2024年

[トップページ]

暴騰する金と銀

精力(性力)の話

2025年7月問題に関する雑談

エンリルについて

『県民性の人間学』から

雑談を3つほど

『天を味方につける生き方』から(2)

『天を味方につける生き方』から

縄文カレンダーと協生農法

『宇宙と神様の真実』から

カーボン・マイクロ・コイル(CMC)の話

ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星に関する考察

日本人の死因の一位は?

暴騰する金と銀...2024年4月6日

 私は毎日、金や銀の市場をチェックしているのですが、このところの金や銀の暴騰ぶりは、これまで経験したことがないものです。
 4月3日には、NY市場で1オンス2300ドルを突破しました(4月5日の終値は2330ドル)。
 以下は、NY金のチャートですが、2月中旬から鳥が空高く舞い上がるかのような急上昇を見せています。


    
    1オンス(31.1g)のドル値

 当然日本でも金の価格は暴騰し、4月3日には1g=1万2000円を超えました。
 2月中旬からは、多い日には200円近く、少ない日でも数十円づつ上昇し続けています。下がる日もたまにありますが、これほどコンスタントに上昇する相場を私は見たことがありません。

 こうした金の上昇を説明する際に、第三次世界大戦が迫っているからという論調を見かけます。
 たしかにウクライナ紛争に加え、イスラエルのガザ攻撃、ホルムズ海峡の封鎖の危機から安全資産と言われる金に資金をシフトする動きがあることは間違いないと思います。

 株価も日米で上昇していて、ビットコインも1000万円を突破しました。
 ビットコインに代表される仮想通貨が上昇したのは、中国の不動産バブルが弾け始めてきたので、中国から資金逃避が起きているのかもしれません(もちろんその一部は金にも流れていると思いますが)。

 上昇しているのは同じですが、金には株とは大きく違う側面があります。
 それは、金にはドル、ユーロ、円などの不換紙幣(法定通貨)と逆相関の関係があることです。
 戦後のブレトンウッズ体制では、金1オンスが35米ドルと定められました。現在1オンスが2330ドルですから、実に66倍に上昇したことになります。
 しかしこうした言い方は本質を見えなくしてしまいます。
 金は不変の価値を持つのであり、戦後でも今でも変わらぬ価値を有しています。
 金が66倍になったのではなく、米ドルが66分の1に下落したのです。法定通貨は過剰に刷られ続けるという特性があります。日本円もそうですが、政府によって常に過剰に刷られ、その価値をコンスタントに減らしていく運命にあります。これを防ぐには金本位制(又は金準備制)しかありませんが、1971年のニクソンショックで米ドルが金の裏付けを失ったことで、こうした事態は必然的に起こされたのです。
 吉田繁治さんのメルマガから紹介します。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ」Vol.1423から抜粋開始>・・・

〔原理〕
金価格は、通貨が増刷され、GDPに対する信用通貨(負債性の通貨)の、1単位の交換価値が下がる分に逆比例して上がる。
誰の負債でもない金は、一定の価値を維持する。長期的には、金とドルの価値には「逆相関」の関係が成り立っている。

外形では、金の価格が上がっているように見えます。しかし実際は、GDP(名目物価)に対する、通貨の1単位の価値が下がっています。

〔信用通貨のレートと金価格の例え〕
為替市場の通貨レートは、例えれば、船の上の通貨間の相対価値なので、喫水線が下がると(=金価格が上がると)、世界の信用通貨の全体が下がる。

〔金、資源、エネルギーの価格〕
ドルの交換価値に反対の値動きをする典型的なものが世界の中央銀行が今もマネーとしている金です。エネルギー・資源・貴金属にも、増刷された通貨1単位の、交換価値の下落で上がる金と、類似の性質があります。


 ・・・(中略)・・・


【原油・資源と金の価値】
原油や金の価値は、変わらない。しかし1971年の、金ドル交換停止からの53年の長期では、水より安かった原油は、3度の石油危機を経て、1バーレール1ドル台から、現在は80ドル付近へと80倍へと、金価格に類似して上がっています。

これも増刷を続けている1ドルの価値が原油に対して73年間で1/80に下がっていることを示します。平均年率での、原油に対するドルの交換価値の下落は6%です。

【ドル預金の長期的な価値の低下:73年間では1/9】
ドル預金の、長期での金利3%では補えません。預金だけの人は、年間平均で、3%ずつ損をしてきました。

預金は73年間で「0.97の73乗≒0.11=9分の1」の交換価値になっています。1971年の1万ドルは、現在の9倍も価値が高かった。現在の1万ドルは150万円でしかなく価値が低い。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 2020年から始まった新型コロナ騒動で、世界の中央銀行が新たに刷ったお金は1500兆円にのぼるといいます。2008年のリーマンショックで増刷した分に加えて1500兆円さらに刷ったのです。これに戦争によるサプライチェーンの障害が重なりG7各国でインフレが発生しました。
 インフレは物価が上がることですが、本当の意味は通貨の価値が下がることです。
 金の上昇は、通貨の価値が下落していることと同義です。昨今の金価格の異常な上昇は、通貨の異常な下落と捉えるべきものです。
 さらに私がうなったのは、吉田繁治さんの今後の金価格の予想です。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ」Vol.1423から抜粋開始>・・・

〔原理〕
G7の中央銀行が、手持ちのゴールドバーを大量に売るか、FRBのエージェントのブリオンバンクが、金ETFを3年で1000トン以上売るときだけ金価格は下がる。それ以外のときは、上がる。

◎上記の2つ以外の時期は、金の需要は増えているので、価格は上がる。金鉱山の金の含有率は減っていて(1トンの岩石から5グラムなど)、金の生産原価は1オンス1290ドルに上がっている(2022年)

【2022年2月からのウクライナ戦争のあと】
2022年と23年には、ウクライナ戦争のあと、BRICSに集結した産油国を含む新興国の中央銀行が、1年に1000トン以上の金現物を買い増しました。

◎中央銀行の買いの、2倍への増加が、2023年からの金価格を上げたのです(1オンス1530ドル→2200ドル:+43%)。

2023年、24年は、新興国のドル離れの第一段階に見えます。
もしこの2年間に、ブリオンバンクから金ETFが売られなかったら、現在の金価格は1オンス3000ドルには上がっていたでしょう。金ETFの発行残高は、3255トン分(時価で71兆円)です。

2年の中央銀行の金買いは、2021年までの500トン/年の2倍でした。注目すべきことは、G7以外の新興国が、「ドル準備」を売って金を買っていることです。つまり、「ドル離れ→金買い」の第一段階の動きです。

G7の中央銀行は、「FRBに右にならへ!」であり、金を売る側か、買い増しをしない側にいて、ドル基軸の支持者です。G7以外の国は、金準備を増やして、国際通貨(BRICS通貨)に傾斜しています。

◎現在、金の投機家(米英のブリオンバク)のターゲット・プライスは、1オンス3000ドル(現在の価格の+36%)に上がっています。2024年は、金ETFの売りがないと観測されているからです。

2024年末に、3000ドルに上がるということではないのですが、米英の金先物やオプションを売買しているブリオンバンクでは、3000ドルを想定しています(Gold Moneyによる)。
 日本の銀行には、こうした想定はありません。日本人には、ドル基軸以外のイマジネーションはない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 1オンス3000ドルは、たしか若林栄四氏も言っていた水準です。
 吉田繁治さんは、これまでFRBとG7による金を下げる介入があったのでこの水準だったといいますが、仮にこうした介入がなかったとしたら、金の水準がどうなったか考察されています。
 私はとても驚きました。

 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ」Vol.1423から抜粋開始>・・・

仮にFRBとG7の下げの価格介入なく、市場の自然なら、150倍に上がっていたでしょう。1オンス5200ドル、1グラム2万8500円です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 FRBはドル基軸を守る必要があったので、金を下げる介入を行ってきました。
 しかし、こうした人為的な介入がなかったら、日本では1g=2万8500円という景色が見れていたといいます。
 今の1g=1万2000円に驚いていてはいけないようです。1万2000円は、単なる通過点と見るべきかもしれません。

 私は、「暴騰する金」と表現しましたが、これは金が本来の価値に戻っている過程と言うべきかもしれません。
 これまで不当に抑えられてきた金価格が、FRBとG7の弱体化に伴い、本来の価格に近付いていると捉えるべきということです。

 リーマン危機の後、吉田繁治さんは、あるCEOから何に投資すべきか相談されたことがあります。


 ・・・<「吉田繁治さんのメルマガ」Vol.1423から抜粋開始>・・・

金を買おうとするときはいつも価格が高く見えます。
2008年のリーマン危機のあとでした。あるCEOから「個人は何に投資したらいいか」という相談を受けました。

「金を買っておいたらいいでしょう」
「でも1グラムが3000円ですから、すいぶん高い」
「金価格は、通貨発行量が増えると、長期では上がりますから、買っておいて損はないと考えています。通貨は、増刷されるからです。金の生産量は、鉱山からは最大3500トン/年で一定です」

しかしCEOは、金を買いませんでした。あとで聞いたのですが、「あのとき買っておけばよかった」

現在、金価格は1グラム1万2000円と、過去最高です。買うことを躊躇する高さでしょう。これも、過去30年の「高すぎるから下がる」という戸惑いの感覚と同じものでしょう。感覚の予想は、間違えることが多いのです。

◎今後も日・米・欧のマネー・サプライ(M2:企業と世帯の預金)は増えるでしょう。短期では下落変動があっても、金価格は長期では上がります。これは、ほぼ確実に言えることです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私も吉田繁治さんと似たような体験があります。
 6年前のことですが、知人が会社の定年を迎え、それまで貯めた銀行預金の運用について相談されたのです。
 彼は、年金はあてにしておらず、預貯金だけで100歳まで生きられるように貯めたといいます。
 人の懐を詮索するのは下品なことと言われていますが、あえて詮索してみます。
 独身なので家族を養う必要はないので、一人で生活するだけなら東京でも月20万(年240万円)もあれば充分でしょう。
 60歳から100歳までの40年間を過ごすとなると、必要な資金は、

 240万円×40年間=9600万円

 となります。
 彼は、インフレで、この資金が価値を減らすことを恐れていました。
 彼は投資をして儲けたいのではなく、今の資金を減らさないことを望んでいます。価値を減らさないという意味では、インフレにもデフレにも強い金が最適です。
 私は迷わず、「私なら金を買います。しかもETFなどではなく現物をです」と即答しました。
 その後、彼からは、「やっぱり金は買えませんよ」と言われました。
 銀行から日本国債を買うように勧めてくると言っていました。私から見れば、日本国債を買うなんて狂気の沙汰ですが、それもその人の判断です。
 彼から相談を受けた6年前の金価格は1g=5000円で、今はその2.4倍です。
 もし彼が私のアドバイスを取り入れ、その時に手持ちの9600万円で金を買っていたとしたら、今では2億3000万円になっていたはずです。
 人も羨む“億り人”の誕生です。
 その知人と近々酒の席で会う予定ですが、資産運用の話が出たら、吉田繁治さんの知り合いと同じように、「あのとき買っておけばよかった」と言うかもしれません。
 さらに言うと、吉田繁治さんはQFS(量子金融システム)を想定して論考されているわけではありません。金(及び)銀の価値をベースにしたQFSが施行される事態になれば、金や銀はさらなる輝きを放つことになるでしょう。

 念のために言っておきたいのですが、私は訪問者の方々に金を勧めているわけではありません。
 聞かれれば、「私ならこうします」と答えるだけで、人に勧めたいわけではないのです。
 もし今、私に何に投資しますか? と聞かれたら、私は「銀(ギン)の現物に投資します」と答えると思います(ただし一気に買うのではなく、金融クラッシュが起きたら一時的に金も銀も下がるので、吉田繁治さんが推奨する毎月一定金額で買い続けるドル平均法がいいと思います。)。
 しかしこれは、あくまでも投資するとしたら、が前提の話です。
 もし私に余裕資金があったら、私は自然災害に備える備蓄に回します。私の中では投資というフェーズはとうの昔に終わっていて、今はこれからの天変地異にいかに対処するかがメインとなっています。
 ベンジャミン・フルフォード氏がよく言うのですが、「いざとなったら、金は食えない」です。食べられない金より、目の前のおにぎり1個の方が価値を持つ状況が訪れるかもしれません。



精力(性力)の話...2024年3月30日

 私が還暦を迎えた時、中学生時代の仲間が集まって同窓会を開いたことがありました。
 その際に、無類の女好きだったK君が女性を相手にジョークをかましていました。女性を口説くような冗談を言って、「俺は安心だよ、だってED治療してるから……」などと言っているのです。
 私は、「ええっ! 60という年齢でもうEDなの」と思ったのですが、この言葉には、二重の意味で意外感がありました。

 もちろん一つ目は、K君が還暦(60際)という年齢で、すでに勃たなくなっていることです。絶倫とはいかなくても、若い頃は相当に遊んだ人で、そのK君のムスコが使い物にならなくなっていることに驚いたのです。
 400年前の戦国時代は、人生50年と言われていました(桶狭間の戦場に向かう前に舞を舞った織田信長の言葉)。でも今は平均寿命が90歳に迫り、人生100年時代と言われています。60歳といえば、まだ人生の折り返し地点です。ちょっと早すぎないの、という気がしました。
 二つ目は、ヒョロヒョロでもやしのような私と違って、K君は体格のいいタフガイだったのです。学生の頃から父親の稼業を手伝って力仕事をやっていたので、力自慢のプロレスラーのような体型でした。
 外見とあそこは比例しないのかなあ、などと考えてしまいました
 私は、若い頃の勢いはないとはいえ、一応使い物になります(残念ながら試す機会はありませんが)。K君は若いころに使い過ぎたから衰えが早かったのかなあ、とまで考えてしまいました。

 今回は、そんな精力(性力)に関する話題です。
 船瀬俊介氏は、精力を左右するのは普段の食事だと主張しています。
 『ヴィーガン革命』(船瀬俊介著、bio)から抜粋して紹介させていただきます。
 まず最初は、EDは炭鉱のカナリアだという話題です。


 ・・・<『ヴィーガン革命』、p301〜p304から抜粋開始>・・・

 EDも不妊も動物食と食べすぎが原因だ!

 EDは炭鉱のカナリア

 「……ED(勃起不全)は、炭鉱のカナリアです」
 テリー・メイソン博士(前出)は、面白いたとえで説明する。
 「……昔から鉱山の坑夫たちは、鉱道の作業場に、鳥籠に入れたカナリアをもち込んだ。それは、ペットではない。坑道の奥で、有毒ガスが漏れたりしたとき、カナリアが真っ先に死ぬ。すると、それを見た坑夫たちは、いっせいに避難を開始する。カナリアはみずからを犠牲に危機を知らせたのです」
 では、オトコの勃起不全が、どうして“カナリア”なのか?
 「……ペニスの海綿体を走る毛細血管は、体内でもっとも細い血管です。勃起しないのは、そこへの血流不全のせいです。つまり、血液の微小循環が損なわれている。それは、将来の心筋梗塞や脳梗塞などの発症を“警告”しているのです」(メイソン医師)
 つまり、アッチが勃たなくなる、ということは、心筋梗塞、脳卒中など、生命の危機に“黄信号”が点(とも)った、ということです。

 「連銭結合(れんせんけつごう)」(ル口ー)

 EDだけではない。
 「……万病の原因は、『微小循環不全』です」
 こう言い切るのは鶴見隆史医師(鶴見クリニック院長)
 人間の血管の約95%は、毛細血管です。その直径は約5〜20ミクロン。そして赤血球の直径は10ミクロン弱。だから、赤血球は自分より狭い末梢血管を通るときは、その体を二つ折りにして、なんとか、すり抜ける。
 ところが肉食や過労、病気のときには、血液pHが酸性化する(アシドーシス)。
 すると奇妙な現象が起こる。バラバラだった赤血球が、互いに数珠(じゅず)のようにくっついて連なってしまう。これを医学的に。「連銭結合」(ルロー)と呼ぶ。こうなると微細な毛細血管を通り抜けることは不可能だ。すると、末端の体細胞に酸素、栄養が届かなくなる。
 これが、「微小循環不全」です。
 細胞を酸欠状態にすると、100%ガン化する……。
 だから、「微小循環不全」は、ガン化の最大限なのです。

 ガン、臓器不全、ED

 ガン化しなくても細胞は壊死する。臓器は疲弊する。これが多臓器不全の原因です。
 その先には、“死”が待つ。すでに、おわかりのように赤血球の「連銭結合」は、勃起不全(ED)の原因でもある。首を垂れた逸物は、“死んだカナリア”なのです。
 だから、EDメカニズムはシンプルです。
 −−動物食→「酸毒」生成→体液酸性化→連銭結合→微小循環不全→ED
 「アッチが勃たないのは食いすぎだ」。こう言ったら、アッケにとられるでしょう。
 その証拠に「断食すると、朝勃ちが回復した」と喜ぶひとが多い。
 昔から「痩せの絶倫」という。痩せている男ほど、アッチが強い。
 つまり、少食こそ精力の根源である。
 最初に詰まるのは微小な毛細血管なので、まず、ペニスへの血流不全となる。
 勃起障害が起こる。次は、さらに太い血管が詰まり始める。
 それが、内臓疾患などで、現れてくる。
 最後は太い冠状動脈や脳動脈が詰まって、ぽっくり逝く。このアテローム血栓症で人類の4人に1人が命を落としているのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 勃起障害の原因は、動物食と食べ過ぎが原因だといいます。
 そういえばK君は、いまでいうフードファイターの先駆けのようでした。
 学生時代に私の家に遊びに来たK君が「吉野家には頭に来た!」といってぷりぷりと怒ったことがありました。仕事先で腹が減ったときに、K君はよく吉野家に行って小腹を満たしているそうです。
 小腹を満たすといってもその量には驚きます。牛丼の大盛りを3杯です。これは間食であって食事ではないのです。
 その日は、たまたま持ち合わせが少なく、ぎりぎり牛丼の大盛り3杯分のお金しか持っていませんでした。
 しかし運の悪いことにその日は吉野家が牛丼の値上げをした日で、K君は大盛り牛丼2杯と並盛り1杯しか食べられなかったのです。それでK君は頭にきたというのです。
 私は、K君の底知れない食欲に恐れをなしました。
 3度の飯はきちんと食べていて、おやつが牛丼の大盛り3杯ですよ。
 船瀬氏がいう、肉食と大食いの両方をK君は若い頃からやっていたのです。


 ・・・<『ヴィーガン革命』、p304〜p308から抜粋開始>・・・

 ハンバーガー、牛丼、焼肉好きは子づくり絶望的

 貧乏人の子沢山

 ……不妊症の原因も、過食と肉食です。
 「貧乏人の子沢山」とは、昔からの言い伝えです。
 不妊を克服するためには、夫婦そろって「断食」することです。
 「食べなきゃ子ができる」。あなたは、耳をうたがうでしょう。
 これは、作物と同じ。お百姓は言う。
 「肥料やりすぎると実が入らない」。作物は、豊かな栄養に安住して、実が入らない。ところが水、肥料をやらず、過酷な状況にすると図体は小さくとも、いっぱい実がなる。
 作物は、危機感から子孫を多く残そうとするのです。
 養鶏業者は、ちゃんと知っている。卵を多く生ませるため、鶏に1週間以上、「断食」させる。エサをやらないので数パーセントが餓死するほど過酷だ。
 そして、エサをやる。すると、ボロボロ卵が生まれる。
 「断食」(ファスティング)が、いかに子づくりに効果があるか、を教えてくれる。

 断食で精力絶倫に

 ネットのブログでもSEXと断食の効能を説いています。
 「……ファスティング(断食)は、性的機能が大きく回復し、精力絶倫になります」(「ハテナ・ブログ」)
 まさに、そのとおり。わたしと、まったく同じ考えです。
 「……まず、断食すると若返り現象が、体の中で起こります。若返りは性的機能の回復を起こしてくれます。生命力の象徴は、生殖能力です。男性の精力は高まり、女性は妊娠する能力が高まります」(同)
 なぜ、こんな簡単なことをマスメディアなど、伝えないのか?
 「……それは、断食と空腹の凄さを知られると、困るひとたちがいるからでしょう。いまも、金もちや先進国ほど、不妊、少子化、セックスレスの問題に悩んでいます。その原因は、食べすぎ、美食、飽食にあるのです」(同)
 この方は、農業高校で養鶏を学んだという。
 「……2週間ほどエサを与えず、断食をさせて(強制換羽という)、老いたニワトリに卵を生ませます。魚の養殖業者も、出荷する2週間前からエサを与えず、断食状態にします。すると元気な体格の魚になり、運搬のときに傷もつきません。また、農産物を栽培したかたなら、だれでも経験しますが、肥料を与えすぎると、成長はしても実がない。おいしくない。肥料を制限すると、みごとな実を結ぶのは常識です。つまり、自然界こそ、断食で生命力が高まることを、みごとに証明してくれています」(同)
 −−こうなると、人間サマは、まさに、ニワトリ、魚以下……ですね。

 「奇形精子症」爆発増

 「……ハンバーガーやピザなど、脂肪分の多い欧米型の食品ばかり食べている男性は、魚や野菜を中心とする健康的な食生活をしている男性にくらべて、精子の数が平均で1ml 2560万個少ない」
 米ハーバード大学研究チームの調査結果です。
 「……1995年までは『奇形精子症』と診断された症例は、14.2%だった。それが、急激に増加し、1996年 40.8%、97年 70.9%、98年 74.9%と、年々、爆発的に増加している」(同)
 原因としてあげられるのが、ハンバーガーなどジャンクフード、食品添加物、プラステックなどの環境ホルモン、農薬汚染、ダイオキシンなど……。
 日本でも、これら精子異常の男性を調査すると、約8割がカップめんとハンバーガーを常食していたのです。

 すでに8人に1人が人工受精児

 「ハンバーガー、牛肉をよく食べる」グループは精子が少なく、「野菜、果物、魚を好む」グループは精子が多かった。
 研究者は「ハンバーガーが乏精子症、精子無力症につながる」と警告します。
 ハンバーガーショップや牛丼店、焼き肉チェーンで使用しているのは米国産の安い牛肉。これらには大量の有害成長ホルモンが使用されています。それは、和牛の600倍も残留しているのです(北海道大学調査)。
 ハンバーガー、牛丼、焼き肉好きの若者は、精子が壊滅状態だ……。
 もはや、子づくりは絶望的だ……。
 衝撃的なデータがあります。「国内で誕生した赤ちゃんの8人に1人は、体外受精で生まれている」(「日本産婦人科学会」発表報告、平成28年)
 ここにも、「知らされない」無智の悲劇があります。
 政府、学界、メディアの罪は、底無しに深い。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なるほど、K君のEDの原因は、過食と肉食にあったとすれば納得いきます。
 私は、若い頃から食が細いうえに肉よりはむしろ魚派でした。これは九州の辺鄙な田舎で育った生活環境が影響しています。
 その頃は肉はめったに食べられるものではなく、正月とか誕生日とかのお祝い事でなければ食卓にのぼることはありませんでした。一家総出で東京に移り住んでからは肉が食卓にのぼることがたまにありましたが、それでも農家出身の母親の作る料理は魚中心でした。
 私のムスコが還暦を過ぎても使えていることに、両親に感謝する必要がありそうです。

 肉食と過食が不妊の原因であるならば、不妊解消の糸口が見えてきます。


 ・・・<『ヴィーガン革命』、p308〜p311から抜粋開始>・・・

 ファスティング、ベジタリアンで子沢山

 断食と菜食しかない

 「肉を食べる男は、精力絶倫!」というイメージがあります。
 これも、巧妙に仕組まれた“洗脳”です。第7章で、真のマッチョは、ヴィーガンであることを示した。ここでは、真の絶倫は菜食者であることを証明する。
 巷には、男性機能を回復させる(?)モノの広告があふれている。
 男性向け週刊誌など、どこをめくっても、ソッチの広告だらけ。
 いかに、アッチで悩んでいる男性が多いかが、しのばれる。
 しかし、アレを飲んでもだめ、コレを食ってもだめ……。
 わたしと同年輩で「……もう、30年間、ピクリとも動かない」という御仁がいて、びっくりした。まさに、ご同情申しあげる。
 このかたの、ムスコに元気がないのは、ご本人の肉食、過食、美食のせいである。
 そのことに、トンと気づいていない。長い眠りのムスコを奮い立たせるには、断食と菜食しかない!
 それ以外、ナニを飲もうが、カニを食おうが関係ない!
 また、バイアグラなど勃起薬に頼るひとも多い。
 しかし、クスリに頼るな、野菜に頼れ。とにかく、菜食でSEXは、5倍強くなる。
 その科学的証拠を、これから、お見せする。

 肉食男性はアウト

 「……男性パートナーが鶏肉を多く食べるほど、受精率が低く、加工肉をよく食べる男性ほど、体外受精での受精率が低い」
 アメリカの研究誌『EARTH study』が、明らかにしている。
 ハーバード大学研究チームが、2006年から調査を進めた結果です。
 つまり、肉食男性は、子どもができにくい。(出典『Fertility and Sterility』2015:104:972〜979)
 不妊の悩みは、日本だけではない。まさに、人類全体の危機だ。
 「……見た目は若い! でも、元気な精子がつくれない! じつに男性不妊の8割にあたる」(『健康新聞』2021/10/23)
 カップルの不妊の原因の半分は、男性側にある。その理由は、ほとんどが精子力の低下だ。
 「……それは、精子の動力源であるミトコンドリアの質の低下につながる」(同)
 そんな男性の精子を、顕微鏡で見ると、一目瞭然。精子の数も少なく(乏精子症)、半分ほどはまったく動いていない。さらに、動いていても弱々しい(運動無力症)。

 不妊治療200万円

 ここで、不妊クリニックの医師は、こうすすめるはずだ。
 「……精子に元気を出してもらうため、しっかり食べましょう!」
 「……お肉、ステーキなどは精子のスタミナ源になりますよ」
 こうして、悲劇と喜劇のサイクルは、回りつづける……。
 ちなみに、不妊治療には200万円ほど、かかるのもザラ。しかし、数多くの夫婦が、不妊クリニックに押しかけている。医師も看護師も、菜食が不妊に効果的であるなどとは教えない。食事指導もしない。ましてや、断食(ファスティング)の不妊解消効果など、まったく知らない。そうして、かれらがすすめるのは高価な体外受精などの“治療法”だ。
 ここにもガンや心臓病、糖尿病などと同じ“死神”の医療だ。
 カップルで、ファスティング(少食、断食)を実践すれば、金もかからず、食費も浮く。ヴィーガン・シフトで動物食(アニマルフード)におさらば、手づくり料理で、超ヘルシーで、超安上がり。それで、子どもはボロボロできることを保証する。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に紹介するのは、男性器の勃起力を測ったという画期的な実験です。
 肉食か菜食かという議論に決着をつけるなら、科学的なデータを示すのが一番です。


 ・・・<『ヴィーガン革命』、p311〜p315から抜粋開始>・・・

 勃起の「時間」と「硬さ」を測ってみた

 菜食でSEX5倍強くなる

 世界初の勃起実験を行ったのは、米国泌尿器科学会、代表アーロン・スピッツ博士だ。博士には『ザ・ペニス・ブック』という、そのものズバリの著書もある。
 「……男らしさ、性的パワー、持続力……などで、科学的に立証された結論があります」(スピッツ博士)
 全米一の権威が断言する。
 「……それは。肉を食べれば、食べるほど、男らしさを失う、ということです」
 博士は、みずから実施した医学的実験にもとづいて、断言している。
 その実験は、最新コンピューターとセンサー技術を用いた画期的なものだ。
 博士は、2つの“センサー”を用いた。
 それはリング状になっており、男性器の根元と亀頭部に装着する。
 「……観察したいのは『食事の内容が、勃起にどう関係するか?』です」(同博士)

