2013年10月21日より

[トップページ]

地球環境の変化

人々の変容に関して私ができること

第1回セミナー(2012年12月9日)

第2回セミナー(2013年2月23日)

東京五社巡り

第3回セミナー(2013年8月10日)

高尾山ビアマウント

東国3社レイライン巡り開運ツワー

ME(マトリックス・エナジェティクス)セッション

MEセッション(その2)

地球環境の変化

 地球はその地軸が一定周期で回転する歳差運動をしています。
 その周期は約2万6千年と言われていますが、神秘家と呼ばれる人達は、その周期の半分の1万3千年毎に、地球の環境が激変してきたと言っています。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんは、これまでの1万3千年間は人々の意識が個々に分離した“分離の時代”であったとしています。そしてこれからは人々の意識が共有された”合一(ユニティ)の時代”が来るといいます。その移行期間は千年で、2012年がそのちょうど真ん中の年にあたるといいます。
 神秘家ドランヴァロ・メルキゼデクさんは、これまでの1万3千年を男性的、これからの1万3千年を女性的な時代と言っています。2012年12月21日は、男性的なエネルギーから女性的なエネルギーが支配する時代への分岐点だといいます。そしてそうした時代の境目ではポールシフトのような天変地異が起こり、1万3千年前のポールシフトでアトランティス大陸が海に沈んだといいます。2万6千年前の時代の境目のときもポールシフトが起こり、両方ともわずか20時間で完了するという激烈なものであったといいます。
 今回もポールシフトが起こるのでしょうか。私は、ポールシフトが起こるとしても、長い時間を掛けてゆっくりとした動きであってほしいと願っています。そうであれば、民族大移動しなければならなくなる地域も出てくると思いますが、被害は最小限に抑えることができます。

 私はこうした神秘家が言う1万3千年毎の地球の環境変化が、本当に起こると考えている一人です。生物学者は地球環境の変化に対して生き残ることができる種は、“進化するものではなくて変化するもの”だと言います。地球環境が劇的に変化しているのなら、人類もそれに合わせて変化していかないと淘汰されてしまいます。
 私はそうした地球環境の変化への対応を進化と言わず、あえて変容(シフト)と呼びたいと思います(これをアセンションと呼ぶ人もいますが、アカシック・レコードに書いてあるアセンションには別の意味があるそうです)。

 地球環境の変化ということを、地球の密度の変化と表現しているものもあります。まず密度とは何かということを、『テオドールから地球へ』(ジーナ・レイク著、たま出版)から引用します。この本はジーナ・レイク女史が宇宙の存在をチャネリングして書かれたものです。


 ・・・<『テオドールから地球へ』、p277〜p278から抜粋開始>・・・

 密度は、あなた方が次元や段階としてとらえている概念と類似しています。時空には多くの密度、段階、次元が同時に共存しています。密度、段階、次元はそれぞれ独自に機能しており、通常、互いの存在を視覚的にとらえることはできません。なぜかというと、それぞれの振動数、原子密度が異なるからです。訓練をつみエネルギーを注げば、より高い次元に属する者は自分達より低い次元の者を見ることができます。ですが、超常的に思えるような状況下以外では、次元の低い者が、次元の高い者を視覚的に把握することはできません。
 通常密度には第7密度までが指摘されていますが、密度は「第7」の段階にとどまりません。第3から第7密度までが人間型生命体の進化に関係し、第3密度が進化の最初の段階となります。第1密度と第2密度は鉱物、植物、動物のためのものです。第1密度と第2密度は人類の発達軌跡とは無縁の密度です。
 人類のうち少なくともその準備が整っている者達は、間もなく第4密度へと移行していくでしょう。地球は第4密度へとシフトしつつあり、もはや第3密度における生命体をサポートするものではなくなりつつあります。ですから、他の転生手段で地球に戻ることを望む者は、いったん第4密度へと転換を済ませなければなりません。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 地球は今、第3密度から第4密度へとシフトしつつある、つまり地球の環境が大きく変わりつつあるということです。
 こうした地球環境の変化は急激であるために、多くの地球外生命体が人類のサポートに来ているといいます。

