(2015年)

 書き込みをされたい訪問者の方は、 以下のメールアドレスまで書き込みたい内容を送っていただくよう、お願いします。日付順で、随時掲載していきます。送っていただいたメールは、基本的にここに掲示するようにしますので、掲示させたくない場合は、その由お知らせ下さい。

moto2013_2_18@yahoo.co.jp (全角でメールアドレスを表示していますが、お手数ですが半角で書き直していただくようお願いします)

[トップページ]

銀河時代に突入、コズミック・ディスクロージャー

コズミック ディスクロージャー宇宙は一仏乗

八重山は補陀落山(ふだらくせん)。陰徳は必ず陽報をもたらす

梵天・ガーディアンの下天・地球への転生

竜王の加護

親の言う事を聞かない、釈尊の息子 地獄に落ちる

浮上する新生 惑星・地球

地獄に落ちた父親を救い上げた息子

世の免疫抗体としての釈尊の過去世、仙予国王

アセンションについて

「昨年からの変化の流れと今年の傾向」よりは詳しいかも!

銀河時代に突入、コズミック・ディスクロージャー  2015/11/4, Wed 16:22

タイムリーの話題に古代人の巨人の話が出て来る。2008年6月14日に起きた、岩手・宮城内陸地震 震度6強の時、一関の崖から偶然に巨人の化石が地表に現れた。骨の状態はとても良く体全体は完全な姿で人目に触れた。仏典で説くように地球の成劫期において、人類は巨人で有ったのか。世界各地で巨人の遺骨が発掘されている。コズミック・ディスクロージャー:眠れる巨人 http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-sleeping-giants.html  コズミック・ディスクロージャー  http://ja.spherebeingalliance.com/blog/transcript-cosmic-disclosure-sleeping-giants.htm 地球の成劫期の巨人について、臨死体験で有名な木内鶴彦さんも著書の中で述べている。「あの世飛行士は見た!? あの場面」ヒカルランド * 1万5000年前の人間は巨人、生理は年一回だった , { あのころの身長は男で3メートルぐらい、女で2メートル50センチぐらいで寿命は大体300歳ぐらいでした。でも、月が地球の周りを回ることによるストレスで、寿命も身長もだんだん弱くなってくる。調べてみたら、明治の初めごろか江戸時代の末期に世界中の人類の身長が小さくなっているんです。そこから、現在は伸びてきている。だから多分そこら辺がストレスの根本的な原因になったんじゃないか。環境適応が終わるまで、そのくらい時間がかかったということです。 }アセンションを迎えた今 人類は
進化かに進むか 後退の退化に追いやられるか、二者選択 の道が11月11日以後 現れて来る。今から1万2000年前のアトランティス・ムー両文明が隕石を使った攻撃によって滅んだが何もかも失った 生き残りの人類は石器から再スタートした。時間の流れの中で人間の知恵は進化して行くが それと ともに悪知恵も増して来る。それは煩悩が目覚めエゴが拡大したからで有ろうか。心の持ち様で人生は発酵にも腐敗にも成る。人格が完全燃焼しないと個性は不調和音をかもち出す。人格が完全燃焼すると組織は調和のシンホニーを奏でる。日蓮大聖人は時間の経過を『減劫御書』で説いている。{減劫と申すは人の心の内に候。貪(とん)・瞋(じん)・癡 (ち)の三毒が次第に強盛に なり もて ゆくほどに、次第に人の いのち も つづまり、せい(身長)も 小さく なり もて まかる なり。漢土・日本国は仏法 已前には三皇・五帝・三聖等 * ( 三皇=伏羲*ふっき、女?*じょか、神農*しんのう、三聖=老子・孔子・顔回がんかい、) , の外経を もて(持って)、民の心を ととのえて世を ば治めし ほどに、次第に人の心は よきことは はかなく、悪き事は賢くなり しかば、外経の智あさき ゆへに悪の深き失(とが)を いましめ がたし。外経を持って世おさ(治)まら ざりし ゆへに、やうやく仏経を渡して世間を治めしかば世をだ(穏)やか なりき。此は ひとへに仏教の賢きによ(り)て、人民の心を くはしく あかせる なり。当時の外典と申すは、本の外経の心には あらず。仏法の わたりし時は外経と仏経と あらそい しかども、やうやく外経 負けて王と民と用ひ ざり しかば、外経の もの内経の所従と なりて立ち あう こと なく ありし ほどに、外経の人々 内経の 心を ぬきて智恵を まし、外経に入れて候を、をろか なる王は外典の 賢きかと 思う。} 減劫御書では地球の成劫期、人類の身長は高かったと述べている。時間の経過で人間に悪知恵が付いたので、命のクリーニングの為に仏教の登場を明かしている。 そして 諫暁八幡抄(かんぎょうはちまんしょう)では{夫(それ)馬は一歳二歳の時は、設(たと)ひ つがい(関節)のび、まろ(円)すね(脛)に すね細く、腕のびて候へども病あるべし とも見えず。而(しか)れども七 八歳なんどに なりて身も こ(肥)へ、血 太く、上 勝ち下遅れ候へば、 * (上半身は太り 下半身が衰えば、) , 小舟に大石を積めるがごとく、小さき木に大なる菓(このみ)のなれる が ごとく、多くの やま(病)い出来(しゅったい)して人の用にも あわず、力も 弱く寿(いのち)も短し。天神等も又かくの ごとし。 成劫(じょうこう)の始めには先生(せんじょう)の果報いみじき衆生生まれ来る上、人の悪も候ひし程に、成劫やうやく すぎて住劫(じゅうこう)になる ままに、前の天神は年かさなりて下旬の月の ごとし。今 生まれ来たれる天神は果報衰減(すいげん)し下劣の衆生 多分は生来す。然る間 一天に三災やうやく 起こり、四海に七難粗(ほぼ)出現せしかば、一切衆生 始めて苦と楽とを思ひ知る。此の時 仏 出現し給(たま)ひて、仏教と申す薬を天と人と神とに あたへ給ひ しかば、灯に油を そへ老人に杖を あたへ たるが ごとく、天神等 還(かえ)って威光を まし増長(ぞうちょう)せし事、成劫の ごとし。仏経に又 五味の あぢわひ分かれたり。* (五味=仏の教えをチーズの発酵段階に喩えた、乳味,酪味,生酥 (しょうそ) 味,熟酥味,醍醐味の五味 ) , 在世の衆生は成劫ほど こそ なかり しかども、果報いたう をとろ(衰)へぬ衆生なれば、五味の中に何(いず)れの味をも なめて威光勢力をも まし候ひき。仏滅度の後、正像(しょ・ぞう)二千年過ぎて末法になり ぬれば、本の天も神も阿修羅(あしゅら)・大竜等も年も かさなりて身も疲れ心も弱くなり、又 今生まれ来たる天人・修羅等は、或は小果報 或は悪天人等なり。小乗・権大乗の乳(にゅう)・酪(らく)・生蘇(しょうそ)・熟蘇味(じゅくそみ)を服すれども、老人に麁食(そじき)を あたへ、* (麁食=粗末な食事。) , 高人(こうにん)に麦飯等を奉(たてまつ)るがごとし。* (高人=身分の高い人。) , 而(しか)るを当世 此を弁(わきま)へざる学人等、古(いにしえ)に ならいて日本国の一切の諸神等の御前にして、阿含(あごん)経・方等(ほうどう)経・般若(はんにゃ)経・華厳(けごん)・大日経を法楽し。倶舎(くしゃ)・成実(じょうじつ)・律(りつ)・法相(ほつそう)・三論・華厳・浄土・禅等の僧を護持の僧とし給へる。唯 老人に麁食(そじき)を与へ小児に強飯(こわめし)を くく(含)めるがごとし。何(いか)に況(いわ)んや 今の小乗経と小乗宗と大乗経と大乗宗とは、古の小大乗の経宗には あらず。天竺(てんじく)より仏法 漢土へ わたりし時、小大の経々は金言に私言まじ はれり。宗々は又 天竺・漢土の論師・人師、或は小を大と あらそひ 或は大を小と いう。或は小に大を書き まじへ 或は大に小を入れ、或は先の経を後と あらそひ、或は後を先とし 或は先を後に つけ、或は 顕経を密経と いひ密経を顕経と いう。譬(たと)へば乳に水を入れ、薬に毒を加ふるが ごとし。涅槃経に仏、未来を記して云はく「 爾(そ)の時に諸の賊、醍醐(だいご)を以ての故に之に加ふるに水を以てす、水を以て する こと多きが故に乳・酪・醍醐 一切倶(とも)に失す」等云々。阿含 小乗経は乳味の ごとし。方等・大集経・阿弥陀経・深密(じんみつ)経・楞伽(りょうが)経・大日経等は酪味の ごとし。般若(はんにゃ)経は生蘇味の如く、華厳経等は熟蘇味の如く、法華・涅槃経等は醍醐味の如し。設(たと)ひ小乗経の乳味なり とも仏説の如くならば、争(いか)でか一分の薬と ならざる べき。況(いわ)んや諸の大乗経をや。何に況んや法華経をや。}(平成新編日蓮大聖人御書目次より。) 地球において仏教の再誕生が間もなく3000年を迎えるが他の銀河では仏教は流布している。宇宙は大いなる慈悲で導かれている、地球は大通智勝仏の久遠の三千塵点劫 の仏の時代の仲間に再会する。あの時 不信の為にアセンション出来なかった衆生が現在の地球人。今回 大いなる愛・慈悲を持てない心の狭い人間は次元上昇出来ず 、来年から 又しても地獄界ごとき惑星へと転生して行きゲットーの住人として生を受けて行く。アセンションするなら心を拡げる事である。善い六根は善い果報をもたらす。



