浄水場では、その原水に有毒塩素を投入します。目的は、水中の微生物を殺すことです。この殺菌処理によって、水道水は病原菌とは無縁の”安全”な飲み水になるはず……でした。
 しかし、さまざまなバクテリアやウィルスなどを死滅させても、思わぬ毒物が発生していた。それが塩素と有機物が化合して生成させる有機塩素化合物(TOX)です。これらは、全て猛烈な毒性を持ち、ほとんど例外なく発ガン性があります。その中でもっとも有名なのがトリハロメタン(THM)。クロロホルムが代表格。4種類のトリハロメタンが塩素滅菌した水道水から検出されています。
 これらの物質のため水道水には発ガン性がある。男性で3.66倍女性で2.23倍。この数字は井戸水など天然水を飲んでいるグループと、塩素処理の水道水を飲んでいるグループを比較したときの消化器系と泌尿器系のガンの発生率の差。日本では、全ての水道水が塩素処理をしています。よって水道の水には、これだけ発ガンのおそれがあるとみたほうがよい。この疫学調査は約40年前に行われたもの。それでも、この大差……。
 有機物汚染が悪化している地域では、さらに水道水の発ガンリスクは高いと思えます。

 大手の「中空糸膜」式の落とし穴

 よって、蛇口から直接、水を汲んで飲むのは、毎日、発ガン飲料を飲み続けているのと同じです。日常の暮らしに、少なくとも浄水器は不可欠です。
 ところが日本における浄水器普及率は3軒に1軒。つまり日本人の3人に2人は、発ガン水道水を飲んでいることになります。
 問題はそれだけではおさまりません。「よかった! 我が家は浄水器を使っているから」と安心したあなた。もしかしたら、お宅の浄水器は、大手メーカーの”クリンスイ”(三菱レイヨン)や”トレビーノ”(東レ)ではないですか? おそらく10人中8,9人は「そーよ」とうなずくでしょう。なぜなら、これらは日本の大手メーカーが発売しており、ほとんど浄水器市場を制覇しているからです。その仕組みは「中空糸膜」方式と呼ばれます。はやくいえばプラスチックにミクロの穴を開けて、細菌を除去するもの。開発されたのは1984年。開発者は三菱レイヨン。中空糸膜とはポリエチレンなどの化学繊維で作った、中が空洞になった糸状の壁面に0.1ミクロンの無数の穴をあけたもの。このミクロの”ザル”で、大きさが0.1ミクロン以上のバクテリアや細菌、赤サビ、濁り、不純物などを漉し取ろうというもの。
 ここまで書くと、さすが日本の開発技術はたいしたものと感心してしまいます。
 しかし、先端技術にも、思わぬ落とし穴が……。

 「親水化剤」は有毒な合成界面剤?

 まず、「中空糸膜」表面のミクロの穴は、あまりに小さすぎて水の分子すら通しにくい。
 水分子は、通常、おびただしい数が連なって”クラスター(塊)”と呼ばれる分子集団を作っています。これらが「中空糸膜」のミクロの穴にひっかかってしまう。これをウォーターシール現象と呼びます。そこで、穴を”滑りやすく”してやらねばならない。メーカーが工夫開発したのが穴の壁面に「親水化剤」という薬剤を使用して水を通りやすくする方法。「親水化剤」は、まぎれもない化学薬剤。親水作用を持つことから合成界面活性剤ではないか、とみられます。しかし、不思議なことに東レや三菱レイヨンなどは”企業秘密”をたてに、成分名を一切明かしません。その物質名を極秘にするのは、それが毒性を有するからではないでしょうか?
 わたしは、合成界面活性剤が使用されているとみています。これまで『合成洗剤はもういらない』『だからせっけんを使う』(三一新書)など、何冊もの合成洗剤告発の本を書いてきた。合成界面活性剤は、まぎれもない毒物。海外では環境ホルモン作用も指摘されている。
 「じっさいに親水化剤の影響なのか、溜まった細菌が変性し毒素を出すことが指摘されている。無害であった大腸菌がO−157に変性するのと同じである」
 この驚きの告発は『水道水にまつわる怪しい人々』(三五館)の著者、湯坐博子弁護士。彼女は、浄水器利権にうごめく東レや三菱レイヨンなど大手メーカーと、国民生活センター、さらには公正取引委員会からNHK、裁判所まで巻き込んだ、どす黒い”陰謀”を本書で完膚なきまでに暴いています。大企業の”政治力”とは、かくも凄まじく恐ろしいものかと慄然とします。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は早速、我が家の浄水器を確かめてみました。
 東レの”トレビーノ”でした。ろ材の項目には、「活性炭、中空糸膜(ポリスルホン)」と書いてあります。
 このポリスルホンをネットで検索してみると、「多くの合成高分子化合物と同じく疎水性である」とあります。疎水性なので、なんらかの親水化剤が使われているのは間違いないはずです。しかし大手メーカーはその親水化剤の材料を公開していません。

 気になった私は、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で、大手浄水器メーカーの中空糸膜に合成界面活性剤が使われていないか聞いてみることにしました。
 答えは、イエス(使われている)でした。
 こうした合成界面活性剤が使われている浄水器の水を大量に飲むと、影響が出てくるといいます。
 では中空糸膜を使っていない活性炭のみの浄水器はどうかと聞いたら、それは問題ないという答えでした。

 これを読まれている訪問者の方々に念のために言っておきたいのですが、お爺ちゃんセッションで言われたことが真実かどうかは、ご本人で判断してほしいのです。
 あくまでも、あるスピリチュアルなセッションでは、こうした答えが返ってきました、ということです。もちろん私は長年の付き合いで、お爺ちゃんセッションで言われたことは信ぴょう性が高いと思っているからここに書いているわけです。しかし、あくまでもご自身の判断でお願いします。

 ただ私も船瀬氏と同じで、材料を公開しない大手メーカーに強い疑いを持っています。
 ぜひとも大手メーカーには、中空糸膜に加えられている親水化剤の材料を、英断を持って公開していただきたいと思っています。

 私は大手メーカーの営業妨害をしたいわけではありません。
 そこで私が買った活性炭のみを使った浄水器を紹介したいと思います。
 東レの”waterball”という商品です。この製品の、ろ材の項目には活性炭のみしか書いてありません。値段も普通の中空糸膜の浄水器と同じで、数千円と安価です(私が買ったのはカートリッジ2個がついて3280円でした)。

 東レの浄水器を疑っていても、同じ東レの浄水器を紹介したのですから、営業妨害はしていないと東レさんも思ってくれるでしょう(いやむしろ買い替え需要が増えると感謝してくれるかも)。

 そもそも私の場合は、中空糸膜の浄水器の水を飲んでいないので、単なる気休め程度のものだと思います。
 中空糸膜の浄水器をお使いの方で気になる方は、活性炭のみの浄水器か、天然セラミック系のものに替えられてはと思います。



(注0:千さんのお爺ちゃんセッション)

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、千さんのお爺ちゃんセッションとは、千さんという方が行うチャネリング・セッションのことです。5人の霊的な存在であるお爺ちゃん(実際には女性もいるので全員がお爺ちゃんではないのですが)と呼ばれるマスターが千さんを介してクライアントである私達の質問に答えてくれます。



天然風化貝カルシウム...2016年2月13日

 当HPの1月17日の記事「ソマチッドがもたらす生命活動」で引用させていただいた『超微小知生体ソマチッドの衝撃』(上馬一馬著、ヒカルランド)で記事にはしなかったのですが、私にとって大いに気になる記述がありました。
 それはカルシウムに関することです。
 現代人は様々な慢性病に悩まされていますが、そのかなりの部分にカルシウムバランスの乱れが関係しているというのです。
 体内において、カルシウムの含有量は以下のような絶妙なバランスが保たれているといいます。

 骨=1億個 : 血液=1万個 : 細胞=1個

 上記の式は「個」なっているので、カルシウムの個数のように感じてしまいますが、細胞内のカルシウムに対し血液中は1万倍、骨は1億倍といった比率のことだと思われます。
 そして(カルシウム不足を補うと錯覚して)牛乳を飲んだり、カルシウムのサプリメントを摂ってしまうと、血中のカルシウム濃度が極端に上がり、危険を察知した脳から腎臓にカルシウムを早急に排出するように指令が出るといいます。
 そして急激にカルシウム濃度が下がり、今度は副甲状腺ホルモンが働いて体内のカルシウム濃度を保つべく、骨からカルシウムが溶け出し、骨密度を下げてしまうといいます。骨密度を下げるのですから骨粗しょう症となるわけですが、さらに恐ろしいのはこうして溶け出したカルシウムが細胞や血管に付着してしまうことだそうです。
 カルシウムが付着する部位によって以下のような病気を併発するといいます。

・脳神経内 ... 認知症
・眼球   ... 白内障
・膵臓   ... 糖尿病

 認知症と糖尿病は、いまや日本の国民病ともいえる地位に躍り出ています。
 認知症は、2014年時点で65歳以上3296万人中462万人に達しているそうです(14%)。7人に1人の割り合いですが、これが10年後には5人に1人に増えると試算されているそうです。また糖尿病ですが、今や6人に1人が糖尿病ないし予備軍と言われています。
 私事ですが、私の親戚や知り合いに白内障の気があるという人がいて気になっています。白内障も現代人に確実に増えていると思われます。

 カルシウムは体内に必須のものですから、摂らなければならないわけですが、摂り方を間違えると非常に危険だということです。
 カルシウムを補給すると一般に信じられている牛乳やカルシウムのサプリメントが、かえって健康を害するというメカニズムを知ることが大事だと思われます。
 『超微小知生体ソマチッドの衝撃』(上馬一馬著、ヒカルランド)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p191〜p193から抜粋開始>・・・

 ここでイオン化されたカルシウム製剤や、牛骨粉や魚骨粉、サンゴカルシウム末などのサプリメントの摂取を考える向きもあるのではないか。
 これらは活性型カルシウムと呼ばれる。薬局にゆけば、水に溶けているこのイオン化カルシウム製剤か、カルシウム製剤を勧められるだろう。
 しかし、ちょっと待て!
 実は、カルシウムの臨床研究を30年以上続け、『警告! カルシウム不足』(駿台曜曜社)を著した治療家の川村昇山は、東洋医学的にカルシウムと慢性病との関係を突きとめた。
 川村は、この活性型カルシウム、つまり前述したイオン化カルシウム製剤にとんでもない副作用が潜んでいることを発見した。当初、川村は20数年ほど前、5年間、市販のカルシウム製剤を服用し続けたことがあった。
 川村によれば、「骨塩量は減少し続け、脊椎も変形し、椎体間の幅が狭くなり、腰痛・下肢関節痛・腱鞘炎症状・老眼をはじめ、肩こり、背中のこり、筋力低下やだるさなどの症状に悩まされるばかりだったのです。60歳を過ぎていましたので、老化現象だと思い、半ば諦めかけていた」というのだ。
 ところが、ある日カルシウム製剤を飲んだら、いつもと違う異常を感じた。そこで一度に20錠服用してみたらしい。すると、驚くことにだるさや筋力の低下・肩こり・背中の強張りなどが極度に強まったのを感じた。
 川村はここでおかしい! と気づいた。
 そこで、急遽スタッフ全員を動員し、市販される40種類のカルシウム製剤を購入し、服用前と服用後の血中カルシウム値を比較した。
 その結果、服用後2時間から3時間目にかけて血中カルシウム値は異常に低下し、その後、徐々に7、8時間かけて正常値に戻るという何とも不思議な結果を得た。
 これこそがこのイオン化された活性カルシウム製剤が引き起こす副作用だったことがわかった。この副作用のことをカルシウムの”ダウン症状”と名付けた。

 ◎カルシウムには悪玉と善玉の2種類あることを突きとめた

 この”ダウン症状”を要約すると、「急激に血中カルシウムが増加する」「副甲状腺ホルモンの分泌が停止する」「腎臓がカルシウムを急激に排泄、血中カルシウム不足を呈する」などの重大な副作用を生むことがわかった。
 川村によれば、「この副作用を言い換えますと、市販カルシウム剤を飲んで1、2時間後に起きる血中カルシウムの異常増加は、『骨=1億個 : 血液=1万個 : 細胞=1個』という体内の絶妙なカルシウム・バランスが崩れることになるのです。
 そして、3時間以降に起こる血中カルシウム値の異常な減少は、再度、骨・血液・細胞間のカルシウム・バランスが急変することを意味しているのです」という。
 前述したようにカルシウム・バランスの崩れは私たちの脳や目、耳、口腔、関節、膵臓、腎臓などに重大な損傷を与えるわけだ。
 これでは健康を害す一方となってしまう。こうして川村らは、日本ではじめてカルシウムには善玉と悪玉が存在することを臨床上からハッキリ掴んだのだ。これは現代医療が原因不明とし、根治不能な難病解決の糸口を掴んだ快挙と言える。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 つまりカルシウムには善玉と悪玉があって、牛乳や市販のカルシウム剤は活性型カルシウムと呼ばれるもので、悪玉だというのです。
 悪玉である活性型カルシウムは、前述した体内のカルシウムバランスを崩してしまうというのです。
 「活性型」となっているので、良さそうな印象を持ってしまいますが逆で、身体に良いのは非活性型カルシウムだといいます。非活性型カルシウムは摂取しても血液内のカルシウム濃度を変えないので、ホルモンの異常な働きを誘発しないからです。
 では、非活性型カルシウムをどうやって摂ればいいのかと気になる方もおられと思いますので、p185〜p186から引用して列記します。

