2015年

[トップページ]

アメリカの利上げが及ぼす甚大な影響

アメリカの経済統計の嘘と私の与太話

UFOコンタクティー ジェームズ・ギリランド氏

ダニオン・ブリンクリー氏の臨死体験

食べる金(キン)の話

アメリカの病

木内鶴彦さんの臨死体験から

近づく世界的な金融大変動

食べる金(キン)の効能

パソコンが壊れる!

お金に関する話

サイオプスとしてのスポーツ

疑わしい中国の数字

金暴落の可能性

お爺ちゃんセッション(34)

変容を促す食べ物

潰された千島学説

食が人を変える

DNAの第3螺旋を活性化させる瞑想

ダーチャ

「End of Time」について

掲示板への書き込みと、私宛のメールに対して

アルケミー達が語る近未来

いくつかの空中携挙のパターン

地殻移動理論(ポール・ワンダリング)と空中携挙

UFOコンタクティー、スミヤさんのブログ

クラリオン星人スエルが語る地球大変動の時期

東海大地震と富士山噴火について

イエス・キリストの娘の転生の記憶を持つ人

ベンジャミン・フルフォード氏が推理するSTAP騒動の顛末

大麻をめぐる論争

2015年はどんな年になるか

お爺ちゃんセッション(33)

『小麦は食べるな!』の衝撃

お爺ちゃんセッション(32)

食品に残留する次亜塩素酸ナトリウム

動物と会話する女性

アメリカの利上げが及ぼす甚大な影響...2015年12月20日

 12月15〜16日に行われたFOMCにおいて、FRBは0.25%の利上げを決定しました。
 7年間にわたって続けてきた事実上のゼロ金利政策を解除し、実に9年半ぶりの利上げとなります。リーマンショック後の長期にわたった金融緩和政策の転換点となるのもので、世界の金融市場に及ぼす影響は甚大となることが予想されます。
 NY株式市場は荒れた展開となりました。
 利上げ発表前まで上昇していましたが、発表後は2日間で620ドルを超える下げ幅となりました。
 また日経平均株価も発表後に300円を超す上げ幅となりましたが、翌日には366円の下げとなり、これも波乱の展開となっています。
 私は利上げ前後に上がったのは、ヘッジファンドなどの投機筋が利上げ確実とみて事前に売り叩いていたものを、買い戻した結果ではないかと睨んでいますが、まあこれは私の憶測です。
 明らかなことは、利上げは株式市場でも債券市場でもマイナスの要因であり、冷え込んだ実体経済にもかかわらず大量に資金を流し込むことで上げてきた株式市場は、いつ暴落を開始してもおかしくない状況にあります。
 「黄金の金玉を知らないか」のふぐり玉蔵さんは、来週にも暴落を開始すると読んでおられるようです。

http://golden-tamatama.com/

 私は玉蔵さんのような相場師ではないので時期はわかりませんが、クリスマスシーズンで人々の関心が他に向いてる時に、暴落を開始するというのもありそうな気がします。

 それと円ドル為替も不気味な動きをしています。
 私は利上げで円に対してもドル高になるものと思っていたのですが、週末の18日は円高に振れたことです。世界の金融市場では、危機が起こると避難通貨として円が買われますが、その兆候なのかどうか気になるところです。

 当HPの10月12日の記事、「近づく世界的な金融大変動」で、FRBの0.25%の利上げが世界にもたらす影響について、吉田繁治さんのメルマガから紹介しました。
 さらに吉田さんのメルマガに利上げに関する記述がありましたので、最初にそれを紹介します。
 たった0.25%の利上げなので、影響は少ないように感じてしまいますが、実は以下の2点で世界の金融市場に甚大な影響を与えます。

 @ レポ金融の縮小
 銀行間の「レポ金融」で、5倍のレバレッジがかかっていれば、

 0.25% × 5倍 = 1.25%

 の利上げに相当するといいます。
 このため、銀行間の流動性の縮小をもたらし、投機資金(債券、株、コモディティ、不動産、デリバティブ)の減少になり、価格が下がるといいます。

 A 金利スワップでの損失
 世界の金利スワップの想定元本は$319兆(3京8280兆円)もあり、そのうちドル金利スワップは$106兆(1京2720兆円)を占めるといいます。
 金利スワップとは、固定金利と変動金利を交換するもので、ドルの変動金利が0.25%上がるだけで、

 $106兆 × 0.25% = $2650億(約32兆円)

 の受け渡しが生じることになります。
 わずか0.25%の金利の上昇で、金融機関でこれだけの金額が動くということです。
 当然ながら利上げは今回が終わりではなく、来年も続きます。来年3回の利上げがあれば、さらに0.75%の上げがあることになります。
 利上げの影響は今後さらに大きくなっていくのですから、世界のどこかで破綻の憂き目に遭う金融機関が出てくる可能性は高まります。

 吉田さんは、これだけ危険性を伴う利上げを、なぜFRBは行うのか苦慮します。
 そして、どうにか絞り出したのが以下の2つの理由です。

 @ 米国株と不動産のバブルの警戒。

 A 国債の金利を上げて、海外からの米国債の買いを促す。

 しかしこれらの理由があるとはいえ、世界の金融市場に大変動をもたらし、世界を大恐慌にも導きかねない利上げを、なぜアメリカは行わなければならないのか。悩んだ吉田さんは、以下のような感想を述べておられます。


 ・・・<吉田繁治さんの感想>・・・

なぜ、2015年内に利上げをする必要があるのか。必要がないのに、
FRBの権威ため行うのか。次回不況に陥った時、政策余力を残すた
めか。あるいは、ドル基軸への不安が深いところで生じているのか。
みなさん、どう思いますか?

 ・・・<終了>・・・


 私は12月13日の記事、「アメリカの経済統計の嘘と私の与太話」で、ひょっとするとドル基軸への不安が深いところで生じているかも・・・という記事を書きました。ただしあくまでも私の与太話ですが・・・。

 利上げがもたらす影響は、革命と言われたシェールオイル産業の分野でも深刻なものがあります。
 これから紹介するのは、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガによるものです。

 2011年ころから、アメリカでは本格的にシェールオイルの生産が始まり、2014年にはアメリカはサウジアラビアを抜いて、世界一の原油生産国になりました。

http://www.garbagenews.net/archives/1872164.html

 アメリカのシェールオイル産業を主に担っているのは大手資本ではなく、これを格好のビジネス機会と捉えた中小の石油会社です。
 そうした中小の石油会社は資本力が乏しいので、将来の原油の販売価格を固定した販売契約を担保にして、銀行からローンを借り入れているといいます。
 将来の原油価格を固定しているため、原油価格が大きく下がった場合、銀行は担保割れを起こしてしまいます。そうしたリスクを避けるため、銀行はこのローンをすぐに証券化して利回りの高い金融商品として販売してリスクを回避しています。
 この金融商品は「CLO」と呼ばれ、原油価格が100ドルを超えて、かつ金融緩和で余剰資金が余っていた数年前までは、良く売れていたそうです。
 またシェールオイル会社は、社債を発行して運転資金を調達しています。こうしたシェールオイル会社の社債は将来破綻するリスクが高いとしてジャンク債として扱われるそうです。
 そしてさらにリスクを分散するために、シェールオイル各社の社債を輪切りにしてミックスして、「CBO」と呼ばれる金融商品として売られているそうです。これは破綻したサブプライムローンを輪切りにしてミックスした、「CDO」を連想させます。
 このジャンク債や「CLO」、そして「CBO」などの金融商品は、アメリカの最大手の銀行6行だけで、なんと$3.9兆(約420兆円)も保有していると見積もられているそうです。

 問題は、去年の夏頃から原油価格が急落していることです。
 いまや原油価格は30ドル台まで下がっています。100ドル台をキープしていたときと比べると、3分の1になってしまいました。
 シェールオイル会社のうち、高効率な数社の採算ラインが、40数ドル〜50ドル弱程度だといわれているそうです。多くのシェールオイル会社の採算ラインは50ドル以上と言われていて、現在の30ドル台が続くと深刻な影響が出てきます。
 アメリカの利上げは、採算割れに苦しむ多くのシェールオイル会社の経営をさらに窮地に追い込むことになります。

 そうした状況にも関わらず、2016年に原油が上昇する見込みはほとんどありません。
 アメリカ議会は、米国産原油輸出を40年ぶりに解禁する法案を可決しました。また2015年には、経済制裁を解かれたイラン産の原油が市場に出てくると言われています。サウジアラビアが主導するOPECは、原油増産維持を決定しました。中国経済の減速により、これから原油需要が飛躍的に伸びることは考えられません。
 ゴールドマン・サックスは、こうした原油の供給過剰な状態が続くとして、今後15年にわたって原油が安値で推移するとの見通し示しました。また原油価格が1バレル20ドルに下落する可能性は、50%未満と予想しています。
 これまで極めて正確な原油価格予測を発表してきたゴールドマン・サックスですから、そうなるのかもしれません。

 ヤスさんによると、すでに12月14日、「サードアベニュー」と「ストーンライオン」という、シェールオイル関連のジャンク債を運用していた2つのファンドが破綻したそうです。
 これらは比較的に小規模なファンドなので、現時点では市場の影響は少ないと見られているそうですが、今後注目する必要がありそうです。


 私は不思議でならないのは、世界経済を大混乱に陥らせかねない利上げを、アメリカはなぜ行ったかということです。
 吉田さんが考えた2つの理由は、他に思いつかないので、苦し紛れに編み出したとしか思えないのです。
 本当は、アメリカはすべて承知の上で、あえて利上げしたのではないかと疑ってしまいます。
 吉田さんによると、フィシャーFRB副議長は、「シャドーバンクとデリバティブの、利上げによる影響は、FRBは把握していない」と述べているそうです。
 これは実に怪しい話です。
 というのも事前にそう告げることで、世界的な金融の大変動が起こりFRBの責任を問われた際に、「知らなかったのだから、仕方ないじゃないか」と開き直るためではないかと邪推してしまいます。

 とにかく、理由はなんであれアメリカは利上げに踏み切りました。
 私は2016年のどこかで、金融大変動が起こる確率はとても高くなったとみています。
 私たちのような一般庶民ができる防衛策は、現金と金(キン)の現物しかないと私は考えます。銀行が潰れることを想定すると、不用心でも手元に現金を持っている方が得策です。また金は先物やETFではなく、現物を手元に置いておくというのが重要だと考えます。
 その金の現物ですが、今後原油価格が下落すると伴に、絶好の買い場がくるかもしれません。私は現在の1g4100円台の水準では買いませんが、この水準であれば買おうと決めている値段があります(もちろんその値段まで落ちなければ買うつもりはありません)。
 もしその値段に達することがありましたら、当HPでお知らせしようと思います。



アメリカの経済統計の嘘と私の与太話...2015年12月13日

 アメリカは失業率が5%に低下し、これによりFRBは経済が好転してきたとして、12月のFOMCで利上げに踏み切る可能性が高くなってきました。
 この5%という失業率に対し、増田俊男氏は、もしオバマ大統領就任当時の失業率の計算方法を用いたら、現在は13.5%にも達すると言っています。
 私はオバマ大統領就任時の失業率の計算方法を知りませんが、アメリカのインフレ率や失業率などの経済統計の数字が、相当に怪しいものであることは知っています。
 一例として、『知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済』(ベンジャミン・フルフォード、板垣英憲、ヒカルランド)からアメリカが発表しているインフレ率のいい加減さを紹介します。


 ・・・<『知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済』、p209〜p210から抜粋開始>・・・

 アメリカは統計の数字を捏造している

フルフォード アメリカは今、データの捏造ばかりしている。皆さんの読んでいる「日経新聞」とかテレビに出ているアメリカの失業率などの経済データはみんなまったくのインチキ、デタラメです。
 アメリカのインフレ率はどうやってはかるか。毎月アメリカ政府は消費者物価を発表している。30品目の値段を調べて、それをベースにインフレ率を出します。ところが、アメリカの指数が、20年前のクリントン時代から粉飾決算に変わった。バスケットの品目を入れかえる。20回以上、品目を入れかえて、結果としてインフレ率が低く見える。例えば、もともと牛肉が入っていた。牛肉が高くなったから、豚肉に入れかえる。豚肉が高くなったら、今度はチキンにして、チキンが高くなったら豆にする。インフレ率は低く見えるけど、食べている人にしてみればやっぱり違う。それが1つ。
 もう1つは、食料とエネルギーを除いた。ほとんどの人にとって、光熱費とか食費が、生きる上で一番基本じゃないですか。それを統計から外した。その結果、どうなったかというと、この前チャップウッドという投資会社が独自で500品目の本当のインフレ率を調べたら、年率10%以上なんですよ。アメリカ政府が発表しているインフレ率は1.5%。本当のインフレ率から見ると、2011年以降、アメリカのGDPは21.4%下がりました。要は、数年の間に所得の5分の1が減っちゃった。これは大不況を超えた大不況なんです。アメリカは実体経済がものすごく悪い。統計のインチキです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に実体経済を計るのに、特に重要視されている失業率についてです。


 ・・・<『知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済』、p210〜p211から抜粋開始>・・・

 もう1つの統計の八百長というかウソは、失業率です。今、新聞を読んでいると、「アメリカの失業率が改善しました。5.6%。景気がいいんだ。だから、株が高いんだ」という記事が日経とか朝日などに出ているけれども、あれはウソ八百。というのは、アメリカは失業率を計算する方法を変えました。どういうふうに変えたかというと、例えば1年以上仕事を見つけてない人は失業者から外す。また、週に1時間でも働いていれば失業者じゃない。週に30時間以上働いている人たちは労働人口の44%、要するに56%の失業率が本当なんです。政府が5.6%と言っているけど、56%が事実です。
 例えば、前は高級サラリーマンで、年収1000万円だった。失業したけれども、ときどき翻訳の仕事で月に3万円入る。統計上、それはもう失業者じゃない。だから、アメリカの実体経済は壊れている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ではどうしてこれほど実体経済が悪いのに、FRBは景気を冷やす政策である利上げを実施しようとしているのでしょうか。
 これに関して増田俊男氏は、ドル防衛のためだという自説を展開しています。
 IMFにおいて、ついに長年の懸案であった中国の通貨である人民元が、SDR(特別引出権)に組み込まれることが決定しました(ただし実施されるのは来年の10月から)。
 増田氏は、アメリカがイラク戦争を起こした理由は、イラクがユーロ建てで原油決済をしていたのをドル決済に戻すためだとして、アメリカはドル防衛の為には戦争も辞さない国だと言っています。
 今回、元がSDRに組み入れられたことにより、ドルの国際決済通貨としても存在感は薄れます。その為にドル高を促す利上げをするというのです。

 私はこの説を聞いたとき、裏読みを得意と主張している増田氏にしては実に平凡な説だなあ、という印象を受けました。
 実は私も前々から、アメリカが利上げする理由は何かと考えてきました。
 これほど実体経済が悪いのですから、よほどの理由がないと利上げしないはずです。またIMFのラガルド専務理事をはじめ、世界各国から利上げしないように要請されていたのですから、なおさらです。
 私も当初は、利上げはドル防衛の為ではないかと考えていました。
 しかしもっと深い何かがあるのではないかと考えるようになったのです。

 これから先の話は、私の妄想に近いものです。
 与太話と言ってよい話ですので、それに付き合う覚悟で読んでいただければと思います。

 私は今年もベンジャミン・フルフォード氏の講演会に何回か出たのですが、フルフォード氏はアメリカは実質的に倒産していると主張していました。
 フルフォード氏がアメリカが倒産しているとした根拠が以下のサイトです。

http://www.cnsnews.com/news/article/terence-p-jeffrey/90-days-treasury-says-debt-has-been-frozen-18112975000000

 米国債(アメリカ政府の借金)の残高が90日もの間、$18,112,975,000,000(およそ18兆ドル)の額でピタリと動かなくなってしまっているという記事です。
 額が動かないのは、本当の数字を発表できなくなったからで、これは実質的な倒産だというのです。

 アメリカが倒産しているというフルフォード氏の主張が真実かどうかわかりませんが、ここでは仮にそうだと仮定することにします。
 そして、その状況でもし私がアメリカ当局の人間だったら、どうするか考えました。

 私がアメリカ当局の人間であれば、アメリカが実質的に倒産している中で、SDRに中国の人民元が組み込まれたのは致命的だと捉えます。
 今後、米ドルを国際決済通貨、つまり基軸通貨として使う国はどんどん減っていくのは確実です。
 そうであれば、先手を打つしかありません。

 いかにして借金を踏み倒すか・・・。古今東西、国が借金を踏み倒す方法は2つです。
 一つは戦争を起こして、戦争のどさくさに紛れて踏み倒す方法です。しかし中東で戦火が拡大しつつあるとはいえ、ここでいきなりアメリカを全面戦争に突入させるような状況が作れるとは思えません。
 もう一つは、徳政令です。
 ちょうど1971年に、当時のニクソン大統領が、米ドルと金の兌換を停止すると発表したようなものです。

 例えば、新ドルの発行を宣言し、従来のドルと1対10の比率で交換すると宣言したとします。ドルの10分の1への切り下げです。
 こうすればアメリカは借金(米国債)の額を一気に10分の1に減らすことができ、実質的に踏み倒すことができます。
 対ドル為替ですが、各国の通貨は一気にドルに対して10倍の価値となります。1ドル120円は、1ドル12円です。
 大幅なドルの減価により、アメリカの製造業は大々的に復活することになるでしょう。アメリカは破産を逃れるだけなく、数年もすれば、製造業大国として世界に復活できることになります。

 さてそうなると、問題は米ドル建ての債券を大量に持っている日本政府と金融機関のドル債の価値も、10分の1になることです。
 例えば、日本最大の民間の金融機関である三菱東京UFJ銀行について見てみましょう。
 三菱東京UFJ銀行の総資産は280兆円です。2015年9月の貸出金は111.8兆円で、このうち海外への貸し出しは42.4兆円です。
 この42.4兆円のうち、どのくらいが米ドル建てか私は知りませんが、仮に80%だと仮定しましょう。
 その80%の価値がいきなり、10分の1になったら、単純計算で30兆円が消えて無くなることになります。
 三菱東京UFJ銀行の自己資本は17兆円です。自己資本比率は6.1%に過ぎません。もし30兆円が突然消えたら、どうなるでしょうか。これは米ドル建ての貸し出しの話ですが、銀行が保有している米ドル建ての債券も10分の1の価値になります。
 いきなり決済を迫られるわけではないのですが、不安に思った預金者が預金を下ろそうと銀行に殺到する取り付け騒ぎ(バンクラン)が起こる可能性もあります。
 ちなみにドイツ銀行の自己資本比率は、たったの3%だそうです。三菱東京UFJ銀行はまだ良い方と言えるかもしれません。

 ではなぜFRBは、12月に利上げするのかですが、それはアメリカが実質的に倒産しているとすれば、アメリカ政府は綱渡りの運営のために、日銭を稼ぐ必要があるからです。
 利上げすることによって、新興国から資金がアメリカに還流し、米国債が買われます。

 そういえば前回のフルフォード氏の講演会で、運営資金に窮したアメリカ政府は、備蓄している原油を市場で売って、繋ぎ資金を得ていると言っていました。
 現在、原油価格が急落していますが、これはマスコミではOPECの生産調整機能が働かなくなったせいだと言っています。しかしアメリカが備蓄原油を放出しているというのも原因の一つかもしれません。

 利上げをして日銭を稼ぎ、2016年のどこかのタイミングで、オバマ大統領がドルの大幅な切り下げと新ドル発行を世界に向かって宣言する・・・というのが私が考えた与太話です。

 経済に関してド素人の私が、暇つぶしに考えた妄想ですので、本気にする人はいないとは思います。しかし念のために繰り返しますが、これはあくまでも私が暇つぶしに考えた与太話です。
 また当然ながら、今週のFOMCで利上げが見送られたら無くなる話です。



 どっひゃ〜、新ドル発行だって! たまげたニャ〜



UFOコンタクティー ジェームズ・ギリランド氏...2015年12月7日

 今私は、UFOコンタクティーであるジェームズ・ギリランド氏に注目しています。
 UFOコンタクティー自体はめずらしくないかもしれませんが、ギリランド氏は他のUFOコンタクティーと際立った違いがあります。
 それは、複数の地球外の知的生命体とコンタクトがあることです。
 例えばスイスのUFOコンタクティーであるビリー・マイヤー氏はプレアデス星人とコンタクトがありましたが、プレアデス星人単独でした。
 ギリランド氏に多数の地球外知的生命体(ET)が集まってきているというのは、今の時代が地球の大きな変革期であることを予感させるものがあります。

 そのギリランド氏が日本に来るというので、私は12月4日(金)、東京の港区芝公園で行われたギリランド氏の講演会に行ってきました。
 本当は、今回の記事はその講演会の様子をお知らせしたいと思っていました。
 しかし通訳のグレゴリー・サリバンさんの日本語が、どうも要領を得ないもので、ギリランド氏が言っている内容を正確に伝えられないと感じました。
 サリバンさんは外国の人なので、日本語が母国語でなく得意ではありません。またギリランド氏も、話に熱が入ってくると、通訳に時間を与えず、どんどん喋ってしまって通訳が追い付かない状態でした。
 「なんとなく、こんなことを言っているんじゃないか・・・」程度のことしかわからず、不正確なことをここに書いて誤解を与える結果になってはいけないので、今回は断念します。
 ただ、だからといって講演会がつまらなかったわけではありません。
 講演会では、たくさんのUFOに関する写真やビデオが公開されました。それらがすでにネットで公開されているのかわからないのですが、私はほとんどが初めて見るものでした。
 会場では、UFO写真がスクリーンに映し出されると、どよめきが何度も起こっていました。それぐらい内容は充実していました。私はギリランド氏が真正のUFOコンタクティーであると改めて思った次第です。会場では多くの人がスマホでそのUFO映像を写真に撮っていました。私もカメラを持ってくればよかったと思ったのでした。

 以下は、サリバンさんがギリランド氏にインタビューしたYouTubeの映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=U50_99QVbmk

 43分と長いですが、私は興味深く拝見しました。
 面白かったのは、ECETI(地球外知的生命体との覚醒的コンタクト)の代表を務めるギリランド氏ですが、米ワシントン州のアダムス山の麓に開いたのはリトリートセンターだったそうです。
 しかしそのリトリートセンターに多くのETが来るようになり、ギリランド氏はUFOコンタクティーとして知られるようになったとのことです。
 当初はゴミが散乱して荒れた地だったところを、ギリランド氏は一人で整備していったそうです。
 その地の霊的な自然霊は、前の人間が荒らしていったので、当初はギリランド氏を快く迎え入れてくれなかったそうです。でもギリランド氏は、そうした自然霊と折り合いをつけながら開拓していったという話が興味深かったです。

 講演会の話はまたいずれの機会として、今回は「StarPeople」(2015 Autumn Vol.56)に載ったギリランド氏の記事を抜粋して紹介したいと思います。
 地球に残っているアヌンナキではなく、人類を創世した好意的なアヌンナキですが、地球に戻ってきているという話と、次元に関して説明したものです。インタビュー形式となっています。


 ・・・<「StarPeople」(2015 Autumn Vol.56)、p70〜p71から抜粋開始>・・・

 アヌンナキがもたらした地球人類

−−−あなたはアヌンナキの歴史、そして人類がどのようにして現状にたどり着いたのか話していましたね。

ジェームズ はい。ECETIでは、プレアデス星人、アンドロメダ星人、オリオン光の評議会、シリウス星人およびアルクトゥルスと多くの接触があり、これらすべての存在が、独自の宇宙船でやってきています。さらに私たちは、彼らのもつさまざまなテクノリジーや宇宙船も目撃しています。
 最近起こっていることですが、好意的なアヌンナキが戻ってきています。しかし、誰もそのことに関して話していません。皆、物事の悪い部分や地球外生命体の影の側面について話したがりますが、いわいるET,地球外の存在、古代の先祖や神殿の建設者たち(アヌンナキ)の良い部分について語る人は、ほとんどいません。
 歴史のある時期に起こったことを話しますと、天から地球にやってきたアヌンナキは髭をたくわえた神で、そこから私たちがもつ、髭の生えた神様というイメージがついたのです。彼らは非常に背が高く、彼らの起源は古代こと座で、人類はニビルまたは惑星Xと呼んでおり、数千年かけて公転する星にコロニーをもっています。彼らが地球にいた頃は、男女6ずつの計12人で構成される評議会が、宇宙の法則に従って活動していました。彼らはある意味で非常に気高く、強力で、愛に溢れていました。その頃、滅びかけていた彼らの星ニビルを救う手段が必要とされ、彼らの出した答えのひとつが、金を含んだエアロゾルを上層大気圏に入れて星を保護し、太陽の周りを公転させるという方法です。ニビルが太陽の近くを通過すると、彼らの星が破壊されてしまうからです。
 彼らは、自分たちのアジジという種族を連れてきて、金を採掘させましたが、反乱が起きてうまくいきませんでした。自分たちの星を救うべき金を採掘する別の方法が必要になったので、地球のネアンデルタール人に自分たちの遺伝的特徴を加え、この種族を作り出したのです。彼らを奴隷の種族と呼ぶ人もいますが、実はそうではなく、遺伝子を改良されたグループで、遺伝的に有利な資質と意識をもっていました。それが進化における飛躍的進歩だったわけです。そうすることで、彼らは進んで働き、ニビルを救うためにアヌンナキが必要としていた金の採掘に協力しました。ですから、この部分は宇宙の法則にのっとっていたのです。情を抜きにすれば、双方にプラスになる状況だったことがわかると思います。
 しかし、アヌンナキがこの種族を監督するために地球に残した200〜300人が堕落した時から問題は起こりました。彼らは地球の女性を魅力的に感じて妻にし、さらには権力争いを始めたのです。これこそが”ハットフィールド家とマッコイ家の争い”(ライバルとの激しい争い)に見られる権力抗争の原型です。エンリルとエンキは常に争っていました。創造神であるエンキは、さまざまな形の人間を創っては手を加え改良し、アダムその他のものを作りました。一方、破壊神である戦闘神であるエンリルは、軍隊の一部でもありました。そして彼らは、創造および地球に残してきた者に関して、常に対立していました。そこから私たちの抱いてきた「イエスの説く愛に溢れ寛大な創造主である神、そして誰も鎮められない怒りと嫉妬に満ち大量虐殺に狂った神」というイメージができたのです。これは古代の歴史を通して記録されてきたことであり、これまで起こってきた概要になります。彼らの子孫は地球のさまざまな地域を監督するべく与えられましたが、縄張り争いなどに陥り、そこで核兵器やその類のものが使われました。そのおかげで地球は混乱した状態になりました。
 ですから、私たちにとって問題なのは初代ではなく、堕落したアヌンナキであり、現在でも地球に残っているものがいます。中でも最も極悪非道なのがマルドゥクで、ブッシュ家やその他の者たちが祈りを捧げ呼び戻そうとしています。彼らは自分たちのことを、マルドゥクの息子と呼んでいるほどです。実は、マルドゥクは権力争いの中で、レプティリアンとグレイたちと契約を結びました。つまり、地球に君臨したかったマルドゥクは、彼らと取り引きをしたわけです。そのおかげで私たちは、最初に生み出された縄張り争いというプログラム、古代アヌンナキが作ったさまざまな宗教や核兵器が使用されるおかしな状況を解決しようとしているのです。

 5次元にいる、さまざまな文化のマスターたち

−−−多くの人が、霊やET,多次元的存在の違いについて混乱しています。もしかしたらネガティブな存在というのは、結局はETではないのかもしれません。そこを詳しく教えていただけますか。

ジェームス 私たちは肉体をもち、同時にメンタル体およびエモーショナル体をもつ多次元的存在です。私たちは振動する連続体の上に存在してあり、電磁スペクトルを使うと説明しやすくなります。たとえば赤外線の領域は、4次元の現象が発生している場所です。4次元の低い場所にある現象および存在は、再生されたET,悪魔のエネルギー、肉体をもたない霊が存在します。この振動数の場所ではアーコンたちも活動していて、人間が彼らを受け入れるを選ぶと、彼らは闇のプログラムを通じて、おもにエモーショナル体およびメンタル体から影響を与えてきます。そして、中間レベルには現世を去ったものの、まだ輪廻転生している存在がいますが、彼らはやり残したこと、解消するべきカルマ、または学ぶべき教訓が残っているため、地球に戻って来なくてはなりません。アストラル界の高い場所には教師やガイドたちがいますが、彼らは文化的または宗教的な信念から脱却していないため、まだ輪廻転生しています。彼らは未だに分離の行動に身を投じているのです。そこには偉大なマスターや教師もいますが、彼らは彼ら自身を含めたすべても創造物に創造主を見出す統一意識に到達していないので、まだ輪廻転生を繰り返しています。そして、次元上昇した者は5次元エネルギーに入っていきます。そこには、プレアデス星人、アセンデッドマスター、アメリカ原住民の長老やインドおよびさまざまな文化のマスターたちが存在します。
 5次元は、神は男性であり女性でもあることを知っており、男性も女性もまた自分たちが神であることを知っている場所であり、神は2つの存在が融合し一体化した存在なのです。さらに6次元や7次元などの高い次元に入ると、まず6次元はすべてのものに神を見出す能力と合致します。すべての創造物に創造主を見出し、より神のような存在になっていきます。7次元はクラウンチャクラ、そして神の「私は存在する」という意識と呼応し、これはイエス・キリストが「父と私はひとつ」と言ったキリスト教の贖罪として称されることもあります。さらに、これらの次元にはさまざまな界層も存在します。つまり、巨大な宇宙がそこにはあるということです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ギリランド氏の講演会で語られた話題で、私の印象に残っているものを一つ紹介しましょう。
 ギリランド氏が開いたアダムズ山のセンターは、パワースポットになっているそうです。その噂を聞きつけた、あのマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が土地を売ってくれと言ってきたそうです。
 当然、ギリランド氏は断わったそうです。
 すると、様々なトラブルが起こり始めたそうです。

 またセンターには、たくさんのUFOが飛来するためでしょうか、アメリカ軍のヘリや飛行機が頻繁に偵察に来るそうです。それに加えて、NSA(アメリカ国家安全保障局)などの秘密機関の調査員も頻繁に訪れてくるそうです。
 面白いのは、そうした調査員の一部は、もうこんな仕事やってられないと秘密機関を辞めてしまうそうです。真実を人の目が隠す仕事に、良心の呵責を感じてしまうのでしょうか。そういう人が出てくるということに、時代の大きなうねりを感じてしまいます。



ダニオン・ブリンクリー氏の臨死体験...2015年11月23日

 私は臨死体験の話が大好きなのですが、今回は、ダニオン・ブリンクリー氏の臨死体験を紹介しようと思います。
 ダニオン・ブリンクリー氏の名はスピリチュアルに興味がある方であれば、知っている人が多いと思います。
 ブリンクリー氏の臨死体験は、「Saved by the Light」という本で発売され、世界的なベストセラーになったそうです。日本での訳本は、1994年に発売された『未来からの生還』です。今から20年以上前ですが、私は、この本をとても興味深く読みました。
 今回紹介するのは、最近出版された『「死後の世界」を知れば人生が輝き始める』(KKロングセラーズ)からのものです。
 この本は、ブリンクリー氏と越山雅代さんという人の対話形式となっています。本の冒頭で、ブリンクリー氏が自身の臨死体験を語り調で簡潔にまとめたものがあったので、それを紹介したいと思います。

 1975年9月、ブリンクリー氏は自宅の寝室で電話をしていたところ、家のすぐそばに雷が落ちます。その雷の電流が電話線を通してブリンクリー氏を襲い、一瞬にして焼け焦げになり心臓が止まります。そのまま病院の救急治療室に運び込まれますが、そこで死亡宣告を受けます。
 では、ブリンクリー氏の臨死体験を紹介します。


 ・・・<『「死後の世界」を知れば人生が輝き始める』、p23〜p43から抜粋開始>・・・

 ◎ブルーグレイのトンネルを通って光の世界へ

 病院に着き、救急治療室に運び込まれた私は、そこですぐに死亡宣告を受けシーツをかけられ、遺体安置所に運ばれるまで空いている部屋にしばらく放置されたようだ。
 ここで、「……ようだ」というのは、私自身は、もはやその一部始終は見ていないからだ。
 その頃私は、自分の体とは遠く離れた、別のところにいたんだ。
 それは、どんなところかというと−−−。

 *******************

 そこはブルーグレイに輝くトンネルの中。
 トンネルはぐるぐると回っていて、その中を私は、透明なベルトコンベヤーに寝かせられているかのように宙に浮きながら、足先の方向へと進んでいく……。
 はじめのうちはとても静かだったけれど、しばらくしてトンネルの中に、遠くのほうからかすかなチャイムの音が、風に乗って運ばれてきた。
 そうして私の体が、その音と一体となって振動するのを感じた。
 相変わらずぐるぐると回りながらトンネルの中を進んでいくと、やがて、とてつもなくまぶしい光が見えてきた。
 「どうやらトンネルの出口に来たようだ」
 そう思ったけれど、「目がつぶれてしまうのではないか?」と、その光を見るのに恐怖を感じて、なかなか目を開けることができなかった。
 それくらいにまぶしく、明るい光だったんだ。
 それでも、怖いもの見たさに、ついに目を開いた、その瞬間−−−。
 私はその光の中に立っていた−−−というより、すごく驚いたことに、その光と私は、一つになっていた。一体化していたんだ!
 その光はまさに生きていて、息づく温もりの中で、私はこれまでに感じたことのない安心感を覚えていた。
 熱い愛情ですべてを受け入れてくれる聖域に、自らがすっぽり包みこまれ、爽やかさと歓びに満たされていた。
 −−−とはいっても、相変わらず私はかなりの高速で回っていて、私はどこに行くのか、ここは何をする場所なのか、私の頭のなかもぐるぐる巡っていたよ。
 「これはもしかして、いつかは覚める夢なのか?」
 そう思いながら自分の手にふと視線をやると、ここでまたびっくり仰天!
 なんと私の手は透き通っていて、様々な色に変化する色の流れにきらめき、私の体にも、色とりどりの流れがまるで血流のように脈打っていたのだから。

 そのとき−−−。
 誰かが近づいてくる気配を感じ、次の瞬間には、目の前に、半端でなく明るい光の存在が現れていたんだ。
 光が発している、親切で、私を育み元気づけてくれるようなエネルギーはどこかなじみ深く、それでいてとても貴いものに思われた。
 さらにその光がふわふわと私のほうに近づいてくればくるほど、愛おしさが募り、同時に自分が慈しまれているように感じた。
 私は、感じたことのないその新しい感覚にいつまでも浸っていたかったのだけれど、残念ながらその時間は長くは続かなかった−−−。

 それは、光の存在が、私の意識を、いつの間にか私の周りで動き回っていた魂に向けさせたからだ。
 私の周りでうごめく魂を観察していて、私は次のような発見をした。
 これらの魂は、それぞれに異なったエネルギーを持ち、振動している。
 そのうち、私より下にいる魂の振動はゆっくりで、それを見ているうちに私の振動も不快なくらいに鈍くなっていく。
 一方で、私の上にいる魂は、私よりも高い周波数を発しながら振動していて、それを見ていると私の振動の密度も濃くなっていく。

 そんな様子を観察しながら、ふと疑問が湧いてきた。
 光の存在は、どうして、こんなものを私に見せているのだろう?
 それが知りたくて、私は光の存在に顔を向けると、にわかに私は光に包みこまれ、救い上げられて、新たな旅へといざなわれていったんだ。


 ◎「パノラマ人生レビュー」を見せつけられて味わった屈辱感

 その旅の先で私が見せられたもの。
 それはどんなものだったと、皆さんは想像するだろう?
 答えは、
 「自分の生まれた瞬間まで遡った過去から、雷に打たれて焼け焦げになり、魂が体から取られる瞬間までの、私の25年間のすべて」。
 なんと、私の人生のすべてが、360度のパノラマスクリーンに次々と映し出されていったんだ!

 そのスクリーンに映し出されていたのは、数えきれないくらいたくさんの人々を傷つけ、無情で無謀な人生を生きてきた自分の、25年間の、あのときの所業、このときの姿……。
 道端で容赦なく蹴飛ばした仔犬から、小学校の校庭でからかったりいじめたりした子供たち、そして、私が海兵隊にいたときに「祖国のため」と命を狙った敵兵まで−−−他者に対して、あまりにも乱暴で、非情で、冷徹な行いをしてきた自分がいた。
 それらをまざまざと見せつけられて、私は正直、やりきれなくなった。
 さらに、次々と切り替わる場面ごとに、私は、かつて関わったすべての人たちとの出会いをあらためて体験しながら、自分自身でなく、その相手の気持ちを味わうことになったんだ。
 私は、これまで自分が震え上がらせてきた被害者となって、残酷な仕打ちを受け、容赦なく痛めつけられ、その肉体的・精神的苦痛、悲しみや惨めさを嫌というほど味わわされた。

 人生レビューが終わりに近づく頃には、私は、屈辱感に加え、良心の呵責に襲われていた。
 「もっと親切で、思いやりのある人間として生きればよかった……」
 そんな、後悔とも願いともとれない思いが、心を覆っていた。
 パノラマ人生レビューが終了したときには、私はもう、すっかりボロボロになっていたよ……。

 それでもやがて少しずつ、気持ちがクリアになり、楽になっていった。
 このパノラマ人生レビューによって、自分の過ちを知り、恥と悲しさが洗い流されたかのように思えた。
 それもそのはずで、後から知ったことだけれど、この人生レビューには、
 「自らの過ちの追体験をし、認めることで、魂が救済される」
 という意味もあるらしい。

 さらに、レビューを一通り見終わってからもうひとつ、私が気づいたことがあるんだ。
 それは、
 「宇宙は、私たちの願望が達成されるように組織されている」
 ということ。
 つまり、自分が「こうしたい」「こうありたい」と念じていれば、その願望は叶うようにできている、ということ。
 人問には自由意思がある、ということだ。

 そういうと、宇宙はいつも、自分にとってとても都合の良いことばかりをしてくれるように思えるかもしれない。
 けれど、これには大きな落とし穴があるので、注意しなくてはいけないよ。

 それは、宇宙には、私たちの行動が善いものであるか悪いものであるかを判別する仕組みはない、ということなんだ。
 そのために、善悪の判断は、私たち自身に委ねられる。
 常に自分自身が、自分の行動の「審判員」「裁判官」というわけだ。
 そして何事も、自分次第。
 「自分の行いは、自分に返ってくる」と私の母もよく言っていたけれど、その通りだと思う。
 だけど、難しく考えることはないよ。
 実は、私たちには本来、そのような善悪を区別するための知識が、生まれつきそなわっている。このように生まれもった知識の適切な使い方を、「体験」や「学び」を通してマスターしていくことも、人生のうえではとても大切になる。


 ◎天国で知ったこと

 「さあ行こう、パノラマ人生レビューはもう、おしまい」
 光の存在がそう私に促した−−−といっても、それは言葉にならない言葉だった。
 私と光の存在との間のコミュニケーションは、言葉よりはるかにスムーズな方法で行われていたんだ。
 光の存在の考えや動きは、目に見えない「エネルギー」となって、私の心の芯にダイレクトに届き、私を動かしていた。
 こうして私は、次の目的地へと、光の存在に導かれていったんだ。

 しばらくすると、濃い紫色にかすんだ山の中腹に、きらびやかな「光の都」が見えてきて、やがて、目もくらむほど美しく輝く、水晶でできた都市がいくつも現われてきた。
 それらのなかのひとつの都市の入り口に到着したとき、古いゴシック建築に似た形の聖堂が何列も並んでいるのが見えて、思わず私は見とれてしまった。
 けれど、ゆっくり見学する間もなく、私は光の存在に誘導されて、小さな建物を通って、巨大な殿堂へと入って行ったんだ。
 その殿堂がまたすばらしく荘厳で、やわらかい金色の光を放ち、その光が室内のすべてを愛で満たしているように感じた。

 光の殿堂で、私はさらに、12の光の存在に迎えられた。
 光の存在たちは、水晶でできていると思われる演台の前に立っていたのだけれど、この時点で、これまで伴っていた光の存在のエネルギーが感じられなくなった。
 消えてしまったのか、それとも他の光の存在に溶け込んでしまったのか−−−。
 そんなことを考えているうちに、また別の一つの光の存在が加わった。
 これら13の光の存在は、最初に出会った光の存在よりも大きく、堂々としていて、力強さと偉大さを感じたのだけれど、どうも、その一つひとつの存在が、「希望」「勇気」「信頼」「思いやり」といった異なる美徳を代表しているように感じられた。
 特に13番目、最後に現れた光の存在は、格別に強いエネルギーを発していたので、この集まりの代表者なんだろうと思った。

 「こんな偉大な存在たちに、私なんかがどうして会ってもらえたんだろう?」
 あまりにも神聖な彼らの前で、そう疑問に思いつつも、なぜか、私はすっかり安心して心が静まるのを感じていた。
 なぜか−−−。
 それは、ここが私の「もともとのふるさと」だったから。
 その殿堂こそが「天国」と呼ばれるところだった。
 そして、「天国」は、ありとあらゆる魂の故郷なんだ。

 その広々とした居心地の良い場所で、聖なる場所で、圧倒されながらも、とても神聖な歓びにじわじわと包まれていた私の幸福感が絶頂にきたとき、私のなかで、すべてのものがはじけた。
 そのとき、精神と心と魂が宇宙に向かって全開し、私は、宇宙と一体になった−−−。

 そんなふうに感じた瞬間、私は知り、確信したんだ。
 「宇宙は永遠」
 「それゆえ、「死」というものは存在しない」
 と−−−。

 ここのところは、少しわかりにくいかもしれないけれど、この意味について詳しくは、また後ほどじっくりお話することになるので、ちょっと先を急ごう。
 その天国でさらに、私が何を見たのか−−−皆さんも早く知りたいに違いないからね。


 ◎天国で私が見せられたもの

 それから間もなく、13の光の存在の一つひとつと、私は対面することになった。
 このとき、それぞれの光の存在の頭から私の頭へ、ビデオテープくらいの大きさの黒い箱がひとつずつ渡されていった。
 はたして、その黒い箱には、何が入っていたと思う?
 それはまさに、ビデオクリップのようなものだった。
 そしてそれには、未来の世界が描かれていたんだ。

 黒い箱が私の頭の中を通過するたび、その中身が見えてきた。
 わくわく楽しくなるようなものもあったけれど、背中が凍りつくような恐ろしいものもたくさんあった。
 その箱の中から、様々な未来の様子が見えた。
 当時から十数年後に起こった東西冷戦の終結や、湾岸戦争の勃発のシーンも見えた。
 現代医学が、様々な光線療法などをはじめとした、代替医療やホリスティック(体・心・魂の統合)医療にとって代わられていくのも、見えた。
 ナノチップが発明され、それが人体に埋め込まれることで、行方不明者の発見につながりもすれば、一般市民を監祝したり、特定の人物を排除したりするために悪用されるシーンも、見た……。

 私はこうして、150近く、正確には144のいろいろなシーンを見たのだけれど、いくつものおぞましい光景を目の当たりにして不安に陥っていていた私に、光の存在は、
 「未来は必ずしも確定しているわけではない。結果を変えるチャンスもある」
 と、教えてくれた。
 そしてその結果を変えるチャンスは、「愛を基盤とした行為」によって与えられるということも。

 ・・・(中略)・・・

 こうして一通り、自らの使命をこと細かに示された後、間もなく私は光の存在に、
 「もう、自分の体に戻らなければならない」と告げられた。
 「え??いやだよ、もっと、ここにいたい……」
 一度、この天国の心地よさを知ってしまうと、自分の体、しかもそのときは焼け焦げになっていて、激しい痛みや苦しみを伴う肉体に戻るなんて、とんでもなく酷な話だと、愕然としたものだ。
 「そんなこと、よしてくれ!」
 けんかが特技だった私は、ここで手荒なまねをしてでも自分の意思を通そうとしたのだけれど、あらがう間もなく、私は再び、この世に戻ってきていた。

 雷に打たれて焼け焦げになって、あの世に旅立った瞬間から、たった28分後のことだった。
 気がつくと私は、病院の遺体安置室に、シーツをかぶされて横たわっていたんだ。
 傍らには、雷に打たれたときに電話をしていて、私の異変に気づいてすっ飛んできてくれた友人がいた。
 かぶさっていたシーツが私の呼吸でかすかに動いたときには、彼は腰を抜かさんばかりに驚いた様子だった−−−当たり前だよね。
 死んだ人間が、いきなり生き返ったのだから。
 その後、家族、そして病院中が大騒ぎになったのは、言うまでもないよ。
 だけど、いちばん戸惑ったのは、他の誰でもない、私だったんだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ブリンクリー氏は、あちらの世界で未来に起きるであろう144の出来事を見せられたといいます。
 1975年の臨死体験から現在まで、144のうち137が実現したといいます。
 残りは7つです。
 それが大変、気にかかるところですが、この144の出来事に関する記述が本の終わりの方にありましたので、それを抜粋します。


 ・・・<『「死後の世界」を知れば人生が輝き始める』、p232〜p233から抜粋開始>・・・

 私はあの世に行ったとき、144の未来の出来事を見せられた。
 そのうちの137は、すでに実際に起こっている。
 1990年代に起こった湾岸戦争や、それに実は、2011年3月に起こった、東日本大震災もそのひとつだった。
 そういったすさまじい出来事、光景を目の当たりにしながら、不安と恐怖にこわばっていた私に、光の存在が教えてくれたのは、
 「未来は、必ずしも確定しているわけではなく、結果を変えるチャンスもある。そしてそのチャンスは、人問の自由意思による。”愛を基盤とした行動”によって与えられる」
 ということだった。
 自然災害は、地球の営みだから、人間の力だけではどうしても避けられないことかもしれない。
 けれど、戦争やテロ、殺人や暴力など、残虐な行為は?
 さっきも言ったね、「真の赦し」があれば、そんなものもなくなるのだ、と−−−。
 「真の赦し」を行うことによって−−−人と人の間に横たわる様々な違いや利害を「ありのままに受け入れ、認める」ことによって、また、相手の過ちも「起こらなかったように忘れる」ことによって−−−戦争も、人を傷つけることも、なくなるんだ。
 そして、この「真の赦し」とは、最も気高く尊い「愛の行為」にほかならない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで「真の赦(ゆる)し」なる言葉がでてきました。
 「赦し」という言葉は、あまり見ない言葉で、ちょっと新鮮です。通常は「許し」が使われます。それで最後に、ブリンクリー氏と越山雅代氏が対談で、「赦し」に関して語った部分を抜粋して、紹介します。


 ・・・<『「死後の世界」を知れば人生が輝き始める』、p228〜p230から抜粋開始>・・・

 ◎真の赦しが人生を変え、世界を変える

ダニオン PART1で、私は、二度日の臨死体験のときのパノラマ人生レビューを観ながら、一度目との比較を通して学んだことがある−−−と言ったことを、皆さん覚えているかな?
 そう、それは、真の赦しだ。
 そして、真の赦しとは、「そのことが起こらなかったかのように忘れる」こと、また、ありのままを受け入れる。そして、「その問題から自分を解放し、自由にすること」だ、と言ったと思う。
 戦争や、残酷な行為も、互いに赦すことができないために起きる。
 これまでの人間の歴史は、その繰り返しだった。
 けれど、「赦す」ことができれば魂はさらなる成長・進化を遂げる。
 そして世の中の魂のすべてがそのような「真の赦し」を行えば、世の中から悲惨な戦争もテロも、残虐な行為もなくなり、真に愛に満ちた、平和な世界に、宇宙になるんだ。

雅代 ここで、「赦す」という言葉について−−−英語でも許「forgive」という単語を使うこともあるようだけれど、日本語の「赦す」ないし「許す」とはちょっとニュアンスの違いもあるように思うので、日本人の皆さんには少しだけ、説明しておきますね。

 日本語で「赦(す)」「許(す)」というと、例えば恩赦とか許可などの熟語もあるように、なんとなく「上から目線」のようなイメージ、ニュアンスになりがちですよね。

 でも、ダニオンの言うように、「真の赦し」とは、ひとつには「そのことが起こらなかったかのように忘れる」こと。これは、「きれいさっぱり、水に流す」というようなことですね。
 そしてもうひとつは、「人やものごとのありのままを受け入れる。そして自分を解き放つ、自由にする」ことなのですが、これは英語では、forgive よりもむしろ「accept」(=受け入れる)and release(=解き放つ)」に近いかもしれませんね。

ダニオン そうだね。雅代の解説で、皆さんもよく理解できたんじゃないかな。
 相手と自分に違いがあっても、その違いを含め、相手をありのままに受け入れる。
 起こっているできごとを、良いとか悪いとか決めつけずに、ありのままに受け入れる。
 また、自分や世の中の人々を傷つけた人のことも、すべて受け入れ、人の過ちも、忘れること。
 人に対して嫉妬や怒り、恨みを抱いているのなら、それらを手放す。悲しみに暮れているのなら、涙をぬぐって、前を向いて歩いていく−−−。
 こうして、「自分を解き放つ」ことで、私たちは本当の自由を得ることができる。
 その結果、自分の人生も、そして、世界も変えることができるんだよ。

 ・・・<抜粋終了>・・・



食べる金(キン)の話...2015年11月15日

 今回は、9月26日の記事「食べる金(キン)の効能」の続編です。

 体内に摂取した金がどのような働きをするのかといったことは、現在の科学において未知の分野のようで、ネットで調べてみても具体的な内容のものを見つけることはできませんでした。
 私が知りたいと思ったのは、体内に摂取された金が健康にどのように役立つのか。また食べた金箔のうち、何パーセントが体内に取り込まれるかといったことです。
 しかし、これまでそうした研究自体が、されてこなかったのだと思います。
 もちろん金のスピリチュアル能力を高める効果も知りたいですが、これはさすがに現在の科学の研究対象にはならないでしょう。

 科学的には実証されていなくても、最近は化粧品などに金を含んだものが発売されているようです。
 訪問者の方から教えてもらったのですが、以下のサイトは金を含んだ化粧品を販売しているサイトです。

http://cosmeproud.co.jp/

 科学面での実証がないので、チャネリング情報や、前回の記事で紹介した木内さんの臨死体験などを参考にすることになります。
 今回は、千さんのお爺ちゃんセッションで、金についていろいろと聞いてきたので、それを紹介したいと思います。
 私が千さん(答えるのは霊的次元のお爺ちゃん達ですが)に質問して、お爺ちゃんの回答を千さんが私に伝えてきます。それを[質問]と[回答]という風に記述し、必要に応じて[解説]を付記するという形で紹介します。
 言葉使いなどは完全ではありませんが、意味が通じる程度に復元しました。


[質問]
 前回のセッションで、(私の)体内に摂取した金(キン)がどのように機能しているか聞いたら、不純物を体外に排出し易くなったと言われました。
 スピリチュアルの能力の面では、何か効果が出ていませんか。

[回答]
 超感覚的な部分で変化が出ています。第六感と言われるもの。


[質問]
 すでに1年分の金箔のストックを用意したので、今後ずっと続けるつもりなのですが、将来的にどのような変化が起こってくるでしょうか。

[回答]
 肉体的な変化がすごく起こってきます。今まで以上に敏感になる。


[質問]
 (金箔の入った小瓶を取り出し)これは私が食べている金箔ですが、成分表示に金の重量比が96.18%と書いてあります。
 この数字は信用してよい数字ですか。

[回答]
 はい。

[解説]
 私が食べている金箔は、以下のサイトのものです。

http://item.rakuten.co.jp/katani/hanafubuki-bin-takebashi/

 最初は、上記サイトのビンサイズの「華ふぶき」を食べていましたが、今は109mm角の正方形の金箔タイプの「華ふぶき」を、1日に1枚食べています。
 この正方形の金箔タイプには重さの表示がありません。
 ちなみに金箔の厚さを1万分の1mmと仮定し金の比重を19として計算してみると、1枚で約0.022gとなりました。
 「食べる金(キン)の効能」の記事にも書いたのですが、お爺ちゃんによると金を食べて効果が上がる最底辺の量は、ビンサイズの「華ふぶき」だとティースプーン半分弱だといいます。0.022gというと、かなり少ない量に思えますが、109mm角の正方形の金箔だと、1枚でティースプーン一杯分を超えるぐらいの量に感じます。ですから量的には十分だという気がします。


[質問]
 ネットの情報で、ホーラー博士という人によると、金は1個の金原子と金原子が6個の集まったものが存在しているといいます。
 今、食べている金箔は、体内に入ると、どちらになるのでしょうか。

[回答]
 単原子の方です。

[解説]
 ホーラー博士の情報は、当HPの訪問者の方から教えていいただきました。
 以下のサイトの「大天使メタトロンと33次元・・・2015年 8月14日 単原子粒子の活性化/ブラッドムーンの準備」という記事です。

http://japonese.despertando.me/%E5%A4%A7%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%81%A8%EF%BC%93%EF%BC%93%E6%AC%A1%E5%85%83%E3%83%BB%E3%83%BB%E3%83%BB%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%B9%B4-%EF%BC%98/


[質問]
 金を食べても、大半は排泄されてしまうと思っています。
 食べている金の何パーセントが体内に取り込まれるのでしょうか。
 私は何パーセントぐらいですか? また、一般の平均は何パーセントぐらいでしょうか?

[回答]
 (私は)30パーセント弱ぐらい。一般の人は、20パーセント弱ぐらいです。

[解説]
 私はこの回答に正直、驚きました。
 予想した回答は1パーセントもないと思っていたからです。


[質問]
 単原子金をより効率的に体内に取り込むために、どういう食べ方をしたらよいでしょうか。
 例えば、付け合せのような食材があったら教えてほしいのですが。

[回答]
 干しシイタケ。干しシイタケをお味噌汁の具として入れるとよいです。


[質問]
 現在、歯の詰め物をセラミックから金合金に替えています。すでに一部金が歯に入っているのですが、その金は溶け出して体内に摂り込まれているでしょうか。

[回答]
 はい。

[解説]
 私は以前、歯の詰め物の水銀合金のアマルガムやパラジウム合金が有害だと知り、セラミックやハイブリッドと呼ばれる素材に替えました。
 しかしセラミックの欠点は(陶器製ゆえに)数年経つと欠けてしまうことです。欠けるとその都度、削って新たな素材を埋め込むことになります。しかしそれも欠けてしまうのです。こうして次第に削る部分が大きくなって、全体が劣化してゆきます。
 そこで私は(苦肉の策として)セラミックが欠けた歯に関しては、今度は金合金を使ってやり直すことにしました。
 金合金の素材も自分で選びました。
 以下が私が選んだ金合金です。

https://www.ishifuku.co.jp/dental/gold/details.html#dentalaplate24k


 上記サイトのK20の金、銀、銅の合金です。K20とは約83%の金を含有するという意味です(K24が100%)。
 歯医者さんに頼んで、私が選んだ金合金を使ってもらうようにしたのです。

 私の場合は幸いにして金属アレルギーがありません。それゆえ金合金を使うという選択肢がありました。
 もちろん今回使った金合金は私の身体に悪い影響がないことを、お爺ちゃんに確認してあります。
 私が金合金を選んだのは、単純に歯の詰め物の材料として(私にとって)最適だと思ったからです。しかし同時に金を体内に摂取することができるので、一石二鳥だと思っています。

 金合金を使う際に注意点があります。
 なかにはパラジウムを含んだ歯科用の金合金があります。お爺ちゃんによると、パラジウムが入っているものは神経やリンパを犯すそうです。
 ですから金合金を入れる場合は、パラジウムを含んでいない合金を選ぶことをお勧めしたいと思います。


[質問]
 歯の金合金から溶け出した金も単原子の金ですか。

[回答]
 はい。


[質問]
 (上記の大天使メタトロンの記事について)大天使メタトロンが単原子金を効率的に体内に摂り込むためのアファメーション(瞑想法)があります。
 これは効果がありますか。
 また、大天使メタトロンというのは本物なのでしょうか。

[回答]
 効果があります。(大天使メタトロンは)本物です。ただし別の存在が一部、書き換えています。
 金の瞑想の部分はメタトロンによるものです。


[質問]
 (木内鶴彦さんの)「太古の水」の効能として、金属を体外に排出するというものがあります。私は「太古の水」を飲んでいるのですが、これと金を同時に食べて大丈夫ですか(金が排出されないか)。

[回答]
 大丈夫です。


[質問
 (私は)金箔スプレーも持っているのですが、このスプレー缶のガス成分は体に悪影響がありませんか。

[回答]
 大丈夫です。


[質問]
 私に金に関する情報をくれた訪問者の方から言われたのですが、私のHPを見ようとすると文字化けするそうです。
 これって、もしかしたら(魔女の)ビアンカの仕業ですか。

[回答]
 そうです。

[解説]
 私が金に関する情報をHPに載せ始めたとたん、それまでは正常に見れていたのに突然文字化けするようになったと、ゲリースクールの仲間にも言われました。
 千さんによると、これもビアンカの仕業だそうです。
 金に関する情報を人々が知ることを、ビアンカとビアンカを背後で操っている親分(魔女の頭領)は非常に恐れているそうです。
 なぜなら金は人々の目覚めを早める効果があり、人々が目覚めてしまうと自分(魔女)達の悪事が知られてしまうからだそうです。
 私が金に関する情報を集め始めた頃から、パソコンや家電が壊れる事態が相次ぎました。これにより、ビアンカの本気度がわかります。
 だとすれば、もうこれは目覚めるしかない! というところです。


[質問]
 木内鶴彦さんが臨死体験で古代に飛んだとき、古代の人々が健康の為に金(キン)を摂取しているのを見たといいます。
 金を摂取することにより、体内に溜まった不要な電気エネルギーを外に出すというのです。
 古代の人が金を摂取していたというのは、本当でしょうか。

[回答]
 はい。


[質問]
 では、古代の人々はどのようにして金を食べていたのでしょうか。
 私のように金箔を食べるという形でしょうか。

[回答]
 直接食べるという意味では一緒です。
 ただし、金箔よりももうちょっと大きい塊みたいなものでした。


 以上です。


 私が金を摂取するようになって2ヶ月ちょっと経ちました。
 感覚的な言い方しかできないのですが、五感が敏感になった感じがします。本当は五感ではなくて、第六感が磨かれてほしいのですが、お爺ちゃんによれば今後そういうものも出てくるとのことで、楽しみにしています。
 もし何か報告できるような変化がありましたら、また記事にしたいと思います。

 最後に念のために言っておきたいのですが、これはあくまでもチャネリング情報であり、科学的な裏付けを取ったものではありません。
 ここに書かれた情報を信じるか信じないかは、読まれた方の判断にお任せするしかありません。
 私としては、食べる金に関して興味を持たれた方の一助になれば幸いです。


 金なんか食うより、こっちの方がいいニャ〜



アメリカの病...2015年11月8日

 久々に経済アナリストの増田悦佐(ますだえつすけ)氏の本を読みました。
 『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』(ワック)という本です。現在のアメリカが抱える病巣を書いた本で、いろいろ知らなかったことがありました。
 今回は、その中で私の印象に残った話題を3つほど紹介したいと思います。

 アメリカの病巣というと、まず浮かんでくるのは人種差別や所得格差の問題です。
 所得の低い黒人やヒスパニック系の住民の子供は、学費の高い私立には通えず、公立の小中学校に通うわけですが、(特に都市部では)この公立の学校が非常に荒れているといいます。また公立の教師の質も日本と比べると信じがたいほどのレベルのようです。教える側の教師が、加減乗除を論理的に説明できないというのです。
 私が驚いたのは、公立の学校には麻薬の売人が出入りして取引しているという事実です。
 これでは、まともな教育ができるはずもありません。犯罪予備軍を育てているようなものです。
 まず、アメリカの公立の小中学校の実態から紹介します。


 ・・・<『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』、p54〜p58から抜粋開始>・・・

 中学校に麻薬の売人が来て取引

 所得格差の背景に人種差別があることは確実だ。偏見があるから貧しい人は貧しい仕事にしか就けなくて、ますます貧しくなる。もともと所得格差があるから偏見が強くなるのか、偏見があるから所得格差が大きくなるのか、どちらが原因でどちらが結果かというのは判断が難しいところだが、お互いに相乗効果で高め合っているのは確かだ。
 そして、この相乗効果がいったん定着してしまうと、豊かな家庭に生まれて、いい教育を受けた人は、ますます豊かになり、貧しい家庭に生まれて、あまりいい教育を受けられなかった人は、ますます貧しくなる。それが人種や民族系統によってほとんど決まってしまう。
 アメリカ社会では、教育水準、所得水準、社会的地位が生まれたときからコース分けされてしまっている。
 白人がそのコースから外れるのは、本来、高い教育水準を得られるはずなのに脱落してしまうといった場合である。
 その反対に、黒人やヒスパニックが上流階級にのし上がるのは、「こういう例もあるのだから諦めてはいけないという」といった教訓を与える程度のごく特殊な少数の例しかない。
 例えば、今、黒人の子供たちの約7割は片親世帯か、両親ともいない家庭で育っている。正確にはシングルマザーの家庭で育っている子供たちが53%、父親だけの家庭で育っている子供たちが7%、両親とも不在の家庭で育っている子供たちが9%で、両親が揃っている家庭で育っている子供たちは31%に過ぎない。これは2013年に黒人知識人たちのフォーラムとなっているウェブサイト「The Root」に、医学博士号を持つ黒人男性が投稿した記事に出ていた数字だ。当然のことながら、片親世帯や両親不在の世帯は所得水準が低い。
 アメリカで所得水準が低い家庭の子供は、小中学校は公立に行くしかない。アメリカの公立の小中学校の教育水準は極めて低い。まず教員のレベルが非常に低いのだ。
 例えば、数学の教師が加減乗除を教えるのに、なぜその答が正解になるのかを論理的に説明できなくて、「電卓を押せば、こういう答が出るから、それで正しい」で済ませてしまうようなレベルだ。それに比べて、私立の小中学校では教員のレベルもはるかに高く、かなり厳しい教育が行なわれている。
 小学校段階で、白人の中流階級以上の家庭に育ち、私立の学校に入れる子供たちと、その他大勢として大都市の教育水準の低い公立学校の子供たちとでは、大きな差がついてしまい、その後の一生が、ほとんど決まってしまうことになる。
 だから中流以上の家庭では、小学校から子供を私立に入れるのが普通である。ただし、地方都市では、公立もそこまでひどくないので、白人の中流階級でも、子供を公立の小中学校に入れることも多い。
 公立学校は、教育水準が低いだけでなく非行も多い。ジュニアハイスクール(日本の中学校)ぐらいから、校内で性行為が行なわれたり、麻薬の売人が来て校内で取引が行なわれたりするのが常態化しているほどだ。
 さらには、黒人やヒスパニックに生まれついたら、まずいい大学に入学すること自体が、困難を極める。ましてや、卒業することは不可能に近い。アメリカでは一流大学は圧倒的に私立であり、州立の一流大学の数は限られているし、日本的な意味での国立大学は存在しない。あとで詳述するように、私立大学は学業成績での格付けが高いほど授業料も高くなっているので、一流大学卒の学歴を身につけるには、莫大な金がかかる。
 そもそも、その前の段階でも公立の中学、高校では、ろくな教育を受けられないので、一流大学に入学できるような成績をとることは難しい。
 たとえ大学入学の学力があったとしても、学費が高く通い続けるのは困難だ。奨学金を受けようとしても、無利子とか、貸与ではなく給付という奨学金をもらえることができるぐらいの成績を取るのはほとんど不可能なのだ。
 事実、人種間の大卒資格保有者比率を見てみると白人の34%が大卒資格を持っているのに対して、黒人は20%、ヒスパニック13%である。
 さらに、同じ大卒資格であっても、アメリカでは資産に人種間格差がある。
 白人の間では、大卒資格のあるなしで世帯資産の中央値が6万ドルも違ってくる。しかし、黒人では大卒資格が世帯資産中央値を押し上げる効果は4800ドルにとどまっており、ヒスパニックでは4200ドルにしかならない。
 これでは、黒人やヒスパニックは、若い頃からまじめに勉強をしてもしなくても、どせ将来は貧困家庭だと諦めてしまうのも当然だ。
 一方、大都市では、子供の安全を考え、少しでもまともに教育を受けさせたいと思う中流以上の親は、無理をしてでも子供を私立の小中学校に入れる。私立に入れれば、当然のことながら、授業料も多額にかかる。私立と公立との間に存在する授業料格差は、日本よりかなり大きい。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ちなみにアメリカの一流大学群のアイビーリーグ(例えばコロンビア大学など)の学費は、年間4万〜5万ドル(日本円で480万〜600万)も掛かるといいます。この額はアメリカの中流家庭の年収に匹敵するそうです。アメリカで一流大学というのは、ほとんど私立なので、一流の学歴を持とうとすれば、4年間で2400万円もかかることになります。
 これでは、所得の低い家庭に生まれた子供は、学習能力以前にはじかれてしまいます。
 日本であれば、会社に入った後でもその人間の適正をみて、事務職から研究職に配属されるなどの例外が、ある程度は起こります。
 しかしアメリカでは厳格な学歴社会で、こうした例外はまずないといいます。
 所得による階層化が、日本の比でなく起こっている社会だといえます。

 次に紹介するのは、アメリカの庶民の生活がどんどん苦しくなっている実態です。
 折しも今月の6日米労働省が発表した10月の雇用統計は、前月に比べて大幅に改善し、失業率も低下したとなっています。これだけ聞くと、アメリカの経済は好調だと感じてしまいます。
 しかし私はアメリカ当局が発表する経済統計の数字は、そのまま受け取ってはならないと思っています。
 もちろん中国のように当局が鉛筆を舐め数字を書いているという実態よりはましだとは思いますが、結局アメリカも当局にとって都合の良い数字を並べている可能性は高いと思います。

 今年の7月、アメリカの小売業の大手ウォルマートが突然複数の店舗を閉鎖して話題になりました。
 これは米軍の大規模演習「ジェイド・ヘルム15」に関連して話題になったのですが、単純にウォルマートは全米各地で売り上げが落ちているという実態があります。
 ウォルマートは日本で言えば、イトーヨーカドーやイオンに相当とのことですが、アメリカの中流家庭では、こうしたスーパーで買うのも厳しくなっているといいます。


 ・・・<『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』、p69〜p75から抜粋開始>・・・

 貧困のために100円ショップでの買い物も厳しくなってきた庶民

 サブプライムローンに端を発した世界金融危機の頃、アメリカの中流以下の人たちの生活は、所得も伸びずにインフレで物価が上がってきたことによって苦しくなってきていた。
 ここで私が「アメリカの中流層」と言っているのは、上から20%を除いて、下のほうの80%のうちの上半分ぐらい、年収で言うと日本円で400〜600万円レベルのことだ。この層が今まではウォルマートで買い物をしてきたのだが、最近はウォルマートでの買い物さえ厳しくなってきている。
 アメリカ最大のスーパーマーケット・チェーンであるウォルマートは主として中国やラテンアメリカ諸国など、低賃金国で大量に作らせたものを安く売って、マーケットシェアを拡大して世界最大の小売業になった。それによって、消費者は比較的いろいろな地域から輸入したもの買うことができていた。だが、選択肢はあくまでも、原価が低くて高い利益率の取れる商品に限定されていた。
 ちなみに、ウォルマートは、すでに述べたが、日本で言えばイトーヨーカドーやイオングループといった、一般の人たちが買い物をする中流スーパーマーケット(スーパー)と言える。
 ただし、アメリカのスーパーは、日本の総合スーパーに比べると、商品のバラエティをはるかに放り込んでいる。ウォルマートは、低賃金国で作らせた安いものを売って、まずマーケットシェアを取り地域で独占する。独占してしまえば、あとは、かなりずさんな経営でやっていくといった企業体質である。
 そうしたことも影響して、アメリカのスーパーで売っている商品はかなり質が悪い。特に生鮮食料品は本当にひどい。それがアメリカの中流以下を相手にするスーパーの実態なのだ。
 アメリカ経済の中流以下レベルの人たちの経済実態はウォルマートの売り上げにストレートに出てくることになるが、そのウォルマートの売り上げが落ちてきたのだ。それは、ウォルマートで売っているものならば買えるという層の人たちの生活が苦しくなったからだ。
 その結果、ウォルマートより一段下の価格帯で売る「ダラーストア」という、日本で言えば100円ショップのような店が繁盛するという状態になってしまった。つまり、中流以下の家庭では、生活必需品や食料品もできるだけ安いところで買うようになってきたのである。
 ところが、2014年の秋頃からは、それまでどんどん店舗数を拡大していたダラーストアでさえもうまくいかずに、店舗を減らし始めた。最近では、下流向けの店さえも経営が厳しくなっているところが増えてきているのだ。
 このことは、アメリカの庶民が本当にものを買えなくなってきていることを示している。それまでならウォルマート・クラスでものを買うことができていた人が100円ショップでしか買えなくなり、そこですら買うのが苦しくなってきているというのが、アメリカ小売業界のお寒い実態なのだ。

 潰れて野ざらしにされるショッピング・モール

 おまけにアメリカを象徴するような「ショッピング・モール」が次々と潰れている。クルマ社会の進展とともに1920年代からアメリカの郊外で発展してきたのがショッピングモールだ。
 ショッピング・モールとは、ウォルマートなど大型スーパーマーケットがキーテナント(最も重要な借り手)として入って他のさまざまな店が入っている複合施設だ。殊に1950年代から60年代にかけて、郊外型ショッピング・モールは大いに発展した。ところが、ウォルマートなど大型スーパーのキーテナントが人を呼べなくなり、売り上げも伸びなくなってしまった。
 実際、アメリカ全土で、クルマで40分以内にウォルマートをキーテナントとするショッピング・モールがないという地域は、ほとんど存在しない。まず大きな店を出しておいて、競合店が太刀打ちできない安売り攻勢をかける。ついていけなくなった同業者が潰れれば、あとは地域独占で安定的な高収益をあげられるというのが、ウォルマートのビジネスモデルなのだ。だから、ウォルマートのマーケットシェアは人口希薄地帯のほうが高い。
 しかし、今や売り上げが伸びず、空室率の上昇が目立つ。空室率が30%、40%になってしまって、取り壊す費用も出せずに、野ざらし状態になったままというモールも増えている状況だ。
 アメリカの場合、大型モールでものが売れなくなって潰れていくのは、日本の地方都市の商店が店じまいしているのとは様子が少し違っている。
 日本の地方都市の場合は、人口そのものが減っている上に、鉄道の運行本数が大幅に減ったり、廃線になってしまったりして、鉄道の集客に依存していた商店街が、どうにもならなくなるという事情がある。
 アメリカのショッピング・モールは、クルマで行くのには非常に便利だが、それ以外の交通手段がほとんどないようなところに、店舗面積の5倍とか10倍の広大な駐車場を備えているのが普通だ。その背景には、1930年代頃から始まったクルマ社会化が今でも延々と続いていることがある。
 そうしたモールが潰れていくということは、今まではそこに行っていた人たちが行かなくなってきたということだ。
 その背景には、貧困層が増えて、クルマに依存せずに生活をせざるを得ないという事情がある。その結果、郊外に住んでいた若い世代が、都心部に出て来ざるを得なくなる。彼らが都心部に入れば、当然家賃の安い、それまで黒人やヒスパニックなど低所得層の人たちばかりが住んでいるところに入りこんで行く。そこで、それまでの住民との軋轢も生じることになる。
 中流の上から上の人たちは、食品についてもスーパーではなく食品専門店で買う。だから、デパートなどがキーテナントとして入っている高価格帯のモールはサンフランシスコ、デンバー、シアトルなどの高所得層住民の多い大都市周辺部では比較的うまくいっている。金持ち相手のショッピング・モールは安泰というわけである。
 アメリカのデパートについては高級品を扱っているブルーミングテールズ、サックス・フィフス・アベニューなどのようにチェーン店として規模が小さく大都市に絞りこんで、比較的所得の高い層を相手にしているところはかろうじて保っている。
 しかし、中流の人たちのためのデパートである、メイシーズ、シアーズ、J・C・ペニーなどは、いつ潰れてもおかしくない状態になっている。

 ・・・<抜粋終了>・・


 最後に紹介するのは、私が本当に驚いた話です。
 なんと、アメリカで奴隷制度そのものと思われる制度が復活している実態です。
 カリフォルニア州が制定した三振法と呼ばれる法律があります。これは前科が2回以上ある者が3回目の有罪判決を受けたら、自動的に終身刑が課されるという驚くべき法律です。3回やったら終身刑ということで、3ストライクアウトという意味で三振法です。
 建前では、刑務所は受刑者の社会復帰を促すものとされています。しかしいまやアメリカでは、刑務所は限りなく安い労働力を確保する手段となり、安定的に受刑者を送り込むために終身刑を増やす政策をとっているのです。
 終身刑となったら、個人の自由を奪われ、死ぬまで強制的に働かされます。これを奴隷制度と言わずして何と言うのでしょうか。


 ・・・<『いま、日本が直視すべきアメリカの巨大な病』、p139〜p146から抜粋開始>・・・

 3回目の有罪判決を受けたら問答無用で終身刑が科される

 もう一つ、アメリカの利権社会を象徴するものに刑務所産業がある。アメリカは、刑務所の民営化をどんどん進めている。
 民営刑務所を経営する側としては、経営を安定させるために、市から委託されたときにいろいろな条件をつける。例えば「入居率がどんなに低くでも90%入居している分の運営費はいただきますよ」といった条件をつけて、それに沿った契約をする。
 市の立場としては、民営化した刑務所に9割入居している分の費用を支払わなければならない。それならば、その分を埋めなければ損だいうことになる。そこで入所者を増やそうとする。
 そんなところから出てきたのが、カリフォルニア州の三振法のような法律である。これは、死刑または1年以上の刑が科せられる重罪(州によって違う)の前科が2回以上ある者が3回目の有罪判決を受けたら、3回目がどんなに微罪であっても終身刑を科されるというものだ。
 すなわちスリーストライクでアウトというわけで、ストライク3になったら、一生刑務所暮らしというすさまじい法律である。カリフォルニア州はニューヨーク州と並んで刑務所の民営化が非常に進んでいる。
 今、アメリカ黒人が置かれている境遇を、これほど象徴している法律はない。黒人は総人口の約3分の1にもかかわらず、刑務所の入所者は、半数かそれ以上を占める。それほどに、黒人は逮捕される率も、長いこと刑務所暮らしをさせられる確率も高いのである。しかも、高卒資格のない若い黒人男性の収監率が1990年代半ば以降急増している。
 なぜかといえば、白人の場合には、一般的に豊かなので、いい弁護士を雇いやすいし、三振法のような法律があることを知るだけの教育がある。しかし、教育レベルの低い黒人の場合には、暴力犯で前科2犯になってしまうと、そのあとは警戒して絶対警官に捕まるようなことをやってはいけないという知識さえも、きちんと教えられていない人が多いからだ。
 それにしても、アメリカという国の収監人口の大きさにはすさまじいものがある。図表18の上の表を見ていただけば、総人口では約4.5倍の2位中国の170万人に50万人以上の大差を付けた、約223万人となっている。
 人種別で収監人口比率を見ると黒人の4.7%が突出して高く2位のヒスパニックとなると1.8%、白人は全人種平均を下回る0.7%だ(図表下)。


図表18 世界最大の監獄国家、アメリカ

順位 国名    収監人口
1  アメリカ  222万8、424人
2  中国    170万1,344人
3  ロシア   67万2,100人
4  ブラジル  58万1,507人
5  インド   41万1,992人
    ・
    ・
    ・