コズミック ディスクロージャー宇宙は一仏乗  2015/10/5, Mon 15:15

コズミック ディスクロージャーの時がやって来た。アセンションの分水嶺(ぶんすいれい)を越えた今、私達は何を次の目標とすべきであろうか。ただの普通の宇宙人か、それとも時空を超越する、コズミック・トラヴェラー菩薩達の様な自在の存在になるか、私は沖縄浮上の為に観世音菩薩を目標に定めた。″成りたい者″になれるのがアセンション次元上昇の本当の意味。アセンションに時を合わせて、コズミック ディスクロージャーがネットで公開され、月の秘密、火星の秘密が暴露されて大反響を呼んでいる。一方ではロシアによるテロ集団イスラム国の 叩きが始まり イスラム国の友人のアメリカが あわてふためいている。世界の人々のイスラム国に対する恐れは解放されるであろう。人間の不幸の始まりは、頑固に凝り固まった、我を通す意固地さにある。アセンションとは意固地さを大いなる愛で溶かし解放する事である。私は日本の精神文化の意固地な仏教観をベールを剥ぎ取り 解放させたいと思う。意固地の原因と成った阿弥陀如来と大日如来について日蓮大聖人の善無畏三蔵抄を通して述べたい。 { 今 比丘(びく)・ 比丘尼(びくに)の真言師等、大日如来を御本尊と定めて釈迦如来を下し、念仏者が阿弥陀仏を一向に持ちて釈迦如来を 抛(なげう)ちたるも、教主釈尊の比丘・ 比丘尼なり。元祖が誤りを伝へ来たるなるべし。* (仏教徒の僧・尼僧が善無畏三蔵の真言宗の教えを信じて釈迦如来より仏力の劣る格下の大日如来を本尊に祭り上げ、釈迦如来への帰依をすてた。又法然の浅知恵を信じて地球の我らを救う釈迦如来を棄てて 外の銀河の他土の我らに縁の無い阿弥陀如来を念仏の対象にした。), 此(こ)の釈迦如来は三の故ましまして、他仏に かはらせ給(たま)ひて娑婆(しゃば)世界の一切衆生の有縁の仏となり給ふ。一には、此の娑婆世界の一切衆生の世尊にて おはします。* (全宇宙には教区が分けられており。この銀河は釈迦如来と一体不二の日蓮大聖人の受け持ち場所。釈迦如来はこの銀河の一切衆生の親の様な世尊。) , 阿弥陀仏は此の国の大王には あらず。釈迦仏は 譬(たと)へば我が国の主上(しゅしょう )のごとし、* (主上=天皇) , 先(ま)づ此の国の大王を敬(うやま) ひて、後に他国の王をば敬ふべし。* (善無畏三蔵や法然に騙されて主師親の三徳を備える釈迦如来や日蓮大聖人を棄てて他国の縁の無い大日如来や阿弥陀仏を取るのは縁の無い他人を本尊にする行為、それは不忠・不義。) , 天照太神・正八幡宮等は我が国の本主なり。* ( 本主=正式の所有者。 ) , 迹化の後(のち)神と顕(あら)はれ給ふ。* (迹化 転生、法華経の修行の徳で天皇に生まれ、善政を行う徳で死後に神に成る。) , 此の神に そむく人、此の国の主と なるべからず。されば天照太神をば鏡にうつし奉(たてまつ)りて内侍所(ないしどころ)と号(ごう)す。* (内侍所  三種の神器の一つである神鏡の八咫鏡 (やたのかがみ) )を安置した 所) , 八幡大菩薩に勅使 (ちょくし)有って物申しあはさせ給ひき。* (天皇の使者が八幡大菩薩に託宣(たくせん)を頼んだら八幡大菩薩からお告げあった。) , 大覚世尊は我等が尊主なり、先(ま)づ御本尊と定むべし。二には、釈迦如来は娑婆世界の一切衆生の父母なり。先ず我が父母を孝し、後に他人の父母には及ぼすべし。* (此の銀河の娑婆世界は釈迦如来の教区、他の弱い力の他仏では三毒強情な衆生を救えない。釈尊如来は我らの親。阿弥陀・大日は他人。) , 例せば、周の武王は父の形を木像に造りて、車にのせて戦(いくさ)の大将と定めて天感を蒙(こうむ)り、* (天感を蒙り=天を感動させて加護を受けた。) , 殷(いん)の紂王(ちゅうおう)をうつ。舜(しゅん)王は父の眼(まなこ)の盲(めしい)たるを なげきて涙をながし、手をもって のごひ(拭く)しかば本(もと)のごとく眼あきに けり。* (親を敬えば必ず加護を受ける。これは天理の道理。) , 此の仏も又是(か)くの如し、我等衆生の眼をば開仏知見とは開き給(たま)ひしか。いまだ他仏は開き給わず。* (此の宇宙は一仏乗、他仏は衆生を誘引する仮の教え。迹仏) , 三には、此の仏は娑婆世界の一切衆生の本師なり。此の仏は賢劫(けんごう)第九、* (賢劫第九=地球の寿命の成住壊空の住劫(じゅうこう)の初めの時期。) , 人寿百歳の時、 中天竺(ちゅうてんじく)浄飯(じょうぼん)大王の御子、* (釈尊は約3000年前、北インドのコーサラ国カピラヴァストゥで誕生した。) , 十九にして出家し、三十にして成道し、五十余年が間一代聖教を説き、* (仏道の前の四十二年は衆生誘引の仮の教え権教を説き、後の八年は実教の時空の妙法・法華経を説いた。全ての仏は妙法蓮華経を修行して無上正覚を悟り、仏に成ったと告白する。) , 八十にして御入滅、舎利(しゃり) * (仏舎利=釈尊の遺骨・スカルの魂の欠片。) , を留(と)めて一切衆生を正像末に救ひ給ふ。* (正像末=正法、釈尊の在世の法が残る。像法、仏の像を恋慕う。末法、仏の本心の魂魄(こんぱく)妙法蓮華経に自己を共振させて自己の仏界を開く。正法千年。像法千年。末法万年。釈尊は日蓮大聖人の魂魄妙法蓮華経を修行して仏に成った。今時は末法の南無妙法蓮華経を唱え命の振動数を上げる時。) , 阿弥陀如来・薬師仏・大日等は、他土の仏にして此の世界の世尊にては ましまさず。此の娑婆世界は十方世界の中の最下の処、* (十方世界=東西南北四維上下の全宇宙。) , 譬(たと)へば此の国土の中の獄門の如し。* (獄門=極悪人の入る刑務所。) , 十方世界の中の十悪五逆 * (十の悪い行いと、五つの憎むべき罪。
「十逆」は殺し、盗み、不純な異性関係、嘘、戯れ言、乱暴な言葉、陰口、貪欲、怒りや憎しみ、誤った見解の事。
「五悪」は母親殺し、父親殺し、僧や聖人殺し、仏を傷つけて出血させる、仏教の教団を分裂させ破壊するという行為、必ず地獄に落とされる五つの重罪のこと。 ) , 誹謗正法の重罪 逆罪の者を諸仏如来擯出(ひんずい) * (擯出=人をしりぞけること。除ける。) , し給(たま)ひしを、釈迦如来 此の土(地球)にあつめ給ふ。三悪並びに無間大城(むげんだいじょう=ブラックホール)に堕(お)ちて、其(そ)の苦を つぐ(償)のひて人中天上(普通の人間や皇族・王族)には生まれ たれども、其の罪の余残(よざん=ひき続いて残っていること。現在でも残って影響を与える。) , ありて ややもすれば正法を謗(ぼう)じ、* (謗= 非難中傷) , 智者を罵(の)る * (罵倒ばとう) , 罪つくり やすし。例せば身子(しんし) * (舎利弗しゃりほつ ) , 阿羅漢(あらかん)なれども 瞋恚(しんに) * (瞋恚= 我に背くことがあれば必ず怒る様な心。) , の けしきあり。畢陵(ひつりょう)は見思(けんじ)を断ぜ しかども慢心の形みゆ。* ( 畢陵は見思惑の煩悩を脱したが慢心の表情が見える。) , 難陀(なんだ)は婬欲(いんよく)を断じても女人に交(まじ)わる心あり。煩悩を断じたれども余残(よざん)あり。何に況(いわ)んや凡夫(ぼんぷ)にをいてをや。されば釈迦如来の御名をば能忍(のうにん)と名づけて此の土に入り給ふに、一切衆生の誹謗を とがめず よく忍び給ふ故なり。此等の秘術は他仏の欠け給へる ところ なり。(中略)仏には常平等の時は一切諸仏は差別なけれども、常差別の時は各々に十方世界に土を しめて有縁 無縁を分かち給ふ * (大宇宙は一仏乗だが衆生の機根、成長に合わせて天理の担当教師が変わる。道徳から時空の妙法へと段階をふむ。) , 大通智勝仏(だいつうちしょうぶつ)の十六王子、十方に土を し(占)めて一々に我が弟子を救い給ふ。其の中に釈迦如来は此の土(この銀河)に当たり給ふ。我等衆生も又生を娑婆世界(地球)に受けぬ。いかにも釈迦如来の教化をば はな(離れ)るべからず。而(しか)りと いへども人皆是を知らず。委(くわ)しく尋ね あ(明)きらめば、「唯我一人能為救護」(ゆいがいちにんのういくご・ただ我れ一人のみ能く衆生を救うことでる。)と申して釈迦如来の御手を離るべからず。而(しか)れば此の土の一切衆生 生死を厭(いと)ひ、御本尊を崇(あが)めんと おぼしめさば、 必ず先ず釈尊を木画(もくえ)の像に顕(あら)はして御本尊と定めさせ給ひて、其(そ)の後 力おわしまさば、弥陀等の他仏にも及ぶべし。* (日蓮大聖人と釈尊は一体不二。釈尊は時空の経、法華経を末法の御本仏・日蓮大聖人に一切を委ねた。妙法華経 法師品 第十 * 此の人は是れ大菩薩の阿耨多羅三藐三菩提 (あのくたらさんみゃくさんぼだい)を成就して、衆生を哀愍(あいみん)し、願って此の間に生まれ、廣く妙法華経を演(の)べ分別するなり。(中略)是の人は自ら清浄の業報を捨てて、我が滅度の後に於て、衆生を愍(あわ)れむ故に悪世に生(うま)れて、廣く此の経を演(の)ぶるなり。(中略)當(まさ)に知るべし、是の人は則(すなわ)ち如来の使(つかい)なり。如来の所遣(しょけん)として、如来の事を行(ぎょう)ずるなり。ゆえに)末世の救世主は弥勒では無い。釈尊が予言したのは "法華経の行者"すなわち日蓮大聖人である。)}( 平成新編日蓮大聖人御書目次、善無畏三蔵抄より*ネットで検索出来ます。) {究極の経典である法華経には、釈尊滅後二千年を経た末法の世に″法華経の行者″、すなわち日蓮大聖人が出現することが予言されています。その大聖人は、「今、末法に入りぬれば余経も法華経も せんなし。但(ただ)南無妙法蓮華経なるべし」(上野殿御返事)と、末法においては、ただ南無妙法蓮華経だけが人々を救う教えであると御教示されています。大聖人は弘安二(一二七九)年十月、南無妙法蓮華経の教えを御本尊として顕(あらわ)され、一切衆生に与えられました。}(日蓮正宗の教え。) , 宇宙は振動で成り立っている。では いかなる振動であろうか、いかに したら一切衆生は大いなる慈愛を発し正覚(悟り)するのであろうか。私達が大いなる心に成った時、知恵は開花する。エリートの二乗(声聞・縁覚)が人類の為にという発想に成った時、宇宙文明のベールは剥がされる。じつは もう地球人による宇宙文明の技術はポジティブの宇宙人の協力によって開発、実用化がなされていると言う。宇宙ではもう法華経で説く、時空を自在に動く、文明が広く存在していると言う。やはり 宇宙は法華経で説く様に一仏乗である。