 ペニスを2か所で測定

 スピッツ博士は、被験者として3人の若者に参加してもらった。
 かれらには2種類の食事を用意した。
 1日目の夕食は「肉入りブリトー」。2日目の夕食は、「大豆ブリトー」。これは、肉の代わりに、大豆たんぱくを小麦生地で包んだもの。ベジタリアン料理でおなじみだ。
 ■1日目:(《肉食》各々、ペニスの測定リングを裝着した3人は、ベッドで就寝する。
 リングは太股に装着した記録装置とつながっている。
 「……この実験は、就寝中に起きる生理現象を記録します。勃起が起これば、機械で感知し、勃起の硬さや持続時間、回数をプリントします。夕食に食べたものが、勃起にどう影響するか、観察します」(同博士)
 ■二日目:《菜食》やはり、リングを装着して、眠りにつく。
 こうして、世界初「食とペニス」の実験が終了した。

 ステーキ男はフニャフニャで、サラダ男はカチカチだ

 持続力477%、硬さ9%増

 ■「持続力」は477%
 さあ−−。結果はいかに……?
 青年のうち1人は、「肉食」にくらべて「菜食」の夜のほうが、477%も勃起していたのだ。約5倍もの持続力だ。……スゴイ!
 他の2人も、同様に「菜食」を食べた夜のほうが、勃起回数、持続時間とも、はるかに勝っていた。
 ■「硬さ(太さ)」9%増加
 つぎに、勃起したペニスの円周と硬さだ。
 「植物性の夕食の夜は、しっかり勃起して、円周は肉食より8.89%増大しています。それだけ硬さが増したのです」(同博士)
 つまり、硬さは、約9%増加した。
 3人共より太く、硬く、勃起している。
 「肉食」より「菜食」のほうがカチカチに硬く、そして長く勃起するのだ。
 この意外な結果に、3人は、大笑いしたり驚いたり。
 「……これまでステーキを食べると強くなり、野菜では弱くなるというイメージあったけど。まったく逆なんだ! ステーキ男がフニャフニャで、サラダ男がカチカチなんだ!」
 ここで、スピッツ博士は、にこやかに、優しく語りかける。
 「……これで、わかりましたね。さて、君たちがデートの夜に彼女を誘うのは、ステーキ・ハウスかな? それともベジタリアン・レストラン?」
 「むろん、ベジタリアン料理さ!」
 3人は、声をそろえて答えた。
 スピッツ博士のまとめである。
 「……たった一度の食事でも、肉食と菜食では、性能力に、これだけ大差が出ます。それが毎日つづくとしたら、その差はいったい、どれほどになるでしょうか?」
 精力絶倫を目ざす同輩諸兄!
 秘薬秘術はおもわぬ身近にあった。
 それは菜食であり、少食であったのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 勃起の太さと硬さを実際に測るという発想は、さすがアメリカと思います。
 日本の医学者で、そうした実験を行う発想は出てこないと感じるのです。あるいは出てきても、“ある力”によって潰されるということでしょうか。
 「肉を食べると精力がつく」というのは巧妙な洗脳であって、そうした洗脳を仕掛けた勢力が存在したということでしょう。

 このことをK君に教えてあげたい気もします。
 でも一度洗脳された人間の洗脳を解くのは至難の技です。
 私が忠告しても、おそらく聞く耳を持たないだろうと思います。
 さらに、もし彼が絶倫になってしまったら、浮気に走りかねません。そうなると、奥さんが心穏やかならぬ日々を過ごすはめになってしまいます。
 彼は若い頃に人一倍楽しんだのですし、別に言わなくてもいいかなと思います。



2025年7月問題に関する雑談...2024年3月23日

基本的な姿勢

 2025年7月の大津波に関してですが、今ではスピリチュアルに興味がある方々の間では話題沸騰という状態です。でも、一般ピープルの間ではほぼ無関心という状態です。
 私は、この夏頃からマスコミが徐々にこの話題を取り上げるようになると予想しています。
 1999年のノストラダムス、2012年のマヤ予言もそうでしたが、マスコミが騒ぎ始めると一般の人々の関心を集め、世の中が騒がしくなります。
 マスコミにとって人々が騒げば騒ぐほど売り上げが上がるのですから、こうした機会を逃すはずがありません。テレビやその他の媒体の視聴率は上がるし、出版物はどんどん売れます。マスコミにとって実際に津波が来るかどうかは関係ありません。人々が騒いで売り上げが上がることが、彼らにとって最大の関心事です。
 今年の夏はちょうど1年前なので、タイミング的には最適です。
 人々を煽るのに早すぎてもいけないし、遅すぎてもいけません。早ければ、「まだ先の話だ」とばかり、熱が上がらないし、遅すぎれば期間が少ない分だけマスコミの売り上げが伸びません。
 巨大津波が来ると警鐘を鳴らす人が増える一方、100%来ないと主張する人もどんどん増えるでしょう。
 311を体験しているのですから、日本人は津波の恐ろしさをよく知っています。
 自分の命がかかった問題ですから、知った人々は多少なりとも不安を覚え、そうした話題に無関心ではいられなくなるはずです(ただし、実際に行動する人は、ごく一部だろうと推察しています)。

 そうした話題が沸騰する中、私は大津波(に限らず、すべての自然災害)に関する基本的な姿勢を強調したいと考えています。
 まず、以下の YouTube の動画ですが、こうした動画がこれからどんどん出てくると思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=MD4XUZJVGNU

 この動画の12分56秒あたりのセリフで、

 「ここで生き残るためには、【選ばれる人間】である必要があるんだ」

 とあります。
 こうした動画を引き合いに出して批判することは心苦しいのですが、とても重要なポイントだと思うので使わせてもらいました。
 【選ばれる人間】という表現は、誰か上に聖霊のような存在がいて、その聖霊が、「あなたは合格、あなたは不合格」といった審判を下している印象を与えてしまいます。
 私は、そうした捉え方は間違っていると思います。
 誰もあなたを審判しません。
 審判する存在がいるとすれば、それはあなた自身だということです。
 (津波が起こったら)その時にその人生を終わりにするか、それとも生き残り、新生地球を体験するかは、あなたが選択することです。
 また、選ばれる為に波動を上げるといった話自体もズレているように感じるのです。
 波動が少々上がったとしても、津波に襲われれば無事でいられるはずがありません。波動が上がれば、新生地球に行くという自分本来の選択を思い出す人が増えて、標高の高い場所に避難することを真剣に検討するようになると私は考えています。
 災害に対して備蓄をするというのは一般的には納得できますが、今回の大津波に関しては備蓄は意味がないと私は考えます。備蓄した品物もろとも流されるからです(備蓄が意味があるのは、標高の高いところに避難して生き延びた人々です)。
 311が起こったとき、この災害は必要だったというスピリチャルなメッセージを見たとき、私は少々憤慨しました。2万人もの犠牲者が出た大災害なのに、「必要だった」とは何事か、という気分でした。
 しかし311によって、日本人は津波の破壊力の凄まじさを知ることができました。
 これは日本人の記憶に深く刻み込まれました。
 311を超える津波を想定したとき、まず必要なのは備蓄ではありません。
 波動を上げることは結構だと思いますが、それよりも標高の高い地域に避難する場所を確保する方が先だと思うのです。


シークエンスはやとも氏の動画

 シークエンスはやとも氏の以下の動画をご存じの方もおられると思います。
 はやとも氏が国内最強の霊能者と太鼓判を押すTさんと連絡がつかなくなり、その後、やっと会えたとき、Tさんが語った内容が衝撃的だったという話です。

https://www.youtube.com/watch?v=XpO2xjVhiwE

 この動画は『月刊ムー 4月号(No.521)』にも取り上げられており、その解説を紹介させていただきます。


 ・・・<『月刊ムー 4月号(No.521)』、p62〜p63から抜粋開始>・・・

 仕事がら、多くの霊能者を知るはやとも氏が「国内最強の霊能者」と太鼓判を押す「Tさん」と、まったく連絡が取れなくなった。
 Tさんは、テレビなどに出演することはないものの、全国に多数の顧客をもつ非常に評判のよい女性霊能者である。彼女と親交のあるはやとも氏も、自身のプライベートな事柄を詳細にいい当てられ、その精度に驚嘆した経験があるという。そして、このTさんは、相談に訪れた人の2〜3年先の未来まで見えるというのだ。
 Tさんはいったいどうしているのか、共通の知人たちに聞くと、連絡が取れないばかりか、Tさんの鑑定室も閉鎖されているとのこと。はやとも氏は気が気でなかったが、ようやくLINEで連絡がついた。Tさんに事情を尋ねると、「LINEでお伝えする内容ではないので会って話しましょう」といわれ、食事をすることになった。
 久しぶりに会ったTさんは、憔悴しているように見えたという。
 「どうしたんですか、連絡がつかないから心配していましたよ、と切りだしたら、『ちょっとしんどくて、仕事を辞めてしまったの』と。えっ、何があったんですか? と聞くと、Tさんは重苦しい声で、『鑑定に来る人、来る人、全員の未来が同じに見えるのよ。横からくる爆風みたいなものに吹き飛ばされて、みんな死んでしまうの……。さすがにそんなことをお客さんにはいえなくて、鑑定の仕事を辞めて家に引きこもっていたの』というんです。
 爆風の原因を尋ねたのですが、Tさんにもわからないようでした」
 相談者の2〜3年の未来が見えるというTさん。ならば、彼女が見たのは、2025年ごろに多くの日本人が命を落とすという破滅的な未来だったのだろうか。
 「ただ、Tさんの話をよく聞くと、日本人全員が死ぬわけではなく、4分の1くらいは生き残るそうです。でも、運よく生き残れた人たちが、その後も生き延びるには条件があるそうで、しばらくは外に出られない状況になるので、食料や水の備蓄があるかないかが生死を分けるカギになると……」
 Tさんは、それ以上のことは話さなかったという。はやとも氏は帰宅すると早速、保存食や長期保存水の備蓄に取りかかったそうだ。
 「いやあ、恐ろしかった。あんなに怖い気持ちになったのははじめてです。こんな話を皆さんにお伝えしてもよいのかと迷いましたが、とにかく普段から災害への備えをしっかりとしておくに越したことありませんから」

 ・・・<抜粋終了>・・・


 はやとも氏は、爆風の原因として最も可能性が高いのは戦争ではないかと言っておられます。
 Tさんが、「爆風みたいなものに吹き飛ばされて……」と表現したことが影響しているのかもしれません。
 私は戦争の可能性は低いとみています。
 それは、日本人が4分の1に減るほどの犠牲者がでるとすれば、戦争では説明が難しいからです。悲惨の一語に尽きた太平洋戦争による人口減ですが、戦争前は7千400万人ほどで、4年間の戦争で民間人も含めて犠牲者は310万人です。人口の4%ちょっとです。75%もの人口が減るというのは、戦争では説明がつきにくい気がするのです。
 核戦争であれば、爆風の説明はつきます。
 しかし、人口の4分の3が犠牲になるほどの本格的な核戦争であれば、残りの4分の1も生き残ることはできず、日本滅亡でしょう。
 私は、今後も本格的な核戦争は起きないと考えています。
 やはり、「爆風みたいなもの」というのは、巨大な津波と解釈するのが自然に思えるのです。

 それと、霊能者Tさんの4分の1という数字にリアルさを感じます。
 関東平野の人口は約4千万人で、実に日本人の3人に1人が住んでいます。同じく人口密集地である大阪、名古屋も海に面した標高の低い地域です。これらの地が大津波に飲まれたとすると、4分の1どころではないと思えるのです。
 つまり、2025年7月の前に多くの日本人が標高の高い地域に避難するという現象があってこそ、4分の1という数字が出てくるのではないかと思えるのです。


その他の情報

 のぶみさんの YouTube で、最近、2025年7月の時期がずれるというお子さんが出てきています。
 例えば、以下の動画の22分頃から聞いてみて下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=A84o_kJ-IPU

 人間の脳は、想像したものと実際に体験したものの区別がつかないとのことで、多くの日本人が巨大な津波が来ると気づくと、それは体験したものとなり、その時期には来ないこともあるといいます。
 ただし、無くなるのではなく、2027年とか2030年になるといいます(いずれも夏)。

 私はこの話を聞いて、最初は、えっ? と思いました。
 なぜなら「引き寄せの法則」と逆だからです。
 引き寄せの法則は、望んだ未来をありありとイメージすることで、それを現実化させる手法です。
 多くの人が津波をイメージしたら、引き寄せの法則によって、それが現実化する可能性が高まるんじゃないのと思ったのです。
 津波のような災害の危機を言えば、人々を不安にさせ、それが現実化に拍車をかけるから、そうしたネガティブなことを言わない方がいいという人さえいるくらいです。

 とはいえ、少なくとも個人の脳内では、想像したことと現実の区別がつかないという話はいったん受け入れようと思います。
 ただし、多くの日本人が津波を知り、想像することで延期されると期待するのは危険ではないかと私は考えています。
 もし巨大津波の被害が日本だけであれば、日本人の意識が変わることで時期がずれたり、規模が変わったりすることはありえると思います。
 しかし、ことは東アジア一帯の広い地域です。
 例えばインドネシアは人口2.7億人で日本の2倍以上です。最も被害が大きいと思われるフィリピンでも1.13億人と日本よりちょっと少ないだけです。フィリピン海プレートに近い国々に住む大多数の人々が2025年7月のことを意識するようになれば、時期や規模がずれることも起こりうると思いますが、いまのところそうした話は聞きません
 聞くところによると、2025年7月問題が話題になっているのは日本だけだそうです(さらに日本人の中でもスピリチャルに興味がある一部の人達だけです)。
 この状況が、これから1年の間に劇的に変わるというのはちょっと難しい気がするのです。

 次は標高の話題です。
 のぶみさんの動画で印象深い話がありました。胎内記憶の子供が津波の高さとして「東京タワーより高く、スカイツリーより低い」と言っていたのです。
 東京タワーは333mで、スカイツリーは634mです。
 となると、スカイツリーよりちょっと低い600mくらいまで来る可能性を感じてしまいます。
 以前、保江邦夫さんが500m以上がよいと言った記事を載せたことがありましたが、私は安全をとって600m以上を勧めたいと思っています。
 というのも、実際に500mまで水が来なくても、500m近くまで水が来てしまったら、その地域のインフラが破壊されている可能性があるからです。
 より安全を目指すという意味で、600m以上がいいのではないかと思っています。

 最後は、標高の高いところに避難して生き延びた後に言及した話題です。
 この動画の作成者は、「最悪を想定」したものだと述べています。私は、ここまで最悪の状況にはならないのではないかと思っていますが、準備をする際には「最悪を想定」すべきなのかなとも思います。

https://www.youtube.com/watch?v=-tMzC3u1qOA

https://www.youtube.com/watch?v=W9K_QbnxkrU



エンリルについて...2024年3月16日

 エレナ・ダナーンさんの本を読むと、エンキに関する記述を多く見かけます。
 エレナ・ダナーンさん自身がエンキと直接会って話をしているので、当然といえば当然です。エンキとエンリルという腹違いの兄弟が人類に及ぼした影響は甚大なものがあります。なにしろ、エンキによって人類の原型が造られたというのですから、影響を受けたというレベルではありません。
 今回、エンリルについて書こうと思ったのは、以前当HPで取り上げたサアラさんの最新刊『宇宙と神様の真実』にエンリルに関する記述がたくさんあったからです。
 エンキは人類に対してポジティブな影響を及ぼしましたが、エンリルはその正反対のネガティブな影響を及ぼしました。
 今回は、そうしたエンリルが人類に対して行ったネガティブな側面について『宇宙と神様の真実』(サアラ著、大和出版)から紹介させていただこうと思います。
 なお、エンキとは役職名とのことで、文中では本名であるエア(イアとも言うそうです)となっています。
 まず最初は、エンキとエンリルの出自の話です。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p73〜p75 から抜粋開始>・・・

 猜疑心が強く意地が悪い弟エンリル

 エアには腹違いの弟エンリルがいました。エンリルは生まれたときから背中が曲がり、油断するとびっこを引いて歩くことになるので、常に緊張した状態で虚勢を張っていなければなりませんでした。おまけに、エンリルの母親はアヌ王の正妻で、典型的なタイプのレプティリアンでしたから、強欲で目的達成のためには手段を選ばない性質です。そのため、エンリルは母親に対して強いコンプレックスを持ち、何とか兄よりも手柄を立てなければならないと思うようになります。
 一方、エアの母は正妻ではありませんが、優秀なシリウス系の血統を引いていました。彼女はエアをシリウスで教育し、非常に優秀な科学者にしました。ですから、エンリルは常に兄に対してぬぐい去ることができない劣等感を持って育ちました。そのため、エンリルの性格は暗く、猜疑心(さいぎしん)が強く、アグレッシブで、民衆からも嫌われています。
 そんな弟をエアは常に気遣いつつも、エアにとっては、弟エンリルもその母親もまったく相いれない性質でしたから、敬遠せざるを得ませんでした。そのエンリルが今度は自分がテラ(管理人注)に行くと言っています。息子に手柄を立てさせることで次の王位を狙っていたエンリルの母親も、当然息子を行かせようとします。
 アヌ王は、エンリルの気性の荒さや、不誠実さに手を焼いていたので、地球に派遣しておいたほうがよいと考えていました。一方のエアは、自分のそばにおいておけば何かと役に立ちます。しかし、地球に実際に行って様子を見てきたうえに、エアは非常に優秀な工学博士であり、技術者でもありましたから、地球に彼が行かなければ何も仕事になりません。本当はエンリルに地球を任せて、ゆくゆくはエアに王位を譲りたかったのすが、そうはいきません。そこで、二人を地球に行かせることにします。
 そのころの宇宙の種族たちは、「所有」し合うことに明け暮れていましたから、どのコロニーもある意味自分たちの利益を追求して、他を顧みることを忘れ始めていました。そのような中で、もちろんアヌンナキも例外ではありません。
 アヌンナキは、私たちの感覚からすれば、決して穏やかなタイプのETたちではありません。まあ、レプティリアンなのですから仕方ないことですが、エンリルは地球人を食用にしたり、残酷な扱いをしたりしていました。
 アヌ王は、自分の国のパワーを強くするために、地球を所有して地球の資源をすべて自分たちが手に入れたいと望んでいました。そして、その願いは叶います。やがて地球を含むこの太陽系をアヌンナキが支配するようになります。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注)テラ
 ETは一般的に地球をテラと呼んでいるらしいです。


 エンリルが人類に及ぼしたネガティブの一つは、宗教をつくり、その大元の「神」という存在に成りすましたことです。
 それによって人類を精神的に支配し、コントロールできるようにしました。
 ユダヤ教の最高神であるヤハウェはネットでは以下のように記述されています。

 『旧約聖書』の天地創造神。イスラエル民族と契約をむすび、その唯一の神となった。ヤーベ・エホバともいう。ユダヤ教徒にとっては唯一最高の神である。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p102〜p104 から抜粋開始>・・・

 エンリルが成りすましたヤハウェやエホバ

 エジプトの神の姿は、壁画にたくさん描かれていますが、頭が鳥であったり、狼であったりするのは、それぞれが属する宇宙の種族の原型を表しています。鳥の姿はもともとリラ星系から来た人たちです。なぜなら彼らは翼を持った翼族でした。狼はシリウス系の原型です。
 お伝えしてきたように、彼らは地球人にとって雇用主でもありましたが、同時に教師でもありました。ですから、地球人たちは、きちんと教育を受けることができたので、優秀な者はそれ相応の役割を与えられました。
 エジプト文明の初期のころは、当然ですが王様や女王様は地球外の高度な文明社会からやってきたETたちでした。しかし、後の時代になって、優秀でカリスマ性のある地球人が育つと、王になるチャンスをちゃんと与えていました。

 一神教と言われるような宗教上の、強大なパワーを持つ神は、人間たちを作ったわけではありません。エアの弟のエンリルも、エンリルが成りすましたヤハウェもエホバもアッラーも人間を作っていません。
 さて、先に地球上ではヤハウェとエホバは同一神とされているとお伝えしましたが、どちらも架空の存在でエンリルが作り出した神だという意見もあるようです。
 しかし、私が知るところの話をお伝えすると、ヤハウェという存在はドラコニアンの帝国でかなり力を持っていましたが、後に権利を剥奪されそうになると、地球に関わるようになりました。そのような弱い立場にあるヤハウェと取引に成功したエンリルは、ヤハウェに成りすますようになります。
 また、エホバは別の星系の王子でしたが、彼もエンリルと同様に強いコンプレックスを持っていました。エホバには姉がいましたが、姉は非常に優秀で人望が厚かったのに対して、エホバは頭脳明晰でしたが体が弱く、また、非常に繊細な精神だったので、王座を譲ることはできないと、父である王に宣言されてしまいました。このコンプレックスと恨みを払拭するために、地球で猛烈な男尊女卑の世界を作り始めました。そんなエホバをエンリルは嫌悪していたようで、彼を追放してエホバにも成りすましてきました。
 こうしてエンリルは、先述のような古代文明を作り上げた神々が残した人間や、その子孫を支配して、地球人類が豊かに暮らすためのテクノロジーや科学を封印しました。自分が苦労して作ったわけではないので、血も涙もないようなことができるのかもしれません。このことは、先に書いた『地球人が知らないお金の話』(大和出版)の中でも詳しくお伝えしています。
 付け加えると、エンリルは非常に強いコンプレックスを感じていたので、強大なパワーを持つことによって、何とか自分を成立させようとしていました。この点においては、ヤハウェやエホバと共通点が多くありました。
 これらすべてのことも、私たちの成長のために必要な経験であり、また今から果たすべきことへの大きなモチベーションとなったことを今改めて理解する時が来ています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は聖書に載っているアダムとイブの話の原型となった物語です。
 人類に対するエンキのポジティブな影響と、エンリルのネガティブな影響がリアルに出ています。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p117〜p120 から抜粋開始>・・・

 こうしてエンリルは「神」を名乗った

 エアもプロメテウスと同様に、自分の渾身の作である宇宙の中で最も優れた地球人に、ぜひその可能性を思う存分発揮してもらいたいと願います。ですから、ニビルに連れ帰ってまで地球人を教育しました。その中でも優秀な人たちは、ニビルでの仕事に就きました。
 一方、この様子を見ていた弟エンリルは激怒します。弟はゼウスのように、人間に知恵を与えたり、テクノロジーを与えたりすることに猛反対します。そんなことをしたら、あっという間に地球人はニビル人たちに反抗するようになる。そして、反乱が起き、自分が思うように支配することができなくなると考えました。
 そこで、あの手この手で、地球人たちの持っているあらゆる力を抑え込もうとします。それに対抗して、もちろんエアは地球人たちをかばい、さらに高度な教育を与えようとします。
 この話は、まさにアダムとイヴの話です。エアは自分のDNAを与えてアダムを作ります。しかし、ホモ・サピエンス・サピエンスは、エア自身以上に優れたスペックをたくさん備えています。それは先述の通りです。
 そんなアダムは強い生殖機能を備えていましたから、種族を自力で繁栄させることができます。ですからエアは女性であるイヴを作りました。
 しかし、この人間たちがどんなに優れているか、詳細はエンリルには伝えていませんでした。聞き分けがよく、従順で、仕事をよく覚える優秀な奴隷が誕生したとばかり、エンリルは思っていました。
 しかし、どうやらそうではないことにエンリルは気づきます。そこで、エンリルは自分が神だと言い聞かせ、アダムとイヴに知恵の実を食べてはいけないと言います。
 つまり、エアの研究チームが作った「叡智の木」から叡智を受け取ることも、学習することも禁止しました。
 しかし、エアはそんなエンリルの企みをよく理解していましたから、彼の脅しに乗らないように、たくさんの教育を促しました。宇宙の森羅万象の秩序を教え、何が正しく何が過ちなのかを考えさせました。そのエアが、イヴをそそのかした蛇として聖書の中では描かれています。
 エアは、エンリルがこれ以上魔の手を人間に差し伸べることを避けるために、アダムとイヴをテラに預けます。そもそもこの二人を望んだのはテラですから。テラは、この二人に地球での生き方を教えました。
 他の動物たちを侵害しない生き方でした。「どんな動物も、あなた方が自分自身の手で捕獲できたのなら、食べても構わない。それは必然の循環なのだから」「しかし、最後の血の一滴まで余すことなく生命の循環のために活用しなさい」「どんな植物も、あなた方が真に望むのであれば食べなさい」「しかし種は食べてはならない」テラは彼らにこのように教えました。
 エアが地球上の太平洋上に存在したムー大陸に作ったコロニーで、アダムとイヴの子供たちは子孫を繁栄させて人間はどんどん増えました。
 ムーはレムリアの後にできた文明です。これはエアが中心となって作ったコロニーでした。
 エアはここではエンキと呼ばれていました。そちらのほうが馴染みがある人もいるかもしれません。でも、宇宙では今でもエア、もしくはイアと呼ばれることが多いように思います。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次は、旧約聖書の『出エジプト記』です。
 モーセは、エジプトで奴隷となっていたイスラエルの民を引き連れ、神に与えられた“約束の地”カナンに向かいます。
 時代は紀元前1300年となっているので、今から3300年ほど前のことです。
 モーセは「神」に導かれたとなっていますが、その「神」こそエンリルだったという話です。まさしく、オーマイゴッド です!。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p229〜p232 から抜粋開始>・・・