 アメリカ人種別成人男性収監率(2009年)

ヒスパニック ... 1.8%
黒人     ... 4.7%
白人     ... 0.7%
全人種    ... 1.4%

 年央収監人口網査より



 受刑者を低賃金で働かせてボロ儲けする民営刑務所

 若い黒人男性は、3度収監されたら最後、死ぬまで安い労働力としてこき使われることが多い。そして、収監人口が増えている裏には、刑務所に収容される人の労働力の問題が横たわっている。
 アメリカでは、一流企業が率先して微罪でも長期にわたって刑務所暮らしをさせられる人たちや終身刑が適用される人たちの労働力を「活用」しているからだ。
 例えば、こうした収監者を活用している企業には、アメリカを代表するボーイング、スターバックスコーヒー、ヴィクトリアズ・シークレット(セクシー・ランジェリーカタログ販売最大手)といった企業が含まれている。
 それらの企業が収監者を活用するのは普通の人の時給の半分か4分の1ぐらいの日給という低賃金で働かせることができるからだ。実際のところ、受刑者に渡る日給はわずか93セントから4ドルにとどまると言われている。日給の上限の4ドルでさえもアメリカの法定最低賃金の7ドル25セントの半分程度でしかない。しかも、受刑者は支給されるまずい食事以外の「贅沢品」は全部、刑務所内のバカ高い値段を付けた売店で買わされている。彼らの実質所得は、通常この極端に低い賃金の10分の1以下にしかならないというのが相場らしい。
 つまり、刑務所産業が企業から支払われる賃金からピンハネしているわけだ。そのためにも長期滞在してくれる刑務所暮らしの人、すなわち労働力を増やす方向になる。
 カリフォルニア州だけではなくて、今、アメリカのかなりの多くの州が「三振法」やそれに近い法律を作り、何回か暴力事犯で前科がある上でさらに罪を犯すと、刑罰を極端に重くして入所期間を長くしている。
 一度この終身刑という重罰を科された受刑者を受け入れた刑務所は、当人が死ぬまで州や市から高い入居費をもらい、異常に低い賃金で労働をさせてピンハネを続けることができる。
 それによって、刑務所産業の繁栄をはかるとともに、低賃金労働力を確保するわけだ。
 それがアメリカの製造業の復活にも貢献していると指摘する人さえいるはどなのだ。
 実際、社会経済情勢に関心の高い法律家の中には、「昨今のアメリカ製造業の復活は、受刑者たちが異常な低賃金で働かされているからこそ実現したのだ。アメリカの受刑囚を企業に貸し出すときの労賃は、中国、ラテンアメリカは言うに及ばず、アフリカ最貧国とも勝負できる水準だ。製造業復活は、刑務所運営の民営化という現代奴隷制が生んだあだ花に過ぎない」と極論する人さえいる。
 刑務所産業は、CCA(コレクション・コーポレーション・オブ・アメリカ)とGEOグループという二大大手だけでアメリカ全体の収監人口の75%をマネージしていると言われている。CCAは全米で67カ所、GEOはアメリカだけではなく海外も含めて95カ所の刑務所を運営し、その2社だけで売上は33億ドル(約4千億円)にもなる。ちなみに、CCAは1987年から1997年の10年間で売上を約1千700万ドルから約4千600万ドルへと2.7倍増やしている。
 刑務所産業は大学経営と並んで、高度成長を続けでいる有望産業である。1990〜2010年の20年間で、全米の私営刑務所の数は、17倍の1600%も増加していたのだ。
 アメリカには、刑務所産業のREITがある。REITとは不動産投信の略称だが、あちこちで刑務所を経営している会社をまとめて、それを証券化して上場し、その株を売り買いしているわけだ。このREITは、かなり利回りがいい人気商品になっている。
 90%入居を保証してもらって確実な収入がある上に、実際に入居している受刑囚から労賃をピンハネして収入があるのだから、儲かって当然だ。
 ちなみに、図表19を見ればわかるように、ニューヨークの民営化した刑務所の一人当たりの年間の費用総額は16万8千ドル(約2千16万円)で、それを日割りにすると5万5千円にもなる。一泊5万円とは、一流ホテル並みだ。もちろん専有面積はベッド一つだけで、実際のコストはそんなにかかるわけではないので、ボロ儲けということになる。


図表19 アメリカの刑務所お1人様1年間のご宿泊料
     受刑者1人当たりの1年間の費用総額

・2010年時点での全国平均 .......... 2万8323ドル
・2012年時点でのニューヨーク市内の施設 ... 16万8千ドル(内6万ドルはアメリカ国民の税金)
・ハーバード大の年間授業料 ........... 4万16ドル

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の記事の中で補足したい部分があります。
 受刑者に支払われる日給は最高でも4ドル(480円)といいます。この4ドルはあくまでも日給で、記事で比較されているアメリカの最低賃金の7ドル25セント(870円)は時給です。これからも、恐ろしい薄給であることがわかります。
 三振法で感じることは、アメリカ社会は、ここまで劣化してしまったということです。貧しく社会の最底辺を構成する階層の人間には、基本的な人権など存在しないということです。こうした政策を取るアメリカ政府が、中国を人権問題で攻撃することは、滑稽というほかありません。

 三振法とは内容が違いますが、私は終身刑で刑務所に囚われた主人公が、自由を求めて脱獄する映画、「ショーシャンクの空に」を思い出しました。



木内鶴彦さんの臨死体験から...2015年10月25日

 私は木内鶴彦さんの臨死体験の話が大好きです。
 木内さんの新刊本が出ると、必ず読みます。木内さんの臨死体験の話は、他の人の臨死体験とは違った要素があります。他の人の臨死体験の話は、神秘的な体験をして感動したという点が強調されますが、木内さんは好奇心旺盛で、いっそのことあちらの世界の色々なものを見てやろうとするのです。それも色々な時代の色々な地域が登場します。
 さらに見るだけではなく、その時代の人間の手を借りて、印(しるし)まで残してきたりします。(生還した)木内さんは、旅行でそれを確認するのが楽しみなんだそうです。
 今回紹介するのは、木内さんの新刊本、『あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面』(ヒカルランド)です。
 この本は、ヒカルランドで行われた木内さんと、長典男(ちょうのりお)さんという人の対談を本にしたものです。長典男さんという人を私は知らなかったのですが、この方も臨死体験をされた人なんだそうです。

 最初にお断りしておきたいのですが、木内さんは臨死体験で見てきた話を人々に信じてほしいと思って、語っているのではありません。
 あくまでも、臨死体験で見えたものを語っているだけです。
 私も当HPで木内さんの話を紹介する上で、訪問者の方々に、これが真実だと訴えたいわけではありません。私は木内さんの話が真実かどうかという点にはあまり関心がなく、単に面白いから読んでいるだけです。当HPで紹介するのも、興味深い話という点だけです。それゆえ、信じる信じないではなく、世の中には面白い話をする人もいるんだといったスタンスで読んでいただければと思います。

 まず最初に金(キン)に関する話題を紹介したいと思います。
 私は今、金を体内に取り入れることによって、どのような変化があるか自分の身体を使って実験しています。
 それゆえ、ちょうど金が人間の健康に及ぼす影響について情報がないか探していたところでした。
 感心したのは、情報を求める者には情報が来るんだということです。求めよ、さらば与えられん、というところでしょうか。木内さんの本を読んでいて、古代の人々が健康のために金を摂取していたという話に出会って、驚いてしまいました。
 では、本からまず金についての話題を紹介したいと思います。
 木内さんは今から1万5000年前頃に、地球の引力が月を捉えたと言っています。その際に月から大量の水が地球に流れ込んだといいます。当時の地球の海と陸地の面積比は、3対7だったのが、月からの大量の水によって、現在の7対3に逆転したといいます。


 ・・・<『あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面』、p56〜p64から抜粋開始>・・・

 1万5000年前の人間は巨人、生理は年1回だった

木内 生死をさまよって見たんですが、大洪水が起きたのは、多分1万5000年ぐらい前だと思っています。これを言うと怒られてしまうけれども、あくまでも見てきた話ですから。
 大洪水が起きたときに、皆さんが避難した場所があります。今のような大陸は想像しないでください。全部1つの塊だった。ほとんどが平たんなところで、高地をつくっていたところに避難したわけです。避難した場所は、今でいえばアフリカの北部あたりの地域です。大洪水の後、いろいろ散らばっていきますが、そこから生き残った人たちが生きていくというのはすごく大変でした。文明も文化もすごく発達したけれども、すごく大変だったというところから始まって、私たちの先祖は東を目指して旅をするわけです。
 あのころは気圧の変動などがありますので、体のバランスが崩れています。あのころの身長は男で3メートルぐらい、女で2メートル50センチぐらいで寿命は大体300歳ぐらいでした。でも、月が地球の周りを回ることによるストレスで、寿命も身長もだんだん弱くなってくる。調べてみたら、明治の初めごろか江戸時代の末期に世界中の人類の身長が小さくなっているんです。そこから、現在は伸びてきている。だから多分そこら辺がストレスの根本的な原因になったんじゃないか。環境適応が終わるまで、そのくらい時間がかかったということです。

 月がちょっと離れ始めた時期ですよね。

木内 そういうことになります。そこから、今は加速度的に身長も戻り始めています。
 昔は生理は1年に1回の現象でした。地球が太陽の周りを公転しているときに、今の私たちの銀河系というか、いて座の方向から来るいろいろなものはストレスというか、生き物に対しては恐怖心があって、種の保存を促した。生理は1年に1回の現象だったのです。ところが、月が回るようになってから、月の潮汐運動に振り回されて、大体1カ月に1回になっているから、体にものすごいストレスがかかるわけです。それを改善するために、体の中にたまっている電気を放電させようとした際、一番必要だったのは金(キン)です。だから山ほど金塊をほじくり回した。

 ・・・(中略)・・・

 金が体を癒すものから貨幣へと変化した顛末

木内 キリスト教という宗教はずっと後にできます。そのころの教えなどでそれぞれの文化があったけれども、例えば王様になる人たちは、人間をこき使うだけこき使う。それを見ていた人たちが、「何か1つの基準点をつくろう。同じ働きをした者に対しては同じ価値のものを与えよう」と言ったのが、金貨の始まりです。地位のない貧しい人であろうが、位の高い人であろうが、金(キン)の価値は一緒です。公平感を持たせるということから始まって、それがいつの間にか、体を癒やすものから全然違うものになっていきました。今の通貨の始まりです。

 通貨という意味では銀貨が最初です。それは金の量が絶対的に少なすぎて通貨には適さなかったからなのです。金そのものが使われ始めたのはさっき木内先生がおっしゃっていたとおり、人間の体にたまってしまう電気エネルギーを放電する道具としてで、要は健康を保つためだったんです。素足で地面に立っていても放電はできるのですが、金を使えば効率よく放電できるのと、金が太陽光を反射したときには人間に有害な紫外線は吸収し、遠赤外線を主体とした波長の光だけを反射するので、健康を保つためにはいいんです。お話の中で木内先生がおっしゃっていた部分と私が見せられたものとの違いは、古代人の身長が3メートルから2.5メートルぐらいというのは一緒ですが、寿命が大きく違っていて、おおよそ600歳から800歳だということです。変な言い方ですが、女性の生理が年に1度ぐらいしかなく、できる子どもの数も限定されていたから人間の寿命も長かったということなんです。そういう形で寿命が延びていた。木内先生が見てきたのは300歳、自分が見てきたものは800歳で、2倍ちょっとの違いはありますが、それ以外はほぼ同じでした。
 つまり金は体の健康を保つために必要なものですが、逆に言うと金がなければ300歳ぐらいしか生きられないということなんです。金を上手く使う人は最長で1200歳ぐらいまで生きることができたので、寿命にすごい差が生じることがわかったから金の価値が非常に高くなった。ただ、金はマントルには多く存在するものの、地表で採れる金はあまりにも少ないので、非常に貴重なものであることから通貨の中心的な存在とはなり得ませんでしたが、それに代わるものとして、金と同じような作用のある銀が見つかったことから、これを代用品として使うようになり、これが銀貨の始まりで、貨幣経済の始まりだと自分たちは教えられています。

木内 「金行」じゃなくて「銀行」だものね(笑)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は以前から、なぜ金が通貨として使われたかという素朴な疑問を持っていました。
 木内さんと長さんの話では、最初は健康に良いとして使われていた金は貴重な物だったので、いつしか通貨として使われるようになったといいます。これを読んで、私は思わず、「へえー」となってしまいました。

 次に紹介するのは、イエス・キリストに関する話題です。
 イエス・キリストに関しては、実に色々な人が色々なことを言っています。また復活したイエスは、日本に来たという話もあります。
この話題もまた、信じる信じないは置いといて、木内さんの話を楽しんでいただければと思います。


 ・・・<『あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面』、p189〜p197から抜粋開始>・・・

 イサヤ(イエス・キリスト)はホントに日本に来ていた!?

木内 実は2001年10月に、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世に招待を受けてバチカンに行きました。自由に見てもいいよということで、壁画とかそういうものを見たときに、私が生死をさまよって見た時代のその人の風体とは当然違うものがあるわけです。キリストと言われる人が髭を生やしているのが気になりました。「あれ、髭は剃っていたはずなのに」とひとり言をぶつくさ言った。ディテールの部分、細かいことですが、そういうことを考えていました。たしか刺されたけれども生き返って、死んでいないよなとか、その後はああだった、こうだったというのがありますが、それはまた後ほどお話しします。
 日本に来ているよなということもありました。数年前にそんなことをバーッと想像していた。温泉に入っているんです。ちょっと待てよ、この温泉ってどこだという話になります。

 九州ですよね。

木内 そうです。夕日が沈んでいく。前に海があって、半島が突き出していて、湯煙が立って、向こうには火山が見える。ここはどこだと思って、ずっと考えながら、船でやってきて、向こうから見える世界を想像したら、どう見てもこれは長崎県の島原半島の胃袋みたいな格好をした、そこの近くらしい。そんなところに温泉があったかなとか、いろいろ調べてみたら、確かに温泉は2400年前からあったといわれています。やっぱり入ったんだ。ということは、日本に来ているんだ。
 まず第一に、生きていたということがつながったんです。記憶って、いったんつながり始めると、思い出せなかったことがバババッとつながり始める。本当に怒らないでくださいね。今のは生死をさまよって見てきたことだけの話ですから、そう思ってくださいね。参考になるかどうかは別として。
 そこにイサヤという人がいました。お母さんは高貴な家の奥さんだったけれども、昔は戦乱の世で、負けたところの女性たちは勝ったほうの兵士たちに好きなようにされてしまうということで、普通ではあり得ないような懐妊をしてしまった。でも、それは言えない。言ってしまうと自分が罰せられたりするので、誰かのお子様ですということにしなければいけない。自分の身の回りを見ていてくれた男の人が旦那の代わりになると宣言してくれたので、産むことになりました。
 彼はちょっと変わっていました。当時のユダヤ教というのか、あの当時の人たちの考え方は少し腐敗している部分がありました。彼は自然界とかということをすごく考えたけれども、結局は人間のことだけなんです。人間とはどうであるべきかという哲学的なこと。そう言いつつも、キブツというものがあって、村をつくるとモーゼから申し送られて、砂漠を緑地化するという話に傾倒している人たちもいました。人々が一生懸命つくった作物を彼らは食べていた。彼らは偉そうなことを言って何もしていない。しかも、何もしていない人たちが、一生懸命働いている人たちを下に見ていた。納税だとかいって、取り立てるようなことばかりやっている。これはものすごい理不尽で、イサヤは人間とは本来、平等でなければいけないのではないかという立場からいろいろやり出すんです。彼がそういうことを考えて多くの人に伝えていくうちに、それが厄介だという人たちも当然出てくるわけです。
 そのころ、そこを治めることになっていたローマから来ていた人たちがいました。その人たちの中にも彼の話に傾倒する人たちがふえできました。要するに、ユダヤ正教の人の中にも彼に傾倒してくる人たちがいる。基本的な理念は同じところです。生きていくために働いて、緑をふやしていかなくちゃいけない。砂漠を緑地化するところから始めなきゃいけない。教会でもそうですが、必ず畑とか何かをつくって自給自足みたいなことをやって、困っている人たちが来たら分け与えるというのが本来の形に今はなっているんです。でも、昔からそれを唱えていかなくちゃいけない人が唱えなくなって、働いている人たちを使うようになってくる。それに対して、どうも違うんじゃないかということを唱え始めたら、やはり異端と見られていきます。
 一緒に歩いているときにある女性がいました。これは奥さんになる人です。昔は別に結婚式とか宣言するとかではなくて、奥さんという形があって、子どもができました。今いわれているように、確かに捕まることは捕まるんですが、その前に自分の嫁さんだけは、髪の毛を短くして男性の格好をさせて、逃がしてやるんです。ユダヤの男みたいにして、ユダという名前にして追い出した。
 イサヤはいろいろ情報を知っているので、これから起きる未来の出来事を書けるんです。こういう時代が訪れるから、最悪な状態にならないようにするためにはどうしたらいいかということを、皮に書きました。それを最終的には油でなめして腐らないようにして、丸めてレバノン杉でつくった箱に入れました。みんなで最後に飲み干したときのスズでつくったワイングラスはそんなに大きいものではありませんが、そこに一筆書きで描ける八芒星があります。両方がへこんで、へこんで、へこんで、十字架みたいな格好になるんですが、それが彼の紋所です。それを持たせて、「ヘラクレスの足元に埋めておいてくれ」という約束をしました。
 ヘラクレスの足元というのは、ジブラルタル海峡のスペイン領寄りの先端のところに山がありますが、それがヘラクレスの足と言われていて、その足元です。今はイギリス領になっています。そこに置いておいてくれという話になっていました。そういうことをしながら別れ別れになってしまった。
 その後、彼はどうしたか。まず、気を失うぐらいの痛みで刺されるんですが、血が流れただけで終わっているんです。周りで刺す人たちも彼に傾倒していますから、傷をつけただけです。傷をつけておけば亡くなったと思ってくれるだろうと。たしか、すごい雨が降ったんです。わずかな血でも雨が降って水に濡れるとすごい血の量に見えるんです。亡くなったことにして、石棺の中に入れて、蓋をずらしておいた。
 彼には双子の弟がいて、双子の弟は髭を生やしていました。別々に育てられていたので、本人もわかっていませんでした。当時、片方は必ずどこかにやられてしまうので。顔つきは同じだけれども、髭を生やしているか生やしていないかの違いはあるんです。彼はイサヤの言っていることに傾倒していたので、亡くなるときに服毒自殺をしてしまいました。周りの人たちは、服毒自殺をした遺体とこっそり入れかえたんです。
 石棺をあけたら傷が消えていたという1回日の奇跡。それはそうですよね、入れかえたんだから。そういうことかと思ったけれども、一緒に行った人たちは敬虔なるクリスチャンですから、こんなことはそこでは言えないですよ。でも、私は1人でワクワクしていましたそうだったのかと。
 体が治って傷も癒やされて3カ月から半年以上経ってからだと思いますが、今度はペトロと会おうということで行きました。当然、ペトロと会ったときには傷がありました。「俺は助かった」と言おうとしたら、彼はその姿を見たら振り向いて逃げていっちゃった。あそこには復活したと書いてあるけれども、そういうことなのかと。
 彼は砂漠の緑地化の大切さを訴えてずっと歩いて、日本まで渡ってきた。台湾から渡って、最終的には宮古島から船に乗ってくるので、宮古島に滞在したことがあるはずです。そこから船に乗って、船が流されていくと海流の流れとちょうどぶつかるんです。後で調べました。ちょうどいいあんばいにあそこに入っていく。絶対ここに来ているはずだ。彼はイサヤという名前だったので、昔からの言い伝えとして何か残っていないか、みんなで調べました。例えば、ヘブライから来たから戸来村(へらいむら)とかあるように、何かあるんじゃないかと思ってずっと調べていました。
 そして気がついたのが諌早(いさはや)です。諌早というのはもしかしたらと思ったら、はっきりとした意味はなくて、語音だけがあって、後で漢字が足されているらしい。あれをローマ字で書いて、Hは読まなければ、イサヤになりませんか。そうすると、キリスト教が来る前からずっとキリスト教と似たような話はあそこに広まっていた可能性がないか。これは試したわけじゃないですよ。私の中で今調査しているだけの話ですが、でも一応、真実は真実で知りたいなと思っているんです。
 最終的にはどこに行ったかと思ったら四国です。剣山で……。

 その前に青森へ行っているでしょう。

木内 青森へは行っていない。あれは違う。キリスト教になってから。後の人たちです。それから200年ぐらい経ってから、ローマがキリスト教という制度をつくった。それ以前の話しか私はわからないんです。キリスト教はローマ帝国がつくったもので、あれの話とは大分違うんです。
 彼が行っていた痕跡も意外とあったりします。栗枝渡(くりしと)神社とか。でもそれはキリスト教のにおいがするよな。イサヤとかイサ何とかとか、何かそういう形で残っているんじゃないかと思って、今、調査中です。いろいろな神社とかそういうのがあったりするとおもしろいかなという気がしています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に紹介するのは、木内さんがどのように火山の噴火を予測しているかという話題です。
 これは臨死体験とは違いますが、私にはとても面白い話題でしたので、ここで紹介させていただきます。


 ・・・<『あの世飛行士は見た!? 歴史の有名なあの場面』、p77〜p81から抜粋開始>・・・

木内 日本人だったらみんな気がついていると思いますが、琵琶湖と淡路島って似ていませんか。どうも気になってしょうがない。竹生島(ちくぶしま)というところは、拳銃の撃鉄のような感じです。何か起きるとしたらすごい出来事があったのではないかというのが1つと、なぜアトランティスが沈んだといわれているのか気になったんです。
 アトランティスとはいったい何か。エジプトとかギリシャですごい大津波があって、海の底に流されたという話や、クレオパトラ何世だか忘れましたが、彼女がそのころにアレクサンドリアにいて、大地震と大津波でやられたという話がありますね。断層があるので地震は起きてもおかしくないのですが、あんなところで大津波が起きたのか、どうも信じられないなというのがありました。
 そこで、もし限石が落下したらという話になりました。たまたま私の知り合いがNASAにいたので「隕石が落下したとしたら、クレーターがあるんじゃないか」とか、バカなことをしゃべっていました。そうしたら、ありました。ちょうど沖合、西側に300キロぐらいのところにクレーターがあって、そこにアトランティス大陸があったと思われます。ちょうど地球を挟んでほぼ真後ろの北半球、地球の地核をかすめるような形で反対側に行くと、なんと竹生島に当たるんです。あとは年代だよねという話になりました。年代を調べたら、今から1万2000年前で、両方とも一致していました。
 そうすると最初にドーンと落ちたときに衝撃波でストーンと抜けた。一番気になるのは、その後マントルがじわじわと波のように押し寄せてこないだろうか、あるいは磁界のようにして押し寄せてこないだろうかということです。押し寄せて、こちらの近くまで来るのにどのくらいかかるか。年に10メートルぐらいだとすると、計算的には1万2000年前というのはちょうど合うんです。
 一番考えたのは、竹生島の周りあたりで温泉が湧き出てきたらおもしろいなと。お湯が湧き出てくると気泡ができます。そういうことを言っていたら、3年か4年ぐらい前から湧き上がってきたんです。
 だとすれば、そのくらいの速度で来たのだとしたら、そのエネルギーというか磁界のドリフトはどこに行くのだろうと話をしていました。ドリフトというのはエネルギーに対して90度でドリフトするので、今後はチリのほうか、ネパールのほうに出るという話をしていたら、その週のうちにチリで噴火がありました。

 噴火はついこの間ですよ。

木内 あのころあったんです。2月。チリだよね。すごい大噴火です。一応、計算しました。

 「そろそろ危ないよね」「そうだよね。ならなけりゃいいね」と言っていたら、本当に起きちやった。

木内 僕が生死をさまよって見ていた中では、そのエネルギーが外に放り出されて日本が大変なことになっているというところまではいっていなかったから、回避はしたんだろうと思いますが、ただ、結果を見てきたわけではないから。そのポイントは竹生島でしょうね。
 あと、竹生島が芯だとしたら、周りに相当肥大したものが出てくると思います。そうすると、当然、地殻などに変動が起きてくるんじゃないかと思います。

 ちょうどそれがフォッサマグナの西の端にありますから、あれにひっかかってしまうんです。

木内 別の見方をすると、要するに地球内部にそういうものがあるとエネルギーがどこかに放出されるんでしょうから、何か動きが出てきて地殻(プレート)を押し上げたりして、火山活動や地震活動が活発になっているんじゃないかなんてバカなことを言ったら、本当にバカなことになってきた。別に僕らは予測しているわけでも何でもなくて、ただ物理的に考えたらというお茶飲み話をしていただけだけれども、何かありそうだなとは思っていました。

 去年の11月ぐらいに、霧島がそろそろ危ないけれども桜島のほうが嫌だよねとか、そういう火山の話をしていて、「噴火するならこの順番だよね」と言ったら、その順番どおりになった。最後は浅間になるけれども、その手前で箱根がぼちぼち危なくて、もしかしたら来年の駅伝は中止になるかもねと言っていたら、本当に危なくなっちやった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後は浅間山とのことですが、浅間山は今年の6月に、ごく小規模の噴火が起きました。
 今後、大きな噴火が起きるのでしょうか。



近づく世界的な金融大変動...2015年10月12日

増えてきた金融大変動を警告する記事

 この秋に世界的な金融大変動が起こると警告する記事がめだってきました。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガに、こうした記事がいくつか載っていたので、ここで紹介させていただきます。
 当HPの掲示板にも引用されていますが、オンライン経済誌の「現代ビジネス」が掲載した、著名な投資家ジム・ロジャース氏の警告です。


 ・・・<「現代ビジネス」に掲載されたジム・ロジャース氏の警告、引用開始>・・・

「私が思うに、世界の金融危機がそろそろ爆発しそうだ。早ければ今年の秋にも爆発する可能性がある。私はもう米国にはなにも投資はしていない。すでに米国の株価は史上最高値を通り越してしまったのだから。私は日本株も投げ売った。金融危機の爆発が間近に迫っているということだ。みなさんも気をつけたほうがいい」

 ・・・<引用終了>・・・


 ヤスさんによると、このインタビューは世界的な同時株安が起こる直前の8月24日に、中国の大連で行われたようです。
 このインタビューの後、8月24日と25日、世界同時株安となりましたが、その後値を戻しました。
 当然ながらこれはジム・ロジャース氏が警告した「世界の金融危機」とは言えないものです。ジム・ロジャース氏が言う世界の金融危機は、これから起こるということです。

 次に胡散臭い当HPらしく、予言者のジョセフ・ティテル氏が特別に発したニュースレターを引用させていただきたいと思います。
 ティテル氏は毎年、年の始めに予言を公表していますが、その的中率は36%〜40%と高く、私も注目している予言者です。


 ・・・<予言者のジョセフ・ティテル氏のニュースレター、引用開始>・・・

いまネットでは、9月と10月の変動に関するあらゆる憶測が飛び交っています。これらの多くのものは単なる憶測でまじめに受け取ってはなりません、小惑星が地球に激突するといううわさもありますが、それは起こらないでしょう。でも、自分と家族が30日間生き延びられるくらいの食料や水は準備しておくべきです。あくまでも念のためですが。

私は多くの人から何が実際に起こるのかよく聞かれます。私の答はひとつです。多くの変化が続きますが、変化をしっかりと受け入れ適応することです。支配エリートは私たちをコントロールするために恐怖させます。恐れたらむこうの思うつぼです。恐怖してはなりません。自分を精神的にしっかり保ち、人々とのつながりを維持することが重要です。みんな一緒の状況にいるのですから。

いま中国、インド、ロシアなどのBRICs諸国がドルに代わる国際決済通貨の導入を話し合っていることはあまり知られていないようです。もしこれが導入されると、ドルは暴落します。もし証券などに投資をしているのなら、市場が暴落する前に売ることをお勧めします。新しい国際決済通貨の導入は世界統一政府樹立の布石です。これはイルミナティーの計画であるはずです。これが実行されると、世界の様相は根本的に変わってしまうことでしょう。

 ・・・<引用終了>・・・


 このようにジョセフ・ティテル氏はドルに代わる新しい国際決済通貨の導入により、ドルは暴落すると警告しています。それは「世界の様相は根本的に変わってしまう」ほどの大激変をもたらすようです。

 以下は、こうしたマイナーな情報ではなく、メジャーであるIMF、国連、BIS、シティ・バンク等々が揃って金融危機が切迫していると訴えている(英語版の)記事です。

http://theeconomiccollapseblog.com/archives/why-are-the-imf-the-un-the-bis-and-citibank-all-warning-that-an-economic-crisis-could-be-imminent

 これはベンジャミン・フルフォード氏のメルマガに載っていたサイトで、世界の公的機関が堂々と、金融危機を口にしはじめていることがわかります。

 上記サイトは英語版なので、日本語で読めるものを紹介したいと思います。
 世界的に知られたイギリスの経済紙「フィナンシャルタイムス」に載った記事に対しヤスさんがコメントしたものです。


 ・・・<「フィナンシャルタイムス」に載ったロバート・シラー氏の記事に対するヤスさんのコメント、引用開始>・・・

そうした記事の代表的なものはイギリスの大手経済紙「フィナンシャルタイムス」だ。記事そのものは警告を意図したものではないが、かなり興味深い内容である。

ノーベル経済学賞の受賞者でイェール大学教授のロバート・シラー氏は、このたび市場関係者を調査したところ、多くの関係者が現在の相場は過大評価されたバブルの状態なので、いずれ暴落すると見ていることを明らかにした。シラー教授は「Cape」と呼ばれる独自の株価評価システムを開発している。その評価によると、現在の株式相場は「ドットコムバブル」と呼ばれた2000年のITバブルや、リーマンショック直前の2007年の相場を上回るバブルの状態にあるとしている。

シラー教授は、このバブルはいずれ崩壊することは避けられないが、いつそれが起こるかは予測できないとしている。いまFRBの利上げの可能性が高くなっており、これが株価暴落の引き金になるのではとの観測もあるが、株価は利子率だけではなく多くの要因で決まるので、それは分からないとしている。

しかし、大多数の市場関係者が市場の暴落を予想しているのだから、ちょっとしたきっかけで市場関係者のいっせい売りが発生し、実際に暴落することはもはや時間の問題になっていると考えたほうがよいだろう。

 ・・・<引用終了>・・・


 今は、中国のバブル崩壊が話題になっていますが、欧米の株や債券のバブルはもっと危険な状態かもしれません。
 またマイナーな情報に戻りますが、先日私はベンジャミン・フルフォード氏の講演会に行ってきました。そこでフルフォード氏によると、(イギリスのMI5だったかよく憶えていないのですが)諜報機関の人間が、株は今バブル状態で、バブルが破裂すると現在の価格から3割になると言っていたそうです。
 フルフォード氏が、この諜報機関の人間と話していたのは、8月下旬の株のミニクラッシュが起こる前と思われ、おそらくNYダウが1万8千ドルを超えていたピーク時と推測されます。そのピークの値から7割下落するということだと思います。

 ここにきて金融大変動を警告する記事が増えてきたのは、当然だという気がします。
 私の理解では、本来であればリーマンショックの時に世界大恐慌が始まるはずでした。しかし世界の金融当局が危機回避のために、凄まじい勢いで札を刷り危機を先延ばししたのです。


本来はリーマンショック後に、世界大恐慌になるはずだった・・・

 アメリカの土地バブルが崩壊しサブプライムローン債券が大暴落するなか、2008年9月にリーマンブラザーズが倒産します。
 これにより世界の金融機関の連鎖倒産が予測されました。もし金融当局が何の手も打たなければ、その後世界大恐慌になったのは間違いないと思います。
 しかしFRBをはじめ、世界の金融当局はここで大規模な金融緩和を実施します。
 金融緩和とは要するに、札を大量に刷ることです。大量に刷った札を金融機関に入れ、破綻を防いだのです。
 FRBは、3度のQEで4兆ドルを刷ります。ECB(欧州中央銀行)は約3.5兆ユーロ、中国も約18兆元刷ります。
 日銀は黒田総裁のもと、2013年4月から異次元緩和と銘打って年間80兆円を刷っています。現在2年半ほど経っているので、200兆円は刷っている計算です。
 ドルやユーロ、元ではピンときませんので、現在の為替レートで日本円に直してみます。

・FRB ... 480兆円(1ドル120円として)
・ECB ... 476兆円(1ユーロ136円として)
・中国  ... 340兆円(1元19円として)
・日本  ... 200兆円

 アメリカ、欧州、中国、日本だけで、約1500兆円ものお金が刷られたことになります。
 こうして金融機関の連鎖倒産は防がれました。しかしその副作用も甚大なものとなりました。
 有り余ったお金は、債券市場と株式市場に流れ込みます。債券市場に流れ込んだお金により、世界的な債券バブルが発生します。それが異常な低金利をもたらしました。
 スイスでは短期金利がマイナスとなり、ドイツでは一時期、長期金利がマイナスとなったことがありました。金利がマイナスになるということは、お金を貸した側がお金を払うということです。お金が持っている方がエライはずの資本主義では、あってはならないことです。お金を貸すと罰金を取られるようなものです。
 ベンジャミン・フルフォード氏は講演会で、マイナス金利が発生したということ自体が、今の金融システムが破綻している証拠だと言っていました。私も同感です。
 株式市場に流れ込んだお金により、世界的な株バブルが発生しました。
 中国のような、曲がりなりにも毎年GDPが増えて経済成長をしている国でバブルが発生するなら理解できます。しかしアメリカ、欧州、日本のような景気が冷え込んでいる国で、株式市場が異常な活況となっているのです。
 こんな異様な状態が長く続くはずがありません。
 ベンジャミン氏はあと1年は持たないだろうと言っていましたが、私もそんな気がします。


世界金融大変動のきっかけとなるのは、FRBの利上げ

 FRBのイエレン議長は、これまで盛んに利上げを示唆する言動を繰り返してきました。
 それゆえ多くの金融アナリストは、12月15日〜16日のFOMC後の0.25%の利上げを予測しているようです。また早いところでは、10月27日〜28日にもFOMCの会合があり、この直後に利上げが発表される可能性があると言う人もいます。
 利上げ幅は0.25%で間違いないと思いますが、たった0.25%だからそれほど影響ないのではないかと思う人もいるかもしれません。
 しかし、たった0.25%の利上げであっても、その影響力は世界の金融に大打撃を与えるくらいのインパクトがあります。
 私は吉田繁治さんのメルマガを取っているのですが、そこでFRBの0.25%の利上げが世界にどのような影響を及ぼすかを学ぶことができました。それを紹介したいと思います。

 ゴールドマンサックス、JPモルガンチェースなどの投資銀行は、預金という資金調達手段を持ちません。
 そうした投資銀行は、レポ金融という手法で収益を上げています。
 例えば1兆円の債権を持っていたとします。それを担保に、短期で0%のオーバーナイト金利でお金を借ります。
 欠け目(ヘアカット率)が5%の場合、9500億円を借りることができます。それを元手に利回り2%台の10年債を買います。そしてその債券を元手に、さらにお金を借りて債券を買うことを繰り返すのです。
 それを何度も繰り返せば、1兆円の元手で、

 1兆円 ÷ (1−欠け目率5%)=20兆円

 もの国債を運用できるのです。
 現在、オーバーナイトの借り入れ金利は0%だといいます。そして米国の10年債の利回りは、2.13%だといいます。1兆円を元手に、1年間にこの手法で得られる利益を単純に計算してみると、

 20兆円 × 2.13% = 4260億円

 となります。
 私は吉田繁治さんのメルマガでこの手法を知ったとき、まるで濡れ手に粟で詐欺的とすら感じてしまいました。
 一般庶民がお金を稼ごうとしたら額に汗してコツコツ働くしかありませんが、金融機関はこんなお金をグルグル回す手法で楽に大金を手にできる・・・と考えるのは私のひがみ根性でしょうか。

 とにかくFRBがたとえ0.25%でも金利を上げるとなると、こうした手法による利益が大きく減ることになります。
 金利が上がるということは、国債の価格が下がるということです。
 そうなると欠け目率5%が上がります。つまり1兆円を元手に20兆円の米国債を持つことができたのが、それほどたくさんの国債を持てなくなります。つまりレポ金融での利益が大幅に減るということです。

 低金利の短期資金を借りて、利回りの高い債券や通貨を買うキャリートレードも大きな打撃を受けることになります。キャリートレードが可能なのは、低金利の短期資金が借りられる場合であり、金利が上がることによりキャリートレードの解消が進みます。
 これは債券の売りを誘発し、株の下落ももたらします。

 さらに問題なのが、デリバティブの金利スワップです。
 金利スワップとは、固定金利と変動金利を交換する手法です。
 例えば以下のようなケースです。

 A銀行 ...固定金利の債務を持ち、将来の金利の下落を予測している。
 B銀行 ...浮動金利の債務を持ち、将来の金利の上昇を予測している。

 A銀行は将来の金利の下落を予測しているのに、固定金利のままだと支払う額が同じなので損をしてしまいます。
 B銀行は将来の金利の上昇を予測しているのに、浮動金利のままだと支払う額が増えるので損をしてしまいます。
 ここでA銀行とB銀行が同意して、固定金利と浮動金利を交換するのです。
 金利が下がればA銀行が儲かり、金利が上がればB銀行が儲かります。金利の変動により、A銀行とB銀行の間で、差額が支払われます。

 こうした金利スワップで驚くべきことがあります。
 2014年の実績で、世界の債権・債務の金利がスワップされている額は、なんと381兆ドル(4京5720兆円)にのぼるといいます。これは世界のGDP(8000兆円)の6倍になる額だといいます(吉田さんは、わざわざ桁の間違いではないというコメントを入れていました)。
 短期金利が0.25%変動すると、通常長期金利は0.5%〜1.0%変動するといいます。
 つまり、

 金利スワップの元本381兆ドル × 0.5% = 1.9兆ドル(228兆円)

 ものお金が受け渡されることになるのです。
 FRBのたった0.25%の利上げによる影響は、実は甚大なものであることがわかります。
 ちなみに米欧の銀行の自己資本は、総計で200兆円くらいしかないといいます。もし将来の金利の予測を間違えた金融機関があったとしたら、破綻する可能性が出てきます。


天文学的な額のデリバティブ残高を持つ金融機関

 ヤスさんのメルマガによると、金融大変動が起こった場合、密かに破綻が噂されている銀行があるといいます。
 ドイツ銀行です。
 再度ヤスさんのメルマガから抜粋させていただきます。

 ・・・<ヤスさんのメルマガから引用開始>・・・

「ドイツ銀行」は時価総額では世界20位の規模の銀行だが、脱税や資金洗浄、そしてLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)および為替レートの不正操作疑惑などおおよそ大銀行とは思えない違法行為が経営体質として常態化している。LIBORの不正操作では、この4月にすでに25億ドルの制裁金が課せられている。前回の記事で書いたように、この訴訟費用の負担だけでも巨額に上り、ドイツ銀行が最近発表した7-9月期(第3四半期)決算では赤字に転落した。

 ・・・<引用終了>・・・


 付け加えると、ドイツ銀行の7−9月期(第3四半期)の損失額は60億ユーロ(8160億円)にのぼったといいます。

 ドイツ銀行が抱える問題は、これだけではありません。
 ドイツ銀行は、排ガス規制の不正ソフトで話題となっているフォルクスワーゲンの大株主とも言われています。フォルクスワーゲン社の株は、この問題で30%も下がりました。またドイツ銀行は、フォルクスワーゲン社の破綻保険であるCDSの引き受け先になっている可能性が指摘されています。万が一フォルクスワーゲン社が破綻となれば、ドイツ銀行はCDSを発行した分のフォルクスワーゲン社の社債を保障しなければならなくなります。
 ちょうどリーマンショックの際に、リーマンのCDSを発行していたAIGが窮地に陥ったように、フォルクスワーゲン社のCDSを発行しているドイツ銀行が窮地に陥るのでないか危惧する声があるそうです。

 それにしても驚かされるのは、ドイツ銀行が抱えるデリバティブ残高の額です。
 ヤスさんによればドイツ銀行が持っているデリバティブ残高は75兆ドルにも上ると見られているそうです。ドイツのGDPは4兆ドル程度なので、なんとその19倍弱です。
 FRBが金利を上げたら、無事に済むでしょうか。

 もう1社、破綻を懸念されていて、世界的に影響を及ぼす可能性のある会社があります。
 世界最大の商品取引商社、グレンコア社です。
 ヤスさんによると、グレンコア社の業績は商品価格の低落によって大幅に悪化しているといいます。
 今年の5月から株価は80%も下落していて、160億ドル相当の時価総額なのに、債務は300億ドルもあるといいます。明らかに債務超過の状態に陥っていて、年内にも破綻してもおかしくないとする観測が出ているそうです。
 グレンコア社のCDSを発行した金融機関は、戦々恐々としているに違いありません。


気になるのは・・・

 念ために言っておきたいのですが、私はFRBが利上げしたとき、ドイツ銀行が破綻すると予測しているのではありません。
 ドイツ銀行は天文学的な額のマネーゲームをしている金融機関の一つに過ぎず、氷山の一角だと思っています。
 FRBが利上げすることにより、どこかで金融機関の破綻が表面化するのではないかと予測しているのです。

 では、気になるのは、その金融大変動が起こる時期です。
 私は以前の記事で、今年(2015年)の9月〜10月は起きないだろうと言ってきました。
 その理由は、金融大変動の引き金を引くのは、FRBの利上げだと思っているからです。
 ただしFRBが利上げは、あくまでもきっかけに過ぎません。
 FRBの利上げの発表があると、株や債券市場でミニクラッシュが起きるだろうと予測します。それから乱高下を繰り返す不安定な相場がしばらく続き、あるとき1939年10月24日のような世界大恐慌の始まりとなった市場の大暴落が始まると予測しています。

 気になるのは、そのFRBが利上げする時期です。
 私は当初、来年(2016年)3月を予想していました。しかし事態は流動的で、早ければ今月(10月)末もありうるかもしれません。今現在は、吉田繁治さんも予測している12月が有力だと思っています。
 もちろん未来のことなので断定はできませんが、ベンジャミン・フルフォード氏が言うように、今の金融システムは崩壊しており、あと1年も持たないと思っています。

 参考までに、来年3月までのFOMCの日程を紹介します。

・10月27日〜28日
・12月15日〜16日
・1月26日〜27日(2016年)
・3月15日〜16日(2016年)

 もし金融大変動が起こったら、それは2008年のリーマンショックどころか、1939年をはるかに凌ぐスケールになると予測しています。



食べる金(キン)の効能...2015年9月26日

 今回は、投資対象としても金(キン)ではなく、食べる金について触れたいと思います。
 千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で金に関して色々聞いてきたので、それも交えて紹介したいと思います。

 当HPの訪問者の方で、熊本県在住のYさんから連絡があり、東京に出て来られる機会があるということで、この方と一度お会いしたことがあります。この方からマシュー君の金(キン)に関する記事を教えてもらいました。
 以下のサイトの「2015年7月19日」の記事です。

http://moritagen.blogspot.jp/

 私は、この記事の中の、「単原子金」の記述に驚かされました。
 金を体内に取り入れることにより、以下のような効能があるというのです。

・免疫系の強化
・急速な細胞再生
・からだの波動振動の上昇
・各器官の機能向上
・炭素基盤細胞のクリスタル基盤への変換促進
・DNA鎖の増加補助によって健康に貢献
・これらの肉体的効果すべてが脳のパワーを高め、結果として意識拡大、スピリチュアルな明晰さ、全体的バランスに導く。

 本当だったら、これは凄いなと思って千さんに聞いて見ました。
 すると、本当だという答えが返ってきました。

 私は神秘家のゲリー・ボーネルさんが以前、「金の関して、その効能が知られる時が来る」といったニュアンスのことを言っていたことを思い出しました。
 ゲリーさんが言った意味がこのことだと断定できませんが、その可能性はありそうな気がします。

 しかし、金の効能が上記のように素晴らしいものなら、なぜスピ系の分野でこのことがあまり語られてこなかったのかという疑問が残ります。
 マシュー君やゲリーさん以外は、意外と誰も知らなかったということでしょうか。

 でも何年も前から少しは情報はあったようで、私は金がスピ系の能力開発に効果があるという話を聞いて、試しに食べる金を購入したことがありました。
 以下の「華ふぶき」という商品です。

http://item.rakuten.co.jp/katani/hanafubuki-bin-takebashi/

 元々は、正月などのめでたい席に、料理を豪華で華やかに演出するための金箔です。
 値段は0.3g入りの小瓶で3000円近くもします。
 それゆえ、毎回毎回の食事で料理に振り掛けるとしたら、少々高く付きます。特に私のようなビンボー人には、大いに不似合な代物でしょう。
 当時は、金箔を摂ってもこれといった効果を実感できなかったし、高価だったので止めてしまいました。

 しかし今回のマシュー君の記事を読んで、もう一度試してみようという気になりました。
 私は密かな野望を持っていて、それは私の細胞内のDNAの2重螺旋を3重螺旋にすることです。一般の人が聞いたら、気がふれたと思うかもしれませんが、地球の振動数が上がってシフトの時代を迎えている今、私は荒唐無稽な話でないと思っています。

 「華ふぶき」は銀が含まれているので、全くの純金のものがないか探してみました。
 すると、「料理用 純金箔 (小粉)」というものあったので早速注文してみました。
 値段は0.3gで3780円です。
 純金箔というのだから純金だろうと勝手に思っていたのですが、成分表を見てがっかりしました。
 以下が成分表です。

・純金...95.79%
・純銀...3.53%
・純銅...0.67%

 そもそも成分表に、純金、純銀、純銅と書く意味が不明です。普通に金、銀、銅と書けばいいわけで、消費者の印象を少しでも良くしたいという姑息な手段に見えてしまいます。

 私は金以外の、銀や銅を体内に入れて大丈夫なのかという疑問が湧きました。銀は古くから食器に使われているので、それほど悪くないのかもしれません。しかし銅は大量に摂取すると中毒を起こすという話を聞いたことがあり、確認をする必要があると思ったのです。
 お爺ちゃんによれば、全く問題ないという答えでした。
 もともと銅は、体に広く分布している必須ミネラルの一つですから、これだけ微量だと問題にならないということでしょう。

 金を体内に取り得れる手段として、私はお爺ちゃんに食べる以外の角度からの質問を用意していました。
 それは、虫歯治療として使われる充填物に、金を使うのはどうかということです。
 Yさんからマシュー君の記事を紹介してもらう前から、私は歯医者さんに、金に関して色々と相談していました。
 金がスピリチュアルの能力開発に役に立つという話とは全く無関係に、歯の充填物のセラミック素材に限界を感じていた私は(偶然にも)金を検討していたのです。
 アマルガムのような水銀含有の歯の充填物が、身体に悪影響を及ぼすのは疑いないことです。しかしセラミックに替えたとしても、セラミックは陶器なので、ある程度年月がいくと欠けてしまいます。その度に補修をしていて、だんだん歯が削れていって、最後に抜歯となったらセラミックに替えたのが本当に良かったのか疑問です。
 それゆえ私はアマルガムやパラジウム合金などの有害な充填物を取った方がいいですよ、と人に勧められなくなってしまいました。取れたら取った方がいいのは確かですが、覚悟が入りますと言うようになりました。
 そこで検討したのが金でした。
 しかし歯医者さんから、純金(99.99% あるいは24K)は柔らかすぎて、充填物に向かないと言われたのです。純金は歯よりやや柔らかいので、使っていると削れてきてしまうといいます。そこで通常は金に、銅、銀、白金、亜鉛、イリジウムなどを混ぜて、強度を高くしたものを使うそうです。実際、歯医者さんもそれを使っているとのことで、見せてもらいました。
 確かに先生の口の中に金で修復した詰め物があり、私は歯医者さんなのに虫歯があるんだと、妙なところに気を奪われてしまいました。

 そこで気になるのは、金以外の金属が身体に悪影響がないかです。
 お爺ちゃんによれば、悪影響はあるそうです。となると、やはり純金以外には選択肢はなさそうです。

 私はお爺ちゃんに、もし仮に私が純金を歯に詰めたら、どのくらいもつか聞いてみました。すると3年ほどだという答えでした。
 3年毎に金を取り替える治療が必要になります。うんざりする話ですが、やる価値はあるかもしれません。
 なぜなら私はすでに歯の金属をすべてセラミックに替えてしまったからです。もう後戻りはできません。何年か経てばセラミックは欠けるのですから、いずれ治療せざるを得なくなります。それなら、その際にセラミックから金に替えるというのは充分にあり得る選択肢に思えます。
 私はお爺ちゃんに、歯に詰めた金と、料理に金箔を振り掛ける方法とでは、どちらが効率よく体内に金を取り込めるか聞いてみました。
 すると、歯に金を詰めた方だといいます。
 ムムム・・・、これは大いに検討する価値がありそうです。

 話を料理に振り掛ける金に戻します。
 なんといっても一番のネックは、金箔が高価なことです。
 私はお爺ちゃんに、料理に金箔をかける場合、金の効果が期待できる最低限の量はどのくらいか聞いてみました。
 するとティースプーンの半分よりちょっと少ない量だといいます。
 先に紹介した0.3gの「華ふぶき」ですが、高さが7cm弱の本当に小さなガラスの小瓶に入ったものです。おそらくこれでティースプーンの半分ぐらいを料理に入れていたら、せいぜい1週間とか10日しかもたないと思います。それで3000円弱はちょっと高いなと感じます。
 またお爺ちゃんによると、金の量が多ければ多いほど、その効果もあるそうです。
 もう少しコストパフォーマンスの良いものがないかと思っていたら、「華ふぶき」を販売している会社の、箔タイプのものが目に留まりました。
 最初に紹介した「華ふぶき」は金箔を数ミリ単位の小片に細かくちぎったものですが、箔タイプは(10cm角ぐらいの)四角い金箔のままです。これ1枚を料理にかければ、けっこうコスパが上がる感じがします。
 値段は金箔10枚だと3089円ですが、100枚だと23814円です。
 つまり100枚のものだと、1枚で240円ぐらいです。私は、「これだ!」と思いました。
 1日に1枚としても、30日で7200円です。ちょっと高めのサプリメントを飲んでいる思えば、それほど高いと感じずに済みそうです。私は思わず注文してしまいました。

 四角い金箔なので、食用とは思えない方もおられるかもしれません。
 しかしこれは食用として販売されているものです(安全のために、銅成分はゼロにしたとあります)。
 今、北陸新幹線の開業で金沢が注目されていますが、ちょっと前にテレビで金沢を旅行する旅番組を観ました。
 そこで案内役の人が、四角い金箔をソフトクリームに丸ごと1枚乗せて食べているシーンがありました。そのソフトクリームはたしか1個900円ぐらいと高価でしたが、金箔が丸ごと1枚乗っていて豪華さは満点でした。市販されているので、それなりに売れているということでしょう。

 さて問題は、金を身体に取り入れることによってどのくらい効果があるかということです。
 私は今、「華ふぶき」を摂っていますが、前回と違い明らかに効果があると感じています。なんとなくですが、明晰性が増したような気がするのです。気長に続けていけば、なにか期待できるような感触があります。
 それと私が金箔を摂るようになった時期と、自宅のパソコンが急に動かなくなった時期がピタリと一致することに注目しています。
 魔女ビアンカからすると、私のスピリチュアルの能力が増すことは、ぜひとも阻止したいはずです(ビアンカは偶然に私のところに来たのではありません。ビアンカの親分からの指令を受け、今世での私の仕事の邪魔をするように派遣されてきたのです)。
 パソコンで次から次へとトラブルを起こして、私を妨害しようとする姿勢はこれまでにない激しいものでした。
 これは逆に金がスピリチュアルの能力を促進するという事実を認めているとも解釈できます。つまりビアンカが暴れることで、金がいかに有効かということを私に教えてくれたわけです。
 私はビアンカに感謝していいのかもしれません。

 今後、千さんのお爺ちゃんセッションで、金がいかに私の身体に作用しているか聞いていこうと思っています。



パソコンが壊れる!...2015年9月20日

 もう半年ほど前からでしょうか、自宅PCから時々ブーンという嫌な振動音が聞こえるようになりました。
 必ず鳴るというわけではなく、機嫌がいいときは鳴らないが、鳴り始めるとずっと鳴っているという状態です。その頻度がだんだん多くなり、私は悪い予感を感じるようになっていました。
 同時に、PCで作業中に突然ハングする(死ぬ)機会も多くなってきました。突然、キーが全く効かなくなってしまうのです。もちろんマウスも動きません。
 そういう場合は仕方ないので、PCの電源を抜いて、新たに立ち上げ直していました。
 PCが突然死ぬ機会も増えてきて、やばい雰囲気を感じていたのですが、今度はPCが物凄く重くなる現象が起きてきました。
 あるとき、PCでHPに載せる文章を書いていて、カーソルがうんざりするほど動かなくなりました。そしてPCがハングしたのです。私は、いつものように電源を抜いて立ち上げ直そうとしました。

 そして、遂に立ち上がらなくなってしまったのです...

 私はこういうこともあろうかと、普段から重要なデータは外付けのハードディスクやUSBメモリに格納するようにしていました。ですから致命傷はないのですが、旅行などで撮った画像データや千さんのお爺ちゃんセッションで録音したデータなどは、ウィンドウズの「ライブラリ」に貯めていて、定期的にバックアップを取っていたわけではありませんでした。
 それに前回のメールのバックアップを取ってから1ヶ月ほど経っており、ここ1ヶ月のメールが見れなくなってしまったことに気づきました。知人のメルアドも控えを取っていたわけではないので、(受信する分にはいいのですが)知人にメールを送れなくなってしまいました。また仕事の資料などメールで送ってもらっていたので、直接仕事に支障が出ることになってしまいます。私は、事の重大さにやっと気づいてきました。

 やばい、どうしよう...

 PCを買ってからまだ3年半しか経っておらず、まさかハード的に壊れるなんて思っていなかったので、焦りました。
 朝方PCが死んでから、祈る思いで何度も立ち上げてみたのですが、やっぱり立ち上がりません。

 私は職場に出掛け、自宅PCが壊れたことを告げ、もう一台のノート型PCでメールのやり取りをできるようになるまで、仕事でメールは使えないことを告げました。
 夕方自宅に帰ってきて、どうしようかとあれこれ考えました。
 PCが壊れた際に中のハードディスクのデータを取り出す業者がいるので、頼んでみようかと思ったりしました。
 そして、これを最後のトライにしようとPCの電源を入れてみたのです。
 すると、驚くべきことに普通に立ち上がったのです。
 私は必死になって、中のハードディスクに残っているデータのバックアップを取りました。ライブラリの「Documents」のデータだけでなく、ネットからダウンロードしたソフトや、インターネットの「お気に入り」などけっこう色々なデータがありました。そしてこ1ヶ月の送受信メールも取れました(これは本当に有難かったです)。
 そしてデータのバックアップが終わり、再度PCを立ち上げ直してみたところ、今度は見事に立ち上がりませんでした。PCは、最後の仕事をして死んだというところでしょうか。

 千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で聞いたところ、PCを壊したのは、やはり魔女ビアンカでした。
 私はビアンカ一人でやったのか疑問に思って聞いてみたのですが、たしかにビアンカは私の家に友達の魔女を連れて来ることはあるが、PCはビアンカ一人で壊したそうです。
 普通に使っていれば、PCのハードがたった3年半で壊れることはないと思うので、異次元の存在の介入があったというのは納得できます。
 また奇跡的にPCが一度復活した理由も聞いてみました。
 それもやはり私の(霊的な)ガイドの働きによるものだそうです。
 私に実害が及ばないように、ヘルプしてくれたそうです。でもそれだったら、ビアンカがPCを壊さないようにしてくれた方がよかったのに・・・、などと身勝手なことを考えてしまいました。(いえ、助けてくれたのだから、感謝しなければいけません!)。

 PCが壊れてひどい目に遭ったわけですが、実はこれからが本番でした。
 ビアンカが、ここが好機とばかり暴れてきたのです。

 私が予備として持っているノート型PC(東芝のdynabook、OSはウィンドウズ7)には、DVDドライブが付いていません。
 それゆえソフトをインストールするには、外付けのDVDドライブを付ける必要があります。
 それまで使っていたDVDドライブは壊れていました(これも犯人はビアンカかもしれません)。そこで隣駅(JR立川駅)のビックカメラに行って、新たなDVDドライブを買ってきました。
 しかし、なんとdynabookにDVDドライブを繋げると、OSが死んでしまうのです。OS自体が死んでしまうので、対処の方法がありません。
 そこで私は、dynabookにDVDドライブとの相性があるかもしれないと思い、以前使っていたDVDドライブと全く同じものをネットで探して中古で買いました。これであれば、少なくともOSが死ぬことはないだろうと思ったのです。しかし結果は同じで、それまで普通に動いていたOS(ウィンドウズ7)は、DVDドライブを繋げた瞬間に死んでしまうのです。
 千さんのお爺ちゃんセッションで聞いてみると、電圧の問題だと言われました。

 電圧の問題だと言われてもよく意味がわかりません。
 そこで、今度は2つ隣の駅(JR八王子駅)のヨドバシカメラに行って、店員さんにいろいろ聞いてみました。
 すると、DVDドライブをノート型PCに繋げるとOSが落ちるなんて、聞いたことがないと言われました。そこで、「電圧が何か関係していませんか?」と聞いてみました。
 すると店員さんは、DVDドライブにUSBポートで電気を供給するのではなく、電源アダプタで繋げるのはどうかと提案してきました。確かに別に電気を供給すれば、PC本体に負担をかけるのは減りそうです。そこで新たなDVDドライブと電源アダプタを買って試すことにしました。

 家に帰って新たなDVDドライブを繋げてみると、今度はOSが落ちませんでした。
 私は、これだけのことで感激してしまいました。やった! 大きな前進だ、というところです。

 ところが今度は、OSがDVDドライブを認識しないのです。
 デバイスマネージャーには、ちゃんとDVDのドライバーが入っているのですが、エクスプローラーにDVDのロゴが表示されません。
 私はまたしても壁にぶつかってしまいました。
 そこでネットであれこれ検索して、こうしたトラブルに対処する方法を色々試してみました。
 でも結果は同じで、全部ダメでした。
 そして、もう最後の手段としてネットでレジストリをいじる方法が載っていたので、それを試すことにしました。
 そうしたら、今度はdynabookが立ち上がらなくなってしまったのです。

 あ〜あ、これで2度目です。

 もうこうなると手段は一つしかありません。
 リカバリーソフトを使って、dynabookを最初に買ってきた状態に初期化するしかありません。
 2時間ほど掛かって初期化を行い、DVDドライブを繋げて、おそるおそる電源を入れてみました。これでDVDドライブが繋がらなかったら、新たなPCを買うしかありません。
 ドキドキしながら電源を入れたら、なんと、エクスプローラーにDVDのロゴが出てきたのです。
 私は、あーこれで長い長いトラブルがやっと終わったと心底ほっとする思いでした。

 しかし、これでトラブルが終わったわけではなかったのです...
 ここからビアンカが真骨頂を発揮してきたのです。

 DVDドライブが繋がったので、今度は各種ソフトのインストールです。
 ソフトのDVDをセットしてインストールが済むと、たいていPCを再起動するようにメッセージが出ます。
 そこで再起動すると、今度はOSのネットがらみのトラブルが待っていたのです。
 再起動なので、まずいったんPCを落とします。すると、以下のメッセージが出てきたのです。

 「コンピューターの電源を切らないでください。更新プログラムをインストール中」

 その数なんと、170個以上。
 電源を切るなと言っているので電源を切れず、2時間ほど待つことになりました。
 そしてやっと再立ち上げになるのですが、次は以下のメッセージが出てきます。

 「Windows 更新プログラムの構成中 ○○%完了 コンピューターの電源を切らないでください。」

 そして○○の部分が20%ぐらいで、以下のメッセージが出てきます。

 「更新プログラムの構成に失敗しました。変更を元に戻しています。コンピューターの電源を切らないでください。」

 これも、たっぷり2時間ぐらい待たされます。

 つまり1つのソフトをインストールするのに、最低4時間掛かります。
 毎回毎回、再起動のたびに更新プログラムのインストールと失敗を繰り返すのです。
 全く作業が進まなくなりました。

 ビアンカ、恐るべしです。

 PCが使えないと仕事にも支障をきたすし、HPの更新もできないし、知人とメールもできません。新たなPCを買っても、同じことが起きるなら、もう私の力を超えています。
 私はここで瞑想することにしました。
 そして、私の(霊的な)ガイドや、周りの聖霊に呼びかけることにしました。

 「ビアンカのPCへの攻撃を止めさせて下さい。お願いします」

 と語りかけました。

 そしてPCを立ち上げてみました。
 するとやはり、以下のメッセージが出てきました。

 「Windows 更新プログラムの構成中 ○○%完了 コンピューターの電源を切らないでください。」

 また20%ぐらいで失敗したら、どうしようかという思いでPCの画面を凝視していました。
 すると、またも奇跡的なことが起きたのです。

 なんと無事に更新プログラムの構成が完了したというメッセージが出たのです。
 そしてその後はdynabookを何度再起動しても、何事も起きなくなったのです。

 次の千さんのお爺ちゃんセッションでこの件を詳しく聞こうと思っているのですが、私はガイドや聖霊が私の願いを聞いてくれたと確信しています。

 2週間にも及ぶ長い長いトラブルの期間が過ぎ、やっと普通にPCが使えるようになりました。
 私は心底、「ふ〜っ、疲れた〜」という思いです。
 こうしてPCのトラブルから遂に解放されることになりました。

 その翌日、瞑想のときにアファメーションを聞くのに使っているICレコーダーが壊れました。キーの一部が効かなくなってしない、操作できなくなってしまったのです。
 私は心の中でつぶやきました。

 ビアンカ、お前は本当に凄いな...



お金に関する話...2015年9月13日

 今回は、お金にまつわる話を紹介したいと思います。
 最初にお断りしておきたいのですが、お金に関する話ということで、よくネットに溢れている「お金儲け」の話を想像される方もおられるかもしれませんが、そんな話ではありません。
 また当HPでスピ系の話が多いのですが、「お金への執着を手放して、幸せになりましょう」といった類の話でもありません。

 私たちは、お金に対してある共通した思いを持っています。
 それは、お金がない、あるいは将来の生活は大丈夫かといった、お金に対する漠然とした不安です。
 お金がないことが不安の元ですから、お金持ちになれば、当然その不安は解消されるはずです。しかし、お金持ちほどケチだという話を聞いたことがあります(ガセネタかもしれませんが)。これは、お金にシビアだからこそ、お金持ちになれたということかもしれません。
 さらに、お金持ちになったから不安が解消されたわけではなく、今度はそのお金を減らさないように、資産運用に悩まされるなんて話も聞いたことがあります。不安を解消するためにお金持ちになったのに、お金を維持するために不安になったとなれば、本末転倒です。

 私たちがお金に対して不安感を持つのは、洗脳されているからだと主張する人がいます。
 『君は1万円札を破れるか?』(苫米地英人著、マキノ出版)から引用します。


 ・・・<『君は1万円札を破れるか?』、p21〜p23から抜粋開始>・・・

 それに対して不安とは、その対象がはっきりしていないものです。「何が、どうして、どのように怖いのか」が認識できないのですから、適切な対処のしかたがわからず、いたずらに混乱してしまいます。精神医学でいう不安症とは、具体的に恐れる対象や根拠がないにもかかわらず、「何かいやなこと、恐ろしいことが起こるかもしれない……」といった悪い未来を漠然と予想し不安にとらわれる病気です。
 日本の国民の大半が、まさに、この不安症に取り憑(つ)かれているようです。
 私たち日本人は、いったい何がそんなに不安なのでしょうか??そう問えば、

 「いつまでたっても不況の出口が見えてこない……」
 「会社の業績が不振で減給された。いずれリストラされるのでは……」
 「企業がどんどん倒産し、求人がへって、仕事に就けなくなるのでは……」
 「年金や国保などの社会保障制度も維持できなくなることはわかりきっている……」
 「日本の債務残高は1000兆円もあり、財政破綻目前というじゃないか……」

 などなど、次々に不安を感じる理由が挙がってくることでしょう。
 けれど、不況や財政破綻などの問題に対して、どのように危険なのかを正確に判断し、どうすれば対処できるのかといったことにまで考えをめぐらせている人は、あまり多くないでしょう。大半の人は、テレビのニュース番組や新聞、雑誌、インターネットなどでそれらの言葉を見かけるたびにただ漠然と「何か困ったことが起こり、その弊害が自分の身にも及ぶのではないか……」と不安を煽(あお)られているだけではないでしょうか。
 その不安の正体を突き詰めれば、「お金に関する不安」です。世の中の先行きが思わしくない方向に向かっていて、そのために自分がじゅうぶんなお金を得られなくなり、生活が苦しくなる……そんな不安に多くの人がさいなまれているわけです。
 この「お金がない」ことに関する不安こそ、実は経済支配者たちが人々の意識に巧みに刷り込んだ最大の洗脳であり、みなさんの人生を「奴隷の人生」に貶(おとし)めようとする呪縛です。
 「お金がないと不安」という洗脳が徹底的に人々の意識に刷り込まれているために、「何が、どのように問題であるのか」を考えるよりも早く、反射的に不安に駆(か)られてしまうのです。不安に駆られていると、人はIQが下がりスコトーマ(心理学的盲点)だらけになって、問題の本質や対処法を見つけることができなくなってしまいます。そうした状況下で人々は、ますます支配者たちの発する「お金がないと不安、あれば安心ですよ」というメッセージだけが真実であるかのように思い込まされていきます。
 かくして、人々はお金の奴隷と化していきます。お金の奴隷というのは、お金に絶対的な価値があると盲信し、その価値観に縛りつけられている人のことです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 亡くなった私の母は、貯蓄の大切さを子供たちに繰り返し言っていました。
 長崎県の貧しい農家で育った母は、貧乏ゆえにお金の有難味を身を以て知っていたのかもしれません。しかしその母は、お金を貯めるのは熱心だったのかもしれませんが、使い方はさっぱりだったようです。
 母の遺産として、私は別荘地で有名な那須塩原の近くの黒磯に、母が生前に投資した土地を相続しました。
 これだけ聞くと、羨ましそうな話に聞こえるかもしれませんが、兄が土地は無価値だとして「お前が相続しろ」と私に押し付けたようなものです。
 私は実際に、その土地を見に行ったのですが、絶句しました。
 周りは誰も住んでいない山間にあり、高く急峻な崖地だったのです。家を建てるとなれば整地しなければなりませんが、高く垂直に切り立った崖のすぐ脇に建てることになります。雨が降ると崖崩れの危険があり、とても家を建てられる環境ではありませんでした。
 要するに詐欺に遭ったのです。
 母が土地を買ったのは、バブルが始まりかける頃で、土地神話があった時代でした。
 母に土地を買う前に下見したのか聞いてみたら、していないと言われて本当に絶句しました。土地という高額の商品を買うのに、実際に物件を見ないで買うなんて、(私の感覚からすれば)あり得ない話です。
 口の悪い兄は、「(母は)地道にコツコツ働いて貯めて、一気にどかっと失うタイプ」だと酷評していました。
 母は学校の先生をしていましたが、学校という閉鎖社会に住んでいる人は世間知らずが多いという説に、私は密かに同意します。

 話が逸れました。
 私たちが持っている「お金がないと不安、あれば安心」という思いは、実は洗脳によるものという説は説得力があります。

 当HPの前回の記事「サイオプスとしてのスポーツ」でベンジャミン・フルフォード氏の記事を紹介しましたが、氏はお金に対して以下のようなことを言っています。

 「一万円札など福沢諭吉が印刷された紙にすぎないのだ。それを見て価値があると信じているのは、「パブロフの犬」のごとく徹底的に脳内に刷り込まれているからだ。
 この脳内のコントロールで経済は運営されている」

 「お金がないと不安」という観念は近年植えつけられたもののようです。
 ちょっと昔の日本では、そんな観念はなかったという話を紹介します。
 『臨死体験3回で見た《2つの未来》』(木内鶴彦著、ヒカルランド)から抜粋します。
 この本は、木内さんの講演内容をまとめたものです。


 ・・・<『臨死体験3回で見た《2つの未来》』、p159〜p161から抜粋開始>・・・

 日本も昔からそうだったでしょう。お互いに助け合っていました。私の小さいころからそうだったけれども、村でカネを持っている人たちは、ほとんどいなかったです。みんなで何をやっていたかといったら、助け合って食べていた。「おみそつくるぞ」とみんなで寄り集まったりとか、「豚1頭解体する」なんていったら、みんなボウルとか鍋とかいっぱい持ってきて、解体するのを待っている。それで解体したものをみんなでもらって帰ってくる。私の小さいころはそうでした。
 あの時代は、おカネがない時代というよりも、最初からカネという存在がないんです。唯一働いている主要農家でも1年に1回ぐらいしか入ってこない。その間はないんです。
 だから、学校の給食費というのはなくで、給食当番があった。野菜当番とかね。子どもたちが野菜を5キロずつ持ってくる。何組から何組までは大根とか、何組から何組までは芋とか。この話をすると、私は、いつの時代だなんてみんなにいわれるんだけれども、田舎のクラスはみんなそれで苦労したんです。
 当番は重い食材を持って学校に行きました。修学旅行でお米を持っていったのは知っていますか。年をとった人は知っていますよね。お米を持っていって、旅館でそれを食べる。物納なんです。でも、ああいうのは懐かしい。考えてみたらあれでいいんです。
 私は、自衛隊にいたときに伊豆大島に行ったんですけれども、ホテル代とか民宿代とかを払わなきゃいけないかなと思って現金を持っていったら、「申しわけないけれども、米を持ってきてくれないかな」といわれたんです。私が泊まっている間に「米がない」という。それで米1俵持っていったら喜ばれました。向こうではお刺身があって、こっちは長野県で結構とれるコシヒカリのおいしいお米を持っていった。
 みんな喜んでくれました。旅館の人が「これでいい」というんです。考えてみたら、おカネを払って何を買うのというと、船で米を買いに行かなきゃいけない。だったら、旅館に幾らおカネを払うかというよりも、私が米を余分に持っていったほうが喜ばれるわけです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私たちの、一つ前の世代では、こういうことが当たり前にように行われていたわけです。
 現代人のお金に対する感覚とは、相当に違います。
 今の人々のお金に対する感覚は、どのように作られていったのでしょうか。
 ここでお金が、どのようにして私たちを支配するようになったのかという歴史を紹介したいと思います。
 再度『君は1万円札を破れるか?』から抜粋します。


 ・・・<『君は1万円札を破れるか?』、p33〜p37から抜粋開始>・・・

 「銀行」は詐欺から始まった

 中世末期になって、金などの貴金属を媒介とする貨幣経済に大きな転換がもたらされます。それは「銀行」の登場です。
 銀行業が始まったのは、13世紀ごろのイタリアだといわれています。銀行を英語で「バンク(Bank)」といいますが、これはイタリアの両替商が使っていた「バンコ(Banco)」と呼ばれる両替台が語源だとされています。
 現在のような形態の銀行が誕生したのは、中世末期、17世紀ごろのヨーロッパにおいてでした。この当時、ヨーロッパでは貿易などの拡大によって商業取引が盛んになり、決済に使われていた金を大量に保有する人たちが出てきました。大量の金を手元に置いておくと、泥棒に狙われて危ない。そこで、預けることにしました。その預け先というのが、「ゴールドスミス」と呼ばれる人たち。金を加工して金貨を造る金細工商でした。彼らは、金をしまっておくための頑丈な金庫を持っていたのです。
 ゴールドスミスはお客さんから金を預かった際に預かり証を発行しました。この預かり証は本来、クロークに上着を預けたときにもらうチケットやパーキングのチケットとなんら変わりないはずです。ところが、ここから意外なことが起こります。重たい金を持ち運ぶのは不便なので、人々がゴールドスミスの預かり証を金の代わりに取引の決済に用い始めたのです。
 そしてゴールドスミスたちはある事実に気づきます。それは、預かり証を持ってきて「金をくれ」という人がほとんどいない、ということでした。というのも、決済で預かり証を受け取った人も、金を自分の手元に置くのが不安なので、そのままゴールドスミスに預けておくからです。預けに来る人ばかりで、受け取りに来る人が少ない。金は金庫の中に眠ったまま……。
 それならば、自分たちが実際に保有する金の総額以上の預かり書を発行しても、問題にならない。預かり証を持った人々が一斉に窓口に来て金を取り戻そうとさえしなければ、どれだけ架空の預かり証を出しても、ばれないというわけです。彼らはこれを利用して、預かり証を大量発行し、人に貸して利子を取り始めました。
 これはハッキリいって、詐欺(さぎ)行為です。もし、個人が同じことをやったら、完全に詐欺です。でも現代の銀行がやっていることも、原理はこれといっしょです。このように、預かりを保証する金よりも預かり証の量のほうが多くなるのが、「信用創造」です。のちに詳しく触れることにしますが、銀行業というのは、そもそも信用創造という考え方による、合法的な詐欺行為をなりわいとしているのです。
 ゴールドスミスのやり方をまねて、やがてヨーロッパ全土に同業者が現れ、それぞれ独自の預かり証、つまり紙幣を発行するようになります。
 そうなると、これまでのように国家がお金の発行権をコントロールできなくなっていきます。時の権力者であった君主たちは自らの権力が脅かされるわけですから、「お前ら、何をやっているんだ?」と口を出します。ところが、銀行家に「こんなにおいしい商売はないですよ」といわれて、「なんだ、じゃあ、俺にも参入させろ」ということになるのです。実は丸め込まれているだけで、自らを奪われるとも知らずに。そして、国が必要とするお金を税収だけで賄えないと、銀行家から借りるようになります。銀行家は、国家にお金を貸し付けることで、権力を自らの手に引き寄せていったのです。
 1694年、のちにイギリスの中央銀行となるイングランド銀行が設立されました。イングランド銀行は、王国政府への資金調達をする銀行として、1268人の株主が出資し、設立されています。もともとはあくまでも民間の大銀行の一つだったのです。そのイングランド銀行が、1844年に制定されたピール条例によって、中央銀行としてイギリスにおける通貨発行権を独占することになります。ほかの銀行は、紙幣を発行してはいけないことになったのです。
 その後、イングランド銀行は第二次世界大戦後に国有化されますが、それまでずっと政府から独立した機関でした。一国の通貨を発行する権利が、政府ではなく、政府から独立した民間銀行の手に握られている。考えてみれば、おかしな話です。この銀行は、自分たちの権限で、いくらでもお金を刷ることができる。いわば、何もないところから無限に利益を生み出すことができるのです。自分たちで勝手に刷ったお金を外国に持って行き、そのお金で資源を買ってくれば、ボロ儲けができます。実際にイギリスは、植民地化したインドでこれをやりました。「東インド会社」です。
 こうして見ると、最初からおかしなことだらけなのですが、この中央銀行が通貨発行権を管理するという形がほかの国にも広まっていき、世界の金融システムの根幹を成していきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 先に紹介した木内鶴彦さんは、お金が無い社会が作れるはずだと言っています。
 私は一時期、木内さんの座談会に頻繁に出席して話を聞いていました。本を読んで、再び木内さんの主張に出会って懐かしい思いがしました。
 最後の方に、500年前のペルーのクスコでは、お金が全く必要無い社会が運営されていたという大変興味深い話が載っています。


