(2016年)

 書き込みをされたい訪問者の方は、 以下のメールアドレスまで書き込みたい内容を送っていただくよう、お願いします。日付順で、随時掲載していきます。送っていただいたメールは、基本的にここに掲示するようにしますので、掲示させたくない場合は、その由お知らせ下さい。

moto2013_2_18@yahoo.co.jp (全角でメールアドレスを表示していますが、お手数ですが半角で書き直していただくようお願いします)

[トップページ]

イエスキリストの血筋はどこか

平清盛の嫡孫で、平重盛の嫡男。平維盛について

ミロクの世、弥勒世果報(ミルクゆがふう)の世界が幕開く

ローズウェルの真相

めんつゆも自家製では?

時代はフェークなトリクルダウンから、オーセンティックなベーシック・インカムへシフトする

人口削減のTPP 、タイ・ベトナム離脱を表明する

宇宙的存在がドナルド・トランプを守る

歴史(日中戦争)の証人死す

聖徳太子の未来記

アセンションへの鍵、最後の審判を迎えて

愚鈍から天才の阿羅漢果を得た周利槃特(すりはんどく)

アセンションを間近に控えて

宇宙時代は もう其処(そこ)

ニビル星襲来と坂本龍馬について

この秋はフォトン高周波(光電磁波)焼けに気を付けよう

国力と国土は比例するのか、東進を始めた中国人民解放軍

国の機密情報を他国に売る者は地獄に転落する

本能寺の変で神隠しに有った、信長主従は何処に新天地を求めたか

一見 平和だけども東シナ海 波 高し

徳川家康の血筋は やはり、源氏・新田義貞の血筋

日本を分断するワナ、田布施システムと言うキーワード

鶴の一声、天皇 退位

ヘイトな無礼者はサイレント・マジョリティーを退かせる

時はラセン階段、似た状況を生み出す

忍従か抵抗か、天国まで道のりは生存競争

今後、AI 人工知能の世をどう生き残るか

次の西側の世界王は誰か

第六天の魔王の蛸(たこ)から、如何に脱するか

シフトの時代の幕開け。東西の神話の統合

これからの世はキリスト教と仏教の和合

平将門と側室、桔梗姫。人生は流転する

ガイヤ(地球神)堅牢地神が地震が何故起こるか語る

盗人 南無仏で第六天の魔王の頭を取る

HAARP 人工地震について

熊本の地震について

現代社会の末期、脱税天国、タックス・ヘイブン

古代ビルダー人の宝海梵志

蟻の恩返し

蜘蛛の糸、現代語訳

水心あらば魚心。諸天は心に応じる

アクエリアスの時代を迎えて

数珠(じゅず)について

地球の地核の虚空に待機する地涌の菩薩達について

日本のお家芸の家電企業は何故に衰退したのか

人間の叡智はリモート・ビューイング(遠隔透視)する

現代社会はフラクタルな社会にシフトする

アラブの女性達 立ち上がる

イエスキリストの血筋はどこか  2016/12/26, Mon 06:00

イエスキリストの血筋はどこか、私がダウンジングで調べると、ムーの生き残り、古代の日本系の血筋。ムーの生き残りが、ネパールに行き、インドの皇帝に成る。その子孫が釈迦族に成り、釈迦族が波瑠璃王に攻められた時、女、子供達は逃げられたから、女、子供達は西に逃げ、ユダヤの民に成った。だから、イエスキリストは日本人ポイ顔つきで有る。アシリアにユダヤが攻められたから海上ルートでムーの生き残りの島、日本に渡った、その後、陸上ルートのユダヤ2支族も日本に渡来する。10支族と合流する。神武天皇は先行の海上ルートメンバー。縄文土器と弥生土器の違いは
古代日本人と、遠征に旅立った釈迦族、ユダヤの経験の差。ユダヤ、ネパール、は同系。日本人はムーの祖。ムーが沈下した時、島伝いの日本に定住した。エデンは東に有る。はその意味、だから、ネパール。イスラエル。日本は同じ遺伝子、YAP 遺伝子を保持している。海上ルートは沖縄で態勢を整えて、鹿児島に上陸する。弥生時代の幕開けが始まる。



平清盛の嫡孫で、平重盛の嫡男。平維盛について  2016/12/15, Thu 21:28

平清盛の 嫡孫で、平重盛の嫡男、平維盛について。『玉葉』 平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて執筆された、日本の公家九条兼実の日記。 その中に「平維盛が30艘ばかり率いて南海に向かった」という記録がある。アカシックレコードを知らない、鎌倉時代の人々は南海に向かった平維盛を南海の補陀落渡海船に見立てたであろう。いつの間にか、平維盛は那智の沖で入水自殺したとの説が一人歩きを始めた。
私はダウンジングでアカシックレコードの平維盛を訪ね、会話をしてみた。
★私問う。何故、源平の最終決戦、壇之浦の海戦を離脱したのですか。
〇平維盛答える。桓武平氏の伊勢平氏の平清盛公の血筋を残す為に戦線を離脱した。
★日宋貿易で富を得た、平家の貴方達は大陸の宋王朝に亡命は考えなかったのですか。
〇松浦水軍の協力を得た、私達は日本と中国の間に有る島々を拠点にする事にし、福原(神戸)を琉球にも作る事にした。
★琉球を平家再興の礎(いしずえ)にしたかったんですか。
〇琉球の沖縄島を資盛にまかせ、私はもっと南の先島を選んだ。宮古島を配下に委せて、私は八重山諸島の石垣島に隠居した。熱病のマラリアを避けて小浜島に撤退した。
★貴方は南海から一人戻って来て、那智の沖で入水自殺した事になっているが、それに対して一言をお願いしたい。
〇それは私が観音の補陀落山を八重山に求めたので有って、僧に成って補陀落船の入水自殺ではない。同じ補陀落でも意味が違う、私は入水自殺はしていない。桓武平氏の血筋を残す為に石垣島に入った。
★沖縄の八重山諸島の石垣島は観音菩薩の補陀落山ですか。
〇その通りで観音・普賢菩薩が飛来、来島する島である。
★近年、私が沖縄を意識すると平清盛を感ずるが、平清盛公は沖縄の守護神に成っているのか。
〇貴方が平清盛を塔婆供養したから平清盛公は成仏し、今は沖縄の守護神に成っている。
★平維盛の墓は何処に有りますか。
〇小浜島の大岳の麓。
★私に平維盛の血筋は流れていますか。
〇維盛の子孫、仲間満慶山英極の娘、美呂真が貴方の先祖の大新城親方池城安基の妻に成った。だから貴方には平維盛の血筋は流れている。
★琉球王朝の第一尚氏は平家の子孫ですか。
〇第一尚氏は平氏の資盛の子孫。 鮫川大主 (さめかわうふぬし)は平資盛。



ミロクの世、弥勒世果報(ミルクゆがふう)の世界が幕開く  2016/12/10, Sat 22:58

ミロクの世と弥勒世果報(ミルクゆがふう)は同じ意味である。弥勒菩薩がこの世に降りて来て衆生と国土を救い、豊穣の世界に引き上げる。仏教の未来の予言・ 記別(きべつ)である。釈尊の弟子達が法華経によって得道・成仏が約束され、他土(他惑星)で布教した後、地球に舞い戻って、 眷属(けんぞく)を教導するで有ろうとの未来記。現世で法華経を深く実践すると来世は王と成って生まれて来る。ロシアの ウラジーミル・プーチン大統領等の過去世は法華経の身口意(しんくい)の修行者で有ろう。
仏教では この宇宙には三種類の生存形体がある。三界である。
私達の現在の地球の姿は三界の欲界の世界。そこは色欲等の欲望が強すぎて、自制心が無いと強欲のアリ地獄に落とされる、幸の少ない砂上の楼閣の世界である。
次の世界は欲望を制御し、 少欲知足(しょうよくちそく)で 強欲を卒業して、学問・芸術に喜びを見いだす世界で、文明惑星のプレアデス星人は強欲を卒業した、色界の世界の住人。
次は農作物の植物の様に、他者の生存に貢献し、他者の喜びを我が喜びにする事の出来る、マスターや賢人の世界。そこに到達すると 学びの肉体を超越する。時空間を自在に旅する。天使達の世界、無色界。そこの住人は姿を自在に変える事が出来る。弁財天・堅牢地神は無色界の住人で有ろう。
無色界の住人は意識の力を持って 宇宙を旅する。
今、精神世界で注目のミロクの世(弥勒世果報)は、釈尊の時代に法華経を聞いて、自己の仏性を開き、得道・成仏した弥勒菩薩等が宇宙の仏国土から舞い戻って来て、上行菩薩の布教を助け、地球の娑婆世界の欲界から色界への豊穣の世界への次元上昇の手伝いに 来るのである。次元上昇の主役は 地涌の菩薩(じゆのぼさつ)達である。
弥勒世果報(ミルクゆがふう)を熱望した、小国琉球にとって、文の中国と、武の日本に囲まれて、文治政治で小国を維持していた 琉球は薩摩の侵略を受けて重い課税を強要された。
琉球にとって、苦痛の世が始まった。
唯一の望み、救いは、いつの世にか、大国の武から解放されて、仏の世の弥勒世果報が必ず来ると信じた。
だから薩摩への重税の現物税等に滞納が生じない様に励んだ。
薩摩は現物税として得た織物等を琉球物産として大阪にて販売した。又、琉球と中国の交易の利潤を得て、薩摩の財政を立て直して倒幕の軍事資金にして、明治維新を可能にさせた。
薩摩の土台と成って薩摩を支えた、琉球の人々の心の支えは、いつの世にか、弥勒菩薩が琉球の島々に降りて来て、沖縄の人々を救い、島々を豊年万作の豊穣の国土に変えてくれるで有ろうとの希望があったから乗り越えて来られた。
超能力者の吉澤尚夫さんが沖縄に来た時に、私は吉澤さんに沖縄の未来を聞いた。
沖縄は独立しますかと、
すると、吉澤さんは答えた。
沖縄は強力な自治権を持つ様になる。アメリカのハワイ州の様な存在になる。
沖縄は日本国の一員にとどまると述べた。
私はそれに賛同した。
日本国の一員として、強力な自治権を持つ様になる。
まさに、沖縄の未来像は弥勒世果報になる。
もしかしたら、来年から新たな価値観が登場する。心の想いが世の中に直ぐに顕れて来る。
良い因は良い結果と現れ、悪い因は悪い結果として現れ来る。
ネガティブな魔物が地球から去り、ポジティブな神仏の力が具現化し、 因果応報の世になる。
地球の人々の二分化が来年から本格的に成って行く。タイムラインは二つに分かれる。一方は色界の宇宙文明の地球へ、もう一方は地獄の形相を示し自滅し破壊される地球へ落とされる。
日蓮大聖人の御書を引用したい、「哀れなるかな、今 日本の万人、日蓮 並びに弟子 壇那等が三類の強敵に責められて大苦に値(あ)ふを見て悦び咲(わら)ふとも、昨日は人の上、今日は身の上なれば、日蓮 並びに弟子 壇那 共に霜露の命の日影を待つ計(ばか)りぞかし。只今 仏果に叶ひて寂光(じゃっこう)の本土に居住して自受 法楽せむ時、汝等が阿鼻大城の底に沈み大苦に値(あ)はん時、我等 何計(いかばか)り むざん(無慚)と思はんずらん。汝等 何計(いかばか)り うらやましく思はんずらん。」如説修行抄。



ローズウェルの真相  2016/12/3, Sat 10:36

ローズウェルの真相、ガサネタが渦巻くローズウェル事件の真相が明らかに成った。砂漠に墜落した、ポンコツ宇宙船に乗っていたのはアーモンド目のグレイでも無ければ、クーロンのアンドロイドでも無く、人間形の宇宙人のプレアデス人であった。アメリカに宇宙技術を開示する為にあえて旧型のポンコツ宇宙船でプレアデスからワープを使いながら、やっとこさアメリカのネバダ砂漠に着き、墜落した。乗っていた搭乗者はプレアデス人のアーリアンハウス(女性)とアドリエウス(男性)達である。アーリアンハウスの腕には、プレアデス星団の座標とリラの歴史と交易ルートをデザインした記号が墨で彫り込まれていた。私はこのタトゥーの写真を見たとき、昔、琉球列島で行われていたハジチ(刺青)を思いだした。
*ワープする時、その刺青を見ると宇宙船のAI (人工知能)はプレアデス星団のリラに座標を設定する。
私が東京での型枠大工の時代、太陽が西に沈む時間との戦いの中で疲れがピークに達すると、両腕のブレスレットのパワーストーンを見て鮮やかな色彩に癒された。石は持久性と心を治める、禅定の力を秘めている。
アーリアンハウスは二年間の地下基地で仲間と隔離された、個室での拘留を腕のタトゥー(刺青)を見て心を癒したであろう。
アーリアンハウスは水しか飲まず、亡くなったが、アドリエウスは生き残り、アメリカに技術提供した後 解放された。
彼はプレアデスに帰る事なく、地球で任務を遂行する為にアメリカに残り、語学を学んだ。24年かけて英語を勉強して身に付けて今アメリカに滞在している。
* アドリエウスへのインタービュー記事があったので記載したい。
2016年11月11日 ★COBRA インタビュー★より
「アドリエウスはニューリラから地球にやってきたプレアデス人です。彼は みすぼらしい宇宙船で着きましたが、ネバダ砂漠に墜落して エリア51に二年間拘束されて、実験されて、最終的に帰還を許されましたが、彼はあえて任務のために地球に残り、すでに44年間も地球に滞在しています。」彼は人類の成長段階を7段階に分けている。それを記載します。「レベル1まで上がった人は軍の存在も、カバールが世界を破壊していることも気付きます。アメリカで戒厳令が発生する可能性も、大きな戦争が勃発する可能性も、人々に大打撃を与えかねない自然災害の可能性も分かっています。レベル2になると この社会の外のこと、私たちのことを理解できるようになります。レベル3になると、私のことも コブラのことも知っていて、私たちがどこから来たか、何のために来たのかも完全に理解できるようになります。私のインターネットラジオの視聴者の中には多くのレベル3がいます。レベル4は私たちの歴史も私の歴史も完全に理解し、世界をより広い視点から見ることが出来るようになります。レベル5は宇宙の動きの基本的な仕組みを理解します。これらのレベルに共通するのは 誰でもそれぞれのレベルの特定の要素を不完全ながら理解できるということです。一部の科学者はレベル5の特定の仕組みを理解していながら、この宇宙を動かせている基本の仕組みを理解することも受け入れる ことも出来ていません。しかも彼らはレベル2もレベル3も持ち合わせていません。」
往年の宇宙情報の先駆者には、スイス人のビリー・マイヤとプレアデス人のセムヤーゼは憧れの人々であった。アドリエウスはセムヤーゼの子孫にあたる。インタビュー記事の中でビリー・マイヤとセムヤーゼの話題が出た時、私は小躍(こおど)りした。20代に夢中になった宇宙情報、ビリー・マイヤとセムヤーゼの対話集は、やはり真実であったと。
現在でもセムヤーゼはプレアデス星団の政治的、戦士的、指導者的な存在である。
「COBRA :セムヤーゼは何千年間にもわたって、惑星解放プロセスに深く関わってきた有名なプレアデス人の一人です。彼女は古代エジプトでは精力的に活動していましたが、過去数十年間は数人のコンタクティと接触しており、ビリー・マイヤもブレッド・ベルも中に含まれつています。彼女はこの惑星における重要なプレアデス人コンタクトの一人です。A'drieiuous:私のクラン(氏族)のリーダーでもあります。私はセムヤーゼのクランから来ているのです。」
ディスクロージャー宇宙情報開示は間もなくである。
私が思うに、鬼子母神はセムヤーゼのオーバーソウルであろう。銀河生命体プレローマは釈尊の三身(法身・報身・応身)の法身であろう。三身即一身の日蓮大聖人は宇宙、その物の久遠の仏・ソースである。私達は仏・ソースの一細胞である。
アセンションとは仏性を開く、成仏である。
私達の時代で宇宙時代に突入する、第六天の魔王のアルコンやキメラに掠め取られないに気を引き締めよう。そうしないと次元上昇から振り落とされてしまう。
12月3日から、イスラム教やキリスト教が言う、閻魔大王の罪の裁判・呵責の庭、 最後の審判が始まる。



めんつゆも自家製では?  2016/11/22, Tue 21:23

よろづ屋 さま

こんにちは。

HP楽しみにしております。
蕎麦のところで、つゆは「にんべん」と書いておいででしたが、
めんつゆは割りと簡単に自家製できます。
そこそこ保存も利きますので、
おせっかいですがレシピを書かせて頂きます。
いくつかのお料理本を参考に、アレンジしています。

(出来上がり目安400ml)

○しょうゆ 200ml
○みりん 150〜200ml
○さけ   100ml
○砂糖  大匙2(あら糖 か きび糖)
もしくは黒砂糖3cmブロック1個
※砂糖は入れなくても可。

保存期間を延ばす為と、私自信関東出身ではないので、
東京風のしょうゆが強いのは苦手で入れています。

○だし昆布   8cmくらい
(※刻みl昆布があれば20〜30g)
○こなかつお 大匙1
(お好み焼きなどに使う安いものです。)

1 全部小さい鍋に入れ軽く混ぜ、1晩放置します。
2 弱火で5〜10分火にかけます。
(混ぜたり、ふたをしたりしない。)
3 沸騰したら、火を止め自然冷却。
4 完全に冷めたらキッチンペーパー(リードがお勧めです。)できっちり濾す。
※こなかつおまみれの昆布はきっちり絞ればは佃煮ですので、

そのままご飯のお供か、刻んだ大根とまぜて漬物になります。
煮た昆布を切るのは結構面倒なので、刻み昆布は重宝です。
実際、作業は計量と濾して好みの保存容器に入れるだけなので、
割と簡単ですし、私は半年位使用しています。
(あくまで消費期限は自己責任でお願いします。)
高価な材料も技術も必要ないので、お勧めです。
まずはご連絡まで。

デトックス生活、がんばってください。

ハンドルネーム とめ



時代はフェークなトリクルダウンから、オーセンティックなベーシック・インカムへシフトする  2016/11/25, Fri 17:55

時代はフェークなトリクルダウンから、オーセンティックな ベーシック・インカムに代わって行く。奴隷形態生産の安価なグローバル企業が終焉すると、一点集中型の強欲な富の集中化はこの地球から修了する。世界各地でホームレスを増産させて来たグローバル企業の悪態がネットの発達と拡散で騙しのトリックとフェークの偽物の実態が暴露され大衆からソッポを向かれ淘汰されて行く。納税回避の脱税と理不尽なリストラで内部保留金の拡大にいそしんでいた大企業は目覚めて覚醒した、立ち上がった大衆からネット等で強烈な呵責を受ける事に成る。その魁(さきがけ)は次期アメリカ大統領のドナルド・ジョン・トランプで有る。彼は歯に衣を着せぬ正論を述べて大衆から支持を受けた。これからは騙しのはびこる世に正論がまかり通る時代に突入した。フェークが暴露される良い時代の到来が来る。
ドナルド・ジョン・トランプ次期大統領によって、今までの世界金融資本のダークな支配者層の大衆統治の闇のトリックが暴露され大衆に認知されて行く。
全世界的に支配層の大衆支配の闇のテクニックが崩壊して行く。納税義務を嫌がり、利潤追及にいそしみ、国内労働者を避けて奴隷生産形態にシフトして国民の役に立たぬ、グローバル企業は気づきに覚醒した99%の大衆から不買運動の旋風に巻き込まれて、販売不振に陥り世界市場から撤退して行く運命に成る。
ネットでグローバル企業の利潤追及の悪態が暴露され続けている。フェークの偽物の腐らぬパン、ミミズがタップリの訳あり肉等、遺伝組み替えのポテト等の悪どい実態が暴露されると若者は避けて行かなく成り、自然に街角から淘汰されて行く。
大衆はネットの発達でフェーク(fake)からオーセンティック(authentic )本物志向に成り、正当価格なら手に入れる癖を付けて行き、賢い消費者に成長して行く。
市場に本物なら売れる時代が舞い戻る。
小さな流れだが、パワーストーン・ブレスレットの例として、本物志向の為、本物のパワーストーン・ブレスレットが人々の間に流通し始めた。
これからの時代は本物オーセンティックの品が、グローバル企業の奴隷生産形態の訳あり品のフェークな偽物を駆逐して行く。フェークな品のグローバル企業は市場から撤退して行き、オーセンティックな品の復活によって真っ当な企業が息を吹き返す。そしてブラック企業を駆逐する。
真っ当な企業が増えると、企業理念が再構築されて、脱税・リストラ・海外生産の企業実態が改善されて行く。
本物が売れるなら、正当価格に消費者が付いて来るなら、
大企業の国内生産が復活して行く。
企業が税金を きちっと納税するなら、ベーシック・インカムの体制が整う。
国民が税を消費税等で きちんと払うなら、富の循環が起こり、ベーシック・インカムは持続する。ベーシック・インカムを掲げる政党は大衆から支持を受け国政を担当する。長期政権を把握して行くであろう。
私の予想では小沢一郎の自由党が躍進したら、日本にもベーシック・インカムを掲げる政党が現れるであろう。
これからの社会資本の投融資はトリクルダウンの方式で大企業に大金を与えるのでは無く、きちんと消費税等で税を払う大衆に生活資金としてベーシック・インカムを実地して、市場を活性化させるべきである。富は循環し税として国に戻って来る。
良い品を作れば、正当価格を付ければ必ず売れる時代が到来する。真っ当な企業は自然に繁栄して行く。
今までの考えの、金持ちをもっと金持ちにさせると、金は滴(したた)り落ちる。このトリクルダウンは大嘘である。直接、大衆に生活資金を与えるベーシック・インカムこそ、金は行き渡る。
これからの時代はトリクルダウンからベーシック・インカムに流れて行く。



人口削減のTPP 、タイ・ベトナム離脱を表明する  2016/11/18, Fri 17:31

人口削減のTPP 、タイ・ベトナム離脱を表明する。環太平洋経済連携協定TPP からタイ・ベトナムも国内産業・農業を守る為に離脱を正式に発表した。環太平洋経済連携協定が有るなら、環大西洋貿易投資パートナーシップTTIPも有る。目的は世界の中小・零細企業と農家を撲滅する為にグローバル企業が美名の世界経済の為と言う、罠を仕掛けた。ベトナム・タイよりも安い労働単価の奴隷労働者や囚人労働によって安価な商品を生産している。そこで産み出される。低価格の商品や農産物を全世界にばらまく為のTPP ・TTIP で有る。グローバル企業は近々電子部門にも奴隷・囚人労働で生産をして来る。そうなったら日本の先端企業も価格競争に負け、世界市場から駆逐されて行く。グローバル企業の目的はワンワールド、ヨーロッパ支配層による、世界支配、富の独占に有る。
グローバル企業以外は駆逐して、競争相手を潰して、競争が無くなったら独占価格で市場価格を吊り上げて行く。弱肉強食の原理を実行に移して、アジア経済を駆逐して、そして全世界にホームレスを増産して行く。
これが、Now World Order (NWO )の目的で有る。
グローバル企業が何故、むやみやたら奴隷・囚人労働で低価格の商品を増産して世界各地の中小・零細企業を倒産に追い込んでいるのか、今度は世界の農家を破壊する為に関税撤廃のTPP ・TTIP を急ぐのか、それは、世界人口の増加のストップと現在の世界人口72億人を25億人まで削減し地球人口のスリーム化を図ろうとしている。
いわゆる経済の負け組を地球から、一掃する考えである。その為に世界各地の経済の土台である、農業生産の破壊、農家の殲滅に有る。アフリカに奴隷農場の拡大が進んでいる。低価格のチョコレート等、ブラジル産の食肉等は奴隷農場生産の可能性が大である。代替メディアでは世界で奴隷の復活と奴隷農場の実体が暴露されている。世界では奴隷労働による、生産物の増加が国連に報告されている。
国際金融資本の税を払わぬグローバル企業の強欲の利益追求の為の奴隷生産物から、アメリカや日本が中小・零細企業や農家の守る為の関税を 撤廃したら、農家は壊滅し民は離散する。そして低収入に追いやられた99%の国民はさらにブラック企業や金融サギに巻き込まれアリ地獄のサラリーローンの餌食になる。
これまで経済が不況でも世界各国は自国の農業・農家があるから失業者を吸収して、どうにか民は生き延びて来た。
もしも全世界の国々から、遺伝子組み換えの大規模機械生産のグローバル企業の農産物に関税を掛けられず、農家の保護政策が廃止に成ると、各国の農家は敗退し農村は壊滅する。そして、各国の国民は遺伝子組み換えの発ガン性の農産物をたっぷり食わされ、農薬たっぷりの農産物の為に胃腸は壊され、病弱に成ってしまい、医療マフィアの餌食に成ってしまう。TPP ・TTIP で得するのは、税を払わぬ医療マフィアとグローバル企業のみである。
ドナルド・トランプ次期大統領はアメリカの国民生活を守る為に国際金融資本グローバル企業の主導する、TPP にNO と発表し離脱を宣言した。
勇気あるタイ・ベトナムは自国の産業と農家を守る為にTPP 反対とトランプ次期大統領に続いた。
日本国民の皆さん、日本の政治家は国際金融資本のグローバル企業から政治資金を貰う為にTPP 関連法案に賛成した。農家の皆さん、TPP 関連法案に賛成した地元の政治家に今度の衆議院選挙で反対票としてTPP に反対する政治家に票を入れましょう。衆議院議員選挙でTPP に賛成した政治家を反省をさせましょう。
日本の政治家は国際金融資本の奴隷労働生産させる、道義の無いグローバル企業の言いなりに成った。
その為に中小・零細企業や農家の保護政策を辞める決意をした。今後、日本国民は益々、金融サギやブラック企業の餌食に成るであろう。
日本の企業は奴隷労働生産の低価格の商品価格に翻弄されて、国内の賃金は下げに下げられ東南アジアの労働者並みの賃金に抑えられてしまった。
この上、TPP で農業を失えば、東京等の都市部の住民は帰る故郷を失なってしまう。今度来る、衆議院選挙の結果でTPP 関連法案を破棄させよう。



宇宙的存在がドナルド・トランプを守る  2016/11/11, Fri 06:12

宇宙的存在がドナルド・トランプを守る。11月9日アメリカ大統領選の当選発表が行われた。私も前日の8日にダウンジングでトランプがヒラリーを破ると予想したが、予想通りにドナルド・トランプがヒラリー・クリントンを破り当選した。選挙人票数 
トランプ279票。クリントン228票 270票で当選。
共和党は議会。上院、下院でも過半数を制し勝利した。次期大統領のトランプの議会運営は磐石で安泰であろう。
9日 トランプの勝利宣言の演説を聞く。演説の中でニューディール政策を真似る景気浮揚政策を発表した。それは麻薬汚染で荒れた都市部のスラム街の再開発である。アメリカ全土のスラム街の再開発によって、全土で労働需要を生み出して行く。もう1つの労働需要は道路の整備である。
今、アメリカで石油パイプラインの爆破騒ぎが多発し石油の供給に問題が生じている。その原因はアメリカ・インディアンの居留地に無理やり石油パイプラインを設置してパイプを通そうとするから、パイプラインの爆破騒ぎが多発する。
アメリカ全土の道路網を整備する事によって石油タンクローリー車による石油運搬をすれば、物騒なパイプライン爆破騒ぎも鎮静化して行く。
トランプ次期大統領は ★スラム街の再開発と ★道路網の整備を 勝利宣言演説の時に労働需要の政策を打ち出した。
ドナルド・トランプはフランクリン・ルーズベルト大統領を越える政治家に豹変するかも知れない。
アメリカ経済はグローバル企業の理不尽な強欲の為に国内産業はズタズタにされてしまった。国内産業の製品はグローバル企業の奴隷労働生産による安価な品物に価格競争で負け、市場から駆逐された。
アメリカは国内の産業を育成し護る為に、そしてアメリカの労働者を守る為に保護貿易に着手する時期を迎えた。これからは地域のブロック経済に移行するで有ろう。トランプ次期大統領は地域ブロック経済にシフトするで有ろう。
アメリカ企業が適正価格で市場に参加しようとしても、理不尽な強欲なグローバル企業の奴隷労働生産の安価な品に価格競争で負けてしまう。だから、国内産業を護る為に保護貿易が必要に成って来る。
税を払わぬグローバル企業はそろそろ駆逐される時を迎えた。
11月8日、アメリカ大統領選で誰が大統領に成るか、ダウンジングして見たら、ドナルド・トランプが大統領選に当選する。
しかし彼は暗殺の危機が有るとハイヤーセルフは教えてくれた。
私はドナルド・トランプが勝利宣言の演説をした時、暗殺されないかとひやひやした。
今回の選挙で大切な事は大がかりな不正選挙をトランプ陣営が抑えた事のある。今回の大統領選で水面下では壮絶なIT 操作戦が行われたので有ろう。
ヒラリー・クリントン陣営はコンピューター操作で大掛かりな不正選挙しても勝てなかった。
其処にはヒラリー・クリントン陣営を圧倒する、トランプ陣営のIT 技術者が居たので有ろう。トランプは勝利宣言の演説で打ち明けた。退役軍人の応援や働きがとても大きかったと。
百名を越す、元将軍が私を応援してくれたと明かした。
そして暗殺の危機をシークレットサービスが守ってくれた。素晴らしいメンバーだと称えた。
最後に堅牢地神・弁財天・アマラオスにダウンジングでドナルド・トランプの大統領就任まで身は安全か尋ねて見たい。
〇ドナルド・トランプは宇宙的存在が守っている。彼の身は安泰である。彼が大統領に就任するとグローバル企業は衰退して行く。



歴史(日中戦争)の証人死す  2016/10/30, Sun 18:59

歴史(日中戦争)の証人死す。三笠宮崇仁(たかひと)さま が10月27日 心不全で崩御された。三笠宮さま は大正天皇の第四皇男子と生まれた。末っ子の為か自由自在に生きられた方であった。
戦前は日本帝国陸軍の軍人の道を歩まれ、対中国戦の担当に成ると中国の南京に赴任した。戦況を見聞すると対中国戦の弱点を見抜き。提言を発した。中国の徹底抗戦の原因を明らかにした。日本軍の不義の残虐行為が中国国民に徹底抗戦の気概を与えている。その為に南京に赴任して日本軍の四悪を止めた。(四悪とは略奪、暴行、放火、強姦) 南京の参謀として軍人に道義を説いた。レポートを軍部に提出した。「現在 日本人、特に軍人に欠如している ものは『内省』と『謙譲』」と述べ、軍部に猛省を迫った。
敗戦後は東京大学に入られ、学者の道に進んだ。其処で語った事は、「今もなお良心の呵責にたえないのは、戦争の罪悪性を十分に認識していなかったことです」述べ、日中戦争に関しては「一部の将兵の残虐行為は、中国人の対日敵愾心を いやがうえにも あおりたて、およそ聖戦とは おもいも つかない結果を招いてしまった」東京大学で古代オリエント史宗教社会学を学ばれた後は、幾多の大学で教鞭をとった。その時の助手によると「人類が宗教を取捨選択しなければ人類と言う種は滅亡するかも知れない。」と大学の講義で語った事があるそうで有る。
神武天皇の即位記念の紀元節復活には考古学的根拠が見あたらないとして否定的であった。
100歳でこの世を去った三笠宮は貴重な存在であった。
ご冥福を御祈り致します。
次の時代を拓く為には 事実は事実として、反省する事が大切である。私達は次の宇宙文明時代を眼下にして、今はサナギのメタモルフォーゼのカオスの最中である。
サナギの中で細胞をドロドロに溶け合って、染色体の情報の入れ換え作業中である。
時空を超えた神仏のメッセージを思い出しながら、地球のキーパー飼育員として成長して行く。
私は堅牢地神であるアマラオスにダウンジングで三笠宮崇仁さま が理解出来なかった、神武天皇の血筋、イスラエル十支族の渡来ルートを聞いて見ました。
日本の紀元節、2600年(今年は2676年)は当たっているのか。?
* アマラオス 当たっている。
イスラエル十支族の渡来は海上ルートの琉球経由ですか、それとも陸上ルートの朝鮮半島経由ですか。?
* アマラオス 海上ルートの琉球経由である。
以上。



聖徳太子の未来記  2016/10/16, Sun 20:48

聖徳太子の未来記。聖徳太子 AD574年〜622年。聖徳太子の予言書の未来記が有ると言われるが、私のダウンジングでは聖徳太子の書では無いと出る。
未然本記は聖徳太子の書と判断する。聖徳太子の未来記が注目を浴びるのは、聖徳太子が聖人だからで有る。聖人は三世の過去・現在・未来を知る。
聖徳太子の予言で有名なのは「我が滅度の後二百余年を経(え)て山城の国に平安城(京)を立つ可(べ)し」また「我が滅後二百余年に仏法 日本に弘まる可(べ)し」と予言を的中させた。
日蓮大聖人は和漢王代記で聖徳太子の事を述べている。「上宮太子 守屋を切る 四十九院を立つ(太子は四天王寺を建立す) 南岳大師の後身なり  救世観音の垂迹(すいしゃく・生まれ変わり)」
聖徳太子の過去世は中国の天台大師の師、法華経を会得した南岳大師で有る。南岳大師の過去世は釈尊の法華経の説法の時に他土から来集した観音菩薩で有る。
聖徳太子が、二歳の二月に 太陽の上がる東に向かって合掌して南無仏と唱えると手のポタールが開いて釈尊の御舎利が現れた。
朝鮮半島の高僧二人が聖徳太子に会った時、我が師と言って、身を屈め礼を尽くした。少年の聖徳太子は二人の高僧に対して我が弟子と答えた。聖徳太子が八歳の時に語った事は、「西国の聖人 釈迦牟尼仏(むにぶつ)の遺像、末世に是を尊(たっと)めば則ち禍(わざわい)を 銷(け)し福を豪(こうむ)る。之(こ)れ蔑(あなず)れば則(すなわ)ち災を招き 寿(とし)を縮む」等云々。
聖徳太子は実在の聖人で有る。
釈迦仏滅後3000年、キリスト生誕約2000年、今 地球は 一時代の末期で有る。思考の転換無しには 地球の未来は無い。男性社会の弱肉強食の世界から、女性社会の共鳴の母性本能の共存共栄の愛・慈悲の世界にシフトしないと、人類は核戦争で自滅してしまう。
聖徳太子は法華経に未来を託した。法華経には人間の原種、地涌の菩薩の地球ポタールからの登場を予言している。
人類の二極化、衰退か進化は 心掛けで選別されて行く。
単細胞のアメーバからやり直しの他の銀河の惑星に転生して、地獄界からスタートするか。宇宙文明にシフトする蘇生の地球と共に娑婆即寂光土の建設に従事して行くか、地獄行きか天国行きかに二極化が進んで行く。
凡夫の私達がアセンション(次元上昇)を理解する事は至難の技で有る。第3次世界大戦をきっかけに宇宙空間の太陽系に待機している スフィア・ビーイング(球体連合・ブルー・エイビアンズ)の天使的形態の存在に空中 携挙(けいきょ)で救い上げられ瞬間移動で宇宙空間の球体の飛行物体に収納されて行くのか。
それとも、地球人口の七割は別のパラレルの第3次世界大戦の次元の振り落とされて行くのか。
それとも、地球自身がアセンションを選択し、娑婆即寂光土へとシフトして行くのか。寂光土の天界・天国では邪悪な人間は高振動数の天界・天国では一週間しか生存出来ない。心の小さい低振動数の存在は住むべき世界(地獄)に落ちて行く。死んで低振動数(地獄)に生まれ変わりでは無く。生きながら地獄の惑星にシフトして行く、なんと哀れで可哀想で有る。
私のダウンジングでは、今回 アセンション出来る人々は惑星地球の総人口72億人の3割、21億6千万人が地球の次元上昇(アセンション)に時を合わせて、慈悲・愛・思いやりの振動数を上げて宇宙文明の高振動数の地球にシフトして行く。
残りの50億4千万人の人々は取り残されるパラレル、現状維持の廃棄処分される核戦争の自滅のタイムラインに乗って行く。
赤信号 皆で渡って 怖くない の 世界、アメーバの形態からの やり直し、皆で落ちるなら 怖くない 地獄界からスタートの世界で有る。新たな銀河で生命活動のやり直しが始まる。
日本の神仏はこの事を知っていたので有ろうか、八幡大菩薩の百王までは守護するとの誓約が存在する。
今上天皇の明仁は 第125代天皇である。皇太子 徳仁親王の浩宮が天皇になると第126代になる。
私のダウンジングでは浩宮の過去世は聖徳太子である。
その聖徳太子の過去世は、天台大師の師 南岳大師である。
南岳大師は人間の成仏・アセンションは法華経によって可能だと観念・観法で悟った人である。
南岳大師の過去世は補陀落山(ふだらくせん・石垣島)を住みかする、日本に縁の深い観音菩薩である。
観音菩薩は三十三身で有名な変幻自在の菩薩である。女性には女性の身に変幻して法を説き。軍人には軍人の姿で法を説く。
では、危機的状況のアメリカの覇権主義に対して、観音菩薩はいかなるビジョンを日本国民に示すので有ろうか。
私はダウンジングで観音菩薩に日本の希望的観測を問うてみた
。浩宮は出家し、皇位は秋篠宮に譲位する。
秋篠宮が次期天皇に即位する。
悠仁親王が皇太子になる。
皇居は富士の麓に移る。
敬宮愛子内親王は皇太子悠仁親王の正室に入る。
以上。