 エンリルの悪辣妨害

 当然エンリルは、このような計画を見逃すはずがありません。イスラエルの民を自分の所有物のように洗脳するために選民意識を植えつけていきます。
 モーゼは民を連れてさまよいます。エンリルが成りすました「神」の意のままに戦い、都市を焼き尽くし、進軍します。
 イスラエルの初代王であるサウルは、「神」が嫌うアマレク人を、老若男女を問わず皆殺しにしました。しかし、アマレクの王であるアガクだけには温情をかけて赦免したところ、神の逆鱗(げきりん)に触れてしまいます。それからは、自分が殺した亡霊たちに悩まされ、まったく眠ることができなくなります。
 「神」は、すでに次の王を決めていて、美しい羊飼いの少年で、竪琴の名手であったダビデをサウルの元にやり、竪琴を聞かせると、その間は苦しみが和らぎます。こうして、ダビデはサウルの娘ミカルと結婚し、サウルの死後はダビデが王になります。
 このように、エンリルが次々戦争を仕掛けたり、定住させることを避けたりしてきたのは、安定した生活を与えて人々の知恵が増したり、国家としての豊かな繁栄が起きると、「神」に逆らう可能性があると考えたからです。
 イスラエルにおける都市モデルの計画は、イエスが磔刑(たっけい)に合うことで一度終わりを告げることになります。その後、拠点はイスラエル王家の継承者であるマグダラのマリアによって、今の南フランスに移されます。しかし、そこでも長くは続きませんでした。エンリルの息がかかるローマによってすべてを没収され、焼かれ、人々は離散するしか生き残る道がありませんでした。
 その一部の人たちはエジプトに奴隷として売られていきました。私の過去の人生は、このエジプト奴隷として売られていったイズラエルの民、ユダヤ人たちを、インドにいるイエスのもとに連れ帰る旅をした記憶があります。ちなみにイエスは、磔刑から生きて降ろされた後に、インドに渡っています。
 そもそもイエスもマリアも、エジプトの王家の血筋を引いています。ですから、聖母マリアもエジプトの厳しい教育を受けて育ちました。そのような事情があったために、エジプトの有力者との関係が残っていました。
 このような中でインドに逃れた人たちは、北インドに安住の地を見つけることになります。このことは、ソロモンも仏陀も予言しています。約束の地「カナン」と言われていたところは、本当は北インドだったのです。イエスに先んじてインドに貿易商の奴隷として売られたトマスは、インドに渡り、イエスが来た時のために地盤を整えて待ちました。
 しかし、彼らは国籍もなく、どこにも所属することができない人たちです。ジプシーという言葉がありますが、その発祥は、エジプトから解放され、祖国を持たないユダヤ人たちを意味する言葉で、彼らはどこにも属することができずに、旅をしながら生きるしかない人たちです。そして、どこに行っても迫害されてきました。
 そして、ジプシーの守り神とされたのはセント・サラ、Saint. Saarahat Kali つまり、私のもう一つの人生です。
 エンリルによって、これまでの計画はすべて破壊されます。私自身の記憶の中には、このときの情景が色濃く残っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで、こぼれ話を一つ。
 私がサアラさんのスクールに通っているとき、イエスの性格が如実にわかるエピソードを聞きました。
 イエスは晩年インドに渡りますが、その準備として弟子のトマスに先にインドに乗り込み、イエスを向かい入れる準備をするように言ったといいます。
 するとトマスは、嫌だと断ったそうです。
 わざわざ遠い見知らぬの土地のインドまで行くという苦労をしたくないというのがホンネだったようです。
 するとイエスは何をしたのか。
 なんとトマスをインドに向かう貿易商に奴隷として売ってしまったのです。
 トマスは、本人の意思とは関係なく拘束されて、強制的にインドに連れて行かれることになってしまいました。
 イエスという人物は、目的の為には手段を選ばない性格だったという話です。
 でもこの話には後日談があります。
 トマスに非常に賢い人物だったようで、貿易商はトマスを奴隷として使うより貿易の仕事をさせるパートナーとして重宝したといいます。こうしてトマスは奴隷ではなく、一般人としてインドで活動して、イエスを向かい入れる準備を整えることができたといいます。トマス自身もイエスがインドに遣わしたことに、結果的に感謝することになったといいます。
 まあ、イエスはETだったという話もあるので、その類まれな能力でトマスの未来を見通していたのかもしれません。

 では次に、エンリルの人類支配の基本的戦略を見ていきます。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p184〜p186 から抜粋開始>・・・

 ETによる支配のための人類教育

 とにかくエンリルは、他のETたちから人間を奪われないように、農耕の技術を教え、道具の作り方も教えます。それはもちろん大した技術ではありませんでした。そして、所有という概念を厳しく教えます。それは後に十戒へとつながります。
 狩猟採集をしながら、より過ごしやすい場所を求めて旅をしている民族にとっては、そもそも「所有」という概念が希薄なわけですから、意味がわからないことだったのです。
 そして、エンリルは人々に家の建て方を教え、定住する民族を作ることによって管理しやすくしていきます。
 狩猟採集をしてきた者たちは、常に安全が確保できたわけでもなく、そもそも逃亡してきたわけですから、最初はもちろん疑います。しかし、逃亡生活に疲弊している者たちは、エンリルの作戦に乗ります。もちろんエンリルはとても賢いので、最初は人間たちを怖がらせたり、嫌がらせたりするようなことはしませんでした。
 それは、地球を支配してきた者たちの常套手段です。皆が夢を抱いて飛びつくような話をして、実際は非常に過酷な状況が待っているというパターンです。
 特にホモ・サピエンス・サピエンスにとって、農耕はETたちによる、過剰な労働を搾取するための手段のようなものです。なぜなら、私たちは、本来食べる必要がない生き物として、すでにその可能性をセットされているからです。
 もちろん、消化器官も持っていますし、優れた味覚も持っていますから、人生をより豊かにするために食事を楽しむこともできます。しかし、生きるための目的であれば、本来食べなくても生きられる設計です。
 しかし、それを知られることは、人間を使役のために使い、自分たちの支配下に永遠においておきたいETたちにとっては都合が悪い事実ですから、私たちは食べ物によって栄養を摂取しなければ生きられないと教育されてきました。
 もしかしたら、縄文時代に良い印象を持っている人たちは、この時代の初期のころだけを生きた経験を魂に持っている人たちなのかとも考えました。しかし、そんな時代に生きた経験をした人たちばかりのはずもないので、何か不自然さを感じます。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では定住することによって人類が増えすぎた場合はどうするのか。
 また人々が力を合わせて自分達に刃向かってこないように宗教を利用したといいます。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p186〜p188 から抜粋開始>・・・

 エンリルの計略あれこれ

 残念ながら、平和な時期は長くは続きませんでした。定住するようになると、一気に人口が増えるため、また管理しにくい状況が起きます。するとエンリルは、例の大量虐殺を行います。
 以前に起きた大洪水は、すでにエンリルたちが気象兵器を持っていたことを示しています。これを使って台風を起こして作物が収穫できないようにしたり、生物兵器を使って疫病を流行らせ、人間はもちろんですが、動物たちにも感染させて食料を奪ったりしました。
 また、以前大洪水を起こした後、人間たちは皆で協力して高い塔を作ろうとしました。旧約聖書に書かれている「バベルの塔」の話は、人間が力を合わせると、神に反抗することができるという象徴的な話です。
 エンリルは同じことが起きないように、それぞれに違った宗教を与えて、協力し合うことも、理解し合うこともできないようにして、教会や寺院に帰依するように仕向けて、逃げ出すこともできないようにしました。
 また、神たちに立派な作物を捧げられない者たちを虐げ、土地を奪います。人々は恐怖から収穫量を増やすために、より条件の良い土地をめぐって争うようになります。
 このようにして、人々を分断し、対立させました。さらにこの状態を利用して戦争へと発展させるようなこともたびたび起こりました。縄文遺跡からは、たくさんの土器や土偶、農耕の道具が出土しますが、それと共に大量の鏃(やじり)が出土するのはその痕跡です。
 こうして私たちは長い間、自分たちにとって、勝っても負けても何の利益にもつながらない戦いを強いられてきました。
 縄文時代は、すでにかなり低周波の世界になっていたので、このような分離が一気に進みました。そして、ホモ・サピエンス・サピエンスを所有しようとする者同士も、地球外で激しく戦っていました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「分割して統治せよ」は、DSの基本戦略だといいますが、元の発想はエンリルからきていたようです。

 私が意外だったのは、縄文時代は争いが全くなかったというのが定説ですが、実際は争いがあったという話です。ショーゲンさんがブンジュ村の村長から聞いた縄文時代は、縄文時代の初期の話かもしれません。サアラさんが言うように、時代が進むにつれて周波数が落ちていったのかなと思ったりしました。

 では最後に、これからの課題です。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p140〜p141 から抜粋開始>・・・

 エンリルは捕らえられ、エアが帰ってきた

 しかし、ここ最近、宇宙全体の周波数が一層急速に上昇しているため、地球が属する宇宙は大きく流れが変わってきています。
 いわゆる銀河連合と言われる、宇宙和平のために活動している組織によって、アヌンナキは完全に地球における権利も、それ以外の部分の権利も失いました。そして、エンリルは捕らえられ、銀河から追放されたようです。そしてエアは再び戻ってきました。
 このままの流れだと、地球でDSを作った組織も、ナチの組織に対しても、当然何らかの措置をとるでしょう。現時点で聞こえてくるのは、銀河連合が、これらの組織を抱えているドラコニアンの強靭な組織を撲滅させるために、戦争を起こすというきな臭い話です。
 ちなみにナチは宇宙の組織ですから、本拠地は宇宙にあります。ヒトラーは非常に純粋な人でしたから、ノアのように利用されただけという意見も聞くようになりました。
 いずれにしても、私たちは手放しで喜ぶわけにはいきません。彼らによって遺伝子レベルで改造を加えられ、洗脳を受け、たくさんのチップを埋め込まれて、支配されてきた残忍な地球人たちが、ここにたくさん残されていますから。彼らはもちろん私たちと同じ人間か、もしくはハイブリッドですが、残念ながら、彼らの肉体やエネルギーフィールドは、いたるところを破壊されていて、本来の地球人としての機能を果たすことができなくなってしまっています。ですから、宇宙から来た非情で残忍なETたちと同じように私たちを扱おうとしています。
 主を失った飼い犬たちは、混乱してますます狂暴化する可能性もあります。ですから、決して楽観視はしていられません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 地球に残されたDSの残党というのは、サアラさんによれば以下のようです。

・ネガティブETによって遺伝子レベルで改造を加えられ、洗脳を受け、たくさんのチップを埋め込まれて、支配されてきた残忍な地球人。

・ネガティブETとのハイブリッド(ただし、肉体やエネルギーフィールドは、いたるところを破壊されていて、本来の地球人としての機能を果たすことができない)。

 こうした残党が億万長者としていまだに地球で権勢を誇っているようです。
 主を失ってますます狂暴化する可能性があるとのことで、そりゃあ楽観視できるような話ではないと思います。



『県民性の人間学』から...2024年3月9日

 先日、保江邦夫さんの動画を紹介しましたが、その中で保江さんが勧めている本がありました。
 それが、『県民性の人間学』(祖父江孝男著、ちくま文庫)です。
 面白そうだと思ってアマゾンで取り寄せてみたのですが、なるほどねぇ〜、と納得するものがいろいろありました。
 ここ数年、テレビで県民性を扱う番組が増えた気がしますが、そうした県民性は、その地の気候風土や歴史と密接に関係があるといいます。
 今回は、『県民性の人間学』から私が印象深かった話を選んで紹介させていただこうと思います。

 まず最初は、カカア天下に空っ風で知られる上州(群馬県)の話です。


 ・・・<『県民性の人間学』、p13〜p14から抜粋開始>・・・

 県民性をつくるのは風土と歴史

 群馬県といえば「カカア天下に空っ風」となる。これが県民性の実像かどうかはさておいて、風土や歴史が県民性とどんな関わりを持つのか考えてみたい。
 群馬県(上州)は古くから養蚕と織物業が盛んだった。これには風土的な理由がある。県土のほとんどが山地であり、一年の半分近くも季節の空っ風が吹きまくる気候条件では、どうしても畑作が中心となる。しかし、現在のように交通が発達していなかった時代は、麦や野菜だけで生計を立てるのは難しい。換金作物や、家内工業が必要になる。幸い、桑(くわ)の生育には寒冷な気候が適している。そこで発達したのが養蚕であり、織物業である。
 カイコを育てるのも、機(はた)を織るのも女手が中心だから、女性の経済力や発言力は強くなる。こうして生まれたのがカカア天下である。つまり、空っ風とカカア天下は密接につながっていることになる。風土が県民性に大きく影響している好例でもある。
 上州名物をもうひとつ挙げるとすればヤクザの存在だろう。国定忠治や大前田英五郎といった歴史上の侠客(きょうかく)を生んだ地域だ。
 上州はかつて、中仙道や三国街道などが通る交通の要所だった。宿場が発達し、旅人が集まる。生業を女性にまかせているから男は遊び好きになる。賭博が盛んになるからヤクザ者が増えてくる。
 現在でも、群馬県にはあらゆるギャンブル場があり、全国有数のパチンコ王国でもある。ひとつの風土が長い年月をかけて培った県民性は、そう簡単に消えるものではないようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 次に、いわいる「江戸っ子」の歴史的背景です。


 ・・・<『県民性の人間学』、p19〜p20から抜粋開始>・・・

 「江戸っ子」をつくり出した歴史的背景

 全人口の7分の1が武士だった江戸では、商人や町人の生活に対しても武士の影響が強かった。
 たとえば、商売をする場合でも、武士が相手となれば役人相手と同じだから、いまでいう饗応(きょうおう)、つまり接待やリベート、裏金といったものが効果を持つ。金を使うことを惜しんでいては仕事にならない。迷っていてもダメで、即断即決しなければならなかった。
 しかも、武士は表面的には金を軽蔑する風潮がある。そういった金銭観も商人や町人に影響を与えていった。
 江戸っ子という言葉が生まれたのは、幕府が始まって150年ほどしてからだという。三代続いて江戸育ちが江戸っ子の条件だから、ちょうどそれくらいの年月がかかったのだが、一方の武士は多くが田舎者である。参勤交代などで江戸に仮住まいする武士は、江戸っ子から見れば当然そうなる。したがって、腹のなかでは江戸っ子は武士を軽蔑していた。
 一方では幕府のお膝元を誇りに思い、一方ではその幕府を軽蔑するという矛盾した感覚が江戸っ子気質であったが、これは近代になっても東京人に受け継がれていた。地方出身者を見下しながらも、役人にはへりくだる性格が生まれたのにはこういった背景がある。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 「江戸っ子」は宵越(よいご)しの銭は持たないのが粋であると言われています。
 私が昔聞いた話に、江戸は大火が多かったので、蓄財しても火事で一夜にして無くなってしまうので、使ってしまった方がよいという気質が育ったというものがありました。
 しかし、実際は違ったようです。


 ・・・<『県民性の人間学』、p15〜p16から抜粋開始>・・・

 県民性は自ら装う場合もある

 「江戸っ子は宵越しの金を持たない」ということばがある。気前のいいのが江戸っ子の身上だから金なんか残さない、あるときはパーッと使ってしまうんだという威勢のいいタンカだが、この言葉が逆に江戸っ子の行動を規定する場合も多かった。
 私自身、東京の下町生まれである。子供のころを思い出してみると、私の周囲には江戸っ子であることを誇りとしている職人が何人かいた。彼らはたしかに気前がよかった。ただしそれは、人が見ているときの話であり、誰も見ていないときは多分にケチであったように思う。
 つまり江戸っ子は、周囲に人の目があるときは、「期待される人間像」として振る舞ったのであり、「江戸っ子」の名に恥じないように、気前のいいところを見せていたことになる。
 似たような例は現代にも当てはまるだろう。鹿児島の「薩摩隼人(さつまはやと)」は男らしく振る舞わなければならない。北海道の「道産子」ならおおらかに構えなければならない。そういったすでに定着したイメージに、それぞれの県民も自分を合わせて行動していることが多いのではないだろうか。
 県民性はたしかにイメージだが、それは外から見たイメージだけではなく、内部の人間もまた、そのイメージに自分を合わせている場合も少なくないのではないかと思う。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なるほど、「宵越しの金を持たない」というのは「期待される人間像」を体現したものだったようです。
 やはり、実生活は地味にしないと生活が成り立たないいというのが実態だったのでしょう。

 次に、大阪人の反政府的、反官僚的気質の話です。


 ・・・<『県民性の人間学』、p20〜p22から抜粋開始>・・・

 大阪人の反官僚的な姿勢はどうして生まれたか

 大坂の場合は、江戸に比べて武士の数が極端に少なかった。人口70万の大坂に幕府直轄の武士はわずかに200人。あとは各藩の蔵屋敷に会計係の武士が2、3人いただけである。いかに商人の町であったかがわかる。
 歴史作家の司馬遼太郎は、「大坂は封建体制の影響がもっとも少なかった町である」といったが、その結果、上からの秩序や体制に組み込まれることを好まず、自由に振る舞う大坂人の性格がつくられていった。
 これは現在の大阪人にも立派に受け継がれている。つねに反政府的で反官僚的な体質、法律に縛られることを嫌う大阪人だからこそ、違法駐車も日本で最も多いのだ。
 実際、大阪の街に暮らしてみると、警官や駅員の態度がいたって庶民的なのに驚く。東京に比べると、明らかに腰が低い。
 かつて、私がこの大阪の吹田市千里にある国立民族学博物館に勤め始めたばかりのことだったが、大阪市内にあるソ連(当時)領事館でパーティーが開かれた。私も招かれて出かけたのだが、地理に不案内なため、近くまで行っても所在地がよくわからない。たまたま商店があったので領事館の場所を聞いてみると、店の主人はキッパリという。「自分はここにもう20年も住んでいるが、この近所にソ連の領事館などない」
 ところが、それからウロウロ捜してみると領事館はちゃんとあった。場所を聞いた商店から100メートルほどしか離れていなかった。
 翌日、このできごとを大阪生まれの知人に話してみると、こんな答えが返ってきた。
 「大阪人は役所になんて誰も興味を持ちません。まして外国の役所なんて知るはずもない」
 バス停などでも大阪人は並ばない。バラバラに立っている。それでもバスが来れば、順序よく乗り込んでいく。大阪人は束縛されるのが嫌いなようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そういえば、新型コロナワクチンの接種率でも大阪は東京より低かったと聞いたことがあります。
 政府やマスコミが「打て、打て!」とばかり国民を煽りに煽っていたとき、大阪人は、「なに言ってんねん、コイツ!」と思っていたのかもしれません。

 次は、有名な京都のブブ漬けの話です。
 京都人は、自宅に招いたお客さんに帰ってほしいといき、ブブ漬けを勧めるという話は聞いたことがありますが、私は古い昔の話だと思っていました。
 まさか現代でもあるとは思っていませんでした。


 ・・・<『県民性の人間学』、p22〜p23から抜粋開始>・・・

 「京のブブ漬け」はいまも健在!

 同じ関西でも、京都は大阪とはずいぶん違う。
 「京のブブ漬け」あるいは「京のお茶漬け」という言葉がある。来客の帰り際、靴をはきかけている所へ、「ちょっとプブ漬け(お茶漬け)でも」と声をかける。生粋の京都人ならこの誘いには絶対に乗らない。うっかり「じゃあ、ご馳走になります」と座り直そうものなら、腹の底から軽蔑される。「図々しいお人やなあ」というわけで、礼儀をわきまえない人間だと思われてしまう。
 このエピソードは昔から耳にすることが多いのだが、はたして本当だろうかと疑う人もいるだろう。単なるつくり話ではないか、実際にそういう例があったと開いたことはない、という京都の人もいる。
 しかし、現に私の知人の大学教授は実際にそんな経験をしているのだ。彼は京都出身の教え子の仲人を引き受け、実家に挨拶に伺った。そこで「京のブブ漬け」を勧められ、断わって角が立っても困ると思い、ご馳走になってしまった。しかしこのあとで、縁談は破談になってしまったという。「京都のしきたりもよく知らない仲人に、大事な娘をまかせるわけにはいかない」ということであった。
 京都は日本を代表する観光地であり、若い女性を中心に絶大な人気がある。しかし、この街ほど、観光で訪ねた人と実際に暮らしてみた人とのイメージが違う街はないようだ。京言葉はたしかにやさしくて物腰も穏やかだが、心のなかでは、相手がしきたりをよく知らないことをあざ笑っている場合が多いといわれる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 最後に私が住んでいる長野県(現在は諸般の事情で東京に住んでいます)の県民性です。
 これには、思わず笑ってしまいました。


 ・・・<『県民性の人間学』、p26〜p28から抜粋開始>・・・

 理屈っぽくて議論好きな長野県人

 先にも述べたように教育県長野のイメージはもはや虚像に近いが、この県のもうひとつの特徴といわれてきた理屈っぽさ、議論好きという点はいまでも変わらない。
 私は何年か前に、放送大学諏訪(すわ)学習センターのセンター長を務めたことがある。そのとき、地元の青年会議所が中心となって町づくりの学習会がもたれた。そのときつくづく感心したのが、彼らの議論好きで研究熱心な性格だった。ほかの地方では懇談会になりかねないのに、長野では理詰めの議論が続く討論会になる。
 ある座談会では、長野出身の主婦がこんな発言をしている。
 「60年安保のとき私は高校生でしたが、平素、成立したことのない生徒総会に80パーセント以上が常時出席して、毎日のように最終列車まで安保の問題を討論しました」
 理屈っぽさについては、知人の大学教授K先生が話してくれたこんなエピソードがある。
 日本史の教授だったK先生が、長野県内の小学校の先生が集まる研修会に招かれて講演をした。K先生の講演はふだんからわかりやすくて評判がいい。ところが、いつもの調子で話していても、長野の研修会では反応がない。そのうち休憩時間になったら、幹事役の校長先生が遠慮がちにやってきて、「先生、長野県ではあまりわかりやすい話だとみんなが喜ばないので、もう少しわかりにくい話をお願いします」と耳打ちしたというのだ。
 そこでK先生は、自分でも何を話しているのかわからないような話をしてみたところ、拍手大喝采だったというのである。
 昔から大学教授のあいだでは、長野での講演会は難しい話をすると喜ばれるという定説があり、どこまで本当かなと思っていたが、右に挙げた体験談を聞いて私も納得した次第である。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 自分が理解できない話を喜ぶ県民性って何? と思ってしまいました。
 こうした話を聞くと、気候風土と歴史が県民性をつくり、それが現代でも色濃く残っているんだなあと思います。



雑談を3つほど...2024年3月2日

並木さんが語る2025年7月

https://www.youtube.com/watch?v=5i-H0i49Ios

 並木さんは、2025年7月の巨大津波の原因は海底火山だと言われています。津波の発生場所はフィリピン海と言われているので、たつき諒さんと同じで興味深いです。
 私は海底火山ということに、ちょっとひっかかるものがあります。
 火山や地震のような自然災害だとしたら、はたして何月何日といったピンポイントの日時指定ができるのかという疑問が湧くのです。
 並木さんは、これは古代から計画されてきたことと言われているので、そういうケースならありうるのかなとも思いますが、ちょっとすっきりしません。
 隕石(又は彗星)落下説であれば、ピンポイントの日時指定は可能です(保江邦夫さんも同じ指摘をされていました)。しかし、火山や地震のような自然災害だと難しい気がするのです。ただし並木さんは、7月5日 または 7月25日と2つ候補を挙げておられます。
 まあ、(隕石説の発症である)NASAはDSの出先機関のようなものなので、NASAの極秘情報という触れ込み自体に怪しさを感じます(ただしJAXAだと、もうちょっと信憑性は増す感じがしますが)。
 あるいは、隕石説と海底火山説の合わせ技で、隕石が地球の近傍を通過する重力の影響(又は、彗星の破片の落下による衝撃)で、フィリピン海の海底で火山爆発を誘起するという考え方もありそうです。
 どちらにしろ、原因が火山か隕石かというのは、こだわっても意味がないことかもしれません。
 火山であっても隕石であっても、どちらも本当に起これば人類史上未曾有の大災害になることは間違いありません。フィリピン海に面した東アジア諸国の大都市や、日本の太平洋岸に並ぶ大都市が壊滅することは変わりはないのですから。

 もう一つ気になったのは、並木さんは、日本人が3分の2以下になる可能性を言われていることです。
 日月神示では、日本人は3分の1になると言っているので、むむっ、(生き残る人が)ちょっと多いなと感じます。たつき諒さんは、日本の国土の3分の1、4分の1が津波に飲まれると言われていますし、並木さんも、「それは想定外どころか想定外以上の想定外」と表現されているので、たつき諒さん同じくらいの規模を想定されているように見えます。
 だとしたら、3分の2以下という数字は、ちょっと甘いのではないかと感じたのです。
 日本は東京を含む関東平野や名古屋や大阪などの大都市圏に人口が集中しているのですから、こうした大都市圏が巨大津波で壊滅したら、3分の2という数字はあまりに楽観的過ぎる気がするのです。
 これは、多くの日本人が危機感を感じて、事前に標高の高い地域に避難するということでしょうか。
 そうだとしたら、たしかにありうる数字かもしれません。
 しかしその場合は、標高の高い地域にある宿泊施設の争奪戦が起きるでしょう。
 今はまだ静かですが、今年の夏ぐらいからマスコミでも巨大津波の話題を取り上げる機会が出てくるのではないかと想像しています。
 1999年のノストラダムスの大予言の場合は、人類滅亡だったので手の打ちようがありませんでした。恐怖の大王が空から降りてくると言われても、どうすればいいか困ってしまいます。
 しかし今回は、標高の高い地域に避難すればいい、という誰にでもわかりやすい対策があります。
 保江邦夫さんは動画で、岡山の標高の高い地域に100万円くらいで買える家があるから買っておいて、いざとなったらそこに行けばいいと言われていました。

(全13回のうちの1回目の動画)
https://www.youtube.com/watch?v=42iOThtqERg

 上記動画のタイトルに、「皆様にはあと2年間の猶予があります!」とあるので、この動画は2023年か2024年の年の初めに撮られたものと思えます。
 たしかに2年の猶予があれば、そうした対策も十分に間に合うと思います。
 2025年7月の巨大津波の件は、現時点ではスピリチュアル等に関心があるごく一部の人々の間で話題になっているだけで、日本人の大多数は知らないし、無関心です。
 ですから、今であれば標高の高い地域の古びた家をリーズナブルな値段で手に入れることは難しくないでしょう。
 しかし、マスコミが少しでもこの話題を報道し始めると、物件が少なくなるだろうなと思います。


海面上昇シミュレーター

 再び巨大津波の話題です。

 JAXAがとても興味深いサービスを提供しています。
 それが「海面上昇シミュレーター」で、現在のレベルから海面が何メートル上昇すると、日本の地形がどう変化するかを見ることができます。

https://data.earth.jaxa.jp/app/sea-level-rise/?h=20&lng=139.7670&lat=35.6820&zoom=8.00

 上記サイトで試してみると、関東平野は津波にとても弱いことが実感できます。わずか20m海面が上昇するだけで半分くらいが水に浸かってしまいます。当然ながら東京23区は水の中です。千葉も低く、霞ヶ浦から入ってきた水と東京23区から入ってきた水が交わり、千葉県は本州から切り離されて島になってしまいます。
 同じく、大都市の名古屋や大阪も同じように20mでほぼ消滅です。
 日本の大都市が、いかに海抜の低いところにあるのかリアルにわかります。
 よく安全なところとして、長野や山梨を挙げる人がいます。長野はいいのですが、山梨は中央が盆地となっていて、甲府駅付近は標高275メートルです。
 保江邦夫さんは、巨大津波を200mと想定し、勢いがあるので海抜400mぐらいまで達する危険性があるとみられているようです。それゆえ安全を見て、海抜500m以上がよいと勧めていました。
 だとすると、山梨は山付近はいいのですが、中央の盆地である甲府付近は避けた方がよさそうです。

 保江さんは、岡山の山のほうのボロ物件を勧めていましたが、海抜400mで見てみると、岡山は陸地が3分の1ほどに減ってしまいます。保江さんは郵便局などがある、ある程度、人の営みがある場所を推薦していましたが、かなり限られてきそうです。
 私の目からみて一番良さそうなのは、やはり長野で、他に岐阜の山あいなどです。日本海側であれば津波はかなり軽減されるので安全な場所は増えそうです(ただし海抜何メートルまで安全といった数字を出すのは困難です)。


QFSが始まる一つの目安?