・魚介類 ... アジ、イワシ、サンマ、アユ、シシャモ、ドジョウ、エビ、シジミ、ハマグリ、シラスなど

・野菜類 ... サラダ菜、小松菜、春菊、大根、パセリ、蕗(フキ)、胡麻など

・海藻類 ... ヒジキ、天草、ワカメなど

・その他 ... オカラ、コンミャク、きな粉、切り干し大根、小魚の佃煮など


 これってよく健康に良いと言われる食事法である、「マ(豆)・ゴ(胡麻)・ワ(海藻)・ヤ(野菜)・サ(魚)・シ(キノコ類)・イ(芋)」そのものという気がします。
 要点は、カルシウム不足を補うために牛乳やカルシウム剤を飲むといった方法を取るのではなく、日本古来の食事をすればよいということなんだと思います。

 それにしても驚くのは、日本人の脳に刷りこまれた、カルシウム=牛乳、という迷信の強固さです。
 以前知り合いと話していて、「カルシウム不足を補うために牛乳を飲んでいる」と言った人がいて、私はまだこんな迷信を信じている人がいるんだと呆気にとられました。
 しかし先日テレビで同じことを言う芸能人を発見して、まだ日本人の大多数は、カルシウム=牛乳という迷信を信じているんだとわかりました。

 以下に紹介するのは、相当量の牛乳を飲んでいる人に骨粗しょう症を発症している人が多いという報告です。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p195〜p196から抜粋開始>・・・

 しかし、その証拠に相当量の牛乳を飲んでいる酪農家の40〜70代を調査したところ、ほとんどの世代で骨塩量不足を呈し、50歳代で骨粗しょう症を発症している人が少なくなかったのだ。これは酪農家が多いデンマークなどの北欧でも同様に骨粗しょう症が異常に多発していることでも裏付けられた。
 まさに「カルシウム摂取は牛乳から」の神話は、崩壊したといっても過言ではないのだ。
 実はこれが”カルシウム・パラドックス”と呼ばれる生理現象なのだ。
 簡単にいえば牛乳のカルシウム吸収率が高いので、一気に血中でのカルシウム濃度が上昇。その結果、脳がこの異常をチャッチし、ホルモンを働かせ、腎臓からカルシウムを排泄する働きを強めてしまうのだ。
 このことで今度は血中カルシウム濃度が減少し、これを補うために骨からカルシウムが溶出してしまうのだ。その結果、骨がスカスカとなり、骨折しやすくなるわけだ。
 したがって、国内で行った大規模調査が示すように骨粗しょう症を予防するには、小松菜やホウレンソウ、プロッコリー、小魚、大豆類、魚介類を食べるのが賢明というわけだ。
 このことは骨粗しょう症を専門に治療する外科医や栄養学者からも報告されているのだ。こうした食生活をする人々にカルシウムの異常沈着が起きていることが突きとめられたわけだ。
 これこそが”悪玉カルシウム”の正体と言える。このような副作用を引き起こす市販カルシウム剤や牛乳の過剰摂取は禁物ということなのだ。

 ◎骨格のないところにカルシウム沈着によって骨があるように写る

 この悪玉カルシウムの謀略を掴んだ川村は前掲書で、「高齢者になると、カルシウム吸収率が悪いため、骨塩カルシウムの不足が著しく体内の老廃物処理も十分に行われないことから、体内の電子エネルギーは増加傾向にあります。体内の電子エネルギーの増加は、組織の冷却・収縮・凝結などを招き、不活性の老化現象へと進行し、血管でのカルシウム沈着を速めます。
 こうしたカルシウムの血管内沈着は大動脈ばかりでなく、手足や脳の最小血管でも着実に沈着化を起こすのです。
 カルシウム不足による骨粗しょう症などの骨の健康被害は重大な問題ではあり、カルシウム不足が血管への沈着はもちろんのこと、全身のあらゆる組織を冒す万病の元凶となることを忘れてはなりません」と警鐘を鳴らす。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では「マゴワヤサシイ」を実践していれば絶対に安心かというと、そうとも言えないようです。
 それはカルシウムの吸収率が年齢と伴に落ちていくからです。以下の表は、年齢によるカルシウムの所要量と吸収率を示したものです。p189から抜粋して紹介します。

        (所要量)     (吸収率)
・子供 ... 500〜900mg (75%)

・成人 ... 600mg     (30〜40%)

・妊婦 ... 900mg     (50〜60%)

・老人 ... 1200mg    (20%以下)

 注目なのは、老人の所要量が一番高いのに吸収率が20%以下と一番低いことです。
 これは「マゴワヤサシイ」食事を実践していても、年齢と伴に体内のカルシウム不足を起こし、骨密度が減っていくことを意味します。
 それが自然の摂理なのだから仕方ないという見方もあるでしょうが、ある方法でこれを解決できるかもしれないというのです。
 それを紹介したいと思います。またその方法によって、骨粗しょう症を克服した実例も紹介します。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p200〜p204から抜粋開始>・・・

 この研究は、英国医師会誌にも掲載されたのだが、40歳以上にカルシウムサプリメントを使用すると、心臓発作リスクが約30%増大することが認められたというのだ。
 さらにサプリメントによる骨折予防の効果はほとんどなく、試験にあたった博士によると、「血液中のカルシウム濃度が正常値を超え、心臓発作リスクのある人へ危険をもたらす血液組成の変化が生じる可能性がある」というのだ。
 こうした難問を簡単に解決できるのが北海道八雲地方で、約2000万年前〜1500万年前の地層から産出するカミオニシキ貝の風化貝化石末や、天然ケイ素を多量に含む隈笹エキス末やNASAが宇宙飛行士用にサプリメントの原料にしたモンモリロナイト末などを配合し、超微粒子化したカルシウム末、そしてヨモギやスギナの乾燥末を煎じたのを飲むのも効果的だ。
 地球上で酸素の次に多い元素はケイ素だ。珪素は太古の珪酸土壌に豊富に含有する。永遠不滅生命体ソマチッドはケイ素原子を抱き込んでいるとされるので、数千万年から数億年前の土壌ほどソマチッドが豊富と考えられるわけだ。
 前出の素材には永遠不滅生命体ソマチッドが豊富に含まれているのが特徴だ。
 これらは小魚や野菜類などのように体内でイオン化され、消化吸収される非活性型カルシウムの仲間に入る。この非活性型カルシウムは、血中のカルシウム濃度を変動させることなしに骨塩量を増やすことができるのだ。
 現代医学では、骨粗しょう症の治療方法はカルシウム剤とホルモン剤を服用する他方法はなく、良くて現状を維持するのが精いっぱいというのだ。早い話、骨粗しょう症の治療には手立てがないのが現状だ。
 この風化貝化石末や隈笹エキス末などを配合したカルシウムエキス末の摂取では、骨粗しょう症を70歳、80歳になって改善できるというのだ。高齢になっても白髪の黒色化、育毛効果、美肌効果、コラーゲン生成促進効果の他、男女とも性機能の活性化などが1、2週間後に体感できることが報告されている。
 これは明らかにソマチッドが体内で活性化し、細胞がSTAP化し、細胞再生が行われた証拠ではないだろか。

 ◎70、80歳を過ぎても歩けないほどの腰痛と圧迫骨折が消失した!

 骨は一生、破壊と再生を繰り返し、骨代謝を続け、生まれ変わっていることはあまりよく知られていない。前出の医師によれば、「年齢を重ねるほど骨の吸収率が減少するのだが、毎日、非活性型カルシウムを摂取し続ければ、骨粗しょう症や圧迫骨折と診断されても改善が可能」だというのだ。
 この臨床医のもとに68歳の女性が来院したことがあった。この女性はこの2つの症状を診断され、骨がボロボロで手術もできない状態で入院した。乳酸カルシウム剤とホルモン剤、そして鎮痛剤を6か月も飲みながら入院したが、何の改善も得られないでいた。
 レントゲンを撮ると、確かに胸椎と腰椎の一部が変形し、特に胸椎の腹部側が針のように薄く、腰椎自体も確認できないほどスカスカの状態で、まさに骨粗しょう症と圧迫骨折が診て取れた。
 そこで、近くの病院に入院してもらい、風化貝化石末と柿酢を飲んでもらった。すると、2か月後には、歩けない状態だった腰痛がウソのように消え、退院できたというのだ。そして、退院し6か月たったら、元の病院から「その後を診断したい」とのことで再診した。
 その結果、「骨粗しょう症が治っており、奇跡というしかない」と言われたという。
 その1年後、この患者はこの臨床医を訪れ検査したところ、圧迫骨折していた胸椎も腰椎も厚くなって丈夫さを取り戻し、腰椎全体の骨格もハッキリしていた。また、当然ながら、骨粗しょう症も改善し、骨塩量も増加していたという。
 改善期間では、その人の年齢や体質も影響があるので、一概には断定できないが、概ね半年から1年も続ければ結果を体感できるという。
 「それだけでなく、多くの高齢者が悩む膝関節症や腰痛、肩こり、四十肩、五十肩、筋力の低下などの他、動脈硬化症や糖尿病や高血圧、痴呆症なども早い人では1か月から3か月、あるいは半年から1年、長い人では2年、3年の場合もありますが、現代医療から見放されても諦めることはありません」とこの医師は述べている。
 体内のソマチッドの活性こそが、現代医療が「老化現象」として片づけてしまう症状を改善する大きな鍵というわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこれを読んだ時、これは良いことを聞いたと思ったのでした。
 充分に試す価値はありそうです。
 私は病気と言えるものはないのですが、このところ老化によると思われる体力や筋力の低下を実感しています。予防の意味でも、非活性型カルシウムを飲んでみようと思いました。
 参考までに、私が天然風化貝カルシウムを購入したサイトです。

http://www.yaso-cha.com/SHOP/547043/550026/list.html

 念のために断っておきたいのですが、私はこれを読まれている訪問者の方々に勧めているわけではありません。
 あくまでも情報提供の一環です。

 風化貝カルシウムの粉末を、緑茶とチャガティーをブレンドしたものに入れて飲んでみたのですが、面白いことに紅茶にミルクを入れたミルクティーのような味になりました。
 最初に一口飲んだとき、けっこう美味しいと感じました。美味しいと感じたのですから、おそらく私の身体に合っているのでしょう。
 効果が現れるのは1〜2週間後とのことで、私は飲んで3日目なのでまだわかりません。
 特に私が期待するのは、性機能の活性化です。
 いいですねえ。若い頃のように、女性を見てときめきたいものです。



日銀のマイマス金利の背景...2016年2月6日

 日銀は1月29日、ついにマイナス金利を発表しました。
 これによる市場へのインパクトは凄まじく、株も債券市場も瞬間的に暴騰に近い上げを演じました。
 118円台だった円ドル為替も一気に121円台の急激な円安となり、長期金利(10年物)は2月3日に史上最低の0.045%まで下がりました(2月5日にはさらに記録を更新し0.02%にまで下落)。
 マイナス金利は金融緩和政策ですから為替が円安に向かうのは自然ですが、121円台まで下げた円は、今度は急速な円高となっています。2月5日の時点で116円台となり、高速エレベーターのような動きをしています。
 本来であればマイナス金利は円安政策なのに、なぜ円高になったのか。
 この円高になった理由について増田俊男氏の見解が興味深かったので、紹介させていただこうと思います。

 増田氏によると、マイナス金利の導入は、アメリカからの要請(命令?)によるものであるといいます。以下、増田氏の説明を箇条書きにして紹介します。

 ・FRBは今年も継続的に金利を引き上げたい(目的はドル防衛)。しかしこのところのドル高でアメリカ企業の業績が落ちており、このままでは利上げするのは困難な状況にある。

