2008年

[トップページ]

ポールシフト(その2)

2009年の為替予測

WebBot

八百長恐慌!

ポールシフト(地軸移動)

ゼロ磁場(分杭峠)

金相場の異様な動き

Iさんのスペースシード体験記

ダイヤログ・イン・ザ・ダーク

修行を‘しない’修行

イタリア旅行の写真(2)

イタリア旅行の写真

ダマヌールに行ってきましたが・・・

ダマヌールに行ってきます

肝臓洗浄

私と上杉謙信とのかかわり

金(キン)に関すること

食料危機の時代

ダマヌール

パンデミック・フルー

“あんでるせん”訪問記

防音工事体験記

過去世の顔が見えた!?

祝福とは何か

『祈りの法則』

CO2温暖化説に対する疑問(2)

CO2温暖化説に対する疑問

フルボ酸の飲み方について

恐ろしきは税金なり・・・

駅のホームで出会った子

魂は道を探すという話

Sさんとのメールのやりとり

ベンジャミン・フルフォードさんの新年会

増田俊男氏の告訴

ゲリー・ボーネルさんのイブニングレクチャー

アメリカ大統領選に関して

ポールシフト(その2)...2008年12月31日

 11月22日付けの「よろず屋寸話録」で、ドランヴァロ・メルキゼデクさんのポールシフトに関する話を紹介しました。そのドランヴァロさんのポールシフトに関するさらに詳しい話が、月刊誌アネモネの2009年1月号に載っていたので、その部分を抜粋して紹介したいと思います。


 ・・・<「アネモネ2009年1月号」p12、ドランヴァロ・メルキゼデクさんの記事から抜粋開始>・・・

 私は最近、ドン・アレハンドロ・シリオ・オクスラ氏というマヤの長老と、長い時間を一緒に過ごしてきました。マヤ暦では、「時間の終焉(エンド・オブ・タイム)」と呼ばれる時間の間に、大きな変化がたった1日で起こると言われています。実は、この時期は2007年10月24日に始まりました。なぜこの日に始まったかというと、「『時間の終焉』の始まりの兆候として青い星が現れ、その終わりを示す兆候として赤い星が現れる」という200年前の予言で言われていた兆候が出たからなのです。この日、ホームズ彗星が大バースト(大増光)し、肉眼より見える太陽よりも大きい青い光の球体となって地球に現れたのでした。それが去年のことなので、これから6〜7年後に、赤い彗星が現れることでしょう。そして、いつとは教えてくれませんが、マヤ族によると、7〜8年間続く「時間の終焉」の時期にすごいことが起こると言われており、それは災害系の予言にあたるそうです。

 ・・・(中略)・・・

 そしてマヤの人たちは、地球でポールシフト(極移動)が起こるだろうと言っています。これによって信じられないくらいの変化が起こり、地球上ではほとんど建物が残っていない状態にあるでしょう。科学的にも裏付けがあるのですが、前回は1万3千年前にポールシフトが起こり、アトランティス大陸が沈みました。そして2万6千年前にもまたポールシフトがありました。私たちは再びそのポイントにさしかかっているのです。なんと前回の2回のポールシフトは、わずか20時間で完了しています。

 ・・・(中略)・・・

 しかし、アレハンドロは2012年12月21日が「時間の終焉」で予言されている変化の日となることはないだろうと言っています。断言ではありませんが、彼らは2010年の初めから2012年5月頃にポールシフトが起こるかもしれないと示唆しています。

 ・・・(中略)・・・

 眠れる預言者、エドガー・ケーシーもこの時期にポールシフトがあり、世界が永遠に変わってしまうだろうと予言しています。
 半年前にヒストリーチャンネル(歴史エンタテイメント専門の衛星放送チャンネル)で、ポールシフトについての番組が放送され、それは「近いうちに地球の磁極の転換があり、その後、実際の極転換が起こる」という内容でした。前回、前々回のポールシフトの時も、実際の極転換の前に磁極が動くということが裏付けられています。1年前に、ある科学者が、25年以内に磁極が逆転するとインターネットで発表したのですが、11日後に政府によってWEBサイトを閉鎖されてしまいました。その半年後にも彼は「地球の磁気がものすごく落ちているので、この状態ならいつポールシフトが起こってもおかしくない」と発表しましたが、また政府から閉鎖されてしまったので、ヒストリーチャンネルに行って情報を暴露し、放送されたというわけです。実際、北極がどこに移動するかも明言していおり、現在より17度ズレて、モスクワ(ロシア)が北極点に入るそうです。
 話は戻りますが、ケイシーは16度ロシア側に動くと予言しており、ほとんどズレがありません。
 今の科学界では、ポールシフトのメカニズムは完全に解明されていません。軸を中心として回転している地球がなぜ突然20時間で極転換するのか・・・それには、想像を絶するパワーが必要です。しかし、このような仮説があります。卵を想像してください。地球は卵型ではないですが、丸に近いですよね。地球の表面にあるマントル(地球内部の地殻と核の中間にある層)は、卵の殻みたいなものです。そのマントルの下には岩があり、すべてを覆っています。その岩の構造物は、地球の磁場が支えています。磁場が0になる時、岩の結晶体が液状化します。だから地球自体が動くわけではなく、その表面がグルッと動くのです。では何がその表面を動かすのでしょう。南極の場合、中心からズレるようにして氷が張ります。深さ2万マイルにも及ぶ南極の氷が、地球のスピンと共に動いたズレを計算すると、北極がロシア側に17度動くという数値がはじき出されたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 まずドランヴァロさんの今回の記事で注目したいのは、ポールシフトが起こるという時期です、以前は2010年5月と言っていましたが、今回の記事では2010年初めから2012年の5月頃までの間となっています。

 それと前々から気になっていたのですが、ポールシフトが起こるというのは、あくまでもマヤ族などの先住民に伝わる預言であるということです。ドランヴァロさんが預言したものではないのですが、それを人々に伝えているのですから、ドランヴァロさん自身は、相当にその可能性を感じているのは間違いないと思います。

 さらに蛇足ですが、ポールシフトはそのまま訳せば極移動であり、それが磁極(磁場の極)なのか地軸(地球の自転軸)なのかはっきりしません。私がネットやその他で色々読んだ感想では、人によって磁極だったり、地軸だったりと勝手に解釈して使っているようです。磁極の移動と地軸の移動では、人類に与える影響は雲泥の差があります。一般的にはポールシフトは、地軸の移動の意味で使うケースが多いようですが、やはりきちんと定義して使うべきだろうと思います。ちなみに英語で地軸は polar axis で、磁極は magnetic pole というようです。さらに厳密にいうと、磁極の北極(磁北極)は the North Magnetic pole で、磁極の南極(磁南極)the South Magnetic pole です。
 私が知らなかったのは、磁場と地軸の移動は、別々の現象ではなく、時期を同じくして起こるというドランヴァロさんが紹介した仮説です。地球の磁場が急速に減少しているのは、科学的に証明されている事実です。ですからこの仮説が本当なら、地軸の移動が起こらないと決め付けてはいけないだろうと思います。
 ドランヴァロさんは、1万3千年前にこのポールシフト(地軸の移動)が起こり、アトランティス大陸が海に没したといいます。残念なのは、そうしたことが科学的に証明されていないことです。なにしろ科学はアトランティス大陸の存在はもちろん、古代において今の人類より高度に発達した文明があったということを認めていません。ですから研究の対象にすらならないのでしょう。
 いよいよ脱線しますが、一般の人々に歴史とはこうだと信じてほしい人間がいて、都合の悪い情報を公開しないようにしているようです。ダマヌールのフェニーチェ・フェルチェさんの講演に行ったとき聞いた話ですが、フェニーチェさんによると、研究者によって何百万年前、何千万年前の地層から、ゴムの長靴とか、壊れたネガネや時計が出土することがあるそうです。もちろんそれらは回収されて、いったんは博物館の蔵に収蔵されるそうですが、けっして一般に公開されることはないそうです。そしてそうした遺物は、いつのまにか消えてしまうそうです。おそらく極秘に焼却処分されているのでしょう。フェニーチェさんは、これらはタイムマシンによって遺物となったものだと言っていましたが、過去にアトランティスのような高度に発達した文明の遺物も、けっして公開されたり本格的に研究されてこなかったではないかと思えます。ただすべてを隠し切れるものではないので、時々オーパーツとして世の中に出てくるのだろうと想像します。


 話がそれてしまいましたが、ポールシフト(地軸の移動)に話を戻します。
 私は、ドランヴァロさんのポールシフトの話に対して、アカシックレコードにはどう書いてあるのか気になりました。そこでゲリーさんのサイトを覗いていたのですが、以下の記事を見つけました。
 私は英語が大の苦手なので、前回同様に英文と私の意訳を載せます。今回は英文の意味がよくわからないところがあって、その部分は訳していません。一番ほしい情報は赤い部分です。


 ・・・<ゲリーさんのサイトから抜粋と私の(いい加減な)意訳開始>・・・

Hello,

I've gotten several e-mails from members wanting to know if there is anything to be concerned about regarding the recent reporting of unusually large tears in the Earth’s magnetic field.

First, this is a natural phenomenon that has happened since the upper atmosphere was formed. Some scientist feel that we need the sun’s particles that leak into our atmosphere through these tears.

Responding to the posts at other sites: 1) There is no connection between the one-thousand year thick band of transition energy we are currently at the center of and the increasing tears in the magnetic field. 2) The shift into unified consciousness that begins in 2012 is only affecting human consciousness ? the rest of life on Earth is in unity. 3) The Earth’s magnetic field is a shield that protects us from large masses of matter coming from our sun. 4) These very short lasting tears (about an hour) happen when the Earth’s and sun’s magnetic fields are aligned and have nothing to do with magnetic alignment or polar alignment as is being stated in some internet postings. 5) The poles will not shift, nor is the axis of Earth being affected.


 こんにちは。

 私は、尋常でない地球磁場の大きな裂け目に関する最新のレポートに関して、そこで何が起こっているか知りたいと思っている方々からeメールをいくつかもらいました。

 まず最初に、これは大気の上層部が形成されて以来起こっている自然現象だということです。幾人かの科学者は、この裂け目を通して太陽から大気に漏れ出している粒子は、人類にとって必要なものではないかと感じています。

 他のサイトに投稿されたメールに関して、

1)千年の幅を持つ遷移エネルギー(我々は現在その中間点にいますが)と、この増加する地球磁場の裂け目とは何の関係もありません。

2)2012年から始まるユニティへの意識へのシフトは、人類の意識へのみ影響を与えます。

3)地球の磁場は、太陽から降り注ぐ大量の粒子から我々を守るシールド(遮蔽幕)です。

4)地球と太陽の磁場が整列したとき、非常に短い時間(約1時間)の磁場の裂け目が起こりますが、ネットの投稿のような磁場の整列や地軸の整列になんの影響も及ぼしません。

5)地球磁場はシフトしないでしょうし、地軸は影響されないでしょう。


 ・・・<ゲリーさんのサイトからの抜粋と意訳終了>・・・


 本山です。
 このようにゲリーさんは、ポールシフト(地軸の移動)は起きないと言っています。
 さらにアカシックリーダーの一人である辻麻里子さん(『22を超えてゆけ』の著者)も同様なことを言っています。『StarPeople(vol.27)』から抜粋します。


 ・・・<『StarPeople(vol.27)』、p28から抜粋開始>・・・

Q 地球と人類のアセンションは12年後なのか? 天変地異は?

A 人類は部分的にイエス。 人類のうちの全てではないので。地球もイエス。天変地異に関しては、通常起こりえる数値と同レベルです。

Q ポールシフトは起こるのか?

A 現在のところ、意識の「極性」が変わるだけです。地球の極が変わる確率は低いです。

 ・・・<『StarPeople(vol.27)』からの抜粋終了>・・・


 本山です。
 このようにアカシックレコードには、ポールシフトが起こるとは書いてないようです。
 実は先日、新宿でゲリースクールの第二期生の方を含めた会合(飲み会?)があって、私は酔っ払って、こういった話をしていたのですが、Iさんがその後、ポールシフトに関するメールを送ってくれました。
 そのメールの一部を抜粋します。


 ・・・<Iさんからのメールの一部抜粋開始>・・・

 ところで、先日の新宿での会合の際、本山さんがお持ちしていたゲリーさんの予言に関して、裏付けとなるような科学的な見解レポートがあるようですので、ご紹介したいと思います。

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=27959626&expand
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=29284732&expand
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=54743752&expand

 それと、やはりドランヴァロさんも、ポールシフトを直接体験することはないと書かれています。
『フラワー・オブ・ライフ第2巻』p305より、
「地球の磁場の動き方はいろいろありますが、みなさんのアセンションにはあまり関係ありません。私たちはすでにその次元レベルの地球にはいないのですから、この変更を直接体験することはないのです。」
 おそらく人類が直接経験しないので、アカシャに記録がないのではないでしょうか?
 この話は大変な朗報ですよね。

 ・・・<Iさんからのメール抜粋終了>・・・

2009年の為替予測...2008年12月14日

 先日テレビを観ていたら、韓国の通貨であるウォンが話題になっていました。
 このところの世界的な金融の大混乱で、韓国のウォンは円に対し半値に迫るぐらいの大暴落をしました。それによって韓国から九州の温泉やゴルフに来ていた観光客が激減する一方で、日本から韓国に行って買い物をする日本人が増えたといいます。そこで物を買うだけでなく、ここぞとばかり暴落したウォンを円で買う日本人も増えたそうです。テレビでは、一度にウォンを2400万円分買っていった日本人までいたと報道していました。私は、目端の利く日本人がいるなあ、と感心して観ていました。
 そのとき経済評論家と評する人物が、「今ウォンを買うのはお勧めしません。これからもっとウォンは下がります。来年は円高とデフレで大変なことになります」とコメントしていました。私はこの言葉を聞いて、ピンと来るものがありました。そろそろ円高も終わりだし、来年は本格的なインフレになりそうだと思ったのです。私の目安ですが、新聞やテレビで相場に関して騒ぎ始めたら、そのときがだいたい天井になります。株が暴落しているとき、新聞やテレビなどのマスコミで株はもっと下がると騒ぎ始めたら、その辺がだいたい大底になります。バブルの絶頂では、株価は来年は5万円だ10万円だと騒いでいたのですが、そこが株のピークでした。このようにマスコミは、実に良い指標になります。

 さて今回の金融の大混乱、特に為替の大変動に対し、私は一つの疑問を持って色々調べていました。それは世界の各国通貨に対し、ドルと円が大暴騰を演じたことの理由であり、それに対し経済や金融の専門家と称する人々がどのようなコメントをしているかということです。まず円の大暴騰に関しては、専門家と言われている人が上げている理由は2つあるようです。

@日本はバブルの後遺症から、世界的なバブルの波に乗り遅れたことが幸いして、今回は傷が浅かった。

A円のキャリートレードの巻き返し。

 これらにより各国の通貨に対し、相対的に円が買われているというのがその説明になっているようです。Aは私も納得しますが、@に関しては大いに疑問を感じています。日本の金融機関は、いわいるCDO(債務担保証券)やCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)をほとんど買っていないというのが通説ですが、本当にそうでしょうか。実は大量に購入していたという話が、これからボロボロ出てきても私は全然驚きません。
 次になぜドルが大暴騰したかですが、これに関しては私が納得するような明快な解釈を聞いたことがありません。金融や経済の専門家と言われる人たちは大勢いますが、彼らにも皆目わからないのではないでしょうか。なぜなら彼らは、腫れ物に触るように、その話題をしないからです。せいぜい聞こえてくるのは、世界的な金融の信用収縮が起きて、安全資産といわれる米国債に資金が集まったという説明です。私はこれは苦し紛れの後追い解釈に過ぎず、本質のほんの一面しか表わしていないと考えています。ことの発端は、去年のアメリカのサブプライムローンの焦げ付きです。アメリカ発であり、信用収縮はアメリカが一番激しいのであり、被害を受けているのはアメリカのはずです。それなのに、USドルが世界の各国通貨に対し、大暴騰しているというのは不思議な現象ではないでしょうか。
 以下に、ユーロに対するUSドルのチャートを示します。





 このように、今年の7月半ばに1ユーロが1.6ドル程度であったのに、11月には1.25ドル近辺まで、2割以上も上昇しています(ユーロの下落)。USドルはユーロだけでなく、円を除く各国の通貨に対し暴騰しています。特にオーストラリアドルに対しては3割以上も上昇しました。
 この現象に対し、私が唯一納得できる解釈だと思ったのは、(以前取り上げました)『八百長恐慌!』(鬼塚英昭、成甲書房)です。このところの世界的なバブルは意図的に、創造されたのであり、そのバブルを造りだす手段として使われたのがUSドルと円の過剰流動性だったのです。アメリカではFRBのグリーンスパンを使って、金利を抑えてドルをどんどん刷らせ、日本では元々ゼロ金利に近いところで円を大量に刷らせ、それを世界にばら撒いたのです。こうして世界中をバブルにさせ、それを頃合を見ていっきにUSドルと円を引き上げさせて潰したというわけです。国家破綻の危機に瀕したアイスランドがその典型例だし、韓国ウォンの暴落も、ある時を境にしていっきに外資が引き上げたのが引き金でした。これらは用意周到に準備され、実行されたものだと思えるのです。
 世界中にばら撒かれてバブルを起こさせたUSドルと円を一気加勢に引き上げたのだから、USドルと円は暴騰しないはずがありません。それが今のUSドルと円に起こっている現象だと私は考えます。ではいったいどのくらいのUSドルと円が世界に撒かれたのかということですが、はっきりとした数字はつかめません。それに関する記述を本から抜粋します。

 ・・・<『八百長恐慌!』p231〜p232より抜粋>・・・

 「円キャリートレード」といわれるものがある。低金利の円を借りて商売をすることをいう。日本からどれだけの円(ドルに替えて)が流れていったのかの正確な資料はない。しかし、参考になる資料はある。「エコノミスト」(2007年7月21日)の中に、黒田東彦(くろだはるひこ)(アジア開発銀行総裁)へのインタビュー記事が出ている。

 −−円安の問題点は。

 円キャリートレードは800億ドルとも5000億ドルとも言われ、規模を正確に把握するのは困難。現在の円安は、日本と他国との金利差が主因とみられている。また、円レートのボラティリティ(変動率)が小さいことも円キャリートレードを助長していると考えられる。
 日本からの資金流出は基本的に安定的といえるが、一部投資家が投機的に円を売っている兆候もある。キャリートレードが増加すれば、資本の流れが金利に影響を及ぼしたり、将来キャリートレードの撒き戻しが市場を混乱させる要因になるという懸念がある。

 黒田東彦は円キャリートレードを「800億ドルとも5000億ドルとも……」と述べている。一説によれば1兆ドルをはるかに超えているともいわれている。アメリカの過剰なドルの印刷、日本の紙幣の過剰な印刷による、あり余ったマネーがサブプライムというブームを創り出したともいえるのである。黒田東彦が「将来キャリートレードの巻き戻しが市場を混乱させる要因となるという懸念がある」と語るのは正しいのである。黒田がそのように語ってから1年が経ち、彼の予測どおりの世界が現出したのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 こうなると一番知りたいのは、USドルがどれだけ刷られているかです。それにはマネーサプライの指標となるM3の数字を見ればわかるそうですが、アメリカは2006年3月23日以降のM3の発表を中止すると発表しました。知られてしまうとアメリカにとって大変都合の悪いことになるので、発表できなくなってしまったのでしょう。それゆえ想像するしかないのですが、もはやUSドルは暴落するしかないほど刷られてしまったと考えるのが妥当だと思えます。


 次の私の関心は、アメリカに回帰した膨大な量のUSドルがこれからどこに向かうかです。でもそれはすぐに見つけることが出来ました。今回の八百長恐慌を演出した中心機関である、アメリカの銀行大手のゴールドマン・サックスの行動がそれを表わしていると言えます。また本から抜粋します。


 ・・・<『八百長恐慌!』p36より抜粋>・・・

 「SAPIO」はこの前文の後に、アメリカのジャーナリスト、マシュー・リースの記事を紹介している。その一部を記す。

 ところで、ゴールドマン・サックス(GS)とは何者か。
 たとえばクリントン政権で財務長官を務めたロバート・ルービンは直前までGSの共同会長だったし、現在の財務長官ヘンリー・ポールソンも前職はGSの会長兼最高経営責任者だった。米国には「経済(Capital=資本)」対「政治(Capitol=米国議会)」の不可思議なロジックが存在する。ポールソンがサブプライム危機でほぼ唯一利益を得た金融機関のGS出身であることを考えると、ホワイトハウスが彼を今回のサブプライム危機の救済役に抜擢したことは、皮肉だが“完璧な選択”と言えよう。
 報道によれば、GSの一部トレーダーは住宅担保証券(RMBS)でいち早く下落を予想して「空売り」をかけ、40億ドルの利益をあげたと報じられた。また、サブプライムショックで米国金融機関が巨額の損失を計上するなか、GSは直近の決算では過去最高益を記録した。ひとり勝ちである。

 ゴールドマン・サックスの謎の一部が書かれている。しかし、これは謎でも何でもないのだ。
 ゴールドマン・サックスは、シティやバンク・オブ・アメリカやモルガン・スタンレーがサブプライムを仕掛けていたときに、新しい別の分野へと方向転換していた。
 ゴールドマン・サックスは、原油、石油製品、金属、天然ガス、電力、林産物を対象に顧客取引と自己取引を行なっている。また、18の発電所を所有、または一部出資している。私はシティも方向転換しつつあると書いた。しかし、シティは一歩も二歩もゴールドマン・サックスに遅れをとっている。ここにも英国のロスチャイルド系投資銀行の凄さが見えてくるのである。アメリカの年金基金の筆頭格「カルパース」(カリフォルニア州職員退職年金基金)もサブプライム惨事で大きな損失を出した。今、原油分野に一部投資しているけれども、コモディティ(商品)分野への投資は困難な状況にある。やがて、人々は、石油や鉄や食糧の分野でゴールドマン・サックスの力を見せつけられることになる。


 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 来年にデフレを予想していたテレビの経済コメンテーターには申し訳ないですが、私はこれから商品(コモディティ)の値段が大きく上昇するインフレになると予想します。すでにその兆候は出ていて、12月初旬にUSドルがユーロに対し反転して下落を始めた時期と同じくして、商品市況が底を打った動きをしています。もちろんアップダウンがあるので、これから一方的に上がるかどうかはわかりませんが、方向としては上昇の方向であるとみています。つまりアメリカ国内に大量に滞留しているUSドルの一部は、これから商品相場に向かうと予測します。副島隆彦氏が言うように、株や債権のようなペーパーマネーから実物資産にシフトする流れです。

 では為替はどうでしょうか。
 紙幣もまたペーパーマネーです。金(キン)や原油、穀物のような実物資産に対し、大きくその価値を減らしていくと思います。しかしここでは、その中で為替がどう動くか予想しようと思います。
 私の見解は、今回のUSドルと円の暴騰は、世界的なバブルを破裂させる過程で起こった過渡的な現象だということです。アメリカ政府も日本政府も、もはや返済不可能な借金を背負っています。破産寸前の国の通貨が膨大に刷られていたということです。これからどうなるか自明です。欧州各国は、単一通貨ユーロの導入のため、厳しい財政規律を守ってきました。それに対し財政規律を無視して、札を刷りまくった国の通貨がその価値を相対的に減らしていくのは当然だと思えるのです。これからそういった通貨本来の価値を示す方向に進んでいくとみています。
 幾人かの専門家と言われる人の意見を調べてみましたが、その多くがUSドルの下落を予想していますが、円の下落を予想している人は一人もいませんでした。一例を挙げると、副島氏は来年は1ドル60円、再来年は1ドル30円と言っています。しかし私は、違う予測をします。円は世界各国の通貨に対し、USドルと伴に落ちていくだろうと予測します。特にユーロに対してはそうです。
 以下に参考までに神秘家ゲリー・ボーネルさんの2009年のアカシック預言の内容を紹介します。
 この中で、今回の記事に関係する金融の項(Global Financial News)を紹介します。
 私は英語が大の苦手なのですが、今回は仕方がないのでなんとかがんばって和訳してみました。英語の原文を載せたのは、私の訳が間違っている場合もあると思ったからです。直訳でなく意訳ですが、それでもいかにも訳文といった堅苦しいものになってしまいました。


 ・・・<ゲリー・ボーネルさんの2009年のアカシック預言の意訳>・・・

http://www.theknowingway.com/forums/viewtopic.php?p=4738

Global Financial News:
The financial crisis, begun in the USA with the issuance of high risk real estate loans, will be abated by spring of 2009. The ten leading countries will adopt a completely new banking system by 2012. The US dollar will be on a roller-coaster ride against all other currencies. Eventually, the Euro will replace the US dollar as the world's primary reserve currency. This will clear the way for the currencies of Canada, Mexico and the USA to combine into the amero, a single currency fashioned after the euro. The amero will open at less value than the US dollar, but will quickly rival the euro as global trading expands in North and South America. The price of crude will return to new highs ? US $160-180 per barrel ? as OPEC takes further cuts in production. This will send the per-gallon price of gasoline and fuel oils to record highs across the globe. Two major oil refinement plants in the Middle East will be destroyed in 2009. Due to several strong storms, oil refineries in the US will be closed for about six weeks during the 2009 hurricane season. The price of gold will once again see the $1,000-$2,000 per once mark. Manufacturing in Japan will increase as the yen drops against the dollar and euro. Because of global market criticism, China will give a truer value to its currency. This will open up new manufacturing markets in Southeast Asia and Indonesia. China will begin to financially dominate the markets in all Asian countries but will continue to face quality issues in manufacturing. Both China and India will stagger against the pollution they are creating ? especially in electronic and chemical waste management.


世界の財政ニュース:

 アメリカで起こったハイリスクの不動産ローン保険による財政危機は、2009年春までに沈静化するでしょう。世界をリードする10の主要な国は、2012年までに完全で新しい銀行システムを採用するでしょう。USドルは他の通過に対しローラーコースターに乗っているような(大波乱の)動きをするでしょう。結果としてユーロが、世界の基軸通貨としてUSドルに取って代わるでしょう。これはカナダ、メキシコ、アメリカの各国通貨を統合させたユーロに続く単一通貨であるアメロの導入に、道を開くものとなるでしょう。アメロはUSドルよりも低い価値で開始されますが、北米と南米のグローバルな取り引きが発展することにより、ユーロに対し速やかにその価値を上げるでしょう。原油価格はOPECの素早い減産によって、1バレル160〜180USドルという高みに戻るでしょう。これにより世界で1ガロンのガソリンと燃料油の最高値を記録することになるでしょう。中東で2つの主要な石油精製プラントが2009年に破壊されるでしょう。いくつかの強い嵐により、米国の石油精製所は2009年のハリケーンシーズン中、6週間に渡り閉鎖されるでしょう。金(キン)の価格は一度マークした1000〜2000ドルを再び見ることになるでしょう。日本での製造は、円がドルやユーロに対して落ちるに伴って、増加するでしょう。グローバルマーケットの危機のために、中国の通貨(元)は、本来の価値を表すようになります。これにより東南アジアとインドネシアに新たな製造市場が開かれることになるでしょう。中国はアジア全体の国々に対し財政的な支配を始めますが、製造における品質の問題に直面し続けるでしょう。中国とインドは、特に電気的、化学的廃棄物の管理において両国がつくり出している汚染問題で揺れることになるでしょう。


 ・・・<意訳終了>・・・


 本山です。

 ゲリーさんのアカシック預言を除けば、これらは私の勝手な予測です。ですから無視していただいて結構ですし、無視しない場合でもあくまでも参考程度にしてほしいと思います。実際に予測が当たるかどうかは、わからないのですから……。今回、こんな記事を書こうと思ったのは、金融や経済の専門家でもない私に、そういった相談があったからです。そういう人もいるのだから、何らかの役に立ちそうな記事を書こうと思ったのですが、役に立ったかどうかは怪しいところです。

WebBot...2008年12月6日

 先日ゲリースクールの方からWebBotって知ってますかと聞かれました。そのとき、私はとりあえず知りませんと答えたのですが、頭の中で、どこかで聞いたことがあるなあと考えていました。
 それもそのはずで、以前当HPで紹介したヤスさんのサイト「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」で目にしたことがあったからです。現在ヤスさんのサイトで「WebBot予言解説書@」が販売されています(2千円)。そこでWebBotについて概略が書かれています。その「WebBot予言解説書@」を元に、まずWebBotとは何かということを私の言葉で簡単に説明したいと思います(詳しい内容を知りたい方は「WebBot予言解説書@」を読んで下さい)。
 WebBotは、アメリカのクリフ・ハイという人が1994年に、株価の予想プログラムとして始めたのだそうです。ネット上のさまざまなディスカッションサイトにスパイウェアを忍び込ませて、キーワードを収集し分析します。その分析の仕方ですが、まずディスカッションサイトで特定の言葉やフレーズを収集します。これをコンテキスト(Context)と呼んでいます。次にコンテキストをまとめてディスクリプターセット(Descriptor Sets)をつくります。さらにディスクリプターセットをまとめてエンティティ(Entity)をつくります。これが最終的な集合で、エンティティの例をあげると、「アメリカ合衆国の国民」、「地球環境」などとなります。
 こうして得られたエンティティごとに、感情価を計ります。感情価とは何かですが、例えば誰かに物を「取られる」と表現するのと「盗まれる」と表現するのでは、同じことを表していても、その言葉に込める人々の感情の度合いが違います。「取られる」に比べて「盗まれる」は、感情の度合いが大きく、こういったものを感情価として数値化するのです。30万語にも及ぶレキシコン(Lexicon)という語彙集があり、それによって感情価が計られます。こうした分析を行なうと、未来の予測が可能になるというのです。
 こうして株価の値動きの予測を行なっていたのですが、それに十分成果を上げただけでなく、株価以外の未来予測もできることがわかったというのです。2001年6月に、それまでになかった異常な感情価が観測され、その期間が60日間に及び、10月初旬に感情価のエネルギーが放出されるということがでていたそうです。もちろんこれは2001年9月11日のアメリカ同時多発テロのことを指していたのは間違いないと思われます。

 私がヤスさんのサイトを見てまず驚いたのは、2008年10月19日の記事です。
 この日に8月3日に配信されたWebBotの記事が、その後に起こったアメリカの金融市場の大混乱を、かなり正確に預言していることを検証したものです。その部分を抜粋させていただきます。


http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-date-20081019.html

 ・・・<ヤスの備忘録 2008年10月19日の記事から抜粋>・・・

8月3日配信の要点

・最初は9月27日から10月28日まで、そして次は11月24日から2009年1月4日の期間の2度にわたって、「ビルダーバーガーズによって実質的に支配された現在のマーケット」が決定的に崩壊する出来事が起こる。

・最初の期間には「予期しなかった出来事」が起こるが、一方後半の出来事ははるかに深刻なインパクトをもつ。

・第二の出来事の影響は、2009年10月まで9カ月間は続くことになる。

・この両期間は、アメリカにおける自然災害などの物理的な被害を含む。前者の期間は「暴風雨」「異常気象」と関連するが、後者の期間は「12月に発生する地震」や「国民をパニックに陥れるために引き起こされた人為的な破壊」を含む。

・市場が崩壊してもアメリカの苦難はこれで終るわけではない。それは深刻な不況の始まりにすぎない。この不況は2009年11月まで悪化の一途をたどり、2012年まで続くことになる。

・この不況によって、健康保健や生活保護などのセイフティネット、および金融や通貨のシステム、ならびに交通、住宅、安全などの社会の基本的なインフラが全面的にリセットされた状態となる。

・「崩壊」という言葉が強い感情価を持つ。この言葉は夏の終わりの時期にかけて感情価がより強くなる。

・9月の終わりころ、先物市場で投資家を混乱させる出来事が起こる。

実際に起こったこと

上の予言を要約すると、9月27日から10月28日までの期間と11月24日から来年の1月4日の2つの期間で市場は崩壊するが、前者の期間には予想外の出来事から株価は暴落し、後者の期間の暴落は実体経済により深刻な影響を与えるだろうということだ。

われわれはまだ最初の期間にいるわけだが、1〜2日のずれはあるものの、最近起こった出来事をみるとほとんど的中しているといっても差し支えないように思われる。起こったことを時系列でたどると明確だ。

最初の期間(9月27日から10月28日)で発生したこと

 9月29日 ... 金融安定化法案否決
 9月30日 ... ダウ暴落、米国債券価格は暴騰、ダウは777ドル安
10月 3日 ... 米国議会は7000億ドル(約70兆円)の公的資金投入を柱とする金融安定化法を成立
10月 6日 ... ニューヨークダウ株式市場暴落、ついに1万ドルの大台を割る、前日比マイナス800.06ポイント
10月 9日 ... NYダウ9000ドル割れ、終値678ドル安 5年5カ月ぶり安値
10月11日 ... NYダウ一時8000ドル割れ 東証暴落 終値8276円 下落率戦後3番目
10月12日 ... G7 公的資金投入で合意
10月13日 ... NYダウ暴騰 936ドルと史上最大の上げ幅
10月15日 ... NYダウ急落 733ドル安
10月16日 ... 前日終値比380・24ドル安の8197・67ドルまで値を下げた
10月17日 ... ダウ反落、127.04ドル安の終値8852.22ドル
10月18日 ... NYダウ反落、127ドル安の8852ドル

これを見ると明らかだが、WebBotのいう「予期しなかった出来事」というのは、「金融安定化法案否決」であったと推測できる。これ以降、株価は乱高下しつつも、まさにマーケットの崩落を予告するかのように暴落しているからである。WebBotでは27日からこの期間に入るとされていたが、実際に引き金が引かれたのは29日だった。2日のずれである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 これをみればWebBotが9月末から10月末にかけて起きたアメリカにおける金融の大混乱をかなり正確に預言していたことがわかります。
 私はふと、ゲリー・ボーネルさんが言っていたことを思い出しました。ゲリーさんは、人間は90日先までに起きることがわかっていると言っていました。そういわれても一般的な人間は、明日のことはおろか、一寸先も闇であるというのが実態ですが、それは顕在意識の話だと思うのです。潜在意識では90日先のことがわかっているのだけども、普通の人はその潜在意識にアクセスする回路を持っていないので、わからないのだと思います。しかし潜在意識にあるものは、無意識に顕在意識に滲(にじ)み出てくるのではないでしょうか。それが言葉の端々に現れてくるのではないかと思うのです。ですから多くの人の会話に出てくる言葉を分析していくと未来が見えてくるのではないかという気がするのです。もちろんこれは私が勝手に考えた理論です。ですからあまり信用しない方がいいかもしれません。

 では気になるのは、WebBotがこれからをどのように預言しているかです。全容を知りたければ「WebBot予言解説書@」を購入して読めばいいのですが、ヤスさんのブログに概略が載っています。
 ここでは経済の分野に関して引用させていただきます。


http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-date-200811.html

 ・・・<ヤスの備忘録 2008年11月25日(番外編6)の記事から抜粋>・・・

経済関連

・アメリカ経済はまだまだ落ち着かない。経済は死につつある。特に冬至の日の12月21日か、または23日前後あたりに経済の悪化はよりいっそうはっきりする。

・悪化する経済と呼応するように社会を驚かせるような暴力事件が相次いで発生する。暴力事件は12月1日から13日に特に集中しているが、これは、12月10日から12日の期間に双子の地震が発生することと関連している。少なくともひとつの地震は北米大陸の内陸部で発生する。

・双子の地震をきっかけとした暴力事件とならんで、12月の経済の悪化が暴力事件の重要な背景となる。12月初旬から経済はさらに悪化し、さらに金融機関の破綻が相次ぐ。またCDS(金融派生商品)が破綻したことが明らかとなる。

・11月22日から来年の2月14日まで強い感情の放出が間断なく続く。この期間多くのアメリカ人は、抜けられない流砂にはまり込んでしまったかのように感じるだろう。また、金融システム全体が目の前で崩壊してゆくようか感じも受けるはずだ。こうした気分は、政府がこの危機に対してなんら有効な手を打てないことや、返済不可能となったアメリカの膨大な借金とも関連している。1月の中旬になると、(各国によって)支払い手段としてのドルははじめて拒否される。

・11月22日から2月14日にかけて、「ビルダーバーガーズが支配する経済」の破壊は進む。それとともに、アメリカ国民の経済的な安定も崩壊してゆく。この破壊は間断なく続く。

・地震と経済崩壊を含む破壊的な流れは、12月12日をひとつのピークとしながらも、2月14日まで速度を速めながら継続する。

・このような状況に対するアメリカ国民の怒りと復讐心が爆発する。これは12月1日からはじまり、1月15日まで続く。怒りと復讐心の爆発は、11月26日の出来事をきっかけとして誰の目にも見えるようになる。

・11月27日から12月14日の期間に、9月から10月にかけて起こった金融危機の第二派が襲う。ただしその規模は第一波よりもはるかに大きく深刻である。さらにそれに続き、1月25日から2月14日の期間にさらに深刻な第三派が襲う。

・経済問題は革命への願望に火をつけることになる。一方、政府や官僚は判断の間違いから経済問題への対応を誤る。これはドルが死を早めるだけではなく、深刻な貧困を招く結果となる。この流れは2月14日まで続くが、14日以降アメリカ国民は国力が大きく低下したことにショックを受けるようになる。この「ショック」という感情は2009年いっぱいから2010年まで続く。

・1月29日から2月19日にかけて、(責任者の)追放や組織の大整理が行われる。それは予期しない結果をもたらす。こうしたことは報道のかっこうの対象となる。新政権がちょうど経済問題に取り組み始めた矢先に経済が崩壊するので、アメリカ国民は怒り、怯えそして動揺する。2月19日からの11ヶ月間は、金融的詐欺の崩壊が進む。

・1月29日から2月14日の期間は「抑制の破棄」というキーワードが強い。国民の抑制が効かなくなり、規制緩和や金融の過度の自由化の促進に責任のある官僚にたいする裁判、物理的な攻撃、車の爆破、火炎瓶による攻撃などが相次ぐ。これは退職金や年金が崩壊するにしたがってどんどん悪化する。また、ブッシュ政権が導入した規制(言論統制などの法案か?※筆者注)の数々が排除される。これはキリスト教右派(原理主義者)を恐怖させ、彼らが後にアメリカを捨てる動機のひとつになる。

・他方、ドルの死に抵抗し基軸通貨としてのドルを維持しようとする無駄な努力によって、新政権の経済問題に対する対応は大幅に遅れてしまう。

・アメリカ経済の崩壊とドルの死は闇の権力や影の政府にとっても大きな痛手となる。ドルは流動性に飛んでおり、闇の権力が富をかすみ取るための絶好の手段であったが、ドルが死にアメリカ国民が貧乏になることによって、闇の権力や影の政府も富の創出の源泉を失い同じく困窮する。これは2009年いっぱい続く。これによって、かつて彼らの元で働いていたものたちが内部告発者となり、彼らのシステムの秘密を暴露するようになる。

・不況の底はまだまだ先だが、2009年には、ドル覇権の凋落とドルの死によって大きな変容の波が生まれる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 今は12月初旬ですから、このWebBotが預言する内容が当たるか大いに注目しているところです。もしかりにWebBotが預言する日程どおりにいかなくても、私はこの預言の方向性は間違っていないような気がしています。この預言の最大のポイントは“ドルの死”だと思います。これに関しては、また記事を書きたいと思っています。

八百長恐慌!  2008年12月1日 

 ここ数年、私はスピリチュアル一辺倒だった気がします。以前は経済や金融の分野の記事も載せていたのですが、最近は少なくなりました。そういう状態ですから、この夏から始まった世界的な金融の大混乱には、大いに当惑しました。こういったことはもう少し先だろうと考えていたのですが、現実は猛スピードで進んでいるようです。
 そこで私なりにこの金融の大混乱の本質を理解したいと思い、ネットで調べたり本を読んで少し勉強してみました。そんなとき出会った本が、鬼塚英昭氏の『八百長恐慌!』(成甲書房)です。
 この『八百長恐慌!』の内容は衝撃的です。
 去年の夏のサブプライム問題から発した世界的な金融の混乱の裏にあるものを、鬼塚氏の独自の切り口で解説しています。一般的な新聞や雑誌、テレビを見ているだけでは決して思い浮かばない内容が語られています。
 新聞やテレビなどで語られるいわいる一般的な見方では、このサブプライム問題からの一連の金融危機は“偶然”起こったものとしています。しかし鬼塚氏は、これは用意周到に準備され実行にうつされた“意図的”なものとみなしているのです。
 鬼塚氏によれば、今回の金融危機は巨大金融複合機関(LCFI=Large Complex Financial Institutions)が、その仕掛人だといいます。巨大金融複合機関とは以下を指しているとのことです(p60から抜粋)。

アメリカ...バンク・オブ・アメリカ/ゴールドマン・サックス/JPモルガン・チェース/メリルリンチ/リーマン・ブラザーズ/シティグループ/モルガン・スタンレー

フランス...ソシエテ・ジェネラル/BNPパリバ

ドイツ...ドイツ銀行

スイス...クレディ・スイス/UBS

イギリス...バークレイズ/HSBC/RBS

オランダ...ABNアムロ

(ABNアムロとRBSは2007年に合併、リーマン・ブラザーズは2008年9月に破綻)


 鬼塚氏は、二十世紀に入る直前に、これら巨大金融複合機関の頂点に立つ人物を中心として以下のような会議が開かれたのではないかという創作劇を書いています。それが面白いので抜粋して紹介します。