八重山は補陀落山(ふだらくせん)。陰徳は必ず陽報をもたらす  2015/9/30, Wed 11:57

沖縄の八重山は観音菩薩の住処、補陀落山(ふだらくせん) 。時、来たりて 重きベールは取れた。今、私達の太陽系は銀河のセントラルサンに向かって進化の波の次元上昇中・シフトのまっ最中。アセンションのボダーを越えた。これより因果具時の時代に入った。心の思いはたやすく具現化する。良い因は 良い結果を生み、悪い因は 悪い結果を現す。還著於本人(げんちゃくおほんにん) *良い事も悪い事も因果具時で発言者の日常生活の上に現れて来る。, 心の毒(怒り・むさぼり・愚か)に さいなまれた心の重たい人は重苦しシリアスな現実を味あう、利他の愛にあふれる人は諸天の天使達に守られる、幸運
のシンクロニシティの多発に合い 導かれる。では心の毒に さいなまれた人々の解決方法は無いので有ろうか。仏教の教えに この事例に近い説話がある。木患子経(もくげんしきょう)に説かれいる。{昔、波流梨王(はるりおう)と言う国王がいた、毎夜、金縛りに合って苦しみ、その解決法と日々の思索を釈尊に指導を受けた。{ 我が国は辺境にある為に小国で小さな国である、国には疫病が琉行り、食糧は不足し、国民は困窮し、苦労が絶えない、その上に私は毎夜の金縛り、自分の心は安まる事は無い、仏様の教えはとても広くて深い、だから、最も私に必要とする教えを説いてください。すると、仏様は「金縛りと諸難の原因である煩悩を無くそうと願うなら、丸い木の実の木患子の珠を百八箇を貫き通し、心に南無仏・南無法・南無僧を唱え、その唱えた回数を数珠の珠で数えて過ごしなさい、」と教えた。波流梨王はすぐに丸い木の実の木患子で数珠を作り釈尊の教えの仏法僧に南無する三宝を唱えた。すると王の金縛りは無くなり、国は天候に恵まれて、農業は豊作になった。} 悪知恵・悪知識の強情な末世の衆生には仏法の初門の南無三宝(仏法僧)のみでは衆生の命に染まった闇は消しがたい。釈尊を仏と成した、妙法蓮華経。一切の菩薩の仏眼を開かし仏と成した、南無妙法蓮華経の法華経の題目でしか、衆生の煩悩はクリーニングされない。その事を煩悩即菩提と言う。仏法の究極は時空の法華経の肝心、無上正覚の妙法蓮華経。 一切の菩薩はこの妙法に依って仏に成る。釈尊の過去世でこの妙法を得る 修行の説話がある。日蓮大聖人御書には「壇王の宝位(王位)を退き、竜女が蛇身を改めしも只此の五字(妙法蓮華経)の致す所なり。」とある。妙法蓮華経とは永遠の今にフォーカスし現実を変える仏の当体  。◎薩和檀(さつわだん)王の試練  { 昔、薩和檀(さつわだん)という名前の王がいた。
薩和檀とはすべてを布施するという意味で、王はその名の通りあらゆる物を惜しげもなく人々に施し与えた。
そのため、王の名は一閻浮提(いちえんぶだい) 世界中に知れ渡った。
ある時、文殊菩薩(もんじゅぼさつ)はその名声を聞き、薩和檀王を試そうと考えて年若い婆羅門(ばらもん)の修行者に姿を変えた。
そして王城へやって来て門番に遠方から来た旨を告げ、王に取り次いでもらった。
すると薩和檀王は喜んで婆羅門の修行者を迎え入れ、手厚くもてなした。
婆羅門は時きを見計らい、薩和檀王に語りかけた。
「王さま、わたしは王さまの名声流布を聞き、布施をお願いにはるばるやって来ました」
王いわく、「私の名は全てを施(ほどこ )すという意味だ。人が望む物はなんでも施すから言ってみるが良い。」
すると、婆羅門は辺りをはばかるように小声で言った。
「私はこれから修行のために旅立つのですが、召し使いがいなくて不便な思いをしています。そこで、王さまとお妃さまにわたしの召し使いになってもらい、道々を仕えてもらいたいのです」
王いわく、「うむ、修行者にお仕えできるのなら本望だ。むしろ無上の喜びと感じるべきだ。妃には行って聞いてくることにしよう」*物を与える事に、よって得る物が有り、心は豊かになって行く。, 薩和檀王は王妃のもとに行ってその気持ちを尋ねた。
すると王妃も喜んで王に同意した。
「本当にその決心に変わりはありませんか。今回の布施は私の召し使いですよ……」
婆羅門が確認すると、王は言葉使いまで変えてきっぱりと答えた。
王、「はい、私達は生まれてこのかた布施をして 後悔したことがありません。私達はただ貴方にお仕えし、身口意で従っていくだけです」と壇王は答えた。
「あなたたちは召し使いですから はだしで歩かなければなりませんが。それでもいいですか」
「はい、もちろんです」
三人は修行の旅に城を出た。
文殊菩薩は神通力で別の王と王妃を作り、代わりに城内に残しておいた。*文殊菩薩はクローンを作り残した。,
王妃は元々 大国の王女であり、城で何不自由なく大切に育てられた為に なにひとつとして苦しい事を経験したことが無かった。
しかも、この時はすでに数か月の妊娠の身重(みおも) であった。
婆羅門について歩いているうちに体には痛みが走り、はだしの足からは血が噴き出してきた。
疲労は極に達し、王妃は いつしか二人の男よりもだいぶ遅れてしまった。
すると、婆羅門は振り向いて怒って言った。
「おまえは今は召し使いなのだ。以前の身分は忘れて召し使いらしく つき従いなさい」
「すみません。わざと遅れたわけではないのです。少し疲れただけなのです」*夫人は 妊娠 を隠した。,
ある町に着くと、婆羅門は非情にも二人を別々に奴隷として売り渡してしまった。
薩和檀(さつわだん)王はある長者の奴隷となり、その土地に死者を埋葬する者から金を徴収する身分の最も低い下人の仕事をすることになった。
一方、王妃はさほど遠くない別の長者に買われたが、そこの女主人は彼女を美貌(びぼう)をねたみ、朝早くから夜遅くまで召し使いとして働かせて休む暇も与えようとしなかった。
その後まもなく、王妃は男の子を産んだ。
すると女主人は怒って王妃をどなりつけた。
「召し使いのくせに子供を産むとはなんということだ。すぐに殺しなさい。これは命令だ」
王妃は泣く泣くその子を殺し、埋葬するために薩和檀王の働いているところへ行って頼んだ。
「わたしは男の子を産みましたが、事情があって死んでしまいました。お金は持っていませんが、埋めてもらえるでしょうか」
「わたしの主人はうるさい人だ。このことを知ったらわたしたちは厳しく責められる。だからほかの場所を捜しなさい。ああ、それからこの食べ物を持っていって食べなさい」
二人は久しぶりに出会ったのだが、決してそれぞれの境遇の苦しさや辛さを口に出すことはなかった。
さらに、二人とも決して自分の主人を恨もうとはしなかった。*目の前に現れる現象は取り組む課題、それから逃げてはいけない。クリアすべき因縁。, 
その時、突然 二人はめまいに襲われ、次に夢の中にいるようなうっとりとした気分になった。
気がつくと、薩和檀王と王妃は自分の城の中にいた。
二人とも自分の椅子に座り、以前とまったく同様に家臣や女官たちが周りに控えていた。
生まれた男の子も生きて笑顔を見せていた。
──いったいどういうことなのだ。
われわれはどうしてここにいるのだろう……。
ふたりが首をかしげていると、文殊菩薩が虚空に姿を現し、七宝の蓮華の上に座って言った。
「すばらしいことだ。あなたたちの布施こそが真の布施というべきものだ」
薩和檀王と王妃は心から喜び、文殊菩薩の前に進み出て深々と頭を下げた。
文殊菩薩が二人のために教えを説くと、ふたりはたちまちに真理を体得した。*壇王は一切衆生皆成仏道の妙法蓮華経を体得した。,
釈尊はこのような話をした後で阿難(あなん)に言った。
「その時の薩和檀王とは、実は前世のわたしだったのです。わたしがかつて行った布施というのはこういう布施でした。決して身命を惜しまず、後悔することなく、またそういう自分を誇りに思うこともありませんでした。布施を行ずるとはこういうことなのです」}
(参考・日蓮大聖人御書『聖愚問答抄』すずき出版『仏教説話体系』), 仏法修行の良さは自分の 身口意を使って 過去遠々劫(おんのん ごう) の身口意の三業を消し去る事である。五眼(肉眼・天眼・慧(え)眼 ・法眼・仏眼)を信力・法力・仏力で拓きゆく。沖縄と観音菩薩の観音信仰とは深い関係がある。古代の沖縄、琉球は海洋貿易で政経を維持させていた。航海がうまくいく様に法華経の観音菩薩の加護を得ようと観音信仰が首里や八重山で根付いた。法華経を奉納した、観音堂が首里や八重山等にある。 補陀落山が 何故八重山かと言うと八重山島民が弥勒菩薩を崇拝する仏教徒。1614年桃林寺が八重山の石垣島に建立された。仏教が民に根付いている。陰陽の島がペアで存在する。(石垣島・西表島) 沖縄一の山が有る、於茂登岳(おもとだけ)。民は勤勉で謙虚。沖縄から仏教のムーブメントが沸き起こるなら、八重山出身者で有ろう。陰徳は必ず陽報をもたらす。 