 ・そこで日銀を動かし、マイナス金利を導入させた。日本の銀行が日銀に持っている当座預金のうち、今後積み上げる預金分に0.1%のマイナス金利を課すことになった。

 ・これにより銀行は国債を日銀に売る側から、買う側になった。そうした動きを先読みした世界のヘッジファンドが日本国債に殺到した。これにより円高になった。

 増田氏は、日銀の黒田総裁は、アメリカが企業業績回復のためにドル安に持っていきたいという事情を知ったうえで、マイナス金利を導入したと言っています。
 これが本来であれば円安要因であったものが、逆の円高要因になった理由だというのです。

 これだけ読むと、なるほどと思わせるものがあります。
 これが事実かどうかわかりませんが、なかなか面白い裏読みです。


 次に吉田繁治さんの見解を紹介します。
 吉田さんは、マイナス金利を国内事情で説明しています。それを紹介したいと思います。

 まず政府が発表した2020年にGDP600兆円という夢物語の背景です。
 政府は名目GDPを年率3.5%づつ上昇させると計画しました。名目GDPの増加率が3.5%であれば、現在のGDP500兆円が2020年には以下のようになります。

 500兆円 × 1.035の5乗 = 594兆円(約600兆円)

 これが政府が夢に描いたストーリーです。
 これが達成できれば、政府の財政不安は無くなります。
 前回の記事「これから起こるであろう金融大変動の様相」で、現在の日本政府の財政の不等式を紹介しました。

 (名目GDPの成長率:0%)<(財政赤字の増加率:3.3%)

 つまり名目GDPの成長率が3.5%になれば、上記の不等式の(<)が、(>)と逆になり、日本政府が財政破綻する危機が無くなります。
 名目GDPの3.5%成長の内訳は、

 名目GDP3.5% = 実質GDP1.5% + 物価上昇2%

 です。
 これにより日銀が物価上昇率(インフレ率)2%に異常に固執した理由がわかります。
 しかし日銀が大規模緩和を実施した2013年4月から2年8ヶ月経った現在において、インフレ率2%は全く達成できていません。
 値動きが大きい生鮮食料品と原油を含むエネルギーを除く物価で2015年12月は前年比+08%にすぎません。
 結局のところ、名目GDPは3.5%にほど遠い0%成長です。

 そこで日銀が編み出した苦肉の策が、マイナス金利というわけです。
 金利の式が以下です。

 実質金利 = 名目金利(貸付金利は0%が下限) − 期待物価上昇率

 本来であれば名目金利は0%が下限です。
 一般の人々が銀行に預金すれば、雀の涙程度であっても金利が付きます。しかしマイナス金利だと、お金を預けると、罰金のようにお金を取られるという話です(ただし海外の銀行では、ある一定水準の預金以下の場合は、手数料名目でお金を取られるというのは普通にあります)。
 もちろんこんなことは、(日本では)一般の人々や企業活動においてはなかった話です。

 マイナス金利が適用されるのは、金融機関が日銀に持つ当座預金のみです。
 吉田さんによれば、日銀の狙いは日銀の当座預金をマイナス(名目金利をマイナス)することにより、上記の式において実質金利をマイナス2%にもっていくことだといいます。
 実質金利がマイナスとなれば、銀行にお金を預けておくのは損なので、お金を使った方がいいとなります。企業は設備投資したり、民間では住宅需要、車の需要、家電需要が増えるはずです。
 日銀がマイナス金利をアピールすることにより、一般の人々に実質金利がマイナスになるという印象を持ってもらい、設備投資や消費に繋げたいということだといいます。
 はたして、日銀のこうした目論見は上手くいくのでしょうか(私はとても難しいと思っていますが)。


 最後に元日銀副総裁の岩田一政氏のインタビューを紹介します。
 マイナス金利の導入は、岩田氏の持論だったといいます。
 以下は、日銀がマイナス金利を発表する1日前の2016年1月28日付けの朝日新聞に載った、岩田氏へのインタビュー記事の一部です(副島隆彦氏の学問道場の掲示板から引用させていただきます)。

(質問)
――岩田さんは日銀による大量の国債購入は2017年夏には限界を迎えるとの
立場です。さらなる追加緩和は、限界が来るのを早めるでしょうか。

(答え)
「追加の金融緩和をする場合、現行の年80兆円の長期国債の購入額に、さら
に10兆円か20兆円を上積みすると市場関係者は期待している。それは私た
ちが17年夏と見ている国債購入の限界が、どんどん前倒しになるということだ」


 岩田氏は、極めて重要なことを言っています。
 岩田氏は、現在日銀が行っている大量の国債購入は、2017年夏に限界が来ると言っているのです。
 日銀のさらなる金融緩和は、来年夏の限界を早めてしまうので、現時点でマイナス金利の導入が必要だというのが岩田氏の立場です。
 2017年夏限界説ですが、市井の経済ジャーナリストが言ってもインパクトが薄いですが、元日銀副総裁という立場にあった人が言うのですから、重みを感じてしまいます。

 日銀の国債購入の限界が来ることが意味するのは、国債の値段が下がることであり、長期金利が上がるということです。
 長期金利が上がれば、日本政府は予算が組めなくなり、これは財政破綻を意味します。

 吉田繁治さんは、2018年から金利が上昇する危険性があると言っています。
 ですから私は日本国債の危機は2018年頃だろうと思っていたのですが、もう少し早まる可能性も頭に入れておく必要がありそうです。



これから起こるであろう金融大変動の様相...2016年1月31日

 年明け早々から株価(日経平均)の乱高下が止まりません。
 年初から3000円まで下がったかと思えば、1日でいきなり900円も上がったりして、異常なボラティリティ(変動幅)が続いています。
 先週末の29日は、日銀の黒田総裁がマイナス金利の導入を発表し、株は大きく上昇した後に一転して下落に転じ、さらに上昇するという目まぐるしい1日でした。こうした展開が続いているので、株をやっている人は気が気でないだろうと同情したくなります。

 私は以前から、世界的な金融大変動がそう遠くない将来にやってくると言っていました。
 ですから今回のこうした株価の大きな動きが、金融大変動の予兆だと見做していると思われるかもしれません。結論から先に言うと、(株価の暴落が世界的な金融大変動にきっかけになることは否定しませんが)、現在ではまだ起こっていないと考えています。
 では何が引き金になると考えているかといえば、それは金利(特に長期金利)の高騰です。
 それゆえ私は、株価と同時に、強い関心を持って金利の動向に注目しています。

 なぜ金利なのかですが、それを今回の記事のテーマにしたいと思います。

 私は以前から、金融大変動起こったら、世界はどのようになっていくのか考えていました。
 それに対する重要な示唆を与えてくれたのが、吉田繁治さんのメルマガと一連の著作です。今回は吉田繁治さんの『膨張する金融資産のパラドックス』(ビジネス社)から引用して紹介させていただきます。

 そもそもこれから起こるであろう金融危機の本質は何かです。
 なぜ危機が起こるのか。
 どこに危機があるのかです。

 その答えを探すには、2008年9月のリーマンブラザーズの倒産から始まるリーマンショックから見なければならないと考えています。
 当時のFRB議長であったグリ−ンスパン氏は、リーマンショックを「100年に1度危機」と表現しました。
 しかし吉田繁治さんは、この「100年に1度危機」という表現は間違っているといいます。
 その理由ですが、グリ−ンスパン氏は1929年のNYダウ大暴落から始まった世界大恐慌を想定したのだろうが、当時は21世紀型の金融であるデリバティブは存在していなかったからだといいます。


 ・・・<『膨張する金融資産のパラドックス』、p78〜p80から抜粋開始>・・・

 [ファンドマネジャーの心理的なパニックから生まれたデリバティブの崩壊]

 2008年のデリバティブ証券の全面崩壊は、担当マネジャーのパニック心理が引き起こしたものです。原因は、額面価格はあっても原資産に対するどんな権利(または義務)が組み込まれているのか、買っていた人が判断できなかったことです。中身がわからない証券を、”お手盛り”の格付けで、顧客に信用させたのは格付け機関でした。その罪は大きい。
 リーマン・ブラザーズはMBS(不動産ローン担保証券)の下落と、保証を引き受けていたCDS(債務保証保険)の高騰で約2週間で資金不足になり、つぶれました。
 政府がリーマンをつぶした理由は、他への影響が比較的、小さかったからです。影響が大きかった世界最大の保険会社AIGと商業銀行バンク・オブ・アメリカは救済しています。
 政府とFRBが支援資金を提供しなかったら、米国の大手銀行はすべてが連鎖してつぶれたでしょう。預金取付けが起こり、銀行は閉鎖になる信用恐慌から実体経済も1929〜33年のような恐慌に至っていたでしょう。
 米国のみならず世界の金融機関は相互に、深い貸し借りで結ばれています。A銀行が破産して負債の決済ができないと、A銀行に短期資金を貸しているB銀行も倒産します。
 金融機関は、借主の利払いの遅延や債務不履行で倒産することはありません。金融ムラの同僚である銀行の支払い不能とコールローンの引揚げから連鎖倒産します。金融機関の連鎖倒産によって起こる信用恐慌とは、金融機関の自己資本をはるかに超える損失によって、流通するマネー量が急減することです。

 [誤っていたグリーンスパンの想定]

 元FRB議長のグリーンスパンは前述のように「100年に1度の危機」と言いました。彼が想定していたのは、1929年10月の株価暴落からの世界恐慌でした。
 グリーンスパンの想定は誤っていました。リーマン危機は29年にはなかったデリバティブ証券(2014年末は流通価値$20.8兆:2496兆円)が原因となったもので、金融機関にとって1000兆円以上の損失が瞬間に出た危機であり、21世紀型の金融危機だったからです。
 原因の本質は所得に対する金融資産・負債の過剰です。金融資産の過剰は、必ずどこかで借り手(世帯、企業、政府)の負債の過剰を生みます。リーマン危機のときは、FRBの資金供給$4兆(480兆円)によって、金融機関にある金融資産は守られました。
 つまりリーマン危機のときの金融資産と負債の過剰は、現在に持ち越され、続いています。金融資産が企業と世帯の合計所得であるGDPの増加より高い率で増え続けた場合、いずれ100%の確率で崩落します。金融資産・負債の増え方が名目GDPの増加率より大きく高い状態が続く国では、金融危機は”必然化”しています。
 所得に対し過剰な金融資産は過剰な負債です。利払いと返済ができず不良化する金融危機は100%の確率で起こるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 金融危機の本質は、所得に対し過剰な負債です。
 リーマン危機のときは、これが表面化したといえます。しかしFRBは480兆円(1ドル120円)の紙幣を増刷して金融機関に投入し、危機に蓋(ふた)をすることに成功しました。
 大事なことは、危機は一時的には治まった形でしかなく、先送りされたということです。
 個人でいえば、自転車操業でなんとか資金繰りをしているという状態です。しかしそうしている限りは、借金は減ることはなく、徐々に膨れ上がっていくだけです。
 FRBはリーマンは潰したけれども、AIGやファニーメイ、フレディマックは公的資金を投入して救いました。これは民間の危機(負債)を公的なFRBが引き受けたことになります。つまり危機(負債)が、民間から政府に移されたということです。
 もし米国の名目GDPの成長率が、負債の増加率を超えていれば、危機は解消に向かうはずです。
 しかし現実は、逆となっています。
 だとすると、金融危機が起こるのは必然となります。


 ・・・<『膨張する金融資産のパラドックス』、p226〜p228から抜粋開始>・・・

 [前回からほば10年後に再来する金融危機]

 2008年のリーマン危機後のように金融危機の後の経済が低い成長になるのは、危機を生んだ原因である「金融資産・負債」の大きさが、FRBのマネー増発により維持されているからです。リーマン危機のケースでは、推計1000兆円の蓋をされたバッドローンがブラックホールのように回復の足を引っ張り続けるからです。
 そしてほぼ10年で、”次の金融危機”に向かいます。ただしこの10年には、危機の促進と遅延の対策が打たれるので、8〜12年の幅があります。
 1929年の米国発の大恐慌は銀行の危機、つまり発生した不良債権額に対して中央銀行のマネー供給が十分でなかったために起こっています。この教訓から株や債券の下落で銀行が危機になると、中央銀行によって負債性の通貨が増発されます。当面の危機は防がれます。しかしその後は、現在の日米欧のような低金利と低い経済成長になります。
 現在は、延長された危機です。現在の日米欧は、危機が先送りされた中にあります。
 中央銀行のマネー増発機能を使って先送りされている危機は、再び[金融資産=負債]が膨らみ続ける中でバブルを起こし、晴天が突然の嵐になったように起こります。