 ・・・<『八百長恐慌!』p182〜p188から抜粋>・・・

 二十一世紀に入り、サブプライム惨事は起こるべくして起こったのである。株価を吊り上げて利益を上げようとする企業に、ロンドン発のネズミ講は巧妙な罠を仕掛けたのである。そして、このネズミ講に加わった金融マフィアたちは自分たちの会社の株式価格を故意に下落させて、クルーグマンが書いているのを逆に表現するならば、「それに低い株価は、企業(金融マフィアのこと)が実体のない損失をつくり出すための会計トリックとして利用できる。そしてそのことがまた株価を下げることになる。これこそまさに、見破られることのない、見事としか表現できないねずみ講的な仕組みだといえるのではないか」
 読者は私の書いている“逆もまた異なり”を理解できたであろうか。
 二十一世紀を一言で表現するならば「嘘つき金融マフィアのデタラメ経済の時代」である。
 クルーグマンはとても面白いことを書いている(一九九八年九月二十八日付の「ニューヨーク・タイムズ」のコラム)。


 ここだけの話だが、私は素晴らしい儲け話を思いついた。まず、私の友人である億万長者の投機家にマイクロソフト株に対して密かにカラ売りを仕掛けてもらう。それからビル・ゲイツが、ハーレ・クリシュナとかその類の新興宗教に傾倒したという噂を広める。するとマイクロソフト株は売り浴びせられ、ドッカーン! 我々は何億ドルも儲けるというわけである。
 オーケー、分かった。まあ考えてみれば、これはそれほど素晴らしい計画ではないのかもしれない。第一に私には億万長者の友人などいない。それにもしいたとしても、そこには少々問題が生じる。私はその金儲けのせいで証券取引委員会(SEC)や「ヤバい」話をしなければならない羽目に陥り、その挙げ句に、丁寧ながらも強硬な「御招待」によって、私の人生の数年間を刑務所で過ごすという憂き目を見ることになるからだ。


 私は近い将来のノーベル経済学賞候補といわれていたクルーグマンのこの一種の笑い話を読んで、「ああ、そうなんだ!」と改めて思ったのである。彼は間違いなくノーベル経済学賞を受賞するであろうと確信した。そして案の定、クルーグマンは二〇〇八年度のノーベル経済学賞を受賞したのである。その理由を書き、一種の創作劇をつくる。それは次項で私はシリアスな黙示録を読者に提供するためにも、笑い話を書いておこうと思うからである。
 では、なさそうで、しかもありそうな話をする。アメージング・ストーリーの異次元の世界へようこそ。

 * * *

 私は巨大複合金融機関のリーダーとなった。人はこの組織を“金融マフィア”と呼んでいる。しかし、この組織は決して世界秘密結社ではない。ましてやイルミナティとか、フリーメイソンなどという組織でもない。私はあくまでも金融をもって世界を支配しようという組織の一員であり、たまたま(私はそう言っているのだが)、リーダーとなったにすぎない。私の前任のリーダーたちは二十世紀の末までに、世界を支配すべく働いた。その仕事の中心は、金(キン)を独占することであった。アメリカに金本位制を廃止させ、世界中の中央銀行の金塊をほぼ手に入れた(管理人注@)。しかし、私は金をもって世界を支配するためには時期尚早と思っていた。私はグループの全員により、このグループの盟主に推された。
 私はその時、そう、二十世紀の終わりに近いある年のある月のある日であったが、次のように語った。
 「諸君、二〇〇〇年一月に諸君とここでもう一度会う。その時に一人一人、世界を支配するためも新しいプランを提出してもらいたい。それは具体的なデザインでなければならない。一つだけ私の方から注文を出したい。アメリカの弱体化である。そのための方法をまず考えてほしい。それともう一つ大事なことをお願いしたい。私は長期の目標を考えてはいない。諸君、十年間で、遅くとも十二年間で私たちが世界を支配する。その時、私たちは経済のみならず、政治の面でも支配者とならなければならない……」
 私は二〇〇〇年の一月に、組織のメンバーたち全員と会った。いろんな計画案が出た。私たちは二〇〇一年にニューヨークで一大事件が起こったほうがいいとの結論に達した。また、ブッシュを大統領に祭り上げるための特殊組織を作ることにした。これは後にうまくいくことになった。
 会合が終わりかけたとき、アメリカの若いメンバー、名前もよく知らなかった男が突然、こう言ったんだ。「盟主、面白い文章があります。ここで読んでみます」
 私は彼が読み上げる文章に注目した。それがクルーグマンのマイクロソフト買収計画だった。私が笑いだすと全員も笑った。それで私はその男にこう言ったのだ。
 「君、その話は面白い。しかし、君は面白いだけで喋ったのではないだろうね。一つ、君の考えを言いたまえ」
 その男は真剣な顔になり、次のように語りだしたのだ。
 「盟主、私が何を考えているのかをここに語りたいと思います。クルーグマンの説を応用したいと思います。私はアメリカを舞台にし、要するに、マイクロソフトをアメリカに見立てるのです。マイクロソフトに空売りをかけるのは私たちにとってはいたって簡単です。では、アメリカという国家を空売りで買収する方法はないのでしょうか。そこで私は考えたのです。クルーグマンが『ハーレ・クリシュナとかその類の新興宗教に傾倒したという噂を広める』と書いています。アメリカで新興宗教を広めればいいのです。ブッシュという嘘つき野郎を焚きつけるのです。アメリカンドリームという新興宗教を広めさせましょう。
 ブッシュ野郎にメキシコやプエルトルコからの移民を増やさせましょう。そこで、貧しい人々もアメリカでは家が建てられる、という風潮を作り上げるのです。ハーレ・クリシュナはいけません。キリスト教の牧師たちにこの役を当てましょう。アメリカ中にビッグ・チャーチをつくるべく資金を提供しましょう……」
 そこで私は彼の演説をさえぎった。そして質問した。「そこでだ、君は結論を言うべき時が来たと思わないかね」
 「そうです。結論はこうです。プライムローンを組めないためにマイホームを持てない貧しい連中に、サブプライムローンでもマイホームを持てるように、アメリカを大改造するのです。そのサブプライムローンを組み込んだ証券を大量に作ります。盟主、これらの証券の中にサブプライムというペスト菌を入れておくのです。そして、時を見て、ペスト菌の存在を知らせるのです。これでアメリカそのものを買収できます。盟主、そしてみなさんの手元に、私の計画書がいきます。お読みになって下さい」
 もう、誰も笑い声を上げなかった。
 長い時間が流れたようであった。私は全員に声をかけた。
 「諸君、私はこれを『ネズミ講作戦』と名付けようと思う。ペスト菌を証券の中に入れることに関しては絶対に秘密にしておいてくれ。この件を洩らす者は、組織の名において極刑に処せられる。諸君は、帰国後はこの計画書にのっとり行動せよ。私はグリーンスパンと次期副大統領となるチェイニーを明日呼び出し、この計画の説明をする。クリントン時代の黒字財政を赤字にせよと迫る。グリーンスパンは応じる。裏切れば組織の錠が彼を死へと導く。チェイニーはすでに私たちの一員であるから心配はない。
 さて、諸君、クルーグマンが心配していたSECも問題ではない。私たちはアメリカの法の上にいる。この計画を立案した君に一言いいたい。この計画を進行する君の投資銀行だけは、空売りで大儲けすることを認める。心配することはない。刑務所ですごす者は、このメンバーの中に一人としていないと私は約束する。
 では諸君、君たちに私から質問することにしよう。アメリカでこの計画を中心になって進める銀行があるかね。そして、ヨーロッパではどうかね」
 ここでシティグループとUBSが名乗りを上げた。
 「諸君、二〇〇一年の第二回の会合ではもっと具体的に話が進められると思う。まずは、この計画書に従い、それぞれの体制を強化されんことを」

 * * *

 ここで永々と続く金融マフィアの首領の話を打ち切ることにしよう。私は間違いなく、これに近い内容の会合が、少なくとも一年に一回は首領を中心にして開かれていると思っている。それでは、この金融マフィアのドンとは誰なのか? 私はあれこれ推察するけれども断言できない。それで名前は書かない。ロスチャイルド? ロックフェラー? ロックフェラーは小物の中の小物だ。ロスチャイルドでもないと思う。私が今考えているのは、ヨーロッパの貴族の中の一人である。


 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注@)
 世界の中央銀行が保有しているはずの金(キン)の多くがLCFIによって略奪され、スイスに保管されているというのが鬼塚氏の主張です。この話は『日経新聞を死ぬまで読んでも解らない 金の値段の裏のウラ』(成甲書房)に書いてあります。



 本山です。
 訪問者は不思議に思うかもしれません。なぜなら欧米の巨大な金融機関が倒産の危機に瀕したり、政府の管理下におかれるという悲惨な状況が、新聞やテレビでさかんに報道されているからです。しかし鬼塚氏は実態は全く逆だと主張します。
 これら欧米の巨大金融機関は、実際は報道での損失額を大幅に上回る利益を秘かにケイマン諸島などのタックスヘイブンに流し込み、隠しているというのです。もちろんマスコミはこれを一切報道しません。リーマン・ブラザーズの破綻やシティグループの危機は当初からの計画通りで、これによって八百長のからくりを見えなくしているといいます。
 その辺の主張を抜粋します。


 ・・・<『八百長恐慌!』p91〜p94から抜粋>・・・

 ウォール街を救うというアメリカの政策は、テント暮らしを余儀なくされている数百万の家なき人々を完全に切り捨てた。アメリカは、アメリカ自らが創造したグローバリズムにより破滅しつつある。ケイマン諸島やスイス、リヒテンシュタインとかいう、タックス・へイブンなどから闇ルートで流れ込む巨大マネーがアメリカを動かしている。ゴールドマン・サックスやシティグループはアメリカの投資銀行や商業銀行とされているが、実は無国籍の企業である。完全なタックス・へイブンではないものの、アメリカのデラウェア州はタックス・へイブンに近い。匿名による企業経営の自由、財務勘定の公への開示は不要、株主の秘密性、売上税も相続税もない……。アメリカの大企業のほとんどはこのデラウェア州に本社を置いている。ゴールドマン・サックス、シティグループもそうである。だから、彼らは損失が出たと大騒ぎし、損失金を財務に繰り入れるが、どれだけ儲けたのかの財務勘定を公開しなくてすんでいる。
 二〇〇八年八月二日付の日経新聞に、米金融機関がどれくらいの簿外資産を持っているかの記事が出ている。

 米金融機関が簿外に抱える資産は巨額で、会計基準が改正されれば業界全体で資産が五兆ドル(約五百四十兆円)と日本の国内総生産(GDP)並みの規模で増えるとの試算もある。

 私は五兆ドルをはるかに超えていると思っている。金融機関が破綻しかけようと、否、アメリカが破滅しかけようと、この金は隠され続ける。この金を支配する者たちの“所有物”なのだから。
 日本の新聞の馬鹿さ加減を連日見せられて、私はいささかうんざりしている。あんな紙切れには一文も価値もない。「大損しているのではない。大儲けをしているのだ」と、私は幾度も書いてきた。
 アメリカの大企業の経営者たちは、従業員の数百倍、数千倍の収入を得て暮らしている。ステイグリッツも調子の好いことを朝日新聞の記者に語っている。「その際にモラルハザートを引き起こす」だと。笑わせるな、と言いたい。
 あの連中にモラルがあろうなんて、私はただの一度も思ったことはない。奴らは、大前研一がベタ褒めのジャック・ウェルチ(GEの元CEO)を含めて、モラルを喪失した人間たちなのだ。アメリカ大中企業の五〇万社超がデラウェア州に登記されている。この五〇万社超の企業がケイマン諸島その他に秘密会社を設立している。そして、闇ルートでマネーを流し、また闇ルートで利益を入金している。ヨーロッパもすべて、同じだ。
 だからこそ、ネズミ講はアメリカのみならず、同時にヨーロッパでも開講されたのである。
 二十世紀末までは、フォード、GM、GEなどの製造業の時代だった。これらの大企業はタックス・へイブンでの勝者でもあった。しかし、現在はどうか。当時、貧相な投資会社でしかなかったゴールドマン・サックスや商業銀行のシティグループは、ここ一〇年の間に超大企業となったのである。フォードもGMもGEも大赤字を抱えている。工場を次から次へと閉鎖し、従業員の首を大量に切っている。
 私はここで明確にしようと思う。ネズミ講が隆盛をきわめた二〇〇四年から〇六年の三年間で、アメリカはすっかり変貌したのである。かつてのアメリカ製造業のビッグ・スリーは、八百長資本主義に敗れ去ったのである。八百長資本主義の根本にあるのはグローバリズムである。この思想を流行らせるために、ネズミ講の創造主たちは、ノーベル経済学賞(創設者ノーベルの遺志ではない。正しくは「アルフレッド・ノーベルを記念した経済科学におけるスウェーデン銀行賞」)をでっち上げたのである。調子の好いことを喋るステイグリッツもグローバリズムの何たるかを隠し続けている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 この『八百長恐慌!』は、一種の推理小説と言えるかもしれません。最初に真犯人をあげ、その真犯人がいかに犯罪を実行していったかを推理しているのです。その推理の根拠となっているのが、大変な量の新聞、雑誌、本などからの引用文です。鬼塚氏がこの本を書くにあたり、膨大な量のデータに目を通しているのは明らかです。

 鬼塚氏の主張は、世間一般で広まっている常識からあまりにもかけ離れているために、この『八百長恐慌!』の内容を信じる人は少ないかもしれません。でも少なくとも私には、なるほどと思えるものがありました。そして鬼塚氏のストーリーを前提とするなら、次に何が起きるのかが、おのずと明らかになっていきます。次の機会に、これからどうなるかという話題を書きたいと思います。

ポールシフト(地軸移動)  2008年11月22日

 最近私は、驚くことがありました。今回の記事の題名は「ポールシフト」ですが、その驚きの始まりの話からしたいと思います。
 ゲリー・ボーネルさんの『光の12日間』(VOICE)という本があります。初版は1999年3月です。ゲリーさんは最初は、人類のアセンションの時期を2001年か2011年のうちの12日間とみていました。ですがこの本で、2001年から2012年の12年間と解釈し直したとあります。
 だとすれば、2008年の今は、もうすでに世界のどこかでアセンションは始まっているはずです。私はゲリースクールで、ゲリーさんにこのことを質問したことがあります。するとゲリーさんの答えは、実際には『光の12日間』で書いてある形でのアセンションは人類に起きていないといいます。しかし報道はされないけれども、宗教家の中でアセンションを起こしている事実はあると言っていました。
 ゲリーさんの答えはそれで終わったので、私はそんなものかと納得していました。しかし新しく発売された『新・光の12日間』(徳間書店)が読んでいて、あっと声を上げそうになりました。ゲリーさんは私の質問では答えてくれなかったことを、この『新・光の12日間』で述べていたからです。アセンションの期間を、2011年の12月16日からの12日間と改めて設定し直してあったのです。私の質問に対するゲリーさんの答えを聞いて、なんとなくアセンションは起きないかのような雰囲気を持っていた私は、驚くことになりました。
 さらに私が驚いたのは『5次元世界はこうなる』(徳間書店)にもふれてあることですが、2026年に現在の地球の人口である65億人が、5億人まで減ると書いてあったことです。その部分を抜粋します。


 ・・・<『5次元世界はこうなる』、p79から抜粋>・・・

 でも、2011年以降は、ものすごくリアルな体験として別々の体験をそれぞれがするということです。もしあなたが何か考えを持っていたら、それが現実化するわけです。だから、いわいる批判、判断を手放すのがものすごく大事になってきます。要するに悪い想念を持っていろいろなことを思うと、そちらも現実化してしまうのです。そして、恐らく命がなくなるでしょう。悪い想念で殺されてしまいます。それが一番大きな問題です。地球の人口は、今は65億人ですが、おそらく5億人にまで減るでしょう。いきなり5億人に減るのではなく、徐々に減っていきます。アセンションも起きますし、それで多くの人が上のほうに行ってしまう。私の乗っている飛行機のパイロットがそうしないことを祈ります(笑)。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 これを素直に読む限り、地球の人口が60億も減ることはショックですが、破滅的な戦争や自然災害ではなく、アセンション等で徐々に減るという感じがして安心するものがあります。
 私は、それはそれで地球に住む人類の避けられない運命であれば、いいのではないかと思っていました。しかし、先週ゲリースクールの仲間から、あることを告げられて、本当にびっくりしました。彼は、こんなことを私に言ったのです。

「モトさん、ドランヴァロさんが2010年にポールシフトが起きると言っていますが、知ってました?」

 私は思わず、

   うそぉ!!



 と叫んでしまいました。
 あのドランヴァロさんが言ったのだから聞き捨てなりません。ポールシフトが本当に起こったら、人類滅亡の危機といっても過言でない話です。しかも2010年といったら、ゲリーさんのいうアセンションよりも早くきてしまいます。私は、正直いって大いに動揺しました。
 ドランヴァロさんは、10月31日に行なわれたイブニングセミナーでポールシフトのことを言ったようです。イブニングセミナーに出席された方が、その様子をブログに書いておられます。

http://love.ap.teacup.com/lumiere-hikari/379.html


 このブログによると、2009年4月18日に、アリゾナのホピ族の聖地で、世界中の100を越える部族の長老達が集まり「先祖の帰還」という儀式が行なわれる。この儀式が終わった後の2009年後半に、シリウス人が人類の前に姿を現す。そしてポールシフトはその翌年の2010年5月に起こるというのです。2010年5月なら、今からちょうど1年半後です。近いです!
 上記のブログでは、ヘミシンクの坂本政道さんがおなじようなことを言っていると紹介されています。調べてみると、坂本政道著『楽園実現か天変地異か』(アメーバブックス)という本にその記述がありました。坂本さんによると、人類を指導するグループに穏健派と急進派がいて、議論が続いていたがまとまったという話です。そのまとまった部分が箇条書きになっているので抜粋します。


 ・・・<『楽園実現か天変地異か』、p170から抜粋>・・・

(1)2008年からの2年間に人類の気付きや覚醒を促すようなさまざまなことが起こる。それにはピラミッド構造の活用が鍵を握る。

(2)それによって2009年末までに、人類が生きているままで卒業することができるようになる場合は、地上に楽園が生まれる。

(3)人類が生きたままで卒業することができない場合は、2010年から隕石衝突などの天変地異が始まり、大量死が起こる。人々は死後世界のフォーカス27で生命エネルギーを得て卒業へと向かう。この場合でも、大量死は卒業のために必要なプロセスだと認知させることが重要であり、パニックにならないように啓蒙活動が大切である。


 ・・・<抜粋終了>・・・


 天変地異というと、ジュセリーノ氏が頭に浮かびますが、調べてみると確かにジュセーリーノ氏とポールシフトに関連した記述がありました。『続 未来からの警告』(たま出版)で、韮澤氏がジュセリーノ氏が指摘した将来寒冷化が起こる地域と安全な地域を比較してみたら、ポールシフトが起きる可能性を発見したという話です。ただしその時期は、2050年以降となっていて、ドランヴァロさんの時期とかなり違います。
 以下、韮澤氏がジュセリーノ氏の預言を下に、ポールシフトを検証した部分を抜粋します。


 ・・・<『続 未来からの警告』、p326から抜粋>・・・

 そこで私は、世界地図に安全地帯を記入してみた。そうすると、その場所は、南米中部、アフリカ中部の北方、ユーラシア大陸中部、シベリア・・・と、ほぼベルト状になったのだ。
 そしてこのベルト状の部分が暖かいとすると、現在の熱帯エリアというものが移動することになるのではないか、そしてひょっとすると、その中央部が赤道になるのかなという考えが、頭の中に浮かんできたのである。
 これは、有名な予言者エドガー・ケイシーが同じようなことを言っていたからである。

 私は地球儀を持ってきて、そのベルトの真中に輪ゴムをかけてみた。
 すると輪ゴムはちゃんと地球を一周してしまったのである。
 そうすると、南極と北極も移動するのだろうか。
 輪ゴムからみると、極点は、北はアメリカ合衆国北部、これはニューヨークに近い。南はアフリカのマダガスカルのはるか洋上になった。これが北極点と南極点になるのだろうか。
 この輪ゴムのかかったミニ地球儀は、私の会社の机の上に、もう半年ほども置いたままになっている。
 ともかくこのことは、地軸の変動ということを考慮しなければならなくなることを示唆するが、そのうち、ジュセリーノ氏が、ポールシフト(地軸の移動)について、日本の政治家に発言したといううわさが伝わってきた。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 ドランヴァロさんの著作『サーペント・オブ・ライト』(ナチュラルスピリット)が発売されています。この本の中に、これに関連した記述がないかと思い読んでみました。まずp388に宇宙人との会見と思われる部分があったので抜粋します。

「バーニーによれば、ワイタハ族の予言では2009年8月15日が歴史上重要な意味を持つ日になると言われているそうです。この出来事が公に知られることになるかどうかは定かではありませんが、それは人類にとっての新たな夢の始まりとなるに違いありません。その内容は“天国が開かれて宇宙から我々の兄弟姉妹が出現する”というマヤの予言とほぼ一致しています。」

 もう一つ紹介します。p405です。

「2009年は、ほかの世界の生命体との真の交流が実際に起きる最初の年となるでしょう。これは「融合グリッド」がある特定の状態で機能していなければ決して起こり得ないことです。マヤ族とワイタハ族を含むいつくかの土着の部族はこのことの実現を予言しています。」

 次にポールシフトという言葉はないのですが、そのことが起きると思わせるような記述がありましたので抜粋します。p406です。

「そして2013年の2月18日〜19日にかけて、マヤ族は新しいサイクルにおける最初のセレモニーを行なうことになります。このセレモニーによって、全宇宙に偏在するすべての生命の時代の幕が開き、従来の人間の“個人的な”あり方との交代劇が引き起こされるはずです。そして、人類は残された人々への急速な癒しを開始するでしょう。2013年2月19日の時点において、地球の人口は劇的に減少してしまっている可能性が高いのですが、このとき地球に生き残っている人々は、新たな世界のあり方として、愛と思いやりを真に表現し始めるでしょう。」


 * * * * *


 ゲリーさんの預言はアカシックからのものですが、ドランヴァロさんの今回のポールシフトの話は、マヤ族などの原住民の部族に伝わる預言が元になっているようです。それをどうとらえるかは、個人の判断です。もし関心を持たれた方がおられましたら、ドランヴァロさんの『サーペント・オブ・ライト』を読まれることをお勧めします。
 当サイトの基本方針として、情報を載せますが、それを読んだ方がどう解釈するかは全く関知しません。それにしても今回のポールシフトは刺激的な話です。私自身はどうかといえば、これを一笑に付す気にはとてもなれません。とりあえず今はせっかくゲリースクールのアカシック専科に行っているのだから、一日も早くアカシックに入れるようになって、自分で情報を確かめられればいいなあと思っています。

ゼロ磁場(分杭峠)  2008年11月14日

 先月(10月)、ゼロ磁場で有名な長野県伊那市の分杭峠(ぶんぐいとうげ)に行ってきました。
 東京の新宿駅から西に位置する荻窪駅に集合して、それから車で行ったのですが、片道3時間半〜4時間ぐらい掛かりました。以前、当HPで「Iさんのスペースシード体験記」で紹介されていた所ですが、そのIさんの車に同乗させてもらいました。
 場所は中央高速の駒ヶ根インターを下りた近くですが、そこに有名な蕎麦屋さん(Iさんの推薦)があるということで食べに行ってきました。丸富という名の蕎麦屋さんですが、有名らしく駐車場には車がいっぱい停まっていました。車のナンバーを見ると、名古屋とか浜松とか書いてあったので、評判を聞きつけて、けっこう遠くから来ているみたいです。
 以下、丸富のURLです。赤い屋根が特徴の店です。

http://www.dynax.co.jp/sinsen/soba/so_marutomi.html

 さすがに人気の店らしく、中は列をなして人が待っていました。店の周囲は緑ばかりで人気も無いド田舎といったところですが、ここだけは賑わっていました。30分以上待ったと思いますが、やっとテーブルに着くと、店員さんに注文する前に十割蕎麦は終わりましたと言われてしまいました。私は十割蕎麦を一度も食べたことがなかったので、残念です。
 そこで注文した二八蕎麦が出てきたのですが、量がちょっと少ないなあ、といった感じです。これで945円はちょっと高いかなあ、などとしみったれたことを考えてしまいました。
 しかし一口食べてみて、驚きました。
 口に中に入れると、今まで味わったことのない味というか香りがするのです。独特の蕎麦の香りです。言葉で表現するのは難しいのですが、香ばしい蕎麦といったところでしょうか。こういう香りを食通と言われる人は喜ぶのだろうな、などと思ってしまいました。貧乏人の私は、もう今度いつこんな蕎麦を食べられるかわからないからと、じっくり味わって食べることにしました。よく人から、本場の蕎麦は美味しいよと言われていたのですが、なるほどと実感した次第です。

 話が蕎麦でわき道にそれましたが、ゼロ磁場です。
 それほど高くない山の頂上付近にあります。行ってみると、平日だというのに人が大勢います。車もいっぱい停まっていて、まるで観光地です。テレビで放映されたからなのでしょうか。じっくり場のエネルギーを味わってみたいと思っていたのですが、あてが外れました。とはいえ、私もまた集まって来た人間の一人なのですが。
 駐車場があり、そこから下に下りたところがゼロ磁場のスポットのようです。下に降りていく道の脇に看板があります。





 この看板の下に、ゼロ磁場のスポットがあります。





 看板のあるところから、30メートルほど降りた所が、ゼロ磁場のスポットのようです。写真ではよくわかりませんが、かなり急な斜面です。下は谷底になっていて、バランスを崩して転げ落ちると、奈落の底に転落するイメージです。木の板のベンチが4〜5段あり、みんな黙って座って、空気というか場のエネルギーを感じとろうとしているようでした。
 そこで私が持ってきた方位磁石をベンチに置いてみました。以下の写真です。





 写真では動きがわかりませんが、この丸い方位磁石をグルグルと何度も回してみたのですが、見事に北を示す赤い磁針は谷底を真っ直ぐに指していました。つまり磁場があったのです。
 少なくとも、磁場がゼロでないことは確かです。
 数日した後、家でテレビを見ていたら、北極の磁極で方位磁石はどうな動きをするか確かめるという番組をやっていました。地球の自転の中心ではなく、磁極の中心です。結果は、方位磁石の針はグルグル回って、定まらず回転を続けるというものでした。磁極の中心では、上から下に垂直方向に磁場が走っているので、水平方向に置いた針は定まらないからです。ここ分杭峠が本当にゼロ磁場なら、針がグルグル回るかは別として、一定方向を指すはずがないのですが、指していました。

 以下はゼロ磁場スポットから、ちょっと上にある湧き水です。ここにも人がいっぱいいました。集まった人達は、ポリタンクをいっぱい持ってきているのですが、湧き水はほんのちょろちょろとしか出ないので、順番待ちが長くなりそうでした。それでも我々の為に、おじさんが湧き水口を一つゆずってくれて、それほど待たずに水を汲むことができました。





 結論として、分杭峠はゼロ磁場ではないようです。
 しかし私は、以前はゼロ磁場だったのではないかという気がするのです。そうでないと、あの場所に、そういった看板や駐車スペースや、ベンチが設定されることはなかっただろうと思うからです。駐車場では駐車料金も取られないし、スポットに行っても水を汲んでもお金は掛かりません。つまり金儲けしている人は一人もいないわけで、何もなかったら、そんな場所が作られるとは思えないものがあります。
 地球は生きて活動している存在ですから、時間と伴にゼロ磁場だったところが少しずれてしまったか、あるいはゼロだった磁場が復活したのかもしれません。

 またこの場所に、特別な空気というかエネルギーを感じたかと問われると、なんとも言えないものがあります。私は鈍いようで、そういった雰囲気を感じることが少ないからです。ただイタリアのアッシジの聖フランチェスコの墓や、ダマヌールの人類の神殿を訪れたときは、私でも空気というかエネルギーの違いを感じました。それに比べると、やはり特別に感じるものはなかった気がします。

金相場の異様な動き  2008年10月30日

 このところの相場の動きは、異様という言葉以外に見つからないといった印象があります。
 日経平均がバブル後の最安値である7607円をあっさり割った(10月27日に7162円)のも意外でしたが、それ以上に、ドルやユーロ、その他の外国通貨に対し、円が異常な値上がりをしたことが驚きでした。ミスター円の異名をとる元大蔵省官僚の榊原英資氏が、「これから為替はエスカレーターのようになる」と言った言葉をありありと思い出しました。ザラ場ですが、一時1ドル90円台、1ユーロ113円台を付けました。この夏に1ユーロ169円だったことを考えれば、ユーロは円に対し、そのピーク時の価値を3分の1減らしたことになります。

 私は数年前に、金(キン)とユーロに投資したという記事を載せたこともあり、この話題に触れる必要があると思い書くことにしました。
 金(キン)も同様に暴落しました。COMEX市場で、7月15日に直近の高値である1トロイオンス986ドルをつけた後、10月24日には681ドルと3割も減価しました。
 金や原油、穀物のような商品市場は、ここ数年の急激な値上がりがあり、どこかで調整することは十分ありうることでした。しかし、それがいつかを正確に知るというのは、なかなか難しいものがあります。

 話は少し脱線しますが、ITバブルが終わりに近づいた頃、ある外資系証券会社が、ソフトバンクの株をさかんに宣伝し始めました。ソフトバンクは大変将来性が見込める会社で、その株価は将来40万円にもなると言い出したのです。それを聞いた一般投資家が、こぞって、当時8万円のソフトバンク株を買ったそうです。その後、ソフトバンク株は大暴落し、株を買った人たちは大損しました。もちろんこれは、ソフトバンク株を安値で仕込んだ外資系証券会社が、高値で一般投資家に売りつけるという常套手段でした。
 ちょうどそのソフトバンク株で起こったことが原油市場でも行なわれました。原油価格が高騰し1バレル150ドルに近づいた頃、ある外資系証券会社(あえて名前は言いません)が、原油は将来200ドルになるというレポートを発表したのです。つまり平たく言えば、今買えば儲かると人々を扇ぎだしたのです。そのニュースを見た瞬間、私は原油相場は、今の150ドル近辺が天井で、今後下落していくだろうと直感しました。その直感は正しかったようで、原油価格は7月11日に147ドル天井をつけた後、長期下落を続けています。
 以下、原油のチャートです。





 ここで人々を煽って儲けた外資系証券会社を非難するのは簡単ですが、私が感心するのは、そういった外資系証券会社の相場の先読みの正確さです。原油の騙しも、商品相場が直近の天井を向かえつつあることを正確に分析したからこそできた騙しと言えます。だからそういった外資系証券会社の言うことを逆張りをすればいいんじゃないかと思ってしまいます。
 しかし原油の直近の天井はわかっても、商品全体が調整に入るということまで私にはわかりませんでした。結果として、原油と時期を同じくして商品全体が大きな調整局面へと入ったのでした。
 さてここで、怪しげな当HPらしく、怪しげな話をします。
 金(キン)相場も原油と時を同じくして、調整局面に入りました。ゲリーボーネルさんのサイトがあるのですが、ある人から、金の下落が強いので何者かが操作している疑いがあるのでアカシックで見てほしいという質問がゲリーさんに来ました。ゲリーさんの答えは、これは単なる調整局面で、もうすぐ(very soon)に反転してくるだろうというものでした。そして結果はその通りに、金は9月中ごろに700ドル台半ばまで落ちた後、急激に反転してきました。下のチャートを見てもらえば一目瞭然ですが、その後異様な暴落に見舞われます(太い↓の部分です)。もしゲリーさんの言ったように、金相場で調整局面が終わったのだとしたら、この暴落は説明のつかないものです。





 私は、この金の異様な暴落に、何かあると感じました。
 意図的な操作が入っていると見ない限り説明のつかないものと思えたのです。そんなとき副島隆彦氏のサイトを見ていたら、『投資小僧の金相場日記』なるサイトが紹介されていて、そこに私の知りたかった情報が載っていました。少し長くなりますが、10月20日付けの日記をここで引用させてもらいます。


 ・・・<『投資小僧の金相場日記』、10月20日付けの日記から抜粋開始>・・・


投資小僧の金相場日記

Gold Wars 〜 最後の戦い 

今日は、日本のメディアでは報道されることのない金市場・世界の真実と、The
Manipulation Of The Gold Market(金市場の価格操作)について具体的に紹介します。


現在、米欧の金貨・金地金は、1トロイオンス=1000〜1100ドルで取引されている。つまり、世界の金現物市場は空前の需要の中、買いが殺到し、なかなか手に入らないほど地金が不足している。かつ、価格も1000ドルを越え、スイスでは1100ドル前後の値がついている。一方、COMEX金先物価格は、現在787.7ドル。この異常な価格差を論じるのは後ほどにして、金ETF市場にも大きな変化がある。世界中で上場されている金ETFであるが、スイスでも金ETFに買いが殺到している。15日、ブルームバーグの報道(→NEWS)では、スイスのZKB金ETF(チューリッヒカントナル銀行保管)は、ここ7週間連続買い残高が増加し、82.7トンとなった。、需要があまりにも強すぎて、保管地金は金庫の天井まで積み上がったという。クレジットクランチ(信用危機)の避難場所として、投資家は金を買っているとのこと。また、世界一の販売量を誇るスパイダー金ETF(SPDR GOLD SHARES)の買い残高と、その時のCOMEX金先物価格のデータを以下に掲載してみました。

SPDR GOLD SHARES (GOLD ETF) 買い残高:トン

2008年 3月17日       663.83トン (1033.9ドル)
2008年 7月15日       701.91トン ( 989.6ドル)

2008年 9月11日       614.35トン ( 739.8ドル)
2008年10月17日       756.86トン ( 787.7ドル)

上記のデータを見れば、誰もが異常な点に気づくでしょう。現在の金価格は、3月17日と比べると246ドル下げたにも関わらず、金ETF買い残高は、93トン増加しています。この異常な現象は世界中の金ETF市場で見られます。また、中国、インド、ロシア、中東など世界中の国々のここ数カ月の金輸入量は月単位で過去最高を記録更新中。・・・

実は、このCOMEX金先物価格と現物市場の異常な価格差に世界中の投資家が関心を示し、FRB(NY連邦銀行)と米投資銀行による金価格操作(大量のカラ売り)は、日々ばれつつあります。インターネットを通じてすぐ情報が世界中をかけめぐるため、国家によるメディアを使った報道規制も意味がなくなりつつあります。現在の金価格暴騰は、世界の危機を一般市民に知らせるシグナルとなります。なぜなら、金貨を買いに走り、銀行預金を解約するパニックが連鎖するからです。どんなに大手の銀行であっても解約が殺到すれば、銀行は一日でつぶれます。これは、アメリカの中央銀行と投資銀行の危機を意味します。つまり、彼らは生き残るために、「アメリカは危機ではない、そしてインフレは去った」とごまかすために、命がけで原油と金のカラ売りをしかけていると言えるでしょう。司令塔がFRBであり、実行役がゴールドマン・サックスをはじめとする投資銀行と伝えられています。しかし、米欧のトレーダーの話では、「インフレをごまかすために中央銀行は下落操作しているのだから、金は下がった。景気後退の中でインフレが始まるから、金を買う」と、金買いの意欲は強い。・・・

ここ1〜2カ月の期間が金にとっては、ユダヤ国際金融資本との最後の戦いとなるような気がします。 そして金が勝つでしょう。彼らは1999年以降、金本位制導入のために1980〜1999年までとっていた金価格抑制政策を方向転換し、少しずつドル安・金高政策に変えてきたと聞きます。しかし、今回の金融危機は想定外の規模だったのでしょう。彼らの必死のドル防衛・金売りを見ると、相当なあせりを感じます。しかし、どれほど強大な力を持っていても、金価格は上昇のサイクルに入った場合、歴史的に見ても抑制できた例はありません。つまり、アメリカという帝国が滅びるまで上昇し続けるということです。現在のあまりにも強すぎる現物需要の中で、どこかで金価格が爆発するのでは。資金繰りに困った金融機関の換金売りが下げの全てと報道される中、投資家がどこまでこのニュースを信じ続けるのか・・ 事の真相を知る人たちの中での共通の意見は、「FRBは近い将来金価格の抑制ができなくなり、金は爆発的な暴騰を演じることになる。世界をだましつづけることはできない」というものである。アメリカの現在の借金総額は6000兆円を超えている。ドル通貨の供給量(M3)は、年15%で増加中。さらに今回の公的資金注入と住宅公社580兆円の借金によって、借金の額とM3の増加率は加速することになる。つまり、数字を見てもらえればわかると思いますが、潜在的なインフレはものすごいレベルであり、みせかけの商品価格下落で「インフレは去った」と安心できないレベルにある。もうアメリカに残された道は、国家破綻をし、借金を踏み倒し、新しい通貨を発行するしか方法がないところまで来てしまっている。そして、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の清算・損失確定はこれから。清算のたびに1社だけで数兆円の損失が発生する。これから、CDSという爆弾と一般企業の連鎖破綻の恐怖が待ち構えている。

事は、みなさんの気付かないところで重大なことが進行している。まず、先週16日、イギリスのブラウン首相がEU首脳会議で、「新ブレトンウッズ体制」の構築を呼び掛けた。ブレトンウッズ体制とは、1944年に決定された第2次世界大戦後の国際通貨体制であり、金本位制のことを言う。ECBのトリシエ総裁も「規律を戻すため、最初のブレトンウッズ体制に戻るべきだ」と言っている。ロシアでもルーブルを中心とする金本位制の話は出ており、アメリカでは「アメロ」という北米統一通貨が新通貨としてすでに印刷されているという情報もある。また、先日のテレビではアメリカの現状を特集していたので、ご存知の人も多いと思いますが、失業、家を失った影響で、車上・テント生活の人が急増。全米では3000万人近くの人が食料の配給を政府から受けているとのこと。10人に1人の割合で自分一人の食費さえ稼げず、3730万人が年収200万円以下、貧困率は20%を超えるという。そして、震源地であるウオール街の失業者は23万人に達した。さらに最悪なのが、日本のように健康保険が存在しないので、盲腸で1日入院するだけで158万円かかるという。病院さえ行けないのが今のアメリカの現実。まだ世界恐慌は始まったばかり・・・ アメリカ政府は国民による内戦を想定して、現在収容所の建設を急ピッチで進めていると聞く。10月1日以降、銀行の取り付け騒ぎや暴動を想定して、軍隊が各地に配備されているようだ


 ・・・<『投資小僧の金相場日記』、10月20日付けの日記から抜粋終了>・・・

 本山です。
 ヨーロッパでの一般庶民が金買いに走っているというニュースは、日本では全く報道されていません。実際の実需の強さに対し、意図的な価格操作で値段を下げているので、現物を買おうとするパワーが極めて強いようです。東京金は7月22日の1g3363円から、10月27日には2104円まで下がりました。ピークから実に37%もの暴落です。日本でも目端の利く人は、金の現物買いに走っているようです。大手の田中貴金属店などでは、金の在庫がなくなってしまったようです。以下田中貴金属店のHPでは、お詫びとして、金貨、プラチナコインの一部販売停止に関する文が載っています。

http://gold.tanaka.co.jp/topics/topics_detail.php?id=94

 ・・・<田中貴金属店のHPから抜粋開始>・・・


【お詫び】金貨、プラチナコインの一部販売停止に関するお知らせ


時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

現在、世界的な金融危機により米国やヨーロッパなどの国々で金やプラチナへの投資需要が非常に盛り上がっております。それにともない金貨やプラチナコインの需要も急増し、各国の造幣局では金貨の製造が追いつかない状況となっております。なお、アメリカ合衆国造幣局では、2008年内のプラチナイーグルコインの製造を中止しました。また、カナダ造幣局では既にプラチナメイプルリーフコインの製造を中止しています。

当社では金貨の輸入に最善を尽くしておりますが金貨やプラチナコインの品種やサイズによっては在庫が無くなり販売を停止しているものがあります。

お客様には、大変ご不便をお掛けしますが何とぞご理解とご協力をお願いいたします。

 ・・・<田中貴金属店のHPから抜粋終了>・・・


 本山です。
 10月30日付けの副島氏のサイトを見ると、「欧米諸国では、すでに、金地金(ゴールドインゴット)を、一般国民が買えなくなって1か月以上になる」そうで、「第一商品では金の現物交換は4日待ち。田中貴金属では1ヶ月待ち」だそうです。



 さて、最後に気になる為替の話題をします。
 今回の金融混乱でわかったことは、欧米の金融混乱が起こると、他の諸外国の通貨に対し、円が独歩高になるということです。ゲリーさんは、今年1月のイブニングレクチャーで、ドルは紙切れとなってアメロが導入されるというアカシック預言を行いました。米大統領選挙の預言は外れましたが、私はドル紙切れ説には大いに納得するものがあります。ドルが紙切れとなったら、大量の米国債を保有している日本に対する影響は致命的で、円も暴落するでしょう。しかしそうなったとしても、まだ数年先(2〜3年先?)という気がします。
 それまで欧米の金融混乱は続くことが予想されるので、外貨は円に換えておいた方が良いと判断しています。私はユーロとオーストラリアドルの外貨預金をしていますが、金(キン)の先物を含めて、今年のどこか良い処で処分しようと思っています(金の現物は、何があろうと売らないと決めているので売りません)。
 とりあえず今は、あまりに急激な円高だったので、円に対してドルやユーロの買い戻しが入っています。10月30日の午後の相場で、1ドル98円台、1ユーロ129円台です。ここ1ヶ月ちょっとは、こういう相場のゆり戻しが続くとみていて、良い処で円に戻そうと考えています。
 金相場に関しても、商品相場全体が上昇基調に変わりつつあります。いくら意図的な価格の下落操作をしても、全体としてはインフレ基調なのですから、商品の上昇は抑えようがないと考えます。問題は、その正確な時期がわからないことですが、もうすぐ(あるいは始まった?)という気がします。