 ・・・<『テオドールから地球へ』、p30〜p31から抜粋開始>・・・

 地球外生命体があなた方のもとにやって来ている理由の一つは、地球が第3密度から第4密度へと転換しつつあり、地球の人々が第4密度に順応するためには地球外生命体の手助けが必要だからです。なぜかというと、あなた方が第4密度への転換に適応するためには、あなた方の振動数を変化させなければならないからです。地球は第4密度へ移行することにより、より高レベルの意識によって動かされるようになります。第3密度から第4密度へのこうしたシフトは、地球が存続するために必要であるばかりでなく、この宇宙においてもシフトにふさわしい場所が必要なのです。
 地球における第3密度から第4密度への転換は、通常よりも速い速度で起こります。惑星のシフトは、通常は緩やかに進行するものです。けれども、地球が経験しようとしているシフトはこれまで他の惑星に起こったものとは違い、地球に大きな飛躍をもたらすものです。地球上の人々は皆、このシフトによってもたらされるものを見て愕然とすることでしょう。地球の転換によって生じる振動数の変化に適応できない人々は、自分達の物質的肉体から離れ、自分達が適応できる振動数の惑星に転生しなければならなくなるでしょう。振動数の変化に対応することができずに地球を旅立った人々は、転生後の生命期間で、より高レベルの意識へのシフトに成功するまでは地球に戻っては来ないでしょう。
 この振動数のシフトは人類にとっては意識のシフトとして反映され、あなた方の物質的肉体に化学的変化を要求するもので、中には順応することのできない物質的肉体もあるのです。振動数の変化に適応しやすい物質的肉体をつくるためには、健康的な食事、清浄な水と空気、平穏な環境、瞑想が効果的です。

 ・・・<抜粋終了>・・・



人々の変容に関して私ができること(2013年11月19日、加筆訂正)

 私は宇宙でも極めてまれという変容の体験をしたいと思っていると同時に、人類の変容を見届けたいと願っています。
 神秘家ゲリー・ボーネルさんは変容を目指す人は、似た考えや関心を持つ人と一緒にいることが非常に重要だと言っています。内にある葛藤を手放し始めたとき、同じ考えの人と一緒にいれば、お互いに自然にサポートし合うといいます。しかし逆に、同じ考えを持っていない人と一緒にいると、そのプロセスを遅くしてしまうといいます。

 とはいえ、こうした同じ考えを共有する人々と出会うのはそう簡単ではありません。
 私のHPは、幸いにも毎日多くの方々に訪問していただいています。そこで私は、訪問者の方々に呼びかけることができる立場ということで、こうした同じ考えを共有する人々が出会える場を設けることを考えました。

・変容したいと思っている、あるいは変容に対し興味を持っている方

・スピリチュアルな話ができる友達を作りたいと考えている方

 こうした方々が一緒に出会える場を設けるということで、スピリチュアルに関するイベントを企画していこうと思っています。
 それは単純にWS(ワークショップ)だけでなく、パワースポットなどを訪問する旅行や、スピリチュアル関することであれば枠にとらわれず色々と企画したいと思っております。
 イベントの開催が決まった場合は、HPの冒頭で告知したいと思いますので、参加を希望される方は、その際に申し込んでいただきたいと思います。



第1回セミナー

・開催日時...2012年12月9日(日)、午後1時〜4時
・場所.....立川商工会議所(ビジネスセンタービル12F,第1会議室)
・会費.....3000円
・参加者.....31名(+スタッフ4名)
・内容.....
    前半は神聖幾何学のセミナー(担当、本山)
        タイムコード計算機、神聖幾何学DVDの鑑賞(MERKABAH Voyage Of a Star Seed)
    後半はワーク(担当、○ちゃん、さばちゃん)
        プロファイリングごっこ
        水の味比べワーク
    質疑応答



第2回セミナー

・開催日時...2013年2月23日(土)、午後1時30分〜4時30分
・場所.....立川商工会議所(ビジネスセンタービル12F,第1会議室)
・会費.....3500円
・参加者.....40名(+スタッフ4名)
・内容.....
    前半はアカシャの解説(担当、本山)

    後半はアカシックリーディングの実践(担当、ふようさん)

    お知らせ

・懇親会....「月の雫」立川店(懇親会費4000円)



東京五社巡り

・開催日時...2013年6月8日(土)、午前9時30分〜夕方
・集合.....明治神宮の門の前
・昼食.....湯島食堂の精進料理(1800円)
・参加者....19名(引率者のR子さんと本山を含む)
・行程.....明治神宮(ただし明治神宮は東京十社に含まれず)→神田神社→根津神社→王子神社→白山神社→日枝神社

・懇親会....新宿ローズ邸(懇親会費3150円)



第3回セミナー

・開催日時...2013年8月10日(土)、午後1時30分〜4時30分
・場所.....立川商工会議所(ビジネスセンタービル12F,第1会議室+第2会議室)
・会費.....3000円
・参加者....71名(+スタッフ4名)
・内容.....
    前半は「変容について」(担当、本山)