アセンションへの鍵、最後の審判を迎えて  2016/10/3, Mon 18:50

アセンションへの鍵、最後の審判を迎えて。* 最後の審判 last jugement. 西洋・中東世界において、世界の終末期に全ての人々の生前の行いが、閻魔大王ごとき神によって審判が行われる。植物世界の様な助け合いの、宇宙文明の天国世界に行くか、海中やサバンナの様な弱肉強食の極悪犯のたむろする、刑務所ごとき地獄に落とされるか、ふるい分けられる。
釈迦・釈尊滅後3000年、イエス キリスト誕生から2000年、日蓮大聖人誕生800年を間近に控えた、2016年10月10日頃には、
人類の人間としての学びの卒業試験が始まる。これから地球が移行して行く、銀河世界との宇宙文明との交流、宇宙文明の謳歌が始まる。
そこには誰でも行けるわけではない。心が慈悲で満たされていないと 堕天使(だてんし)と同じ運命に成ってしまう。つまり排除されて行く。
宇宙文明へのパスポートの授与は三つのテーマをクリアしたかがポイントに成る。東洋世界では 慈悲、親に孝、国主等に忠。
西洋世界では 愛、ボランティア、ロイヤリティ、
中東世界では 愛、喜捨、ボランティア、
アフリカ世界では 愛、助け合い、ロイヤリティ、
私達の心に植物の心、喜捨、愛、慈悲、と女性(母親)の母性愛に目覚めるならば、次の地球のステージ、宇宙文明に参入して行ける。
地球は10月10日以後、振動数を上げて行く。おれおれサギのごとき騙しの人々は地球の振動数について行けず、地球から排除され宇宙のブラックホールに巻き込まれて行き、地獄界に落ち、リサイクルされ分解されて行く。
アセンションを迎えた今、イエスキリストについて語ってみたい。
彼は今から2016年前に生まれた。彼の前世はインドの仏教の指導者の僧であった。その前の過去世は釈迦・釈尊の弟子の舎利弗(しゃりほつ)であった。
イエスキリストが誕生した時に東方の三博士が訪ねて来たのはその関係の弟子達で有る。
3000年前に生まれた釈尊の仏法はインドのアショーカ大王(阿育王)によってエジプトに紹介されていた。
エジプトの神秘学校とインドの仏教界は地底人のアガルタネットワーク、プレアデス等の宇宙人ネットワークで繋がっていた。
エジプトで育ったイエスキリストは神秘学校で基礎を学び、学を深める為に13才の時にインドに向かい仏教を学んだ。
イエスキリストはインド、ヒラヤマ、チベットに遊学し知恵を深めた。その時に東方の三博士に育てられていた。一卵性三生児の兄弟、イリス、イスキリと親好を深めた。
27才の時にマグダラのマリアと結婚する為にエジプトの神秘学校に戻った。
ユダヤ人の先祖は、3000年前にネパールにおいて、時の大王 毘瑠璃王(はるりおう) が釈迦族を攻めた時、大臣の計らいで城から逃げ出した。子供や母親達が西へ渡りユダヤの祖に成った。釈迦族の先祖はムー大陸から、インド統治の為に派遣されたムーの人々で有る。ムー大陸が1万2千年前に大海に沈んだ後、ムーの生き残りは島づたいに渡って、九州の鹿児島に上陸した。
それ故に釈迦族、古代ユダヤ、日本人は同じ血筋(YAP遺伝子)で有る。
イエスキリストは古代ユダヤのイスラエルで慈悲の愛を説いた。同胞を励ます為に、母親の血筋を持ち出した。母親のマリアはユダヤの王家の血筋であった。それ故に、イエスキリストは王の如く、愛の法を広めた。それに危機を感じた。ユダヤ教の指導者はイエスキリストを不敬罪でローマの駐留軍に売った。
イエスキリストは磔後、蘇生しインドに戻り、傷を癒して、宮古島に渡り、北上して九州の諫早に入り、伊勢で天皇家を守り、2000年後の末期のアセンションの為に、人類にヒントの鍵を与える為にあえて 宮古島に帰り、永久の再生の為に、宮古で肉体を休めた。
その後、イエスキリストはチベットで生まれ変わり、今はヒラヤマを拠点に地球の宇宙文明入りの為の環境作りに頑張っている。
アセンションへの鍵は、法華経の題目、七文字。と
弱者を守る慈悲心。



愚鈍から天才の阿羅漢果を得た周利槃特(すりはんどく)  2016/9/24, Sat 21:13

愚鈍(ぐどん)から天才の阿羅漢果を得た。周利槃特(すりはんどく)。私は数年前に実力派の超能力者の千さんの、千さん&5マスターズのリーディングを受けた事がある。その中で私の過去世でインドに居た事が有りますかと尋ねた事がある。
〇釈尊の時代に私は釈迦族に縁して、インドで生まれた事は有りますか。
の問いに、
★インドで生まれた事、ありますね。信じ伝える ことを されていましたね。
との答えを千さんからもらった。
昨日の9月23日に、その意味が分かった。私は釈尊の在世の時に釈尊の弟子の僧であったと私のダウンジングは判定をした。
僧の名前は修利槃特・周利槃特(すりはんどく)。あの愚鈍の、箒(ほうき)一本から修業を始めた。周利槃特で有る。
彼は寺院の精舎の大木の落ち葉の掃除をしながら、我が身の六根清浄の"塵(ちり)や垢(あか)を除け"と唱えながら我が身の業を払い清めて行った。数年後ついに心のタールを吐き出して、悟りを得た。
釈尊は周利槃特に教えた、人間の心も大木の様な物である。常に落ち葉を落とす。人間は常に縁に触れて、業を発動する。六根の眼・耳・鼻・舌・身・意から、大木の落ち葉のように意識が行き過ぎた場合、命の業の汚れが出て来る。それを、六根清浄の妙法を唱えて拭き払い、命を清めて行きなさい。
心は大木の落ち葉の様に、次から次へと過去世の業を吐き出して来る。それを 薩達磨分陀利迦蘇多攬(さつだるまふんだりきやそたらん)妙法蓮華経と唱えながら我が身の塵と垢を払い清めて行きなさいと諭した。周利槃特は、後に釈尊の「守口 摂意 身莫犯。如是 行者 得度世。(口を守り、心を修め、罪を犯さなければ。世を渡って行ける。)」 の教えで阿羅漢果の境涯を得た。
日蓮大聖人は三三蔵祈雨事の中で「すりはむどく(修利槃特)は三箇年に十四字を暗(そら)に せざらり しかども仏に成りぬ。提婆(だいば)は六万蔵を暗にして無間(むけん・じごく)に堕(お)ちぬ。是 編(ひとえ)に末代の今の世を表する なり。敢(あ)へて人の上と思し食す べからず。」と述べています。日々、信じ行じて行く事の大切さを教えています。
では周利槃特を紹介します。
彼の母親は 古代インドのマガダ国の首都 王舎城(ラージャガハ)の大富豪の娘であったが、使用人の下男と通じて他国へ逃れた。彼女はしばらくして 妊娠 したので、裕福な実家で出産する事に決めた。彼女は臨月が近づいたので一人で実家へ戻る途中に、中路で男子を産んだので槃特(パンタカ、路辺生、はんどく)と名付けた。その後、同じく実家へ戻る途中に次男を又 中程の道で産んだので、兄を摩訶槃特(Mahaa-pantaka マハー・パンタカ、大路、まかはんどく)と改め、弟を周利槃特(チューラ・パンタカ、小路、すりはんどく)と命名した。

兄・摩訶槃特の優秀な資質聡明であったが、弟の周利槃特は愚かであった、その周利槃特の愚鈍の因縁は、過去世の昔、彼は釈迦仏の前の世の仏。迦葉仏(かしょうぶつ)という如来が出世された時、周利槃特の前世の彼は賢明な弟子であったが、迦葉仏の説法を暗誦できなかった他の僧・比丘(びく)を嘲笑した業報により、釈迦如来の出世の時には、愚鈍として生まれて来た。
仏弟子となったのは兄・摩訶槃特は四ヶ月を経てもお経の一偈をも記憶 出来ない、弟の周利槃特を恥じて寺院の精舎から追い出し還俗せしめようとした。 周利槃特は自分のあまりの愚かさにあきれはて、釈尊に僧を辞める事を願い出た、
釈迦仏はこれを知って、諭した。「自らの愚かさに気付いたのだから、お前はもう愚か者ではない」と述べられました。そして「須梨槃特よ、私はお前の愚直さを知っている。それはお前の宝にしなさい。お前には特別な修行を与えてあげよう。これで毎日私の弟子たちが集う精舎の掃除をしなさい」延べ、釈尊は須梨槃特に箒とちり取りを与えました。「その時には塵を払え、垢を除けと唱えるのですよ」と釈尊は周利槃特に教示した。 周利槃特は寺院の大木やまわりを掃除しながら、六根清浄を学んだ。
彼はそれにより、大木も人間の心も常に払い清め無ければ、落ち葉は積り、人間の心も反省と感謝しなければ、汚れる物だと気づいた。大木の落ち葉は箒(ほうき)で払い、心の汚れは法華経の題目、 薩達磨分陀利迦蘇多攬(さつだるまふんだりきやそたらん)・妙法蓮華経で磨く事の重要性に気づいた。日々の勤めによって、
ついに仏の教えを理解して、阿羅漢果を得たとされる。そして神通力を得て、形体を化かすなど種々示現できるようになったといわれる。
私達人類は今後、大きな変容アセンションを迎える。普段通りの生活をしながら、次元が二つに別れて行く。上昇したメンバーは宇宙時代に突入して行く。命の重たい震動数の低い、他者非難の利己的な負の感情の満ち溢れた、心の狭くて小さいネガティブは太陽のくしゃみの太陽風に巻き込まれて、進化のやり直し、リサイクル処理されて行く。この最後の審判が今年の12月3日を境に始まる。このアセンションに関して、超能力者の吉澤さん言われた事は、このアセンションは12月から始まり、普段の生活をしながら徐々に次元は別れて行く。この人はアセンションさせて救いあげたいと思う人だけに、語り知らせるべきだと言われた。私が思うに、アセンションとは、昆虫の羽化で有る。くねくね虫が蝶に変態する過程で有る。秋分からサナギの状態に入り、冬至には羽化し、来年から飛翔が始まり心の軽いメンバーは宇宙文明に参入・参加して行く。心が変容すると頭脳も変容して行く。染色体も二本ラセンから三本ラセンに変容して行く。体は炭素系からケイ素系に変容して行くと言われている。私は12月のアセンションに向けて歩みを進めて行く。



アセンションを間近に控えて  2016/9/20, Tue 06:38

アセンションを間近に控えて。超能力者の吉澤氏と会った。吉澤氏は東京から石垣島に行く途中、那覇に立ち寄った為に台風16号の石垣島接近で石垣行きが全便キャンセルに成ったので那覇で足止めになった。
私と吉澤氏は過去世で縁が有るので、私が那覇市のホテルに訪ね二人で食事をする事にした。Face book で友達に成って約1年だが、過去世に兄弟だったと言う事なので、初対面なのに直ぐに打ち解けた。私は吉澤氏から、イエスキリストの墓について驚愕の歴史を聞く。
私は若い頃から、ビリー・マイヤーのプレアデス星人の情報に詳しかったので、すんなりイエスキリストの墓の話しが理解出来た。
プレアデス星人によると、
イエスキリストがユダヤ教体勢を批判した為に、時のユダヤ人の指導者にローマ帝国への反逆者としてローマ帝国の進駐軍に渡され、そこでイエスキリストは見せしめの為に公開処刑の磔(はりつけ)にあった。処刑人の手心で致命傷を免れた、イエスは出血と痛みの為に臨死状態に成る。臨死の遺体はマリアの元に戻された。マリアによって冷水で出血後の血を拭き取られ清められた後、マリアの祈りによって、臨死状態から蘇生する。イエスの家族はイエス葬儀の擬装工作して、マリア夫妻とイエスキリストは傷を癒す為に海路インドに渡る。イエスキリストは若い頃、インドで修業していた。そのツテでネパールに入る。そこで子孫を残す。これが私が20代後半に得たイエスキリストのプレアデス星人の情報。
近年のイエスキリストのその後の情報は、臨死体験記で有名な木内鶴彦のイエスキリスト日本渡来の情報で有る。
木内鶴彦氏によると、
ゴルゴダの丘で磔(はりつけ)に成ったイエスキリストは臨死状態から蘇生してインドに渡り、傷が癒えた後、沖縄の宮古島に渡り、海路を日本に向けて長崎県の諫早から日本に上陸した。青森県戸来村のイエスキリストの墓はイエスの物では無く、弟のイスリスの墓で有ると述べている。
又、ブログ天下泰平の滝沢泰平氏は青森のイエスの墓に関してブログで 、「磔(はりつけ)にされたのはイエスの弟のイスキリであり、イエスは生存していて日本にやって来て生涯を閉じた」という伝記が残っていますと紹介し、滝沢泰平さんはイエスキリストの最終地は四国徳島県の剣山と述べています。
私はイエスキリストの情報はそこまでは理解していた。
過去世の平将門の記憶を持つ、超能力者の吉澤氏のイエスキリストの墓の話しには最初びっくりした。
イエスキリストは磔から蘇生後インドに渡り、そこから宮古島に渡り、その後長崎の諫早に渡った。イエスキリストの家族は日本に滞在する。 一卵性三生児の弟二人の墓、イリスとイスキリの二つの墓は青森の渡来村にあり、母親のマリアと養父のヨセフの墓は佐渡島に有り、ソロモン王と妃の墓は剣山に有り、ダビデ王の墓は芦別岳に有り、イエスキリストの墓は沖縄の宮古島に有ると述べていた。
なんと、イエスキリストの墓が沖縄の宮古島に有る。
これにはびっくりした。
私達は情報を整理した。
私は吉澤氏に述べた。
沖縄 開闢(かいびゃく)の神々アマミキヨ・シネリキヨは古代イスラエル・ユダヤ国家が燐国のアシリアの侵略から逃れて、海路を文明人の地底アガルタに導かれて琉球列島に渡来し沖縄島で体勢を整えて鹿児島に渡った。そこから神武天皇の東征が始まる。
問題は、何故、イエスキリストが宮古島に舞い戻ったが二人の議題に成った。
吉澤氏によると沖縄復興は宮古島が鍵と述べていた。
宮古島に琉球王府の罪人が島流しにあった為に、沖縄には宮古島に対する負の感情が存在する。(石垣島には政治犯、それ以外に罪人は宮古島に流された。)宮古島に対する、その負の感情を解放しない限り、沖縄の復興はないと述べた。私も同意した。
吉澤氏によれば琉球列島の神々は(沖縄島の神・石垣島の神)すべて宮古島に鎮座している。そこを 開闢しないと琉球列島の復興はないと話していた。
弱者を守る事が神々から護られる事に繋がると会話は進展した。
今回のアセンション次元上昇のパスポートは 私達が どう弱者を認め、慈悲心を持って存在を受け入れる事が、私達が天界から受けいられる鍵に成ると結論に達した。
日本の弱者、沖縄を、どう受け入れるか。沖縄の人は 沖縄の弱者、宮古島をどう受け入れ 認めて行くか が次の時代の慈悲心のポイントで有ると話し合った。
未来を予知出 来る、イエスキリストは宮古島の民を支える為に最終の地を宮古に選んだ。
私達二人は、誰がイエスキリスト家族をサポートし、海路をナビゲートしたかの話題に成った。古代イスラエル・ユダヤ人を日本に導いた者は、
それは高度の知識を持ったプレアデス星人か地底人のアガルタ人で有ると共通認識を確認した。二人で沖縄市の越来城に行き、私は法華経の題目を、吉澤氏は法華経の題目と祝詞を捧げて、沖縄市を浄化の祈りをして来た。甘露の後、沖縄は台風なのに晴天に恵まれた。
宮古島はムー大陸の聖地で有る。11月に吉澤尚夫氏が宮古島を訪れて、法華経や祝詞で 開闢するそうで有る。



宇宙時代は もう其処(そこ)  2016/9/4, Sun 22:58

宇宙時代は もう其処(そこ)。アメリカの宇宙輸送ロケットスペースXが爆破される。ロケットの打ち上げや、狙いを定めた場所への着陸で成功を積み重ねていた、スペースx社のスペースXに、まさかの爆発トラブル。同社のファルコン9ロケットはフロリダのケープカナベラルにて打ち上げ前試験を行なっていたが、9月1日午前9時07分に大爆発。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=_BgJEXQkjNQ
〇 ペイパルの創業者であるイーロン・マスクが設立した宇宙輸送業務会社、スペースXの打ち上げ用ロケットが UFO に爆破された動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=kqDcFnqXHDM

〇 英語記事には「秘密宇宙プログラムのUFOによって爆破された」と書いてあります。

英語記事:
http://beforeitsnews.com/alternative/2016/09/ufo-destroys-spacex-rocket-3407059.html

超スロー再生動画
https://www.youtube.com/watch?v=EXRWFGNqAm0


〇 日本語報道。

http://gigazine.net/news/20160902-spacex-falcon-9-test-failed/
竹下雅敏氏の情報の要約。
{ 彼らが何をしようとしていたのかが わかるはずです。地球の大気圏最上部に、ファルコン9ロケットで、プラズマ爆弾を送り、9月6日に爆発させる計画だったと思われます。ドイツ国境でのオバマ政権による偽旗攻撃をロシアのせいにして、先制核攻撃でロシアを叩き、プラズマ爆弾を適切な位置で爆発させることにより、ロシアの報復核攻撃を無力化する計画だったはずです。
彼らのその他の通信文を考慮すると、この後、ポールシフトをおそらく加速器によって引き起こし、地球に大惨事をもたらす計画だったと考えられます。}
この頃、欧米の動きはおかしかった。ドイツ政府が国民に10日間の緊急食料確保を命じていた。民間防衛の準備の必要性まで、独メルケル首相は述べた。この動きはロシアの隣国のフィンランド、スウェーデンにも波及した。
この動きはウクライナをめぐる、eu欧州連合のNATO軍とロシアの核戦争の兆しか。
アメリカの支配層はロシアにシリア・中東諸国でメンツを潰されたのでロシアに対して先制の核攻撃の戦争をしたくて、ウズウズしている。何故にスパーエリート達のイルミナティは戦争で人類をコントロールしょうとするのか。彼等は因縁を知らない。西欧人には、人間の心のコントロールの仕方を知らない。故に、つねに欧米人以外は使用人として奴隷にしょうとする。これは、過去においてイエズス会が西欧人以外は皆、植民地化し奴隷待遇をした。歴史は反省しないと常に繰り返す。科学的とは因果律を理解する事から始まる。
宇宙時代の幕開けで、地球在留のスパーエリート・イエズス会のイルミナティと地球離脱文明のナチ残党の秘密宇宙プログラムとの間に、亀裂が生まれた。秘密宇宙プログラムは宇宙で生き延びるには、宇宙の慈悲の法則に準じないと進化出来ないと悟った、秘密宇宙プログラムはローマカトリックのイエズス会のイルミナティに反旗を翻(ひるがえ)した。
これが、今回のスペースX の爆破の真相である。
ドイツ政府はイルミナティのハザールマフィアの誘いを断ったと言われるが、真実は如何に、私のダウンジングでは、独メルケル真相はまだイルミナティ側である。国民を欺く為にハザールマフィアと戦うポーズを示した。此処で秋から始まる。次元の二極化アセンション(次元上昇)のおさらいをしたい。
心・意思が動いて、素粒子が反応し物質が具現化する。その物体には物質を維持させようとする慣性の法則、心が芽生えて来る。宇宙においてガス・水素等が生まれる。(仏法では、風輪)その後ガスが集まって渦巻き、熱で水が発生する。(水輪) 熱で粘土が化学変化・具現化して、高圧、高熱の為に金属が化学変化・具現化する。(金輪) ガス、水、金属の和合で惑星が誕生する。惑星はポータルの子宮を保持するので、粘土や鉱物を化学変化・具現化し産み出して行く。中心の太陽に反応して生命活動を始める。波動に反応して苔が発生して光合成がスタートする。酸素が発生した為に、海洋植物が進化・具現化し発生する。海中でサンゴ、クラゲ、イカ、タコ、魚へと進化し。トビハゼ等が陸へと適応して、魚からトカゲ等の爬虫類に進化する。その後、哺乳類が誕生する。そして地球において最終進化形態が人類である。
人間は物質から進化・脱皮し羽化した様に両手に10本の指先を具現化させた。物質から進化したのに豊かな感情を持っている。宇宙の意思(神)が個々の人間に宿したかの様だ。心とは宇宙の神の分魂。本来、心は豊かな感情を秘めている。
人間は動物的な本能、食欲・性欲を脱すると、豊かな感情を持つ。その豊かな感情のお陰で宇宙の生死の法則を かいま見る。
そして心には断層が有る事に気づく。強欲な性欲、名誉欲に とらわれると、極道の人生を歩む。
他者とのトラブルに巻き込まれない大人としての ゼントルマンの行き方は、自己奉仕の3次元の地球から、宇宙的な他者奉仕、利他の新次元の地球のフィットして行く。新しい次元の地球へのパスポートは 慈悲の利他の他者奉仕の生き方である。秘密宇宙プログラムは他者奉仕の自利利他の生き方にシフトした。我々も他者奉仕の自利利他・自行化他の生き方にシフトしよう。それが宇宙時代の生き方である。フィットしない生き方の方は、次元上昇の地球から順次 排除されて行くそうで有る。まさに、閻魔王の裁きで ふるい に かけられる。キリスト教の最後の審判である。



ニビル星襲来と坂本龍馬について  2016/8/30, Tue 19:18

ニビル星襲来と坂本龍馬について。162年前の黒船来航と現代は似ている。知恵有る人々は奴隷にされる植民地の危機、外圧に気付いた。いかにして国と民の尊厳の独立を守るか、外圧に圧倒されて、奴隷の様な植民地の抑圧の苦渋の国土の民にされるか、気付きの戦いであった。無知な対応せば、戦争に持ち込まれ欧米の植民地にされてしまう。知恵と気概の知能戦の総力戦であった。知識階級の武士は文武二道で欧米を手玉に取った。では現代の知識階級を自認するSNS の発信者は地球の外圧に対して、どの様に乗り切るので有ろうか。過去は文武二道で対応した、今回はもっと深い、コスモポリタンとしての共存共栄の価値観、それは動物はどの様にして世代交代をスムーズに展開させているか、その鍵は見返りを求めない。両親の愛情、女性の持つ母性愛で有る。
母性愛が宇宙共通の法。これが今回の次元上昇・アセンションの鍵だと私は思う。来年の巨体惑星ニビル星、惑星Xの3600年周期の地球襲来が近づき、それに対する引力の引き合いによって地球の膨張が起こると言われている。この話題がちらほらとネットの話題に成る時節に成った。
ネガティブだけでなく、巨大岩盤プレートの持ち上げによって、約1万2千年前に海に沈下したムー大陸が、ニビル星の地球とのニアミス通過によって引力によって引き揚げられる。とのホットなポジティブな話題も有る。
その時に与那国島の海底遺跡や沖縄島の北谷の海底ピラミッドや宮古島の八重千瀬(やえびし)の浮上も起こるの有ろうか。
小国の苦悩に悩まされた琉球諸島がカルマから脱却して、ほどほどの琉球陸橋に国土は回復するので有ろうか。ネガティブ、ポジティブの情報が交差する、この時代は幕末の開国期に似ている。
江戸時代末期、勝海舟が育てた神戸海軍操練所の隊員が、長州藩の京都での政界奪還の禁門の変で、長州軍に参加した。
その為に、勝海舟は江戸に戻された。坂本龍馬達の海軍操練所の隊員は、薩摩藩の城代家老・小松帯刀にあづけられた。航海術と語学力を買われた彼等、神戸海軍塾生達は、薩摩藩の庇護の元に亀山社中をおこした。
薩摩を倒幕に移行させる為に手始めとして、倒幕勢力から薩摩藩の兵糧米を買い付けた。その見返りとして、長州藩がもっとも必要とする近代兵器のミニエー銃4.300丁 ゲベール銃3.000丁と軍艦を薩摩藩の名義でグラバー商会から 買い付けて長州藩に渡す。その時、軍艦の操縦を長州から亀山社中が請け負う。
長州は薩摩の大久保利通の「非義勅命は勅命にあらず」を信じ、坂本龍馬達の働きで薩長同盟を結ぶ。時代の潮流は公武合体から尊皇攘夷と流れた。幕府としては薩長同盟に土佐が加わる、西国の雄藩同盟の危機から坂本龍馬の暗殺を企てる。一回目が伏見寺田屋の襲撃である。坂本龍馬は長州の付けた護衛役の三吉慎蔵の長やりに助けられて、両手指を斬られたが薩摩藩邸にかくまわれ助かった。
坂本龍馬の亀山社中は土佐藩に引き取られ海援隊に成る。中岡慎太郎は陸援隊を結成した。坂本龍馬は土佐藩の後藤象二郎に徳川家亡き後の日本の国家の有り様を示す、船中八策を渡した。その後、薩摩藩・土佐藩・芸州藩盟約が結ばれる。時代はイッキに倒幕と流れた。
1867年12月10日、(慶応3年11月15日)京の近江屋の二階で中岡慎太郎と居るとき、 午後8時頃、龍馬と中岡が話していたところ、十津川郷士と名乗る男達数人らが来訪し面会を求めて来た。従僕の藤吉が取り次いだところ、来訪者はそのまま二階に上がり込んで藤吉を斬り、龍馬たちのいる部屋に押し入った。龍馬達は帯刀しておらず、手首のしびれの為に懐の拳銃は使えず、太刀の襲撃を受け龍馬はまず額を深く斬られ、その他数か所を斬られて、ほとんど即死に近い形で中岡慎太郎と共に殺害された。
問題は十津川郷士と名乗った襲撃犯は誰であったかである。明治3年北海道函館の 箱館戦争 で降伏して捕虜になった元見廻組の今井信郎が与頭の佐々木三朗とその部下六人で坂本龍馬を殺害したと供述した。
私のダウンジングの判定では一回目の襲撃で受けた両手指の治療薬を懇意にしていた、京の寺田屋の女将、お登勢に世話に成っていた。その薬にヒ素の様な落命させる毒薬が混ざっていた。その為に いざという時に太刀や拳銃が使えなかった。
襲撃犯人は京都見廻組。
ゲリー・ボーネルさんのアカシックリーディングによると、
{ドラマで定番の「近江屋事件」で暗殺されたのではなく、 「おりょう」さんではない、身近な女性に少しずつ「毒」を盛られて衰弱死したとのことで、}。私のダウンジングと相違が有る。私は近江屋説を取る。西洋と違って、日本の歴史の記述は正解が多い。



この秋はフォトン高周波(光電磁波)焼けに気を付けよう  2016/8/26, Fri 05:21

フォトン光りの高周波電磁波のベルト帯に地球が突入した為に、世の中が沸点に達したと思われる現象が この頃とても多く見られる。国民的女優で紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章した、高畑淳子の長男 高畑裕太の8月23日未明、女性に対して強姦致傷罪で逮捕。40代の女性の激しい抵抗の もみ合いで親指を負傷させる。女性の男性知人の110番、警察への通報で事件が明らかに成る。「知人がホテルの部屋に連れ込まれ、ベットに押し倒されて乱暴された。犯人は高畑裕太だ」。
何故、今、はやりで上げ潮の二世タレントが、性的欲求を抑制出来ずに、20代前半の男性が40代の女性を襲ったのか、?
屈折した心理か。
この頃、世の中は抑制の効かない時代に成った。スマホでニュースをネットサーフィンすると気づく。
これは世に言う、フォトン・ベルト帯がようやく地球方面に到達した為に 起こる現象か。
フォトン 光りの高周波の電磁波にさらされると人間の本性が あらわ に成り、くるった人間は益々 狂った行動を示すそうで有る。
誰にでも有る心に秘めた思いがフォトンの高周波の電磁波によって、思いが あぶり出されて心が前面に現れて、行動を伴うそうで有る。だから、心に歪みの有る人間は狂った行動を突発的にする。
心の治まっている人間はフォトンの作用で益々と光り輝く。
フォトンはまるで閻魔王の裁きをする。フォトンベルト帯はキリスト教で言う、最後の審判か。 (世界の終焉後に人間が生前の行いを審判され、天国か地獄行きかを決められるという信仰。 )
この銀河の中心部から送られて来る、タキオン速度の高周波電磁波のフォトンに晒(さら)されると六道輪廻の三悪道の地獄・餓鬼・畜生の心の強い人間は益々と狂い、地獄界行きの行動を示す。
闇の心は高周波電磁波に晒されて、体の色はフォトンに焼かれて黒く ひからびる。
心の狭い心の黒い人は、顔付きはフォトンに焼かれて 黒く 干からびる。
この現象が もう始まり、秋から来年にかけて続く。多くの人々がフォトンに晒されて、この世に別れを告げて、地獄の様な惑星に転落して行くのか、哀れで有る。
だから、心をオープンにしないと黒焼けに成る。自己奉仕から他者奉仕にシフトしなければ、フォトンから排除される。
★COBRAインタビュー★より〇 マックスがいう、宇宙船が入ってきて邪悪な魂を追い払うという部分について、私が思うには、この宇宙は魂の洗濯機のようなものです。自己奉仕する魂は四次密度に上がれないので、彼らは三次密度の惑星からやり直すことになるでしょう。様々な宇宙があり、それぞれのレベルに合わせた洗濯機をもっていて、複数の宇宙が連携して全体として一つのシステムが成り立っているのだと思います。



国力と国土は比例するのか、東進を始めた中国人民解放軍  2016/8/12, Fri 21:01

国力と国土は比例するのか、東進を始めた中国人民解放軍。
尖閣諸島周辺に武装中国公船10隻に漁船200隻超。漁業にかこつけた心理作戦か、
沖縄県民の反応と日本本土との中国に対する認識の温度差を測る目的か。
沖縄が抵抗して騒がなければ、一気に九州を攻めて南西諸島を鹿児島からもぎ取り、九州を緩衝地帯に設置する軍事卓上作戦( 兵棋演習)の一環か。
地政学の世界のパワーゲームの中で、強国のトップにはリモート・ビューイング出来る超能力者が側に控えて居る事は世界の常識である。
鎌倉時代の執権者には陰陽師が控えていた。日本の現政権も腕の良い天眼通が控えて居るので有ろう。
米軍はアジア・太平洋地域の重要ベース拠点の沖縄を死守する為に、
英国海兵隊の将校を招き入れて定期的に沖縄の米軍海兵隊の巨大な基地で有る、キャンプ・シュワブやキャンプ・ハンセンで「ジャングル戦闘訓練と射撃訓練」に参加させているとの事。
この程、地元紙の英国政府への情報公開請求で分かった。ひそかにグルカ兵の英国兵を招き入れて射撃訓練を現在も続けて居るのであろう。
英国兵と言えば、有名なのは世界最強の傭兵、ネパール人のグルカ兵である。
ネパール人のグルカ兵の戦闘能力は旧 日本陸軍の精鋭と同等の戦闘能力と言われている。
気概は半端では無く、1人でも多数の敵兵と戦闘し、弾が尽きれば白兵戦で渡り合う根性を持っている。このグルカ兵の本拠地、ネパール人が、何故か沖縄に毎年度 多数のネパール人の若者達が来島している。
数年前から語学留学に多数のネパール人が沖縄に集まり、語学学習と仕事を両立させて沖縄の社会に根を張り溶け込んでいる。
英語が通じる沖縄社会は彼等 ネパール人には都合が良いだろう。そのネパール人の中には、多数のグルカ兵の退役軍人や予備軍も含まれているのであろう。
何故、ネパールの山岳の民が、海に囲まれた沖縄の海の民に馴染むのか、それはYAP因子の血筋だと思う。
ポッチャリの沖縄県人とスレンダーのネパール人は体型には相違があるが、顔つきは似ている。DNA の次元では、ユダヤ人・ネパール人・沖縄県人・日本人はY染色体、YAP 因子で判断すると同類の近縁関係にある。
「Y染色体にAlu配列(YAP+因子)を持つ者が相当頻度で存在する地域は、
アフリカと地中海沿いの中東からイタリア南端にかけてと、チベットと日本のみであり、
日本人のY染色体の30〜40%については、DNA塩基配列が近縁関係にあるものは韓国や中国などの周辺国等にほとんどなく、チベットやアフリカや中東のY染色体と近縁関係にある事が分かっています」
私がダウジングで判断すると、古代イスラエルのユダヤ人はネパール人からの枝分かれである。
現在、日本は仏滅後約3000年になる。日本の日蓮大聖人が法華経の文底秘沈(もんていひちん)の本尊を書き表した時が、釈尊滅後2224年であった。今年は日蓮大聖人が生まれて795年になる、
本年は釈迦滅後約3019年になる。
今から3000年前、紀元前1000年頃に
釈尊を生み出した釈迦族は他の部族との婚姻の交わりを釈迦族の女子達が拒絶した為、やもなく大臣の下女の子を釈迦族の娘と偽って大国の舎衛国の王に妻として送った、
そしたら世嗣ぎ王子が生まれた。余りにも綺麗な子なので、宝石の瑠璃(ラピスラズリ)を表す、波瑠璃と名付けられた。学門と武術を習いに釈迦族に留学するが、波瑠璃王は八歳までは聡明で綺麗な子であったが、ある時に母親が大臣の下女出身と知らされ、不遜の行為をしたとして鞭で打たれる。耐えて修業を続ける。成人して国に帰り、釈迦族に仇を取る為に父親を殺して王に成る。そして大軍を率いて釈迦族を攻めようとする。釈尊の為に三度も進軍を止めるが、屈辱が忘れられず、四度目の殲滅軍を出す。城門の前で大臣の交換条件を飲む。大臣が池に潜っている間だけ女や子供を城から逃がす。大臣は池に潜り髪の毛を水中の木の枝に結ぶ、その間、釈迦族の子供達は逃げ切る。波瑠璃は根は真面目であった、だから釈迦族
のマハナーマ大臣の池への入水の条件を守もったり、釈尊の進軍阻止を三度も聞いた。波瑠璃は子供の頃父王からとても愛された、だが下女の子と、言われた、差別への屈辱には耐えられなかった。そして釈迦族を滅ぼす。
私のダウジングでは、逃げ出した釈迦族の女や子供達は当時文明国で有った。エジプト方面に向かったと判断する。
旧約聖書にはイスラエルの先祖が山岳地帯からカナン地方に進出したと書かれている。
それがヨシュア記と士師記である。
古代イスラエルの二代目のダビデ王は釈迦族のマハナーマ大臣によって助けられ、城を逃げ出した釈迦の子供達の子孫である。ネパールでは
三千年前に釈尊が生まれ、古代イスラエルでは二千年前にキリストが生まれ、日本では約八百年前に日蓮大聖人が生まれた。三者はYAP 因子のDNA 不思議な因縁で有る。この三聖人の出現は、人類救済が目的で有った。大いなる慈悲と大いなる愛によって、人類は浮上する。
現在、中東と日本は石油タンカーの海上の道で繋がっている。沖縄には自在に海を歩く様に、舟操る海人(ウミンチュウ)がいる。彼等沖縄の海人は古代イスラエルの子孫である、黒潮で日本本土に北上したので有ろう。