 

梵天・ガーディアンの下天・地球への転生  2015/9/25, Fri 15:53

沖縄 の怒りが、9月21日 国連人権理事会で翁長沖縄県知事によって取り上げられた。独立国だった 琉球王国は1879年に併合されたと述べ、沖縄の人達は「良き日本人」になろうとしたが、沖縄戦で日本の捨て石にされた、1972年に日本に復帰したが 今も まだ多くの米軍基地が沖縄に残り、そして 新たに辺野古に米海兵隊の航空基地が建設されようとしている。日米両政府は沖縄の声に耳を傾けてくれないと述べた。怒りによって物事は打開 出来るで有ろうか、成長・発展する為の立ちふさがる 障害を取り除く為の怒りならば 話しも分かる。ただ心情的に米軍が嫌いだから反対ではなく、熟考を重ね 妥当な意見を述べ もし それが頭越しに否定されるなら、怒りも許される。その理不尽を誰に訴えるかである。翁長沖縄県知事は国連人権理事会の場で世界の世論に訴えた。むやみやたらに怒りを振り撒くと 貪・瞋・癡(とん・じん・ち)の三毒におちいり。人徳を失い、微細な文化は破壊され、崩れ、三毒強情のギスギスした所には 誰も寄り付かなくなる、そして観光客は誰一人として来なくなる場合も有る。沖縄がいかようにしたら、平和で文化的な楽しい島々の島嶼(とうしょ)県に成れるで有ろうか。仏教の実話の説話に樹神に怒りをぶっつけて子を授かった話しがある。沖縄の米軍基地問題も人類の主・師・親の三徳 を備えた御本仏に訴えてこそ根本的な解決、人類の煩悩即菩提も実現し、沖縄も浄化され 福が備わり、経済的にも浮上するで有ろう。成長を阻む物には怒りの対応も 時に良い場合も有る。仏典に曰く、{「時に摩竭(まかつ)国に婆羅門(ばらもん)有り、尼倶律陀(にくりだ)と名づく。過去の世に於(おい)て久しく正業(しょうごう)を修し 多く財宝に饒(ゆた)かにして巨富(きょふ)無量なり 摩竭王に比するに千倍勝れりと為す 財宝饒(ゆた)かなりと雖(いえど)も子息(しそく)有ること無し。自ら念(おも)はく、老朽(ろうきゅう)して死の時 将に至(いた)らんとす。庫蔵(くら)の諸物 委付(いふ)する所無し。其(そ)の舎(いえ)の側に於(おい)て樹林神 有り。彼の婆羅門(ばらもん)子を求むるが為の故に即(すなわ)ち往(ゆ)ひて祈請(きせい)す。年歳を経歴(きょうりゃく)すれども微応(みおう)も無し。*樹の神に子供の受胎を祈願しても長い間、子供に恵まれ無かった。, ・時に尼倶律陀(にくりだ)大いに 瞋忿(しんぷん) * 激怒して、杖で人を打とうとするぐらい激しい感情になる心。, ・を生じて樹神に語りて曰(いわ)く、我 汝に事(つか)へてより来(このかた) 已(すで)に年歳を経(へ)れども都(すべ)て為に一の福 応(おう)を 垂(たれ)るを見ず。 *樹神に長年も仕えて来たが何ら良い結果が出ない、これはどういう事だ。, ・今 当(まさ)に七日 至心(ししん) * まごころを込めて, ・汝に事(つか)ふべし。若(も)し復(また)験(しるし)無くんば必ず相(あい)焼剪(しょうせん)せん。 *樹神といえども 又しても 我が子を得るという結果を出さなければ必ず、伐採して燃やす。, ・明(あき)らかに樹神 聞き 已(おわ)って甚(はなは)だ愁怖(しゅうふ)を懐(いだ)き、*怖れ悲しみにおちいり。, ・四天王に向かって具(つぶさ)に 斯(こ)の事を陳(の)ぶ。*天の 持国天、増長天、広目天、多聞天の四方の神にテレパシーを送る。, ・是(これ)に於て四王往(ゆ)いて帝釈に宣(の)ぶ。 爾(そ)の時に梵王 天眼を以(もっ)て観見(かんけん)するに、 * 遠き所を近く見、近き所を遠く見る事、 全宇宙を心の眼で眺めて観ると、, ・梵王の当(まさ)に命終(みょうじゅう)に臨(のぞ)むべき有り。而(しか)して 之(これ)に告げて曰(いわ)く、汝若(も)し神を降さば宜(よろ)しく当に彼の閻浮提(えんぶだい)界の婆羅門の家に生ずべし。 *もし神としての役目を終えて人間界に転生するなら、大国の大王として生まれるのでは無く、あの婆羅門、尼倶律陀(にくりだ)の子として生まれて貰いたい。, ・梵天 対(こた)へて曰く、婆羅門の法、悪邪見(じゃけん)多し。 *正法の因果の道理を否定し 正法を信ぜず 故に邪念多し。, ・我今其(そ)の子と為(な)ること能(あた)はざるなり。 *私は正法を不信し否定する 邪念、邪気に命が染まる事は耐えられない。, ・梵王復(また)言(い)はく、彼の婆羅門 大威徳(いとく)有り。 * おかしがたい威と、人に尊敬される徳を備えている。, ・閻浮提(えんぶだいかい)の人往(ゆ)ひて生ずるに堪(たえ)ふる莫(な)し。 *地球の人間で 彼れの子として生まれ出るのに貴方以外に徳の 釣り合う人物はいない。, ・汝必ず彼(かしこ)に生ぜば、吾(われ)相護(あいまも)りて終(つい)に汝をして邪見に入らしめざらん。 *貴方が彼の子と生まれたら必ずテレパシーで昼夜、教導し邪見に落とさず必ず正法に導く。, ・梵天曰く、諾(だく)。 *承諾。, ・敬(つつし)んで聖教を承(う)けんと。 *心清く聖なる教えを受け保ちます。, ・是に於(おい)て帝釈即(すなわ)ち樹神に向かって斯(か)くの如(ごと)き事を説(と)く。 *帝釈天はテレパシーで樹神に梵天が婆羅門の子に生まれる事を承諾したと伝えた。, ・樹神 歓喜して尋(つ)いで其の家に詣(いた)って婆羅門に語らく、汝 今復(ふたたび)恨(うら)みを我に起こすこと勿(なか)れ。却(さ)って後七日当(まさ)に 卿(きみ)が願を満(みた)すべし。 *汝再び我に恨みを起こすな。これより七日後 汝の願が叶う。, ・七日に至って 已(すで)に婦(つま) 娠(はら)むこと有るを覚え、 *七日後 妻の妊娠に気づいた。, ・十月を満足して一男子を生(う)めり。乃至(ないし)今の 迦葉(かしょう)是なり」云云。「時に応じて尼倶律陀(にくりだ)大(おお)いに 瞋忿(しんぷん)を生ず」等云云。常のごときんば、氏神に向って大瞋恚(しんに) * 怒り, ・を生ぜん者は、今生(こんじょう)には身をほろぼし、後生(ごしょう)には悪道に堕つべし。然(しか)りと 雖(いえど)も尼倶律陀長者は氏神に向って大悪口大瞋恚を生じて大願を成就し、賢子をまうけ給(たま)ひぬ。当に知るべし。 瞋恚は善悪に通ずる者なり。} (平成新編日蓮大聖人御書目次より、 諫暁八幡抄 ) 願いが叶わなかったら時には怒るも許される。それでも願が叶わなかったら其の本尊に力が無い証拠。最も上を本尊とすべし。釈尊が生まれて約3000年、キリストが生まれて約2000年、日本に日蓮大聖人が生まれて約800年、正法はすでに存在する。人々は疑いの網に陥っている。宇宙の本質は永遠の今。正法は時間を超越する。宇宙の見えざる目は存在する。では何故 人々は疑網に陥るのか、古いからと言って、正法を信ぜず 否定し我見に陥るからである。科学の発展の基本は宇宙の法則を信じる事、そして宇宙の摂理に合わせるからで有る。 仏教の究極の教えは、我が子を 慈しむ母親の愛。悪を取り除く父親の叱咤の愛。一切衆生を救済すると誓う菩薩の慈悲の愛。 ・・・最後にアセンションに向かう我々対する宇宙人からの人類へのメッセージ {−多くの宗教で教えられていることです−もっと愛情深くなる必要があると。自分を許し、他人を許すこと。そうすることがカルマの輪をストップさせると。日常において、もっと他人への奉仕にフォーカスする必要がある。そして、私達の振動・意識を高めることに集中せねばならないと。} 今はアセンションの最中。9月28日がピークか。