    後半はヒューマンデザイン(担当、遠藤さん)

    お知らせ

・懇親会....「月の雫」立川店(懇親会費3000円)


 「変容について」の補足説明

 ホピ、マヤの予言である「時間の終焉(End of Time)」は夜空に輝く青い星の予兆で始まり、7〜8年の期間続き、赤い星の予兆で終わるとあります。
 神秘家ドランヴァロさんは、2007年10月のホームズ彗星こそ青い星の予兆と考え、「時間の終焉」の期間を2007年〜2015年と断定しました。
 私はこの期間ではないと考え、私の予測する「時間の終焉」の期間をセミナーで発表しました。
 さらに私は、青い星の予兆こそベテルギウスの超新星爆発ではないかと考え、そう発表させていただきました。

 セミナーに参加された方々にお伝えしたいことがあります。
 セミナーで私が発表した「時間の終焉」が始まる時期ですが、これはお話として記憶に留めていただければと思います(つまり私が予測した時期に必ず起こると信じ込まない方がよいということです)。私はアカシャを学ぶ者として、未来の出来事を予測するのが難しいことをよく知っています。さらにピンポイントで日時を当てるのは、至難の業です(ただし今回はアカシャからの情報ではありませんが)。
 それでもセミナーで発表したのは、「時間の終焉」が人類を統合意識に導く重要なイベントとして、必ず起こるであろうと信じているからです。「時間の終焉」を人々に紹介する際に、いつ始まるかということに関して、自分の意見を述べないわけにはいかないという事情がありました。
 私としては、「時間の終焉」を広く人々に知っていただき、心の準備をしていただきたいという思いでした。

 それゆえ私が予測した時期に「時間の終焉」が起こらなくても、そう遠くない未来に起こるのは間違いないと私は思っています。
 もし夜空に青い星が出現したら、このセミナーのことを思い出していただければと思っております。

(2013年8月12日)



高尾山ビアマウント

 高尾山の頂上にある「高尾山ビアマウント」というビアガーデンで、夜景を観ながら暑気払い。

・開催日時:8月31日(土)
・集合場所:京王線高尾山口駅の改札
・集合時間:午後2時
・費用:「高尾山ビアマウント」代は、男性3500円、女性3300円。
    ケーブルカー往復代900円、京王線高尾山口駅までの電車賃。
・参加人数:6名。

<行程>
 午後2時に京王線の高尾山口駅の改札付近に集合した後、ケーブルカーで登り2時間ほど高尾山薬王院や山頂を散策。
 午後4時から、高尾山ビアマウントに入る(高尾山ビアマウントは、2時間飲み放題、食べ放題)。
 高尾山ビアマウントに入る時間が早すぎたため、夜景は拝めず。それでビアマウントを出た後、ベンチに座って喋りながら夜景を堪能。
 その後、八王子駅まで行き、居酒屋で2次会を決行。

 高尾山の頂上から眺めた夜景




東国3社レイライン巡り開運ツワー

 東国のパワースポットの3社(息栖神社、鹿島神宮、香取神宮)を巡り、ワークを行って、ご自身の夢(願望)を実現するバスツワー。

・日時:2013年9月14日(土)
・時間:午前7時45分集合、8時出発。
・場所:東京駅 丸ビル1Fのロクシタン前
・費用:8880円
・参加人数:28名(ツワー参加者25名+スタッフ(なおみんさん、さばちゃん、本山))



<行程>
 ・ 7時45分 〜  8時00分 ... 丸ビル前に集合後、バスの座席をクジで決める。
 ・ 8時00分 〜 10時00分 ... 息栖神社を目指してバスで移動(途中パーキングエリアでトイレ休憩)。
     バス内にて、ツワーの目的と注意事項のお知らせ。ワークの内容を大まかに説明。
    「願望達成を邪魔している人物と関係性を変える」ワーク。

 ・10時00分 〜 10時40分 ... 息栖神社
     10時05分〜30分まで参拝など自由行動。
     10時30分からチャクラクレンジングの説明と瞑想(各自10分間行う)
     鳥居に集合後、出発。

 ・10時40分 〜 11時10分 ... 鹿島神宮を目指してバスで移動

 ・11時10分 〜 13時40分 ... 鹿島神宮
     11時20分〜12時:「蕎麦ランチ」
     12時〜12時50分:現地ガイドさんによる鹿島神宮の歴史や由来の解説。
     12時50分〜13時40分:自由行動
      (各自ワーク、参拝、お水取り、境内でお団子などの軽食、お土産などの買い物など自由行動)
     鳥居に集合後、出発。