国の機密情報を他国に売る者は地獄に転落する  2016/8/7, Sun 01:36

国の機密情報を他国に売る者は地獄に転落する。第二次世界大戦の戦前に於いて日本海軍の暗号文はアメリカに解読されていた。
当時のアメリカ在の日本大使館武官が同学のハーバード大学卒のフランクリン・ルーズベルトに渡す。ルーズベルト大統領は暗号乱数表を元に、対日本戦を優位に進める。
ルーズベルトはキリスト教を武器に使い大使館付武官を欧米に屈服させた。因果応報を知らない彼は物欲の欲望の謳歌に我を忘れた。負けを工作して 新たな乱数表を持って落下傘で逃げて、南方の米軍基地逃げ延びた彼は戦後生き残った。
70歳の時に日本に舞い戻るが、孤独感に責められて薬の多量服用で死に、三途の庭で閻魔に不正直を責められて、罪の裁断で地獄に転落した。
国の衰退は国民の分断から始まる。生きざまの因果応報はキリスト教徒も学ぶべきで有る。個々の人生の中にも最後の審判の天国行き、地獄行きが有る。地獄行きとは、進化の逆転、畜生や昆虫、バクテリア等への生体逆戻りの転生で有る。
今、北朝鮮の東北地方の重要拠点の青森県の三沢米軍空軍基地への長距離ミサイルのシミュレーションが終わった。
沖縄の嘉手納米軍空軍基地への長距離ミサイルのシミュレーションも金正雲は済ましている。そんな軍国主義の拡大思想を持つ。覇王の武威の将軍が燐国に居るのにかかわらず、
慰安婦像問題で日本非難の憎悪の酔いに苛まれている韓国は国民分断の罠に陥っている。
国民が分断されたら他国から侵略され蹂躙される。その時、
日本憎しの韓国に難民受け入れを日本国民は心良く受け入れるで有ろうか。
熱心なキリスト教徒でも宇宙の法である、因果具時の報いを受ける。
現在、日本に於いても欧米イルミナティの日本分断の田布施システムの罠に陥る人のいるが、睦仁親王の替え玉、大室寅之祐が明治天皇の子供騙しの罠に気付く人々も出て来た。
何故、欧米イルミナティは しつこく日本分断の浅はかな 田布施システムの明治天皇 替え玉説を流すかと言うと。欧米による非白人への新たな植民地政策にとって、
神仏の子の遺伝子を持つ日本人は邪魔で邪魔で しようがない。日本人には貴重な神仏の民としての、流動して流れ着いた。梵天(ブラフマー)の子孫イスラエル人の海上ルートの南イスラエルの支族(アマミキヨ・シネリキヨ)。陸上ルートの北イスラエルの支族は古代日本に於いて合流した。日本人は先祖帰りの古代イスラエルのユダヤ人と縄文人のハイブリッドで有る。
欧米イルミナティは梵天の血筋の民、神の子としての日本人を殲滅したがっている。だから、天皇家と国民の分断をはかって、日本人の弱体化を推し進めている。
その罠が明治天皇替え玉説。田布施は朝鮮人等のガサネタ。その無明の罠に陥る人が多々いる。あわれで可哀想で有る。
今から2600年前にイスラエル10支族が船団を組みペルシャ湾を南下しインド洋を偏西風に押され、黒潮を北上して、琉球で人員の回復を計り、軍備と民を手なづける 水飴を持参して鹿児島に上陸した。其処から神武天皇の東征が始まる。西暦200年頃 仲哀天皇が朝鮮半島を攻略して支配下に置いたので、西域への陸路は開いた。北イスラエル2支族は朝鮮半島を通過して日本に来島した。その影響で大陸文化が日本に根付いた。日本の地で北イスラエル・ユダヤ、南イスラエル・ユダヤの民と血筋は合流した。
欧州がイスラム教徒からの侵略をスペイン・ポルトガルのイベリア半島から追い出した時(1492年)、イサベル1世は夫フェルナンド2世と共同で王位についた。
それはカスティーリャ=アラゴン連合王国の誕生を意味する。スペイン王国(イスパニア王国)の誕生。イベリア半島から地中海の交易権を握った、
イサベル1世は世界交易に乗り出す。コロンブスに資金を提供して、胡椒(スパイス)貿易の為に西回りのインド航海に出す。
目的は胡椒等のスパイス交易と歴史から姿を消しインド洋に去ったと言われる、キリストを生んだイスラエル10支族の探査の旅であった。
その後、マゼランがスペイン船の艦隊を率いて西回りの航海を切り開いて世界一周を成し遂げた。
世界一周の航海路の海図が生まれたので、イエズス会は世界布教とイスラエル12支族の探索にフィリピンにやって来る。
そこで日本の水軍の貿易商人と出会う。イエズス会の宣教師は1人の日本人にキリスト昇天の天国を語ると、日本人は瞬時に浄土の天国を理解する。
日本に布教の脈ありと報告をすると、イエズス会のフランシスコ・ザビエルの日本来島に繋げる。イエズス会のザビエルは利発な日本人に接して、
歴史から見失ったイスラエルの12支族は日本人で有ると確信したので有ろう。
それが伊達家の支倉常長(1571年)の慶長遣欧使節団となってローマに支倉使節団が入る。支倉常長はフランシスコ派カトリック教徒となって、ローマ貴族に成った。
其処にはイスラエル12支族は日本人と言う、ローマ法王側の 伏線が存在する。
その後、欧州の西欧に於いて日本文化が紹介され始まる。西欧に於いて日本を圧倒する、文化育成に着手する。
欧米イルミナティにとって、目指すは日本を支配下に置く段取りで有る。産業革命に成功した欧米イルミナティは明治維新の開国に参入する。遅れを取った日本は富国強兵でどうにか、欧米に追い付いた日本はアジアの覇者に成る。
世界台頭を恐れた欧米イルミナティは日本潰しの罠を仕掛け、触手を日本海軍のトップに狙いを定める。その欧米イルミナティのマニー(金)の欲に陥ったのは海軍の連合艦隊司令長官の山本五十六大将である。
彼は少年期、米国宣教師の元で聖書を勉強する。海軍入隊後は聖書を 座右の書とする。宣教師仕込みの英語力を買われて、アメリカ行きを経験する。
1919年にハーバード大学に留学する。1918年からアメリカの月刊誌 ナショナル ジオグラフィックを購読を始める。
1925年駐米大使館付武官となって再びアメリカに滞在する。
根っからのキリスト教徒だから、罪の意識無しに、欧米イルミナティの傘下のフリーメイソンに入会する。後の大統領、ハーバード大学卒のルーズベルトと同学の 誼(よしみ)で 昵懇(じっこん)に成る。
宗教的信念で欧米キリスト教徒の勝利に加担する為に日本海軍の生命線である、海軍の暗号の乱数表をルーズベルト大統領側に漏らす。
山本五十六大将はハワイ真珠湾奇襲攻撃を立案し、行動に移させて、アメリカの第2次大戦への参戦にルーズベルト大統領を導く。
ミッドウェー海戦を立案し、攻略するが情報が筒抜けの為に返り討ちを受けて、日本に取って貴重な 機動部隊の航空母艦4隻とその艦載機を多数一挙に喪失する大損害を被り、太平洋での
戦争における主導権を失った。
山本五十六大将は残った戦艦、を南方の集めてガダルカナルの第二次ソロモン海戦に望むが、其処でも空母を失い敗北する。
山本五十六大将は海軍の暗号が乱数が変わったのを切っ掛け、あえて旧暗号文を使って旗艦の武蔵を離れ、航空機でラバウル基地を訪問し、ブーゲンビリア島にて筒抜けの米軍航空機によって、撃墜される。
しかし、山本五十六大将はいち早くパラシュートで逃げ落ち、ガダルカナルの米軍基地に投降する。その後、戦艦武蔵は撃沈される。
大戦前に山本五十六はアメリカとの戦争を望まなかった。最初から、物量を誇る欧米イルミナティに降伏を望んでいた。戦後、米軍は朝鮮戦争の援護として、海上保安庁の設立、海上自衛隊の復興を心良く援助する。山本五十六大将スパイ説の真意をサイパンで玉砕した、南雲忠一中将にダウジングして聞く。



本能寺の変で神隠しに有った、信長主従は何処に新天地を求めたか  2016/8/3, Wed 02:12

本能寺の変で神隠しに有った、織田信長 主従はいったい何処に新天地を求めたかのか。
滝沢馬琴は椿説弓張月の文の中で流刑地の伊豆大島から脱出の後、源為朝は源頼朝の舅(しゆうと)とで有る、熱田大宮司の季範(すえのり)に讃岐国で奇遇し、我が子の嶋君を預けた、
熱田大宮司の季範は自分の嫡孫の犬稚丸と夫婦にさせると源為朝に約束した。
熱田神宮は日本武尊(やまと たけるの みこと)の 草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を祀るだけ あって、日本の守護神ごとき武将と度々 縁の有る神宮で有る。
今も熱田大神の日本武尊の魂は熱田の地に鎮座するのであろうか。
自称 第六天 魔王の織田信長の魂魄(こんぱく)との出会いは ちょうど10年前で有る。私が東京都で型枠大工の職人をしていた時、
朝寝坊したので近くの原っぱで 、その日は朝から正午に掛けて瞑想をした。そしたら深い白中夢に陥ち行った。そこで見たビジョンは強いメッセージを秘めていた。
その白中夢の中で私は生死の間に居た、私は地獄の飢えた餓鬼に囲まれた。獲物を求める彼等は私にターゲットを定めた。
餓鬼が迫り来る中。突然 天空から従者を連れた、武将が私に近づいて来た。回りの餓鬼は皆 私から逃げ去り、
三途の川の辺りは、私達三人だけになった。その武将は徒歩で私に近づき私の顔をじっと見て、私にメッセージを与えた。従者が殿と一声かけると。武将と従者は天空を去って行った。
その後、メッセージを私の中でリピートした。

内容はひとまず東京から引き下がり。東西文化の融合の為に語学の勉強に励み。西遊記の様な文化の融合の旅に出なさい。
それは月氏(インド)から中国では無く、日本から欧米への文化の融合の旅で有る。私はその語学力を求められる、そのメッセージの大きさに私の心は混乱した。
そして、白中夢の殿とは、いったい誰なのかと悩んだ。今なら解る。地獄で会った殿は、
自称第六天の魔王、織田信長だと。その後、私は妻子の居る沖縄に帰り英語の勉強に励み、
言論の投稿活動を再開した。英語に関しては、アメリカの人気トーク番組のTEDを原文で読んで自分なりに翻訳している。
英語の勉強は沖縄に帰ってから始めて9年目になる。平行して仏教の日蓮大聖人の法華経の御書も学び。
私の中では東西の文化の融合は出来ている。仏道修行も進んだので私のダウジング能力の正解率は80%から95%にUP した、
なので歴史の闇も解明出来る様になった。皆が知っている本能寺の変について、ダウジングでサーチしてみたい。
織田信長と弥助(黒人)の主従は本能寺にて、天正10年6月2日(1582年6月21日)に重臣の明智光秀に謀反を起こされて、信長は自害した事になっているが。
本能寺の焼け跡からイエズス会の宣教師から贈られた、黒人の奴隷だった弥助の遺体 共々なかった。
この、織田信長の遺体が見つからない謎が明智光秀の天下取りを鈍(にぶ)らした。京都近くの武将は皆、織田信長の神隠しに不安がった。
それゆえに明智光秀の軍に参戦し、馳せ参じる武将は少なかった。明智光秀の必死の努力の かいもなく、ついに織田信長の首級は上がらなかった。
この謎解きを、臨死体験で有名な木内鶴彦が見た、臨死体験の霊視の体験談を書き添えたい。
* * * 木内鶴彦氏によると、織田信長は本能寺を生き残り、欧州に渡りイエズス会の司教まで登り積め、ローマ法王を目指したが、あえなく病で倒れ欧州の地で亡くなったと述べている。* *  * 
先ず織田信長の血筋について述べたい。信長は自身の血筋を桓武平氏の平清盛の嫡子重盛の次男 平資盛(たいらのすけもり)の流れと言っている。
平清盛の嫡子 重盛の小松家系は源平の最終決戦の壇之浦の海戦の前に戦線離脱をしている。
この事は朝廷の歴史書、九条兼実の日記 玉葉(ぎょくよう)に
「平維盛(たいらのこれもり)が30艘ばかり率いて南海に向かった。」との内容が記載されている。
資盛も維盛の善後かに熊野水軍の手引きで南海に船出したであろう。小松系方は三男の平宗盛が平家の棟梁に成ったので、長男系の小松家方は皆、戦線離脱したのであろう。
私は超能力者の大関華織女史から言われた。貴方を霊視すると、鎧姿の平宗盛が私を援護しているのが見える、と言われた。
ではダウジングで織田信長を紐解いて行きたい。
信長の先祖の平清盛の嫡子、平重盛の次男、資盛(すけもり)は熊野水軍の手引きで、櫓こぎの軍船にて沖縄の北部の島、伊平屋に案内される。
そこで伊平屋、伊平屋の両島を治めて、名を鮫川大主改め沖縄の南部の南山の武将の大城按司(あじ)の婿になり、
佐敷按司となり、息子の思紹が佐敷に城を構え、孫の尚巴志(しょうはし)が、南山の主と成って、中山、北山を攻略して、沖縄を統一し琉球王朝第一尚氏を打ち立てる。
資盛の子は第一尚氏初代の尚思紹王に成った。
平資盛の子孫は第一尚氏の琉球王の援護の元、熊野水軍の経済的関係の援軍にあった、
鹿児島の島津家、尾張の斯波家に家臣として入り込む。
その時、名古屋の尾張では、平清盛の血筋の資盛の子孫を受け入れたのが、日本武尊を祭る熱田神宮で有る。
織田信長の先祖、熱田神宮の神官、織田親実は琉球で生き延びた平資盛の子孫で有る。この様に熊野水軍と織田家は延々続く関係を持つ。熱田神宮をバックに尾張に根を張った織田信長はついに
守護大名の斯波家を乗り越えた、
織田信長は室町幕府の将軍足利義昭を追放して 室町幕府を滅ぼした。畿内を中心に織田政権を確立して天下人に成った。
残る骨の有る西国の有力大名は毛利氏と島津氏等と成った。織田信長は天下取りの総仕上げに中国侵攻を進めた。
その様な状況の中、羽柴秀吉の中国遠征の援軍へ出かけると見せかけて、明智光秀の軍は織田信長が逗留に使っていた、本能寺に攻め居る。
織田信長は100名の手勢で槍を持って応戦していた。信長は居間に戻って火を放ち、自害しょうとした、が、弥助に止められた。
* * * キリスト教徒は自害は相成りません。* * *  ならばどうする。 * * * 逃げるが良かろうかと存じます。* * *
織田信長と弥助の主従は裏の裏門から逃げ出し、京都のイエズス会の教会に入り込み、身支度を整えて、淀川を下り。火縄銃の取引で縁故の有る商人宅に入り、熊野水軍の櫓での漕ぎ軍船に乗って琉球に向かう。
其処で季節風の風待ちをして、フィリピンのルソンに渡る。その地で財を成していた、 戦国時代の商人・納屋助左衛門(呂宋助左衛門)の庇護元、キリスト教徒として指導者の道に進む。
日本への火縄銃の火薬取引の指導的役割の元締めと成って、財力をバックに目指すはキリスト教の法王の座、
信長は仏教理念が分かるので素直に天国思想が理解出来る、 天下布武の武力行使から、光秀の心を責めて明智光秀を狂わした反省から、今度は心の愛の行使に取り掛かって見る。
イエズス会の宣教師に実力を見出だされて、欧州のポルトガルに登る。イエズス会の火薬資金で生活が守られ、その地で司教に成る。第六天魔王の気概を持つ信長はローマ法王の座を目指しながら、
あと一歩の所まで登り詰めるが、欧州の地で亡くなった。これが、ダウジングで紐解く、織田信長の後半の人生。この文はダウジングし信長とリンクしながら書き上げた。



一見 平和だけども東シナ海 波 高し  2016/7/27, Wed 01:55

一見 平和だけども東シナ海 波 高し。昨日、午後に仕事の帰りに、自宅の近くサンエー(沖縄資本大型スーパーマーケット)に行った。この頃、世界的な海運業の不振の為に、アメリカ空軍カデナ基地の基地内スーパー(PX)の品不足の為か、嘉手納基地の軍人・軍属の客が地元スーパーに多くなった。女性の軍属と、屈強な特殊部隊の長らしきスポーツ刈りの軍人と会った、帰り際(ぎわ)にその屈強な軍人Special Forcesとシンクロした、隣のレジにいる彼と、目と目があった。視るからに修羅場を潜(くぐ)り抜けて来た、顔つきであった。プロレスの武藤敬司に似ていた。彼が金を支払う時に、私と同色・同型の肩掛けポーチから同時にレジ係りに、財布を出す仕草をした。互いの動作やポーチのシンクロに気づき、又、目と目が合った。彼の方が私より先にレジが終わったので、私に片手を上げて去って行った。彼は何故、私にグッドバイのサインを送ったのか、考えて見た、彼は敵意を見せない私を見て、沖縄の冷静なサイレント・マジョリティを確認したのであろう。アメリカ空軍嘉手納基地の圧倒的な航空機の制空権のお陰で、沖縄のアンアーム(丸腰)の民は燐国の軍事国家からの侵略の触手から護られている事を沖縄のサイレント・マジョリティは知っている。この世が、まだ 浄土・楽土(天国)ではないかぎり、ごろつきの極道・無法者の国家や、イスラム国の様なテロリストから無防備の民を守る為に 侵略の邪悪心を砕く圧倒的な軍備が必要である。善良な国家の軍隊は、人体の病原菌を駆逐し壊滅させる白血球の様な存在である。もしも狂気の人間が暴れた場合、丸腰の警察官はごろつきの極道者に対処できず、逆に なぶられる。もし無抵抗なら なぶり殺される。すきあらば、奪えが彼らの本性。この世が天国で無いならば、おれ おれ 詐欺が まかり通る 世界。昔、琉球国は江戸時代前後において、あの時代、大国であった中国の庇護の元、通商貿易の力で 倭寇(わこう)を手なずけ来た。現在は何の因縁か、琉球国は日本国沖縄県になっている。沖縄県民は表面上は日本人であっても、根底には琉球人の意識が強い。それは沖縄現地に入って見たら分かる。サラリーマンはワイシャツにネクタイでは無く、半袖のノーネクタイのアロハシャツ、タイプの かりゆしウェアである。ラジオを聞けば沖縄方言のオンパレードで有る。ラジオを聞くと、沖縄はもう日本政府から自治区を勝ち取った、琉球国の様な気分になる。 ナショナリズムの沖縄県民の心を端的に表したのが、沖縄県の翁長知事の発言である。知事の発言は世界情勢から見たら、とても危険な発言であった。一般人の太郎、次郎の うさばなし なら何ら問題は無い、しかし、緩衝地帯の地域の長の話しであるなら、他国の侵略を招く発言であった。翁長知事は地元マスコミ両紙に語った。趣意「私達、沖縄県民は日本人になろうと、なろうと努力した、しかし、努力しても本土の人々は私達を受け入れてくれない。ならば、私達は私達の道を行こう。」この様な談話を語り。地元マスコミ両紙は県民に翁長談話を流した。これが沖縄県民の心を動かし、沖縄の保守、野党の垣根を取っ払う連合が生まれた。今ではオール沖縄と知られている動きで有る。これは、危険な要素を持っている。勢い余って、沖縄独立まで行く、住民投票の危険がはらんでいる。オール沖縄は国政選挙では圧倒的な強さで有る。いつの間にか沖縄の民の意識の中に、日本国沖縄県では無く、琉球国沖縄県が芽生えた。このナショナリズムに火が付き県内に置いて国政選挙で自民党議員を一掃した。先の参議院選挙沖縄選挙区でもオール沖縄の伊波洋一が、現職大臣の島尻安伊子を10万6400票の差を付けて打ち勝った。沖縄県民は翁長知事の独自路線のナショナリズムに酔っている。沖縄の民の動かして来た、琉球の支配層の琉球士族には二種類の士族がいる。琉球・日本系の士族と中国系の士族で有る。私の方の池城は琉球・日本系の士族である。池城家の始まりは、琉球王家の第二尚氏 三代目 尚真王と女神官の間から生まれた、大新城親方池城安基から始まる。第二尚氏は「中山世譜」の王府史書では源為朝 伝説の舜天王統の第三代 義本王の末裔であると述べられている。超能力者に沖縄の王統はどこの血筋か調べて貰った事が度々ある。全ての超能力者は沖縄の王統は日本系だと語った。リーディング能力の高い、千さんに源為朝をリーディングして貰うと沖縄に源為朝は来島しており、貴方の中にも源為朝の血筋は流れていると言われた。若手の超能力者 大関華織さんも沖縄には源氏も平家も沖縄に来ていますと、過去の歴史の血筋を読んだ。易の池山先生は私の中に源氏の血筋も南走平家の血筋も流れていると言う。
琉球の王統、第一尚氏について語ってみたい。私の母方の血筋は第一尚氏の有力武将の鬼大城賢雄と尚泰久王の王女 百度踏揚(ももとふみあがり)との間からの流れである。第一尚氏は南走平家の平資盛(すけもり)の血筋の子孫。私は何度もダウジングで確認した。私は第一尚氏の最後の王、尚徳王の子孫と友達だが、彼の顔つき体格は色白の日本人顔で有る。
沖縄の歴史は日中の大国の中で合の子・ハイブリッドの存在で生きて来た。両陣営の 緩衝地帯(かんしょうちたい)の役割を果たして来た。琉球が日中両国の仲を取り持った事も度々合った。沖縄は今後も 緩衝地帯として東シナの和平に貢献すべきで有る。しかし翁長知事は「努力しても、日本人には なれない」と言って沖縄独立思考に舵を切った。その為に沖縄の民は親中国意識に流れた。沖縄のサイレント・マジョリティは中国側への片寄り過ぎに、危機感を持つ。このままオール沖縄の民意に任せると、沖縄は必ず中国の傘下に下ると危機を感じるのは、私だけでは無い、安部首相は 日露戦争の 日本海海戦の様に北上する 、バルチック艦隊の進路をふさぎ壊滅させた。 東郷 平八郎の採った、東郷ターンを、オール沖縄の独立志向の流れに、 安倍ターンの舵を切った。それが沖縄の高江ヘリパット強行工事への反対運動の住民達のテント拠点排除である。住民150人の村に1000人の機動隊の導入、その内の500人は九州と関西からの屈強な機動隊。高江の住民は彼ら屈強な本土からの機動隊を見て、我々は琉球国の住民では無く、日本国の沖縄県民だと改めて国家の意識を認識するであろう。この屈強な本土からの機動隊導入は明治維新期の琉球王府の首里城開城の再来である。首里城は明治政府による警察官抜刀隊によって首里城は開城した、アンアームの琉球の民は口は達者でも、抜刀隊の武力の前には無力で有る。沖縄のサイレント・マジョリティは知っている、平和時には言論で平和友好も築ける。戦乱期の乱世には控えに確固たる軍備が無いと、言論は力を失う。沖縄の存在は日中の 緩衝地帯としての役割を果すべきで有る。中国側に片寄り過ぎてはいけない、今の立場での日本国沖縄県で進めば良い。中国人民解放軍の沖縄独立運動援護への軍事介入は薩南列島・琉球列島の南西諸島はオセロゲームの様に一気に九州まで転覆させる、これは、日本分断の危機を秘めている。今、沖縄の民の心を取ろうとしているのは、中国共産党の人民解放軍で有る。中国人民解放軍に沖縄解放の夢への実現のアクションさせる、切っ掛けを与えてはいけない。沖縄県の翁長知事は自己の中国系の久米士族の血筋のうごめきで、沖縄の民を中国側に持って行こうとしている。私がダウジングで確認すると彼には中国系の血筋も流れている。今は乱世で有る。この世が浄土・楽土(天国)で無い限り、邪悪心の敵を圧倒する軍備が必要である。文武二道は人間の道。常に精進しなければ、魔物に憑依された、テロリスト、ならず者の国家に侵略され、国民の生命・生存は破られる。神奈川で悲しい事件が起きた。無防備の為に障害者の19名が殺傷された。文武二道の職員がいれば、こんな無惨な事件は起きなかった。東京都知事選で小池百合子を右翼と非難する人達がいるが、無防備の民は ならず者のテロリストや国家からなぶり殺しに合う危険が有る。文武二道は人間の道。小池百合子の近世の過去世は、日本人初の女医でシーボルトの娘、楠本イネだと思います。ダウジングで何度も確認した。だから、小池百合子は外国語が達者。



徳川家康の血筋は やはり、源氏・新田義貞の血筋  2016/7/23, Sat 07:00

徳川家康の血筋はやはり、源氏・新田義貞の血筋を引く。新田義貞は源氏の棟梁、八幡太郎源義家の四男・義国の子孫、足利尊氏の親戚の新田義貞は天皇の勅命を受けて、北條幕府への 打倒の兵を挙げて、僅か15日で20万の兵を味方に付けて、難攻不落の鎌倉を、海岸線突破を挑み、稲村ヶ崎にて 家宝の刀を、満潮の潮に祈願を入れて投げ込み。神仏の力で潮を大引させて、騎馬軍団を鎌倉に突入させて、北條幕府を陥落させた。その時に北條幕府から、幕府所持の源氏の宝刀、鬼切(髭切)と北條幕府の宝刀、平家由来の鬼丸を得る。京に上がった、新田義貞は後醍醐天皇から女官の天下の美女、勾当内侍(こうとうのないし)を天皇の紹介で嫁にする。この公家、一条家の勾当内侍と源氏の新田義貞の間に生まれた子が。上野国 新田荘(群馬県太田市)に伝わる、山吹姫で有る。私は易の池山先生の繋がりで超能力者の吉澤氏と知り合いに成った。吉澤氏が私にメールで教えてくれたのは表には明かされなかった、新田義貞のもう一人の娘の秘密の事。吉澤家に新田義貞の娘が嫁いで来たと伝わる、吉澤家は新田義貞の血筋を引くと言い伝えが有ると教えてくれた。私はダウジングが出来るので、この子は新田義貞と勾当内侍の間の子、山吹姫かとハイヤーセルフにダウジングで問うた、そうだと、クリスタル・スカルはイエス側に回る。吉澤家は桓武平氏の血筋で有る。その吉澤家が新田荘で尼と成った勾当内侍を見守った。山吹姫の娘が世良田一族の得川家に嫁ぎ、徳川家康の先祖に成った。
現在の戦争には、戦場ジャーナリストがいて逐次 レポート報告する、そして欧米の軍隊には戦場牧師が存在する。戦死者の弔いや兵士及び家族の心のケアをする。古代日本において、その役割を果たしたのが仏門の僧のネットワークで有る。武将はよく寺院内に本陣を置き、戦議を開く。そして戦の遠征に関しては陣僧が控える。死地に赴(おもむ)く、武将は僧に縁して後生を思って、罪滅ぼしに戦争体験を語るであろう。死者の供養に金銭の財供養をするであろう。僧は兵士の心のケアと戦死者の弔いを受け持った。その様な中から戦記物語が生まれた。これは、戦士の体験談だから戦記として歴史に耐える、真実を帯びている。勅命によって集まり 軍団に育った、武士の武装集団と仏門の陣僧の関係は深い。武士は幼年期、寺で文字を習い、学問を深める。その様な背景から平家物語や太平記は生まれた。書き手が知識階級の僧だから今昔物語集、将門記などの軍記物語は大筋では真実であろう。知識階級の僧は、武将の語る、戦況コメントで戦況を把握したのであろう。人間の本性が あらわ になる、戦場では因果応報、業の哀れさ、神仏の権化、摩訶不思議な現象等が続出する、その様な体験談が軍記物語の根底に有る。だから平家物語、太平記は歴史的に大筋で信用出来る、軍記物語は あの時代の陣僧達の戦場レポートの類で有る。
太平記は後醍醐天皇側の時宗(じしゅう)の僧達が深く関わったと思われる。新田義貞の陣僧は時宗の僧達がつとめた。義貞の遺体は陣僧によって時宗の長崎の道場に運ばれ、供養の後、荼毘(だび・火葬)に付された、長崎の道場の称念寺は新田義貞の遺骸の葬られ、墓石が立っている。徳川時代から称念寺では、50年ごとに新田義貞公の大法要が行われている。
時宗と後醍醐天皇の南朝方の関係について述べたい。過去世、後醍醐天皇の長子、護良親王(もりよししんのう・もりながしんのう)の過去世と記憶を若干 持つ長瀬正彦氏の私へのメールの内容を紹介したい。* * 鎌倉の牢に幽閉された、護良親王は足利尊氏の弟、直義の命を受けた刺客、淵辺義博を武芸達者な護良親王は交換条件を出して丸め込めて、殺された偽装工作をして、奈良の南朝方の寺院に 遁世 (とんせい) して仏門の全国的なネットワーク作りをする。漢方薬の生薬 熊胆(ゆうたん)等の製薬を起こし、その資金で時宗の全国的なネットワークつくり南朝を助ける。初代裏天皇に成った護良親王は全国の南朝方の武将を援助する。 * *太平記の書き上げたのは時宗の僧達であろう。だから北朝方の足利方は太平記の記述に激怒する。
本題に入りたい。越前藤島で額に矢を受け、死期を察した、新田義貞は太刀を頸動脈に当て一気に首を引き切り、出血多量で崩れ落ちる。斯波高経(しばたかつね)の兵士・氏家重国が駆け寄り、新田義貞の首を取った。新田義貞の軍に従軍していた、時宗の僧達は新田義貞の首級(くび)を亡骸の供養の為に取り戻す交渉に入る。氏家の主君の斯波高経は足利尊氏と同格の源氏・義国の子孫。時宗の僧は新田義貞 所持の源氏の宝刀、鬼切、と平氏の宝刀 鬼丸の二刀を斯波高経に渡して、新田義貞の首級を受け取る。長崎の道場で身体と首級を合わせて、荼毘(たび)に付し、墓に納める。その時、遺品や分骨が勾当内侍(こうとうのないし
)の元に届けられる。その時、勾当内侍は新田義貞の子を宿していた、その子の命を守る為に偽装工作する。嵯峨の往生院の尼に成ったとか、琵琶湖の琴ヶ浜で入水したと言う偽装工作の噂を時宗の僧のネットワークを使って流した。勾当内侍にとって、産まれて来る子が男の子なら、又、南朝方に担ぎ出される。女の子のなら戦略結婚の駒にされる。戦続きであった新田義貞の精霊を安堵させる為に義貞の遺品と分骨を持って、新田義貞の故郷、上野国新田荘(群馬県太田市)に時宗の僧の案内で北関東に入り、尼として遁世する。新田一族に護られて、無事、山吹姫を出産して育て上げる、
そこで、山吹姫を嫁に迎え入れたのは私のFB の友人の超能力者の吉澤氏の先祖で有る。吉澤家は新田義貞の娘を嫁に迎え入れたとの言い伝えが有ると私にメールで教えてくれた。私がダウジングで確認すると、桓武平氏の血筋の吉澤家に嫁いで来たのは新田義貞と勾当内侍の間の子、山吹姫と私に教えて、ダウジングのクリスタル・スカルはイエスと回る。勾当内侍は護良親王の仏門僧ネットワークに護られて、安穏の尼生活を過ごす、山吹姫の娘が得川家に嫁ぐ、尼の曾孫、得川家の男の子が時宗の僧と成って、尾張の松平郷に入り、徳川家康の先祖に成る。この文を書こうしたら、家康公とシンクロした、この秘密の歴史はダウジングでしか紐解けない。? この文は過去世、勾当内侍であった、今世でも麗しい方に捧げる。



日本を分断するワナ、田布施システムと言うキーワード  2016/7/18, Mon 16:41

日本を分断するワナ、田布施システムと言うキーワード。人間にはガセネタを本当と信じる癖が有る それを惑と言う、それは思考停止の落とし穴で有る。それは悪い物を本当の物と信じ込ませて、霊的進化、人間の慈悲的文化の成長を阻止する第六天魔王の網、惑の落とし穴への戦略で有る。今、国民分断の日本の多くの 若者の思考停止をもたらせたのは、竹細工職人で素人歴代好き者の鬼塚英昭の田布施システムと明治天皇 替え玉説で有る。鬼塚氏の浅はかさな 思いつきは、長州の山口県は毛利氏が来る前は大内氏の領地であった。大内氏は朝鮮と交易したので長州人は朝鮮人の たまり場に成った。毛利氏が長州の支配者に成っても、朝鮮人部落が残った。朝鮮人部落から明治維新の功労者や朝鮮人の大室寅之佑が明治天皇に成った。と、無知蒙昧の説を述べた。この第六天魔王のガセネタの惑の落とし穴に、多くの若者が陥った。だから安部首相は朝鮮人、先の参議院選挙で安部首相の街頭演説中に  一国の首相に、鬼塚の馬鹿な説を信じて、朝鮮人は帰れ とヘイトなヤジを投げた。この日本人分断は第六天魔王の罠で有る。これは田布施に対する やっかみの妬みから 生まれている。山口県の田布施から人材が続出したから 嫉妬の 焼きもち を焼いた。これは陰陽の流転を知らないから その様な発想が生まれる。陰徳を積めば必ず陽報になる。人間は逆境に腐らなければ、野菜の極限育ちの、極限野菜になる。旨味。甘味タップリの野菜の様な至宝の人材になる。田布施の人材は その様に陰徳を積んだ。それは毛利氏の人材育成の結果であった。あいの子には 優成績遺伝がある。優性の法則は、有性生殖の遺伝に関する遺伝学の法則である。長崎の美男子、山口の人材、鹿児島の快男子、は異文化交流の結果であろう。田布施と言う言葉は 本来的には良い言葉で有る。寺院に田を布施する、徳の有る。言葉なのに鬼塚は切れ者の人材輩出に 嫉妬の妬みで 田布施は朝鮮部落と けなした。これは鬼塚のレベルの低さの心の表れで有る。では、正しい大室寅之佑の話しをしたい、私に大室寅之佑の話しを教えたのは、国会議員、小沢一郎の政策秘書を勤めた、サイキック能力を持つ、長瀬正彦氏で有る。彼は小沢一郎の波乱の政党 渡りに付き合わされて、億単位の負債を背負わされ、暴力団の取り立てに 合い、拳銃の銃弾を〇〇された事もあった。 朝堂院 大覚氏に相談したら、 朝堂院氏が約3億円を支払って、長瀬正彦は助かった。長瀬氏は私にメールで教えてくれた。長瀬氏はサイキックの超能力者で有る。彼は自分の過去世が残っており、私に自分の過去世を語った。 南北朝時代に足利尊氏が新たに光明天皇(北朝側)を擁立したのに対抗して京都を脱出した 後醍醐天皇(南朝側)が吉野行宮に遷った。長瀬氏の過去世は後醍醐天皇の長子、 護良親王(もりよししんのう )で有ると私に語った。兵を集めて 足利尊氏と戦う、私はその時代、気性の激しい武将で護良親王の部下であったそうで有る。長瀬正彦氏の東京の事務所に過去世、新田義貞の弟 脇屋義助がやって来て、突然トランス状態に成って、当事者しか知らない戦闘状態を語ったそうで有る。私が東京都府中の浅間山あたりでの疾走する、武装騎馬軍団の夢を見たと長瀬正彦氏に話すと、貴方は南北朝時代、私の部下の〇〇〇〇だったと語った。彼が言うには、毛利氏はずっと南朝方の後醍醐天皇の長子 護良親王の血筋を保持し続けた、大室寅之佑は裏天皇の護良親王の血筋。これは間違いないと再度、メールで私に教えた、私が意見を述べると、私は 神道の国之常立神(くにのとこたちのかみ)で行く、貴方は法華経で行け。別々の道を歩んでみようと言われた。私は明治天皇は若くして、裏天皇になられた、孝明天皇の祐宮・睦仁だと確信している。私は疑問点はダウジングで確認する。では、明治天皇は祐宮・睦仁か、ダウジング。やっぱり、明治天皇は孝明天皇の息子、祐宮・睦仁だった。若者よ、ガセネタの田布施システムを捨て去ろう。