 こういった相場に関する記事を書いたときに心掛けているのは、これはあくまでも私独自の相場判断であることを念をおすことです。私の読み通りに相場が動くかどうかは、実際のところ私にもわかりません。それゆえ、この記事を読まれた方は、あくまでも参考情報としてもらえればと思います。

Iさんのスペースシード体験記...2008年10月25日

 ゲリースクール第二期が、この10月からスタートしました。
 私は聴講生として、第二期の最初の授業に参加したのですが、そのときIさんという方と知り合いになりました。Iさんは以前に、当HPをご覧になったことがあるそうです。
 そのIさんが、宇田さんのスペースシード体験記を送ってくれました。さらにそのメールには、スペースシードだけでなく、パワーストーンやゼロ磁場など興味深い内容が詰まっていました。そこでIさんに、当HPへの掲載をお願いしたところ、快く承諾していただきました。

 少し補足説明します。
 文中に、「お二人」という表現が出てくるのは、私ともう一人、第二期生の方を指しています。
 また文中に、「太極拳」と出てきますが、これは私たちが企画している太極拳教室のことです。ゲリースクール第一期生の中に、本場中国で十数年にわたり太極拳の修行をしてきた方がいます。免許皆伝の腕前だそうです。それなのに日本で太極拳を教えていないというので、もったいないからと私が、ゲリースクール生を対象として太極拳教室を企画しているのです。



 ・・・<Iさんのメール転載開始>・・・


  ・・・(略)・・・

早速ですが、昨日スペース・シードに行ってきました。
宇田さんには、10月からゲリー・スクールに通い始めたことや、お二方について
お話をしました。
特に本山さんへの伝言として、
「元々宇宙人からダウン・サイジングしているので、本来は修行しなくても良い
はずなのですが。。
研究熱心なことも素晴らしいですが、そろそろ実地訓練を始められた方がよろし
いですよ。」
と仰っていましたよ。(笑)

それと、お二人がパワーストーンに興味をお持ちかは分かりませんが、
「ロシアンレムリアン」という石について、たいへん強く薦められました。
何でも、一般的効能としては謳われていないものの、"魂の目的を実現させる"強
力な効果があるらしく、
宇田さんは何度も、実際に所有者が目的実現した様子を目の当たりにされている
そうです。
しかもすでに鉱山が閉鎖され、今流通しているもの限りなのだそうで、
価格が大変高騰しており、早めに入手した方が良いとのことでした。
ということで、早速昨日通販で注文をしましたので、その効果がどれほどのもの
か楽しみです。

さてさて、私事で恐縮ではありますが、スペース・シードの結果をシェアさせて
頂きたいと思います。
プライベート日記から一部修正して転載します。(意外と書くことは習慣として
いたりしますので。。)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−
本日偶然にも予約が取れたため、会社を休んで『スペース・シード』2回目に行っ
てきました。
今回のメニューは「ディメンションリンク」と呼ばれるもので、各次元との繋が
りを測定し高次元に対応するための調整、
及び自分の設計図(ブループリント)と現実とのギャップを測定し、そのブロッ
クを解除するという内容です。
10月からゲリー・スクールに通っていることもあり、まだ僅か5日間ではあります
が、それなりに自分の中での変化や
エネルギーの流れを感じてはいましたが、予想以上に結果として出ていました。
まずは、基本ステータスからご紹介します。

調整前器の大きさ  調整後器の大きさ
霊的活力    333 → 612 (霊能力などサイキック能力)
精神的活力   413 → 692 (知性、ビジネス、独立などの能力)
感情的活力   234 → 491 (協調、奉仕、福祉などの能力)
肉体的活力   214 → 471 (体力、現実的な生命力)
スピリチュアルライン 242 → 499 (高次元と繋がる回路の大きさ)
シャーマン力  414 → 715 (チャネリング、呪術的能力)
愛の力     324 → 570 (愛に基づいた行動を実行する心の力)
創造・芸術力  431 → 710 (アート、オリジナルな創造性の表現力)
行動力     232 → 489 (物事を実際に実行していく力)
現実化力    252 → 531 (現実世界で自分の思いを実現する力)
防御力     234 → 469 (外的なエネルギーに対して防御する力)
幸運力     314 → 593 (夢や希望を叶える能力)
叡智・智恵   383 → 684 (古代の叡智やスピリチュアルな知性の高さ)
TAO力      232 → 500 (人生の目的に進む力:50が変容ポイント)
-----------------------------------------------------------------------
平均値 304 → 573 (基本力14項目の平均値)
スピリチュアルマスター 4,556 → 8,364 (基本力14項目の合計値)
レベル 101 → 187 (レベル30, 60, 90が変容ポイント)

通常だと、大体調整前後で100程度のアップになるらしいのですが、平均して200
〜300もアップ出来たようで、
さすがに宇田さんも疑って再確認されていました。しかし、問題なくスムーズに
処理出来たようで、
一体どのような変化が起きたのでしょうか?レベルの変容ポイントもすでに超え
ていますし、
数値が上がりすぎですよね。。

続いて、本題のディメンションリンクです。
次元調整
調整前        調整後
   現在地/最大値  現在値/最大値
1次元  43/144   →  278/278  (鉱物界、エネルギー、理論、法則)
2    37/124   →  258/258  (植物界、動物界、精霊、妖精)
3    17/24   →  158/158  (現在の地球)
4    38/94   →  228/228  (進化後の地球、宇宙文明)
5    101/144  →  278/278  (高度な宇宙文明)
6    87/124   →  258/258  (守護霊、半物質世界)
7    150/214  →  348/348  (天使界)
8    157/224  →  358/358  (天使界、大天使界)
9    37/124   →  258/258  (マスター界)
10    74/123   →  257/257  (マスター界)
11    88/125   →  259/259  (アカシックレコード界)
12    37/124   →  258/258  (宇宙意識、悟り)

3次元だけが極端に低いため、地球には完全に出張で来ている状況なのだとか。
5次元で少し高くなっていますので、セントラル・サン近くのぎりぎり肉体を持っ
ているような宇宙人とか、
またはマトリクスのように、本体は今なお宇宙船の中にあるかもしれないと言わ
れました。
これは、クリスさんのアカシックリーディングでも、地球人の前はプレアデス→
ベガ→オリオン→アークトゥルスと、
放蕩息子のように彷徨っていますので、ある意味シンクロする部分があるのかも
しれません。
また、7次元〜8次元との繋がりがとても強く、呼べば天使や癒しの存在が助けて
くれるそうなので、
これを使わない手はないと言われました。しかし私自身は、天使などの存在にま
だ半信半疑なので、今は保留という感じです。
全体として3次元以外はバランスが良く、近いうちにアカシックにも繋がれるかも
しれないと思うと、今から何だかワクワクします。

最後にデータリンクです。
ブループリント(人生の青写真) 以下BPとします。
調整前         調整後
     現在値/最大値  現在値/最大値
BP容量   64/214  →  367/367   (書き込み可能エリアの残量)
BP純度   46/114  →  267/267   (設計図の線の鮮明度)
メビウスライン  43/143  →  296/296   (物質界と非物質界をつなぐパイプ)

現実構築度 27/133  →  286/286   (現実で具体的に実行できているか)

現実精度  101/144  →  297/297   (BP通りの世界を構築できているか)


BP容量UPの他、BPの落書きを消して綺麗にして貰いました。また、現実化のため
のパイプ詰まりを取ると共に、
構築化のヤル気度UPで、良い仕事の為の準備が整いました。
但し、現実化の精度が高いため、時間は掛かるがその分仕上がりは質の高いもの
になるのだそうです。
カップ麺と手打ちそばの違いみたいなものだとか。「焦らずに進んで下さい」と
アドバイスを頂きました。
また、BPを綺麗にしましたので、帰宅してから瞑想をし、新たなBPを書き込みま
した。素晴らしい人生が現実化しますように。( _ 人 _ )
総じて1回目から半年の間に、予想以上の波に乗れているようですので、このま
ま勢いを止めずに頑張っていきたいと思います。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−
    (転記終了)


ところで、お話は全く変わりますが、次回の太極拳の場所はすでにお決まりでし
ょうか。

以前からずっと、ゼロ磁場で有名な「分杭(ぶんぐい)峠」に行きたいと思って
おり、

中国気功元極学の総本山「蓮花山」に匹敵するパワースポットらしいので、
そこで太極拳をやればかなりの効果が得られるのでは?と思うのですが。。
それとも、すでに行かれたことがあるでしょうか?

http://www.genbu.gr.jp/genhp/files/kasou/topic/bunguitouge/topic2.html
http://jp.youtube.com/watch?v=CCksT2x2OqM&feature=related

もしまだのようでしたら、特に本山さんの場合は施設建設候補地としての視察も
兼ね、

ご一緒に如何でしょう。(私は車1台出すことが可能です。)

ゼロ磁場に関しては、実際に効果があるように思えます。
ヒランヤで有名だった山田孝男さんが、晩年製作した「マニライト」「クリアラ
イト」という装置をご存知でしょうか?
ヒランヤにゼロ磁場の揺らぎ(スカラー波?)を組み合わせたようなパワーグッ
ズで、どちらも所有しています。
特に最高傑作と言われる?クリアライトは、コイルも複雑に巻いているようで、
電気を通していない状態でも
何かしら感じられるものがあります。
つまり、神聖幾何学やラジオニクス、ボルテクスやゼロ磁場を(とりあえず何で
も)組み合わせているような感じです。
なかなか興味深い品であることは、間違いないと思いますよ。(すでに販売はさ
れていないと思いますが。。)

http://www.ginganokoe.net/news_25_ishikitech.html

とりあえず、分杭峠の件はまた別途改めまして、太極拳のご連絡お待ちしていま
す。
よろしくお願い致します。(長文失礼致しました。)

  ・・・(略)・・・


 ・・・<Iさんのメール転載終了>・・・

ダイヤログ・イン・ザ・ダーク...2008年10月17日

 10月15日(水)に、ゲリースクールの仲間のHさんに誘われて、東京・お台場の日本科学未来館で開かれているダイヤログ・イン・ザ・ダーク(DID)というWS(ワークショップ)に参加してきました。
 ダイヤログ・イン・ザ・ダークとは簡単に言うと、暗闇ツワーです。視覚障害者のインストラクターに導かれて、WSに集った数名(今回は7名)の人々が全く光のない暗闇の中を探検していくというものです。ダイヤログ・イン・ザ・ダークは1989年にドイツの哲学者であるアンドレアス・ハイネッケ博士によって始められたそうです。会場でもらったパンフレットから、そのハイネッケ氏の言葉を引用してみます。

 ・・・<アンドレアス・ハイネッケ博士の言葉>・・・

 ダイヤログではまっくらな中を視覚障害者の人に案内してもらうのですが、私は全ての人が社会の中で生きていける場所を与えられるべきであるという信念を持っております。「DIDは今まで仕事の無かった6千人に職を創出した」と言えます。そして、もうひとつ「今まで見えなかったものを見えるようにしてくれた」つまり、暗闇の中で学ぶことができたということです。目が見えることを当然と思っていることが当然のものではないということがわかります。3つ目はコミュニケーションの重要さです。暗闇では、他人と協力しなければ何も出来ないことに気づくのです。DIDは社会的な価値を追求していることを忘れてはいけないのです。我々にとって重要なことは、どんな社会的使命を持っているかということです。他人のために何かをすることに意味があります。世界全体を急激に変えることは出来ないですが、それぞれの人の身近な社会通念や常識を変えることは出来るかもしれません。そうしてあなた一人が変わることによって全体を変えていくことができるのです。

 ・・・<終了>・・・

 本山です。
 ダイヤログ・イン・ザ・ダークは大変な人気だそうで、予約はすぐいっぱいになってしまうそうです。Hさんに予約してもらって私はラッキーでした。
 さてその日の当日ですが、手続きをして、会場の外でコースが始まる時間になるのを待っていると、なんとHさんが突然現れたのでびっくりしました。というのも、Hさんは私より1時間早いコースなので、コースの真っ最中のはずです。何で外にいるの? です。
 Hさんは、朝突然の急用で新幹線に乗り遅れてしまったそうです。それで1時間遅れて会場に着いたといいます。会場に電話してみたのですが、Hさんのコースは出発してしまったので、今回は諦めて下さいと言われたそうです。そりゃあ〜、お気の毒にと思ったのですが、なんと私のコースで奇跡的にキャンセルが一名出たというのです。Hさんの実現化能力に驚きです! ゲリースクール生と一緒にいると、彼らの実現化能力の高さに本当に驚かされます。会場の受付の人が、キャンセルが出るなんてことはめったにないですと3回も言っていました(一時期、スピリチュアルの分野で“引き寄せの法則”なるものが流行っていました。でも引き寄せの法則をやるより、ゲリースクールに入る方が、はるかに実現化能力が付くと、私は本気で思っています)。

 さてコースの始まりですが、最初にレクチャーを受けます。
 視覚障害者の人が使っている杖の持ち方や、動かし方を教えられます。杖は利き腕で持ちます。意外に思ったのは、利き腕でない方の手の使い方です。暗闇の前方を手で探ることになるのですが、手の平を手前に向けるのです。つまり手の甲で探るのです。これは手の平を向こうに向けると、暗闇の中で目の前に人がいた場合、その人を傷つけやすいことと、自分が付き指になるのを防ぐ為だそうです。

 ほとんどの人は、全く光のない世界を長時間体験したことはないと思います。私事ですが、おじいちゃんセッションで私は、過去生で子供の頃に底なし沼に落ちて死んだことがあると言われました。底なし沼に落ちて、真っ暗な暗闇の中で必死に手足を動かすうちに窒息死していったそうです。それゆえ私は暗闇を怖がるのだそうです。そして意識が薄れる直前に光が見えて、その光に強く惹かれたのだそうです。この話を聞いて、私は小さい頃に見た夢を思い出しました。小さい子供の自分が、家の近くの沼地の岸に足を踏み入れた瞬間、あっという間に沼に嵌ります。そこから逃れようと、必死に手足をばたつかせますが、体は沈んでいくばかりです。子供ながらに、ここで死ななければならない不条理を強く感じます。そして意識が薄れていくと、ある方向に光が見えてきたのです。場所はヨーロッパの方だと感じます。また時代は中世のような気がします。私はこれを夢の一つと思っていたのですが、実際にあったことだとわかりました。ですからおじいちゃんセッションでそのことを言われたときは、びっくりもしましたが、大いに納得もしました。
 それゆえ今回の暗闇ツワーで、暗闇に恐怖を感じるかどうかが私の大きなテーマでした。ですが、一度ツワーが始まると、7人の仲間でわいわいがやがやで、恐怖を感じる暇もありませんでした。特に小さな子供は、おおはしゃぎで、ここに木があったとか、どんぐりが落ちているとか、うれしくてたまらないといった感じでした。完全に子供と大人の立場が逆転していました。私はもう、おそるおそるで、前に踏み出す足の一歩が5cmぐらいといった感じでした。とにかく目の前に手をかざしても、全く見えません。完全なる漆黒の闇なのです。

 暗闇ツワーが始まって最初の難関は、2本の丸太の橋を渡るオペレーションです。
 7人が協力しないとできないオペレーションです。みんなで声を掛け合い、自分が橋のどの辺を渡っているかとか、橋の最後は段差になっているから気をつけるようにとか、情報を共有します。こうしてお互いに協力しないと、7人全員が丸太という不安定な橋を渡ることは出来ないのです。本当に大げさでなく、人と協力する大切さを学ぶことになります。
 その後、ブランコに乗ったり、野菜や果物を触ったりといった面白いアトラクションを楽しみます。またみんなで手をつないで輪になり、手を握ることによって情報を伝達するゲームも行いました。私にはわからなかったのですが、メンバーの一人が鳥や牛がいると言っていたので、本当にいたのかもしれません。しばらくすると私もだいぶ慣れてきて、よし探検してやろうかという気になったのですが、そこでインストラクターが、皆さん疲れてきたでしょうからドリンクサービスを受けに行こうと言うのです。
 そういったドリンクをサービスするドリンクバーがちゃんと造られているのです。そのドリンクバーに行って椅子に座るのも一苦労ですが、なんとかみんなで協力して、テーブルの前の椅子に着席することができました。するとスタッフの人が、注文を取りに来てくれるのです。ジュース、お茶、ビール、ワインなどです。私はアルコールを飲んでしまうと、あの丸太渡りでひっくり返る恐れがあると思い、お茶を注文しました。酒好きのHさんはワインでした。Hさんが後で、「なんで(大酒飲みの)モトさんが、お茶を注文したんですか?」と聞いてきたので、丸太渡りでびびったことを白状しました。それにしても感心したのは、スタッフが注文どおりのドリンクをみんなの前に置いていったことです。この人は、見えているんじゃないかと本当に疑ってしまいます。ビールのときはグラスを置いた後に、缶を開けてそのグラスに注いだのですから感動してしまいました。私は、このスタッフは密かに赤外線センサーを付けているんじゃないかと思ったぐらいです。ほとんど超能力に思えました。
 さて視覚を奪われると、逆に聴覚、触覚が異常に鋭くなります。また会場内は森が再現されていて、木や藁の臭いなどがして嗅覚も鋭くなります。また小川も流れていて、その小川の水を触ったりします。お茶を飲むと、ゴクゴクと喉の音が異常に大きく感じます。またビールやワインを飲んだ人は、アルコール度が強いと感じると言っていました。味覚まで鋭くなっていたのかもしれません。
 中でも面白かったのは、インストラクターが会場に入って何分くらい経ったか、みんなに質問したことでした。Hさんは15分と言い、私は20分と答えました。他の人は、40分ぐらいと答えていました。答えはなんと54分だったのです。思わず、ウッソー! と言いたくなりました。今現在ゲリースクールのアカシック専科では、集中力のトレーニングをしています。集中しているときは、時間があっという間に過ぎます。Hさんと私は、かなり集中していたことは確かなようです。

 参考までにダイヤログ・イン・ザ・ダーク(DID)のURLを紹介します。WSを体験したい方は、以下のURLで予約する必要があります(1回4千円です)。残念ながら今年のWSはすでに予約は満席となっていますが、登録すれば来年以降の情報が得られるようです。

http://www.dialoginthedark.com/


 このダイヤログ・イン・ザ・ダーク(DID)のWSは、私にとって予想以上の体験でした。これならリピーターが増えるだろうと思います。私は、ゲリーさんやおじいちゃんセッションで、将来、神聖幾何学の理論を使った施設を造ると言われています。まだ海のものとも山のものとも知れない話ですが、もしそういった施設を造るなら、あわせてこのダイヤログ・イン・ザ・ダークのWSができる施設も造りたいと思うようになりました。

修行を‘しない’修行...2008年9月26日

 何事も、やり過ぎというのは良くないようです。それがたとえ、修行のようなものであってもです。
 7月後半、私はゲリーさんによるスクールの卒業面接を受けました。そこで、ちょっと信じ難いアドバイスを受けたのです。ゲリーさんから私に提案があるといいます。それを受け入れて実行する気があるかと聞かれたのです。内容がわからないので、どんなことだろうと一瞬不安を感じましたが、その時の私は、スピリチュアルに関しては、いけいけどんどんの気分だったので、もちろんやりますと答えました。
 そのゲリーさんの提案ですが、私にとって実に意外なものだったのです。
 1ヶ月間、スピリチュアルに関して、何もするなと言われたのです。瞑想や呼吸法をしないのはもちろん、本を読んでもいけないし、スピリチュアルなことに関することをいっさい考えてもいけないというのです。私はあっけにとられてしまいました。それまでのゲリースクールの仲間は、面接でスピリチュアルな方向を推し進めるアドバイスを受けていたのですから、私は真逆なことを言われたわけです。
 ゲリーさんによると私は大きな変容を遂げつつあるといいます。ゲリーさんは2ヶ月か3ヶ月に1回、日本に来るが、その度に私の変容に驚かされると言っていました。私自身は、自分が変容している自覚がないので、この話に疑わしそうな顔をしていたに違いありません。そこでゲリーさんは喩え話をしてくれました。
 (私に向かって)あなたは小さい頃に、周りの人々から背が伸びたと言われたことがあるかと聞くのです。もちろん、いっぱいありますと答えました。すると次に、あなたはそのとき、自分の背が伸びているという自覚があったかと聞くのです。たしかに自分では、ほとんど自覚していませんでした。そう答えると、ゲリーさんはそういうことだといいます。なるほどです。上手いこと言うなあと感心してしまいました。
 そして今度は、私を馬に喩えて、馬はずーっと走り続けることはできないのだよ、と言います。時には休みが必要だというわけです。そう言われてみると大いに心当たりはあります。その頃の私は、かなりしんどい呼吸法を日課としていました。自分のスピリチュアルな進歩の為には、なんでもやるといった感じでした。私は少し急ぎすぎていたのかもしれません。ゲリーさんは、1ヶ月の休みを取れば、その成果はあなたにとって、とても満足のいくものになるだろうと言います。そこまで言われれば、実行しないわけにはいきません。ゲリーさんは最初8月1日から31日まで実行するように言ったのですが、8月の前半はダマヌールに行くので、ゲリーさんに事情を話して、始める時期を8月中旬に延ばしてもらいました。
 こうして私は、1ヶ月間の修行を‘しない’修行をすることになったのです。
 そのゲリーさんの面接の後、おじいちゃんセッションがあったので、この点についても聞いてみました。すると1ヶ月もする必要はないとの答えでした。でもやはりおじいちゃんセッションでも、期間の違いはあれ、私に休みが必要だということがわかりました。
 そこでスピリチュアルなことを考えないために、替わりにどんなことをすればよいか聞いてみました。すると映画を1日中観たらどうかと言われました。私は内心、映画を1日中観るなんて絶対に飽きると思ったので、旅に出るのはどうかと質問しました。すると旅はダメだと言われたのです。あなたの場合、旅に出たらパワースポットを探してしまうだろうと言うのです。この指摘に思わず苦笑いしてしまいました。

 さてこのスピリチュアルなことをいっさいしない1ヶ月間ですが、意外と苦しかったです。スピリチュアルに全く無関心な人なら、何の苦もなくやれるでしょうが、私はスピリチュアルに関連した思考法にどっぷり浸かった人間です。例えば人の行動を見ていて、ああ、この人はカルマを持っているな。おそらく過去生でカルマを溜めてしまったんだろうな・・・、なんてことを、ついつい考えてしまうのです。そのつど、しまった! またスピリチュアルを考えてしまったと反省することになります。どうしても思考にスピリチュアルが入ってきてしまうので、何も考えないのが一番と思うようになりました。アホになってレンタルビデオ屋で借りてきた映画を観る日々でした。
 前半はダマヌールの強烈な印象があったので、けっこうボーッとして過ごしていたのですが、3週間目に、猛烈にスピリチュアルなことがしたくなりました。そのとき、私の休むべき期間は終わったのではないかとふと思いました。でもゲリーさんとの約束なので、とにかく1ヶ月間は、スピリチュアルから離れることに努めました。

 その1ヶ月の期間が終わったので、先週末に東京の浜松町で行われたダマヌールのフェニーチェ・フェルチェさんのスピリチュアル物理学のWSに参加してきました。そこで一緒になったTさんに、私の1ヶ月の様子を話したのですが、Tさんは「僕には絶対できないと思う」と言っていました。まあ、そうだろうなと思います。私の場合は、スピリチュアル系が30%で、俗物性70%といったところですが、Tさんはスピリチュアル系が95%ぐらいの人です。Tさんがスピリチュアルを全くやれなくなったら、生きていけないんじゃないかと思います。

 そろそろ瞑想や呼吸法も再開しようと思っています。
 ゲリーさんは1ヶ月休めば、とても満足のいく成果がもたらされると言っていましたが、相変わらず私にその自覚はありません。むしろ1ヶ月休んだ分、前よりレベルがずっと落ちたような雰囲気が漂っています。でもそのうちゲリーさんの言う成果が来るものと信じて、楽しみに待とうと思います。

 当HPを訪問される方で、スピリチュアルに関心のある方は多いと思います。きつめの修行をされている方は、どうやら休むことも必要みたいです。

イタリア旅行の写真(2)...2008年9月18日

○アッシジ

 だいたいの位置関係を言うと、ローマはイタリア半島の中ぐらいに位置し、アッシジはそれから北に位置します。電車でローマから2時間くらいと聞いていたのですが、地図を見るとアッシジ行きの直通はなく、乗り換えが必要のようです。不親切な切符には、どの駅で乗り換えるなんて書いてありません(そういう情報が一番大切なのに!)。我々は地図を見ながら、たぶんこの辺で乗り換えそうだという駅で降りるしかありませんでした。でもせっかく乗り換えた電車は、途中の駅で終着となってしまいました。別のホームに電車が止まっていたので、たぶんあれだろうと乗り込みました。都合2回も乗り換えたわけですが、それで結果としてアッシジに着いたのですから、かなり運が良かったのかもしれません。今回の旅はゲリースクールの人(Tさん)と行ったのですが、これまでの危ういピンチを見事に切り抜けていくTさんには、神通力があると私は本気で信じるようになりました。
 さてアッシジに着いて電車を降りたのはもう5時過ぎだったのですが、ホームの上は猛烈な暑さでした。太陽の光で皮膚が焼けていくような感じでした。駅は平地にありますが、アッシジの街は、のどかな田園風景の中に小高い丘の上に城壁に囲まれたところにあります。それゆえアッシジに入れば、標高が高い分少しは涼しいだろうと期待しました。たしかに、多少は涼しくなったようで、暑いのは暑いですが、なんとか日中でも歩き回れそうです。町の風景ですが中世そのままという感じで、よくぞこれほど見事に中世を残したものと感心してしまいました。

        

・最初の写真は、ホテルの窓から外の風景を写したものです。アッシジは小高い丘になっているので、広々とした眺めが楽しめます。次がアッシジの街中です。城壁に囲まれた街は長径でも1.5kmぐらいですが、こういった中世風の街並みがずっと続きます。ちょうど京都の奥まった街並みが風情があるように、とても風情のあるところです。


 さてこのアッシジは、聖フランチェスコ(12世紀)の存在によって世界に知られるようになったといいます。とはいえTさんによると、日本の京都に有名なお坊さんがたくさんいるのと同じことで、アッシジという古い都市に、12世紀に聖フランチェスコという覚醒したマスターがいたということらしいです。
 ガイドブックによれば、聖フランチェスコは聖ダミアーノ教会で、イエスから啓示を受けたとなっています。Tさんは、アッシジに行く前に、その様子をリーディングしてみたそうです。すると聖フランチェスコがひざまずいている先にイエスの姿が見えて、イエスが聖フランチェスコに啓示を与えている場面が見えたそうです。Tさんは、それを横から眺めている状態でした。Tさんによると聖フランチェスコは、正直言って貧相な顔立ちで、しかも背も小さく小太りだったそうです。興味深いことに、その様子を眺めていたTさんにイエスが話し掛けてきたそうです。Tさんにイエスとどんな会話をしたのかと聞いたのですが、それは教えてくれませんでした。
 Tさんが見た光景が本当かどうか、聖ダミアーノ教会に行ってみました。教会の中にイエスの像が祭ってある部屋があるのですが、やはりその場所だったそうです。
 以下にガイドブックに載っている聖フランチェスコの顔を紹介します。この顔はTさんが見たものとそっくりだそうです。

        

・最初の写真が聖ダミアーノ教会です。アッシジの城壁の外に位置し、だいぶ距離があって坂道を下って歩くのはけっこう大変です。それでも行ってみると観光客で賑わっていました。帰りは急な坂道を登るのはきついのでタクシーを拾おうとなりました。Tさんは、あまり車の通らなそうな道の角で待とうと言います。私は、ここは都会じゃないのだから、流しのタクシーを拾うのは無理だろうと思っていたのですが、数分待っていると、なんとタクシーが来たのです。さすがイエスと話す人は違うと、私はTさんの神通力に妙に感心してしまいました。右が聖フランチェスコの絵画です。教会内の絵画は撮影禁止なので、これはパンフレットからもってきたものです。


 ここでイタリアの食べ物について少し報告します。
 ビール党の私には残念なことですが、イタリアではビールよりワインの方が安いです。特に私は白ワインが気に入りました。とても飲みやすく、体にスーッと入っていく感じです。イタリアのカフェに行って現地の人の様子を見ると、食事をするときには普通にワインを飲むといった感じです。生活の中にワインが定着している感があります。
 ビールも値段は高めですが、なかなか美味しいです。アリタリア航空で飲んだイタリアのビールが不味かったので、イタリアのビールに偏見を持っていたのですが、アッシジのカフェで飲んだビールは美味かったです。日本のモルツに似た風味だったのですが、これもワインと同じで、体にスーッと入っていく感じです。日中の暑い中を歩き回ったこともあり、私はがっぱがっぱとビールを飲んでしまいました。
 サラダですが、イタリアではドレッシングをかけません。バルサミコ酢と塩、胡椒をかけて食べます。これがけっこういけるのです。野菜自体がシャキシャキとした歯ごたえがあると同時に、甘味があって美味しいのです。明らかに日本の野菜とは違う感じがしました。
 ダマヌールで聞いたのですが、ヨーロッパは日本より有機の基準が厳しいそうです。日本でも化学肥料や農薬を使わない期間を3年間必要としますが、ヨーロッパの場合は、さらにそれに土に混ぜる堆肥にも厳しい基準があるそうです。日本ではそういった基準がないそうですが、ヨーロッパでは例えば牛糞を堆肥とする場合、その牛に肉を柔らかくするホルモン剤や、病気予防に抗生物質を与えた場合は有機と認めないそうです。日本の場合は、それらは当たり前のように行っているそうなのです。
 カフェで注文したサラダの野菜が有機だとは思えませんが、そういった厳しい有機の基準を持つ風土ゆえに、野菜に力があるのかもしれません。
 さらにイタリアですからピザやスパゲティが有名ですが、ピザも美味しいです。やっぱりチーズ自体が美味しいからかもしれません。さらに私が驚いたのが、トマトの美味しさです。トマトソースをベースにしたマルゲリータのスパゲティは絶品でした。日本との違いは、このトマトにあることに気付きました。日本で一般的に流通しているトマトとは明らかに違う品種です。日本のトマトは酸味が強くて甘味がないので、私はあまり好きではありません。ところがイタリアのトマトは、日本のトマトより小さめという特徴があり、ほどよい酸味の上に甘味が強いのです。以下にダマヌールでよく出された焼きトマトの写真を紹介します。イタリアでは、このトマトを半分に切って、オーブンで少し焼いて食べるようです。こうするとトマトに適当に焦げめがついて、甘味が増すようで本当に美味しいのです。私はとても気に入ってしまいました。さらにダマヌールの肉ですが、これも驚きました。私は日本では、肉をあまり食べません。しかしせっかくダマヌールに来たのだから、有機の肉を食べてみようと思いました。それが日本で食べたことのない味がしたのです。強烈な、いかにも肉という味がしたのです。ザッツ 肉! というところでしょうか。もちろん日本とは牛の品種が違うのでしょうが、これが本来の肉という味がしました。日本では脂肪の多い霜降りが高級とされていますが、ヨーロッパではそうでもないのかもしれません。Tさん達も肉の味には、驚いていました。こういうのもカルチャーショックというのでしょう。

        

・最初の写真がダマヌールで出されたオーブンで暖めたトマトです(ピンボケですみません)。このトマトは本当に美味しくて、私はとても気に入りました。次の写真がダマヌールで飼育されている有機の牛です。私は彼らに牧草を与える作業でヘトヘトになりました。有機で大事に育てられても結局、人間に食べられる運命です。これって牛にとって幸せなことなのかなと思ってしまうのですが、結局のところ人間も含めて生命は別の生命を食べて命を繋げるということなのでしょうね。

イタリア旅行の写真...2008年9月7日

 イタリア旅行で撮ってきた写真を、いくつか紹介しようと思います。
 2週間の日程のうち前半が観光で、後半がダマヌールでのWSでした。ここで紹介するのは前半の観光の部分です。

○ローマ

 成田からアリタリア航空でローマに飛ぶと、着いた時間は夕方となります。ローマのフィウミチーノ空港駅からローマの中心市街まで電車で行くことになりますが、電車の案内板は全部イタリア語で、さっぱりわかりません。ちょうどその時にホームに電車が滑り込んできました。どうもローマ市街に行きそうな雰囲気の電車です。イタリア語の自動券売機は無理そうなので、窓口で買いたかったのですが、窓口には人がずらりと並んでいて、とても電車の出発までに切符が買えそうにありません。
 そこでとにかく乗ってしまおう。そして駅員に文句言われたら、そのときに切符の買い方がわからなかったと言い訳をしようとなりました。20分ほど蒸し暑い電車に乗っているとローマ市街の中心であるテルミニ駅に着きました。日本なら改札があるのですが、その改札がどこにあるかすらわかりません。駅のホームから難なく外に出れるので、外に出てしまいました。こうして我々のイタリア旅行は、電車賃の踏み倒しから始まりました。後でわかったのですが、イタリアでは電車に乗る前に切符を買い、時刻をスタンプする黄色い機械に通すのがルールのようです。改札もなく日本のような定期的な駅員のチェックもないかわりに、抜き打ちで切符のチェックをするようです。このときに切符を持っていないと(無賃乗車とわかると)高額の罰金を払うことになるようです。

 イタリアと日本との時差は7時間で、ローマ市街に着いたのは夕方で、日本では深夜です。ここで眠いのを我慢して現地の時間に合わせると、楽に時差ボケがとれると観光ガイドに書いてあったので我慢します。ホテルのチェックインをすませ、さっそく夜のローマに繰り出します。カフェの多くは、路上に席が設けてあります。イタリアはワインが安いと聞いていたのですが、ワインを飲むとパタリと寝てしまいそうだったのでビールにしました。アリタリア航空で飲んだイタリアのビールは不味かったので、安全なハイネケンにします。350ml瓶で3.5ユーロです。今はユーロもだいぶ下がっていますが、我々が円からユーロに換金したときの相場は、手数料を含めて1ユーロが174円でした。だからカフェでビールの小瓶が600円ほどです。ちょっと高いなという感じです。
 翌日のローマ観光では、午前中にコロッセオ(昔の闘技場)とバチカン市国に行ってきました。私が驚いたのは、バチカン市国の絵画や彫刻の圧倒的な量です。何百年にもわたって、建造されてきた建物とその装飾品の量に圧倒されっぱなしでした。ゲリーさんは、人類が成し遂げたものを見たければ六本木に行けばよいと言っていましたが、これもまた人類が成し遂げたもの・・・という気がしました。また宗教が人類の歴史の中で、多くの芸術を生み出した土台となったことを感じました。バチカン市国の隣りにシスティナ礼拝堂があって、そこにミケランジェロの傑作といわれる最後の審判があります。天井画なので見ると首が疲れますが、観光客は飽きることなく天井を見ていました。この時期のローマは観光客しかいないそうですが、その観光客の多さにも圧倒されてしまいました。システィナ礼拝堂もまた大勢の観光客でいっぱいで、地響きのような感じでざわざわしていました。係員がパンパンと手を打って、大声で「シーッ!!!」とやると、その瞬間は静かになるのですが、その後またざわざわとしてきます。世界を代表する美術品なのだから、私語を謹んで見ろということなんでしょうね。


 

         


・最初がコロッセオです。中央がデコボコですが、闘技場の地下に当時は動物などを飼育する地下施設があったとのことです(もちろん当時は床があったわけです)。こういった地下構造をもつということは、2000年も前にしては、けっこう高度な建築技術があったということだと思います。

・次がバチカン市国のサン・ピエトロ広場です。バチカン市国は、一応国なんだそうですが、国にしては異常に小さいです。後に私はダマヌールの人々とバチカン市国の関係を知ることになるのですが、そこでバチカン市国は、イタリア政府ととても近い関係にあることがわかりました。


        
       


・バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の中です。巨大な建造物に中に、これまた世界中から集まった観光客がいっぱいいました。こんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、奈良の大仏もでかいと思いますが単発です。しかしここは、圧倒的な量の芸術作品が、これでもか、これでもかと並んでいます。とにかくその量に絶句しました。これが世界水準ということでしょうか。
 2枚目の写真は左側の写真の奥を撮ったものです。



 午前中はローマ観光で、午後は聖フランチェスコで有名な地方都市、アッシジにバスで向かう予定でした。そこでトラブルが起こりました。今日はもうアッシジ行きのバスがないというのです。明日の午前7時、10時の便があるので、それに乗れといいます。やばいことになりました。ホテルは予約してあるので、今日中に行かないわけにいきません。日本での情報では1日に5本の便があるという話だったので、これは予想外の展開です(日本で得た情報と、現地に行ってみてわかる情報が違うことは、たぶんけっこうあるのだと思います。なにしろここはイタリアです)。仕方なくバスをあきらめ電車を探すことになりました。バス発着の起点となるティブルティーナ駅からテルミニ駅まで移動しようとしたのですが、これまた電車が来ないのです。時間的にやばいので、タクシーで移動しようかと話していると、25分遅れて電車が来ました。日本だと事故でもない限りこんなに電車が遅れることはないでしょうが、さすがイタリアです。ホームで待っている人ものんびりしたもので、25分遅れてきた電車に普通に乗り込んでいました。イタリア語が話せたら、「いつもこんなもんだよ」という説明が聞けたに違いありません。
 さてテルミニ駅に戻り、アッシジ行きの電車を必死に探すことになったのですが、駅の窓口には、これまた人がずらりと並んでいます。そこで自動券売機にチャレンジしてみたのですが、英語での表記が選べるのがわかりました。イタリア語だと無理でしょうが、英語ならなんとか切符が買えるかもしれません。そこで自動券売機の出す色々な支持に従ってボタンを押しつづけて最後に紙幣を入れると、なんとか切符らしきものが出てきたのです。よくわからないので、かなりいい加減にボタンを押していたのですが、どうやらアッシジ行きの切符が買えたみたいです。
 電車の発車時刻が迫っていたのですが、トイレに行くたくなりました。そこで駅のトイレを探していくと、これがなんと有料です。75¢(130円くらい)で、しかも駅のトイレは2つだけで、それで両方とも有料だとわかりました。日本に比べればちょっと不親切だな、という気がしました。さらにそのトイレは有料のくせに満員で、かなり待たされました。おかげで電車に乗り遅れる寸前でした。

ダマヌールに行ってきましたが・・・...2008年8月24日

 7月終わりから2週間ほど、イタリアに行ってきました。
 前半1週間は観光で、後半1週間はイタリア北部のトリノ郊外にあるダマヌールというコミュニティで開かれるWSに参加するためです。

 もう日本に帰ってきてから10日間以上になるのですが、ボーッとしてしまって何もする気力もありませんでした。時差ボケも少々あったようで、昼間突然眠くなるといった状況でした。もうHPの更新を1ヶ月近くしていませんが、それでも訪問される方がいることに驚いています。訪問していた方は、「まだ更新してないぞ!」とイライラしながら見ておられたかもしれません。

 実は更新しなかったのは、時差ボケだけでなくダマヌールの内容に圧倒されてしまって、記事が書けなかったという事情もありました。それほど私にとってショックなものでした。えらいものを見てしまった(えらい事実を知ってしまった)という感じです。
 今回はスピリチュアルな学校であるゲリースクールの仲間5人で行きました。それゆえみんな熱心に取り組んだせいで、ダマヌールの13人の創始者の一人であるフェニーチェ・フェルチェさんに気に入られたようです。フェニーチェさんは、普段はここまで話さないのだけど、みんな熱心だからとかなり秘密なことまで教えてくれたのです。当然ながら、そこで話された情報は、公開しないでほしいと言われました。それがこのHPにはネックとなってしまって、記事が書けなくなってしまったのです。
 それがタイムトラベルの原理です。
 他の4人のメンバーがどのように考えていたかわかりませんが、私はダマヌールのタイムマシンに関しては、少々懐疑的でした。それが現地に行って、現在使われているタイムマシンを見たり(現在使われていない初期型も見ました)、実際にタイムトラベルした女性の体験談を聞いているうちに、彼らは本当にタイムトラベルをしていると思うようになったのです。
 私は学生時代に物理学を専攻したせいで、多少物理学の知識があります。
 もう25年以上も前の知識ですが、それまで人類が発見した基本的な力は4つあって、それは電磁気力、重力、核力の弱い力と強い力と教わりました。当時は統一場理論というのが盛んに言われていて、将来はこれら4つの力が統一されて一つの原理で説明されるようになるだろうと聞いていました。また素粒子の最小単位はクォーク(quark)で、さらにクォークを構成しているもっと小さい素粒子が見つかるだろうと言われていました。
 ところがフェニーチェさんさんが現在の物理学ではこのように考えていると紹介した話が、私が学生時代に習ったことと全く同じだったのです。私はあっけにとられてしまいました。あれから20年以上も経ったというのに、物理学の基本的なところは全く進歩していないことに驚いたのです。さらにフェニーチェさんは、ヨーロッパに周長27kmに及ぶ巨大加速器が造られていて、クォークを構成するさらに細かい素粒子が見つかるだろうと期待されている。しかしそれが見つかっても、まだ彼ら(現代の物理学者)は宇宙の秘密を発見できないだろうと言っていました。クォークの先の、さらに先があるというのです。その概略を我々に教えてくれたのです。そこにタイムトラベルするための原理があるといいます。その具体的な内容をここに書けないのが残念です。