 日経平均株価は、このところ異常な上昇を示しています。
 今から34年前になりますが、バブル絶頂期の1989年12月末、日経平均は史上最高値である3万8915円をつけた後、奈落の底に落ちてゆきました。
 言わずと知れた、バブル崩壊です。
 奈落の底の最低値は、2003年4月28日につけた7607円です。実にピーク時の5分の1(20%)にまで落ちました。
 よく暴落の例えとして、半値八掛け2割引きといいます。
 計算すると、

 0.5(半値)×0.8(八掛け)×0.8(2割引き)=0.32(3割)

 となるので歴史的な暴落は、ピーク時の3割まで落ちることをいうようです。
 日経平均は2割ですから、さらにその上をいく大暴落です。
 あれから34年、低迷を続けていた日経平均ですが、2013年からのアベノミクスによる大規模緩和によって長期の上昇を開始し、ついに今日、バブル絶頂期を超えるレベルに達しました。
 3連休を控えた2月22日、私は日経平均の動きを固唾を飲んで見守っていました。
 そして遂に、バブル越えとなり、3万9千円台に達しました(3月1日の終値は3万9910円)。
 巷では、4万円はもはや通過点で、5万円を期待といった景気の良い声が聞こえてきます。
 そういえばバブル期の市場では、次は5万円、いや7万円まで行く、といったユーフォリア(過度な幸福感、陶酔感)的な声が満ちていたらしいのです。
 よく言われることですが、市場参加者が一斉に強気な発言をした始めたときがピークになると言われます。
 私には、そのピークが目に前に迫っているように感じます。

 In Deep さんのメルマガに、急上昇する日経平均に関するコメントがありましたので紹介させていただきます。

 ・・・<In Deep さんのメルマガから抜粋開始>・・・

…それにしても、今、なんか全体的におかしいですよね。

日経平均が過去最高値を更新したことが伝えられていますが、
この 10日間くらいの値動きは狂気じみていましたもの。

上がる材料が何だかわからないまま、暴騰を続けるという…
バブルというより狂気に近い気がします。

Yahoo! で、この日経平均のことを報じていたページの下に、
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6492521
アンケート「みんなの意見」で、

「景気の動向をどう感じていますか?」

という質問があり、それに対しての答えは以下となっていました。


 ・良くなっている 4.5%

 ・どちらかというと良くなっている 5.4%

 ・どちらかというと悪くなっている 19.7%

 ・悪くなっている 67.3%


これは正式な世論調査ではないですが、

「回答者の 9割が、景気が悪くなっていると答えている」

わけで、まあ実際、日本は景気後退入りしているのですから、
不思議な話ではないですが、
その中で、連戦連勝で株価が暴騰し続けるというのはすごいですねえ。
アメリカの株価も同じですけれど。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本国民の9割が景気が悪くなっていると感じているのが実情です。
 よく、中小企業は苦しいが、大企業は円安を背景に好調な業績を上げていると言われます。
 しかし、業績がいいのは半導体や自動車などのごく一部の産業であり、全体としてみると景気は悪いといえます。例えば、以下のようなニュースが流れているようです。

・オムロン    国内1000人程度の希望退職募集
・イトーヨーカ堂 早期退職に700人応募
・資生堂     国内で早期退職1500人募集

 実際のところ、四半期のGDP成長率が2期連続してマイナスなることを不況と言います。日本はまさに2期連続マイナスとなり、正式に不況入りしたことが確認されています。
 ところがそんな中、株価はバブル期を超える超暴騰とも言える急上昇を示しているのです。
 In Deep さんと同じように、私も「狂気」めいたものを感じます。
 テレビでは、半導体景気に沸く熊本県菊陽町がよく報道されています。
 大規模半導体工場によって、地元の不動産が値上がりしたといった、にわか景気に沸く町の様子が伝えられています。
 国民の9割が不況を感じている中、日経平均が史上最高値を更新した不自然さを糊塗する為にも、景気の良い半導体の話題を取り上げざる得ないというところなのかもしれません。

 日経平均と同じく、NYダウも4という数字に近づいています。
 現在3万9000ドル近辺にいて、日経平均と同じように4万直前まで来ています。
 この4万という数字は、以前「Q」が言っていたという話があります。
 その部分を引用させていただきます。

https://ameblo.jp/guanyin15/page-7.html

 ・・・<抜粋開始>・・・

そして過去のQ Postにはこのようなことが書いています。

A. Qポスト225
2017 年 11 月 25 日
午後 1 時 20 分 08 秒(東部標準時)
米国の指導者の交代
南アフリカの指導者交代
ドイツの指導者交代
パキスタン指導者の交代
40,000フィート
(8、7、6、5、……)
Q

B. Qポスト1402
2018 年 5 月 17 日
午後 2 時 30 分 25 秒(東部夏時間)

1444934
最初に何が起こらなければならなかったのでしょうか?
論理的に考えてください。
司法省とFBIを考えてください
掃除を考える
#64
パズルの完成か?
私たちははるか昔に巡航高度 40,000 フィートに到達しました。
着陸態勢に入りましたら、シートベルトをお締めください。
座席の背もたれと折り畳み式トレイが完全に直立した状態であることをご確認ください。
Q

 現在実際に司法省とFBIの内部告発者出てきて色々と米国国会でも話し始めています。そしてもしかするとダウが$40000に到達した際には色々なことがもっと暴露され、株価の大暴落も始まり、バイデンの解任、南アフリカ大統領の解任、ドイツ大統領の解任、そしてパキスタンの大統領も同じ時期に解任されれば、本当にネサラ・ゲサラ法の発表や本当の意味で未来時代に入るのではと思っています!そしてそのために意図的にダウをここまで上げている可能性もあります!
 なぜなら殆どの上場企業は軒並み社員を現在切っています!そしてダウ$40000が引き金となるのを期待しています!

 ・・・<抜粋終了>・・・


 Qのインフルエンサーの間では、「ジェイコブ・ロスチャイルド卿が87歳で死去」のニュースこそ、金融崩壊の合図だとささやかれてています。
 そうなのでしょうか……。
 実際のところ、私には時期はわかりませんが、NYダウが4万ドルを超えたら、大いに注目しようかなと考えています。



『天を味方につける生き方』から(2)...2024年2月24日

 今回も前回に続き、山納銀之輔(さんのうぎんのすけ)さんの話題です。
 銀之輔さんの動画を観た方はご存じだと思いますが、銀之輔さんは19歳のとき、満員電車の山の手線に乗っているとき、見知らぬ老人から手相を見られて、「あんたは、100万人に一人の手相だ」と言われます。
 その老人は手相から銀之輔さんのこれからの人生のを語ったのですが、それが見事にその後の銀之輔さんの人生の歩みと一致したようです。
 銀之輔さんが“高田馬場のじいちゃん”と呼ぶその老人は、銀之輔さんは人の何十倍も苦労するけど、自分の信じた道を歩むようにと言ったそうです。
 今回は、そうした銀之輔さんの(人の何十倍も苦労した)人生の挫折を取り上げたいと思います。
 銀之輔さんの挫折は3回あったようです。
 まず最初は、青年実業家として順風満帆の人生を歩んでいた20代の頃です。

 『天を味方につける生き方』(山納銀之輔著、ヒカルランド)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p130〜pから抜粋開始>・・・

 おいしい話には裏が有る。6400万持ち逃げ事件

 高田馬場のじいちゃんが、日本の代表になるっていった26歳のときに、さっきも言ったけど、俺は全国大会で優秀賞をもらって、その流れで20代の経営者の代表になって小渕総理と対談しました。本当に起こったんです。
 その頃は金儲けをしていたんですよ(笑)。スーツを着て、外車を乗り回して、車が12台あったから、毎月車検でした。今はその頃の自分が本当に大っ嫌いですね。みんなにチヤホヤされて、テレビにも出ていたから、調子に乗っていた。いろんな人が寄ってきて、ものすごくいろんな電話がかかってきて。持ち上げられて、誰がいい人で誰が悪い人か全然分からなくなりました。
 今考えると下心のある人がいっぱい現れてたんです。そんなときにとてつもなく大きな仕事が舞い込んで、下請けまで雇ってやりました。そうしたらね。その中間に入った会社がいなくなっちゃって6400万円が消えちゃった。
 持ち逃げされた6400万円、全部俺の借金。だって俺が元請けでしたから。俺が払わなきゃなんないから、下請けに。大損害なんてもんじゃなかったです。どうにもならなくて悔しさと怒りと悲しみの毎日。
 もうこれ死ぬしかねえって思ったんですけど、でもそのときはこらえたんですね。何とかなるだろうと思って。頑張って稼ごう、俺ならやれるって。
 月末の集金と支払いの心配だけ考え続けて、従業員全員に仕事が行き渡ってるか目を配って、ずっと計算し続けて3年間。毎日3カ所の銀行が金を取りに来て全然面白くも何ともないよね。3年間で十二指腸潰瘍に8回もなりました。

 人生最初のどん底、俺はお金の奴隷をやめた

 もしこのまま70歳になったら、俺は多分お墓に入るときにすっげえ後悔すると思った。
 「一生に1回しかない人生がこれかって。経営者としての俺は、売り上げやお金を増やしたその先に幸せがないと気づいちゃったんです。それで会社を解散することに決めました。車も家も、実家も事務所も会社も、借金のかたになくなった。ゼロから出直しだって思いました。会社を解散するときに、従業員のことがどうしても引っかかってたから、全員いい会社に紹介して、それから解散しました。俺は無職になり、子どもが3人いる幸せな家庭ともお別れすることになりました。
 そして、新しい人生を歩むために村づくりを始めたんです。お金が無くても心配事がないように、すごく気の合う仲間で、いつもみんなと笑って暮らせる村をつくりたい。みんなが自給自足で暮らせるようにしよう。「村づくり」なんて聞いたこともなかったころの話です。「エコビレッジ」と今は言われていますが、そのころはエコビレッジなんて名前もないし、DASH村もなかった。変わり者扱いでした。
 「みんな、ついてきてくれよ。一緒にやろうぜ」と言っても誰も来なかった。親友と思っていたやつも来なかった。俺に話しかけてくれる人もいないし、優しくしてくれる人もいない。会社を解散したとたん、仲良いと思ってた人たちが全員冷たくなって、それがあまりにも悲しくて俺の心はそのときズタズタになっちゃった。

 6回の自殺未遂。だけど……死ねない!

 それまでの仲良くしていたみんなに背を向けられて、そのとき完全に死のうと思って。
 首つりしたんです。最初はヒモで。でも毎回切れちゃう。ヒモを太くして、これは切れないだろうっていうヒモが切れちゃうんです。最後はタオルでやったの。そうしたらうまくいって、俺はやっと意識を失いました。6回目だった。
 でも気が付いたら、あれまだ俺生きてるっていう状態。タオルがちぎれていました。6回やって死ねなかった。
 もう分かった。人は寿命が決まっていて、そんときまでは絶対死ねないようになってるんだと思った。どんなにつらくても生きるしかないんだって思いました。
 それで俺が本当に幸せを感じることはなんだろうって考えました。
 俺はやっぱり誰かが喜んでくれることが大好きなんです。家の医者を始めたのも誰かに喜んでもらえたからだった。
 もうこんな孤独は終わりにしたかった。でもどうやって?

 お金は人生ゲームの券 ただの紙切れだ

 そう思ったときに、友達のナイジェリア人のサムエルのことを思い出した。サムエルはよく俺ん家に来て衛星放送でBBCニュースやCNNニュースを見てた。そしたら全然日本のニュースと違うこと言ってるんです。日本では「戦後最大の好景気です」なんて言ってるのに、「日本は韓国に追い抜かれるでしょう。日本の借金は2兆円になります」とか言ってる。「何それ。聞き間違いじゃないの?」「本当だよ」って、それをサムエルが全部説明してくれるんです。通訳して。あれ? 日本のニュースって嘘つくことあるんだ。
 それで俺たちはコントロールされてる、ってわかっちゃったんですね。コントロールされていることを知って、そのときに急にお金が人生ゲームの紙切れに見えたんです。日本のコインには日本国って書いてあるのに、紙幣には日本銀行券って書いてあったの。券なのただの。俺をあんなに苦しめて、俺の周りの人間がいなくなった人生ゲームの券。ただのチラシと同じ紙切れに見えた。そのことを思い出したんです。
 お金ってなんなんだって思いました。なんでお金が必要なんだろうって。食っていくため。それならもし食べものが溢れてたらって考えた。じゃあ家は。みんながローンを組んで家を建てているけど、じゃあ家も余る程あったり、つくるのが簡単だったらローンも組まなくていいよねっていう所に行きついたんですね。
 だから、全部つくっちゃおうと思ったんです。広い所でみんなでつくれば、もし日本円が紙切れになったとしても何とかなるだろうって。どうせもう誰もいない。俺はひとりぼっちだから今から仲間を集めて、友達をこれから作っていこうと。今度は本当の友達を作ろうと。その村で本当の幸せを手に入れようって。

 全てが金だった20代で俺は人の裏切りを知った。金が全てじゃないこと、もっと大事なことがあるってことが分かった。だから俺の村は金が必要ない楽園にしようと思ったんです。衣食住、全部そこでまかなえて。生きるために必要な物は全てそこにあって、俺が大好きな人たちと笑顔で暮らせる村をつくろうって思ったんです。その時、俺は30歳でした。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 銀之輔さんは、6回も首つりにチャレンジしてことごとく失敗しました。
 そういえば、奇跡のリンゴで知られる木村秋則さんが自然栽培に絶望して首をつろうと岩木山に入った話を思い出しました。
 適当な枝が見つかり木の枝にロープを投げると、そのロープがあらぬ方向に飛んでいき、その先に見事なリンゴの木を発見します。自然に自生するそのリンゴの木を見て、木村さんは自然栽培のヒントを得ます。
 サアラさんが言っていましたが、人はハイヤーセルフが許可しない限り、死ぬことはできないそうです。その人の人生の計画があり、死ぬタイミングが来ていない限り、死のうとしてもどうしても死ねない、という現象が起こるそうです。
 普通のタオルは成人男性の体重を十分に支えられる耐久性があると思うのですが、死ぬ時期でないと、それが切れてしまうわけです。
 さて、立ち直った銀之輔さんですが、栃木県で村づくりを成功させます。
 まさに銀之輔さんが望んだとおりの食料自給率90%以上のエコビレッジです。しかし、天は銀之輔さんに更なる試練を与えます。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p144〜p147から抜粋開始>・・・

 食料自給率90%以上のエコビレッジ

 栃木の村には徐々に全国から仲間が集まってきた。気づけば、食料自給率90%以上の本当のエコビレッジだということがわかったんです。買うのは塩とか砂糖とか油で、それ以外は全部つくれます、もしくは採れますという状態にすると、一生食べていける。「やった、ここで一生、みんなで食べていこうぜ」と思った。
 でも日本人である限りは、ガソリン代と電気代がかかる。あとスマホ代もかかるし、服もマサイみたいに布をかぶるだけじゃダメだから、買わなきゃならない。じゃ、どうするのか。ちょっとのお金を稼げばいいんです。4000万のローンを組むほどいっぱい稼がなくていい。
 俺はエコビレッジ研究家だから、いろいろ研究しました。いろいろな国に行って、日本でもいろいろな村づくりに参加して、わかったことがある。
 例えば、この20人全員で「一緒に村づくりしよう。うちのじいちゃんが死んで余っている土地があるから、そこでみんなでやろうよ」ということでやったとします。そして90%以上の自給率まで一気に畑をつくって、家もつくったとしたら、1カ月幾ら稼げばいいか。
 みんな悩むんです。だってスマホ代がかかるじゃない。ガソリン代や子どもの養育費はどうするの、となってくる。4人から20人の村があったら、1カ月の収入は一人幾らあったらいいと思いますか。
 答えは一人3万円です。4人で12万円あったら、その村は電気代もガソリン代も全員のスマホ代も、子どもを学校に行かせるのも全部大丈夫です。そうなっています。20人いてもです。
 問題は20人を超えたときです。実際は12人を超えたときから厄介です。いろいろな村を見てきて思うのは、11人までがすごくいい村づくりになりますね。12人になると、突然、何もしない人が出てきます。ただいるだけ。だけど御飯は誰よりも食う(笑)。これは本当の話です。12人以上になると、大体そうなってきます。
 20人、30人になっているところがイタリアにもあるんですけど、人数が増えるとどんどん決まり事がふえていくんです。そして会議が開かれる。会議が開かれるとどうなるかというと、必ずマイナスの人が出てくるんです。「これはダメだと思うよ」が出てくる。決まり事をつくっちゃうと楽しくなくなるし、村づくりがとまっちゃう理由になります。だから会議は開いちゃダメです。そして、11人でとめておいたはうがいい。
 もしふえた場合は、しょうがないから、1日4時間、村のことをしてねと。4時間やれば大丈夫です。あとは自分の好きなことをやる。何もしないで寝ていてもいい。一人4時間、村のことを何でもいいからやる。料理でもいいし、片づけでもいいし、家づくりでもいいし、畑作業でもいい。釣りに行くのでもいい。何でもいいんです。4時間やれば、日本では成り立ちます。

 2度目のどん底〜3・11で村が全滅

 順調に育っていた栃木の村は、ある日終わりを迎えることになります。
 俺は今ごろ栃木で村長になって、ずっと幸せに暮らしていたはずが、東日本大震災があって全滅です。何で栃木が関係あるのと思ったら、福島原発から透明なにおいもしないやつが流れてきてた。
 2011年10月に弟子たちが血便を出して、周りの犬が死に始めた。なんかおかしい。植物が奇形なんです。お茶の新芽が、葉っぱの先からもう一個出たり、ツクシが全部茶色になったりして、これはなんかおかしいなと思って市役所に電話したら、ガイガーカウンターを持って来てくれて、「除染区域です。チェルノブイリの倍ですね」。じゃ、避難区域でしょうと思うんだけど、危険値の規定の数値が上がっていて除染区域なんです。何のための数値? と思うけど、それで結局、野菜もつくれない。10年かかって作り上げた、全てをつぎ込んだ村が全滅です。
 もう泣くしかない。村は持っていけない。仲間は帰ってこない。これから俺はどうやって生きていったらいいのか。村づくりしか得意なものはないし、この村が全財産だしと思って、悲しくて泣いていたら、「全国を回って、それを伝えてみたらどうですか」と言う人があらわれたんです。確かに避難した人はみんな、仕事も家も失っているし、親戚も友達もいないところで、新しい人生を始めている。そのときに古民家の直し方を教えてあげたり、半年で自給自足がうまくいくような仕組みを伝えていこうと思って、北海道から九州まで回ることにしたのです。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 こうして銀之輔さんは、全国を回って村づくりを教えていきます。
 そうして、宮崎県でハワイみたいなところを見つけて、再び村をつくります。現地の人が、「土地が余っているから、自由に使っていいよ」と言ってくれたのです。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p150〜p157から抜粋開始>・・・

 最初は「土地が余っているから、自由に使っていいよ」と言ってたんです。だけど、道ができて小屋も建って、畑もできて素晴らしい場所になってきたら、「これは売れるぞ」となって乗っ取られた。
 今まで手伝ってくれた人たちや、仲がよかった人たちもかばってくれなかった。その乗っ取りは、なんと6人組だったんです。道具も全部取られて、追い出されるかたちで本当にすべてを失った。それで人間不信になりました。これは震災で村を失うのとは全然違う。人生で一番つらかったですね。人間に裏切られるというのはどれだけ悲しいか。怒りと悲しみと執着が襲ってきて。楽しかったあの頃にどうやったら戻れるか、いくら考えても出てこない。どうしようもない。残ったものは、怒りと喪失感。
 必要とされなくなった時、生きがいをなくした時、人間は一番苦しい。

 3度目で気づいた「どん底って広いな」

 それで、行くあてのない俺はドングリの木の下で寝ました。
 家も水道も何もないし、このまま野たれ死んで、1年半後か10年後かわからないけど、白骨で見つかるんだろうな。父ちゃん母ちゃんが、ちゃんと育ててくれて、わがままも聞いてくれたのに、俺はどこに行ったかわからない。探し回っても見つからずに、10年後に白骨で見つかったりしたら、父ちゃん母ちゃんに悪いなと一番先に思いました。
 あとは裏切った人たちへの怒り、何もなくなった悲しみ、誰もいなくなった悲しみ、それとやっとつくった村というすてきな場所への執着です。

 このとき、喉が渇いて、たまっていた水を飲んだら、食中毒になってしまいました。
 高熱を出して、吐いて、下痢して、おなかが痛くて……。感情爆発の上にさらに胃潰瘍にもなっているんじゃないかというぐらい辛かった。
 苦しくて、泣きながらどんぐりの木の下に横たわっていました。ずっと涙が出てくるんです。水を飲んだ量よりも涙が出てくる。泣きながら、悔しくて悲しくて、いろんなことがグルグルグルグル回って全然眠れない。怒りと悲しみと執着が次々襲ってくる。
 それが何日か続いて、本当に自分が弱っていることに気づいて、衰弱してこのまま死ぬんだなと覚悟を決めました。

 覚悟を決めたとき、
 「どん底って広いな」
 と思いました。どん底より下がないから、何も怖いものがない。

 「これ以下はねえんだ」

 それまでどん底に落ちたくないと思って必死でしがみついていた崖っぷちは、ただのとんがった山だったということに気づきました。
 全部見えるんです。
 「何だよ、こういうことか」と思いました。

 俺は善も悪もないと決めた

 俺はそのときに、多分このまま1週間も生きられないだろうと思って、神様に何を言おうか決めました。
 どん底に落ちたらどうなるかというと、『神様がいるんだったら殺してやる』と本当に思います。こんなつらい思いをするんだったら、何でひと思いに俺を死なせないんだと絶対文句言ってやると思いました。今でも、死んだ後に神様に会ったら言おうと思っている文句が四つぐらいあるんだけどね。

 そしてそのときに気づいたのは、『私たちは光の存在だ』と言って正義感を振りかざしている人は、複数人集まるとどんな悪いことでも平気でするということです。それが正義と思っているから、何でもできる。
 そもそも戦争は、宗教争いとか領土争いとかでしょう。自分が正しい、自分が善と思っている人がやるんです。
 だから俺は、悪魔に魂を売ってでも、これからの人生を生きられるのだったら、10日でも1カ月でも生きられる分は、悪魔とも仲よくしようと決めたんです。善も悪もないと決めました。

 死は生きるを見つける

 人はどん底に落ちると開き直ります。
 本当に自分が死を覚悟したとき、死を恐れるんじゃなくて、どうやって死ぬまで生きていこうか……と考える。死ぬしかないとなった時、
 『俺の人生がこんなふうに終わるのなら、したらいけないと言われたこと全部やって、人生をもっと楽しむ生き方を選んでいたのに』と思いました。

 結局、本当に死を覚悟したときに、生きるを見つけるんです。死は生でもある。
 生きるを見つける旅がそこから始まるんですね。

 俺は、とりあえず神様に立ちションをひっかけようと思ったんです。そのぐらい全てが嫌だった。とにかく人間が大っ嫌いになってました。

 1週間寝たきりで、8日目の朝になりました。
 森の中にいると、日の出がわかるんです。最初、虫が鳴きます。そしてピタッととまってシーンとなる。その次、鳥が鳴きます。そしてまたピタッととまってシーンとなる。次に両方鳴くんです。そのときが日の出です。世界中どこに行ってもそうです。
 俺は日の出とともに太陽に向かって立ちションすると決めていました。
 「今だー!」となったとき、丘の上で太陽に向かって立ちションした。
 そうしたら、ピカーッとなって、とてつもない気持ちいい風が吹いて、鳥がバタバタバタとなった。夜露でクモの巣がキラキラ光って、ものすごく美しい。
 「こんな美しい景色を見せてくれてありがとう! 神様」
 と、思わず感謝しちゃったんです。ついうっかり裏切った6人にまで。

 よくスピリチュアルな人が、雲を見て龍がいるとか言うけど、あれは雲だよねと俺は思っているけどね、立ちションしたときに吹いたものすごい風、あれはたしかに龍っぽかったんです。本当に龍だなと思うぐらい、こうなって、あそこら辺にとまったんだなという感じがあった。これは二度と言わない。俺はスピリチュアルな人と思われたくないから(笑)。今日だけ言います。本当にそう思いましたね。
 今思うと、この時に善も悪もどっちでもいいって思えるようになってから、イラッとしなくなりました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 銀之輔さんが味わった3つの挫折のうち、最初の1つ目はありがちな話です。
 若くして事業に成功し、周りから人が集まってきて、チヤホヤされて有頂天になる。そしてお決まりの不幸に見舞われ、奈落の底に突き落とされる。要するに集まってきたのは銀之輔さんの人間的魅力に魅かれた人たちではなく、“お金”に魅かれた人たちだったわけです。
 しかし3番目の話は、ちょっと考えさせられるものがあります。
 最初の挫折で身に染みた銀之輔さんは、お金とは違う価値を見出すべく、宮崎の地で村づくりを行いました。
 そこに集まってきた人々は、銀之輔さんのお金ではない新たな価値観に共感したからこそ一緒に村づくりに励んだと思われます。
 しかし村づくりが成功し、村が高く売れるとなると、突如銀之輔さんを見放します。

 私は、中学時代の同級生の話を思い出しました。
 彼は、大学卒業後、日本では名の知しれた大手の保険会社に就職しました(本社は東京。企業名は伏せます)。
 そこで彼は、車の損害保険の部署に配属され、車の事故の査定を行う仕事に就きます。自動車事故が起こった際に、車の破損状況を査定し保険額を決める仕事です。
 そうした仕事に就いて数年後、彼と一緒に飲んでいたとき彼はしみじみと語りました。
 「俺は、人間の本性を見たよ・・・。どんなに良い人だと思っても、いざお金が絡むと人は変わる・・・」
 どういうことかというと、査定する際に、交渉によって1円でも多くお金をもらおうと、査定する彼にあれやこれや要求してくるというのです(時には、恫喝まがいのこともあるそうです)。
 査定にはマニュアルがあり、これくらいの損傷なら、これくらいの保証額になるというのが決まっているそうです。それを説明しても、何かと難癖をつけて、1円でも多くもらおうと強く粘ってくるのだそうです。
 普通の真面目そうな人が、お金の話になると突然豹変するのを何度も経験したそうです。
 お金に対する人間の欲望に真正面から向き合う仕事であり、彼は人間不信に陥ったと言っていました。
 私は、「でも都会の人ならわかる気はするけど、田舎の人なら違うでしょう?」
 と尋ねてみました。
 彼は、ある地方(地名は伏せます)に転勤になったことがあり、そこでも査定課の仕事をしたことがあったからです。
 私の問いに彼は即答で、「全然違わない!」と答えました。その顔には憤りのようなものを感じました。
 転勤前、彼は会社の上司から、「あそこ(地方)は人が良いから、楽になるよ」と言ってくれたんだそうです。彼も田舎でのんびり仕事すれば、人間不信が少しは解消するはずだと思ったらしいのですが、実際はお金を前にすると、人間の本性が現れることは田舎でも同じだったというわけです。

 銀之輔さんの話に戻りますが、宮崎の田舎で「土地が余っているから、自由に使っていいよ」と言ってくれた(良い人に見えた)人も、いざお金が儲かるとなると、本性が出てきてしまったということでしょう。
 一緒に村づくりに励んだ仲間ですが、銀之輔さんが無一文で放り出される事態になったのに庇(かば)わなかったというのは信じがたいものがあります。
 理想に燃えて一緒に村づくりに励んだ仲間であれば、銀之輔さんが酷い目に遭っているときに見て見ぬふりなんてできないと思うのです。
 裏でお金が動いていた可能性は高い気がします。

 ショーゲンさんは、2025年7月から日本は生まれ変わる、全く違った世界になると言っていました。
 私は、いざお金が絡むと、お金を優先する、友を裏切るという本性を表わす人は、新たな世界では生きていけない人だと思っています。