 ・・・<『臨死体験3回で見た《2つの未来》』、p155〜p159から抜粋開始>・・・

 それにしてもおカネは不思議ですね。使った使ったといっているけれども地球から消えていないんです。どこに消えているんでしょう。
 紙幣を増刷しているとかよく開きますけれど、よく考えると不思議ですね。誰かごまかしてつくっているのかもしれない。だってわからないでしょう。私たちはそれに縛られているんですよ。日銀でどれだけ刷って、どれだけ今あるか、皆さんは把握していますか。確か金(きん)が基準ですね。金1グラムに対して1000円。でも今、金が1グラム当たり4000円ですか。おかしいでしょう。
 ということは、金の立場になって考えると、お札4枚余分に刷っているということですね。何かごまかされていませんか。物価というのは金が基準で、金1グラムどのぐらいというので決まってくる。本来はその交換券がお札ですね。違いますか。お札が主体だと思っている人いますか。日銀がどれだけ刷っているかわからないじゃないですか。
 中には北朝鮮とかいろんなところで日本円とかドル札とか余分に刷ってくれている人もいますよね。あれ、わけわからなくなってくるでしょう。交換券ですからね。何か知らないうちにどんどん縛られていく。
 にっちもさっちもいかなくなって倒産したり、それによって自分の命も落とすんですよ。その取り合いによって、戦争を起こして人も殺しているんです。何なんですか、これ。いいかげんそこら辺も卒業しないとね。本当はそういうものではないんだ。金と交換なんですから、物に価値をつけてはいけない。その物をつくった人の技術を評価する。その評価は人間はみんな一緒です。
 なぜでしょうか。役割分担が違って、やっている内容は違うけれども、能力は一緒だよということです。だって、ほかの人ができないことをやるわけですからね。先にも述べましたが、そういう社会構造を、できたら社会実験的にある村をつくってやってみたいですね。本当に米をつくるのが好きな人とか、野菜をつくる人、それぞれが集まってやったら、本当におカネが要らないかなとか。どうやったらそれができるでしょうか。
 お医者さんも1品持ち寄りでそこに入ってくる。面倒見てもらうけれども、手術しなきゃいけないというのは別として、ほかのものであれば食べる処方箋とかね。つくっている地域では、あなた方は食べる処方箋をつくってください、それを出すのはお医者さんですよと。あなたは糖尿病だからこれとこれを食べてくださいとか、あなたは高血圧だからこれとこれを出してくださいとか。
 そこでかかるときの病院の代金は会社で病院を持った場合には会社がおカネを出しているわけだから保険は要らないです。これから未来において健康保険がパンクするというのは大体わかりますね。生涯の面倒は誰が見てくれるんですか。
 だったら、そういう社会をつくって、それぞれが役割分担でやれば、給料も要らないわけです。診てくれるお医者さんもそれが役割で、1品持ち寄りですね。それから、お医者さんのところに食べるものも来れば、生活用品も来るとか中には肩もみ券が回ってくるとか、それでもいいわけです。それも大切なことなんです。
 そして、食べる処方箋といったら、食べるものをつくったり、薬草をつくったりして処方していく。それをやる人たちも役割で、そのかわりその人たちも1品持ち寄りの世界でお互いに循環している。そこにおカネがかかっているかといったら、かからないような気がするんです。
 実は、今から500年ほど前にペルーのクスコではそういうシステムがあったんです。ペルーではおカネが要らなかった。それぞれつくったものを市場に持っていって、自分の家にないものを持ち帰っていくという1品持ち寄りの世界があったんです。それで成り立っていたので、最初からからおカネが存在していないんです。
 だから、金(きん)に対して興味を持っていない。金なんか飾り物にすぎなくて、お祭りで使うものだというので、つくって置いておいたら、スペインの人たちが「あ、金がある。もっと出せ」。「こんなものほしいんですか」とさんざんあげたら、「まだ隠しているだろう」としまいには殺してまで持っていった。
 だから、ペルーの人たちは「何であんなものが必要だったの?」「何であんなもののために私たちは殺されたんだろう。たかが金だよ」と、スペインの人たちを怒っています。たかが金だ、いいですね、1回いってみたいセリフです。
 その中で必ず循環性がある。旅をする人たちのための入れ物があって、その中に市場で余ったものをストックしておいて、旅行者がそれを持っていくというようなものまで築いていたようです。ペルーのその時代でもそれがあった。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、シフト(変容)した後の社会がどのように運営されるのか、時々想像したりします。
 私の中では、お金は無くなるのではないかという考えがありました。そこで千さんのおじいちゃんセッション(注0)で、その質問をしたことがあります。
 するとシフト後の社会でも、お金を必要とする人々がいる限り、無くなることはないという答えでした。

 お金が無い社会が来るのではないかと期待した面もあったので、ちょっとがっかりしたのですが、価値の交換の手段としてお金は残るようです。
 しかし人々のお金に対する感覚は、今と全く違ったものになるだろうという気がします。



サイオプスとしてのスポーツ...2015年8月30日

 大衆操作として「3S」(スポーツ、セックス、スクリーン)は、よく聞く話です。
 最近は、この3Sにショービズ(芸能)のSを加えて「4S」と言われたりするそうです。

 今回は、『闇の支配者たちの情報操作戦略』(ベンジャミン・フルフォード著、イースト・プレス)から、サイオプスとしてのスポーツに関して紹介したいと思います。
 サイオプスという言葉を初めて聞いたという方々も多いと思います。私も初めて聞きました。
 まずサイオプスとは何かということを、引用したいと思います。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p55〜p57から抜粋開始>・・・

 「武力」としての情報戦略

 日本ではあなりなじみがない言葉であろう。「Psychologocal Operations」という「心理作戦」の略で「PSYOP」と書く。一般名詞として「サイオプス」と呼ぶ。
 作戦ではなく「戦い」や「戦争」を強調する場合は日本語では同じ心理戦となるが、英語では「Psychologocal Warfare」と区別している。
 サイオプスの概念は決してめずらしいものではない。有史以来、戦いにおいて「情報戦」はつねに行われてきたからだ。
 近年、サイオプスに注目が集まっているのは、これまで戦争や軍事行動に限定されていた情報操作の手法が平時でも日常的に使用されるようになったこと、さらに国家利益の確保の手段として全世界に対してひそかに運用されているからなのだ。
 たとえばアメリカが日本を威圧して日本側が受け入れられないムチャな要求を飲ませたいとしよう。その場合に最も手っ取り早い方法は軍事的な威圧となる。しかし、日本と同盟関係にあるアメリカは日本への軍事行動は控えている。それをすれば同盟違反となり、あからさまな軍事挑発をすれば当然、日本の国民も安保条約破棄に動くし、ほかの同盟国もアメリカに対して不信感を抱き、やはり同盟破棄につながりかねない。軍事的威圧はやりたくてもできないのだ。
 とはいえ、同盟国だろうと経済的に利害が対立してアメリカの国益を損ねるというケースは決してめずらしくない、むしろ関係が深いぶん、多いぐらいだろう。
 そこでサイオプスである。心理戦をしかけて日本の世論をアメリカの都合のいい方向に誘導し、アメリカの利益を確保する。
 ここで読者に理解してもらいたいのは、サイオプスが「軍事技術」として発展してきた純粋な「武力」という点である。本来ならば戦争相手もしくは敵国への巧妙な攻撃手段なのだ。ところが「サイオプス」はあからさまな武力には見えない、というか見せないようにカムフラージュしている。この特性を使って、いまやアメリカは同盟国どころか自国民にも平然としかけているのだ。
 いま、私たちの世界は銃弾こそ飛び交わなくとも、流言蜚語(りゅうげんひご)やデマゴーグ、プロパガンダが飛び交う「情報戦争」のただなかにある。
 そこで最強の兵器となっているのが、アメリカの「サイオプス」システムなのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大衆操作としてスポーツがどのように利用されてきたいかという具体的な例として、イギリスの植民地支配に利用された「ボクシング」と「レスリング」を紹介させていただきます。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p160〜p162から抜粋開始>・・・

 植民地スポーツだった格聞技の闇

 重要なのは、スイスに根拠地を置けるぐらいにFIFAとIOCが大切にされているという点であろう。扱い自体はBISと一緒なのだ。
 ここに「スポーツ」に隠された闇がある。
 それだけ大衆誘導や世論操作のために価値があった何よりの証拠だろう。
 近代スポーツの発祥は17世紀のイギリスで、イギリスが「太陽の沈まぬ帝国」となっていく過程で世界中に広がっていく。
 その代表が「ボクシング」と「レスリング」であろう。この二つの種目は起源こそ古代ギリシャ・ローマ時代までさかのぼる。しかし、近代スポーツにしたのはイギリスなのだ。
 それには理由がある。
 植民地スポーツなのである。
 たとえばイギリスの武装商船がアフリカやアジアの各地区を制圧する。植民地支配をスムーズにするにはイギリス人は優秀であり、有色人種は劣っていると徹底的に意識に刷り込む必要がある。ようするにサイオプスである。その道具(ツール)として利用してきたのがボクシングとレスリングなのだ。
 ボクシングならば原地住民のなかで最も強い男をリングに上げ、「拳だけ使って殴り合う」というルールで試合をする。ボクシングは単純な「殴り合い」ではなく高度な専門技術を持った競技だ。訓練を受けていない素人はボコボコにされる。
 レスリングも同様だ。イギリスには「ランカシャー・スタイル」と呼ばれる関節技主体のレスリングが発達した。プロレスの土台となった「キャッチ・アズ・キャッチ・キャン」というらしい。今度は「殴る以外ならすべてOK」というルールでやる。そうして有色人種の相手選手に関節技をキメて女のような悲鳴を上げさせ、ときには骨をへし折ってしまう。
 いずれにせよ地元で最強と評価されていた腕自慢がイギリス人になすすべもなく叩きのめされるのだ。そのショックはすさまじいものとなろう。相手の戦意を挫き、反抗する意識を萎えさせてしまうわけだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ボクシングは「拳だけ使って殴り合う」というルールで、レスリングは「殴る以外ならすべてOK」というルールで、見た目にはとても単純です。
 初めてボクシングとレスリングを見た植民地の人々は、腕っぷしが強ければ早々負けるはずがないと思い込んでしまうかもしれません。しかし実際は、ボクシングとレスリングは見た目のシンプルさとは違い、何年も厳しい専門的なトレーニングを積まなければ上達しないスポーツです。
 植民地の人々からすれば、腕自慢の仲間がイギリス人選手にボコボコに叩きのめされる姿を見せつけられれば、その精神的なショックは相当なものだったろうと思われます。
 イギリスの植民地支配で始まったこうした近代スポーツは各国で独自の発展をしていきます。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p162〜p163から抜粋開始>・・・

 こうした植民地スポーツは、その後、別の形をたどって発展する。
 ボクシングでいうならば興行として最初に成功するのは宗主国イギリス対独立した元植民地のアメリカだった。じつにわかりやすい構図だろう。アメリカでボクシングが人気なのはイギリス人を叩きのめしたからなのだ。その後、ボクシングはアメリカにおいて白人対黒人、アメリカ対アメリカの植民地、黒人対そのほかのマイノリティといつた構図で人気を獲得していく。いわば人種差別を煽ることで莫大なカネを生み出してきたのだ。
 2015年2月に行われた「メイウェザー対バッキャオ戦」の興行収益はなんと600ミリオン・ドル、日本円にして700億円という莫大な金額となっている。よくいえば多民族国家アメリカの一種のガス抜きにもなっているのだろう。
 レスリングはその後、プロレスへと発展。こちらも植民地支配の「ガス抜き」という役割を果たしてきた。とくに戦後の日本でプロ野球以上の人気を集めたのは、正義のヒーローの日本人レスラー対悪の白人レスラーという構図でGHQによる占領のウサを晴らしたからであろう。逆にアメリカではこの構図は反対となる。「卑怯(ひきょう)なジャップレスラー」を叩きのめす「正義のアメリカン」となる。
 戦後の日本でプロレスが大ブームになったのは偶然ではない。それをしかけたのは読売グループ総帥の正力松太郎(しょうりきまつたろう)だからである。正力はA級戦犯として巣鴨(すがも)プリズンに収監されたあと、CIAのエージェントとなる密約で放免になった。おそらく独立した日本でこれ以上の反米感情が高まらないようにプロレスでガス抜きをするように命じられたのだろう。
 プロレスもまた、ジャパン・ハンドラーによる「3S政策」の一環だったのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に世界的な人気のサッカーについて触れます。
 2006年にFIFAが発表した世界のサッカー競技人口は、2億7千万人だそうです。
 競技人口でなくファンの数となると、世界で35億人と言っているサイトもあるそうです。とにかく世界最大のスポーツイベントはオリンピックではなく、サッカーのワールドカップという話もあるくらいですから、スポーツの中で一番人気があると言ってもよいのだろうと思います。

 そのサッカーに関して、ベンジャミン氏が大変興味深いことを言っています。
 サッカーは人々の対立を煽るように制度設計されたスポーツだというのです。サッカーのファンの方には、大変気に入らない意見だと思いますが、読んでみるとなるほどと思わせる部分もあります。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p168〜p173から抜粋開始>・・・

 サッカーが引き起こした戦争

 サッカーというスポーツが持つ役割はそれだけではない。
 最も重要な役割は大衆操作なのだ。ここでいう大衆操作とは、民族、宗派、階級、風俗、民族、地域といつた対立を徹底的に煽って互いに憎み合わせることである。
 まさかと思う人もいるだろう。
 残念ながら「サッカー」は人を憎み合わせるために権力者たちによって世界的な人気スポーツに仕立てられたことを、私たちはきちんと理解すべきだろう。
 サッカーの特徴は足だけでプレーすることと、極端なまでのロースコアゲームにある。
 足だけでプレーすればミスは増えやすい。それで得点が入りにくいとなれば当然、大番狂わせ、英語ならば「ビックアップセット」「ジャイアントキリング(大物食い)」があらゆる球技のなかで最も起こりやすくなる。
 結果、サッカーというスポーツは「好きなチーム」を応援する以上に「嫌いなチーム」にひと泡吹かせる、いやがらせをするという魅力が出てくる。
 実際に格下の弱いチームでも徹底的に守り抜けば引き分けに持ち込める。これに審判を買収したりホームの利点を徹底して悪用したりすれば弱小チームでも十分に格上チームから勝ち点を奪える。つまり、嫌いなクラブや敵代表にいやがらせができるのだ。もっといえば嫌いな相手チームにいやがらせをして「ざまあみろ」と溜飲(りゅういん)を下げるところにサッカーというスポーツの最大の魅力があるのだ。ようは味方チームを愛するのではなく、それ以上の感情で敵を憎む傾向が強まるのだ。
 この世界には宗教や宗派、民族、地域、階層から生まれるさまざまな格差や対立が当たり前のように存在している。世界各国のサッカーリーグではそうした特定の集団を象徴するクラブをつくることで敵を激しく憎む熱狂的なサポーターを生み出してきた。
 その典型がセルティックとレンジャーズ(ともにスコットランド)であろう。中村俊輔(なかむらしゅんすけ)という選手が所属していたセルティックはアイルランド系のカソリック信者かつホワイトカー(中産階級)が母胎となっている。同じグラスゴーのレンジャーズというクラブは逆にイギリス移民のプロテスタント系の労働者階級がファンとなっている。この両クラブが対戦する試合は「オールドファーム・ダービー」といって非常に盛り上がる。
 しかし、盛り上がれば盛り上がるほど、当たり前だがグラスゴーに燻(くすぶ)っている対立の火種は大きくなる。それだけではなく、アイルランド問題とも深くかかわっている。
 周知のとおり、イギリス領北アイルランドをめぐってイギリスとアイルランドは長年争ってきた。北アイルランドにはイギリスから移住したプロテスタント系の住民が多数で、アイルランド本国はカソリック教徒が多い。つまり、レンジャーズは北アイルランドの住民のシンボルであり、セルティックはアイルランド本土のシンボルとなって、この両クラブの試合は一種の代理戦争となっているのだ。
 実際にセルティックが負ければIRA(アイルランド解放軍)が、レンジャーズが負ければアルスター防衛同盟が住民に対してテロをしかけるケースも決してめずらしくないのだ。言い換えればセルティックとレンジャーズが激しく争えば争うほど、ダービーが盛り上がれば盛り上がるほど、IRAとアルスター防衛同盟のテロもまたいっそう激化する。北アイルランド問題は永久に解決しなくなってしまうのだ。サッカーが原因で本当に戦争になることもある。
 先に紹介したユーゴ内戦もサッカーの試合がきっかけだった。
 1990年5月13日にユーゴスラビア・リーグでディナモ・ザグレブとレッドスター・ベオグラードが対戦した。ディナモ・ザグレブはクロアチアを代表する強豪クラブで、レッドスターはセルビア最強のクラブだった。この時期はただでさえクロアチアとセルビアは分離独立をめぐって緊張感が高まっていた。そこに両民族が熱狂するクラブが対戦するのだ。スタジアムは異常な熱狂に包まれる。もちろん警備は厳重だったが、クロアチアで開催したにもかかわらず警備員の大半がセルビア人だったことに爆発したクロアチア・サポーターは、ついにセルビア人サポーターを襲撃して大暴動へと発展する。
 とくにセルビア人警備隊による鎮圧行動でクロアチア人に多数の犠牲者が出たことで、クロアチアは「戦争も辞さず」と怒り狂い、翌1991年に戦争に突入した。
 本書編集部の資料によれば、ディナモ・ザグレブには三浦知良(みうらかずよし)選手が、レッドスターには鈴木隆行(すずきたかゆき)選手が所属した経験があり、日本でも有名なクラブという。

 内戦化するサッ力ー・スペインリーグ

 いま現在、内戦に向けて加速しているのがスペインであろう。
 スペインは国家分裂の危機に瀕しているが、それを助長してきたのがスペイン自慢のサッカーリーグだ。
 もともとスペインは複雑な諸民族や諸文化が入り交じって深刻な地域対立を抱え込んでいた。バスク人の選手で固めた「アスレチックス・ビルバオ」など、アトレチコというスペイン語すら使わないぐらいスペインを嫌っている。
 その地域対立の象徴となっているのが分離独立派の「バルセロナ」(カタルーニヤ)と統一派の「レアル・マドリッド」(国王派)の試合、「クラシコ」と呼ばれるダービーだ。たしかにバルサ対レアル戦はスペインのみならず世界的に盛り上がる。しかし、盛り上がれば盛り上がるほどスペイン国民たちの「分離」と「統一」の感情と憎悪は深く、強くなっている。
 1990年代以降、今日(こんにち)までスペインリーグは欧州一のリーグと人気が高かった。それはクラブごとの「憎悪」で好ゲームが増えやすいからであろう。しかし、互いに憎み合って試合をすれば、敵を倒せば盛り上がるし、負ければいっそう憎しみが増す。憎しみが増せば、倒せないときにはあらゆる邪魔をするようになる。それがまた憎しみを増長して試合を盛り上げる。この繰り返しのなかでスペインの内部対立は手のほどこしようがないほど悪化してしまったのだ。
 サッカーの試合で「フーリガン」と呼ばれる悪質なファンが暴れ回り、ときには暴動まで起こすが、これもサッカーが人々の憎しみを煽り立てるスポーツだからであろう。国家レベルでいえば両国民の感情を悪化させる。国内では階級格差、宗派、地域、民族といつた対立の火種を大きくする。それを権力者たちは巧みに利用し、自分たちの利害へと結びつけている。
 サイオプスにとって、これほど格好の道具(ツール)はないといっていい。
 国家同士、国民同士、市民同士を闘犬のように咬(か)ませ合わせて利益を得ている連中のトップに君臨しているのがFIFAなのだ。
 清く正しい組織と考えるほうが間違っていよう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は若い頃に、短い期間ですがアメリカのロサンゼルス郊外に住んだことがあります。
 その時は英語の勉強になると、テレビで地元のプロバスケットボールのチームであるロサンゼルス・レイカーズの試合はよく観ていました。
 当時のスター選手として、マジック・ジョンソン選手やジャバー選手の名が浮かんできます。また神様と呼ばれたシカゴ・ブルズのマイケル・ジョーダン選手も全盛期であり、プレーオフのロサンゼルス・レイカーズとシカゴ・ブルズの試合は大いに盛り上がりました。

 そんなおり、私はアメリカでは世界で最も人気があるサッカーが全く人気がないことが不思議でした。
 その代わりにアメリカで大人気のメジャーリーグに代表される野球は、世界ではむしろマイナーです。当時の私の疑問は解決されずに残ったままだったのですが、ベンジャミン氏の説に、なるほどと思わせるものがありました。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p173〜p177から抜粋開始>・・・

 国民の団結を強めるアメリカンスポーツ

 アマチュアのオリンピック、プロスポーツのサッカー、それ以外にもうひとつ、独自に発展したスポーツがある。
 アメリカンスポーツだ。
 アメリカのスポーツは、ある意味でサッカーとは正反対に制度設計されている。他民族との融和が目的となっているのだ。
 アメリカンスポーツの代表といえばベースボール(野球)、バスケットボール、アメリカン・フットボール、アイスホッケーであろう。アメリカでは人気のプロスポーツだが、他国ではそれほど人気はない。野球でいえば日本と一部アジア諸国、近年になってようやくバスケットボールが世界的に人気になりつつある程度で、逆にアメリカでは世界的な人気のあるサッカーはマイナースポーツの扱いを受けている。
 それには理由がある。
 アメリカは移民によってできた国であり、先住民の多くもヨーロッパから持ち込まれた疫病によって亡くなっていた関係で、建国初期の時代はほとんどの都市ができたばかりの人工都市だった。当然、ヨーロッパ各国と違って、その土地ならではの伝統的な文化はなく、また移民たちはそれぞれの集団で固まって閉鎖的になりやすかった。
 ようするに「アメリカ人」という意識が希薄だったのだ。アメリカ国民の自覚がなければ、ただでさえできたばかりの国家である。国として機能しなくなる。
 そこでアメリカ政府が「アメリカ人」というアイデンティティをつくるために導入されたのが、先のアメリカ独自のスポーツだったのである。
 移民たちにすれば、ヨーロッパとは違う独自のスポーツがあり、それを楽しむ、応援するのが「アメリカ人」という認識になる。だからヨーロッパと同じ競技や方法をとらなかったのだ。これはスポーツにかぎらない。オペラではなくミュージカルが発展したのも同じ理由だ。20世紀になってハリウッドを中心とした映画産業に力を入れたのも「アメリカ人」らしさと「アメリカ人の価値観」を植えつけるのが目的だった。
 そう考えれば、サッカーが不人気だったのも納得がいくだろう。サッカーは地域対立や民族対立を煽ることで人気を集める。そんなことを多国籍の移民国家でやれば国家存亡の危機となりかねない。
 実際にアメリカンスポーツは各州の大学が中心になったNCAA(全米大学体育協会)と各競技のプロリーグがあるが、いずれも各州の代表チームの対抗戦としている。サッカーの場合は強さに準じて1部、2部とカテゴリーを分けるのが主流で、いわば資本主義的な弱肉強食のシステムを取っている。しかし、アメリカでは各州の代表チームの戦力を均等化して平等に扱う、いわば共産主義的なシステムになっている。
 ゆえに各州在住の市民は自分たちの代表チームを素直に応援できる。アメリカならではの独自の競技、ルール、システムのスポーツを応援することで移民たちは自然と「アメリカ市民」になっていくわけだ。
 日本も野球や大学スポーツなどアメリカンスポーツを丸ごと導入している。日本に近代スポーツが入ってきたのは幕末から明治(めいじ)期の19世紀だ。とくに維新後の日本はすべての国民に「日本国民」という自覚を与えなければならなかった。そこでアメリカンスポーツの利点を理解し、野球を花形の大学スポーツに据えたのだ。「早慶戦(そうけいせん)」や「甲子園(こうしえん)」が国民最大の娯楽にすることで維新後の「新しい日本人」をつくってきたわけだ。
 維新後に地域対立を煽るサッカーリーグができていたら、日本も現在のスペインのようになっていたことだろう。たしかに会津(あいづ)を中心とした旧幕臣クラブと薩長土肥(さっちょうどひ)の明治政府クラブの「戊辰(ぼしん)ダービー」は盛り上がること間違いない。しかし、一方で深刻な地域対立を助長して、へたをすれば内乱へと発展していたかもしれない。
 逆にアメリカンスポーツはじつに平和的であろう。たとえば大学野球の名門リーグに「六大学野球」がある。早稲田(わせだ)大学や法政(ほうせい)大学などプロ野球予備軍のようなチームのリーグに「東大」が所属している。東大の野球部は東大生のみで構成されているので、そのへんの高校の野球部より弱い。六大学リーグでも「1勝」するだけでニュースになるほどだ。しかし、東大がどんなに弱かろうとリーグから外されることはない。
 共存共栄でケンカをせずに認め合おう、そうしたメッセージが六大学野球にはあり、名門リーグを通じて日本人に伝えてきた証拠であろう。
 ともあれ、スポーツが持っている意味や果たしてきた役割が心理戦「サイオプス」において、いかに重要であるかが理解できるだろう。
 多くの人々を熱狂させるスポーツは、つねにサイオプスのターゲットなのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 スポーツではないのですが、最後に幼少のベンジャミン氏も嵌ったというウルトラマンについて紹介します。
 ベンジャミン氏によると、「ウルトラマン」もまたサイオプスの一環だったといいます。


 ・・・<『闇の支配者たちの情報操作戦略』、p177〜p180から抜粋開始>・・・

 「ウルトラマン」はサイオプスの一環だった

 本章の最初に述べたように、大衆操作はスポーツにかぎったことではない。「4S」として紹介した「スポーツ」「セックス」「スクリーン」「ショービス(芸能)」はすべて洗脳ツールとして利用されていた。今回はあえてスポーツを取り上げたが、まったく同じ分量でほかの3Sを語るのはそれほど難しくはない。なぜなら、人々の愛するもの、熱狂するものには必ずサイオプスがあるからである。
 最後にほかの3Sのネタをいくつか紹介しておこう。
 昨今、アメリカでは異常な頻度でアメリカンヒーロー映画が製作されている。『スーパーマン』『バットマン』『スパイダーマン』といつたDCコミック系に、マーベル・コミック系では『X−MEN』『キャプテン・アメリカ』『超人ハルク』『アイアンマン』などだ。
 これらアメリカン・コミックスのヒーロー映画の製作ラッシュが起こったのは、ちょうどパパ・ブッシュ政権だった1989年の湾岸戦争の時期と重なり合う。
 以後、アメリカが戦争をするたびに世界中のスクリーンでアメリカンヒーローたちが大活躍して世界の危機を救い続けている。
 これを偶然、たまたま大ヒットしたからだ、などと素直に受け止める読者はいまい。
 私がアメリカンヒーロー以上に子どものころに大好きだったのが、じつは『ウルトラマン』である。3歳から8歳ぐらいまでメキシコで暮らしていたが、メキシコでは輸入したスペイン語版の『ウルトラマン』をしょっちゅう放送していた。それを夢中になって見ていたので、いまでも「ジュワッチ」というポーズができるぐらいだ。
 本書編集部が用意した資料によれば、ウルトラマンが日本の子どもたちのヒーローとなったのは1966年。特撮ヒーローとして爆発的なブームを巻き起こし、現在にいたるまで高い人気を誇っている。
 ウルトラマンは「在日米軍」のシンボルとして描かれていた。強くて怖い巨大怪獣がやってきて日本の各都市で破壊のかぎりを尽くす。それに対抗する自衛隊や地球防衛軍は残念ながら「やられ役」で、戦闘機や戦車は次々と壊されていく。市民は絶望する。
 そこに颯爽(さっそう)と登場するのがウルトラマンである。腕から出る破壊光線という超兵器をもって、あっという間に怪獣を?破する。
 ウルトラマンが放送されていた時期は安保条約をめぐって学生運動が最も激化していた。
 怪獣は「共産主義勢力」、つまりソ連と中国の象徴だった。自衛隊は「怪獣」にはまったく歯が立たず、日本は壊滅の危機を迎える。その怪獣を倒せるのは「核兵器」を持った在日米軍だけ……そうシンボライズした子ども向け特撮ドラマが毎週放送されたのだ。どれほど当時の子どもたちが熱狂したか、平均視聴率39%、最高43%。夕方からの再放送ですら18%以上あったという。
 ウルトラマンを見て育った子どもたちが大学生となった1980年代に学生運動と安保闘争はものの見事に沈静化した。在日米軍に対して「日本を守ってくれる要(かなめ)」と信頼する人のほうが断然多いぐらいだろう。
 ウルトラマンは破格といえる予算をかけて、じつに丁寧につくられていた。毎週30分の子ども向け番組で毎回各都市をモチーフにした精巧なミニチュアセットをつくり、それを惜しみなく爆破していた。怪獣の着ぐるみも必ず新造していた。番組が大ヒットしたことで予算の問題が議題にのぼることはない。何十倍も儲(もう)かったのだろうから。
 だが、失敗していれば製作会社だった円谷(つぶらや)プロダクションは即座に倒産していただろうし、放送していたTBSも大きなダメージを被ったことだろう。
 本当に知りたい情報は与えられず、ある特定のイメージだけが頭に刷り込まれていき、気がつくと以前とはまったく違う考え方を持つようになっている……。
 これが「サイオプス」なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はベンジャミン氏と同じく、子供の頃ウルトラマンを観ていた世代です。
 ベンジャミン氏は今でも「ジュワッチ」というポーズができるといいます。これを読んだとき、私は「ジュワッチ」のポーズができない自分に気付きました。
 私もウルトラマンを夢中で観ていたのですが、ベンジャミン氏ほどではなかったようです。



疑わしい中国の数字...2015年8月15日

 このところ何かと中国が話題になっています。

 中国株(上海総合指数)は6月12日(金)に5100台でピークを付けたあと急落を開始して、やがて暴落に至りました。7月8日には3300台まで落ち、全体の約半数の銘柄が取引停止を申請していると報じられました。
 この騒ぎは世界の株式市場に大きな影響を与えたと言われています。
 この中国の株式が大暴落した7月8日、ニューヨーク株式市場がシステムの不調を理由に4時間取引を停止しました。同時期にウォールストリート・ジャーナルのウェブサイトもダウンしており、ハッカーの仕業の可能性も考えられます。しかしNY証券取引所は、システムを早急に復旧しようとせず、システムダウンを長引かせたと言われており、意図的にNY株式市場の暴落を防いだ可能性も指摘されています。

 またこのところ中国の人民元の切り下げが大きく報道されています。
 中国人民銀行(中央銀行)は8月11日、基準値を前日基準比より2%近く引き下げる発表しました。また12日は、約1.6%引き下げました。そして3日連続となる13日にも1.1%下げました。
 これが世界の株式市場に動揺をもたらし、急落を招きました。

 さらに金融・経済のニュースではないのですが、8月13日、中国の天津の化学物質の倉庫で大きな爆発があり、住民ら56人が死亡(さらに数十人が行方不明、8月15日現在)、数百人が重軽傷を負ったという報道が流れています。
 もちろんこの爆発の原因は現時点では不明ですが、私は何らかの人為的ミスではないかという思いがよぎりました。

 ここで中国に関する個人的な体験を紹介したいと思います。
 私はこのところ仕事をしています。
 その仕事とは、気体に含まれる成分の濃度を計測する機器の開発と保守です(開発には多くの人がかかわっており、私が担当したのはそのほんの一部ですが)。こうした機器は大規模なプラントなどには必須のものであり、中国にも輸出されていました。
 中国は現在、深刻な環境問題を抱えており、有害物質を排出しないためにも、成分濃度を測る機器は法律により設置を義務付けられています。
 その中国に輸出した機器の仕様変更の仕事の依頼が私に舞い込んできたのです。
 内容はパスワードの機能を強化し、工場の現場の作業員に安易に機器の設定数値の変更をさせないようにすることです。

 私は最初に話を聞いたとき、呆気にとられてしまったのですが、なんと中国では工場の現場の作業員が機器を操作し、危険な化学物質の濃度が低く表示されるようにしているというのです。
 法律上で、危険な化学物質の濃度がある基準値で決まっていたら、その基準値以下になるように操作してしまうというのです。
 呆れました。もう、お金儲けの為なら、なんでもありの世界です。
 これはある意味で、大変に危険な行為です。
 例えばゴミ処理施設のような燃焼プラントがあるところは、必ず酸素濃度を測るセンサーが付いています。
 しかし酸素濃度が実際より低く表示されるようになっていたら、燃焼プラント内にさらに酸素を送る装置が働いてしまいます。そこに強い可燃性の物質があったとしたら、爆発を引き起こしかねません。
 こうした不正に業を煮やした中国当局によって法律が改正され、現場の作業員に勝手に操作されないようにセキュリティーを強化するようになったわけです。

 私がいかにも中国らしいと思ったのは、こうした仕事は中国以外の国ではなかったからです。
 私が開発にかかわった機器は中国以外では台湾、韓国、ヨーロッパ各国に輸出されています。しかし今回のような依頼は、中国以外はどこからも来たことがないのです。
 そうした体験があったので、天津の倉庫の爆発のニュースを見た時、何らかの人為的ミス(人災)の可能性が頭をよぎったのです(テロの可能性もゼロではないので、現時点ではなんとも言えないのですが)。


 さて、本題に入りたいと思います。
 今回は経済指標の中で、最も重要と思われるGDPについて触れたいと思います。
 日本のマスメディアでは中国政府が発表したGDP値をそのまま報道していますが、中国政府が発表する指標は粉飾されているとよく聞きます。しかし具体的にどのくらい粉飾されているかというのは、素人にはなかなかわかりません。
 私は吉田繁治さんのメルマガを取っているのですが、その吉田さんのメルマガにかなり信憑性の高いと思われる数値が載っていたので紹介したいと思います。

 以下は中国政府が発表した2011年〜2013年のGDP値です。
 実質GDPとは、名目から物価上昇分を引いたものです。

【公式発表のGDP】
   GDP(実質) 物価上昇 名目成長 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2011年  9.3%  5.4%  14.7%  
2012年  7.8%  2.7%  10.5%  
2013年  7.8%  2.6%  10.4% 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 吉田さんによればGDPの実質成長が本当に7%〜9%なら、個人の所得の増加も実質8%あり、企業の利益では、前年より30%〜40%は増えるといいます。
 そして7%〜9%の成長が本当なら、不動産価格の低迷と下落は起こらないといいます。実際のところ、中国政府の経済対策が切れはじめた2011年、2013年は、不動産価格は上がらず、70都市のうち、30から40都市では下落したといいます。
 また企業利益が本当に30%や40%も増えているなら、株価指数がリーマン危機の安値に下がることもないといいます(上海総合指数は2014年6月には、リーマンショック時と同じレベルの2000近くに下落していました)。

 また金利との関係で、名目GDPの10%以上の増加はあり得ないといいます。
 名目GDPの増加が本当に9%(実質7%+インフレ2%)なら、住宅ローン金利は、政治的に下げても変動で8%付近、固定では10%なければならないそうです。
 しかし住宅ローン金利(中国銀行)は、変動で2.4〜3.0%、固定型で3%だそうです。金利は、政府公表の名目GDPの増加率(9%程度)に比べ、極端に低いといいます。

 つまり、中国政府が発表するGDP値は、相当に下駄を履かせたものというわけです。
 ここで吉田さんが、各種の指標から推計した中国のGDP値を紹介します。

【推計のGDP】
   GDP(実質) 物価上昇 名目成長  不動産価格上昇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2011年  5%  5.4%   10.4%    5%
2012年  4%  2.7%    6.7%    0%
2013年  4%  2.6%   6.6%   15%(政府対策)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 このように吉田さんの推計では、中国政府が発表したGDP値は4%ほど下駄を履かせたものとなっています(吉田さんのメルマガでは、数値と計算式できちんと説明されているのですが、それを載せると量が多くなってしまうので、ここでは簡略化のため結論だけ引用させていただきました)。

 ベンジャミン・フルフォード氏のメルマガにも、中国のGDPが7%成長など「嘘八百」だという記事が載っていました。
 「中国国内の「電力消費量」や「鉄道貨物輸送量」、「新車の登録者数」、「不動産価格」、「生産設備投資動向」、「インフラ投資動向」、「鉄の価格動向」…等々の動きがそれぞれ失速、もしくは衰退しているところを見ると、今の中国経済は明らかにゼロ成長か、もしくはマイナスの領域に入っている」
 と、いいます。
 以下は、そのグラフが載っているサイトです。

http://www.zerohedge.com/news/2015-08-06/analysts-give-man-made-china-data-its-fantasy-no-one-believes


 吉田さんが推計するように中国のGDP伸び率が実質4%だとしても、この数字をどう見るかです。
 日本やアメリカのように実質ゼロ成長の国からすると、4%も成長しているという評価もできます。
 しかし吉田さんは、中国は生産年齢人口が2010年代から増えなくなり、2015年からは減少に入るという、ルイスの転換点を迎えたと指摘しています。つまり今後中国の成長率は確実に落ちていくということです。
 なりふり構わぬ株価対策や、突然の元の切り下げなどを見ていると、切羽詰まった中国政府の姿が浮かんできます。
 中国政府は、今後も厳しい経済運営を強いられることになりそうです。



金暴落の可能性...2015年8月2日

 最近私は、金(キン)や銀の相場に注目しています。

 以下、ジョセフ・ティテル氏の2015年予言の一節です。

・金と銀は下落する。銀は長期的には非常によい投資対象となるだろう。4年から8年間で銀は80%から400%も上昇する。一方金は40%から200%の上層幅になる。ということでは、いま銀に投資するのが賢明だ。

 私は年初に発表された、この金や銀が長期的には非常によい投資対象となるというジョセフ・ティテル氏の予言に注目していました。
 また、その金や銀が一時的に下落するとなれば、これは良い買い場になるということで日々欠かさず値動きを追っていました。
 すると6月末から金も銀も急速に値を落としてきたのです。
 以下は、NY金の週足のチャートです。矢印は私が付けたものです。6月末から値を落としていることがわかります。





 NY金が急落したとき、当初は上海株の暴落が引き金ではないかという説が流れました。
 上海株は2014年の年末から値を上げ始め、今年の6月末には5178ポイントの高みにまで達しました。それが暴落を開始したのです。
 上海株は中国の個人投資家が8割を占め、その個人投資家がめいっぱい信用取引で相場を張っていたといいます。その個人投資家が株の暴落により追証に追い込まれて、穴埋めに金を売っているという情報がネットで流れました。
 これがNY金が下がった理由だというのですが、それだとおかしな点があります。
 金だけでなく、銀や原油まで急落しているからです。中国の個人投資家が、株だけでなく、原油を大量に買っていたという情報は聞いたことがありません。
 たしかに上海の金市場で急落を開始したのが始まりなので、金下落のきっかけとなったのは間違いないかもしれません。
 一般的には、中国の経済成長にブレーキが掛かってきたので、鉱物資源や原油などのコモディティと呼ばれる商品市場が下落していると説明されているようです。

 ただし、どうもそれだけはないようです。
 私はベンジャミン・フルフォード氏のメルマガを取っているのですが、フルフォード氏のメルマガに金下落に関する興味深い情報が載っていました。
 2006年に米政府がデータ集計を開始して以来、初めてのことが起きているというのです。
 ヘッジファンドと呼ばれる世界的な投機家集団が金を一斉に売り崩しに掛かったようなのです。以下のサイトは、ヘッジファンドの金のポジションが初めてマイナスになったことを示すチャートが載っています。

http://www.zerohedge.com/news/2015-07-24/has-never-happened-gold

 さらにフルフォード氏によれば、金先物市場で大量の「売り注文」を出して金価格が下がったところで、それら「売り注文」を実際に現物を売る前にキャンセルするという違法行為が行われているといいます。
 明らかに、金を下落させようとする市場操作が行われているようです。
 ではなぜ、金を下落させようとするのでしょうか。
 フルフォード氏は以下の2つを考えたようです。

@既に大量の金の現物を持っている中国などへの金融攻撃。

A金の価格を下げて、自分たちが現物商品を蓄えたいため。

 フルフォード氏によれば、Aのケースの場合は仕掛け人はドルやユーロの発行権を持っている人間達で、その発行権を失ってしまう前に、市場を操作しながら出来るだけ多くの金や銀、銅などの現物商品をかき集めようとしているといいます。

 私もAの方にリアリティを感じます。
 もしAだとすると、金はこれから大暴落する可能性があります。
 そして下がり切ったところから、今度は急ピッチで上昇することになるはずです。
 投資家として世界的に知られるジム・ロジャース氏は、NY市場で1トロイオンス1000ドルを切ったら、金を買うと明言しています。そしてその時期は数年以内に起こるだろうと言っています。
 私はAのケースであれば、1トロイオンス1000ドルを切るというのは通過点に過ぎないと思います。1000ドルを切ったら、さらにどんどん下がるとふんでいます。おそらく金の歴史的な買い場になるだろうと思います。

 話は脱線しますが、6月末からの中国株の大暴落に関して、増田俊男氏が興味深いことを言っていたので紹介したいと思います。
 去年から中国株を大々的に買い上げてきたのは、ジョージ・ソロス氏を筆頭とした世界のヘッジファンドだったといいます。そしてそれを6月末から、一斉に売り浴びせたというのです。
 今回の中国株の大暴落は、すべて事前に計画されていたというのです。
 その理由として、増田氏は2つ挙げています。

・IMFではすでにSDR(特別引出権)の通貨として、元を組み込むことを決定しているが、アメリカの拒否権によって阻止されている。
 中国株の暴落を阻止するため、中国政府は大口の株主に半年間、売りを禁止する措置をとったり、空売り犯を探すなど、露骨な市場介入を行うことになった。
 これにより露骨な市場介入を行うような国の通貨をSDRに加えるのは問題があるというアメリカの主張が正当化される(元をSDRに加える時期を先延ばしできる)。

・FRBのイエレン議長は、年内に金利を上げることを何度も匂わせている。これにより世界の市場関係者は、アメリカが金利を上げるのは9月か12月かと、固唾を飲んで見守っている。
 しかしFRBの本音は年内には金利を上げたくない。
 そこで中国株の暴落という金融市場での不安定要素を理由にして、金利を上げるのを年内から先延ばしする。

 なかなか面白い解釈です。
 ご判断は、読者にお任せします。

 話を金に戻します。
 私が金の現物にこだわるのは、いずれ近いうちに世界的な金融の大変動が起こると読んでいるからです。
 それは2008年のリーマンショックを遙かに上回るものになるだろうと思っています。その際に庶民の資産を守るのは、金(ないし銀)の(先物やETFではなく)現物しかないと思っているからです。
 リーマンショック後に何もせず放置したら、世界的な大恐慌が起こることは必至でした。
 それを阻止するために、ドル、ユーロ、円が大量に刷られることになりました。こうした国の通貨は、金のような実物資産に対して大きく価値を減らす時が必ず来ると思っています。
 ですから金(や銀)の現物を持つことは、お金を儲けるための投資というよりは、むしろ資産防衛の意味合いが強いものです。

 ところでジョセフ・ティテル氏は、金よりも銀の方を勧めています。
 しかし調べてみると、同じ重さで銀は金の70分の1の価値であり、例えば金で1kg買える値段で銀だと70kg買えるということです。
 現物を持つべきだという私からすれば、銀を買うのはいいのですが70kgを運ぶのは大変だし、保管する場所のことを考えるとちょっと考えてしまいます。
 また銀は変色してしまうので、保管方法も工夫する必要がありそうです。もちろん適切な保管方法があり、格納場所があるという方は問題ありません。しかし私の場合は、狭い住処に重い物を保管するのは無理があるので、銀は諦めて金にしようと思っています。

 金の大暴落は、あくまでも可能性の範囲であり、絶対に起こるとは言えません。
 それゆえ私は、これからしばらくはNYの金相場をじっと注視する日々になりそうです。



お爺ちゃんセッション(34)...2015年7月25日

 今回も千さんのお爺ちゃんセッション(注0)から、3つほど話題を拾って紹介します。

松果体の大きさ

 以前、記事に書いたことがあったのですが、ゲリースクールの同級生のOさんの松果体にまつわる話を再度紹介します。
 Oさんは頭痛に悩まされるようになり、街の医者に診てもらったのですが原因がわかりません。そこで大学病院を紹介してもらい、精密検査を受けることになりました。
 大学病院で何度も検査を受けてやっとわかったことは、Oさんの松果体が大きくなっていたことでした。これがOさんの頭痛の原因だったのです。
 大学病院は、松果体を小さくする治療法はないので、手の施しようがないと言ってきたそうです。

 私は、せっかく大きくなった松果体を、なぜ小さくする必要があるんだと突っ込みたくなりました。
 原因を突き詰めることなく、ただ症状を和らげることだけに専念する対症療法にどっぷり浸かった、(それこそ病理的な)現代西洋医学の貧しい発想でしょう。まあ、それはいいとして、私にとって、このOさんの体験は大きな意味を持つことになりました。
 それは、人間の松果体というものが、大きくなるという事実を知ったことです。
 Oさんに起きたことは、もしかしたら私にも起きるかもしれないということです。

 現代人の松果体の大きさの平均は、直径8〜9mmと言われています。
 古代の縄文人は直径30mmもあり、それゆえ縄文人はテレパシーで会話できたという話もあります。
 現代人の松果体は、ほとんど機能を失って萎縮しているうえに、石灰成分や水銀等で汚染されてしまっているといいます。
 まず私は、千さんのお爺ちゃんセッションで私の松果体の様子を聞いてみました。すると直径8〜9mmで、やはり石灰成分や水銀で汚染されているということでした。
 当たり前ですが、私の松果体は現代人の平均そのものでした。

 まず私は、体内から石灰成分や水銀などの有害成分を排除するデトックスから始めることにしました。そして日々のスピリチュアルのワークを続けました。これにより私の松果体は、順調に成長していくことになりました。
 直径8〜9mmから出発した大きさは、現在は28.2mmになったと言われました。
 とはいえ完全な球形ではなく、ラグビーボールのように長径と短径があるそうです。28.2mmは長径の方です。もし28.2mmの球形だとしたら、体積は直径の3乗に比例するので、約36倍の大きさになったことになります。
 これを読まれていて松果体の成長に興味のある方は、Oさんと私に起こったことは自分にも起こり得ると信じて、チャレンジしていただければと思います。

 つい先日ですが、Oさんと話していて松果体の話題になりました。
 松果体が成長する過程で、私が孫悟空の頭に付いている輪っかに締め付けられているような感じだと言ったとき、Oさんもまさにそうだと言っていました。
 松果体の成長を目指している方は、頭が締め付けられている感じがしたときは、松果体が順調に成長していると思って励みにしていただければと思います。

 そんな松果体の成長が原因かはよくわからないのですが、先日面白い体験をしました。
 仲間との飲み会の店に行く道で迷ってしまったのです。
 ホットペッパーのサイトで店の地図をプリントアウトして行ったので、普通なら迷うはずがないのですが、迷ってしまいました。
 後でわかった原因は、地図の道案内が間違っていたことでした。地図には駅を出て右に曲がると書いてあります。それで右に曲がったのですが、本当は左だったのです。
 このままだと約束の時間に遅れてしまうと思い、私は人に道を聞くことにしました。駅のすぐ傍で大勢の人がいたので、聞く人がいなくて困ることはなさそうでした。
 すると私の目に、大きなビルの駐車場で車の整理をしているおじさんの姿が飛び込んできました。車の整理をしているぐらいですから、地理にも詳しそうです。
 そこでおじさんに住所を見せて、店の場所を聞いてみました。するとおじさんは地元にも関わらず、よくわからないという風で首をひねって、う〜んと唸っているのです。
 すると、なんとそこに佐川急便のお兄さんが通りかかったのです。さっそく佐川急便のお兄さんに聞いたところ、一発でわかりました。さすが道のプロです。
 でも、いくらなんでもタイミングが良過ぎます。
 私は千さんに、これは私の霊的なガイドが導いたのか、それとも私が佐川急便のお兄さんが通りかかる場所を直観で見つけたのか聞いてみました。
 すると私が直感で見つけたそうです。
 そして面白いことに、それを霊的なガイドがニコニコしながら見ていたそうです。ガイドからすれば、「ほほう、なかなか直観が使えるようになったのう〜」というところでしょうか。

 そのおかげで、店には一番乗りでした。
 最後に遅れてきた仲間は、道に迷ったと言っていました。ホットペッパーのサイトで店の地図を確認して来たら、道に迷ったというのです。
 私は思わず苦笑してしまいました。


宝くじ

 私の松果体が成長した一番の原因は、松果体活性化装置であるピネアル・マジスタを毎日欠かさず掛けているからだと思っています。
 そのピネアル・マジスタの仕様書に、アファメーションを行う方法が書いてあったので、面白いと思いやっています。
 これはピネアル・マジスタを掛けながら、(自分の声で)実現したい願望を録音したものをヘッドフォンで聞くというものです。

 その実現したい願望の中で、宝くじを当てるというものを入れて、本当に当たるか試しています。
 私が買っているのは、毎週のBIGと、季節ごとに巡ってくるサマージャンボのような普通の宝くじです。実験を始めて1年4ヶ月になりますが、BIGは7回当たりました。7回当たったと言っても、最低で540円、最高で1740円ですから、なんともしょぼい金額です。
 普通の宝くじの方は、連番で買うと最終末尾の数字で300円当たるのは勘定に入れないとすると、この前3000円が当たりました。毎週のBIGに比べると、確率的には、こちらの方が高いかもしれません。
 しかし、どちらにしろ当たった最高額が3000円では、寂しい限りです。
 千さんに聞くと、そのうちン億円とはいかないまでも、ン千万円なら当たる可能性は十分にあると言います。
 そんなことを言われてしまうと、1年で止める予定だったのですが続けざるを得ません。
 BIGなら1回600円で月に2400円だし、季節の宝くじでも3000円しか買っていなかったので、生活費を脅かすほどの出費ではありません。そんなわけで、もうしばらく続けることにしました。

 ただ私は手応えは感じていて、金額はしょぼいけれども、とにかく当たるというのが大事という気がします。
 BIGは7回当たり、季節の宝くじも3000円が当たったのです。これはピネアル・マジスタの効果であることは間違いないと思います。

 私は今、田舎に土地を買って野菜を育てたいと思い、物件を探しています。
 そうなると先立つものが必要です。なんとか土地が買えるぐらいの金額が手に入らないかと思っています。
 短期間にまとまった額を手にするというと、多くの方々は投資で成功することを考えられると思います。私も千さんに、土地を買う資金を株やFXなどの投資で稼ぐ方法についても色々質問しています。
 千さんに私が資金を稼ぐ方法として、投資と宝くじを比べると、どちらが可能性が高いか聞いてみました。
 私は内心は、投資という答えが返ってくると思っていました。やっぱりなんと言っても、投資の方が実現性が高いように思えたのです。
 しかし返ってきた答えは、宝くじの方でした。今の私には、ピネアル・マジスタの効果の方が大きいようです。
 それを聞いて今回のサマージャンボは、ここが勝負どころと思い、普段の4倍の1万2000円分買ってしまいました。
 今度こそ、千の単位でなく、万の単位の額を当てたいところです。


未来の存在達

 千さんのセッションで、私は時々、私の処に来る霊的な存在について聞いています。
 あるセッションでそれを聞いたら、未来の存在達が来ていると言われたのです。
 一人は姿形がカエルそっくりな人、もう2人は蝋(ろう)人形みたいな人だといいます。
 そして私を含めて4人で、なにやら深刻そうな会議をしているというのです。それを遠くから我が家の妖精達が、どうなっちゃうんだろうという不安そうな感じで見ているそうです。

 千さんに会議の内容を聞いて、深刻の意味がわかりました。
 4人で「End of Time」について議論しているというのです。カエルが、「今なら、まだ間に合う」と言っているそうです。
 蝋人形の一人は、「より正しい情報を(人々に)伝えること」と言っているそうです。

 「End of Time」とは私がたびたび取り上げてきたテーマで、近々人類を襲うであろう禊(みそぎ)のことです。
 地球は1万3000年周期で大変動を繰り返しており、1万3000年前はポールシフト(地軸の移動)によりアトランティス大陸が1日で海中に没するという地殻大変動が起こったといいます。
 神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんによりますと、アトランティス文明は現代より遙かに科学技術が進んでいたのに、ほとんどの人々は地球に大きな変動が起こることは知っていたけれども、具体的に何が起こるか知らなかったといいます。
 それゆえ時期が近づいてくると、人々は恐怖におののいたといいます。
 そして大陸が海中に没すると同時に、ほとんどの人は死を迎え、生き残った人はわずかだったといいます。
 今回はそうした反省から、できるだけ情報を人々に知ってもらい、その時期に備えてもらおうとなったそうです。

 カエルが「今なら、まだ間に合う」と言った意味は、このままだとアトランティスと同じことが起こってしまうということです。
 人々に情報が伝わり、多くの人々の意識が変わることによって、地球の大変動を劇的なものから穏やかなものに変えることができます。カエルは、今ならまだ人々の意識を変えることができると言っているのです。

 私は当初は、未来から来たというカエルや蝋人形は今の地球のタイムライン上の存在ではないと思っていました。
 カエルや蝋人形という化け物のような存在が地球に住んでいるというイメージがなかったからです。すると千さんは、彼らは今の地球の未来の存在だというのです。
 つまり未来のシフト(変容)した地球には、地球人だけでなく他の星々からの知的生命体が一緒に暮らしているというのです。
 そうした存在が、このままいったら悲劇的な結末を迎える人類をできるだけ救おうと、来ているということのようです。

 カエルとか蝋人形といった例えは失礼だと思うので、ここで千さんに聞いた彼らの名を書きます。

・カエル  → アクト
・蝋人形1 → デビス
・蝋人形2 → サニータ
・蝋人形3 → ラシンパ

 蝋人形3のラシンパとは、(千さんは異常に背が高いと言っていましたが)書記の役割をする人で、4人の会議の議事録を作って未来に報告する人だそうです。

 私は会議に参加している一人なので、会議の内容を知っているのかというと、そうではありません。
 私の魂のハイヤーセルフが会議に参加しているのです。それゆえもし私がハイヤーセルフと意識の太い繋がりを持っていれば内容がわかるのですが、今の私は残念ながらそんなレベルではありません。
 しかし私は、未来の存在達から情報を得て、現代の人々にそれを伝える使命があるといいます。
 そこで私は千さんに未来の存在達にアクセスする方法を聞いてきました。それをすればすぐアクセスできるというものではありませんが、千さんは出来るようになると言ってくれました。時間は掛かるかもしれませんが、根気強く続けてみようと思っています。

 なにしろ未来の存在達なのですから、今の地球がこれからどんな運命を辿るか正確に知っているはずです。
 実をいうと、私は「End of Time」は人類にとって比較的穏やかなものになるのではないかという、根拠のない楽観論に浸っていました。
 しかしカエル(いや失礼、アクト)達が現れたということは、このまま行ったら相当にやばいことになると思った方がよさそうです。



変容を促す食べ物...2015年7月15日

 これまで当HPでは、食に関する記事を色々と紹介してきました。
 デトックスに関するものや、食の安全性に関するものなどです。それらは、ジャーナリストや医療の専門家などの意見を参考にさせていただきました。
 今回はちょっと毛色が違い、スピ系の本で推奨されている食べ物について紹介したいと思います。

 まず、食べ物そのものではないのですが、調理器具である電子レンジの話題から始めたいと思います。
 去年の10月ですが、私は神秘家ゲリー・ボーネルさんのWSに参加しました。そのWSの最後で、ゲリーさんは電子レンジについて触れたのです。
 参加者に、電子レンジが危険だと思う人は手を挙げるように言ったのです。当然私は手を挙げました。しかしその数は非常に少なく、参加者の1割にも満たない数でした。
 ゲリーさんは、電子レンジの安全性/危険性について意見を聞く場合は、その人の背景を知ることが大事だという意味合いのことを言っていました。
 例えば、安全だという人は電子レンジを作っているメーカーの人だったり、危険だというのは、電子レンジと競合する調理器具を作っている人だったりするわけです。
 この背景を知ることが大事だという意見はもっともだと思うのですが、次にゲリーさんが言ったことに衝撃を受けました。
 ゲリーさんは、電子レンジは安全だと言ったのです。
 私は、てっきりゲリーさんは電子レンジは危険だと言うと思っていたので、とても驚きました。
 ゲリーさんは電子レンジが安全だという研究報告があると言うのです。
 しかし私から言わせると、電子レンジを作っているメーカーであれば、そういった研究報告などいくらでも作れるはずです。大事なのは、その研究報告がどういう背景の人によって書かれたかということであって、今まさにゲリーさんがそれを指摘したのではなかったか・・・、と突っ込みたくなりました。

 例えば医薬品に関する研究報告では、捏造が横行しているという話もあります。
 特に利権が絡んでいる場合はなおさらです。最近ではノバルティスファーマの高血圧の薬であるディオバンのデータ捏造が話題になりました(私はディオバンのケースは氷山の一角だと思っています)。。
 もちろん電子レンジが危険だという私の意見が正しいと主張するつもりはありません。
 それは読まれた方の判断にお任せします。

 私が重要視するのは、例えば旧ソ連において、電子レンジを国家として禁止したというような事実です。
 ソ連は一時期はアメリカと東西冷戦を展開していたほどの軍事国家でした。科学技術がそれなりに発達した国家が危険だとして禁止したという事実は、いくら安全だという研究報告があっても私にとって重いのです。
 電子レンジには、何かとても身体に良くないものがあるのではないか、という疑いを私は強く持っています。

 では『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』(パトリシア・コーリ著、徳間書店)から抜粋して紹介します。
 これは(霊的な)シリウスの存在をチャネリングして書かれた本です。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p32〜p34から抜粋開始>・・・

 電子レンジが及ぼす健康と環境への影響

 とりわけ電子レンジは最悪です。広告の謳(うた)い文句では、安全性が保証されているものの、実際には危険なほど高レベルの電磁波を放射します。長期間にわたる影響は、不妊症・癌(がん)などの急性の不調を身体にもたらす可能性もあり、実のところ、これこそが、これらの特定の病気が西洋文化圈において、憂慮すべきほどに増加している最大の要因です。
 電子レンジによる電磁波の放射は、宇宙にまで到達しており、他の惑星にまで不調和をもたらしています。あなた方は、銀河系を汚染させています。つまり、他世界の環境の妨げになっているのです。それは、本当に許されざるべき行為です。
 なぜ、あなた方は、電子レンジという恐ろしい代物がなければ生きていけない、と信じているのでしょうか? 電子レンジは、これでもかと言わんばかりに、あなた方の家・環境・その範囲を超えて電磁波を撒(ま)き散らしています。それは、食物の分子構造を変化させることによって機能するわけですが、その仕組みを簡単に言うと、分子は互いにぶつかり合い、その衝突によって発熱し、食品は、即座に『調理』されたことになります。
 もうひとつ、あなた方が十分に考慮していない潜在的な懸念があります。この点について、特に電子レンジの広範な使用に焦点を当てることによって、健康と環境について、自覚を持ってしっかりと集中して考えてください。食品を加工したり保存したりする際に使用される薬剤やホルモンが、分子構造の変化を経ることによって、一体何が起こるか、理解しているでしょうか?
 栄養価値の損失よりも、さらにダメージが大きいのが、添加物・薬品・ホルモンの毒性が、分子の変化の過程によって、不安定な状態になることです。
 その長期的な影響は、あなた方がそれを想像するよりも前に、あなた方の身体と精神に影響を及ぼしてしまっていることでしょう。『死んだ食品の中に潜む不安定な化学物質』−−−これが、あなた方が身体に食物を与え、育むために意図したことでしょうか?
 あなた方は、電子レンジは時間の節約の王様だと、合理的に考えているのでしょうが、私たちはそんなあなた方に質問したいのです。なにをそんなに急ぐ必要があるのですか、と。これまで、自分に訊(たず)ねてみたことがありますか?
 実のところ、あなた方は最新の時間節約のテクノロジーを買い占めるかのように、「充分に時間がない」という概念を、潛在的に植えつけられてしまったのです。そして、皮肉にも、あなた方はそのテクノロジーで『リアルタイム』の中で、活動していると信じているのです。時間節約のために(テレビ・ビデオ等を、より長時間見ることができるように)、電子レンジ食品(あなた方のエネルギー源)の誘惑に負けてしまうことは、地球での人生の『今』をシンプルに経験するという豊かさを自分から剥奪(はくだつ)することになる、ということについても考慮してみてください。
 あなた方は、俯瞰(ふかん)的に物事を見ることを邪魔されて、企業のいいなりの標的に屈することに甘んじているのです。こうした意味では、『リアル(現実)タイム』には、実に『非現実的』なところがあります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 船瀬俊介氏だったと記憶しているのですが、電子レンジを作っているメーカーの人間に聞いたら、「電子レンジだけは使わない方がいい」と言われたといいます。
 おそらくそのメーカーの人間は、危険だというデータを持っていると思います。しかし公表すると電子レンジが売れなくなるので、公表できないのだろうと思います。

 私の母の話で恐縮ですが、私の母は肺癌で亡くなりました。
 しかし母は、一切の加工食品を食べない人でした。八百屋や魚屋で買ってきた食材を全部自分で調理して食べていました。さらに昔の農家出身らしい、肉の少ない和食中心の食生活です。
 それゆえ遺伝子組み換え食品を口にすることもなく、また肉や加工食品に含まれる発癌性の化学物質は摂取したとしても、とても少なかったはずです。
 私は、そんな母がなぜ肺癌になったのか考え込んでしまいました。
 そして私が思いついた原因の一つが電子レンジです。
 母は便利だということで、ほぼ毎日冷めたご飯やおかずを、電子レンジで温めて食べていました。
 もちろんこれは私の勝手な推測に過ぎませんが、私は母の肺癌の原因の一つは、電子レンジだろうと睨んでいます。

 電子レンジではないのですが、最近は農作物の賞味期限を延ばすためと見栄えを良くするために、放射線を照射するというのが行われているようです。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p35から抜粋開始>・・・

 最近では、食品業界は、八百屋やスーパーでの賞味期限を延ばすために、新鮮な見た目を維持する目的で食品への放射線の照射を開始しました。こうした食品も栄養学的には”死んで”います。瑞々(みずみず)しく見えるイチゴは、その鮮やかな色彩と輝くツヤをずっと長く保てるようになった代わりに、食品に含まれるはずの生きた酵素や栄養素はすべて破壊されています。食品が熟すよう働く酵素(生きている成分)の作用を阻止することで、腐敗を抑止するのが、その戦略です。食品の販売期間は延び、あっという間に企業の利益は増えます。放射能汚染された食品が人間に及ぼす有害な悪影響に対する懸念は、そうした技術を開発する側、あるいはそれを認可する政府の規制機関にとって、ほとんど眼中にないのは明白です。
 これからは、自分の健康と栄養は、自分で管理しなければならないようです。あなた方が、百パーセント信頼できる行きつけのスーパーに行き、そこに陳列されている果物や野菜の新鮮さに感心し、一番大きくて一番瑞々しい商品を選ぶことが身体にとって一番いいことだと信じて、カートを押して歩くときには常にこのことを頭に入れておくべきでしょう。
 環境から浴びている電磁波攻撃で、もう十分ではないですか? 放射能汚染された食品を摂取し、消化器官から血液やリンパ組織に取り込むなど、御免こうむりたいに決まっています。あなた方は、地元のコミュニティーの人たちと結束して、放射能汚染された食品をボイコットし、毒素の摂取を拒否することができるのです。そうすれば、放射能汚染された食品は陳列棚から姿を消していくでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 さて電子レンジに関する話題が長くなってしまいました。
 やっと本題の変容を促す食べ物について触れたいと思います。
 本では「ライトボディを覚醒させる」と言っていますが、変容と意味は同じです。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p105〜p110から抜粋開始>・・・

 ここで、地球の歴史において、多くの人に知られていながら実際習得できたのは偉大な者に限定された、錬金術的な秘法を紹介します。ライトボディを覚醒させるための最も重要な公式の情報は、ずっと前からあなた方の目の前にありましたが、今、私たちが明らかにしましょう。
 ご存じの通り、植物は光合成のプロセスで光を葉から吸収します。生の果物と野菜を採り入れることによって、消化器系統がこの光を引き出して吸収しますが、最も重要なのは、腸の暗闇を通って、その光が細胞と反応し、光の保持者であるあなた方の生命力である『精神(ka)』を満たします。産業化がより発展したあなた方の文化は、食べ物のスピリチュアルな重要性を大きく誤解しており、美的感覚、喜び、感情面の満足感、習慣のためにも広く利用しています。ここで、理解すべき鍵は、あなた方の身体の各細胞に必要な光の周波数を満たすためにも食物を摂取すべきだということです。

 生命の源のエネルギーは光

 あなた方の生命の源、あなた方のエネルギーは光です。光は肌、目、そして何よりも食べ物によってあなた方の身体に入ります。あなた方はテクノロジーと商業化のために、どんどん地球から乖離(かいり)していくと同時に、食べ物が物質的な自己だけでなく、スピリチュアルな自己をも満たすものだという、食べ物が供給する栄養素の真の意味を放棄し、忘れるようになってしまいました。
 あなた方の食べ物に対するアプローチと理解では、たくさんの人たちが果物と野菜を、生命(=重要な光)が無くなるまで調理する傾向があることに気づきました。必要な化学物質(必要というのは、身体を完璧に機能させるためだけでなく、脳の松果腺を開くためにも必要)は、主に生の果物と野菜、穀類、ナッツ類に含まれています。生で、加工されていないこれらの物は、食物連鎖の一番下にあり、光を供給する完璧な食品です。あなた方がガイアの土に近かった頃には、あなた方も理解していた自然が意図していた食べ方です。アセンションの準備において、食べ物に関して一刻も早く採用すべき簡単な規則は以下となります。

アセンションのための食べ物のとり方

・死んでいる動物の肉を食べないこと。
・人工の色素・味、化学食品、加工ビタミンを摂取しないこと。
・穀物、種(たね)、果物、野菜など、食物連鎖の一番下位のものから、健康で未加工のナチュラルな食品を選ぶこと。
・抜本的に食品の調理法を切り替える。具体的には、食事の6〜7割を、生野菜と生の果物にする。理想的なのは、木や植物から直接取って食べること。
・電子レンジを絶対に使用しないこと。
・有機的な食品を食べる。さらに良いのは、自分で育てて食べる。植物は愛によって、さらに多くの光で応えます。全ての生き物は愛によって繁栄します。
・種、豆、食物繊維類も取り入れる。
・食べるものを祝福し、光で囲む。
・飲料水に含まれているいくつかの汚染物質は、二酸化ケイ素で中和することができます。ガラスのボトルにポイントのある水晶(クォーツ)を入れ、そこにろ過した水を入れて一晩置く。

 緑色で大きな葉っぱの有機野菜を生で食べることを、光と生命を即座に身体に吸収する方法だと考えてみませんか?
 種(特にヒマワリの種)は、その凝縮度から、とても高い周波数の光を含み、身体に大切な栄養素と生化学成分を供給するので、最も有益な食料源のひとつです。ナッツ・種・豆はあなた方が入手できる食品の中で、加工と化学的な変化の度合いがもっとも低い食品だとみなしてください。これらの食品は光を血流に採り入れ、腸の暗い管を通り、『精神』を強化します。ナッツは、焼いたり、塩をまぶしたり、化学的に変化した油や味付けで加工されたりしたものは、純粋な性質が破壊されているので、自然のままで食べることを楽しみましょう。味付けされているものは、大抵化学的に加工されていますが、このプロセスは光を破壊するのです。
 有機農園は今後10年間、あなた方のプロセスにとって不可欠となります。大量生産されている果物と野菜に使用される殺虫剤や殺菌剤は身体に毒素を造ることになり、ある意味食品から得られる栄養素を無効にしてしまうからです。虫にとって美味しそうに見えるものは、おそらくあなた方にとっても健康的なので、数匹の虫があなた方のレタスやトマトを食べていても、心配しないでください。虫がいるということは、毒素や殺虫剤が入っていないという証拠なので、彼らをメッセンジャーとして歓迎するのが賢明です。栽培方法で、あなた方の有機農園は、ある程度虫たちと距離を保つことができるはずです。
 農園の周囲をニンニクの芽で囲むと、たくさんの虫たちが好まない臭いの壁ができ、虫たちが入らなくなります。生のニンニクを食べることで蚊に剌されないこともご存じでしょう。奇跡の食べ物であるニンニクは、あなた方の身体にとって、もっとも有効な自然の消毒剤のひとつであるだけでなく、身体のバランスと健康を保つうえで、数々の機能を果たします。
 繰り返しになりますが、肉は身体・心・精神にとって有害です。肉にナイフを入れるたびに、あなた方は、『暴力的な死』を自分の存在に入れています。それは、あなた方が覚醒させたいと望んでいる身体に、古くて、死んだ肉を食べさせる行為だということを、覚えておいてください。
 この矛盾の皮肉さに気づきましたか? 恐怖で怯(おび)えて死んだ動物が発した、過剰なアドレナリン、そして明らかに生産量を増やすために使用された人工的に成長を促すホルモン・毒性の化学物質・加工された遺伝子によって、身体を総攻撃します。死骸を食べている細菌や微生物の詳細を話して、あなた方を怖がらせることまではしませんが、それについても、頭に入れておくといいでしょう。
 そして何にもまして有害なのは、暗闇と密度を身体に採り入れることです。金(ゴールド)ではなく、鉛を採り入れるのです。まもなく市場に出るであろうクローン動物の肉を食べると、複雑な遺伝子変質も身体に取り入れてしまい、これは間違いなくあなた方をさらに高密度へと縛りつけることになります。
 私たちが言わんとしているのは、もっとも暗い食物である死んだ肉は、あなた方の消化器系統を塞(ふさ)いでしまうので、それを取り除いてはどうか、ということです。その密度が、あなた方のライトボディへのワークの邪魔をしていることに気づいたとたん、おそらく肉に対する欲求が自然に薄れていると感じるでしょう。あなた方の多くは、肉に興味がなくなってきたことにすでに気づいてはいても、実はこれが人類にとって進化のひとつの段階であることには、気づいていないかもしれません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はこれまで松果体の活性化のために、食事を変えてきました。
 その具体的な内容をこれまでたくさん書いてきました(詳しい内容に興味のある方は過去の記事を読んで下さい)。
 そしてわかったのは、松果体の活性化に一番良い食事法はロー(生の)フードだということでした。なるべく新鮮で汚染されていない、野菜や果物を食べるのが中心です。穀物は農薬や肥料を一切使わない木村秋則さんの自然栽培方式の玄米です。
 また(外食は別として家では)牛・豚・鶏などの肉類は一切食べません。蛋白質は次亜塩素酸ナトリウムで殺菌消毒されていない魚で摂るようにしています。
 そして上記の記事でも書いていますが、種やナッツ類は酒のつまみに最高で、毎日食べています。
 ローストしていない生アーモンド、ヒマワリやかぼちゃの種、有機レーズンなどです。

 上記の記事を読んだときの感想は、松果体の活性化のために変えた私の食事そのものだったということです。
 これは考えてみれば当然な話だと言えます。変容のためには、松果体の活性化が不可欠だと思うからです。
 これは私の持論ですが、変容の第一歩は食事を変えることです。



潰された千島学説...2015年7月5日

 当HPでは、2015年3月11日の記事「ベンジャミン・フルフォード氏が推理するSTAP騒動の顛末」で、STAP理論が意図的に潰されたというベンジャミン・フルフォード氏の説を紹介しました。
 これから紹介するのは、その第2談ともいうべき話です。

 小保方さんのSTAP細胞騒動で日本中が湧きかえった現代から、なんと70年以上前に体細胞に変化する万能細胞を”発見”した学究がいました。
 それが千島喜久男氏で、戦前の九州大学農学部でのことです。

 まず『STAP細胞の正体』(船瀬俊介著、花伝社)によって私が理解した千島学説を、簡単に紹介したいと思います。
 千島学説は歴史的な8つの発見をしたとされていますが、その中で特に重要と言われる3つの発見を紹介します。

@腸管造血説
 現代科学では、血は骨髄で造られるというのが定説になっています。しかし千島学説では、正常な状態では血は腸絨毛(ちょうじょうもう)で造られると主張します。

A血球可逆説
 飢餓、栄養失調、大量出血後、病気のときは、各組織の体細胞が、赤血球に逆戻りする。

B細胞新生説
 現代科学では、細胞は細胞分裂によって生み出されるとしています(ウィルヒョウ理論)。しかし千島学説では、細胞は分裂によって増殖するのではなく、有機物から形成されるとします。

 こうした千島学説を元とすると、以下の図式が可能となります。

 食物 ⇔ 血球細胞 ⇔ 幹細胞 ⇔ 体細胞

 食べた食物が腸で赤血球となり、それが万能細胞となり、体細胞に変化しているということです。これは現代科学が食物が細胞に栄養を与え、それによって細胞分裂で増えていくという理論と全く異なります。
 そして千島学説の画期的なところは、その反応は可逆反応だということです。
 つまり飢餓、栄養失調状態となると、体細胞が血球細胞に戻り、栄養源となって消費されるというものです。
 例えば山などで遭難した人が食べるものが無くなり、ガリガリに痩せて降りて来ることがあります。これは筋肉や脂肪などの体細胞が血球細胞に戻り、生命維持のためにエネルギー源として消費されたことを示します。
 驚かれるかもしれませんが、現代医学ではこの現象を科学的に説明できないのです。なぜなら現代医学は、筋肉や脂肪のような体細胞が血球細胞に戻り、エネルギー源として消費されるという現象を認めていないからです。

 千島教授の一番弟子の森下敬一博士によれば、小保方さんが発見したSTAP細胞は、リンパ球(白血球)だろうとのことです。
 (腸で造られた)赤血球が白血球は血小板になるのはよく知られているそうですが、体内ではこうした血球細胞が体細胞に変化するのは日常的に起こっているけれども、試験管内でそれを再現するのはとても難しいといいます。

 では千島教授がどのように赤血球という万能細胞を発見し、そうした歴史的な発見がどのように潰されたかというエピソードを紹介したいと思います。


 ・・・<『STAP細胞の正体』、p222〜p230から抜粋開始>・・・

 ウィルヒョウの”呪い”に一穴が開いた!

 赤血球が体細胞に変わってる!