竜王の加護  2015/9/25, Fri 06:13

末法の御本仏 日蓮大聖人が誕生する時。竜王は訪ねています。その事を産湯相承事に書かれています。{産生(うまれ)たまふべき夜の夢に、富士山の頂きに登りて十方を見るに、明らかなる事掌(たなごころ)の内を見るが如く三世明白なり。梵天・帝釈・四天王等の諸天悉(ことごと)く来下(らいげ)して、本地自受用報身如来の垂迹上行菩薩の御身(おんみ)を凡夫地に謙下(けんげ)したまふ。御誕生は唯今なり。無熱池(むねっち)の主 阿那婆達多(あなばだった)竜王、八功徳水を持ち来たるべし、当に産湯に浴し奉るべしと諸天に告げたまへり。仍(よ)って竜神王 即時に青蓮華を一本荷(にな)ひ来たれり。其の蓮より清水を出だして御身に浴し進(まい)らせ侍(はべ)りけり。其の余れる水を四天下に 灑(そそ)ぐに、其の潤ひを受くる人畜・草木・国土世間悉く金色の光明を放ち、四方の草木 華発(はなひら)き菓(このみ)成る。男女座を並べて有れども煩悩無し。汚泥の中より出づれども塵泥(じんでい)に染まざること、 譬(たと)へば蓮華の泥より出でて泥に染まざるが如し。}{平成新編日蓮大聖人御書目次で検索出来ます。}実際に日蓮大聖人が誕生した時、庭から水が涌き出た。その湧き水で産湯をした。これは竜神加護の実話。ネットで産湯相承事を検索してください。日本は竜王が加護している。



親の言う事を聞かない、釈尊の息子 地獄に落ちる  2015/9/22, Tue 19:07

親の言う事を聞かない、釈尊の息子の次男 善星、地獄に落ちる。
人間は考え方によって人生は形造られる。小さな心の人は小乗的な行き方。大きな心の人は大乗的な行き方。おのずから未来は違って来る。次にやって来る新時代の新生地球は大乗の人のみのノヴァ・テラ と成る。釈尊の次男は何故、地獄に落ちたか考えて見よう。{ 善星比丘(ぜんしょうびく)

 城中に一人の尼乾子(にけんし)外道がいた。名を苦得という。常に「衆生の煩悩と解脱(げだつ)には因縁がない」*因果応報、以外の法の自我が存在する 自分の念力で どうにでもなる と思い。他に対して因果を越えたものが有ると、 言っていた。また、尼乾を師と仰ぐ善星比丘も「世間に阿羅漢はいるが、苦得を最上とする」*こつこつ修行で獲得する知恵の眼などの五眼よりも通力・六根の利根 の方が人間として最高級 *智者よりユタなどの超能力者が上と賛嘆していた。霊能者が良いと言っていた。そこで釈尊が「苦得は羅漢でない」*超能力者は自らの修行で命を開き五眼を獲得する者では無い。天魔・外道の悪鬼に憑(とりつ)かれた だけの借りの通力 と言うと、善星は「どうして嫉妬(しっと)するのか」と言うのであった。
 釈尊は「汝(なんじ)は悪邪見を生じている。もし苦得を羅漢というなら、七日のうちに苦得は宿食を患(わずら)い、腹痛して死に、死んでから食吐鬼(じきとき)の中に生まれる。同学の者がその屍(かばね)を担かつぎ、寒林の中に置くであろう」と言った。すぐに善星は苦得の所へ行って、今釈尊から聞いた話をした。
 苦得は食を断じることにし、六日たち、七日目が終わったので、ホッとして黒蜜を食して冷水を飲むと、腹痛が起こり死んでしまった。同学の者は苦得の屍を担ぎ、寒林の中に置いた。苦得は霊的な存在、食吐餓鬼の姿となり、その屍の辺 に憑かれていた。* 食吐餓鬼(じきとがき)・・・自分だけ美食に耽(ふけ)った報いで人の吐いたものしか食べられない。 曠野餓鬼(こうやがき)等の霊的な存在。  善星はこのことを聞いて寒林の中に行ってみると、まさしくそのとおりで、苦得は遺体の側で霊的な存在に成っていた。脊(せ)をかがめ、地にうずくまっていた。
 善星は苦得に「死んだのか」と尋ねると、「我(わ)れ、既に死んだ」と答えた。「どうして死んだのか」「腹痛によって死んだ」「誰が汝の屍を運んだか」「同学だ」「どこに置いたか」「寒林だ」「どういう身になったか」「食吐鬼(じきとがき)の身になった。善星よ、よく聴きなさい。如来は真実を述べている。おまえはどうして信じないのか。信じないのなら私のようになるであろう」と諭(さと)した。
 しかし、善星は釈尊の所に帰ると「苦得は命終して三十三天に生まれた」と嘘(うそ)を言った。釈尊はその非をたしなめ、「如来には嘘がない」と言った。なおかつ善星は「私はすべて信じない」と言うのであった。*不信が人間を逆進化の退化し、知識は後退・無知へと鈍化させて行く。
 釈尊は大衆に向かい、「私は善星のために真実の法を説いたが、彼は信受する心がない。善星は十二部経を読誦し、四禅を得ていたが、悪友に親近(しんごん)したために四禅を失い、禅定をやめて悪邪見を生じてしまった。そのため『仏なし、法なし、涅槃あることなし』と言っている。もし汝らが如来の真実の語を信じられないというなら、善星は尼連禅河(にれんぜんが)にいるから、共に行って見るがよい」と言って、釈尊は迦葉と共にそこへ行くと、善星は遥はるかに釈尊を見ると悪心を生じ、そのまま阿鼻獄に堕ちたのであった。}*仏は神通力を持っていたが不信者は救済しなかった。一闡提(いっせんだい)の不信・否定者は救済の法から漏れ自ら地獄に落ちると説いた。皆が次元上昇 出来ても一闡提(いっせんだい)だけは地獄の鬼の世界に取り残される。
 今地球には二つのタイムラインが存在する。今 住み分けが命のレベルで始まった。死後 生まれる惑星が違う。仏教では三変土田と言う。不信者は鬼の羅刹の金棒に責められて進化のスタートラインのアメーバの形態まで我が身を削られる。味あう苦痛は無限大。
 
 善星比丘とは釈尊の出家前の子である。日蓮正宗の日寛上人は涅槃経巻三十三を引用され、有解(うげ)無信の者の行く末を示されているのである。説話というより実話とすべきか。
知識が有っても 一切衆生皆成仏道 の法理を否定・不信する者はアセンション出来ない。   退化の方に身は落ちて行く。