『天を味方につける生き方』から...2024年2月17日

 私は最近、本がスムーズに読めなくなった気がします。
 読み始めると、すぐにあくびが出て眠くなってしまうのです。それでもこらえて読み続けると、我慢の限界が来て、うとうとと居眠りを始めてしまいます。
 以前は、少々分厚い本でも1日で読みきっていたのですが、最近は数日かけても読み終わらない感じです。
 やっぱり歳をとって集中力がなくなったのかなあ・・・、と思ったりしていました。

 ところが、『天を味方につける生き方』(山納銀之輔著、ヒカルランド)を読んだときは、全然違いました。
 話が面白くて、夢中になってあっという間に読んでしまいました。
 普通の本に比べて文字数が少ないという点もありますが、とにかく話が面白くて夢中になってしまったのです。
 本を読んでいる最中に、「あれっ、あと半分しかない、もっと読みたいのに・・・」という感覚におそわれました。こんなことは今までなかったことです。
 たしかに歳をとって集中力が落ちたこともありますが、結局のところ腹の底から面白いと感じる本に出会っていなかったということだと思います。

 今回は、そんな私が夢中で読んだ山納銀之輔(さんのうぎんのすけ)さんの本から抜粋して紹介させていただこうと思います。
 いろいろと気づく点があったのですが、まず「食」に関する話題から取り上げたいと思います。

 銀之輔さんがアメリカのサンタフェで現地の先住民のお宅にホームステイしたときの話です。
 夕食に出てきたのが、なんとトウモロコシ6粒だったといいます。もちろん何の調理もしていない、自然に自生しているトウコロコシから採ったばかりの粒です。
 銀之輔さんはエコビレッジ・ビルダーという体力勝負のガテン系の仕事をしているだけあって、たくましい体つきの人です。そんな成人男性に、夕食として6粒のトウコロコシを出して、「夕食だ、食え!」という神経は(日本に住んでいる限り)ちょっと信じがたいものがあります。
 銀之輔さんも、これが本当に夕食だったら脱走だ! と思ったそうです。

 では、衝撃的なトウモロコシ6粒の夕食の話です。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p122〜p126から抜粋開始>・・・

 6粒のトウモロコシ

 ここで衝撃的な出来事がありました。
 ホームステイするところが、何とアメリカ先住民の村だったんです。
 さっきの写真のように草がちょっとだけ生えている砂漠地帯に、トウモロコシが2本だけ生えていました。そのドライフラワー売り場で売っているような小さなかたいトウモロコシをむしって、6粒俺に見せるんです。「きれいだね」と言ったら「食え」と言う。「生で?」と思うよね。カチカチです。「いいから食え」と言われて、まさかこれがきょうの晩飯じゃないよね(笑)。着いた日にこれだったら、すぐに脱走だよと思ったら、まさかの晩飯だった。味つけも何もない。「いいから食ってみろ」というんです。
 それを1粒口に入れた瞬間に、栄養ドリンクを10本飲んだぐらいグワーッとなった。
 「何これ?」
 胃で消化して、腸から吸収されてないですよ。口に入れた瞬間です。
 これが生命エネルギーなんだなと思いました。
 結局、ビタミンとか栄養学とか関係なくて、枯れた大地ですごいエネルギーを吸い取って生き延びた2本のトウモロコシ、それが本当の真実のエネルギーなんです。このアメリカ先住民の村の人たちは、みんなすごくタフで元気で健康です。だってこれを食べているんだもんね。すご過ぎて、結局は6粒も食えなかったです。
 そこの村で2週間暮らしました。病院も薬局もないのに、寝たきり老人は1人もいない。怪我もすぐに治るし、誰も病気にならない。俺が日本で今までやってきたことは、一体何だったんだろう。
 俺はその頃、マクロビオティックというのをやっていたんです。きっとこうあるべきだ、こうじゃなくちゃいけないの塊だったんでしょうね。体が喜ぶのではなくて、こうやっているから俺は幸せでいられるんだという安心を脳で食べていました。
 でもこの村に行って、それが完全にままごとだったと気づくんです。だってみんな、すごく元気で幸せそうなんだもん。
 結局、この人たちが食べていたのは、今、世界でスーパーフードと呼ばれている、セレブが食べているやつだったんです。彼らは知っていたんだよね。

 聖地で起きた全自動の奇跡

 アメリカ先住民の人は働いてないんですよ。たまにサンタフェで、日曜日にゴザを広げてアクセサリーを売っている人はいますが、俺が行ったところはその必要がなかったんです。なんで毎日、食べ物が手に入るのか。聖地があるんです。
 砂漠の中にちょっとした丘みたいなところがあって、同じ気候なのになぜかそこだけ緑がある。森になっていて、そこに入ったら、見えない線があって「あっ、聖地だ」とわかる場所がある。そこに行くと、その日食べる分が絶対に手に入る。ウサギとか、シカが捕れるときもある。いろいろなものが絶対に手に入るんです。神様がいるからとか、魔法使いの長老がいるからとかじゃなくて、当た前のように普通にそうなっている。
 ある日、出産があって、出血多量でお母さんが死にそうになったんですね。病院はないし、助産婦さんもいないから、ヤバいぞとなった。そのときに、「行くぞ」と男たちが言うので、俺もついていったら、聖域に入ったところの小道に鹿があらわれて、頭をうなだれるんです。捷毛が長くて二重瞼で可愛いなと俺は思ったけど、「授かった」と言って平気で狩るんです。お礼を言って、感謝をして、そのお母さんは生き延びるんです。
 これはスゲエなと思いました。でも、アメリカ先住民だけがそんな特殊能力を持っているはずがない。ほかにもそういう人がいるんじゃないかと後からいろいろ考えたら、アボリジニもそうだし、ミャンマーのシャン族とか、ピグミー族とか、パプアニューギニアにもいるし、そういう少数民族はいっぱいいます。いつからどの境目でその能力がなくなるのか。もっと調べたいという欲求から、いまだに世界中を回っていますけど、本当にすごいのは「全自動」なんです。

 なんのためにいっぱい貯め込むのか

 アルバカーキでは最高の2週間を過ごしました。
 アメリカ先住民の人たちにお世話になったから、「お礼にいいことを教えるよ。トウモロコシ、小さいじゃない。俺は自然農というのを日本で教えているから、どうやったらいっぱい大きいのが育つか教えたいんだよね」と通訳の人に言ったら、「本当にそれを言うの」と言われた。
 「教えたいよ、お礼だから」と言うと、「じゃ、一応、言っておくよ」
 通訳の人が「こういうふうに畑を耕したら、野菜がいっぱいできるとあの日本人が言っているよ」と言うと、「そんなこと、とっくに知っているよ。耕したら、空気が入ってバクテリアがふえて野菜がデカくなるんだろ?」
 学校も本もないところで、よく知っているなとびっくりして、
 「じゃ、何でやらないの」
 「じゃ、逆に聞くけど、何で日本人は必要以上のものを取ろうとするんだい。おまえは俺たちと2週間暮らして、一回も食べ物に困らなかったろう。ちゃんとおいしいものを毎日食えたのに、何でそれ以上のものを欲しがるんだい」
 何にも言えなくなったね。そういえば、何でだっけと思った。この人たちが、何ででっかくする必要があるのと俺も思った。全然お礼にもなってないよね。それを7世代前から習っているから、7世代後までそれを伝えなきゃならない。
 「もし耕したら、でっかくなる。でも、今年はそうだとしても、来年は大地のエネルギーがなくなって採れなくなるんだよ。そのときどうするんだよ」と言われたんです。
 日本人はそこで、多分お金を使うでしょうね。それをやらなかったから、この人たちはお金が必要ないんです。
 何のためにいっぱいため込むのか、何のために余計なものを手に入れる必要があるのか、大きな間違いがあることをここで俺は学びました。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 すごいです!
 大の男が、夕食にトウモロコシ6粒が量が多すぎて食べきれなかったというのですから!
 トウモロコシ1粒を口に入れた瞬間、「栄養ドリンクを10本飲んだぐらいグワーッとなった」というのですから、消化器系を通してエネルギーを身体に摂り入れたわけではないことは確かです。
 トウモロコシの粒に含まれた何か、大地のエネルギーのようなものが銀之輔さんの身体を満たしたということでしょう。
 不食の人は空気中のプラーナを体内に摂り入れているという話を聞いたことがありますが、これはプラーナなのでしょうか。それとも私の知らない大地のエネルギーのようなものでしょうか。
 私はぜひ、このトウモロコシの粒を食べてみたいと思いました。

 銀之輔さんによると、このトウモロコシの粒よりもっとエネルギーに満ちた食べ物があったそうです。
 銀之輔さんがホームレスとなり、森の中で寝泊りしていたときの話です。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p176〜p177から抜粋開始>・・・

 乙事主(おつことぬし)の魂を授かる

 狩猟採集生活の中で、イノシシもさばけるようになりました。
 もののけ姫の「乙事主」みたいな、とてつもなくでっかいイノシシが山にいるんですよ。何を食べているのというぐらい衝撃的に大きいのがいる。食うものがないから、そういうでっかいイノシシを一度さばく羽目になりました。
 ものすごい恐怖です。生と死の向き合い。怖いもののない俺だからいけたけど、向こうも命がけなので、やられる人もいる。新聞に年に1回ぐらい、イノシシに殺された人のことが載っているけど、「多分、こいつだな、犯人」と思うぐらいデカかった。
 俺は銃とかは使わないから、槍で心臓を刺す。普通は10分ぐらいで出血多量で死にます。
 だけど乙事主は、しばらくしたら、キョトンと治っちゃった。「こいつ、生き延びたんだ」と思った。だけどここまで怪我をさせたから、やっぱり責任をとって向き合おうと思って、一回抜いて、もう一回刺しました。そうしたら今度は、全く暴れずにジーッと俺の目を見る。そこから15分間見詰め合った。絶対に目を離せない。「この野郎、俺を殺しやがって」という目で見ると思うでしょう。恨みとか恐れはありません。死ぬのが怖いとも思ってない。
 ジーッと俺の目を見て何を訴えるかというと、「俺の命をおまえに託したぞ。あとは頼んだぞ」という目をするんです。15分間、死ぬまでずっと、1秒も目を離さない。そして、死んだなとわかるんです。
 死んだ後、まだ温かいうちにさばくんですね。そうしたら見たことのないゼリー状の泡がありました。何だろうと思ったら、これが1回目の心臓の穴を塞いでいた。生命力が強いんです。野生に帰ったら病気にならないのがわかる。人間も相当強くなります。
 そのときのイノシシは、アメリカ先住民の村のトウモロコシよりももっとすごいエネルギーだった。一口、口に入れた瞬間に、まだ飲み込んでないのにブワーッとなる。魂があるとしたら、この人間のボディの形を完全に超えています。そのときに完全にイノシシの魂を授かったと思いました。それから元気に生きて、今あれから9年たっていますが、ピンピンしています。すごいでしょう。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 そうでしょう、そうでしょう!
 そんなトウモロコシやイノシシを食べている銀之輔さんは、超健康体に違いありません。

 今でこそ健康そうな銀之輔さんですが、日本で青年実業家として名を馳せていた頃、3年間で8回も十二指腸潰瘍になったことがあったそうです。
 日本人は世界でもトップクラスの長寿国と言われていますが、欧米と比べて健康に動ける寿命と言われる健康寿命は短いといいます。日本では施設に入居している寝たきり老人が300万人いると聞いて驚いてしまいました。自宅で寝たきりになっている人を含めれば、さらにその数は増えるそうです。
 それは、ちょっと具合が悪いと市販の薬を飲み、もうちょっと悪くなると病院に行くという日本人の典型的な生活スタイルも関係していると私は思うのです。
 その辺を銀之輔さんは指摘しています。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p195〜p196から抜粋開始>・・・

 病院と薬局が病気をつくっている!?

 「じゃ病院はどうするのよ」とみんな言いますが、代替医療です。インドの奥地の人は5000年前からアーユルヴェーダ、中国は4000年の歴史の鍼灸、そういうのがいっぱいある。
 ギリシャのサントリーニ島は午後3時で仕事が終わりなんです。そこのじいちゃんは家に帰って、わざわざカッコいいスーツにピシッと着がえて、杖をついてパスタを食べに行く。ワインを飲みながらパスタを食べるのが日課なんです。その島は病院も薬局もありません。だけど10人にひとりが100歳を超えていて、寝たきり老人はいません。毎日パスタとワインなんですよ。
 日本人は、どこか間違っていませんか。毎日おしゃれして、好きなものを食って、ワインを飲んで、ばあちゃんをナンパしている人だらけの島が、元気な長寿の地です。日本は「これを食ったらいい」、「こうしなきゃダメだ」、「こうあるべきだ」が多過ぎます。
 この後、俺は中国の巴馬(バーマ)というところに行きました。でっかい川がある村で、ガソリンも何もないところで、馬で農耕している民族です。そこは世界5大長寿村のひとつで、元気な高齢者が世界一多いといわれている村です。100歳超えても山や畑や手仕事など現役で働いている。巴馬では120歳を超えている人もいますが、寝たきり老人はいません。病院も薬局もない。
 ということは、病院と薬局が病気をつくっているんじゃないの。アメリカ先住民の村にもなかったもの。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 銀之輔さん、あんたは正しい!
 そうです、病院と薬局が病気をつくっているに違いありません!
 だから日本人は、薬漬け、病院漬けで不健康になり、欧米より寝たきり老人が多いのでしょう。

 最後に、銀之輔さんの食に関する総括を見てみましょう。
 銀之輔さんがアフリカのタンザニアで、45日間のエコビレッジ作りに従事していたときの話です。


 ・・・<『天を味方につける生き方』、p82〜p88から抜粋開始>・・・

 3月20日 食べ物の話 Part 1

 村から街に戻ってきて、日本からのお土産のカップラーメンをみんなで食べた。うんまくて懐かしくて嬉しかった。これ考えた人って天才!
 そして同時に、俺たちがどれだけ研ぎ澄まされていたかが良くわかった。
 食べた後、突然ぼんやりして体がだるくなり、全員が眠くなった。
 たぶん化学調味料のせい。原材料名に書いてある(アミノ酸等)。
 俺たちは自然界にある恵みだけを食べて45日間暮らしてきた。マサイ族ほどでは無いけど、身体が研ぎ澄まされて、五感だけじゃなく第六感までキレキレだった。
 化学調味料がこんなにぼんやりするとは思わなかった。
 日本人は、慣れすぎて、ほとんどの人がぼんやりしている。朝から晩まで化学調味料を食べてるから、ぼんやりしてることにすら気づかない。じゃなかったら、こんなに洗脳されるはずがない。外食だけじゃなく、コンビニやスーパーに食べ物を買いに行っても、化学調味料がほとんど入っている。化学調味料がなくても、食材がよかったらとても美味しいものがたくさんあるのに、アミノ酸等が入っていないものを探す方が大変な国だ。世界的にも珍しい国。
 もし俺が総理大臣だったら一気に廃止するけどな。
 俺んちでは、母ちゃんが昔から健康を気にしていた。マクロビなんて言葉が日本に無い頃から、自然食を主食にしてたから、子どもの頃から化学調味料がない家庭で育った。そのおかげで絶対味覚を持てていて、料理研究家になれたから今は感謝しかない。
 化学調味料は、舌で感じるうま味がぼんやりするだけじゃなく、身体も脳もぼんやりする。
 本当にうまいものは、身体が喜ぶ。身体が喜ぶと、心が喜ぶ。

 人間が幸せになるために必要なもの。
 ≪食欲≫ ≪性欲≫ ≪睡眠欲≫
 それを満たすために必要なもの。
 ≪衣≫ ≪食≫ ≪住≫

 どっちにも≪食≫が入っている。食が満たされたら人は幸せの3分の1が満たされる。
 とっても大切なことだ。俺はこれからもずっと、人々に本当の豊かさを伝えるために、世界中の食材と料理文化を研究し続ける。
 タンザニアの田舎には添加物がない。一体どう添加したらいいかわかんない。そもそも添加物って、長持ちさせるため?
 タンザニアのように、その日その日に食べられるものを食べてる人たちは、いつでも食べたい時に新鮮なものが食べられる。
 日本も本来ならいつでも新鮮なものが食べたい時に食べられる。だって四季がある。山も川も海もある。だから本当は、旬のものを食べるだけで生きていける。旬のものとは、その季節に一番美味しいものだ。だから美味しいものしか食べない。美味しいと感じるものを食べることが、健康に生きるということ。
 日本では夏でも冬野菜を食べる。冬でも夏野菜を食べる。本来なら夏に夏野菜や夏の果物を食べると体を冷やして、冬に冬野菜を食べると体を温める。そして身体を休めることができる。それはDNAに深く刻み込まれているから、人類は長生きになっていった。今は一年中なんでも食べられるようになったけど、そのせいで体内温度計が壊れてるからみんな疲れてるし、病気にもなる。

 マサイ族は1日に何キロも歩く。3キロ離れた水汲み場から20リットルの水を持ち帰る。
 なのに疲れてない。そして、病院も薬局もないのに、みんな元気だ。
 マサイの食生活は、見方によれば日本人よりも質素な食生活かも知れない。でも、その日に採れた旬のものを一度も冷蔵庫に入れずに食べるから、大地の生命エネルギーが瞬時に入る。
 結局何が言いたいかというと、日本で習うビタミンとかミネラルとかの栄養学は、必要ない知識とまでは言わないが、ままごとレベルだっていうこと。そんな知識よりも大事なことは、食べたもののエネルギーが、体を動かして、体の部品を作っているということだ。
 だから本当の意味で、≪良い食べ物≫を食べたら、病気にもかからないし、怪我をしてもすぐ治る。
 タンザニアの大地で、自然の中にあるものだけを食べる生活を2週間したら、目も耳も鼻も良くなる。五感が優れる。暗闇でも見えるし、遠くの動物の足音が聞こえる。遠くの匂いを嗅ぎ分ける。それは一緒に行った全員が体験した。
 1ヶ月続けると、第六感も研ぎ澄まされる。そして、その第六感は日本に戻っても維持できるだろう。
 身体が進化したわけではなく、本来の身体能力を取り戻せたってことだ。
 日本の食生活は、食べ物を選べる。だからこそ、選び方を間違ってはいけない。
 本当の意味で≪良い食べ物≫を選んだら、この国はもっと健康になると思う。病院に行く人も9割くらい減るだろう。
 そして、身体の余裕ができたら、心の余裕もできて、ずっと豊かに暮らせるだろう。死ぬ日まで。

 3月24日 食べ物の話 Part 2

 45日間の滞在中に、俺とトッシィ以外はみんな一度は街に出た。
 みんないろんなものを食べてきたけど、具合が悪くなって帰ってきた。頭と体がバラバラになってることに気づいて帰って来る。頭で考えてることと、体が感じてることがこんなにも違うんだってことに。
 村の食材は、食べるものこんだけしかないの? って思うけど、ここにあるものがこの場所に一番あってる。
 街に出たみんなは、頭では食べたいと思っていたけど、食べたら別に思ったほど美味しく感じなかった。それは食べられない恐怖から出た欲望だった。頭では足りない足りない、食べたい食べたいって思ってるけど、結局はここにいつもあるもので身体は十分満足してしまう。それは行った人にしかわからない。

 日本は、食べものが溢(あふ)れていて、世界各国の美味しいものが楽しめて、世界の料理を作ることができる幸せな国だ。
 でも、子どものうちから糖尿病になる人もいる。本当に満たされる食べものは、舌ではなくて身体の声を素直に聞くと、わかる。

 45日間タンザニアでは、みんな怪我や病気に悩まされた。でもここにあるものが、治してくれる。
 その気候の、その旬なものを、朝採れたそのまんま、冷蔵庫に一度も入れないで食べられることが本当の豊かな食だと思う。一度でも冷蔵庫に入れてしまった物は、どういうわけか生命エネルギーが無くなる。
 例えば、野生のイノシシや鹿の肉は、めまいがして三切れぐらいしか食べられない。でも冷蔵庫に入れたらいくらでも食べられる。鶏の卵は、一旦冷蔵庫に入れるとすぐ腐る。入れないと半年くらいもつ。捕れたばかりの魚は少ししか食べないでも元気になる。冷蔵庫に入れるとただの魚。発泡スチロールに氷を入れて保存した場合は元気になれる。野菜も野草もおんなじ。
 タンザニアではほとんどの人が冷蔵庫を持っていない。
 旬なものを旬な時にすぐに食べられる環境こそが、豊かな食生活。
 狩猟採集しなくても、土に種が落ちたら芽が出て野菜が出来る。
 日本では誰でもそれが出来る。四季があるから。
 日本は本当にいい国だ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 銀之輔さんの言葉に刺激を受け、私は食に関して新たに追及してみたいテーマが出てきました。
 野生のイノシシや鹿の肉は、めまいがして三切れぐらいしか食べられないが、冷蔵庫に入れると、いくらでも食べられるといいます。
 その理由を知りたいと思ったのです。
 採取したてを口に入れると「ブワーッ」となる凄い生命エネルギーを感じるのに、それが冷蔵庫に入れると無くなるといいます。
 鶏の卵も、冷蔵庫に入れるとすぐに腐るが、入れないと半年持つといいます。
 単純に冷やすということでエネルギーが無くなるということではないようです。発泡スチロールに氷を入れて保存した場合は、そうならないからです。
 これは冷蔵庫が電気を動力源にしているからでしょうか。電気によって自然が本来的に持つプラーナのような生命エネルギーが霧散してしまうということでしょうか。
 こうしたことに、私はこれまで全く気づきませんでした。
 日本に住んでいてスーパーなどで手に入る食材は、最初から「ブワーッ」となる生命エネルギーが無くなったものしかないから、気づかなかったのかもしれません。
 肉類や魚介類は、スーパーに並ぶ前に必ず電気による冷凍をします(これはジビエも同じです)。
 穀類や野菜類は、アメリカ先住民のトウモロコシのような自然のままに自生するものではありません。人間の手で、まるで工場で製品を作るように、農薬や肥料を与えて管理された土地で大量に生産したものです。そうしてしまうと、「ブワーッ」となる生命エネルギーが無くなってしまうようです。
 いやはや、とても興味深いテーマが出てきました。



縄文カレンダーと協生農法...2024年2月10日

 東京に住んでいる方々であれば、関東大震災のような首都直下地震に備えて、多少なりとも防災用品や食料や生活物資の備蓄をされていると思います。
 巨大地震はいつ来るかわからないけれども、災害に極端に弱い都会に住んでいるのであれば、自分にできる範囲の備えはしておくのは必要だと思います。
 同じように噂されている2025年7月の大津波に関しても、(自分の中で危機感を感じるのであれば)備えをしておくというのは自然だと思います。
 巨大地震の場合は発生時期の予測は難しいですが、幸いなことに今回の巨大津波に関しては2025年7月5日早朝という、はっきりとした日時があります。
 その日は、標高の高い地域に一時的に避難しておくというのは、「あり」だと思います。
 津波が来なければ、「やっぱり、来なかったじゃん! あ〜あ、無駄足だった!」とぶうぶう文句を言いながら、帰ってくればいいだけの話です。
 ですから、私の視点から見れば、話は簡単で、対処の仕方は明確です。
 特に私の場合は、すでに東京から標高の高い長野県に引っ越しているので、一時的な避難すら必要ありません。
 しかし私の頭を悩ませているのは、巨大津波が起こった後の話です。
 起きなければ、これまでの日常が続いていくだけの話なので、悩む必要はありません。
 問題は起こってしまったケースです。

 たつき諒さんが言うように、日本の国土の3分の1とか4分の1が津波に飲まれる事態となれば、人口が3分の1になるとか半分になるといった事態だけでは済みません。
 日本の主要産業は海に面した標高の低い地域に集中しているため、それらの大部分が壊滅してしまいます。
 もちろん石油に代表されるエネルギー供給も消滅します。海外から石油を輸入できても、精製施設が無くなっているからです。
 311の3倍の高さの津波が、日本の太平洋岸すべてを襲うことを想像すれば納得できます。
 津波はあらゆるものを破壊します。
 私たちは、311で、津波に襲われた地域が破壊しつくされ、船が陸地に乗り上げた映像を見てきました。当然ながら、津波が引いた後、生活に必要なインフラは消滅しているので、その場所に住むことはできません。
 能登半島地震との違いは助けが来ないということです。
 標高が高いところで生き残った人々は、津波の直後から窮地に立たされることになります。
 生活に必要な物資が無い、という現実に直面するからです。
 特に喫緊の課題は食料です。
 地方の自治体で多少の備蓄はあるでしょうが、たちまち底をつくでしょう。個人でできる備蓄も限界があって、多めに備蓄しても数年経てば危機に瀕することになります。
 じゃあ農業をすればいいじゃないかとなりますが、日本は農業用肥料のほぼ100%を輸入に頼っています。また、トラクターを動かそうにも燃料がありません。
 つまりこれまで日本で行われてきた農業はできないということです。

 (こうなった場合)人々が協力しなければ生きていけないという話を聞きますが、本当にそうだと思います。
 農業が無かった縄文時代に一気に引き戻される事態になってしまうということです。
 まずできることは、自然に存在するあらゆる食材を知り、活用することを考えなければなりません。

 そこで今回は、農業が無かった縄文時代の人々が何を食べていたのかを見てみようと思います。
 『縄文文化が日本人の未来を拓く』(小林達雄著、徳間書店)から抜粋して紹介させていただきます。
 縄文遺跡や貝塚などに残された痕跡の調査から、当時の人々はかなり多種多様な自然の食料を食べていたことがわかっています。


 ・・・<『縄文文化が日本人の未来を拓く』、p156〜p160から抜粋開始>・・・

 驚くほど多種多様な縄文の食料事情

 このように縄文時代の歴史は草創期(約1万5000〜1万1500年前)に始まり、早期から前期そして中期、後期を経て晩期にいたる中で食料となる対象物を拡大し、食料化のための技術を開発してきました。
 その結果、植物性の食料の遺存体は39種にのぼり(渡辺誠の1975年までの集成による)、さらにその後の福井県若狭町の鳥浜貝塚などにおける緑豆やヒョウタン、あるいは長野県下伊那郡豊丘町の伴野原(とものはら)遺跡などにおけるエゴマをざっと数えると58種以上にのぼります。最近では、小畑弘己らの研究でそれに大豆、小豆などが加わりました。
 しかし、この中には当然食料としたと想定されながらも遺存体が発見されていないものは入っていません。このため、例えばユリ、ゼンマイ、ワラビ、カタクリの類や各種の若芽や若葉、きのこ類を加えれば、おそらくは300種を軽く上回ると考えられます。
 ちなみに、米沢藩家老の莅戸善政(のぞきよしまさ)が寛政12年(1800年)に編んだ『かてもの』をはじめ、23書から集成した飢饉などで食料不足に陥ったときの非常用の食料は、山野のもの263種、海草類16種、きのこ類121種に及んでいます。
 一方、縄文時代の獣類については、シカ、イノシシを筆頭に、北海道ではエゾシカ、クマ、高山地帯ではカモシカなどの大型獣に加えて、タヌキ、キツネ、サル、ウサギからオコジョ、ムササビにいたるまで60種以上が捕獲されており、現在では絶滅種のヤマネコ、オオカミまでいたのですから驚きです。
 海産資源としては、酒詰伸男は71種の魚類を集成しており、一遺跡で最も魚種が多いのは千葉県館山市の鉈切洞穴遺跡(なたぎりどうけついせき)で、56種の魚類が記録されています。これは現在食用とされる日本近海および河川湖沼の魚すべてを含み、有毒のフグさえ好んで調理しているふうも窺(うかが)えるのです。
 さらにクジラ類、イルカ類、トド、オットセイ、アザラシからカメ類にわたり、貝類は250種以上、そしてウニ類などが発見されています。
 鳥類もまた、ガン、カモをはじめタカやツルにいたる20種類以上が食べられました。さらにサン人などに好んで食されている昆虫のサナギや幼虫類についても、縄文人の食指は動いたに違いありません。キクイムシ、クリの実に巣喰うクリムシにいたるまで8種を非常食になるとあげている研究者もいます。
 ここにあらためて確認しておきたいのが、縄文人の食料が多種多様にわたっていることであり、このことによって縄文経済が特色づけられ、あるいは縄文の個性的な内容が決定されるのです。