 ・13時40分〜14時20分 ... 香取神宮を目指してバスにて移動

 ・14時20分 〜 16時00分 ... 香取神宮
     14時20分〜15時:ワーク(開運エネルギーを定着させる)
     15時〜16時:自由行動(参拝、参道でおみくじや買い物など)
     鳥居に集合後、帰途へ

 ・ 16時00分 〜 18時過ぎ ... 東京駅丸ビルを目指してバスにて移動(途中パーキングエリアでトイレ休憩)。
     18時過ぎに到着(東京駅丸ビル前で解散)


 このバスツワーはなおみんさんやさばちゃんが、千さんのお爺ちゃんセッションで知られる(霊的な存在である)お爺ちゃんからアドバイスをもらい企画したものです。
 バスツワーの3ヶ月ほど前になりますが、日程を決める際に、私は雨が降らない日をお爺ちゃんに聞いてきてほしいと頼みました。
 すると返ってきた答えが9月14日と21日とのことでした。私は(自分が言い出したにもかかわらず)3ヶ月前なのに、天気が本当にわかるのかなと半信半疑でした。
 ところが当日(14日)は天気に恵まれ、汗ばむほどだったのです。
 翌日から台風の影響で天気が荒れ始め、その翌日は台風で雨風が吹き荒れました。1日ずれていれば、快適なバスツワーとはいかなかったのですから、なんとも見事な日程の選定です。そして21日も晴れました。私は素直に驚いています。

 バスツワーに参加された方から聞いたのですが、その方は以前にもスピリチュアルなバスツワーに参加されたことがあるそうです。そのツワーは、神社にお参りするときの作法を厳しく指導されるようなツワーだったそうです。お金を払って来ているのに、こんなに言われるとは・・・という思いがしたそうです。
 今回のツワーはどうかというと、帰りのバスの中ではゲームをして遊びました。そしてビールと酎ハイに、つまみまで用意されていて、一斉に「カンパーイ!」となりました。ちょっと砕け過ぎと言われそうですが、私たちが企画すれば、そうなることは目に見えています。楽しい方がいいじゃん、というのがポリシーなもので・・・。

 下の写真は、東京駅に向かうバスの中から参加者の方が撮られた写真です。
 左の写真には虹が写っていますが、雨が降っているわけではなかったのに虹とは不思議です。
 右の写真は、雲の形が龍に似ています。それでお爺ちゃんに龍が出たのか聞かれたそうですが、本当に龍が出てきて、私たちにメッセージをくれたんだそうです。
 その龍のメッセージですが、「楽しんでますね」というものだったそうです(間違いなく楽しんでました!)。
 そしてツアー参加者に、「進んでる方向は間違ってないよ」と言っていたそうです。

 ところでお爺ちゃんは、ここに登場したのは龍で、龍神ではないと言われていました。じゃあ、龍と龍神の違いはなんだということになりますが、私がその違いを聞いてきました。以下その答えです。

 龍神:(人間に)崇め奉られるような役割を持った存在
 龍: (人間に遊び心を持って)動きを与えるような存在

 雲の形で龍を表現して人間を楽しませるというのは、充分に遊び心があるということでしょう。

        


<懇親会>
 ツワーの3週間後に、報告会をかねて懇親会を開きました。

・日時:2013年10月6日(日)
・時間:昼の12時。
・場所:新宿 クッチーナ バル 然
・費用:3500円(創作料理、2時間飲み放題)
・参加人数:12名

 2次会は新宿ローズ邸



ME(マトリックス・エナジェティクス)セッション

 MEのプラクティショナーの資格を取られた林十全さんによる、MEセッションを体験(モニター)。

・日時:2013年11月9日(土)
・時間:午前10時〜午後5時(お一人のセッション時間は30分)。
・場所:イスト・ビレッジ http://www.ist-village.com/
・費用:2000円
・参加人数:9名

 会場は馬喰横山(馬喰町)駅近くのイスト・ビレッジで、セッション終了後は新宿まで出て、5名にて「ごまや 新宿東口店」で懇親会。
 私(本山)の個人的感想ですが、この「ごまや」の料理はけっこう美味しいです。



MEセッション(その2)

 MEのプラクティショナー林十全さんによる、MEセッションを体験(その2)。

・日時:2014年1月25日(土)
・時間:午前10時〜午後6時20分(お一人のセッション時間は40分)。
・場所:目黒区立中目黒スクエア(東京都目黒区中目黒2丁目10番13号)
・費用:2000円
・参加人数:9名

 セッション終了後、タイ料理の「クルン・サイアム中目黒店」で懇親会。



 

[トップページ] このページの先頭へ