浮上する新生 惑星・地球  2015/9/21, Mon 17:37

沖縄方式を全国展開へ 野党が勝てる選挙に方向転換。安保方案が成立した今 共産党の出方に注目が集まった。何と共産党が他党と選挙協力すると述べた。 9月19日、共産党の志位委員長は、外の野党との間で、安全保障関連法の廃止を目指した政権合意を実現することを前提に、今後の国政選挙で選挙区の候補者調整などの選挙協力を呼びかける方針を打ち出した。次の国政選挙から実現しそう。沖縄の国政選挙では共産党は以前から野党 共闘 で闘い野党を国政に送り出して来た。安保法案がごり押しされた今、沖縄の伝家の宝刀 が全国展開される。怒りは革命の母と言われている。沖縄は怒りを利用して40年前に祖国復帰を実現させた、先頭に立ったのは軍国主義の洗脳教育の反省から左翼に変わった沖縄の教職員の怒りの洗脳教育であった。反骨が善であった。祖国復帰運動が米軍基地の固定化が明らかに成ると日本への祖国復帰運動が反米から反日へと方向転換された。戦時中 沖縄県民は日本軍人に酷い差別を受けたと全県的教育された、その結果 挙げた日の丸の旗がこき下ろされた。祖国復帰のシンボルの日章旗が憎しみに変わった。八重山の石垣市で 象徴的な事件が再発した。反日運動に 触発された、パイン缶詰工場の労働者が自分の作業用のゴム手袋をパイン缶詰に詰め込んだ。このゴム手袋入りの缶詰が流通に乗ってしまった 。日本本土で病院への見舞い客が買ってしまった。問題になったが事故として処理された。その後、又ゴム手袋入れパイン缶詰事件が再発した。これは故意として処理された。パイン缶詰工場は生産ストップになりパイン缶詰工場は労働者をほとんど解雇した。石垣のパイン缶詰工場は崩壊した。労働者は憎しみの怒りの為に自らの職場を失った。読谷では反日の為に日章旗を燃やす出来事が起きた。そしたら読谷高校の本土就職者の内定が大幅に取り消しになった。憎しみの怒りは微細な文化を破壊する。辺野古の反基地運動が沖縄独立へとなびくのは同じ動き。ネガティブはネガティブな結果を生む。私は日夜 沖縄の怨念の癖を消す祈りをしている。沖縄が怨念の塊に成ると誰一人と観光客は来なくなる。だから私は先の大戦で沖縄の地で亡くなった全戦没者の追善供養を帰郷後している。アメリカ兵等の連合軍、日本本土の日本兵、そして最後に沖縄の民の戦没者、遠い所の方を先に追善供養をしている。物事は陰徳が大切。物事を浄化・浮上させようするならば、反省・懺悔・感謝・慈悲心が大切。その事を ホ・オポノポノでは「すみません ・愛しています・許してください・ありがとう」の愛語・善語を使って精神 フィルドを浄化してゆく。仏教ではその事を「 懺悔滅罪(さんげめつざい)・ 因其心恋慕 (いんごしんれんぼ )・過去遠々劫 (かこおんのんごう )の 謗法(ほうぼう)罪障消滅・ 報恩感謝(ほうおんかんしゃ)」で浄化・浮上・成仏させて行く。仏の心を自ら心の底から現し開いてゆく。憎しみの怨念は浮上の足かせになる。苦しみは修行と思えば陰も陰徳になり、陽報が訪れる。今の沖縄の辺野古 の苦痛は過去 沖縄の民が行った自分が食う為に他の島を侵略し そこの島民を苦痛に落とし入れた。奄美・八重山の民が味わった苦痛に比べれば軽い物である。沖縄の民がアセンションで浮上しょうと思えば先ずは 過去の戦争で侵略した、奄美・八重山に懺悔すべきである。その反省が少しでもあれば沖縄の民は浮上が出来る。私はその沖縄本島の他の島を支配しょうとする狭い心の怨念の癖を浄化させる為に 法華経の祈りを日夜続けている。沖縄の民は今 成長する為に苦は苦として学ぶ時。苦を懺悔に変えて行く時期に来た。仏教の説話に生きる苦しみを菩提に変えた話しが有る。{帝 釈 の 求 道
 昔、毘摩大国(びまたいこく)という国に狐がいた。狐は師子の狩りに会い、追われて逃げているうちに涸(かれ)井戸に落ちてしまった。狐は井戸からあがりたくとも深くて飛び上がることが出来なかった。水も食もない日が数日続いたので、まさに飢えて、餓死しょうとしていた。
 そのとき狐は「禍哉(わざわいなるかな)、今日苦に逼(せめられ)てすなわち命を丘の井に没すべし、一切万物は皆無常なり、恨(うら)むらくは身をもって師子に飼わざりけることを。*一切の物は移ろい消滅して行く、私も死んで行く、どうせ死ぬ身であったならば、獅子に我が身を食べさせて獅子に滋養を付けさせるべきであった。このような無駄死にならなかった。今 命を万物の親の仏に捧げよう。と命を定めた。 南無帰命十万仏、我心の浄くして已(や)むこと無きを表知し給え」と唱えた。
 このとき天にいる天界の衆生の王の帝釈が狐の文を唱える声を聞いて自ら下界におり、井の中の狐を取り上げて法を説いてほしい言うと、狐は「弟子が上座で師が下座にいることは逆である」と言うので、*宇宙のガーディアン 諸天は笑った。
 帝釈は誠にと思い、下に居(きょ)して「法説きたまえ」と請(こ)うた。
 そうするとまた狐は「師も弟子も同座なのは逆である」と言うので、帝釈は諸天の衣を重ねて高座として、狐にのぼってもらい説法を請(こ)うた。
 狐のいわく「有人楽生悪死、有人楽死悪生」( 人は生を楽しんで死ぬことを悪(にく)み、又有る人は死を願って生れることを悪(にく)むものだ)。*有る人は生きる事を無上の楽しみにし快楽の生を追い求める。又有る人は人生の苦しみから逃避する為に死に救済を求めて自殺しようと死ぬ事にあこがれ死神に取り付かれる。早く死にたいと 恋い焦がれる。だがしかし生と死はリンクする。宇宙は因果応報の世界。天界・地獄界は宇宙にも内在する。死んでも苦から逃れられない。修正は生きている時の仕事。人生の書き換えは現世の修行。人生は苦から 修得する物。 日蓮大聖人は、苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに 思い合わせて 南無妙法蓮華経と唱えなさい。そしたら命は仏界へと開いてゆく。と教えた。
有人楽生悪死、有人楽死悪生 この文を帝釈は狐からおそわり、狐を師として尊敬したのである。}この説話は妙楽大師の弘決に示され、『身延山御書』等に引用されている。宇宙の帝釈天に救い上げられ たかったら、植物の我が身を食わせて万物に滋養を付けさせる、 自行化他(じぎょうけた)の菩薩の修行を学ぶ時。天界の食卓の箸はとても長い。食物を取ったら目の前の人の口に入れてあげる。自分の口には目の前の人に入れて貰う。つまり 他人を助ける行為が我が身を助ける事になる。自分が浮上しょうと思えば先ず他人を助ける事である。又 浄土の千年の修行よりも娑婆世間の地球での一日の修行が徳を積むと言われている。人生 きつい時は学びの時。その時 自己の反省・懺悔すると命は浮上する。苦が浮上する事によって喜び変わる。この事を苦楽 思い合わせて南無妙法蓮華経と言う。南無妙法蓮華経とは生命の仏。歓喜の中の大歓喜を生んで行く。南無妙法蓮華経とは生命の 根源。