 ・・・(中略)・・・

 2008年のリーマン危機は、21紀の米国の第一次金融危機でした。その後の先進国における物価上昇を含む名目GDPの成長は、せいぜい2〜3%でしかない。一方で[金融資産=負債]は年率6%くらいで増え続けています。10年で1.8倍に膨らみます。一方で利払いと返済の原資になる所得額つまり名目GDPは、10年で1.2倍から1.3倍にしかならない。
 この2つの動きから名目GDPに対する[金融資産=負債]は、10年後には、危機前の1.4倍から1.5倍に膨らみます。金融資産が名目GDPの5年分だったとすれば、10年後には7年分から7.5年分です。
 この債務比率の面で、名目GDPの6.8倍の金融資産=負債(2015年3月)がある日本が先頭を切っています。
 まず政府が、2.5%や3%という低い金利も払えなくなる。このとき政府は国債を増発し、中央銀行は利下げと量的緩和という通貨増発をします。その数年後に、物価の期待上昇率が上がり始めると期待金利が上がり、国債のデフォルトの危機に向かいます。
 10年後が危機にならない場合、ゼロ金利の中で[金融資産=負債]の増加が大きすぎるという矛盾は続くので、11年目あるいは12年目が危機になります。
 [金融資産=負債」が2.3倍になる15年目以内には、ほぼ100%の確率で金融危機、通貨危機、財政危機に向かうのです。
 金融危機、通貨危機、財政危機は同根です。危機は、物価上昇を含む名目GDPに対して金融資産が大きくなり過ぎたときに起こります。金融負債も大きくなり過ぎているからです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 政府が紙幣を増刷して、金融危機を先延ばしする自転車操業が続けられるかどうかは、以下の不等式に掛かっています。

 (名目GDPの成長率)>(財政赤字の増加率)

 この不等式が成り立っている限り、危機は発生しません。
 政府が発行する国債が債務不履行(不渡り)になることはないからです。国債を買う人々が、利払いが滞ることもなく、満期になったら償還してくれると安心できるからです。
しかし先進国における名目GDPの成長は、せいぜい2〜3%で、負債は6%で増え続けているといいます。
 つまり現実は、

 (名目GDPの成長率:2〜3%)<(財政赤字の増加率:6%)

 になっているということです。
 これにより、金融危機が起こるのは避けられなくなります。

 そこで気になるのは、金融危機はいつ起こるのかです。
 その時期を知るための予兆はないかです。
 吉田さんによると、リーマン危機の予兆は1年前から起こっていたといいます。


 ・・・<『膨張する金融資産のパラドックス』、p350〜p354から抜粋開始>・・・

 [1年前から見られたリーマン危機の先行現象]

 2008年9月のリーマン危機のときは最初、フランスの大手銀行BNPパリバのサブプライムローン関連の証券に買い手がつかないという「パリバショック」が起こりました。これが端緒でした。リーマン危機の1年前の07年8月でした。
 米国の住宅価格の下落が始まったのは、その1年前の06年からでした。日銀が量的緩和を停止し、ヘッジファンドがゼロ金利の円を借りてMBS(不動産ローン担保証券)を買っていたキャリートレードが急減した06年7月からだったのです。07年末からは、米国の中小住宅ローン会社の倒産(100社以上)が始まっていました。同時に、全米5位の大手投資銀行で、住宅ローン債券が多かったベアー・スターンズの経営が急速に悪化し、08年5月にJPモルガン・チェースに救済合併されています。
 危機の2カ月前の08年7月には、政府系住宅証券会社のファニーメイ、フレディマックが相次いで政府資金$2000億(24兆円)投入されて、国有化されています。そして9月15日がリーマン危機で、米国株の暴落でした。1年前から、株価の暴落とドル下落のサインは出ていたのです。
 大きく、しかも広範囲な危機のときは当初、損害が金融機関によって隠されます。損害額は小さいと宣伝されるのです。これは金融危機や財政危機につながるバブル崩壊に共通しています。日本への影響でも当時の経済財政政策担当の与謝野馨大臣は「蚊ほどの影響もない」と国会で答弁しています。
 リーマンの倒産前も特徴的でした。当時のCEOは倒産の2週間前に、4半期決算で最高の利益を上げ、財務基盤は盤石と発表していました。デリバティブ証券の損害が表面化していなかったからです。清算日まで利益や損失は、確定しません。そして金融ムラの店頭取引の相手が承諾すれば、損失が露わになる清算日のロール・オーバー延長も続けることができるからです。

 [隠される損失に惑わされるな]

 消滅したリーマン・ブラザーズを含み、金融機関は大きな損が露呈するまで「財務は健全」と言い続ける本性を持っています。財務とは資金繰りです。自行の損害は大きいとCEOが漏らせば、噂は驚く速さで広がり、取付けが起こって、銀行間ローンの借り換えも停止されるからです。
 金融機関は預金や銀行間ローンで低利の短期資金を借り、高い金利の長期の債券やローンに投資しています。1年以内の社債であるコマーシャル・ペーパー短期ローン短期債券で調達した資金を、長期のローンと債券に変えて、長短の金利差から利ザヤを取る「満期変換」が金融業の本質です。
 預金は払う金利が低い短期資金です。長期貸付は金利の高い長期資金です。金利の低い短期資金でマネーを集め、長期ローンや債券に変換して利ざやを利益にするのが銀行です。
 危機を公表すれば、リスクを感じた預金者から預金が引き出されるので、はっきり露呈するまで隠し続けます。これは粉飾というより、長短の資金の満期変換という金融事業の仕組みから来る本性です。
 公的な監督当局が「A銀行は危機」と漏らせば、即日に取付けが起こるので、ストレステストで見つかった大きな含み損も隠されます。自己資本を壊さない範囲の損だけを外部に出すのです。2012年の南欧債の危機のとき、実際にユーロであったことです。

 [デリバティブは金利上昇時に巨大なリスクになる]

 デリバティブでは相手が承諾すれば、清算の満期を延ばすロールオーバーができ、損失の先送りができます。
 そして多くはリーマン危機以降も、当局の配慮から時価会計の適用をのがれています。含み損があっても、所有者が見積もる粉飾の理論価格でいい。デリバティブの多くは権利や義務であり、清算日までオフ・バランス?(バランス・シートに載せないこと)にできるので関係者にもわからない。専門紙のメディアも書かないことです。大きな金融危機ほど、メディアの報道は遅れます。金融資産を守るためには、バブル崩壊の兆候となる現象を見過ごさないようにしなければならない。
 次回の金融危機はリーマン危機の後に、金融機関の不良債権が移転している国債バブルの崩壊です。これは3カ月前からの長期金利の異常な上昇でわかります。この異常さとは、中央銀行が利下げのために国債を買っても金利が反応せずに上がることです。
 米国と欧州の大手銀行の自己資本比率(自己資本/B/Sの資産・負債)はレポ取引でのレバレッジが大きいため、3〜5%台ととても低い。一例を挙げるとドイツ最大のドイツ銀行は総資産・負債が1.95兆ユーロ(259兆円)ですが、自己資本はわずか779億ユーロ(10兆円)であり、株価評価を入れても、自己資本比率は3.8%です(14年12月:Yahoo Finance)。
 たとえば金利がドイツ銀行のポジションをはずれて1%上がった場合、240兆円の国債、債券、株、融資等の資産が5%下落して、含み損で債務超過になる弱さです。ドイツは国としては財政が黒字で財務が健全なのに、国際的な業務を行っている銀行部門は脆弱なのです。
 世界でもっとも生産台数が多いフォルクスワーゲンの排気ガスの偽装が明らかになっていますが、ドイツの銀行も低い自己資本比率という問題を抱えています。ドイツは国家の財政は健全ですが、民間企業部門には問題があります。
 米欧の銀行に多いデリバティブの本質は、利益も損も数倍から30倍に大きくするレバレッジの仕組みにあります。このため自行の金利予想が1%外れると、金利スワップ(想定元本6京650兆円)で[6京650兆円×1%=606兆円]の予期していない支払い義務が生じます。上がった金利の支払い義務を負う銀行が、瞬間に吹っ飛ぶ規模の決済額です。
 一般には知られていない金利スワップ(固定金利と変動金利を交換)はデリバティブ総残高(7京5610兆円)の80%を占めています。これが世界の金融に仕掛けられた時限爆弾になっているという現実を、本書の読者は知っておいてください。本書が国債の金利上昇の危険を、繰り返し述べている理由がここにあるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 現在株価が乱高下していますが、仮に大暴落したとします。
 NYダウが6000ドルになったり、日経平均が1万円割れを起こしたとします。
 そうなると世界経済に大変な悪影響があることは間違いありませんが、そうだとしても金融システムが崩壊したわけではありません。
 大暴落した株価であっても株式市場が機能している限り、取り引きそのものは行われ続けるからです。

 私が予想している世界的な金融大変動とは、現在の金融システムそのものが崩壊するということです。多くの金融機関が倒産すると思います。それゆえ市場も一時的にしろ、マヒ状態になると考えています。

 吉田さんによれば、その予兆は「3カ月前からの長期金利の異常な上昇」でわかるといいます。
 なぜ長期金利の異常な上昇が起こるのか。
 それは、人々が国債の利払いと償還がちゃんと行われるか疑問を持つからです。国債の買い手が極端に減り、中央銀行が国債を買っても金利の上昇が止められなくなります。
 人々が国債に寄せる信用とは何か。
 それは、繰り返しますが、名目GDPの成長率が財政赤字の増加率を上回っているかどうかです。

 最後に日本のケースを見ています。
 以下が日本の不等式です。

 (名目GDPの成長率:0%)<(財政赤字の増加率:3.3%)

 日本政府の債務は1209兆円と、GDPの234%に達してしまいました。
 吉田さんによるとこのレベルでは、長期金利が3%台になると政府は債務不履行に陥り、予算を組めなくなってしまうといいます。
 債務不履行とは、国家破産のことです。
 現在日本政府が自転車操業を続けていられるのは、異常な低金利のおかげです。
 この異常な低金利をもって、日本国債の信用の現れだという人がいます。それは本質を見誤った考えだと私は思います。
 膨大に膨れ上がった債務ゆえに、今の異常な低金利でないと国は予算が組めないのです。それゆえ国はあらゆる手を使って低金利を維持しようと必死なのです。
 つまり人々が日本国債を信用しているから低金利なのではありません。国の政策によって、無理やり低金利を維持しているのです。しかしながら、そうした自転車操業が未来永劫続くはずがありません。

 人々が国債に対して疑問を抱いたとき・・・、それが予兆だと言えます。



ソマチッドがもたらす生命活動...2016年1月17日

 どういうわけか私は、ソマチッドに関する記事を読むとワクワクします。
 おそらくそれは、ソマチッドこそ生命活動の根源ではないかという直感によるものだと思います。

 多くの方々は、生命の根源は何かと聞かれたら、DNAと答えると思います。
 しかしDNAがどのように造られたかとなると、今の科学は答えを持っていないようです。よく人間のルーツで類人猿とホモサピエンスを繋ぐ輪が見つからないということで、ミッシング・リンクと言われますが、生命科学では、生物の進化において未発見の仮想生物のことをミッシング・リンクというようです。

 今回紹介するのは、生命科学のミッシング・リンクこそ、ソマチッドではないかという記事です。

 ソマチッドという言葉を聞いた方は多いと思います。しかし言葉は聞いたことがあるが、詳しくは知らないという方もおられると思うので、まず最初にソマチッドに関して簡単に説明した記事を紹介します。
 フランス人の医師ガストン・ネサンは、電子顕微鏡と違い、生きた検体を観察できる3万倍の倍率を持つ顕微鏡ソマトスコープを開発します。
 そこで血中を観察していると、タンパツ質のブラウン運動とは違う動きをする微小生命体を発見します。
 『超微小知生体ソマチッドの衝撃』(上馬一馬著、ヒカルランド)から抜粋します。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p39〜p41から抜粋開始>・・・