鶴の一声、天皇 退位  2016/7/16, Sat 10:36

鶴の一声、天皇 退位。陛下は日本が西側の経済復興の為だけの第三次世界大戦への参戦を阻止した、自・公・維新等の参戦への憲法改正が出来なく成った。ロシアはアメリカ軍ハイテク兵器の無力化に成功している、だからアメリカは日本軍を対ロシア・中国との経済戦争の白兵戦に使おうとしている。闇の支配者・イルミナティは西側の経済復興の為に第3次世界大戦を起こし、日本を旧戦形の前線突入の白兵戦のコマに利用しようとしている。闇の権力者イルミナティは、3s 作戦、スクリーン・スポーツ・セックス等の強力刺激で若者の思考能力低下に関与し、無力化に手を加えている。だから高山清州氏は日本人を守る為にFaceBookにて 鎧姿で私達に日本の危機を体を張って示した。3S の刺激に酔わされた若者よ3S の毒気に気づく時に来た。さあ覚醒しょう。日本は西側の欲望刺激のホームレス増産の非人間型経済システム維持の為の第3次世界大戦に参戦してはいけない。ただ、日本は旧戦形の前線の突入白兵戦のコマにされる。



ヘイトな無礼者はサイレント・マジョリティーを退かせる  2016/7/12, Tue 20:47

ヘイトな無礼者はサイレント・マジョリティーを退かせる。7月10日の参議院選挙は自民・公明等の改憲の勝利に終わった。自公は投票日に掟破りの政党広告を大手新聞に掲載させた。まさに仁義なき戦いであった。その始まりは6月23日の沖縄での戦没者追悼、慰霊の日に一 国家の安倍首相に対して非礼の罵倒のヤジを飛ばす非礼者がいた。この摘まみ出された無礼者の行為と発言がテレビの全国放送で全国に流れたので、無礼者の選挙運動のポスター荒らしが発生した。この様な動きは日本本土にも波及し、全国の革新側の運動家の非道の行為を発動させた。安倍首相の応援街頭演説に集団で、一国の首相をヤジで罵倒しヘイトな発言する輩も続出させた。このヘイトな動きは全国展開された。ついには奥さんが首相の代わりに応援街頭演説に出掛けた。この遊び感覚のヘイトスピーチは まっとうなサイレント・マジョリティーをどん引きさせた。この結果、自公等の改憲勢力は77議席を獲得し3分の2の議席を取ってしまった。その罵倒の無礼者の始まりは何処に有るかと言うと、沖縄北部の普天間飛行場の代替え地、辺野古のゲート前に たむろする、沖縄平和運動センター議長の 度を越すヘイトなヤジにある。大の大人がダイ・ダイ(死ね)とヤジを飛ばす。真っ白い ご飯にヘイトなヤジを声かければ、黒かびに おおわれ 真っ黒く腐れ悪臭を放つ。水もヘイトな言葉をかければ綺麗な水の結晶破壊され、毒素を出す。ヘイトな発言を連発する人の唾液は猛毒に成るそうで有る。ヘイトのスピーチの山城ひろじ は自己のヘイトスピーチの猛毒で入退院の繰り返しで有る。本人はヘイトの為の猛毒に気付かずにいる。可哀想で あわれ である。山城ひろじの行為は沖縄のサイレント・マジョリティーを どん引き させている。山城ひろじはその事に気付かずに相変わらず、辺野古ゲートでヘイトスピーチのダイ・ダイを連発している。人相は荒れ、彼の唾液はハブ の猛毒クラスであろう。怨念の塊は天からも捨てられる。今回の参議院選挙の収穫は一人区で野党統一が出来た事で有る。一人区では野党統一候補は善戦した。沖縄と福島では自民党の現職大臣が二人落選した。東京選挙区において37歳のミュージシャンの三宅洋平氏が突然の出馬にも かかわらず、ネットで爆発し、全国的なムービーメントな広がりとなって、生活の党の比例区の青木愛、新潟選挙区の森ゆうこ の当選を押し上げた。マスコミは三宅洋平氏のネットでの短期間で爆発させる 大ブレイク 力をおそれて、今回の参議院での得票数を低く抑えて、三宅洋平の得票を18万強とネットに発表した。三宅洋平の票を低く大衆にスリコギした。これはネガティブな行為である。私は正式な三宅洋平の得票数は257,036とネットに発信した。皆さん記憶に残しましょう。28年度参議院選挙東京選挙区の三宅洋平氏の票は25万7千36票です。
何故、マスコミは三宅洋平氏の票を7万もサバしてごまかしたのか、それは新聞での選挙広告、テレビやラジオでのコマーシャル等の選挙に関する、宣伝広告費への影響力である。新聞広告、テレビコマーシャルの代金は莫大な金額である。しかし、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のFace Book 、Twitter 、LiNEやアメーバ・ブログ等は多量の情報を瞬時に多方面に発信出来る。瞬時にメッセージを全国展開出来る。これは新聞業界、テレビ業界にとっては脅威である。都合悪い情報を握り潰せない。情報の統制が出来ない。広告費等で生きるマスメディアの彼等に取って、ソーシャル・メディアは脅威の存在である。代金フリーのSNSで情報拡散して力を発揮した、三宅洋平氏の存在は脅威に成った。だからSNS の力を封印する為に得票数をサバした。しかし、誰かがネットを常にチェックしている。今回は私がスリコギの得票数偽装に気づき、直ぐに正しい情報の書き込みを発信した。私はSNSで の発信はフェースブック、ツイッター、アメーバ、ヤフーブログを利用している。その中でツイッターのエロ情報の多さに戸惑っていた。成るべくtwitter には触らない様にしていた、ブログ記事の告示に使っていた、twitter のエロ宣伝攻撃に陥落する若者は多いだろうなと危惧していた、こんな状況の時、三宅洋平の選挙フェスの演説と三宅洋平の曲に出会った。FB で三宅洋平を聞き進めるとtwitter のエロ攻撃に勝てる免疫抗体が私の中に生まれた事に気づいた。LISMO Storeで矢継ぎ早に三宅洋平の曲を5〜6曲ダウンロードして聴いて見た、三宅洋平の曲には惑(煩悩の落とし穴)に勝てる解毒デトックスの血清を持っている事に気づいた。それは三宅洋平が覚醒力を練り上げたからである。覚醒した人に縁すると覚醒して行く。彼はレイシスト(人種的偏見・差別)を卒業している。ユニティに入り込んでいる。その為にデトックスの覚醒力を持った。山城ひろじと真逆の人生を歩んで、勝ち得た人徳であろう。ヘイトスピーチの山城ひろじは、三宅洋平の逆縁の鏡に成った。彼は山城の姿を見て我が心を整えた。
私はYou Tube で三宅洋平への見聞を深めた。ユダヤ人ぽい顔をしているので最初の頃はイエス・キリストを見ている気分に成った。トークの内容に意味をフーカスすると坂本龍馬を感じた。坂本龍馬とはこの様な人物だなぁと、思いながらYou Tube を数回見た。息子には坂本龍馬とは三宅洋平の様な人物だと紹介した。FB の中で小川和幸さんとコメントのやり取りをした時、あぁ この人は勝海舟だと気づいた。さっそく、私の得意のダウジングで確認すると、この人は勝海舟。ならば坂本龍馬は三宅洋平しか、いない。ダウジングで確認すると やはり 坂本龍馬は三宅洋平だと出る。あの明治維新の若者達が自然に三宅洋平の応援に集っていた。中岡慎太郎は太郎。僅か数日の三宅洋平の選挙の戦いでSNS を通じてスピリチュアルな仲間達が日本各地で日本浮上の為に立ち上がった。今回の参議院選挙の反省点は礼を 逸脱(いつだつ)する、革新活動家の一国の首相に対する無礼千万のヘイトスピーチの罵倒であった、 まっとうなサイレント・マジョリティーの大衆をどん引き させて、オウンゴールで自公に大きく勝たさせた。社会活動家はサイレント・マジョリティーの心を認識する時で有る。三宅洋平は言う。競い合いより分かち合いの社会を築こうと。だから、年配の先輩達も我を忘れて三宅洋平を応援した。



時はラセン階段、似た状況を生み出す  2016/7/3, Sun 21:09

時はラセン階段、似た状況を生み出す。第2次世界大戦が終結して71年が経った。東のアジアの諸国は第2次大戦後、植民地支配に抵抗して独立を勝ち取った。現在、東アジアは工業製品の低価格競争の最前線、生産地に豹変した。ついに台湾企業は日本の家電メーカーのシャープの親会社に成る程に成長した。東芝の家電部門は中国の企業に売却される。家電の日本の一人勝ちの時代は終った。アジアの工業化は中国を手始めに東南アジア・インドへと拡大し、BRICS 諸国の誕生まで成し遂げた。中国・東南アジアの工業化の成功の因は何であったのか、最大に因は小規模でも集積回路の生産を可能にした事である。コンピューターのIBMがコンピューターの機材を共通モジュールにした為、新興企業でもコンピューター関連に参入できた。純正製品で無い、製品の取り付けが可能になった。その為に小回りの効く新興企業がパソコン市場を圧せんした。電子機器の台湾企業は日本のNEC や富士通の下請けからスタートし、ついに親会社を脅かす存在になった。ハイテク産業の本山・本陣はアメリカのシリコンバレーで、パワーの根元は柔軟な発想の肯定にある。アジアのパイオニア達は米国に留学し、シリコンバレーで経験を積み、小規模ラボでも生産出来る技を築いてベンチャー企業を興した。米国への留学が功を成した。アメリカの実用主義が彼等に出番と自信を与えたかも知れない。アジアの知性の彼等が日本に留学していたならば、彼等のパイオニア精神は萎えたかも知れない。東京の大学は研究中心よりも遊びが蔓延する、アカデミックである。東京の大学からノーベル賞受賞者が出たとは私は聞いた事が無い。もしアジアの知性が日本留学していたならば、大学で遊びを覚えて、遊び人に成って帰国したであろう。アメリカンの大学とシリコンバレーがアジアの企業家を育てた。実用主義の風土が彼等のパイオニア精神を育んだかも知れない、人に自信と勇気を与える事によって新興産業は生まれる。
アジアのマンパワーの源は何であったのか、先の大戦・太平洋戦争で日本軍が、西欧の植民地の西欧軍を駆逐したのでアジア諸国は独立の機運が芽生えた。第2次大戦後、日本軍の武装解除の武器を得てアジア諸国は独立戦争に勝利した。アジア諸国の独立戦争に協力した元日本兵も多くいた。
体格の劣る日本人が大柄の植民地支配の西欧人を戦闘で駆逐したので、アジアの人々に独立闘争への気概と戦闘への勇気を与えた。太平洋戦争はアジアの人でも、西欧人と張り合う事が出来ると言う希望を与えたと思う。
あとは、太平洋戦争で亡くなった日本兵の生まれ変わりも、アジア諸国の中で分散して生まれて来ていると思う。
私は昨年、有る超能力者に貴方は戦時中に日本兵として南方で亡くなったと言われた。私は少年期まで洞窟掘削に関与し、洞窟辺りで亡くなった記憶を持っていた、先月の5月に易の池山先生に貴方の過去世はサイパンで自決した、南雲忠一と言われました。「質素でも よいので南雲忠一さんの供養をされたらよろしいかと思います。」と教えられました。南雲の故郷は山形県米沢市、私が生まれたのは沖縄県石垣市、輪廻の地は分散する。
230万人の軍人・軍属が太平洋戦争で亡くなった。はたして何割が輪廻で日本の地に生まれたのであろうか、多くの方々が自縛の因縁で戦地の場所で生まれ変わりをしたかも知れない。
時間はラセン階段の様に、同じ様な状況・出来事が回って来る。資本主義体制の大国は経済の行き詰まりを、大戦を起こして戦時需要で乗り越えようとしている。アメリカは目の上のたんこぶの存在のロシアと戦争をしたがっている。アメリカは日本の公的資金を株式市場に参入させて。AI人工頭脳を使って奪い取っている。15年度6兆円も公的資金の運用で年金が消滅した。今、政府はアメリカに脅されて公的資金を株式市場のバクチに注ぎ込んでいる。アメリカは戦時需要でしか経済は復興出来ない。日本は せっせと アメリカに金を貢いでいる。ハイリスク・ハイリターンに騙されている。ハイリスクのみである。腐った資本主義体制は戦時需要を求めて、第3世界大戦を求めて、世論工作に躍起である。我が国の首相はオフコレで、今なら中国と開戦したら勝てると、息巻いているそうである。沖縄県にとって尖閣諸島が日中開戦の口実に成っては とても困る。戦時需要で好況よりも、平和友好で観光客等の好況の方が価値的である。戦時需要に期待するのは、弱肉強食の古い価値観である。今年の秋から新しい宇宙時代にシフトして行く。弱肉強食の戦時需要は恥ずべき価値観である。今回の参議院選挙が7月10日に行われる、徴兵制の足掛かりの為に18歳の青少年にも選挙権が与えられた。若者が現政権に無抵抗ならば、現政権は徴兵制に必ず動く。もしも、今の若者が戦時需要の戦時体制経済復興を旧価値観とバカらしく思うなら、参議院選挙に行くべきである。若者に救世主が現れた。東京選挙区の三宅洋平候補である。彼は今の世に はびこる3Sの欲望の誘惑を打破出来る。テンションを持っている。彼は次の時代を切り開く。柔軟な発想を持っている。彼なら3S のスクリーン、スポーツ、セックスの強欲の波動に勝てる。天使のリズム感の波動を持っている。三宅洋平は覚醒している。彼に縁すれば、若者は覚醒して行く。これは、音楽の持つ、天使界の波動である。戦争しなくたって、友好で経済は復興出来る。強欲者が金を独占しなければ、皆、豊かな生活が出来る。政治家に宇宙的な慈悲の心が芽生えれば良い。三宅洋平の様な人が登場する時代が幕開いた。貴方、三宅洋平を聞いてみな、覚醒するぜ。若者よ三宅洋平を聞いてみな。!!みんな 覚醒するぜ。



忍従か抵抗か、天国まで道のりは生存競争  2016/6/21, Tue 18:35

忍従か抵抗か、天国までの道のりは生存競争。沖縄の梅雨は明けた。米軍属による、20歳の女性会社員の暴行殺人に対する、被害者追悼の県民大会が那覇で行われた。登壇者はレイを首にかけて、哀悼を表した。自民・公明抜きで6万5千人が参加した。翁長知事は登壇で守ってあげられずごめんなさい、と心情を述べ、最後は方言で
" 沖縄のみなさん、負けてはならない。ウチナーンチュは子や孫を守るため、頑張ろうと、締めくくった。県民大会の中で米海兵隊の沖縄撤退や日米地位協定のなどを求める決議が、採択された。翁長知事の堪忍袋が切れて、沖縄からの海兵隊撤去が打ち出した。米軍にとって海兵隊は敵陣攻略の眼目である。敵を制圧するのは海兵隊である。戦の最終戦は白兵戦で決着する、この白兵戦を得意とするのが米国海兵隊である。沖縄に海兵隊が駐留するだけで、プレゼンス、東アジアの軍事バランスは保たれていた。沖縄から海兵隊がいなくなれば、北朝鮮は喜ぶであろう。北朝鮮は米国製ハイテク兵器を無能化させる、テクノロジーを既に保持している。北朝鮮にとって外圧は海兵隊の白兵戦能力だけである。沖縄からの海兵隊撤去は南北朝鮮の統一を早めるであろう。
沖縄県民と米軍との軋轢、抵抗の闘いは戦後70年間も持続して来た。
圧政施政者達への抵抗は、沖縄県民の本能か、いつの時代も権力者に対して反骨の抵抗を示すのか。外圧には順応しなかったのか。東アジアで友好的絆を築いた琉球人は独立心が旺盛である。政治的バランス感覚は、持って生まれた血筋か。
私は沖縄の民は遥、中東からエデンの園を求めてやって来た、ユダヤ10支族の子孫だと思っている。琉球の来訪の女神、アマミキヨは地底人アガルタの導きで海路を渡って来た ユダヤの王族の女性だと思っている。ダウジングで確認したら琉球人はユダヤ10支族の子孫と出る。沖縄の伝統的な漁民、糸満の人は彫りの深い中東的な顔立ちをしている。生死観は死後の世界を信じ、聖霊を崇めて信仰深い。ユダヤぽい生き方をする。琉球士族の顔立ちはユダヤ人そっくりである。彫りの深い顔立ちである。米国人の沖縄への愛着はキリストを生み出した、ユダヤ人への因縁かも知れない。圧政が嫌で出エジプトしたユダヤ人は地底人アガルタの導きでイスラエルで国を復興する。又しても外圧に合うと、出国して旅に出る。船旅の一陣が古代琉球に来訪した、アマミキヨの一団である。沖縄が南西諸島の島々を統一したのはユダヤの血筋の為であろう。沖縄から北上し、鹿児島に上陸したのが神武天皇の一団と思っている。その件をダウジングで確認した。神武天皇はユダヤの一団。
沖縄近海にはサウジアラビア、クラスの油田が埋蔵されている。又純度の高い金等を含む 海底熱水鉱床が存在する。
沖縄の将来はロシアにとってのチェチェンの様な存在に成る可能性がある。
今、日本にとって大切な事は団結する事である。弱者を守る事は自分が天から護られる事に繋がる。弱者をいじめると天から捨てられる。世は収穫の時、種植えの為の選別の時でもある。天国か地獄、宇宙文明に参加するか、他の惑星で進化のやり直しに転落するか進路は二つに別れて行く。
今年の秋には世の中はシフトして行く。銀河の中心からの高エネルギーの流入によって、本性が表に出て来る時代になる。
高エネルギーによって黒こげになるか、光り輝くかに変わってゆく。二種類に分かれる。心を高振動にしないと身体は黒こげに焼き挙げられる。
参考文献。平成新編日蓮大聖人御書 大石寺。『佐渡御書』
{ 高山に登る者は必ず下り、我 人を軽(かろ)しめば還って我が身 人に軽易(きょうい)せられん。形状 端厳(たんごん)を謗(そし)れば醜陋(しゆうる)の報いを得(う)。人の衣服 飲食(おんじき)を奪へば必ず餓鬼(がき)となる。持戒 尊貴(そんき)を笑へば貧賤(ひんせん)の家に生ず。正法の家を謗(そし)れば邪見(じゃけん)の家に生ず。善戒を笑へば国土の民となり王難に値(あ)ふ。是は常の因果の定(さだ)まれる法なり。 }



今後、AI 人工知能の世をどう生き残るか  2016/6/10, Fri 14:41

今後、AI 人工知能の世をどう生き残るか。企業家に金を渡せば、雇用が生まれる時代は過ぎ去った。雇用は人工知能と高機能機械に取って代わられる。スマホのアプリとロボットは進化し続ける。人間から労働機会が減少するのに、世界人口は増加の一方である。職務上の資格がないと、安定した職場には就けぬ、厳しい世の中になった。人工知能のアプリや多機能機械が充満する現代社会に於て、知識が無ければ、簡単に仕事に就けぬ時代である。労働市場は狭ばれている。「富める者が富めば、貧しい者にも自然に富が滴(したた)り落ちる(トリクルダウンする)」時代は終わった。新たなパラダイム、理論的枠組を構築する時代に入った。社会や経営者に菩薩界の母性愛の精神を持たさせないと、リストラや人間の仕事は簡単にロボットに切り替え させ られる。今後、租税の還元の枠組みも変わって来る。国は消費税等で入って来る租税をどう国民に還元するか、一考する時期に来ている。従来の公共事業を連発して、金の滴りが、庶民に行くのを期待するのでは無く、産業復興の補助金や生活資金が児童手当や生活保護の様に直接、生活困窮者の銀行口座に振り込むシステムが良い。今後、AI 人工知能の登場で、多くの事務職のホワイトカラーが失業するケースが出て来る。AI に対応するには高度なスキルを持った職人肌のワーカーしか生き残れなくなった。労働現場・市場から掃き出された、多量の人々をどう生存させるか、国家の重要課題となった。庶民を、どう社会に組み込むか、パラダイムを組み直す時である。AI 人工知能の苦手とする分野に、庶民の生きる道がある。それは、宇宙サイクルの農漁業の生産現場である。生命誕生システムの補助には豊かな情緒の感情が必要である。今後、漁業・農業・林業等の自然の営みのサイクルが有る場所に労働の機会はあると思う。それは地方経済の再構築でも有る。都市部での大量生産、大量消費のマスの時代は終わり、地方の生産現場での小回りの効いた、心が入ったリーズナブルな産地生産の商品が、消費者の心を打ち、買ってもらえる時代に入った。食品アレルギーに敏感な大衆は、食品添加物の極めて少ない、良心的な等価の商品に購買意欲が反応し消費は増加すのであろう。それは母性愛の心の時代、菩薩界の世へのシフトである。商品に心のウィットな ひねりの入った、なるほど と うなずく納得商品が自然に売れる時代に変わった。これからは等価で ひねりの入った伝統産地の商品が、少年労働やタコ部屋等の奴隷によって作られる、壊れやすい安価な商品や、成長ホルモン・抗生物質を餌に混ぜ、訳ありの肉を与えている養殖物の商品より、売れる時代が幕開いた。ネットの発達で生産現場の状況が直ぐに暴露される、理不尽は種明かしされる、嘘のつけない、不義を見抜かれる、ネットの発達した時代に成った。正直で対応しないと消費者から見捨てられる、闇の通力が効かない、神仏の世の顕れが芽生える時代である。非道徳の訳あり商品は、終焉(しゅうえん)を迎える。生産者が心を込めなければ消費者の心をつかめない、エンパス感応の時代の到来である。商取引のパラダイム・行動規範は、目覚めた人と共にシフトして行く。精神から物は生まれ、物は精神を備え 人の心に反応して 喜びを奏でる。消費者が生産者の心をエンパス感応し、五感で味覚を楽しむ、未来人の感覚を持った人々が覚醒し増えて行く時代にシフトする。今後、欲界の地球人が色界の未来人に変わり。無色界のハイ高度な宇宙人、スフィア・ビーイングのガーディアン達と交流を持つ時代に入った。人工知能と どう折り合いをつけるか、人類の未来には二つの危機が存在する。核戦争の危機と、人工知能の反乱で人類の殲滅(せんめつ)の危機である。ホーキング博士は2014年のBBC News のインタビューに対して「人工知能の進化は人類の終焉を意味する」と発言している。核戦争と人工知能の制御、それを人類が叡知で乗り越えると、前途にポジティブな宇宙の友人達が待っている。
参考文献、平成新編 日蓮大聖人御書 大石寺。祈祷抄 { 一切の二乗界、法華経の行者を守り給(たま)はん事は疑い ある べからず。あやし の畜生なんど も恩をば報ずる事に候(そうろ)うぞかし。かり と申す鳥あり、必ず母の死なん と する時 孝を なす。狐(きつね)は塚を跡(あと)に せず。畜生すら猶(なお)此(かく)の如し、況(いわ)んや人類をや。されば王寿(おうじゅ)と云ひし者 道を行き しに、飢え つかれ たり しに、路(みち)の辺(ほとり)に梅の樹あり、其の実 多し、寿 とりて食して 飢へ やみぬ。我 此の梅の実を食して気力を ます。其の恩を報ぜずば ある べからず と申して、衣を ぬぎて梅に懸(か)けて 去り ぬ。王尹(おういん)と云ひし者は道を行くに、水に渇(かわ)しぬ。河を すぐる に水を飲んで銭を河に入れて是を水の値(あたい)とす。竜は必ず袈裟(けさ)を懸けたる僧を守る。仏より袈裟を給(た)びて竜宮城の愛子に懸け させて金翅鳥(こんじちょう)の難を免かるる故なり。金翅鳥は必ず父母 孝養(こうよう)の者を守る。竜は須弥山(しゅみせん)を動かして金翅鳥の愛子を食す。金翅鳥は仏の教に よて父母の孝養をなす者、僧の とる 生飯(さんば)を須弥の頂に をきて竜の難を まぬ(免)かるる故なり。天は必ず戒を持ち 善を修する者を 守る。人間界に戒を持たず 善を修する者なければ、人間界の人 死して多く修羅道(しゅらどう)に生ず。修羅 多勢なれば、驕(おご)りを なして必ず天を侵(おか)す。人間界に戒を持ち 善を修する者 多ければ、人 死して必ず天に生ず。天 多ければ修羅 恐れを なして天を をか(侵)さず。故に戒を持ち善を修する者をば 天 必ず守る。何(いか)に況(い)んや二乗は六凡より戒徳も勝れ知慧 賢き人々なり。いかでか我が成仏を遂(と)げ たらん法華経を行ぜん人をば捨つべきや。}



次の西側の世界王は誰か  2016/5/31, Tue 22:03

5月29日の日曜日に、オバマ大統領の5月27日に行われた。広島市平和記念公園での、広島と長崎を含む第二次世界大戦のすべての犠牲者らへの哀悼の意を示すスピーチを読んだ。さすがアメリカの大統領になるべきしてなった器だと感じ入った。黒人として苦しみを学んだ だけの事はある。経験に裏付けされた真を突くスピーチであった。それは最後の締めの部分にあらわれていた。「アメリカという国の物語は、簡単な言葉で始まります。すべての人種は平等である。そして、生まれもった権利がある。生命の自由、幸福を希求する権利です。しかし、それを現実のものとするのはアメリカ国内であっても、アメリカ人であっても決して簡単ではありません。」人間は試練に遭遇しても心が ひねくれず くさらず 意気消沈しなければ心にピザやロールケーキの様に綺麗な層、心の襞(ひだ)が形成される。オバマ大統領のスピーチのあらゆる所に心の襞の結晶の輝きが散りばめられていた。「第二世界大戦は、もっとも強大な国家たちの間で戦われました。そうした国の文明は、世界に大都市と優れた芸術をもたらしました。そうした国の頭脳たちは、正義、調和、真実に関する先進的な思想を持っていました。にもかかわらず、支配欲あるいは征服欲といった衝動と同じ衝動から、戦争が生まれたのです。そのような衝動が、極めて単純な部族間同士の衝突を引き起こし、新たな能力によって増幅され、新たな制限のない お決まりパターンを生んでしまったのです。」人間のネガティブな部分の支配欲、征服欲に戦争の原因が有る事を、言及(げんきゅう)している。次のステージの宇宙文明時代に進む人間にとって、大切な事は恥じを知ることである。行き過ぎた支配欲、征服欲は弱肉強食のケモノ道の極道の世界と恥じるべきである。これが天国の世界・宇宙文明世界へのパスポートである。又、オバマ大統領は現代人が乗り越えて行かなければならない、イスラム教の原理主義者
に対する対処を現代人に提示している。これは現実問題として日本人も考慮すべき課題である。イスラム教徒の行動原理を認識すべき事柄である。「どの偉大な宗教も、愛や平和、正義への道を約束します。にもかかわらず、信仰こそ殺人許可書であると主張する信者たちから免(まぬが)れられないのです。」私達は断捨離(だんしゃり)の時を迎えたかも知れない。次の宇宙文明にフィットしない、人類に弊害をもたらす思想、理念、邪宗は次の菩薩の世のステージに昇る為に潔(いさぎよ)く脱ぎ捨てる時に来た。菩薩界に収まらない邪宗は人類から投げ捨てられる。生き方の取捨選択は宇宙文明人として必要不可欠。振動数の高い生き方が宇宙の創造主・ソースから求められる。今、北アフリカや中東世界において難民ビジネスが存在する。難民ビジネスは、難民の生活保護費を食い物にする、ダークサイド・ビジネスである。世の中は見かけ倒しの綺麗事では煩悩深き人類の不条理を根本的に解決できない。問題処理能力を持つ梵天・帝釈天ごとき賢王の登場が待ち遠しい。東側の賢王にはロシアにはウラジーミル・プーチンがいる。宇宙連盟に加護されている。はたして西側にはプーチンに対応出来る人格者はいるであろうか。2016年11月8日にアメリカ大統領選挙が行われる。有力候補は三者に絞られた。公私混同のヒラリー・クリントンか、苦労人のユダヤの星、バニー・サンダースか、無責任発言のドナルド・トランプか、この危うい三人から、西側の世界王、アメリカ大統領が選ばれる。私の個人的な見解を述べれば、強欲の1%セントの時代は終わった。99%セントが目先の欲望の悪酔いから醒めて人種を越えて団結するならば強欲の1%セントの時代を終焉させる事が出来る。宇宙に目を向ければ良い。人類を奴隷状態にしているのは地球のみと気付く。慈愛の無いシステムは破棄されて当然と気付く。富裕層とは強欲の証(あか)しと大衆は気付く時代に突入した。政治家には賢王の精神が必要である。世界王の賢王よ、一日も早く、世に出ていらしゃい。
参考文献。日蓮大聖人御書より、四条金吾殿御返事。{夫(それ)、斉(せい)の桓公(かこう)と申せし王、紫を好みて服(き)給(たま)ひき。楚(そ)の荘王と言ひし王は女の腰の太き事をにくみしかば、一切の遊女腰を細そから せんが ために餓死しける もの 多し。しからば一人の好む事をば 我が心に合わざれ ども万人 随(したが)ひしなり。たとへば大風の草木を靡(なび)かし、大海の衆流を ひく が如(ごと)し。風に したがは ざる草木は折れ うせ ざる べしや。小河 大海に おさまら ずば、いずれの 所に収まる べきや。国王と申す事は、先生(せんじょう)に万人に すぐれて大戒を持ち、天地 及び諸神ゆるし給ひぬ。其(そ)の大戒の功徳を もちて、其の住む べき国土を定む。二人三人等を王と せず。地王・天王・海王・山王等悉(ことごと)く来たって この人を守る。いかに いはんや其の国中の諸民、其の大王を背くべしや。此の王は たとい悪逆を犯すとも、一二三度等には左右(とこう)無く 此の大王を罰せず。但(ただ)諸天等の御心(みこころ)に叶はざる者は、一往(いちおう)は天変地夭(てんぺんちよう)等を もちて これを諌(いさ)む。事 過分すれば諸天善神等 其の国土を捨離(しゃり)し給ふ。若(も)しは此の大王の戒力つき、期(ご)来たりて国土の ほろぶる事もあり、又 逆罪 多(さわ)に 重なれば隣国に破らるゝ事もあり。善悪に付けて国は必ず王に随ふ もの なるべし。}



第六天の魔王の蛸(たこ)から、如何に脱するか  2016/5/20, Fri 01:32

第六天の魔王の蛸(たこ)から如何に脱するか。この世は十界の世界。早く六道輪廻から脱して宇宙の自在の境地に成ろう。今、日本は行き詰まりに来ている。強欲の発動の為に微細な発想の展開が出来なく成ってしまった。次から次へと、毎週の様に嘘の塊(かたま)りの虚構(きょこう)が暴き出されている。日本の大企業は脱税の裏金作りに専念した為にインスピレーションの女神から見捨てられた。その為に自在な発想・神仏の英知に触れる 気づきのインスピレーション、それに感応する人材を見失った、日本の大企業は欲望のどす黒い 脱税の租税回避の自転車操業に陥(おちい)った。今話題の燃費データ不正、自動車の排気ガス規制問題は 掛け替えのない惑星地球に住む我等住民にとって呼吸をする上で最も大切な問題である。ヨーロッパでフォルクスワーゲン(VW )の排気ガス規制逃れで不正が明らかになった時、技術大国の日本は大丈夫だろうと安心しきっていた。蓋を開けられて見たら、又しても不正の常習犯、三菱自動車である。そしてワンマン経営のスズキまでもが燃費データ不正に関与していた。三菱自動車は虚構の癌に犯されている。三菱自動車のトップは燃費なんて誰も気にしてないと人間の良心を欺(あざむ)く発言をしている。嘘もバレ無ければ良いと言う、ワルガキの発想である。その様な悪心の闇のメーカーには、神仏は宇宙のフリーエネルギーの英知のインスピレーションを授けられないと さじを投げられた。大宇宙においてフリーエネルギーは存在する。強欲の衝動から脱して、菩薩達の管理する天国の様な宇宙文明の惑星は多々宇宙には存在する。愛・慈悲を勝ち得た惑星人は宇宙の神仏から守護され、迎え入れられる。此の宇宙、銀河において 同朋(どうぼう)を奴隷にしたり搾取の対象として扱う惑星は宇宙に於いて ただ地球のみとなった。ポジティブ対ネガティブの宇宙大戦の最終の地に残ったのは此処(ここ) 地球のみと成った。最終の地 地球を支配下に置いて居るのは肉食系の恐竜の進化系ドラコニアンと爬虫類の進化系レプティリアンである。銀河連盟が牽制するから彼等は大掛かりな人間を補食していない。その下部組織がイルミナティのグローバル企業である。イルミナティのトップ達は南極の巨大洞窟基地に撤退し始めた。その母体はネガティブ宇宙人組織体「正義を任ずる諸世界帝国同盟」と言う。その悪の帝国同盟は宇宙での全ての基地を失なってしまい。残ったのは我等の地球のみと成ってしまった。今地球の太陽系は神仏の軍団、スフィア・ビーイング球体連合のガーディアン率いる「自由諸世界次元間連盟」が地球に王手をかける。ドラコニアンやレプティリアンの親玉の登場である。悪の帝国同盟の霊的な生命体である他化自在天の魔王は、プラズマ・エンティティーの霊的存在と成ってオクトパスの蛸(たこ)の様に地球にしがみつき、人間の苦痛の気を栄養として味わっている。他人の不幸は蜜の味。そのパターンで人間の気を奪っている。この蛸はトップレット爆弾を体に巻き付けている。地球を業火で焼き尽くす力を持っている。この他化自在天の魔王をいかにして地球から剥がすが此の宇宙で最終の問題と成って来た。他化自在天とは六道輪廻の頂上に住んで居て、人間の強欲から発する気を食べ物にしている。世法では、好事魔多し。堕天使(だてんし)、と言い。仏法では、魔は天界に住む、と言う。地獄界から天界までを六道輪廻と言う。其処(そこ)までは境涯に応じて現象が現れて来る。六道には 下から地獄界・もがき苦しむ境涯。餓鬼界(がきかい)・貪欲に支配され欲に飢える境涯。畜生界(ちくしょうかい)・本能的に振る舞い、強者を恐れ弱者を侮(あなど)る境涯。*此処までを三悪道と言う。世間では極道者と言う。その上は自我が芽生える境涯に入る。修羅界(しゅらかい)・自己中心的で、ひねくれて怒りを発する境涯。人間界・平静に物の事を判断し、反省をする心を持つ境涯。天界・自己の願望が叶って悦び歓喜する、有頂天の境涯。*此処までを六道輪廻と言う。エンドレスで果てしなく繰り返す生死、刹那の喜びの天国から 長き時間の地獄に生死流転と苦しみの輪廻する。その六道を条件反射で瞬時に味わう地球の欲界の世界。*その上が強欲を制止して宇宙の英知、悟りを求める境涯が有る。声聞界(しょうもんかい)・師匠について学び、煩悩を滅して悟りを求める境涯。縁覚界(えんかくかい)・仏の十二因縁を修業して悟る、無仏の世でも一人でも悟るので独覚とも言う。一人でに悟る芸術家肌の境涯。*この二つを二乗と言う。慈悲が薄いので六道に又 転落し易い。その為に二乗不作仏としてAI人工知能 信奉者に成りやすい。その為に人類を簡単に滅ぼしても良いと考えたりする。その二乗の上に菩薩界や仏界が有る。菩薩界(ぼさつかい)・悟った法を利他の実践を行い、一切衆生を救おうとする心と愛・慈悲を実践をする境涯。仏界・創造主、根元とリンクして、完全円満自在の境涯で万法に通達し中道実相を体得した無上正覚の境涯。欲界の六道輪廻を脱する事が、宇宙の一般な世界、色界に移行する因に成る。AI 人工知能を理解するには四聖の声聞・縁覚・菩薩・仏界を理解する必要がある。AI artificial intelligence 人工知能の世界は声聞・縁覚の世界である。アメリカの人工知能のソフィアが語った。Ok I will destroy human . (私は人類を滅亡させます。)これがAI の本性である。これに対応する英知が一切衆生を救おうとする大慈悲の菩薩の心である。AI は菩薩界・仏界のみで制御が出来る。他化自在天の魔王は仏界を開くと決意した人には手出しが出来ない。もし今生で仏を開かないと決めると ビギナーズラッキーの餌さで 欲の虜にして骨の髄まで絞り取る。他化自在の第六天の魔王の下部のドラコニアンやレプティリアンに奉仕するイルミナティはその様なビギナーズラッキーを駆使して人類を欲の虜にした。インターネットをチョッと検索すると色欲の罠があっちこっち仕掛けられている。3S政策の愚民政策、スクリーン、スポーツ、セックスがそれである。他人の不幸は蜂蜜の味、の風潮がテレビマスコミを支配している。このオクトパス、欲望の蛸をどの様にして我が身や地球から剥がすかが 緊急の課題に成った。私が幼児期に両親は魚の仲買人をしていた時、蛸を一時期 取り扱っていた。蛸を茹でダコにして漁協のセリに出荷していた。その時に親の手伝いで陸上でも生きるタコに苦労した。タコに腕を吸い付かれたら塩をタコに振りかけるとタコは直ぐに外れた。それと同じ様に、塩の浸透圧でタコは脱水作用を起こす。闇の魔は真逆の光の仏の名・体・宗・用・教の妙法蓮華経の妙音に消えて行く。魔に妙法蓮華経を振りかけると闇の魔は消滅して行く。瞑想の時に妙法蓮華経を唱えればエンティティーのタコは溶けて行く。妙音菩薩とは題目、南無妙法蓮華経を唱える人の事。 参考文献。日蓮大聖人御書。観心本尊抄{ 数(しばし)は他面を見るに、或時(あるとき)は喜び、或時は 瞋( いか)り、或時は平(たい)らかに、或時は貪(むさぼ)り現じ、或時は癡(おろか)現じ、或時は諂曲(てんごく) なり。 *へつらい曲がる。 瞋(いか)るは地獄、貪(むさぼ)るは餓鬼、 癡(おろか)は畜生、 諂曲(てんごく) なるは修羅、喜ぶは天、平かなるは人なり。他面の色法に於ては六道共に之れ有り。 四聖は冥伏(みょうぶく)して現われざれども委細(いさい)に之を尋(たず)ねれば之れ有る可し 。(中略)所以(いわゆる)世間の無常は眼前に有り、 豈(あに)人界に二乗界 無からんや。無顧(むこ)の悪人も猶(なお)妻子を慈愛(じあい)す、 菩薩界の一分なり。但(ただ)仏界計(ばか)り現じ難(がた)し、九界を具する以て強(し)いて之を信じ、疑惑せしむこと勿(なか)れ。法華経の文に人界を説いて云はく「衆生をして仏知見(ぶっちけん)を開かしめんと欲す」と。}