 千島は、驚愕事実を発見した。
 「赤血球が他の細胞に変化している……」
 顕微鏡下は、ニワトリ胚子生殖腺の鮮明な影像。その中で血球が、他の生殖細胞に変化する様がはっきり確認できた。1940年、九州大学農学部、研究室での出来事だ。
 生物学に明るくない向きには、なんのことやら判らない。その衝撃は伝わりにくい。
 従来、−−細胞増殖は、細胞分裂による−−というのが定説であったし、今もほとんどの生物学者、医学者は固くそう信じている。あなたは、学校でそう習った記憶があるだろう。それは、次のような定理が、近代生物学から医学界を貫いているからだ。
 「細胞は細胞分裂のみで生じる」(独ルドルフ・ウィルヒョウ著『細胞病理学』1859年)
 だから、赤血球は、赤血球細胞の分裂のみから生じる。一個の赤血球が増殖して無数の赤血球になる。つまり、赤血球は、赤血球以外に変化するはずがない。ところが、顕微鏡下では、赤血球細胞が、あたりまえのように他の体細胞に変化する様が映しだされていた……。
 ウィルヒョウは、近代医学の父と称賛される巨人だ。その彼が打ち立てた根本理論。
 「細胞は細胞から−−」
 以降、近代生物・医学の根本原理として盤石の地位を確保している。それは、もはや近代科学の絶対律である。研究者にとって、眼前に遥か聳える絶壁のようなもの。それに挑むこと、それは学者生命を失うことと同義であった。
 『細胞病理学』発表以降、ウィルヒョウ理論は、近代から現代にかけて、世界のあらゆる文献、教科書の中枢で眩しく輝き続けている。ウィルヒョウのセントラル・ドグマ(中枢教義)だ。
 しかし、その権威に跪拝(きはい)する素振りを見せながら、うつむいて密かにつぶやく研究者たちもいるのだ。
 「”ウィルヒョウの呪い”め……」

 見てはいけないものを見た

 冒頭、「赤血球が他の細胞に変わる」一瞬を目撃。思わず声を上げた主は千島喜久男・九州大学農学部助手。すでに41歳。学位もない遅咲きの学者であった。
 千島は顕微鏡の前で呆然自失した。今、観察したようなことはありうるのだろうか?
 それは、彼が学んできた生物学を根底からくつがえす現象だったからだ。当然、彼が義務教育から大学にかけて学んだのは「細胞は細胞分裂のみで生じる」という絶対律である。
 そこでは−−赤血球が他細胞に変わる−−などという魔法のようなことは、絶対ありえない。
 あってはならない。しかし、千島は、赤血球が他細胞へ変化する様子を目撃したのだ。それは、白日夢では断じてない。彼は研究室の一隅で、声を失い座り込むばかりであった。
 彼は当時「鶏胚子生殖腺」を博士論文テーマとしていた。博士号をとれば、ようやく一人前の学者として社会的にも認知される。当時は日中戦争の最中。さらに太平洋戦争の前年、まさに国土は戦争一色に覆われていた。物資も窮乏のおり、千島は研究材料として比較的に手に入りやすいニワトリの卵に着目したのだ。
 ここでいう「胚子」とは、どんなものだろう?
 生物の卵子と精子が受精して受精卵となる。「胚子」とは、それから8週間までの状態を指す。それを研究する学問が「発生学」である。生物の原初の形態が観察できる。学問的にも重要な分野である。
 千島は顕微鏡で胚子の生殖腺を観察していた。この部位は、次世代を形作る原始生殖細胞(卵子・精子)が存在する。生物学の研究テーマとしては実に興味深い場所だった。

 神が与えてくれた仕事

 実験室で千島は眼をこする思いで何度も顕微鏡をのぞき直した。
 しかし、画面では赤血球が、平然と、他の細胞に姿を変えていく。半信半疑で首をかしげながらも、それが彼の人生を根底から覆すような”大発見”であることなどとは思いもしなかった。しかし、彼は”見てはぃけなぃもの”を見てしまったのだ。
 「生殖細胞は分裂増殖して、子々孫々に伝わるものと学説では言っているのですが、(千島)教授がそこで見たものは、その定説と違った事実だったのです。つまり体細胞の一種である赤血球が、あきらかに生殖細胞へ移行し分化していたのでした。千島教授は、その事実に唖然としました。そして、自分の眼や頭を疑ったのです」(『千島学説入門』枠山紀一著、地湧社)
 実直一途の千島教授は困惑した。ショックだった。「赤血球が生殖細胞に変化する」なんて……。ありえない。なにかの見まちがいだ。実験をやりなおさなければ……。
 千島教授は何百枚もの顕微鏡用標本(プレパラート)を作成し、入念に顕微鏡をのぞき続けた。しかし、どんなに調べても「胚子細胞は分裂で増殖せずに、赤血球から分化(変化)」していた。「これは、大変なことになった。生物学は、その第一ページから書き直されなければならぬ。神は私に大きな仕事をさせようとしている」
 千島教授は自宅で、かたわらの夫人に、つぶやいている。
 一刻者の研究者であった千島は、以来、ただ眼前に観察した事象を正確に記録にとどめた。ただ黙々と観察を続け、黙々と記録を重ねた。

 「論文を取り下げてくれないか?」

 学位請求論文で提出! 逆立ち!

 彼は、論文の指導教官(主査)でもある丹下教授にもこの事実を報告した。
 顕微鏡標本を見せた。しかし、その返答は案外、そっけないものだった。
 「世界一流の学者の説を覆すような大問題を、君が1年や2年の研究で解決できるはずがない。もっと研究してみたまえ」
 めげずに、血球の卵内培養や胚体内での血球分化を繰り返す。そして、教授は「赤血球の体細胞への変化」を「間違いない」と確信にいたった。丹下教授にも懇切を尽くして説明し、説得した。指導教官も、ついにうなずいた。
 「この研究を『学位請求論文』として提出してもよいよ」
 千島教授は、自宅に飛んで帰るや、嬉しさのあまり逆立したという。その欣喜雀躍(きんきじゃくやく)ぶりが伝わってくる。
 敗戦後、1947年9月、大労作の研究論文が完成。九州大学農学部に正式提出された(題名:『鶏胚子生殖腺の組織発生並びに血球分化に関する研究』)。
 千島は、その結果を胸をときめかせつつ待った。しかし、事態は異様だった。何の反応もない。そうして、提出後、2年が過ぎ、3年が過ぎた。しかし、論文審査は一向に進んでいる気配はない。その間に、千島は、岐阜農林専門学校に赴任している。

 いろいろ問題があってね

 その当時のやりとりは生々しい。
 丹下教授に問い合わせる。
 「どうなってますか?」
 「一部の人から論文内容に反対意見があるので、様子をみとるんだ」
 「反対意見とは、誰がどういうことを言われているんですか?」
 「それは、今は言えんよ」
 「論文主査である丹下教授、あなたは、この論文をどう思っておられるんですか?」
 「具体的に反対はない。パスさせようと思っている。だが、いろいろ問題があってね……」
 実は、学位請求論文は、正式受理すると4か月以内に指導教授に審査報告すべきという規定があった。
 平岩教授は、丹下教授の主査に次ぐ副査であった。
 同教授は、当初、千島には、こう告げている。
 「この審査には、私も相当期間、勉強してかからなければならぬから日時を要すると思います」
 それから、なんと4年が無為に経過してしまった。さらに「自分は、この論文をパスさせる自信がない」と平岩教授は論文審査委員から降りてしまった。
 さらに、それを理由に丹下教授の口から思わぬ言葉が飛び出した。
 「あの論文を自発的に取り下げてくれないか?」
 千島は、耳を疑い、血が逆流する思いだった。彼は真正面から抗議した。
 「長い間、私の論文を手元に置き、私に対して、一回の疑義も洩らさず、審査員を辞退することは割り切れない。いやしくも大学における生物学教授ともあろう人が、研究成果に対して、もう少し、批判する自信と権威があって然るべきでないですか!」
 「平岩教授は辞退したんだ。だから、意を曲げてあの論文を取り下げてほしい……」
 丹下教授は、絞りだすように訴えた。

 それは断じて出来ません!

 そこで情に流され、唇かんで、論文を取り下げていたら、千島学説は後世に残ることはなかった。千島喜久男は、顔を上げてハッキリ言い放った。
 「私の書いた論文に、事実なり論理に対して不備な点を具体的に示されもせず、うやむやのうちに葬り去られるような要請には、私の学問的良心からそれは断じて出来ません!」
 さらにたたみかける。
 「論文が教授会で通る、通らないは最早、問題ではない。だから、とにかく私の仕事に対して、九州大学としてのはっきりした判断、処置をとっていただきたい」(『千島学説入門』前出)
 その毅然とした態度に、九州大学教授陣は、凍り付き、固まってしまった。
 以来、なんと問題の千島論文は、約10年問も、日の目をみることはなく、店晒(たなざら)しのまま、放置された。
 「日本の旧帝大で、このような長期にわたる学位論文審査の放置は例のないことでしょう。なぜ、審査されなかったかと言えば、千島論文を認めると、生物学、遺伝学、細胞学、血液学などの定説が、根本から覆ることになり、九州大学はもちろん、他の大学からも強い圧力がかかり、通過が阻止されたためだったのです。そのことは後年になってわかりました」(同書)
 つまり、千島論文は、日本の学界を恐慌状態に追い込み、それゆえに九州大学に「千島論文を通すな!」という強固な圧力がかかっていた。だから、丹下、平岩両教授も窮地に追い込まれ、最後は論文取下げを懇願してきたわけだ。

 論文は完璧で否決不能

 実は、解決策が一っだけあった。
 九州大学側は論文を否決すれば一件落着となるはずだった。しかし否決には根拠が必要となる。千島論文をいくら徹底精査しても、まさに完全無欠。非の打ちどころがない。
 「九大は、否決はできないし、また、いろんな圧力があって裁決はできないし、ジレンマのうちに10年間が過ぎたのです」(同書)。
 まさに、一幕物のドラマである。
 大学教授といえども人の子。自己保身に右往左往する様がすけて見える。かれらの憔悴狼狽ぶりが無様(ぶざま)なだけに、毅然とした千島教授の態度が、まぶしいほどだ。
 こうして、一本の論文は、戦争直後の日本の生物学界だけでなく、恐らく医学界にも激震を与えたはず。千島の顔は写真で見る限り温和で優しげである。どこに、日本の学界を敵に回して、懍として、立ち向かう気迫があるのかとすら思える。
 しかし、こうして千島は、決然と既成の学界と袂を分かった。
 孤高の学者として独立独歩、その後の研究者人生を歩き続けることになる。この事件は、近代科学の高峰、千島学説を形成する第一歩の礎となったのである。
 まさに、苦難が人をつくる。艱難(かんなん)が歴史をつくる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうして千島学説は日の目を見ることはなく、正式な学説として学界で認知されることはありませんでした。
 しかし千島学説は千島教授の一番弟子の森下敬一博士に受け継がれ、今では千島・森下学説と呼ばれ極めて少数ながら、知る人ぞ知る理論となっているようです。

 では千島学説は、どうして葬り去られたのか。
 それは、学界利権どころか医療利権も崩壊してしまうからです。
 千島学説を認めてしまうと、現在医療で行われている多くの治療の正当性が失われてしまいます。船瀬氏は、その典型例として白血病の治療を挙げています。


 ・・・<『STAP細胞の正体』、p232〜p238から抜粋開始>・・・

 理論を優先し真実をねじ伏せた

 「初めて知った!」という方が、ほとんどだろう。
 とくに、生物学者、医学者の衝撃は、想像にあまりある。
 その反応は、容易に想像できる。
 「嘘だ!」「ムチャだ!」「ありえない!」
 まじめな研究者ほど、この本を床に叩き付けたくなったはずだ。
 しかし、考えてもみてほしい。
 事実と理屈とどちらが正しいのか?
 現実と理論のどちらが正しいのか?
 どんな科学者でも「事実、現実である」と答えるはずだ。
 ところが、千島教授は顕微鏡で、赤血球が他の体細胞に変化する様子を観察している。それも、何百回と同じ現象を確認し、確信を持ったのだ。この事実を学位請求論文に記載して九州大学農学部に提出したら、どうなったか?
 その顛末はすでに記した。九州大学側は「理屈・理論」を優先し、「事実・真実」を圧殺したのだ。真摯な研究者であった千島教授が、承服できる訳がない。
 さらに、九州大学側は一切、一点の批判すら千島論文に加えることが不能だった。
 それほど完璧だったのだ。否定のしようがない。しかし、認定すれば我が身が危うい。
 そこで、10年以上も店晒しにしたのだ。姑息、卑怯……例える言葉がない。

 白衣の”記憶ロボット”たち

 千島学説の三本柱のうち「血球可逆説」、「腸管造血説」の二本は、とりわけ明解だ。なんども書いているように−−食は血となり肉となる−−。古来、人類があたりまえと思ってきた命の真理を、あたりまえに説いている。食べた物が血になり、それが体になる。
 しかし、近代から現代にいたる学者たちは、それすら理解できないのだ。
 私はあきれ果て、声をなくす。エライ先生方の頭の中身は、どうなっているのか?
 彼等は異口同音に胸をそびやかして、こう答えるのだ。
 「教科書には一行も書いていない!」
 これで、彼等の頭の中身がハッキリわかる。彼等の脳味噌は、たんなる記憶マシーンなのだ。その思考能力は、絶無に近い。もし、考える力がカケラほどもあれば、肉は血となり食となる……ということも、たちどころに理解できるだろう。
 ”かれら”の正体は、白衣を来た”記憶ロボット”にすぎないのだ。

 iPS、STAP珍騒動の原点

 しかし、彼等は「体細胞が血球細胞に戻ることは、絶対に有り得ない」と言い張る。
 その理由を問えば「エビデンス(証拠)がない!」とお決まりの台詞を吐くだろう。
 こういう輩(やから)には、付き合うのもゲンナリしてくる。当時の千島博士の絶望的な心境も理解できるというものだ。
 証拠なら、身の回りにいくらでもあるではないか。
 たとえば、女性の生理だ。卵子の受精・着床に備えて海綿状に肥大した子宮内膜が、未受精だと、組織の一部が変化し、経血として排出される。まさに、体細胞が血液にもどっているではないか?
 そもそも、太った人が?せたとき、遭難した人が救出されたとき、その肉や脂肪など体細胞が、どこに消えたのか? どうして無くなったのか? この「血球可逆説」に立たなければ、永遠に合理的に説明できない。
 iPS、STAP細胞をめぐる珍騒動の原点もここにある。
 現代科学では「血球は万能細胞ではない」「血球は体細胞にならない」「体細胞は血球に戻らない」。これらは、すべて「……コトになっている」という”コトの理論”で片付けられている。

 「骨髓造血説」の悲喜劇

 悲喜劇を生み出しているのが「骨髓造血説」である。
 それは、鳥の骨の一部が「細胞可逆」で骨髄細胞から血球細胞に戻る現象を観察したにすぎない。それを、「血は骨から出来る!」と速断した過ちである。過ちであれば、改めればよい。なのに、ひとたび、それが教科書に載るや、まさに絶対不可侵の”鉄理”に化けてしまう。だから、学問とは恐ろしい。愚かしい。
 「はっきり言って、バカですよ」
 現代医学者を笑い飛ばすのは大沼志郎博士(名古屋、ナチュラルメディスン会長)
 「骨髄造血なんて、とっくに破綻していますよ。腸管造血に反論一つできない。それでも、かれらは必死でしがみついている。そして、とんでもない悲劇も起こっています」
 と警鐘を乱打する。それは、白血病治療で行われている「骨髄移植」だ。
 「白血病は、『血液のガンだ』というのがその根拠。白血病患者の血液はガン化しているので、骨髄移植で新しい血液を造らせる……というリクツです。まったく、バカげている。だって、血は骨でなく腸で造られるのに!」
 「骨髄移植」とは一種の臓器移植。極めて不自然で、アクロバティックな治療法だ。当然、患者の体内では免疫拒絶反応などが起きる。それを、抑えるために、猛毒ともいえる免疫抑制剤を投与……と、疲弊した患者は、さらなる治療攻撃で、疲弊し、次々に死んでいく。「骨髄から血はできる」と盲信した結果、こんなトンデモナイ行為が、「標準治療」として堂々とまかり通り、白血病患者を次々に”虐殺”しているのだ。

 白血病はガンではない!

 白血病の”治療”には、ダブル、トリプルの悲喜劇が重なる。
 「そもそも、白血病はガンではありません!」
 大沼博士は、明快に断言する。
 これを補足して、1957年および58年、神奈川県下の代表的養鱒場(座間)と養鶏場(二宮)における養殖動物・白血病を餌料を変えるだけで完全に鎮静化したこの領域の専門家・森下博士は言う。「白血病細胞自体がガン細胞その物とは断定できないにしても、抹消血液空間における老廃組織片の拙速蝟集的細胞化と血中への異常放出は”ガン症状”と言うべきでしょう」と。
 大沼博士によれば、白血病とされている症状は、患者は究極のストレス、疲弊状況にあり、白血球の一種、顆粒球が免疫力を高めるために、必死で増殖している状態だという。
 だから、高熱が一定期間が続くのは当然である。その間、患者は確かに苦しい。辛い。しかし、問題は発熱ではない。発熱という症状は、治癒反応なのだ。もっとも必要なのは、絶対的な静養である。まさに「食うな」「動くな」「寝てろ」だ。すると、いやでも疲労困憊した白血球は、新たな白血球によって交替され、次第に熱も下がってくる。ところが、医者は高熱が続き、たんなる疲弊した白血球が観察されただけで、自動的に白血病と”診断”する。そして、次に行う措置が恐ろしい。
 なんと、強力な解熱剤を投与するのだ。医者は「熱を下げるのが治療」だと信じきっている。まさに、医療ロボットだ。解熱剤(消炎鎮痛剤)は、「絶対に打ってはいけない」と安保徹博士(元新潟大学・医学部教授)は、警告する。
 なぜなら、それは「血流を阻害することで、痛みを止めている」からだ。
 ガンをはじめ、万病の元は、組織・器官の低酸素・低血流から発生する。つまり、解熱剤は、発ガンから万病まで引き起こす。まさに禁じ手の治療法なのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 白血病で亡くなった有名人というと、タレントの夏目雅子さん、歌舞伎の市川團十郎さん、歌手の本田美奈子さんらの名が浮かんできます。
 もし彼らが千島学説を知っていたら、今の日本の病院で治療を受けていただろうか、という気がします。
 最後に今の医学部の研究者が千島学説をどのように捉えているか、という話を紹介します。


 ・・・<『STAP細胞の正体』、p272から抜粋開始>・・・

 千島のチの字も言ってはいけない

 ロックフェラー財閥を中心とする世界医療利権の独占体制が厳として存在する。
 国際医療マフィアだ。マフィアは、自分達の利権(シマ)を少しでも侵す存在は許さない。世界の教育とメディアも手の内にある。つまり、人類は目隠しされた家畜なのだ。飼主が一番困るのは、家畜がめざめることだ。だから、情報管理は徹底する。既成医学利権を脅かすものは巧妙かつ冷酷に排除する。
 千島学説もまた、例外ではなかった。千島学説と訊いて「初耳だ!」と、驚く人がほとんどだろう。あたりまえである。メディア、学界で、この話題に触れることは、絶対タブーである。友人の医者に尋ねた。
 「医学部で、千島学説については、触れたり、教えたりしないの?」
 彼は血相を変えて、手を胸の前で激しく左右に降った。
 「絶対ダメです。チの字も言ったらアウトです」
 私は思わず笑ってしまった。もはやコメディだ。
 これが、日本の最高学府の実態なのだ。千島学説のチの字も言えない。下手な落語も顔負けだ。
 じつに抱腹絶倒、呵呵大笑……。このような”お笑い医学部”で、エライ先生たちは、日々研鑽、刻苦勉励で学んできたのである。
 私は、確信する。山中伸弥・京都大学教授ですら、千島学説の”チの字”も知らないだろう。「カントンの犬」「ケルヴランの元素転換」「ソマチッド」なども、聞いたことすらないはずだ。
 ノーベル賞とは、そのレベルのものなのだ。つまりは、同賞は人類という名の家畜の”洗脳”装置。それに狂喜乱舞する国民は、まさに知的レベルは……、語るのも辛い。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 船瀬氏は、「山中伸弥・京都大学教授ですら、千島学説の”チの字”も知らないだろう」と言います。
 私は少々違う考え方をしています。
 船瀬氏の友人の医者に千島学説について聞いたら、「チの字も言ったらアウトです」という答えが返ってきたといいます。つまりこれは、千島学説はけっして口に出してはいけないタブーだとよく知っているということです。
 つまり、いやしくも医学の研究者であるなら、耳にしたことがないとは思えないのです。
 しかし小保方さんを抹殺した力の存在を知る研究者は、けっして口にしないと固く誓っているのかもしれません。



食が人を変える...2015年6月13日

 私が食品添加物や、経費毒と言われる体内から入る毒を極力減らす食生活を心がけるようになってから1年半ほど経ちます。
 外食する際は、できれば有機栽培されたものを食べられればいいのですが、そうでないケースも多々あります。その場合は自分の中に順位づけがあって、蕎麦、魚料理、油分の少なそうな中華料理、などの順で選ぶようにしています。
 肉は極力控えるようにしています。これは私が肉嫌いというわけではなく、遺伝子組み換え食品に由来した物はできるだけ食べないと決めたからです。
 こんなことを書くと、肉が遺伝子組み換えと何の関係があるんだと、大いに突っ込まれそうです。
 その理由は国内産の牛、豚、鶏であっても、海外から輸入された遺伝子組み換え穀物による飼料で育てられているからです。牧草だけで育てられた牛であればその限りではありませんが、目が飛び出るような値段でしょうから、私のようなビンボー人が口にできるはずもありません。つまり国内産と銘打った肉でも、間接的に遺伝子組み換え食品を食べていることになるのです。
 日本は今、世界最大の遺伝子組み換え食品の消費国となっています。その輸入量は(世界一の)年間2000万トンにも上ります。コメの消費量が800万トンですから、その量の多さはコメを圧倒しています。これでは日本人の主食はコメではなく、遺伝子組み換え食品と言ったほうが的を得ているかもしれません。
 輸入された遺伝子組み換え穀物は、家畜飼料の他に、食用油の原料、または加工食品に混ぜ込ませる形で私たちの口に入ります。遺伝子組み換えを大量に食べている日本人の多くが、遺伝子組み換え食品を食べている実感がありません。それは巧妙に遺伝子組み換えの表示義務を逃れるような細工がされているからです(どのような細工かは、興味のある方はご自分で調べてみて下さい)。
 それゆえ私は自宅では、できるだけ加工食品を食べないようにしています(国産大豆100%の納豆や豆腐などは食べます)。
 こうした努力により、私の体内から毒素がだいぶ排除されたと思っていますが、同時に体質も大きく変わることになりました。
 食品添加物や、野菜や果物などに残留している化学合成物に敏感に反応するようになってしまったのです。
 一例を挙げます。
 半年ほど前までは、普通にスーパーで売っているリンゴが食べられたのですが、最近は食べると気持ち悪くなるのです。それで自然食品店で減農薬のリンゴを買うようになりました。
 ある時、自然食品店で減農薬のリンゴを4個買ってきたのですが、その最初の1個は食べても大丈夫でした。
 ところが2個目を食べたら、気持ち悪くなったのです。減農薬のリンゴでもダメなんだと思って、残りの2個は捨てようと思いました。ところが、せこい私は捨てるのがもったいなくなって、物は試しと食べてみたのです。すると、大丈夫だったのです。なんとも不思議な話でした。
 そこで千さんのお爺ちゃんセッション(注0)の際に、なんで2個目のリンゴだけ気持ち悪くなったのか聞いてみました。
 すると、仕分けの段階で本来は入ってはいけない(普通にスーパーで売っているレベルの)農薬漬けのリンゴが、間違って紛れ込んでしまったんだそうです。それを運悪く私が買ってしまい、2個目に中ってしまったというわけです。なるほどです。

 普通にスーパーや八百屋で売っているリンゴが農薬漬けだと言われて、驚かれる方もおられるかもしれません。
 日本は世界でトップを争うぐらいの、農薬使用国です。ヨーロッパの基準と比べてあまりのもおかしいため、日本のス−パーや八百屋で売っている野菜をヨーロッパに持っていったら、即廃棄処分になるといわれているそうです。その証拠に、木村秋則さんが言っていましたが、ヨーロッパから日本に渡航する旅行者のためのパンフレットには、日本の野菜は農薬漬けなので注意するようにと書いてあるそうです。
 ついでに言うと、日本は食品添加物王国でもあります。
 日本で認可されている食品添加物は1000種あまりと言われていますが、アメリカで140種、ヨーロッパの国々では、せいぜい数十種と言われています。

 さらに、魚介類には残留した消毒剤の問題もあります。
 私は、(以前にも書きましたが)魚介類を消毒する時に使う次亜塩素酸ナトリウムのような消毒剤が微量に残留していても反応するようになってしまいました(それゆえスーパーで魚介類を買う際は、消毒剤を使っていないものを選んで買うようにしています)。

 自宅で食事する時はこうしたルールを設けていますが、外食する際はあまり気にしないことにしていました。
 特に仲間との飲み会の場合は、牛肉だって食べることもありました。ただし、やはり食べても一口ぐらいにして、なるべく量は食べないよう心掛けていました。
 しかしそれでも飲んだ翌日は具合が悪くなるのです。
 最初の頃は、二日酔いだと思っていました。外で飲む場合は、普段飲む量を超えて飲んでしまうからです。
 でもあまりに具合が悪くなることと、二日酔いとは違った独特の気持ち悪さに襲われることに、だんだん気づいてきました。
 そこで再度、千さんのお爺ちゃんセッションのときに、聞いてみたのです。すると驚きべき答えが返ってきました。
 飲んだ翌日の気持ち悪さは、二日酔いよりも、食べ物に含まれる毒物の影響の方が大きいというのです。私の体質は本当に変わってしまったようで、外食する際は安全なものでないと難しいそうです。セッションの終わり頃に再度念を押されるように言われたのは、弁当を持って出かけた方がいいとのことでした。

 ここまで念を押されたのですが、軽薄な私はこのアドバイスをさっそく破ってしまったのです。
 テニス仲間との飲み会があり、私はのんびりとテニスをやれるのは今年ぐらいまでだから、できるだけ仲間とは親交を温めたいと思い参加することにしました。
 私にとって不幸だったのは、飲み屋が焼き鳥屋だったことです。
 タレと塩の大量の焼き鳥が出てきたのですが、私だけ他の物を頼むのは気が引けて、「まあいいや、食べちゃえ〜」とばかり人並みに食べてしまったのです。
 すると翌日から3日間、地獄をみることになりました。
 翌日は朝は、起きれませんでした。
 昼頃になって寝床を抜け出したのですが、気持ち悪くて立っているのも億劫という状態でした。
 2日目はだいぶ改善したのですが、それでも1日中ずっと気持ち悪さは続いていました。3日目になって、やっと外出する気力も湧いてきたのですが、それでも身体が思い通りに動かない感触がありました。
 4日目になって、やっと気持ち悪さも取れて、普段の自分に戻れたという感じです。
 全くもって、ひでえ〜目に遭いました。
 今私の関心事は、一緒に飲んだテニス仲間は大丈夫だろうかということです。今度会ったら、翌日に具合悪くならなかったか、ぜひ聞いてみようと思います。
 でもたぶん、私以外に誰一人具合悪くなった人はいないだろうと思います。なぜなら、我々が飲んだ店は、なんの変哲もない街で見かける普通の居酒屋だったからです。
 彼らは、大量の毒物を短時間で無毒化してしまうような超人の身体を持っているのでしょうか。
 いいえ、違うと思います。
 そうした毒物の大半は、確実に体内に蓄積されていると思います。
 なぜなら現代の日本人は、どんどん不健康になっているからです。
 日本の年間の医療費は過去最高を更新し続けており、2012年度は39兆円に達しました。介護費用を含む保健医療費全体でみれば、国内総生産(GDP)の1割を超し、先進国の平均を上回っているといいます。
 日本では寝たきり老人のような、QOL(クオリティオブライフ:生活の質)の低い老人が、欧米より圧倒的に多いと聞きます。
 医療技術が進歩していると言いながら、実質的には日本人はどんどん不健康になって病気になっているということです。
 これは、日本人の6人に1人(2000万人)が糖尿病予備軍と呼ばれ、2人が1人が癌になり、3人に1人が癌で死ぬ時代となっていることから頷けます
 日本人は食事その他から、大量の毒物を取り入れるようになってしまったということです。
 多くの日本人は、長年にわたり体内に蓄積した毒物で病気を発症するのに対し、私はその毒物を、身体に入った直後に体感するようになってしまったということだと思います。

 これまで食によって私の身体に起こった変化を書いてきましたが、ここから学校の給食を変えることで変化が起こったという話を、『給食で死ぬ!!』(大塚貢、西村修、鈴木昭平著、コスモ21)から抜粋して紹介したいと思います。
 平成4年(1992年)、著者の大塚貢(みつぐ)氏が、長野県の中学校に校長として赴任したとき、その中学校の荒れ方はハンパなものではありませんでした。


 ・・・<『給食で死ぬ!!』、p10〜p11から抜粋開始>・・・

 赴任した中学校の状況 −− 非行を犯す中学生が続出!

 平成4(1992)年、私は長野県にある生徒数1200人弱の大きな中学校の校長に赴任しました。当時、そのA中学はとても荒れていました。しかし、他にも荒れている学校が多くありました。なかには廊下をバイクで走り抜ける生徒もいました。しかも急ハンドルを切ったりするため、床にはタイヤ痕が焼きつき、金べラやシンナーで落とそうとしても落ちません。それは、じつにひどい状態でした。
 そのA中学で5年間校長として奮闘したあと、平成9(1997)年から真田町の教育長となり、当時、町に6校あった小学校、中学校の改革に取り組みました。
 まずA中学での体験からご紹介します。
 その中学校では、校舎の内外に落ちているタバコの吸い殻を集めると、1〜2時間でバケツ1杯分になるほどでした。そして毎日のように非行や犯罪が、何かしら起きます。
 どういう状態かというと、生徒が授業を抜け出し、外で群れてタバコを吸ったり、弱い者を引きずり出してきて、いじめて現金を巻き上げたり……。さらには学校外で空き巣をしたり、あるいは1人暮らしのお年寄りの家に行って脅したり、そんな犯罪行為を起こす生従さえいたのです。
 事件が起きると先生たちは、その都度対応しなければなりませんから、先生方もまた本当に疲れ切っていました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 いやはや、凄いものです。
 これでは荒れているというより、犯罪者が学校にも通っているといった状態です。
 大塚氏は、荒れた学校を変革しようと以下の3つのことをします。

・つまらない授業の改革
・給食の改革
・学校に花を植える

 大塚氏は、生徒が学校を抜け出すのは授業をつまらないからだと判断します。
 そこでまず取り掛かったのが、先生方に授業を生徒にわかりやすく、かつ興味の持てるようにしてもらうことでした。
 これはある程度成功し、学校の荒れ方はだいぶ改善します。しかし生徒が起こす事件は減ったとはいえ、まだまだ起きます。大塚氏は、授業以外にも学校が荒れる原因があるはずだと考え、給食に目を付けたのです。


 ・・・<『給食で死ぬ!!』、p18〜p21から抜粋開始>・・・

 コンビニ前で張り込む −− 食の調査

 このように、教師側の努力によって授業が改善されていきました。
 その結果、たしかに子どもたちのようすも変わり、机に伏していたのがビシッとした姿勢になり、教室を抜け出す子どもも少なくなりました。非行の起きる割合が少なくなり、学校に来なかったいわゆる不登校の生徒たちも登校するようになってきました。
 しかし、事態はまだまだです。何らかの事件がたびたび起きます。いじめの問題が起きたり、キレる子がいたり、やはり学習に無気力な子どもたちもいました。
 せっかく授業が魅力的になってもそういった問題が起きるのは、どこかに何らかの原因があるはずです。もはや教師の授業内容でなく、他の原因があるのではないかと、私は考えるようになりました。
 ところで、この地域では、小学校では運動会がありますが、中学校では運動会がありません。水泳大会・陸上競技大会・柔道、剣道などの競技大会。バレーやバスケット・野球の競技大会。これらのものを学校や地域、そして県大会として行っています。
 これらの大会で気づいたのは、お昼にコンビニ弁当やカップラーメンを食べている生徒がいたことです。コンビニ弁当やカップラーメンには、「県大会で頑張ってね」という”母の愛”が感じられないのです。
 そこで私は思い立って、ある競技大会の朝、5時から会場の近くのコンビニ前で、張り込むようにして子どもたちのようすを見ることにしました。
 すると、親子が次々とやってきました。車で乗りつけて、コンビニで弁当など、その日に食べるものを買っていきました。
 彼らの買ったものは、まずコンビニ弁当。それから、会場の給湯室でお湯をもらって食べるカップラーメン、あるいは菓子パン、清涼飲料などです。
 菓子パンを食べる子は、およそジュース類を飲んでいますが、そのパックを見せてもらうと、果汁など1%とか3%程度しか入っていません。ほとんど人工の香料によって、オレンジなどの味と色をつけたものです。

 お弁当にはお母さんの愛情が詰まっている

 このような生従の多くはおしなべて問題をかかえた子どもたちでした。つまり、かなり高い確率で非行問題を起こしていたり、いじめる側であったり、キレやすく、学習に無気力といった子が多かったのです。
 そういう生徒の場合、事件を起こして保護者に来てもらって「お宅のお子さんは」と話しても、あまり効果はありません。
 余談ですが、子どもが事件を起こして親にきてもらい、場合によっては警察官も立ち会っている場面では、およそ主導権を握っているのは母親です。20年くらい前は父親が主体でした。しかし近ごろは、口火を切るのは母親で、父親は小さくなって聞いています。
 母親が生徒に「こんなことをして、近所の人に知られたら、母さん、恥ずかしい」と言って嘆きます。また「父さんが会社でこの件を知られたら、同僚の皆さんに肩身が狭い」とも言います。
 すると、近ごろの子どもは「ふざけるな、てめえ。そんなことを言う権利があるのか!」などと、汚い言葉を平気で発します。どうしてなのでしょう。以前なら「俺、こんなことをして……。母さん、ごめん。父さん、ごめん。これからはしないよ」と言ったものです。
 いまは、その光景がまるで違います。
 昔は運動会とか遠足とか、何か試合に行くという日には、母親がいつもお弁当を作ってくれていました。試合に負けても勝っても「俺の好きな卵焼き、焼いてくれたかな」などと思いながら、胸を躍らせながら、お弁当を広げたものです。
 ところが、近ごろは子どもをコンビニに連れていき、お金を与えて好きなものを買わせているのです。
 そうなると、父親への思いも母親への思いも、薄っぺらになりがちです。
 ひどい子になると、親は「金を渡してくれる財布」くらいにしか考えていません。だから、親に対してそんな荒れた言葉が出てくるのでしょう。
 親子の絆(きずな)がたいへん弱くなっているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで大塚校長は学校の給食を変えようと奮起します。
 しかし抵抗も大きかったのです。「今度の校長は疫病神だ」と言われる始末です。


 ・・・<『給食で死ぬ!!』、p27〜p31から抜粋開始>・・・

 給食を変えるしかない!?

 子どもたちの、こんな現状が分かってきました。
 そこで私は、PTAの会合を開き、食生活の重要性などについて説明会を開きました。ちなみにこれは、校長のときも、後の教育長のときも同様でした。
 ところが、いくら話をしても若いお母さんたちはあまり聞く耳を持たないようすでした。特に非行を起こしている子どもの親御さんほど、まるで理解してくれません。
 「家庭で難しいなら、学校で食を変えるしかない」と、私は一大決心せざるをえなくなりました。家庭で食べないものを、学校で食べさせるしかありません。ともかく子どもたちのためには、食を変えなければならないのです。
 ちなみに当時は、教師の中にも不登校の教師が数人いました。その教師の授業は、他の教師が分担して受け持つわけです。代わりの教師は来ませんし、教えるべき子どもを遊ばせておくわけにもいきません。ですから他の教師に負担がかかり、疲労がたまります。これも、改善しなければならない緊急課題でした。
 それまでの給食はというと、たとえば子どもも教師も好きな「菓子パン」「揚げパン」がありました。さらに主食でいうと中華麺、スパゲッティ、ソフト麺などがあり、みんな大好き。一方、ご飯は1週間に1食程度しか出されません。そのご飯のときも、副食は肉が主流です。
 これでは、家庭と学校の食事がほとんど同じです。そこで、まず主食はご飯にすること。さらに副食も魚や野菜たっぶりのものに変えようと考えました。
 本当にありがたかったのは、栄養士のI先生が食に関わる生徒の健康を大変心配しており、早速取りかかってくれたことです。
 当時は、イワシが安く手に入りました。イワシの甘露煮(かんろに)ならば、頭から食べて骨も丸ごと食べれば、カルシウムやマグネシウム、鉄分も十分に摂ることができます。そこで美味しいイワシの甘露煮を試作して食べてもらったところ、まず教師たちの猛反対に遭いました。
 「こんなもの、食べられるか!!……」という反応です。子どもたちも、魚臭いイワシの甘露煮なんてとんでもないと言うし、親からも周りのみんなから反対されました。
 そして保護者から言われました。
 「校長、あなたが給食費を出してくれるならば、あなたのやりたいようにしていいです。しかし、給食費は私たちが出しているのです」
 まあ、お金を出すのだから食べたいものを食べさせろ、という発想です。当時はいろいろとトラブルも起きていたし、「今度の校長は疫病神だ」とも言われました。

 とんでもない校長と言われても私は引かない!

 当時は、前述のように授業改革が少しずつ実を結び始めていました。さらに、くわしくはあとで述べますが、花作りによっても、効果が見え始めていたのです。
 しかし、まだまだ道半ばでした。子どもたちは「土掘りや堆肥(たいひ)作りをさせられる」と不満を持つし、親は子どもが運動着を汚して帰るので、毎日洗濯をしなければならないから、大変です。ですから大反対でした。どこからか中傷があり県教育委員会が、ようすを見に来たこともあります。
 しかし、私は、県の職員に対しても絶対に引かない覚悟でした。
 県の教育委員会に対して「ふざけるな。そんなことを聞きに来る時間があったら、他にやることがあるだろう!」と強く思い、何としても給食を変えなければと、決意したのです。
 そんなあるとき、生従の食生活を変えなければと、真剣に取り組んでくれている栄養士のI先生が、32歳の若さで心筋便塞(こうそく)で亡くなった人の心臓の生体写真を借りてきて、教師と保護者、さらに子どもたちに見せてくれました。
 写真によると、動脈にコレステロールが真っ白く付着し、まるで石膏状態でした。心臓の周りにもたくさんの脂肪が付いているのが分かりました。そのために心臓は正常に収縮できないし、動脈の働きも不能になっていたのでした。
 これを見せて、「若くして死にたかったら、いまのままの食事を摂れ。ただし、その責任は持たないぞ!」と私は言いました。
 たしかに、その写真を見たらどんな教師や子どもも「この生活を続けたら、こうなるのか」「自分があと何年か経つと、こうなるのか」と、理解します。おかげで食の改善に理解を示す先生や生従が増えてきました。
 それで私は、1週間の5食すべてを米飯に切り替えることを決断しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで救世主が現れました。
 32歳の若さで心筋便塞で亡くなった人の心臓の生体写真です。
 これは抜群の効果があっただろうと思います。というのも生徒だけでなく教師にとっても、自分の命に関わる問題だと気付くきっかけになったからです。
 食は、本来は自分の命に直結する問題なのに、それまでは他人事のように聞いていたのでしょう。しかし自分の命の問題と認識すれば、人は本気になるものです。


 ・・・<『給食で死ぬ!!』、p31〜p32から抜粋開始>・・・

 子どもたちが本を読み出した

 すると少しずつ、やがてはっきりと、子どもたちに変化が見えてきたのです。
 まずは「読書の習慣」です。荒れているときには、子どもはとうてい本を読む気になりません。ところが給食内容を変えてしばらくしたころ、休み時間になると、子どもたちがみな図書室に行って本を読むようになりました。
 給食が済むと、争うようにして本を読んでいます。図書室に120ある椅子が、瞬く間に生従で一杯になりました。
 椅子が満席になると、床に腰を下ろして読んでいます。床が一杯になれば、廊下に出ても読んでいます。これは、なかなか感動的な光景でした。食の改善による影響が大きかったと思います。
 図書館司書のT先生は、読書力を向上させるために、本気で取り組んでくれました。本の紹介を興味深くしたり、本のクイズを出したり、読書感想文に賞を出したりと、本への関心を高めてくれました。
 しかも、荒れていた時代には図書の紛失が年間に400冊もあったのに、生徒たちが熱心に本を読むようになってからは、紛失がゼロか1冊になり、読まれると本はなくならないことがわかったのです。これは素晴らしいことです。
 ところで1951年に始まった読売新聞社の「全国小・中学校作文コンクール」をご存じの方も多いでしょう。米飯給食に変えてから起きたもう1つの変化は、生徒がこのコンクールに参加して、特に指導もしないのに、毎年のように全国で1位か2位に入選するようになったことです。
 子どもたちの文章力がしっかり向上していました。1位、2位に入選した子どもの作文は高度で、大人の私が読んでも筋がじつに複雑でした。
 テーマは自由で字数制限もありませんが、質の高いものを中学生が書き上げており、これは嬉(うれ)しい驚きでした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 大塚校長の授業、給食の改革、そして花壇を設置する取り組みにより、生徒は急速に変わってゆきます。
 最後は学校にタバコの吸い殻がほとんどなくなったといいます。非行による事件もほぼゼロになり、40〜50人いた不登校の生徒は2人になったといいます。

 大塚校長が給食改革でやったことは、給食を洋風の食事から米飯に替え、副食を肉から魚や野菜中心に替えたたことだけです。
 たったそれだけのことに、周りから頑強な抵抗があったのですから、人間とはいかに現状を変えたがらない生き物かと思います。

 ここまで読まれてきた訪問者の中で、和食に切り替えたと言っても、その質が問題だというご意見の方も多いと思います。ひと口にコメと言っても、質の悪いコメもあれば、質の良いコメもあるからです。
 実際のところ大塚氏は、今度は真田町の教育長に就任し、地域の学校全体の給食の改善に乗り出します。
 大塚氏は給食に大量の防腐剤や軟化剤などの食品添加物が使われていることを知ります。そこで無添加の小麦を使おうとしたら、国は指定した小麦以外には補助金を出さないと言ってきたのです。
 また地域の大規模農家と契約して、無農薬有機栽培のコメを作ろうとしたのですが、これも国が許可しないのです。
 大塚氏はまたしても頑強な抵抗に遭うのです。

 結局は、それを乗り越えていくのですが、これもまた興味深い話なので、そのうち記事にしたいと思います。



DNAの第3螺旋を活性化させる瞑想...2015年6月5日

 変容(シフト)とは何か、これは私にとって興味の尽きないテーマです。
 スピリチュアルの本には変容に関してたくさんのことが書いてあり、読めばなんとなくわかった気になったりします。
 でも結局のところ、本当のところはわかっていないのだと思います。なぜならそれは頭で理解するものではなく、実際に体験して初めてわかるものだろうと思うからです。

 とはいえ理屈好きの私は、変容を頭でも理解したいと願っています。
 以前、私は変容した結果として、肉体の振動数が上がるという記事をよく書いていました。
 これはダリル・アンカがチャネルしているバシャールという地球外知的生命体からの情報によるものです。バシャールによれば、第3密度の現在の人類の平均的な振動レベルは8万回/秒〜15万回/秒だと言います。第4密度にシフトすると、18万回/秒〜25万回/秒になると言います。
 数字で示されると、理系的な頭脳を持った人たちはわかった気になってしまうものですが、私はその典型かもしれません。

 今回は変容すると、人類のDNAの2重螺旋(らせん)構造が変わり、3重螺旋(最終的には12重螺旋)になるという話を書きたいと思います。
 引用するのは、以下の3部作の本(徳間書店)です。

・『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』(シリウスの超叡智@)
・『地球大変動の危機を救うアセンションの光』  (シリウスの超叡智A)
・『あなたはいまスターシードとして目覚める』  (シリウスの超叡智B)

 これはアメリカ在住のパトリシア・コーリという女性が、6次元の存在だというシリウス最高評議会の代表のチャネリングによって書かれたものだそうです。

 まず、なぜ人類のDNAは2重螺旋構造となっているのか、という話を『地球大変動の危機を救うアセンションの光』から引用したいと思います。
 この話は神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんの『フラワー・オブ・ライフ』を読んだ方は知っている話ですし、その他のスピ系の本でも書かれているので、知っている方は多いと思います。


 ・・・<『地球大変動の危機を救うアセンションの光』、p98〜p100から抜粋開始>・・・

 アヌンナキは人類の12本の遺伝子のうち10本の機能を停止させた

 45万年前のこと、ニビルが太陽系を通過する際、地球に非常に近いところを通りました。アヌンナキは彼らの宇宙観測所から青緑色の惑星を観察し、地球の勇敢な探検家コロンブスのように、新世界を「発見」したと思ったのです。彼らは地球を自分のものにすることを決めました。ニビルが本格的な地球探査を開始できる距離に達すると、アヌンナキは彼らの「大きな船」に乗ってもっとよく見ようと近づき、それが、莫大な種類の植物や動物に溢れた未開発の惑星であること、そして知的文明らしいものがどこにも見あたらないことに驚いたのです。
 はるかに古い銀河系であるシリウス星雲の住民にとって、これは画期的な発見でした。これほど豊かな資源を持つ惑星が、いまだに知覚を持った生物(少なくとも彼らが最初の着陸時に遭遇した動物たちよりも優れた生物)によって利用されていない、というのは、宇宙は知的生命体で溢れている、という彼らの認識とはまったく相容れませんでした。
 アヌンナキは地球が自然な進化のプロセスを辿るにまかせ、太陽系に戻ってくるたびに、あなた方が飛躍的な進歩を遂げていることを期待しました。なぜなら彼らは、いつの日か、彼らのためにエネルギーを生産する知的生命体が必要になることを知っていたからです。アヌンナキにとって今や地球は自分たちの不動産であり、彼らはそれを開発しようと決め、三次元の宇宙における新しい針路に助けられて時折その進化の状況を確かめました。
 太陽系への侵入を繰り返すたびに、ニビルは地球とともに太陽を周回する惑星について知るようになりました。火星と同様に、彼らは太陽系の他の惑星も調査し植民地化しましたが、彼らの関心の的と焦点は常にあなた方にありました。地球が最も魅力的だったからです。彼らはガイアの様々な表情を観察し、その手つかずの土地の動植物を研究しました。好奇心の強い科学者よろしく、彼らはときおり、あなた方にとっては未来の技術を使って地球の進化のプロセスに干渉し、そのとき地球に溢れていた生物の自然な進化過程を、将来の自分たちのニーズに合うよう変化させたりもしました。
 宇宙の果てへの旅路を何度も繰り返すうち、ずっと後になって彼らは、ガイアで計画されている「大いなる実験」を聞きつけ、激昂しました。私たちが彼らの領土を侵していると思ったのです。なぜなら彼らはそれまで地球を監視し、自分たちがその資源を採取できる段階が来るのを待っていたのであり、地球の遺伝子への干渉については、彼らには彼ら自身の計画があったからです。その計画は、彼らの遺伝子を霊長類ホモ・エレクトスの遺伝子と掛け合わせて知恵を持った動物を作り、彼らのために地球を採掘し、管理させる、というものでした。
 彼らが最初に行った実験は明るい見通しを見せていました。しかし、光の存在である高等種、ホモ・サピエンスの種の植え付けがうまくいったという知らせが彼らのもとに届くと、彼らは、新しい領土の支配を続けるためには、この新しい人類を破壊し、それによって私たちの注意を永遠に地球から逸らすしかない、と判断したのです。
 驚くかもしれませんが、地球外生命体による最初の地球人誘拐は、約10万年前に起こりました。アヌンナキの一団が地球に降り立ち、あなた方のDNAを配列し直して、あなた方がもともと持っていた性質、光のコーディングの一部であった12本の遺伝子のうちの、10本の機能を停止させたときのことです。あなた方が潜在的に持っていた計り知れない可能性は奪われ、人類という種として、また将来アヌンナキが統治する対象として生き残るのに必要な最低限のものだけしか残されませんでした。彼らがあなた方の惑星について抱いていたもくろみによれば、多次元的な高等生物が突然現れて、最終的にはこの惑星を乗っ取ろうという彼らの計画を邪魔するのを許すわけにはいかなかったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ニビルとは3600年周期で太陽系と交差する軌道を持つ惑星とのことですが、以前ネットではこのニビルが地球に接近して大災害をもたらすと騒がれたことがありました。また今後もニビルの接近が話題になることもあるかもしれませんが、私はこうした話を信用しないことにしています。
 というのもドランヴァロさんは、次にニビルが太陽系に接近するのは数百年後と言っているからです。

 さてDNAの2重螺旋ですが、変容するとさらに螺旋構造が重なり3重螺旋構造になるといいます。
 私はこうした話を聞くと、わくわくします。3重螺旋のDNAを持った人類は、どうなってしまうのだろうと興味が尽きません。

 DNAの螺旋構造が増えるのは、これまで「ジャンクDNA」と名付けられた部分が再活性化することのようです。
 『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』から引用します。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p310〜p311から抜粋開始>・・・

 DNAの第3螺旋が再プログラミングされている

 母なる地球の変容と並行して、あなた方の個人的な進化のプロセスは今、科学者たちが『ジャンクDNA』と名付けるところの第3螺旋の回復に入りました。21世紀の目覚める人類として、あなた方は進化したからです。あなた方は、あらゆる生命の完全さと、その複雑な形態と具現化を理解していながらも、『ジャンクDNA』『灰白質』といった用語を生物学的真実および科学的現実として受け入れています。でも、『究極の創造主』『大いなる建築家』が、あなた方の精緻な遺伝子構成と複雑な神経回路網の中に廃棄物を投入するなど、本当に信じますか?
 あなた方の中には、決して『ゴミ』もなければ、『グレイゾーン』もありません。分解されたDNA螺旋が、脳の解明されていない領域にどのように対応するのかを、あなた方の科学者がまだ説明していないだけの話です。あなた方が、第3螺旋を再コード化しているために、彼らは新たな関連性を発見し、認識しはじめました。第3螺旋は、パワーチャクラである第3のエネルギーセンターへと接続します。私たちがあなた方に支配について話してきたことを考慮すると、その螺旋があなた方から剥奪されたことには、なんの不思議もありませんよね?
 あなた方の中には、第4、第5、第6、第7の螺旋が再コード化されている人たちもいます。なぜなら、覚醒した人たちは、4次元よりもさらに高い次元へと飛躍するからです。そして、それは、あなた方のカルマによる報酬です。あなた方は翼を獲得したのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 DNAの第3螺旋が活性化すると、どのような変化があるのか知りたくなります。
 以下の引用文に出て来るトライアンギュレーションの意味ですが、直訳すると三角測量ですが、それでは意味がよくわかりません。
 トライは3で、アンギュレーションは角度化という意味ですので、DNAの第3の螺旋ができるという風に解釈していいのではないかと思います。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p314〜316pから抜粋開始>・・・

 個人的変容によって工ネルギーとパワーの増加を感じる

 『個人的変容』というのは、具体的に何を意味しているのでしょうか? 第3のDNAは、縫うように既存の2重螺旋へと進み、相互補完し合う鏡のパターンとして存在している2重螺旋を一緒に編みこみます。第3螺旋がこれら2本を統合し、『神の息子』が再び誕生します。基本的に私たちが説明しているのは、あなた方は、自身の組成自体で、すなわちDNAの宝箱の中で、意識の新たな形態の誕生を経験しているということなのです。それは、あなた方の内なる銀河で現在編まれている、宇宙の光のフィラメントのトライアンギュレーション、『ゴッサマー・ウェブ』です。これらもまた、波動を超えてDNAがそのように変容された人々に到達し、彼らの光のビームとドッキングします。
 数字と形についての私たちの教えを心に留め、DNAの第3螺旋が、2重螺旋を統合し、トライアンギュレーションを形成するとき、身体の個々の細胞全てに何が起こるか、自分自身に訊ねてみてください。あなた方の細胞の中で、新たな形態と新たな生命の爆発が起こります。それは、啓発(イルミネーション)という概念の、かつて語られたことの無い意味をもたらすことでしょう。イメージできますか?
 私たちは、人類の進化における、最も重要な瞬間のひとつを、今お話ししています。そして、あなた方は、その偉大なる多次元性への進化の飛躍に参加することを選んだのです。あなた方は、その選択の途方もない重要性にきっと気づいているはずです。
 宇宙エネルギーが、大気圈を通り抜け、ガイアの本体へと強烈に放射しているため、『ジャンク(ガラクタ)』と呼ばれている、あなた方の休止DNAの第3螺旋は、今作動しはじめました。
 意識的に浄化した人たちは、変容した波動に最初に気づくでしょう。あなた方は、感情ボディの強化と、高まる願望の感覚によってわかるでしょう。あなた方は、エネルギーとパワーの増加を感じ、変化を望みます。具体的に言うと、より生産的な方法で、熱意を持って自分の人生の指揮官になろうとします。それまでは、何をするにも無力感に苛(さいな)まれていたり、誤った方向へと導かれていたり、あるいはもっと始末の悪いことに、無気力で情熱がゼロだったのに、自由意志を行使しながら、役に立たなくなったものを廃棄していることに気づくでしょう。それはまるで、あなた方の足元に誰かが、炎を点火したかのようなものです!
 あなた方は、周囲で起きている覚醒に気づきます。なぜなら、彼らは、自由な思考をし、常識に立ち向かうことを恐れず、普遍的真実を語るからです。彼らは、あなた方の時代の新しい倫理学、心とスピリットの明晰さの模範の象徴です。彼らは、『教義の死海』に波紋を起こして、舟を揺らしています。
あなた方が、この人物でしょうか? あなた方は、自分の相続財産を取り戻し始めましたか? 完全無欠なパワーの光があなた方の内面で燃えていますか?
 もしあなた方が、この教えにたどり着いたなら、ほぼ確実に自身の変容に突入している証です。なぜなら、私たちのメッセージは、ヴェールを上げ始めた人たちに、触れるよう意図したものだからです。あなた方がそれを取ると、まばゆい創造の光があなた方の魂で白熱して輝き、かつてはあなた方を暗開に閉じ込めておいた恐れを全て克服していることに気づくでしょう。結局のところ、恐れがあるなら、パワーなどいったい何の意味をもつでしょう? あなた方のDNAの再編成が、あなた方個人のライトボディへの変容です。それは、あなた方の、全ての毒素を心と感情から取り除き、壊れた破片を癒そうとするあなた方の意識的な努力によって加速化が可能なプロセスです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした変容は誰でも体験することではありません。
 「変容する」という明確で強い決意が必要です。当然ながら、こうした変化を望まない人達もいます。
 結局は、個人の自由意思が決めるということです。


 ・・・<『あなたからあふれ出すアセンションの超パワー』、p313〜p314から抜粋開始>・・・

 浄化のプロセスをはじめていない人たち、凝り固まったエネルギーと未処理の感情を抱いている人たち、チャクラシステムが閉さされ過ぎて、光を固定させられない人たちは、個人と惑星の変容に参加しないでしょう。これが、来たる桁外(けたはず)れの変容の期間で、あなた方の惑星の全ての知覚を持った存在が決断しなければならない、自由意志による決断であることを、今一度念押ししておきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、『あなたはいまスターシードとして目覚める』から、DNAの活性化の瞑想法を紹介します。


 ・・・<『あなたはいまスターシードとして目覚める』、p305〜p309から抜粋開始>・・・

 DNAの活性化:基本トライアンギュレーション

 初めに、深い瞑想に入るための準備を整えましょう。頭を北、足を南に向けて横になってください。身体を締め付けられている感覚がまったくない、ゆったりとした服を着ることで、高い効果が得られるでしょう。周辺には、できるだけ金属製の物質を置かないように気をっけてください。
 快適で気が散らないような環境を整えましょう。心がすっかり落ち着いたら、静かに横になって一定のリズムを保ちながら深呼吸します。目を閉じて、騒々しい周囲の世界がゆっくりと遠のいていくのを五感で自覚してください……そして平和で?やかな、深いリラックス状態へと入り込んでいきます。呼吸するたびに集中力が高まって気持ちが?やかになり、身体がどんどん軽くなるのを感じるでしょう……それはまるでそよ風に乗って漂う、一枚の羽根のような軽さです。
 今、自分が大草原にいると想像してみてください。太陽の温かい光に包まれ、木々のかぐわしい香りがします……そして辺り一面に花が咲き乱れている様子を思い浮かべましょう。
 豊かな自然に囲まれたあなたは、この世のあらゆる生き物と完全に一体化し、すべての生命が奏でる音楽と共鳴しながら、魂が上昇して浮かんでゆくのを感じています。
 頭上には虹が現れます……これはあなたが発するバイブレーションが空に描く絵画です。未来永劫にあなたのバイブレーションを加速させる準備を整えるために、クラウン(頭頂)のチャクラがハスの花のように開いていく情景を思い描きましょう。
 深く息を吸い込んで、クラウンに向かって虹の屈折光が伸びてゆく様子を描きましょう。その光は脊椎を通って、各チャクラを通過することで浄化され、脊柱の一番下にあるムラダーラ(肛門部のチャクラ)に到達します。
 あなたに向かって打ち寄せてくる波動に共鳴しながら、光のスペクトラムを体感しましょう。そしてこれらのエネルギーが、あなたの身体の中で発光するのを感じてください。体内のすべての細胞がどのようにして虹を反射しているのか、観察しましょう。あなたという人間の本質、さらには創造に向けて変容を遂げるための潜在能力を決定づける、神性を備えた個としての姿をその細胞の一つ一つまで注意深く見てほしいのです。.
 今度は息を吐いてください……もはや何の役にも立たないのに依然としてあなたの中に留まっているエネルギーは吐き出してしまうのです。ガイアの叡智の冷気によってエネルギーを浄化し変換させるために、地球に放出してもいいかどうかを尋ねてください。それから息を吐き出して、不用なエネルギーに拘束されていた自分自身を解放してあげましょう。

 息を吐いて、スピリット・ボディ・マインドを負担から解放するのです。

 次の呼吸で、クラウンを抜けていく天使の国のまばゆいばかりに輝く光を描きます。スピリットがあなたの中で動きまわるのを感じて、この光が覚醒への素晴らしい旅のガイドとなってくれていることを確信してください。
 それから、クラウンの中心の上部に黄金色に輝く四面体が現れ、頭上で静かに回転するのが見えます。これが、あなた方の進化し続けるDNAの基礎的な幾何学マトリックス−−覚醒したライトボディの神聖なる基本形−−というわけです。
 時間をかけて、ゆっくりと……四面体の輪郭が明確になるまで集中してください。頭上で静かに回転しながら、あなたの内と外を取り囲む白金色の光を反射して輝くその美しさを観察しましょう。
 この回転する四面体の明確なイメージを脳裏に定着することができたら、今度は四面体をクラウンチャクラのほうへと引き寄せ、松果体の真上に置いてください。頭の中心部、つまり鼻すじのちょうど裏側です。あなたが指示を出せば、松果体は四面体の中心部にすっぽりと収まるでしょう。この魂の行く先を照らす灯台が黄金の光で満たされるのを感じてください。それは新鮮な感覚であると同時に、忘れていた何かを思い出しているような感じでもあります。
 あなたの高まりつつある意識の入口に位置づけられた黄金の四面体は、意識の目覚めの中にDNAの3本鎖を紡ぎだすマトリックスとして機能します。
 あなた方が肉体を持つ存在として構築した知性あふれる作品、DNAコードの二重らせん構造を、自分の目で確認しましょう。第3DNAの糸が自ら二重らせんに変化し、松果体を包み込むような形状を再生する様子を想像してください……そうしてあなたの細胞一つ一つの中でトライアンギュレーションが行われるのです。
 こうして二重性は解消され、3本鎖はあなたの中で形になりつつある神聖な設計図に組み込まれていくのです。
 そして身体の細胞一つ一つの内部で新たな力学が−−より高周波のバイブレーションが−−顕在化を始めますが、その状態はこれからも永遠に続いていくことを理解しておきましょう。
 あなたという存在のすべての部分−−内臓、細胞、素粒子、さらにはあなた中で息づいているあらゆる意識体に、DNAのエーテル条を今この時点で結晶化することはスピリットの旅の過程における正しい判断なのだ、というあなたの意図を伝えてください。
 それは、あなた方が生まれながらにして持っている権利です。
 これは、帰還の旅……
 つまり多次元世界への旅の到着と出発です。
 そして次は、あなたに心の準備ができている場合に限っての話ですが、意識が肉体へと戻る前に、ここまで導いてくれた「光の存在」に対してハスの花びらに包まれた状態で感謝の祈りを捧げましょう。そして自分の気の済むまでゆっくりと時間をかけて、体内に誕生した新たな存在を完全に一体化させるのです。この経験を統合させるために、どれだけ時間がかかってもかまいません。
 さあ、あなたはもう肉体へと戻ってきました。指の感覚を確かめ、つま先を動かして、血行をよくしましょう。
 それからゆっくりと時間をかけて、完全に意識が部屋へと戻るまで静かに横たわっていましよう。自分の身体が現実に存在している場所に意識が戻るまで。
 ゆっくりと……
 好きなだけ時間をかけてかまいません……

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で聞いてきた、DNAの第3螺旋に関する情報をお伝えしようと思います。
 本ではDNAの再活性化を促すのは松果体だと言っているのですが、千さんに聞いたら、それは事実だそうです。だとすると現代人は松果体が豆粒のように萎縮してしまっているので、まずは松果体を浄化し活性化させる必要があります。
 次の質問は、松果体が活性化している人が上記の瞑想法を行ったら、本当に活性化するか聞いたら、活性化するとのことです。
 具体的な例を挙げてほしいと聞いたら、上記の瞑想を毎日やったとしたら、例えば3週間後に変化を感じるといいます。そして、その変化を感じた時点から3ヶ月後にDNAの第3螺旋構造ができるといいます(これは個人差は大きいと思いますが)。
 第3螺旋構造ができたら、どんな変化が起きるかも聞きました。
 すると、色々なことを瞬時に理解できるようになるといいます。つまり理解するのに、時間を使わなくなるそうです。
 肉体的な変化も聞いてきました。ムズムズするような感覚が長く続くそうです。
 そして瞑想を続けることで、第4螺旋、第5螺旋と繋がっていくそうです。

 DNAの第3螺旋構造ができたといっても、超人になれるわけではありません。
 それは変容という長い道の、最初の第一歩なのかもしれません。



ダーチャ...2015年5月27日

 ここ最近、当HPでは、「End of Time」に関する記事を書いてきました。
 私の最大の関心事は、「End of Time」がいつ起きるかでした。しかし同時に「End of Time」が始まったら、世の中はどうなるかというのも、大きな関心事でした。
 そして、どうすれば「End of Time」の期間中をサバイバルできるかというのも、私のテーマの一つです。

 それは地震対策のように、食糧の備蓄や救急キットを用意するという話とは次元が違うものです。
 「End of Time」が10年程度続くとなれば、食糧の備蓄では追いつきません。世界的に大規模な気候変動が起これば、深刻な食糧不足が起こることが予測されます。そうなれば、食糧を自力で確保する手段が必要となります。
 そこで私が参考になると目を付けたのが、ロシアの「ダーチャ」です。

 ダーチャと聞いて、ほとんどの方は、「なんのこっちゃ?」となると思います。
 例えば、クラインガルテンと聞けば、知っている方も多いと思います。クラインガルテンとは、ドイツで発祥した定住型の家庭菜園付きの住宅のことです。農業体験を希望する人が、年間契約で住宅と農地を借りるシステムで、1ヶ所に集合して住むので、素人でも近隣の先住者に農業のアドバイスを得られるというメリットがあります。
 ロシアのダーチャというのは、もっと意味が広いもので、発症は旧ソ連時代に政府が人々に狭い農地を格安で与えたのが始まりです。
 通常それは土地だけで、人々はそこに住めるように自力で家を建てたり、井戸を掘ったりする必要があります。都会に住む人々は週末にダーチャに行って、農作業をするというのが慣例になったそうです。そうして得られた農作物が、ロシア人を救うことになったのです。

 私は最初にロシアのダーチャというシステムを聞いたとき、とても感心しました。
 旧ソ連政府の政策で、電子レンジの禁止とダーチャの導入は、大変評価されるべきものと考えています(冗談ではなく本気でそう思っています)。
 ロシアの人々は、1991年のソ連邦崩壊と、1998年にアジア通貨危機に端を発した金融危機による国家破産で、塗炭の苦しみを味わうことになります。通貨ルーブルの暴落によって、海外からの食糧輸入が出来なくなります。それによって、食べるものにさえ事欠く生活を余儀なくされます。
 そうしたロシア人を救ったのが、ダーチャだったのです。
 少なくともダーチャから得られる農産物のおかげで、大量の餓死者が出るのを防げたからです。

 ではまず20世紀末に、ロシアがどのように苦境に追い込まれていったかと見たいと思います。
 『世界はすでに破綻しているのか?』(高城剛著、集英社)から抜粋して引用します。


 ・・・<『世界はすでに破綻しているのか?』、p46〜p50から抜粋開始>・・・

 ハイパーインフレによる二極分化と、国の自転車操業

 大多数のロシア人が貧困に突き落とされる一方、こうした国家の混乱に乗じて、大金を手にした人々もいた。旧ソ連では、深刻なモノ不足を背景に闇市場が誕生し、そこでうまく商売をしていた一部の人々(いわゆる「マフィア」および、彼らも同然の人々、中には国家機関に関わっていた人々)が市場経済への移行とともに”表舞台”へと活躍の場を移し、大きな利益を上げるようになっていった。
 この状況は、東欧でも同じであり、この時期にポーランドを訪れた僕は、驚いたことがある。ある人物が「国営美術館」を個人宅にして住んでいたのであった。まさに、一部の者たちにとっては、やりたい放題の状況だったのである。
 また、民営化によって国有企業の払い下げを受け、財を成したいわゆる新興財閥(オリガルヒ)も同様だった。彼らは手持ちのルーブルをいち早くドルへと交換し、さらに巨額の富を手に入れていた。彼らは「ニューロシアン」や「ニューリッチ」などと呼ばれ、貧富の差はさらに拡大していくことになる。

 止まらないインフレと上がらない給料によって、一般の人々の生活は非常に苦しいものになっていった。そのため当時は、ダーチャでとれた野菜を売ったり、自家用車で白タクを営業するなどの「副業」をするケースもよく見られたものだった。ルーブルに対する信用は内外で地に墜ち、人々は必要なモノを物々交換で手に入れ、マルボロなどの外国製タバコを通貨の代わりに使うこともあった。「いったい、何を信じていいのか、わからない」。当時、ロシア人が話していたことを、僕は今もよく覚えている。手持ちのお金も国家も親友も、そして自分も、おそらく神すらも、多くのロシア人は信じられなくなっていた。

 そんな中、ロシア政府は1995年以降、インフレ抑制や財政赤字縮小の名目で高利な短期国債を積極的に発行し、国内の銀行や外国人投資家の人気を呼ぶことになる。資金調達が進んだものの、皮肉なことに、高い利息の償還のため、短期国債を増発する、ある種の「自転車操業」のような状態に陥っていくことになる。まさに綱渡りだ。
 一方、市場経済のインフラが次第に整っていくとともに、ようやくハイパーインフレは鎮静化する。貿易収支と経常収支もプラスとなり、経済成長の兆しも見えはじめ、1997年頃からようやくロシア経済は、徐々に回復するかに見えた。
 ところが、再びロシアを試練が襲う。アジアで始まった通貨危機の余波が、ロシアにまで波及したのである。
 1997年7月、タイ・バーツの暴落から始まったアジア通貨危機は、アジア各国に次々と飛び火、同年10月には香港で株価が大暴落し、ロシアでも株価が一日19%と大幅に下落。それを合図としたかのように、国債価格もずるずる値下がりし、利回りは急上昇しはじめた。1997年10月に18%だった短期国債の利率は、同年12月には38%、翌1998年5月には118%まで上昇したのだ。

 1998年のデフォルトによる国民の痛手

 こうした中、再び物価は上昇しはじめ、ロシア政府はついに1998年1月、新札を発行するとともに、旧1000ルーブルを新1ルーブルと交換するデノミネーションを実施。これはつまり、1000万円の貯金が1万円になることを意味する。デフォルトを危惧した外資は、ロシア市場から一斉に引き上げはじめ、債務返済と通貨防衛に追われた当局は外貨準備を切り崩して対応するが、それにも限界があった。そして同年8月17日、ロシア政府はついに、対外債務の90日間支払い停止を宣言するに至る。これは、事実上のデフォルト、つまり国家破綻だった。

 パニックになったロシア国民がルーブルをドルに替えようとしたため、ルーブルはさらに暴落。しかし、時すでに遅かった。このような状況になることがわかっていた者だけが、裏に表に資産を少しずつ外貨に替えていたが、ほとんどの国民は、まるで大災害にあったように、すべてを失ったのだ。1ドル=6ルーブル前後だった為替は、同年末には1ドル=20ルーブル近くまで下落し、約3分の1の価値になっていった。これによってドル建てで資金を調達していた国内銀行が次々と破綻。政府は国外への資金流出を防ぐため、預金封鎖を行い、人々はすべての財産を失ったのである。

 その後ロシア経済は、1999年に入ると原油価格の上昇とともに急速に回復していくことになる。経済成長率もプラスに転じるが、国民が受けた痛手は相当なものだった。ソ連崩壊、急速な市場化、そして国家破綻の先にあったものは、一部の「ニューリッチ」が富を独占し、食べるにも事欠く大量の「ニュープア」が生まれる未来だった。
 いったい、誰がそんな未来を想像しただろうか? 旧ソ連時代、自分の国が崩壊し、全財産が紙くずとなり、失業や明日の生活に不安を抱く時代がくるなど、誰が予想できただろうか? しかし、現実にそれは起こると歴史が証明している。かつて世界の二強と呼ばれたロシアの人々が経験した過酷な「国家破綻後の世界」は、近い将来、どこかの国にも再び起こりうる「現実的な未来」なのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このように二極化によって、大多数のロシア人は貧困に突き落とされます。ハイパーインフレによって虎の子の金融資産を奪われ、職も失った人々は、絶望的な状況に追い込まれます。
 しかし人間、いざとなっても水と食糧があればなんとかなるものです。
 貧困に突き落とされたロシアの人々には、ダーチャがあったのです。


 ・・・<『世界はすでに破綻しているのか?』、p42〜p44から抜粋開始>・・・

 モノ不足を救ったロシアの人の知恵「ダーチャ」

 市場経済への移行が加速する中、ソ連ではモノ不足とインフレがより深刻になっていった。これは1988年から企業による独立採算制が導入されたことで、安易な値上げが横行したことや、生産者がより高値でモノが売れる闇市場や自由市場に商品を流すようになったことが原因といわれている。1990年を皮切りに、僕は毎年のようにソ連を訪れていた。当時、欧州へ向かう便はモスクワ経由が多く(特にアエロフロートが安価だったこともあり)、せっかくなので僕は、モスクワの街に出て社会主義国家や変わりゆく国家の姿を感じようと考えていた。
 人々は石けんや洗剤、ノートや鉛筆、乳製品や砂糖といった生活必需品はもとより、安定して手に入っていたはずのパンやタバコまで入手困難な状態になっていた。まったく知らない人に街角で声をかけられ、石けんやシャンプーを分けてほしいと頼まれたことが何度もある。モノの値段はどんどん上がり、庶民の生活がどんどん苦しくなっていくのを、僕は目の当たりにした。いわゆる強度のインフレ状態である。朝100円だったパンが夕方には500円になることもあった。

 このように食べるものにも事欠くような状態を、ロシアの人々はどのように凌いだのだろうか? そのヒントは、「ダーチャ」と呼ばれる家庭菜園付きの別荘にある。
 ソ連時代には、労働者への福祉の一環で、国や職場から安価でダーチャのための土地を買うことができ、多くの市民は郊外にダーチャを保有していた。ただ、いわゆる別荘とは趣が違って、水道やガスなどのインフラが整備されていないことも多く、人々は自分で家を建て、自力で井戸を掘ったりしなければならないのが常識だった。当時のソ連の人々は週末になるとダーチャを訪れ、そこで野菜や果物を育て、ブタなどの家畜を飼い、自給自足の生活を送っていたのである。ダーチャの存在とそこでとれた食料は、結果的にモノ不足に苦しむ人々の生活を支えることになる。

 僕も何軒かのダーチャを訪れたことがある。街の混乱を避け、ここで自給自足的に暮らす人もいれば、都市部で働き、週末だけダーチャで農作業に従事する人もいた。ダーチャといってもいろいろなタイプがあって、掘っ立て小屋のようなものもあれば、高級別荘のようなものもあった。しかし、どのダーチャにもそれなりの家庭菜園がついており、これがソ連崩壊時に多くの人々を救ったのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ダーチャをスピリチュアル的に解釈した意見も紹介したいと思います。
 シベリアのタイガの森に裸同然で暮らすアナスタシアという女性の意見です。
 アナスタシアは、寒い時には野生の熊が添い寝してくれたり、お腹が減るとリスなどの小動物が木の実を運んでくれるそうです。私は、最初はアナスタシアは実在しない、フィクションだと思っていました。しかし千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で聞いたら、アナスタシアは本当にシベリアに住んでいる美しい女性だというのです。
 『響きわたるシベリア杉』(ウラジーミル・メグレ著、ナチュラルスピリット)から引用します。
 アナスタシアが意見を言い、それに対しウラジーミル(男性)が質問するという会話形式になっています。
 なおアナスタシアは、ダーチャで農作物を育てている人のことをダーチュニクと呼んでいるようです。


 ・・・<『響きわたるシベリア杉』、p88〜p90から抜粋開始>・・・

「すでに地球上のいくつかの地点に不安定な地域がある。人間はこれまでずっと、自らを滅亡に導く準備を、十分すぎるほど、あらゆる手を尽くしてやってきた」
「でも、それはいつ地球規模になるんだい? いつその大災害は起こる?」
「それはだいたい2002年頃に起こる可能性がある。でも、1992年のときのように、回避されるか、延期されるかもしれない」
「1992年に起こっていたかもしれないって言ってるのかい?」
「そう、でも、彼らはそれを遅らせた」
「『彼ら』って誰? 誰がそれを遅らせたんだい?」
「1992年の地球規模の大災害は、ダーチュニクのおかげで回避できた」
「何だって?」
「世界中で、それぞれ異なる立場にいる多くの人々が、大災害から地球を守っている。1992年の大災害は、主に、ロシアのダーチュニクの働きで発生をくいとめられた」
「そしてきみは……ということは、つまりきみだ……きみは6歳という年齢で彼らの存在の意味を理解したのかい? 危機を予見していたのかい? きみはこつこつと働きつづけて彼らを助けた」
「ウラジーミル、私はダーチュニクの重要性を知っていたのよ」

 ダーチュニクと全地球の日

「でも、どうしてダーチュニクのおかげなんだい? そしてよりによってロシアなんだ? どういう関係があるんだい?」
「あのね、ウラジーミル、地球は大きいけど、とてもとても敏感なの。
 あなたも蚊よりずっと大きいけれど、その一匹が皮膚の上に着地しただけで敏感に察知するでしょ。地球もすべてを感知する。自分がコンクリートやアスファルトに閉じ込められるとき、自分の上で生きている森が伐採され燃やされるとき、自分の中に深く穴を掘られて、粉状の化学肥料がまき散らされるとき。
 地球は痛みを感じる。それでも地球は、母が子どもたちを愛するように、人々を愛している。地球は人間のすべての悪意を、地中深く埋めようとする。地球が力を使い果たし、力尽きたときだけ、その悪意は火山の噴火や地震となって爆発する。
 私たちは地球を助けないといけない。やさしさと思いやりに満ちた地球への接し方は、地球に力を与える。地球は大きいけれど、本当に敏感で繊細。たったひとりの人の手がやさしく触れただけで、それを感知する。ああ、どれほど地球が、そのやさしい接触を敏感に感じ取り、待ち焦がれていることか!
 長い間、ロシアの人々は、大地は万民の財産であり、誰か特定の人のものではないと考えていた。自分のものだと考える人はいなかった。ところがそのロシアで、事態が変わった。政府が小さな地所をダーチャとして人々に分け与えはじめた。
 与えられた地所がとても狭くて、大きな機械など使えなかったのは、偶然ではない。地球とのふれあいを切望していたロシアの人々は、お金持ちも貧しい人も一様に、とても喜んでその地所を受け取った。なぜなら、人間と地球とのきずなは深く、それを断ち切れるものは何もないから。
 小さな地所を受け取ったあと、人々は直観的にそのきずなを感じはじめていた。何百万という人間の両手が、愛をもって地球に触れた。その小さな地所で人々は、機械ではなく自分たちの両手で、地球にやさしく触れた。
 そして地球はこれに気づいた。地球はひとりひとりの人間の手の接触を感知して、そこに、身が持ちこたえる力を見出した」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私もダーチャとやらを、やってみようかと考えています。
 場所は、週末に気楽に農作業をやれるということで、今住んでいるところから2時間程度で通えるところを考えました。
 その候補の場所として富士五湖周辺を調べることにしました。
 下の左側の写真は、今年の3月末に河口湖に行ったとき撮った、河口湖天上山公園カチカチ山ロープウェイから臨んだ富士山です。
 右は5月に行った富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」の会場から撮った富士山です。
 箱根もそうでしたが、平日だというのに、ものすごい人の多さでした。そしてかなりの割り合いを外国人観光客が占めていて驚きました。日本も変わったものです。