 もちろん、一縄文人が一生過ごす間にこれらの食料の全種を食べたことを意味するわけではありません。いわば、縄文文化の全体にかかわる財産というべきものです。なかには利用度が高いメジャーフード(中心的な食料)があり、稀(まれ)に利用される種類がある。時期によって、地域によっても、その食料の組み合わせには変化があったということになります。
 しかし、メジャーフードの実際は、相当多くの種類の組み合わせからなるものであり、少数の種類に限定されない点に縄文経済の本質がありました。このことによって、特定種のみではまかなうことができないところを補給し、さらに不作の年あるいは不猟期間の食料を補充していたのです。
 北米先住民の場合でも、ナッツ類などの不作年の間隔が各々異なるところを、多種類利用することで、うまく調整しています。


 多種多様な縄文人の食料

(哺乳動物)
 シカ、イノシシ、ツキノワグマ、カモシカ、タヌキ、キツネ、二ホンザル、
 ウサギ、アナグマ、オコジョ、ムササピ、ヤマネコ、オオカミ、テン、
 ネズミ……など60種以上

(鳥類)
 キジ、ガン、カモ、ヤマドリ、ハクチョウ、アホウドリ、ミズナギドリ、
 ワシ、タカ、トキ、トビ、フクロウ、コノハズク、ツル、スズメ、モズ、
 ツグミ、ヤマガラ、ホオジロ
 ……など20種環以上

(昆虫類)
 イナゴ、ハチの子、キクイムシ、クリムシ、ゲンゴロウ、ザザムシ
 など

(海獣)
 クジラ類、イルカ頬、トド、オットセイ、アザラシ、ジュゴン

(魚類)
 カツオ、マグロ、フグ、イワシ、タイ、サケ、コイ、アユ、ウナギ

(貝類)
 アサリ、ハマグリ、ヤマトシジミ、カラスガイ、ハイガイ、アカニシ巻貝
 ……など350種以上

(海藻ほか)
 海草類、ウニ類

(ドングリ類)
 ドングリ、クルミ、クリ、トチ

(植物性)
 緑豆、ヒョウタン、エゴマ
 (ユリ、ゼンマイ、ワラビ、ノビル、カタクリ、きのこ類)

(その他)
 塩(縄文時代後期に製塩技術を開発)
 土

 ・・・<抜粋終了>・・・


 縄文人と他の時代の人々との決定的な違いは、自然と共生したことです。
 縄文人にとって自然は克服するものではなく、自然に適応して自然の恵みをいただく共生の生活でした。その為には、自然を深く観察する必要がありました。
 その深い観察から生まれたのが、現代人が「縄文カレンダー」と呼ぶものです。


 ・・・<『縄文文化が日本人の未来を拓く』、p160〜p164から抜粋開始>・・・

 動・植物に対する豊富な「知識」を持っていた

 縄文人の食が、植物や動物性食料の多種多様な利用によって特色づけられ、決して数少ない限定された種類に偏ったものではなかったことは、もう1つの注目すべき重大なる意味を持っています。
 植物であれ動物であれ、いかなる食料でも何もしないで簡単に確保できるわけではありません。例えば、ゼンマイは山中の湿地に群生して仲春(春の真ん中)のごく短期間の芽吹きに合わせて採取すべきものであり、ユリの球根は周りの大部分の植物がいまだ眠りから覚めきらない季節にユリの緑芽だけが地上にすっくと伸び出ますが、その頃合いが発見しやすいうえに、塊茎(かいけい)の鱗片(りんぺん)もおいしくなっているはずです。
 また海の魚も、種類によって、浜辺に寄りつく季節が決まっていますし、砂地や磯を好む魚や、丸木舟で沖合に漕(こ)ぎ出して釣りや銛(もり)で仕留める魚が区別されます。
 つまり、食物とすべき動・植物の各々は、特定の場所と特定の季節の座標軸の中に固定されているのです。したがって、それぞれの種類に応じた座標を正確に把握しない限り、それを捕捉し、利用することはできないのです。
 各種が棲息(せいそく)する場とは単なる物理的な空間ではなく、日当たりか日陰か、低地か高地か、斜面か平地か岩場か、森林か草原かというような生態学的な条件で決定されます。そのため、一度発見した特定種の食物の棲息場所を「記憶」するにとどまらず、むしろそうした生態学的な条件に適った場所を見極める「知識」こそが、その基本になければならないのです。

 ウ二はおいしい時期に食べていた

 例えば、縄文人は日本近海の13種のウニのうち、少なくともその4種を食べていたことが分かっています。中でも多いのはパフンウニとムラサキウニです。
 しかし、この両者の産卵期にはズレがあり、種類を区別したうえで、ぴったりの時期に採集しなければなりません。単にウニが食べられるものだという知識だけでは、せっかく海に潜って採ってきても、産卵期だったらウニに身がなかったり、味が落ちてしまい無駄骨となってしまいます。また、現代人がよく抱いている縄文人のイメージのように、ただがむしゃらに試行錯誤を重ねる毎日というわけでもなかったのです。
 佐賀県唐津地方には、ウニを採るには「山ユリの咲く頃」が最も適当であるという言葉がありますが、これと同じように縄文にも正確無比な判断と知識があったのです。そしていつ採集、捕捉するかについては、単に対象の動・植物に対する注意深い観察にのみ基づいて測るのではなく、万物全体の動静の中の位置から判断する、揺るぎない知恵があったのです。
 佐渡島の小木(おぎ)町では「藤の花とタイ」、「桜とハチメ(メバル)」、「ヤマユリとアユ」の言葉があります。このように姿の見えない海中の出来事を陸に咲く花の顔色で窺い知ることの妙を思わずにはいられません。ここに縄文人的思考の真骨頂を見ることができます。

 食料事情を安定に導いた「縄文カレンダー」と「縄文姿勢方針」

 そして、これが近代以降の太陽暦あるいは近世までの農業社会に採用されてきた太陰暦とも異なる、もう一つの暦、すなわち「縄文カレンダー」の基本でした。
 食料の対象物をはじめとし、各対象物を取り巻くほかの自然の要素との関係に対する正確な知識の蓄積によって、食料獲得が遺漏なく行われたのです。すべての行動の年間スケジュールが計画的にリレーされる縄文カレンダーの完成へとつながりました。食料の多種多様化を促進し、その効果的な利用によって食料事情を安定に導いたそれぞれ重大な契機をなすものでした。


  


 そしてこれは、自然を克服しながら発展してきたということを決して意味するのではなく、まさに自然環境への適応を深めていった歴史なのです。これを私は「縄文姿勢方針」と呼んでいます。1年間の運行は、1つ2つの基準でなく、複雑な要素のからみ合いの中から秩序を見いだして組み立てられた自然暦であり、この流れに沿って生業活動の詳細がリレーされていったのです。
 縄文人が食料とした多種多様な対象物についての、単なる分類学上の知識にとどまらず、生態学的な、つまり他の複数のものとの関係の知識が、多種多様な食料を万遍なく利用することを保障していた。こうした知識こそ、弥生時代以降にしだいに忘れられていった、しかも重要な部分です。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 日本列島は南北に長く、気候も違えば地形も違います。
 災害後は、その地ならではの「縄文カレンダー」を見つける必要がありそうです。

 では次に、いかに安定的に食料を確保する農業を行うかですが、農薬も肥料もない農業となると、多くの方々は木村秋則さんの「自然栽培」を思い浮かべるのではないでしょうか。
 しかし私は、自然栽培は農業をやったこともないド素人が簡単にできるものではないと思います。
 木村さんの本を読んでわかったことは、自然栽培は農薬も肥料も使わないかわりに、深い観察眼と労力が必要になるようなのです。
 私には無理だろうなと考えていたのですが、農業ド素人の私にもできそうな農法があることを知りました。
 それが「協生農法」です。
 これは、自然栽培と同じく農薬も肥料も使わないのですが、さらに労力もいらないという優れものです。

https://www.youtube.com/watch?v=mFT-kmujruQ

 現在の農業は稲なら稲だけ、トマトならトマトだけといった単一種を大量に生産します。
 一方で協生農法では、同じ土地に多種多様な食用植物の種を蒔き、あとは自然に育つのを待つだけです。もちろん肥料も農薬も使わない上に、耕すといった農作業もありません(日照りのとき、水を撒くぐらいはあるようです)。
 そうなると、その土地の気候や土壌に即した植物が多品種育つことになります。
 農作業といえば、収穫するぐらいです。
 さらに、これまでのような単一種を大量に生産する農業と違い、気候変動に強いというメリットもあります。
 平成5年(1993年)のコメ不足を憶えておられる方もいると思います。
 この年、平年値を100とした作況指数が74となり、急遽タイ米を輸入しました。
 タイ米は、ねばりのある日本米と違いパラパラとしている為、チャーハンに良いなどと言われたりしました。
 これは、単一種を大量に作る農業の弊害が現れたものです。天候不順により、大幅に生産量が減るリスクがあります。
 しかし、協生農法では多品種生産の為、その年の天候にあった植物が育つことになります。
 リスク分散といったところでしょうか。
 災害後は、農業でお金を稼ぐといった概念が無くなると思います。
 自分達の食糧確保の為の農業になると思うので、その意味では協生農法は最適だという気がします。
 私は、協生農法について調べてみようかと考えています。



『宇宙と神様の真実』から...2024年2月3日

 ひさびさにサアラさんの本、『宇宙と神様の真実』を読んだのですが、その中で思わず、「ええっー!」となる部分がありました。
 今回は、そうした私が驚いた話を紹介したいと思います。

 エレナ・ダナーンさんの一連の本で、銀河連合によってDS(ディープ・ステート)を操ってきたネガティブET達が一掃されたことを知りました。
 私は、これで地球が解放されたと単純に喜んでいたのですが、サアラさんは、手放しで喜んではいけないと言うのです。
 武力を使ったこうしたやり方は、あとで歪を生むということのようです。
 力によって強制的に排除されたネガティブET達が、このままおめおめと身を引くなんてことはなく、新たな戦争の火種を生むというのです。
 そういえば並木さんも、(月刊誌アネモネで)宇宙で新たな戦争が起こりそうな記事を書いていました。その影響で、並木さんが提唱していた2038年のアセンションも延期される可能性があるというのです。

 これからサアラさんの記事を紹介しますが、まず用語の解説をさせていただきたいと思います。
 アセンションとよく言いますが、ほとんどの日本人は3次元から5次元のアセンションという言い方をします。
 しかしサアラさんもエレナ・ダナーンさんもそうですが、銀河連合の一般的な用語の使い方として、「密度」という言い方をします。
 第3密度から第5密度への移行、といった具合です。
 次元は平行世界の別の世界のことを指します。
 私たちの世界とちょっとずつ違った無数の世界が同時並行的に存在するとされますが、そうした別の世界を次元が違うと表現しているようです。

 次に、引用文に出てくる「エア」です。
 アヌンナキのエンキはよく聞きますが、エアは聞き慣れません。
 「エンキ」というのは役職名で、本当の名はエアなんだそうです(エレナさんも同じようにエアと言っています)。ただし、エアの腹違いの弟はこれまでと同じエンリルです。
 サアラさんによると、地球のDSを操っていた大元締めはこのエンリルだったそうです。

 「テラ」は銀河連合が使う地球の呼び名です。

 もう一つ、付け加えなければならないのは、サアラさんは今は地球人として過ごしているけれでも、別の次元の平行世界から来た人だということです。これを前提として記事を読んでいただけたらと思います。

 では、『宇宙と神様の真実』(サアラ著、大和出版)から抜粋して紹介させていただきます。
 サアラさんは、太陽系に巣食っていたネガティブET達を、銀河連合が武力を用いて強制的に排除したことのどこが問題だったというのでしょうか。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p263〜p267から抜粋開始>・・・

 エンリルたちの追放で残された問題

 2022年11月あたりから、急速に銀河連合の動きに変化が起き始め、さらに翌年4月に入ってからは、強行突破作戦がよく見られるようになってきています。
 具体的に言うと、銀河連合はエンリルから完全に地球における権利をはく奪、それ以外のすべての権利もはく奪して銀河から追放しました。そして、私たちが住むこの太陽系は、今までアヌンナキの領土として支配権を認められていましたが、それも認めないとされています。
 このままの流れだと、この宇宙に存在し、地球におけるナチズムを先導してきた組織、つまり特定の種族が特権を維持して、それ以外の種族を撲滅しようとするようなナチ組織も、同様の措置を受ける可能性が高くなっています。
 さらに、地球に残っていたオリオン系のレプティリアンたちを強制的に退去させました。つまりDSを組織していたETたちはすべて地球から去ることになりました。
 もちろん地球人のカだけで、このような悪質なETたちを排除することは、可能性としてはないに等しいことでしたから、いずれは誰かがやらなければならないことだったでしょう。
 しかし、これを単純に喜んではいられません。邪悪なETによって洗脳を受け、たくさんのチップを埋め込まれて、支配されてきたような地球人たちが、またここにたくさん残されていますから。彼らはもちろん、元は私たちと同じ人間ですが、残念ながら、彼らの肉体やエネルギーフィールドは、いたるところを破壊されていて、本来の地球人としての機能を果たすことができなくなっています。
 ですから、宇宙から来た非情で残忍なETたちと同じように私たちを扱おうとしています。しかも、そのような人間は巨万の富を握り、大きな影響力を持っているわけですから、今後私たちが彼らをどうするかを直近で突きつけられているような状態です。
 また、退去させられたETたちが残していったクローンもたくさん存在しています。クローンたちは社会の中に放たれ、人間に成りすましていますから、これらのクローンを見つけ出して処分することも大変難しい、骨の折れることです。
 そして、強制的に退去させられたETたちは、おめおめと引き下がるようなタイプではありませんから、必ず何らかの形で報復するでしょう。それがどのくらいの間続くのか、それに対して地球側はどう対処すればよいのか、など、問題ははまだ残っています。
 もう一つの最大の問題は、エンリルをこの銀河から追放してしまったことです。エンリルは大変な支配力を持って長い間宇宙にたくさんの問題を起こしてきたので、そうした決断をしたことに対して、私が意見することではありません。
 ただ、起きたことの意味は変えられないので、今ここで銀河連合の許可のうえで、皆さんにもお伝えすることにします。
 それは、この追放によって、進化の一つの可能性がほぼ絶たれた状態だということです。もし何らかの理由で、もしくは方法でエンリルの帰還を受け入れることになれば話は別ですが、この状態では難しいでしょう。

 どうして銀河連合はこうも性急なのだろう

 このような銀河連合の性急な動きの一つの理由は、私の属する並行宇宙からのアプローチに応えようとして、少し焦燥感を持っているのかもしれません。
 また他の理由としては、今回のような大規模な変化を、この次元の宇宙はまだ経験したことがないために、データ上の時間の計算と、活動や行動配分の計算が一致しないのかもしれません。
 とにかく、先述の通り、私の属する並行宇宙は今、最大限のサポートをすることを申し出ています。

 このような状況を唐突に伝えられても、皆さんにとっては何だか釈然としない感覚があることでしょう。
 今皆さんが属しているこの宇宙には、たくさんの軍隊があります。銀河連合はその中でも最強な軍事力を誇っています。その軍事力を頻繁に行使しなければ、この銀河を治めることは困難な状況です。
 私がこの本を書くにあたって、今まで地球と宇宙の間の架け橋役を担ってきたある一人の方に、「くれぐれも注意してください。神様たちは戦争ばかりしていますから」(管理人注)と、アドバイスをいただきました。本当にその通りなのです。
 実際、先述した通り、かなりの調査をしたり、根気強く文章にして書いたりする作業をした翌日にその部分をすべて消去されるという出来事が起きました。これには本当に衝撃を受けました。
 また、少ない睡眠をずっと妨害され、それに耐えるために歯を食いしばるので、歯や顎に怪我を負わされたりしています。
 銀河連合の一部の存在たちは、このようなことに気づいてくれているので、少しでも協力してくれようとしているのも、本当にありがたいことではありますが、正直なところ不安要素がぬぐえません。武力を振りかざすようなやり方は得策ではないからです。
 武力に頼る文明は長くは続かず、この先に大きな代償を残すことになってしまうからです。そして、宇宙はすべてが非常に秩序だった世界で、どんな狂いも生じません。混沌と感じるのは、まだその裏にある規則性を見つけることができないからなのです。
 今この銀河の状態はまさにカオスです。そして、物事の根本的な解決のためには、この規則性を見つけて、正しい秩序に基づく調和を図るしかありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・

 (管理人注)
 ここでいう神々とはET達のことです。
 宗教で語られる創造神のようなものではありません。サアラさんは、古代の神話に登場する神々とはET達のことだという立場です。


 では基本に戻って、宇宙が今どのような状態であり、これからどこに向かうのかといったことをサアラさんに語っていただきます。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p252〜p257から抜粋開始>・・・

 次元上昇では何を意味するのか

 進化を進めたいETと食い止めたいETの対立

 地球人類は少し前まで、本気で地球以外に知的生命体は存在しないと信じさせられていました。今思えば本当に冗談のようなことです。
 アメリカ合衆国NASAは2022年6月9日、UAP(Unidentified Aerial Phenomena)未確認飛行現象の研究を開始すると発表しました。これは名目上国家安全保障と航空安全の重要課題とされています。つまり、公に未確認な物体が飛行していることを認めたということになります。
 このようなことは、ほとんどの一般市民が気づかないうちに着々と進んでいます。今私自身は、ディスクロージャー(情報公開)の時が近いことを切実に感じています。現に銀河連合は、皆さんと一刻も早く正式な形でコミュニケーションが開始できることを、非常に強く望んでいるようです。
 その理由は、宇宙情勢も今は非常に混沌としているので、地球の支配権を握り、今の社会構造や社会の仕組みの基礎を築いたのは、残念なことに、エンリルを筆頭に、凶暴で意地悪く陰湿なETたちであることに気づいて、地球や地球の生き物たち、そして地球人類を大切に思うETたちとのリレーションシップを取り戻したいからです。
 こうしてETたちが、地球や地球人たちの所有権を奪い合ってきた本当の理由は、そもそも「進化」というプロセスにおいて、何らかの抵抗や不安を感じている者たちと、促進したい者たちの対立からきているように思えます。
 テラや私たち地球人頬に対して、真にそのポテンシャルを期待して、宇宙の一員として、進化のために活躍してほしいと望む、清々しい心を持つETたちも、もちろんたくさん存在しています。
 しかし、その反対にいつまでも奪い合いゲームに励んでいたいタイプのETたちが、何とかそれを食い止めようとしています。それでも私たちが忘れてはならないのは、それでも彼らも進化を望んでいるということです。なぜなら進化はすべての生きとし生ける生命たちの切望だからです。皆さんは何も知らされることなく、彼らの戦いにただただわけもわからず巻き込まれてきました。しかし、その状況はやがて終息するでしょう。
 なぜなら、進化とは誰にも止めることができない自然の摂理だからです。ここで改めて「進化」ということについてもう少し詳しく説明しましょう。

 次元上昇するか、それでも次元間移行で行くか

 私たちの周囲の世界は、常に規則的なスパイラル状のスピン運動をしています。そのスピンには周期があり、長いものも短いものもあります。
 今私たちが経験しようとしているいわゆる「進化」は、これらの周期の中で最も長いものが一つのサイクルを終えて、新たな周期に入ることを示しています。この、最も長い周期は、一つの宇宙を創造してから終焉させて、新たな次元を創造し始めるという壮大な進化です。これには次元上昇が伴うことになります。
 この「次元」という言葉の意味が皆さんの認識と、標準的な宇宙の概念とに差があるので、私はいつも言葉を選ぶのに戸惑います。皆さんは周波数が高い世界を高次元という呼び方をしているようですが、宇宙ではそれは「密度」と言います。したがって密度が高い世界は周披数が高くなります。
 そして、次元の差は世界の差で、並行宇宙を指します。ですから、次元上昇するということは、一度ワームホールを通過して、新たな世界を創造することを意味しています。それがどれだけの規模で起きるかによって、今までの世界と次の世界との差は変わってきます。今回は少なくとも銀河全体がホールに入ることを想定していますが、その場合はこの銀河に関わってきた者たちすべてが、一気にホールを通過する必要があります。
 もし、それができずに何かを排除する形になれば、ホールを抜けた先の世界は、あまり密度の差がない世界となってしまう可能性が高くなります。
 ですから、もう一つのやり方として、次元間移行というやり方があります。それはすでに進化を遂げている世界に銀河まるごと吸収されるというやり方です。このやり方のほうが、移行するこちらの銀河にとってはリスクが少ないのですが、移行した先の状況には大きな影響を与えることになります。
 この銀河の今の状況は、すべてがそろってホールを通過することが難しい状況になっています。しかし、それができることが最も理想的なやり方ですから、私の属する並行宇宙では、それを目指して協力することを提案しました。
 実は先日、5月18日から19日の2日間にわたって、私と私の仲間の一人は、初めて銀河連合からの招待を受けて、話し合いをしました。1日目は妨害が入ったので中断しました。その経験をもとに、連合側でも、私たちも万全を期したおかげで、2日目は非常に良い状態で先方の二人の代表者と話し合いを進めることができました。
 私が属している並行宇宙は、先進宇宙文明と言われています。そして、今皆さんが経験しているような進化のプロセスを経験してきました。ですから、連合側の代表者からはいくつか質問を受け、それに応える形で話が進んでいきました。
 このときに私たち側は、できるだけ技術的な面でも協力させてもらうので、必要なことは何でもリクエストしてくれるように申し出をしました。
 その内容の一部を後ほど掲載しておきましょう。

 あなたがいるこの宇宙の状況を知っておこう

 しかし、どうしてもホールを通過することが無理な状況になった場合には、私たちの宇宙は歓迎する旨もすでに伝えています。しかし、あくまでもこれは保険として考えてほしいということも伝えました。
 私はこのための使者としてやってきた保険のおばさんのようなものですね。しかし、皆さんと同じようにある意味蚊帳(かや)の外である地球上に地球人として生きてきました。ですから、この宇宙の状況は、正直なところよくわかっていなかったということに、今回改めて気づきました。そして、皆さんは私以上に知るチャンスを与えられていませんね。
 少し言い訳をさせていただくと、この世界と私自身が共振してしまうことは、私がここに埋もれてしまうことを意味します。それでは私の役割を果たすことができなくなってしまうので、今までここにひっそりと潜伏していました。
 しかし、私の仲間からこの世界の銀河連合が今までにない動きをしていることを報告されました。あまりにも性急な動きや、やや強引とも言えるやり方に、私はちょっとついていけずに戸惑い、いろいろな意味で驚いています。
 私と私の仲間たちは今、少なからず皆さんがこの地球における主導権を持つためにも、今皆さんがおかれている状況を知る機会を持つことではないかと思っています。
 しかし、銀河連合は皆さんのことを何より思ってくれているはずですから、私の一存で何かを決めることは、当然できません。この本が出版される前に、できるだけこの宇宙の知恵ある存在とも相談しながら、皆さんにお伝えできることを願っています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 ここで語られているように、サアラさんは私たちの次元の平行世界の人ではなく、別の次元の平行世界から今回のアセンションをサポートする為に派遣されてきた人ということのようです。
 銀河連合はそのことに気づいたようで、サアラさんと会合を持ちます。
 では、気になるその会合の様子を抜粋したいと思います。
 この本は去年(2023年)に発売されたので、会合のあった5月18日、19日は、2023年のことだと思われます。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p258〜p260から抜粋開始>・・・

 この次元の銀河連合での話し合い

 ここに記載するのは、銀河連合との話し合いで交わされた内容の一部です。

 5月18日

連合 あなたはかつてアインソフメンバーだったことを知りました。なぜアインソフは解散することができたのか?

 (並行宇宙である私たちの宇宙で)パンデミックが起きたときに、ウイルスが私たちに戦いを放棄するチャンスを与えてくれた。私たちは、ウイルスと戦えば終わりのない戦いとなることを予想して、抗体となるものを作らなかった。
 そのとき、私たちアインソフの役割はほぼ終わりになった。

※アインソフ議会は、今のこの宇宙の銀河連合のような役割をしていて、武力行使をすることができる、地球で例えるなら、警察のようなものですが、宇宙全体の政治的な調和を図る役割もしていました。

 5月19日

連合 地球の所有権を維持してきたアヌンナキやドラコニアンたちやレプティリアン種のいくつかにも、今回の話し合いを聞いてもらっている(先日の私の提案)。
 なぜこちらの世界にあなたがいるのか?

 今回の次元上昇をサポートしたいから。いずれの方法になったとしても、私たちは協力したい。

連合 あなたは私たちのやり方に疑問を持っているようだけれど、それはなぜか?