 ◎ソマトスコープが生きたままの超微小生命体の生態を明らかにした

 電子顕微鏡の分解能は約30〜50オングストローム、倍率は40万倍程度あった。
 ソマトスコープは3万倍の倍率で分解能は150オングストロームだった。倍率と分解能では電子顕微鏡に劣っていた。しかし、電子顕微鏡は原子レベルまで観察できたが、標本に電子線を照射、防腐処理した上に、顕微鏡内が真空に保たれる必要があった。
 早い話、電子顕微鏡では死んだ細菌やバクテリアは観察できたが、生きた対象物を観察することができなかったのだ。しかし、ネサンが開発したソマトスコープは微小な生命体を生きたままリアルに観察することができたのだ。これが決定的に違っていた。
 ネサンはこの高性能超顕微鏡とも言えるソマトスコープで血中を観察しているうちに、明らかにタンパク質のブラウン運動とは全く違う微小生命体を発見した。
 この有機体を植物の樹液にも見いだし、人間や鉱物からも発見した。その後、ネサンは観察物を200℃以上の高熱にさらし、血液中からもソマチッドを採取する方法を考案した。しかもその培養法まで確立することができた。
 早速、この微小生命体を培養してみると、勝手にどんどん変化するのが見て取れた。最初はソマチッドから胞子、二重胞子と変化した。
 そしてバクテリア形態、二重バクテリア形態、棒状形態、粒状の二重胞子を持つバクテリア形態、酵母形態、子嚢(しのう)形態、菌糸体形態など、90時間かけて16パターンに次々変化することを突きとめたのだ。
 最後の菌糸体形態が変化し、これが壊れるとこの生命体はふたたびソマチッドに生まれ変わることがわかった。これは長年の歳月をかけて何度追試しても同じパターンが90時間内で見いだされた。明らかにタンパク質のブラウン運動とは異なっていた。
 間違いなく、バクテリアのような生命体であることが特定できた。
 これが有名な「ソマチッドサイクル」だ。ネサンはこの時20歳半ば、むろんのこと、このソマチッドサイクルの論文を1961年にパリの科学アカデミーに発表した。
 ソマトスコープの開発1つでも偉業なのだが、ソマチッドサイクル理論も現代科学のカテゴリーを超えた大発見なのだ。これを20代半ばで成し遂げたというのだから、天才と呼んでもまったく差し支えない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このソマチッドが、不食の人のエネルギー源であるとする説があります。
 不食の人は食べないのですから、食物によるエネルギーを摂取することができません。そこで太陽光を浴びることによってソマチッドからエネルギーを得ているという説があります。
 『やってみました! 1日1食』(船瀬俊介著、三五館)から抜粋します(文中における私とは、船瀬俊介氏のことです)。


 ・・・<『やってみました! 1日1食』、p40〜p42から抜粋開始>・・・

 ◎青汁一杯で18年の奇跡

 私の知人の森美智代さんは、18年間、青汁一杯(約50キロカロリー)で生きていることで有名です。お顔はふっくらとして、いつも笑顔を絶やさない。現代のカロリー理論では、最低限必要量1200キロカロリーのわずか24分の1!
 2014年6月に、ニューヨークへの講演旅行でご一緒しましたが、飛行機の中でも水以外はいっさい飲みません。カロリー理論を盲信する人々は、彼女のような存在をどう説明するのでしょうか。
 森さんは、ニコニコしながら言います。
 「私なんか、まだまだですよ。弁護士の秋山佳胤(よしたね)さんなんか、6年間、まったく食べていないで元気で生きていらっしゃるんですよ」
 あなたは、絶句するしかないでしょう。
 しかし、驚くことはない。じつは、世界中に、まったく食べ物を口にせず、水すら飲まない人々の存在が多く知られているのです。たとえばインドのヨガ行者プララド・ジャニ翁は70年以上、不食不飲の人生を送ってきたことで知られます。
 400人以上の医師で構成されるインド医学会「DISPAS」は専門研究グループを結成してジャニ翁を徹底診断ならびに観察した結果、その不食不飲、さらに一切の排泄も行なわないことを証明しています。
 じつは、動物のエネルギー系には4段階あるといわれているのです。

 @酸化系(酸化による熱エネルギー。従来の栄養学)

 A解糖系(糖分の分解エネルギー。酸素を必要としない)

 B核反応系(核変換エネルギー。生体内元素転換による。例:カリウム40 → カルシウム)

 C太陽系(光合成エネルギー。生命小体ソマチットが光で増殖)

 初めて知った! と唖然となる方もいるでしょう。@ABはすでに証明されています。

 Cは「人体の経絡(けいらく)に太陽エネルギーが吸収されると、生命小体ソマチットが増殖し、それが赤血球から体細胞に変化する」(森下敬一博士)。
 博士は、これを「経絡造血」と命名しています。この光エネルギー説でなければ不食不飲の人間の存在は説明できません。立証されるのも時間の問題でしょう。
 よく遭難事故で「飲まず食わずで奇跡の生還!」などのニュースが流れます。
 典型的なのは有名なチリ鉱山での33人の生還劇でしょう。2010年8月5日、落盤事故で地底深くに閉じ込められた33人は、事故から69日ぶりに全員、地上にカプセルで救出されました。彼らは衰弱しきっていたかと思えば、ガッツポーズをとるほどに元気だった。48時間ごとにビスケット1枚、ツナ2さじ、ミルク一口と極めて乏しい水分と食糧をわかちあっただけ、とは思えないほど生き生きとしていた。
 彼らの生還も、近代栄養学のカロリー理論を根底から否定するものです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこの記事を読んだとき、昔見たテレビ番組を思い出しました。
 それは、たしか中央アジアの地域に住んでいて、水とちょっとの蜂蜜だけで他に一切食べない中年の男性を紹介した番組です。
 この男性は、家族が食事する席についても一切食べようとしません。
 インタビューすると、全く食べたくないというのです。この男性のエネルギー源は、実は太陽だったのです。
 この男性は日中、上半身裸になって両手を広げて、太陽の光を浴びることを日課としていたのです。そうするだけで、食欲が無くなってしまうのだそうです。
 全く食べないのだから、かなり痩せている体型を想像しがちですが、そうではないのです。
 筋骨隆々の引き締まった体格で、片手で腕立て伏せをしていました。

 私は感心すると同時に、曇りの日が長く続いて太陽の光を浴びれなかったらどうなるのだろうと、しょうもないことを考えていました。

 こうした事例は、体内のソナチッドが太陽のエネルギーを生命エネルギーに変換して身体を活性化している可能性を感じさせます。それと同時に、ネサン医師はソマチッドがDNAの前駆物質であると主張しています。
 もちろんソマチッドがDNAの前駆物質というのは、今の科学では全く認められていません。ソマチッドには、DNAに相当する遺伝情報が見つからないからです。
 しかし以下のネサン医師が行った実験を見て下さい。
 兎(うさぎ)の毛の色が、遺伝情報を持たないはずのソマチッドを入れることで、変わってしまったという実験です。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p58〜p60から抜粋開始>・・・

 ◎ソマチッドは「DNAの前駆物質であり意思や知性を有している!」

 ネサンがソマチッドは「DNAの前駆物質であり、意思や知性を有している」と断定したことはすでに述べた。これは、1969年に兎を使った実験をして辿り着いた結論だった。
 この実験は以下のように行われた。
 最初に白い兎の血液からソマチッドを採取し、黒い兎にその溶液を1日1ccずつ2週間にわたり、毎日投与し続けた。
 すると1か月足らずで黒い兎の毛の半分が白い毛に変わり始め、黒かった兎の毛が灰色に変化した。同様に黒い兎のソマチッドを白い兎に注射し続けると、同じように白い兎の毛が45日くらいですっかり灰色に変わってしまった。
 これを何回繰り返しても同じ結果が得られたのだ。
 毛の色を決めるはDNAの存在だ。しかし、白い兎のソマチッドが黒い兎に遺伝情報を与え、毛の色を変化させてしまったわけだ。
 このことは、明らかに「ソマチッドが遺伝情報を持っていた」ということにつながるのではないか。そうでなかったら、黒い兎の毛の色は変わる筈はない。
 ソマチッドには核がなく、DNAはなかったが、その前駆物質が毛の色を変えたと思われるのだ。
 ソマチッドがDNAの前駆物質だとする証拠はこれだけではない。
 今度は、白い兎の皮膚の断片を切り取り、黒い兎からも同じサイズの断片を切り取り、白い兎の断片をその場所に移植してみたのだ。
 その結果、ソマチッドを移動した場合に限り、通常起こる拒絶反応が起きないことがわかった。
 通常、移植手術では一般に「拒絶反応症候群」が起こり、これに悩まされることになるのだが、ソマチッドの移動を含めると、拒絶反応が起こらないのだ。
 これは遺伝子工学上の革命的な発見だった。
 この実験と似た臨床試験が、数年前に京大医学部でも行われたことがあった。臓器移植前に提供者(ドナー)の血液をあらかじめ、被験者に注射しておき、その後、移植手術を行ったというのだ。
 結果は、この被験者には拒絶反応が起きなかったという。
 このことからネサンは、「ソマチッドはDNAの前駆的なものであり、ソマチッドは遺伝情報を持っている」との結論に到達できたわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もう一つ、実験を紹介します。
 先に太陽の光を浴びるだけで、生きている男性を紹介しました。
 その男性のエネルギー源は太陽ですが、太陽のエネルギーを生命エネルギーに転換しているものこそソマチッドだと思われる実験です。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p62〜p64から抜粋開始>・・・

 ◎ソマチッドを注入した肉片は、真空容器の中で成長をし続けた!

 もう1つ、ソマチッドが生命の根源であることを証明する実験が行われた。この実験ではまったく現状の生命科学では理解不能な現象が起きた。
 それは新鮮なラットの肉を1センチ立法に切り取り、その肉に試験管内で培養したソマチッドを入れてみたのだ。
 そしてこれを、肉を腐敗させる可能性がある空気中の物質やバクテリアが混入しないよう、真空状態の容器に入れた。これを日光が降り注ぐ窓辺に置いてみたのだ。
 果たして、いったいこの肉片はどうなっただろうか。
 通常なら、肉は腐ってしまうか、乾燥し、ミイラ状に変化する筈だ。
 しかし、ソマチッドを入れた肉片はいつまで経っても腐ることはなく、腐るどころか肉片はいつまでも、健康色を保ち、最初の新鮮をそのまま保ち続けていたという。それだけでなく、生きているように生き物のようにどんどん成長し続けていたというのだ。
 ネサンの研究所を医師らと訪問した前出の稲田は、30年たった今でも手のひらサイズに成長している肉片が入った真空容器を確認したというのだから、これは間違いない真実なのだろう。
 このツアーに同行した、聖マリアンナ医科大で准教授となり、30年以上大学病院に勤務、現在はイーハトーヴクリニック院長の萩原優医師は、「真空の中に入れられたラットの肉片が何十年もかけて大きくなっているのをネサンが手にとって説明してくださった」と同書で述べている。
 また、血中のソマチッドを見た感想を、日本の顕微鏡で見たソマチッドは肉眼でぼんやり見えている星のようであり、天井まで届く巨大なソマトスコープで見たソマチッドは天体望遠鏡で星が一面に散らばっている映像を見ているかのように思えた」と記した。
 萩原は、血中に無限にうごめくソマチッドの小宇宙を見た感動で目がくらくらした。
 「現代科学は何もわかっていない。科学でわかっていることはほとんどないに等しいことを思い知らされるソマチッドとの出会いだった」とその感動を綴った。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この実験により、ソマチッドが太陽エネルギーを生命エネルギーに変えるという仮説の信ぴょう性が増します。これが証明されれば、不食の人がなぜ生きていられるかという説明がつきそうです。
 ソマチッドの発見により、ネサン医師は『新生物学』を提唱します。それはDNAを理解する上で欠落していた『ミッシング・リンク』こそ、ソマチッドであるという理論です。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p64〜p66から抜粋開始>・・・

 ◎ソマチッドは太陽光を吸収することで、生体を活性化する

 しかし、このような現象があり得るのだろうか。生命体に必要な栄養素もない、空気もない真空状態で、肉片が成長した。与えたのはソマチッドのみ。
 まさしくソマチッドが生命エネルギーを吹き込んだ証拠ではないか。
 ここで注意したいのは、密閉された真空容器の中に入ったソマチッドを注入した肉片に、太陽光が注がれていたという事実だ。ネサンはソマチッドの発見以来、『新生物学』を提唱している。生命の発生や成長の謎を解く鍵はソマチッドが大きく関与しているというのだ。
 ネサンは、あるジャーナリストの質問にこう答えたという。
 「私は血液中の小体のライフサイクルを立証しました。そこには生命の基礎についてのまったく新しい見解を打ち出したことを意味します。この『新しい生物学』はまだ理論的には完全ではありませんが、この見解に基づいて病気で苦しむ人々に恩恵をもたらす方法を発見できたのです。
 ソマチッドはDNAの前駆的なものだと言えます。つまり、生命活動の基本単位と考えられてきたDNAを理解する上で欠落していた『ミッシング・リンク』(失われた環=生物の進化において未発見の仮想存在の生物)をソマチッドが提供できるということです」
 今日の分子生物学ではDNAを出発点に考えているようだ。しかし、このDNAは何からどのように誕生したのかがわかっていない。ここにミッシング・リンクがあって生命と物質の間がつながっていない。
 ネサンによれば、このソマチッドがこのミッシング・リンクを埋めるという。
 通常、健常人の血中では「ソマチッド・胞子・二重胞子」が見られ、これが血中にびっしり蠢(うごめ)いている。そして、赤血球から生まれ出たソマチッドは赤血球の膜を簡単に通過し、血中に広がる。
 ここで太陽光(電磁波、周波数)からエネルギーを吸収し、すべての器官や細胞組織を活性し、人体を健康に保ってくれる。
 まさしく「ソマチッドはエネルギーの具現」にして、「生命が最初に分化した具体的な形態」、さらに「史上最少のコンデンサー」であるとネサンは定義した。
 ソマチッドには核がなくDNAがなかったが、明らかに遺伝情報を持っていたことは、白い兎と黒い兎のソマチッドを入れ替え毛が灰色になった実験などでも裏づけられた。
 また、窓辺に置いた肉片が大きくなったことは、間違いなくソマチッドが太陽エネルギーを吸収し、この肉片に命を与えていたことを物語っていたわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、人間の生命活動を担っているのは、多次元構造を持つ魂であり、その魂がなければ人間は単なる不活発な肉体にすぎないという説です。
 実は私はこの話に出会ったとき、目からうろこが落ちた思いで唸ってしまいました。それで記事にして、ぜひ訪問者の方々に紹介したいと思ったのです。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p66〜p68から抜粋開始>・・・