    



 以下の2つは、実際に訪れた物件の写真です。
 不動産屋に物件を見たいと言ったら、案内できないので、勝手に行ってくれと言われました。そこでレンタカーを借りて、見てきました。
 左の写真は6000坪という広大な農地を含んだ物件です。価格は、家屋と農機具も付きで3150万円です。
 ビンボー人の私に払える金額ではありませんが、見るだけならタダです。人が住んでいるとのことですが、不動産屋は敷地内に入ってもらって見学して構わないとのことでした(私が行った時には、住人は居ませんでした)。
 右の物件は900坪の土地で、850万円です。


    


 やはり物件は実際に見てみないとわかりません。
 左の物件は6000坪と広いのですが、物件の真ん中にかなり急峻な崖があり、土地が完全に2つに分かれていました。平坦な土地ではないので、かなり使いずらいという印象でした。
 右の物件は高台にあって、たしかに見晴らしは最高です。
 その分、周りに風を遮る森がないので、強い台風が来たら農作物はいちころにやられてしまいます。私はこの土地は危険過ぎると感じました。
 千さんのお爺ちゃんセッションで、この2つの物件のうち、将来どちらかに私が暮らしているビジョンが見えますかと聞いたら、どちらもないとのことです。

 私のダーチャ探しは、今後も続きそうです。



「End of Time」について...2015年5月17日

はじめに

 4月下旬から5月始めにかけて、スミヤさんから教えていただいた地球外知的生命体アルケミー達の情報を記事にしてきました。
 その期間、当HPのヒット件数が急増しました。この話題が訪問者の方々にとって関心の高いものであったことがわかります。ヒット件数が急増したということは、初めて当HPを読まれる方々もおられるということだと思います。
 そこで今回は初めての方々を対象にして、「End of Time」について以前書いた記事を紹介しながら、これまでのまとめ的なものを書きたいと思います。

 「End of Time」(時間の終焉)とは、マヤ族やホピ族に昔から伝えられてきた予言である人類の禊(みそぎ)のことです。
 それは大規模な天変地異を伴うものとされています。その期間は7〜8年に及び、青い星の予兆で始まり、赤い星の予兆で終わるとされています。

 現在、人類が大転換期を迎えているというのは、マヤ族やホピ族以外にもたくさん伝えられています。例えば「日月神示」では、その期間を「大峠」と呼んでいます。
 また多くのサイキックと呼ばれる人たちが、その時期が近いことを予言しています。

 私は、その「End of Time」がいつから始まるのか、ということが大変気になっていました。その時期を探究することが、私のライフワークのようにさえなっていました。
 スピリチュアルに関心があっても、こうした予言を否定する人もいます。
 それはエドガー・ケイシーが20世紀末に日本の大部分が海中に没すると予言したが起こらなかった。また2012年の冬至の日にアセンションするといった騒ぎがあったが何も起こらなかった。ということで(期待?)したのに裏切られたという思いの方も多いのはではないかと思います。結局、騒いだだけで何も起こらないじゃないか、もう騙されないぞ、という不信感にも似た感情が生まれているかもしれません。
 私は「End of Time」は起こるだろうという立場です。
 これまで起こると言われていた予言が起こらなかったのは、予言というものが時期を特定するのが極めて難しいという性質を持っているからだと考えています。
 人々の集合意識が未来のイベントに多大な影響を与える以上、予言が発表された段階で人々の集合意識に変化をもたらし、その内容や時期を変えてしまいます。
 ただし「End of Time」のクライマックスとも言うべきポールワンダリング(地殻移動、またはポールシフト:地軸の移動)は、人類の集合意識がもたらすものではなく、1万3000年毎に繰り返される地球の周期的なイベントだということです。それゆえ人類の集合意識は、それに影響を与えることはできるが、全く起こらなくすることはできないと考えています。


「End of Time」の時期の推察

 これまで私は当HPにおいて、「End of Time」の時期について何回か記事を書いてきました。
 それらを紹介したいと思います。

@「クラリオン星人スエルが語る地球大変動の時期」

 イタリア人のUFOコンタクティーであるマオリッツオ・カヴァーロ氏は、クラリオン星人スエルからその時期を伝えられます。
 スエルは1986年に30年〜35年後に起こると言っているので、その時期は2016年〜2021年となります。


A「日月神示が示す大峠の時期について」

 日月神示では、大峠の時期を「子の歳真中にして前後十年が正念場」と述べています。
 中矢伸一氏はこの子の歳を2008年としました。しかし私は次の12年後の2020年ではないかと考えています。2020年だとすると、大峠の時期は2015年〜2025年ということになります。


B「アルケミー達が語る近未来」

 UFOコンタクティー、スミヤさんを通して、地球外知的生命体であるアルケミー達は、2025年に地球規模の大地震が起こると伝えてきました。
 私は同時多発的に起こる地球規模の大地震の原因は、ポール・ワンダリング(ポール・シフト)だと考えています。


 次に紹介するのは私が書いた記事ではなく、2012年12月の「週間プレイボーイ」に載ったと思われる記事です。

C「マヤ暦が予言する人類滅亡は2012年ではなく2015年だった」

 マヤ歴が2012年12月23日にマヤ歴が終わるというのは、マヤ歴を現在の西暦に換算する際の単純な計算ミスだったというものです。
 4年に1度のうるう年を計算に入れると、1250日後の2015年9月3日になるというものです。
 私はこれを知っていましたが、もうすでに多くの人が知っていることだろうと思い、あえて記事にしませんでした。
 興味深いのは、これを知った古代エジプト暦の研究家たちが驚愕したというのです。
 古代エジプト文明の聖地にあるイシス神殿は、西暦550年に閉鎖されたといいます。そして「この場所が閉鎖されれば毎年、秋分の日に一体ずつ神々の加護が失われ、すべての神々が去った年の秋分の日に世界が水没するだろう」という伝説が残っていたというのです。そのイシス神殿の壁には1465体の神々が描かれていて、西暦550年から毎年、一体ずつの神々が去るとすると、西暦2015年の9月に世界が水没することになるというのです。
 マヤ文明とエジプト文明という時代も場所も違う文明の暦が、はからずも一致しているということに大きな意味を感じてしまいます。


マヤの長老とドランヴァロさんが特定した「End of Time」の時期

 神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんは、マヤ族の長老ドン・アレハンドロ氏から以下の内容を聞いたそうです。

 1万3千年前、ポールシフトが起こり、生き残ったアトランティス人が世界各地に散った。一部はチベットに住み、一部が現在のマヤの地域に移住しマヤ人となった。
 マヤ族の一部が北上して北アメリカに移住し、現在のホピ族になった。ホピ族の予言では、もうすぐ第四の世界が終わり第五の世界が始まることになっており、それを告げるのは青い星の予兆である。

 今の第四世界の終わりに起こるのが、7〜8年続くという禊(みそぎ)の時期「End of Time」です。
 それゆえマヤの長老とドランヴァロさんは、青い星の予兆に格段の注意を払っていたと思うのですが、そこに起こったのが2007年10月のホームズ彗星のアウトバースト(増光)だったのです。
 以下はホームス彗星の写真です。
 左の3つの写真は、2007年10月28日〜29日のもので、右端の大きな写真は2007年11月7日のもので、二等星の明るさまで増光して肉眼が確認できるほどだったといいます。





 マヤの長老とドランヴァロさんは、協議の上でこのホームズ彗星こそ、ホピの予言の青い星の予兆だと断定しました。
 となると「End of Time」は、2007年〜2015年となります。
 それゆえドランヴァロさんは2010年にもポールシフトが起きると言っていました。
 しかし実際は、世界を揺るがすポールシフトは起きませんでした。またこの時期に、人類の禊となるような世界的な天変地異が多発したとはとても言えません。もちろん2015年が終わるまで、あと7ヶ月あるので絶対とは言えませんが、私はマヤの長老とドランヴァロさんは時期を間違ったのだと思います。
 私は、「End of Time」が始まるのが2015年であり、終わるのが2025年前後ではないかと考えています。


すでに始まっているポールワンダリング(ポールシフト)

 ポールワンダリング(ポールシフト)が起きるといっても、リアリティを感じない方がほとんどだと思います。
 しかし実際に調査されて、地軸の移動が観測されているという観測結果があるとなれば、だいぶ印象も変わってくるかもしれません。
 私は以前から、極めて微妙ながら地軸は動いていると言ってきました。今は目立たないだけで、そのうち科学者も無視できなくなるのではないかと言ってきました。
 私が予想した以上に、地軸は動いているようです。
 以下のサイトをご覧下さい。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-350.html

 これによると、「イギリスで極移動などの調査をしている専門家の方の話によると、2013年に入ってからのわずか半年間で地球の地軸が250km以上も動いたのが観測された」といいます。
 プレートテクトニクス理論では、1年に30cmしか動かないので全く説明できません。科学者はこの現象を、どう説明するのでしょうか。
 私の予想ですが、こうしたポールワンダリング(ポールシフト)の動きは徐々に加速はするでしょうが、やはり極めてゆっくりとしたものだろうと思います。
 そして2020年代半ばに、一気に動く可能性があると考えています。


では2015年は、どういう年になるのか

 私は2015年に、「End of Time」が始まると予想していますが、だからといって2015年から天変地異が起こるとは考えていません。
 むしろ後の時代で、2015年は平穏に暮らせて良かったと回顧される最後の年になるかもしれないと考えています。私が予想する「End of Time」は2015年の年末です。その時に、ホピの予言にあるような青い星の予兆があるかもしれないと考えていますが、自信があるわけではありません(もし青い星の予兆があるとすれば、ベテルギウスの超新星爆発ではないかと考えています)。
 そして天変地異が起こるとすれば、2016年に入ってからだと思います。

 余計な話ですが、金融・経済の大変動も2016年に入ってからではないか、と考えています。
 リンゼー・ウィリアム氏が今年の9月に世界的な金融パニックが起こると言っています。それで大儲けしてやろうと、虎視眈々と一攫千金を狙っている投資家もいるに違いありません。
 しかしリンゼー・ウィリアム氏が指摘するように、金(ないし銀)の現物以外は、大変危険だと思っています。
 もし今年の秋に、世界的な金融パニックが起きなかった場合、多くの人が安心するのではないでしょうか。そして多くの人がまさかと思った2016年に起こるというシナリオに、けっこうリアリティを感じています。



私がアトランティス滅亡にこだわる理由

 私は千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で、私の転生でアトランティス滅亡に関わった20人の科学者のうちの一人であった転生があると聞きました。
 以前書いた記事ですが、ここに引用させていただきます。

 ・・・<引用開始>・・・

 アトランティスの末期に、アトランティス文明を象徴するような巨大な塔(エネルギータワー)を巡って争いが起きます。この塔は、人々の生活にとって非常に有益なものでしたが、悪用すれば恐ろしい兵器にも転用が可能でした。あるグループがその塔を力ずくで奪って、兵器として悪用する計画を立てていました。その計画に対し、奪われて悪用されるぐらいならその前に破壊してしまおうという意見のグループと、塔の悪用も破壊にも反対するグループが現れました。つまり以下の3つのグループに別れたのです。

@力ずくで塔を奪い兵器として悪用しようとするグループ

A悪用される前に塔を破壊しようとするグループ

B塔の悪用も破壊にも反対するグループ

 私はAのグループに属する20名の科学者の一人でした。
 アインシュタインも当時転生していて、アインシュタインの意見もAに近いものだったそうですが、20名の科学者の一人だったのかは千さんに確認していません。Bは最終的に7人のグループになったのですが、ゲリーさんの転生がそこにいました。
 以前、当HPに記事を書いてもらったことのあるゲリースクール卒業生のIさんという方がいるのですが、そのIさんもBのグループの一人だったそうです。Iさんによると、ゲリーさんはBの中立なグループと言ってもAに近い意見を持っていたそうです。Iさんは塔を破壊しようとする意見に近いゲリーさんに、「止めた方が良い」と忠告した記憶があるそうです。

 千さんによると、Aのグループが進めていた塔の破壊工作ですが、不慮の事態が発生してパニックになり、計画より早く塔を爆破してしまったそうです。それゆえ当初計画していた規模の爆発をはるかに凌駕する、前代未聞の大爆発を起こしてしまったんだそうです。その爆発の規模はすさまじく、次元の裂け目ができてしまい、その爆発による残骸もろともその次元の裂け目に飲み込まれてしまったんだそうです。
 Iさんによると、ゲリーさんはもし地球が(アセンションして)アストラル界と融合することになれば、その爆発で破壊されたアトランティス文明の残骸が人々に発見されるだろうと言っているそうです。

 Iさんによると、千さんはそのときの爆発に対して、「あれはひどかった」と感想を言っていたそうです。その爆発によって、アトランティス文明は瞬時にこの地球上から消滅してしまったのです。

 ・・・<引用終了>・・・


 アトランティス文明が滅亡したのは、この巨大な塔(エネルギータワー)を巡っての内部抗争だけが原因ではありません。
 ムーとの戦争や、ポールワンダリング(ポールシフト)なども大きな原因の一つでした。
 しかし私の中には、アトランティス文明の滅亡を自らの手で行ってしまったという自責の念があるのかもしれません。それゆえ今回こそは人類に平和裏にポールワンダリング(ポールシフト)を無事に乗り越えて、新たな文明を築いてほしいという願いが強いのかもしれません。



掲示板への書き込みと、私宛のメールに対して...2015年5月4日

 当HPの掲示板に、purekoさんから書き込みがありました。
 5月1日の記事「アルケミー達が語る近未来」で、アルケミー達が語っている今後日本で起こる2つの地震の日時と場所を公表せず、私が○○で置き換えたことに対してです。
 書き込みの一部を抜粋させていただくと、

 「アルケミー達の地震予言〇〇年とされていた年数も公表することで分散した地震に私たちの祈りの力で変換する事はできないでしょうか」

 ということで、これは質問というより、ご要望ということかもしれません。

 これ以外にも私個人宛に、○○の部分を教えてほしいというメールが来ました。
 これも一部抜粋させていただきます(個人情報の部分は**に置き換えてあります)。

 「最新の記事で巨大地震が日本で2度起こると記載されていましたが、地名は伏せてありました。反響を考えての判断だと承知していますが、いつどこで起こるのかが気になり連絡してしまいました。
というのも、私自身**で生まれ育ち、現在は子育てをしているためです。子供のことを考えると、質問せずにはいられませんでした」

 こうした質問が来ることは、ある程度想定していましたが、やっぱりという感じです。

 当HPのポール・ワンダリングと地球外知的生命体による空中携挙に関する記事を読まれたほとんどの方々の印象を私が想像してみます。
 それはポール・ワンダリングと空中携挙にはリアリティを感じないが、今後日本を襲うであろう大地震に関してはリアリティを感じる。それで少しでも大地震に関する情報がほしい……、というところではないでしょうか。

 そういった気持ちは、よく理解できます。
 ですから逆に、○○に置き換えざるを得なかったのです。
 2つの地震に関する日時と場所をオープンにしてしまうと、ほとんどの人の関心はそちらに向かってしまうでしょう。
 そしてその日時と場所が当たらなかった場合、「アルケミー達は当たらない」ということで、よくあるネットでのお騒がせの話題の一つとして、すぐに忘れ去られてしまうでしょう。
 ですから私は、今後、南海トラフ大地震も東京直下型大地震もないという情報も公開しない方がいいのではないかと思ったぐらいでした。
 アルケミー達が私に情報を公開するよう促したのは、地球規模の巨大地震の同時発生となるポール・ワンダリングという人類への途方もない大イベントが迫っていること、そして人類という種を残すべく彼らが空中携挙を行う計画があるということを知ってほしいからだと思っています。
 宇宙からたくさんの知的生命体がこの地球に集まってきているということは、人類という貴重な種をこのまま絶滅させたくないという気持ちからだと思います。

 巨大地震の情報を公開すると、人々は完全に地震にフォーカスしてしまうでしょう。
 アルケミー達の思惑から外れていってしまいます。
 私はそれを避けたかったのです。

 purekoさんは、ゲリーさんが東海大地震の予言をしたのは、「回避するために敢えて公言したのではないか」と仰っていますが、私も全くその通りだと思います。
 人々の祈りの力によって、災害の規模を軽減できるというのは私も同意します。
 自分が悪役になってでも、大災害を止めることができればというのは、いかにもゲリーさんらしいです。
 purekoさんは、これからも祈りの力によって地震を軽減する活動をされていくと思います。それは素晴らしい行為だと思います。
 今回、地震情報を公開しなかったわけですが、その時期が近付けば、(ゲリーさん以外でも)サイキックの誰かが大地震が近づいていると予言するだろうと思います。ですから私の情報が無くても、purekoさんが活躍する場はどんどん出てくると思います。


 もし私の予測が当たってしまうと、もうしばらくすると地球の禊(みそぎ)となる「End of Time(時間の終焉)」が始まります。
 そうなると世界的に火山の噴火、巨大地震の発生、土地の急激な隆起や沈降、気候の大変動が次から次へと起こってくるでしょう。もはや個々の地震にフォーカスするレベルではなくなると考えています。
 私は、今人類が一番フォーカスすべきは、ゲリーさんの言うシフト(変容)をすることだと思っています。
 肉体の振動数を上げていくことです。
 シフトしなければ、災害を生き延びたところで、半霊半物質の世界となった新たな地球で生きてゆけません。
 逆にシフトすれば、その人の祈りの力は飛躍的に増すものとなるでしょう。


 * * * * *


 スピリチュアルに興味のある方でも、今回のポール・ワンダリングや空中携挙といったことには、相当な拒否感があっただろうと思います。
 ほとんどの訪問者の方々は、「いくらなんでも、そんなことは信じ難い……」というのが本音ではないでしょうか。
 私は信じてほしいと思って、今回の一連の記事を書いたわけではありません。「End of Time」が始まって世の中が騒然としてきたときに、当HPの今回の記事を思い出していただけたらと思っているのです。
 「そういえば昔、本山なんとかという胡散臭いサイトに、そんな記事があったな……」
 と思い出していただければ、私の伝達者としても役割は果たせたと思うからです。

 ごく一部の方々だと思いますが、今回のポール・ワンダリングや空中携挙に感心を持ったという方もおられると思うので、(一度載せたものなのですが)ここで少し情報を提供したいと思います。

 まず、そもそも論で、なんで地球にポール・ワンダリング(ポール・シフト)などという大天変地異が起こるのかということです。
 それは太陽系がエネルギーの高い星間雲に突入したからです(ゲリーさんは違う言い方をしていますが……)。それで太陽系全体が温暖化するとともに、一部の惑星ではすでにポールシフトが起こっているのです。
 「ヤスの備忘録」のヤスさんのサイトから引用させていただきます。
 下記の記事は2010年頃に書かれたものだと推察しています。
 ヤスさんはロシアの科学者を、アレクセイ・デミートリエフ博士と書いていますが、アレクセイ・ドミートリエフ博士と書いてあるものもあります。
 検索する際には、ご注意下さい。


 ・・・<ヤスさんのブログから抜粋開始>・・・

NASAの研究者の画期的な論文

12月24日、NASAの研究者は著名なネイチャー誌に論文を発表し、現在太陽圏の縁を飛行しているボイジャー1号と2号が送信したデータの分析結果から見て、いま太陽系は強い磁場をもつ星間雲に突入しつつあるとした。

ところで、ロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士は銀河系の軌道上にある太陽系がエネルギーの強い星間雲の中に突入しつつあり、それが太陽系全体が温暖化しつつある原因であるとしていた。以前に書いた記事だが、再度引用する。

現在、太陽系の惑星すべてのエネルギーが高まってる状態にあるといわれている。「2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉 ローレンス E.ジョセフ 著 」、ならびにロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が発表した論文「PLANETOPHYSICAL STATE OF THE EARTH AND LIFE」などによると、以下のような現象が太陽系内の惑星で観察されているという。

大気の増加
火星では大気の厚みが増し、NASAの予想よりも約2倍濃くなっている。このため、1997年にはマースオブザーバーのバックアップ機の一つが厚い大気に阻まれクラッシュした。さらに、これと同様のことが木星、天王星、海王星でも起きている。

また、火星の北極に存在が確認されている氷の塊が早いスピードで溶けている。温暖化現象は火星でも発生している。

増大する惑星の明るさ
金星の明るさは増大している。木星のエネルギーは明らかに増加しており、木星の月のイオと木星を結ぶイオン化した放射能のチューブが見えるようになった。天王星と海王星の明るさも増大している。

惑星を取り巻く磁場の変化
木星の磁場の強さは2倍になっており、天王星や海王星でも磁場の同じような増大が見られる。

ポールシフト
天王星と海王星でポールシフトが起きた。ボイジャー2号が二つの惑星を通過したときの計測では、北極と南極が地軸に対して約50度ほどずれていた。

こうした変化は、2億6千万年の周期で天の川銀河を蛇行しながら公転している太陽系が、天の川銀河が宇宙の塵が集積してエネルギーレベルの高い地帯へと進入し、そのため膨大なプラズマエネルギーが太陽圏に進入していることによると考えられている。これは以前にこのブログで紹介したシベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が詳しい。博士は次のように言う。

「太陽活動が盛んになっているのは、星間のエネルギー雲のなかへ移動するにつれて、われわれが経験している物質、エネルギー、情報の流れが増加しており、それがじかに反映された結果なのだ。太陽には新たな要求が課せられており、われわれはこうした要求が地球におよぼす衝撃を経験しているのだ。」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 一時フォトン・ベルトなる言葉が流行ったことがありました。私はこれはまやかしの情報だったと思っています。フォトンとは光子のことであり、一定の宇宙空間でプカプカ浮かんでいるはずがありません。星間雲というのが事実だと思います。
 星間雲というのはネットによると、

 「爆発した星の残骸と考えられる水素、ヘリウム、ヒドロキシラジカル(水素原子と酸素原子が単結合したもの)およびその他の元素や化合物などを含む磁気を帯びたエネルギー雲」

 とのことで、以下のサイトが参考になります。

http://d.hatena.ne.jp/cocochanman/20110418/1303072924


 天王星と海王星では、すでにポールシフトが起きています。
 地球だけが今後も何も起きないという方が、むしろ不自然だと私には思えるのです。


 では次に「End of Time」が始まったら、何が起きるのか、です。
 前回はアルケミー達からの情報をお知らせしたわけですが、世界にはさらに詳しく述べているサイトがあります。
 それがロシア人科学者のポポバ・アンドリアノバ博士とリディア・アンドリアノバ博士という夫婦2人のサイトです。これらの情報は、スミヤさんと同じく宇宙人とのチャネリングによって得られたものです。
 ロシア語のサイトは以下です。

http://www.ourtransition.info/

 このサイトには翻訳機能がついていますが、機械翻訳したものなので読む気になれません。
 これもヤスさんのサイトに詳しく紹介してあります。
 人類の統合意識への進化を実現させるためには、いくつかの困難を乗り越えることが要求されるといいます。
 その過程で3つの予兆となる出来事と、最後の決定的な出来事の4つの出来事が起こるといいます。
 引用させていただきます。


 ・・・<ヤスさんのブログから抜粋開始>・・・

第一の予兆

太陽フレアなどの直撃で地球上の通信システムの大規模な障害が発生する。

第2の予兆

ブラジルの西海岸の沿岸部にはフンボルト海流が流れている地域がある。ここはエルニーニョが発生する地域である。ここでは磁場異常が発生している。ここで、M9を越えるような巨大地震が発生し、津波が太平洋の沿岸部の諸都市を襲う。

第3の予兆

第2の予兆が引き金となり、世界的に巨大地震と火山噴火が多発する。なかでも強烈なのは、アメリカの東海岸を襲う地震と津波である。この津波によって、メキシコ湾と五大湖がつながってしまう。右のミステリサークルは、アメリカの東海岸を襲う津波を表しているという。

このような巨大な自然災害の進行は止まらない。その結果、世界各地の原子力発電所が破壊され、深刻な放射能汚染が世界的に拡大する。

最後の出来事

これら3つの出来事の後、ポールシフトが起こる。これが意識の進化を促す最後の出来事となる。

意識が進化し、統合意識を実現すれば生き残る

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ヤスさんのサイトもありますが、以下のサイトが読みやすいです。

http://masao2010.blog111.fc2.com/


 アンドリアノバ博士が言っている「意識が進化し、統合意識を実現」というのは、ゲリーさんの言うシフト(変容)のことでしょう。
 ですから今人類が一番に取り組むべきことは、シフトするということに尽きると言えます。



アルケミー達が語る近未来...2015年5月1日

 UFOコンタクティー、スミヤさんを通して語られたアルケミー達が語る近未来の情報を紹介するために、これまで3回に渡り記事を書いてきました。
 アルケミー達の情報で私が一番驚いたのは、近い将来、地球規模の大地震が起こる為、人類を救済するためにUFOによる空中携挙が行われるという話でした。
 まず私が確信したのは、地球規模の大地震とは、ポール・ワンダリング(地殻移動)のことだろうということでした。
 東日本大震災にしても、今回ネパールで起こったマグニチュード7.8の大地震にしても、地震の規模は大きくても単発で起こる限り、人類存亡の危機とはなりません。
 しかし大陸が一夜にして海に沈むという大地殻変動が起こり、巨大地震が当時多発的にに世界規模で起こったら、どうでしょうか。人類が存亡の危機を迎えることは想像に難くありません。
 ポール・ワンダリング(ポール・シフト)に関しては、何年も前から当HPで記事にしてきました。こうした地球規模の大変動は、周期的に起こっているのであり、いままさにその時期が迫っていると私は考えていたからです。
 しかし地球外知的生命体による人類救済のための空中携挙に関してはノーマークでした。
 ポール・ワンダリングは周期的に起こっているのであり、これまで人類は絶滅してこなかったのだから、今回もなんとかなるのではないかという安易な考えが私に中にあったからです。
 しかし神秘家ドランヴァロさんが言うように、マグニチュード20の巨大地震が襲ってきたら、空中に逃れる以外に道はないということは理解できます。

 まず私はアルケミー達が語る近未来の情報を紹介するにあたり、いきなり空中携挙に関することを記述するのは避けた方がいいと考えました。
 怪しげな話が大好きな私ですら、空中携挙はノーマークでした。スピリチュアルのサイトを読まれている方でも、近未来にポール・ワンダリングや空中携挙が起こると聞いたら、拒否反応が起こるのではないかと思ったのです。
 それで自分なりに下準備として、ポール・ワンダリングと空中携挙に関する記事をまず紹介することにしたのです。
 そして、いよいよ今回はスミヤさんを通して語られたアルケミー達が語る近未来の情報を公開したいと思います。

 まず最初にお断りしておきたいのは、私の判断で、アルケミー達の情報の中で日本を襲うであろう2つの巨大地震に関する部分は書かないことにしました(○○で置き換えてあります)。
 4月12日に東海地方を巨大地震が襲うという神秘家ゲリー・ボーネルさんのアカシック予言が、予想以上に世間を騒がせたからです。予言が当たったか、外れたかという観点でアルケミー達の情報が、ネット上を一人歩きするのは避けたいと思ったのです。
 アルケミー達が私を通して、アルケミー達の計画を公開したいと望んだのは、人類に未曾有の出来事が迫っており、たくさんの地球外生命体たちが空中携挙という手段で人類を救済する計画があるということを知ってほしいとからだと思います。
 私の言葉で書くと微妙にニュアンスが違ってくるので、スミヤさんご本人のメールで紹介したいと思います。
 スミヤさんからメールをいただいたのが4月12日の早朝で、ちょうどこの日はゲリーさんが東海大地震が起こると予言していた日でした。


 ・・・<スミヤさんからいただいたメールから抜粋開始>・・・

本山様

こんばんは。
2013年の第二回目のセミナーに参加希望をしましたが、申し込むのが遅く参加出来なかった者です。
その時、本山さんに、少しだけ私の体験を書きました。
「宇宙の存在達との体験をしている」と言う事と、「沢山の宇宙船のリアルな夢の体験をしている」と言う事だけ、伝えさせていただきました。
私の幾つかの体験談の内容は、私のブログにつづってありますので、先に読んで頂きたいのですが、ブログの内容のほとんどを、千さんとお爺ちゃん達のセッション(管理人、注0)で確認してもらい真実です。

「宇宙船が空一面を覆いつくす時」http://ameblo.jp/usioh-88/

本山さんのお陰で、千さんとお爺ちゃん達の存在を知り、私もしょっちゅう千さんとお爺ちゃん達にお世話になっています。
ありがとうございました。

このブログに書かれている宇宙の存在達は私と大きく関わっている様です。
アルクトゥ―ルス、ベガ、ルーク星、シリウス、プレアデスのアルキオーネ星、宇宙の門番、時空を旅する未来少年とまだ他にも沢山関わっています。
中でもアルクトゥ―ルスの存在達が、一番強く私にコンタクトを取って来ている様です。
宇宙語で話しかけてきたり、チップを頭の中に埋め込んできたのも、アルクトゥ―ルスの存在達でした。(チップの埋め込みは、ベガの存在達も含まれています)
私は言葉を文字で表現する事が凄く苦手なので、体験の続きがまだあるのですがめんどくさくなってしまい、途中で放棄してしまいました・・・。
ザックリとお話しさせて頂きますが、今現在アルケミー星の高次元の存在達とコンタクトを毎日しています。
千さん曰く、彼らは7つの存在達で、私が中学生の頃から私のガイドをしてくれています。
アルケミー星は錬金術の星で、エネルギーの使い手だそうです。
なので、彼ら達とのコンタクトは、彼らのエネルギーを私の身体で感じ取り、答えを導いています。
アルケミー達とのコンタクトは中学生の時から10年程ありましたが、その当時は幽霊と関わっていると思っていたので途中で怖くなって中断してしまいました。
2013年に初めて千さんとお爺ちゃん達にお会いした時に、幽霊だと思っていた存在はアルケミー星の高次元の存在達だと分かり、その頃から本格的なコンタクトを初めたので、まだ日が浅く、修業が足りない様で質問の内容によって正確な答えが導けているとは思えない時もあります。
特に私個人の事を聞く時に、私の願望が強く出てしまい、我のエネルギーの方が勝ってしまう為にアルケミー達のエネルギーにフィルターがかかってしまい、私の都合のよい答えになってしまう様です。
ですが、子供のころからの長い付き合いなので、私の事は誰よりも理解してもらえるとても信頼出来る存在達です。
これからお伝えすることは、真実とはかけ離れているかもしれませんがとても気になる事なので 、アルケミー達から聞いた事をそのまま書きます。

・4月12日の大地震は無いです。
・今後、南海トラフ大地震も、東京直下型大地震もありません。
・20○○年と20○○年に大型の地震(2011年3月11日東日本大震災以上のもの)が○○○○の地域で起こります。
・この時の地震の被害はかなり大きいですが、津波での被害は無いです。
・2020年の東京オリンピックは開催されます。
・富士山の噴火は私たちが存在している間はありません。
何百年も先です。(私のブログの中で「再生」と言うタイトルがありますが、千さんとお爺ちゃん達曰く「これはアトランティスの崩壊の時と今後の未来を同時に観た夢」らしく「私たちが関わらないぜんぜん遠い未来」って言ってましたのでこの時に富士山が噴火するのではないかと思っています。)

聞いている私が、ホントなのかな?と思っていますが・・・。

ただ、ここからが本山さんに自信を持ってお伝えしたいのですが、私が子供のころから夢で見続けて来た宇宙船が空一面を覆い尽くす時はかならず来ます。

 ・・・(中略)・・・

私が予知を観ることが出来るので、子供のころから大量の宇宙船が来る夢を見続けさせていたそうです。
その大量の宇宙船を、日本の上空で私は直接肉眼で観る様ですが、もちろん物質的肉体を維持した状態で観るようです。

この事もアルケミー達に聞いています。
2024年に大量の宇宙船が世界中にきます。
デモストレーションではなく、地球の人達を救済する為に。
2025年に地球規模の大地震が起こる為、救済が必要だからです。
救済される人数は二億人ほど。
救済された人達は、船内?でアセンション(半霊半物質体)します。
すでにアセンションしている人たちは、救出されることは無く個々に避難します。
日本での大地震は20○○年、20○○年の後は2025年までは大地震は起きません。

以上が今日アルケミー達とのコンタクトの内容です。

私自身、正直なところ自信はありませんが、お伝えさせて頂きました。
普段アルケミー達とは日常的な身近な出来事を話していますが、その時の答えは正確な答えをもらっていますので自信がありますが・・・。
もし宜しければ、本山さんが感じることが何かおありでしたら遠慮なく、感想い頂きたいと思っています。

 ・・・(略)・・・

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は日時を指定した予言は、当たる確率は低くなると思ってきました。
 今回のアルケミー達の2025年に地球規模の大地震(ポール・ワンダリング)が起こるというのも、絶対にそうなるとは思っていません。
 ただしアカシック予言と違い、今の人類の科学を遙かに超越した科学が予測するものでしょうから、性質が違うのかもしれません。しかし正直なところ私は、今回のアルケミー達の日時を指定した出来事を紹介するのに抵抗がありました。

 ですが、アルケミー達は私を通して、日時を指定した情報を公開することを望んでいたと思うのです(ですから載せることにしました)。
 その最大の理由は、もちろん空中携挙の計画がある以上、それを人類に広く知ってもらう必要があることです。もう一つの理由は、この計画を公開することで、人々がどのように反応するのかアルケミー達が観察したいのだと思ったからです。
 人々の反応の内容によっては、今後の空中携挙の計画は変更されることがあるかもしれません。

 これを読まれた方々にお願いがあるのですが、上記に書かれた出来事が、指定された日時に必ず起こると考えないでほしいのです。
 アルケミー達が言っていることは、現時点における近未来の予測に過ぎません。未来は刻一刻と変化してゆきます。空中携挙の計画も状況に応じて、変更されていくでしょう。
 また地球規模の大地震(ポール・ワンダリング)はアルケミー達が起こすわけではありません。マザーアース(母なる地球)がいつ、どのように起こすか決めることです。2025年というのは、現在(2015年)で予測した場合、もっとも確率の高い年ということに過ぎません。
 スミヤさんからいただいたメールに以下の文がありました。

 「千さんとお爺ちゃん達によると、今の私は、アルケミーの存在の情報を正確にキャッチ出来てるそうです。
アルケミー達からの情報は、今の時点では前回お伝えした情報を貰っていますが、その日にち(2025年)が近ずくと、新しい情報が入ったり、又は変る可能性もあるようです。
特に、まだ先のスパンのものだと、情報は変って来るようです」

 もちろんスミヤさんから新たな情報が私に届くことがありましたら、随時紹介していきたいと思っています。

 では刻一刻と変化していく未来に関して、何を羅針盤としていくべきでしょうか。
 私は自信を持って言えることがあります。それは、その人の「直観」です。当HPも含めて人が言うことより、自分自身の「直観」の方がはるかに重要です。
 大いに注意する必要があるのは、多くの人々が盲目的に信じてしまう公的機関の発表です。

 以前に一度引用したことがあるのですが、再度引用させていただきます。
 沖縄在住の里奈さん(仮名)という方が夢に見たヴィジョンを、浅川嘉富(よしとみ)氏が取材して本に載せたものです。


 ・・・<『龍蛇族直系の日本人よ! その潜在パワーのすべてを解き放て』、p252〜p253から抜粋開始>・・・

 [未来ヴィジョン5]

 宇宙船の目撃情報が多発する中、食料危機や奇っ怪な伝染病の蔓延などによって暴動が起きようとしていた。それは、世界的な現象であり、決して日本だけのことではないようだ。
 そんな状況が続くある日、突然、政府から指令が出される。それは、何月何日に各都市が定めた指定の場所に集合するように、というものであった。
 沖縄の場合、その集合場所は海岸沿いのとある町であった。彼女はそのアナウンスを聞いている最中に、あるイメージが浮かんできた。それは、その場所に人々が集まったときに巨大な津波が襲ってくる光景だ。
 その瞬間、彼女には別のメッセージが伝えられ、それを信じて、お母さんや子どもを連れて政府の指示する場所とは反対の方向に向かう。
 途中で馴染みの友人たちに出会ったので、そちらは危険だから自分と一緒に行こうと誘うが、まったく耳を傾けず、友人たちは食料や緊急用品を入れたリュックを背負って、政府が指定する場所へと向かう大勢の群衆の中に消えていった。
 なかには自分と同じ方向に向かう人もちらほらといたので話しかけてみると、彼らは皆、宇宙船からのメッセージを受け取った人々であり、そのメッセージで指示された宇宙船の着陸地点に向かっていることが分かった。
 ただ、詳しく様子を聞くと、各自が語る宇宙人のイメージは同じではなかったので、どうやら救助にやってきている宇宙船はさまざまな星からのものであるようだった。
 私はこの話を聞いていて、彼女が見せられたヴィジョンは、渡辺氏が言うところの、天空に満ちた宇宙船からの放送が行われた後の場面ではないか、と感じた。
 このヴィジョンは、現実の世界でこうした非常事態宣言や避難命令が出されることになったとき、公的機関からの指示を鵜呑みにしてむやみに従うことの危険性を伝えているようである。読者もこの点は頭の隅に入れておかれた方がよいかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もう一つ紹介します。
 『東京直下地震 3年以内震度9』(サンズ)の著者であるChiran氏がUFOの中で見せられた、日本の都市の未来のヴィジョンです。

 ・・・<『東京直下地震 3年以内震度9』、p181から抜粋開始>・・・

 都市がパニックに陥っている状況を未来を映すスクリーンで見ました。避難しようとした車が集中して大通りは渋滞でまったく動きません。そこに戦車が突進してきて渋滞で動かない車を左右に蹴散らして道を作っていきます。もちろんそれぞれの車には人が乗っていますが、戦車の一団は狂ったように逃げようと必死になっているので、そんなことにかまっていられません。その戦車の背後には黒塗りの車が10台くらい続いています。富裕層や政府要人が乗っているようです。その後ろにも護衛として戦車が続いています。ところがそこに津波が襲いかかりました……。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 地球規模の大災害が起こったとき、政府に一般庶民を救う能力はありません。いざとなったら自分達が生き延びようと必死になるのは、当然ありうることでしょう。
 そんな政府、公的機関の発表する方向に逃げたら、むしろ危険を招き寄せる結果になるかもしれません。

 今後、ポール・ワンダリングや空中携挙に関して、(ネット上やその他で)色んな人が色んなことを言うようになるかもしれません。様々な情報が錯綜すれば、混乱してしまう人も出てくるでしょう。
 大切なことは、他人の言うことに惑わされることなく、自分の直観を信じて行動することによって道が開けるのだと私は思います。


 * * * * *


 ある本に以下の記述がありました。

 「地球全体を巻き込む大変動を生み出すのは地球人のエゴです。ハルマゲドンは天罰として下るのではなく、地球人自らが種をまいて、自分でそれを刈り取るのです」

 スピリチュアルの本を読むと、よくこういった記述に出会います。
 私はこの文章に関して、ある部分で同意して、ある部分で同意できません。
 同意できるのは、地球人が種をまいたら、自分で刈り取るしかないという部分です。
 同意できないのは、大変動を生み出すのは地球人のエゴという部分です。自然の災害のすべてが、地球人のエゴによるものというわけではありません。
 ポールワンダリングは、周期的に繰り返される母なる地球の自然の営みなのです。極端な話、地球上に人類がいなかったとしても、ポールワンダリングは起こるでしょう。
 ただし人類は、母なる地球に影響を与えることはできます。
 今後多くの人が目覚めていけば、ポールワンダリングの様相はがらっと変わったものになるかもしれません。
 1日で大陸が海に沈むといった破壊的なものでなく、数年かけてゆっくりと地軸が傾いていけば、人類は絶滅の危機に瀕することはなくなるでしょう。そうなれば地球外知的生命体による、空中携挙も必要なくなります。
 私はそうなることを願ってやみません。



いくつかの空中携挙のパターン...2015年4月27日

 前回の記事「地殻移動理論(ポール・ワンダリング)と空中携挙」に書いたように、私はこれまで空中携挙に否定的な立場でした。
 それゆえ空中携挙に関する情報をこれまでスルーしてきました。私が初めて空中携挙に関する具体的な情報に接したのは、Chiran氏の『東京直下地震 3年以内震度9』(三栄書房)でした。
 今回、さらに空中携挙に関する情報を調べようと思って『宇宙船 天空に満つる日』(渡辺大起/山本耕一著、徳間書店)をアマゾンで取り寄せて読んでみました。
 すると空中携挙と言っても、いくつかのパターンがあることがわかってきました。
 まず最初はChiran氏が語る空中携挙について紹介します。


Chiran氏が語る空中携挙

 Chiran氏は、空中携挙によって救われるのは、愛の度数が700度以上の人間だけだといいます。
 私はこの時初めて、愛の度数なる概念を知りました。愛というものを計るということ自体が驚きでしたし、それを数値化して計測する機器があることも驚きでした。
 もちろん地球上にはありません。これは宇宙の知的生命体が持っているものということです。
 Chiran氏によると、宇宙の知的生命体はUFO内部から地表にいる人間の愛の度数を知ることができ、その人間だけをUFOに引き上げることができると言っています。
 まずChiran氏が愛というものを、どのように捉えているかを知る必要がありそうです。
 Chiran氏が愛(の度数)について語っている部分を『東京直下地震 3年以内震度9』から抜粋します。


 ・・・<『東京直下地震 3年以内震度9』、p78〜p79から抜粋開始>・・・

@神は人間の形をしていない。無限の存在であり、純粋な創造のエネルギーである。純粋な愛を限りなく持った存在で、その愛こそが宇宙の基本法の中心を成している。

A愛は万物のエネルギーである。愛は力であり、エネルギーであって、その量は専用の機器によって計測が可能である。地球人は320〜850度であり、平均は550度、熊は200度、魚は50度。

B愛の度数が700度以上あれば、地球に大災難が起こっても、救済計画により安全な他の惑星に移動することができる。宇宙の基本法に反することなく、利得を期待せず人のために尽くしている人は700度以上ある。

C愛と同様に光もエネルギーであり、振動である。X線も赤外線も紫外線も、さらには思考も”同じもの”の振動であり、周波数が異なる。周波数が高ければ高いほど物質やエネルギーがより繊細になる。石と意志は、周波数が異なるだけで”同じもの”が振動しているという点では違いはない。”同じもの”とは愛であり、神は宇宙を純粋な愛によって創った。

D愛の度数1000度前後の人が精神を愛に集中することにより、2000度以上になり、空中に浮き、空を飛ぶことができる。身体から発する光は内部にとどまらず、身体の周囲が弧を描くように輝く。10000度を超える人たちはさまざまな太陽に住んでいる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、Chiran氏が言う空中携挙の部分を抜粋して紹介します。
 Chiran氏は世界を襲う大異変をUFO内で映像で見せられたと言っています。


 ・・・<『東京直下地震 3年以内震度9』、p153〜p156から抜粋開始>・・・

 アトランティスやムーが大陸ごと海中に没した1万2000年前以来の大異変はこうして始まるのです。映像を観て、最初は信じることができませんでした。あまりにも広範囲に被害がおよぶので、地震だけではなく、どこかの国から核ミサイルで攻撃を受けた結果の惨状かと思いましたが、地震と噴火によって日本国を引き裂くような大災害が引き起こされるのです。
 これだけの地殻変動ですから、その影響が日本だけに留まることはなく、チリやハワイ、インドネシア、フィリピンの火山も次々に大噴火を起こします。噴煙で飛行機が飛べないだけでなく、噴火時に近くを飛んでいた飛行機が何機も、墜落します。
 経済、政治、行政など異常なほどにすべてを首都に集約している代償は大きく、この大災害によって日本は国としての機能を失います。国家の体を保つことができないような状況となるわけですから、国の信用も失墜します。結果として円という貨幣の価値も失うでしょう。いまの1万円の価値が100円あるいは1円となってしまうかもしれません。紙幣は紙くず同然です。地震や噴火の被害を免れて生き残った人たちは、物々交換で物資を調達して食いつなぐより方法がなくなるでしょう。

 ・・・(中略)・・・

 そして2020〜2022年頃にはワームウッド大彗星が地球に接近、地球を中心とした公転運動をはじめます。その彗星が発するガスと熱によって、軌道下の地域は焼かれてしまうのです。しかしこの彗星が地球に衝突することはありません。
 彗星が去ったあと、本格的に空中携挙が始まります。愛の度数が計測され700度以上の地球人だけが宙に引き上げられ、上空にいる巨大な円盤へと救出されます。

 ・・・(中略)・・・

 自分だけ何とか生き延びたいとあがく人間が救われる可能性はありません。聖職者が天に向かって呪う光景も見ました。「お前はワシをだましよった」と叫んでいるのです。ここで救われるのは円盤が救出にきても「私は結構です。子供や老人を助けてあげてください」と譲るような人です。救われるのか否かに宗教を持っているかどうかは関係ありません。ましてや学歴も肩書も関係ありません。利他の愛をどれだけ持っているのか、それだけが尺度です。
 直径500キロの巨大円盤には、直径5キロの円盤を10機以上格納しており、その円盤が救出に向かうのです。直径5キロの円盤の内部には直径300メーターの円盤を格納しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これがChiran氏が語る空中携挙の概要です。
 おそらくこれはChiran氏にコンタクトしている地球外知的生命体達が計画している空中携挙のプランなんだろうと思います。

 私はこのChiran氏の空中携挙には、一つの問題点があると思います。
 それは空中携挙される側の自由意思が反映されていない点です。愛の度数が700度以上ある人が、すべて空中携挙を望んでいるわけではないと思うからです。中には、愛する家族から引き離されてまで救われたくないという意思を持った人もいるかもしれません。
 一つ例を挙げたいと思います。
 数年前ですが、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんが4次元へアセンションする方法を私たちに伝授したことがありました。
 私はドランヴァロさんのWSで知り合った女性(主婦)の方2名に、「いざその時が来たら4次元へアセンションしますか?」、と聞いたことがあります。
 女性の答えは2名とも、「家族を残してはいけない」でした。
 私は、こうした個人の自由意思は尊重されなければならないと考えています。
 Chiran氏が言う空中携挙では、この個人の自由意思という観点が欠落しているように思えるのです。


渡辺大起氏が語る空中携挙

 1965年のニューヨーク大停電が起こったとき、ニューヨーク上空にはUFOが滞在していたと報告されています。
 スチュアート・ホイットマンという俳優は、この大停電のとき、ニューヨークのホテルの一室で、窓の外に滞在するオレンジ色のUFOを目撃し、宇宙人からのメッセージを受けたといいます。そのメッセージによると、この大停電は、宇宙人が、地球上の全文明を一瞬にして停止させる力を持っていることを証明するデモンストレーションだったといいます。

 ”そのとき”が来ると、地球上の電気系統、通信網、交通網などが一瞬にして機能を停止するといいます。そして天空を覆い尽くすほどの膨大な数の宇宙船が、忽然と現れるといいます。
 では『宇宙船 天空に満つる日』から、渡辺大起氏が語る空中携挙について紹介します。

 ・・・<『宇宙船 天空に満つる日』、p223〜p230から抜粋開始>・・・

 天からの声は語る

 そのとき宇宙船からは、”ある声”が放送される。
 この声は、宇宙船から放送されるが、実は宇宙人の語る声ではない。
 地球上で、語る役の人々(ワンダラー、すなわち地球人)が、宇宙船に向けて、その声を送る。それが宇宙船により拡大されて、宇宙船が覆うすべての地域に放送されるのである。(『地球のことは、地球人自身でやりなさい。私たちはただ援助するだけです』という字宙の法則は、最後まで貫かれる)
 したがってその声は、各国で、その国のワンダラーにより、その国の人々にわかる言葉で語られることになる。
 日本であれば日本語、アメリカであれば英語、フランスであればフランス語というように、およそ人の住んでいる地域はもれなく宇宙船が覆い、そこの国の言葉で放送される。
 放送の内容も、やはり各国のその役の者(ワンダラー)により自主的に作られる。したがって、国により、地域により、その内容は多少異なってくるが、大筋は同一で、次のようなことを語るはずである。

●現在、天空を満たしている宇宙船は、他の遊星からやってきたものです。
●この宇宙船は、日本だけではなく、全世界のすべての国々の上空にきています。
●この宇宙船は、私たちを攻撃にきたのではありません。
●この宇宙船には、宇宙人が乗っています。彼らは愛深き私たちの兄弟姉妹であり、私たちと同じような姿をしています。彼らは、この太陽系の遊星はもちろん、他の太陽系の遊星からも、私たち地球人に、援助の手をさしのべるためにやってきたのです。
●地球は、進化のための世の終わりを間もなく迎えます。
●地球に、”新しい周期”がやってきました。古い地球、古い世は終わり、新しい地球、新しい世がやってきました。今の地球に、大きな変化が起こるのです。
●この変化は、地球と人類、全生命が、新しい段階へ進化するために、どうしても通過せねばならない変化です。天体物理現象を伴う大変化の時期こそ、地球の文明、文化、および地球人の心と魂が、飛躍的に進化向上するのです。
●心を落ちつけて、静かに聞いてください。地球の地軸が、数日後に、急激に傾きます。
●その際には、地震、津波などの大変動が起こります。
●これからお伝えする地方の人々は、ただちに、すみやかに、これから指定する地点に向かって出発してください。
 〇〇地方の方は〇〇へ、
 〇〇地方の方は〇〇へ。
 …………………………
●この放送をお聞きのみなさん、ただちに、今! 申し上げた地点に出発してください。
●たとえ「集合地点」に到着できそうになくても、その地点の方向に向かって進んでください。その地点に向かって進んで行くという「意志」がきわめて大切です。
●「集合地点」に向かって、あらゆる努力をつくして進まれる方は、なんらかの方法で、必ず救われます。
●交通機関が使えなければ歩いてください。その地点に向かって一歩でも近づくという意志と努力をしてください。これは、なによりも大切です。
●赤ちゃん、幼児、子供さんは、つれて外に出てください!
●地球の大変化のときにあたり、はるかな宇宙の彼方から、地球人類を救いにやってこられた宇宙の兄弟姉妹に、心からの感謝の念をもって、この放送を終わります。

 信が問われる時

 読者のみなさんは、驚かれたと思う。あるいは、ばかばかしくて読む気がしなくなった……という方も、中にはおられるかもしれない。
 しかし、そう思われた方は、それでよいのである。
 今はいくらばかげて見えても、実際に宇宙船が天空を覆ったとき、「ああ、そういえば、昔読んだ本に、『攻撃にきたのではない』と書いてあったなあ……」と思い出していただければよいのだから。
 あるいは、ばかばかしいとは思わないまでも、さまざまな疑問を持たれる方は、きっと多いものと思う。
 たとえば、「宇宙船が救うというのは、けっきょく他力本願で、あまりにもイージーな考え方ではないのか?」とか、「救われなかった人は、ではどうなるのか?」とか……。
 このような疑問は、実は本質的なものであり……、本書の内容を正しくご理解いただくための、キーポイントとなるものである。
 したがって、この点については、後に詳しく論じたいと思うが……今は、ひとまず、”天からの声”の放送が終了すると、その後はどうなるかという点に、話を戻してみよう。”天からの声”は、以上のような内容をくりかえしくりかえし、放送する。
 そして、この放送が終了すると……全天を覆いつくしていた宇宙船は、一瞬のうちに、すべて消え去ってしまう!
 と同時に、地球上の電気系統、交通綱、通信網等々……いっさいの”地球文明”が、一斉にもとの状態に戻る。−−−”地球の静止する日”は終わったのである。
 さあ、地球上の政府機関、報道機関等々は、どのように対処するのであろうか。
 政府や報道機関が、「今の宇宙船からの放送は、真実である。みなさん、集合地点に向かって、ただちに行進しましょう」と国民に告げる確率は、きわめて低いであろう。
 おそらく、「今の宇宙船からの放送は、悪質なデマである。地軸の大変動などは起こらないから、国民のみなさん、安心してこれまでどおりの生活を続けましょう」と語るだろう。
 のどもと過ぎれば……という言い方があるが、天空から宇宙船が消え、文明の利器がすべて旧状に復すると、人々は、さきほどのショックもどこへやら、またもとどおりの生活を始めようとするであろう。

 ここに、一人一人の信が問われるときがくる。
 宇宙船からの放送を信じて、ただちに指定された地点に向かって進み始めるか……、それとも、あれはなにかのイタズラか集団幻覚さと否定して、今までの生活に戻っていくか……。
 このどちらの道を選ぶかは、全世界の人々、一人一人の、まったくの自由意志であり、この点については、宇宙人は、なんらの強制も命令もしない。
 しかし、心を開いて宇宙船に接した人々には、宇宙船の波動が強い印象として残る。
 彼らは、みずからの心に湧く呼びかけ(魂の声・直感力)をきき、他の人々を誘って歩み始めるだろう。
 首尾よく交通機関が使えれば、アプローチはスムーズにいくだろう。あるいは、使えなければ歩いてでも……、強い意志と決意を持つ人々は、不思議な力に導かれて進み、なんとかして、指定された集合地点へとたどりつくことができるだろう。
 すると、そこには、数多くの宇宙船が着陸しており、宇宙の兄弟たちが、温かくあなたを出迎えてくれるだろう。

 地球の外から

 このようにして、指定された着陸地点に向かった人は、全員乗船する。また、たとえその地点に到達できなかったとしても、その地点に向かうという意志と努力を続けた人は、必ずなんらかの形で乗船する。
 すなわち、ここに、人々の”自由意志”の方向性が試されるのであり……、自由意志で”乗ること”を選んだ人は、必ず乗船できるのである。
 このようにして自由意志で乗ることを選んだ人々が全員乗船してしまうと、宇宙船は地球を離れる。
 その後はどうなるか……といえば、”天からの声”の放送のとおり、地球の地軸が急激に傾き……それとともに、今までの陸地は海となり、海からは新しい大陸が隆起する。
 地球は、大変動の総仕上げに入り、新しい地球へと完全に生まれ変わる。まさに、宇宙人のいうとおり、プラネタリー・クリーニング(遊星全体の大掃除)のさまがくりひろげられる。
 そして……、乗船した人々は、母なる遊星、地球が生まれ変わるさまを、”地球の外から”見ることとなるのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 Chiran氏の語る空中携挙に対して渡辺氏が語る空中携挙は、人間の自由意思を前提としているので、人々に受け入れ易い面があると思います。
 しかし愛の度数が700度以上というような条件がなければ、地球での新たな文明のはずが、今の文明の延長線上にあるものとなってしまう危険性があるかもしれません。神秘家ゲリー・ボーネルさんが制作に関わった映画「ノウイング」では、頭の中に”テレパシーのような声”が聞こえる子供たちが選ばれて、他の天体に避難するストーリーでした。
 人々の自由意思を尊重しつつ、愛の度数が700度以上というような条件をクリアーする上手い方法がないものかと思います。とはいえ、そんなことは私が考えることではないのですが。


スミヤさんが語る空中携挙

 最後にUFOコンタクティー、スミヤさんから教えてもらった空中携挙について書きたいと思います。
 スミヤさんからの情報では、渡辺氏のように最初に天空いっぱいに宇宙船が現れ、アナウンスするというものはありませんでした(それに類する何かがあるのかもしれませんが……)。
 スミヤさんのような特別の任を背負った人たちが、空中携挙が行われる特別な場所に人々を案内するというのです。

 それゆえスミヤさんのような特別の任を背負った人は、地球外知的生命体と密接な連絡が取る必要があります。
 それがテレパシー交信です。

 スミヤさんは地球に転生する前は、アルクトゥールスにいたそうです。
 スミヤさんのブログ「宇宙船が空一面を覆いつくす時」に出てくる3メートルもある宇宙の存在、アロハシャツを着た青年はアルクトゥールスの存在だそうです。
 スミヤさんが3歳のときに初めてチップを埋め込まれたそうです。
 チップを埋め込むというのは、地球外知的生命体たちがスミヤさんを何処にいるのか即座に把握するためと、テレパシーで交信するためです。地球の肉体のままだと、テレパシー交信は無理なんだそうです。
 中学生のときに、ガイドがアルクトゥールスから今のアルケミーに変わったそうです。
 その際にチップをアルクトゥールスとベガの存在達で新しいタイプのものに交換されたそうです。そして、チップがどのように作動するか確認するために、スミヤさんに宇宙語で話しかけたそうです(この辺のいきさつはスミヤさんのブログに載っています)。
 今はまだアルクトゥールスの存在たちとはテレパシー交信はしていないとのことですが、空中携挙の時期が近づいてくれば、アルクトゥールスの存在たちとテレパシー交信が始まるそうです。

 余談ですが、以前私は、地球外知的生命体たちは地球を観察しており、マークしている人間がいるという話を聞いたことがありました。
 そこで私は千さん(注0)に、「私をマークしている地球外知的生命体たちはいますか?」と聞いたことがあります。その時の答えが、アルクトゥールスの存在たちということでした。ですからスミヤさんから私に情報が来たのは、アルクトゥールスの流れがあったからかもしれません。

 話が逸れて失礼しました。
 スミヤさんによると、空中携挙を行うためには、”特別な場所”に行かなければならないそうです。
 その”特別な場所”は日本にも何か所かあるそうで、波動の高い場所だそうです。しかしながら波動が高い人間でも、その”特別な場所”に行かなければ、空中携挙はできないそうです。ですから波動が高いすべての人が救済されるわけではないそうです。
 ここが渡辺氏と違うところで、”特別な場所”に行く努力をすればよいといわけではなく、必ずその場所に行く必要があるということです。

 波動の低い人はこうした情報を信じなかったり、なんらかの邪魔が入って”特別な場所”に辿り着けないそうです。
 ではその”特別な場所”は何処かというのが気になりますが、直前まで教えられないとのことです。なぜなら事前に告知してしまうと、オペレーションを邪魔される可能性があるからとのことです。
 スミヤさんの役割は、その”特別な場所”をテレパシーで聞き、人々を誘導することだそうです。当然ながらスミヤさん以外にも、その役目を背負った人がいるということになります。

 その”特別な場所”に、たまたま住んでいる人たちや、偶然にその場所を訪れた人も救済されるそうです。
 そして”特別な場所”に来るべき人が揃うと、私たちの目の前に、一瞬で膨大な数の宇宙船が現れるそうです。その宇宙船は遠くの宇宙から飛来してくるのではなく、”特別な場所”に宇宙船の出入り口があるそうです。ちなみにスミヤさんのブログの記事「決別と目覚め…」に出て来る男性は、その出入り口の門番だそうです。
 そうした”特別な場所”に現れるのはアルクトゥールスの存在だけでなく、他の様々な宇宙の存在たちも救済のために来るそうです。
 そして宇宙船は地上に着陸はせず、浮いた状態で停止しているそうです。

 その”時”は地球での通信は一切途絶え、テレパシーでの通信しかできないそうです。
 当然、これは日本だけでなく世界で同時に行われ、世界全体で2億人ほど救済する計画だそうです。そして救済された人々は船内(?)でアセンション(半霊半物質体)に変容するそうです。


 * * * * *


 以上、スミヤさんから教えてもらったことを書いてきました。
 ここから先は、私の感想(意見)を書かせてもらいたいと思います。
 スミヤさんが語る空中携挙の計画は、Chiran氏の自由意思が反映されないという欠点と、渡辺氏の集合地点に行けば、誰でも救済されるという問題点を補っている気がします。
 空中携挙の計画を知った人は、自分の意思で”特別な場所”に行くか、行かないかを決めることができます。それゆえ個人の自由意思が反映されています。
 しかし空中携挙の計画を信じて”特別な場所”に向かった人でも、波動の低い人は、なんらかの事情が発生して辿り着かないという事態になるといいます。私はどのようなテクノロジーを使ってそういうことが可能なのかわかりませんが、これは理に適ったことではないかと思います。
 私はスミヤさんが、波動の高い、低いと言っているのは、バシャールの言う振動数のことだと思っています。神秘家ゲリー・ボーネルさんが言うシフト(変容)も同じ意味だと思います。
 地球自体が振動数を上げており、波動を上げる(振動数)を上げることができない人は、もはや新しい地球環境では生きていけないからです。
 ゲリーさんは、そのタイムリミットを2036年と言っています。つまり振動数を上げることができない人は、2036年以降の地球には生存できないということです。
 それゆえスミヤさんが言う波動の低い人は、”特別な場所”に辿り着けないようになっているということだと思います。

 スミヤさんの計画の今後の課題は、人々にいかに空中携挙の計画を知ってもらうかということでしょう。
 スピリチュアルに興味があって、この記事を読んでいる方々はすでに知っています。問題は、日本(おそらく世界でも)に住む圧倒的大多数の人々は、空中携挙という言葉すら聞いたことがないということです。空中携挙という概念すらない人々に、いかに伝えていくかが大きな課題です。

 これまで読んでこられた訪問者の方々は、「ではスミヤさんがいう空中携挙は何時なのか」という点がとても気になるところだと思います。
 スミヤさんを通じて私に情報を送ったアルケミー達は、日時を含めて公開することを望んでいると思うので、次回(または次々回)の記事で発表したいと思います。

 最後にスミヤさんからの念を押されていることを書きたいと思います。
 スミヤさんからいただいたメールに以下の一文がありました。

 「今の時点ではこの様な情報を受け取りましたが、その時が近くになると又新しい情報が来るかもしれません」

 紹介したスミヤさんの空中携挙の情報は、あくまでも現時点でのアルケミー達の計画であって、今後変わるかもしれないということです。
 もし今後もスミヤさんから新たな情報が私に来るようでしたら、随時アップしていきたいと思っています。



地殻移動理論(ポール・ワンダリング)と空中携挙...2015年4月24日

 前回の記事「UFOコンタクティー、スミヤさんのブログ」で、スミヤさんから教えていただいたアルケミー達からの情報をこれから記事に書いていくとお知らせしました。
 今回の記事は、その下準備となる記事です。

 当HPの2011年1月7日の記事「ポール・ワンダリング(地殻移動)」で、プレートテクトニクス理論では説明できない、大陸移動の痕跡があることを示しました。
 現在主流となっているプレートテクトニクス理論は、アルフレッド・ウェグナーの大陸移動説を説明するために生まれたものです。このプレートテクトニクス理論では、大陸の移動はマントル対流が原因としているので、1年に30cmほどしか移動しないことになります。
 しかしチャールズ・ハブグッドは実際に調査することにより、過去8万年の間に極地方になった大陸は、少なくとも3回大きく移動していることを突き止めます。
 3回のそれぞれの移動距離は、「緯度で30度、距離にして3600キロメートルに及んでおり、それは赤道と北極の3分の1に相当する」といいます。
 プレートテクトニクス理論では1年に30cmしか移動しないので、3600キロ動くのに1200万年ほど掛かる計算になります。過去8万年の間に3回もこうした大規模な地殻移動があったことは、プレートテクトニクス理論では全く説明できません。
 そこでチャールズ・ハブグッドは、マントル対流とは関係なく地殻が移動するというポール・ワンダリング(地殻移動)説を唱えました。

 私はチャールズ・ハブグッドのポール・ワンダリング(地殻移動)説を知ったとき、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんの記事を思い出しました。
 過去の記事で引用したことがありますが、2008年末に発売された(と思われる)月刊誌『アネモネ』、から再度引用させていただきます。


 ・・・<『アネモネ(2009年1月号)』、p13〜p14から抜粋開始>・・・

 眠れる預言者、エドガー・ケイシーもこの時期にポールシフトがあり、世界が永遠に変わってしまうだろうと予言しています。
 半年前にヒストリーチャンネル(歴史エンタテイメント専門の衛星放送チャンネル)で、ポールシフトについての番組が放送され、それは「近いうちに地球の磁極の転換があり、その後、実際の極転換が起こる」という内容でした。前回、前々回のポールシフトの時も、実際の極転換の前に磁極が動くということが裏付けられています。1年前に、ある科学者が、25年以内に磁極が逆転するとインターネット上で発表したのですが、11日後に政府によってWEBサイトを閉鎖されてしまいました。その半年後にも彼は「地球の磁気がものすごく落ちているので、この状態ならいつポールシフトが起こってもおかしくない」と発表しましたが、また政府から閉鎖されてしまったので、ヒストリーチャンネルに行って情報を暴露し、放送されたというわけです。実際、北極がどこに移動するかも明言しており、現在より17度ズレて、モスクワ(ロシア)が北極点に入るそうです。
 話は戻りますが、ケイシーは16度ロシア側に動くと予言しており、ほとんどズレがありません。
 今の科学界では、ポールシフトのメカニズムは完全に解明されていません。軸を中心に回転している地球がなぜ突然20時間で極転換するのか……それには、想像を絶するパワーが必要です。しかし、このような仮説があります。卵を想像してください。地球は卵型ではないですが、丸に近いですよね。地球の表面にあるマントル(地球内部の地殻と核の中間にある層)は、卵の殻みたいなものです。そのマントルの下には岩があり、すべてを覆っています。その岩の構造物は、地球の磁場が支えています。磁場が0になる時、岩の結晶体が液状化します。だから地球自体が動くわけではなく、その表面がグルッと動くのです。では何がその表面を動かすのでしょう。南極の場合、中心からズレるようにして氷が張ります。深さ2万マイルにも及ぶ南極の氷が、地球のスピンと共に動いたズレを計算すると、北極がロシア側に17度動くという数値がはじき出されたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ポールシフト(極移動)というと、磁極の移動を意味したり、地球の地軸が移動するといった意味で使われたりします。
 磁極の移動と地軸の移動は違う物理現象なので、本来であれば明確に分けて考えるべきです。なぜならこれらが人類に及ぼす影響は全く違うものになるからです。磁極の移動だけなら人類が滅亡するといった事態は考えなくてよいでしょうが、地軸が移動するとなるとそうはいかないからです。
 しかし磁極の移動と地軸の移動は、過去において同時期に起こっているという話もあります。

 上記ドランヴァロさんの記事は、私にとって大変興味深いものでした。
 今の科学ではそういった理解はありませんが、地磁気の減少が地殻の急速なズレをもたらすという説は、チャールズ・ハブグッドのポール・ワンダリング(地殻移動)説の裏付けとなるからです。
 ドランヴァロさんはこうしたポール・ワンダリングは、1万3000年周期で地球に何度も起きていると言っています。
 今から1万3000年前に起きたポール・ワンダリングによって、アトランティス大陸は1日で海の底に沈んだといいます。
 ポール・ワンダリングによる地震の規模はM(マグニチュード)20にも達するといいます。大陸が1日にして海に沈むといったことは、通常の地震や火山活動では説明できません。やはり20時間で地軸が17度ずれるといった超自然現象があって初めて起こることだろうと推測します。
 これは今の科学が認めていることですが、地球の磁場は急速に弱っています。
 近いうちにポール・ワンダリングが起こるというのは、けっして荒唐無稽なことではないと私は考えています。

 * * * * *

 私はずっとポール・ワンダリングが起こる時期である「End of Time」(時間の終焉)が、いつから始まるか追求してきました。
 それはこれまでの文明が終わり、人類の新たな文明が始まる時期であるからです。
 しかしながら私は一つの問題点を常に抱えていました。
 それはポール・ワンダリングでM20もの超巨大地震が起こったら、地球上で安全な場所などないのではないか、ということです。唯一逃れる場所があるとすれば、空中しかありません。
 しかし現在の地球において文明を継承するほどの大規模な人数を空中に避難させるテクノロジーを人類は持っていません。
 というよりポール・ワンダリングが近々起こるかもしれないといったコンセンサスすらありません。ポール・ワンダリングが起こると言っている私は、よくて奇人変人、悪くて、頭がおかしいと思われるのが現状だと思います。

 現代文明より遙かに科学技術が進んでいたアトランティス文明では、空中を自由に移動するUFOのような乗り物を持っていたといいます。
 しかしそれでも天変地異で、ほとんどのアトランティス人が亡くなったといいます。わずかに生き延びたアトランティス人が世界に散らばり、現在ではアトランティスは伝説の類(たぐい)となってしまいました。

 私の中の問題点とは、アトランティス文明よりはるかに遅れている現在の科学技術では、(文明を継承できるほどの)大勢の人々がポール・ワンダリングによるM20の超巨大地震から逃れる術がないということです。
 もし何もしなければ、間違いなく人類は滅亡してしまうでしょう。そうなれば人類が新たな世界を造るといったことは夢物語となってしまいます。

 そこで語られるのが地球外知的生命体による、人類救済の空中携挙です。
 私は長らく空中携挙に対して、否定的な見方をしていました。
 人類が危機に瀕したからといって、地球外知的生命体がUFOを駆使して人類を救いに来るという、(人類にとって実に虫の良い)話があるのかという思いがあったのです。
 宇宙では、惑星の自然な進化の過程に干渉することは禁止されているといいます。
 だとすれば今の地球に来ている多くの(ポジティブな)地球外知的生命体は、単に観察に来ているだけであって、空中携挙によって人類を救うという目的ではないのではないかと考えていました。
 しかしこれには例外があるのかもしれません。
 以下の2つのケースを考えました。

@その惑星の住民の行動によって、その惑星以外の天体に深刻な悪影響を及ぼすとき

Aその惑星の環境変化によって、住民が絶滅の危機に瀕しているとき

 @は核の使用などです。
 核実験や核兵器の使用によって、地球が汚染されるのみならず他の天体へも悪影響があるなら、地球外知的生命体は積極的に干渉してくるだろうと思います。

 Aはあくまでも善意によるものです。
 現在の地球の科学技術では、1万3000年前に起こったものと同程度のポール・ワンダリングが起こったら、人類は滅亡してしまうでしょう。
 私は何年か、「何か方法があるのではないか」と考えていましたが、結局のところ何も思いつかなかったとしか答えられません。

 ドランヴァロさんは、地下に避難施設を造っている人たちがいるが、無駄だと言っていました。
 当然だと思います。M20の揺れが起こったら、地下だからといって生存できるとは、とても思えません。
 映画「2012」にあったような、潜水艦型の船なら可能かもしれません。ポール・ワンダリングが起こったときに、潜水艦に乗っていた人達は助かるかもしれません。しかしわずかに生き残った人数では、文明の継承は不可能でしょう。

 私は空中携挙について、考える時期がきたかもしれないと思っています。
 なぜなら(スミヤさんを通じて)アルケミー達から教えてもらったことは、その空中携挙が起こるということだったからです。
 そして、空中携挙こそ「日月神示」が言うところの、「神一厘の仕組み」かもしれないと考え始めています。

 次回は、空中携挙について書こうと思います。



UFOコンタクティー、スミヤさんのブログ...2015年4月21日

 先週のことですが、宇宙人とコンタクトを取られている「スミヤ」さん(日本人の女性の方)という方から私にメールが来ました。
 スミヤさんは、私が以前開催したWSにキャンセル待ちで応募していただいたことがあり、今回が2度目のメールでした。

 最初にスミヤさんからいただいたメールから、一部抜粋させていただきます。

「私自身、地球外生命体達との幾つかの体験をしているのですが、何故彼らが私の所に来るのか、何故私を選んでいるのか、そして彼らや沢山の宇宙船のとてもリアルな夢の事など色々知りたくて今回セミナーに参加する事により、何か手掛かりの様な事が分かればと思い、思い切って本山さんにメールいたしました」

 WSではスミヤさんは、7番目のキャンセル待ちで、残念ながら参加していただくことができませんでした。
 ですから私はスミヤさんとはお会いしたことはありませんが、地球外生命体達に関する体験をされているとのことで気になっていました。

 当HPでスミヤさんを紹介したいと思ったのは、とても大きな理由があります。
 今回いただいたスミヤさんからのメールに、今後の人類に関する重大な情報が載っていたのです。
 それは私のライフワークとも言うべき、「End of Time」(時間の終焉)に関することです。「End of Time」が初耳という方は、前回の記事「クラリオン星人スエルが語る地球大変動の時期」、をご参照下さい。

 私の最大の関心事は、「End of Time」がいつから始まるのか、そしてそれはどのような経緯を辿るのかということです。
 「End of Time」という言葉を世界に紹介した神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんも、世界的な大災害が起きるといったアバウトな表現しかしていません(ただ7年〜8年の期間の最後に地軸が傾くポールシフトが起きると言っています)。私としては、もう少し具体的なスケジュールがわからないだろうかと思っていました。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんも世界的な大災害が起こると言っていて、イエローストーンが噴火するといった例をいくつか挙げていますが、日時は曖昧です。
 そんな折、スミヤさんから地球外生命体達から伝えられたという今後のスケジュールに関して情報が来たのですから、私が驚いたのは当然です。

 スミヤさんからメールをいただいた3日後に、ちょうど千さんのお爺ちゃんセッション(注0)がありました。
 それで私は、セッションで以下の点を質問することにしました。

・以前、私は聖なることを人々に伝える役割を与えられたと言われました。スミヤさんからの情報は、人類の未来に関する重大な情報であり、私はそれを人々に伝える役割があるのですか。

・スミヤさんが私にメールしてきたということは、スミヤさんにコンタクトしている地球外生命体達が、私によって情報が公開され、少しでも多くの人に知ってほしいと願っているということでしょうか。

 答えは両方ともイエスでした。
 特に2つ目に関しては、スミヤさんからいただいたメールで以下の記述がありました。
 スミヤさんは、今コンタクトしている地球外生命体はアルケミー達だと言われています。

「今回お伝えさせていただいたアルケミー達からの情報を、本山さんに伝えて大丈夫なのかアルケミー達に聞いたところ、いつにも増して強いエネルギーでOKを出して来ていたので、千さんのセッションの中で「本山さんを通してアルケミー達が情報を世間に広く知らせる事を望んでいる」と言う事でしたが、「やっぱり」という気持ちでいます」

 しかしながら私は気が重いのです。
 最近のゲリーさんの東海大地震のアカシック予言の騒動を見ていると、うんざりさせられます。
 ブログの中には、ゲリーさんのことをフリーメイソンだと言ったり、大地震の予言をすることで日本人の反応を調べるために派遣されていると主張しているものがあり、私を驚かせました。またゲリーさんは日本でしか本を出していないといった、全くの事実誤認の記事までありました。よくぞここまでピント外れのことを言えるものだと感心させられます。
 結局のところきちんと下調べもせず、自分の勝手な感覚と思い込みで誹謗中傷に近いことをどんどん記事に書いてしまうブログが多いということでしょう。

 ただ私はゲリーさんのようなサイキックな予言者ではないく、予測者だと思っています。
 様々な情報を集めて(未来を)推理するという立場だと思っています(ただし例外がありますが)。それゆえサイキックとは立ち位置が違うと思っています。
 また私はゲリーさんのような有名人ではなく、スピリチュアルな世界でもほとんど知られていないので、私が何を書いても世間では大きな話題にならないという気楽さはあります。