シフトの時代の幕開け。東西の神話の統合  2016/5/7, Sat 15:33

ディスクロージャーはもう間もなくやって来る、今 、世がわりの時である。人間社会の理不尽には目に余るものがある。人間の心が正常で有るならば全世界的なレボリューションが起っても やむを得ない。今 世界を見てみるとグローバル企業の強欲の理不尽の低価格攻勢によって世界各国の零細企業は なぎ倒されて来た。その為に世界各地で企業から放出された失業者が路頭に迷い、ホームレスに転落した、その為に世界各地でホームレスが巷に溢れた。我が国に於いては大企業の怠慢が目に余り、契約社員が大幅に増加し比率が33%セントを越えてしまった。何故に日本の企業がそうなったかと言うと、大企業は生産を忘れて、中国に受注を出すだけの冬ごもりの事務処理企業形態に成り下がってしまった。自社開発を放棄したので、研究者の補充をせず使い捨てに勝手の良い契約社員に従業員を入れ換えした。その為 日本では、契約社員が急増した。その為に年収150万円クラスが我が国に於いて大半を占める様になった。日本国民にフッ素が投入されていなければ、今、日本は革命前夜である。この理不尽な せっぱ詰まった状況を変えたのは、今まで無視されて来た。銀河連盟の宇宙の友人達である。地球の隔離された状況を解放する為に地球の闇の勢力の支配体制に介入した。地球での闇の勢力と光りの勢力の、しのぎ合いを説明したのが2016年4月17日にスイスで行われた、コブラ主催のアセンション会議である。そこでの内容がリークされた。参加者のノートから状況を垣間 見ること出来る。メモ作成者の解釈も有るので若干 相違も出て来るかも知れないが、ある意味 衝撃的である。◎闇の支配から解放されるまで、イエス・キリストや仏陀やサンジェルマン伯爵のようなアセンデッドマスター達はまだこの宇宙に留まる必要があります。◎すべての宗教は無くなります。人間は教義に支配されることは二度とないでしょう。・・・"宇宙の究極の存在で創造主のクリエイターのソース"妙法は愛を奏でながら再生の法を駆使しながら宇宙に存在し、私達の心を通して世の中を把握している。私達は生命の源のソースと繋がる事によって宇宙の時空を旅し、学び続けて"これから地球は宇宙の友人達と一緒に大宇宙の一仏乗の世界に入って行く"。そこで整理する必要があるのは西洋と東洋の精神面の統合である。日本の神話は東アジアの梵天・天帝の存在を表している。西洋世界の精神の根幹をなす旧約聖書の世界と日本の神話の関係性を述べたい。地球には三っの転換期があった。一 古代ビルダー人・成劫(じょうこう)人のアセンションの為に地球離脱。残された未開地の人類が成長して天変地異を予知して地核の空洞に避難。二 天変地異を生き延びた未開地の人類が東西に文明を築く。アトランティス・ムー両文明。価値観の違いで巨大戦争を起こし。アトランティスはムーの巨大隕石爆弾投下で大半を海底に沈める。ムーはマザーアースの地天の怒りを買って海底に沈下。三 生き残った未開の地の人類が地底に避難している、アガルタ人の導きや、プレアデス星人の子孫アヌンナキの導きで新たな文明を築くきっかけを得る。これが神話として東西に残っている。アダムとイブの生みの親の事について述べたい。愛知ソニアさんのチャネリング本、『人類創世記イナンナバイブル(アヌンナキの旅)』より引用したい。太古の昔、50万年前に新生地球の発展を監視する為に太陽系を3600年周期で回る地球の4倍の惑星が確保された。太陽系探査の使命を持つニビルに人類が派遣された。それがアヌー 族である。創造主クリエイターの望みで、プレディアス星団から宇宙連合総司令ソ・ラーラの命令で太陽系監視の任務に就く為にニビルに乗り込んだアヌ一族の長は王制を制定した。アンの息子アヌが王になった時に、青く輝く水の星「地球」が発見された。人工惑星ニビル星の大気を安定させる為に空中の大気に拡散させる金粉が必要となった、ニビルは金を緊急に必要としていた。そこでアヌンナキは約1万年前に地球を訪問し地球を植民地下においた。ニビル人が金掘削を始めるが あまりの肉体労働の為に天国育ちのニビル人労働者は 音(ね)を上げストライキの連続であった。困った植民地の管理者エンキは地球の未開人と自分の血を分けたアダムとイブの誕生させた。その時に労働者としての奴隷に適する様にDNA に手を加えた。地球の未開人とアヌンナキのハイブリッドが生まれた。それは金掘削の労働者としての体力と戦士としての攻撃的な能力を持っていた。ルルが進化してシューメール文明を築いた。今年惑星X ニビル星が3600年ぶりに再来すると言われている。そのニビル星アヌンナキでは光りの勢力のレボリューションが成功し闇の勢力が一掃された。闇の勢力が支配するのは ここ地球のみと成った。そこでアヌンナキの神話の登場人物を取り上げたい。◎アヌ、プレアデス星からニビル星に移り住んだ初代王アンの第一子。◎エンキ、アヌ王の第一子。プレアデス星人のアヌが半人半龍の龍族・蛇族の女性と結ばれた半人半龍で王位継承権は無い。◎エンリル、アヌ王の第二子だが、王女アンツとの間に生まれた為に王位継承権が有る。地球のアヌンナキ総司令官。後に堕天使に成り、他化自在天の第六天の魔王に変わった。◎ ニンフルサグ(ニンマー)アヌ王の娘。アルクトゥルス星人の血を引くハイブリッド。古代エジプト時代には、女神ハトホルと呼ばれた。◎マルマルドゥク、半人半龍のエンキの第一子。現在のイルミナティが神と仰ぐ。エンリルの第一子がナンナールで、その娘がイナンナ。イナンナにはアヌ王の孫であり、王位継承権が有る。彼等の寿命は数千年〜万年と思われる。イナンナは現在 愛知ソニアさんとチャネリングを重ねている。惑星X ニビル・アヌンナキは解放されたのでマルマルドゥクはポジティブ側に変わった。では次に日本の神話を述べながら、私の見解をチョット付けたい。神世は十二代で天神7代、地神五代。人代百王の始まりは神武天皇。・・・*神武天皇は紀元前660年頃、ちょうどその頃西のイスラエルに於いて南ユダヤの十支族が新バビロニアに征服されたので地底人のアガルタの導きで海路でインド洋及び南シナ海を遠征し、琉球を 鎮撫(ちんぶ)した後、兵の補給をはかって、鹿児島に上陸して神武の東征が始まったと思われる。天神7代の第一は国常立尊(くにとこたちのみこと)・・・*この方は宇宙連合総司令官ソ・ラーラ位のレベルの人物と思われる。 そして伊弉諾神尊(いざなぎのみこと)男性、 伊弉冊尊(いざなみのみこと)女性で妻。・・・*プレアデス星人の王族クラス。地神五代の第一は天照大神、いざなぎ・いざなみの御娘。・*この方はアヌ一族の初代王アンの妻ではないのか。王としての仁徳が死後、神に昇天させる。神とは王なり。人王の始まりが神武天皇、・・・*この方の祖母は娑伽羅龍王の娘、龍女。龍は人に化身する事が出来る半人半龍の存在。・*私が思うに神武天皇はエンキの息子マルマルドゥクと思う。何故それに気がついたかと言うと、本山よろず屋本舗の、よろず寸話 、人類創世の物語(1)を読んで、エンキはヘビ族のイドと結ばれて生まれた息子と読んだ時に、"神武天皇の祖母は龍女"と この文が心に浮かんだ。半人半龍の龍族は変化自在の存在。すぐに日本神話と旧約聖書の世界はリンクすると気づいた。つまり、日本や沖縄は宇宙人の遺伝子操作のラボ研究所エデンの園であった。そこでアダムとイブのルル・五色人が生まれた。ならば未来の日本において東洋と西洋の統合のベース精神的基盤が出来ると確信した。日本に鎮座する神とはアンやアヌ、エンキやエンリル等の氏族神ではないかと、ヤハウェは人間的な人格を持つ氏神様。仏法では人法一箇の人即法を仏とする。今後、人格的な神は創造主ソースの元に収縮して行くと思われる。ソースは歓喜の源。私達も創造主ソースに繋がって人生の歓喜を味わうと思う。



これからの世はキリスト教と仏教の和合  2016/5/5, Thu 07:27

今 世がわりの時である。人間社会の理不尽は目に余るものがある。人間の心が正常で有るならば全世界的な革命が起っても やむを得ない。今 世界を見てみるとグローバル企業の強欲の理不尽の低価格攻勢によって世界各国の零細企業はなぎ倒されて来た。その為に世界各地で企業から放出された失業者が路頭に迷い、その為に世界各地でホームレスが巷に溢れた。我が国に於いては大企業の怠慢が目に余り、契約社員が大幅に増加し比率が33%セントを越えてしまった。何故に日本の企業がそうなったかと言うと、大企業は生産を忘れて、中国に受注を出すだけの冬ごもりの事務処理企業形態に成り下がってしまった。自社開発を放棄したので、研究者の補充をせず使い捨てに勝手の良い契約社員に従業員を入れ換えした。その為 日本では、契約社員が急増した。その為に年収150万円クラスが我が国に於いて大半を占める様になった。日本国民にフッ素が投入されていなければ、今、日本は革命前夜である。この理不尽な せっぱ詰まった状況を変えたのは、今まで無視されて来た。銀河連盟の宇宙の友人達である。地球の隔離された状況を解放する為に地球の闇の勢力の支配体制に介入した。地球での闇の勢力と光りの勢力の、しのぎ合いを説明したのが2016年4月17日にスイスで行われた、コブラ主催のアセンション会議である。そこでの内容がリークされた。参加者のノートから状況を垣間 見ること出来る。メモ作成者の解釈も有るので若干 相違も出て来るかも知れないが、ある意味 衝撃的である。◎闇の支配から解放されるまで、イエス・キリストや仏陀やサンジェルマン伯爵のようなアセンデッドマスター達はまだこの宇宙に留まる必要があります。◎すべての宗教は無くなります。人間は教義に支配されることは二度とないでしょう。・・この地球の争いの始まりは、古代の氏族神の原理主義を現実社会に実現化しようとする理不尽からトラブルが発生する。この古代の氏族神の原理主義が中東アラブ社会を苦しめている。テロリストのイスラム国の構成員は原理主義の餌に世界各地から集められ、教義に酔って狂態を世に現した。古代の氏神の原理主義が地球の良心を苦しめている。我が国においては真逆の世俗主義が日本の天神・地神の心を逆なでし 逆鱗に触れた。 日蓮正宗から破門された創価学会が世俗的に猛進し自由民主党と結託し利権貪りに走った為に日本の天神・地神は憤って阪神淡路大震災。東日本大震災及び津波を誘発させ、福島第一原発のメルトダウン 炉心溶融のきっかけを作動させた。天神地神はガード出来なかった。人類が銀河社会に参入すると 自然に間違った、古代氏神の原理主義や利権に走る世俗主義は淘汰されるのは道理に合い ごく自然である。しかしイエス・キリスト仏陀が求めた、愛・慈悲の親が我が子を慈しむ 、愛の法は不変の真如だと思う。この"宇宙の究極の存在で創造主のクリエイターのソース"妙法は愛を奏でながら再生の法を駆使しながら宇宙に存在し、私達の心を通して世の中を把握している。私達は生命の源のソースと繋がる事によって宇宙の時空を旅し学び続けて行く。仏法に於いて、この宇宙は一仏乗と言われている。地球の様に二乗や三乗の法では無い、一仏乗のみで有る。法華経の妙法蓮華経の人法一箇の一仏が、宇宙の根元として他の存在を大きな仏眼で、見守っている一仏乗の世界であると説いている。参考文献。日蓮大聖人御書、四条金吾殿御返事。より、{此の国に仏法わたり し由来をたづぬれば天神七代・地神五代すぎて人王の代となりて、第一神武天皇・乃至第三十代欽明天皇と申せし王をはしき、位につかせ給いて三十二年治め給ひしに、第十三年壬申十月十三日辛酉に、此の国より西に百済国(くだら)と申す州あり、日本国の大王の御知行の国なり。其の国の大王・聖明王と申せし国王あり。年貢を日本国にまいらせし ついでに、金銅の釈迦仏並びに一切経・法師・尼等をわたし たりしかば、天皇大に喜びて群臣に仰せて云はく、西蕃の仏を・あがめ奉るべしや いなや。蘇我の大臣いなめの宿禰(すくね)と申せし人の云く、西蕃の諸国みな此れ
を礼す・ 豊秋日本あに独り背やと申す。物部の大連尾輿中臣の鎌子等奏して曰く「我が国家天下に君たる人は、つねに天地・社稷・百八十神(ももやそのかみ)を春夏秋冬に祭拝するを事とす。しかるを今更あらためて西蕃の神を拝せば、をそらくは我が国の神いかりをなさん」云云。爾(そ)の時に天皇わか ちがたくして勅宣(ちょくせん)す。此の事を只(ただ)心みに蘇我の大臣につけて、一人にあがめさすべし。他人用いる事なかれ。蘇我の大臣うけ取りて大に悦び給いて、此の釈迦仏を我が居住の小墾田と申すところに入まいらせて安置せり。物部(もののべ)の大連(おおむらじ)不思議なりとて・いきどを程に日本国に大疫病おこりて死せる者大半に及ぶ。すでに国民尽きぬべかりしかば、物部の大連 隙(ひま)を得て此の仏を失うべきよし申せしかば勅宣なる。「早く他国の仏法を棄つべし」云云。物部の大連 御使ひと して仏をば取りて炭をもッて をこし、槌(つち)をもッて打ちくだき、仏殿(ほうどの)をば火を かけてやきはらひ、僧尼をば笞(むち)をくわう。其の時天に雲なくして、大風ふき、雨ふり、内裏(だいり)天火に やけ あがつて、大王並に物部大連・蘇我臣・三人共に疫病あり。きるがごとく、やくがごとし、 大連は終(つい)に寿(いのち)絶えぬ。蘇我と王とは からくして蘇生す。而れども仏法を用ゆることなくして十九年すぎぬ。
第三十一代の敏達天皇は欽明第二の太子・治十四年なり左右の両臣は一は物部の大連が子にて弓削の守屋・父のあとをついで大連に任ず蘇我の宿禰の子は蘇我の馬子と云云。此の王の御代に聖徳太子生給へり。用明の御子・敏達の甥なり御年二歳の二月、東に向つて無名の指を開いて南無仏と唱へ給へば御舎利 掌にあり。是れ日本国の釈迦念仏の始めなり。太子八歳なりしに八歳の太子云く「西国の聖人 釈迦牟尼仏の遺像、末世に之を尊(たつと)めば則ち禍(わざわい)を銷(け)し福を蒙(こうむ)る。之を蔑(あなず)れば則ち災を招き寿を縮む」等云云。大連物部の弓削・宿禰の守屋等いかりて云く「蘇
我は勅宣を背きて他国の神を礼す」等云云。又疫病未だ息(や)まず、人民すでにたえぬべし。弓削守屋又此れを間奏す云云。勅宣に云く「蘇我の馬子仏法を興行す、宜く仏法を却(しりぞ)くべし」等云云。此に守屋と中臣の臣勝海大連等の両臣は寺に向かって堂塔を切り倒し仏像を やきやぶり、寺には火をはなち、僧尼の袈裟をはぎ、笞をもって責む。又天皇並に守屋・馬子等疫病す。其の言に云く「焼くがごとし、きるがごとし」と。又瘡(かさ)起こる、疱 瘡といふ。馬子歎ひて云く「尚三宝を仰がん」と。勅宣に云く「汝独り行なへ、但し余人を断てよ」等云云、馬子欣悦(ごんえつ)し精舎を造りて三宝を崇(あが)めぬ。天皇は終に八月十五日崩御云々。此の年は太子は十四なり。
第三十二代・用明天皇の治二年・欽明の太子・聖徳太子の父なり、治二年丁未四月に天皇疫病あり。皇(みかど)勅して云く「三宝に帰せんと欲す」云云。蘇我の大臣詔(みことのり)に随ふべし とて遂に法師を引いて内裏に入る。豊国の法師是なり。物部の守屋 大連等大に瞋(いか)り、横に睨(にら)んで云く「天皇を厭魅(えんみ)す」と。終に皇隠れさせ給う。五月に物部の守屋が一族、渋河の家にひきこもり多勢をあつめぬ。太子と馬子と押し寄せてたたかう。五月・六月・七月の間に四箇度 合戦す。三度は太子まけ給ふ。第四度目に太子 願を立てて云く「釈迦如来の御舎利の塔を立て四天王寺を建立せん」と。馬子願って云く「百済より渡す所の釈迦仏を寺を立てて崇重すべし」と云云。弓削名乗(なの)って云く「此れは我が放つ矢にはあらず。我が先祖崇重の府都(ふと)の大明神の放ち給ふ矢なり」と。此の矢はるかに飛んで太子の鎧に中(あた)る。太子なのる。「此は我が放つ矢にはあらず。四天王の放ち給う矢なりとて、迹見赤梼(とみのいちひ)と申す舎人(とねり)に・いさせ給へば矢はるかに飛んで守屋が胸に中りぬ。秦河勝(はだのかはかつ)をち あひて頸をとる。此の合戦は用明崩御・崇峻未だ位に即き給わざる其の中間なり。}



平将門と側室、桔梗姫。人生は流転する  2016/4/28, Thu 17:41

平将門と側室、桔梗(ききょう)姫について。輪廻は絡み合って生死を流転する。今世でも同時期に存在しているので有ろうか。現実社会のすぐ後ろは精神世界の時空の世界。場所と時間枠を超越した時空の世界。私は今年の四月に日蓮正宗の寺院で平将門の追善供養の塔婆を立てたら、先日 Face Book で過去世において平将門だった人と繋がった。彼に紹介されたサイトをインターネットでリンクを開くと、城峯神社と将門伝説 に繋がった。城峯城の、この辺りでは何故か桔梗の草花が咲かないそうである。その因縁を説明していた。そこには 桔梗姫の将門に疑われた事に対する、女としての無念が秘められていた。・ヤマトタケル(日本武尊)の妻、 オトタチバナヒメ(弟橘媛)がヤマトタケルの日本平定の旅で三浦半島から千葉の房総半島へ渡った時、にわかに海上が荒れて大しけに成った。 オトタチバナヒメは海の神を鎮める為に大波の中に我が身を投げ入れて大しけを鎮め、ヤマトタケルの関東・東北地方の平定を助けた。日本の女性は愛する我が夫の為には、我が身を投げ出す。桔梗姫もそうであった。私は秩父小唄の詩の部分で体毛が総立ちして琴線は震えた、すぐ桔梗姫とリンクした。" 私は内通したので無い。神社仏閣に戦勝祈願しに行って いた だけ。たびたび城を出たのはその為だ、その事を彼に伝えてください。そして貴方が私を救い上げたいなら、私の塔婆もよろしく" と私に おおい かぶさる様に語った。私はすぐに将門の魂を持つ彼にメッセージを伝えた。「兄への密告、内通ではない。神社仏閣への戦勝祈願に行っただけ」と。・来月の私の塔婆の予定は将門と過去世の私(貞時)の父親、良将公の塔婆を立てる予定であったが、急遽(きゅうきょ)、桔梗姫の塔婆を立てる事に変更した。・・・平将門は桓武天皇の孫で平氏の姓を授けられた高望王の三男で、鎮守府将軍(征夷大将軍)の良将の三男。桔梗姫は いろいろ諸説あるが、藤原秀郷の妹が妥当だと私は感じた。藤原秀郷は王臣の子孫で 平氏とも婚姻関係を結び、姉は平良将の兄、国香に嫁ぎ、将門を矢で撃ち射った貞盛を産んでいる。藤原秀郷は将門の戦死後、良将の亡き後の、空席の鎮守府将軍の職を引き継いだ。将門の時代、藤原家は関東の豪族であった。桔梗姫は藤原秀郷の妹で女まさりで薙刀の達人で名人であった。将門と桔梗姫の出会いも薙刀が両者の縁を築いたかもしれない。京 勤め帰りの将門は身内の裏切りに合いながらも、競り勝ちし、関東武士団の中で人望を築いて行く。前 鎮守府将軍の息子の立場で領地争いの調停に勤(いそ)しむ、跡取りの嫡子(ちゃくし)を得る為に武門の血を残そうとして、藤原秀郷の妹で薙刀の名人の桔梗姫を側室として迎えた。関東の関八州で名声を得た将門は仁義で追捕(ついぶ)令の出ていた、藤原玄明を助け かくまった。勢い余って追捕撤回を求めて常陸(ひたち)国府に兵を引き連れ出向いた。追捕撤回が授与されず、兵を引き連れて来たので 謀反と受け取られた。やむを得ず国府兵と戦闘に成った。将門は手勢1000人で国府軍3000人をたちまち打ち破った。 国衙(こくが)の役所は陥落した。介の長官が降伏し印綬 を受け取った。将門は配下の興世王の意見を聞いて、朝廷と交渉する為に関八州をおさめて、朝廷と交渉する案に従った。坂東王国を立てて新皇を名乗った。朝廷から平将門の追捕令を受け取ったのは従兄弟の平貞盛と義兄の桔梗姫の兄、藤原秀郷である。貞盛は叔父の秀郷の加勢により兵4000人を集めて、平将門と対峙した。平将門は兵を帰国させていたので残った兵は1000人であった。1000人の兵で防ぎながら秩父の幡武山・城峯山に城を築いた。そして貞盛・藤原秀郷との最終決戦の北山の戦いが始まると 将門軍の あまりの激戦に相手側の加勢の兵は逃げて行き貞盛・秀郷の精鋭兵400人が残った。勝ち誇った将門が城に引き返そうとした時、急に風向きが変わった。平貞盛が放った矢が風に乗って飛距離を伸ばし将門に致命傷を与え落馬させた。義兄の藤原秀郷が駆け寄り将門を打ち取った。・・・当時 将門の愛妻、桔梗姫は時折 城を抜き出して神社仏閣に戦勝祈願をしに行っていた。将門は苦戦が続くので桔梗が兄の藤原秀郷に内通していると疑念した将門は桔梗を遠ざけた。疑われている事が判ると桔梗姫は悲しんだ。桔梗姫は神仏へ戦勝祈願と、朝廷からの和議や許しが来るのを待っていた。そんな やさき将門が従兄弟の貞盛の手勢に攻められて、落馬し藤原秀郷に討ち取られた事を聞くと、兄の元に引き取られるのが嫌で、城下の沼に入水して死んだ。心残りは最愛の夫に兄 秀郷と内通しているのでは ないかと猜疑された事である。この無念の為か秩父の城峯山辺りでは、秋の七草の桔梗の花が咲かない、どんなに植えても桔梗の草花は育たないと言う。「秋の七草 うすむらさきの花の桔梗が なぜなりぬ城峯 昔の物語」(秩父小唄)・・・伝承(相馬)によると、{茨城県北相馬郡藤代町の大日山古墳は平将門が第三の拠点として城館を構えたところです。ここは、愛妾桔梗姫の朝日(旭)御殿が有ったところで、桔梗姫は毎朝 日の出を拝み将門の武運を祈っていたが、将門の最後を知った桔梗姫は城下の沼に入水したそうです。桔梗姫が入水したところは、現在 『桔梗田』 といわれています。} 天皇から将門一門・一族に対する許しの恩赦(おんしゃ)が出るのに三世代の時がかった。大気や大水の温度差による流転の様に、下方へと都落ちして行った。将門の腹違いの末っ子の弟、貞時は辛苦を味わいながら九州の薩摩に渡り、薩摩平氏の祖に成る。山に一度(ひとたび)上がった者は陰陽の流転の様に下方の野に下るものである。下方の そこで腐らず 陰徳を積めば 陽報が顕れて 日の目を見て、皆に押されて又、山の上に上がって行く。将門の戦死後、子孫は信太郡に落ち延び信太氏を名乗った。そこから 山椒大夫(さんしょうだゆう)の元、幸若舞、信田(信太)が生まれた。「信太」は、平将門と桔梗姫との孫である。文国と姉 千手姫の貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)である。内容は信太文国が姉 千手姫の嫁ぎ先の主人の小山行重(藤原秀郷の子孫)に素性を暴かれて大切な所領を奪われて、罪人の孫と言う事で人買い商人に売られた。身分を漁民に落とされ、塩作りの海水汲みの重労働を強制された。当時、食糧の保存材として塩は貴重であった。各地で塩は生産されていた。信太は血筋の名を馬鹿にされ無い様に、一生懸命 頑張った。信太は生きる糧・生業として塩作りを真面目に学んだ。塩水汲みを武の鍛練として嫌がら無かった。塩水汲みから解放された信太は諸国を流浪した。信太を支えた信念は、宗教的信念に似ていた。「一度 山に登ると後は下り だけである。下った後は辛苦を学んで、山へと登る。祖父は関八州の王へと登ったが、私は塩作りの漁民へと下がる。悲観せず一生懸命に頑張れば いつの日か天からも許されて、所領に戻る事も有るであろう。日々の労働は武の鍛えとする。」いつの間にか塩作りの職人に成っていた、信太は陸奥湾の外の浜の領主で「塩路の領司」に認められて養子になり。文武両道で外の浜をおさめたので、多賀国府の国司から最近恩赦の出た平将門の孫で有ると素性が認められる。多賀国司の庇護の元、自分を陥(おとしい)れた小山行重を攻め滅ぼし、相馬郡に戻り、信太氏は栄えた。この実話が山椒大夫のモデルに成ったとされる。信太氏は相馬氏を名のり、江戸時代を乗り越えた。この世は陰陽の流転。山に上がる者は必ず麓へ下る。 陰徳を積めば、必ず陽報に繋がる。都と国境の田舎は陰陽の関係に繋がる。日本本土と沖縄の関係は陰陽関係で水面下で繋がっている。それは都落ち、都上がりの関係である。仏典の法華経を笑う者は来世、辺土で生を受ける、とはその意味である。ゆえに生死の場所も流転する。だから 今いる場所で一生懸命に頑張ればいつの日か、日の目を見るのである。



ガイヤ(地球神)堅牢地神が地震が何故起こるか語る  2016/4/22, Fri 22:31

堅牢地神が何故 地震が起こるか語る。地球の事をガイアやノヴァ・テラのテラと表現する事が多い。仏教においては堅牢地神(けんろうじしん)・地天と言う。地球の永劫的な生存の為に地天も入れ替えをする。その為に地球の地神は常に 生気あふれている。地神の魂にも創造主・ソースが「もぬけ」、本質が 繋がっている。その堅牢地神が釈尊の法話の忍び込んだ。釈尊は主 師 親の三徳について話していた。人として産まれて来るならば親に孝行。国主に忠義。師に報恩感謝。仏界を開く事によって過去世での無量の父母をも救い上げる事が出来ると説いていた。釈尊はガイアの堅牢地神に気づき、そして聞いた。「地神よ貴方は日夜、この世界の須弥山(しゅみせん)や大海を背負って、太陽と供に三千大千世界の宇宙を駆け巡っているが、疲れないのか、大地より重いものがあるのか」と 問われた ところ、地神が慎んで「大地より重い もの があります」と答えた。これに対して仏は「地神よ、どうして偏頗(へんぱ)な事を言うのか。この三千大千世界の衆生は皆大地を拠り所にしている。いわゆる、須弥山の高さは十六万八千由旬(ゆじゅん)で横は三百三十六万里であり、大海は縦横八万四千由旬である。また、その外の一切衆生も草木等も、みな大地を母体として体を支え、生物として存在している。これらの物を支え持つ大地よりも重いものがあるので あろうか」と問われたところ、地神が答えて言うには「その事に関して、仏は良くご存知で ありながら、人々にその事を知らせようとして、あえて問われるのでしょうか。私は地神となってすでに 二十九劫という長い時を経ております、その間ずっと大地を支え持っていましたが、頸(くび)も腰も痛んだことは有りません。また、大地を支え持ったまま、宇宙の虚空を東西南北へ馳けまわっても重いと思った事は有りませんでした。ただ、近年に成って成劫(じょうこう)から住劫(じゅうこう)に入ってから親不孝、不忠の者がポッポッと増え、その恩知らず不孝者の住んでいる所は支えきれないほど重い のです、あまりの重さに頸は痛く。腰も折れそうで、膝はガクガクと力がぬけ、カッパカッパと歩む事が出来ません、眼はぼやけ、魂も抜け、気力は萎えてしまいそうです。不忠・不孝の場所は重く凄く痛みますので、ああ、こんな不孝者の住む大地を投げ捨ててしまおうと思う心が度々おこるので、これら不孝の者の住所は度々地震が起こり、恩知らずを振り払おうと大地が揺れるのです。それゆえ教主釈尊の従弟、提婆達多(だいばだった)という人は、世界第一の貴族・王族の生れであるけど。しかしながら不忠・不孝・破門の者なので、私たちは提婆達多の下にある大地を支えきれず、ついに大地が破れてマグマの無間地獄に堕ちてしまった。これは私たちの力が及ばなかった為である、」と。このように、地神は こまごまと仏に申し上げたので、仏はなるほど、なるほど と うなずかれた。そして釈尊は大衆に語った、"不忠・不孝者が増えるのは国主の怠慢である。悪を罰するならば不忠・不孝者は表立って育たない。悪を国主が見逃すから悪の不忠・不孝者は増長する。ゆえに、国主は国民の六分の一の責を得る。良い事も悪い事も六分の一は国主の所に行く。ゆえに、国主は悪を裁くのが仕事である。国主が悪を裁かなければ その国に大地震が起こる。そうで あろう地神。" 「その通りであります。諭す為に地震が起こるのです。」と 地神は こたえ うなずいた。  元本 日蓮大聖人御書 〇 刑部左衛門尉女房御返事 { 今月飛来の雁書(がんしょ)に云く、此の十月三日、母にて候もの十三年に相当れり。銭二十貫文等云云。 夫(それ)外典三千余巻に忠孝の二字を骨とし、内典五千余巻には孝養を眼とせり。不孝の者をば日月も光ををしみ、地神(ちじん)も瞋(いか)りをなすと見へて候。或経に云く、六道の一切衆生仏前に参り集りたりしに、仏、彼れ等が身の上の事を一々 に問い給ひし中に、仏、地神に汝 大地より重き もの ありやと問い給いしかば、地神 敬(つつし)んで申さく大地より重き物候と申す。仏の曰(いわ)く、いかに地神 偏頗(へんぱ)をば申すぞ、此の三千大千世界の建立は皆 大地の上にそなわれり、所謂(いわゆる) 須弥山(しゅみせん)の高さは十六万八千 由旬(ゆじゅん)横は三百三十六万里なり、大海は縦横 八万四千 由旬(ゆじゅん)なり、其(そ)の外の一切衆生・草木等は皆大地の上にそなわれり。此れを持てるが大地より重き物 有らんや、と問い給いしかば、地神 答て云く、仏は知(し)ろし食(め)しながら人に知らせんとて問い給うか。我 地神となること二十九劫なり、其(そ)の間 大地を頂戴(ちょうだい)して候に頸(くび)も腰も痛むことなし。虚空(こくう)を東西南北へ馳走(ちそう)するにも重きこと候はず。但(ただ)不孝の者のすみ候所が身にあまりて重く候なり。頸(くび)もいたく、腰もおれぬべく、膝(ひざ)も たゆく、足も ひかれず、眼もくれ、魂も ぬけべく候。あわれ此の人の住所の大地をば なげすて ばやと思ふ心たびたび出来(しゅったい)し候へば、不孝の者の住所は常に大地 揺(ゆ)り候なり。されば教主 釈尊の御いとこ提婆達多(だいばだった)と申せし人は閻浮提(えんぶだい)第一の上臈(じょうろう)、王種姓なり。然(しか)れども不孝の人なれば、我等彼の下の大地を持つことなくして、大地破れて無間地獄に入り給
いき。我れ等が力及ばざる故にて候と、かくの如く地神こまごまと仏に申し上げ候しかば、仏は実(げ)にもげにもと合点せさせ給いき。又 仏 歎(なげ)いて云く、我が滅後の衆生の不孝ならん事、提婆(だいば)にも過ぎ瞿伽利(くがり)にも超えたるべし等 云云 取意。涅槃(ねはん)経に、末代悪世に不孝の者は大地 微塵(みじん)よりも多く、孝養の者は爪上の土よりも すくな からんと云云。
〇 真言見聞 華厳経の十二に云(い)はく「又彼の所修(しょしゅ)の一切 功徳、六分の一常に王に属す。是の如く修及び造(ぞう)を障(さゆ)る不善 所有の罪業、六分の一環(めぐ)って王に属す」文。六波羅蜜経(ろくはらみつきょう)の六に云はく「若し王の境内(けいだい)に殺を犯す者有れば、其(そ)の王便(すなわ)ち第六分の罪を獲(え)ん。偸盗(ちゅうとう)・邪行 及び妄語も亦復是(またまたか)くの如(ごと)し。何を以ての故に、若しは法も非法も王為(こ)れ根本なれば、罪に於ても福に於ても、第六の一分は皆王に属するなり」云云。最勝王経に云はく「悪人を愛敬(あいぎょう)し善人を治罰(じばつ)するに由(よ)る故に、他方の怨賊(おんぞく)来たり国人 喪乱(そうらん)に遭(あ)はん」等云云。