 さらに私にとってショックだったのが、ダマヌールの存在の意味です。
 なぜ彼らがタイムマシンを作ったのか。なぜダマヌールというコミュニティを作る必要があったのか。だんだんその事情がわかってきました。単に物好きの集団が、趣味で行なっていることではない事情がわかってきたのです。壮大な宇宙の歴史に関係する、(曰く信じがたいような)ドラマが関係しているようだとわかってきました。
 こういった記事を書くのはまだ私の力量では無理だと思うので、いずれ書くかもしれませんが、別の機会にしたいと思います。

ダマヌールに行ってきます...2008年7月29日

 私事ですが、7月30日〜8月13日の予定で、イタリアの北部、トリノ郊外にあるダマヌールに行ってきます。ダマヌール現地で行なわれるWSに参加するためです。
 せっかくイタリアに行くのだから、ローマから入り、アッシジに行って聖フランチェスコの墓に行ってこようと思っています。ある方から聞いたのですが、聖フランチェスコの墓は、とても神聖な空気が流れているそうです。それを膚で感じてみたいと思っています。
 現在、ダマヌールの13人の創始者の一人であるフェニーチェ・フェルチェさんの講演会が日本で開かれています。私もダマヌールに参加することもあって、2度ほど参加してきました。1つは名古屋で行なわれたシンクロニシティラインに関する話で、もう一つは東京の蒲田で行なわれた2012年に関する話です。
 その名古屋でのシンクロニシティラインに関する話がとても興味深かったので、少し紹介します。
 フェルチェさんによると、地球には、縦に9本、横に9本のシンクロニシティラインが通っているそうです。一般の惑星では5〜6本が平均なので、地球はとても特異な星なんだそうです。このシンクロニシティラインには膨大なエネルギーの流れがあるのですが、同時に膨大な情報も流れているそうです。シンクロニシティラインは北極と南極で収斂し、それが太陽と繋がっています。太陽も又、他の恒星とシンクロニシティラインで繋がっています。それゆえちょうどインターネットのウェブサイトが蜘蛛の糸のように繋がっているイメージで宇宙全体の星々がシンクロニシティラインを通じて結合しているそうです。だから数百光万年離れた星の情報が一瞬にして地球でわかるのだそうです。
 このシンクロニシティラインですが、当然ながら肉体の目では見えません。さらにエーテル体での体外離脱をしても見えないそうです。アストラル体での体外離脱をしたときに見えるのだそうです。地球上でエーテル体での体外離脱を経験している人はけっこういると思いますが、アストラルレベルでの体外離脱をしている人はめったにいないと思います。それがこれまでシンクロニシティラインが話題にのぼらなかった理由かもしれません。
 シンクロニシティラインですが、輪切りにすると長径が900メートルの楕円形をしているそうです。そして上下で反対方向のエネルギーの流れがあるそうです。ダマヌールの13人の創始者は世界中を旅して、このシンクロニシティラインの正確な地図を作成しました。それを見せてもらったのですが、その流れは蛇行していて一様ではありませんでした。面白いことに、日本には2本もシンクロニシティラインが通っています。日本が不思議なパワーを持った国であることがそれでわかります。厄介なことに、このシンクロニシティラインは、一様に地表を走っているのではなく、地上数百メートルを走っていたり、地下数十メートルを走っていたりします。そしてシンクロニシティラインが交差するところには、お互いのラインのエネルギーが通る道が出来ていて、そこが昔からパワースポットと呼ばれる場所になっているそうです。そこは古代から神殿が建てられている場所になっているそうです。
 そして地球上で4本ものシンクロニシティラインが交差する地点が2箇所だけあるそうです。一つがネパールのムクティナットで、もう一つがイタリア北部のトリノ郊外にあったそうです。それで13人のメンバーがその土地を買い、そこにダマヌールを創ったというわけです。エネルギーが交差するポイントは地下40メートルにあったので、機械を使うと場を乱してしまうので、なんと手掘りで地下40メートルまで掘りすすんで、そこに神殿を建てたというわけです。彼らはそれを人類の神殿と呼んでいます。今回、その神殿を見学してきます。
 このシンクロニシティラインの話はとても興味深いので、記事にしようと思ったのですが、名古屋での講演会でその地図が売り切れになってしまい、ここに掲載できませんでした。今回ダマヌールに行くので、その地図を購入してこようと思っています。日本に帰ってきたら、シンクロニシティラインの話をもう一度詳しく記事にしたいと思っています。

肝臓洗浄...2008年7月28日

 7月14日のCさんのチャネリングセッションで、私は思わぬアドバイスを受けました。肝臓洗浄(レバーフラッシュ)をやれと言われたのです。
 肝臓洗浄は、ゲリースクールで身体に良いからと勧められていたのですが、私はまだ先でいいやと思っていました。それが7月18日が満月で、その時にやるのが良いと勧められたのです。でも翌日の19日からゲリースクールの授業が始まるので、無理だと言ったのですが、授業には影響ないから大丈夫だというのです。
 そこでさっそく紹介してもらったクシロ薬局から肝臓洗浄セット(1セット5千円で、2回分)購入しました。注文したら、あっという間に翌日届きました。以下が、その肝臓洗浄セット購入のページです。

http://kushiroph.com/?pid=5050524

 ちなみに以下がゲリースクールで紹介された肝臓洗浄のやり方が載ったページです。

http://www.srnetwork.com/drclark/progliver.html

 クシロ薬局の肝臓洗浄キットに載っている説明書に、肝臓洗浄を推奨している米国の医師、ハルダ・クラーク博士の言葉が載っているので抜粋します。

「肝臓浄化は劇的に健康の基礎となる全ての消化を改善します。アレルギーが消えることを期待することができ、また浄化する毎により多く体を浄化できます。信じられないほどに、肝臓洗浄は肩、上腕、上部の腰背痛を除去します。より多くのエネルギーと体の状態が増大した感覚を持てるでしょう」


 これを読むと、俄かにやる気が出てきました。
 ゲリースクールで肝臓洗浄をやった人の話が聞けたのですが、なんと緑色の胆石が出てくるというのです。緑色と聞いて、少し信じ難い気がしたのですが、クシロ薬局の説明書にも緑色の胆石の写真が載っています。自分の体(肝臓)の中に、そんなものがあって、本当に肝臓洗浄でそれが出てくるのかという興味も湧いてきました。
 ゲリーさんから説明があったのですが、この肝臓洗浄をやる際には、厳密に時間を守ることが大事なんだそうです。以下にそのスケジュールを紹介します。

@午後2時にエプソム塩を水(700ml)に溶かして冷蔵庫で冷やす。これより飲食は原則禁止となる。

A18時に@で作ったエプソム塩の溶液を4分の1飲む。

B20時に@で作ったエプソム塩の溶液を4分の1飲む。

C22時直前に、次の溶液を作る。オリーブオイル125mlに、200mlのグレープフルーツの搾り液を入れる。それに塩酸2滴、ブラックウォールナッツ20滴を加えてよく混ぜる。それを一気に飲む。その直後に、L−オルニチン4錠を少量の水で飲む。それからすぐに寝る。

D翌日起床時6時〜7時(6時前に目が覚めても起き上がってはいけない)、に@で作ったエプソム塩の溶液を4分の1飲む。

E10時に、@で作ったエプソム塩の溶液を4分の1飲む。

F12時、フルーツジュースを飲む。

G12時半、果物を食べる。

H13時半、軽めの食事を摂る。

 以上が全行程です。約24時間で終わります。
 @で作るエプソム塩の溶液ですが、これは下剤です。ですからこれを飲むとトイレに頻繁に行くことになります。そしてこのエプソム塩の溶液が実に不味いのです。説明書によると、エプソム塩を水ではなく、リンゴジュースで溶いても良いと書いてあります。これからやろうと思っている人は、ぜひリンゴジュースにして下さい。私も次回は絶対にリンゴジュースにしようと思っています。
 クシロ薬局のキットは、上記の薬品がすべて揃っています(容器まで揃っています)。ですから自分で用意するのは、グレープフルーツと、フルーツジュースや果物等です。グレープフルーツは大きめのもの1個となっていますが、200mlの絞り汁を取るには、2個は必要なようです。

 さて私の結果ですが、翌朝のトイレで、最初は茶色の石が出てきました。緑色でないので少々拍子抜けしたのですが、確かに胆石が出たことがわかりました。自分の排泄物ならば水洗トイレの水に沈みますが、胆石は水に浮きます。
 それから30分ほどして、今度は本当に緑色の胆石が出たのです。それもちょっと驚くほどいっぱい出ました。見事に水に浮いていて、胆石であることが確認できました。オリーブオイルの色で緑色になっているようにも思えるのですが、こういった石が自分の肝臓の中に溜まっていたことに、ぎょっとしてしまいます。
 その日はゲリースクールの授業だったので、下剤で突如襲ってくる便意を警戒しながら電車に乗っていましたが、やはり途中の駅でトイレに駆け込むことになりました。授業に影響ないなんて嘘じゃないかと、Cさんにチャネリングしたおじいちゃんと呼ばれる指導霊に文句を言いながら、授業に向かいました。これからやろうとする方は、必ず翌日が休みのときに行うようにして下さい。下剤を4回も飲むという作業が入りますので。

 説明書に書いてありますが、翌日は夕方には体調も回復します。その日の夜はスクール仲間と恒例の飲み会で、肝臓洗浄をやったからとビールを、がっぱがっぱ飲んでしまいました。それゆえその日は、肝臓洗浄の効果はよくわからなかったのですが、次の日の朝の目覚めは爽快そのものでした。とても体が軽くなった感覚がしました。
 訪問者の方々で、なんとなく身体がだるいとか、疲れがとれないという感覚を持っている方は多いと思います。この肝臓洗浄は、やっても危険はないそうです。ぜひ試されることをお勧めします。

私と上杉謙信とのかかわり...2008年7月17日

 当HPの精神世界の「精神世界・個人の話編」の中で、「日本の戦国時代での武将のケース」で、日本の戦国時代の武将として名を馳せた、越後の上杉謙信の話を書きました。
 それは私の子供の頃からあった、上杉謙信の人生と思われる不思議な記憶の断片を書いたものです。人はよく夢を見ますが、私に蘇ってきた映像は、とてもリアルなもので、単なる夢と片付けられるものではなかったのです。上杉謙信が、戦場でどのような思いで軍を指揮し、時として刀を振るったか。戦場を馬で駆け巡る謙信の興奮と供に、味わっている自分があったのです。
 そのような記憶があり、そして精神世界に多少でもなじみがあれば、自分の前世としての上杉謙信を考えるのは、むしろ当然といえるかもしれません。最初にその質問をしたのは、ゲリー・ボーネルさんの個人セッションのときでした。そのときゲリーさんは、私の前世が上杉謙信であるともないとも言わず、謙信の人となりを淡々と話しただけでした。ゲリーさんの話でわかったことは、謙信と私は同じソウルグループ(魂のグループ、虎グループという名)に属していることぐらいでした。その時は、他に興味が移ってしまい、その話題は自分の中では終わりでした。次にこの話題を取り上げたのは、それから数年経ったゲリースクールの講師であるクリスさんの個人セッションを受けたときです。そのときクリスさんは、謙信と私は別人格であると言いました。私に謙信の記憶があるのは、同じソウルグループというだけでなく、実は謙信の側に仕えていた人物であったからだというのです。近い関係にいたという人生があると、その人の記憶が流れ込んでくるということがあるそうです。私は、このクリスさんの答えに、今までと違った意味で興味が湧いてきました。その側近は、歴史に名を残すこともなくひっそりと死んだ人物だろうか。それとも次のNHKの大河ドラマの主人公となる直江兼続(なおえかねつぐ)のような、名の知れた武将だろうか。いずれ機会があったら知りたいと思うようになりました。

 ところが、7月14日にある方のチャネリング・セッションを受けたとき、私はこの問いに、衝撃的な答えをもらうことになりました。その方は、知る人ぞ知るチャネラーなのですが、ご本人のことを当HPで紹介する了解をまだ得ていません。それゆえ、ここでは仮に、Cさんと呼ばせてもらいます。

 Cさんのチャネリングセッションの内容を語る前に、これまで書いてこなかった私の記憶の中にある上杉謙信のエピソードを少々書いてみようと思います。
 上杉謙信の幼少の名を虎千代といいますが、虎千代と呼ばれていた頃に、謙信が英才教育を受けていた記憶があります。場所はお寺で、僧侶が先生です。やっていたのは極めて具体的な軍事教育で、戦場の地形を描いた地図を前にして、謙信に僧侶が問題を出します。地図の中央には川が流れており、起伏のある地形を前にして味方は兵士1200名、そして敵方は川向こうに兵士2000の戦力で対陣している。ではお前は、どのように戦うかと問題を出されます。虎千代は色々考えますが、戦に勝つ有効な作戦を思い浮かばず、とりあえず、川下から戦を仕掛けると答えを言います。すると僧侶は烈火のごとく怒って、「馬鹿者! そんなことをしたら負けてしまうではないか!」と言い放ちます。虎千代はすっかり萎縮してしまいます。
 私の記憶にあるのは、ここまでです。しかし日本の戦国史上、最大の激戦と言われた武田信玄と上杉謙信の川中島決戦(第4回目の激突)での、上杉謙信の戦いぶりは、そんな私にとって、とても印象的なものでした。そのときの上杉軍は総勢1万4000名余、武田軍は2万余の大軍勢です。上杉軍は、正面からまともに戦ってはいけないのです。少ない軍勢で数の多い敵に勝つには、相手を2分し、少なくなった軍勢を個別に撃破するのが鉄則です。ですから上杉軍は、武田軍を前にして妻女山に登ったのです。そしてけっして動くことはしなかった。上杉謙信は、武田軍が2つに分かれて、攻めて来るのをひたすら待っていたのです。武田軍が、きつつき戦法と呼ばれる、軍を二手に分けて後ろから攻め立て、あわてて前に出てきたところを待ち構えた本軍が撃破する戦法を取るように巧妙に仕掛けていたのです。
 この謙信の作戦が成功するかどうかは、武田軍がきつつき戦法を取る、まさにその瞬間をとらえて軍を動かし、待ち構える武田軍に襲い掛かることでした。歴史の本では、武田軍のいる海津城から立ち登る飯炊きの煙の量が、いつもより多いことに上杉軍の見張りが偶然気付いたとなっています。しかし私の記憶にあるのは、少し違います。上杉謙信が妻女山に登った直後に見張りを呼びます。そして海津城から立ち上る、(戦闘の準備をしていない)飯炊きの煙の量を頭に叩き込めと言います。そしてその量から著しく多い煙の量が登ったら、即座に自分に知らせるように命じます。それが上杉軍が動く合図となったのです。さらに蛇足ですが、夜になると妻女山にいる上杉軍から優雅な琵琶の音が響いたと歴史書が伝えています。私の記憶では、謙信に部下から兵士が戦闘前の緊張に耐えられず限界にきつつあると報告が上がります。そこで夜に、琵琶を弾いて優雅な音を聞かせ、兵士の緊張を少しでも和らげようとしたのです。しかしそれが効果があったかどうかはわからないのですが。

 武田軍は、きつつき戦法の為に背後から上杉軍を追い落とすために1万2千の軍を組織します。すると残りは、本隊の8千です。上杉軍は、背後の1万2千の兵を少しでも足止めするために1千名の兵を残し、残りは秘かに妻女山を降ります。敵方に気付かれないように、馬に猿轡(さるぐつわ)を噛まし、馬に鳴き声をあげさせないという謙信の執念の行軍でした。
 武田軍のきつつき戦法を考えだしたのは、武田信玄の参謀として有名な山本勘助だと言われています。私もそれは事実だと思います。武田軍は鶴翼(かくよく)の陣で、これは鶴が羽を広げたような陣構えでした。それに対し上杉軍は、軍が回転しながら敵に突っ込んでいく車掛かりの陣でした。私の記憶にあるその戦闘のシーンですが、明らかに上杉軍が優勢で、武田軍を圧倒していたのですが、突如、武田軍の中の一群が上杉軍本陣めがけて捨て身の切り込みをしたのです。馬に乗って、すさまじい形相で切り込んできたのが軍師、山本勘助ではないかと思うのです。そのあまりの勢いに一瞬上杉軍が乱れます。謙信はその瞬間、胃の府が寒くなる感覚を味わいました。しかしそのうち乱れた上杉軍が体制を立て直します。突っ込んできた山本勘助の軍は、討ち取られてしまいます。
 きつつき戦法を考えた山本勘助は、その戦法が謙信に完全に読み取られてしまい、逆手に取られたことに責任を感じ、自分の死を持って武田信玄に詫びたという説があるそうです。私は、これは正しいのではないかと思います。そのとき上杉軍の本陣に飛び込むというのは、確実に死を意味していたからです。

 さてここで、Cさんのチャネリング・セッションに戻ります。
 Cさんが言うには、私は上杉謙信の側近ではなかったというのです。というかその時、肉体を持って転生していなかったそうです。制限だらけの肉体ではなく、自由に動けるスピリットとして謙信と関わるのを選んだといいます。
 なんと私は、当時、上杉謙信の指導霊だったというのです。
 謙信の側近に藤木忍(ふじきしのぶ)という人物(男性)がいたそうです。この藤木忍をイタコのようにして、私が指導霊として降りて、謙信と会話しながら具体的な戦闘のアドバイスをしていたというのです。指導霊は複数いるのが普通ですが、私は謙信のメインの指導霊だったそうです。それゆえ謙信との繋がりが太いというのです。さらに私は、伊達政宗の指導霊でもあったそうです。しかし伊達政宗にはメインの指導霊がいて、私はサブのような形だったそうです。どおりで、私には伊達政宗の転生の断片的な記憶はありません(この話を聞いたので、これから出てくるかもしれませんが)
 Cさんが言うには、ゲリースクールのクリスさんがリーディングして見たのは、藤木忍を介して、私が指導霊として謙信と会話する場面だったのだろうとのことです。エネルギーが同じなので、まるで藤木忍が私の転生のように見えたのだろうとのことです。

 この話を聞いて、私はふとゲリーさんから言われた一言を思い出しました。ゲリーさんは、私は過去世において多くの戦士の転生があり、それをもう卒業したと言っていました。それをCさんに言うと、私はもう戦闘に飽きてしまったそうです。戦闘といっても、いつくかのパターンがあるだけで、私はもう面白みを感じなくなってしまったそうです。それはとてもわかる気がします。日本の戦国時代には、大いに興味を惹かれますが、戦闘自体には興味がないのです。

 最後に、Cさんから言われた(私にとって)驚愕の話を追加します。
 クリスさんによると私の魂(スピリット)は、この地球上で678回もの転生がありアトランティス時代の転生もあったそうです。Cさんから言われたのは、そのアトランティス時代の末期に、アトランティスのテクノロジーを悪用しようとする一派が現れたそうです。そこでテクノロジーを悪用させないように、技術を封印しようとしたらしいのです。(巨大な?)塔があり、それを破壊するオペレーションに私は参加していたというのです。そのオペレーションに参加したのは19名で、なんとその中に、あのアインシュタインがいたそうです。そしてその塔が破壊される瞬間をすぐ近くで見ていたのが、エドガー・ケーシーなんだそうです。
 なんと私は、アトランティスの技術を封印した技術者(科学者?)の一人だったようです。そして今、私が神聖幾何学の施設を造ろうとしているのは、封印したその技術を現代に蘇らせようとしているのではと指摘されました。桁違いのスケールの話に、私はただただ圧倒されてしまったのでした。

金(キン)に関すること...2008年7月1日

 訪問者の方から、金(キン)に関する以下のような質問メールをいただきました。ご本人から掲載の了解を得ましたので、抜粋します。


 ・・・<訪問者の方からの金(キン)に関する質問メール開始>・・・

本山様
いつもいつも貴重な情報をありがとうございます。
自分では動かずに 本山さんの情報で 納得している状態です。

本当に感謝しております。

今日は 又 教えて頂きたいことがありメールいたしました。
私も今回仕事を辞めて 少しお金が手にはいりました。

以前から お金が出来たら 金 を買おうと思っていたのですが
いざ 買うとなると 何もかも初めての事なのでわかりません。

これだけのお金でこれから先 取り合えず 生活しないといけないので
本山さんのように 金の先物取引がいいのだろうとは思いますが

勉強していないので これは無理だろうと 思い
商品ファンドと 地金を少し買おうと思っています。

以前モトさんのHPで金があがると言われてから 
もう2.5倍くらいの値段になっていますが 金は上がるところまでいけば

又下がると思われますか?下がるのであれば 上がったところで
売らないといけないし 下がらなければ値段を気にせずに

必要なところで換金すればいいので気にかけずに過ごせます。
又 ドル安との関係がよくわからなくて・・・

暇はないでしょうが ゆっくりの時で結構です、お教えくだされば
嬉しいです。

 ・・・(後略)・・・

 ・・・<メール終了>・・・


 本山です。
 私自身は金(キン)に関する専門家でもなんでもなくて、ただの素人です。ただ金との付き合いは比較的長いようで、もう25年ぐらいになります。私は、若い頃アメリカにいたことがあって、現地の日本人からアメリカのインフレのひどさを聞いたことがありました。そういうこともあるから、いざという時のために金を買っておいた方が良いとアドバイスを受けたのです。そこで、少ない給料の中からコツコツと金貨を買い始めたのが始まりでした。
 元々ビンボー人ですから買える額はしれているのですが、それでも金に関する知識だけは少しづつ溜まっていきました。数年前に、当HPに今後の金価格に関する記事を書いたのも、そういった金との長い付き合いがあったからです。それがきっかけで、今回、金に関する質問を受けたわけですが、素人の私にできる話をしたいと思います。今まで、こういった基礎知識的な部分は必要ないだろうと書いてこなかったのですが、良い機会だから数回にわたり(ただし連続しませんが)記事を書いていこうと思います。
 まず金に関する商品の種類を紹介します。

  @インゴット(いわいる金の延べ棒)
  A金貨
  B純金積み立て預金
  C金の先物取引
  D金価格連動型上場投資信託
  E大判、小判(歴史的な価値のあるもの)

 これらは今私の頭で思いつくものですが、探せばもっと色々あるかもしれません。
 少し補足説明します。@のインゴットですが、1kg、500g、100g、20g等々を色々と重さの種類がありますが、1kgのインゴットを扱うことが多いようです。
 Aの金貨は、金の産出量の多い国が金貨を製造して販売しています。例えばウィーンならオーストリア、メイプルリーフならカナダ、クルーガーランドなら南アフリカ、イーグルならアメリカといった具合です。私はアメリカで、先進国として安定しているカナダのメイプルリーフが良いと勧められたので、今でもメイプルリーフ金貨にしています。また金の純度ですが、99.99%を9が4つ並んでいるのでフォーナインといいますが、どの国の金貨もフォーナインなのに、当時はアメリカのイーグルだけスリーナイン(99.9%)と聞いたことがあります。でもネットで調べてみると、アメリカでも2006年から99.99%のバッファロー金貨なるものが発売されているようです。日本では主にウィーン金貨とメイプルリーフ金貨が扱われているようです。
 金貨も色々な重さがあり、1オンス、1/2オンス、1/4オンスなど色々あります。金の重さを計るオンスはトロイオンスと呼ばれ、通常のオンスとは重さが微妙に異なります。1トロイオンスは正確に31.1034768グラムで、通常オンスが28.349523125グラムです。なぜこんな違いがあるのかは、私は知らないので、興味がある方は調べてみると面白いかもしれません。
 インゴットも金貨もいわいる現物です。購入すれば現物を渡されます。現物の難点は、家で保管する必要があることです。さらに銀行預金と違い、金利がつきません。それが多くの人が金の現物を購入することをためらってきた原因だと思います。でも逆に、経済恐慌が起こって預金封鎖の不安があったり、インフレで銀行預金の価値がどんどん減っている場合などは、一定の価値のある現物が手元にあることは強みかもしれません。
 値段ですが、昨日(6月30日)の相場ですと、1kgのインゴットが335万2千円です(これは消費税込みの値段です)。売る場合は、329万円です(売る場合も消費税込みの値段で売れます)。この売値と買値の差、6万2千円が金を扱う業者の手数料というわけです。1オンスの金貨ですと、11万2879円、売値が10万5147円です。もちろんこの差が手数料です。ちなみに金貨の場合は、金貨の重さが、それに相当する金の値段と同じというわけではありません。ちょっと割高になっています。まあこれは、金貨を製造する工程で掛かった費用といったところでしょうか。
 話は脱線しますが、日本も近年、金貨を出していて、それが天皇陛下御在位60年記念金貨です。これは偽造事件があったので有名です。なぜ偽造品がでたかというと、元もとのこの金貨の純度が低かったからです。言葉は悪いですが、まがい物の金貨でした。これから買う方は、99.99%の純度のフォーナインの金貨を買うことをお勧めします(これだと偽造品がありません)。
 金貨の場合は、インゴットに比べて大きさが小さいので保管が楽という利点もあります。保管がどうしても心配なら、銀行の貸し金庫を借りて保管するという手もあります。私もそうしています。ただ貸し金庫も手数料を取られる(年間で1万8千円ぐらいだったと記憶しています)ので、持ち家がある人は瓶に入れて、地下に埋めるという江戸時代にやっていたような保管方法も有力だと思います(マジです)。
 では実際にインゴットや金貨を買う方法ですが、業者はたくさんいます。参考までに一つサイトを紹介します。以下のサイトをクリックして、各業者の店舗案内などを見ていけば、自分の地域に店を出している業者が探せると思います。

http://www.jiganetorihiki.com/buy_jigane.html

 もしそれでも見つからない場合は、自分の住んでいる地域の銀行や信託銀行、信用金庫に行って聞いてみれば、適切なアドバイスがもらえると思います。
 金を売ったとき利益が出た場合は税金が気になります、税金に関して、以下のサイトに細かい説明が載っています。

http://www.yareike.com/005/


 ポイントは利益は年間50万円まで特別控除があること。そして他の譲渡所得と合算して計算することだと思います。ちなみに金の先物取引で得た利益に対する税金は違います。金の先物取引の税金は、(以前記事に書きましたが)申告分離課税で、一律に所得税が15%、地方税が5%です。さらに3年間の損益の繰越を認めています。

 Bの純金積み立て預金は、私はやったことがありません。自分の預金の中から、毎月一定額を金の購入に当てるといった方式だったと思います。個人的な意見を言えば、(3〜4年前ならいざ知らず)もうこういったのんびりとしたことをやれる時期は過ぎた気がします。自分の虎の子の財産を守るという意味で、ある一定額を金に関するものに換えておくことをお勧めしたい気がします。
 Cの金の先物取引ですが、これは私は人に勧めたくはありません。やる場合は、よほど注意してやらないと大変危険なものになります。私は、この記事を読んだ方が、金の先物取引に向かわないことを願って、そのやり方をここでは紹介しないことにします。自分はやっているのに、なんて身勝手な言い草だと指摘されるのは重々承知しています。それでも声を大にして、その危険性を訴えたいのです。
 危険の意味はレバレッジ(梃子の原理)が効いて、自分が収めた証拠金の10倍とか20倍の取り引きができてしまうことです。株でいえば信用取引です。例えば、1kgの金を買おうとすれば、現金で320万円(消費税含まず)が必要です。しかし先物取引であれば、13万5千円の証拠金があれば1kg買えるのです(売りから入ることも可能です)。ですから、わずかな金で大きな取り引きができてしまいます。これが大変危険なのです。なぜなら人間には際限のない欲があるからです。儲かると思えば、ついつい大きな取り引きをしたくなります。大抵は最初の数回は上手くいって、けっこうな利益を手にします。そうなると人間はますます欲深くなって、一発で大きな儲けを出したくなります。そこで大きな博打を打って、(そういうときに限って、なぜか相場が逆に動いて)大きな損失を出します。今までコツコツ儲けた分はもちろん吐き出して、さらに損失を抱えてしまいます。そして元金も失って市場から去っていくことになります(最悪のケースは元金を上回る借金を背負うこともあります)。
 以前、私が八王子税務署の職員と雑談したことを書いたことがありました。税務署の職員は先物相場に手を出して、大きな損失を出した人がたくさんいると言っていました。ですからこれは、けっこう日常茶飯事に我々の周りで起こっていることなのです。先物業者と話したことがあったのですが、私が先物取引の危険性を言うと、業者は、証拠金を現物と同じ額だけ積んでやるなら問題はないと言っていました。例えば、金(キン)の先物取引を行なうさいに、320万円の金を積んで、1kgの金の売り買いをするというやり方です。たしかにその場合は、相場が自分の予測と逆に動いても、追証(おいしょう)という追加の証拠金を求められることはありません。でも私は、それでも先物取引は止めた方が良いと思います。なぜなら人間には欲があるからです。それで利益が出続けると(あるいは損失が続いてしまい、損を取り戻そうとして)、ついつい2kg、3kgと売り買いを増やしてしまう弱さが人間にはあります。そこから奈落の底へと続く道が・・・(業者は客の売り買い手数料が利益なので、そんな言い方をするだけなのです)。
 そして私が、先物取引を勧めない最大の理由は、毎日(というか定期的に)相場をチェックしなければならなくなるからです。相場師でもない一般の人が、チャートを毎日、追い続けるというのは、幸せなことなのかなと思ってしまいます。もちろん相場が大好きな人なら話は別ですが、そういったことに無関心だった一般の人が、毎日値段が上がった下がったと一喜一憂するのは、エネルギーの無駄という気がします。平穏な生活の方がどれだけいいかなと思ってしまいます。もちろんこれは人によって好き好きがあるので、私の個人的な感覚を言っただけなのですが。
 一つ付け加えておくと、以前は金は先物取引で買っておいて、先物の満期がきたら現物で受け取る方法が一番手数料が安かったのです。しかし最近は、それほどのメリットもなくなってきたようです。つまるところ私の意見は、先物取引は避けた方がよい・・・です。

 次にDの金価格連動型上場投資信託ですが、これは意外といいかもしれません。
 金を買うことの難点の一つは、保管の問題があることです。この金価格連動型上場投資信託は株を買うのと同じ感覚です(大証、1328)。それゆえ保管の心配はありません。また10株単位で買えるので、今の相場だと3万2千円から投資可能です。私もためしに(額は少ないですが)買ってみました。ただ金価格連動型と言いながら、100%連動はしていません。例えば今日(7月8日)の金の現物に一番近い8月物の価格は1kg、3201円です。しかし金の投資信託の方は、3110円です。少し安めにずれているのですが、動きを見ていると連動しているのは確かです。保管が心配な人には、お勧めです。ただし、これはあくまでも市場で売り買いするものなので、現物ではありません。恐慌時には、やはり現物が手元にあるというのが強い気もします。

 最後にEの大判、小判ですが、これはあくまでも参考情報です。第一次世界大戦後のドイツで物価が1兆倍になった超(ハイパー)インフレは有名な話ですが、そのときでも絵画のような美術品や宝石、歴史的に価値のあるものは恐慌時でもその価値を失いませんでした。当時の主婦が、ちり紙交換のように札束をリヤカーに積んで、夕食の材料を買いに出掛けたという話は本当にあったそうです。紙幣が紙くずとなっても、その価値を失わない大判、小判を買っておくというのも手だと思います(とはいえ私は日本が国家破産するとか、ドイツで起こったようなハイパーインフレになるとは思っていません)。ちなみに一番高いのが、豊臣秀吉が造らせた慶長大判だそうです。その頃のものが金の純度が一番高く、2千万円ほどするそうです。2千万円と聞いて、私には無縁と諦めましたが、お金に余裕のある方には、いいかもしれません。

食料危機の時代...2008年6月22日

 先日テレビを見ていたら、このところの食料の値段の高騰は、政治が悪いんだという論調に出会いました。政治が良くなれば、食料の値段が下がると本気で考えている人がいることに、私はあっけにとられてしまいました。
 私の見解ですが、今起こっているのは食料生産の構造的な変化だと思うのです。現在様々な食品の値上げが続いていますが、それはまだ端緒についたばかりであり、これから本格的な動きが起こってくると考えています。人々の不満は食品の値段が上がっていることですが、それはまだ幸せな状態だと言えるかもしれません。そのうちお金を出しても、食べ物が買えない(食べ物自体がなくなる)日が来るかもしれません。
 正直言うと、私はこういった食品の値上げラッシュは、まだもう少し先だと思っていました。そうなるとゲリーさんの今年1月のイブニングレクチャーでの話を思い出してしまいます。ゲリーさんは2008年は、時代が急速に進む年だと言っていました。様々な出来事が、学者の予想を超えて先に進むと言っていました。食料に関しても、そうなのかもしれません。
 この食料危機に関していずれ記事を書こうと思っていたのですが、たまたま『180度大激変!』(船井幸雄著、徳間書店)をパラパラとめくっていたら、面白い文章を見つけました。船井幸雄氏の情報源の一つである証券会社に勤務するK氏から船井氏へのレポートとして、この本に載っている文章が面白かったので抜粋して紹介します。


 ・・・<『180度大激変!』p37〜p42から抜粋>・・・

口減らしの時代へ

 <食えなくなったよ>と言うと給料が減ったとか、職を失った、という意味で話されますが、今やその言葉どおり本当の意味で食べるものが手に入らない、ないしは食べられない、食料を買う金がない、という事態がいよいよこの日本でも起きてきそうです。昔は口減らしと言って間引きをしたり、年寄りを姥捨て山に送ったり、娘を遊郭に出したりと様々な悲劇がありましたが、形は変われど、同じような状況が訪れそうです。
 現在世界15ヶ国で食料をめぐる騒動がいきなり起こってきましたが、収入の格差が世界中で著しくなりつつある今、日本も小泉改革の遺産として格差が広がり、人ごとではすみません。今朝の日経によると、コメの価格が急上昇して、この1ヶ月で1.5倍になったとの事です。2005年からの穀物の価格の推移をみてみますと、とうもろこしは2.7倍、小麦が4倍、大豆が2.2倍、そしてコメがここにきていきなり2倍へと急激に上がり始めました。経済の急成長による旺盛な消費の拡大や異常気象などが主な原因ですが、ここで各国の対応をみてみますと、

・インドは昨年10月よりコメの輸出契約の停止
・ベトナムは今年からコメの輸出契約の禁止
・ロシアは小麦には10%、大麦には30%の輸出関税
・アルゼンチンは小麦の輸出停止
・中国は昨年暮から大豆、とうもろこし、そばの輸出規制

 という風に各国、急激に輸出を規制し始めています。丸紅の柴田明夫氏によると、最近の穀物価格の急騰は、これまでの安い価格帯から一段と高い価格帯への(均衡点の変化)であるとし、今後食料はこれまでの市況商品から政治商品としての性格を強めることになる、と述べています。
 人間はどんどん増えるが、資源は有限、ゆえに人間が減らなければ均衡が保てないというへ人口論)を書いたマルサスが生まれて240年余りが経ちますが、今まさに亡霊のように現れ、その予言が実行されようとしています。
 21世紀に入ってからの動きを時系列的に迫っていきますと、まず2001年のテロで対立、混乱の時代のスタートをきります。その後は世界中でのバブル造りの始まりでした。中国、ロシア、ブラジル、インドといった新興国に激しいバブル経済が発生します。たとえば中国では都市と農村の著しい格差から都市への流入が起こり、結果農村の生産力は落ち、工業化による汚染の広がりと水需要の爆発、さらに都市部での様々な需要の広がりという風に、バランスを無視した成長が起きました。食料事情という観点から考えますと、必然的に生産は落ちつつあり、一方で需要は止まらなくなる素地が形成されているのがわかります。この2002年から2006年までは、いわゆるバブルを形成させたステップといえると思います。
 2005年アメリカで画期的なエネルギー法案が成立します。<Energy Policy Act of 2005>です。この法律により原子力発電所の新設など原子力の利用を促すと共に、バイオ燃料の使用を義務付けました。10年後にはバイオ燃料を9倍に増やし、輸出は半分に減らすという計画でした。ただでさえ高騰しているエネルギーに食料を使うという、石油と食料をリンクさせた、とんでもない計画です。これにより、とうもろこ
しの値段が急騰し、大豆や小麦の作付けが落ちていきました。家畜の飼料でもあった、とうもろこしの値上がりによってすべての食料が上がる素地ができました。世界の経済成長が加速し始めたところで、将来食料価格が上がることは目に見えていたところにです。
 食料価格が上がって儲かるのはどこか? 当然世界に冠たる穀物メジャーです。実はこの欧米の穀物メジャーは実態がベールに包まれています。株式を公開していないのです。現在この穀物をはじめ主だった資源は企業ベースでも急激な寡占が進んでいるのです。
 たとえば、先日来、日本の鉄鋼メーカーが鉄鉱石を65%値上げ、石炭を3倍という価格で契約し、およそ3兆円のコスト増になったという話は有名ですが、これも資源大手BHPビリトンとの交渉の結果です。このビリトンが同業でロスチャイルド系のリオ・ティントに買収を仕掛けています。日本の資源最大手は住友鉱山ですが、時価総額ではビリトンの10分の1ほどで、そのビリトンがさらに大きくなるのでは、とても太刀打ちできません。
 まさに世界中の資源、石油、非鉄金属、水、食料といったところは、すべて欧米メジャーに支配されようとしています。Useless eaters(役立たず)には食わせる必要はない、というわけで完全なる資源権益の確保の基、自分達が配分を決めるとの意志です。このアメリカの法案通過や資源企業の寡占化は今日の状況を加速させる為の下準備というわけです。
 寡占化が完了し、バブルを徹底的に造った後で、2007年ついに膨れ上がった風船を一気につぶしにかかります。その壷のターゲットである中国の株価は計画通り半年で半値になりました。1990年の日本のバブル崩壊より早いスピードです。巧みに仕掛けられたチベットでの騒乱、それに続くオリンピック反対の世論と聖火リレーの報道により、まさに罠にはまった中国は国中で欧米への反発を強めています。各都市でフランス製品の不買運動とデモが起こり広がっています。これを見た欧米諸国の世論はどう動くのか? 飛んで火にいる夏の虫とはこのことで、中国国民は、まさに仕掛けられた罠にまんまと乗ってしまいました。
 70年前、ABCD包囲網により、資源の供給を絶たれた日本は戦争に打って出ました。今後、欧米対中国という対立の構図は、ますます過熱する事と思います、そしてある日突然、中国の積もり積もった不満は一気に日本に向かってくる事となるでしょう。いったいわが国はそのときの備えができているのでしょうか? 現実問題として中国からの食料輸入が止まれば、日本は、たちどころに食えなくなってしまいます。<世界経済にとって食料価格上昇がもたらす脅威は国際金融危機に匹敵する>IMFのストロスカーン理事は言っています。穀物自給率28%と先進国の中でも極めて低い日本にとっては、金融危機どころではなく、生きるか、死ぬかの重大局面と言えそうです。

以上

 ・・・<抜粋終了>・・・

ダマヌール...2008年6月16日

 ダマヌールと聞いて、知っていると答える人はとても少ないと思います。
 かくいう私もダマヌールは初耳でした。ゲリースクールで、ゲリーさんから私は将来、神聖幾何学の理論を使った施設を造ると言われたことを話したことがあったのですが、それならダマヌールに行ってみたらと勧められたのです。ダマヌールとは、なんとアトランティスなどの古代の科学技術を使って造られた施設だというのです。
 ダマヌールのことを私に教えてくれた方からの情報を紹介します。
 イタリアのトリノ郊外に造られたこの施設は、地下に建物を造る構造になっており、イタリアの建築基準に照らして違法なものだったそうです。そこでイタリア政府の役人が違法建築物として、取り壊す方針で現地を訪れたそうです。しかしその見事な建築物を見て、これは現代科学とは違う文明が産み出したものだということになり、取り壊すのは惜しいとなったそうです。そこでダマヌール側と交渉し、世界中から観光客を受け入れる条件で、この違法建築物の存続をを認めることになったそうです。

 この話を聞いてから私は、いずれダマヌールに行ってみたいと思うようになりました。
 そんな折り、『SPACESHIP』Vol.2にダマヌールの記事が載っているのを見つけました。ダマヌールは、以前からタイムマシンを持っていることを公言しているとのことで、その辺のインタビュー記事を少し抜粋していみます。



 ・・・<『SPACESHIP』Vol.2、p78〜p80から抜粋開始>・・・


 北イタリア、トリノ郊外にある政府公認のコミュニティ連合体「ダマヌール」1978年にオベルト・アイラウディ氏(通称ファルコ)を中心とする13人のメンバーたちが創設したこのコミュニティに、今では1000人を越す人々たちが世界中から集まり、市民として暮らす。
 完備された教育施設、芸術活動の推進、オーガニック食品の生産や地域通貨による経済、そしてエコロジカルなエネルギーの開発利用など、持続可能な社会モデルづくりが進められ、2005年には国連より「グローバルな人間の共同社会フォーラム」として表彰された。
 しかしこのダマヌールをもっとも特徴づけるものといえば、人間のスピリチュアリティや宇宙の法則を含んだ秘教体系と、現代科学とを融合させた「ダマヌール科学」とでも呼ぶべき独自の科学体系を持つことだろう。
 かねてよりダマヌールは、その独自科学の成果のひとつとして「タイムマシン」の所有を公言してきた。ではいったい、いかに時をコントロールするというのか? ダマヌールの創立メンバーの一人であり、科学者でもあるフェニーチェ・フェルチェ氏に「タイムマシンとダマヌール科学」について話を聞いた。


時間と物質をコントロールするダマヌール科学とは?


−−「タイムマシン」は本当にあるのですか?