 そんなわけで、今後スミヤさんから教えていただいた情報を(少しづつかもしれませんが)公開していこうと思っています。
 ただし今後日本を襲うであろう大災害に関しては、人々にいらぬ恐怖を与えることがないように、(日時や場所など)あまり具体的に書かないかもしれませんが、その辺はご了承下さい。

 まずスミヤさんのブログを紹介したいと思います。

http://ameblo.jp/usioh-88/

 興味のある方は、まずブログを読んでいただければと思います。
 スミヤさんがどのように地球外生命体達とコンタクトを取るようになったかがわかります。ブログには15本の記事がアップしてあり、2012年7月から12月にかけて書かれたものです。
 記事は時系列で書かれていますので、「はじめに」→「突然目の前に!!!」の順番で読まれた方が理解しやすいかもしれません。



クラリオン星人スエルが語る地球大変動の時期...2015年4月13日

はじめに

 神秘家ゲリー・ボーネルさんが行った4月12日に東海地方をM9前後の巨大地震が襲うというアカシック予言が、世に大きな波紋を広げたようです。
 私はこれまで何度もゲリーさんの地震予言を聞いていて慣れっこになっていたようで、こうした動きに気がついていませんでした。
 私が広がる波紋を知ったのは、私が取っているメルマガでした。このメルマガは普段は社会の時事問題などがテーマであり、スピ系の話題を取り上げることはないと思っていたので、ちょっとびっくりしました。
 このメルマガでは、ゲリーさんの今回の地震予言を、「ネット上では、「静かな騒ぎ」になっています」と紹介していました。
 本当かな、と思ってネットで検索してみると、関連記事が出るわ出るわで、「静かな騒ぎ」どころか大騒ぎといった印象を持ちました。
 さらに4月10日、茨城県の海岸に150頭のイルカが打ち上げられたというニュースが流れ、大地震の前兆かということで、さらに火に油を注いだようです。

 私は問題の12日の前日である11日に、東京都中央区で開かれたベンジャミン・フルフォード氏とリチャード・コシミズ氏の講演会に出席しました。そこでリチャード・コシミズ氏が一番最初に話題にしたのが、今回のゲリーさんの地震予言だったのです。ベンジャミン・フルフォード氏もリチャード・コシミズ氏も、バリバリの社会問題を扱うジャーナリストです。アカシック予言に対して、遠い処に居る人たちだと思っていたので、私はまたしても驚くことになりました

 もう一つ異常に感じたのは私のHPのヒット件数です。
 通常であれば記事を更新した場合、時間が経つと伴にヒット件数は減っていきます。ところが前回の記事が「東海大地震と富士山噴火について」で、ゲリーさんの予言に関連していたためだと思いますが、4月12日が近づくにつれて増えていったのです。これにより、たくさんの人々がゲリーさんの地震予言に関して、並々ならぬ関心を抱いていたことがわかりました。

 前回の記事に書いたのですが、私の見解をここでもう一度書いておこうと思います。
 私は滝沢泰平さんと同じく、日時を指定した予言は、当たる確率が低くなるという立場です。
 滝沢さんの「天下泰平」のブログの記事は以下です。

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51911882.html

 さらに今回はゲリーさん自身が霊視して、異次元の知的生命体によるUFOを使ったオペレーションで、地震エネルギーの解放が行われたというのです。そうであるなら4月12日に、東海地方をM9という巨大地震が襲う可能性はさらに低くなったと考えました。
 実際に4月12日に東海地方でM9クラスの巨大地震は起きなかったわけですが、私は今後も地震が起きないと言っているわけではありません。
 最悪の事態は避けられたということであって、地震のエネルギーがすべて解放されたわけではないと考えています。今後東海地方及び、内陸部で地震が起こることは充分にあり得ると思います。ただしそれはM9前後という巨大地震ではなく、中小規模の地震だろうと予測します。

 人々に地震に関する注意を促すという意味では、ゲリーさんの今回の予言も意味があったと言えるかもしれません。
 大事なことは、巨大地震が来てインフラがストップすることがあっても、一定期間は耐えられるように準備することだと思います。もし何の準備もしていなければ、巨大地震の予言は、必要以上に人々に不安を与え、恐怖心を煽る面もあると思います。しかしちゃんと準備と整えていれば、案外腹が据わるものです。準備をしていない方は、ぜひ準備をするようにお勧めしたいと思います。
 巨大地震はいつか来るもの、来たら来たでしょうがないと、けっこう腹をくくれます。

 さて前置きが長くなってしまいました。
 今の私の最大の関心事は、(個別の地震ではなく)、神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんがいう「End of Time」(時間の終焉)の時期です。
 この話題は当HPで何度も取り上げてきたので、昔から読まれている方は、またかと思われたかもしれません。でも最近の方はご存じないと思いますので、簡単に説明します。
 「End of Time」とはマヤの予言で、7〜8年続くこの世の禊(みそぎ)のことです。それは世界規模の自然の災害を伴うとされるもので、青い星の予兆で始まり、赤い星の予兆で終了するというものです。
 ドランヴァロさんはマヤの長老らと相談し、2007年10月のホームズ彗星のアウトバースト(増光)が青い星の予兆だと判断しました。
 それゆえドランヴァロさんは、2007年〜2015年が「End of Time」の期間だとしました。
 私はこの時期は間違っていると主張しています。
 これを読まれている方から、ドランヴァロさんのように超有名人の意見を間違っていると主張する私に対し、「お前のような何処の馬の骨ともわからない胡散臭いおやじが、いい加減なことを言うな!」と言われることは充分に覚悟しています。
 それでも2015年になった現在において、「End of Time」が言うような世界的規模の大災害が起こったとは私には思えないのです。
 「End of Time」はまだ起こっていない、しかしもう間もなく始まるというのが私の予測です。

 以前その時期を、「日月神示」から推理しました。
 今回はイタリア人のUFOコンタクティーである、マオリッツオ・カヴァーロ氏の著書から見て行きます。


マオリッツオ・カヴァーロ氏とクラリオン星人スエルとの出会い

 マオリッツオ・カヴァーロ氏とクラリオン星人の最初のコンタクトは、カヴァーロ氏が7歳のときですが、この時は記憶を消されてしまいます。
 実際のコンタクトと言えるのは1981年9月からだといいます。

 しかしここでは、1986年春のカヴァーロ氏とスエルと名乗るクラリオン星人との出会いの場面から紹介します。
 これから著書からいくつか引用しますが、私が関心があるのはカヴァーロ氏とスエルとのコンタクトの日時です。その意味は、この記事の最後に明らかになります。
 ではまず『クラリオン星人にさらわれた私』(徳間書店)から、カヴァーロ氏とスエルの最初の出会いから紹介します。
 日時が示された部分だけでなく、UFOの記述が興味深いので、少し長めに引用させていただこうと思います。


 ・・・<『クラリオン星人にさらわれた私』、p210〜p214から抜粋開始>・・・

 それは、1986年のとても寒い春のことだった。1週間前、私はいつものモンフェッラート丘陵の空き地に行くようにと、精神的なメッセージを受けた。午後3時45分ごろ到着し、ただ待った。何が起こるのか、誰と会うのか、それがいつなのか何も知らなかった。今や通算12回ほどになる星々の神との面会は、通常、未知と驚きに満ちていた。精神的に命令を受ければ、たとえそのとき何をしていたとしても、すべてを投げだし、出かけなければならないということだけは確かだった。ときには、目的地さえわからないこともあった。彼ら−−異星人の訪問者たち−−が私を徐々に導いてくれて、私は見知らぬ道を走っていくのだ。そういうときには、私は一種の軽いトランス状態に陥(おちい)り、何時間も運転し続けることさえあった。到着してから30分以上経ったとき、突如、視界の片隅に金属的なきらめきを捉え、私は我に返った。まばらな雲と澄み切った青空の間、北北東の方角に、小さな銀色の物体が垣間見えたような気がした。息を殺して、いったい何なのか確かめようと目を凝らした。路線機かもしれないし、この辺の上空を頻繁に飛び交う観光用小型機の一つかもしれなかった。
 その場所は、トリノ・カゼッレ空港から直線距離で90キロほど離れていて、私が立っていた地域一帯の上空には航路が通っていた。
 長く感じられる数分が経過し、不安と希望にやきもきしていると、その物体が急激にこちらへ向かってくるのが見えた。その素晴らしさと神秘的な美しさが、最後の疑念を追い払ってくれた。
 濃い銀色の円盤は見たところ数キロメートルの距離にあり、高度は−−こちらもおおよその数値だが−−450メートルぐらいだと思った。ゆっくりと揺れ動き、太陽の光線と戯れるようにしていた。
 陽光は金の矢のようで、宇宙船に命中すると、船体が燃えるように見えた。
 私のいた地点からは、船体は満月のように見えた。船は突然スピードを上げると高度を下げ、灰色の雲の群れに消えた。日没とともに不意に静寂が訪れる。軽やかなき衣擦れの音と灌木が踏まれて折れる音に、私は振り向いた。
 2つの影が並び、微動だにしなかった。ほぼ間髪を入れず、そのうちの1人はチャマであることに気づいた。彼は、挨拶(あいさつ)をするかのようにゆっくりと左腕をあげ微笑んだ。その微笑みは口元よりも目元の表情で表現されていて、私の心を厳(おごそ)かな安らぎの感情で満たした。もう一人の人物は彼を真似(まね)して、すぐさま同じ仕草をしてみせた。腕を上げて微笑んだのだ。
 チャマよりずっと華奢で若干身長が低い。肩に流れ落ちる黒髪に縁取られた顔は日焼けしていた。たくさんのポケットが付いたダークタン色の上着−−ハンタージャケット風だった−−を着ていた。胸元はボタンが留められていなかったので、薄墨色をしたタートルネックのニットのようなものが見えていた。
 彼が黒いビロードのズボンにスエード革の靴といういでたちであることに気づいたときの私の驚きは大きかった。
 対照的にチャマのほうは、濃紺色をした半透明素材のいつもの宇宙服を着ていた。

 宇宙船の中に入ると、そこは見た目よりずっと大きな空間が広がっていた……

 2人が私から1メートル弱の地点まで近づいたとき、チャマは思考を送ってきた。こうして私は彼の同伴者がスエルという名だと知ったのだ。
 私に見せたいものがあるというので、付いてくるように促した。
 「おなじみの空き地の木立に船を停めてある」と、思いがけずスエルが言葉を発したので、私は感動に胸躍った。
 チャマや今まで会った他の異星人の訪間者たちと違い、スエルは普通のやり方でコミュニケーションをした。口と声帯を使って言葉を発しているのだと私は考えた。唇を動かしながら彼は微笑み続け、私の驚きを察してか、こう言った。
 「さあ、あまり時間がないんだ。夜になってしまう前に僕たちは出発しなければならない。驚かないでいいんだ。必要とあれば、僕たちはこういうことだってできるんだ。音を出してしゃべることができる。もちろん、慣れていなければ、少々手こずるけれど、楽しめるし、精神同調を通してのコミュニケーションだけじゃ、人間社会で人間のふりをすることはできないからね。……わかるかな?」
 驚きつつも、温かい響きで心地よい彼の声を聞いていた。ただ、奇妙な抑揚(よくよう)−−わずかな外国人風のアクセント−−が、完璧なイタリア語の響きを損なっていた。
 混乱しつつも、感動に浸っていると、いつの間にか磁気宇宙船の近くまで来ていることに気がついた。船は地面から数センチ浮いた状態で揺れていて、私の目には輝かしく壮麗に映った。他の機会に見たものよりも大きい船だったかもしれない。特に、その異様な外観に私はすぐさま衝撃を覚えた。
 レンズ型で直径およそ20メートルから25メートルで、中央に幅広いアンティークブロンズ色のフランジ(縁)が付いていた。
 中心部には4メートルほどの高さのドームがあった。それは、中心から外周に向かって徐々に低くなり、完全に平たくなった周縁部は、別のフランジと結合していた。こちらのフランジは、先ほどのものよりも少々幅が狭く、直径はかなり小さかった。このフランジからは、約70から80センチ間隔で、ガラスのような透明チューブが生えていた。このチューブは、船体に触れないようにカーブを描くと、球体円錐を形作りながら、船体下のドームに連結していた。
 チャマは、その驚異の物体に近づくと、下部の幅広いドームを手で軽くなぞるようした。すると、金属材が透明になり、奇跡のように、楕円形の大きな開口部が姿を現した。そこからは、明るく照らされた内部の様子が窺(うかが)えた。
 強烈な光で、非常に明るいパステルグリーン色をしていた。チャマが入り口に入ったとたん、彼はその光に包まれた。私の隣のスエルは私に付いてくるようにと合図し、私は言われるがまま、彼の後に続いて敷居をまたいだ……。

 ・・・<抜粋終了>・・・



 クラリオン星人スエル。
 クラリオン星人は光を吸収するので、写真を撮るとぼやけてしまうといいます。



カヴァーロ氏、超時間次元船ケトス号に乗る

 カヴァーロ氏はすでにチャマと名乗るクラリオン星人と面識があったのですが、1986年春のコンタクトで初めてスエルと名乗るクラリオン星人の男性と出会います。
 スエルとの最初の出会いは早春でしたが、次の出会いは5月の終わりだったようです。
 この出会いでカヴァーロ氏は、クラリオン星人の超時間次元船であるケトス号へ案内されます。
 『クラリオン星人はすべてを知っていた』(徳間書店)から引用します。

 ・・・<『クラリオン星人はすべてを知っていた』、p76から抜粋開始>・・・

 「船にようこそ!」と、スエルは私に近づきながらのんきにそう言いました。その日の彼は、パープル・グレーでハイネックのジャンプスーツのようなものを身にまとい、ブロンズ色のショートブーツを履いていました。
 こちらに近寄ってくる彼のゆったりとして柔らかそうな衣服を私はよく観察します。左側と胸の真ん中には金色の勲章が付いていましたが、ボタンやファスナーの類は一切見あたりませんでした。また、ウエストには、靴と同じブロンズ色の幅広いベルトを締めていました。彼の服は、私が身につけている長衣と全く同じ素材でできているようでした。
 無意識のうちに、彼との最後の面会(『クラリオン星人にさらわれた私』第五章参照)からどれほどの月日が経ったのだろうかと考えていました。ひと月、いえ、もう少し前のことだったかも知れません。そして、それは早春だったと思い出しました。今は、あと数日で5月も終わりを迎えるところでした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 カヴァーロ氏はケトス号に1ヶ月ほど滞在して様々な体験をします。
 そして、そのケトス号を去って地球に戻るのですが、それは地球時間でケトス号の乗船してから2時間半後だったといいます。


 ・・・<『クラリオン星人はすべてを知っていた』、p308〜p309から抜粋開始>・・・

 間もなくすると、螺旋時間を通じて、私は3次元に移されるとのことでした。精神投影で、彼は、円形のステップを指し示します。私はそこに乗って、待たなければならないそうです。そうすれば、「導体」が−−スエルは、銅色をした脈打つ球体のことをそう呼びました−−座標の変数と、質量とエネルギーを維持するための最終パラメーターを割り出した後に、私を量子エネルギーの波で包みながら、元の時空間へと導くのだそうです。ケトス号に乗り込んでから、きっちり2時間27分後の時間に私は送り込まれる、とのことでした。
 スエルがほほえみながら、ごく自然に地球人そのもののように握手をしながら私に別れを告げていると、あることが私の頭に浮かびました。
 私は約一カ月前のある夜に地球を後にしました。その後、私は異次元の世界でずっと過ごし、今、出発の夜と同じ日の午前3時27分の時空間へ戻ろうとしているのです。……つまり一カ月前の夜です。
 これはとんでもなくおかしな事態です!
 単に3次元の世界に戻るというだけでも時間を遡る必要があったのでせすから、こんなことが可能だと言われればなおさら驚きます。いつかこの話をする日が来たとしても、まともに信じてくれる人はいるのでしょうか?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 カヴァーロ氏の地球時間での体験を整理すると、カヴァーロ氏がケトス号に乗ったのが5月末で、ほど同時期に地球に戻ってきたことになります。
 戻る際にカヴァーロ氏は、次回のコンタクトは28日後と告げられます。そうなると次回のコンタクトは、6月末ということになります。


 ・・・<『クラリオン星人はすべてを知っていた』、p327から抜粋開始>・・・

 「今からちょうど28日後に、同じ場所に戻ることを忘れてないで。……28日後だよ、覚えておいて。……同じ時間、午前3時27分だ。君が下船した場所を見つけ出して空を見上げるんだ」
 熱があるように感じました。こめかみは熱を持って頭はずきずきしましたし、ひどい目眩もしました。それに、体中が震えていました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


スエルが語る地球大変動の時期

 これから引用する記事の出来事は、1986年6月末に行われたと推察できます。
 このカヴァーロ氏とスエルの会話は、イタリアの片田舎で行われたものです。

 ・・・<『クラリオン星人はすべてを知っていた』、p346〜p350から抜粋開始>・・・

 会話を続けながら、私たちは石畳の小径に入りました。その道は、渓流に沿って緩やかな坂道になっているのでした。その後の数時間、スエルは、自分自身のこと、クラリオン星人のこと、銀河系連盟のこと、今まで訪問した世界のこと、最近クラリオン星人がコンタクトしたスターピープルのことなどについて話しました。
 もちろん、彼らの時空認識は、地球人のものとは大きく異なるため、より理解しやすいようにと、頻繁に、地球での例を引き合いに出しながら語られたのでした。
 すぐさま、私はひとつのことに気付きました。スエルが5000万年や5億年と言うとき、地球的な年数の換算方法を用いてくれていたのでした。つまり、時空が実際に存在するという想定のもと(本当はこの前提は誤りなのですが……)、年月を計算して、人間にも分かるように説明してくれていたのでした。
 彼は、遙か遠い銀河に住む種族たちの様々な文化、しきたり、慣習などについて話してくれました。そしてとりわけ、未来について評しく話をしてくれました。地球の人類が遭遇することとなる出来事の全て、今後30年から35年の間に起こりうる事件についてです。

 遺伝子が変わる! 惑星配列が再調整される!

 間もなくすると太陽では磁場の乱れが起こリ、その結果、太陽系は長期的に不安定な状態に陥るとのことでした。これは全て、周期的な成長プロセスの一端、つまリ、物質の周波数上昇を促す変化だというのです。現行の周期が終わる頃、太陽系において、地球の力場に打撃を与える未曾有の磁気嵐が発生するのだ、とスエルは明言しました。すると、地球は燃える地殻の影響をまともに受け、徐々に悪化する気候変動に苦しむようになり、最後には、磁場に突如異変が起こるというのです。これはすなわち、磁場逆転という最終局面を迎え、それに伴い、ポールシフトが生じるということにほかなりません。
 このような事態になれば、地球全体が暴風雨と陸地を呑み込む津波に曝(さら)されるのです。また、黙示録的な地震や火山噴火が次々と起こり、海底の一部が姿を見せることになるのです。
 かつて、シベリアや英国など、あの緯度に位置する広大な地域は、森と沼地が広がる熱帯性気候であったと、スエルが明かしてくれました。同様に、昔、北米の広い地域は、熱帯雨林に覆われていて、南部アフリカとオーストラリア西部は、厚い氷に閉ざされていたということです。
 このような現象は、宇宙ではあたりまえのことで、数百万年というスパンで、幾度となく繰り返されてきているのだ、と彼は付け加えました。
 ですが、今回は、普遍的周期(ユニバーサル・サイクル)が終了を迎える時期と重なっています。よって、銀河の中心から届く量子エネルギーの強烈な波が私たちの住む太陽系を襲うので、新しい周波数場に則(のっと)って遺伝子配列/惑星配列が再調整されることになるのです。
 多分、そのとき初めて、なぜ彼らが絶えず私たちの世界に出入りするのか、その理由のひとつをはっきりと把握できたのでした。
 神々、太古の創造主たちは、地球に戻ってきたのでした。周波数が、人間には知覚不可能な宇宙的数値にチューニングされるのです。それに伴い変身を遂げようとしている人類を、彼らは助けようとしているのです。生命は再構築され、人類は、今まで望むばかりであった姿になれるか、あるいは、本来の姿に戻れるかも知れないのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 スエルが語る、

 「銀河の中心から届く量子エネルギーの強烈な波が私たちの住む太陽系を襲うので、新しい周波数場に則(のっと)って遺伝子配列/惑星配列が再調整される」

 ことこそ、ゲリーさんが言うシフトであり、ドランヴァロさんが言う「End of Time」(時間の終焉)であると私は考えています。
 そして新しい周波数場というのが、ダリル・アンカがチャネリングしているバシャールが言う第4密度の世界であると思っています。これまでの地球の振動密度は、第3密度の6万〜15万回/秒でした。それが第4密度の18万〜25万回/秒に移行するということです。

 私がカヴァーロ氏とスエルのコンタクトの時期にこだわったのは、スエルが30年〜35年後に起こると言っているからです。
 このコンクタトがあった(と思われる)1986年の30年〜35年後は、2016年〜2021年となります。

 私は以前の記事で、「日月神示」の示す「大峠」の時期は、2015年からだと推理しました。
 それゆえ、ドランヴァロさんが言う「End of Time」は2015年末から始まるのではないかと考えます。しかし2015年末は、世界的な自然災害の始まりではなく、マヤの予言でいう青い星の予兆を示すものになるのではないかと考えます。実際に夜空に青い星が現れるかまでは確信が持てませんが、一つの可能性としてはベテルギウス超新星爆発が見れるかもしれないと考えています。
 そして2016年に入ると、世界規模で地震や火山の噴火などの自然災害が多発してくると予想しています。当然日本も自然災害に襲われると思いますが、主役は世界に移っていくと思います。
 もちろんこれは私の勝手な予測であり、100%の確信があって言っているわけではありません。実際にどうなるかを、私自身も息を潜めて事態の推移を見詰めることになります。

 しかしもしそうなった場合ですが、大事なことは人々が何が起こっているか理解することです。
 それは禊(みそぎ)であり、人類滅亡ではありません。むしろ人類が大きな飛躍を遂げるチャンスだと思っています。



東海大地震と富士山噴火について...2015年4月2日

災害予言が大好きな人たち

 20世紀末、まだノストラダムスの恐怖の大王の予言が人々の間で語られているときの話です。
 私は高校の同級生のI君と話していて、強い違和感を感じたことがありました。
 スピリチュアルに興味があるI君は人類が滅亡するという予言を固く信じていたのです。
 そんな人類滅亡を熱く語るI君に、私は質問したことがあります。

 私: 「人類が滅亡するということは、I君も死ぬということだよね」
 I君:「それは、そうなんだけど・・・」

 言葉に詰まったI君ですが、次に信じ難いことを言ったのです。

 I君:「でも俺は、(人類滅亡を)期待してるんだ・・・」

 なんと”期待”という言葉です。
 自分の死も意味しているのに、それを期待するというメンタリティーが当時の私には理解できませんでした。

 I君は、それまでの人生で社会全体から不遇の扱いを受けてきたと強い恨みを抱いていたのでしょうか。それとも葛藤の苦しさから、人類の滅亡という形で皆もろとも逃れたいと願っていたのでしょうか。とにかく破滅を願うというのは、尋常な精神状態とは思えません。
 I君のように人類滅亡を期待するというのは極端かもしれませんが、世の中には大災害の予言が大好きな人がいます。
 そういう人は、大きな自然災害や戦争のような大きな破壊をもたらす予言が出ると、飛びついて周りの人に吹聴する傾向があるようです。
 この記事のタイトルは「東海大地震と富士山噴火について」なので、そういう人が飛びつくかもしれないので、最初にお断りしておこうと思います。

 このタイトルから東海大地震と富士山噴火が近いという話だと思われるかもしれませんが、この記事ではその真逆のことを書くつもりです。
 つまり東海大地震は少なくともここ数年のスパンでは起きないし、富士山噴火に関しては、もしかりに起こるとしても数百年先だろうという話です。災害予言が大好きな人が読むとがっかりする話なので、最初にお知らせしておこうと思います。


東海大地震について

 神秘家ゲリー・ボーネルさんは去年から東海大地震が起こると警告しています。
 ゲリーさんはWSやセミナーでそう言っているだけでなく、『日本人が知って変えていくべき重大な未来』(ヒカルランド)という本まで出して、かなり具体的に地震被害の様子を予言しています。
 ゲリーさんが予言する東海大地震の日時は4月12日なので、もう間近に迫っています。それゆえ不安な心持の方は、けっこうおられるかもしれません。

 私は、ゲリーさん自身が、この予言に変更があるかもしれないと書き込んだ FaceBook の記事を紹介したことがありました。
 以下の記事です。

http://homepage2.nifty.com/motoyama/info_10.htm#info_1036

 これはゲリーさんが東海地方の地震のエネルギーをUFOが逃していると霊視した記事です。
 それを踏まえてゲリーさんの最新情報は、以下のGBJ(ゲリーボーネルジャパン)のサイトで読むことができます。

http://www.garybonnell.jp/earthquake_info

 これによれば、「東海地域の地震であることは変わらないものの、現時点では、その揺れは沿岸からより内陸へと動いています」とのことです。

 私はこの文章を不思議な思いで読みました。
 なぜならゲリーさん自身が地球内部の別次元の知的生命体によるUFO活動で、東海地域の地震のエネルギーを解消させたと霊視しているにもかかわらず、東海地域の地震は起こると言っているからです。
 つまりUFOによる地震のエネルギーを解消する動きは、地域を多少移動させただけで地震自体は起こると言っているのです。ということはゲリーさんは、UFOによるオペレーションは結局のところ失敗だったというのでしょうか。
 私はこの解釈に違和感を感じています。
 地震が起こる地域が移動したとしても、移動した地域に住んでいる人々は地震の直撃を受けることになります。UFOを駆使するような知的生命体が、そんなヘマをするだろうか・・・という思いがあるのです。もし移動したとしても、人々が被害を蒙らないように大幅に地震のエネルギーを削ぐのではないかと思えるのです。

 ゲリーさんが、UFOが東海地震のエネルギーを解消させているビジョンを見た時、その地域に住む人々のUFO目撃談がないかとつぶやいていました。
 そのUFO目撃談かもしれないメールを私がもらったので、ここで紹介したいと思います。
 ゲリーさんがビジョンを見たのは去年の10月末から11月始めにかけてと思われます。
 そのちょうど同じ時期のUFO目撃談です。

 ・・・<UFO目撃談メール(1通目)から抜粋開始>・・・

こんばんわ。私は静岡県の浜岡原発から5キロ程離れた場所に住むものです。昨年の年末だったか、とにかく最近ですね。夕方、家の近くを犬の散歩をしていて 上空を見ていました。この時間、日が沈みかけ、空がとても綺麗です。その日は、とても驚いたのですが 雲がまるで虹のように何色にも色づいていて、もう興奮してしまいました。あまりの美しさに 自分ひとりで見ていては もったいないと思い、誰か近くに教えてあげる人はいないかと、あたりを探しました。でも、結局誰にも教えてあげられなかったです。私は犬の散歩をしながら、ずっと上空を見ていました。すると、その美しい雲の近くから 突如 まあるい光が 現れました。私は、飛行機かなっと思いました。飛行機に太陽の光が当たると反射して光ます。ずっと見ているとどうやら、その光は本当に、まん丸で 飛行機の光と違いました。すると、その光はぱっと消え、真っ黒のものに変わりました。目を凝らしてよく見ると、クローバーの葉っぱのように丸が三つ くっ付いた形をしていました。私はすぐ UFOだと分かりました。すごく離れた上空なのに、とてつもなく大きなUFOでした。しばらく、そこにあったと思ったら、突然 消えました。私は久しぶりにUFOをみました。それから、約一ヶ月後、静岡市から家に車で帰る途中、美しい空だなあと 運転しながら見ていると、突然 見ている先の空に大きな光が現れました。え?飛行機?UFO?と思いながら、見ていたのですが、今思い起こしてみると、さだかではありません‥。
昨年、5月20日頃 夜中です‥部屋で座っていると、お尻の下あたり‥、それも地下の方から地響きがありました。なんとも鈍い感じの‥そう、ホントに地面と地面がこすり合わさるような感じの‥‥、岩盤かズレる感じの、なんとも気持ちの悪い感じがしました。私は、地震の前兆ではないかと思いました。
私は、すぐにその日をカレンダーに記録したと思います。そのカレンダーは何処かにあると思います。以上が、最近私が経験した事です。以上です。しつれいしました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 このメールをいただいたその翌日、また一つもらいました。それも紹介します。


 ・・・<UFO目撃談メール(2通目)から抜粋開始>・・・

昨日、UFOに関するメールを送ったものです。昨年のカレンダーの記録を見つけました。そこには、「5月7日 水曜日、2回地響きあった。昼と夜の11時30分頃地響き。その日の朝から見慣れない飛行機、自衛隊のものらしく3〜4機、私のいる辺り上空を5〜6回何度も旋回していた。」それから、「5月9日、am10:00頃、上空をオスプレイ 通過」と書いてあります。あの時、私は農業で田んぼにいました。その自衛隊の飛行機が何とも不思議な動きをしていました。どうやら、その地響きと関係があるなっと思いました。まあ、いろいろな事は 起こる時は起こりますからね。起こらないかもしれませんが。では、失礼しました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 この方の体験を時系列で並べると、

・昨年5月に地響き。自衛隊機とオスプレイの偵察

・昨年末にUFO目撃

 となります。
 これから推察できることですが、昨年5月の時点で東海地方には、巨大地震が起こるようなエネルギーが溜まっていた。そして昨年末に、UFOが現れ、その地震のエネンルギーを解消する作業を行った。その光景をゲリーさんが霊視したのではないかということです。

 こうした点から私の見解を述べますと、もし何もなければ東海地方は巨大地震に襲われていたが、異次元の知的生命体のUFOによるオペレーションで、地震のエネルギーは解消された。それゆえ東海地方は、浜岡原発が破壊され放射性物質が拡散してしまうような巨大地震は起きなくなった。しかしまだ地震のエネルギーが完全になくなったわけではなく、巨大地震は起きないが、中小の地震は起きる可能性はあるだろう、です。
 つまり私は4月12日近辺に東海地方の巨大地震は起きないと予測します。もし起きるとすれば、地域が内陸部にずれると伴に、時期もずれて、巨大地震とは言えない規模の小さい地震だろうと予測します。

 しかしながら、これはあくまでも私個人の勝手な予測であることを、お断りしておこうと思います。



富士山噴火について

 富士山噴火を予言するサイキックは多いと思います。
 もちろんゲリーさんもその一人です。ゲリーさんは東海地震に関しては、突然去年から言い始めましたが、富士山噴火に関しては何年も前から予言しています。
 それゆえサイキックでない一般の人々の間でも、富士山噴火は避けられないような雰囲気が漂っている気がします、
 私は、「ヤスの備忘録」で知られるヤスさんのメルマガを取っているのですが、その中で枕詞のように毎回必ず次の文言が入っています。

 「富士山の噴火は年内にも起こるかもしれないし、数年先になるかもしれないが、噴火のときは刻一刻と近づいている。いつ噴火してもおかしくないように、万全の注意をしておくべきだ」

 これは、「箱根山のこれまで噴出が観測されたことのない北西側の斜面から、大量の火山性ガスの噴出が見られる」ことが大いに関連しているようです。
 箱根山と富士山は同じ富士火山帯に属していて、大量の火山性ガスの噴出は、富士火山帯が活発化していることの証でもあるからです。

 今回、富士山噴火を予言しているアカシック・リーダーである中津川昴(なかつがわすばる)氏の本『アカシックレコードが明かす人類創生の謎と驚愕の未来』(TRH-J)から紹介しようと思います。
 この本は、2011年に書かれたものです。


 ・・・<『アカシックレコードが明かす人類創生の謎と驚愕の未来』、p134〜p141から抜粋開始>・・・

 富士山噴火の前兆

 皆さんも気にされていると思いますが、どうやら2011年は、富士周辺が慌しくなりそうです。なぜなら、私は富士山噴火の恐ろしい夢に数日間もうなされたからです。
 1707年(宝永4年)江戸時代中期に、富士山は大噴火を起こしました。関東一円が火山灰に覆われ、江戸界隈も4センチの灰が降り積もったとされています。昼でも夜のように暗くなり、まさにこの世の終わりのような状態だったと記録されています。以来3百年もの間、富士山は沈黙を守り続けています。
 しかし、そろそろ満杯になったマグマが一気に噴火する頃です。今年の7月ごろから噴火の前兆現象が起きるでしょう。まず、本栖湖などの富士五湖に水位が下がるなどの変化があると思います。そして、マグマが溜まり上昇して地下水と接触すると水の温度が上がるので、湖が温泉のように沸騰するでしょう。
 噴火するともう登れなくなりますから、私は7月の前に取材で富士登山をしようと思っています。そして、噴火の前兆をこの目で確かめて来ます。
 2年前、山梨大学の研究室が富士山の神社の境内に気象観測所を作りました。観測結果によると、おそらく今年以降に伊豆群発地震等の傾向が出てくるといわれています。富士山が北東と南西方向に膨張しているからです。活発な火山性微動という、直下型で縦に揺れるタイプの地震です。
 ここ30年間の地殻や気象のデータを見ると、フィリピン海プレートがかなり際立って活動再開しています。まるで海底のゴジラが生き返るときのようです。富士山は、太平洋プレート・フィリピン海プレート・北アメリカプレート・ユーラシアプレートの4つの地震プレート境界上に位置しています。地下プレートの活発化が富士山を刺激して、溜まったマグマを放出させる日も近いと思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ちなみに、富士山が噴火したらどのような被害が及ぶか、中津川氏が論考したものがあります。
 私たちは富士山が噴火すると言われても、被害の具体的なイメージを掴みにくいところがあるので、少し長くなりますが、引用させていただこうと思います。


 ・・・<『アカシックレコードが明かす人類創生の謎と驚愕の未来』、p129〜p130から抜粋開始>・・・

 富士山噴火の被害

 以前、火山の脅威を描いた『ダンテズ・ピーク』という映画がありました。映画の中では、高温の火砕流ですべてが一瞬にして灰になるという恐ろしい場面がありました。
 実際に富士山が噴火したとき、発生した火砕流は必ず御殿場側に流れます。あの辺りには湖や水源地があるので、火砕流は水中に流れ込み熱が冷めて終わりだと思います。速やかに避難できれば被害は少ないと思います。

 火砕流は関東まで来ないなら安心ではないかと、あなたは思うかもしれません。しかし、噴火で本当に恐ろしいことは何だと思いますか。それは火山灰です。富士山噴火のハザードマップが内閣府の防災課から発表されています。
 それによると、火山灰が関東一円に降り注ぐことになります。富士山から距離がある東京都内でも、約十センチの灰が積もるでしょう。
 噴火が起きたあと、火山灰はすぐさま関東を襲います。シリカ、鉄分、ニッケルなどを含んだ大量の火山灰が大気中に舞い散って太陽の光を遮り、電渡を散乱させます。空は闇に包まれ雷が轟くでしょう。.
 テレビ、ラジオ、携帯電話、インターネットなどの通信障害が発生し、もちろん地デシもアウトです。皮肉なことに、ちょうど新しい東京タワーができた頃でしょう。
 最初に切れるライフラインは電気です。降り注ぐ火山灰の重みで電線が切れ、変電所に降り積もればトラブルが起こって稼働停止します。一切の電気が遮断されると、大規模な停電につながります。
 現代人にとって、電気のない世界は想像もつかないでしょう。もし噴火が寒い冬に起これば悲惨です。なぜなら電気が使えなくなるわけですから、暖房は電気を使用しないファンヒーター、石油ストーブ、もしくは薪を燃やすしかないでしょう。あとは、ヒートテックのような防寒機能ウェアを着て、ひたすら寒さに耐えるしかありません。

 富士山の大噴火により、今まで電気に依存していたものが一度リセットされます。そして唯一、電気を使わないものだけが生き残るのです。
 次に切れるのはガス・水道です。しかしガス・水道のパイプラインのほとんどが地中を這っているので、地震などの衝撃でパイプが外れない限り、水とガスだけは供給され続けると思います。ただ、水源地に火山灰が降り積もれば、水道水の水質低下が懸念されます。

 交通もストップして高速道路、鉄道等が火山灰の影響で完全に運行できなくなります。空港は閉鎖され、飛行機は運休になります。
 なぜなら、ジェット機は外から酸素を吸入して、エンジン内タービンで航空燃料を燃やして排出する構造だからです。もし、火山灰を含んだ大気が吸気されてエンジン内に入ってしまえば、一発で故障して墜落してしまう危険性があります。噴火時に富士山の周りを飛んでいた飛行機は、速やかに近くの空港に避難しなければなりません。

 ただ唯一、火山灰が降り注ぐ中でも飛べる飛行機があります。それは、プロペラ機です。1970年代ごろまでは飛んでいましたが、80年代以降は離島などで活躍していました。プロペラ機は燃料を外からではなく内側から供給できる構造なのです。
 騒音が大きく非常に乗り心地が悪いですが、唯一災害に強いのです。私はプロペラ機が復活すると思います。

 洪水被害の恐れもあります。噴火後に雨が降れば火山灰が水を含んで泥となり、排水口に流れて詰まらせる原因になります。下水から、溢れ出た汚水による伝染病が流行るかもしれません。街はやがて行き場を失った水で浸水し、川も氾濫して大洪水になる可能性があります。
 火山灰の人体に対する影響も心配です。火山灰はシリカという成分できていて、ガラスを細かく砕いてばら蒔いたような粒子なのです。

 火山灰を顕微鏡で見ると、形が刃物のように鋭く尖っています。それを吸い込むと気管や肺を傷つけます。現に、噴火のあとなどは喘息やじん肺などの病気にかかる人が増えます。花粉症よりも恐ろしいのです。
 火山灰は皮膚につくと刺激があり、全身がアレルギー性皮膚炎の症状を起こします。

 もし朝起きてあなたの住んでいる所に大量の火山灰が積もっていたらどうしますか。灰をかき分けて外に出ようにも、綿埃のような火山灰が空からたくさん降ってきます。
 そんな状況で学校や職場に行こうとしても無理でしょう。マスクやメガネなどで完全防備をしないと外出もできません。電気・ガス・水道もなく外界との通信手段もない中、怯えつつひたすら家にこもっているしかないのです。

 以前『ベクシル 2077 日本鎖国』というアニメ映画がありました。日本がハイテク技術を駆使して、電波的にも光学的にも外界から遮断して自ら鎖国するという物語でした。外からは一切何も受け取らなければ、何も発信しないという状態です。
 火山灰が関東を覆ってしまうと、鎖国状態になります。火山灰の影響で、誰も関東に来られなくなります。関東全体がステルス化(火山灰により電波の発信、受信状態が悪くなり、情報の出入りが一切ないこと)して、世界から孤立するのです。

 自然災害が関東で起きた場合は、これまでの関東一極集中型の施政が関西に移ります。一時的に遷都されるわけです。今の政府にいったいどれほどのことができるか疑間ですが、灰の処理が少なくとも首都圏で3ヵ月から5ヵ月以上かかるのです。首都圈が復帰するのに半年近くかかります。
 最初に復帰するのが高速道路、その次にやっと鉄道、その次に交通関連の全てのものが復帰します。富士山噴火後はおそらく、多くの人たちが関東から一定距離、疎開することになります。
 関東の土地に火山灰が積もれば、一切収穫ができなくなります。その上、交通も長期にわたって寸断されるので、物流がストップします。それにより、食料がなくなり、物価が急激に上昇します。東京のインフラが戻るまでに早くて半年ですから、それまで東京は機能停止した状態になります。
 そうなると、もう生活できない状態になりますので、他の土地に移動するしかないでしょう。唯一、空輸による食糧の分配が救いのはずです。そのために自衛隊の基地は地方に分散して、常に危機対策を実施していることでしょう。

 富士山噴火 首都機能壊滅

 鹿児島の人々は火山灰と格闘しながら生活をしています。なぜなら、桜島は半月に1回は噴火していますので、火山灰は鹿児島全域に年中降り注いでいるからです。外出時のマスクやサングラスは必須ですし、洗濯物は汚れるので外に干せません。火山灰の掃除も大変ですし、降り積もった灰の重みで車のボンネットも凹んだりします。
 今のうちに鹿児島の人たちに火山灰の対策を訊ねておくのもいいと思います。私は皆さんに警告を出しておきます。2011年7月までに防災用品を揃えて飲料水と保存食料を備蓄しておくことです。

 私は直前に八ヶ岳に移動するでしょう。ハヶ岳は世界で5本の指に入るほど地殻が安定しているのです。日本で唯一、地震にほとんど影響されない場所といえます。
 もし避難するのであれば、関東近辺だと筑波がいいでしょう。あそこは環境が整備されています。千葉でしたら海岸のあるところ、九十九里浜なら問題ないと思います。海側でしたらどこも大丈夫です。海風のおかげで火山灰がやって来られないはずです。

 桜島の火山灰が年中降るような所でも、住んでいる人たちがいるわけです。だから、火山灰ごときで死ぬことはないと思います。
 ただし、現代の東京は火山灰の被害を経験していませんし、関東一円にそんな大量の灰が降り積もったら復旧は難しいと思います。
 私もいろいろとシミュレートしてみましたが、どう考えても都内に居続けるのは難しいことだと思います。被害総額は最大2兆5千億円と見積もられているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2011年7月までに中津川氏は八ヶ岳に引っ越したのでしょうか。
 結果として現在まで富士山は噴火していないわけですが、私は中津川氏がみたビジョンは極めて正確なものだったと思っています。
 富士山は、実は噴火直前までいったと私は考えています。
 2013年、富士五湖の一つ河口湖の水位が低下して話題になったことがありました(ただし河口湖の水位の低下は毎年の冬の風物詩だという話もあります。ただ六角堂まで歩いて渡れる出来事は、数年に1度の割合なので珍しいといえば珍しいそうです)。

 それに関して、『東京直下地震 3年以内 震度9』(Chiran著、三栄書房)から引用します。


 ・・・<『東京直下地震 3年以内 震度9』、p28〜p29から抜粋開始>・・・

 河口湖渇水で噴火寸前だった富士山

 富士山の噴火を予防するのも同様で、マグマが上昇してきた場合には、圧力を逃がすために地底湖の場合と同様、光レーザーで圧力をバイパスするための穴を山腹にあける、あるいは超小型円盤を使用してバイパス穴をあけることで、マグマの圧力を逃がします。マグマ帯は地下でつながっていますから、他の場所に小噴火させることで、富士山の大噴火を回避させるということもやってきました。2013年、河口湖が水位低下したときには、じつはマグマは8合目くらいまで上昇しており、かなり危険な状態を迎えていたのです。宝永の大噴火の際にも河口湖渇水は記録されていました。
 1990年以降、こうした地震と噴火を防ぐための対策を何百回も繰り返してきました。誰にも知られることなく、感謝されるわけでもないのに、”上”は東京と富士山を死守するということに力を貸してくれてきたのです。もしもこの献身的な活動がなければ、東京直下の大地震も、富士山の噴火も発生していたのは間違いありません。地震や火山の研究者たちが周期などから、いつ起きてもおかしくないのに何も起きないことに首をひねるのも当然です。
 透視によって地底のマップを作る。円盤からマーカーを介して水温をモニタリングする。マイクロ波で熱を吸収する。光レーザーを使って一瞬でボーリングするなど、やっていることは現代科学の枠をはるかに超えることばかりですが、地震発生のメカズム自体は温度と圧力という極めてシンプルなものです。技術の進歩を抜きには語れませんが今後地震予知もこうした領域に注目しなければ、地震という巨大災害を食い止めることは難しいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 Chiran氏の言う”上”とは、UFOを駆使する他の惑星から来た知的生命体のことです。
 そうした存在が、地球を遙かに凌駕するのテクノロジーによって、東京直下地震と富士山噴火を阻止してきたといいます。

 私は、ふと頭に閃いたものがありました。
 もしかしたら、箱根山の北西側斜面の大量の火山性ガスの噴出は、富士山噴火のエネルギーを抜こうとして、宇宙人によって意図的にされているのではないかということです。
 千さんのお爺ちゃんセッションで確認したら、まさにそうだとの答えです。
 やっぱりです。

 Chiran氏によれば、”上”は東京直下地震を止める作業は放棄したが、富士山噴火は今後も阻止し続けるといいます。


 ・・・<『東京直下地震 3年以内 震度9』、p164から抜粋開始>・・・

 ただし、富士山は死守してくれることになりました。つまり大噴火はしないということです。東京の地震と連動して、宝永火口あたりでの小噴火は避けられないものの、山体が崩れてしまうような噴火は食い止めてくれます。日本人の象徴である富士山を美しい姿を保つたまま残すことで、その後の復興へ向けて、心のよりどころとするという目的からです。ですから震度9の地震があっても富士山周辺は比較的安全ということができます。また、広島周辺、熊本阿蘇周辺も比較的安全です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これまで書いてきませんでしたが、私は千さんのお爺ちゃんセッションで富士山噴火に関して何度も確認してきました。
 答えは常に、「富士山は、私たちのタイムラインでは噴火しない」でした。
 これは、数百年後には噴火するかもしれないが、私たちが今後生きるであろう数十年の期間では噴火しないという意味です。

 私は来年(2016年)以降、世界中で大規模な天変地異が多発すると予測しています。
 当然ながら日本でも地震や火山の噴火に見舞われると思いますが、むしろ主役は海外の方だろうと考えています。
 多くの人は富士山噴火を危惧して富士山周辺は危険だと考えていますが、私はむしろ富士山周辺こそ安全なエリアではないかと考えています。
 実は私はこっそり、富士山周辺に拠点を移そうと検討しているところです。



イエス・キリストの娘の転生の記憶を持つ人...2015年3月22日

 以前、当HPでサアラさんを紹介したことがあります。
 サアラさんの一連の本を読んでいて、私がサアラさんに強い関心を持った原因の一つに、サアラさんがイエス・キリストの娘としての転生の記憶を持つということがありました。
 当時もサアラという名だったそうです。
 イエスが処刑された(サアラさんによるとイエスは死んでおらず、実際はヒマヤラに旅立った)後、聖母マリアとイエスの妻マリア、そして娘のサアラはヨーロッパに渡ったといいます。
 イエスの家系はイスラエルの血脈なので白人ではなく、特に当時のサアラは色黒でエキゾチックな顔立ちだったので、エジプトから連れてきた侍従だと思われていたそうです。
 サアラはヨーロッパでも色々な奇跡を起こしたということで、現在の南仏のサント・マリー・ド・ラ・メールという町には、色の黒いセント・サラの銅像が立っているそうです。

 もうだいぶ前の記事になりますが、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で聞いた私の過去生で、聖母マリアのもとで働いていたアカルデピス(男性)という転生について書いたことがあります。
 聖母マリアのもとで働いていたと言っても、聖母マリアの世話をしていたわけではなく、ある仕事をしていたそうです。
 イエスの洗礼を行ったと言われる洗礼者ヨハネは、同じ仕事をしていた同僚だったそうです。とはいえアカルデピスはイエス個人とは面識はなく、イエスが広場で話すことを大勢の聴衆と一緒に聞いていたそうです。そのせいでしょうか、私はこれまでの人生でイエスには特に親しみを感じませんが、聖母マリアには強く魅かれるものがありました。
 アカルデピスは身体が弱く、聖母マリアに心配を掛けていたそうです。

 私はこの話を聞いて、甦ってきた記憶があります。アカルデピスを私と表現して、それを紹介します。
 それは洗礼者ヨハネに関することです。
 洗礼者ヨハネは過激な性格で、人前で時の領主の批判をしてしまうことがありました。心配した私は、そんなことをしていると罰を受けると何度も言動を慎むように言ったのですが、洗礼者ヨハネは自分を抑えられなかったようです。
 ウィキペディアを見ると、洗礼者ヨハネは「当時の領主ヘロデ・アンティパスの結婚を非難したため、捕らえられ、首をはねられて処刑された」とあります。
 おそらくこのことだと思いますが、私は数名で処刑されたヨハネの首をもらい受けに行った記憶があります。
 そして砂漠にヨハネの墓を造り、弔ったのです。
 葬る前のヨハネの首を前にして、悲しみの中で私は、「だから人前で領主の非難をしてはいけないと言ったのに・・・」という内容の言葉をつぶやいた記憶があります。

 この記憶が本当だとすると、私はイエスの娘サアラと会っていたことは間違いないと思われます。
 ただし、どの程度の接触があったかはわかりません。今度機会があったら、千さんに聞いてみようと思います。

 話が逸れました。
 イエスの娘としての転生を持つサアラさんですが、千さんに聞いてみるとこれは間違いないそうです。
 サアラさんは今でも、イエスをチャネリングしていてイエスと語り合っていると言っていますが、これは紛れもなく本当のイエスだそうです。

 ではまずサアラさんの『宇宙パラレルワールドの超しくみ』(ヒカルランド)から、サアラさんの記憶の中にあるイエスの話を紹介したいと思います。


 ・・・<『宇宙パラレルワールドの超しくみ』、p105〜p108から抜粋開始>・・・

 イエスの家族の女性の記憶を魂に持つ私は潜在意識に深い喪失感の傷を持っていた

 さて2012年に入り、ある晩突然に新しいマスターテイーチヤーが私に「いい加減にイエスを許したらどうだろうか」と言いました。私は、彼を恨んでいたことにうすうす気づいていましたが、そういう気持ちと直面したくない気持ちが大きかったので忘れていました。
 ここで少々解説しておくと、イエスはキリスト教で言われているような存在ではありません。もちろん彼は白人ではないし、彼はシリアスな性格でもなくむしろ楽天的な部分を持っていてよく笑い、また、感情的に激しく抗議したりもします。
 そして、彼は十字架にかけられていません。このように言うとまた、混乱をきたすかもしれませんが、一部ではイエスの弟が身代わりになったとも言われています。ここで何が真実かを申し上げるのは、おそらく皆さんにとってかなり過激な内容となるのではないかと思いますが、私の記憶の中ではどちらでもありません。
 彼は罪人扱いされ、磔(はりつけ)になるところであったことは事実ですが、その後は無事に逃れています。しかし彼は常に追われ逃亡しなくてはならない状況でした。彼は死ぬことを恐れたことはありませんが、どうしても果たさなければならないことがあったのです。
 そして、家族はいつも彼をかばい同じように追われますが、ともに過ごしたことはほとんどありません。いつもバラバラで彼がどこにいるかを知ることさえありませんでした。
 しかし、時折彼は私たち家族の前に突然に姿を現します。その時には何とも言えない安堵(あんど)を感じ、もう二度と離れ離れに暮らすことはないだろうと浅はかな幻想を抱きます。その望みは生涯叶うことなく、私たちは、イエスのいない間もいつも大勢の人たちに追われ、私たちの仲間は次々と命を奪われてゆきます。その時の私は繰り返し喪失する経験が大きなトラウマとなったようで、無気力と深い悲しみと失望感でいっばいだったのだと思いますが、むしろそのことには気づかないほどに深刻な傷となっていました。
 新しいマスターティーチャーは、その傷を私の潜在意識から浮上させ、再びその時の思いをリアルに体験しました。私は小さな子供のように泣きじゃくり、彼への恨みの奥にある憧憬や愛情もあふれてきます。しかし、すぐに許す気にはならず、駄々をこねる自分もいます。
 しかし、はたと今の自分の意識に戻ると、未来の可能性について思いを巡らせていました。この問題を解決することによって起きるたくさんの可能性があることに気づきます。そして私は晴れてイエスを受け入れ許し、そして長い間の喪失感からようやく解放されました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、サアラさんの最新刊『空なる叡智へ』(ヒカルランド)からの記事です。
 上記の記事ではサアラさんは、イエスは十字架にかけられていないと言っています。しかしこれから紹介する記事では、イエスが「十字架から下ろされて」と表現しているので、内容が違っているように見えます。
 『空なる叡智へ』が後から出版されたので、サアラさんの中で記憶が更新されたのかもしれません。


 ・・・<『空なる叡智へ』、p174〜p178から抜粋開始>・・・

 イエスが罪人として捕らえられた日

 さて、ここから先は私自身の魂の記憶を中心にお話しします。
 私たち家族は常に何かに追われ、常に命を狙われていました。幼かった私にもそれは十分に感じることができました。それでも父も母も結構楽天的で陽気に過ごしていました。
 私たち家族が他の家族と著しく異なることは、ときどき前触れもなくすべてを捨てて旅に出ることです。両親は「旅に出る」という言い方をしましたが、私は明らかに目に見えない何かに追われている気がしました。頻繁に悪霊の放つ悪臭がしたり、怖い夢ばかりを見るようになると、決まって両親が「旅に出よう」と言うのです。
 今考えるとこの言葉は、エンリルに操られた魔物の呪詛から逃れる時の合言葉でした。

 父が罪人として捕らえられた日のことは今でも鮮明に覚えています。私は「来るべき時が来た」と思った時、すべてが終わってしまうような恐怖で凍りつく思いがしました。
 その時母は、朝の湯を、沸かすために、台所でまだ赤ん坊の弟を抱いたまま立っていました。いつになく父は寝坊をしていたのか、いつまでも部屋から出てきませんでした。私は食堂のテーブルの前の椅子に座り、大好きな歌を一人で歌っていました。
 すると母が飛んできて「静かに」と言いました。母の顔は緊張でこわばっていました。父が静かに部屋から出てくると、突然外から大きな体の男が何人か家に入り込み、無遠慮な感じで父を捕らえていきます。母は大きな黒いパンの塊を私に渡して「これを食べていなさい」と言い、弟を抱いたまま父についていきました。
 それからどれくらい時間が過ぎたでしょうか。私は黒くて重いパンの塊を見つめたままま岩のように固まって、朝歌っていた歌を小さな震える声で何度も何度も繰り返し歌い続けていました。
 日が傾き、窓越しに入ってきた夕日がパンを掴んだ両手に当たって、「暖かい」と感じた時に、初めて我が身に起きた恐ろしい事態を受け止めることができたような気がします。私の頬を伝う涙がいつまでもいつまでも止まることなく流れ続けました。

 この時の私の記憶はそこまでで途切れています。
 実は、私は父が捕らえられた日、泣き疲れて眠ってしまってからの記憶を失っていました。自分ではまるでずっと眠っていたような感じでしたが、2014年に入ってようやくすべてを思い出す機会が与えられました。内容は極めて個人的なことなのでここでは割愛しておきますが、その時のイエスやマグダラのマリアに起きた真実についてだけお話ししましょう。

 父は大きな布に包まれて家に帰ってきました。
 父は十字架から下ろされてその肉体を母や祖母に返されたのです。
 当然父はその時死んでいたはずですが、私は生きていると思ったのです。私が父の肉体に近づくことは、母もそれ以外の大人たちも許しませんでした。
 イエスは3日後に自分の肉体に戻りましたが、あの日、父が捕らえられて出て行った日以来、私は弟と一度も会ったことがありません。見かけたことすらありません。父も母も弟に関することは何も言わないので、何か事情があるのだと悟り聞かずにいました。後で知ったことですが、弟は義理の祖父であるヨゼフを通して遠方に養子に出されました。
 その後、父は肉体的な回復を待って再び単独で旅に出ました。次にいつ会えるかもわからない別れでした。私は母マグダラのマリアと聖母マリアとその妹や親せきたち、そしてイエスの弟子の何人かと一緒に、船でフランスに渡りヨーロッパを転々とします。
 しばらくの間イエスは時々私たちのもとに姿をあらわしていましたが、その後は全く会えなくなりました。しかし、マグダラのマリアが亡くなる時には、彼女が肉体を離れて天高く消えていくまで、ずっとそばにいてくれました。それは娘サアラにとってあの生涯で最も幸せな時間でした。

 イエスはその後もずっとヒマラヤの険しい山の奥で生き続けています。
 彼自身が言いました。「私は今でも肉体を朽(く)ちさせることなく生きている」と。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 先週(3月14日)ですが、サアラさんのWSに出てきました。
 そこでサアラさんから、イエスに関するエピソードが色々と語られました。
 私が失敗したと思ったのは、録音機を忘れてしまったことです。録音禁止のWSも多いですが、たしかサアラさんのWSでは禁止されていなかったと思います。
 もし録音機があったら、WSでのイエスの正確な言葉をここに載せられたのですが、私の曖昧な記憶とノートの走り書きしかないので、正確なものではありません。
 それでもイエスの言動の雰囲気はお伝えできると思いますので、頑張って書こうと思います。

 まずサアラさんが語った、イエスの時代の社会のありようです。
 私たちは2000年前の古代となると、現代のように忙しく時間に追われることもなく、のどかで牧歌的な草原で暮らすイメージを持ちがちです。
 しかし実際は、精神的に強く圧迫された社会だったといいます。
 当時のかの地は、ユダヤ教の権威が絶対で、それに反することは全く許されない社会だったといいます。もしユダヤ教の権威に反することを言おうものなら、密告されて人々の前に晒し者にされて、説教されてしまうといいます。
 一般庶民はそれが嫌で萎縮してしまい、人と接触するのをできるだけ避けてひっそりと暮らすのが普通だったといいます。相互に密告し合う社会というと、今の北朝鮮を思い浮かべますが、サアラさんの話を聞く限り、あながち外れていないかもしれません。
 結婚相手も、その村を管轄している教会が決めてしまうそうです。つまり自由がなかったのです。
 またユダヤ教の特別な宗教的な行事が行われる節句には、人々は献金を要求されたそうです。
 しかし貧しい一般庶民が、たくさん献金できるはずもありません。
 金持ちはたくさん献金できるわけですが、たくさん献金した人には有利な職業に就けるとか、特権が与えられたといいます。
 ですから貧しい一般庶民は、ますます貧しくなり、金持ちはますます金持ちになるという貧富の格差が広がっていく社会だったといいます(蛇足ですが、私には今の日本がそれに向かっているように見えます)。
 要するに、貧しい一般庶民には、夢も希望もない社会だったというわけです。
 そうした中で登場したのが、イエスだったといいます。

 イエスが人々に説法を説いたのは、わずか4年間の出来事だったといいます。
 宗教家というと、清貧で穏やかな人格者というイメージを持ちがちですが、サアラさんによると、イエスはそうしたイメージとは一線を画していたといいます。
 当時の権威であったユダヤ教の権威を一切認めない、反宗教の改革者だったそうです。説法を始めたのは血気盛んな30代で、イエスの元に集まった弟子たちが、常に心配していたのが、イエスの暴走だったそうです。
 弟子たちは、先生であるイエスが時の権力であるユダヤ教に反することをしないかと、毎日ハラハラしていたそうです。

 イエスが説法を始めたときは、わずか2〜3人しかいなかったといいます。
 しかしイエスのことは、徐々に人々の口によって広まり、最後は3000〜4000人もの聴衆を集めるようになっていったといいます。
 ではなぜ、当時の人々はイエスの言葉を聞きたがったのか。その理由をサアラさんがボードに書いたので、それを紹介します。

1.彼の話が真実だったので、心に響いた。

2.人々の意識をひっくり返すような、驚くべき話だった。

3.多くの人々の心が癒された。

4.未来に希望を持てる話だった。

 私が特に感心したのは、1です。
 サアラさんは、人は真実に引き寄せられる習性があるといいます。なぜなら真実には魂が同意しているからだといいます。つまり真実には、力があるということです。

 サアラさんが語ったイエスのエピソードで一つ面白いものがあったので、ここで紹介したいと思います。
 ユダヤ教の節句の前日、イエスが弟子たちにここにいるように言い置きして、出掛けたといいます。
 しばらくして帰ってきたイエスは教会にあった金(キン)の聖杯を持っていました。なんと教会から黙って持ってきた(要するに盗んできた)といいます。
 当然、弟子たちは仰天します。
 するとイエスはその金の聖杯を街に行って売り払ってしまい、そのお金で買えるだけのパンを買ったといいます。そしてそのパンを貧しくひもじい思いをしている子供たちに、みんな与えてしまったそうです。
 そしてイエスは次のようなことを弟子たちに言ったそうです。

 「もし今日が祝福すべき日の前日であるなら、神は貧しい子供たちの腹を満たすことを、神が祝福するだろう」

 訪問者の方々に申し訳ないと思うのですが、録音機がなかったため、こうしたイエスの言葉は一字一句正確ではありません。
 WSが始まる前にサアラさんはイエスをチャネリングして、イエスから2000年前にイエスが当時語った言葉を一字一句正確に伝えるように要請されたそうです。しかしここでは私の曖昧な記憶を元に書いているので、一字一句正確ではないということを断っておきたいと思います。

 次にサアラさんとイエスが再会した話も興味深かったので、紹介したいと思います。
 サアラさんが忙しくしている中、どういうわけか浅草の浅草寺に行かなくてはならないという強迫観念にも来た思いが湧いてきたそうです。
 それが抑えきれなくなり、車で急遽浅草寺に駆けつけたそうです。その時は夕方で、浅草寺が閉まる時間が迫っており、境内には誰一人いなかったそうです。
 サアラさんが境内に立っていると、サアラさんを後ろから優しく抱いた存在があったそうです。その瞬間サアラさんは、その存在がイエスであることに気付いたそうです。しかしサアラさんの口をついて出てきた言葉はイエスではなく、「お父さん」だったといいます。

 こうしたイエスとの体験により、サアラさんはイエスが2000年前から死ぬことなく、ずっと生きていると主張しているのだと思います。
 しかし私はイエスが2000年前からずっと生きているという表現は、誤解を生む表現だと考えています。
 そこで私は千さんのお爺ちゃんセッションで、イエスは2000年間ずっと生きてきたのか聞いてみました。するとお爺ちゃんの答えは、「(イエスは)3次元にはいない」でした。
 やはりです。
 私はイエスに関しては神秘家ゲリー・ボーネルさんの説明が真実だろうと思っています。
 スピリチュアルに関心のある人々の中で、2012年に地球と人類がアセンション(次元上昇)するという話がありました。
 私はこれから地球と人類が体験するのは、4次元に向かうという次元上昇ではないと考えています。物質の振動数が上昇し、第4密度と言われる振動密度になると私は考えています。それは日月神示が語る半霊半物質の世界であり、完全な非物質世界である4次元ではありません。4次元と現在の中間の世界といえば、わかりやすいかもしれません。
 ですから私はアセンションという言葉を使いません。

 しかしイエスを語る際には、アセンションという言葉抜きでは語れません。
 ゲリーさんによると、アカシックレコードにはイエスが体験したものこそアセンションだと書かれているそうです。
 アセンションがどんなものかという説明はゲリーさんの著書に書かれているので、ここでは触れません(興味のある方は、ゲリーさんの本を読んで下さい)。
 とにかくイエスはアセンションしたことにより、イエスという人間の肉体の鋳型を手に入れることができたということです。
 つまりアセンションしたことにより、あちらの世界にいながら、いつでも好きな時に、この3次元に物質化して姿を現すことが可能になったということです。これは別の言い方をすれば、生死の輪廻から抜けてしまったということです。

 サアラさんと浅草寺で会ったイエスは、たしかに2000年前のイエスの肉体そのものだったと言えます。
 しかしそれは、イエスが意図して物質化した肉体であって、2000年間ずっと生きてきた肉体ではないということです。



ベンジャミン・フルフォード氏が推理するSTAP騒動の顛末...2015年3月11日

 2014年1月、理化学研究所でプロジェクトリーダーを務める小保方晴子氏のSTAP細胞の研究論文が、科学の分野で世界的に権威のある『ネイチャー』誌に載ったことで、日本中が湧きかえりました。
 その1年ちょっと前の2012年10月に、京都大学の山中伸弥教授がiPS細胞の研究によってノーベル賞を受賞していたこともあり、またしてもノーベル賞級の大発見とばかりに日本中が注目するフィーバーとなりました。
 しかし事態は、思わぬ展開を迎えます。

 小保方氏の論文にデータのねつ造や改ざんなどの不備が次々と指摘され、また再現実験を行ってもSTAP細胞は再現できなかった為、ついに理研は論文撤回に踏み切り、小保方氏は理研を解雇されるはめになりました。
 いったいあのフィーバーは何だったんだというところです。

 割烹着を着た愛くるしい若き研究者に、日本中が大きな期待を寄せただけに、裏切られた思いをした人も多かったと思います。

 私は、日本中がSTAPフィーバーになっている時、千さんのお爺ちゃんセッション(注0)で、STAP細胞が実際に存在すると聞いていました。しかし再現実験は、かなり難しいとも聞いていました。
 今は多くの日本人は、結局のところSTAP細胞は存在しなかったのではないかと思っていると思います。
 しかし私はSTAP細胞は存在すると思っているし、小保方氏が記者会見で、堂々と「STAP細胞は、あります!」と宣言したのは、本当にSTAP細胞はあると信じて言った言葉だと思っています。

 ではなぜ、こんな顛末を迎えたのか。

 それで今回は『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術「現代編」』(イーストプレス)から、ベンジャミン・フルフォード氏が推理したSTAP騒動の裏事情を紹介したいと思います。
 まず最初に断っておきたいのですが、これはあくまでもベンジャミン・フルフォード氏の推理に過ぎません。フルフォード氏は、これに関し具体的な証拠を挙げているわけではないのです。
 ただ一連の騒動の背景を考えれば、ある一つの推理が成り立つということです。
 私はフルフォード氏が言っていることが真実であると訴えたいわけではなく、興味深い推理なので紹介したいと思ったのです。

 ではその推理ですが、ずばりフルフォード氏は、小保方氏のSTAP細胞理論はある存在によって世に出ることを防ぐために、意図的に潰されたと言っています。
 なぜ潰されたのか。
 それはSTAP細胞は存在するし、STAP細胞が実用化されてしまうと世の中から劇的に病気が減ってしまうからだといいます。
 つまりSTAP細胞は人類にとって夢の技術ですが、それが実現してしまうと、大変都合が悪いと考えている人たちがいるということです。

 フルフォード氏の推理を紹介する準備として、まず万能細胞に関する3つの流れについて紹介します。
 以下3つの流れと、その問題点です。

・ES細胞.....人の受精卵を使うので、倫理的、道徳的な問題がある
・iPS細胞....遺伝子操作を行うので、ガン化するリスクがある
・STAP細胞...弱酸性の液に漬けるだけという簡便な方法だが、極めて再現性が低い(現在の技術では宝くじ並み)

 これを前提として、まずSTAP細胞の論文が『ネイチャー』誌に発表された経緯から、フルフォード氏の推理を紹介していきます。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術「現代編」』、p26〜p30から抜粋開始>・・・

 小保方晴子は、たしかにSTAP細胞を発見した。2500万分の1の確率で、宝くじの一等を引き当てる幸運に恵まれたのかもしれない。
 しかし、論文を書く段階になって、その幸運から見放され、再現に失敗し続ける。もともと再現性の低い手法なのだから当然だろう。しかし、彼女の上司たちは、「予算確保」と「特許」の兼ね合いから「とりあえず、発表しろ」と迫る。彼女はそれに応じざるをえなかった。
 こうして、データのねつ造と改ざんに追いこまれたのではないか。
 考えてみれば、発表直後から小保方晴子はメディアへの露出を嫌がり、過剰な報道をやめるよう要望していた。その行動ともつじつまが合う。
 もうひとつの仮説として、小保方晴子自身がSTAP細胞封印に動いたエージェントという可能性もありえなくはないが、彼女のキャリアから考えて、理研やハーバード大学を動かすほどの力はない。やはり、前者の仮説のほうが可能性は高いだろう。
 さて、前者と仮定して、小保方晴子にとって不幸だったのが予想以上の過熱報道だ。多少は予想していただろうが、彼女が考えていた以上に「小保方フィーバー」が巻き起こってしまい、対処できなくなっていく。
 フィーバーの理由ははっきりしている。
 2012年10月、山中伸弥教授のノーベル賞受賞だ。
 じつは山中教授自身、受賞に「驚いた」と述べているように、かなり異例の受賞だった。iPS細胞の発見が、ノーベル賞に値しないといっているわけでない。異例なのは受賞の時期だ。受賞時期は、iPS細胞による再生医療が実用化する2020年ごろというのが、もっぱらの噂(うわさ)だったのだ。
 ともあれ、山中教授のノーベル賞受賞で、日本はiPS細胞、再生医療関連の報道であふれ返った。世界もiPS細胞フィーバーに沸いた。
 そのほぼ1年後、今度は30歳(当時)のうら若き日本人女性による「世紀の発見」。再生医療の分野で次々とノーベル賞級の発見が続いたのだ。日本のみならず、世界中でブームが起こらないはずはない。
 その結果、過剰なほどSTAP細胞と小保方晴子に注目が集まる。

 何かできすぎのように思えないだろうか。まるで、誰かがストーリーを描いているかのような……。
 じつは、山中教授のノーベル賞受賞から「陰謀」はうごめき出していた。目的はずばり、STAP細胞の「封印」である。

 このシナリオはずっと前から用意されていた

 小保方暗子の当時の肩書きは、「プロジェクトリーダー」だった。30歳のたいした経歴もない女性研究者が、どうして日本最高峰の研究機関である理化学研究所の「リーダー」に抜擢されたのか−−−何か裏があるのではという報道も相次いだが、彼女の経歴を見れば、別に不自然でもなんでもない。
 そもそも彼女は、私たちがイメージするような「科学者」ではない。STAP細胞など、細胞の遺伝子を扱う研究では特殊な実験機材を使う。彼女は、その特殊な実験機材を扱うスペシャリストなのだ。
 博士論文の盗用も、頭脳で勝負する科学者なら大問題だが、彼女は頭脳ではなく、磨き上げたスキルと根性で勝負する「エンジニア」だ。大学側も当初、再提出ですませようとしたのはそのためだろう。
 STAP細胞の発見は、さまざまなパターンの外部刺激を与え、実際に初期化しているかどうかを目をさらにして探すという、じつに地道でつらい作業の連続となる。当たり前だが、大物研究者がみずから行なうことはない。いうなれば「生きた実験機械」として「まあ、やりたいだけやってみなさい」というのが、「プロジェクトリーダー」という肩書きの意味なのだ。
 構図がだんだん、見えてきたであろう。
 2014年1月の時点で、あの論文を発表すれば、こうなることは最初から「想定内」だったはずなのだ。

・博士論文をまともなレベルで執筆していない
・『ネイチャー』に発表した論文はデータをねつ造している
・発表した手法はかぎりなく再現性が低い

 突っこみどころ満載である。山中教授のノーベル賞フィーバーのあとだけに、過熱報道が巻き起これば、必ず誰かがデータの改ざんに気づき、博士論文の盗用を探し出すだろう。そして、彼女は徹底的にバッシングされる……。
 STAP細胞の信ぴょう性をおとしめる「仕掛け」が、あらかじめこれでもかと仕込まれていたとしか思えないのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 フルフォード氏によれば、小保方氏のSTAP論文は、まだ『ネイチャー』誌に発表できるような準備が整っていなかった。しかし理研の予算確保と特許のために、強引に発表するように圧力が掛かったのではないか。検証実験にも成功していない段階で発表せざるを得なくなり、小保方氏は、データのねつ造と改ざんに追いこまれたのではないかというわけです。
 こうしたフルフォード氏の憶測は、充分ありえるように思えます。

 ここまでの推理であれば、賛同される方も多いのではと思います。
 しかしフルフォード氏の推理は、その域を超え、「意図的に」仕組まれたものだったといいます。
 では、それを仕組んだ存在は何か、ということになります。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術「現代編」』、p31〜p32から抜粋開始>・・・

 小保方晴子が踏んだ「虎の尾」の正体

 この騒動、最大の被害者は『ネイチャー』である。STAP細胞の信ぴょう性を担保していたのは、同誌に2本の論文が掲載されて「科学的」というお墨つきをもらったことにあった。しかし、論文はねつ造だった。それを見抜けなかった同誌は「無能」呼ばわりされ、赤っ恥をかいた。
 今後、STAP細胞−−−外部刺激による体細胞の万能細胞化に関する論文の査読は、慎重に慎重を期し、そのほとんどがリジェクトされるといわれている。
 日本では2000年、大学の独立行政法人化によって、これまで教授が差配してきた研究者への予算は、有名科学誌への論文掲載が重要な指標となった。欧米の場合は、もっと露骨だ。
 2014年、青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二カリフォルニア大学教授が典型だが、欧米の研究者は、年俸数千万円から数億円という高い報酬を得ることができる反面、契約期間内に有名科学誌への論文掲載のノルマがある。ノルマが未達ならば即解雇となる。
 審査が厳しいとわかっていながら、あえてSTAP細胞にチャレンジする研究者がはたしてどれだけいるだろうか。その証拠に、STAP細胞に関連した研究は、騒動後、潮が引くように消えている。
 それだけではない。
 生命科学の第一線で活躍する研究者たちはみな、ある「事実」に気づいたはずなのだ。
 再生医療における画期的な発見をした、二人の日本人研究者。一人は最高の栄誉をもって世界中から絶賛され、もう一人は石もて追われ、研究者としての地位さえ剥奪された。露骨すぎるほど明暗くっきりのコントラスト。誰だっていやが応にも気づくだろう。
 ああ、小保方晴子は「虎の尾」を踏んだのだろう、と。
 STAP細胞は、ある勢力によって「封印」された。これに手を出すと、生命科学の分野で生きてはいけなくなると。
 小保方晴子が踏んでしまった尾の正体は、はっきりしている。
 −−−ビッグファーマ、である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 フルフォード氏は、STAP論文は意図的に潰されたといいます。
 一連の騒動は、最初からシナリオがあって、その通りに進んだというわけです。
 ではなぜSTAP細胞は潰されたのに、山中伸弥教授のiPS細胞はノーベル賞を受賞するほど評価を受けたのか疑問が湧きます。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術「現代編」』、p40〜p42から抜粋開始>・・・

 STAP細胞は、この100年、医療業界が築き上げてきた「老化ビジネス」を根本からくつがえす可能性を持っている。
 なぜならその「老化」を治すのが、STAP細胞最大の「薬効」だからである。
 STAP細胞は、切断された腕を再生医療で生やすという程度のものではない。STAP細胞がもたらす「夢の技術」とは、「老化の治療」なのだ。
 先ほどから述べてきたように老化とは、体細胞が分裂する際、ある一定の割合で起こる複製エラーで細胞数が減る現象をいう。30代のとき60兆個あった細胞は、80代を超えるころには40兆個近くまで減る。当然、あらゆる機能が低下し、健康に支障をきたす。
 さて、STAP細胞は「万能細胞」なので、活動を休止している幹細胞を復活させることができる。つまり、20兆個減った細胞を、STAP細胞でもとの60兆個まで戻すことが可能なのだ。
 よぼよぼの80代のおじいさん、おばあさんが、20代、30代の「若さ」を復活させることができるのだ。
 たとえ胃ガンになって胃を全摘したとしても、STAP細胞で胃を再建すれば、新品の胃にとりかえることができる。脳細胞が減って認知症になりかけても、脳内にSTAP細胞を注射してやれば、脳細胞がもとの数に戻って症状は治まる。
 もしSTAP細胞が完全に実用化されたら、年に数回、"STAP注射"を打つだけで、ほぼ永遠に「若さ」を維持できることになる。
 そうなった場合、寿命はどうなるのか?
 その気になれば、何百歳、いや、何千歳まで生きることも可能となるかもしれない。細胞がダメになれば、どんどん入れ替えればいいのだから。
 これが、STAP細胞に秘められた「未来」なのだ。
 本当にすばらしいではないか。
 iPS細胞やES細胞でも、似たようなことはできなくはない。しかしiPS細胞の場合、その性質上、完全にガン化のリスクをとり除くことはできない。長期になればなるほど、どうしてもガン化のリスクは高まる。
 iPS細胞をもちいた再生医療では、老化の消滅という「未来」は実現しない。STAP細胞が実用化されるまでの「つなぎ」の技術なのだ。どんなに研究が進んだとしても、iPS細胞で治療すれば、定期検診の回数は激増せざるをえないし、ガン患者という、医療ビジネスにとっての「金の卵を産むガチョウ」を増やすのは間違いない。また、寿命が劇的に延びることもないだろう。
 だからこそ、といっていい。iPS細胞は、ビッグファーマから「にらまれなかった」。むしろ、これからの再生医療の本丸はiPS細胞−−−それがビッグファーマの望みなのだ。
 ゆえに、山中伸弥教授にノーベル賞を与えて世界的に絶賛し、STAP細胞潰しにひと役買わせた。もちろん、山中教授に責任はない。彼もまた、利用された一人なのだから。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 iPS細胞は常にガン化する恐れがあるため、実用化してもSTAP細胞ほど人類の病気を劇的に減らすものではないといいます。つまりビッグファーマとしては、iPS細胞なら、実用化してもオーケーというわけです。
 そのため山中伸弥教授には早めにノーベル賞を与えて世界的に承認して下地をつくり、後に発表されるSTAP細胞潰しに利用したというわけです。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術「現代編」』、p44〜p46から抜粋開始>・・・