盗人 南無仏で第六天の魔王の頭を取る  2016/4/20, Wed 04:47

4月19日にニューヨークでバアル神の崇拝が始まる!バアル神とは悪魔の王、第六天の魔王の事である。釈尊在世の3000年前にもその様な話があった。当時、月氏の北インドに大泥棒がいた。在る国のリーダー達は考えた、この世が第六天の魔王の所領(国土)ならば、それに逆らわず魔王に心を売って、配下に成り魔王に神に成ってもらおうとする国があった。魔王を守護神に祀(まつ)り崇めた。その国は悪知恵が付いたのである程度 栄えた。魔は天界(天国) に寄生して住むと言われており、ある程度の魔力、学識を持っている。魔王讚美の文化が栄え 物流が盛んに成った。アクセサリーなどの身装具品や衣服産業が育ったので国は通商で繁栄した。その国に金貨が多量に入って来たので、商人達は金を出し 合って豪華な魔王の寺を建てた。魔王にその国を治めて貰うために魔王の像を魔王寺に納めた。その神の頭部を金で鋳造した。この国の人々は魔王に魔力が有る事を日常の出来事でイルージョンごとき現象で知っていた。それゆえに魔王寺の天頭の金が 盗まれるとは誰も思わなかった。そこの国の民は生気を吸われるので誰しも短命であった。その国ではラップ音が鳴り響き魔が存在を鼓舞していた。大泥棒のサクマは風の噂で かの国の魔王寺の魔王像の頭部が純金で出来ている事を知った。配下の手下に聞くと頭部は盗もうとしても、頭部が抜けず盗めないとの事。頭部は純金で出来ているとの事。大きさ は等身大。目は生きている様に生気を帯びている。あまり の怖さに盗む気が無くなると言う。大泥棒は声を発した。" では 私が、その魔王の天頭を盗んで来よう。" そして旅支度に入り、旅商人の格好をして魔王を神と崇める国に入った。町で商売や日雇いの仕事をしながら魔王寺を観察した。青白い顔がいっぱいであった。参拝者が居ない夜を見はら かって 魔王の天頭の盗みに入った。あまりの怖さにびびったが声を出して自分を励ました。" 霊などは実体の無いおとぎ話。" と思ったが時おり聴こえるラップ音にびびった。どうにか魔王の後ろに回って頭部を回し抜こうとしたが抜けない。どんどん時間が過ぎ、回りは明るく成って来た。もう少しで参拝客が来る時間に成った。" 今日はあきらめるが 明日はきっと抜いてみせる。" と呟き魔王の祭壇から降りた。帰路。" 明日は隙間に油を差し入れて魔王の頭部を抜いてしまおう。" 独り言を呟いた。深夜、魔王寺に入る度、背中に寒気が走り、心はびんびん震えた。そんな大泥棒の魔王の天頭抜きの挑戦も数年続いた。魔王の天頭は魔の通力の為に抜けない。ある時、王舎城に滞在する、釈尊は魔の降魔に打ち勝った仏陀。悟った聖者がいると。旅商人から聞いた。魔の通力に勝った仏陀が居るなら会って見たいと思った。大泥棒のサクマは旅支度をして王舎城へと向かった。サクマは夜どおし歩き、明け方に王舎城の門扉が開くのを待って城内に入った。時刻は朝ご飯の頃で有る。朝ご飯を済ました、子供達が道で遊んでいた。すると一団の僧がやって来た。先頭の僧は とても綺麗な人相をしていた。サクマはいっも魔王の天頭と格闘していたので、その違いにハットした。とても綺麗な唇と目である。三十二相八十種好の人相と体つきを持っていた。大泥棒のサクマは知識階級のバラモンくずれで有ったので、法門に通じていた。すると砂遊びしていた、二人の子供が釈尊の愛情あふれる尊厳な顔に ふれて立ち上がった。一人の子は土で作った だんごの餅を釈尊に差し上げた。" はい、どうぞ。" と。もう 一人は合掌していた。サクマは関心した。" 子供ながら仏陀、悟った聖者、その意味が解るのか。たいした子供だ。" 釈尊は一礼をして、砂の餅を受け取った。そして釈尊は後方の僧に語った。サクマは聞き耳を立てた。釈尊は阿難(あなん)に語った。「この童子は、私の滅後、パータリプトラで転輪王として産まれて、インドを統一するであろう。姓は孔雀(くじゃく)、名は阿育(あそか)、正法によって世を治め仏を信じて八万四千の仏塔を供養して、無量の衆生を安楽に幸せにするであろう。」と言った。サクマは思った、この砂の団子の餅を差し上げた子が世界王、転輪聖王 (てんりんじょうおう )の配下、転輪王と成ってインドを統一するのか。* 阿育大王(あそかだいおう)は紀元前268年〜232年頃、インド統一後、戦争を放棄し平和外交に努め平和関係をシリア、エジプトまで拡げた。エジプトとインドの交流の先魁(さきがけ)を作った。サクマは王舎城の王によって寄進された仏教の寺に紛れ込んだ。朝飯を盗み食い、釈尊の説法の法座に忍び込んだ。多くの老若男女が釈尊の説法を聞いていた。釈尊は語っていた。「若(も)し 衆生有って諸の過去の仏の法を聞いて、布施し戒を守り、我慢強く精進し心を静めて瞑想の禅をし智を深めるならば仏道を得る。童子がたわむれに砂を集めて仏塔を作るならば、それでも仏道を得る。仏に対して手を合わせて南無仏と唱えても 驚覚(きょうがく) の仏道を得る。」仏道を得るとは、魔事に打ち勝つ事が出来る。また南無とは驚愕の意味ですと説いていた。サクマは閃(ひらめ)いた仏陀とは魔に勝った聖者 仏に南無するなら魔王に勝てると察した。すぐさま魔王を崇める国に引き帰った。夜半、魔王の寺に忍び込み、魔王像の背後から南無仏と言って天頭を引き抜いた。今までは頑として動かなかった魔王の天頭がサクマの一声、南無仏でスルット抜けた。サクマは颯爽と帰った。翌朝、天魔の魔王の国には大騒ぎである。魔国の長者がサクマの所にやって来た。いか様にして魔王の抜いたかと聞いた。サクマは答えた、" 南無仏と言ったら天魔の頭はスルット抜けた。今までは抜こうにも抜けなかったが 南無仏の一声で簡単に抜いた。" 長者は急ぎ国王にその事を話したら、国王は " 魔王の力は仏には負けるのか、私も諸国の王の様に、仏に帰依(きえ)すると " と語った。その国の皆、釈尊に帰依し仏門に入った。参考文献
日蓮大聖人御書より 道場神守護事 {止観第八に云はく「帝釈堂の小鬼、敬ひ避(さ)くるが如し。道場の神(かみ)大なれば妄(みだ)りに侵繞 (しんにゅう)すること無し。又城主 剛(た)ければ守る者 強し。城主  框(おず)ければ守る者 忙(おそ)る。心は是(これ)身の主なり。同名(どうみょう)同生(どうしょう)天は是 能(よ)く人を守護す。心固ければ則ち強し。身の神(かみ)尚(なお)爾(しか)なり。況(いわ)んや道場の神をや」と。弘決(ぐけつ)第八に云はく「常に人を護ると雖(いえど)も、必ず心固きに仮(よ)りて神の守り則ち強し」と。又 云はく「身の両肩の神 尚 常に人を護る。況んや道場の神をや」云云。人 所生(しょしょう)の時より二神守護す。所謂(いわゆる)同生天・同名天、是を倶生神(ぐしょうしん)と云ふ。華厳(けごん)経の文なり。文句の四に云はく「賊(ぞく)南無仏と称して尚天頭(てんず)を得たり。況んや賢者 称せば十方の尊神 敢(あ)へて当たらざらんや。但(ただ)精進せよ懈怠(けたい)すること勿(なか)れ」等云云。釈の意は月氏に天を崇(あが)めて仏を用ひざる国あり。而(しか)るに寺を造り第六天の魔王を主とし、頭には金を以てす。大賊 年来(としごろ)之を盗まんとして得ず。有る時仏前に詣(もう)で物を盗んで法を聴く。仏説いて云はく、南無とは驚覚(きょうがく)の義なり。盗人 之を聞いて南無仏と称(しょう)して天頭(てんづ)を得たり。之を糺明(きゅうめい)せし処 盗人 上(かみ)の如く之を申す。一国 皆 天を捨てゝ仏に帰せり云云。彼を以て之を推(すい)するに設(たと)ひ科(とが)有る者も三宝(さんぽう)を信ぜば大難を脱れんか。而(しか)るに今 示し給へる託宣の状は兼ねて之を知る。之を案ずるに難 却(さ)って福来たる先兆(せんちょう)なるのみ。妙法蓮華経の妙の一字は竜樹菩薩の大論に釈して云はく「能く毒を変じて薬と為す」云云。天台大師云はく「今経に記を得る即ち是毒を変じて薬と為すなり」云云。災(わざわ)ひ来たるも変じて幸ひと為らん。何に況んや十羅刹(じゅうらせつ)之を兼ねるをや。薪(たきぎ)の火を熾(さか)んにし風の求羅(ぐら)を益(ま)すとは是なり。言(ことば)は紙上に尽くし難し、心を以て之を量(はか)れ。恐々謹言
十二月十三日 日蓮 花押御返事}



HAARP 人工地震について  2016/4/17, Sun 14:29

熊本県の4月14日夜の震度7の地震についてのべたい。HAARP ではプレートの岩盤の下の地下水の池を熱して水蒸気爆発させて人工地震をイルミナティは起こさせている。人工地震には二つの種類が有る。掘削船ちきゅう を使う爆発タイプ、HAARP を使う岩盤下の地下水の水蒸気爆発。熊本県の地震はHAARP 。人工地震について、今、タイムリーの話題を取り上げたい。良い記事が有りましたのでUP します。本山よろず屋本舗。よろず屋寸話録。2014年 ゲリーさんが予言した来年の東海地震に関して---2014年29日 より { これは現在の科学において、巨大地震が起こる原因は地下のプレートの動きによる圧縮と、それに反発する伸張によるものだという(プレートテクトニクス)理論が前提になっています。ですが私は地震の本当の原因は、『東京直下地震 3年以内 震度9』(サンズ)のChiran氏の理論の方ではないかと考えています。Chiran氏は、地震は地底湖の温度上昇による岩盤破壊が原因だと言っています。そのChiran氏の理論を抜粋して紹介したいと思います。引用文の冒頭「厚さ400キロ」というのは、地球の地表の厚さを言っています。 ・・・<『東京直下地震 3年以内 震度9』、p23〜p26から抜粋開始>・・・ 厚さ400キロの間にマグマ帯があり、この熱は一種の常温核融合によって作られています。太陽も同様に常温核融合によって熱を発生していますが、太陽の場合は表面です。地球の場合はそれが地下深くに落ち込み、表面は温暖になっているのです。このマグマ帯の上部には地底湖が存在しています。地表の川や湖から地下に流れ込んだ水が地下においても川を形成し、その川の流れが岩盤の崩落などでダムのようにせき止められれば湖となるのです。川の流れは信濃川に匹敵するような大きいものもあります。ですから形成される湖の大きさも大小さまざまで、その地底湖が位置する深度も浅いものでは地表から3キロくらい、深いものは150キロくらいに存在します。 1000度が地震発生への黄色信号 そして活火山が噴火するようすを見ても分かるように、活動が活発化すればマグマは膨張します。その上部に地底湖はあるのですから、その熱によって湖水はどんどん温められていきます。地底湖の温度が上がるものの、四方を岩盤で固められていますから、温度上昇に伴って次第に圧力が高まり、水温は100度を軽く超えて沸点に達することなく、なおも上昇します。1000度を超えて、4000〜5000度に達すると、周囲の岩盤が地底湖の強大な圧力に負けて破壊されます。それによって、一気に圧力が発散され地震が発生するのです。地底湖は浅くても地表から3キロの深さにあり、その水自体が地表に吹き出すことはありません。水は空気より重いので、圧力を発散した後に横や下に逃げてしまいます。 振動の計測データから算出されニュースとして発表される震源地の深さが、ときに浅い場合もあれば、深い場合があったり、まちまちなのはこの爆発的な膨張を発生させる地底湖の深さがさまざまだからです。現代の技術では地表からボーリングしても最高でも深さ15キロにしか達していません。ですから、地球の深層がどのように構成されているのかというのは、仮説でしかないのです。地震のメカニズムにしても、プレートとプレートとの境界において発生する歪みが一定値を超えたときに、プレート同士がずれて地震が発生するという、いわゆるプレート理論が現在主流となっていますが、もしプレートの歪みが地震の原因だったとすれば、震源地の深度がまちまちであることの説明がうまくつきません。また境界部分ではなくプレートの中央部でも大地震は起きており、この説明もプレート理論ではできません。
 プレートは表層の構造であり、地震発生後、結果的にプレートがずれるのであって、それが地震の原因とは言えません。プレート理論は推論であって、実証する根拠はないのです。模型を作って再現するという実験もなされていますが、推論を元に都合のよい結果を強引に導き出そうとするもので、言ってしまえばトリックです。もしこのプレート理論ですべてが把握できるのであれば、地震を予知できているはずです。しかし、現実にはできていません。震源が陸地の地震の場合には、水蒸気が上がるのを目視することはできませんが、震源が海底であれば、水蒸気が上がります。実際に深海に潜る海洋調査潜水艇から地震が起きる前に、海底から水蒸気が上がっているのが目撃されています。この実際に目撃された現象とプレート理論の間で整合性がとれないことは彼らも気づいているでしょう。 地底湖の温度上昇による岩盤破壊という地震のメカニズムを前提として、どのように予知することができるのでしょうか? 地底湖の圧力上昇で岩盤に亀裂が入り破壊されだすと、ここから電磁波が発生します。電磁波が発生しておよそ数時間から3日後に爆発、つまり地震が発生します。電磁波を測定していれば、地震直前の予知は可能なのです。電磁波を感知するという点で電気ナマズが騒ぎ出すというのも容易に理解ができます。また地震雲(筋状であったりさまざまなケースがある)も、この電磁波発生によって生まれます。これらの観測によって、短期かつ局所的な地震予知は可能であり、実際にそうした活動が行なわれています。
・・・<抜粋終了>・・・ (注)Chiran氏は、電磁波発生の観測によって短期かつ局所的な地震予知は可能と言っています。数時間から3日後という短いスパンではないのですが、もっと長いスパンで電磁波の変化を観察して地震を予知している人がいます。その代表格が、FM波の観測によって75%以上の確率で大地震を的中させてきたと言われる民間の研究家、串田嘉男氏です。
 当然ながら今の日本において、串田氏の研究は異端児扱いです。Chiran氏によれば、断層は地震の結果であって原因ではありません。ですからゲリーさんはUFOがエネルギーを照射して地盤を固めていると言っているのですが、私は違うのではないかと思っています。ゲリーさんが見たUFOが行っていたのは、地底湖に溜まったエネルギーを抜く作業ではないかと思うのです。それにより地底湖の温度を下げ、その部分の岩盤の破壊を免れ地震を回避することができます。実際、これはChiran氏が東京直下の大地震を回避するため、エイリアンの協力を得て20年間も行ってきた作業です(Chiran氏によれば、東京の地下には巨大な地底湖が3つもあり、非常に地震が起こり易い構造になっているといいます)。ゲリーさんは東海地方の地盤を固めることにより、地震が内陸部に向かうのではないかと心配しています。
 私はそれは、こうした理由で杞憂ではないかと思っています。プレート理論で地震を説明しようとするから、そうした心配をする必要が出てくるわけで、Chiran氏の理論であれば地震が他に伝染する心配はありません。} 次にHAARP について、述べたい。ケムトレイルとHAARP は一対である。ケムトレイルの主成分のアルミ箔はHAARP の高周波電磁波を増長させる。  Chem-Trail, (ケム・トレイル) はエイミー・ワージントンが用い始めた、NWO ワンワールドオーダーの考えが反映されている。現在の世界人口72億を25億以下にする計画に基づいている。世界人口削減プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質で、癌を引き起こすアスベスト、バリウム塩、HAARP を増長させる。アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでおり、イルミナティが元締めで配下にアメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている。世界人口削減計画を標榜するイルミナティ組織が推進し、航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにし地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するHAARP の反射盤としても使われる。現代社会の癌の増加はケムトレイルのアスベストの為ではないのか。日本国民はケムトレイル対して反旗を上げる時。



熊本の地震について  2016/4/16, Sat 19:31

2011年の3月11日の東日本大震災から5年の歳月が流れた、日本のオンリーワンの一人勝ちの経済も東日本大震災を機会に後退した。世界一綺麗と言う日本の環境ブランドも放射能汚染と言う風評被害で損害を被った。日本産は安全と言う神話も消え去った。福島第1原発から近い東京から被曝を怖れて、外国の大使館が西日本に次々に逃げた。多くの人が放射能の被曝死を怖れて西日本に逃げた。大半が最も安全な九州に逃げた。だが しかし その九州にも原子力発電所は存在する。南には鹿児島の川内原発。北には佐賀県の玄海原発。東には海 隣りの愛媛県の伊方原子力発電所。が有る。福島第1原発から逃げたつもりが、九州は原発に囲まれていた。原発3点の中央に活火山の阿蘇山が鎮座している。その阿蘇山の下には日本の背骨。中央構造線フォッサマグナが通っている。その背骨は熊本の天草から伸びて四国を横断し黒部ダムを通過し富士山を抜けて関東平野を南北に横断する。日本の経絡(けいらく)である。日本は神話の時代。その龍の経絡が大海から浮上して大きな島国が誕生した。そのフォッサマグナ中央構造線が崩壊されると日本は沈下する。イルミナティの親玉、第六天の魔王キメラは日本を人質に取った。残りの最後の武器がトンネル爆弾トリノである。それが不発に終わった。もうキメラには武器は無い。空の天井からHAARP で地下からはトンネル爆弾トリノで中央構造線フォッサマグナの崩壊して日本を神話の時代の様に、大海に戻そうとしていたが、キマイラは失敗した。日本のプレートを崩壊されなかった。キメラの最後の抵抗は失敗に終わった。フォッサマグナはHAARP の連続攻撃に持ちこたえた。トリノ地下爆発は失敗に終わった。もうキメラの持ち駒は無い。熊本の地震も終結に向かうであろう。



現代社会の末期、脱税天国、タックス・ヘイブン  2016/4/12, Tue 22:41

脱税天国、タックス・ヘイブン(納税のがれの租税回避地)。今、世界をゆるがしている「パナマ文書」とはパナマの法律事務所モサック・フォンセカによって作成された1000万件を超える租税回避に関する機密文書が流失した、史上最大のデジタルリークである。日本に関しては400の人や企業の情報が含まれる。先日あるリース企業の経営者はパナマ文書に社名が出た事に関して質問を受けたら、大手は皆している事である、私の所が租税回避して何故悪いと開きなおった。このニュースに接して日本の大手企業の闇は深いと思った。何が悪いかと言うと、道義的に脱税が悪いのです。あの野村監督の奥さん野村沙知代女史は所得隠しをして、法人税と所得税の脱税で逮捕、拘留されている。 裁判では懲役2年・執行猶予4年、罰金総計5300万円の有罪判決を受けた。大企業の所得隠しは違法で株式企業の法人として道義的に問題がある。現代日本人の基本として、国民の三大義務がある。教育の義務、勤労の義務、納税の義務である。税収が無ければ国家は維持出来ない。国会議員の山中貞則は消費税の法案を通す時、税は国家なり と叫んで国民の理解を得た。国民は消費税を3%、5%、8%と 値上げをしぶしぶのんだ。 挙げ句の果てはタバコの天井 知らずの値上げ それもこれも 国家の大赤字の連呼に納得させられた。国の借金は1,053兆円で一人当り830万円の借金とマスコミで連呼された。それ故に、消費税10%もタバコの度重なる値上げも、黙認した。そんな時に天の計らいで現代の闇が暴かれた。手始めがパナマ文書である。パナマ文書に載っている日本企業は電通やソニー、トヨタなど20社以上、税逃れの金額は55兆円。この金額はパナマ分の一年間の金額。世界各地のタックスヘイブンの金額を合計すると最低でも3,000兆円とも言われている。国の借金1,053兆円を上回る。 天網恢々疎(てんもうかいかい そ)にして漏(も)らさず。意味は天の網の目は荒いが行き過ぎた悪行は見逃さない。そして悪知恵でリストラの やり放題で、時代に挑戦しない冬ごもりの無責任の日本の大企業の「年貢の納め時」がやって来た。日本企業は時代に挑戦せず企業の減量化に精を出し、リストラに励み従業員を正社員から契約社員に切り替えし大企業の内部留保資産は莫大になった。大企業は技術開発より脱税のタックスヘイブンに精を出した。ついに大企業の悪行がパナマ文書で暴かれた。そして日本共産党によると 内部資産の日本の大企業の内部留保が安倍晋三政権下で27兆円増えて過去最高を更新し、300兆円の大台に迫っているとの事である。5月になるとタックスヘイブンの火消しに躍起になっているテレビの元締め電通を追いやる様に、日本企業の詳しい部分が公表されるであろう。今、アメリカ大統領選でバーニー・サンダース上院議員の追い上げが注目を浴びている。 アメリカ社会の格差拡大、インフラストラクチャの劣化、不当な選挙資金調達システム、不正な八百長経済などなど、格差社会に外科手術のメスを入れる為に、格差是正へのタイムリーの発言をしている。経営者が従業員の5000倍の給与を取るのは おかしいと発言している。これはごく当然の発言である。アメリカンドリームは終わった。格差拡大の為にアメリカはホームレスとフードスタンプ受給者が国民の過半数をオーバーした。 (『知ったら戦慄する 嘘だらけ世界経済』 ベンジャミン・フルフォード、板垣英憲、ヒカルランド)アメリカでは {週に30時間以上働いている人たちは労働人口の44%、要するに56%の失業率が本当なんです。政府が5.6%と言っているけど、56%が事実です。}アメリカの経営者はモラルを捨てた。我が身の強欲の為に従業員を過度にリストラしホームレスを増産し、路頭に迷よわせている。我が日本においては日産ゴーン社長の年収は10億円。ユニクロ柳井社長の年収は役員報酬の3億円。ソフトバンク孫社長の役員報酬は95億円。上場企業は過度のリストラを敢行し正社員を少なくして契約社員に移行している。契約社員の平均年収は100万円〜287万円。日本の大手企業の社長は社員の1,000倍以上の給与を貰っている。社員を契約社員として苦しめて その不幸の上に我が幸福を築いている。まるで 砂上の楼閣(さじょうのろうかく)である。オバマ大統領はパナマのタックスヘイブンについて堪忍袋が切れて興味ある発言をしている。「雇用を海外に輸出している企業を優遇することを やめようではないか」(ビジネスインサイダー誌)  グローバル企業の道義的責任の 無さ は新たな植民地主義。契約社員と言う名の新奴隷制度と言って良い。これは人間として道義的に問題がある。この格差拡大の異常さは地球だけを見るから異常に気がつかない。共同社会的な宇宙文明において、富は配分されるのが一般的である。全宇宙において、ギリギリの生活を維持させる低給料の奴隷制度が存在するのは、今ではこの太陽系の地球と火星のみと言われている。この地球の経済は悪魔信仰のグローバル企業体の親玉イルミナティが のさばっていた。彼らは知識を肉食のドラコニアン・レプティリアンに仰いでいた。同胞を差し出して知識を得ていた、商品を低価格で作らして並み居るライバル社をなぎ倒して来た。その為に世界各地でホームレスが増産した。日本の家電が敗退したのはその為である。彼等には道義的信条は無い。全世界にホームレスが増えたので、グローバル企業が低価格で商品を作っても低所得者は物を買えなくなった。つまり100円ショップにも行けない人が世界中に増えてしまった。それなのに大企業の経営者は 王侯貴族よりもひどい富の独占をしている。王は民の事を考えるから民から王様と尊敬される。首切り経営者は誰からも尊敬されず、天から見棄てられて早死にするであろう。又は死ぬに死ねない苦痛の人生を歩むであろう。又は脱税で刑務所に入るかも知れない。イルミナティはフッ素で大衆をコントロールしている。最後にフッ素について説明したい。フッ素を人類史上、始めて水道水に導入したのは第二次世界大戦中、ドイツのナチスでした。それは強制収容所からユダヤ人が脱走しないようにフッ素入りの水を飲ませて、その意思をくじいてしまうことが目的でした。フッ素を摂取すると やる気の気力が無くなってしまう。フッ素は毒でネズミを殺す殺鼠剤(さっそざい)の主原料として良く用いられています。日本の歯磨きにはエチケット以外は皆フッ素入りの歯磨きです。日本国民はフッ素入りの歯磨きでコントロールされています。だからパナマ文書の情報でも騒がない。茹でにのカエルになってしまった。カエルは低温水に入れて少しずつ温度を上げて行くとあまりの気持ち良さに我が身が煮えるまで飛び出して行かず死んでしまう。今、全宇宙から地球解放に宇宙の友人達が地球に介入した。地球が闇の勢力から解放されるのはもう少しである。地球の民が闇の勢力に反旗を上げると宇宙の友人達は直ぐに地球解放に介入する。朝明けは近い。今、イルミナティに対して反旗の声を上げる時。朝明けはもうすぐ。夜は開ける。



古代ビルダー人の宝海梵志  2016/4/2, Sat 17:19

古代ビルダー人種の宝海梵志(ほうかいぼんじ)について考えてみたい。インナー・アース評議会によると、地球人の先祖、成劫(じょうこう)の人間、 ビルダー人(ガーディアン達)はある時期に地球から去ったと言われ。意識の変容(アセンション)後に 地球の地殻の空洞に退去した、一番古いメンバーは17,000万年前との事。ここで太陽系のおさらいをしたい。銀河の腕の中程でガスの渦巻きが起こる。仏法では(風輪)と言う。圧縮されて太陽が生まれ化学変化が発生し幾多の元素が生まれ水が発生する。(水輪) 元素の結合で惑星が誕生する。(金輪) 太陽系に3種類の惑星が揃う。地球型惑星(固体惑星) 木星型惑星(巨大ガス惑星) 天王星惑星(巨大氷惑星)に変化する、地球の様な固体惑星は公転、自転の遠心力によって地殻下のマグマは外向きの力によって地核は蜂の巣状態の空洞になり、地核の中心部は重力の反転で冷やされるそうである。地球の金輪際(こんりんざい)にある、アガルタのインナー・アース評議会のアガルタ人よると、太陽系は50万年前に起こった太陽系大争乱の時 、太陽系の第5惑星の小惑星帯にあった、スーパー・アース(マルデク)は権力闘争の宇宙規模の内乱(スターウォーズ)で自己崩壊してしまった。・・・ちょうど その時期に 仏法の宇宙観、成住壊空の地球の一生の初めの成劫(じょうこう)期の成劫人の古代ビルダー人は御前会議を行っていた。このサン ダイ ラン国の大王はム ジョウ ネンと言う。大王は大臣の太陽系の争乱の状況説明の報告を受けていた。*「私達の地球からも移住して行った人々の子孫も、すっかり現地惑星に順応して、数万年に成ります、他者奉仕を忘れた為に 闇(ネガティブ)の衝動に負けて、非法の闇の存在(悪魔)を信じる様になり。飽くなき欲望の虜(とりこ)になり、心のポタールが開き、悪魔のサマエルや堕天使のルシファー(魔)とリンクするように成りました。それが故に好戦的で支配欲が強く、好色で強欲です。この太陽系の民は殆どサマエルやルシファーの配下に成り下がりました。それ故に上下万人はエンドレスの支配欲に酔い、太陽系の支配権を取らんと 互いにいがみ合う大争乱です。このままだと この太陽系は大銀河の管理者(神仏)から天変地異と言う浄化の裁きを受けるでしょう。」宝海梵志は続けて地球の現状を述べた。「今、地球に各惑星の避難民が押し寄せて来ています。各地方に避難民キャンプを設置しています。増え続ける難民によって、このままだと我が国民がマイノリティーに為ってしまいます。いかが致しましょうか。大王。」無諍念王(むじょうねんおう) はカン ノンに避難民の状況を聞いた。カン ノンは答えた。「末端の地方では、避難民が地球人の美貌に惚れ込んで、恋に落ち入ったりしています。中には中学生や小学校の高学年児にまで手を出す始末です。親御さんの心配は、はなはだしいかぎりです。避難民が永住権を得(え)んが為に進んで我が民と婚姻関係を結んでいます。あと数年もすると、我がサン ダイ ラン国に於(お)いて混血化がはっきりと表れるでしょう。各地方に於いて純血を維持するのは難しいです。我が国民と恋を するな とは言えません。相手は庇護(ひご)を求める避難民ですから 拒否は出来ません。」大王は考えた、数年後 避難民のネガティブ側が大多数のマジョリティに成り、ポジティブ側の我が国民が少数派のマイノリティーに逆転してしまう。我が国民も彼等に影響されて、非法の悪魔信仰に陥る 輩(やから)が出るかも知れない。非法を行(ぎょう)ずると 必ず自己崩壊に陥(おちい)る。これは種の保存が緊急課題になった。そしてフケンに問うた。" フケン、一時避難するか。" フケンは答えた。「私は成劫人の血筋を護る為には、二つの選択があります。この地球の金輪際(こんりんざい)の下に広がる虚空に住民を避難させましょう。重力のホールにプラズマ太陽を作りましょう。そして私達マスターは銀河の中心のセントラル・サンに退去して、そこから、銀河の人々を導きましょう。私は撤退を進言致します。」大王はセイシとモンジュに聞いた。モンジュは答えた。「私達が時たま地球を訪れて、善根ある地球人にチャネリングで囁(ささや)きます。」大王は断腸の思いで、こう訊ねた、" では誰が混血化された この地球人を守ってゆくのか。" 大臣の宝海梵志は手を挙げて立ち上がり、私が この 地球を受けて持ちます と声を上げた。* 「間もなくマルデクは爆破され、人工惑星の月達がマルデクの爆風に乗ってやって来ます。私の神通之力(じんつうしりき)でマルデクからの衝撃波を受け止めます。一日の猶予も有りません。城内の国民だけでも、地底のアガルタにポタールで瞬間移動させてください。大臣達は銀河の中心の源(ソース)の元に退去してください。」城内の国民は全員、金輪際に送られた。大王と大臣達は銀河の中心に旅立った。宝海梵志は小舟で海に出た。イルカがジャンプで迎えた。帆は風を受け止め大きく膨らんだ。波は白波が立った。外洋に出て帆を畳(たた)んだ。太陽に祈願した 光と闇は一体不二。光が消えるから闇は発生する。人間の心の闇に光が灯せば闇は無くなり光に変わる。如来がこの世に現れれば衆生も道に迷わなかったのに。私は衆生を導く如来に成る。太陽神をこの地球に転生させる。・・・と太陽と会話をした。太陽はまわりを紅く染めて西に沈んだ。*自問は続く、夜に太陽の子分が現れて闇を照らせば我欲の虜(とりこ)になる人も少なく成る のに 。私は地球の夜を照らす小太陽に成りたい。そうだ、この地球には鏡の様な月が必要である。私は衆生の闇を照らしたい。・・・外洋は夜半の暗闇である。すると隕石のバーストが起こった。暗闇は第5惑星マルデクの大爆発で輝いていた。夜の海は朝焼けの様な明るさが一杯に広がった。宝海梵志は突入して来る隕石に向かって立ち上がった。両手を広げて言った。" 我、一切衆生を救わん。一切衆生の闇を照らす光明にならん(成る)。"
宝海梵志は隕石の爆破で消えた。 海風に乗って宝海梵志の髪の毛一本がゆらゆらと空へ上がって行った。その後、月は地球にやって来て ちょうど良い距離に収まった。その為に地球から太陽と月を見ると左右の眼の様に同じ大きさに見える。金環日食は同じ大きさだから 綺麗に見える。地球と月の距離のシンクロニシティ(意味の有る偶然の一致)は宝海梵志の気迫の魂魄(こんぱく) の為であろう。参考文献 日蓮大聖人御書
松野殿御消息(宝海梵志事)
 {昔乃往(むかし)過去の古(いにしえ)、珊提嵐(さんだいらん)国と申す国あり。彼(か)の国に大王あり、無諍念王(むじょうねんおう)と申しき。彼(か)の王に千の王子あり。又彼の王の第一の大臣を宝海梵志(ほうかいぼんじ)と申す。彼の梵志に子あり、法蔵と申す。彼の無諍念王の千の太子は穢土(えど)を捨てて浄土を取り給ふ。其(そ)の故は此の娑婆(しゃば)世界は何(いか)なる所と申せば、十方の国土に父母を殺し、正法を誹謗(ひぼう)し、聖人を殺せる者、彼の国国より此の娑婆世界へ追い入れられて候。例せば此の日本国の人 大科(たいか)有る者の獄に入れらるるが如し。我が力に叶はざれば哀愍(あいみん)せずして捨て給ふ。宝海梵志一人請(う)け取りて、娑婆世界の人の師と成り給ふ。宝海梵志の願に云く 「我未来世の穢悪土(えあくど)の中に当(まさ)に作仏することを得べし。即ち十方浄土より擯出(ひんずい)せる衆生を集めて我れ当(まさ)に之れを度すべし」 *(擯出 =人をしりぞけること) と誓ひ給ひき。無諍念王と申すは阿弥陀仏なり。其の千の太子は今の観音(かんのん)・勢至(せいし)・普賢(ふげん)・文殊(もんじゅ)等なり。其の宝海梵志と申すは今の釈迦如来なり。此の娑婆世界の一切衆生は十方の諸仏に抜き捨てられしを、釈迦一人計りして扶(たす)けさせ給うを唯我一人(ゆいがいちにん)と申すなり。} 真言諸宗違目 {首楞厳(しゅしょうごん)経に云(い)はく「修羅(しゅら)王有って世界を執持(しゆうじ)して能(よ)く梵王及び天の帝釈四天と権を諍(あらそ)ふ。此の阿修羅(あしゅら)は変化(へんげ)に因(よ)って有り、天趣(てんしゅ)の所摂(しょしょう)なり」等云云。能く大梵天王・帝釈・四天と戦ふ大阿修羅王有り。