地獄に落ちた父親を救い上げた息子  2015/9/16, Wed 13:07

地獄とは何だろう。宇宙の大いなる反省機関だと思う。地獄は無いと言う人もいるが しかし万人に共通するのは誰でも悪夢を経験する。悪夢の行く先は 閻魔大王の管轄機関の地獄界だろうか。血を好むヒルなどの どん欲の餓鬼界、四本足などの動物等の畜生界、殺を好むサメ、シャチ等の修羅界、穏やかな人間界、愛情・慈悲心豊かな人が集う 天国の様な天界、天理・法則を学ぶ 声聞界、一人で縁に触れて悟る 縁覚界、強情な慈悲心の一切衆生を救おうと誓願する 菩薩界、生死の法を獲得した 生命のコアの部分 仏界、私達 人間は地獄界 以外はたやすく理解出来る。慈悲の塊(かたまり)の仏界が有るなら、反省懺悔させる、反省機関の地獄界は反作用として存在する。人間界の世に時たま地獄行きの極悪人が現れて善良な人々を悩まさせる。地獄界とは宇宙の墓場 ブラックホールの様な存在か 又は地球の重力の極 地球の熱き地底のマグマの核か。自分の重き命の為に地底の底 地獄の落ちた父親を救い上げた息子の話しをしたい。日蓮大聖人御書 法蓮抄より。{漢土も此(か)くの如(ごと)し。摩騰(まとう)、漢土に入って後、道士と諍論(じょうろん)あり。道士まけ しかば始めて信ずる人もあり しかども、不信の多し。されば烏竜(おりょう)と申せし能書(のうしよ)は手跡(しゅせき)の上手なりしかば人之(これ)を用ふ。然れども仏経に於(おい)てはいかなる依怙(たのみ)あり しかども書かず。最後臨終の時、子息の遺竜(いりょう)を召して云(い)はく、汝我が家に生まれて芸能をつぐ、我が孝養(こうよう)には仏経を書くべからず。殊(こと)に法華経を書く事なかれ。我が本師の老子は天尊なり、天に二日なし。而(しか)るに彼の経に唯我一人と説く、奇怪(きくわい)第一なり。} *二千前 中国の後漢の時代 時の皇帝 明帝が夢で金人が宮殿に空を飛んで現れるのを見た。家臣の知者に意味を問うた、知者は千年前 インドに生まれた聖人の教しえが中国に来ますと答えた。明帝は西に迎えを出し。仏教の経典と金の仏像・仏の御釈利を白馬に乗せて中国に向かって来る、摩騰(まとう)・竺法蘭(じくほうらん)ら二人の僧を中国に迎え入れた。そしたら中国の儒家・道家の道士は釈尊と老子どれが力 有るか勝負させろ訴えた。明帝は法論の勝負をさせた。儒家・道家の験は失せて仏教の法力・仏力が勝った。六百人の道士はみごとさに感動して仏門に入り出家した。三十日の間に十のお寺が立った。烏竜はその事を妬んでいた。仏教は一切衆生を救い上げるの唯一 仏のみと 唯我一人と宣言している、老子に心酔していた烏竜は怒り狂っていた。{若(も)し遺言を違へて書く程ならば、忽(たちま)ち悪霊となりて命を絶つべしと云(い)って、舌八つに さけて頭七分に破(わ)れ、五根より血を吐いて死し 畢(おわ)んぬ。されども其(そ)の子善悪を弁(わきま)へ ざれば、我が父の謗法(ほうぼう*法をそしる事)のゆへに、悪相 現じて阿鼻(あび)地獄に堕ちたりとも知らず、遺言にまかせて仏経を書く事なし。況(いわ)んや口に誦(じゅ)する事あるらんをや。かく過ぎ行く程に、時の王を司馬氏(しばし)と号し奉(たてまつ)る。御仏事のありしに、書写の経あるべしとて、漢土 第一の能書を尋ねらるる 遺竜に定まりぬ。召して仰せ付らるゝに再三 辞退申せしかば、力及ばずして他筆にて一部の経を書かせられるが、帝王心よからず、尚 遺竜を召して仰せに云はく、汝 親の遺言とて朕(ちん)が経を書かざる事 其(そ)の謂(い)われ無しと 雖(いえど)も且(しばら)く之(これ)を免ず、但(ただ)題目計りは書くべしと三度勅定(ちょくじょう)あり。遺竜猶(なお)辞退申す。大王竜顔(りょうがん)よからずして云はく、天地尚(なお)王の進退なり。然(しか)らば汝が親は即(すなわ)ち我が家人にあらずや。私をもて公事を軽(かろ)んずる事あるべからず。題目計りは書くべし。若(も)し然らずんば仏事の庭なりと いへども速(すみ)やかに汝が頭を 刎(は)ぬべし とありければ、題目計(ばか)り書きけり。所謂(いわゆる)妙法蓮華経 巻第一乃至(ないし)第八等云云(うんぬん)。其の暮(たそがれ)に私宅に帰りて嘆いて云はく、我親の遺言を背き、王勅術(すべ)なき故に仏経を書きて不孝の者となりぬ。天神も地神も定(さだ)んで 瞋(いか)り、不孝の者と おぼすらん とて寝る(いぬ)る。夜の夢の中に大光明出現せり。朝日の照らすかと思へば天人一人庭上に立ち給(たま)へり。又無量の 眷属(けんぞく)あり。此(こ)の天人の頂上の虚空(こくう)に仏、六十四仏まします。遺竜 合掌して問うて云はく、如何なる天人ぞや。答へて云はく、我は是 汝が父の烏竜なり、仏法を謗(ぼう)ぜし故に舌八つにさけ、五根より血を出し、頭七分に破れて無間地獄に堕(お)ちぬ。彼の臨終の大苦をこそ堪忍(かんにん)すべしとも おぼへ ざりしに、無間の苦は尚百千億倍なり。人間にして鈍刀をもて爪を放ち、鋸(のこぎり)をもて頸(くび)をきられ、炭火の上を歩(あゆ)ばせ、棘(いばら)に こめらんなどせし人の苦を、此の苦に譬へば数ならず。如何にしてか我が子に告げんと思って しかども叶はず。臨終の時、汝を 誡(いまし)めて仏経を書くことなかれと遺言せし事のくやしさ申すばかりなし。後悔先に立たず、我が身を恨み舌を責めしかども かひなかりしに、昨日の朝より法華経の始めの妙の一字、無間地獄の鼎(かなへ)の上に飛び来たって変じて金色の釈迦仏となる。此の仏三十二相を具し 面貌(めんみょう)満月の如し。大音声(おんじょう)を出して説いて云はく「仮使(たとい)法界に編(あまね)く断善の諸の衆生も一たび法華経を決定して菩提を成ぜん」云云。此の文字の中より大雨降りて無間地獄の炎を消す。閻魔王は冠(かんむり)をかたぶけて敬ひ、獄卒は杖をすてて立てり。一切の罪人はいかなる事ぞとあはてたり。又法の一字来たれり、前の如し。又蓮、又華、又経 此(か)くの如し。六十四仏となりぬ。無間地獄に仏六十四体ましませば、日月の六十四、天に出でたるがごとし。天より甘露をくだして罪人に与ふ。抑(そもそも)此等の大善は何(いか)なる事ぞと罪人等に問ひ奉(たてまつ)りしかば、六十四の仏の答へて云はく、我等が金色の身は栴檀宝山(せんだんほうざん)よりも出現せず。是は無間地獄にある烏竜(おりょう)が子の遺竜(いりょう)が書ける法華経八巻の題目の八八・六十四の文字なり。彼の遺竜が手は烏竜が生める処の身分なり。書ける文字は烏竜が書にてあるなりと説き給ひしかば、無間地獄の罪人等は我等も娑婆(しゃば)にありし時は、子もあり婦(つま)もあり 眷属(けんぞく)もありき。いかに訪(とぶら)はぬやらん。又訪へども善根の用の弱くして来たらぬらん と歎(な)けども歎けども甲斐なし。或は一日二日・一年二年・半劫一 劫なりぬるに、かかる善知識にあひ奉って助けられぬるとと、我等も 眷属となりて ?利天(とうりてん)にのぼるか。先づ汝を拝(おが)まんとて来たるなり と語りしかば、夢の中に嬉しき身にあまりぬ。別れて後又いつの世にか見んと思ひし親の姿をも見奉(みたてまつ)り、仏をも拝し奉りぬ。六十四仏の物語に云はく、我等は別の主なし、汝は我等が壇那(だんな)なり、今日よりは汝を親と守護すべし、汝怠(をこた)る事なかれ。一期の後は必ず来たって都率(とそつ)の内院へ導くべしと御約束ありしかば、遺竜ことに畏(かしこ)みて誓って云はく、今日以後外典の文字を書くべからず等云云。彼の世親菩薩が小乗経を誦(じゅ)せじと誓ひ、日蓮が弥陀念仏を申さじと願ぜしがごとし。さて夢さめて此の由を大王の勅宣(ちょくせん)の如し。さてこそ漢土・日本国は法華経にはならせ給ひけれ。此の状は漢土の法華経伝記に候。}地獄の底の無間地獄に落ちる最大の要因は一切衆生を救い浮上させる。末法の法華経の当体、人法一箇の南無妙法蓮華経日蓮を否定し非難する事である。創価学会は一切衆生を救い上げる、日蓮正宗総本山大石寺の戒壇の御本尊を離れて、在家、俗世間の貸金業上がりの酒無しではやっていけない。創価学会二代会長  戸田 城聖を末法の御本仏日蓮大聖人を差し置いて 本仏に仕立て上げようとしている。これこそ無間地獄の因である。心ある人々は一切衆生を救い上げる、法華経の南無妙法蓮華経日蓮を否定、非難せずアセンション次元上昇し自己境涯を浮上させよう。



世の免疫抗体としての釈尊の過去世、仙予国王  2015/9/12, Sat 08:17

アセンションを迎えた今時、緊急の課題はいかにして自己の境涯を高め、振動数を上げ次元上昇の波に乗るかである。宇宙はフラクタルで成り立っている。人間の機能と惑星、銀河の組織、形態は類似する。人間の血液機能は惑星、銀河の形態維持に合い通じる。博愛精神が豊富な赤血球。ガン細胞やウイルス等などのバイ菌を排除する、白血球。白血球は王の働きをする。王は 生殺与奪の権利(せいさつよだつ)を持っている。一人の極悪人が百人の良き市民を殺害しょうしたら、王は躊躇(ちゅうちょ)無く、白血球の様に排除する。国家の司法や軍事がそれである。もし銀河に文明を持った存在が有るならば。白血球ごとき銀河艦隊も存在する。宇宙はフラクタル構造。生命維持機能は正常に働く。仏法もしかり血液の働きをする。国が安泰の時は観念・観法の摂受(しょうじゅ)法が表に出。法が滅びんとする時は血液の血小板のごとき身を挺(てい)する護法の折伏。釈尊の護法の過去世について述べたい。立正安国論より { 又云はく「我往昔(むかし)を念(おもふ)に、閻浮提に於(おい)て大国の王と作(なれ)り。名を仙予(せんよ)と曰(い)ひき。大乗経典を愛念(あいねん)し敬重(きょうじゅう)し、其の心こころ純善にして麁(そ)悪嫉悋(あくしつりん)有ること無し。善男子、我爾(その)時に於(おい)て心に大乗を重んず。婆羅門(ばらもん)の方等(ほうどう)を誹謗するを聞き、聞き已(おはって)即時に其の命根(みょうこん)を絶たつ。善男子、是の因縁を以もって是より已来このかた地獄に堕(だせず)」と}。仙予国王は常日頃 摂受の愛語と善語を使い、日々精進し、師の婆羅門達に財を布施し、時が満ちたので師達に大乗の阿耨多羅三藐三菩提( あのくたら さんみゃく さんぼだい)の無上正覚を説く時だと告げる。婆羅門達には法華経の記別 ・因縁が無いので一切衆生を救いきる。妙法蓮華経の法華経を否定する。空中に建上物は建てられず、物は浮かば無いと反重力の建物や乗り物を空虚として大乗の教えを否定する。仙予国王は衆生を発展させない様に盲目させるとは何事か言って。一切衆生を救う大乗の法華経を否定する事は師達は地獄に堕ちる運命と悟って、その因縁で地獄に落とす。地獄に落ちた婆羅門は獄卒に責められて反省し逆縁によって仏の弟子になった。{ 又云はく「如来昔(むかし)国王と為(な)りて菩薩道を行(ぜし)時、爾所(そこく)の婆羅門の命を断絶す」と。又云はく「殺(せつ)に三(みつ)有り、謂(いはく)下(げ)中上(ちゅうじょう)なり。下とは蟻子(ぎし)[アリ]乃至(ないし)一切の畜生なり。唯(ただ)菩薩の示現生(じげんしょう)の者を除く。下殺(げせつ)の因縁を以て地獄・畜生・餓鬼に堕(だし)て具(つぶさ)に下の苦を受く。何を以ての故に。是の諸(もろもろ)の畜生に微(わずかの)善根有り、是の故に殺す者は具(つぶさ)に罪報を受く。中殺(ちゅうせつ)とは凡夫の人より阿那(あな)含(ごん)に至るまで是を名づけて中と為す。是の業因(ごういん)を以て地獄・畜生・餓鬼に堕して具に中(ちゅう)の苦を受く。上殺(じょうせつ)とは父母乃至阿羅漢・辟支仏(びゃくしぶつ)・畢定(ひつじょう)の菩薩なり。阿鼻(あび)大地獄の中に堕す。善男子、若し能よく一闡提(いっせんだん)[不信の三宝破壊の極悪人]を殺すこと有らん者は則ち此の三種の殺の中に堕せず。善男子、彼の諸の婆羅門等は一切皆是みなこれ一闡提なり」已上。 創価学会は三宝(仏法僧)破壊の 一闡提に成り下がった。行きながら地獄の責め受け地獄の境涯に成って行く。アセンションから取り残されたら地球は獄卒の世界に成り地獄の獄卒の責めを受ける。 宇宙の反省・進化の旅路は長い。