 ノーベル賞は”彼ら”の支配ツール

 この陰謀を実現するために、かなり早い段階で「罠(わな)」が仕掛けられていたのは間違いない。なぜなら『ネイチャー』や『サイエンス』といつた欧米の名門科学誌は、闇の支配者が「夢の技術」も牛耳るための、かっこうのツールとなってきたからだ。
 実際、これら科学誌の査読を担当しているのは、100名足らずの委員からなる「アカデミー」だ。アカデミーは世間から隠され、完全なブラックボックスになっている。世間から隠しているのは、巨大企業や権力者からの影響を排除し、信頼性を担保するためだと彼らは説明するが、逆にいえば「アカデミー」そのものを押さえてしまえば、世界中の重要な研究はすべて管理できるということだ。
 くり返すが、この20年来、科学誌への論文掲載は、研究者たちにとって「研究者生命」を左右する重大事となった。彼らは、そのようにシステムをつくり変えてきたのだ。
 当然、科学誌が諸手をあげてほめたたえる論文は、闇の支配者、とりわけビッグファーマにとって都合のいい論文であり、彼らの支配体制をより強固にするような研究だ。逆に都合の悪い研究は、嫌がらせのようにリジェクトをくり返し、潰してしまう。
 同じような意味で、ノーベル賞も支配者のツールになっている可能性が高い。
 ポイントは、ノーベル賞の推薦委員のシステムにある。
 彼らは世界中の研究機関で発表された論文を、くまなくチェックするネットワークを構築している。文字どおり水も漏らさず、あらゆる研究成果を「研究」している。おそらくかなり早い段階で、STAP細胞の存在はその網に引っかかっていた。だからこそ、数年ほど前倒しする形で、2012年、急きょ山中教授の受賞を決めた−−−そう推察できるのだ。
 いずれにせよ、ノーベル賞の推薦委員のネットワーク、名門科学雑誌、この2つを押さえておけば、たいていの「画期的な未来技術」はすべて把握できる。その研究が自分たちに都合がよいか、都合が悪いか、あとはじっくりと判断すればいい。
 都合が悪いと判断されれば、今回のSTAP細胞のように、罠を仕掛けて徹底的に潰して「封印」する。そのために、当の研究者を「詐欺師」に仕立てる。そして、研究成果に「ニセ科学」、英語でいえば「ブードゥー・サイエンス」というレッテルを貼り、そんなものはなかったとしてしまうのだ。
 これが典型的な奴らの手口だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 繰り返しますが、ここに掲載したフルフォード氏の説は、あくまでも状況証拠から推察した、一つの仮説に過ぎません。フルフォード氏は、具体的な証拠を示しているわけではないからです。
 しかし、一つの可能性としてありうる話かもしれません。



大麻をめぐる論争...2015年3月4日

 最近スピリチュアルに興味のある人々を中心として、麻(あさ)が注目されているようです。
 反原発の論客で知られる武田邦彦氏が、2009年6月に『大麻ヒステリー』(光文社新書)という本を出しています。それ以前に麻に関する話題を聞いた記憶がないので、ひょっとするとこの本が火付け役かもしれないと私は思っています(違っていたら御免なさい)。
 また社会的影響力が強かった故船井幸雄氏の『悪法!!「大麻取締法」の真実』(ビジネス社)が2012年8月に発売され、麻に関心を持つ人が広がったようです。
 私はまだ両著とも読んでいませんが、ここ数年ネットなどで麻が関心を集めていることは感じていました。
 大麻(マリファナ)を解禁するという動きは世界的に広まっているようです。
 アメリカでは、2014年7月の時点で、23州が医療用として大麻の使用を認めているそうですし、コロラド州とワシントン州では住民投票で、嗜好品として大麻が合法化されたといいます。ヨーロッパではオランダが合法化していることは広く知られていますが、ベルギー、ポルトガル、スペインなども制限付きで認めているようです。またドイツでも、西部のケルンで重い病気の患者に、医療目的に限り大麻の栽培を認めているといいます。

 こうした動きを歓迎する論調の基本は、麻は世界中に自生していて古代から人々の生活の役に立っていたにもかかわらず、(とある勢力によって)不当に禁止されたというものです。
 武田氏は、もともと日本の大麻には麻薬成分は含まれておらず、大麻を吸う習慣もなかったと言っているそうです。もしそうであれば、人々の役に立っていたものを不当に禁止されたという主張には、充分な説得力があります。
 まずこうした観点から主張したものとして、ベンジャミン・フルフォード氏の『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術(新装版)』(イースト・プレス)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術』、p112〜p118から抜粋開始>・・・

 日本民族と大麻の深いかかわり

 新聞やテレビでは、大学生や芸能人の大麻(マリファナ)事件がよく報じられている。自宅のベランダで栽培し個人的に楽しむだけでも、日本では立派な犯罪として罪に問われるのだ。マスコミは容疑者をまるで極悪人であるかのように扱う。
 しかし大麻は、キノコとウシの関係のように人類と長い間共存共栄してきた。それがなぜ犯罪になるのだろうか。答えはやはり、大麻の存在が支配者たちにとって都合が悪いからということになる。
 大麻はイコール麻薬というイメージがあるが、大麻を規制する法律は「麻薬及び向精神薬取締法」(旧麻薬取締法)ではない。「大麻取締法」という特別の法律があって、占領下の1948年にGHQによってつくられた。つまり大麻の封印はアメリカの占領政策なのだ。それ以前は、糸や網、かや、衣服を自給する作物として、日本人は普通に育てていたのである。種からでん粉や油も採れ、今でも七味唐辛子にその種が入っている。
 大麻を活用していたのは日本人だけではない。日本に大麻取締法を押しつけたアメリカだって、建国当時は麻の栽培を奨励していた。船のロープや衣服の素材として、麻の繊維は貴重品だったのだ。
 中国の古い医学書にも大麻の効用が説かれており、2万年前の遺跡の発掘現場からも、麻が生活に欠かせないものだったという証拠が見つかっている。
 人々の生活にとけ込んだ植物は、たいてい長い時間をかけて品種改良されている。現在の大麻は3メートルくらいの高さに育つが、山野に自生しているものはずっと小さい。それは人間が大きいものだけを選び抜いて育てる作業を繰り返し、数千年間をかけて大きなものに改良したからだ。
 夏には緑色の小さな花をつけ、その花からは薬も採れる。以前、海底から古代エジプトの船が発見されたが、そこにも大麻が貿易品として残っていた。インドでは今も普通の漢方薬として売られているように、国によっては合法だ。アメリカの一部の州やヨーロッパの国々でも、医者の処方せんがあれば買えるようになっている。
 日本人にとって麻は神聖なもので、ただの繊維ではない。天皇の代替わりに行われる儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」には、大麻(おおあさ)が使われる。新しい天皇がお召しになる衣服は「荒妙(あらたえ)」と呼ばれ、大麻でつくられている。大麻がたかれるが、前の天皇から今上天皇に魂が飛ぶという意味合いが込められている。
 伊勢神宮から授与される神符は「神宮大麻」と呼ばれ、今も魔除けや厄除け、お払いなどで大麻が多く使われている。東大寺の正倉院(しょうそういん)に収められた1000年前の仏典は、麻の紙でできている。
 また、麻を含む地名は全国にある。大嘗祭で使う荒妙は四国・徳島の旧麻植郡(おえぐん)でつくられている。東京の調布(ちょうふ)は麻が育てられていたことを物語っており、多摩川や多摩丘陵は「多麻」の意味にほかならない。川崎市には麻生(あさお)区という地名もある。
 戦中は、パラシュートなどの軍事物資や衣料の素材として使用するために、むしろ栽培を奨励していた。ABCD包囲網によって貿易がままならない状況下にあっても、日本で自給できるからである。
 それが今では、ただ持っているだけで殺人罪並みの罰を受ける。まったく馬鹿ばかしい話である。

 麻の使用を封印した巨大資本家たち

 ではなぜアメリカは大麻を規制するようになったのか。その鍵は1920〜1930年代の産業競争にある。
 当時、ウェアハウザーという男が国内外の木材の取引を独占し、チップや建材、パルプなどを製造・販売していた。彼は木材から紙をつくり、商品化しようと試みていた。ところが品質が悪く、従来の麻でできた紙にかなわなかった。同じころ、化学メーカーのデュポン社は、石油を原料とする繊維を開発した。現在のナイロンなどである。しかし、麻でできた繊維のほうがずっと丈夫で、しかも近くの畑から簡単に調達できる。成長も速い。売上はなかなか伸びなかった。
 同社は製薬の分野でも苦しんでいた。化学物質を合成した薬よりも、麻からつくった薬のほうがずっとよく効くのである。たとえば頭痛薬は、1899年にドイツのバイエル社がアスピリンを発売するまで、麻の葉や柳の木から採ったサリチル酸を使っていた。麻は痛みを和らげる効果を持っており、うつ病、眼病、リウマチなどにも効果があった。「麻酔」は文字通り、かっては麻を使っていたことを意味する。
 さらに麻は、工業分野の素材としても可能性を秘めている。麻に含まれる繊維質セルローズを使えば、土で分解されるバイオプラスチックもできる。石油でつくるプラスチックより地球に優しいだけでなく、頑丈かつ軽い。実際、ヘンリー・フォードは1949年、麻を車体に使った自動車を製造している。麻からとった油で走る車も開発した。
 このように麻の存在は、木材業界にも、化学業界にも、製薬業界にも、石油業界にも脅威だったのだ。そこで彼らは、大麻に対するネガティブキャンペーンを始めた。映画やポスターをつくって、大麻を吸うと殺人を起こしたり、廃人になったりするという噂を流した。大麻を禁止する大衆運動として盛り上げたのである。
 こうして大麻は”違法薬物”となった。当初は医療現場からの反対も多かった。それまで治療や麻酔に使っていた麻の代わりに、高額な代金を払って化学薬品を買わなくてはならないからだ。患者に請求する診察料も高くなる。しかし抵抗した医師ら3000人が逮捕され、ようやく医師会は降参した。それ以後、麻を使った医療行為は「封印」されてきた。

 麻は日本の救世主になり得る

 実は1930年ころまでアメリカでは、大麻はもちろん、アヘン、コカインなども普通に薬局で売られていた。微量で使う限り、必ずしも悪いとは言えないものだったからだ。特に大麻は、安全性が認められており、含まれているテトラヒドロカンナビノールという麻薬性物質の量もたかが知れている。
 ハーバード大学の医学者、レスター・グリーンスプーンとジェイムズ・カバラーの共著『マリファナ』(青土社)によれば、大麻には致死量がないという。少なくとも、これまでの調査では死亡例が報告されておらず、幻覚作用もない。凶悪犯罪につながる危険性などまったくないというのが真相である。
 日本の場合、終戦時点で20万世帯が麻を栽培していたが、現在はほとんど残っていない。アメリカ同様、利権を持つ者たちが、自分たちの利益のために封印してきた結果である。金にものを言わせて政治家やマスコミを買収し、ニセの情報を流すことで、真実が明かされるのを邪魔してきたのだ。
 しかし近年、麻を再評価する気運が高まっている。封印を解こうという動きが世界各国で見られるようになってきたのだ。ヨーロッパやアメリカの一部の病院では、処方が認められるようになった。スイスでは麻を使った建材が開発され、オーストラリアの大学では自動車の車体の材料にする研究が再び行なわれている。麻のタンパク質から人工皮膚をつくる研究も進められている。
 資源に乏しい日本では、特に大きな可能性を秘めている。世界経済の先行きが危ぶまれる中、エネルギーや原材料の自給は大きな課題である。その意味で麻は、わたしたちに希望を与える素材である。紙にも、繊維にも、薬にも、燃料にもなるとなれば、新しい農業の一つとして全国で栽培されるようになるだろう。
 実際、2008年には、北海道で大麻特区の申請が認められた。トョタの子会社では、麻の一種、苧麻(ちょま)からバイオプラスチックの原料を抽出し、自動車部品を生産する見通しを明らかにした。苧麻はケナフに匹敵する二酸化炭素吸収能力を持ち、九州や沖縄では、年に5、6回も収穫できる。トヨタ自動車は、自動車部品をどんどんこうした素材に転換すると言っている。実に結構なことだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした記事を読むと、大麻(マリファナ)を吸っても健康に問題ないと錯覚してしまいます。
 さらに古代から日本では、麻を有効活用してきたというのは歴史上の事実ですから、現在は麻を育てただけで逮捕され投獄されるというのはおかしいと感じるのは自然だという気がします。
 私もベンジャミン・フルフォード氏の記事を読んだ時点では、そう感じていました。

 しかし医師の内海聡(うつみさとる)氏の『歴史の真相と大麻の正体』(三五館)を読んでみて、そうした見方で果たしていいのかどうか疑問を持つようになりました。
 まず内海氏の大麻擁護者の初歩的なミスについて指摘したものを紹介します。


 ・・・<『歴史の真相と大麻の正体』、p133〜p134から抜粋開始>・・・

 ◆大麻擁護論者の初歩的間違い

 まず、大麻擁護論者が大麻を擁護している根拠の初歩的なミスの一つとして、最近アメリカで大麻が合法化されたというのがある。ヨーロッパではすでに合法化されている国があるのだが、アメリカが合法化したことで、大麻が問題ないという根拠が確立したと述べているわけである。
 しかし、大麻の解禁や医療用大麻の喧伝に関して、もっとも暗躍してきたのはいったいどこの会社なのか、彼らは知っているのだろうか?
 答えは外資系製薬会社の最大手「ファイザー」である。ファイザーが大麻についてどのようにかかわっているのかさえほとんどの人が知らない。このことが何を意味するか説明を要するようでは、この本を読む資格はない。

 ・・・(中略)・・・

 往々にしてほとんどの大麻擁護論者は「日本を愛している」と主張する人々であり、日本がアメリカの隷属国家であることを非難する人々である。だが、彼らは日本の歴史を深く読み解いているわけではなぃ。「愛国者」を自称する人たちが「アメリカの大麻合法化」を大麻擁護の根拠に持ち出す、これほどのダブルスタンダードがあろうか。
 政治の背景を知っているなら、「アメリカが合法化したからこそ危険である」と考えるものである。?史を知っているなら、「アメリカが合法化したのなら、また人々を薬漬けにしようとしている」と考えるものである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで内海氏は、実に鋭い点を指摘をしています。
 世界的な大麻解禁の動きを主導しているのが、大手医薬品メーカーであるファイザー社だという事実です。
 当然そこには(人々に隠された)大きな裏があるわけで、こうした背景を知れば、安易に大麻を擁護するのは危険だと思えてきます。

 さらに私たちは大麻(マリファナ)が、覚醒剤ほど身体にダメージを加えるものでなくても、麻薬と似た作用をもたらすものであることを再認識すべきかもしれません。
 内海氏は医師として、大麻(マリファナ)中毒者の悲惨な状況を目の当たりにしています。健康に害が少ないとはいえ、中毒者が悲惨な目に遭っている事実が変わるわけではありません。
 もし日本において大麻取締法が改正され、麻の使用が一部認められる動きと連動して、大麻中毒者が増える結果となったとしたら、武田氏や船井氏は大きな罪作りをしたということになります。

 一般的に麻薬と呼ばれるアルカロイド(alkaloid)というのは、塩基性で、窒素原子を含んでいるといいます。
 しかし大麻に含まれる成分はカンナビノイドと呼ばれ、すべて炭素、酸素、水素で構成され窒素原子を含んでいないので、一般的な麻薬とは成分が違うといいます。大麻のカンナビノイドの中で幻覚作用を及ぼす物質は、テトラヒドロカンナビノール(略してTHC)と呼ばれていますが、麻薬でないのに幻覚作用をもたらすといいます。
 つまり大麻は幻覚作用をもたらすのに麻薬でないという点が、大麻擁護論者の論拠になっているようです。

 では内海氏は麻という植物をどのように捉えているのでしょうか。

 その内海氏の主張は、私にとって大変興味深いものでした。
 内海氏は、麻を今から30年ほど前に大人気となった宮崎駿監督のアニメ「風の谷のナウシカ」に登場する腐海を構成する植物だと主張しているのです。
 「風の谷のナウシカ」は大ヒットしたので、映画で観たことがある方は多いと思います。
 しかし原作の漫画を読んだ方は、それほど多くないかもしれません。原作は7巻あって、映画はそのうちの1巻と2巻をまとめたものだと言われています。
 私が漫画を読んだのは、もうだいぶ前ですが、映画との違いに驚いた記憶があります。
 では内海氏の主張を紹介します。


 ・・・<『歴史の真相と大麻の正体』、p204〜p208から抜粋開始>・・・

「風の谷のナウシ力」で大麻を考察する

 じつはこの「風の谷のナウシカ」で大麻を考察するときは、映画でないほうがよい。だからこの大麻の謎を知りたければ、「風の谷のナウシカ」の原作本の漫画を読んでいただきたい。じつは漫画本のほうは哲学的観点からも評価が高いそうで、それは私も同様の評価を加えている。ここではその漫画を読んでいるという前提のもとに話を進めていきたいと思う。
 「ナウシカ」の漫画は全7巻で、映画は最初の2巻までで構成されていて、映画とでは世界背景がかなり違う。主人公ナウシカは土鬼(ドルク)国という、今の地図でいうと中国の方面に向かい、闘いを重ねながら、腐海の謎、蟲たちの謎、巨神兵の謎、先代文明の謎を追っていき、その謎をシュワの墓所という、今の地図でいうとチベットやヒマラヤのあたりに向かい解いていく。
 土鬼の国には神聖僧会という宗教が広まっているが、信仰はすべて支配のためであり古来の教えは潰されていた。シュワの墓所で彼女は、腐海の植物が先代の文明が開発して普及させたものであり、地球の毒を浄化するためのものであったことを知る。また、蟲はそれを守るもの、巨神兵も同様のテクノロジーで作られたものであり、その先代文明の集積地がシュワの墓所であったことを知る。

 ◆「腐海の植物」

 ずばり、大麻は「風の谷のナウシカ」に描かれている何と同じだろうか。
 もうここまで言えばわかるだろうが、これまで挙げてきた大麻の要約を思い出せば、以下のようになる……。

 大麻は世界中に分布している普遍的な一年草であり、成長が非常に早く、発祥はヒマラヤの高地で、地中から毒を吸い取り葉と茎と花にだけ毒を溜める。しかし種には毒が溜まらず非常にきれいな種となり、毒は枝では先のほうに溜まりやすく、茎は上部に行くほど溜まりやすい。大麻の成長期の前半に毒が増加し、それを吸うと幻覚を見たり陶酔してしまう。にもかかわらず対症療法として非常に強力な作用を持ち、ガンも治ってしまうかもしれない。これは18章にあるように神もしくは人類を作った何者かが与えたものかもしれず、その意味では清浄であり地球を浄化する作用を有する。

 これは作中にある「腐海の植物」とまったく同じであると気づくことができるだろうか?

 ◆大麻の作用は何と相似しているのか?

 「風の谷のナウシカ」の原作漫画では、1000年前に”火の7日間”があり、人類が減亡寸前に至ったこと、1000年前までの人類が究極的なまでに地球を汚染し続けてきたこと、巨神兵も「腐海の植物」も腐海の蟲たちも1000年前の高度な文明を持った人間たちが作ったこと、「腐海の植物」は地球を浄化するために働いており、腐海が浄化を完了すると砂となり遺跡のようになること、それを作った技術はシュワの墓所と呼ばれるところに存在し、地図上でいうとヒマラヤの奥地に近い場所にあること、腐海の瘴気は地球を浄化するために漏れた小さな毒でしかないこと、などが描かれている。
 現代の状況とここで描かれていることが大差ないこと、どこまでも相似形であることに気づけるだろうか?
 そうだとすれば大麻を利用すること、大麻がもたらす作用とは何と相似しているだろうか?

 ◆大麻とはなんなのか?

 ▲マリファナを吸えば陶酔し幻覚を見る。それは当たり前である。なぜなら大麻は地中の毒を吸い取り、浄化する過程の中でできた毒を人間が吸っているのだから。

 ▲大麻の毒でガン細胞が死ぬのは瘴気でガン細胞が死ぬのと同義である。しかしそれ以上に、ヘンプシードオイルがガンを治すなら、それも当たり前かもしれない。なぜなら大麻が地球を清浄化すると同時に、清浄化するために次世代に受け継がれるのが種であり、強力なのはある意味当然であろう。毒がない世界の「腐海の植物」の種は、もしかしたら強力なクスリかもしれない。

 ▲麻の服が素晴らしい効用を持っているのも当然である。なぜならこの世界から毒物を浄化させる作用を持っている茎だからだ。「腐海の植物」から瘴気と毒を抜いてしまえば、その草たちはどれほど浄化作用の強い繊維となるだろうか。しかしそれを作るときに人間たちがやっていること(麻打ち)は、毒を垂れ流し地球を再び汚染していることと同義である。そしてこの話をもし大麻を擁護する人々が認めても、「出す毒の量は少ない」と永久不滅に正当化を重ねることであろう。

 ▲大麻の組成で枝の先のほうが毒が多いのも、茎でいうと上のほうが毒が多いのも「腐海の植物」そっくりである。腐海の植物は上層部で瘴気を出し、下の部分は清浄化して砂になっていく。一年草で成長が著しく早く、成長期の前半のほうがTHCを溜め込むのも当然である。「腐海の植物」もその様な形態をとるよう描かれているし、そのように意味づけされた草だからだ。

 ▲大麻の根についてはCBD、THC、CBN(管理人注1)がそれぞれ検出されないのも当然である。なぜなら清浄化を目的とし、「腐海の植物」は上に行けば行くほど瘴気が強くなり、下には毒を残したりはしないからだ。

 ?麻が神々から渡されたものであるのもよくわかる。神々(というか人類を作った何者かたち)は、愚かな人間が地球を汚すことなどわかっていて麻を与えた。汚染のために用意しておいた普遍的な浄化装置であり、違う意味では最終兵器でもあった。シュワの墓所で「腐海の植物」が作られたのと同じなのだ。だから神話の中で天照大神(あまてらすおおみかみ)が大麻を吉兆のサインと判断し、天から降りてきた天日鷲命(あめのひわしのみこと)が大麻に止まったのは、神が与えたという意味でもある。

 ▲日本人が大麻に対して狂った行ないばかりするようになったのも当然である。なぜなら最初の段階で神道が狂っているからだ。神道は、天皇しか触ってはいけない、神棚にしか飾ってはいけない、つまり人類が触ってはいけない神聖なものを大衆化した。その罪深さは「腐海の植物」の意味を知らず腐海に手を出したに等しい。シュワの墓所を崇める僧会も現在のキリスト教もユダヤ教も神道も、すべては相似形にすぎず、自然の摂理と宇宙の真理を侵食し続けてきた。

 ▲注連縄(しめなわ)やその他に邪気を払う力があるのも当然である。神々から地球の清浄のために託され、だからこそ天皇しか触ってはいけない草だったのだ。神道こそが大罪を犯しているが、失われた歴史を顧みることのできない人類に、そのことを理解するのは不可能である。

 ▲大麻が早く枯れ、次世代の種が素晴らしいのも当然である。なぜなら人類を助けるという目的が主ではなく、地球をこそ浄化するために、次から次へと受け継がれる草だからだ。

 ▲麻が世界において普遍的な草であるのも当然のことである。ムー大陸にもアトランティス大陸にも人類を作った者がいるとすれば、その双方は大麻に役割を与えていた。途中から大麻の役割が人類の欲望にすり替わったのだ。地球上すべてに麻が生えているのが当然なのである。

 ▲大麻の発祥がヒマラヤであるのは偶然ではないかもしれない。1章で地球規模の大洪水はなかったのではないかと推測したが、もし仮にあったとすれば、高山地域発祥であって何の不思議もない。その洪水のときに何者かは下りてきたのかもしれない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 上記の内海氏の主張で、神社が麻を大衆化した罪を問うていますが、私はこの意見に同意しません。
 内海氏が言うように、麻は人類を造った宇宙の存在が与えた植物であったとしたら、それは人類全体に恩恵を与えるものでなければなりません。
 天皇家のような一部の支配者階級で独占すべきというのは、おかしな話です。

 冒頭で、武田邦彦氏はもともと日本の大麻には麻薬成分は含まれておらず、大麻を吸う習慣もなかったと言っているという話を紹介しました。
 それを裏付けるようなテータがあります。
 乾燥大麻の(幻覚作用をもたらす)THC濃度は、1970年代には1%以下であったのが、2002年には6%以上となっているといいます。無受精の雌花の花穂をシンセミアというそうですが、そのシンセミアでは、この20年でTHC含有量が平均6%から13%に増えていて、最高33%まであったといいます。
 つまり近年、品種改良により急速にTHC濃度が高くなっているわけです。だとすれば昔の日本では大麻を吸う習慣もなかったというのは、充分に考えられることです。もしそうであれば、神社が大麻を大衆化したというのは、意味があったと思えるのです。

 ただし今や麻のTHC濃度は飛躍的に高まってしまっています。
 それゆえ日本において大麻を安易に解禁することは、極めて危険となっています。内海氏は大麻擁護論者の中には、実際にマリファナを吸っている人が多数存在すると言っていますが、そうであるならなおさら慎重にすべきです。

 私自身は大麻に対して、擁護してもいないし、今までと同じく禁止すべきといった意見を持っているわけではありません。
 そんな中で、大麻をめぐる議論の中で、内海氏の大麻は「風の谷のナウシ力」に登場する「腐海の植物」であるという視点は大変に興味深く映りました。

 古代から日本人が享受してきた麻の恩恵を現代人に享受すべきであるというのは、確かにその通りだと思いますが、そうした論をすり替えに使って、人々を麻薬漬けにしようとする意図があると警告する内海氏の主張は注目に値すると思います。


(注1)大麻のアルカロイドと呼ばれる成分で、CBDはカンナビジオールの略、THCはテトラヒドロカンナビノールの略、CBNはカンナビノールの略です。



2015年はどんな年になるか...2015年2月22日

 その年の予測(予言)に関する記事を書くタイミングは、年末とか年明け早々が普通だと思いますが、当HPは2月中旬の時点で書こうと思います。
 実は前々から書こうと思っていたのですが、なんとなく先延ばしになっていました。

 今回は2つの話題を紹介したいと思います。
 1つは、月刊アネモネの2015年2月号に載った愛乃(あいの)さんの「昨年からの変化の流れと今年の傾向」の記事です。
 なぜこの記事を紹介しようかと思ったかという経緯を書きます。
 私は去年(2014年)1月に千さんのお爺ちゃんセッション(注0)を受けた際に、年の初めということもあり、2014年が私にとってどのような年になるか聞いてみました。
 すると、準備する年になる、という答えでした。
 これはスピリチュアル的な面を言っているのですが、1年間、力を貯めるべく地道に努力するようにという意味だと解釈しました。それで私はセミナーを開くような派手な動きはせず、地道にデトックスや毎日のスピリチュアル・ワークに励むことにしました。
 そして今年(2015年)の1月ですが、やはり今年は私にとってどんな年になるか聞いてみたのです。
 すると、充実した年になる、という答えが返ってきました。
 去年1年間、コツコツと努力したことが花開く年になると言われて、「よっしゃーぁ!」となりました。

 ただその時は、こうしたことは私だけの話だと思っていたのです。
 世の中の流れとは無関係だと思っていました。それだけに愛乃さんの記事「昨年からの変化の流れと今年の傾向」を読んで、ええっ、と思ったのです。
 では、その記事を紹介します。


 ・・・<『アネモネ、2015年2月号』、p10〜p11から抜粋開始>・・・

 昨年からの変化の流れと今年の傾向

 2014年の意味と起こっていた傾向

 2012年の「銀河整列」以降、宇宙的な大きな変化が起きたことに伴い、地球上にいる私たちは、心身ともに色々な変化が起きました。それが、現在起こっていることに現れています。
 その流れから見て、2014年は個人としても、全体としても、まさに「準備期間」でした。様々なことを見直し、やり直したり、時に、総入れ替えしなければならないようなことが起きていた時期だったんです。
 そのため、必要のないものを手放すのが、結構大変で、次に述べることに葛藤したり、現在も葛藤中の人が多いのではないでしょうか。

●それまで続けてきたことを、そのまま続けられるような状況ではなくなってきている。

●時代背景が変わってきた影響で、求められているものが違うと感じる。

●何らかの理由で、自分自身が変わらないといけない。全体的にはそれまでと同じことをするけど、自分の在り方、考え方、生き方が問われるような状況にある。

●自分の身の周りのものや必要としていたものが、総入れ替えのようなことになり、それまでの人生や自分のやり方が、すべて否定されているほどに感じる。

 私自身、2014年を振り返ると、手放すことに関しては、かなり大変だった印象があります。

 がんばってきた人にご褒美がやってくる2015年

 これらのことに取り組み、今まで自分に向き合って一生懸命にがんばってきた人は、2015年は「ご褒美がやってくる年」。
 がんばってきた人は結果が出やすく、収穫まではいかなくても、準備していたいろんなことが滞りなくスタートする年なんです。つまり、「出発や始まりの時期」だと私は読んでいます。
 大勢の方が、すでに現在、出発に向けての準備や着手を行っているので、いわゆる「再出発」「リニューアルオープン」のようなイメージ。それは、今まで行ってきたことを「再び新しい形」、あるいは「もっとやりやすい形にする」という意味です。そうやって、自分らしい形で行っていく年にあたります。
 ですから現在、「順調な人」と「そうでない人」では、2015年のスタートから差がつくことでしょう。今までも、結構差があったのが、もっと差が開く感じです。
 互いのステージが、さらに変わるくらい明暗が分かれるでしょう。

 ・・・(中略)・・・

 2015年に成果を出すためのポイント

 肉体のケアに真剣に取り組む

 特に、2015年に注目してほしいのは肉体です。今年、成果を出せるかどうかは、肉体の健康度合いがものすごく影響し、今まで体調をケアしてきた人ほど、結果が出やすくなるんです。
 今年は、肉体は絶対、ケアしないといけない=放っておいてはいけない側面になります。肉体の健全さが問われる、体調面がものすごくフォーカスされる年なんです。精神面、生活面ともに、体調によって左右される年になります。
 特に、季節の変わり目は肉体にダイレクトに影響が現れやすいので、注意が必要です。体のダメージや日頃の疲れが現れやすくなるので、いかに体調管理ができるかがテーマ。
 もちろん健康な食事や、運動も不可欠になってきます。体調が思わしくないなら、治療に励むのがお勧めです。
 肉体のケアの中には、アンチエイジングやビューティアップに励むことも含まれます。そういう意味で、今年は3次元的な取り組みを増やさなくてはならない年と言えるでしょう。
 また、肉体をケアすることによって、実は霊性とのバランスが取れていきます。その結果、霊性が高まっていき、生きている充実感や、幸せな感覚も得られるようになります。

 精神面だけに注目してきた人へ

 スピリチュアルなことが好きで精神面だけにフォーカスしてきた人は、少し出遅れた感があるでしょう。現実面で何かが滯っていたり、なぜうまくいかないんだろう? というような状況に陥りやすいんです。
 一般社会では、肉体のメンテナンスに注目する人が多いですが、スピリチュアル好きな人は、とうしても精神的なことに意識が向きがちです。
 でも、今年は肉体に注目しなければいけない年。「注意してください。あなたの肉体という器は大丈夫ですか?」ということが問われるような、魂の器としての肉体が無視できない流れになります。
 これは、どんなに精神的にはすっきりしていても、体調が優れないと、今年の波についていけなくなるからです。ということをは、肉体をケアすることで、波に乗れる可能性が高まります。
 出遅れた感を挽回するには、精神面だけにフォーカスせず、肉体の不調な部位を放っておかないこと。それには、体のサインを無視せずに、敏感に感じ取ることです。
 五感を磨くことも心がけてください。すると、精神的な気づきも得られやすくなります。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私はここ2年ほど、真剣にデトックス(毒出し)に取り組んできました。
 それは松果体を活性化させたいためでした。現代人の松果体はフッ素や水銀などに汚染されている上に石灰化しており、平均して直径8〜9mmぐらいに萎縮しているといいます(以前の私の松果体は、典型的な現代人のそれでした)。
 それで私は外から体内に毒素を入れないようにすると共に、体内に溜まった毒素を排出する様々な試みをしてきました。
 そうした試みは、松果体の成長に役立ったと思っていますが、同時に健康という意味で、大いな恩恵をもたらしてくれた気がします。
 もちろんまだ完璧な健康体とは言い難いですが、デトックスを始める前とは別人のような感覚があります。

 それゆえ愛乃さんが言う、2015年は肉体のケアが大事という言葉にシンクロするものを感じたのです。

 とはいえ、いくら2015年が褒美がやってくる年とはいえ、あまり調子に乗ってはいけないようです。
 以下、抜粋します。


 ・・・<『アネモネ、2015年2月号』、p12から抜粋開始>・・・

 勢いがつきやすいので暴走しないよう心がける

 流れに乗っていたとしても、一気に行きすぎないことや、暴走したり、突っ走らないことも大切です。2015年は、勢いがつく年なので、何かと暴走しやすくなるので注意してください。
 今年は、常に坂道を下りているようなスピードがつきます。急な下り坂のように、何もしてなくてもスピードが加速してしまうんです。
 人間関係であれ何であれ、良い方向に向かえば良い結果が出やすく、悪い方向に転がれば急速に転落することになります。ですから、”勢いに注意”な年。
 それくらい流れが早いですが、渡に乗っている人には、それが追い風にもなり得ます。結果とか手応えを得やすい年で、発展させる時と言える、かなり良い1年なんです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これに関してですが、私が定期的に受けている千さんのお爺ちゃんセッションで、私の(霊的な)ガイドから去年暮れに言われたアドバイスがありました。
 ガイドは私に、「これから物事が次々と大変な速さで展開していくようになるので、それに対する心の準備をしておくように」と言ったのです。
 もしそれが良い方向性のものであったら、ガンガン行ってしまいそうです。特に投資なんてやっていたら、調子に乗って行け行けになってしまうかもしれません。最初の投資で儲かったら、やばそうです。よっしゃ、いったれ! とばかり調子に乗ってガンガン行ってしまうと、たいていその先に破産というのが世のパターンです。大いに気をつけようと思います。


 2つ目の話題に移りたいと思います。
 予言に関して世の多くの人の関心を集めるのが、巨大地震のような自然災害と、世界的な金融の大変動が起こるかといったことだと思います。
 そうしたものは、1つの記事で扱うには範囲が広すぎるので、ここでは2015年の(私が大いに警戒すべきテーマである)投資に関するある話題を紹介したいと思います。

 去年の暮れのことですが、当時ゲリースクールに通っていた知り合いの方から、突然メールが来て、「銀の買い方を教えて下さい」と言われてびっくりしてしまいました。
 思わず、「えっ? 銀?、なんで・・・」となってしまいました。
 なんでもゲリーさんが、銀を買うように勧めているというのです。スクール内だけでなく、イブニング・レクチャーでも銀を買うように勧めているらしいのです。
 私の頭の中に、私が通っていたゲリースクール時代の苦い思い出が蘇ってきました。
 私がゲリースクールに通っていた7年前のことですが、ゲリーさんが金(キン)を勧めてきたのです。金はこれからすごく上がるので、手元に余裕資金があったら買うとよいというのです
 それを聞いたスクールのメンバーで、金を買った人は後で大いに苦しむことになりました。
 ゲリーさんが金を勧めた時期が、ほぼ金の直近のピークで、その後半年ぐらいずっと下がり続けたのです。私はその時は金の現物ではなく、先物をやってみましたが、金の取引で初めて損失を出しました。現物であれば下がっても、じっと我慢して再度値上がりを待つことができます。しかし先物は期限が決まっているので、損失を確定せざるを得ないことも多いのです。
 現物を買ったスクールのメンバーの中でも、安くなって苦しんでいる人がけっこういました。

 私はメールをくれた知人に、そうした苦い経験からゲリーさんが言っていることを100%信じるのは危険だと伝えました。
 投資をするなら人の言うことを鵜呑みにせず、自分で調べて自分の予測で買った方がよいと思いますと言いました。

 このように私は、(投資の素人のくせに)いかにも知ったかぶりのような生意気なアドバイスをしてしまったのですが、それから銀が妙に気になってきました。
 それまで読んでいた金融や経済の本で、銀投資を勧めている記事に出会ったことは一度もありませんでした。

 そんな中、「ヤスの備忘録」のヤスさんのメルマガを見て、おおっ! となったのです。
 ヤスさんの第310回のメルマガに、アメリカ人の予言者ジョセフ・ティテル氏の「2015年予言」が載っていました。
 ヤスさんによるとジョセフ・ティテル氏の予言の的中率は4割に達するといいます。たいへん高い的中率です。ちなみにゲリーさんは自称2割です。
 ティテル氏は10個の予言のうち、4個を当ててきた実績があるというのですから、私が現在知る限り、最高の予言者といえます。
 そのティテル氏は毎年その年の初めに100あまりの予言を公開するのが通例ですが、その中に私が大変興味をそそられるものがあったのです。
 それが以下の、第26番目の予言です。

26)金と銀は下落する。銀は長期的には非常によい投資対象となるだろう。4年から8年間で銀は80%から400%も上昇する。一方金は40%から200%の上層幅になる。ということでは、いま銀に投資するのが賢明だ。

 この文章は一見して矛盾しています。
 金と銀は下落すると言っているのに、「いま銀に投資するのが賢明」だと言っているからです。
 下がると言われているのに、買う人間はいないでしょう、と突っ込みたくなります。

 それはいいとして、とにかくティテル氏は、銀は今後4年〜8年で80%〜400%もの、急激な上昇をすると言っているのです。
 なんと、あのゲリーさんと同じことを言っているのです。

 私の方針として、一人のサイキックが言っている予言を100%信じることはしませんが、全く関わりのないもう一人のサイキックが同じことを言っていたら、がぜん信憑性が増すと思っています。

 そこで私は、身近なサイキックである千さんに聞いてみることにしました。
 すると今後数年単位でみれば、銀が上がることも、そして今年中に下落する可能性もあるという答えでした(あくまでも可能性ですので、念のため)。
 気になる今年中に銀が下落する時期も聞いてきましたが、その時期はここには書かないことにします。
 私は訪問者の方々に、投資を勧めるつもりはないからです。この記事のゲリーさんやティテル氏の予言を信じて投資した人が、予言が外れて損することになってほしくないと思っているからです。
 アカシック・リーディングの達人であるゲリーさんの予言が、なぜたったの2割しか当たらないか不思議に思う人もいるかもしれません。
 それはゲリーさんがアカシャを読んだ時点での未来の可能性に過ぎないからです。その後、ダイナミックに未来は変化してゆきます。別の言い方をすると、時空のエネルギーは刻一刻と変化しているということです。それゆえある時点での予言を、絶対に100%起こると信じてしまうのはとても危険なことです。
 これはティテル氏の予言にも当てはまります。
 それゆえ予言に対しては、あくまでも参考にするという態度で臨むのが賢明という気がします。
 とはいえ的中率4割ということに、私は大変に魅力を感じています。

 日米ともに、いま株価が絶好調です。
 ただ私はこの株価のあまりの上昇ぶりに、強い警戒感を感じています。
 経済実態が好転して株価が上がるなら問題ないのですが、中央銀行が紙幣を大増発して、その有り余った札が株式市場に流れ込んでいるのが原因だからです。歪んだ株価は、いつか是正されるときが来ると思っています。
 しかしながら、まだ当面は今の株高が続くと思います。
 金融崩壊が起こるのが、リンゼー・ウィリアム氏(注1)が言うような今年の秋になるのかは私にはわかりません。
 ただ時期はわかりませんが、間違いなく、その時は来ると思います。

 日米欧の中央銀行は、あまりに紙幣を刷り過ぎてしまいました。
 世の人々はまだ紙幣に対する信頼を失っていませんが、その価値に疑問を持つようになったときに、紙幣の補完機能を持つ金や銀が注目されるようになるのかもしれません。



(注1:リンゼー・ウィリアム氏)
 ヤスさんによると、リンゼー・ウィリアム氏は、世界を陰で動かして人々のスポークスマンという立場らしいです。
 ですから表の情報であるマスコミに載らない、裏の計画を語っているといいます。
 興味のある方は、以下のサイトをご覧下さい。

http://ameblo.jp/kokuufunsai/entry-11981607883.html



お爺ちゃんセッション(33)...2015年2月13日

 先日受けた千さんのお爺ちゃんセッション(注0)から、今回も話題を3つほど紹介したいと思います。
 私は何年も千さんのセッションを受けてきて、信憑性が高いと思っているのでこうして書いています。でも、お爺ちゃんの意見が絶対に真実であると主張したいわけではありません。
 訪問者の方々には、霊的な存在が言っている一つの意見として、あくまでも参考にしていただければと思っています。


『小麦は食べるな!』に関して

 前回の記事「『小麦は食べるな!』の衝撃」で書いたように、私は今、小麦断ちをしています。
 外食をせざるをえない時は、これまで食べていたラーメンを止め、ご飯物の定食をがっつり食べるようにしました。記事では食べている量は増えている感じなのに、体重は減りつつあるようだと書きました。前回の記事の時点では自信がありませんでしたが、私の体重は明らかに減っています。
 まだ3週間程度の期間しか経っていませんが、1kg以上減りました。そして私のぽっこりお腹も、心なしか少し凹んできた感じがします。
 そんな私が一番聞きたかったことは、『小麦は食べるな!』の著者であるウィリアムス・デイビス医師が言うように、本当に小麦が身体に悪いのかどうかです。
 ここでは私の質問(Q)に対し、お爺ちゃんの答え(A)という形で紹介します。千さんとのやり取りそのものではなく、意味が通じるように編集したものです。

(Q) 著者のウィリアムス・ディビス医師は、アメリカ人の肥満の1番の原因は、主食の小麦だと言っています。これは本当ですか。
(A) 代謝の妨げをしているのは確かです。

(Q) ではアメリカ人の肥満の一番の原因ではないということですか。
(A) はい。

(Q) では一番の原因は何なのでしょうか。
(A) 精神的な障害が関係しています。食欲をコントロールできないという障害です。

(Q) なるほど・・・。

(Q) さらにウィリアムス・ディビス医師は、小麦が高血圧、糖尿病、心臓・内臓・脳疾患、関節痛、喘息の原因だと言っています。これは本当ですか。
(A) その人その人の体質にもよるが、原因の一つにはなっています。

(Q) 私はラーメンが好きで、何十年も食べてきました。日本は86パーセントが輸入小麦で、その中でアメリカ産小麦が一番多いです。となると私はアメリカ産小麦をたくさん食べてきたわけで、私のぽっこりお腹はこの小麦が原因ですか。
(A)はい。さらにラーメンに含まれていた油も原因の一つです。

(Q) 今私は、小麦断ちをしていてラーメンを食べていません。これで私のぽっこりお腹は解消しますか。
(A) はい。(←ううっ、嬉しい・・・)

(Q) 危険なのは、アメリカ産の小麦だけでしょうか。日本には他にカナダ、オーストラリアから輸入されています。また1割強は日本産です。これら全部含めて、小麦は危険だと言えるのでしょうか。
(A) アメリカ産は危険ですが、全部が危険だとは言えません。カナダ産はそれほど強い問題はありません。オーストラリア産は良いです。日本産も大丈夫です。

(Q) ではアメリカ産でなければ、小麦を食べても大丈夫だということですか。
(A) はい。(←おおっ、これで讃岐うどんが食べられる♪)

(Q) 現代人の不調の原因としてアメリカ産小麦だけでなく、糖質の摂り過ぎが色々な慢性疾患の原因だという意見もあります。どちらが主な原因なのでしょうか。
(A) 両方あります。糖質の摂り過ぎもかなり原因となっています。

 以上です。
 このやり取りで、私はこれで小麦が食べられるようになったと、ほっとしました。
 ただし私が普段行っているような安い中華料理屋では、安いアメリカ産小麦が使われている可能性は大きそうです。店に入って、「どこ産の小麦使っていますか?」なんて聞けないので、やはり当分の間、ラーメンは食べられそうにありません。
 そんな中、偶然に餃子で有名な王将フードサービスが、餃子とラーメンに使っている小麦を100%国産小麦に切り替えたというニュースが目に入ってきました。

http://www.ohsho.co.jp/company/pdf/2014-10-08_1.pdf

 どうやら私は、王将の餃子だけは食べられそうです。
 実は去年の秋頃ですが、王将の餃子定食を食べて、食後に気持ち悪くなったことがあります。おそらく王将で使っている油が私の体質に合わないのだと思います。
 それ以来、王将には行っていないのですが、100%国産小麦には魅力を感じます。もう一度トライしてみようかと考えています。

 王将以外でも、どこどこ産の小麦を使っていると公表する店が増えてくれればいいなと思います。



電気コタツの電磁波

 このところ私はデトックスにばかりに気を取られていて、電磁波の害には無頓着でした。
 とはいえ電磁波に関して全く防御していなかったわけではなく、千さんも愛用しているNanoVibe(ナノバイブ)ペンダントは常に身に付けていました。
 NanoVibeペンダントって何? と思われた方の為にNanoVibeペンダントに関して紹介しているサイトを貼っておきます。

http://gorich.jp/blog-entry-307.html

 去年始めたアルバイトは、パソコンの前にずっと座ってやる仕事なので、本当はもっと電磁波に敏感になるべきだったのかもしれません。でもまあ、今のところはこの程度でいいだろうというノリでした。
 ところが先日、電磁波の害に関して大変気になるサイトを見付けたのです。
 電磁波の調査をやっているという、「いちご探偵事務所」のサイトです。

http://www.ichigotantei.com/denjiha.htm

 この記事の中の次の一文に私は食いつきました。

 「電気コタツの電磁波の多さには驚きました。コタツの暖かい部分に長時間足を近づけない方が良いのではないかと感じます」

 実は、私は脚全体がとても冷えるのです。
 ゲリースクールの同期生でヒーラーの方に、私の身体を霊視してもらったことがあったのですが、その方から、
 「脚の部分が青く見えます。脚がとても冷えませんか?」
 と聞かれたことがあったのです。
 まさしく、ビンゴ! です。

 ただなぜ脚が冷えるのかは謎でした。
 それだけに電気コタツの電磁波が原因かもしれないとピンときたのです。というのも私の冬のメインの暖房器具は電気コタツで、ストーブやエアコンはあまり使わないのです。私は電気コタツとは付き合いが長く、社会に出てからずっとですから、ン十年になります。私は根っからの貧乏性で、部屋全体を暖めるストーブやエアコンより、身体を直接温めるコタツの方が効率が良いと信じていました。
 千さんに聞いてみると、たしかに電気コタツの電磁波が原因の一つだが、もう一つは洋服の繊維の質にあるといいます。
 やはり化学合成繊維はダメで、綿などの自然の繊維のものが良いそうです。

 とりあえず私は電気コタツの電磁波カットを試みることにしました。
 ネットで調べてわかったのは、電磁波をカットした電気コタツはないということでした。社会問題になっているわけでもないので、メーカーも危機感がないのでしょう。
 電気コタツの替わりになるものといえば、電気カーペットですが、これなら電磁波をカットした製品が作られています。
 ただメーカーが提供しているのは、磁場のみカットした製品だということがわかりました。電場もカットするとなると、以下の「らくなちゅらるホットカーペット」という製品しかないことがわかりました。

http://www.binchoutan.com/denziha/carpet.html

 これは磁場をカットするカーペットの上に、電場をカットするカーペットカバーを掛けて、電磁と磁場の両方をカットするという製品です。さっそく買うことにしました。
 これで脚の冷えが改善されるなら、6万円の痛い出費も意味があったというところです。

 届いたホットカーペットを使ってみたのですが、やはり電気コタツの温かさにはかないません。
 そこで一計を案じました。
 ホットカーペットの上にこれまで使っていた電気コタツを乗せて、コタツに入る30分ほど前から電気コタツをオンにして温めておきます。そしてコタツに入る直前にコタツの電気をオフにして、ホットカーペットの電気をオンにします。このやり方だと電気コタツの電磁波を浴びないで、コタツの中を温めることができます。

 また電気足温器や、寝る時は電気アンカを使っていたのですが、これも止めました。
 その代わりに「充電式湯たんぽ」を買いました。これは電気で湯たんぽを温めるのですが、使うときはコンセントを抜くので、電磁波を浴びないで済みます。湯たんぽをそのつど充電する手間が掛かるので面倒なのですが、これもだいぶ慣れてきました。
 これで電気コタツ、電気足温器、電気アンカと身体に密着して電磁波を浴びていたのを、すべて取り除きました。
 はたして私の脚の冷えは改善されるでしょうか。

 そして次の課題は、自然素材の服です。
 綿だけでなく、今注目されている麻の素材を探してみようかと思っています。



アセンションについて

 以前、松果体に関する記事でサアラさんという神秘家を記事で紹介したことがありました。
 サアラさんはこれまで以下の本を出しています(出版社はいずれもヒカルランド)。

・『アセンションの超しくみ』
・『宇宙パラレルワールドの超しくみ』
・『《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』
・『空なる叡智へ』

 他にも「黄金の金玉を知らないか」サイトで知られる、ふぐり玉蔵さんと共著で出した『世界支配者 VS ライトワーカー』という本もあります。
 私はどれも興味深く読んだのですが、サアラさんが言っていることで、どうも違和感を感じるところがありました。
 それが、サアラさんが主張しているアセンションの内容です。
 そのサアラさんが主張するアセンションの内容を、私なりの言葉で簡単に紹介してみようと思います。

 私達が住んでいる地球を含む太陽系が属するのが銀河ですが、その銀河が3〜8個集まって一つの銀河団を作るといいます。それが12個集まって一つのグループを作り、それがさらに12個集まり、計144個の巨大な銀河団が一斉にアセンションするといいます。
 そのアセンションとは、この144個の銀河団が宇宙のセントラルにあるブラックホールに一瞬のうちに吸い込まれ、反対側にあるホワイトホールに生まれ変わって出てくることだといいます。
 これは3次元の物理次元だけでなく、それ以上の次元(サアラさんはこれを7つのフィールドが一緒に生まれ変わると言っています)も含めてホワイトホールに生まれ変わると表現しています。

 私はアセンションの説明で、こんな144個の銀河団という巨大宇宙が一斉にシフトするという話を聞いたことがなかったので、違和感を覚えました。
 このアセンションの説に関して千さんに聞いてみました。
 千さんは、お爺ちゃんは次のように言っていると答えてくれました。

 「他の惑星で実際に起こったことから言っている。なので、そうなるんじゃないかという予測から言っている」

 とのことです。
 お爺ちゃんによれば、実際に起こったといっても惑星レベルの話だそうです。
 サアラさんは肉体を抜け出して魂レベルで実際にそうした光景を見た経験があるので、今回のアセンションもそうなるのではないかと思っているのだろうというのです。
 お爺ちゃんによれば、今回のアセンションはセントラルといった特定の空間に一瞬で吸い込まれるというものではなく、そこのフィルターを通っていくような感じになるといいます。
 さらにアセンションの規模ですが、太陽系全体で起こると言っていました(銀河全体とは言っていませんでした)。
 気になるのは、その時期です。神秘家ゲリー・ボーネルさんは、人は変容しないと、もうシフトした地球で生きられないタイムリミットが2036年だと言っています。それでゲリーさんの言う2036年が、地球がシフトが完了する時期ですかと聞いたら、そうだという答えでした。

 それで次に気になるのは、人が変容するというのは、そもそもどういうことなのかということです。
 私は自分の見解を、お爺ちゃんに問うてみることにしました。
 それは、以下の4つのことはすべて同じことを表しているのではないかということです。

・仏教でいう悟り
・ゲリーさんがいう自己覚知(注1)
・第3の目が開く
・バシャールのいう第4密度で生きられるよう肉体の振動数が22万〜23万回/秒となること

 お爺ちゃんの答えはイエスでした。ただし後に微妙に見解が変わってくるかもしれません。

 ゲリーさんがいう変容(シフト)したというのは、上記のレベルに達したということだと私は考えています。
 ここまで質問して、私はふと思いました。これは現代人にとって、簡単なハードルとはとても言えないということです。いくら宇宙から注がれる波動が上がっているとはいえ、現代人の多くはスピリチュアルに関心すらありません。
 多くの人々は、これまでの日常の延長線上に未来があると楽観していると思います。これから地球が大変革期を迎えるとは思っていませんし、変容の意味を理解している人は極めて小数です(ゲリーさんは変容に関する知識がない人間が、変容するのは難しいと言っています)。
 そんな現代人が、これからたった20年の間に、次から次へと第3の目が開くなんて夢物語のように思えたのです。
 スピリチュアルの本の中に、地球の人口は今の70億人から5億人ぐらいに減ると書いてあったものがありました。
 私はその5億人すら、あり得ない数字に思えてきました。
 千さんに聞くと、(5億人より)ずっと少ないといいます。また世界的に平均して変容していくのでもなく、人種間でも差が出るそうです。
 やはり西洋文明よりも、よりスピリチュアル的な文明を持つ東洋人の方がシフトする人数は多くなるといいます。

 実は私は、アセンションという言葉をあまり使いたくありません。アセンションは通常、次元上昇と訳されるからです。シフトした地球は第4密度であって、4次元ではないと思うからです。4次元は完全な非物質の世界であり、第4密度は半物質、半霊性の世界だと言われています。
 千さんもシフトした地球は、違う次元の断層に移動すると表現していました。3次元と4次元の中間という意味だと思います。
 シフトした地球から見る星座は変わってきますかと聞いたら、やはり変わるそうです。
 北極星の位置も変わるそうです。

 私はシフトした地球をぜひ見てみたいと思っています。
 もう何年も前ですが、千さんがシフトした地球は本当に美しいと言っていたからです。
 その為には変容を目指すしかありません。変容のキーとなるのが松果体です(ゲリーさんはさらに脳下垂体を付け加えています)。松果体のデトックスと体調維持の為にも、私は今後もラーメンは食べない方がよさそうです。


(注1:自己覚知)
 ちなみによく言われる覚醒というのは、自己覚知のさらに上の段階です。



『小麦は食べるな!』の衝撃...2015年2月2日

 『小麦は食べるな!』(Dr.ウィリアムス・ディビス著、日本文芸社)という本は、私にこれまでの小麦に対する認識を改めるよう迫るものでした。
 小麦は世界の3大穀物の一つで、1位のトウモロコシ(8億4千万トン)、2位の米(6億7千万トン)に続く、3位の年間6億5千万トンの収穫量があります。
 日本では一応米が主食となっていますが、小麦はパン類、ラーメン、うどん、焼きそば、お好み焼き、パスタ、ピザなどに加えて、その他様々な食品に使われていて、準主食といってもいいぐらいの地位を占めています。
 その小麦を食べるな・・・、とは何たる暴言! と思われる方も多いと思います。
 かくいう私も本のタイトルを見て、「いくらなんでもまさか!」という思いがあったのですが、一応読んでみようと思ったのでした。
 そして、その内容に衝撃を受けました。

 著者のウィリアムス・ディビス氏は現役の医師であり、日々患者と接するなかで小麦が現代人の様々な生活習慣病の原因になっている可能性に気づきます。
 これまでに2000人もの患者に小麦抜きの食生活を実践してもらったところ、高血圧、肥満、糖尿病、心臓疾患、内臓疾患、脳疾患、喘息など、現代人のほとんどの生活習慣病に顕著な効果がみられたというのです。
 これが本当だとしたら、驚くべきことです。

 小麦がこうした現代人の生活習慣病の主な原因であると主張しているのは、ウィリアムス・ディビス氏だけのようですし、当然ながら科学的に証明されたことではありません。
 ただしこれまで50年間、小麦の安全性について全く科学的な調査は行われてこなかったし、今後もその世界に対する影響力の大きさから調査が行われることは、まずないと思われます(あるいは調査されても発表される可能性は低いと思います)。
 ですから科学的に小麦が安全だという根拠もまた無いなのです。

 アメリカ人の主食は間違いなく小麦です。
 『小麦は食べるな!』はアメリカとカナダで130万部も売れたといいます。日本とは人口規模が違うとはいえ、健康本が130万部も売れたということは、アメリカ人とカナダ人に大変な衝撃をもたらしたということだと思います。

 私はこれまで、小麦が健康上問題があるとは夢にも考えていませんでした。
 精製されて栄養が落ちたことは問題かもしれないが、食べることで健康を害するとは思ってもみないことでした。
 私は麺類が好きで、添加物ゼロの食生活を目指す前は、本当によく食べていました。小麦を原料としたラーメン、うどん、蕎麦(10割蕎麦以外は小麦粉のつなぎが入っています)、焼きそば、パスタなども好きでよく食べていました。特にラーメンが好きで、以前の私の主食は間違いなく小麦を使った麺類でした。
 当時の私のように主食でなくても、麺類を好きな人はとても多いと思います。小麦は餃子や春巻の皮の材料ですし、その他にも料理にも小麦粉はふんだんに使われています。
 その小麦が使えなくなったら、食べるものが無くなるんじゃないかと考える人は多いと思います。

 多くの人が信じていることだと思いますが、私も穀物を精製すればするほど、本来の滋養分が削り取られ、その価値を失っていくと信じていました。米であれば、玄米を精製した白米は貴重な栄養分を取り除かれ、その文字が表すごとく、「粕(かす)」のようになったものだと考えていました。
 麦であれば、精製して真っ白になったものより、全粒粉と呼ばれる精製されていない小麦こそ価値のある食べ物と信じていました。
 全粒粉で問題があるとすれば、残留農薬を別とすれば、モンサント社がやっているような遺伝子組み換えを行った場合だけだと思っていました。しかし遺伝子組み換え作物の大生産国のアメリカでさえ、今のところ小麦に関しては遺伝子組み換えを禁じています。以前オレゴン州で遺伝子組み換えされた小麦が発見され、問題となったことがありました。これがニュースになるということは、基本的に小麦は遺伝子組み換えをしてはいけないということが前提となっていることがわかります。

 遺伝子組み換えが原因ではないとしたら、ウィリアムス・ディビス氏が小麦を食べてはいけないと主張している根拠は何なのでしょうか。

 それは小麦が品種改良(交配)によって、本来のものとは全く別種のものとなってしまったからだといいます。
 人間は違う人種同士が結婚しても、親と染色体数が違う子供が生まれるわけではありません。違う人種である白人と黒人が結婚しても、染色体数48本が2倍されて96本の子供が生まれることはありません。
 ところが小麦の場合は、古代の原型であるヒトツブコムギが品種改良(交配)されてフタツブコムギになったときに、本来の染色体数14本が倍となって28本になったといいます。
 フタツブコムギは古代エジプトで盛んに栽培されたもので、今の小麦とはかなり違ったものだったようです(染色体数が違うものを同じ小麦と呼んでいいのかという気もしますが)。
 そのフタツブコムギが1960年代から盛んに品種改良されていったといいます。
 なんと今では小麦の品種は数千に達しているといいます。品種改良されて染色体数も増えていき、原型のヒトツブコムギとは見かけは似ていても、中味は全く別種のものとなってしまったといいます。つまり遺伝子組み換えしていないくても、現代の小麦は古代の小麦とは染色体数の違う、別種のものになってしまったわけです。
 こうして品種改良された小麦の代表的な品種が「矮性小麦(わいせいこむぎ)」と呼ばれるもので、矮性小麦と半矮性小麦で世界中の小麦の99%以上を占めているといいます。
 矮性小麦は古代の小麦に比べて茎が太く背丈が低いため倒れにくく、病気や日照り、高温に耐え、短期間で成長する上に、収穫量を大幅に増やすことができるといいます。良いことずくめで、小麦生産者であれば飛びつきたくなるのも無理もありません。

 そしてここが大事なことですが、(先に述べたように)こうして品種改良された小麦は動物実験も人体への安全確認なども一切試験されたことはないというのです。
 トマトとトマトを掛け合わせて造られたトマトは、トマトなんだから健康上に問題あるはずがないじゃないかという理屈です。小麦と小麦を掛け合わせて作った小麦なんだから、身体に悪いはずがないと信じられたからです。

 そこにウィリアムス・ディビス氏は疑問を持ちます。
 アメリカ人は太っています。それも異常に太っています。
 私はアメリカに住んだことがあるので実際に見ていますが、アメリカ人の太り具合は日本人の感覚を超えています。アメリカ人が日本人女性に、「なんで太っていないのにダイエットする必要があるの?」と疑問を抱く気持ちがよくわかります。そうしたアメリカ人は、糖尿病予備軍も非常に多いと言われています。
 私はアメリカ人が太っていて糖尿病予備軍が多いというのは、遺伝子組み換えトウモロコシから作られたコーンスターチを原料とした甘味成分を多く摂っていることが原因の一つだと考えていました。コーンスターチによって甘味をつけた、異常に甘いケーキ類、清涼飲料水、その他ファーストフードなどです。
 ところがウィリアムス・ディビス氏は、健康に気を使い甘味たっぷりの食べ物を避けて、身体に良いと信じられている全粒粉の小麦を食べている人が異常に太っていることに気づきます。
 彼らの肥満の原因は、彼らが日常最も食べている食品にこそ原因があると考えたのです。
 それがアメリカ人が一般に食べている、パン、パスタ、クッキー、ケーキ、パイ、シリアル、ワッフル等々の小麦から作られる食品です。

 まず最初にウィリアムス・ディビス氏が自身の身体を使った実験から紹介したいと思います。
 ここで氏は、ヒトツブコムギやフタツブコムギなどの古代の小麦から作ったパンと、現代の小麦から作られたパンを食べ比べて、身体にどのような変化があるか試してみました。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p39〜p41から抜粋開始>・・・

 現代の小麦がその進化上の祖先とは遺伝的にかけ離れているとしたら、ヒトツブコムギやフタツブコムギなどの古代の小麦を食べても現代の小麦にまつわる厄介な影響はないのでは……?
 わたしはヒトツブコムギで実験することにしました。まず、1キロの全粒ヒトツブコムギをひいてパンを作りました。そして、標準的な有機栽培の全粒小麦の種子もひいて粉にしました。その後、水とイーストだけでヒトツブコムギと標準的な小麦のパンを作りました。ヒトツブコムギの粉と現代の全粒粉とは、見た目にはあまり変わりがありませんが、水とイーストを加えると違いがはっきりします。
 ヒトツブコムギの薄い茶色のパン生地はあまりのびず、手にくっついて丸めにくく、現代の小麦のように成形しやすくありません。パン生地のにおいも違います。現代の小麦のようなはっきりしないにおいとは違って、ピーナツバターのようなにおいです。発酵も2倍に膨らむ現代の小麦に比べてずっと小さく、エリシェバ・口ゴーサが言ったとおり、できあがったパンの味は確かに違いました。ずっしりと重く、木の実のような味で、渋い後味がありました。旧約聖書のアモリ人やメソポタミア文明ではこんなパンがテーブルに載っていたのでしょう。
 わたしは小麦過敏症を持っています。そこで、科学的興味からちょっとした実験を行いました。1日目に100グラムのヒトツブコムギのパンを食べ、2日目に100グラムの現代の全粒小麦パンを食べるのです。
 わたしは自分の体の反応を観察するだけでなく、それぞれのパンを食べた後に指先で血糖値検査を行いました。その違いは驚くばかりです。
 1日目の食べる前の血糖値は84mg/dl。ヒトツブコムギのパンを食べた後は110mg/dl。これは炭水化物を食べた後ならだいたい予想される範囲内です。食後の体調は、何の変化もありませんでした。つまり、眠気や吐き気、痛みなどはなく、完全に調子が良かったのです。ほっとしました。
 2日目は現代の有機栽培全粒粉で同じ手順を行いました。食べる前の血糖値は84mg/dl。現代の全粒粉パンを食べた後は167mg/dlでした。それだけではありません。すぐに気分が悪くなって、昼食を全部吐きだしそうになりました。胃のむかつきは、36時間、腹痛は食後すぐ始まって何時間も続きました。その夜は鮮明な夢をいくつも見て何度も目が覚めました。翌朝は頭が働かず、読もうとしていた研究論文が理解できませんでした。同じ段落を4〜5回読んでも理解できず、ついにあきらめました。1日半たってようやく正常な自分に戻りました。
 この小さな実験をなんとか切り抜けたわたしは、古代の小麦と現代の小麦とでは体の反応に大きな違いがあることを身をもって体験しました。確かに何かが起こっていたのです。
 わたしの体験は、当然ながら臨床試験とは言えません。でも、1万年にもわたる違いはいったい何なのでしょうか。つまり、人類の遺伝子介入が始まる前の古代の小麦と現代の小麦の違いは何なのでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ウィリアムス・ディビス氏自身が被験者となってわかったことは、現在の小麦は血糖値を異常に上げるということです。古代の小麦と今の小麦は、見た目はそっくりだけれども中身は全く違っているようです。

 『小麦は食べるな!』は医師である著者が書いたためか、科学者の書いた文章にありがちな専門的な記述が多く、けっこう読みづらい本です。
 そうした専門的な文章は読みづらいので、引用するのは避けようと思います。ここでは、ウィリアムス・ディビス氏が診察した患者の例をいくつか紹介していこうと思います。
 論より証拠です。
 頭で考え理屈を理解するより、実際に起こったことを見る方がわかり易いということがあります。

 まず最初は小麦抜き食生活に切り替えたことで、劇的に体重が減った例を紹介します。
 以前、炭水化物ダイエットが流行ったことがあります。しかし小麦抜き食生活は、小麦のみを断つという意味で炭水化物ダイエットとは全く違ったものです。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p80〜p82から抜粋開始)>・・・

 ぽっこり小麦腹の女王の「大変身!」

 セレストはもう”クール”ではありません。
 61歳のセレストによると、20代、30代のころは54〜61キロで正常範囲内だった体重が、少しずつ増え続けてきたということです。そして40代半ばを機に何かが起こり、特に生活習慣を変えたわけでもないのに、だんだんと太って83キロになってしまいました。「こんなに太ったのは初めてです」と彼女はつらそうに言います。
 モダンアートの教授であるセレストは、付き合う仲間もかなり洗練されたタイプだっただけに、体重が気になり、疎外感を抱いていました。そこでわたしが小麦食品を食べないダイエットについて説明すると、彼女は熱心に耳を傾けてくれました。
 セレストは最初の3ヵ月間で10キロ減量し、この減量プログラムがうまくいっていることに確信を持ちました。早くもクローゼットの奧を探り、5年間も着られなかった服を見つけ出していたほどです。
 セレストはダイエットをきちんと続け、それがすぐに習慣になったと話してくれました。異常な食欲がなくなり、スナック菓子にもめったに手を出さなくなり3度の食事を快く食べるだけで満足できるようになりました。ときどき、仕事で時間に追われて昼食やタ食をとれないことがあっても、長時間の絶食が楽勝だったということです。わたしは、生のナッツ、フラックスシード(亜麻の種子)クラッカー、チーズなどの健康的なスナックなら大丈夫だとアドバイスしました。でもセレストは、たいていはスナックなどいらないと感じていました。
 ぽっこり小麦腹ダイエットを開始してから14ヵ月後、診察に訪れたセレストは笑顔がはちきれそうでした。30代のころと同じ58キロになっていたのです。いちばん太っていた時期に比べて25キロも減量し、ウエストは99センチから30センチダウンして69センチになっていました。それに、9号のドレスが着られるようになったばかりか、アーティストタイプの人々と一緒にいても気詰まりな感じはしません。もはやだぶだぶのトップスや重ね着でぽっこり小麦腹を隠す必要はないのです。ぴったりしたオスカーデラレンタのカクテルドレスも、突きだすぽっこり小麦腹がないので堂々と着こなせるようになりました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 もう一つ、小麦を断ったことで体重が劇的に減った例を紹介します。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p98〜p99から抜粋開始>・・・

 なんと47キロ減量……あと9キロ!

 わたしが初めて会ったとき、ジーノは診察室でよく見かける顔つきをしていました。血色が悪く、疲れた表情に、投げやりな雰囲気。身長178センチで体重は146キロもあり、大きな小麦腹がベルトの上にぽっこりと垂れ下がっています。ジーノは、心臓病予防プログラムについてわたしの意見を聞こうと訪ねてきたのです。冠動脈硬化性プラークと潜在的な心臓発作リスクの指標である、心臓スキャンの「数値」に不安を感じたことがきっかけでした。
 予想どおり、ジーノの胴回りに関連した代謝系の異常を示す指標がいくつもありました。糖尿病レベルの高血糖値、高いトリグリセリド値、低いHDLコレステロール値……。すべて冠動脈硬化性プラークや心臓病のリスクを高めるものです。
 ジーノは気力も興味もなさそうでしたが、わたしは何とか説得することができました。波の主任コック兼食科調達係さんの奥さんの協力を得たのが効を奏したのでしょう。それでも当初は、大好物のパスタなどの”健康に良い全粒穀物”を止めて禁物だと考えていたナッツ、オイル、卵、チーズ、肉などに切り替える食事法にとどまっていました。
 6ヵ月後、再びやってきたジーノは、正直な話、別人のようでした。きびきびした態度で気を配り、ほほ笑みを浮かべながら、生活が一変したと報告してくれました。その6ヵ月間で、体重29キロダウン、ウエスト36センチダウンという減量に成功した上に、若いころの活力を取り戻していたのです。考え方も昔のように楽観的になり、友人と付き合ったり、妻と旅行に出掛けたりしたいと考えるようになり、野外での散歩やバイク乗りを楽しみ、夜はぐっすり眠っていました。そして、検査結果もその変身ぶりを示し、血糖値は正常範囲内、HDLコレステロールは倍増、数百ミリグラムあったトリグリセリドの値は申し分のない範囲まで下がっていました。
 その6ヵ月後には、さらに18キロ減って、99キロになりました。1年で計47キロの減量です。
 「わたしの目標体重は90キロ。結婚したころの体重です。あとたった9キロですよ」ジーノはこう言うと、にっこりと笑顔を見せました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ウィリアムス・ディビス氏は、ぽっこり出たお腹のことを「ぽっこり小麦腹」と呼んでいます。
 小麦がお腹をぽっこりさせる原因だと主張しているのですから、そういうネーミングになったのでしょう。

 少し私の例を出すと、私もまた40代の頃にぽっこりお腹が出てきました。
 私の場合は、「ビール腹」と呼んでいました。原因はビールの飲み過ぎだろうと思っていたからです。このビール腹ですが、添加物ゼロの食生活を目指すようになって、多少は改善されてきました。
 それであることに気づきました。外食は別として家で食事をする際に、小麦を食べることがほとんどなくなったのです。
 家では、生野菜、海藻類、豆腐、納豆、魚貝類、玄米、生の木の実類などを食べていて、知らないうちに小麦を食べていませんでした。加工品を食べなくなると、自然と小麦と縁が切れてしまいます。唯一食べていたのが、つなぎとして小麦粉が入った蕎麦です。ただ二八蕎麦という言葉が示すように、つなぎの小麦は2割なので、だいぶ少ない量です。
 とはいえ外食では、好きなラーメンをよく食べていました。
 それでも全体としては、添加物ゼロを目指す食生活によって、小麦の摂取量は以前の主食が麺類という時期と比べて大幅に減りました。
 これが私のぽっこり腹を、多少は減らす原因になったのでしょうか。

 それと、ここ2週間は外食をする際にも、意図的に小麦を取らない食事に切り替えていました。
 ラーメンを食べる替わりにご飯物の定食を食べるといった具合です。食事量は減らしていないはずですが、少しづつではありますが体重が減ってきている感じなのです。
 これはちょっと驚きでした。
 ラーメンを食べない分、ご飯物の定食をがっつり食べていたので、私の感覚としては食べる量はむしろ増えたように感じていたのです。
 とはいえ減ったといっても2週間で1kg弱という程度なので、誤差の範囲だと指摘されるかもしれません。
 これは面白い現象で、完全に小麦を断つ食生活を今後も続けてみて、経過を見て行こうと思っています。

 次に紹介するのは、医者から人工肛門を付けるよう勧められていた潰場性大腸炎を患った女性の話です。
 その女性が小麦断ちの食生活に切り替えて起こったことは、驚くべきことでした。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p113〜p115から抜粋開始>・・・

 小麦抜き食生活3カ月で「奇跡」が起きた!

 これからウェンディの話をします。
 10年以上も前から、ウェンディは潰場性大腸炎と闘っていました。小学校の教師を務めながら、3人の子どもの母親でもある36歳の彼女は、絶え間ない腹痛と下痢、頻繁な出血に見舞われ、輸血が必要なことも何度かありました。苦しい大腸内視鏡検査を何度も受け、症状を抑えるために3種類の処方薬を飲んでいました。薬の一つ、メトトレキサートは非常に毒性が強く、がんの治療や医学的人工流産に使われるものです。
 潰瘍性大腸炎とは関係のない軽い心臓の動悸を感じたため、彼女はわたしの診察を受けにきました。この症状は問題がないことがわかり、特別な治療は必要ありませんでした。しかし彼女は、潰瘍性大腸炎の薬が効かなくなって、胃腸科専門医から結腸を切除して回腸人工肛門を作るように勧められたと話したのです。これは小腸の回腸部分に人工的な穴を開け、腹部表面に袋をつけて、絶えず出てくる排泄物をそこにためる方法です。
 ウェンディの病歴を聞いた後、わたしは小麦抜き生活を勧めました。
 「効果があるかどうかはわかりません。でも結腸切除と回腸人工肛門を迫られているなら、やってみる価値はあると思います」とわたしは言いました。
 「でも、どうしてですか?」とウェンディは尋ねました。
 「セリアック(管理人注)の検査をしましたが、主治医に陰性だといわれたんですよ」
 「ええ、知っています。でも失うものは何もないでしょう。4週間やってごらんなさい。効果があるかどうかわかりますから」
 ウェンディは半信半疑でしたが、やってみると言ってくれました。
 3ヵ月後、再びわたしの病院を訪れた彼女の腹部に人工肛門の袋は見当たりません。
 「どうなさいました?」とわたしは聞きました。
 「実は、まず体重が17キロ落ちたんです」
 彼女は手でお腹のあたりをなでてみせました。
 「それから潰瘍性大腸炎がほとんど治りました。腹痛も下痢もありません。薬もアサコールだけになりました」(アサコールはアスピリンに似た効果を持つ薬で、潰瘍性大腸炎の治療によく使われます)。
 「気分は最高よ」
 それから1年間、ウェンディは細心の注意を払って小麦とグルテンを避けています。アサコールの服用もやめましたが、症状はぶり返していません。治ったのです。そう、完治したのです。下痢、出血、腹痛、貧血、薬、回腸人工肛門、こういったものすべてと縁を切ったのです。
 ウェンディの大腸炎は、セリァック抗体検査では陰性を示したのに小麦グルテン除去が有効だったーー実際に小麦除去によって治ったーなら、この病気をなんと名づければいいのでしょう。抗体陰性セリアック病? 抗体陰性小麦アレルギー?
 ウェンディのような症状をセリアック病といった病気の枠に押し込めようとするのは、非常に危険です。彼女は危うく大腸を失い、それに伴う肉体的な困難に一生苦しまなければならないところでした。そればかりではありません。人工肛門の袋をつければ、非常に、恥ずかしい思いをしたり、不便を感じたりもしたことでしょう。
 ウェンディのような疾患には小麦グルテンの除去が非常に有効ですが、この症状にぴったりの名前はいまのところありません。ウェンディの体験により、小麦アレルギーの世界には解明されていない事実がたくさんあることがわかりました。その多くは致命的ですが、治療はシンプルです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、医者に心臓移植が必要かもしれないと言われていた男性の例です。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p155〜p157から抜粋開始>・・・

 小麦をやめたら、歩けるようになった!
 走れるようになった!