フェルチェ氏:
 はい、あります。「セルフィック・キャビン」(p80写真参照...管理人注:以下に写真を載せます)と呼んでいます。ただしこれは、だれも彼もがそこに入ればポンとタイムトラベルができるといった普及版的な装置ではありません。
 そんなものを作ってしまったらきっとすぐに没収されていたでしょうね(笑)。

−−あなた方にしか使えないタイムマシン装置ということですか?

フェルチェ氏:
 私たちが行っているタイムトラベルは、ダマヌール独自の包括的な科学に裏付けられた精神的テクノロジーです。ですから、ダマヌールでも限られた専門的なメンバーたちのみでしか使う事ができません。

−−タイムトラベル専門の研究チームがあるわけですね。

フェルチェ氏:
 創設者のファルコをリーダーにした40名ほどのチームです。装置の設計、タイムトラベラーに必要な能力の開発と育成、出発・帰還の方法などの研究を重ね、今ではとてもスムーズにタイムトラベルできるようになっています。

−−それは瞑想などによる意識レベルでのタイムトラベルですか?

フェルチェ氏:
 いえいえ、違います。タイムライン(時の道を)使って肉体ごと移動します。SF映画のようですが、30年前から実験を積み重ねています。

−−肉体を消滅させて、再現させることができると?

フェルチェ氏:
 そうです。トラベラーがキャビンに入り、さまざまなプロセスを経て出発スイッチをオンすると、稲妻のようなものがキャビン内を走ります。そしてトラベラーは一瞬で消えてしまいます。


タイムトンネルの存在とタイムトラベルの目的


−−トラベラーに危険は伴わないのですか?

フェルチェ氏:
 これまで幸運にも、死傷者や戻れないなどのトラブルは起こっていません。ただ初期の段階では、衣服などの無機物がタイムドア(時の扉)を通過できないことがわかり、裸で出発していました。そのため移動先で気候によっては困難が伴いましたが、今ではその問題も解決しました。

−−無機物はダメなのですね?

フェルチェ氏:
 例えばあなた(取材した筆者)のネガネはキャビンに残ってしまいますから、残念ながらタイムトラベルしても視力が(笑)。

−−トラベラーに必要な資質はあるのですか?

フェルチェ氏:
 あります。直感力ほか人間の持つサトル(精妙な)な感覚のコントロール能力です。サバイバル訓練もかつてはしましたよ、宇宙飛行士よりも厳しい訓練を。

−−これまで何回くらい、どんな場所に行きましたか?

フェルチェ氏:
 30年にわかり40名くらいが入れ替わり実験をしているので、かなりの回数としか言えません。時代や場所は古くはアトランティス時代から、目的に応じていろんな時代と場所に行っています。

−−行く時代や場所は誰が決めるのですか? また目的は?

フェルチェ氏:
 多くの場合、ファルコが決めます。タイムトラベルの目的は、失われた過去の叡智や情報を収集して現代に取り戻すことです。ファルコという人物は特別で、偉大な記憶を持った探求者です。ダマヌール創立の際もその能力を活かしましたが、いつの時代のどこへ行けば私たちが必要とする情報を得られるかが的確にわかるのです。

−−その時代や場所というのは正確に決めて行くのですか?

フェルチェ氏:
 はい、かなり厳密にコンマ何秒という単位でプログラムします。そうしないとトラベラーが戻って来られなくなる危険性があります。


タイムトラベラーが見た古代アトランティス時代


−−出発するときの様子はイメージできたのですが、トラベラーが現地でどうなるかがイメージできないのですが・・・。

フェルチェ氏:
 「時の扉」みたいなものをイメージしてください。空間に扉ができて、そこから出入りするわけです。帰還の際にはどこにそれが現れるか、そのタイミングと場所をしっかりプログラムしておきます、ですから細密な計画が必要です。

−−どのくらいの時間をかけてトラベルするのですか?

フェルチェ氏:
 こちら(ダマヌール側)の時間にして30分くらいで戻ってきたとしても、トラベラーは2週間ほど、現地で過ごしています。以前、1時間ぐらいで戻ったのに、ヒゲがぼうぼうに伸びていたトラベラーのケースがありました。

−−タイムトンネルとは安定したものなのですか?

フェルチェ氏:
 例えば12000年前とも言われるアトランティスのように、時代が古ければ古いほどタイムライン(時の道)は安定していてタイムトラベル向きです。逆に現在に近かったり、未来というのはとても不安定です。

−−アトランティスというのはどんな時代でしたか?

フェルチェ氏:
 とてもすばらしい時代です。人々の霊性は今よりも数段と高く、科学も進んでいました。彼らもタイムマシンを使っていましたし、宇宙空間を移動するスペーストラベルの手段も所有していました。

−−肉体で移動するなら現地でのコミュニケーションも可能ですか?

フェルチェ氏:
 できます。そして過去の叡智や知識を吸収して、ダマヌールの科学に応用していきます。

 ・・・(以後略)・・・


p80に載っているダマヌールのタイムマシンの写真



 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 以前ゲリーさんのWSに参加したとき、ゲリーさんはアトランティスの科学は現代の科学と比べて、人間の持つ能力を使うものだったと言っていました。ダマヌールのタイムマシンに乗るためには、「直感力ほか人間の持つサトル(精妙な)な感覚のコントロール能力」が必要という記述がこれにシンクロしていて、興味深いです。
 このダマヌールですが、日本にも支部があるようです。以下がそのダマヌールの日本支部であるダマヌール日本のURLです。

http://www.damanhurjp.info/

 これを見ると、今年(2008年)の8月と10月に8日間のダマヌールツワー(現地体験セミナー)があります。最低3人そろえば行けるようなので、現在ゲリースクールの仲間と相談中です。彼らと都合が合えば、ゲリースクールのメンバーだけで3人揃う可能性があり、ダマヌールに行こうと考えています。
 ただしツワーの日程を見てもタイムマシンは見ることはできないだろうと思います。それでも私にとってダマヌールを訪れることは、貴重な体験になると思っています。

パンデミック・フルー...2008年6月8日

 私は経済ジャーナリストの浅井隆さんの勉強会に参加しているのですが、そこでは2ヶ月に一度勉強会が開かれます。勉強会に参加しないと、その勉強会のCDと資料が送られてくるのですが、今月はちょっと(というか大いに)気になる資料がありました。
 それがパンデミック・フルーに関する資料です。パンデミック・フルーとはインフルエンザ等の感染爆発のことをいいます。人類が直近で体験したパンデミック・フルーは、1918年のスペイン風邪の大流行です。当時の世界人口は12億人で、なんとそのうち半数の6億人が罹患し、人口の2パーセントに当たる2500万人が死亡したといいます(日本の当時の人口は5700万人で、そのうち39万人が死亡したそうです)。
 ただし2500万人という数字は、相当に怪しい数字です。なぜなら当時は第一次世界大戦の真っ最中であり、戦争の主戦場であったヨーロッパ各国は、厳しい報道管制を敷いていたからです。殺人ウイルスが猛威をふるっているなんてことは、国民の厭戦気分をあおることになるので、当時の各国政府が報道させなかったようなのです。スペインは第一次世界大戦では中立国だったため報道管制が敷かれず、その為スペインで大流行しているような印象を世界に与えてしまったといいます。それがスペイン風邪という名前の由来になったそうです。
 ですから各国の報道管制が敷かれていなかったら、正確な死亡者数が発表された可能性があります。浅井隆さんは、実際には犠牲者は2500万人の倍はいたのではないかと述べていました。しかし驚くべきことは、この2500万人の死者数でさえ、第一次世界大戦での戦死者の数をはるかに超えたものだったという事実です。
 以下に、そのスペイン風邪がどのような経緯をたどって世界に広まっていったかという文章を掲載します。出展元の本の題名は(現時点では)わかりません。もしわかる人がいたら、教えていただけたら幸いです。



 ・・・<浅井隆さんの勉強会での資料を転載>・・・

第2章 人類史上最悪のパンデミック−スペイン風邪の脅威

人類史上最悪のパンデミック

 1918年、世界はとてつもない規模の疫病の流行に見舞われました。1918年3月、第一次世界大戦中、アメリカ国内で発生したインフルエンザは、米軍のヨーロッパ進軍とともに大西洋を渡り、5月中にはフランス全土を席巻、スペインにも飛び火していきます。強力な感染力を持ったこのインフルエンザは止まるところを知らず、その後も猛烈な勢いで広がり、6月にはヨーロッパ全土に広まり海を挟んだイギリスも災禍を免れることはできませんでした。
 この年の夏には中国、西アフリカにまで疫病は広がっていきます。8月にはアメリカに再上陸、さらにこの年の秋には世界中に現れて各地に災厄をばら撒いていきました。翌年の冬に起った第三波はそれまで感染のなかった地域も襲い、多くの人命を奪いました。タヒチや、サモアといった熱帯の島々は壊滅状態となりました。当時の世界人口は約12億人でしたが、その約半数が罹患し、少なく見てもわずか一年の間に世界人口の約2パーセントに当たる2500万人もの人々がこのインフルエンザによって命を失ったのです。
 このインフルエンザの大流行こそ、「スペイン風邪」という名前で知られるものです。スペイン風邪は20世紀最悪の人的被害であり、記録のあるかぎり、人類の歴史始まって以来最大のパンデミックです。
 感染者は推定で6億人、死者は2500〜4000万人(5000万人〜1億人という説もある)に及びました。スペイン風邪による各国の死者数はアメリカ55万人、イタリア50万人、ロシア45万人、ドイツ23万人、イギリス、フランスはそれぞれ20万人前後となっています。中国では400〜1000万人、さらに、インドでは1200〜2000万人もの犠牲者が出たと言われています。日本では当時の人口5700万人に対し39万人が死亡しました。これらの死者数は、感染症のみならず戦争や災害などすべての人の死因の中でも、もっとも多くの人を短期間で死に至らしめた記録的なものです。
 なぜスペイン風邪がこれだけ短期間の間に全世界で猛威を奮ったのでしょうか。その実態について以下に見ていきたいと思います。

第一次世界大戦とスペイン風邪

 スペイン風邪が流行した第一世界大戦当時は、戦争にともなって世界各地で、人の移動がとくに激しくなった時期に当たります。ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸の間を行き来する多数のアメリカ兵をはじめ、船舶や鉄道による人々の移動によって、ウイルスも各地に運ばれていきました。その結果、地球全体に拡がり、スペイン風邪は世界中に広がったのです。
 アメリカ国内でインフルエンザが広まり始めた頃、欧州ではブレスト・リトフスク条約が結ばれ、東部戦線から開放されたドイツは西部戦線で春季攻勢に出ます。ドイツ軍司令官エーリッヒ・フォン・ルーデンドルフは、フランスの首都パリを陥落すべく総攻撃をかけます。このとき、ドイツ軍の兵力はイギリスとフランスの連合国軍をあわせた兵力をはるかに勝っており、当初は大きな戦果をあげました。しかし、時間が経つにつれ、インフルエンザを患うドイツ兵が急増、戦闘能力を失っていきます。ドイツ軍の進撃を阻んだのがスペイン風邪だったのです。
 第一次世界大戦に参戦するために多数のアメリカ兵士がヨーロッパへ送られていきました。アメリカは5月から毎月30万人の兵士を欧州に輸送し、計210万人が夏までに戦線に送り込まれます。
 同年5月、フランス軍の塹壕でインフルエンザが爆発的に広がっていきます。西部戦線でにらみあっていた連合国軍およびドイツ軍の両陣営で爆発的に拡がり、まもなくフランス全土を覆い、やがてスペインへと拡がっていきました。6月には欧州大陸から英国へと渡り猛威を奮っていきます。
 1914年から続いた戦いによって、兵士たちは疲弊していました。それに加え、衛生状態および栄養状態が悪化していたところに殺人ウイルスがやってきたのです。戦場はウイルス蔓延の格好の繁殖地となっていきました。重篤な症状の場合には、患者の肺に水がたまり、たいていの場合は一週間もたたないうちに肺が水で一杯になってしまいます。若くて戦闘能力の高い兵士が敵と戦う前にインフルエンザウイルスによってバタバタと倒れていきました。
 スペイン風邪の流行は両軍にとって大きなダメージを与えていきます。
 アメリカ軍の記録によれば、ヨーロッパに遠征し、死亡した兵士の8割は、戦争による犠牲ではなくインフルエンザで死亡したといわれています。ドイツ軍の被害も甚大でした。おびただしい数の感染者が発生し、バタバタと倒れていきました。7月には再度進攻作戦を試るものの失敗。ドイツ軍がこの戦争に証する望みを完全に絶たれてしまうのです。補給路は断たれ、武器・弾薬だけでなく食糧の補給もままならず、ドイツ兵の間では次第に飢えが広がっていきました。兵士たちの士気は低下し、戦闘能力が極端に落ちこんでいきました。
 やがて戦力は大幅にダウンしてしまい、多くの兵士が死亡していく間に、劣勢だった連合国軍にアメリカの援軍がどんどん到着します。ドイツ軍と連合国軍との形勢は完全に逆転し、ついに2月、ドイツは連合軍との休戦協定に署名することになったのです。このように、多くの兵士達を死に追いやったスペイン風邪の大流行は、結果的に第一次世界大戦の終結を早めることになったのです。

スペイン風邪という名前の由来

 第一次世界大戦で中立国だったスペインでは、報道規制がなかったために、自国での大流行が世界中に知れ渡りました。しかし、他の参戦国は戦時下ということで報道規制が敷かれて何も報じませんでした。否定的な報道や士気を損ないかねない報道は一切行なわれなかったのです。そのため、スペインで発生したインフルエンザが広がっているかのように、広く世界に報道されてしまったことから、スペイン風邪と呼ばれるようになったのです。
 第一次世界大戦では中立国であったスペインで流行が始まったのは同年5月から6月にかけてのことで、約800万人が感染し、国王や大臣も発症しています。このことは日本の新聞でも取り1げられ、同年6月6日付けの「大阪毎日新聞」は「西班牙(スペイン)に奇病、国王を始め内閣員も感染、奇病患者人口の三割を占む」という大見出しを掲げて報道しています。

アメリカ全土を襲ったスペイン風邪の恐怖

 スペイン風邪が最初に世界のどの場所で発生したのかははっきりとは分かっていません。記録にある最初の患者はアメリカで発生しています。1918年3月4日、第一次大戦に参戦するためカンザス州ファンストン基地に集結していた兵士の中から発熱、頭痛を訴えるものが出たとあるのが最初の記録です。症状は喉の痛み・発熱・頭痛だったといいます。その週末までに500人の兵士から同様の報告がありました。
 この基地では3月だけで233人が肺炎を患い、そのうち48人が死亡しました。しかし、大部分の兵士は数日で回復したため「三日熱」と呼ばれ、あまり注目されることはありませんでした。その後、アメリカ国内では軍隊基地だけでなく、学校、工場、刑務所などでも多くの感染者と死者を出していきます。しかし、あまり注目されることもなく、新聞などで報道されることもほとんどありませんでした。
 しかし、インフルエンザはその間にもじわじわとアメリカ全土に広がる準備を着々と進めていたのです。夏になると、インフルエンザの大流行の予兆が現れ始めます。
 8月、マサチューセッツ州ボストンで、帰国兵受け入れの任務に当たっていた水兵が風邪をひいたとの報告がありました。8月30日までに、60人以上の水兵が病気となりました。ボストンの軍用埠頭はパニックに襲われました。一気に大勢の患者が発生したため、埠頭の医療施設はパンク状態に陥り、50人がチェルシー海軍病院に運ばれました。見るからに健康そうな人がほんの数時間でほとんど動けない状態になってしまい、体温はみるみるうちに上昇し、身体の節々に痛烈な痛みが生じました。患者たちの症状は全身をこん棒で打たれたようだと報告されています。9月5日、マサチューセッツ州の保健長官はインフルエンザ流行の事態を重くみて、非常事態を発令しています。
 9月、米国陸軍軍医総監代理のビクター・ホーガンがボストンにかけつけた時、市内の病院は全て患者で埋めつくされ、廊下にまでベッドが設営されていました。ホーガンの報告によると、患者の顔色は青く、咳には血が混じっていました。ホーガンの到着した日だけで63人が死亡しました。
 連邦保健長官、ルパート・ブルーは新聞にインフルエンザの症状と対症療法についての記載を要請しました。その内容はインフルエンザとはどういったものかということ、もし握った場合の対処法−−ベッドで安静にすること、栄養価の高い食事を摂ること、アスピリンの服用することなどといったというものでした。しかし、このような一般的な注意を発表したところで、インフルエンザの蔓延を止めることはまったく出来ませんでした。
 9月26日、アメリカ議会においては、これ以上のインフルエンザ拡大を阻止するため、100万ドルという巨額の支出が認められました。当時の公衆衛生局の年間予算は300万ドルに満たない金額でしたので、100万ドルがいかに大きい金額かが分かると思います。この100万ドルは5000人の医師を1ヶ月雇うのに十分な金額でした。しかし、アメリカ全土から相当数の医師・看護婦が第一次世界大戦でヨーロッパに派遣されていたため必要な人員の確保は困難を極めたのです。
 9月28日、フィラデルフィアで20万人を越える自由国債募集パレードが開催されました。感染症の専門家や医師たちがインフルエンザの蔓延を防ぐため、パレードを中止するように市当局に要請しましたが、聞き入れられませんでした。パレードは愛国心を煽り、士気を高めるために大いに効果がありましたが、それと同時にインフルエンザが猛威を奮う絶好のチャンスでもあったのです。
 パレード終了後、フィラデルフィアではインフルエンザ患者は爆発的に増えていきます。10月の第1週には700人が亡くなり、第2週には2600人、第3週には4500人もの人が亡くなっていきました。保健所はインフルエンザの蔓延を防ぐため、教会・学校・劇場の閉鎖を命令します。数え切れないほどの人が体調を崩し病院には患者が溢れかえっていました。しかし、医者と看護婦が戦争でヨーロッパに借り出されており、満足な治療を受けられることはほとんどありませんでした。フィラデルフィアのある病院では、深刻な人出不足を解消するため、「求む! 二つの手と働く意思のある人」という広告を出すほどだったといいます。
 1918年2月になると東海岸だけでなく、西海岸でも急速にインフルエンザ患者が発生していきます。サンスランシスコでは、10月18日、すべての市民にマスク着用を義務付ける条例が可決されました。この条例では、人が集うところでは常にマスクをしていなければならないことやマスクはガーゼ4枚重ねのもので、ひもはしっかり結んで着用することなどと定められていました。マスク着用条例の施行当初はインフルエンザ患者の報告数が目に見えて減りましたが、あまり効果をあげることができませんでした。サンフランシスコ市は11月21日までに2122人がインフルエンザで死亡と発表しています。

エボラ出血熱を思わせる凄惨な症状

 このように、甚大な被害をもたらしたスペイン風邪ですが、人々を恐怖に陥れたのは患者たちの症状でした。インフルエンザに罹った人たちはそれまで誰もが経験したことのない凄惨な症状を患っていたのです。
 アメリカ国内でのスペイン風邪の蔓延の状況を克明に記録した『グレート・インフルエンザ』ジョン・バリー著・平澤正夫訳 共同通信社刊)には次のように描かれています。
 「ほとんどは鼻血で、中には咳き込んで血を吐く水兵もいた。耳から血を流している者もいた。ものすごい咳き込みようだったので、死後、検視解剖してみたら、腹筋があばらの軟骨から離れてしまっている者さえ見られた。その多くが苦悶あるいはうわごとでも言うように七転八倒し、意思疎通のできる者のほとんど全員が、目のうしろの頭蓋骨に楔を打ち込まれたかのような頭痛と、骨が砕けるかと思うほど激烈な体の痛みを訴えた。少数ながら嘔吐する者もいた。死のまぎわに、皮膚の色が変わる水兵もいた。唇の周りや指先が青みを帯びているだけなのだが、その色が濃すぎて、白人なのか黒人なのかちょっと見分けがつかないような者さえいた。黒色といってもおかしくなかった。」
 かつて、ペストは黒死病(ブラック・デス)として恐れられましたが、スペイン風邪は紫死病(パープル・デス)と呼ばれ、人々を恐怖に陥れたのです。
 ところで、読者の皆さんは『アウトブレイク』という映画をご覧になったことがありますか。この映画は検疫所から逃げたサルに未知のウイルスがついており、これが突然変異を起こして強毒性のウイルスとなり、パニックを引き起こしていくという内容です。この未知のウイルスのモデルとなったのがエボラ出血熱の原因であるエボラウイルスです。
 エボラ出血熱はエボラウイルスに感染することによって起こります。最初は普通の風邪と同じような症状なのですが、症状が進行するにつれ、皮膚や各種の臓器が破壊されていき、最後には体のあらゆるところから出血し、死に至るというすさまじい病気です。致死率は50〜90%、まさに最強の殺人ウイルスといってよいでしょう。
 前出の書籍によると、スペイン風邪によって亡くなった人の中にはまさにエボラ出血熱の症状を連想させる死に方をした人もいたようです。
 「インフルエンザの一番際だった症状はチアノーゼで、患者の体はときとして
黒色に近くなった。何時間もあえいだあげく、せんぼう(言葉が多いこと:管理人注)状態になって失禁し、多くは気道から血の混じる泡を吐き出そうともがき、ときには鼻や口からその泡があふれ出ることもあり、苦しみながら死亡した。」
 「米陸軍の兵営では、入院した兵士の5パーセントから15パーセントがエボラのような出血性ウイルスによる鼻血−−鼻からの出血−−に苦しんでいた。鼻血はときとして1メートル先まで飛ぶほどの勢いだったという報告が多数あった。(中略)ある患者の場合、500ccもの鮮血を鼻から噴き出した」

社会機能も麻痔状態に

 また、スペイン風邪の流行によって社会機能不全に陥っていく様子が次のように措かれています。
 「死体は葬儀屋に滞り、葬儀屋の建物の至るところにあふれ、住居にまで押し寄せてきた。病院では、死体安置所に置かれるべき死体が廊下にまであふれていた。町の死体安置所でも死体が通りにまであふれ出ていた。そして家庭にも死体が滞って、玄関、押入れ、廊下の隅、ベッドの上などに横たわっていた。警察も消防署も、ゴミの収集も人手不足で、正常に機能しなくなっていました。」
 「メリーランド州カンバーランドでは、病気の拡大を防ぐために学校や教会などがすでに閉鎖され、店は閉店時間を早めるよう命令が出ていた。それでもエピデミックは10月5日に爆発した。カンバーランドでは全人口の41パーセントが感染した。
 パーソンズはスタークビルへ戻ると、ミシシッピ州立大学では1800人の学生のうち、半数以上がインフルエンザに感染していた。10月9日丈夫な人がみんな信じがたいような状態になっているのを知って愕然とした。このとき、800人の学生がすでに感染し、全学生の2パーセントがすでに死亡していた。人口5000人の町ウエストポイントでは1500人が同時に感染した。
 ガニソンの警察官はほかの町へ通じる道路すべてを閉鎖した。列車の車掌は、ガニソンの駅のホームに降りて足を伸ばしたりすると、逮捕され5日間隔離されると全乗客に警告した。ネブラスカ州の住人が2人、隣の町へ車で通り抜けようとして検問を通過しただけで投獄された。」
 「ノースカロライナ州ゴールドボロのダン・トンケルは『息をするのも怖かった。劇場も閉鎖され、外へ出るのも怖かった。実際、みんなひどく怖がっていて、人と話すのを恐れていた。まるでわたしの顔に息をかけるな、私の顔を見るなと言っているようだった。毎日次は誰が死亡リストに載ることになるかわからなかったし、人はこんなにもあっけなく死んでいくものなのかと、それが恐ろしかった』と述懐した。」
 各地の行政当局は集会を禁止したり、映画館や劇場、大衆酒場などに対し閉鎖命令を出していきます。教会での礼拝、学枚の一時閉鎖、結婚式や葬式までもが禁じられました。
 街には多くの患者が溢れ、病院に殺到しました。しかし、多くの医師や看護師たちが真っ先に感染してしまい、治療もままならない状態に陥ってしまったのです。また、例えば鉄道の運転手が不足して電車が動かなくなったりしました。あまりに死者が多く、火葬場には死体の山ができ、ついには穴を掘って埋めるというところも出たそうです。このようなパニックが、アメリカ中あちこちの街で起こったのです。
 このように壊滅的な打撃を与えたスペイン風邪によって、アメリカでは1年足らずの間に55万人が犠牲になりました。
 このスペイン風邪は、日本にも襲いかかってきました。当時の東京日日新聞の記事によると、「鉄道員の欠勤多く、輸送に不便が出る」「死者の四人に一人がインフルエンザ」「地方火葬場へ送るため停車場に死体の山」「農村で全戸全滅」などの見出しが躍りました。船、電車、汽車等の交通機関の中や学校の教室、オフィスの中、映画館、レストラン、ホテル、駅、観劇場、その他いろいろな集会等、多くの人が集まる場所で急速に感染が拡大しました。日本国内では政府が適切な指導や対策を取ることができなかったため、当時の日本の総人口5700万人の半分近くである2380万人が感染し、約39万人の死者を出したとされています。
 スペイン風邪の大流行によって、このように苛酷な光景が世界各地で見られたのです。
 結局、インフルエンザの蔓延を止めることができず、治療の方法もわからないため、流行が収まるまでの間に全世界で少なくとも2500万人が死亡しました。スペイン風邪の全世界での死者数は第一次世界大戦での戦死者をはるかに超え、戦線が維持できない事態も起こるなど深刻な事態を引き起こしました。

スペイン風邪の教訓

 スペイン風邪のパンデミックは今から90年近く前の出来事です。皆さんはどのように感じられたでしょうか。スペイン風邪の当時、インフルエンザの原因となるウイルスはまだ発見されていませんでした。当然、インフルエンザウイルスに対するワクチンはなく、治療薬となるタミフルなども存在しない時代だったのです。
 当時に比べれば、確かに科学技術も医療も、特に先進諸国では大きく進歩しています。だからといってスペイン風邪ほどの被害は起こらないだろうと考えるのは大きな間違いです。逆に、スペイン風邪のときよりも、被害が大きくなる可能性が高いだろうというのが多くの専門家たちの意見なのです。
 というのも、過去におけるインフルエンザ流行は、スペイン風邪を含めてすべて弱毒性のインフルエンザウイルスによって引き起こされてきました。これまで強毒性のインフルエンザウイルスによる流行がなかったことは、私たちにとって幸運だったといえます。
 しかし、現在アジアで流行している鳥インフルエンザウイルスが高病原性インフルエンザウイルスに由来するウイルスであることを考えれば、次に現れる新型インフルエンザが高病原性由来の強毒型ウイルスである可能性は十分考えられることなのです。
 仮に、強毒型インフルエンザウイルスが発生すれば、あらゆる臓器に障害が生じ、肺炎だけでなく、心筋炎や脳炎、あるいは激しい下痢症状を呈し、出血傾向を伴う多臓器不全を引き起こすとされています。これまでに経験したインフルエンザよりはるかに高い致死率を示すものになる可能性があるのです。
 「歴史は繰り返す」、という言葉の通り、私たちの目の前には新たな危機が迫っていることを忘れてはなりません。

 ・・・<資料の転載終了>・・・


 本山です。
 まさに戦慄すべき内容です。もちろん私が今回この記事を掲載したのは、高病原性ウイルスである鳥インフルエンザ(H5N1)のパンデミック・フルーが人類に間近に迫っていると思うからです。
 世界にこれほどの被害をもたらしたスペイン風邪は、それでも弱毒性でした。(よく知られていると思いますが)今回の鳥インフルエンザ(H5N1)は強毒性です。さらに1918年当時と比べて、現在は世界の交通網は比較にならないほど発達しているので、広がり始めたら、恐ろしい勢いで世界中に広がることは容易に想像できます。NHKで、このパンデミック・フルーの特集番組が今年始めに放送されたのですが、それによると専門家は、「パンデミック・フルーが起こるか起こらないかではなく、いつ起こるかという段階だ」と言っていました。
 じゃあ、いつ起こるかということを、胡散臭いこのHPらしくジュセリーノ氏預言集から拾ってみました。『未来からの警告U』(たま出版)から、鳥インフルエンザに関する預言をピックアップします。

・2008年、日本で9月から鳥インフルエンザが拡大し、死者が出る
・2009年、インドネシアで鳥インフルエンザが拡大
・2011年、鳥インフルエンザが世界的に拡大し、2013年までに7300万人の死者

 『未来からの警告T』(たま出版)を見ると、2011年の預言に、「鳥インフルエンザ(H5N1型)が人間に感染し出し2013年までに7300万人の死者」とあります。
 これから察するに、トリからヒトへの感染にとどまっているうちは、まだ感染爆発と呼ばれるパンデミック・フルーは起こらないようです。しかし現在、ヒトからヒトに感染した疑いが濃厚な事例が報告されており、いずれ時間の問題と言えそうです。

 では我々にいったい何ができるかですが、とりあえず私は浅井隆さんが扱っている「パンデミック対策サバイバルキット」を3セット購入しました。浅井さんによると一般のドラッグストアに売っているようなマスクではだめなんだそうです。
 一応キットに関する情報をお知らせします。1セット、9800円で以下のものが入っています。

 ☆ウイルス感染防止マスク...10枚
 ☆ウイルス感染防止ゴーグル..1個
 ☆ウイルス感染防止ゴム手袋..15組

 これらは会員向けの情報なので、会員でない一般の人でも買えるのかはよくわかりません(でもたぶん買えるのだろうと思います)。購入を希望される方は、以下へ連絡してみて下さい。

 潟Xーパー温熱 担当:安倍 Tel:03−3291−1131

 私は浅井さんの会社の売り上げに貢献するつもりはないので、これはあくまでも情報としてお知らせしているだけです。ネットで調べてみると、インフルエンザ対策グッズは色々あるようです。参考までに一つ紹介します。

鳥インフルエンザ専用マスク


 鳥インフルエンザに関するサイトをいくつか紹介します。

パンデミック・フルー情報最前線


パンデミック・フルー


NHKオンライン


十和田湖鳥インフル


 * * * * *


パンデミック・フルーの追加情報

 今回の記事「パンデミック・フルー」に関して、訪問者のIさんから新たな情報をいただきました。
 ご本人の了解を得て、その部分を抜粋して紹介します。


 ・・・<Iさんからのメールから抜粋>・・・

こんばんは

 いつも貴重な情報をありがとうございます。****と申します。

 今回の鳥インフルに関する記事も興味深く読ませていただきました。
既にネットや書籍で色々情報を集められていると存じますので、
もうご存知のページだとは思いましたが、個人的に参考にしている
リンクをいくつか貼らせていただきますね。

情報が常に最新で、一番充実しているのではと思わされるサイトです。
「鳥インフルエンザ直近情報」
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/index2.html
管理人日記もほぼ毎日更新されています。
http://homepage3.nifty.com/sank/jyouhou/BIRDFLU/2008/DIARY/index.html

2chから派生した、鳥インフルエンザの情報まとめサイトです↓。
非常備蓄品の準備の項などは、地震などの備えにも応用出来るものです。
色んな人のちょっとした生活の知恵が詰まっていて、読んでいるだけで面白いです。
http://wiki.livedoor.jp/h5n1_2007/d/FrontPage

浅井さんの記事の基になった本は、みすず書房の『史上最悪のインフルエンザ』ですかね?
http://www.msz.co.jp/book/detail/07081.html

 ・・・<抜粋終了>・・・

“あんでるせん”訪問記...2008年6月1日

 5月26日(月)、長崎県川棚(かわだな)にある喫茶店、あんでるせんに行ってきました。この喫茶店のマスターがテレビでセロやMr.マリックが行っている、マジックの“ような”ショーを観せてくれます。“ような”と書いたのは、セロやMr.マリックは種も仕掛けもあるエンターテイメントとしてのマジックですが、あんでるせんのマスターが行っているのは、本物の超能力ではないかという話があるからです。マスターの名前ですが、久村さんという名のようです。
 さて、バリバリのエンジニア気質を持つ私ですから、本物の超能力か、それともやはりマジックなのか大いにこだわるだろうと思って観に行ったのですが、ショーを観終えた今となっては、本物かどうかという関心はなくなってしまいました。私の直感は、本物としか思えない・・・です。
 ではそうなるに至った経緯を、訪問紀らしい出だしで紹介したいと思います。

 5月26日は、おだやかに晴れた日で、長崎を出発して諫早(いさはや)で乗り換え、大村線で川棚駅を目指しました。私の親類縁者が佐世保近辺に住んでいる関係で、長崎空港から大村線で佐世保に行く電車には何度も乗っています。その大村線ですが、北上すると左手に有明海が見えます。線路が海岸の堤防の上を走っているような所もあり、電車に乗ると間近に海の景色が望めます。私はその景色をとても気に入っていて、大村線に乗るのが楽しみでもありました。あんでるせんは川棚駅から見えるぐらい近くにあります。歩いて1分というところでしょうか。
 そもそも私があんでるせんに行くきっかけは、今私が通っているゲリースクールの仲間が誘ってくれたからです。Mさん(女性)が電話で予約をしてくれ、Hさん(男性)と3人で行くことになりました(電話で予約しないと入れないので注意して下さい。電話番号は0956−82−5385[定休日:第1、第3日曜]です)。あんでるせんの開店時間である午前11時ちょうどに行くと、すでに10名ほどの行列が出来ていました。10分ほど待って、店が開店したのでビルの2階にある、あんでるせんに入っていきました。喫茶店の雰囲気は、昭和レトロといった感じですが、壁に折り紙が飾ってあったり、これまで訪れた有名人のスナップ写真が貼ってあったりして、ちょっと変わった雰囲気でした。MさんとHさんと供に奥のテーブルに案内されたのですが、MさんとHさんが面白いことを言うのです。空間が歪んだ感じがするというのです。2人ほど繊細な感覚を持たない私ですが、言われてみれば店に入ったときから奇妙な感覚を感じていました。それを空間が歪んでいると言われれば、そんな気もします。
 店内は、あっという間に満席になり、数えてみると私たちを含めて30名でした。そこでマスターの奥さんらしき人が注文を取りに来ます。我々は3人とも、ホットケーキとドリンクの組み合わせで903円のセットを注文しました。予定では1時からショーが始まるのですが、なかなか始まりません。ショーが始まったのは、もう2時に近い時間でした。

 喫茶店の奥に6席のカウンターがあるのですが、そこがショーをする場所です。つまり6人だけ座って観ることができて、後の人は全員立って観ることになります。6席のカウンター席は座われるうえに超間近で観られるという特典だけでなく、カードを切ったりショーの色々な手伝いができるなど、めぐまれています。これから電話予約を考えている方は、出来るだけ早めに予約することをお勧めします。マスターは2ヶ月ぐらい前だとカウンター席に座れるようなことを言っていました。そして驚くことに我々3人は、そのカウンター席に座れたのです。Mさんによると1ヶ月と3日前に予約したそうなのですが、幸運としか言いようがありません。そして我々3人は、色々な実演に参加することができました。
 ネットで調べてみると、あんでるせんの情報はけっこう豊富にあるようです。どのようなことをするかということは、ネットでかなり詳しくわかります。そこで、ここでは簡単に私の記憶にあるショーの内容を箇条書きで紹介してみます(この順かどうかは怪しいですが)。


○マスターの指からカミナリの小型版のような電気の火花が出ます。Mさんは指に、Hさんと私は頭のてっぺんにパチッという音とともに火花をもらいました。これって、けっこうビリッときて痛いです。


○マスターがMさんの指輪を手の平に置きます。そしてサイキックなパワーを使って、指輪を30度、60度、90度という風に立たせていきます。指輪は手の平にを乗っているだけですが、まるで意志があるように勝手に動きます。最初はマスターの手の平でしたが、それをガラス瓶に入れて行いました。


○5cmぐらいの長さのボルトにナットが付いています。それを円筒形のガラスのような透明の筒に入れます。それをサイキックなパワーを使って、ナットを外してしまいます。見ていると筒の中でボルトの中央部にあったナットが勝手にくるくると動いて、ボルトから外れてしまいます。次に外れたナットを、またボルトの中央部に戻してしまいます。私は、以前テレビのCMで、クレ556(サビ止めスプレー)だったかナットが勝手に動いて、空中を飛んで恋人のナットに会いに行くシーンを思い出してしまいました。


○Mさんが出した1万円札を人差し指の先に付けて直立させます。試しに私にやってみろというので、やってみましたが、私の指の先に1万円札が立つはずもありませんでした。マスターは、3ヶ月練習すると出来るようになると言っていました(これって、冗談でなく本当かもしれません)。


○Hさんが出した千円札を4回折って8分の1の大きさにします。そしてその千円札は、空中を勝手に漂い始めます。もちろん糸を使っていない証拠として、空中に浮かんだ千円札の周りの空間を手でぐるぐる回します。千円札はけっこう早い動きもして、空中に止まっていたかと思うと、マスターに肘にさっと移動してくっつきます。そしてまた空中に漂います。マスターは千円札を犬で、肘を犬小屋に喩えていました。マスターが「ハウス!」と言うと、千円札である犬がさっと犬小屋である肘に移動するというわけです。私はこれを、あっけにとられて見ていました。


○ESPカードが出てきました。まずカードを切って、一番上をマスターが指名したお客さんに当てさせました。お客さんが○というと、マスターは、「残念ながらそれは上から5番目ですね」といいます。もう一人のお客さんが△というと、「おしい! それを上から2番目です」といった具合です。そして実際にカードを開けてみると、その通りになっていました。
 実は私はESPカードを持っていなくて、どんな図柄があるのかよく知りませんでした。そんな私にマスターがいきなり、「そこのリチャード・ギアさん、一番上を当てて下さい」と言うのです。私は、ESPカードがどんな種類があるのかもよく知らないんだから無理じゃん、と思ったのですが、一応リーディングしてみました。そうしたら最初は知っている○とか△が浮かんできたのですが、少しねばってみました。そこで波の模様が浮かんできたので、波と答えました。すると、やはり一番上は波でした。マスターが私に念を送ったということなのでしょう。


○トランプを使ったものショーもかなりありました。その種類は軽く10コは超えていると思いますが、トランプを使ったマジックは、多くの人がテレビでセロやMr.マリックのものを見ていると思うので、ここでは省くことにします。
 それでも1つだけ紹介しましょう。
 お客さんが選んだダイヤの3のカードをびりびりと破いて、4分の1の大きさ分切り取ってしまいました。4分の1の方は残しておいて、4分の3のカードは元の山に戻します。それをシャフルして、カードの束ごと、壁に掛けてあった中身のない額縁に投げつけます。すると額縁のガラスを通り越して、さっき破いた4分の3のダイヤの3のカード片だけが額縁の中に入ってしまいました。手元に4分の1のカード片が残ったままです。Mさんによると投げる直前に4分の3のカード片は、空間から消えてしまったそうです。なにしろ私たち3人は、マスターから40〜50cmの距離で見ていたのですから、そうそう見間違うことはないと思います。


○お客さんに、カードを引いてもらい1つ決めます。もちろん私はそれを知りません。マスターが1万円札を丸めて直径3cmほどの円筒形をつくりました。これは糸電話だといいます。マスターが、その1万円札の糸電話を私の右耳に当てます。マスターによると福沢諭吉のような老人の声でカードが何かを教えてくれるそうです。糸電話は私の耳に当てているので、他の誰にも聞こえません。最初は何も聞こえませんでしたが、マスターが深呼吸するように言うので、3回ほど深呼吸したあと、突然ラジオのように明瞭な声で、次のように聞こえたのです。

「お客様のカードは、スペードの3です」

 とても明瞭な声で、誰かが耳元でそっと囁いた感じとは明らかに違います。めちゃくちゃ音質の良いスピーカーを耳元にあてた感じです。遠い昔の糸電話で遊んでいた頃を思い出すと、糸電話の声はとても細く聞き取りにくいものでしたから、明らかに違います。私がスペードの3と聞こえましたと言うとみんなから、おーっという声が上がりました。当たっていたのでしょう。


○会場にきたお客さんの名前などを当てます。誕生日当てが面白かったので紹介します。
 カウンターの一番端に座っていた女性の誕生日を当てるというのです。そこで電卓が出てきました。そこで私たちに順に思い思いの数字を押せというのです。

 @私は8を押しました。そして+キーを押します。
 AHさんが2を押しました。そして+キーを押します。
 BMさんが15を押しました。そして+キーを押します。
 Cカウンター席の4番目の人に3桁の好きな数字を押させます。そして+キーを押します。
 D以後、桁数を1つずつ増やして、お客さんに適当な数字を押させます(2〜3人)。
 E最後の人に3桁の数字を押させ、最後だけ−(マイナス)キーを押します(数字を引くということ)。

 お客さんがキーを押している間に、マスターが小さな紙片になにやらメモを書いています(なにやら怪しい動きです)。
 こうして電卓に出来上がった5桁の数字が以下です。

 56319

 この数字を見てマスターは、女性の誕生日は、(19)56年3月19日かな?と聞きます。でも女性は3月生まれではなく、1月生まれだと言います。ここでマスターがさっき書いた紙片が登場します。そこには、

「下3桁から2を引く」

 と書いてあります。つまり下3桁の3から2を引いて1となり、数字は56119というわけです。つまり紙片の修正によって正しく1956年1月19日生まれという正解ができたわけです。もし修正を行わないと数字は56119となり、これは11月9日生まれなのか、1月19日生まれなのかわからないということでしょうか。こういうケースだから紙片による修正を行ったということなのでしょうか。とにかく驚いてしまいます。