アセンションについて  2015/9/10, Thu 10:25

アセンションについて。今 アセンションと言う次元上昇を間近に控えて いかようにしたら境涯は上昇するかについて考えてみたい。血液の働きと次元上昇は似ている。血液には免疫抗体の白血球。酸素とエネルギーを運び二酸化炭素の排出を助ける赤血球。傷を治す血小板。が存在する。世には悪を裁く警察、検察、裁判機能。生命機能を助ける医療機関。より良く生きる為の知恵、知識を教える産業、学問機関が有る。世の中は法によって展開される。赤血球の働きに似ている、人間の慈悲心について、釈尊の過去世を訪ねて見たい。摩訶薩?(まかさった)の捨身
 過去の世に摩訶羅陀(まからだ)という王がいて、王には三人の子供がいた。第一の太子を摩訶波那羅(まかはらな)といい、次子を摩訶提婆(まかだいば)といい、第三子を摩訶薩?(まかさった)といった。この三王子は多くの園林で散策の為、遊戯観看してから大竹林の中に入り、そこで休息した。
 第一の王子は「私は今日、心が甚はなはだしく怖? (ふきょ)(恐れ)している。この林中において衰損が無いであろうか」と言い、第二の王子は「私は今日、自ら身命を惜しまない、ただ愛する者と離れていて心は悲しく憂愁するのみである」と言い、第三の王子は「私は今日、独ひとり恐れの怖?(ふきょ) も憂いの愁悩(しゅうのう)もない。この場所は閑静にして、よく行人のために安穏に楽を受けさせてくれる」と言い終わって三人がさらに竹林中を前進すると、岩山のくぼみがあり、そこに一匹の虎が横たわっていた。病の為か狩りが出来ずやせ衰えていた。乳は出し切っていたのであろうか、子は衰えていた。出産してから七日ほど経たっていて、しかも七匹の子供がいた。七子は飢えのあまり衰え 命、絶えんとしていた。
 第一の王子が親の虎を見て「飢えが迫れば必ず子を食くらうであろう」と言った。
第三の王子 「この虎の常の食物は何か」
第一の王子 「ただ新熱の血肉を食す」
第三の王子 「誰がよくこの虎に食を与えるのか」
第二の王子 「この虎は病の為か狩り出来ず、あまりにも飢えていて、身体が弱り、余命、幾いくばくもない。だから食を他に求めることはできない。誰かこの虎のために身命を惜しまない者はいないか」
第一の王子 「一切に捨て難いのは自分の身である」
第二の王子 「我等は今、命は惜しい、貪惜(とんしゃく)しているので身を捨てることはできない。智慧が少なく、しかも恐ろしい。しかし、諸大士が他を利益しようとして大慈悲心を生じれば他のために身命を捨てることは難しいことではない」
 時に王子達は大いに憂愁し、なかなかその場から離れがたかったが、やがて虎の近くから立ち去った。その時である。第三の王子が「我れ、今、身を棄すてる時が来た。私は昔より身を捨ててきたが有益でなかった。今、この身を飢えた虎に与えて菩提を求めようと思う」と心の中で宣言し、兄達の制止を恐れて「兄さん達は臣下の者と共に帰城してください」と言った。兄たちは城へ帰った。そして摩訶薩?は虎の所に来て身に着けた衣裳を脱ぎ、それを竹枝の上に置き、飢えた母親の虎に我が身を食わす為に、自ら身を放って餓虎の前に臥(ふ)した。
 この時、虎は王子の大慈悲カの故に食すことができず、じっとしていた。王子は「虎は衰弱しすぎて我が血肉を食せないのだ」と考え、起きて刀を探したが見当たらず、やむなく乾かれ竹を掴つかんで自分の首に刺して血を流し、我が身を食わす為に、ねぐらの岩山の高山の上より身を虎の前に投じた。
 この時、諸天は感動し天地は六種に震動し、日光が遮られ、天より種々の妙香を雨ふらした。
 虎は即ち王子の血を嘗(なめ)、その肉を?食(たんしょく)して、ただ骨を残したのである。 薩?王子は 大慈悲心の為に菩提を得た。
 金光明経の捨身品。私はこの大慈悲心には感動した。アセンションで必要な物は一切衆生を救いたいと言う慈悲心だと思っている。私は末法の今時、南無妙法蓮華経日蓮 人法一箇で次元上昇アセンションすると決めた。



「昨年からの変化の流れと今年の傾向」よりは詳しいかも!  2015/2/27, Fri 01:40

こんにちわ!
アネモネ2015年2月号に載った愛乃(あいの)さんの「昨年からの変化の流れと今年の傾向」
の記事を読んでなのですが、私の情報がより詳しいなあ、と思ったのでお知らせ
したいと思いました。

 これはバシャールセッションでの情報です。
私は以前よりバシャールの教え(セッション)に耳を傾けている学徒のような者です。
あちこちから抜粋したものですが、一般の人にはどう映るのか私にはよく分かりません。

単なる予言と思うのか、重要だと感じられるのか、とにかく読んでみてください。



●2015年〜2016年のこの2年間で、大きな波動のシフトが起き始める
と、バシャールは話します。今年をもって列車は駅を離れ、それぞれが目的地に
向かって走り出しました。つまり、この2年間は、本当に本当に本当に本当の意味で、

”素の貴方”になる事が、とても重要な時期というわけなのです。


●2015年は、あなたの波動内で一番”際立つ”波動が、更に浮き彫りになる年でも
あります。ですから、”素のあなた”でいるのか、それとも、かけ離れてしまっているか、
今まで以上にスピーディーに発見する事が出来る年となるでしょう。

そうする事で、あなたの”状態”を素早く察知し、前へ素早く進んでゆく事が出来る
ようになるのです。


● 2015年はまさに”行動”する年、と言えます。今までのバシャールの”教え”の
まとめを経験してゆく年でもあり、あなたの波動として取り込まれてきた新規の
エネルギーが、アクティブに動き出す年でもある。


●2015年の分岐点から、あなたの乗った列車が出発し始めました。
あなたが乗れなかった列車には、まだ搭乗する事が可能です。
自分のペースで良いので、あなたのワクワクをどんどん広げてゆきましょう。


●予め自分達の意識の覚醒に与えた時間は、2015年までだと、バシャールは話します。
怖がらせる積もりは全くありませんが、2015年を過ぎた後、エネルギーの上昇が
更に加速してあなたの心にある”異質”な波動が、更に強く出現してくるようになる。


●2015年の分岐点から始まって、私達の世界はどんどんお互いに”分離”してゆき、
各々の”世界”をそれぞれの形で形成してゆくようになります。
2015年は、より”異”なったエネルギーの統合が見られるようになる反面、更なる

”毒素”が、放出されるようになる。

 2015年の分岐点からその先の近い将来には、私達以外の知的生命体の存在が、
認められる。この“新しく加わる知識”によって地球文明は、高次的存在として大きく
飛躍し、銀河に住む生命体としての、”自己”を確立してゆくようになります。

そして、2016年の秋に、“全て”が変わってゆく。徐々に変化してゆく”事柄”も
あるし、一瞬のうちに変化を体験する”事柄”もある、という事です。


●2015年の分岐点を境に、平行世界の地球が分離してゆきます。
貴方が乗った列車から、他の列車へ駆け込む事は可能ですが、待てば待つ程、乗り換えは
大変なストレスとなるでしょう。


●多くのスピリチュアル・リーダーが、同じように2017年以降を”未定”としている
ように、“全て”が文字通り変わってゆきます。
2015年の分岐点を境に、全ての事柄がどんどんスピードアップしてくるようになります。

高次元仕様でないエネルギーは、錆び付いて重たく、使い勝手が良くありません。
機能しなくなって壊れてしまう、という一連のプロセスが、ほんのわずかな時間で
繰り広げられるようになる。


●2010年から2015年の間に、私達の波動調整が行われ、2015年以降の分岐点
に備える準備がされるのだ。特にこの期間では、ちょっとでも”素のあなた”から脱線
してしまっているエネルギーがあると、そのエネルギーが増長される。


●4次元密度へのシフトまで、あと少しです。4次元へ行きたいと願う人、全ての人が
シフト出来る可能性があるが、結果的に、”全て”の人が行ける訳ではない。


●日本に住む人達で、健康、発電、精神的繋がり等に関して、自然界と調和した方法を
追求して突き進む人達、又は、あなたの波動が、最もシンクロする、自然界と繋がりの
強い地域に移り住む人達で、”素の自分”を、調和の取れた方法で表現出来る人達は、

無事である。それ以外の人達は、そうでは無い。
近い将来、日本国に、”分岐”が訪れる。今まであなた達が追求してきた、古いシステム
は崩壊し、今まで中心であった権力構成は、もはや機能しなくなるであろう。

そして、自然界と調和した方法を追求する人達や、自然と調和した地域に移り住む人達に
よる、調和された生活へと、移行するであろう。
あなた達には、最高で10年の猶予がある。

日本でこれから起きるであろう、という”事柄”は、今から5年以内に起こる可能性が
ありますが、10年以内には、起こるでしょう。…..ですから、自分を変える必要のある
所を、変えていって下さい….でなければ、海に流されてしまうでしょう。


●4次元密度へ行くという事は、どこか違う場所へ行く、という事では無い。
あなたは、”ここ”にいながら、波動をシフトしてゆきます。よって、他の”何か”に、
波動を上げてもらって4次元密度へ連れて行ってもらうのでは無く、あなた自身がシフト
してゆきます。
もっと簡単に言えば、4次元密度行きの列車には、誰かに乗せてもらうのではなく、
あなた自身の”足”で乗り込んでゆくのです。


●チャネリングが始まってから33年目の2016年の秋、あなた達は、過去30年間の
意識の拡張のまとめを体験し、全てが変わるだろう。
2013年〜2015年までの3年間は言わばアセンションをする為の準備期間と言えます。

バシャールは何年も前からこの3年間の重要性を話している。決して忘れてはいけないのは、
あなたが想像出来る事全てが平行世界の何処かに存在しているという事。そしてあなたの
波動と近い世界があなたがシフトする世界であるという事なのです。


●あなた達の物質的体と、ハイヤーマインドの繋がりが、より強化されるようになる。
2016年の秋までに、あなた達は、より”あなたらしい”あなたになり、2016年の
秋に、全てが変わる!



 

[トップページ] このページの先頭へ