 ◎ソマチッドは肉体と魂をつなぐ

 また、ネサンは、アルベルト・シュバイツァー博士が述べたように「ソマチッドは人間の知識や感情にデリケートに反応し、メンタルな世界、スピリチュアルな世界をそのまま反映してくれる鏡でもある」と考えていたようだ。
 もちろんのこと、ソマトスコープで多くのガン患者の血液を調べ、ガン患者特有の変形したバクテリア形態となったソマチッドを観察していた。ところが、治癒への希望が見いだされた瞬間、健康なソマチッドに変化する事例を確認できていた。
 その結果、ソマチッドによって、その人の心の有り様、意識や感情などのメンタルなものが血液に反映されるという結論に到達できたわけだ。
 まさしくモントリオールの裁判でギレーヌ・ランクロット医学博士が証言した「ソマチッドは生命の基礎であり、物資的身体とエネルギー的身体、すなわち肉体と魂をつなぐものである」とした理由がここにあったわけだ。
 またフランスのミッシェル・ファーブル医学博士も、
 「ネサンが発見したものは、生命の物質・肉体的な基礎となり、形而上学的な言い方をすれば、それはエーテル体として知られるものであり、肉体の中に完全に浸透しているエーテル体がなければ、肉体は不活発な物質にすぎない。つまり、魂が離れれば死に至ると同じなのです」と法廷で証言した。
 このエーテル体とは、チベットに伝わる『トランス・ヒマラヤ密教』の系譜につらなる神秘思想家ルドルフ・シュタイナー博士が唱える、「人体は肉体のほかエーテル体やアストラル体、メンタル体などのエネルギー体でできた多重構造」とする、その一つのエネルギー体のことだ。
 要するにこのエネルギー体があってはじめて人間の体や組織が機能できるという説だ。
 言いかえれば、心臓を動かし、血液を全身に送っている根本のエネルギー、肺を動かし、空気を取り入れ、全身に酸素を送る根本のエネルギーこそ、このエーテル体やアストラル体などのエネルギー体であるというのだ。
 このエネルギー体が魂とも密接につながり、生命現象を維持しているわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私が神秘家ゲリー・ボーネルさんの学校に通っていたとき、ゲリーさんから魂の構造を教えてもらいました。
 それは多次元構造となっており、以下のような名前がついているといいます。

・オーバーソウル領域(ツインソウル)
・セレスティアル帯
・メンタル帯
・コーザル帯
・アストラル帯
・エーテル帯

 ここでは各帯の説明はしません(興味のある方はゲリーさんの本を読んで下さい)。
 肉体に一番近いのはエーテル帯の領域ですが、私は長年エーテル帯と肉体の関係性を知りたいと思っていました。
 それでソマチッドこそ、エーテル帯と肉体を繋ぐものであるという説に大いに興味をそそられたのです。
 今の科学では、人間の心の源は脳にあることになっています。
 私は違うと思います。
 人間の心の源は多次元構造の魂であり、肉体に一番近いエーテル帯を通して生命活動を行っていると思うのです。脳は、肉体全体を制御する中央コンピューターのようなものであり、それ自体に人間としての意思を持っているとは思いません。

 魂の意思はエーテル帯から肉体に伝わりますが、その仲立ちをしているものこそソマチッドだと思うのです。
 ネサン医師が発見したように、ガン患者が治癒への希望を見いだした瞬間、それまで異常だったソマチッドが健康なソマチッドに変化したというのがその証拠だと思うのです。
 笑うことによって、ガン細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞が最大で6〜7倍に増えたという実験結果がありますが、これにソマチッドが関係しているのは間違いないと思います。

 プラシーボ効果を説明するにも、ソマチッドしかないと思います。
 病は気からと言いますが、明るく楽しく笑う日々を送っていればそうしたエネルギーがエーテル帯から肉体に流れます。そして体内のソマチッドが活性化して免疫力が飛躍的に上がり、病気を癒してしまうと考えれば説明がつくと思うのです。



ティテル氏の2016年の金融に関する予言...2016年1月10日

 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガでは、年初に米ペンシルバニア州在住の予言者ジョゼフ・ティテル氏の予言を知らせてくれます。
 ヤスさんによればティテル氏の予言の的中率は36%〜42%とのことで、約4割もの的中率を誇るのですから、私は大いに注目しています。
 ティテル氏は今年も予言を発表したのですが、特に今後16ヶ月以内に、日本にマグニチュード9クラスの地震が2つ起こると言っていて、ネットでは早速話題になっているようです。
 ネットでは、どうしても巨大災害が話題の中心になってしまいますが、ここではティテル氏の2016年の金融に関する予言に注目して紹介したいと思います。

 まず2016年のアメリカの金融全般に関する予言を2つ紹介します(ちなみに「7.」と「8.」の数字はヤスさんが読みやすいように付けたものです)。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

7.
資産をどういう形態で保有するのか真剣に考えるべきときが来ている。ドルという通貨はもはや限界に来ており、これを救うことは不可能だ。アメリカ国内の銀行のみならず連邦銀行も破綻の危機を迎える。しかしこれは決して悪いことではない。新しいシステムが登場するためには、古いシステムは崩壊しなければならないのだ。崩壊はドルのみならずユーロでも起こる。

8.
既存の金融システムの崩壊で、紙幣は使えない状態になる。だからいまのうちに資産を保持する形態を考えておかなければならない。紙幣は使えなくなるので、貴金属にすべきだ。だが、この崩壊は決して悪いことではない。既存のシステムでは生活できないので、人々は自分たちで物々交換など新しいシステムを立ち上げ、生き延びる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 4割の確率で当たると言っても、すごいことを言っているなと思います。
 ドルとユーロは崩壊すると言っています。
 このドルとユーロの崩壊に関する予言が他にもあったので、紹介します。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

79.
エリートは統一通貨を導入した世界政府を樹立しようとする。そのためドルを暴落させようする。一方アメリカ政府は、ドルの暴落を阻止するためにあらゆることをする。ドルよりも早くユーロが暴落するように誘導する。これは成功してユーロは暴落するが、ドルもすぐにこれに続くことになる。

80.
エリートはドルの危機が迫っていることを国民の目から隠すために、国内でさまざまな事件を画策する。

82.(前半)
中国の新しい通貨政策の実施で、ドルの暴落には歯止めがかからなくなる。これにともない、世界の市場はクラッシュする。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ドルの暴落は、中国の新しい通貨政策の実施が原因だというのですが、中国が何をするのでしょうか。
 IMFのSDR(特別引き出し権)に中国の人民元が入るのは今年の10月からですが、その関係でしょうか。それとも世界最大の米国債の保有国である中国が、米国債を大量に売りに出すということでしょうか。
 それにしても気になるのは、ドルより先にユーロが崩壊すると言っていることです。
 ティテル氏はまた、「2016年はドイツにとっては最悪な年となる」とも予言しています。
 そういえば2016年のエコノミストの表紙は、ドイツのメルケル首相が中心にいました。
 今年はドイツに注目かもしれません。

 ティテル氏は「紙幣は使えなくなるので、貴金属にすべきだ」と言っていますが、では金と銀の価格がどうなるか気になるところです。

 ティテル氏は、去年(2015年)の予言では、金(キン)と銀は一時的に下落するが、その後に金は2倍、銀は4倍にも上昇するので、金や銀に投資すべきだと言っていました。
 そこで私は金の値動きに注目していたのですが、NY金先物市場で去年の12月に、1オンス1050ドル近辺まで下げる場面がありました(現在は1100ドル付近)。
 金の世界全体での産金コストは、2012年時点で1オンスあたり1272ドル(貴金属調査会社GFMS)とのことで、すでに産金コストを下回る価格となっています。
 これをもってティテル氏の「(2015年に)一時的に下落」という予言が当たったのか不明ですが、相当に安い水準にあることは確かです。

 では気になる2016年の金価格の予言です。


 ・・・<予言者ジョゼフ・ティテル氏の2016年の予言から抜粋>・・・

77.
金の価格は一時的に下落するが、それが終わると金は極端に暴騰する。これは2016年と17年に起こる。この原因はドルの下落である。

82.(後半)
金は4月に一時的に下落するものの、その後、これまでにないくらいの勢いで上昇する。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ティテル氏は、金は4月に下落するといいます。
 この予言が当たったとしても、その時の円ドル為替の水準で、日本で買える金の値段は左右されます。
 もし4月に円安であれば、NY金の安値を帳消しにしてしまいます。しかしこの時に円ドル相場が今の水準と変わらないか、あるいは円高になっていれば絶好の買い場になるかもしれません。

 どちらにしろ、ティテル氏の予言の的中率は4割と見なして、冷静に判断するのが大事だと思います。



弾圧されるガンの代替医療...2016年1月9日

 1980年ごろまでは日本人の死因のトップは脳血管疾患だったようです。
 しかしその後ガン(悪性新生物)が死因のトップになり、その後は2位の心疾患を引き離して独走状態となっています。グラフを見ると、ガン死亡率は、まるでホッケースティック曲線のように上がっています。
 いまや日本人の2人に1人がガンになり、3人に1人がガンで死ぬ時代だそうです。
 そして3人に2人がガンになり、2人に1人がガンで死ぬ時代もそう遠くない将来に訪れるかもしれません。
 私がそう思うのは、今の日本で普通に生活している限り、ガンがならない方が不思議だからです。普通のスーパーマーケットで買った食材を、毎日調理して食べているだけで、普通にガンになるはずです(コンビニ弁当やファーストフードのハンバーガーやカップ麺のようなジャンクフードは論外です)。
 普通に買っている食材に、極めて毒性の強い発ガン物質が多く含まれています。多くの日本人は、このことに気づいていないか、その毒性を過小評価しています。少しぐらいなら大丈夫だろうという感覚かもしれません。しかし急性毒性はなくても、日々摂取し続けていくと、いつか臨界点を超える日が必ず来ます(汚染された食の実態と安全な食に関心のある方は、内海聡(うつみさとる)医師の食に関する一連の著作を読まれることをお勧めします)。
 もちろんガンの原因は食事だけでなく、経皮毒、電磁波、そして精神的なストレスによる免疫低下などもあると思います。しかし日本人の2人に1人がガンになるというのですから、最大の原因は日々の食事にあることは間違いないと思います。
 私は、日本で普通に売られている食材に含まれる発ガン物質の実態を知ったとき、(オーバーな表現でなく)本当に戦慄しました。しかし当HPでは、口から入る発ガン物質の危険性について何度も記事を書いてきましたので、今回は触れません。
 これから紹介しようと思うのは、ガンの代替治療を行う医師たちがどのような弾圧を受けてきたかということです。

 もしある人が定期健診などで、医者からガンが見つかったと言われたとします。
 その際に医者から提示される治療法は3つです。それは切除手術、抗ガン剤、放射線です。医者はこの3つ以外の治療法を提示することはありません。医者が患者と相談するのは、この3つの内のどの方法がその患者にとって一番適切かということだけです。
 ですからこの3つの治療法をガンの三大療法と呼びます。
 そして、三大療法以外の治療法を代替療法と呼んでいます。

 日本での死因のトップはガンですが、アメリカではどうでしょうか。
 実は1位が心疾患で、ガンは2位です。そして驚くべきことは、アメリカでは毎年1000人づつ、ガンによる死亡が減っているというのです。日本でのガン死亡率はホッケースティック曲線のように2位以下を引き離して独走中なのに、アメリカでは減り始めているというのですから、その差は大きいと言えます。
 なぜアメリカでは、ガン死が減り始めたのでしょうか。
 それはアメリカでは、国レベルで三大療法から代替療法にシフトし始めたからと言われています。