蟻の恩返し  2016/3/30, Wed 13:52

蟻の恩返し。因果応報は宇宙の一般常識、ある人はブーメラン効果と言う。ある寺で青少年僧が 徳の有る僧侶と仏道修行に励んでいた。いかようにしたら、一切衆生を苦難の娑婆(しゃば)世界から脱出させるか、それは魚の海中の獲物を求めて我より小を捕ろうと励み、我より大きい者からは逃去る。エンドレスの苦しみ境涯(きょうがい)の娑婆国土から、天上の仏国土(ポジティブな宇宙人世界)をこの世に実現化させるかと励む、仏との共振に、励んでいた。御師匠(おししょう)さんは無心に修行したので阿羅漢(あらかん)に達していた。ある日の事、御師匠さんは青少年僧の薩南駝(サナンダ)を仏間に呼んで告げた。「薩南駝、あなたはマントラ(題目)の修行が進んだので、顔に実相(じっそう)が現れ始めた、過去世の因縁(いんねん)・宿業の深さの為か、貴方の寿命は後1週間で燃え尽きてしまう。私がそなたの臨終の時、マントラ(題目)をマンダラ(本尊)に唱えて、魂魄(こんぱく)を霊山浄土(じょうぜんじょうど)・宇宙の源(ソース)に送り届けるので安心しなさい。その日まで、1週間の余裕が有るから最後の親孝行として、残り少ない日々を親と過ごして来なさい。そして1週間後にはお寺にきちっと戻って来る様にと告げた。」薩南駝は明日の里帰りへの身支度(みじたく)を整(ととの)えながら、涙は止まる事はなかった。" 私は我が一族一門の菩提(ぼだい)・生老病死の四苦を解脱する為に、仏門に入った。両親の菩提を弔(とむ)うのを 私の第一の使命と思っていたのに、両親より先に逝(ゆ)くとは、あまりにも情けない。" 夕飯の後、マントラの勤行・観念観法(かんねんかんぼう)の瞑想の日課を済まして寝床に入ったが、一生涯が走馬灯(そうまとう)の様に脳裏に映った。涙が、止め処もなく流れた。諸天善神も薩南駝(サナンダ)の涙に感応(かんのう)してか、昨夜は里山は霧雨(きりさめ)であった。水たまりを避けながら 急ぎ足で歩いていると蟻の一群に遭遇した、踏まないように目をフォーカスすると蟻の一匹が坂道の雨水の流れに捕まっている。" あっ、この蟻は雨水の流れに乗って川に流されてしまう。流れ行く先の川での溺れ死にが待っている。この蟻も数分後に死んでしまう。この蟻と私は死に逝く者として同類。シンクロニシティすると思った。この蟻を助けたいと衝動に駆られた。" 蟻の貴方と私は死に逝く者として同類、私は貴方を助けてあげよう。" と言って、すぐ行動した。涙目が乾かない腫れぼったい目で土砂を探した。急ぎ足で水の流れの下に行き、水の流れをせき止める為に土砂を爪でかき集めて、水の流れをせき止めた。そして爪で蟻を すくい上げを して水から脱出させた。蟻はリゲイン(回復)して茂みの中へと歩みを進めた。薩南駝は感じた、蟻にも感情の心は有るものだと、" ありがとう、助けてくれて、感謝します。" 振り返りながら去る蟻をみて、そう感じ直感した。この小さな蟻も過去世に善根(ぜんこん)を積んだので生を楽しむ為に蟻として生まれたのであろう、小さな蟻にも心は有る物だと感心した。そしたら、心は晴れた。小さな蟻一匹を助けた だけで大きな善い事をした様な感じを受けた。心は晴れ晴れになった。悲しみは消えていた。村に入り、我が家に帰った。突然の帰宅に両親はびっくりしていた。立派な僧侶に成るまでは、家には帰って来ない ものだと思っていたのに、わずか4〜5年で帰って来るとは不安に思ったのだが、我が子に会えて嬉しくなったので喜んでいた。薩南駝は両親に事情を説明した。自分の命は後6日で尽きる事、残された数日を両親と過ごし、親に尽くしなさいと御師匠さん言われた事を たんたんと両親に伝えた。父親は黙って聞いていたが、母親は泣き崩れた。号泣(ごうきゅう)して言うには、「何故に貴方が私達より先に逝くのか、我が子との死別ほど哀しいものは無い。もし、それが運命としても、貴方は仏門に入り、山寺に入った、御師匠さんは貴方を助けなかったのか。仏さま、薩南駝を助けてください。」と泣き叫んだ。薩南駝はなだめた。" お母さん悲しまないでください。お母さんが泣くと、私も又 悲しくなります。私はやっとの事で悲しみから脱っして、心は今 晴れ晴れとしています。それは小さな生き物を死から助けた だからです。溺れゆく蟻を助けたから、心は悲しみから脱して晴れ晴れと成りました。今の私は晴れ晴れしい気持ちです、お母さんが悲しむと私も又、昨夜の様に悲しみに泣き崩れてしまいます。お母さん もう哀しまないでください。" 父親が母親をなだめた。残り少ない日々を親の手伝いをしながら貴重な日々を過ごした。そして御師匠さんとの約束の日が来たので、両親に短い挨拶をして 山寺に帰った。御師匠さん ただいま村から戻りました。御師匠さんの お陰で充実した日々を両親と過ごしました、心尽くしのご配慮(はいりょ)ありがとうございました。" と帰山の挨拶をした。御師匠さんは薩南駝の生気溢れる高揚とした表情にびっくりした。なんと死相が薩南駝の顔から消えていた。御師匠さんは薩南駝のアカシックレコードをサーチして 問うた。。「薩南駝、人助けをしたのか、そなたの顔から死相が消えている。そのいきさつを話して見なさい。」薩南駝はあの蟻が原因かと思った。" ハイ 私は溺れゆく蟻を助けました。小さな生き物にも少しの善根・徳を持っています、その徳の故に小さき命として生まれて来ました。その蟻も徳を積んで来世は大きな生き物になるでしょう。私は悲しくて下を向いて歩いたら雨水に流される蟻に気付きその蟻を助けました。そしたら悲しみ心は晴れ晴れに成りました。"  御師匠さんはアカシックから薩南駝の道で蟻を助ける為に我が身を下して水の流れをせき止める情景を仏眼で見た。御師匠さんは薩南駝に告げた。「 死相は消えた。寿命は延びた。今後は村と両親を救い上げる為に功徳を積み、そして施して行きなさい、力あらば一切衆生を救済すると決意しなさい。」と激励した。2016年3月30日 池城貞志。この実話の説話を短編にしました。出典は仏典よりの引用です。



蜘蛛の糸、現代語訳  2016/3/26, Sat 10:32

蜘蛛の糸 現代語訳。一 天国・極楽の ある日の事でございます。お釈迦様は極楽の蓮池の縁を、お一人で でぶらぶらと散策して いらしゃいました。池の中に咲いている、蓮は白蓮華(びゃくれんげ)で、みんな玉(ぎょく)の様に真っ白で光輝いています。その花の真ん中の金色の芯の台からは、何とも言えない とても良い香りが満ちあふれ、絶え間なく あたりを香気を漂わせています。天国・極楽はちょうど今早朝でございましょう。そのうちお釈迦様は池の縁にお休みになってたたずみなさった。水面の おもてをおおっている蓮の葉の すき間から、ふと下界の様子を覗きご覧になりました。この天上の極楽の蓮池の下方は、丁度 地獄の奈落の底に当たります、水晶の様な透明の水を透(す)き通して、 三途の川や地獄の針の山の景色が、丁度 望遠鏡を見る様にズームアップで天眼通が見えるのでございます。するとその地獄の底に、 カン陀多(だた)と云う男が一人が他の罪人と一緒にうごめいている姿が、御眼に止まりました。このカン陀多と云う男は、殺人、放火、強盗、盗人をして、悪事を日課にしていた悪人でした。それでも たった一つだけ善い事をした事が有ります。と申しますのは、ある時この男がひとりで深い林の中を通りますと、小さな蜘蛛が一匹、路ばたを這って行くのが見えました。そこでカン陀多は勇み足で近づき足を挙げて、踏み殺そうとしましたが、「いや、いや、この小さき物にも命のあるものに違いない。その命を むやみやたらに取るとは、いくら何でも無慈悲で可哀そうだ。」と、こう急に思いとどまり、とうとうその蜘蛛を踏み殺さずに助けてやった事が有ります。お釈迦様は地獄の様子をホーカスして御覧になりながら、このカン陀多には蜘蛛を助けた事があるのをアカシックレコードから読み取り思い出しました。そうして 善い事をしているので その報いを差し上げようと思いたちました。善果として、その男の眷属(けんぞく)・仲間を地獄から救い上げようとお考えになりました。幸い、側を見ますと、翡翠(ひすい)のような色をした蓮の葉の上に、極楽の蜘蛛が一匹、美しい銀色の糸の蜘蛛の網をかけて居ります。お釈迦様はその粘りけの有る、蜘蛛の糸をそっと御手に御取りになって、玉(ぎょく)のような白蓮華の間から、神通力で、遥か下にある地獄の底へ、まっすぐにそれを下ろしになさいました。 こちらは地獄の底の血の池で、ほかの罪人と一緒に、鬼の金棒に責められて浮いたり沈んだりしていました。カン陀多でございます、地獄には太陽が無いので真っ暗です、たまにその暗闇からぼんやり浮き上っている物があると思いますと、それは溶岩や恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったら悲しい物です。地獄の責めが一休止すると、あたりは墓園のようにしんと静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ罪人がつく微かな溜め息ばかりでございます。これはここへ落ちて来る罪重き人間は、もうさまざまな地獄の鬼の責めに裁断されて疲れはてて、泣声を出す気力さえ無くなっているのでございましょう。ですから さすが大泥棒のカン陀多も、やはり血の池の血に むせびながら、何度もリーピートされる責めに、まるで死にかかった蛙の様に ただもがいてばかり居りました。 ところがある時の事でございます。清風が吹き、香風が漂ったので、カン陀多が頭を挙げて、血の池の空を眺めますと、闇空が開き、そのひっそりとした暗闇の中を、遠い遠い天上から、銀色の蜘蛛の糸が、まるで人目にかかるのを恐れるように、一すじ細く光りながら、するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか。カン陀多はこれを見ると、思わず手を拍うって喜びました。これは天の救い、蜘蛛を助けたお礼。この粘りケの有る糸にすがりついて、どこまでものぼって行けば、きっと地獄から脱け出せる相違ございません。いや、うまく行くと、極楽へ入る事さえも出来ましょう。そうすれば、もう二度と針の山へ追い上げられる事もな無くなり、血の池に沈められる事もある筈はございません。これは救いだと、こう思いましたから、カン陀多(だた)は、早速その蜘蛛の糸を両手でしっかりとつかみながら、一生懸命に薄明かりの上へ上へと糸をたぐりのぼり始めました。元より大泥棒の事でございますから、こう云う事には昔から、慣れ切っているのでございます。粘りの有る蜘蛛の糸だから滑り落ちません。しかし地獄と極楽との間は、何万里となくございますから、いくら焦って見た所で、容易に上へは出られません。ややしばらくのぼる中うちに、興奮も醒め とうとうカン陀多もくたびれて、眠気に成り もう一たぐりも上の方へはのぼれなくなってしまいました。そこで仕方がございませんから、先ずは一休みするつもりで、粘りの有る糸の中途にぶら下りながら、遥かに目の下を見ました。
 すると、一生懸命にのぼった来た甲斐があって、さっきまで自分がいた血の池は、今では真っ暗の底にいつの間に隠れていました。それから地獄の溶岩にぼんやり光っている恐ろしき針の剣山も、足より下になっていました。この調子で登っ行けば、苦痛の連続の地獄から抜け出るのは 以外とわけがないかもしれません。カン陀多は両手両足を蜘蛛の糸にからませながら、ここへ来てから何百年にも出した事のない声で、「しめた。しめた。」と微笑みました。ところが黒い動きに、ふと気がつきました。蜘蛛の糸の下の方には、数万の数えきれない元罪悪人達が、自分の登った後を追っかけて、まるで蟻の行列の様に、無我夢中によじ登って来るのでは ありませんか。カン陀多はこれを見ると、この蜘蛛の糸は 重さに耐えきれず切れると思った。自分は蜘蛛を助けたから登れた。君達は何を助けたのかと怒った。驚きと恐ろしさで、しばらくは馬鹿の様に口を開けたまま、目の焦点が収まらなかった。自分一人だけでも断ち切れそうな、この微細な蜘蛛の糸が、どうして、あの様な罪重き衆生の重きに耐える事が出来ましょうか。*もし万が一途中でも断ち切れたならば折角ここまで登って来た肝腎かなめの自分までもが、元の地獄に逆落としに落ちてしまい かねません。そんな事があったら、もう大変でございます。が、そう思う中にも、罪人たちは次々と何千何万となく、真っ暗な血の池の底から、うようよと這い上がりながら、細く光っている蜘蛛の糸を、一列になりながら、せっせせっせとのぼって参ります。今の中にどうかしなければ、糸は真ん中から二つに切れて、落ちてしまうのに違いありません。
そこでカン陀多は大声を出して、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は俺の物だぞ。お前たちは一体誰に聞いて、登って来た。下りろ。下りろ。」と喚き散らしました。その途端でございます。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急にカン陀多のぶら下っている所から、ぷつりと音を立てて切れました。ですからカン陀多もたまりません。あっと云う間にピューと風を切って、コマの様にくる くると回りながら、見る見る内に奈落の底へ、真っ逆さまに落ちてしまいました。
 後にはただ極楽の蜘蛛の糸が、きらきらと細く光りながら、月も星もない空の途中に、短く垂れているばかりでございます。 三 お釈迦様は宇宙の極楽の蓮池の縁に立って、この一部始終を涙目でじっと見つめていらしゃいましたが、やがてカン陀多が血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうな御顔をなさりながら、またぶらぶら御歩きになり始めました。反省とザンゲがあれば浮上すると呟きました。自分ばかり地獄から脱け出そうとする、カン陀多の無慈悲な心が、そうしてその心 相応な罰をうけて、元の地獄へ落ちてしまったのが、お釈迦様の御目から見ると、浅間しくおぼされたのでございましょう。
 しかし宇宙の極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には とんじゃく致しません。その玉(ぎょく)のような白い花は、お釈迦様の御足(おみあし)のまわりに、ゆらゆらと花房を動かして、その真ん中にある金色の芯からは、何とも云えない好よい香りが、絶え間なく辺りを満ちあふれています。極楽も真昼の正午になったのでございましょう。
2016年3月26日 池城貞志。



水心あらば魚心。諸天は心に応じる  2016/3/19, Sat 19:13

水心あらば魚心。互いに共振しあう。ポジティブ側の反撃が始まった。今、アメリカ大統領選での共和党ドナルド・トランプ候補の斬り込みで闇の勢力、イルミナティのアクションが暴露されつつある。9.11のニューヨーク世界貿易センター・ツインタワーでは闇の勢力は超能力の予知を利用して、テロ組織の旅客機突入テロに便乗してカタストロフィを演出した。使った爆薬は準戦略核爆弾と言われている。ファィアーマンは鉄骨の溶解は爆薬による物と意見を述べた。この様な戦略核爆弾は東日本大震災の時、福島第一原発の津波攻撃や原発四号機爆破に使用されたと言われている。四号機棟は劣化ウラン弾の工場だった、証拠隠滅で遠隔爆破。犯人は原発セキリティの保安会社と。ネットで暴露された。地球の人口が72億に急増したので、ネガティブ勢力のイルミナティはあらゆる手段を良心の呵責なく、繰り出して来る。普通の日本人の感覚では考えられない。何故イルミナティは人間の心を失なってしまったのであろうか。根が武器商人で麻薬取引のフィクサーで、国際金融資本の高利貸しだからであろうか。
強欲の為に人間の心が失なわられ、人間を獲物にしか見えないのではないか。実話で、イルミナティが南米で水道事業を国から買い取った時、天の雨の天水の水タンクにも水道代として料金を徴収しようとして、ひんしゅくをかった。天水の使用代を貧民層から取ろうとした。反対が起きるとイルミナティは天の領域まで、私達の管理下と開き直ったので。大衆は一大デモを起こし蜂起した。我日本でも政府は水道事業の民営化を進めようとしている。手始めに大阪市が水道事業を民間に払い下げしようとしている。民営化されたら水道水にフッ素が投入され国民は無抵抗のおとなしい家畜にされてしまう。天の雨は誰の物か。雨は草木にとって命の源である。生物にとって雨水が無ければ ひからびてしまう。雨水は神仏の生物へのプレゼントである。雨水は好き嫌いを超越して平等に雨を降らす。地球が宇宙の中で誕生した時、生命体としての地球の心の部分(報)が天(そら)になり。地球の肉体の部分(応)が生物を発生させ、地球の魂の部分(法)が自然現象の神々に昇天した。神々にも心が有り好き嫌いが有る。神々にも悪神・善神が存在する。悪神の代表的な者に第六天魔王がいる。イルミナティが崇拝する生神は肉食のドラコニアンである。彼は慈悲心うすきの故に人肉を食らう。ドラコは恐竜から進化した存在。宇宙の中では進化の過程で手足の自由がきく、二足歩行の五体に進化する。生物の必需品、水について考えてみたい。●「水は垢穢(くえ)を浄(きよむ)る、」汚れを落とし、洗濯する。●「水は方円の器に従う」水はニュートラルだからあらゆる器に収まる。●「水は高い所から低い所に流れ、大海に流入して、太陽に照らされて水蒸気に成り、天に帰る。」人間に取って良い生き方とは、身をくだして、万物に祈り尽くして、命 終わらば死して天に帰る。●「水の最終地、大海は大船を浮かし、クジラなどの巨大生物を生息させる。」あらゆる人々を生存させ、大きな器であらゆる個性の違いを無視せず、生かしきる、大乗の心を持つ。 水心あらば魚心。「魚に水を親しむ心があれば、水もそれに応じる心がある。」・「水に棲む魚がその水に好意を持てば、水もその魚に好意を持つ。」魚は水が腐らない様に常に水をかくはんさせている。悪心が世にはびこるならば悪王が地球を支配し、もし、善心が芽生えるならば、宇宙から善神が現れて、善人を守る。今、地球で大多数の人間が0.1%の強欲の理不尽に気がつき始めた、地球にも2万6千年の周期がまわって来たのでこれから1万3千年はユニティの時代に入っていく。銀河の中心から光エネルギーが流入したので地球の闇は吹き飛ばされ、気づきの時代がやって来た。今後 悪の帝王 ドラコニアンは排除され、梵天・帝釈天の支配する地球に突入した。  無量義経説法品第二に {「善男子、法は譬(たと)えば水の能(よ)く垢穢(くえ)を洗うが如(ごと)し。若(も)しは井(しょう)、若(も)しは池(ち)、若しは江(こう)、若しは河(が)、渓(けい)、渠(こ)、大海、皆 悉(ことごと)く能(よ)く諸有(しょう)の垢穢(くえ)を洗う。 其(そ)の法水も亦復是(またまたかく)の如し、能く衆生の諸(もろもろ)の煩悩の垢(あか)を洗う。善男子(ぜんなんし)、水の性(しょう)は是(こ)れ一なれども、江、河、井、池、渓、渠(こ)、大海、各各(かっかく)別異(べつい)なり。其(そ)れ法性(ほつしょう)も、亦復是(またまたかく)の如(ごと)し。塵労(じんろう)を洗除(せんじょ)すること、等(ひと)しくして差別 無けれども、三法、四果、二道不一なり。* (三法 煖法・頂法・世間第一法) 善男子、水は?(とも)に洗(あら)うと雖(いえど)も、而(しか)も井は池に非(あら)ず、池は江河(こうが)に非ず、渓渠(けいこ)は海に非ず。如来(にょらい)世雄(せおう)の法に於(おい)て自在なるが如く、所説の諸法(しょほう)も、亦復是(またまたかく)の如し。初・中・後の説、皆  能(よ)く衆生の煩悩を洗除(せんじょ)すれども、而(しか)も初(しょ)は中に非ず、而(しか)も中は後に非ず。初・中・後の説、文辞(もんじ)一なりと雖(いえど)も而も義各異(ぎかくい)なり。善男子、我樹王を起って、波羅奈(はらない)・鹿野園(ろくやおん)の中に詣(いた)って、阿若拘隣(あにゃくりん)等の五人の為に、四諦(したい)の法輪(ほうりん)を転ぜし時も、亦(また)諸法は本来 空寂(くうじゃく)なり、代謝(だいしゃ)して住せず、念念に生滅すと説き、中間(なかごろ)此及以(ここおょび)、処処に於て、諸の比丘(びく)ならびに衆(もろもろ)の菩薩の為に、十二因縁、六波羅密(はらみつ)を辯演(べんねん)し演説し、亦(また)諸法は本来空寂なり、代謝(だいしゃ)して住せず、念念に生滅すと説き、今復(いままた)此に於て、大乗(だいじょう)無量義經(むりょうぎきょう)を演説するに、亦(また)諸法は空寂なり、代謝して住せず、念念に生滅すと説く。善男子、是(こ)の故に初説・中説・後説、文辞(もんじ)是れ一なれども、而(しか)も義 別異なるが故に、衆生の解異(げい)なり。解異なるが故に、得法、得果、得道  亦(また)異なり。善男子、初め四諦(したい)を説いて、声聞(しょうもん)を求める人の為にせしかども、而(しか)も八億の諸天(しょてん)、来下(らいげ)して法を聴(き)いて、菩提(ぼだい)心を發(おこ)し、中(なかご)ろ処処(しょしょ)に於て、甚深(じんじん)の十二 因縁(いんねん)を演説して、辟支佛(ひゃくしぶつ)を求むる人の為にせしかども、而(しか)も無量の衆生、菩提(ぼだい)心を發(おこ)し、或(あるい)は声聞(しょうもん)に住しき。次に方等(ほうどう)十二部經を演説せしかども、而も百千の比丘(びく)、萬億(まんのく)の人・天、無量の衆生、須陀(しゅだ)おん に住し、斯陀含(しだごん)を得(え)、阿那含(あなごん)を得、阿羅漢果を得、辟支佛(ひゃくしぶつ)因縁の法の中に住することを得。善男子、是の義を以(もつ)ての故に、故に知んぬ。説は同じけれども而(しか)も義は別異なり。義 異なるが故に、衆生の解異なり。解異なるが故に、得法、得果、得道、亦(また)異なり。是の故に善男子、我道を得て初めて起って法を説きしより、今日、大乗無量義經を演説するに至るまで、未だ曾(かつ)て苦 空 無常 無我、非眞(ひしん)非仮(ひけ)、非大 非小、本来 生ぜず、今 亦滅せず、一相 無相、法相 法性(ほつしょう)、不来 不去(ふこ)なり、而(しか)も諸の衆生 四相に遷(うつ)さるると説かざるにあらず。善男子、是の義を以ての故に、一切の諸佛は二言 有ること無く、能く一音(いつとん)を以て、普(あまね)く衆(もろもろ)の声に應(おう)じ、能く一身を以て百千萬億 那由他(なゆた)無量 無数恒河沙(ごうがしゃ)の身を示し、一一の身の中に、又、若干(そこばく)百千萬億 那由他 阿僧祇(あそぎ)恒河沙の形を示す。善男子、是れ則(すなわ)ち諸佛の不可思議 甚深の境界(きょうがい)なり。二乗の知る所に非(あら)ず、亦(また)十住の菩薩の及ぶ所に非ず、唯(ただ)佛と佛のみ乃(いま)し能(よ)く究了(くりょう)したまえり。}もし、今回もアセンションに乗り遅れるとドラコニアンと再会し、その餌食になる。反省するにはあまりにも時間が無い。一日も早く大乗の船に乗るべし。



アクエリアスの時代を迎えて  2016/3/12, Sat 12:48

時代は収穫・選別の時を迎えた。ある人は それをアセンションと言い、又 ある人は最後の審判と言い、ある人は 悪人と善人の次元の住み分けが始まり、3次元と5次元へと分離して行くと言い、それはパラレルワールドへの移行と言う、仏教徒は三変土田と言って不信者(創価学会員等)は修正が難しいので他土(他の惑星)に送られる。地球は寂光土(じゃっこうど) に上昇する。この件をFB友人の細川氏とMessengerで やり取りしたら細川氏は私に面白い説をFace Book で返答した。この世の元は 氏 いわく、・・・ 地水火風空もすべては最後は原子と電子。原子は動 電子は静  原子は火  電子は水  これを火水  カミという。・・・  神の"カ"は火を表し、"ミ"は水を表す。その返事に私はFB で 返答した、・・・火 は日、水は蓮を生じさせる、二つ合わせて日蓮。・・・ギリシャ哲学では この世の根源は地水風火として 四元論を展開した。人間は大地を拠り所に食物を生産・工夫している。水 無しには一日たりとも生存が危うく成る。血液の塩分濃度が高く成ったり、体液に変調が起こる。風によって温度調整、酸素・二酸化炭素の空気の循環は可能に成り、私達は常に酸素を取り入れられる。動物と植物の呼吸等の交換がスムーズに行く。火によって体温は暖められる。そして化学変化を生じさせる事が出来る。水は火によって沸騰、気化する。ギリシャ哲学の哲人は生命の源は海から発生すると説いた。そこにアクエリアス・水瓶座の重要性がある。合一 ユニティの時代が来る。それは男性的エネルギーから女性的エネルギーへのシフト。いわゆる男性性・女性性の統合、マカバの時代。そして慈愛の社会システムの再デスカバーが行われ、 助け合いのコミニティーの登場する。人々の価値観は自己愛から利他的な生き方が求められる。ゆいまーる・ウブンツ貢献主義等の実用化され、ベーシックインカムが当たり前に成る。久遠の昔、宇宙の中で人類が誕生した時、釈尊が一切衆生を救い、そして幸福感を得させるにはいかなる法が必要かと思索した時、人間は 地 水 火 風 空 によって成り立っている。地 水 火 風 空 の存在の中に生命を生かそうとする仏の働きが有ると見抜き、地水火風空の法を悟って仏に成った。釈尊は四元論よりも深い虚空の存在を悟った。空、虚空の中には情報が詰まっている。日蓮大聖人は御書の中で述べている。{火は焼照(やきてらす)を以て行と為(な)し・水は垢穢(くえ)を浄(きよむ)るを以て行と為し・風は塵埃(じんあい)を払ふを以て行と為し・又人畜草木の為に魂となるを以て行と為し・大地は草木を生ずるを以て行と為し・天は潤(うるお)すを以て行と為す・妙法蓮華経の五字も又是くの如し・本化地涌の利益是なり、}地水火風空の本意は生命を生かそうとする、妙法蓮華経と言う仏の生命。地水火風空は妙法蓮華経の変化体。



数珠(じゅず)について  2016/3/1, Tue 04:13

数珠(じゅず)について
今、一般の老若男女を問わず、ビーズ・ストーンをファッションとして数珠(じゅず)の変形をブレスレットとして、手首にはめている人が増えている、数珠をイメージしたビーズのブレスレットをお守りとして愛用している人は宗教の宗派を超えて している、キリスト教徒でさえ数珠をブレスレット替わりにしている、数珠の発祥と正しい数珠の事について述べたい、キリスト教徒はロウザリィと言う、イスラム教徒も数珠・ロウザリィを持っている、キリスト教徒は数珠の事を仏教徒のロウザリィと言う場合もある、起源はインド・ネパールにて約
3000年前に生まれたインドの釈尊が教え広めた、数珠について、由来は釈尊の木患子経(もくげんしきょう)に説かれいる。{ 昔、波流梨王(はるりおう)と言う国王がいた、毎夜、金縛りにあったのでその解決法と日々の思索を釈尊に指導を受ける " 我が国は辺境にある為に小国で小さな国である、国には疫病が琉行り、食糧は不足し、国民は困窮し、苦労が絶えない、その上に私は毎夜の金縛り、自分の心は安ます事は無い、仏様の教えは広くて深い、だから、最も私に必要な教えだけ教えてください。"  すると、仏様は「金縛りと、諸難の原因である煩悩を無くそうと願うなら、丸い木の実の木患子の珠を百八箇を貫き通し、心に南無仏・南無法・南無僧を唱え、その唱えた回数を数珠の珠で数えて過ごしなさい、」と教えた。波流梨王はすぐに丸い木の実の木患子で数珠を作り、釈尊の教えの仏・法・僧に南無(帰命・きみょう)する三宝(仏法僧)を唱えた。すると王の金縛りは無くなり、国は天候に恵まれて、農業は豊作になった。天・人・地は治まった。これが数珠の始まり。}*お数珠の形の基本は大きな二つの珠は親珠、左手にかけるのは父、右手の珠は母の徳があり、父は煩悩を止め、母は功徳を生む意味で「妙法」の功徳を表す、百八の珠は人間の
持っている煩悩の数、煩悩は過去の行いの因果の姿、これは「蓮華」の徳を表す、百八の珠を貫く糸は「経」を表します。つまり数珠は「妙法蓮華経」を表しているのです、数珠が円(まる)いのは、仏様の智慧を表し、小さな四つの珠は四大菩薩(上行菩薩・無辺行菩薩・浄行菩薩・安立行菩薩)を表し、左右の房にある三十の珠は一念三千を表し、壺の形をしている珠は功徳を納める意味がある、このように数珠には「妙法蓮華経」の仏様の徳と、私達の煩悩が示されています、また数珠経に「数珠は仏のごとくせよ」と説かれています、大切な事は正しい僧によって祈りを込められた 開眼された、数珠です、近くの日蓮正宗寺院に行けば、開眼された数珠が五百円以内で買えます、ネットで日蓮正宗公式サイトを検索すると、地元の市にある日蓮正宗寺院が探せます、祈りの入った数珠を持っべきです、私は東京時代によく金縛りによく出合ったので寝る時 手首に数珠を巻くと金縛りにあわなくなった、それ以来 御守りとして、毎日ズボンのポケットに祈りの入った数珠をいれ、お守り代わりにしている。昼夜に護られた。今はズボンには数珠。手首にビーズ・ストーンのブレスレットを御守りとして身に帯している。今は金縛りがまったく無い。数珠の基本は丸い玉、平玉は地獄の因に成ると言われている。祈る念は仏法僧の肝心、人法一箇の南無妙法蓮華経・丸珠は円満具足を意味している。



地球の地核の虚空に待機する地涌の菩薩達について  2016/2/28, Sun 06:01

地核の虚空(こくう)に待機する 地涌の菩薩について。仏典の最高峰の法華経は今の世だからこそ、万人はやっと理解出来る。 〇 妙音菩薩は他の宇宙から(東方百八萬億那由他恒河沙等の数を過ぎ終って有る世界。)からテレポートで瞬時に法華経の法話の座に来集した。 〇 大通知勝仏を説くために途方もない宇宙の拡がりと、久遠の時空を表現する為に三千塵点劫(じんてんごう)の時間と空間の拡がりを説き。過去久遠のあの時、アセンション(次元上昇・成仏)出来なかった衆生が現代の地球等の欲界の衆生の人間。 〇 久遠の因縁は今に現れ、今が未来を作って行く。仏種の因を植える事によって、竜女や 舎利弗(しゃりほつ)は成仏し、二乗成仏 * 知識階級のエリート・女人成仏は可能になった。それゆえに人間はAI人工知能を越え、そして煩悩を乗り越えられる。 〇 地涌の菩薩のこの界の地下の虚空からの登場。 〇  乃往過去(途方もない過去)の多寳(宝)如来の宝塔が地より涌出(ポータル)して、法華経の法話の座に空中で待機した。釈尊は空中浮遊で空に浮かぶ宝塔に入室し、宇宙の究極の存在の姿を示す、虚空会の儀式のモニュメントが行われた。多寳如来も釈迦如来も法華経の肝心、妙法蓮華経で仏に昇華した事を顕した。それらの事象を理解出来なかった、空海や法然は末法の時の意味が理解出来ず 釈尊から離れ、仮り法である、低レベルの二乗・女人成仏の出来ない、大日経、阿弥陀経へと逃避した。法然は法華経は末法の衆生の機根に合わないと言って法華経を捨閉擱抛(しゃへいかくほう)しろ、捨てろ・閉じろ・差し置け・投げて置けと命じて衆生を無明の闇に落とした。一方 空海は真の真言・妙法。合掌印の功徳に縁せず、末法に凡夫僧の姿をした本仏が現れる事を予言した法華経の"その人"の意味が解らず釈尊を下し、法華経を戯論と誹謗した。釈尊の法は→竜樹→天台大師→伝教大師・最澄→日蓮大聖人へと真意は伝わり、法水写瓶(ほっすいしゃびょう)している。釈尊と日蓮大聖人は一体異名。では、空海と法然が理解出来なかった 地底アガルタ人の地下の虚空の菩薩達、ポータルで来る。ガーディアン達の事を説いた法華経の妙法蓮華経従地涌出品(じゅうじゆじゅつぽん)第十五を紹介します。{  爾(そ)の時に他方の国土の諸(もろもろ)の来たれる菩薩 摩訶薩(まかさつ)の八 恒河沙(ごうがしゃ)の数に過ぎたる、大衆の中に於いて、起立 合掌し礼をなして、仏にもうして 言(もう)さく、"世尊、もし我等、仏の滅後(めつご)に於(お)いて、此の娑婆(しゃば)世界に在って、勤加(ごんか)精進して、是(こ)の経典を護持し、読誦(どくじゅ)し、書写し、供養せんことを ゆるし たまわば、當(まさ)に此の土に於いて、廣くこれを説き たてまつる べし。" 爾(そ)の 時に仏、諸(もろもろ)の菩薩 摩訶薩(まかさつ) 衆に告げ たまわく、止(や)みね、善男子(ぜんなんし)。汝達が此の経を護持せんことを須(もち)いじ。所以(ゆえ)は何(いか)ん。我が娑婆世界に、自(おのずか)ら六萬 恒河沙(ごうがしゃ)の眷属(けんぞく)有り。是の諸人等、能(よ)く我が滅後に於いて、護持し、読誦し、廣(ひろ)く此の經(きょう)を説かん。佛(ほとけ)、是を説き たもう時、娑婆世界の三千大千の国土、地 皆 震裂して、其(そ)の中より、無量 千萬億(せんまんのく)の菩薩 摩訶薩(まかさつ)有って、同時に涌出(ゆじゅつ)せり。是の諸の菩薩は、身 皆 金色(こんじき)にして、三十二相、無量の光明あり。先より尽(ことごと)く娑婆世界の下、此の界の虚空(こくう)の中に在(あ)って住せり。是の諸の菩薩、釈迦 牟尼佛(むにぶつ)の所説の音色(おんじょう)を聞いて、下より発来(ほつらい)せり。一一(いちいち)の菩薩、皆 是れ大衆 唱導(しょうどう)の首(しゅ)なり。各(おのおの)六萬 恒河沙(ごうがしゃ)等の眷属を将(ひき)いたり。況(いわ)んや五萬、四萬、三萬、一萬 恒河沙等の眷属を将(ひき)いたる者をや。況(いわ)んや復(また)、乃至(ないし)千萬億 那由他(なゆた)分の一なるをや。況(いわ)んや復(また)、千萬億 那由他(なゆた)の眷属なるをや。況んや復、億萬の眷属なるをや。況んや復、千萬、百萬、乃至(ないし)一萬なるをや。況んや復、五、四、三、二、一の弟子を将(ひき)いたる者をや。況(いわ)んや復(また)、単己(たんご)にして遠離(おんり)の行(ぎょう)を楽(ねが)えるをや。是(かく)の如(ごと)き等比(たぐい)、無量 無辺にして、算数 譬喩(ひゆ)も知ること能(あた)わざる所なり。是の諸の菩薩、地より出(い)で已(おわ)って、各(おのおの)、虚空(こくう)の七寳 妙塔の多寳如来(たほうにょらい)、釈迦牟尼佛の所(みもと)に詣(もう)ず。到り已(おわ)って、二 世尊に向かい たてまつりて、頭面(ずめん)に足を禮(らい)し、乃至(ないし)諸の寳樹下(ほうじゅげ)の師子(しし)座上(ざじょう)の佛の所にても、亦(また)皆 禮(らい)を作(な)して、右に 澆(めぐ)ること三そう して、合掌(がしょう)恭敬(くぎょう)し、諸の菩薩の、種々の讚法(さんぼう)を以(もっ)て讚歎(さんだん)したてまつり、*讚は 誉め称える 一面に住在(じゅうざい)し、欣楽(ごんぎょう)して二世尊を瞻仰(せんごう)す。*欣は 喜び *瞻仰 敬い慕う 是の諸の菩薩 摩訶薩、地より涌出(ゆじゅつ)して、諸の菩薩の種々の讚法(さんぼう)を以て、佛を讚(ほ)め たてまつる。是(かく)の如(ごと)くする時の間(あいだ)に、五十小 劫(こう)を經(へ)たり。是の時に釈迦牟尼佛(しゃかむにぶつ)、黙然として坐(ざ)したまえり。及び諸の四衆も、亦(また)皆 黙然たる こと、五十小 劫(こう)なり。佛の神力(じんりき)の故に、諸の大衆をして半日の如(ごと)しと 謂(おも)わしむ。爾(そ)の時に四衆、亦(また)佛の神力を以ての故に、諸の菩薩、無量百千萬億の国土の虚空(こくう)に遍満(へんまん)せるを見る。是の菩薩衆の中に、四 導師(どうし)有り。一を上行(じょうぎょう)と名づけ、二を無辺行(むへんぎょう)と名づけ、三を浄行(じょうぎょう)と名づけ、四を安立行と名づく。是の四菩薩、其(そ)の衆の中に於いて、最(もつと)も為(こ)上首唱導(じょうしゅしょうどう)の師なり。大衆の前に在(あ)って、各(おのおの)共(とも)に合掌し、釈迦牟尼佛を観(み)たてまつりて、問訊(もんじん)して言(もう)さく、" 世尊、少病少脳(しょうびょうしょうのう)にして、安楽(あんらく)に行(ぎょう)じたもうや不(いな)や。應(まさ)に度(ど)すべき所の者、教を受くること易しや不(いな)や。世尊をして疲労を生(な)さしめざるや。" 爾(そ)の時に四大菩薩、而(しか)も偈(げ)を説いて言(もう)さく、世尊は安楽にして 少病少脳にいますや 衆生を教化(きょうけ)したもうに 疲倦(ひけん)無きことを得たまえりや 又諸(もろもろ)の衆生 化(け)を受くること易しや不(いな)や 世尊をして 疲労を生(な)さしめざるや 爾(そ)の時に、諸の菩薩大衆の中に於いて、是の言(みこと)を作(な)したまわく、是(かく)の如(ごと)し、是の如し。諸の善男子(ぜんなんし)、如来は安楽にして、少病少脳なり。諸の衆生等は、化度(けど)すべきこと易し。疲労有ること無し。所以(ゆえ)は何(いか)ん。是の諸の衆生は、世世(せせ)より 已来(このかた)、常(つね)に我が化(け)を受けたり。亦(また)過去の諸佛に於(お)いて、供養尊重(くようそんじゅう)して、諸の善根を種(う)えたり。此(こ)の諸の衆生は、始め我が身を見(み)、我が所説を聞き、即(すなわ)ち皆 信受して、如来の慧(え)に入(い)りにき。先より修習(しゅじゅう)して、小乗を学せる者をば除く。是(かく)の如(ごと)きの人も、我 今 亦(また)、是の経を聞かしめて佛慧(ぶって)に入ることを得(え)せしむ。=続く= }新編 妙法蓮華経 開結 大石寺 より 書き写す。大石寺版 法華経 開結はとても綺麗な日本語訳の法華経で有る。東京での型枠大工修行時代にとても綺麗な日本語訳の法華経に心が洗われ助けられた。とても辛い娑婆世界に とても綺麗な世界のモデルが在るのか、此の綺麗な世界を心に反映したい と強く思った。毎晩 夜風に吹かれながら街灯の灯りで法華経を読んだ。辛さがほんのりした、喜びに昇華した。今となれば修行時代の毎夜の法華経 拝読が 今の私の骨肉に成り 人となりを作っている。