 今回の強硬手段(連合は突然地球からDSを構成しているETたちを追放し、エンリルを銀河系から追放した)をとったのはなぜなのか? そこに疑問を感じている。

連合 強いインパクトを与えるような動きがなければ停滞しそうだと感じたから、このような手段を使った。
 あなた方の文明について調べたところ、あなた方は、対話という方法だけでここまで進化したようだが、それには非常に長い時間と労力がさかれ、高い技術も必要になった。それでもその道を選択したのはなぜか?
 私たちは今までのテクノロジーに胡坐(あぐら)をかきすぎて進化を止めてしまったのかもしれない。
 ぜひあなたからの意見を聞きたい。

 私たちは確かに対話の力だけで、ここまで調和した世界を築いてきた。
 それには、とても高い技術が必要だった。言語を持たない種族もいるため、相手の意志やあらゆる思考形態を互いに理解するための新しいテクノロジーを次々開発していった。
 まず、対立し合っている種族間で、安全に対話できる環境を作ってほしい。そこでの話し合いの内容はこの世界のすべての存在が見聞できる権利を持つ必要がある。
 今日の話し合いのようにすべてをオープンにしてほしい。
 まずは、戦いのない世界を望む者と、そうでない者に分けて話をよく聞き合うことが必要。

 このような感じで話し合いが続きました。
 今この世界は明らかに大きく変化する動きが始まり、しかもすべては加速しています。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 では、サアラさんが語るこれからの指針です。


 ・・・<『宇宙と神様の真実』、p261〜p263から抜粋開始>・・・

 今、地球に急激に何が起きているのか

 気づかないうちにディープ・ステートに加担していないか

 さて、先ほど私は皆さんが蚊帳の外だという表現をしましたが、実のところ、宇宙で起きていることはまさに「上の如く下も然り」で、地球にも同じことが起きています。
 つまり、今まで地球に起きてきた信じがたい事実や、今起きている真実を受け入れて、より良い未来のために行動し始める人と、少しでも不安を感じるような事実と直面することを避けて、進化のために活動している人たちを批判して、現状を何とか維持しようとする人たちが、対立構造になっているということです。
 後者の人たちは、自分でも気づかないうちにDS(ディープ・ステート)に加担しています。もちろん悪気などありません。ですから、事実に気づくことなく、地球社会の進化や、地球人たちの種としての進化に抵抗しているのは、とても心が痛みます。

 私が皆さんにお伝えしたいのは、二元性の世界から悪がなくなることはないということです。どんなに悪気がなかったとしても、二元性の世界には、常に悪役を担う人が存在し続けます。
 ですから、もし私たちが「悪」だと思う何かを排除しても、永遠にまた他の悪が現れます。
 このことは、私も、私の宇宙の仲間たちも、そして、今共に地球人として生きている、私のもう一つの大切な仲間である皆さんも、決して忘れてはならない大切なことなのです。
 私たちの目指すやり方は、常に相手を撲滅させるのではなく、相手の意志を考え、時にはじっくり時間をかけて、調和する方向に向かわせようとすることです。なぜなら今宇宙のスパイラル運動は正反対の方向に向きを変えて、一元的な世界へと向かい始めたところで、それはすべてが統合していくことを意味しています。
 統合には調和が必要です。だからと言って調和しようとしない者を排除するというやり方も得策ではありません。

 悪は排除されればいいのか

 皆さんは、おそらく一刻も早く、長い間地球人類を苦しめてきたエンリルや、その他のET種族たちに消えてほしいと望んできたことでしょう。もちろん私もその一人です。
 しかし、ライオンに他の動物を食べてはいけないと言っても無駄です。彼らのしていることは、それと同等です。ですから、彼らが種としての大きな変化と変容を希望しない限り、共存することは難しいです。
 でも、地球ではライオンを排除するようなことは、普通の地球人なら誰もしません。これは、長い時間をかけてテラが地球人の無意識の領域を教育したからなのです。一部の心無い行為をする地球人たちは、先述したような邪悪なETたちによって壊されてしまった人たちかもしれません。

 私たち地球人は、エアが作ってくれた優れたDNA以外にも、他のETたちから受け継いだ情報を保有している人がほとんどです。それは次々に地球に降りてきた他の種族のETたちが、いい意味でも、そうでなくても、自分の都合に合うように遺伝子を組み換えた痕跡です。
 ですから、一人ひとり肌の色も、髪の色も、瞳の色も違うように、それぞれが違ったDNAのミックスです。
 そのために、地球人の中にも信じられないような残忍な人も確かにいます。しかし、もし地球人ホモ・サピエソス・サピエソスが、自ら自分のポテンシャルに気づき、その力を全開状態にしたら、他にかなう種族など存在しません。ですから、焦らなくてもタイミングから外れることは今のところありません。
 そして、どんな残忍な種族も皆さん以上に最強な種はいませんから、何も恐れることなどありません。むしろ、その強い皆さんがどこまで慈悲深くいられるかということのほうが重要です。
 慈悲深くいるための方法は、先ほどお伝えした通り、物事の根底にあって、この宇宙の森羅万象を支える規則性を見つけることしかありません。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 なるほど、二元性の世界では「悪」を排除しても、どこからか「悪」は湧き出てくるのであり、意味がないということのようです。
 「悪」を排除するより、「悪」との対話で「悪」が「悪」でなくなる方向に導くしかないということでしょう。
 今は二元性のエネルギーから統合のエネルギーに向かっていることから、こうした方向が有効に働く時期でもあるということでしょう。

 私はサアラさんの一連の引用文を読んでいた気づいたことがあります。
 私は前々から、どうしてアライアンス(ホワイトハット)は行動しないのだろう、と疑問を持っていました。
 確かにQFS(量子金融システム)導入の準備は着々と進んでいますが、バイデン排除といった具体的な行動をいっこうに取ろうとしません。私は去年の秋には行動を起こすのではないかと期待していましたが、どういうわけか遅延、遅延の連続のように見えます。
 しかし、サアラさんの言われることが本当なら、行動できなかった理由もわかります。
 まだ地球上には、DSの残党ともいうべき勢力が、あなどれない力を持っており、アライアンスが余裕で計画を進めていける状況にはなかったということでしょう。
 たしかにエンリルのようなDSの司令塔は排除したとしても、残された(チップを埋め込まれた人やクローンなどの)DSの残党は超富裕層として地球上で大きな権力を握っている上に、アライアンスに対して死にもの狂いの抵抗をしているのだろうと思います(DEWなどはそうかもしれません)。
 巷に言われているような、ポップコーンを片手にショーを眺めている状況ではなかったということでしょう。

 ただし、彼ら(アライアンス)の動きが遅いといってもリミットがあります。
 トランプ大統領が一貫して2020年の選挙は不正選挙だと言っているということは、次の2024年の選挙は普通に行えないということです。なぜなら2024年の選挙を普通に行ってしまえば、2020年の選挙が正当なものであったと認めることになるからです。
 つまり、その前に行動を起こさざるを得ないということです。今年の11月までがリミットですが、そこまで待つこともないかもしれません。

 予想されることは、世界的な経済・金融の崩壊とQFSの導入です。
 これはDSの残党の資金源を断つということで、まさに切り札です。現在、QFSの準備がほぼ整ったので、いつ始まってもおかしくない状況になっています。
 トランプ大統領は去年の9月末に、「5ヶ月以内にバイデンを排除し、大統領に戻ります」と言っています。5ヶ月後は、もう今月(2月)末です。
 当然ながら遅延があるでしょうから、この日付ぴったりというわけにはいかないかもしれません。しかし私は、3月いっぱいまでには具体的な動きがあるかもしれないと期待しているところです。



カーボン・マイクロ・コイル(CMC)の話...2024年1月27日

 今回は、『奇跡を起こす「波動医学」』を読んでいて、私が一番印象深かった話を紹介したいと思います。
 CMC(カーボンマイクロコイル)は、現在では商品化されているようなので、ご存じの方は多いかもしれません。私はこの本を読むまでは知りませんでしたので、けっこうインパクトがありました。
 私が特に魅かれたのは、(ありきたりかもしれませんが)無機物の炭素がDNAのような生命の基本的構造である螺旋(らせん)構造を持つということです。
 命を持たないはずの無機物が、生命の息吹のような構造を持つことにロマンを感じたというところでしょうか。
 CMCを発見したのは元島栖二(もとじませいじ)氏という人物です。
 故・船井幸雄氏はこの螺旋構造に着目していたようで、生前、元島氏を応援していたようです。
 『CMCのすべて』(元島栖二著、ヒカルランド)から対談を抜粋して紹介させていただきます。

 ・・・<『CMCのすべて』、p44〜p47から抜粋開始>・・・

 数々の最先端技術の実用化に貢献された経済界の巨人、故・船井幸雄氏はこのらせんのパワーに早くから着目し、CMCの事業化にも多大な力を注いでくださいました。
 こちらは、柳下要司郎氏も交えた船井氏とわたしの対談からの抜き書きです。

柳下 船井先生の世界観というか宇宙観の中に、色濃く「スパイラル(螺旋)構造」というのがあります。これは奇しくも元島先生のご研究と重なる部分があるように感じるのですが、いかがでしょう。

船井 そうですね。私のは直感的な捉え方ですが、森羅万象すべてをマクロに支配しているのは、スパイラル構造だと思います。宇宙はスパイラル構造です。また、スパイラルに進化していて、今はその大変化の直前です。しかも、大宇宙からミクロの世界まで相似になっています。
 元島先生のご研究は、10数年以上まえから存じ上げていて、宇宙の大原理に合致した真に本物の技術、21世紀に求められる技術と注目し、私なりに応接してきました。

元島 ありがとうございます。おっしゃるとおり私の研究テーマであるCMCは、カーボン・マイクロ・コイルといい、まさにスパイラル構造、別の言い方ではヘリカル構造そのものです。
 それにまえから私はこの技術を「はるかな宇宙からの贈りもの」と呼んでいるように、いろいろ研究していますと、ヘリカル構造というのはまさしく宇宙から地球、さらにそれを進めていきますと、素粒子から遺伝子、さらには精神的な霊の問題とか、もっとちっちゃなところまですべて相似性、階層性がある。その中でヘリカル構造というのが基本的な構造で、究極の機能を出している。そのひとつがカーボン・マイクロ・コイルであるというわけです。

 [……中略……]

 最新の技術の中にも、ヘリカル構造は重要なものとして登場しています。核融合の反応用の超強力磁場発生装置で、新しい時代の核融合でエネルギーを取り出そう、という研究がさかんにされていますが、これにはふたつ構造があり、ヘリカル型とトカマク型というのがあるんですね。
 これは要するに強力な磁場を作り出して、その中にプラズマを閉じ込めて、高温にして核融合を起こさせる、というわけですが、どうもへりカルコイルでプラズマを閉じ込めるほうが安定しているようで、日本ではこちらが研究されています。

 [……中略……]

 CMCというのは螺旋構造をしていて、それは森羅万象、宇宙の根源的な構造をしている。それをさらに発展させると、多分、生命、宇宙というものに一歩近づけるのではないか−−と、そんな視点であるテレビ番組のディレクターが、人類を神に近づけた技術とコメントしてくれたことがあります。もちろん、私たち人間の技術が、神に近づくなどという畏れ多いことはありえないでしょう。
 そういう意味ではなく、このように多様な可能性をもったCMCのようなものが、宇宙の大原理に則って存在するということ、そこに船井先生もおっしゃる「サムシング・グレート」のような創造主といっていい存在を感じる。そんな意味で神の意思のようなものに触れられるのでないかと、科学技術の枠にとどまらない人類としての夢を抱いているところです。

船井 本当にそうですね。どんなに科学技術が進んでも、というより進めば進むほど、科学者・技術者は謙虚にならなければならないでしょう。偉い科学者ほど、人間を越えたものに対して敬虔になると言いますが、たしかにそうでないと人類や地球全体を救う技術などできないでしょう。今後の研究の進展、実用化・事業化が楽しみです。

 (出典:『超人船井幸雄の近未来予測』)

 ・・・<抜粋終了>・・・


 私は、そういえば船井氏は「サムシング・グレート」という言葉をよく使っていたなと懐かしく思い出しました。
 では、元島栖二氏がCMCを発見したあたりから、『奇跡を起こす「波動医学」』(船瀬俊介著、共栄書房)から抜粋して紹介させていただきます。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p46〜p48から抜粋開始>・・・

産まれて初めての驚愕体験

 偉大な発見には、必ずきっかけがある。
 元島氏の著書『驚異のヘリカル炭素』(CMC技術開発株式会社)には、以下のように、つづられている。
 ……1989年、卒業論文に向けての研究も終盤に差し掛かっていた頃、実験室へ研究の進み具合を見に行った。
 そこで、学生の中の1人が、何気なく見せた1枚の写真。この写真に、眼が釘付けになった。これまでに見たことも、想像すらしたこともない。特異形状のセラミックス・ファイバーがあったのだ。スプリングのようにクルクルと巻いている。大きさはμm6オーダー。マイクロコイルだ。岐阜大学に着任(1971年)以来、20年近く、CVD(化学気相析出)法を用いたファイン・セラミックス結晶の合成を行い、何千枚という写真を撮ってきた。しかし、スプリング状に巻いた結晶は見たことがなかった。
 また、文献にも、ほとんど掲載されていなかった。
 その写真を見たとたん、全身に電流が走ったようで、足はがくがく、胸はどきどき、なぜか理由は分からない。(引用以上)

誰も見たことのないラセン構造

 「これは、いったい何だ!」
 思わず元島氏は、大声で叫んでいた。学生はピックリ。叱られたと思い、こう答えた。
 「……すごい面白い形のファイバーができたので、写真を撮りました」
 元島氏は、さらに叫んだ。
 「す、すぐにサンプルを出しなさい!」
 ふだん温厚な教授の興奮ぶりに、周囲はア然となった。
 サンプルを受け取ると、はやる気持ちを抑えて、愛用の電子顕微鏡を覗き込む。
 「……出てきた、出てきた。続々とダイヤモンドが、ゾロゾロと現れた。それから、1週間近く、時間のたつのも忘れ、無我夢中で写真を撮り続けた。いろいろなポーズをとって、ほほ笑んでくれるスプリング状の窒化ケイ素マイクロコイルに、電子顕微鏡の前で、ワクワク、ドキドキ、一人感動を覚えながら……。と同時にいろいろな可能性が頭に浮かんできた」(元島氏)
 未知の発見に興奮する元島氏の姿が彷彿(ほうふつ)とする。

世界中で新発見に話題沸騰

 彼が夢中で撮りまくった電子顕微鏡写真は、アメリカでも大反響を呼んだ。
 アメリカ物理学界の学会誌、さらには権威ある『Nature』にまで掲載(写真2−3)。
 反響は世界中の科学界に広まった。
 「……人類がミクロのセラミックス・スプリング合成に成功!」
 これこそ、世界初の大発見だった。
 なぜ、世界は騒然となったのか?
 それは有機物(生物)ではラセン状構造は普遍的に存在する。しかし、無機物(鉱物など)で、ラセン状結晶は、それまで観察されていない。
 ほんらい生命体でない無機物が、まるで生物のようなふるまいでラセン構造を生成することに、研究者たちは驚嘆したのだ。

  

 ・・・<抜粋終了>・・・


 元島氏が発見したのは、コイル状になったセラミックです。
 そして、いよいよ本命の炭素元素によるCMCの生成に成功します。
 そのCMCですが、驚異の電磁波吸収率99%という特性がありました。これに米軍が着目し、ステルス戦闘機用と思われる5トンもの発注があったといいます。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p48〜p51から抜粋開始>・・・

 多様な特性は新ビジネスチャンスの宝庫

コイル形状が個性を生み出す

 コイル状セラミックの発見に続き、1990年、元島氏は世界で初めて炭素元素“CMC”発見する。アセチレン分解生成物中に、カーボン・マイクロ・コイルの存在をつき止めた。
 研究者たちが、このミクロのコイル発見に興奮したのには訳がある。
 それまで炭素繊維といえば、まさに繊維状であった。
 それは、アクリル繊維やピッチ(管理人注)を原料に高温で炭化して生成される。
 カーボン・ファイバー(炭素繊維)は鉄より軽く、強い。
 そのことから、様々な工業原料に用いられている。
 しかし、元島氏たちが発見したCMCは、形状がまったく異なる。
 まるで精密に設計したかのようなコイル状なのだ。
 それがキモだ。研究者を驚かせたラセン構造こそ、新たな特性と用途を生み出すのだ。

“意識”の量子波に感応

 この特異な形状は、他の炭素繊維とはまったく異なる性質を持っている。
 「……驚異の炭素繊維が未来を開く! 電磁波・5G・地磁気、水の活性化、デトックス、生命力のアクティブ化まで−−無限の可能性を秘めた次世代素材」(『CMCのすべて』前出)
 直線状の繊維でなくラセン状だと、どのような特性があるのだろう?
 「それは、宇宙からのかすかな信号をとらえ、電子器機からの不要電磁波を吸収する。さらに、人間の意識と相互作用する」(元島氏)
 ……「人間の意識と相互作用」という指摘に、興味を引かれる。
 「量子力学」では“意識”は量子波と考えられている。
 だから、“CMC”は、“意識”の量子波に感応する、ということになる。
 その他“CMC”の用途としてマイクロ波吸収、発熱材、さらに化粧品、高感度触媒、近接センサー、人間感覚をもつ人工皮膚……など、多岐にわたり数えきれない。
 “CMC”を原料にする。それだけで、1つの巨大産業が産まれそうだ。
 つまり、ビジネスチャンスの大宝庫なのだ。
 元島氏たち研究チームは、試行錯誤をくりかえし、“CMC”製造方法を模索してきた。
 そして、もっとも製造効率のよい第7代目製法に到達している(出典『驚異のヘリカル炭素』)。

 米軍からCMC5トン発注! ステルス戦闘機用

電磁波吸収率、驚異の99%

 “CMC”の用途−−。
 炭素繊維のマイクロコイル形状は、これまでになかった超高性能を発揮する。

 @電磁波吸収材:電磁波公害は、いまやあらゆる所に及んでいる。

 ミクロのラセン構造は、効率よく有害電磁波を吸収する。その吸収率は99%と驚異的だ。
 元島氏ら研究チームが“CMC”の99%という電磁波吸収率を発表した直後、米軍から“CMC”5トンという仰天注文が舞い込んだ。とても生産能力がないので丁寧に断った、という。
 これは、まちがいなくステルス戦闘機用だ。
 このステルス性能は、レーダーのマイクロ波を吸収する特殊塗料にかかっている。
 ペンタゴン(米国防総省)は“CMC”の電磁波吸収性能に眼を付けたのだ。
 ここで納得がいった。元島氏がNASAから研究者として招聘されたという噂の理由がわかった。
 NASA(米航空宇宙局)は、表向きは宇宙研究機関である。しかし、その正体は、ペンタゴン管轄下にある“軍事組織”なのだ。同様の軍事開発部門が、DARPA(国防総省計画局)だ。
 “かれら”はCMCの99%という電磁波吸収性能に着目し、ステルス戦闘機の電磁波吸収塗料に応用しようと、5トンという仰天注文を発注してきた。そして、技術の発明者元島氏を丸ごと抱え込もうとした。しかし、ペンタゴンやDARPAの名前を出すと警戒される。そこで、NASAからの招聘……というポーズをとった。
 これが、わたしの推理である。当たらずとも遠からずだろう。
 「元島さんは行かなくてよかったですよ」と消息通は言い切った。
 「CMCの技術だけ盗られて消されたかもしれませんよ」
 超先端技術には、きな臭い危険もともなう。
 やはり、元島氏が岐阜にとどまったのは正解だったようだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・

(管理人注)
 石炭、石油、コールタールの副生成物をピッチというようです。これを原料として高温で炭化して炭素系繊維がつくられるといいます。


 CMCは、炭素なので人体に無害という特徴があり、その用途の可能性は実に広いようです。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p52〜p54から抜粋開始>・・・

人工皮膚・筋肉、ロボットに最適

 A人工皮膚:人間の皮膚感覚を持つ人工の皮膚が開発可能となる。

 “CMC”を活用すると、高精度の触覚センサー開発が可能となる。
 触覚などで人間と同等の“皮膚感覚”をもつロボットの製造が可能となるのだ。
 すでに、イーロン・マスク率いるテスラは、世界に先駆けて人造ロボット“オプティマス”の開発を進めている。“CMC”人造皮膚は、テスラロボットの製造には不可欠な素材となるだろ。

 B人工筋肉:これもロボット開発に応用できる。

 「“CMC”に低周波の電界を加えると“CMC”のキラリティ(巻き方向)に依存して伸縮する」(これを束ねることにより、人工筋肉に応用できる」(『驚異のヘリカル炭素』前出)

 C化粧品:カーボン・マイクロ・コイルと女性用化粧品、なんのつながりもなさそうに思える。

 『驚異のヘリカル炭素』(前出)によれば「表皮細胞の再生・若返り効果が発見された」「皮膚の弾力を保つコラーゲン生成促進効果を確認」「安全性に優れる」など、3つの研究成果がある、という。
 “CMC”は炭素素材なので、他の化粧品原料の化学物質より安全性が高いのはいうまでもない。

 D水素吸収材:“CMC”は、そのマイクロコイル構造で、大量の水素を吸収する。

 単位重量あたりの吸収量(エネルギー密度)も、はるかに優れる。

 水質活性、ゼロ磁場、癒し、若返り……次々に奇跡

素材は炭素なので実に安全

 Eガン治療薬:“CMC”は皮膚にケロイド症状をもたらす繊維芽細胞の増殖を著しく抑制する作用がある。ケロイド根本治療に、“CMC”は光明となっている。
 また、“CMC”はガン細胞の増殖を著しく抑制する効果が実験で証明されている。
 “CMC”成分は、純粋な炭素で人体には無害だ。
 猛毒化学物質の抗ガン剤より、はるかに安全であることは、いうまでもない。

 F癒し効果:「“CMC”を練り込んだ繊維や紙に触れた状態で脳波を測ると、緊張状態ベータ波から、リラックス状態のアルファ波に変化する」(『CMCのすべて』前出)

 つまり“CMC”素材には明らかに癒し効果がある。

 G治癒パッチ:「“CMC”製品を肩や背中につけて赤外線サーモグラフで測定すると、血流が促進され、その部分の体温が上昇する様子が確認できる」(同)

H“ゼロ磁場”生成:「CMC総合研究所には、CMC材料を20kgほど保有しており、この影響で地磁気が国内最高の780mG(ミリガウス)まで上がっています」(同)

 伊勢神宮などの神社は、いわゆるパワースポットと呼ばれる。これらの土地は、“ゼロ磁場”地域として知られる。これは、磁場がゼロという意味ではない。
 コンパスのN極、S極の地球磁気を打ち消すほど地磁気が強い土地を指す。
 このような土地は、古来からパワーがあり、イヤシロチと呼ばれてきた。
 ぎゃくにジメジメして地磁気が弱い土地は、ケガレチとして忌み嫌われてきた。
 “CMC”は地磁気パワーを上げる。
 そのことが、CMC総合研究所の測定データで証明されたのである。

 I水質活性化:「CMCはゼロ磁場を発生させる作用がある。そのためCMCビーズを入れた水も、その波動が伝わって『ゼロ磁場水』となります」「塩素が出している波動は生体にマッチングしていない」「水道水にCMCビーズを入れると、塩素のネガティブ波動がだんだん変調されていきます」(同)

 Jテロメア値アップ:テロメア値は別名“命の回数券”。テロメアは染色体末端の組織で、その値は細胞の寿命を表し、加齢・病気で低下する。値が低いほど短命となることが証明されている。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 特に、癌に対する効果には注目です。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p54〜p57から抜粋開始>・・・

 見よCMCデトックス! ガン劇的に消滅!

“体毒”を抜けばガンも消える

 万病の元は“体毒”である。東洋医学は、約5000年前からこの真実に気づいていた。
 他方、西洋医学は、いまだ「病気の原因は謎である」と平気で言う。
 この病因論ひとつとっても、東洋医学のほうが西洋医学より、はるかにすぐれている。
 病気の原因は“体毒”である。なら、その“毒”を抜けば病気は治る。
 だから「断食は万病を治す妙法」なのだ(ヨガの教え)。
 私の師匠である森下敬一博士は、「ガンは血液の浄化装置」と喝破していた。
 つまり、“体毒”が体中を汚染して最後に血液を汚すと、敗血症という最悪事態に陥る。
 これは血液が腐敗する病気で、発症すると100%助からない。
 だから、最悪事態を避けるために、身体はもっとも弱った臓器を犠牲にする。
 これを“毒溜め”として体内の“毒”を集め、血液を浄化するのだ。
 まさにガンは、患者の最終的な延命装置でもあるのだ。

水銀排毒でガンも消滅

 「……CMC総合研究所が主宰するへリカル統合医療学会では、飲むスーパーデトックス材として『CMCカプセル』の開発を進めています」「すでに実用化されている他のCMC商品に比べても、『CMCカプセル』の水銀デトックス能力には目覚ましい効果があります」(『CMCのすすめ』)
 図2−4は、「CMCカプセル」服用により、“体毒”デトックスと共に、ガンも急激に縮小することを示す。
 水銀は、典型的な“体毒”だ。
 それが抜けるとガンも劇的に縮小している。
 CMCカプセルの服用で、みるまに水銀値もガンの大きさも、劇的に小さくなっている。
 「……その一方で、デトックス開始直後から尿中の水銀共鳴値が上昇したのです。一か月ほど尿によって水銀が排出されたのかもしれません。体内の水銀共鳴値が0gとなったと同時に、実際のガンも消失した」(『CMCのすすめ』)
 水銀が排毒されたなら、他の“体毒”もデトックスされたはず。
 もはや、“毒”のゴミ溜めであるガンも存在理由がない。
 だから、体内の水銀減少と比例して、ガンも急激に消失しているのだ。
 CMCガン消去療法−−おそるべし。

  
  図2−4

古来からの“炭療法”復活

 抗ガン剤は超猛毒だ。それにたいし、CMCは炭素で超安全だ。
 1990年、アメリカ政府調査機関OTAが「抗ガン剤は有毒で無効」と衝撃報告を発表した(OTAリポート)。
 以来、欧米医学界では抗ガン剤使用が激減した。それに伴い、欧米のガン死者は減少している。
 しかし、日本だけはロケットのように激増している。その理由はかんたんだ。
 欧米で売れなくなった抗ガン剤が日本になだれこんで、ガン患者に打ちまくられている。
 だから、ガン死がウナギのぼりなのは当然。
 この犠牲者たちはガンで死んだのではない。抗ガン剤の超猛毒で毒殺されたのだ。
 全国の医療機関は、抗ガン剤の代わりにCMCカプセルを投与すべきだ。
 その劇的なデトックス効果で、ガンも急速に排毒され、消えていく。
 CMCは炭素繊維なので、まったく人体に無害だ。
 そういえば、古来から東洋医学で「炭療法」なるものがあった。
 これは、木炭などの粉末を飲用するもの。炭の吸着性能を利用する。
 体内の毒素を速やかに吸着させ、体外に排泄させる。きわめて理にかなった治療法だ。
 CMCは、さらにミクロのラセン構造なのだ。その吸着性能は木炭よりはるかに優れるだろう。
 CMC療法は、ある意味で古来からの“炭療法”の復活といえる。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 以前の記事、「『炭が地球を救う』から」で、『薬用炭』について紹介しました。
 日本では炭がデトックスに有用ということは知られていますが、ヨーロッパにおいても100年以上の歴史があるそうです。
 一部、引用します。

『薬用炭』とは有害物質である残留農薬、食品に含まれる環境ホルモンや毒物・毒素、食品添加物、抗生物質、覚せい剤、抗ガン剤、下剤、水銀、ヒ素などを吸着、排毒できる効能効果を備え、医科向けの医薬品であったわけだ。

 つまり水銀だけでなく、体内に入ってしまったあらゆる毒物に対して有効だということです。
 CMCはとても高い可能性を秘めた素材だと思います。



ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星に関する考察...2024年1月20日

 当HPの掲示板にも投稿がありましたが、「絵本作家のぶみチャンネル」さんの以下の動画は私も注目していました。

https://www.youtube.com/watch?v=oUzmxKccBhs&t=1s

 のぶみさんによると、NASAは最新コンピューターを使って、100年くらいまで隕石の軌道を正確に予測できるようになり、ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星の軌道を計算してみて、2025年7月5日、午前4時10分頃に地球に衝突する可能性を導き出したといいます。
 場所は、フィリピン海プレート付近。
 これは言うまでもなく、たつき諒さんの夢予言の内容と日時と場所が一致しているし、ショーゲンさんも、2025年7月5日、午前4時10分と言っていたらしいです。
 のぶみさんのこの動画を素直に観ている限り、誰かからのぶみさんにNASAのサイトにそういった記事が載っているよと教えてもらった感じではなくて、のぶみさん自身がNASAの記事をグーグル翻訳して読んだように聞こえます。
 この動画を観た「まるぞう」さんという人が、NASAのサイトでこうした記事があるか検索してみた記事が以下です。

https://blog.goo.ne.jp/ohisama_maruzo/d/20240114

 結果、NASAのサイトにはそうした記事を見つけられなかったそうです(英語が苦手な私も、一応検索にトライしてみましたが、やはりのぶみさんの読んだであろう記事に辿り着くことはできませんでした)。
 その理由として、まるぞうさん以下の3つを挙げています。