 これから紹介するのは、代替療法を行った医師が当局からどのような弾圧を受けてきたかという具体的な内容です。
 最初に紹介するのは、DNAの前駆物質と言われるソマチッドを発見したフランス人、ガストン・ネサン医師です。
 ネサンはガンになるのは免疫力が低下したためとし、免疫強化剤「714X」を開発します。
 これにより75%が治癒したというのですから、その効果は驚くべきものです。しかし三大療法ではなかったために、弾圧を受けることになります。
 母国フランスを国外追放となり、移住したカナダでは投獄され、裁判で終身刑を言い渡される危機に見舞われます。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p53〜p58から抜粋開始>・・・

 ◎ガン患者1000人中750人に完治、または延命効果が認められた

 実は、このソマチッドサイクルの発表後、ネサンはミネラル塩と18種類の微量元素に加え、アジアに生育するクスノキ(樟脳)の樹液を配合し、免疫強化剤「714X」を開発していたのだ。そして、1000人に及ぶガン患者にリンパ注射したのだ。
 その結果が素晴らしかった。なんと50%が3週間で完治し、残り25%の人たちに痛みの緩和や延命効果が得られ、有効率75%の数値が得られたのだ。
 もちろんのこと、この患者たちに西洋医学が行う抗ガン剤などの通常療法が行われたなら、生還できた人はほとんどいなかっただろう。
 しかし、この「714X」は医薬品に認可されず、しかもネサンは医師免許を更新していなかった。そのため、薬事法と医師法に問われる悲劇に見舞われたのだ。
 ネサンの理論が正しければ、西洋医学を採用する現代医療の利権が大きく損なわれることになる。ネサンの免疫強化剤は、抗ガン剤と比べたら格安だったからだ。
 医師会や製薬業界の既得権益を阻害するものは抹消しなければならない。フランス医師会の決定は、ネサンを国外追放にすることだった。
 ネサンは多くの末期ガン患者を救済したにもかかわらず、その処分は国外追放だった。やむなく、フランス語圏であるカナダのケベック州に移住した。ネサン40歳の時だった。
 しかし、ここも安住の地ではなかった。カナダの医師会の巧妙な罠にはめられ、診療ができなくなってしまった。そこで、実名を隠し、電気部品の修理工や、地方のキャバレーや劇場での音響機器の修理などで稼ぐなど、数年辛酸を舐めなければならなかった。
 やがて、ネサンのピュアな志を支援する財団が現れ、ガン治療の研究を続行することができた。そしてこの免疫強化剤を使い、再度ガン患者の治療にあたった。
 ところが、ここでも医師会や製薬業界の弾圧を再度受けることになってしまった。
 それは、たった1人のガン患者が亡くなったという理由のみで、殺人罪で起訴し、ネサンを葬る計画が立てられたのだ。
 医師会だけでなく、カナダの厚生省、マスコミまでもバックアップし、ネサンを詐欺師、偽医師に仕立て上げ、断罪しようと目論んでいた。
 そして、1989年5月、ネサンはついに逮捕され、1か月間の独房生活を強いられた。
 ところが、ネサンに救われた数百人もの患者や著名な医師や支援者たちがこれを黙って見逃しはしなかった。

 ◎ネサンに救われたエイズやガンの患者が支援に立ち上がった

 『ネサン裁判』が行われた1989年6月、裁判所前にはネサンに救われたエイズやがんにかかった患者や支援者が100名以上駆けつけ、「命を救ってくれてありがとう!」「ネサンに正義を」などと書かれたプラカードを掲げ、出延するネサンを激励したというのだ。
 そして、街中をデモ行進し、直ちに「ガストン・ネサンを守る会」が結成され、記者会見が行われた。
 この記者会見で証言したのが、「悪性前立線ガンで余命3か月と宣告された男性」「エイズで肉腫が発生、リンパにも転移し、食べることもできず寝ているだけの男性」「手術で舌と喉頭を摘出、しゃべれないが健康を回復した男性」など、いずれも現代医療から見放された患者たちだった。
 ネサンに命を助けられた患者たちがネサンの苦境を知り、「ネサンを救おう!」と立ち上がったわけだ。
 2回目の裁判が7月に行われ、これには200あまりの患者たちが全世界から駆けつけた。そして、デモ行進と記者会見が行われ、そこで、「ネサンを葬ることで医療の自由が閉ざされてはならない」とし、医学界の独占に異議が唱えられた。
 この『ネサン裁判』は大きなニュースとなり、ネサン支持が裁判所を動かした。ネサンはこの日、拘束から自由の身になった。
 判決はこの秋だったが、ベルギーから駆けつけ、7人の末期ガン患者を治癒させた医師の証言や、世界各地から司法大臣あてに届いた「ネサン支持」の嘆願書などが大きなカとなった。
 この他、今日でも世界的に有名なガン研究で知られるスローン・ケタリング研究所のレイモンド・K・ブラウン博士がネサンは天才であるとし、自ら手の打ちようのない膵臓ガン患者が「714X」で完治した治癒例を証言した。
 この博士こそネサンのソマチッド顕微鏡写真を初めて世界に公表した人物で、ネサンの偉業を高評価したのだった。
 また法廷証言では、フランスから駆けつけてくれたミッシェル・ファーブル医学博士は、現代医学とネサンの医学の違いを明らかし、「現代医学はガン細胞がどんどん分裂増殖し、転移もするからガン細胞を摘出し、殺したりするのがガン治療の基本」とした。
 そして、ネサンは「ガン発症は免疫機構が破壊された結果であることから、免疫力を元の健康状態に戻すことが基本」とし、陪審員がよくわかるように説明した。
 さらに自らも「714X」を使い、ガン患者を完治させ、10年来苦しんできた多発性硬化症などの難病も治せたことを証言した。
 こうした熱烈な医師や支援者の証言を得て、この秋の判決でネサンは完全勝訴を勝ち得た。そして終身刑を免れ、晴れて自由の身になった。
 しかし、医師会と政府の嫌がらせはこれで終わることはなかった。「714X」にはまった副作用がないにもかかわらず、これを使用するのは、「手術や抗ガン剤、放射線治療を施し、すでになす術もないガン患者に限って使用を許可する」というものだった。
 末期以前に使用すれば、助かる確率が高まるのにこの期間に使用してほならないというのだ。なんという不条理。現在、米国ではこの免疫強化剤「714X」を代替治療薬に認可、自由診療として使われているのが現状のようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ネサンは患者のガンを治し、命を助けたがゆえに国外追放となり、投獄されました。
 しかし最後は裁判に勝ち、自由の身となったのですから、これを読まれた方は正義は生きているとホッとされたかもしれません。

 次に紹介するのは、末期ガン患者に対して100%の治癒率を誇った例です。
 米国の高倍率顕微鏡研究者だったロイヤル・レイモンド・ライフ博士です。ライフ博士は末期ガン患者に、特定の周波数を当てることでガンを治癒する機器を開発します。そして16人中16人を治してしまいます。なんと治癒率100%です。
 するとどうなったか。
 ライフ博士の自宅は放火され、研究所は破壊されます。またネサン同様に投獄され、ライフ博士は、最後は失意の中で廃人になったといいます。
 うがった見方をすれば、ネサンの75%はまだ見逃す余地はあるが、100%の治癒率となると、有無を言わさずこの世から抹殺されてしまうということでしょうか。


 ・・・<『超微小知生体ソマチッドの衝撃』、p48〜p51から抜粋開始>・・・

 ◎米国ライフ博士は末期ガン患者16人中16人を治したが、収監、廃人にされた!

 実は、この微小生命体の存在をネサンの発見以前に突き止めていた学者がいた。1930年代に米国で活躍した高倍率顕微鏡研究者だったロイヤル・レイモンド・ライフ博士がその人だ。
 ライフ博士もネサン同様、生きた有機体を3万倍以上に拡大し観察できる顕微鏡を独自に開発していた。そして、生体や血液中に微小生命体を発見した。
 その結論は、

●細菌は病気を起こす原因ではなく、病気になった結果生じる。
●細菌は体に応じて無害なものから致死性の病原菌に変化する。
●その病原菌は特定の周波数の光で即座に殺すことができる。
●細菌は生命の基礎単位と考えられているが、細胞の中にもっと小さな細胞があり、その小さな細胞の中にさらに小さな細胞がある。この細胞を高倍率の顕微鏡で拡大すると16段階に変化する。

 などというものだ。
 そこで、ライフ博士は特定の周波数を発生する装置を開発、ガン、結核、腸チフス、ハンセン病など、あらゆる病原体となる細菌を駆除することに成功した。
 そして、カリフォルニア大医学部から16人の末期ガン患者を提供してもらい、この周波数を使い、臨床試験を実施したのだ。
 その結果、なんと16人中12人をたった2か月半で治してしまった。しかも後の4人は半年かかったが、全員治してしまったというのだ。つまり、16人中16人が完治したことになる。
 ライフ博士は、この奇跡的な快挙を医学雑誌に投稿した。この装置も簡単な設備で実用化できるものだったらしい。これが認められれば、ガンで命を落とす人々を簡単に救済することができる。
 しかし、ライフ博士はこの研究で生命保険会社や医師会、行政の圧力を受け、妨害されることになってしまった。自宅は放火された上、高倍率顕微鏡までも破壊されてしまった。さらに刑務所に収監されるという最悪な事態に陥った。この後、博士は絶望の中で、廃人になってしまったというのだ。
 この研究で血中に赤血球の100分の1という極小の物質がたくさん出てくると病気が治ってくることを掴んだようなのだ。
 残念ながら、これを記録した画像や映像フィルムは跡形もなく、焼却されてしまった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以上2つを紹介しましたが、これらは外国の例です。
 最後に紹介するのは、日本での弾圧例です。

 さすがに日本というお国柄でしょうか、国外追放や投獄といった直接的な行動はとらないようです。
 日本の場合は、”行政指導”という形の嫌がらせを行うようです。

 日本でのガンの代替療法の権威として知られる佐賀県の矢山医師が受けた弾圧です。


 ・・・<『ガンで死んだら110番』、p173〜p181から抜粋開始>・・・

 ●代替療法医院に佐賀県”行政指導”の怪

 かつてのアメリカと同じように、日本でも抗ガン剤、放射線、手術の”ガン三大療法”を行わず、代替療法でガン治療を行う医師やクリニックを彼らは徹底的に敵視します。そして、陰に陽に弾圧してくるのです。九州のある代替療法クリニックに加えられた不当な弾圧があります。それをケース・スタディで見てみましょう。
 2005年7月17日、『毎日新聞』に次のような記事が出た。

 「無承認医療機器を販売−−『気』を測定、佐賀県が行政指導」と見出し。そしてこうある。
 「佐賀県大和町の医院長が病気の原因や患部が分かるなどと称して、無承認の医療機器を妻が経営する会社で販売(レンタル)しているのは薬事法に抵触する恐れがある、として、同県が行政指導していたことが分かった。医療機器の製造・販売には厚労省の承認が必要だが、この機器は受けておらず、県は薬事法違反の可能性を指摘している」

 これが”事件?”の概要である。さらに「行政指導を受けたのは矢山クリニックの矢山利彦院長で、無承認の機器は『ゼロサーチ』」とある。これは「鍼(はり)と半導体をつないだ院長発明の『気』の測定機器。測定者の気の感受性を10万〜100万倍に増幅して『気の流れを診る』といい、機器のセンサーを患者にかざすだけで病気の原因や部位を推定するために使っているという」(同紙)。
 このゼロサーチは、気功の達人でもある矢山医師が日頃の診断で使用し、また矢山医師の妻が社長を務める会社『コスミックエナジー研究所』(佐賀市)で院長による講習込みで、5年間25万円で医療関係者などにレンタルしている。

 ●県職員によるでっち上げと刑法犯罪

 さらに『毎日』記事−−。県は04年8月に岡クリニックを立ち入り調査し、院長が機器の開発者であり、販売会社との関係も深いと判断した。県薬務課は『医師が病気の診断に用いるために必要な承認が、この機器にはない。開発者としての院長を指導した』と話している」。
 ここまで、読めば、だれでも「無承認医療機器を使用、販売したため矢山院長は薬事法違反を犯した」と、”判断”するでしょう。
 ところが、この佐賀県薬務課の行政指導は、完全なでっち上げだったのです。
 県職員らの行為こそが、薬事法に違反する「違法行政行為」であるとともに、刑法違反です。(234条:営業妨害罪、同条:信用毀損罪、230条:名誉棄損罪、231条:侮辱罪、193条:公務員職権濫用罪)。その理由をあげます。

 @「薬事法違反」は言いがかり:
 県職員が指摘し、マスコミ公表した「薬事法違反の恐れ」は、まったく法的に事実無根。なるほど薬事法では医療機器の製造・販売には厚労省の承認が必要とされている。
 しかし、これは「不特定多数向け製造・販売する」場合は厚労省の承認が必要とされているのであり、薬事法は未承認の医療機器でも「特定の医学研究・臨床試験の現場」に対しては、その販売・使用を明白に認めている。(それなくして新しい医療機器の開発・研究はありえない)