○さっき誕生日を当てた女性がさらに登場します。その女性に、メモ用紙に、なんでもいいから好きな絵を書いてもらいます。その女性は、誰にも見えないところに行って、バラの絵を書いてきました。
 マスターは、当日の朝の時点で、この女性の書く絵が見えていたといいます。すでに朝の時点で、マスターが絵を書いて、そのときの朝の時刻をメモして絵を黒い財布の中にしまってあります。女性が絵を書き終わって持ってくると、お互いの絵の見せあいとなります。そのバラの絵が寸分と違わないのです。形が似ているというレベルではなく、線の濃淡やタッチまで同じです。見て書いてもこんなに同じに描くのは難しい気がします。2枚の絵を光にかざしてみると、寸分同じ絵であることがわかります。


○マスターが黄色い輪ゴムを取り出し、50円玉と5円玉の穴に輪ゴムと通します。マスターが輪ゴムと硬貨を持つと、もうその瞬間に輪ゴムが硬貨の穴に通っています。さらに丸い輪ゴムを、あっという間に星型に変えてしまいました。星型になった輪ゴムは、3時間ほどで元の丸い輪ゴムに戻るそうです。


○昔、流行ったルービックキューブが出てきました。世界チャンピオンは日本人だそうで、世界記録は12秒なんだそうです。それをマスターは10秒でやってしまいました。また1個のルービックキューブと同じ模様のパターンを、別のルービックキューブで、これもすさまじい速さで作ってしまいました。


○おなじみのオロナミンCの空瓶が出てきました。マスターが瓶を引っ張ると、なんとオロナミンCの瓶がゴムみたいに伸びてしまいました。マスターが1回引っ張っただけで、2割ぐらい背の高いオロナミンCの瓶とないりました。私たちがあっけにとられていると、後ろの棚を見て下さいと言います。後ろの棚には、異様な形に伸び上がったコカコーラの瓶(たぶん2倍の背の高さになった)や、左右にねじれてしまったビールの空瓶がありました。マスターによると、これだけ伸ばすのは時間が掛かるそうです。ガラスを騙しながら毎日少しずつ伸ばしていくと、あれだけ長く伸びると言っていました。オロナミンCはいっぺんに急激に伸ばしてしまったので、ピシッと音がしてひびが入ってしまったそうです。


○Mさんに10円玉を持ってもらいます。そしてマスターがオロナミンCの底をMさんに向けます。Mさんに10円玉がオロナミンCの空瓶の底から中に入るように念じてもらいます。Mさんによると、10円玉が空瓶の中に入ると強く念じてやってみたそうですが、だめだったそうです。今度はマスターが気合いを入れてやるとMさんの手にあった10円玉が空瓶の底から見事に中に入ってしまいました。


○次がスプーン曲げです。もうこの時点でこれだけのものを見せられたので、もうスプーンが曲がっても、驚かないという気分になっていました。でもただのスプーン曲げではありませんでした。お客さんに一人に真ちゅうでできたような鍵を手に持って握ってもらいます。マスターがスプーンを曲げた後に、お客さんの手の中にあった鍵が見事にぐにゃっと曲がってしまったのです。マスターによると以前はスプーンを曲げる際にお客さんの鍵全部を曲げてしまったと言っていました。今は指向性がついて、ピンポイントに特定の鍵だけを曲げることができるようになったそうです。体格の良いHさんが試しに鍵を曲げてみようと力を込めましたが、とても曲がるものではありません。その鍵もマスターがさっと元のまっすぐな形に戻してしまいました。


○次は本当に驚きました。マスターがスプーンの先をがりっとかじったのです。すると見事にスプーンの先は歯形を残してかじられてしまいました。マスターは、かじった金属片をぼりぼりと音を立てて噛み砕いて、水とともにごっくんと飲んでしまいました。さらに100円玉もかじりました。100円玉は無残にも歯型を残して3分の2ほどの大きさになってしまいました。私はその100円玉の破片に触りませんでしたが、Mさんは触っていました。その100円玉の破片も、マスターが指でなぞるとさっと元通りになってしまいました。分子構造を変えてしまうんだそうです。復元された100円玉には、かじった後が残っていると言っていましたが、私は確認できませんでした。後でMさんに聞いてみようと思います。


○お客さんが出した平成元年発行の10円玉の表面をマスターが指でなぞると、その表面の面積が大きくなり、500円玉と同じ面積になりました。重さは変わらないんだそうです。ただ面積が広がっただけなんだそうです。本当に同じ平成元年発行の10円玉かどうか確認できるよう、Mさんに虫眼鏡を貸してくれました。Mさんは普通の10円玉に書いてある平成元年よりちょっと大きい平成元年という数字を確認しました。マスターその10円玉を元に戻すとしてなぞりましたが、失敗したと言います。見てみると普通より小さい10円玉になっていました。直しすぎたようです。が、さらにさっとなぞって元の大きさに戻しました。


○Mさんに裸電球を持ってもらい頭の上に付けます。そこにマスターがエネルギーを送り、電球を付けます。電球は1〜2秒ほど、輝いて消えました。次は電熱線を赤くします。ヒーターなどに使われる電熱線(ニクロム線)です。マスターは、手が火傷するのであまりやりたくないと言っていましたが、やってくれました。マスターが両手に持った黒い電熱線が、みるみる赤くなっていきました。これも1〜2秒です。それ以上やったら、マスターは火傷してしまうでしょう。


○ショーの間にマスターが喉が渇くと、ポットからガラスコップに水を注いで飲みます。ポットから水をコップに注ぐと、かならずコップ一杯なみなみとなって、こぼれる寸前になります。そしてポットはきれいに空になります。その空となったポットと置いておくと、いつの間にかそのポットに水が入っています。これをショーの間、何度も繰り返していました。Mさんはマスターの真正面だったので、コップに水を注ぐときポットの底が見えて空になったことを何度も確認していたそうです。空間から、水が湧いてきたとしか言いようがありません。


 * * * * *


 Mさんは、あんでるせんに行く2日前に久留米に泊まっていたのですが、その夜に行ったバーのご主人があんでるせんに行った経験があったそうです。そのご主人は、あんでるせんに行った翌日に熱を出して寝込んでしまったそうです。それほど人間の信念体系を突き動かすものを感じたのでしょう。
 私はというと、こういったサイキックな力を肯定する立場です。ですから自分の信念体系を揺るがされるようなことはなかったのですが、それでも大きな衝撃を受けました。なぜならスピリチュアルな力を信じるといっても、その大部分は本で学んだことだからです。知識として知っているということと、体験するということは天地の差があります。今回は、目の当たりにサイキックの力をみて、かなり茫然自失といったところがありました。MさんやHさんの感想を聞いても、同じことを言っておられました。3人で話したのですが、今回、こうやって3人があんでるせんを訪れたことは偶然ではなかったような気がします。私たち3人は、あんでるせんに来る時期を迎えていたということだと思います。3人が1〜3番という特等席を与えられたのも偶然とは思えないですし、不思議なことに私たち3人は帰るとき、マスターが握手をしてくれました(マスターは、私たち3人がゲリースクールという、一般の人にあまりなじみの無い特殊な学校に行っていることをわかっていたのかもしれません)。そして最初に行ったパチッという火花を頭にしてくれました。私のエネルギーが少し落ちていると言っていました。そうかもしれません。3泊4日の九州旅行の最終日で、連日の宴会と寝不足でもうフラフラの状態でしたから。


 冒頭に書いたように、私の性格からあんでるせんのショーが本物かマジックかにこだわるかもしれないと思っていました。でもショーを観終わった今となっては、本物かマジックかということに全く関心がなくなっていました。ショーを観終えた今となっては、私の中では、あんでるせんは本物以外の何物でもなくなってしまいました。
 でも訪問者の方々の参考までに、色々聞いた話を紹介します。
 あんでるせんは20年間もこういったショーを続けているそうです。その間、テレビの出演交渉は何度もあったそうですが、マスターはそれを頑なに断ってきたそうです。全く金儲けに興味がない人のようです。それは喫茶店のメニューの注文のみで、全くショーにお金を取らないことからもわかります。これは私の勝手な想像ですが、人々の常識を打ち破るショーを観せることにより、人々の意識の変革をもたらそうとしているのではないかと思うのです。人間とは本来、無限の可能性を持った存在であり、私たちが常識と思っていることとは別の世界(可能性)があることを、人々に気付いてほしいのではないかという気がします。たとえ口コミであっても、あんでるせんに行くべき人間はやってくるのだと思います。だから宣伝する必要はないし、マスコミに登場する必要もないのだと思います。
 ネットでは、マジックを使っているのではないかというブログも一部あります。でも私の推測が正しいとすると、一部でもマジックを使ってしまっては元も子もなくなります。カードのショーなどはセロやMr.マリックも同じようなものを見せるので、そう思う人もいるのかもしれません。でも人々の意識の変革が目的なら、マジックを一部でも使うことはしないはずだと思います。
 そういえばソニー創業者の一人である、井深大(いぶかまさる)氏があんでるせんに来たことがあったそうです。そして井深氏の結論は、これはマジックではなく超能力だというものだったそうです。日本を代表する起業家の見解と自分の意見が一致して、私はちょっとだけうれしい気分になりました。



 下の写真は、あんでるせんに来た記念として、希望者に300円で分けてくれるスプーンです。目の前でスプーンをぐにゃぐにゃに曲げてしまいます。そしてスプーンの表にマスターのサイン(写真に映っている部分)と、裏に希望した名前のサインをしてくれます。私も記念にもらってきました。




防音工事体験記...2008年5月17日

 私は今、八王子の2DK(2K?)の賃貸マンションに住んでいるのですが、大家さんから防音工事のことを聞いたのは去年の秋でした。そのときの話では、年明けの1月から防音工事を始めたいとのことでした。
 なぜ防音工事かというと、今住んでいる賃貸マンションの上空は、米軍の横田基地に離発着するの軍用機の航路になっていて、その航空機の音がうるさいからです(通常の輸送機は、あまりうるさくないのですが、戦闘機は爆音と言っていいくらいの音がします)。その工事費用は、防衛省が全額負担するとのことで、大家さんからすれば、ただでマンションの付加価値が上がるわけで、なんとしても工事したいわけです。しかもこの工事には、申請期間が設けられているらしく、この時期に申し込まないといけないらしいのです。たぶん大家さんは、必死で我々住人を説得したのだと思います。しかし住人からすると、実に迷惑千番な話で、メリットは全くないのに、部屋の中を工事でいじくり回されるわけで、心情的に止めてほしいところです。ロシアの文豪が、“人間とは、あらゆるものに慣れるもの”と言った話がありますが、何年も住んでいれば、航空機の音など慣れてしまって気にならなくなります。気になるのは、最初の数ヶ月ぐらいです。一番気になるのは、(私は一階に住んでいますが)、2階の住人の話し声や、歩く音などの生活音です。それは防音工事をしても、全くなくなりません。また工事期間中はプライバシーは侵害されるし、毎日続けている呼吸法が続けられるかとか、貴重品は全部持ち出さなければならないわけで、内心強く、“止めてくんないかなあ〜”と思っていました。でも私にメリットがなくても、大家さんの立場を考えれば、ごねて工事を受け入れないのも大人気ないかなあ、などと葛藤していました。そして結局、覚悟を決めて工事を受けることにしました。当初は、いっそのこと、これを機会に引越ししようかと考えましたが(実際に隣の住人は、工事が始まる直前に引越ししました)、ゲリースクールが終わる夏以降に、動くつもりなので今は我慢とあきらめることにしました。
 さて、その工事が今週から始まりました。
 大家さんからは、防音工事とだけ聞いていて、窓やドアを入れ替えるぐらいだろうと思っていたのですが、これがなんと大工事になっていきました。工事に訪れる業者さんに聞いても、業者さんは自分達がやることは知っていても、他の業者さんがやることは知らないのです。それでも私は色々と声を掛けてみて、だいたい工事の全体像がつかめてきました。以下に私の部屋の工事の内容を記します。

 @ 2つの部屋に付いている窓を、専用の防音用のサッシ窓に取り替える
 A 2つの部屋の出窓に、内側から防音専用の窓とサッシを新たに取り付ける
 B ベランダに出るドアを防音用のドアに取り替える
 C 台所の換気扇を専用のものに取り替える
 D 居間に付いているクーラーを外し、2つの部屋の壁紙を全部張り替える
 E 2つの部屋に密閉した部屋用の換気扇を取り付ける
 F 寝室の襖(ふすま)を取り替える
 G 寝室に新しくクーラーを設置する
 H いったん取り外した居間のクーラーを取り付ける
 I 部屋の外側に設置したドアやサッシをコーティングする

 以上が昨日(5月16日)までに終了した作業です。さらに来週に行われる予定の作業です。

 J 居間に入るドアを防音用のものに取り替える
 K 寝室に入るドアを防音用のものに取り替える
 L 2つの部屋に新しく設置した換気扇の電器コンセントを付けるための電気工事を行う

 といった具合です。
 当初の私の予想に反して、工事は大掛かりなものになっていきました。
 工事費用は、もちろん防衛省の全額負担ですが、私は自分の部屋だけでも100万円は下らないだろうと思います。この記事を読まれている訪問者の中には、「防音工事ぐらいで100万円も掛かるわけないだろう」と思われる方もおられるかもしれません。でも私に言わせれば、“事件は現場で起きている”・・・です。現場を見れば、私の意見に納得されるだろうと思います。
 まず新たに設置された換気扇やドアや窓やサッシの印象を一言えば、“でか! おも!”、そしていかにも(値段が)高そう! です。そもそも防音用という特殊なものであるうえに、全部それぞれの部屋に合わせた特注品です。工事が始まる前に、何度も業者さんが寸法を計りに来ていました。窓のサッシなどは重厚なもので、締めるキーは見たこともないような2重構造の特殊な形をしています。いかにも音はもれないぞ、といった感じです。ドアやサッシには、もれなく以下のラベルがついています。

 「防衛施設庁認定防音建具」

 新たに付いた部屋の換気扇は、ばかでかくて普段の家庭で使っているものが、おもちゃに見えます。まるで業務用が付いたといった感じです。業者さんが言っていましたが、部屋にわざわざ換気扇を付けたのは、防音工事をして部屋を密閉構造した場合は、空気を取り入れる換気扇を付けなければならないと決まっているからだそうです(法律で?)。
 私の部屋は、特殊加工の密閉部屋になってしまいました。普通の部屋からスーパー部屋になった感じです。ランクが上がったような気分です。ただ寝室の襖を取り替えたのは、防音とは全く関係ないと思われ、これは税金の無駄使いだろうと思います。おそらく部屋の壁紙を張り替えたので、その流れでやったのでしょう。
 一つ今回の防音工事で感心したことがありました。
 部屋の壁紙を全部張り替えると聞いていたのですが、夜仕事から部屋に帰ってきて、何か違和感があったのですが、何が変わったのかわからなかったのです。数分して、突如部屋の壁紙全部が張り替えられていることに気づいたのですが、その時はある種の感動がありました。なぜかというと、壁に貼ってあるホワイトボードやカレンダーなどが、全くそのままになっていたからです。これらは壁紙を張り替えたのですから、いったん全部取り外したはずですが、見事に以前のその場所にそのまま復元されていたのです。しかも寸分違わぬ位置にです。私は、日本の職人の心意気に感心してしまいました。

 しかし色々と不便になったこともあります。
 出窓に内側から新たに窓サッシを付けたため、出窓に置いていたものの出し入れが非常に不便になりました。寝室の出窓にテレビを置いていたのですが、サッシが付いたため、そのテレビが追い出されてしまいました。おかげで今はテレビと目の距離が近く、さらに目が悪くなってしまいそうです。
 さらに工事中に部屋に居るとプライバシーは全くありません。私が部屋にいようといまいと、業者さんはどんどん部屋に入ってきて、作業をします。さらに私の場合、荷物が多いのが難点でした。特に本の量がすごく、業者さんは仕方なく、私の部屋の荷物を空いている隣の部屋に移動して工事していました。業者さんに、「本の量がすごいですね」とぼやかれてしまいました。実は私は1年ほど前から引越しすることを想定して、これでも本の整理をしていたのです。これまで本全体の3分の1から半分近くを処分しました。この話をしたら、業者さんは、目を丸くするだろうなとは思いましたが、言うのを止めました。
 隣の部屋に荷物を持っていかれてしまったので、痛い目に会ったことがあります。今週の火曜日ですが、夜家に帰ってくると、その日の工事は終わっていて業者さんは誰もいませんでした。いつものように瓶ビールを冷蔵庫に入れて冷やそうと思ったのですが、その瓶ビールを入れた箱がないのです! 私は、一瞬、「あっ、持っていかれた!」と思い、あわてて隣の部屋に行きました。すると鍵が掛かっているのです。無用心だから夜は鍵を掛けるのは当然としても、そこに私が毎日楽しみにしている瓶ビールがあるのです。私はビールにはこだわりがあって、瓶ビールしか飲みません。缶ビールには妙な金属臭さがあって好きではありません。瓶ビールには、その臭みがないのです。それで、空瓶を店に返す手間があっても、瓶ビールを飲んでいるのです。その瓶ビールを持っていかれてしまいました。仕方なく、その日は近くのコンビニに缶ビールを買いにいくことにしました。業者さんからすれば、作業に邪魔な箱を隣の部屋に運んだだけでしょうが、私にとっては、重要な箱だったのです。翌日の朝、業者さんが来たとき、私が最初にしたのは、その箱を取り戻したことだったのは、ゆーまでもありません。

 防音工事は今が佳境で、来週には終わります。
 始まる前は、嫌だなと思っていたのですが、終われば、これはこれで実に結構なことだという気がしています。2階の住人の足音を別にすれば、外の音がしないことは、瞑想するにはもってこいだし、スピリチュアルなことにはメリットが大きいと感じています。
 今一番気になるのは、窓サッシが取り替えられたために、網戸がなくなってしまったことです。防音用なので、網戸は必要ないということでしょう。ここ八王子は田舎なので、夏は虫が多いのです。その点網戸は貴重でした。この網戸は、自腹で買う必要があるだろうなと考えているところです。

過去世の顔が見えた!?...2008年5月8日

 昔読んだスピリチュアル系の本だったと思うのですが、100年ほど前のイギリス(?)で、鏡を用いて自分の過去世の顔を見る遊びが流行ったという話を記憶しています(かなりいい加減な記憶ですが)。その具体的な方法を、以前参加した神秘家ゲリーボーネルさんのWS(ワークショップ)で聞いたことがありました。
 そのやり方ですが、真っ暗な部屋で、椅子に座った自分の正面のテーブルの上に自分の顔が充分に入るぐらいの大きさの鏡を立てます。その鏡の背後に、ロウソクを立て、かすかな灯りで鏡に映った自分の顔を見ます。まばたきするのを我慢して、しばらく見ていると自分の顔が変わり、知らない人の顔がどんどん見えてくるというのです。その見えた顔が自分の過去世の顔というわけです。普通の家に暗室はないので、これを行うのは夜になりますが、暗室があれば昼間でも可能だと思います。
 この話に興味を持った私は、さっそく鏡とロウソクを用意して試してみました。でも残念ながら、そのときは鏡には私の顔が映るだけで、顔が変わることはありませんでした。まばたきを我慢するというのはけっこうしんどいのですが、なんとか頑張ったのですがだめでした。遊びとして流行ったということなので、誰にでもできることなのかなと思ったのですが、そうでもなさそうです。
 その遊びを、今週の水曜日の夜が明ける前の暗いときに再びトライしてみたのです。そうしたら、なんと今度は本当に顔が変わっていったのです! これは私にとって、実に神秘的であり、かつ感動的な体験でした。その様子を紹介したいと思います。
 まず、顔が奇妙に歪んできました。最初は、これは私の過去世の顔というより、視点がずれて顔の輪郭が変わったのだろうと思いました(私は、けっこう疑り深いのです)。一般的に目を細めると、形状の輪郭が崩れるので、それかなと思ったのです。でも私は、まばたきを我慢しているだけで、目を細めているわけではありませんでした。でもそのうち、明らかに顔がスライド写真の高速バージョンといった感じで変わっていくのが判りました。そのスピードですが、1秒前後といったところです。私は興奮しました。間違いなく、これは私の過去世の顔だと直感しました!
 まず鏡に現在の私の顔が映ります。そして私の顔に似た顔が数回続くと、今の私の顔に似ているとは思えない顔がどんどん出てきます。これは時代をさかのぼっているのかなと想像しました。私の場合は、今の私によく似た顔が3〜4回出た後に、俳優の蟹江敬三さんに似た顔が出てきます。その顔が実に印象的で、何度やっても出てくるので、すっかり顔を憶えてしまいました。蟹江さんのようにしぶい脇役をこなす独特の雰囲気の顔で、私はこの人を蟹江敬三と名付けました。さらに進むと、日本の江戸時代のような封建社会の時代に、いかにもいたような顔が出てきます。もちろん私はそういった時代の人の顔を直に見たことはありませんが、いかにもその時代の人といった雰囲気の顔です。中には、“こりゃあ、ひでえ面(ツラ)だな”と思えるものもありました。残念ながら私の過去世は美男子ばかりとはいかなかったようです(当たり前ですが)。もし自分の美貌に特別に自信がある女性だと、こういった過去世の顔を見るのは、ちょっとショックかもしれません。でも美貌に自信のない方であれば、“過去世の私はこんな綺麗だったこともあったんだ”と思えて心に余裕が出てくるかもしれません(笑)。
 面白くなった私は、まばたきを我慢しながら、何度もトライしました。繰り返すたびに映像が次第にリアルになっていきました。そのうち髪型も変わっていることに気付きました。髪が豊かでふさふさの場合もあれば、禿げ上がったものもありました。調子に乗った私は、顔の表情を変えてみました。まず、微笑んでみたのです。すると、なんと、出てくる顔がどれも微笑んでいるのです! めちゃくちゃ面白いです! 次にだらしなく口を半開きにして歯を出してみたのです。すると、みんな同じように口を半開きにして歯を出しているではありませんか! あの蟹江敬三さんも口を半開きにしていました。私は素直にすごいなと感心しました。その精巧な表現力に驚きました。今のCG技術があれば、こういったことは可能だと思いますが、けっこうな値段を取られるんじゃないかとくだらないことを考えてしまいました。わかったことは、元となった顔が笑えば、笑った顔が出てくるというふうに、同じ表情の顔が出てくることです。
 私は夢中になってしまって、何度も繰り返していたのですが、そのうちあることに気付きました。男の顔しか出てこないのです。当然ながら女としての転生もあったはずなのに、出てくるのは男ばかりです。男に見えて実は女だったということもあるでしょうが、私には男とか思えない顔ばかりでした。そして、いわゆるモンゴロイド系の顔しか出てこないのです。顔つきの似た朝鮮半島や中国の人という可能性はあると思いますが、白色人種系が出てこないのです。モンゴロイド系が(はっきりと数は憶えていませんが)10〜20人程出てきた後、明らかに白人系の顔の輪郭が見えてきます。髪の色も金髪風なので、ああ、やっと白人が出てきたと思ったら、目鼻立ちがはっきりしてくる時点で、突然画面がしらっ茶けてしまいます。まるでリセットされた感じで、また最初のモンゴロイド系から始まるのです。まるで白人の転生に移ろうとしたとき、これから先はスライドがありませんといった感じです。これはいったい、いかなる理由によるものなのでしょうか。
 もう一つは年齢です。現在の私の年齢に近い顔しか出てきません。幼少の頃の私とか、年老いた頃の顔がないのです。これも顔の表情のときと同じで、現在の私の年齢に近いものしか出ないのかもしれません。当然ながら今の私の年齢よりずっと若くして亡くなった場合もあったと思うのですが、そんな感じの顔はありませんでした。まあ、顔を見ても年齢はなかなか判別しづらいので、なんともわかりませんが。

 夢中になって1時間以上もひたすら鏡を見ていたのですが、そのうち夜が明けてきてしまいました。どうやら楽しいお遊びも終了の時間です。今日は見えたけれども、次回見えるとは限らないので、なんとも惜しかったのですが、明るくなってしまったので止めることにしました。
 他にも気付いた点を補足します。
 ゲリーさんはロウソクを使うように言いましたが、私は人工的なZライトでも試してみました。結果はZライトでも問題なく見えました。むしろZライトの方が光量があって映像がはっきりしていたぐらいです。ただし私のZライトは、太陽光と同じ波長の成分を出すという特殊なもので、普通のZライトではこうはいかないかもしれません。また日が昇ってだいぶ明るくなっても見えていたので、ひょっとすると慣れてくれば昼間でも見えるのかもしれません。これもアカシック・レコードを読むのと同じことで、慣れるか慣れないかが問題なのかもしれません。また、まばたきしないでじっと見ることもそうです。もう耐えられなくなって、目をぎゅっとつぶってしまうと、スライドは最初から始まりますが、そのうち素早くまばたきすれば、映像は途切れることなく続くことに気付きました。どうやら私は、少しコツをつかんだようです。
 もう一つ気づいたのは、これはアカシック・レコードと違って、質問して解答を得るというものではないことです。私の直前の前世である、明治生まれで長崎県佐世保市郊外の山中で、一生を百姓として生きた吉原増太郎という過去世の顔を確認したいと思い、吉原増太郎の顔を見せてくれと頼んだのですが全然聞いてくれません。相変わらずパッパと顔が変わっていくだけです。どうやらアカシック・レコードとは仕組みが違うようです。

 とにかくこの遊びは、とても面白いです(見えればの話ですが・・・)。
 訪問者の中で、ご興味がある方は、夜に暇があったら試してみられることをお勧めします。

祝福とは何か...2008年5月4日

 精神世界の本を読んでいると、時々「祝福する」という言葉が出てきます。この祝福というのは、私にとって長らく謎でした。特に祝うという言葉の意味がよくわかりませんでした。悲劇的な出来事であろうと、自分を祝い、人を祝い、そんな出来事を祝うというのはどういうことなのだろうと思っていました。
 前回、グレッグ・ブレーデン氏の『祈りの法則』を紹介しました。
 この本の中で、その祝福について述べている箇所があります。著者のグレッグ・ブレーデン氏が体験したことも載っています。それらは私にとって、とても興味深いものだったので、ここで抜粋して紹介してみたいと思います。


・・・<『祈りの法則』、p131〜p138より抜粋>・・・


 次のお話は、私が死別に遭ったときの、初めての祝福の経験です。世界の中の本当に「大きな傷」に比べると、大したことではないのかもしれませんが、それが起きたときに、私が親友を失ったことを乗り越える助けになったのは、祝福でした。この例は、あなたが死別を乗り越える助けになれるかもしれません。

死別における祝福

 動物との関係は、私の最も大切な関係の一つです。1990年代の初期に、カリフォルニアのシャスタ山にある宿で、ワークショップとリトリート(合宿)を合わせたものを、一週間、指導していました。小さな黒い子猫が、その宿の廊下を歩き回って、私の部屋と私の心へ続く道を見つけ、それ以来離れることはありませんでした。
 新しくできた友達は、出産の経験がなく、予定よりも約五週間早く生まれた子猫の面倒を見ることが出来ない若い親猫です。宿のスタッフが、発見したときには、子猫は全て死んだと思われていました。しかし、数日後、小さな奇跡が起こりました。母猫が隠れ家から現れ、その間ずっと、食べ物なしで生き残っていた、骨と毛の小さな山を運んで来たのです! スタッフはすぐに、その小さな子猫を健康にするために看護し始めました。その子猫は、生き残る魔法の強さと意志の力を認められて、マーリンと名付けられました。
 その夜、マーリンは私の部屋を見つけて、私が惑星上の全ての動物を世話したいという衝動に負け、彼を部屋に入れるまで、のどを鳴らしミャーミャーと鳴いていました。そのプログラムの一週間、夜はいつも私と一緒に寝て、部屋で朝食をとるときは、いつも一緒に座っていました。彼は私が髭をそっているのを洗面所の流しの端から見ていたり、次の日のために35ミリのスライド(パワーポイントのない時代です!)を準備していたとき、そこを横切って歩いたりしていました。毎朝、私がシャワーを浴びるとき、彼はバスタブの端に座って、私の身体から跳ね返ってくる水滴を、口でキャッチしていました。その週の終わりには、マーリンと私はとても仲良くなっていて、こんなにも生きる意志を持った小さな奇跡に、ものすごく惹かれている自分に気づきました。
 マーリンと私は、あっという間に起きたシンクロが重なって、ニューメキシコ北部の砂漠の高原地帯にある私の家へと、大陸を横断する旅に出ていました。彼はすぐに私の「家族」になり、それから3年間、毎晩、夕食の支度をするときは一緒にいたり、私が初めて本を書いている間、古いアップル・コンピューターの横で昼寝をしたりしていました。
 その頃マーリンは毎晩そうしていたように、ある夜外へ出て行き、それ以来、私が彼を見ることはありませんでした。それは1994年の夏のことで、巨大な彗星が木星に影響している週でした。最初は、猫が時々するように、たぶん単に探検に出かけただけで、またすぐに会えるだろうと思っていました。鳥や鯨がするように、木星の不思議な影響が地球の磁場を混乱させたように、マーリンは地球の磁力線を辿って、砂漠を探検しているのかもしれないと思っていたのです。磁場が変化して、彼をどこか他のところへ連れて行ってしまったのかもしれません。または、他の多くの理由からだったのかもしれません。事実は、マーリンがいなくなってしまったということです。
 彼を見なくなって二日が過ぎた時、私は、さすがに彼を探し始めました。ニューメキシコのタオス北部を探し回っていたので、電話にも出なかったし、ほぼ一週間、全く仕事をしませんでした。羊を襲うコヨーテのために牧場がしかけた罠に、はまってしまったのではないだろうか? 古い建物や井戸にはまり込んで、抜け出せなくなってしまったのかもしれない。何日間も、ふくろうの巣を探したり、見つけられる限り全てのアナグマやコヨーテの巣の中を探してみました。ついに私は、マーリンを探すのをやめて、彼の形跡、彼の毛や首輪を探し始めました。全ての努力は無駄だったのです。
 私はある朝、日の出の直前にベッドに横たわって半分夢見ている状態で、ただ彼からの合図を求めました。友達に何が起こったのか知る必要があったのです。心の中で、その質問が終わらないうちに、後にも先にもこれ一度きりのことが起きました。家の屋根裏部屋で、外から声が次から次へと聞こえてきました。たちまち、全ての方向から、完全に私の家を囲むようにして、間違いなくコヨーテの鳴き声が聞こえてきたのです。それは、この場所に住んで以来、何年間も決して聞いたことのないものでした。
 ほんの数分間のうちに、コヨーテは甲高い声で遠吠えを突然始めて、やめました。
「マーリンはもう、僕と一緒にはいないんだね」と、声に出して言いながら、目には涙が溢れました。その瞬間、友達に起こったことが私には見えました。コヨーテが彼を捕まえてしまい、彼には二度と会えないことがわかったのです。
 同じ日の午後、明るい昼の光の中で、私の所有地の至るところにコヨーテが現れ始めました! 過去にコヨーテを見たことは確かにありましたが、以前はいつも、彼らは夕暮れか日没の直前に現れていました。今日は、昼間からそこら中にいました。一匹でいるもの、二〜三匹で一緒にいるもの、小さな子供や家族、全て気軽に野原を散歩していました。
 ここに、私がこの話をしている理由があります。私はマーリンを失って傷つきました。傷ついているので、私の友達を奪ったのは「こいつだ」と思いながら、コヨーテの後を一匹ずつ追うこともできました。ライフル銃を手に、農家の小屋の高いところに立って、谷から完全にコヨーテがいなくなるまで、マーリンの死の報復をすることもできました。私はこれらの全部をすることができたのですが、それでは何も変わらなかったと思います。マーリンはいなくなったままです。私はコヨーテに腹を立てていたわけではありませんでした。ただ友達を失って寂しく思っていただけなのです。夜に網戸の上の蛾のような「大きなおもちゃ」に忍び寄るときに出していたおかしな声と、彼のキャラクターを懐かしく思いました。夏にひんやりしたタイルの床に寝そべって、逆さまに私を見ていた彼が恋しくなりました。
 その午後、私は谷を横切り、ハイウェーに続くほこりっぽい砂利道を、一人でドライブしました。私の初めての祝福の体験は、このドライブで起こりました。誰も私の声が聞こえないように窓を閉めて(どうせ何マイルも周りに誰もいなかったのですが!)、マーリンの死を受け入れ、彼が私の人生にもたらしてくれた全ての喜びを祝福しました。それは簡単なことでした。それからコヨーテを、特にマーリンの命を奪ったものを祝福しました。やがて、私は実際に、コヨーテに対する不思議な親近感を覚え始めました。起きてしまったことは、私をわざと傷つけようとしたわけではなかったのだと分かりました。彼らは単にコヨーテがすることをしただけなのです! 自然が時々、とても残酷に見える理由を、理解しょうとしている自分自身を祝福しました。
 最初は、何も起きませんでした。私はとても傷ついていたので、その祝福を「受け入れる」ことができなかったのです。しかし、二〜三回繰り返しているうちに、変化が起こりました。初めはお腹に暖かく感じていた感覚が、身体中で全ての方向に広がっていったのです。涙が井戸のように湧いてきて、私は大きなむせび泣きにあえいでいました。道の横に車を停めて、祝福するエネルギーが完全になくなってしまうまで、祝福することに全力を尽くしました。その日に、ついに祝福は終わったと感じました。
 祝福の行為について言えることは、世界は変わらないということです。つまり、変わるのは自分だけだということです! 自分を傷つける物事を何でも受け入れて解放しようとするうちに、世界は変わって見え、私たちはより強く健康な人になるのです。
 面白いことに、あの日コヨーテと平和を分かち合ってからは、夜に彼らの声を聞いたことはありますが、私の所有地では二度と、一匹も彼らを見ることはありませんでした。しかし、昨年、違う種類の別の猫を見ました。生きたマウンテン・ライオンを見たのは、本当に初めてでした。彼女はフェンスの下をくぐって、私の裏庭に入ってきたのです!

 ・・・(中略)・・・

 マーリンの話は、取るに足りない例に思えるかもしれませんが、これは実話であり、極めて個人的なものだったので、話してみました。マーリンについて説明した祝福の原理は、ローカルなものからグローバルなものまで、あなたが経験するどんな苦しみにも効き目があります。

・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 グレッグ・ブレーデン氏がいう祝福とは、以下のようです。

「普段私たちが誰かを祝福するときは、その人を認めて褒めるという考えがありますが、ここでいう祝福は、どのような行為や状況や出来事も許したり、がっかりさせたり、あるいは、勇気づけたりすることではないのです。ここで言う祝福とは、どのような視点にも、賛成したり、反対したりしないのです。単に起こったことを認めるだけです。批判せずに認めるという行為こそ、癒しへの入り口なのです。」

 もし自分が相手からとても傷つけられた経験があった場合、そこに相手への許しがたい怒りや、憤りの感情が湧いてくるかもしれません。しかしそうなった場合は祝福はできないようです。逆に自分が相手を深く傷つけた場合は、反省の気持が湧いてきます。しかし反省してはいけないようです。反省してしまうと、ますます落ち込むことになります。ブレーデン氏がいう祝福とは、単に起こったことを認めるだけであり、そこに判断(ジャッジ)があってはならないということです。私はここがキーポイントだと思うのです。過去の経験を淡々と振り返り、それらすべてを認めるということが大事な点だと言えそうです。
 次にブレーデン氏がいう、祝福がもたらすものです。

「祝福が本当にしてくれることは、苦しい経験から解放するということです。祝福は何が起こったとしても、そのような出来事が起きたことをまず認めます。そうすると、その経験に対する感情が、身体の中で固まるのではなく、身体を通り抜けて解放されるのです。」

 過去に起こったことは変えられません。しかし変えることのできるものがあります。それは自分の態度です。過去に受けた心の深いところに押し込んで隠し、ずっと苦しみを抱えて暮らすことも可能です。でもその心の傷を解放する道があるのです。祝福することによって、過去の出来事は変えられないし、傷つけてしまった相手も変えられませんが、自分を変えることができます。自分を変えるということが最大のポイントだと思うのです。
 では、ブレーデン氏が薦める祝福のやり方を紹介します。

 @「私は○○を、祝福します」
  空欄に、苦しんでいる人や、苦しんだことのある人の名前(複数可)を入れて下さい。

 A「私は○○を、祝福します」
  空欄に、苦しめられた人や、物事(複数可)の名前を入れて下さい。できるだけ具体的な方が役に立ちます。

 B「私は、私が苦しみを目の当たりにしていることを、祝福します」


 長い人生の中で、時として人を傷つけたり、人から傷つけられたりすることはあります。多くの場合、人はそれを心の奥底に隠してしまいます。
 この点に関する、ブレーデン氏の言葉です。

「私たちはみんな、この世で生き残るために、心の傷を自分自身の中にうまくと閉じ込めることを学んできたのです。ある経験に対する感情を、あまりに上手に隠したために、自分でさえも、それをどこに隠してしまったのか、時々忘れてしまうくらいです。祝福してみて、最初の数回は効果がなくても、どうぞがっかりしないで下さい。自分を守るために作った殻を破るのに、2〜3回、繰り返しを要するかもしれません」

 私にも、過去に辛い思いをした経験があります。この辛い経験に関して、ある方にアカシック・リーディングを頼んだことがありました。その方はリーディングしてみて、当時の私のあまりの辛い思いに驚かれていました。まるで、両肩に漬物石を載せられているようだと表現されていました。あまりに辛い感情に、その方の目から涙が溢れていたのが印象的でした。
 その辛い思いに対し、私はこのブレーデン氏のいう祝福の方法を試しています。それはあまりに大きな感情の傷ゆえに、1回や2回では解放できないようでした。しかし繰り返しているうちに、確かな変化を感じ始めています。以前は、当時の辛い感情がありありとよみがえっていたのですが、その感情が徐々に薄れていくのがわかるのです。ブレーデン氏の薦める方法は、確かに私にはっきりとした効果をもたらしたようです。

『祈りの法則』...2008年4月25日

推薦図書

 『祈りの法則』(グレッグ・ブレーデン著、ランダムハウス講談社)

 現在、私が通っているゲリースクールの生徒仲間で、去年暮れに行われたドランヴァロ・メルキゼデクさんのWSに参加された方がいます。その方から、ドランヴァロさんが推薦しているグレッグ・ブレーデン氏が日本に来てWSを開くという話を聞きました。
 そのグレッグ・ブレーデン氏のWSに参加する前に、一応、グレッグ氏の本を読んでおこうと探して見つけたのが『祈りの法則』です。そして実際に読んでみて、色々勉強になるだけでなく、驚くこともありました。
 まず驚いたのは、祈りというものを実際に科学的な手法で実験したということです。祈りは(私の理解では)主観的なものなので、その効果に対し客観的な基準を設けるのは難しいだろうと思っていました。本では祈りの効果を、テロの回数や緊急救命室の患者の数や交通事故の数を用いて、客観的に判断できるようにしたというのです。私はスピリチュアル系に興味があって少しは勉強しているつもりだったのですが、こういった実験が世の中で、本当に行われていたということを全く知りませんでした。
 その部分を抜粋します。


・・・<『祈りの法則』、p50〜51より抜粋>・・・

 1972年、アメリカ合衆国の中で、人口が1万人以上の24都市は、ほんの1パーセント(100人)ほどが祈りに参加しただけで、地域社会の中に、重要な変化を体験しました。これらとよく似た研究は、1988年に紛争解決のための機関紙として出版された、中東の『国際平和プロジェクト』のように、画期的な研究となりました。
 1980年代初期の、イスラエルとレバノン間の紛争中、研究者は、単に心の中で平和について考えたり祈ったりするのではなく、身体の中に平和を感じるようにと、人々を教育しました。教育を受けた人々は、ある月の特定の日に、特定の時間、中東の戦乱の地域の至るところに配置されます。すると、彼らが平和を感じている時間中は、テロ行為が停止し、人々の罪が減少し、緊急救命室の患者が減少し、交通事故の数が大きく減少しました。しかし、彼らがこうした感情をストップし始めると、統計の結果は反対になりました。
 この実験は、先ほどの結果を裏付けました。人口のわずかなパーセントの人々が、内面的な平和を得たとき、平和が周りの世界に反映されたのです。
 この発見は、曜日、祝日、月のサイクルさえも考慮に入れ、データはとても一貫性があったので、研究者は、世界に反映される前に、何人の人々が平和の体験を共有する必要があるのかを、特定することができました。その数は、人口の1パーセントの平方根です。この公式は思ったより少ない数になるかもしれません。例えば、100万人の都市で、その数は100です。60億人の世界でも、その数はたったの8000人くらいなのです。この数は、反映までの過程に必要な最小限の数を示しています。より多くの人がいれば、ますます効果が早く出るのです。

・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 今日本でも、スピリチュアル的なものがじわっと社会に浸透しつつあるように感じます。しかしそれでも大多数の人々は、スピリチュアル的なものを、胡散臭いとか如何わしいといった感覚で捉えていると思います。
 私は、そういった胡散臭いとか如何わしいものを、できるだけ客観的に評価できる土台があれば良いなと考えています。特に上記のような実験は、データとして数値化して評価することができます。こういった実験を地道に積み重ねることが大事なんだろうなと思います。
 グレッグ・ブレーデン氏は、科学者ということで、そういったスピリチュアル的なものを科学の視点から解説する稀有な人物だと思います。