@まるぞうの検索技術でその記事に辿り着けていないだけ。

A絵本作家さんの勘違い。他の海外陰謀論?サイトをNASAの公式発表と思い込んだ。

BNASAの発表はあったが今は削除されている。

 私は、AかBだと思っています。
 Aであれば特に話題性もないですが、もしBであったら、これは事件です。
 それゆえここでは、Bであったケースについて考察してみたいと思います。

 まずベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星について調べてみました。
 すると、この彗星は人類が知る限り最大の彗星のようです。
 私達に馴染みのあるハレー彗星の径が最大15km、ヘールポップ彗星の径は50〜60kmだといいます。
 それに対しベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星は129kmもあるといいます。
 人類史上最大の彗星が地球に激突したら、どうなるでしょうか。
 恐竜絶滅のきっかけとなったといわれる6500万年前の白亜紀後期に地球に激突した隕石は、直径10kmだったと言われています。現在のメキシコの浅い海に直径200キロメートルのクレーターを作り、生存種の75%以上を全滅させという、大量絶滅の引き金になったと言われています。
 電卓を叩いて計算してみると、ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星はこの隕石の約550倍もの質量を有すると想定されました(注1)。こうなると、かりに人類滅亡を逃れたとしても、原始時代からやり直しになることは必定です。
 かりにBだとしたら、NASAとしては単にコンピューター上のシュミレーション結果だとしても、人類に絶望しか与えないような記事はまずいと判断して削除したのかなと思えてきます。

 私は何か情報はないかと探してみたのですが、このベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星が地球に激突したらどうなるか考察した記事がありました(英語なので読まれる方はグーグル翻訳して下さい)。

https://bigthink.com/starts-with-a-bang/largest-comet-earth/

 この記事に中で気になる部分がありました。

 ・・・<上記記事から引用開始>・・・

しかし、時折、偶然の重力遭遇によって特定の天体の軌道が乱され、その天体が太陽系の内部に勢いよく送り込まれます。それらの周期は数百万年に及ぶ可能性がありますが、別の巨大な天体からの誤った重力の「ナッジ(注2)」により、これらのいずれかが地球への衝突コースに送られる可能性があります。

 ・・・<引用終了>・・・

 このベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星は、公式上では2031年あたりに、太陽に最接近すると言われていますが、地球に衝突する心配はないとされています。
 しかし、人類がまだ把握していない未知の彗星との接近遭遇などにより、この彗星の軌道が変えられる(変えられた?)可能性もゼロではありません。
 不運にもそうした「偶然の重力遭遇」が起こって、地球激突へのコースとなってしまったとしたら・・・。
 さらに抜粋します。


 ・・・<上記記事から引用開始>・・・

しかし、唯一の救いはこれです。これほど大きな彗星がオールトの雲から地球に接近すると、地球の重力による大きな潮汐力を受け、一連の小さな破片に引き裂かれる可能性があります。これは、1994年のシューメーカーレヴィ彗星の木星への衝突で私たちが観察したもので、合計約20個の大きな破片が確認されました。

しかし、それらの破片のひとつひとつが木星に衝突するのに対し、地球の引力は木星の引力よりも大幅に小さいのです。その意味するところは、もし彗星の核がかなり前に分解されていれば(非常に現実的な可能性ですが)、この天体の質量の大部分が地球を完全に逸脱する可能性があるということです。一連の小規模な衝撃は、人間と地球上のすべての生物の両方にとって依然として悪影響を及ぼしますが、地球の海洋と大気に対する一連の結果のリスクははるかに低くなるでしょう。

 ・・・<引用終了>・・・

 どうやら、ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星が地球への激突コースに入っていたとしても、1994年のシューメーカーレヴィ彗星のようにいくつかの破片に分裂する可能性が高いようです。
 しかし、仮にいくつかの破片に分裂したとしても、すべて地球に激突したとなると生物は絶滅の危機に瀕するといいます。

 たつき諒さんは、2025年7月5日の巨大津波の原因はわからないと言われていました。
 そこでここでは、巨大津波の原因がベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星だったケースを想定して考えてみます。
 彗星が地球の重力で分裂したとしても、500兆トンもの重さのものがすべて地球に激突すれば、ひとたまりもありません。
 そこで地球上の生物が絶滅しないケースとして、分裂した内の一つだけが地球に落下すると想定します。
 この場合はわかりやすく、その一つがフィリピン海プレート付近の海面に落下して巨大津波を引き起こすと考えます。
 被害は、落下地点の周辺の国々の海岸線に押し寄せる巨大津波です。
 さらに激突時の衝撃による地震もあるかもしれません。

 もう一つ考えられるのは、彗星が地球に衝突することはなく、地球の近傍をかすめ飛ぶといったシナリオです。
 被害は、同じように周辺の国々の海岸線に押し寄せる津波ですが、直接落下しなくてもかなりの被害になると思われます。
 彗星の重力は、地球に深刻な影響を及ぼすと考えます。
 私は当初、フィリピン海のプレートが彗星の重力によって持ち上げられ、それによって周辺海域に津波が発生すると考えていましたが、今は少し考えが変わりました。

 月と太陽の位置関係によって満潮と干潮が起こります。月と太陽の重力が一番強くなるのが、太陽と月と地球が一直線に並んだときで、満潮となります。太陽と地球のラインに月が直角に位置するとき、干潮となります。
 このことから、重力の影響をより強く受けるのは液体の海水で、固体の陸地よりも大きいはずです。
 よって、彗星が地球の近傍を通過する際に、海水が彗星の重力に引っ張られて盛り上がり、彗星が離れていくと、重力の影響が消えて、一気に盛り上がった海水が落ちてくることになります。
 それが巨大津波を引き起こすことになるのではないか、と考えたのです。
 これは、月によって起こされる潮汐(ちょうせき)の超拡大、かつ超短期間バージョンです。
 すさまじいスピードで地球の近傍をかすめ飛ぶ彗星の影響で短期間に海水が盛り上がり、あっという間に過ぎ去ることで重力の影響が消えて、盛り上がった海水が一気に落ちてくるイメージです。
 なにしろ500兆トンという人類が知る限り最大の彗星です。その重力の影響は計り知れないものとなるはずです。
 なお、 ネットで調べてみると、津波がフィリピン付近で発生した場合は、およそ2時間後に日本へ到達するといいます。
 たつき諒さんは『私が見た未来 完全版』で、巨大津波の夢を見た日付を2021年7月5日、4:18AMと記されています。たつき諒さんの夢が現実化するのは、同じ日付のことが多いので、ここでも午前4時という数字が出てきて興味深いです(たつき諒さんは、日本に津波が来るのは7月5日の午前中と表現されています)。
 7月5日の日の出は午前4時30分頃です。仮に4時10分頃に起こったとすると、日本に津波が到達するのは夜が明けきった朝の6時10分頃ということになります。

 以下は、ハッブル宇宙望遠鏡から撮影されたベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星です。


  


 ホピの予言にあるように、青い星です。
 当日の夜明け前の夜空に青く輝く星が現れたら、ホピの予言を思い出す人がいるかもしれません。

 これらは私の勝手な妄想です。
 あくまでも「絵本作家のぶみチャンネル」さんが見たのは、BのNASAの記事だったということを前提にしたもので、Aののぶみさんの勘違いであったとすれば、成り立たない話です。
 都市伝説の類と考えていただければと思います。


(注1)
 小惑星と彗星は成分が違います。
 小惑星は岩石で彗星は氷です。
 小惑星の典型的な密度は1立方センチメートルあたり2〜3グラムで、彗星は氷なので0.6gだそうです。
 これにより、彗星は小惑星(隕石)の4分の1の密度と想定します。
 ベルナ・ディネッリ・バーンスティーン彗星は径が129km、白亜紀の隕石の径は10kmなので13倍です。体積は径の3乗に比例するので、体積は13の3乗の2197倍となります。しかし密度は4分の1なので、4で割って550倍となります。

(注2)
 ナッジ...そっと後押しする。



日本人の死因の一位は?...2024年1月13日

 日本人の死因の一位は何かと聞かれたとき、10人中9人は癌だと答えると思います。
 いや、10人中10人かもしれません。
 厚生労働省の最新(2023年)のデータにおいても、

 1位...悪性新生物(癌) 24.6%
 2位...心疾患、     14.8%
 3位...老衰       11.4%
 4位...脳血管疾患     6.8%

 といった具合で公表されています。
 日本人の死因の1位は癌であるというのは、誰もが知っている共通認識でしょう。
 でも私は違います。
 私は日本人の死因の1位は「医原病(いげんびょう)」ではないかと考えています。

 「はぁ? 医原病って何?」と思われた方は多いかもしれません。
 なぜなら医原病は、政府・行政、医療機関が国民に絶対に知ってほしくない言葉だからです。当然ながら、新聞や雑誌、テレビなどで報道されることは一切ありません。
 医原病に近い言葉として「薬害」があるかもしれません。
 薬害と聞くと薬害エイズや薬害肝炎という言葉を思い浮かべますが、これは医薬品による被害と捉えられます。医原病はもっと広い意味で、おおざっぱに言えば、医者にかかったことが原因で受ける被害の総称です。
 手術の失敗や投薬のミスはもちろんですが、ミスが無かったとしても、その医療を受けたことで蒙った被害も含めます。
 医療は人間が行うものだから、時として間違いがあることを認めるけれども、それが癌を抜いて日本人の死因の1位になるなんてありえない・・・、とほとんどの方が思われるでしょう。
 私もその気持ちはよくわかります。
 まず、『人殺し医療』(ベンジャミン・フルフォード著、KKベストセラーズ)から紹介させていただきます。


 ・・・<『人殺し医療』、p14〜p19から抜粋開始>・・・

 * アメリカで最も多い死因は?

 医原病をご存じだろうか?
 おそらく知っている人は、皆無だろう。当然である。そもそも日本の医療関係者が「医原病」について語ることは、まずありえない。報道は、完全無視。毎週、どこかのチャンネルで必ず放送している医療ドラマが「医原病」を題材で取り上げたことは一度だってない。知りようがないというのが実情だろう。
 では、こう質問を変えよう。
 全米第1位の死因は何か?
 そう問われたら、たいていの人は、すぐさま「がん」を挙げるだろう。あとは心臓疾患、脳梗塞のいずれか。アメリカに限らず先進国では、疫病死や自然死が減って、がん、心臓疾患、脳梗塞が三大死因となる。それが一般的な「常識」であろう。そうして、私たちは騙されてきた。
 なぜなら全米1位の死因は「医原病」だからである。
 最新のデータ(2004年アメリカ)によれば医原病による死者数は、年間78万3、936人。第2位の心臓疾患が69万9、697人、がん(悪性新生物)が55万3、251人で第3位となっている。この調査結果は決していい加減なものではなく、アメリカで30年以上のキャリアを持つニューヨーク州NPO法人「アメリカ栄養研究所」の創立者であるゲーリー・ヌル博士の調査によるものなのだ。
 2000年にも権威あるアメリカ医師会ジャーナルで同様の内容が発表されている。こちらはジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins School of Hygiene and Public Health)のバーバラ・スターフィールド医師が医原病による年間死者数を25万人相当と推計。この数値の場合でも全米第3位にランクインする。ジョンズ・ホプキンス大学は、アメリカ医学会の名門中の名門、いわば西洋医学の総本山が「医原病」をアメリカの三大死因と公式に認めているのだ。
 アメリカで第1位、少なくとも第3位の死因ということは、日本を含めた先進諸国でも同様の結果となるはずだ。
 にも拘らず、その「医原病」を、私たちは、意味はおろか、言葉すら聞いたことがなかった。驚くべき事実というか、恐るべき現実、そう嘆きたくなる。
 医原病とは何か。ウィキペディアには、こう記してある。
 「医療行為が原因で生ずる疾患のこと。医源病、医原性疾患も同義」
 病院で治療を受けた結果、それが原因となって病状を悪化させて死亡したという意味となる。院内感染や投薬ミスなどの医療過誤、診断や処置を間違えるなどの医療ミス、医療関係者の技術的落ち度からくる医療事故、他にも薬害、医薬品の副作用、医療器具の不具合なども含まれる。
 まどろっこしい言い方はやめよう。
 アメリカ最大の死因は「医者」なのである。
 全米3位と見積もったスターフィールド医師は、その調査報告の中で「少ない数値が出やすい状況での調査結果だ。別の調査方法を採用していれば数値はもっと高くなっただろう」と認めており、医原病の死者数を78万人と見積もったゲーリー・ヌル博士の数値はかなり信ぴょう性が高いのである。
 全米で78万人。凄まじい数字である。ちょっとした大都市が、毎年、一つ、医者によって消滅している計算となる。言い換えれば、500人乗りのジャンボジェット機が毎日、アメリカの何処かで4機、墜落事故を起こしているのと一緒で、「病院」に行くというのは、毎日、墜落するジャンボジェットに乗り込むのと同じリスクという計算になる。
 ある特定のジャンボジェット機が毎日4機、必ず墜落していたら、果たして人々は、そのジャンボジェットに乗るだろうか? まともな人なら別の移動手段を考えるはずだ。
 ところが最初に述べたように、私たちは医原病という言葉すら知らなかった。ましてや、それが死因第1位という事実すら知らされていなかった。
 ここに医療問題の抱えている深い「闇」があるのだ。

 * 死因にカウントされない医原病

 全米で毎年78万人が医療行為によって亡くなっている。先のスターフィールド医師の調査報告では、医療行為によって死亡するケースだけでなく、それによって不具になったり、障害を被ったりする人数をアメリカで年間200万人以上と推計している。毎年200万人が医原病による重い疾患になっているとすれば、当然、それが原因で寿命を縮めて、別な病気を併発して亡くなるケースも出てこよう。その場合、直接の死因は、別の病気になるために医原病としてはカウントされない。実は、ヌル博士の78万人ですら、かなり甘い見積もりの可能性だってあるのだ。
 ところが、医原病の恐ろしさをいくら説明しても、大半の人は、「まさか?」「さすがに大げさだろう」と、なかなか真剣には聞いてもらえない。
 実際、本書の企画段階でも担当編集氏を納得させるまで、相当、苦労した。
 本書の担当編集氏は、何冊もの医学関係の本を担当し、さらに「医療ドラマを観るのが趣味」と、かなりの医学知識を持っている。その彼ですら「医原病」については、「聞いたことはない」といい、全米1位の死因と説明した際、はっきりと「嘘でしょう」と返答してきた。担当編集氏とのやりとりを一部、紹介したい。
 「確かに医療過誤、医療ミス、薬害などで、ある程度の人が障害を被り、病状を悪化させた結果、なかには亡くなる人もいることでしょう。ですが、現代医療で、それ以上の人が病気を治してもらい、科学的な医療の恩恵を受けている。医学は、トライ&エラーの繰り返しで、医原病的な失敗を反省し、改善していくなかで新しい治療方法が生まれ、画期的な新薬ができるんじゃないでしょうか」
 この担当編集氏の弁こそ一般的な常識人の反応だろう。誰もが「まさか医療行為が死に直結している」と考えたくないし、「病院に行くと死期を早めるか、もしくは病状が悪化する」など信じたくもない、そう思うのは理解できなくもない。
 では、こう反論しよう。本当に現代医療が健全ならば、医原病について堂々と死因の一つに挙げ、そのリスクも含めて、世の中に理解を求めていけばいいのだ。
 現実に医療ミス、医療過誤、医療事故は、頻繁に起こっている。薬害エイズ、薬害肝炎といった社会問題となった薬害事件だけでなくとも、薬の副作用で苦しんでいる人など、今や珍しくはない。抗がん剤などの副作用の激しい投薬が原因で体力を奪われて亡くなる人もたくさんいる。医療行為が、それこそ患者の命に関わるのは、ちょっとした手術や医療処置、投薬で患者さんから免責を含めた同意書を取っていることからも、医療関係者が一番理解しているはずなのだ。
 ならば薬の副作用や手術が原因で亡くなった人に対して、免責に同意して医者や病院に責任を問わない代わりに、死因をきちんと「医原病」としてカウントするのが、医療関係者としての誠意ではないだろうか。
 ところが、やっていることは「医原病」を隠蔽(いんぺい)することばかりだ。
 実際、日本では心臓疾患が死因の第2位で年間約18万人(厚生労働省調査2010年)となっている。高齢者が心筋梗塞などの病気で亡くなるケースは確かに少なくない。
 しかし心臓疾患が多い理由は、「原因不明」、もっといえば、医者や病院が原因不明にしておきたいとき、心不全で処理するためなのだ。心不全とは、要するに「心臓が止まりました」なぜ心臓が止まったのかには言及しないための「魔法の言葉」なのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 文中に出てきた担当編集氏の言葉は、多くの日本人の気持ちを代弁した言葉のように聞こえます。
 医原病が死因の1位だなんて信じられないし、信じたくもない・・・、というのが大多数の気持ちでしょう。

 では次に、船瀬俊介氏の意見を見てみたいと思います。
 『奇跡を起こす「波動医学」』(船瀬俊介著、共栄書房)から抜粋して紹介します。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p202〜p204から抜粋開始>・・・

 病院は“死の教会”、死因一位は医者である

 ●命を救うか、それとも奪うか

 “ビワの葉”や“キャベツ療法”など民間療法を広めている人たちは、尊い。
 いま、世界中で民間療法が見直されている。そして、人々は現代医療から逃げ出している。
 前者は命を救い、後者は命を奪う。その恐ろしい事実に、ようやく人々は気づき始めた。
 「現代医学の神は死神である。病院は死の教会である」(ロバート・メンデルソン博士)
 つまり、現代の医学は“殺す”ための医学である。病院は“殺す場所”なのだ。
 メンデルソン博士は断言している。
 「現代医学で評価できるのは1割の救命医療のみ。残り9割は慢性病に無力で、悪化させ、死なせている」「地上から9割の医療が消え失せれば、人類はまちがいなく健康になれる」(『医者が患者をだますとき』PHP文庫)
 ここまで言っても、まだ信じられない……気持ちはよくわかる。

 ●ガンでも4倍生きる方法

 しかし、人類の死因第1位は“医者”なのだ。
 アメリカでも死因1位は“医原病”で、第2位が心臓病だった。
 「医者に行かなきゃ、助かった」
 まさにブラックジョークだ。しかし、それは真実だ。
 カリフォルこア大学のH・ジェームズ博士は驚愕事実を発表している。
 「ガン治療を受けたガン患者の平均余命は3年、受けなかった患者は12年6か月生きている」
 つまり、ガン治療を受けると余命は、受けない人の4分の1以下になる。
 これはいったい、どういうことか?
 つまりガンと診断されても病院に行くな。行ったら4倍早く“殺される”。
 なぜ病院に行かないとガン患者は4倍以上生きるのか?
 猛毒抗ガン剤、有害放射線、危険手術の三大殺戮(さつりく)をまぬがれるからだ。

 ●8割はガン治療で殺される

 そもそも病院でガンと診断されても、それ自体がペテンなのだ。
 「ガンと告知されても、9割はガンではない」(近藤誠医師)
 それは良性なので、食事・習慣を改めればすぐに治る。
 なのに病院に駆け込んで、死亡した8割の患者は猛毒抗ガン剤、有害放射線、危険手術で“惨殺”されている。これが日本のガン治療の戦慄の実態なのだ。まさに悪魔のガン治療……その実態は『あぶない抗ガン剤』(共栄書房)にすべて書いた。
 ここまで読んでも「病院に行く」と言うなら、わたしは止めはしない。
 それもその人の選択だ。騙されることも、殺されることも、その人の運命である。
 死ぬ瞬間に「だまされた」と苦悶のうちに気づくだろう。
 しかし、その地獄もその人が選んだのだ。因果応報。宿命とはそういものだ。
 「無知は罪であり、知ろうとしなかったことはさらに深い罪である」
 この真実に、苦悶地獄のなかで気づくのだ。しかし、もはや手遅れでしかない。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 死因の1位が医原病であることの、間接的な傍証を挙げます。
 病院がストを起こした時の死亡率を調べたイスラエルの例です。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p235〜p236から抜粋開始>・・・

 人類の死亡原因1位は“医者”である

 ●病院ストで死亡率が半減

 証拠もある。メンデルソン博士は1970年代、イスラエルの例をあげる。
 全土で病院がストライキをした。すると、不可思議な“副作用”が発生した。
 イスラエル全土で死亡率が半減したのだ(「エルサレム埋葬協会」調べ)。
 ストは1か月ほど続いた。その間、死亡率は半減したままだった。
 そして、全土で病院が再開されると、死亡率は“元にもどった”……。
 つまり、同国の国民の半分は、病院で“殺されていた”……。
 「病院はストを続けるべきだ。永遠に……」(メンデルソン博士)
 それは、小学生どころかヨチヨチ歩きの幼児ですらわかる。
 病院が国民の半分を“殺している”なら、病院を閉鎖すればよい。
 そうすれば、国民の半分は“殺されず”にすむ。
 しかし、幼児でもわかるリクツが、わからない大人が多すぎる。
 「病院は病気を治すところ」「クスリは病気を治してくれる」
 こう信じ込んでいる。いや、信じ込まされている。これを“洗脳”という。
 アメリカの例をあげる。死因の1位は“医原病”で78万人。2位は心臓病70万人……(ベンジャミン・フルフォード『人殺し医療』KKベストセラーズ)。
 世界の医療は、“死神”の西洋医学に支配されている。
 だから、人類の死因1位は“医者”なのだ。

 ・・・<抜粋終了>・・・


 船瀬弁は絶好調なようです。
 さらに弁は進み、医療は“人口削減”と“巨大利益”を目的としていることで、戦争と同じだといいます。


 ・・・<『奇跡を起こす「波動医学」』、p237〜p240から抜粋開始>・・・

 ●“人殺し”と“金儲け”

 “人口削減”のため熱心に計画し、実行してきたのが戦争だ。戦争には二つの目的がある。
 “人口削減”と“巨大利益”だ。わかりやすくいえば“人殺し”と“金儲け”。
 同じ目的を持っているのが医療だ。医療の目的も“人殺し”と“金儲け”なのだ。
 ただし、医者や看護師は殺そうと思って勤務しているわけではない。
 かれらは、本心から患者を治したい、救いたい、そう思っている。
 しかし、かれらが頑張れば頑張るほど、患者は苦しみながら死んでいく。
 病院関係者もまた巧妙に“洗脳”されているのだ。かれらが大学医学部で学ぶウイルヒョウ医学こそ“死神”の医学なのだ(参照拙著『世界をだました5人の学者』ヒカルランド)。

世界大戦まで自由自在

 ここまで言っても、耳をふさぎたくなる人もいるだろう。
 それは、自分が聞いてきたこと、知ってることと、真逆だからだ。
 「政府はそんなこと言ってないよ」「NHKも一言も言ってない」
 「朝日新聞には1行も書いてない!」
 あたりまえだ。国家も、マスコミも、とっくの昔に乗っ取られている。
 政府、テレビ、新聞を裏から完全支配しているのが“闇勢力”なのだ。
 だから、政府を信じるな。テレビを見るな。新聞を取るな。
 人類は、これまで何度となくだまされてきた。
 第一次、第二次世界大戦は、“闇の勢力”が計画し、実行に移したものだ。
 “やつら”は世界大戦まで自由自在に起こすほど強大な力をもっている。
 だから果てしなくくりかえされる戦争も、すべて“やつら”が計画し実行に移してきたのだ。
 そして“やつら”は第三次世界大戦を本気で起こそうとしている。

 悪魔支配の「現代医療」大崩壊が始まった……

 ●「現代医学」から「波動医学」へ

 「戦争」だけでなく「医療」もあなたを“殺す”ために存在している。
 だから、病院に行ってはいけない。クスリは飲んではいけない。
 これからは、第二の道を歩んでほしい。それは、健康と幸福と希望に満ちた生き方だ。
 本書のタイトルは『奇跡を起こす「波動医学」』だ。「波動医学」こそ、第二の道なのだ。
 “闇勢力”ロックフェラー一族が独占支配してきた現代医療……。
 その利権構造の瓦解が始まった。具体的には薬物療法の崩壊だ。
 薬物療法の正体は、患者を殺す殺人医療だった。
 それに対して「波動医学」は、クスリは一切用いない。手術とも無縁だ。
 痛みもない。副作用もない。瞬時に診断し、瞬時に治療する。
 「現代医療」が大崩壊し、「波動医療」に向かうのはとうぜんだ。

 ●“毒”+“毒”で“体毒”は倍

 万病は“体毒”から生じる。治すには“毒”を排する。これが治療の根幹だ。
 だから断食は万病を治す。インプット(食事)を断てば、あとはアウトプット(排毒)のみ。
 身体はクリーンになり、病気も消えていく。
 だから−−断食は万病を治す妙法−−なのだ。
 本来、薬は“毒”である。それは医師も認めている。患者は“体毒”で病気になったのだ。
 そこに“薬毒”を加える。これが薬物療法である。
 “毒”+“毒”で“体毒”は2倍になる。これで病気が治るわけがない。病気は2倍ひどくなる。
 こんなかんたんなリクツが、大学医学部のエライ先生たちは、百万回言っても理解できない。
 これを古来から“石頭”と呼ぶ。
 もはや手のほどこしようがない。そんな医者の病院に行って、助かるはずはない。
 そして、棺桶に入って無言の帰宅をすることになる。
 あなたは、そんな最期を迎えたいのですか……?

 ・・・<抜粋終了>・・・


 船瀬氏は「死亡した8割の患者は猛毒抗ガン剤、有害放射線、危険手術で“惨殺”されている」といいます。
 この8割という数字の根拠ですが、岡山大学医学部の医学生が臨床例を精査して、癌患者の8割が「ガン治療によって死亡している」ことを発見し、これを論文にまとめたのです。
 担当教授にその論文を見せたところ、「こんなことが世間に知れたら大変なことになる!」と一喝し、その医学生の目の前にでその論文を破り捨てたといいます。
 日本では、(ガンによる死亡ではなく)ガン治療によって死亡した研究は他にないと思うので、船瀬氏の8割の根拠はこれであると思います。
 これはまさに医原病の典型例でしょう。
 手術が成功し、医者がにっこり笑って、「よかったですねぇ〜、手術は成功しました。癌は治りました」と言ったとします。しかし、本来は12年半生きることができたはずなのに、3年で死んでしまったとしたら、これは医原病によって早期に死亡したと言えると思うのです。
 こうした例を含めたら、おそらく楽々と日本人の死亡原因の1位は医原病になると思います。

 もう一つ挙げなければならない例は、やはり昨今の新型コロナワクチン(mRNA型ワクチンで)でしょう。
 最近になってやっと、mRNA型ワクチンの副作用(副反応)が人々に知られるようになってきましたが、ほとんどの日本人は、これが人口削減のための殺人兵器だったことを認識していません。
 このワクチンを接種した人は、「接種したことで感染を防げたり、感染したとしても重症化が防げた」と無邪気に信じているのでしょうが、私は政府やマスコミが国民に嘘をついたと思っています。
 2022年から日本人の超過死亡は急激に増えています。
 2023年の超過死亡のデータはまだ出ていませんが、さらに加速して増えていることでしょう。元々日本の人口は減少傾向にあったのですが、新型コロナワクチン摂取が始まってから、超過死亡が激増したのです。
 もはや言い逃れができない現象が起きているのですから、あと数年もすれば、新型コロナワクチンの正体が広く日本国民に知れ渡ることになるでしょう。
 その時になって日本人は、mRNA型ワクチンが医原病であったと(しぶしぶながらも)認識すると思います。



[トップページ] このページの先頭へ