 A研究グループ医師会員のみ頒布:
 矢山クリニックのゼロサーチは、「気の流れ」で診察を試み、研究する医師たちの会員のみに研究の一助として頒布し、開発者の矢山医師が指導し、その技能の向上などの研鑽を深めているもの。医療研究目的でグループの特定会員のみに頒布する医療器具である。よって薬事法の規制は受けない。それは理の当然である。つまり、特定会員の医師たちへのゼロサーチの販売行為は完壁に合法である。矢山クリニックにおける使用も当然、合法である。

 B県職員の違法行政行為と刑法違反
 厚労省が、もしも医学研究者たちによる、このような医療器具の試作、研究、臨床試験……等を「未承認」を理由に薬事法違反として一切禁止・摘発するならばそれは完壁な違法行政行為。(全ての臨床研究は不能となる)さらに、重ねて虚偽事実のマスコミへの公表は重大なる刑法違反の営業妨害行為であり、かつ名誉棄損、信用毀損行為である。

 C恐るべき医療弾圧の違法行為:
 現在日本中で夥しい種類の”医療機器”類は研究、試作、試験されている。おそらく数百にはのぼるであろう。これらすべて「未承認」を理由に、厚労省が「薬事法違反」と断定、摘発するならば、これら全ては禁止・没収・廃棄……という論外な結論にいたる。これは新しい医療研究と発展を完壁に否定するもの。よって、薬事法は、患者の合意を得て行う未承認の医療器・医薬品の医師の裁量による使用を認めている。

 Dマスコミ・コメントが違法行為立証:
 佐賀県薬務課の矢山クリニックへの”行政指導”を報じる『毎日新聞』(前出)で、薬務課は、立ち入り調査および行政指導の根拠について「院長が機器の開発者であり、販売会社との関係が深いと判断した」と報じている。さらに「医師が病気の診断に用いるために必要な承認が、この機器にはない。開発者としての院長を指導した」とある。
 以上のコメントこそ同課職員の重大な違法行政行為を立証する。その違法行為は断じて看過できない。新しい医療技術の開発・研究において「特定医師グループ」や「研究希望の医師」に対して「未承認」医療機器を頒布することは薬事法上も全く合法である。

 E名誉・信用毀損、侮辱、営業妨害などの罪:
 同課職員は、「薬事法違反の疑いがある」として立入調査、および行政指導を行っている。その根拠として「院長が機器の開発者」「販売会社との関係が深い」ことを理由として報道機関に公表した。呆れ果てる”摘発理由”ではないか! 「院長が機器開発者」であることが、どうして薬事法違反の根拠になるのか。さらに同課職員は院長が「販売会社との関係が探い」こと(妻が販売会社の社長という理由で)を理由に薬事法違反として立入調査ならびに行政指導している。薬事法は、医師が開発や製造・販売に関わることを禁止していない。よってこの理由も摘発根拠として成立しえない。
 つまり、彼等は何の法的根拠もなく”薬事法違反”をでっちあげ”行政指導”した。これは、極めて悪質な違法行政行為である。
 さらに、まったく合法行為なのに”薬事法違反を犯した”とマスコミ発表。これは矢山院長と同クリニックの信用と名誉を著しく毀損し、矢山医師の人格を侮辱し、同クリニックが違法行為を犯したという誤った情報をマスコミに流し営業を甚だしく妨害したのである。先述通り、県職員らの刑法違反の犯罪行為なのである。−−以上。

 クリニック関係者は悔しさをこめて語ります。「このような記事で、心を痛めております。県の医務課、薬務課がこの前来ました。本当の医療を理解してもらえず悔しい思いです……」。

 ・・・(中略)・・・


 ●「『毎日』がウソを書いた」と言い逃れ

 佐賀県(健康福祉本部・医務課)に以上@〜Eの主張点を逐一、問いただした。
 驚いたことに県側は「『ゼロサーチ』は未承認医療機器であっても特定研究会貝への頒布なので薬事法には違反しない」と私の主張を、全て認めました。
 「なら、『必要な承認がこの機器にはない。開発者としての院長を(薬事法違反で)指導した』と『毎日新聞』にあるが、明らかな違法行政行為です!」と抗議すると、相手は電話口でうろたえ「あれは『毎日新聞』がかってにウソを書いた」と口走る始末。つまり薬事法違反の違法行政行為を指摘され、さらに名誉毀損、営業妨害などの刑法違反まで追及されパニックに陥った。いやしくも『毎日』の署名記事(石田宗久記者)。なのに県側は「毎日がウソを書いた」と、驚きいった責任転嫁の言い逃れ。これでは、今度は『毎日』から借用毀損で訴えられかねません。

 ●執拗なガン代替療法へのイヤガラセ

 ところが、呆れたことに、佐賀県はガン代替療法つぶしで、しつように矢山クリニックへの弾圧を繰り返していました。
 『毎日新聞』(2005年8月1日)は「佐賀の矢山医師−−薬効掲げ飲料水販売、薬事法違反の疑いも」と報じている。
 ここで「医療関連商品の販売で『治療に必要だ、との患者の誤解を招きかねない』として、医療法でも県から行政指導を受けていたことがわかった」(同紙)とある。
 薬事法も医療法も「医師が自らの裁量で、患者の同意を得た上ならば、医療補助食品など(いわゆるサプリメント)を患者に処方することを禁じていない」
 また、患者の同意を得た上で、処方指導し、これら患者に病院内で医療補助食品等を購入してもらうことは、まったく違法ではない。
 よって、患者の同意を得たサプリメント(核酸ドリンク)の販売に、なんらの違法性はない。医師の裁量で治療補助に用いるものであり医療品承認の必要性もない。それを、あたかも薬事法違反であるかのように立ち入り、行政指導した同県職員の行為こそ薬事法ならびに医療法に違反する違法行政行為です。
 なのに厚労省は「(このサプリメントの)薬効の標榜は薬事法違反に当たる、と東京都に情報提供した」とある(同紙)。医師の裁量で患者の合意を得て使用するサプリメントであれば「薬効を標榜しても薬事法にならない」。(これを否定すれば、”あらゆる臨床試験が”不可能となる)

 ●院内での販売禁止、全撤去を命じた

 ところが矢山クリニックに立ち入り調査をした県職員らは、恐るべき暴挙に出た。これらサプリメントなどの院内での販売を禁止、撤去を命じた。
 「クリニックで患者さんのみに先生が使っているサプリメントを置いて販売しているのに、『全て撤去しなさい』と言われ、翌日、撤去しました。本やビデオなども……患者さんが、いちばん困っています(病院職員)。
 県薬務課に問いただした。
 「院内で補助食品(サプリメント)や医療補助器具などを医師の処方、指導のもと、患者の同意を待て、治療の一環として、販売することは、全くの合法ではないですか?」
 すると、相手は電話口で、またもやパニッ状態に陥り、「その通ですが、本やビデオ販売は問題です」と答えた。
 「医療法(第1条4−2)に『医療を提供するに当たり、適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない』と法律で事前説明(IC:インフォームド・コンセント)を義務づけている。本もビデオ販売も法律で定めたIC手段であり、医療行為の一貫でしょう?」と指摘すると、「それは、そうですが……」と狼狽しつつも「……でも医療法では『営利を目的としてはいけない』と規定が……」と繰り返す。

 ●”天の声”で陰湿な代替療法つぶし?

 治療に関するサプリメントや補助製品を頒布するときに、適性利潤を乗せるのは理の当然のことです。それを「営利を目的としている」と難癖を付けて、弾圧する。ヤクザより質が悪い。これではイヤガラセのやり放題。販売部門の撤去命令は、完全に違法行政行為であるばかりか、甚大な営業妨害行為です。
 これら末端の県職員が自らの意志で矢山クリニック”弾圧”に出向いたなどということは考えられない。矢山医師は三大療法を一切使わずにガン治療を実践する医師として全国的に有名だ。おそらくガン・マフィアが代替療法つぶしとして露骨な弾圧妨害を県に”天の声”として指示を与えた。この憶測に間違いはない。

 −−以上の論拠により、佐賀県薬務課・医務課の職員らの2度にわたる矢山クリニックへの立入調査・摘発・指導は、精密な法的根拠を欠く、重大な違法行政行為。毎年、ガン患者の約8割の”殺戮”を続ける一方で、真にガン患者を救う代替療法医たちを弾圧し、マスコミに虚偽発表するガン・マフィアたちの横暴、策謀を許してはならない。

 ●露骨な公務員職権乱用イヤガラセ

 ヤクザ顔負けのイヤガラセは止まなかった。2007年には厚労省などは同クリニックにさらに3回、立入調査を行った。そして「何も問題がなかったので(!)監査に入ります」と通告。「どんな容疑か?」問い質すと「容疑は監査が終わって告げます」と仰天回答。「容疑がないのに監査する」とはムチャクチャ。警察権力ですら強制捜査のときは裁判所から令状を執り行う。容疑を被疑者に告知する。人権侵害を避ける手続きが定められている。「行政手続法」ではそれ以上の配慮が当然。また役人たちは県医師会幹部らを「立会人」として引き連れてきた。かれらは休憩時間に「矢山クリニックは浄化しないといけない」と話し合っている。(テープ記録)健康保険法は「善意の第三者」として有識者の立会いを認めているが同クリニックを「浄化(抹殺)する」と発言する「敵意の当事者」を選定した厚労省役人は行政の中立性を欠く。一連の行為は公務員職権乱用罪(刑法193条)に該当する。また容疑もないのに執拗に監査を続けたのも違法行政行為であり、かつ業務妨害罪(同234条)、信用毀損罪(同233条)、名誉毀損罪(同230条)に該当する犯罪である。なんと恐ろしいクニだろう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なぜ代替療法を行う医師がこれほど弾圧されなければならないのか。
 なぜ当局は代替療法を排除し、三大療法だけを推進しようとするのか。私はそれに対する意見を持っていますが、あえて書かないことにします。
 この記事を読まれている方が、もしガンを宣告される事態になったら、その答えを自分なりに探してほしいと思っています。
 そしてぜひ調べてほしいことがあります。それは、三大療法を受けた患者が、どの後どのような経緯をたどったかということです。


 私の母は、肺ガンで亡くなりました。
 医者は生前の母に摘出手術を勧めました。そこで親戚一同が集まり、母を交え相談することになりました。
 その親戚一同の中で、手術に反対したのは、なんと私一人だったのです。その他は積極的、消極的な差はあっても手術をするべきという意見でした。
 そして母は手術をしたのです。
 私は母が手術をすると決めたとき、母との今生の別れが近いことを覚悟しました。

 現在はガンの検査機器が発達し、初期の小さいガンでも発見できるようになりました(私はこれは新たな顧客を得るマーケティングだと見做していますが)。その場合は別ですが、ある程度進行したガンが発見された場合のパターンがあります。
 ガンを宣告された人がたどる典型的なパターンは、まず切除手術を受けます。そして手術は成功し、ガンは完治したと言われ、一時はほっと胸をなでおろすことになります。
 しかしガンの定期健診を続けていくなか、しばらくしてガンが再発したと医者から告げられます。
 そしてさらに手術をするか、抗ガン剤を投与するか、あるいは放射線治療などを併用します。こうした治療を数年続けて、徐々に体調を悪化させて死に至ります。
 最初に手術した時から死を迎えるまで、当然ながら人によって差がありますが、4〜6年ぐらいが多いと聞いた記憶があります。

 私の母の場合、81歳という高齢での手術だったので、4〜6年は持たないかもしれないと思いました。
 そして不幸にも私の予測は的中し、母は手術を受けてから体調をひどく崩すようになり、2年のちに亡くなったのです。
 今でも私は時々、母がもし手術をしなかったらどうなっただろうと考えることがあります。
 人には寿命があるのですから、それから何年もピンピン生きたとは思いません。
 おそらく徐々に老衰で弱っていき、寿命を迎えただろうと思います。それでも2年の2〜3倍は長生きしただろうと思います。長生きを望んでいた母は、残り少ない余生ながら、それなりに充実した生活を送れたはずだと思うと、残念な思いです。

 もし医者からガン宣告を受けた方がおられましたら、(命が掛かっているのですから)当局が代替療法を弾圧する理由を、一度考えてみることをお勧めします。



(注0:千さんのお爺ちゃんセッション)

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、千さんのお爺ちゃんセッションとは、千さんという方が行うチャネリング・セッションのことです。5人の霊的な存在であるお爺ちゃん(実際には女性もいるので全員がお爺ちゃんではないのですが)と呼ばれるマスターが千さんを介してクライアントである私達の質問に答えてくれます。

[トップページ] このページの先頭へ