CO2温暖化説に対する疑問(2)...2008年4月17日

 今現在、地球温暖化が起きており、その原因はCO2の温室効果によるものと広く信じられています。
 この説に疑問を持った私は、以前CO2が地球温暖化の原因であるという実験結果があるものと思って、探したことがありました。しかし見つけることが出来ませんでした。そしてわかったことは、そんな実験が行なわれた形跡がないということでした。自然科学では、実験でしか正否は判定できません。ですからCO2が地球温暖化の主犯だというのは、実験で確かめられていない以上、あくまでも科学者の仮説の一つでしかないのです。千の仮説があっても、真実はその一つかもしれませんし、その中に一つもないかもしれません。
 まず最初に疑問を感じたのは、CO2の空気中の濃度の少なさです。
 以下のサイトに、ここ1000年間のCO2の濃度の上昇がグラフで示されています。

http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0220a/contents/f_01_07.html

 1800年頃までに280ppmであった空気中のCO2濃度が1800年以降急激に上昇し、2000年以降は360ppmを超えています。この200年間のCO2濃度の上昇は異常ともいえるものです。
 しかしppmはパーツ・パー・ミリオンのことであり、100万分のいくつという割合を示す単位です。360ppmとは、空気中に0.036%の濃度のCO2が含まれるという意味です。空気中の8割程度は窒素で、酸素が2割と言われています。CO2はそれ以外の微量な物質の一つにしかすぎません。私は、その微量なCO2が地球を温室効果で暖めているという、定量的で合理的と思われる説明に出会ったことがないのです。
 さらに疑問なのは、CO2の比重は空気より重たく、温室効果を発揮するためには上空高く舞い上がっていなければならないことに矛盾していることです。科学者はこれを何と説明しているのか興味があります。
 今年の1月に彗星研究家の木内さんの座談会に出たのですが、木内さんによると、地表で温められたCO2は上空に舞い上がり、そこで冷やされてまた地表に戻ってくると言っていました。私もそんなところだろうと思います。だとするとCO2の温室効果は微量だと言えそうです。家畜などから排出されるメタンの温室効果は、CO2の21倍という話がありますが、私はこの話にはリアリティを感じます。
 ではCO2が増えてもよいかというと、実は深刻な問題をもたらす可能性があるようです。木内さんによると空気中のCO2の濃度がある一定以上増えると、一度に多くの人々が窒息死する可能性があると言っていました。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋します。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E9%85%B8%E5%8C%96%E7%82%AD%E7%B4%A0

「二酸化炭素は環境中にごくありふれた物質で、その有毒性が問題となることはまずない。しかし、空気中の二酸化炭素濃度が極めて高くなると、人間は危険な状態に置かれる。濃度が 3〜4% を超えると頭痛・めまい・吐き気などを催し、7% を超えると炭酸ガスナルコーシスのため数分で意識を失う。この状態が継続すると麻酔作用による呼吸中枢の抑制のため呼吸が停止し死に至る(二酸化炭素中毒)。」


 木内さんが警告するのは、風のない明けがた頃に、比重の重いCO2が層を作って、海面に近い低地で居座ってしまうことです。そうするとそのCO2層に包まれた町の住民全部が窒息死してしまう事態となります。そして恐ろしいことに、世界の主要な都市は海に面しており、海抜ゼロメートルに近いところにあることです。そういったことを人々が懸念する事態になったら、パニックは避けられないところです。
 この話を聞いて、私は以前ゲリーさんが、海抜900メートル以上の家の値段が高騰すると預言していたことを思い出しました。温暖化による海水面の上昇があったとしても、なんで900メートルも高度なのだろうと思っていたのですが、これがCO2による窒息が原因だとすると納得いくような気もします。もちろんゲリーさんの真意はわからないので、今度機会があったら聞いてみようと思います。
 とはいえCO2を減らせばよいかというと、物事はそんな単純ではないようです。なぜなら植物はCO2と太陽の光で光合成をするからです。空気中に、ある一定濃度のCO2がなければ植物は死滅してしまいます。それゆえ木内さんは、地球上の植物が光合成をする為の空気中の最低のCO2濃度と、人間を含む生命体にとって危険を及ぼさないほどのCO2の最高濃度を早急に算出する必要があると言っていました。私もそう思います。
 科学者は、CO2温暖化主犯説を唱える暇があるのだったら、まずこのCO2の最低濃度と最高濃度を算出すべきです。そこから空気中の適正なCO2濃度を決め、各国にCO2濃度の目標値として提示すべきだと思います。


 * * * * *


 さてCO2が原因かどうかは別として、これまでの地球は本当に温暖化していたのか、という思いを私は最近しています。前回紹介した丸山教授によれば、ここ100年で地球の平均気温は0.5度の上昇したが、それは地球の歴史では全く異常なことではないと言っていました。
 そもそも今地球は、どの方向に向かっているのかということが問題です。
 そこで、これまで何度も紹介してきましたが、もう一度、『気候変動の文明史』(NTT出版、安田喜憲)から抜粋したいと思います。

 ・・・<『気候変動の文明史』(NTT出版、安田喜憲)、p24〜p25より抜粋>・・・


 IPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、今世紀中の地球の年平均気温の上昇を最大摂氏3.5度から5.8度に上方修正した。100年以内に地球の平均気温が5.8度も上昇した時代は、過去においては1万5000年前に引き起こされた。それは、氷河時代が終焉に入り、温暖な後氷期に移り変わる地球大変動だった。
 地球は過去約90万年の間に、寒冷な氷河時代と温暖な間氷期を、おおよそ10万年の周期で、交互にくりかえしてきた。それは深海底堆積物に含まれる、有孔虫(ゆうこうちゅう)の殻の酸素同位対比の結果から解明された。それを最初に発見した人の名にちなんで、この10万年周期のサイクルを、ミランコビッチ・サイクルとよんでいる。
 それによれば、寒冷な氷河時代は約8〜9万年続き、温暖な間氷期は1〜2万年と短い。別名、人類紀ともよばれる第四紀という時代は、意外にも人類の生活に適した温暖な間氷期は短く、大半が寒冷で乾燥した気候の支配する氷河時代で占められていたのである。
 そして氷期から間氷期への地球寒冷化はゆるやかであるが、氷期から間氷期への地球温暖化は急激に進行することも、明らかとなっている。最後の氷河時代(最終氷期)から現間氷期に移行する時代には、グリーンランドでは、50年の間に年平均気温が、一気に7〜10度も上昇した。一方、温帯や亜熱帯などの人類の居住地の気温上昇は、せいぜい5〜6度であったとみなされる。それは緯度効果のためである。極地に近いほど気温の上昇率や低下率が大きくなるのである。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 『気候変動の文明史』によれば、地球はこの90万年の間に10万年周期で氷期と間氷期を繰り返しており、現在は1万5千年前に間氷期を迎えた位置にいるということです。この温暖な間氷期は1万〜2万年続くとなっているので、1万5千年経過した現在は、氷期に向かっている状態だと言えます。
 ではこれから地球は寒冷化するのかというと、事態はそれほど単純ではないようです。前回、太陽系全体が異常な変化を起こしているという記事を書きました。地球では、地球磁場が異常に弱くなっている事実があります。今は、単純な温暖化ではなく、地球規模で大きな変動が起きていると言ったほうが的確のようです。
 4月2日、TBSテレビで「今そこにある50の危機」という番組が放送されました。そこでアフリカのキリマンジャロ山の氷河が溶け出してることの理由として、一つの仮説が述べられていました。インド洋の海流の流れが変わり、これまでキリマンジャロに吹いていた風が吹かなくなり、キリマンジャロ上空の雲が形成されなくなった。そこで強さを増した太陽光線が氷河を直撃し、氷が解けるのではなく昇華(しょうか)という現象が起こってしまった。氷は解けて水となって流れ出すのではなく、蒸発してしまっているというのです。これがキリマンジャロの万年雪が急速に減っている原因だという説です。これが事実だとすれば、一見温暖化と見える現象も、実は単純な地球気温の上昇では説明が難しい場合もあることになります。
 では地球は温暖化しないかというと、私は温暖化すると考えています。むしろこれまではたいしたものではなかったが、これからはひどいものになると考えています。もちろんこれは私個人の勝手な予想であって、単に一つのモデルでしかありません。訪問者の方は、ここに書かれているのは、単に一つのモデルであると思っていただければ幸いです。
 私は、短期的には、これから猛烈に温暖化すると考えています。そしてその後ゆっくり寒冷化に向かうとみています。ではこのHPらしく、胡散くさい話をしたいと思います。
 『未来からの警告 ジュセリーノ預言集U』(たま出版)の巻末に、ジュセセリーノ氏の世界の予言年表が載っています。そこから温暖化と海面上昇の項目を列記してみます。

○2008年
・北米、インド、中国、タイ、アフリカが猛暑になり、水不足のため数千人が命を落とす。アフリカは水争いの暴動による死者も多い。
・5月ごろに太陽活動が活発化し、温暖化が加速され、それ以降、火災がより多発するようになる

○2010年
・アフリカがセ氏59度になり、水不足が深刻化する
・海面上昇で、世界各地の海岸に人が住めなくなる

○2015年
・日本の夏季気温がセ氏58度に達する
・11月26日に世界の平均気温がセ氏59度になり、パニックが起きる

○2017年
・アフリカでは10月4日に気温がセ氏60度になる

○2024年
・最高気温がセ氏74度に達するところが出る

○2027年
・アメリカのイエローストーンで11月26日に噴火が始まり、その後の大噴火によって数百万人が死亡する。そしてアメリカ合衆国の氷河時代が始まる

○2028年
・イタリアのベニスが水の下に消える

○2029年
・オランダは9月24日、海に没する

○2038年
・南極の氷が80パーセント減少し、このため世界の海面上昇が激しくなる

○2039年
・各地で気温がセ氏63度になり、低地国は消える

○2042年
・世界の最高気温がセ氏74度に近づいた後、北米から中央アメリカを中心に世界は氷河期に入り、激しい寒冷化のため、一部を除き、地上での生存に適さない地域が多くなる


 本山です。
 このようにジュセリーノ氏の預言によれば、これから2042年に向かって、猛烈な気温上昇が起こり、それから地球は氷河期へ突入するとなっています。2042年までの気温上昇は、氷河期への準備だと述べてあります。
 『気候変動の文明史』によれば、50年間に年平均気温が、一気に7〜10度も上昇したことがあったことが確認されており、実際にそういった急激な気温の変化は起きうることです。それゆえ私は、ジュセリーノ氏の預言も、けっして起きないと断言できないと感じています。しかしそれが起きてしまえば、それは人類にとって想像を絶する苦難を意味します。震撼としてしまいます。

CO2温暖化説に対する疑問   2008年4月10日

 当HPを以前からご覧になられている方はご存じだと思いますが、私はたびたびCO2温暖化主犯説が疑問だとする記事を書いてきました。その最大の根拠は、CO2が地球の温暖化をもたらしているという根拠を示す科学的なデータが一つもないことです。CO2の温室効果によって地球の温度が上がっているというのは、(一部の)科学者といわれる人たちの単なる仮説でしかないのです。
 CO2の問題がマスコミで騒がれ出した何年か前頃は、テレビでは以下のようにコメントしていました。

 「地球温暖化の原因と言われているCO2は・・・」

 ところが最近のテレビでは、こう言っています。

 「地球温暖化の原因であるCO2は・・・」

 CO2温暖化説を仮説としてではなく、いつのまにか事実として断定するようになったのです。私は、科学的な検証データが全くないのに、なぜ世界中の人々がCO2が温暖化の原因だと信じるのか不思議でなりませんでした。
 そこで、CO2を温暖化の犯人にしたいという陰謀というか、そういった勢力がいて意図的な情報操作をしているのかと考えたこともありました。しかしそうだとしても、わからないのは、一体何の利益があってそうするかです。CO2が人々の関心を集めることは、環境に対する問題意識の向上というプラスの面もあり、なんとも納得がいかないところでした。
 そんな折、経済ジャーナリストの浅井隆さんから送られてきた資料に、以下の『選択』という雑誌の2月号に載った記事があったのです。
 丸山茂徳(まるやましげのり)氏という東京工業大学教授のインタビュー記事です。さっそく抜粋します。


 ・・・<雑誌『選択』に載った丸山教授のインタビュー記事から抜粋>・・・


「CO2温暖化主犯説」に物申す

−−CO2が温暖化の大きな要因との見解が定説になりつつあります。

 丸山

 CO2問題と温暖化は切り離すべきです。確かにこの百年間温暖化傾向にありましたが0.5℃に過ぎず、地球の歴史上、全く異常ではない。化石燃料も最も焚いた1940年から80年には気温は下降しており、CO2主犯説は崩壊しています。大気の気温を決める最大の要因は雲です。雲が1%多ければ気温は1℃下がります。

−−雲の量を決めるのは何ですか。

 丸山

 最大の要因は宇宙線の飛来量です。宇宙線が雲の凝縮核となる。これに最も影響を与えるのは太陽の活動です。活動が活発だと宇宙線は地球内に入って来なくなる。活発だった太陽の活動は2年前から減衰しています。もう一方で宇宙線飛来量を強い地球の磁場が遮断する。地球の磁場が弱くなると飛来する宇宙線が増えますが、この磁場も弱くなっている。したがって温暖化ではなく、これから寒冷化が始まるでしょう。

−−気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の見解をどう見ますか。

 丸山

 今後の温暖化は無いし、CO2の温室効果は微小です。IPCCに見解の歪みは評価報告書を出すたびに大きくなり、昨年の第四次評価報告書では、温室効果ガスとしてCO2の十倍以上の効果を持つ水蒸気の記述が消えました。そして「過去一千年の気候は一定だ」と論じています。しかし地球の気温は変動を繰り返している。この説はスベンスマークが提案しましたが、「生成のメカニズムがわからない」とIPCCは却下しました。

−−誤解の原因は。

 丸山

 組織ができると、構成員は個人の幸せを求め始めます。IPCCも健全な目的で生まれましたが、CO2主犯説で食っていこうという方針を守り始めた。「CO2は固定できる」「コンピューターを使えば解決策も出せる」と訴えれば研究費も下りる。科学はしばしば政治に利用されます。「地球のために」というのは受けが良い。アル・ゴアはそれを知っています。組織がある方向に走り出すと止まれない。社会が科学の質を変えてしまう。ガリレオやダーウィンの迫害と同じ現象です。


−−そもそも地球のことはどれだけわかっているのでしょう。

 丸山

 これまで地球(気象)しか見てこなかったから、暖冬か否かの予測すら外れてきました。地球環境は銀河の中の相互作用で決まるのです。この点に関する知見は、どんどん蓄積されています。2020年に温度は1℃から2℃上がるなどと言っても、20年もしないうちに温暖化が否定されれば科学への大きな不信が生まれる。これがCO2主犯説の最大の罪です。

−−ただしエネルギー危機に関する覚醒効果はありました。

 丸山

 確かに低炭素社会に移行する必要があります。それは温暖化するからではなく、人口増に耐えられないからです。2050年に世界人口は百億に近づき、人類史で最大の悲劇の時代が始まるでしょう。60億以上の人口を現在賄えるのは化石燃料という貯金が食い潰しているからです。石油はどんどん掘りにくくなる。それ以前に食糧が足りなくなる、人口を計画的に減らして食料を増やす必要があります。日本は諸外国に省エネの技術援助を行い、人口減少社会のお手本になるべきです。地球温暖化の狂想曲に踊らされれば本質を見誤ります。


 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 丸山教授によると、CO2主犯説で食べていこうとした人々のエゴが原因というわけです。なんとも情けないとしか言いようがないオチですが、現実はそんなものかもしれません。世の中には嘘と欺瞞が満ちているという人がいますが、CO2温暖化主犯説は、その中の一つなのかもしれません。
 では今地球を襲っているものは何かですが、丸山教授が指摘しているように太陽活動の変動と、地球環境の変化、特に地球磁場の減少の影響が大きいと言えそうです。太陽活動の変動とともに、太陽系全体にどのような変化が起きているか載っているサイトを見付けたので紹介します。

http://cocorofeel.exblog.jp/6011763/


 ・・・<「つながっているこころ」サイトから抜粋>・・・

太陽系で起きている異変  

この情報は2002年のものです。

太陽系で起こっている異変に関しての情報はこちらからの引用です。

ロシアの科学者アレクセィ・デミトロフ博士の報告書
PLANETOPHYSICAL STATE OFTHE EARTH AND LIFE
http://www.tmgnow.com/repository/global/planetophysical.html


冥王星(最近は惑星から外されたけど)
太陽の光が届かないのに温暖化現象がある。
太陽系から遠ざかりつつある。
これまでの14年間で冥王星の大気圧が3倍に上昇。

海王星
明るさが増していて磁場が大きな変化。
衛星トライトンの温度が5パーセント上昇。

天王星
明るさが増している。

土星
明るさと温度が高くなっている。
土星の衛星タイタンは大気の層が1980年より10〜15パーセント厚くなっている。

木星
磁場強度が1960年に比べて2倍に増加している。
これまでになかった氷冠が見られる。
磁場から発生したプラズマは衛星であるイオとの間でつながり始めている。
地球に接近している。
赤斑が小さくなりつつあると同時に新しい赤斑ができた。

火星
大気が増え続けていて1992年と比べて濃度は2倍に。
極の氷冠が溶けはじめ50%が消滅。
硫化ガス現象が見られる。
磁場が強くなり大気が戻りつつある。

金星
磁場が変化している。
明るさと温度が高くなっている。


1988年以降今までに観測されなかったナトリウムとカリウムのイオンガス発生がある。

太陽
太陽磁場は20世紀中に2.3倍増加。
東西の磁場が消滅。
太陽黒点はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返しているが、
近年は黒点活動が一向に衰えずさらに活発化し天文学者を驚かせている。
ドイツとオランダの天文学者は2008年までに太陽が爆発すると警告をだすほど。

地球
磁場が弱くなっている。
2000年前には40ガウスあった磁場が現在は約0.4ガウスまでに減少し
その磁気減少はいまも年々続いている。
地球の自転速度が速くなっている。
北半球の地磁気極が過去150年でカナダからシベリア方向に1100Kmも動いている。
ヴァンアレン帯でこれまでなかったガスのベルト帯が発見された。

1975年以来、火山活動は約5倍に増加。
1975年から1998年かけて地震が4倍に増加。
1963年から1993年にかけて自然災害が4.3倍も増加。

アメリカの地質研究調査によるデータ
地球全体の地震エネルギーの総量

1970年-1974年  748407000000
1975年-1979年  1368250000000
1980年-1984年  622022000000
1985年-1989年  882135000000
1990年-1994年  1077680000000
1995年-2001年  2017820000000

追記
インドの科学者たちが2012年頃に地球の磁場逆転が起きると予想している。

ロシアの天体観測研究所のアブサマトフ研究員が、
「今後太陽の活動停滞が起こり世界中の気温が次第に低下をはじめ、
今後地球はミニ氷河期に突入する可能性が高い」
とロシア通信社記者のインタビューに答えた。


 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 これをみてわかることは、今地球に起きている変化は、太陽系規模の変動の一環であり、単に人類の環境破壊だけで説明できるものではないということです。そのような状況において、CO2を温暖化の主犯とするのは、この観点からも納得できないものがあります。

 以後続く(すみません。私事ですがこのところ猛烈に忙しくて記事を書く暇がありません。時間が取れたら、続きの記事を書きます)。

フルボ酸の飲み方について...2008年4月1日

 3月12日の記事、「海外通販のすったもんだ」を読んだ方からメールをいただきました。
 それによると(日本から)、PayPalでなくクレジットカードで申し込みが出来たそうです(Visaカードだったそうです)。その方も言われていましたが、MaatShopに日本からの注文が相次いで、カードの認証を見直したのだと思います。私はPayPalで注文したばかりなので、次回にカードでトライしてみようと思います。
 記事に書いたようにMaatShop側もPayPalよりカードでの注文を望んでいますし、PayPalだと円からドルに変える際の手数料が割高です。PayPalだってボランティアでやっているわけではないので、そういった為替の手数料で利益を上げているのだと思います。カードで決済すれば、そういった手数料が安くなります(もちろん手続きも簡単になります)。

 カナダ保健省の話題もあり、MaatShopにフルボ酸を注文する人は少ないだろうと思っていたのですが、実際に注文されている方もおられるようです。そこで老婆心ながら、MaatShopのサイトに書いてあったフルボ酸の引用についての注意点をここに書いておこうと思います。


○1日に200mlのミネラル水(水道水は絶対にダメ!)に、アルファとオメガ(ラベルにAlphaとOmegaという記載はありませんが)を合わせて1オンス(約28ml)入れて飲む。私はアルファとオメガを15mlづつ入れて飲んでいます。


○空腹時に飲む。飲む時間帯は夜遅い時間は不向き。できれば朝が良い。


○飲む前の30分と飲んだ後の30分は、水分を含めて何も食さない。


 MaatShopのサイトには、フルボ酸と塩素が入っている水を合わせては絶対にダメだと書いてあります。人体に危険な毒物を生成してしまうそうです。ご存じだと思いますが、水道水には塩素を入れることが法律で義務付けられています。ですから水道水と一緒にフルボ酸を飲んではいけないということです。私はスーパーで売っている南アルプスの天然水というミネラル水を買ってきて、アルファとオメガを入れて飲んでいます。

 MaatShopのアルファとオメガを試された方で、何か変化があった方はメールで教えていただければ幸いです。

恐ろしきは税金なり・・・...2008年3月28日

 昔聞いた逸話ですが、古代の中国で人食い虎が住む地域を尋ねた人がいました。現地に住む人に聞くと、数年に一回くらいは人食い虎に人間が食べられてしまうそうです。同情して、こんな危険な土地に住んでいて大変ですねと言うと、住民から意外な言葉が返ってきます。住民曰く、いいえ、安全な土地に住むと耐えられないぐらいの重税が掛けられます。ここは人食い虎が住む危険な土地だから税金が安いのです。あんな重税が掛けられるぐらいなら、ここの方がよっぽど住みやすいです、と。
 恐ろしきは税金なり・・・。

 税金で私が思い出すのは、副島隆彦氏の受けた災難です。
 副島氏の政治に対する論評が、その手の人たちの怒りを買い、潰しに掛かられたとしか思えない出来事がありました。副島氏が主催する、(将来有望だが、貧乏な)若者を言論人に育てる目的で作られた学問道場というものがあります。ちなみに私は学問道場を援助する会員の一人です。副島氏は身銭を切って(時として援助して)、その学問道場の若者を育てていました。学問道場の運営資金は、私のような会員が提供する会費や副島氏の講演会費です。感心なことに学問道場の若者は、領収書もきっちりとって帳簿をちゃんとつけていたそうです。運営は厳しく、資金が足りなくなれば時々副島氏が援助をするといった具合だったそうです。
 しかし税務署がなんと言ってきたかというと、学問道場の会費はすべて副島隆彦氏の個人の収入とみなし、過去5年分に課税すると言ってきたのです。過去5年で5千万の収入とみなし、税金分2千万円を払えと突然言ってきたのです。副島氏が、学問道場の帳簿を出しても、全く無視されたというのです(つまり経費をいっさい認めないということです)。読者の皆さんは、信じられるでしょうか。役人はこんな酷いことを突然するのです。私は副島氏に肩入れするつもりはありませんが、役人がこんなことをするのは、悪意があってのこととしか思えないものがあります。自分達に気に食わない論評をする知識人を、こういった方法で葬り去ってきたんじゃないかと思ってしまいます(ただ役人にとって誤算だったのは、大抵の知識人はこれで潰れてしまうでしょうが、副島氏は弁護士をたてて断固闘うと宣言したことです。そのへんの様子は『私は税務署と闘う』という本となって出版されています)。

 さて私事ですが、貧乏人の身には税金など関係ない遠い世界のことだと思っていました。それが去年の暮れ、突然八王子税務署から確定申告についてのお尋ねという手紙が来ました。税務署から手紙が来るなんて生まれて初めてのことなので、なんだろうと思って開いてみると、「先物取引にかかる損益について」と書いてあります。私はやっと意味がわかりました。そうか忘れていた・・・。
 このHPを古くから読まれている方はご存じだと思いますが、私は何年か前に金(キン)に関する記事を書いたことがありました。その頃に本格的に金地金(きんじがね:インゴット)に投資しようと思って、金を安く購入する方法を調べたのです。そしてわかったのは、金の先物取引で押さえて(買って)、その先物の満期(限月:げんげつ)に現物を受け取る方法(現受け:げんうけ)が一番手数料が安いということだったのです。なぜかというと東京の御徒町(おかちまち)にあるような店舗を構えて金を扱っている業者から買うと、店舗の維持費や店員の人件費が必要で、その分が価格に上乗せされるからです。こういった店舗では、通常の1gの金の買値に比べて売値が50〜60円高くなっています。これが店の取り分というわけです。これは三菱商事や徳力のような大手の業者でも基本的に同じです。
 そこで私は、昔から取り引きがあったエース交易という業者のネット口座を開きました。ネット口座はメリットがあって、商品先物業者によくある執拗な勧誘から解放されることと、値段の動く相場に機敏に対応できることです。エース交易を選んだのは、昔から付き合いがあることもそうですが、一応東証2部に上場している会社なので、ある程度信用できそうな気がしたことです。
 相場ですから毎日価格が動きます。安い所で買いたいので、私は日々、金価格の動きを追うようになりました。そうするうちに価格は、リズミカルに山と谷を形成しながら動いていくことがわかってきたのです。まるで伝説の相場師といわれたギャン(ウィリアム・D・ギャン)が開発したギャン理論をつかんだような気分です(もちろんそれほどたいしたものではありませんが)。そうなるとせっかく底で買ったものも、山を形成して下がり始めると売りたい衝動にかられます。最初は現受けするために買ったのに、私はついつい売り買いするようになってしまいました。とはいえ額は最小限しかしません。私なりに先物取引の恐さをわかっていたからです。リズムが読めると簡単なもので、ほとんど動きを予想することができました。10回行なって、外すのは1回あるかないかぐらいでした(といっても、金は2000年前後に1g900円台だったのが現在は3000円と、3倍を超える大幅な上昇をしました。ですから私でなくても、誰がやっても勝てたと言えるかもしれません)。
 そうして一昨年は、少し利益が出ていたようでした。とはいえ売り買いだけでなく現受けをするために自分の口座に入金したりしていたので、残高がごちゃごちゃになって自分がいくら勝っているのかよくわかっていませんでした。100万円以上は勝っている気がしていて、ひょっとすると200万円ぐらい勝っているかもといった具合でした。それぐらいの額になると税金が気になります。私は毎年、税理士をしている兄に確定申告を頼んでいるのですが、金の取り引きのことをすっかり忘れてしまっていました。申告後になって思い出したのですが、まあいいや、問題があるなら税務署が何か言ってくるだろうと思っていたのです。
 そして昨年末、ついにその税務署からお呼びが掛かったというわけです。
 私は、あわをくって調べました。そうしたらなんと、1昨年の金先物取引の利益が420万円もあったのです! こりゃあ、税務署から呼び出しが掛かるわけだ・・・。
 まず追加の所得税が57万円です。さらにこれに申告漏れの罰則として無申告加算税が8万9千円、さらに延滞分の利子として延滞税が1万7千円追加されました。さらに地方税が21万円加わり、健康保険の額も変更されて25万8千円追加となりました。都合114万円ほどの金額を支払うはめになったわけです。副島氏と違って、今回は全面的に私が悪いので支払いには納得です。それにしても、なかなか貴重な体験をさせてもらいました、ハハハ・・・。

 電話で何度か八王子税務署の担当者の方と話す機会がありました。
 雑談の中でその担当者は、「先物取引では、大変な損をされている方がいっぱいいますよ」と言っていました。税務署の職員が言うのですから間違いないと思います。世間には先物取引で、大損している人がいっぱいいるということを頭に置いておくべきだと思います。ですから私の真似をして先物取引で金(カネ)を稼ごうなどとけっして思わない方がよいと思います。本当に危険なものですので。ただ手数料を安く抑えるために、ネット口座で金の先物を押さえて現受けするという方法であればお勧めです。
 ちなみに商品先物取り引きの税金ですが、数年前に改正となり、申告分離課税で、一律に所得税が15%、地方税が5%となっています(計20%ですが以前は26%でした)。さらに3年間の損益の繰越を認めるとなっています。これは画期的なことで、ある年に大損して、翌年大勝しても利益を相殺できるわけです(結果としてその年は税金を少なくすることができます)。こういう税制改正を見ると、国は多くの国民を先物取引という火事場に引っ張り出したいのかなと思ってしまいます。でも本当に恐ろしい所です。君子危うきに近寄らずです。金(キン)を買うなら現物(げんぶつ)だと思います(ちなみに私は、ゲリーさんから金は現物で持つようにアドバイスされたことがあります)。


 アメリカの面白い格言を聞きました。
 金(キン)をどのくらい買えばよいかというと、「女房の体重分買え」というのがあるそうです。仮に女房の体重が40キロの軽め(?)だとしても、今は1g3千円程度なので、それだけで1億2千万円となります。とうてい一般庶民ができる話ではありません。私は貧乏人なので、一般の人より買える額は少ないと思いますが、それでも金の現物は予定量を買い終えました。これからは、(仕事も辞めて収入もないので、生活費の足しになればと)少し先物の売り買いを再開しようかなどと不埒なことを考えています。

 さて、このHPらしく、少し胡散臭いを話をします。
 今、私はアカシック・レコードに入る練習をしています。現在の私のレベルは、入ったり入れなかったりで、ボーダーラインをうろうろしているところのようです。練習として今年で一番良い(安い)金の購入時期をアカシックに聞いたことがありました。そうしたら3月24日と出たのです。とはいえ、ボーダーラインの私は、この結果を素直に信じる気になりませんでした。するとその数日前からNY市場で金が暴落し始めたのです。ピークから100ドルも急激に下がっていったのです。24日には東京市場で1g2900円程度の値段がついていました。私は非常に悩みました。自分を信じるなら、ここで買うべきです。しかし先物取引は恐ろしく、間違えば大損です。それまでのものすごい下げで、明日以降に下げてしまう恐ろしさにびびってしまったのです。私は自分に言い聞かせました。「今日買うのは止めよう。私が見たアカシックの結果が正しいなら、それを喜べはいい。明日以降上がってしまったら、買い安心感があるからそこで買えばよい」と。
 そしてやはり24日にNY市場で金相場は反転し、翌日(25日)私が買った値段は前日と比べて1g100円ほど高い3012円でした。私はめったにめぐり合えない千載一遇の買いのチャンスを逃したのかもしれません。私は、自分を信じよ、という言葉を噛み締めました。

 念のため付け加えたいのですが、私が見たアカシックの結果が、けっして当たっているとは限りません。これから24日の値段(2900円)以下に金の価格が下がることだってあるかもしれません。
 最初は税金のことを書くつもりだったのですが、後半は商品先物の話になってしまいました。私のように勝っている人間が言っても説得力がないことは十分にわかっているのですが、先物相場は本当に恐ろしいところです。それを承知で参戦される方もおられるかもしれません。でもその際に、当HPの情報をけっして鵜呑みにしないようお願いしたいと思います。

駅のホームで出会った子...2008年3月5日

 3月2日の日曜日、私は中古車センターを回っていました。
 朝から歩きっぱなしだったので、午後をすぎて少々疲れた私は、駅のホームの椅子にやれやれという感じで座っていました。場所は東京の西部に位置する立川駅から、多摩モノレールで北上して2つ目の立飛(たちひ)という駅です。ホームには私以外、ほとんど人影がありませんでした。
 そこに階段を登ってホームに上がってきた小さな子供がいたのです。歳の頃はよくわかりませんが、やっと外を一人で歩けるようになった3歳ぐらいというところでしょうか。その子が椅子にすわっている私に寄ってくるのです。そしてなんとその子は、私の膝を、その小さな手で、ねぇねぇという感じでポンポンと叩いたのです。えっ、なんだこの子は???・・・ と私は思わずその子を顔を見ました。そうしたら、その子は私の目をじっと見つめるのです。男の子か女の子かもよくわからない、おかっぱ頭の幼い子でした。それにしても子供の目というのは、本当に純粋です。私も子供の頃、そういった目をしていた時期があったなんて信じられないくらいです。
 何秒か見つめ合った後、私は思わず微笑んでしまいました。
 そのとき階段の下の方から、その子の両親の声がしました。お別れの時間が来たようです。その子は私から離れると、バイバイと言って手を振ってくるのです。私も面白くなって、バイバイと手を振りました。何度もバイバイするので、私も何度もバイバイしました。バイバイがその子と交わした唯一の言葉です。
 その時は1日まわって見てきた中古車センターで、どの車を買おうかということで頭はいっぱいでした。
 それに数年前から、幼い子供が私を見つめるということが起きていました。例えばスーパーのレジに並んでいるとき、前のお母さんに抱かれた子が、じっと私を見つめます。乳母車の子が、私に気付いてじっと見つめたりします。何度もそういった状況を経験していると、共通項があることに気付きました。そういった子は、初めは、あれっという感じで私を見ます。そしてまじまじと見つめます。まるで興味のあるものを発見したかのようです(子供は単に、風変わりな怪獣を発見したと思っただけかもしれませんが)。そういったことが何度もあったので、駅のホームで出会った子も、それと同じだと思っていたのです。
 しかし家に帰って、晩酌のビールの酔いでほどよく頭が回転するようになって、ハッと思いついたのです。もしかしたら昼間ホームで会った子は、前回の記事「魂は道を探すという話」に出てきた男の子じゃないかと。もちろんその子は、別の肉体です。私のソウルメイトが、その子の身体を借りて、私に挨拶に来たのではないかという考えが突然頭にひらめいたのです。そういえば、その子が私の膝をぽんぽんと叩いた仕草はまるで、「ねぇねぇ、僕だよ。わかる?」といった感じ、そのものでした。
 以前ゲリー・ボーネルさんのWSに出たとき、魂は出産の3ヶ月前から、赤ちゃんの身体に入るという話を聞きました。魂が、いったん赤ちゃんの身体に入ると外に自由に飛び回るというのは難しくなると思われるので、その時期が間近に迫っているのではないか。私のソウルメイトは、もうすぐ会いに行くということを私に知らせたかったのではないだろうか、という思いが湧いてきたのです。
 ほとんどの人は、これを妄想と言うと思います。
 いやあ、アルコールというのは実に良いものです。こういったことをマジに考えさせてくれるから止められません、アハハハ・・・・。


 * * * * *

 もう一つスピリチュアルな話題を紹介します。

 2月19日のゲリースクールの講師であるクリス・リアグノさんの個人セッションで、私はある質問をしました。
 数年前から、ちょうど胸のハート・チャクラのあたりですが、突然気持ちよくなって、それが2〜3分続くことがあったのです。それは本当に気持ちが良いのです。味わったことのない人にそれを伝えるのは至難の業ですが、恍惚感というのは、こんな感じなのかなと思ったりします。この話題は、以前記事にちらっと書いたことがありました。
 今回クリスさんに、何でこんなことが起きるか聞いてみたのです。それを聞いたクリスさんは、

 「Good question!(良い質問だ!)」

 と言って、さっそくリーディングしてくれました。
 そして、その答えは(私にとって)驚くべきものでした。我々は魂の存在ですが、その自分の魂の根源的な存在があります。その根源の魂の存在と繋がったとき、起こることなんだそうです。クリスさんは、それが起こるのは、私が何も考えていないときと言っていました。私は、そのとき何も考えていないときかどうか、よく憶えていません。それは、夕方、仕事に疲れて、頭を休めてほっと外の景色を眺めたような瞬間が多かったのです。仕事に没頭して頭がアルファー波になったような状態で、ふと気が緩んだような状態のときです。するとハートチャクラが、突然むずむずと動き出したような感じで、その部分が、体験したことのないような快感に包まれるのです。快感というと我々は一般に性の快感を思い出しますが、男性の場合は性の快感はせいぜい数秒です。でもこの場合は数分続くのです。仕事をしていると、ハートチャクラがむずむずとくるので、おー来た来たと言う感じで始まります。
 それが何年前から始まったかよく憶えていないので、クリスさんには3〜4年前ぐらいから始まったと伝えたのですが、内心もう少し前だったような気がしていました。するとクリスさんがリーディングして調べて、3〜4年前ではなく、5〜6年前からだと指摘されました。その正確さに、さすがにすごいなと感心してしまいました。

 クリスさんは、このハートチャクラの快感の体験が、私が神秘世界を追求するきっかけになっていると指摘しました。この快感の意味を知りたいという思いが、私を神秘世界にのめり込ませたというわけです。それはその通りだと思います。そして私でなくても、この快感を知ったら、誰でもその意味を知りたいと願うのではないかと思うのです。それぐらい強烈なものです。
 しかしこの快感も、ここ1〜2年なくなってしまいました。しかしその予感のようなものを、ここ数ヶ月で感じています。ハートチャクラにむずむずという感じが起こり、そして薄ーく、ちょっと快感がしてサッーと消えていきます。これが最近、頻繁に起こるようになっているのです。これはサインのような気がしています。というのもゲリースクールで習った呼吸法を実践していて、その効果が現れてき始めているような気がしているのです。ゲリースクールに参加しようか悩んでゲリーさんに質問したとき、ゲリーさんは「スクールに参加する際には、自分が変容することを覚悟して来てください」と言いました。たしかにゲリーさんが言うように、私は変容の初期の段階に入りつつあるような気がしています。

 訪問者の方々の中にも、私と同じ体験をされている方もおられると思います。私に言えることは、それは錯覚ではないし、リアルなものということです。そういう体験を大事にされてはと思います。

魂は道を探すという話...2008年2月23日

 以前、スピリチュアルな本で、魂は予定されている道が閉ざされても、別な道を探して約束を果たすという話を読んだことがあります。
 以下のような内容だったと記憶しています。
 場所はアメリカだったと思いますが、6人も7人も産んでいる子だくさんの母親がいて、その母親は、次に生まれてくると思われる女の子の夢を見ます。その女の子は、夢の中で独特のしぐさをするのでした。しかしその母親は病気になり、子宮を摘出する手術を受けたのです。もう子供が産めなくなってしまいました。しかしひょんなことから、子供を育てられなくなったある家庭から、赤ちゃんをあずかって育てることになったのです。その赤ちゃんは大きくなって歩けるようになると、ある独特のしぐさをするようになったのです。そのしぐさこそ、以前夢の中で出てきたものだったのです。母親は、それに気付いて息を呑んだのでした。
 女の子は、その母親の子として産まれてくる予定だったのですが、母親に子宮の病気のアクシデントが起こったため、養子として育てられる道を選んだというわけです。

 この話は、私にとって印象深いものではあったのですが、あくまでも本の上の話でした。しかしそんな話が、他人事でなく、自分の体験として味わうことになってしまったのです。

 私はこれまで何度か、スピリチュアルなリーディングを受けてきました。
 そこで独身の身ならば聞いてみたくなることですが、これからもずっと独り身のままか、それとも出会いがあるのかということを聞いてきました。そこで共通して、私にとって少々戸惑うことを言われ続けたのです。
 それは、

 「子供が見えます」

 ということです。
 今、特に付き合っている女性がいるわけでもないのに、子供とは少し話が先走り過ぎているという気分です。これは私がリーディングを受けると、もう間違いなく出る話となっていました。
 最初は、ゲリー・ボーネルさんの個人セッションでした。ゲリーさんは、将来私のそばに、世話をしてくれる女性の姿があり、その傍らに小さな赤ちゃんが見えると言います。赤ちゃんの性別を聞くと、わからないという答えでしたが、そのとき、その赤ちゃんは私の子ではないとも言われました。この話は私を大いに動揺させましたが、それからのリーディングでは、子供が間違いなく登場するようになったのです。プロの人のリーディングのときもそうですし、アカシックのWSで二人ペアになってお互いリーディングするときも、登場します。面白かったのは、カード・リーディングを受けたときの話です。カード・リーディングですからカードを切ってリーディングを開始するはずなのですが、私が椅子に座ったとたん、いきなり「あなたの傍らに子供が見えます。男の子です」と言われたのです。その人もなぜ子供の姿が見えたのかわからないのですが、とにかく見えたから私に伝えたと言っていました。それだけ言われ続けると、その子に関する情報も集まってきます。私は面白くなってきて、リーディングを受けたときは、その子供について聞いてみるようになりました。
 まずその子は男の子であること。そして私の子ではないが、私とは魂の深い繋がりがあること。その男の子は、性別は男だが、見かけは女の子のように可愛い顔をしていること。その子は私にとてもなつくようになり、いつも私の後を追いかけて歩くようになる、等々です。私の子ではないので、たぶん将来知り合うであろう女性の連れ子なのでしょう。私は、最近妙に、子供が気になるようになりました。

 2月19日にゲリースクールの講師であるクリス・リアグノさんのアカシック・リーディングを受けてきました。
 当然ながら、気になる子供について質問しました。そこで返ってきた言葉に、私は震撼としてしまいました。遂にその子供の真の姿を知ることになったからです。
 クリスさんによると、その子供は私と同じ魂のグループ(ソウルグループ)だというのです。ソウルグループの中でも、特に自分に近い波動を持った魂をソウルメイトと呼ぶという話があります。その子供は、私のソウルメイトだったのです。
 そしてクリスさんは、その魂と私は生まれる前に約束を交わして、今生で共に暮らすことになっていたというのです。本来はその魂は私と兄弟として生まれる予定だったそうです。クリスさんは、私の母親が流産したことがないか聞いてきました。まさしくどんぴしゃりです! 私には兄がいますが、その兄が生まれる前に母は一度流産しているのです。そこでその魂は、兄弟として生まれるチャンスを失ってしまいました。次に、私の子として生まれようとしたのでしょうが、私が結婚しなかった為、そのチャンスもなくなりました。そこで将来私と知り合うであろう女性の子として生まれ、私の元に来るようになっているというのです。
 クリスさんは感慨深そうに、こう言いました。

 「魂が約束を果たす為に、どのような方法を取るかというのを見るのは、とても興味深いことです」

 私は、この話を聞いて震撼としてしまいました。私たちは、人間の一生で物事を見る視点に慣れています。しかし魂の世界では、連綿と続く転生の歴史という視点が必要なようです。私は、スケールの大きさに圧倒されてしまいました。
 以前ゲリーさんから、私の母親も同じソウルグループ(ゲリーさんは虎グループと呼んでいました)だと聞きました。この話は実生活を通じて、とても納得できるものがあります。母親は兄と比較しても私をとても可愛がって育ててくれました。私は子供ながらに、なぜ母親は私を特に可愛がるのか不思議に思っていました。今は母も年老いていますが、私の言うことには信頼を置いてくれます。逆に兄の言うことには、いっこうに従わないところがあります。傍から見ている人には、その理由が全くわからないでしょうが、魂のレベルでは理解できることです。
 クリスさんに母親のことを話すと、母親と私の関係と同じことが、私とその子供の間に起こることだと言っていました。母親が私を大事に育てたように、私がその子供の親代わりとなり、保護していくというのです。

 私はいよいよ子供が気になってしまいそうです。特に男の子を連れた女性には、強い関心を持つことになりそうです。クリスさんは笑って私に、「あまり男の子を捜さないように」と言っていました(笑)。
 さらにクリスさんは、その男の子が私にあまりになつくので、その女性はとても驚くことになるとも言っていました。その女性には、理由がわからないかもしれませんが、私には良くわかることです。

Sさんとのメールのやりとり...2008年2月14日

 2週間ほど前に、ある方からメールをもらいました。本名を出してはいけないと思うので、その方をSさんと呼ばせていただきます。
 Sさんは海外からのホームステイを受け入れておられるようです。そのせいで、我々が普段あまり知らない海外の事情をご存じのようです。興味深いので、当HPに掲載をお願いしたところ、快く了解していただきました。これまで3回ほどメールのやりとりをさせていただきましたが、それを掲載したいと思います。


 ・・・<< Sさんの1回目のメール開始 >>・・・


初めまして、**と申します(メアドも含め、本名です)。

1年ほど前から本山さんのHPを見せて頂いており、

今では2〜3日に1度、更新が無いか訪問させてもらってます。

また、突然のメールをお送りし、大変失礼致します。


さて、本日付けの更新(ベンジャミンさんの新年会の模様の記載)について、

私は仕事で行けなかった事もので、とても興味深く拝見させて頂きました。

特に、ベンジャミン氏の言うアジアの結社のトップが日本人とは大変驚きです。



ところで、私は昨年12月8日に行われた、同氏による緊急セミナーに参加したのですが、

ベンジャミンさんはセミナー開催に当たって伝えたい事があるとの事でしたので

もしや、NESARAについても何か情報が聞けるか!?(私は密かに期待していた)

と、勝手に期待をもって参加したのですが、その内容は特に真新しい事は無く、

いつも氏が訴えていることを改めて話すだけのセミナーとなり、少々期待外れでした。

なので、どうしても「NESARAって本当に発動されるの!?」と氏の意見を聞きたい私は、

(中丸薫さんは、ワールドレポートや本の中で、米国外務省に勤める友人にアポをとったところ、レインボー通貨の準備も進んでいるとのこと、と、仰ってたもので・・・)、


セミナー終了後に質問に行ってみました。

「NESARAってどう思います?どんな感じですかね?本当に発動されるんですか?」

と、聞いたところ、

「心の部分は良いですが、実現は無いです。私にとってレインボー通貨は円です」

と、結構嫌な顔をして言われてしまいました(汗)

正しく氏らしい発言ではありますが、密かに期待していた私にとっては、かなりがっかりで、

「他国ばかりに期待していては駄目ってか・・・」と、カツを入れられた感じでした。
(帰りの電車では、ショボーンでした)


まぁ、それだけの話なのですが、ベンジャミンさんの新年会情報ついでに、何か新しい情報にでもなればと思いメールしてみました。


が、、、

ん〜〜、しかし、私は今時的外れな事を言ってしまったのでしょうか。

私はまだまだ勉強不足なもので、その辺が良く分かりません。

本山さんとしてもNESARAは終わってる話なのでしょうか?