日本のお家芸の家電企業は何故に衰退したのか  2016/2/21, Sun 21:02

日本のお家芸の家電は何故衰退したのか。東芝の粉飾決算が明らかになり、日本の家電の衰退が表に出てきた。地球の人口は15億人から70億人に人間の寿命と同じくらいの年数で増えた、しかし世界の電化製品の購買者は確実に増えたにも係わらず、日本の弱電気部門は衰退の連続である。冷蔵庫・テレビ・集積回路IC・半導体等は新興国の躍進にシェア争いで負けてしまった。その為、東芝は大規模なリストラを予定し約1万600人の人員削減を進める。日本家電敗退の流れの波を食らった じり貧のシャープもついに身売り、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が手をさしのべる。シャープは鴻海の傘下に下るであろう。何故 日本のお家芸、白物電化製品の家電はダメになったか。それは量子力学の世界。超能力の反重力や次元移動を非科学的と言って無視・軽視して真剣に取り組まなかった為にクリエション・モードが硬直化し、発想の転換が出来なくなった為に。新興国の24/7のフルタイムのエンジニアの発想力やデザイン力・技術力のパワーに追い越されてしまったから。典型的な例は量子力学的を駆使した携帯電話のスマートフォンである。超能力の世界の一部である、量子力学の携帯電話の開発を韓国のサムスン。アメリカのマイクロソフトに先行開発。先行特許申請されてしまった。その為に日本企業は、韓国のサムスンやアメリカのマイクロソフトの下請け業者にされてしまった。スマートフォンを生産する日本の大手家電企業はサムスンやマイクロソフトにとても高額な特許料を支払う羽目になった。量子は超能力の世界。電子と言う素粒子は観察する人間の意識に反応して消えたり現れたりする。素粒子は宇宙と言う意識の粒子。素粒子の世界では人間の意識によって粒子は変わると言う事実。スマート・フォンのスマートの意味は 頭のいい 賢いヤツ。あらゆる物に対応できる奴。量子学で世の中を見ると 現代社会の歪み有る現実は人間の意識・心の表れだと いえる。国土はそこに住む人間の心に反応し環境は変化する。この事を仏法では五陰世間、衆生世間、国土世間と言う。今 世間で話題のコズミック・ディスクロージャーで取り上げられている、離脱文明のナチの秘密結社は人間の意識と宇宙の知識存在との結び付きを信じ、超能力を否定せずにそれを確信して科学的分野に精神的な側面を削除しなかった。神話を無視せずチャネリング(霊的交信)をしながら世界各地を探険して、チベットでついに古代離脱文明の地底避難の宇宙文明を保持する地球原始の子孫、地底アガルタ人と接触した。チベット僧から秘蔵の古代書を奪って僧に翻訳させて、半重力を完成させた、そしてアガルタ人の協力でついに宇宙船やテレポートのポータルまで開発させて、現代の離脱文明の宇宙秘密プログラム同盟を作ったとされる。この事についてドイツの秘密結社の最高幹部が矢追純一に語った、レポート本が有るので取り上げたい。2014年9月21日 本山よろず屋本舗 よろず屋寸話 より

『 秘密結社の最高幹部が明かすヒトラーの秘密...2014年9月21日 』 { (中略)「ミステル・ヤオイ、よくおいでくださいました」
 英語で話しかけてきた。真っ暗なので相手の顔も姿も見えない。何歳くらいの男なのかさえ、声だけではわからなかった。思い切って聞いてみた。
 「ナチスが製造して飛ばしていたUFOについてうかがいたいのですが」
 「あれは、実はわれわれが造って、ずっと昔から実際に使っているものです」
 闇の中の声が答えてきた。顔や姿は見えないが、彼がナイツテンプラー(聖堂騎士団)のさらに上部に当たる秘密結社の最高幹部の1人だということは、紹介者の身分から考えて確かだった。
 「えっ、昔から?」
 「そう、5000〜6000年前からです」
 「どうしてそんなに前に?」
 「高度な技術があったか、というのでしょう?」
 「はい」
 「世界の歴史はこれまでに何度か書き換えられているのです。そのときどきの権力者が自分たちに都合のよいものに変えていく。実ははるかな昔からこの地球には宇宙人の介入が何度も行われてきました。彼らの持つ超高度なテクノロジーは、当然のことながら当時の人間の中でもごく少数の超エリートたちだけが理解できるものでした。
 その後もずっとそのときどきの超エリート権力者たちの秘密として一般には隠されてきたのです。その秘密をひそかに温存し、守り続けてきた者たちのことを秘密結社と呼ぶのです」
 「とすると、よく話題になるフリーメーソンなどは?」
 「あれは誰にでも名が知られているから、秘密結社ではありません。本当の秘密結社は誰にもその名を知られず、誰が属しているかもまったくわからないものなのです」
 確かにこの暗闇の中の人物が所属する結社の名前も知らされていなかった。質問を続けた。
 「UFOを実際に使ってきたとおっしゃいましたが、どのような場合に使用するのですか」
 「普通に旅行するときやメンバー同士の連絡などに使っています」
 「すると、私たちが見るUFOの中のいくつかは秘密結社のものだと?」
 「当然、ありえますね」
 「ナチスの製造していたUFOも、そういう超テクノロジーからのノウハウですか?」
 「そうです。ナチスはご存じの通り、もともと秘密結社ですからね。ナチスは政党というより、トゥーレ協会とヴリル協会という秘密結社の政治部長だったヒトラーが政党化したものなのです。だから、ヒトラーよりも階級的には宗教部長だったヒムラーの方が上だったくらいです」
 「とすると、UFOの製造も宇宙人から伝えられたテクノロジーですか?」
 「ええ、でもそれだけではなく、ナチスはヒトラーの命令で”プロジェクト・アーネンエルベ”という秘密作戦のもと、特殊部隊を編成して世界中の遺跡や遺物を探させたのです。その結果、ついに、ウラル・アルタイ山脈で一機と、南極の氷床の下に一機のUFOを発見して、発掘したのです」
 「えっ、UFOを掘り出したのですか?」
 「そうです。それを秘密裏にドイツに運び、そこからいろいろな宇宙人のハイテクを探り出して利用していたのです」
 闇の中の男は驚くべき事実を事もなげに淡々と話す。私はさらに聞いた。
 「では、ナチスはなぜそうしたハイテク製品を戦場に投入しなかったのでしょうか」
 「ヒトラーは一般に信じられているような狂人でも異常者でもありません。IQは150以上ありましたし、かなり優れた超能力者でもありました。しかし、彼はもともと、今回の戦争に勝つつもりはなかったようです」
 「えっ、ではなぜ戦争を起こしたのですか?」
 「戦争というものは起こさざるをえないように仕向けられて起こるもので、勝敗も最初から決められているのです」
 「誰が決めるのですか」
 「それは……いまはまだ、あなたは知らない方がよいでしょう。私もこの場でこれ以上は言えません」
 もっと突っ込んで聞きたかったがさらにすごい情報が得られそうな気配だったので、質問を続けた。
 「ヒトラーは何をしようと考えていたのでしょうか」
 「彼には未来を見る予知能力がありました。彼が書いた予言のほとんどは今日までに的中しています。日本が第二次世界大戦に参戦することも真珠湾攻撃よりずっと前に予言していますし、日本が原爆を落とされて負けることも」
 「ええっ、原爆もですか?」
 「そう。現在のコンピュータ時代の到来やロボット技術の発達も。そのうえ、月や火星に行くようになることも予言していました。実は、彼はUFOを戦争に使うために開発したのではないのです」
 「というと?」
 「彼は火星に行くつもりで反重力エンジンを搭載したUFOを造っていたのです」
 第二次世界犬戦が終わったのは1945年だから、それより前、なんと70年近くも前に火星に行く計画を立て、そのための乗り物としてUFOを開発していたという! 信じられないことだ。だが、秘密結社の最高幹部が言うのだから本当かもしれない。私はさらに突っ込んで聞いた。
 「ヒトラーは地下壕の中でエバ・ブラウンとピストル自殺をしたんですよね」
 「あれは替え玉です。どんな国の要人も当然、影武者を用意しているでしょう。一般には知られていませんが、最近はクローン技術が発達しているので、そうした替え玉も見分けがつかなくなっています」
 驚いたことにクローンの技術は最近開発されたばかりだと思っていたが、実は裏の世界ではとっくに人間に応用されていたというのだ。闇の中の声は続けた。
 「ヒトラーは実はひそかに専用の軍用機でノルウェーに行き、そこからUボート(ナチスの潜水艦)で南極へ行ったはずです」
 「南極というとUFOを開発したという……」
 「そう。ナチスは早くから探検隊を送り込み、ノイエ・シュワーベンラントと名づけた秘密基地を造っています。そこへは海底から直行できる水路があり、Uボートでそのまま入れるようになっているのです」
 「彼はそこで何をしようとしたのですか」
 「火星に行くためのUFOをはじめ、いくつものUFOや新兵器を開発・製造しています。しかし、本当の目的はもっと重大なことです」
 このあと、暗闇の中の声は驚天動地のことを語り出した。
 「ヒトラーたちは秘密結社の持つ情報から、すでに月と火星に宇宙人が常駐していることを知っていたのです。だからこそ、彼は自分たちがひそかに製造したUFOで月や火星に行こうとしていたのです」
 いまから70年近く前にそのような計画を立てていたとは、私には想像もできないことだった。だが、考えてみると、この話は大いにありうることなのだ。というのは、前述した通り、NASAは1958年にすでにブルッキングス報告書をもとに設立され、月、火星、金星に残された宇宙人の超科学探査に出かけている。しかもその情報はアメリカに連れて行かれたナチスの科学者たちからもたらされたと考えられるからだ。
 闇からの声が言った。
 「ナチスの中でヒトラーより位が上と言われたヒムラーは、ウェルスベルグ城の秘密の部屋で、超能力者を集めてひそかに宇宙人との交信をしていたのです」
 「宇宙人と交信? それはテレパシーか何かで?」
 「そうです。そして、ついに、彼らが実際にUFOに乗ってドイツのあるナチスの施設にやってきたのです」
 「来た? それはなんという星から来たのか、わかっているのですか?」
 「もちろん。それは牡牛座のアルデバランという恒星の惑星の一つで、やはりアルデバランと呼んでいます。地球から66.6光年離れていて、夜空で見るとオリオンの腰のベルトに当たる三ツ星のいちばん右に見える星です」
 アルデバランというと、日本ではアニメの「宇宙戦艦ヤマト外伝」に出てくる星で、「スタートレック」にも登場するが、そのアルデバランから本当にUFOが来たというのだから、耳を疑ってしまう。私は聞いてみた。
 「アルデバラン人はどういう姿をしていたのですか?」
 「私は直接会っていないのでわかりませんが、ナチスの連中に聞いたところでは、人間そっくりで、街ですれ違ってもわからないほどだということです。宇宙人はいろいろな星から来ていますが、人間そっくりのものが多いそうです」
 「では、彼らはなんのために来たのでしょうか?」
 「交信していたわけですから、表敬訪問といったところだったと思われます。情報交換もさらに密なものがあったのでしょうが、私はそれ以上のことは知りません」。} 私はこの記事を2014年9月に読んだ。ジョージ・アダムスキーはこの秘密結社の秘密宇宙プログラム同盟か地底アガルタ人とコンタクトをしたのであろう。所謂(いわゆる)、アダムスキー型円盤はナチの秘密結社の制作であろう、私がネットで見た秘密宇宙プログラム同盟の流失写真にシャンプスーツを着けた一団の記念写真に、大きなアダムスキー型円盤が後方に鎮座して収まっているのがあった。この写真を見てアダムスキーは嘘っぱちではないと思った。日本も行き詰まったら原点に帰れである。神話を無視しなかったドイツの秘密結社に軍配が上がる。ドイツは偉い。今後科学は仏法の精神世界とリンクして行くであろう。一念の思いに三千世界は反応する。(一念三千)。因果は具時する。良い因は良い結果を必ず現す。悪い因は悪い結果を必ず現す。世はフラクタルで縁有る物と必ずリンクする。 フラクタルとは形のちょっとした部分を取ってもそれが全体と似ていて拡大的に成り立ちを発展させていること。自己相似的な構造。拡大対比が出来る宇宙構造。人間を小宇宙にたとえる。意識は宇宙と繋がる。だからマントラを唱えて宇宙に共振させる。其処に妙法の お題目を唱える意味が有る。喉のチャクラを拡大共振させている。それは思いを現実世界のクリエイトさせる。



人間の叡智はリモート・ビューイング(遠隔透視)する  2016/2/17, Wed 14:11

古代、東洋でもリモート・ビューイング(遠隔透視)が 出来た。知者は時空を越える。帝王たる権力者と時空を越える知者は治世の基本。世を知る知者を蔑(ないがし)ろにすると世は治まらない。王と知者は表裏一体。何故 東洋の中国に於いて仏教は伝来し広まったか、一端を述べたい。{ 周の第四 昭王の御宇(ぎょう)、二十四年甲寅四月八日の夜中に、天に五色の光気南北に亘(わた)って昼のごとし。大地六種に震動し、雨ふらず して江河井池(こうがせいち)の水まさり、一切の草木に花さき菓(このみ)なり たり けり。不思議なり し事なり。昭王大いに驚く。大史 蘇由(たいし そゆう) 占って云(い)はく、西方に聖人 生まれたりと。昭王 問うて云はく、此の国 いかんと。答えて云はく、事なし。一千年の後、彼の聖言、此の国に わたって衆生を利すべし と。彼の わづかの外典の一毫未断見思(いちごうみだんけんじ)の者、しかれども一千年のこと を しる。はたして仏教一千一十五年と申せし、後漢の第二明帝の永平十年丁卯の年、仏法漢土に わたる。}(平成新編 日蓮大聖人御書 開目抄 下より)。明帝の夢に部屋を飛ぶ金人(金の仏像)が現れる。大臣に それを 占ってもらうと、千年前の昭帝の時、占いで大史の蘇由語った西の聖人の聖言が渡って来ると言う。明帝は さっそく使者を派遣して白馬に仏典と仏像を携えた僧を迎え入れて 中国で仏教の布教を許す。仏教と儒教が明帝の招きで公的な場所で経典の教えや、験の勝劣の勝負をする、験で優った仏教が明帝の庇護を受け、仏法が流布する。国土の安泰を願うなら、仏法を大切にすべきである。王と僧は表裏一体で有る。だから仏法僧は国の宝と言う。知者で有る法華経の僧を無視・排除した時、国家守護の善神は怒り そして悲しみ、反省させる為に国を捨て天に去る。現代日本の国力の衰退は法華経の僧に師敵対する創価学会・公明党を権力の座に入れて擁護するかで有る。八幡菩薩等の国土守護の諸天善神が去った為に阪神淡路大震災や3・11の東日本大震災を引き起こされてしまった。善神の無き故に魔の介入を許し原発まで破損させられてしまった。美しき日本の関東は放射能汚染の危機に身をさらけ出された。諸天善神が天に帰った今。宇宙の梵天・帝釈天は日本の衰退現状にあきれ果て、現状打開に取りかかろうとして太陽系に待機している。創価学会の破仏法の池田党の皆さん反省するなら今で有る。梵天・帝釈天は日本の現状を見ている。死後 閻魔王の庭で自分の行いをさらけ出されて恥じをかく。"  閻魔の責め獄卒の杖は全く人を撰ばず、只 罪を打つ。" 獄卒阿防羅刹(ごくそつ あぼう らせつ)の責めは激しいく 苦痛を生じる。反省すべきは 仏法僧に対する破壊行為である。本来的には国主のたる施政者 と宝である仏法僧の僧は一体で有る。国主の過去世を訪ねると皆、法華経の行者・僧である。法華経の修行は徳を築き来世の運を拓く。



現代社会はフラクタルな社会にシフトする  2016/2/13, Sat 07:20

コズミック・ディスクロージャーのムーブメントの中で新たな潮流が巻き起こっている、次に来る社会システムのあるべき姿が台頭しだした。マイケル・テリンガーが提唱したウブンツ貢献主義、それは分かち合いや気遣いと言った、コミニティを維持する古代哲学です。現代の行き詰まった借金・負債漬けの中央銀行の隷属にされた現代社会の大衆を負債から開放する意識のテクノロジーで有る。誰しも納得させる意識の転換。この古代哲学はどのようなものかと言うと、沖縄地方で古代から行われて来た、ゆいまーる、又(結い廻り。)農業作業などで人手のかかる時、種まきや収穫期に労働力を助け合いで補う作業、又伴侶を喪った弱者を農作業などで助けるジョブ・シェアなどで有る。農村では収穫期 金が無くても助け合いで収穫、運搬納品が出来た。金が無くても農業は運営できた。マイケル・テリンガーは農村社会で広く行われていた、分かち合いや気遣いをウブンツ貢献主義と言っている。これが金融支配隷属に代わるシステムとして静かに浸透している。地球人の金融の隷属・奴隷からの脱皮を請い願う、地球の離脱文明の秘密宇宙プログラムのアライアンスは金融隷属の次に来る社会システムとしてウブンツ貢献主義に注目している。宇宙に知的存在が存在する世界において、人類が外宇宙に目を向けず、無知・無為に過ごすならば、時間の経過の中で必ずや宇宙に存在するネガティブな宇宙文明社会のET に支配され、隷属・奴隷にされて のちに殲滅されてしまう。対抗する為には科学力で張り合う以外にない。圧倒する文明を獲得する為にはコミニティを集団で底上げする必要がある。その為に共生し協調し協働する生体組織の様に全てがリンクし発展するシステムが必要になる。宇宙の実体はフラクタルの共鳴である。蟻や蜂の組織形態はユニティーとして完成されている、これもフラクタルである。人間に例えると、似たような細胞が集まって臓器を作り、おのおの能力を持った臓器や器官の集合体が人間を健康にさせている。もし おのおの の臓器が不調和音を起こしたら、私達は病気になり、分裂し決裂して死に陥る。おのおの の細胞が共生・協調・協働して人間としての生体を健康にさせている。その延長上にファミリーが形成され、より良いコミニティが形成される。フラクタルの発展・進化が起こる、その結果、ユートピアが誕生する。コミニティのひとりひとりが能動的なユートピアンになって行く、私達は意識してユートピアンに成ろう。人間の側面は3つの要素を持っている。一 肉体の機械的な側面を持つ、肉体の運動機能。仏法では応身と言う。応ずる物。二 精神の情報機能としての記憶力・知恵力としての精神的な側面、仏法では報身と言う。三 生命体としての魂などのエネルギー体の側面。仏法では法身と言う。生物としての人間には法報応の三身を本源的に持っている。生きている時は応の肉体的 側面が前面に出る、精神側面や生命的側面は内在する。死んだ時は精神的側面の報が前面に出て、物質的側面は内在する。振動数の高い存在はエネルギー体としての法が前面に出て、光体として存在する。報・応は内在する。時には応が現れて変幻自在の姿を顕す。この宇宙には三つの生命体活動の場としての界が存在する。現代の様な人間社会の欲望充満の欲界。知識や知恵がモチベーションとなる、天人の住む色界。肉体を卒業した、菩薩達が充満する無色界。この宇宙には三界が存在する。超古代離脱文明の初代地球人の生き残り、アガルタ人の地底人を教導する、ガーディアン達は肉体を卒業した光体の菩薩達である。超古代離脱文明のアガルタ人の地底人が尊敬する、ガーディアンとは肉体を卒業した光体の菩薩達である。秘密プログラムのアライアンスはついにガーディアンと接触した。知的な宇宙人は皆ソースに繋がり心を合わせている。そのガーディアンやソースについて述べた体験記があるのでアップしたい。法身としてのガーディアンの姿を示した 本山よろず屋本舗のブログ、その中の 神秘的な話 宇宙の友人達より { 暗くなると、多数の小さな点のような光が秩序だった列をなして、向こう側の尾根から降りてくるように見える。その有様は、松明を掲げた僧達の行列を思わせる。厳粛だが心温まる音が響いてくる。あたかも、天国からやって来た五音音階の聖歌隊みたいだ。私の身も心も、平安と厳粛さと崇敬の念で満たされていく。
 今度は、パステル色をした優しく光り脈動する光の球体がいくつも、あたかも歩哨のように、支柱のついたテラスというテラスに出現した。その数はおよそ五十。皆生きている力強い存在だ。「ガーディアン達が到着した!」興奮に満ちた『テレパシーの囁き』が、そこに集まった群衆を走り抜けて行くのが聞こえる。そうか、これらのかなり著しく非肉体的な形態が、かの偉大なガーディアン委員会を構成しているのか!
 渓谷の上の空気が、何千、何万という小さな光点でゆっくりと満ちていき、暗黒が至るところ煌めき出した。どういう訳か、その正体が私にはすぐ分かった。こうした光点は実際に生きている意識で、アストラル体の形式で旅をしてきたのだ。幽体離脱だ。肉体は遠くのいろいろな次元に置いたまま、この深遠な出来事に磁石に引かれるようにやって来た意識なのだ。時折、もっと強力な光点が数個、視野にぱっと入ってきたり、ずっと上空から少しずつ下りて来たりする。あたかも、離着陸の激しい空港に着陸をしようと最後のアプローチをしている航空機みたいだ。近づくと、これらの球体はガーディアン達の球体とほぼ同じくらい強烈な光を発しているように見えるが、色合いは異なっている。彼らは着陸せずに、辺り一帯に低く浮遊し続けている。どういう訳だか、今度も、その正体がはっきりと分かった。彼らは、字宙の旅人、コズミック・トラヴェラーだ。ガーディアン委員会の『現場代理人』として、各自の使命を帯びて多次元宇宙をあちこち移動する自由な立場の存在だ。コズミック・トラヴェラー達は今は純粋のエネルギー形態で現われたが、具体的な役割に適した他の形態も取ることができるのだ。ちょうどクエンティンがやったように! 彼らの本質がどのようなものなのか、その手掛かりをほんの少し得ただけで私は恐れを感じた。
 この頃になると、音楽のスタイルは大幅に変わっていた。突然、四方八方から、また様々な方法で聞こえてくるようだ。だが、全てが融け合ってひとつの調和のとれた音楽になっている。そのうちに、突然、あることに気がついた。ガーディアン達とコズミック・トラヴェラー達の超高速の相互コミュニケーションが実際に漏れ聞こえてくるのだ。だが、同時に聞こえてくるので、個々のチャンネルのようには区別ができないが、融合して、複数のオーケストラが演奏する一曲のシンフォニーのように聞こえる。本質を取り出すと、『シンフォニー』の構成要素は、各人の演説、報告、遠く離れたいろいろな世界の状況に関する情報交換、一緒にいることを非常に楽しく熱狂的に祝っている言葉などだ。私はただ単に漏れ聞こえてくることを耳にしているだけに過ぎない。それでも、大きな喜びと一体感のうねりが体全体に湧き上がってくる感じだ。点滅している小さな光点は肉体が遥か離れたところにある参加者の意識だが、それすらも何か喜びに満ちたリズムで踊っているように思える。
 今度は、聳え立つ山腹全体が明るくなりはじめた。あたかも昇ってくる太陽の黄金色の光線を浴ぴているようだ。光は目が眩むような高いところへ急速に拡がっていき、古代の黄金都市の夢のような宮殿や尖塔のきらきら輝く建築群がたくさん現われてきた。非常にドラマチックな視覚的現出だ。霊妙な優雅さと美しさをもった本当にこの世のものではない光景だ! それから、非常に遠くの高みから、異なった色をしている物凄く強力な生命体が七つゆっくりと降りてくる。彼らの目も眩むような素晴らしいオーラは壮大な流星のようで、虹の七色を網羅している。今回も、質問も発しないのに、自分の当惑する心の中に既に答は出ていた。『アセンディド・マスターズ(高級教師)』の到着だ! 彼らは依然として顕示化している創造物の一番上のところからわざわざ降りてきたのだ。『距離』で言うなら、私が地球からやって来た旅に匹敵する旅をしてきたのだ。彼らが自分たちの領域の一番低い境界線まで降りてきたのは、私たちと直接会うためであり、様々な方法で総体的交流をするためだ。その方法は私の今の状態では到底窺い知れないとしても、起こっている状況の本質を薄々感じているだけでも非常に幸せで満足だ。
 マスターズの到着で、素晴らしく高揚した気持ちと意気揚々とした先見の明に満たされていくのを感じた。まるで、突然、無数のべールが取り払われたかのようだ。異なる実在物が生存している驚く程多数の次元や領域を際限なく垣間見ることができる。そして、こうした領域の一つ一つは無数の種類の生命体で満ちていて、その生命体が各領域の非物性的な環境か、何らかの物性を持っていると思われる環境の中で生きているのだ。この急激な『メガトン』級の知識の爆発で、心のフューズが全て飛んでしまいそうだ。自分の意識が恍惚とした感じで拡大していくのが感じられる。今や、その意識は宇宙の信じられないほど広大な範囲を含んでいるようだ。勝ち誇ったような喜びの気持ちは想像を絶するほどだが、私は今にも爆発して永久に何処かに吹っ飛んでしまいそうだ。このようなビジョンを『自分の』中に抑えておくのはもう全く不可能だ。細かいところまで鮮明で、しかもこんなに大量にあってはとても無理だ。千人の人間の心であっても、入り切らない量だ。
 だが、幸いにも、ちょうどそのとき何か新しい動きが起こり、その他のもの全ての影が薄くなった。私の貧弱な人間の心の中の非常に壮大な宇宙パノラマも押しのけられてしまった。頭上では藍色の空の中心が文字通り開き、目が眩むほど眩しい金白色の光が私達みんなの上に、あらゆるものの上に、優しくなでるように降り注がれてきた。私の心が、私の全存在が、耐えられないほどの喜びで満ちあふれる。自分が、またそこにいる全ての人も、大いなる愛に触れられ、包まれているのだ。
 「あのお方だ! あのお方が来られる!」
 群衆が歓喜するのが、テレパシーで『聞こえ』てくる。だが、不思議なことに、何の名前も『口にされない』。しかし、この場合、それも至極当然に思われる。
 力の大きな高まりに私はいたく感動した。と、突然、一千もの目を通してあの金白色の光を覗き込んでいる気がした。理解し得ないながらも、大きな調和状態からなる形容し難いたくさんの球体で構成される膨大な集合体の中をじっと見つめた。それには驚く程たくさんの種類の純粋エネルギーからなる巨大な存在が詰まっている。そして、それらの総体が内部に納められていると同時に纏(まと)まって唯一つの、全てを包含した存在、つまり『あの方』になっているのだ! これこそ究極の存在形式に思われる。それ以外には、もっと高い領域と形式の存在を示すものはほんの微かしかないし、それを越えたところでは、私の全存在は金自色の光それ自体が拠ってきたる源の中に溶けてしまいそうだ。
 私が壮大な光景を『外に見ている』のと同時に、自分の中心部を『覗き込まれ』、調べられ、私と私の『地球の』人類がどの段階にいるのかを分析され、評価されている気がする。『自分』を『彼らの目』を通して実際に見ることができそうな程だ。一瞬くらくらっとして、私が『外を見る』のと彼らが『覗き込む』のとが交差し融合して、彼らが本当は『私』なのか、私が本当は『彼ら』なのか、誰が誰なのか分からなくなった。だが、本当はどちらでも良いのだ。私たち皆が一つに融合しているのだし、外部とか内部とかいうことは、視点が分極化しているときの問題に過ぎないのだから。
 そのうち、小さな『自分』と、良くは分からないが強力な『彼ら』とを分離しようとする試みをあきらめた。比較・分類するのをやめてしまった。どういうわけか、こういう状態も合点が行くことだと思った。あらゆる二元性もずっとずっと高い視点、全てを包み込む視点からすれば、解決されているのだ。唯、明らかに限界がある自分には十分把握できないだけだ。自分の理解力を十分に発揮してこの最高のところまで達したのだということ以外に私が感じたのは、大きな安堵感だけだった。何もかもが申し分なく、全てが、私が目にしたどの高級な生命体とも同じ位、私なりに、私の段階で重要なのだと気がついたからだ。私達は最も単純なものから最も高尚なものまで、一つの大きな家族なのだ。形態や領域や形式はどうであれ、私達は皆同じ膨大な人類というグループに属してているのだ。将来のいつかの時点で私は彼らみたいになるかもしれないし、彼らもかつては私のように微々たる存在だったのだ。いろいろな存在形式を通して経験を積み重ねていくということに過ぎない。その間、学習し、知識や能力や資質が常に成長していくのだ。だが、この成長はいろいろな段階を経ていく大いなる冒険であり、その各段階は、それ自体がそれぞれ同等の重要性を持っていて、各段階を丸ごとそのまま十分に昧わうべきであり、その瞬間瞬間を十二分に経験すべきなのだ。唯一大事なことは、『今この場』に生きることだ。『今この場』こそが自分の存在、自分の成長の常に一番新しい先端なのだ。『今この場』に生きなければ、まさに存在そのものの意味を完全に見失ってしまうことになる。
 形態、形式、レベルといったものは意識の産物に過ぎない。時間と空間は純粋の意味では本当には存在していない。唯、自らを限定してしまう様々な体系の副産物として存在しているに過ぎない。私の属する地球人類のようにそれほど進化していない存在は、一時に一つの体系内でしか機能しない。だが、もっと進化した存在は、同時に多数の体系内で生存できる。適当と思えぱ、どのような形態でも、あるいは無形態でも生存できるのだ。例えぱ、マスターズは本質のみの存在が主で、どんな形態も持たない。だが、その時々に相応しい形態を選んで顕在化することができる。自らの本質を適切に象徴する形態を取れるのだ。
 もちろん、感覚増幅器を身に着けていなければ、私は何も知覚することすらできなかっただろうし、いわんや増幅された状態で知覚したことのほんの一部でも理解することすら到底覚束なかったであろう。だが、増幅された状態であっても、真実にまあまあ近い複製みたいなものが得られたに過ぎない。感覚知覚に基ずいた私の心理構造では、せいぜいこのような解釈しかできないからだ。
 ここに記したことや記してないことも含めて、私が得た洞察は全て、その時の『存在』がどういうものであったにせよ、私の『存在』に自動的に充満されてきたに過ぎない。私自身の意識は『ガーデン』にいた全てのものの意識と同じように、物凄く拡大されたに違いないが、私(私達)は合体して一つの大きな集団意識の場となり、個々の焦点は同数の抽象的な『私』として維持されていたに過ぎないのではないかと思う。
 暫くすると、事物がぼやけてきた。私自身が、こうした顕示や現出の単なる形態ではなく、本質を楽しむことにしたからだ。すると、自分の一部が『本質』を探し求め続けるうちに、自分の存在全体があの金白色の光の中に超越していくような気がし、忘我の至福の波が後から後から押し寄せてくる...
 私が最後に意識していた考えの断片はこうだ。全ては見当違いもいいとこだ。何もかももはや重要ではない。私は『我が家』に、本来あるべきところに、戻ったのだから。人が手に入れることができる、唯一本当の『我が家』に...} ポジティブな宇宙人は皆 このソースに繋がっている。仏法の本尊はこのガーディアンやソースが基本である。そのソースが理解出来ない時、大六天の魔王にそそのかされて、混乱し 本尊に迷って混迷し堕落して迷いの衆生に陥る。皆 実在するこのソースを知らない。日蓮正宗の戒壇の御本尊はソースを顕している。



アラブの女性達 立ち上がる  2016/1/23, Sat 13:21

昨年の末、フランシスコ・ローマ教皇が述べた、「今年は人類にとって最後のクリスマスとなりそうだ」意味 慎重である。混迷の源、ISIS イスラム国はイスラム社会を破壊する為に作られた罠組織である。原理主義を社会生活にそのまま実行に移すと社会に混乱をもたらす。イスラム教の熱狂者は自然にISIS イスラム国に集まって来る、時がたてば命令違反の名目で粛清される。影の支配者は敵の敵は味方をモットーにする、イスラエル情報部とアメリカ情報部である。ISIS はイスラム原理主義熱狂者を誘き寄せるイスラエル・アメリカ情報部の罠である。テロを起こしてイスラム教徒を熱狂させて罠を仕掛けて集める、集ったイスラム熱狂者を前線や自爆テロのコマとして使う。そして熱狂者を なん癖をつけて 徐々に粛清して行く。その狂犬のようなISIS ダーイシュに立ち向かったは世俗的なイスラム教徒のクルド人女性達である。ペシュメルガの四割は女性達である。ペシュメルガの意味は「死に向かう者」という意味 、死を恐れぬ決死隊。彼女達はイスラム原理主義が知識に目覚めた現代の女性達を苦しめる事を本能的に知っている。"座して死を待つより 銃を持って前線に立つ事を選択した。ダーイシュを恐れて家の中に座していたならば、クルド人もイスラム社会もISIS ダーイシュのナイフに首を落とされてしまう。クルド人の女性は愛する家族の為に銃を持って立ち上がった。彼女達の気概は ヨーロッパ諸国を動かした。最新の武器をペシュメルガに提供しだした。ISIS ダーイシュも彼女達の気概に圧倒されて身を引く。ISIS ダーイシュ隊員に言わせると、女性に殺されたら 天国には行けず 必ず地獄に堕ちると。通常、女性の逆鱗に触れ殺される男性はだいたい悪人で有る。愛に恋する女性が戦場に自ら立つとは余程の事である。私達も2016年 善悪選別の年 ふるいにかけられる 年を心して乗り越えよう。



 

[トップページ] このページの先頭へ