 ジェイソンは26歳のソフトウェアプログラマー。頭の回転が速く、瞬時にアイデアがひらめくタイプです。彼はただ「健康」になりたい一心で、若い妻とともにわたしの診察室にやって来ました。幼児期に先天性の複合心臓欠陥の手術を受けたと話してくれたとき、わたしは思わずこう言いました。
 「ちょっと待って、ジェイソンさん。相手を間違っているんじゃないですか。それはわたしの専門領域ではないのですが」
 「わかってます。でも、なんとか元気になりたいんです。心臓移植が必要かもしれないと言われています。いつも息切れがして、心不全治療のために入院したこともあります。心臓移植をしないで済むようにならないでしょうか。どうしても移植が必要なら、その後でもっと元気になれるように助けてほしいのです」
 わたしは納得して、ジェイソンに診察台に上がるように手招きしました。
 「わかりました。話を聞かせてください」
 ジェイソンは、はた目にもわかるほど顔をしかめながら、椅子からゆっくり立ちあがると、診察台のほうに一歩ずつ足を進めました。いかにも痛そうです。
 「どうかされましたか」
 わたしは尋ねました。
 ジェイソンは診察台に座ると、ため息をつきました。
 「体のあちこちが痛いんです。どの関節も痛みます。ほとんど歩けないし、ベッドから起き上がれないときもあります」
 「リウマチの専門医には診てもらいましたか」
 「はい。3人も。でも、誰も原因がわからず、ただ抗炎症薬と鎮痛剤をくれただけです」
 「食事を変えようと思ったことはありますか?」とわたしは尋ねました。
 「小麦を食べないようにして痛みが治まった人がたくさんいるんですよ」
 「小麦? パンやパスタのことですか?」ジェイソンは困惑していました。
 「そう、小麦。白パン、全粒粉パン、マルチグレインパン、ペーグル、マフィンプレッツェル、クラッカー、朝食用シリアル、パスタ、めん類、パンケーキ、ワッフルです。今食べている食品の大半が食べられなくなると思うかもしれませんが、大丈夫、食べられるものはたっぷりありますよ」
 わたしは、小麦除去食の進め方を詳しく説明したプリントを手渡しました。
 「試しに4週間だけ小麦をやめてみてください。調子が良くなれば、これが答えです。何も変化がなければ、答えではなかったことになります」
 3カ月後、ジェイソンが再診に訪れました。関節の痛みを感じている風でもなく、ぶらぶらと元気そうに入ってきたのが印象的でした。
 ジェイシンは大幅な症状の改善をほぼすぐに感じ取っていたのです。
 「5日が過ぎるころ驚いたことにすつかり痛みがなくなつていました。とても信じられなくて−−これは偶然だろうと思って試しにサンドイッチを食べてみると、5分もしないうちに、8割方の痛みがぶり返したんです。それで納得しました」
 さらに感動したのは、初めてジェイソンを診察したときは確かに軽い心不全があったのに、今回は心不全の兆候がまったく見られなかったことです。彼の話によると、関節痛から解放された上に呼吸も楽になり、何年も違ざかっていた短距離のジョギングや、控えめながらもバスケットボールまでやれるようになっていました。現在は心不全の薬物治療を少しずつ減らしています。
 言うまでもなく、わたしは小麦抜き食事法の威力を信じています。それでも、ジェイソンのように人生ががらりと変わった姿を目の当たりにすると、いまだにゾクゾクします。若者を悩ませていた健康問題がこんな簡単な方法で解決できたからです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、小麦断ち食生活でコレステロール値を劇的に減らした男性の例です。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p198〜p199から抜粋開始>・・・

 薬なしで「高コレステ口ール」を退治!

 チャックがわたしのところにやってきたのは、薬を使わないでコレステロールを減らせると聞いたからでした。
 チャックは「高コレステロール」と診断されていましたが、リポタンパク検査によって、実は小粒子LDLが過剰であることがわかりました。NMRという手法で測定したところ、2440nmol/Lもの小粒子LDLがあったのです(ごく微量またはゼロが望ましい値です)。このため、HDLコレステロール値が低く(30mg/dl)、トリグリセリド値が高い(173mg/dl)上に、LDLコレステロール値が高い(190mg/dl)という検査結果になっていました。
 3カ月間、小麦を食べない(小麦分のカロリーは、生のナッツ、卵、チーズ、野菜、肉類、アボガド、オリーブオイルのような「本物」の食品で摂取)と、チャックの小粒子LDLは320nmol/Lに減少しました。これは検査値にも反映され、LDLコレステロール値が123mg/dlに低下、HDLコレステロール値は45mg/dlに上昇、トリグリセリド値は45mg/dlに低下し、お腹のぜい肉が消えて体重が6キロ余り減りました。そうです。スタチン系薬剤なしで、急速にかなりの量の”コレステロール”を減らすことができたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、小麦断ち食生活で心臓病と過敏性腸症候群を克服した女性の例です。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p211〜p213から抜粋開始>・・・

 小麦を断って2週間−−
 体中の痛みがウソのように取れた!


 メレディスを初めて診察したとき、彼女は涙を流していました。心臓に軽い問題を抱えて(心電図で異常が見つかるも良性と判明)、わたしのもとを訪れたのです。
 「体中が痛いんです。特に足が」と彼女は訴えました。
 「医者からはいろんな薬を投与されましたが、恨んでいます。副作用がとても強いんです。つい2カ月前に始めた薬は、お腹がすいてたまらず、いつも何か食べてしまいます。おかげで7キロも太ってしまいました」
 話を聞くと、メレディスは学校の教師ですが、足が痛くて、教壇に立つのがつらいそうです。最近では歩くことも怪しくなってきました。足下がおぼつかないため、ふらふらするのです。毎朝、着替えるのも手間取るようになりました。身体が痛む上に、思うように動かないため、ズボンをはくような簡単な動作にも不自由するのです。まだ56歳なのに、杖をついています。
 受診した神経科医から病状について説明はありましたか、と彼女に質問しました。
 「何もありません。誰に聞いても、はっきりとした原因はわからない、病気と付き合っていくしかない、と言われました。痛みを和らげる薬を出してもらうだけで、どうせよくなる見込みはないのです」
 彼女はそう言って、またわっと泣きだしました。
 わたしは、彼女を一目見たときに、小麦が原因ではないだろうかと思いました。診察室に入ってきた姿は見るからにつらそうで、顔はむくみ、赤らんでいました。話によれば、胃酸の逆流と、腹痛や膨満感に悩まされ、過敏性腸症候群の診断も受けていました。また、適正体重より27キロも太りすぎで、ふくらはぎと足首には小さな水腫(水分貯留)がありました。
 そこでわたしはメレディスに、思い切って小麦を断ってみないかと言いました。わらにもすがりたいほど切羽詰まっていた彼女は、すぐに同意してくれました。さらにわたしは、心臓のストレステストを受けさせるという賭けに出ました。このテストでは、ランニングマシンに乗って、適度な速度と傾斜をつけて歩かなければなりません。
 2週間後、戻ってきた彼女に「ランニングマシンに乗るテストができますか」と尋ねると、「問題ないわ!」という言葉が返ってきました。
 「あれからすぐ小麦を完全に断ったんです。1週間ほどかかりましたが、痛みがひいてきました。いまではもう、2週間前の痛みが9割方なくなりました。ほぼ消えうせたと言ってもいいくらいです。痛み止めの薬のうち、一つはもうやめましたし、もう一つも今週中にやめられそうです」
 もちろん杖もいらなくなりました。
 彼女の話では、胃酸の逆流や過敏性腸症候群の症状もすっかりなくなったそうです。おまけに2週間で4キロやせました。
 彼女はランニングマシンのテストにも苦労せず、時速6キロメートル、傾斜14%のコースを楽々こなしたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、小麦断ち食生活で7年間悩まされてきた発疹を克服した男性の例です。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p228〜p229から抜粋開始>・・・

 7年間苦しんだ「かゆみ」がいっぺんに取れた!

 カートは主治医にコレステロール値が高いと言われたため、わたしの診察室を訪れました。医者が「高コレステロール」と呼んだ状態は、sdLDLが過剰でHDLコレステロール値は低く、トリグリセリド値が高いものでした。このパターンを見て、わたしは当然、直ちに小麦を除去するように助言しました。
 彼は指示に従い、3ヵ月で8キロやせて、ぽっこりお腹がなくなりました。それだけではありません。食事を変えたところ、発疹にも変化が起きたのです。
 カートの話では、右肩に赤茶色の発疹ができて、肘から背中の上部まで広がって、7年以上も悩まされていたとのことでした。3人の皮膚科医にかかり、生検を3回しましたが、病気が特定されることはありませんでした。それでも3人の医者は全員そろって、発疹の治療にはステロイド軟膏が”必要”だと言ったそうです。カートは彼らのアドバイスに従いました。発疹は非常にかゆくなることもあり、軟膏をつけると少なくとも一時的にかゆみが治まりました。小麦除去の食事を始めて4週間後、カートは右の腕と肩を見せてくれました。発疹は完全に消えていました。7年の歳月、3人の皮膚科医、3回の誤診。この難病の解決法が簡単な食事法だったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、小麦断ち食生活ではげ頭を克服した男性の例です。


 ・・・<『小麦は食べるな!』、p232〜p233から抜粋開始>・・・

 「はげ頭」のパン屋さんの体験報告−−
 パンをやめて2ヵ月、髪の毛が、ふさふさに!


 ゴードンばかりは、小麦抜きの食生活を送るよう説き伏せるのにさんざん時間がかかりました。
 彼がわたしの診察室を訪れたのは、冠動脈疾患のためです。原因の一つは過剰なsdLDLです。わたしは小麦を食事から完全に除去するよう指示しました。そうすれば、sdLDLが減少してなくなることもあり、心臓の健康がコントロールしやすくなるからです。
 問題は、ゴードンがパン屋の主人だということ。食パン、口ールパン、マフィンは彼の生活の一部であり、週7日、毎日パンに触れているのです。毎回の食事に自分が作ったパンを食べるのは、当然でした。わたしは小麦を除去するように2年間説得し続けましたが−−彼は首を縦にふりませんでした。
 そんなある日、ゴードンはスキーキャップをかぶって診察室に入ってきました。髪の毛が塊になって抜けはじめ、頭皮全体に削り取られた芝生のようなはげができていました。かかりつけの医者は脱毛症と診断しましたが、原因は特定できませんでした。同様に、皮膚科医もゴードンのこの苦境に納得のいく説明を見つけられません。この事態にすっかり動揺したゴードンは、かかりつけ医に抗うつ剤を処方してもらい、恥ずかしい頭を帽子で隠していたのです。
 わたしはすぐに小麦だとピンときました。ゴードンの全体的な健康状態にもぴったり当てはまります−−sdLDL、ぽっこり小麦腹の体形、高血圧、糖尿病予備軍レベルの血糖値、胃のむかつき、そして今度は抜け毛。わたしはこれが最後とばかり説得を試み、小麦抜きの食生活を強く促しました。髪の毛をほとんど失うという精神的苦痛を味わい、はげだらけの頭を隠さなければならなくなったゴードンは、ついに承諾しました。彼はパンやケーキを自分の店に並べながらも、自ら食べることはなくなったのです。従業員に説明するのも大変だったことでしょう。それでも、彼はやり通しました。
 3週間以内にはげの部分から毛が生えてきたとゴートンは報告してくれました。続く2ヵ月で髪はどんどん伸びました。そして、髪の毛がふさふさになっただけでなく、体重が5.5キロ減り、腹回りは5センチも減りました。また、ときどき感じていた腹部の痛みが消え、糖尿病予備群だった血糖値も正常値に戻りました。半年後にsdLDLを再検査したところ、67%も減っていました。
 面倒くさい? そうかもしれません。でも、カツラよりいいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうした例を見るかぎり、少なくともアメリカ産小麦が健康に害を及ぼしていることは間違いないように思われます。
 私が気になったのは、日本で私達が普通に食べている小麦が安全なのかということです。

 日本は小麦の実に86%を輸入に頼っているといいます。
 そしてその最大の輸入国がアメリカです。2位がカナダで、3位がオーストラリアです。ちなみに有名な讃岐うどんは、オーストラリアでうどん用に栽培された小麦が使われているようです。

 国内産より安いから輸入するのでしょうから、私がよく行っていた街の安い中華料理屋で出されるラーメンの麺は、アメリカ産の小麦が使われていたに違いありません。
 私は、自分のぽっこりお腹をビールのせいだと思っていましたが、今は輸入した小麦のせいかもしれないと思い始めています。

 では日本国産の小麦であれば安全なのでしょうか。
 ネットを見てみましたが、当然ながらわかりません。
 この記事の冒頭で書いたように、小麦が安全か安全でないかなど、人々の頭には全くないからです。安全性を疑うなどという発想自体がないのです。
 小麦の安全性を問う科学的な調査はこれまでも行われてこなかったし、今後も行われる可能性は限りなくゼロに近いと思われます。

 ネットでは、日本産小麦に対して気になる情報が載っていました。
 日本で開発された小麦の「農林10号」という品種が、アメリカに送られ、そこでさらに品種改良されて世界に広まっていったというのです。
 アメリカでこの品種改良を行ったボーログ博士という人は、食糧危機から人類を救ったとしてノーベル平和賞をもらったといいます。

http://matome.naver.jp/odai/2139547947656583401

 この品種がウィリアムス・ディビス氏がいう矮性小麦なのかもしれません。
 この矮性小麦が世界の生産量の99%を占めているというのですから、日本産の小麦もこの矮性小麦の可能性が高そうに思えます。
 ただし小麦の品種が何千種もあるというのですから、アメリカ産小麦に比べて、カナダ産、オーストラリア産、日本産がどのくらい危険なのかはわかりません。

 ですが私としては、試してみる価値はあると考えています。
 まずは蕎麦を二八蕎麦から、10割蕎麦に替えてみようと思います。これにより家では、小麦を全カットできます。
 そして外食をする際には、麺類は一切さけ、ご飯物の定食類だけにしようと思います。これによって、100%小麦をカットできます。
 そうして経過観察することで、小麦が安全かどうか(少なくとも自分の身体においては)わかるはずです。

 はたして、私のぽっこりお腹は凹んでくるでしょうか。


(管理人注)セリアック病
 Wikipediaによると、「セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患」とのことです。



お爺ちゃんセッション(32)...2015年1月25日

 今月(1月の)千さんのお爺ちゃんセッションの中から、3つほど話題を紹介したいと思います。


私のトーテムアニマル

 アメリカ人のシャーマンであるキーシャ・クローサー氏は、人は誰でも1つ以上の守護動物の霊がガイドしているといいます。
 キーシャ・クローサー氏は人の胸の部分に、その動物の霊が見えるといいます。
 彼女の本では、それをアニマルトーテムと言っていますが、ネットで検索すると、トーテムアニマルという呼び名が一般的なようです。それでここではトーテムアニマルで統一しようと思います。

 まず誰でも気になるのは、自分のトーテムアニマルが何かということだと思います。
 セッションを受ける前に私が思い浮かべたのは猫でした。
 当HPではよく記事の最後に猫が呟いている写真を掲載していますが、それには理由がありました。
 これは一度記事にしたことがあったのですが、再度書きます。
 私が初めて神秘家ゲリー・ボーネルさんのアカシックセッションを受けたときのことです。ゲリーさんが私に、私のソウル(魂)グループについて教えてくれたのです。
 私のソウルグループは虎グループなんだそうです。
 ソウルグループを動物で例えるのは、よくあることだと言っていました。
 それでゲリーさんは私に、「猫好きでしょう?」と聞いてきたのです。
 私はその時、「いくら虎が猫科といっても、ちょっとな・・・」と思い、「いえ、どっちかというと、犬の方が好きなのですが…」と答えた記憶があります。
 しかしソウルグループが虎と言われたのがきっかけになり、その後、妙に猫が気になるようになりました。
 たしかに言われてみると、性格的には私は犬より猫だという気がします。

 ちょっと話は脱線しますが、私はこのセッションで戦国武将の上杉謙信について聞いていました。
 私の記憶の中に上杉謙信の目線で行動している情景があったからです。
 上杉謙信(長尾景虎)率いる1万4千の軍勢と武田信玄(武田晴信)率いる2万の軍勢が激突した、戦国時代でも最大の死闘といわれた第4回目の川中島決戦の記憶もあります。あの有名な謙信が馬上から座っている信玄めがけて刀を振り下ろした瞬間の情景もあります。
 この話は架空の話で、後世に付け加えられた武勇伝だという説もあります。しかし私は、これは本当に起こったことだと思っています。
 架空の話だという根拠は、万を超える軍勢を率いる総大将が、単騎で敵の本陣に突っ込むなんてありえないというものでしょう。また信玄が椅子に座ったまま、突っ込んでくる敵に対し、刀を抜くこともなく防御体制をとらなかったこともありえない話です。
 ではなぜ、そんなことが起こり得たかというのは、以前の記事に詳しく書いたのでここでは書きませんが、偶然が重なった結果だと言えます。
 その偶然の一つを書くと、信玄が刀を抜かなかったのは、勘違いしたためと思われます。
 普段はけっして許されることではありませんが、激しい戦闘を行っている最中では総大将の傍まで伝令が馬で乗り付けることが許されていました。
 刻一刻と変化する戦闘状況を、1秒でも早く総大将に伝える必要があるからです。
 それゆえ信玄は、自分に目掛けて突っ込んでくる一騎を、自軍の伝令だと勘違いしてしまったのだと思われます。そもそも敵の本陣にたった一騎で突っ込んでくるなんて、ありえない話です。
 自軍の伝令だと思っていたのが、いきなり刀を振り下ろしてきたのですから、信玄もたまげたに違いありません。
 私の記憶の中に、刀を振り下ろそうとする馬上の武将を、驚きのあまり目を丸くして見上げる信玄の顔があります。
 真っ黒に日焼けした顔に、見開いた目の大きさと白さが印象的でした。
 当然刀を抜く暇もありません。ですから手に持っていた軍配で、謙信の太刀を受け止めるしかなかったのです。

 さらに話は脱線しますが、ゲリーさんに私自身が謙信の過去生を持つのか聞いたのですが、そこまではわからなかったようで答えてくれませんでした。
 ただゲリーさんは、私と謙信は同じソウルグループだと言っていました。

 私と謙信の関係がわかったのは、千さんのお爺ちゃんセッションでした。
 千さんによると、私は戦国時代には転生していなかったそうです。ただし謙信の戦のガイドをしていたというのです。
 同時代の戦国武将に伊達政宗がいますが、私は伊達政宗の戦のガイドもしていたそうです。戦のガイドといっても当時は一人だけではなく、複数いたそうです。私は謙信の第1のガイドで、伊達政宗の場合は、何人かいるガイドの一人だったといいます。
 これを聞いて思い当たったのですが、私は戦国武将で上杉謙信と伊達政宗に妙に親近感を持っていました。
 ちなみにガイドとして私が謙信とどのようにコミュニケーションを取っていたかというと、謙信の家臣の一人に藤木忍(ふじきしのぶ)という武将がいたそうです。この藤木忍をイタコにして、私が藤木忍の中に入り、謙信と直接会話していたといいます。
 私はこの話を聞いて、謙信が毘沙門天(びしゃもんてん)を信仰していたことを思い出しました。
 それで私はもしかすると、毘沙門天と名乗っていたのではないですかと聞いたら、そうだと言われました。もちろん私は毘沙門天ではありません。どうやら謙信に信じ込ませるために毘沙門天の名を騙(かた)ってしまったようです。
 私に上杉謙信として行動した記憶があるのは、同じソウルグループで近い存在なので、謙信の記憶を共有してしまったからだといいます。もちろん当時ガイドとして傍にいたのも影響していたと思います。

 話を元に戻します。

 ゲリーさんから虎グループと言われたこともあり、私のトーテムアニマルは猫なんじゃないかと思っていました。
 ところが千さんの答えは、とても意外なものでした。

 なんと「白い馬」だというのです。
 私はたじろいでしまいました。これまでの人生で、白い馬どころか馬との接触など、ほとんどなかったからです。
 競馬場にも行ったこともありませんし、もちろん馬券を買ったこともありません。
 唯一あるとすれば、若い頃に那須に旅行して牧場見学をした際に、ニンジンを買って馬に食べさせたことがあったぐらいです。特別に馬に親しみを感じていたこともありません。

 私の当惑した顔を見て、千さんがこんなことを言いました。
 「5年前までは、猫でした」
 ほーら、やっぱり猫じゃん、と思ったのですが、でもなんで猫から白い馬に代わったのか不思議でした。
 千さんによると、その頃私はサイキック能力を身につけようとしていたといいます。それでトーテムアニマルが交代したというのです。私は5年前のことなのでよく憶えていないのですが、たしかにサイキック能力を身につけたいと思ったことはありました。
 ただしこれは珍しいことだそうです。
 トーテムアニマルが途中で増えたり交代することは、あまりないことだと言っていました。

 セッション後、家に帰り、なんで白い馬なんだろうと考えているうちに、あることを思い出したのです。
 私の記憶の中にある謙信が乗っていた馬こそ白馬だったのです。
 もちろん川中島決戦で、信玄を馬上から切りつけたときに乗っていたのも、その白馬でした。

 私と白馬との関係で、唯一思いついたのは謙信が乗っていた白馬でした。
 私は謙信ではないので直接ではないのですが、間接的に白い馬とは縁があるのかなと、思ったりしました。



私の松果体

 私は千さんのお爺ちゃんセッションを受ける際に、必ず聞くことの一つに松果体の大きさがあります。
 現代人の松果体は、使わなくなってしまったために萎縮してしまい、小さくなってしまっているといいます。現代人の平均は直径8〜9mmぐらいだそうです。
 それと比べて古代の縄文人は、直径30mmもあったといいます。それゆえ縄文人は、言葉を直接交わさなくても、テレパシーで交信できたという話を聞いたことがあります。
 私はサイキック能力を得るためには、松果体を復活させるのが必須と考えました。それで、松果体に溜まり易いといわれる石灰成分や水銀を除去するデトックスを行うとともに、松果体を活性化させる太陽凝視や松果体活性装置であるピネアルマジスタを掛けるようになりました。
 その効果があったのか、私の松果体は当初は順調に大きくなっていました。
 それに慢心したわけではないのですが、私はピネアルマジスタは続けていましたが、太陽凝視は止めてしまいました。仕事を始めたために、朝早く起きる太陽凝視が負担になってきたのです。夏の間は日の出の時間が早く、最も早い6月下旬には、朝4時半に起きないと日の出の太陽凝視はできません。
 それで私は、日の出の時間が遅くなる冬になったら再開することにして、太陽凝視を一時中断することにしたのです。
 それが影響したのでしょうか、私の松果体は直径22mm弱まで成長した後、ここ2ヶ月ほど、ピタリと成長が止まってしまいました。
 冬になって太陽凝視を再開したのですが、全然大きくなりません。
 もうこの辺が、私の限界なのかなあ、などと考えるようになっていました。
 しかし太陽凝視を始めてから、松果体が成長するときに感じる頭が突っ張るような感覚が戻ってきていました。千さんからは成長していないと言われていたわりには、自分なりに大きくなっている感じがしていたのです。
 そんな具合だたのですが、この1月のセッションのときに千さんから言われた数値にちょっと驚きました。
 「大きくなっています。25mmです」
 と言われたのです。
 私は心の中で思わず、ええっ! と叫んでいました。
 なんと一気に3mmも大きくなっているというのです。
 体積は直径の3乗に比例します。直径22mmのときと比べると、体積は1.46倍です。一番始めの8.5mmのときと比べると、なんと25倍もの大きさになったことになります。
 私は千さんに急激に成長したのは太陽凝視が原因ですかと聞いたら、そうだという答えです。
 うーむ、太陽凝視、恐るべしです。

 ちなみに松果体の成長に良いと言われた天然の山葵(わさび)とひじきですが、天然の山葵は手に入らないので摂れませんが、ひじきは毎日摂るようにしていました。その効果もあったのかもしれません。

 これを読まれている訪問者の中で、私が特殊だから松果体が大きくなったと思われている方もおられるかもしれません。
 それに対し私は自信を持って言いますが、私は特殊ではありません。私と同じことをすれば、誰でも同じように松果体は大きくなると確信しています。
 ただし日本人の一般的な食生活から離れなければなりません。私のようにデトックスのために添加物ゼロを目指すとなれば、それなりの覚悟は必要です。スーパーで大量に売られている、ほとんどの手軽で便利で安い加工品は食べれなくなります(私が常食している加工品は、豆腐と納豆ぐらいです)。
 さらに急激に食事を変えるというのは、ストレスも溜まります。
 それゆえ私は、外食をせざるを得ないときは、何でも食べてよいと決めています(驚かれるかもしれませんが、肉だって食べます)。すると案外これがストレスの発散となって、けっこう続けられるのです。ある意味いいかげんですが、これぐらい、いいかげんな方法が私には合っているようです。

 私が松果体にこだわるのは、サイキック能力の面だけではありません。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんがいう変容(シフト)には、松果体の活性化が必須であると考えているからでもあります。
 ゲリーさんは変容すると、DNAそのものが変わってしまうと言っています。
 そのDNAを変える指令を発する臓器が松果体だという説があるのです。

 ネットで松果体について調べると、神経伝達ホルモンであるメラトニンやセロトニンを発生するといった程度のことしか書いてありません。
 私は松果体は、人類の進化に必須となる極めて重要な働きがあるに違いないと思っていました。
 そうした記述を見つけたので、ここで紹介したいと思います。
 『アセンションの超しくみ』(サアラ著、ヒカルランド)から抜粋します。


 ・・・<『アセンションの超しくみ』、p150〜p154から抜粋開始>・・・

 人間は、太陽からの情報を脳の松果体でキャッチしています。細膜から吸収されて松果体に送り込まれる信号もあるのですが、実は、太陽粒子の中には、直接松果体に吸収されるものもあります。その情報は、顕在意識でとらえられることはなくても、宇宙の秩序に従うことができるようになっています。
 たとえば、大きな天変地異が起きるときなどは、顕在意識ではまったく予知していなくても、たくさんの人が何かを感じ取っていたことに後から気づきます。いつもと違う行動をしたり、衝動的に予定を変更する人や、どうしても体調が悪くなって、そこへ行く予定だった人が行くことができなくなったりするようなことが、同時多発的に起きるのです。
 これは、太陽がすべての人に、それぞれの魂の計画に合った行動を取ることができるよう事前に予告信号を送っているのです。

 不食、不眠、不老−−−ライトボディーへの変身を促進しているのは松果体!

 今後、この信号は、非常に強く人間の松果体に働きかけ、今まで抑圧してきた、脳機能を覚醒させ、不活性な状態を保ってきたDNAを活性化させ、逆に、機能する必要がなくなったDNAを不活性化させ、皆さんの肉体を、第二の体であるライト・ボディーにシフトチェンジできるように準備させます。
 皆さんは、実はふたつの体を持っています。ひとつは、最も低い振動数を持つ体で、一般的に肉体と呼んでいます。肉体は地球時間に縛られ、同時に複数の時間に存在したり、同時に複数の場所に存在したりすることができません。また、睡眠をとったり食べたり飲んだりしなければ、生命活動を継続し、肉体を維持することができません。
 しかし、通常は、あまり機能していないライト・ボディーに肉体をシフトさせると、人間は不食になり、水分さえ摂らなくても生き続けることができ、さらに暑さや寒さの影響も受けなければ、病むこともなく、望まなければ老いることもありません。
 そして、肉体とは違った高い振動数のボディーなので、同時に複数の時間や場所に存在することが可能です。にわかには信じがたいことですが、仙人が霞(かすみ)を食べて生きているとか、数千年も生きている、などという話を聞いたことがあるのではないでしょうか。仙人は伝説上の存在としかいえないかもしれませんが、仙人やマスター、聖者たちは実在してライト・ボディーで生きているので、そのようなことは可能です。そして、このボディーは、ありがたいことに皆さん全員に、いまだ不活性な状態ではありますが、装備されています。
 また、太陽からの信号は、皆さんのシャーマニックな意識活動を司るDNAをも活性化させ始めます。
 そうなると、初めは明晰夢(めいせきむ)といわれる夢を頻繁に見るようになり、非常に高い意識とアクセスしてたくさんの情報を受け取ることができ、前述したようなセントラルの学校で教育や訓練を受けている夢などを、非常に明確な意識を持って見ることができるようになります。
 夢の途中で目が覚めて、水を飲んだり、トイレに行ったりしても、またベッドに横になると夢の続きを見ることもでき、皆さんは、夢の次元とこの現実のふたつの次元を顕在意識的にも生き始めます。
 また、予知能力やシンクロニシティーというようなことはごく当たり前になり、自分自身の通常の意識であるエゴ意識以外の意識が働き始め、自分の目的や取り組みを理解しているような感覚を覚え始めるでしょう。そして、すべてのことは完璧に営まれていることも感じ始めます。
 そうなると、当たり前のように隷属的な待遇で生きてきた人たちはそのような人生を放棄し、突然に退職したり、退学したり、自分にとって必要のない行動を排除していきます。しかし、今はまだ、自分のそうした変化に戸惑いを感じたり、時には不安感を持ったりされている方も多いでしょう。
 さらに、この状態が進むにつれて、脳が新たなニューロネットを形成し始め、次第に新しい機能が始動します。脳は、それそのものが、勝手に機能するのではなく、脳は、あなたの意識によって機能します。太陽が、次々と新しい信号を送り、あなたの各オーラにそのエネルギーを伝えると、あなたの意識は変化します。そして、最後に松果体が受信すると、眠っていた脳が覚醒し、今皆さんが使っているコンピューター以上に精密で、しかもよりたくさんの機能と無限の容量を備えたスーパーコンピューターと化していきます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 変容(シフト)を目指さないのであれば、その機能を失い8〜9mmまで萎んでしまった松果体のまま放置していても問題ありません。
 しかし変容を目指し、新たな地球を見てみたいと願うのであれば、松果体を活性化させるのは最低限必要なことだと私は考えています。



妖精仕込みの果実酒

 先々週ですが、妖精仕込みの果実酒のモニター募集の告知をさせていただきました。
 スピリチュアルを志向される方は酒を飲まない人は多いですし、甘い酒が好きな方といった色々な条件を付けさせていただいたので、募集しても応募は少ないだろうと思っていました。
 1週間の募集期間で3名の応募を超えたら、選ばせてもらおうなどと悠長に考えていたら、告知して半日足らずで9名の応募があり慌てました。
 さらに募集を締め切ったにもかかわらず、その後5名の方から応募がありました。
 この場を借りて、たくさんの方々に応募していただいたお礼を申し上げます。

 有難うございました。

 千さんにもし募集期間を当初の1週間のままにしていたら、どのくらいの応募があったか聞いてみたら、100名に達しただろうという答えでした。
 早めに募集を打ち切って本当によかったと思います。
 それにしても妖精という言葉は、魔法のように人々に響くんだとわかりました。

 果実酒のモニターとして募集した3名の方には、リンゴとスモモ(小瓶)の果実酒を送らせていただきました。選にもれた方にも果実酒を味わっていただきたいと思い、7名の方にスモモ(小瓶)の果実酒を送らせていただきました。
 そして様々な反応をいただきました。
 大半は美味しいというものでしたが、中には不味いと言われた方もいました。
 やはり味の好みは人それぞれだということがわかりました。

 今回応募していただいた方ではないのですが、以前知人の方に味見してもらったところ、「辛い」という感想をいただいたことがあります。
 私からすると、これほど甘いのに、「辛い」と評価する人がいることが驚きでした。本当に、人によって味の感じ方は違うのだと実感しました。

 ちなみに私のゲリースクール時代の知人でアカシックリーディングをされている方に桃の果実酒の試飲をお願いして、いただいた感想を一つ紹介します。


 ・・・<果実酒の感想の抜粋開始>・・・

以下、感想です。
最初、桃の香りが薄っすら漂い、すっと、のどごし良くお酒は入りました。
その後、喉のチャクラ調整をしてくれました。
次の日、飲んでみたら
今度は第3チャクラ調整をしていました。
疲れている箇所をエネルギー調整しているように感じました。
悪酔いもなくすっきりと、
私は毎回一杯だけですが、美味しく頂きました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これまで色々な方に試飲をお願いしたのですが、いただいた感想の中に「チャクラ調整」という言葉が入っていて、ちょっとびっくりしました。
 私はこのメールを読んで、思わず心の中で、この感想を送ってくださった方に、「さすがです。恐れ入りました!」と言ってしまいました。

 この妖精の果実酒の特徴を2つ挙げたいと思います。
 一つは味がどんどん変わっていくことです。一般に市販されている酒は、長期間保存してもあまり味が変わりません。
 でもこの果実酒は、果実を取り出し冷蔵庫に安置していても、どんどん味が変わっていってしまうのです。
 これに千さんが驚いていました。
 「味が変わっていくんですね〜」と言っていました。

 もう一つの特徴が、二日酔いしないことです。
 私の知人で酒豪の女性がいて、彼女に500mlを試飲してもらったのですが、なんと1晩で空けてしまったそうです。
 アルコール度数は30度くらいあると思うので、ちょっと弱めのウイスキーといったところです。
 その500mlを1晩で空けるなんて、大酒飲みの私でもやりません。
 その女性が言っていたのは、「翌日、全然二日酔いしなかったよ」です。
 これは私も感じていて、不思議と悪酔いしない酒だなと思っていました。それだけに飲みすぎてしまうのが難点でもあります。
 今は冬なので果実があまりなく、新たな仕込みはしていません。
 この前、お爺ちゃんが勧めていた渋柿を漬けたのが最後です。

 暖かい季節になり、新たな果実が採れるようになったら、また再開しようと思っています。

 以下の写真は、セッションで妖精たちの希望を聞いたら、割り箸で階段を作ってほしいと言っていたのに応えたものです。
 当初は割り箸で作るつもりだったのですが、割り箸は先端が細くなっていて、太さが均一でありません。
 それで工作には不向きなので、ホームセンターに行って木の材料を買ってきて作ったものです。
 何十年かぶりの工作です。
 果実酒造りに励んでくれている妖精たちへの私のささやかなお礼です。

 千さんに聞いたら、妖精たちはこの木製の階段を喜んでくれているとのことで、階段を降りたり、途中で座ったりして遊んでいるとのことでした。






食品に残留する次亜塩素酸ナトリウム...2015年1月18日

 私は今、添加物ゼロの食生活を目指しています。
 「目指す」と表現したのは、あくまでも方向性を言っているのであって、実際は添加物の入った食べ物を食べているからです。
 スーパーで食品を買う際は、必ず添加物が入っていないか確認するようにしています。
 そうなるとほとんどの加工食品は買えなくなります。必然的に、野菜や生鮮食品となってしまいます。
 一般に魚介類のような生鮮物には、添加物は使われないことになっているようです。生魚の切り身のパックのラベルを見てみても、添加物は記載されていません。
 それゆえ私は、サンマとかサバの切り身を買ってきては、焼いて食べていました。
 ところがサンマを焼いて食べた後に、具合が悪くなることがあったのです。
 以前はそんなことはなかったのですが、食べた後になんとも言えない気持ち悪さがするようになったのです。そうしたサンマは、見た目は新鮮そうなのですが、味も美味しくないのです。
 私はサンマの種類があるのかもと思い、別のスーパーに行ってサンマを買ってきて試してみました。
 するとやっぱりそのサンマも美味しくないし、食べた後に気持ち悪くなるのです。

 私は、魚屋で働いていた知人の言葉を思い出しました。
 その知人が働いていた魚屋では、魚を仕入れると、魚が入った箱にスコップで薬を撒いていたそうです。それも知人の言葉を借りれば、「すごい量」なんだそうです。その薬剤が何かを聞きそびれてしまったのですが、おそらく魚の鮮度を保つための酸化防止剤、防腐剤のようなものだと思います。
 そうした薬剤が魚に残留していて、私が具合悪くなったのかなと思いました。
 千さんのおじいちゃんセッション(注0)で聞いたら、やはり魚に残留した薬剤が原因だと言われました。そしてその薬剤は、法律により記載しなくてもよいことになっているといいます。

 サンマでは気持ち悪くなるので、気持ち悪くならない魚はないかと探してみました。
 するとロシア産の天然物の鮭の切り身だと、気持ち悪くならないし、美味しくいただけることがわかりました。ロシア産の鮭は、塩分量の差だと思いますが、辛塩、中塩、甘塩と3種類売られています。辛塩、中塩を試してみましたが私の好みは辛塩の方で、最近はもっぱら辛塩を食べています。

 それにしてもサンマに残留している薬剤が何かということが気になりました。いつか機会があったら、それを突き止めたいと思っていました。
 そんなときに読んだ本が、『体を壊す10大食品添加物』(渡辺雄二著、幻冬舎新書)です。
 その中に、魚貝類や野菜などの殺菌の目的で使われている次亜塩素酸ナトリウムの記述があったのです。
 私はそれを読んで、ピンとくるものがありました。
 「これだ!」と直観で感じたのです。
 本を読み進めてみると、ますます確信を深くしました。
 まず次亜塩素酸ナトリウムは殺菌の目的で使用されるため、後で洗い流すことを前提として、パックに記載しなくてもよいのです。
 そしてその毒性ですが、人間の致死量がなんと茶さじ1杯だといいます。
 恐るべき毒性です。微量に残留していたとしても、身体に大きな影響を与えるのは必然です。
 私がサンマを食べた後に具合が悪くなったのは、当然だったと言えます。むしろ他の人々は、気持ち悪くならないのだろうかと思います。社会問題化しないのが、不思議なくらいです。
 では『体を壊す10大食品添加物』から、引用して紹介します。


 ・・・<『体を壊す10大食品添加物』、p103〜p106から抜粋開始>・・・

 第7節 ヒト推定致死量が茶さじ1杯の殺菌料・次亜塩素酸ナトリウム

 居酒屋のつまみに多用される、殺菌力が強い添加物

 仕事の帰りに居酒屋で「一杯やる」人はとても多いと思います。会社の同僚や上司、部下と飲む時もあるでしょうし、一人静かに飲む時もあるでしょう。居酒屋もいろいろあって、個人が経営する小さな店もありますし、全国的な居酒屋チェーンもあります。
 一日の疲れを癒し、明日への活力を与えてくれるはずの居酒屋なのですが、なかには変な味のする、安全性の不確かなさ肴(さかな)を出す店があるので注意してください。
 というのも、殺菌料の次亜塩素酸(じあえんそさん)ナトリウムが安易に使われているからです。これは、プールの消毒に使われている化学合成物質です。〔力ビキラー〕や〔ハイター〕の主成分でもあります。これまで私は何度も、次亜塩素酸ナトリウムが使われた料理を口にしたことがあります。
 最近、千葉県船橋市のある大衆居酒屋に入った時のことでした。そこは、料理が低価格で、しかもおいしいということで、とくに勤め帰りのサラリーマンに人気がある店でした。ちなみに、ビールの大瓶が480円という低価格です。
 私はビールを飲みながら、刺身やコロッケなどを食べていたのですが、「キスの天ぶら」というメニューが目に留まりました。キスの天ふらは、やわらかくて独特の味わいがあるため、天ぷらのなかでもとくに好きな料理です。ただし、実はキスには次亜塩素酸ナトリウムが使われていることが多いのです。おそらく傷みやすい魚なので、それを防ぐために使われているのでしょう。私はこれまでに天ぷら店で、何回も次亜塩素酸ナトリウムが使われたキスの天ぷらを口にしたことがあり、警成心を抱いていました。
 ただし、その店は値段が安い割にはとても新鮮な刺身を出していたので、「キスには次亜塩素酸ナトリウムが使われていないかもしれない」というかすかな期待を持って注文してみました。

 「キスの天ぷら」に急性毒性が強い添加物が混入

 しばらくしてキスの天ぷらが出てきました。私は多少不安を感じましたが、思い切って口のなかに入れました。ところが、残念ながら、あの次亜塩素酸ナトリウムの薬っぽい、少し酸っぱいような嫌な味がしたのです。「この店でも使われているのか」と私はため息をつきました。
 おそらく仕入れたキスに、すでに次亜塩素酸ナトリウムが使われていたのだと思います。ですから、次亜塩素酸ナトリウムの使用によほど注意を払っている人でない限り、それが添加されたキスを使ってしまうということになるのです。
 次亜塩素酸ナトリウムは、最も急性毒性の強い添加物です。マウスを使った実験では、その半数を死亡させる量が体重1kgあたり0.012gというデータがあります。これに基づいたヒト推定致死量は、わずか茶さじ1杯です。また、成長期のラットに次亜塩素酸ナトリウムを飲料水に混ぜて投与した実験では、2週間投与では0.25%以上、13週間投与では0.2%以上の混入で、著しい体重増加抑制が認められました。おそらく胃や腸が荒れて、食欲不振や消化不良に陥ったのでしょう。人間が食べ物と一緒に摂取した場合も、食道や胃や腸などの粘膜が傷つくことは間違いないでしょう。
 このほか、人間の場合、次亜塩素酸ナトリウムを常用する洗濯業者に皮膚炎が見られたとの報告があります。皮膚の細胞を破壊したためと考えられます。
 次亜塩素酸ナトリウムは、魚介類や野菜などに殺菌の目的で使われていますが、分解されて食品には残留しないという前提で使われているため、表示が免除されています。そのため、使われていても分からないという状況なのです。
 ただし、実際には次亜塩素酸ナトリウムは食品に残留しているのです。
 そして、残っていた場合、独特の味がします。薬っぽいような、塩素臭いような、少し酸っぱいような、何ともいえない嫌な味です。おそらく、体にとって害があるからでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次亜塩素酸ナトリウムの使い方ですが、2通りあるようです。
 1つはまな板や包丁のような調理器具の殺菌のために使い、その後に洗い流す方法です。この場合、もし洗い流し方が不完全であれば、その後に調理した魚などに次亜塩素酸ナトリウムが付着してしまうそうです。
 もう1つが、殺菌のために食材を次亜塩素酸ナトリウムの水溶液の中に漬けこんでしまうやり方です。この場合も後で洗い流すのですが、完全には洗い流すことが出来ず、次亜塩素酸ナトリウムが付着してしまうそうです。

 では次に残量した次亜塩素酸ナトリウムを含む食材が、どのような経路で私達の口に入るかを紹介します。
 スーパーだけではなく、様々な場所で次亜塩素酸ナトリウムは使われているようです。お土産類、居酒屋チェーン店、回転寿司チェーン店、レストランなど多岐に渡っています。
 ですからよほど気を付けていない限り、知らず知らずのうちに私たちは大量の次亜塩素酸ナトリウムを体内に取り入れているということです。
 少し長くなりますが、その辺の様子を再度『体を壊す10大食品添加物』から抜粋して紹介します。


 ・・・<『体を壊す10大食品添加物』、p106〜p116から抜粋開始>・・・

 食品に表示せず、聞かれて添加物の使用を認める業者たち

 次亜塩素酸ナトリウムは、スーパーで売られているパック寿司にも混じっていることがあります。2007年の夏のことでした。近くの地元スーパーで、トレイに載ったイカの握り寿司を買ってきて食べました。すると、あの嫌な味がしたのです。そこで、そのスーパーに電話すると、寿司を作った担当者が出てきて、「まな板や包丁などの消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使っていて、それがイカについてしまったのでしょう。申し訳ありません」と言って、謝りました。
 スーパーの魚売り場や食肉売り場で、プーンと鼻を突く消毒薬の臭いをかいだ経験のある人は少なくないと思います。次亜塩素酸ナトリウムで、調理器具を消毒しているからです。使った後きちんと水で洗い流さないと、剌身や寿司、食肉などに殘留してしまうケースがあるのです。
 それから、もう何年も前になりますが、講演で京都に出かけて、その帰りに新幹線で奈良名物の柿の葉寿司を食べた時のことでした。柿の葉寿司は味がよく、また柿の葉の殺菌力を利用して保存料を使っていないため、私は好んで食べていました。
 ところが、鯛寿司を口に入れた時、あの嫌な味がしたのです。すぐに次亜塩素酸ナトリウムであることが分かりました。そこで、新幹線のなかから、製造会社に電話をしました。すると社長が出てきたので、私は自分が『買ってはいけない』の著者であることを名乗って、鯛の寿司に次亜塩素酸ナトリウムを使っていないか、問いただしました。
 すると相手は、鯛の場合、仕入れた段階ですでに次亜塩素酸ナトリウムが使われていることを認めました。その後、私の所にその方から手紙が届き、今後今回のような残留が起こらないように改善を図っていく旨が書かれていました。
 そのさらに数年前にも、こんなことがありました。近くのスーパーで緑と赤と白の3色の海藻セットを買いました。体によいと思って食べていたのですが、白い海藻を食べた時に嫌な味がしました。私は、表示にあった大分県の販売会社に電話をしました。すると、白い海藻に次亜塩素酸ナトリウムを使っていることを認めました。しかし、その表示はまったくありませんでした。

 チェーン店居酒屋の力二にも消毒薬の臭いがプンプン

 この節の冒頭で大衆居酒屋のキスの天ぷらの例を紹介しましたが、次亜塩素酸ナトリウムは、実は全国展開するようなチェーン店で使われることが多いのです。チェーン店の場合、1店舗でも食中毒を出せば、全体の責任となって、売り上げが急激にダウンする恐れがあります。場合によっては、倒産することもあるでしょう。ですから、食中毒を何としても防がねばならず、過剰防衛になっているのです。そのため、安易に次亜塩素酸ナトリウムが使われているのです。
 1年ほど前、家の近くの大手居酒屋チェーンに入った時のことでした。誰もがその名を知っている居酒屋です。メニューに焼きガニがあったので頼んだのですが、出された瞬間から消毒薬の臭いがプンプン漂っていました。殺菌料の次亜塩素酸ナトリウムの臭いに間違いありませんでした。
 試しにそのカニを口に入れてみると、やはり次亜塩素酸ナトリウムの味がしました。塩素っぽい、ちょっと酸っぱいような味です。私はすぐに店長にそのことを告げて、料理を下げさせました。店長は何度も謝って、もちろんお金はとりませんでした。
 その店はいちおう板前はいたのですが、食材は本部のほうから決まったものが入ってくるので、そんなカニが出されてしまったのでしょう。こうした力二なら、殺菌されているためなかなか腐らないので、長期間使うことができるわけです。また、菌の繁殖を抑えるため、食中毒を防ぐこともできます。
 私の場合、次亜塩素酸ナトリウムの臭いや味が分かりますから店長に申し出ましたが、おそらく分からない人はそのまま食べてしまうでしょう。それを食べて胃などが多少荒れたとしても、病原菌による食中毒のように、すぐに明らかな症状が出るわけではありません。それなら営業停止になってしまう食中毒を徹底して防ごうということで、殺菌料が使われるのだと思います。

 回転寿司で乱用される次亜塩素酸ナトリウム

 キスの天ぷらやカニのほかにも、カレイの煮つけなども消毒薬臭いことがあります。また、お寿司のエビなどもそうです。これらは、料理店が仕入れる前から、次亜塩素酸ナトリウムで殺菌処理が行なわれているのです。
 以前、家の近くの寿司店に入った時のことでした。握りのセットを頼んで、けっこうおいしく食べていたのですが、ゆでた車エビの握りを食べた時、またあの消毒薬っぽい、嫌な味がしました。おそらく寿司店が仕入れる前の段階で、エビに次亜塩素酸ナトリウムが使われていたのだと思います。ちなみに、知り合いの女性が子どもと、同じ寿司店でエビの握りを食べたところ、子どもが「プールの消毒薬の臭いがする」と言って、食べなかったそうです。この店は個人が経営していますが、板前の意識が低いと、こうした食材を平気で仕入れて出してしまうのです。
 回転寿司のお店でも、密かに次亜塩素酸ナトリウムが使われています。(東京都新指区にある回転寿司店に入った時のことでした。そこは高級ネタをウリにしていて、あわびが好きな私は、さっそくあわびの握りが2つ載った皿を取って、一つを口のなかに放り込みました。すると、消毒薬の味がしたのです。
 すぐに私はトイレに駆け込み、それを吐き出しました。近くに座っていた客や寿司を握っていた人は何事かと驚いた顔をしていましたが、仕方がありません。私はトイレから出てきて、すぐに勘定を済ませると、その店を出ました。
 そのあわびにも次亜塩素酸ナトリウムが使われていたのです。一般に食品添加物は生鮮物には使えないことになっていますが、あわびを味つけして袋に入れれば加工品になりますから使えることになります。保存の目的で添加されていたのでしょう。回転寿司店に納入される前の段階で、すでにあわびに添加されていたのだと思います。
 前述のように次亜塩素酸ナトリウムの場合、それを食品に使っても、残留しないという理由で表示が免除されています。それをいいことに加工業者は安易に次亜塩素酸ナトリウムを使っていて、店側もそれを平気でお客に出しているようです。しかし、実際には食品に残留していて、消費者は知らない間にそれを食べてしまっているのです。
 東京駅のなかの回転寿司店でも似たような経験をしました。マグロの握りが2つ載った皿を取って、一つを食べた時、やはり次亜塩素酸ナトリウムの味がしました。マグロはその場で切られていたので、この場合は、おそらくまな板の消毒に使った次亜塩素酸ナトリウムが残留していたのだと思います。
 回転寿司店の場合、大量のお寿司を作って販売しています。それだけ食中毒を起こすリスクも高いわけで、どうしても過剰防衛になって、消毒に次亜塩素酸ナトリウムがたくさん使われてしまうのだと思います。もちろん次亜塩素酸ナトリウムを使っていない回転寿司店もあると思います。また、使っていても水できれいに洗い流している店もあると思います。そうすれば、次亜塩素酸ナトリウムは残留せず、嫌な臭いや味はしないのですが……。

 スペイン料理店の魚介類にも添加物臭がプンプン

 次亜塩素酸ナトリウムは、レストランでも密かに使われています。東京都荒川区にあるスペイン料理の店に、ある出版社の女性編集者と入った時のことでした。彼女はその店に何度か来ているらしく、いくつか料理を注文して、最後に代表的なスペイン料理であるパエリアを注文しました。
 注文した料理が次々に出てきて、そして、大きな皿に盛られた黄色いパエリアがテーブルの上にトンと置かれました。ところが、その臭いをかいで驚きました。次亜塩素酸ナトリウムの臭いがプンプン漂っていたのです。
 パエリアはご存じのようにエビやイカ、ムール貝などを使った混ぜご飯ですが、これらの食材は最も傷みやすく、食中毒を起こしやすいものです。そのため、どうやら次亜塩素酸ナトリウムの液に漬けてあったようです。そこで、私は、「これはちょっと臭いですよ。食べるのはやめたほうがいいと思います」と言いましたが、女性編集者はここのパエリアを何度も食べているらしく、「そうですか? いつもこんなものですよ」と一人で全部パクパク食べてしまいました。
 これには驚いたのですが、この例でも分かるように、意識していないと、次亜塩素酸ナトリウムが残っていても分からないのです。おそらく同じように知らずに食べている人も少なくないでしょう。そういう人は、自分でも気づかないうちに胃が荒れていると考えられます。
 このほか、家の近くの割と高級なレストランで食事をした際にも、エビ料理を口にした時、やはりあの嫌な味がしました。多分仕入れた食材にすでに次亜塩素酸ナトリウムが使われていたのだと思います。また、ラーメンの上に載っているメンマに次亜塩素酸ナトリウムが残っていたこともありました。これは、東京都内の何店かでありました。メンマはほとんど中国から塩漬けになったものが輸入されていますが、さらに保存性を高めるために次亜塩素酸ナトリウムが使われているようです。
 居酒屋や天ぷら店、寿司店、レストランなどで出された料理がプールの消毒薬のような臭いがしたり、薬っぽい味がした場合は、次亜塩素酸ナトリウムが残留している可能性が高いので、食べるのはやめたほうがよいでしょう。
 なお、居酒屋や寿司店などで安心して料理を食べるためには、しっかりした板前のいる個人経営のお店をお勧めします。そうした店は、板前自らが市場に出かけて、新鮮でよい食材を仕入れ、調理して出してくれるからです。次亜塩素酸ナトリウムによる消毒のこともたいてい知っていて、そうした食材は仕入れないようにしています。ただし、個人経営でも、私の家の近くの寿司店のように意識が低い板前だと、次亜塩素酸ナトリウムが使われた食材を平気で仕入れて出してしまいますので、注意しなければなりませんが……。

 カット野菜、野菜サラダも注意!

 次亜塩素酸ナトリウムは、コンビニやスーパーなどで売られているカット野菜や野菜サラダにも使われています。それらは袋や透明のカップに入れて売られていますが、通常その前に次亜塩素酸ナトリウムを溶かしたプールに浸して消毒されているのです。葉などに付着した細菌を殺して日持ちをよくし、食中毒の発生を防ぐためです。また、野菜をシャキッとさせる効果もあるようです。
 野菜を消毒する際には、もちろん次亜塩素酸ナトリウムの原液を使うのではなく、水に薄めて使いますが、食品工場で野菜を洗浄している人が、目に刺激を感じて、その職場で働けなくなったという話を聞いたことがあります。それほど次亜塩素酸ナトリウムは刺激性があるのです。前述のように次亜塩素酸ナトリウムを常用する洗濯業者に皮膚炎が見られたという報告もあります。
 通常は野菜を消毒した後、水で洗い流すはずですが、洗い方が不十分であれば、次亜塩素酸ナトリウムが残留してしまうことになります。そうした野菜を食べれば、次亜塩素酸ナトリウムも一緒に摂取することになり、食道や胃の粘膜を刺激して荒らすことにもなるでしょう。もしカット野菜やサラダを口にして、消毒薬のような嫌な味を感じたら、食べるのはやめたほうがよいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以前書いた話ですが、私が知人に食品添加物ゼロの生活を目指していると言ったら、「そんな細かいことを気にしていてもしょうがない」と非難されたことがありました。
 その知人は、「細かいこと」と表現しましたが、茶さじ1杯が致死量という猛毒物を私たちは常日頃から体内に取り入れているという事実を知らないだけだと思います。もし知っていたら、「細かいこと」などとは言えないだろうと思うのです。
 またレストランで食事していて、特に消毒薬のような嫌な味を感じたこともないので、平気だと主張する人もいるかもしれません。
 それは単にその人が、次亜塩素酸ナトリウムに対するセンサー機能が欠如しているだけだと思います。たった茶さじ1杯が致死量という毒物を何十年も摂取し続けて、影響のない人間が存在するとは思えないからです。
 そういう人は、ある日突然、胃潰瘍や胃癌といった病気に襲われることになるのでしょう。

 千さんのお爺ちゃんセッションで確認したのですが、やはり私がサンマで気持ち悪くなったのは、残留した次亜塩素酸ナトリウムが原因だったそうです。
 まな板の洗浄での残留か、それとも直接サンマを次亜塩素酸ナトリウムの水溶液に漬けたのか聞いたら、水溶液に漬けた方だといいます。そしてこのように殺菌のために魚介類を次亜塩素酸ナトリウムの水溶液に漬けているスーパーは、すべてとは言わないが多いんだそうです。
 全く鳥肌が立つ思いがします。

 ちなみに私が食べて平気なロシア産の天然鮭ですが、辛塩、中塩、甘塩のうち、辛塩と中塩は次亜塩素酸ナトリウムの水溶液に漬けていないそうです。
 しかし甘塩は漬けているそうです。おそらく甘塩は塩分量が少ないので、殺菌のために漬けるのだと思います。
 天然の鮭なので高いと思われる方もおられるかもしれませんが、ご安心下さい。
 貧乏な私が普段から食べているものですから、高いはずがありません。鮭の切り身が2つ入ったパックで320円です。ですから切り身1つが160円で、庶民的な値段です。
 次亜塩素酸ナトリウムの害を心配される方は、ロシア産の天然鮭の辛塩と中塩をお勧めします(付け加えると、マグロなどの大型魚には水銀が問題となりますが、ロシア産の天然鮭は大丈夫とのことです)。
 ただしこれは私の近所のスーパーでの話で、他の地域のスーパーでは違うやり方をしているかもしれないので、その辺の保証はできないのですが。

 最後に話題をもう一つ紹介します。
 私は食品添加物ゼロの生活を目指しているせいか、残留農薬に関しても身体が敏感に反応するようになりました。
 スーパーや八百屋で買った紅玉という種類のリンゴを食べても、気持ち悪くなるようになったのです。これはひょっとすると欧米に比べて残留農薬の基準値が数倍から数千倍も甘いといわれる、有機リン酸系のネオニコチノイドが原因ではないかと思ったのです。
 千さんのお爺ちゃんセッションで聞いたら、やはりそうだという答えでした。
 私が寂しそうに、「もう私はスーパーでリンゴを買えなくなってしまったのですね……」と呟いたら、哀れと思われたのか、リンゴを食べる方法を教えてくれました。
 まずネットで減農薬で育てられたリンゴを買います(わけあり減農薬リンゴなら安く買えます)。
 そのリンゴを乾燥したおからの中に入れ、寒い場所で3日間漬けるそうです。
 そうすれば残留農薬の影響をほぼ除去できるといいます。私が食べても気持ち悪くならないと教えてくれました。
 今度試してみようと思っています。



動物と会話する女性...2015年1月6日

 今回は動物と会話できる、アメリカ人のキーシャ・クローサー(別名リトル・グランドマザー)という女性シャーマンの話を紹介したいと思います。
 動物と会話できるといっても、驚く人はほとんどいないかもしれません。私自身も、ペットの問題をその動物と会話して解決するというテレビ番組を観たことがあります。
 それゆえこうした特殊な能力は広く知られていると思います。

 でもここでキーシャ・クローサー氏を紹介したいと思ったのは、動物と会話する能力だけではなく、その他にも私の知らないことがあったからです。
 その一つがアニマルトーテム(トーテムアニマル)です。
 人それぞれに一つの守護動物があって、彼女には胸の真ん中にそれが見えるといいます。
 可愛がっていた動物が死んで、その動物のスピリットが飼い主のそばにずっといるという話は聞いたことがあります。でも、誰でも必ず1匹以上の動物のスピリットが付いていて守護しているとなると、アニマルトーテムというのはペットのスピリットとは意味合いが違うようです。
 私は神秘家ゲリー・ボーネルさんの学校に2年間通っていたのですが、こうした話は聞いたことがありません。ゲリーさんは人間のアカシャには入れるが、動物のアカシャには入れないと言っていたので、人それぞれ得手不得手があるということなのかもしれません。

 さらにキーシャ・クローサー氏は、動物は人間に常にメッセージを伝えようとしているといいます。
 こうした話も私には新鮮でした。

 ではまずキーシャ・クローサー氏が、幼い頃に動物の声を聞いた体験を、『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』(ヒカルランド)から紹介したいと思います。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p34〜p36から抜粋開始>・・・

 幼い私には動物が何を感じ、何を求めているかが分かりました。味、手触り、色彩、感情として感じとれるのです。動物の感覚に心の波長を合わせると、言葉によらない会話を通じてなだめてやることもできるし、遠くから動物を感じとることもできます。もちろん、何か特別な訓練を積んだわけではありません。物心ついたときには、もう、助けを求める動物の声が聞こえるようになっていました。
 もう何年もまえになりますが、家族でテレビを見ていたとき、突然、ものすごい胸騒ぎに襲われたことがあります。子羊たちが野犬の群れに襲?されているような気がして不安でしかたありません。それでも私は動きませんでした。裏手からは何の物音も聞こえてこないので、気のせいだと思い直しました。ところが、再びテレビを見ていると、突然、大きな声で「早く!」と命じられたのです。飛び起きて、家族の顔を見回したのですが、誰も命令を耳にしていないようです。
 私は、ようやく意を決して外に出ることにしました。羊たちの様子を見れば安心できるかもしれません。ところが、裏口を開けたとたんに飛び込んできたのは、驚愕の光景でした。胃が縮みあり、膝の力が抜けていきます。なんと、大好きな子羊のアビーが、野犬の口からだらりと垂れ下がっているではありませんか。真っ白いはずの体が血に染まっています。私が大声で父を呼びながらアビーに駆け寄ると、野犬はアビーを落として一目散に逃げて行きました。アビーは、のどと小さな体じゅうに深い咬み傷を受け、力なく横たわっていました。
 それから何日も、何週間も、姉や弟たちと交代で看病した甲斐があって、アビーは元気になりましたが、あの日以来、私は動物の声が聞こえてきたら、必ず真剣に耳を傾けることにしています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 キーシャ・クローサー氏は動物と会話できるだけでなく、目の前に動物が見えず遠く離れていても、その動物の存在が感覚でわかるといいます。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p36〜p37から抜粋開始>・・・

 親しい人たちは、私が遠く離れた動物の存在を言い当ててしまうことにも驚いているようです。ハイウェイを車で走っているとき、1キロメートルほど先の路上にへラジカがいるのが分かったり、茂みの中にクマやウサギやタヌキがいるのを感じたりします。動物にはそれぞれに特有の味と感触があって、近くにいると何の動物かが分かるのです。うまく説明できませんが、さまざまな感覚が混ざり合ってやってきます。
 たとえば、フクロウの場合、苦くて濃いチョコレートの味と、深みのある紫色、しわ出し加工を施したビロードの手触りを感じます。いくつかの感覚が組み合わさって、動物の種類、性別、居場所までの距離を教えてくれます。さらに神経を集中させれば、相手が何を感じ、何を言いたいのかも分かります。フクロウとは対照的に、ヘラジカは樹皮や乾いた草のような味がします。
 これがどういう仕組みなのか、いずれ科学的に解明される日がくるかもしれません。自分では何が何だか分かりませんが、ともかく、突然、複数の感覚のミックスしたものが、動物の種類や居場所を教えてくれることだけは確かです。
 自分で冗談めかして「動物探知機」と呼んでいるこの感覚を、夜間はつねにオンにしておきます。誰かの車に乗せてもらっているときなど、2つ先のカーブにヘラジカが立っているのを感じて、突然、スピードを落とすように叫ぶこともあります。この風変わりな習性は何度も役に立ってきました。とくにニューメキシコ州のサンタフェやサンアントニオ山のような場所では、夜間になると車とへラジカの衝突事故が多いのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、キーシャ・クローサー氏が野生のヘラジカの群に迎え入れられた話です。
 ヘラジカの群は子どもたちを真ん中に集め、大人たちの体温で彼らを守って眠るそうです。その輪の中に入れてくれたというのですから、稀な体験と言えると思います。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p38〜p39から抜粋開始>・・・

 標高2500メートルのコロラドの冬はとても厳しいものです。それでも、私は上着1枚とバックパック1個といういでたちで、お湯を沸かすためのコーヒー豆の空き缶1つとありったけの食料−−−たいていはジャガイモが1個か2個、オレンジが1個、豆の缶詰が1缶ほど−−−かき集めて出かけたものです。自分で炉を組んで火を起こしたのを覚えています。
 父からコツを教わってからは、たき火を囲むのに使った石を衣服の中に入れ、まだ熱の残る地面に横になり、寒さをしのぐようになりました。そこまで寒くない晩には、土や木の葉をかけて地中にもぐるようにして眠ったものです。本当に毛布を掛けているような心地よさでした。
 ヘラジカに助けられたこともあります。一帯には18頭か19頭ほどが住んでいて、私は、川向こうのハコヤナギのトンネルに向かう途中で群れをよく見かけました。夜になると、彼らは丈の高い柔らかな草地をねぐらにしていました。こちらが彼らのペースに合わせてゆっくり動くと、群れに受け入れてくれ、若いへラジ力たちの中で眠らせてくれたものです。
 動物たちは感情だけでなくボディ・ランゲージでも会話します。私が観察するようにしていたのは、ヘラジカの耳がピンと立っているか、それともリラックスしているかでした。あるいは、母親たちが地面を踏み鳴らしているか、それともゆったりと動いているか。母親が私に向かって大声を上げたら、引き下がって腰を下ろします。
 何よりも重要なのは眼です。母親の眼をじっと観察していると、警戒感や恐怖がしだいにやわらぎ、のんびりと眠そうな目つきに変わっていくのが分かります。群れに足を踏み入れるのは、そうした変化を見届けてからでなければなりません。
 ヘラジカはいつも子どもたちを真ん中に集め、大人たちの体温で彼らを守ります。私が凍死せずに済んだのも、ヘラジカたちが輪の真ん中に入れてくれたおかげです。あのへラジカたちは、成長した子どもたちを含めて、今でも私にとっては家族同然です。
 こうして大人になってからも、私は何度か群れの様子を見に足を運んでいます。群れの大半は私を避けるようになりましたが、ときおり、年老いた母親の1頭が受け入れてくれることがあります。すると、あの頃と変わらない、かすかなボディ・ランゲージで語りかけてくるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 キーシャ・クローサー氏の守護動物の一つが、ミミズクだといいます。
 キーシャ・クローサー氏とミミズクのエピソードを紹介します。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p40〜p42から抜粋開始>・・・

 地球上のあらゆる生物はメディスン(癒しをうながすための特別な力)を携えていて、「スピリチュアルな助け」、「導き」、「愛」を人間に提供しようとしています。ただし、人間の側はそれをほとんど認識していません。
 私は人前で儀式や話をする際にミミズクの爪のネックレスを下げていますが、それは単なる記念品やお守りではなく、人生を大きく変えてくれた大親友からの特別なメディスンです。
 私の人生にはたびたびミミズクがかかわってきました。とくにアメリカワシミミズクとは深い縁があります。子どもの頃、家の向かい側の林にアメリカワシミミズクの一家が住んでいました。最初に一家の存在を教えてくれたのは曾祖母でした。大きな松の林のそばに自生しているアスパラガスを採りに行くとき、曾祖母と手をつなぎ、木を見上げると、見たこともない美しいアメリカワシミミズクのオスが枝に止まっていました。その瞳に私はすっかり魂を射貫かれてしまいました。私とミミズクは互いにひと言も発せず、身動きもせず、うっとり見つめ合っていました。
 そのミミズクは、我が家の玄関のすぐそばにある大きな松の木をすみかにしていました。雛鳥の頃からそこで育ち、やがて伴侶を得て、自分の巣をつくるようになったのです。毎年、つがいでやってきては雛をかえしていました。私が原野に遠出する際に空を見上げると、必ず頭上を飛んでいたものです。いっこうにそばを離れようとせず、近くの枝に止まったりしては、ときおり食べ物を運んでくることもありました。たいていはネズミでしたが、一度だけ、魚の切れ端をくれたことがあります。ネズミをプレゼントされた私は、「おいしい」と言いながら、盛大にかじるふりをしてから、彼におすそ分けしました。ミミズクからのいじらしいまでの友情を、どうして拒絶することなどできるでしょう。とはいえ、どんなに大切な親友からの贈り物でも、さすがにネズミを食べる気にはなりませんでした。
 ミミズクは私にとって守護動物の1つです。守護動物たちの思いやりと優しさには、どれほど感謝してもしきれません。とりわけ親友となったミミズクは、この世を旅立つ間際に、かけがえのない贈り物を残してくれました。
 14歳の頃、祖父の古びた農場の庭をぼんやりと歩いていたときのことです。突然、「ヒューッ」という音がしたので振り向くと、いつものミミズクがものすごい勢いで胸にぶつかってきました。どうにか体勢を立て直してミミズクをつかまえると、その体は硬直し、かぎ爪が私の胸にくい込んだまま離れません。そっと抱きしめてやると、心臓のかすかな鼓動が感じられました。やがてミミズクは静かに息を引き取りました。
 今でも私の心臓の上あたりには傷跡が残っています。そして、あの日以来ずっと、ミミズクがくれた爪を首から下げているのです。親友は最後の瞬間を私に看取らせてくれたうえ、この体と心に深く思い出を刻んでいきました。
 あのミミズクはいまだにかけがえのない友だちです。それに私の人生とミミズクたちのあいだには切っても切れない縁があり、こちらが本当に困っていると、決まって彼らはやってきます。気配を感じた私がさっそく外へ出て声をかけると、案の定、暗闇の向こうから、あの優しくてなつかしい声で応えてくれるのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では誰でも必ず1匹以上は付いているというアニマルトーテムの話です。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p44〜p45から抜粋開始>・・・

 一人ひとりの胸の真ん中に、特別な動物がガイドとしてついています

 どういうわけか私には、人の胸の真ん中に特定の動物が見えます。シャーマニズムやネイティブ・アメリカンの霊性に関する本を読んだことはありません。巷(ちまた)でアニマルトーテムがもてはやされていることや、どうやって見つけるか、どう働きかけるかといった本が出回っていることも知りませんでした。そもそもモルモン教色の濃い環境では絶対に話題にできないことです。それでも、子どもの頃から私には、一人ひとりに固有の動物がついているのが見えました。たいていの場合、その人の魂によって選ばれた1匹の動物が生涯の導き手としてついていますが、たまに2匹ついている人もいます。合理的に説明はできません。けれども人ひとりの胸の真ん中に、その人ならではの特別な動物がはっきりと見えるのです。
 たいていの人はどんな動物がついているかを告げられても驚きません。自分でもうすうす感じていたり、もともとその動物と縁が深かったりするからでしょう。あるいは、別のシャーマンやメディスンマンからすでに同じことを聞かされていたりもします。
 その一方で、意外にも、自分の動物にがっかりする人がいます。覚えておいてほしいのですが、人についている動物に格の上下はありません。その動物が与えてくれるメディスンや導きや守護の力に優劣はないのです。誰もが、マウンテンライオン、クマ、オオカミなどの強い動物をアニマルトーテムとして希望しますが、アナグマのメディスンのすばらしさや、スカンクの贈り物の美しさ、ネズミの霊的守護の強さを理解している人はなぜかあまりいないようです。
 多くの人は人生で、自分の霊的な守り役である動物との出会いを果たしています。ただし、その出会いはいつも楽しいものとは限りません。ある女性はネズミの霊に守られていましたが、私がそのことを告げる前日にちょうどネズミに咬まれていました。あなたも特定の動物とこうしたトラブルを経験するとしたら、守護動物が何かを訴えようとしているか、注意を促そうとしているのかもしれません。神聖な領域からの大いなる恵みは、こうした痛みや、一見したところ攻撃とさえ思えるような現象をしばしば伴うのです。私もガラガラヘビに咬まれたり、馬に蹴られたり、その他にもさまざまな動物と深くかかわってきました。楽しいことばかりではなく、不愉快な思いもさせられましたが、どの経験も人生を大きく変えてくれたことは確かです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に紹介するのは、キーシャ・クローサー氏とアカオオヤマネコの交流です。
 動物たちは、常に人間に何かを伝えようとしているという話は、心を打つものがあります。


 ・・・<『迫り来る地球大変動で《レインボー・トライブ/虹の民》に生まれ変わるあなたへ』、p45〜p48から抜粋開始>・・・

 動物たちは人間に、つねに何かを教えよう、伝えようとしています

 すでに述べたとおり私たちの体や心には動物の世界を感じとれる能力があるのに頭はその感覚に疑いを挟みがちです。実のところ、動物は人間のためにたくさんの知恵を携えていて、こちらが彼らの波動や工ネルギーにチャンネルを合わせたときだけ聞こえてくるかすかな信号をつねに発しています。
 最近の経験をお話ししましょう。アリゾナ州のフェニックス郊外でワークショップを開いていた私は、その日の予定がうまく運ぶように祈りたくて庭に出ました。すると何かの動物の気配がします。そこで、心を落ち着かせ、チャンネルを合わせてみました。自分の感覚を頼りに、どんな動物なのかを読み取ることにしたのです。
 やがて、背の高い枯れた草が指の間をすり抜ける感触と、濡れた黒土と香水の匂いがしたかと思うと、メスのアカオオヤマネコが数メートル先に姿を現しました。日干しレンガの塀の上にちょこんと座り、すぐに話しかけてきました。近くを散策していた人たちは、目を丸くしてその様子を見ていました。
 アカオオヤマネコはとても用心深く、めったに人間に近寄りません。真っ昼間であればなおさらです。そのアカオオヤマネコとほんの数メートルの距離を挟んで、私はしばらく見つめ合っていました。互いへの愛を伝え合ったあと、彼女はメッセージがあると切り出しました。
 それによれば、私は浄化の最中にあり、まもなく障害物が取り除かれるとのことでした。アカオオヤマネコは周囲の砂漠地帯の過去と未来についても触れ一帯がその昔先住民の神聖な儀式の場所だったこと、将来は緑が戻ることを教えてくれました。
 ただし、私への最大のメッセージは、生き物にもっと積極的に耳を傾けよ、つねに何かを教えよう、伝えようとしているのだから、ということでした。そう言い終わると、アカオオヤマネコはしばらく何かに耳を澄ましていましたが、やがて、別れの挨拶を交わし、子どもたちが待っているからと言って、塀からふわりと飛び下り、姿を消しました。ワークショップのあいだじゅう、私は、そのアカオオヤマネコの存在を感じていました。
 読者の中にも、こうした動物との直接的なコミュニケーションを体験した方はいるのではないでしょうか。精霊や指導霊からメッセージを受け取るときと同様に、動物からも、私は言葉ではなく、さまざまな感覚、直感、波動、色、味の入り混じったものを受け取ります。もし私がこのことに論理的な説明をつけようとすれば、メッセージ全体の印象を台無しにしてしまうでしょう。
 合理性優先のハイテク社会に生きる現代人にとって、非常に難しい課題ですが、私たちはもう一度、自分の感覚や直感や想像力を信じなければなりません。その力によってこそ、地球上の生きとし生けるものたちとつながることができるのです。
 母なる地球との正しい関係を取り戻すためには、自分の感覚を信じなければなりません。見えないものや説明しがたいものに心を開き、もう一度、感じること。それができれば、動物たちのほうから、「待っていました!」と言わんばかりに手を差し伸べてくれるでしょう。そのとき、私たちは、自分がどれほど大きくて豊かな家族の一員であるかを思い出すのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・



(注0:千さんのお爺ちゃんセッション)

 当HPを以前から読まれている方はご存じだと思いますが、千さんのお爺ちゃんセッションとは、千さんという方が行うチャネリング・セッションのことです。5人の霊的な存在であるお爺ちゃん(実際には女性もいるので全員がお爺ちゃんではないのですが)と呼ばれるマスターが千さんを介してクライアントである私達の質問に答えてくれます。

[トップページ] このページの先頭へ