しばらく忘れていたのですが、書いてるうちにだんだん

NESARAに拘りだしてしまった**でした。

長々と失礼しました<(_誠_)>


 ・・・<< Sさんの1回目のメール終了 >>・・・


 本山です。

 このSさんのメールを受け、私が返信したメールです。


 ・・・<< 私のSさんへの返事メール開始 >>・・・

 「本山よろず屋本舗」の本山です。

 メールいただきました。

 12月のフルフォード氏の会での話を教えていただき、有難うございました。

 NESARAに関しては、私も話として知っていました。
 興味深い話ではありますが、実現の可能性に関しては疑問符を持っています。私の好きな預言の類(たぐい)でも、NESARAが実現しそうなものは見当たりません。私は、フルフォード氏のように、円がレインボー通貨だという気はありません。それよりゲリーさんが言うように、これまでの国単位ではなく、各大陸の地域ごとに通貨が統合されると思っています。欧州はユーロで、アメリカ大陸がアメロといった具合です。アジアに関しては、元なのかもしれませんが、円も独自の地位を保っていくような気もします。

 「本山さんとしてもNESARAは終わってる話なのでしょうか?」

 とのご質問には、私はNESARAは話としては知っている・・・と答えるのみです。

 でも**さんのお考えを否定するつもりは毛頭ありません。私は、実現の可能性は低いと見ているだけですので。


 ・・・<< 私の返事メール終了 >>・・・


 以上が、私の返事メールです。
 NESARAとは「国民経済安全保証改革法」(National Economic Security And Reformation Act)の略のようです。興味のある方はこちらまで。

 私の返事に対するSさんからの2回目のメールです。


 ・・・<< Sさんの2回目のメール開始 >>・・・


お忙しい中ご返信を下さり、本当に有難う御座います。

また、大変明瞭なご返答、誠に有難う御座います。


どうもNESARA実現の可能性が低いとの事、ちょっと残念ですが、

アジアにおいても統一通貨が生まれ、

(対中国、北朝鮮、韓国と、煩わしい状況が打破され)
同じアジア人同士仲良くやっていけるのなら、こんなにすばらしい事はないなぁと思います。

ウチは頻繁にホームステイの受け入れをしているので、色々な国の方の話を聞く機会が多いのですが、

ヨーロッパ諸国において、年々昔の様なわだかまりはなくなってきてる様です。



とは言っても、未だにイギリスではフランス蔑視?が根強い様ですが。

イングランド人:「どこからきたの?」

フランス人  : 「フランス」

イングランド人:「ファック」

ってな具合に(汗)

10年近くイギリスに住むフランス人が、3人に1人は上記の如く言ってくると言ってました。

そういえば、別のフランス人も、ロンドン郊外で、やはりフランスから来たと言っただけで殴られたと言ってましたね、、、

ん〜〜〜、、、まぁ、元が凄まじく仲が悪いと、良くはなってきてても、まだまだ完全払拭は難しそうですが、、、

とにかく、わだかまりが徐々に薄れてきているという話と、ヨーロッパ人としての統一意識を聞く度に、羨ましく、また、日本の状況を虚しく思ってます。

ゲリーさんや本山さんの仰るアジア統一通貨を皮切りに、アジア人同士、そしてゆくゆくは世界が仲良くなれれば良いなぁと本気で思います(私は別に「サヨク」ではありません)。

そして日月神示の言う「五六七(ミロク)」の世になったら、どんなに素晴らしかろうと、、、

まぁ、私が残れるかどうかはあまり自信を持てないところですが、、、


またしても長々と書いてしまいすいません。

本山さんの、「魂の救済」シリーズ、というか、本山さんの○○能力(何能力と言えばいいのか分かりません)の成長開発記録を、特に楽しみにしています。

それでは、お体に気をつけてご活躍下さい。


 ・・・<< Sさんの2回目のメール終了 >>・・・


 本山です。
 興味深いので、Sさんに当HPへの掲載をお願いするメールを書きました。
 そのSさんから3回目のメールです。


 ・・・<< Sさんの3回目のメール開始 >>・・・

ご返信有難う御座います。

HP記載の件、勿論OKです。

というか、記載を前提に文面を整えておらず、失礼致しました。

まさか私の与太話が役に立つとは思いませんでしたので、少々面食らいました。


ところで、記載して頂くに当たり、本山さんにご迷惑をかけては何なので、一応参考程度に補足を書いておきます。

下記をお読み頂いた後、改めて再度以前の文面を載せるかどうか再考して頂けると幸いです(因みに、以前のメールや、下記以降のどこかを抜粋する等の編集をなさる場合においても、本山さんに完全にお任せ致します)。


まず「蔑視」についてですが、訂正ではないのですが、より正しく言うと、対立関係というか、お互い仲が悪いです。

ただ、なぜ「蔑視」と書いたかと言うと、どちらか一方がというのはありえないので、いがみ合うのを前提としてですが、私の実感としては互いの嫌悪感の度合いに温度差を感じるもので。


また、記載して頂くに当たり一つ考慮には入れなければならないのが、例の「階級制度」です。

相手がどの階級の人かで、リアクションは変わると思うので、イギリス人

(というより、イングランド人。敵の敵は仲間、と言う事で、イギリス内でも、イングランド人以外との関係は良好な様です)

全員が全員同じリアクションとは限らないと思うので、一応書いておきます。

(同じ嫌悪感でも、階級が上になる程リアクションはイヤラシく、下になるほど直接的になるかと/階級については、最下段に更に補足を入れておきます/因みに私は差別主義でも何でもありません)

まず結論から言うと、「ファック」と3人に一人は言ってくると言ってたフランス人男性の交際範囲は、労働者階級の中から、中流階級の上程度だと思います。

ロンドンの音楽学校でドラムの講師及びスタッフをしつつ、自身も自分のバンドや、また1ショーが○○ポンドといったスタジオミュージシャン的な活動もしているので、大体上記の交際範囲かと。

因みに、その話を聞いた時は私もびっくりして

「ホントに!?」

と聞き返しましたが、彼は

「本当だ。君の家に来る外国人はいいやつばっかりだろうけど(元々日本に興味があるので、日本人に優しい)、イングランドでいいやつは3人に1人だ!」

と、熱弁してました(因みに当の本人はいいやつです)。

じゃあ何でイギリスにいるの?と聞くと、イギリスの(音楽)マーケットは非常にいいのだとか。

もう一方のいきなり殴られたフランス人男性に関しては、大学生の頃に旅行をしている際だそうですが(因みに彼は今、先生をしてて、当然分別はあります)、まぁいきなり殴ってくる様なやつですから、町のゴロツキ程度かと。

もひとつイギリスvsフランス関連で心に残っているのが(この際だから、ついでに書きますが)、

6年ほど前、、、

5人程のフランス人大学生(と言っても、年齢も職業もバラバラ=日本の様に、皆が皆専業学生って訳ではないので)が、イギリスの悪口に花を咲かせている時、当時64歳のダントツ最年長のおばさんが、

「イギリスの悪口を言わないでちょうだい。私は嫌いだわ」

と言って、これまた嫌悪感を出してたしなめてました。

何でも、若い頃ロンドン留学中にイギリス人男性と恋に落ちたのだが、親の猛反対で別れる羽目になったのだとか。

因みに彼女はその後もずっと独身だそうです(操を立ててかどうかは分かりませんが)。


また、例の中指を立てる仕草について殴られたフランス人に聞いたのですが(フランスでは、中指と人差し指の2本を立てるそうです)、

イギリスとフランスの戦争の際、捕虜の指を切り落としていたそうです。

それで、追われる際に、切り落とされてない中指(+フランス人は人差し指の、2本)を立てながら、おちょくりつつ逃げてたのが元だとか。




そうそう、イギリスとフランスの件とは全く関係がありませんが、

3ヶ月ほど前に(3日ばかりですが)ウチにホームステイした中国人が、

「北京オリンピック安全!安全!」と、

物凄くしつこく何度も言って帰りました。

北京オリンピックは安全だと、宣伝して来いと、上司に言われて来たんでしょうね。
(どこまで行っても共産的使命を授かる中国人も大変ですね・・・)
因みに彼は北京市政府(日本で言う政府ではありませんが)の人間でした。



階級について

(本山さんもご存知でしょうが、、、というか、本山さんに講釈を垂れる様で大変心苦しいので、参考程度にお読みいただくか、もしご面倒でしたら下記以降は飛ばしてください)

日本ではカースト制度ばかりがクローズアップされますが、ヨーロッパも十分階級社会(制度、ではありませんが・・・)。

労働者階級、中流階級、上流階級を基本として、更に上、中、下に分かれる様です(ミドルのアッパーとか、そんな言い方をしていたと思います)。

日本人には理解し難いのですが、子供の教育も当然ながら親(家)の意識に合わせて行う為、例えば労働者階級の人間が中流階級(の生活)を目指す意識が起き辛い様です。

フランスの労働者階級の方と結婚した母の友人も、(しっかり勉強して大学まで行ってほしい親の意に反し、階級のせいで)息子が上昇志向を持ってくれないと悩んで、母によく相談してました。


因みに、その歴史的背景など、専門的な事は全然知りません(汗)






載せて頂く以上(俄然気合が入ってしまい)、ちゃんと補足を書いておこうと思って徒然ながらに書いていたら、補足どころかもの凄く長くなってしまいました。

本当に大変長々とすいません。

また、読みぐるしい点は多々あるかと思いますが、どうぞご勘弁下さい。

尚、フランスサイドの情報が多いのは、イギリス人のステイも受け入れてるのですが、そこそこ深い話をするにまで交流が続くのは、当方としてはフランス人が多いためです。

因みに当方は明後日以降、半月間はパソコンをいじる機会が殆ど無くなるので、もし何かご連絡を下さっても返信できないと思いますが、どうぞご勘弁下さい。

それでは、失礼致します。


 ・・・<< Sさんの3回目のメール終了 >>・・・


 本山です。

 Sさんの2回目のメールで述べられている通過統合に関して補足します。
 欧州はユーロで統一されました。南北アメリカ大陸はゲリーさんのアメロによる統合の預言を紹介しました(あくまでも預言ですから、当たらないかもしれません)。アジアですが、私はアジアに統一通貨が現れるかは、現時点ではわかりません。ただアジアは中国の元が、機軸通貨として機能するようになるだろうと見ています。機軸通貨ということで通貨統合ではなく、円も独自の地位を保っていくのではないかと見ています。ただしそうなるのは2008年ではなく、もう何年か先になると思っています。

 それにしてもSさんとは半年間、連絡が取れなくなりました。おそらくこの記事もSさんは見ていないと思います。
 半年後、ぜひ連絡を下さいと書いたメールを送りましたが、どうなるでしょうか・・・。

ベンジャミン・フルフォードさんの新年会...2008年2月1日

 訪問者の方からベンジャミン・フルフォードさんの新年会の様子を伝えるメールをいただきました。
 当HPの1月18日の記事、「ゲリー・ボーネルさんのイブニング・レクチャー」の内容と重なる部分が多かったそうです。私としても、とても興味深い内容でした。そこで、ご本人に当HPへの掲載のお願いをしたところ、快く了解していただきました。


 ・・・<ベンジャミン・フルフォードさんの新年会に参加された方のメールから抜粋>・・・

本山様

いつも貴重な情報ありがとうございます。

 ・・・(中略)・・・

昨晩、大阪で開かれたベンジャミンさんの新年会に参加しました。

ベンジャミンさん http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

そのなかで、ベンジャミンさんが仰られていたことが
ゲリーさんのお話と重なるところ多く、
メモ等しなかったためぼんやりしている所もございますが
本山様にお知らせしたく、再びお便り致しました。

一番驚いたのは、アメリカ経済は破綻した。(完了形)と
何度も言われていたことです。
するんじゃなくて、した。と言われておりました。
具体的にその負債額や状況を話されていましたが
すごい額や!との驚きしか覚えておりません・・

まだ表には出ていないけれど、これからそれが形となって
じゃんじゃん現れてくるということです
(外れていたら、頭を丸めてブログで謝ると言われてました)

始めにベンジャミンさんのスピーチがあり、
その後は参加者とベンジャミンさんの質疑応答形式で
話が進みました。

そのなかで、今記憶に残っていることをお知らせします

☆イラン戦争は起こるか

おこらない。軍のトップ(一番偉い人達?)は戦争を拒否している
(本来人間は戦争嫌い。911程の動機を創らない限りは今の人間
は戦わない)

他の戦争も起こらない
(台湾を発端とした、日本対中国の戦争:計画してたがそこまで持って
く力はなかった)

米は、軍事力でゆくともう中国には敵わない
中国は地下に広大なシェルターを作っていて、
核戦争を起こせば人口の数から行っても中国が残るから。

今ある米の戦艦は、使い物にならない(日本のヤマトのようなフェイク)

※ベンジャミンさんの言う、中国の秘密結社は
アジア全体にメンバーがいて、そのトップは日本人
だから、日本対アジアの戦争は起こらない

ロック等側の秘密結社に使われていた日本の右翼、ヤクザも
疑問を持ち目を覚ましだしてる


☆アメリカの選挙

ゴアは大統領にはならない。
計画はあったが、その力が足らなかった


☆藤田議員の911暴露に関して

小沢さんが自分の席を譲ってゴーサイン出した
民主党は2月?に再度党をあげて、証拠とともに
この問題を出す予定

※藤田さんを批判した宮崎哲也さんはCIAに買われた人(他、メ
ディアの名前等)

☆小沢さん等、民主党の偉い人たちは同じ穴のむじなではないか

違う。このままいけば次の選挙では民主党が勝ち、
今迄のシステムは崩壊させる(党の会に出席し、意識の高まり感じる)

もし民主(小沢さん)が態度を変えたら、アジアの結社が反撃する

☆電子投票法は民主の中にも賛成している人がいるが
(こちらは私が質問しました。リーディングでは、電子投票法は
否決されると出ました。)

始めはその危険性を知らないで賛成してた人も多かったが
ベンジャミンさんが危機を訴え、理解する人も増えたから大丈夫

☆エネルギー問題について

日本では何年も前から、水エネルギーの車等、代替エネルギーが
開発されたが、その度に開発者達は殺されてきた
(新年会の参加者に、プラズマ開発をされている人がいて、その人の仲
間が四点に磁石をおいたら、真ん中に置かれた物質が消失する発明をして、
それを他人にもらしたことで、その人が消えたと言ってた)

地球はまだ潤沢な資源がある(日本も含めて)
今後アメリカの破産で石油システムが崩壊したら、
これから日本は舵をとって、新しいシステムが世界に広がる

これから、日本を筆頭に、アジアがよくなる。
古いシステムは崩壊し、経済、環境が大きく変わる

☆自分が出来ることはなにか

草の根の活動。
今は、百匹目の猿が起きる目前である

何よりも今は、ハイレベルでの戦いが起こっていて
もうしばらくの辛抱
これからの怒濤の変化を楽しみにしていて欲しい


 ・・・(中略)・・・


長くなりましたが、こんな具合でした。

会に行く迄は、ネガティブな情報を知ることになるイメージでしたが
ベンさんはどの質問に対しても、だいたいはポジティブな返答で、
ご自身も、アメリカの破産故の楽観的回答と仰られていました。

ベンさん自身を見ましたが
なにかでっかいパイプのようなものが
彼の体をかりて、彼自身はそのパイプに突き動かされているような
そんな感じがしました。

それでは、長文乱文失礼いたしました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 文中の「藤田議員の911暴露に関して」に関してですが、これは民主党の藤田議員が、911のテロの疑惑に対して国会で質問したことをさしています。この様子はユーチューブで見ることが出来ます。
 私は、こういった質問が日本の国会でなされる日が、こんなに早く来るとは思っていませんでした。


http://forum.prisonplanet.com/index.php?PHPSESSID=21d2762d7bf25b1e1ac1f03e83e58888&topic=21901.msg84079

増田俊男氏の告訴...2008年1月25日

 昨日、昼食に入った食堂で何気なく開いた新聞に、増田俊男氏の破たんの記事が載っていました。私はこの記事を、なんとも複雑な思いで読みました。
 まず読売オンラインから抜粋します。


 ・・・<読売オンライン>・・・

時事評論家・増田俊男氏、16億集め破たん…投資家告訴へ

 「時事評論家」の肩書で多数の著書がある増田俊男氏が、パラオ共和国に設立した銀行で高利で運用するとうたって日本人投資家から約16億円の資金を集め、その大半が償還期限後も返済できない状態になっていることがわかった。

 パラオの銀行は3年前に営業許可を取り消されていたが、増田氏は事実を公表せずに資金集めを続けていた。増田氏は、コーヒー園への投資名目などでも100億円を超える資金を募集。返金を求める計数十人の投資家とトラブルになっていた。うち数人が24日にも出資法違反容疑で増田氏を警視庁に告訴する。

 投資家の代理人によると、増田氏は2000年5月、パラオ国内に自らを会長とする「サンラ国際信託銀行」を設立。知人女性が社長を務める投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)を事務局とする会員制投資クラブ(約800人)の会員に対し、金利10%以上をうたった定期預金をするよう勧誘したほか、銀行への出資も募り、金利や配当を支払っていた。

 しかし、サンラ国際信託銀行は05年1月に現地政府から許可を取り消されていた。また、同銀行からハワイの霊園管理会社に貸し付けられた約16億円が、回収困難になっていた。

 増田氏は、こうした経緯を明かしてこなかったが、インターネットなどで知った投資家たちが満期を控えた06年末に返金を請求。増田氏は資金が不足していることを認め、返済を先延ばしにしている。増田氏はパラオのゴルフ場開発への出資も勧めていたが、計画は頓挫。ハワイのコーヒー園所有を名目とした投資も配当が止まっている。

 投資家の代理人の弁護士は「増田氏は日本での銀行営業を認められておらず、不特定多数からの預かり金を禁じた出資法に違反する。不透明な資金集めを中止させるためにも警察に捜査してほしい」と告訴の理由を説明。増田氏の代理人弁護士は「銀行の件については事実確認をしないと答えられない」としている。

 増田氏は、「バブル再来」など20冊以上の著書がある。

(2008年1月24日03時08分 読売新聞)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。
 なぜ私が複雑な思いで記事を読んだかというと、増田俊男氏が告訴され新聞沙汰になることを半ば予想していたのと、以前、私自身も増田氏関連の投資で痛い思いをしたことがあったからです。

 初めて私が増田氏を知ったのは、(もう10年以上前になると思いますが)経済ジャーナリストの浅井隆さんの勉強会でした。浅井さんは、増田氏を為替を大変正確に当てている人物と紹介していたと記憶しています。その増田氏を、あの船井幸雄氏が推(お)していました(注1)。増田氏は講演会で、折にふれて船井さんは私(増田)を世に出してくれた恩人だと言っていました。あの船井さんが推薦するほどの人だから、悪い人ではない(本物だ)と多くの人が心の内に思ったはずです。
 増田氏は話は大変面白く、かつどこかお金儲けの臭いを感じさせるもので、多くの人を魅了していました。もちろん今でこそ冷静そうに文章を書いている私も、魅了された一人でした。
 一例をあげましょう。
 増田氏が講演会でした話です。当時増田氏は、為替に関しては神懸かり的に的中させていると豪語していました。その増田氏に、ある人が電話をしてきました。その人は、為替でさんざん損をしてきて、なんとか増田氏のアドバイスで為替の損を取り戻せないかと頼んできたそうです。そこで増田氏は、こと細かに為替相場のアドバイスをしたそうです。すると後日、その男性が増田氏の元に現れます。その男性は、あなたのアドバイスで、これまでの為替の損を全部取り戻すことができたと、大変感謝したそうです。そして、これは少ないがアドバイスのほんのお礼だと言って、菓子折りを置いていったそうです。
 男性が帰ってから、その菓子折りを開けてみると、お菓子ではなく、なんと現金で2000万円が入っていたそうです。さすがにこれは受け取れないと、後日その男性にお金は返したといいます。
 このように、増田氏の話は、お金儲けを彷彿とさせるもので、投資家の心理を見事にくすぐるものでした。さらに私(増田)はお金は受け取らないが、アンパンが大好きなので、アンパンならいただくといったユーモラスな話もしていました。こういったユーモアによって、さらに聴衆を魅了したようです。当時の増田氏のキャッチフレーズは、“そろばん片手にお経を読む”でした。当時はバブル崩壊で社会全体に沈滞した空気が漂っている頃で、増田氏のような景気の良い話を、誰しも聞きたいという雰囲気もあったと思います。
 さらに増田氏は、アメリカの言いなりに動く日本の政治にフラストレーションが溜まっていた人々にも痛快な話をしていました。2005年に、合衆国大統領に広島、長崎の原爆投下を公式に謝罪させるというものでした。こんな話が本当に実現するかどうかは別として、フラストレーションが溜まっている人々には、これとなく痛快な話だったことは間違いありません。増田氏は、天性の人を惹きつける魅力を持った人であることは間違いないと思います。

 その増田氏の講演会に出席していると、投資の話が舞い込んできました。当時はアメリカを中心としたネットバブルの頃でした。私は、自分がコンピューターの仕事をしていたこともあって、ネット関係に投資してみたいと考えていました。当時も貧乏な私ですが、その頃は仕事が順調にあり、すずめの涙ほどの貯金があったのです。そこで増田氏(サンラ・ワールドという会社)が募集していたアメリカのネット会社のヘクラーズ・オンラインという会社に出資しました。もちろん最低金額です。昨日の読売新聞の記事を読むと、1200万円とか2000万円も出資した人の話が載っていますが、世の中には金がある人がいるんだなあと感心します。日本の個人金融資産が1500兆円を超えたと新聞に載っていましたが、やはりある所にはあるんだなあ、と納得しました。
 話がそれましたが、出資後1年ほど経って、どうも雲行きが怪しいことがわかりました。どうやら私の出資は大失敗だったようです。ヘクラーズ・オンラインという会社は、ネットバブルの崩壊とともに倒産したこともわかりました。そこで私は決断しました。投資だから損をすることもある、今回は授業料だと思って撤退すると決めたのです。結果は、やはり散々で、投資した金額は4分の1近くになって返ってきました。それでも私はおんの字だと思ったのです。ゼロではなかったのですから。それにしても実に高い授業料でした。

 その後ネットで、増田氏の投資話にのって大損している人のサイトを見つけました。その人は、嘆いているだけで、いまだに精算せず資金を引き上げていなかったのです。この後に及んでも、まだ増田氏に期待していたのでしょう。生意気なことを言うようですが、こういう人は投資に向いていないと思うのです。自分が失敗したと気付いたときに、資金を引き上げる(損切りする)勇気のない人は、最初から投資をすべきでないと私は考えます。大損だとしても、ゼロでないのですから。またその資金を有効に使うことを考えるべきだと思うのです。そのサイトを見ていて、いずれ増田氏を告訴する人が出てくるだろうと思いました。ですから今日の記事を読んで、ああやっぱりという感じだったのです。増田氏が告訴されてしまえば、投資した金額は、ほとんど返ってこないと思ったほうがよいだろうと思います。途中で決断していれば、4分の1でも取り戻せたのに、と思います。

 副島隆彦氏は、もうだいぶ前ですが増田俊男氏と対談したことがあります。その後、副島氏は増田氏を、詐欺師と呼んでいたそうです。当時私は、いくらなんでも詐欺師呼ばわりはひどいなと思ったのですが、今になってみると副島氏には先見の明があったのかもしれません。確かに詐欺師の特徴として、話がとても面白く人惹きつける魅力があるのですが、増田氏はまさにそうでした。しかし増田氏は最初から人を騙す目的だったとは思えません。投資家から集めた金で投資した事業が、ことごとく失敗しただけです。本人は、事業で成功することを夢見ていたはずです。この点から、最初から人を騙す目的の詐欺師とは違います。しかし投資に不利な情報を投資家に開示せず、金を集めつづけたことは不誠実な態度と言わざるをえません。裁判でこの点が、鋭く指摘されるだろうと思います。


(注1)
 増田氏が売り出した頃、船井氏は増田氏を非線形人間と評していました。線形な(直線的)な発想ではなく、天才的なアイディアがぱっとひらめくような、非線形的な発想を持った人間として高く評価していました。しかし増田氏が不特定多数の人間から、投資資金を集めることに、船井氏は反対していたようです。そんな記事をどこかで読んだ記憶があります。

ゲリー・ボーネルさんのイブニングレクチャー...2008年1月18日

 1月16日、東京都大田区で行われた、ゲリー・ボーネルさんのイブニングレクチャーに行ってきました。
 色々興味深い話があったのですが、今回はアメリカに関する話題を紹介しようと思います。まず今年の大統領選挙ですが、ゲリーさんはクリントン氏でもオバマ氏でもないといいます。以前ジュセリーノ氏のゴア氏が次期大統領になるという預言を紹介しましたが、ゲリーさんはゴア氏でもないといいます。ゴア氏は世界に環境問題を訴えたが、環境を改善するプログラムを持っていないと言っていました。
 では誰か?
 それは共和党のミット・ロムニー氏だというのです(私の聞き違いでなければいいのですが・・・。聞き違いならどなたか指摘していただければ幸いです)。ロムニーって言われても、ほとんどの人はノーマークだったと思います。ネットで調べてみたのですが、前マサチューセッツ州知事でモルモン教徒だということがわかりました。以前ニュースで一度だけ見たことがあったのですが、元牧師ということから安心感があり、支持率が伸びていると言っていました。ゲリーさんも似たようなことを言っていて、ブッシュによってメチャクチャになったアメリカの大掃除をする役目を背負った大統領だというのです。
 ゲリーさんは、ロムニー氏は共和党を離反し、ニュー共和党を作って選挙戦を戦うと言っていました。そうなると第3の勢力ということでしょうか。

 次に経済に関してです。
 中国、インド、日本の経済は順調に発展すると言っていました。中国やインドは輸出量でアメリカを追い越すそうです。中国やインドはわかる気がしますが、日本の経済も大いに躍進するそうです。ほんまかいな、と言いたくなりますが、そう言っていました。そうだとすると今日本の株は下がっているので、買い時かもしれません。
 それに反し、アメリカ経済はいよいよ落ち込むことになるそうです。10月、11月頃は、大統領選挙で盛り上がる時期ですが、経済の落ち込みがひどく、米国民の関心は選挙よりも経済に移るそうです。以前私はゲリーさんから、ドルはユーロに対し、なだらかに下降していくが、あるとき激しく落ちていくと聞いていました。どうもそのあるときが、今年の秋頃ではないかという気がします。ドルは価値を激しく落とし、その地位をユーロに譲るそうです。ドルが下落すれば、当然金(キン)は上がります。金価格は天井知らずに登っていくと言っていました。私はゲリーさんが預言する今年の金の最高値を知っていますが、生臭い話なので、ここには書かないことにします。ヒントを言うと、ゲリーさんは以前1トロイオンス、2000ドルまで上昇すると言っていましたが、今年はそこまではいかないようです。

 次に私が大変驚いた話を紹介します。
 ゲリーさんはアメリカは破産するというのです。その時期は言っていませんでしたが、今年の秋のドルの大幅な下落がきっかけになるのかもしれません。負債総額は9兆ドルとなり、もはや返済不可能になるというのです。以前の預言で、アメリカの破産はないと言っていたので、預言内容が変わったようです。もはや返済不能なので、意図的に破産させる方向に持っていくそうです。アメリカの負債は米国債ですが、日本はその3割程度を保有していると言われています。あの副島隆彦氏ですら、米国債はその価値を半分に減らして、日本に戻ってくるだろうと楽観的なことを言っていました。しかし破産となると、ビタ一文も戻ってこないことになります。そうなったら、日本の大手の機関投資家である銀行や生保はどうなってしまうのかなあ、と思います。銀行が潰れそうになって、日本でまた取り付け騒ぎが起きるのかもしれません。
 そして驚くのが、あのまことしやかに語られていた、アメロ(AMERO)が導入されるというのです。アメリカの破産で、ドルは紙切れとなり新しい通貨であるアメロが登場するといいます。最初アメロはアメリカ、カナダ、メキシコの共通通貨として導入されますが、やがて南アメリカの諸国もこれに入っていくといいます。ベネゼエラのチャベス大統領がこの動きを知って、激しく抵抗しているそうです。アメロというと、ほとんどの人が、あの陰謀論かと思うでしょうが、ゲリーさんは、別にアメリカだけでなく世界の国々に陰謀はあると言っていました。

 ドルが激しく減価するという話を聞いてから、私はそうなったらアメリカに面白い変化が起こるのではないかと考えていました。ドルの減価で、アメリカに製造業が復活するのではないかと思ったのです。それと同じことをゲリーさんは言っていました。アメリカが中国から製造業を取り戻すというのです。そして3年ほどで、経済は持ち直すと言っていました。

 ゲリーさんは2008年は、大変革の年だと言っていました。
 経済面では、総じてアメリカやEUが凹み、中国、インド、日本などのアジアが上昇するとのことです。しかし経済だけでなく、実に様々な分野で大変革となるようです。日本で起こることに関しても興味深い話があったのですが、それは次の機会に書くことにしたいと思います。

アメリカ大統領選に関して...2008年1月7日


 日経ネットの7日の記事によると、米ニューハンプシャー州の予備選前の米紙USAトゥデーとギャラップ社の世論調査で、オバマ候補が41%、クリントン候補が28%と12ポイントもの差をつけてオバマ氏がリードしているそうです。他の世論調査でも、「6つの結果のうち、クリントン氏のリードは一つだけで残りはすべてオバマ氏が優勢、2ケタの大差がついたのも4つあった」とのことで、完全にオバマ候補が逆転したようです。当初から次の大統領はオバマ氏だと言っていた副島隆彦氏の高笑いが聞こえてきそうです。
 そういえばゲリーさんは、最初クリントン候補は初の女性大統領という皆の期待を集めてリードしているが、早々にレースから脱落すると言っていました。現在の情勢を見ると、本当にクリントン候補は、早くに脱落ということになりかねないように見えます。

 ところで私が大統領選で一番気になるのは、やはりジュセリーノ氏の預言したゴア候補です。現時点では、ゴア氏は大統領選に出馬しないと宣言したままですから、出馬すらしていません。仮にゴア氏が出馬することがあっても、民主党から出る可能性は消えたので、無党派で出るしかありません。私は無党派では、やはり難しいだろうと思っていました。
 しかし藤原直哉氏の『世界同時株大暴落』(あ・うん)を読んでいたら、意外とそうでもなさそうな記述がありました。現在注目の共和党のロン・ポール氏に関する記述もあったので、その部分をあわせて抜粋します。


 ・・・<『世界同時株大暴落』から抜粋>・・・


 06年の中間選挙で民主党が大勝し、イラク戦争でブッシュ政権は四面楚歌という状況で、08年の米大統領選挙の流れは民主党へと向かっているようにもいわれています。けれども、民主党に対しても、ブッシュ大統領、チェイニー副大統領に対する弾劾を行なわなかったことで不満の声が集中しています。
 自分の息子をイラク戦争で失った反戦ママ・シンディ・シーハンさんは、ブッシュ大統領への面会を求めて反戦運動を続けていましたが、この間の民主党のあまりの不甲斐なさに、「活動から身を引く」と宣言して運動から退いていました。
 ところが、反戦ママ、やはりいても立ってもいられなかったようで、もし民主党がブッシュ大統領の弾劾に向けた行動を取られないのなら、08年次の下院議員選挙に自ら立候補するという考えを公表しました。
 民主党のナンシー・ペロシ下院議員長に対抗してサンフランシスコの選挙区から立候補するとのことです。いよいよ今後の政治では、共和党でも民主党でもダメだという人がどんどん出てくる流れがあるようです。
 ブッシュ大統領がもし、任期いっぱい務めたとしたら、イラクも経済もでたらめな状態で民主党の大統領にバトンタッチする、という状況になります。これでは結局、民主党政権が誕生しても同じようにダメだろうというので、第3の勢力があらわれる気配があるのです。

 ●ユニークな主張のロン・ポール下院議員

 民主党もイラク戦争をすっきりとはやめられなさそうだ、という情勢に、アメリカ国民の不満はもう共和党、民主党なんていっていられない、というレベルに達しています。
 それでは大統領はだれに任せるのか、というと、ロン・ポールという共和党の候補がちょっと注目されます。この人はテキサス州選出の下院議員で共和党の大統領候補の一人ですが、その主張がすごいのです。
 アメリカのフォックステレビで共和党の大統領候補者がニューハンプシャー州に集まっておこなった公開討論会のようすを中継したのですが、その中でいちばん光っていたのがロン・ポールでした。
 バリバリの保守派なのですが、いっていることがすごいのです。
 彼は、「我々はなぜ、アラビア半島にいなければならないのか。イラクやイラン、アフガニスタンは、我々となんの関係もないではないか。ただちに帰ってきて我々の国土を守ろう」とはっきりいいます。
 金融の問題でも、FRBなんかいらない、と。ウォール街もいらないというのです。おまけにペンタゴンもCIAもFBIもなんの役にもたたなかったではないか。官僚主義がはびこっていて、なにもできない。あんな組織はみんないらない、というのです。
 そういう話をロン・ポールが主張すると、ほかの候補者はにやけてごまかしているだけで、「それをいわれちゃ、困るんだよね」という表情です。コメンテーターも質問者も、「そういう答えをいわれても困るんだよなあ」という顔です。
 ところが、そういうロン・ポールの主張は米国民にとって実にわかりやすいのです。愚かな戦争を延々とやって、嘘つきの大統領に息子を殺され、堕落した欲の深いウォール街のビジネスマンたちのお陰で家まで取られ、どこにもやり場のない怒りを抱えているのです。それをロン・ポールだけが包み隠さずにビシッといっているのです。
 その討論会のあとに電話投票をおこなったところ、ロン・ポールが圧勝でした。急激にアメリカ市民の志向も変わっています。
 民主党も所詮はお金持ちの人たちです。裏側では、ユダヤ勢力と中国につながっているわけで、これは今となっては選挙でマイナスに働きます。共和党もとことん分裂してしまっていて、ブッシュの残党とそれに反対する潮流があり、これは結局お金持ちたちの集まりでしかないということがはっきりしているのです。
 こうなってくると、次の大統領はロン・ポールになる可能性が高くなってきました。もし当選したら、アメリカ軍は、海外から完全撤退します。今、アメリカの領土となっているところしか守りません。
 金融では「徳政令」でしょう。アメリカ人の債務はすべて免除になり、すごいことになります。外交もがらりと変わります。やはりアメリカは奥が深いと思います。そういう政治家がこういった難局であらわれてくるのですから。
 日本には、ああいったタイプの画期的なリーダーはいないのではないでしょうか。これから育てれば別でしょうが。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 本山です。

 ゲリーさんはチェイニー副大統領が弾劾裁判にかけられると預言していましたが、少なくとも2007年はアメリカ国内では弾劾裁判は起こされませんでした。でも藤原氏の記述を読むと、そういう動きがあったことがわかります。

 ゴア氏ですが、藤原氏によると無党派で出るとしても意外と支持を集める可能性があるようです。これは私の勝手な推測ですが、アメリカ市民はゴア氏こそ2000年の大統領選の勝者であり、ブッシュではなくゴアこそが真の大統領だったという思いがどこかに残っているのではないかと思うのです。2004年の大統領選挙では電子投票が導入され始め、当局の不正がかなりやり易くなったようです。2000年の選挙では電子投票がなかったため、投票箱を海に捨てるという原始的な方法がとられました。運命を分けたフロリダ州の選挙で、開票後に投票箱が3箱海で見つかったことが報告されました。多くのアメリカ人は、このことを不快な記憶として持っているはずです。つまりゴア氏が立候補すれば、ゴア氏に同情票が向かう可能性があるのではないかと思うのです。

 一方ロン・ポール氏ですが、その主張が大いにアメリカ人の心を捉えつつあるというのは納得します。藤原氏はロン・ポール氏の主張を、“すごい”と表現していますが、私は、“本当”のことを言ってしまったと感じます。つまり誰も心に中に思っているが、人前では言ってはいけないダブーに触れたということです。どうしてアメリカ兵が中東で戦争して死ななければならないのか、あるいはFRBのような一民間企業がなぜ本来は連邦議会が持っているはずの通貨発行権を持っているのか。アメリカ人の中には、そういった素朴な疑問を持っている人間が大勢いるのではないかと思うのです。そういった思いをロン・ポール氏が代弁してしまったのだから人気が出るのは当然だと思います。アメリカの世論が変わりつつあるというのは、ロン・ポール氏のような主張が、テレビのようなマスメディアで報道されているという事実からもわかります(余談ですがジョン・F・ケネディ暗殺の理由の一つに、FRBから通貨発行権を取り上げようとしたからという説があります。私はこの説は充分ありえるように思えます。以前はFRBがいらないなどということは、命を掛けて言うような内容だったと思うのです)。

 ゲリーさんは、アメリカ人がアメリカを自分達の手に取りもどすという預言をしていました。ドランヴァロ・メルキゼデクさんも同じような預言をしていて、その時期が2008年の秋頃だと言っていたそうです。今年の秋は、まさに米大統領選がピークを迎えている頃です。私は、複数の人が同じ預言をしていたら、その信憑性は高いと判断しています。ゲリーさんやドランヴァロさんの言うことが当たるなら、2008年の大統領選は、票の不正が行われない可能性が高いと思います。そうなった場合、(ジュセリーノ氏が預言している)ゴア氏のような、あっと驚くような人が大統領になるかもしれません。

[トップページ] このページの先頭へ